青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゆ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~やり方 やり方~ ~やる やる~ ~やれ やれ~ ~やろう やろう~ やん~ ~ゆ
ゆ~
ゆう~ ゆうべ~ ~ゆえ ゆえ~ ゆえに~ ~ゆかない ゆき~ ~ゆきました ゆき子~ ~ゆく

「ゆ~」 5950, 57ppm, 2023位

▼ ゆ~ (732, 12.3%)

8 に, に其の 7 に我, の春 6 に夕暮, に彼 5 に身 4 である, にその, に伯, に私, に西北, に雪, を問

3 [14件] にこ, にわが, に夜, に天, に我等, に是, に時として, に汝, に異説, に雲の上, まう一度, 何卒御, 少しの, 彌

2 [83件] いかほど大入, いついつとか, おほか, おまへの, か, かの二枚持主, かろくつくりおきて, けふ, このカチカチ山, この瘤取り物語, さては我が, にいま, にこの, にこれ, にシビガラミ, に一木, に下, に丹後, に人, に人々, に今, に今日, に伊藤侯, に信じる, に信仰, に公, に内心伯, に刻, に前年内務大臣, に北野, に吾が, に呼, に国許, に土師, に天満宮, に小児, に恋, に政治上, に政治家, に敢, に文字, に斎, に日本, に是日, に東南, に椿, に涙, に犯罪, に猟師, に現時, に空, に立つ, に童, に維新, に至尊, に若し, に若年, に行者, に裸木, に親, に諸, に賓主, に越地, に里言, に頗る, に魑魅魍魎, に魚類, の涙, の特技, ましてや往来, をしき人, を聞, 主體, 少しも, 平左衞門, 悪竜得脱, 然ら, 甚だ美事, 申し上げ候, 疑ひの, 自県, 重四郎, 高窓

1 [449件] いかなる広き, いかにする, いつも文庫本, いでんと, うき世, おきき, かうも, かの水面, かの男こ, かれに, が嗄れ, くは, この, この文章, この本, この温泉, こんなお, こんなとき, さだめし御, さつ, ざれこと, しかとお, したが, その, そのかず, その以前雪中, その分, その点, その胆, そんな子供, そんな暢気, たえたるなるべし, ただお, たちまち愚痴, つい打, つい書き, でありその, であり放屁, であるとして, どうかあの, どうかしたら, なつかしいお, にあたかも, にい, にいかなる, にいつ, にいづれ, にうる, におとしくる, にお気, にかくして, にかしこ, にかれ, にすこし, にすでに, にそして, にそれ, にそれで, にそれら, にそれ自身顯, にどこ, にどんなに, になだれ, にみな神, にもともと, にわざと, にわれわれ, にわれ乃ちこれ, にカッチアグイーダ, にダンテ, にダンテ選擇, にベアトリーチェ, に一入, に一国, に三毒五欲, に上町, に不幸, に云, に人間, に今朝, に仏祖, に他, に佐介, に何, に余計, に作者, に傍, に僅, に僞, に先生, に六出し, に其, に其一, に凝固, に切ない, に刻したる, に創造, に単に, に危げ, に却つていよ, に反射, に反射線, に反撥, に名人, に吾恋め, に喜べ, に嘆か, に国情, に地, に堪らえ, に墨画, に売られ, に大きな, に大阪, に天使, に天地, に太陽六千マイル, に女, に如何なる, に姉, に嫉妬鞴, に宇宙萬物, に定か, に寄るべ, に寺院, に尊い, に小天地想派, に山伏, に山峡, に山村, に己, に師, に平助樣御代, に年月, に幸福, に幽か, に弟, に彫像, に影, に彼女, に彼此理性, に彼等徳義, に彼素問識霊枢識, に彼輩, に從つて, に從つて神, に心中, に心得, に急, に怨, に恋愛, に恐しく, に恐らくは, に恐るべき, に恥入る, に悩, に惨状, に戀, に我々夫婦只今, に我これ, に我さだか, に我国, に我汝, に我等皆これら, に技巧, に教会, に文芸上, に文語, に斯, に斯いふ, に斯く, に新, に日毎, に是非共今宵, に昼, に曼珠沙華, に最上, に有利, に東, に枳園, に梅蘭芳, に樹木, に此, に此あたり, に武蔵野, に死なれた, に死ん, に死後, に殘, に殺される, に毀譽褒貶, に民衆, に氣壓, に水島家, に汝これ, に汝名, に沙門, に泊り, に泣, に泣かせ, に浪, に淨, に淨火門内, に深山つつじ, に滅ぶ, に火花, に為さなかつた, に為し, に烟, に燃, に父王, に現実, に理性, に理解, に生徒, に田中君, に疲勞, に発祥, に直接, に眞, に知るべし, に砂, に碾石とい, に社会人, に祈れ, に福, に秋山, に種痘, に稻田, に穢, に第, に総理大臣桂伯, に總理大臣桂伯, に罪, に美しい, に翻訳的, に聲, に能, に自然, に自由党, に自由黨, に苟くも愛慾, に苦しい, に菩提心, に蠅, に袴, に裸川, に見じ, に許し, に誤り, に誰, に誰人, に貴から, に貴君樣, に身ひとつ, に農人, に迷, に途次, に邪道, に里人雪舟途, に重荷, に量る, に鈴さん, に闘病寧日, に陰, に雪頽, に非常, に面変り, に鞭, に願, に飛び, に鬱積, に魂ここ, に鷲これ, のこの, の恋ぞうら山, の愚かさ, の所為, の母, の狂, の若, の退学, はたわれ, は我が身, は道教, まあちよ, まう一度魂, また愛情, まだ樹, まづまつさきにおのれのからだへ釘, まづ何, もうかう, もうこれ以上, もう少し時, もつとも生彩, やむをえないことであつたらう, をなよりは価, をり, 一向に跡形, 一向驚かず, 一層切なく, 一方ならず御意, 一旦惠, 一杯飲ん, 上る事, 久しく記憶, 久し振, 些かも, 今江戸, 仮に造りたる, 仰聞, 何せ善事, 何とも申上兼, 何分用意等, 何分貸, 何卒少しにても, 何卒貸し呉, 何卒隙, 兎角煙たく, 全く欺, 其の遺, 再御吟味, 出す薬さ, 分るの, 初, 到底も, 刻々の, 助け遣さん, 即ちそれ, 即ち三條通り, 又半四郎, 及ばずながら, 同じ庭つくり, 嘆かるる, 堅く辭退此日, 堪へられぬ, 報いられないと, 多く歌, 大いに心, 大いに驚き取, 大きい方, 大きに驚き諸方, 大さかん, 大先生, 大旦那, 安いこと, 定めし斯, 定めし高金, 寒き船, 尋ね問, 少々つ, 少し歩行, 常に怏々, 御出なされ, 御呼出し, 御咄相手, 御安直參, 御斷, 御直參同樣, 御知, 御詫び, 御買取, 御關所手形, 御難儀, 必ずお, 忍んで, 忘れず, 忽ち久八, 忽ち笑, 怖, 急ぐと, 急度今, 惜しくなる, 愈々六, 持て行, 捕減したるならん, 捨て皈ん, 敏くも, 斯くと, 新歌舞妓十八番, 早々去, 早々歸, 早速に, 早速には, 早速埓, 早速御, 早速悔み, 早速承知, 早速文藏, 是非書かなけれ, 最早賣, 未だ家, 未だ寢, 極我儘, 次第に繁昌, 正精, 死ぬ気, 死んだの, 死んだ人, 残れる也, 殺すべき謂れ, 泣かむ, 泣きし涙, 然う, 然も, 然樣, 片蔭, 猶々憤, 猶一通り, 猶追, 甚だ街道物騷, 益々金銭, 直樣引, 直樣浪人臺, 直樣聲, 知らずぞ, 知らぬの, 知らぬもの, 知らぬ忿怒, 知らぬ氣, 知らぬ涙, 立寄しに, 篤と吟味, 篤と認めし, 終に其閑, 脱せて, 自強し, 良あ, 若奴等, 見ざること, 見るもの, 言うても, 誠に困る, 誠に残念, 豈や, 貧しき旅人, 貴樣, 近々江戸表, 近処同士, 退引成, 遂には, 遊べよと, 遠慮なく御, 遣らずに, 重く耐, 面白くは, 頂くの, 飽くまで黄疸, 驚きながら

▼ ゆつくり~ (634, 10.7%)

12 話を 10 ゆつくり 8 とした 6 と歩い 5 お茶を, お話を, 話が 4 朝寝した, 構へて

3 [13件] と湯, と煙草, と踏ん, と顔, ね, やつて, 寢て, 弁当を, 構へ, 歩を, 腰を, 読み書きが, 遊びに

2 [37件] おやすみなさいね, お手紙, お話が, お話しする, お話したい, からだ, でい, と, とお話, と喰, と眺め, と答, と話, と飮, ゆつくり歩い, 休息し, 夕食を, 尿する, 御話し致しませう, 拜見したい, 拝見したい, 時間を, 晩の, 晩酌を, 朝寝, 水入らずを, 煙を, 煙草に, 煙草を, 私の, 秋の, 落着い, 行つて来なはれ, 言つた, 身体を, 躯を, 顏を

1 [462件] あくびさへ, あくびを, あとから, あなたと, あの続き, あるい, いろいろな, おあがり, おやすみ, おやすみください, お云ひよ, お休みなさいまし, お入り, お寝みなさい, お寝みやす, お憩, お採りなさんせ, お歩き, お泊り, お父さんお母さんお, お考, お考へなさい, お聞きしよう, お花見, お詑びにあがるつもりで, お話し, お話しいたしませう, お話しします, お話します, お話しませう, お話しよう, お話し申したい, お話する, お話なすつたら, お話相手にでも, お読みやす, お越しなされ, お辨当, かいで, かへつて行つた, がつかり, くつ下を, ここにを, この問題, この附近, ごらんなさい, ごらんにな, ご相談, ご覽, さで, しんみりやりました, しんみりコーヒーを, そしてしよんぼり, そして酒屋, そつち, その場, その帽子, その庭園, その時間, その汀, そんな事, ぢや, とあたり, というた, といふの, とお湯, とお越し, とからだ, とくつろげる, とくるまつ, とぐる, とこの, とさつき, とざあざあと, としかも, としかもがつ, としづか, としてにぎやか, としてゐた, として居る, としやぶる, とそして, とつかつ, とのぼりはじめた, とのぼる, とはいかぬ, ともと, とやりました, とやる, とよい, とシガー, とベッド, とポー先生, とレール, と一人, と一高前, と下り, と乳, と二階, と云つた, と五時, と休む, と休ん, と何だか, と光り, と兵児帯, と其處等, と出掛け, と出来る, と去, と口, と吸つて, と吹かす, と味, と囲碁, と培, と外, と大きく, と大きな, と安心, と家, と寝させ, と寝たい, と寢, と小径, と廻し, と強情, と強請り, と待つ, と御覧, と念, と思ひ, と手紙, と支那料理屋, と時間, と晩飯, と暖かい, と朝寝, と来客, と構, と歩いた, と歩き, と歩きつ, と歩き出した, と歩く, と歩みつ, と殆ど, と泊つて行, と流れ, と然, と焼酎, と登, と登つて行, と發音, と盃, と相談, と眠つて, と眼, と研鑽, と移しはじめた, と空, と空間, と窓, と立上り, と籠, と結論, と綱, と考, と考へ, と考へれ, と聽, と背のび, と脇, と腰, と膳, と舞つて, と舵, と落ちつい, と落着, と行, と行つておいで, と行列, と見よう, と見る, と見比べる, と言, と記され, と話した, と話す, と語, と誰, と讀み直さう, と貴方, と走, と踏み, と身体, と軸木, と輪, と部屋, と酒, と長く長く, と雲, と靴, と頭, と首, と鳴りひ, と鼻, のん, はいつて, はつきりと, は出来ない, は出来ません, ほどいた, まはつ, まはる渦, みんなと, もし, やつて貰, ゆつくりした, ゆつくりと, ゆつくりなつかしまう, ゆつくり撫で, ゆつくり歩き, ゆつくり歩きだしました, ゆつくり行け, よい酒, わしが, わしの, アイス, ガボガボと, ディスカスしませう, ハンドルを, フォークを, プルウストでも, 一休み, 一服や, 一杯や, 一杯やろう, 一段ごとに, 三十分, 上つ, 上つて來る, 上つて好い, 中里の, 丸ポチャでも, 丹念に, 二人で, 二階で, 二階へ, 云つた, 交渉し, 伊田まで, 休息させ, 休養した, 休養したい, 休養する, 会つ, 会つて父を, 会つて見まし, 会は, 何やらを, 作業を, 保護だ, 値段の, 六時すぎまで, 其処まで, 内を, 再讀, 勉強する, 動き動く, 十二打つ, 十露盤の, 午餐を, 半身を, 反省し, 取り給へ, 口づてから, 召上つ, 召上れ, 向うの, 君たちに, 君と, 君の, 吸つ, 吸つて敷島一本の, 吸ふ, 味は, 味ふ, 唇を, 四つ打つた, 夕食でもという, 夕飯, 外套の, 外套を, 夜を, 孤独を, 安心し, 家へ, 富士を, 寢てなんか, 寢むがいゝよ, 寢る, 寺の, 対座し, 尿し, 居間の, 山の, 巡視する, 布巾で, 座席の, 廻つてゐ, 弟さんの, 彼の, 彼は, 彼女にも, 往つて来る, 御休息, 心境を, 思案する, 息を, 愉しん, 戸を, 手足を, 批評を, 拾ひ集め, 拾へ, 挨拶を, 教へて, 教壇を, 散歩でも, 文学の, 方向を, 旅行し, 日南ぼつこを, 日本見物を, 昼寝し, 昼寝した, 昼飯でも, 昼飯を, 時計の, 時間も, 晩酌冷酒を, 晩飯を, 智恵子の, 暖まつたら, 會へる, 朝寝け, 朝寝といつても, 朝飯を, 木から, 本が, 本を, 杉に, 柿を, 椅子から, 植木屋の, 樂める, 橋を, 欠伸でも, 次の, 歓談し, 気を, 水の上で, 汽車に, 泊つてらし, 泊つて下はれませぬ, 注射器を, 泳ぎくだつ, 浮子の, 海で, 温泉に, 湯に, 湯治し, 滞在したい, 煙草でも, 物を, 物思ひ, 献立表と, 獄舎で, 玄関へ, 申上げたい, 申上げませう, 病人の, 療治が, 登つていつ, 相原夫人の, 相手の, 相談し, 相談せう, 相談も, 眠つたんだ, 眺め度かつ, 眼を, 着物を, 礼を, 空や, 立上る, 答へ, 答へて, 紅茶を, 網棚に, 縫つて歩い, 聽い, 聽かう, 自転車に, 花壇の, 草も, 荷物がは, 落付い, 藪入, 行つ, 行つた, 行つていらつ, 行つてお出でよ, 行つて遊ん, 行ん, 街路を, 袴の, 裏の, 襟白粉を, 見物する, 言つて大, 言つて徐に, 診察室の, 詩に, 話なんか, 話の, 読書し, 諸君と, 讀な, 谿谷や, 貰ひます, 貴君と, 貴方がたに, 足を, 身構へ, 逢へ, 適当な, 部屋を, 酒を, 鋏を, 間に, 階段を, 隣の, 雨を, 靜養し, 頭を, 顔を, 風呂でも, 食事する, 食事でも, 飮まう, 飮み直す, 飮むか, 飮んだ, 飯を, 養生する, 首を, 香春も, 駿介を, 麦酒でも, 鼾を

