青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ハッ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ドア~ ドイツ~ ドン~ ナイフ~ ナニ~ ナポレオン~ ニ~ ノート~ ハ~ ハイ~
ハッ~
~ハッキリ ハッキリ~ バス~ パイ~ パチ~ パッ~ パリ~ パリー~ ~パン パン~

「ハッ~」 2404, 23ppm, 5008位

▼ ハッ~ (1822, 75.8%)

265 して 82 した 66 したよう 61 気が 56 思って 44 息を 31 しました 30 眼を 25 顔色を 24 胸を 23 思うと 21 思った, 顔を 18 驚いて 17 なって, 気がついて, 身を 14 したが, 気がついた 13 した様子, われに 12 思う間, 目を 11 我に 9 する, 気を 8 したの, した様, 我れ, 手を 7 吾に, 呼吸を, 首を 6 口を, 大息を, 思う間もなく 5 あること, しながら, 思ったが, 思ったの, 気がついたの, 眼が 4 した瞬間, すると, 思いました, 愕いた, 正気に, 目が, 立ちすくんで, 頭を, 驚きました

3 [22件] したこと, したもの, したらしかった, しましたが, するの, するほど, それに, なると, 仰天した, 吐胸を, 小圓太, 思い当ったの, 思うま, 思つた, 気づいた, 立ち止まった, 立ち縮みました, 答えに, 自分の, 足を, 駭いた, 驚いた

2 [71件] ある事, おどろいて, させた, させられた, したとき, したひろげられた味瓜畑, したらしい, したらしく, した心持, した風, しましたよ, しまして, すること, するよう, する様, せざるを, せし風情, そのこと, その場, なった, ふりかえると, 両手を, 云って, 今松, 全身を, 動悸を, 吾れ, 呼吸が, 固くなっ, 夢から, 彼の, 彼は, 心を, 思いついて, 思いて, 思いながら, 思いましたよ, 思い当ること, 思う, 思うよう, 思う暇, 思った瞬間, 思ふと, 思ふ間, 息が, 愕い, 或る, 打ち据えられたよう, 振りかえっ, 振向くと, 次郎吉は, 正気を, 気がついたよう, 気がついた時, 気の, 私を, 立ちすくみました, 立ち竦みました, 立止った, 胆を, 胸に, 色を, 荒い息, 身が, 身構えを, 面を, 飛上った, 駭い, 驚いた様子, 驚いた葉, 驚きましたが

