青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ろ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

れなかった~ れなけれ~ れぬ~ れね~ れました~ れます~ れよう~ ~れる れる~ ~ろ
ろ~
ろう~ ~わ わ~ ~わかっ わかっ~ ~わかった わかった~ ~わからない わからない~ ~わからなかった

「ろ~」 18007, 173ppm, 597位

▼ ろ~ (3148, 17.5%)

110 立って 89 して 20 かくれて 17 口を, 組んで 15 控えて, 身を 14 隠れて 13 まわして, 坐って 12 まわって 11 なって, 廻って, 来て 10 ついて, 聞きながら 8 入れて, 手を 7 人の, 山を, 廻して, 立った 6 しみて, それを, 姿を, 近づいて, 迫って, 連れて

5 [12件] いて, いるの, かばって, ずむ, なつて, 埋れて, 引いて, 従えて, 聞いて, 腰を, 見わけること, 隠して

4 [26件] いた, くっついて, した, しゃがんで, ひいて, まわった, 下りて, 両手を, 人のけ, 光って, 出て, 動いて, 吹来つて, 彼の, 残して, 消えて, 突いて, 続いて, 聞えた, 胸を, 見える光りの, 足音が, 隠れた, 霞んで, 頭を, 顔を

3 [46件] あって, ある, あるの, いいだしました, おいて, かくれるよう, かばいました, したがって, したまま, すわって, つづいて, ねて, ひかえて, 一人の, 並んで, 乗せて, 二つの, 人が, 人を, 僕の, 切火打か, 回って, 垂れて, 声が, 寝て, 小さくなっ, 席を, 廻りて, 持って, 晴れて, 歩を, 燃えて, 盃を, 目を, 眼を, 私の, 空に, 突っ立っ, 置いて, 聞いた, 聴いて, 見て, 退った, 音も, 首を, 黒い影

2 [169件] あり, あるはず, ある青い, いた一人, いた子供, いつ来た, いても, いる男, かがんで, かぎりなき, かくして, かくすやう, かくすよう, かくれた, かばいながら, これを, さがった, さがって, したり, した此, しばられて, そつと, そらせて, それから, それが, たおれて, たって, たなびく雲, ちぢこまって, つけて, とび退った, なだらかな, なった, なるまで, ねては, のせて, のびて, ひっくり, ひとりの, ほそき木, ぼやけて, まわした両手, まわりました, もたせかけて, ヌッと, ポケットから, 一ノ関が, 一本の, 丁度大きな, 並んだ, 之を, 乗って, 云った, 人間が, 付いて, 付き纏って, 佇んで, 位置し, 住んで, 何か, 何の, 來る, 侍立し, 倒れて, 備えて, 僅の, 入れると, 其一片の, 凭れて, 動き始めた, 反らして, 右手を, 吉原の, 向いて, 向けて, 向って, 哀を, 坐った, 奇異な, 女の, 寄席が, 寒い, 居た一人, 差して, 床しき思ひ, 庭下駄の, 廻したまま, 廻った, 引きそって, 引き返す, 当って, 彩色画の, 彼を, 待つて, 後図を, 従えながら, 從へながら, 忍ばせて, 息を, 患者を, 感じながら, 接近し, 政治改革の, 日の, 昔し, 春の, 歩みを, 残って, 沈んで, 流されて, 流れて, 涙を, 漉き小屋, 照らして, 照りかげり揺れ, 畏まって, 異様な, 目が, 短刀を, 石を, 磯五の, 空中に, 立ったまま, 立つて, 立停り, 笑ふ, 組みひとり家, 結びて, 続く人々, 線香を, 聞きながして, 聞き流して, 聳えて, 背後の, 背負って, 胸の, 腥く覺, 膝を, 自分が, 若い男, 莨に, 落ちて, 葬った, 蓮池あり, 薪を, 行って, 見せて, 語を, 説て, 護衛の, 足が, 足を, 跟い, 迫りながら, 追いついて, 連れた背, 進んで, 酒を, 金絲で, 門の, 開いて, 随え, 隠れたよう, 隠れました, 隠れるよう, 集まりました, 雪ぞ, 響いて, 馬の

1 [2040件 抜粋] あああの, あかりを, あたるん, あった鉱石戸棚, あのチョビ安, あるある柄, あるとは, あるニッケル, ある仏壇, ある大, ある椎の木, ある無線電信, ある西洋館, あわただしい跫音, いたたくさん, いたふたり, いたトラ十, いた五人, いた侍, いた右馬介, いた小林少年, いた木曾, いた渡辺悦之進, いた登, いた関羽, いっしょに, いつもの, いやな, いるぞ, いるやつ, いる万右衛門, いる兵隊, いる宇乃, いる年少, いる旗手, いる民部, いる良人, いる魔人, うけて, うつむいて, えのき, おき尊氏, おしやると, おりました, お団子, お燕, かかりて, かきがねを, かくれたま, かくれました, かけた鍋, かすかな, かたまり合う, かなり多量, からだを, きき足早, きて, くもった空, こだませり, この山崎, この辺, これに, こんな話, さがったかと, さげたまま, さすや, しがみついて, したがえながら, したの, しながら, しのび寄り自分, しばりつけられて, しまして, しょって, しを, し湖水, じっと坐っ, すこしはね, すべりおり, する足, ずむと言, せまって, せよ確實, そっと立っ, その充実, その爺, その輪郭, そらすよう, それて, たたずんで, たてこもって, たばねて, たれ黒, ちょっと疵, ついてたが, ついに京都, つくるの, つづく大通り, つながれやがて, できるだけ体, とびのいた, とりのこされました, どうと, どれほどの, ながくひき, なったが, なった柳, なで上げ眼鏡, ならしゃって, なりて, なり大学, な日, ねじあげて, ねじ込んで, のけぞって, のこりましたにんずは, のばして, はいった飲水, はためく軍艦旗, はねとばされたの, ひいた腰, ひかるなり, ひきましたが, ひそんで, ひっぱりこまれて, ひれ伏して, ぴたりと, ふりかえって, ふわりと, ぶらさがつた, ほうきの, ぼうばいたる, またいっ, まつわりついて, まはりし, まわされしっかり, まわしての, まわしデスク, まわす方, まわった二, まわりしが, まわり肩, むかひて, むすび附けた包, もうもうと砂けむり, もう一遍口, もたせかけた, やくして, やつて, よごれた個所, よみがへ, よろこんで, よろめいて, わが右, ゐるの, ゑへるひとごゝろ, ウィスキイを, ガラスが, ゴリラが, ソッと, テントの, ハネ上げ, フォーシュルヴァンと, ボクの, マルコの, 一ぴきの, 一二度唸つた, 一句が, 一方は, 一見高貴, 丈吉少年も, 三ふくろご, 三人立たされ, 三番の, 上向けに, 下って, 不安が, 並ぶん, 中村吉右衛門が, 主が, 乗せました, 二ツほど, 二本の, 云つて, 亡父の, 人影が, 仕度にとりか, 令嬢を, 仰向けに, 伯爵隊長が, 似す父君母君, 位置を, 体を, 佩刀を, 保の, 倒れ歌, 傾ぐ思は積む雪, 先生も, 光る孤影, 入った三味線, 入る時, 入れたり, 入れてるん, 入れ臣洪信, 八葉の, 兵を, 其一角に, 其間を, 凄艶, 出せ, 出でぬ山, 出張所側の, 刃を, 刎ねた, 制した, 割竹を, 助太刀し, 勝ちほこった川内警部, 北ノ, 半泣き, 又元, 反省が, 取っつくよう, 口に, 右の, 同伴者らしい, 向きなおって, 向け, 吸ひ, 吹来つて水波起らず, 周囲の, 哀れで, 啼ける蟋蟀, 喫って, 嘶き来たれば, 四つの, 四肢に, 囲うと, 在るよう, 地蔵様が, 坐りそして, 垂らした上, 垂らすか, 垂れると, 塩田大尉の, 夕雲の, 大きい車, 大きな掻き, 大きな鉢, 大学の, 大船から, 天守閣と, 太刀持用人与力同心徒事も, 奥の, 女を, 子供の, 実は抵当, 家を, 富士が, 寝た眼, 小さい一枚畑, 小さな祠, 小林少年と, 小錢, 尻もちを, 居たり, 居る一組, 屏風が, 屹立し, 川を, 左腰を, 差置きわな, 席に, 帽子を, 平突くばっ, 幽かな, 広びろと, 庇って, 床几場を, 建て込んだ下町, 廻し私, 廻ろう, 引いた, 引きおろされて, 引きそうよう, 引く, 引っ込んで, 弟を, 当たって, 当りますし, 彼が, 待ちかまえて, 後來, 従いて, 從ひ, 徳川勢が, 心を, 忍び寄ると, 患者が, 想ひ起し, 憐れみの, 懐中に, 戀しき, 戸を, 手に, 払いのけ水晶, 投げること, 抱かれ心豊か, 押し開くる音, 挙ったかと, 振り向いて, 振返り, 捨てられて, 捻じ込むと, 控えた彼ら, 描き, 支えて, 教授の, 敵の, 断られたが, 新川堤から, 於忘方由流可, 日覆布を, 明るい方, 明治卅年の, 時々珍しい, 暗い空, 曇って, 書役が, 月は, 朝日昇りたる, 束ねて, 果なき, 柴山と, 棒を, 棟梁の, 楼門の, 横たわって, 歎き, 正木博士を, 歩んで, 残した六本, 殘り, 民族の, 水の, 永いこと, 汚な, 油断なく, 洩れて, 流れ込んだ, 浮き上がらせて, 海見える, 消散す, 添いながら, 満開の, 漫々たる, 火が, 烽火山と, 無理に, 照し, 爆発した, 片方の, 物色し, 狭い家じゅう, 玄徳は, 琉球政治家の, 生じ身, 画いて, 畑が, 當時の, 白い顔, 百姓種蒔く, 直訴状執筆の, 相酌み, 眠らうと, 眼球が, 着物で, 砂丘が, 磨滅し, 私には, 秘めたが, 積み重ねた紺足袋, 突きだし両手, 突つ立つ, 窓は, 立ちそう, 立ちどまって, 立ち上って, 立ち直る, 立ったの, 立った狩衣, 立つたま, 立て懸けて, 竹中春岳という, 答えたの, 糸を, 組み, 組みなんだか, 組み雨, 結び, 絡みつきまだ, 続き出したので, 続く面々, 縛られたまま, 縞蛇の, 置かれ受け身, 老いて, 耳は, 聞きまた, 聞こえて, 育って, 背負いながら, 胡瓜の, 脊負つてゐた, 腰かけて, 自分だけが, 自己の, 興を, 艦中の, 芳一に, 苦るしむ, 草鞋の, 萎びた手, 落すと, 著いて, 薄らいで, 蛙が, 蟻田博士の, 衝っ立った, 襖が, 西瓜船を, 見えなくなれば, 見える光, 見つけて, 見渡された, 観念し, 訊問を, 話は, 語り出しました, 説明した, 誰かが, 豪傑笑ひ, 貼りつけて, 赤い小さな, 走らせた, 起きて, 起った, 越中の, 跳剣一下し, 身ぢかくせまっ, 身は, 辷らして, 近く迫っ, 近よった, 近寄ると, 迫る人, 追い払われるに, 退きとって, 退って, 逃げ足立った, 途絶えて, 進みよったよう, 遠い昔, 遠く暗い, 遠のく, 都の, 重る二重, 金も, 釣り始める, 鍵の, 長戸検事の, 開いた, 開く, 開会の, 降ろしながら, 随い, 隠しその, 隠す, 隠れたまま, 隱れ, 集まって, 離して, 雲が, 電信課の, 霞んだ, 青葉山を, 響いた, 頭だけ, 顔は, 颯爽として, 飛びのくよう, 飛ぶ刀身, 馬馬の, 高くなり, 魚かごを, 鳴りひびきその, 麥畑が, 黒い背, 黙々と寝間着, 黙然と

▼ ろ~ (1882, 10.5%)

51 方に 50 方で 42 方へ 35 方から 24 ほうで 22 壁に 21 ほうから 20 中に, 席に 18 ほうへ 14 ほうに 13 方の 12 山の 10 山に, 窓から 9 中へ, 壁には, 方を 8 中の 7 やみの, 中から, 荷物を, 襖を 6 ほうの, ような, トランクの, 中で, 席で, 扉を, 方は, 襖が, 駕籠から 5 ドアを, 崖が, 戸を, 林の, 森の

4 [14件] そばに, ところに, ほうを, ま, ネズミだ, 上に, 壁の, 文句を, 方には, 板が, 柱に, 窓の, 窓を, 障子を

3 [40件] とこに, ところを, ふすま, やうに, やみに, んに, ドアが, ネズミです, 上を, 丘に, 前に, 土手の, 地面に, 壁ぎわに, 天気輪の, 字を, 山から, 山へ, 川の, 席の, 座席に, 戸が, 扉が, 挨拶で, 方まで, 春の, 机に, 机の, 松の, 棚から, 椅子に, 水を, 秘密, 者へ, 赴くま, 足を, 金を, 闇の, 障子が, 雪の

2 [91件] あごの, ある, うれしや, お艶, そばの, つきぬべきまでと, なかで, なかの, はうで, ほうには, ものを, ように, わきで, われなれ, 一人は, 丘の, 中では, 中は, 井戸から, 傍の, 入口から, 十六, 十手の, 口の, 口を, 台に, 土に, 壁は, 壁へ, 壁を, 大きい石塔, 大人も, 寄宿舎は, 山二つに, 山脈では, 山際に, 崖の, 巨き, 巨大な, 幕を, 座席から, 座席を, 庭は, 廊下から, 所に, 挨拶です, 文句と, 断崖の, 方からも, 方だ, 方面に, 月が, 木の, 桟敷に, 森へ, 樣にな, 横で, 横町を, 樹蔭へ, 沼に, 洞窟の, 滝の, 火は, 男に, 男は, 砂山に, 秀才は, 秘密の, 秘密を, 空が, 空氣に, 笹で, 線が, 羽目板には, 者の, 者を, 聲は, 肉が, 芦の, 落葉を, 表面が, 財布を, 車に, 車の, 連れを, 道には, 道にも, 野原さ, 階段から, 霜や, 食べ過ぎかね

1 [1020件 抜粋] あいさつである, あさきなりけり, あたりう, あめ, ありかを, あるよう, ある女, いたまない暇, いたらねば, いつとは, うしろまで, うたひ, うちは, うんた, おくれたの, おちましたの, お婆さんは, お母さんを, お高祖頭巾, かかとに, かげりを, かたちに, きよの間へ, くさむら, ぐあいから判ずれ, こうもりが, ことである, ことなんか, ことを, ごとく万, さえずりを, ざれ歌, せがれでした, せまいすき, その御用駕籠, そばには, そりに, それぞれの, たこに, たを, ついたまま, つづらへ, つめたく白い空, と, ところの, とばしりを, と言, ないの, なかに, ながし湯, においを, ねずみだ, ねずみと, はうに, はなと, はるの, ふとんおもたく, へやには, へんには, ほうからは, ほうへは, ほかに, ほとりも, まっ黒戸棚の, まよいでは, まろい, もうすっかり明け, もたれへ, やさかの, やつは, やるせなさ, ようで, よきをば, れんがが, れんがのかべは, わきから, わたしに, ウマが, カタログ中から, カーテンを, ガラス戸棚には, ガンたちが, コンクリートのかべ, ジャックに, ソフアで, ダビットへ, テエブルだ, トランクが, トラ十の, ドアから, ドアの, ネズミが, ネズミという, バンパーの, プロレタリアであれ, ベネディクトの, ボタンに, ボールドには, ヨシ子ちゃんの, 一だ, 一団から, 一挺で, 一番大きい, 一部分は, 三日月の, 上には, 上へ, 不断は, 世界の, 丘へでも, 中と, 中国路で, 乱擾に, 二人, 二台とは, 二重扉は, 交る, 人よも, 人影を, 人足も, 人間の, 今迄, 仮面を, 仲間を, 住居へ, 侍臣たちへ, 傷を, 僕を, 光, 児も, 入つた缶, 入り口には, 入口の, 入道雲の, 兵の, 内も, 円柱の, 出入り口へ, 出来て, 制度は, 前へ, 劉高を, 北には, 半島が, 卒伍から, 原っぱに, 古いん, 台地は, 右足が, 和訳について, 唄と, 唇に, 啼くさびし, 四号車との, 団子焼の, 土塀を, 坪に, 垂幕を, 執事らしい, 堤内地の, 塗料で, 塵も, 墓地には, 壁かざりを, 壁ぎわには, 壁との, 壁紙と, 声だった, 声に, 外套に, 大きな杉, 大刀を, 大書院の, 天地かな, 天氣輪の, 夫西銘松三氏の, 女を, 奴かなと, 奴に, 妹に, 子どもらを, 子供等は, 学者が, 安間了現を, 実を, 客席から, 家に, 家より, 密林に, 寺の, 小さい客間, 小さな畑, 小冠者へ, 小姓に, 小姓組の, 小松原の, 小流れ, 小部屋, 小高い岡, 少しばかり, 少年たちに, 尾花の, 屋根の, 山いたる, 山では, 山の端近く, 山を, 山伝いに, 山岳を, 山路を, 岡が, 岩かげへ, 岩に, 岸に, 峰に, 崖へ, 嶮峻は, 川に, 川水と, 左右には, 席から, 席は, 席を, 帯戸を, 幌が, 幡が, 年とった, 広場へ, 床には, 床の間から, 床の間の, 床几に, 店で, 座席の, 座敷の, 庭を, 康子に, 建物に, 影の, 影を, 後から, 御国安く, 怪物が, 態度で, 慾の, 戸は, 戸口に, 戸口を, 戸棚の, 所から, 扉にあたって, 打開に, 扱いを, 押入から, 押入れで, 持ちぬし, 持ちぬしの, 挨拶それから, 挨拶な, 掌に, 撞木杖を, 敵か, 敵は, 文句が, 斜面にな, 断崖から, 方からは, 方つまり, 方にもの, 方ほど, 方もう少し, 旗本たちの, 日月の, 明神山へ, 春雨や, 暖かい連中, 暗い物蔭, 暗くなりゆく, 暗やみから, 暗号の, 曲り角を, 書だ, 月, 月の, 月光に, 木々の, 木の葉の, 木を, 木蔭まで, 木魚は, 本箱の, 松に, 松の木の, 松岡や, 松林に, 板に, 板の間で, 板戸を, 板橋を, 林これは, 林へ, 枯れ枝の, 枯れ芝山, 柱時計でも, 柵へ, 桃の, 桔梗が, 棚に, 森はずれの, 椅子で, 様々の, 樹木が, 樹陰へ, 櫺子窓を, 次ぎの, 正面だ, 歯, 死体を, 毒の, 気懸りであるらしかった, 水の上に, 水瓶から, 池水を, 汽罐室に, 沢村さんが, 沼へ, 洞穴の, 浅ましき耳, 浴衣の, 海をけ, 深ければ, 淺ましき, 清けさ, 渡り, 源十郎へ, 潤いが, 瀬川に, 火が, 灰色の, 煙出しからは, 煙草入から, 煮える音, 爪かはから, 物入れには, 狭い三角形, 狼軍を, 猿も, 生物の, 用水桶の, 田の, 男の, 町家の, 畑の, 畑地の, 番号を, 疲れ煩い, 白樺の, 眞ン中へ, 眼に, 眼目である, 石壁には, 砂原の, 硝子戸に, 磧へ, 秋の, 秘密が, 秘密は, 種子を, 空から, 空には, 空も, 空地に, 窓からは, 窓な, 窓下には, 立ち木の, 竹束に, 笑い声が, 笹葉の, 筒城の, 米庫を, 紐は, 紙巻の, 細道を, 絵は, 縁側を, 繊維を, 群を, 翅に, 翼を, 老公を, 者は, 胆吹の, 背を, 胴と, 胸壁の, 自分の, 自動車では, 自然かな, 臭の, 芝居に, 花, 花は, 花盛りだ, 若葉に, 茨の, 茶棚に, 茶色の, 草原で, 荒物を, 荷台から, 荷物入れに, 萬分の, 葉を, 葱畑に, 蔀に, 薄暗い中, 藁屋の, 藤堂子爵の, 蘆間の, 虹の, 行燈を, 衣装部屋へ, 表現で, 袋の, 袴白足袋の, 裏門へ, 裾濃の, 襖へ, 西洋建物の, 覚一へ, 話し声と, 警官たちを, 谺を, 財布から, 赤い城壁, 趣くま, 足跡が, 足音も, 跫音へ, 踝なれ, 車には, 農夫たちは, 近くに, 通りの, 連中に, 遊三の, 道ばたに, 違い棚へ, 遠くに, 遠くの, 部将たちへ, 酋長だ, 重箱が, 鉄ば, 銀杏だの, 鎖駕籠の, 鏡で, 鏡に, 鏡も, 鏡臺じゆくじゆく, 門から, 闇が, 隊は, 階段の, 階段をの, 障子から, 障子の, 隱らく惜しも, 雑木林の, 雪や, 雲, 霧の, 青洋服, 音が, 頁から, 頭を, 頭髪の, 風よ, 風呂谷南が, 飾帯を, 首筋の, 馬の, 馭者に, 駕籠で, 駕籠を, 高いところ, 高い席, 高台に, 高城詰城まで, 髮は, 鬱蒼たる, 鳥と, 鶉へ, 鹿の, 麹町十一丁目の, 黄金板を, 黒い影, 黒い海水着, 黒駒の

▼ ろしい~ (1502, 8.3%)

22 ことを 21 ものが 19 ものは 18 ことだ 15 のは 13 ことが, 顔を 12 目に 11 ものだ, ものに, ものを 10 ことに 9 ものです, 気が 8 ことで, やうな 7 のか, のだ, ものの 6 ことでございます, ことの, ことは, ものである, 形相を 5 ことじゃ, ことです, ようにも, 勢いで, 夢を, 姿を, 言葉を

4 [13件] か, ことも, ぞ, ということ, と思った, わい, 声で, 夢に, 悪魔の, 秘密を, 話を, 音が, 風が

3 [33件] ことだろう, ことである, といっ, と思いました, な, ので, のです, もので, ような, 予感に, 事を, 人だ, 人に, 人の, 力が, 力で, 力に, 力の, 叫び声を, 形を, 形相の, 心を, 性質の, 決心を, 波の, 物の, 物を, 目で, 目を, 眼に, 眼を, 顔つきを, 顔に

2 [71件] うちにも, からここ, くらいで, こと, ことかも, ことであった, ことでした, という, といふ, と思い, にきまっ, のだろう, のである, のと, のも, ものでございます, ものと, やうにも, ように, 不安が, 不安に, 乱壊転変の, 予感が, 事が, 事だ, 人が, 光景を, 冬が, 出来事が, 出来事な, 出来事の, 力を, 勢で, 噂を, 声を, 夜が, 夜の, 夢の, 奴です, 妄想に, 嫉妬の, 幻影に, 復讐の, 復讐を, 思を, 挿話を, 敵の, 敵を, 物が, 狼が, 疑惑を, 目つきを, 真実の, 眼から, 眼つきを, 眼で, 眼の, 経験を, 結果に, 考へが, 花の, 話です, 躍動を, 雲の, 雷雨に, 音を, 響きを, 顔が, 顔の, 魔神の, 魚が

