青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「よって~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

よくも~ よけい~ ~よこした ~よし よし~ ~よせ よせ~ ~よそ よそ~ よっ~
よって~
よっぽど~ ~よほど よほど~ ~より より~ ~よる よる~ ~よれ よれ~ ~よろこび

「よって~」 1040, 10ppm, 11005位

▼ よって~ (76, 7.3%)

3 そない 2 お伴させ, これ落さん, やめと, 私は

1 [65件] ああやっ, あげま, あたし等の, あての, あれ聞えてた, あんた等から, いっぺん逢う, お帰り, きっと姉ちゃん, こいさんから, これからきっとそ, すぐに, その方, それも, そんなに突っ込ん, たんと食べてる, ちょっとお呼び, どうにもいや, どない, どんなこと, なかなか取られへん, なんぼ理, ほんまに, まだ東京, もうちょっと此処, よう舞う, よかった, よろしゅう頼み, キュウキュウ云う, 一寸これ, 事に, 今日本式, 仕方ない, 仰山友達, 何卒お出で, 何卒こいさん奥様, 僕自分で, 右を, 四百円以上の, 大阪へ, 子守も, 少し病人, 尚の, 彼奴に, 怪我せん, 手紙も, 拵えて, 日本座敷に, 残って, 生国魂はんの, 申しますが, 百合香という, 直き分ります, 直き止む, 聞くねんわ, 職業婦人みたいな, 臥て, 舞妓の, 記念の, 調べて, 賛成せ, 関係しとうない, 雪子ちゃんには, 頼んだこと, 顔の

▼ よってその~ (29, 2.8%)

2 手を, 方の

1 [25件] ことは, ことを, とき, ようすを, モーニングの, 三島を, 九牛の, 二三の, 偉力を, 卒去の, 嘘は, 実費として, 所思を, 所業は, 晩から, 枝を, 欲する, 美しい頬, 言の, 詳述は, 部分を, 長者どのとは, 関係の, 頭巾を, 首の

▼ よってたかっ~ (20, 1.9%)

1 [20件] ている, てこづきまわす, てぬがせた, てふん, てやっと, てゴリラ, て一人, て剥ぎ取る, て善良世界, て学校, て家屋建築費, て手づかみ, て浚え, て甘え, て眼, て窮屈, て縛り上げ, て責め, て迫害, て飯

▼ よって来る~ (20, 1.9%)

2

1 [18件] ことを, とおち, とすぐ, と云った, と円顔, と再び, と千鶴子, と懐しかっ, と私, と速力, のかも, のは, のを, やうに, りゅうを, んでぼうッ, 人声が, 声の

▼ よってもっ~ (19, 1.8%)

2 てわが, て自己

1 [15件] てこの, てフランス革命, て一時, て公民, て国民, て我が, て新, て歔欷, て特定部分, て現時, て百万, て自, て自分, て良心, て行きましょう

▼ よって~ (18, 1.7%)

2 突然霧

1 [16件] たる所を, て, ていきなり, ている, てそこで, てその, て両手, て云った, て各人, て握手, て甲斐, て腰, て軽く, 二つの, 玄四郎の, 雨用の

▼ よって~ (16, 1.5%)

32 は左

1 [11件] のちょっと, はここ, はこれ, はシナ, はダブリン湾頭, は多年, は汝, は浅学, は迷信, は鴉, 戯れに

▼ よってこれ~ (15, 1.4%)

2 なる父上, に答え

1 [11件] が分, にほか, は四点, は少女, より真, をどこ, を刺叉, を和解演述, を巻末, を散文詩, を神水

▼ よって見る~ (14, 1.3%)

4 とそれ 1 と, とおどろいた, とかしこ, とそこ, と彼等, と蝶, と鉛筆, と鳥井青年, ほどの鼻, 価値が

▼ よってこの~ (13, 1.3%)

1 [13件] たびの, たびは, 不浄の, 人自賛に, 儘穏便に, 先生が, 地方で, 方を, 男の, 誤解を, 説も, 返信を, 際旧交を

▼ よって来た~ (12, 1.2%)