1 [552件 抜粋] あえぎながら, あえぐ丹波, あがって, あげた, あっけに, ある考え, ある致命的, いうよう, いすくんだ, いたしました, いたしましたが, いって, うやうやしく頭, うろたえた, うろたえたけれど, おどろかないでは, おびえが, おもいだしました, お喋りを, お園, お感じ, お雪ちゃんは, お驚き, かくれて, かけ斜め, きづけば, さすがに, さすの, させたばかり, させた拍子, させた様, させた程, させて, させないでは, させられたの, させられたよう, させられた事, させる訳, さました, さも苦し, されたこと, されたふう, したお, したか, したから, したきり, しただけの, したでしょうが, したには, したのよ, したものの, したよ, したようす, したらしくそういう, したらしくみるみる, したらしく二人, したらしく恐怖, したらしく立ち上って, したらしく顔色, したん, した一人, した一瞬間, した予感, した口, した品夫, した平馬, した座間, した思い, した態, した態度, した樣, した次, した気もち, した私, した足元, した途端, した面持, した顔, した黒吉, してな, しど, しないでは, しながらも, しましたけれども, しましたわ, し弁償, し彼女, し持ちあげて, し気, すくんだ, するころ, するという, するには, するね, するま, するもの, する方, する時, する間, せずには, そこへ, その御, その袖, その足, それへ, たじろぐ瞬間, ただ一つ, たちますと, つきながら, ときめきの, とびあがりました, とめて, なさりは, なったと, なったとき, なった女達, なにかに, なにかを, なりド, なり絵筆, なり鋭い, ひき息に, ひびきました, ひらめくもの, ひれふすと, ひれ伏して, びっくりされ, ふとい息, ふりあおぐ, ふりほどかれて, ふり返っ, また呼吸, また小さく, むささびが, よろめいた, わたしは, ハンカチで, バタチカンは, ピストルの, 一かたまり, 一同が, 一歩あとに, 一礼を, 一足さがった, 一足退いた, 一郎の, 万年青から, 万斛の, 不意を, 両手で, 二階を, 云う犬, 云う間, 今の, 今まで, 仕切へ, 位牌堂の, 何か, 何かの, 何ものかに, 何ものかを, 何やら吐胸, 何事か, 何事かに, 俯伏せし, 俯伏せしま, 僕自身の, 兀頭が, 内へ, 冷水を, 分ったという, 切込んだ一転瞬, 刎ね, 前に, 助六は, 半巾で, 半蔵の, 危険を, 叫んで, 名人の, 吐きだされる苦悩, 吐く荒い, 吐息し, 吐息を, 向合う, 呼吸も, 唇の, 喘いだの, 喘ぐよう, 噴出し, 困惑の, 固唾を, 圓太郎は, 坐って, 声を, 外へ, 多津吉, 失いかけて, 威厳に, 嬉し相, 小次郎は, 居ずまいを, 居眠りから, 屍体から, 島君は, 左膳が, 差俯向い, 平伏いたし, 平次に, 平次の, 平次も, 幻滅を, 幽かに, 広太郎, 床の, 度を, 度胆を, 強直した, 当惑した, 当惑したらしかった, 形を, 影も, 彼から, 後方へ, 後退りに, 心づいたよう, 心附き, 心附て, 思い, 思いあたること, 思いあたるもの, 思いあわせたの, 思いついたの, 思い其の, 思い出した, 思い出したの, 思い出し最大速力, 思い出すの, 思い大変学問, 思い当ったから, 思い当った風, 思い当って, 思い当るもの, 思い当る様子, 思い流星, 思い腹, 思い軽い, 思うて, 思うところ, 思うとたんに, 思うほど, 思う中, 思う人々, 思う刹那ルパン, 思う眼, 思う途端, 思う鮮血, 思えば, 思ったこと, 思ったそして, 思ったとき, 思ったので, 思ったまでは, 思ったもの, 思ったらしい, 思ったらしく探偵用道具, 思った一刹那, 思った怖, 思った拍子, 思った時, 思った眼, 思った私, 思った腹, 思った途端, 思った風, 思へば, 思わずには, 思わず大きい, 思わず気, 思わず赤面, 急に, 恐れたから, 恐れ驚いたまま吹上, 恐怖の, 息をの, 悟って, 悟り, 悲しくなり, 意識が, 愕きたれ, 感じた小保内, 感じられるよう, 感づきました, 感動した, 我が酔眼, 我ながら, 戸胸へ, 打たれたもの, 打ちます, 持直そうと, 振りかえった, 振りかえる間, 振りむい, 振向いた, 掌へ, 掛け声を, 推量する, 撥を, 支いた, 放すと, 政友本, 敬二と, 新十郎, 明るくした, 明智の, 昏倒し, 暗闇に, 来たの, 柄手を, 柔かに, 様子が, 機械の, 欄干に, 正気づいた, 正気づかれた, 正面へ, 殿の, 気がついたとき, 気がついたな, 気がついたらあたり, 気がついたらしくのぞくよう, 気がついたら何事, 気がついた程, 気が付きました, 気が付きましたな, 気づいたよう, 気づいたらしい娘, 気づいた時, 気づいた殺気, 気づいて, 気づき客, 気付いた, 気付いた頼母, 気付いて, 気合いを, 気合を, 気竦み, 気色ばんだが, 気附いた, 氣が, 泣き伏しぬ, 涙の, 深いため息, 滑るところ, 火の, 燃え立つ緋, 片傍, 物に, 狼狽し, 狼狽した, 狼狽の, 現実に, 田山白雲の, 申し合わせたよう, 畳に, 病犬の, 白い息, 皆ここに, 皆は, 目まいを, 目覚めた, 眉を, 真綿に, 眠りから, 眠りを, 眼ざめた, 眼に, 眼へ, 眼覚める, 眼醒める, 硬直した, 私が, 私の, 私は, 種ヶ島の, 空間に, 突き飛し, 窓の, 立ちあがりました, 立ちすくんだ, 立ち杉戸, 立ち止つた, 立ち止まったり, 立ち止まつて, 立ち竦んだ, 立ち竦んだ時, 立ち竦んで, 立って, 立上っ, 立佇まった, 立止っ, 立止まった, 立止まりました, 立止りました, 立直るところ, 立竦ん, 立竦んだ, 立縮みました, 竦みながら, 笑い出し丸髷, 笑った, 笑子が, 答えて, 絶え入りぬ, 絶れ, 緊張した, 老婆は, 耳まで, 耳を, 聞こえるほど, 肝を, 肩で, 肩を, 背筋を, 胸で, 胸の, 胸ふさがり, 胸騒ぎが, 膝を, 致した事, 致しました, 色めいて, 苦しげ, 草地の, 落ちて, 薄気味悪く聞えた, 藤波の, 表情を, 袖口で, 見ますに, 見る間, 見合った双者, 視線を, 覚ましたの, 覚めた, 観衆の, 言葉を, 赤いほ, 赧く, 起きた, 踏み止まりました, 躍り上った, 身に, 身の, 身構えました, 身震を, 返事を, 逃げ出したくなった, 途切れたの, 途方には, 運転手を, 醒めたよう, 鉾を, 鋭く抜かう, 錯誤に, 開く, 開くと, 隠れ忍んで, 離れた二人, 電気に, 青くなった, 面の, 面白いと, 響きましたよ, 飛びのくと, 飛び放れて, 飛起きる, 馬の, 驚いたこと, 驚いたところ, 驚いたの, 驚いたものの, 驚いたよう, 驚いたらしかったが, 驚いた右衛門, 驚いた若, 驚いた鳴海, 驚かされて, 驚かされる, 驚きしかど, 驚きながらに, 驚きました母親, 驚き二, 驚き拇指, 驚き目を, 驚くか, 驚くを, 驚く島君, 驚ろく, 驚愕の