1 [913件 抜粋] あの夜, あやかしが, あらしを, いびきだ, お人, お化けだ, お客さんは, お方と, お面, かもしれぬ, からすぐ, からだ, からである, から茅, がつて, きずなに, くらいでした, けれどもそれ, けんまくと, けんまくを, ことすら, ことだった, ことでござんす, ことで御座います, ことにでも, ことにも, ことばかりは, こと人を, しかし一世一代, そう思った, そして綺麗, ぞっとする, だけで, だにとして憎悪擯斥, というの, という様, といふやう, ところ, ところだ, ところと, ところは, としか言い, とは, とはちっとも, とはどういう, とは思はなかつた, とは本当に, とも恥, と将軍様, と心, と思ふ, と思われ, と言いましたろう, と誰, なあおじさん, などといいふらした, には違いありません, の, のが, のだった, のであった, のでかれ, のでござるかっ, のでせう, のでそれ, のでゆうべ, ので何, ので千枝松, ので小さく, ので気絶, ので鉄砲, のに, のに盗賊共, のを, ばかりぢ, ばかりのみだら, へびに, ほどすぐ, ほどに思い知った, ほどの形相, ほどよく, ほど冷めたい, ほど劇, ほど平気, ほど心配, ほど真剣, ほど自己, ほど身, ほど長い, までに据わっ, までに的確, みじめな, めを, ものかと, ものじゃと, ものだつた, ものであった, ものでなく, ものとも, ものも, やつが, やつで, よりもその, よりも嬉しい, ウードレーでございます, コレラが, スワンを, ツ, パリの, メフィストが, ライターの, 一夜は, 三つ目の, 不審の, 世の中の, 世界に, 予告を, 予感に対して, 予覚が, 予言と, 争闘が, 事でした, 事でしょう, 事ながら, 事に, 事の, 事も, 事件には, 事実を, 事物には, 二人の, 人じゃ, 人です, 人は, 人智の, 人殺しという, 人殺しの, 人物だ, 人間が, 仁王の, 仕置きを, 仮装舞踏会で, 会話を, 伝説さえも, 伯五郎の, 体が, 体験だった, 体験と, 何ものかに, 何者も, 例としては, 傷を, 光り物を, 光景が, 光景に, 全く弁信さん, 冒險が, 処だ, 処で, 凶事の, 出来事であった, 出来事に, 出来事も, 出来心に, 刃物なんぞを, 刑罰を, 剣幕で, 剣法は, 力だ, 動揺に, 動物が, 勝手に, 勢ひ, 勢ひで両手を, 化けものが, 化物を, 化生の, 千束町の, 卯平と, 厄年であった, 取沙汰も, 口は, 口を, 口吻で, 司権者と, 名であった, 含満ヶ渕を, 吹雪, 吹雪の, 呪の, 味方が, 哲学を, 唯一の, 問題, 嘔き, 因果関係に, 国な, 圧迫を, 執念では, 執念の, 場所へ, 墓場であった, 墓場へ, 声が, 夜であった, 夜に, 夜を, 夢です, 夢は, 夢や, 大きな羽音, 大声だった, 大敵じゃ, 大蛇が, 大難関, 天罰だらう, 奇術の, 奥さまに, 女だ, 女だろう, 女は, 女犯で, 女難, 奴だろう, 奴は, 奴を, 妖女でした, 妖花が, 姿が, 姿でした, 威力を, 婆さんの, 婿は, 嫉妬を, 子を, 実例を, 宮女なら, 家です, 宿命が, 宿命に, 密猟船を, 寝台の, 対象な, 山径を, 嵐で, 嵐の, 巨大な, 幻に, 幻想の, 幽霊である, 廻り合せに, 弱点であった, 形想で, 影が, 後宮という, 微かな, 微細な, 心に, 心は, 念いを, 怖ろ, 思いも, 思いを, 急流である, 怪物の, 怪談が, 恐ろしい気, 悟空の, 悪に, 悪党である, 悪徳だ, 悪戯である, 悪業かという, 悪漢は, 悪魔を, 悲劇役者が, 悲惨な終わり, 惨めさ努力などの, 惨劇を, 惨虐性犯罪者, 想像が, 意味で, 意味を, 感じに, 感化と, 感情, 慄える, 懺悔を, 戦場を, 戦慄的な, 戸が, 所が, 所では, 手で, 手の, 打撃を, 打着かり合いである, 披露, 探究を, 故に群馬栃木二県, 故郷ね, 教師が, 教師は, 料簡を, 方, 方へ, 旋風に, 早口を, 昨夜の, 景色だった, 暗くて, 暗礁から, 暗黒が, 暴風と, 暴風雨と, 更にそれ, 未来も, 果実が, 格闘が, 格闘を, 榴弾砲や, 権幕で, 横柄な, 武器の, 歯が, 殺人まで, 殺人模様を, 殺気が, 毒が, 毒念が, 毒薬で, 毒薬の, 毒血が, 民も, 気は, 気もちで, 水筒な, 水筒にだけは, 沈黙が, 法の, 注射に, 浪でございましたろう, 海を, 消息を, 渡世を, 溜息を, 激昂状態で, 火焔が, 火焔や, 灰色の, 災禍が, 烈しい風, 無理押付で, 煙に, 煙の, 爪を, 物たるより, 物でも, 物らしい, 物音を, 牽引で, 犬が, 犯罪に, 狩猟の, 猛者では, 猿や, 王さまで, 理想を, 生命力を, 生活だ, 田舎などには, 男では, 異常な, 疑惑に, 病気だ, 発見だつた, 皮肉と, 目つきだ, 目やら, 盲目の, 相手だ, 相手では, 省線電車の, 真剣味が, 真新しい災難, 眼が, 眼し, 瞋恚に, 瞬間が, 瞬間でした, 瞬間の, 短刀, 礫には, 神の, 神祕力の, 神罰が, 祟を, 禍いを, 禍でない, 秋が, 秘密だ, 秘密性を, 空想です, 空氣鼠たちの, 竜巻が, 節奏が, 精神上の, 精神錯乱の, 終りを, 結果が, 結果を, 絶叫を, 線を, 繰返しである, 罠の, 罪の, 罪科に, 罰を, 羞恥を, 老女から, 者ある, 者なら, 者を, 者絶体に, 肚を, 背の, 胸が, 脳髄が, 自責後悔それを, 芸者が, 苦患が, 苦悶を, 荒業を, 葛藤と, 蔭を, 薄莫迦, 蛮人もを, 血統が, 行脚の, 表情に, 表情を, 見聞を, 覚悟が, 言い伝えの, 言葉だ, 言葉に, 計画を, 記憶が, 話の, 誘惑から, 語調で, 警鐘は, 譴責の, 谷に, 貪婪な, 身の, 車や, 軍医を, 輪廻だろう, 迄緊張, 追憶が, 運命から, 運命の, 運命を, 違いが, 遺伝の, 都を, 重みだ, 野性が, 野獣が, 野獣の, 長い名前, 阿鼻叫喚の, 雄叫びは, 雲が, 雲を, 雷鳴が, 電気看板は, 静寂の, 面相, 靴を, 響を, 顔し, 顔と, 顔は, 顔色を, 顰ツ面を, 風の音は, 風巻に, 驚嘆すべき, 骸骨の, 鬼の, 鬼界ヶ島その, 魅惑の, 魔道から, 鰐や, 鷲鼻の, 黒い影, 黒い重苦しい騒々しい翅, 黴菌とやらを

▼ ろから~ (1446, 8.0%)

37 声を 24 ついて 16 見て 12 手を 9 歩いて 8 肩を, 見ると 7 彼の, 組みついて 6 出て, 来て, 顔を 5 その肩, 人の, 叫んだ, 財布を 4 ついて行った, とびついて, のぞいて, 彼を, 近づいて, 追って

3 [24件] さっきの, せまって, ちょいと, でて, とびかかって, ひとりの, ピストルを, 一人の, 不意に, 叫びました, 呼びとめました, 呼びとめられた, 大きな声, 女の, 彼に, 抱いて, 抱きすくめた, 抱きついて, 押すよう, 自分を, 足音が, 追っかけて, 飛んで, 首を

2 [94件] あまりさわぐ, いきなり, いきなり大きな, いった, えり首を, おおぜ, おされて, した, しっかりと, ず, ずと, そつと, それを, そんな男, だれか, つかつかと, つけて, とびだして, どなった, ぱっと飛びかかっ, ふいに, まっ赤, やさしく正吉, わっと, コツコツと, ジリジリと, ソッと, ヌッと, ヌーッと, ヒョイと, 一ぴきの, 中村警部と, 二人を, 人が, 何か, 何かを, 例の, 出して, 前へ, 取り出した途端, 右の, 呼びかけた, 呼びかけた声, 呼びかけて, 呼びかけられた, 塩花を, 声が, 大きな手, 大廻し, 女給が, 嫉妬の, 寝巻を, 小走りに, 少年たちの, 尾い, 帆村が, 恥いつた, 抱きおこした, 抱きすくめて, 押されて, 来た元気, 来る三人, 横からと, 理助の, 白いもの, 白熊の, 眺めて, 着せかけて, 知り合, 禅僧が, 私の, 紙入を, 聞こえました, 肩越しに, 背伸びを, 自分の, 若い女, 草履の, 血が, 行って, 袈裟がけに, 袴の, 覗いて, 覗かせて, 覗きこん, 誰かが, 走り寄っ, 追いかけて, 追いついて, 這入って, 鉄砲を, 頭を, 馬鹿囃子, 駈けて

1 [996件 抜粋] あいだ二十間ほど, あの死んだ, あの赤い, あらわれた警官隊, あらわれ前, いう与五郎, いきなりびっくり, いきなり云, いきなり前, いきなり肩, いそいで, いって, いやどこ, うけて, う山木, おいでと, おさえられその, おしたり, おすよう, おそるおそる進ん, おとうさんの, おばあさんを, およいで, および腰, お呼びに, お辞儀に, かかって, かけだしました, かぶさって, からかったり, かるく背中, かれら, がんじ, きこえた, きみの, くっついて, くるの, こう云った, こう問う, ここを, こっそりと, このふしぎ, この手紙, こわごわ背伸び, さけびました, ささやくよう, さした傘, さし込み式に, さっきからの, さッ, しがみついた, しっかりだきしめ, しゃべりかけて, じいさんの, じっととうもろこし, じっと睨めつけ, じゅずつなぎで, せまりました, そう呼ん, そっとしのびよっ, そっとつい, そっとついて行きます, そっとのぞきみた, そっと声, そっと引いた, そっと忍び, そっと支え, そっと良人, そのポケット, その喉もと, その敵, その白綾, その腰, その豊, それぞれピストルを, そろ, そんなさけび, そッと, たずねると, だきかかえる, だしぬけに, だれかに, ちゃんとみ, ちょろちょろと, つ, ついて行く, つかみかかって, つき落としたの, ていねいに, とうとうと金鼓, とてつもなく大きな, とびだしたカニ, とびつき片手, とんで, どっと吹きつけ, どやしつけられて, どんとつきあげた, どんとぶつかっ, なお叫ん, なぐられたらしい, におって, ぬ我が, ねらって, のぞいたの, のぞきますと, のび上った竿, はいだして, はさみうつの, はだしで, ばさばさと, ひしひしと, ひた押しに, ひつぱるのでした, ひょいと胴体, びつこをひきながらついていきました, ふくさ, ふたたび姿, ぶち抜い, ぶつと, ぼんやりてらし, ぽきぽきと, ぽんと, まともに, むしゃぶりついて, もう一つ, もしもしと, ものすごいいきおい, やったもの, やつて, やられたうしろ袈裟, ゆく瘠せた細面, よくいたずら, よびかけた, よびかけられた, よんだ, わざと足数, キャラコさんが, キュッキュッと, グワッと, ケラケラと, ゴリラ奴が, シャツと, ジインと, スケッチ, スミ子ちゃんが, ゾウを, ダーッと, チョコチョコと, テントの, ドンと, ノコノコつい, バアーと, バックされ, バラ, バンドつきの, パッと, ピストルの, ボソボソと, ポンと, リボンで, 一だいの, 一つが, 一つ提灯, 一伍一什拝見し, 一刀浴びせつける, 一名こう, 一太刀ずつ, 一封の, 一本の, 一槍を, 三分の一の, 三助が, 三郎が, 上着を, 下駄で, 両手を, 乗用に, 二つの, 二名の, 云った, 五人が, 人間の, 今は, 代る代る扇子, 伍一が, 伝九郎の, 伸びあがっ, 体を, 何が, 侍の, 俺が, 俺も, 僕の, 優しい女, 兄様の, 光子さんに, 八丁ばかりの, 兼吉に, 出した, 出した手紙, 出たに, 切断された, 刑事室へ, 判を, 利三に, 前から, 劒で, 力いっぱいなぐりつけた, 助けおこし腕に, 包まれる, 十二三の, 半分吸った, 博士に, 厚い褥, 叔母の, 取り出した, 取り巻いて, 取押えて, 叫ばれた, 右門の, 同じよう, 名を, 名前を, 后の, 君枝の, 吹きつけて, 吹き払って, 呶鳴りつける, 呼ばわった, 呼びかけられて, 呼びかける声, 呼びとめられるなんて, 呼び止められましたので, 呼ぶもの, 呼んで, 咽を, 喉輪の, 四人に, 四方を, 囲って, 圭吾の, 地を, 城太郎は, 声援である, 大きなふろしき, 大儀そうにぞ, 大声に, 太い声, 太陽の, 女が, 女中の, 好みを, 妻に, 子どもの, 安芸の, 宙を, 室生さん見, 家中の, 寄り添った二ツ, 射かけたが, 尋ねずには, 小さく叫んだ, 小さな少女, 小ばしり, 小林君を, 小男が, 小突きながら, 少しはみ出た, 少し遠ざか, 少年に, 尾けて, 岡村七郎兵衛が, 巧みに, 差廻した, 平助に, 平次に, 庄司弁吉が, 廉子に, 引いた, 引っとらえ, 引張り出して, 弦の, 張飛の, 強く吹き当てる, 影男の, 彼女が, 律が, 後頭部を, 忍びよって, 忍び足に, 忍んで, 怒鳴り付けられたので, 思うさま勘作, 思わぬ猛, 怪物が, 恐怖に, 意外にも, 慕いよった, 懐中電灯を, 我々は, 戟を, 扇子の, 手帳を, 手燭を, 抑え和田, 投げつけたの, 投げ付けると, 抜いたの, 抜き刀を, 抱えて, 抱きかかえた, 抱きすくめようと, 抱きついた手, 抱きついた者, 抱きとめた, 抱きとめるよう, 抱き支えられて, 抱き緊め, 抱き起こすよう, 押えなさるかも, 押されそう, 押しつけて, 押し入れて, 押し出しやがて, 押すやう, 拝見し, 拳大の, 持ちながら, 挙動の, 掴まえて, 携帯用, 撲りかかった, 支えて, 故郷の, 斬って, 斬りかけそう, 斬りつけて, 斯んな, 日傘を, 日本左衛門の, 昇つて來た, 明智の, 暮れかける, 最早や, 木戸池小屋の, 本艇を, 来たトラック, 来た例, 来た男, 来は, 来る光井, 来る馬上, 松火の, 林之助を, 柴田の, 栄二が, 栄二を, 椀を, 横から, 欠伸笑いを, 歌いかけるの, 此の, 歩みよる私, 気を, 法外老人と, 浪人の, 浴びせて, 湧き, 激しい馬蹄, 火酒の, 煙草入を, 照りつける日光, 熊が, 爆発する, 父親の, 片手を, 現れた, 生徒二人の, 田沼先生と, 番附様の, 白いつめえり服, 白と, 盃を, 目を, 目隠しを, 眉を, 眺めた, 眺める背, 督戦に, 知れないよう, 砂を, 祇園荘を, 禿が, 私を, 突いた拳, 突かれて, 突き落されたので, 突っ掛け, 突嗟の, 突然, 突然に, 立ちあがった顎十郎, 立つと, 竹童を, 第七軍, 粉雪を, 紐の, 組みついたの, 組みつかれたので, 組みつかれ口, 組み止め, 結婚式の, 締めた, 締め直して, 繰り出す捕繩, 羽が, 羽交い締めに, 羽織らせる, 翼の, 聞えたので, 聞える気, 聞こえると, 肩越に, 背光を, 脅かしながら, 脳天を, 腰を, 船員の, 花手拭で, 荊州へ, 葉子の, 薬草の, 虎の, 蛇の, 行き濡衣, 衝と, 袈裟掛けに, 裾を, 襦袢を, 襲われたらしく二三春, 見えないもの, 見える首すじ, 見た, 見たの, 見つけ出された, 見ますと, 見る彼, 覗き込ん, 覗こうとして, 話しかけた, 誰か, 警官の, 豹が, 走った, 走りだしそう, 走る度びにうなづいてゐる, 足助主, 足柄警官が, 跳びつきかけた藪田, 躍りかかった白刃, 身を, 軽く母親, 辻野氏の, 近寄った一人, 迫った, 迫って, 追いかけながら, 追いつかみその, 追い付いた, 追い駈けるよう, 追って来た, 追ひ駈けられる, 送り狼が, 逆攻めを, 通行人の, 道を, 酔つた足どりで, 金色の, 鉄甲武者が, 鋭いナイフ, 鍛冶屋の, 長田の, 開けて, 陶器製の, 階段を, 雷の, 青い火, 頼朝を, 飛びかかった, 飛び出した銀磨き, 首だけ, 馬を, 馬鹿力で, 駆って, 駕籠かきを, 驚かぬ程, 鬼の, 黄母衣が, 黄金豹が, 黒塗りの

▼ ろ~ (1150, 6.4%)

34 ふりかえって 33 向いて 19 見せて 17 見ると 16 見て 14 ふりかえった, ふりむいて 13 振り返って 11 ふりむきました, 振り向いて 9 むいて, 振り向くと 8 振り返った 7 ふりむいた, ふり向いた, 向いた, 向くと 6 のぞいて, 手に, 持って, 振りかえって, 振り向いた, 振返って, 見た 5 つけて, 吐きなよ, 向けて, 振りかえった, 歩いて, 見かえりながら 4 ふりむくと, 振り顧, 振向いて, 掻いた, 通って, 通りながら

3 [30件] つかったり, ふりかえったが, ふりかえりながら, ふりかえると, ふりむきますと, ふり向くと, ふり返っ, まわって, みて, むくと, トンと, 向けば, 抱いて, 指さしました, 振りむくと, 振返った, 救って, 衝いて, 見せた例, 見せては, 見たが, 見ないで, 見なかった, 見ながら, 見ました, 見ますと, 見まわした, 見る, 見れば, 見送って

2 [66件] あけて, おさえて, お閉め, かいた, かしく書く, こいで, こぐの, こめて, さがして, さぐつて, したとこ, しみじみと, しょって, つけべ, ふりむきながら, ふりむくこと, ふり向いたの, ふり向いて, ふり返った, ふり返ると, むいたの, テーブルの, 仰げば, 出して, 助けて, 十手で, 吐かせて, 吐きな, 吐けッ, 向いたとき, 向かなかった, 吹くとき, 囲って, 塗って, 思ふ, 手で, 払った, 指さした, 指さして, 指さしながら, 指した, 振りかえる, 振りむいた, 振り向いたが, 振り返つて, 振り返らずには, 振り返りながら, 振返ると, 振顧, 掻き, 求めて, 眉に, 知つてゐる, 碎いて, 見か, 見かえった, 見かえると, 見たり, 見ては, 見ましたら土神, 見返って, 見返りながら, 解いて, 解せむと, 面に, 顧みて

