青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゆく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ゆう~ ゆうべ~ ~ゆえ ゆえ~ ゆえに~ ~ゆかない ゆき~ ~ゆきました ゆき子~ ~ゆく
ゆく~
~ゆっくり ゆっくり~ ~ゆる ゆる~ ゆるし~ ~よ よ~ ~よい よい~ ~よう

「ゆく~」 19461, 187ppm, 549位

▼ ゆく~ (2713, 13.9%)

186 である 166107 であった 97 です 93 だった 53 では 51 を見た 46 を見 40 か, だと, を見る 37 を感じた 32 でした 31 が見えた 25 だが 21 でありました 20 が見える, であるが 17 だろう 16 だから, を眺め 15 を感じ 12 だつた, であろう 11 であります, でしょう, よ 10 ですが, ね, を私, を見送っ 9 だという, であるから, ですから 8 が目, だったが, であろうか

7 [12件] が本当, が眼, が自分, が見られた, であらう, でも, と同じ, もある, を, をじっと, をながめ, を待っ

6

5 が生活, が聞えた, が見えました, だそう, はこの, ほかない, をみ, をみる, を見ました

4 [25件] がわかる, が一番, が分つた, が当然, が普通, が楽しみ, さ, だな, だよ, だろうか, だろうと, でしょうか, ですって, ですもの, に気づいた, はいや, はよい, も面倒, も面白い, をしばしば, をながめた, を彼, を眺めた, を覚えた, を認めた

3 [33件] かい, かしら, がいや, がお, がよい, がよく, がわかった, がハッキリ, が分った, が分る, が好き, が感じられた, が自然, が見え, だからと, だけれども, だらうと, であろうが, ですか, はたいへん, は実に, は必然, は甚だ, もその, もまた, をお, を待つ, を感ずる, を発見, を知った, を覚える, を遠く, 外は

2 [101件] かね, かもしれない, かも知れない, か私, か誰, か辷つ, があった, がいちばん, がいちばんまちがい, がこの, がその, がにわかに, がはっきり, が人間, が夜目, が大変, が小さく, が常, が怖い, が最, が望まれた, が気, が真実, が眺められた, が私, が至当, が見られる, が面倒, じゃない, だらう, だろうかと, だわ, であったが, であって, である黒地, ですよ, でなければ, に同行, に気, に気づき, に眺め入った, に追いついた, に非常, はあなた, はあんまり, はいい, はおまえさん, はこれ, はただ, はなかなか, はなん, はまことに, はやさしい, はよほど, は余り, は少し, は当然, は是非, は決して, は町, は自然, は菜の花畑, は面倒, は骨, もあった, もあつ, もこの, も人間, も忘れ, も死んだ, も目, やら, よ親方, をただ, をどう, をながめました, をぼんやり, をよし, を伯母, を例, を傾聴, を半, を少し, を待ちかね, を悲しく, を惜, を意識, を感じないで, を感じました, を感じる, を手, を町, を眺める, を知っ, を聞いた, を自分, を見まもり, を見届け, を見送らなけれ, を認める, を高氏

1 [860件 抜粋] おそきこと友, かあたり, かきこう, かこっち, かご, かそれ, かということ, かとこなた, かと思う, かと思え, かと思った, かと思ふ, かと見, かと訊いた, かと邪推, かどんな, かゆかない, かゆき子, かわからなくなっ, か二人, か人, か作者, か分らない, か古道具屋, か小, か新九郎, か栄蔵, か氷, か湖心, か考えた, か酒, が, がい, がいつ, がいと, がうごき, がうれしかっ, がおよそ, がお互い, がきこえる, がこの上なく面白かっ, がこわい, がささやか, がすなわち, がそう, がそれ, がたのしみ, がたび, がだんだん, がちょっと, がつらかっ, がながめられた, がなぜ, がなほ女, がなんだか, がふしぎ, がふつう, がほんとう, がまだ, がみえた, がむしろ, がむずかしく, がやんだ, がわかつた, がわかり, がわたくし, がわたしたち, がわれわれ, がオチ, がピルコマヨ, が一努力, が一番簡単, が不安, が人生, が人間性, が今年じゅう, が何ん, が作者暮し, が党, が冴, が勝ち, が勿体ない, が唯一, が多かっ, が大, が大事, が如何にも, が嫌, が嬉しかっ, が子ども, が常に, が幕切れ, が当たりまえ, が待望, が微か, が徹頭徹尾, が恐い, が悲し, が惜しい, が惜しまれた, が感じられる, が感ぜられる, が慣, が探偵小説, が数えられる, が日々, が日本, が映っ, が最もよく, が朝夕, が本来, が業腹, が民間伝承, が犬, が生, が當然, が癪, が百難, が目のあたり, が真青, が礼儀, が窮屈, が窺われた, が習い, が耳, が聴衆, が良い, が芸術家, が行政, が見下される, が誰, が身, が透い, が遊蕩, が運命, が遥か, が阿部川町, が面倒くさく, が面白い, が順序, こそ自分, さおま, さことに, さもう, だい, だえ, だからね, だがなどと, だけはよし, だけれど, だこれ, だし, だそういう, だって市電, だとか, だなどと, だなどとは, だらうか, だろう四五人, だろう釣竿, だ他人, だ学堂, だ見給, だ追い込んでな, でありましたが, であるだらけたからだには, である一分一秒, であれば, であろうと, でございます, でございますわ, でしたが, でしょうかね, ですからね, ですけれど, ですね, でないかと, でないの, でなかったら生きる力, でなくて, とは全く, とほとんど, と一しょ, と先発, と入れち, と合奏, と幸坊, と比例, と毛糸編物, などが見られた, ならあの, ならね, ならば, なら却って, なら食料品, なんかいや, にこんな, にしたがっ, にじっと, にたいへん, にだ, になに, にはいつも, には何時も, には新しい, には私, には閉口頓首, にもいっしょ, にも下枝, にも二人, にも出あいました, にも宜, にも私, にも自分, によく, に二, に会う, に会った, に似た, に偽善, に兄, に具体的, に出, に出会った, に反比例, に大, に失望, に学校, に役に立つ, に息, に最も, に最上, に無く, に眼, に耳, に興味, に連れ, に遭う, に頬冠, に驚きました, ねあたし, はあの, はあまり, はいつの, はいと, はいやらしい, はおっかね, はおもしろく, はかえって, はきまり, はここ, はさすが, はさびし, はすこし, はそう, はそこら, はそちら, はたえがたい, はちょうど, はつらい, はどう, はどんなに, はのんびり, はほんのその, はまだ, はやめ, はよく, はよした, はわけ, はブルジョア社会, はレール, は一本道, は三年, は三瓶, は不人情, は五十前後, は人間, は人騒がせ, は何となく, は作家, は初めて, は判り切っ, は力, は勉強以外, は十五, は厭, は又, は吾人, は墓穴, は大, は大体春夏, は天満, は少しく, は当たっ, は彼女たち, は後ろめたかっ, は心許ない, は惨憺, は意味, は愚, は押出し, は方向, は日本, は明らか, は更に, は杉林, は止せ, は武装, は母親, は民主主義文学, は河, は無駄, は犬, は狂気, は現在, は田之助ぢ, は登山者, は盗品買, は私, は私たちみんな, は秘密, は義侠心, は自慢, は自転車, は致し方, は芸術家, は蕎麦, は西沢, は見て, は誰, は辛い, は長男, は関羽, は鶸, は麦畑, も, もありました, もいい, もいっ, もおもしろい, もこれ, もせっかく, もぜひ, もたのしみです, もなんだか, もなんとも, もふさ, もへん, もめんどう, もやめ, もわかる, も今, も俺, も嘘つき, も大事, も子ども, も実際, も彼, も思わず, も愉しい, も懶かっ, も検非違使, も知らなかった, も私, も聞こえなかった, も見える, も覚えなかった, も辛い, や, やら浜町, やら若い, や樫, や良人, や荒い図図しい, よいい, よかあ, よそこで, よって, よよくよく, らしい, をあっけ, をありあり, をいやがっ, をおそらく, をおも, をかわっ, をきき, をこすり合わし, をこの, をずつと見, をたがい, をたのしむ, をたびたび, をなんで, をひどく, をぼくら, をまた, をみずから, をみとめるだろう, をみれ, をもどかしく, をやめさせる, をやめられる, をやり過し, をよしましょう, をよろこび, をわたくし, をクリストフ, をバック, をピイプザアム, をワーニャ, を一日じゅう機械的, を二人, を二人共意識, を介三郎, を仰ぎ, を伯母さん, を何, を余程, を傍, を傍観, を充たし, を全く, を口惜しく, を呆気, を呼び止めよう, を喜ぶ, を喜んだ, を変, を外, を婆さん, を安心, を尾, を常, を引き止める, を彼自身, を待ちかねる, を待った, を待て, を御, を微か, を心地よく, を忘れた, を思, を思いしらせる, を思いとどまりませんでした, を悲し, を悲しん, を想像, を感じだした, を拒んだ, を望ん, を楽しむ, を止め, を母, を気, を汪紹生, を珍, を甲斐, を異様, を目撃, を知らね, を空しく, を耳, を聞き, を聞きます, を聞け, を聴い, を船乗, を苦, を藤四郎, を見かける, を見たです, を見たらしい, を見つけ, を見て取った, を見まい, を見られた, を見るよろこび, を見守, を見守つ, を見定め, を見送った, を見送り, を見送る, を視, を覚えました, を計っ, を許され, を証拠立てる, を認めたろう, を誰, を諸君, を車窓, を通行人, を遂に, を面白, ネイそう, 枝は, 道なり

▼ ゆく~ (2335, 12.0%)

28 彼は 21 云って 16 そこに, そこには 13 すれば 12 いって 11 それは 9 いうので, すぐに, そこの, 彼女は, 急に 8 云ふ, 父は 6 いう, 向うから, 女は, 彼の, 私は, 老人は 5 しよう, 二人は, 右手に, 娘は, 男は

4 [12件] いうよりも, こんどは, その男, それを, 云うこと, 今度は, 女の, 女も, 左手に, 武蔵は, 甲斐は, 私の

3 [20件] いいました, かれは, それと, 一つの, 二階の, 云うの, 人間は, 今まで, 入れちがいに, 六郎兵衛は, 夜は, 左側に, 廊下で, 彼が, 思ふ, 犬の, 言って, 途中で, 門なる, 霧の

2 [126件] あとには, いい, いうに, いうほどの, いきなり, いった, いつもの, いふこと, うしろの, お玉さんは, かなり肌, かれら, きのう一日降り暮らした, きりが, こころかなし, こっちが, これまで, これも, したら, しようか, すぐ, する, そこが, そこでは, そこにも, そこは, そこらには, そのあと, その人, その帰り途, その帰り道, その座敷, その影, その留守, その足, その部屋, その間には, それに, それらの, どこかで, なると, なれば, ふいに, ぽんと, まもなくお, みんなは, もう一つ, もう秋, わたしは, ガーデンの, 一人の, 一軒の, 三回の, 不快な, 不意に, 乾は, 二人が, 二人の, 二階は, 云いました, 云うすじ, 云った, 亭主が, 他の, 伸子が, 俊夫君は, 傾斜を, 兄は, 六か, 其処に, 冬の, 初めの, 千葉へ, 半七, 却って増さん, 同時に獅子, 向こうから, 堤の, 多くの, 多計代, 大勢の, 大急ぎで, 姉は, 子供の, 家の, 小さな掘割, 小屋の, 店の, 廊下に, 式部は, 彼らは, 彼女たちが, 思うと, 思って, 恰度お, 持って, 是が, 昼でも, 最初は, 桜ヶ岡の, 次の, 殆ん, 母は, 法師は, 流しの, 漸く前面, 熊蔵は, 犬は, 相対的である, 真の, 眼の, 秋の, 自分が, 船長は, 蝶子は, 裳にまつわる, 見向きも, 言ふ, 路ばた, 路傍の, 近くの, 近所の, 道が, 門脇の, 麻油は, 鼻の

1 [1736件 抜粋] □□□□□少く, あたかもそこ, あっしらのは, あとで, あなたは, あの房, あの頃, あまり虚構, あんたたちの, いいたげな眼, いいわ, いうだけ, いうばかり, いうよりは, いきなり大きな, いくばくも, いずれに, いったが, いったんです, いつしよ, いつのまにか体, いつも充分, いつも姉, いふの, いまりんごの, いろいろの, いわれて, うわさに, おしの, おとよ, おばさまの, おまん, およそ二町, おりつ, お前さんが, お妻, お朝, お清, お絹, お茶の水の, お高祖頭巾, かならず大, かの猫, からかいました, がたっと袖垣, きっと呂昇, きまった, きめたひろ子, くつくつと, こがないじゃ, ここは, この下, この婦人画家, この頃, これは, さあたいへん, さもさ, しきや, したらあの, したら旋律, して, しばらく経っ, しますそういう, じいやは, すぐおいで, すぐもう麦畑, すぐ常, すぐ良人, すぐ高等視察室, すこし動い, すでに, するには, すれ違いに, せっぱつめられる, そこでも, そこで種々, そこらは, そのあたり, そのまわり, その中, その塚, その姿, その寺, その布, その後姿, その村独自, その王宮, その番号, その突きあたり, その者, その裏, その面, その願い, それについては, たくさんございます, たちまちに, たとい拙く, だんだん耳, ちょうどジム, ちょうど真にあっけなく, ついにそう云った, つい通り, とある四つ辻, ところどころに, とても一々挙げきれない, どうした, どうもそれ, どこで, どっと一年生, なお先, なくいゆく, なにか小声, なんだかマッチ箱, なんとも気, なアん, ぬるりと, はたして右側, はるかに, ぱらりと覆面, ひとに, びょうびょうたる, ふたりは, ふッ, ほとんど腰, まず門人, またぞろ態, また並木, また念, まだお, まだ腰高障子, まもなくその, まるで遠い遠い, みえ雲間, みつは, みんなに, もうじき縄, もうそこ, もう一度空手, もう丼物, もう夜, もう月, もちろんそれ, やがてその, やがて一つ, やがて千魂塚, やがて女, やがて幾重にもなつ, やがて新屋敷, やっと起き, やつぱり駄目だ, ゆうべ新らしく掘った, ゆき子は, より女, アストン氏は, ギラリと, ケプナラは, コーコーコーコーッ騒がしい, サークルの, ジイジイっと, スピードが, タラップの, トキエは, ドノバンは, ピューッと, プールが, ボートが, マタ・アリは, レストラン, ロダンさんは, 一彪の, 一日に, 一條の, 一緒に, 丁度に, 丁度途中, 七十郎は, 三上の, 三坂峠手足の, 三谷氏の, 上智大學の, 下に, 下拙の, 不二屋の, 与兵衛鮨は, 両国の, 並んで, 主人の, 久兵衛は, 二上山辺の, 二年生が, 二階で, 云い張つた, 云う人間, 云つて剛情を, 五つ六つの, 五六里の, 人さらいが, 人品いやしからぬ, 人間の, 今までに, 今度はかれ, 付添に, 仲見世で, 休憩室の, 伯母さんは, 伯父の, 但馬の, 何処にも, 何時でも, 佛法僧の, 係員達が, 信州路に, 俺の, 健吉は, 傾斜面の, 像の, 先に, 先祖の, 入れ違い, 全く不思議, 八月の, 八百八という, 其夜は, 其處に, 内祝いの, 冗談を, 冷やかに, 出たきり, 分析台の, 別々の, 前後し, 副船長, 勾配の, 医員と, 十左は, 半七老人, 半里, 参会者は, 友の, 叔父も, 古九谷, 叫びも, 叱って, 右側に, 同時にどこ, 同時に彼, 同氏が, 向うも, 君なんか, 味方の, 哀調を, 問題は, 喜んで, 嚇した, 土壌は, 地線に, 城中は, 塀ぎわに, 変るもの, 多吉が, 大きい雪, 大きな刀, 大司馬, 大売出しタナざらい残品サービスセール全店半額などという, 大師は, 大路小路を, 天城山の, 夫は, 奥さんが, 奧の, 女中たちが, 女相手は, 妻の, 妾の, 姜維は, 子供じみた, 子供達だけ, 安場が, 宗吉は, 客席の, 室生夫人が, 家並が, 家康は, 寒さ, 寺の, 小さい白い家, 小さな寺, 小学を, 小田刑事は, 少女の, 居士は, 山の上に, 岡本宛の, 岩と, 川辺村の, 左の, 左右は, 巳之助は, 帯刀どのに, 平日に, 幸之助は, 幾つも, 庄吉は, 底なしの, 店番が, 庭の, 廊下にも, 弓を, 張り合いが, 彼らが, 彼女の, 彼等の, 往手に, 後ろから, 後陣が, 御熊野横町, 心持が, 忘れられない急, 思います, 思ううち, 思うて, 思える, 思はれただらう, 思ふからね, 恐ろしいこと, 悦之進は, 態, 成就社といふ, 我子と, 或る, 房子が, 手を, 手燭を, 折井は, 挨拶を, 擦れ違い, 文人の, 文字吉の, 新しい木, 新嘗, 方眼紙の, 日は, 旧敷地, 明治何年かに, 時として杉, 晩秋の, 景色は, 暗い中, 更に人々, 最後の, 朗々読書の, 木の, 未明に, 机竜之, 来客でも, 東洋に, 松本方面から, 果たしてそこ, 果たして一頭, 柳原堤へ, 格子の, 桜橋という, 検視の, 極まった身, 権次も, 横手の, 樹木は, 橋普請の, 次の間で, 歌の, 武蔵が, 死骸が, 殿中には, 母親は, 気持が, 水野の, 決定した, 河原に, 沼沢に, 洋子に, 流石に, 淋しいから, 渡場が, 湯が, 滝つぼの, 濡れた両端, 火は, 無稽な, 爪先が, 爺, 片隅の, 物しりは, 狐の, 玄一郎が, 現在の, 生れた時, 甲虫の, 申してを, 男も, 町の, 番所の, 白い蝶, 百年くらいは, 皆その, 目は, 直ぐ附け上っ, 瞬くうち, 知らぬ間, 石庭の, 破れ襖は, 神の, 神明前の, 秀之進は, 秋川という, 称する各種, 空に, 空気が, 突然前方, 立派な, 筋向うの, 箱が, 約十歩, 純白な, 紫色を, 紹介人の, 締めつゆるめつ物, 老人が, 考えては, 肉親の, 自分の, 自転車を, 興味深い, 船医は, 良人は, 芝生の, 花が, 花簪とか, 若い娘, 茶の間の, 荊棘路を, 菊人形は, 葛の葉が, 藁小屋の, 藤田どのには, 虻の, 行きと, 表の, 裏見, 西岸の, 見えなくなる, 見る程, 見覚えの, 言う, 言った, 言ひ, 話は, 説いた, 誰かしら, 請地の, 貞良は, 質素な, 越前守の, 足は, 路の, 身體に, 轟然大地が, 返事を, 途中に, 速く下駄, 遅まきながら母, 道子は, 遠くで, 部屋は, 酒と, 野獣山禽の, 金剛寺門前町を, 針の, 鉄柵で, 鍵の, 長い橋, 門前に, 間もなくふたたび上がっ, 間もなく早川, 闇の, 階下の, 隣の, 隣りも, 雨あがり, 雪の, 露台には, 青木川の, 音楽は, 頼朝公御, 風呂場の, 餅は, 駈けあつまる人, 駝鳥が, 鳥取の, 麹町の, 黒装束で

▼ ゆくこと~ (1170, 6.0%)

33 にした 30 になった 25 ができる 16 になる 15 である 14 はできない 13 にしよう, になっ 12 にし 11 にする, になりました, もあった 10 ができない, にしました 9 が出来る 8 にきめた 7 があった, が出来ない, だろう, です, もある, を 6 でしょう, になり, のできる 5 がある, ができなかった, だ, だと, では, は出来ない, を意味

4 [15件] か, ができず, ができた, ができぬ, ができました, が出来た, が出来なかった, が必要, であろう, になつ, になります, はできなかった, もありました, を気づかない, を考える

3 [18件] ができなくなった, ができます, ができよう, ができるだろう, が出, であった, でも, なの, に, にある, に決心, のうち, のできない, はない, は容易, もあり, を主張, を承知

2 [70件] が, があつ, がいかに, ができ, ができましょう, ができません, ができませんでした, が人間, が出来ません, が大切, が日課, が書かれ, が私, が肝要, が自分, そのこと, だけがわかる, であって, であらう, であります, であるの, である故に, でせう, で私, と信じられる, なしに, にしましょう, になるでしょう, によって自己, に何, に定, のできた, の出来ない, の出来る, の困難さ, の面白, はその, はできません, はどう, はまるで, はむずかしい, はもとより, はよほど, は出来ぬ, は困難, は実に, は文学, は決して, は疑い, は私, は非常, ばかりに堪へ, もできません, もない, も出来ない, も意味, よ, をあらかじめ, をはっきり, をよした, を何, を億劫, を嫌っ, を忘れ, を忘れた, を忘れませんでした, を眼目, を知っ, を祈ります, を考えた

1 [580件 抜粋] ありき, かえすがえす厳禁, かもわかりませぬ, からはそもそも, から殊, か余りに, がありました, があれ, がいくら, がいちばん, がいつも, がお, がおかしく, がおそろしかっ, がかい, がかなしかっ, がこんなに, がさして, がしばしば, がすき, がすぐ, がすな, がその, がそのまま, がたびたび, ができたであろう, ができないであろう, ができなかつた, ができなけれ, ができるであらう, ができるであろう, がとても, がともすれ, がとり, がどうして, がどれ, がない, がなんとなく, がのぞましい, がはたして, がぴったり, がむずかしい, がわかった, がわかりました, がチビチビ月評, が一つ, が一生, が中心的, が仕方, が会得, が何らかの, が例, が出来たら, が出来なかつた, が出来なくなっ, が出来なくなった, が出来なくなります, が出来ました, が出来よう, が出来るであろう, が分った, が医学, が可能, が吹き, が哲学, が多かっ, が孤児, が少ない, が度々, が彼女, が往々, が得, が怖, が怖い, が掟, が新た, が日本, が早う, が暗示, が果たして, が栗原, が標準, が民主主義, が流行, が生活, が目, が目ざされ, が目指されず, が真に, が社会, が科学, が自由, が苦しく, が躊躇, が重大, が長い, が集まってる, こそが私, こそ人間らし, こそ代議士, こそ具体的, こそ基本的, こそ新しい, こそ現代, こそ賢明, さえあった, さえありました, さえそんな, さえ忘れ, さえ日本, すなわち, そういう現実, そしてよかれあしかれ, そのため, だけしか考え, だけは, だの信心, だろうか, だろうと, であり, でありましょう, であり仕事, であり新しい, であるから, であるが, であること, であると, であるとしても, であろうぞ, でこれ, でございましょう, ですが, ですがね, でだけ達成, で克服, で医術, で天地, で年老い, で日本経済, で自分たち, で證明, とし, とする, とそういう, とその, とその後, とどうもいつしか, となり, との間, とは全く, とは同じ, とは考え, と同じ, と大衆, と比較, と知能, なぞができ得る, などがどうして, などどうして, などはできません, などまだ, などをこまごま, など別に惜しくもなんとも, など実に, など当然, なるが, なん時間後, にきまった, にきまり, にきめ, にきめました, にきめる, にしか全面, にしたい, にしねえ, にしまし, にしましょ, にします, にただ, について同じ, について大きな, について父上, について講演, になっとる, になつたの, にならね, になりませう, になるだろう, になれ, になろう, にのみ心, にははるか, にはやはり, には余り, には映画, には異議, には長い, にほとんど, にもなった, にも役立ちます, にも承服, にも気づかれ, にも閉口トンシュ, によって却って, によって我々, によって我々自身, によって本質的, によって煩, によって真に, によって神経, によって読者, によるもの, に何ら, に努めた, に協力, に危惧, に堪え, に堪へ, に女将さん, に妙, に対してあれ, に対して劇, に希望, に幽か, に心, に心掛け, に心配, に成功, に最もよく, に気, に気がつい, に気がつかない, に氣, に決す, に決め, に満足, に焦だった, に皆, に相成っ, に相談, に義務, に耐えられなくなり, に自分, に話, に誰, に論議, に追, に関係, に驚歎, に骨, に骨折らね, のできなくなった, のできぬ, のなか, の価値, の出来よう, の危険, の実際, の底, の当然, の意義, の早き, の欲求, の決して, の烈し, の肝要さ, の苦痛, の辛, の辛苦, はあまり, はあり得ぬ, はある, はいかん, はお, はおしく, はおそらく, はかえって一気に, はきまって, はけっして, はそれ, はできなくなった, はできぬ, はできます, はどうしても, はなか, はほんとう, はまっぴら, はもう, はやはり, はやめなかった, はよろこばしい, は一向, は一見, は不, は予想, は人, は人間, は仲間, は伊達家中, は何故, は個人, は僕, は僥倖, は儒教, は出来なかった, は出来ませんでした, は出来る, は分かっ, は勿論, は原則, は可能, は各, は喜ばしい, は困難以上, は堪え, は大げさ, は天恵, は定, は実際, は常例, は強い, は当然, は必要, は恰度彼, は悲しむべき, は悲哀, は手足, は捨鉢, は政治的行動そのもの, は文学史, は断念, は是, は是非, は本望, は楽, は無意味, は現在, は疑うべく, は相当, は眼, は私たち, は絶えざる, は聞い, は職業, は腕環, は自分たち, は自尊心, は芸術以前, は苦痛, は許されない, は許し, は護衛, は貪り, は避けた, は面白い, は龍のち, ばかりであります, ばかりに堪え, ばかりに堪えよ, ばかりを考へ, ほんとに自分たち, もあり得た, もあるまい, もいつかう, もいろいろ, もお, もかわらなかった, もこの, もしできたら, もしない, もしばしば, もせず, もたしかに, もできず, もできない, もできなくなる, もできなけれ, もできぬ, もできまい, もなく, もならず, もまた, もみんな一夜, もめったに, ももちろん, も一策, も出, も出来よう, も多く, も大きな, も女, も幾多, も彼女, も往々, も必要, も忘れ, も珍しく, も考えなく, も親王, も面白い, よりほか, をいとう, をいふ, をいぶかっ, をうた, をおそれました, をおぼえた, をきょう, をこわく, をすっかり, をだれ, をとっ, をどうしても, をねがっ, をのぞまなかった, をはかる, をひどく, をも心理主義, をも考えなかった, をやめ, をやめた, をよ, を一七日, を不可能, を主題, を予感, を云ひたい許, を人類, を個性, を内気, を剥奪, を力める, を十分, を厭, を古賀, を命じます, を命ずる, を國際平和主義, を夢み, を大変不安, を好まなかった, を学ばなけれ, を家来, を常, を御, を心得る, を忘れなかった, を思ひ, を怠らなかった, を急ぎました, を悲しんだ, を意識, を感じた, を感ずる, を断りました, を既定, を最もよく, を望まれ, を望む, を本旨, を案出, を民主主義, を甚, を痛感, を益, を知った, を知らなかった, を知らね, を知る, を示す, を約束, を細か, を続けた, を考えない, を考えます, を考えれ, を考へ, を考へる, を自然, を良心, を花見, を見ない, を見出す, を覚え, を覚えた, を言つて, を許された, を許される, を詳しく, を認め, を説きました, を述べる, を逡巡, を進ん, を頭, を願う, を願っ, 或ひ, 既にこの世, 遠からず

▼ ゆくよう~ (685, 3.5%)

45 な気 21 だった 16 になった 15 に思われた 1312 であった, なこと, なもの 11 になっ, になる 10 な気持, に 8 です, な感じ 7 である, でした, な 6 な心地, な気持ち, に思えた, に思われる 5 なところ, な思い, な音, にする, に彼, に説明 4 な心持, にしたい, にと云った, になりました, に見えた 3 な様子, にし, に命じた, に思った, に感じた, に自分

2 [24件] じゃない, なそういう, なその, なとき, なの, なのに, な人, な勢い, な感覚, な神経, な話, にこの, にさえなった, にと幾らか, にと思っ, にみえ, にみえる, にも思われた, に云っ, に思える, に感ぜられた, に気, に私, よ

1 [320件] お命じ, じゃとても, すすめる, すだった, すで, すである, すです, すでみんな, だっけが, だったが, だった失望, だわ, だ心, であうごと, であっても, でございます, でさえ, ですから, ですが, でそれ, でただ, でどうにも, ではと, で七厘, で両脚, で今, で天空, で少し, で気持ち, で耐え性, で自分, ないい, なお前たち, なぎごち, なけわし, なここち, なこの, なさみし, なしらけた気持, なすがすがし, なせつな, なそして, なたより, なとでも, など, なので, なはっきり, なひた向き, なふり, なぽきぽき, なまた, なよろこびの, ならみんな, なわけ, なゴリラ, なダイナミック, なリアル, な事件, な事実, な今日, な仕事ぶり, な仕種, な何もかも, な余裕, な作品, な倦怠, な傾き, な傾向, な冷たい, な凄まじい, な処, な出来事, な努力, な勘ちがい, な勢, な卑しい, な印象, な国内戦時代, な場合, な声, な夕暮, な大き, な奇妙, な奇怪, な奇観, な女性, な妙, な嬌態, な寂しい, な山, な工合, な影, な御, な心, な心持ち, な心細, な息苦しい, な感情, な感慨, な折竹, な文学境地, な新, な方針, な旅, な時代, な時間, な晩, な格好, な機会, な気もち, な気分, な気楽さ, な気魄, な沈黙, な激しい, な無分別, な無気味, な焦だたしさ, な爽やかさ, な爽快感, な物事, な物語, な状態, な現状, な生活, な生活意欲, な疼きを, な痛い寒, な発音, な白雨, な真, な真実, な眠り, な矢代, な短く, な空氣, な笑い, な笑い声, な素質, な結果, な絵画上, な緊張, な纏綿, な肉体小説, な自分, な自然, な航空路, な蒼白, な蘇州辺, な虫, な蠢惑, な衝撃, な装置, な親し, な証拠, な調子, な資本主義, な足取り, な跫音, な道, な遠い, な鋭い, な錯視, な雄弁, な静か, な非常, な面, な面白く, な鞍, な風, にいった, にいつ, にいつも, にうつる, にお話し, にかくれる, にげっそり, にこれから, にさえ思われた, にさしずする, にざっと, にした, にしたら, にしてやらん, にしてやる, にしなけれ, にしみわたっ, にしよう, にじりじり, にすこし, にその, にちゃんと, にてまえ, にできてる, にというよう, にという帯刀, にとすすめた, にとつとめね, にとの命, にとひろ子, にとやっ, にとケリッヒ夫人, にと命令, にと目, にと祈った, にと言わせた, にと願っ, にどちら, になさいません, にならなけれ, になり, になりたい, になります, になれ, にねえ, にのみ骨, にふくれ上っ, にほん, にまず, にもし, にも見える, にも覚えた, にやってきた, によろこびいさん, にわが, にクリストフ, にハ, にリップ, に一人, に一人二人, に一筋, に云う, に亡き, に交渉, に伝えた, に伸子, に佐々, に何もかも話, に余す, に保護, に元, に助けなく, に努め給え, に勧めた, に命令, に和らぎ通う, に夏, に外見, に太鼓, に女, に実感, に小路, に崩れ, に彼女, に心, に思い, に思え, に思われました, に思われます, に想えた, に感じました, に感じる, に感ずる, に感ぜられ, に成長, に批評, に援軍, に日, に明るく, に書い, に書き, に格子, に殊に, に気力, に気味悪い, に泣き続け, に津, に流れ, に片端, に犯行, に生れつい, に申し, に男, に着いた, に神様, に終焉, に絶えず, に考え, に耳, に聞えました, に聞こえる, に育てられ, に舟, に葬儀, に藤吉郎, に行われる, に西, に見え, に見えました, に見えます, に見える, に解い, に解明, に計画, に託児所, に診療, に語りわける, に説い, に諸, に走りつづけ, に逢痴, に遊ん, に遠い, に遠く, に限り, に願った, に願ってる, に骨折らなけれ, に魂, 願う次第

▼ ゆくもの~ (368, 1.9%)

22 である 14 では 118 だ, だと, のよう, もありました 6 だという, です, なの 5 であること, であると 4 があった, があつ, がある, だから, に押され, もあれ 3 だが, であるが, ならば, を

