青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「もの~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~もて もて~ ~もと もと~ もともと~ ~もとより もとより~ ~もどっ もどっ~ ~もの
もの~
~もはや もはや~ ~もらいたい もらいたい~ ~もらう もらう~ ~もらっ もらっ~ ~もらった もらった~

「もの~」 360951, 3467ppm, 22位

▼ もの~ (50868, 14.1%)

1837 ない 670 なかった 442 ありません 336 ないの 283 ないと 264 一人も 260 一つも 224 何も 122 なかつた 118 自分の 117 あるまい 108 ありませんでした 105 無い 101 何か 86 非常に 85 人間の 84 ないか 82 それが 79 彼の 78 ないが 75 これを 74 何でも 72 私の 66 ございません 62 それを, 人の, 殆ん 59 他に 58 妙な, 誰も 56 どこにも 55 仕方が, 他の, 無かった 52 ないから, ないという 51 少しも 50 なんでも 49 ある, ないかと 48 ないよう, 何と 46 これは, 日本の 45 さう, 不思議な 44 第一, 誰でも 43 一つの, 何である 40 それは, 無いの 39 ないで 38 何にも 37 ありますまい 36 ほとんどない, 彼が, 持って 35 いつでも, ないよ, 今の, 無いと 34 あるまいと, どんなもの, ないであろう, なかろう, 一種の 33 なにも 32 いずれも, 實に, 恐ろしいもの 31 今日の 30 た, 多くは, 容易に, 無かつ, 私は 29 あるが, ないはず, ないん, 或る, 滅多に 28 どういうもの, 何よりも, 存在しない 27 どこに, 云うまでも, 皆な 26 ありませんよ, ないだろう, ひとりも, 確かに, 絶対に 25 なくて, 之を, 此の 24 ないので, 何の, 実にこの, 私が 23 ありませぬ, あり得ない, そんなもの, 多くの, 自分で 22 どれも, 出て, 昔から 21 このよう, 何を, 別として, 唯だ

20 [11件] ありませんか, この世に, そういうもの, ないやう, ない筈, なかつたの, なし, 人を, 少い, 少ない, 彼らの

19 その人, ほかに, 人に, 昔の, 自分が, 自然の

18 [11件] こういうもの, それに, ただの, 一つとして, 今も, 外に, 妙に, 我々の, 次の, 殆どない, 見て

17 [15件] あらず, ありませんが, ありやしません, あるもの, これに, なからう, われわれの, 云わば, 人間が, 何だろう, 單に, 少くとも, 心の, 必しも, 頭の

16 [18件] ありませんね, そこに, そこの, ただ一つ, どうでも, どこの, ないでしょう, わずかに, 今まで, 何ぞや, 僅かに, 手を, 文学の, 普通の, 真の, 私に, 自己の, 見えなかった

15 [24件] あって, あつて, あるの, こんなもの, どこまでも, ないこと, ないもの, なくなって, ほとんどなかっ, 一般に, 例の, 前に, 固より, 変な, 大したもの, 奇妙な, 子供の, 微塵も, 昔は, 生きて, 神の, 私には, 見たこと, 誰が

14 [18件] あった, いくらも, ございませぬ, 他ならぬ, 何が, 何であろう, 何に, 何一つない, 吾, 如何に, 影も, 必らず, 急に, 明らかに, 永久に, 社会の, 稀である, 見当らなかった

13 [25件] あっても, あなたの, いなかった, どこへ, ないといふ, なくなった, なにか, ほんとうに, もつと, 不思議に, 世界の, 何だ, 何です, 僅に, 僕の, 大抵は, 家の, 当時の, 彼に, 残って, 男の, 目に, 神に, 誰しも, 非常な

12 [26件] いかなるもの, いつの, いない, いろいろの, かくの, これが, さうし, どこか, ないし, ないじゃ, なくまた, またと, 一体何, 中, 今は, 彼女の, 手に, 日本では, 極めて稀, 死んで, 現代の, 現在の, 誰にも, 誰れ, 過去の, 黙って

11 [26件] ここに, これらの, しかたが, そうしたもの, そんなところ, どういふ, ないわけ, なくその, ひとつも, まずない, 一定の, 今でも, 仕様が, 他には, 何, 何人も, 前の, 女の, 有りません, 有難いもの, 沢山ある, 皆その, 私たちの, 私を, 自然に, 誰か

10 [39件] ありは, いいました, いうまでも, これで, これまで, その時, それこそ, どうした, どうで, ないのに, もって, 一人の, 之に, 他でも, 何かと, 何という, 何物も, 併し, 個人の, 先生の, 初めから, 勝手に, 天下に, 存在する, 少なかった, 彼は, 従来の, 持つて, 明かに, 歴史の, 永遠に, 皆この, 相談だ, 眼に, 自分を, 自由に, 薬に, 誰の, 面白いもの

9 [51件] あつた, あらざるべし, ありゃしない, あれは, いろいろな, おかしなもの, おのづか, こうも, その中, ただこの, だれも, どうする, どこまで, ないかね, ないさ, ないね, ほかの, 一体に, 一方に, 世の中に, 世間の, 二つの, 人生の, 人間に, 何う, 何処にも, 問題に, 大切な, 女に, 実際に, 幾らも, 彼等の, 往々に, 御座いません, 意外に, 日本人の, 明治の, 春の, 最後の, 殆どなかっ, 無いよう, 無いん, 甚だ稀, 直ぐに, 知って, 私自身の, 考えて, 自分に, 色々な, 西洋の, 誰ぞ

8 [56件] あらじ, ありませんからね, いつまで, いつまでも, いづれも, いは, この, この種, これも, ございますまい, さすがに, すべてこの, すべての, そんなこと, ないな, ないらしい, なさそう, なんだ, ふしぎな, 一人で, 一枚も, 一軒も, 主に, 人間を, 今日では, 他人の, 何かの, 何ぞ, 何であった, 何れも, 何んで, 何んにも, 何時でも, 僕を, 先に, 割合に, 右の, 多い, 始めから, 己れ, 年を, 彼を, 彼女に, 後に, 所謂, 是れ, 普通に, 本当の, 気が, 無いか, 無くなって, 現実の, 生命の, 考えられない, 自分たちの, 自身の

7 [76件] あります, ありやしない, あり得ないという, あるわけ, あるん, ある意味, いいもの, いくらでもある, いやな, この世界, これだ, そう云う, そのよう, そんな風, ただ, ただそれ, ちよつと, とりも, どこから, ないくらい, ないけれど, ないそう, ないです, なかろうと, なんであろう, ひどいもの, まず第, みんなこんな, よく見る, カントの, 一と, 一も, 一ツも, 一時の, 上に, 世界に, 何かという, 何だった, 何処へ, 何等かの, 作家の, 僕に, 全くない, 出来ない, 則ち, 勝手な, 可なり, 各種の, 唯一つ, 多少の, 大体に, 大切に, 天下の, 学問の, 少なかつた, 彼自身の, 必ずその, 必要が, 急いで, 意外にも, 極く, 気の, 海の, 無いが, 無い筈, 物に, 生活の, 相当の, 知らない, 立派な, 總て, 蔭で, 言葉の, 論外である, 身に, 馬鹿に

6 [141件] ありますが, あるには, あるまいが, いくらでも, いないの, いはば, いらない, お互に, きつと, こ, この世の中, この場合, この家, この時, この際, これと, すぐに, すべて, そういうよう, その, その日, その時代, その頃, それぞれの, それの, ただその, だれでも, どうにも, どこを, ないかしら, ないかも, ないけれども, ないぞ, なかったでしょう, なくても, なるほど, なんという, むずかしいもの, もとは, アメリカの, イギリスの, 一つと, 一に, 一個の, 一度も, 一時に, 一緒に, 不必要, 主人が, 京都の, 人々が, 人が, 人間と, 今から, 今日まで, 今迄, 代助, 以て, 何であつ, 何であらう, 何でしょう, 何一つとして, 何処から, 何処の, 元来が, 充分に, 兎に, 全くその, 全体の, 別だ, 動も, 却て, 口を, 君が, 国民の, 多いが, 大変な, 夫れ, 奇怪な, 如何なるもの, 実際の, 実際は, 室の, 實は, 少なくない, 尠い, 山の, 左の, 形の, 形を, 彼れ, 後の, 得て, 御承知, 必ずこの, 必然に, 敵の, 日本に, 時代の, 最初から, 有り得ない, 極めて少ない, 死の, 毎日の, 気を, 水の, 無いから, 無いよ, 無数に, 無用の, 爪の, 物を, 猫の, 甚だ少い, 生活に, 男が, 目を, 眞に, 稀で, 簡単に, 精神の, 純粋の, 罪の, 美しい, 自分でも, 自分と, 血の, 表現的な, 見あたらない, 見えない, 見えなかつた, 見えません, 見当りません, 見當ら, 親の, 身を, 金だ, 金の, 金を, 静かに, 頭を

5 [184件] ああいう, あったが, ありました, ありませんでしたよ, ありゃしません, あるか, あると, あるまいかと, あれで, いったい何, いないか, いまの, いやだ, いわゆる, うまいもの, おそろしいもの, お互, ここには, この国, この男, この頃, これまた, これまでの, ざらに, そこから, そこを, そのとき, その作品, その国, その大, その男, それだけ, それで, それと, それらの, たいへんな, たくさんある, ただに, ただ自分, ためしだ, だめだ, どうかする, どんな場合, ないからな, ないこの, ないこれ, ないだらう, ないだろうか, ないに, なかったろう, なかつたで, なくこれ, なくなるの, なく従って, なんであった, なんにもない, ねえん, はじめから, はじめは, ほかには, ほんの僅か, また格別, まだ見た, みなこの, よいもの, ドイツの, フランスの, 一切の, 一度に, 一斉に, 一日に, 一般の, 世の, 世界中に, 争われない, 亭主の, 人間である, 人類の, 今日から, 今日は, 仕方の, 仕樣, 伊賀境までも, 何うし, 何から, 何な, 何んだ, 何一つなかっ, 何事も, 何等の, 作品の, 作者の, 僕は, 全くこの, 出来て, 出来るだけ, 別に, 前にも, 十分に, 却, 厳密に, 取りも, 口に, 周囲の, 唯, 唯の, 土地の, 変に, 大事に, 大人の, 大抵の, 天を, 夫が, 娘の, 子供を, 存しない, 存在し, 学校の, 家に, 少かった, 少くない, 少しの, 少ないの, 少数の, 幸福だ, 幸福である, 幾人も, 彼と, 彼等に, 御覧の, 微妙な, 必然的に, 怖ろ, 意識的に, 我々が, 捨てて, 支那の, 文明の, 昔も, 是非とも, 時の, 本能的に, 村の, 案外に, 極度に, 正直な, 歴史的に, 残して, 水を, 永遠の, 決してない, 沢山ない, 無かろう, 無くて, 無数の, 牛乳の, 生れて, 男と, 直接に, 相当に, 眼の, 私にとって, 私達の, 秋の, 立派に, 第四, 純然たる, 結局, 自から, 自分には, 自分は, 自己に, 色々の, 花の, 見られなかった, 詩人の, 誰だ, 誰に, 金である, 鉄の, 雪の, 風の, 食って, 馬鹿だ

4 [343件] あてに, あとから, あとにも, あまりない, あまりにも, ありませんから, ありませんでしたけれど, ありませんと, ありませんわ, あり得ないであろう, あり得ないの, いいが, いい加減な, いかなる場合, いったいどこ, いったいに, いつだって, いつも同じ, いやしない, おめ, お前の, お酒, かういふもの, きわめて少ない, ここで, ここへ, この人, この地上, この外, これだけ, これである, こんなにまで, さうい, すつかり, すべてその, すべてを, そういう風, そう簡単, そのままで, その場, その当時, その形式, その意味, その最も, その気, その精神, その結果, それだ, それとは, それによって, そんな事, たいていそんな, ただもう, たと, たとえそれ, どういうこと, どうかと, どうだって, どうであろう, どうな, どうなる, どこかに, どこでも, どちらかと, どのよう, どれだけ, ないその, ないだろうと, ないといった, ないわ, ない位, ない様, なか, なかったです, なかつたが, なかなかない, なく, なくなつ, なくなる, なにかと, なに一つない, なんでしょう, なんといっ, なんと言っ, なんの, はいって, はなはだもて, ばかに, ひとの, ほとんど何, ほんの少し, またその, まれである, めったにある, もう何, やはり, やはりこの, やはりその, よく人, わたくしの, わたしが, わたしの, われわれが, パリの, 一つだって, 一として, 一の, 一体どういう, 一体な, 一冊も, 一切なり, 一年に, 一日も, 一朝一夕に, 一生の, 一通も, 一通りで, 一部の, 一面に, 下に, 下の, 不幸な, 不幸に, 世に, 世間に, 主としてその, 主観の, 事に, 事実の, 事実を, 事實としての, 二人が, 二人の, 云ふまで, 亭主を, 人々の, 人も, 人民の, 人間でない, 人間では, 今では, 今に, 他なし, 伯に, 体の, 何であったろう, 何処に, 何時の, 作られたもの, 俳優の, 個々の, 偉大な, 優美にて, 元より, 全くの, 全体として, 全国に, 処で, 初から, 別である, 別にある, 前後の, 動物の, 単に主観的, 博士の, 原則として, 又た, 又と, 反対に, 叡山東方の, 古くから, 合理臭い, 同じよう, 君だ, 味が, 唯一の, 地に, 地方の, 地獄の, 夏の, 夜の, 大きく遠いもの, 大なる, 大変に, 大部分, 大體, 天地の, 夫, 好きで, 妻の, 姿を, 婦人の, 存し, 存在しなかった, 学校に, 孰れ, 完全な, 完全に, 実に不思議, 実の, 実はその, 実在しない, 実際には, 家族を, 容赦なく, 實際に, 小さく近いもの, 少いと, 少いの, 少なかろう, 居ない, 峰の, 常にこの, 平気で, 幸いなる, 床の, 強いもの, 当人の, 影の, 必ず死ぬ, 忘れて, 恋の, 恐しいも, 恐ろしい, 恐ろしいもん, 悪いもの, 想像も, 愉快な, 愛を, 感心だ, 我に, 戦争の, 手で, 抑, 抽象的な, 指を, 揃って, 政府の, 敵に, 文学である, 文学上の, 斯う, 斯うし, 日本人が, 曾て, 有ません, 本當, 本質的に, 根本的には, 概して非常, 橙や, 欲しくない, 歌を, 此処に, 死ぬまで, 死を, 殺されなければ, 母の, 水に, 決して, 決してそんな, 決して少く, 決して少なく, 沢山に, 油断が, 波の, 活動の, 海に, 無いだろう, 無いで, 無いもの, 無事に, 無暗に, 無条件に, 無限の, 父の, 特別に, 現代では, 現実に, 現實的, 生の, 生れながらに, 生活と, 生活を, 疑いも, 皆笑った, 盛んに, 目の, 着物を, 石の, 神と, 神なり, 私にとっては, 私にも, 私ばかり, 私も, 科学の, 科学的に, 稀であった, 空の, 空想の, 笑って, 絶対の, 美の, 能く, 腹が, 自らの, 自己を, 自然を, 自由な, 花を, 蛇の, 表現される, 西洋人の, 見あたらなかった, 見当らなかつた, 言ひ, 読んで, 誰だろう, 論理的に, 超越的な, 足の, 追, 遠くへ, 酒に, 酒の, 金で, 闇の, 霧の, 青白く少し, 静かな, 面白い, 頭から, 頭で, 食物である, 飯を, 餘り, 首を, 馬の, 馬鹿な, 駄目な, 駿介には, 高尚な

3 [682件 抜粋] あとで, あまり多く, ありがたいもの, ありがたいもん, ありませんでしたか, ありゃしねえ, ありよう, あるかも, あるけれども, あるでしょうか, あるべからず, あるまいから, あるめ, ある場合, いいもん, いくつかの, いって, いついかなる, いつの世にも, いつも, いつもの, いつ見, いない筈, いまは, いろいろと, えらいもの, おそろしい, おほ, おもしろいもの, お目, かかるもの, かくも, きまって, けっしてない, こういうとき, こういう風, こうしたもの, こうした場合, ここでも, ここの, こっちへ, ことごとくこれ, ことにその, この世には, この世の, この事, この土地, この声, この広い, この社会, この門, これであり, これとは, これほど, これ以上の, これ等の, こんなふう, ございませんから, ございませんが, ございませんでした, ござらぬ, さまざまな, して, しようがない, しようの, ぜひも, そうです, そう容易, その人間, その作家, その周囲, その心, その方, その生活, その白い, その行為, それであり, それである, それなる, それより, それよりも, それ等の, それ自身では, たいていの, たくさんに, たしかにある, ただお, ただ大, ただ彼, ただ我々, たれも, だんだん大きく, ちつとも, ついて, ですね, どうしても, どこかで, どのくらいの, どんなこと, どんなにか, どんな時, どんな風, ないかい, ないそして, ないとまで, ないねえ, ないらしく, ない何, ない気, なかったであろう, なかったらしい, なかなかの, なくそして, なくただ, なくとも, なしに, なに, なんである, なんにも, ねえか, ねえの, はかないもの, ひそかに, びっくりし, ほかでは, ほとんどなく, ほんた, ほんとうは, まぎれも, まずあるまい, まずその, また別, まだいい, まだ一度, まだ残っ, まだ百歩, みんなそういう, みんなその, みんな自分の, もとの, もはや, もはや単なる, やはり同じ, よくある, よほどの, われ, われながら, カイゼルに, キラキラと, ハタで, 一つには, 一つは, 一二度は, 一人だって, 一列一体に, 一坪も, 一本の, 一本も, 一片の, 一般的な, 一通の, 万事に, 万人に, 上の, 下賤, 不幸である, 不幸なる, 世にあるまい, 世間から, 之れ, 争えないもの, 事物の, 二三の, 二枚の, 云って, 交通の, 京の, 人物の, 今までに, 今日に, 仕事の, 仕事を, 仕方ありません, 他から, 他にも, 他人に, 以前に, 以前の, 仮の, 伊勢の, 何かと云, 何でございます, 何でしたろう, 何と言つて, 何一つと, 何一つなく, 何一つ残っ, 何事でも, 何人にも, 何処か, 何時か, 何物にも, 何處の, 余の, 作者が, 例によって, 例外なし, 俗に, 個人である, 借金ばかり, 働いて, 僕等の, 元の, 兄の, 先ずない, 先へ, 入って, 全くなかっ, 全く存在, 全然ない, 全部この, 全體, 其小説の, 凡ての, 出して, 出來, 出来ないの, 出来ません, 出来やしない, 初めの, 別と, 別としても, 別の, 利益の, 前者の, 労働の, 勢ひ, 勿論の, 単に客観的, 単純な, 即座に, 厭な, 厳罰に, 去る, 反抗の, 取って, 同じもの, 同じやう, 名も, 否が, 呑気な, 周囲が, 哲学では, 唯彼, 問題では, 土地を, 在来の, 地球が, 墓の, 声を, 外でも, 外へ, 外来の, 多くない, 多数の, 夜に, 夢の, 大が, 大てい, 大体において, 大概この, 天の, 太陽の, 太陽を, 女が, 女との, 妙だ, 嫉妬の, 子の, 存在の, 存在を, 学者である, 実におもしろい, 実に彼, 実はこの, 客観的な, 家へ, 家を, 富を, 寺の, 小さいもの, 小説である, 小説に, 少いだらう, 少いだろう, 少いであろう, 少しは, 少ないであろう, 少年の, 屋根が, 山ほど, 川の, 巨大な, 帰って, 常に現実, 常識に, 常識の, 平凡な, 幸である, 幸なり, 底の, 店の, 弱い者, 当時に, 彼から, 後世の, 心で, 心を, 必ず人, 怖いもの, 思いの, 思想でも, 性格を, 恐らく, 恐らくない, 恐らく一人, 悉くその, 悔恨の, 悪いと, 想像する, 想像の, 意識の, 感じられない, 感覚的な, 我儘で, 或意味, 戦争に, 手当り次第に, 批評の, 探偵小説の, 救はるべし, 整理し, 文化の, 斯の, 新鮮な, 日々に, 日常の, 日本には, 早くも, 星の, 昨日の, 是非も, 時代と, 時代を, 書けない, 最初に, 最初は, 最後まで, 有っても, 有るまいと, 有るもの, 朝は, 本来は, 来ないで, 東京に, 森の, 極めて少い, 武家の, 死刑に, 殆ど無い, 殘し, 比較的に, 氏の, 気味の, 気持の, 江戸の, 決してその, 決してそれ, 決して単純, 波に, 泥の, 浅草の, 浮世の, 海底の, 滅びて, 滅多にない, 火を, 無いでしょう, 無いとも, 無いらしい, 無である, 無なり, 無意識的に, 無用である, 無限な, 片付けて, 片輪, 特定の, 特殊な, 犬に, 狸の, 獨り, 珍しい, 現実を, 現実的な, 理想では, 甚だ多い, 甚だ少く, 男に, 町の, 異常な, 発見する, 百姓の, 皆, 皮肉な, 相手が, 眞の, 真実の, 真理を, 眼前に, 眼前の, 知つてゐる, 知らないと, 知りません, 知りませんよ, 社会から, 神である, 神でも, 私たちが, 私では, 秩序の, 稀だ, 稀であります, 稀にしか, 稀の, 穴を, 窓の, 竹の, 第三, 米と, 結局は, 結構な, 絶えずその, 絶無で, 美人よりも, 考へられない, 耳を, 自分から, 自分だ, 自分である, 自分以外の, 自分自身を, 自殺の, 舞台の, 船の, 色々と, 芸術の, 芸術上に, 英雄と, 落ちて, 血に, 要らないよ, 見えぬ, 見ること, 見るに, 見るの, 言ふ, 言ふまで, 詩に, 認められて, 読者の, 誰かと, 謂わば, 貴方が, 辛いもの, 迂濶, 近代の, 退屈な, 逃がして, 進歩の, 道徳である, 道徳の, 遠くの, 酒を, 金です, 附いて, 除かれて, 随分勝手, 青くある, 面倒な, 面白いと, 頭が, 頭にも, 顔が, 食べまじと, 食物だ, 駄目だ, 駄目です, 高貴なる, 鳥の

2 [2600件 抜粋] あげて, あのよう, あぶない, あまり好き, あらざるなり, ありそう, ありませんけれど, あり得ないかも, あるだろう, あるよ, あれが, あんなものぢ, いい悪い, いけない, いったいどんな, いつまた, いつも気, いなかったか, いやです, いろいろあります, おあり, おそらく一人, おた, おれが, お互いの, お銀様, かうである, かくあるべし, かの女, かわいそうだ, きらいだ, こいう, こうであった, こちらから, このインチキ, この二つぎり, この前, この時刻, この程度, この類, これであろう, これまでにも, これ決して, こんなに苦い, こんな風, さかさ, さのみ, しあわせだ, しばしばこの, すぐまた, すな, すべてが, すべて形を, そういう彼ら自身, そうたくさん, そうむやみ, そこは, そのため, その事, その例, その内, その土地, その形, その旦那, その欠点, その犠牲, その網, その訪問先, その顔, それぞれ知人に, それほどない, それ自, ぞっとする, たしかに人, ただ一, ただ或, ただ退屈, たやすく現代, だれか, だんだんと, ちょっと見, つまらぬもの, できないであろう, どういう状態, どうしよう, どうなった, どこで, どれほど, どんなに長い, ないかしらん, ないしかし, ないだろうよ, ないとい, ないにも, ないッ, ない有様, なかつたので, なかりけり, なくそれに, なく主人, なく皆, なにか絶対, なんだろう, ねえよ, はてしなく, びっくりしました, ほとんどすべて, ほんとうの, まことに魔物, まずなかろ, またとないの, まだその, まだ本当, まるでない, みなの, みな金に, みんなそうな, みんな口を, むやみと, もうたくさん, もう今時分, もう誰, もともと宿命的, もはや少年, やはりそれ, やはり深い, よき器, よそのものたち, わが, わけも, わたしには, ウェストミンスター・アベーと, クイクイの, タイムでは, バカで, パンだけ, ホンコンの, ロッツェである, 一人と, 一体全体何者, 一切通過しない, 一国の, 一度で, 一方的, 一毫も, 一般世間の, 一題一題が, 万人の, 三度の, 上記の, 不可能に, 不思議にも, 不確定, 世の中には, 世界を, 両眼, 中心が, 主観的な, 予の, 事が, 二つ, 云へ, 交渉的存在である, 京都に, 人は, 人柄の, 人間じゃ, 人間ばかり, 今ある, 今年は, 今日でも, 仏が, 仕様の, 以前は, 伏見屋の, 低級未, 何うも, 何といつ, 何と云つて, 何ひとつ見あたらず, 何んと, 何事に, 何処にでも, 何時頃から, 何等思索, 余り沢山見る, 作因が, 例に, 俗衆ばかり, 俳優は, 個人と, 偉大なる, 偶然に, 僞である, 元来非常, 先づ少い, 光の, 全く一つ, 全く無意味, 全部と, 其の公人, 其審美感の, 内地の, 凡俗には, 出来ませんけれど, 分らないな, 切ないもの, 初めより, 利害でも, 到底出来, 前述の, 助かるやら, 動かなかった, 勿論志村, 十人の, 卑くせられ, 単に精神的, 印度の, 厄介な, 去り留まるもの, 又見えざる, 口で, 古典の, 只私, 右と, 各自が, 同一の, 名を, 君と, 吾人の, 命が, 哲学と, 唇の, 善いもの, 喜んで, 嘘を, 因果な, 土地によって, 型から, 塔の, 売り払って, 外で, 多分に, 夢幻以外の, 大そう, 大事な, 大嫌い, 大抵こんな, 大教正, 大股に, 天に, 夫より, 奇体な, 女は, 好きこのんで, 如何なる場合, 妻に, 始めて見た, 字では, 学力の, 宇宙に, 官吏の, 実にその, 実に大切, 実に断然たる, 実に複雑, 実は吾人, 実在する, 宮仕, 容易には, 寄席だけの, 寧ろ方便的, 寺町の, 小さなもの, 小野東人だけ, 少かろう, 少ないだろう, 少なくなった, 屁でも, 山で, 川に, 己の, 帝室の, 常に利用者, 常に租税, 平和と, 幸福を, 幾つも, 床の間に, 庭の, 強い, 当然, 形成された, 彼らが, 彼女自身の, 彼自ら, 御はう, 心が, 必ずこれ, 必ず小児, 必要でない, 忽に, 思ったより, 性格では, 恐しい, 恐らく今日, 恐ろしい悲しいもの, 悉く除名論者, 悲しい, 想像的な, 愚な, 感じなかった, 感傷的に, 成り立たぬ, 我々に, 我が物, 我儘な, 戦争が, 手元に, 批評する, 抒情なり, 持つてや, 捨身大, 支那から, 政府部内の, 散文でしか, 数多くある, 文学を, 断じてない, 新らしき, 既に姦淫, 日常茶飯の, 日蓮の, 早や, 昔し, 是非が, 時代が, 時代思潮を, 時間の, 暖かい味噌汁, 更により, 最初ほかの, 有りませんで御座んした, 有名である, 木下闇に, 未だ生れず, 本来的に, 杉の, 東京人の, 果して幾人, 格別である, 梅の, 極めてまれ, 極めて稀薄, 概ね利害, 欅の, 正しく, 此だけ, 武力でも, 歴史的な, 死ね, 殆ど何, 残酷にも, 毎晩の, 水である, 永牢打ち, 汝に, 決してなかっ, 決して醒め, 法を, 泥棒だ, 流行する, 消えて, 清潔で, 漆の, 火斗でも, 無いさ, 無いとの, 無えんだ, 無くなつた, 無意識の, 無論次第にこれ, 焼きすてて, 牧童の, 物理界に, 特殊の, 猿の, 珍らしい, 現在では, 現象に, 理窟の, 瑠璃子丈では, 甘い辛いもの, 生き返りませんよ, 生具, 用に, 男にも, 男性の, 畢竟落寞, 當時の, 病人と, 病的である, 皆おなじ, 皆古い, 皆殺し, 皆逆境に, 目も, 直接海に, 真実である, 真面目な, 矢張りむつかしい, 知らぬ, 石と, 社会を, 神を, 神経の, 私と, 私共の, 私達は, 稀です, 種子も, 空と, 立たないが, 笞入墨追い払い, 筋肉の, 籐の, 純真なる, 細引を, 結局に, 続きだすと, 総合である, 美しい退屈, 習慣性の, 考えられなかった, 聖書に, 職業の, 肌の, 脂肪が, 臆病ものか, 自分だけ, 自分より, 自棄に, 自然的生である, 自覚せず, 船から, 色々ある, 芸術に, 若い同士, 苦笑した, 荷ご, 薄情だ, 虚無では, 蟻の, 表面は, 西洋には, 要りません, 見えなかったが, 見ない先, 見出せなかつた, 親しみが, 親方だけ, 言語道断だ, 詰らぬと, 誠にこの, 誰と, 調法ナイフの, 議会の, 豊凶の, 買って, 足が, 身体の, 軍隊の, 農民だ, 迷信深く, 途中から, 通例は, 速かに, 運命に, 道具の, 遠からず, 避け逃, 重宝な, 金と, 鎧の, 開きが, 間違って, 降神術, 集めて, 難しい, 雲と, 非歴史的, 音にも, 順境に, 顔を, 食へ, 食料問題を, 驚いた, 高い所, 魂に, 鶏にも

1 [27142件 抜粋] 〇・一三と, あたたかい灰, あの供, あまり人樣に, あらじ然るに, ありませぬと, ありゃ婦人, あるべからずた, ある真理, いいです, いかに喧しく, いくら見, いっさいご, いつとは, いつも技術, いなかったよう, いよいよここ, いわなかったが, うっかりできない, おいらに, おそらくエピクロス派, おのずから評判, おれたちの, お天道様が, お芳, かえって悪い, かつおぶし, かねての, きっちり千二, きわめて性質, けっして俗人, こういう音, こっそりと, このお, この作品, この小切手, この本, この紫, この郡山, これにあたる, こんなに安易, ごく短い, さうでは, さながらこの世, しかし私, じっとし, すぐ私達, すでにニュース, すなわち第, すべて今もっ, すべて明らかに, すべて誠実であった, せいぜいその, そういう時代, そう変り, そのあれ, その一〇〇倍以上, その先, その城中, その帽子, その持ちまえ, その機械論, その眼, その色目, その開祖以来代々, それぞれが, それほど信用, それ自身最も, そんなら, たいてい一覧, たしかに一つ, ただやかましい, ただ同胞兄弟, ただ文学内, ただ絶對的, ただ驚異, たとい表面, ためしあちら, だらりと, ちゃんと魂胆, ついほだされる, つまらない, てんで信じ, とかくいま一歩ひと息, とてもその, とりあげるん, どうしてかう勝つ, どうして飯, どうも俺, どこまでが, どんどん荷づくり, どんな好, ないからと, ないまして, ない成り立っ, なおさら不快, なかなか侮り, なかろう樟脳, なくなるかしら, なく左手, なく若い, なつかしいと, なほ運命的とは, なんとまア, ねえ功利的結果, はつきり分つ, ひとりでに一杯, ふか千尾正覚坊三百二十頭タイマイ二百頭と, ほとんどみな私, ほぼ同じ, まことにかの, まさに昨年四月, まず笠置, また南軍, また隠居, まだ嵌めた, まったく信長的, まるで千代紙細工, みても, みな実に, みな裸で, みんなそろっ, みんな囚人たちの, みんな牛の, むしろ傍系, めいるよう, もう仕方, もう自然, もちろん現, もっと濃く, もとより論ずる, もはや現, やっぱりどこ, やはり人間精神, やはり艱苦, よいが, よく汚れる, よほど現実的, わがこの夏霎時, わらって, アナタも, インスピレーションでしょう, カウンターの, ギリシアに, コンナものであるなら, シーボルト一人であった, センチメンタリズムから, チーフメーツが, ドコまでも, ハンコ屋にでも, フィルムである, プロレタリヤの, マツチ釘浴衣そして, ユグノー党の, レーニンであった, 一つ分け, 一代にて, 一切入れない, 一向に存じない, 一層近づき, 一日じゅうすわった, 一町ほど, 一般雑誌の, 一面において, 万余の, 三変の, 三食の, 下田へも, 不惑を, 不都合な, 世界国勢の, 中国の, 主として日比谷, 乃ち意識以下の, 亀甲の, 二に, 二十面相と, 二頁を, 五十銭銀貨であった, 亦美的, 人様の, 人間生活といふ, 今叡山の, 今時分ここを, 仕返しが, 件の, 伸ばしても, 何かと申します, 何となく恐し, 何にでも, 何一つ手, 何奴か, 何處かで, 作品に, 例外として, 信じませんが, 俺にばかりしか, 偉ければ, 働くこと, 元来そんな, 兄貴なり, 先以て, 入つ, 全く中断, 全く無意義, 全体では, 全軽井沢, 公卿づきあいと, 兵に対する, 其所らあたりに, 円か球に, 凄じ, 凡て茫漠として, 出尽して, 分の, 初め異端の, 到る処中心, 前衛を, 加水塩化物に, 勘で, 勿論崩壊, 区役所町村役場警察の, 十月の, 卑弥呼の, 単に剥皮食肉, 印を, 即ち此女, 厚い厚いもの, 又八, 反省の, 受取れない, 古代文献学即ち, 可恐し, 各農場, 同志林田が, 向上的精神を, 吾輩の, 和見の, 唯内面, 問いという, 嘉称すべき, 四十分間でも, 国か, 土地では, 地底の, 基督の, 増屋へ, 変化した, 多々これ, 多く述べきたった, 多面に, 大きいん, 大丈夫ね, 大型だけを, 大抵不思議, 大方昼, 大碓小碓双生児, 天と, 天然自然の, 奇と, 女史と, 好まないらしい, 妻帯を, 嫁も, 孔子や, 学問それ自身として, 安く出来る, 定まる家, 実にウェルズ, 実に寥々寂々, 実に白蓮, 実はほんとう, 実は意識そのもの, 実現し, 客観的には, 家族でも, 富か, 寧ろあらゆる, 専ら山田美妙君, 小さな蜂, 小豆洗婆あ, 少しやり出す, 尠か, 屋根の, 岡引だ, 左様解らないだらう, 希臘の, 常に個人, 常に貧し, 平生神経を, 幻術ぢや, 広告文, 弁理士法第, 強いとき, 当然天智, 役者の, 往々この, 後者の, 御家人崩れの, 徳川時代における, 心霊を, 必ずや後ろ, 必ず栄養, 忌に, 忽ち渓谷, 思わず眼, 性質上内向的な, 恐らくまず第, 恐れて, 息子より, 悉く第一義, 悲しいもの, 意味それ自身の, 愛情もし, 慎み深く, 成層圏よりも, 或は, 戯曲其他の, 所謂芸術的貴族主義の, 才能だけ, 折ふし怪しから, 拾わぬと, 捏ね回し, 掴むこと, 支配される, 故郷を, 数えるほど, 文化主義的インテリ論である, 文芸と, 新しさ, 方法によって, 既に毀れ, 日本全, 旧時代, 明日どう, 星状結晶の, 昼間の, 時折運ばれ, 智慧袋の, 更にそれ以上, 書物を, 最寄りの, 有り余る財産, 朝夕すぼき, 未だ嘗てはいた, 本当にばか, 本物よりも, 来させるがい, 東濃, 果して幾許であろう, 根の, 案外悲劇, 検閲に, 極度の, 概念では, 機を, 歌いたくないの, 正に批判, 此に, 武将の, 歴史科学である, 死んだ父母, 殆ど無く, 残らず払われます, 毀誉褒貶まちまちであった, 毒水をの, 気づかれの, 水火刀兵の, 汝等に, 決して上記, 決して思った, 決して盗まん, 沙漠で, 法王なり, 洗い縛るもの, 浅墓, 消極的で, 深く翫味, 温室育ちも, 漁場の, 澤山居ります, 為ない, 無い無いもの, 無だ, 無目的, 無遠慮に, 熊本の, 爾考える, 物理の, 特権階級や, 独り哲学乃至, 猶二種, 珍しすぎ, 現実にも, 理論である, 甚だ軽蔑, 生れた国, 生物學と, 由来, 画の, 異国人の, 病人を, 發狂の, 百年前から, 皆ソクラテスの, 皆原書を, 皆手足の, 皆礼儀正しく, 皇國世界における, 目先きがよく, 直接証拠と, 眞實に, 真理だ, 睫毛ひとすじまでが, 知らないの, 石灰岩質の, 磯五の, 祖父であった, 神詣, 私今でも, 移植した, 空想や, 竈の, 笑ひたく, 箕であります, 精巧な透し, 純白から, 細い枝, 経済学関係では, 結局日本文化の, 絶えずみ, 総じて弱い, 總じ, 美しくそんな, 義理にも, 考えつかないでは, 聞いたこと, 肉親も, 胴服の, 腰掛の, 自分のみ, 自我である, 自由平等の, 興行資本の, 色褪せました, 苔の, 苦痛に, 草また, 落ちるべきはず, 蓋し人, 虐げられて, 蟹が, 衛生部員と, 裏口から, 要が, 要求し, 見た目に, 見事である, 見附次第討ち取れ, 観測所改造の, 言葉には, 詐欺の, 認めて, 誠意の, 誰な, 諫言し, 變化し, 財貨であり, 貴重品だった, 賭な, 起らなかった, 身分に対する, 辛いというの, 近世ブルジョアジーが, 追わずの, 通俗化させられ, 遂に世人, 過当な, 遠く海上, 避け決り切った形, 酔ったまぎれに, 金が, 釣の, 錢形平次と, 長に, 闘争の, 陽氣で, 隣村の, 雪駄の, 青磁の, 面白し, 領地に, 風に, 食えない料理, 食糧品枕スキー銃ボートなどで, 首尾よく, 騷, 高取を, 鮑の, 黒である

▼ もの~ (46732, 12.9%)

3084 ある 1405 あった 705 あって 636 あるの 623 あります 514 あつた 474 あると 375 ない 350 多い 304 ありました 279 なかった 267 出て 213 あつて 196 あれば 185 あるん 180 あるよう 177 あったの 172 あるから 161 多かった 152 あるが 130 あること 119 ないの 114 多いの 112 あるので 104 なければ 102 ついて, 私の 94 彼の 93 ありません 92 出来て 87 あるか, 非常に 84 残って 75 ないから 74 出來 71 入って, 存在する 68 あったと 67 あろう, ないので 66 あるかも, そこに 65 ないと 64 あったが, あるという 61 あるもの, 落ちて 60 多かつ 59 如何に 58 手に, 無い 56 あろうか, 急に 55 自分の 54 見える 51 ありますが, 感じられた 49 あっても, あるやう, はいって, 何か 48 含まれて 47 できて, 見えて 45 なくて, 何である, 目に 44 あるかと, 存在し, 沢山ある 43 あるに 42 少くない, 潜んで 41 一つも, 立って 40 あったから, なくなって, 少なくない 39 あつたら, 動いて 38 ここに, 見えた 36 あるならば, 一つの, 多いが 35 ありは, ある筈, 何も, 流れて 34 あるだろうか 33 あったに, ありまして, 眼に 32 あるらしい, なかつた, 今日の, 現われて 31 それである, ないん, 多いよう, 欠けて 30 人間の, 今は, 他の 29 たくさんある, ないとは, 他に, 少しも, 生れて, 胸に 28 ありますか, ありませんでした, あるわけ, いる, どんなもの, 見えました 27 あったので, ありますから, どこに, 現れて 26 あるよ, いくらも, それを, ないで, なくては, 一人も, 無かった 25 ありそれ, この世に, ひそんで, 多いから, 無かつ, 置いて 24 ありましょう, あるそう, あるのに, ございます, ないという 23 ありと, 何を, 出来る, 多いので, 大部分, 感じられる, 無数に, 頭の 22 ありまた, あるだろう, ないよう, 多いと, 必要な 21 いて, 心に, 浮いて, 現われた

20 [11件] あったこと, あったよう, ありますよ, あるもん, あろうと, いた, こもって, 今の, 浮んで, 無いの, 眼の

19 あったり, あるし, あるでしょう, 一つある, 一時に, 出来た, 来て, 漂って

18 [18件] あったであろう, あらう, あらわれました, ありそう, あるでは, あればこそ, それに, ないこと, ないでも, 今では, 住んで, 多いこと, 尠く, 感じられて, 書いて, 私を, 胸の, 身に

17 [11件] あったらしい, あるといふ, あるはず, おいて, どれだけ, 世の中に, 吾, 好きだ, 彼を, 彼女の, 心の

16 あらわれて, あるだけ, あるとか, ないか, 並んで, 僕の, 多くて, 飛んで

15 [18件] あったとしても, あるけれども, あるため, あるだらう, あるとしても, あろうとは, これを, どこかに, なかったら, 一つに, 幾つか, 感ぜられた, 日本の, 相当に, 私に, 置かれて, 見えるの, 附いて

14 [22件] あったかも, あったという, ありその, あるそれ, あるであろう, あるね, いるの, ここでは, これに, できた, でて, どういうもの, はなはだ多い, スーッと, 今日では, 付いて, 後に, 日本に, 此の, 沢山あります, 自然に, 集まって

13 [23件] あったか, あらわれた, あるばかり, いくつか, いくつも, かすかに, こみあげて, できる, ないとも, なくな, 一般に, 人の, 何処に, 幾らも, 有る, 欲しい, 残されて, 現はれ, 現れた, 真の, 降って, 頭を, 飛び出して

12 [27件] あらうか, ありましたが, あるぜ, あるぞ, あるとは, あるならそれ, あるには, ある以上, あろうはず, いると, うずくまって, 一面に, 何でも, 何に, 光って, 出来たの, 好きな, 家の, 少くなかった, 殆どない, 湧いて, 生じて, 確かに, 私には, 第一, 見えたの, 這入って

11 [33件] あったはず, あったん, ありさ, あるだらうか, あるでしょうか, うごめいて, とんで, なくなると, わかって, わたしの, ゐる, 一人でも, 不意に, 何の, 出来ると, 君の, 多分に, 妙に, 始めて, 実際に, 必要だ, 我々の, 或る, 来たの, 棲んで, 横たわって, 残つてゐる, 漲って, 無いので, 生えて, 生きて, 起って, 隠れて

10 [43件] ありながら, あるとも, いたの, かかって, この世の中, こみ上げて, そこへ, たくさんに, ただの, なくなった, ぶらさがって, まじって, まるでない, 人間に, 人間を, 今も, 全くない, 出る, 出来ます, 出来るの, 出来れば, 十分に, 問題に, 多くなっ, 多くの, 少ない, 少なくなかった, 心を, 感ぜられて, 有つた, 有るの, 来た, 殆ん, 沢山あった, 無ければ, 甚だ多い, 皆な, 私たちの, 聞えて, 見えます, 見えるよう, 載って, 隠されて

9 [44件] あり, ありこれ, ありそこ, ありましょうか, ありますね, あるとの, ある事, お好き, この, ございません, して, すんで, そこから, ないが, なかったなら, なくなつた, なくは, やつて, 三つある, 二つある, 人に, 何かの, 作るもの, 出た, 出来たので, 加わって, 在る, 外に, 多数に, 女の, 完全に, 少くありません, 必要である, 本当の, 歩いて, 殖えて, 流れた, 溢れて, 無くなって, 籠って, 聞こえて, 背筋を, 自分に, 言えなかった

8 [70件] あったろう, あったろうか, あっては, あなたの, ありこの, ありましたから, ありますからね, あるかを, あるさ, あるわ, かれの, この頃, これほど, ございまして, すこぶる多い, たまって, できるよう, とびだして, とりも, ないだろう, ないわけ, のって, ぶら下って, ほんとうに, またと, われわれの, チラチラと, ヌーッと, 世界の, 今でも, 今度は, 今日は, 他にも, 例の, 入れて, 前に, 單に, 好きに, 存在した, 存在しない, 実在する, 少かつ, 少しずつ, 山の, 幾つも, 幾人も, 彼には, 彼等の, 待って, 後には, 感ぜられる, 成立する, 散らばって, 昔の, 書かれて, 有るから, 流行し, 浮かんで, 混入し, 無いから, 無くな, 現われたの, 現在の, 発生した, 発達し, 目の, 行われて, 見られる, 転がって, 近づいて

7 [74件] あったため, あったならば, あってね, あつたなら, あり又, あるじゃ, あろうとも, いい, いつの, いつまでも, いやに, いるか, おります, くっついて, ここで, こちらへ, この世界, こぼれて, これで, ころがって, ございました, ございますが, ござる, それです, だん, ちらと, どういふ, どこにも, どこの, どのくらい, ないほど, 一切の, 下の, 云え, 云へ, 交って, 伝わって, 俄に, 先に, 入つて, 出来ました, 分って, 多々ある, 多いけれども, 多からう, 多くなった, 失われて, 存するの, 少くなかつた, 底に, 彼に, 必要だった, 掛けて, 描いて, 文学の, 日本では, 普通の, 有つて, 有ると, 次第に多く, 欲しくなる, 沢山に, 海の, 無いで, 無いん, 無くて, 示されて, 考へられる, 見て, 見られるの, 走った, 走って, 逆に, 集って

6 [134件] あったそう, あったでしょう, あらあ, ありましたよ, ありますぜ, あり彼, あるかの, あるこの, あるだろうと, あるとき, ある時, ある樣子, い, いかにし, いずれも, いっぱいに, いるん, お前の, かくされて, かくの, かなりある, こうも, このよう, これまで, こんなところ, ござります, すべての, その中, その人, それで, そんなこと, たくさんあった, たくさん出, ただよって, どうかする, ないかと, ないといふ, ないやう, なか, なかつたの, なかつたので, なくなりました, なくなる, なくなること, はっきりと, ひしひしと, ほかに, ほんとうの, もう一つ, わずかに, サーッと, チラリと, パッと, 一つだけ, 一人で, 一人の, 一度に, 一緒に, 与えられて, 二つに, 人々の, 今まで, 他ならぬ, 作られて, 保存され, 働いて, 入り乱れて, 内に, 出ると, 出来上って, 地上に, 多いであろう, 多いやう, 多い様, 多くその, 好きで, 存在し得る, 容易に, 少い, 少くとも, 少しばかり, 居て, 平次の, 当時の, 往々に, 必ずある, 必要に, 意識の, 感じられたの, 揃って, 新たに, 有った, 有るか, 有るもの, 案外に, 欲しかった, 歴史の, 死んで, 残った, 殘つてゐる, 水の, 永久に, 沈んで, 消えて, 減って, 無いと, 現代の, 現実の, 甚しく, 生活の, 発明され, 眼を, 社会の, 私達の, 空を, 立つて, 続々と, 考えられる, 自分を, 自己の, 蘇りまた, 見えたり, 見えるので, 覗いて, 誰も, 起きて, 起った, 起つて, 足の, 載つて, 邪魔に, 静かに, 頭に, 飛び込んで

5 [192件] あったら遠慮なく, あつたらしい, あらうと, ありあるいは, ありましたね, ありますので, ありませんから, あるかい, あるかね, あるからね, あるだろうかと, あるって, あるであらう, あるであらうか, あるであろうか, あるんで, ある位, ある様, いつまで, いなかった, いろいろある, おちて, おれの, この宇宙, この男, こびりついて, これらの, こんな風, ございますから, ごたごたと, じりじりと, すうっと, そのうち, それが, だんだんに, だんだんはっきりし, ちょろちょろと, ちらちらと, つづいて, つまりは, できあがった, できたの, どこか, どこかで, どこまで, どのよう, どれほど, どれも, どれ程, ないのに, ないらしい, ない事, なくつて, なくても, ならんで, なんである, なんの, のしかかって, ひそかに, ひとつも, ふくまれて, ほしかった, ぼくの, ぼんやりと, まざまざと, むやみに, もしある, チラと, チラッと, ヒョイと, 一つあった, 一定の, 一杯に, 一種の, 一般の, 不思議な, 不思議に, 中に, 主に, 之だ, 之を, 云って, 人を, 人生に, 今度の, 何うし, 何れも, 何んで, 何人ある, 何処か, 何等かの, 俺の, 倒れて, 僕に, 僕を, 充分に, 先生の, 出るの, 出来たり, 出来たん, 出来上った, 出来上るの, 出現した, 取りも, 古くから, 哲学の, 在った, 在るの, 多いという, 多いといふ, 多いのに, 多いらしい, 多くある, 多くなり, 夢の, 天から, 女部屋の, 好きである, 妙な, 子供の, 少くは, 少しでも, 形を, 彼らの, 彼れ, 彼女に, 彼女を, 得られるの, 微かに, 必要で, 息を, 意外に, 感じられるの, 所々に, 所謂, 指先に, 控えて, 描かれて, 方々に, 映った, 是である, 書きたい, 最も多い, 来る, 東京の, 横わっ, 次々と, 欲しいと, 段々ある, 気に, 水を, 沢山あっ, 沢山あつ, 流行って, 浮び出て, 浮んだ, 混じて, 点々と, 無いとは, 燃えて, 物の, 現はれた, 現れるの, 生まれて, 生れるの, 発生する, 発見された, 発見される, 登場し, 盛んに, 目を, 着いて, 私である, 聞えた, 胸を, 自然と, 舞台に, 芽を, 薄らぎ出して, 見えたが, 見えたので, 見つかった, 見れば, 見当らない, 言へ, 過ぎた, 重なり合って, 重要な, 随分ある, 頗る多い, 頬を, 顔に

4 [294件] あったけれども, あったとは, あったもの, あったよ, あったらしいの, あったらその, あったらそれ, あったろうと, あったわけ, あった時, あっての, あつたらう, あつたり, あらば, ありしかも, ありそして, ありましたぜ, ありましたので, ありますけれども, ありますのよ, ありませう, ありませんでしたから, ありませんね, あり中, あるかという, あるかに, あるその, あるとして, あるなら夫, あるにも, あるべきはず, ある場合, ある様子, あろうかと, あろうぞ, いいと, いいの, いえなかった, いくかたまり, いくらでも, いない, いないこと, いないの, いないので, いまの, いるから, いること, いるぞ, いるので, いろ, いろいろの, うんとある, お前に, こ, こちらに, こっちの, この種, これだけ, これも, ござりまする, ごつちや, すうと, すくなくない, すー, そうである, そこい, そこには, そのま, そのままに, そのよう, その大, その間に, それと, たくさんありました, たくさんあります, だんだんと, ついには, つきまとって, つっ立って, つまって, できたん, できるの, とびこんで, とび出して, ないため, ないところ, なかなか多い, なくただ, なくって, なくとも, なくなれば, なくまた, なにも, にじんで, のこって, はいだして, はさまったよう, はじめである, はっきりし, ひびいて, ひらめいて, ふつと, ふわふわと, ほかの, ほしい, ぼんやり見える, まだ外, よい, チラチラし, 一ぺんに, 一体どんな, 一番えらい, 上から, 上に, 不思議にも, 世界を, 中心に, 主で, 主と, 之である, 之に, 二つありました, 二つの, 二三ある, 二人の, 人間として, 今日に, 今日まで, 今日も, 仮りに, 何かに, 何だ, 何よりも, 何故に, 作って, 偉大なる, 偶然の, 備わって, 全国に, 全然なかっ, 其でも, 出ました, 出来そう, 出来たと, 出来ない, 出来るかも, 出来るという, 出来るわけ, 出来るん, 別の, 前の, 加はつて, 勝手に, 即是, 厳として, 又と, 口から, 口を, 地に, 地方の, 壁の, 変って, 変に, 外へ, 多いん, 多くこれ, 多くそれ, 多くな, 多くまた, 多數, 多量に, 大分ある, 大切だ, 天井から, 夫, 失はれて, 姿を, 存する, 実際は, 宿って, 寄って, 寝て, 實は, 少いの, 少かった, 少なかった, 届いて, 山ほど, 己の, 幾らある, 床の, 形成される, 影を, 彼女には, 往々ある, 待ち構えて, 後から, 後の, 御座います, 微塵も, 必要であり, 忽然とし, 想像される, 感じられるよう, 感ぜられるの, 成立し, 手には, 手を, 数々ある, 敷いて, 文化の, 日に, 日本人の, 明かに, 明らかに, 昔から, 有って, 有つたの, 有ります, 本質的に, 来たと, 果して幾人, 根を, 極めて少い, 次々に, 歴史的な, 残る, 段々と, 求められて, 決して少なく, 沢山ありました, 活字に, 混つてゐる, 混合し, 渦を, 溜って, 滅多に, 滲んで, 無いよう, 父の, 特別に, 現われる, 現実に, 甚だ多く, 生ずる, 生まれた, 生れた, 生存し, 男の, 発生し, 発達した, 皆の, 直接に, 神の, 科学の, 突出し, 立ちこめて, 立てて, 立派な, 経験の, 続出した, 考えられるであろう, 胃の, 自身の, 芸術の, 草の, 行はれ, 表現せられる, 表面に, 要る, 見えるん, 見たくて, 見出されます, 解って, 触れた, 言えない, 設けられて, 語られて, 貼って, 足りない, 身を, 身体の, 近代の, 迫って, 這入つて, 通る, 選ばれて, 閃いた, 雪の, 顔の, 顔を, 風に, 高尚な, 鳴りました

3 [559件 抜粋] あちこちに, あったけれど, あったし, あったって, あったであろうか, あなたと, あなたに, あふれて, あまりに多く, あらうとは, あらはれました, あらア, ありお, ありましてね, ありますからな, ありますと, ありませんので, あり得るか, あるお, あるかしら, あるかは, あるからな, あるくらい, あるけれど, あるだけに, あるだらうと, あるだろうから, あるであろうと, あるでせうか, あるところ, あるならその, あるや, あるんぢ, ある故, ある程度まで, ある訳, あろうこと, いいました, いいますと, いいん, いえない, いくらか, いくらでもある, いたから, いたが, いちめんに, いっしょに, いつでも, いつぺんに, いないから, いないという, いやだ, いるという, いろいろあっ, いろいろと, うかがわれる, うつって, おに, おりました, おりまして, お互, お出来, お気に, かくも, かけて, かなりに, かの女, かれら, ここから, ここには, ここにも, ここの, ここへ, この一巻, この地上, この地方, この歌, この部屋, これである, ころころと, こわれて, こんな事, ございましょう, ございましょうか, ございますのよ, ございませんでした, ござりませぬ, ごちゃごちゃと, しみじみと, すきな, すぐに, すこしずつ, すこしも, すこしもない, そういうこと, そういうふう, そう容易, そこでは, その前, その家, その日, その顔, それから, それぞれに, それだ, ただ一つ, たらたらと, ちらついて, できあがる, できたと, できるかも, できるという, どうしてこんな, どこまでも, どっさりある, ないかの, ないじゃ, ないとの, ないどころか, ないなら, ないもの, ない以上, ない様, なくちゃ, なくなったこと, なくなったので, なくなるの, なにを, ならべて, なんでも, なんにも無い, のぞきました, はさまって, はっきり見え, はつきりと, はみ出して, ひっかかって, ひとつの, ひとりで, ふいに, ほしいと, ほしいの, ほしくて, ほとんどなかっ, ほのかに, ぽかり, まるでなかっ, まるで無い, みなぎって, むくむくと, めいめいの, もしあった, もとは, もやもやと, やがては, やってきたの, やはりこの, よく解る, よみがえって, わいて, わからないから, ゐた, ゐて, ゐないの, グッと, ゴソゴソと, ザラに, スウッと, チラチラする, ニューッと, フワリと, メラメラと, モスク, モヤモヤと, 一つ, 一つしか, 一つでも, 一ぱいに, 一めんに, 一人ある, 一人と, 一代の, 一体何, 一斉に, 一日の, 一本も, 一枚も, 一番先に, 一般的に, 三つも, 上へ, 世に, 世には, 世の, 世界に, 並べて, 中, 中心と, 主觀, 九州の, 二人で, 二人や, 云えなかっ, 云える, 交じって, 仄かに, 今なお, 今に, 今日でも, 介在し, 仕事を, 他と, 他人の, 代つて, 伴って, 体の, 何かという, 何にも, 何らかのもの, 何処かに, 作られた, 作られるやう, 作用し, 來た, 來る, 信長の, 偶, 偶然に, 傍に, 傍らに, 備えて, 僅かに, 兄の, 充満し, 全く欠け, 全然ない, 全然なくなっ, 全身に, 其処に, 其所に, 内から, 内在的内在的なる, 出ます, 出るかも, 出来は, 出来ましたが, 出来ましたね, 出来るか, 出来ること, 出来るだろうと, 出来るやう, 出来上ったの, 出来上りました, 出現し, 分らないの, 分らないん, 分裂し, 初めから, 創造される, 加って, 加わった, 動いた, 勢力を, 十円に, 博士の, 厳密に, 反対に, 口の, 可なり, 可愛くて, 史的唯物論, 右の, 周囲に, 咽喉元に, 唯一の, 問題である, 問題な, 喧嘩を, 固定し, 国の, 土台に, 在って, 増えて, 墜落し, 外から, 多いところ, 多いとの, 多うございます, 多かろう, 多くあった, 多くあります, 多くこの, 多くそう, 多く又, 多ければ, 多少は, 多過ぎる, 大に, 大へん, 大体に, 大嫌いだった, 夫だ, 夫である, 奇妙な, 奇妙に, 女を, 好きであった, 好きやら, 好く消化, 妻の, 娘の, 嫌いな, 嫌に, 存し, 存在しなけれ, 宙に, 実在し, 客観的に, 寒さ, 尠い, 居ないから, 山を, 帰って, 年を, 幾らでも, 幾組と, 底の, 引きも, 形の, 彼等を, 従来の, 必然的に, 忘れられて, 悪いもの, 感じられます, 押し寄せて, 持って, 挟まって, 握られて, 支配し, 支配する, 放送される, 教へて, 日本には, 映って, 普通である, 書きたいと, 書きつけて, 書けさ, 書けると, 書けるの, 最も多く, 最初から, 最後の, 有ったの, 有らう, 有名で, 朝の, 木の, 本人の, 本書である, 本當, 来ない, 来ると, 来るまで, 森の, 極めて多い, 極めて多く, 極度に, 次第に殖え, 欲しくなっ, 正直に, 此の世の, 武蔵の, 死ぬと, 殆どなく, 残つてゐ, 残るの, 気を, 氷の, 江戸に, 流れ込んで, 消滅し, 混って, 湧いた, 満ちて, 漸くに, 潛んで, 濛々と, 火花を, 無いという, 無いもの, 無かったなら, 無くては, 無くなつた, 煙の, 独立し, 現れたり, 現れました, 現れると, 生き残って, 生じそれ, 生じた, 生じる, 生じるの, 生れるで, 生れると, 産れ, 用いられて, 発散する, 発明される, 発見され, 百姓を, 目ざめて, 目にも, 相手に, 眼前に, 知って, 知られて, 私が, 空から, 空に, 空中に, 突き出て, 第二, 精神の, 結婚まで, 結婚を, 絶えて, 絶対に, 続出し, 綜合され, 縦横に, 美しくなった, 美の, 考えて, 考えられて, 考へ, 考へられるであらう, 聞いて, 胸から, 脚に, 腹の, 自分で, 自分と, 自由に, 至る所, 色々ある, 蔵され, 西に, 西洋に, 見えたん, 見えない, 見えないから, 見えるから, 見えるが, 見つかりません, 見られた, 解らないの, 触った, 設置された, 詩の, 詰めこんで, 認められる, 読むと, 読者の, 誰にも, 誰の, 諸所, 豊かに, 豊富に, 起つた, 起る, 身の, 身内を, 載せて, 輝いて, 近くに, 返って, 送られて, 通じて, 過去に, 道の, 違うん, 遠くの, 遺って, 部屋の, 長い間, 開かれて, 附着し, 陳列し, 随分多い, 隠して, 非常な, 面白かった, 響いて, 風の, 飛び出した, 飾られて, 首を

2 [1877件 抜粋] ああいう, あたって, あったかな, あったせい, あったです, あったには, あったらこれ, あったら何, あったんで, あっちこっちに, あつたと, あの男, あらわれたでは, あらわれるの, ありここ, ありそういう, ありましたけれども, ありましたら, ありますかと, ありますその, ありますもの, ありませんな, あり得る, あり殊に, あり鑑賞家, あるからと, あるしかし, あるぢ, あると共に, あるなら宿, あるまいと, あるらしいが, あるらしく, ある上, ある但し, ある所, ある気, ある訣, いいかも, いいという, いえないの, いかに他人, いきなり飛込ん, いっから, いつとは, いなくて, いやで, いります, いるに, うしろから, おできに, おりて, お前を, お金に, かかりました, かたまって, かなり多かっ, からまって, きこえる, きらいに, くるの, こうやっ, この世の, この問題, この大, この期, この目的, こもつて, これなら, これまでの, こんなこと, ごく普通, ございますか, ござりましょう, ごちや, さげて, さわった, したやう, しーん, すきです, すこぶる多かっ, すべてを, ずいぶんある, そうする, そこまで, そのあと, その主, その先, その姿, その恋, その最後, その述語, それからは, それの, それより, そろりと外, そんな事, たくさんございます, たくさん残っ, ただよった, たべたい, だらだらと, ちゃんとある, ちらばって, つかえて, つくされて, つめこまれて, できてから, できること, できる限り, ところどころに, とりつけられて, どうしてあの, どうにかし, どこからとも, どれだけの, どんどんよ, どんな生活, ないからと, ないその, ないであろう, ないのね, ない恐く, なかつたし, ながれた, なくちゃあ, なくなったと, なく互いに, なけりゃならない, なぜか, なんでそんな, のせられた, はしりさっと, はたらいて, ひじょうな早, ひらひらと, ぴたりと, ふたつ要らぬ, ふり出しました, ぶつかって, べたに, ほしくは, ほに, ぼろぼろと, またみんな, また存在, まだある, まだ彼, まづ, みえた, みなこの, みんな稼いでる, もう用, もしこれ, もてはやされた, やうやく, やるの, よいか, よくある, よく見え, よろしい, わからない, わかるの, わだかまって, キラキラと, コロムビアに, チョロチョロと, ドイツの, バクハツする, ヒューマニズムだ, ベットリと, ムクムクと, 一つあります, 一つ一つに, 一体どこ, 一層おそろしくなった, 一座の, 一方の, 一生の, 一瞬の, 一部の, 三つあっ, 下に, 世界から, 両親の, 中国には, 乏しい, 乗込んで, 事を, 二つあり, 二つなら, 二三人すぐ, 云いました, 五段目に, 亡びる時, 人民の, 人間生活の, 今回の, 今日までに, 仏である, 他所にも, 仲間の, 体内で, 何が, 何という, 何んの, 何人あるだろう, 何處かに, 作られたという, 作品に, 使われた, 信仰の, 個性である, 催された, 働きかけて, 元来そういう, 光と, 入用な, 全國, 共に存在, 内在し, 凡ての, 出たと, 出っぱって, 出ないの, 出るはず, 出來上, 出来あがりました, 出来たよう, 出来ないの, 出来るでしょう, 出来上る, 出来積雪, 分つて, 分らぬかな, 列記し, 別な, 制定された, 前を, 力の, 動いたよう, 勝利者と, 十まで, 単純な, 厭に, 参りました, 反映し, 叫んだ, 可能的に, 吉原の, 向うから, 含まれるが, 味は, 商人に, 四谷の, 図案の, 土地の, 在りますね, 地下から, 地面から, 基礎と, 声を, 外であり, 多々あった, 多いし, 多いに, 多くありました, 多くなりました, 多く出来た, 多数を, 大きな濤, 大体どんな, 大勢の, 大変よく, 大阪に, 天然に, 奇怪な, 好きです, 如何に多い, 妖怪などを, 始めから, 嫌いでも, 存しない, 存在したであろう, 学問の, 宋の, 実は之, 実相である, 密林の, 封入し, 少くなく, 少しで, 少なかつた, 少なくは, 居ないん, 居るもの, 岩に, 川よりも, 巴の, 常にこの, 幸三郎の, 幾人と, 庭に, 引包む, 当る, 彼にとって, 後ろの, 得らるる, 復活し, 必ずしもその, 必要と, 忘れること, 性格である, 恰もこの, 意味を, 感じられその, 感じられたが, 感じられるでは, 感覚的に, 成長し, 我に, 戻って, 承知しない, 抽象的に, 挙げられて, 掛って, 描けようとは, 散って, 数多くある, 數多ある, 文学で, 新らしい, 既知である, 明治の, 映ります, 時あっ, 時代の, 普通に, 書ける, 最もおいしい, 最も多かっ, 最高の, 有るが, 有ろうか, 望ましい, 未練だ, 本当に苦労, 机の, 来たぞ, 来たん, 来るはず, 果してどれ, 根源であり, 極く, 様々の, 欲しいの, 欲しくない, 正当に, 此權を, 歸る, 死んだ時, 残ったの, 残存し, 毀れた, 民衆だ, 氷を, 江戸の, 沁, 沢山並ん, 波を, 流れるの, 流行った, 浮き上がって, 消えた, 混合され, 渦巻いて, 湧くの, 漂うて, 潜在し, 瀰漫し, 為恭のだ, 無いのに, 無くなると, 無事に, 無条件に, 無限の, 爲恭のだ, 特に意識化, 狂人か, 珍らしくない, 現に存在, 現れ藩, 現代文化の, 現實, 生じたの, 生れても, 生れ出して, 生憎と, 町の, 痞みあげ, 登って, 白い絹, 皆この, 皆無な, 盛られて, 目前の, 相当多かっ, 眞理である, 真に自己自身, 真白に, 矢庭に, 確実な, 社会に, 神に, 神を, 秀吉の, 稀な, 積み重ねられその, 空間の, 立ち昇って, 第二部, 簇, 純粋に, 結びつけて, 絶えないの, 続いて, 繰り返されて, 置かれた, 美奈子に, 聞える, 肉体の, 育つて, 胴の, 膨らんで, 自分が, 自殺する, 至るところ, 良い, 色々あつ, 芝居を, 芸術家である, 苦しんで, 落ちてたん, 薄く残っ, 蜀の, 血の, 行手に, 裏の, 要ること, 見えたと, 見えなかつたから, 見えるあれ, 見たい, 見つかる, 見ゆる, 見る, 見當ら, 言えないよう, 言えるよう, 許されて, 認められないという, 誰か, 誰よりも, 豊かな, 買へる, 走ります, 超越的と, 距離だらけで, 身心に, 転が, 軽く裏側, 近づき難い, 送って, 通る青い, 進んで, 運命を, 違ふ, 邪魔を, 重要に, 釣りの, 鏡の, 開いた, 間接の, 降つて, 陳列された, 隙間なく, 隱れ, 雑って, 雨露凌がん, 雷火に, 静止した, 順々に, 頗多い, 頭へ, 顕われよう, 飛騨の, 食べられて, 食物に, 騒ぎ出して, 高い土手