1 [596件 抜粋] あいつに, あけわたして, あさ, あつめる, あてに, あらためて七月二日, あらわして, いつの間に読んだ, いろいろに, うちつけうんと, おいて, おおって, おき, おせめなされ, お助かり, お助け, お助けくだされ, お助け下, お寄せなさる, お見でない, お誘ひした, かえて, かえりみる余裕, かかえられ夜風, かけて, かしきも, かしくも, かしく披露し, かしく讀み通させました, かついで, かつぎ急いで, かぶせて, かぶって, かまえて, きめごたついても, くすぐったからです, くつろげて, くぼめて, くまなく, ぐいと撫で, ぐるっと大, ぐんぐん切りまわし, こぎ抜けた私, こぼして, ご覧, さがすの, さげたり, さげて, さした, さすと, さへ, さまよ, さらけ出すの, さらしたの, さらして, した, した古い, した女, した小鳥, した襖, して, しめる, しょい杖, しょうじまして, しょっては, すかして, すくひ, すくひ出し, すこしこぼし, すっかりはらい落とし, すっかり膨らせ, せおって, せは, せめおとした一方, その顔, それからゆっくり, たとへ, たひらに, たべました, たれか, だきだすその, ちょっと振り返っ, ちょっと振向い, ちょっと見, ちょっと見返った, つかった, つかんで, つきますそう, つけたり, つけた反, つけるの, つなぐしろ, つんで, とおって, とおりすぎて, とおりすぎました, とおるあいだ, とりだしました, とりまいて, とんとんと, どらす, どる, ながめました, にげのび府中, ぬけて, ぬったり, のぞいたり, のぞきました, のろのろと, はかせましょうか, はかりかねて, はけッ, はらってと, ぱたぱた通る, ひっ払って, ひるがえして, ふくらませた隆造, ふりか, ふりかえったり, ふりかえった怪塔王, ふりかえり, ふりかえりざま, ふりかえりました, ふりかえりますと, ふりかえり追手, ふりかえること, ふりかえるの, ふりかへ, ふりむいたの, ふりむいたらあまり, ふりむいたり, ふりむかないで, ふりむきふりむき走って, ふりむきも, ふりむくの, ふりむくのに, ふり向いたかと, ふり向かうとは, ふり向きました, ふり返つて, ぶちまけて, まくりあげて, またもやチャラピタ, まはつ, まわりながら, みせて, みた, みだりに犯した, みだれた半, むきました, むきむき水車, むけば, めぐりたくさん, もたせかけ仰向け, もって, もつ大, やっと助かった, ゆるして, よく見ます, わたしに, んな, テーブルに, ペタペタと, ポンと, 一台の, 一服めぐん, 一騎の, 七つ, 三つしか, 三つも, 中断し, 亀田新九郎横井弥兵衛の, 二つ三つつまん, 付けたよう, 付けて, 仰ぐと, 何万倍に, 作って, 使い分けながら, 使って, 保護室の, 出て, 利用し, 刺貫く, 前に, 助かったの, 助かって, 助けさせたの, 助けられたという, 助けられ夢見る心地, 包んで, 半分つけかけた, 南の, 取って, 取られては, 取りのけると, 取り止めたと, 取り片づけて, 取る, 取るだろう, 取ろうと, 叩くと, 合わされしずか, 吐いたか, 吐いたが, 吐いたの, 吐いて, 吐かして, 吐かせる手品, 吐きなせえ, 吐きましょうぜ, 吐くより, 吐け, 向いたすき, 向いたれば, 向いた途端, 向いちゃ, 向かせなかった, 向かない帆村, 向かなくとも, 向く, 向けい, 向けますます壁, 君に, 含めて, 味つた, 呼び止める女, 四十面相が, 回って, 囲む, 囲んで, 土瓶を, 塗り潰して, 塞ぎ織田, 売って, 大きくした, 奪るべし, 守って, 守護でも, 安置した, 察する事, 小走りについて, 少々御, 尾行て, 左腕の, 巻いた物, 巻かれる惧, 巻かれ夏侯惇, 庇うよう, 度々お, 庭へ, 廻って, 廻つて, 引きずって, 引取りに, 引継ぐ外, 弧を, 当て込んで, 御飯を, 心と, 心に, 忙しい往来, 思つた, 惹くため, 愛し得べき筈, 手にとって, 手探りし, 払いはじめた, 払って, 投げつけました, 抜けて, 披露とは, 抱きだした, 押へ, 拔いた, 拔け, 招いて, 括って, 拭きながら, 振りかえっ, 振りかえり, 振りかえると, 振りかえる勇気, 振りかへ, 振りむくこと, 振り仰ぐと, 振り向いたとき, 振り向いたので, 振り向いたり, 振り向いた時, 振り向かせた私, 振り向き, 振り向きそう, 振り向きました, 振り向き何ごと, 振り向く訳, 振り向けまい, 振り返ったが, 振り返ったら見付けられたかも, 振り返っては, 振り返り家人, 振り返り振返りして, 振り返る, 振向いたと, 振向いたとき, 振向かぬ様, 振向きました, 振向く餘裕, 振返ったと, 振返つて, 振返るとか, 振返るよう, 捨てて, 捨てるの, 捲上げて, 掠めて, 探つて白墨, 探りながら, 探りましたが, 探るよう, 掴みのしかかるよう, 掻きながら, 揀んで, 提出し, 援くる, 撫でて, 救はれ, 救われ期せずして, 敷きつかなみ, 断ち或いは, 断って, 暴し, 曝して, 曝しはじめた, 曝しました, 曝す憂き目, 月てらす, 本と, 本尊の, 朶ませ, 来る, 枕に, 染め直す余裕, 桶や, 梯子を, 樂屋に, 残して, 殺しましたが, 気が, 汗の, 河が, 泣き覆らしめたもの, 洗って, 流れて, 清めたやう, 温かくし, 温め清めること, 測りつくし辿り尽くすこと能はず, 満面に, 焦立たされる, 照した, 燃やしてたそう, 狂いなかっ, 狙つたのか, 狙ふ, 狭いので, 生ぜしめし, 田圃に, 病気見舞いに, 痛がる, 盡くす, 眉いっぱいに, 眞珠の, 着よと, 知って, 知つてゐた, 知つて居る, 知らない, 短く刈り上げ, 砂利と, 示し, 示す柔和, 祖母は, 積んで, 空に, 突きくずし乱軍, 突けと, 窺いその, 素早く覗い, 肥して, 背にの, 胸に, 脅かされて, 脅かされよ, 脅かす良将, 脇の, 脱れた, 膨まし, 膨らませて, 荷厄介に, 著け, 衝いたの, 衝かば, 衝こうし, 襲われそう, 襲われて, 襲撃されたい, 見い見い走って, 見かえったほど, 見せおなじく, 見せた, 見せたおりん, 見せたん, 見せてと, 見せながら, 見せるか, 見せること, 見せるという, 見せるの, 見せるので, 見せ他, 見せ給, 見たこと, 見たとたん, 見たの, 見たらこれ, 見たらバートン, 見たら飛びついて, 見た忠相, 見た時, 見つけると, 見つめて, 見つめる, 見ないでは, 見ないよう, 見ながめました, 見ま, 見ますの, 見ようもの, 見られる極り, 見ること, 見るほか, 見ろ無電装置, 見入ったので, 見兼ねて, 見廻しながら, 見拔, 見林檎, 見返して, 見返ったかと, 見返ると, 見送つて, 見送ると, 覗きパン燒, 覗くと, 許した友, 調べたろう, 調べて, 識る, 護って, 護りながら, 走って, 走り過る電車, 赴くま, 跨ぎ, 蹈みつける, 辛うじて免れた, 追いかけた, 追うて, 逃げて, 逃れ去り, 逃れ得たと, 通った, 通つてまた, 通りすがった, 通りすぎる時, 通りぬけた, 通り天神池, 通り過ぎて, 通るとき, 通るの, 通ろうと, 道に, 選つて中流に, 閉めい, 閉めて, 閉めるの, 開けて, 離れて, 静めて, 顧み, 顧みずして, 顧みも, 飛んで, 飼へ, 飽くまで労, 首に, 鬼怒川が, 鳴らしながら, 黒鉛の

▼ ろ~ (1044, 5.8%)

28 廻って 24 手を 19 身を 17 まわって 14 来て 13 引いて 10 さがった 8 うしろへと 7 とびのいた, 入れて, 寄って 6 廻して, 廻った, 近づいて, 隠れた 5 まわして, まわった, 退いた, 隠れて 4 さがって, 向いて, 向って, 流れて, 行って, 退った

3 [14件] いって, し日, ついて, よろめいた, よろめく, 下った, 下って, 倒れた, 刎ね, 回って, 廻した, 廻っても, 逃げて, 飛んで

2 [50件] いった, かくし, かくして, きて, しさって, ずらせると, たおれた, たおれて, たの, とび退った, なでつけて, ぬ, のめりそう, はいって, はねて, ひっくりかえった, まわったぞ, まわる, まわると, もどって, よって, よろけて, ソッと, 両手を, 倒れそう, 入って, 出た, 出ること, 垂らして, 声を, 姿を, 庇うよう, 引きかえそうと, 押しやって, 挙げる艦, 振って, 流れ間もなく, 消えて, 目を, 立てて, 行った, 走って, 近づくと, 迫った, 迫って, 退いて, 退って, 這入って, 連れて, 隠した

1 [680件 抜粋] あてられた, いうと, いつて, うごく, おいて, おいといたのに, おうつし申し, おこしなされかの, おつきなされた, おとなふ, お投げつけ, お紅, お膳, かかって, かかり張翼, かきあげた, かきながら, かき上げられて, かき出す, かくすと, かくれこむ女, かくれて, かくれました, かけた辺り, かばった, かばって, かぶりついて, くづれる肉身, くるりと, くれぐれも短気, けってない, こそこそと, この便, この私, ころげこんで, ごろりとあおむけ, さがりそっぽ, さがりながら, さがり家, さがり栄二, さがる, さがるばかり, さげられた, さげ髪, さばこうとして, しがみついた, しさった, しずかに, しっかりしまった, しのびよったの, しまつて, しまひ, すぎし白雀, すたすたと, すっこめた, すっ飛んだ, すり寄って, ずらした, ずらした婆さん, ずらしながら, ずらすよう, ずらせて, そっと廻っ, そっと這い寄っ, そつくりか, その働き, その男, そらした, そらして, そらせて, そらせました, そり返ったまま, そるよう, たおれそう, たたんで, たてこもられました, た古賀, た老婆, ついたまま, つくした敗残, つらまっ, つられる関係上, とおざかって, とびおりようと, とびしさった, とびのいて, とび退いた, とび退いたくらい, どうしてきた, ない未來がき, ながれて, なびいて, なびく, にげこんだ, ねかせるよう, ねじあげて, ねじ向けた, ねじ込むの, のけぞって, のけ直立不動, のばして, のべて, はいったり, はいよりました, はいりこんで, はいれ, はい上がっ, はてたあの, はてつ, はてながら, はねた, はねのけて, はまって, ぱっと吹飛ばされる, ひいた, ひいた帯, ひきかえして, ひききめの, ひきさ, ひきさげられその, ひきずられて, ひきそれ, ひっかえした, ひっかえせ, ひっくり返りそう, ひっくり返ると, ひっくり返るという, ひっぱられ今, ひつくりかへ, ひろげくるっと, ふりかえって, ふりむくの, ほうり投げるよう, まきあげつつ, またこと, まつるに, まはっ, まはつ, まはりましたら, まわしかなし, まわした, まわした両手, まわした彼, まわし動物園, まわったの, まわりいきなり, まわりそれ, まわりました, まわります, まわり手, まわり草, まわり込もうと, まわれ, まわれッ, むかって, もういちどおじぎ, もう一台, もぐりこんで, もどったり, もどりながら, やって, やってきた, やって来て, よろけあった, よろけた, よろけた忍剣, よろける, よろめいた証拠, よろめいた金吾, よろめきました, ジッと, バッタリと, ヒックリか, ヒックリかえる, 一分ひく, 一歩退いた, 一角の, 万太郎が, 三人の, 下がるの, 下げ髪に, 下ったでも, 並んだ, 乗せて, 乗らないか, 二三歩さがり, 二歩さがった, 五十兩といふ, 人のけ, 仆れ, 仆れた, 今も, 今度こそは, 仰向いたと, 伸ばして, 伸ばしながら, 伸上っ, 來て, 倒れさうに, 倒れようと, 倒れる, 倚りかかった, 入ったが, 入ったこと, 入ったり, 入りこみ紙, 入りこんで, 入る前, 入れこの, 入れさて, 入れた悪女大姉, 入れては, 入れること, 入れ此事, 兩手を, 八五郎親分, 出たか, 出たの, 出よ, 出られる, 出るつもり, 出れば, 匕首の, 十二月眠りに, 反ったり, 反って, 反らして, 口繩を, 叫びつつ, 叫ぶ, 右の, 右へ, 吐き出した, 向かって, 向くと, 向けたが, 向つて溜息, 吹きとばされるよう, 呶鳴りつけた, 呼びかけた, 回る道, 坐ったの, 坐つた気配, 坐り秀吉, 垂れた, 垂れたほか, 垂れるの, 夏は, 外らせながら, 大迂回, 夫より, 女が, 字が, 寄りそれとなく, 寄り添って, 射して, 導いた, 届きそう, 工事課役の, 帰るの, 庇いながら, 床几を, 廻されて, 廻し空, 廻ったか, 廻ったが, 廻った敵, 廻つて, 廻つて二重トンビを, 廻りまして, 廻り器具, 廻り箇々, 廻り隠居, 廻り黙つて, 廻れますか, 廻ろう, 廻ろうと, 引かれた, 引かれたよう, 引かれた腰附, 引きずって, 引きずられながら, 引きもどされた, 引き倒そうと, 引き右, 引き戻そうと, 引け, 引っかえし, 引っくりかえ, 引っぱった, 引っぱるよう, 引っ掛けて, 引っ込んで, 引移る, 引金を, 弥勒が, 影は, 彼自身が, 往って, 後退りドッカと, 御あん, 御あんな, 忍ばせて, 忍びこんだうどん掛けが, 忍びやかな, 忍んで, 忽ち逃げのび, 急いで, 急迫し, 悠然として, 懐中電灯を, 戻そうと, 手が, 打っ倒れそう, 打倒れる, 投げかけて, 投げすてられて, 投げすてる, 投げつけた, 投げもどす, 投げる, 投げ出して, 投り込む, 抜けようと, 抱かれて, 抱きもどした, 押された, 押しこんで, 押しながら, 押しのけて, 押しもどされた, 押しやった, 押し当てた, 押し戻した, 押し込む者, 押入れて, 挟んだ, 振りかえった, 振りかけて, 振り向いた, 振り向き得たとき, 振返った, 振返りざま, 振返り大きな, 捲じ向け相, 捻じあげた, 捻り気味に, 捻込みながら, 接近し, 掻き上げて, 揺られて, 摺る, 撥ねキチン, 撫でつけて, 撫でる, 時に前, 時計の, 曲げられて, 曲つた, 曲り込んだ廊下, 来たこと, 来ると, 槍を, 死体を, 残して, 気を, 水でも, 没して, 泡立てた白身, 流して, 流れたので, 流れつつ, 流れました, 流れ落ちるの, 消えました, 深々と, 深くはまっ, 潜行させた, 激しく揺られ, 無法に, 片手を, 生々と, 皆集まった, 目が, 目くばせする, 着せかけようと, 突きこんだ, 突きだすやう, 突進した, 立ち寄って, 立った, 立って, 答えた, 管伴の, 組むと, 結びなり, 緊めあげ, 縛りあげて, 置いて, 聞き流して, 脇差だけを, 脚を, 草履か, 落し大, 落ちたので, 落ちて, 落ちると, 蝉の, 行かなくつたつて, 行き僕たち, 行くらん, 行く手, 行こう, 行つたと, 行つてし, 行に, 見廻して, 言った, 訊いた, 質屋の, 走った, 走りだしました, 走るよう, 足を, 跳び, 跼むとリノリューム, 踏みしめた左足, 蹌けて, 蹴って, 身構えを, 転んだ, 辷らせて, 迂回する, 迂回った, 近づいたとき, 迫ったが, 迫ったらしい, 迫った証拠, 迫る喊声, 迫ろうと, 迴すなり, 追いついた, 追いついて, 追いつめました, 追って行った, 追ッ, 退いた儘眼, 退かずに, 退かせい, 退がりかけて, 退き次, 退ぞ, 退り刀, 退却する, 退避する, 送られる, 送りながら, 逃げた, 逃げだすところ, 逃げました, 這いよって, 這い寄って, 通りか, 遁げようと, 運んで, 道中手形を, 避けて, 鍵を, 長くそらし, 長く垂れた, 門の, 間に, 附いちゃあ, 随え, 隠れたの, 隠れる, 隠れ二人, 雲の, 靡く, 頭を, 顎を, 風の, 飛びかかッ, 飛びこんだ, 飛びこんだが, 飛びしさった, 飛びのいて, 飛び出したの, 飛び去って, 飛び回って, 飛び込んで, 飛び退いた, 飛んだ, 飛込むだらう, 首を, 馬を, 駆けこもうと, 駆けつけると, 駆け廻った幾名, 駈込んで

▼ ろ~ (401, 2.2%)

9 声が 5 手を, 聞えた, 誰か 4 ふいに, 叫んで, 結んで, 聞えました, 見て 3 あらうと, 云って, 呶鳴った, 目を, 糸を, 組んで

2 [26件] いった, おたつ, お杉, ことり, する, とん, とんとんと, ひとりの, みょうな, ドアが, ハッハッハと, 二本の, 云いました, 人の, 何か, 叫んだの, 呼ぶ者, 大きな声, 息を, 異様な, 石灰の, 立って, 答えた, 聞こえた, 自分の, 黄いろに

1 [287件] あざ笑って, あだ, あちこちかけ廻っ, あつた, あつた島, あつまって, あの暗く, あらう, いきなりテテンテテン, いきなり中食, いくらぎゃあ, いちどきにガラス, いつの間にやら, いらっしゃいますかは, いる, えへん, おちづ, おどってばかり, おふくろさまを, おみやの, お直, お能, かすかな, かすかに, かたくむすん, かたまらせて, かたんかたんと, かわるがわるまるで沈ん, きこえましたわたし, くすりと, くすんくすん鼻, げら, げらげら嗤, この子, この様子, この紳士, こんな囁き声, こんな話, ござりました, ごとんご, さけんだ, ざくりざくりと, しっかりと, しばらく見物, しばられるとき, しまった, そういうこえ, そういう咳ばらい, そういう声, そっと眼, そのまま焼酎火, その人間, その様子, たとへ, だん, ちゃんと見, つっぱり返って, つぶやく人, とつぜんヒーッ, とめて, とんで, どなる声, どぶん, なずんだ後, なにか叫ぶ, なにか物, なに鳥か, にがわ, ぬかるんで, はげしい音, はござりませなん, はたはたと, はっきりとは, ばたばたと, ぱたんと扉の, ぱちりぱちりなにか, ひらひらさせ, ひらべったくなっ, ふんふんうなずい, ふんふんうなづい, ぶつぶついっ, ぶるぶるふるえ, ほんとに狸, ぽんぽんと, まことに見る, またぶつくさ, まっ黒に, まるめるは, みなお, むすんでよ, もうバス, ゆゑに, よごれるの, カチッと, キャッキャッと, キャラコさんが, クスリと, ダンダンという, ドアの, ドアを, ヌッと, フリーダが, ポンプの, マダムと, モジモジし, ヤ, リンリンと, 一切食や, 一喝耳を, 一直線に, 不作法を, 両手を, 並んで, 云いよう, 云った, 云ひました, 人のけ, 人声が, 今夜私の, 伊那丸が, 伸べられた, 何だかわけ, 何者かが, 係長の, 僕は, 冷かして, 出しながら, 割れ僕ら, 動かして, 包を, 十年の, 半三郎, 原田どのと, 又大きな, 口笛を, 叫び声が, 叫ぶ声, 合わせて, 吉田忠左衛門と, 吠えて, 呪うべき饒舌家, 呶鳴る, 呻き咽びつづけて, 呼ばわる声, 呼ぶとは, 呼んだ者, 呼子笛が, 喜歌劇見物は, 囃した, 固く結ぶ, 場長が, 塗りこく, 声を, 多市, 大いに笑った, 大きく笑った, 大喝が, 大西が, 夫婦が, 女の子の, 女中が, 妙子が, 小さくな, 小さな赤犬, 小使が, 小襖, 少女の, 居眠って, 屋敷つ, 巻きとめ臙脂色, 広場に, 引きちぎったよう, 弘子の, 張飛の, 待って, 悲しいやう, 愉快そうに, 意外な, 戸が, 戸田老人が, 手紙らしい, 押し太鼓, 拳骨を, 振の, 掻き立てた, 握り絞めて, 援護し, 新兵衛, 施しを, 暗黒が, 曲がって, 束ねた漆黒, 束ねた髪, 松尾が, 松木も, 枕を, 桑を, 榧野五助が, 次第に高い, 歌う声, 止めた者, 沢山の, 泣いて, 注射薬の, 泰馬の, 津浪の, 活溌な, 涙を, 温ため, 湯づけ, 湯殿への, 火が, 物音が, 犬の, 玄関を, 玉目三郎は, 琵琶湖の, 生きませう, 男どもの, 眼を, 石川兵庫介と, 祖母の, 突然そういう, 突然つんざく, 突然低い, 窓の, 立てたしゃくりの, 立てた人, 端正で, 笑った, 紐が, 細い眼, 組み合わせたあの, 組み合わせて, 結ぶもの, 綺麗な, 縦横に, 老人の, 老人は, 老母の, 耐えかねたよう, 耳に, 聞いたろう, 聞えたが, 聞えたじゃ, 聞えると, 聞く, 聞こえたよう, 聞こえて, 聞こえました, 聲が, 脈が, 膝を, 自分から, 舌ば, 舌打ちにつれて, 舌打を, 若い声, 若い長, 草が, 荒垣が, 薬籠持ちの, 虚脱した, 衣笠久左衛門が, 襖の, 襖を, 見よと, 解釈し, 話す話し声, 誘ったらすぐ, 赤城の, 足音が, 踏み消しながら, 返辞が, 遊んで, 遠慮ぶ, 鉄の, 閉ざされる格子戸, 閉った, 静かに, 餘程遲れ, 馬の, 高い鼻筋, 鬼が, 鳴って, 黄金色の, 龍平の

▼ ろ~ (383, 2.1%)

24 をし 7 ている, て眼 6 ていた 5 て飛び起きた, をする 4 て, てゐる, 顔を, 髪の 3 だが, てゐた, て見, をした, を直し, 眼を, 花を

2 [28件] ていらっしゃいました, てしまう, てふと, てふり, て二人, て何, て出来る, て医者, て已め, て急, て振り向く, て自分, て見せた, な, を直した, 光を, 彼奴を, 月夜, 歯を, 波が, 眼玉は, 紙の, 花の, 菜の花の, 蝶が, 袋は, 金貨の, 顔が

1 [236件] ことを, すばらしい人たち, だの, だま, だ気, ちゃいけない, つぶらな, てい, ています, ているらしかった, てお, ております, てからだ, てき, てし, てしまいました, てしまつたの, てしまひました, てしまふ, てすぐ, てそして, てその, てなほ遠く, てなんぼ, てにはか, てのたりのたり, てまた, てゐない, てウロウロ, てニャーン, て一寸, て一散, て二, て云, て云った, て余, て余処, て健三, て其場, て前足, て叫び, て吾輩, て喜ぶ, て奧, て嬉し, て尻餅, て居ります, て引ッ込, て後, て怖がる, て急い, て恐ろしい, て感心, て振り, て振り向いた, て振り返った, て最初, て東京, て森成さん, て橋, て父親, て百歳老人, て相手, て眩暈, て眺め, て空, て立ち上った, て箸, て精しく, て耳, て聞く, て表, て訊いた, て訊ねた, て話された, て起た, て足, て蹴, て逃げる, て逃げ帰った, て醒めぬ, て長い, て飛ん, て鳩, て黙っ, でゐた, で見, と云っ, ど, どのやう, どの向, ど工場, ど細工, ど英雄, などし, に移っ, に起ち上がった, のを, の出来る, の気配, の百花, ぼろぼろに, まっ黒い, をいたします, をしない, をしました, をしよう, をすまし, をせざる, をつけ, をていねい, を直しました, を示し, ジャケツを, ジヤケツを, チョッキに, ドノオが, パジャマに, ヒナヒナした, ホコリを, ランプに, 事が, 人が, 人間どもの, 仕事ぐらいより, 光の, 光線が, 光線を, 反射と, 古怪, 埃が, 声が, 声だった, 声で, 外れを, 大きな前歯, 大きな実, 太陽の, 女の, 女学生の, 奴が, 姿を, 嬉しさ, 学生は, 実が, 実の, 小柄な, 帶が, 平べつたい島, 形が, 影の, 恐ろしい影, 手脚で, 打擲さえも, 新月は, 星が, 春に, 春蘭青木の, 月, 木の葉が, 木綿を, 横皺の, 毛だらけの, 水が, 汽笛の, 波の, 海の, 海へ, 海草の, 海草を, 濁りを, 火光で, 灯影に, 焔の, 焔を, 煙を, 燈を, 物を, 球を, 男が, 白イろい真白い, 白眼に, 皮膚の, 皺の, 真白い, 砂地の, 砂地を, 砂塵の, 秋の, 空の, 笑いを, 笑顏を, 粉の, 細金が, 綸子や, 羽目板と, 羽蟲がや, 胴體だけが, 腕章を, 色に, 色を, 花が, 花に, 花粉が, 花粉だらけに, 花粉を, 菊と, 菊の, 葉や, 蜻蛉が, 蝶, 蝶々, 蝶々が, 裂目だけ, 襟の, 話では, 貧血的の, 足長蜂と, 雪の, 雫が, 雲に, 電燈の, 霧の, 頭髪を, 頸を, 頸鎖を, 顔に, 顔のけ, 顔も, 顔一つあれ, 飾り玉を, 駅長の, 鷄が, 麻の, 黒ウろい, 黴のうへに