1 [12件] がつい, ことは, とき話を, ところを, の, ものは, ボーイを, 一団を, 時に, 盲人たちを, 真実の, 通行人たちは

▼ よってきた~ (11, 1.1%)

1 [11件] が固形ウィスキー, ことは, だけで, ところを, のは, ばかりです, みたいな, アメリカの, 時には, 白い犬, 白鹿毛の

▼ よってきたる~ (10, 1.0%)

4 ところは 1 ところを, 兆候でも, 原因が, 本源を, 根本を, 理由を

▼ よって起こる~ (10, 1.0%)

1 ところなかるべからず, ところを, 事情を, 原因に, 原因まで, 原因も, 本源に, 根拠なり, 訳を, 道理を

▼ よってここ~ (8, 0.8%)

2 にいちいち 1 だけは無作法, にやや, に一言, に物質問題, に鳥越, の国

▼ よってゆく~ (8, 0.8%)

2 と持っ 1 とお, とりゅう, と五つ六つ, と付添, と妙, と弥吉

▼ よって来たる~ (8, 0.8%)

4 ところを 1 ところの, ところも, ところ遠し, 惨状の

▼ よってまた~ (7, 0.7%)

1 この植物, 次の, 狂句を, 視覚の, 言文一致流を, 詩を, 起きて

▼ よって~ (7, 0.7%)

1 あつからず, いいわね, いけないん, ただに, ふたたび走っ, 二人の, 遁げぬ

▼ よって二商品~ (7, 0.7%)

2 の一方, の利用 1 が市場, のうち, のうち一商品

▼ よって~ (7, 0.7%)

1 をつかまえた, をにぎりあいます, をのばした, をのばす, をもっ, を取らん, を握った

▼ よって拙者~ (7, 0.7%)

1 が応対, はかく, はこの, はこれ, は唯物論者, は物質不滅, は神

▼ よって~ (7, 0.7%)

1 から遠く, にも諒解, の顔, はこの, はひとまず, はやがて, は繁昌

▼ よって立つ~ (7, 0.7%)

1 あまりにも, ところは, 人生観の, 処の, 基礎と, 所の, 根本は

▼ よって行く~ (7, 0.7%)

2 ことが 1 ことを, とそれ, と東野, と行手, 習慣を

▼ よってそれ~ (6, 0.6%)

1 から見, は, より人間, をかい, を見る, を通じて院内

▼ よってにと~ (6, 0.6%)

1 云い置いて, 又し, 幸子を, 彼女は, 珍しく気さく, 言訳とも

▼ よって~ (6, 0.6%)

1 のこの, はある, はここ, はさらに, はまず, は先

▼ よって~ (6, 0.6%)

1 からここ, その所見, までこうして, より滝川三郎兵衛, 左に, 試みに

▼ よってもって~ (5, 0.5%)

2 立つところ 1 来たるところ, 立つの, 起る原因

▼ よって~ (5, 0.5%)

3 をかけた 2 をかける

▼ よって~ (5, 0.5%)

1 にその, のごとき, のごとくよみ, の小, の詩

▼ よっていた~ (4, 0.4%)

1 からである, がまだ, のであった, 七八人の

▼ よって~ (4, 0.4%)

1 みやとが, 二人の, 出なさいませんと, 絹は

▼ よってよく~ (4, 0.4%)

4 見ると

▼ よって~ (4, 0.4%)

1 て, てこの, て之, て宗教化

▼ よって~ (4, 0.4%)

1 に不明, はあくまで, は目前, を世界

▼ よって思う~ (4, 0.4%)

1 にこれら, に予, のに阿久刀神, まま欲する

▼ よって自分~ (4, 0.4%)

1 の従僕, の臥, の靴, も笑い

▼ よってお茶~ (3, 0.3%)

1 をご馳走, をのん, を飲む

▼ よってかかる~ (3, 0.3%)

1 不正不法なる, 場合に, 場合には

▼ よってしばらく~ (3, 0.3%)