1 [17521件 抜粋] ああした, あちこちの, あったならどうして, あったらわし, あったら陛下, あつちや私, あの監獄, あまり多く, あらゆる音響現象, ありさながら, ありましたらそれ, あります其當時現存, ありやしませんか, あり人, あり右, あり彫刻, あり教師, あり特に, あり調, あるかにも, あるだらうそして, あるとしか, あるなら彼等, あるまとめ上げ, あるらしく肥前江島, ある其の, ある心, ある続いて, あれほどまでに, あんな子供瞞, いえない時代, いかにとうとい, いかに貴重, いくら尾行, いちばん多い, いつかドウダンツツジに, いつもき, いないし, いまなお, いりこむの, いろいろ用意, うごきだしたの, うぶな, おおいとの, おって, おらん, お君さん, お高, かきたいが, かつて用, かりにも, きのう阿波から, くすくす笑い出した, けっして尋常, こしら, こなごなに, この世には, この夜寒, この御, この歴史学, この艦, この領域, これでは, こんなに美しい, ごく最近, ござんしょう, さしたるわけ, さまざまな, しきりに顔面, しばしばあったでありましょう, じつに愉しい, すぐ隣, すっと這入っ, すなわち実, すべて季節の, ずいぶん珍, そうしたもの, そこら中に, そのとりとめ, その不思議, その原則, その後なんら, その機械, その純正, その雲, それであり, そんなあき, そんな怪異, たくさんあっ, たしかに抑揚, ただ霊光, たまだ, だんだんはつきり, ちっとも出なくなりました, ちょっとした身動き, ちらりと見えました, つきまとつて, つまりこの, できたに, できるだろうと, とき子か, ともに団結, どういふ機會, どうしても触れない, どうして花タデ, どこで, どれである, どんなに子, どんな工合, ないたとえ, ない主人, ない糸瓜, なかつたらその, なくそれ, なくなり専ら, なく出口, なく自分自身, なった竜, なわを, にぎられて, のせて, はい出して, はたし状を, はやり出したの, ひっかかる, ひどく自分, ぴつたり合ふ, ふと生ける, へし折れないはず, ほとんどまたは, ぼくに, まさか, またしても, また実に, まだ入口, まだ職業, まつたく見えず犬, まるで無くなる, みずからは, みな音楽である, みんな右巻きだ, むしろ当人, もうっと, もう鎮まらなかつた, もっともよい, もはや天文学的数字, やってきたぞ, やはり一緒, ゆく先, よく出, よってたかっ, わからないなあ, わしの, ゐようか, イデオロギーだ, カイロか, ギッシリつまっ, コマ系に, システムなら, スペクトルの, チヤンと, トテモ抵抗出来, ノラクラし, パリーで, フラフラと, ベルリンに, マルクス主義的弁証法, リカアドウである, 一つならず, 一ばんお, 一人一人に, 一切消え失せたら, 一寸一寸と, 一把ほど, 一条その, 一番人間の, 一直線に, 一般法則に, 丁寧に, 三つ四つと, 三十円きりっきゃ, 三角の, 下つて, 不完全ながらも, 与えられたりと, 世評に, 中流階級の, 主流と, 九千二百六十八人逐電した, 事実今日に, 二つ蒼白い, 二人, 二十六億あった, 二箇所都梁と, 五つ六つある, 五百や, 人から, 人間という, 今はい, 今度国家試験に, 今更ながら, 仕込んで, 仮定され, 伝わろうとは, 何かしら, 何と少い, 何人あるでしょう, 何時でも, 余りに多い, 作られました, 使用を, 信ずること, 健三の, 傳へられ, 優勝旗を, 充実し, 児戯に, 入浴を, 全く特殊, 全然感ぜられない, 八人ほかの, 六法であり, 其位の, 内匠頭の, 写つて来るだらう, 凡人を, 出ても, 出來心, 出来たもと, 出来ましたの, 出来るらしい, 出来上るやら, 分らなくなっちゃ, 初めて私, 別れを, 前掲の, 加はると, 勇敢に, 勝ちを, 包蔵され, 十五パアセント冷笑ないし, 千住へ, 卓越し, 単位に, 即ち座右, 却つて僕には, 去年の, 又正義, 取り除かれたよう, 古代には, 可笑しかった, 各自に, 同時にできた, 名状すべからざる, 吹きまくって, 呼出されそう, 唯物史観による, 喜ばれ尊重, 四七年五月頃には, 困る, 土台から, 在るらしいよう, 垂れるので, 塩梅され, 売れるなら即刻, 多々あります, 多い西藏, 多くよく, 多く商品, 多く景憲, 多く見受けられる, 多数選出せらるる, 大きくつて, 大事を, 大嘗会, 大津絵節の, 天丼を, 失くなりただ上, 奪われて, 好きだに, 如何に温い, 始終つい, 嫌ひである, 存外どうにか物, 安かった, 定り, 実に無い, 実は極, 実際ある, 宵に, 密, 寿詞より, 小さい頭, 小遣銭などを, 少くなり, 少なからずあった, 尽き穴, 居心地よく, 岸の, 差せなければ, 常に人格, 平凡な, 幸福だ, 幾度も, 座敷牢とは, 弁証法的唯物論に, 強いて, 当初から, 彫付けて, 彼等だ, 後にこれ, 従来と, 御本体, 心配し, 必ずしも言語学, 必要にもな, 怖い, 急いで, 恥し氣, 悪いか, 意味され, 感じられず愛嬌, 感ぜられるが, 懺悔された, 我が文化國日本, 戸外から, 手で, 払暁に, 押しかぶさつて來, 拾い出されたよう, 挾る, 採用される, 插入された, 支那學生, 教えて, 数十体まるで, 數十ある, 文章の, 新しく組織, 旗挙げする, 日ごろ物臭, 旧かろう, 明暦義党の, 昨夜出た, 時とともに, 普通席を, 曲りなりにも, 書けず書くだけの, 最もアデケート, 最も逸品, 有ってないよう, 有ること, 有夫を, 木曾への, 本当に何, 本能であっ, 来ない失望落胆, 東洋の, 果して真実, 根底から, 棄てて, 極めて少ない, 横たわるの, 次つぎに, 次第に行なわれる, 歌舞妓芝居に, 此方では, 歴史的時間の, 殆ど無, 残りそう, 段々増大, 毎日三通話米国から, 民衆を, 氷や, 決して人, 沢山あるだらう, 法規である, 流れこんで, 流行るなんて, 浮び上った, 涙で, 混らない, 渡頭の, 溝に, 演じて, 澎湃たる, 灰にな, 無い道理, 無く東京, 無邪氣, 燃えあがったよう, 片づけられて, 特に文化, 猪飼部中, 珍らしいらしく, 現れるもの, 現われ出したの, 現実その, 甘んじて, 生かされぬ筈, 生まれた時, 生れるよう, 生理学な, 田辺博士等に, 畢竟何, 発令された, 登場大, 百枚近くも, 皆参詣, 皇胤を, 直ぐ其処, 相当あるらしい, 眞に, 真横から, 矗, 知識社会学の, 示されたが, 神人, 私ども人類の, 秦の, 積み重なって, 突っ立っ, 窶れ果てた美女, 立てるの, 第2図, 米を, 紅に, 細君の, 結局やつぱり死といふ, 絶えないという, 綾なして, 縦に, 置き残して, 群舞を, 考えられると, 聞きつけて, 肺である, 脇へ, 自ら分れる, 自慢で, 至味と, 良き酒, 芸術を, 苦闘の, 落ちたと, 蒙った愚弄, 蘇が, 行き通うが, 表わせるでしょうか, 襲ってでも, 見いだされた, 見えなかつたと, 見えるといふ, 見たかつたら一緒, 見つかるに, 見られる静か, 見別けられる, 覚えられて, 解ったよ, 觸れられ, 言われずためらいながら, 訳されて, 認められるとしても, 説明し, 論理でなけれ, 變つて行つた, 貴いお, 賢い学者, 起こされると, 足から, 踊れ踊れ狂うまで, 軍神として, 輪郭の, 近江と, 逃走しよう, 通ります, 連関し, 過ぎました, 遠くに, 邸中座敷まで, 酸鼻の, 重大視され, 釣れるから, 長い歴史, 間々つくられる, 附随し, 陰に, 隠され拾い残されて, 雑然と動く, 電気作用である, 青銅の, 音を, 頼りに, 風流と, 飛沫を, 食べたくなったこと, 養育院に, 驅け, 鬚を, 鴎外を

▼ もの~ (38476, 10.7%)

581 持って 255 見て 220 して 216 もって 214 感じた 208 感じて 202 書いて 183 持つて 143 着て 130 見ると 123 見せて 111 買って 103 手に 97 見たこと 96 出して, 読んで 93 私は 91 見た 78 含んで 74 作って 73 発見した 68 身に 66 考えて 63 自分の 62 いって, 知って 61 求めて 54 無理に 50 見たの 47 言ふ 45 選んで 43 もつて, 集めて, 食べて 42 いうの, やって, 取って 40 指して, 見たよう, 食って 39 彼は, 忘れて, 見るの 37 いう, 取り出して, 意味する, 感じたの, 発見し 36 見るよう, 言って 35 云ふ, 見ること 34 つけて, 入れて, 示して, 考えること, 見ても, 見ました 33 云って, 使って 32 感じながら, 拵えて 31 口に, 私に, 考へて, 見つけて, 見れば 30 描いて 29 こしらえて, 感じるの, 書いた, 私の 28 作ること, 少しも, 抱いて, 指すの, 残して, 相手に 27 想像する, 探して, 発見する 26 犠牲に, 見に, 見るに 25 いうこと, つくって, 失って, 感じる, 用いて 24 並べて, 何か, 売って, 感じました, 書くこと, 自分で 23 感じさせる, 書くの, 私が, 置いて, 見つけた 22 他の, 心に, 知らない, 組織し, 見たり, 言うの 21 つかんで, 云うの, 胸に 20 何でも, 感ずるの, 書いたの, 送って 19 かぶって, 一つの, 人に, 用意し, 見つめて, 見出すこと 18 かいて, そこに, 与えて, 作るの, 持ち出して, 有って, 見た事, 見出して, 認めて, 運んで

17 [11件] よんで, 得て, 意味し, 愛して, 感じさせるの, 挙げて, 眼の, 見たと, 見たやう, 言うこと, 非常に

16 [12件] 僕は, 吾, 喰べ, 彼の, 拾って, 知らずに, 知らないの, 背負って, 自由に, 見る, 連れて, 離れて

15 [11件] いったの, いわせて, 何も, 作った, 信じて, 抱えて, 書いたこと, 自分が, 蔵し, 貰って, 除いては

14 [20件] さへ, 他に, 借りて, 勝手に, 否定する, 始めて, 完全に, 感じます, 或る, 挙ぐれ, 握って, 知ること, 表現する, 覚えた, 読むと, 讀んで, 造って, 除いて, 隠して, 頭に

13 [20件] いうよう, いったり, お目, ここに, 一つに, 内に, 十分に, 取り出した, 我々は, 持つこと, 指す, 捉えて, 書こうと, 理解する, 研究し, 考える力, 要求する, 見るやう, 覚えて, 頭から

12 [29件] いうと, したり, みて, もらって, 中心に, 今の, 作ります, 包んで, 大切に, 平気で, 感じさせた, 拵へて, 捨てて, 掴んで, 教えて, 日本の, 期待し, 気に, 求めようと, 考えると, 聞いて, 自分は, 自己の, 見ようと, 見出した, 認めること, 読むの, 食べさせて, 飲んで

11 [24件] おいて, かけて, それが, 与へ, 分けて, 取つて, 取りに, 取出して, 大事に, 強ひ, 待って, 感じること, 提げて, 求めること, 現は, 理解し, 穿いて, 要求し, 見つけたの, 見ない, 言は, 誰が, 調べて, 買いに

10 [43件] あなたに, いうとき, いった, いつまでも, いふの, やつて, 人間の, 先に, 利用し, 加えて, 呼んで, 外に, 彼が, 彼女の, 必要と, 想像し, 感じたこと, 感ずる, 捕えて, 書いたり, 書きたいと, 書く, 書くと, 書くという, 殆ん, 無視し, 発明した, 着けて, 知らなかった, 粗末に, 見ず, 見たという, 見た時, 見つけました, 見ますと, 言わなかった, 設けて, 認めた, 越えて, 軽蔑し, 載せて, 開いて, 食は

9 [45件] いくつか, きて, くれて, さげて, しながら, そのま, なんでも, はいて, ほんとうに, もつと, われわれは, 一つも, 一緒に, 云うこと, 作つた, 作る, 備えて, 出した, 否定し, 問題に, 尊重する, 彼女は, 心の, 想像した, 感じたが, 拵へ, 書く気, 有して, 欲しがる, 求めた, 盗んで, 知つてゐる, 第一, 纏めて, 被って, 見るという, 観て, 言う, 言うよう, 言つてゐる, 語って, 読んだこと, 除けば, 頭の, 食べると

8 [54件] あげて, いわなかった, くわえて, ここへ, したこと, しみじみと, するの, そこへ, たべて, つれて, とって, とりだして, なくして, ふくんで, みせて, や, よく見, よむと, 二人の, 人が, 人の, 今まで, 俺は, 取りだして, 口の, 君は, 土台に, 奪って, 好んで, 如何に, 幾つも, 意味した, 感じさせます, 持たない, 掛けて, 探し出して, 支配する, 書かうと, 横に, 殺して, 求めれば, 発表した, 目に, 着せて, 考える, 考へること, 胸の, 見せた, 見せるの, 見たん, 見ながら, 見付けて, 誰も, 食べるの

7 [91件] いうたび, いうもの, いう力, いつて, お書き, かついで, この頃, さがして, する, すること, その上, それを, た, たくさんに, どうする, ひそかに, まとめて, みると, やる, わたしは, 一度も, 一種の, 云う, 云わなかった, 今は, 今日の, 何に, 作りその, 作るという, 使用する, 保存し, 創造する, 受けて, 受取って, 喜んで, 始末し, 容易に, 少しばかり, 巧みに, 巻きつけて, 彼等の, 彼等は, 後に, 得ること, 感じないでは, 感じながらも, 持たなかった, 捜して, 捨て, 排除する, 新たに, 書けと, 期待する, 極度に, 次から, 歌って, 殘し, 水の, 求めるの, 注文し, 渡して, 熱心に, 片端から, 生かして, 用いること, 發見した, 眺めて, 知らないから, 私たちは, 積んで, 組織した, 考えなければ, 聞いた, 腰に, 落して, 見たいと, 見たので, 見ては, 見る眼, 言うたび, 言えば, 言わせて, 説明し, 読むこと, 読んだ, 謂ふ, 買った, 貸して, 返して, 選ぶの, 黙って

6 [102件] あなたの, いうので, いう元気, いえば, いつでも, いふ, いわずに, きれいに, こしら, これまで, した, そのままに, はこんで, みること, もらいに, よく知っ, 一括し, 下げて, 与えた, 云うよう, 云えば, 云ひ, 今度は, 他人に, 代表する, 作ろうと, 出したり, 分析し, 初めて知った, 前に, 取出した, 受けた, 吟味し, 吸収し, 吸収する, 喰べて, 多分に, 存し, 尊重し, 帯びて, 建てて, 彼に, 待つて, 心得て, 思い出して, 意識し, 愛読し, 感じないわけ, 抽象し, 拾い出して, 持ったこと, 挙げると, 捧げて, 教へて, 昔の, 書かなければ, 書きました, 書くよう, 書く場合, 欠いて, 活かして, 湛えて, 焼いて, 片っ端から, 画いて, 目の, 直接に, 研究する, 私たちに, 素直に, 絶対に, 美しいと, 考えるよう, 考える時, 耳に, 膝の, 自分に, 自然に, 表現し, 見かけます, 見かけません, 見ざるなり, 見せること, 見たから, 見たが, 見たとき, 見たもの, 見るとき, 見る事, 言った, 言ったの, 言ひ, 買うこと, 超越し, 選ぶ, 選べば, 遺して, 食ふ, 食わせて, 飼って, 馬鹿に, 鼻の

5 [187件] あらわして, あると, いうにも, いくつも, いただいて, いわない, おめ, おれは, お持ち, かういふ風, きめて, ここで, こっちへ, ごらんに, その中, それに, それも, ちつとも, つ, つかまえて, つくつて, つくるの, つけること, とりだしました, とり出して, のぞいて, ひろげて, まるで絹糸, みつめて, よく理解, わざ, テーブルの, 一つ, 一まとめに, 一朝に, 一般に, 両手で, 両手に, 二つに, 云うとき, 云った, 人間が, 今こそ, 今も, 他人の, 仮定し, 何だって, 何を, 作りました, 作ると, 信ずること, 信ぜぬこと, 信用しない, 借りに, 写して, 出しました, 出すと, 出来るだけ, 利用する, 加へ, 勉強し, 取り上げて, 吐いて, 向うへ, 君に, 塗って, 大事そうに, 学んで, 客観的に, 尊敬する, 左に, 左の, 差し出して, 巻いて, 引いて, 強調し, 彫って, 彼らは, 御覧に, 念頭に, 愛すること, 感じたから, 感じたので, 感じない, 感じない訳, 感じると, 感ずること, 感得する, 憎むの, 懐に, 我々が, 批判する, 把握する, 持たないの, 持ちながら, 持出して, 指した, 指していう, 指すので, 挙げれば, 採って, 採用した, 採用する, 探せば, 携えて, 教へ, 整理し, 書きはじめた, 書く人, 書く人間, 書く時, 書こうとして, 望んで, 材料に, 模した, 欲し, 此の, 沁, 沢山に, 注いで, 注文する, 添えて, 渡した, 漂し, 無駄に, 生きて, 用意する, 男の, 発明し, 発表する, 発見しました, 發見し, 真面目に, 知らないで, 知らないと, 知らない人間, 知りたいと, 破壊し, 破壊する, 示した, 称して, 立てて, 紹介し, 経験した, 統一し, 綜合し, 総称し, 罪に, 考えます, 考えるの, 考へ, 育てて, 背中に, 自覚し, 製作する, 見せると, 見つけること, 見つけると, 見ないで, 見るもの, 見物に, 覗いて, 覚えるの, 観察し, 言うもの, 言え, 言ったり, 認めたの, 読む, 読めば, 諸君は, 負うて, 買ひ, 買ふ, 起して, 超えて, 身の, 軽蔑する, 逆に, 途中で, 遣って, 選んだ, 重ねて, 食うこと, 食うという, 食べる, 食べること

4 [331件] あつめて, あの人, ありありと, いいなよ, いうという, いうところ, いう前, いう者, いっても, いふこと, いへば, いろいろの, いわないで, いわないの, うんと持っ, うんと持つ, お言い, かかえて, かきたいと, くれた, こ, ことさらに, このまま, この世の中, これまでに, さう, さがすよう, さしあげて, さして, させて, さりとは, したの, すると, その人, それは, そんなこと, ただの, たべさせて, だしに, ちやんと, ちらと, ついて, つかって, つくった, とらえて, どういふ風, どうしよう, どう考え, どこかに, どこへ, どこまでも, どのよう, ながめて, なんの, のせて, はじめて見た, はつきりと, ばかに, ぼんやりと, みた, むやみに, もう一遍, やるの, わたしが, われは, われわれの, チラリと, デッチあげ, 一しよ, 一と, 一度に, 一生懸命に, 一般的に, 一言に, 上から, 下に, 中心と, 丹念に, 主張する, 主観が, 乙の, 云わせて, 交ぜて, 人々は, 今に, 付けて, 伸子は, 何うし, 作ったこと, 作ったり, 作りそれ, 作り上げて, 作り出すこと, 作る時, 使う, 使うの, 使ふ, 入れた, 入れるの, 全く知らない, 共通に, 具体的に, 出て, 初めて見た, 加へて, 包含し, 区別し, 区別する, 區別する, 取り出すと, 取り去って, 取るの, 右手に, 合理的に, 名づけて, 吐いた, 吐き出して, 君の, 含むから, 含むという, 含むの, 含めて, 含めての, 味ふ, 喰って, 土産に, 地上に, 地面に, 基礎と, 売りに, 外から, 失くし, 失ったの, 女が, 孕んで, 学ぶこと, 完全な, 完成する, 家に, 尊兄は, 少しずつ, 届けて, 差出します, 帯の, 幾つか, 引き出して, 強調する, 得た, 御存じない, 御馳走に, 忠実に, 思い出したよう, 思わせる, 急に, 恃んで, 恐れて, 意味しない, 愛するの, 感じさせたに, 感じさせられた, 感じたと, 感じたよう, 感じたり, 感じない訣, 感ずるだけ, 我々に, 手あたり次第に, 手で, 扱って, 批評する, 担いで, 拾った, 持たずに, 持たないから, 持っては, 持つたこと, 持つよう, 挙げること, 捉へて, 捉へる, 据えて, 排して, 採用し, 探した, 探しに, 掴み出して, 掻き立てて, 提供し, 提出し, 文学の, 斜に, 日常の, 暗示し, 書いても, 書きたい, 書くため, 書くには, 書こうという, 最初に, 最後まで, 有つてゐる, 有ると, 本能的に, 東京の, 東京へ, 棄てて, 欲しが, 比べて, 永久に, 求むれば, 求める心, 浮べながら, 湛へて, 演る, 無くして, 無下に, 無暗に, 無造作に, 焼きます, 父は, 片づけて, 物色した, 現わし, 現実の, 理解した, 理解すべきで, 生み出して, 生れて, 生んで, 用ゐる, 痛烈に, 発表し, 発見しよう, 目ざして, 目指して, 目的に, 真の, 真剣に, 眺めた, 眺めたり, 眼に, 眼中に, 着せられて, 着た, 知つた, 知らなかつた, 知りません, 示す, 私も, 立て, 端的に, 結びつけて, 絶って, 縦に, 繰返して, 考えた, 考えたり, 考えては, 考へた事, 考へると共に, 肩に, 背に, 背景に, 能く, 脱いで, 自分たちの, 自分でも, 自慢に, 與へ, 與へる, 著て, 表は, 製して, 製作し, 見いだして, 見つけたよう, 見つけ出した, 見つめました, 見ないの, 見るが, 見るため, 見るのに, 見る時, 見る様, 見付けました, 見付けましたよ, 見出したの, 見出そうと, 見物した, 覚えたの, 覚える, 観察する, 言う人, 言う時, 言へ, 註文した, 試みて, 試みに, 詰めて, 説いて, 説明する, 買う, 買うの, 買おうと, 買ったの, 買つて来, 超越した, 足で, 足に, 身体に, 追ふ, 透して, 造る, 連想させる, 適切に, 選んだの, 選択し, 部屋の, 長吉づれが, 集めようと, 離れては, 頂いて, 頼んで, 食いに, 食う, 食ったの, 食ひ, 食べさして, 食べたり, 食べながら, 食べます

3 [676件 抜粋] あげるよ, あつむ, あなたが, あなたは, あやつって, ありのままに, あるかの, あれこれと, いうぞ, いう人, いえ, いおうと, いかにし, いただきに, いぢめ, いったか, いろ, いろいろと, うけて, お作りに, お感じ, お礼に, お買い, お買いなさい, かくして, かく人が, かしく並び, こしらえた, こちらから, この人, こは, こめて, これで, さいかちの, さがし出して, したと, すっかり忘れ, せなか, そう簡単, そのよう, その場, そんな事, ただで, たべる, たよりに, だますなんて, だまって, つかむこと, つくりあげて, つくること, つける, つまんで, とるという, どの位, どんな風, なにも, ぬいで, ぬすんで, ぬって, はっきりと, ひきつれて, ひたすらに, ひっぱって, ひろいました, ほしがっ, ほしがる, ほのかに, まぜて, まともに, まるで知らない, みても, むだに, めがけて, もたらした, もとに, もらうの, やつても, やめて, やりたいと, やります, やるから, やるぞ, よく見る, よく読ん, わしは, わたくしは, われらが, アイヌは, グッと, フンダンに, 一人ずつ, 一人で, 一人も, 一定の, 下へ, 与える, 世話し, 並べました, 主に, 乗せて, 乾して, 云つてゐる, 云は, 云わずに, 交へて, 人にも, 人間と, 今と, 今日までの, 介して, 仕入れて, 代表し, 伝えて, 何とかし, 何んで, 余は, 作っても, 作らうと, 作らなければ, 作らねば, 作りあげたの, 作るやう, 作るよう, 作る事, 作ろうという, 作品に, 使うが, 使用し, 信じても, 俺が, 俺の, 個々の, 借して, 偶然の, 僕が, 先生が, 全身に, 具えて, 処分する, 出したこと, 出したの, 出す, 出すに, 出すの, 出版した, 出版する, 分析する, 列挙し, 初めから, 別に, 前提し, 加えた, 助けて, 動かして, 勘定に, 包括し, 印刷し, 収めた, 取りだした, 取りだしました, 取ること, 取寄せて, 取止めて, 受取りに, 可と, 合せて, 吐き出した, 含む, 含むこと, 含むと, 味う, 味わ, 唯目の, 單に, 喰は, 型に, 基礎として, 壊して, 売つて, 売ること, 売る店, 多少は, 多數, 多量に, 夫に, 失うこと, 失ふこと, 失敬し, 好まない, 好むよう, 始めた, 始めたの, 子供に, 守って, 守るため, 定めて, 実行する, 実際に, 専門的な, 尊ぶこと, 尋ねて, 少しでも, 山の, 嵌めて, 己れ, 平次は, 建立する, 建設する, 引き出した, 引っ張って, 引合いに, 引張り出して, 強いて, 当に, 形取った, 役に, 彼も, 彼女に, 待ち受けて, 後へ, 後者は, 得るため, 得んと, 徹底的に, 必要以上に, 忘れること, 思い出した, 思い切って, 思って, 思わせた, 急いで, 恐れる, 惜しげも, 惜気も, 意欲し, 意識した, 意識する, 感じさせたが, 感じさせて, 感じずには, 感じだした, 感じとること, 感じはじめた, 感じるので, 感じ出した, 感ずると, 感ぜざるを, 感ぜずには, 感覚し, 憎む, 憎んで, 我慢し, 手を, 払いのけて, 批判し, 投げだして, 投げて, 抜きに, 抱きしめて, 押して, 抽出し, 抽出する, 拝見し, 拵えたいと, 拵える, 拵へる, 拾ふ, 持たずただ, 持たないで, 持たねば, 持ちこんで, 持ち出したの, 持つてを, 指さしました, 指したの, 捉へ, 捕へて, 排除し, 探し出そうと, 探すの, 掴むこと, 描いた事, 描きます, 描くの, 提出した, 搜し, 撰んで, 擧げて, 擧げると, 放送し, 敵に, 敷いて, 料理する, 斬って, 日本に, 明らかに, 明確に, 普通に, 暗示する, 書いたので, 書いては, 書かして, 書くつもり, 書くもの, 書くより, 書けるよう, 最も多く, 有た, 望むの, 本の, 机上に, 材料として, 案じて, 椅子の, 構成し, 欲しいと, 欲求する, 正確に, 歴史に, 歴史的に, 残した, 比較し, 水で, 求めたならば, 求める, 求める本能, 浮かべて, 浮べた, 涜す, 潜めて, 無いと, 無数に, 無理無体に, 無闇に, 煮て, 燃すこと, 燒い, 父の, 特別に, 猫の, 現して, 現わす, 現在的に, 現實, 理解しない, 理解しなけれ, 生むため, 生れてから, 生んだの, 用いるよう, 用ひる, 用ゐた, 申せ, 痛切に, 発見したらしい, 発見しなけれ, 發見する, 盛に, 盛んに, 目当てに, 直ぐに, 直覚し, 省る, 真実に, 眼前に, 着ては, 着ると, 着るの, 知ってから, 知つ, 知らず, 知らないん, 知らない人, 知らなければ, 知らぬと, 知りぬいて, 知るの, 破壞, 示すこと, 神の, 空想した, 突つい, 立派に, 約束し, 紹介した, 経験し, 継いで, 綜合的に, 編輯し, 纒めて, 美しいまま, 考えずに, 考えずには, 考えるという, 考えるには, 考へずには, 考へる, 考慮に, 耳の, 聞いたの, 聞かして, 聞かせて, 肯定し, 腕に, 自分から, 自分では, 自然の, 自身の, 血の, 製造し, 西洋の, 見おろして, 見かけたこと, 見き, 見せられた, 見せられても, 見たかの, 見たよ, 見た気, 見た者, 見のがして, 見まいと, 見ましても, 見るん, 見る気, 見付けたから, 見付けると, 見出さない, 見出す, 見出すと, 見出すの, 見詰めて, 視て, 覗かせて, 覚えながら, 観せて, 観察した, 言いかけて, 言いました, 言うひま, 言う様子, 言う気, 言っては, 言つ, 言つた, 言ひ出す, 言わずに, 言わない, 訪はむ, 註文し, 認めなければ, 認識する, 語ること, 説明した, 読むに, 読むよう, 読んだの, 読んだり, 誰れ, 讀むと, 負けて, 貰っては, 買いましょう, 買い集めて, 買つ, 買は, 質に, 足へ, 身内に, 返しに, 追い求めて, 追ひ, 退けて, 送つて, 運ぶよう, 選ばなければ, 選ぶという, 遺した, 避けて, 鍋の, 間に, 集めたと, 頂戴し, 頂戴した, 順々に, 頭脳の, 顔に, 顧みない, 顯はに, 風呂敷に, 食はせる, 食べずに, 食べたこと, 食べては, 食べてるん, 食べなければ, 食べるから, 食わして, 食わせる, 養って

2 [2081件 抜粋] ああし, あげますから, あたしが, あなた方は, あわれんで, いいました, いい外情, いうほう, いじめては, いつも持っ, いまさらに, いやに, いわないので, うけること, えたり, おずおずと, おもへば, お前は, お尋ね申します, お聞き, かき集めて, かくと, かけたの, かれは, きかへようと, くださる, くれるナ, こじきに, この人生, これへ, さあ書いた, さがし求めて, させたり, したよう, しゃべると, しんから, すすめて, すべての, せずに, そうは, そこで食い止め, その代り, その日, それぞれの, そんな風, ただ一つ, たのまれて, たべること, ちっともわかっ, ちらりと認めた, つかみだしました, つきつめて, つくると, つづけて, つめたり, では, とりあげて, とり入れて, どういう風, どうなさる, どう間違った, どんなに遠い, なげうちて, なにを, ねだりやしませんよ, はおって, はっきり掴ん, ひしひしと, ひろいましたが, ふいに, ぶらさげて, ほのかな, ぼんやり眺め, またもと, まだ研究, みたこと, みるよう, みんなで, もう一度あらためて私, もったまま, やすやすと, やっては, やりだしたが, やると, よいと, よく考へ, よむ力, わざと裏, わたしの, イデオロギーの, ジッと, ハッキリと, ビカーと, 一つずつ, 一つ前に, 一に, 一層愛好, 一時に, 一番よく, 一部なりとも, 三十円で, 上げるから, 下さいましたから, 不意に, 与えられて, 与えストーヴ, 世間では, 並べ薄茶色, 中途で, 久しぶりで, 二つずつ, 二人で, 云う時, 云つて行つた, 云ひかけた, 云へば, 享け, 人間に, 今日は, 他人が, 代る, 伝へて, 低くせん, 何の, 何故に, 余り恐入りまし, 作ったもの, 作らせて, 作りましたが, 作り出すもの, 作るが, 作家自身と, 使用した, 保持し, 信じなされませ, 信ずるが, 信用する, 偽善家の, 僕も, 克明に, 入れました, 全く忘れ, 全然知らない, 其のまま, 円と, 冷静に, 出したが, 出せ, 出版し, 切り離して, 初から, 別々に, 制作しよう, 前提と, 創り出して, 創作する, 力に, 助く, 勝と, 包括する, 十人に, 参考と, 取ったと, 取りあげると, 取り出すこと, 取り込んで, 取上げて, 取除くの, 受け継いで, 口には, 可愛がって, 同じけ, 同一に, 君も, 告げて, 呑んで, 味わった, 命じて, 唱へ, 啣へて, 喰べに, 嗅ぎつけて, 嗜む人, 嚇と, 土地の, 基調として, 塀の, 壞し, 売出した, 多少の, 夢みて, 大匙, 夫人は, 失っても, 失つてゐる, 女は, 好かないの, 好くも, 好む傾向, 妻は, 娘の, 嫌つてゐる, 学ぶ道, 定義しよう, 害すること, 寄せて, 寄越して, 尊氏は, 小脇に, 山と, 崇拝する, 差し上げます, 希望する, 幸福に, 庄造は, 建てたいと, 引き拔, 引出して, 引用し, 当てに, 彼女らは, 待ちかまえて, 後世に, 得つ, 御信じ, 御目, 心得なければ, 忘れたよう, 思いだして, 思うの, 思ふより, 急激に, 悠々と, 想像しました, 愛し, 愛す, 愛する心, 愛読しました, 感じさせること, 感じさせる女, 感じたやう, 感じとつ, 感じますよ, 感じるよう, 感じ一番奥, 感じ私, 感ぜずに, 憎むこと, 懐へ, 我に, 戯曲の, 手ほどきし, 打って, 払い落して, 承知の, 抑へ, 投げ込むの, 披露した, 抱くやう, 抽いた, 拝見した, 拵えた, 拾い上げました, 拾つ, 持たせて, 持たなかつた, 持ち出すこと, 持ち歩いて, 持ったり, 持つ, 持つた鬼, 持てり, 持囃した, 指しその, 指すため, 挙げる, 捉えようと, 捜す体, 捨てるよう, 掌に, 探させようという, 探すよう, 探求し, 掲ぐ, 掴まねば, 描いたの, 携へて, 擇ふ, 擧げれば, 支那人の, 放って, 救おうと, 教育し, 整えて, 文句なし, 新に, 日ごろから, 是認した, 暴くの, 書いたか, 書いたんだい, 書かない, 書かれたの, 書きつけて, 書き上げた, 書くそれ, 書くやう, 書く方, 最初から, 有つ, 期待した, 本当の, 枕元の, 根柢に, 棄てること, 植えました, 極端に, 標準に, 欠いで, 欲した, 歌った, 歴史的な, 残らず貴女, 殺してまで, 比較的多く, 求むるが, 求めるという, 求める人間, 決定, 注意し, 浄化する, 混ぜて, 清算し, 準と, 漏らした, 無二の, 無碍に, 照らして, 爲し, 片ッ端, 物色し, 特別な, 独立し, 獲得した, 現わ, 生きること, 生の, 生徒に, 産んで, 用いると, 用ひ, 異端邪説として, 痛感した, 発見しなかった, 皿に, 盗んだそれ, 盜つてどう, 目撃した, 相手が, 真ん中に, 着ずに, 着た色, 瞥見する, 知ったと, 知つたのである, 知らないわけ, 知らなかったの, 知らねば, 知るという, 石の, 確実に, 示すやう, 神様が, 私自身に, 秘めて, 稽古する, 空へ, 窓の, 第二, 築きあげて, 素子の, 組み立てて, 結びつけること, 継承する, 綺麗に, 繋いで, 置くの, 習って, 考えました, 考える能力, 考え自分, 考へれば, 聞いたよう, 聞かず, 聴いて, 育てる, 胴の間に, 脆くも, 腹へ, 自分自身の, 與へて, 芸能と, 茶器に, 葬る処, 蘇らせ生きながらへ, 表現するなら, 補修した, 見, 見かけて, 見ずに, 見せながら, 見せる, 見ただけ, 見たなどと, 見た驚き, 見つけたん, 見つけ出して, 見てからといふ, 見ないよう, 見ましたか, 見まわしながら, 見られ日本人, 見るとも, 見る明, 見る見方, 見付けたよ, 見出しました, 見守って, 見確かめること, 見落してると, 親しく味つた事, 観に, 觀る, 解しない, 言い出せば, 言うわけ, 言はんぢや, 言へば, 言わぬ, 記載し, 設置し, 訴えて, 話して, 認めなかった, 認め得ない処, 語り出した, 誤り認めて, 読みそれ, 読むという, 読む人, 読んだと, 課せられて, 論ずるに, 護らねば, 豊富に, 貪り見たこと, 貰った, 貰つた, 買い込んで, 買うん, 買へば, 賢いすこしも, 贈るの, 起そうと, 踏んだ事, 身を, 軽く見すぎた, 輕蔑する, 述べて, 追っかけて, 追求し, 速かに, 造へて, 遊ばして, 過不足なく, 遠ざけて, 選び出すこと, 避けながら, 邪魔もの, 酢と, 金座の, 閃かせながら, 附加し, 除くの外, 除外せん, 靜なる, 預かるお前さん, 食いつづけようと, 食うと, 食し, 食っては, 食べさせられては, 食べた他, 食べてから, 食べるん, 飲ませて, 飲んだん, 馬に, 高く買, 鵜呑みに

1 [19116件 抜粋] ああこの, あげること, あつち, あの高, あやまたずに, ある人, いいかけなくとも, いうかと, いう声, いかに過失, いたずらに, いっこう知らない, いつか出したい, いとわしいもの, いまだかつて知らぬ, いろどり形づくり説き現, いわない湯沸かし, うしな, うまくなおす, おいじめ, おさし, おとり, おもらいでないよ, お勝手へ, お書きなさる, お言いなさい, かいに, かき出したら, かく女, かたづけます, かの女, かんじさせた, きめようと, くらべて, くわしくのみ込もう, こくめい, こしらえる料理当番, ことごとく首, この半年, この近代都市, こわがらない子供ら, ごた, さう厳密, さしずするよう, さらつて行かう, しきりに山上, してやられたの, しまつ, じっとながめた, すっかりぬがされた, すなお, すべて生かせ, せおって, そうかんた, そっくりそのまま備えた, そのほか, その二つ, その文集中, その色, それへ, たいそう嫌った, たしかに速水輪太郎氏, ただ真面目, たべお気, だいぶ入れた, ちょいちょいと, つい割っ, つきかえした時, つくります, つけるなどとは, つまり社会, でも人工, とらせたこと, とり厳格, どうし, どうして重い, どのやう, なくしたと, なぞも, なんでこの, ぬすませて, のせたり, のむ全館冷房, はさむ大きな, はっきり生かそう, ば洗濯し, ひつ掴ん, ひねくったって, ふたたび書き直した, ぶっつけた時, ほとんど実現, まえへ, また別, まだ真に知らない, まるで信用, みたらどんなに, みな飼いたくなる, みんな山から, むしろ肯定, もう何, もたらすという, もっと率直, もらうと, やっちまった, やりたくない, ゆすりあげて, よく手ばなし, よこして, よむ, わが芸術, わざわざ観せる, アノ源さまこちらの, カントが, コルシカの, スーツ, デスクの, ハッキリ把みたい, フーリエ級数という, マジメに, ロマンティックに, 一せいに, 一つ掴み取っ, 一二枚添へて, 一句でも, 一層研究, 一掃する, 一枚一枚叮嚀に, 一瞥した, 一言し, 万葉とともに, 上げますとさ, 下手糞に, 与えず女, 与え私, 並頭蓮と, 主張した, 乾かして, 事實としての, 二三擧げる, 二十里三十里の, 云いかわして, 云うなら坐ってからに, 云ひかける, 互に認めあう, 亡ぼすと共に, 人界に, 今三十分二十五分と, 今更仕方, 仕立てる裁縫師, 以前青森県下で, 伝えたくないの, 住まわせるか, 何と見すぎ, 何卒頂かし, 余りよく知らない, 作つたか, 作らせ盛ん, 作り上げなければ, 作り気位, 作る使命, 併せ四合目, 使わず指, 促進した, 信じない論者, 俯向けた, 偶然と, 儲けるか, 先生に, 入れる個所, 全体として, 全部バケツの, 公刊する, 其處に, 再び悉く劒, 凌ぐ美事さ, 出したあの, 出す事, 分け互いに, 切実に, 判然させたかった, 削除する, 創出せね, 加味した, 動機と, 匙で, 半ビラ, 印刷する, 又何, 取て, 取りましたこ, 取り去ること, 取り落したり, 取出しましたが, 受けいれる力, 受け容れる様子, 口許で, 召し上りますか, 合せ得たり, 同封に, 吐出したげに, 含むもの, 吸入した, 呑みくだした, 味噌滓餅と, 和尚は, 唱した, 喘ぎ慕, 喰ふ, 嗤つてゐる, 四五幅裸に, 国民神話学と, 執った, 塗り借物, 売ります, 外へ, 多く見る, 大かた忘れ, 大匙一杯位, 天地の, 失った女, 奥へ, 女の子などは, 好むから, 始む, 嫌いで通した, 存在せしめた, 守るよう, 宛がっ, 室いっぱいに, 寃枉を, 寫したからさ, 尊いもの, 導き入れる好機, 小田に, 少し加, 屆ける, 崩さず目, 差上ぐべきですが, 帰したの, 平然と作る, 広告の, 廃止しました, 廻漕し, 引き出すの, 引つこめるわけ, 弟子たちに, 強って, 形づくって, 彼方に, 後に彼女ら, 得べきや, 御主人さま, 御隠居, 心配し合う, 忘れないうち, 思いだしたの, 思う彼, 思わせられる, 恐れすぎて, 悉く消化吸収, 悲しみどうして, 想像しえない, 愚かし気, 愛一郎の, 感じさせやがて, 感じたため, 感じなくなった, 感じわざと, 感じ望んで, 感ぜしが, 慰めてこそ, 懲りずま, 或いは文化, 所謂心理小説で, 手放したが, 打ち明ける機会, 払い得る国民, 抄写し, 投げ入れても, 抜き去りたかった, 抱かない新九郎, 押し巻いて, 拂いはじめた, 拜んだ, 拵えに, 拾っちゃったな, 持たない眼鼻, 持ちまわって, 持ち得ること, 持ってるかさえも, 持つ木の実, 指すであろう, 挟まぬ, 捉つて見, 捜すとか, 捨て置くわけ, 排斥したら, 採ったの, 探しました, 探り出すと, 掴まへること, 揃へたり, 描きまた, 提供しよう, 摂取し, 撮影し, 支って, 放り出した, 教えたという, 敢えて選んだ, 数限りなく作った, 斥けるのよ, 新しく描い, 日の, 早く紹介, 映す高速度, 時間と, 更に上演, 書いた方, 書きうるため, 書きまして, 書き記して, 書く場所, 最もよくあらわす, 有する場合, 望まないよ, 未練らしく, 来る途, 栃木県あたりでは, 棄つるを, 検めると, 模倣する, 欠ぎ楊柳と, 歌いも, 正で, 歴史家は, 残さなくては, 殺したというも, 毎月こっそり, 気違いあつかい, 求めたくなる, 求める動作, 汲み取ること, 沢山覚え, 注射した, 活かさせること, 浮かべ, 涵する, 添えた白味噌仕立て, 湛えた南洋特有, 漁った, 澤山擧げ, 無役, 無雑作, 煮る仙人, 片づけ始めた, 特に文学好き, 狩りけ, 王様へ, 理解せん, 生じたわけ, 生むこと, 産する由, 用いようと, 甲骨に, 畳んだり, 発句と, 発見し得なかつた, 百までも, 皆様は, 盗み喰いを, 盜られました, 目録に, 相当拾い上げる, 真っ直, 眺める目, 着せるん, 着ながらも, 矜持する, 知らずさりとて, 知らない前, 知らぬげな伊豆, 知りませんけれども, 石見では, 磨きあげられるであろう, 社地の, 禁ぜられたので, 秘蔵した, 積込んだ艀, 突き抜けるから, 立ちこめて, 竹の, 築かせて, 糞味噌に, 細い蝋細工みたい, 経験せず, 絶やさねば, 緩和し, 繰り返しただけの, 置き替えること, 美味く食べさせる, 考うる, 考えなど, 考え出しこれ, 考へた田地絹物, 考証によ, 聞き分けること, 聴知った, 背から, 脇差で, 臧むるには倉庫が, 自殺だ, 興録が, 芸術映画に対する, 茶碗蒸の, 落としたり, 蓬髪に, 蚕食し, 表す言葉, 被るの, 裾で, 覆へ, 見ざりしによりて, 見せはじめて, 見せるといった, 見たて, 見た所, 見つけだしたろう, 見てるやう, 見ぬふり, 見ようとさえ, 見るほどの, 見上げた, 見出し得ず, 見失った者, 見棄てますので, 見落しては, 視えたと, 覚え出して, 観念し, 触った感じ, 言い合いながら, 言う前, 言ったんだい, 言わせたこと, 訊かないよう, 設立した, 詠うの, 話題として, 認めなかったかい, 語りたいよう, 読だ, 読み取らせるので, 読んだかは, 調べたら何, 諸書, 讀ませは, 負うたと, 貰ったから, 買いますかね, 買えないほど, 買ひたいね, 賞める, 贏ち得たかった, 超えてるつてこと, 踏みつぶした, 車へ, 辛いと, 返さねば, 追い払いながら, 追窮は, 逐い却, 造り出したの, 連関づける, 運び重い, 遠け, 選び取った, 選抜する, 配給し, 重大に, 銭勘定を, 門口に, 間違えて, 院長に, 陳列する, 雄吉は, 雑誌になど, 静止と, 順にす, 頼まれてるん, 顧みること, 食い楽, 食った感じ, 食べたいなどという, 食べるが, 食わせるという, 飲み食いし彼等, 養うに, 験する, 鴎外見

▼ もの~ (36665, 10.2%)

7838 はない 1833 あつた 1482 はなく 1073 はありません 1023 もない 1012 はなかっ 510 あらう 405 あつて 360 はある 321 はあるまい 300 はなかつた 198 せう 188 は無い 170 はなかろう 152 あらうか, もなく 143 はございません 137 もある 134 ござります 129 あらうと 102 もなかっ 101 はあった 98 それが 87 せうか, それを, もありません 85 これは, もあるまい 75 しかない 74 私は 71 もなけれ 65 あつたの 62 あつたらう, ね, はなから 60 これを, はないだろう 59 あらうが, はありませんでした 58 もなし 56 それは 53 はありませぬ 52 はあり得ない 51 はないでしょう 50 はなくし 48 は決して, 私の 46 それに, はなし 42 はございませぬ 40 あらねば 37 はありますまい, 自分の 36 は無く, 彼は 34 はあります 33 彼の 31 ござりましょう, もその 30 もあり, も無い 29 他の 28 な, なくし, はなくなっ, も何 27 これが, その中, はないだらう 26 しかなかっ 25 私が 24 それも, もあつ, もございません, もそれ 23 は, はあろう, はござらぬ, は無かっ 22 これに, せうね 21 げす, ござりまする, そこに, はあつ, はなかったろう, もあろう, 此の 20 あらうかと, はございますまい 19 あつたらしい, あらうとも, も, 日本の 18 はな, 中には, 非常に 17 あらざるを, さへ, 今は, 今日の, 何の, 誰が 16 さ, はあっ, はござりませぬ, もなかろう, 今でも 15 はないです, もなん, 人の, 私も 14 あとは, これも, さえあれ, はなくなった, もあらう, 今の 13 はなかつたらう, は有りません, もねえ, 人間の, 何も, 家の 12 しかもその, そこには, もありますまい, もあれ, も自分, 今では, 少しも, 昔の 11 さあ, さう, せう親分, その時, は御座いません, は無, もないでしょう, 之を, 他に, 次の

10 [13件] いずれも, その上, その点, はなくなる, もこの, もこれ, も決して, も見た, 一つの, 多くの, 普通の, 第一, 自分は

9 [17件] あつたら, ごぜえます, せうが, せうよ, それには, はあり, はけっして, は駄目, ほかの, も私, 人を, 今も, 前に, 多くは, 子供の, 有った, 自分が

8 [18件] ここに, ござりました, そこから, その意味, その頃, なしに, はあ, はありました, はいけない, はお, わたしは, 当時の, 後に, 御座ります, 或る, 日本人の, 有るから, 而も

7 [33件] あつたり, あらうし, あれは, いは, さえある, せうな, そのこと, そのため, それから, それらの, なし, はねえ, は到底, へツ, もあるらしい, もお, もな, もまた, 一種の, 之に, 今から, 何か, 何れも, 吾, 土地の, 大部分, 彼が, 彼らは, 文学の, 是は, 有らう, 西洋の, 誰も

6 [37件] あらうといふ, あり得る, いいの, おれの, お前の, がす, このよう, この点, ござりまし, その日, はありえない, はとても, は無論, もあります, も有る, 一つは, 之は, 人が, 今日では, 例の, 僕は, 元は, 先生は, 女の, 如何に, 彼女の, 彼女は, 支那の, 有つて, 本来は, 満たされて, 確かに, 社会の, 立派な, 親の, 酒を, 間に

5 [79件] あつたか, あつた事, あらうから, あらうとは, あツ, いっぱいに, おざる, おまけに, げすから, こ, ここで, さうし, さえない, そこへ, そのほか, その人, その他は, その形, その話, そんなこと, ついには, つまりは, どちらが, なんでも, ねえ, はあらう, はこの, はこれ, はございます, はございませんでした, はござるまい, は困る, へエ, またそれ, もございますまい, もございませぬ, もちょっと, もないだろう, も一つ, も人, も其, も喰, も皆, も食べ, やって, わたしの, 一定の, 一方には, 一般の, 上の, 二つの, 人に, 人間が, 今度の, 今日でも, 何でも, 何を, 僕の, 出来て, 初めは, 古くは, 大體, 実際の, 容易に, 形は, 彼らの, 徒らに, 普通は, 最後の, 本当の, 本来の, 江戸時代の, 火を, 父が, 相手の, 神の, 私などは, 頭から, 高さ

4 [131件] ある人, あれを, い, いいもの, いつでも, おありだ, おれは, げすな, こそあれ, この人, この頃, これで, これでは, これと, これには, これまた, これらの, こんなこと, ごわす, さへも, さア, しかあり得ない, しかあるまい, しかなく, そいつを, そのうち, その前, その周囲, その外, それだけ, ただその, ために, だんだんと, できて, どうかする, どこにも, なあ, はあり得なかった, はあれ, はおざりませぬ, はござんせぬ, はなおさら, はなかつたらしい, はなくっ, はなくなり, はまだ, はもちろん, は全く, は断じて, は更に, は有る, は満足, は無から, は私, は絶対, ぼくは, もいつ, もござらぬ, もござりませぬ, もすぐ, もとは, もどこ, もなから, もほとんど, もまだ, もやはり, もよい, も他, も忽ち, も感じ, も手, も日本, も無く, も神, われながら, 一ぱいに, 一人が, 一人の, 中に, 主人の, 二人は, 二階の, 人は, 人間に, 今日から, 今日は, 他から, 何と, 何よりも, 作品の, 僕が, 先に, 前の, 吉原の, 大きさ, 大抵の, 大抵は, 太陽や, 左の, 彼等の, 彼等は, 後にその, 後の, 徳川時代の, 戦争の, 日本では, 時代の, 最初は, 最後に, 有つた, 有ろう, 極端に, 此は, 現在の, 田舎の, 男が, 目が, 相手が, 真の, 私としては, 縁の, 美しいもの, 自分で, 自己の, 花は, 見ると, 誰でも, 身を, 餘り, 馬の, 馬を

3 [227件] あつてさ, あとを, あなたの, あなたは, あらゆる時代, あり得ると, いつまでも, いまは, お筆, お豊, かくの, からだを, がすよ, がんす, げすが, ここには, ここへ, こちらの, この家, この小説, この時, この時代, この話, これだけの, これによって, さえあった, さきに, さすがの, しかありません, しかもそれ, すべての, そう云う, そこの, そのころ, そのとき, その人間, その他の, その代り, その以前, その理由, その結果, その肉, その間に, それこそ, それで, それと, そんなもの, そんな事, つまり彼, どこから, どこが, どこで, どこに, どこの, どれも, なしと, なにも, なんの, はおそらく, はござりませぬか, はどうにも, はなかつたら, はなささうである, はもとより, はビクター, は有り, は有り得ない, は無かろう, は無き, は誰, ほんとの, もありましょう, もありませぬ, もい, もございませう, もご覧, もしこの, もそう, もみんな, も人間, も其の, も助かりますなら, も単に, も同じ, も団体, も実際, も少し, も山, も御座いません, も扱, も有りません, も沢山, も無, も無かっ, も無し, も第, も見, も買う, よい, よく人, ゲス, サ, 一は, 一日の, 一杯に, 一流の, 一般に, 上に, 下に, 下の, 不思議は, 世の中の, 世間に, 中, 中央に, 中学の, 主人は, 事に, 二人の, 亭主の, 人間は, 人間を, 今なお, 今に, 今まで, 他には, 他人の, 以前の, 何う, 何が, 何とかし, 何にも, 作家が, 俗に, 先の, 先生の, 其が, 其の人, 其れ, 其を, 出來, 前述の, 包まれて, 包んで, 去年の, 口から, 喉を, 団十郎の, 国家の, 埋まって, 外に, 外の, 夜が, 夢の, 大体に, 大倉集古館にを, 夫は, 夫れ, 夫婦は, 字は, 実際は, 實に, 少くも, 山の, 市井の, 庭の, 建物の, 当人は, 当時に, 当時は, 彼を, 後から, 後世の, 心を, 必しも, 急に, 恋を, 手ぶらで, 手際の, 換言すれ, 数百の, 文章は, 明らかに, 春の, 是から, 昼間は, 最も美しい, 最初に, 最初の, 有らうか, 東京に, 母も, 母親の, 江戸の, 滅多に, 火の, 無くて, 無限の, 物の, 特別に, 特別の, 王の, 男は, 目下の, 直接に, 石の, 私に, 種々な, 而し, 自分たちの, 自然の, 色々な, 色は, 表に, 西洋で, 親が, 親分, 話に, 誰にも, 謂つても, 足を, 長さ, 門の, 面の, 頭が, 頭の, 顔の

2 [896件 抜粋] あつしが, あつて差支, あとの, あとへ, あの人, あの時, あの通り, あらうこと, あらうとお, あらう誠に, あり得ること, あり得るとは, ある意味, ある時, あんな役得, いいが, いいん, いざと, いましたが, いわゆる, えへ, おそらく彼, おぢ, およそ恁, お互に, お坊さん, お此, お歯黒溝に, かの有名, がんすが, きれいな, げすお, こういうもの, こうなる, こっちに, このチョビ安, この国, この土地, この寺, この歌, この絵, この言葉, この間の, この雨, これこそ, これまで, これまでの, これ以上は, こんどは, こんな山, さえあったであろう, さえなけれ, さえ決して, さてこそ, しかありえない, しずかに, したがってその, しよう, すなわち, すみずみまで, すら殆ど, せうかと, せうし, せっかくの, そして利休, そちらを, そのよう, その一つ, その下, その内側, その処理, その当時, その晩, その極度, その癖, その目的, その素性, その美し, その船, その花, その覚え, その限り, それだけでも, それによって, それの, それらは, それ以外には, それ故に, そんな馬鹿, たいがいの, ただ生命, たとえどの, だれでも, だんだん屈められ, ちょいと, つながつて, つまりこれ, つまり一つ, とんでもない, どうした, どこかの, どこを, どのよう, どれが, なかなか容易, な今, のう, はありましょう, はあるけれ, はあるらしい, はござらん, はござりませぬ恩, はござん, はじめの, はなくなったらしい, はほとんど, はむろん, はもつ, はもはや, はよく, は今日, は兎, は同じ, は多分, は急, は無し, は面白く, ひろく和歌史, ふだんは, へッ, ほのかに, ぼくの, まずその, まず誰, また神, みんなこの, もあの, もありましたら, もありませんでした, もあり得る, もあるなら, もいつか, もおそらく, もここ, もございましたら, もしその, もしもその, もすべて, もそこ, もたと, もちゃんと, もとからの, もどうも, もなかなか, もむろん, もやる, もわれわれ, も一切, も今, も健康, も入れ, も分る, も半年, も名, も命, も土地, も多く, も大, も好い, も家, も差上げ, も引, も彼女, も必ず, も時代, も書く, も有らう, も水, も無限, も珍重, も用, も相当, も確乎, も純, も虚偽, も見つけた, も親, も触る, も貧農, も頭, も食, も食つて, やたらに, やはり今, わざ, わずかに, わたしも, われわれは, をかし, インドの, エンジンを, コゼットは, ザッと, ツボとか, ドイツが, ドストエフスキーほどの, ポーの, 一つだけ, 一つも, 一ぱし大人の, 一個人の, 一向人目, 一度は, 一方に, 一旦これ, 一時は, 一町も, 一種が, 七の, 七兵衛は, 上には, 上野の, 世の中には, 並々ならぬ, 中からは, 中味は, 丸で, 主として武家, 予め目的, 二が, 交通しなけれ, 人間には, 今それを, 今なら, 今日も, 仕事を, 他人に, 仮面の, 伝説の, 体は, 何という, 何事も, 何等か, 何處へ, 作家の, 作者が, 作者は, 例を, 便宜上多少時代, 俺の, 僕に, 僕らの, 兄は, 充分だ, 先は, 兎と, 全体が, 其の言動, 其処には, 其後希臘人は, 出発の, 初めの, 別に不思議, 前から, 割り切れたり, 半紙を, 単純明快より, 原作は, 厶います, 口の, 古い時代, 古の, 古代から, 右の, 同じよう, 同君の, 同時代, 同氏が, 命を, 問題に, 單に, 四年前の, 団十郎は, 土人の, 地の, 埋め合せて, 執着ミレンな, 基督が, 墓地の, 外国人の, 大きいの, 大に, 大体の, 大概の, 大風の, 天下の, 太さ, 奈良朝よりも, 女優の, 妻は, 子供でも, 子供は, 存在し, 学生に, 官衙や, 実は一年間, 実現は, 実際に, 家持は, 寒山か, 専一に, 専務, 小六が, 小鉄, 少し気, 少し色褪せた, 屋根は, 屡々それ, 巧拙は, 常にそれ, 平次が, 平生は, 床屋は, 底が, 底には, 店の, 廃船に, 建長寺にを, 弟の, 彼も, 彼等が, 後には, 後日紀州に, 御座りましょう, 徳川時代から, 心ある, 怖れ, 恋の, 恰好は, 意味の, 感心させられます, 我々には, 戸前口を, 手に, 手を, 押し潰されたらしく飛出した眼, 拍子を, 捕物の, 描いて, 支えられて, 政府の, 数の, 文章が, 斯う, 新助, 既に名人, 日本政府は, 旦那が, 明日の, 明治の, 明白に, 昔は, 昭和三十六年から, 是が, 時々夜, 時と, 時には, 時を, 普通に, 曾て, 有りますから, 有るかを, 服の, 朝から, 本人は, 本當, 村尾の, 東京の, 松なら枯れ, 柔かい庭土, 根本的に, 極端な, 正三は, 正月の, 此から, 此図の, 此男が, 殆ん, 殊に, 毎日十一時頃に, 民族の, 気の, 気心は, 水の, 氷の, 決して女, 沖縄の, 浅草の, 満足し, 源氏の, 漆を, 無くては, 無くても, 父の, 父母兄弟人間共の, 物を, 特別な, 犬でも, 独逸の, 現にその, 現代の, 瓜の, 生活自体が, 田園へ, 男女関係は, 町人の, 町方の, 番太郎は, 病人の, 白木綿で, 目を, 目的は, 相當, 真中には, 真赤に, 眼に, 眼を, 社の, 祖先とか, 神代の, 神武天皇御, 私たちは, 私どもは, 空想の, 突然アキ, 立って, 立派に, 筆や, 簡単に, 米友は, 精に, 素人が, 終ひ, 経験の, 結局は, 結晶の, 絶対に, 繋いで, 義理を, 肉の, 肉体を, 肩の, 脳天を, 腹を, 自ら内蔵する, 自分だけが, 自分に, 自分も, 自分自身の, 自虐的の, 舞台の, 芸術に, 若年寄直々の, 苦しいには, 蓋を, 表向きは, 裏には, 要するに何, 見たの, 見ても, 観衆を, 言葉を, 話の, 説明する, 読んで, 謂はば, 貼られて, 身に, 近頃は, 返答も, 運の, 遠からず, 部屋の, 金之丞の, 金銭を, 鉛筆で, 長身無口の, 阿倍川町の, 陛下は, 随分人, 雨戸も, 雪の, 静かに, 靜かに, 面白い, 頭は, 風が, 馬車の, 駕籠屋の, 高慢競争を

1 [11035件 抜粋] あ, あたしとしては, あつた丈, あつて翻訳, あの学校, あまりしげしげ見, あらうどう, あらしめるよう, あり得ず従って, ある晩, あゝこれ, いかにもが, いくら見, いっそ吹き消し, いつもの, いまだにそう信じられ, いや本当, いわば足利家代々, うまかった, おおわれた有様, おそらくはこの, おとなしい犬, お互いに, お宜しい, お猫さん, お雪, かく支那人, かなりだらし, かりに竜, きれいだろう, けっして別途の, げす一人頭, こうして胃病, こつこつと, このば, この両者, この内容, この工事, この時一時, この牡丹燈記, この者ども, この金談の, これから先, これに関する, こんなにいい, こんな部分, ごまかそうたって, さえあり, さえも矯め直す, さし当っ, さらに他, しかもそういう, しかも恋愛, しかも顔面, しとどと, すぐに, すっかり大, すなわち我が, すら又, ずつと長い, せう親分さん, そういう場合, そうして永遠, そしていちばん有名, そして結局, そのすごい, そのもと, その上菊次郎, その佐用媛, その初段, その図々し, その子貞時, その左, その形態, その指導, その晩年, その棒, その点西洋, その當時支那, その篝火, その胸, その話しぶり, その鋭く, その驚かされた, それぞれに, それでもあちこち, それに由つて捜索, それ自身一の, そんな物, たしかに天使, ただ内容, ただ鞍, たとえ無用, たまにしか, だがこの, ちょうど横綱, つい, つけるという, つまり水上, とうてい天下, とてもそんなだいそれた, とも角此文, どうしてもそうなっ, どうにも仕様, どこそこの, どんどん連想, どんな親しい, なかなかうつくしい, なしけれど, なにか黒ずんだ, なんらか, ね初代覚禅房胤栄どの, はあり得なかったろう, はございませず, はずっと, はなかなか, はやはりいけません, はホイスト, は例, は史略, は宗教経験, は恐らく, は気に入らない, は看護, は越中, ひだを, ふさがれて, ほっと息, ほんの七, まさに正義, またしじゅう, また新手, まだ七八ツ九ツ, まちがったの, まるでもう心, みんな上へ, めいめいの, もあるまいけん, もうそろそろ仕上り, もう振りかえる, もけっして, もしこれ, もすでに, もちろん完成, もともと浮浪漂泊性, もどの, もまさか, もやつ, もレンズ, も一臂, も人工的, も何処, も先生, も分けれ, も古典劇, も固い, も太陽, も常, も後世, も所得, も文壇, も暫く, も村, も段々, も灰, も甲, も着せ, も紫, も自分自身, も要するに, も貴方, も遠慮なく, も須美子さん, やっとそう云う, やはり毎日先生, よい時, よく気, よめば, わざわざ斬られ, われわれ日常の, アメリカに, ウィルソンの, カスに, グリーンランドにおける, サイレント時代から, スッカリ人違いを, チェロは, ドゼウと, ハゼとは, パンを, ブラームスの, ホンモノの, マルクス乃至, ヨーロッパ的な, ヴェルダン城は, 一九〇六年一月二十六日ニューヨークの, 一勢に, 一学説を, 一度この, 一日じゅう外で, 一流中の, 一箱三円とは, 一貫し, 丁度満月, 三, 三味線楽も, 三泣車が, 上杉謙信の, 不壊の, 且つ忍び足, 両と, 中央には, 主に, 久高人が, 予てより約束, 二三人の, 二十九年六月三十日までを, 二歩あるい, 五十三年に, 些の, 人一人に, 人生には, 仁王の, 今一度読み返し, 今日並びに, 今更鑑賞, 仕事と, 代金二十五円九十銭も, 任意の, 伝記としての, 何ぞ他国, 何ものも, 何時何處へでも, 余技か, 例えばオランダ, 俊子が, 個人としては, 傷口は, 元気つけた, 先ずお, 先年茨城県に, 全くい, 全く軍事的, 全部三十八巻より, 六三がけは, 其の久遠洪大, 其一とも, 其女の, 其詳細は, 円天井の, 凡そ一国民の, 刃引きの, 刑場には, 別に大した, 到底一般社会, 前城主, 劒の, 動坂は, 勿論警察, 匹夫の, 十円也の, 午後四時ちょっと, 単にその, 博士を, 即ち平民發展, 原名を, 又どんな, 双方の, 口繪には, 古昔, 只原子, 各種の, 同じ朝顔, 同時にこれら, 名とは, 君の, 味覚の, 唐末宋初の, 問題の, 嘉永二年の, 四方八方何方から, 国へ, 圓朝ほどの, 在来の, 坪数に, 塔の, 声は, 外神田に, 多少新聞一流, 夢にもあり得べからざるあり, 大した差別, 大体前掲の, 大多数, 大概な, 大阪から, 天津教文書など, 夫が, 奥様の, 好いが, 妾として, 嫌だ, 孔明の, 学校病院劇場が, 安藤氏夫妻は, 定吉さんを, 実はこの, 実際には, 宴會などの, 容易な, 察する, 寿命はかへ, 小さいもの, 小学校中学校で, 少々きまり, 少なくとも杉先生, 尾の, 山が, 岩滑新田は, 巧妙な, 布の, 幅三尺荘厳です, 平素人形や, 幸左衞門という, 幾度かの, 底から, 廊下で, 張合いぬけ, 当日報酬を, 形式は, 彼と, 往時の, 後藤農相の, 従って最も, 御天道様に, 御苦労千万である, 徳義上に, 必ず上座, 念の, 性格の, 恐らく心, 恰度その頃当の, 悲しいところ, 意識的な, 懐之は, 我慢する, 戦後の, 所謂弁慶と, 手術後間もなく, 折々人, 持合せの, 掻き上げたよう, 支那智識の, 教育し, 敵まで, 文展だけが, 新しい国民道徳, 方々の, 日にちの, 日本人に, 日露戦争後俄かに, 昆虫の, 昔と, 昨日見た, 時あ, 時間的経過を, 暫く話し, 書自体が, 最初オヤとは, 有りましたが, 朝日や, 木炭や, 本当に己, 本質的な, 杯の, 松下の, 柏屋金蔵, 根柢から, 棟割り長屋が, 楽しく味わう, 横浜の, 歌を, 正直な, 此奴を, 武蔵と, 殆ど一種の, 殊に彼, 母にも, 比較し, 気づかって, 水甕や, 江戸には, 決してやかましい, 決して怪しい, 沖縄人が, 波に対する, 流石の, 海上に, 清川八郎が, 湿れて, 滋幹に, 濃淡の, 炬燵に, 無教育, 無雑作, 熱が, 片側は, 特に或, 狂人の, 玉ちやんの, 現に旅人, 現実的な, 甚だたより, 生物界普通の, 田舎育ちでも, 町はずれに, 異って, 痒い痒いと, 發光する, 百尺あまり下には, 盜み, 直径が, 県の, 眠つてゐる, 矢張り娑婆臭い, 砺砥沢は, 祖先の, 神經衰弱的な, 私どもでは, 私自身麻薬の, 種類も, 突き当りの, 競馬と, 筆に, 簡単な, 紀州人としての, 素寒貧で, 組み立てられて, 結果は, 經書本文の, 締め殺されて, 繩紋式の, 義尚将軍薨去につき, 老人たちにも, 聞くと, 股引に, 能で, 膳が, 自殺か, 致命傷は, 良子刀自の, 花が, 若い時分, 英信が, 草鞋作りの, 落語も, 蕎麦の, 藤に, 蛙の, 街路樹へ, 被害も, 西晉の, 要領の, 見舞金あつめ, 観念表象の, 計画的な, 語つた, 誰であっ, 諸科学, 象山が, 貴族僧侶の, 赤裸の, 路端などを, 軸の, 近所の, 通り一遍の, 遂にその, 道庵先生が, 遣手は, 都の, 重々しい調べ, 量は, 鈍根な, 鏡の, 長さ四寸, 間に合うから, 関係者は, 陸稲の, 随分骨, 雨戸を, 露見した, 面白いが, 頃合いを, 題は, 風流かも, 飯は, 馬丁は, 高い文学, 鬼や, 鵺の, 黒い線

▼ もの~ (20582, 5.7%)

609 見える 460 思って 446 見えて 405 なって 368 思われる 321 すれば 299 信じて 269 みえる 253 見て 203 見えます 187 思う 171 なる 167 考えて 152 思はれる 147 なった 138 されて 134 して 125 みえて 99 考えられる 89 思われます 84 いえば, 私は 82 なつて, 見なければ 80 なるの, 思ふ 73 いって, なつた 70 考へて 69 言ふ 66 見ること 65 思います 64 心得て 59 見做 56 する 55 すると, みえます 52 見られる, 認めて 48 思い込んで 47 一緒に, 考えられて 46 思いこんで 44 見るの 43 す, 云えば 42 いうべし, なるであろう 41 した, 云ふ, 考へられて 40 いわねば, きめて, なったの, 仮定し 39 見えまして 38 思われた 37 せられて 36 思はれます 35 するの, 信ずる, 想像し 34 思えば, 思った, 思われて 32 なること, 諦めて 31 見れば 30 いえよう, なりました, 思うて, 見えた 29 すること, 察せられる, 思われるが, 解して 28 しなければ, 思わなければ 27 決めて, 考えられるの, 覚悟し, 解せられる 26 なると 25 いえども, 存じます, 思ったの, 雖も 24 いっては, 云って 23 あきらめて, 云わねば, 知るべし, 考えた, 考えなければ, 考へられる, 見られて 22 いわなければ, せば, 見ても, 言うべし, 言は, 認められて 21 いっても, いわれて, きまって, したの, 思うが, 思つてゐた, 思ひます, 期待し, 考える, 覚悟しなけれ 20 いえる, 思ひ込んで, 考えるの, 言わねば 19 みて, 安心し, 定めて, 思つてゐる, 成って, 見え 18 なります, 思われるの, 覚悟を

17 [11件] いう, 信じた, 信じられて, 同様に, 客観的な, 思いました, 想像される, 考えること, 考へた, 見ねば, 言へる

16 云は, 信ぜられて, 思うの, 思つ, 思はれて, 想像する, 考へるの, 見るべきである, 見る方, 言って

15 いふべし, ならなければ, なりつつ, 思へば, 考えねば, 解釈し, 言っても, 言わなければ

14 いわざるべからず, 云へ, 仮定する, 私の, 観て, 言へ

13 [14件] いうと, いえましょう, おもわれる, するため, ならざるを, みえ, 云へば, 思われますが, 考えたの, 考えられます, 考へる, 聞いて, 言えば, 違って