▼ ろ~ (351, 1.9%)

49 さに 37 さを 20 さの 17 さが 13 そうに 12 さと, さも 8 ている 7 げに 6 がつて, さは 54 いと思う, さから, さで, ていた

2 [15件] いかと, いと申した, いや, い怖ろしい, さあの, さでは, さとの, さより, そうな, てから三月, てやつ, てゐる, て一休み, や, 野平を

1 [113件] あに多, あの小説, あの持つ, あまが, あ共産党, いかしれないと, いかよしや片腕, いか仕事, いか気味, いこってねえか, いでせうあたし達, いとが, いともいっ, いとも存じませぬ, いとも思はなかつた, いとも感じなかつた, いとも異様, いとも考へられぬ, いとも言いよう, いと云, いと先入主, いと思, いと思つた時, いと感じ得る, いと申しまし, いと謂つて, いにしへや, いやつら, いんだあの, い死の, い死よ, い死者の, かしらも, がつ, がつたの, がつたもの, がつて手, が頭, けれど害, さいう, さいは, さうになる, さうにむかふ, さうに態と, さうに母の, さうに透見し, さうに顔を, さだ, さだけは, さだった, さだつた, さであっ, さとで, さとに, さとは, さなどを, さまた, さまで, さや, さよ, さよりも, さわたしは, さをさえ, さ女に, さ批評家といふ, さ獣の, さ立派な, それが, て, ていま, ているであろう, ておられます, てかかれ, てかの, てしまひます, てすつ, てまた, ても, てやりやした, てゐた, てガヤガヤ, てビール, てロビンフツド, て大, て小声, て居った, て支流, て来, て来る, て様子, て水, て火, て空声, て篝火, て誘蛾灯, て逃げ, と, とえ, とも云, とも又, と酔心, ながら, にする, に吹きつけられ, の有様, や少女スンガリイ, や彼, や怖, よ, 吾が母, 相場即ち, 給へ, 鳴雷

▼ ろぼう~ (288, 1.6%)

9 どろぼう 84 の手下, をし 3 かもしれません, がいる, だと, です, ではない, のよう

2 [19件] がはいっ, がはいった, が見舞う, が警官, が警視総監, じゃ, なん, にちがいありません, のうわさ, のかしら, のため, の予告, の頭, は影, は致した, や人殺し, よ, をした, をやる

1 [207件] かもしれない, から守っ, から電話, か起き, か騙り, があらわれた, がある, がいた, がおばけ, がお母さま, がかんがえだした, がさぐりだし, がしのびこん, がすぐ, がすっかり, がそっと, がどんなに, がはいつた, がひじょうに, がゐる, が人形, が名, が姿, が庭, が忍びこん, が怖い, が昼間, が横行, が母さま, が牧師館, が石塀, が笑い出します, が被害者, が貨車, が錠, が長い, が開放, が電話, くらいはやった, さ, した女, しても, じゃありません, じゃない, じゃねえ, だから, だけれど, だぜ, だっ, だったの, だって, だってあります, だとか, だな, だなんて, だね, だよ, だよう, だッ, っ, っま, でありわたし, である, でご, でしょう, です私ども, でないよう, ではありません, でもする, でも人殺し, というの, というわけ, という種属, という者, といったぞ, とかえ, とはおどろいた, とはだれ, とは何者, と申しました, と絶叫, どころか有名, などがこの, ならば, なんかあたりまえ, なんかする, なんかと取り引き, なんかに小説みたい, なんかに文学, なんかはちつ, なんていい, にされたくない, にし, にしました, にちがい, にちげ, にならなけれ, にねらわれる, にはあなた, にはいった, にはし, にひっかきまわされ, に使う, に入られたら, に入られない, に切りきざまれ, に対する思いやり, に就い, に絡みつい, に自分, に襲われ, に見舞われ, に見舞われた, に見舞われる, に追, ね, のいわや, のうわまえ, のこと, のはじまりだ, のやつ, のやつめ, のアラシ, のアルセーヌ, の一人, の世界会議, の人殺し, の仕業, の他日, の仮定, の夫, の姿, の宣告, の家, の心配, の捕縛, の猛り猛った, の生涯, の用心, の用心かたがた, の端くれ, の罪, の良心, の話, の足, の足音, の顔, はあと, はいのちからがら, はおとな, はきちんと, はさも, はしたたか, はしめた, はすこし, はすっと, はたいてい, はつかまえる, はつかまらない, はどこ, はのっそり, ははじめて, はばか, はびっくり, はほか, はまだ, はみんな, はもそり, はポケット, は一人, は仲間, は何, は動けなくなっ, は喜び, は指, は既に, は犬, は確か, は第, は素直, は金貨, は針金一本, まではいった, もある, もいる, や名, らしいの, をこう, をこの, をする, をそんなに, をだせ, をつかまえたらしい, をはたらい, をはたらいた, をよせつけない, を働いた, を働かせた, を働く, を大声, を手づかみ, を打ち殺し, を招, を自分, を致した, を見, を逃し

▼ ろには~ (275, 1.5%)

5 心に 4 いつから, 三本の 3 いって 2 わかい王さま, 二人の, 大講堂, 女の, 百万坪の

1 [249件] あかんぼう, あの小さなポケット小僧, あの男, いくに, いたく和みぬ, いたるところ, いつのまにか冀城, いつもその, いつもカシュタンカ, いつも魚戸, おおぜ, おかん, おのおの四十万ルーブリからの, おのが, お吉, お安, お父上, お舅さま, かう云, かの勇造, かりゅうどが, きっと撫子, けわしい岩山, この大軍, この遺, これまでの, これも, こんもりと, さきの, さきほど浅草広小路, さらに別, すでに大勢, ずるいきつね, そとの, その上, その時上演, それの, たえずレーダー妨害用, たえまなく老, たくさんの, たくましい数名, たった今検めた, だれも, ついとらん, つながれた猛獣, とてもとおる, どこへ, どんなもの, どんな町, なお楽, なかった, なりぬ, にらんだとおり西条流, のっそり白い, ひとりの, ひもじくなられた, ひよき, ふたりの, ほのかな, またたくうち, また高い, まだ前髪, まっ黒な, みんな巨き, もうもうと砂煙, もっと無数, ものが, ゴリラです, タツノが, ダビット技師が, ニワトリや, ホームズと, ムンク湖前には, メバル号より, ロボットを, 一つの, 一個の, 一刀を, 一文も, 一枚の, 一面の, 七八名の, 下赤坂城の, 丘陵が, 主上が, 乗客が, 二十ルーブルという, 二百や, 二頭の, 五人の, 五山の, 人が, 人影が, 人造人間母艦, 今どんな, 今まで, 伝六が, 低き土橋, 何かの, 何が, 例の, 優しい美しい人たち, 優に二人三人, 刑事人類学を, 列車の, 前の, 勾欄が, 北畠ち, 北畠顕家の, 十二三歳の, 十五六本の, 十八尺とか, 半ば木の間に, 半分出来さしの, 又ひとつ, 古墳が, 地底の, 坊さんや, 城太郎が, 壇の, 大きな庭, 大きな木, 大きな本, 大勢の, 大名屋敷の, 大山が, 大巻運平老が, 大木が, 大沢が, 天堂一角の, 富裕な, 小屋が, 小普請組支配頭青山備前守という, 屋根の, 山々み, 山が, 山吹と, 巡査が, 巻頭巾の, 幾万の, 幾何を, 床の間が, 底光りの, 店を, 座布団だけしか, 強力が, 彼の, 彼女の, 徳川家の, 必ずまた, 房の, 手術の, 抜け裏が, 捜査第, 摩耶山の, 敗残の, 敵の, 早や, 明智と, 明智小五郎先生が, 昨日超えた, 時計や, 暗い枝, 更に小さい, 月江の, 木刀を, 木隠, 柳橋が, 柿崎なにがしとかいう, 森丘田畑など, 楽山と, 歓楽の, 死神が, 殆ん, 民族と, 氷河だ, 泣き虫の, 浅い汐入り, 涙と, 涙を, 湯気の, 火星人に, 炎の, 爛たる, 犬が, 猪牙舟が, 生国魂神社の, 田圃の, 男の子たちが, 異国の, 畳一枚ほどの, 疎らな, 病棟の, 白っ, 白樫の, 百万石の, 相田清祐が, 眼に, 知藩事の, 神仏の, 神田川の, 私が, 程普黄蓋韓当などの, 竹の, 第一挽索, 糸を, 紙を, 紫色を, 老中の, 老女お, 老松が, 聲前は, 自分の, 茫と, 菖蒲の, 葡萄園が, 藻に, 街路が, 衝立が, 見るからに, 記録係タータが, 訴へ, 誰か, 諭吉が, 警官が, 警視庁が, 豊国の, 赤松が, 赤松の, 身分不相応な, 追っ手を, 遠く加賀, 遠く蜀, 酒井老中の, 酒屋の, 錦襴の, 鍋島様が, 関興の, 阿賀妻が, 陸の, 電車通りの, 頭が, 頼政が, 食事の, 駒ヶ岳が, 鬱金の, 鬼が, 黒い影, 黒幕が

▼ ろ~ (267, 1.5%)

6 なって, 云ふ 5 あたりを 4 奔る 3 前と, 弘法麦の, 私は, 見て, 鳴らす 2 したね, ひ, 光った, 啼くよと, 歩みかへ, 眺めに, 立つて, 自分の, 言ひ, 響き雨間なり

1 [211件] あさい郡と, いいながら, いう, いえば, いっしょに, いふ, うちの, おッ, かわりばんこに, くぐる篠, けぶり土手, こっちが, さやぐ夕, さ宿, した, したもの, した寂寥感, した小犬, した波濤, した長い, しや, し円明寺川, すがた, すべし, するやう, そっちを, そなた, その中, その向い, そよぐ河原, それに, だしぬけに, つ, どこまでか, どろ弥栄, どろ彌, なつて, なり果てて, はしる山の手, ふみ歩い, ふもとに, むかしッから, やって, わがいのち, わき出して, デモに, レーニには, 一すじ白く, 一瞥を, 一通の, 一重に, 三人の, 下へ, 久し振りの, 乱れて, 亂れ, 二人を, 云つておどかす, 云はれしか, 仰しゃった時, 仰しゃる, 仰せが, 何か, 個性とは, 光って, 光る水, 光る蜘蛛, 兩人は, 内の, 冷たい眼, 出て, 出入する, 刀の, 前の, 動くやう, 又も, 又燃え立ち, 口ど, 叱り散して, 吹きいでて, 吹けば, 咲いて, 唄ひます, 嘆願に, 四辺へ, 地上を, 壁との, 夢の, 大小相掩は, 大音に, 宮永さんの, 家々の, 宿ず, 対面した, 小六は, 小御所, 小聲, 小走りに, 小鼠, 尻ごみする, 差出すを, 己ア身体へ, 帰つて来それを, 廊下を, 弾きたれば, 彼は, 彼を, 後ろへ, 心うれしき, 思ったね, 思つてさへ, 思とった, 懇に, 打つ手筋, 振向いて, 斜前横爆弾でした, 既に切, 来て, 林冲の, 林冲を, 柳の, 棟梁の, 椅子から, 櫟の, 歩いて, 歩きだした, 歩き出した, 水が, 水の, 水蜜桃とが, 注がれた, 洗ふ, 海を, 涙を, 涯しも, 涼風が, 渡る花車, 湧くこゑ, 無花果の, 然し尊重, 燕青の, 牛の, 物色し, 猶も打擲, 申すこと, 眞理を, 真黒に, 眺めて, 眺めはじめた, 眺め渡し, 眼の, 眼を, 睨んで, 瞬間に, 碧眼を, 私い泣きやんし, 私の, 私達二人を, 積む春, 続いて, 義雄は, 背に, 背の, 背比べを, 自分を, 落ちて, 落ちる清水, 血で, 要求するだらう, 見た, 見つめた, 見ては, 見ま, 見届けてから, 覗き込んだ, 親友の, 言つてやつた, 言つて来た, 言ふ, 言ふと, 訓し, 訓む目的意識の, 誰れ, 走る一脈, 走る音, 越えゆく汽船, 足が, 足を, 跡部に, 身を, 進む地響, 道三は, 長庵, 雨の, 雲噴き騰り, 青草が, 靴下の, 響く牡丹, 頻りに頼み, 頼んだこと, 頼んだ時, 頼んで, 額ご, 首を, 高いもの, 鳥が, 鳴って, 鳴つて, 鳴らす碍子群, 鳴るかみは, 鳴れり炎天

▼ ろしく~ (248, 1.4%)

9 なつた 7 なつて 6 ない 4 はない 3 てならない, ないの, はなかっ 2 てたまらない, て胸, はありませんでした, 不気嫌, 大きく見えた, 尤もらしい, 形無き

1 [199件] いかに不快, がんじ, ぎらぎら光っ, この笑, これから解明, さえあった, ささえの, すごい光, そして哀れ, それと, ぞっとする, ていや, てお山, てからだ, てしかた, てたまらなかつた, てたまりません, てとても, てどどうしても, てならなかつた, てなりません, てもっとビリビリ, てわが身, て仕方, て出来なく, て出来る, て厭, て堪, て彼, て我慢, て手, て死ねぬ, て気味, て観, て説明, て越えられなかった, て越えられん, て近づき, とうてい歩く, とも快活, とも眼, と云い, どんなに難, ないが, なくな, なつたの, なつたらう, なつて不愉快, なつて尻尾, などありません, なり子供, なり銃, はございませぬ, ば早う, ひときわ荒寥, また不思議, また醜い, ものすさまじく聞こえ, やや気, ッて, テレ臭かつ, ニラミの, マザマザした, 一面に, 不き, 不如意で, 不快な, 不思議な, 不愉快な, 不機嫌に, 不気味であった, 不気味に, 亢奮し, 今にも根津, 体力な, 佗しい, 俯向い, 偏つた芸術である, 優しい所, 元気の, 入念な, 六ヶ敷い, 凄まじい形相, 力が, 勇気が, 厚ぼつたくも, 又実に, 古風な, 吃驚しました, 咆え, 固い力, 塵が, 声の, 大きくて, 大きなクシャミ, 大きな塊, 奇妙に, 子供心にも, 安価な, 家では, 寒いよう, 寒くなる, 尊大振つた, 巨きく見えた, 広かった, 床板に, 強いはげしい, 強い彼女, 強かった, 弾力の, 悦しい, 悲しいこと, 感じとりとめなく歩きまわっ, 戰, 折目正しく, 敏捷な, 旧式な, 早くから, 早湯, 昂奮し, 明るい一つ, 暗く綺麗, 暢ん, 森と, 森厳だ, 気が, 気の, 気味わるく, 汚い道, 汚は, 沢山な, 浪立った, 淋しいもの, 深いぞ, 深いところ, 混乱させ, 激して, 無精者で, 爺くさい, 狂暴な, 狭そう, 甘い寒さ, 異性的に, 疲労し, 痛くて, 真剣だった, 真剣な, 眼に, 短い白いスカート, 短気に, 空々しかつ, 空が, 立派に, 緊張した, 胸が, 脚が, 腹が, 自信を, 興奮した, 荒涼と, 薄着である, 虫の, 血相を, 表面では, 視界に, 説明し, 躍動した, 迅い, 迅速に, 近いところ, 近く聞こえ, 退屈な, 道を, 達者だ, 酔つ, 酔つて了つた, 酔つて了つたのだ, 酔ふてゐた, 醜い形, 醜くかつ, 重大な, 鋭く光る, 鋭利な, 長い, 長い太刀作り, 長い顔, 降り下ろされ, 霧の, 静かである, 非人間的, 順平の, 頭脳の, 頼母しい, 騒がしい群集, 高い水平線, 高い物見櫓, 鬼女とも, 鳴りとどろきました, 鹿爪らしい

▼ ろ~ (239, 1.3%)

5 あって, ある, ついて 4 つてゐる 3 らん洞, 池の 2 あつて, ず, みまする, みを, ろと, わに, わの, 見える

1 [198件] あったと, あぶない, あぶのうございますぜ, ありその, ありました, あります, ありますが, あるいは盲点, あるかと, あるから, あるらしいと, あるん, いその, いっぱいこびりつい, いつまでも, いま招待によって, いや, いや太郎, う, うまいでしょう, う明日, おいて, おかしいぞ, おちつく自信, お気に, かいて, こちこちに, この本, さびしかつ, さびしくなる, さんぜんと, しぜん, したり, しづむ, しゅらのちまたと化, ずには, ず人, せた, せるだけの, そういった, そこでは, そのかづら, その枝, その癒し, その親, ただよって, つかねえもの, つかふ川内, つた, つたのである, つてあたたかい, つてゐた, つて客を, つて縁側から, つれたり, とびこんで, どこに, ないからか, ない目つき, なかつた, なくては, ならべて, ぬって, ねえん, ね色, のぞましいと, のびて, ひ, ひとつのこらず, ひとり笑, ひろが, びったり, へるなんて, まえ初, またその, みえる, む, むとまづ膝だ, むは, む彼を, む戰鬪しばし, めさ呆れ返っちゃうよ, めやも, もうひとつ, もう一つ, やりすぎては, よう聞い, よかれやん, よく見える, わかる筈, わなので, わにいくつどんな, わには, カウンターで, チャップリンとか, テーブルの, 一つ, 一つ落ち, 丁度, 丁度今, 三匹と, 二つに, 二人ころげこん, 二人居る, 云う, 人も, 今, 今こそ, 付いてからは, 伸子に, 何じゃろ, 出ました, 出やしないかなど, 出るの, 切れたよう, 却つて生々として, 取りのぞかれる, 吾許通はむ, 啼くからか, 土人の, 在るの, 坂の, 大きい, 大写しに, 大川の, 大広間で, 太平洋な, 嫌で, 宮瀬氏という, 寂しく若林, 寒くなる, 少し温まる, 崖縁な, 布ほ, 布乾さるかも, 帽子に, 年貢の, 廻り大きな, 引扉で, 後朝の, 怪しくなった, 悩ましい東京, 成り立つの, 折り重なって, 折れずに, 有りましたよ, 来るだろう, 棧敷である, 横わっ, 毛孔から, 汚い身装, 池に, 池には, 河岸に, 浮かびあちらこちら魚, 浮んだと, 浮んで, 深かった, 深く積もっ, 深編笠の, 温まったので, 漂って, 澄み切つた蒼い, 焼けて, 燃えた, 燃えたので, 現存佛教の, 痛むわけ, 痺れたよう, 白いカーテン, 目に, 看取される, 真紅に, 神田川に, 竹藪左右を, 算を, 結ばれる性情, 膚はも, 茶の間で, 荷物を, 荷車の, 落ちました日, 見えたの, 見えるよう, 見られて, 見られるよう, 見当らなかったの, 言は, 進化的哲學に, 遠くの, 長い棺, 長命寺, 面に, 馬車の, 高くつん, 鳩の, 鳴いたからか, 鳴くかと

▼ ろ~ (219, 1.2%)

4 ゆるい丘

2 [12件] ただちに山, どこです, ぬもの, のろづき, 一面の, 五十万坪と, 機関部と, 畑を, 直ぐ深い, 確に, 蟋蟀の, 誰か

1 [191件] あまり汚れなかつた, ある, いかにある, いたまざるを, いちめんの, いつかの, いつか私が, いよ, いらぬから, きれいな, この辺, さまざまなりき, しつかりして, すぐに, すぐ壁, すぐ川, すぐ河, すでにこの, するどく叫び, ずっと松林, そう寂しく, それだけ不足, ちまきの, ちゃんとわかる, ちょっとした空地, ちよつと, ち巻き檜木笠, つうふう, で, どこに, どこにも, ない, ないうち, ないのに, ない坦々, ない子供, なかつた, なごむなり, なんだかぼんやり赤い, ぬ態度, のどけからまし, ひどくうすぐらく, ほうって, ほとんどろろろろろ, まるで暗く, みずうみの, むろん胆吹, やがて深い, ズッと, ハゲ山前は, ヒョウタン型か, ボンノクボから, ヴィシと, 一つも, 一めん田が, 一定の, 一歩も, 一町あまり, 下谷西町の, 両方の, 丸山の, 二ツ, 二坪ほどの, 五萬坪も, 人形の, 仮りの, 何となくおち, 作者の, 偉大だ, 光への, 其人床しけれ, 刀を, 別人死んだ, 北に, 又どう, 台に, 台を, 君の, 土蔵で, 地にながらへよ, 壁を, 大きな森, 大奥やら, 大小の, 大川, 大川で, 大形の, 大正十年の, 天地の, 奇麗に, 契沖も, 始終お, 嬉しい光, 孕むより, 富士前には, 小さな湿地, 小ぜ, 小笠原家の, 小高い丘, 山である, 山と, 山本町で, 崖だ, 嶮岨だ, 幸竜寺万祷寺知光院などと, 幼きま, 廊下の, 彼が, 後の, 御前が, 恐らく永久, 我れ, 手一ぱいに, 捨てる子, 推進機でも, 斜谷に, 断ち切られた俄崖, 暗黒, 書写山増位山を, 書物で, 最後の, 月桂樹の, 松と, 松や, 枯木林の, 柔術指南所だった, 栗の, 榮花に, 橋廊下から, 此処に, 河が, 深い森, 温かくなっ, 火で, 無人の, 煉瓦塀を, 狐を, 狙は, 田畑を, 甲州の, 男女合意で, 町の, 畑地に, 皆んな番頭の, 盜人を, 目に, 直して, 石田治部少, 私に, 紫檀の, 綺麗に, 羅口川左右は, 老いぼれ, 聳え立ちける, 自分から, 自然主義上の, 舊稿を, 苔の, 草原で, 蓋の, 蓮華寺あれた, 藪, 藪で, 藪地真っ暗だ, 行き詰りであった, 表面独身で, 袴腰の, 見せじ, 見と, 親に, 角田山の, 読者として, 誰が, 讀まずに, 逆さに, 道を, 遠里, 重く, 隣国の, 靄が, 青みどろの, 青黒い木, 馬に, 驅足で, 骨だって, 高い崖, 高さ十五メートル, 高原に, 高粱の, 黄河だ, 鼓の

▼ ろ~ (182, 1.0%)