1 彼らの, 真怪, 足を

▼ よってじっと~ (3, 0.3%)

1 みると, 店の, 見つめました

▼ よってまず~ (3, 0.3%)

1 内外の, 新たなる, 逼塞まかりあるべく

▼ よってみます~ (3, 0.3%)

1 とおどろいた, とそれ, とふたり

▼ よってゆき~ (3, 0.3%)

2 賽銭を 1 ながら呼びかけた

▼ よって~ (3, 0.3%)

2 をきいた 1 を利く

▼ よって~ (3, 0.3%)

1 がそこ, には色男, の竹子

▼ よって歩い~ (3, 0.3%)

1 ている, て来る, て行った

▼ よって~ (3, 0.3%)

2 の胸 1 のさる

▼ よって米友~ (3, 0.3%)

1 が歯噛み, が門, の唱破第一声

▼ よって~ (3, 0.3%)

1 をすまし, をすます, を傾け

▼ よって自ら~ (3, 0.3%)

1 思うには, 思えらく, 起きて

▼ よって行っ~ (3, 0.3%)

1 て, ている, てドミトリー

▼ よっておもう~ (2, 0.2%)

1 に人, に岡部

▼ よってかく~ (2, 0.2%)

1 の如き, よめるなり

▼ よってから~ (2, 0.2%)

1 うち殺す, 耳元で

▼ よってかれ~ (2, 0.2%)

1 に会員, らを

▼ よってさらに~ (2, 0.2%)

1 また一吟, 名称を

▼ よってたとえよく~ (2, 0.2%)

2 あたりたりとも

▼ よって~ (2, 0.2%)

2 話に

▼ よってのぞい~ (2, 0.2%)

1 てみる, て見る

▼ よって~ (2, 0.2%)

2 ても細部

▼ よってもう~ (2, 0.2%)

1 暫らく待っ, 縁談は

▼ よってもし~ (2, 0.2%)

1 元老院が, 天災病患を

▼ よってわし~ (2, 0.2%)

1 が牧, は懲り

▼ よって七兵衛~ (2, 0.2%)

1 はわざと, もその

▼ よって上述~ (2, 0.2%)

1 したところ, の事実

▼ よって世間~ (2, 0.2%)

1 に狐狸, の祈祷

▼ よって~ (2, 0.2%)

1 が立, を信用

▼ よって~ (2, 0.2%)

1 か話し, もしない

▼ よって大いに~ (2, 0.2%)

1 くつろげと, 志を

▼ よって奸物共~ (2, 0.2%)

1 が憎う, を

▼ よって家僕~ (2, 0.2%)

2 大いに怒り

▼ よって~ (2, 0.2%)

1 初日は, 裁判所は

▼ よって~ (2, 0.2%)

1 気を, 迷惑でも

▼ よって手紙~ (2, 0.2%)

1 を以, 見て

▼ よって東京並び~ (2, 0.2%)

2 に出先

▼ よって煙草~ (2, 0.2%)

1 まいてる医者, を買っ

▼ よって直ちに~ (2, 0.2%)

1 伊東市鎌田の, 金星へ

▼ よって~ (2, 0.2%)

1 のざらざら, の落ちたる

▼ よって節穴~ (2, 0.2%)

1 から戸外, に目

▼ よって~ (2, 0.2%)

1 てい, てもいい

▼ よって見た~ (2, 0.2%)

1 がやはり, ところで

▼ よって覗い~ (2, 0.2%)

2 てみた

▼ よって起る~ (2, 0.2%)

1 ところだ, ところである

▼ よって~ (2, 0.2%)

2 を平手

▼ よって驚く~ (2, 0.2%)

2 ほどの単純さ

▼1* [497件]