12 [14件] ある, しようと, なったが, なるだろう, 信じます, 同じよう, 彼は, 思つた, 感じて, 新しいもの, 確信し, 私には, 見るべきであらう, 認められる

11 [17件] いっしょに, いへば, お思い, しよう, そうでない, である, なして, みえまする, 信じ切って, 思える, 思われまする, 見えるが, 見られるの, 見る事, 解せられるの, 解釈する, 言ふこ

10 [22件] なした, なす, なりて, なるであらう, なるに, なろう, ひそかに, みえまして, 一般に, 云っては, 云わなければ, 云われて, 同じで, 思うこと, 思はれるが, 思わねば, 知れた, 考えては, 考えます, 考へられるの, 自分の, 見えたり

9 [31件] いつて, いはねば, したならば, するか, するならば, それを, なるが, みゆる, 仮定しよう, 全く同じ, 同じもの, 察せられた, 思ったから, 思はなければ, 想像され, 推定され, 断定した, 相場が, 知って, 考へること, 見えました, 見なして, 見ゆ, 見るべきであろう, 見るより, 見る外, 観念し, 言うべきである, 言う可, 言えよう, 認めねば

8 [30件] あり, したい, したらそれ, なりその, なりぬ, なれば, なれり, 云うの, 仮定した, 仮定すれ, 僕は, 存ぜられます, 察して, 思うよう, 思え, 思はる, 思わるる, 思われました, 悪いもの, 推定する, 推察される, 昔から, 考えても, 見えますな, 見えますね, 見なされて, 解釈した, 言はれ, 誤解し, 諦らめて

7 [40件] いうべきである, いうより, いわざるを, された, し, するよう, なるかも, なる時, みえその, 似て, 信じきって, 古いもの, 同一の, 存じまして, 少しも, 御承知, 思っても, 思はれるもの, 思ひこんで, 思ふの, 想はれる, 推定し, 早合点し, 比較し, 決まって, 称して, 考えられた, 考えられねば, 考へたの, 見た, 見られた, 見られます, 見るほか, 見るを, 覚悟せね, 解するの, 言うて, 言へば, 言われて, 謂ふ

6 [59件] いうから, いわれる, するに, するは, するも, する方, せねば, なったと, なり従って, なるなり, なろうと, 一致し, 一途に, 云えよう, 人間の, 今まで, 単純に, 合点し, 同じこと, 同じやう, 存じて, 察せられます, 後の, 心に, 思いますが, 思えと, 思ったが, 思つて居た, 思つて居る, 思はれるの, 思ふが, 思惟する, 想ふ, 想われる, 断定する, 殆ん, 特殊的な, 申して, 睨んで, 知りながら, 知る可, 簡単に, 考えざるを, 考えられるが, 考え得よう, 考ふる, 考へ, 考へられます, 自分は, 見えその, 見えまする, 見えると, 見えるの, 見たの, 見なすこと, 解する, 言っては, 認めるの, 関係が

5 [76件] あるが, いうが, いうよりは, いふと, さへ, される, するには, する考, する説, せず, せんか, ちがって, なり彼, なるか, なるから, なるよう, みること, もう一つ, わかった, わかって, 一つと, 不思議に, 予想し, 二つの, 云うこと, 云つても, 云わざるを, 人は, 仮定され, 信ずるの, 傳へられ, 初めから, 判断される, 判明した, 化して, 同じである, 変って, 存じますが, 存候, 寸分の, 彼女は, 思うても, 思うと, 思ったらしい, 思っては, 思はねば, 思ひ違, 思へる, 思わる, 思われたが, 思われるから, 想像した, 想像せられる, 感心した, 早合點, 昔の, 歴史的な, 比べて, 然ら, 看做して, 考えら, 考えられなければ, 考えられるもの, 考えるに, 考へる事, 自分を, 見えるから, 見えるのね, 見る, 見るが, 解すべきである, 言はれる, 認められた, 認定し, 謂ふべし, 非本質的

4 [127件] いうだけ, いうべきであろう, いうよりも, いえなくも, いえようか, いつては, いはなければ, いふべきである, いへる, いわれても, おもって, おもふ, お考え, きいて, きめこんで, きめられて, しこれ, したこと, したり, した時, しも, するとき, せられた, せん, ぞんじます, ないもの, なし, なすこと, なったとき, なっては, ならねば, なり, なりそれ, なるため, なるならば, なるは, なるわけ, まったく同じ, みえますな, みなして, みられる, よく似, わたくしは, 一しょに, 一しよ, 予期し, 云つては, 云ふこ, 云ふべし, 云へる, 今日の, 他の, 代助, 信じる, 信ず, 前提し, 固く信じ, 多寡を, 存じまする, 存ずる, 察しられる, 察する, 心の, 心を, 念じて, 思いこれ, 思うなり, 思つてる, 思はれた, 思ひまする, 思へ, 思われるかも, 思われるよう, 思召し, 思量せられる, 想像された, 想定し, 推定される, 推測し, 断定し, 断言し, 断言する, 日本的な, 決められて, 混同し, 無いもの, 独断し, 申さねば, 睨んだ, 知った, 知られるもの, 確く, 確信する, 精神的な, 絶縁する, 考えたい, 考えられるであろう, 考えるから, 考えれば, 考へたから, 考へたらしい, 考へては, 考へられた, 考へる様, 聞くが, 自分では, 見えるな, 見へる, 見ゆる, 見られよう, 見られるが, 覚えて, 覚悟した, 観念した, 言うも, 言ふべきであらう, 認めなければ, 認められます, 説いて, 諦めるより, 謂は, 謂わねば, 限って, 離れて, 頭から, 顔を, 高を

3 [246件] あって, いうて, いうので, いつても, いふよりは, いふよりも, いわなくては, おもう, おもうが, おもわれまする, ここに, ご承知, されるもの, しこの, しそして, しその, したいと, したいの, しなくては, しまた, しようとして, し或は, するが, するその, する傾向, する時, する考えかた, せずに, せなければ, せらる, せられたの, せり, せんと, そっくりの, それから, それで, たかを, どこか, なすの, なったから, なったという, なったに, なってるの, ならう, なりあるいは, なりそう, なりそして, なり或は, なり身, なるし, なるでしょう, なるという, なるといふ, なるとき, なるので, なるべし, なる事, にせものと, にせものとを, はなつて, ほとんど同じ, ほぼ同じ, みえるの, みなすこと, みられて, みれば, わかりました, わたしは, 一つに, 一所に, 一致する, 一般的な, 並んで, 予想され, 二つある, 二つに, 云うべきである, 云うべし, 云える, 云っても, 云つてよい, 云つてよから, 云はれよう, 伺って, 何か, 余は, 作るもの, 信じたり, 信じました, 信じますが, 信じるが, 信じること, 信ぜざるを, 入りかは, 分った, 分りました, 分りましたが, 判った, 判る, 判断され, 判断された, 判断し, 判断する, 化する, 区別する, 口を, 同じだ, 同じに, 同一であった, 同一なる, 同様である, 同樣, 同等に, 吾, 呼んで, 変つ, 変りは, 大和尚夫婦が, 安ん, 定って, 定められて, 定義され, 察せらる, 対立する, 心得べし, 思い, 思いこの, 思いそれ, 思いまする, 思うか, 思うから, 思うは, 思うより, 思はれたので, 思はれますが, 思ひこんだあの, 思ひました, 思ひますが, 思へるが, 思われたの, 思込ん, 恨めるもを, 想像されます, 感違ひし, 手を, 承知し, 推して, 推定された, 推定せられる, 推察し, 断じた, 断念めて, 斯う, 斷定し, 旧いもの, 早合点した, 早合点を, 書いて, 桂次は, 楽観し, 機会を, 比べると, 比較する, 比較に, 気が, 混ぜて, 独りで, 現實的, 申しまする, 異なること, 相見え, 相見える, 相談し, 看做したという, 看做したといふ, 知らる, 結び付いて, 結び附い, 結合する, 結婚する, 結論し, 考うる, 考え, 考えようと, 考えられぬこと, 考えられること, 考えられるよう, 考えるが, 考えると, 考えるほか, 考えるよう, 考える時, 考へたので, 考へねば, 考へられる様, 聞いた, 自惚れて, 見えたもの, 見えましたが, 見えるね, 見え今, 見くびって, 見たところ, 見た方, 見ての, 見なさなければ, 見へ, 見ら, 見られたの, 見られるに, 見るべからず, 見るも, 見る可, 規定した, 覚しい, 覚悟せよ, 覺しく, 觀る, 解したの, 解すること, 解せられて, 解釋し, 言うべきであろう, 言える, 言えるだろう, 言つても, 言ふべき, 言へるだらう, 言わざるを, 評されて, 認む, 認めざるを, 認めた, 認めないわけ, 認められたの, 認められた人, 認める, 認めるが, 認めること, 認めるのほか, 諦めねば, 身を, 違ふ, 重複する, 闘って, 非常に

2 [715件 抜粋] あきらめたが, あきらめなければ, あなた様の, あらむとぞこの照る, いいて, いいます, いうに, いうべからず, いうべきだ, いえるが, いえるであろう, いえるの, いきなり堅く, いはれて, いふ, いふが, いふべきなり, いろんな糸, おっ母, おなじで, おぼし, おもえば, おもわれます, お知己, お覚悟, かくは, かように, きまれば, きめてか, こう思う, これは, これも, されたの, されながら, されました, されるであろう, され臣下, したか, しただ, したところ, したならこの, したら, したらその, したらどう, した例, してでも, しますれば, しもはや, しわれ, し人, し彼, し得て, し遂に, すべきであろう, するかは, する思想, する方法, する考へ方, せずして, せむか, せられるの, せられる様, そう思っ, その他の, そんなよう, だれも, てない, であった, どういう関係, なしこれ, なししかも, なしたり, なすべし, なすも, なったでしょう, なったので, なったらしい, なったわけ, なった後, なっても, ならん, なりこの, なりつ, なりは, なりはじめた, なり一方, なり了, なり人, なり又, なり憎しみ, なり極, なり無, なるだらう, なるでありましょう, なるであろうか, なるには, なるばかり, はおも, はっきり区別, みえた, みえたり, みえました, みても, みなければ, みられぬこと, むつかしいもの, よく一致, わかつて, わかりましたが, われわれは, イデオロギーの, ロックに, 一方には, 一様に, 一様の, 一部の, 不思議な, 世間では, 之を, 予定し, 予測し, 云いながら, 云い得るであろう, 云うべきであろう, 云う人, 云う可, 云う心持, 云う点, 云えない, 云えましょう, 云つた方が, 云つて好い, 云ひ, 云ふべからず, 云わなくては, 交換し, 人々は, 人も, 今度の, 仮定しなけれ, 仮定しましょう, 伝へて, 伝右衛門は, 低いもの, 何事も, 作られたもの, 信じこんで, 信じさせて, 信じその, 信じたい, 信じたと, 信じた人, 信じますから, 信じられる, 信じるから, 信じ込んで, 信ずべき理由, 信ずるならん, 信ずるなり, 信ずるは, 信ぜざるもの, 信ぜら, 信ぜられる, 信ぜられるの, 信ぜり, 信ぜんと, 個人という, 假定し, 做す, 傳へ, 働きかけられるもの, 先験的な, 兩手を, 公に, 凡判断せられ, 凡判斷せられ, 分って, 初から, 判斷する, 前提を, 動かぬもの, 化したわけ, 半七, 反対に, 反対の, 取るが, 取ること, 取るの, 受取られた, 叫んだ, 同じく神, 同じであった, 同じ姿, 同じ運命, 同一である, 同一人, 同一視される, 同程度, 同視したらしく, 吾輩は, 呑み込んで, 呼ばれるであろう, 喜んで, 單純に, 団体を, 地図を, 変らないもの, 変りが, 外の, 夜ど, 大した變, 大に, 大差は, 妥協する, 妾の, 嫌いな, 子供心にも, 存じ候, 定った, 定まつ, 定むるときは, 実際の, 客觀的な, 家の, 察しられます, 察せられました, 察せられるの, 實社會といふ, 寸分違わない, 対照し, 小なる, 少しばかり, 常識的に, 幾度も, 弱きもの, 彼には, 待って, 後悔した, 得失孰れ, 心がけて, 心部より, 必然的な, 思いおるか, 思いながらも, 思いまして, 思いましょう, 思い何回, 思い做, 思い又, 思い自分, 思い諦めて, 思い込んだの, 思い違いを, 思うたの, 思うほか, 思し召して, 思ったもの, 思った方, 思つたのである, 思つてゐたら, 思つてゐるらしい, 思はれぬでも, 思はれるから, 思はれ候, 思ひも, 思ひ出したの, 思ひ定めて, 思ふ事, 思ふ様, 思へども, 思へり, 思わずに, 思わないでは, 思われたので, 思われない, 思われること, 思われるね, 思われるのに, 思ツて, 思召しまし, 思召せ, 思惟す, 性質を, 想定され, 想定すれ, 感じたこと, 感じた為, 感じるの, 感性的な, 感違いした, 我も, 承わっ, 接触する, 推する, 推するの, 推定した, 推定すれ, 推断された, 推断し, 推測せられる, 推論し, 推量し, 政治家なる, 断言せね, 新らしい, 新式の, 斷定する, 日本紀に, 書かれたもの, 最初より, 有利な, 期待する, 本質的に, 極めた, 極めて, 極れ, 正成は, 正直に, 此説と, 死ぬもの, 殆ど同じ, 比較すれ, 比較せ, 求めても, 決って, 深く心, 混同される, 為す, 無関係で, 爲し, 理解する, 理解せしめる, 申すもの, 異つて, 異ならず, 異なるところ, 異なる点, 異る, 疎遠に, 直覚した, 相通ずる, 看るの, 眺めた, 着換, 矛盾する, 知つたら, 知られたり, 知られる, 知るもの, 知るや, 知れ, 確信せざる, 神代の, 私どもは, 私も, 称せられて, 稱し, 稱せられる, 空想し, 第二, 答へ, 精神に, 結びついて, 結婚した, 縁組を, 考うべきである, 考うべきであろう, 考えたかった, 考えたに, 考えますから, 考えられその, 考えられたの, 考えられたもの, 考えられたり, 考えられますが, 考えられるかも, 考えられるし, 考えられるに, 考えるべきだと, 考える事, 考える人, 考える方, 考える限り, 考ふべき, 考ふべきで, 考へたもの, 考へます, 考へますが, 考へられさ, 考へられたの, 考へられねば, 考へられるが, 考へられるので, 考へられるやう, 考へるところ, 考へる理由, 聞いたが, 腹の, 腹を, 自分たちの, 自己の, 自殺とは, 自負し, 舌を, 若いもの, 衝突し, 見えしきりに, 見えそこ, 見えその後, 見えてね, 見えない, 見えますが, 見えますのう, 見えるて, 見えるです, 見えるなあ, 見えるナ, 見える俺, 見え手, 見え数分の間犬, 見たい, 見たらしい, 見たわけ, 見ますと, 見よう, 見られたが, 見られないでも, 見られますが, 見られるので, 見られるもの, 見るか, 見るに, 見るよう, 見るよりも, 見る見方, 見做さ, 見做す, 見傚す, 見受けられる, 見當, 見込を, 規定し, 覚しく, 覚しく墨色, 覚悟する, 観じて, 観なければ, 観られた, 観察し, 観察する, 観察せられる, 覺悟し, 觀念的な, 解されぬこと, 解したい, 解しては, 解すべきであります, 解するを, 解せねば, 解せら, 解釋せなけれ, 言うこと, 言うの外, 言えるであろう, 言はれよう, 言ひ, 計略は, 許すべからず, 誌し, 認めたい, 認めたる温き, 認められても, 認められなくては, 認められるから, 認める場合, 語り合う, 誤解した, 誤解する, 誰が, 論理的な, 諦めた, 足を, 較べて, 速断する, 連絡を, 遊んで, 酷似し, 醜いもの, 鑑定した, 長州から, 関係を, 闘わなければ, 限られて, 隣人の, 離れがたく, 顏を, 願って, 食われるもの, 魚屋の, 鼻を

1 [6260件 抜粋] あえぐが, あさはかな思い違い, あまり変らない, ありますが, あれも, いい得られよう, いうべからざるなりまた, いうほどの, いかなる連絡, いったらそれだけ, いつたらすぐ, いはれるの, いひ木津, いへますけれども, いよいよ信, いわゆる満, うけいれた様子, おかみさんを, おぬ, おもいこんで, おんなじよう, お思いなさる, お考え下され, かくご, かれを, きまった様, きめたよう, くらべること, こう申します, こども心に, この年, これほど, さげすむ侮辱, さち子思いも, されては, され得ないよう, しいへば, したいならば, したばかり, したらドウだい, したら日野氏, した上, した発達, しないため, しましたところ, しニヒリズム, し単に, し常識, し映画, し神, し資格, すぐ目, すでに媒介, すべき歴史的事実, するだけの, するならさ, するひとつ, する今一つ, する常識, する特別, する點, ずっと結ばれ, せぬもの, せられたはず, そうで, そち達まで, そのイデオロギー, その役割, その爆発, その骨組, それについて, ぞんずる, たって父母, ちょっと違い, つづいて, とって, どのくら, なさうと, なさんと, なした他人, なし前者, なし或は, なすが, なすや, なったかしら, なったならば, なった様, ならうずる, ならない, なりある, なりそこ, なりましたから, なり一, なり人々, なり単なる, なり屡々, なり忽ち, なり時として, なり無力, なり箇人, なり議論, なること能はず, なるでは, なるん, なる恐れ, なれたこと, にべも, はじめから, ばつかりおもつ, びっくりした, ほか思われない, ぼんやり考え, また一ツ, まるでちがっ, みえじつに, みえま, みえるイヤ, みえ保土ヶ谷, みえ定められた時間, みえ意外, みえ朝食, みえ立派, みえ部隊長, みとめなければ, みられます, もう一枚, やや同じ, よしと言ふ, わかりましたこの, わたくしめも, ウクライナ辺の, ジンム天皇以後の, ハッキリした, マダムは, 一と, 一字一句も, 一意專心主おも, 一緒で, 三度咲く, 下品な, 不必要, 世の, 両者が, 主人に, 予定され, 予測は, 二人し, 二種ある, 云い得よう, 云う一大仮定, 云えるであろう, 云つた印象を, 云ふかも, 云われない彼女, 亡き信玄, 人々に, 人間とは, 今一つは, 今頃は, 以上の, 仮定するであろう, 会いました, 伺いまして, 何とも云はず, 余りに涜, 価値なき, 信じいい, 信じたがる人々, 信じない訣, 信じられた為, 信じ人, 信じ得る, 信ずるよって, 信を, 俺も, 傍らの, 先人は, 入れ混, 全然ちがわない, 公的, 其性質を, 内容づけ, 処世という, 分ったの, 初めてなった, 判定される, 別り, 創ったもの, 化さんこと, 区別し得られない, 半身のみ, 危まれて, 又訊け, 取りかえた, 取換えた, 古い塔, 合わせて, 同じくその, 同じけれども, 同じ境界, 同じ部類, 同一視する, 同時に強いられる, 同様農産の, 名付けられる, 呑気に, 呼ぶまで, 喧嘩を, 因果的な, 国家主義的, 地震計の, 変じ更ら, 外に, 夜どおし泣く, 大きくあきらめ, 大同小異, 大體一致, 奪われるもの, 始めから, 嫉妬という, 存じ上げます, 存候僕昨今の, 完成される, 定めた, 定め假, 実在なる, 客體的な, 寂しいもの, 察せられたが, 寸分違わなかった, 尊い神, 少しく速い, 少年の, 峻烈なる, 希望に, 常に観, 幸田露伴さんの, 引っ包ん, 形はさのみ, 彼女が, 後々よう皆さまから, 御安心, 心は, 心得ますが, 心得身, 心配し, 忘れないで, 思いきって, 思いこんでも, 思いちょうど, 思いましたから, 思いよろこびの, 思い取った, 思い定めそれ, 思い林町, 思い装置, 思い込みそれ, 思い込み誰, 思い退却, 思うがね, 思うだろ, 思うや, 思う類, 思えるは, 思ったこと, 思ったらしく私, 思ってるの, 思つていました, 思つてゐます, 思つて居なさる, 思つて氣早の, 思はないやう, 思はれぬ, 思はれる其他浅間温泉, 思はれ一枚一枚, 思ひながらも, 思ひ定めなければ, 思ひ起すの, 思ふて, 思ふ外, 思わずには, 思わっしゃい, 思わるれども, 思われた私, 思われましょう, 思われるぞ, 思われる其方, 思われる結果, 思惟せし, 急いで, 恩を, 悪い意味, 想って, 想像します, 愁いの, 愛さるる者, 感じさせるの, 感じられないの, 感じ本来男女, 感ち, 感違いしたらしく, 成つた, 成り終に, 我愛づる山吹の, 戦わんのみ, 批評され, 折紙を, 据えて, 推定されないだろう, 推察いたします, 推測し得べき, 推論するであろう, 播磨は, 敬太郎は, 断ずる訳, 断念めにゃ, 新館に, 既に窃か, 早がてん, 昔しの人は, 普通に, 書いた本, 最後に, 服從の, 未明より, 村人たちの, 柳に, 極って, 極めの, 機を, 正月の, 歩いたこと, 段々考え, 比べるという, 民族的な, 永い歴史, 決めること, 決心致し, 洛外遠く, 深い關係, 混同せられ, 滅びるもの, 為すなれば, 無言の, 熱望いたし, 物理的なる, 独断で, 現在の, 理解しはじめ, 生活する, 申し出た, 男性の, 異なり樹, 疑って, 白いハガキ, 目の, 直覚しました, 相對, 相見え申候, 看做された, 看做すこと, 真正面から, 知ったら何とか, 知らなかったから, 知るべきのみ, 確信し切っ, 祖父は, 私どもには, 称したの, 種々さまざま, 突きつ撃ちつ薙ぎに, 等々という, 精神上より, 細長いもの, 結婚しなけりゃ, 絶望とを, 縁側から, 義務づけられたもの, 考えさせて, 考えたこと, 考えた敬太郎, 考えないわけ, 考えまた, 考えられたよう, 考えられべきはず, 考えられる事, 考えられる限りそれ自身仮説的, 考えるという, 考える訣, 考え廟議, 考え植物学上, 考え顔, 考へた方, 考へられたらしく稍日, 考へられること, 考へられ誰, 考へ出したの, 而も, 聞き違えたもの, 肚を, 自ら思っ, 自分で, 自己との, 致して, 色取りに, 苦笑いたします, 著しくその, 衆人の, 西周末夷, 見えいきなり, 見えさっそく, 見えちよ, 見えますから, 見えるある, 見えるネ, 見える様, 見えキッ, 見え七, 見え他, 見え其後, 見え学士, 見え往々, 見え日附, 見え武后, 見え燈火, 見え老婆, 見え語尾, 見え野暮, 見くびつて, 見せて, 見たので, 見ないでも, 見なされ生かさず殺さずと, 見ますぞ, 見られたり, 見られまする, 見られ方便, 見るふう, 見るべき形式的直観, 見る必要, 見做す事, 見滝川教授罷免問題, 見較べると, 視られるの, 覚しく両, 覚って, 親しい一つ, 観まったく, 観念したらしい, 覺悟せね, 解しそう, 解し得る, 解するならば, 解せられよう, 解釈が, 解釈を, 言い得るであろうが, 言うべき用語, 言えるかも, 言つてただ蝉ばかり, 言ひます, 言われてる, 訓え, 評された, 話を, 認む可き, 認めないと, 認められたニュートン, 認められる学説, 認めるより, 認定されない, 語られる, 誤認したらしく, 説明すべきである, 調査され, 諦めた刹那, 諸国遍歴いた, 謂ふべきで, 讀者諸氏の, 貴様こそ, 超絶的な, 身許を, 辰弥は, 迷は, 通例思われ, 進退を, 過去へ, 違つた歌を, 遠ざかった寂しい, 邪推した, 野心の, 鍛えたいと, 閑耕教頭が, 闘うという, 陸上に, 離れること, 非芸術的, 類を, 馳せ帰りまして, 魏の

▼ もの~ (19332, 5.4%)

606 ということ 596438414 から 403345 と思う 305 と思っ 297245 といふ 234 と思った 173 という 145 と私 135 がそれ 127 と思います 124 と云, と思ふ 123 そうだ 121 がその 118 からね, と思つて 116 と云う 108 がこの 107 と思いました 103 からである 101 そうです 92 なあ 89 と思 83 そうである, というの 80 からその 75 と信じ 74 からつい 73 が今 71 から私 70 ぞ, といっ, と言 68 からそれ 67 そうで, と考え 64 がこれ 63626057 ねえ 55 なア 52 と感心 51 というよう, という事 49 からな 47 と云っ 43 が私 42 とする, とすれ, と思い 41 からこの 40 がしかし 39 と彼 37 と考える 35 と言っ 34 と思ひます, と思われる 33 と聞い 32 とつくづく 30 と言う 29 という気, と自分 28 がね, つたのです, とお, と考えた 26 から僕 25 からだ, とその 24 て, という点, と考へ 23 からそんな, と主張 22 からこれ, つたと, の 21 からです, と云った, と思ひ 20 といわれ, としたら, と僕 19 つた, のに 18 から自分, とのこと, と云つて, と言った 17 がさて, が彼, そうな, と見 16 からあの, がそんな, という話, と心, と考えられる 15 からそれで, から何, があれ, がお, がそこ, が併, など 14 か, から少し, し, という事実, とさ, と思え, と考えられ 13 からとうとう, からもう, つたから, つたのだ, という風, と思われた, と説明

12 [17件] からお, からすぐ, がそう, がな, が何, が近頃, けれど, しまた, つたに, といった, とし, と今, と断言, と申します, と言つて, のう, わね

11 [15件] かどう, からこんな, からそこ, から今, があの, がまだ, が自分, つたかも, といわれる, ときめ, とは思っ, と心得, と思はれる, と考へる, ネ

10 [13件] からあなた, からそこで, からどう, がこのごろ, それが, という人, という感じ, といつ, と云われ, と思ひました, と思わず, と感じた, わい

9 [27件] かよく, からそう, からまだ, から今日, から彼, から米友, かわからない, がさ, がそういう, がそれでも, がどう, が彼女, つたのである, とある, といい, という意味, という証拠, とか, と信ずる, と思いこん, と思われ, と想像, と感服, と知っ, と確信, と言われ, 私は

8 [32件] かそれ, かということ, からいい, からなあ, から君, から家, から皆, か知らない, がいま, が之, が今度, が今日, が又, そうでございます, それを, といいます, という結論, といふやう, とこの, としみじみ, とそれ, とよく, と云い, と思い込ん, と思える, と思ってる, と思われます, と断定, と誰, なと思った, のと, ナ

7 [41件] かその, からあたし, からお前, からここ, からすっかり, からせめて, からただ, からまるで, から人, から俺, から誰, がここ, がこんな, がそして, がなあ, が人間, これは, し又, それに, つたで, つたらしい, とあきらめ, というふう, という考え, とは知らなかった, とばかり思っ, と人, と仮定, と信じた, と信じます, と初め, と前, と思へた, と教え, と申し, と聞く, と見る, と諦め, と驚く, ね親分, テ

6 [48件] からおれ, からこうして, からちょっと, からまた, からみんな, からよく, から二人, から人間, から其の, から女, から持っ, から時々, から気, から警察, がいつ, がとにかく, がどこ, が女, が実際, が日本, って, つたので, という一つ, という感, という観念, といわね, とおも, とおもう, ときい, とした, とつく, とは, とは云, とは思わなかった, ともいう, とわかった, と云います, と大, と存じます, と後悔, と感じ, と決め, と矢代, と考へた, と覚悟, と解し, もの, ッて

5 [66件] からいくら, からいつも, からこう, からこういう, からさ, からしまいに, からそんなに, からだんだん, からであります, からという, からどうしても, から一寸, から下, から乃公, から仕方, から大, から当然, から彼女, から彼等, から自然, から道庵, か私, がこんど, がそれにしても, がただ, が今夜, が僕, が処, けれどもその, けれどもそれ, しそれ, つたのが, つて, という考え方, といつた, といつも, といふ話, とおもった, とされ, とすぐ, とは思わない, とひそか, とわれ, と云わね, と云われた, と先生, と分っ, と大いに, と富岡, と少し, と思ったら, と思つた, と思わない, と教えられた, と斯, と昔, と申しました, と神尾, と言いました, と話し, と誤解, と身, のが, のを, わねえ, ッ

4 [123件] え, かまだ, からあんな, からあんなに, からいや, からきっと, からこちら, からさすが, からぜひ, からそういう, からそのまま, からついに, からといっ, からどうも, からなお, からねえ, からの, からびっくり, からまず, からやはり, からネ, から一つ, から一層, から他, から何処, から全く, から兵馬, から別, から娘, から安心, から山, から御, から或は, から次に, から殿様, から腹, から雨, か今, か分らない, がある, があんな, がいくら, がお前, がこう, がこういう, がところが, がとりわけ, がどうか, がなかなか, がなぜ, がなア, がまあ, がまた, がもう, がやっぱり, がやはり, が中, が今に, が仕方, が他, が実は, が客, が東京, が此, けど, けれども, それは, つたが, つたのかも, という仮定, という説, といえよう, といえる, といふ風, といわれた, とおれ, とただ, との事, とはどうしても, とは思えない, とは決して, とみんな, とわかる, とわたくし, とわたし, と不思議, と二人, と代, と伝えられ, と信じられ, と分った, と噂, と希望, と平二郎, と彼女, と思はない, と思ひまし, と思わせました, と我, と抗議, と極めて, と母, と痛感, と知った, と知つて, と称し, と考えられた, と考へられ, と考へられる, と胸, と見え, と解釈, と言われる, と説い, と説く, と頭, と驚き, なと思, などと考え, わよ, アね, 君は, 自分は

3 [252件] あな, おれは, お前さんが, かこれ, からある, からあれ, からいきなり, からいろいろ, からきょう, からこんど, からさあ, からたちまち, からだれ, からとても, からと言つて, からどうして, からどうにも, からなかなか, からなんと, からやがて, からやっぱり, からわたし, からナ, から一同, から一度, から万一, から世間, から些, から今度, から他人, から何だか, から先, から又, から困る, から土地, から大変, から妻, から子供, から実際, から少々, から心, から心配, から急, から急い, から日本, から早く, から早速, から昔, から是非, から朝, から村, から汗, から江戸, から汽車, から漸く, から火星人, から無論, から直ぐ, から相手, から眼, から知らない, から私達, から立聞き, から表, から見, から近頃, から遠く, から長い, から非常, から駒井, から鼻, か知っ, か知らなかった, か知れない, か自分, があと, があなた, があんまり, がいかに, がいったい, がいつも, がいわゆる, がおそらく, がけふ, がこ, がじつは, がせめて, がそうした, がその後, がそんなに, がだんだん, がちょうど, がちょっと, がつまり, がどうしても, がどちら, がねえ, がぼく, がわたし, が一人, が何しろ, が何事, が元来, が其, が其の, が内容, が十年, が唯, が夫, が娘, が店, が後, が昔, が最初, が本当, が次第に, が生憎, が男, が目, が相手, が芥川, が誰, が近年, けれどそれ, ここで, さう, そうじゃ, そうであった, そうであります, そうでございまし, それも, つたといふ, つたとしても, といいうる, というところ, というわけ, という噂, という希望, という気持, という評判, といえ, といふ感じ, といふ考, といふ説, といへ, とかね, とか申します, とこれ, としみ, とするなら, とそう, とそういう, とそんな, とちょっと, とでもいう, とな, となお, とは云え, とは今, とは信じ, とは夢にも, とは思い, とは思はない, とは思はれない, とは思わぬ, とは想像, とは私, とは解し, とは限らない, とばかり信じ, とむかし, とむしろ, とも思っ, とも言える, とわかり, と今に, と信じたい, と信ぜられ, と俺, と先ず, と兵馬, と判断, と君, と嘆息, と固く, と小さい, と思えた, と思はれた, と思ひこん, と悟った, と感じられる, と感じる, と感嘆, と感歎, と批評, と書い, と期待, と気がついた, と気がつく, と氣, と沁, と深く, と理解, と申す, と相場, と知, と私ども, と答えた, と義雄, と考えました, と考えます, と考えられます, と聞いた, と聞かされ, と聞きました, と自信, と舌, と苦笑, と葉子, と見える, と見なし, と言います, と言える, と言わぬ, と評した, と谷村, と軽蔑, と述べた, と鑑定, と首, と驚い, と驚いた, と驚嘆, どうした, などと云っ, な八, ねお, ねとて美登利, ね何事, よお前, よそれ, よ八, サ, 人間という, 人間は, 今でも, 何でも, 或る, 此の, 相だ, 相です, 私が

2 [708件 抜粋] あね, いと反身, お前の, お前は, かこの, かさっぱり, かと云う, かね, かまるで, からあと, からあまり, からいっそ, からいっそう, からいつか自分, からいろんな, からうまく, からかわいそう, からき, からこいつ, からこんなに, からさっき, からしたがって, からその道, からそれとなく, からそれに, からた, からついで, からてっきり, からでなく, からとう, からとっても, からと云った, からと親父, からどこ, からなつかし, からなん, からなんだか, からねえそんなに, からはっきり, からひとつ, からふと, からほか, からま, からますます, からまったく, からもし, からもっと, からやむを得ず, からよい, からよし, からわざと, からわざわざ, からイエ, からキョトン, からチチコフ, からホーム, から一人, から一座, から一日, から世話, から両親, から主人, から二, から人々, から今年, から仕事, から何かと, から余りに, から例, から先ず, から先方, から出来る, から初め, から前, から勉強, から単に, から厳重, から友人, から口, から同じ, から吾, から嘘, から地球, から夕飯, から多分, から大いに, から大概, から失敗, から好き, から姉さん, から安倍仲麿, から客, から対手, から嵌め込む, から己, から平岡, から弱るです, から彼奴俺, から心静か, から必ず, から忽ち, から思わず, から恐らく, から戦争, から手, から教育, から日本人, から最早, から未だに, から樫, から止む, から此, から水, から決して, から油断, から海, から消さず, から無理, から無碍, から父, から父親, から特に, から犯罪, から現在, から男, から男女, から疲れ, から目, から着物, から秀吉, から空, から窓, から結婚, から結局, から縁付けよう, から署長, から肝心, から腰, から良人, から苦し紛れ, から菊子, から見る, から話, から読者, から負ける, から賄賂, から辛い, から辰夫, から遂, から遠慮なく, から金, から陽, から随分, から面, から領民, から食事, から馬, から馬鹿, から黙っ, かわからねえ, かをよく, か僕, か分っ, か想像, か殆, か知りたい, か知りません, があいつら, があんなに, がこうして, がこれから, がさうかと, がし, がじつに, がたしかに, がちゃんと, がつい, がとかく, がとし, がともかく, がどうして, がどうも, がなん, がなんと, がほんの, がまず, がまるで, がようやく, がわが, が一体, が一向, が一度, が一旦, が一時, が下り, が不思議, が主人, が二葉亭, が今年, が以前, が伊保木家, が何分, が余り, が俺, が全然, が其頃, が古い, が同じ, が君, が外, が夜, が天下, が如何にも, が子供, が家, が實際, が少なくとも, が山中, が年齢, が弟, が当節, が御, が愚か, が愛情, が或, が文学, が新しい, が日, が是, が普通, が最近, が未だに, が梅子, が歌, が正成, が残念, が治三郎さん, が然し, が片方, が現代, が矢, が秀吉, が翌朝, が老, が聞い, が自身, が色, が見る, が過去, くらゐ, けどあなた, けれどこの, けれどその, けれどそれでも, けれどもこの, けれどもそう, けれどもそれにしても, けれども再, けれども年, けれど私, ことは, しお, しかしどうしてもそう, しこの, しまして, しもし, し彼, し男, し自分, そこで彼, そこに, そして私, そのやる, それとも私, それ占めた, そんなこと, っけ, つたとお, つたにか, つたのか, つたのだらう, つていふ, つてことは, てえ, とあきらめる, といいました, というその, というもの, という伝説, という信念, という反省, という学説, という定評, という意見, という提言, という概念, という理窟, という考えかた, という見解, という規範, という返事, という通念, という関係, といえない, といささか, といったら, といふぐらゐの区別, といふ信念, といふ意味, といふ観念, といふ評判, といまさら, とうすうす, とおじいさん, とおもっ, とかいろいろ, とか云っ, とか飯, ときいた, とこう, とここ, とさえ思っ, とさとりました, としか思われない, としか思われません, としか考えられない, としばらく, とせ, とせられ, とでも云いたげな, となつて, との思想, との話, とはいえ, とはいえない, とはいわない, とはゆめ, とは実際, とは思う, とは思った, とは思ひ, とは昔, とは気がつかなかった, とは考え, とは考へない, とばかり思, とばかり思つて, とびっくり, とぼく, とまた, とみえ, ともん, とも云, とも思われる, とも考えない, とも言, とやっと, とわかったら, とわかつ, とわし, と一層, と一方, と予定, と云ふか, と云われる, と今さら, と仰し, と信じき, と信じられる, と傳, と僕自身, と兄, と内心, と分つた, と助, と勝手, と医者, と単純, と合点, と呆れた, と呟い, と喜ん, と女, と女房, と始終, と子供, と学校, と宣言, と常, と待ち伏せ, と待つ, と心から, と心待ち, と思いまし, と思えない, と思ったらしく, と思つて得意さうに微笑, と思はず, と思ふだらう, と思わせ, と思わせる, と悟り, と想定, と感じ入つた, と我々, と或, と放下し, と日頃, と書いた, と柚木, と極め, と欣, と歎息, と気, と源松, と漠然と, と熟, と父, と率直, と珍重, と甲斐, と申した, と町内, と白雲, と直ぐ, と真実, と知りました, と私達, と種々, と空想, と考えたがる, と考え出す, と自ら感心, と自覚, と見えます, と見た, と観念, と解せね, と解せられる, と言いきかせ, と言われた, と記し, と認められ, と論じ, と謂っ, と豹一, と述べ, と願っ, なあとつくづく, なあと思った, なう, なと思い, なと思いました, なと思う, なと感心, なと私, などというの, などというわけ, などとは言わぬ, などと云う, などと思い, などと考える, などと言っ, なんてお父さん, なんてだれ, なんてなんと, な本所, ねあれ, ね世並, ね僕, のに今夜, のに何, のに何とも, のに汨董, まるで作, よっぽどの, よどう, よもっとも, よ番頭さん, よ私, んべ, ナァ, バルザックは, 中からは, 人間が, 何が, 何も, 僕の, 吾, 天罰だ, 尊敬を, 年を, 然しともかく, 男は, 精勤を, 純金の, 而し, 誰か, 誰も, 途方も

1 [5667件 抜粋] ≫, あの子, あゝ止せ, いつも浜屋敷, うちから, おまえを, お松さん頼みます, かいたずら, かざっと, かといふこと, かはやがて, かも次第に, からいかに, からいったん, からおじけづく, からおり, からお松, からかしら, からくだらない, からこれから, からさらに, からじいさん, からそうした, からそれでは, からただちに, からちょっとした, からとあつかましく, からとかれらしい, からともかく, からと矢代, からどうせ少し, からなあー, からな実際, からねめし, からはじめ, からぴんと, からほんの, からまだ少し, からもう一度, からやむなくきらきら, からよんどころなく, からイヤ, からガリレオ, からセラダ, からネックタイ, からホクホク, から一つ買つて, から一生懸命, から一途, から三公, から下ノ関, から与八さん, から主婦, から事, から五助, から今に又, から仲直り, から何とか, から余り, から兄貴, から六朝仏印度仏ぐらゐでは済度, から其程熱心, から出したくない, から分りかねる, から助け, から単純, から取っ, から各国, から周君たち, から四万先生, から國友, から夕方, から大体, から大笑い, から女の子, から婆, から孫, から実地, から宿屋, から小説そのもの, から屋敷, から巡査部長, から帰っ, から幾度, から弟, から彼ら, から從ツ, から忠作, から恐れ入る, から愛情, から我々, から折れる, から揚げ足, から敬太郎, から新井さん, から春, から暫く, から月見, から村人たち, から案外, から横浜, から此の節, から残念, から気のり, から沖合, から洋服屋さん, から深, から火力, から照常様, から犬猿, から現代, から田, から疑わし, から皇帝, から矢張り自分等, から禿, から箪笥, から納まり, から総出, から羽二重, から聞こう聞こう, から自分の, から船長, から茶漬け, から虎八, から袖口, から見当, から言った, から諦らめ, から財産家, から身, から辻, から退屈, から連作, から遮二無二, から酔, から間違い, から雪子, から鞄, から顔かたち, から驚い, から黒衣婦人, かわれわれ, か下戸, か分からない, か味わった, か抔, か涙, か知れた, か言った, があっし, がいつか城中, がうろうろ, がお前計り, がぐっと, がさあ, がそうなると, がそれと, がたとい, がついに, がとんと, がどうもよく, がなにしろ, がね三年, がふたたび, がまだまるっきり, がもと, がわが国の, がガラス壺, がシナ, がナプキン, がミホトケ, が一つ, が一般化, が上流, が中学校, が二人, が今さら, が伊兵衛, が何とか, が便器, が兄弟, が六年前, が出陣, が前記, が南, が右眼, が和服, が国吉, が場合, が大きく, が好き, が宇野, が実存主義文学運動, が富子, が岸, が幸い, が役, が忰, が悲しみ, が戦時中, が打明けた, が故郷, が料理場, が明治四年六月十六日, が更に, が札幌, が栖方, が次に, が残余, が油断, が淀川, が無尽会社社長, が物静か, が甘える, が町, が相, が知者, が空間問題, が終に, が美奈子, が自分の, が花廼屋, が菲才, が藤吉郎秀吉, が西洋, が評議待ち, が貴様, が軸, が連句, が選手, が銀座, が随筆, が香, が鬢附油, ぐらいの哲理, けどロボさん, けれどさ, けれどもお, けれどもなぜ, けれども一貫, けれども文章, けれども非常, けれど合点, けれど昔, けれど雨, こっちで, この包み, これから国元, これ喜助確り, さうだつ, しかし彼, しそういう, しどんな, しわけて, し今, し君たち, し当の, し東大, し火炙り, し莚, し進駐軍管内, すかア, ぜひ, そういうわけ, そうであり, そしてうまく, そのうえおまえさん, その普通, それじゃ, そんなにこの, ぞお, ただ自分, だが依存, つたおとなりへ, つたのね, つた百穗氏が, つて云ひ出し, つて河邊さんのを, てうふっ, で手紙, とあらかた, といういい, というもう, という一面, という偉大, という半面, という安心, という引け目, という想定, という故老, という林氏, という理由, という眼前, という良い, という認識, という顔, といったほう, といふふう, といふ事位百, といふ噂, といふ感, といふ狂気, といふ証拠, といま, とうたた, とおどろかされます, とかいうそうした, とかが君, とかなどと云っ, とか一寸, とか何とか, とか日本精神, とか話し, ときまっ, とこう言う, とさえ思われた, としか, としてもただ, としてラジオ開設以来教育, として置きましょう, としょんぼり, とたいがい, とつとに, とでも仰し, との優しい, との結論, との風説, とはっきり, とは不幸年少, とは元, とは思いました, とは思へない, とは日ごろ, とは笠井さん, とは言, とばかりいっ, とばかり言つて了, とぺらぺら, とみ, ともいへ, とも云え, とも思はれた, とも申しかねる, とも解される, とようやく, とアイソ, とドストエフスキイ, とホール, と一途, と世の中, と予言, と云い直さなけれ, と云ひたい, と今日, と伸子, と余念, と信じる, と六兵衛, と冷汗, と判定, と即断, と可笑しく, と呆れる, と喧しく, と堺屋, と大体, と威張り腐っ, と実しやか, と専造, と常々思つて, と当時, と心配, と思いたかった, と思い込ませた, と思つて充分, と思ひつ, と思へ, と思われました, と恐ろしい, と想, と感づきました, と或は, と推賞, と新太郎, と書き残した, と枕許, と権叔父, と気づく, と泉岳寺, と漢学, と玄一郎, と病友, と眉, と知れる, と立ち竦ん, と箇条, と編輯, と考えず, と考へ過ぎ, と自ら, と英吉利, と見なした, と覗, と観測, と言い置い, と言つて差支, と託っ, と評せられた, と説, と謂いました, と躊躇, と野村, と隆吉, と願った, と魂胆, どうしてわれら凡人, どんなに大きな, なあと思ひました, なくても, なぞと身一つ, なとパーシウス, なと愕, などう, などとぶつぶつ, などと忘恩的, などと話し合いました, なんて, なァ, な何, な相思樹, ねいづれ, ねこういう, ねとうっかり, ねエ野島さん, ね喧嘩, ね錢形, のにあまりに, のにでも, のに三留何哥, のに歴史, のばっかり, ほかの, まったくわれ, もしその, よあい, よけいな, よたとえ, よぼっ, よ伝吉, よ持ち運び, よ鳴く, わそうして, わ人生, ゲナ, トシヲトルという, ネエ, ヨといふ, 七十郎いい, 不殘渡, 二月か, 今だに, 今日集まった, 位でした, 何だ, 何処でです, 俺の, 先生の, 其の様, 勘さんは, 口業を, 和藤内では, 変遷の, 天晴れ, 女仇討ち, 家庭の, 左様心得, 弟と, 御林, 惡い, 手は, 日々の, 時代は, 本人が, 正しい方向, 永遠に, 清七の, 父上も, 申しわけが, 相であります, 神尾は, 素晴らしいもの, 肉親の, 良人が, 虚無党でも, 見舞だ, 趣味の, 道庵は, 鉄砲を, 風土の

▼ もの~ (18701, 5.2%)

1288 して 966 なって 351 相違ない 210 違いない 192 なる 185 なつて 160 ちがいない 149 あらず 142 非ず 139 なると 125 なった 120 なるの 107 過ぎない 102 しようと 86 外ならない 85 した 82 他ならない 74 就いて, 見えた 69 違ひない 66 思われた 59 すること 56 なつた 55 なったの, なりました 54 見えて 50 思われて 48 對する 46 するの, 候 45 對し 44 過ぎないの, 違いなかった 43 すぎない 41 向って 40 なります, 相違ありません 38 する, 心を 37 他ならぬ, 興味を 36 あらずや, したの 35 相違なかっ 34 手を 33 しても 32 しなければ, 似て, 見える 31 外ならぬ 30 されて 29 変って, 就て, 非ずして 28 違いありません 27 とつて 26 するため, 於て 25 あらずして, なるという, 過ぎなかった, 過ぎぬ 24 なりそう, なりは, なること, 比べて, 限られて 23 目を, 至るまで 22 あらずと, ござります, したいと, しては, ちが, なるか, なるだろう, なるん, 至っては, 見えるの 21 なるに, 就いての 20 きまって, ちがいなかった, ならない, ほかならない 19 なるかも, 思って, 見えたの 18 眼を 17 ちがいありません, なろうと, ほかならぬ, 他ならなかった, 似たり, 包まれて, 向つて, 比べると 16 あらざれば, ござりまする, すぎなかった, ならないほど, ならなかった, なるわけ, 取っては, 比して, 気を, 非ざる 15 させて, したこと, すぎないの, 就いては, 相当する, 相違ございません, 私は, 較べて

14 [11件] なったよう, なるであろう, よると, 思えた, 思はれた, 感じられた, 於ては, 見せて, 身を, 限って, 非ずや

13 すれば, なったという, なりません, なるから, なれば, 就ては, 思えて, 押されて

12 ございます, さへ, なるので, や, 乗って, 就いても, 思った, 有之, 相違なく, 違ひなかつた

11 [15件] しました, なりかけて, 何の, 取つて, 思われるの, 憑かれたよう, 成って, 打たれて, 相違あるまい, 相違なかつた, 至りては, 過ぎないと, 違ひありません, 金を, 限る

10 [19件] したい, したり, しようという, するという, ならぬほど, なりつつ, なるもの, なる筈, 何か, 化けて, 向かって, 帰着する, 思つた, 感じた, 至つては, 過ぎなかつた, 過ぎません, 違いあるまい, 限ると

9 [26件] あらざること, あらざるなり, あらざれども, したという, すると, なったと, なりさ, なりますと, なるだらう, 変えて, 彼の, 御座候, 思はれて, 思われる, 感じて, 接して, 比すれば, 相違なかろ, 私が, 美が, 考えて, 自分の, 触れて, 過ぎないという, 重きを, 顔を

8 [25件] するか, ぞくする, つけて, なったが, なったり, なっては, ならないという, なるよう, ぶっつかって, ぶつかった, ぶつかって, 一種の, 出て, 化して, 外ならなかった, 感じられて, 或る, 支配され, 異ならず, 過ぎないこと, 過ぎなかったの, 違ない, 關し, 非ざれ, 非る

7 [35件] あらざるを, さわるよう, したところ, します, すぎぬ, するよう, する事, それを, ちがいあるまい, ならざるを, ならないの, なるが, なろうとは, ふれて, やと, 依って, 依存し, 取って, 変った, 変わって, 変化し, 属して, 思えるの, 思へた, 思われました, 持たせて, 比べれば, 満ちて, 生命を, 移って, 自分を, 近づいて, 過ぎぬと, 非常な, 類似し

6 [58件] ある, あるの, くらべて, したと, してからが, しよう, しようとして, するには, するん, せねば, なったから, なったん, ならない程, ならなければ, ならぬ, ならぬくらい, なりかかって, なるだろうと, なるであろうと, なるでしょう, 入れて, 到達する, 同情を, 向っての, 多くの, 多少の, 奉仕する, 彼は, 愛想を, 感じられたの, 感じられるの, 感ぜられて, 次の, 止まって, 比ぶれ, 注意を, 火を, 疑いを, 目が, 相違なし, 眺められた, 眼が, 興味が, 見えました, 見て, 触るよう, 触れたよう, 言って, 趣味を, 足を, 通じて, 過ぎないが, 過ぎないので, 違いなかろ, 還元される, 関係し, 関心を, 飢えて

5 [78件] あこがれて, あらずただ, いたっては, おも, かぎって, くらべると, こだわって, しようとは, しろそれ, すぎないから, するつもり, なったこと, ならうと, ならず, ならないで, ならないと, ならなくては, ならねば, なりきって, なりその, なりますよ, なり易い, なるし, なるであらう, なるといふ, なる事, なろう, ほかならぬの, みえた, むかって, 一つの, 事を, 仕上げて, 依つて, 価値を, 出来て, 動かされて, 包んで, 囚われて, 外ならなかつた, 屬する, 心が, 思いました, 感じられる, 感ぜられた, 拘泥する, 換へ, 支えられて, 支配される, 映るの, 書いて, 極って, 氣が, 相違ございませぬ, 筆を, 美しさ, 考へて, 耳を, 至ては, 襲われた, 襲われて, 見られて, 見られるの, 触れた, 觸れ, 誘われて, 過ぎず, 過ぎないから, 過ぎないだろう, 過ぎなかつたの, 違なかっ, 酷似し, 限るの, 陥って, 非常に, 響き返した, 頼んで, 驚いて

4 [97件] あらざるが, あらざるは, あらず吾人, かえて, かわって, これを, された, したいという, したが, したよう, すぎないが, すぎないと, すぎないという, すぎなかったの, するやう, する時, する気, それが, たよって, ちがいなく, なったかも, なったので, なつたことも, なりがち, なりますが, なるかは, なるため, なるよ, なれて, ほかならず, まかせて, ろくなもの, 不思議な, 不満を, 二つの, 他ならないだろう, 依繋, 候ひき, 共通な, 匹敵する, 即して, 向けられて, 向っては, 味が, 外ならず, 対比し, 対立し, 少しも, 属する, 左の, 心の, 思つてゐた, 愛想が, 感じながら, 最後の, 本当の, 比較し, 水を, 没頭し, 用は, 異常な, 疑ひを, 眺めて, 着かえて, 結びついて, 繋がれて, 美の, 腰を, 自分は, 襲われたの, 見えたり, 見えます, 見えようとも, 見えるかも, 見えるが, 見せるの, 見入って, 親しんで, 賞品を, 転化し, 逆に, 進んで, 過ぎまい, 過ぎませんが, 過ぎませんでした, 違いなく, 違いは, 違い無い, 違ひ, 違ひあるまい, 間違ひ, 關する, 關係し, 限ります, 非れ, 頭を, 馬鹿に

3 [244件] あった, あっては, あらざるはなし, あらざる事, あらずその, あらずとの, あらず彼, あらねば, いろいろの, かまって, きまつて, きめられて, くれて, これ有り候う, ございまする, ござりましょう, さうし, させた, し, しあれば, しける信如, したいの, したかったの, したといふ, したに, したので, した揚句, しないで, しないと, しましても, しや, すぎなかつた, せよ, せよその, ちがいなかろ, ついて, つきて, つくの, つれられて, とりついて, なして, なったか, なったに, なったろうと, なった訳, なつたり, ならうとは, ならずに, ならないから, ならないくらい, ならないよう, ならない娘, ならなかったこと, ならなかつた, ならぬと, なりすぎて, なりたいと, なりたいという, なりましたが, なりやすい, なり切って, なり勝ち, なるかという, なるぜ, なるぞ, なるところ, なるな, なるやう, なるやら, なる自信, なる見込み, なれ, はなつて, ほかならないの, ほかならなかった, まぎれて, みえて, むかつて, もとづいて, わたしは, アランの, 与えて, 乗った, 乗ったこと, 乘せられ, 人の, 仕立あげる, 代って, 任せて, 似たもの, 似たりき, 作り上げて, 侍り, 依存する, 偶然眼を, 入って, 入つて, 入れられて, 出あって, 出会つた, 分けて, 到っては, 力を, 及んで, 右の, 同じ, 同化する, 向いて, 向ふ, 含まれて, 在つて, 執着する, 堕して, 増して, 声を, 変えること, 変化する, 変装し, 外ならないであろう, 外なるまい, 多い, 多大の, 女を, 対って, 対応し, 属す, 属するから, 屬し, 工藝の, 席を, 帰する, 引きずられて, 当って, 形を, 思いを, 思い做, 思うの, 思えたの, 思はれる, 思へて, 思わずに, 思わせた, 思われたの, 思われます, 感ぜられる, 憧憬を, 成も, 抵抗する, 挑戦する, 挨拶を, 敬意を, 数えられて, 敵意を, 於いて, 於ても, 於てを, 映つた, 最後に, 望みを, 未練が, 極っ, 欠けて, 比例し, 比較すれ, 気がついた, 気づいて, 氣を, 決まって, 注意し, 満たされて, 満足し, 無之, 無理に, 無関心, 熱中する, 特殊な, 理解が, 相応する, 相違ありませぬ, 相違ある, 相違ご, 相違なから, 相違は, 相違無い, 真の, 碌な, 私の, 私を, 結び付くこと, 絡みついて, 縁が, 縁の, 考えられて, 考へられて, 聞こえた, 聞こえて, 背を, 脅かされた, 自然に, 興味の, 見えたこと, 見えたので, 見えるであろう, 見られた, 観じた, 触れること, 触れると, 触れるよう, 觸れた, 訊くと, 誘はれて, 較べると, 近い, 近いもの, 追っかけられてでも, 逢えば, 過ぎないけれども, 過ぎないであろう, 過ぎないならば, 過ぎなかったが, 過ぎぬという, 過ぎぬの, 違いありますまい, 違いありませぬ, 違いございません, 違ひなく, 適用する, 還つて, 酒を, 間違いない, 間違ひあるまい, 関連し, 附随し, 限らず, 限られた, 限るという, 限定され, 限定する, 非らず, 非らずして, 面を, 頼って, 馴れて, 駆られて

2 [707件 抜粋] あくがれて, あこがれる, あふれて, あらざらんや, あらざるかと, あらざる可, あらざる所以, あらずんば, あらず又, あらず家, あらず必ず, あり, ありついて, ありつけるとは, ある程度までの, ある種, いいつけました, いささかの, いたしましても, うたれて, おおわれて, おびえるよう, お金を, かかって, かかわって, かぎられて, かくれて, かなって, かられて, か弱き例, きまってる, きめて, くつつい, ここで, こだ, こだわらない明るい, このやう, この家垣, こんどは, させたであろう, さそわれて, された上, されました, される女たち, さわった, ざりける, しがみついて, ししかも, したか, したかった, したから, したがるの, しただけで, したばかり, したもの, した上, しちゃったか, してやろうと, しないから, しながら, しまた, しみじみと, しようとか, しようとの, しようとも, しろその, しろ私, し度, し自分, すぎないし, すぎないので, すぎないのに, すぎないよう, すぎなくて, すぎぬと, すぎませんでした, するかという, するだけ, するだけの, するとは, するのに, するよう努力, する人, する力, する恐れ, する方法, する積り, する筈, せよひどく, せんが, そ, それなくし, それは, そんなこと, そんな美しい, ぞくするから, たとへ, ちがいありませんでした, ちょっと似, ついた, つきあたって, つながって, とって, とらわれて, とりかえると, とりかかった, とれたかも, どうしてそんな, どこか, なったかという, なったぞ, なったらしい, なったろう, なった様子, なっちまうん, なってから, なつたであらう, ならないし, ならないので, ならないほどに, ならぬくら, なられては, ならんほど, なり, なりうるであろう, なりたい, なりて, なりまして, なりましょう, なりましょうか, なりより, なり切つた, なり終った, なり終り, なるお, なるかを, なるそれ, なるつもり, なるでありましょう, なるとは, なるなと, なるに従って, なるはず, なるばかり, なるんぢ, なる処, なる必要, なれと, なれるかという, ふれても, ぶっつかった, ぶつかった様, ぶつかつ, ぶつかつて, ぶつかると, ぶつかるの, ほかならないこと, ほかならないと, またあまた, まとまる, みえる, よれば, わしの, わしは, 一定の, 一度勝つ, 不自由する, 与へ, 乏しい, 乗っかって, 乗つて, 云うよう, 交って, 仕上げたの, 他ならなくなる, 他事を, 代助, 会って, 似たりと, 似も, 何かと労り, 何が, 何する, 何となし, 余程標準, 依っては, 係る, 候えども, 候や, 傾いて, 優る, 先廻り, 光が, 共通した, 共通する, 冷静に, 出会います, 出会っても, 出会ふ, 出來, 出會, 出逢, 出逢ったこと, 分裂する, 到達した, 刺されて, 加えて, 効験著しき, 勝るとも, 十分に, 厭味も, 参加する, 反するもの, 反抗し, 反映し, 反逆した, 取まかれて, 取り圍まれ, 取合って, 口止めを, 可愛がられるやう, 同情する, 同意せざる, 向かっても, 君の, 告げて, 囚はれる, 固執し, 固定する, 在ては, 在りては, 堕落する, 声かけ, 変えた, 変つてし, 変りつつ, 変化させ, 変形した, 外なら, 外ならざる, 外なりません, 多く信頼, 多少とも, 天の, 天幕を, 奉仕せざる, 好奇の, 好意を, 妙に, 妙味が, 委ねて, 姿を, 娘を, 嫌悪を, 嫌惡を, 存在の, 学問を, 学資を, 定まつ, 対抗し, 対立させる, 対立する, 尋ねて, 少しでも, 少しの, 就いてまで, 就ても, 属するの, 左右される, 己は, 幸あれ, 引かれて, 強いて, 強くひきつけられた, 強く働きかけよう, 御自分, 心惹かれ, 必然的に, 応用し, 思いながらも, 思いの, 思います, 思うて, 思えと, 思ったこと, 思つてゐる, 思はせた, 思はれたり, 思はれ出した, 思われそして, 思われたこと, 思われるかも, 悩まされて, 悩み苦しんで, 悪妻は, 想像され, 惹きつけられるの, 感じられました, 感じられること, 感動する, 感応寺の, 感謝の, 慄へ, 憑かれたやう, 憧れて, 憧れるの, 成つて居る, 成るに, 成るべきならば, 成功した, 成熟する, 戦慄した, 打つかる, 指を, 捉えられて, 捧げて, 接した気, 接すると, 接すれば, 接触を, 掻き立てられて, 描かれて, 揺られて, 支へ, 支配せられる, 敏感で, 敏感な, 於てしか, 日本の, 昔から, 映ったの, 暇を, 書くこと, 最も効験, 月の, 服從する, 望を, 束縛せられる, 極度に, 権利あり, 止まっては, 止めて, 比するに, 比べては, 比較した, 気がついて, 気づきだした最初, 気の, 求めて, 決って, 注意しない, 注意する, 消化され, 深い興味, 溺れて, 潜む美, 無御座候, 熱中し, 狂ひよる, 狙はれ, 独自な, 現在恁く, 生まれかわって, 生れて, 用事は, 用心し, 當る, 疑問を, 発達する, 相当した, 相当しなけれ, 相違ござらぬ, 相違ござんせん, 相違な, 相違御座いません, 真綿の, 眺め入って, 私には, 移して, 立って, 竢つ, 等しい故, 粟粒ほどの, 紛れは, 素直に, 終っては, 結び附いて, 統一され, 縋って, 縛られて, 罪を, 署名を, 美しいもの, 美を, 考えたり, 考えるの, 聞いて, 聞えた, 聞える, 聞くと, 育くまれその, 背筋へ, 胸を, 腹を, 自信が, 自己を, 自惚れては, 自然の, 自覚が, 至るまでの, 與へ, 與へる, 船を, 芸術的な, 若い女, 落ちて, 落ち込んで, 蘆屋釜の, 蝿, 行逢ふ, 覆われて, 見えざれば, 見えたが, 見えたで, 見えも, 見えよう, 見えるその, 見えるん, 見える愛, 見せかけて, 見せました, 見たの, 見做, 見受け申し候, 見込まれて, 規定した, 触れたの, 触れました, 訣別したがる, 話したと, 該当する, 誰が, 變つ, 變へ, 貫かれて, 責任を, 賭けて, 越したこと, 身の毛のよ, 転化した, 転化する, 近づいた事, 近づくこと, 返って, 追われるよう, 退屈させる, 逆行し, 逢って, 逢着する, 過ぎざれば, 過ぎないかも, 過ぎないとしても, 過ぎない上, 過ぎなかったと, 過ぎなからうが, 過ぎぬが, 過ぎぬであらう, 過ぎぬでは, 過ぎませんから, 違いないです, 適応する, 適用される, 遭遇した, 還元され得る, 邪魔を, 酔って, 間違いは, 関係する, 限らなかった, 限られること, 限りなく, 限るので, 限定し, 陥りました, 随い, 青雲の, 静かに, 非ざる也, 非じ, 非す, 非らざるなき, 面白いもの, 顧みられた, 食いついて, 香華を, 駈けろと, 驚いた, 驚きの, 驚き得る心, 驚異を

1 [6705件 抜粋] докопать, あげること, あたへる効果, あなたが, あまり趣味, あらざるなり人, あらずあたかも, あらずとて, あらず余, あらず夢, あらず我国固有, あらず純美, あらねども, あり付いて, あるマレ・テネブラルム, あんな罰当り, いずこ, いつか異常な, いやと, うつし入れ, おさまって, おどろいたこと, おびえ易い, おもえばこそ, お思いなさるで, お頼みなさい, かかずらわせて, かき現した絵看板, かけられた池津姫, かまつてゐる, きいて, きまつたと, くらべますと, こういう句, こだはりだすと, こっちゃ, この土地, この穢土, これから先何年, こんな力, さう言って, させました, さはるぢ, される, さわると, しがみつく救い, したいところ, したかったん, しただけでも, したらいい, した効果, した矢先, してたン, しないほう, しばしば出くわす, しゃべらせたり, しようなんと, しろやはり, しろ独特, し作家, し濃厚, じりじり絡みつい, すぎずまた, すぎない経済学, すぎません, すつかり騙されたやう, すりしょうがを, するぞ, するまで, する努力, する様々, する迄も, せし姿, せよいやしくも, せよ人情, せよ顔見知り, そう大差, そのこと, その対象, その美し, それ以上触れる, ぞくするの, たつた一度なつ, たよったり, ちかいが, ちょん切られた, つかまりながら, つくりなおして, つまずけば, できそこねて, とけこんで, とびついて, とんと信頼, どうして興味, どれほど法的価値, なおしそして, なします, なったけれども, なったとも, なったらやがて, なった最初, なっちまったもの, なってるのに, ならあるいは, ならないが, ならないふかいいみ, ならない気, ならなかつたの, ならぬ位, なりうると, なりきれて, なりたがる筈, なりましたの, なりますまい, なりゃしない, なり代り, なり国家, なり後続, なり易く, なり盲目的, なり青味, なるだけ, なるであろうが, なるとう, なるまで, なる傾き, なる年月, なる氣遣, なる運命, なろうじゃ, にこにこし, はいりエジプト, はね鎧, ひかれて, ひたる, ひどく怒られた, ふさわしい威厳, ふれたので, ぶっつかるか, ぶつかったり, ぶつかりゴトリ, ほうびを, ほだされると, まかれろ式, またしても, まっ赤, みいられて, むかうと, めぐりあったよう, もう死, ゃけじめってえものがあるんだ, ゆがめて, よくわけ, よって, よる, わけて娘婿, アントアネットと, ケタタマシク反響し, ジェームズの, ハチまたは, プロレタリア文学運動時代の, ラッキョウまたは, 一夕の, 一時でも, 一致などと, 丈ある, 不信の, 不正の, 与えられた厳しい, 与へるの, 中芯, 乏しかつ, 乗りはるばる, 事の, 云って, 京都の, 仄かな, 仏臭の, 仕替へて, 他ならなくなるだろう, 付随する, 代わる思考, 任せ自分, 会ったり, 伸子は, 似合しからざる, 何で真, 何故無理, 余り親しみが, 作用し, 使用される, 依ると, 保護され, 候う, 候由, 偶然注意が, 僕らは, 充たされて, 光って, 全然不用意, 共鳴する, 内密で, 冷血無情な, 凡てを, 出くわして, 出会いたくなかったろう, 出会ったと, 出合った, 出来上がったとでも, 刀を, 分配させる, 初めてさわりました, 初秋の, 利用せられた, 制限された, 前以, 加藤の, 努めて, 勝ちます, 包まれたよう, 化けるんで, 区別され, 協力し, 卷かれて, 及ぶ能はず, 反対を, 取られて, 取り巻かれること, 取巻かれながら, 古事記日本紀などが, 合点する, 名まで, 向きなおった, 向つて一時, 君臨する, 告げていはく, 命じたの, 問ふと, 嘆賞の, 四神の, 固定し, 圧倒的に, 基くこと, 堪えて, 塵外の, 変えつつ, 変つてゐます, 変わるの, 夏の, 多く丸み, 夢を, 大した嗜好, 大枚の, 失望しなけれ, 好みの, 委ねついに, 存じます, 守られて, 定着した, 害を, 寸分の, 対等の, 導いたという, 小屋自体の, 就いてだけ, 屋根だけは, 属するであろうが, 巡り会ったよう, 帰しそう, 帰着し, 幸福などは, 底が, 引かせた様々, 引き入れた自分, 引取らせる, 強い強い熱国, 当りが, 形成され, 彼等はぜ, 従事し, 御座候是へ, 徹して, 必然にな, 念仏宗が, 思いまるで, 思い窮めた, 思う時, 思つ, 思はれたか, 思はれるの, 思ひ定めてや, 思へる, 思われいささか, 思われてさえ, 思われると, 思われ現に, 怯えた人, 恰で, 悪婆, 想像させる, 愚堂とも, 感じさせるよう, 感じられそう, 感じ僕, 感服した, 慣らされた人, 憧れたか, 懸つて, 成らなければ, 成るといふ, 我身を, 戻すと, 手数を, 打つかつ, 扱いたとえば, 投合する, 押し出された兄, 拙者は, 持つ尊敬, 捉えられたの, 捨てられるもの, 接したかの, 接近し, 換えそれから, 擁剣蟹が, 改まって, 改良し, 教えられて, 数えた位, 料理を, 方丈の, 日常触れ, 昔風の, 映るだろうとは, 時間を, 更に洲浜, 書道が, 會ふと, 朝っぱらから, 本気に, 来られては, 栄誉あれ, 植物を, 極る, 横で, 止まらざるを, 止まる限り哲学, 歴史的時間の, 殊に季節の, 殺されました, 比するとき, 気が, 気づかなかつたやう, 水いれ, 求められあらゆる, 決めて, 河豚料理が, 注がれた, 浄化し, 浸り乍ら眼, 深く深くくい入っ, 渡辺崋山の, 溶かされたごとく見えたのみ, 潜む静かさ, 無心に, 照し, 熱狂し, 物的に, 犬が, 獨自な, 現在の, 甚く, 生活力が, 由来非常な, 異ひなかつた, 疲れた目, 発展する, 目や, 直接ひびく, 相手に, 真から, 眼に, 瞞着される, 知合は, 示して, 祭り上げて, 科学的研究が, 移るの, 突きあげられた, 突き当るかも, 立ちむかう不安, 立命する, 筆で, 箱を, 納めて, 終らせたくは, 組織する, 結び付ける必要, 絵を, 絶望など, 縋りついた, 縮小され, 置かれて, 美々しい衣裳, 老紳士, 考へはじめる, 聞いた, 職を, 育てあげて, 能楽の, 腐らぬ作用, 自惚れて, 至る一, 興味ない, 色目を, 苦しませられて, 華を, 落着いた, 薄い日本紙, 融通する, 行き詰るの, 衝たれ, 裏切らるるの, 襲われたよう, 要約される, 見えたでは, 見えないでも, 見えやう, 見えるという, 見える習慣, 見せたいと, 見せるよう, 見はれたといふ, 見るらしい, 見放されて, 見込みを, 親しみを, 観入, 触ったこと, 触れたという, 触れる時, 言つて置い, 訊いた, 試みたの, 話して, 誘われたが, 誰れ, 識到した, 護謨の, 負けたん, 財布の, 賜わるしたくの, 起るあの, 躓いて, 較べたら格段, 近いある, 近く隆い, 近づけないと, 迫ります, 追われたよう, 逆せ, 通暁する, 逢ったって, 連なる歴史的存在, 遇ったという, 過ぎずと, 過ぎないとにかく, 過ぎない訳, 過ぎぬであろう, 過ぎませんよ, 違えねえの, 遠慮も, 遮られて, 還元する, 配与する, 野鼠が, 錠を, 間接に, 関係う, 關係させ, 限った事, 限つて鶏でも, 限りこれを, 限り異臭, 陥らざるを, 集中した, 雲龍の, 非ざる乎, 靡いたと, 響いたらしい, 頭脳が, 頼らんと, 風当りは, 飜訳する, 飢ゑ渇ゑてゐて少し, 首を, 驀進し, 驚き泡, 高等教育を, 魅惑された

▼ もの~ (16259, 4.5%)

1551 ように 308 やうに 282 中に 192 ような 161 上に 151 ために, ようである 125 方が 118 ようです 95 中には 92 中で 82 あるの, うちに 68 あること 64 ようだ, 存在を 62 ようであった 61 一つである 55 ようで, 中から 52 様に 48 ことを 47 間に 45 ようだった 41 ようにも 40 やうな 38 なかに 35 如し 32 ごとく 31 ようであります, 如くに 30 中にも 29 ことである, 一つに 28 一つは, 姿を, 方へ 27 一つで, 中へ, 姿が, 見事に 26 意味を 25 うちには, ようでした, 前に 24 うちで 22 一つだ, 性質を, 方に 21 ないこと, 中でも, 外に, 心を 20 存在が, 影が 19 大部分 18 ことだ, やうである, 影も 17 ある事, ごとし, やうで, 一つであった, 一つの, 価値を, 影を, 正体を 16 あはれ, 内に, 外は, 多くは, 為に 15 なかには, ほかに, 命を, 形を, 意味が 14 うちから, ほうが, 一つとして, 中の, 如くである, 姿は, 本質は, 本質を, 見かた 13 すべてを, ないの, なかった, 中では, 中を, 間には

12 [13件] うち最も, ことで, なかから, 一つと, 上には, 五分と, 力が, 存在は, 影は, 本に, 真の, 第一, 考へ方

11 [16件] ためには, なかで, ほかは, 一つです, 上を, 形が, 性質が, 数が, 数では, 最後の, 本当の, 目に, 考え方を, 言いかた, 身に, 間の

10 [14件] すべての, ところへ, みごとに, やうだ, 上へ, 価値は, 哀れ, 多いの, 心に, 本質が, 様な, 言い方を, 鐘の, 顔を

9 [21件] うちの, ほんとうの, ようでありました, ようにさえ, 他に, 内容を, 味を, 哀れを, 多いこと, 家に, 意味は, 意義を, 手で, 手に, 手を, 正体が, 気配が, 生命の, 美しさ, 考えかたの, 観念を

8 [22件] いい方, ことは, すがた, はずみ, はずみで, 一つだった, 一切を, 下に, 五分も, 価値が, 力に, 力を, 名を, 存すること, 感じが, 感じ方, 理解の, 由, 立場から, 間を, 面白さ, 鳥は

7 [25件] うちにも, ための, ないのに, ほかには, ノロちゃんは, 一つであろう, 一つも, 上で, 上にも, 云いかた, 内容は, 前には, 区別を, 半刻, 多くが, 始末を, 姿も, 必要は, 数とも, 方を, 概念が, 眼から, 眼を, 考え方が, 間で

6 [42件] ありよう, うちでは, うちでも, うち或, ことです, すべてが, そばに, ないほどの, ないよう, ようにしか, よさ, 一つであります, 一である, 一人である, 三十分も, 事を, 仕業だ, 代りに, 内容が, 十五分も, 十分と, 好きな, 如きは, 存在の, 形に, 形は, 後には, 必要も, 意義が, 数でも, 数は, 方は, 本来の, 本質に, 正体は, 比率は, 直觀, 美を, 考えかたは, 道理を, 音が, 音は

5 [66件] あはれを, あり, あるべきか, あるよう, うえに, かたちが, こけ猿, すること, ない, ない人, なかへ, やうにも, ようでも, 一つが, 一つな, 一時間も, 世界の, 云ひ, 価値の, 像が, 全体を, 内で, 力で, 名は, 在りよう, 声が, 夢, 如くで, 如何に, 姿で, 姿に, 存在しない, 存在する, 家へ, 幸福の, 影響を, 性質から, 意味の, 方で, 本質について, 本質の, 本質的な, 根本的な, 概念に, 様である, 様子を, 残って, 気が, 気勢が, 生活の, 知識を, 考えかたが, 考えかたを, 考え方の, 胸に, 胸を, 見方が, 觀念を, 言うこと, 言ひ, 話を, 認識は, 謂である, 間にも, 音を, 魂を

4 [104件] あったこと, あつた, いうこと, うまさ, おかげで, くせに, ことであっ, ことであり, ことなどを, ことに, ごときは, すべては, する事, それに, ためにも, ないこの, なかにも, なかを, ひとつで, ほうを, やうです, ようには, 一つ, 一つでした, 一つでは, 一切は, 上から, 世に, 中での, 事です, 五分ほど, 他の, 代表的な, 内の, 匂いを, 十日も, 印象を, 名と, 味が, 四半刻, 型に, 声である, 大半は, 如く前提, 姿である, 実質が, 小説を, 常として, 影さえ, 影に, 後に, 微妙な, 心には, 心は, 心持が, 意味, 意味も, 手によって, 持って, 数に, 数を, 數でも, 明智探偵が, 最初の, 有って, 有つ, 有ること, 本体は, 本質から, 本質に関する, 根柢に, 概念の, 様にも, 正體, 気の, 特殊な, 生命を, 生活が, 生活は, 発達を, 目には, 目の, 真似を, 真価を, 眼に, 眼には, 肉体は, 血でも, 裏に, 裡に, 複雑な, 観念が, 観念である, 観念は, 観方, 言葉に, 認識が, 象徴である, 運命を, 関係が, 関係は, 集まって, 鳥が, 鳥の

3 [207件] あったの, あとを, あるのに, あるやう, ある以上, いいかた, おのづか, かげ, かげが, かげに, からだに, ことも, ごとく感, さよなきどり, たくさんある, つもりで, ないほど, ないヨハネス, ない世界, ない事, ない私, ない程, なかでは, においが, ひとつである, ほうは, もって, ようであっ, ようでございます, ようにすら, 一つであり, 一として, 一なり, 一を, 一人で, 一人として, 一分と, 一分も, 一般的な, 一部を, 下で, 世界に, 世話まで, 中, 主観的な, 事である, 二つの, 二分も, 二十歩も, 云い方, 今の, 代わりに, 伝わって, 位置を, 作用が, 価値と, 値打が, 側から, 全部が, 内から, 内には, 内容も, 出現は, 前で, 前を, 力は, 動きが, 動きを, 動作を, 勢力が, 十分も, 半町も, 印象が, 口から, 口に, 名に, 味は, 命と, 哀れは, 困難を, 基礎である, 場合は, 塊が, 境遇を, 声も, 外には, 多くを, 大さ, 如く, 妻に, 姿でも, 娘で, 存在し, 存在に, 存在をすら, 実現を, 寂しさ, 底から, 底に, 店が, 強さ, 形も, 影の, 役に, 心の, 怖ろ, 性格を, 性質に, 性質も, 恐ろしさ, 悲しさ, 意志は, 意志を, 意識が, 感じの, 所へ, 批評が, 持ち味を, 数でない, 方から, 方へと, 方向に, 最高の, 有難さ, 未来の, 本にも, 本体を, 本來, 本性を, 本質についての, 本質や, 概念である, 樣に, 権利を, 権威の, 歩くが, 殆ん, 比率を, 気は, 気配に, 注意を, 深さ, 源泉を, 無いこと, 無限の, 爲に, 爲めに, 特徴を, 犠牲と, 独特な, 生命が, 生命は, 由である, 由です, 目を, 相の, 真中に, 真実の, 真実を, 真理を, 真髄を, 眠りを, 着物を, 知識に, 研究が, 立って, 筈だ, 範囲が, 精神を, 糸を, 統一である, 総ては, 美と, 美に, 考えかたと, 考えかたに, 考えかたや, 考え方には, 考え方や, 背後に, 興味は, 良さ, 色が, 色も, 芽を, 落ちて, 裾に, 観念に, 観念の, 觀念である, 言いぶり, 話に, 認識に, 論理は, 象徴の, 責任が, 走るの, 距離が, 道理の, 鐘に, 間から, 関係を, 面を, 面影を, 頭に, 首を, 魂が

2 [692件 抜粋] あつまりの, あとに, ありかが, ありかた, あるため, あるという, あるところ, ある場所, ある感じ, ある様, いっさいは, いったこと, うぐいすは, うごめく気勢, お役に立つ, お通り, かげの, かわりに, きしるよう, きみは, ことが, ことだった, ことであった, ことでなく, ことでなけれ, ことなどは, ことばかりを, ことばを, ごと, ごとくである, さとしを, したくを, したたりに, その時, ついて, ついでに, つやほ, ともしさひと本, ないうち, ないうつくしい声, ないところ, ない以上, ない場合, ない山, ない明るさ, ない時, ない空中, ない繁昌, なかの, においを, はじに, はなしに, ひとつに, ふるなり, ほうへ, ほか何も, ままで, やうだつた, やうにしか, ようじゃ, ようであり, ようでない, ろくでなしの, アレニウスそっくり, エボレツトを, トラの, ナイチンゲールの, ノロちゃんが, ノロちゃんも, ハインリヒは, 一つかな, 一つでしょう, 一つなり, 一つを, 一で, 一人です, 一時間は, 一月と, 一町ばかりは, 一町も, 一端だ, 一端は, 一端を, 一致を, 一部の, 一顆で, 三分と, 三十秒と, 三四十間も, 三日も, 上手なれ, 上方に, 上演の, 不定性の, 不幸を, 不思議な, 世界が, 世話でも, 両面を, 中からは, 中からも, 中にて, 中にのみ, 中へでも, 中最も, 中間に, 二三分も, 二三間も, 二三間隔たる, 二十分も, 二十間とも, 二疋の, 云いぶり, 云いよう, 云える, 五体の, 五分間ほど, 五分間も, 五日と, 五間ほど, 交換を, 人を, 人間性の, 今日の, 仕事を, 付いた吹口, 代表だ, 代表の, 代金仕事に対する, 住居の, 何ものも, 余り天下に, 価が, 価値に, 価格は, 信仰は, 値打は, 優先権を, 元祖は, 兄が, 免れざるところ, 全體, 具を, 具体的な, 内容と, 再発見, 冥利一度は, 凡てが, 出ること, 出るの, 出所は, 出現に, 刀を, 分量を, 切れ端でも, 判断の, 判斷に, 別あり, 創造者たる, 力による, 助けを, 動力因である, 匂いが, 区別は, 十八年ほどの, 十分とは, 十分ほども, 十分間も, 十秒も, 半丁, 半日も, 半時間, 半町と, 原因を, 名において, 名前申出, 向側を, 吠えるよう, 否認が, 味方に, 命の, 咆哮に, 哀れが, 哀傷ぞ, 唸りが, 問い方, 問題では, 四十面相が, 四十面相は, 在り方も, 在るの, 埒外に, 基礎の, 基礎を, 塔を, 墜落する, 声は, 売買の, 多い中, 多い晩年, 多かつ, 多きこと, 大なる, 大体の, 大切な, 女が, 如きも, 如く感じ, 如く見, 妙を, 姿だ, 姿と, 威力が, 娘お, 娘が, 子は, 子を, 存在および, 存在と, 存在について, 存在に対して, 完全な, 完全性に, 実体が, 実体と, 実体の, 実感が, 実質は, 客觀的實在, 宿命的な, 小一時間, 小説の, 少なくない, 居よう筈, 崩れきるまで, 巣に, 幼稚な, 広さ, 底知れぬ, 形づくられるの, 形と, 影すら, 影響が, 役にも, 復興を, 心までが, 心やさし, 心理に, 必然の, 志では, 怖さ, 性格が, 性質と, 性質は, 恋愛に対する, 息, 息吹きすがすがしい, 意で, 意味だ, 意味である, 意志が, 意志で, 意義である, 意義に, 意義については, 意義は, 愛が, 感じは, 感じを, 感情に対して, 感覚を, 成り立ちを, 成立の, 戦争の, 所有である, 手箱の, 手練と, 扱いかたも, 持つ恐怖, 挟まったよう, 探求を, 探究に, 支配を, 数々を, 数でなからしめた, 数には, 日常的な, 明晰で, 映画を, 景色は, 最悪の, 有無を, 朦朧として, 本には, 本の, 本を, 本性ある, 本性あるいは, 本性である, 本質な, 本質も, 枠が, 柄が, 核心は, 根本を, 根源たる, 概念は, 概念内容である, 構図が, 様だ, 様で, 様子が, 模倣として, 模範美術の, 権威に, 横行する, 機み, 正体では, 正体に, 正体について, 歯の, 歴史が, 歴史性の, 歴史的な, 死から, 残るの, 母である, 気に, 気勢も, 気持に, 気配は, 水準に, 決裁と, 活動を, 流れが, 流行の, 流行を, 混入を, 温かさ, 澱んで, 為めに, 無力さを, 煙草を, 煮えるの, 熱する, 物懲に, 特殊性は, 特色は, 犠牲に, 独自な, 現在の, 理を, 理想は, 理解が, 理解し, 理解について, 理解は, 理論上の, 甘さ, 生じて, 生れきるまでは, 生活を, 生涯が, 生長の, 用は, 由なり, 由来特に, 男が, 男に対する, 病人である, 癖で, 癖として, 発達する, 發展の, 目から, 直接的な, 直観が, 眞理を, 真実な, 真相を, 真髄は, 眼は, 研究に, 破片を, 神祕が, 神経を, 秀に, 秋晴れの, 秋空に, 種が, 立場に, 立場を, 竜之, 端に, 第一条件, 範囲は, 精が, 素質を, 組織を, 経験或いは, 結合であり, 結婚が, 結婚の, 絵を, 網に, 美が, 美的表現と, 群に, 義務である, 義務として, 老人の, 考えかたも, 考え方, 考え方は, 考え方も, 耳に, 耳を, 肉を, 肖像が, 胸の, 自覚が, 臭気が, 色の, 芸術の, 薄情さを, 薫に, 血管に, 行き方, 衣の, 表現, 表現である, 裏にも, 裏を, 裏表も, 複雑さの, 要素を, 見えないの, 見方と, 見方に, 観念について, 観点を, 觀念について, 解き方を, 解釈に, 言いよう, 言い方も, 言葉を, 記憶は, 認識にまで, 説明である, 誰かに, 誰しも, 謂であった, 謂であり, 謂では, 譬えに, 貫禄は, 責に, 質の, 足を, 身の, 輪廓が, 辛さ, 追求が, 逆らひ, 運動の, 運命をも, 過去の, 道理, 道理に, 遠吠えにも, 重要な, 鐘を, 閃めく, 間における, 間へ, 関数として, 限りであった, 限界と, 限界を, 随一は, 非日常的, 面へ, 面目は, 順序として, 順番が, 頭を, 顔が, 顔色を, 顰蹙を, 飛んで, 餌食に, 香は, 香や, 駕籠を, 驚きは, 骨組みの, 魅力に, 鷹揚な, 黒羽二重の

1 [6822件 抜粋] あいきょうぶりを, あった日, あらざらん, ありと, あるなし, ある場合, ある清さん, あればこそと, いえない窮屈さ, いたずらか, いない内地, いる島, うちどの, うち多くの, うち陶器の, おしゃべりを, おやじを, お初さんから, お客なんぞを, お菊, かすかな, きっかけを, けじめが, ことでございます, こと一八二九年八月八日に, この積分, こんな難儀, ごとくなり候, ごとく今にも, ごとく思って, ごとく腕, ご老人, しきたりなんか, しんにまで, すりへること, その, それが, ためにか, ついた根もと, つれづれ, ところへも, どれもが, ないたいへん, ない世の中, ない厳密, ない天国, ない彼女, ない時期, ない気安さ, ない生命, ない美耶子, ない静けさ, なす所に, はえて, はずみだった, ひとつだ, ひびきが, ほかかつて, ほか坂東屋という, まちが, みにくさ, もつてる魅力, もとで, やうにぞ, ようでございまし, よう目を, わかったひと, わからないもの, わが額, アネモネーや, カテゴリーに, クロを, ジャックは, ダイヤを, ト書である, ノロちゃんや, ピストルを, ホントウに, モメントは, 一つだつた, 一にて, 一二間を, 一例は, 一刻も, 一年に, 一方が, 一杯ある, 一生には, 一種の, 一般的性格で, 一里と, 三分か, 三味線太鼓陣鉦を, 三種類の, 上にでも, 上等品ばかりの, 下絵を, 不安が, 不思議さを, 不足を, 世界も, 中からでも, 中偏見を, 中核と, 主流を, 乾物を, 事なり, 二つに, 二倍に, 二十歩と, 二秒ほど, 云うこと, 五分間とも, 五秒も, 交錯が, 人造人間も, 今後の, 仕来りに, 付きたる, 代表として, 仰言, 伝統に, 住み給う宮殿, 何たるかを, 余徳とでも, 作用を, 例が, 価値も, 保存に, 倅を, 偉大なる, 傍で, 僅かを, 僧さえ, 兄弟従兄弟といった, 光に, 入った箱, 全体としての, 共同乃至, 内一婦人快気に, 内容の, 内良く, 写真が, 処々に, 出る筈, 出来る業, 出現によって, 分った姉さんたち, 分割又は, 切磋琢磨的相互関係は, 判斷は, 利用の, 前まで, 割れるやう, 力か, 功利的価値は, 効果を, 動くけ, 務で, 勤労は, 包みは, 区別の, 十人も, 十歩も, 半分ずつを, 半町ある, 博士の, 原始の, 友が, 反對, 受ける感じ, 古い日本語, 台にでも, 同時的成立が, 名前という, 名聲, 否定的統一として, 味いを, 味方を, 命に, 哀を, 商売手に, 喜劇的重大性が, 噂に, 四五十人も, 四方に, 固定的な, 土台に, 在る事, 地金へ, 基本的な, 場合そうだ, 墓, 声ある, 売買も, 変革を, 外全部が, 外面的関係から, 多い社会機構, 多さ, 大きな義歯, 大小に, 大體, 夫, 契機は, 女中めが, 奴隷生活が, 如かりし由, 如くなり, 如く俄, 如く女将スミ子, 如く松, 如く装って, 如しわが, 妹風情と, 始末は, 威力と, 媒介によって, 子でございます, 存しない, 存在それによっての, 存在理由も, 安静を, 宝冠です, 実体も, 実物を, 客観的実在性も, 容れられる余地, 寄席へ, 対立であった, 尊さ, 小半町膝と, 小林くんは, 小鯛, 少ない中, 居すわり, 山本さんにさえ, 工合が, 差違である, 常設館が, 平和と, 幻影が, 広く用いられなかった, 店, 建設が, 弱味と, 強調の, 形には, 形體ある, 影像が, 役割を, 後なりと, 得られない現世, 微妙さ, 心づくところ, 心像が, 心持は, 心行かよ, 必要から, 忘れたの, 思し召, 性に対する, 性質です, 恋しかった, 恥と, 悠久性が, 悪臭が, 情慾を, 意味な, 意識それを, 愛肉親の, 感じられるの, 感情を, 態度にも, 憧れと, 成功を, 成長の, 戸口を, 所為に, 手も, 手袋を, 批判などは, 投影で, 担つてゐた, 持つ不思議, 持つ特徴, 指針位置と, 掟と, 揃って, 援助が, 支配し, 敏感さで, 数ならぬ, 敵意を, 文学が, 文體に, 方にのみ, 方面と, 日常経験する, 明かるき, 映画において, 暑さ, 曲調を, 書牘を, 最後を, 有機的な, 未来について, 本体で, 本月, 本質まで, 村へ, 松波博士は, 核心である, 根源と, 條件である, 極は, 概念, 構造には, 標準について, 樣, 横暴は, 機構から, 欠乏に, 歌詞を, 正当でない, 歴史から, 死亡率を, 殘る, 比では, 民間版だ, 気味の, 気配, 水の, 汝に, 泣き声を, 活動の, 流行も, 深い世界, 混同は, 湯氣の, 漫談も, 火鉢の, 無いところ, 無かつ, 無慈悲な, 煙が, 燃上る, 片鱗すらも, 特徴の, 特長を, 狼が, 玄翁で, 現代政治原則としての, 球根を, 甘い色彩, 生む内面的罪惡, 生命的存在を, 生活に, 生立ちを, 由つて起る, 男で, 異常さに, 痕なけれ, 発行が, 發現は, 百回とは, 目にも, 目標は, 直観である, 相対二つの, 看板が, 真価は, 真理であり, 真髄的な, 着更を, 知力や, 研究だ, 碑文でございます, 社会性には, 社會的な, 禁止に, 秘かに, 移住者が, 種類は, 空中曲芸が, 立ち合って, 端が, 第一作, 筆頭である, 範囲から, 精密なる, 系列との, 純不純, 素描着彩がか, 終末か, 経歴を, 結婚生活が, 絵とは, 網の, 緑も, 總てが, 罪に, 美術品が, 義務は, 翻訳と, 考えかたに従って, 考え方いろいろな, 考え様を, 聲に, 肉体上精神上実に, 育ちも, 胚芽の, 脅威が, 腰元が, 自分の, 自由度が, 興味が, 色, 色香に, 芽の, 苦しさ, 英語を, 荷造りを, 落ちつき所を, 蓄音器みたいに, 薬を, 血潮は, 行く所, 行状でない, 表札が, 衰えに, 裏切りの, 裾を, 要求でない, 見かたそのもの, 見地に, 見本の, 視線を, 観察である, 觀念が, 解剖生理病理の, 言いようなども, 言えない人, 言議にも, 記憶表象には, 評価のより, 話は, 認識論的意義を, 説明から, 課題は, 論理学的効用に対しても, 謎として, 譬にまで, 豹でした, 責任として, 資格を, 走りが, 趣意などを, 足音として, 身の上も, 躰臭に, 辺左右に, 迷信で, 通り名の, 連中だ, 運んだ桐油包, 過去は, 道理がさ, 遣り方, 邪魔に, 郵便は, 重いもの, 野呂一平君です, 金で, 鋳もの, 閉じた瞼, 間拍子や, 阻害も, 限度を, 陰惨に, 随筆である, 集めきれぬこと, 雑然, 雪見だ, 静かなきざし, 面影が, 音じ, 響柱が, 領域に, 顏の, 願出によ, 風体では, 飛行機だったろう, 首級な, 馬鹿意地が, 骨を, 髭を, 魔人は, 鳥などは, 黄金怪人かも

▼ ものである~ (10512, 2.9%)

684 ことを 421 ことは 257 ことが 253 ということ 126113 がその 96 かということ, がそれ 91 がこの, といふこと 82 がこれ 8075 と思う 70 から, がしかし 68 とすれ 62 かどう, と云 59 という 58 ことに, 事を 54 ように 48 かのよう, ことも 47 と云う 46 からである 44 にし, のを 43 かも知れない 38 事は 37 と私 36 と同時に 3332 という事, のは 30 のに 29 からそれ 27 が今, というの, とするなら, と思っ, のだ 26 からこれ, というよう 25 からその 24 からこの 23 かもしれない, が私, と思ふ 22 事が 21 と信ずる, と思います, にせよ, のか 20 かといふこと 19 かそれ, が今日, といふ, とする, と信じ, にかかわらず, に相違 18 が彼, こと 17 かという事, か否, が日本, ために 16 かと云う, かも知れぬ, かを知っ, と考え, のみならず 15 からし, かを知らない, がしかも 14 がそれでも, という点, といっ, と考える, と言, やうに 13 からだ, がただ, が故に, と思った, と言っ, のである 12 から私, がここ, がまた, が併, と主張, ので, 以上は 11 かその, かまた, しまた, と云っ, にしろ, に反し, に拘らず, に違い 10 かという, かといふ, かの如く, から今, ことをも, とし, 上に

9 [12件] かそれとも, かのやう, かまたは, がゆえに, といふの, といふ事, といわね, としたら, と思われる, と見, と言う, ような

8 [16件] か或は, か知れない, があの, が中, が同時に, が後, ことか, ことだけは, というところ, という考え, ところに, ところの, と同様, と考えられる, ばかりでなく, 限りにおいて

7 [14件] から誰, か何, か私, が之, が其の, さうだ, そうだ, という考, とか, とのこと, にちがい, にもかかわらず, のにその, 筈だ

6 [33件] かと云, かも知れません, から之, かを理解, かを知る, がこれら, がさて, がそういう, がそれら, がなお, が実は, が実際, が或, が此, が現在, が自分, ことから, ことそして, ことなどを, ことには, し又, というその, という理由, という風, といつ, とされ, と仮定, のが, のです, はずは, ゆえに, 場合には, 筈は

5 [47件] かそして, かという点, かといふ事, かもしれぬ, からここ, から今日, から当然, かをよく, かを示し, かを示す, かを考え, か彼, がある, がそこ, がその後, がどうも, がやはり, が単に, が当時, が然し, それは, といい, という結論, という説, といふ意味, といふ理由, とした, としたなら, とつくづく, とはいえ, と云つて, と思, と思つて, と思召, と想像, と源氏, と答えた, と考えた, と言つて, と謂わね, にも拘らず, に拘はらず, のにそれ, のに彼, 事に, 他は, 場合が

4 [91件] かあるいは, かが明らか, かである, かという事実, かの如き, からこういう, からそう, からそういう, からそこ, からそして, からです, から人間, から彼, から彼ら, から我々, から自分, かを, かを想像, かを知った, かを経験, かを語っ, か分らない, がいま, がかかる, がこんな, がその他, がそんな, がとにかく, がまだ, が何分, が作者, が全く, が其, が吾, が多少, が果して, ことと, ことの, ことや, そうである, そうな, それが, それを, ためである, ためには, という一つ, という主張, という意味, という現実, という観念, といえよう, といった, といふやう, といふ事実, とお, とさ, となし, との事, ともいえよう, とも云, とも考えられる, とも言える, とわかっ, と云った, と信じる, と同じ, と彼, と思惟, と考へ, と考へた, と考へる, と聞い, と見る, と説く, と説明, と述べ, には相違, にもせよ, に過ぎない, のも, はずが, や否や, わい, 事も, 以上この, 以上その, 外は, 故に, 私は, 筈な, 限りは

3 [129件] かと思われる, かない, かに注意, かに驚く, かのご, かはそれ, かは明らか, かは自分, かも知れなかつた, からといっ, からどう, からもし, からわが, から他, から何, から右, から折, から日本, から昔, から真に, から粗末, から若し, かをこの, かを今, かを痛感, かを知, か分らなかった, か又, か悪い, か知っ, か身, がああ, がおそらく, がこ, がしかしまた, がそう, がそして, がその間, がため, がちかごろ, がともかく, がまして, がもし, が一面, が事実, が他, が何, が個人, が先生, が又, が右, が如く, が小説, が彼等, が更に, が此頃, が現実, が當時, が第, が街, が近年, けれどもその, けれどもそれ, ことである, ことによって, ことまた, これが, しそれ, という確信, という自覚, という解釈, という話, といふ信念, といふ考, とともにまた, との理由, とは云, とわかった, と云おう, と云われ, と今, と信ぜられ, と思い, と思はれます, と思はれる, と思ひます, と思われた, と感じ, と感じた, と教え, と知っ, と確信, と考, と考えます, と聞く, と自分, と見え, と解する, と解せられる, と言った, と言わね, と認められ, と説い, と説いた, と非難, な, に違, のかと, のだらう, のでその, のにまして, ばかりで, やうな, わけです, 事, 云々と, 以上, 処の, 場合に, 如くに, 彼は, 所以を, 故にその, 日本の, 時には, 時は, 筈の, 而し, 限り決して

2 [409件] かが分る, かが分るであろう, かが直ちに, かぎりそこに, かぎりは, かこの, かそんな, かというよう, かという問題, かという証拠, かといえ, かといふ吟味, かと思ふ, かと考える, かどんな, かにも聞える, かはこの, かはこれ, かは今後, かは勿論, かは容易, かは現在, かは知らない, かは誰, かほとんど, かも知れませぬ, かよく, からあらかじめ, からあらゆる, からあるいは, からいくら, からおそらく, からこうした, からこそそこ, からさ, からしかた, からしたがって, からしばらく, からそこで, からつまり, からであります, からでなけれ, からという, からどういう, からどこ, からどんな, からな, からむろん, からもう, からもちろん, から一つ, から世界的世界形成, から乙姫, から人, から人工的, から作品, から作者, から使, から個々, から傷み, から全く, から勿論, から国民, から姑, から川, から従って, から必ら, から支那, から教育, から新た, から普通, から書い, から机, から根本的, から極めて, から此, から注意, から無理, から特に, から相当, から第, から粗略, から美しい, から自ら, から諸君, から長兄, から非常, かをお, かをつくづく, かを了解, かを全く, かを切実, かを吾, かを彼ら, かを忘れ, かを悟る, かを感じ, かを探究, かを教え, かを明瞭, かを検討, かを注意, かを物語る, かを痛切, かを知りたい, かを知るべきだ, かを考える, かを見たい, かを見よう, かを説き, かを説明, か今, か判然, か厭, か如何, か少し, か御, か必ず, か或いは, か明瞭, か無い, か知らなかった, か若く, があたり, があれ, がいざ, がいつのまにか, がいづれ, がお, がか, がかなり, がかれ, がけだし, がけれども, がこういう, がさ, がされ, がすべて, がそうした, がそれ以上, がただし, がついに一度, がとかく, がどう, がどういう, がはるか, がむしろ, がもう, がもう一度, がわけても, がわざと, がわれわれ, がアイヌ, がアメリカ, がケリッヒ夫人, が一戸建, が一方, が一旦既に, が一般, が一般人, が世, が世界, が事実上, が亡兒, が人形, が今年, が今度, が他人, が何となく, が余, が作家, が全, が初め, が前掲, が勿論, が十勝岳, が只今, が君, が多く, が夫, が如何にも, が妙, が娘, が子供, が實, が尚, が崩れる, が幸い, が必要, が恐らく, が意外, が成功, が我々, が敵, が新, が既に, が是, が時に, が時間, が最も, が最近, が朝廷, が東京, が歌, が歴史, が歴史学, が殊に, が氏, が江戸, が流行, が特に, が現今, が現代, が相手, が真, が真に, が社会, が窓, が約束, が美味, が而, が自然, が若い, が要するに, が言葉, が話, が足利時代, が近ごろ, が近頃, が郊外, が非常, けれどもこの, けれども孤独, けれど人生, こという, ことその, ことによ, こと従って, これは, し, しかしそれ, しこれ, しまして, し且つ, し同時に, し実際, その人, ぞ, だけだ, といういわゆる, というふう, というもの, というわけ, という一事, という事情, という思想, という感, という感じ, という本質, という気, という理解, という生存, という私有財産制, という考え方, という証拠, という説明, という関係, といえる, といふ極めて, といふ結論, といふ議論, といま, といわれ, とかそんな, ときには, ときは, ときめ, とこう, ところから, とこんな, として, としてもその, としてもそれ, としてもどうして, としても今, としなけれ, とそれ, との判斷, との見地, とは思えない, ともある, ともあるいは, と云わね, と伝えられ, と信じた, と信じます, と共により, と割に, と口, と堅く, と大将, と大臣, と御, と思はれた, と思われ, と思慮, と感じられる, と推測, と断定, と断言, と斯, と書い, と書いた, と書かれた, と決め, と浮舟, と父, と申す, と知り, と称し, と答える, と約束, と結論, と考えられ, と考へられる, と聞かされた, と胸, と薫, と見ね, と解釈, と言えよう, と言える, と言われ, と認めなけれ, と認める, と語っ, など, には違い, にも拘わらず, に外, に拘わらず, に過ぎず, に過ぎなかつた, のかも, のだろう, のであります, のでそれ, のでなく, ので智能, のと, のにあの, のにこの, のになぜ, のにわれわれ, のに天来, のに対して, のに日本, のに朝夕, のに私たち, はいう, はずで, はずである, はずです, はずの, やうです, や否, ようだ, わけだ, 事実を, 今は, 以上そして, 以上それは, 以上に, 以上寧ろ, 併し, 俯仰し, 勿論初, 同氏は, 場合は, 場合も, 場合優越的に, 故, 故にひと, 故に私, 故に習慣, 故に自由, 故当面, 故詩, 是は, 時に, 殊に私, 点を, 爲に, 筈, 筈が, 筈である, 等々の, 自分は, 諸情念, 限は, 限りこの, 限りその, 限りそれらの, 限りにおける, 限りの, 限り夫は, 限り当然, 限り習慣は, 點に

1 [3366件 抜粋] あえて贅沢, いやそれ, かあたし, かいなか, かかつて, かがわかるであろう, かが判ろう, かが私, かぎりなんであろう, かさへ, かつまり, かという典型, かという疑い, かといふ疑ひ, かと大いに, かと日本, かと言え, かなん, かについてひと, かによって決して, かに気がつい, かのごとき, かの如く取扱われ, かの樣, かはここ, かはとても, かはわからず, かは之, かは以上, かは分り切つた, かは大体推定, かは想像, かは決して, かは私, かまでを鋭く, かもわからず, かも深く, かも訣ら, からいかに, からおよそ, からきっと, からこそ学位, からじつは, からそれから, からたとい, からつまらぬ, からとかく, からと考え, からに, からには敵羽柴勢, からは対人圏, からまず, からむずかしい, からわれわれ日本人, からナサケ, からモデル, から一應お湯, から不慮, から中村, から事實, から云, から人間社会, から仲間同志, から佛教主義, から元, から其論理的關係, から別, から升田, から原理的, から句自身, から吾, から商, から国民自身, から外形, から大抵, から学生, から小説, から平凡, から強い, から御息所, から惜福者, から慎思熟慮, から或は, から技能未熟, から政策, から文語脈, から日本人, から書く, から本来日本, から止め, から此考, から油断, から活気, から瀬, から爰, から現代, から異姓, から直系, から私自身, から純粋, から絶対, から自己, から致方, から英語, から裏, から言語, から読み取る, から趣向, から適切, から銃後, から静也, から驚く, かわからない, かをきき, かをすら實際十分, かをどの, かをも思わず, かをヨーロッパ人, かを乏しい, かを例, かを十分察知, かを告げるでありましょう, かを国民, かを平明, かを思う, かを感じないで, かを探求, かを明らか, かを極めて, かを法則化, かを知っただろう, かを知り, かを確めよう, かを窺う, かを見きわめなけれ, かを見定める, かを証拠, かを語る, かを静か, か不純, か僕ぁ, か助け, か同時に, か如何様, か年代, か意味, か推察, か概念的, か特殊的, か疑問, か知れなかった, か考えた, か言, か非常, がいう, がいま一歩突入つた沈静, がおよそ, がけふ, がさらに, がすべて断片的, がそれから, がそれにしても, がたいてい, がたれ, がときには, がと返す返す, がなにしろ, がぬるい, がまた一方, がもとより, がわが, がカアライル, がストーン氏, がバッハ, がプロレタリア文学運動, がヨブ記, が一尺四方, が一種, が万暦, が不良, が主人, が事, が二十倍, が亭子脚, が今さら, が今更, が伎楽, が何ぞ, が俗悪, が個体間, が元, が兎岳, が其番号, が内地, が出来上る, が初, が劇的, が十七字十四字長短二句, が厳格, が只, が同国人, が哀別離苦, が図, が團匪事件, が場合, が夢, が大正, が天平, が妥当, が季節, が実行, が小児, が尠, が川崎氏, が常盤木, が延焼区域, が後に, が御室, が意味, が戯曲, が掌, が数え, が断片的, が旧版, が時, が最初それ, が木, が材料, が東雲, が棚, が正確, が歩幅, が気高い, が法隆寺壁画, が温度, が演劇, が無論, が父, が猶, が理論, が生物進化, が畑, が盤珪和尚, が眞實, が祖先, が私共, が等しく, が終戦, が結局紙製, が美作, が自己, が舊約全書, が芸術, が蕾, が西洋, が規則立っ, が請負制, が身, が逆, が道, が鏑木さん, が雰囲気, が面, が馴れ, がP, けれどいったい, けれどもかの, けれどもそして, けれども今や, けれども国法, けれども文学報国会, けれども而, けれど少く, ことさえ, ことそれに, ことという, ことについて, ことラフォルグとは, こと写生図の, こと従っ, こと殊に, こと著者の, この姿, こんな残酷, しかし奥村氏, しとりあげられる, しマルクス主義的社会科学, し古典的, し山林, し文化工作, し死者, し講釈, すなわち疑い, そこでまつたく, そしてこれら, その四冊, その調子, それにも, ただ芸術哲学, ため今日入学試験に対する, だから, だけその, だけにその, だけに一番重要, だけに容易, だけに異様, だけまた, といいたい, ということ自身, というべきであろう, というラプラス, という主語的実体, という以外, という判断, という周さん, という実際, という思い, という批難, という本能的, という熱烈, という私, という自分, という諜報, という露わな感情, といった私, といふその, といふ中, といふ地質学, といふ気, といふ絵画家, といふ言葉, といふ證明, といわれた, とおりに, とかいう点, とかよう, とか土俗的, とか統制経済, とき文学としての, ところが, とさえ源氏, としか考えられない, としてさっさと, としてもまさに, としても我々, として一蹴, として小作株, として許容, とたしなめた, ととなえ, とどれ, との伝説, との確信, との迷信, とはまだ, とは先生, とは忠利, とは思わない, とは決して, とは考えられぬ, とは言い得ないであろう, とばかり解せられた, とみるべき, ともせめて, とも思へ, とも見られ得よう, とわかります, とニイチェ, と一応, と云い得る, と今更, と信じたい, と假定, と共に他方, と共に後, と共に社会, と判別, と右近, と喜び, と始めて, と定め, と島津久光公, と思い続け, と思わせました, と惜しまれた, と感じる, と承知, と揶揄, と断念, と歓喜, と決められ, と現代日本, と発表, と知, と秀堅, と考えたです, と自信, と見える, と親, と言い切れるであろう, と言わなけれ, と認めざる, と説き, と警察医, と錦町署, なかでも, などとは夢あま, などと論じ, にきまってる, にはちがい, にも関ら, に対し徒党, ぬくいといふ, のでした, ので所詮, のにいっさい, のにどれ, のに一向, のに俳句, のに對, のに映画, のに賤, はずだ, ほどそれ, またさ, もう自分, も不味, や憎むべき, ゆえ政治の, ようにも, よりも作者, わいおかし, わけは, オートバイの, ドモリの, 万葉集に, 乎全く, 事の, 二人で, 人格などは, 今の, 以上あれから, 以上そう, 以上われわれは, 以上又, 以上捕えた, 以上現代の, 以上老人と, 但し機運, 佛教を, 先生の, 判明な, 即ち身体的, 只巻, 同一に, 四百年の, 堯舜禹湯文武は, 場合自分が, 夢では, 夫と, 完成されたる, 實在は, 少女小説を, 影像, 復讐は, 意識が, 或いは昨日, 擲ぐるのは, 故にさらに, 故に彼等, 故に表現的, 故愛, 日先生は, 是等が, 有即, 果して然ら, 機会を, 水を, 点において, 然しながら只, 現に安達, 由, 真実なる, 穢れ多き, 筈だつた, 終ひ, 羞恥の, 自家へ, 芸術の, 蓋し, 観念を, 詩小説戲曲すべて之, 軍艦一艘が, 郵便の, 限りそれが, 限り五歳以下の, 限り外国の, 限り極めて, 限り私は, 青木が

▼ もの~ (9710, 2.7%)

797 ある 337 あった 194 ない 193 あれば 188 あるが 172 あつた 159 なかった 157 ありました 141 あります 75 あって 65 あったが 62 ありません 56 あるの 47 あるし 41 ありますが 40 なければ 37 ないで, ないの 28 多い 27 なかつた, 出て 26 ありまた, 多かった, 少くない 25 あろう 24 ありましたが 23 あり, ありませんでした, ないが 22 あると, いた, 云わずに 21 いわずに, ないので 20 なし 18 あつて, あるかも, 言わずに 17 いる, 少くは 16 少なくない 15 あるから, あるよう, ないと, ないよう, 多かつ, 少なくは 14 少くなかった 13 あろうが, なくて, 多いが 12 あったの, あり又, あるには, あるん, 少なくなかった, 持って, 無かった 11 あるという, ないから, 尠く 9 あるけれど, あるので, あろうし, あろうに, ないのに, 交って, 今は, 沢山ある, 無い 8 ありますから, ありますよ, あるけれども, あるわけ, いわないで, ございません, なくまた, 私は, 自分の, 見えなかった

7 [16件] あらうし, あり得ない, あるらしい, それを, ないこと, ないとは, ないやう, なくな, 出来て, 少なかった, 居ない, 或る, 殆ん, 無かつ, 見えない, 食わずに

6 [26件] あったけれど, あったよう, あったり, ありその, ありますし, ありませんが, あること, あるに, あるまい, あるもの, あるやう, これを, それが, ないらしい, なくなって, なくは, 一種の, 取り敢, 可なり, 含まれて, 多いの, 少しは, 決して少なく, 無いの, 聞くもの, 見える

5 [41件] あったであろう, あったに, あらう, ありそれ, ありましょう, ありましょうが, ありますけれども, あるかと, いない, いなかった, ございました, ございます, ございますが, そこに, それに, つまりは, ないし, ないという, ないほど, なにも, 中には, 云えない, 云はずに, 亦た, 他の, 何も, 入って, 出来た, 取敢, 存在し, 実際に, 少くありません, 少なからず, 幾人か, 悪いもの, 書いて, 混って, 無し, 目に, 見て, 非常に

4 [57件] あったので, あらん, ありあるいは, ありそう, ありは, ありましたけれど, ありまして, あり中, あり或は, あるくらい, あるであろう, あるでしょう, あるらしいが, あれは, いえないほど, かなりある, こ, その中, その供人, たくさんあった, たまには, できて, ないであろう, ないもの, ないわけ, なくただ, なくなった, なしに, まじって, まじつて, またその, また決して, もうわたし, 云は, 人の, 他に, 入れて, 多かろう, 多くある, 多分に, 少からぬ, 少くなかつた, 幾らも, 彼には, 彼の, 彼らの, 有った, 有る, 来るもの, 歴史の, 残って, 眼に, 私の, 見当らない, 言は, 言わないで, 買って

3 [100件] あったし, あったろう, あらうから, あらざりきお力, ありますけれど, ありませんし, あり僅か, あり更に, あるか, あるがね, あるこれ, あるそう, あるだろう, あるべし, あるまいが, あるまいと, ある由, いないの, いました, います, いるが, いれば, いろいろある, いわずいきなり, いわなかった, かくの, ずいぶんある, その通り, それと, ないくらい, ないこの, ないところ, ないん, なかつたの, なかりけり, なき, なくどこ, なくなるの, また同様, まれである, みんな同じ, もとは, やって, らいの, 下の, 亦, 亦決して, 人間の, 今日では, 今日の, 今日は, 何か, 何にも, 何の, 僕には, 公けに, 出たもの, 出來, 出来ます, 口に, 同じこと, 同様な, 含めて, 多くなっ, 多少の, 多少は, 大きいもの, 実はこの, 小さいもの, 少い, 少からず, 居た, 彼に, 必要な, 愛の, 持っては, 政府の, 日本の, 最初の, 有りませんでした, 有之, 次の, 浮んで, 無いで, 無きには, 無く成りぬ, 無ければ, 相当ある, 着るもの, 私には, 稀である, 耳に, 自然に, 見いだされなかった, 見えた, 読んで, 追, 遂には, 面白いもの, 食べて

2 [394件] あったから, あったくらい, あったけれども, あったそう, あったぞ, あったでしょう, あったと, あっても, あなく, あまり類例, あらうけれど, あらじ, あらわれて, あらんなれども, ありこの, ありしとぞ, ありて, ありましたっけ, ありましたので, ありますの, ありますまい, ありませんでしたが, あり一人, あり九条兼実, あり人生, あり其の, あり得る, あり得るわけ, あり本年, あり諸説, あり跣足, あり里, あるしね, あるその, あるそれ, あるため, あるだらう, あるだろうが, あるであらうし, あるであろうが, あるでは, あるなり, あるね, あるは, あるはず, あるべきである, あるまた, あるめ, あるもん, あるよ, ある事, ある又, ある程度まで, あれど, あれども, あろうかと, あろうという, あんまりあて, いうもの, いえないの, いえなかった, いえなくなって, いえません, いつかは, いましたが, いるし, いるだろう, いろ, いわずその, いわなければ, お, おのづか, おめ, おります, お言われ, かなり多い, こぞりつどつて, この同じもの, この書斎, この私, これだけ, これと, これに, これのみ, これまでの, これ又, ございましたが, ございますので, ございますまい, ございませんし, さう, して, すくない, すくなくない, すくなくなかった, すでに時間, ずいぶんあった, ずいぶんと, そうだ, そう多く, そこの, その, そのままで, その一つ, その一匹, その人たち, その前, その時, その現, その習俗, それぞれの, それな, た, たくさんある, たのしく物, ついて, できた, できようし, とりあえず軍, どこか, どこまで, ないお, ないかわり, ないくせ, ないくら, ないけれど, ないだろう, ないほどに, ないほどの, ない北, ない有名, ない程, ない自分, ない訳, なかつたが, なかなか手, なかろうと, なきに, なく, なくして, なくだれ, なくては, なくぼんやり, なくまったく, なく今, なく六助, なく又, なく只, なく唯, なく我, なく描く, なく曳綱, なく落ち, なく遥か, なしと, なし又, なし親, ねえし, のこって, はじめは, ふ, ほとんどない, またあなた, またこの, またそれ, またと, またもの, また同じ, また同じく, また多く, また少く, また必ず, また然, また自分, まとめたり, みなその, みんな紛失し, みんな起き, むろんたくさん, ものに, やはり一つ, やはり同じ, やはり同様, よかろう, よくは, らいが, らいだ, ゐた, ゐる, ハッキリし, ホッと, 一つの, 一つは, 一人として, 一個の, 一度見学, 一様に, 一緒に, 世界において, 世間には, 之と, 乏しい, 二三ある, 二人や, 云へ, 云わないで, 亦一つ, 亦少く, 亦物質的, 人間を, 今では, 今に, 仕損, 何らの, 何人か, 作り出されるに, 使は, 來る, 価格を, 元は, 先生の, 公人としては, 共に美しく, 出た, 出来る, 出来るかと, 前の, 半次助七お, 却て, 及ばぬ程, 取らずに, 取りあえず駈けつけ, 取り敢えずに, 口を, 古典劇に, 可成, 同じである, 同じよう, 同様に, 同様の, 同樣, 喰べ, 喰わずに, 嘘であります, 壊れて, 売って, 多いし, 多いで, 多いと, 多いやう, 多い事, 多くなった, 多くは, 多くまた, 多少ある, 多数ある, 大いに趣味, 大きなもの, 大分ありました, 大部分, 女の, 妨げるの, 始めは, 姿を, 存在する, 定めなき漂泊, 実際は, 容易に, 尊兄には, 少いであろう, 少からう, 少くあるまい, 少くなく, 少ないの, 少なからぬ, 尠なく, 居つたやう, 居りますが, 山を, 左様に, 左翼的な, 常に亦, 幕府の, 幾つか, 彼が, 彼等自身意識せず, 徒らに, 従って, 御座いません, 御覧に, 悪くない, 悪しきもの, 愛なり, 感じられる, 感じられる奇怪, 成立する, 拙いもの, 持たない, 旅においては, 日本には, 昔は, 時が, 暗然たり, 有た, 有りけら, 有るかも, 木綿布子の, 本願の, 根本的には, 此の, 武器を, 死んで, 段々ある, 決して少い, 決して少く, 決して尠, 決して稀, 沢山あっ, 沢山あった, 沢山あり, 沢山あります, 混つてゐる, 澤山あつ, 無いから, 無いわけ, 無いん, 無から, 無くは, 無くましてや, 無く挨拶, 無しに, 無限なる, 珍らしく, 現れた, 甚だ衰えた, 生じて, 生である, 生まれて, 畢竟は, 皆な, 皆杜九如の, 相当に, 真の, 着ずに, 着せず必死, 着て, 知って, 知らないの, 社会的に, 私によ, 私によって, 秩序である, 稀で, 稀には, 稲荷鮓を, 立派な, 結局は, 置いて, 考えて, 考えられて, 考へて, 聞えずなりぬ, 聴いたこと, 聴くもの, 自分が, 自然の, 見えず物音, 見えないぞ, 見えぬ, 見えます, 見えません, 見えるが, 見ること, 見当らなかった, 見当りません, 言えないし, 言はずに, 言へ, 言わない, 言われない, 言われなかった, 言葉なく, 賤しい, 近代の, 酢きものも, 重きを, 随分ある, 集合し, 面白い, 風の, 食って, 食糧不足から, 飲むもの, 魚の

1 [4192件 抜粋] ああで, あったかも, あったらしい, あった事, あった筈, あつたり, あのスフィンクス, あみものも, あらず, あらわれた, ありあるいはまた, ありこつちが, ありしからざるも, ありそれら, ありなか, ありましょうし, ありますわ, ありませんがね, ありまだ, ありやしませんわ, あり一定, あり人間, あり入塾, あり古くっ, あり子供, あり年中, あり忽ちに, あり新室ほか, あり本堂, あり殊に, あり王充, あり神, あり繁昌, あり言, あり醜, あるいはヒサイダさん, あるしのう, あるだろうから, あるであろうとも, あるとしても, あるべく単に, あるまい畑, あるらしい今ここ, ある世間, ある後代風, ある清内路, ある程度自分, ある関係, あろうはず, いいません, いうし, いえないほどに, いえぬ動物, いかなる体裁, いけないという, いちども, いつしか同じ, いないそこ, いはずに, いますし, いらなからうが, いるのに, いろいろ喰べた, いわず亭主, いわず衝, いわぬほどの, いわれず眼玉, うまくなかった, おそらくこれからは, おもしろいもの, おりまして, お描き, かかる立場, かつて一つ, かなり多く, きっとその, くわせろよ, こうした気高, ここが, ことごとく失いました, この世界, この小屋, この晴れ晴れ, この道徳性, これだ, これ等の, ごく社会的, ございます土地, ござらなん, さうし, しかし驚く, しゃべるなどとは, すぐ彼方, すっかり忘れ切っ, すなわちこれ, すべて妥協によ, するだけ, ずいぶん無い, そういう価値, そうであり, そう試みるべきで, そのそば, そのよう, その内, その後何かの, その現実性, その身體, それから鳥, それだった, それらの, たいていは, ただ互に, たとえ今日, たらふく食べたい, だんだんすく, ちっともだいじ, ちょうどこうした, つかまるもの, つまらないだらう, できたので, とうぜんと, ともに愚論, とりあえず宛名, とりあげて, とりあへず駈けつけたまでは, どうにか論じ, どっさり出, ないかと, ないその頃, ないといふ, ないふう, ないらしかった, ない一本, ない単調, ない小, ない庭, ない焚物小舎, ない終焉, ない身, なかったであろう, なかなかうまく, なかなか悪く, なきこそ, なくあえて, なくいくつ, なくその, なくなったの, なくなり売りはらふもの, なくよほど, なく一目, なく他人, なく典雅玲瓏, なく大刀一閃, なく希望, なく憐れ, なく書生流, なく海, なく町役人, なく硅藻土, なく繰り返す, なく荒廃乱雑, なく迷い, なく顔, なし子供, なるほど古今, のがれようとも, はっきり規定, ひとしく沈痛, べつに定め, ほんとだ, まことに異様, またこれ, または堅苦しい, また京都付近, また刻々, また少ない, また日本, また甚だ, また競争, また詩人, まだいくらか残っ, まだ眼, まるで家族同様, みな仮面を, みな飢え死にじゃ, みんなそっくりそのまま, みんな急い, みんな自分と, めったに, もう啼き已め, もし人々, もちろん多い, もと田楽法師, やっぱりこうした, やはりかかる, やはり右, やはり昔, やれないこと, よくある, よし, らい, ろくに持たされず帰っ, わからず外, わるくは, ゐるから, ウンと, ゲーテを, バカには, モメン糸も, 一つだって, 一人の, 一切を, 一度は, 一朝事ある, 一瞬は, 丁度この, 三百を, 不思議に, 世論でない, 中等学校の, 亂され, 二三ない, 二三日遅れ, 云えず一寸, 云わず平手うち, 云われないわ, 交った, 亦すくない, 亦何, 亦固, 亦容易, 亦日本ファッシズム, 亦甚だ, 人並みに, 仆れる, 今日顧みれ, 他人の, 仰しゃれるよう, 似たやう, 何と深い広い, 何処までも, 作った, 併せて, 便宜この, 借金の, 傘の, 元來種子, 先に, 入れまいと, 全く藤原氏, 全躰, 共に俗悪, 其の場, 其處らに, 内容の, 出かかって, 出ましたが, 出来たに, 出来るの, 分って, 別に仔細, 前年度より, 加わるの, 動きの, 勿論沢山, 単なる思い付, 即ち言, 又私, 収めてなかったが, 取りあえずこうして, 取りあえず友人, 取りあえず急遽旅, 取りあえず道, 取りあへず御見舞, 取り扱われ初め, 取り散らして, 受けつけないよう, 只威張っ, 右の, 同じな, 同情せず, 名前を, 吾, 呼び出される, 問題が, 喰わせず楽しみ, 団体内に, 土の, 地を, 城主の, 売りに, 多いそう, 多かったであろう, 多くイスラム, 多く支那に, 多分太子時代, 多量に, 大が, 大へん, 大助りだ, 大弐百三十石大, 天国に, 失って, 好きな, 始り, 存在せね, 宗教家信仰家と, 実にねえ, 実は内, 実は認識, 実際手, 家庭や, 察しられる感じ, 尊敬と, 少くないで, 少しくこれ, 少ないだらう, 少なくなかつた, 尠かつ, 居りませねば, 岩を, 帰って, 平民派に, 年齢の, 広義に, 建部が, 強ち捨て去る, 当然芸術, 彼にと, 後の, 得いわぬの, 御座います手前, 微に, 必ずしも浅薄, 必然的に, 忘れツカツカ, 思いつかない, 思はず, 恐かった, 悉く今日, 惜しいけれども, 意志も, 愛護される, 感ぜざるを, 憤激によりて, 我人は, 所詮は, 手を, 技に, 抽象的と, 拾わずに, 持つやう, 掠奪的隣人に, 改めて本家, 敗けたもの, 数名に, 數篇ある, 新しいもの, 既に老衰, 日本民族である, 明方まで, 是非必要な, 時には, 暫く口, 書きとうございます, 書ける自信, 有つて寮, 有ります, 有るかと, 有ろうけれども, 本当には, 本質は, 東美濃に, 根本に, 検校である, 楽しい日, 次第に石化, 此に, 武士道と, 歸つて來て, 殆ど忘れ, 残らず詮議, 段々出来た, 民俗の, 気付かざりしが, 汚うなる, 決して單, 決して自分, 沢山かき, 法則でなく, 活気が, 消えうせて, 深くは, 添って, 温帶的の, 漸く尠, 無いので, 無い時, 無きにし, 無くなる, 無く醜く生れたい, 無理を, 熊野神明其もので, 物質的存在と, 独特な, 現はれ, 現われる, 理性と, 甚だ怪しい, 生じたに, 生れたもの, 生理的に, 申さで, 畢竟はか, 病気の, 発見されません, 皆を, 皆勅命を, 皆無であった, 皆食事, 盛に, 目的物を, 相当沢山ありました, 真理でなく, 矛盾的自己同一的な, 知らず死者, 知的な, 社会と, 私が, 移動先の, 積って, 立つて, 箱に, 納得される, 結局私の, 総て終日囲炉裏に, 罪なく, 翁には, 考えられるの, 聞えた, 聴かないもの, 脅すもの, 自分だけで, 自然並いる, 致命的な, 色における, 苦痛な, 萬物の, 藁で, 行きつくところ, 要するでは, 見あたらなかつた, 見えずどちら, 見えなかつた, 見えませんでしたが, 見せて, 見つからなかった, 見ねば, 見られなかったの, 見享, 見出だすこと, 見当らないほど, 親だ, 言いたくなくなった, 言えず悲しい, 言はずと, 言わずには, 言わず火鉢, 言わなかったけれど, 計らぬところ, 許される, 認めるだらうが, 読まなかつたですな, 謂わざりしが, 貧乏籤を, 買つて見たい, 走せ参じて, 身内といふ, 辛いもの, 近代欧羅巴に, 追われるもの, 這入ること, 遂に恋, 違うけれども, 邪魔に, 醜怪, 銘々当った, 長庵, 間違えば, 隊としての, 隣室の, 露に, 面白く読んだ, 風流じゃ, 食っちまったの, 食べなかったから, 食わず温かい, 飲みますがね, 馬鹿に, 鮮いのです

▼ ものです~ (8579, 2.4%)

801748 から 617613162144 からね 134 からその 12174 からそれ 72 から私 68 からお 6766 かね 59 からつい 57 がその 54 ねえ 50 からこの 42 がそれ 38 からこれ 27 なあ 26 がこの 25 がね 24 からな, から僕, が今 23 かねえ, なア 22 からそれで 21 がこれ, がしかし 20 からわたし, わね 1817 かな, から兵馬, が私 16 から何 15 からあなた, から今 14 から自分, がお, けれど 13 からすっかり, から誰, って, もの 12 からあの, からお雪ちゃん, からこんな, からとうとう, からもう 11 からさすが, からそのまま, からそんな, からどこ, からまた, からよく, から二人, から失礼, から米友, から茂太郎 10 からこうして, からそこ, からたちまち, からちょっと, からわたくし, から御, ものね 9 からこちら, からそう, から少し

8 [12件] からすぐ, からそこで, からどうも, からねえ, からまあ, からみんな, から今度, から竜, か私, がそんな, ぞ, わねえ

7 [18件] かなあ, からあれ, からここ, からしばらく, からそういう, からどうか, からまるで, からもし, から七兵衛, から人, から今日, から彼, から急, から道庵, から道庵先生, から駒井, ね親分, ネ

6 [17件] かい, からある, からいつ, からさあ, からただ, からちょうど, からどんな, から仕方, から先生, から大いに, から急い, から気, から白雲, から非常, があなた, がよく, が何

5 [28件] かこれ, からああ, からあなた様, からいっそう, からいろいろ, からお松, からかえって, からこう, からご, からしまいに, からだれ, からどう, からなかなか, からびっくり, からほとんど, から一同, から三人, から全く, から大, から思わず, から昔, から足, か親分, があの, がねえ, が特に, の, のに

4 [45件] かあの, からいくら, からいつも, からせっかく, からぜひ, からそれに, からどうしても, からほか, からまず, からまだ, からもしや, からようやく, からよけい, から一, から一緒, から与八, から主人, から何とも, から余程, から困っ, から外, から妙, から婢, から安心, から実は, から家, から弁信, から戸, から昨日, から普通, から海, から田山, から皆, から私たち, から自然, から蟹江, から見, から馬, があれ, がそういう, がわたし, が不思議, が僕, ねエ, ナ

3 [98件] かあなた, かえ, かそれ, かねエ, かね親分, からあんな, からいい, からいきなり, からいずれ, からいったん, からいよいよ, からうっかり, からお姫さま, からこういう, からこんど, からさ, からさしも, からしかた, からそんなに, からついつい, からついで, からとうとうしまいに, からときどき, からとりあえず, からなあ, からなん, からねそれ, からふたり, からぼく, からもう少し, からやはり, からわざと, からチベット, からツイ, からネ, から一向, から一寸, から一度, から一座, から不意, から不破, から中, から兄, から出来る, から勢い, から博士, から同じ, から多分, から大変, から大鳥氏, から娘, から小林少年, から心配, から手紙, から探偵, から時々, から村, から皆さん, から私ども, から私一人, から私達, から色々, から警察, から途中, から野呂, から随分, から顔, があなた方, がいま, がここ, がこのごろ, がさて, がしかるに, がそう, がそれでも, がだんだん, がでも, がどう, がどうも, がなにしろ, がもし, がやがて, が一寸, が中, が今度, が日本, が時, けど, けれどもそれ, し, ぜ親分, それが, なと言, ねこれ, ねなが, のね, のよ, 私は

2 [293件] あなたの, あれが, お挽きあそばせ, かあんな, かお, かさ, かしばらくしげしげ, かしら, かその, かそれとも, かとんでも, かよ, からあ, からあたり, からあっ, からあと, からあなたがた, からあんなに, からあんまり, からいっしょ, からいっそ, からいつしか, からいつの間にか, からいまだに, からいろんな, からう, からええ, からおじいさん, からおそく, からおとうさん, からお上, からお婆さん, からお家, からお許し, からお話, からがんりき, からきっと, からきょう, からことに, からこのごろ, からこれから, からこんなに, からしいて, からしたがって, からす, からすぐさま, からずいぶん, からずっと, からせめて, からそちら, からそっと, からそのうち, からそれから, からそれだけ, からそれら, からたいそう, からちょい, からちょっとした, からちらりと, からついに, からつひ, からてんで, からでは, からとても, からともかく, からと云っ, からどうせ, からどうにも, からなおさら, からなしかし, からなに, からなにもかも, からなんと, からなんとなく, からにわかに, からはっきり, からひとつ, からひとり, からひどい, からひどく, からふと, からべつに, からほうぼう, からほんとう, からほんとに, からまさか, からまア, からもちろん, からもつ, からやがて, からよそ, からトオサン, からハズミ, からフラフラ, からホッ, から一つ, から一人, から一日, から一流, から一銭, から三郎, から不二夫君, から世話, から二三日, から二階, から今朝, から他, から何事, から余り, から傍, から傷, から僧形, から先ず, から其の, から其時, から前, から勢, から北原, から取り捨てよう, から可, から右, から右門, から君, から四人, から夜, から大層, から大胆, から奥様, から女, から好き, から妻, から妾, から姉, から委細, から子, から子供, から子供心, から学校, から実に, から宿, から小さい, から小さな, から小林君, から少しも, から屋根, から山鳥, から幕, から年, から庭, から廊下, から当人たち, から彼女, から恋愛, から恐る恐る, から悲しく, から或は, から折, から散歩, から旅, から日本, から旦那, から昼, から時間, から暫く, から最初, から本人, から極めて, から止む, から此処, から武者修行, から殿様, から母, から母親, から気の毒, から気味, から水, から決して, から滅多, から為義, から特に, から犬, から猶, から猿沢, から田山白雲, から町, から百姓仲間, から目, から直ぐ, から直に, から相当, から真, から眼, から祖母, から神尾, から福松, から私ら, から置い, から耳, から背中, から自身, から話, から貴女, から身, から農民達, から遂に, から道, から道場, から遠く, から邪魔, から鐚, から静か, から頭, から鶏, から黒い, かわたし, かサ, か人間, か僕, か知ら, か高嶺, がある, がこう, がこれから, がさすが, がそこ, がそれだけに, がとても, がとりわけ, がどうぞ, がなあ, がなア, がまず, がまだ, がもう, がナア, が一所, が三十人, が中味, が今日, が他, が何しろ, が出, が取出した, が夜, が如何, が妙, が崖上, が彼, が彼女, が後, が志貴子みたい, が悪い, が惜しい, が掻いつまんだ, が旦那, が昔, が最近, が母, が水盤, が然し, が皆さん, が福井町, が私の, が第, が血潮, が見, が近頃, が非常, が骨組, けれどもその, けれどもそれでも, けれど私, これを, しその, しそれ, しね, それに, て, という, とか, ねあれ, ねこんな, ねェ, ね佐吉親分, ね十銭, のに何故, ものでも, よね, よ決して, よ私, わい, 自分の, 花川戸の

1 [2292件 抜粋] あとは, あのお嬢様, いや本当に, かあいつ, かいきなり, かここ, かしばらくしげしげと, かそれで, かっていっ, かと, かと云った, かと叱する, かと訊く, かな真実, かねモー葡萄, かほほほほ, かもつ, からあさ, からあなた外套, からあれッきり御無沙汰, からいささか, からいつか, からいつのまにか, からいらっしゃらない, からうちの人, からおかあさん, からおたがいに, からお子さま, からお寺, からお目にかかりたく, からお話し, からかしら, からかれ, からきまり, からくらげ, からけふ, からこんど新規, からさぞ, からさっぱり, からじいさん, からすきばら, からする, からそうはっきり, からその後, からそれと, からそれ以後, からたいへん, からたま, からち, からついうっかり, からつひぬ, からで, からとき, からとり, からと平気, からどうして, からどしどし, からどなた様, からなまあ, からなんとか, からねお, からねつい, からねどういう, からね僅, からね小太郎, からね雌, からはなはだ, からひでよ, からぶくぶく, からほほ, からまい, からまして, からまだ一向に, からみんな唖然, からむちゅうになって, からもしか, からやっぱり, からゆうべ, からよした, からよろしくっ, かられい, からわずか, からアドバルーン, からウマ, からカレン, からゲルダ, からセラダ, からツイ臆, からトムさん, からニールス, からピグミー, からホン, からマドロス氏, からメヅサ, から一両, から一学, から一方, から一晩中心, から一羽, から七兵衝, から三十槍, から下, から不具, から不祥, から両替, から主膳, から九月, から乾し固め, から二つとも, から云いたく, から井上君, から人家, から今日あたり, から以前, から会計部, から住吉, から何ん, から余り物, から信用, から値段, から充分, から兎, から八時間, から其処, から内, から処, から出家, から初心, から到る, から前文, から助からなかつた, から動く, から勤労者, から十分, から半ば過ぎ, から却って, から友人ども, から叔父, から召し, から叱られ, から同行, から周囲, から唖然, から喰物, から四辺, から園井さん, から型通り, から場所がら, から増え, から外国人, から夜更け, から大きに, から大分, から大将今晩, から天皇, から奈良島, から女中達, から始めて, から媒妁人ら, から孝平, から安火, から宵, から寒山拾得, から寝息, から尊, から小人たち, から小林君たち三人, から小舟, から少年たち, から届出, から山姥, から岩の上, から巻物, から常に, から幸い, から幽閉, から底, から廿五六年, から弱りました, から当時, から彼ら, から後, から御前様, から心, から忘れました, から怖く, から思っ, から怪盗, から恨めし, から惡, から慌て, から我慢, から所々, から折節今日, から持っ, から授業, から政府, から斉, から方々, から旅嚢, から早速, から明智探偵, から時候, から曲者, から最初辛, から期せ, から未だに, から本来, から来る, から東雲さん, から架空, から案, から横, から歌いかけた, から歩み, から段々, から毎日, から気にいりました, から気味悪, から永持ち, から池川さん, から沸騰力, から泥, から浅吉, から海女, から淡白, から港, から滑り, から潜水夫, から無一文, から然し, から父, から特別, から猿, から王様, から現場捜査, から生まれ, から用心, から男達, から疑問, から病体, から百姓弥之助, から盃, から矢来, から石巻, から神さま, から私一時, から秘密, から窓, から立てつづけ, から簡略, から紙, から結局, から美しい若い, から翻訳, から聞い, から肴, から能登守, から腹黒, から自分自ら血, から自然善七, から自然用事, から舞子たち, から若い衆, から苦しい, から茶屋, から葬式, から蕎麦屋, から藤井さん, から虫眼鏡, から行燈, から見た, から見世物, から覚えず, から言語学会, から詰りません, から誠に, から貧乏, から賄い, から起き上がる, から身体中, から近所, から退屈, から逐一, から遅らす, から遠い, から部屋, から野馬, から金椎, から鉄砲, から鐵了さん, から間もなくとろとろ, から障子, から雜木林, から電話機, から韓胤, から額, から風呂, から食べ物, から馬子, から騒々しい, から高さん, から魔法, から黒ネズミ, かわからない, か三人, か今にきっと, か何しろ, か勉強, か同じ, か大事, か嫌, か小田君, か必ず, か憚りながら, か明るい, か橋, か盲目相応, か米屋, か罰, か見た目, か貸金, か門口, があくまでも, がいう, がいったい, がいわれた, がお嬢様, がこうして, がこのごろ私, がご, がしじゅう, がそいつ, がそれぞれ, がたいてい, がちと, がちょっとした, がというの, がな, がねさあ, がのたくらせた, がへエ, がまあ, がまったくそう, がもとより, がよん, がオナラ, がハミルトン氏, が一ツ, が丈太郎, が三日, が二, が人間, が今夜, が以前俳人, が何でも, が先ず, が凶作, が十一月十日, が只今, が名所, が問屋場, が外, が大抵, が奇妙, が姑, が実, が家内, が山登り, が年, が彼女ら, が急, が所々, が斯, が早く, が最初, が本人, が材木屋, が案外, が此手紙, が殿さま, が治郎公の, が焼け, が現在, が男子, が皮下出血, が知らない, が秋, が簡單, が美男, が自家製品, が若い, が表情記号, が要は, が詩, が近年, が通りかかった, が鋏, が陸上, が餘, けどどうぞもう, けど何とか, けに立派, けれどいま, けれどそう, けれどね擦り切れる, けれどもこの, けれどもどうにか, けれども惚れられる, けれど人界, けれど兵馬, けれど米友, け今つね, この分, ご存じです, しあまり, しそう, し今日, し同じ, し後, し牛たち, し色彩, ぜお, そうし, そして私ども, その上, それである, それは, ちょっとこの, って奥様, といい, とこれ, とだけ言った, と前置き, と徳泉閣主人, と答, と話した, なあの, なこれ, なほん, な今度, な旦那, ねいいかげん, ねえと, ねえ同じ, ねきみ岡田くん, ねそこ, ねでも, ねと答, ねどうせ, ねエ自分, ねドシャンバタバタ, ね今, ね大切, ね御存じ, ね法然, ね現在, ね笑い, ね随分しっかり, のに妻, のねえ, ぽり, もう昨年, ものその, ゆゑ国際的即, よかったら, よそれ以来, よというよう, よと母, よまったく, よハッハッハッ, よ十人十色世間, よ悪い, よ源様, よ近所, よ馬鹿, わねみな子さん, わ本当に, ッて, ネーと, ワどっから, 両藩, 人間関係の, 僕は, 出所に, 壮快な, 大通寺の, 妾も, 審問官や, 弱点も, 心に, 故に山吹, 昔江州の, 汚ない, 片一方しか, 石部の, 綺麗に, 船岡どのは, 裏店の, 貴方とても猶