▼ ゆ~ (484, 8.1%)

278 べゆ 5 べの, べの夢, べの空, べの雲 4 べで, べの血潮雲, べ啼いた, 飯を 3 がすみ, べのサイレン, べの星, べの春, べの鐘, べは秋, べ一晩, やみの, 風に

2 [40件] に, べさしぐみし, べたとへ, べとなりぬ, べとなりゆく, べとなれ, べと同じ, べなり, べにも, べのゆきき, べの余光, べの卓上, べの旅枕, べの暉, べの月, べの窓, べの船, べの風, べの鶉巣, べは, べはあかく, べはよみ, べは萩, べも, べもよろし, べより, べわが, べを, べ君, べ泣き濡れし, べ西風, べ霞, 方で, 日に, 月, 月が, 月の, 空から, 霧の, 鴉の

1 [306件] あかりの, がす, がた, がた木曾, がた空, げ, ごと言つてゐる, ぜんとして, づつ, づゝ沈む, なぎおちついてまた, なに七度の, なに汲む, なみちどりな, なわが, な理窟, にうつす, のかげ, の三老妓, の本屋, は花, ばえ, べあかるい, べあかるき浅, べあかるく, べあの, べあれ, べあんまり, べい, べいそがしく, べいろづいた, べうごく, べおもむろに, べかぜ, べかな, べかも, べかアルデンヌ, べか限り, べがおも, べがしぐれる, べきのこ, べここ, べさう, べしたしく, べしめやか, べすずしく, べすゞ, べぢ, べつく, べつめたく, べでありました, べとけさ, べとちがった, べとった, べとなつた, べとなりぬれ, べとわかね, べなごやかな, べなる, べに, べにいと, べにしんなり, べになれ, べにねむる, べには, べにはクライスト, べには夕顏, べには夕顔, べには大気さわやか, べには枝うつ霰, べには潯陽, べに旅人, べに死す, べに死に, べに生る, べに立つ, べに谷, べに赤く, べねあれ, べねた, べのあまりしづ, べのうち, べのおもしろ, べのけむり, べのこと, べのこら, べのこゑをにほはせるばらのかなしみ, べのさみし, べのさみだれ, べのしづけ, べのしめやかさ, べのすこし, べのその, べのそり, べのたどんで, べのちさき夢, べのつ, べのつど, べののりと, べのふるさと, べのもの, べのゆたか, べのわたし, べのラヂオ, べの三人兄弟, べの事, べの人, べの令嬢たち, べの偉, べの夏草, べの子供, べの宮, べの寝まき, べの山, べの峰, べの心, べの愛餐, べの感傷, べの我, べの掌, べの揺椅子, べの散歩, べの木末, べの松, べの枕邊, べの枯枝, べの櫻風, べの水, べの泥醉, べの洞, べの煙管, べの牛, べの盛岡, べの祈り, べの積み, べの粥, べの糠雨, べの腹, べの色, べの芋, べの草, べの草枕, べの薄, べの蜘蛛, べの蝶, べの街, べの話, べの雨, べの露, べの鳥, べの鶏, べの黄雲, べはあかし陽, べはあんまり, べはい, べはうれ, べはさむい, べはしろき, べはすがすがし, べはどうも, べはなごや, べはふくろ, べはまこ, べはまた, べはやりきれない, べはゆ, べは壮大, べは壯大, べは夜, べは寒い, べは崑崙, べは晩くま, べは柏ばやし, べは特に, べは私, べは繁, べは豚, べは雨, べは靄, べひそ, べひととき, べまた, べまんじりと, べみぞ, べむすん, べもいうた, べもやむ, べも暑く, べも消, べも痴川, べも私, べや, べや廃院, べよは花, べをゆびさします, べを前髪, べを奥の院, べを待つ, べを野, べを鳩, べを鳴き続けた, べアダリン四錠, べ何となく, べ何処, べ傘, べ僕, べ凍った, べ友人, べ啼きしきる, べ夜, べ奇峯, べ奈良, べ孔雀, べ實, べ小三郎さん, べ思, べ悔い, べ悲しき, べ散る, べ散歩, べ早く, べ時計, べ暮鐘, べ枯枝, べ柴, べ椎, べ此, べ死んだ, べ泊つて, べ火星, べ煙, べ片, べ町田さん, べ眼, べ私, べ空, べ空しく, べ船, べ色, べ芋, べ芽, べ蒸し薫る, べ覆, べ見, べ身, べ途中, べ野, べ野焼, べ駅, べ鳴いた, まぐれ, やみほ, をかけ, 京都著, 人は, 入相の鐘の, 凪の, 影を, 御飯, 方から, 方そこを, 方と, 方に, 方には, 方よく, 方空は, 日あ, 日かげ, 日の, 日朱の, 日照りそひたる, 日赤赤と, 暮かけ, 月夜, 松かぜを, 注連の, 焼の, 片手には, 空と, 空の, 空へ, 空ゆうぜんと, 空ゆたかに, 窓に, 菅の, 藁の, 闇, 闇ただよ, 闇に, 闇の, 闇はたへ, 陰にこそ, 雄心の, 雲の, 霞かすめる, 霧に, 靄かかれり, 顔夏草や, 風, 風いそがしい, 風さわがしく, 風の, 風や, 風ゆうぜんと, 食に, 飯が

▼ ゆ~ (209, 3.5%)

75 んを 51 んが 34 んは 25 んの 4 んも 3 や人 2 んなき, んに

1 [13件] つたやうにな, と, やびと, やびとと問答, んあそばします, んから, んしとった, んだ, んだった, んで, んであった, んなさるまい, んめさる

▼ ゆ~ (146, 2.5%)

23 たりとした 20 たりした 5 しゆ 4 たりし 3 たりと棲む 2 さ, さゆ, さり, たりとふ, たりと大きな, たりと腰, たり構, 磐群に

1 [75件] さゆさ引振, せい, たりした寝, たりしなけれ, たりする, たりと, たりとお, たりとして, たりとしてしづ, たりとしてす, たりとしてふりまい, たりとしてゐる, たりとして句切句切, たりとして然, たりとして見ゆる, たりとふほく, たりとやつ, たりとアカシヤ, たりと人間, たりと今宵一夜, たりと凭, たりと句作, たりと坐, たりと坐りたれ, たりと安心, たりと寛いだ, たりと尾, たりと床几, たりと底力, たりと息づき, たりと懷, たりと春めいた, たりと朝, たりと楽に, たりと正覚坊, たりと歩い, たりと歩み, たりと歩みい, たりと沈着, たりと流れ淀んだ, たりと浮ん, たりと湛, たりと牛, たりと空間, たりと細い, たりと縁側近く端居, たりと耕地防風林, たりと背, たりと胡坐, たりと落ちつい, たりと落ちついた, たりと落ち付ける, たりと落ち着いた, たりと落着, たりと蒲団, たりと蝋塗, たりと視, たりと言, たりと運び, たりと雲, たりと食堂, たり分け, たり横, たり歩く, たり流れ, たり聞え始め, たり落, たり見つめ, たり試驗場, てるだ, ば, ぽんハ, ぽん致し, 磐群は, 篁出で

▼ ゆふぐ~ (101, 1.7%)

35 れの 1512 れに 8 れを 6 れは 3 れしづか, れ畑中 2 れかよ, れて, れよりも

1 [13件] れが, れごろ, れせつなくむしあつく, れと, れのうす, れのかげ, れのなみ, れよあれ, れ小城郡古湯温泉, れ時, れ神戸著, れ聞ゆ, れ見れば

▼ ゆ~ (80, 1.3%)

4 いう 3 ふもの 2 いへども, さへ, なると, ふかな, 心弱る, 見ゆるほど, 記す

1 [59件] あぶらの, あり, ありて, ある, ある今, いえども, この群, し我が, し青, すれど, すれば, すゝる, なる, はなしに, ふ, ふ故郷, まひたつた, みえかつ, みえたり, みゆるは, みゆるチテレア, ミルクで, 云つてゐます, 云ひ, 云ふ, 云へ, 云所にて, 信ぜられ遂に, 六騎が, 噴かせ, 因って, 思ひそめたる一日, 打ち出でて, 數人の, 曰ひ, 来ぬ, 来ぬよ, 浮ぶと, 申した, 申す, 申す事, 白き指, 童ら節おもしろく, 筍, 緋の, 見し蛍, 見し螢, 見て, 見ゆ, 覚ゆ, 覺ゆ勿論, 言いしに, 言ふなる, 載す, 関係が, 雖も, 青や, 音を, 黒豚づれが

▼ ゆつと~ (79, 1.3%)

3 すくめて, 出て 2 むしり取つた, 云ふ, 擦つて, 溶けて, 現はれた, 緊り

1 [61件] いふやう, くぼみの, しぼつてべとついた, そこへ, つき出した, つねつた, つり上げた, ばかりに中, ばかりに私, ひつぱりあげて木箸の, わたしの, オレンヂ色の, 一杯ひつかけたく, 二つ並んだ, 何ごとかを, 凝視めて, 出た, 前へ, 動いて, 口を, 吸つて火鉢に, 大きい音, 寂しい鋭い音, 實には, 射て, 尖らせて, 左へ, 廻す, 引き縮めて, 抉ぐつて兩眼, 捉へて, 握つて, 握つてやう, 撫ではじめた, 擦られたマツチ, 来た火, 板の, 気味悪い音, 氣味惡い, 汗を, 浮び出て, 現は, 現はれる, 相手を, 瞳を, 突き出して, 突込んだ, 立つて, 結ぶと, 結へて, 縮まして, 苦味いやにが, 蹈む, 軋む, 軌む, 顏を, 顔を, 飛んで, 鳴る博多, 黒ずんだ大きな, 鼻を

▼ ゆつくりし~ (48, 0.8%)

3 てけ, てゐ 2 ていらつ, てゐた, てゐる, て行かう, て行つて, ろ

1 [30件] ていただく, ていつ, ている, ていろ, てさ, てつて, てます, てもい, てもかま, ても決して, てゐたい, てゐられない, てゐれ, て下さつ, て九時, て九時出立, て二時半, て呉れ, て帰つて, て帰宅, て日, て欲しい, て歩い, て湯田温泉, て行, て行き, て行け, て行ける, とお出で, 給へよ

▼ ゆ~ (48, 0.8%)

2 余は

1 [46件] あるかな, おくに, おやが, お耳, ぜひ兄さん, なくな, なるべし, なるべしと, なれば, むへきなりとてよくしんぼふ致し, り, ヘルバルト氏の, 下の, 也, 二望嶽と, 何も, 何卒此, 先穴を, 其屋根を, 其節の, 初に, 利を, 四年目には, 固より, 夜もすがら心, 宇宙の, 御代官, 怨みを, 意思が, 捕へ, 春夏秋冬寒暖の, 是れ, 松明を以て, 正しき繭, 此処ニ而御定約, 此紀州の, 段々数へ, 毎日朝起いた, 毫末も, 活動する, 目前ニした, 矢張唯絶對的自然力の, 花いけ, 進化すべき, 陸奥先生義早, 食ふ

▼ ゆ~ (43, 0.7%)

6 のたゆ 3 にたゆ 2 にうち, に坐せり, に坐らす, に移る

1 [26件] が古い, と言, などいふ語, なり, なり諸, にかいあげ, にただ, にま, にむくみ, に占う, に大鋸, に湖隔, に立ち, ね, のする, の元, の勢力, の呪術, の為事, の言, の際限, は見逃し, 之儀其身之, 故に父, 神人たる, 神人と

▼ ゆたり~ (41, 0.7%)

18 ゆたり 3 と腰 2 と歩い

1 [18件] が日, して, とお伴, と乘, と光り輝く, と呆け, と坐った, と揺曳, と波, と空, と谿, と踊っ, と道しるべ, 帰りかけて, 手綱を, 担架は, 揺れながら, 揺れるという

▼ ゆ~ (39, 0.7%)

2 に, を感じ

1 [35件] う, から気付き始めた, があった, が増す, が赤く, であること, で光りつづけた, で気, で自分, とまじり, と健げさ, と大きく, と怪力, にしばし, には何もかも, にぶるぶる, に似た, に堪へぬ, のなか, の心持, の感じられない, はりしこと, は又, は可愛, は同じ, は増す, は天が下, は珠, は較べ, もわかりお, を与えた, を思はしむ, を感じる, を感ずる, 打出で

▼ ゆ~ (34, 0.6%)

2 名詞法が, 木の下の, 木を

1 [28件] がれむとあがきてゐたり眠りの, ぎがやなぎになつて来た, したえ, たまの, は大, また, やうな, わかは, 加減も, 半ば, 字も, 将然名詞法, 序で慣用から, 形容詞が, 意で, 我が底延, 曲節, 曾遊, 木の, 根もとに, 母なれ, 清き身, 町を, 眩い程, 約休憩, 花の, 親方を, 警報を

▼ ゆ~ (34, 0.6%)

9 じを 4 じの, じ一つ

1 [17件] おもは, じが, じしたるも, じでその, じで乳母車, じで毎日毎日福太郎, じとか, じとでも, じに, じは, じはじめ, じばかりに, じや, じ議員諸君, たま, つら抽きた, 通しておも

▼ ゆつくりした~ (31, 0.5%)

3 口調で 2 調子で

1 [26件] お辞儀を, つて, 内省的な, 場所で, 声で, 女が, 広い部屋, 折は, 時間は, 暇の, 様子で, 歩きかたで, 歩調で, 気持で, 氣持で, 氣持に, 沈黙, 浴場が, 滑稽な, 詞で, 調子の, 足なみで, 足取りで, 足音を, 雪が, 電車は

▼ ゆ~ (29, 0.5%)

2 が立つ, に風, の立つ

1 [23件] がこもっ, がドア, である, ななえた, なる机卓, なる横笛, な呼吸, な顔, には, にもあはれ, に唸きい, に彼等, に瞬き, に苦め, のおぼろ, のたっ, のよう, はひろがり, は湯, も, をたて, をはきだせ, をほうほう