16 でもねえ 3 はなさるまじ

2 [13件] ことも, ほに, 湿んで, 程ぼんやりし, 程始め, 程寛大に, 立って, 胸を, 見えて, 見えに, 軽便鉄道の, 透して, 飛潭の

1 [137件] あいづちを, あえかな, あへぐ, うかびあがり遠く, うちは, かはゆく, からびた刈科, がごとき, がその, が青木, くらい厳粛, くらい過敏, くろ土, こ, さまへ, じゃない, ぞきつ, ぞっぽ, たびに, てガラス窓, て隣, でもねえお, でもねえおせじ, という女中, としてつづき, として走り出すで, とする, とまた, と主人, と同時に, と奏でる, と称する, と関内, のです, のは, のよう, はざまを, はずが, は五百, ばかり峻急, ばかり扨, ひとみなし, ほとばしるいなづまのやうに, ほどの, ほどのち, ほどのもの, ほど上手, ほど変っ, ほど美しい, ぼくの, ぼろぼろに, まいことか, やうな, よ, ような, よりもおかしかっ, よりもむしろ, わたくしは, を揶揄, ガラス戸の, シグナルは, 万古の, 事が, 事さえ, 事は, 事ばかり, 候に, 候や, 光って, 光る盤面, 光景は, 冴えて, 動いただけ, 口も, 向ふ, 吾と, 咲けば, 塗った圓太郎馬車, 大亀の, 奴が, 婆やを, 寝も, 巧みなる, 平和が, 年中で, 性質な, 或は白く赤く, 投げやるこころ, 拡がれば, 挟まつて, 接骨木が, 方が, 日は, 明けんと, 景色も, 枯れた蘆, 様子も, 気遣, 流れて, 浮いて, 浮かんで, 湖水を, 澄み渡った夕空, 熟し, 熟した, 燃えて, 男は, 畑の, 砲声で, 神, 神や, 笑って, 箸も, 者が, 腹黒き人, 膨れて, 舌鋒を, 色づいた木々, 色づいて, 色の, 虫が, 走り, 身に, 転び出でたり, 輝きだした, 透きと, 透きとおるよう, 遑も, 金いろ, 間もなくバラバラと, 隙に, 雨を, 雪代の, 非常報知の, 音し, 音十二月三十一日の, 音夜毎襖に

▼ ろ~ (140, 0.8%)

4 眼を 3 眼で, 笑いが, 顔を

2 [15件] がるる, どろどろする, ボール箱に, 声で, 小さな顔, 影を, 月が, 月の, 眼の, 硝子で, 秋の, 空間が, 笑ひ, 頭を, 顔が

1 [97件] ぐさまずこゝまで来た, ぐさむやいぬころ草, この少年, ところが彼, ので, のです, のに顏, の人やけふ持ち, ふぶきです, ものが, ものを, カーテンに, 光が, 光と, 光ながめ, 光の, 光眺め, 内容とは, 処を, 命に, 地に, 壁土が, 声が, 声を, 声眼は, 壺の, 夕陽が, 夜の, 大欠伸, 宵闇の, 尊氏の, 広い室, 弱い声, 影法師を, 心だけが, 心で, 心地で, 悲しみに, 情感の, 感じに, 掌を, 擂鉢の, 斑が, 新月と, 明りが, 明るみの, 晴々し, 書斎の, 月光が, 望みに, 朱の, 気持でしか, 水を, 波音の, 流れの, 淋しい声, 灯を, 焦慮が, 燈火が, 燦然たる, 父, 盆に, 相違に, 眼いちおう, 眼つきで, 眼に, 眼一應若旦那型の, 眼差しを, 神前の, 笑いと, 笑い声を, 笑ひと譯の, 紙で, 紙を, 耳を, 耳腔に, 肉体を, 肢体は, 花や, 街路だった, 衣服を, 裾を, 記憶だった, 調子であった, 赤い夕日, 輪廓が, 野草の, 鏡臺だの, 鐘の, 雪が, 雲が, 音楽に, 頬の, 頭巾を, 顔の, 風呂敷であった, 高笑ひでかけすの

▼ ろいた~ (126, 0.7%)

6 ことは, 様に 5 な, のである, のは, ように 4 ね, ような, 顔を 32 がそれ, が大した, ことに, ことには, わ, 様子であった, 様子を, 門野に

1 [63件] あなたが, お延, かどう, からこっち, からね, から郵便, がこら, がそこ, がまた, が又, が壁際, が女達, が彼, くらいのもの, ぐらいうじゃうじゃ, ことと, し極り, そしてその, そして関東大震災当時, その昔, という話, なあ, なあ本当, などという, なア, に相違, に違, ねえ, ね長さん, のかい, のです, ほどだ, まあと, ようだ, んでしょう, んです, 一同は, 三年ぶりに, 上に, 位である, 位人が, 体で, 余は, 妻君は, 妻達に, 姉は, 彼は, 後は, 様で, 様であった, 様も, 様子で, 様子も, 樣な, 樣子で, 気味で, 氣味で, 若い土工夫, 顔色を, 養父母は, 驚ろいた, 驚ろいたでしょう, 鴉の

▼ ろ~ (123, 0.7%)

7 もしない 5 もせぬ 4 すらもせず, て 2 と喜び, に打たれた, は論理, も, 一つしない, 夜, 月の, 照り, 雲は

1 [85件] がまだ, こと印度人の, さえも遊ばされなかった, すらもしない, たり, だけで, て居たる, て我, て敏, でいった, といふ, と共にそこ, と同じ, と歓び, と笑ひと, ながらこう, ながらひとりでに, ながら心配そう, にはいつか雁, によって多少なりとも, に囚われた, に失した, のうち, のため, のなか, の時, の残雪, の眉, の眼, の聲, の表情, はこれ, はさぞ, はしない, はしなかった, はそれ, はどちら, はどんな, は一通り, は鍛冶屋, ばかりでなく, ひとつしなかった, もしず, もした, もしなかった, もしなかつた, もせし, もせで, も喜び, ゃしません, やうと, ょろと, を増大, を繰り返す, 一つしなかった, 一同へ, 中へ, 何者なる, 優しきさんざめき, 其方は, 具合と, 円ひとつかきひとり眺め, 方が, 方であります, 易い若さ, 木石も, 柿を, 正覚坊に, 歴史の, 水の, 流の, 灼熱の, 獣と, 白木の, 石粉を, 神の, 胡瓜の, 衆に, 逃出さんとして, 酔ひざめの, 釜の, 雨盛なり, 青蛙一つ, 頬に, 鱶の

▼ ろ向き~ (120, 0.7%)

27 になっ 5 になった, のまま 3 になつて, になり, に立っ 2 なので, に, になりました, になる, に浮い, 尖り口

1 [62件] さ, て見せ, で, で紺地, で膳, で見え, で雲, で震えつづけ, で顔, にお, にかけ, にかぶる, にしゃがん, にずり落ちた, になつ, になつて書棚, になつて硝子戸, にならない, になり歩い, にはなつてる, にふす, によこたわり, に一瞥, に下がっ, に今, に入っ, に凝視め, に凭, に十七, に右手, に坐り込ん, に大, に女中, に寝, に曲る, に横たわっ, に次, に歩い, に気, に水熊, に深く, に由布嶽, に石地蔵, に立ち止まる, に腰, に袖, に蹴, に身, に転げ落ち, に遊ん, に郎党たち, に露地口, の人, の女, の姿勢, の婦人, の家, の表情, の赤い, の頭部, 或は横向き, 美しく髪

▼ ろっと~ (107, 0.6%)

4 した眼, ならんで, 見て 3 出る, 淵を, 見たまま 2 したもの, した眼つき, ついて, ならび親方, 並んで, 光った, 光って, 庄吉を, 淀んで, 眼を

1 [66件] あたりを, おはなしなんど, こちらを, こっちを, こぼれ, させて, した目, した色, した苅賀, した運転手, すべての, そっちを, その後姿, それを, つけて, ともり正面, ながめて, ながめました, なって, にらみつけられると, 一度眺め, 一座を, 一瞥くれ, 一郎君を, 不機嫌な, 久光を, 信長の, 光らせた, 光らせて, 内匠頭を, 出て, 列を, 前へ, 吉兵衛を, 声の, 小林君を, 山内を, 庄吉へ, 建物の, 手から, 振向いて, 数右衛門の, 斜め後ろへ, 涙を, 滴すかの, 燃えるマッチ, 片眼, 玄関に, 眺めた, 眺めたまま, 着物かかっ, 睨んだ, 睨んで, 私の, 落し, 血ばしった目, 見しかし, 見た, 見つめて, 見られると, 見るばかり, 見上げた, 見返すだけ, 鋭くお, 陽子の, 顔を

▼ ろ~ (99, 0.5%)

11 をし 6 にしばられ 5 を組ん 4 にしばられた 3 に縛られ, に隠し, をした, を突いた 2 で, にいましめられた, に戸, に縛られた, に縛りあげ, に襖, を襟

1 [47件] から手, して, でつかんだ, でソロ, で乗込ん, で封, で暮す, で澄し, で襖, で頭越し, に, にいましめ, にくくりあげた, にしばっ, にしばりあげ, にしばりつけ, にしばる, にしめた, にそれ, にたくし上げ, にふす, にシックリ, に受け取っ, に引ッ, に戸外, に捻じあげ, に格子, に緊縛, に縛, に縛りあげる, に縛りつけられ, に縛り上げ, に縛り上げられ, に縛り付けられた, に錠, に高く, のまま, の外記, の小手, の襟, をしてた, をする, をつかれました, を拔, を拔くん, を組み, 見よと

▼ ろ~ (91, 0.5%)

7 見ずに 3 見ないで 2 あらぬ秋鳥, ない, 居るらし, 正しき道, 見えなくなり樺の木立ち

1 [71件] あります, ありません, あり次, あるそして, あるに, ある一面, いためつ, いっときにお, うしろも, おちついて, かくぞ, こんげの, さつぱりした, じのに, ずっとうしろ, そらに, それにも, ただ墨, つかん時分, つく, ともに食べ, とられて, なき我が, なにも, ふり向かずに, まっすぐらしく, まっ暗闇, やはり岩石, ようが, わかず悶, わきまえかねるよう, オレも, コンクリートのかべに, 三合目まで, 分かぬ暮色, 卑しさ, 古道具屋の, 吐かしありかも, 向かずあぶない, 四十面相の, 多事, 大分寂しく, 大椅子, 山の, 岩左は, 怖ろ, 恥だ, 我れ知らず起らん, 打消して, 振向いた, 措かずいきなり, 敵, 更になし, 最初は, 止る, 深沈と, 温かくは, 知らぬ気, 耕や, 草の, 見えなかった, 見えました, 見ず馬, 見せない, 見ないでかう, 見なかった, 見下す限り, 負けた野郎, 青波ばかり, 青葉, 鳴く

▼ ろ~ (77, 0.4%)

5 な記憶 32 に感じる, に顕しはじめ, に顯, るよう

1 [61件] こんで, て, てねむりました, て取繕わぬ, て生き生き, ではある, ではいけない, ど, ながらいひ, ながらにもせよ, ながらに知っ, ながらも現, ながら不, ながら何, ながら判っ, ながら判つて, ながら尚, ながら想像, ながら感じた, ながら推察, ながら教師, ながら灯, ながら筆者, なそこはかとない, なる記憶, な二つ, な姿, な推量, な色, な足どり, な輪廓, にでも書き留め, にとぼけた, にも一つ, に了解, に呑, に彼, に感じ, に感ぜられた, に推察, に掴み得た, に曲っ, に現れる, に看取, に私, に窺, に見える, に見守っ, に覚え, に運ん, に顕し出し, ばた, られた, られた気持ち, られた黒い, るでも, ると, るので, る場所, 出て, 掛し守り袋

▼ ろとも~ (77, 0.4%)

112 に彼, 髪ある

1 [62件] この三角暗礁, なく, にがらがら, にきえ, にここ, にその, にたくらむ, にぶる, にぶるぶる, にわれ, にクリュセース, にバッタリ, に入り乱れ, に叔父, に召し出された, に器械, に売, に岩角, に徹頭徹尾, に恐らく, に戦災, に振り返り, に振捨て, に斬ろう, に椀, に湖水, に留まり, に畳みかけ, に空中, に立退いた, に肩, に航, に計るべし, ぷつりとひきちぎられた, まっすぐには, グラグラぬけだす, ハルクは, バラックでは, 一躍し, 二人は, 仆れた, 仰のけざま, 元の, 向うに, 夜の, 学監室へ, 孫と, 屠り尽すまでの, 引っぱられたが, 引取っ, 打たして, 死んでしまつたの, 水の, 火炎の, 空気の, 級の, 花栄劉高の, 苦參を, 進み出た, 遭難する, 長くなっ, 鞘へ

▼ ろ~ (74, 0.4%)

9 をし 5 に紺足袋 3 に小 2 てゆく, をした, を調, 花の

1 [49件] だけは忘れない, て, てさ, て心しづか, て粥, て花すゝ, に, にし, に及んだ, に専念, の, のにほひか, のポプ天倶楽部, の丘, の中央公論, の厚き, の型, の山, の役, の感情, の木綿, の東京新聞, の洋服, の珠, の町, の看守人たち, の絵, の花, の通人連, は素人, は誰, や化粧, や歸, ょろ, よろして, よろしながら, をさせる, をつく, をふくむ, を改めて, を直し, を致し, を調製, 匂よき, 同時に自ら, 戸が, 最上先生の, 然も, 足頸が

▼ ろくで~ (69, 0.4%)

62 もない 4 も無い 1 もない人間らしく, もない小さい, もなく

▼ ろおれん~ (64, 0.4%)

64

▼ ろ暗い~ (64, 0.4%)

12 ことが 8 ところが 3 ことは 2 ことを, ところの, ところも, 企らみ, 点が, 罪を, 自分の

1 [27件] ことでも, ことなぞ, ことなど, ことなんか, ところなく, ところは, のを, ものを, やり方では, ようにも, 事でも, 事なぞ, 事なんか, 事について, 人間は, 仇持ちの, 廉が, 彼女は, 思いな, 憚りを, 手段を, 証拠じゃわい, 証拠である, 身の, 身の上である, 身分の, 金持ちと

▼ ろ~ (63, 0.3%)

2 が木, のお母さん, のお父さん, の副官, の大将, の笛, の糊, 丘の, 青垣山

1 [45件] お早う, がお前さん, がじっと, がその大きな, がないてる, がなか, がなく, がまるで, がみなしいん, がもう, ことを, どもが, どもはさ, どもはもう, にはおろおろ, の, のお, のなく, のばたばた, のやう, の啼く, の宵, の滑らかさ, の羽ばたく, の聲, の赤い, の飾り, はもうとても, は今夜, は昨夜, は足りと, ばかりなり, 丸, 丸なんて, 丸は, 天の, 天の橋立よ, 山の, 我を, 暇も, 楽しみも, 火の, 秋の, 蟹を, 青垣鵄は

▼ ろ~ (59, 0.3%)

7 とした 2 と, とし, と一瞥

1 [46件] ぢろり見, とあたり, とお, としてゐる, として大いに, として飛脚, とのぼり, とやられ, と一つ, と一際, と三藏, と上眼, と人影, と代, と其手許, と其顔下眼, と出, と十兵衞, と博士, と取られます, と安里, と州太, と彼, と彼女, と敵意, と来かかる, と枝, と横, と此方, と消える, と狂つた蜘蛛, と睨み, と薬戸棚, と見た, と見ました, と見流した, と視, と足許, と驚いた, と高い, ひよろり, ッと, 三太夫を, 横目で, 目を, 眼鏡の

▼ ろ~ (51, 0.3%)

6 どんの, ぽろん 3 どんを 2 ぐふぇろう, だ, としずか, どん

1 [28件] おっさんか, できた, とはじいた, ともげ, と一音ハープ, と何, と涙, と落した, と落しはじめた, と銀脚, と陰, と雨滴, と音, どろろん, どんそれじしん, どんだ, どんに, どんは, どんへ, どんチャアリン・クロスの, どん街上図だ, ほろろん, ぼに, よりしょう, るだの, 人独特の, 政庁の, 独立新聞

▼ ろにも~ (49, 0.3%)

4 ひとり十二ばかりの 2 居る

1 [43件] あるかな, きこえて, せよ確実, たしかにその, たれて, どこにも, にく, ねこめが, びっくりする, もじりを, やって, ゆだんなく気, ビルディングが, 二度と帰宅, 人の, 人は, 人形使いが, 人数が, 何千人の, 余裕が, 出なくとも, 同じよう, 在り, 大砲が, 幾分の, 意味が, 手にも, 敵方の, 本棚の, 村, 槍, 横の, 浮き立て何時, 焼畑は, 生徒が, 目が, 眼の, 美しい人間, 苦々しくて, 見えずとかく, 追捕, 鳴きわたる, 鳴き渡る

▼ ろ~ (48, 0.3%)

32 かに何気なく, かに動い, ごみが, 大海原

1 [37件] あばら骨が, いおーい, いもう少し, お前お父さんを, かさぞや, かにあらだちさわぐ, かにねずみの, かにもう, かに体から, かに歩きよっ, かに翼を, かに馬手は, ごみに, ごみを, さんにも, つばに, つばを, わびしい壁, 側面の, 器械台の, 土鍋が, 家々の, 小路の, 新墓検分, 日蔭の, 木の, 木小屋の, 機械台の, 浅黄のれんの, 秋磧, 花活の, 蝶々くる, 血を, 逆境, 隣家まで, 雪の, 馴れても

▼ ろひよろ~ (46, 0.3%)

5 とした 2 と, と立つ, になる

1 [35件] した林, した竹, した肺病やみ, した赤松, するのに, する足, ついて, とし, として, として危ふく, とする, と下, と動く, と咲い, と帰つて来, と後ろ, と櫟, と歩い, と歩きだした, と背, と背比べ, と雨, と首, と高い, に伸びた, の僕, の老人, の胴, の足どり, の酋長, の青, へ風, よろよろと, 歩きだした, 痩せて

▼ ろくろ~ (40, 0.2%)

8 を廻 4 っ首 2 またなし, をまわし, を懸け, 姫の

1 [20件] とみよし, に取っ, のほう, のよう, の渡し, の用意, の音, は洞前, へポンポン, を, をただ, をためす, を廻し, ッ首です, 塚, 情, 細工に, 細工の, 繰り廻るろ, 長屋山を

▼ ろでは~ (38, 0.2%)

2 今蹴倒した, 火が

1 [34件] あったが, あつた, あまりの, ありませぬ, お千代, きつねが, このとき, さっきまで, それを, どちらかと, なお帆平が, なかつたで, ひゅうひゅうという鞭, また天の川, まだ挨拶, やきもきいたしました, パルプ工場の, ルスと, 二人の, 二十五六の, 何か, 何者かが, 例の, 出来ないもの, 君が, 嘉助が, 嘲るよう, 寝て, 平さんの, 庭の, 明けくれ御, 樹, 滝が, 男達は

▼ ろよく~ (36, 0.2%)

4 酔うて 2 日光を

1 [30件] きこえる, さよならめでたし, して, その輪, ねむつ, ねむれた朝, わが顏, 乳子は, 伯耆の, 侵した, 別れた, 別れたの, 受けとりぬ, 受け合つた, 御坐, 御承引, 惑き入れられる, 感じて, 承知し, 承諾すべき, 汗の, 睡ること, 私達に, 語りて, 走る, 迎へて, 酒に, 酔ふ, 酔へて, 飲んだそして

▼ ろからは~ (35, 0.2%)

2 ちょうど活動写真

1 [33件] あはあ息, いつもきまつ, お爺さんが, さっきの, そんな脊, ちゃうど, べつの, まだ祭り, もう数名, ドンドン追っ, ノートが, ヘッド, 下流で, 下町風の, 何者かが, 例の, 先ほどの, 口番の, 導火線に, 小浜兵曹長が, 恐喝漢と, 敵の, 正行が, 甘美の, 男の, 益々手, 直義の, 短刀を, 自分を, 金色の, 飢餓という, 駿河灣の, 黄忠

▼ ろについて~ (34, 0.2%)

4 歩いて 3 来て

1 [27件] あっちへ, いそいそと, おいで, きてるん, この場, この部屋, すごすごと, そこに, つつましく乗物, ゐる附録, ノソノソと, ユダヤ横丁を, 不思議な, 主人と, 二人が, 來る, 入って, 外へ, 広間を, 廊下へ, 彼は, 書斎へ, 来た上品, 来る, 歩んだ, 通りを, 道へ

▼ ろまで~ (34, 0.2%)

2 さがしました, 行くと

1 [30件] いつかお初の, いやに, くると, すっぽりかぶっ, ちかよりました, つづいたお, はしつて來て, ひた寄せ, ぼうっとしてる, まわるよう, もさ寝, よく掃かれあり, スッポリかぶっ, 伸びて, 出たら生命, 心配し, 忍びこんで, 担い上げて, 接近した, 来ますと, 来ると, 枚を, 自分の, 行かねば, 行った時, 跳びこんで, 追いついて, 追いつめて, 進んで, 鼠色麻の

▼ ろちよろ~ (32, 0.2%)

2 流れて

1 [30件] した七つ, して, するやう, する鼠, と, とその, とわき出し, と出入, と又, と小, と小走り, と廊下, と歩き出した, と水, と無花果, と真黒, と背, と落ち, と落ちる, と走る, と青草, と鳴つ, の小, の流, 出て, 喘ぎ喘ぎ通うて, 流れ出して, 流れ出すので, 焼かれて, 逃げた

▼ ろ長い~ (32, 0.2%)

2 男が

1 [30件] 体に, 体の, 体へも, 体を, 大学生で, 姿が, 姿を, 影が, 手紙が, 方が, 日焦けの, 枯木の, 橡の, 物が, 生徒で, 町である, 痩身を, 相棒の, 神経質らしい, 背丈の, 脚で, 腕の, 膝を, 草が, 莖を, 身体を, 連の, 雄蕊の, 顔も, 骨張つた亡者どもが

▼ ろしくなっ~ (30, 0.2%)

4 て来た 3 てき

1 [23件] てくる, てしまった, てそれ, てつい, てできる, てますます, てまた, てもう, てわたくし, て乞食, て何, て夢, て引返し, て急い, て早々, て来, て殆ど, て眼, て礼, て言葉, て逃げ出し, て飛び出し, て駈け出しました

▼ ろより~ (29, 0.2%)

2 米は

1 [27件] おこりてか, すこし濃き, せまつて, よば, 之を, 低語, 余の, 兄元, 其, 出でしなり, 初雪ふれり, 吹く, 啄みゆく, 四の, 我上を, 掛け聲, 敵の, 朝の, 此騷動には, 煙草のく, 用意の, 羽織を, 聲を, 西日射せれ, 進まんと, 長吉泥草履つかん, 長吉泥草鞋つかん

▼ ろくべき~ (28, 0.2%)

2 ことには

1 [26件] かな僕, ことで, のは, ほど精巧, ものあり, ものある, ものかと, ものが, ものだ, ものであった, ものと, 作品が, 作用を, 価値の, 変化だった, 多くの, 思慮と, 手腕を, 点が, 無識, 熱い強塩泉, 的確さを, 簡単な, 絵の具の, 美しさ, 違い