2 [20件] かそれ, かということ, が同時に, であらう, であります, であるかという, であるという, であろうか, ですから, ですが, とすれ, とみえる, なので, なりあす, はその, もある, もない, よ, をどうにも, を見る

1 [185件] あり, あり魚雷, あるいはそれみずから, かその, かとまで見られ, かと思う, かどう, かもしれない, かわが, か弁論, か彼, か月, か渓見え, か私, か革命, があっ, がたしかに, がたまっ, がない, がなくなり, がまた, がカタンカタン, がリアリスティック, が多かっ, が昼, が案外, が渡り, が見える, が難儀, こきもの, こそが客, さえいる, じゃない, じゃア, そして着々, その數, だおれ, だか, だぐらいの, だし, だそれ, だった, だとは, だらうが, だろうか, だろうかという, であ, であった, であったから, であったに, でありそう, でありそこ, であり他方, であり積まれたもの, であり而, であるか, であるかと, であるから, であるし, であるに対し, であるらしいから, である事実, であろう, であろうと, ですか, でない人, でない自分自身, でなくて, でなくては, でなくロケット弾, でなければ, でやがて, と, という先入観, とが今や, とが橋, ときめ, とし, としてとらえられ, としての挨拶, として明瞭, として注目, とてはない, とは考へられない, とは限らん, とも考えられる, と今, と信じ, と思う, と思え, と思ったら, と思ふ, と明言, と決め, と盲目的, などが見えました, なのでは, なのに, なのね, ならこの, なら俺, なること, なん, にし, にはき出し, には与えられません, にもよく, に代り, に御座候, に最後, に相違, に鰹節, のありがた, のかげ, のす, のやう, の一つ, の一人, の中, の仲間, の側, の切迫, の力, の強慾さ, の影, の最後, の無事息災, の生命, の遅速, の間, は, はある, はごく, はしばらく, はだれ, はつめたかり, はない, はなかなか, はほとんど, はますます, は一つ, は何, は何一つ, は学校, は展望, は廢, は心, は敗北者, は斯, は案外, は概して, は機関車, は祖先, は自分以外, は茶, は雀, は黙示図, ばかりでありました, ほとんど無し, もあっ, もあった, もあり, もなかっ, もなく, も暗然, をいかに, をいま, をお, をみ, を一箇, を想像, を感じ, を感じた, を注意深く, を知っ, を空想, を見せ, を見下ろし, を討っ, を過去, を道, 云わば, 及びそこ, 生きのこる者, 絶えて

▼ ゆくという~ (344, 1.8%)

51 ことは 24 ような 14 ことを 13 ことが, ことに 12 のは 6 風に 5 のです 3 こと, ことで, ことも, 現実の

2 [16件] あても, ありさ, ことその, ことだけでも, ことであった, ことでした, こととは, ことの, ところが, のが, のである, のも, やり方は, 作家は, 法は, 風で

1 [162件] あこぎなやつか, あては, いずれに, うらやましさ, おかしな事, お手紙, かるいながらも, ことくらい, ことこれが, ことそれは, ことそれを, ことだけは, ことであっ, ことであったなら, ことである, ことです, ことには, ことによって, ことはね, さびしいこのごろ, さびしい気, そのこと, その原型的形態, そんな状態, ときすらり, ときに, ところな, ところに, ところも, ところ迄, とても凄い, のだ, ので, のであります, のでなく, のには, ふうで, ふうであった, ものです, もんだ, やり方より, ようなゆがんだ, ように, わけだ, わけであります, わけでしょう, わけな, わけに, アルプス登攀の, グリーンランドの, リアリズムの, 一つの, 一人二役性も, 一家が, 一筋の, 中, 主張に対し, 主義でなけれ, 予想外の, 事は, 事を, 事実だ, 事実は, 人間の, 仕事に, 仕事を, 体で, 作者特有の, 例も, 信仰が, 制である, 前代未聞の, 努力を, 効果は, 受身な, 口前で, 可能が, 噂が, 場合には, 大きなギア, 大阪の, 奇怪な, 女房ぶりだ, 始末, 始末で, 始末な, 実力が, 客では, 山中な, 工合な, 幸福を, 彼女の, 循環が, 微妙な, 心理に, 恐ろしいもの, 情勢が, 意味の, 意味ふかい, 意地と, 感じが, 感じを, 態度も, 所が, 手は, 手段を, 手筈であった, 技術が, 支那人は, 文化上の, 新しい仕事ぶり, 方は, 方法で, 方法である, 旅の, 日取りを, 時マージは, 普通の, 気分が, 気分で, 沢や, 活況であった, 消極的な, 点から, 点で, 点については, 物語を, 特徴が, 特殊な, 現実と, 現実も, 理由で, 生理の, 用事が, 的途も, 目的は, 程度の, 精神の, 結果に, 統一が, 習慣に, 習慣は, 考えを, 自覚を, 自身の, 行為を, 製作の, 複雑さを, 話, 話である, 話合いが, 進化の, 関係が, 隣人愛の, 順序だ, 順序で, 風だった, 風であった, 風である, 風な, 風なら, 騒ぎである

▼ ゆくうち~ (217, 1.1%)

8 に, にふと 7 に彼 6 にその 4 に伸子, に私 3 にいつしか, にお, にそれ

2 [12件] にあたり, にいつの間にか, にお前, にこの, にだんだん, にとうとう, にどれ, に不思議, に多少, に或, に知らず知らず, に突然

1 [147件] いつしか夜, いつの間にか自家, かの老人, じめじめした, そういうこと, にある, にいつ, にいつかふみ迷つて路, にいつか理知, にいろいろ, にうっとり, におのずと, にお年, にお雪ちゃん, にかゆく, にかれ, にこの間, にこれ, にさっき, にさて, にさむ, にし, にせい子, にそば, にそんな, にたまたま, につい, にとう, にどこ, にどの, になかま, にはこっち, にははがね, にはや, には他, には眠く, には自然, にひとりでに, にほか, にぼんやり, にむらむら, にもどかし, にも時々わざと, にも松村教授, にも自分, にやはり, にやや, にわし, にわたし, にパッ, にメンデル, に一巻, に一枚, に三根夫, に下等, に不意, に不覚, に世の中, に世界, に人, に人間, に伊那丸, に何, に何だか, に何処, に何度, に作者, に信長, に偶然, に光秀, に内蔵助, に十一時, に又, に古い, に向う, に周瑜, に変, に外, に多, に夜, に大勢, に大阪, に天満岸, に妙, に妻, に庭, に当然, に心, に悲しみ, に感じた, に成功, に抵抗, に指, に採集, に整っ, に文章, に暗く, に東屋, に案外, に様々, に次, に段々, に毛筆, に法水, に浮世絵, に海岸, に涙, に濡れた, に濤, に燕作, に特別感興, に男, に疑問, に真個, に私達, に種々, に第一義的, に細かい, に肉体, に胸, に自分, に船員たち, に蓄積, に薫, に覆面, に見事, に訳文全体, に誤謬, に読者, に近年, に連想, に進歩, に道, に酔い, に重吉, に鉢伏山右手, に隣座敷, に雨蛙, に風, に驚くべし, に鳥, はからずもここ瓦罐寺, ますのよ, ようやく正午近く, 気がついて, 求める丸の内, 第二

▼ ゆくところ~ (191, 1.0%)

12 だった 8 であった 4 です, なの, にある 3 がある, がない, に生活

2 [16件] だ, だったが, だと, である, でした, にあり, に歴史, のもの, の組織, へはどこ, までいっ, までいつた, まで行きついた, もない, を失った, を見る

1 [118件] あくまでなごやかさ, からあ, からああ, からしか期待, が, があった, がご, がゆかぬ, がサヨ自身, が勝川, が描かれ, が東洋的, が私たち, そして郷里, だが, だけれど, だ暑い, でありました, でおのづと明らか, でございました, でしきりに, でしたが, でしたの, ですから, ではさも, で目, とみえる, なし, などを見かける, など一枚二枚, なんかいい, にあの, にいや, にこそ人, にしよう, にその, についてまいれ, につきない, にはどこ, にはミサ子, には必ず, に不敵, に人間, に他人, に味, に哲學的精神, に在る, に存する, に従い一塊, に御, に明るみ光り, に期待, に特色, に現実, に目, に私, に秋, に自分, に面白味, の, の一艘, の品物, の基礎, の心持, の描写, の武甲, の法則, の由, の究極的, の過程, はあの, はこの, はたいへん, はどんな, はなかっ, はまことに, はやはり, は伝染病, は同じ, は彼ら, は暗い暗い, は理論的, は結局浄土真宗, は自分, へはいつも, へゆく, までゆく, まで高め, もなし, も考えさせる, も訪ね, らしい様子, をいきなり, をうつした, をしらず, をたずね, をふたたびありあり, をぼく, をもった, をよえ, をよく, をダンネベルグ夫人, を刺客, を呼びとめ, を失つた, を失つた人間, を失つて訴, を書きだした, を目撃, を知っ, を知らず, を知らない, を見, を見定め, を逃げ出そう, 砕けざる魔境, 赤い辻堂, 頻吹かざるなし

▼ ゆくため~ (185, 1.0%)

4 に必要 3 には自分 2 であった, に, には仕方, にわたしたち, に出発, に努力, に婦人, の努力, の最後

1 [160件] だ, だろう, であると, でした, で釋尊, にああ, にいいかえる, にえっ, にお, にこういう, にこそジャーナリズム, にこの, にぜひとも, にそしてまた, にその, にで, にであった, にでは, にどんな, にはあらゆる, にはお, にはお互い, にはこの, にはこれ, にはこん, にはこんな, にはどの, にはどんなに, にはなかなか, にはまだ, にはもう少し, にはやむを得ない, にはわが国, には一つ一つ, には一定, には一層はっきり, には一篇, には不自然, には今日, には何, には何と, には何より, には公私, には具体的, には到底, には前, には各人, には否応, には大した, には大変, には婦人, には婦人独特, には家庭, には小田切秀雄著, には暖, には最少限, には民主的, には深刻, には無限, には片方, には現象, には目, には経済的, には職場, には貧困, には門, にも, にもっともっと, にもなく, にも不便, にやむを得なかっ, にやめた, によりました, にインテリゲンツィア, に一日八時間基準, に不可欠, に乗船, に今, に今日, に体, に使われた, に偶然, に働い, に働く, に先づ, に全, に全力, に兵, に労, に勉強, に協力, に同じ, に執筆, に女, に小舟, に島, に廊下, に役立つ, に彼女, に彼女たち, に心, に念入り, に感覚, に文化人, に断えず, に日, に日本, に果して, に毎日, に毎朝六時, に決して, に特別, に生き, に生物, に甲, に皆, に砂場嘉訓, に祖父, に絶対, に緊急事, に腰, に自分, に苦難, に貴重, に量り, に長い, に長谷川時雨, に風呂場, のあらゆる, のすべて経費, のもっとも, のやむを得ない, のリュック, の一条件, の中等学校, の人間, の力づよい指導者, の勇気, の合い鍵, の土着, の場所, の好条件, の意味, の手がかり, の指導原理, の方便, の方法, の暗示, の材料, の理論, の真面目, の確乎, の行動, の表現法, の説明, の費用, の賃銀, の重大, の闘い, 却って骨

▼ ゆく~ (183, 0.9%)

24 いい 18 よい 4 ようだった, ような 3 いいと 2 いいそして, おめ, よかろう, 心は, 自分の, 行かぬかと

1 [118件] あいさつする, あなたは, あのうち, いいか, いいさ, いいその, いいだ, いいの, いいひと瓶, いいもう, いいよ, いいわ, いい互いに, いい人, いい私, いずれの, おかみさんの, おしょさん, お前さん寺で, お絹, かえって往く, かれに, この娘, この時, この病室, ごとき武者群, ごとくあばれまわった, ごとく安, ごとく終, しかし屋島以後, しまいに荒々しい, すぐ帰る, そうかと, そこには, その, そのとき療治, その他は, その氷, その白い, その頂点, それでも比良岳, それに, それも, そんな事, たちまちわざと崩れ, たまたま身, ために, つしり, ときに, ときには道, ともするといつのまにやら, ともすると持參金, どうかする, どうしても追い付けない, どの畦道, なかなかうまく, なかには好奇心, また官衙, また新しい, やっぱり帰る, ゆくがい, ゆゑに, よいと, よいという, よい京, よい捨て, よからう, よろしい, スワは, 一しよ, 一番確かだ, 中は, 之とは, 人の, 何かしら, 何の, 僕の, 再びうるさい, 冬と, 吉宗の, 君も, 国民が, 国民や, 城壁は, 夜が, 大人の, 太田弥兵衛は, 如き雰囲気, 如く清ら, 如しいそぐべからず, 嫌や, 常ながら, 床の間までは, 捉えようと, 故に下る, 早いか, 昔は, 春の, 書齋は, 東京の, 汝らは, 沈んで, 海神ネプチュヌの, 牛が, 牢屋から, 町の, 砂粒は, 絶えず変化, 聞きに, 自分では, 血は, 貴公も, 重いの, 金ちやんは, 鎌倉殿の, 隼人も, 零度に, 面ざし

▼ ゆく~ (177, 0.9%)

4915 です 11 だから 8 だろう 7 だよ 6 ですか 5 だと, ですから 4 だぜ, だね 3 じゃない, だからな, だが 2 だか, だという, だへっ, だもの, ですと, ならおら

1 [42件] じゃ, じゃあないだろう, じゃあねえ, じゃなくっ, じゃねえだろう, じゃよ, だいくら, だからね, だがなあ, だし, だそんな, だぞ, だって省線, だつたらと, だとさ, だな, だみんな, だらう, だろうが, だろう相手, だわ, だわかったか, だ大, だ徳次郎, だ達者, であります, でしょう, でしょうか, でしょうね, ですいや, ですかしら, ですぜ, ですもの, ですよ, です今頃, でせう, でも, ならお, ならちゃん一人, なら一緒, なら厩, やろ

▼ ゆくその~ (167, 0.9%)

3 うちに, ことが, ことを, 人の

2 [13件] ことで, ように, 中に, 喫茶店, 子の, 心の, 斑犬の, 胴腹の, 袂から, 過程即ち, 銛を, 面白さ, 高みの

1 [129件] あくこと, あとに, ありさ, いきさつが, うしろ姿には, おかしさ, おもしろさ, かなしい音楽, ことに, しばし声, ために, ときの, ところを, とりどりの, どこに, なまめかしい山中, ふしぎな, むこうに, むずかしさ, やうな, やり方が, やわらかい魂, ゆきかたが, ような, わかりかた, ダイナミックな, モンぺ姿は, リアリスティックな, 一足が, 下に, 事実に, 人としての, 人へ, 偶像は, 傍に, 優美さ, 先には, 出発を, 創造の, 動きの, 向うの, 味わいでの, 太い猪首, 奇異な, 女の, 女房床なし, 姿を, 子が, 小勢の, 崇嚴な, 幸福を, 度合の, 弟子とを, 彎曲した, 影が, 後姿が, 後影を, 心が, 心です, 心持である, 心持にも, 心持の, 心臓の, 快さ, 怪貨物船に, 感じで, 感覚なし, 態度こそ, 手かげんさへ, 手は, 持ちかた, 描く暇, 方向へ, 方法の, 森の, 櫓たちまち, 歌声という, 段階において, 母親に, 毎年の, 氷の, 洗場の, 火が, 無紋着流しの, 熱意と, 牝山羊を, 猛し, 甘味が, 生きた刹那, 生活そのものが, 生活感は, 男の, 痛ましい寂寞, 発端の, 白い足, 眞白い, 眼ざし, 社会的心理を, 移行を, 空舟, 粘りかたを, 純な, 結びの, 背の, 腹部を, 自由さえ, 落葉をば, 血の, 行動と, 見さかい, 足どり, 足どりの, 距離は, 辺の, 途上より, 通行人を, 過程が, 過程そこに, 過程においてこそ, 過程の, 過程を, 道すじに, 重き愉悦は, 重き推移の, 陰惨な, 隅隅の, 面影を, 香の, 黄昏の

▼ ゆくので~ (156, 0.8%)

31 あつた 3 わたしは, 私は 2 あらうか, せう, その柚湯, その進行, それが, 僕は, 兄の, 嫂は

1 [103件] あつて, あらう, あらうとおも, あらぬ噂, いつけられは, いつも続い, おせい, おたいらさん朝来, おなじ版畫, お久さん, お倉, お染, きょうメレジェコフスキーの, こんなこと, しまひ, すぐ敵, そういう時マリユス, そこの, そのとき, その力, その縁, その金貨, その顔, その飛沫, それで我々人間, それは, それも, それを, たうとう, つまりそれ, とても壮観, どういう意味, ひそかに, ひとりなお, よくなる, よく第一高等学校, わかるの, クヅ鉄屋に, コスモは, ロリー氏は, 一週間に, 三人で, 三日も, 上で, 乗客が, 二者孰れ, 人々の, 今度も, 利家は, 前代未聞の, 勝手を, 十時頃に, 半分しか, 叔父は, 失敗は, 宗兵衛も, 小坂部は, 小父さん, 少々の, 少し驚い, 幾度と, 彫刻的な, 彼自身さえ, 微動も, 思いがけぬところ, 思いの, 思ひがけ, 恐ろしくて, 惨たる, 懇意な, 拙者も, 持って, 捕り方, 新野の, 日光は, 早くも, 時の, 村の, 根元は, 案内が, 水は, 水夫達も, 無くて, 生活は, 私の, 終には, 羅門の, 美しく化粧, 耳うるさい, 自分の, 茂太郎の, 草鞋村長の, 西岡は, 話しも, 警官が, 貧乏かく, 近づけば, 遅いところ, 都人の, 降りて, 饗応などは, 駄作という, 鷲神社には

▼ ゆく~ (154, 0.8%)

3 である, の姿, の足, は, もあった 2 があります, があれ, のため, のよう, の叫声, の波, をし

1 [125件] あり, いとど尠, から振り向い, があった, がこの, がなかっ, がふえます, がみなれぬ, がみな振り, がめいめい, がダンテ的姿, が不意, が世間, が二人, が出なけれ, が多い, が常に, が探る, だってあるでしょ, だもの, って, であつ, であるか, であろうとは, でした, ではなく, で女, とがある, とそれから, なし, なの, なのね, にきく, にこと, にはなんだか, に俺, に加, に向っ, に吹きかけた, に尋ね, に幸福, に托し, に黄色, の, のうめき声, のこと, のさ, のす, のなほ, のふと, のやう, の命, の声, の多い, の多く, の層, の心, の春, の殺, の浴衣, の瞻仰, の私, の粧い, の群, の聲, の胆, の背, の胸部, の腰, の袂, の袖, の襟巻, の視線, の言葉通り, の註文, の話, の頭, の顔, はしづか, はしんた, はやさしい, はやはり, はわれら, は外, は少く, は彼等, は教会, は林之助, は死に, は目, は相, は驢, へいたずら, もある, もあろう, もおぼろげ, もかなり, もそう, もだまっ, もとまる, もなく, もなけれ, も多かっ, も寒, も少い, も珍しく, も田, も行き, も見, も見た, も遠し, も野良, や馬, よ, をば, を僕, を助ける, を取り, を呼び止め, を帰り, を見る, を門, 全く絶え, 勿論おなじ, 悉く息

▼ ゆく~ (152, 0.8%)

15 違いない 12 したがって 7 ちがいない 6 しても 4 違ひない 3 ちが, 信如は, 反して, 從ひ 2 かのもの, 中高に, 哀れに, 当っては, 越したこと

1 [86件] いい折, いかにわれ山, かぎると, きまって, きまってるじゃ, これも, したが, したがいそろそろ, したがい容易, したがい氷質, しろ今日, しろ私, すぎない, すぎなかつた, その途, ちがいありません, ちがいなかった, つけても, つつみの, とぎれ, どれだけの, ひきかえて, ふさわしい方法, ふさわしい真摯, ふさわしい自分たち, まかする空, むづかしい絶壁で, や, やりよい, フィレンツェの, 人目涼しき, 任せて, 似たり, 似た哀愁, 余は, 価すると, 便利な, 傘ささず, 十字街を, 堤は, 堪えられないそう, 就いて, 引き変えその, 強大な, 当って, 必要な, 忍びなかつたの, 忍びぬので, 我は, 手を, 持てあまして, 挨拶さえも, 斑らの, 日もはや, 早く私, 止まる, 止める, 気がついた平尾氏, 河を, 猫見送り, 甚だ骨, 相違ない, 筆の, 耐えなかった, 良い友, 足とどむ, 足りるだけに, 足りるほどの, 足るだけの, 足る脊椎, 路きはまる, 路傍に, 退屈は, 連れだんだん, 過ぎない, 違いなかった, 違えございません, 都合の, 關宿まで, 限ります, 限る, 限ると, 随って, 随つて必要を, 随つて淋し, 霧晴る

▼ ゆく~ (146, 0.8%)

12 どうか 4 それを 3 それが, である, どうかは, わからない, 見当も 2 この二つ, そこまで, ゆかないかは, 二つに, 否かを, 彼樣も

1 [103件] ああも, あとを, あるいはみずから河, いつもどる, このひと, この奇妙, これは, して, する, する書物, そこが, そでなけ, そのこと, その方法, それだけの, それともあくまで, それとも引返す, それとも断巌, それとも本人, それは, そんなところ, だ, てえこと, とおも, どうかという, どうかを, どうじゃ, どんな準備, はまへにも, ひが, またこの, または学校, または水, ゆかないか, ゆかないかの, ゆかぬに, ゆけぬか, わからないが, わからないぞ, わからないよう, わからぬが, 一応分らない, 一杯の, 三つに, 不安だった, 予知せられず, 何かしら異常な, 信子が, 俺の, 僕が, 分らない, 分らないが, 分らないし, 分らないよう, 判らないが, 又変っ, 反対側へ, 地上の, 失敗する, 如何か, 妻と, 宙を, 少しも, 彼の, 彼は, 恐ろしくなった, 感覚に, 手紙を, 本を, 本当は退屈, 松平の, 枯れるかは, 残った者, 母は, 深刻無比な, 畑に, 皆が, 監獄に, 知らぬが, 知れないわね, 精神の, 結局この, 縦にも, 老公の, 考えて, 胎の, 興味が, 舟に, 芝翫型に, 蕾に, 蝉や, 行かないか, 見とどけて, 見わけ, 見果て, 解散する, 言い換えれば, 計られぬ彼, 誰も, 限度が, 離れ去った同志, 雲と, 黙礼を

▼ ゆく~ (133, 0.7%)

5 がない 3 で, のほう 2 がある, がわかっ, である, の上

1 [114件] かも知れない, から左, がこういう, がここ, がしんぱい, がつい, がひらけはじめた, がわからなく, が一里塚, が続い, しかない, であるし, であると, です, でなくあっち, でまわり道, でよい, で互に, で偶然, で冬子, で思いがけない, で考えました, で逢った, というもの, としての文学, として自分自身, となる, とは別, とサンチヤゴ, と棧橋, と限度, どりでも, なの, にある, につい, について考える, になっ, になる, には野菊, に出た, に当る, に思い悩ん, に讓ら, の, のその, のはる, のほとり, のカケアガリ, の右側, の向う, の如何, の少し, の日本, の景色, の末, の発見, の色, の若草, の途中, の開路者, はおのずから, はずっと, はたびたび, はちがう, はちょうど, はない, はなく, はまったく, はやつぱりよろしい, は一度, は一物, は何, は前後, は心, は改めて, は新しい, は新道, は灌木, は種々, は立派, は行かず, は谷ぶところ, は車付, へつながっ, もあり, もありなん, もつき, も単純, も明るく, をさえぎっ, をたどり, をどう, をゆびさし, を乗り廻す, を切り開い, を取った, を失わせる, を妨害, を怖, を探ね, を教え, を教えた, を暖か, を横切った, を正しく, を求めなけれ, を求める, を照らし, を知らない, を赤い, を走っ, を走った, を走る, を選ん

▼ ゆくとき~ (122, 0.6%)

4 のよう 3 のほか 2 しばしばとんでも, には元, のあの, は, はその, もあります, も山陽線

1 [101件] いかならん, いつもそこ, いつもその, かれには, があれ, が来, くるまれて, こそ私, さお, そう言った, そのあらゆる差別, その又, その第, だけ自転車, だって, ちょうど暗い, つと出, ではなく, でも, でも通り, と寸分, と行かぬ, どうしても神樣, なんかはよく, に, にあぶなく, にお母さん, にくわえる, にし, にだけ話, につえ, につばめ, になん, にはその, にはたいてい, にはみないっしょ, には三人, には千鶴子, には姐さん, には彼, には彼ら, には持っ, には白昼, には自分, には身動き, には龍, にも彼等, にゃ別に, に叔父さん, に大きく, に年ちゃん, に心, に早く, に母, に私たち, に自分, に触れ, に起る, のある, のとおり, のやう, のようす, の困難, の安全, の形, の心, の恐ろし, の感情, の海辺, の父, の男, の相, の笑顔, はおしゃれ, はそれ, はたいてい, はなるべく, はスパイク, はモレロ君, は世間, は佐吉, は声立つる, は津軽, は真中, は眺め, は私, は聲, ひとり扇谷氏, またかえって, もおと, も四人, も帰る, も食事, や, 乗った頃, 又外国, 帰って, 愈々浮世, 着る春, 立ち上がった, 通った鵞鳥

▼ ゆくやう~ (118, 0.6%)

7 になつ 6 に思はれた 5 な気, な気持, に, になる 43 な我, な氣, な氣持, に思はれる 2 でした, でも, なこと, に感ずる

1 [61件] であつ, であるが, です, では, でやつぱり一段上, で兩脚, なうれし, なくたびれかた, なその, なやりきれない, な不安, な事柄, な交響楽, な団体, な大声, な心細, な思ひが, な手触り, な春, な晩, な果敢ない, な様子, な歩きにくい, な淋し, な町並み, な疼きを, な神秘的, な美しい, な装置, な言葉, な話, な風, にうつとり, におも, にお祈り, にさ, にず, にといふ意味, にと心がけ, にと言, になります, にも見え, にキ, に一刹那, に何処, に嘆い, に彼, に思へた, に感じ, に感じる, に成りぬ, に聞える, に見えた, に見えます, に見られた, に話しました, に説明, に遂行, に過敏, に道, に難しい

▼ ゆく~ (110, 0.6%)

9 もあった 7 がある 3 がない, もある 2 があった, だの, は少なく, も多い

1 [80件] か, が, があっ, があつ, があり, がありませんでした, がいるでしょう, がだんだん, がみな, が多かっ, が手薄, が数, が生き, が近づく, じゃない, その言, だの親族縁者, であるかとの, であるの, ですから, として自分, として自分たち, と完成, と寸分, と彼, なるを, にしばしば, にたいする抒情的, にはなん, には銭一トつかみ, に似た, に心配, に順逆, のある, のうえ, のやう, の境地, の姿, の心持, の掌, の真実, の眼, の耳, の責任, の間, はあまり, はいずれ, はかつて, はた, はない, は一体どう, は三年, は何, は命じられ, は小さな, は常に, は春日新九郎, は果たして, は極めて, は焦心, もあつ, もいた, もない, もなかっ, も多かっ, やたわし, や店, よいざ, より中学, をえらぶ, をきめる, をつかまえ, を助け, を無断, を見, を見た, を見れ, を見守り, を追い越します, 佇んで

▼ ゆく~ (102, 0.5%)

2 がある, その淡, のほか, のよう

1 [94件] あつて嫁入り, いつも欠かさず, かの絵, か町, があっ, が己, そっと注意, その意志, その袋, だけだ, だって一言半句, だって破れ, であった, でもかれ, という意味, と僕, と光り, なり, にある, にお, にしのび, になっ, になる, にはじめて, にはたとえ, にはまったく, にはまるで, には一縷, には人, には彼女, には必ず, には私, には胸, には貧しい, には軽く, にもなみ, にもらす, にもニッケル製, にも傍, にも帰る, にも絶えず, にアッタスン氏, に一人, に世話, に二人, に今後いつか花鳥, に使っ, に先ず, に地面, に敬礼, に照之助, に笑い, に言った, に赤, に通る, に重, に齒, のあの, のお, のやう, のゆがみ, の寂し, の彼, の心理, の或, の景色, の枝, の歌, の流れ, の田中, の複雑, の足跡, の風俗, は, はおも, はこっそり, は何もかも, は原稿紙, は女, は怖しく淋しく, は扇谷氏, は敵, は極楽世界, は汚れ, は自分, は骨, もこれ, よ, 始めて菅笠, 恐ろしく胸, 或る, 書いて, 消えのこる星, 突然音頭

▼ ゆくには~ (101, 0.5%)

2 何とかし, 面を

1 [97件] あたりが, あの危険, あの熱意, あまりさし迫らない, あまりにお, いかなる方法, お互いの, こういう方針, こうした昔, このこと, この蛤橋, この道, これまでの, これを, さして遠廻り, そこで, その潮來, その男, それだけの, それより, それを, ちいと, どういう実際, どうしても今, どうしても彼女, なくては, なんとなくしのびませんでした, ひとつの, まだまだ大, もう一つ, もっとまえ, やはり烈しい, よほどの, カフエーの, クリスト教は, パトロンの, 一働きする, 一刻でも, 二つの, 今後は, 今日いっぱいで, 余りに清廉, 充分でございます, 内部における, 出て, 努力が, 勿論その, 危険だ, 原を, 及ばない, 及ばないじゃ, 及ばんこと, 叔父共の, 四人の, 國民ぜんたいが, 多くの, 多分に, 大なり小, 小舟で, 山を, 巨大な, 幾人か, 幾多の, 役に立たないと, 彼女は, 忍びない, 思慮に, 恐るべき危険, 提灯を, 教育を, 文学による, 日々の, 早朝すぎる, 是非この, 時間が, 景色が, 木の, 村の, 気恥しさ, 粕壁から, 経験に, 脚は, 自ら営々, 自動車から, 行く丈, 行っても, 貧民階級の, 辛抱づよい努力と, 道が, 適して, 適合しない, 都合の, 長い縁側, 風呂敷を, 食は, 馬道の, 高い山

▼ ゆくつもり~ (100, 0.5%)

13 です 6 だ, だった 54 でしたが, なの 3 である, らしい 2 であったが, でいる, ですか, ですが, なん

1 [46件] かでなければ, かな, か番屋, か知らねえ, か秀吉, じゃよ, だが, だし, だったが, だったこれ, だったと, だったの, だったらしいの, だったら日曜日, だと, だらう慾張り爺さん, だろうと, だ暢びり, であった, であったあの, でありました, であるか, であること, でいた, でございます, ですから, で例, で出, で初め, で実際, で最初, で本郷通り, で湯釜, で着替え, で自動車, で通り, で邸, なら, なりしが, にちがいありません, に違い, のところ, はない, よ, らしかった, らしく

▼ ゆく姿~ (96, 0.5%)

4 を見 3 が見えた, だった 2 が鶴飼橋, です, はここ, をみ, を眺め, を見た

1 [74件] がおちこち, が今, が張飛, が描かれた, が描かれる, が映る, が月あかり, が目, が空々しく, が街路, が見え, が見え出した, が見られた, が飴屋, こそ清純, であった, としてとらえられる, と人間, などいかにも, にこんなに, にすら彼ら, には鬼気, にも見え, のその, の感銘, の見られる, の面白, はいつか, はなんとも, はわれ, は何, は何と, は大いなる, は我さ, は旅人, は欄間, は神々しく, は見えなかった, ばかりが眼, へ住職, まで絢爛, もさやか, も見えた, よりも哀れ, を, をうつした, をえがく, をながめ, をながめた, をまず, をみつける, をみる, をよく, を今, を仙二, を仰臥, を出し, を名残惜し, を娘, を心, を想像, を描い, を星明り, を物語っ, を等分, を薄, を見る, を見届けたかった, を見送っ, を見送りました, を見送る, を認めた, を追っ, 珍し

▼ ゆくから~ (91, 0.5%)

