青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「丁寧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~一部 一部~ ~一部分 一部分~ 一間~ ~一隅 一隅~ ~一面 丁~ ~丁寧
丁寧~
~丁度 丁度~ 丁目~ ~七 七~ 七つ~ 七兵衛~ 七月~ 万~ 万一~

「丁寧~」 2906, 28ppm, 4169位

▼ 丁寧~ (2138, 73.6%)

112 頭を 90 お辞儀を 36 挨拶した 35 礼を 32 挨拶し 29 挨拶を 19 腰を 17 会釈を 16 会釈した, 挨拶する 15 して 14 会釈し, 挨拶しました 13 見て, 辞儀を 12 おじぎを, それを 11 禮を, 調べて 10 手を 9 お通し申す, すれば, 小腰を, 答えた 8 帽子を 7 教えて, 案内し, 畳んで 6 お辭儀, たたんで, 一礼し, 云った, 説明し 5 いった, なった, 拭いて, 探して, 疊んで, 通すん

4 [16件] すると, ものを, 会釈する, 包んで, 御挨拶, 御辞儀, 教へて, 時候の, 書いて, 紙を, 見ました, 親切に, 言った, 読んで, 調べ始めました, 返事を

3 [21件] あたま, これを, なる, もてなして, 元の, 先日の, 入れて, 別れの, 口を, 御叩頭, 扱って, 拜んで, 拡げて, 案内する, 猿轡まで, 膝を, 自分の, 言うと, 言って, 頼んだ, 髪を

2 [139件] あいさつを, あつかって, あなたが, あらためた, いいました, いうと, いって, いら, お時儀, お礼を, お辞儀し, かいて, こっちへ, ことわって, した, しまひ置きし, しらべて, するよう, つけて, つれて, なって, なつた, なりました, なります, はきはきと, ほどいて, やって, 一枚, 一礼する, 三返, 不自由らしく, 両手を, 中の, 二人に, 二人の, 云いました, 保存し, 傍へ, 再び頭, 切って, 包んだり, 取って, 取扱って, 取次ぐん, 四つに, 塵なき, 外から, 大工の, 奥へ, 寝かして, 封を, 封筒の, 封筒を, 己の, 平次へ, 応対する, 恐れ入ります, 應へ, 手で, 手紙を, 払って, 折畳まれた肩揚, 拭きそれから, 拭き取り罪, 拭ったり, 拭って, 挙手の, 掃除し, 掘つて, 接待する, 改まって, 敬礼しました, 敷居の, 暇を, 本箱の, 机の, 根を, 櫛を, 死骸の, 死骸を, 洗つてや, 煙管の, 片寄せて, 片附け, 物を, 田部に, 畳みかけて, 皮を, 皺を, 目礼し, 直して, 眺めて, 石を, 私に, 私の, 笑って, 答えて, 紙に, 結び束ねて, 綱を, 美しい花簪, 耳の, 聞いた, 膝から, 薦で, 見つめながら, 見わけて, 見廻した, 見廻りました, 解いて, 言うん, 訊いた, 訊くから, 訊くと, 診たの, 診察した, 診察を, 詫びた, 話しました, 説明する, 読み返して, 調べた, 調べました, 迎えて, 迎へ, 迎へて, 述べて, 送りだされて, 通すが, 道を, 鉛筆の, 閉めて, 雪駄を, 頁を, 頭に, 頼むん, 顔や, 顔を, 飽きること