▼ もの~ (6662, 1.8%)

249 どうか 48 私は 43 どうかと 42 それを 41 それは 40 知ら 35 どうかは 30 それが 29 急に 23 知らないが 21 知らん 17 その辺 16 それも, 悪いもの, 私には 15 見当が 14 どうかという, 私の 13 しらん, どうかを, 何う, 彼は 12 え, ないもの, 俺は 11 これは, どうかも, 考えて 10 知らんと 9 いずれに, これも, そうでなけれ, わからない, ッ, 今日は, 僕は, 否か, 無いもの 8 それに, わかりません, 今度は, 姿が, 少しも, 影も, 彼の, 誰も

7 [16件] そこの, その夜, それさえ, そんなこと, どうした, わからないが, 今は, 今まで, 何か, 分らない, 分らないが, 否かは, 妙に, 知らぬが, 私が, 迷って

6 [11件] あれは, お前は, これが, その日, どうだ, 二人は, 今の, 気が, 知らなかった, 知りませんが, 非常に

5 [19件] あいつは, この時, これを, そこは, その時, それともこの, どうかといふ, わかりませんが, 一切知らぬ, 他の, 何が, 何の, 女の, 女は, 容易に, 少しは, 自分には, 足が, 黙って

4 [35件] ある日, いつまでも, おれの, きょうは, して, そうでない, それとも, それともその, ただしは, とおも, パッと, 伝六が, 但しは, 何かの, 何ぞの, 分らなかった, 判然しない, 否かを, 子供の, 平次の, 想像も, 手紙を, 昔の, 朝から, 死ぬまで, 男の, 知らと, 私にも, 自分の, 見えなくなった, 見当も, 解らない, 誰に, 誰にも, 途方に

3 [88件] あなたには, あるいはその, あるいは自分, あわてて, あッと, いまだに, おまえは, お前さんには, お前の, ここで, ここに, この人, この日, これにて, こんどは, さう, さつ, すぐに, すこしも, そういうこと, そのこと, その前, その晩, その点, できないもの, どうかの, どうだろう, はたまた, ほとんど想像, ぼくは, またその, わからなかった, 不思議な, 不意に, 不明である, 二度目の, 五六人の, 人間の, 今に, 何うかと, 何かを, 併し, 判らない, 判断が, 判断に, 博士の, 君の, 君は, 困って, 如何か, 妹の, 娘は, 存じませんが, 家の, 宿の, 尻尾だ, 山の, 己の, 平次も, 彼にも, 徳川時代の, 手に, 新聞が, 日本の, 最初から, 最初は, 本当の, 母は, 然ら, 生命の, 番頭の, 相手の, 相手は, 知って, 知らんが, 自分が, 自分にも, 自分は, 自分を, 話の, 誰が, 谷中の, 足の, 近頃は, 静かに, 顔が, 馬鹿な, 馬鹿野郎

2 [393件] あいつの, あなたが, あの小屋, あの浪人者, あまり詠ん, あるいはこの, いいかげんに, いい加減な, いきなり叱り飛ばしました, いきなり肌, いずれか, いつもの, いまに, うぬ, おかみさん, おれが, おれは, お前さんは, お前には, お前を, お村, お次は, お筆, お綱, お角, お鳥, かきもの, きさま, こちと, この事件, この二人, この娘, この子, この点, この通り, さうで, さきの, さして悲しむ, さすがに, さちよの, さもなく, さア, しからざれば, しきりと, しばらくする, しれない, せぬもの, そいつは, そうしてその, そう云う, そこに, そこには, そこらの, そこらは, そのとき, そのよう, その少し, その意味, その理由, その翌朝, その道には, その邊, その頃, その黒い, それから, それからは, それと, それとも自分, それとも默つて, それについては, それには, そんな事, たくさんの, ためして, つかつかと, としみ, どうかさ, どうか疑, どうであろう, どこへ, どころで, どっちか, どっちとも, なかなか姿, なし, なにか, なにかの, なるか, はた又, はつきりとは, ひっぱたいて, ほかの, ほんとうに, またそれ, またどの, またも, まるっきり見当, まるつ, まるでブチ, まるで知らない, もうそこ, もう一度家, もう一度短刀, もう見えない, もとより知る, ものを, やって, よくは, よく知らない, よく見なれた, わからないの, わからなかったが, わからぬが, わたしが, わたしの, わたしは, わるいもの, われながら, ア, ガタガタと, ツ, トボトボと, ハッキリしない, 一と, 一向に姿, 一家の, 一寸見当, 一度は, 一度も, 一日も, 一日二日と, 一緒に, 一言の, 三日の, 下の, 世間の, 中には, 主人の, 乃至は, 二た, 二つの, 二三人の, 二人とも, 二人の, 云々, 人の, 人は, 人間という, 今から, 今にな, 今後も, 今思う, 今日に, 今日の, 今考える, 今頃は, 以前よりも, 以後は, 伝六の, 佐吉は, 何うせ, 何と, 何とも, 何ともいえない, 何に, 何も, 何を, 何んの, 何処かに, 例に, 例の, 便所にでも, 俄かに, 俺が, 俺に, 俺にも, 健三には, 傍の, 僕が, 僕には, 兄の, 先生の, 兎も, 八五郎は, 分って, 分らないながら, 初めの, 判らないが, 判明しない, 判然せぬ, 刺客は, 前に, 割合に, 千代松に, 博士に, 却, 又それ, 又次郎の, 双方の, 反対に, 古人も, 叩き起して, 右の, 右へ, 向うの, 君に, 否かといふ, 唄って, 問われるまま, 四方を, 固唾が, 固唾を, 地獄の, 夏に, 外に, 夜ふけに, 大の, 太郎丸氏は, 妹も, 妾は, 姪の, 姿は, 存ぜずに, 学校の, 家へ, 家康公の, 小出しの, 小林区署の, 小笠原の, 少くとも, 少し面, 少し顛動気味, 少とも怕, 岐阜出来の, 帰って, 平次お前の, 平次が, 平次にも, 平次は, 幽靈, 庭先には, 弟の, 当惑した, 影さえ, 彼と, 彼には, 彼女は, 後の, 後ろの, 御用の, 御身分柄内々, 心が, 心配する, 念の, 怎かは, 思い知らせて, 怠けものである, 急いで, 悪く行っ, 惡いものか, 意志的な, 我の, 或る, 手を, 手荒な, 拙者も, 持って, 揉手を, 放って, 教えて, 文句を, 文吉は, 斑, 既茶を, 日の, 昆虫館主人は, 明かでないが, 昔から, 昨日は, 是は, 是れ, 普通の, 暇を, 暫らくは, 書いて, 月を, 月見の, 朝露に, 木綿の, 村の, 松王さまは, 検事は, 様子は, 機嫌が, 止したもの, 此の, 此瞬間に, 死んでから, 殆ん, 殿様が, 氏の, 気味の, 涙を, 父の, 父は, 物干場から, 狸狩りを, 珍しく親分, 生れてから, 番所へ, 疑問である, 白痴め汲ん, 盤景を, 目立たなくなった, 直感的な, 真紀子は, 眼に, 眼は, 眼を, 睡苦しい, 知ってるか, 知らぬ, 知られて, 石で, 祖父は, 神の, 私に, 私を, 積もって, 穴の, 空を, 突然, 立派な, 竜之, 第一, 第一ヨボヨボ, 米の, 素直に, 絶えて, 美味くない, 老人は, 考えても, 聞いて, 聞きたいと, 背後の, 脇差の, 脳天が, 自分でも, 若い娘, 若くば, 苦しめるには, 薄々は, 薄化粧まで, 蚊帳を, 血だ, 行つて見, 裏口の, 見えなかった, 見て, 見失って, 見当の, 覗いて, 親分あの, 親分が, 評判の, 詩だろう, 話しする間, 誰だって, 賽の河原から, 足音も, 返事が, 逃がして, 逃げたり, 逆に, 途中で, 遠くの, 酒は, 酒を, 野次馬は, 針で, 銭形平次は, 錢形平次は, 長屋中へ, 間もなく引下, 間もなく町役人, 隣室の, 隻手で, 雪駄が, 靜かに, 顔を, 馬鹿, 馬鹿に, 鼻唄でも

1 [4214件 抜粋] ああいう, あきらめろ, あちらこちらから, あなたは, あの兄弟たち, あの晩, あの草鞋, あまりいい, あまり触れ合わない, あるいはそう, あるいは千鶴子, あるいは手, あるいは次に, あるいは野師, あれっきり沈黙し, あんなふうに殿さまがた, い, いかに春秋, いくたび, いくら頑ばっ, いっこうその, いったん殺そう, いつぞやの, いつもいきいきと, いつも途中, いまでは, いやそれ, うつかり, うんともす, おいらも, おじいさま, おぼえませんが, おれたち一騎の, お出では, お品, お常, お祖父さんも, お蝶, お通夜や, お高, かえってそんな, かつて春琴, かれは, きっと三つ四つ, きり捨てた, くれないもの, こういう談, こちらが, このケンプェル, この刀, この嫁, この忠義一途, この村, この石, この連続, この鳥, これで, これア貴方の, こんなに大きく, ご亭主, さあ早く, さっさと打ちこわし, さてどっち, さらに後, しかし相談, しっかりしてない, しみじみと, じゃア云, すぐむす, すっかり怯え, ずいぶん幾個所, ぜひひとつ, そういっ, そう否定, そこで労働者, そして人口, そのそば, そのままつかつかと, そのオルガン, その儀, その奥様, その後も, その意義, その時分, その消息, その秘事一切, その荷物, その釣り師たち, そりゃ何, それだけが, それともじっと, それともなにか, それとも一つ, それとも今, それとも其儘, それとも奥, それとも山羊博士, それとも森田, それとも獨立, それとも知っ, それとも自己内部, それとも陥穽, それなら, そればかりが, それら持ちよりの, そんなに酔つて, そんな料簡, たいそう手際, ただあんまり, たちまちさとる, たびたび寝る, だがいつそこ, だんだん声高, ちゃんとわし, ちょっと留っ, つい月, つまらない小説家, であること, とうとうそれ, とたんでありました, とにかくあたり, とにかく惡, とみに言葉, とんとおいら, どういう異論, どうかについて, どうしたら癒される, どうして可愛がる, どうぞ教, どうも見当, どこに, どっちに, どんなに高大, なかなかつよい, なぞと, なるべく人目, なんの, にわかに壁, はきはきしない, はっきりと, はるか崖の, ひたすらに, ひとつ伺いたい, ひどくつまらない, ひどく迷っ, ふしぎな, ふと笑み, ほ, ほとんど唯一, ぼくの, まあ虫, またこの, またはどんな, または日本, または聞く, また個性, また如何, また肺, まだその, まだ抜け切らぬ, まったく味, まもなく一片, まるでわたし, まア型, みみ, むずかしい儀式, もう一年, もう見あたらなかった, もしくは足りない, もっといじめ, やおら立ち上がっ, やたらに, やはりハッキリした, やれ来いそれ, よからう, よく心得, よほどその, わかって, わからないよう, わからねえの, わざといろいろ, わたしを, アカーキイ・アカーキエウィッチが, イエ彼は, オレだって, グローブの, サラグラマは, ソラ行け, チヨツ, トンネルの, ナオミは, ハツハツハツ, ヒラリと, フラスコの, ベニは, マドロスの, ヨタヨタと, ロンドンに, 一つ試し, 一人も, 一切歴史の, 一寸一目見た, 一層身, 一思案という, 一時は, 一番鶏が, 一通の, 三人も, 三猿を, 下村さんと, 不思議の, 世に, 両方ともに, 丸橋忠弥の, 之を, 了解に, 事件の, 二人が, 二十歳を, 云いあわしたよう, 井上の, 京都を, 人前へ, 人間と, 今と, 今より, 今度という, 今日釣に, 仏頂寺が, 以来私は, 伝内とても, 低いオルガン, 体中が, 何といつ, 何らか, 何処の, 何様かと, 余燼の, 侍は, 修治さんと, 倩娘は, 僅かに, 兄が, 先刻預っ, 入らしった, 全く見当, 全然知る, 公方様も, 其の子供, 其日に, 内部が, 冒険を, 出るところ, 出頭する, 分らないの, 分らん, 判らない土器, 判然した, 利いた風, 創造された, 勿論その, 十人が, 千枝子は, 半次が, 博文館から, 厳しい炎暑, 又は様子, 又秀子, 取り越し苦労は, 古記も, 右にも, 吊られた縄, 名のら, 吟味所の, 吾は, 命数が, 唐から, 啻に商売人, 四五代目の, 四郎兵衛は, 地上に, 堅いという, 声は, 外からは, 多勢寄つて来る, 夜番一人見廻, 大きな帆, 大体分ります, 大方お前, 天井も, 失くなつたが, 女一人で, 奴は, 如何なる形, 始から, 嫁入り早々から, 存じませぬが, 宇多天皇の, 定例として, 実は彼, 家が, 富士山の神は, 實驗に, 小供, 小川玄堂さんの, 小説家と, 少し御, 就中編輯長ミハイル, 屋根船の, 島五六郎と, 左手を, 帆村は, 平の, 年造は, 幽霊が, 座布團の, 廣介から, 張は, 当時を, 彼女から, 彼等は, 後へ, 従来の, 御承知, 徳川時代に, 忠雄つくづく, 思い出したよう, 思案に, 怪しまずには, 恐る恐る半身, 恩愛ふかき, 悠然と顔, 惡く, 愈々大阪, 懐を, 我々は, 或いはこの世, 或いは以前, 或いは文化, 或はその, 或は墨學, 或は此, 或は記述者, 房ちゃんは, 手持無沙汰の, 抑えきれなかったの, 拙者の, 振り袖を, 擽つたい氣持, 教えられること, 數萬圓といふ, 斬りつけるよう, 新聞では, 日暦が, 早速その, 明日の, 春日新九郎の, 昼間の, 普通人の, 曲者は, 最早製作, 朋輩の, 木曾谷山地従来の, 本尊は, 村内に, 東野は, 枕の, 根から得る, 森の, 権式振っ, 橘の, 次を, 歡喜天樣の, 此まで, 此方には, 武門は, 死なないもの, 殆ど其原形, 殺される殺されると, 毎年上るべき, 気を, 氣も, 求めに, 決して諦め, 河野は, 泥棒も, 浪士ふうの, 海洋の, 済まないもの, 港へ, 滑かな, 澤庵と, 無えもの, 無禮討, 焼きのり, 燃えのこった蝋燭, 父や, 物置の, 犬にでも, 猶且, 現にわたくし, 甚だあやしい, 生涯を通じて, 甲斐絹は, 町人に, 異同を, 疑わしくなった, 白墨で, 皆な吐き出し, 皺くちゃの, 監督者の, 相方も, 真中を, 眩く, 矢代に, 知らず駄々子, 知らないわけ, 知らん余り, 知ら錢形, 知れないけれども, 知れませんが, 研ぎ台, 祈祷が, 禁ぜられたもの, 私などには, 稻荷橋下にも, 突然お松, 突返しに, 笠松博士の, 紅の, 細かい胸毛, 結果は, 繁殖が, 群衆に, 老公の, 考知する, 聞きたいもの, 肝心な, 胆力の, 腕白どもめ, 腹立たしそう, 自分では, 自嘲の, 興味の, 船腹に, 花びらの, 芸術上の, 若党ばらが, 草深に, 落付い, 薄情だ, 蘭亭さんは, 蝶子さんも, 行方が, 袂を, 西洋にも, 見たいと, 見るの, 見渡す沖, 覚えて, 解しにくい, 解決しよう, 訣らぬ, 試食し, 誠実と, 調べると, 謎は, 財が, 貸し忘れ, 赭ら顔の, 跛に, 身共三日目に, 車中では, 軽くて, 近所の, 迷つてゐるらし, 通しっちめ, 遂に邪道, 道庵は, 遠慮の, 邦通は, 野垂死も, 金蔵は, 銭さえ, 鎌を, 長局いっぱいに, 間もなく女二人, 降るだけ, 雑木林なり, 電車が, 青苔を, 靴を, 頭に, 風呂敷包に, 飲み込むの, 首の, 馴れがま, 高氏も, 鯉こくを, 黍は

▼ もの~ (3490, 1.0%)

656 のだ 631 のである 460 んだ 286 のです 207 んです 129 のか 93 のだろう 5955 のよ 46 のであろう, のね 45 のでしょう 32 ので 29 んでしょう 28 のであった 27 のかも 26 のであらう 25 のかしら 24 のであります 19 のさ 17 んだろう 16 のかと, のだらう 14 のでした, のに, のを 12 んでせう 9 のでそれ, んでございます 8 のだった, のであっ, のでせう, んで, ア 7 のでございます, のでその, んだらう 6 のでこの 5 のであつ 4 ことは, のじゃ, んだい, ンだ 3 のでございましょう, ので自分, のにその, のにそれ, のにそんな, のは

2 [29件] かる可, けれど自然, にくれ, のかしらという, のかといふ, のかね, のかは, のかを, のが, のださうです, のでありました, のでどう, のでどうぞ, のでね, のでぼく, ので人, ので自然, ので若し, ので言語習慣, のにお, のにそれでも, のに一度, のねえ, のねそれ, もんか, んでげす, んでございまし, んでその, 言ひそ

1 [282件] いまに, かにか, からしめ, からむとす, ぐさめだつたそれは, ぐさめとしていたのでした, ぐさめとしているらしかった, ぐさめとする力も, けれどもその, けれども予, けれどわれ, けれど教, けれど深潭清澄, げきでなく, こいつが, ことを, こと又, ざあありゃしやせんエライ人だ, そうで, そうでございます, なまじっかお, のかい, のかさえ, のかしらと, のかというぐらいの, のかな, のかねえ, のださうだ, のであ, のであきらか, のであったろう, のであり, のでありましょう, のでありませう, のであんな, のでい, のでいかな, のでいったい, のでいつか, のでいつも, のでかえって, のでかく, のでこ, のでここ, のでこれ, のでご, のでございまし, のでございました, のでございませう, のでさ, のでし, のでしたがって, のですっかり, のですなわち, のでそういう, のでそこで, のでそのまま, のでそれら, のでそれ自身, のでそんな, のでそんなに, のでたいてい, のでたった, のでたまたま, のでちと, のでちょっとした, のでとうてい, のでとくに, のでどんな, のでなけれ, のではじめ, のでひとまず, のでまあ, のでまだ, のでもうとても, のでもしすでに, のでもっと, のでもとより, のでよそ, のでよほど, のでわたくし, のでシュザンナ号, のでニュウトン, のでパティ, ので一抱, ので一抱え, ので一里半, ので之, ので人望, ので今, ので会社, ので伯母, ので傾斜, ので僕等, ので全部引用, ので六フィート, ので其家, ので刈り, ので別に, ので前後, ので即ち, ので反, ので同じ, ので呆れ返り, ので団員, ので国老, ので圖ら, ので土葬, ので基督信者, ので大きい, ので大した, ので太田, ので失望, ので奥様, ので学校, ので安永版, ので定綱, ので家中, ので小松, ので巌流, ので市役所, ので幸, ので幸子, ので当時, ので彼, ので彼等, ので後任者, ので御座います, ので折り, ので敬太郎, ので新陳代謝, ので時々, ので有つて, ので有力, ので未だに, ので本家, ので死ん, ので死蔵, ので母, ので気, ので沢山, ので注意, ので滋幹, ので無論, ので煩, ので父, ので現在, ので生れた, ので男装, ので発明, ので真剣, ので礼, ので祝詞, ので私, ので私達, ので結局, ので総長, ので考へる, ので背景, ので自己, ので若, ので若干, ので英語, ので評判, ので詳しく, ので読み返し, ので読書, ので誰, ので貴族院, ので返す, ので部数, ので金, ので針, ので難無く, ので面白く, ので風, ので髪の毛, のな, のなら, のにあの, のにいつも, のにかえっていよいよ, のにかんじん, のにこれ, のにこんど, のにそこ, のにちか, のにちっとも, のにというニュアンス, のにとセヽラ笑つて彼, のにと僕, のにと皆, のにどうして, のにな, のにね, のにね牛, のにふた, のにまもなく, のにやはり, のにわれわれ, のにダレ, のにドブロク, のに不思議, のに不覚, のに今, のに何で, のに何もかもよく, のに叔父, のに己, のに引き, のに彼, のに忙しい, のに悉く, のに惜しかっ, のに此間ハガキ, のに決してそう, のに流れず, のに父, のに皮肉, のに相違, のに私たち, のに考えた, のに肉親, のに芥川氏, のに足跡, のに過ぎません, のに違い, のねあちら, のねつまり, のねトルストイ, のね全く, のね六月初旬, のね哲学, のね安心, のね智, のね松屋, のね決して, のやつ, のよがっちり, のよと答, のよね, のよわたしたち, のよ子供, のサ, の吃驚, はりの, やみなどて, やみは, んざアありゃ, んざアみんな舟で, んざ一人も, んざ凡そ, んざ御寝なります, んざ皆, んじゃ, んださうで, んでえ, んでございましょう, んでさ, んでさあ, んでし, んでしょ, んですけれ, んですつ, んでそう, んでそれ, んでね, んでねその, んでもう, んでもっと, んで云々, んで序論, んで汝, んで理想, んで苛め, アこれも, ア何が, ンか, ンだい, 云ひそ, 君を, 此の

▼ ものとして~ (3241, 0.9%)

22 それは 17 これを 15 私は 14 理解する 12 考えて 10 私の 9 存在する 8 把握される, 理解される, 私に 7 ある, それを, では, 吾, 彼の, 感じて, 生きて, 自分の, 自己の 6 あらわれて, ゐた, 之を, 扱われて, 現はれる, 現われて, 私が, 認められて

5 [13件] あるの, これらの, それに, ゐる, 把握する, 残って, 消えて, 現われるの, 理解され, 理解されね, 考へて, 見て, 見られて

4 [18件] あるが, そこに, でなければ神, 作られて, 居る, 彼に, 感じた, 感じられて, 感じられるの, 現れて, 理解された, 理解し, 考えられて, 自分に, 見ること, 見れば, 認めて, 通用する

3 [48件] あります, 一定の, 一般に, 主體, 人々に, 人間の, 人類の, 他の, 信じて, 出て, 取り扱って, 存在し, 尊ばれて, 尊重し, 對立する, 忘れ難い, 性格づけ, 意識される, 感じること, 我々に, 我々は, 我々を, 斥けられた, 歴史的に, 殘つてゐる, 現れた, 現われる, 発見する, 相互に, 知られて, 私たちは, 美々しく著, 考えること, 肯定する, 自己を, 自覚され, 興味が, 見ると, 見るの, 規定した, 規定する, 解釈し, 説明され, 説明する, 身に, 迎へられた, 逆に, 非常に

2 [207件] ああいう, あがめて, あげて, あるから, いは, お別れ, きめて, この本, これに, すこぶる興味, その外的存在, その関係, それによ, それ自身虚無に, つかわれて, つくって, つねに表現, ではなくし, とりあげねば, ほかならぬ, また他, みて, もしその, もって, やって, よく人, われを, ゐたの, ゐるの, スピノザの, 七処女の, 与えられて, 世に, 世界の, 世間から, 中心に, 主張される, 予期し, 人々の, 人間が, 人間は, 人間的な, 今日の, 伝へられて, 伸子に, 何か, 何人も, 何処までも, 作中人物に, 作品の, 作用し, 使うと, 働いて, 先人の, 光って, 兩者の, 具体的に, 出来るだけ, 初めて人間的生命, 刻み込まれた, 刻印され, 刻印を, 創造した, 創造し得た, 創造せられた, 動いて, 区別される, 区別する, 区別せられ, 區別される, 十分に, 取つて, 取り扱うの, 取り扱われて, 取り扱われなくては, 取り扱わんと, 取扱われて, 受取って, 古典的に, 單に, 噂は, 土地の, 報告する, 外夷に, 多くの, 大切に, 女に, 妾貴君に, 完全に, 対立する, 居られるの, 居るの, 差支ない, 平気で, 形である, 彼女の, 心の, 思惟する, 思惟せられる, 恐れて, 意識の, 愛して, 感じたこと, 感じられるよう, 感ぜられる, 感ぜられるよう, 憎みとかく, 我々の, 或る, 手を, 扱って, 扱ふと, 技術的である, 抵抗を, 持って, 挙げられて, 捨てて, 排斥した, 排斥します, 描いて, 描かれて, 放棄し, 教えられた, 既に自然, 明晰に, 昔から, 映って, 普通に, 更に二つ, 書かれて, 有って, 有名である, 来て, 構造づける, 残った, 残つてゐる, 残るの, 深く仏者, 深く佛者, 無視しよう, 現は, 現はれ, 現わ, 現われること, 現われるであろう, 現代人自身も, 現実に, 現實的, 理解されなけれ, 理解されるべきである, 理解しなけれ, 生き残って, 発達した, 盛んに, 直ちにこれ, 眺めて, 眼に, 知る一切, 確立される, 示されて, 示される, 社会の, 私を, 私達は, 空間の, 立派な, 結合した, 絶対的な, 考えなければ, 考えると, 考えるに, 聞くの, 自らを, 自分を, 自然的な, 自身の, 自身を, 行かねば, 行為的と, 表は, 表われ, 表現的である, 要求される, 見なければ, 見ようと, 見られる事, 見る立場, 見出される, 規定し, 観て, 観るに, 観察する, 解明され, 解釈する, 言ひ, 計算し, 評判が, 話を, 認めたか, 説明出来る, 読んで, 誰も, 買って, 軽蔑し, 通用し, 限定する, 韮の

1 [2312件 抜粋] あがめ奉った, あつかわれるの, あぶなく吹き出す, あらわれはじめたの, ありつづけたの, あるべきだと, あるん, いかなければ, いつも語られる, いらっしゃる, いわれて, うけとる気持, うけ取られて, おうらやましい, おったので, おとしめようと, おるの, お種, お許しに, かかる反復, かつて社会, かれに, こういうもの, ことさらに, この一篇, この中, この六巻, この小説, この手紙, この社会, これからまた, これに対する, さう, さしあたり亀, さまで, しばしば問題, しばらく保留, すぐに, すなわちこの, すべての, そう定め, そとに, そのほう, その二人, その価値, その存立, その幾年, その性質上, その構造, その穴, その著者, その面, それぢや, それ以上の, それ自身また, たいした労力, たち現れて, ためられるよう, ついて, つねに全体, つよく感じた, できるだけの, でなく不思議, とある夕暮, とりあげた反面, どこまでも, ながめた, なんの, のちのちまで, はじめてりっぱ, ひたすらに, ひろがった, べつにそれ以上追及, ほとんど何らの, まさそれに, まず何, また僕, まとめて, みとめられかれは, むしろ, もしくはそれら, もどき役の, ゆっくりお話, よそほし, より繊細, わたしたちの, われらの, われわれの, ゐたと, ゐられる, ゐる憾み, アリストフアネスの, イデオロギー, オミットに, ゲーテにおいて, シュスタコヴィッチも, デカルトは, プレハーノフ, ホテルの, モラル論も, 一々御, 一一書名さへ, 一応認容, 一時の, 一番早く, 一般から, 一般人類の, 万事を, 三田は, 不意に, 与える, 世間からは, 主体は, 主観的に, 之に, 了ひました, 予算に, 二元的に, 云い表わされねば, 互を, 人々が, 人格は, 今から, 今も, 今日仏蘭西ノルマンディの, 仏者から, 仙台平は, 任意に, 伝つた, 伝統的な, 何かしら意味が, 何晏の, 作った事, 作用しない, 使い分けて, 使ひこなす, 価値附けられ, 保存されなけれ, 信じたため, 信仰生活の, 修辞学は, 偶然といふ, 僕自身の, 元來ただ可能的, 先の, 全く結婚, 公然と, 其一部分は, 其對象を, 内外ともに, 再確認, 出す力, 出来れば, 分析し, 初めてその, 初めて書い, 別に考究, 前句, 劇壇の, 動きはじめて, 北中南の, 区別を, 十分うけとっ, 十字架に, 卑しめられるに, 単なる文壇人, 単に量的関係, 印象された, 即ち現, 却下する, 又それ, 又人間, 及び理解, 取り上げること, 取り扱おうとも, 取り扱わなければ, 取り扱われる酬いを, 取上げて, 取扱はれた, 取組ませつまり, 受けとった, 受け取れた, 受取りたい, 受取るといふ, 古くは, 叱ったの, 合目的的に, 名高かった, 含まれて, 味得し, 哲學を, 問題外に, 嘲笑軽蔑され, 固定する, 国法上特別の, 在るこの, 地平社発行の, 執筆した, 変じ行くもの, 多大の, 大いに推奬, 大衆とか, 失ひかけようとすら, 女房達が, 妻を, 娯樂を, 嫌つてゐた, 存在として, 学問的専門的に, 守り育て, 完成する, 実在させ, 実感し, 実証性の, 客観に, 家の, 密かに, 専門的にまで, 尊敬され, 尊重すべき, 小さき者, 尾崎咢堂犬養木堂の, 居り短歌, 展開し, 崇拜した, 左に, 希望の, 常に父, 平家の, 幽霊の, 弁明しうる, 引用され, 強く描き出され, 当局の, 役立って, 彼を, 彼等が, 後々までも, 従って認識, 御覧に, 心淋しく, 必読を, 念入りに, 思惟される, 恋に, 恰好で, 想い起されるもの, 意に, 意識され, 愛が, 感じ, 感じては, 感じますが, 感じると, 感じ取って, 感ぜられて, 感慨無量といふ, 慰め, 憧憬し, 成長する, 我の, 戯曲の, 手に, 扱われた鉱石, 扼腕し, 承認され, 技術的であり, 把握さるべきである, 把握し得る, 折角平和, 抽出する, 拡大された, 持ち歩こうと, 持つよろこびを, 指摘出来得る, 振舞うこと, 捉えるから, 捨てられる, 捨象し, 排斥したい, 探し出されて, 推奨し, 掲げられたに, 描かれてこそ, 描き出された天女, 提出され, 提唱し, 擯斥する, 改易に, 放射され, 散る, 数え得るもの, 文字の, 文学青年の, 断つて, 新しく生れる, 日本の, 日蓮と, 明記し, 映らない, 昼目歌が, 普通民との, 更に語らね, 書くといふ, 最も重き, 最近西田哲学の, 服従しなけれ, 木村に, 本質的に, 来た兵たち, 果てた, 検討を, 楽むやうになつた, 横山林二氏が, 歌は, 止まらねば, 此を, 歴史的真理が, 死の, 殆ん, 残されるべき部分, 残った妻, 母と, 民衆芸能に, 氣壓潮の, 永遠と, 求めると, 決して單, 法則の, 注意すべき, 注目され, 活, 浮ばせ度, 深人, 源三郎正式に, 無暗に, 父の, 特に禁忌, 特定の, 特長的である, 独立の, 珍重した, 現れるという, 現われたの, 現われるもの, 現在を, 現金及び, 理解すべきであろう, 環境的に, 生かすこと, 生きかた, 生きる道, 生まれるの, 生れ出, 生活する, 用いて, 申し上げること, 町奉行でも, 略されつつ, 疑は, 痴かさを, 発生した, 発達する, 目安に, 相剋は, 相手を, 真である, 真理な, 眺め下す, 矛盾し, 知りすぎて, 知識である, 確りからみあっ, 示した生きかた, 社交上人に, 社会的な, 神から, 神経過敏な, 禁止と, 私たちの, 私には, 科學概論といふ, 立てたの, 立証された, 第一位, 範疇である, 納って, 純粹, 終らせまいと, 経験され, 経験する, 結果しなけれ, 統治者の, 絶對的な, 継子に, 罪せられる, 置かれて, 罵って, 美化し, 考えたという, 考えられなかったの, 考えられるの, 考える事, 考える程度, 考ふる, 考へたいやう, 考へるかも, 考察せね, 聖なる職団, 聞き流した彼, 肯定され, 育つた, 能狂言と, 自分たちの, 自己否定的に, 自己自身に, 自然承認され, 自由主義的な, 自身に, 興り来り流行, 茶の子の, 蔵の, 衆俗の, 行われて, 行動しなけれ, 表現される, 表白し, 装われなければ, 要求した, 見せた, 見られる, 見る時, 見出されたならば, 見出すだろう, 規定される, 視られて, 親も, 観るため, 観察した, 観賞されないらしい, 解し得られるので, 解せられては, 解釈される, 解釋し, 言うたと, 記されて, 記憶すべきでありましょう, 記録は, 許される, 訴えまた, 評価された, 話して, 認めた上, 認められ彼ら, 認めるに, 認識されない, 語られるに, 誤信された, 説明された, 説明の, 読み違えを, 調査の, 諦めては, 諸方に, 讃歎至らざる, 豫定し, 財閥と, 賞讃し, 超人を, 身につけ, 軽蔑する, 農村の, 返答を, 迫つては, 追慕する, 送り返された, 通用した, 造り洋画, 進上する, 過去と, 遠ざけようと, 遷却祟神祭祝詞, 選んだ, 選択される, 避くべき, 郷党家族に, 釋迦や, 重大視され, 鑑賞し, 関心を, 除外し, 離して, 霊力の, 非難され, 鞭った, 頂戴し, 顕われ, 風呂敷ばかり, 駿介に, 髪も

▼ ものなら~ (2914, 0.8%)

48 それこそ 29 ばその 2725 んと 22 ばそれ 19 んや 17 それは, む 16 何でも 15 私は 14 すぐに, ばこの, 仕方が 13 自分の 12 なんでも 10 ば必ず, 僕は 9 これは, それを, ば私, 誰でも 8 んか, 彼は 76 ばこれ, ば何, ば彼, むや, んには

5 [11件] それが, なくに, なにも, ばどうして, ばわし, んとの, 何も, 南家の, 彼の, 立派に, 自分は

4 [13件] いいが, その前, どんな目, ばあの, ばいかなる, ばきっと, ばたとえ, 人間の, 何んで, 彼女は, 早く死ん, 私が, 自分も

3 [36件] いつかは, おれは, こ, こっちが, こんなこと, そのよう, その方, たいへんな, どんなこと, どんな事, ばいっそ, ばどう, ばわたし, ば人, ば今, ば必ずしも, ば書い, ば格別, ば自分, ば誰, わたしは, んのみ, 一度は, 人は, 人間は, 今度は, 何とかし, 俺は, 大事な, 大変だ, 大変な, 家の, 容易に, 早く片, 最初の, 第一

2 [171件] あの人, あべこべに, あれだけ門の, あんなところ, あんな傷, いいん, いくらでも, いくらでもある, いくら私共, いっその, おめ, お前の, お前は, お父さんは, お雪, かえって飛んだ, ここの, この世は, この先, この平次, この男, これで, これを, しかたが, し楽しみ, し鏡, そいつは, そういうもの, そのうち, その場, その草鞋, それに, それほどの, それも, ともかくも, どこかに, なにとぞ一念発起, ねど, ばあらかじめ, ばおそらく, ばこれから, ばそう, ばそれでも, ばたちどころに, ばともかく, ばどんな, ばなおさら, ばなぜ, ばなる, ばまた, ばまだ, ばもう, ばゆく, ばわざわざ, ば人間, ば今日, ば仕方, ば何処, ば信用, ば僕, ば其處, ば出る, ば初め, ば勉強, ば同じ, ば吹こん, ば吾人, ば問題, ば回転, ば大いに, ば大病, ば如何, ば嬢様, ば実は, ば常に, ば彼女, ば彼等, ば思ふ, ば恨めしい, ば早う, ば未練気, ば海, ば牛, ば皆, ば着せ, ば精神, ば芸術家, ば赤い, ひどい目, ほんとうに, また人間, もうこれ, もう少し悲しく, もう足, も一度, われわれは, んかと, ん今は, 一と, 一家の, 一年前に, 一足でも, 世の中に, 九つまで, 二十年も, 人の, 今後は, 今日まで, 他の, 何から, 何でもある, 何とか工夫, 何の, 何れが, 何を, 何故に, 何處かに, 例の, 俺も, 僕だって, 元の, 先生が, 初めから, 博士は, 口が, 呼吸も, 大変で, 大概あり, 大變, 天下の, 女は, 宗教や, 己が, 平次は, 彼等は, 必ずその, 愍然な, 承知しない, 文学などの, 本艇は, 格別だ, 梁山泊の, 火鉢の, 父親の, 片瀬に, 猫の, 生涯自分の, 町内の, 百年目だ, 直ぐに, 眼を, 確かに, 私たちは, 私に, 私の, 立所に, 翌る, 腹を, 自分が, 自惚, 自由という, 誰が, 誰に, 請合い袋叩きに, 警察の, 辰さんは, 非常な, 鞘を, 頭は, 首に, 鳥が

1 [1946件 抜粋] ああし, あたしにだって, あっしに, あなたに, あの兇暴, あの田舎者, あの苦み, あるいは千鶴子, あんなにさがす, いいわけ, いかに当時, いきなり胸倉, いっしょに, いつか一度は, いつか此方が, いつまで, いま死ん, いよいよ碌, おいらも, おとなしく坊主, おまえさんは, お前さんその, お前も, お帰り, お手数ながら, お母さんも, お茶碗, お陀仏に, かえって大変, かるがるしくそんな, きっと助け, きっと死ぬ, きっと非道, こいつとんだ, ここなどは, ここより, こっちから, このすずめ, この一二年, この場, この成城, この研究所, この野郎, この電燈, これに, こんなちっぽけ, こんなふう, こッち, ご家臣達, さしづめ狂人, さっさと出かけよう, さっそく火事騒ぎ, さもそうず, じきに完全, すぐし, すぐ人, すぐ横っ面, すこしでも, すべての, ぜひが, そうし, そこに, そして和歌子さん, そのため, そのとたん, そのまま夢, その俳優, その子, その手, その柔, その母, その瞬間, そもそも政治, そりゃはあ, それくらゐ, それで, それには, それみた, そんなこと, そんな厭, たしかに姉さま, ただ彼, たちまちどこ, たちまち大, たちまち芝居, たとえ他, だれしもがと, ちっとも恐, ついには, で能, とくに帰ってる, とつい, とても純潔, とまで思, とんだとばっちり, と内心, と経文, どうしてあなた, どうしても狩りつくさなけれ, どうして私, どうぞ助け, どこからでも, どすぐろい声, どれ程にも, どんなおそろしい, どんなにで, どんなに喜ぶ, どんなに驚き, どんな困難, どんな形, どんな貧乏人, な, なお大変, なぜゼムリヤ号, なぜ永続, なにをか, なんでまあ, なんとか捜し出し, にんじんは, ねど自ら經營, はたと膝, はやくお, ばあなた, ばいさぎよく, ばお詫び, ばかばかしくて, ばこれら, ばすなわち, ばそ, ばそもそも, ばそんな, ばたと, ばたんと, ばというぼんやり, ばと云つて, ばと思う, ばどこ, ばなにとて, ばほんとう, ばまずはそれでも, ばみな相当, ばやっ, ばわが, ばゴーホ, ばソリヤ甚, ば一度, ば一社会現象, ば七兵衛, ば世, ば二十四時間内, ば互に, ば何と, ば作用, ば俺, ば全, ば再び, ば勝手, ば印刷, ば古来恋愛, ば各所, ば商売柄不思議, ば土, ば売れるでしょう, ば大して, ば夫, ば委員会, ば安く, ば実験, ば富岡, ば島, ば当然, ば御身, ば忘れよう, ば急ぎ, ば悪夢, ば我が, ば技術, ば援, ば敢, ば日, ば是非共振, ば時弘, ば最も, ば東山時代, ば梶, ば此場, ば歩かない, ば永い, ば海底戰鬪艇, ば漫画, ば無産階級, ば猶, ば生活, ば直接感覺, ば矯正, ば移し, ば素材, ば綜合, ば自然主義的, ば虚栄心, ば見とがめられず, ば読む, ば資格, ば速やか, ば遊芸, ば金銀, ば限り, ば面, ば馬士, ば高貴, ひでよし, びっくりし, ほとんど総べ, まあその, まずそれ, またそれでも可, まだいくら, まだもつ, まだ落ちた, みごとに, みんなキザンで, むとおもひ煩ひ, むりに, もうこの, もうちやん, もう俺, もう彼, もう死ん, もう鴉片窟, もっと倍, もっと辛抱, やがてから, やつて, やッ, よく見えます, よろしいよろしいウン, わざ, わしは, わたくしもう, わたしを, われらに, われわれを, んしかして, んよし, ん曲者は, ん然, ガス中毒と, ステージへ, ツンと, ナカヤマ・シンペエの, パリ生活の, フン縛られ, ホツと, モウ食気が, 一かたげに, 一つ死んだ, 一個で, 一刻の, 一家一まきが, 一応は, 一日じゅう何か, 一旦は, 一晩で, 一番懸け, 一部の, 三つも, 三十くらいは, 三毛の, 下から, 不肖ながら, 中に, 久しく忘れ去る, 予審判事を, 二つでなく, 二三十も, 二十年に, 二階から, 五十パーセント迄, 井口氏は, 人が, 人心を, 人間箱を, 今でも, 今の, 仏壇と, 代々の, 伯夷, 何うにか, 何でもという, 何でも口, 何で客, 何とか其処, 何なり, 何べ, 何んでも, 何故はた, 何時まで, 余の, 保険の, 俺に, 僕だ, 僕も, 兄さんは, 先廻りを, 先生納まり返っ, 入院費も, 全船, 兵庫頭は, 其儘に, 再び猛烈, 凡そ儀式張つたこと, 出鼻に, 前夜確に, 勿論この, 十年前に, 千両箱を, 半兵衛ごとき, 卒知らず, 南鷹ヶ峰の, 即得往生, 却って無, 厭な, 又貉扱い, 口の, 古桶, 吉見は, 君たちの, 呶鳴りつけられます, 咄嗟に, 咳気に, 国使五人を, 地上へ, 夏も, 夙くに, 大いに効き目, 大事に, 大変である, 大抵讀ん, 天下一の, 奥様からの, 女共が, 女房を, 好い加減に, 妾達の, 姿が, 子供等が, 守人と, 官憲に対する, 家に, 容易な, 寵愛を, 尊王攘夷覚えた, 少しでも, 山だ, 岩石人に, 已むを, 常識として, 平素勉強を, 幾ら見た, 幾言も, 弁護士に, 引取つ, 当然三尺, 彼女の, 彼等巨頭連の, 後ろ向きに, 復讐の, 必ずピエール, 必ず生かし, 忽ち, 忽ちわな, 忽ち取返し, 忽ち怪異, 忽ち本, 忽ち腐つた, 忽ち頭, 思わず晩酌, 恐いの何ん, 恐らく永久, 悉皆消化, 悲鳴を, 慈善家だって, 我慢が, 手の, 手紙を, 招待する, 按摩の, 政職とて, 数代つづいた, 斯うし, 既に生命, 日本人が, 旦那の, 早く斬られ, 早く貰いたい, 早速人生, 明日にも, 是非僕, 最初から, 月並だって, 本人の, 本当に倫敦市, 東京の, 棺桶人夫か, 横文字であろう, 次郎は, 此の, 此方だって, 此邊に, 歯を, 残念だ, 母子の, 毒虫にでも, 気に, 水へ, 江戸で, 河へ, 浦塩か, 海底に, 渠は, 潔く松野, 無い方, 無用だ, 熊川忠範は, 爲方が, 物堅いあなた, 猟犬を, 献上いたしましょう, 珍らし, 生意気な, 田舍ものに, 男でも, 町はずれから, 病に, 痕跡が, 百でも, 百里も, 盆の, 直ぐにも, 直ぐ松村武, 直にそれ, 直接霊と, 相手を, 真実が, 眼の, 硝子窓から, 神経も, 私だ, 私共は, 立処に, 竹原の, 第二義に, 精一ぱいのことをしてやらうと言つた氣に, 素人の, 結構な, 絵描きは, 缶詰の, 美代吉も, 聾に, 肩胛部に, 自分たちの, 自慢する, 舌かみ切っ, 花活の, 若し親しい, 著名な, 虫の, 血痕が, 行きがけの, 見物が, 観音の, 証拠が, 誰かに, 請人が, 講釈本落語全集等の, 財宝の, 資本主義の, 赤い糸, 足も, 身も, 身体全体が, 農場という, 通信機を, 過去の, 適当な, 都合次第に, 野宿を, 金次一生の, 鉱物にも, 長老は, 陸つづき, 雑兵ほどの, 露伴氏は, 面倒臭い言葉, 頭蓋骨は, 風にも, 飯櫃でも, 首吊, 馬鹿な, 麻も

▼ ものには~ (2100, 0.6%)

20 相違ない 19 違いない 15 眼も 14 あらず 13 それが, ならない 10 違ひない 9 ちがいない, 手を, 非常に 8 少しも, 目も 7 あらざるか, なって, 興味が 6 何か, 相当の 5 ならないの, 相違なかっ, 非ざる, 非ず 4 あらじ, 相違あるまい, 私は, 絶対に, 順序が

3 [27件] あまり興味, あらずや, あれど, その験, それを, ならないが, ならなかった, なりさ, なるまい, 一つも, 一種の, 人間の, 天然自然の, 心を, 必ずその, 手が, 抗抵, 注意を, 程度が, 縁の, 自分が, 見えなかった, 見向きも, 誰にでも, 誰にも, 迚も, 鳥目二百銅を

2 [85件] あらざるべし, あらずと, おぼえが, このよう, これが, これも, さう, しない, そうさせ, それこそ, それだけでも, それだけの, そんなこと, たくさんの, ついて, なった, ならないけれども, ならないと, なれないと, はじめて乗り, まづ, よくある, わざと面白, グループに, ピンから, 一定の, 一度も, 一応全部, 一般的な, 三文の, 不思議に, 不思議の, 二刻三刻の, 何にも, 何の, 何も, 何事も, 僕の, 元から, 出来ません, 分らないの, 勉強家などの, 及ばない, 可なり, 同情を, 堪忍という, 大音羽屋, 如何に, 妙な, 居られません, 必要だ, 手の, 敵わ, 昔も, 構わずに, 橘屋ある, 決してなられません, 決して助力, 無之候, 無代価, 無関心, 無限の, 物揚場の, 生命が, 白日よりも, 相違なかつた, 私の, 第一条件, 花寂しい, 袖を, 見えなかった時, 見せて, 言わして, 誰でも, 賞を, 進んで, 違いありませんが, 違ひありません, 違ひなから, 非ずして, 非常な, 順が, 頭が, 頭の, 骨董でも

1 [1629件 抜粋] あいつらを, あの面白味, あまり心, あらざりけり, あらざるなり天上, あらずやと, あらず小春, あらず毒, あらで燦然, あらゆるもの, あり合わせ, ある不可説, い, いかに慣れ, いちばん興味を, いつの, いつもケイ, いつも自分, いろいろの, うとくなっ, おつかない, おのずから明らか, およそ縁, お咎め, お誂向, かういふもの, かないません, かなり寄与, かような, きっかけという, きものの, けじめという, こいつが, こうした愛, こうした色の, このつ, この位, この感興, この種, これと, これは, こんなに含蓄, さういい, さらに気, さわりも, したくない, しっぽが, しなかったの, しません, すぐわかる, すぐ気がつく, すこしもそうした, すこぶる縁遠い, すなわちあの, すべての, すべて機み, すべて限度が, ぜんぜん重力, そうした空想, そう思われる, その一部分, その効験, その周囲, その役目, その相手, その行動, それぞれの, それぞれ理由が, それほどとも, それほど手, それ自身に, そんな権利, たいてい松の木, たしかに伝説, ただ打算, ちが, ちゃんと明瞭, ちょっと理解出来, つい亭主役, つくし切れないのね, であいません, できません, できる丈話, とうてい持つ, とかく魔物, とても今, とても済度, ともすれば緩徐, どうかする, どうしても別, どうしても隠しきれぬ, どうにもややこしく, どうも蛇足, どこに, どこを, どんな一幕, ないの, ない弱い女, なか, なかなかやかましい, なかなか聞くべき, なにも, ならず実は, ならないまでも, ならない極, ならない筈, ならなかったかも, ならぬといふ, ならねえが, なりそう, なりにくい, なりませんぞ, なるが, なるまいと, なる程弁証法, なれないだろう, なれません, なんの, はずみという, ひどい疑惑, ふしぎに, ふた主義, ほとんどない, ほとんど批評, ほぼ次, ほんとによく利きます, まがいもの, まさに外道車, まだ一つ, まだ対面, まったく縁, みずから位の, みな感じられ, むくいありやがて, むしろ反対, めったに, もういっそう詳しく, もう一切目, もう誰, もっと執念, もとより心, やはりあ, やはり何, やはり浮浪孤児, やらずに, ゆとりが, よくなれ, よく用いられる, わからずわかるもの, わからぬやう, わかりわからぬもの, わがままな, アランの, オメカケが, キリスト孔子などが, ゴール結社市制編成委員会または, ステージは, ツルゲーネフや, ドリアンばかり, ハコネダケあり, ピヤリ・パシャ, ムツと, ルブランの, 一たまり, 一円を, 一向どうも科学者, 一哩も, 一層奇怪, 一應の, 一種不思議な, 一種特別な, 一般に, 一顧に, 丈の, 三匹の, 三河犬との, 三角形なんて, 上級生が, 不似合, 不向きな, 不死の, 中, 主観的な, 乏しかった, 乗れそう, 了解せられた, 事実云う, 二つの, 二種あっ, 二義的な, 云い知れぬ奥行, 五十両やる, 人の, 人格まで, 人間が, 今の, 仕たくなかったの, 他を, 仮面を, 伝わって, 何かの, 何とで, 何らの, 何一ツ趣味も, 何時か, 何者かの, 余り興味, 作したれ, 係わらねえほう, 個性が, 偽作が, 傘の, 元より, 先づ伊沢信平さんの, 兎角日本紀, 全く奇蹟, 全く相, 全然心当り, 全部個人関係の, 六ヶしか, 具合が, 内地人本島人生蕃人の, 再び見向こう, 凡そ無縁, 出ないの, 出入りが, 出来ないはず, 出遭わない, 分らない, 分らぬ郷里, 分るよう, 刑罰神を, 初め万年が, 判読し, 別天地の, 到底理解, 制裁を, 前の, 劣る位, 勝てない, 勿論な, 十万フラン, 千両の, 単調で, 却て, 厚い御, 又中心, 取らせ人質, 古いらしい, 可成それ, 叶は, 各階級, 同時に剣戟, 名前は, 味が, 和やかさ柔か, 單なる, 四周から, 困ること, 固有の, 圧されろと, 埼玉縣の, 堪へがたい, 声聞身の, 変りが, 外道車火鉢に, 多少の, 夜が, 大きさ, 大した日日, 大分不自由が, 大変丁寧である, 大抵事実上, 大概教訓モラルと, 大膽, 天地万物森羅万象いっさいの, 太政官札を, 奨学金の, 好い修業, 如何なる刃物, 威され祟るもの, 子供手当, 學者が, 宗教も, 実に好い, 実に簡単, 客観的な, 家作料を, 寂しさ, 寳物を, 小説としての, 少し気, 山田美妙斎が, 左の, 巻かれて, 巻かれろだ, 巻かれろという, 帰着しない, 常識が, 平家蟹の, 幾箇の, 張合の, 当てはまっても, 当りません, 形も, 往々怒鳴, 往々科学者, 得てして饒舌, 御無沙汰し, 必ずしも悪い, 必ず壽, 必ず対, 必ず神, 必要であろう, 思い切って, 思われてないの, 恋愛の, 悉く, 悪い病気, 情なく縋りつい, 想像できない, 惹きつけられるの, 感じられる満々, 懲りた上, 我々の, 我慢が, 或は更に, 戦争の, 所々のぶく, 払って, 折れろ重い, 持つて, 捨て難い, 接して, 支那に, 政子姉と, 数多い素因, 敵はん, 断の, 新らしい, 日が, 日本人特有の, 早いけれども, 明白な, 是非に, 時とともに, 景品の, 最も慰められます, 最近に, 有難い現象, 朝より, 核が, 検閲を, 極めて漠然とした, 楽です, 権利が, 次第に多少の, 止まらない, 此の, 死と, 殊にそれ, 残念ながら, 毎日毎日飽き飽きする, 毛の, 気も, 気持ちが, 気高き人, 求められない一, 決してすっかり信頼, 決してなれなかった, 決して痛い, 河原細工と, 泥を, 洋杖蝙蝠傘藤いろ, 温かい粥, 滿足を, 無くては, 無効の, 無理に, 無鉄砲な, 無關心, 牝に, 特別に, 特色が, 狩谷, 独行道二十一条というも, 王さまが, 珍らしかった, 現代の, 球形の, 甘いもの, 生まれて, 生滅界より, 用は, 男なら, 番毎に, 痕跡を, 白とか, 皆のぼり, 皆終わり, 目録が, 相当よい, 相手が, 相違な, 相違無い, 真に守景以上, 知的性格が, 社会状態なり, 祟りが, 秀れた, 科学の, 秩序の, 窓という, 立派な, 竜之, 第一, 筋の, 粉末絵具が, 糠悦びばかり, 紫か, 組織の, 絶えて, 網打つ, 線の, 繃帯を, 老人手当, 職場を, 能く, 腫れものに, 自信の, 自分でも, 自然が, 自然生殖力も, 興味は, 色あざやかに, 花が, 苦いの, 莫大の, 葉柄の, 薄に, 蚊に, 蝦夷の, 衣食ある, 裏も, 見えないので, 見せたくないといふ, 見られない, 覚えて, 解らなければ, 触れなかった, 言葉に, 詞遣, 誠意を, 誰も, 貧しいなりの, 資本主義の, 趙明誠の, 足に, 軽い脳貧血, 近よって, 返つて, 逆行的である, 通じてるわ, 逢って, 過剰の, 違いないだろう, 違ったところ, 違ひなかつた, 適当しません, 都合が, 釉が, 金一千円を, 金十八両を, 鈴木十兵衛三河屋権右衛門等が, 銀五十枚を, 錠を, 鍛えあげられたいして, 長い畷, 閉口であった, 関係なく, 關心を, 限らない, 限らなかった, 限られなかったから, 限りも, 限度の, 随分嘘, 雨雪霙霰雹など, 静止し, 非らじ, 面会を, 頗る自然, 顧慮する, 食わせなくても, 飽き足らぬかも, 馬鹿ていねいに, 驢の, 高等な, 魂が, 黄包車挽き

▼ ものじゃ~ (2010, 0.6%)

432 ない 181 ないか 93 ありません 78 ないよ 65 ありませんか 57 ありませんよ 51 ないん 43 ねえ 42 ないと 40 アない 30 ないの 2927 ございません 25 ねえか 2216 ないかと, よ 15 のう 14 あるまい 13 ありませんわ, ないから 12 ないさ 11 ないわ 9 ないこと, ないぞ, なくて 8 ございませんよ, ないという, なかった, アねえ 7 が, ないかね, ないからね, ないが, アありません 6 ありませんね, あるめ, ないでしょう, なくって 5 ございませんか, ないぜ, ないでしょうか, ないね, ないのよ, なかったの, ねえよ

4 [14件] ありますまい, ありませんから, ありませんが, ありゃしない, そうな, ないかな, ないし, ないって, なくってよ, なし, なア, ねえん, アございません, 無い

3 [20件] ありませんからな, ありませんからね, ありませんそれ, あるまいし, から, ござんせんか, ぞ, ないかしら, ないかしらと, ないそう, ないだろう, ないですよ, ないな, ないので, なくてよ, ねえの, ねえや, わ, テ, 有りませんか

2 [41件] ありますまいよ, ありませんあれ, ありませんだから, ありませんでした, ありませんもの, ありません私, あるまいと, いつどう, ございませぬ, ございませんね, ございませんわ, ござんせん, ごわせんか, それに, でのう, ないかも, ないからな, ないこの, ないこれ, ないじゃ, ないそんな, ないです, ないですか, ないよう, ないわよ, ない人間, なかなか承知, なかろうか, なかろうかと, ね, ねえぜ, ねえぞ, ねえですぜ, わい, わしは, ア有りません, ア無い, ナ, 御座いますまいか, 有りません, 絞れば

1 [334件] あなたは, あははは, ありましょうが, ありますまいか, ありますまい罪, ありませんあなた, ありませんかな, ありませんかね, ありませんかねえ, ありませんけれど, ありませんけれども, ありませんこっち, ありませんし, ありませんぜ, ありませんその, ありませんそれでは, ありませんそれに, ありませんつい, ありませんでしたよ, ありませんと, ありませんなどと, ありませんねえ, ありませんのよ, ありませんのよと, ありませんははははは, ありませんまた, ありませんや, ありませんアメリカ, ありませんワ, ありません名残, ありません土地, ありません女子蛆, ありません少なくも, ありません廂下, ありません慶長小判, ありません馬鹿, ありゃしないん, ありゃしねえ, あるまいか, あるまいが, あるまいといった, あるまいよ, あるまい何, あるまい御影, あれは, い, いという, いな, うむそれ, え, おそらくない, お前は, お蝶ッ, かねて約束, かまわぬわし, からいかにも, からいつ, からうれし, からさっそく, からな, からねなどと言い渡す, からまあまあ, から今, から実は, から慌て, から書斎, から訴えなけれ, から電気現象, から馬方, けに, けれ, けれどうぞ, けれどお嬢さん, けんと, この婆, この水, これが, これじゃ, ごあせん, ございますまいか, ございませぬて, ございませんせっかく, ございませんぞ, ございませんの, ございませんわたしども, ございませんわね, ございませんわねえ, ございません事, ござらねえここ, ござりません, さあこれ, さぞ不自由, さよなら, し, すこしでも, せっかく丹誠, そうで, そこが, その犬, それから難破, それが, そんなら, ぞよ, ただそれ, てのう安, てや, てハハハハハ, で, での, では早速, でナ, ところでご, とんと自慢, どうじゃ, どこへ, ないあなた, ないいずれ, ないおまえ, ないかい, ないかって, ないかや, ないからねえ, ないがのう, ないけれども, ないことに, ないすべからく, ないただ, ないだから, ないだろうかと, ないだろうね, ないて, ないでしょ, ないでしょうに, ないでしょうね, ないですから, ないですな, ないです人, ないとね, ないどうしても, ないどうにか, ないなどと, ないなどとは, ないなら僕ら, ないに, ないのに, ないみたい, ないやり出した以上, ないらしいと, ないらしいな, ないわね, ないスペシァル, ないドウ, ないハハハハ, ないプログラム, ない一夜, ない一日, ない中, ない五六千円, ない今, ない今日, ない体中珠数生, ない信じるもの, ない借金, ない全く, ない処, ない危, ない吉, ない名人達人, ない好く, ない客観的, ない小ざかしく, ない少し, ない御, ない振り向いて, ない本物, ない次, ない清濁, ない現に, ない私, ない筈, ない自分, ない誰, ない身, ない頼むから, ない黙って, なかったかと, なかったからさ, なかったと, なかったな, なかったよ, なかったろうからね, なかったん, なかった文学, なかろう, なかろうだから, なかろうと, なかろう北の方, なくお互い, なくなった, なくなったん, なくなって, なく他人, なく感想家, なく賄賂, なしかえって, なしことに, なしずっと, なしどの, なし仲間, なし又, なし娶った, なし書いた, なそして, なというよう, なんという, ねえいきなり, ねえから, ねえこう, ねえざっくばらん, ねえっていう, ねえです, ねえという, ねえと思っ, ねえどっち, ねえびっくり, ねえほか, ねえみんな, ねえやな, ねえ一応, ねえ両国, ねえ処女, ねえ日本, ねえ無論, ねえ飽きる, ねエ, ねエが, のに何者, ひとつやったら, また死ぬ, みずおちあたりに, もの, やら, ゆうて, よははははは蒲生, ろか, わいのう, わしや, わるいと, わ開拓使, アありゃせん, アございやせん, アな, アなかっ, アね, アねえと, アねえや, ア外に, ネ, ヒッポの, ヨとこう, 一の森じゅうに, 下の, 世の, 五千の, 人違いだろう, 人間は, 仕方が, 何う, 何と申し, 余り遅い, 僧侶の, 先方に, 六かしい, 其のうち偸盗戒, 冥土の, 分らんか, 只四縁の, 吉野も, 名乗れ自分, 商売人にも, 地蔵様の, 地蔵菩薩大, 埒が, 大器という, 大阪で, 天狗や, 宮方へ, 彼処に, 御座いません, 御座いませんでした, 怖いもの, 思う念慮, 打明けて, 拙者も, 指環の, 斯う, 有りますまいかネ, 有りませんからネ, 有るまいネ, 業平朝臣じゃ, 死にたくば, 気の毒の, 決してない, 無いこの, 無いと, 無いよ, 無いん, 無い十年, 無い早坂勇さん, 無えそこら, 無えです, 無からう, 無かろうと, 無くて, 無さそう, 燈心を, 猿では, 瓜も, 真剣の, 真言の, 礼を, 神道流剣法より, 窃った, 立派な, 第一, 絶対に, 自然に, 話に, 讃州さま, 豪いもの, 遊女屋の, 間に合わない, 音に, 鮎の

▼ ものであり~ (1979, 0.5%)

17 それが 13 それを 12 それは 10 これに 9 他の, 後者は, 而も 8 これは, そこに, そしてこの, 之に 7 またその 6 さえすれ, しかもその, それに, 或る

5 [11件] この法則, これが, これを, そうしてその, そしてその, ながらその, 今此山, 彼の, 従ってその, 社会の, 私は

4 [11件] そうし, そこには, そしてそれ, その意味, それの, ながらしかも, またこの, 又その, 神の, 第二, 自分の

3 [35件] かよう, このもの, しかもこの, そこから, そしてかかる, そのため, その人, その他の, その価値, その結果, ただその, ながら我々, ながら既に, ながら独立, はしない, ひとつの, またそれ, また実際, ようはずは, 一つの, 一切の, 世界は, 人は, 人間の, 他から, 他方に, 又この, 小説を, 彼らの, 現実の, 真の, 第三, 第二版, 習慣を, 超越的な

2 [111件] おまけに, かつまたすみやか, これと, しかも私, しかるに人間, しか而, すべてが, そうな, そこでは, そしてこれ, そしてそこ, そして一切, そして云う, そして他, そして吾, そして実際, そして彼, そして私, その反対, その取立て, その技倆, その点, その聖徳, その際, それだけ, それ自体としての, どこから, ながらいつも, ながらそれ, ながら一つ, ながら作る, ながら噂, ながら未だ, また, またこれ, またそれほど, また人生, また後, また更に, また相互, また私, もう一つ, ようは, デカダンスとは, フランスの, ヴィジョンを, 一くち, 一つは, 一人の, 一方の, 一方は, 一般に, 且つその, 世界新, 人生の, 人生は, 人間が, 人間を, 人類の, 人類精神の, 他は, 他方は, 個別的な, 元来独自, 前者が, 前者は, 同様に, 吾, 唯一の, 多くの, 完璧とか, 常に現実, 強者保護者としての, 当時の, 彼が, 彼を, 彼女が, 彼女の, 彼等の, 従ってこの, 従ってもし, 従って両者, 従って又, 從つてその, 御子息英一樣, 悪である, 我々は, 政治の, 日常の, 日本人の, 昔の, 朝廷と, 未来は, 民主主義の, 生活は, 男に対して, 瘡痕の, 白痴的な, 知性こそ, 私の, 第一版, 精神病に, 習慣的に, 自分は, 自己自身を, 表現的な, 誘惑的である, 誰でも, 貴族院議員が, 近代の, 魂自体の