5 である 2 だ, です, 歴史の, 生活の, 進行し

1 [76件] ああ危ない, いい, いつもの, おがむかりて, おとなしくし, おひささん, お互い同士に, お別れ, お前さんは, きっとお客, きつと, くつろいで, くるには, この, この三人, この文学荒廃, この間の, さっきみたいに, しかし餘, したくするよう, じっとし, すぐに, その夫人, その時, たのむもの, だよ, ちょうど三段尾行, ちょっと圧し, てめえ達は, でありそう, であります, できるだけ手当て, なかなか荒っぽい, なかなか辛い, なの, むりな注文ばかり, もし落着, サンプリス修道女を, ナニと, 一時頃ここを, 一番さきに, 一緒に, 人民民主主義を, 今日は, 会わせて, 何かと思ったら, 信じて, 僕は, 僕も, 出て, 叱らないで, 四十面相に, 大丈夫, 嬉しい, 家に, 引っ込んで, 心配しない, 来いと, 案内を, 構はず帰り, 構はず歸り, 気の毒にも, 洗い水にゃ, 燕作てめえは, 白痴は, 確と, 神さまの, 縛って, 舟を, 若し落着, 見つけて, 賄は, 起ったので, 輿に, 野菜の, 面白いです

▼ ゆく途中~ (86, 0.4%)

4 にある 3 であった 2 だ, である, でも松村, どうしてもかの

1 [71件] あの奇怪, あまりあばれた, ある小さい, いつも往来, うまれて, おちづ, から出はじめた, から逃げ, この安田, ころびひざ小僧, だが, だった, だったの, だったので, だつたらう, ちらりと南原杉子, であちら, であったの, であるから, であるが, でこの, でじっと, ですよ, でそこ, でどうせ, でばつ, でもある, でも熱田, でやはり, で一人, で乱雲, で出発, で半, で又, で取り押さえ, で味方, で城太郎, で娘, で子供たち, で彼, で急, で次, で死んだ, で沖, で突きあたった, で縄, で藁, で見た, で騒ぎ, とあれ, とみえ, なの, にて土民等, に犬猫病院, に農家, の一軒一軒, の小, の心得, の焼跡, の由, の角廊, の頼長, の風物, はかなり, はまるで, もう一軒, もかれ, も彼, も頻りに, らしい, 元代

▼ ゆくばかり~ (79, 0.4%)

108 だった 7 です 6 であった 5 であつ, である, でした, なの 3 だと 2 で, でありました

1 [21件] だから, だからな, だったまるで, だつた, だわ, であったから, でございます, でそして, でなくいろいろ, でなくそこ, でなくそれ以前, でなく人々, でなん, で何, で前, で實證, で誰一人声, なつかしい女, なので, なり宿, らしい

▼ ゆく~ (78, 0.4%)

4 きは 2 きを, に迷う, も公家

1 [68件] かそれア, がぱっと, が北, が錺屋, きに, でよく, で手, で私達, で讀み, とて定か, なにかあった, には上杉方, には岩石, にも笛, にラフアエル, に一応, に望み, に私達, に立ち塞がった, に立った, のあて, のこと, の停車場, の影, の港, の漁村, の男, の町, の知人, の草, の途中, の邪魔, の長い, はこの, はどこ, はもと, は大抵, は大野屋, は敵国, は新, は普, は波, は無, は無始無終, は知れた, は艱苦, ばかりはいま, へ迷っ, もはっきり, もやっぱり, も公家攝, も公家攝録, も同じ, も御多分, も脚, をきめます, をつきとめよう, を云う, を急い, を払い, を教えた, を知っ, を知られたくない, を見つづけ, を見よ, を話し, を話した, 走って

▼ ゆくより~ (71, 0.4%)

10 仕方が, 外に 7 ほかは 5 ほかに 4 外は 3 しかたが, 他に, 道は 2 仕様が, 外ない

1 [22件] ありますまい, お通, しようがない, すみ子さんの, そのとなり, その方, どころが, どころとしての, どころを, ほかない, ほかには, ほかの, むしろこの, 今の, 他は, 先作家という, 前に, 外あるまい, 方法が, 気も, 致しかた, 話題と

▼ ゆく~ (67, 0.3%)

6 かい 5 にはなれなかった 4 になった, はない 3 になれなかった 2 か, だ, になっ, になつ, はありません

1 [35件] かと問われれ, かわたし, がある, がいたします, がし, がした, がしなくなっ, がする, がつく, じゃ, だったらしく拳, であった, である, ですから, なれど, になったろう, になりました, になりませんでした, になれない, になれぬ, にはなれない, にはなれなくなった, にはなれません, にもなりません, にもなれない, にもなれなかつた, はありませんでした, は今, は生じなかった, は起こらなかった, は迚, もある, もした, もしません, も澄む

▼ ゆくかという~ (63, 0.3%)

5 ことについて, ことは 4 ことを 3 ことに 2 ことから, ことが, ことで, ことも

1 [38件] ことだって, ことである, ことでないだろう, ことにこそ, ことについての, ことについては, ことの, ことまで, ことや, こまかいこと, その問題, その学ぶ, めいめいの, ような, プログラムを, 具体案も, 問いであった, 問題だ, 問題も, 実際にこそ, 感覚こそ, 態度については, 支那みずからの, 政治の, 点, 点である, 点です, 点に, 点をも, 物語の, 現実によって, 現実の, 白日的な, 興味ある, 課題である, 課題に, 過程に, 風だ

▼ ゆく~ (63, 0.3%)

4 の音 3 の, のながれ 2 のよく, の流れ, の色, も冷え, を見

1 [43件] かわが, たがい, だのここら, とでもいう, に名, に従い, に映じ, に柳, に沈む, に瞳, に見入った, に赤き, に魚, のかくれ, のざれ, のざわめき, のとまらぬ, のよう, のわき返り, の作, の勢, の声, の多, の心, の曲線, の白波, の落ちる, の輻, の面, は, はすみ, はゆるやか, は二度と, は人, は常, は覗かなけれ, も微か, も音, をじっと, をながめる, をわたらう, を眺め, 蒼く早瀬亂

▼ ゆく~ (59, 0.3%)

4 がない 2 はない, は非常, を養う

1 [49件] あふるる人間, うせに, がある, がなかっ, が出, が増し, が彼, こそ悲劇, こそ文化, さえない, すなわち主権, その小さな子供, ですから, として, としてどんなに, とならなけれ, などはない, においても欠け, には驚いた, に強, のいかに, のこと, のない, の半ば, の弱, の発露, の階級性, はある, はこもっ, は同時に, は旺盛, は窮極, もなく, もやはり, も欲望, やそう, や心, をその, をふりしぼっ, をもたぬ, をももっ, を内部的, を失っ, を感じた, を欠い, を欠いだ, を自分, を見ず, を見る

▼ ゆくといふ~ (57, 0.3%)

5 ことは 2 ことが, ことの, のが

1 [46件] ことには, ことも, この時間的繰り返し, そこで左翼学生, その追求的, たてま, ところにも, のである, やうないひ, やり方である, やり方な, やり方の, やり方は, より他, より寧ろみんな, デモクラシーで, 事, 事が, 事に, 仕方と, 以外には, 作家は, 力が, 同宿の, 大観式の, 性質の, 想ひ, 想も, 態度に, 態度の, 戰き, 支那人は, 料理屋の, 時代は, 村の, 様な, 気持で, 氣もちが, 点に, 習慣の, 習慣を, 能楽遍歴を, 見物は, 解き方で, 説が, 非常な

▼ ゆく~ (57, 0.3%)

4 見て 3 客は, 見る 2 いふ, かれは, 見たり

1 [41件] いかんせん, えざれば, さすがに, さな, ちかた, とめ達, ねがは, ねがふなかれ, まつが, り, り狭き, 下女どもは, 例と, 便と, 出であうこの, 呼べども, 喜十郎と, 少女見, 待ち得て, 得ずた, 得んや, 忘れたら如何よう, 怨めしげ, 曉らず, 松は, 満堂の, 甘んずるなどは, 知り而, 示せるなり, 称するの, 見おくりながら, 見しごとくなりきかの, 見たりき, 見やりつ, 見るも, 覚えずには, 覚える, 覚ゆる, 許したま, 請ふも, 里ことばに

▼ ゆくわけ~ (55, 0.3%)

4 である 3 がない, であります, では, にもゆかない 2 でも, にもいかない, のもの, はない

1 [31件] じゃあなかっ, じゃなし, だ, だが, だった, でしょうか, です, ですね, でそういう, なの, になります, になる, にはいかない, にはいかなかった, にはいきません, にはまいらん, にはゆかない, にはゆかなくなった, にはゆかぬ, にはゆきません, には参らぬ, には行かなかった, には行きません, にもいかず, にもいかなかった, にもまいりません, にもゆかないだらう, にもゆきません, にもゆくまい, にも行かない, にも行かなかつた

▼ ゆく過程~ (55, 0.3%)

2 である, を私

1 [51件] が, がはつきり, が哲学, が描かれ, で, では下った, でもしや, で循環, で日本, で社会的, という, としての人生, として把握, とその, とナポレオン風, と心理, なんかリアル, にいわば, には, には越した, にも痛々しい, に大きな, に息, に自分, に芸術, ね, のうち, のなりゆき, の人たち, の内部, の叙述, の叫び, の調査, はヒューマニティそのもの, は実に, は文学, は誰, は面白い, もかなり, も可, も実に, も面白い, を今井邦子, を代表, を学ばなけれ, を引用, を明らか, を暖, を注視, を痕, 及びその

▼ ゆく自分~ (54, 0.3%)

4 の姿, を感じた 2 というもの, の体, を意識

1 [40件] がはっきり, がよみ, が情なく, だとは, つまり阿, とそれ, に向け, に思えた, に追いつき, の, のさびしい, の一生, の勝手, の勝気, の孤独さ, の小さな, の心, の悲しみ, の感情, の憐れ, の成行, の気持ち, の紺絣, の考, の背, の身の上, の身体, の酔狂, は一人, は本, への声望, を三吉, を介抱, を屡, を感じる, を抑えかねた, を知った, を見た, を見出した, を見詰めつ

▼ ゆく~ (53, 0.3%)

7 の姿 3 の足 2 がある, が絶えねえだ, が聞い, の心

1 [35件] があつ, がありました, がゐる, が描かれ, が最後, が肉体, だったの, と男, なんかはそういう, なんて千人, のいろいろ, のごとく, のす, のねじパン, のぱっちり, の下駄, の前, の力, の実際, の影, の所為, の手, の歩調, の生き, の白い, の裾, の赤い, の足音, の顔, の髪, もあれ, や僧, をさすが, を見た, を見ました

▼ ゆく~ (53, 0.3%)

3 のかなし, の夜 2 のある, のころ, や, や鳥, を惜しむ

1 [37件] と共にあわただしく, と共に衰えゆく, に悲しんだ, の, のかり, のこの, のなやみ, のひるである, のまつ, の名残惜し, の喇叭, の夕, の夕暮, の宵, の日, の水の上, の牡丹桜, の石垣, の竈場, の藤, の身, の静か, は青葉, への手向け, もこの, も心, やさ, や嗚呼, や珠, や葛西, や重き琵琶, を, をえらび, をひとり, を惜, を惜しん, を惜む心

▼ ゆく~ (53, 0.3%)

2 におのずから, に彼

1 [49件] からのぞいた, から三日月, から本堂, だけの気, に, にあたかも, にいつか意識, にいつか正午近く, にいろいろ, にお松, にさ, にその, にそれ, にはしだいに, には千変万化, にも, にもいい気, にもちろん, にも見え, にわたしたち, に一行, に九兵衛, に侍従, に時々ちょっと, に水, に沢庵, に海図, に清逸, に矢張り自分, に経験, に自分, に若い, に金魚, に鶏, のあの, のこういう, のみ, の女, は何事, は東西, は私, ひとりわが, もいつ, もたれ, も何, も彼, も彼女, も父関羽, や

▼ ゆくにつれて~ (49, 0.3%)

2 彼は, 私の, 紺碧の

1 [43件] かれは, その人々, その後に, それは, それも, だんだんと, どうした, はじめて死体, ふくらみ口, むずかしい, ものわかり, わしは, カフェーの, 一と, 世間が, 今まで, 伸子は, 僕の, 四圍の, 場末に, 夕ぐれの, 外部の, 失ったすべて, 廻転琴の, 彼方にも, 彼等も, 愛情そのものさえ, 拡がりもし, 文化に対しても, 日本の, 日本は, 時江は, 朝霧の, 権威と, 次第にひつそり, 次第に黄色, 祖国は, 私まで, 細くする, 聞き覚えの, 蝗の, 起る変化, 青山一丁目の

▼ ゆくのに~ (49, 0.3%)

2 その都度瞠若, 丹那トンネルは, 陸地の

1 [43件] あの子, いつも通った, いつ賑々しく, おみや, さて逢つて顏, さむらい, だんだんと, どうしてお, どう見積っ, どれくらい, どれほど費用, はずみが, ほくそ笑みを, また南, わたしたちは, 一生懸命の, 七度五六分あれ, 京都趣味を, 人間は, 先刻おしえ, 兵馬は, 前にも, 又四郎ひとりだけは, 喜びを, 女性が, 婦人の, 差別を, 彼は, 彼女は, 戸まどいを, 旅費が, 涌谷どのが, 焼く品, 私にだけは, 第二, 自分だけは, 自分に, 自分には, 自分は, 角力とりが, 諸君らは, 足は, 足もとの

▼ ゆくかと~ (48, 0.2%)

7 思うと 3 いえば, 云えば 2 いうに, 云ふ, 思えば, 思へば, 見えた

1 [25件] いって, きいたら行くと, きかれて, さへ, じろじろ眺め, なると, 咎めた, 左右に, 待受けて, 思いの外彼は, 思うよう, 思つてさ, 思はれ橋, 思われた, 思案し, 注意し, 申すこと, 目について, 細かく神經, 考えて, 考えると, 考え中, 胸を, 自問自答し, 見て

▼ ゆくほど~ (47, 0.2%)

2 堆高く積まれ, 薄くなる

1 [43件] いよいよぽ, いよいよ二進, お客の, かくれて, ごたつきますからね, すんなりと, そのなつかしみ, その数, なぐりつけると, な素質, ふくらみを, ますますひろく, よほど戒愼, 不確実, 乱れて, 互に平静, 人肌みたいな, 伝七郎も, 余裕ある, 勇気の, 動物めいた, 勢いは, 厚顔でも, 土は, 声や, 大きな声, 大に, 太まり溶け拡がっ, 強くなり, 彼女の, 早く規模, 流れが, 濃くなり, 生物的な, 相反する, 積極な, 穴の, 讀者の, 遠くなる, 銀五郎の, 間数は, 院に, 面白いこと

▼ ゆく~ (47, 0.2%)

3 をさえぎっ 2

1 [42件] から轟い, から風, が真, とほく, にあたって弓張提灯, にじゃま, にたくさん, には石, には藁屋, に当たって人影, に水路, に磯, に立ちふさがった, に立ち塞がった, に見た, に道, に闇, のわが家, の先, の半, の明る, の村, の草むら, の門前, は, はある, は何, は全く, は庭園, は急流, へ秀, をさえぎられ, をのぞく, を塞い, を塞がれた, を急ぐ, を急ごう, を抜い, を照らし, を照らす, を遮ろう, を食い

▼ ゆくすえ~ (44, 0.2%)

2 のこと, の約束, までも正成, をお, をくれぐれも

1 [34件] がお, が不幸, たのみの, だけは安穏, というもの, なども御, についてこれ, にのみ患い, のため, の幕政倒壊, はおとうさん, はおまえ, はどう, はわからぬ, は安心, は楽しい, までのわずらい, までも御, までも相, も大方, も知れた, をおもわれます, をたのむ, をどう, をみきっ, を守る, を拝見, を祈っ, を託す, 再び名聞, 御運, 最も怖, 長く垣間見させた, 長く添いとげられます

▼ ゆくこの~ (43, 0.2%)

2 女性は, 山岨は, 時

1 [37件] あわれなか, さびしさ, ひからびた砂礫, テッド博士の, 不思議を, 事実は, 二三十人の, 二人を, 人たちでも, 冬の, 取り返しの, 夕暮, 女の, 娘さんの, 広々と, 悽愴な, 情景を, 感じ, 新屋敷の, 気風は, 流れも, 独木舟の, 玄猪という, 町が, 町の, 眞の, 私の, 秋に, 紅葉も, 若い祖先, 苦悩の, 言語を, 道も, 頃の, 高台の, 高雅な, 魂より

▼ ゆくにも~ (42, 0.2%)

2 平河天神の, 追從

1 [38件] おのずからたのしむ, お供を, かかわらずまた, かかわらず十一回目, こういう日, こうしてえと, そう二つ, その万年ペン, よい階段, スタコラ歩いた, パン焼き竈や, 万葉の, 三里の, 井戸ばた, 偵察の, 億劫な, 内地の, 及ばないこと, 及ばないと, 好都合である, 帰るにも, 必ず三人いっしょ, 手懸りが, 柿の, 法則の, 物置へ, 相應, 眼を, 私が, 荒海を, 萬葉の, 負けずに, 足音を, 追従て, 道は, 金が, 電車や, 飲みに

▼ ゆく人々~ (42, 0.2%)

2

1 [40件] がいる, がみんな行きずり, が何, が非常, だった, であるという, にいちいち, にじろじろ, にちがい, にとってはたとい, にまじっ, にわずか, に対してはさ, に道, のうち, のす, の多く, の大, の姿, の現実, の群, の見送り, の話題, の足, の身の上, の顔, はいつ, はおそらく, はどんなに, は今朝, は大した, は階, へ, も, も少く, よ, らしかつ, をながめまわした, を相手, を見つめ

▼ ゆく~ (42, 0.2%)

12 の姿 3 のす 2 の方

1 [25件] が嫌, に頭, のほう, の兄, の大紋姿, の子供, の小, の後, の心, の性格, の故郷, の眼, の脛, の視力, の詞, の跫音, の部屋, の面, の頬, の黒影, は降り, は黒っぽい, も, を暫く, を見る

▼ ゆく~ (41, 0.2%)

3 定めて, 心細いほどに 2 思へども, 誰が

1 [31件] これ近江屋の, また快, やすけれど, よし, わかれの, アーリなり, ヘーレーアテーネー, 兵士の, 其意實に, 善悪業等のみ, 固より, 夢にか, 富める人, 惜むべし, 我等, 故なき, 晩夏の, 槍の, 歌ふ, 續行, 自殺者の, 船の, 藪ならずや, 見合せろという, 誰ぞ, 越ヶ谷在の, 邪宗の, 雨あとの, 馬を, 鴫かの, 鹿の

▼ ゆくだけの~ (39, 0.2%)

2 力が, 力は, 勇気も

1 [33件] お金は, ことです, こととしか, ことを, ほんのちよ, ものである, ものです, 事情が, 仕事なら, 体力も, 体面を, 共感愛情人生への, 努力が, 労をも, 勇気と, 勇気を, 勇氣を, 収入が, 怖ろ, 才能が, 技術を, 時間が, 時間は, 物は, 生活実力が, 男を, 経済基礎が, 能力を, 腕が, 自信と, 自信も, 荒蕪地であった, 骨格を

▼ ゆくまで~ (39, 0.2%)

3 私は 2 よろづにたゞ心, 待って

1 [32件] きっと待っ, けっして暇, じっと見, じっと辛抱, その光った, だ, つついたり, わからず彼, 一分ほど, 並ならぬ, 人込の, 何となくそわそわし, 何遍でも, 充分考えた, 取次の, 問い糺した, 弟の, 彼は, 拝んだ, 検討し, 母は, 眺め入った, 笑顔こそ, 見おくって, 見届けなければ, 見廻りの, 見送って, 話しあつ, 説いて, 面を, 食うわけ, 黙り合って

▼ ゆく~ (38, 0.2%)

2 高を

1 [36件] さむれえ, ひろの, みやには, みやの華やかに, もての, 久良の, 作の, 光さんの, 冬の, 十夜の, 千絵の, 吉の, 小姓は, 屋敷を, 島の, 島を, 廊下の, 彼岸の, 惠には, 時の, 暇が, 月様を, 獅子の, 留さんの, 秀は, 粂の, 綱の, 綱や, 考えでござろう, 艶の, 菊の, 蝶の, 蝶を, 豊や, 通の, 霜の

▼ ゆく~ (38, 0.2%)

3 もなるまじ 2 が出来る, もある

1 [31件] がその, が出来た, が出来なかった, が出来なくなった, が向上, が多, が必要, が最も, が無意識, しばし案内者, だ, だけは承知, だった, だと, なり, になっ, になつ, になりました, に努力, のいかに, の出, はどんな, は一番, もありし, も淋しい, より他, を凝縮, を暗に, を欲しなかった, を見る, を許しました

▼ ゆく~ (38, 0.2%)

2 がきた, が来た, のうれひ

1 [32件] かな, があった, がある, がつづい, が即ち, が来る, ざしの, なの, なりと都合, になれ, のあ, のあゆみ, のかた, のこと, のごとく, の光, の光り, の午後, の小さな, の暮, の最後, の東京, の無く, の胸ゑぐらるるがごとき, は, は帰っ, も, もありぬべし, もある, をしらせた, をも忘れぬ, を惜しげ

▼ ゆく~ (38, 0.2%)

4 のうしろ姿 2 がある, の姿

1 [30件] がいる, が見える, であり, でしょう, にむかっ, に躰当り, に附, のため, のほう, の中, の幅広い, の影, の後姿, の心, の新しい, の物, の笈, の腰, の霊, はたしか, は近寄ろう, は途中, もありました, も見かける, や女, や女たち, をつけた, を微塵, を狙っ, を見る

▼ ゆく~ (37, 0.2%)

2 に神, の動き

1 [33件] がかかる, がたちまち, がなく, が私たち, であるという, です, にいつしか, になっ, に思い浮かべる, のうえ, のおの, のため, のまま, の傾斜, の土台, の底, の張り合いです, の影, の色香, はいつ, はやがて, は何と, は大滝, は大瀧, は巌, は巖, も感じられ, よさ, よりも内, を, をどう, を沈める, 淋しさ

▼ ゆく人間~ (35, 0.2%)

2 の姿, の生活力

1 [31件] がいる, ではなかっ, としての実力, として提出, にならなけれ, には朝, にも山, の亂, の品定め, の土砂, の宿業, の年齢, の意欲, の数, の歴代, の歴史, の物語, の生き, の生活, の知性, の知恵, の精神, の胸, の顔, は創造的世界, も人間, も殺される, らしい健気さ, らしい適応性, を作らなけれ, を見いだした

▼ ゆく~ (35, 0.2%)

2 のたどたどしき, は未だ全く, をながめ, を眺め

1 [27件] とくれ, に, にそろそろ, には高い, に傘枝, に向い, に汽笛, に消, に獨, に雲行, の, のた, のどこ, のなか, の一方, の光仰がむ, の奇蹟, の星, の残照, の碧さ, の雲, はにほへり, は墓, や野, や雁, をさがし, を見入つて

▼ ゆくさき~ (33, 0.2%)

32 のこと

1 [28件] おいち, がつまっ, がわからない, が心, が短い, にたつ, には少し, にもおちつかぬ, に見える, に跳, の幸不幸, の見当, はいつも, はきめんじ, はどこ, は交番, は信濃, は列び, は地下室, は山路, は練馬区, へゐたなら, も判らなかった, も告げず, をつきとめよう, を看とっ, を知らせる, を知らない

▼ ゆくだけ~ (33, 0.2%)

64 である, では 2 なの

1 [17件] いって, だから, だが, だった, だろう, であった, であの, であるから, であるので, でございましょう, です, でわたしたち, で抵抗力, で樹, ならこんなに, 云つてやらなけれ, 自分の

▼ ゆく方法~ (33, 0.2%)

3 はない 2 があります, を考えなけれ

1 [26件] がいかに, がわかった, が億劫, が違う, しかない, だけに頼らず, だと, であるから, です, というもの, とへ向ける, なの, に斬新さ, の小規模, はこの, はこれ以上前途, は昼間, も従来, や女, をとっ, をとらなけれ, を学び, を教え, を根気, を知らない, を色々

▼ ゆくかも~ (32, 0.2%)

4 しれない 3 しれません, 知れない 2 この古橋, しれぬ

1 [18件] しれず, しれずそうしたら, しれないし, しれないと, しれないの, しれなくなりました, しれぬと, しれませんからね, わからない, 分らないの, 知れないと, 知れないという, 知れないな, 知れないよ, 知れん, 知れんねー, 見えぬとは, 見なかった

▼ ゆく~ (31, 0.2%)

2 ながら早, 寒しこの

1 [27件] ありしばし, が印され, が武蔵, が見え, が見えた, ぞうつる, だけは見えた, として見る, につれ, に執着, のやう, のよう, のインク色, の動き, の手弱女, は又, は地球, ばかり, へ送っ, を, をのがさじ, をのぞん, を宿し, を無心, を眺め, を見つめた, を追跡

▼ ゆく~ (31, 0.2%)

4 のこと 3 を守り 2 が知りたくなった, に何, は知らず

1 [18件] とも朝倉領, などへ走っ, の思ひ, は, はと寄, は夫婦, は説明, は誰, まで一莖, むつまじく暮らし, よい世, よい禅尼, よい道, を思い煩わなけれ, を思う, を話し合っ, 御奉公, 語りおうて

▼ ゆく~ (31, 0.2%)

2 の心, の運命, はとても

1 [25件] とあたかも, には二つ, に釣道具, の他人, の影, の有様, の死, の気持, の現在, の生活, の足音, の頭, の頭陀袋, の馬, はぽかんと, はもはや, は一路東, は歩き, は雨, もあと, も虫, を, を呪, を見送らう, を見送ろう

▼ ゆく~ (30, 0.2%)

3 の影 2 がある

1 [25件] かえる船, があります, が何, だぞ, です, に, に乗つてれ, に似, に老い, のほ, の上, の夜明方, の帆, の櫓音, の甲板, の白帆, の筵, の都合, はかなしき, は今夜, は急行, へぢづと切, へ蟹, を油断, を眺め

▼ ゆく~ (29, 0.1%)

2 なりけり, 何か

1 [25件] あとは, あなたからも, あなたの, そうかと, そしてわたし, それが, ただときおり, づけさ, ときたまで, 代表的名園たる, 何人か, 取りまく侍臣たち, 変えること, 日本の, 書くこと, 末弟は, 李は, 水道端で, 社交は, 私の, 私は, 話し手の, 農耕の, 遙かの, 隙を

▼ ゆくてに~ (29, 0.1%)

2 思馳するなく

1 [27件] さきまわりを, すべての, またあらわれた, 一人の, 再び黄塵, 夢みて, 大手を, 大明国を, 待つ敵, 満開の, 煙が, 燃え上がる, 現われて, 突っ立っ, 立ちあらわれ, 立ちふさがったの, 立ちふさがって, 立ちふさがり, 立ちふさがりあと, 立ちふさがりて, 立ちふさがりました, 立ちふさがる大きな, 臨みながら, 赤っぽい, 迷は, 迷ふ, 高きは

▼ ゆく~ (28, 0.1%)

2 に彼

1 [26件] に, にちょうど, にはかならず, には運動, にぱたんと, にほのか, にぼく, にやつぱりどうしても日本, に一寸, に一度, に一眼, に僕, に前, に女将, に姿, に誰か, に過去, の夏一寸母, の年, の日曜日, の者, 丁度筑後, 徴だ, 必ず前, 日本橋の, 買いものを

▼ ゆく~ (28, 0.1%)

2 すなり

1 [26件] あり, が, がきこえました, がする, がはつきり, がよく, が聞えた, きこゆ, しか聞く, だったという, ではなく, につ, に帰っ, のみが静寂, のよう, は聞えなかったであろう, は鉄, ばかりで, も, もした, らしいと, を捉, を立て, を聞き, を聞きました, を追って

▼ ゆくしか~ (27, 0.1%)

5 ない 4 なかった 2 ないでしょう

1 [16件] あるまいて, あるまいなあ, あるまいに, ないこと, ないでしょうね, ないと, ないという, ないの, ないのね, ないわけ, ないん, ない想い, ない階級, 仕様が, 方法は, 生きる道

▼ ゆく~ (27, 0.1%)

2 あり, ゆかぬも

1 [23件] あつた, いい, いや眩く, かなり自由, ない時刻, わきがたし, わるい余り, 一つの, 人前恥かしく急い, 何ともない, 入組みたる谷窪, 可さ, 変りゆく, 己が, 心苦しく自然, 悪いや, 懶げ, 成りて, 水ゆゑか, 甚固定した, 立川驛に, 苦しゅうない, 距離は

▼ ゆくての~ (26, 0.1%)

3 やみの 2 さきの, 途の, 道を

1 [17件] くらやみの, やみを, 乱定まっ, 千峰は, 塩飽島ほか島々の, 夢のみが, 山路に, 希望が, 方は, 村の, 海の, 濱に, 火焔めがけ, 道に, 道は, 闇の, 馬場の

▼ ゆく~ (26, 0.1%)

2 がいい

1 [24件] がすき, がはるか, がよい, が利口, が刺戟, が大事, が得, が悧巧, が早かっ, が最も, が望み, が私, にはまえと, のかどに古ぼけた, の恋しき, の空, へゆく, へ後, へ眼, や春, を, を悲し, を考え, を見巡っ

▼ ゆく二人~ (25, 0.1%)

2 の女, の影, の肩

1 [19件] ならむ, におくれまい, のあと, のうしろ, のうしろ影, の上, の兄, の兄妹, の姿, の男, の男女, の細い, の者, の若者, の身, の靴音, をみつめ, を主税, を私

▼ ゆく様子~ (25, 0.1%)

3 である, です, なので 2 だった

1 [14件] が何, が此物語, が見えない, このうえ, だったかね, であった, なんかやはり, にもう, に見えた, に見えまする, はまったく, ももちろん, をずっと, を面白く

▼ ゆく~ (25, 0.1%)

2 をながめ

1 [23件] あらしふり, か, でもなけれ, なき夜, にたわい, のうつりゆく, のそれ, のひま, のまつ, のまろ, の影, の落とす, の青み, はくろい, はや, は冬, もた, や頭, を見, を見つめ, を見送つ, 流るる水, 茂る青草

▼ ゆくかの~ (24, 0.1%)

6 ように 4 やうに 2 やうな, 課題が 1 ごとく, ごとく思われるの, さまに, ようで, ような, 二つだ, 岐路に, 心の, 過程である, 青年が

▼ ゆくさま~ (24, 0.1%)

1 [24件] がしのばれる, が読み分けられ, なり, のはかな, の芸妓, はいじらしかっ, はむしろ, は世にも, は古記録, は壮観, は妖しい, もその, やが, やそういう, をうまく, をさらに, をただ, をみそなはし, を嘆い, を壁面, を愍, を歌っ, を立った, を胸

▼ ゆくたて~ (24, 0.1%)

3 がある, を話した 2 を詳しく

1 [16件] があった, があったらしい, があり, に花ぐもり, の上, はとなった, はわからない, は申, は知らない, は知りません, をざっと, を書きとめ, を熱弁, を話そう, を語り続け, を説明

▼ ゆくてを~ (24, 0.1%)

2 塞ぐ邪魔, 照らす星辰, 見れば

1 [18件] さえぎって, さえぎり前進, ずっと離れ, はばみまた, ふさいで, ふさぎ, みると, 塞がれた, 明示し, 楽しむ心, 横切った, 照し, 見さだめること, 見とどけたい, 見ると, 見誤るなよ, 遮り塞ぐもの, 阻んで

▼ ゆくとは~ (24, 0.1%)

1 [24件] うつくしき女, かり知られぬもの, けしからん, このこと, どういう意味, ひとことも, 云わないで, 云わなかったなにか, 冠履転倒の, 反対に, 可笑しい中, 呆れ返った馬鹿者, 変れる, 定らなかっ, 実に天地間, 思って, 思へなかつたの, 思われない, 昔から, 私は, 考えられない, 限らないからナ, 限らない休, 限らなかった

▼ ゆく気持~ (24, 0.1%)

2 になっ, にはなれなかった

1 [20件] いい気持, がわかる, が何, が必要, だった, ではやっぱり, というもの, とたたかい, などは私, にとって必ずしも, にはふれ, の過程, はさらに, はわるく, は悪く, は狭くうす暗い, は自分, は自然, ばかりで, をどう

▼ ゆく~ (24, 0.1%)

2 であった, であったが

1 [20件] がない, だった, だったの, だという, であったの, であつ, である, では, なの, なりし, のところ, のところ風雪, の命, はあるまい, はない, はなかっ, はなし, もあるまい, もない, もなし