1 [1081件 抜粋] あいさつし, あしらわれて, あちらこちらと, あつかひたいと, あつかわれる立派, あらためたが, あらためると, い, いえば, いけて, いへば, いや味, うち張りと, おさめた, おじぎした, おわびくださる, お叩頭, お墓, お帰, お時宜, お武家, お禮, お辞儀まで, お辞宜, お送りいたせ, お通し申せ, かう話しかけました, かきまわしたの, かしづいた, がんりきの, ききました, くつ, くりかへ, くり返して, こういっ, こう云っ, こう話しかけました, こすり落した, こちらから, ことわった, この問, ご会釈, ご飯粒, さもさ, しかし何処, しきうつしを, した巻毛, しなきゃ腹, しまいこみそれ, しまって, しめて, しるしが, しコンベンショナル, するだけで, するの, する人, そう言っ, そして取乱した, そそぎ込む, そのお, その伊留満, その堂宇, その憲兵, その書, その罅, それで火鉢, そろえて, そろへる, たたみつけた, たたんでは, ちぢらせて, つつみ直した, つんだ, どうにか食えてた, なし一室, なったが, なったなあ, なつたの, なり上品, なり昔, なるに, ぬぐつて, はたくの, はらいなど, ふきながら, ふれて, ほじくり取り, まあほんとに五兵衛さん, またその, みたけれど, もう一つ火入, もう一遍, もとの, やってたので, やるから, ようこそ, よく教え, わきへ, アンダーラインが, ガラスの, ゴチツク形の, ズラリと, トントンと, ハンカチで, ピストルの, ブラッシュを, マスクを, メンソレータムを, モノを, 一々それ, 一つ頭を, 一口すすっ, 一尺四方ぐらいの, 一応の, 一文字ずつ, 一椀の, 一礼しました, 一禮し, 一結びし, 一軒はぶつきらぼうに, 一頁写し取った, 三八二十四と, 上へ, 上半身の, 上品に, 下女に, 且つ親切, 両の, 並べ, 並べられた, 丸めた後, 主人を, 乗り方, 事うる, 二人まで, 二度も, 二重の, 云いそして, 云うた, 云ったが, 云ったもの, 云って, 云つて, 云ひました, 云わんければ, 亡くなつた人, 介抱し, 仕舞ひ込むで, 仰し, 伯父へ, 低くつむり, 何度も, 作って, 促した, 保管し, 催促され, 先生の, 兩隣り, 其の上, 其子の, 内部を, 写したり, 写生を, 冷たい人斬庖丁, 分けた角い, 切りひらかれた, 切り拔い, 刈られて, 初對面, 剃って, 削ったの, 剥がしたり, 剪裁も, 助けあって, 勘定したら, 包まない, 包むと, 包んだ一封, 包んだ二つ, 医者を, 印を, 厳格した, 又親切気, 取りそろえて, 取り上げると, 取り出して, 取り扱つて自宅, 取扱う, 取扱えば, 取持って, 取次いだ, 古靴, 台所を, 合わして, 名のりを, 向き直って, 告別し, 呼びかけられて, 咀嚼する, 問うた, 喰べ, 嘗めま, 四銭の, 国語変遷の, 土を, 地図まで, 均して, 埋め線香供え日参, 堅紙で, 塗りながら, 墨を, 声を, 夢の, 奇麗に, 奧の, 女学生っぽい, 娘の, 守護し, 安達清経が, 宛名を, 客座敷の, 家康の, 宿を, 寫して, 寸法などを, 封筒い入れ, 小さな聲, 小包に, 小豆澤小六郎を, 尺竹を, 屈み腰, 左右に, 巻きつけて, 席を, 幾度も, 床の, 座敷へ, 廣介の, 引分けて, 