1 [1411件 抜粋] ああいう, あなたは, あまりに無茶, あらゆる季節的連想, あるいは表裏, ある時, いかにし, いちばん初め, いつも, いは, いやしくも之, いわば彼, おそらくその, お雪ちゃんが, かかる作用, かくして前, かつこの, かつもし, かつ人民, かつ夜分, かつ御, きわめて勤勉, ことに下層階級, このやう, この両, この人口, この光, この地, この後, この方面, この現, この相対的豊富, この範囲内, この芸術性, この話, これこれの, これに対して, これまでの, さう, しかしていは, しかもこれ等, しかも一私人, しかも変化, しかるに我々, したがってまた感情的, したがって予, したがって皮肉, すでにその, すなわちまた当時, すべての, そ, そういったもの, そうしてそういう, そうして自己, そうである, そこまで, そしてそういう, そしてますます一層, そしてもし, そして一七八〇年, そして不思議, そして事, そして北方民族, そして大きな, そして忍耐づよい者, そして政治的正義, そして機械, そして環境, そして租税, そして自給自足, そして親, そして高度, そのつもり, そのカーヴ, その一ブシェル, その両性, その主旨, その人柄, その出生, その受納, その唯一, その壁, その外観, その存在, その建築, その形成, その意義, その戦力, その故, その普茶料理, その楽員達, その激しい, その発声, その第, その絶対, その舗石, その証拠, その論敵, その資材, その逆, その闘争, その頃, それこそ, それでよかっ, それなくし, それに対しては, それゆえに, そんな話, ただ一方, ただ旦那, たとい血, だから宮本, つまりそれら, と思え, どこそこの, どんな働き, どんな真理, なかんずくトロカデロ, ながらいまだに, ながらこの, ながらすでに, ながらそんな, ながらなほ, ながらも異なっ, ながら並々, ながら今日, ながら何と, ながら単に, ながら年下, ながら愚か, ながら書法真率, ながら準備説明, ながら私, ながら統一, ながら自分, ながら自身, ながら逆, なるほどまた, はせぬ, ましてファシズム, またかよう, またそう, またと, またほとんど, またヨオロッパ諸国, また交換, また何, また出来る, また唯一, また地主, また女子, また封建的社會制度, また強い, また後世, また時には, また柄, また清濁合せ, また理論化, また純粋, また逆, また魏, むさし野, もしかかる, もし人, もっとも根絶, も一つ, やはり因習, よく知られ, より確乎, わたしたちが, われらこれは, アメリカでは, イプセン的舞台技巧は, カトリックないし, カントに, ギリシアの, サ行および, シマススキは, シューベルトが, ソヴェート同盟などに, チェロの, ドストイヱフスキーなども, パーソナルな, フロック型の, プロレタリア文学の, マノン侯爵夫人も, マルティールの, ムシュウ・ベルネは, ラディカルでさえ, レターペーパーなどは, 一あ, 一二一四は, 一回的な, 一層極端, 一度その, 一晩じゅういっしょに, 一般的の, 一軒だけは, 丁度科学主義工業, 三つには, 上杉方の, 下戸には, 不必要, 且つさう, 且つ大衆自身, 且つ深い, 且は, 世界が, 両者は, 主人は, 主観的, 之以外に, 乍ら気体の, 九月の, 人に, 人口減退を, 人生的な, 人間一般の, 人間的な, 今に, 今も, 今日は, 今更非, 今迄は, 他とは, 他方の, 仮説は, 伝説的存立としての, 体系ある, 何物も, 作者にとっても, 例えば, 修辞学の, 個人は, 個体または, 偏する, 僕が, 元々その, 全てである, 全体として, 八重山征伐の, 兵士に, 其故なまくらな, 内容一般としての, 凡ての, 別である, 前後矛盾という, 功利的な, 労苦な, 勝手放題な, 十七十八卷の, 千篇一律なる, 南アルプスでは, 単なる意味, 博士の, 即ち又, 即ち取り, 原形の, 又さ, 又はそういう, 又タマニホール, 又世界観, 又人, 又全体, 又同じ, 又大義, 又実際, 又対象, 又復古現象, 又普遍的, 又理想的, 又私自身, 又自ら策励, 又随分, 叙事詩の, 古今に, 右の, 各自の, 同時にいちじるしく, 同時に兵馬, 同時に現代生活そのもの, 同時に軍人, 君達は, 哲学史上哲学法の, 善を, 器宮が, 因果の, 国民生活の, 在郷兵は, 堀氏のは, 塵埃は, 外なる, 外部の, 夢が, 大なる, 大抵は, 大衆性を, 天伝来の, 天才が, 奇体な, 女の, 女神の, 子規また, 学問上の, 學問的に, 完成した, 実は化合作用, 実践的には, 客體的の, 家々では, 家の, 将来の, 小さな祭壇, 小説の, 少しでも, 展開の, 崇高な, 常に連繋, 平静で, 幾時間も, 庭球の, 当時として, 当時辺鄙な, 形式的に, 彼だけの, 彼にとって, 彼らが, 彼女らの, 後園は, 後者が, 従ってそれだけ, 従って一定, 従って人類, 従って何度反復, 従って出産性, 従って反, 従って変化, 従って必然的, 従って政争, 従って本当に, 従って無, 従って短期間, 従って結婚, 従って高度, 従つて戯曲の, 得意に, 從つてそこに, 從つて歴史的な, 御丁寧, 心の, 忘るべからざる, 思惟に, 急潮, 恋人以上の, 恒久不易なる, 意志は, 感染する, 慎み深く, 我を, 或いは狼, 或は作者自身, 或は薬, 所有権の, 所謂芸術小説とは, 手頃な, 押しも, 探偵小説怪奇小説の, 政治は, 政治家的処世術としての, 散文律を, 文化人の, 文樂翁と, 新しき土地, 日の, 日本に, 明智方も, 是非民主的に, 時に由っ, 景色画に, 暴行を, 更には, 更に戒壇院, 最も, 最も活溌, 最近では, 朝廷方院方と, 末尾に, 本質的に, 村を, 極めて高い, 樂燒の, 横着な, 機能的統合または, 正当な, 此対立の, 歴史という, 殆ん, 殊に今, 殊に白い, 比べものが, 気紛れに, 永久平和を, 江戸の, 決して何等, 決して終る, 決死的な, 法廷を, 泥坊には, 流産した, 渦の, 火の, 無意識的な, 無経験, 然ら, 牙を, 特に, 特に日本, 特に視覚, 特殊の, 犯罪社会に, 現にフランス, 現在の, 現実には, 環境としての, 生命を, 生活が, 甲の, 画面全体は, 畸形で, 百合の, 皇国は, 皇祖を, 盲目的に, 相互関係が, 真実で, 知の, 知識としては, 知識的でなけれ, 社会は, 社会機構と, 神社の, 私にとっては, 科学教育の, 稀薄な, 種々論評せらるる, 空想だにも, 第二の, 第十章, 精神的に, 純粹, 経験を, 結果で, 絶対の, 総司令官, 纔に, 習慣に, 肉体的にも, 背景を, 脆弱な, 自ら知らずし, 自叙伝の, 自己表現的に, 自然科学の, 自覚的には, 至って, 舌たらず, 花と, 芸術的価値の, 茶を, 虚実の, 行動する, 被告の, 親鸞が, 託児所が, 詩という, 誰が, 謡と, 谷崎潤一郎氏の, 責任を, 赤熱し, 身体の, 軍および, 軽蔑よりも, 近代文学の, 通常夕食を, 過去を, 遠く古い, 重たいもの, 鑑定に, 長歌は, 間違いは, 関東には, 附録, 隠語の, 電車の, 面白いもの, 頑強なる, 風俗としては, 風流人の, 馭者は

▼ ものであった~ (1893, 0.5%)

62 に相違 52 ことは 4937 がその, のである 36 ことを, のだ 31 という 25 かということ 22 がそれ, ということ, と思う 21 ことが 16 かもしれない 14 が, がこの 13 かも知れない, からだ, が今, のか, のです 12 から, がこれ, がしかし, にちがい 11 ことも, と思われる, に違い, ように 10 と解せられる, のが, のは, のを 9 にし, のであろう 8 かそれ, かどう, がそれでも 7 からである 6 が彼, が私, そうだ, のかも, 事が, 筈である

5 [12件] かという事, かと思う, か否, がそこ, が中, が為, としたら, にしろ, にもかかわらず, のかと, のであります, よ

4 [15件] かこれ, かと思われる, がため, が惜しい, ことに, そうである, とすれ, と察せられる, と思います, にせよ, のだろう, のでしょう, はずだ, ような, 事を

3 [32件] かがわかる, かそして, かと云う, かなかっ, かはわからない, かも知れぬ, かを知っ, かを証明, か私, がさて, がただ, が今度, が他, が後, しまた, そうです, という事, ところから, との事, とは決して, と云う, と云わなけれ, と同時に, と思われます, と考えられる, と見え, に過ぎない, ので, ので私, のに, ゆえに, ようである

2 [75件] かが想像, かという, かは今, かは誰, からこの, からこれ, からです, から人々, から私, かを思う, かを感ずる, かを知らない, かを私, かを考え, かを考える, か何, か想像, か自分, があの, がいま, がきれい, がそれから, がだんだん, がちょうど, がでも, が一方, が今日, が外, が実際, が役人諸君, が或, が故に, が日本, が次第に, が現在, が結局, が間もなく, けれど, けれどそれ, しそれ, し今後, し又, し彼, し私, ために, というよう, という点, といっ, とお, としても, としてもその, とのこと, とはどうしても, とは云え, とみえる, と云われ, と共に今日, と言う, と言っ, にかかわらず, には違い, のでこれ, のでした, のでその, のでわたくし, ので何, のなら, ようだ, ようです, わけだ, 上に, 事は, 事も, 併し, 場合に

1 [749件 抜粋] あるいはロマンティック, あれより, いま憶い出し, かあらためて, かがうかがわれる, かがこの, かが判りましょう, かが知られよう, かずっと, かその, かそれともまた, かたった, かという一例, かという想像, かという発見, かとがっかり, かとだまされた, かとわたし, かと思いやります, かと思わせる, かと気, かと痛感, かと見え, かなどと考え, かに従って狂信, かのいずれ, かはおおよそ, かはくだくだしく, かはこの, かはこれ, かはずっと, かはその, かはできるなら, かはむろん, かは五年, かは今私, かは同じ, かは大凡想像, かは当時彼女, かは彼自身, かは御, かは想像, かは最早, かは本人たち以外, かは直ぐ, かは自分, かは黒船, かもしくは, かもしれぬ, かもとよりはっきり, かも知らぬ, かも知れません, からあちらこちら, からいよいよ, からこっち, からそう, からそのまま, からそれ, からちょっとした, からで, からであろう, からとうてい, からもちろん, からもと, から一年ぶり, から三重渦巻, から世間一般, から中, から予測, から今日, から全面, から八等官, から勇躍, から勢い, から国法, から大家, から宮, から家, から小学校, から幕府, から彼, から彼等, から御, から手紙, から朝晩, から次男, から気, から求め, から源氏, から火花, から煙, から直義, から肉食妻帯, から自然, から花, から見物, から貧しい, から鎖, かをいささか, かをおぼえ, かをきわめて, かをそぞろ, かをはっきり, かをよく, かを今, かを実際, かを心, かを忘れ, かを思え, かを思わず, かを極めて, かを気付かれた, かを深く深く, かを知った, かを示す, かを語っ, かを説明, かを質問, かイヤ, かディッケンズ, か何者, か全く, か分らない, か吉田, か如何, か定基, か局部的, か当人, か故老, か明らか, か病的, か知らん, か知れぬ, か章, か考えず, か言葉, か追, か追わるる, があたり, があまり, がいつのまにか, がうち, がおき, がおし, がこうした, がこうして, がこのいわゆる, がこれから, がこんな, がさながら, がしかしまた, がしかも, がすぐ, がすでに, がその後結婚, がその後都会, がそれでは, がそれにしても, がそんな, がときたま, がどう, がどういう, がどっち, がどの, がなかなか, がなるほど, がひらり, がべつだん, がまだ, がむろん, がもう少し, がやがて, がわれわれ東洋人, がエジプト, がエリザベート, がキリン, がサボタージュ, がドイツ, がモデル, がラザルス, が一たび石田三成, が一九三四年, が一徹者, が一転, が不思議, が世, が主, が久しぶり, が之, が事件, が二三日, が五年, が人間, が今や, が今年, が今私, が伊賀袴, が何一つ, が例えば, が依然, が優品, が元来, が八百蔵, が八重垣姫, が其辺, が内蔵助, が分, が十五世紀, が占領軍, が司法主任, が呆れた, が味, が商館長, が四一年, が場内, が墨堤, が夜来, が天保, が女王たち, が娘ひとり, が宗助, が家来たち, が将軍, が小さく, が左, が師匠, が平定, が平素, が年号, が幾分, が当然, が形式主義, が彼女, が後々, が忠相, が性来物, が愛書家同志, が戦後, が折, が捨てる, が揚鍋, が散髪, が文面, が断らないで走る, が日, が日暮れ, が明智, が明治, が昼, が時代, が書きかた, が書中, が朝鮮, が材料, が東京, が栞, が検死, が正直, が武田さん, が殊, が毎朝梯子段, が民衆生活, が気の毒, が池, が泰三, が物, が物語, が王室, が生長, が畢竟, が病後, が直ちに, が相当, が神, が第, が紋三, が紋十郎, が経書, が給仕, が肩つぎ, が自分, が色, が苦しまぎれ, が蔵原, が蘇門, が袴, が要するに, が親しい, が解放, が読者, が講義, が質料的原理, が超, が追い追い, が遂に, が鋭い, が鎌倉在住, が門男百姓, が開かせ, が関東, が隣藩, が非常, が順序, が顧み, が風, が高山右近, けれどそこ, けれどなにか, けれども, けれどもとにかく, けれども僅か, けれども大き, けれども本質, けれど十三人, こといろいろ, ことこれこそ, ことだ, ことだけは, ことの, こと久佐賀が, こと個人の, こと晶子の, これは, ころ亮が, し, しことに, しこの, し何, し何しろそう, し大正年代, し孝之助, し辻川, し近所住い, し顔, し魔天, そうしてその, そうすれ, そうな, その人々, その深手, それから, それでも見物人, それらの, ただ芸風, ためか, ためであろう, ためでも, だけにこの, だけにその, だけにやや, だけに係官たち, で彼, と, というその, というの, というほか, という事実, という気, という説, という風, といわなく, とか, とかくする, ときには, ときまるなら, とこう, ところの, とさえ云, とさえ言われ, としてさて, としてもああ, としてもそれ以上多く, としてもやがて, としても又, としても地蔵さん, としても或, としても是, として筆, としましても私, との故障, との確信, とは言え, とも云, とも考えられる, と云, と云い得る, と云え, と云わね, と信じ, と共にまた, と共にヨーロッパ, と凡て, と同情, と存じます, と察せられます, と彼我, と後, と思える, と思っ, と悟る, と想像, と断定, と時々, と書け, と知った, と答えた, と考え, と聴い, と肯定, と見える, と見る, と解し, と解する, と言うべきである, と言った, などと思い出し, にかかわらずある, にもしろ, にもせよ, に他, に似ず, に御, に拘わらず, のでありましょう, のでかたわら, のでつまり, のでなく, のでバラノホラ・ジャポニカ・マキノ, ので一つ, ので今にも, ので伊四郎, ので反撥, ので女達, ので当局者, ので当時世間, ので彼女, ので押し付けがましい, ので総長レーリー, ので自ら, ので誰, のにさて, のにわたし, のに反し, のに運命, のね, のも, はずの, ばかりで, ばかりでなく, ましてこうし, またいろいろ, ものだ, やも知れぬ, わいと思わせられる, わけである, カテゴリーをば, バイオリンでは, 一瞬を, 之に, 事実を, 以上それは, 光一は, 其接吻を, 刄物が, 初期には, 因循さも, 場合には, 場合は, 場合木戸の, 女の, 婦人達だけが, 安場は, 宿業は, 彼の, 彼女は, 日常性は, 日本語は, 時代とは, 本の, 某女史, 様に, 様子でした, 死を以て, 民衆の, 源氏の, 為に, 為外界の, 状態を, 社会関係を, 私は, 筈だ, 紫黒色の, 聖譚曲, 言換えれ, 訣である, 評定の, 護法の, 過去の, 限り茲に, 雅楽の

▼ ものかと~ (1706, 0.5%)

49 思う 48 思って 38 思った 31 私は 27 考えて 26 云ふ 24 思われる 18 思つた, 思ふ 15 思うと 13 いうと, 思ったが 12 考えた 11 考へて 10 思いました 9 思われた 8 思います, 思うが, 言ふ 7 思うよう, 考えながら, 途方に 6 いえば, いふと, 不思議に, 彼は, 思いながら, 思案し, 迷って 5 いって, それを, 思われます, 思われるほど, 考える, 言って

4 [16件] いいますと, 云うこと, 云へば, 僕は, 思うの, 思うほど, 思えば, 思つてゐた, 思案した, 思案に, 私も, 考えたが, 考えました, 考へた, 考へると, 首を

3 [24件] いうに, おもわれる, 云う事, 云って, 云ふこ, 云ふと, 人に, 信じて, 吾輩は, 思いますが, 思い惑った, 思ったの, 思ったり, 思はれるほど, 思ふと, 感心した, 暫くは, 相談し, 相談を, 眼を, 矢代は, 考えましたが, 見て, 質問した

2 [86件] いふこと, いへば, いろいろ相談, おどろいた, お君, お尋ねに, すっかり感心, その相談, そればかり, そればっかり, ちぎる手, つ, つくづく思いました, つくづく見惚れた, ぼくは, 一方には, 不思議な, 云う, 云うに, 云うの, 云うよう, 云う心持, 云は, 今夜も, 卑怯な, 吾ながら, 困つて, 存じまして, 存じますが, 存ぜられます, 存ぜられまする, 尋ねて, 少年は, 度胸を, 彼女は, 心で, 心の, 思いながらも, 思い出した, 思うこと, 思うた, 思うて, 思ってね, 思はれる, 思ひながら, 思ひました, 思ひまして, 思われるの, 思われるばかり, 怪しみながら, 怪ま, 想ふ, 想像する, 感心する, 我ながら, 最後的見幕を以て, 熱心に, 瑠璃子が, 申しますと, 男役に, 疑はる, 目を, 立つて, 考えこんで, 考えたほど, 考えウム, 考へる, 考へるに, 聞いたら此, 聞いて, 聞くと, 自分から, 自分ながら, 興ある, 言い合って, 言うこと, 言う人, 言った, 言へば, 調べて, 迷ったが, 驚いたこと, 驚いて, 驚きました, 高を, 鵜の

1 [919件 抜粋] あぐねて, あたしは, あたり近所を, あてがわれたる車, あらゆる智慧, あれこれ思う, いいながら, いうので, いうを, いきり立つであろう, いくらか疑ふ, いっそ放擲, いつも考え, いひたいやう, いふの, いぶかしがる, いまは, いろいろ考え, いわれるに, うち興じる, うと, おっしゃるならまことに, おどろいて, おどろくよ, おもいなやんで, おもい直される, おもったが, お一人, お思ひ, お目, お葉, かえって熊太郎, かっ飛ばしながら, がんばって, きかれたら, ぐっと落着, ぐるりを, さうだんしました, さし當り, さっき教え, さまざまに, しあん, しがみついて, しきりに思案, しばし迷つて, しばらく考え, しみじみわが身, しみじみ味, じつは内々, すなわち割引, そう思う, そこに, そのもっとも, その事, その出, その時, その花束, それからは, それは, そればかりが, それへ, そんな反抗的, そんな風, ぞんじまするが, たかを, たしなめて, ただもう, たびたびお, ためらった, ちょっと躊躇, つい口, つい思う, つくづく感じた, とつさに, どぎまぎした, どの位痛切, ながい間, なにかうまい, なにか慄然, なると, ひとりで, びっくりしました, ふと心付きました, ほうに, ほくさりゆく日, まごついて, ますます強く, また思い返した, また自分, まるでユダ, みずからくり返し, みんなで, むしゃぶりついて, むしろ滑稽, むつは, もうそれ, もう一度考えた, やや激しい, よくみんな, よそごとに, わかる気持, わざと驚いた, わしは, わたしたちの, わたしは, オール, フトンを, ロカール氏に, 一ヵ月くらい, 一人が, 一寸刺戟, 一寸迷いました, 一彦は, 一時は, 一番立合つて見た, 一笑に, 万吉は, 三十数年前の, 不審がられる, 不思議でならなかった, 不理窟, 世間でも, 世間の, 久助は, 二三人の, 云いたいの, 云うくらい, 云うだろう, 云うので, 云う人, 云う様, 云けれ, 云ってた癖, 云っては, 云つた恨みつ, 云つて一度も, 云つて虱を, 云ひます, 云ふえらい権式で, 云ふ疑ひ, 云わんばかりに, 云節, 京二郎は, 人々不審に, 今から, 今つくづく, 今に, 今も, 今度は, 今更ながら, 今更らしく, 仰しゃってたそうだから, 伊代は, 伊部熊蔵ひたいに, 伺ひたいの, 何とやら, 何度か, 便所へ, 信じこんでしまつた, 僅に, 僥倖を, 八歳の, 六つの, 兵馬も, 其の相談, 内々思いこん, 冷笑し, 出掛けた, 判断し, 力みつつ, 力みながらも, 力説した, 勢い込んで, 半四郎一人を, 博士は, 厳い抗議を, 友人の, 反撥を, 口に, 口へ, 只驚い, 吉村は, 向き直る度胸, 否定し, 呆れて, 呟いた, 咲耶子が, 唇を, 問うた, 問うと, 問題に, 嘆きたくなる, 嘲る人, 困って, 城を, 夕蝉の, 夜明け前に, 大いに参考, 大いに怒っ, 大きな声, 大友よりの, 大学の, 大師様に, 大胆に, 妙な, 子供達は, 存じましたが, 存じます, 存じられます, 安く扱われる, 実は今晩, 客は, 室内を, 寒い冬, 察せられるだらう, 尋ねたら, 小左衛門は, 少々困っ, 少しばかり, 少し赧らん, 少し躊躇, 少年の, 屡々歎息, 左思右考し, 幸吉は, 幾ら考え, 幾度び願い, 張の, 当主辰雄が, 彼が, 彼の, 彼等は, 待って, 待つの, 後悔しました, 御本人, 心を, 心配する, 怒りが, 怒ると, 思いあるいは, 思いいぶかる読者, 思いつづけて, 思いなおしました, 思いなやんでの, 思いましてね, 思いますネ, 思いわずらっても, 思い煩った, 思い続けながら, 思い返え, 思い迷った, 思ううち, 思うくらい, 思うても, 思うでしょう, 思うのに, 思うほどの, 思うらしいの, 思う気, 思う者, 思えや, 思た, 思ったから, 思ったこの, 思ったはつ, 思ったほど, 思ったらこれ, 思ったら一八九八年, 思ったら一度, 思つたに, 思つたわ, 思つての, 思つて俺が, 思つて居る, 思つて月賦の, 思つて聞いたら, 思つて驚いた, 思はれた, 思ひつ, 思ひ出した, 思ひ惑, 思ふかも, 思ふこと, 思ふ樣子, 思へば, 思わしむる場合, 思わせるほど, 思わせるよう, 思われて, 思われるくらい, 思われると, 思われるほど態度, 思われる程, 思案しいしい歩い, 思案の, 思考も, 怪しまれて, 恠しんで, 悔む囁きも, 患者が, 悶い, 情なく思った, 惜しまれるの, 惧れた, 想われるよう, 想像し, 意地悪く, 愛想が, 感じた, 感心させられる, 感歎し, 感歎した, 慾と, 憤慨した, 我が身親子が, 戦って, 所謂文化住宅を, 手拭に, 抗議を, 拙者実は, 指折り数へて, 振返って, 捕へ, 探し廻った, 探し廻ったけれども, 推せられる, 推量される, 数人の, 新しい日本美, 新聞の, 旅行を, 昔の, 時々こう思い直す, 暗い街路, 暫く帯, 暫らく膽を, 更にたのん, 朝つ, 村の, 東助と, 板塀を, 根氣よく, 格闘した, 案じて, 案じるよう, 様々に, 歎かわ, 正面から, 此時ばかりは, 武蔵は, 歯ぎしり噛んだ, 毎夜相談を, 毛虫を, 気がついて, 気ちがいじみたあばれ, 気の毒に, 気焔を, 汽車中の, 泊った浪人, 泣きわめくだろうな, 注意する, 注意を, 浮きながら, 涙なき, 澤田子噴飯す, 無愛想な, 無闇に, 熟考した, 熱心な, 父娘三人で, 物を, 犇き合っ, 独り思った, 狼狽へ, 甚兵衛は, 田舎武者の, 申したの, 申すと, 番頭に, 疑いも, 疑つた, 疑ふの, 疑わしむ, 疑われたが, 皆が, 皆胸を, 目くばり, 盲目な憤り, 相談す, 石を, 研究を, 確く, 社会の, 私に, 種々研究, 空想も, 立ち迷うもの, 笑って, 笑われたが, 答えたが, 紀久子は, 絶えず不安, 続いて, 罵り申し候, 羨ましい気持ち, 考えたくらい, 考えたり, 考えた挙句, 考えつづけたこと, 考えとうとう, 考えなかったの, 考えられまする, 考えられるだろう, 考えると, 考え中, 考え始めたが, 考え悩んで, 考え青年客気, 考へさせられたこと, 考へた末, 考へてばかり, 聞いたの, 聞いたら大和魂, 肚を, 胸底で, 腹を, 自分などは, 自問自答折しも, 色々考え, 色彩故に, 若いあたし, 苦心し, 草の, 薩摩下駄を, 行って, 被仰った, 見えた, 見られる, 見廻してると, 親たちは, 観察的に, 覺えず, 言いながらも, 言い張った, 言うのみ, 言うんで, 言ったって, 言っても, 言つて大急ぎで, 言ふと, 言われて, 訊いたら然, 訊ねたと, 評定し, 詮索する, 話し合いついに, 誓った, 説いた, 誰も, 諦めて, 諮った, 躊った, 躊躇って, 軽蔑した, 軽蔑的な, 迷いながら, 迷い出して, 迷うらしく黙って, 迷ったあげく, 迷ってるん, 迷ひ, 迷ふらしく, 追いかける戦闘機, 追駈け, 逞ましい, 鉄斎が, 銭形平次も, 錢形平次も, 長い間強情, 開いた口, 間の, 陽の, 露子は, 青江機は, 頓狂な, 頭で, 頻りに考える, 飛ぶよう, 驚いた, 驚かされた, 驚かされるの, 驚かれるくらい, 驚き自分, 驚くの, 驚くほど, 驚ろいた, 驚嘆する, 鬼六は, 鼻の

▼ ものとは~ (1612, 0.4%)

33 思われない 23 思って 15 考えられない, 違って 13 思えない 12 云へ, 限らない 11 思はれない 10 思われなかった, 思われません, 考えて, 違う 9 いえない, 思わなかった, 思われぬ 8 ならない, 思えなかった, 言えない, 言へ 7 して, 思いも, 思わない, 異って, 考へられない 6 思つてゐない, 異る, 非常に 5 いへ, 似ても, 何である, 思えないほど, 思はれなかつた, 思やる, 根本的に, 比較に, 異った, 違ふ

4 [22件] いわれない, かぎらない, ちが, まるでちがった, まるで違っ, 何です, 全く別, 受取れない, 思えないよう, 思はない, 思はなかつた, 思はれません, 思へなかつた, 思われないが, 思われないの, 思われないよう, 思われませぬ, 見えない, 見えなかった, 認めて, 限らぬ, 限りません

3 [37件] いい難い, いえなかった, いえません, おのづか, お思ひなされぬ, されて, ちがう, ちがって, どうしても見えない, どんなもの, なって, なんだ, まるで違う, 一体何, 云ひ, 今は, 何か, 全くその, 全く違っ, 別な, 反対の, 名のれ, 思はれぬ, 思われぬの, 想像も, 本質的に, 異なって, 知らなかったの, 知りながら, 私は, 考えられないであろう, 考えられません, 考へて, 見て, 見ること, 違いまして, 違うん

2 [105件] いえないよう, いえなかったの, いはれない, いひがたし, いひ難い, およそ縁, お考え, お見え, くらべもの, ちがうの, ともに遊ぶ, どういふ, どうしても思えなかった, どうしても考えられない, ならざりき, ならなかった, ならぬ, なりません, なるまい, なれり, まったく反対, まるでち, まるで品質がち, みんな御, よく言った, 一つの, 云うこと, 云えない, 云えなかっ, 云って, 交互決定の, 何だ, 信じない, 信じなん, 信じませぬ, 全くちがった, 全く異, 別々に, 別で, 別に, 到底思われない, 反対である, 反対な, 反対に, 反對, 受取って, 可なり別, 同じで, 同一に, 同日の, 夢にも, 大分違った, 如何なるもの, 定って, 少しも, 心得方, 思えないの, 思えないほどの, 思っちゃ, 思つ, 思へない, 思へぬ, 思わなかったが, 思われないほど, 思われないほどに, 思われませんでした, 思われませんね, 想わない, 昔から, 映らなかった, 格が, 比べものに, 申されません, 知らなかった, 知らなかつたが, 私には, 考えない, 考えられぬ, 考え得ない, 考え得ないの, 考へられも, 自分ながら, 自然に, 見えぬぐらい, 見られない, 見做, 言えないが, 言えなかった, 言えぬ, 言えません, 言はれない, 言はれまい, 言はれません, 言ひ, 言ふべからず, 言われない, 言われぬ, 訳が, 違いて, 違つてゐる, 限って, 限らないから, 限らないの, 限らなかった, 限るまい

1 [867件 抜粋] ああ神, あまりに相違, あまりの, いいながら, いい条, いうこと, いうべからず, いうまでも, いえしんと, いえその, いえそれら, いえども, いえないでしょうが, いえないの, いえない真理, いえませんまったく少し, いえ万, いえ如何にも, いえ時代, いえ活溌, いかにし, いくらか異, いっしょに, いったいなん, いはぬけれど, いへとにかく, いへなかつた, いへません, いわれないけれども, いわれなかった, いわれません, いわれんよう, いわんまた, うなずかれる, おのずから種類, およそかけ離れた, およそ種類, お思いなされぬ, かくて, かなり異, かなり質, きまって, きわめて違っ, このよう, この一物, この場合取り, この意味, この時, これでは, これまで, こんに, さきに, さとらなかった, しまい, すぐわかる, すこしちがっ, すこし種類, すこぶる趣, すっかり違っ, すつかり, すべての, せず進んで, そこに, そのとき, その本質, その高い, それの, そんなら, たいへん人間, だいぶ樣子がち, だいぶ趣, だん, ちがい高等植物系統, ちがうん, ちがったところ, ちがった屋根, ちがった顔, つい知らず, てんから質, とても考えられぬ, どういうこと, どうしていえた, どうしてもちがう, どうしても思えぬ, どうしても思へなかつた, どうしても思われない, どうしても私, どうしても考えられません, どうしても考へられぬ, どうしても解し, どこか, どんな者, なさない, なされないの, なったが, なにが, ならずに, ならず西洋人, ならないところ, ならない又, ならなかつたか, なりさ, なりそう, なり得ない, なり得なかつた, なんであらう, ひどいじゃ, ほとんど相近, ぼくには, またちがっ, また別個, まだ信じきれない, まったく思えない, まったく視角, まるきりちがう, まるつ, まるで勝手, まるで比較, まるで違った, まるで違つた質, みえる, みなさんも, もうほとんど期待, もっぱら演出者, ゆめにも, よほど異なった, よほど縁遠い, チャンと, ハテ何, 一たい, 一つである, 一応独立, 一致しない, 一般的に, 一見ぜんぜん別, 三馬が, 両立し, 久慈も, 予期し, 云いながら, 云い切れない, 云い得ない, 云うまでも, 云えこの, 云えぬが, 云えません, 云ども彦兵衞殿は, 云はれ得ない, 云われない感じ, 云われまい, 交り, 人道を, 人間的な, 仄かに, 他人に, 何かと尋ねる, 何だか工合, 何だらう, 何の, 何んな, 何分にも, 余の, 保ちかた, 信じない空気, 信じなかった, 信じられなかった, 信ぜられぬ, 働くもの, 僕には, 元とより, 兄妹とも, 全くふつりあい, 全く反対, 全く対蹠的, 全く挙動, 全く無関係, 全く趣き, 全く違った, 全然信じない, 全然内容, 全然別物, 全然性質, 全然違う, 全然違っ, 八卦へ, 共に經驗, 其音調少しく, 内と, 凡そ最も縁, 別であった, 別である, 別にわれわれ日本人, 別個の, 別種と, 別途で, 区別されね, 十分戦つて来, 単に客観的, 単に歴史的, 又ちがう, 又色合, 受け取り難い, 受け取れなかった, 古代においては, 可成り, 同じ語, 同一でなけれ, 名前の, 因果必然的でない, 国民の, 変って, 変な, 変更され, 外でも, 多少行き, 夜ど, 夢にも思えぬ, 夢にも思っ, 夢にも思わなかった, 夢にも考えなかった, 夢想だ, 大きな相違, 大体は, 大分変っ, 大分調子が, 大変に, 大差の, 女であった, 如何し, 完全に, 実に天地, 察して, 察しられるものの, 封建の, 少々違います, 少しばかり, 少し趣, 少し違うらしい, 少し違った, 少し違つて, 市学校の, 幾らか違った, 彼の, 彼も, 後にこそ, 従来誰も, 必しも, 思いつつも, 思いませなん, 思いませんでしたが, 思うこと, 思うまい, 思えずただ, 思えな, 思えないあそこ, 思えないから, 思えないこと, 思えないので, 思えないほどな, 思えない位, 思えない程, 思えなかったから, 思えなかったし, 思えなくなって, 思えなく亡者, 思えぬほど, 思えぬ叫び声, 思えぬ混迷, 思えません, 思えませんでした, 思っても, 思つてゐた, 思はざりしなり, 思はず正統, 思はないで, 思はなかつたけれど, 思はなくなつ, 思はねど, 思はれないから, 思はれないのみ, 思はれないやう, 思はれない或, 思はれぬ一本, 思はれぬ霊魂, 思はれませんから, 思ひたくないの, 思ひに, 思ひません, 思ひませんが, 思へないが, 思へないのに, 思へない陽光, 思へなかつたの, 思へぬ老, 思わずかし是, 思わず他, 思わないが, 思わないけれど, 思わないであろうすでに, 思わないながらも, 思わなかったに, 思わなかったよう, 思わぬ者, 思われずさりとてまた, 思われたくなかったの, 思われないたわいない, 思われないよ, 思われない壓覚, 思われない無意識, 思われない華やか, 思われなかったが, 思われなかったとか, 思われなくなって, 思われぬほど, 思われぬものの, 思われぬ何者, 思われぬ魔物, 思われませんが, 思わんか, 思考されない, 性質に, 恋の, 想わざりしなり, 想像されます, 想像し得なかった, 愕きました, 感ぜられない, 感官に, 懸け離れた淡い, 我々の, 拙者も, 政治, 断言する, 明白に, 映りの, 更に縁遠い, 期待し得ない, 木質から, 本來ひとつ, 柄が, 根柢が, 根柢的に, 極めて居, 正反対の, 気付かず是, 決して並行, 決して信じなかった, 決して寸毫, 決して思われなかった, 決して考え, 決して見えなかった, 決って, 決められないが, 火の, 無媒介, 無限性を, 牧畜民農民職人商人などの, 現実を, 甚だしくその, 甚だ縁, 甚だ遠い, 生きて, 申しませんが, 申し上げること, 異います, 異っ, 異なった人物事物, 異なった性質, 異なり遠き, 異態, 直ちに断定, 相当区別, 相違し, 看做し難い, 知らず, 知らずに, 知らない, 知らなかつた, 知らなかつたよ, 知らんと, 知れたが, 社会での, 神様でも, 私の, 称し難く, 種類の, 純經濟過程, 縁が, 縁も, 美しさ, 義を, 考えずして, 考えたくなかった, 考えないで, 考えぬほう, 考えません, 考えられず一般民衆, 考えられて, 考えられないの, 考えられないよう, 考えられなかったの, 考えられませぬ, 考え得ないけれども, 考え得なかった, 考ふ, 考ふる, 考へず客體的, 考へない, 考へないの, 考へられないで, 考へられなかつたから, 考へられぬの, 考へられ得ない, 聞えない我輩, 聞けなくなつ, 背中合わせな, 自ずからその, 自ら異な, 自分には, 自分ばかりの, 自分も, 自然どこか, 自覚し, 自負する, 行き方, 表面上別な, 見えないくらい, 見えない和一郎, 見えぬ綺麗, 見えるが, 見ずに, 見ては, 見られずフランス史, 見られなかったの, 見当も, 見方は, 覚悟を, 観念し, 言いがたく, 言い切れぬの, 言い難く, 言えないであろう, 言えないであろうが, 言えなかったが, 言えぬと, 言えるであろうが, 言はれぬ, 言ふ, 言わない, 言われなかったが, 詮じ詰めた, 認めない, 認められないと, 認め難し, 認識の, 誰が, 誰ひとり, 誰ひとりとして, 誰れ, 趣を, 較べられぬ, 較べ物, 通念され, 遂に夢, 違いますよ, 違い一種, 違い枠, 違うの, 違う何, 違う市電争議, 違った, 違った型, 違った寧ろ, 違った服装, 違つた人間にな, 違つた別の, 違つた派手な, 違つてゐ, 違つて御, 違つて館の, 違は, 遠く小林清親, 遥に, 重視し, 關係を, 限らず今, 限らず誰, 限らないが, 限らないそう, 限らないであろう, 限られぬ, 限られぬけれど, 限りますまいから, 陰翳や, 雖も, 離るべからざる, 雲泥の, 響かない, 高貞も, 魂といふ

▼ ものでない~ (1460, 0.4%)

162 ことは 121 ことを 50 ということ 49 ことが 29 のは 20 事は 16 ことも, といふこと 12 と思う 11 と云う, ような, ように 10 か, と云, と思っ 9 ことだけは, とすれ 8 からである, のである, 事を 7 と思った, にし, のみならず 6 から, という事, と思われる, と私, のか, のだ, のです 5 ことに, というよう, という証拠, といっ, ものは, ものを, やうな, 事が, 故に, 限りは 4 と, とする, と思います, と知った, のが, ものが, よ

3 [18件] かといふこと, かも知れない, からその, ことの, というところ, というの, という点, と信ずる, と思, と思いました, と思つて, と思ふ, と考え, にしろ, のを, やうに, んだ, 美しさ

2 [55件] かと思はれる, かと思ふ, かと思われる, かどう, からこれ, からな, から彼, から是, が, がそれ, が何, が城太郎, ことである, ことをも, これは, し又, それに, ために, という意味, という自信, という説, といった, といふ事, といふ意味, とこの, ところに, とし, としたら, とわからない, と主張, と云っ, と云つて, と信じ, と宗助, と思い込ん, と悟った, と知っ, と考えた, と聞い, と自分, と見, と言, と話せない, なぜなら, には極, のと, のなら, のに不思議, のも, ものと, ものの, 却て, 方が, 普通の, 限り所詮

1 [575件 抜粋] あなたは, あの万屋, あの人, ある自然, お金を, お隠れに, かえい, かぎりは, かぎりまた, かぎり大抵の, かぎり黒繻子の, かすなわち, かという事, かという疑い, かといふ姿, かとも思はれる, かとも思われる, かと思います, かと思う, かと私, かと考へられます, かと見当, かと言, かなどとも煩悶, かの如く, かもしれない, かもわからない, かも知れぬ, かも知れません, かも知れん, からいくばく, からかかる, からこういう, からこうして, からここ, からこそ技術, からこの, からそう, からそれほど, からただ, からだ, からであります, からであろう, からです, からといっ, からと云つて, からと独りぎめにきめて, からどうしても, からどうにも, からどこ, からどんな, からには, からね, からやむをえない, からわか, からハリキ, から一団, から今, から仕様, から何, から作者, から俳優達, から先, から具眼, から却って極めて, から君, から咎めだて, から問題, から固, から国家, から少し, から差支え, から帰り, から序で, から御, から必, から思慮分別, から文筆生活者, から斎戒沐浴, から早く, から曇った, から書物, から最後, から本人予想以上, から机, から根拠, から椅子, から止した, から求める, から滅多, から現に, から生活改良, から確実, から神妙, から神経病, から経済, から自然, がさて, がせめて, がただ, が前, が多く, が或は, が挽歌, が映画, が昼間, が本人, が気持, が江戸ッ子, が為, が芸術, が金色, くらいのこと, くらいは自分, ぐらいな, けれどもたしか, こうなる, ことぐらい, ことこそ, ことさ, ことしんの, ことその, ことだ, ことなどを, ことによ, ことによって, ことむしろ, ことむしろ殆ど, ことを以て, こと従って, この一心, この老い, これを, さりとて人民, しあまり, しいつも, しそれほど, し宣伝, し思索, し感心, し爺, そうです, そこで, その仔細, それが, それで直治, それなら岡野, それは, それよりは, それらの, そんなこと, ためか, ためどぎつい, だから七百萬兩, だけで, だけでも助かる, だけどうしても, だけに一層, だけに半信半疑, だけに彼, だけに無, だけに粗末, だけに缺點, だけの事, であらう, とあん時, といい切る, という, といういい, というふう, という一つ, という事情, という二つ, という信念, という先入主, という反抗心, という命題, という感じ, という明らか, という昔, という猛烈, という理窟, という理解, という真実, という考え, という観念, という言葉, という証明, という諒解, という顔, という風, といけない, といけないらしい, といけぬ, といふ, といふなら, といふ答, といふ説, といふ議論, といふ部分, といふ點, といわれる, といわれるでありましょう, とうっかり, とお母さん, とか民族的闘争, ときまる, ときめ, ところの, とさえ思った, とされた, としてもその, としても学究先生, としても最初, として尊氏, として畏怖, とするなら, とたう, とつく, とつくづく, とつねづね, となっ, とのゴットシャルト, との迷信, とはいへ, とはたして, とはどうして, とは知り, とは言わない, とは限らない, とばかり信じ, とほん, ともいつて, とも言えまい, とやはり, とよく, とわからぬ, とわたし, とチチコフ, とハステラー, と一向, と七兵衛, と与えられなかった, と云うなら, と今, と何, と何里, と作者, と信じた, と信じられない, と信じられる, と先, と其の, と判断, と反省, と取扱, と取扱い, と合點, と同じく, と同様, と固く, と垂訓, と堅く, と大, と実らない, と宥め, と尼君たち, と己, と常々, と幾分, と役, と思い, と思い付いた, と思はれた, と思はれる, と思ひ付いた, と思わるる, と思われた, と感じ始め, と感ずる, と感ぜられます, と所謂, と推論, と断定, と最上, と本能的, と村, と極めた, と気, と決して, と決心, と無駄, と疲れ, と痛感, と着ません, と私たち, と立証, と考えます, と考えられ, と考えられた, と考えられるなら, と考え直した, と考へた, と考へたら, と臆断, と自信, と苦しい, と見え, と覚った, と解った, と解らない, と言い出した, と言い聞かされ, と言う, と言っ, と言つたの, と記憶, と認め, と誓った, と説く, と誰, と談, と諦めた, と諭され, と謡曲, と述, と首, ながらこうして, なぞと人前, などというの, などと思っ, にきまっ, にきまって, にせよ, にと思う, にと思ふ, にはきまっ, にも拘はらず, に拘らず, に決っ, に相違, に違い, ね, の, ので, のでわずか, ので教授自身之, ので海, のにかうした, のにと玉鬘, のにと目, のによつて, のにガッカリ, のに何, のに可笑しい, のに甚だ, のに自信, の意味, はずだ, はつきり言へ, はてな, ばかりでなく, ほど今日, また深遠, まつぴらごめんと, まづ僕, みんなは, もの, ものから, ものすごい戰場, もので, やうである, ようだ, ようだった, ようなながめでした, ようにさえ, ようにという, よへへへさ, わい, われ, アンポンだ, ゴロツキは, ムグラツトまで, 一個の, 上は, 世にも稀, 事すら, 事に, 人の, 今度は, 他の, 以上いつか, 以上何方が, 以上凡ての, 以上比較が, 休息が, 佐々の, 何かの, 何が, 余輩進化學者は, 佛教では, 兇暴な, 其れ, 其を, 凄惨さが, 処が, 初めは, 別個の, 力, 力が, 力で, 即ち教法, 又宇宙, 唯だ, 国土を, 圧力がと, 場合が, 大津の, 大衆の, 妻争い伝説歌の, 婿などに, 室内靴である, 寛大さについて, 小説の, 山の幸は, 幸福という, 幸福を, 心の, 必ずしも龍智阿闍梨, 恐しい, 恐ろしさ, 感じは, 感情の, 手っ取り早く言え, 手紙を, 描寫からの, 故に全然, 是れ, 時には, 時間です, 楽が, 楽屋の, 様に, 標準など, 母なる, 気が, 然しとにかく, 片輪, 王道つまり神の, 男が, 皆支那からの, 直接の, 相じゃ, 真実の, 矧や, 秀綱卿の, 私の, 立場の, 精神的に, 絶体絶命の, 考えを, 聲を, 自分の, 自分自身すら, 英雄の, 菊人形と, 藩士の, 言語に, 証左と, 証拠では, 責任が, 限は, 限りこれを, 限りこんな小さな, 限りしかも, 限りそれの, 限りそれは, 限りどんな, 限りまして, 限りもう, 限りインチキである, 限り之を, 限り人目を, 限り今日にも, 限り容易には, 限り必ず, 限り極, 限り片端から, 限り現実の, 限り至っ, 限り誰かが, 限り路傍の, 限り遅れた, 限り量だけ, 雰囲気は, 霊妙な, 非常に, 顔な, 飛行機, 餘程能く

▼ ものであっ~ (1362, 0.4%)

77 てその 40 てこれ, てそれ 22 てこの, て決して 19 てしかも 17 てはならない 1413 てみれ, ても 12 てそこ 10 てもその 9 てはならぬ, て見れ 8 て他, て私, て自分 7 たりする, てもそれ, て彼, て従って 6 て日本 5 てある, ていい, てそれ以外, てただ, てほしい, て之, て今, て必ずしも, て而 4 たりあるいは, てあたかも, てまた, て一種, て一般, て何, て彼ら, て我々

3 [29件] てあの, ていま, ていわゆる, てこれら, てそうして, てそして, てそれだけ, てそれ以上, てつまり, てどんな, てやはり, てよい, て人, て人間, て到底, て単に, て地球, て大, て夫, て実際, て店, て彼女, て或, て数学, て普通, て欲しい, て特に, て真, て観念

2 [74件] たり又, ていかなる, ていやしくも, てかつ, てしかして, てしたがって, てしばらく, てすなわち, てそう, てそういう, てそうした, てその間, てそれぞれ, てそれだけに, てたとい, てたとえ, てたとえば, てとうてい, てどこ, てはいけない, てもある, てもいい, てもこの, てもちっとも, てもとより, てもよい, ても名, ても彼, ても所詮, てわれわれ, てインド, て今日, て仕事, て何等, て例えば, て個人, て全く, て全体, て公衆, て内容, て即ち, て同時に, て吾人, て唯, て固定, て外, て多く, て学問, て常に, て広く, て当時, て彼等, て後, て愛, て換言, て日本人, て明らか, て普通人, て最も, て本来, て次, て正確, て民政党, て現代日本, て現在, て生活, て畢竟, て畢竟するに, て直接, て相手, て神, て私共, て簡単, て金博士

1 [675件 抜粋] たりし, たりすれ, たりテレ, たり別, たり又は, たり然, たり短篇, たり美女, てあと, てあまねく, てあまりに, てあらゆる, ていかにも, ていずれ, ていつしか, ていまだ, ておずおず, ておのれ, てかえって, てかつて, てかなり口, てきわめて, てくれなけれ, てけっきょ, てけっして, てこだわり, てことに, てこれから, てこんな, てさえも伸子, てさしつかえ, てしかるべく思われる, てしばしば, てずいぶん, てせいぜい, てそうそう, てその他, てそれだけにまた, てそれでも, てそれ自体, てそれ自身個人的, てそんなに, てたいてい, てただ職, てたって, てだれ, てちょうど, てちょっと, てとうとう, てともすれば, てどう, てどうも, てどっち, てどんなに, てなん, てなんだか, てはつまらない, てはなはだ, てはならず, てはなるまい, てはるか, ては何, ては困る, ては威張っ, ては明日, ては致方, てひとたび, てひとり, てほとんど, てほんと, てぼく, てまだ全く, てみる, てむしろ, てもいざ, てもう, てもかかる, てもかまわない, てもかわり, てもし, てもすばらしい, てもそう, てもそれ等, てもだれ, てもつとに, てもとに角, てもともときわめて, てもなく, てもの, てもふと, てもまた, てもまったく, てもやがて, てもわたし, てもヤス子, ても一口, ても人間, ても今, ても以前, ても何だか, ても作者, ても俳句, ても僕, ても光秀, ても其, ても写生, ても出生, ても前, ても叔父さん, ても同時に, ても喜ん, ても地方, ても夫, ても宜しい, ても尊い, ても工場生活, ても心, ても必ず, ても思想, ても時, ても普通民, ても最初, ても極めて, ても構わない, ても模写, ても渡来, ても甚だ, ても癒す, ても私, ても称呼, ても純, ても純文学, ても線, ても自身, ても至高, ても芸術家, ても若し, ても苦情, ても要するに, ても誰々, ても議論, ても里人, てやがて, てよから, てよし, てわが, てわが子, てわれわれ普通, てイギリス, てエネルギー, てカント, てグリボーヴァル, てジャン, てスザ, てスミス博士, てテナルディエ, てパウル・ゲルハルト, てパロ的, てマリーヌ, てモンフェルメイュ, てヨブ, てヨーロッパ風, てワグナー派, て一メートル, て一八四八年, て一問一答, て一度, て一方, て一時的, て一歩, て一緒, て一般外国, て一般庶民, て七十数ヵ所, て七月十四日, て万人, て三千尺, て上代史, て上流, て世, て世界, て世界性, て世界的, て両, て両者, て中心, て中身, て主として, て主流, て主観, て事物, て二人, て二人立, て云わ, て交換, て人意人工, て人間的情意, て今や, て今度, て今日末法, て仏壇, て仏教, て以来, て仮に, て何とも, て何物, て作品, て俊才自身, て修道院, て個々, て倫理外, て偏頗, て健康, て偶然事, て僅か, て優秀者, て元来, て充, て先, て先達て, て光線, て児島喜久雄, て全然, て全部, て全長四十五尺, て公判, て六条院, て六花樹枝状, て其色彩, て内, て内心, て冒険, て冒頭, て処士, て刃, て分身, て初, て初めて, て前文, て前記, て前途, て労賃, て勝手道具, て勤続年数, て勿論, て北斉以来, て匡救, て十七世紀以後, て十二月二十六日, て十年度, て博士邸, て厄介, て原住民, て厳正, て取っ, て古代, て同様, て名利, て吹き消された, て咽喉, て問題, て問題解決, て嘗て, て団結力, て国中, て土々呂村, て土地, て圧縮, て城, て壁画掛幅, て多い, て多分主として, て大いに, て大変包括力, て大概, て太閤, て娯楽, て孔子, て存在, て学年末, て学者, て宗教的意義の, て実生活, て密, て小手, て尚, て屠殺肉食, て左翼的勢力, て帝国主義, て平凡, て幾度, て広い, て建立当時, て弦三, て弾圧, て彌次馬, て当時者, て形而上学, て彼女ら, て後に, て後者, て徳川末期, て心内, て必, て必ずしもなんら, て快い, て思った, て思想的, て性質, て患者, て悲歎, て感情, て慳貪, て成功, て我が国, て我ら, て戦闘的ゲルマン的, て戯作界, て抽象的, て排斥, て探偵小説, て摘発, て改めて今更, て放課後, て政治, て救済, て数字, て文, て文化主義, て文学, て文献学, て断じて, て新しい, て日本国土, て日本型ファシズム, て日本文学, て昔の, て昨年三月神祇院, て是等, て時, て時間的, て普通水, て曲, て曲目, て有史以来, て本質, て本質的, て東京, て格別, て桜井博士, て植物学上, て極めて, て極端, て樹氷, て機智, て次第に, て武藤氏, て歴史, て歴史的事実, て残らない, て毛利先生, て毛頭, て氏, て民事責任, て民族, て永い, て江戸歌舞伎, て決定的, て泉水, て泥棒, て洋画, て津田真道先生, て派遣, て深く, て清朝, て渡来期, て漢中王, て点, て為す, て煙筒, て熱病, て父, て物識り顔, て特別, て犯人, て独り倫理的判断, て独自, て玉, て現代文化, て現在生活, て理論, て甘い, て生, て生きる, て生れつき文芸好き, て由来記その他, て留守, て病, て病弱, て白土, て皇帝, て目, て直接的, て相当, て真に, て真理, て眠り, て確か, て社会主義建設, て社会的, て神秘的, て秀逸, て私たち, て科学者, て種族, て穏和, て空そのもの, て空想郷, て空間, て筆算, て箕作博士, て精神集中作用, て純白, て紫外線, て紹介, て組織立った, て経験論, て結局, て絵唐津, て絶対的, て美しく正しく, て美醜未生, て美髪師, て耕作その他, て聖衣, て職業的, て臨終, て自動車, て自我意識, て自然主義, て自然界, て自然科学一般, て興味, て花, て芸術, て芸術作品, て芸術家, て若し, て茶人, て荒唐無稽, て荘厳万華, て薬種屋, て行商人, て西洋, て要するに, て見えない, て規模, て観る, て観念論, て言葉, て計算, て詩人, て読後ただ感謝, て調子, て論理, て財産, て販売, て責任, て足利尊氏, て足跡所謂天下, て農夫, て追, て連作, て運命, て道徳, て道徳上, て遠い, て量的, て釣り, て錯乱, て鎖国, て鑑賞, て閉じた, て関, て階級性, て集団生活, て雑誌, て霊柩, て非常, て非常時気分, て鞠, て音声, て食通, て驚くべき, て高, て魂, て鶴ヶ御前, て鶴子, て鹿踊, て黒部川

▼ ものであろう~ (1277, 0.4%)

41543 と思う 42 と思われる 12 と思います, と想像 11 ということ, と思っ, と私 10 が, と, と思われた 9 がその 8 ことは, と考えられる 6 かということ, かどう, がこの, ともそれ, と思った, と考え 5 かそれとも, がしかし, がそれ, とそれ, と思われます, と考える, と解せられる, な 4 かと思った, かと思われる, かと考え, ぞ, という, とも, と考えます, と考えられ

3 [14件] かと思う, から, がそれにしても, が今, というよう, とする, とその, ともその, ともなお, と又, と思い, と推定, と考えた, と認められた

2 [43件] かいやいや, かそれ, かといつも, かの, からその, から単に, がそう, がとにかく, が当時, が彼, ことに, ことを, しまた, という事, という人, という想像, という考え, といわれ, とお, とこの, とこれ, とした, とすべて, とそんな, ととにかく, となかろ, とのこと, との事, とは, とは想像, とまたは, とも彼, と云っ, と云われ, と信じ, と察せられる, と推察, と相談, と真, と言っ, と言われ, はずは, よ

1 [429件] あるいは猿簑, あれには, おそらく土地, かあるいは, かけんもほろろ, かこれ, かそう, かそして, かただ, かちょっと, かと, かというよう, かという事, かという危惧, かという問題, かという煙, かという疑問, かという質問, かといっ, かとお, かとこんな, かとその, かとも想像, かとも源氏, かと一空さま, かと三郎, かと云う, かと半, かと寧ろ, かと彼, かと心配, かと思いました, かと思いやられます, かと思い迷う, かと思っ, かと横, かと源氏, かと由良, かと疑い始めた, かと相談, かと私, かと結ん, かと老い胸, かと考えられる, かと考える, かと自分, かと頻りに, かどうせ, かなぜ, かまた, かもし果たして, からこれ, からと思う, から作者, から歌, かを理解, かを私, か人, か他, か以後, か何しろ, か何やら, か千種十次郎, か堂, か弟, か或いは, か或は, か物好き, か矢張り肴町, か聞いた, か裏側, か要するに, か訊ねた, か重明, か隣人愛, があまり, があれ, がお, がおかしな, がかの, がけれども, がここの, がこれ, がこんな, がそこで, がそれでも, がそれなら, がどういう, がはて, がまことに, がまた, がまだまだ, がもうすっかり, がやはり, がよい, がチットモ恟々, がリムバウ, が三歳, が三百年前, が不思議, が中, が人間, が作家, が併, が信州, が僕, が前, が劇界, が博士, が厳島合戦, が同時に, が喫茶上それ, が天然, が学者, が実に, が川崎君, が己, が序詞, が当時宗門改め, が御前試合, が我が, が或, が扱帯, が明日, が明治, が時に, が暖炉, が本当, が材料, が正, が死んだ, が現在, が社会上, が私, が笛, が築山, が花, が要するに, が軒, が道徳, が隣, が高級, くの, ぐらいの想像, けれどそれにしても, けれどもお前, けれどもその, けれどもそれ, けれども昇降, けれども浅草, けれども秩父, けれど夕刊新聞, ことが, ことも, しありたがる, しかし私, しここ, しそれ, しっかりと, しべっして, し三万円, し又, し山陽, し彼, し甲斐, し結局それ, そういうふう, そうし, そこに, その上, それとも父, それは, それを, とあるいは, といい, というふう, というほか, という予感, という以上, という判断, という後人, という気, という疑い, という結論, という考え方, という考証, という臆説, という見込, という診断, という説, という鑑定, という風, といかに切に, といっ, といつ, といわれる, とおもった, とお気づき, とかならずしも, とこう考える, としっかり, として慎まれた, とすべて歴史的世界, とそう, とそれから, とそれとも, ととに角, ととに角沢山, となに, とにらみ, とに論, との想像, との推測, との結論, との見巧者連, との評, とはいえ, とはこの, とは南洋, とは夢にも, とは彼, とは思い, とは思う, とは思わなかった, とは思われない, とは誰, とばかり考え, とひとしくりりしい, とぼんやり, とまた, ともあるいは, ともおよそ, ともかかる, ともこの, ともすべて, ともその間, ともたとい, ともとにかく, ともとりあえず, とももし単に, ともスバラシク重大, ともヤミ, とも一つ, とも一向に, とも一種不満, とも上官, とも人間, とも何, とも共通, とも又, とも墨守, とも大きな, とも客観的事情, とも彼女, とも慰め, とも或は, とも文学, とも機械, とも現在, とも祖国, とも私, とも私共, とも美衣, とも考えられる, とも自身, とも読者, とも食べられなけれ, とわたし, とわれわれ, とを問わず, とケンペル, とスッパ, とヘヒト, と一向, と七兵衛, と不安, と不安がり, と世間, と主人, と乳母, と予期, と今, と何, と何らかの, と何等, と信ぜられ, と凡そ, と出生数, と利潤, と半, と却って, と各自, と哲学的, と噂, と大胆, と好奇心, と存じ, と存じます, と完全, と察せられます, と平等, と引き返し, と彼, と彼等, と後で, と心理学的, と思いました, と思い出し, と思い思い, と思ったです, と思わるる, と想う, と想われた, と感じ, と感じた, と感じました, と感じられます, と我々, と或いはまた, と手繰れ, と推せられる, と提案, と断ずる, と明け暮れ, と書い, と期待, と東儀与力, と楽, と歎息, と気, と気がつきました, と状況証拠, と発表, と社会科学, と私的労働者, と私達, と科学的, と結局彼, と習慣, と考えられます, と臨検, と自由意志論的, と芸術, と芸術的行為, と薩長, と見, と見えた, と見のがす, と解する, と言う, と言うた, と言われる, と説明, と誰, と論ぜられ, と農業, と述べた, と通る, と酌量, と間接的, と院, と集団, と首, と駕籠, どれも, なあ, なと友人, などと人, などと洒落, なりゆきに, になぜ, の, のう, はずが, めでたいと, もしそれ, も危険, やがて張, ゆえやりかけた, をすこしも, ガマ岩とも, ムッソリーニ賞杯を, モヤモヤと, 一度も, 乎, 九条院の, 二丈余りある, 云々, 人間の, 今後幽霊を, 位な, 位に, 何うじゃ, 兎の毛が, 六角の, 分厚で, 南は, 古人は, 古臭い流行歌, 召使たちすら, 夢中に, 寺が, 小ざっぱりした, 工事中海波の, 左手に, 御岳神社の, 微かに, 恐しい, 所々は, 手に, 月花鶯蜀魂来っ, 望を, 松並木を, 独り佐野川村のみ, 理科の, 男は, 真に憐むべ, 真暗な, 秀吉に, 私は, 筈も, 紋日の, 縁さきの, 自分の, 英書なら, 蚊やり, 詞は, 靴跡や, 顔から

▼ ものから~ (1204, 0.3%)

75 作るもの 28 出て 12 見ると 11 見れば, 離れて 7 して 6 できて 5 他の, 先に, 私に 4 みれば, 一つの, 区別された, 始めて, 身を, 順次に

3 [17件] 云えば, 区別される, 取って, 成り立つて, 手を, 推して, 数えて, 生じて, 生れて, 異常な, 眼を, 脱けだす, 自分の, 遠ざかって, 離れる, 順々に, 頼まれて

2 [60件] うまい汁, それを, なの, はじめる, ひとつの, よりほか, ヒントを, 一切を, 今日の, 何遍結婚を, 來て, 個性を, 働くの, 全く独立, 出来て, 出発し, 出発する, 分離するなら, 区別する, 吾, 大きいの, 如何に, 孤立し, 成立つて, 或る, 抜け出して, 新しいもの, 最も知的, 来て, 来る一種, 来る夢想, 根こぎに, 次に何, 殆ど隔絶し, 発生する, 考えて, 考えても, 耳に, 聞くだけにも, 脱却し, 自分を, 自由に, 茶器を, 藉り, 複雑な, 見捨てられた肉体, 覚醒的な, 解放された, 読みとろうと, 論理が, 超越し, 逆に, 遠いもの, 遠く離れた, 遠ざかりながら, 遠ざかるため, 遠ざけねば, 離れそして, 非常に, 食み出すという

1 [844件 抜粋] ああなったの, ある意志, あんたが, いえば, いくらかの, いさましう, いつぞは, いふでは, いろいろ妙, いわゆるストーリー, おいおいに, おびやかされ如何, おまえを, お安, お金が, かくは, かたづけ次に, からかわれて, かれは, きて, くる印象, くる漠然と, こ, この仏像, この手紙, この非合理的, これを, ごくはるか, ごく小型, さらさらと, すこし間隔, すっかり何, すつかり離れ, ずっとおくれ, ずっとへだたった, そうした話, そのこと, その何割づつかを, その反対, その教授, その精神, それは, それること, ただいま伊勢, ただ詩中明眸皓歯, たよられて, だね, だろう, だんだん智力, つくるの, である, でなければ, ともかくあの, ともかく一つ, どう転向, どんな印象, ながい年月, なされなければ, なほ時と, なりじっと, なんとかし, にわかに虎口, のがれようと, はじまって, はずれて, ぱっぱっと聯想が, へだてられて, ぼくの, ぽっかりぽっかりと, まいって, まだ何, まつばやしや, まづ語, まるで豆粒みたい, みずから逃れよう, むずがゆい聯想, めし上っ, もっとも小, もと妾, ものへと, よき教え, よくし, よく人々, よせ集めた, よりひろい, より文化的, わざわざ賛成同情, アカデ, エタならぬ, シルレルが, チェホフは, ハッキリ区別, ビラを, モダーニズムは, 一つを, 一尺も, 一師範役以上の, 一歩進ん, 一流の, 一種の, 一見極めて荘重, 一転し, 七宝の, 上に, 下洗い, 不安を, 不服が, 且つは, 世間普通の, 中, 主観的に, 予は, 二三を, 云って, 五百円借りる, 享ける, 人は, 人間に, 今さらに, 今では, 今日人間が, 仔細に, 代表者として, 伝わり来たったもの, 伯の, 何かが, 何かとかまわれ, 何一つ心づかひ, 作った結晶, 來た, 來る, 便利な, 俄かに, 保護され, 個性的な, 働くという, 僕は, 元ほど, 先づ第, 入りどう, 全く打ち棄てられ, 兵糧方賄方雑兵歩人等を, 其ま, 出たと, 出た彼, 出ること, 出るの, 出來, 出来るだけ, 出発しなほさね, 出発すべき, 分化した, 分離され, 切りは, 列記する, 別な, 制作上の, 刺激の, 前人未発の, 前述あかなめ, 割出して, 匂いも, 区別され, 區別される, 區別する, 半官立, 単なる動物的, 原來シエクスピイヤが, 去つてしまつた, 又幻視, 取った, 取り扱って, 受けた感動, 受ける憂欝, 古代の, 句ごとに, 各派の, 同様に, 同系語としての, 呼び迎えられる, 哲学的の, 問題に, 喉元すぐれ, 喚び起されるの, 嗜好が, 固定の, 圧力を, 報告が, 報酬を, 多分に, 大きく深いもの, 大事がられ, 大事という, 大字も, 大小名, 太い声, 奇怪と, 女衆まで, 好事家の, 姉は, 始まり巷, 始めの, 嫁を, 孤独へは, 学びたがったちょっと, 学び得ない俳優, 孵ったの, 守りたいと, 宗教的な, 実に抒情的感情, 実証という, 客を, 寄せ集めたよう, 対象と, 導来されない, 小さなもの, 少し跳び出た, 尻が, 展望を, 工場機構に, 左程, 差し留めが, 帷子の, 常に打ち叩かれ, 平安の, 年時や, 幾多の, 庶民的な用い, 引いて, 引き離されて, 引き離しかくして, 引離された斯, 弾薬を, 当代の, 彼が, 彼は, 彼女が, 後にな, 得た聯想, 得た財産, 心づいた事実, 心を, 心ニまかせず, 必死と, 忘れ去られて, 思われて, 急らず, 恐ろしいもの, 恩賞望みの, 悪霊を, 意外の, 意識的な, 愛撫と, 感覚器官を, 成って, 成立し, 我が筆, 所謂不幸な, 手ばしこくかたづけ, 手砲用鞍形楯ほか十二三の, 打ったあやしい, 抜けきつた, 抜けだして, 抜け切れず浅草, 持ち出して, 指さされるもの, 採入れようと, 推理的に, 描き初める事, 改めて古, 救われた, 救われるであろう, 教えられた, 教わったの, 文化的には, 文学へ, 断言出来る, 方法によって, 既知なる, 早く脱, 映されたもの, 映すもの, 昨日今日は, 暗に恨まれ, 更に絶望的, 更に質, 最も古くは, 最も文明, 最も発展, 最も騒ぎ立ちました, 最愚, 最終の, 有志者を, 本ものを, 本当の, 来てるらしかった, 来ようと, 来る, 来るところ, 来るよう, 来る原理的, 来る或, 来る文化混和, 来る興味, 根本的に, 極端な, 構成され, 構成される, 模倣し, 横道へ, 次の, 次第に一地方的, 次第に大きく, 次第に当っ, 次第に無償的, 次第に複雑, 次第に遠ざかっ, 欺かるるほど, 欺かれやすい, 段々に, 比較的軽い, 永続的な, 注ぎはじめた, 活きた樹, 消えて, 消耗される, 深い精神, 湧いて, 演繹される, 演繹しよう, 漸次生長し, 無関係であり得る, 無電信号を, 煩わされまいとして, 片足を, 片附け, 物体性を, 特にこの, 特に欠点, 特殊的な, 犯人を, 独り突き放された, 独立し, 狭く区別, 現代の, 現在の, 生じるという, 生じ得ないといふ, 生ずるスリル, 生れる筈, 産れ, 由来した, 申しましても, 申し出の, 當代の, 畸形の, 発生し, 発端した, 発見した, 發する, 盆や, 目に, 直別, 相当大きく, 真先に, 知識を, 社会的に, 神秘論的, 私も, 移して, 立つよう, 立つ匂い, 第三, 紅塵の, 紅塵千丈の, 紫の, 組立てられて, 経験を, 給仕らしい, 絶対性を, 絶縁され, 緊張し, 縁遠かつ, 纏頭を, 罰金を, 美味だ, 考えると, 考へて, 聞いた瓢水, 聞くだけでも, 聞くもの, 肉体の, 脱けだし, 脱して, 脱すこと, 脱せずその, 脱れる, 脱落し, 自分で, 自然的存在物を, 自由な, 自由詩が, 色が, 芋蟲の, 苛酷な, 荷持も, 蒙る, 處女を, 行末しげれ, 衰弱の, 複雜な, 西洋製の, 見えないもの, 見たら何, 見たら大きな, 見た歴史, 見た資本主義, 見ても, 見られるほど, 覚めて, 解き放たれた心境, 解放される, 解放し, 解説的な, 言うまでもなく私, 言つたので, 言へば, 訳の, 評価され, 話して, 誇張という, 語らなければ, 説き始めねば, 説明しよう, 調べると, 調度の, 論理的な, 警戒される, 譬えば眼, 貴意を, 起こったの, 起って, 超越した, 身をかは, 躰質にまで, 転化発展した, 軽蔑され, 載物硝子, 轉じ, 近代文学が, 迫られる極み, 述べて, 逃げ出したい, 逃げ去りたいと, 逃れようと, 逃避した, 逞しい女丈夫, 造られたるもの, 連想される, 遁れた, 遊離させる, 運動する, 道徳的な, 遠く切離された, 遠く離れ, 遠ざかれ, 郷土と, 醒めたよう, 錠剤の, 門の, 防護し, 隔て, 隔離し, 雅とか, 離れたと, 離れたの, 離れない作られたもの, 離れられない証拠, 離れられなかつた, 離れるため, 離反する, 青い潮, 静的な, 順にならべる, 順に乘つて行, 順に始末, 順に茶碗, 順番に, 頭を, 頼まないのに, 顔を, 飛翔し, 飛脚が, 食べました, 食事一切を, 飲んだ場合, 養分を, 駕籠の, 高度な, 高温の

▼ ものだろう~ (1162, 0.3%)

42151 と思う 32 と思っ 2218 と思います, ね 16 と思った, と思われる 10 ということ, と考えた 9 かそれとも, が, と思いました, と想像 8 かと考えた, よ 6 かどう, かね, がその 5 という, と私, と言う 4 かとそれ, かと云う, がそれ, という気, と推察

3 [12件] かということ, かという問題, かと思う, かと考え, かと考えました, という説, と思われます, と推定, と考えました, と考える, なあ, ねえ

2 [23件] かそれ, かという疑問, かとも考え, かと思っ, かと思案, かと考えこみました, かと頭, か私, それを, という事, とお, と云う, と兵馬, と彼, と思いだした, と思うです, と思わず, と思われ, と思われた, と推測, と矢代, と考え, と言っ