▼ ハッハッ~ (182, 7.6%)

16 と息 6 そいつは, と大息 4 と呼吸, 何を 3 こいつは, 何が 2 これは, と荒い, ハア, 馬鹿な, 驚いたか

1 [130件] いいかい, いかがでげす, いって, いや雌, お前も, お尽くしなされ, お母アお前, お気の毒, お解り, が併, ここへ, こりゃ可笑しい, これくらい, これで, これも, こんな言葉, ごもっとも, ご所望次第, ご用に, その気, その連判状, それでこそ, それに, それは, それも, そんなこ, そんなこと, そんなそんな馬鹿, だが世間付き合い, つまらないこと, では佐竹侯, とあえぎ, とあえぐ, という, というかけ声, というせわしい, というはげしい, という息づかい, という男, という笑声, とさも, とつき, とはく息, とんだ洒落, とんだ無礼, とんでもない, と云う, と反響, と叫ん, と吐きだされる, と吐く, と喘いだ, と喘ぎ, と喘ぐ, と外, と幽か, と引く, と政友, と気, と火, と獣, と病犬, と白い, と笑い出し, と笑った, と絶, と聞える, と聞こえる, と肩, と苦し, と薄気味悪く, と赤い, と返事, どんなもの, なるほど猿轡, ひとの, まアそういった, むきに, よいとも, エッヘッヘックックックッピッピッピッ, ハッハッハその, ハッハッハなけなし, ハッハハハハ, ヘッヘッヘッそれを, 一番間抜けな, 何んで, 俺も, 兄上は, 八が, 八にも, 八五郎に, 八五郎も, 割れは, 可哀そうや, 君は, 呼びましょうかな, 困った男, 変な, 変わった性質, 大丈夫で, 女勘助男とは, 巾着切りに, 彦左ヱ門おこった, 御心配, 怒っては, 恋に, 息を, 愚にも, 手が, 気の毒だ, 気を, 泣いてや, 物を, 猿轡が, 獣の, 珍な, 異います, 発狂する, 知らなかったろう, 窮屈の, 笑っちゃ, 行って, 討てたら討て, 返り討ちだ, 追い慕って, 逃げて, 邪推でござる, 面白いこと, 驚いたかい, 驚いたろうあわてて

▼ ハッハッハッ~ (70, 2.9%)

4 そいつは 3 と大息 2 と呼吸, 驚いたか

1 [59件] いいかい, いや雌, お前も, お尽くしなされ, が併, こいつは, ここへ, こりゃ可笑しい, これは, これも, こんな言葉, ご所望次第, その気, それは, そんなこ, だが世間付き合い, つまらないこと, とんでもない, と喘ぎ, と幽か, と引く, と息, と気, と絶, と荒い, どんなもの, なるほど猿轡, まアそういった, むきに, ハッハハハハ, 一番間抜けな, 何が, 兄上は, 八が, 八にも, 八五郎に, 八五郎も, 割れは, 可哀そうや, 君は, 呼びましょうかな, 困った男, 巾着切りに, 彦左ヱ門おこった, 手が, 気を, 泣いてや, 物を, 異います, 窮屈の, 笑っちゃ, 行って, 返り討ちだ, 逃げて, 邪推でござる, 面白いこと, 馬鹿な, 驚いたかい, 驚いたろうあわてて

▼ ハッコツ~ (23, 1.0%)