当てること, 彼は, 彼女の, 待遇を, 御禮, 応対し, 忠告する, 思いやり深く, 患部を, 意に, 感謝し, 慇懃だつた, 成ったり, 戸を, 手の平で, 手拭で, 手水を, 打てば, 払い落した, 払った, 扱おうと, 扱ふこ, 扱われたこと, 抑えて, 折り疊ん, 折鞄の, 抜き取って, 抱えこれ, 抱き起して, 押入に, 拔き出し, 招じ入れました, 拜んだ, 拝し, 拝んだ上, 拝見した, 拭いたり, 拭い清められそれから, 拭きその, 拭きとらない上, 拭き清めて, 拭き込んだ八寸, 拾い上げて, 拾ひ集め, 持主へ, 指示する, 指頭の, 挨拶でも, 掃ききよめて, 掃除せん, 掌で, 掛けられる同情, 掬くい, 掻きならして, 掻き下して, 掻き廻すほど, 掻き馴らして, 揃へて, 描きたる竜, 揩く, 撫でつけ先刻, 撫で量った, 收集し, 改められて, 教えたが, 教えられて, 教ふる, 敬意を, 敬礼した, 数えて, 敷物を, 文吾母子を, 断った, 新聞を, 新聞紙に, 斷は, 昔風の, 曇りを, 書いたらしい書簡一封, 書かれた字体, 書きつけた, 書き加, 書き直さなければ, 書くつもり, 最敬礼を, 會釋を, 木札が, 来意を, 枚数を, 根から掘っ, 根気好く, 桿にかけて, 梳かれ身体, 棺に, 植えて, 検査し, 檳榔樹の, 櫛目が, 死なうと, 毒が, 気を, 泊めて, 洗いそれから, 洗う, 洗った, 洗つて拭い, 浄書まで, 消毒した, 涙を, 混ぜ合せて, 渫いました, 測って, 炭を, 焼鏝を, 父親が, 片付けて, 猪口を, 現場を, 田舎の, 申しながら, 申し上げて, 申すの, 畳に, 畳み足袋, 畳んだ短冊, 疊み直し, 痛みいります器物, 白い頭, 皿に, 直しながら, 真面目に, 眺めまわし, 研いで, 磨いて, 祈願の, 禮だけ, 秀一に, 秩序正しく, 積み重ねて, 空箱を, 立派にと, 答える, 答へ, 答へて, 答礼を, 算え, 箱の, 納まって, 紐を, 細いが, 結び終って, 絞った春信, 統計まで, 綴じ込んで, 綿密に, 線香を, 編み物を, 縄を, 縫つて呉れた, 繩を, 置き, 習得した, 老臣等の, 考えると, 而定, 聞いて, 胎兒の, 脱帽し, 臆病に, 自動車の, 致しますと, 若き男爵閣下, 草津から, 菊之丞の, 葉之, 葬られた, 葬ると, 蓋を, 蝋を, 行李に, 被せる, 装置を, 襖際に, 見せて, 見ながら, 見ますよ, 見る, 見ること, 見始めた, 親切な, 解きほぐして, 言え, 言つた, 言つて裏門から, 言ふんだ, 訂正される, 計算し, 訓戒し, 訪れると, 訳でも, 診察し, 試食し, 詫びて, 詫びを, 話しかけ彼, 話して, 詳しかつ, 認めて, 説明した, 読まれた人々, 読み終って, 読み返へ, 読もうと, 調べたり, 調べてを, 調べられたよう, 調べる必要, 調べ廻し, 謄寫した, 謝罪し, 謹慎を, 讀んで, 貼紙し, 赤い紙, 足労を, 輸入し, 辞儀する, 辞義し, 辭儀を, 迎えました, 述べても, 送つて, 逆剃りまで, 造られ絵, 道順を, 部屋から, 醤油を, 釋かれた, 重ねて, 重ね筆墨, 針を, 銀紙を, 錫の, 長方形に, 門を, 開いて, 陽貨に, 雨戸を, 靴の, 領地境いまで, 頭陀袋まで, 頼み込むと, 顋を, 風呂敷に, 食べて, 飼って, 馬鹿正直な, 高さ, 鰥と, 鳥毛の, 默禮しました