よってあなたがた, よってある商品を, よってあれを一応, よってあんたかってきっと, よっていささか考え付きしこと, よっていっさい世間の貧, よっていっといたはずです, よっていつのまにか部屋は, よってうつむいて歩いた, よってあまは, よっておいでになります, よっておしげなく見える, よっておなかの大きい, よっておまけに根っこ, よっておむつかえたり, よってお前さん母御をつれ, よってお客はんたちに分れ, よってお昼をたべ, よってお金おいて, よってかがんでい, よってかたき討ちの, よってからかったりする, よってきたるその根本は, よってくだんのごとし, よってくるもの手を, よってこいから後, よってこういう気持が, よってこくんと, よってこれらの太初, よってこれら婦人部隊は比較的, よって依頼の, よってごらんください, よってはり, よってさっきから入口, よってさっと左右から, よってさよならをした, よってしげしげと二人の, よってしらばくれながらかま, よってすべてをこの, よってすれ違おうとした, よってずっと大きな火鉢, よってぜひこの問題, よってそこに寺, よってそちは長政, よってその大きな岩の, よってその後の提言, よってそれらの研究, よってそんなけちんぼな, よってかって吉村巡査, よってただちに帰路に, よってたまった巨大な, よってだんだん東の, よってついには腰, よってですけどもう, よって帰って, よってとってをまわし, よってとっくりみい, よってない苦しいこと, よってどこぞへ預ける, よってながめても少し, よってなんじの身柄, よってになまあ大目, よってになと云うの, よってそちらへ, よってのうすごい奴ちゃ, よってのぞきますとじつに, よってはじめてその事実, よってはなはだ疲れたれば, よってぱらりその手首をはねのける, よってひそかに思う, よってひとかたまりになり, よってひとまず跡戻りを, よってまるで自分を, よってみずからの立場, よってみたが身体, よってみょうなこと, よってみろ俺は, よってむなしく帰家し, よってもしもそんなこと尋ン, よってゆきあまえた動作で, よってゆきますとやがて, よってゆけるような, よってようやく取りおろして, よってよう気をつけ, よってよくよく見ると, よってわが国現今の宗教, よってわざわざ摺りよるよう, よってわたくしはそれ, よってわれら三人汝と武技法術, よってやろな, よってアリバイをただし, よってアーメンと唱, よってイエスに接吻, よってエナコを死罪, よってオイノリをやる, よってカサッとした, よってコーヒーとお菓子, よってサービスに力, よってジャンパーにりりしく, よってチャリンチャリンチャリンと轡金具, よってドアを閉め, よってナシをひとつ口, よってパッと電灯, よってパン入れざるとしゃくし, よってパンパンではないです, よってヒロポンを飲み, よってファーニッシング部は廃業, よってプライスはウォーカー, よってヘベレケに酔っ払う, よってマッチの光, よってミコシのあと, よって一〇〇〇フランの貸方残高, よって一人相撲甚句を歌い, よって一代苗字帯刀御免なし下され, よって一同庭へ下り, よって一応のお, よって一杯やって, よって一筆を動す事, よって一般的均衡状態においてはすべて, よって七日間居宅において謹慎, よって万一上述の, よって三面攻撃は起らぬ, よってをうかがう, よって下知くだんのごとし, よって不知火と名づけ, よって不肖わたくしが家老, よっての瞼, よって両手をついた, よって両親心遣いして, よって丸い手鏡を, よって主人は夢, よってを獄, よって事務長と押し並ん, よって事実を記し, よって二つの商品, よって云ったのには, よって云ってるような, よって互いに懐しく思う, よって五〇〇〇フランの借方残高, よって五十鈴川で顔, よって五行の占法, よって五里十里脇よりも聞き伝え, よって交渉をもつ, よって人々大いに不審, よって人気直しに私, よって人骨をながめた, よって今度は一町村一社, よって今後はときどき, よって今日も全体, よって今日天誅を加, よって今日貴公の来臨, よって今論者諸賢のため, よって仏教のごとき, よって他日再版の節, よって以下歴史性と階級性, よっての古, よって件んの如し, よって伝馬船一隻と漁船三隻, よってがその, よって何人ものスクネ, よって余一句をよみ, よって余戯に, よって余歌をもっ, よってるの, よって価値尺度財を仲介, よって便宜のため, よってに幽霊, よって信者はこれ, よって停車場へ送った, よって僧侶の一空, よって兇器をふるった, よってのある, よって先生も途方, よって先端は下, よって六〇〇〇フランの借方残高, よって兵馬は探り, よって其の護衛を, よって内心に多少, よって出でし本源の, よって出るとなったら, よって出張せずに, よって出羽のあの, よって切ながった, よって切符を折らせない, よって判定者として適当, よって別れを惜しむ, よってに実見, よって力一ぱい彼女の横っ面, よって動かせねえ石を, よって勧進の状, よって医学生吹矢はすぐ, よって医師の誹謗, よって医者の方角, よって千駄木という町, よって協議して, よって博士の前, よって即夜旅装を整え, よって厳重な約束, よって米を, よって教亡び, よって合羽を着せる, よって合評したもの, よって名刺を置い, よって向かいますと善ちゃん, よって向上的知識は動的理性, よっては今晩素直, よって吟詠を試む, よって吾が党の, よって呉れたところです, よって呉れるかと待っ, よってをかけ申しました, よって和泉式部も道命, よって唯物論者が唯心論, よっての青年, よって外部から紐, よって夜着ジュバンを買う, よって判事エガアトンは, よって大きく見出した時, よって大きな声で, よって奏して僧, よっての腰, よって妖女のところ, よって妖怪の大, よって妖怪宅地も, よって子細に検する, よって存外土佐の, よって宇宙の活物, よって安心おしやすや, よって実隆もやむ, よってと主人, よっての内, よって家屋に屋根, よって家相などを信ずる, よって富井君一個の案, よって射的場で貰っ, よって尋ねて見る, よって小学校を出た, よって小生は小生, よって小腰をかがめ, よって少し荷物を, よって少しく管見を, よって居たのか, よって居たら恐らく自分, よって屋敷を焼き払い, よって左右されて, よって左手の指, よって当っては, よって市街の大き, よって布団の端, よって平日この心, よって年号を大宝, よって年月日地名人名その他の事柄, よって幾度丹青を凝し, よってを占めた, よって座って平伏し, よって庸三のすぐ, よって当時京都大学に在学中, よって彼女を支えなかったら, よって彼等はてんで, よってへ残り, よって後世一○事ある秋, よって後世一朝事ある秋, よって後清水町へ安藤さん, よって徒らに外国, よって得られる結果は, よって必らずしもこれ, よってのため, よって怪物でないこと, よって怪魚のご, よって恐る恐る蒲団を, よって情状を酌み, よって感激のため, よって慰藉料をよこせ, よって懐中電灯でその, よって懲らしめのため神社跡地, よって我々はこの, よって我らもまた, よって我ら天誅を加, よってをあける, よって所感を賦す, よって拝見せい, よって拾いあげてみました, よって持たれている, よって持ってきました, よって持久戦としてすわりこん, よって掛けたように, よって探検者は怪聞, よって支那の代数学, よって政教子曰く君の説明, よって政教子英国学士の著, よって教えを求めよう, よって斜めに不恰好, よって断腸花と名づけた, よって日本軍にぶっつけれ, よって明りを流れ, よって明日お鷹狩, よって明晩と言わず, よって昼飯を一緒, よってと場合, よって時機を待ち, よって晴間を待つ, よって曲者のね, よって書留を出した, よって最初に唯物論, よって最後の試み, よっての光, よって有無の勝負, よって望月家へ相当, よって木曾の産物, よって月初旬より, よって本件は直ちに, よって本年十一月上旬より発行, よって本日は最大, よって村内の人々, よって来たらしいどちらも, よって来た見馴れた鳩の, よって来っている, よって来なかったがまた, よって来ぬのが, よって板倉内膳正重昌, よって柏木氏はその, よって某今宵より修法, よって機上で消費, よって欲するならば価値尺度財