▼ ゆく必要~ (23, 0.1%)

6 がある 3 はない 2 もない

1 [12件] から自分, があっ, な書籍, におかれ, のない, はあるでせう, はうう, はねえ, もなくなる, もなけれ, を感ずる, を知る

▼ ゆくに従って~ (22, 0.1%)

3 それは

1 [19件] いつしか深く, お判り, ますます若々しく, ますます要求, オリヴィエの, クリストフと, 万吉の, 冷たい汗, 安全の, 彼の, 彼は, 性欲は, 恥ずかしさ, 新七, 民族は, 私たちの, 私は, 筋肉の, 自分たちの

▼ ゆくはず~ (21, 0.1%)

7 である 3 がない

1 [11件] がありません, だったの, だという, のこん, の後味, の迷い, はありません, はない, はないだろう, もない, もなかろう

▼ ゆく~ (21, 0.1%)

2 のしろじろと, の光

1 [17件] いかば, に照らされ, のおとし, のでしほ, のやう, のよう, の末, の道, は笑, も十四日, も来る, をとらへよう, を我, を打, を打ち仰ぎ, を綱, を背

▼ ゆくそれ~ (20, 0.1%)

2 も極めてしばしば

1 [18件] がいい, がいつも, がなに, がまた, が一番大切, が修業, が喰, が民主主義的, が終れ, については光一, にも似, はデュティ, は見, も若い, を云う, を斃, を見送っ, を追って

▼ ゆくほどの~ (20, 0.1%)

3 身分今さら 2 勇気は

1 [15件] 不人情な, 力も, 勇気が, 勇気も, 変化の, 天狗です, 好学心も, 娘なら, 年頃の, 気軽さ, 氣には, 無責任さしか, 突然の, 距離でも, 返答を

▼ ゆく場合~ (20, 0.1%)

1 [20件] がある, がない, が目立っ, とまた, と三通り, と地上, と高度, にいかなる, にでもある, にはいつも, にはその間, にはわたし, には鎖, にまだ, にも技術, のこと, の扱いかた, より女性, を考える, 或は小説

▼ ゆく~ (20, 0.1%)

1 [20件] がない, だと, なの, にあった, においてこれ, におもしろう, には黒, に熱心, に発見, に自然, に若々しい, はそこ, へ持つ, までいった, まで落ちのび, もなく, を映画, を活動写真, を見て取っ, を見る

▼ ゆく~ (20, 0.1%)

2 と四明ヶ嶽

1 [18件] がなくなった, が実は, だ, で和歌子, と家, に, に澄める, のく, の両側, の栞, はどう, はどこ, は小舟, をすすむべき, をたずねました, をていねい, を横ぎったりしなかったならばのことである, 赤く極まり尽き

▼ ゆく~ (19, 0.1%)

6 知らずも

1 [13件] うれたき, さだめぬもの, である, 哉と, 哉といふ, 定めぬ道, 慕ひ, 波間の, 知らに, 知られぬ家居, 知るべくも, 知れぬを, 見おくる

▼ ゆくまま~ (19, 0.1%)

2 に, にある

1 [15件] にあちら, にいづる, にし, にした, になった, にみぞ, にも自然, に二人, に任し, に山の, に山の端, に打ち捨て, に旅, に行動, に語る

▼ ゆく~ (19, 0.1%)

1 [19件] からは, でのなにか, での自分, ではそっと, でよ, で心, になく, にも大いに, に何, に役, に経済事情, に美しい, に途, の何と, の柔軟さ, の生活, の習慣, は海風, をかりに

▼ ゆく心持~ (19, 0.1%)

1 [19件] から自然, が実にまざまざ, が目, だの, だろう, というもの, とでは充分, などには御用, になっ, に直接, ねいや, のあの, は, はよい, はよかつ, は何と, は名状, は後, も柔かく重く

▼ ゆく~ (19, 0.1%)

2 の夜

1 [17件] が来た, のいろ, の三日四日, の公園前, の初, の名残り, の夜ごと, の心持, の悲しき, の色, の葉, の表現, らしく秋色秋声, を乙女さびせり坊, を惜しん, を春日絵, を眺めた

▼ ゆくあの~ (18, 0.1%)

1 [18件] ぼんやりした, 五色の, 動物的な, 原子爆弾症の, 息子さんの, 悪らしい, 日から, 昔めかしい, 時の, 楽しい習慣, 気持, 汽車が, 無遠慮な, 生命に, 細い畑, 羽化登仙の, 青髯の, 頭巾を

▼ ゆく態度~ (18, 0.1%)

2 が凡そ

1 [16件] であった, というもの, としてのヒューマニズム, として純潔性, との間, についてより, にも現れ, に堪え忍んだ, に限られ, の面, は客観的, への筆者, も無礼, やその, をもふくめた, を見とどけ

▼ ゆく自動車~ (18, 0.1%)

2 の中, の前後

1 [14件] が急, であること, に乗っ, のしたく, の列, の奥隅, の方, の番号, の運転手台, の響き, をもうどうにも, を熱心, を眺め, を追った

▼ ゆくそう~ (17, 0.1%)

2 です, な

1 [13件] して, すると, だ, だが, で, であります, でさかん, ですから, ですからな, ですが, です八ヵ月, です頂上, 云う関係

▼ ゆくほか~ (17, 0.1%)

5 はない

1 [12件] なかった, にはどこ, には何, には余りに, には日, には滅多, には禁足同様, はあるまい, はなかっ, は一日静か, は自分, 世に何

▼ ゆく可能~ (17, 0.1%)

1 [17件] がある, がどういう, がふえます, が出来る, が奪われ, が想像, が隠され, な条件, のある, の保障, の方向, の道, もある, を与える, を九分九厘, を喪失, を示した

▼ ゆく~ (17, 0.1%)

2 のさなか出

1 [15件] とともに繁く, に別れ, のしじま, のもの, の寒, の山, の微光, の松, の海, の生物, の街, の閑けさ, の音, を待つ, を誰

▼ ゆく後姿~ (17, 0.1%)

2 が栗林, だけが彼, を見送り

1 [11件] いぢ, が見えた, が見える, に気, は一, もある, をかなしく, を何, を私, を見た, を見送

▼ ゆく~ (17, 0.1%)

1 [17件] が, がその, が見えた, である, な布団, な心地, な相手, にせね, になつ, になる, に努力, に衰, のマネ, の表れ, はこれ, はぞッ, を描こう

▼ ゆく生活~ (17, 0.1%)

2 の過程

1 [15件] が過去, だ, と文学, に順応, のあけくれ, の感情, の文学, の無意味, の記録, の過程そのもの, は自分自身, を優しく, を羨ましく, を過去, を頭

▼ ゆく白い~ (17, 0.1%)

2 足袋が

1 [15件] 影が, 煙りを, 石の, 蝶を, 足と, 踵の, 遊覽船に, 道が, 道を, 雲, 雲が, 雲の, 靄が, 顔の, 骰子

▼ ゆく~ (17, 0.1%)

1 [17件] にみとれたる, に向, に相, に膝, のあと, の一路, の上, の中, の乘手, の子, の目, の跡見, はいかに, も, も見え, を見ず, を見送っ

▼ ゆく若い~ (17, 0.1%)

2 女が, 女の

1 [13件] ほうの, 二人への, 人々も, 人達の, 勤人が, 同士の, 国民に, 士官の, 奔流は, 帰還兵の, 男女見学団を, 者に, 貴族を

▼ ゆくとか~ (16, 0.1%)

2 物の

1 [14件] あっちの, すべてそういう, すると, するの, で致しかた, どぐち, または悪い, ゆかぬとか, ナジモ, 中には, 云うの, 芝居や, 鍋を, 顏を

▼ ゆく~ (16, 0.1%)

6 うだつた 2 否や 1 あい, 山浮き沈む, 河かぜ, 白痴の, 花の, 親もちひさし道もち, 誰, 赤羅小船

▼ ゆく伸子~ (16, 0.1%)

2 と素子, をみ

1 [12件] にしみとおった, にもくち, の心, の生, の空色ヤカン, の肩, の足音, の顔, を立っ, を素子, を見上げ, を認める

▼ ゆく太陽~ (16, 0.1%)

2 を天麩羅

1 [14件] がその, と偉大, のこと, のため, の十倍, の名残り, の斷末魔, の神々し, の赤いものすごい広い, の輝かしい, の隠された, を引きもどせる, を微笑み, を見送り

▼ ゆく~ (16, 0.1%)

1 [16件] がま, に入る, に見はり, の, のいも先生, のふか, の姿, の家, の影, の枯すゝ, の紅葉, の色, の衆, また山, ゆく君, を見る

▼ ゆく感じ~ (16, 0.1%)

2 だ, だった

1 [12件] から我知らず郷土的, があつ, がね, がやみました, だったの, だつた, である, でした, です, とはちがう, なの, を與

▼ ゆく~ (16, 0.1%)

1 [16件] がだんだん, が清澄, な, には果, の, のさわやか, のよう, の声, の快, の樣, の流れなる, の聲, の間, はなかっ, よ, を思へ

▼ ゆくそういう~ (15, 0.1%)

1 [15件] ことが, たちでも, ところが, ものがもの, 人間関係は, 作家が, 傾向です, 少女こそ, 工合です, 感じとか, 日々が, 様子です, 牛で, 達人に, 間学校の

▼ ゆく~ (15, 0.1%)

1 [15件] えと, えとおっそろしく, お可哀そう, さだめし, たまらなかつた, たまらん, であらうか, ならなくなった, ならぬ様子, にあった, 千歳の, 憎もうとしても, 母らしい, 為方が, 見詰められなかった

▼ ゆく勇気~ (15, 0.1%)

2 もなく

1 [13件] がありません, がある, がない, がなけれ, が出た, が出ない, が才能, とを与え, はない, はないだろう, はなかっ, も張り合い, を持ち合わさなかった

▼ ゆく~ (15, 0.1%)

4 はない 2 にない 1 ありません, なからう, にもう, の光線, の景色, の空気, はありませぬ, はなかっ, はなく

▼ ゆく汽車~ (15, 0.1%)

2 の中

1 [13件] があっ, が遠く, にのる, に乗った, に滿足, のご, のなか, の笛, は, はあれ, はもうちゃんと, は孤独, を見

▼ ゆく現実~ (15, 0.1%)

2 の生活

1 [13件] との有機性, と日本, のなか, の世界, の事実, の作用, の姿, の底, の有様, の諸相, の過程, を描いた, を直視

▼ ゆく足音~ (15, 0.1%)

2 がきこえた

1 [13件] がきえた, がした, がする, が生垣, が相手, が聞え, が聞えた, できき分けられる, に耳, はいよいよ, ばかりが聞えた, もみだれ, を聞きとめる

▼ ゆく跫音~ (15, 0.1%)

4 がした

1 [11件] がきこえた, がし, がつづく, がやがて, が微か, が遠ざかっ, のみが高く, へ何, を聞いた, を見送っ, を黒眼鏡

▼ ゆくへを~ (14, 0.1%)

2 たづぬれば, 誰か 1 あて, しらず, じつと, すだく哉, たづねるこころは, ぢつと, よく見, 吾は, 問ひた, 見おくる

▼ ゆくほどに~ (14, 0.1%)

2 われは, 脊たけと共に 1 その急ピッチ, とうとう小田原, やがて新しい, 下の, 人げ遠き, 山路は, 暮靄乾坤を, 朝の, 村の, 顔の

▼ ゆく彼女~ (14, 0.1%)

1 [14件] だった, と路上, のうしろ姿, のお, のす, の後, の後姿, の鄙, の長い, はもう, は気, を仔細, を大人達, を見る

▼ ゆく後ろ姿~ (14, 0.1%)

2 を見

1 [12件] がどう, がはっきり, がひと事, が見えた, が見送っ, にも肩, はまだ, を学者, を良一, を見た, を見ました, を見入っ

▼ ゆく歴史~ (14, 0.1%)

2 のなか, の如何なる 1 と自分, のあかし, の中, の事情, の力, の足どり, の過程, の道, を作っ, を作つて

▼ ゆく~ (14, 0.1%)

2 がある, の鈴 1 と乗手, に踏みしだかれ, のしり, のたてがみ, のひ, のやう, の背中, の蹄, を曳いた, 騰を

▼ ゆくかを~ (13, 0.1%)

1 [13件] その日, はっきり知っ, みずから知らなかった, 前もつ, 思うとき, 描こうと, 検討する, 直接に, 示す法則, 見ようと, 見るよう, 見守らう, 追蹤

▼ ゆく~ (13, 0.1%)

1 [13件] うすとき, これから, そうする, に, のならひ, またかしこ桂, もう暫くだ, オ, 今まで, 奥さんにも, 春風, 済まないが, 路銀は

▼ ゆく方向~ (13, 0.1%)

1 [13件] でうけいれられ, で出発, で感覚, とかころがり, としての社会主義, におかれる, にその, に同じ, に立っ, に薄暮, はどう, は甲府, もまた

▼ ゆく約束~ (13, 0.1%)

2 になっ, をした 1 が, があっ, があり, がある, がし, ができた, の相手, をし, をしました

▼ ゆく~ (13, 0.1%)

1 [13件] が見える, だ, であること, とも知らずや, なれば, にも思ふ, の悲し, の脆, の行く末, は, は今ここ, をもがく, を限り

▼ ゆく~ (13, 0.1%)

3 を窓 2 のあと, の輪 1 がつづい, などで終日, の, のこと, の多く, の響き

▼ ゆく~ (13, 0.1%)

3 の影 1 であります, の, のあらそふ, のかず遠, の声, の如く, の行方, へ寝ころん, や山ななめ, をながめ

▼ ゆくころ~ (12, 0.1%)

21 からその, から空, でありました, にそれ, にでもなっ, になる, にはもうすつかり, の潮さ, ほひ, やはら

▼ ゆくそこ~ (12, 0.1%)

1 [12件] が又, で詳しい, にこめられ, にも自然, に何とも, に弱い, に新しい, に歴史性, に決して, に生れる, に質, の土地

▼ ゆくとも~ (12, 0.1%)

1 [12件] この無邪気, た, どきどきし, なくとまる, なしに, まあ待っ, またあちら, またまるで, また方法, 彼女の, 知らずどこ, 言はずに

▼ ゆくへも~ (12, 0.1%)

2 知らに 1 しらず思ひ入りぬ, しらぬ恋, しらぬ日, 知らず, 知らなくわれ, 知らぬ, 知らぬこ, 知らぬ嘆きかなた, 知らぬ我が, 知らぬ途すがら

▼ ゆくみち~ (12, 0.1%)

1 [12件] がない, さえわかれ, ぞ, なり雜草, に, にて, には常に, の, のはて, はいんい, を, をゆく

▼ ゆく人たち~ (12, 0.1%)

1 [12件] でにぎやか, には最後, の中, の帽子, の後姿, の群, の道, は口々, は空, は逃げ, も泊る, を見送り

▼ ゆく傾向~ (12, 0.1%)

4 がある 1 なの, にあり, に対し生き, のため, も既に, をつよく, をもつ, を示し

▼ ゆく~ (12, 0.1%)

3 の日 2 のフエノール, の囁き 1 の使節, の夜, の夜汽車, の季, めいた山

▼ ゆく決心~ (12, 0.1%)

4 をした 2 です 1 なの, もつい, をいたしました, をしました, を定めた, を新

▼ ゆく電車~ (12, 0.1%)

2 の中 1 がのんびり, がゆく, が出る, が神明車庫, が美しい, であったので, で大塚, と板, にのった, は遠く

▼ ゆくじゃ~ (11, 0.1%)

8 ないか 1 ありませんか, なしラジオ, アありません

▼ ゆく~ (11, 0.1%)

1 [11件] え, おれは, きさま, ご坊, しっかりやっ, それッ, ッ, ハッハッハ, 大さん, 姉上を, 逃がすな

▼ ゆくたび~ (11, 0.1%)

1 [11件] に, にうるんだ, にこういう, にこの, にそこら, に伸子, に店, に彼, に必ず, に思い出された, に手首

▼ ゆくと共に~ (11, 0.1%)

1 [11件] おとなしい趣, かれの, 二人は, 今は, 周章の, 建設すべき, 日本の, 水の, 男の, 真面目な, 矢張高級な

▼ ゆく~ (11, 0.1%)

1 [11件] でひとり, にあっ, において作っ, にはこつ, にまじっ, に先, に寂寞身, に彼, に彼女, の一人, を私

▼ ゆく先々~ (11, 0.1%)

1 [11件] でその, でそれ, ではその, で京都, で名, で喧嘩, で自分, で阻止, に支, に支え, に見つけ

▼ ゆく~ (11, 0.1%)

2 疑ひて 1 ともなり, に, にやや, のなか, の中, の如, をたより, を眺め, を見れ

▼ ゆく努力~ (11, 0.1%)

1 [11件] がどんなに, が及ばなかった, に自覚, のこと, のため, の方向, の道, はやがて, をし, をしなけれ, を払っ

▼ ゆく~ (11, 0.1%)

3 の中 1 がなくなっ, だ, だった, には花世, のこと, の寂し, の軒下, はない

▼ ゆく~ (11, 0.1%)

1 [11件] から丁度, から例, から故障車, から秀之進, から追う, に従い, に水, の馬車中折, は我, を丸太棒, を私たち

▼ ゆく時間~ (11, 0.1%)

1 [11件] が中途, だ, だからと, だけが一番心理的, で出かけ, なの, になった, になる, に癒されない, の我々, を算

▼ ゆく社会~ (11, 0.1%)

2 の動き 1 では昔ながら, とともに継母, のなか, の中, の事情, の健康, の本質, の歴史, をつくっ

▼ ゆく~ (11, 0.1%)

4 のうつくし 1 と強い, にふり, のため, のまことに, の実, の道, はほん

▼ ゆく~ (11, 0.1%)

1 [11件] から, から兎角, ぞわびしかりける, で歯入れ, となりぬ, には夕暮, には海草, には袖子, には警官ペエテルゼン, の山々, ほひま

▼ ゆくうしろ姿~ (10, 0.1%)

1 には一種, は見た, へ編笠, も影, をお, をさまざま, を見, を見つけた, を見送っ, を見送る

▼ ゆくかた~ (10, 0.1%)

2 は八百合, は月明, は末枯, は野胡桃 1 もなう, ものう

▼ ゆく~ (10, 0.1%)

2 せう 1 あらうが, あらうし, あらうと, あらうところ, あらう生活, あらう過程, せうか, せうな

▼ ゆくなんて~ (10, 0.1%)

1 あッは, いやなこった, お父つぁんが, そそんな, そんな変, どんなにいい, まっぴらです, テは, 彼には, 思いも

▼ ゆくにつれ~ (10, 0.1%)

1 しだいに両者, たか子は, ヴェルダンという, 一冊ごとの, 哀れな, 日本の, 私は, 行灯の, 読者の, 論策も

▼ ゆくひと~ (10, 0.1%)

2 ををし 1 が, こそ, ですが, になにか, に観せる, は犬, やま, よ

▼ ゆくもん~ (10, 0.1%)

2 だ, だから, ですか 1 さ, じゃない, だって, でも

▼ ゆく一つ~ (10, 0.1%)

1 の境地, の大切, の姿, の小さい白い, の形態, の影, の感情, の星, の経験, の道

▼ ゆく~ (10, 0.1%)

1 と歩, にやあらん, のさま, の力, の動き, の末, の犧牲者, の雰圍氣, の面影, はぜひ

▼ ゆく人影~ (10, 0.1%)

2 はやはり 1 がない, だった, のむかう, のよう, の上, を見る, を見張っ, を見送る

▼ ゆく~ (10, 0.1%)

2 の日, の薄 1 の夕ぐれ, の夜, の姿, の思, の裾模樣, を惜しみ

▼ ゆく条件~ (10, 0.1%)

1 であると, でなくては, などについて単に, など毛頭, に適応, の可能, も見出せよう, をもっ, をも貧弱化, を欠い

▼ ゆく能力~ (10, 0.1%)

2 をもつ 1 が弱い, さえない, の発見, はかけ, は欠い, は非常, をもたなけれ, を奪われ

▼ ゆく自信~ (10, 0.1%)

3 がない 2 がなくなり, 生きて 1 がお, がなかつた, をもつ

▼ ゆく~ (10, 0.1%)

2 の雫 1 がさ, にや, に人生, の周囲, の褪色, をうたい, をさがした, を振り向き

▼ ゆく~ (10, 0.1%)

1 からはぐれ, がわかっ, ぞ荒野, で瓶, のもの, ははつきり, は一つ, は出家一途, は大映, は残っ

▼ ゆくくらい~ (9, 0.0%)

1 たのしいこと, だから, であるが, であれば, ですから, ならお, なら初め, ばかげたこと, 尊敬の

▼ ゆく~ (9, 0.0%)

2 がた 1 がたが, がたは, がたを, ゑかねておもふには, ゑのかなしかりしかな, ゑのにほひをおもひながら, ゑをいゆきたどらん

▼ ゆくそして~ (9, 0.0%)

2 船が 1 それを, もし寿命, 三時間ばかり, 人間らしい者, 今では, 冷たい空気, 誰ひとり

▼ ゆくって~ (9, 0.0%)

1 いうし, ことが, 予言し, 云うん, 云ったから, 云ったらゆくわよ, 云ってたん, 仕方が, 約束した

▼ ゆく~ (9, 0.0%)

32 えから, えにだって 1 えこッちの話, えし

▼ ゆくわが~ (9, 0.0%)

2 み, 船の 1 おもひ, こころにも, 伴侶にほどへて, 盛かな, 胸に

▼ ゆく一人~ (9, 0.0%)

4 の男 2 の女 1 のエスキモー, の人, の浪人

▼ ゆく~ (9, 0.0%)

1 だ, でも御, のあり, の天文学, の我が身, の社会, の貧し, 着物を, 若と

▼ ゆく作家~ (9, 0.0%)

2 である 1 ではあらう, として加賀氏, の作家, の写実, の目と心, もあり, もある

▼ ゆく~ (9, 0.0%)

1 がぼつぼつ, がワラワラ, などもある, には大地, の跫音, はみな, は精鋭中, もある, も一群れ

▼ ゆく~ (9, 0.0%)

1 がした, がする, が聞えます, が茫然, が言った, きけば, で何度, のいと, を聞け

▼ ゆく~ (9, 0.0%)

2 のごとし 1 か真夜中, のまた, のやう, の羽搏, の青淵, を見た, を見ました

▼ ゆく日々~ (9, 0.0%)

2 の生活 1 がいかに, が家全体, にその, に一貫, の彩, の歩み, は如何

▼ ゆく~ (9, 0.0%)

1 とが区別, とては身, にぞありける, にはそのまま, のいきれ, はない, はねえ, は出来, を喜ん

▼ ゆく男女~ (9, 0.0%)

1 のうしろ姿, の人間, の客, の旅客, の横顔, の風俗, は大小, も少ない, を見た

▼ ゆく階段~ (9, 0.0%)

1 にも讓ら, のいちばん上, の出入口, の第, の辺, は下, は大, は暗かっ, をかけおりよう

▼ ゆく馬車~ (9, 0.0%)

2 の喇叭 1 がやって来た, が来た, が駈, だった, のらっぱ, を私, を通りすぎる

▼ ゆくあいだ~ (8, 0.0%)

2 に私 1 かの女, ずっと甲斐, にそろそろ, に人, ふと船岡, 笑って

▼ ゆくあと~ (8, 0.0%)

1 からあらわれでる, からコトエ, から桜, で娘, をいいかげん, を父, を茫然, を見送った

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 あれ楽しくおもしろき, これからは, する事, のよふなる, 來さ男女は, 時節柄キットよく, 来さ君, 致候ても

▼ ゆくなり~ (8, 0.0%)

1 ことにその, さて第, されどま, また何, わびしい気持ち, 地獄の, 引っ掴んで, 果し状を

▼ ゆくようす~ (8, 0.0%)

2 は人間 1 がいかにも, のあった, はない, もなかっ, も見えない, を示した

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 あたしあんたと, あたし道が, あの離別状, だからあんた, でもあたし, わかったわね, 今ちょっと, 半ちゃんが

▼ ゆく一方~ (8, 0.0%)

2 である 1 から狂暴, だ, だった, であること, でそうして, となり

▼ ゆく今日~ (8, 0.0%)

1 から松, この山, という時代, の感情, の早苗, の汽車旅, の社会, を

▼ ゆく光景~ (8, 0.0%)

1 が此世, の雄大さ, は, はその, を心, を思いやる, を悠々, を知り

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

2 部分は 1 宇宙の, 海戦の, 群集が, 蘆原, 行動として, 迷路

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

2 がある 1 さ, なの, にかまっ, は誰, もある, を片

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 が読み, というもの, のうしろ姿, の下駄, の足音, をつかまえ, を愚劣, を戀

▼ ゆく子供~ (8, 0.0%)

1 などもありました, に奥, に自分, のす, のやう, の元気, はきっと, をもっ

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 みちが, 侍が, 夜嵐, 市民および, 市民の, 市民的な, 文治の, 背丈な

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 だ, で評価の, としての現れ, として三上於菟吉その他, として第, ばかりで, を追, を追う

▼ ゆく時代~ (8, 0.0%)

1 が再び, とがあった, なの, になりました, には小説, のその, の哀れ, の文学的空気

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 に, に水涸れ, の橋, の水, の流れ, の王者, の見える, は私たち

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 にむかっ, の景色, の波, の精, の色, べの屋戸, をながめ, を熱心

▼ ゆく状態~ (8, 0.0%)

1 が終る, であること, に比べる, をあらわす, をいふ, を丹念, を意識, を言

▼ ゆく~ (8, 0.0%)

1 がない, である, でしょう, で万歳, には行かなかった, にもいかなかった, にも行かない, にゆかず

▼ ゆく運命~ (8, 0.0%)

1 と決して, にある, に導いた, に耐, の無言, を女, を持たされた, を荷

▼ ゆくかは~ (7, 0.0%)

1 わからぬ, 予知する, 分らないけれども, 書いて, 知らなかったが, 自分でも, 風の

▼ ゆくことそれ~ (7, 0.0%)

1 がけっきょ, が彼, が生活, が私たち, こそひろ子, を彼, を把握

▼ ゆくごと~ (7, 0.0%)

1 に, にその, にだんだん, に余計, に内儀, に恐怖, に祖父

▼ ゆくすゑ~ (7, 0.0%)

1 の梢, は, は松風, を, をなに, を思ふ, 恐ろしき者

▼ ゆくといった~ (7, 0.0%)

1 のだ, ふうな, ような, 具合に, 始末で, 恰好だった, 機械構造の

▼ ゆくなどという~ (7, 0.0%)

4 ことは 1 事は, 料簡は, 昔の

▼ ゆくよりも~ (7, 0.0%)

1 いっそひと, いっそみんな一しょ, しばしばオー, はるかに, 危険が, 却って益々家庭, 底へ

▼ ゆく世界~ (7, 0.0%)

2 がない 1 がある, が恐ろしかっ, の知識, をより, を開拓

▼ ゆく人生~ (7, 0.0%)

1 こそは私, というもの, という船, の危険, の柱, の業苦, を与え

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

2 にも知らぬ 1 かをつくっ, かを心, か一つ, とも云え, ものか見えざる

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

2 に青い青い 1 の幻覚, の潤んだ, の耳許, は暫く, は空洞

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 が頭, のうしろ姿, の両足, の話, の身の上, も一人一人, を見た

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 が連, であったならあんなに, と家事向, の数, はいなかった, もおしなべて, を

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 があり, がある, といふもの, の不安, もなかっ, を送った, を送るなるべし

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 じゃない, に憂愁, のあゆみ, の人, の忙しい, の最後, の背

▼ ゆく感情~ (7, 0.0%)

1 として注意深く, にはとうてい, のたち, のほのめき, の上, の思意, も彼女たち

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

2 の影 1 から捨てた, ならなく, のもの, の尚, を顧み

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

2 のあり 1 が一つ, くづの, である, とあら, に対するよりも起き上がる

▼ ゆく景色~ (7, 0.0%)

1 なのよ, なんてとても, にみとれ, の上, の変化, を眺め, を見る

▼ ゆく有様~ (7, 0.0%)

1 があり, がおかしい, にも一層, はなお, は驚くべき, も出, を見た

▼ ゆく機会~ (7, 0.0%)

1 がない, が偶然, となった, をつかもう, をもっ, を与えられない, を捉える

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 が娘, に代っ, の姿, の心, の枕頭, の顔, や兄たち

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

5 です 1 ですが, で中止

▼ ゆく美しい~ (7, 0.0%)

1 おくさん, 人それきり思ひ出せない, 光景で, 島は, 彫像, 忘我の, 音波や

▼ ゆく群衆~ (7, 0.0%)

2 がどうして 1 とは逆, に挟まっ, の中, の数, の響き

▼ ゆく習慣~ (7, 0.0%)

2 がつい 1 があった, に馴らされ, のある, の上, をもっ

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 に長け, はない, は上手, をもの, を御, を教え, を知つて

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 事情という, 原因を, 将も, 屋敷の, 幹部また, 政党の, 様相を

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

1 いとおそし, が時どき, が重かっ, だまり, であって, の下, 懸りの

▼ ゆく~ (7, 0.0%)

3 の中 1 がたちこめ, のま, の帷, を突き破っ

▼ ゆくこれ~ (6, 0.0%)

4 の小舟 1 がすなわち, までの世の中

▼ ゆくについて~ (6, 0.0%)

1 ごくろう, ただ憲法, できた規則, のきまった, もって, 二度とこの

▼ ゆくのみ~ (6, 0.0%)

1 である, であろうか, です, ならずか, ならずその, ならず此

▼ ゆくほう~ (6, 0.0%)

1 がいい, がもうかります, がよい, が心, が話, へと動く

▼ ゆくまでは~ (6, 0.0%)

1 あんなにじ, いつまでも, どうぞ何, 安心が, 安心できない, 惣兵衛ちやんの

▼ ゆくわたし~ (6, 0.0%)

1 のうしろ, のからだ, のしろ, のめ, の足あと, は何だか

▼ ゆく予定~ (6, 0.0%)

1 だと, であったから, であったのに, でいた, で安土, のほか

▼ ゆく以上~ (6, 0.0%)

1 さうい, の利益, は少く, は少なくとも, は未来, まさに小

▼ ゆく土手下~ (6, 0.0%)

6 の細道

▼ ゆく大きな~ (6, 0.0%)

1 国有林も, 夕日の, 広い闘争, 影や, 湖水の, 編笠を

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

1 であるという, と男, のうしろ姿, のこと, のため, のよう

▼ ゆく小さな~ (6, 0.0%)

1 さびしい火影, 子供も, 汽船が, 汽船の, 町の, 鳥に

▼ ゆく少年~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 がある, の先, の朗らか, の顔

▼ ゆく彼等~ (6, 0.0%)

1 に続く, の後影, の行列, は一體何處, は忽ち, を見送っ

▼ ゆく心理~ (6, 0.0%)

1 の推移, の習慣, の翳, は小林秀雄, は死守, や習慣

▼ ゆく意味~ (6, 0.0%)

1 がない, がはっきり, だと, でのリアリティ, ではこん, ももう

▼ ゆく旅人~ (6, 0.0%)

1 が, があった, がこの, が幾人, の姿, を照らし

▼ ゆく旅費~ (6, 0.0%)

2 と若し, はある 1 がなく, はなし

▼ ゆく最後~ (6, 0.0%)

1 のお, の悲しい, の灯, の生徒, の瞬間, の肉

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

1 な寄るべ, な痩せかた, にと勸め, になつ, に衰, また始められる

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

1 そういう母, と子, の小さい, の淋しい, は, も故国

▼ ゆく気配~ (6, 0.0%)

1 が事務所, が感じられる, が障子, であった, のみが感じられる, を知

▼ ゆく江戸~ (6, 0.0%)

1 のよ, の人口, の俤, の名, の滓, は美しい

▼ ゆく汽船~ (6, 0.0%)

1 が流れ, に挨拶, の入りくる, の残した, の笛, を見送る

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

2 のイメージ 1 と永久, にふと, のよう, の一

▼ ゆく流れ~ (6, 0.0%)

1 であって, で洗っ, と十数丁, の力, の底, はもはや

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

1 がその, の末, の都, はほんの, は殘, は草

▼ ゆく物語~ (6, 0.0%)