▼ ゆ~ (29, 0.5%)

4 ひつけて, へて 2 ねえん, 最初禊ぎの, 焔か

1 [15件] いつけて, いて, これを, せられたさて, ねえで, ねえな, へるの, もと斎である, やらず蜑舟, 元斎, 勿論触る, 子供が, 年よ, 斎む, 老の

▼ ゆかい~ (28, 0.5%)

3 でたまらない 2 だろう, だろうなあ, でたまらぬ, にやろう

1 [17件] だらう, だろうぜ, でたまりませんでした, と興奮, にあそぶ, にうんと, におどりはじめました, にくらし, にさかずき, にさわごう, にすごし, にすごそう, になろう, に対してお礼, に感じ, に笑っ, に話しあう

▼ ゆくり~ (28, 0.5%)

5 ない事, ない日 3 ない声 2 ない聲, もなく

1 [11件] ない旅, ない来客, ない調べ, なきもの, なき主, なき奇縁, なき火しば, なき知遇, なき筆, なき言葉かたち, のない

▼ ゆ~ (27, 0.5%)

3 指した 2 指したに

1 [22件] があるでしょう, が赤く, にはめ, に紅, に認印つき, のよう, の股, の血, は, は前, をかけました, をつけました, をグッ, を入れ, を思ふ, を立て, を血, を針, を鈎, 光り, 指されそうして, 示すまま

▼ ゆべし~ (26, 0.4%)

4 と思ひき 2 とある

1 [20件] こは, さても消, といえ, といひ, といふ, といわく国歌, とて役人, とはわれ, と信じ, と想, と申さるれ, と申す, なぞ仮りて, や, アルプスの, 先にも, 我が軍, 汝が, 自殺は, 越前には

▼ ゆゑ私~ (26, 0.4%)

2 しの, は日本一

1 [22件] が四つ五つ, しで, しもハツ, しも兄弟, しも内分, しも詮方, し儀市之丞, し儀恩, し儀藥, し共, し心底, にたしかに, のふるさと, のほか, の身の代金, はむしろ, は単に, は決して, は淺草, も一つ飛入, も左, も幾度

▼ ゆづり~ (23, 0.4%)

3 の勉強 2 の大, の領地

1 [16件] だ, のもの, の博多帶, の宿命, の小金, の当り芸, の忠魂みがきそ, の苦労性, の資産, の黒味, やいばの, 得ても, 得ぬ自分, 渡して, 略すること, 見渡しの

▼ ゆ~ (22, 0.4%)

7 しゆツ 2 と噛み着い, と針

1 [11件] たりと掛, たりと煙草, たりと紙卷煙草, てな, とどこ, と出, と唇, と啼い, と噛み締めた, と消える, と立つ

▼ ゆべからざる~ (21, 0.4%)

1 [21件] ところで, みぞの, ものあり, ものと, ものなり, 一大障壁を, 一線を, 勇猛心を, 地表の, 埓を, 場所とを, 太いまっ黒, 強烈の, 溝が, 溝渠を, 病人の, 穴が, 空隙が, 限度を, 障壁として, 類の

▼ ゆかむ~ (17, 0.3%)

2 花道の

1 [15件] か, かわほり, さらばと, その業, とする, と約したる, と言, にはおそし, にはその, 一葉一葉に, 君に, 少女を, 烟は, 誰か, 身か

▼ ゆつくり歩い~ (17, 0.3%)

3 てゐた, て行 2 てゐる 1 ていらつ, てブルバラネク, て呉れ, て居る, て帰つて, て来ました, て来る, て行つたの, て見たら

▼ ゆ~ (16, 0.3%)

2 つた

1 [14件] ある, あるだらう, ある如くわか, ごくり, ごとも思, しだいにぬる, むにいたれることもあるべしされど, ゆがの, 入れられます, 動詞である, 動詞なる, 十四十五に, 廿と, 次第にぬる

▼ ゆとも~ (15, 0.3%)

2 及ばざる事

1 [13件] こは, その正, また効, 一たび絶えし, 及ばざりしなるべし, 單衣き, 妨げなけん, 将た, 惡しく聞く, 添われずば, 絶えめ, 草なた, 許せとの

▼ ゆゑ夫~ (15, 0.3%)

1 [15件] がため, なりと目當, に嫌疑, に対, の命, は損, へ是非, も叶はず只, も腹, より又, より忠兵衞, れと, れより, れよりお, を見る

▼ ゆ~ (15, 0.3%)

1 [15件] くりお参り, くり川向う, くり機会, さと, さりと, たりした, たりとした, たりと寝る, たりと微笑ッ, とせ, とま, と焼きつけられた, と音, と顔, ひゆッ

▼ ゆツくり~ (14, 0.2%)

3 して

1 [11件] した低い, しても, し過ぎるほど, でしたね, でよろし, と二人, と席, 歩いて, 立ち寄つて, 話して, 起きたの

▼ ゆそう~ (13, 0.2%)

2 な顔

1 [11件] な声, に, にそっと, にその, に仰ぎ見た, に入日, に微笑, に掻き廻した, に笑った, に返事, に頬

▼ ゆべき~ (13, 0.2%)

1 [13件] の国, はまことに, ものを, や, や否否人, 山の, 希望かや, 方角には, 日本国民であります, 時な, 空蝉の, 船に, 虹を

▼ ゆ~ (13, 0.2%)

2 に飄, の, の助 1 にゆらるる, にゆりし, に揺ぎつ, の吐息, の戸, はゆる, も心

▼ ゆ~ (13, 0.2%)

1 [13件] すすって, すするほどの, つかふそ, とめらし春野, はじめ多, びかに, びぬる思ひ, びぬる日南の, 思い出した, 拵えて, 鉢に, 雨水で, 食べるの

▼ ゆびわ~ (12, 0.2%)

2 のはまった 1 との対照, などすでに, にしなかった, もはだ, や真珠, をのこし, をもらう, を旦那さま, を買つてやつ, を鏡

▼ ゆべく~ (12, 0.2%)

2 もない, もなかっ 1 はあらざりき, は誰, もあるまい, わび人の, 官軍の, 家門必亡びむ, 強く張り, 次第に大きな

▼ ゆゑ雪~ (12, 0.2%)

2 をほる, を大鋸, 多し 1 にはしる, には得, のきゆる, のすこし, の形気, ふかくとも

▼ ゆゑに~ (11, 0.2%)

2 之れ, 高く純 1 こそ斯く, は惜しまね, は身, 余儀なくひとり, 新しとい, 深く真実, 高く感覚的

▼ ゆあみ~ (10, 0.2%)

2 する, をする 1 する数十人, する泉, とやすらい, などせ, の時刻, は独り

▼ ゆはへ~ (10, 0.2%)

2 つけて, 附けて, 附けよと 1 あへず奥まりたる, ついて, つけられて, つけ腹

▼ ゆふか~ (10, 0.2%)

2 ぜ, たに 1 けてさ, ぜのお, ぜの馬, たから, た一先づ支社, た昨夜の

▼ ゆへに~ (10, 0.2%)

1 その説至つて究屈, 今の, 今ゆるし, 出離その, 大集, 当山の, 悪をも, 無礙の, 産生と, 禿の

▼ ゆらら~ (10, 0.2%)

2 に紅き大き 1 かにゑがく渦, かに星, とわれ, と動かす, と流れた, に洩るる, に落つる, に風

▼ ゆッくり~ (10, 0.2%)

1 お泊まり, お相手, しすぎたからも, した泳法, とお, と編笠, と考えた, と草鞋, 休むところ, 読む時間

▼ ゆ~ (10, 0.2%)

2 からざる, く, し 1 からざる深谷, からず, きか, き者

▼ ゆさり~ (9, 0.2%)

2 ゆさり 1 とさせる, ともしず, ともしない, ともせぬ, と動い, と垂れた, と揺すぶる

▼ ゆたんぽ~ (9, 0.2%)

1 がバケツ色, のあたたか, のあり, の代用, をあて背中, をこしらえ, を二つ, を伸子, 入れて

▼ ゆつくりする~ (9, 0.2%)

1 が宜, が此, ことは, でせう, として, としてちよ, としてどう, よ, 火燵といふ

▼ ゆつくり歩き~ (9, 0.2%)

1 そしてじ, ながら, ながらいつ, ながらしきりに, ながら本町通り, ながら言, ながら話し, まはる, 二階の

▼ ゆづら~ (9, 0.2%)

2 ぬやは 1 じな, ず, ず神謀鬼策, なかつた, ぬ丈夫, ねば, まし

▼ ゆ~ (9, 0.2%)

1 きみの, ひたりいたづら, むせんで, 一夜とまり, 変るの, 寝泊りし, 接して, 系統の, 遊びてしか

▼ ゆ~ (9, 0.2%)

3 はり 2 はりは 1 なした, はるなど, ふ, 路の

▼ ゆゑこれ~ (9, 0.2%)

1 だけで, はた, は主, は日本, も論議, よりをおのれ, をた, を御, を機会

▼ ゆゑそ~ (9, 0.2%)

2 の陽火, の難 1 の任用, の価, の唇, の当座, ひ臥しは

▼ ゆゑん~ (9, 0.2%)

3 である 1 かもしれない, ともなつたの, はここ, はもつ, をのべた, を悟つた

▼ ゆゑ是~ (9, 0.2%)

1 から供, はいかに, へ行, までも兎角, まで如何樣, より其許, より直に, を取, 程の働き

▼ ゆーら~ (9, 0.2%)

4 りと, りゆーら 1 と尻尾

▼ ゆきき~ (8, 0.1%)

1 に塵, のしみじみ, のゆかり, はまだ, もしげき, も栄華, も許されず, をながめ

▼ ゆつくり話し~ (8, 0.1%)

1 てあげる, ていらし, て居たい, て行, て行き, て行つて構, て見たい, をする

▼ ゆべからず~ (8, 0.1%)

3 汝の 1 とぞ, と申し渡され, などと云う, 一ヵ月五十頁を, 必ず規則約束

▼ ゆゑ人~ (8, 0.1%)

2 よりよびたる 1 しらざる也, にも反撥, に嫌れつ, に通ず, の蹈固, をころした

▼ ゆ~ (8, 0.1%)

32 るさじ 1 かーい, ずー, もあ

▼ ゆうち~ (7, 0.1%)

3 出でて 1 ゆういひだすの, ゆう吸, ゆくいふ, 見れば

▼ ゆすら~ (7, 0.1%)

2 うめの 1 桃通りか, 梅が, 梅の, 梅山吹きなどが, 梅茶など

▼ ゆたゆ~ (7, 0.1%)

4 たと 3 たに

▼ ゆつくり休ん~ (7, 0.1%)

1 でからその, でからでもい, でそして, でそれから, で翌, で行つて, で貰

▼ ゆつて~ (7, 0.1%)

1 もあと三十日, もら, もらふの, も人間, やれないの, ゐたの, ゐたやう

▼ ゆ~ (7, 0.1%)

1 う, お泣きやる, ならぬぞ, ふ鳴門, ゑしよん, 添はずにやを, 眼を

▼ ゆとは~ (7, 0.1%)

2 知れど 1 しつくり, ゴカイ類の, 何を, 意味において, 決して対

▼ ゆ~ (7, 0.1%)

1 たての, に屋根, に行く, 一人は, 付四つは, 初むる頃, 稻かけ

▼ ゆべから~ (7, 0.1%)

2 ざるの, ざるを 1 ざるに, ざるほどの, ざる長病の

▼ ゆらく~ (7, 0.1%)

2 に, 惜しも 1 は今, を知ら, 思へば

▼ ゆゑ今~ (7, 0.1%)

1 に夫, に至り, の別, は定か, までのところ, もなほ入院, 改めて父親

▼ ゆゑ何~ (7, 0.1%)

1 か救, にし, によらず, の御, の恐, も別に, 共詮方

▼ ゆゑ家~ (7, 0.1%)

2 として雪, にかへりし 1 の古い, の檐, は此方家ゆゑ

▼ ゆゑ母~ (7, 0.1%)

2 の, の片足 1 の喜び, は氣病, は汽車

▼ ゆきち~ (6, 0.1%)

3 がふ 2 がひ 1 がつた

▼ ゆ~ (6, 0.1%)

2 ゆし, ゆと 1 ごとや, てキョオニヒ

▼ ゆつきゆ~ (6, 0.1%)

1 つと, つとひつぱりあげて木箸, つと撫ではじめた, と云, と云つて, と白き

▼ ゆつくりと~ (6, 0.1%)

1 うまさうに食, おあがり, しかも確か, その子房, その蟲, 再び布

▼ ゆつくり考へ~ (6, 0.1%)

1 ていらつ, てお, てみ, てもいい, てゐられる, て見

▼ ゆつくり話さう~ (6, 0.1%)

3 ぢや 2 といふ 1 のう同胞

▼ ゆつくり遊ん~ (6, 0.1%)

1 でつて, でゆく, で三厩, で来よう, で行き, で行きなさる

▼ ゆつくり飲ん~ (6, 0.1%)

1 でおいで, で例, で親爺, で貰, で食べた, で食べる

▼ ゆといふ~ (6, 0.1%)

1 ことばが, なる高倉, 動詞が, 動詞接尾語が, 語と, 音が

▼ ゆなり~ (6, 0.1%)

1 お, ところ, 今し来らし, 菊の, 青落葉, 風吹く

▼ ゆふされ~ (6, 0.1%)

1 ば, ばころ, ば小倉, ば秋かぜ, ば蚊, ば風吹

▼ ゆへは~ (6, 0.1%)

1 わがはから, 一切の, 如来の, 罪悪深, 自余の, 自力作善の

▼ ゆもの~ (6, 0.1%)

1 おたかべよしゆ, このわらべ, はよほど, は刈れねいだ, をのみ, 言ひ

▼ ゆゑか~ (6, 0.1%)

2 の光り物 1 いかにも妬情, はその, 寝られねば, 探りたく何とも

▼ ゆゑそれ~ (6, 0.1%)

2 をも銭 1 が結局, はなん, は冷めたい囀りだ, もいや

▼ ゆゑ後~ (6, 0.1%)

1 には時勢, にも論ずる如く, に山内氏五百, に年功, に趣意, より見え隱

▼ ゆゑ長八~ (6, 0.1%)

1 は利兵衞, は後, は御構, は忽ち, は段々, は番屋

▼ ゆたけき~ (5, 0.1%)

2 父の 1 内奥を, 大鹿毛, 韓人が

▼ ゆづり石橋~ (5, 0.1%)

5 の田村

▼ ゆづり葉~ (5, 0.1%)

2 の垂 1 に春, に西日, のかげ

▼ ゆという~ (5, 0.1%)