2 とお, へ一人

1 [19件] から一歩機転, がどうしても, というところ, という人, という呼び名, とだけは知る, とはどういう, とはどこ, と呼びならわした, と読ませた, と読みました, と読む, なんて名前, にし, の呼び名, の方, の音, は何, へ向け

▼ ハッ~ (22, 0.9%)

2 とそれ, と投げつけた

1 [18件] とうつ, とか, とからみついた, とばかりこちら, とばかり相手, とばかり赤星, と割る, と受け止めた, と射返した, と小手, と打ちました, と斬られ, と木ベエ, と突きだし, と胸, と許, と鏃, ハッシ

▼ ハッとばかりに~ (14, 0.6%)

1 [14件] 取縋る流石, 大地へ, 奇異の, 恟り致しました, 振り返った, 横へ, 気が付いて, 溜息を, 顔を, 飛び起きて, 驚いたらしい, 驚いて, 驚き, 驚きましたが

▼ ハッハッハッハッ~ (13, 0.5%)

1 [13件] いや雌, こいつは, こりゃ可笑しい, その気, だが世間付き合い, と呼吸, と喘ぎ, と気, なるほど猿轡, 兄上は, 君は, 逃げて, 驚いたかい

▼ ハッハッハッハ~ (12, 0.5%)

2 こいつは 1 いや罪は, その乞食, それは, なけなしの, ハッハッハッ, 上にも, 人の, 君は, 大将は, 峰丹波今に

▼ ハッこれ~ (7, 0.3%)

1 くらいで, で八, に持参, に控え, は冗談, は参った, も結構

▼ ハッという~ (7, 0.3%)

1 かけ声ただ, せわしい呼吸, はげしい息づかい, 息づかいいよいよ, 息を, 男の, 笑声が

▼ ハッ~ (7, 0.3%)

2 を云う 1 が不思議, が慢心, が贅沢, をいう, をつまらない

▼ ハッそいつ~ (6, 0.2%)

2 はよかっ 1 は丁寧, は上出来, は大笑い, は平次親分

▼ ハッとばかり~ (6, 0.2%)

1 固くなっ, 固くなった, 固唾を, 息が, 自分自身の, 鞍へ

▼ ハッ~ (5, 0.2%)

1 尽くしなされよ, 母アお前の, 気の毒千万, 美夜太夫, 解りに

▼ ハッそれ~ (5, 0.2%)

1 でこそ義士, にし, は, は宜, もよかろ

▼ ハッそう~ (4, 0.2%)

1 だったか, 云われましては, 言えば, 言われて

▼ ハッハッそう~ (4, 0.2%)

1 だったか, 云われましては, 言えば, 言われて

▼ ハッこいつ~ (3, 0.1%)

1 は困る, は大笑い, は手前

▼ ハッその~ (3, 0.1%)

1 儀は, 気で, 連判状と

▼ ハッ~ (3, 0.1%)

1 とポルポラ, なんかが, の臨床助手

▼ ハッタイ粉~ (3, 0.1%)

1 が入っ, だとか, をなつかしん

▼ ハットウ~ (3, 0.1%)

1 という語, と謂っ, は多分

▼ ハッ驚いた~ (3, 0.1%)

1 か, かい, か平次

▼ ハッ~ (2, 0.1%)

1 もっとも, 所望次第

▼ ハッそんな~ (2, 0.1%)

1 こた, ことでござる

▼ ハッ~ (2, 0.1%)

1 下さいね, 日中でも

▼ ハッとんだ~ (2, 0.1%)

1 洒落っ, 無礼を

▼ ハッまあ~ (2, 0.1%)

1 ええわ, 怒るな

▼ ハッやはり~ (2, 0.1%)

1 あの第四輌目, 命が

▼ ハッガード~ (2, 0.1%)

1 の作品, の探険談

▼ ハッタイ~ (2, 0.1%)

1 とはまったく, と謂う

▼ ハッチェリー~ (2, 0.1%)

2 へ案内

▼ ハットン市~ (2, 0.1%)

2 に在る

▼ ハッハッまあ~ (2, 0.1%)

1 ええわ, 怒るな

▼ ハッハックショイ~ (2, 0.1%)

2 あったら口

▼ ハッハッハッそう~ (2, 0.1%)

1 言えば, 言われて

▼ ハッハッハッまあ~ (2, 0.1%)

1 ええわ, 怒るな

▼ ハッ~ (2, 0.1%)

1 がそんな, にも叔母さん

▼ ハッ八五郎~ (2, 0.1%)