1 がある, ですが, にはいくつ, の面白, は平静, 徐々に更生

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

1 こそ世, に世の中, に余等, に其方達, に山々, に羅馬

▼ ゆく精神~ (6, 0.0%)

1 でなければ, によりどころ, に順応, の成長, の敏感さ, を既に

▼ ゆく美し~ (6, 0.0%)

2 さも, さを 1 さについて, さの

▼ ゆく老人~ (6, 0.0%)

1 が若者, のしわ, の姿, の後, の手もと, の顔

▼ ゆく覚悟~ (6, 0.0%)

2 でなければ 1 が大事, だ, としらぬ, をし

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

2 もなく 1 がなかつた, なん, も莫大, をただ

▼ ゆく長い~ (6, 0.0%)

1 うねりを, たっぷりした, 一筋の, 前途に, 参道が, 旅路は

▼ ゆく~ (6, 0.0%)

1 のしづけ, の峰, の絶え間, の風景, はよごれ, 之丞

▼ ゆくあたり~ (5, 0.0%)

1 にある, には青い, の風景, はさ, 思い出すだに

▼ ゆくかが~ (5, 0.0%)

1 わからない, 予知せられない, 分って, 問題に, 大きな問題

▼ ゆくからには~ (5, 0.0%)

1 じぶん, どんなに脅迫観念, 世の中で, 働く女, 楠木と

▼ ゆくくらいの~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 もので, 愉しさ, 気力は

▼ ゆくぜん~ (5, 0.0%)

1 として因縁, として寝床, として省, として私, とする

▼ ゆくては~ (5, 0.0%)

1 いつでも, これからが, ヰルラアルバニなりと, 夕暮である, 杳茫たる

▼ ゆくところ自由~ (5, 0.0%)

3 あり 1 ありと, がある

▼ ゆくとしても~ (5, 0.0%)

2 もし汝 1 僕には, 決して其終點, 自己に

▼ ゆくとて~ (5, 0.0%)

1 さすら, 三つ四つ二つなどと, 家を, 神辺駅に, 苅田さんと

▼ ゆくとともに~ (5, 0.0%)

1 主観の, 伯爵との, 卓上には, 自分は, 非常な

▼ ゆくとの~ (5, 0.0%)

1 お話です, こと, ことでした, たまひぬ, 話でした

▼ ゆくまでの~ (5, 0.0%)

1 ひとときを, 人間の, 小路も, 間これを, 間しばらく

▼ ゆくよりは~ (5, 0.0%)

1 お嬢様い, サラリと利欲, 寧ろそれぞれ, 幾分か, 近頃有名

▼ ゆくモメント~ (5, 0.0%)

1 が一つ二つ, となります, とはならない, は何, も資本主義社会

▼ ゆく三人~ (5, 0.0%)

1 にも送り出すつ, のうしろ, の影, はしきりに, ばかりのいかにも

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

2 からは色 1 から顕, で音楽, に

▼ ゆく不思議~ (5, 0.0%)

1 な, な女性, な猫, な生物, な魅力

▼ ゆく主人~ (5, 0.0%)

2 と犬 1 のようす, の影, の筒袖

▼ ゆく仕事~ (5, 0.0%)

1 だ, に従事, のやり, はみな國民, をし

▼ ゆく伸子たち~ (5, 0.0%)

1 に向っ, のマクシム・ゴーリキイ号, の目, の馬車, も一緒

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

2 と反対 1 がわかった, を注意, を視つめ

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 七は, 五郎の, 山地に, 蓋馬車の, 蓋馬車を

▼ ゆく危険~ (5, 0.0%)

3 がある 1 があった, に曝され

▼ ゆく味方~ (5, 0.0%)

1 からの掩護, がある, の分散, の勢, の騎馬武者

▼ ゆく少女~ (5, 0.0%)

1 のイメージ, の右腕, の影, の後, は描かれ

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 も味, よさ, 味は, 味も, 舸を

▼ ゆく性質~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 です, の幸福感, をもち

▼ ゆく支度~ (5, 0.0%)

3 をした 1 をし, をなさっ

▼ ゆく故郷~ (5, 0.0%)

3 でなければ 1 のこと, もない

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 にした, らしい方法, らしい港, 民主主義である, 領地へは

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 だ, に上りました, の人, は戦争, は苦しかっ

▼ ゆく時勢~ (5, 0.0%)

1 だつたので, にあっ, に反抗, に対して敏感, を広く

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 か, のよう, の一つ, の声, もつくる

▼ ゆく武蔵~ (5, 0.0%)

1 のうしろ姿, の影, の頭, の顔, を追いつめ追いつめ

▼ ゆく気もち~ (5, 0.0%)

1 で一跳足, で足, にはなれない, もある, もない

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 に, にはいつ, には仕方, に小作り位, に無限

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 ざしにも, で, に, にふと, を東儀

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 であり家, のところ, の外, の空, を見

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

2 も脛 1 でかく, にたよっ, はもっ

▼ ゆく自然~ (5, 0.0%)

1 な在りよう, の動機, の姿, の惑わしい, の成行き

▼ ゆく街道~ (5, 0.0%)

1 だ, であり川添, に義元塚, の上, へと道

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 から七十, のやう, をみつめ, を涙, を目

▼ ゆく~ (5, 0.0%)

1 が一列鴉, のかれ, の鳴く, もまた, や屑屋

▼ ゆく静か~ (5, 0.0%)

1 な夜, な樹木, な細い, な靴, に消え

▼ ゆく駕籠~ (5, 0.0%)

1 があれ, がそれ, のなか, の灯, の端

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 あいつた, さに, ぢさゐ, ひだに

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

2 はいが 1 はいを, ふもよい

▼ ゆくけれど~ (4, 0.0%)

1 なにかすこしでも, 午後に, 昏睡の, 金魚とは

▼ ゆくけれども~ (4, 0.0%)

2 その死 1 しかし公平, 彼等との

▼ ゆくここち~ (4, 0.0%)

1 して, す, するかな, にかなし

▼ ゆくすべ~ (4, 0.0%)

1 はない, もない, を学びはじめた, を知らぬだろう

▼ ゆくそんな~ (4, 0.0%)

1 少女で, 工合だった, 自分勝手な, 詩が

▼ ゆくたち~ (4, 0.0%)

1 です, の人間, の作家, の者たち

▼ ゆくてには~ (4, 0.0%)

1 ただひとつ, まだまだ恐ろしい, やさしいなだらか, 思いがけない運命

▼ ゆくとき彼~ (4, 0.0%)

1 がいだい, が一度, は甲斐, は門弟

▼ ゆくどんな~ (4, 0.0%)

1 ことが, 実際のて, 手がかりが, 権力にも

▼ ゆくなど~ (4, 0.0%)

1 みつめたるもしなみなみ, 事にあたって, 唯その, 考えられたろうか

▼ ゆくばかりの~ (4, 0.0%)

1 勢いを, 存在を, 意志も, 有様で

▼ ゆくふう~ (4, 0.0%)

1 だ, だな, なので, にさりげ

▼ ゆくまでには~ (4, 0.0%)

1 仲, 大きな名取川, 少し手間, 必ずどうすれ

▼ ゆくもう~ (4, 0.0%)

1 ひとりの, 夾竹桃が, 枯れる道草, 米も

▼ ゆくものの~ (4, 0.0%)

1 うつくしさ, この下, さみしさ, 落した姿

▼ ゆくやつ~ (4, 0.0%)

1 だ, は爆撃圏, もある, を上

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 だ, だが, だよ, ですから

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

2 と筋 1 かたまりが, くれの

▼ ゆく一種~ (4, 0.0%)

1 の云い知れない, の好奇, の懶惰, の水煙

▼ ゆく一群~ (4, 0.0%)

1 が見える, のよう, の人影, の職業者

▼ ゆく一行~ (4, 0.0%)

1 の松明, の者, を徐に, を眺めやりぬ

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 けの元気, それで静か, で帰り, の充分

▼ ゆく世相~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の大いなる, を眼

▼ ゆく世間~ (4, 0.0%)

2 と懸け 1 が憎い, の相

▼ ゆく人達~ (4, 0.0%)

1 がいた, であらう, は家々, は目的

▼ ゆく仲間~ (4, 0.0%)

1 からはずれよう, のあと, の者, を見る

▼ ゆく労働者~ (4, 0.0%)

1 の人雪崩, の姿, の背広, を見るだろう

▼ ゆく可能性~ (4, 0.0%)

1 も出, をもっ, を見出した, を許され

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 と知らませ, により吾, よ, をことほぐ

▼ ゆく唯一~ (4, 0.0%)

1 の糸, の通路, の道, の頼り

▼ ゆく女性~ (4, 0.0%)

1 が系譜的, その反対, の後姿, の衣

▼ ゆく子供たち~ (4, 0.0%)

2 の影 1 のため, の声

▼ ゆく存在~ (4, 0.0%)

2 である 1 が一つ, であること

▼ ゆく実力~ (4, 0.0%)

1 がある, とをみ, の中, も明日

▼ ゆく小舟~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 の中, を

▼ ゆく少し~ (4, 0.0%)

1 ずつの下り, ちぢれ毛の, のほ, 寒い早春

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 とも言, の人たち, の港, もあろう

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 には目, のくも, の水泡, を渡っ

▼ ゆく工合~ (4, 0.0%)

1 がはつきり, がよく, だった, です

▼ ゆく左膳~ (4, 0.0%)

1 のうしろ, のす, の耳, の肩

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 にし, の日影, の木草, を眺め

▼ ゆく彼ら~ (4, 0.0%)

1 の足許, はいきなり, は忽ち, は枯草負

▼ ゆく心地~ (4, 0.0%)

1 がした, ししばし, だった, に誘はれた

▼ ゆく必然~ (4, 0.0%)

1 の政治そのもの, の方向, の水脈, は十分

▼ ゆく快い~ (4, 0.0%)

2 発育の 1 喉の, 自動車の

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

2 あり 1 つた, なり童子幽か

▼ ゆく思い~ (4, 0.0%)

1 でその, の痛切, の面白, 快よき

▼ ゆく情熱~ (4, 0.0%)

1 から逃れよう, でなければ, に燃え, よろこびと

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 でぬけ出す, の事がら, を, を眺め

▼ ゆく手法~ (4, 0.0%)

1 でその, にある, にも新, をこういう

▼ ゆく手際~ (4, 0.0%)

1 には感心, に至っ, の良, はまったく

▼ ゆく日影~ (4, 0.0%)

1 と争う, に限り, を惜むでゐるのだ, を見る

▼ ゆく時刻~ (4, 0.0%)

1 が気, でもない, の病室, を恨

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 がない, が自分, はない, や気持

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 から夜, のこころもち, の光, の猟人

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

2 の町 1 の哀れ, の限り

▼ ゆく武士~ (4, 0.0%)

1 こそ刃三十郎, に何もの, の一群れ, は

▼ ゆく気力~ (4, 0.0%)

1 が即, もない, もなかっ, を失った

▼ ゆく無数~ (4, 0.0%)

1 の人間, の私ら, の魚, の黒点

▼ ゆく生命~ (4, 0.0%)

1 といふもの, の短き, へ滅ぶ, をただ

▼ ゆく生物~ (4, 0.0%)

3 の群 1 のほ

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

2 のへり, の土

▼ ゆく病人~ (4, 0.0%)

1 が云った, と別れる, はさち子さん, や年

▼ ゆく百姓~ (4, 0.0%)

1 に持つ, の姿, の立ち倚, の馬の背

▼ ゆく相手~ (4, 0.0%)

1 との心, には眼, の女, の後ろ姿

▼ ゆく積り~ (4, 0.0%)

1 だと, でいる, で更に, らしい

▼ ゆく結果~ (4, 0.0%)

2 になる 1 らしく思わるる, を見た

▼ ゆく考え~ (4, 0.0%)

1 であるが, でおりました, なの, ははるか

▼ ゆく者たち~ (4, 0.0%)

1 はいっ, は信長, を救い得ない, を自分

▼ ゆく肉体~ (4, 0.0%)

1 と精神, と自然, のこと, を味

▼ ゆく良人~ (4, 0.0%)

1 に拠っ, のあと, のうしろ姿, の影

▼ ゆく落葉~ (4, 0.0%)

1 あた, の霜, よ, 鳴ります

▼ ゆく言葉~ (4, 0.0%)

1 のみであった, の優し, の抑揚, の調子

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

2 が有望 1 があります, も持っ

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 だったろう, ではない, は遠い, をさする取計らい

▼ ゆく赤い~ (4, 0.0%)

1 帯を, 流れは, 船腹やがて, 雲も

▼ ゆく軍馬~ (4, 0.0%)

1 のうえ, のうち, の影, の流れ

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

2 のうしろ 1 の奥, を戸

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 に添, の日, の灯, の飛沫

▼ ゆく青い~ (4, 0.0%)

2 蔭を 1 実を, 草地

▼ ゆく靴音~ (4, 0.0%)

1 が聞えた, も久しぶり, を聞き送っ, を追って

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 のひ, の爪, は足, をよびとめた

▼ ゆく~ (4, 0.0%)

1 に対してのすさまじい, のよう, の如く火, の群

▼ ゆくあて~ (3, 0.0%)

1 がつかなかった, ができれ, もなかつた

▼ ゆくあなた~ (3, 0.0%)

1 ついて行く自分, の跫音, は私

▼ ゆくあはれ~ (3, 0.0%)

1 なり麗ら, な弟, をこめ

▼ ゆくある~ (3, 0.0%)

1 小社會の, 感じで, 種の

▼ ゆくいわゆる~ (3, 0.0%)

1 コスモポリタン風な, 江戸っ, 江戸っ子の

▼ ゆくおと~ (3, 0.0%)

1 ながらひけ, なりの塀, よを止めよう

▼ ゆくかに~ (3, 0.0%)

1 いまさらこの, 見えたが, 驚くほど

▼ ゆくからと~ (3, 0.0%)

1 いふの, 云って, 言った

▼ ゆくこそ~ (3, 0.0%)

1 われの, 却, 楽しけれ世

▼ ゆくこと一つ~ (3, 0.0%)

3 の道

▼ ゆくこと数十歩~ (3, 0.0%)

1 で沈ん, にし, 見かえればか

▼ ゆくさきざき~ (3, 0.0%)

1 の乳屋, の劇場, まで子供

▼ ゆくしるし~ (3, 0.0%)

2 である 1 なりけ

▼ ゆくすべて~ (3, 0.0%)

1 の人間的可能, の時代, の若い

▼ ゆくその道~ (3, 0.0%)

1 は三国海道, は岩, は見えない

▼ ゆくそば~ (3, 0.0%)

1 から大工, から彼, にぽか

▼ ゆくても~ (3, 0.0%)

1 しらず, 人力を, 暗うなる

▼ ゆくとき僕~ (3, 0.0%)

2 の足どり 1 を誘つて

▼ ゆくとして~ (3, 0.0%)

1 もしもおれ, ペンさんには, 可ならざる

▼ ゆくどころか~ (3, 0.0%)

1 かえっていっそう強い, 引っ返そうと, 正面から

▼ ゆくなか~ (3, 0.0%)

1 では, にどんな, をやがて

▼ ゆくひま~ (3, 0.0%)

1 もなかっ, もなく, を

▼ ゆくへの~ (3, 0.0%)

1 それのみか, 家うつくしき, 見えなくなるまで

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 たぶーん, にもうたいへん, に竹童

▼ ゆくまた~ (3, 0.0%)

1 久しくし, 四百米の, 困難なる

▼ ゆくまでに~ (3, 0.0%)

1 しげしげ見た, 三百余頁だ, 帰るかも

▼ ゆくやり方~ (3, 0.0%)

1 であった, である, は会

▼ ゆくゆめ~ (3, 0.0%)

1 あり, とあ, の曲節

▼ ゆくよりか~ (3, 0.0%)

1 おじさんの, まったくの, 夜は

▼ ゆくわい~ (3, 0.0%)

21 だらうかと

▼ ゆくトラック~ (3, 0.0%)

1 の音, をおいかけ, を眺め

▼ ゆく一切~ (3, 0.0%)

2 は地下 1 のもの

▼ ゆく一日~ (3, 0.0%)

1 が惜しかっ, が消え, 愛し

▼ ゆく一日一日~ (3, 0.0%)

1 が無上, のたまらない, は取返す

▼ ゆく一歩一歩~ (3, 0.0%)

1 が皆危険, の努力, の間

▼ ゆく一面~ (3, 0.0%)

1 があり, がある, に注意

▼ ゆく不安~ (3, 0.0%)

1 があった, な市民, を峯子

▼ ゆく世の中~ (3, 0.0%)

1 である, にあの, やら

▼ ゆく乳母車~ (3, 0.0%)

1 に載つ, のまわり, の音

▼ ゆく二つ~ (3, 0.0%)

1 のもの, の山路, の影

▼ ゆく人かげ~ (3, 0.0%)

1 がある, はまばら, も見ず

▼ ゆく人馬~ (3, 0.0%)

1 の影, の音, はことごとく

▼ ゆく今度~ (3, 0.0%)

1 の陸海軍, は上らう, は本当に

▼ ゆく仕度~ (3, 0.0%)

1 する由, をし, をする

▼ ゆく仕方~ (3, 0.0%)

1 であると, と同様, に似た

▼ ゆく代り~ (3, 0.0%)

1 にやがて, に一倍内職, に自分たち

▼ ゆく使~ (3, 0.0%)

3 ひ番

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 がゆく, の影, の後姿

▼ ゆく元気~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, もなかっ, もなく

▼ ゆく其の~ (3, 0.0%)

1 うしろ姿を, 物語の, 駒の

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 に女給, に漸く, 忽ち眼

▼ ゆく力量~ (3, 0.0%)

1 が不足, をもった, を私たち

▼ ゆく勇士~ (3, 0.0%)

1 が幾人, もあらわれなかった, や学者

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

21 のみ

▼ ゆく印象~ (3, 0.0%)

2 はそれぞれ 1 の呼び

▼ ゆく右手~ (3, 0.0%)

1 に十, の崖, の門番

▼ ゆく品物~ (3, 0.0%)

1 である, はそれ, もつき

▼ ゆく商売~ (3, 0.0%)

1 が何処, が彼, ですからと

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 と二人, の富強, の苦痛

▼ ゆく地上~ (3, 0.0%)

1 には時に, の灯, の都市

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 のなか, りの, を浴び

▼ ゆく場所~ (3, 0.0%)

2 がない 1 の一つ

▼ ゆく夕日~ (3, 0.0%)

1 に地平線, の残り, を見

▼ ゆく多く~ (3, 0.0%)

1 の無頼, の社会的事実, の靈

▼ ゆく大空~ (3, 0.0%)

21

▼ ゆく婦人~ (3, 0.0%)

1 がある, などが沢山, は降りはじめた

▼ ゆく子ら~ (3, 0.0%)

2 の頬 1 の啼声

▼ ゆく子守り~ (3, 0.0%)

2 が鉢卷 1 が鉢巻

▼ ゆく実際~ (3, 0.0%)

1 の力, をぬい, 能力を

▼ ゆく家庭~ (3, 0.0%)

1 などでは殊, の楽園, も等しく楽しい

▼ ゆく小僧~ (3, 0.0%)

1 があります, がある, を呼び戻し

▼ ゆく小川~ (3, 0.0%)

1 には家々, のふち, の縁

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

2 弐頼尚 1 人数の

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 とともに墜ちる, のかけら, のよう

▼ ゆく工夫~ (3, 0.0%)

1 こそわれら朝臣, のやう, をする

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 にそう, に一人, に打

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 が, とその, の上瞼

▼ ゆく弥生~ (3, 0.0%)

1 がうかぶ, と彼女, 近きに

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ ゆく後ろ~ (3, 0.0%)

1 から大地, から自身, では

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 中道の, 心持であろう, 聡明で

▼ ゆく恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 力が, 幻に, 意力の

▼ ゆく悲劇~ (3, 0.0%)

1 であった, にたえ, の下地

▼ ゆく情勢~ (3, 0.0%)

2 にみんな暗澹 1 につれ

▼ ゆく愉し~ (3, 0.0%)

1 さ, さこそは, さ自分の

▼ ゆく意識~ (3, 0.0%)

1 に作用, に到達, のうち

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 と粘り, の形, の神たち

▼ ゆく我が~ (3, 0.0%)

1 下に, 国風とは, 子を

▼ ゆく手がかり~ (3, 0.0%)

1 として一般読書人, にも思え, を探し

▼ ゆく文学~ (3, 0.0%)

1 に反抗, の間, を主張

▼ ゆく新しい~ (3, 0.0%)

1 世界を, 力の, 装幀約束を

▼ ゆく日光~ (3, 0.0%)

1 にまじっ, の音, もぐれはま

▼ ゆく時分~ (3, 0.0%)

1 にその, になれ, にはよく

▼ ゆく暗い~ (3, 0.0%)

2 雲の 1 霜枯れの

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

2 樣を 1 樣や

▼ ゆく望み~ (3, 0.0%)

1 がある, がなく, さえも失った

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 が一つ, が次第に, を眺め

▼ ゆく根気~ (3, 0.0%)

1 がつづく, が絶対, はねえ

▼ ゆく模様~ (3, 0.0%)

1 だが, であります, なりしなり

▼ ゆく権利~ (3, 0.0%)

1 と責任, によって生まれ, を棄てる

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 のかたい, の乗り心地, の人

▼ ゆく段階~ (3, 0.0%)

1 けれどもここ, にしたがい, を何

▼ ゆく水の~ (3, 0.0%)

2 かがよ 1 をり

▼ ゆく水の上~ (3, 0.0%)

1 には水, を見, を見つめた

▼ ゆく水音~ (3, 0.0%)

1 が寒かっ, が聞こえた, に風

▼ ゆく淋しい~ (3, 0.0%)

1 水の, 空を, 舟の

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 がいつ, のみなりき, をみつめ

▼ ゆく父親~ (3, 0.0%)

1 にも自転車, に随, のアルミ

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 が追, の悲しい, も子供

▼ ゆく独特~ (3, 0.0%)

1 な文化的武器, な社会, の速

▼ ゆく理性~ (3, 0.0%)

1 のつよい, の成長, を最後

▼ ゆく理由~ (3, 0.0%)

1 がなくなった, が無い, はある

▼ ゆく男たち~ (3, 0.0%)

1 の白シャツ, の素朴, もあった

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 がついた, がない, などワインガルトナー

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 と水色, に赤プラトーク, を悲し

▼ ゆく目的~ (3, 0.0%)

1 に向っ, は熊沢蕃山, も多分

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 だった, とそれ, の一つ

▼ ゆく瞬間~ (3, 0.0%)

1 に胸, の写生, は何

▼ ゆく社会的~ (3, 0.0%)

1 な力, な性質, な条件

▼ ゆく私自身~ (3, 0.0%)

1 になる, を想像, を感じた

▼ ゆく程度~ (3, 0.0%)

1 ですし, で娘ざかり, に応じ

▼ ゆく罪人~ (3, 0.0%)

1 とかわり, の唸り, はいつもほとんど

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 が夕方, は何ぞ, を齊

▼ ゆく義男~ (3, 0.0%)

1 の事, の姿, の蟇口

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 へが玉, への中, へはない

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ゆく背丈~ (3, 0.0%)

1 とどっち, のたいへん, の問題

▼ ゆく自分自身~ (3, 0.0%)

1 が馬鹿げ, に気がつきました, を見守っ

▼ ゆく自由~ (3, 0.0%)

1 がきかなかった, が守れない, ももっ

▼ ゆく自身~ (3, 0.0%)

1 の本来, の社会環境, を顧みた

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

2 の音 1 のきしみ

▼ ゆく芝居~ (3, 0.0%)

1 といふもの, と比較, の死人

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 主人らしい, 侍の, 鷹丸から

▼ ゆく若者~ (3, 0.0%)

1 へ眼, もすべて神, を呼びとめた

▼ ゆく荷馬車~ (3, 0.0%)

1 に出あいました, の足跡, の音

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 である, です, に面白う

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 の右側, の神輿, へ虹

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 に帆村, に牛乳車, に特に

▼ ゆく責任~ (3, 0.0%)

1 がある, もちがう, をもっ

▼ ゆく足どり~ (3, 0.0%)

1 であると, などどうも, をしめさず

▼ ゆく身の上~ (3, 0.0%)

1 が羨やましく, であり物質的, になっ

▼ ゆく身体~ (3, 0.0%)

1 その美女そのもの, の温み, を犯人

▼ ゆく農夫~ (3, 0.0%)

1 の姿, の蓑, も元

▼ ゆく迄に~ (3, 0.0%)

2 小さいふるぼけた 1 手入れを

▼ ゆく途中私~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 がひとり

▼ ゆく道理~ (3, 0.0%)

1 がありません, はない, もなかっ

▼ ゆく道路~ (3, 0.0%)

1 でその, の左右, はツイ先刻

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 の味い, の醉, は一息

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 づかさ, にはただ, の景色

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 の供養, の鋭く, よ

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 に馬車あと, の所, まで見

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 にお, に夕陽, の人間的要因

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 からそれ, に中心, はゆるがせ

▼ ゆく面白~ (3, 0.0%)

1 さ, さこそ, さである

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 だつた, で, もない

▼ ゆく風景~ (3, 0.0%)

1 は今, を珍し, を眺め

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 の思い, よ請, を見る

▼ ゆく~ (3, 0.0%)

1 の沖, の羽交, の羽音

▼ ゆくあたり所謂暴露小説~ (2, 0.0%)

2 の到底

▼ ゆくあらゆる~ (2, 0.0%)

1 もの皆一瞬の, 美と

▼ ゆくいと~ (2, 0.0%)

1 ぐちは, 痩せたる若い

▼ ゆくうえ~ (2, 0.0%)

1 にはもっとも, の高い

▼ ゆくうれし~ (2, 0.0%)

1 さであったろう, さは

▼ ゆくおまえ~ (2, 0.0%)

1 がもし, だから

▼ ゆくおり~ (2, 0.0%)

1 に被ら, もこの

▼ ゆくお方~ (2, 0.0%)

1 が大勢, ではない

▼ ゆくお里~ (2, 0.0%)

1 のうしろ姿, の姿

▼ ゆくかぎり~ (2, 0.0%)

1 を遮る, 如何なること

▼ ゆくかといふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 問は

▼ ゆくかなた~ (2, 0.0%)

1 に, の空

▼ ゆくかなどと~ (2, 0.0%)

2 怠けた思案

▼ ゆくかについて~ (2, 0.0%)

1 異常な, 耳を

▼ ゆくからこそ~ (2, 0.0%)

1 である, 道楽では

▼ ゆくがい~ (2, 0.0%)

1 いって, ってやがて

▼ ゆくきり~ (2, 0.0%)

1 で口先, で誰

▼ ゆくけは~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひ暮れ残る梅

▼ ゆくこと僕~ (2, 0.0%)

2 がふと

▼ ゆくこれら~ (2, 0.0%)

1 の島々, の暖

▼ ゆくさきざきで人~ (2, 0.0%)

2 は彼女

▼ ゆくさわさわ~ (2, 0.0%)

2 の背

▼ ゆくしかし~ (2, 0.0%)

1 なか, まだわたし

▼ ゆくしかも~ (2, 0.0%)

1 その心, 仍朝日子の

▼ ゆくすえ世~ (2, 0.0%)

1 の上, の文化

▼ ゆくすなわち~ (2, 0.0%)

1 名義は, 幸福なれ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 おせんちゃん, 小父さん

▼ ゆくそうして~ (2, 0.0%)

2 ごったくや

▼ ゆくその間~ (2, 0.0%)

1 の矛盾, を義経

▼ ゆくぞと~ (2, 0.0%)

1 いつの, 思った

▼ ゆくたのし~ (2, 0.0%)

1 さ, さで

▼ ゆくだけで~ (2, 0.0%)

1 全体の, 精

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ゆくつて~ (2, 0.0%)

1 堪らなかつたん, 見ること

▼ ゆくとある~ (2, 0.0%)

1 古道具屋の, 夜明け私は

▼ ゆくときそこ~ (2, 0.0%)

1 には最も, に声

▼ ゆくときひろ子~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ゆくとき伸子~ (2, 0.0%)

1 はつや子, は受け身

▼ ゆくとき園~ (2, 0.0%)

2 の木立

▼ ゆくとき誰~ (2, 0.0%)

1 かに咎められ, れが

▼ ゆくとこ~ (2, 0.0%)

1 だ, ちとら

▼ ゆくとしか~ (2, 0.0%)

1 見えない, 見えないの

▼ ゆくとな~ (2, 0.0%)

2 このっくれ

▼ ゆくどころ~ (2, 0.0%)

1 でありませんでした, では

▼ ゆくどっさり~ (2, 0.0%)

1 の条件, の通行人

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 つて, 油鰭よ

▼ ゆくなどと~ (2, 0.0%)

1 思いなさいますな, 思っては

▼ ゆくにあたって~ (2, 0.0%)

1 これらの, その新しい

▼ ゆくにあたっても~ (2, 0.0%)

1 まず一度, 社会の

▼ ゆくにおい~ (2, 0.0%)

1 に滲透, のきつい

▼ ゆくの人~ (2, 0.0%)

2 の居ない

▼ ゆくはたらき~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 あい判然, つかしでした

▼ ゆくばら~ (2, 0.0%)

2 のはな

▼ ゆくひとり~ (2, 0.0%)

1 の少年, の男

▼ ゆくひろく~ (2, 0.0%)

1 て愉快, ゆたかな

▼ ゆくふたり~ (2, 0.0%)

1 の人聞, の姿

▼ ゆくふり~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ゆくへは~ (2, 0.0%)

1 いづこ, おもしろいもの

▼ ゆくほこり~ (2, 0.0%)

1 たかい人間, っぽい旋風

▼ ゆくぼく~ (2, 0.0%)

1 は前後不覚, を家

▼ ゆくまえと~ (2, 0.0%)

2 同じよう

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 づの

▼ ゆくみんな~ (2, 0.0%)

1 つれて, の顔

▼ ゆくむらさき色~ (2, 0.0%)

1 のけむり, のけむりはいゝ

▼ ゆくめあて~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ ゆくもか~ (2, 0.0%)

2 へるも

▼ ゆくやら~ (2, 0.0%)

1 で母, 計りがたい

▼ ゆくゆえ~ (2, 0.0%)

1 あたかも物体, 最も少

▼ ゆくゆきかた~ (2, 0.0%)

1 とちょっと, の差異

▼ ゆくゆゑ甚弁~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ゆくよと~ (2, 0.0%)

1 あのこれ, まだ言い終らない

▼ ゆくらん~ (2, 0.0%)

2 うつくしく面白く清く尊くさながら

▼ ゆくわが身~ (2, 0.0%)

1 およばじ, なるらむ

▼ ゆくわれわれ~ (2, 0.0%)

1 のこの, の態度

▼ ゆくアダム~ (2, 0.0%)

2 とイヴ

▼ ゆくガリヴァ~ (2, 0.0%)

1 にとって, にとつ

▼ ゆくモオパッサン~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ゆくリズム~ (2, 0.0%)

1 は大変, は実に

▼ ゆくレコード屋~ (2, 0.0%)

2 へ行っ

▼ ゆくロケット~ (2, 0.0%)

1 の格納庫, の火

▼ ゆく一列~ (2, 0.0%)

1 の義士たち, の軍馬

▼ ゆく一団~ (2, 0.0%)

1 の中, の女学生

▼ ゆく一本~ (2, 0.0%)

1 の短剣, の葦

▼ ゆく一歩~ (2, 0.0%)

1 がひらかれた, が無邪気

▼ ゆく一生~ (2, 0.0%)

1 だと, の仲間

▼ ゆく三味線~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ゆく下駄~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ゆく不二~ (2, 0.0%)

1 のいただき, の大

▼ ゆく世界中~ (2, 0.0%)

2 が月夜

▼ ゆく世話~ (2, 0.0%)

1 などし, はない

▼ ゆく乙女~ (2, 0.0%)

1 の姿, の簪

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 反葉

▼ ゆく予感~ (2, 0.0%)

1 がこの, を与える

▼ ゆく二匹~ (2, 0.0%)

1 の二十日鼠, の牡牛

▼ ゆく五色花火~ (2, 0.0%)