▼ 丁寧~ (453, 15.6%)

34 お辞儀を 21 挨拶を 16 言葉で, 言葉を 11 御挨拶 10 口調で 8 口を 6 あいさつを, 調子で 4 ような, 会釈を

3 [11件] おじぎを, お辞儀で, お辭儀, 口の, 態度で, 態度を, 手紙が, 挨拶だ, 挨拶です, 物の, 言葉に

2 [32件] お言葉, ことです, ことは, ことを, こと親切な, のが, ものごしで, もので, やうな, やり方を, 上に, 口上で, 口上を, 家探しを, 待遇を, 御返書, 扱ひです, 挨拶, 挨拶が, 挨拶に, 物云い, 礼を, 言い方を, 言葉と, 言葉の, 言葉使ひ, 言葉遣いを, 言葉遣ひ, 訛の, 返事に, 返事を, 頭を

1 [220件] あしらひでも, いくらかヤス, うちに, おとなしやかな, お世辞, お化粧, お客扱い, お時儀, お礼状が, お葉書, お言づて, お辞儀と共に, お辞儀の, かつ綺麗, かなりな, きっぱりした, くらいに倉地, ことが, ことで, ことな, こと言ひ, ご会釈, しかし明白, その言葉, その言葉遣い, つもりで, ところが, ところぢや, にこやかな, には驚く, ねぎらひの言葉, の, ので, のである, のでやりたくなります, ので抗議, ので面くらっ, のになる, のに引き, のは, のも, のよ, のを, ばかりで, ほど慇懃懇切, もてなしから, ものごしで示された隣り, ものです, ものに, やり方は, よそよそしい調子, わけ目を, メランコリックな, 一面には, 丁寧な, 上品な, 下品な呼び, 下繪, 主人夫婦の, 事は, 事を, 事ア云え, 人々, 人たちで, 人だ, 人で, 人物が, 仕事を, 他人行儀の, 会釈に対して, 作りであります, 保護枠を, 優しい口, 写実主義と, 冷淡さで, 切口上で, 前置, 口が, 口だけは, 口調であった, 口調ながら, 口調乍ら水も, 可憐な, 告別を, 善良お方でございます, 図と, 場合は, 声が, 声で, 声と, 大袈裟な, 天気の, 奴は, 嫌味の, 字が, 字で, 年とった, 弔慰品が, 弔状を, 待遇に, 従者の, 御招待, 御言葉, 応対全く, 忠實な, 性分から, 恋の, 恭しい返辞, 恰好で, 情の, 感覚を, 態度と, 態度には, 態度や, 態度細かく, 慰めの, 應待です, 手のか, 手当てを, 手紙あり, 手紙であっ, 手紙を, 扱いを, 挙手を, 挨拶だけを, 挨拶で, 挨拶に対して, 挨拶一時すぎに, 挨拶天氣の, 捨ぜりふを, 掃除が, 掃除を, 文句の, 文面で, 料理方で, 断りの, 方であった, 方は, 日本人の, 日本語で, 日本語の, 書体で, 校語を, 根気づよい, 検べ, 検屍も, 楷書で, 様子で, 様子を, 歩きかたを, 殺し方である, 気の, 水夫式の, 潤いの, 無関心さ, 物いい, 物腰では, 物腰言葉に, 物言いで, 物言いを, 男であった, 男である, 略図が, 真心の, 礼には, 礼状が, 礼状を, 礼状本日確かに, 祝いを, 祭を, 立派な, 竹中さんとしては, 紳士が, 紹介状を, 結び目が, 縄で, 縫いかたを, 繩で, 老婆で, 者で, 能弁で, 草書で, 要介, 見方を, 親しみの, 角を, 言い方の, 言葉って, 言葉つきが, 言葉づかいで, 言葉づかいに, 言葉づかいも, 言葉づかひ, 言葉では, 言葉付を, 言葉使いが, 言葉使いで, 言葉使ひで問ひかけた, 言葉使を, 評である, 詞つきで, 語の, 語調で, 語調によって, 説明を, 調子だった, 調子と, 調子に, 講評を, 謝罪な, 身分の, 身振, 辞儀を, 辭儀を, 返事が, 通訳ぶりそのものに, 釣銭を, 電報を, 靴箆の, 黒あばたさ

▼ 丁寧~ (61, 2.1%)

5 はある 4 あつた 2 どうかすると, はあった, 恐れ入ります

1 [46件] あつたり, あまり身, いささかも, いばって, お互に, お神さん, かえって痛み入る, げす, しとやかな, そうして物, はありません, はない, は却って, ふさわしい親切, ぺこぺこする, まったく凄味, アクセントが, 中も, 乱暴に, 何かを, 何でしょう, 信吉も, 先代の, 冷淡な, 刻々の, 口が, 大袈裟な, 巾広く, 形に, 忍耐強かっ, 慇懃だった, 控え目であった, 料理の, 晴々しい, 柔和な感じ, 気持の, 決して高い, 注意が, 物腰は, 物腰も, 立派な, 腹も, 要を, 規則正しい建物, 親切である, 親密らしく

▼ 丁寧~ (30, 1.0%)

1 [30件] があった, がありました, が女, が礼, が美, だった, であった, である, でかう, でしらべ, でしんみり, ではなく, で彼等, で挨拶, で書い, で言う, で辞儀, で迎え, で過分, にはいつも, にも驚いた, のこまやか, はインテリ階級, は誠に, をあたりまえ, をもつ, を失ひ始め, を装っ, を見せ, 優しさ

▼ 丁寧にも~ (30, 1.0%)

2 ぞんざいにも, 麻布から

1 [26件] おかしいの, おでこに, その穴, それから, エロを, ポケットを, 三つに, 二重に, 人に, 其入定僧の, 大佛壇の, 妻の, 宝石を, 怪物団の, 札を, 検挙される, 死者を, 江南一帯を, 爪紅まで, 空想の, 絞首台に, 自分の, 身動きも, 金権政治工作に, 釣橋の, 阪神電車の

▼ 丁寧~ (23, 0.8%)

2 は考え込んだ

1 [21件] だ, だア, ではなくなった, の住居, の由縁, はきさく, はさも, はまた, はチラリ, はポカン, は丁寧, は呻, は帳場, は後, は推理, は番頭, は眼, は考え出した, は開け, は駕籠, は驚かなかった

▼ 丁寧~ (13, 0.4%)