1 にきめ付けられる, も大層

▼ ハッ兵隊さん~ (2, 0.1%)

2 だな

▼ ハッ御召~ (2, 0.1%)

1 しでございましたか, しで御座いますか

▼ ハッ馬鹿~ (2, 0.1%)

2 な奴

▼1* [139件]

ハッいいかい, ハッいかがでげす, ハッいってみれ, ハッいや雌が, ハッうまくやって, ハッお前もそう, ハッ併し, ハッきり眼をあけ, ハッここへ虎, ハッこりゃ可笑しいハッハッハッ, ハッこんな言葉を, ハッご用に立ちましょう, ハッさては梶子殿には, ハッさようさよう三十五になんか, ハッしっかりといえ, ハッする程険しい, ハッその間いろいろの, ハッそれ程の器量, ハッそんなそんな馬鹿な, ハッたしかに左手だけの, ハッだが世間付き合いが, ハッつまらないことを, ハッでは佐竹侯また, ハッでもこの暑, ハッとうとうやったね, ハッとからだが, ハッときもをひやした, ハッとは思いますけれども, ハッとんでもない儀, ハッどうだい, ハッどんなものだ, ハッなるほど猿轡を, ハッひとの皿, ハッまことにさよう拙者は, ハッまさにそのとおり, ハッまた逢いましたな, ハッまアそういったよう, ハッむきになる, ハッもう一ついきましょう, ハッもっとも贋金遣いを, ハッよいともよい, ハッよくわかりまして, ハッよっぽど俺の, ハッよほど閉口した, ハッエッヘッヘックックックッピッピッピッ, ハッキリとして白く, ハッケイハッキなどといい, ハッシ升田白番で十目, ハッシ庭前の石, ハッセイしたテイキアツ, ハッセ教授の下, ハットン夫人は検事総長, ハットン市全部の人心, ハットン未亡人とはどちら, ハッハアと笑っ, ハッハッさては梶子殿には, ハッハッさようさよう三十五になんか, ハッハッしっかりといえ, ハッハッそれ程の器量, ハッハッとうとうやったね, ハッハッどうだい, ハッハッまことにさよう拙者は, ハッハッまた逢いましたな, ハッハッもう一ついきましょう, ハッハッもっとも贋金遣いを, ハッハッやはり命が, ハッハッよっぽど俺の, ハッハッよほど閉口した, ハッハッハお袋なんかそれ, ハッハッハッしっかりといえ, ハッハッハッもっとも贋金遣いを, ハッハッハッやはり命が, ハッハッハッよっぽど俺の, ハッハッハッよほど閉口した, ハッハッハッハッハッこりゃ可笑しい, ハッハッハッハッハッハッこりゃ可笑しい, ハッハッハッ何と云うこと, ハッハッパッと手, ハッハッ何と云うこと, ハッハッ大層悟りやがったな, ハッバードか, ハッパッと手, ハッヘッヘッヘッそれを天狗, ハッ一番間抜けなの, ハッ世良田と別天王, ハッ五万円先ずこれ位, ハッ五万円先づ此位のもの, ハッ何と云うこと, ハッ何んでも, ハッもこんな, ハッ兄上は中風, ハッ割れはしなかった, ハッ勿体至極もない, ハッ占めたと思った, ハッ可哀そうや可哀そう, ハッは動物学, ハッ呼びましょうかな, ハッ嚔酔漢は細い, ハッ困った男だ, ハッなご時世, ハッ変わった性質で, ハッ大丈夫で, ハッ大層悟りやがったな, ハッ女勘助男とは見えぬ, ハッ委細わかりまして, ハッ彌で, ハッ小官は今, ハッ巾着切りにやられた, ハッ彦左ヱ門おこったか, ハッ心配なさらず, ハッ怒ってはいけない, ハッにふれ, ハッ恐れ乍ら申上げます, ハッを切らし, ハッにもつかない, ハッが廻った, ハッ承知いたしました, ハッ拙者はもう, ハッの褒, ハッ有難い仕合せ私も, ハッ来たとくりゃ, ハッを悪く, ハッ気の毒だな, ハッ泣いてやがる, ハッを理詰め, ハッ猿轡が気に入らない, ハッの呼吸, ハッなもの, ハッ異いますよ, ハッ発狂する, ハッ窮屈のよう, ハッ笑っちゃ気の毒, ハッ行ってしまった, ハッ返り討ちだアーッ, ハッ追い慕っている, ハッ逃げて行きました, ハッ邪推でござるよ, ハッ面白いことを, ハッ驚いたろうあわてて逃げた