2 のした

▼ ゆく人数~ (2, 0.0%)

1 がある, が見えた

▼ ゆく人物~ (2, 0.0%)

1 です, のうち

▼ ゆく今朝~ (2, 0.0%)

1 の姿, の街道

▼ ゆく仕掛け~ (2, 0.0%)

1 になっ, を忘れなかった

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の力, の書類

▼ ゆく以外~ (2, 0.0%)

1 にない, はいや

▼ ゆく任務~ (2, 0.0%)

1 がある, について十分積極的

▼ ゆく何処~ (2, 0.0%)

1 へゆく, までも弱い

▼ ゆく何處~ (2, 0.0%)

2 へゆく

▼ ゆく余地~ (2, 0.0%)

1 はない, は一寸

▼ ゆく余裕~ (2, 0.0%)

1 がある, は出

▼ ゆく作品~ (2, 0.0%)

1 なん, のモティーヴ

▼ ゆく作者~ (2, 0.0%)

1 の力量, の心

▼ ゆく使者~ (2, 0.0%)

1 がアズミ連, に従い

▼ ゆく侍女たち~ (2, 0.0%)

1 は奥方, は袖

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の身, 殺されるの

▼ ゆく傾き~ (2, 0.0%)

1 があった, だと

▼ ゆく僞善~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ゆく僧侶生活~ (2, 0.0%)

2 が眼

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ ゆく兄弟~ (2, 0.0%)

1 とも黙りこくった, へ涙声

▼ ゆく光線~ (2, 0.0%)

1 であった, に包まれ

▼ ゆく具体的~ (2, 0.0%)

1 な内容, な熱心

▼ ゆく冷たい~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 もない, も交つて

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 として一括, のこって

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の中, を見

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 な道, の悲しみ

▼ ゆく利根川~ (2, 0.0%)

1 とにこの, のこと

▼ ゆく前後~ (2, 0.0%)

1 からドストイェフスキー, にはもう

▼ ゆく前面~ (2, 0.0%)

2 から冬

▼ ゆく労苦~ (2, 0.0%)

1 はたしかに, は今

▼ ゆく勇ましい~ (2, 0.0%)

1 元氣, 映画界の

▼ ゆく勇氣~ (2, 0.0%)

1 がなく, と根氣

▼ ゆく動坂~ (2, 0.0%)

1 の家, の家族生活

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 いろの

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 作家として, 太郎を

▼ ゆく友達~ (2, 0.0%)

1 の中, の身軽

▼ ゆく反対~ (2, 0.0%)

1 の方, の階段

▼ ゆく司法官~ (2, 0.0%)

2 の任務

▼ ゆく吉野~ (2, 0.0%)

1 とも親しんだ, とも親ん

▼ ゆく周囲~ (2, 0.0%)

1 のこと, のどこ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 などか歎, をささえ

▼ ゆく哲学~ (2, 0.0%)

1 においてはどこ, においては全く

▼ ゆく問題~ (2, 0.0%)

1 になります, の本質

▼ ゆく喚声~ (2, 0.0%)

1 が遠近, も次第に

▼ ゆく喜び~ (2, 0.0%)

1 さえ節約, をよく

▼ ゆく喫茶店~ (2, 0.0%)

2 で会いたい

▼ ゆく四丁目~ (2, 0.0%)

2 の湯

▼ ゆく坂道~ (2, 0.0%)

1 を降り, を馬

▼ ゆく墓地~ (2, 0.0%)

2 の森

▼ ゆく墓石ごと~ (2, 0.0%)

2

▼ ゆく夕方~ (2, 0.0%)

1 の街, を

▼ ゆく夕闇~ (2, 0.0%)

1 のうち, の中

▼ ゆく夜気~ (2, 0.0%)

1 が今さら, の中

▼ ゆく夥しい~ (2, 0.0%)

2 負傷者の

▼ ゆく大きい~ (2, 0.0%)

1 うねりの, 喜び或は

▼ ゆく大衆~ (2, 0.0%)

1 としての力, に対する理解

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の行先, の顔

▼ ゆく夫人~ (2, 0.0%)

1 のお, の車

▼ ゆく夫婦~ (2, 0.0%)

1 に見る, の物語

▼ ゆく奇怪~ (2, 0.0%)

1 な光景, の物

▼ ゆく女房~ (2, 0.0%)

1 のうしろ姿, を追

▼ ゆく好奇心~ (2, 0.0%)

2 のひとつ

▼ ゆく姿骸骨~ (2, 0.0%)

2 の絵

▼ ゆく子蟹~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ ゆく宏大~ (2, 0.0%)

1 な構, な構え

▼ ゆく家畜~ (2, 0.0%)

1 のよう, の群

▼ ゆく家運の~ (2, 0.0%)

2 かへし

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 もなけれ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 もある, も二

▼ ゆく将士~ (2, 0.0%)

1 の装い, はみな

▼ ゆく小さい~ (2, 0.0%)

2 魚も

▼ ゆく小説~ (2, 0.0%)

1 そういうもの, もない

▼ ゆく小道~ (2, 0.0%)

1 にはいる, へじっと

▼ ゆく小鳥~ (2, 0.0%)

1 の影, までが自分

▼ ゆく少女蝉~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ ゆく山道~ (2, 0.0%)

1 に, は殆ど

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 に沿う, の右手

▼ ゆく左手~ (2, 0.0%)

1 に昔風, の角

▼ ゆく巨大~ (2, 0.0%)

1 な太陽, な群像

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 かけ船, の船尾

▼ ゆく平和~ (2, 0.0%)

1 への意思, を指し

▼ ゆく幻想~ (2, 0.0%)

1 の画像, をとりあげ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 ないうち, の歩

▼ ゆく幼年紳士~ (2, 0.0%)

2 の歌声

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 たりかの少女

▼ ゆく廊下~ (2, 0.0%)

1 で泰造, と競

▼ ゆく弱い~ (2, 0.0%)

1 奴は, 者を

▼ ゆく当人~ (2, 0.0%)

1 の心, も出入り

▼ ゆく当時~ (2, 0.0%)

2 の日本

▼ ゆく役者~ (2, 0.0%)

1 ではない, のうごく

▼ ゆく従来~ (2, 0.0%)

1 の家庭, の美し

▼ ゆく御代~ (2, 0.0%)

1 の如く, の惠

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 笑みを, 茫たる

▼ ゆく心境~ (2, 0.0%)

1 のなか, はその

▼ ゆく心情~ (2, 0.0%)

1 というよう, にしろ

▼ ゆく心構え~ (2, 0.0%)

1 がいる, もこの

▼ ゆく快感~ (2, 0.0%)

1 に興じ, は再び

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 だから, の秘密

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のま, の闇

▼ ゆく恐怖~ (2, 0.0%)

1 につれて, の沈黙

▼ ゆく息子~ (2, 0.0%)

1 に色, の朝食

▼ ゆく恰好~ (2, 0.0%)

1 の芥川, は人間

▼ ゆく悲し~ (2, 0.0%)

2 さには

▼ ゆく惡太郎~ (2, 0.0%)

1 の惡戯, の惡戲

▼ ゆく愉快~ (2, 0.0%)

1 な実感, な思い

▼ ゆく感覚~ (2, 0.0%)

1 が彼, はこれ

▼ ゆく憂い~ (2, 0.0%)

1 がある, はなし

▼ ゆく我ら~ (2, 0.0%)

1 が生, の心

▼ ゆく我意~ (2, 0.0%)

1 の何処, の何處

▼ ゆく我身~ (2, 0.0%)

1 ぞと, をどう

▼ ゆく所以~ (2, 0.0%)

1 ではあるまい, でもある

▼ ゆく所存~ (2, 0.0%)

1 でござる, と見える

▼ ゆく扁舟~ (2, 0.0%)

1 の上, の旅

▼ ゆく手段~ (2, 0.0%)

1 である, を持っ

▼ ゆく手紙~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ ゆく手近~ (2, 0.0%)

2 かな道

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 もなけれ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 がなく, ともなっ

▼ ゆく振り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ゆく教育~ (2, 0.0%)

1 の如き, を私たち

▼ ゆく教養~ (2, 0.0%)

2 のデカダンス

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の影, へ俄

▼ ゆく文学上~ (2, 0.0%)

1 の危険, の諸

▼ ゆく方角~ (2, 0.0%)

1 はこっち, を念頭

▼ ゆく旅行者~ (2, 0.0%)

1 らしい視線, を見かける

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のもと, は

▼ ゆく日常~ (2, 0.0%)

1 の世界観, の形態

▼ ゆく日日~ (2, 0.0%)

1 に役割, を

▼ ゆく旦那様~ (2, 0.0%)

1 のうしろ姿, もありました

▼ ゆく映画~ (2, 0.0%)

1 のなか, ははるか

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の明るみ, の長

▼ ゆく時彼女~ (2, 0.0%)

1 の静か, は何

▼ ゆく時戸惑~ (2, 0.0%)

2 ひしては

▼ ゆく時期~ (2, 0.0%)

1 だね, に発生

▼ ゆく時雨~ (2, 0.0%)

1 かな, ほど淋びしさを

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 で夜どおし, なので

▼ ゆく晩秋~ (2, 0.0%)

1 の喬木, の巨木

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 も消

▼ ゆく月しき~ (2, 0.0%)

2 よければ

▼ ゆく月日~ (2, 0.0%)

1 に関守, をわすれた

▼ ゆく有様これ~ (2, 0.0%)

2 も一種

▼ ゆく木の芽~ (2, 0.0%)

2 どき月夜

▼ ゆく本質~ (2, 0.0%)

1 と自分, を持っ

▼ ゆく杉田~ (2, 0.0%)

2 の体

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の者, を探し

▼ ゆく村長~ (2, 0.0%)

1 の後ろ姿, をちらりと

▼ ゆく柔らか~ (2, 0.0%)

1 な楽句, な粘着力

▼ ゆく栄三郎~ (2, 0.0%)

1 がまた, の跫音

▼ ゆく根本~ (2, 0.0%)

1 のところ, の精神

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の花びら, もある

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 はそれ, 見客

▼ ゆく検事~ (2, 0.0%)

1 の後姿, の論告

▼ ゆく機体~ (2, 0.0%)

1 が見えた, を見送っ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のしづく, のなげきしらし

▼ ゆく欲望~ (2, 0.0%)

1 にはみずから, の消極

▼ ゆく歓喜~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を理解

▼ ゆく武家~ (2, 0.0%)

1 の生活, の経済事情

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 に何, に袖

▼ ゆく毎日~ (2, 0.0%)

1 であつ, の感情

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の中, の竈

▼ ゆく気分~ (2, 0.0%)

1 の方, は何とも

▼ ゆく気持ち~ (2, 0.0%)

1 が好き, はなんとも

▼ ゆく気魄~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, の点

▼ ゆく氣持~ (2, 0.0%)

1 はとても, は現在

▼ ゆく水禽~ (2, 0.0%)

2 のちら

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の誰, れよ笹舟

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のお, の水

▼ ゆく海面~ (2, 0.0%)

1 に黒煙, を眺め

▼ ゆく淋し~ (2, 0.0%)

1 さから, さを

▼ ゆく渡り鳥~ (2, 0.0%)

1 の一群, の群れ

▼ ゆく源氏~ (2, 0.0%)

2 の運命

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 にはめだか, をもっ

▼ ゆく澤山~ (2, 0.0%)

1 の螢, の車

▼ ゆく激流~ (2, 0.0%)

1 がとうとうと, も遠く

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の苦悩, を見つめ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 にも力, を私

▼ ゆく無限~ (2, 0.0%)

1 の喜悦, の雑沓

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のよう, の影

▼ ゆく爆音~ (2, 0.0%)

2 もし

▼ ゆく爪先~ (2, 0.0%)

2 の感覚

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のやう, や巒気

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 がむれ

▼ ゆく物乞~ (2, 0.0%)

2 の漂浪人

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 は目, を想像

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のよう, の屍

▼ ゆく現在~ (2, 0.0%)

1 の一線, ほどに彼女

▼ ゆく現象~ (2, 0.0%)

1 をさすが, をもつ

▼ ゆく生徒~ (2, 0.0%)

1 の嫁入口, もあった

▼ ゆく用意~ (2, 0.0%)

1 が足りなかっ, をした

▼ ゆく田園風景~ (2, 0.0%)

1 に目, のほ

▼ ゆく田舎~ (2, 0.0%)

1 の単調, の道ばた

▼ ゆく町駕~ (2, 0.0%)

1 の垂れ, の後

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 だ, なので

▼ ゆく異様~ (2, 0.0%)

1 な生物, の現象

▼ ゆく発展~ (2, 0.0%)

1 の能力, を保証

▼ ゆく白菊の~ (2, 0.0%)

2 はなのに

▼ ゆく真似~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ゆく真理~ (2, 0.0%)

1 の姿, を背負

▼ ゆく着物~ (2, 0.0%)

1 さえもない, やおみやげ

▼ ゆく研究~ (2, 0.0%)

1 をし, を最初

▼ ゆく社会施設~ (2, 0.0%)

1 の実現, の必要

▼ ゆく神経~ (2, 0.0%)

2 の基

▼ ゆく秀吉~ (2, 0.0%)

1 の, を見

▼ ゆく私たち~ (2, 0.0%)

1 の努力, は依然

▼ ゆく科学~ (2, 0.0%)

1 の真, の諸

▼ ゆく種類~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人

▼ ゆく空し~ (2, 0.0%)

2 さのみを

▼ ゆく空中~ (2, 0.0%)

1 の征服, の隊商

▼ ゆく空気~ (2, 0.0%)

1 が感じられた, ってもの

▼ ゆく立姿頂~ (2, 0.0%)

2 の辺

▼ ゆく童ふたり~ (2, 0.0%)

2 見えつつ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 一の

▼ ゆく筋道~ (2, 0.0%)

1 というもの, をだんだん

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 は絶対, をおとり

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 に対, もあれ

▼ ゆく範囲~ (2, 0.0%)

1 の具体性, を踰

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 もなく, 之助

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 が得られない, を購う

▼ ゆく紅葉~ (2, 0.0%)

1 の色, を見る

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 の人形

▼ ゆく紙帖~ (2, 0.0%)

2 もございます

▼ ゆく素子~ (2, 0.0%)

1 が手はず, の言葉

▼ ゆく紳士~ (2, 0.0%)

1 がある, もありました

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の屋外戦, をよく

▼ ゆく経過~ (2, 0.0%)

1 をこの, を明瞭

▼ ゆく経験~ (2, 0.0%)

1 として教員養成所, ももっ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 があつ, のなか

▼ ゆく編笠~ (2, 0.0%)

1 の侍, の影

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の孤独, をゆるし

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の群, の群れ

▼ ゆく美人~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ ゆく群れ~ (2, 0.0%)

1 が多かっ, などぞくぞく

▼ ゆく羨ましい~ (2, 0.0%)

2 事だ

▼ ゆく義務~ (2, 0.0%)

1 がある, として雑誌社

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の歩み, 僧あり

▼ ゆく老公~ (2, 0.0%)

1 のす, を宿

▼ ゆく老女~ (2, 0.0%)

1 のおぼつかない, の作

▼ ゆく老婆~ (2, 0.0%)

1 の杖, の視線

▼ ゆく者ら~ (2, 0.0%)

1 に力, は待ち受けてる

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 かくし, から眼

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 はいかにも, を見

▼ ゆく背姿~ (2, 0.0%)

2 ありしが

▼ ゆく能動~ (2, 0.0%)

1 の力, の機能

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 働車の, 轉車の

▼ ゆく興味~ (2, 0.0%)

1 ふかい世相, もない

▼ ゆく舷近く~ (2, 0.0%)

2 むれ集

▼ ゆく船上~ (2, 0.0%)

1 から魏, には落莫

▼ ゆく良心~ (2, 0.0%)

1 のなだめ, の課題

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ゆく若い美しい~ (2, 0.0%)

1 女の, 女性一方は

▼ ゆく若葉森~ (2, 0.0%)

2 この日移り

▼ ゆく英雄~ (2, 0.0%)

1 であった, といにしえ

▼ ゆく草場~ (2, 0.0%)

1 でその, のかげ

▼ ゆく荷物~ (2, 0.0%)

1 の中, をこしらえ

▼ ゆく華やか~ (2, 0.0%)

1 な夕陽, な座敷着

▼ ゆく落日~ (2, 0.0%)

1 の大悲光, の影

▼ ゆく葬列~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ゆく蒸汽~ (2, 0.0%)

1 のあり, の白ペンキ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 やかさ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 のぐらすに

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 月夜右の, 紅い灯

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 で, のやう

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の寝苦しい, やりの

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のむれ, を見

▼ ゆく蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 だった, のよう

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のつばさ, のまぶし

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のよう, をもっ

▼ ゆく血潮~ (2, 0.0%)

1 の色, を温め

▼ ゆく行人~ (2, 0.0%)

2 に霰

▼ ゆく行列~ (2, 0.0%)

1 の中, へ呼ばわった

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 と舞

▼ ゆく表情~ (2, 0.0%)

1 はいつも, を見

▼ ゆく西~ (2, 0.0%)

1 のほう, へ行く

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 があろう, 所要所につけ

▼ ゆく規定~ (2, 0.0%)

1 に於, のコース

▼ ゆく親方株~ (2, 0.0%)

2 になりました

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 のところ, へ来かかった

▼ ゆく計画~ (2, 0.0%)

1 か, なの

▼ ゆく証拠~ (2, 0.0%)

1 だ, をお

▼ ゆく詩語~ (2, 0.0%)

2 は現代語

▼ ゆく調子~ (2, 0.0%)

1 もそっくりそのまま, やがて声

▼ ゆく谷川~ (2, 0.0%)

1 かと思われます, が望まれる

▼ ゆく資格~ (2, 0.0%)

1 がある, のない

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 と白

▼ ゆく赤き~ (2, 0.0%)

1 曇の, 都会の

▼ ゆく趣味~ (2, 0.0%)

1 なども此処, はない

▼ ゆく輝き~ (2, 0.0%)

1 であった, でなければ

▼ ゆく農家~ (2, 0.0%)

1 の縁さき, の車

▼ ゆく辻占うり~ (2, 0.0%)

2 のこゑ

▼ ゆく辻馬車~ (2, 0.0%)

1 の中, の高い

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 喋った, 手を

▼ ゆく近所~ (2, 0.0%)

1 の洗濯婆さん, の釣堀

▼ ゆく近道~ (2, 0.0%)

1 ということ, を先生

▼ ゆく途すがら~ (2, 0.0%)

1 でありまた, 叫ばれたもの

▼ ゆく速力~ (2, 0.0%)

1 が倍加, のはや

▼ ゆく速度~ (2, 0.0%)

1 よりも寧ろ, をおさへ

▼ ゆく連中~ (2, 0.0%)

1 が多かっ, のなか

▼ ゆく過去~ (2, 0.0%)

1 の多く, の生活

▼ ゆく道すじ~ (2, 0.0%)

1 から云う, がそれ

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の渚, 乘りらしい

▼ ゆく遠山~ (2, 0.0%)

1 の色, の雪

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の末, へしばしば

▼ ゆく郊外~ (2, 0.0%)

1 に取り残されし, の住宅材料

▼ ゆく部分~ (2, 0.0%)

1 と最後, になる

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の障子, は水晶

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の音, はもう

▼ ゆく長蛇~ (2, 0.0%)

1 の列, の敵

▼ ゆく限り~ (2, 0.0%)

1 或る, 遠く筑波山

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 に人間, の色

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 もない, をもつ

▼ ゆく障子~ (2, 0.0%)

1 のうち, の日影

▼ ゆく霜月~ (2, 0.0%)

2 や專修念佛

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 かな思ひ, かな情緒

▼ ゆく非常~ (2, 0.0%)

1 に強い, に強壮

▼ ゆく響き~ (2, 0.0%)

1 だった, もする

▼ ゆく順路~ (2, 0.0%)

1 だと, に沿う

▼ ゆく風の音~ (2, 0.0%)

1 が魂, を聞い

▼ ゆく飛行機~ (2, 0.0%)

1 の残す, もあった

▼ ゆく香料~ (2, 0.0%)

1 のたいまつ, の波

▼ ゆく香気~ (2, 0.0%)

1 の翅, はまど

▼ ゆく馬子みな~ (2, 0.0%)

2 寒き冬

▼ ゆく馬蹄~ (2, 0.0%)

1 の音, の響き

▼ ゆく馭者~ (2, 0.0%)

1 のあり, の鞭振り

▼ ゆく駄馬~ (2, 0.0%)

1 の嚏, の姿

▼ ゆく騎馬~ (2, 0.0%)

1 の兵士, の士

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 崖の

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の影, は地

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

1 の上, の背なか

▼ ゆく黒い~ (2, 0.0%)

1 影を, 爆弾の

▼ ゆく~ (2, 0.0%)

2 の尻尾影

▼1* [2603件]