2 が四角

1 [11件] がかなり, が何とも, が口数, が純粋, が語調, けれども筆耕, てえます, といえる, とかいふ外, とか材料, わ

▼ 丁寧です~ (13, 0.4%)

2 から外, がいつも, が峻烈 1 からこちら, が仮借, が口, が抜き, が抜き差し, が拔差, が要領

▼ 丁寧なる~ (13, 0.4%)

1 [13件] もし書斎, やうにて, を要す, 人々, 口上を, 御手紙, 御挨拶, 挨拶に, 挨拶を, 紹介は, 脚色を, 詫びで, 返書を

▼ 丁寧~ (9, 0.3%)

2 旨として 1 おかしいと, きわめること, もって, 極めたる虚偽, 極めた講義, 極めてゐた, 極めるの

▼ 丁寧である~ (8, 0.3%)

1 がすこぶる, が見ず知らず, ことに, ことの, ことは, ことを, たま, ように

▼ 丁寧~ (7, 0.2%)

1 あいさつに, 取扱ひでございまし, 叙述を, 挨拶を, 方の, 樣だ, 調子を

▼ 丁寧過ぎる~ (7, 0.2%)

3 ほど丁寧 1 やうな, 物の, 礼を, 禮を

▼ 丁寧すぎる~ (6, 0.2%)

1 おもてなし, くらいで, くらい慇懃, のです, ので私, ほどにお辞儀

▼ 丁寧~ (6, 0.2%)

1 が敬語, と誤用, の一部, の内, の意識, をその

▼ 丁寧であった~ (5, 0.2%)

1 から頼まれた, が我々, この鬼神, 為に, 芸者の

▼ 丁寧であり~ (5, 0.2%)

1 また非常, 一文の, 万一誤っ, 如何にも親切そう, 自分自身も

▼ 丁寧親切~ (5, 0.2%)

1 にクリトーン, に御, に米友, の学風, を旨

▼ 丁寧だった~ (4, 0.1%)

1 が, がそれ, けれどもなにか, のでやや

▼ 丁寧~ (4, 0.1%)

1 との相違, の律義正直, を包含, 即対話敬語

▼ 丁寧~ (3, 0.1%)

1 いえないまでも, より以外, 言えば

▼ 丁寧なり~ (3, 0.1%)

1 和漢の, 寐衣とて, 殊に剃刀

▼ 丁寧でも~ (2, 0.1%)

1 なければ, 彼の

▼ 丁寧で捗~ (2, 0.1%)

2 びは

▼ 丁寧にと~ (2, 0.1%)

1 いうよりは, やった

▼ 丁寧には~ (2, 0.1%)

1 されは, 云って

▼ 丁寧~ (2, 0.1%)

1 あすこからと, 慇懃も

▼ 丁寧反覆~ (2, 0.1%)

1 に研究, 思う所

▼ 丁寧女性~ (2, 0.1%)

2 に対してもの

▼ 丁寧過ぎ~ (2, 0.1%)

1 て謝, やしない

▼ 丁寧過ぎた~ (2, 0.1%)

1 と思った, ような

▼1* [42件]

丁寧かつ親切で, 丁寧きわまるものである, 丁寧さまに, 丁寧さ位よりとるべき, 丁寧すぎて謝った, 丁寧すぎましたか, 丁寧すぎますね, 丁寧だってえないねえ, 丁寧づくめ謙遜づく, 丁寧であったりし, 丁寧であらねばならない, 丁寧であるらしいが婦人, 丁寧でしたが器用, 丁寧でなく二度目に, 丁寧で好んでこの, 丁寧で思ひやりのある, 丁寧で見ていられる, 丁寧という辞に, 丁寧ながら鋭い聲, 丁寧な云い方を, 丁寧な撫で方であった, 丁寧な添え手紙が, 丁寧にがちゃんと錠, 丁寧にとり扱ふ, 丁寧によけながらモスク, 丁寧らしくそしてが, 丁寧ニ刻ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, 丁寧千万なこと, 丁寧周密一些事たりとも, 丁寧ほ足袋, 丁寧は粗放, 丁寧心切を極めて, 丁寧を深める, 丁寧懇切に起される, 丁寧成事にて彼宅, 丁寧松事松吉である, 丁寧正確に彫刻, 丁寧ももらさぬ, 丁寧清潔その他我国に於, 丁寧秘密厳守料金低廉あくまで良心的, 丁寧綿密にその, 丁寧語即対話敬語のす