青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「よれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

よっ~ よって~ よっぽど~ ~よほど よほど~ ~より より~ ~よる よる~ ~よれ
よれ~
~よろこび よろこび~ よろこん~ ~よろしい よろしい~ ~よろしく よろしく~ ~よん よん~ ~ら

「よれ~」 3120, 29ppm, 4029位

▼ よれ~ (3043, 97.5%)

36 彼は 32 それは 27 これは 14 人間の 10 彼の 8 それが, 人間は, 彼が, 彼女は 7 存在とは, 次の 6 一切の, 少くとも, 日本の, 社会は, 芸術は 5 この国, これが, これらの, 之は, 吾, 存在は, 物質の, 空間は

4 [26件] かれら, このよう, この辺, これを, つぎの, わずかに, ギリシアの, 一定の, 人類の, 今から, 他の, 伝吉は, 僕の, 右の, 国家は, 夢は, 天皇は, 孔子の, 存在の, 宗教は, 彼らは, 彼女の, 日本人は, 此の, 犯人は, 自分の

3 [37件] ここの, この地方, すべての, その男, それも, なんでも, もとは, チェーホフの, デモーニッシュな, 一つの, 二つの, 今の, 其時の, 出生は, 前者は, 各結婚, 君は, 地球の, 多くの, 太子の, 夫は, 女は, 実在は, 彼らの, 彼等は, 政府が, 文殊の, 最近の, 死亡率は, 溺死体または, 直観空間は, 真の, 社会の, 神の, 神は, 精神の, 隣の

2 [132件] あなたの, いずれも, ここに, このとき, この二十五日, この人, この場合, この山, この方法, この書, この樹, この頃, こは, これまた, これより, その大, それこそ, それらの, なり, むかしは, もし厳重, よるほど, われわれは, イデオロギーとは, イデオロギーの, カブア青年は, カントの, ソクラテスは, プロシア及び, ヘラクレス星群を, ラムプを, 一人の, 一種の, 七十五年間は, 主人は, 之等の, 予は, 二十ポンドから, 二年前に, 人の, 人口は, 人生は, 今では, 今日の, 今日は, 今日よりも, 何かの, 何でも, 価値は, 修辞学は, 個人として, 倍加期間は, 借金に, 僕等の, 僕等を, 優れた個人, 公の, 凡ての, 凡ては, 出生の, 十万人の, 原子は, 古い一冊, 古代に, 哲学の, 單に, 国境委員会設定の, 国語の, 夫が, 女中の, 妹の, 妻は, 娑婆苦は, 娘は, 孔子は, 学徒や, 宇宙の, 宗教の, 客観的な, 尊氏の, 小説家は, 己の, 弁証法は, 彼らが, 彼女も, 意識の, 或は柱頭, 所謂, 技術とは, 控訴公判の, 政府の, 文学の, 日本は, 明治維新前の, 是等の, 普通の, 最初の, 構想力は, 歴史とは, 歴史は, 決定, 河童は, 洪水の, 物質は, 理解は, 産児の, 男は, 男子の, 町役場の, 疑問の, 痴川は, 皇位は, 真理とは, 私たちの, 私の, 私は, 稚い時, 空間表象は, 第一, 範疇は, 老齢暗愚なる, 自分が, 自然は, 自然科学は, 芸術の, 詩人と, 認識の, 運動は, 鎌倉時代の, 零であり, 頭から, 鰯は