ゆくああいふ秒間の, ゆくあいだじゅう私には自分自身, ゆくあいだ懐紙で眼, ゆくあいだ新八はうしろ, ゆくあかつきの時, ゆくあさましいまでに痩せ細った, ゆくあざやかな呑みぶり, ゆくあっちの道, ゆくあづま屋に螢, ゆくあと始末の兵, ゆくあなうたて, ゆくあなたたちの精力, ゆくあなた緑けぶりぬと, ゆくあな恐怖より, ゆくあぶない恋, ゆくあまの釣舟, ゆくあやしい船の, ゆくあるいはそれを, ゆくいいな, ゆくいきさつがまざまざ, ゆくいくつかの続篇, ゆくいくら夏でも, ゆくいちばん正しい道, ゆくいっさいのもの, ゆくいつまでも, ゆくいのちは伸びる, ゆくいのち正眼には見よ, ゆくいまいましい氣持を, ゆくいろんな段階という, ゆくいわばこの一編, ゆくいわれはない, ゆくうす紅の, ゆくうちあなた樣に手紙, ゆくうちいつか広い河原, ゆくうちおぼろげながら日本印刷術, ゆくうちサヨは我が, ゆくうち一だいのあやしい, ゆくうち一枚しかキップ, ゆくうち一番説明の樂, ゆくうち三之助の不幸, ゆくうち不意に下, ゆくうち初め一寸私, ゆくうち史上の英傑, ゆくうち敵味方とも思われない, ゆくうち私は失望, ゆくうどん屋の灯, ゆく不明に, ゆくえさだか, ゆくおおとりの道程, ゆくおせんちゃんはおれ, ゆくおつもりですか, ゆくおのが顔, ゆくおばあさんの背中, ゆくおぼろ夜に沈黙, ゆくおまへの白い, ゆくおみやげは一家, ゆくおもひいと, ゆくおれの足, ゆくお互いに顔, ゆくお供と末社, ゆくお初の行手, ゆくお前に話し, ゆくお喋りの主, ゆくお次の輿, ゆくお爺さんへやる, ゆくお答えを聞く, ゆくお萩餅が沢山, ゆくお袋に嘘, ゆくかいもない, ゆくかぎり一人しづかに常子其人, ゆくかくごで, ゆくかげの, ゆくかさぎの山, ゆくかしらと考へるの, ゆくかすかなるもの, ゆくかたまりからまず, ゆくかたわら新日本文学会, ゆくかつての仲間, ゆくかとも思われた, ゆくかなしさ, ゆくかなど老人には, ゆくかべゑのほとけもろともにわがたまのをのたえぬともよし, ゆくかもめを見つけ, ゆくかよわいマリ子は, ゆくからくりとなっ, ゆくからさえもつきあ, ゆくからというような, ゆくからに險路にも, ゆくからねもうすぐだ, ゆくからのそりが, ゆくかわいそうなところ, ゆくがをりを, ゆくきつい香りを, ゆくきみはボート, ゆくきり二三年したら田舎, ゆくきんぽうげ, ゆくぎごちない青年, ゆくくせに人, ゆくくだりは夢, ゆくくらいが関の山であった, ゆくくらいにこまりも, ゆくくんれんを受ける, ゆくぐあいがすぐ判っ, ゆくぐらいにしか思わなかったであろう, ゆくこうろぎとびあるく, ゆくこういうすべての, ゆくこうした淫らが, ゆくこころにしかなれない, ゆくこころもちとはどこ, ゆくこころ禁めかねつ, ゆくこちらを見, ゆくこっちの顔, ゆくことことと, ゆくことこれは今日, ゆくことさへ出, ゆくことすべてそれらは正しい, ゆくことなほ未だ遠から, ゆくことによると, ゆくことひとに使われる, ゆくこと七八町にし, ゆくこと三日風力がすこぶる, ゆくこと位で暮し, ゆくこと何かつくり出し, ゆくこと余り長居すること, ゆくこと例のごとし, ゆくこと八キロメートルあまりにし, ゆくこと其は実に実に, ゆくこと凡そ十町杉林つきて, ゆくこと勉強すること, ゆくこと勿れ, ゆくこと十歩にし, ゆくこと千歩にし, ゆくこと千里二千里一萬里此處三十里の隔て, ゆくこと半町ばかりフハン, ゆくこと単な習慣, ゆくこと四五丁山角を廻る, ゆくこと女のお前, ゆくこと官兵衛一代だけでなく, ゆくこと平地のよう, ゆくこと感情的に不快, ゆくこと支度もすっかり, ゆくこと数千里そこに氷, ゆくこと数里断崖の上, ゆくこと時にとっての何ぼう, ゆくこと横浜に近々, ゆくこと社会連帯の諸, ゆくこと自体が一つ, ゆくこのごろの自分, ゆくこの世のあはれさ, ゆくこの大きな町を, ゆくこれからの道, ゆくころ雪はやみ, ゆくこッた, ゆくさきおせんのため, ゆくさきざきでたちまちその, ゆくさきざきでいろいろの芸をし, ゆくさきざきでかわっているがそれはたいてい, ゆくさきざきで子守や走り使い, ゆくさきざきで祭りの酒, ゆくさきざきに戦のある, ゆくさきはいずくぞ行衛, ゆくさき力になろう, ゆくさき苦労するばかりじゃ, ゆくさき邪魔になる, ゆくさくさ人ふりかへ, ゆくさて又病院, ゆくさては操を, ゆくさびしそうな, ゆくしぐさを繰返す, ゆくしめやかなこひび, ゆくしょうばいを身, ゆくじいさんに追いつきました, ゆくじゃあないか, ゆくじりじりとした, ゆくすえながくお導き下さいませ, ゆくすえ仕合せとはきまらない, ゆくすえ何日か他, ゆくすえ国の乱れるう, ゆくすえ尊氏の勢い, ゆくすえ源次郎さまの御, ゆくすえ禁門の一将, ゆくすえ禍根となる, ゆくすえ若旦那さまのお, ゆくすぐその跡, ゆくすごい光景を, ゆくすさまじさは現前, ゆくすばらしい力を, ゆくするとそこの, ゆくせめてもの慰め, ゆくぜん身心の新た, ゆくはをのこら, ゆくそこでよく相談, ゆくそのままに描い, ゆくその後をよほど, ゆくその後首に, ゆくその道以外にはないでしょう, ゆくそびらより, ゆくそらに心細く, ゆくそれから目白, ゆくそれぞれの子供役者, ゆくそれで女の, ゆくそれらのどの, ゆくそれら童心の魂たち, ゆくそれ等のもの, ゆくぞよ東京へ, ゆくたくさんの人たち, ゆくたびごとに誤り, ゆくたましい, ゆくため学校へゆく, ゆくため必要な才能, ゆくため戸外に出る, ゆくため是非乗らなければ, ゆくため構成がなくなり, ゆくため石川らの道場, ゆくため誤解を生ずる, ゆくたんぽぽの穂, ゆくだけが人間の, ゆくだけでも二人の, ゆくだけに骨が, ゆくだけにはその程度, ゆくちょうどそれと, ゆくちょっとまえに, ゆくちょろちょろ水の, ゆくちよろちよろの小, ゆくちんからと, ゆくっていうイギリスの, ゆくついさきごろも, ゆくついでに何とか, ゆくつて気もあつ, ゆくつめたく無気味な, ゆくつよい共同の, ゆくつらさを, ゆくてにあたって一宇の, ゆくてには出世の栄座, ゆくてには煙が空, ゆくてには苦もあろう, ゆくてにもたかい岩山, ゆくでたらめな小さな, ゆくでっぷりとふとった, ゆくといくらいつて, ゆくといったじゃないか, ゆくといふだけで報酬, ゆくとお国さんは, ゆくときあぐらをかい, ゆくときあたしはコッソリ, ゆくときあなたのお, ゆくときそれがすでに, ゆくときめきがあります, ゆくときわたしの眼, ゆくときカルワリオの丘, ゆくときブレークは軽い, ゆくときワシリェフスカヤは過去, ゆくとき一人の女, ゆくとき一字一字を実にしっかり, ゆくとき二人は無言, ゆくとき人々は, ゆくとき何か神秘的, ゆくとき同行の看守, ゆくとき妻母永瀬氏小田原で自動車, ゆくとき宇宙の雲助, ゆくとき左膳と月輪, ゆくとき彼女とだけ出会う, ゆくとき後の方, ゆくとき成信に昼食, ゆくとき我々に殘, ゆくとき最後に彼女, ゆくとき松次郎は大きな, ゆくとき波は小さい, ゆくとき生活力が少し, ゆくとき画家にとって道づれ, ゆくとき留守番にかえっ, ゆくとき留置場から自動車, ゆくとき精之助, ゆくとき素子は伸子, ゆくとき紺のいろ, ゆくとき職人らが金槌, ゆくとき落穴の壁, ゆくとき虹ヶ浜にまわりました, ゆくとき途中を一緒, ゆくとき道のべに, ゆくとき鈴をつけた, ゆくとき鉄きゅうの上, ゆくとき附近の林, ゆくとき龍介をちょっと, ゆくとこういうこと, ゆくところこれをヨーロッパ人, ゆくところそこにつまり, ゆくところそれ等が映画, ゆくところどこにも同じ, ゆくところみな難所折所いざという, ゆくところ人影の一つ, ゆくところ必然になんらかの, ゆくところ目に見える, ゆくところ自らそれぞれ自分の胸, ゆくところ麥の穗, ゆくとさつさと家, ゆくとしましたらまあなんという, ゆくとしましてそのほか, ゆくとぞみえし, ゆくとたんうしろから伝九郎, ゆくとばかり思うて, ゆくとらの姿, ゆくとんぼ組のお, ゆくどうしても主体と, ゆくどこまでもだ, ゆくどん底はどこ, ゆくなかばのうち, ゆくなかれコヌカ三合持ったら, ゆくなじみの深い, ゆくなぞはあまり, ゆくなつたので, ゆくなつかしき船よ, ゆくなと云い渡しました, ゆくなどは読者にとって, ゆくなべにたまづさの使, ゆくなりかたというもの, ゆくなるほど不便な, ゆくなんとかなしいこと, ゆくなんどいうば, ゆくにかあはれうらがなし, ゆくにがさかな, ゆくについての恐怖や, ゆくについてはかなりに, ゆくについてはと行く手に, ゆくにつれてはまだ若い, ゆくにはずつと遠くの, ゆくにやと畫工に, ゆくにより心に, ゆくに対してそれを, ゆくに当たってお藤, ゆくに際してそこまで, ゆくに際しての家族たちの, ゆくのあれからどうして, ゆくのいやで丁度, ゆくのでね阿父さん, ゆくのどこへ, ゆくのみで少しも, ゆくの元気はあった, ゆくの厭でない, ゆくの車で長崎橋, ゆくはかない影を, ゆくはたがつま, ゆくはてまで一望, ゆくはては土牛の, ゆくはなはだ勝手気ままの, ゆくはなやかな気, ゆくはるかのさき湖水, ゆくはるのよひ, ゆくばかりがさむらい, ゆくばかりとしたら, ゆくばかりになつて來た, ゆくばかりを見るだけ, ゆくひつようが多く, ゆくひとときをあさ, ゆくひと日を惜しみ許されぬ, ゆくひもと思っ, ゆくひろ子に近い, ゆくふかう落葉し, ゆくふくろもったり, ゆくふたつの犬, ゆくふるさとの街, ゆくふるさと人に, ゆくぶんにはさしつかえない, ゆくへが判らないん, ゆくへたへたなり, ゆくへと辨へ, ゆくへについても多少の, ゆくへにのみ眺め入, ゆくへや求むる, ゆくへをば思ひやり, ゆくほかこの世で役, ゆくほか別会にもゆく, ゆくほか方策もなかっ, ゆくほとりで何, ゆくほとんど自分とは, ゆくほどな問題でも, ゆくほどもお糸, ゆくほほけす, ゆくほんのりした夕映, ゆくまえは小石川, ゆくまことに平和な, ゆくまたは居直って, ゆくまち子のノド笛, ゆくまともな迫力, ゆくまばらな人影, ゆくまますべなきか, ゆくまんいちのこと, ゆくむさしのが, ゆくむし暑い空に, ゆくめくらの商人, ゆくめくら鴉は, ゆくもとより軍律の, ゆくものさへ誰一人, ゆくものしだいに増加, ゆくもののふの道, ゆくものデッチョーの茶屋, ゆくもの也かの行者, ゆくもの皆美し, ゆくもの音を聞い, ゆくもみぢ葉よおんみの熱, ゆくもみづる山こえて, ゆくもよかるべきに, ゆくやがてエンジェネールも, ゆくやつ筋斗をし, ゆくやや前かがみの, ゆくやらで自分一人に, ゆくゆえ乗物の支度支度, ゆくゆえ戦線に立つ, ゆくゆっくりした靴音, ゆくゆるやかな波, ゆくよう信玄の陣前, ゆくよう処置をし, ゆくよう努力して, ゆくよう命令を下した, ゆくよう応酬した, ゆくよう習慣づけられて, ゆくよう計画しなければ, ゆくよかったら来いと, ゆくよきひとの, ゆくよさわるさ, ゆくよの型で, ゆくよろしいな, ゆくつづけぬ, ゆくりっぱな侍, ゆくるいの馬車, ゆくわいさうに笑ひました, ゆくわいそうです, ゆくわかき夢の, ゆくわが子をさびし, ゆくわが家の屋敷, ゆくわたくしの秋, ゆくわたしたち子供ぐらいの高, ゆくわななきを, ゆくわねどうしてあんな, ゆくわよ痛くない, ゆくわれの足音, ゆくわれ過去をみ, ゆくんぢやない, ゆくんでむやみに, ゆくアア悲しそう, ゆくアタイおもちゃ買って, ゆくアッコルティ先生とも知りあい, ゆくイリリヤ嬢のおと, ゆくインフレ景気は私, ゆくウヌボレ慰めの余地, ゆくエネルギーにおいて私たち, ゆくエリスの後姿, ゆくオオドゥウの人間的品位, ゆくオルガンのこゑ, ゆくカテリーナ・リヴォーヴナを隊, ゆくカムポスに絶望, ゆくカヤノとばあさん, ゆくガラテア姫にもふさわしく, ゆくガレージの壁, ゆくガヴローシュの姿, ゆくキメは緻密, ゆくギラギラと光っ, ゆくギリシャ精神危機にある, ゆくクラマールの下宿, ゆくクラリネツトの音, ゆくケルミッシュをみる, ゆくココアいろの, ゆくコツも判る, ゆくサエを見る, ゆくサヨの薄, ゆくサルタムの子, ゆくサンチョであると, ゆくシアトルを眺めた, ゆくジーグムントは客間式, ゆくスキーを楽しむ, ゆくスクータリーの陸軍病院, ゆくスパイクシューズも何ら, ゆくスピードがむずかしい, ゆくズヴェルコフという友だち, ゆくセルカークの向う, ゆくソヴェト・ロシアの生活, ゆくタイプではない, ゆくタンクの静か, ゆくダイナミックで強靭, ゆくチビ公のすげ, ゆくチンピラ給仕の後, ゆくテンツルツンテンツンテンツンテンの響き, ゆくテンポだけが意識, ゆくトキハという一種, ゆくトスカーナ人よねがはく, ゆくトリスタンをとらえる, ゆくドーヴァー通いの駅逓馬車, ゆくナターシャを伸子, ゆくナチス軍の敗退, ゆくネヂがゆるんだ, ゆくネフリュードフを追って, ゆくハンターとリヴジー先生, ゆくパット六人になる, ゆくヒューマニスティックな能力, ゆくヒラキがあった, ゆくビクトルカランザの配下, ゆくビルのたかく, ゆくビルディングの奇病, ゆくファアデットの女らしく, ゆくフランネル長襦袢と, ゆくブルジョアジーと勤労階級, ゆくブルヴァールには晩秋, ゆくプラカートの, ゆくプレハーノフの文章, ゆくプロセスがあります, ゆくプロレタリアらしいやりかた, ゆくプロレタリア芸術運動の道, ゆくペンドラムと成り, ゆくホヤに窓際, ゆくボオルそれを追, ゆくボタンを四つばい, ゆくポンジーの紙箱, ゆくマイクロフォンからの音声電波, ゆくマグネの煙, ゆくマフの毛, ゆくミケランジェロの神, ゆくミトローニク氏の姿, ゆくモラルであり日本, ゆくモルガンの悲しい, ゆくラザルスのうしろ姿, ゆくラランが前, ゆくリアリスティックな凜冽さ, ゆくリストの調べ, ゆくレストランやキャヴァレー, ゆくローマ帝国のそれ, ゆくヱンジンが空腹, ゆくヴァイオリンの急進音, ゆくヴェネチアの風物, ゆくヴェリチャーニノフの顏, ゆく一つ二つが見えた, ゆく一九二八年の六月, ゆく一人一人の姿, ゆく一個不思議な人物, ゆく一刻一刻の変化, ゆく一台の馬車, ゆく一同はただ, ゆく一名の武家, ゆく一味の消息, ゆく一團に加はつ, ゆく一字一字の内容, ゆく一定の生活態度, ゆく一家族のよう, ゆく一尾のふ, ゆく一抹の淋し, ゆく一挺のかご, ゆく一方天下の武者, ゆく一旅人がある, ゆく一日前お母さんは河村, ゆく一歩ごとにその, ゆく一点の人影, ゆく一片の白雲, ゆく一瞬の夏, ゆく一組の雛妓たち, ゆく一羽の蝶, ゆく一舟群を見た, ゆく一般の情勢, ゆく一船こそ尊氏, ゆく一船列は右, ゆく一艘の舳, ゆく一葉さへわ, ゆく一角の顔, ゆく一貫した方法, ゆく一貫性はもはや単に, ゆく一輛の四輪車, ゆく一途だろう, ゆく一隊二隊が辻, ゆく一階に泌尿科, ゆく一頁毎に彼女, ゆく一騎は一箭, ゆく丁度その時私, ゆく丁抹の少年, ゆく七騎のかげ, ゆく万三郎の面前, ゆく万歳オンパレードである何, ゆく万祝衣の爺, ゆく丈夫で生きて, ゆく三々五々の米兵, ゆく三千の影, ゆく三味線箱や時鳥, ゆく三河武士どもの無念顔, ゆく三等の汽車, ゆく三角先生もで, ゆく三輪車の薔薇, ゆく上にべんりでありますから, ゆく上原の肉体, ゆく上流の令嬢, ゆく上野介のす, ゆく上野広小路の雑沓, ゆく上野廣小路の雜沓, ゆく下りでありその, ゆく下り坂があつ, ゆく下村氏と箱行, ゆく不可思議さに愕, ゆく不敵な定明, ゆく不断の春, ゆく不滅な黎明, ゆく不謹慎で饒舌, ゆく与之助は途中, ゆく世々の末, ゆく世に美しい青年, ゆく世代にもなつて, ゆくの根, ゆく丘署長の遅い, ゆく岸の, ゆく両側に立並んだ, ゆく中井氏夫妻の招待, ゆく中国の真, ゆく中央に丸々, ゆく中央山脈の一染, ゆく中心の力, ゆく中心地はいくつ, ゆく中毒症の斑点, ゆく中途のところ, ゆく丹三郎を見る, ゆく個長左衞門は, ゆく主人たちを見送っ, ゆく主観の謙抑, ゆく久美子の後姿, ゆく久良のかたち, ゆく久遠の姿, ゆくを妨ぐる勿, ゆく乗り物のほう, ゆく乗合馬車の中, ゆく乘合の馬橇, ゆく乘合馬車の中, ゆく九州の地, ゆく乞食の姿, ゆく乾門の通り, ゆく事々が城太郎, ゆく事件が発生, ゆく事務上の接触, ゆく事千里二千里一万里此処三十里の隔て, ゆく事千里二千里一萬里此處三十里の隔て, ゆく事実と私, ゆく事平地のごとく, ゆく事情条件というすじ, ゆく事態に底, ゆく事業でもあった, ゆく二三の辻馬車, ゆく二三丁のところ, ゆく二人づれの後ろ, ゆく二人連れの男, ゆく二十一の女, ゆく二十日鼠だの逃げ出す, ゆく二十歳足らずの小姓, ゆく二台の俥, ゆく二月のはじめ, ゆく二百階も石段, ゆくは, ゆく五人の中, ゆく五位のむれ, ゆく五六頭の牝馬, ゆく亞當が族, ゆくの町, ゆく京洛の船, ゆく京都町奉行付の同心, ゆく人々六部煙草売り雑多, ゆく人々自身がどういう, ゆく人人らしかった, ゆく人冬めける, ゆく人力車までが見える, ゆく人力車上につくづく, ゆく人力車夫にしばし, ゆく人口をただ, ゆく人夫に来, ゆく人奈良田から湯島, ゆく人待つらむか, ゆく人民的な自由, ゆく人白髯へゆく, ゆく人群れにまじっ, ゆく人買いはよく, ゆく人足もある, ゆく人道主義的な標語, ゆく人間共存の意識, ゆく人間変革の過程, ゆく人間男女をあこがれ, ゆく人間的経験の文学表現, ゆく人類の命, ゆく今それらのある, ゆく今宵のまど, ゆく今敵にもやすやす, ゆく仏国にほかならない, ゆく仏教様式の変化, ゆく仔馬の群, ゆく他国の者, ゆく代物ぢやあないて, ゆく以上死人の世界, ゆく仰山な明り, ゆく企画などこれ, ゆく伊勢の白子, ゆく伊織は子ども心, ゆく休みない人生, ゆく会話などもいかにもいきいき, ゆくが嘲り, ゆく伽藍の下, ゆくで陳列, ゆく住家をつきとめ, ゆく佐助にも一筆遺物, ゆく何とそれは, ゆく何ものかを必死, ゆく何事か早, ゆく何人かの人, ゆく何商売か知れない, ゆく何度も何度, ゆく何者がそれ, ゆく余り遠くて, ゆく余力をもっ, ゆく作家たちの創作的改造, ゆく作家一人を見る, ゆく作物よ, ゆく作用で分解, ゆく使いらしく櫓音, ゆく使徒のよう, ゆく侍従の運命, ゆく侍臣もあった, ゆく価値がある, ゆく便りにせよ, ゆく便宜のため, ゆく便法をつくらなけれ, ゆく便船に乗っ, ゆく保本はいい, ゆく保証人を探し, ゆく保護色といふやう, ゆく信吉の後, ゆく信濃の國, ゆく修業の道, ゆく俳優たちにことに, ゆくの上, ゆく候鳥である, ゆく停車場である, ゆく健全な文学, ゆく健気な心, ゆくの歩道, ゆく側臣たちの中, ゆく偵察艇から無電, ゆくの者, ゆくの下, ゆく傳説の姫君, ゆく働きをする, ゆくは白衣, ゆく僧形のばら, ゆくない礼儀, ゆく優しい厳重な, ゆく優美に待遇, ゆく兄法主には大きく, ゆく兆候のある, ゆく先きざきで恋, ゆく先きの復讐汝ものとせず, ゆく先ざきを髣髴, ゆく先ざきで面白いこと, ゆく先ざきでこの手をくった, ゆく先ざきで鶯を聴い, ゆく先そこまで行っ, ゆく先頭の力, ゆく先駆の箭風, ゆく光つてゐるまだ, ゆく光厳のす, ゆくかな, ゆく入日を眺め, ゆく意識で, ゆく八十吉のうしろ姿, ゆく六ツの袂, ゆく六七人の足音, ゆく六波羅武者の弓箭千五百, ゆく兵士らの背, ゆく兵学なの, ゆく兵庫くずしの, ゆく兵隊の間, ゆく兵馬の編制, ゆく其中庵にはよすぎる, ゆく其方の駒, ゆく其果の遠き, ゆく具足馬蹄の音, ゆく典型的な内儀型, ゆく内儀の姿, ゆく内気な若い, ゆく内面の生理的変化, ゆく円盤となっ, ゆく冒険ができなかった, ゆく写象を心, ゆく冥途の旅, ゆく冬山こえて, ゆく冬枯れのさびしい, ゆく冷たさに, ゆく冷静な学者, ゆく凄まじさ, ゆく凡てを引きずっ, ゆくの風, ゆく凸凹の石道, ゆく出代り婢の姿, ゆく出入の魚屋, ゆく出来事と気分, ゆく出陣の折, ゆく出雲の岸, ゆくは同時にすぐ, ゆく切れ切れの景色, ゆく列車が出よう, ゆく初春着の女たち, ゆく別れの夜道, ゆく利家の足, ゆく刺戟鼓舞となれ, ゆく刻々の経過, ゆく前兆を作った, ゆく前山の峰, ゆく前面会所の切り窓, ゆく剣豪決死の血, ゆく剣魔と女怪, ゆく創作の過程, ゆく創作上の方向, ゆく創作態度が目立っ, ゆく創造力は女, ゆく力いろいろな要素, ゆく力それもやはり, ゆく力強さである, ゆく力自然力を極めて, ゆく助けにならせる, ゆく努力そのものの姿, ゆく努力ぬきには考えられない, ゆく労働者たちだ, ゆく労働者階級の政治力, ゆく労兵隊などまで実に, ゆく勉強も仕事, ゆく動きのとれぬ, ゆく動物のしょぼしょぼ, ゆく動的な思索, ゆく勝頼やあわれな, ゆく勤労の生活, ゆく勤勉で精気, ゆく勤番の浅黄裏, ゆく匂いが漂っ, ゆく包みもこしらえ, ゆくの空, ゆく北海の薄, ゆくれるよう, ゆく十一月の脆い, ゆく十二月の晦日, ゆく十五反帆, ゆく十台の大, ゆくも万, ゆく千代はひき寄せ, ゆく千曲川の激流, ゆく千種のうしろ, ゆく千載の好機, ゆく午前十時ごろにでかけ, ゆく午後の時刻, ゆく半島人の婆さん, ゆく卑弥呼の姿, ゆく南天の実, ゆく南部鉄瓶工の名人肌, ゆく衣羽織, ゆく博労か, ゆく博多二〇加のあと, ゆく印度の姫君, ゆく危險があつ, ゆく厄介さも気持, ゆく原稿紙とを私, ゆく去年の冬, ゆく又八を蝙蝠, ゆく友人の尻, ゆく反響の工合, ゆく叔母の針, ゆく叔父の振る, ゆく取次もありません, ゆく口触りのやはら, ゆく口調で呟いた, ゆくるい街, ゆく古い貴族など, ゆく古馴染の家, ゆく句境涯も生きゆく, ゆく召使いの童子, ゆく能力が, ゆく可笑しさとめども, ゆくの方向, ゆく右大臣家は小一条, ゆく右近を書こう, ゆく合間に向う岸, ゆく吉岡堅二が洋画家, ゆく同じ人たちが, ゆく同体の一部, ゆく同僚に嫉妬, ゆく同志の背, ゆく同性に合理的, ゆく名札で, ゆく名栗川の溪流, ゆく吐息を洩し, ゆく向上の社会的方向, ゆく向上心を涙, ゆく君たちにそれ, ゆく君花に聴かず, ゆくとわが, ゆく味噌や醤油, ゆく和泉式部を夢, ゆく和蘭人の一人, ゆく哀れな女, ゆく唐もろこしの青い, ゆく唖男の影, ゆく取ったん, ゆくを案じた, ゆく唱声があった, ゆく商人がいます, ゆく商業的な文学, ゆく問いのなか, ゆく善き花と, ゆく善意の実感, ゆく善良な老, ゆく喜び悲しみの焔, ゆく喬木のやう, ゆく嘆きに堪えない, ゆく噴行艇の群, ゆく囚人のごと, ゆく四つの中隊, ゆく四つ角の処, ゆく四ツ手や人通り, ゆく四五人の遊蕩児, ゆく四五台を見る, ゆく四人の姿, ゆく四囲の自然, ゆく四国屋の船, ゆく四季の眺め, ゆく四拍子一節の時計, ゆく因子となっ, ゆく因果の前兆, ゆく団体が幾つ, ゆく困難さの百倍, ゆく図太さや, ゆく国々の形勢図, ゆく国上寺の寺男, ゆく国土のさき, ゆく国外勢力の行動方針, ゆく国府津へゆく, ゆく国民兵召集の太鼓, ゆく國務大臣とがある, ゆく國育ちのない, ゆく圏内に追い込まれ, ゆくの方, ゆくになる, ゆくの中, ゆく土台を失った, ゆく土堤上の道, ゆく土牛の動作, ゆくの上, ゆく地下鉄電車の姿, ゆく地位なん, ゆく地力の骨組み, ゆく地勢とそこ, ゆく地層のうえ, ゆく地帯の直下, ゆく地平線をながめた, ゆく地蔵堂町の子供達, ゆく地酒の味, ゆく地階の扉, ゆく地面の悪条件, ゆくであるもしくは, ゆくも煩らひも洗, ゆく城下の人たち, ゆく城主の嫡子, ゆく城太郎の如き, ゆくの星, ゆく基本的な動力, ゆく基礎として食べもの調査, ゆく堅牢な歯車, ゆく場内の推移, ゆく場合生命は萎縮, ゆく場面となっ, ゆくのやう, ゆく塩梅だったが, ゆく境地ではないでしょう, ゆく墓場への旅人, ゆくの香り, ゆく墳墓によって知らるる, ゆく壁土のそば, ゆく壊疽という病, ゆく壜型の私, ゆく変化につれてその, ゆく変幻極まりない表情劇, ゆく夏東京あたりと変らない, ゆくの町, ゆく夕べの風, ゆく夕明りを惜, ゆく夕暮れに帰っ, ゆく夕暮雨蛙が鳴き, ゆく夕白藤の, ゆく夕空の無辺, ゆく夕立の雲, ゆく夕陽の色, ゆく外国の貨物船, ゆく外国人がある, ゆく外廊の煉瓦, ゆく多勢の男, ゆく多吉にこの, ゆく夜半を, ゆく夜明の時刻, ゆく夜泣きうどん屋の売り声, ゆく大いなる曲り角を, ゆく大きなるひとつ, ゆく大事な役目, ゆく大人の通俗的, ゆく大勢の足音, ゆく大原女の群れ, ゆく大吉のほう, ゆく大地だ, ゆく大型バスの座席, ゆく大将であった, ゆく大将曹仁のまえ, ゆく大小ふたつの人影, ゆく大川との親しみ, ゆく大江戸の一日, ゆく大河のそれ, ゆく大石先生のはつらつ, ゆく大船をこれ, ゆく大藪地の裾, ゆく大路へ出れ, ゆく大軍が摂津, ゆく大通りの高い, ゆく天の河の影, ゆく天地のよろし, ゆく天意にたいして新た, ゆく天稟をもっ, ゆく天草丸だった, ゆく天馬になれる, ゆく太い憂鬱を, ゆく太公か何, ゆく太刀のきらめき, ゆく太平洋の水, ゆく太陽下り坂製粉所断巌の上, ゆく夫人たちが今日, ゆく失望とでがっかり, ゆく失業の者, ゆく奇妙な荷物, ゆく奇病のため, ゆく奈智の大瀧, ゆく契機がすでに, ゆく奔流の相, ゆくへゆく, ゆく奥さんが手伝, ゆく奥さん風のひと, ゆく奥底の性質, ゆく奥様の御, ゆく奧さんに一枚娘さん, ゆく女の子の後, ゆく女中さん二人も, ゆく女人間として現実, ゆく女医亭主が軍人, ゆく女学生どこかで逢った, ゆく女性此対立を今, ゆく女身像をみつめ, ゆく女連子供連の客, ゆく妨げにはならない, ゆくの自分, ゆく始めてなり, ゆく娘さんたちの内面的, ゆく娘子等をよん, ゆく娘達がかりに, ゆく婦人たちは主, ゆくの横顔, ゆく嬉しさ今日ここにて, ゆく子供これもやはり, ゆく子供達を象徴, ゆく子等がかげ, ゆく子細はそれ, ゆくのむら, ゆく孟宗藪の抜け道, ゆく季節の風, ゆく孤児の物語, ゆく学問であること, ゆく学生や大きな, ゆく学者の一人, ゆくのよう, ゆく孫兵衛たち三人の影, ゆく學問の歴史的發展, ゆく宅助の喉, ゆく宇乃の姿, ゆく南人や, ゆく安土の小身ども, ゆく宏子の心持, ゆく実例はほとんど, ゆく宣教師には特別, ゆく室内よ暗みゆき, ゆくやわが子, ゆくのものぐる, ゆく家の上を, ゆく家事との上, ゆく家家を見, ゆく家従たちがつくばっ, ゆく家族のもの, ゆく家臣たちの跫音, ゆく容相の一つ, ゆく容色や肉身, ゆく宿りを失った, ゆく宿命的な経路, ゆく寂しくその雲, ゆく寂寞に, ゆく寄席の味, ゆく富士川の水, ゆく富蔵のうしろ姿, ゆく寒氣の中, ゆくにいそい, ゆく寸前の自分, ゆく寺院内の行列, ゆく寿司の量, ゆく寿命に意味, ゆく専横時代がやって来る, ゆく将卒の, ゆく将来がある, ゆく将校たちの存在, ゆく尊い魂, ゆく小刻みの歩み, ゆく小太郎を見る, ゆく小姑に似合おう, ゆく小径のかたわら, ゆく小族などは物の数, ゆく小林先生のうしろ姿, ゆく小柄な男, ゆく小田の原, ゆく小石の一つ, ゆく小禽の影, ゆく小糠雨とかみんなそれぞれ, ゆく小舟水のしたたる, ゆく小船がある, ゆく小説人間として生き, ゆく小黒部の小屋, ゆく少年少女の心理, ゆく尨犬の, ゆく取は, ゆく尺八の音, ゆく尼僧の境涯, ゆくについて哀愁, ゆく居士の後姿, ゆく屋根もなく, ゆく屍骸につまずい, ゆく屑買いの物腰, ゆく山ぎはすこし, ゆく山ぎはのすこしづつあかみて, ゆく山ざくらちる, ゆく山の端は, ゆく山吹の花, ゆく山地の夜, ゆく山容も眺められ, ゆく山嶮は滝津瀬, ゆく山役人の溜り, ゆく山径だった, ゆく山脈をながめ, ゆく山間の軽便鉄道, ゆく山際すこしあ, ゆくを母, ゆくの村, ゆくの雪, ゆく島かげに別れ, ゆく島崎を祝福, ゆく島影に名残り, ゆくと崖, ゆく川上の遠山, ゆく川水の上, ゆく川添の道, ゆく川烏の姿, ゆく巡査の顔, ゆく巡洋艦のデツキ, ゆく巡礼道の情景, ゆく工人は果して, ゆく工員風な人, ゆく工場は航空機, ゆく工藝の歴史, ゆく左側にあった, ゆく左右に高く, ゆく左翼への関心, ゆく左膳振りかえりも, ゆく左馬介の白い, ゆく巧みな医者, ゆく巨獣となん, ゆくが心, ゆくと袍, ゆくのゆふぐ, ゆく市中を二階, ゆく市左衛門のうしろ姿, ゆく市民をながめ, ゆく市民たちだった, ゆく帆影を見まもり, ゆく希望よろこびその, ゆく師匠の後姿, ゆく帯刀が誰, ゆく帰国組が方々, ゆく常連もあった, ゆく帽子に別れ, ゆくの広い, ゆくの前, ゆく幕そとの, ゆく幕下の者, ゆく幕府の運命, ゆく平凡の美, ゆく平家以上源氏の末路, ゆく平湯一帯の景気, ゆく平野の縁, ゆく年の瀬に一片, ゆく年月は長い, ゆく年波を漕ぎ戻す, ゆく年限は非常, ゆく幸子のこと, ゆくを追う, ゆく幻像が映じ, ゆく幻影が金五郎, ゆく幻覚じみた感じ, ゆく幼い二人兄は, ゆく幼兒の感傷, ゆく幾何学ですよ, ゆく幾多の星雲, ゆく庄兵衛の妻, ゆく床屋はきれい, ゆくに極めて, ゆくだったので, ゆく度小頭から竹箆一本, ゆく度数が重なる, ゆく度母親が弁解, ゆく度胸もなし, ゆく座敷のうち, ゆく庶民生活のあわただしい, ゆくに薙刀, ゆく廃家の運命, ゆく建物からはようやく, ゆく廻転はすでに, ゆく弁当入れのバスケット, ゆくのよう, ゆく弥次馬の心もち, ゆく弱々しい蒼ざめた病人たち, ゆく弱きものと共に, ゆく張本人に違, ゆくさを, ゆく強力な人間磁気, ゆく強暴な動物, ゆく強靭な理性, ゆく弾丸は黒い, ゆく弾力自分の未, ゆく途の, ゆく当面の現実, ゆく彗星のよう, ゆく形態を曲げる, ゆく形間口は小さく, ゆく彦右衛門へついで, ゆく役人連の後, ゆく役割をもつ, ゆく彼らがちゆうちゆういひだすの, ゆく彼一流の斬り合い, ゆく彼方からこれ, ゆく往来の者, ゆく往来中を八十馬, ゆく往還片側は苗木, ゆくの方, ゆく