1 ものなる, ものは, ような, 文句な, 由

▼ ゆとて~ (5, 0.1%)

4 ちて 1 早や

▼ ゆ~ (5, 0.1%)

1 うまにを, から麩, だのいろんな, の甘煮, 二つ

▼ ゆばん~ (5, 0.1%)

1 の模樣, をぬい, を衣桁, 半纒, 同一分

▼ ゆびで~ (5, 0.1%)

1 こうね, そのボタン, とんと突いた, ボロきれ, 軽くつまみあげ

▼ ゆゆるし~ (5, 0.1%)

2 てくれ 1 て, ておくれ, て下さいまし

▼ ゆ~ (5, 0.1%)

3 ごん 2 まん国

▼ ゆゑい~ (5, 0.1%)

1 かにみづか, たって, つかな轡, よいよ, よよ親し

▼ ゆゑ文右衞門~ (5, 0.1%)

1 が宅番, とは心安く, は兩人, は小僧, は當惑

▼ ゆゑ死~ (5, 0.1%)

3 ぬる人 1 はあなた方, はいつも

▼ ゆゑ誰~ (5, 0.1%)

1 あつて心, がおりたるち, でも自分, も先生, も彼

▼ ゆ~ (5, 0.1%)

21 て丸木橋妻, はるかす, むとす

▼ ゆ鳴き~ (5, 0.1%)

3 行く鶴 1 わたる, わたれ

▼ ゆある~ (4, 0.1%)

1 かい, かいれい, よしなれ, 日看守は

▼ ゆ~ (4, 0.1%)

3 顧客は 1

▼ ゆくら~ (4, 0.1%)

1 に上りくる, に伝らむ, に傳らむ, 漕げようつらうつら

▼ ゆくらゆくら~ (4, 0.1%)

1 に上りくる, に伝らむ, に傳らむ, 漕げようつらうつら

▼ ゆこの~ (4, 0.1%)

1 とき, 昂奮時は, 現より, 際牝虎の

▼ ゆこれ~ (4, 0.1%)

2 悲しむべし人 1 も何, も麻の

▼ ゆさん~ (4, 0.1%)

1 でございますかね, に出かける, の人たち, も気

▼ ゆ~ (4, 0.1%)

4 ゆとて

▼ ゆじん~ (4, 0.1%)

4

▼ ゆその~ (4, 0.1%)

1 声驚くべくし, 夫人近き, 調子の, 配下には

▼ ゆたけ~ (4, 0.1%)

1 さ, さの, さは, さを

▼ ゆたけく~ (4, 0.1%)

1 ていよよ, と絵馬, 笙の, 遠き馬

▼ ゆたん~ (4, 0.1%)

1 のよう, はしす, をかけた, を外し

▼ ゆ~ (4, 0.1%)

3 ゆと 1 てゆく

▼ ゆつくりなす~ (4, 0.1%)

1 つた方がと, つていらつ, つてくださいまし, つても

▼ ゆつくり飲む~ (4, 0.1%)

1 ことに, つもりだつた, 夕方山口まで, 樹明帰宅敬坊と

▼ ゆつくり飲んだ~ (4, 0.1%)

1 おかみさんが, それは, よい酒, わざ

▼ ゆふなぎ~ (4, 0.1%)

1 しめやかに, の街, は, をとん

▼ ゆふべから~ (4, 0.1%)

1 のベロ, の血, ズッと, 草吉の

▼ ゆ~ (4, 0.1%)

1 かりし翁, かんめり, けむや, み

▼ ゆゑに神~ (4, 0.1%)

1 の光, はさながら, を愛する, を見

▼ ゆゑ人間~ (4, 0.1%)

4 の男

▼ ゆゑ余~ (4, 0.1%)

2 がをさなき, も亦

▼ ゆゑ名~ (4, 0.1%)

2 をな 1 をとふと, を桃花猫

▼ ゆゑ夜~ (4, 0.1%)

1 な, にもか, のしづか, の明たる

▼ ゆゑ天~ (4, 0.1%)

2 の円, ふらは

▼ ゆゑ如何~ (4, 0.1%)

1 に夜目遠目, に大切, に手堅き, はせん

▼ ゆゑ弁当~ (4, 0.1%)

2 の面桶, をもたず

▼ ゆゑ彼~ (4, 0.1%)

1 の自殺, の鋭き, の長, はその

▼ ゆゑ後藤~ (4, 0.1%)

1 は可, は是, は稍言葉, も心

▼ ゆゑ心~ (4, 0.1%)

1 にかけ世話, の中, の知れぬ, はいま

▼ ゆゑ我~ (4, 0.1%)

1 は描き居り, は窟, れ永, を忘れ

▼ ゆゑ是非~ (4, 0.1%)

1 とも是, なく御意, なく斯暮, は兎

▼ ゆゑ渠~ (4, 0.1%)

1 が方, が親切, の世話, を入ん

▼ ゆゑ親~ (4, 0.1%)

1 に對面, の亡後, の爲長, の讓

▼ ゆゑ陽~ (4, 0.1%)

2 に感じ, は射せど

▼ ゆ~ (4, 0.1%)

21 につた, に言ひつぎ

▼ ゆ幽霊~ (4, 0.1%)

1 がいる, が出まし, じゃない, だ

▼ ゆ神さび~ (4, 0.1%)

21 て高く, て高く貴き

▼ ゆ~ (3, 0.1%)

1 ふぎつ, まつ日の, みす

▼ ゆあがり~ (3, 0.1%)

1 のみじ, の胸, をき

▼ ゆあみし~ (3, 0.1%)

2 て泉 1

▼ ゆあー~ (3, 0.1%)

3

▼ ゆかすむ~ (3, 0.1%)

3 夕べの

▼ ゆから~ (3, 0.1%)

1 くるとの, ぬが, まし

▼ ゆくらむ~ (3, 0.1%)

1 か, 山川の, 沖つ

▼ ゆつくりで~ (3, 0.1%)

1 いいと, いいん, 余程自分

▼ ゆつくりやす~ (3, 0.1%)

1 みたまえ, んでこの, んで翌朝

▼ ゆつくり伺ひます~ (3, 0.1%)

2 からまあ 1 から

▼ ゆつくり寝~ (3, 0.1%)

1 ては居られない, て六時, やうぐつすり睡れるだらう

▼ ゆつくり落ちつい~ (3, 0.1%)

1 て, てひれ, て話したい

▼ ゆつくり話す~ (3, 0.1%)

1 ことに, 暇も, 機會の

▼ ゆつくり起き~ (3, 0.1%)

1 ても手水, て富岡, て机

▼ ゆづりて我~ (3, 0.1%)

3 れは

▼ ゆづりで折ふし~ (3, 0.1%)

3 起るので

▼ ゆとの~ (3, 0.1%)

1 如きは, 證を, 警報に

▼ ゆ~ (3, 0.1%)

1 と離, のです, 雀の

▼ ゆひかへる~ (3, 0.1%)

3 折の

▼ ゆひし~ (3, 0.1%)

1 小萩, 木瓜あからみぬ, 繩を

▼ ゆひな~ (3, 0.1%)

1 づけの, どして, ほす朝機嫌

▼ ゆふかげ~ (3, 0.1%)

1 におりたたし, の電信棒, り阿漕

▼ ゆふかげ草~ (3, 0.1%)

21

▼ ゆふた~ (3, 0.1%)

1 すきかけ, ちの, より

▼ ゆふだつ~ (3, 0.1%)

1 にはか雨, 沖の, 雨の

▼ ゆへる~ (3, 0.1%)

1 くみ紐や, しばらくを, 縮緬の

▼ ゆ~ (3, 0.1%)

3 びかに

▼ ゆまた~ (3, 0.1%)

1 その滅びざる, 人これに, 毛の

▼ ゆもし~ (3, 0.1%)

1 これらより, 悪事を, 此後徘徊せ

▼ ゆやと~ (3, 0.1%)

1 思ふ心, 星空の, 覗く哈爾賓

▼ ゆやゆ~ (3, 0.1%)

3 よん

▼ ゆゑぞ~ (3, 0.1%)

2 大きなる 1 然かは

▼ ゆゑにや~ (3, 0.1%)

1 その利益, 又深田, 常には

▼ ゆゑの名~ (3, 0.1%)

1 であらう, といふ, なるべし

▼ ゆゑ一度~ (3, 0.1%)

1 は尋, は斷, は見物あれ

▼ ゆゑ主税~ (3, 0.1%)

3 之助

▼ ゆゑ九助~ (3, 0.1%)

1 は石, も不便, も段々始終

▼ ゆゑ今日~ (3, 0.1%)

1 の, の責, 迄見合せ

▼ ゆゑ何事~ (3, 0.1%)

1 も商, やらん, を言

▼ ゆゑ僕~ (3, 0.1%)

1 が株式市場, には, はこれ

▼ ゆゑ半四郎~ (3, 0.1%)

1 は少し, は心, も據ろ

▼ ゆゑ可愛想~ (3, 0.1%)

3 とも思ふ

▼ ゆゑ夕暮~ (3, 0.1%)

3 悲し

▼ ゆゑ彼女~ (3, 0.1%)

1 との無, の本名, はこの

▼ ゆゑ彼等~ (3, 0.1%)

1 の流れ, の間, は出征

▼ ゆゑ明日~ (3, 0.1%)

1 に成たら, の日和, は必定

▼ ゆゑ此~ (3, 0.1%)

1 お梅, に写し, の如く

▼ ゆゑ父親~ (3, 0.1%)

3 おどろいて

▼ ゆゑ自ら~ (3, 0.1%)

2 双坡楼 1 の歌誌

▼ ゆゑ長兵衞~ (3, 0.1%)

1 は何事, は見, を呼長八

▼ ゆツさゆ~ (3, 0.1%)

3

▼ ゆーづー~ (3, 0.1%)

1 するよう, つけて, のきかない

▼ ゆ~ (3, 0.1%)

1 し鰐怒り餌, て, て松

▼ ゆ出雲~ (3, 0.1%)

2 の児等 1 の児ら

▼ ゆ勝手元~ (3, 0.1%)

3 には七輪

▼ ゆ彼女~ (3, 0.1%)

1 は此, は言葉, も此

▼ ゆ~ (3, 0.1%)

1 り而, るを, れば

▼ ゆ許し~ (3, 0.1%)

2 てくれ 1

▼ ゆ麦林寺~ (3, 0.1%)

3 とやいふ

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 いす, すけえ

▼ ゆかいな曲~ (2, 0.0%)

1 をひいたら, をハープ

▼ ゆかいな男~ (2, 0.0%)

1 だ, であった

▼ ゆかっ~ (2, 0.0%)

1 たりそれ, たりで

▼ ゆかつ~ (2, 0.0%)

1 たといつて, は臭

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 凍えるな, 知らない

▼ ゆこれ角~ (2, 0.0%)

2 がまされる

▼ ゆさはり~ (2, 0.0%)

1 と云, の語

▼ ゆされ~ (2, 0.0%)

1 ばこ, ばこそ余

▼ ゆされど~ (2, 0.0%)

1 ウェルギリウスは, 兩者の

▼ ゆたけし~ (2, 0.0%)

1 今も, 朝あけ

▼ ゆたぶ~ (2, 0.0%)

1 って遣た, ッて

▼ ゆたんぷであたため~ (2, 0.0%)

1 そのため, 助かった

▼ ゆつく~ (2, 0.0%)

2 らちゆ

▼ ゆつくら~ (2, 0.0%)

1 と滑つ, 此處等で

▼ ゆつくりあるく~ (2, 0.0%)

1 ことは, といふ

▼ ゆつくりとどまる~ (2, 0.0%)

1 がよい, ために

▼ ゆつくりな~ (2, 0.0%)

1 ので気, のね

▼ ゆつくり休む~ (2, 0.0%)

1 が宜, のだ

▼ ゆつくり出~ (2, 0.0%)

1 て行, て行く

▼ ゆつくり動い~ (2, 0.0%)

2 て居りました

▼ ゆつくり寄せ~ (2, 0.0%)

2 て貰ひま

▼ ゆつくり戯れ~ (2, 0.0%)

2 ながら晩酌

▼ ゆつくり歩かう~ (2, 0.0%)

1 と試み, 萩が

▼ ゆつくり浸~ (2, 0.0%)

2 つてから

▼ ゆつくり考え~ (2, 0.0%)

1 てあなた, ている

▼ ゆつくり考へる~ (2, 0.0%)

1 さ新規卷直し, 暇も

▼ ゆつくり見る~ (2, 0.0%)

1 といふ, 機会が

▼ ゆつくり話したい~ (2, 0.0%)

1 ことが, と思つて

▼ ゆつくり讀ん~ (2, 0.0%)

1 でラジィゲ, で下さい

▼ ゆつくり走~ (2, 0.0%)

1 つても, つてゐ

▼ ゆつくり近づい~ (2, 0.0%)

1 てゆ, て来る

▼ ゆつくり食べ~ (2, 0.0%)

1 たり飲ん, てゐた

▼ ゆつくり食べよう~ (2, 0.0%)

2 と思つて

▼ ゆつくり飲まう~ (2, 0.0%)

1 ぢや, といふ暮れ

▼ ゆつくり飲み~ (2, 0.0%)

1 ながら話さう, 部屋の

▼ ゆつと露~ (2, 0.0%)

1 はれて, はれ頭

▼ ゆづりをこそわかつべけれ~ (2, 0.0%)

2 与ふまじ

▼ ゆづり自分~ (2, 0.0%)

1 の栄達, は蔭

▼ ゆづる~ (2, 0.0%)

1 から裏口営業, 如きこと

▼ ゆづる必要~ (2, 0.0%)

1 なし, はない

▼ ゆとこそ~ (2, 0.0%)

2 聞けいと

▼ ゆなど~ (2, 0.0%)

2 きんがく

▼ ゆなべ~ (2, 0.0%)

1 がのった, に老

▼ ゆにも~ (2, 0.0%)

1 私は, 馴れて

▼ ゆのの~ (2, 0.0%)

1 夫が, 夫を

▼ ゆばかり~ (2, 0.0%)

1 なりき, 熱き涙

▼ ゆひそめし~ (2, 0.0%)

2 早苗田の

▼ ゆびと~ (2, 0.0%)

1 あのよう, で押え

▼ ゆびぬきの形~ (2, 0.0%)

1 に出来る, をし

▼ ゆふき~ (2, 0.0%)

1 おくる風, ごほり

▼ ゆふざれ~ (2, 0.0%)

1 がきた, ばトマト畑

▼ ゆふし~ (2, 0.0%)

1 でや, でを無条件

▼ ゆふだ~ (2, 0.0%)

1 ちの濁りに, ちの雨

▼ ゆふだち~ (2, 0.0%)