▼ ろしかった~ (28, 0.2%)

2 のだ, のです

1 [24件] か, からだ, からで, が其時, が思い切っ, しまた, ためで, とお, のか, のであろう, ので三人, のは, ものが, 事, 体験は, 光景の, 心が, 思い出に, 晩の, 相である, 米騒動の, 経験でも, 記憶が, 記憶は

▼ ろ~ (28, 0.2%)

9 を見送っ 2 がかの

1 [17件] が大きい, が明るい, が消え残っ, が重, が門, でも拝ん, なりと拝みなおすこった, にはいつも, はもう, へ, へ編笠, めざして, をつくづく, を腹立たしい, を見送る, を追って, を頤

▼ ろ~ (26, 0.1%)

5 を引かれる 4 をひかれる 2 を引かれ

1 [15件] ではなく, には獅子頭, のところ, の痛, ひかるる思い, ひかれる思い, ひかれる思ひで, をひかれ, を引く, を黙っ, 取って, 引かるる思い, 引かれて, 打揺ぎ, 曳かれて

▼ ろ~ (24, 0.1%)

5 がたを 4 なほに 2 がたの, ことの

1 [11件] がたお, とみのりあら, と手, と謂, なほな, のだった, の掛け換, もの刈る, や今度, 丸硯だった, 藍の

▼ ろ~ (24, 0.1%)

2 てむ

1 [22件] たりし, てそれ, てゐた, てゐる, にこのごろ, に一曲, に乘, に思へ, に承知, に数, に日露戰爭以後, に毛見, に私, に綿入, に詩, に谷, に賛成, に足蹈, は何歳, を捨てない, を目, 秋晴れに

▼ ろ~ (24, 0.1%)

2 となっ, になっ

1 [20件] があっ, があった, がある, ができ, だと, である立岩さん, で新富座, として将軍綱吉, と引立て, と思う, におつき, にちょッ, になったらしい, にならず, にはこの, に備え, に立机, を得, を持っ, 得ましたからには

▼ ろ~ (23, 0.1%)

2 さは, ようよう

1 [19件] お隅, これで, さ, さう, さしづかに, さそれを, さ十分に, さ風鈴も, そう後, ほんの, もしや若い, ヤアヤア青青, ヤア己が, 何んだ, 客の, 強ひ, 汝が, 見て, 親切な

▼ ろしいよう~ (22, 0.1%)

2 な心持

1 [20件] そして釣目, なそれでいて, ななつかしい, なもう, な一種, な不可解, な何, な半ば, な半分, な大罪, な心地, な感じ, な感激, な挙動, な気分, な沈黙, な物凄い, な空模様, な話, な謙譲

▼ ろむき~ (22, 0.1%)

4 になっ 2 に身, のペリカン

1 [14件] にいや, にすわっ, にたおされ, についてる, にて獅子頭, にのっ, に七, に何, に流され, に目, に鍬, に馬車, のまま教室, の工合

▼ ろ~ (22, 0.1%)

2 が怖い, が落ち, でこいつ, は, を敵討ち, を林彦三郎, を死骸 1 があった, があつ, が一つ, をくれた, をどこ, を取出した, を時次, を縁側

▼ ろ~ (21, 0.1%)

4 もしない 2 を与える

1 [15件] が出来る, が大きい, など言, の様子一ツ, も鳴く, をしない, を忘れ, を感じ, を聴い, を見せ, を覚えるであらう, を覚えるであろう, 留るもの, 罵る, 鳴いて

▼ ろざま~ (21, 0.1%)

3 に手

1 [18件] にた, になぎ払い, に両, に反っ, に床の間, に払った, に投げた, に投じたる, に片手, に突いた, に紐, に緑林, に落ちる, に裾, に見事, に走り, に階段, に飛びすさる

▼ ろつかせ~ (20, 0.1%)

2 てゐる

1 [18件] あたりに, て, ています, ている, てふらりふらり, てべらべら, て口, て息子, て病人, て見る, ながらマカロニー, ながら三太, ながら云った, ながら首, みょうな, 各自の, 大声で, 石段に

▼ ろつと~ (20, 0.1%)

3 見て 2 あらはれる

1 [15件] おとす, お末, ならび泪, ならんで, 横目で, 横顏を, 立て此騷ぎを笑つて, 胡坐を, 見た, 見たかと, 見つ, 見ました, 見るもの, 見直した, 駿介を

▼ ろへて~ (20, 0.1%)

3 がらんが 2 金蓮花の

1 [15件] ある幾つ, かくても, しのぶかたがたしげかりしか, それからそれ, はげしい, ゐたので, ゐるところ, ゐるの, ゐる父, 心気澄む, 来た, 牡丹かな, 繰出す, 進軍し, 進軍した

▼ ろしか~ (19, 0.1%)

11 つた 4 つたが 1 つたのさ, つたり, つた經驗を, なしも

▼ ろなる~ (19, 0.1%)

2 富士の, 柏の

1 [15件] か, さ迷, もの仄かなる, 丘阜に, 事物を, 古宮殿, 喜び, 彼の, 歩みを, 物の, 空すべてを, 襖の, 謂はば, 過去の, 野に

▼ ろざし~ (18, 0.1%)

1 [18件] あるもの, て出た, て家, とあ, といふもの, にあまえ, にたいしても徳勝寺殿さま, のほど, はじつに, は国家, ばかりのもの, を懷, を持っ, を點, 念々道を, 恨を, 松島の, 至極満足

▼ ろ~ (18, 0.1%)

1 [18件] からさ, からと云つて力, か判っ, ぞ, たきに, たきのめに, つたから, て, てしたい, てというもの, てとし, てなら, てもし, とお, な, なが造りつけ, よ, ようしろ

▼ ろって~ (18, 0.1%)

2 いた

1 [16件] いったけど, いって, 云うじゃ, 云って, 云へや, 他人の, 半間に, 吉村の, 執拗な, 好く聞える, 物侘しい, 空っと, 臍の, 言うの, 言うん, 謎でしょう

▼ ろもち~ (18, 0.1%)

2 をいかにも

1 [16件] あからめて, が如何にも, が明るく, で, です, でどんな, で一ぱい, で御, になっ, のい, はいかにも, よく帰っ, をきれい, をし, を言つて, 落して

▼ ろ~ (16, 0.1%)

1 [16件] いかめしくひしめき合い, いと, があった, がある, して, つつある, ていた, ていった, ております, て行った, のお触れ, の御, はでき, まあ, を触れ出す, 家に

▼ ろぢろ~ (16, 0.1%)

2 眺めながら, 見て

1 [12件] と注がれた, と眺め, と眺めはじめた, と私達二人, と自分, と見た, ながめて, みて, 眺めて, 見るでねいぞよ, 見るものぢ, 見るもんぢ

▼ ろへと~ (16, 0.1%)

2 尻込みし

1 [14件] さがった, ちかづいて, 崩れて, 平たい壇, 構えた時, 流れて, 目を, 繰り戻して, 走り過ぎた, 近づいて, 速く通過, 進む, 遠のいて, 飛び去る

▼ ろ~ (15, 0.1%)

2 の峡谷

1 [13件] が泥, でジイッ, にいる, にその, にもぞもぞ, に寸分, に母屋, のドア, の二段, の太い, の椅子, は杉本画伯, へ飛び出し

▼ ろ~ (15, 0.1%)

2 をさされ, をさされた, をさし, を差される 1 さらには, の種, はさされぬ, をさされない, をさされる, をば指さるる, を差そう

▼ ろいし~ (14, 0.1%)

1 [14件] その裾, てい, ていかめしき, てその, てみた, てキリッ, て並んでる, て立ちかけた, て静まりぬ, て首, て高時, ながら泉, ながら玄関, ながら褥

▼ ろさん~ (14, 0.1%)

2 や子供

1 [12件] だその, とお, と妥協, と虚無僧さん, と行き逢った, になる, には息子, のたれかれ, の群, は大, は大した, も姉さん

▼ ろなく~ (14, 0.1%)

2 ばこの

1 [12件] 三浦屋は, 今朝登城仕り, 今朝直願に, 取上げた新聞, 同道致せし, 成りぬるなり, 我は, 然ら, 読んだ, 買つた, 買つた位だ, 頼まれたの

▼ ろぼうたち~ (14, 0.1%)

2 はみんな

1 [12件] がその, が死ん, が馬, にばん, のかくれ, の宝物, はせまい, はどこ, はみんな馬, は出, は町, は自分たち

▼ ろ~ (14, 0.1%)

1 [14件] であるが, ながらも人生, ながらも割合, ながら知っ, ながら知る, ながら覚え, にし, にその, には姿, には解つて, に判ります, に圧倒, に感ずる, に覚

▼ ろいだ~ (13, 0.1%)

2 様に, 話を 1 心持に, 情景で, 方面に, 様子を, 気分を, 気持に, 父が, 話しぶりにも, 雑談の

▼ ろいで~ (13, 0.1%)

2 膳に

1 [11件] それでもあきらめ, のびのびと, ばかりゐる, ゆっくり話し, ゆつくり話し, 二人の, 晩くまで, 笑つた, 言ふ, 誰かと, 路をは

▼ ろしがっ~ (13, 0.1%)

2 ている

1 [11件] て, ていました, てくれる, てふと, て外, て私たち, て見せ, て足, て近づかない, て近付かなかった, て逃げ隠れ

▼ ろだらけ~ (13, 0.1%)

2 になった

1 [11件] な靴下, に, にし, になっ, になつ, になつて, になりました, ののりまき, の岸, の紙, の顔

▼ ろ袈裟~ (13, 0.1%)

2 に斬られ

1 [11件] が一太刀, でした, とすれ, とはいかにも, に, にばっさり, に刀傷, に切った, に切下げられ, に斬り下げられ, へひと

▼ ろからも~ (12, 0.1%)

1 [12件] うたちゃんは, こんと, また彼, やって来る, やはりその, 一本の, 丈八郎の, 他の, 右近の, 大勢の, 新入生たちの, 警官隊です

▼ ろ~ (12, 0.1%)

2 のともすれば, へにはうち 1 うに走つ, が私, であかるく, ではまた, に変化, はただ, へ言さ, 斯くて

▼ ろした~ (12, 0.1%)

1 [12件] やうな, 七つだの, 二人は, 人々は, 戯曲, 林を, 様子は, 竹の, 肺病やみの, 脂肪では, 脂肪酸では, 赤松が

▼ ろ~ (12, 0.1%)

3 かん山の 1 かくの, かん山では, たって足り, ぱとして, ぱにおけると同じ, ぱの, ぱのひとりの少年にとって, ぺいを, 首の

▼ ろぼうども~ (12, 0.1%)

2 を追っぱらう 1 がすわっ, がとおく, がやってきた, が遠く, てんでにはちきれ, はこの, はびっくり, は二度と, までわりこん, もこり

▼ ろまみれ~ (12, 0.1%)

2 になっ 1 になつて, になり, になる, のはだし, のまま, の上山さん, の人間, の小林少年, の町, の足

▼ ろいた事~ (11, 0.1%)

2 があった, がある 1 があつ, でしょう, には赤い, はない, もあった, もあつ, も驚ろ

▼ ろしゅう~ (11, 0.1%)

1 [11件] がした, ございましょう, ございます, ございますが, ございますわ, ござったろう, て二度, ながめました晩, なる, 御座いましたこと, 御座います

▼ ろという~ (11, 0.1%)

1 [11件] あたり結句の, だ其処, ところに, のは, ものが, 三字には, 事が, 事で, 意味な, 指揮を, 私が

▼ ろにな~ (11, 0.1%)

2 つて來た, つて来た 1 つたのは, つてこの, つてし, つてゐ, つてゐた, つて径を, つて豐岡川の

▼ ろ~ (11, 0.1%)

2 とした 1 た気色, て頼まれ, とあたり, と呉用, と崖下, と涙, と甲冑, と阿賀妻, 落ちたひと品

▼ ろ~ (11, 0.1%)

2 で何, に育つ 1 とろ, に育っ, のお人好し, のよう, 奪ろ, 捉ろ, 故の

▼ ろ寒い~ (11, 0.1%)

1 [11件] 下蔭, 中に, 佗しい, 或は読み, 戦きが, 春が, 檜葉の, 気が, 靄影が, 風, 驛である

▼ ろ~ (11, 0.1%)

2 の岸 1 だ, っていうの, には二つ, のこと, のほら, はだんだん, へちかよらない, へ行ける, を探検

▼ ろあたり~ (10, 0.1%)

4 を見 1 からあっ, から響い, がげっそり, で火影, には伸子, を見廻す

▼ ろしげ~ (10, 0.1%)

1 なのに, なもの, なり, なる蝦夷式偉丈夫, な山, な岩石, な猪武者, な眼, な遊女, な頭

▼ ろ~ (10, 0.1%)

1 に癌, に脹れ上っ, の瘤, へ命中, や肩, をつよく, を手, を掻い, を揉んだ, を見せ

▼ ろうじ~ (9, 0.0%)

2 の外 1 で飯, のおく, の奥, の突きあたり, を往, 出て, 出ましたら小声

▼ ろだて~ (9, 0.0%)

3 にし 1 がある, がおいで, がおつき, に夜光, に彼, を手

▼ ろつき~ (9, 0.0%)

1 がひどく, が気, つんと澄ませ, でわかった, に二十年, に欣七郎, を人生, を廊下, 低い家並

▼ ろへも~ (9, 0.0%)

3 たれて 2 たれたまま 1 あらうなまけ癖, おい, たれた, 後詰し

▼ ろぼう人形~ (9, 0.0%)

1 には気, の立っ, の足, はその, はちん列場, はつく, はへや, はパッ, は下

▼ ろぼう船~ (9, 0.0%)

1 が亡霊, だが, だってこと, ではない, にな, に選んだ, の奴隷, を分捕っ, を脱

▼ ろよい~ (9, 0.0%)

1 あなたの, しらべを, どおし, ほどの発熱, ドライヴ, 倒錯心理で, 制作意図を, 睡眠, 睡眠から

▼ ろんで~ (9, 0.0%)

1 いくよう, いる, ただ退院, ゐるの, 何か, 天井を, 新聞を, 見ると, 鏡を

▼ ろ~ (9, 0.0%)

21 にこ, にしのび, に一時, に手, に電信柱, 喰いの, 痛い目

▼ ろ~ (9, 0.0%)

1 から帰った, に逗留, の, の旅籠, の角, へ出向く, へ行っ, まで跟, も日本橋

▼ ろ~ (9, 0.0%)

2 と言 1 てゐられる, てゐる, は必ず, は武門, まは, もせず, を具

▼ ろ~ (8, 0.0%)

5 をろ 1 ひあれびまさを云々, ふ, ぼるる茶

▼ ろこの~ (8, 0.0%)

1 卓子の, 女め, 始末だ, 木曾の, 紅葉の, 素焼の, 辺は, 通り天の

▼ ろしがる~ (8, 0.0%)

2 風も 1 と年ちゃん, には及ばぬ, のも, ような, 物を, 犬という

▼ ろしき~ (8, 0.0%)

1 ことと, この身, その女, に因った, に心, ばかりに見えた, ものである, をお

▼ ろしくなった~ (8, 0.0%)

1 からそして, が今更どう, が幸い, ことが, のか, のだった, ようでありました, んです

▼ ろする~ (8, 0.0%)

1 のにお前さん, のを, やうに, 人々に, 斑点を, 足を, 軍馬の, 鼠の

▼ ろつい~ (8, 0.0%)

2 てゐる 1 ている, てゐた, て以来, て來, て壁, て自分

▼ ろひし~ (8, 0.0%)

1 ことあれ, てそこ, て刀, て吃驚, て後, て静まりぬ, ながら, 夕日は

▼ ろぼう猫~ (8, 0.0%)

1 だ, だー, と隣, になる, のよう, の子, やのら猫, をつかまへる

▼ ろ~ (8, 0.0%)

2 なが, ゆく 1 でそのまま, と光る, と弾きたれ, んどろろ

▼ ろ叩き~ (8, 0.0%)

1 とする, なの, にし, にした, になった, に会いかけ, の目, よりは事

▼ ろ~ (8, 0.0%)

2 になっ, に長く 1 に山, のその, のまま, の圓髷

▼ ろ時計~ (8, 0.0%)

1 だ, ですよ, のト, はもつ, は何時, を一つ, を入れ, を搜

▼ ろ~ (8, 0.0%)

32 さを 1 えまね, さに対しても, さも

▼ ろ高い~ (8, 0.0%)

2 屈つた身體し, 男が 1 のも, コスモスの, 山椒の, 煙突みたいな

▼ ろきました~ (7, 0.0%)

31 それは, ねえ薬, ねこの, よ

▼ ろつて~ (7, 0.0%)

2 ゐた 1 しつこく言, はゐない, まで出席, やらう, 持つて

▼ ろ~ (7, 0.0%)

1 えまで, お糸さん, 仙太郎さ, 帯封書い, 暮せば, 梅の, 見せいな

▼ ろひで~ (7, 0.0%)

2 あつた 1 さてこそ, ね, よく来た, 堂堂と, 賑々しく帰

▼ ろ~ (7, 0.0%)

2 んす, んちっく, んちつく 1 んちつ

▼ ろ~ (7, 0.0%)

1 お, が接吻, こみに, つ, て歩い, の, る海

▼ ろ具合~ (7, 0.0%)

1 が大事, とによつ, などを八五郎, なんか盲目, のプラス, までは知りません, もたしかめず

▼ ろ斬り~ (7, 0.0%)

4 の悪 1 のあの, の使い手, の無双

▼ ろ~ (7, 0.0%)

2 であること 1 と言っ, になっ, の中, は比佐子, をわたっ

▼ ろ~ (7, 0.0%)

3 がある 1 があった, だという, にし, は酒井雅楽頭

▼ ろ號室~ (7, 0.0%)

3 の患者 1 だ, にはわかい, のお母さま, の娘

▼ ろあるき~ (6, 0.0%)

1 の足, の黄昏, をするで, ポストを, 土曜日の, 鼻歌に

▼ ろかせ~ (6, 0.0%)

2 てやらう 1 てはいん, てやろう, てよみ, て出

▼ ろきよろ~ (6, 0.0%)

4 とあたり 1 と家々, と私

▼ ろ~ (6, 0.0%)

1 いっぱいに, で, へとはいった, ろと, を挾んだ, 裏から

▼ ろそれ~ (6, 0.0%)

1 が二, こそ本当に, こそ親子, は何, もぺろり, を謝罪

▼ ろです~ (6, 0.0%)

1 か, から寒く, がさすが, し本所, のね, よ

▼ ろでも~ (6, 0.0%)

2 食べて 1 やり出すかと, 朝間は, 炭薪ゃ積まぬ, 落葉を

▼ ろといふ~ (6, 0.0%)

2 語は 1 ものは, 一語を以て, 意見仕方なし, 説も

▼ ろなどを~ (6, 0.0%)

1 さがしまわりました, のぞいて, よくしらべました, 叩いて, 喰べた, 搜し

▼ ろへは~ (6, 0.0%)

1 いけません, なるたけ近寄らない, 参りません, 振返らなかった, 石黒半兵衛と, 行かずに

▼ ろもと~ (6, 0.0%)

2 無く御新造 1 ないと, ない次第ぢ, なき夕月, なくて

▼ ろ装束~ (6, 0.0%)

3 に身 2 並びに持道具一切 1 のうち

▼ ろある~ (5, 0.0%)

2 きのこ 1 とといえ, ひとの, 人の

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 かるの, せいさんまで, もひかね, ツせ, 婆も

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 かも知れなかつた, 思ひが, 程, 程妻, 聴けよ聴けよあはれ

▼ ろさせ~ (5, 0.0%)

1 てみんな, てやろう, て喘ぐ, て坊主, て森

▼ ろしづか~ (5, 0.0%)

1 にからだ, にさびしく, にし, に小鳥, に待ち居ら

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 えで, おそろしや, ひとに, めの, 思ひやられたり

▼ ろだった~ (5, 0.0%)

1 と思っ, と私, のです, のでほんとに, よ

▼ ろでに~ (5, 0.0%)

1 しばられそのうえ, しばりあげられました, もって, やっと笑っ, 縛り室

▼ ろにおいて~ (5, 0.0%)

1 ある三, のぶな, 老人は, 自分一個として, 菊の節句を

▼ ろばかり~ (5, 0.0%)

1 こやして, 振り向いて, 注意し, 眼について, 肥したやう

▼ ろへに~ (5, 0.0%)

3 けり 1 ひとり面痩せ, 改めて帶

▼ ろへを~ (5, 0.0%)

1 冠つた処がを, 冠つた處がを, 痛感する, 被つた處, 覚えたこれ

▼ ろほど~ (5, 0.0%)

2 ろに 1 ろ, 御婦人, 高くなった

▼ ろ~ (5, 0.0%)

2 そく成ります 1 そくなっ, そさは, そそうなあ

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 かの間違い, かは以, か寫さ, しに, でも圧し潰せ

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 でお, とやらで, の門, へ出かけ, を出

▼ ろ大師~ (5, 0.0%)

2 のお 1 の弓, はお, は何

▼ ろ姿~ (5, 0.0%)

1 がまざまざ, である, には濛々, に顔, のスッキリ

▼ ろ~ (5, 0.0%)

2 に聞き 1 になっ, の, の奧

▼ ろ振り向く~ (5, 0.0%)

2 真黒牛の 1 たまゆらも, もあり, 雄の

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 がさめる, たき思ひで, の前, の神楽坂, をむい

▼ ろ立つ~ (5, 0.0%)

2 照明迅く, 蒼の 1 夜を

▼ ろ~ (5, 0.0%)

2 で組ん, に組んだ 1 のへなへな

▼ ろ見廻し~ (5, 0.0%)

3 ながら 1 てゐた, てゐる

▼ ろ長く~ (5, 0.0%)

1 つ, 伸びて, 生えた雑草, 生えて, 見えるの

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 へ組ん, や両方, をい, を下げろ, を抑えつけ

▼ ろ~ (5, 0.0%)

1 が寒く, に刃, のよう, の入れ墨男, の大

▼ ろあらためて~ (4, 0.0%)

1 つく, 七月朔日の, 水くみあげ, 霜の

▼ ろいい~ (4, 0.0%)

2 きみだ 1 かッ, こと教え

▼ ろうま~ (4, 0.0%)

2 の神話文学 1 における, の方言

▼ ろかせる~ (4, 0.0%)

2 と同 1 だけで, に充分

▼ ろからの~ (4, 0.0%)

1 ようで, 呼声が, 左膳の, 攻撃には

▼ ろがねの~ (4, 0.0%)

2 鱗の 1 時計を, 面

▼ ろきよろあたり~ (4, 0.0%)

4 を見

▼ ろくさ~ (4, 0.0%)

2 ま下水 1 ま描けない, ま返事

▼ ろくだく~ (4, 0.0%)

4

▼ ろくべく~ (4, 0.0%)