1 [361件] あの人, あの男, あれの, いや聴い, お嬢さん, かいいえ, かここ, かしら, かせね, かそして, かただし, かって, かとあった, かといいました, かという, かというよう, かという不審, かという愁い, かという気, かという疑い, かという相談, かという観点, かといっしょう, かといわれ, かとおもった, かとこの間, かとただ, かととほう, かとなんだか, かとの疑問, かとはがゆい, かとびっくり, かとまだ, かとも思います, かとも考える, かとやっぱり, かとやるせない, かと一寸, かと不思議, かと今さら, かと千穂子, かと吉良, かと問い質したげな, かと問うた, かと夜中, かと存じます, かと察せられる, かと思います, かと思った, かと思われる, かと我, かと時々, かと梶, かと疑った, かと眼, かと考える, かと聞いた, かと職業, かと見まわした, かと言う, かと言っ, かと返事, かと迷っ, かと首, かな, かなあ, かなどといろいろ, かなどと当時, かなどと思い, かなどと想像, かなどと考え, かなんていま, かのう, かまたは, かもしかして, からこういう, からここ, からである, からどこ, から吾, から特に, かッ, か下手, か人殺し, か人界, か令嬢達, か侍, か依怙地, か俺, か兇賊山脇玄内, か写真屋, か心, か志保, か悪い, か或, か時, か本, か熟柿, か由紀, か相手, か自分, か苦しませる, か起こっ, があれ, がいま, がいまこれ一本, がこの, がさりとて, がしかし, がそれでも, がそれにしても, がついで, がとに角, がどうせ, がどうも, がな, がなに, がなん, がぼくら, がまして, がヒクラー, がムロ型, が一体, が世の中, が主, が乞食, が今, が何, が併, が例, が南面, が少なくとも, が広く, が或, が朝夕, が武断, が私, が粟津, が自然, が藤原氏, が迷惑, くらいのところ, ぐらいにはかね, けれど, けれどお, けれども現実, この河岸, これ, これだけの, これは, し, しかし何, しだが, し場合, し女, し沈黙, し現在, じゃねえ, そうしたら九日目, そう云おう, そこで持っ, そこは, そしてここ, そしてこの, そしてまたどうして, そのため, そのはし, その意見, その辺, その領分, その黒髪, そんなこと, だとすれば, ってこと, って話し, て, と, とあきれ返っ, とあっけ, というところ, というの, というよう, という婦人相談, という気持, という点, という相談, という考え方, という耕吉, という苦しい, という見当, という見解, という見込み, という親切, という鑑定, といつも, といわれ, といわれる, とおもう, とおもっ, とかいや, ときめ, とこれ, とこんど, とさえ邪推, とせられ, とそう, とそして, とそれ, とたずね, となお, との予想, との想像, とは実際, とは思った, とひそか, とふと, とみな評判, とみんな, ともいいます, とも考えた, とわたし, とアベコベ, とアメリカ, とウワサ, とディルタイ, とヒヤヒヤ, と一心に, と一目, と三浦, と上国, と予想, と今, と代, と仰っし, と信じます, と信じられます, と判定, と判断, と別, と半, と可心, と和尚, と問われた, と喜び勇ん, と嘲る, と噂, と奇異, と妙, と宇東主任, と察しられる, と察せられた, と専ら, と少し, と帆村, と弱っ, と彼等, と心配, と思い, と思いつい, と思い出した, と思え, と思える, と思わせる, と思案, と意見, と感じ, と感づいた, と探る, と断定, と旧来奉公, と柳亭種彦, と気楽, と浪人組, と深く, と独り, と甚三郎, と相手, と考えます, と考えられます, と聞い, と聞かれ, と聞く, と肚, と色々, と若旦那, と見, と見る, と覚悟, と解釈, と言った, と言われ, と訊い, と訊ねる, と話し合いました, と語り合った, と説明, と謂っ, と躊躇, と迷いました, と遠ざかっ, と長い, と頻りに, と高柳君, どんな文明, なあという, なあれ, なせがれ, なぞと考え, なと私, などといい, などとペトローヴィッチ, など申し, なにかうまい, なア, な爺, に人間, ねえ数枝, ねェ, ふっと声, ほんとうに, まさか己, また何, みんな揃っ, もう座敷, もし必要, よあれ, よ不足, ネ, 一丈でなく, 一握りばかりの, 一頭の, 何の, 例えば円錐, 出入を, 同志たる, 嘸大切, 多少なり, 夜具蒲団を, 大きな声, 夫婦で, 定家の, 平次とやら, 広松前, 御前は, 悟道を, 惣兵衛の, 掛金を, 旅の, 最初のは, 楽な, 油虫を, 燿ちゃん, 町の, 石原の, 私一人の, 翠川君, 老職からは, 蜀の, 誘惑と, 頬が, 飯茶碗と

▼ ものだった~ (1126, 0.3%)

73 のです 58 のである 43 のだ 24 がそれ 22 のでしょう 2019 がその, よ 17 のか, んだ 15 が今, に違い 13 からである 12 と思う, のだろう 11 かも知れない 10 という, に相違 9 ことを 8 から, そうだ, そうです, ということ, にちがい 7 かも知れません, からだ, ことが, んです 6 かもしれない, がしかし, のかと 5 と思います, な, ね, のかも, のが, ので 4 かということ, からね, ために, のさ, のであろう, のね, のは

3 [14件] か, かそれ, かどう, がいま, がこの, がそれでも, がそれら, が彼, ことは, しまた, とみえ, のであります, のでございます, ので彼

2 [33件] かもしれぬ, から私, がいつ, がお, がそう, がそういう, がその後, がそれから, がどこ, がジャン, が葉子, が銀子, が長く, ことです, ことに, ぜ, そうである, という事, という話, といっ, としたら, と思われる, と言っ, と言った, なあ, にせよ, のでございましょう, ので私, のを, ように, ろうに, わね, んだろう

1 [455件] あの問題, あんたも, かい, かがわかる, かが容易, かこれ, かしら, かそこもと, かその, かとわたくしそれ, かと思われる, かと改めて, かと申します, かと観, かな, かはここ, かはこの, かはまた, かは僕, かは分りません, かは明かでない, かは次, かは私, かは誰, かも, かもしれなかった, かも知れぬ, かも計られぬ, からこの, からそいつ, からその, からそれ, からそれで, からたいへん, からたぶん, からだろう, からであった, からであろう, からといっ, からに他, からソヴェト, からブルジョア社会科学一般, から一層, から丁汝昌, から両親, から五月雨, から今, から俺, から前, から北条, から反対, から壊れた, から安子, から少し, から席, から当然, から従って, から母性愛, から水中工事, から治った, から組織的, から院, かをしみじみ, かをまず, かを理解, かを証拠立て, かネ何だか, か今, か充分, か其時, か夫婦, か想像, か想像以上, か明かでない, か有った, か知らぬ, か知りません, か知る, か知れない, か聖路加病院, か覚え, か話し, か雄弁, があらためて, があれ, がいかにも, がうたた, がきわめて, がこういう, がここ, がこれ, がさすが, がさだめし, がしかしまた, がしばし, がしまい, がすこし, がすでに, がそうした, がそこ, がそれだけにまた, がそれに, がそれにしても, がそれほど, がそれ以来, がそんな, がたいした, がでっぷり, がでは, がとたんに, がとにかく, がどう, がどうして, がどうも, がなあ, がなかなか, がながい, がなぜ, がにせ, がね, がひそひそ, がひどく騒々しかっ, がぶつかっ, がまだ, がまるで, がむかし, がもし, がもともと, がよほど, がわたし, がハスレル, がマリユス, がモスク, がヴォジュ, が一ト月, が一日中, が一朝, が一種悲痛, が上方, が中, が中世, が之, が二三年, が二三本, が二階, が人足たち, が今年, が今来, が何, が何かしら絵, が何やら, が併, が先生, が光子, が処, が別, が千重子, が千鶴子, が半島, が去年, が含まれた, が商売, が嘲けっ, が土地うちの人, が報知, が多鶴子, が夜, が大山, が奥, が奥州, が妻, が安二郎, が定軍山, が実に, が実際, が客, が寂しみ, が寄宿生ら, が寝, が尊氏, が少し, が巡査, が左近頼該, が市政方面, が師, が庇, が庸三, が当節, が彼女, が彼自身, が徒刑囚ら, が御所造り, が心, が急, が戸, が投函, が数日, が斎藤氏, が新, が新調, が日本, が明, が昨夜, が昼, が時々, が時折, が木造, が本, が本能, が本間三郎, が杭州湾, が根, が植込, が正月, が殆ど, が殊に, が気分, が法律家, が流石, が父, が物質的生産技術, が猿殿, が理髪師, が白い, が知る, が秋, が籠, が結婚生活, が結局, が編輯上, が義平太, が老, が老婆, が自分, が芝居, が若林, が菜穂子, が落選, が藤次, が要, が要するに, が親切, が詩, が趙雲, が途中, が過ぎ去った, が達者, が郁子, が部屋, が長老, が間もなく, が露骨, が頼政, が題号, が食事, が馬鹿, が龍介, くせに, け, けどあの, けどアダプシォン, けれどいたましい, けれどそれ, けれどそれでも, けれどなぜ, けれどもいつのまにか, けれどもその, けれどもキャラコさん, けれども寄宿舎, けれど人, けれど兎, けれど真, ことである, ことでしょう, ことにも, ことも, このクロポトキン, ころから, こんな愚劇, さ, さまざまな, し, しこの, しそうやたら, しその, しそれ, しつづい, しどう, しどうも, し一ルーブリ銀貨, し十八番, し半, し同じ, し岬, し彼女, し戦況, し時どき, し更に, し最も, し民土一般, し色, し薄, し質量, じゃない, せいか, せいであろう, そうで, そうな, そしてそのまま, その時, それが, それらの, そんな話, ぞ, たとえば, だけにかえって, だけに却って, だけに限り, ってえ, というその, というの, というよう, というん, という事実, という処, という山, という推測, という点, といえよう, とおもいます, とか何, とする, となん, とはいえ, とはいえなかった, とはいえよう, とはさすが, ともいえる, とも云, とエンマ大王, と一応, と主張, と云いきれない, と云う, と云わざる, と今さら, と仮定, と信じ, と信ぜられる, と初めて, と思い, と思いたい, と思い込ん, と思え, と思える, と放, と正直, と申す, と自分, と舌, と見, と見え, と言います, と言う, と言われ, と記憶, と諦める, なあまあ, にかかわらず, にし, にもかかわらず, にもせよ, ねぇ, の, のう, のかしら, のであらためて, のでいっそう, のでお, のでそれ, のでそれで, のでとりあえず, のではや, のでびっくり, のでわたし, のでわたし自身, のでアッシェンバッハ, のでラルギュス, ので二, ので人たち, ので今晩, ので以来, ので僕, ので全, ので大, ので少し, ので思い切っ, ので愛欲, ので成功, ので歯切れ, ので盛ん, ので絵, ので美しい, ので見, ので馬, ので馬ども, ので龍代, のに, のにそれ, のにとホロリ, のにぼく, のにヨコハマ当初, のに事実上, のに僕, のに私, のに違い, のに驚いた, のよ, ほど広い, ものは, ようである, ようです, わ, わけだ, んで, んで一目, ネあれ, バカでかい, 一例だけ, 世の中が, 事が, 事は, 人々は, 今では, 今聞い, 信長の, 場合が, 場合こちらが, 塙団右衛門直之は, 少くとも, 幼少の, 彼女が, 彼自身の, 志保は, 文壇という, 時からの, 歌を, 殊に大阪人, 私は, 筈だ, 筈な, 苦しいとも, 順序である, 黄昏の, 黒

▼ ものでなけれ~ (959, 0.3%)

362 ばならない 273 ばならぬ 35 ばなりません 14 ばならず 12 ばなるまい 11 ばならなかった 75 ばいけない, ばならなかつた, ばわからない 4 ばそれ, ばならなくなる, ばなりませぬ, ば何, ば満足, ば真 3 ばこの, ばならないだろう, ばならないであろう, ばならん, ば私

2 [21件] ばいけません, ばこう, ばそう, ばそういう, ばその, ばとても, ばならぬであらう, ば之, ば人, ば何もの, ば到底, ば名, ば困る, ば我慢, ば承知, ば描けませぬ, ば本当, ば決して, ば滅多, ば行先, ば誰

1 [149件] どそこ, ばあんな, ばいかなる, ばいりません, ばいわゆる, ばうまく, ばお, ばおそらく, ばけっして, ばこ, ばこういう, ばこれから, ばすべて, ばそんな, ばたと, ばだめ, ばできない, ばとうていよく, ばとわざと, ばと思い, ばどうして, ばどうしてそれほど, ばない, ばなぜ, ばならないなら, ばならなかったでしょう, ばならぬであろう, ばなりますまい, ばふしぎ, ばほんとう, ばやらない, ばよく, ばわからぬ, ばわかりません, ば一寸, ば一所, ば一時間, ば不可能, ば与兵衛, ば人間性, ば今, ば今日, ば今時, ば仏像, ば他人, ば何とも, ば何物, ば修行, ば俳諧, ば内, ば出, ば出せない, ば出来ない, ば出来ぬ, ば出来ません, ば分からない, ば分らない, ば勤まらなかつた, ば収拾, ば口, ば合格, ば国民精神, ば地方割拠, ば多く, ば大事, ば大概, ば安心, ば実際, ば宮, ば容易, ば實際, ば少く, ば市井的, ば幸い, ば役, ば役に立たない, ば役に立たぬ, ば彼, ば徹底, ば心配, ば恐らく, ば恒久, ば想像, ば憤怒, ば成らぬ, ば戦ふ, ば手, ば折角, ば持ち得ない, ば持っ, ば提案者, ば教える, ば文学, ば旅, ば日常的空間, ば日本主義思想, ば昔, ば書き, ば本物, ば本質的, ば此, ば気, ば永く, ば永久性, ば無い, ば現し得ない, ば生存, ば発明, ば発見, ば真実, ば知らない, ば知識, ば私達, ば称する, ば窺知, ば立派, ば結構, ば絶対, ば美味しく, ば肉, ば肯定, ば自己, ば芝居, ば芸術, ば苦しん, ば行為, ば見物, ば見落し, ば解決, ば話し, ば認識, ば説い, ば読みきれる, ば謂わ, ば謎, ば警察後援会, ば警衛, ば載せない, ば鈴慕, ば開化, ば面白く, ば食べない, ば食べやしません, ば食わぬ, ば飽き, ば駄目, ば魅力, ぱならずそして, やならない

▼ ものでなく~ (951, 0.3%)

55 てはならぬ 46 てはならない 15 却て 12 て何 9 てはなりません, てはなるまい 4 てなん, 却って主観的 3 これに, てはいけない, てむしろ, なつた, 何か, 同時に一般的, 彼の, 我々の

2 [64件] これは, すでに知性的, そこには, そして前者, そして知性, その実体, それが, それは, それを, ただ出版者, ただ外から, つても, つねに注意深く, て, ていい, てどこ, てはならず, てはならないでしょう, てはならなかつた, てはほんとう, ては駄目, てもそんな, てもっと, てもつ, て人間, て人間全体, て個別的, て却, て却って, て客観的, て形成, て特殊的, て生活, て近い, ともそこ, また, また他, むしろ一見無秩序, むしろ主観的, むしろ幸福そのもの, むしろ既に精神, 一の, 一般的な, 三之助を, 人間の, 充分に, 全体の, 反対に, 同時に客観的, 実際に, 客観的な, 心の, 思想の, 最初から, 歴史的な, 歴史的に, 現実の, 生産的創造的な, 皆実在, 空間的である, 自然に, 自然の, 自由に, 超越的な

1 [645件 抜粋] あくまでも客観的, あくまで個々, あらゆる一切, ある民族, ある程度思ひ, いやしくも日本人, いわばうす, おのずからその, お料理, かえってそれら, かえってエルトマン, かえって一つ, かえって日常的世界, かえって行為, かつ後, かのゴシック建築, きわめて自然, ことにそれ, この実在そのもの, この生活力, これと, これを, しかもこんな, すべては, ずいぶん余裕, ずっと以前, せいぜい彼等, そういうところ, そういうもの, そういう打算, そして増加, そっくりそのまま神, そのうち, その世界性格, その人, その価値, その内奥, その意味, その時刻, その根柢, その頂き, それぞれ他に, それに, それ故にこそ, それ自身の, たかだかブルジョアジー, ただその, ただ世人, ただ境遇上, ただ為, ただ講中, ただ静的芸術, たとい市長, ちゃ, ちゃア, ちや駄目な, つて例へば, つねに在る, てあらゆる, てある程度, ていつも, てかならず, てここ, てごく, てその, てそれ, てそれどころか, てそれに, てだれ, ては, てはいけぬ, てはこっちとら, てはすなわち, てはそして, てはだめ, てはならないだろう, てはならなかった, てはならなくなる, てはなりませぬ, ては云え, ては体, ては信ずる, ては出来ません, ては判らぬ, ては多く, ては役に立ちません, ては思い出し, ては恋愛, ては日本, ては最早, ては本当, ては決して, ては用, ては真に, ては研究, ては許せない, ては認められず, てもいい, てもいずれ, てもそう, てもそこ, てもその, てもなんだか, てもやはり, てもよい, てもよろしい, ても之, ても其存在, ても凝縮, ても姑, ても持つ, ても自分はじめみんな, ても金額, てやる, て一般に, て上乗, て互, て人, て人生, て今回, て何ぞ, て個人, て動態, て原始的, て同じ, て同時に, て売る, て多く, て大抵, て大抵そう, て妊娠五カ月六カ月程度, て宗教上, て少なくとも, て徳川氏, て心, て心から, て必ず, て性格的, て恋人, て悲しい, て模写, て模樣風, て権力, て正確, て流水相光, て現実, て甚だ, て生れ, て皮肉, て真情, て矢張り女, て粒, て絶対的, て自ら戦い, て薄暮, て西洋的, て見る, て觀念的, て資本家, て関, て頼まれた, ともかなり目, ともなん, とも一つ, とも今, とも任意, とも何, とも右, とも彼, とも抒情気分, とも明らか, どこまでも, なお相場, なにか荷物, なまじつかでいけない, ばとうてい, ばむしろ, ば恐らく, ば真に, ば貴重, ば買わない, ひとつの, ほとんど殺人的, ぼんやりと, まことに愚かしく, まして原始的, またそう, また事實的時間, また全く, また単に, また天井, また幸い, また我々, また或, また昔日, また社会的, また遠く, まだ織田信長, みな根が, むしろ, むしろ内攻性, むしろ強かれ弱かれ, むしろ本能, むしろ永遠, むしろ狂熱的, むしろ相, むしろ臣下, むしろ青年, もっとむざんな生涯, もっと天然, もっと後, もっと直接当面, もっと絶対的, やがて終戦, やはり育て, わら人形の, ガクッと, キリストの, サテいつ聞い, パトスの, ヒステリックである, ロケット弾の, 一つの, 一と, 一世を, 一人の, 一屋一代の, 一方は, 一種の, 一般の, 一般公衆の, 上から, 下駄の, 不断の, 世界の, 世界的, 両性の, 中央ヨウロッパ特に, 中央亜細亜の, 主として内, 主体的な, 主体的自覚によって, 主體的, 丼や, 事實としての, 二人で, 二時間ばかり, 人は, 人民に, 人間を, 人間的行為の, 人類一般に, 今なほ在る, 今になほ, 他方では, 仲哀天皇の, 伽藍の, 何かよほどの, 何だか借り物, 何よりも, 何んだ, 余程以前, 俗衆を, 俺を, 個を, 個人的な, 偶, 偶然の, 儀式の, 優美に, 元々そんな, 全く相対的, 全く眼, 全く縁, 兩者の, 公共的な, 六千万人ことごとく, 其地方々, 内容の, 写実万能の, 冬期の, 初めから, 前久, 力ずくで, 十分の, 単に, 単に実践, 単に心理的, 単語として, 博士に, 即刻即座の, 却ってそれ, 却って一つ, 却って主観, 却って形, 却って此, 却って歴史的, 却って物, 却って経験, 却って超越的意味, 却つてロッツェが, 却つて俳優の, 却つて形の, 却つて思惟は, 却つて運動と, 又スピノーザ, 又不, 又宗教, 又無, 双方に, 反省を, 受動的である, 口から, 古典文芸の, 各, 各々の, 同じ人間, 同時に先験的, 同時に受動的, 同時に環境, 同時に開いた, 含嗽を, 咽喉で, 嗜き, 四つあるべき, 国民の, 地に, 地獄に, 地獄も, 壻が, 多分は, 多分彼, 多勢の, 大きく日本人全体, 大川内伊万里有田三地を, 大抵高閣, 天上に, 天気が, 天皇の, 好事家の, 娯楽という, 婦人向の, 子女を, 存在に, 宇宙艇を, 完全に, 定紋入りの, 実質的存在を, 実際の, 実際は, 客観に, 客観的に, 寄席にか, 寧ろ最も多く, 寧ろ相互, 將來と, 巷の, 常に動き, 常に肉親, 平常の, 幽界から, 幾年かの, 広く世間, 建築は, 当時ざらに, 当時の, 形成される, 形而上学的の, 彼女自身が, 彼等文筆者流の, 彼等江戸ッ子から, 従って自然, 従属的な, 従来よく, 御承知, 必ずどこ, 悪魔の, 意義変化した, 感情的な, 我々が, 或いはまた自己, 抄本である, 掛算割算の, 摂氏の, 故殿, 既にそこ, 日常の, 日本には, 日本人的思索が, 日本現代の, 明瞭に, 昔から, 昔海だった, 普通の, 普遍的な, 本人の, 本当に生活, 本当に自分, 本当の, 模造品だ, 横向きの, 橋下の, 正月の, 歴代の, 歴史的である, 殊に子供, 母胎の, 母音の, 民衆の, 水色に, 永く外国, 永年にわたって, 活動である, 深窓に, 漢詩などと共に, 無知が, 焼直しと, 物の, 物事の, 特殊的である, 特殊的に, 犀が, 犯罪の, 現にこうし, 現実的に, 現象の, 環境から, 環境と, 甚だ純潔, 生成し, 田舎風で, 男と, 異様な, 發明者としての, 皆自己の, 直ちに名作乾山陶, 相互依存の, 相当幽界, 相当深刻, 真に外, 瞑想の, 社会を, 祖先以来遺伝し, 神を, 私には, 私は, 秋至り十五夜を, 穏な, 突差に, 立ち木を以て, 第一, 第二, 策の, 素直で, 経験に, 経験的な, 結局男子自身に, 絶えず新た, 絶対的価値宗教的価値である, 織田家において, 翌年或は, 肇国の, 肝の, 自分で, 自己が, 至って古くからの, 與へられた, 良妻賢母の, 荷は, 著者と, 薄桃色, 観念的な, 証明の, 誰かの, 誰も, 諸国巡游する, 諸道に, 變化の, 質的な, 起工以来まだ, 超個人的, 超越的意味を, 軟い, 近頃の, 逆に, 過去を, 道徳にも, 酒の, 鏡の, 長さ四, 陽性の, 集約的であっ, 頭を, 類概念が, 風俗習慣が, 食匙蛇響尾蛇蝮蛇の, 馬を, 高崎の, 高次の, 黄金にも

▼ ものばかり~ (894, 0.2%)

78 である 5654 であった 52 だった 50 では 36 です 27 でした 13 であつ 12 だと 11 だつた, なので 8 であったが, でも, なの, 食って 7 だから 6 でありました, であります 5 だが, ぢや, で, であるが, でございます, でその 4 であ, であって 3 であったから, でしたが, ですよ, 書いて, 見て

2 [39件] いただいて, だし, だそう, だったが, だとは, だよ, であるから, であるし, であると, であるの, でこれ, でございますから, でございませう, でしたから, ですから, ですが, でそれ, でどこ, でない, でないこと, でなくそれら, で下, で何, で外, で氏, で目, なら何, やって, 並べて, 並べないで, 多くなっ, 多くなった, 宛名は, 描いて, 目に, 着て, 船遊びを, 読んで, 食べさせられて

1 [312件] あって, ありがたがって, ありませんでしょう, あるが, ある店, いい塗り, いじって, お買い, かかるよう, この人前, さきに, さてこの, しかしそれら, じゃ, ずらりと並ん, そうでなけれ, そして他人, それが, それでなけれ, それを, ただ星鴉, たとえば簡単, だからな, だからなあ, だけど, だけれど, だけれども, だぜ, だたいした, だったから, だったと, だったの, だったので, だったらしい, だったり, だったん, だつたが, だという, だといふ, だなんて, だね, だらうか, だろう, だろうか, であっただろうが, であったの, であった頭, であと, であまり, でありながら, でありまして, でありませうか, でありません, であり作り方, であるいは, であるといった, であるとの, であるとは, であるとも, であるのに, であるやう, である事実, であろう, であろうのに, でいずれ, でいわゆる, でおまけ, でこ, でこの, でこれ等, でございますな, でござる, でごぜ, でさあ, でしたけれど, でしたよ, でしたら京都, でしょう, でしよう, ですし, ですね, でそう, でそれゆゑ, でそれ以来, でそんな, でちょうど, でつい, でつまり, ででき上って, でとても, でないこういう, でないと, でないという, でなかなか, でなくいろんな, でなくかなり, でなくこの, でなくて, でなくなお, でなくなかには, でなくやはり, でなく一代ぎりのものもある, でなく中, でなく他, でなく何時, でなく問屋, でなく折々, でなく拘束, でなく支那製, でなく村びとたち, でなく煮る物, でなく碁, でなく羊, でなく耳, でなく自己, でなく鉱物界, でなし, でね, でほんとう, でまいに, でまた, でりっぱ, でブライア, で一向, で世人, で二ミリメートル, で人, で今, で何故, で例, で全身, で出来上ってる作品, で十二三軒, で南画系統, で又, で古代仏教徒, で只今, で国家的観念, で多分, で多少, で大変, で奪っては, で実に, で富者, で小女, で張合, で彼, で往診, で心, で救, で数, で望遠鏡, で未見, で本当, で本来, で極, で歴史, で殊にもつとも, で活きて, で火星, で片づけて, で物事, で生ぬるく, で私, で科学的, で空中, で背中, で興味, で見て, で詐欺, で誰, で諭吉, で財産, で買つた, で贅沢, で赤, で鋳物, で面白く, で飾られて, で驚くほど, とって, なこと, なのよ, なもん, なりそれでは, なん, なんだ, なんでした, のんで, はんけちと, ひろげて, ほか注ぎ込ん, まして奥, やってる, やるの, よこすだろう, らしい, らしかった, カーテンは, 一人も, 一寸手軽く, 三人が, 三面六臂とか, 並べたので, 並べる時, 並んで, 二三十年も, 五百余騎を, 人間などは, 仕込んでや, 何遍も, 作って, 使いました, 侯爵が, 借り出して, 出して, 出るから, 出版界が, 取って, 取つて, 取揃えたいと, 召し上つて, 味わってる, 売って, 多いの, 多かつ, 多くこちら, 多く読む, 大切がっ, 好んで, 居りまするが, 引き合いに, 強請んだな, 弾いて, 形態は, 性質も, 感じ続けて, 截る, 投げおろした, 抜いて, 持って, 持ってるじゃ, 揃つて居, 故小説, 新夫婦, 楽書する, 欲しがっ, 欲しがってる, 欲しがる, 歌はせ, 残したで, 残つてゐ, 毎月並べ立て, 求めて, 流行した, 流行する, 流行って, 無闇に, 焼く, 特に大騒ぎ, 珍重したがる, 現れて, 生んで, 画いてるの, 盗まれたの, 眺めて, 着てと, 着ては, 精選し, 縫って, 背負って, 自分の, 蝶吉の, 見えて, 見せつけられて, 見せられて, 見つけて, 見つけ出し海, 見なれた眼, 詰められて, 詳しいよう, 読ませて, 読みふけったこと, 読むの, 読んだの, 読んでを, 豊富に, 貰いつけた生活, 買って, 起きて, 身に, 載つた食卓, 追って, 追ひ求める, 選り出して, 選んで, 集ったの, 集まる百瀬会, 集めるつもり, 食うわけ, 食ってたん, 食ってると, 食つ, 食べさせられた, 食べたがるが, 食べた何と, 食べて, 食べてるぢ, 食わされたという, 食わしたもの, 食わして, 飾って

▼ ものでした~ (818, 0.2%)

95 から右門 34 から伝六 291716 がその 13 から名人 12 から 8 がそれ 7 からもう, が私, ね 6 からいつも, からここ, からこれ, がそれでも, が今 5 からそれ, からなんじょう右門, が平次 4 からいよいよ, からさっそく, からその, からとうとう, からようやく, から当然, がこの, がね, わ

3 [14件] か, からいかで, からこう, からことごとく, からさすが, からそこ, からただちに, からなにげなく, からね, から主人, から今度, から何, から同時に, がさいわい

2 [43件] からあっけ, からいか, からうろたえ, からぎょ, からぎょっと, からご, からすっかり, からせっかく, からたいてい, からちょうど, からちょっと, からつい, からなんじょう, からなんじょう名人, からまことに, からまず, からまた, からむろん, からもう一度, から一時, から取る, から同じ, から将軍家, から少し, から手, から早く, から聞く, から鋭い, から鳴り屋, がいざ, がかいつまん, がこれ, がしかし, がそこ, がほか, が一, が中, が大店, が幾代, が根, が親, が金持, な

1 [364件] あなたに, あの女子, え, お商人衆, かお, かね, からあ, からあたり, からあて, からあばた, からあまり, からあわて, からあんな, からいう, からいきなり, からいくぶん, からいちばんはずれ, からいちばん評判, からいっそう, からいつ, からいぶかしく, からいぶかっ, からいぶかり, からいま, からいま額, からいや, からいろいろ, からいわゆる, からうるさい, からうれしい, からうろたえた, からお, からおこ, からおこり, からおしゃべり, からおしゃべり屋, からおっ, からおどろいた, からおもわず, からおれ, からかよう, からかんかん, からかんしゃく持ち, からがら, からきく, からくし, からけたたましく, からこういう, からこころみ, からこちこち, からことごとくもう, からこの, からこわき, からさては, からさらに, からざま, からしかた, からしから, からしきりに, からしたたか, からじゃ, からすかさず, からすっかりもう, からすでに, からすばやく, からすわ, からぜひ, からそういう, からそうそう, からそも, からそれから, からそれほど, からただ, からたちまち, からたのもし, からため, からたわい, からだれ, からちらりと, からついに, からてこ, からてっきり, からでは, からどこ, からどっと, からなに, からなにとて, からなまじっか, からぬうっと, からのがさず, からはいり, からはからずも, からはっと, からはて, からはてな, からはらはら, からばらばら, からひとみ, からひと目, からひと足先, からびッくり, からぴかりと, からふたり, からふと, からべつに, からほっと, からぽかんと, からま, からまことにどうもはや, からますます, からまだ, からまだはっきり, からまったくもう, からむっつり, からむろんまだ, からめった, からもし, からもとより, からやさき, からややしばしぼうぜんと, からゆでだ, からゆみ, からよく, からよくよく, からよほど, からアッカ, からガルーダ, から一瞬, から一面, から万一, から万事, から不意, から並みいる, から中身, から予想, から予期, から事, から事ここ, から事件, から事態, から亭主, から人, から仁王様, から今, から他, から仙次, から代わっ, から伊豆守, から伝六熊仲, から伸びた, から例, から信ずる, から八番, から出鼻, から到頭, から前後, から口, から口先, から召し取るまえ, から右門たち, から喜んだ, から四日, から回天動地, から場合, から大久保甚十郎一家, から大変, から太鼓, から失禮, から女, から宗助, から少々, から屋敷じゅう, から帰りつく, から座, から弓師六郎左衛門, から引き入れられる, から当人, から形勢われ, から御, から心当たり, から念, から思いつい, から急, から急い, から恒藤夫人, から恥ずかしかっ, から息, から意気, から押え, から持っ, から敬四郎, から断然, から明哲神, から明知, から時, から時機, から普通, から松平伊豆守, から案内, から正直一点, から殿, から気, から気早, から水, から江戸っ子, から無我夢中, から物議, から犬公方初め場内一統, から独断, から珍しく, から男, から疑問, から目, から相手, から瞬時, から破顔一笑, から私, から突然, から等しく, から米友, から耳八丁口八丁, から聞いた, から腕, から若, から若者, から苦笑, から表, から要, から見物人, から身, から身分, から退屈男, から逆, から道灌山裏, から鋭く, から青ざおと, から青まゆ, から額, から飛鳥, から駒井, から駕籠, から鼻, があいにく, があと, があの, がいかにも, がいくら, がお, がおそらく, がおまけ, がここ, がさんざん, がそのうち, がそのうちだんだん, がその同じ, がそれだけ, がついに, がでは, がともかく, がどういう, がなぜ, がね要するに, がふと, がほんとう, がや, がやはり, がやや, がよく, がガラッ, がソヴェト政府, がバルザック, が一人, が一時, が一面, が主, が五十男, が京極三太郎, が今度, が今日, が今日の, が仕合せ, が僕, が八五郎, が別に, が十字戦争, が博識, が喧嘩, が奈良朝, が子ども, が小さく, が少し, が尺八, が彼, が彼等, が心, が慣れぬ, が戦災, が折角, が新聞評, が日, が明治以来, が検屍, が檢屍, が殊に, が殿, が母, が源松, が無口, が留守, が税金, が簡単, が裏庭, が褒め, が要領, が見る, が観念, が認め終る, が誰, が豈, が賢能, が途中, が運, が遠島, が音響仕掛け, が額, が食堂, けどやりきれない, けれどかく, けれどこの, けれどまた, けれどもここ, けれども表, けれどわたくし, けれど兄, しうすい, しその, しもの, し三月, し友, し羽左衛門, そうです, そのこと, っけ, でせう, なア, ねえと仕立屋, ねその, ね寄せ書き, のでこういう, ので朝飯, ので私, ので警固, のに, よあっし, よ叔母さん, ドイツ製の, ネ, 何に, 出版の, 勿論私, 家へ, 手に, 由, 西洋から

▼ ものかも~ (705, 0.2%)

166 知れない 97 しれない 50 知れぬ 39 知れません 32 知れないが 22 しれないが, 知れないと 16 知れなかった 15 しれません 13 しれぬ 10 しれないと, 知れないの 8 わかりません, 知れぬが, 知れませんが 6 知れませんね, 知れませんよ 5 しれないの, しれなかった, 知れないよ, 知れなかつた 4 知れないし, 知れないといふ, 知れないな, 知れぬと, 知れねえ, 知れませぬ, 知れませんな 3 しれないな, 知らぬが, 知れないぜ, 知れないという

2 [21件] うれしやと, しれないけれど, しれないという, しれないわ, しれないん, しれぬが, しれませぬ, わからずどうか, わからないの, 分らない, 知れないからね, 知れないがね, 知れないけれど, 知れないけれども, 知れないこと, 知れないぞ, 知れないとさえ, 知れなかつたが, 知れぬけれども, 知れぬな, 知れん

1 [75件] しらぬが, しれないから, しれないし, しれないしかし, しれないちっとも, しれないね, しれないナ, しれぬと, しれねえぞ, しれませぬが, しれませんが, しれませんけれど, しれませんよ, しれんでなア, しれんと, しれんな, それは, つくり身構, つと少なく, つと皮肉, まむかひ, よくわからない, わからずに, わからない, わからなかったから, ハツキリしない, 分かって, 分らないし, 分らなかったの, 判らないもの, 存じませぬが, 少し見, 春の, 知らずいつも, 知らないの, 知らんが, 知りませんでした, 知るまいが, 知れずその, 知れずまたは, 知れず社会, 知れないいや, 知れないから, 知れないがな, 知れないけど, 知れないそれなのに, 知れないなどと, 知れないやう, 知れないわ, 知れない一日, 知れない大阪, 知れない悠二郎, 知れない染井鬼三郎, 知れない江戸女, 知れない築地, 知れない重い, 知れぬとも, 知れぬなどと, 知れぬの, 知れぬ又或は, 知れぬ生涯, 知れねえが, 知れませぬが, 知れませんけれども, 知れませんし, 知れませんぜ, 知れませんと, 知れませんねえ, 知れませんネ, 知れやしない, 知れんて, 知れんな, 知れんのう, 知れん私, 私の

▼ もの~ (700, 0.2%)

7 ある 6 はらかな 4 しきの, 何か, 美しいもの 3 おまへん, 着物を, 自分の

2 [33件] あるひ, おへん, がな, きものを, ぐにゃぐにゃした, しみつきや, それを, なあ, のみもの, はらかに, 中には, 人の, 何かを, 反感を, 味の, 小鳥の, 平凡の, 忘却した, 新しい芽, 更に又, 横むきに, 正しいもの, 着るもの, 知識的の, 花の, 荻野左仲の, 蔬菜を, 親愛な, 院の, 青いもの, 食うもの, 馬の, 鳥や

1 [600件 抜粋] あくどい際物, あらむ, あるいはその, あるいは硬, あるいは遠く郷里, あるべき, ある何ぞ, ある妄執煩悩, いいえ烏, いかがわしいもの, いきなり冗談, いろいろさまざま, いろいろである, いろいろよかっ, いろんなもの, おしゅん, おしょさん夫婦, お洗濯何, お賽銭, お酒, お金を, かなり人間的, からこの, がご存じ, がどうか, がな記念分, が発生, きくもの, くだものを, くにほひ, ぐらは, けど東京, この婆アさん, こ穢い, ごく低い, ごく込み入った, さう, さかいいつ, さかいよんどころなく, さかい何, さかい美津さん, しきだ, しきと, しきには, しきへ, しきみたいです, しきみたいな, そうかと, そこの, そこらに, そのしかけ, そのほか, その人, その他に, その他入り用の, その他生徒が, その他赤い, その俳人達, その家風, その折々, その模造品, その点, その生き, それは, それらは, ぞ, たんねんに, だのお, つなぎ団子千鳥桜柳などの, てにい, である, ではあと, で皆, と思え, と思っ, と称する, ないこと, ないさかい, などへ連れ込ん, など五十円, なにか, なんかが, なんかよむ, はき眩暈, はらかい, はらかで, はりもの, はり五六人が, ひといじめよう, ひどく興味, ふしぎな, また, またあちら, またくわ, またこの, またそう, または就職, または懲罰的, また二つ, また幸, また折, また教理, また日本製, また自分, また螺鈿, まるいやう, まるいよう, まるで反対, もう上った, もちものを, ゆがんだもの, よく観察, らちよと, イヤラシイ感じは, イワシなどを, ガラスの, コムソモールは, ゴシック風に, ザツな, シカや, シムフォニーの, セツナイもの, ハイネ, ヒヤッと, ブリキ製の, ベソを, ボール紙の, ユウモアの, ロマンスが, ヴラマンクに, 一般的なる, 一見超, 一部には, 三角形の, 上っ面だけ, 上願書という, 不仕合, 不可解な, 不用な, 両手を, 中から, 中谷の, 丼を, 乾肉が, 乾隆の, 二つに, 二川重行から, 云ひ寄られ, 交通機関は, 京都の, 人間の, 仄白い, 今新しく, 何, 何かが, 何かでは, 何かでも, 何かに, 何ぞが, 何やかやいずれ明日, 何やかや細工類, 何十日も, 使命という, 個人心理なる, 個物や, 値打の, 働きに, 働きの, 兎の, 入口らしい, 六元正紀大論に, 六朝仏が, 六根きよめ, 円い形状, 円錐形や, 写真知っ, 冷たいもの, 凌辱の, 凡庸な, 初春の, 刺繍を, 前檣後檣, 剛健な, 剣舞や, 割れた煉瓦, 動くもの, 動植物に対しても, 動物の, 勿体ぶったもの, 化けたもの, 化粧品を, 化粧道具を, 医学などについて, 単純で, 危険な, 原始的な, 又それ, 又もう二度と, 又封建的, 又臣下たる, 又至って, 友人たちが, 友人などを, 友人や, 友達などが, 反対的立場から, 取り替せ一札, 口の, 古いもの, 古い歌, 古い絵, 古来神品とも, 古道具屋に, 各地を, 吉祥の, 吉蔵という, 同金銅釈迦三尊像, 名は, 否や, 味噌や, 哲理科学の, 哲理科學の, 唆る, 国や, 国家といふ, 国家主義的乃至, 国民や, 地下の, 地獄の, 地理地形を, 地震や, 堅い物, 堅実な, 塩ざけなどを, 境内の, 壁かけの, 声を, 売る人, 外に, 多数性から, 夜間のみ, 大切な, 大型の, 夫婦仲の, 奇声を, 女に, 妙に, 婦女と, 子供を, 学生という, 学者などを, 安本や, 実は何, 将来の, 小さい爆弾, 小舎に, 少女の, 屋根に, 山水花鳥画は, 山頂へ, 崇高な, 巡査が, 幕末もので, 幽霊よりも, 広告類の, 店の, 店員は, 庭を, 庶流の, 形や, 影絵の, 役に立つもの, 彼の, 後進同士手を, 徒に, 必要な, 忘れ果て, 怖いもの, 思惟の, 思考的な, 性格の, 恋ひ, 恐ろしい目, 悟入なき, 悲惨な, 惨事を, 愛すべきもの, 感情の, 或いはそうした, 或いはその, 或いは新奇, 或いは貧乏, 或は既に, 扈従の, 手を, 手数の, 手紙の, 打撲の, 押入れの, 拵えの, 持ちの, 持ちもの, 持って, 指に, 振鷺亭, 撫育されない, 支那へ, 数種の, 断片的の, 新しいもの, 新派の, 旅行記とも, 明治二十一年子一月約定金請取の, 暗示的な, 暴れ狂う, 曖昧茫漠と, 書き割り, 書籍などを, 服の, 服装などで, 朝鮮の, 木には, 末書的な, 本当の, 本気に, 本隊の, 来, 板庇に, 棗などが, 検定された, 楽しいこと, 様々な, 横柄な, 樹の, 樹木の, 樹枝や, 武者小路さんの, 歪められたもの, 死んで, 殆ん, 気味の, 気楽な, 氷球の, 永井荷風の, 汚いもの, 汚ない, 沈金と, 河童の, 洋服や, 洗濯や, 浮き世の, 海女の, 涜神的な, 淳朴な, 清純な, 湯に, 満洲開拓, 激しく彼, 炭屋の, 無用なる, 無駄な, 爬虫類の, 父を, 特に日本, 特別に, 特別の, 特色ある, 狂言なぞという, 珍しい品物, 珍らしい, 甘えるもの, 生活に, 産馬に関する, 甲子の, 男女の, 畠へ, 異心, 病根が, 相撲や, 真っ白な, 真実な, 真新しくそりかえった, 矢島祐利氏の, 知識的な, 短かいもの, 石はぜなどを, 研究を, 砥石の, 祇園らしくない, 神経系統の, 禅家の, 私たちには, 私に, 稲妻と, 空想的な, 窯損の, 立体的に, 童言葉に, 紅でも, 純情的な, 級自治会の, 素朴な, 紫雲や, 綺麗な, 綾織や, 縮緬なども, 繍った, 繕いもの, 美術品など, 翻訳した, 考えを, 聞きたいもの, 肝揃て, 能楽などには, 脂酸の, 腕輪の, 自然から, 自然を, 色紙が, 芝居へ, 芥川龍之介的な, 若いもの, 苦いもの, 菊人形など, 菊人形などという, 葡萄酒なども, 蕎麦を, 薄き茶, 薪に, 被害者遺族の, 襟元に, 西洋食料品の, 見む, 親しかつ, 角いもの, 言葉の, 許可を, 詩吟を, 誰かが, 諂うもの, 請負った普請, 請負もので, 諸都市, 豆類などを, 象の, 貞節ものが, 負け惜しみの, 貧窶の, 贅沢な, 超自然, 軟かいもの, 輪読会の, 辛いもの, 迄がよかろ, 近所の, 通りがかりの, 通夜という, 通行人たちが, 遊芸吟唱の, 道と, 道を, 道具などが, 酸つ, 野鶏を, 金の, 金めの, 金力ある, 金目の, 銀で, 銀色の, 鏡の, 長いもの, 陶磁器の, 障子と, 雨露を, 電気感応と, 青い石ころ, 静物を, 面白くない, 音源を, 頼りない, 風俗などに, 風俗の, 飛附い, 食い物店が, 食る, 飲み屋の, 飲むもの, 馬鹿聟に関する, 駄菓子なども, 駕籠に, 骨量や, 高砂族の, 鳥の, 鳥達も, 鶴石の, 黄色い切, 黄表紙などが, 鼓の, 鼻が

▼ ものでしょう~ (675, 0.2%)

421331513 かね 9 かな 87 かしら 5 かねえ, 親分 4 ねえ

2 [11件] かそれとも, かどう, からね, かナア, か親分, か親分さん, が, がそれ, が今, それを, と思います

1 [133件] あとは, あの桶屋さん, おじさん何か, お蝶さん, かあの, かいっこう, かおきせ, かじかでは, かそこ, かそんなだいそれた, かといったところ, かときいたら, かとそう, かとそういう, かと幸子, かと管輅, かなあ, かない, かねと言う, かね弟, かね明日, かね皆さん, かね罪, かね親分, かまさしく, かまた, かもう一度, かやがて, から, からこうした, から一しょ, から今様仙人, から君たち, から非常時局, か人形, か余吾, か先年, か型, か夢, か平, か意想外, か日本, か無, か知ら, か私, がある, がかえって, がそうした, がその, がその後, がどっち, がな, がなぜ, がね, がよ, が一体, が僕, が前, が壮, が少し, が必ずや, が生活, が病床, が私, が米斎君, が見たい, が親父, けどまったく, けれどほんとに, けれどもお, けれどわたくし, こういう日常, ことに最近, このお, この見地, この頃, ご奉行職, さらりと, しお, しばらく返辞, しまた, し従って, その滔々ぶり, それが, それはね, それよりか, たいしたこと, でもその, といっ, といわれた, と家, と尋ねる, と彼, と思い出し, どうしても取り消せ, どうせ本当, なあ, なあ戦, なこの, など看破る, な併, ねえそう, ねそういう, ましておたがいに今日, よ凄い, よ横町, ガラッ八, 一つ御, 乎, 但し個性的, 北極でさえも, 千魂塚と, 周囲などには, 大年増, 女だてらに, 宝石らしい, 小ぢんまりした, 憎らしい憎らしいと, 旨を, 早坂さん三月十三日と, 暑くるしくあるまい, 柘榴の, 次郎は, 看護婦が, 眼を, 私の, 突然に, 立派な, 自分の, 親の, 道ばたの, 遺書の, 間食で

▼ もの~ (673, 0.2%)

342 やない 87 やありません 6527 やねえ 21 やア 14 やございません 13 や無い 9 やあるまい 7 やなく, やよ 6 やが 5 や御座いません 4 やなし 3 やある, やから, やと

2 [11件] やあございません, やげ, やて, やで, やと説かれ, やなかつた, やなから, やねエ, やの, やほどに, や無から

1 [35件] きに, つと底, やあな, やがね, やごぜ, やさうな, やぞ, やたつ, やつたの, やてんでに, やといふ, やと云, やと思う, やと言つて, やと賞め, やどう, やな, やになあ, やに却つてわれ, やね, やねえか, やねえよ, やは, や乾し, や其の, や彼女, や料つて, や有, や歌集, や決して, や無, や無え, や無し, や面白く, や鶴亀

▼ ものとも~ (673, 0.2%)

25 山の 8 せずに, 思われません, 考えられる 7 限らない 6 思はれない, 思はれる, 思われない, 思われぬ, 考えられるの, 見られる 5 思われる 4 しないで, なる, 思って, 考えられるが, 解せられる, 言はれぬ

3 [11件] いえる, いわれて, せずその, 取れる, 思えないよう, 思へない, 考へられる, 考へること, 見えない, 言へる, 限りません

2 [30件] いうこと, いえるであろう, いえるの, きまらない, しない, とれる, なること, なるの, 思はれず, 思はれぬ, 思へぬ不可思議, 思われぬよう, 思われるが, 知れぬ, 考えて, 考えられない, 考えられぬこと, 考えられるであろう, 考へられよう, 見えません, 見える, 見られて, 見られぬこと, 見られよう, 見られるの, 見当が, 覺えず, 言える, 言われるの, 違ふ

1 [459件] あいませんでした, あそばさなかった御, いい兼ねる, いい切れない, いうて, いうべくきわめて, いえば, いえませぬ, いえようが, いえるが, いえるので, いえるよう, いたしませぬほどに, いへ, いへるが, いへるだらう, いわれ後, おも, おもえないその, おもえないもの, おもはれず, おもわれず七宝所成, かぎるまい, きまっちゃ, きまらないありさ, きまらない夫, きめられぬ, したいの, して, しないから, しない力, しない天下, しなかったと, しなかったバイキング海賊, しなかった乱行, しなければ, しれぬ強い, しれぬ旅芸人, しれぬ源氏, しれねば, すること, せいで, せずあくまで, せずそのまま, せずひと, せずやつ, せずグングン, せずモスクワ煙草工場, せず三人, せず亭主大事, せず人間, せず傷口, せず南, せず土台石, せず大きな, せず峻坂, せず彦太郎, せず彼, せず愚図, せず我, せず敵将, せず次第に, せず歌いながら, せず活気横溢, せず滅ぶの, せず漫歩, せず無理やり, せず甲斐, せず着々, せず脂汗, せず膝, せず非戦論, せぬ兵, せぬ我が, せねど, その当時, たたかわなければ, ちがったもう少し, ちようど逆な, つかずさればと, つかず三方, つかず前途, つかず実に, つかず白筋, つかず白筋の, つかないん, つかないニューフェイス, つかない傷, つかなかつたばつ, つかぬもの, つかぬやう, つかぬ与えられた認識材料, つかぬ群生, つかぬ風守, つきそう, とれぬでは, とれるし, なく膚, なつた, ならざるを, ならなかった, なります, なり報酬, なり得るの, なり得るもの, なり易い, なり更に, なるだろう, なるであらう, なるべきはず, はっきり想像, またはか, またアマルガム法, また悪意, また是非実現, まだわからない, みえなくなって, みるべきもの, ややちがう, わからずまた, わからない, わからない古い, わからなかつた自分, わからぬおそろしい, わからぬながら, わからぬ古風, わからぬ白骨, わからぬ程, わからねえん, わからんの, わからんのに, わかりません, 一寸それ, 一応は, 並在し, 丸で, 主客合一の, 予想さえ, 二心ある, 云い得る, 云う, 云うもの, 云えない, 云えません, 云えよう遺伝, 云はるべき, 云はれ, 云はれるだらう, 云ひ, 云へる, 云われない事, 云われません, 云われる, 云われる甚だ, 亦決して, 付かぬといふ, 会って, 似ないツアラル, 何とも思っ, 何とも考えず, 全く没交渉, 共通し, 分らず意外, 分らない, 分らないの, 分らない徒弟時代, 分らない無銘, 分らなかつた, 分りませぬが, 分りません, 分りやしない, 判じがたい, 判らないから, 判らないし, 判らないしかし, 判らないぼんやり, 判らないや, 判らない樫, 判らぬお, 判断しかねる, 前の, 劉, 協同し, 又その, 又はその, 及ぼさねば, 取って, 取れた, 取れるが, 取れるし, 受け取って, 妥協する, 定まらねば, 定められない, 察せられる, 少し異, 彼には, 彼は, 後の, 怖ろ, 思いませぬ, 思いません, 思いませんが, 思えない, 思えないが, 思えないし, 思えないのに, 思えない女, 思えない異様, 思えない立姿, 思えない美しい, 思えなかった, 思えなかったし, 思えぬその, 思えぬのに, 思えぬ位, 思えぬ気品, 思えぬ気高, 思えぬ程, 思えぬ美しい, 思えぬ静か, 思えます, 思えません, 思える, 思えるし, 思っては, 思つた, 思はない娘, 思はなかつたので, 思はねども, 思はる, 思はれない僕, 思はれぬから, 思はれぬが, 思はれぬ明るい, 思はれるし, 思はれる妙, 思へずに, 思へないし, 思へないやう, 思へなくな, 思へぬ位, 思へぬ冷たく美しい, 思へぬ新し, 思へぬ氣, 思へぬ淺, 思へぬ清純さ, 思へぬ程, 思へぬ程朱, 思へぬ美し, 思へません, 思わずに, 思わないよう, 思わなかった地獄, 思われず, 思われずこの, 思われずもし, 思われて, 思われないその, 思われないので, 思われないほど, 思われないもの, 思われない仕事, 思われない凄, 思われない美しい, 思われなかった, 思われぬでは, 思われぬの, 思われぬ不気味, 思われぬ光景, 思われぬ凄惨, 思われぬ声, 思われぬ恐ろしい, 思われぬ浅間, 思われぬ深刻, 思われぬ激しい, 思われぬ醜悪怪奇, 思われぬ顔, 思われぬ高尚, 思われねど, 思われねば, 思われます, 思われますが, 思われますし, 思われませぬ, 思われませんが, 思われませんでした, 思われませんね, 思われるの, 惡魔の, 想像されず, 想像されます, 想像し, 想像しうる, 想像し得られる, 或る, 拾ったもの, 推定される, 推測し得られる, 揃つて存在し, 断じが, 断じられるが, 断ずること, 斷らず, 明瞭とは, 書いて, 気がつかない, 決められない, 決らなかったの, 海の, 為しかねるが, 申し得るの, 申せましょうか, 男子の, 異なつて, 異る, 的の, 相成候, 相手の, 看做されて, 看做されてを, 知った, 知らずいのちがけ, 知らずに, 知らず叫ぶ声, 知らず日常, 知らず漂うて, 知らぬ濁みたる声, 知れずいきなり, 知れず植込, 知れず正面はるか, 知れないの, 知れないよう, 知れなかった, 知れなかったの, 知れなかった過去, 知れぬが, 知れねいんだからね, 知れません, 知れんよう, 組合わせて, 結合しました, 結合する, 考えては, 考えられそう, 考えられた, 考えられたが, 考えられて, 考えられないわけ, 考えられなかった, 考えられぬ, 考えられぬ事, 考えられるけれども, 考えられるし, 考えられるよう, 考えられる可能性, 考えられる次第, 考えること, 考えるん, 考える傍, 考え当らぬ囁き, 考ふる, 考へて, 考へては, 考へられた, 考へられたかも, 考へられるが, 考へられるであらう, 考へられるの, 考へられるほか, 考へられ得るの, 聞いて, 自分で, 見えず, 見えず黒, 見えたから, 見えないが, 見えないので, 見えないのに, 見えなかった, 見えなかつた, 見えぬから, 見えぬ冷たく美しい, 見えぬ奇怪, 見えぬ肥満, 見えぬ香しから, 見えねば, 見えます, 見られさ, 見られないこと, 見られます, 見られるけれども, 見られるし, 見られるだらう, 見られるであろう, 見られるので, 見られる理由, 見られ又は, 見るべく解説, 見る事, 見れば, 見わけ, 見分けの, 見當, 覚えない, 覚えぬもの, 覚えぬよう, 覚えぬ凄まじい, 覚えぬ尊い, 覚えません, 観られる, 覺えぬ, 解される, 解し得るけれども, 解すること, 解せられざるべきか, 解せられて, 解せられぬこと, 解せられるが, 解せられるの, 解らなかった, 解釈が, 解釈される, 解釈せられる, 言いえられる, 言うべき人たち, 言えない, 言えない事, 言えるであろうが, 言は, 言ひます, 言ひ兼ねたれ, 言へ, 言わないで, 言われた, 言われぬ, 言われぬ事, 記されて, 評し得るか, 認め難い, 諮って, 謂うべくこの, 謂はれる, 連用名詞法に, 違いエタ, 違う, 違って, 違ひ, 違ひます, 違ふし環境によ, 還らないもの, 限って, 限らず, 限らずだれ, 限らないし, 限らないの, 限られては, 類の, 類似した

▼ ものでございます~ (643, 0.2%)

63 から 5841201610 が, ねえ 8 からつい, からね, なあ 6 からこの, からその 5 からそれ, わね 4

3 [14件] かその, かな, かねえ, からお, からそこで, からそれで, から失礼, から御, から私, がその, がねえ, が此, なア, のね

2 [23件] から何, から宿, か今日, があなた様, がいま, がこちら, がこの, がしかし, がそれでも, がどうぞ, が何, が何分, が日頃, が至って, が良秀, けれども之, こと, と仰有る, ねわたし, の, もの, やら, よそれ

1 [287件] あなた様も, あんたが, いかがでございましょう, かえ, かお, かこの, かと益々ハッキリ, かなあ, かね, かの, からああ, からあるいは, からあれ, からうっかり, からお尋ね, からこうして, からこれから, からこんな, からさ, からし, からそう, からそんなに, からちょっと, からできるだけ, からという, からとうとう, からとても, からとにかく, からどう, からどうしても, からどうぞ, からな, からなあ, からなに, からなロクロク, からな鈴慕, からねどうか, からまだ, からむやみ, からやすやす, からよんどころなく, からわたくし, からわたくしども, からわたし, からツイ持前, からプログラム, から一つ話, から一度, から一番, から万事, から三千円, から久離, から今時, から仮に, から何もかも, から何卒, から余り気味, から供, から信用, から其所, から厳密, から只, から可愛, から名, から名御, から告げ人, から外様, から多分, から大, から大急ぎ, から孔夫子, から宜, から宵, から山容そのもの, から川中, から度, から御台様, から御殿, から心配, から思ひ, から政府, から旅, から日, から日頃ご無沙汰, から権力, から正直, から死んだ, から母, から毎度, から気, から氣がかり, から永く, から決して, から滅多, から生き, から生命, から男次第, から皆, から知恵, から短い, から簡単, から考え, から耳, から自分, から要するに, から貴方, から途中, から道, から酒, から鑛業人一人, から阿, から陛下, から随分, から雪, から非常, から頼ん, から飛, から驚い, から骨, かわたし, か人情, か全体, か暗う, がいつか, がいつの間に, がうけたまわれ, がここ, がこれ, がごらん, がでは, がともかく, がどうか, がなにぶん, がなんと, がねお, がねそれ, がねどうも, がね一軒家, がまた, がまだ, がもし, がもちろん, がよろしく, がわたくし, が一体まあどう, が中ごろ, が中頃, が二度, が今, が先生, が出来ましょう, が只今お次, が商売, が堅い, が奇怪, が如何, が姉, が実に, が市, が幼年, が後で, が御, が性質, が怪しい, が承れ, が旅籠, が果して, が段々, が永禪, が深い, が火, が牛飼さん, が特に, が狐, が現世, が目の下, が相州さま, が眼, が茲, が萩原新三郎, が親代々家, が話, が貴方, が開け, が鼈甲, けれどもしかしながら, けれどもそれ, けれども源, けれども米友さん, これを, ごらんの, さあどうかずっと, さう, しそれに, した, し一体, ぜ, そうし, そして昔, そして誠に, そのおりマルファ・イグナーチエヴナ, それに, それは, それを, という意, とさ, とも, と書き, どうか, どうか行末, なああ, なお, なせっかく, なそして, なにしろふと思いつきました, なエライもの, な其の, な女一人ゆえ, な若い, ねあちら, ねあんな, ねえ今, ねお出まし, ねよく, ねオホホホホ, ね何とか, ね何処, ね私, ので, のでこうした, ので最後, ので道中, のに, のにお, のよ, の老人, へい, ほかに, ほんとに金, まことにどうも, やらその後誰, ゆえ, ゆえこの, ゆさんの, よあいつ, よいつか別荘, よだから, よちと, よでも, わほんとう, わア, ヨ, 一つらなりの, 一万八千足に, 一里半と, 万一の, 事が, 人は, 今此娘, 仕立ても, 何卒忠義ゆえ, 先刻引合に, 只今でも, 失敗する, 守田座とかいう, 宜しゅうございます, 小松さまは, 尼に, 屋根は, 年に, 当人が, 急に, 故これ, 最初の, 母は, 清澄山から, 然うし, 盲目根性と, 矢張其の, 私共が, 空身です, 竹生島の, 草葉の, 誰ひとりあなた様を, 誰も, 貴方だ, 道徳の

▼ ものなる~ (582, 0.2%)

105 ことを 32 ことは 27 ことが 26 が故に 25 事を 148 を, 事は 6 がゆえに, ことも 4 がゆゑ, 可き, 可く, 可し 3 がこれ, こと, ぞ, ぞただ時, を知ら, を知る, を知るべし

2 [29件] かと, かな, かを以てす, かを信ずる, かを知り, かを知る, かを精確, か否, か或は, がその, がそれ, が一方, が今, が愚者, ことだけは, ことである, ことに, ぞと叱, にその, に何, に拘らず, のみ, やいなやもし, をや, を以て其の, を無念, を知り, を記憶, 事が

1 [230件] かが想像, かが明瞭, かぎりかならず, かそれ, かという, かとさ, かとの問題, かな恋愛, かについてはほとんど, かは他日沒理想, かは別項, かは只一湖, かは想像, かも學ん, からに人々, からに其の, からに吾人, かを, かをおも, かをさえ解し得ざる, かをたずねし, かをながなが, かを推知, かを明らか, かを洞察, かを知っ, かを知らなかつた, かを知り得る, かを知る能わざる, かを窺, かを解せざる, かを説明, かを述べ, かアイヌ, か予, か又は, か我国, か或, か或はまた, か段々, か要するに, が, がかの, がことに, がこの, がしかし, がしかじ, がその他, がその後本紙上, がともし, がなか, がのち, がまこと, がゆえ, がゆゑにあくるにあたりて, がゆゑにまづといふ, がよく, がマリア, が之, が事實, が其の, が其畫, が分, が即ち, が台湾, が名, が多く, が如し, が妙, が山上, が彼, が我が, が故, が新, が日本橋区, が是, が暗く, が書中, が為, が父田中甚左衛門, が牧牛, が甲州街道, が罪, が親しく, が評判, が試, が近, が里俗, が關係者, が類品, ことの, こともちろん, こともとより, ことをも, こと両者を, こと明かなる, こと明瞭なり, こと是を以て, こと武田君の, こと疑, こと疑いなし, こと疑うべからざる, こと知る, こと知るべし, こと等より, こと釈然たらん, こと釋然たらん, こと頽勢の, と共にまた, なからん, において, にかかわらず, にこ, にここ, につきもし, にひとり, によく, による, にわが, に万人, に之, に來, に因つて, に図らず, に後, に後人, に愛山君, に昨日門口, に独り歌, に理屈, に若, に言, のみならず, はいふまでも, はさき, は其の, は明白, は無論, は疑い, は確か, もその, ももし, も余, も彼ら, やいなやは哲学上, やも計り, やを究むることがかえって, や不明, や他, や判明, や否, や否や, や或は, や教会全体, や明白, や知る, や等の, ゆえこの, ゆえ禁裏さまの, より昼, をあら, をいかに, をだれさせぬ, をもし, をもって予期意向, をもって敢, を今, を以てそこ, を以てその, を以て一々, を以て如何, を以て容易, を以て特に, を以て細部, を以て自ら女性, を以て覚醒後, を以て道徳上, を以て非, を信じ, を信ず, を信ずる, を信ぜずん, を實感, を庭, を忘, を思え, を思ふべし, を思へ, を想, を楯, を知るなり, を知るべき, を示した, を示す, を考へし, を見るべし, を記せり, を論ず, を謂, を證, を首肯, を鴎外強, レモンの, 上は, 事, 事そして, 事ついで, 事の, 事も, 事前記の, 事實を, 事御覧の, 事明かなれ, 事普通の, 事疑ひ, 事證明せられたら, 会社へ, 信仰に, 兄弟分あまりに, 場合が, 故に讃美, 故日本人, 旨を, 為に, 由, 由も, 眞の, 高皇産霊尊, 鯉市も, 點より

▼ ものなれ~ (564, 0.2%)

47 ばなり 35 ばその 23 ばこれ 157 どもこれ, ばこの 5 ば之, ば今, ば父母 4 どこれ 3 ども今日, ばあたかも, ばもとより, ば余, ば十日, ば我, ば政府, ば政治, ば私

2 [25件] ど, どその, ども, どもただ, ども人, ども兎, ど誰, ばいやしくも, ばかの, ばここ, ばこれら, ばもし, ば人, ば仮令, ば其の, ば左, ば己, ば彼, ば恰も, ば所謂飼放, ば牛, ば男子, ば腹, ば自然, ば陸

1 [334件] とていよいよ, とも美術, どい, どか, どこの, どしばし, どまた, どもいまだ, どもこの, どもその, どもその去る, どもそれ, どもなおかつ, どもなかんずく, どもねえ, どももし, どももとより, どもよく, どもドイツ, ども一冊拝呈, ども二十, ども二百萬圓, ども人々, ども今, ども余, ども凡そ人, ども医師, ども古, ども古来, ども吾等, ども国家将来, ども外, ども学術上, ども宴楽, ども就中私徳, ども山, ども平安, ども彼, ども成敗, ども政府, ども昨年, ども栄枯無常, ども植物, ども此點, ども武士, ども死後, ども活動, ども神, ども私, ども習慣, ども諸, ども道理, ども醒覚, ども関東武士自身, ども風姿粗野, どわれ, ど事茲, ど人, ど偽り飾れる疑あり, ど各, ど小説, ど尚, ど年月, ど我, ど我が, ど昆曲, ど月, ど板刻, ど残念, ど玉, ど竹田, ど進歩, はダンテ, は之, は互に, は人, は其快樂固, は其性たる, は吾人, は此, ばあえて, ばあくまでも, ばあまり, ばあるいは, ばあるじ, ばいかに, ばいと, ばいまだ, ばいよ, ばいわゆる, ばお, ばかかる, ばかく, ばかれ, ばくど, ばくどくど, ばさき, ばさして, ばすべて四角, ばそのかみ, ばそれ, ばそれで, ばただ, ばただ金, ばたとい, ばつねづね, ばとうてい, ばとて琴, ばともに, ばなんら, ばのう, ばふた, ばまず, ばみだりに, ばむろん, ばもちろん, ばもっぱら, ばやがて, ばややもすれば, ばよしや, ばよろしく, ばわが輩, ばわずか, ばわれ, ばわれこれ, ばわれわれ, ばインド, ばウィスキー, ばメヅーサ, ば一, ば一般に, ば一點一畫, ば七十銭位, ば三人, ば三河武士, ば不徳, ば不適當, ば世上, ば世人, ば並べて, ば中身, ば也, ば予, ば事, ば二氏, ば五著, ば京畿, ば人力, ば人心, ば人民, ば人知, ば人間交際, ば今これ, ば今後いろいろ, ば今日, ば仏教, ば仕事, ば他, ば他人, ば何れ, ば何事, ば何故, ば何物, ば倒れ砕け, ば偶然, ば億万斤, ば全く, ば其感得, ば其歳費辞退, ば其記, ば内臓, ば初編, ば別に, ば前後, ば勉め, ば千鐘, ば去年, ば双方共, ば名, ば哲学上, ば唯, ば唯一概, ば国, ば地獄極楽, ば埒, ば外國人, ば外界, ば多妻法, ば夢, ば大, ば大いに, ば大会, ば大敵とい, ば天, ば失敗, ば女の子, ば好事, ば娘, ば子供, ば学術上, ば宗教, ば寸法一, ば封建社会, ば尊敬, ば少なから, ば尚も, ば崇敬, ば平生, ば強, ば当方, ば彩色, ば後, ば従来, ば從つて, ば御, ば復活, ば心する, ば心理学, ば心象, ば必ずしも, ば性行, ば怪むべくも, ば悦び, ば意, ば感覚, ば態, ば憂, ば成る, ば我人, ば我善, ば所謂儒流, ば拂, ば拙者, ば教育, ば教育本色, ば敵, ば斯, ば新, ば旅客, ば旦那さま, ば早く, ば明白, ば時に, ば智恵, ば書中, ば有力, ば東西南北, ば根據, ば極めて, ば概して, ば正, ば正しき, ば此兩者, ば此公用, ば武道, ば死, ば死する, ば死後, ば毫も, ば気, ば汝, ば決して, ば泉太, ば注文, ば滅びず, ば漢詩, ば濫, ば火, ば灼熱感, ば物理学, ば物質, ば猿, ば理学上, ば生々, ば甲丙, ば申さず, ば男女両性, ば男女共, ば當時, ば病者自らマジナイ, ば百万遍, ば相似たる, ば相手, ば看客幸い, ば石膏像, ば破損, ば確実, ば第, ば箝ら, ば縁起, ば縦令, ば置き, ば胃, ば背理的性質, ば脩徳, ば自, ば自ら主君, ば自分, ば自在, ば臭気, ば船, ば若し, ば草, ば落ちぬ, ば衄血, ば衆説相分, ば行政, ば被害者, ば見る, ば言葉, ば評論, ば誤, ば誰, ば諸, ば貧富とも, ば超, ば身, ば辞み, ば迷信たる, ば道衍, ば郡市, ば金魚麩, ば銀平, ば長き, ば陽, ば霊魂, ば霊魂滅亡論, ば面白, ば風土気候, ば香料, ば鼠, バ治水の, 我は, 紙といは