1 に濡れし, 足早み

▼ ゆふつかた孟宗むら~ (2, 0.0%)

2 は燈火

▼ ゆふつかた火~ (2, 0.0%)

2 映親し

▼ ゆふと~ (2, 0.0%)

1 には, は云

▼ ゆふひ~ (2, 0.0%)

1 の, は帯

▼ ゆふまぐれ~ (2, 0.0%)

1 母様の, 馬に

▼ ゆぶし~ (2, 0.0%)

1 ゆと, をかける

▼ ゆまき~ (2, 0.0%)

1 すがた, 緋鹿の子の

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 あたいお貰いを, 阿母さん

▼ ゆらめ~ (2, 0.0%)

2 とこそ思ひし

▼ ゆゑお前~ (2, 0.0%)

1 に実, の御

▼ ゆゑこそ香~ (2, 0.0%)

1 も清く, も青く

▼ ゆゑこれら~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ ゆゑこゝにしるして暖国~ (2, 0.0%)

2 の話柄

▼ ゆゑすぐに床~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ ゆゑせんかた~ (2, 0.0%)

2 なく雪あれ

▼ ゆゑだもなくて徒~ (2, 0.0%)

2 に痴れたる

▼ ゆゑつ~ (2, 0.0%)

1 まびら, れないか

▼ ゆゑと~ (2, 0.0%)

1 は思へ, も知らず

▼ ゆゑとなく~ (2, 0.0%)

1 懐かしき思ひ, 睦ましく離れがたく

▼ ゆゑなほ~ (2, 0.0%)

1 の事, 苛まうと

▼ ゆゑなり~ (2, 0.0%)

1 但し異説, 早々御酒

▼ ゆゑにあはれとはいみじかりけることを言~ (2, 0.0%)

2 ひつる

▼ ゆゑにこゝにしるして好事家~ (2, 0.0%)

2 の一話

▼ ゆゑにはき物~ (2, 0.0%)

2 はげた

▼ ゆゑに七ツ釜~ (2, 0.0%)

2 とよびきたれり

▼ ゆゑに人みな満身~ (2, 0.0%)

2 に汗

▼ ゆゑに初編二編~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ ゆゑに図~ (2, 0.0%)

2 をこ

▼ ゆゑはなしもおもしろく才~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ ゆゑみ~ (2, 0.0%)

1 な無筆也, 車を

▼ ゆゑも~ (2, 0.0%)

1 しも此, なくえた

▼ ゆゑもう~ (2, 0.0%)

2 これで

▼ ゆゑわかずうつつ~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ ゆゑわたくしは~ (2, 0.0%)

1 直に書, 過を

▼ ゆゑわたくしは此~ (2, 0.0%)

1 にその, に先

▼ ゆゑ一日~ (2, 0.0%)

1 のうち, 降る雪

▼ ゆゑ一昨夜~ (2, 0.0%)

2 も雨上り

▼ ゆゑ不思議~ (2, 0.0%)

2 とおも

▼ ゆゑ久兵衞~ (2, 0.0%)

1 は仕舞, は脛

▼ ゆゑ人々~ (2, 0.0%)

1 おそれおの, にも立

▼ ゆゑ人これ~ (2, 0.0%)

2 を憐

▼ ゆゑ何れ~ (2, 0.0%)

1 にも今晩, 又此後

▼ ゆゑ何心~ (2, 0.0%)

1 なく取上, なく通り

▼ ゆゑ兎~ (2, 0.0%)

2 も角

▼ ゆゑ入牢~ (2, 0.0%)

1 の上嚴重, の上拷問申

▼ ゆゑ兩親~ (2, 0.0%)

1 とも此叔父, の爲

▼ ゆゑ其名~ (2, 0.0%)

2 低しゆゑにこゝにしるして好事家

▼ ゆゑ其実説~ (2, 0.0%)

2 を詳究

▼ ゆゑ其書~ (2, 0.0%)

2 を借りえ

▼ ゆゑ其聞~ (2, 0.0%)

2 え高く

▼ ゆゑ切~ (2, 0.0%)

1 て命, て旅籠代

▼ ゆゑ初編~ (2, 0.0%)

2 を読ざる者

▼ ゆゑ利得~ (2, 0.0%)

2 薄しされ

▼ ゆゑ千太郎~ (2, 0.0%)

1 の云, の代

▼ ゆゑ厭~ (2, 0.0%)

1 な妖怪, ひません

▼ ゆゑ周旋~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ゆゑ堂~ (2, 0.0%)

2 のほとり

▼ ゆゑ塩蔵~ (2, 0.0%)

2 にすれ

▼ ゆゑ夜中俄~ (2, 0.0%)

2 に畳

▼ ゆゑ大~ (2, 0.0%)

1 によろこび, に怪

▼ ゆゑ大事~ (2, 0.0%)

1 がる, な者

▼ ゆゑ大勢~ (2, 0.0%)

1 して, に於

▼ ゆゑ大納言~ (2, 0.0%)

2 にて執政

▼ ゆゑ天竺浪人~ (2, 0.0%)

2 のぶらつき

▼ ゆゑ女~ (2, 0.0%)

1 の服従, の面相

▼ ゆゑ女房~ (2, 0.0%)

1 お政, は持所

▼ ゆゑ妻~ (2, 0.0%)

1 は好事, を勸むる者

▼ ゆゑ屋根~ (2, 0.0%)

2 のやぶれ

▼ ゆゑ山陽~ (2, 0.0%)

1 の来り投じた, は江戸

▼ ゆゑ幸~ (2, 0.0%)

1 に疵, ひ御殿場

▼ ゆゑ幾月~ (2, 0.0%)

2 か心づかでありけん

▼ ゆゑ延喜~ (2, 0.0%)

2 の聖代

▼ ゆゑ強~ (2, 0.0%)

1 て下, ひて

▼ ゆゑ戸~ (2, 0.0%)

1 へ手, をさし

▼ ゆゑ所~ (2, 0.0%)

1 の人力, の風俗

▼ ゆゑ手~ (2, 0.0%)

2 をくだす

▼ ゆゑ據ころ~ (2, 0.0%)

1 なく後藤半四郎, なく淺草田町

▼ ゆゑ斧~ (2, 0.0%)

2 にて狼

▼ ゆゑ日本~ (2, 0.0%)

1 の新しい, へ來

▼ ゆゑ日本人~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の愛国心

▼ ゆゑ春~ (2, 0.0%)

2 を迎

▼ ゆゑ春雪~ (2, 0.0%)

2 のこ

▼ ゆゑ晴天~ (2, 0.0%)

2 といへ

▼ ゆゑ桜谷~ (2, 0.0%)

2 とよびける

▼ ゆゑ此事~ (2, 0.0%)

1 を知, 知る者

▼ ゆゑ此火~ (2, 0.0%)

2 ありとて

▼ ゆゑ此雪譜~ (2, 0.0%)

2 に記載

▼ ゆゑ氣~ (2, 0.0%)

2 の毒

▼ ゆゑ氣色~ (2, 0.0%)

2 には見せぬ

▼ ゆゑ水気~ (2, 0.0%)

2 の霜

▼ ゆゑ湖中~ (2, 0.0%)

2 の万燈

▼ ゆゑ滑稽笑止~ (2, 0.0%)

2 である

▼ ゆゑ漁師ども~ (2, 0.0%)

1 仮に柴橋, 語らひあひて

▼ ゆゑ烟~ (2, 0.0%)

2 のごとく

▼ ゆゑ熊~ (2, 0.0%)

1 の居たる, を捕

▼ ゆゑ狸~ (2, 0.0%)

2 が婆さん

▼ ゆゑ狼~ (2, 0.0%)

2 なるを

▼ ゆゑ獣~ (2, 0.0%)

2 きたらずとい

▼ ゆゑ甚弁~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ゆゑ用心~ (2, 0.0%)

2 にさしたる

▼ ゆゑ白烏~ (2, 0.0%)

2 もま

▼ ゆゑ知らず~ (2, 0.0%)

1 流れて, 畏れをの

▼ ゆゑ立花左仲~ (2, 0.0%)

1 は立掛り, は進み出

▼ ゆゑ終~ (2, 0.0%)

2 には棄て

▼ ゆゑ良人~ (2, 0.0%)

1 が御, のこ

▼ ゆゑ苦労~ (2, 0.0%)

1 する, はたえ

▼ ゆゑ茶屋~ (2, 0.0%)

1 へ寄り問合せ, 迄は度々

▼ ゆゑ茶山~ (2, 0.0%)

1 の目, は

▼ ゆゑ蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の妻, の男

▼ ゆゑ蛾眉山~ (2, 0.0%)

2 といふなり

▼ ゆゑ豫~ (2, 0.0%)

1 て手, て梅花道人奉行

▼ ゆゑ貧民拾~ (2, 0.0%)

2 ひ取りて

▼ ゆゑ越雪~ (2, 0.0%)

2 の詩哥

▼ ゆゑ身~ (2, 0.0%)

1 のほそる, をばこがすなる

▼ ゆゑ近日務~ (2, 0.0%)

2 て老人

▼ ゆゑ道~ (2, 0.0%)

2 遅く日

▼ ゆゑ金子~ (2, 0.0%)

1 などは入, は私

▼ ゆゑ金銀~ (2, 0.0%)

1 に眼, を遣ふ

▼ ゆゑ閾鴨柄~ (2, 0.0%)

2 も広く厚し

▼ ゆゑ食~ (2, 0.0%)

2 にたらず

▼ ゆゑ飯~ (2, 0.0%)

2 を握り

▼ ゆツくり話~ (2, 0.0%)

1 も出, をし

▼ ゆーちょうちょ~ (2, 0.0%)

2 うちゅうゆーけつけつ

▼ ゆ一音~ (2, 0.0%)

2 で斎用水

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 に伝う, を継ぎ

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 腋習, 音あつ

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 で, でむか

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 にやはた, の船

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 歸化僧なる, 遊女高尾が

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 とつり, を惜む心

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 にいた, の主人

▼ ゆ巍然~ (2, 0.0%)

2 として鬱

▼ ゆ帰り~ (2, 0.0%)

1 来て, 来ぬかも

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 の有名, は一座怪訝

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 から見れ, くらきを

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 と云, になっ

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

2 ひ来れば

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 の過去, はこの

▼ ゆ望め~ (2, 0.0%)

1 ば汝, ば聳え立つ

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 を得れ, 汲みて

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 が族臀, さらに願

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 の鳴る, 見えて

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

2 を望む

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ゆ皇子~ (2, 0.0%)

2 にします

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を定め

▼ ゆ秋津~ (2, 0.0%)

1 に立ちわたる, べに来

▼ ゆ糸声~ (2, 0.0%)

2 の波

▼ ゆ細く~ (2, 0.0%)

1 して, 透かせば

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

2 の色見ゆ

▼ ゆ行く~ (2, 0.0%)

1 よ, 水の

▼ ゆ見し~ (2, 0.0%)

1 乘鞍は, 全き

▼ ゆ見ゆる~ (2, 0.0%)

1 児島の, 淡路島

▼ ゆ見る~ (2, 0.0%)

1 不二の, 結氷の

▼ ゆ見れ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば松が枝

▼ ゆ~ (2, 0.0%)

2 無き影

▼ ゆ黒き~ (2, 0.0%)

2 屋のうへ

▼1* [1445件]