1 たしかな, ぴん然, 巧妙な, 無識

▼ ろくろ見る~ (4, 0.0%)

2 ろくろ, ろくろ廻る

▼ ろける~ (4, 0.0%)

1 この老父, ほど美しい, ような, 火かとも

▼ ろこつ~ (4, 0.0%)

1 な噂話, な敵意, にで, に私

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 うじゃありませんか, ざります, りたる, りたる処

▼ ろざす~ (4, 0.0%)

1 ところに, 人々は, 所の, 港に

▼ ろしい祟り~ (4, 0.0%)

2 がある 1 があります, があるでしょう

▼ ろしうございます~ (4, 0.0%)

1 からそれで, といっ, わ, 私は

▼ ろだけ~ (4, 0.0%)

1 きかせてね, です, でなく前, 露はに

▼ ろつく~ (4, 0.0%)

1 やうやく, 事, 目玉を, 腰を

▼ ろとが~ (4, 0.0%)

1 ある, いっしょに, 笑ふと, 見えるわ

▼ ろとして~ (4, 0.0%)

1 之をかば, 危ふく倒れ, 肯定しよう, 顔は

▼ ろながら~ (4, 0.0%)

1 それと, 理想という, 確かに, 覚えて

▼ ろなき~ (4, 0.0%)

2 ためいきの 1 うたの, 身にも

▼ ろなんて~ (4, 0.0%)

1 あの時, いろっぽいお, それから, 久しく聞かない

▼ ろにあたって~ (4, 0.0%)

1 ふとい声, 今さらの, 背中が, 響きました

▼ ろにて~ (4, 0.0%)

1 伊賀の, 出入の, 燕口や, 端唄模樣の

▼ ろによ~ (4, 0.0%)

3 する波 1 こに

▼ ろへま~ (4, 0.0%)

3 はし 1 はつて

▼ ろぼうみたい~ (4, 0.0%)

1 なまね, なもの, にわし, に人目

▼ ろむなしく~ (4, 0.0%)

1 あらうみの, て糸瓜, 旅の, 風呂が

▼ ろもの~ (4, 0.0%)

1 ぢや, でせう, で往来, 一つも

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 て旦那様, て言, と前, と眺める

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 お神楽, ぐらいな, しいー, なーんー

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 てゐる, て蕨, でつつ, でゐ

▼ ろ向く~ (4, 0.0%)

2 其人は 1 と, と捕まえられる

▼ ろ向け~ (4, 0.0%)

1 にし, に大, に抱きあげ, のまま

▼ ろ向ける~ (4, 0.0%)

2 は尻尾 1 が尾, はいとど

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 けき, けく, に, に膚

▼ ろ~ (4, 0.0%)

2 に日 1 だまた, の橋

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 てました, てよく, てるの, てるん

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 の下, の光, の晩, を眺め

▼ ろ朧ろ~ (4, 0.0%)

1 しいもの, と覗き, になっ, の月

▼ ろ~ (4, 0.0%)

21 の小, の林

▼ ろ歩き~ (4, 0.0%)

1 に, に草市, はいよ, をし

▼ ろ眺め~ (4, 0.0%)

1 てゐた, ながら古, ながら退屈さうに側, まは

▼ ろ~ (4, 0.0%)

1 にす, にも同じ, をその, を連

▼ ろ臭い~ (4, 0.0%)

2 生き物の 1 のに, 三円の

▼ ろ~ (4, 0.0%)

4 の前

▼ ろいする~ (3, 0.0%)

1 あいだ待っ, とやがて, と隣り

▼ ろいたんだ~ (3, 0.0%)

21

▼ ろうまん~ (3, 0.0%)

1 すを, す化する, ちくし

▼ ろえた~ (3, 0.0%)

21 時分医者から

▼ ろえて~ (3, 0.0%)

2 投与へ 1 女中が

▼ ろえと~ (3, 0.0%)

21 言うべきであったろう

▼ ろお前~ (3, 0.0%)

1 だって矢, はお前, は日本人

▼ ろお正月~ (3, 0.0%)

3 も直

▼ ろかす~ (3, 0.0%)

2 は平常 1 ほどな大きな

▼ ろからでも~ (3, 0.0%)

1 はっきり見える, 出たこと, 見られるよう

▼ ろからら~ (3, 0.0%)

1 としか聞えない, と鳴き, の声

▼ ろかれた~ (3, 0.0%)

2 事が 1 のは

▼ ろきます~ (3, 0.0%)

1 が, な, ね

▼ ろきわ~ (3, 0.0%)

2 たつた 1 たつて

▼ ろこんな~ (3, 0.0%)

1 事が, 輩が, 酷い仕事

▼ ろされた~ (3, 0.0%)

1 ものである, モメントとして, 時に

▼ ろしお~ (3, 0.0%)

21 まん

▼ ろしくなり~ (3, 0.0%)

1 てこれ, て家, て帰り

▼ ろしくも~ (3, 0.0%)

1 ある様子, あれこ, また思召

▼ ろしくもない~ (3, 0.0%)

3 のだ

▼ ろしく思われた~ (3, 0.0%)

1 が今, のは, ほど彼女

▼ ろその~ (3, 0.0%)

1 上には, 女の子だめ走っ, 横の

▼ ろちよろ川~ (3, 0.0%)

2 に日 1 の橋

▼ ろ~ (3, 0.0%)

1 の星, の波, の遊びわざ

▼ ろづかい~ (3, 0.0%)

1 がご, がつい, ははて

▼ ろである~ (3, 0.0%)

1 と其儘, やうに, ように

▼ ろとど~ (3, 0.0%)

1 ろ, ろと, ろに

▼ ろどり~ (3, 0.0%)

1 げと, げ儀今朝伊留満, げ同道にて

▼ ろなし~ (3, 0.0%)

1 といふ, ほむる者, 手を

▼ ろにかけて~ (3, 0.0%)

1 その黒, 強くしばっ, 強くしばられ

▼ ろにまで~ (3, 0.0%)

3 気を

▼ ろに従って~ (3, 0.0%)

1 ようやく此方, 足音を, 車から

▼ ろひしと~ (3, 0.0%)

3 聞く某

▼ ろひよろ松~ (3, 0.0%)

21 の小

▼ ろふと~ (3, 0.0%)

1 の事, も思ひ, わかれて

▼ ろみぞ~ (3, 0.0%)

2 の中 1 からあがっ

▼ ろみたい~ (3, 0.0%)

1 という希望, なもの, な中

▼ ろみの~ (3, 0.0%)

2 恐ろしさ 1 恐しさ

▼ ろをば~ (3, 0.0%)

1 さっと払う, しづえしづくらの, われ知らざりしか

▼ ろをも~ (3, 0.0%)

1 向かずに, 木や, 肥やし得るの

▼ ろ下り~ (3, 0.0%)

1 たまへりける, に山, の袴姿

▼ ろ仮面~ (3, 0.0%)

1 にあった, をかぶり, をぬい

▼ ろ~ (3, 0.0%)

1 るもの, る戰車かぎろひ砲, る音感じ

▼ ろ~ (3, 0.0%)

1 が話す, だって, のやる

▼ ろ~ (3, 0.0%)

1 だよ, に手, をぬき出し

▼ ろ包み~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にすれ

▼ ろ哀れ~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ ろ小路~ (3, 0.0%)

1 だ, のよう, へはいりこん

▼ ろ待っ~ (3, 0.0%)

3 てろ

▼ ろ抱き~ (3, 0.0%)

1 にし, にした, に脇差

▼ ろ指一本~ (3, 0.0%)

1 さされず爽快, さされたくなく陰口一つ, さされない態

▼ ろ月二十両~ (3, 0.0%)

3 ずつ稼い

▼ ろ~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ ろ深く~ (3, 0.0%)

1 しまひ, 入りながら, 探つて

▼ ろ~ (3, 0.0%)

1 にし, に聞く, を引張っ

▼ ろ~ (3, 0.0%)

1 の寂し, 大き仏, 大き佛

▼ ろ~ (3, 0.0%)

1 が点々, は首, をよく

▼ ろ都合~ (3, 0.0%)

1 のため, の潤沢, も思いやられる

▼ ろ~ (3, 0.0%)

2 卷きに 1 卷きを

▼ ろ鉢巻~ (3, 0.0%)

1 の浪士, をし, をした

▼ ろ~ (3, 0.0%)

2 もつ綿雲 1 のふくらし

▼ ろあはれ~ (2, 0.0%)

2 なれ

▼ ろあり~ (2, 0.0%)

1 きし給ふ, きし給へ

▼ ろありき~ (2, 0.0%)

1 し, し或

▼ ろあるきで~ (2, 0.0%)

1 ござりまする, はあるまい

▼ ろいに~ (2, 0.0%)

1 ぴんと反らし, 古屏風

▼ ろいま~ (2, 0.0%)

1 にお, 行って

▼ ろいもの~ (2, 0.0%)

1 が始めて, が幻

▼ ろい光り~ (2, 0.0%)

1 の中, を受け

▼ ろい笑い~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ ろうつくしき~ (2, 0.0%)

2 田蛙の

▼ ろおきのう~ (2, 0.0%)

1 お申しつけ, 御りっぱ

▼ ろかす毎~ (2, 0.0%)

2 に静子

▼ ろかれ~ (2, 0.0%)

2

▼ ろがけ~ (2, 0.0%)

1 なければ, はちがった

▼ ろがる~ (2, 0.0%)

1 ように, より仕

▼ ろきたる~ (2, 0.0%)

1 杉の, 英雄なる

▼ ろきで~ (2, 0.0%)

1 はない, 痙攣し

▼ ろきの余り心機一転~ (2, 0.0%)

2 の結果

▼ ろきの声~ (2, 0.0%)

1 を上げる, を出し

▼ ろきの息~ (2, 0.0%)

2 のみぞ

▼ ろきもの輪~ (2, 0.0%)

2 のごとき

▼ ろき慌て~ (2, 0.0%)

2 てその

▼ ろき渡る~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ ろぎの声~ (2, 0.0%)

1 がさびしく, をきい

▼ ろぎもせず~ (2, 0.0%)

1 眺めて, 見とどけて

▼ ろくあんじ~ (2, 0.0%)

1 はつたらう, はつたろう

▼ ろくう~ (2, 0.0%)

2 ごくけ

▼ ろくたる~ (2, 0.0%)

1 生活に, 轍の

▼ ろくも~ (2, 0.0%)

1 のなり, 色づいて

▼ ろくもの~ (2, 0.0%)

1 か, は

▼ ろくろ廻る~ (2, 0.0%)

2 がただ

▼ ろぐれえ~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことを

▼ ろぐ気色~ (2, 0.0%)

1 もなく, を見せた

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 ないから, ばとほく

▼ ろけが~ (2, 0.0%)

1 感じられそれ, 感じられた

▼ ろけを~ (2, 0.0%)

2 加味した

▼ ろこそ~ (2, 0.0%)

1 いとそ, 噛みても

▼ ろさえ~ (2, 0.0%)

2 つけて

▼ ろさびしく~ (2, 0.0%)

1 をろがめば, 曼珠沙華

▼ ろざした~ (2, 0.0%)

1 のである, 事も

▼ ろしいし~ (2, 0.0%)

1 やっぱり信州辺, 彼女は

▼ ろしいです~ (2, 0.0%)

1 から, ね

▼ ろしかったら~ (2, 0.0%)

1 わしと, 皆さんお

▼ ろしき物~ (2, 0.0%)

1 の一瞥, を見れ

▼ ろしくなかった~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 家内に

▼ ろしくなる~ (2, 0.0%)

1 のだった, のを

▼ ろしくもあれ~ (2, 0.0%)

1 ば不, ば頼もしく

▼ ろし過ぎ~ (2, 0.0%)

1 ている, てひとりでに

▼ ろずくめ~ (2, 0.0%)

1 のしぶき, の長刀

▼ ろそこ~ (2, 0.0%)

1 もきらら, を探し

▼ ろそやさかい~ (2, 0.0%)

2 にまだ

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 でんでん太鼓に, コバエテ

▼ ろただ落葉~ (2, 0.0%)

2 なりかさ

▼ ろたのしく~ (2, 0.0%)

1 てそこら, 朝昼晩お

▼ ろだい~ (2, 0.0%)

1 のほう, の上

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 うたてあんた, を住ま

▼ ろっじ~ (2, 0.0%)

2 ゅまん

▼ ろついた~ (2, 0.0%)

1 六七歳時分の, 樣子を

▼ ろつた~ (2, 0.0%)

1 楽しいお正月, 若い婦人

▼ ろづき~ (2, 0.0%)

1 て腰, ながら唖

▼ ろづめ~ (2, 0.0%)

1 に一寸二寸, に呂宋兵衛

▼ ろづ代~ (2, 0.0%)

1 に, までに

▼ ろても~ (2, 0.0%)

1 半つき米は, 辛抱おし

▼ ろとか~ (2, 0.0%)

1 うぐいすとかいう, 水で

▼ ろともに~ (2, 0.0%)

2 緩き環

▼ ろとんと~ (2, 0.0%)

1 ろとん, ろとんと

▼ ろとんぼ~ (2, 0.0%)

1 などという髪, やお

▼ ろながい~ (2, 0.0%)

1 アカシヤの, 印度人の

▼ ろながらも~ (2, 0.0%)

1 千鶴子だ, 子供心を

▼ ろなど~ (2, 0.0%)

1 さがさなかったからね, 起したため

▼ ろなどと~ (2, 0.0%)

1 姉さんと, 言う

▼ ろなども~ (2, 0.0%)

1 じゅうぶんさがしました, まったく同じ

▼ ろなら~ (2, 0.0%)

1 むには, ようし逗子

▼ ろならず~ (2, 0.0%)

1 も奥, も日

▼ ろなんか~ (2, 0.0%)

1 ちっとも見えませんでした, 持つては

▼ ろな燃える~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ ろにあたる~ (2, 0.0%)

1 断崖から, 浴室の

▼ ろにでも~ (2, 0.0%)

1 すわりこんで, 別の

▼ ろにね~ (2, 0.0%)

1 ぢむけた, ぢ込ん

▼ ろにへ~ (2, 0.0%)

1 えるん, えろうなんて

▼ ろねを~ (2, 0.0%)

1 何し, 面影を

▼ ろのさ~ (2, 0.0%)

2 がんを

▼ ろのに~ (2, 0.0%)

1 こ草の, こ草を

▼ ろはず~ (2, 0.0%)

1 たべること, にちん

▼ ろはと~ (2, 0.0%)

1 数えて, 數へて

▼ ろひした~ (2, 0.0%)

1 女中達は, 接吻を

▼ ろひだ~ (2, 0.0%)

1 からそれ, つた

▼ ろひと~ (2, 0.0%)

1 ふくろゆつくりくち, 来て

▼ ろひます~ (2, 0.0%)

1 が土藏, とみんな籠

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 が出来, が認められた

▼ ろべそ~ (2, 0.0%)

1 にきしる, を鳴らし

▼ ろべり~ (2, 0.0%)

1 や, やばかりかなしき

▼ ろほろろ~ (2, 0.0%)

1 と吹きいで, と唄

▼ ろぼい~ (2, 0.0%)

1 借金の, 庭を

▼ ろぼう入来~ (2, 0.0%)

2 の前兆

▼ ろぼう市~ (2, 0.0%)

1 である, にだってほん

▼ ろぼし~ (2, 0.0%)

2

▼ ろまかした~ (2, 0.0%)

1 に相違, んぢやあねえ

▼ ろみる~ (2, 0.0%)

1 がなア, 機会を

▼ ろむべ~ (2, 0.0%)

2 しとて

▼ ろむる~ (2, 0.0%)

2 に少しく

▼ ろむ指~ (2, 0.0%)

2 のさき

▼ ろもち体~ (2, 0.0%)

2 を横

▼ ろもち男~ (2, 0.0%)

2 よりも足早

▼ ろもち顔~ (2, 0.0%)

1 をあからめ, を赧らめ

▼ ろやすく~ (2, 0.0%)

1 いたしますの, 立ちの

▼ ろゆく~ (2, 0.0%)

2 鼠の

▼ ろよき~ (2, 0.0%)

1 刺身の, 南風に

▼ ろよりは~ (2, 0.0%)

1 かのうつくしき, 彼の

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 かに

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 ろ, ろる

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 なければ

▼ ろを以て~ (2, 0.0%)

1 仰ぎ奉るぢゃ, 青年たちに

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 ふが

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 のかくれ得る, の親

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 じゃア奉公大切, 拜諾り

▼ ろ今日~ (2, 0.0%)

1 までも残れりけり, までも殘

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 きたるやう, 正しく亡くなりし

▼ ろ使い~ (2, 0.0%)

1 か, だった

▼ ろ備え~ (2, 0.0%)

1 には凌統, には直

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 のほとんど, を見

▼ ろ先方~ (2, 0.0%)

2 からも口

▼ ろ其の~ (2, 0.0%)

1 形代を, 間に

▼ ろ加減~ (2, 0.0%)

1 のい, のいい

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ ろ向い~ (2, 0.0%)

2

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 が来, の番

▼ ろ坐す~ (2, 0.0%)

2 速開津姫

▼ ろ大黒~ (2, 0.0%)

1 が質屋, こそは実

▼ ろ寒げ~ (2, 0.0%)

2 に折ふし

▼ ろ小山田~ (2, 0.0%)

2 に種

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 でほ, の姿

▼ ろ工合~ (2, 0.0%)

1 じゃ覚束ねえや, の方

▼ ろ巻きし~ (2, 0.0%)

1 ている, てとらせる

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 が見える, を繋がしめ

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 が落ち, のかげ

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 も罎, をおしなべて

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 は寒い, を近所

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 しらぬ物, て路地

▼ ろ忽ち~ (2, 0.0%)

2 江戸の

▼ ろ手六法~ (2, 0.0%)

2 を踏む

▼ ろ斜め~ (2, 0.0%)

2 に肩

▼ ろ明るめり~ (2, 0.0%)

2 月の

▼ ろ月夜~ (2, 0.0%)

1 の下, の宵

▼ ろ来る~ (2, 0.0%)

1 もの, 戦車かぎろひ砲つづく

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 貴族院議員に, 貴族院議員に対して

▼ ろ染め~ (2, 0.0%)

1 にした, に相違

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 をうた

▼ ろ歩きし~ (2, 0.0%)

1 てすこし, て一寸

▼ ろ歩む~ (2, 0.0%)

1 も, 友愛の

▼ ろ流れ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て来る

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 の上, をわたる

▼ ろ淋しき~ (2, 0.0%)

1 入日かな, 日を

▼ ろ深い~ (2, 0.0%)

1 川で, 池でした

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 の発つ, の發

▼ ろ煙草入銀延~ (2, 0.0%)

2 の細い

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ ろ百合~ (2, 0.0%)

1 に額, の薫り

▼ ろ知る~ (2, 0.0%)

1 につけ, 其頃より

▼ ろ羽根~ (2, 0.0%)

1 が動い, の長い

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 もする, を立てる

▼ ろ自分~ (2, 0.0%)

1 の下駄, はうれしく

▼ ろ自由~ (2, 0.0%)

2 なる人間

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 がきいたら, は千匹

▼ ろ見られる~ (2, 0.0%)

1 神棚の, 趣で

▼ ろ見る~ (2, 0.0%)

1 ものぢや, もんぢや

▼ ろ~ (2, 0.0%)

1 と坂, の冷たい黒い

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 めき押し移る雷雲

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 ぞ飛びたる

▼ ろ風夕かげ~ (2, 0.0%)

2 のいろ

▼ ろ飛び~ (2, 0.0%)

1 に退っちまった, のまま三方子川

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 や祝ひま

▼ ろ~ (2, 0.0%)

2 となり

▼1* [985件]