径路は想像, ゆく後かげを見送り, ゆく後影を見送り, ゆく徐庶のあと, ゆく御寮人の手, ゆく御曹子の悩み, ゆく御殿の中庭, ゆく微妙なあるもの, ゆく微笑をされた, ゆく微風にあそこ, ゆく徳川勢を見かけ次第, ゆく心がけが肝要, ゆく心がまえがなけれ, ゆく心もちにまだ, ゆく心底でお, ゆく心持それは混血, ゆく心持ちが聞い, ゆく心理主義に反対, ゆく心細い気持の, ゆく心配が目, ゆく快活な晴れやか, ゆく思想の不完全, ゆく思想的根拠が得られるであろう, ゆく思考の車, ゆく急流に乱されない, ゆく性格の重み, ゆく怪人ガスコの乗った, ゆく怪塔ロケットをただ, ゆく怪物かさもなければ, ゆく怪蛇を火, ゆく恋しい足音の, ゆく恍惚の深淵, ゆく恐い夜空の, ゆく恐るべき帯が, ゆく恐れと同時に, ゆく恐竜型潜水艦の姿, ゆくしの, ゆく恩師の顔, ゆく息吹などからである, ゆく悍馬とその, ゆくのあわだつ, ゆく悩ましげな, ゆくまれ役は, ゆく悪太郎の悪戯, ゆく悪疾の気色, ゆく悲壮な光景, ゆく悲惨な一群, ゆく情感があった, ゆく情景は美しい, ゆく情況に応じ, ゆく情調を味, ゆくれが, ゆく惨酷さ, ゆく想念がだんだん, ゆく愉快さもない, ゆく意企として存在, ゆく意図は自覚, ゆく意地にでも出かけ, ゆく意外であること, ゆく意志をもっ, ゆく意欲がバッコ, ゆく意気熱情もしくはその, ゆく意義であること, ゆく愛刀の方, ゆく愛情がある, ゆく愛鷹と足柄, ゆくだった, ゆく感動というよう, ゆく感覚そのものがより, ゆく態度それが責任, ゆく慌ただしさ, ゆくりの, ゆく憤激の餘燼, ゆく懸想希望を富まし, ゆくれも, ゆくのほ, ゆく戀人に向, ゆく成立の条件, ゆく成行となった, ゆく我々夫婦の生活, ゆくる意味, ゆく戦況を主要, ゆく戦線の逼迫, ゆくけ人形, ゆく戸口は困窮, ゆく戸外の物音, ゆく戸板の支度, ゆく房一を見送つた, ゆく所甲冑の人影, ゆく手ごたえの面白, ゆく手はずになっ, ゆく手みやげを買った, ゆく手下の甘, ゆく手助けにはなる, ゆく手掛りがつく, ゆく手数の掛かる, ゆく手筈だから, ゆく手討にする, ゆく手順を書い, ゆく手風琴の音, ゆく才能小さい店, ゆく才蔵の足, ゆく托鉢姿が目, ゆく技術で妙, ゆく技術的な力, ゆく折末子の朝成, ゆく抱負がなく, ゆく抵抗の感じ, ゆくの強い, ゆく拠り所のない, ゆくの早, ゆく指先にこ, ゆく按摩の影, ゆく掠り傷の血痕, ゆく探偵の一人, ゆく推移カットとカット, ゆく描写して, ゆく提灯の灯, ゆく揚子江の川口, ゆく操作ぶりのあざやかさ, ゆく攪乱するので, ゆく支度中だったが, ゆく支那をおも, ゆく支那風の天井, ゆく支配人の後姿, ゆく放縦な姿態, ゆく政治の初歩的, ゆく故国の上, ゆく敏速に敬服, ゆく救援隊のじゃま, ゆく敗兵の中, ゆく散らし髪の少女, ゆく散歩中の人々, ゆくにしたがっ, ゆく数々の種子, ゆく数台の橇, ゆく数多くの林檎, ゆく整列し左, ゆく敵艦をどんどん, ゆく文化の歴史, ゆく文化的泡沫であったり, ゆく文字による表現, ゆく文学理論の進歩, ゆく文学的努力もこもっ, ゆく文淵堂さんの姿, ゆく文物を崩れる, ゆくの牛, ゆく斑紋やぐいぐい, ゆく斜面の中途, ゆくういふ人, ゆく新しい若いクリストフたちを, ゆく新内の三味線, ゆく新道蘆の湯, ゆく新鮮な生命群, ゆく新鮮さは日本, ゆく方簡単でよろしい, ゆく方針です, ゆく方面へ向かっ, ゆく施設が在った, ゆく旅人たちにはどことなく, ゆく旅僧を見, ゆく旅姿こそをかし, ゆく旅客らはちぎり, ゆく旅絵師の姿, ゆく旅芸人の笠, ゆく旅行が再, ゆく旅路のおもしろ, ゆく旌旗は犀, ゆく旗本たちの分厚, ゆく旗本どものなか, ゆく日なたのなか, ゆく日向の土地, ゆく日夜の秘められた, ゆく日常活動の様々, ゆく日數にそ, ゆく日本の浄, ゆく日本唯一のクラブ, ゆく日本左衛門はさながら, ゆく日留さんが草鞋, ゆく日血に濁る, ゆく主家に, ゆく旧い封建時代の, ゆく早馬やらが, ゆく旺んな創造力, ゆく昇さんはこれ, ゆく明るいものも, ゆく明るみの中, ゆく明快な判断, ゆく明快率直なもの, ゆく明治二十年代の日本, ゆくの生活, ゆく春どんを新橋, ゆく春の書に対すれ, ゆく春夜の灯かげ, ゆく春秋をかぞえる, ゆく昧爽の空, ゆく昨日の午, ゆく昨日今日の田圃, ゆく昭和の討入, ゆく昭和十二年頃の書いた, ゆく時々お前の, ゆく時こころ伏せざる, ゆく時そこに芸術至上主義, ゆく時それはもはや, ゆく時みのるは興奮, ゆく時ヒヤリとして胸, ゆく時不意に奪略, ゆく時世を犇, ゆく時二人の跛, ゆく時佐野はふさぎ, ゆく時使者の蘭丸, ゆく時侍者がわが, ゆく時倉橋伝助が眼, ゆく時凡ての物音, ゆく時劫のすゝみ, ゆく時安子は皆, ゆく時寝床が軽く, ゆく時座も立たなかった, ゆく時彦根あたりを通る, ゆく時文壇には行き, ゆく時昨夜の夢, ゆく時昼と夜, ゆく時片まけぬ, ゆく時物蔭から又八, ゆく時男の前かがみがち, ゆく時畳の上, ゆく時祖父と二人酒船, ゆく時私はその, ゆく時秋海棠はいつ, ゆく時道の右側須雲川, ゆく時間的経過を含めた, ゆく時順造はまた, ゆく時黒雲はその, ゆく普通の人間, ゆく晴れの麻裃, ゆく晴衣こさ, ゆく智惠の綜合光線, ゆく智能というもの, ゆく暁ごろのうすい, ゆく暑い雲, ゆくの室, ゆく暗がりの中, ゆく暮らしはおりおり足らぬ, ゆく暴力の血なまぐさい, ゆくの色, ゆく曳舟の子ら, ゆく書きかたです, ゆく書籍は電話連絡, ゆく書籍マイクロカードの中, ゆく曹仁の姿, ゆく曾根権太夫たちの列, ゆく最中に女, ゆく最初の手懸り, ゆく最小限度の要件, ゆく月夜の雨, ゆく月島の方, ゆく月江の黒髪, ゆく月読男ゆふさらず目, ゆく月面上を見る, ゆく有栖川のきれい, ゆく有機的な人民階級, ゆくの中, ゆく朗らかさをもつ, ゆく朝日のさした, ゆく朝霧の向こう, ゆくならねば, ゆくに自分, ゆく木戸にも鍵, ゆく木材をいっぱい, ゆく木槿垣風か立ちたる, ゆく木槿垣風疾むらし花, ゆく木草の薫り, ゆく未來への道, ゆく末あなたにとっても由々しい, ゆく末きょうを忘れ, ゆく末双方の不為, ゆく末合戦の絶えない, ゆく末国家のため, ゆく末夫婦の約束, ゆく末東国の諸州, ゆく本人でさえちょっと, ゆく本能の悶え, ゆく本軍側には将士二十四万人, ゆくの枝, ゆく朽木の幹, ゆく村人にも正造, ゆく村人たちの生活, ゆく村民の心持, ゆく村童まで跪かせし, ゆくを追, ゆくがあります, ゆくに当る, ゆく東三條にも堀川, ゆく東京に外, ゆく東京ビルを呆然と, ゆく東北地方の出征軍隊, ゆく東洋の古, ゆく松並木の途中, ゆく松井も都, ゆく松明はまだ, ゆく松江は納戸, ゆくの趣, ゆく林檎と華櫚, ゆく林間の小径, ゆくを感じられるよろこび, ゆく果てはどこ, ゆく果物のやう, ゆくもなかっ, ゆく枯れ葉ではない, ゆく枯木の幹, ゆく枯野かな, ゆく柔かい靴音を, ゆく柔弱な輩, ゆくの音あはれ艸まくら, ゆくの葉, ゆく柳生対馬守があらわれた, ゆくのところ, ゆく栖家には不自由, ゆく栗鼠をそれ, ゆく根本的な倫理批評, ゆく案の定サダン次の, ゆくを二足三足, ゆく梯子の跫音, ゆくの小道, ゆく森啓之助に身, ゆく森武蔵守は, ゆく棹手かなし, ゆく植物のよう, ゆく検事出身の弁護士, ゆく椹野川風景もわるく, ゆく椿を風, ゆく楊陵へ飛びかかっ, ゆく業ナイフ使ひの, ゆく楽しさと, ゆく楽しい馬車の, ゆく楽しみってもの, ゆく様態を科学的, ゆく標準を他, ゆく模範生のよう, ゆく模索によって悲惨, ゆく樣子でありました, ゆく権力の暴圧, ゆく横丁の片側, ゆく横町の角, ゆく横道の角, ゆく樹明君が宿直, ゆく樹木であります, ゆくに達した, ゆく機屋の手代, ゆく機微な瞬間, ゆく機械力の流れ, ゆく機能をもつ, ゆく機関ですが, ゆく機関車といふ汽車, ゆく機関車みたいに無鉄砲, ゆく機関銃の弾丸, ゆく檣兵にはこの, ゆくの音, ゆく櫓足から岬, ゆくにわれ, ゆくから次, ゆく次いでまもなく尺, ゆく歌舞妓芝居では以上, ゆく歌調は人麿, ゆく正しい道は, ゆく正月の街, ゆく武器となった, ゆく武家達があった, ゆく武者の影, ゆく武者たちは口々, ゆく武者ばらのあらびた, ゆく武者声の潮, ゆくどりの, ゆく歩みから出来る, ゆく歩幅につれ, ゆく歩度は急, ゆく歩武に示し, ゆく歩調を追う, ゆく歩道に市中, ゆくを惜しみ, ゆく歳太郎の分, ゆく歳月を見送つ, ゆく歴史哲學は, ゆく歴史的努力への根気, ゆくの壁, ゆく死人のため, ゆく死体の水, ゆく死骸に, ゆく殊勝さを見る, ゆく残軍は裏丹波, ゆく取を, ゆく段々下へ, ゆく段取りがつい, ゆく段梯子を下り, ゆく毅然たる生活態度に, ゆく母子の影, ゆく母親のマルガレエテ, ゆく比例に連れ, ゆくが重た, ゆく毛虫の尻尾, ゆく民たちであろう老若男女, ゆく民主的文学の自主的発展, ゆく民主的理論につい, ゆく民族としての哀歓, ゆく民衆のあと, ゆく気ちがいの親子, ゆく気づまりも妻には思はず, ゆく気まぐれを起す, ゆく気味の悪い, ゆく気組を見せ, ゆく気質に生ん, ゆく気風があった, ゆくなの, ゆく氣輕さはいま, ゆく水あかり, ゆく水あらし風かとも聴く, ゆく水すましの番, ゆく水何ひとつ思い出の種, ゆく水勢だけが見えない, ゆく水平線のこんもり, ゆく水性の移る, ゆく水枝の筏, ゆく水蒸氣の中, ゆく水蟲よ, ゆく水袴の衣ずれ, ゆく水路は大鳥居, ゆく水際を君, ゆく水静かにて, ゆく水靜にて, ゆく水面のウキ, ゆくの上, ゆく永年に亙っ, ゆく永遠の推移, ゆく江戸者がみんな財布, ゆくの周囲, ゆく池尻の茶屋, ゆくの一線, ゆく沢田の未来, ゆく河上の方, ゆく河並が出発, ゆく河岸の土, ゆく河楊のかげ, ゆく河浪のうち, ゆく河野の姿, ゆく河鹿の行列, ゆく油繪の夕日, ゆく治六が小, ゆく沼べりの葦, ゆくの音, ゆくはあるまい, ゆく法師たちの後ろ, ゆく法水を厳然, ゆく波模樣だけがあつ, ゆく波紋の頭, ゆく波頭のよう, ゆく泣ッ面を見送っ, ゆく泥沼に落ちた, ゆく泥濘の箱車, ゆく泳手の帽子, ゆく洋服が無い, ゆく洗濯物が乾く, ゆく洞穴の景色, ゆく津多子夫人を凝然, ゆく津川を見送り, ゆく洪水となっ, ゆく活力があった, ゆく活動写真の酔漢, ゆく活溌さはもっともっと, ゆく活溌能動の心情, ゆく活眼であった, ゆくの如き, ゆく流れ星を見つける, ゆく流れ雲の動く, ゆく流儀の者, ゆく流弾こそばゆし, ゆく流木のやう, ゆく流水痩せて, ゆく浅いきれいな, ゆく浅ましさが, ゆくの沙, ゆく浜子さんに附い, ゆく浦賀奉行配下拾石五人扶持くらゐの, ゆくは相不, ゆく浪人を清水一角, ゆく浪人たちのほがら, ゆく浪費の快感, ゆく浮世のはかな, ゆく浮雲である, ゆく浴場はその, ゆく海原を前, ゆく海岸の展望, ゆく海波の上, ゆく海辺でやっと, ゆく海鳥をその, ゆく消耗し尽した生命, ゆく消耗品である, ゆくは微笑むほほに, ゆく淡い火の粉の, ゆく深刻な段階, ゆく深淵を見まい, ゆく淺葱服のわかき, ゆく清い冷やかな, ゆく清七の足音, ゆく清女たちの群れ, ゆく清浄さその清浄, ゆく清興ゆたかなるを, ゆくを長く, ゆく渡し舟に乗った, ゆく渡舟の櫓音, ゆく渡鳥の群, ゆく渦中の独木舟, ゆく温泉があるらしい, ゆく湯川理論を発展, ゆく源七を見送っ, ゆく源十郎とお, ゆく源盛の瞼, ゆく溪流のよう, ゆく滑らかさが秋草, ゆく滝川の奔流, ゆく漁村の女, ゆく漁舟がつぎつぎ, ゆく漁船がその, ゆくに似た, ゆく潜勢力ではないだろう, ゆく潜在力となる, ゆく潤つた霧がそこ, ゆくのよう, ゆく潮先を暗示, ゆく潮来の沼, ゆく潮水に泡, ゆくの音, ゆく瀬川君とわかれ, ゆく瀬脇の水, ゆくで温泉, ゆく灯影の小さく, ゆく灰白色の坦道, ゆくの赤い, ゆく炭田地帯雷わたる, ゆく点々とした, ゆく為めの規約, ゆくに似, ゆくの中, ゆく焜炉の中, ゆく無情の風の音, ゆく無我のよろこび, ゆく無料の墓地, ゆく無銘の一職人, ゆく無音の旋律, ゆく無駄な神経, ゆく焦点が一つ, ゆく煩悶のあらびはやもまた, ゆく熱い焔, ゆく熱帯性の, ゆく熱心ぶりは心, ゆく熱意を自覚, ゆく熱烈な群衆, ゆく燈火のしづか, ゆくの色, ゆく燭光をじ, ゆく爲めの規約, ゆく父上にもおそらく, ゆく爽快味を満喫, ゆく折戸を, ゆく牛乳の代, ゆく牛方は, ゆく牛車見る, ゆく牝鹿逃げ走る, ゆく牧場を絶えず, ゆく牧場稼ぎの人たち, ゆく牧師や花屋, ゆく物売りや侍, ゆく物干場は一度, ゆく物詣でにはかえって, ゆく物資集散の盛ん, ゆく物音が真, ゆく犬共に犬, ゆく状勢の險惡さ, ゆく状況の歌, ゆく狂乱の姿, ゆく狂氣した波, ゆく狂燥な笑, ゆくの行方, ゆく狡猾な用意, ゆく独創的な力, ゆく狭隘い行手, ゆく狷介なる江戸, ゆくであろう, ゆく猟人と云, ゆくの滑稽, ゆくを追いかけ, ゆく猿田の後姿, ゆく獄土に冴, ゆく獲物がいる, ゆく玄八をあえて, ゆくも多く, ゆく玉蜀黍の葉, ゆく王子のやう, ゆく王進の物腰, ゆく珍しさに, ゆくつの, ゆく現代の朝鮮, ゆく現状では生涯, ゆく球面からほんとう, ゆく理解が得られなかった, ゆく理髪師のところ, ゆく琴のにほひ, ゆくの塵, ゆく瓦斯の火, ゆくや壺, ゆくさが, ゆく甘糟隊の影, ゆく甘美な花, ゆくのたのしみ, ゆく生々しい内的過程から, ゆく生き物ですから, ゆく生一本なそして, ゆく生命力にいつか驕慢, ゆく生垣には今夜そこ, ゆく生徒たちもたえなかった, ゆく生活力としての文学, ゆく生活力人間性そのもののもつ, ゆく生活史のなか, ゆく生活態度でなくては, ゆく生活難を書い, ゆく生活風景のいく, ゆく生温い血を, ゆく生生しい穀物のに, ゆく生産の場所, ゆくがあっ, ゆく田打かな, ゆく田村さんに頼ん, ゆく田舎路を歩い, ゆく由利江を彼, ゆく甲冑群は明智, ゆく甲州の方角, ゆく甲板に押し並んだ, ゆく申楽師の雨露次, ゆく男らしい後姿を, ゆく男達は誰, ゆくの哀れさ, ゆく町のはづれに, ゆく町並を過ぎ, ゆく画家の少く, ゆく画期的な端緒, ゆくの面, ゆく畑道から南, ゆく畦伝ひ, ゆく番頭さん金を集める, ゆくの上, ゆく疎開者の荷, ゆく疑問を植えるべきで, ゆく疲れと寂し, ゆくの床, ゆく病躯であった, ゆく病院の月日, ゆく痛ましい人の, ゆく痛みがなんとも, ゆく癩病人から病気, ゆく発狂者を数え, ゆく発見的存在としてリズム, ゆく登む靈實ば, ゆく白く小さき素足痛々し, ゆく白地の陣羽織, ゆく白帆を見た, ゆく白河のせ, ゆく白臘の足, ゆく白衣の怪人, ゆく白足袋と袴, ゆく白雲の一片, ゆく白馬にひかれた, ゆく白髪たる老婦, ゆく白魔の暴威, ゆく白鳳の抒情性, ゆく白鷺の群, ゆくへうしろ指, ゆくの身寄り, ゆく皆んな後から続い, ゆく皮膚量の多い, ゆくや花瓶, ゆく盆地かな, ゆく盛綱にはすぐ, ゆく目あてはハッキリ, ゆく目ざましさは, ゆく目刺のにが, ゆく目明しの釘勘, ゆく目標をもつ, ゆく盲人の姿, ゆく直覚努力探求のよう, ゆく相坂山を, ゆく相談で誘い, ゆく真に民主的な, ゆく真弓の今晩, ゆく真摯な闘牛行, ゆく真昼の光, ゆく真紀子を見降ろし, ゆく真青な顔, ゆく真黒の大, ゆく眩しい旋風に, ゆく眼界と人間, ゆく着物等かす, ゆく矛盾撞著というもの, ゆく矢上にも思, ゆく知合いがお, ゆく知恵と忍耐力, ゆく知慧の働き, ゆく知縁の将士, ゆく知識や見聞, ゆくかさよ, ゆくの響き, ゆく石段の一方, ゆく石畳の道, ゆく石蕗の花, ゆく石鹸のしぶき, ゆくを踏む, ゆく砂塵へ向っ, ゆく砂岩がふもと, ゆく砕氷や氷山, ゆく砥石の響, ゆく破廉恥漢忍術空中飛行等悪材料, ゆく硝子窓のうしろ, ゆくにわが, ゆく社会主義の生産組織, ゆく社会主義理論の展開, ゆく社会人心の傾向, ゆく社会層の現実, ゆく社会条件が婦人, ゆく社会機構が関連, ゆく社会波瀾の裡, ゆく社会生活の全, ゆく社会的リアリティーが作品, ゆく社会的感覚と作品, ゆく社会的階層の前衛, ゆく社会科学というもの, ゆく社務所の片隅, ゆく祖母がよく, ゆく神崎与五郎の襟元, ゆく神田川の流れ, ゆく秀之進を覘, ゆく秀子の耳朶, ゆく私たち自身の生きよう, ゆく私ひとりで飲んでしや, ゆく私等アイヌ種族と共になくなっ, ゆく私達を驚い, ゆく秋景色から最後, ゆく科學基點の明確, ゆく秘密にぞ, ゆく秘密数字の謎, ゆく秘術はない, ゆく程値は下落, ゆく程幼稚で一寸, ゆく程砂地がずり, ゆく程遠いのです, ゆく種々な物, ゆく種族の花, ゆく稽古をしました, ゆく積み荷の整い, ゆく積極性をかく, ゆく積極的な方法, ゆく積雪の表面, ゆく空ぐるまの, ゆく空想に憑かれ, ゆく空朝風はよい, ゆく空虚な淵, ゆく空間の変化, ゆく窓外を眺め, ゆく立場にある, ゆく立証段階でよび出される, ゆく竜胆の花, ゆく童子の顔, ゆく竹の子のす, ゆく竿頭の一瓢, ゆくがそれ自体ひとつ, ゆく笹雪のふる, ゆく箱屋や芸者, ゆく箱根の山々, ゆくのかずを, ゆく築庭の奧, ゆくあれど, ゆく粘液自体であるやう, ゆく粟鼠をそれ, ゆく精力を愛し, ゆく精神的労働者は災い, ゆく精錬された色彩, ゆく精髄的なより, ゆく糸子の後姿, ゆく紅玉のはえ, ゆく紋太夫のす, ゆく純潔なる高峰, ゆく純粋に行為的美感, ゆく紙幣夜昼なし戦, ゆく紫雲英田は我が, ゆく累層なので, ゆく細い道を, ゆく細目そのもので描きだし, ゆく細道をくだりはじめました, ゆく紳士淑女群の中, ゆくの絣, ゆく終夜電車は, ゆく経済条件がない, ゆく経緯を描い, ゆく経路を話し, ゆく結合の形, ゆく絢爛な眺め, ゆく給料さえ出さない, ゆく絵の具の剥ぎ, ゆく絶え間なき過程, ゆくの糸, ゆく絹商ドイツへゆく, ゆく絹帽を追, ゆく網流の一つ, ゆく綺麗な頭, ゆく緊張した交錯, ゆくを今, ゆく線路のまわり, ゆくがさ, ゆくを消し, ゆくのやう, ゆく縞蛇に出会, ゆく繩手はほそし, ゆく罪業の根源地, ゆく羅宇屋の富さん, ゆく美しき物を, ゆく群れたくさんな馬筏, ゆく群馬県栃木県の人民, ゆく義妹のうしろ姿, ゆく羽化登仙とでも言, ゆく羽搏きの, ゆく羽柴勢が逆, ゆく羽根は天, ゆく羽毛ほどだつた, ゆく羽目であらう, ゆく羽蟻の群れみたい, ゆく羽車や聞きつべき, ゆく耀蔵の体, ゆく老女新聞やなにか, ゆく老婆たちもありました, ゆく老婢のうしろ姿, ゆく老父ドアに来, ゆく老爺とうらわかき, ゆく考えかたはプロレタリア文学運動時代, ゆく耄碌馬の手綱, ゆく者どもでご, ゆく者侍側十数名の若者, ゆく者我にか, ゆく者東する者, ゆく者等よ足, ゆく者等いつさんに重りあひ, ゆくである, ゆく聴力に届く, ゆく聴衆の中, ゆくと霊, ゆく肉感のひそか, ゆく肉體には青春期, ゆく肝心の理解, ゆく股引のやぶれ, ゆくにかつぐ, ゆくっ玉, ゆく胸壁によつて, ゆく能動力が萎え, ゆく能動性について作者, ゆく脆い小舟の, ゆく脇の下の着物, ゆくは後, ゆく膨んだ水, ゆく臣たちの眼, ゆく自分自分の方法, ゆく自国の隆々, ゆく自己認識であると, ゆく自然さを自分, ゆく自由さを失わせ, ゆく自由気ままな年齢, ゆく自立した精神, ゆく自覚ある労働者部隊, ゆく自転車の後姿, ゆく至福至妙の状態, ゆくの茶屋, ゆくい封建時代, ゆく舊道がある, ゆく舞臺の振り, ゆく舟形と日比谷, ゆく舟路は東京灣, ゆく艦艇から立, ゆく艦隊の出動, ゆく艨艟や熱い, ゆく良寛さまも行かしたろ, ゆく濃い雪, ゆく色とりどりの人波, ゆく色彩を眼, ゆくにゆかしき, ゆく花嫁が多かっ, ゆく花火が窺, ゆくで一層, ゆく芸妓姿はうけとれなかった, ゆく芸術の奥義, ゆく若しくは同一の, ゆく若木のよう, ゆく若者たちを土, ゆく若者輩だ, ゆく若芽を刈らん, ゆく苦い酒の, ゆく苦しさを, ゆく苦心がどれ, ゆく苦悩の思, ゆく苦痛と期し, ゆく苦闘の過去, ゆくの影, ゆく茱萸藪の中, ゆく茶々の声, ゆく草双紙の話, ゆく草生に, ゆく草笛よ, ゆく草苺赤きを, ゆく荒々しい跫音が, ゆく荘園貴族文化の最後, ゆく荷物車はどの, ゆく荷車に追いついた, ゆく荷駄隊は最, ゆく莨烟のなか, ゆく菊千代を見, ゆく落ちつきは私, ゆく落ち葉の音, ゆく落葉松山にかし鳥, ゆく葉脈の匂い, ゆく著者の苦しき, ゆく葡萄酒の小さな, ゆく蒲公英の綿毛, ゆく蒼空の暮色, ゆく蓄音器のレコードみたい, ゆくと笠, ゆくが露, ゆく蓮月尼はどんな, ゆく蕎麦の花, ゆく蕩児です, ゆく薄い雲が, ゆく薄ら明りの中, ゆく薄墨いろの, ゆく薄気味悪さには, ゆく薄闇を衝い, ゆく藁くずはただ, ゆく藝術を有, ゆく藤作のあと, ゆく藤吉郎の影, ゆく藤袴見ばえのせぬ吾木香, ゆく藩主に従って助左衛門, ゆく藩士の影, ゆく藩士たちの姿, ゆく藺笠姿は守護, ゆくとは哀れ, ゆくの上, ゆく虎之助であった, ゆく虚妄の妖艶, ゆく虚弱なたち, ゆく虚無に対しては何, ゆくは視, ゆくの光, ゆく蜀勢を襲撃, ゆくの青い, ゆく蜂谷を素子, ゆくの火, ゆく蝶々も見えない, ゆく蝶々さんは刀, ゆくあり, ゆく蟹川こえて, ゆくとすこしも, ゆく血まみれの世界, ゆく衆生の一人, ゆく行動者をもっ, ゆく行方を想, ゆく行軍の途中, ゆく行雄のワイシャツ姿, ゆく街上をだんだん, ゆく街裏の草原, ゆく街路は平らか, ゆくと舞, ゆくへを歎, ゆく袂ぐさを捨てる, ゆくの中, ゆく被写体にシヤッタア, ゆく被告たちの興奮, ゆく装飾音あのあこがれ, ゆく補給に借りた, ゆく裸木は女, ゆく裸身を土, ゆく製鋼会社の男, ゆく裾野はくれる, ゆく褐色の顔, ゆく襤褸のにほひ, ゆく西八条にあっ, ゆく西山の影, ゆく西洋人たちもゐる, ゆく要務もその, ゆく要求は抱かず, ゆく見事な様子, ゆく見込はある, ゆく規則正しい歩みに, ゆく規子というブールジョア娘, ゆく視力で書架, ゆく視野は八十助, ゆく覚えがない, ゆく覚悟歴然とし, ゆく親しい対象だった, ゆく親達や, ゆく親類もないでしょう, ゆくがあつ, ゆく角度にも大変, ゆく角燈のひかり, ゆく解説の方, ゆく解釈とはいえない, ゆく計略と思われる, ゆく訓練は芸術作品, ゆく記憶の波, ゆくり, ゆく評価のよりどころ, ゆく詞語に続く, ゆく話しぶりといい, ゆく誇らかな心, ゆく誘惑に負ける, ゆくに続い, ゆく誠実以外に生活, ゆく調和の過程, ゆく論理組織の一つ, ゆく論者が多い, ゆく諷刺劇をサンゼリゼ, ゆく謙信も徒歩, ゆく警衛役の大将, ゆくに行かなかつた, ゆく譯者佐藤君と淀野, ゆく議事の進行, ゆく議論を打ち切ろう, ゆく讃辞なので, ゆく讃辭なので, ゆくより立つ, ゆく豊吉のうしろ影, ゆく豊饒な胎, ゆくのうめき, ゆく豚吉のあと, ゆくがはつきり, ゆく豪胆な吹き手, ゆく貧しげな, ゆく貧乏人は朝, ゆく貧困にしばりつけられた, ゆく貨物の運輸, ゆく貪婪の気持, ゆく責め声のよう, ゆく貯えの足し, ゆく貯蔵庫の所在, ゆく貴人の輦, ゆく買物いろいろする, ゆく資産家野沢屋の旦那, ゆく資質の傾向, ゆく賊兵の中, ゆく質屋へはいった, ゆくの女たち, ゆく赤帽が目立っ, ゆく赤毛を少し, ゆく赤石東尾根その蔭, ゆく赤馬の姿, ゆくの深, ゆく趣向にしろ, ゆく足どりそれらのどこ, ゆく足元から俄, ゆく足柄の關, ゆく足許の霜柱, ゆく足跡を見, ゆく足軽が一本, ゆく足長蜂は足, ゆく路傍の生垣, ゆく踊り子の金紗, ゆく躍起な血相, ゆく身仕度をし, ゆく身構えをした, ゆくですもの, ゆく車中の人, ゆく車体の単調, ゆく車輪は止まるべく, ゆく車駕や荷駄, ゆく軍勢多く僅か, ゆく軍艦の姿, ゆく軍隊をそして, ゆく軒端に冬, ゆく転機の中, ゆく軽快なリズム, ゆく軽石の骰子, ゆくき霧, ゆくがそんなに, ゆく辛苦もひとかた, ゆく迄はいやな, ゆくい通風, ゆく迅さは重吉, ゆく路を, ゆく近代音響の中, ゆくへる曲め, ゆく逃げも隠れ, ゆく逆巻きや渦巻き, ゆく途すがら彼は対象, ゆく途上で出, ゆく途上加古川で船, ゆく途上雪動くと, ゆく途中かやは平八, ゆく途中そこへ通りかかった, ゆく途中とんでもないめぐり合わせ, ゆく途中ロバートは廊下, ゆく途中一夜の恩, ゆく途中九時半頃桜田門のところ, ゆく途中他の核, ゆく途中六郷鉄橋の辺, ゆく途中子規の茶屋, ゆく途中寝台車から抛りだされた, ゆく途中小路から飛び出し, ゆく途中小間使いの手の甲, ゆく途中張任は天, ゆく途中日が暮れ, ゆく途中明神下の妹, ゆく途中朝早めに吉野村, ゆく途中汽車の事故, ゆく途中浅間の噴火, ゆく途中渭南の道, ゆく途中湖口県を去る, ゆく途中湖岸の道, ゆく途中湯ノ原の宿, ゆく途中茶の間を通る, ゆく途中足を踏みはずし, ゆく途中道をあやまっ, ゆく途中頑丈では, ゆく途端になにか, ゆく通りから通り, ゆく通路の廊架側, ゆくさを, ゆく連れを呼びかけ, ゆく連續に於, ゆく進士作左衛門がふい, ゆく進歩性つまりブルジョア, ゆく遅々たる舟脚は, ゆく遊山だ, ゆく遊部の馬鹿, ゆくは誰, ゆく運動の理解, ゆく運命的な力, ゆく運針のうち, ゆく過程それの実証, ゆく過程市会議員の利権, ゆく道すがら幌に, ゆく道すがら少しずつ理解, ゆく道その道を行き交う, ゆく道ばたでもその, ゆく道一時間ばかり時間, ゆく道三は義龍, ゆく道中の景色, ゆく道中師の伊兵衛, ゆく道程で貧富, ゆく道筋を一生懸命, ゆく遠い草道が, ゆく遠き日あしなりけり, ゆく遠くまで, ゆく遠乗りらしい若, ゆく遥かの下, ゆく適当な家, ゆく選手等青い空, ゆく郡兵衛であった, ゆく部下にはちと, ゆく部屋のかつ, ゆく郵便脚夫の白い, ゆく郵便貯金のやり, ゆくに愛惜, ゆく酒屋へ寄る, ゆく酒菰へ, ゆくつぱらつた人間, ゆく酔漢の背後, ゆくひしれざま, ゆく醜くさも, ゆく醫師を見送つ, ゆく里人を車窓, ゆく四郎の, ゆく重吉の後, ゆく重喜の姿, ゆく重大なる要素, ゆく重点を見る, ゆく重荷の中, ゆく重蔵の声, ゆく野伏りが, ゆく野性のよびごえというのもあるがね, ゆく野望の道, ゆく野菜作りの木靴, ゆく野道の上, ゆく野郎がいる, ゆく金字塔に似た, ゆく金瓢の馬簾, ゆく金色の戦塵, ゆく金貨の額, ゆく金貸しは自分, ゆくに鍵, ゆく釘抜きのあと, ゆく釣瓶の綱, ゆく釣竿の一団, ゆく鈍い時間的の, ゆくの音, ゆく鉄甲の列, ゆく鉢の子持つて, ゆくの音, ゆくいろの, ゆく銀光のすゑ, ゆく鋪道の上, ゆく鍛冶屋の後ろ, ゆくを見出す, ゆくを研ぐ, ゆく長いながい道を, ゆく長久の計, ゆく門人たちは, ゆく閃光の下, ゆく開化日本の象徴, ゆく間ぎわになって翌日もまた, ゆく間ぢつと苦痛, ゆく間一言も喋らなかった, ゆく間安兵衛の胸, ゆく間彼は平気, ゆく間照彦様はいくら, ゆく間目をあたり, ゆく間神を祈った, ゆく間道で男女, ゆく間隔とを三角線, ゆく関係において描かれた, ゆく関羽を, ゆくひを, ゆく闘士をつくる, ゆく阪井は顔, ゆく防護団の少年, ゆく阿闍梨の浅ましい, ゆく限り女は自分, ゆく限り行為の意味, ゆく院長を私, ゆく陣地をながめわたし, ゆく除夜の闇, ゆく陰気な街, ゆく陶然たる希望, ゆく陶酔となん, ゆく陽ざしを赤, ゆく陽脚をいそい, ゆく隆ちゃんを見送っ, ゆく隊伍が見られ, ゆく隙間をとおし, ゆく障害になる, ゆくの声あなあはれ我, ゆく雄々しい忍従的な, ゆく雑誌を嬉しい, ゆくをみ, ゆく難破船をじっと, ゆく雨師に雷, ゆく雨戸の隙間, ゆく雪橋のうえ, ゆく雰囲気の魅惑, ゆく雲の上に虹, ゆく雲歸る樵夫, ゆく雷鳥がちょい, ゆく電気灯の色, ゆく電源地から新しい, ゆく電車通りに一軒菓子屋, ゆくの舟, ゆくの命葉, ゆく露地の入口, ゆくのすそ, ゆくにあらね, ゆく青山から両国駅, ゆく青年があった, ゆく青年たちのほう, ゆく青白い太陽の, ゆく青色の者ら, ゆく静枝にいいつけた, ゆく靜けさを持つた, ゆく靜まり返つた周圍, ゆく面倒を避ける, ゆく面影をとめ, ゆく面構えのどこ, ゆく面白いぢや, ゆく面白かった, ゆく面貌の数々, ゆくのつまさき, ゆくのよう, ゆく音楽の余韻, ゆくかな, ゆく頃ほかのひと, ゆく頃彼は妻, ゆく頃秋子は何気なく, ゆく頃都の夕, ゆくに並ぶ, ゆく頬かぶりの前髪男, ゆくはもぢ, ゆく頭上に吊り下っ, ゆく頭目の後ろ姿, ゆく頭脳や, ゆく頭腦の動く, ゆく頼朝の眼, ゆく願いと生活, ゆく願望を今, ゆく顛末を書いた, ゆく風俗をでも語る, ゆく風情もまた, ゆく風態じゃない, ゆく風習是などは正面, ゆく風間の姿, ゆく飛行機波浪に呑まれ, ゆく飛鴻はこれ, ゆく食事時の会話, ゆく食慾の爽快さ, ゆく養分はコンテンポラリー, ゆく餘儀なく道貞, ゆく餘地のない, ゆく饗宴とは関係, ゆく香いが空気の底, ゆく馬の脚の様, ゆく馬子はそれ, ゆく馬橇の横, ゆく馬車馬の背, ゆく馬鹿もない, ゆく駄目駄目然し盲学校, ゆく駒井の手腕, ゆくの灯, ゆく駱駝等のおこ, ゆく駱駝隊もあった, ゆく騒々しい物音に, ゆく騒然たる響きが, ゆく驚きその心, ゆく驚駭の表情, ゆくの火気箸, ゆく體力でその, ゆく高き花の, ゆく高官の名, ゆく高橋三河守を見かけ, ゆく高氏の姿, ゆく高瀬舟や番所船, ゆくのうしろかげ鐘馗, ゆく鬼ごっこやをする, ゆくの泳ぐあり, ゆく鳥みたいでした, ゆく鳥船の, ゆく鳥辺の山, ゆく鳥追いの唄三味線, ゆく鳳雛のす, ゆくを見おくつ, ゆくの肩, ゆく鵜飼の灯, ゆく鵞鳥のよう, ゆくを眺め, ゆく麹町四丁目の久保田, ゆく黄昏の中, ゆく黄色い日脚を, ゆく黄金の, ゆく黄雲畑のいろ, ゆく黒塗りのかた馬車, ゆく黒布に眸, ゆく黒影の人物, ゆく黙々たる軍隊の, ゆく鼠色の柳, ゆくの先, ゆく鼻先に虻, ゆくよ, ゆく龍車は黄塵, ゆく龜さんをみ