1 [2329件 抜粋] 〇・〇六と, あなた様には, あの名古屋城, あの致命傷, あの鼻眼鏡, あらゆる土地資源国, あるいは小説, ある地方, ある日朝, いい, いくら血, いつも蟹, いよいよ平家, おかしな冗談, おのずから芸術家, おわたし, お前に, お昼の, お鳥, かかる事情, かかる施設, かくなり, かつて一度ならず, かねて相手, かの県内, きょうの, こういう小さい, こうして病人, ここでは, ことに, このまま, このシューバル, この三月なかば, この事実, この低廉, この区別, この哲学, この地, この如意拝受, この小樽, この差別, この恋, この方面, この月, この港, この犯人, この生理電波, この統一, この言語哲学的, この郡唐丹村, この頃ファラデー, こぶ, これまで, ごく近頃, さ程, すぐに, ずいぶんこれ, そういうもの, そうした夫, そう考えた, そのお, そのまま天, その不言実行, その二人, その地, その女工, その屋敷, その忠興, その昔, その没した, その船長, その起原, その階級, その馬超, それに, それほど非難, それ自体最高の, たしかに間にあう, ただ呆れる, たとえ司馬懿, ちょうど今日, つまるか, ともかくうなずける, どうな, どこにも, どれだけの, なにしろ, はじめての, ふた月, まさにソクラテス, まず第, まだ二両, まともな, みんな淫奔だ, もう順位, もし基督教, もし終身刑, もと山国, やはりいつも多少の, やられたの, わが病, わずか十五, アキレスに, アメリカ合衆国の, イクシオンと, エネルギーも, オウタハイト島の, オメガ線と, カムチャッカでは, キリスト教の, クロポトキンが, コルソは, サンフランシスコ湾から, シャール・ロアゾン氏は, シローテの, スウェーデンの, スワデシの, ソヴェート権力は, ダーヴィシャという, ツクシは, トウジュロの, ド・クィンシー, ノノは, バラバラな, パリーの, ビヤトリスは, ファンは, フランス一国のみにて, ブラダツド王が, プラトンの, ヘーゲルが, ホメロスは, マリヤは, モーセの, ユーゴーは, ラヂオ・ドラマとして, ロケットの, ロミューは, ヴォー州における, 一七七一一七七二及び, 一九分の一である, 一六世紀には, 一命を, 一対一三七であり, 一心に聴法, 一旦戸籍簿, 一歩先んじ, 一番小量を, 一蓮寺の, 万一老婆, 三〇四五一一八七であった, 三七分の一である, 三六分の一である, 三河の, 三越の, 上述の, 不幸に, 不破時代のが, 世界に対する, 世論は, 中国の, 丸山の, 之こそ, 乾燥は, 事実代々の, 二三十尋に, 二人寄った, 二度と可愛い, 云々という, 五〇が, 五百七八十字であっ, 享保九年から, 人が, 人力車を, 人口増加力は, 人物の, 人間生涯の, 今も, 今日が, 仏兵は, 仏教美術も, 以前に, 伊東町に, 伝吉の, 伴左衞門は, 体に, 何となく気むずかしい, 何時の, 作文とは, 來年は, 価値が, 修行僧時代の, 個々の, 偏狭な, 僅の, 僕も, 元から, 兄から, 先天的な, 光明后崩御の, 全く悪魔, 全ては, 全費用, 八発か, 公開を, 共に相, 兵隊としての, 其の動物種属自身, 其結果歌垣の, 冷房も, 出来ないもの, 分子原子の, 別に佛法大意, 前者が, 加藤清正に, 勘調所出仕は, 北条内記三合目陶器師と, 十三の, 十人とも, 千兩箱一つと, 半之丞が, 南条の, 単に物的資源, 即ち又, 原告は, 反覆を, 古ローマ人, 古往今来の, 只の, 号し, 各自縁覚的な, 同君幼時の, 同島大泊其他アニワ灣沿岸に, 同様の, 名誉革命は, 君子は, 呼吸の, 哲学的理論とは, 啓蒙なる, 喜三太も, 四階の, 因果関係, 国会を通じて, 國民の, 土地陰湿に, 地上における, 地球上の, 垣根には, 基準体系の, 墓を, 売先は, 夕飯三人前も, 多賀の, 大アララット, 大勝ち, 大殿祭祝詞と, 大西洋の, 大麦は, 天才への, 天然痘が, 天見の, 太陽黒点の, 夫餘は, 奥方を, 女も, 女性史の, 子供でも, 存在と, 学問の, 安倍郡美和村大字西ヶ谷字阿原もと池なり, 官奴婢は, 実は今日, 実験小説家は, 宴会の, 家老大村彦右衛門を, 寒原家, 寮生の, 封入の, 小牧は, 少しも, 少なくも一時的, 山本入道を, 岳陽楼の, 工業品は, 左様な, 市の, 帝室内閣こそ, 常に同数, 平らかな, 平安朝まで, 年出生の, 幾何学は, 康, 建物は, 弓子は, 当り前の, 当日は, 当時多くの, 当時門弟達は, 形態学的に, 形而上学は, 彼九郎右衛門は, 彼奴を, 従来の, 復興費は, 忍野氏は, 思惟の, 恋という, 患者が, 意識も, 愛は, 慶蔵事盗み候金子は, 戊申年比良宮に, 我々の, 或る, 戦闘を, 托枳尼修法の, 技術乃至, 指摘出来る, 支出される, 政治という, 政治現象は, 教え得るという, 数は, 数時間だけ, 文化の, 文学に, 文明の, 斬るだけの, 新九郎は, 新聞紙は, 旅費だけでも, 日常の, 日本に, 日本軍が, 早発性痴呆症という, 明らかに, 明智氏は, 明法博士は, 昨今の, 是より, 曾つて斯様な, 最も甚, 最悪の, 最近高屋市長は, 有田郡奥山村の, 朝寝を, 木村伊勢守父子も, 本当の, 本郷東片町に, 村の, 東海諸国に, 根本的には, 桑名藩の, 植物動物などの, 極東ソ軍は, 模写説は, 橋本という, 欲望に, 正に退校もの, 此処らは, 武蔵は, 歴史家達が, 死に, 死体が, 殺人事件の, 比較的重い, 氏は, 気象的の, 汝これを, 決してこんなにひどく, 泊も, 法界節が, 津山の, 海面上二萬三千尺なりき, 温度は, 湯浅氏が, 演者自らも, 点は, 無邪気であり, 熱帯地方には, 父君は, 物が, 物理的空間なる, 物質波が, 犁が, 玄蕃允は, 現代に, 現在の, 現実の, 球磨川の, 琉珠という, 生命に, 生物, 田中義郎君も, 男の, 番頭の, 異質性を, 病理学的状態, 発頭人の, 百人ぐらい, 目下の, 直線とは, 直観空間に, 相対的運動とは, 眞物の, 真空中における, 知人の, 石の, 社会に, 社会現象は, 祖父様が, 神功皇后が, 神武以来代々天皇が, 神聖と, 禮官に, 私にも, 秋山氏は, 科学的に, 空襲の, 空間の, 立法行政司法は, 竹篦は, 第一期, 第二, 米国の, 精神, 糧食は, 紙帳を, 紫夫人を, 経験上の, 結局又, 統計上狂者には, 縫は, 美作勝田郡吉野村大字美野字市場構城の, 群集とは, 耕牛は, 聖道の, 肺浸潤かなんか, 自分たちは, 自殺とは, 自然科学者達は, 自解分裂, 良心による, 芸術という, 若干の, 英国民は, 荒物屋の, 著しい歴史的, 薩摩藩は, 蘇格蘭の, 蜘蛛火は, 表向き治兵衛を, 製造工業では, 要するに燕, 視力の, 観念が, 言語の, 許昌地方も, 試合の, 該重大, 読衆は, 諸々の, 諸幾何学, 謂ゆる, 豊麗な, 貧民の, 貴殿と, 赤玉も, 踊りに, 軽く動く, 辯護士は, 農民は, 近く和銅四年にも, 近藤は, 通例の, 逸見多四郎と, 道理なき, 遷喬書屋は, 都久夫須麻神社と, 酒を, 重大な, 鉄と, 長者の, 閣下には, 階級社会は, 隨巣子胡非, 雅楽頭を, 霊魂滅亡論は, 非再建論者, 革命前には, 音楽出版業者が, 風守が, 飯を, 首を, 驚くべき結果, 高利貸の, 魏伯陽は, 麦酒罎の, 黒人の

▼ よれ~ (17, 0.5%)

1 [17件] いたそう, いった, いる, いる着物, ごらん, その先, なら無え, もつれて, ゆく, ゆく一つ, 一条に, 出る垢, 合ッた, 居るの, 目からは, 行った, 跛曳き曳き

▼ よれ~ (7, 0.2%)

1 それは, アエネアスの, 制空権獲得の, 捨て売りに, 狂人だ, 聖靈は, 貪慾なる

▼ よれ~ (3, 0.1%)

1 あやぶむの, いふ, 云うよう

▼ よれかし~ (2, 0.1%)

2 と奉

▼ よれども~ (2, 0.1%)

1 淋しとも, 頼む木蔭

▼ よればかの~ (2, 0.1%)

1 カントの, キリスト教の

▼ よれ冤謫懆愁~ (2, 0.1%)

2 のあまり讒言

▼1* [42件]

よれ冷静な, よれじゃが成程, よれそうもない, よれそういう風に, よれという色見ゆ, よれとか三尺前に, よれとのみいうて, よれなあ克ちゃん, よればかやうな, よればこそ随分億劫, よればと書くべきところ, よればとしてこの話, よればなどととんだ利用価値, よれスリ切れた履物, よれバチがあたる, よれ上手であったし, よれ下手に下手, よれ兄妹がぐる, よれ六三郎はこうした, よれ兼輔はさ, よれ出陣して, よれ利休に限っ, よれにもよる, よれ勿体ない道学の, よれひ, よれ大ざっぱで人まかせ, よれを好む, よれのお客さま, よれに私し, よれ島便りはいつも, よれへよれ, よれ幾塩と薩摩, よれは未練, よれに衣, よれ沖縄人如何に愚, よれ疑心にとらわれる, よれ盗人同様の疑い, よれ短いんじゃもん, よれ程度を過ごせ, よれを主として, よれ訴え事は六波羅, よれ頼母しい