をの, ろあたしの顔, ろあちこちを見, ろあの山と, ろあまりてことば足らず, ろあるきする青葉若葉水色水声あざやかで, ろあれを一個一厘, ろいかでひろはむ, ろいが出来上りつつあった, ろいした妹が, ろいじりをやっ, ろいすな, ろいたくないという, ろいたらうと思, ろいたらしく急いで口, ろいたろうと思った, ろいちまうわ, ろいちまってからに, ろいちまつた, ろいちゃんぽんうどんや尾道の千光寺, ろいつか寝入れるその, ろいてるなかに, ろいでいましたから内職, ろいでいる四人の, ろいでしまつた, ろいでみようと云う, ろいでゐる四人の, ろいで居る心持, ろいと思ったか, ろいといいこれは, ろいところを捨て, ろいのも金, ろいまだ嫡子なし, ろいもそこそこ礼, ろいや洗濯などは自分, ろいや身じまいなどをする, ろいわねえじゃぶじゃぶみんな, ろい取仕切った薄笑いを, ろい怖ろしい影, ろい汚れた鏡に, ろい滅びかけた遊星が, ろい致しまして低, ろい草が下方, ろい草山のすそ, ろうえさまおん眼を汚し奉り, ろうぐいすならば, ろうごかしながら煙草, ろうた人のなか, ろうったってそりゃ, ろうつさぬ人も, ろうつろのやう, ろうまんすと言, ろうらやましく切なくなって, ろうれしき秋の, ろえおめえ, ろえがたくおもいながら, ろえなものもいました, ろえるだけで案外, ろおこぜ海鰻, ろおしろの白木屋, ろおすえな, ろおそろしきまでお, ろおちつかず塩昆布を, ろおちつかない麦の, ろおのづから, ろおののきて, ろおぼえに書きとめ, ろおまえの結婚, ろそうと, ろかいをととのえ, ろかいろくくく草, ろかがむ鼠のを, ろかす明けの鐘, ろかつたんやが, ろかなを後ろ側, ろかなしい風が, ろからからのタクシーが, ろからと舞台の, ろからはがいじめに, ろからわつといつ, ろがけていらしったお方のこと, ろがちきちき痛んだ, ろがっている, ろがった空を, ろがなと芸者達の, ろがねのちひさき, ろがねえのかい, ろがまへだ, ろがわりがいたしまし, ろきたがるものは, ろきだのいう, ろきのもとなる, ろきのあまりあつと, ろきのあまりたじたじと後ずさり, ろきの上を超える, ろきの後からどういう, ろきの音は百雷, ろきよろあちこちを見, ろきよろ兄さん彼等にも亦, ろきよろ海の上, ろきよろ街を見物, ろきよろ車中を見, ろき休ます足音とては, ろき呆れて半ば, ろき怪しみたち返えりて, ろき渡り約三千メートル, ろき舞い戻らんとする, ろき行くは, ろき遊ばすといけない, ろき騒ぐ家畜を, ろぎかけたころ門外が急, ろぎかたですつかり腰, ろぎがあつたのでせうがたいした綺麗, ろぎこうろぎ風鈴が鳴る, ろぎだとかいう気分が亡くなっ, ろぎて頭には大, ろぎでござりましょうからご安心くだ, ろぎといつたようなものが味はれる, ろぎながら相手の顔, ろぎのすさびなれば心たかうし, ろぎのときはと云えば, ろぎましたが直ぐに面白, ろぎもしない憧れの, ろぎもしないですたすたと捏ねて, ろぎもせずに悠々と, ろぎもせずにこう言うの, ろぎもせずにこちらを見あげて, ろぎもせずに何か想い耽っ, ろぎもせずに窕子は深く, ろぎもせず徘徊する, ろぎもせず必死の構, ろぎもせず男の顔, ろぎもせず註文を待っ, ろぎもせぬ七体の石像みたい, ろぎや平安や歓び, ろぎょろと, ろぎよあすの米だけはある, ろぎわたり胸, ろぎョろさして, ろぎ出でぬ年木樵, ろぎ旅のからだ, ろぎ香取の山, ろくいろ付く柚子の, ろくお会式桜枝に, ろくから少し静か, ろくくすんで, ろくくく草ご, ろくくらゐでつまり, ろくく暗しとを啼く, ろくして責, ろくそが中に, ろくたびにかれもえだ振る, ろくだか知らねえ, ろくだらうそしてダラ幹共, ろくだろう同年輩の, ろくであり得るわけは, ろくでなきものに対し, ろくどころじゃねえ, ろくべきではありません, ろくまく肺炎みんな古戦場, ろくまくも跡はある, ろくまろびいづれば吾泣かむとす, ろくらくして, ろくるしくも有る, ろくろつ首も, ろくんじゃない, ろく眠らない上に, ろぐすしやへ案内, ろぐところを追いすがった折井刑事, ろぐまもあるまいによう精励いたしおるな, ろぐやうな風で不安さうに彼等, ろぐやうに白黒した, ろぐよと見る, ろぐるしくもはや, ろぐろく口も利かぬ, ろぐろぐ稼ぎも出来ねえで, ろぐ水の音, ろぐ雲の絶間, ろぐ雲といへるは, ろけしここは妻, ろけた油絵具の糟, ろけて行くところ, ろけながらまた他, ろげたまえる気高く, ろげ乍ら味はひたる, ろこいつをくれ, ろこういうワケで, ろこくってたまらない, ろこしいことより, ろこつなことを, ろこびにぞくぞくしてゐるらしいけはひがさう, ろこらへる, ろこれからとても面白いもの, ろごころに思ひ入る, ろさあ婆さんまあ, ろさうとして蟇, ろさしている, ろさぬものじゃ, ろされぬとも道, ろさんだつたホラ, ろさん二人出立西へ東, ろさん私もその, ろざえもんどのと御いっしょ, ろざえもんのじょうどのいけだ紀伊守, ろざえもんのじょうどのお廊下において秀吉公, ろざかりでちっとも, ろざしですよ, ろしあ物などに, ろしいうなりの響, ろしいかどわかしのおばあさん, ろしいたくらみをし, ろしいだらう彼女の, ろしいではありません, ろしいようで再び目, ろしいんだからその, ろしいんですけれど河野, ろしい凝ツと, ろしい刺すような, ろしい呻き声が, ろしい引っ掻き疵も, ろしい思ひがいたしました, ろしい憎みの見, ろしい燃えるような, ろしい聞かなくッても, ろしい脹れ上がった形相に, ろしい自惚れであることよ, ろしい開けない白井八崎なんぞと, ろしい飲んだくれだな, ろしうあぢきなきこと, ろしう御座いましよう, ろしおますと万事相手, ろしからうと計, ろしかろうと思われる, ろしがらずには居られなかった, ろしがらせたり叡山, ろしがらせるのが, ろしがらねばならぬ, ろしがりて次第に, ろしき事四方において彼, ろしき二階の隅, ろしき人の住める, ろしき人非人ぞもはや, ろしき兵士らは仏光国師, ろしき刑罰を案じたる, ろしき化物を見た, ろしき危難を逃れたる, ろしき圧迫を感ずる, ろしき夜叉の顔, ろしき夢をむすぶ, ろしき家なり, ろしき屋台に大, ろしき心持でざんす, ろしき悪戦苦闘である, ろしき文明の病毒, ろしき昔の出来ごと, ろしき未来のため, ろしき毒を含める, ろしき流は山岳, ろしき火光と轟々たる, ろしき生物を御し得るや, ろしき經歴を想, ろしき者どもであるな, ろしき蛇の姿, ろしき誘惑に想, ろしき酒の精, ろしき鑵詰工場となりぬ, ろしき陶酔であり果, ろしき雲の上に, ろしき音きこえ平安, ろしき顔を見, ろしくありませんので水, ろしくおぼしめしてどうか, ろしくかたまって様子, ろしくしないでいよいよ, ろしくなったろうと狂気, ろしくならざるを得ない, ろしくなりましてわたくし, ろしくなりますわいつ, ろしくもあったのだ, ろしくもつと背, ろしくも思われるがそれ, ろしくも感じられない怪談が, ろしくも見えないだらうかさ, ろしく光りぬればせんなし, ろしく光るあのおやじ, ろしく出たらめで, ろしく啼き立てている, ろしく嘆かはしく, ろしく威張っていた, ろしく威張った息子の, ろしく忘れることの, ろしく思う種類の, ろしく思わせるのを, ろしく思われてきた, ろしく思われますか, ろしく感じたのであった, ろしく感じられてならない, ろしく描き出していた, ろしく映つてゐた, ろしく沈んだ男の, ろしく眺めていた, ろしく罵つてゐる, ろしく虐めるの縁側, ろしく血走っていたろう, ろしく見えたことでありましょう, ろしく見えるのでせう, ろしずかに御, ろしたての草履, ろしづに居りた, ろしとみゆればわが, ろしのさまが見えぬ, ろしばらくは慰む, ろしみじみ来なければよ, ろしめかざりといふもの, ろしめ世に倦みはてた, ろしやと何故, ろしょろちゃぶりとこれ, ろしらひなるべし, ろしりがたし, ろしろしろひつじ, ろすかように滔々, ろすぐれたりだのおとりたる, ろすんだがね, ろす風は吹く, ろば一人, ろせよかしはらからよ, ろへて, ろそう桑のよう, ろたしかに焼討ちだ, ろたとえ一箇に, ろたらお大師さん, ろたろか, ろたんぼの中, ろだけがこうしてあたたまっ, ろだけしか永遠に, ろだけにそうは, ろちの姿になつて, ろちの条に八つ, ろちゃぶりとこれ, ろちゃんだ, ろちょけ, ろちよちよろと水, ろちよろとかげの散歩, ろちよろ石の上, ろちりめんを黒, ろち棲むといへ, ろの類, ろぢいに就い, ろぢろあたしの顔, ろぢろ五位の姿, ろぢろ客種を觀察, ろぢろ彼女の顔, ろぢろ相手の顔, ろぢろ眺めまは, ろぢろ通りがかりの人, ろぢろ顔を見る, ろっこつのほそい, ろったの家賃, ろっちまって何, ろってまで出席した, ろってよどうかまア, ろってる君達の, ろっぽろっと, ろっぽい花の, ろっ子ようい, ろかな包み加減, ろついてると思ふ, ろつかしてるあんなに大きく, ろつかず声も, ろつかせたがわざと, ろつかせる鼻を, ろつかせ落ち込んだ鈍い光, ろつかれて山, ろつき出してぐにや, ろつき氣味で, ろつた一人の老婆, ろつた会話につつましく, ろつちつたのよ, ろつてお茶を飲む, ろつてことになつたん, ろつて云やがん, ろつて云つた處だよ, ろつて云つて貰ふの, ろつて歓呼の声, ろつて言ふの, ろつねに道を, ろつめたくくみあげた水, ろづかひのため, ろづくしはたいへん, ろづごとの誓言もむな, ろづつみに巻いて, ろづつみにしてそッ首をあげちまえ, ろづつみにしてみなごろしに, ろづつみの手配りがみえ, ろづの事皆な空, ろづまつりごちておはしましけれど實にはおの, ろづや雑貨店の当主高峰康太郎, ろづよも色はかはらじ, ろづ嬌羞を帶びたるをとめ子, ろづ屋があつ, ろづ物珍らしきに, ろづ神のかんつど, ろづ談合をも, ろてえから糊, ろてな大学校, ろてる枕元で, ろでがちゃんという, ろでして振り, ろでしたからである, ろでしょっきり結びに, ろでとびらが, ろでをほのかに, ろでをも恍惚と, ろといった筈だ, ろとかげの散歩, ろときない, ろときめく口づけに, ろとてあざけり玉, ろとても上り下りの, ろとで背負って, ろとでも言うの, ろとにプロペラが, ろとの対立を, ろとばかり呂宋兵衛の, ろとびにすっとん, ろとも艇外にとび出した, ろとよまねばならぬ, ろとりつく島も, ろとるやろと言った, ろとをどりを, ろとんるとだの, ろと共に葬むりて, ろどころをそろわない, ろどんなことに, ろなお月さまが, ろながく実を, ろながめてゐました, ろなぐさや, ろなぐさまない春雪や, ろなければジエンナロ, ろなごやかな日ざし, ろなす髪長く, ろなぞから来た, ろなってな銭もうけ, ろなつかしむ新俳句, ろなどへ行かないで, ろならひに謹み, ろなりけふ, ろなりしか今は, ろなりといふ下の, ろなんかに用事の, ろなんぞに捧げられべき質, ろなんてねそれや, ろな光りの最後, ろにあたりかすかで, ろにおけるがよう, ろにかばつたま, ろにかがまって, ろにかばふ, ろにかへつてむく, ろにからの紙入れを, ろにがくりと, ろにこそ測り知られぬ大, ろにさえ見えは, ろにしか知らなかった, ろにつつぱつて僕の, ろにつれてひよ, ろにてとありますが, ろにとって水陸の, ろにもかよはねどおなじ, ろにゃ火の, ろに従い来れと, ろえず, ろのちひさ, ろのびふくだみ, ろのぼっちをおした, ろのみ見ゆ, ろのみにけり, ろのも一つうしろの, ろはしるやしらず, ろはつという禅宗坊主, ろはねども筆の, ろはるかに寒々, ろひからび年経たる紙の, ろひたきうぐひすなんといふ, ろひだつたこれで木賃料三十銭, ろひつじはりつけお, ろひつじともだちひつじにわら, ろひであるが天童, ろひでお出かけですな, ろひでジプシーになつて, ろひで今年になつて, ろひで日本の男, ろひで林の下, ろひとつでご, ろひな太いまつげ, ろひな鼓動を打ちはじめた, ろひもないし自分, ろひよろもので往来, ろひよろツと前, ろひよろ大根がだいぶ, ろひよろ桜てふず, ろひよろ生へ出し, ろひよろ畑の青い, ろひ切れぬ淺ましい, ろひ照る月の, ろびいづれば吾泣かむとす, ろびた私の上衣, ろびつつ日はし, ろびていたんでそれを見た, ろびんそんガ指導ノ下, ろび出しに憎く, ろび初め候ふの, ろぴり小栗鼠の, ろふかくも蝉, ろふさぐ夜ふけて, ろふしどみの木, ろふそくつけ, ろふために, ろふだと, ろふものだ, ろふらしいさっきの, ろふりかえったらベッドが, ろふれうと鳴る, ろふ見れば大き, ろなころぶ, ろへが自分よりも, ろへてはゐるけれど, ろへなだれる, ろへねぢ込み乍ら飛ん, ろへば祠官呼びとめ, ろへよりかかること, ろへらして歩く, ろへるのを, ろへるおもむきは恰も, ろべたを跣足, ろぺろと舌で嘗める, ろがらに, ろほろぶとも夜, ろほろ苦い淋しみと, ろぼい歩いて行った, ろぼい歩き出していた, ろぼい立ち上がるのを, ろぼい這い出して来た, ろぼうねこのご, ろぼうのら犬ってからかわれ, ろぼうめが畜生, ろぼうやごうとうが, ろぼう事件があった, ろぼう掏摸掻拂ひ剃刃渡り, ろぼう町へなんか, ろぼう船虎丸の船内, ろぼう襲来の直前, ろぼけ見る影, ろぼそい日が, ろぼひ庭を, ろぽい土塊が, ろまあ茶でも, ろまかされてるんだ, ろまかされぬやうに, ろまかされやしないかと思つて, ろまかしてし, ろまかせでご, ろまずやぐら下, ろまだあって, ろまでがとろけるやう, ろまでとほりて, ろまでもかういふ妻, ろまどひ, ろまねすく, ろみしにこの, ろみずにハナ, ろみたる昨のかげ, ろみだつたところが, ろみの日に桂冠, ろみれば音, ろみ帰りて後常に, ろむお池の湯ごもり, ろむから此の, ろむかしの言葉, ろむき曲打にズドン, ろむる事さえある, ろむ女が何事, ろむ葡萄畑の夜, ろむ蛙の音, ろめいた気が, ろめきながら斜め, ろめく銃音しばし, ろめさうな氣, ろめだき風情ありて, ろもう病気は, ろもちたるも有らず, ろもちニており, ろもち上気した顔, ろもち錆がある, ろもったりし, ろもつと道化ろ, ろやい元木, ろやすらかな海上の, ろやすらにねむりませきみ, ろやっぱり大黒さまはて, ろやりとて戀, ろつくりくちびるのあいだへはさんでしるを, ろゆうべの身請け, ろゆびをさゝれるのはくちおしゅうござりますぜひ死出, ろよくも俺を, ろよと云わずには, ろよな様子を, ろよや汝の, ろよろよろと洋服, ろりかんとして, ろりのろりと, ろりのろりくると私, ろり見ながら毒ツ, ろろぐ水の音, ろろろでそのまま, ろろろろでそのまま, ろろろろろでそのまま, ろろ水けさ見に, ろわがおもふ, ろわしくさえ, ろわねばならない気, ろわびて, ろわれてあれ, ろわれ金をもっ, ろゑゝ負けて, ろをよけて鏡の, ろを通して立ったまま, ろアレは何, ろインテリゲンチャが問題, ろクラブをつくっ, ろソレ生垣の所, ろッぺな一面がどこ, ろッ先廻りしろッ, ろッ先廻りして, ろテレカラフの針, ろトテも親孝行, ろあるまいと, ろハネは早し, ろファシズムへの結集, ろベッドの下, ろボろと涙, ろポーがアッシャ館, ろーろとやっ, ろ一寸と君, ろ一昨日が其出来, ろ一部にはなかなか, ろ一間許はなれ, ろ七日や二百二十日, ろ三つのトランク, ろ三百メートルほどのところ, ろへはお, ろ下田はるかに啼く, ろ下駄の重み, ろの崖, ろる, ろ予感されて, ろ二つの青い, ろ二人とも早速, ろ二荘ばかり, ろ二重の怖い, ろ云うて, ろ五位の姿, ろ人生の果敢な, ろ今に委員から, ろ今度は社会主義者, ろ今方お休みなされた, ろ付かせて女, ろ付く目が, ろ付けて言ふた, ろ付亡夫の勘當, ろ何一つだに紛失, ろ倒れになり, ろということ, ろ傾ぐになひや, ろ兄さん彼等にも亦, ろ光るこの老人, ろ光線のげんわく, ろ入りで話し, ろ兩人の歸着, ろへそう, ろ六里の道歩き, ろ共川崎の大師, ろ軍備だ, ろ出るというわけ, ろ前左右に絶え間, ろ加減想ふべしである, ろの帝釈丹三, ろ勿体ねえからって, ろ十二白い十二黒, ろわぬ, ろ南宮山からきっ, ろ合申さず, ろ可愛がつて, ろ可笑しくぴよんぴよんと跳ん, ろ長屋の, ろ吐きやがって, ろ向いてる仔の, ろ向かるる冬の, ろ向き雀紫蘭の蔭, ろ紐解く, ろなり, ろにしろ, ろ喘ぎ喘ぎ通うてゐた, ろひ裂かむ, ろ囲んでろ, ろ国民よ頑張れ, ろがこねかえされ, ろ圧し来る地響, ろが見え, ろし來, ろ夕食を共に, ろ大凶と出た, ろ大変だ, ろ大望を企つる, ろ大根がだいぶ, ろ女房の外, ろたくさ, ろでうめ, ろ安く思されよ, ろ客種を觀察, ろ家族や忍, ろ宿の傾いた, ろ寒かった, ろ寒きを覺, ろ寒心の感さ, ろ寺社へ渡り, ろ射す夏の, ろ将来ある君, ろをどる, ろ小作料の性質, ろ小手に結わいあげられ, ろ小高き所に, ろを据, ろ尾花かるかや, ろ山波の彼方, ろ島探検の助手, ろ崇敬の念, ろまで船, ろ川門に汝, ろの某, ろ左右畑の中, ろをし, ろ巻きとして山下, ろ帰つた奴は泣かす, ろ幕それにヒゴ骨, ろ幕派手やかに張り, ろ幻想わきて, ろつづきに, ろ弁天さまのお, ろ引込んでろッ, ろ影わが子ぞと見, ろ彼女の顔, ろで見れ, ろへしいつ知らず, ろ思いなさったのん, ろ思ひ立日が, ろ思ひ出されてならない, ろ怯ぢたるきり, ろ恋しい日も, ろ恋沙汰に慣れ, ろ恥ぢろ, ろ息綱のぶらさがっ, ろ悪い心を, ろ悪化して, ろ悲しき鏡, ろ悲しみをそ, ろ悶え甚之助を, ろ惡者の意地惡, ろ感じいい心持, ろ感傷的になっ, ろ感心手は二本きり, ろ憤激堪へやらず, ろ懐旧の感, ろ懲りぬ御兄, ろ懸けてゐた, ろ懺悔でございました, ろ紐解く, ろ我が出て, ろ或は津堅島の, ろへ参つて平伏, ろ戸板にでものせ, ろ戸棚などを突き廻っ, ろ扇子がその, ろ手だしをどら, ろ手掛りといっ, ろ折節牢役人來り傳吉, ろ指さされたことの, ろ指さして笑います, ろ指ひとつさされたこと, ろ措かっしゃれほほほ, ろ撃つ毒の, ろ政党改造の意見, ろ政黨改造の意見, ろ数丁ぐらいのところ, ろ敷包でも持て, ろ新坂通りに幾搆, ろには先ごろ普請, ろ昆布の狩衣, ろ明るき梅雨入かな, ろ昏いとこあるからじゃ, ろ春寒にしも酒, ろ暗い汚らわしい行為を, ろ更に答ふる, ろ木綿と桃咲き, ろは吉, ろの地蔵尊, ろ来年迄いろ, ろの灰色, ろ東寄りの處, ろと呪文, ろ柳瀬山続きにその, ろの大木, ろも思ひやられた, ろ根あはれなり然, ろてふず, ろなるもの, ろ棒ネコのよう, ろ楼門聳ゆ巍然として鬱, ろしめり玉, ろしめり玉, ろ樓門聳ゆ巍然として鬱, ろへそりかえっ, ろ次々と更に, ろ歡喜しつ, ろ止みがたくて, ろ正岡君が歌, ろ此人殺しの噂, ろ此地も敵, ろ此奴は口, ろ此様野郎は脆く, ろ歩いて居る, ろ歩行をすれ, ろ殆数個の人, ろからの無理, ろ気乍ら知らないでは, ろ気味に差した, ろながら見, ろが私, ろは鎮守様, ろ汝ツ等さう, ろ泉水のま, ろ波多野君を悩ますれ, ろ泣いて居た, ろ泣くんぢや, ろ流れ出してゐる, ろ流れ出すので大抵, ろ淋しければ道中, ろ済みません, ろ渋沢の藪地, ろ湯気噴く鑵鳴, ろ源次が遣る, ろ澄ませばみんな鳴き, ろ澄めば月草, ろ火攻めに移れ, ろ療治致し, ろも源太, ろ焼かれてゐた, ろ煌めく野の, ろ煙草入で銀, ろを折り, ろ熔鉱炉に人, ろ爺喰べてえ, ろだ, ろの肩越, ろへ出し, ろ生きちゃあ帰れねえ, ろの青い, ろ疲れ帰りて, ろ痩せてゐた, ろ相手の顔, ろ相談ぶちてえ事, ろ相違致せば, ろを催す, ろをつかい, ろを射かけ, ろの上, ろ私イ拭くべ, ろ秘密なるもの, ろの如かれ, ろにザクリ, ろになっ, ろ立てをつかんだなら, ろには黄色い, ろがさやさや, ろ籠めたる武士, ろ細工の金大黒, ろの頭, ろの無地, ろいろ橙, ろ繁みおもふ, ろ繰返すらしい不穏さが, ろ美しと見, ろ羽根かすかにそよぐ, ろ翌朝に至り, ろ聯想せしめてこそ, ろ聴きつつすべ, ろ育ちのお嬢さん, ろに手, ろです, ろ自由党は閣下, ろ自由黨は閣下, ろ臭くて骨, ろ臭くって駄目, ろもねえ村方, ろ荷物の隅, ろ蓮如の慈愛, ろやばつた, ろ蟻えつさつさ, ろを見物, ろ装束一切が右, ろ複雑なよう, ろするところ, ろを直し, ろ見しない者どもでは, ろ見せつも, ろ見るでねいぞよ, ろ覗いてゐた, ろ覚えてろ, ろ触れあうてゆく, ろ計りは慥, ろも其人, ろより證據, ろ論語讀みの, ろ踏む機足と, ろきつつ, ろにしみ, ろ身請け話を持ち出される, ろ身迴して, ろでどこ, ろ車中を見, ろ軽井沢の伝, ろ辞任の意, ろ辭任の意, ろ辺りで峰道, ろ近衛内閣反対を称える, ろ返り又は跳ね, ろ返事をなさろ, ろひぬるは, ろ退くまもし, ろ退治てしまえ, ろ退治ろ退治てしまえ, ろ送り給ひ畢ん, ろ透かし骨の扇子, ろ這い出たもので, ろ這い帰って来る, ろ通りがかりの人, ろ道庵だって考え, ろ部柳町の坂, ろ酒場で働く, ろ三と, ろ金魚釣りの釣堀, ろ釣り出すや其筋, ろ鉢巻きに山車, ろ鉢巻もも引きにすね当て草鞋, ろ鉢巻直垂に小手脛当, ろ鏡一つでお松, ろがな黒い, ろ長い黒い著物を, ろ長閑になりました, ろ雛一丁おくれ釜鬼, ろ電氣にしろ, ろかに, ろに納めた, ろ頂部だけをてかてか, ろ頭巾に朱, ろから頤, ろを見る, ろえろ, ろ顱巻なんぞし, ろ風馬は通, ろを茶漬, ろ馬東海道旅行さしゑ, ろ馬車は石動, ろ馬鹿吉めが山の手芸者, ろ騒ぎ立ちゆく音, ろ騷ぎ立ちゆく音, ろ高く痩せて, ろ高輪の海, ろの邊, ろに小さき, ろ鳴く声さびしらに, ろ麻雀をやる, ろ黄泉に待た, ろ黒い四足獣が