あはれわがさ, ゆあはれあはれはや八年, ゆあまの釣舟, ゆあまし世は, ゆあみしたる美しき女, ゆあらぶわだつみ, ゆあんまり行つ, ゆあゝ神の, ゆいくたびかうなされし夢恐し, ゆいざさらば, ゆいずれも混雑, ゆぅっと呑口をひねらね, ゆうきはありません, ゆうちゆくちゆうち, ゆうなぎと書いた, ゆうりのお裾分け, ゆうりゆうと振る, ゆおかゆそれから鯛, ゆおもふに, ゆおり柄兼而御聞に入, ゆはいさうでしゆ, ゆかいな喜劇をごらん, ゆかいな学生さんでした, ゆかいな宴会ははじめて, ゆかいな所ではなかっ, ゆかいな探険は千九百七十何年, ゆかいな日を送ってるだろう, ゆかいな晩でした, ゆかいな歌を口笛, ゆかいな気持を思いだしました, ゆかいな興奮が過ぎる, ゆかいな音楽に調子, ゆかたへに人, ゆかった事, ゆかったろう下掻, ゆかつて山の, ゆからと其伝誦者なる, ゆかるべき顔にも, ゆがに見える連峰, ゆがの栗の, ゆきき人のかげ, ゆきのうへにたちぬ, ゆきびしき憐憫の, ゆぎかくる伴緒ひろき, ゆぎょう上人て, ゆくだせし洗礼の, ゆくちゆうちゆく, ゆけり媼は, ゆけり立つ子われより, ゆげさへもたへ, ゆげたちまよ, ゆここに命, ゆこぼれて落つる, ゆつかまつ, ゆごつかま, ゆさうにするあどけな, ゆさうに顏を振る, ゆさきぬと, ゆさけさきわたし, ゆさっと仆れた, ゆさばしる水, ゆされた蟹を, ゆさ女王のあの世, ゆさ安心悦びが一時, ゆさ引振ふと揉, ゆさ霹靂なし妻, ゆざさの上, ゆしかとれなかった, ゆしかしてその歌, ゆしかも先きの攻め道具, ゆしかるにまず牡驢に, ゆじんと書いたの, ゆすてがたければ, ゆそのかみのこと, ゆそれなお竜, ゆそ君と同じ, ゆたうころ川口の, ゆたけく煮る酒の, ゆたちまち二三人は, ゆたつ鳥の, ゆたとて行かり, ゆたふ火の, ゆたぶられて羅門, ゆたぶられた松薪の, ゆたらかというの, ゆたんぷ入れて, ゆたんぷで大分たすかってる, ゆたんぷをあてて仰臥一日臥た, ゆちんの龍, ゆついに太虚に, ゆつきの下, ゆつくづくと都, ゆつくらしてござらつせ, ゆつくりあゆめば山, ゆつくりあるけ, ゆつくりいくにち, ゆつくりいつて来る, ゆつくりいつくしめばいつくしんだ, ゆつくりいひ起したその気味合, ゆつくりおたづねする時まで, ゆつくりおちついて話, ゆつくりおめにかかると云, ゆつくりかう腕を, ゆつくりかまどの中, ゆつくりきいてくれ, ゆつくりくちびるのあいだへはさんでしるを吸う, ゆつくりくつろいで下さい, ゆつくりこいで行く, ゆつくりこつちへまは, ゆつくりさしてくれ, ゆつくりしすぎたわね, ゆつくりしたいといふ氣, ゆつくりしなすつても, ゆつくりしやべる, ゆつくりしようよ, ゆつくりだね, ゆつくりできる片隅が, ゆつくりでございますねと云つて, ゆつくりといひしが気, ゆつくりとよんでくれ給え, ゆつくりなさい米久は, ゆつくりなさいましな, ゆつくりなさるおつもりだらう, ゆつくりなされたら好いぢ, ゆつくりなされるんだ, ゆつくりなすつてい, ゆつくりなすつたらいいで, ゆつくりにぶるので, ゆつくりのぞくことが, ゆつくりのばしてゐる, ゆつくりのぼる馬酔木まつしろ, ゆつくりみてゐた, ゆつくりみこしをすゑ, ゆつくりめぐつたりまた, ゆつくりゆかうぜ大きな, ゆつくり並んで寝られる, ゆつくり伏せる落付が, ゆつくり休みなさいと親切, ゆつくり休めと云つて帰つて行, ゆつくり休めることが, ゆつくり伺ふとして本, ゆつくり冷やし化粧を, ゆつくり出掛けて行く, ゆつくり出掛ける事に, ゆつくり出来ないんだ, ゆつくり出来ますわ, ゆつくり召し上つ, ゆつくり召しあがれな, ゆつくり呑んで行, ゆつくり呟きながらぶらぶら, ゆつくり和らぎなごんでゐる, ゆつくり啜るやうな, ゆつくり噛み返しつつその, ゆつくり坐りこんで鵞筆, ゆつくり寛いで話した, ゆつくり寝せて貰, ゆつくり寝た独身者は, ゆつくり寝られるだに, ゆつくり寝るのさ, ゆつくり帰るが好う, ゆつくり戴きたいもんだ, ゆつくり打つ舞台の, ゆつくり抓つて見た, ゆつくり振り返つて, ゆつくり探せば間違い, ゆつくり撫でまは, ゆつくり暮らせるハダカで, ゆつくり書けませんがこんど, ゆつくり棚引いて鉄道, ゆつくり歩いた樣子で, ゆつくり歩き出しながらふと, ゆつくり歩く癖が, ゆつくり泳いでいかだ, ゆつくり流れてゐる, ゆつくり流れ落ちてゐる, ゆつくり漕がせて白髯, ゆつくり点け終つて叔父に, ゆつくり煮しめて食べる, ゆつくり片づけてゐる, ゆつくり申しあげるかでなかつたら, ゆつくり申し上げる事と, ゆつくり直し気持を, ゆつくり眠りつづけるのと, ゆつくり立ちどまる氣にも, ゆつくり繰り返してぐうぐう, ゆつくり考えることに, ゆつくり考へた上明日もう一度, ゆつくり考へ直してもおそく, ゆつくり聞けるといふ安心, ゆつくり聴き楽しむと云, ゆつくり腰かけてゐる, ゆつくり苛め殺してやつ, ゆつくり落ちる木の葉の, ゆつくり落ち着いて居る, ゆつくり落ついて気保養, ゆつくり落つくとこを, ゆつくり行けばよい, ゆつくり見て置きたい, ゆつくり見させて戴きます, ゆつくり見たやうな, ゆつくり見ようや何, ゆつくり見渡してのち, ゆつくり見較べてから, ゆつくり診られないのです, ゆつくり話さねばなりません, ゆつくり話しあふことが, ゆつくり話しするがなア, ゆつくり話しませう疲れたらうに早く, ゆつくり話し込んで歸つたの, ゆつくり話せば一通り, ゆつくり話せなかつたが暮羊君, ゆつくり読み耽つてゐ, ゆつくり読む杉本中佐寺原少佐の, ゆつくり読めないんです, ゆつくり読んで見る, ゆつくり調べられますがね, ゆつくり讀み返した位だ, ゆつくり讀み返すことに, ゆつくり費して駅, ゆつくり走つてゆく, ゆつくり起きあがつて髪, ゆつくり這入つて爪, ゆつくり遊びたいと思うた, ゆつくり遊びませうよ, ゆつくり遊ぶつもりだつた, ゆつくり遠のいてゆく, ゆつくり降りて行, ゆつくり飛べるのだ, ゆつくり飛んで行く, ゆつくり飲みだしたが一本, ゆつくり飲みだすのだ, ゆつくり飲みましようよ, ゆつさりとする, ゆつし王は, ゆつたのに, ゆつたやうになつて一方, ゆつた姉らしい女, ゆつてる頃柳の, ゆつて今出た佛, ゆつて口もとを大事, ゆつて段々畑耕してた, ゆつとりした衣服を, ゆつどもいまだ, ゆつまつばき, ゆつやつやと取り出で, ゆつやよみかたのわからない, ゆつらむためにこそ, ゆづつて下さい, ゆづつたとの事で向, ゆづつてくれた好人物に一應, ゆづつてくれと云はれて, ゆづつてほしいと云ふと, ゆづつてもいゝんだが貴方の方, ゆづつてるをもつた形が連体法, ゆづつて善人ぶつてるの, ゆづつて善人ぶり道義の頽廃, ゆづつて瞬間いもうとの, ゆづつて自分は義務, ゆづりあふ笑みが写りき, ゆづりうけてそこでさ, ゆづりおきて逍遙子の三資格, ゆづりしも而して, ゆづりし息子の律義, ゆづりそむきて泣きて, ゆづりたる達人の綱成, ゆづりて主君の身代り, ゆづりて人間の官能聲, ゆづりて此處には半日, ゆづりて汲かはす, ゆづりて獨り石門, ゆづりで着慣れて, ゆづりで自分の所有, ゆづりで酒が好き, ゆづりといつても師匠のとはかなり, ゆづりになつたはうが御賢明, ゆづりのあのべつこうの笄と櫛, ゆづりはの木があつ, ゆづり合ふ樣, ゆづり合つてゐる, ゆづり退去して, ゆづるが今は私, ゆづることに致します, ゆづるといふ大精神, ゆづるな石にかじり付い, ゆづる一つの可変性, ゆづる場合にも尚, ゆづる子なくて, ゆづる彼れの, ゆづる意味で自ら家出, ゆづれなどとあなた, ゆてる月の, ゆとある者, ゆというのみか此山にては, ゆといった注文通りに, ゆといはずやも, ゆとうは色, ゆとが直接に, ゆとして面出す, ゆとつし王, ゆとても鞍馬の, ゆとでも言ふ, ゆとについては愚見を, ゆとびたちて, ゆとむとは語源, ゆとをつとを, ゆどのへおいで, ゆながめし瀬戸の, ゆなしであらう, ゆなどの動詞では, ゆなにか湧きあがる恐ろしき, ゆにはゆ, ゆに対してお, ゆに対してはわか, ゆに対してはわかゆといふ, ゆのねふかうすまし, ゆのぶかくなぐ, ゆのむ酒は, ゆのろのろと, ゆはたさらせる小, ゆはれても困つ, ゆはん路遠くとも, ゆばん帯小物喪服と黒い, ゆばん角帯羽織帽子足袋下駄手拭鼻紙にいたる, ゆひさんへ行つてら, ゆひつけて笛, ゆひほどきしけるが今, ゆひやくこく, ゆひゆう降らすんだ, ゆひ上げたるこがね色の, ゆひ廻せし中押せ, ゆひ直すそれでも, ゆびおりの繁昌な駅, ゆびがくびにぐいぐいとくいこんできます, ゆびがぴりぴりしびれたことを話して, ゆびさきがぴりぴりしびれる鳩なんてある, ゆびさきが電気にふれた, ゆびさきに咬みついたの, ゆびさきに糸をおさえ, ゆびさきの刺疼き, ゆびさきを口にあてた, ゆびざししながら教えようとして, ゆびざししながら教へよう, ゆびでおしてみると中には強い, ゆびでもつてさも幽, ゆびでピアノをひきました, ゆびで火鉢の向側, ゆびで髪をかきました, ゆびとゆびと哀しみつれ, ゆびには軍手, ゆびのかすかにそりかえっているのが実に美しい, ゆびのさきから根がけぶり, ゆびのさきにはワシのよう, ゆびのさきほどばかだといったらわしはこれ, ゆびの先きで, ゆびはうごくともしらず心は筆, ゆびはふるる緒に, ゆびもて弾く如意輪, ゆびわその他はま子の身, ゆびわやうでわに宝石, ゆびをかけておりたり, ゆびをさゝれるのはくちおしゅうござりますぜひ死出, ゆびをたかくさし上げて, ゆびをふまれてまるでおこっ, ゆびを中に他, ゆび先に力, ゆぴとが現代的, ゆふけむる月と人, ゆふさらず目, ゆふさりつかた出ありく, ゆふつけになく, ゆふつ方荒き野鴨, ゆふづく日かたぶく, ゆふづくひ指也河辺, ゆふなげきおのれ揺り, ゆふべからねむらず血も, ゆふまぐれ消え去りて, ゆふまけて嫗, ゆふもあり絆纏の, ゆふりさけ, ゆふろ野の黄, ゆふんぢやねえぞ, ゆふムシでありますか, ゆふ越え行きていほさき, ゆねのあちこち, ゆぶつてゐる, ゆぶんきん各種各様の金魚, ゆへば結る, ゆへもふ土佐, ゆへを問ふ, ゆべきやとの問い, ゆべくんば古稀, ゆべく望むが故に, ゆべく覚えて夜, ゆべしやはさて, ゆまじきすぢ, ゆますが一言, ゆまずにお, ゆむやみに国産奨励, ゆむ湿り地に, ゆはや恥, ゆやが事を, ゆふだつ雨, ゆゆうれいが, ゆゆめだか, ゆゆるされいお館, ゆゆるめて, ゆよとばかり亡き母上, ゆよみがへる, ゆらむおゆり, ゆう, ゆるびは嘆き, ゆるび心またた, ゆるる麦の, ゆわかしに対してはおし, ゆゐしよある老舖, ゆゑあつて近江蟄居の時, ゆゑあはかるやきかつ私家名淡島焼などと広く, ゆゑあれは緑雨様, ゆゑあれこれと年少, ゆゑあればこそここに書きおくなれ, ゆゑいかんとなれ, ゆゑいましばらく見合せよう, ゆゑお許し下さいと, ゆゑおのれがちからに己が躰, ゆゑおぼろになりし月夜と云, ゆゑおれにとつては作家こそすべて, ゆゑお取次を以て言上, ゆゑお政に向, ゆゑお秀は耐兼, ゆゑお茶も出, ゆゑかあまたゝび顔撫でながら, ゆゑかのとき協はざる, ゆゑか何れも丸裸体, ゆゑか胸騒ぎがし, ゆゑけんのんなるべし, ゆゑこの地境, ゆゑここの思入, ゆゑこそ可惜青年一人此處