, よって正一郎の完全, よって正体を見とどけ, よって正面から姉, よっての電気, よって此歌を選ん, よって此苦しみの来る, よってを歴史博物館, よって死後の霊魂, よって死者まさに瞑せ, よってんど, よって段々いやな, よって殺したとも思われない, よって毛糸をとりのけた, よってはこれ, よって気持ちですれ違う, よって永代所替を, よってで御飯, よって油断がなりませぬ, よって淋しいて淋しい, よって喜の, よって源蔵儀は父源兵衛, よって激戦の陣地, よって濁世を厭離, よって濛々とした, よってをつけ, よって無事に消し, よって無益なる捜査, よって無線電信にて救助船, よって燃えるような, よって片一方の端, よって片手を其の, よってにひかれ, よって云いた気, よって物質上の損害, よって狂歌を詠む, よってが鼬, よって狐惑狐憑きは狐, よって独りでじゃれ, よって猿田彦は天孫, よって珈琲も買わね, よってわされる, よって理論上および実際, よってを逮捕, よって甚内が日頃所持, よって生きたいというせつな, よって生きる歴史や, よって生ずべき客観的に, よって用紙を見ました, よって男の子にも貞操, よって白雲はまた, よって百姓から手綱, よって百方なだめすかして, よって百般の学科, よってをこらし, よって直接的にこの, よって相談をし, よって県庁より復社, よって真如の体, よって眺めると見事, よって短冊は拙者, よって石垣に腰, よって石川島の人足寄場, よっての上, よって神仏も宗教, よって神尾は江戸, よって神文誓書して, よって神材のクズ, よってのこと, よって福沢諭吉より同府, よって秘法やぞに, よってのあく, よって突然口と, よって聴きでも, よって立ち私は, よって立っている, よって之助, よって二の, よって笹原って云う, よってをきいた, よっては実子, よって糸子の腕, よって累代恩顧の諸, よって細かに見る, よって細かく検すれば, よって絶対的な独裁的抑圧, よって継足をし, よって維貞どのをお召返し, よって総てはお, よって縁側に手, よっては下, よってうるに, よって耳元で云った, よって聖書を握っ, よって聞く人は, よって肉体は苦しく, よってをたたいた, よってまずきその, よって自ら筆を取り, よって自分どもは自分ども, よって自由競争の行われる, よって興りしその始, よって芝居のせりふ, よって薩長あたりが躍起, よってをもらう, よって蜀山も彼処, よって行きますと女, よって行けない故に, よって行なわるべき境遇なり, よって被告人は傷害致死罪, よって製作して, よって西方数百マイルを隔て, よって見すましていた, よって見たく雨の, よって見たらきょうそちらへ, よって見ないことには, よって見ますと三つ, よって見ろ汝の, よって見兼ねた兵馬が, よって見物したいが, よって観光日記はここ, よって解放も行われれ, よって言文一致体の歌, よって許可を受け, よってに其大略, よって詩中に檀州, よってを交え, よって話し合ううちに, よって恨んだり, よって諸君はあの, よって諸国御大名ところどころ, よって謹んで角田, よって警察はウォーカー, よって警察所罰令により一円, よって象牙のよう, よっていたくなかった, よって艦隊は, よって貴殿にお話し, よって貸した借りたとは申し, よって起こるべき理なし, よって越前かの町人, よって近所の鉄成金, よって近藤が悲しみ, よって近辺の評判, よって迷える者疲れたる, よって通風口を開き, よってかに罪, よって連続的欲望曲線をもつ, よって進駐軍指導のトラック隊, よって遂に百姓は, よって遠く来る所, よって邪魔やねん, よってをその, よって釈然とした, よって阿古に濁り, よって除数の十位, よって隠されるだけ隠してる, よって雲助霞助と逃げかかった, よって霊魂不滅問題のごとき, よって顎十郎という, よって食べてそれで, よって食禄召上げ遺族には領内追放, よって養老と年号, よってが草, よって馬鈴薯の処理, よって驚きさむれ, よって剃りあと, よって鬱勃たる気魄, よって魔魅や魔魅, よって鳩舎の上, よってが白い, よって黒い玉に, よって黒板へむかった, よっての孔