にかく, ゆゑこちたくも天つみ空は曇らひ, ゆゑこちらの希望, ゆゑことさらの喜悦ならん, ゆゑことさら雪におち入らん, ゆゑこれら三つの契機, ゆゑこゝに記せり, ゆゑしらずわが病むらしの, ゆゑしらせ申さんとて来れり, ゆゑすべて雪車を用, ゆゑするとや思す是, ゆゑせつかくながら, ゆゑせめては間接に此時代, ゆゑそこから覗いて, ゆゑその人はその, ゆゑそんならさうと, ゆゑそんな大事をとつ, ゆゑぞかし我れには, ゆゑぞと尋ぬるに, ゆゑぞ云はで止まん, ゆゑぞ原を正せ, ゆゑぞ逢はんと思ふ, ゆゑたがふ事ありて, ゆゑたゞにやはとて一字毎に念仏申, ゆゑちよつと見方, ゆゑであつて鬼にもいろいろ, ゆゑで両個が今, ゆゑで折角の樂しみ, ゆゑとか聞きぬ, ゆゑとても叶はぬ, ゆゑとても死たる彦兵衞, ゆゑとなく懷かしき, ゆゑともなく物なつかしい自分, ゆゑとわが問はむとき, ゆゑとんと其方は不得手, ゆゑと口元まで現, ゆゑと問ひたま, ゆゑと感念したか, ゆゑどうかして一日その姿, ゆゑなかば巫山戯けて, ゆゑなきに消え, ゆゑなくてたやすく改まるべく, ゆゑなく舊來の成語, ゆゑなほさら寒さ, ゆゑなほ暖爐がなつかしい, ゆゑならそもそもわれわれ自身, ゆゑならずしてその天界の最低, ゆゑならず柔和しき御生, ゆゑならず汝に缺, ゆゑならぬはわが小品, ゆゑなりその者よびとひて, ゆゑなり今までは今, ゆゑなり今更悔む共詮方なけれど, ゆゑなり将軍家の御, ゆゑなるか夜半の鐘, ゆゑなんにも心配はない, ゆゑにあくるにあたりて極めて大, ゆゑにあらずた, ゆゑにあれ恋ひめやも, ゆゑにいづれお出で有, ゆゑにいと福なるふたり, ゆゑにお梅は惘れ, ゆゑにかからぬ山ぞなかりける, ゆゑにかくいへりグイードはリニエール, ゆゑにかくいへるや明らかならずパッセリーニ, ゆゑにかくは羞ぢらふ, ゆゑにかの善生ず, ゆゑにかの雑誌を愛読, ゆゑにかれ等は火災, ゆゑにけふも朝より醉, ゆゑにこそ悲しくも, ゆゑにこそこの事我に臨めるなれ, ゆゑにこそわれらの勝利, ゆゑにこそ罪無き汝, ゆゑにこそ金柑は泣い, ゆゑにこの弟愛し酒, ゆゑにこの生の愛, ゆゑにこれより流れいづる河, ゆゑにこれを觀これを思ふ, ゆゑにずつと親しまれるので, ゆゑにその高さ, ゆゑにそのよき姥を, ゆゑにその受くる神, ゆゑにその咎赦されずその, ゆゑにその屍をいる, ゆゑにその影響をうけ, ゆゑにその情はみなこれ, ゆゑにその才をかの, ゆゑにその花ゆゑに人, ゆゑにそれに頼つて独自の道, ゆゑにそれを世間一般に公表, ゆゑにそんな悲哀と苦惱, ゆゑにそんな訳に成つた狭山さん, ゆゑにといふくらゐの意味にも用, ゆゑにはあらで喜ばしさ, ゆゑにはと言うて, ゆゑにふたゝびかの架にゆかん, ゆゑにふる雨の幽, ゆゑにまた最も神意, ゆゑにまたいくらかは道徳的に, ゆゑにみぎはの人のさそはれし, ゆゑにや凍死ず両親, ゆゑにや秋が身, ゆゑにゆゆしくも吾は歎, ゆゑによく刑罰に耐, ゆゑにわが答へは汝等, ゆゑにわが言眞なり, ゆゑにわたくしは諸山陽伝中山陽, ゆゑにわたくしは山陽が同一, ゆゑにわたくしは此書に史料, ゆゑにわづかに堪へて, ゆゑにわれは休まず, ゆゑにわれは仆れず, ゆゑにわれ恋ひに, ゆゑに一を知る, ゆゑに一輪草とは申す, ゆゑに中には全く, ゆゑに人を冷靜, ゆゑに人これをしらず, ゆゑに人二人まで同じ, ゆゑに兄榛軒は己, ゆゑに分想なれども, ゆゑに名づくと, ゆゑに君を戀, ゆゑに家毎に此流, ゆゑに山右に日左, ゆゑに市にち, ゆゑに後よくこれ, ゆゑに心をしめたれ, ゆゑに日は見えね, ゆゑに民は彼等, ゆゑに火脉は甚稀也, ゆゑに百千の敵, ゆゑに省てしる, ゆゑに社會から之, ゆゑに立戻り段々, ゆゑに苦しかつた, ゆゑに行ふ性, ゆゑに視覺を欺き, ゆゑに車轍の弓, ゆゑに鏡といふ, ゆゑに風とともに立つ, ゆゑの怒打ち棄てよ, ゆゑのよし来世は必ず, ゆゑはじめより行, ゆゑはてなと思うて, ゆゑはてな羽織の紋, ゆゑはてはなしあはて角力ひて, ゆゑはにはかに推し得ね, ゆゑはひりて見るに, ゆゑはん料出し候ても外, ゆゑひさかたの天の露霜, ゆゑひつかけは下手, ゆゑひどく身体が弱, ゆゑほかからくる, ゆゑほんものの結びかたよりはよほど, ゆゑまさかに, ゆゑみつちりと樹木, ゆゑもなく海が, ゆゑもなく憎みし友と, ゆゑよしを問ふ, ゆゑよしを常見和尚に言, ゆゑわかぬ性の芽生, ゆゑわかぬ春のシムフオニイ, ゆゑわたくしの言ふ所, ゆゑわたくしは傍にあつ, ゆゑわたくしは嶺松寺の墓石, ゆゑわたしを貰, ゆゑわらにとぼしくいづれのいへもふるきむしろ也, ゆゑわらべの雪遊び, ゆゑわれら如きの, ゆゑイデ片時も早く, ゆゑグツト云て暫時答, ゆゑシローテが常に最も, ゆゑデカダニスムは私, ゆゑマダ來ぬかと, ゆゑヤイ汝は何れ, ゆゑリアリズムからの離脱, ゆゑロミオどのが來, ゆゑ一しほ思ひ遣り夫, ゆゑ一切の希望, ゆゑ一升の糸, ゆゑ一合附けて, ゆゑ一年と定め, ゆゑ一座の者共, ゆゑ一所に來, ゆゑ一文貰ひの, ゆゑ一方に十種以上, ゆゑ一時代一地方の微妙, ゆゑ一時當惑は致せし, ゆゑ一生どこへも行かぬ, ゆゑ一言の忠言, ゆゑ三右衞門は甚だ, ゆゑ三味線の絃, ゆゑ三田の方, ゆゑ三百篇の註, ゆゑ上下擧つて吉兵衞を贔屓, ゆゑ上手なる易者, ゆゑ下伊呂村辨天堂前に待伏, ゆゑ下役どもソレと取, ゆゑ不審何れの邸, ゆゑ不意をうたれ, ゆゑ不景気時代の学校, ゆゑ不羈独立の精神, ゆゑ不足の分, ゆゑ世上に正弘, ゆゑ世話料判代等一錢も取ず, ゆゑ中を見たら, ゆゑ丸龜より急い, ゆゑ主が氣轉, ゆゑ主人が重病, ゆゑ主人主税之助, ゆゑ久八が忠, ゆゑ久兵衞扨は此小僧め, ゆゑ久政も黙止, ゆゑ久藏は吾助, ゆゑ九條家を退, ゆゑ九郎兵衞夫婦は, ゆゑ予言の能力, ゆゑ事の次第, ゆゑ二人を引取世話, ゆゑ五人や十人, ゆゑ五八は俄分限, ゆゑ五兵衞は久兵衞, ゆゑ些とした, ゆゑ人呼で渾名, ゆゑ人皆其徳を慕, ゆゑ仁左衞門小猿, ゆゑ今一應私し共限り, ゆゑ今一袋は老, ゆゑ今度幸ひ私, ゆゑ今日上野へまゐり只今, ゆゑ今日我等へ下されしなれ, ゆゑ今武村から彼, ゆゑ今越前が問, ゆゑ代地の河岸, ゆゑ令孃のお, ゆゑ件のごとく, ゆゑ伯父の田地, ゆゑ体を委せる, ゆゑ何共致し方御座無候間金子五十兩何卒才覺致しな, ゆゑ何卒合力して, ゆゑ何方様へも番附, ゆゑ何者とも見分らず, ゆゑ作品にすべて, ゆゑ例の通り平川, ゆゑ侍者の坊主立出コレ各々方鎭, ゆゑ価もおの, ゆゑ俵を脊負, ゆゑ俺ゃもう決して此暗, ゆゑ値打が低い, ゆゑ假令一旦の, ゆゑ假令私し身内, ゆゑ偖は女房, ゆゑ健康不健康はその, ゆゑ偶然おも, ゆゑ傍に立寄, ゆゑ傳吉も今, ゆゑ僅の貢, ゆゑ僅かの中, ゆゑ兄さん御前は夫, ゆゑ兄芸庵の第, ゆゑ先づこれを, ゆゑ先方でも気, ゆゑ先日一寸御, ゆゑ先腰なる摺燧, ゆゑ先駆的であると, ゆゑ光貞卿にも心掛り, ゆゑ入牢申付ると, ゆゑ兩人の用人, ゆゑ公儀の役, ゆゑ共に停車塲, ゆゑ其中の融通, ゆゑ其事を不便, ゆゑ其儘に打, ゆゑ其医方を, ゆゑ其外には心あたり, ゆゑ其夜は其處, ゆゑ其後は誰一人諫め申者御座, ゆゑ其愁傷大方ならずと, ゆゑ其意に任せ, ゆゑ其所腐ず, ゆゑ其方が胸中察し, ゆゑ其時に至り, ゆゑ其次はいかに, ゆゑ其混雜云ばかりなし, ゆゑ其稜威は精霊, ゆゑ其者が落せし, ゆゑ其邊の差略, ゆゑ其頃上野の御, ゆゑ冬は山野, ゆゑ冷害に堪へる, ゆゑ出入の者, ゆゑ出帆すべしとの, ゆゑ出所を定か, ゆゑ出會ぬと, ゆゑ刀剣の類, ゆゑ判然返事も出, ゆゑ前後も知らず休みし, ゆゑ力に成, ゆゑ助けを乞ん, ゆゑ勾引と存じ小杉, ゆゑ北国はます, ゆゑ十四年に江, ゆゑ十遍水を浴, ゆゑ千たび歎きつ, ゆゑ半襟火事とは呼ばれる, ゆゑ却て平和, ゆゑ参照して, ゆゑ參らぬと, ゆゑ古郷へ歸豫, ゆゑ只禮のみ云, ゆゑ只頭を下, ゆゑ右の話誣, ゆゑ右やうにする, ゆゑ吉三郎偖は娘, ゆゑ同人方へ參, ゆゑ同役山内伊賀亮御目, ゆゑ名主組頭親類を始め, ゆゑ名乘申す又, ゆゑ名差にて御, ゆゑ名誉より説くべき, ゆゑ君への御, ゆゑ否とも云, ゆゑ否先生貴方がお, ゆゑ吾助は喜内, ゆゑ吾妻の鶯, ゆゑ味なし, ゆゑ命捨てても, ゆゑ和吉は茲, ゆゑ和女は緩慢, ゆゑ和郎は音羽町, ゆゑ咲子は人, ゆゑ問屋の拂, ゆゑ善六は朝, ゆゑ嘉川樣の事, ゆゑ四府見の文字, ゆゑ国民の一人, ゆゑ国許へ通知, ゆゑ国造であ, ゆゑ国際的即人道的, ゆゑ土産も持, ゆゑ地勢により, ゆゑ堤の茶店, ゆゑ声が嗄れ, ゆゑ壻に恨, ゆゑ壽阿彌, ゆゑ変哲もない, ゆゑ夏の享樂場, ゆゑ外に誰, ゆゑ夜具布團其外に心付け食事等, ゆゑ夜毎に念仏, ゆゑ夜道をする, ゆゑ大丈夫請出す氣遣ひな, ゆゑ大体に通じ, ゆゑ大宝元年の学令, ゆゑ大小の獣甚, ゆゑ大岡殿再度願山, ゆゑ大方は御存知, ゆゑ大方其所ら邊りの, ゆゑ大橋文右衞門は出, ゆゑ大網を用, ゆゑ天下の條目成敗, ゆゑ天地を狹, ゆゑ天竺牡丹と俗称, ゆゑ太郎の着物, ゆゑ夫リヤア大方此宿の者, ゆゑ夫喜八と申者在中, ゆゑ夫文右衞門は盜賊, ゆゑ奉公するにも, ゆゑ奧の方, ゆゑ女共は膽, ゆゑ奴めが百兩盜, ゆゑ如何共爲方なく不, ゆゑ如何成前世の業因, ゆゑ如何成天魔が魅, ゆゑ如何程重き癲癇, ゆゑ妹の民こと番頭久兵衞, ゆゑ始終の所, ゆゑ委細は存じ, ゆゑ委細承知と請込, ゆゑ威しのため, ゆゑ子に救はる, ゆゑ子供のこと, ゆゑ子分の三次, ゆゑ孝行なる嫁, ゆゑ學問に凝, ゆゑ安五郎は不, ゆゑ安心して, ゆゑ安里とマダム・クラビンスキイ, ゆゑ安間平左衞門, ゆゑ客舎の庭, ゆゑ客體面の凹凸波動, ゆゑ室内は一日静か, ゆゑ家來に召抱, ゆゑ家内と妹, ゆゑ家内中穿鑿を致す, ゆゑ家督評議として紀州, ゆゑ家茂は病, ゆゑ寄する目元, ゆゑ寒暖に付, ゆゑ寢ず番, ゆゑ實在者としてはそれ, ゆゑ寧のこと天, ゆゑ寸導は壇, ゆゑ専心院御所を御, ゆゑ小兵衞は彌, ゆゑ小説はいくら, ゆゑ小金を持て居る, ゆゑ少年の身, ゆゑ屑は少し, ゆゑ山一重踰て見る, ゆゑ山男が巷, ゆゑ岸に身, ゆゑ島は女心, ゆゑ工人は各自, ゆゑ左仲は又もや, ゆゑ己れが, ゆゑ已むことを, ゆゑ幕府へは憚り, ゆゑ平吉は何卒, ゆゑ年頃も相, ゆゑ幸手宿の騷動大方, ゆゑ店も寂れた, ゆゑ当時最古の刊本, ゆゑ彦兵衞も本, ゆゑ役人は聲, ゆゑ彼所の事, ゆゑ後藤半四郎も同じく, ゆゑ徐々立寄しに, ゆゑ御上坂町奉行へ御, ゆゑ御免なされと, ゆゑ御前も町内, ゆゑ御旅籠も餘程, ゆゑ御返事もいたし, ゆゑ心中に悦びし, ゆゑ心付ざりしが, ゆゑ必らず夜, ゆゑ忘られぬ, ゆゑ忠八此金算段せられよと, ゆゑ忠宗が婚礼, ゆゑ忠臣が詠んだ, ゆゑ忽まち答への趣意, ゆゑ急に答, ゆゑ急ぎ食事せんもの, ゆゑ怪我はなかつた, ゆゑ悴夫婦の殺されし, ゆゑ惜しみてか藥師さま, ゆゑ惡き荷擔, ゆゑ意趣遺恨等請べき者, ゆゑ成身に隨, ゆゑ成長なり給, ゆゑ我々が力, ゆゑ我が身に於, ゆゑ我等が謀計, ゆゑ我里にては冬, ゆゑ所々より嫁, ゆゑ所拂ひとなりしかば通仙, ゆゑ所望いたして, ゆゑ手前配下の儀, ゆゑ打驚き種々介抱いたし呼生, ゆゑ扨は市之丞達, ゆゑ拔足さし足して, ゆゑ指折算へて歸, ゆゑ捨置たるに先頃, ゆゑ掃部は茂助, ゆゑ故郷にて, ゆゑ敢て憎む, ゆゑ數多の骨, ゆゑ文右衞門一件落着に餘儀, ゆゑ文武両道とは職能, ゆゑ文藏は何事, ゆゑ斯る事さ, ゆゑ斯樣に仰上られし, ゆゑ斯火急に願, ゆゑ新道を驅, ゆゑ日南へ干し, ゆゑ日數十四五日は掛る, ゆゑ日曜も祭日, ゆゑ日比谷見物に行く, ゆゑ日頃親しう, ゆゑ早々立歸り翌朝裾, ゆゑ明後日參りて, ゆゑ明日參るべしとて, ゆゑ昨日の雪, ゆゑ是幸ひと早速承知, ゆゑ昼食は白飯, ゆゑ時の大臣, ゆゑ晝夜となく, ゆゑ朝の訪れ, ゆゑ朝毎に木鋤, ゆゑ本末不都合の事而已, ゆゑ朱塗の上, ゆゑ村のものおの, ゆゑ村中に何事, ゆゑ村中一統此頃の寺, ゆゑ松いとくろし, ゆゑ松田家の事業, ゆゑ松葉屋桐屋は金, ゆゑ柄が不粋, ゆゑ柏原へ立ち寄り, ゆゑ柏軒所著の書, ゆゑ格別に案じる, ゆゑ榛軒は此年天保丙申, ゆゑ樣子を見て取, ゆゑ櫛と取替, ゆゑ正徳の頃国禁, ゆゑ正月はいつも, ゆゑ正直に申上, ゆゑ此上は親子三人飢死, ゆゑ此事何所までも押隱さん, ゆゑ此二書には重複, ゆゑ此地方の人, ゆゑ此子を養子, ゆゑ此度の御, ゆゑ此方にて取, ゆゑ此時人死すれば, ゆゑ此段恐れながら御, ゆゑ此節半金も遣, ゆゑ此者を欺, ゆゑ此金子を一向に, ゆゑ此魚来れば, ゆゑ武士は眞實, ゆゑ武家はこれ, ゆゑ歳越の日, ゆゑ死人とは一向, ゆゑ死目の間, ゆゑ死霊の近づく, ゆゑ殘らず其, ゆゑ母御前とおなじ, ゆゑ母樣は目, ゆゑ毎日朝から化粧, ゆゑ民衆自身の手, ゆゑ気を付け, ゆゑ水うたせけり, ゆゑ水勢ます, ゆゑ水脉は九分火脉, ゆゑ水鳥潟を慕, ゆゑ汐田は彼, ゆゑ汝を頼み, ゆゑ汝是ほど澤山酒, ゆゑ江戸表へも注進, ゆゑ沐浴して, ゆゑ油屋五兵衞方へ衣類大小等質物, ゆゑ治助はホツト溜息, ゆゑ泊てはなく, ゆゑ流れになり, ゆゑ流水漲り来り猶も, ゆゑ流石の惡黨, ゆゑ浪の立つ, ゆゑ浪人職で劔術, ゆゑ淡路守殿如何に彦兵衞其方, ゆゑ湯に入, ゆゑ湯具といふ, ゆゑ湯山の餅, ゆゑ滝にのぼる, ゆゑ濡れまろがりし, ゆゑ無分別とは知り, ゆゑ煩を厭, ゆゑ熊谷土手にて惡漢, ゆゑ熱のさめはじめた, ゆゑ營業に出る, ゆゑ爰に千手大士, ゆゑ爰彼處と改め見れ, ゆゑ父母に迫り, ゆゑ牛馬を駆ひ, ゆゑ物蔭から見させよう, ゆゑ特別な待遇, ゆゑ狂女なりともいひ, ゆゑ猫狸其外魔性の陰獸, ゆゑ甚兵衞も迷惑, ゆゑ男に無用, ゆゑ男子の方, ゆゑ町へ出, ゆゑ町役人は叱り, ゆゑ番頭久兵衞は三吉, ゆゑ番頭大に困り, ゆゑ當國迄は參, ゆゑ病得て, ゆゑ痛みはいよ, ゆゑ瘴気冷然たり, ゆゑ癪氣も速, ゆゑ白妙を追, ゆゑ百兩の一件, ゆゑ皆な斯樣, ゆゑ盜まれたるに, ゆゑ目もうちぬ, ゆゑ直さま後藤は彼男, ゆゑ相手の陶醉, ゆゑ相談なし油屋五兵衞, ゆゑ省略した, ゆゑ看護人ほどの自由, ゆゑ真実の事, ゆゑ知つてゐるが, ゆゑ知らん顔して, ゆゑ砂糖でころす, ゆゑ碩学鴻儒の故, ゆゑ確と分らず, ゆゑ確乎した御, ゆゑ神國の御, ゆゑ神戸までは汽船, ゆゑ私共が貝塚, ゆゑ秋を巻頭, ゆゑ種々に工夫, ゆゑ穏便に許し, ゆゑ竹がうれし, ゆゑ紙はぬれ, ゆゑ紙屑は何程買, ゆゑ結婚後歯科医の免状, ゆゑ絵本の画伯, ゆゑ絶望し敗北, ゆゑ絶頂は温気, ゆゑ総ての人, ゆゑ繕ひもせず花香, ゆゑ繪本の畫伯, ゆゑ義務がこれ, ゆゑ義譯とす, ゆゑ翌日差紙にて九郎兵衞夫婦並, ゆゑ老神まで參, ゆゑ考古學の上, ゆゑ聟にても貰, ゆゑ聟養子を取, ゆゑ肝心の渡世, ゆゑ背後にも油斷, ゆゑ自分の心, ゆゑ自在に伐とり, ゆゑ自我は實, ゆゑ自然そこへ行つたの, ゆゑ自然光俊が泣過ぎねばならぬ様, ゆゑ自然子供への玩具, ゆゑ自然湯村とは兄妹, ゆゑ與惣次も安堵, ゆゑ舞ひかがやく, ゆゑ舶来品に比べ, ゆゑ艸木を生ぜず, ゆゑ芝葛盛さんに乞う, ゆゑ花のちる, ゆゑ花粉を為し, ゆゑ若や手荒き, ゆゑ苦勞はない, ゆゑ茂兵衞の枕元, ゆゑ茲に惡計, ゆゑ茶を喫, ゆゑ荷物もつく, ゆゑ菓子を見る, ゆゑ萬一取逃しも, ゆゑ萬事の儀ども相違, ゆゑ落し物と知ら, ゆゑ落語の真髄, ゆゑ蓼中の虫辛, ゆゑ藤三郎を順養子, ゆゑ藥屋共へ吟味, ゆゑ蚊なし蚊屋, ゆゑ蝶がこがれ, ゆゑ蟻の事, ゆゑ血氣強く且又家内手代共, ゆゑ行きまする, ゆゑ行つて見ると, ゆゑ行儀が悪い, ゆゑ衣類に乏しき, ゆゑ裏口に廻り見る, ゆゑ西洋の者, ゆゑ見世を仕, ゆゑ見舞に罷り, ゆゑ親子二人渡世のならぬ, ゆゑ親類内相談の上, ゆゑ言は裁許破毀, ゆゑ記憶がかすん, ゆゑ記臆をすべり, ゆゑ訴へ出, ゆゑ診察するに, ゆゑ詩を読む, ゆゑ詩仏や鵬斎, ゆゑ諸方を駈, ゆゑ變化つたとか變化ら, ゆゑ谷の上, ゆゑ豪放と云, ゆゑ貧乏店が閉, ゆゑ貯への程, ゆゑ貴殿十五兩才覺し給, ゆゑ質を請出したる, ゆゑ質屋からは矢, ゆゑ赤塚の冬至鳥, ゆゑ越前守殿は言葉靜, ゆゑ越前守殿コリヤ久兵衞其金子は市之丞, ゆゑ越前守殿兩人共默れと, ゆゑ越路の雪, ゆゑ跡は残らない, ゆゑ路次を家主, ゆゑ車坂下四ツ辻の邊, ゆゑ軍人が格別威勢, ゆゑ軍平は眼, ゆゑ農業の人, ゆゑ近所の者後妻, ゆゑ近隣の老婦, ゆゑ退役いたし其跡, ゆゑ途中に待受, ゆゑ逗留仕つり二十七日, ゆゑ這は如何, ゆゑ通訳に由り, ゆゑ道のりは四五町, ゆゑ道具衣類は云, ゆゑ道場の跡片付, ゆゑ道夫は儒, ゆゑ邪魔を入れ, ゆゑ邸方より二百兩三百兩づつ, ゆゑ都所別当が御, ゆゑ酒に醉, ゆゑ酒肴に釣れ, ゆゑ重役衆には其樣, ゆゑ野尻宿の近江屋與惣次, ゆゑ金兵衞を殺した, ゆゑ金持ちが羨ましい, ゆゑ金槐とは鎌倉右大臣, ゆゑ金沢文庫の零本, ゆゑ釜戸の方, ゆゑ銃剣にて開く, ゆゑ鐘楼も浴室, ゆゑ門おほき, ゆゑ門弟には少し, ゆゑ門弟中大いに心配, ゆゑ門番人下座をなし, ゆゑ閉ぢる口, ゆゑ闇の夜, ゆゑ關東者と違, ゆゑ阿部家の如き, ゆゑ除て前, ゆゑ雨に拘はらず, ゆゑ雪中に稲, ゆゑ雲助共は増, ゆゑ雲飛は一言, ゆゑ青年は情念, ゆゑ青楼を出, ゆゑ面生るが, ゆゑ面伏にも思可, ゆゑ鞋をはかず, ゆゑ頓て町役人, ゆゑ頭痛もぢ, ゆゑ願ふと有共今此處, ゆゑ風に心, ゆゑ餘儀なく其儘申通り, ゆゑ首尾よく我が, ゆゑ首尾能御屋敷, ゆゑ香もさびし, ゆゑ馬場の精神, ゆゑ駕籠に乘, ゆゑ駿ももう, ゆゑ魂即ち精神, ゆゑ鵜飼の謡曲, ゆの孵る, ゆアプロヂイテー美の女神, ゆけェ, ゆサルペードーンとグローコス, ゆタンポのにえ上る, ゆダンテの據, ゆッくりお茶でも召し, ゆッくり柚湯につかり, ゆッくり研究すること, ゆッさゆッさと, ゆツくりあとの相談, ゆツくりお母さんとわたし, ゆツくりお話も出, ゆツくりわけの分る, ゆツくり云つてにやり, ゆツくり構込むで, ゆツくり煙を吹き, ゆツくり煙草を飮, ゆ三名ハ先発隊トナリテ和蘭ヲ, ゆゆる南面, ゆフランチエスカのこの, ゆーらゆーらと尻尾, ゆーツと終, ゆーンという飛行機, ゆひら, ゆ一八三二年インドのマニプル州, ゆ一升とふ, ゆ一期と我, ゆ三重県の磯部, ゆは黒雲海, ゆ上志太の殿, ゆつ毛, ゆ下田へ落つる, ゆ下総の浦, ゆの邊, ゆ乃ち船をば捨てつ, ゆ乳房いだけば, ゆ云々と記し, ゆ云うてをる, ゆ五十グラムずつ位, ゆ井戸をし見れ, ゆにまさり, ゆ今のをつ, ゆ仙丈岳北岳間ノ岳農鳥岳等天を突き, ゆて夭折, ゆ仰ぎ見るカントの, ゆ仰ぐ若葉の, ゆ伊豆の山燃ゆと童ら節, ゆ伐木の, ゆ伯母は未だ, ゆ但しアダムの, ゆ佐保の内, ゆ佐夜気久於比弖来にし, ゆ何しろ此言葉には, ゆ何処より来りし, ゆ來らしも, ゆ俊秀独歩の秀高岳, ゆはち, ゆ八尋の柱, ゆ其原理たるや第, ゆ其東に妙儀, ゆ其聲必ず松の木, ゆ円き枯山, ゆ冬枯の荒野, ゆ出でて三年, ゆ出版屋をやる, ゆ初夏の雲, ゆ勿論當時は, ゆ南インドマドラスの少し, ゆ即ゆかはみ, ゆに起きし, ゆ参入り来ては, ゆり來, ゆ友達からバカ, ゆ鼻は, ゆ殻ながら, ゆに路, ゆ可きものである, ゆ可らず, ゆ号東京へ直行, ゆ各々その便, ゆ同僚は時めき, ゆ吐き出づる水を, ゆ吹き拂ふ, ゆが来し, ゆ吾ために尽せ, ゆの隙, ゆ垣越しに巨摩, ゆ城ヶ島も見, ゆ声高になにか, ゆされば, ゆの更け行け, ゆならさめて, ゆ太平洋に金波照り行方, ゆ太陽のしたなる, ゆより山々連綿, ゆも東上, ゆ姿にもし, ゆ孔廣林の輯本論語鄭氏注, ゆ実に建久元年, ゆ富士筑波はいふも更, ゆ射す日影そよぐ, ゆ射せば縞目, ゆ射るに便せん, ゆ鴉の, ゆ少しく高し, ゆの背並, ゆらしくなく, ゆ巨勢路から石瀬踏み, ゆ巨鳥か鯨, ゆ年經る大樹鬱蒼, ゆ当歳のつ, ゆ従って仲秋月の, ゆ師の, ゆ御岳の頂上, ゆ忽ちに又右淀城, ゆ怪しの物, ゆ息もて吹け, ゆ我が好む枇杷, ゆ或は目ざめてたほたほと振らす, ゆ戻れつたらしゆ, ゆてりとを, ゆ振放みれば近江の, ゆ振放見れば水, ゆりおろし來, ゆあかる蟻, ゆ敷島を買はん, ゆあかる蟻, ゆの光, ゆ日照雨して, ゆ苗田も, ゆ明るき藝術を, ゆの夕, ゆれ著しき, ゆ最もしを, ゆ有利なの, ゆ朝宵にし, ゆ朝月夜さやかに見れ, ゆ木瓜のさく, ゆ釣きこ, ゆ本艦の士官水兵, ゆ来し少女居り, ゆ来る子らが, ゆ松下某といふ人やまと新聞社, ゆ松山のこ, ゆ食めば, ゆ棚引き渡る秋の, ゆの蔭, ゆ榜ぐ船のにほひ, ゆ横さまに見れ, ゆ檳榔の御車, ゆ此處に來會, ゆ殺害致したる上, ゆ水の江の浦島, ゆ永き日月を, ゆ沫雪流る, ゆ泣けとごとくに, ゆ流れ来ぬるや, ゆ浄水池の土手, ゆ海人の釣船, ゆ淨水池の土手, ゆ清けく負ひ, ゆに雫, ゆ湖上最初のドイツ, ゆ湖畔を傳, ゆ湧きくるらしも, ゆ湧く水の, ゆゆい, ゆの膨れ, ゆ濁る水の, ゆ見すら, ゆ然るに忠兵衞は, ゆ照りこぼるる夏の, ゆ熬りて来し, ゆの中, ゆ物地を得, ゆ狼つれ来りし証, ゆを迎, ゆ追て, ゆの旗城下, ゆ現れ来しや, ゆ甚だ蟹の, ゆあるもの必ら, ゆを鋤, ゆ疑ふべくもあらぬ, ゆ白き頬が, ゆ白毫の, ゆ相手は壮士, ゆ睡り少うし, ゆ知るべし我等, ゆ砂塵をあげ, ゆが凡て, ゆの夜長, ゆ立ち來る, ゆ筑波を見れ, ゆ絵凧あげたる, ゆ網引すと網子, ゆ群衆の上, ゆ義者の神経スイジャク, ゆ老い難し, ゆど我, ゆ背向に見ゆる, ゆ胡瓜投ぐれば水, ゆ能わざるの試錬, ゆのうら, ゆの上, ゆ自らの, ゆ船出して, ゆ芒鞋の着処, ゆの雨, ゆたね, ゆ落ちぬる, ゆの如萌, ゆ蒼茫万古の意, ゆ蓋原文は言語, ゆか巣ごもる, ゆのまひ寄り, ゆのあたり, ゆで山々, ゆ要するに古藤庵の, ゆ見出せばお, ゆ親しき死囚の, ゆ親しくもある, ゆ註釋者多くはダンテ, ゆ葛亮ここに, ゆへるこの, ゆ贈られて, ゆ赤き燈台, ゆ足疾きプロトオス, ゆに影, ゆ軍用には猶, ゆちかき松, ゆ送り来し春の, ゆ遠くみるあられ松原人麥, ゆ遠山の尖, ゆ還り来ぬかも, ゆ那須野の霧, ゆに下り, ゆ野分かな, ゆ金色の日, ゆ金覆輪に噴きいづる, ゆ釣り負けまじもの, ゆ銀杏めでたき熊本, ゆは錠, ゆ門前の路, ゆは声, ゆ雨なほそぼ降りて, ゆ雨後の松島, ゆ霍公鳥鳴きて, ゆのふれ, ゆ霜掩の下, ゆ霞む夕浪, ゆ霧たちのぼる, ゆ青きまなじり, ゆ青芽のぞけり, ゆ吹ききたる, ゆ高きみそら, ゆ鴎外漁史より草花, ゆ刈る秋