▼ ものにも~ (554, 0.2%)

7 手を 5 何も 4 見える 3 これを, して, 事を, 見えた

2 [36件] あらばこそ, いつか帽子を, いろ, せよ, それが, たれて, なって, なつた, なる, はつきりしない, ほかの, 一つの, 代えがたい, 出來, 及ぶの, 同様な, 困って, 困るよう, 増して, 宗房と, 心を, 情調が, 望みを, 疎ましいもの, 目に, 目を, 眼を, 着るもの, 精通し, 罪が, 興味を, 色気を, 見せましたが, 記して, 誤謬や, 風情ある

1 [454件] あきらかに, あって, あてはめようと, あの人, あまりにそれ, あまり出, あらざりしかど, あらず, あらずただ, あらずとは, あらず天命, ありませうが, あるの, ある種, あれなら, あれば, あれほど, あわない一つ, いかにもこの, いきなりしゃぶりつき, いくつと, いって, いろいろあっ, いろいろ考へられるであらう, うちかつこと, うんざりし, おなりに, おのづと, おひき, おれだって, かくけいこ, かなりの, かなり難解, きものにも, くらべること, ここを, この事, この寺焼失, この弊, こまって, これから結婚, これが, これぞという, こんな子, さう, さしつかえるよう, さして, させない, される仕事, したいこと, したの, しばしば素敵, する, するが, ずいぶん独創的, せよある, せよからだ, せよそれ, せよそれら, せよよく, せよ又, せよ堅持, せよ宮, せよ純粋, せよ絶対的, せよ自家, そういう骨組, そうたびたびめぐまれる, その中, その人相応, その幕, その特徴, その自覚, それからどんな, それは, そんな朝, た, だいたい周期, だんだん不自由, ついぞ手, つかい解釈, つかず住まい便利, どうかする, どこまで, なお所見, なお欠けた, なかなか美しい, ならない, ならないこと, ならないでしょう, ならないのに, ならなかった, ならぬ, ならぬが, なりは, なりゃしないのに, なり得なければ, なり得ること, なり得るの, なり立去り難い, なるが, なるだろう, なるでしょう, なるの, なる混乱, なれ, なれず知性人, なれなかった, なれるよう, なんにもな, にじみ出しはじめて, ふさわしいあの, ふと昆虫, ふと生きのびられ, ふれ人格分裂, ほとんど興味, まして本当に尊い, またそれぞれ, また金剛石, まだはからい, まだ多く, まだ逸品, まったく初心, まるっきり慾, まるで手, みどりの, もうこれ, もう新, やって来たかの, やはりこうした, やはり一通り, やはり大変, やるせない哀愁, よくきく, よくわかる, よく分る, よく注意, よく聞い, よく見え, わかるよう, トマトケチャップがか, プロレタリア的な, リンディーの, 一人一人みな独特な, 一切等しく, 一切見せなかつた, 一種の, 一面婦人の, 万全を, 上人について, 下の, 不可能で, 不自由なく, 世おのづか, 乏しくない, 争ふ, 事欠いたその, 事欠いて, 二つの, 二天藤原玄信と, 些かの, 亦二種, 人に, 人形と, 人情ばなし的な, 人生には, 人絹みたいなつまらん, 今月からは, 似合わず体, 似合わん所作, 似陵戸, 何か, 何の, 何故だ, 余り満足しない, 作者の, 使ふ, 依然として面白味, 価値の, 係らず吾, 係らず訂正, 信仰された, 偏せず, 元は, 入用な, 全く出合わない, 全然手, 公平に, 共通し, 共通した, 共通な, 共鳴する, 冷泉院の, 出ますん, 出会わなかったこと, 分るだけの, 分配し, 前の, 劃然たる, 劒侠など, 劣つて居ります, 劣らぬ心痛, 劣りませぬ, 劣るの, 化けられるん, 十の, 十分の, 単にアメリカ化, 即座に, 及ばないけれども, 及びます, 及んだの, 及んで, 反きたる, 取組んで, 受取られるの, 受難は, 同じ様, 同じ權利, 同樣, 名誉の, 向けられて, 向けられ一切, 善意と, 喰つてかかり, 嗅がせた, 困つて, 地獄の, 基づいて, 基づく所, 塩一つまみずつ, 多くの, 多く事欠く, 多遅の, 夜露が, 大抵, 女王の, 好きに, 存在の, 安死術を, 実はおのずから, 客に, 宮廷の, 家の, 容易に, 寄生する, 實在, 寧ろ講義, 少しも, 屈しない実践力, 屈しは, 幽遠な, 幾種類も, 幾通りか, 強い衝動, 当て嵌ま, 当はまる, 当時の, 彼らが, 後の, 徴用という, 心が, 心付かなかったの, 心得の, 心理的に, 必ずや教程公式, 必ず発見, 必顔を, 忌むべきもの, 思い苦難, 思って, 思はれ又, 思われた, 思われたが, 思われだした, 思われて, 惜氣なく, 愛されないもの, 愛惜を, 感じた, 感じなくなります, 感じ得られると, 感ずるが, 慣れて, 手に, 拘らずそれ, 拘らず來, 拘らず来るの, 指を, 掌の, 接しなくなる, 換え難い, 故老の, 敏感な, 教育上無害な, 日本に, 明るい問いかけ, 昔から, 映画にも, 時と, 時としてこの, 時として眼, 時間だけは, 暇を, 暗示し, 書き誤り, 替えがたい, 朝夕眼に, 本来優越を, 束縛されない, 柱頭に, 根據し, 桂子が, 極めて簡素, 構わずに, 様々あり, 樣, 欠点や, 此を, 此類の, 残つてゐる, 比ぶべく, 気の, 気分にも, 沢山の, 河内近くの, 注意を, 浅公, 涙こぼし, 深い内面描写, 満足しない, 満足する, 演ずるもの, 無意識の, 無遠慮に, 無関心, 煩わされず美しい, 物を, 特殊な, 現はれ, 現れるから, 現われて, 用いられその, 用は, 畑の, 略, 疑ひを, 疑問として, 盗掘ずみと, 相談し, 眼も, 矢張りこんなに, 矢張り真の, 石墨の, 破壊されず, 神秘な, 神霊が, 私ども夢の, 秘して, 移って, 穢が, 筆を, 箸を, 精神的には, 紆余曲折的な, 納得の, 組立てられるの, 絵が, 絵入りの, 絶えて, 総て愛想が, 美は, 美を, 美智子が, 老人にも, 考へられて, 耐え得ないから, 聞いて, 聞くもの, 聯想が, 育つて, 能舞臺程率直な, 自分の, 自分は, 自己を, 自殺の, 自身を, 臭いは, 艱難する, 芽ぐみ始めた日和, 葉の, 蟻である, 行き会えそう, 表と, 表われ, 補助を, 製菓会社の, 襲われがち, 見えたの, 見えないが, 見えなかったので, 見えるの, 見えるよう, 見え先日, 見せないよう, 見せるやう, 見とれて, 見ゆべけれど, 見られる, 見るもの, 親しみいつの間にか, 親切な, 観て, 観察と, 觸れた, 評判が, 話さずに, 話したこと, 語つて一番多く, 調子を, 諳んぜられて, 譬喩は, 負けないりっぱ, 負けない武士, 負けまいと, 貴いところ, 赤い襟, 躓くこと, 通うと, 通ずる原始的, 通知を, 造化有理想に, 逢う, 逢わずに, 遇わずただ, 適用出来るだろう, 里人にも, 重きを, 野干, 鋭敏な, 長く長く親しん, 間断なく, 間違いが, 附いて, 降らせ給, 陰影を, 陰気を, 隙間が, 響く私, 飽いて, 飽きて, 馴れると, 驚かずしっかり, 驚くべき美し

▼ ものなり~ (551, 0.2%)

2519 という 8 しが 7 といえ, と云, 而し 6 といへ, といわざるべからず 5 といふ, とぞ, と雖 4 とす, とする, とせ, と信ずる, 然れ 3 ければ, といっ, といわん, とは信ずる, 一端の, 僅かなる, 評判は

2 [46件] あすは, かし, ここに, しに, しや, とあり, とある, ということ, といひき, とか, とし, との事, とも信ずる, と信ず, と唱うる, と思い, と思へり, と想像, と書い, と答, と言, と認めざる, と説き, と説明, と論ずる, と謂, と雖ども, やいなやをただす, ゆゑに, われは, 下劣詩魔に, 争ふ, 何の, 即ち此, 国民は, 夫の, 就ては, 常の, 我の, 我は, 故に侯, 斯る, 汝の, 江戸には, 神は, 精神は

1 [318件] あたかも同じ, あんなこと, いやでも, いわゆる時間上, か, かつて狂者それ, けめ, けらし, この故, この観, これを, さしも, されどそれ, しかして仏国, しかを, しと, そこで扨, そのまま階子段, その悪事, その最後, そは, それが, それを, たとえ議員, だし我らは, ちょう思想が, ちょう正統経済学派の, てふ, とありたる, といい, といい渡した, というあり, というはこの, というも不可, というよう, という一句, という子供瞞, という決議, という白い, という程度, という者, という自然観察, という認識, といはる, といへる, とおのずから, とかや, とか一度, とことわりたる, とさらり, とすれ, とせん, とぞ建築, とて, とて大き, とて憚, とて排撃, とて既に, とて清國問題, となす, との一条, との云, との原理, との定義, との意味, との断案, との東大寺尋尊, との観念, との趣意, との迷信, とは, とはいえ, とはいずれ, とはいはず, とはこの, とはなんぴと, とはオスカー, とは余, とは信ぜず, とは西, とは言, とは詩家某, とは認むる能, ともよど, とも一家団欒, とも其數, とも客観的, とも言い得, とやう, とやや, と一抹, と二三日, と云いたい, と云う, と仮定せり, と伝う, と信じ居れり, と古島雛, と呼ばれ, と咎めたら, と嘲り笑え, と始め, と定め, と專ら當時人々噂, と思う, と思ひし, と思ひ切, と思わん, と悦びけり, と感ぜし, と指さし示す, と撃卓勵聲, と敢, と断定, と断定せり, と極めて, と樺太アイヌ, と歌つて, と特に, と申, と疑ふ, と知りぬ, と知るべし, と称, と称嘆, と考, と考え, と聞けり, と自, と自ら感化, と見, と覚悟, と覺悟, と解するなり, と解せざるべからず, と言いはやされ, と言ひき, と言わざる, と評, と評され, と評判, と認め, と誓った, と説い, と説く, と誰人, と論断, と諧謔, と議せしか, と販, と雖天然描寫, と顧みざる, なんだ, めでたくかしこ, もし熱心, わが了簡, アナハセルトン婦の, ロシア皇帝の, 一つは, 一側面猶且単純ならず, 不可思議性の, 不尽の, 不測の, 且つ宗教, 世人の, 世界一周の, 事実経験は, 事業は, 二箇の, 云々, 京などに, 人の, 人は, 人民を, 今までも, 今船は, 今該書上, 他人を, 何でも, 何なり, 余に, 余所より, 作者は, 例へは, 俊雄は, 俺にとっては, 倫理道徳を, 先き, 全身自由の, 其不利有害の, 其他本島の, 其国家の, 其國家の, 其峰頭稍高き, 其意を, 別して所謂紳士風, 制限なき, 加之, 即ち不実, 即ち世の中, 即ち其語, 即ち唇, 即ち宗教, 即ち義, 又ハイネ, 又一人娘, 又幽邃靜閑, 又藤, 古より, 古人が, 只その, 否な, 否其思想, 吾輩は, 因て, 夢なら, 夢は, 女には, 女の, 好, 始めより, 子孫の, 学問は, 實に, 山中固, 己れ, 希望爰に, 彼が, 彼の, 彼らにのみ, 彼等も, 後進者成功の, 御僧, 心に, 心霊の, 感情は, 我が党, 我に, 我も, 我らと, 我彼に, 我等が, 我等は, 扨是より, 抒情性の, 政府當局が, 故に其方法, 故に彼, 故に美術, 教会内に, 教会独立を, 文学は, 斉民教は, 断髪を, 斯くてこそ, 斯の, 春冬山に, 是れ, 朝に, 此事や, 此等の, 殖産事業の, 汝は, 法王に, 泰西において, 満身独立の, 然ば, 然ら, 然り, 物質は, 特種の, 犠牲だ, 狼なり, 猴好ん, 男性の, 百年千年万年あやしき, 盖し, 直写, 真理の, 知ぬ, 研究の, 社界の, 第二説, 精神の, 義人の, 義務として, 聞く英國, 能く, 自己の, 自由なる, 苟くも相続者なくん, 若し一貫, 若し其上級, 若し客觀的事物, 若し此考察, 英国は, 菊塢は, 萬機に, 葢し, 蓮花蕾を, 見よ某, 読者よ, 談理の, 談理は, 議会若し, 議會若し, 貧より, 貴君樣に, 足利氏の, 遂に彼, 重ねて, 金銀は, 隣の, 雪三が, 青年これによりて, 非を, 音曲の, 首は

▼ ものらしい~ (526, 0.1%)

20 のです 19 のである 1310 という, ね, よ 9 のね 8 んです 7 のだ 6 ことを, んだ 5 が, や 4 がしかし, のが 3 がこれ, がその, がそれにしても, ことが, ぜ, のを

2 [26件] お夏, お麗さん, から, がお, がこの, がそれ, が既に, が横, が防空壕, ことである, こればかりは, これも, それは, とある, というの, ねえ, のであつ, のであります, わ, 中年の, 事は, 古絵, 気が, 浴衣を, 男や, 目の

1 [320件] あ障子, いやらしさ, うどん一杯五銭で, おせんが, からあるいは, からし, からその, からそれ, からどんな, からな, からま, から上っ, から僕, から宿, から引浚, から当分, から或, から探せ, から白雲, から語源的, から逆, があれ, がいつも, がさて, がさては, がさりとて, がそういう, がついに, がでも, がとにかく, がと諸人, がどうしても, がなるほど, がはじめ, がはて, がまだ, がまん中, がやがて, がよく, がよくもまあ, がわたくし, がゴッホ, がド, がヨディムチンキ, が何, が何分, が俺, が僕, が其, が判然, が半ば以下, が大, が大分, が宝手拭, が実に, が実は, が家出, が小坂, が島, が年ごろ, が引, が当人, が彼, が徒ら, が恐らく, が支那, が早く, が最も, が最後, が東京日日新聞, が果して, が極めて, が樋口家, が欧州, が特に, が用例, が相当, が磯五, が祭礼, が私, が萌黄, が藤吉郎, が長く, が青山の, が非常, けれどその, けれどそれ, けれどそんなに, こう思う, ことに夫婦, ことね, ことは, ことも, こと気に, この山, こんな象牙, さうし, さすれ, しおそらく, しまして, しろうとくさい, し僕, じゃない, ぜ四文錢, そしてふたり, その打, その河鹿, その甥, その瞬間, それでこの, それにしても惜しい, それ以来地方の, ぞ, ぞう, だがそれ, だけにどこ, つてその, つまりその, でなければたかが, と, とあと, ということ, という一種, という後人, という見込, という鑑定, という院長, といふ, といわれた, とうなづかれた, とおっしゃいました, とかう, ところが, ところその, ところも, ところ物質にも, との石井研堂氏, との話, とも申し立てた, と云, と云う, と云った, と伊沢, と心細く, と思います, と思つた, と思われた, と思われる, と想われた, と書い, と書かれた, と植物学者, と私, と若僧, と藤吉, と衛門督, と言っ, と言つた, と言われ, と謂つて, と述べ置いた, と附け加え, などとお, などと右近, にかかわらず, ね世の中, の, のであった, のでこれ, のでございます, のでし, のでした, のでそうした, のでつい, のでもし, のでわたし, のでモヨ子, ので他, ので伊四郎, ので別に, ので葉子, のに兇器, のに沢子の, のよ, まだ早い, ものが, ものの, やうでした, ようであった, ようである, ようです, わい, わそれでいて, インバネスの, ソファが, ドギドギする, ナ, 一徹さと, 三人の, 三艘の, 中は, 事が, 二枚の, 二枚半の, 人品です, 人物が, 人達は, 人間が, 別に追, 刺青の, 古い塗燈籠, 古い木, 古団扇, 古洋傘, 古物の, 古風な, 同時に黒光り, 名前そのものも, 周防は, 品が, 器に, 四五匹が, 四脚は, 増上寺の, 大きな黒豚, 大岡さばきには, 大幅の, 大正十一年頃の, 夫婦連れが, 女, 女の, 姿に, 姿は, 娘さんは, 子供に, 寶篋印塔の, 小娘と, 小舎が, 小説類が, 当夜の, 形跡が, 御曹子, 心の, 恐ろしい婦人病, 息を, 悩みが, 所が, 所を, 手巾の, 挨拶が, 推敲を, 提紙入に, 文である, 文具一組です, 明治時代を, 映画俳優好みの, 木彫の, 槍術の, 様子です, 機雷が, 母が, 気もちに, 法衣の, 活気を, 派手な, 漁師の, 瀑の, 灯が, 物置小屋の, 猛烈な, 男が, 画箋紙を, 痕跡が, 白い埃, 白麻の, 着附を, 石の, 確信で, 私が, 算哲博士で, 絹の, 美, 美人画は, 美味そう, 肩の, 花である, 若い女, 若い妓, 若木が, 茶棚が, 蒸風呂の, 蓙の, 親しみを, 言ひ終る, 調子で, 調子の, 賑やかな, 赤くさびた, 趣味の, 足跡を, 軽い踊る, 透かし入りの, 遠慮なさ, 郵便局の, 鄙めいた, 針葉樹の, 鉄の, 鍬を, 陰謀を, 面持を, 顔付きで, 風雪の, 食禄半減五十日の, 骨董的価値の, 高級車で, 魚を, 鳥打帽は, 黒ッぽい, 黒羽二重二ツ巴の, 黒茶色の

▼ ものとの~ (498, 0.1%)

45 間に 14 間の 13 区別が 12 統一である 9 二つの, 間には 8 区別は 6 関係は, 関係を, 關係に 5 二つに, 別が, 区別を 4 別あり, 統一を, 脈絡を, 関係が 3 ことである, 対立が, 統一が, 統一として

2 [24件] あいだに, たたかいが, 二つが, 二ツから, 二種あり, 二種に, 二種有り, 二種類が, 二種類に, 交渉を, 信仰を, 區別を, 対立は, 対立を, 御たくらみ, 牴触を, 相違が, 統一であり, 統一という, 間にだけ, 関係で, 関係に, 關係が, 關係を

1 [279件] あいだには, あいだの, いずれもが, お考, お言葉, かたまりが, こと, ことだった, ことで, ことであった, このやう, この二重性, ご叱咤, さかいめが, たたかいでした, たたかいの, ちがいが, つながり, つながりで, ほかは, わずかな, アナロジーの, アポステリオリと, 一の, 一定連関の, 一致この, 一致と, 一致を, 三角形的な, 不規則に, 両面が, 中間者である, 乖離が, 予断からの, 予期で, 争うべからざる一つ, 争ひ, 事を, 二が, 二た, 二つある, 二つと, 二とおりあり, 二に, 二ツが, 二名の, 二派に, 二種あつたらしく, 二種が, 二者あり, 二途が, 二通りあつ, 二通りある, 二通りの, 二重性とは, 二類有り, 交代時間で, 交通を, 人為的および, 他に, 仰せは, 伝説である, 信仰が, 信仰も, 信念が, 先入の, 入れまじりで雑然紛然, 兩説なり, 分裂の, 分離が, 分離分裂が, 判別が, 判定が, 判断, 判断である, 別なく, 別を, 創設を, 区分の, 区別とかいう, 区別に, 区別にしか, 区別に対し, 区別をすら, 区別出来る, 区別大体ロマンティシズムとは, 區別が, 厄介な, 双方に, 反応の, 反映の, 合体は, 合體した, 同一それは, 同一性從つて反省より, 名が, 和解に, 噛み合い新しい, 四つが, 均衡は, 境界が, 境界の, 墨色の, 多少違う, 大事な, 奥様の, 妄想を, 学説に, 孰れ, 完全な, 客観的な, 対応関係が, 対比も, 対比上そう, 対照で, 対立した, 対立だけに, 対立と, 対立に, 対立によって, 対立の, 対立や, 対立殊に, 對峙は, 對照が, 對立の, 對立を, 属性が, 差, 差が, 差である, 差は, 差別が, 差別なく, 差別には, 差別の, 差別は, 差異である, 差異は, 差異や, 平均を, 弁証法的統一としては, 当推量を, 形式的な, 影を, 彼らの, 御下心, 御信頼, 御註文, 必然性の, 必然的な, 念願に, 思想から, 性質を, 悟りが, 悪例を, 情熱です, 意である, 意志の, 意気と, 意識を, 愛の, 感が, 感じかたの, 感じが, 感情の, 感想は, 手がかりだけは, 技術的な, 折り合いに, 折れ合, 掟に, 接触から, 接触を, 接触点が, 接觸から, 推論に, 摩擦に, 数種あり, 日本の, 最も深い, 格闘による, 標である, 歴史的な, 比較が, 比較は, 比較も, 混り合い, 混乱は, 混合, 混合は, 混同が, 溝に, 漠然たる対比, 漢字音における, 無気味な, 甄別を通して, 發育状態を, 相互作用とか, 相互的な, 相剋錯綜は, 相対的な, 相違である, 立場が, 答へ, 細區別は, 結びつきの, 結び付け工合, 結合だ, 絶対的な, 綜合である, 綜合の, 縁を, 縺れ発展, 繋がりが, 義が, 義で, 考えの, 考へ, 考へから, 考へが, 考へで, 聯關を, 脈帯の, 腹合は, 自信が, 自覚なし, 落ち合つたところが, 葛藤だった, 虫の, 行為や, 衝突から, 衝突だ, 見極めも, 規定あり, 覚悟が, 観察を, 観念が, 観念連合に, 誤解も, 誤解を, 誤認である, 説を, 調和連續乃至統一の, 論戦に, 識別といふ, 距離です, 連関そのものが, 連関において, 違いから, 選擇の, 配合を, 間から, 間が, 間で, 間にも, 間ばかり, 間ゼントルマンと, 間隔を, 関係その, 関係である, 関係と, 関係において, 関係について, 関係の, 関係も, 関係式を, 闘いに, 闘ひ, 關係から, 關係と, 關係として, 關係は, 關係交渉において, 關係從つて表現の, 附合ひといふ, 靈的結合に, 面罵の, 音の

▼ ものらしく~ (462, 0.1%)

3 それが, 眼を

2 [18件] この人, それを, まだ蝋, もある, 上の, 今まで, 体よく, 何も, 僕達には, 声も, 幕末頃には, 彼の, 或る, 穴の, 紫色に, 行儀よく, 際どい処, 頼み少ない姿

1 [420件] あたりに, あたりには, あるいは今日, あるいは我々, いきなり若林, いくぶん小綺麗, いつまでも, いよいよ帰国, うっすらと, うつかり見る, おしろいの, お勝手口, かえって貫禄, かつては, かの不運, かばんの, きっちり身体, くしびな神の, くびと背, ここに, この, このほか, この人家櫛比, この十七, この山, この湖水, この色街, この芸術家, これが, これに, これには, これを, こんどは, こんなこと, さすがの, さっきから, さつきから, しかもそれ, しかも天龍川, しかも火勢, しかも高貴, しだいに悪化, しばらくし, すぐさまその, すこぶる難解, すべて木口も, そうなると役, そう重, そこに, そこの, そっと灰, そつと, そのくせ, そのため富三郎, そのグロテスク, その両, その主要人物, その処断, その大道, その尾, その居眠り, その後念入りに, その情痴, その放免, その数日後, その数正月二月, その様子, その歩調, その用意周到, その痕跡, その自殺, その金額, その頃, それかと, それで近江, それとなくわたくし, それに, それについての, そんな歌, たのしげ, ちょっと尖らせ, てそれほど, てんで笑, て中将, て急, て紙, ともかくも, どこにも, どこも, どの顔, なか, なつた, なつたの, なまなかの, にわか雨が, はある, はいる, はっと思う, は思えなかった, ひそかに, ひときわ眼, ひとりは, ひどくおとなしく代用食, ほとんど消えかかっ, ほんの着流し, またお, また一方, また着, まだ全く眠り, もあります, も思われなかった, も思われました, やがて疲れた, やはり一座, よく検め, よく澄ん, わけも, わずかに, アーヴィンの, イノコヅキなどの, ウパシ, カバンの, ガラッ八, サンゼリゼの, シドロモドロに, シラノの, ジョルジュは, ズズと, ソッと, ドッと, ドンドン奥, ドーンと, フト顏を, ブームブームと, メレディスの, ランプが, ロスコー氏の, ロマンティックな, ヴォーの, 一つの, 一パイ飲み屋が, 一枚の, 一歩先へ, 一見した, 一面に, 七八歩進ん, 三人共未だ, 三年前の, 三畳間の, 三畳間は, 上皇の, 中から, 中味も, 中気でない, 久しくなな, 久し振りで, 事もなげに, 事実, 二三町隔たった, 二人とも, 二人ばかりの, 五説経其他の, 人気の, 仁治寛元, 今でも, 今も, 仰山に, 伊東二郎祐親の, 何か, 何の, 何を, 何度と, 余の, 信用なりかねる, 俺達の, 候為め御, 元の, 先の, 入つて, 全力を, 全面に, 六畳の, 兵馬は, 其処では, 其分量は, 典拠といふほどの, 写真の, 冷然と, 刀を, 前御簾, 創口は, 十五に, 十時の, 午後二時半頃医員山田学士が, 半刻ほど後, 古い宏壯, 台所と, 台所に, 同じ日本人, 同下宿, 同夜は, 同感した, 名所旧跡的な, 因幡, 国道沿いの, 地下或は, 坑口の, 場所も, 壱州東海岸一帯の, 外へも, 外側の, 夜など, 大久保の, 大久保百人町の, 大分郷里を, 天井の, 太郎の, 妾が, 姿態の, 子供心にも, 字は, 安置物に, 実は何, 宮崎神宮なぞが, 家の, 家は, 家事の, 密, 寝床に, 専門家でない, 少しく間, 尠く, 屋敷を, 屹と, 川口の, 左の, 左手に, 年貢については, 店中は, 当時の, 彼には, 彼女が, 彼女の, 径一寸ほどの, 従ってミス黒, 徳島城の, 急に, 怪人集団の, 恐らく土中, 息を, 患者用に, 想像された, 想像される, 想像せられる, 感覚する, 憧憬や, 我に, 所々の, 所々絵具が, 扉が, 承知し, 折ふし本丸から, 拍子を, 推測せられる, 描写し, 支那へは, 敵勢の, 文明三年の, 文武両道の, 斯う話し, 新らしい, 日記や, 明和九年彼が, 明月の, 時々二人, 晩飯の, 暮には, 暴露し, 更に次, 最も澄明, 朝は, 朝霧を, 木の, 木口も, 木組や, 本体は, 朱塗の, 束髪の, 東京には, 柔かい聲, 柱も, 梓山で, 梯子の, 機体が, 櫓の, 次の, 次第に足, 正体不明の, 此数者は, 此等の, 死人が, 死後約, 殆ん, 殊には, 殊に靱, 水無神社は, 水花火という, 池に, 汽車が, 洋燈が, 洋酒の, 洲股一円が, 活が, 浅野弥兵衛が, 深く根, 深く沈んだ, 清川が, 源氏物語にも, 溺死した, 無理を, 無論彼自身, 爆薬の, 物に, 特に古代, 猛追の, 現に北側, 町の, 疵口も, 白い木口, 白土をか, 百燭の, 目の, 直接に, 真直ぐに, 眺めなど, 眼の, 石よりは, 破れも, 神道とは, 私たち二三人は, 私には, 私は, 秘蔵の, 突然こう時, 第一集, 箒持っ, 箪笥の, 精読する, 素地の, 終夜たいへん, 経路も, 綱宗の, 綺堂先生の, 缶の, 群行神の, 羽左衛門は, 老巧練達な, 聴衆は, 背景の, 胴体の, 胸部や, 自分が, 自分の, 自分自身で, 自転車を, 自首し, 舊式で, 芸人の, 藤の, 蚕の, 血は, 血眼に, 街全体にも, 衣服係の, 袈裟の, 裏門の, 角, 解釈が, 言ふこ, 言葉の, 言葉を, 話に, 該自動車と, 誤植や, 誰か, 誰も, 警察医の, 赤褐色を, 足跡が, 身は, 車の, 軽い失望, 辻堂という, 迂回した, 迚も, 逆に, 途中では, 途中も, 遂に自分, 道が, 遺書の, 野鍛冶の, 針は, 鉛筆で, 銀座通に, 鎌倉右大臣家集或いは, 長いあいだ, 闇を, 陳腐な, 隔席などは, 雪ふる, 雲竜の, 面と, 靴を, 鞘は, 頭部の, 顔一面が, 風呂場で, 首には, 高時

▼ ものあり~ (453, 0.1%)

15 と雖 11 とせ 8 とすれ 6 と, といえ 5 という 4 てこの, てその, といふ, とする 3 たり, て存す, といへ, や否や

2 [28件] げに, その冒頭, て, てこれ, ての事, て存, て宗教, とせん, と云, と聞く, と見る, と認め, と雖ども孰, 乃ち名を, 之を, 人間の, 今日の, 叙し, 品性高潔に, 實に, 彼は, 彼れ, 我輩を以て, 是れ, 波浪を, 火に, 英人某氏諭し, 閣下の

1 [318件] ああ夜, あるいは, あるいはまた方角, あるいは学問, あるいは折々, あるいは日本服, あるいは経験上, あるいは菓子, あるいは転宅, あるいは髯, いやしくも冷やか, いや壮絶, いわんや海, かくては, かくの, かつ肉食, けだし山巓平坦, げで, この地球, この観念, これすなわち, これみな大なる, これを, これ以て, さらに魏, されど少, されど浪六, しかも滞在半年余, しも事行, しも今日, すでに英伊二艘, すなわち医薬, そう云っ, そのため, その原因, その国勢, その宗派, その実, その条, その父, その自由主義, その駿者, ぢや, てある, てかかる, てかの, てそこ, てたとえば, てなかなか, てもろ人, てやや, てトウトウ原因, て一切, て一種, て九十九浦, て今, て以, て何とも, て信教, て分子一つ一つ, て前端相合, て印象, て国論紛々帰著, て國論紛々歸著, て夢, て大, て天, て女, て存せしならん, て存せり, て宗谷, て実に, て寒中三十日間, て少し, て常に, て幹枝, て幽霊, て彼, て忽客足, て怨, て我が, て政府, て教育時論, て暗中, て月, て末寺僧徒, て本邦固有, て棒, て正反対, て歳, て毎年六時づ, て毎年同志, て火, て炎天, て特に, て現今本邦, て現今石狩地方, て相剋, て縁起, て而, て華氏百度, て衆猴これ, て講壇, て輝き, て近頃, て間, て鬼, とある其, とある民草, というなら, というべし, という悪い, としたなら, としても古代法律, とせよ, との名, との名誉, とは云, とは仰山, とも, ともいふべし, ともそ, とも我, とも知らず, とも覺, と他人, と曰はず, と知られたる, と知れど, と羨ましく, と聞きし, と聞けり, と衆, と見え, と見れ, と言, と語る, と説いた, と遠く, の評判, ひょうひょうとし, またその, またロ氏自身, また二人三人, また正しく, また物理, また諸, また贄川, また銅, もしくは形色等, や, やいなやはわれ, やかれ, やア, や我等, や細部, インド人を, カッチァニミーコ, キイツが, シナ人を, バッカスの, フランスより, 一つは, 一国民は, 一方に, 一条左の, 不動岩と, 両手に, 中将は, 五拾円程, 井伊の, 人には, 人を, 人形の, 人生実に, 人老うれ, 人類の, 今回当選の, 今火, 仏教を, 他の, 他方には, 以上第, 何れの, 余深く, 備中備後に, 備前には, 元雜劇, 其の寫眞版, 其の眼中, 其事實に, 其命數の, 冬は, 利ある, 十一年の, 博学篤行我邦の, 即ち聖徳太子像, 又あっち, 又其性, 又矛盾, 右源氏坊は, 吾人が, 吾輩は, 味淡, 和歌にも, 品性を, 唯だ, 四国には, 四者各, 因て, 地蹈, 墨, 大きいの, 大なる, 大に, 大小くさ, 宗教この, 客入りて, 小なる, 川の, 工芸技術に, 巨大なる, 希直決して, 建文帝に, 弁明大いに, 彼らは, 御こし, 心理上の, 意に, 慷慨に, 或は剱, 或は満, 或は溥洽, 或は滿韓交換, 或は足利三代, 改進論派は, 政略を, 故に官省新築, 数年前この, 數世紀に, 文化末年の, 文法に, 文鳳の, 新潟県下において, 方丈記に, 旅する, 日記の, 早く往い, 昏迷し, 是亦, 曰く何ぞ, 曰く国家の, 曰く我国にも, 曰く桐楊の, 曰く火曰く水曰く女, 来会者は, 柄が, 根性が, 案内が, 桑名藩士等は, 次の, 民権を, 況んや, 浅きもの, 漸, 然れ, 煙草に, 特に熔岩流, 猛悪なる, 王を以て, 甚だしきは, 甚だ愉快, 生滅する, 病魔は, 盃は, 直筆激論時として, 相伝え, 石器土器と共に, 石器土器を, 神に, 神話の, 空を, 笑ふも, 米国より, 粗野過激なる, 紀州に, 結婚の, 綾子は, 而し, 耳に, 自分の, 自由派と, 舞踏を, 良兼を, 苗や, 英国より, 茶屋より, 草の, 草鞋の, 蓋しイスラヱル人, 蓑よりは, 西洋人中には, 要するに真に自己, 諸王の, 警戒は, 豆の, 輕石又は, 途中木に, 遂に已む, 邪視の, 都合の, 随分幅, 難船の, 風習の, 魚の, 魚雷の, 魯鈍なる, 黒髪に

▼ ものでも~ (421, 0.1%)

30 あった 20 見るよう 14 なかつた 12 見るやう 8 食って 7 あったの, 持って 6 あって, いいから 5 買って 4 いい, なくなって, 食べるもの 3 して, なかつたが, なかつたの, 吐き出すよう, 見る様, 読んで

2 [19件] あったが, あったら, いいの, いまに, かまわないの, ござろうか, したやう, なかつたし, はいって, 口惜しいけれど, 容易に, 払いのけるよう, 書いて, 潜んで, 眺めるよう, 私は, 自由に, 隠すよう, 食わせて

1 [238件] あげる, あたいにね, あったか, あったせい, あったよう, あったらしい, あったら欲しい, あったわけ, あった即ち, あなたが, あらわれて, あり私, あるが, あんたの, いいからと, いいし, いいだろう, いいわけ, いい果して, いただきたいと, いるの, いる様, いろ, うつくしい, かかったの, かまいません, かまわない, かまわないともあれ, かまわないよう, かまわん子供, くれるの, けっしていや, こわれるよう, さがすよう, させて, したよう, しとくとか, するしか, するせっかちさ, するやう, するらしい人足, するらしかつ, すんで, ずたずたに, その方, それだけなら, だいじに, ちょいと, つまむよう, ですが, とらえられるの, どしゃ降りの, なかった, なかつたから, なかつたで, なかつたと, なかつたとおつし, なかつたらう, なく, なくなった, なくなったと, なくまた, なくむしろ, なされては, ね子供, ひっかけられた上, ひもといたらきっと, ぶっつかったよう, ほどいて, またなかったわけ, または正確, むだに, もういい, もらって, やれると, よろしい, よろしいが, よろしいなら, よんで, わかって, 不知哉丸さまの, 乗りこんで, 二戸郡の, 云おうと, 以下の, 伝わっては, 何となく墨, 作って, 傑作とは, 充分樂しめる, 入って, 出すの, 出て, 出ないの, 出るよう, 出来ないもの, 分けんならん, 動物でも, 十分圧しが, 参って, 取って, 可愛いと, 可愛ゆい, 吐きだすよう, 吐き出すやう, 呑んだり, 呼んで, 喋れないもの, 売ったら何, 売り払って, 変って, 大丈夫持っ, 大事な, 大抵原書で, 好ましい, 妙に, 容易には, 寝て, 察せられ殊に, 差し上げるよう, 巻きつけて, 平気でかじる, 幼稚な, 広汎な, 建てる世話, 弾いたら幽香, 弾きましょうか, 役に立つならば, 待って, 待つよう, 得るだろう, 御つ, 御座りませぬ, 思い切って, 恐がって, 感じるので, 投げつける勢い, 投げやりには, 拾い食い, 持ちだしたかつたが, 持ってるの, 振り捨てるよう, 捕れる, 捨てるよう, 探すよう, 掴むこと, 握ったよう, 普通の, 書いたもの, 書こうと, 書こうという, 来たの, 来たらうんと, 構わずに, 欲しい矢先, 欲しくなり, 歪んで, 死んだこと, 死んだよう, 殺すもの, 殺す事, 毀れる時, 滅多に, 無限を, 無駄には, 珍しいもの, 現れるかも, 生が, 生きるに, 盃は, 直ぐに, 省みなければ, 真似でも, 真面目な, 眺めるやう, 眺める顔付, 着せなかったらいつ, 着るもの, 確かな, 立派に, 簡単な, 簡素で, 粗末には, 結構です, 結構な, 置いて, 置きどころ, 美しきもの, 美味しくなる, 脱ぎ棄てねば, 自分の, 自然な, 荘厳な, 褒められると, 見える, 見せられたよう, 見せるの, 見せるべきもの, 見せるやう, 見せるよう, 見つかったよう, 見つめるやう, 見るかの, 見る目付, 見向きも, 見繕って, 誠実な, 読むやう, 読んだら厭気, 貰おうと, 貰わないと, 買いたまえ, 買ったり, 買わなければ, 賭けようか, 賭けるよ, 走って, 起きるだろう, 軽々しく用い, 追いつけるもの, 退屈で, 運ぶ様, 避けねば, 酔いますが, 鍛えられます, 開いたら自分, 間違ったしかた, 非常に, 風采やなんかで, 食った時, 食べさしたらこれ, 食べさして, 食べさせは, 食べよう, 食べられるしね, 驚きました, 高等学校と, 鮮やかに

▼ ものある~ (416, 0.1%)

11 ことを 9 が如し 87 ことなし, のみならず 6 ときは, ひは, を見る, 時は 5 が如く, が故に, を聞かず, を見ず 4 が故, に似, に於, をや, を見, 也, 可から, 可し 3 に至れり, は実に, を思ふ, を聞かない, を認め, 事なし

2 [36件] がため, がコレ, におどろき, に拘らず, に至, に至る, に驚き, のは, はいかん, はなんぞや, もまた, も敢, も曾, やも知れざれ, を了解せり, を以て今や, を以て加賀, を以て政府者, を信じ, を信ず, を信ぜり, を思ひ, を恐れたれ, を知らざる, を知らず, を知る, を知るべく, を要す, を見れ, を覚ゆ, を覺, を認め得, を識, を顧慮, 乎, 可らず

1 [208件] あたりを, かいなか, かと思つて慄然, から, からよほど, から私, か我輩, がこの, がごとき, がごとくならずや, がしかし, がそれ, がゆえに, が是, が為, が為め, が爲, が爲め, けれどもさりとて, ことあり, ことが, ことだけは, ことなき, ことは, ことまれなり, ことをも, こと墺太利の, こと此の, こと第, こと等なり, こと翁が, ごとに, さ, さおらア, その上, とすれ, との理由, とも云, と一樣, と共に他, と共に又, と聞く, なくその, なし, などに至つて, にあらす, にあらずし, にあらずや, においてはその, においてをや, にぞお, にぞた, にぞ何かと, にも, にもせよ, にもそれ, にも拘らず, にや, により四囲, に因る, に対し後者, に想到, に拘わらず, に拠る, に至りし, に至るべし, に非, の, のが, のだった, のに, のみ而, のよ, は, はあに, はこれ, はそもそも, はもとより, は人, は人生, は何ぞ, は余, は勿論, は因襲, は奇景, は平常, は復, は怠惰, は憤慨, は戒むべ, は挙国一致当面, は明らか, は根本書技, は無論, は特に, は社会, は肉, は違, ばかりかもしれなかった, また怪しむ, もこれ, もその, もそれ, ものです, もはじめて, もみな, もんか, も前, も無理, やいな, やに聞いた, やも測るべからず, ゆえんはなんぞ, ように, よう御, より緑川ら, をあや, をにわかに, をば推知, をみる, をもってこれ, をもって採録, をやあ, をゆるし, を予想, を云, を以てここ, を以てなり, を以て時として, を何物, を信ずる, を儒家, を如何せん, を妨げない, を察し, を左右, を弁護士殿, を忘, を恐れ, を恐れる, を悟らしむ, を悟れ, を悲しむ, を憾み, を推測, を推知, を求む, を物語る, を用, を発見, を直接, を知っ, を知るべし, を知れ, を知れり, を示し, を筆者, を聞かざる, を聞き, を聞きつ, を聞き出しつ, を聞く, を聞けり, を自覚, を虞, を見き, を見るなり, を見るべきである, を見るべし, を見ん, を見出した, を見出す, を覚う, を覚え, を覚っ, を覚らずし, を観, を記憶, を認む, を認めし, を認めず, を認める, を責むる勿, んだ, 一定の, 上に, 事是れなり, 以上なまなか, 以上は, 前で, 可き, 天意的なる, 小山の, 影を, 故その, 故に, 時其の, 普遍な, 清さんと, 清さんに, 由, 由と, 目高かな, 老人が, 花咲き, 蛇が, 行為の, 顔をにや

▼ ものという~ (383, 0.1%)

38 のは 24 ことが 17 ことに 13 のが 12 ことを 11 ものは 10 ような 8 風に 6 ことは, ふうに, ように 5 意味で 4 ことも, ので 3 ことで, ほかは, 事が, 事に, 事を, 観念が, 観念を

2 [16件] ことだけは, ことだった, ほかない, ようにさえ, わけで, 先入観で, 可く, 意, 意味だろう, 意味では, 意味において, 意味を, 感じが, 批評を, 理解に, 考えを

1 [166件] いろんな条件, うちに, こと, ことじゃ, ことであり, ことである, ことであろう, ことです, ことな, ことには, ことをすら, しかし何, たて前で, たとえが, ときは, とき今日の, ところから, ところで, ところは, ところを, のかも, のである, のとは, のに, のはね, のも, のを, ほかに, ものが, ものだ, ものに, ものには, ものの, ものも, ものを, やつは, わかり合いが, わけさ, わけである, わけな, ナナ族の, 一言が, 一軒の, 一隅の, 不当の, 予想の, 事は, 二つの, 二元的観念の, 二重の, 仕来りが, 他力本願に, 代名詞の, 以外いい, 以外に, 信念を, 先入主が, 先入主を以て, 先入観が, 入るのに, 動揺を, 原則に従って, 古今東西の, 同意義, 名が, 名に, 型通りが, 外交的効果が, 大きなもの, 大仏に, 奉仕精神を, 定義は, 定評の, 定説が, 幼い時, 強味, 形でなく, 御注文, 御見解, 心が, 心やすい, 心持の, 心持を, 志を, 思想が, 想定の, 意です, 意に, 意味から, 意味でしか, 意味です, 意味に, 意味の, 意味は, 意味より, 意堂上方が, 意見で, 感じしか, 感じで, 技術の, 投げかた, 推測も, 旅の, 旧来の, 昔の, 本質の, 条件が, 概念と, 概念のみ, 概念は, 気が, 気に, 気分を, 気持結婚する, 注文は, 洒落であった, 漠然とした, 点へ, 父の, 理由で, 甚だ恐縮, 確乎不抜な, 神経の, 秩序において, 程度に, 立て前において, 立証に, 範疇で, 簡単な, 精神である, 美しいもの, 義で, 義な, 義に, 習い始めを, 習慣であった, 考えかたが, 考えかたと, 考えかたは, 考えから, 考えが, 考え方が, 考え方です, 考え方は, 考は, 聯想を, 腰の, 臆心が, 蔭口が, 蔭口を, 見解を, 見通しで, 規定を, 観念も, 観点から, 言葉の, 訣で, 訳に, 註文な, 証拠は, 評価から, 論点は, 趣を, 頭が, 風にく, 風にだけ

▼ ものについて~ (374, 0.1%)

8 考えて 6 私が 5 何か, 考えます 4 私は 3 書いて, 考える

2 [25件] である, まさにこれら, また神, 云えば, 他方また, 何かを, 何を, 吾, 多くの, 如何に, 少くとも, 思惟する, 更めて, 歩いた, 母様が, 目を, 眞である, 真である, 私たちは, 考へて, 考へる, 肯定され得る, 肯定せられ得る, 自分の, 述べなければ

1 [290件] あなたの, あなたは, あまりにも, あらためて考え直す, あるいはその, ある人, ある新, いうと, いえば, いかに深く, いくつかの, いくらか, いっそうの, いっそう適切, いつもそれ, いへば, いままで, いるら, いる名, いろいろと, いろいろ考え, いろいろ興味, うけみにばかり, おかきに, おそらく人間, おのずから反省, およそ考えられろ, お話しいたしましょう, かくの, こういう出来, ことに近代小説, これと, これまでに, これを, さうお, さらに最初, しきりに語られる, すこし私, そういう比較研究, そのなか, そのむずかし, そのもたない, そのものの, そのテーマ, その元, その性質沿革, その時代, その消費者, その職業本来, その話, その道に, その骨格, それからロバトカ山, つつましくがまん強く考えろ, であります, です, とても注意, どういう見, どうしても悲観, どうわかった, どう考える, なかなかいい, なんで, なんにも知りません, なんらの, ねって, はげしく感じざる, はっきりした, はっきり自覚, ひと通りの, ひねくれた感情, ほんた, ほんとうに, ほんとうの, まいれ, まず第, まだまだ贅沢, まちがった考え, みても, もし平塚さん, もっともっと真剣, ものを, やっぱり私, やはり同じ, やはり書い, やはり沁, わたしは, われわれは, ゐるの, ロマンが, 一つの, 一層いろいろの, 一層適切, 一種の, 一考する, 一般に, 一般の, 一言し, 一言も, 一言弁じ, 丈は, 之を, 事新しく考へた, 云々した, 云う, 云うなら写楽, 云つた, 人の, 今一度感覚入門的な, 今少し, 今私は, 今言った, 他の, 伸子が, 低さ, 何と, 何らの, 余り注目を, 例えば幾何学, 例へば幾何學, 元の, 充分研究を, 先生が, 全くその, 全くチンプンカンプン, 全く無, 全く無頓着, 全く考えた, 六枚かき, 内心に, 分ったところ, 判然した, 力の, 十分突こ, 却って知識, 反省させる, 可なり, 名を, 吾人の, 呼んだもの, 喜平は, 変な, 夏目先生から, 多大の, 多少共に科学的, 大いに教える, 大きい疑問, 夫君に, 女として, 女自身, 宗教の, 宗達は, 実に多く, 専門的な, 局部的な, 弁じ立てた, 彼は, 彼らに, 彼女が, 彼女は, 彼此云われ, 御話, 惨めな, 意識的に, 感あり, 感じて, 感じを, 感想し, 抱いて, 抱く私たち, 持って, 擧げて, 改めて考へる, 政府と, 教授を, 新しいモラル, 新しい経験, 新しい興味, 新しい認識, 新しく感想, 日本人の, 昔と, 昔の, 普通でない, 更に知りたい, 書いた才能, 書くという, 書くほどの, 書くよう, 最後の, 最近表明され, 木崎の, 来させるだけの, 根本的に, 極めて知識, 槍術を, 様々な, 正しい見解, 此れ, 沁, 深く認識, 測定された, 滑稽な, 演劇学者の, 漫想した, 無数の, 無數, 無量の, 物を, 特殊な, 獲たいと, 理解を, 生々として, 略述した, 疑いしかし, 疑おうと, 疑はうと, 疑ひしかし, 疑ふべきである, 痛切に, 百より, 眞を, 真を, 知るには, 知識の, 研究した, 研究する, 確かなる, 示す考え, 種々の, 突拍子も, 筆記し, 簡単な, 結局は, 編纂者たちが, 美的百姓は, 考えさせられた, 考えさせる多く, 考えた事, 考えつづけた, 考えないわけ, 考えられました, 考えるの, 考えるよう, 考える作家, 考える時, 考え味, 考え本当, 考へると, 考へるとも, 胸の, 自ら問いただした, 自分が, 自分たちは, 自分自身で, 興味ある, 色々の, 色々相談, 芥川龍之介的な, 若干検討を, 行けない, 見ても, 見ますと, 見ます場合, 言うの, 言ふと, 言葉を, 記さなければ, 記述する, 話しかけて, 話したこと, 話しギャング河内山, 話し合って, 話し得べきこと, 話せと, 詳しく源吉, 語ること, 誤解を, 読者に, 誰よりも, 調べて, 起り得るあらゆる, 述べたが, 述べて, 述べる, 長短五篇を, 関心を, 随分いろいろの, 頻りに小言, 驚くべき知識

▼ ものよりも~ (354, 0.1%)

9 遙かに 5 もつと, 遥かに 4 はるかに 3 限りなく 2 もっと大きな, 作るもの, 偉大である, 冷めたい愛情, 得られるに, 私の, 認識する, 遙に

1 [312件] あなたが, あるいはむしろ, ある律, ある程度に, い, いちばんなつかしく, いっそう力強い, いっそう早く, いっそう確か, いま父の, うつらうつら物うち, おまへたち, お庭, かうした小品もの, かえって多い, かえって直覚的, かえって社会的原因, かわいいの, きめが, ぐつと本当の, こちらの, このお, この世に, この身, さう, さきに, さらにいっそう探偵小説的, さらにいっそう重要, さらにより, さらに力強い, さらに容易, さらに強い, さらに愚劣, さらに甚, さらに真実, じょうずに, すぐれたりと, すぐれて, すこし重量, ずっとたしか, ずっと価値, ずっと多数, ずっと程度, ずっと美しく, そうしたもの, その前, その根柢, その視角, その迫力, それから暫く, たっぷりと, つと堅固, つと悪い, ですか, どうもグリーク, どれほど深, なお外, はっきりし, はなはだ大きな, ましな, まずてんぐ, またこれから先ず, まだ見ない, まったくその, みなひときわ, むしろこの, むしろそうした, むしろ単に二人, むしろ曲線的, むしろ隱, もっとおそろしい, もっとたくさん, もっとコケット, もっと一般的, もっと判らなくなった, もっと大事, もっと強烈, もっと微妙, もっと必要, もっと生活, もっと短的, もっと美しい, もっと美しく, もっと親しみ, もっと軽蔑, もっと輝かしい力強い, もっと重たい, もと賤, よい本陣, よくかつ, よく太液, より便利, より古く, より多量, より実践的, より早く, より正常, より生産的, わたしは, モット鋭敏な, ヨリ以上何物をも, 一そう深く, 一つの, 一層すぐれた, 一層はっきりと, 一層大きい, 一層感覺的, 一層明晰, 一層美しく, 一層良好, 一段高い, 一番気持の, 不仕合せでない, 不用な, 二十倍も, 人間の, 他に, 低い, 余程実際に, 余計欠乏, 侍女忠実な, 働くもの, 先だちて, 先づ自分自, 先に, 光を, 全く異, 冷靜である, 出て, 力強い或, 劣つた者であり, 動いて, 勝って, 勿論荒唐無稽, 単純に, 却つて出入りの, 反って, 古いもの, 古い形, 同好者の, 哲學者に, 営養分優等なり, 土の, 変化した, 変化しない, 多いよう, 多く羞恥, 多し, 大がかりな, 大へん, 大新聞以外, 存在する, 季節の, 実の, 實際作つてゐる, 寧ろその, 寧ろ何, 寿命が, 小さい原子, 小さな速度, 小なる, 小品に, 小大橋辺り, 小形である, 少しむつかしい, 少し光彩, 少し深く, 嶮し, 師宣の, 常に勤勉, 幅が, 平凡なる, 幾億倍も, 幾層倍重い, 店座敷の, 庭の, 強い血相, 強く柔, 彼と, 彼の, 彼は, 彼女の, 微妙な, 微笑ましい, 心ならず, 必しも, 忘れて, 恐しい大きな, 恐ろしかった, 情の, 情も, 情的な, 惚れるという, 惡い, 意志的な, 愛着し, 感じと, 感じやすい, 憎み嫌い憤りその, 我儘が, 我身に, 或はある, 所謂贔屓役者の, 手を, 抽んでて, 支那出来の, 数等の, 数等感心すべき, 整頓せりとの, 新しいん, 新しい蓄積, 新式の, 日本国および, 早く沈む, 暗いもの, 暗く陰惨, 更にギザギザ, 更に古い, 更に大きい, 更に容易, 更に強力, 更に更に, 更に深く, 更に自分, 書く当人, 有力な, 本質において, 東する, 根源的であり, 格式を以て, 極めてより, 次元が, 殘つてゐない, 比較的早く, 民衆的な, 気分の, 気分的な, 水彩を以て, 水準が, 永く残っ, 汚らしいもの, 汚らわしくない, 沈みやう, 沈んだ翳り, 洋映画の, 流星球を, 渋川町から, 漢語や, 無神経の, 無限に, 特性的なる, 特殊風な, 狭く中心, 現代人により, 生活的であり, 田舎田舎した, 病的なる, 目鼻だち, 短命である, 砂底の, 確かに, 確実に, 社会的な, 秀でた実質上, 私たちにとって, 私は, 簡明直截で, 簡略に, 粉っぽく, 粗野の, 素人の, 緩慢な, 美しいお, 美しいもの, 美しくめぐみ, 美味いこと, 美味であった, 老人の, 老境を, 聯想し, 職業や, 能率が, 自分を, 自然に, 苦いので, 著しく冷却, 表現にも, 見せること, 詩的な, 論理的に, 豪壮な, 賢い, 身近な, 近代的の, 進歩した, 遊蕩文学者と, 遙か, 遠くからの, 遥かにおそい, 重要だ, 鋭きもの, 隣邦中国の, 青鬼の, 非実用的, 非常に, 非道い, 餘計に, 香りが, 駁雜不純の, 骨が, 高度な, 鼻低し

▼ ものであります~ (348, 0.1%)

19 がそれ 14 がその 10 がこれ 8 から, がこの 6 からその, から私 5 からさ 4 からこれ, が今日 3 からし, がそういう, が其の

2 [24件] からこの, からそれ, から今, から例えば, から実際, から非常, が, があれ, がさて, がしかし, がそれにしても, がまた, がもう, がもう少し, が之, が仕事, が作者, が日本, が私, けれどもそれ, しかもありたい, しまた, し諸賢, 云々

1 [207件] あるいは風景中, ある程度までは, からあまり, からいつ, からそういう, からそうした, からそこ, からそれでは, からただ, からつまり, からてんで, からどうも, からどこ, からなろう, からもし, からよい, からフィンセン, から一向, から一店, から不幸, から之, から二人, から他, から仮令, から何, から信仰, から値段, から労力, から勘八, から博物館, から古墳, から四季, から国家的, から土地, から地方, から売捌く, から変わる, から多少, から大切, から季, から実に, から師匠自ら製作, から師弟, から幾分, から当時, から念, から恐らく, から支那, から春, から東京式, から次に, から正, から殿下, から決して, から満, から父, から父母, から物, から特に, から現に, から甲, から発音, から瞬間瞬間, から社会的地位, から祇園, から神樣, から総督府, から肺結核, から自分, から芸術的, から蕎麦粉, から被, から運賃等, から體裁, から鹿爪, がああ, があながち, があるいは, がいや, がこの間, がご, がしかもなお, がしばしば, がその他, がその後, がそれから, がそれでいて, がそれでも, がそれら, がただ, がとにかく, がともかく, がどう, がどうも, がなほ他, がなほ石棺, がぼく, がまさに, がもっと, がもと, がシナ, がニュートン, がロンドン, が一丈六尺, が一国, が一度, が一方, が中亜, が二人, が五郎, が人文, が今, が他方, が伝写, が併, が信用, が儂, が勾玉, が同時に, が商品, が固定, が季, が實, が少し, が層, が差別, が常に, が広告費, が形, が彼女等, が後に, が従来, が徳川時代, が惜しい, が或, が支那, が文學的, が料理, が昔, が春, が是, が最近, が有馬, が柔術, が校正, が概して, が次に, が洪範五行傳, が然し, が特に, が現在, が田山白雲, が當時, が真に, が私ら, が而, が背中, が芸術, が苗場, が茶, が茶人, が貴族軍, が錐, が長袖, が非常, が面白い, が馬鹿正直, が高等, が龍麿, けれどその, けれどもそういう, けれども五十音図, けれども愛, けれども有る, けれども段々後, けれども胸囲, けれど大人, この辺, この頃, しかつ, し要は, し青年, そして応用, とか尊い, とか祖先以来, ところでガラス絵, とやつ, と同様, と答えれ, と言っ, にも拘わらず, のうと云っ, のか, ので一層, ので別に, のに此, また本人, むかし太陽系の, わ, 今墓所, 以上作為の, 但しこれ, 夫れ, 平民は, 心が, 日本の, 殊に易緯

▼ ものに対する~ (339, 0.1%)

6 私の 4 我々の 3 一種の, 一般の, 考え方が, 考へ方, 自分の

2 [19件] あこがれと, やりきれない憤り, 一つの, 二つの, 女らしい信従, 彼の, 恐怖を, 情熱なし, 情熱の, 感情も, 感覚が, 本能的な, 極度の, 社会の, 絶望とで, 絶望的な, 考え方も, 観念も, 解釈そういう

1 [276件] あのおぼれ, あらゆる感情, あらゆる要求, ある予感, ある優越感, ある隔意, あわれな者, いとわしさ, いやな, おどけで, かくの, けがらわしさ, けちな, ことによって, このみ全然, この僕, ごとに, せい一ぱいの, それぞれの, それまでの, ときは, どうにも, のである, のとは, はがゆさ, はげしい好奇心, はつきりした, ものであり, やうな, やうに, わたしの, われわれの, アイヌの, オオドゥウの, ジャーナリズムの, パリの, プラトン的思慕の, 一の, 一般観客の, 不信の, 不安と, 不安な, 不必要, 不断の, 世界の, 世間の, 世間一般の, 事大主義的な, 交際や, 人類一般の, 他人の, 低級な, 余地と, 作家としての, 作家の, 作者の, 保障並びに, 信頼には, 信頼を, 個人の, 偏愛客観的現実と, 偏見を, 共通の, 共通観念の, 冒険と, 処の, 分類は, 功利的な見, 単純で, 即ち唯一, 原始的な, 厳しく確か, 又文芸, 反抗で, 反逆この, 反逆心も, 古化粧品屋, 合理的信頼とを, 同感が, 周の, 呼びかけの, 喜びを, 国民大, 国防の, 在ること, 報告ばかり, 多数の, 大衆の, 大驚愕, 奉仕を, 好悪の, 好意すら, 嫌厭を, 嫌悪に, 嫌悪憎悪それだけ, 官庁はじめ一般地方有力者の, 対立わざと, 対立及び, 尊敬と, 崇拝とともに, 崇敬は, 平次の, 幼稚な, 弱者の, 当事者の, 彼らしい, 彼女の, 従来の, 復讐心が, 心づかいとしては, 心持の, 心持も, 心的態度と, 恐れが, 恐怖と, 恐怖に, 恐怖ばかりに, 恐怖心の, 恐怖心は, 恐怖感は, 悲しみを, 情けなさ, 情無, 情熱が, 情熱こそ, 情熱である, 情熱によって, 情熱を, 愛, 愛さ, 愛は, 愛を, 愛惜の, 愛憐の, 愛着の, 感じの, 感じは, 感動は, 感情と, 感情を, 感情以外の, 感激では, 感興の, 感覚を, 態度に, 態度の, 態度も, 態度を, 慾望を, 憎しみが, 憎悪で, 憧れから, 憧れと, 憧れを, 憧憬では, 憧憬を, 憧憬プラトンが, 懐疑から, 懐疑を, 我々が, 我々人間の, 或る, 戦いである, 戦いを, 批判である, 抗議には, 拒否, 指示が, 挑戦は, 敏感さとともに, 敬意のほどを, 敵意を, 新しい関心, 方法を, 日本人本来の, 日本劇壇の, 日頃の, 明かなる羨望, 時に感ずる, 時よりも, 暗黙の, 最後の, 本当の, 東洋的なある, 根本態度とを, 根本的な, 極度な, 極端な, 権力感情の, 横暴な, 欲望, 欲望で, 欲求の, 欲求を以て, 正しい感覚, 殆ど病的な, 毛ぎらいはどうやら一応, 民衆の, 気分に, 気持も, 気象上の, 注意が, 深刻な, 渇仰で, 渇望が, 烈しい愛着, 烈しい追求, 無限の, 焦躁より, 熱心さ情愛という, 熱望で, 父の, 特別な, 特殊なる, 現実的な, 理解が, 理解には, 生々しい傷手, 生きものとしての, 生の, 画家の, 畏怖の, 畏敬の, 疑念が, 痛切な, 盲目の, 知識と, 知識を, 示威運動でも, 祈りである, 第三, 答えとして, 精神的な, 統制という, 羅針盤である, 美しくて, 美学的な, 考えかたが, 考えかたも, 考えも, 考え方の, 考え方を, 考への, 興味こそ, 興味は, 芸術家の, 若干の, 蔑視だった, 西班牙人の, 要求は, 要求も, 見解も, 見解や, 親の, 観念が, 観念において, 認識を, 認識不足による, 誤解が, 説教も, 謙遜な, 責任が, 貴族主義的反抗が, 趣味は, 軽率なる, 通念を, 逞ましい, 造りぬ, 運賃請求書には, 鋭い批判, 関係を, 青年の, 非難な, 駒井甚三郎の, 驚異と, 魅着は

▼ ものより~ (315, 0.1%)

6 外ならず 4 ほかに, 以上に 3 はるかに, 作るもの, 見れば, 遙かに

2 [14件] して, ほかの, もっとおそろしい, もつと, 他に, 以上の, 余計に, 外に, 生ずるに, 立派な, 美しきもの, 遥かに, 遥に, 高い秩序

1 [261件] い, いいこれ, いいもの, いっそう深く, いっそう真実, いつも遥か, いでたること, おいらの, おそく夕飯, おとなしく罵られ, お重, かえって一段上, かえって多かっ, かえって悪い, かなり風勢, こつちの方, この地, さしゑ風, さらに狡猾, すさまじ, すべての, すれば, ずっと地味, ずっと大きな, ずっと幼稚, ずっと強い, ずっと深い強い, ずっと社会主義的, ずっと純粋, ずっと複雑, ずっと長い, そこに, それほど劣っ, たべる機會, できないこと, ともかく美しい, どうしても両氏, どれほど多い, どんなに進ん, なお二寸, なお余計, なお悪い, なりかたちより, のめると, はっきりし, ほかあらん, ほかその, ほかには, ほかは, ほかわが, むしろ自然, もっとうかつ, もっとぼやけ, もっとよい, もっと深部, もっと烈しい, もっと狭く, もっと自分, もつとい, やや固く, よいもの, よき如何なる, よく出来, よっぽどため, わが非, わたくしは, キスとか, ハよほどよく, モカさん達の, モット上等に, 一刀彫とか, 一割余計の, 一割程度輕く, 一層はげしく, 一層妙味, 一層肉体的生活的, 三人の, 三倍くらい, 三倍も, 上等です, 主體的, 二十五歳ないし, 他には, 他の, 他心にかけて, 何か, 何程秋田氏の, 余程進歩, 來らね, 來る, 俊敏で, 値段は, 傑れた, 僕の, 僕は, 優れたもの, 優秀であり, 元の, 兄さんを, 先に, 先を, 光るもの, 光沢を, 全く加えない, 六百年乃至, 出で, 前から, 割の, 劣るという, 劣れば, 勝って, 勝れて, 半額ほど, 協力した, 却ってこれ, 受けました驚き, 古いもの, 古手の, 各自に, 同じもの, 味は, 善意を, 堅木の, 外これといふ, 外ならざるなり, 外には, 外は, 外認め, 多いかも, 多額の, 大きい, 大きいにも, 大きくは, 大きく色, 大事な, 大分丸味を, 失うところ, 好いもの, 妾にゃ, 婦人作家の, 字句が, 學習を, 安いこと, 安い事, 安価である, 安価な, 実際的, 寧ろあなた, 小さく見える, 小なる, 少々優越, 少々大きい, 少く加えた, 少し劣る, 川の, 差違が, 帰納した, 常に優っ, 常に冷笑, 幅が, 幸福に, 広く皆横, 引離しそれ, 引離して, 引離し獨立性, 形が, 御主, 心持ち小さい, 恋を, 悪いもの, 悪くなけれ, 拙いもの, 持ち合せて, 推測すれ, 描けて, 数等品質が, 文化的の, 新しいつもり, 日本食を, 昆布の, 明瞭に, 昔の, 時代がかった, 更に注意, 書いたもの, 書面が, 最も低き, 最も興味深く, 最高等の, 有つ, 有効な, 本質的な, 機嫌よく, 次に其一部, 残るほう, 毬唄の, 油っこいもの, 無言だつた, 熱意を, 甚き, 甚だしいわ, 生じ前者, 生ずること, 生ずるなり, 生命ある, 画的興味を, 異なれる見かた, 瘠せて, 百倍も, 真昼間の, 眼に, 私の, 科学的な, 稀薄だつた, 粗末な, 精神的の, 終わりの, 線に, 美しいもの, 美しかった, 美しく尊いもの, 美しく歌, 美しさ, 自分が, 良きもの, 良き人生, 芸術的である, 落ちたもの, 落ちて, 薄きに, 虚弱で, 複雜なる, 西洋の, 見ても, 見るもの, 言はむ, 試み可, 買つた, 起こること, 超個人的, 趣味の, 転んだもの, 転訛しただろう, 送られた演劇, 途中さまざまな, 通常な, 速かに, 進歩し, 遙に, 遺書なき, 部落の, 金も, 鋭利であるらしく, 陽気な, 際だって, 露の, 面白いところ, 食物の, 高く評価, 魅力が, 鯉丈の

▼ ものに対して~ (306, 0.1%)

2 [11件] いるの, どこまでも, 他の, 何等の, 働くの, 反抗心を, 始まるの, 我々は, 抱いて, 深い歎息, 私は

1 [284件] あさましくも, あれ程, いだいて, いつも即, いろいろの, かういふ態度, かなり僕, きまりが, きわめて広い, こう御, この大, この女, この少年, これを, さっき抱いた, さへ, すこぶる考え, すでにその, そう自信, その世代, その人々, その恩恵, その手段, その武, それぞれに, それを, それ自身に, たとえば芝居, だったの, だれにでも, ちっとも尊敬心, ちっとも観察批判, つよい確信, でなく出来, とる敬虔, どういふ, どの女, どんな態度, なすべきこと, なんとなく心置き, はじめて眼, みたいという, もっとつつしみ, もっと厳粛, もっと嗜虐的, もっと深い, もつと, もと私が, もはや単に文化的, もはや少しの, より主観的, より多く, ろくな礼, われにも, われわれの, われわれは, ニィチェの, 一々禁止命令, 一つの, 一体どういふ, 一歩も, 一番うるさく, 三吉は, 不思議な, 不賛成である, 与えられるもの, 世界人が, 世間の, 主として比較, 乙が, 乱さず生活, 二分以上五分までの, 五分ないし, 些の, 人々は, 人は, 人を, 今日は, 仲間で, 低かった, 何か, 何かの, 何が, 何だか一種, 何とは, 何らの, 余りいい, 余り直線的, 価値を, 俗人根性を, 俗物的と, 信仰を, 俺が, 僕は, 優生学から, 元来社会は, 先ずそれ, 兎角国内, 全く情熱的, 全く自立的, 其の人自身, 初めから, 初めて食慾, 刺戟を, 前に, 加へつつ, 勝利する, 卑下せね, 単に盛ん, 原始人が, 又四郎が, 取るべき態度, 吃驚した, 各新聞, 同性愛を, 同意し, 吾人は, 嘔吐を, 嘗て考へ, 土下座する, 均等を, 執拗に, 外面的な, 如何なる方策, 妙な, 妥協の, 妨害し, 嫉妬する, 子供は, 尊敬する, 少し言葉, 少女には, 少年時代の, 常に反感, 平常から, 平然として, 幾分でも, 弱者の, 彼の, 彼らは, 待たされた小言, 復讐しよう, 微妙な, 心配する, 必ず特別, 怖ろ, 恐れを, 恐怖に, 恵み深い, 悉く反噬, 悪い返報, 悲惨なる, 意志は, 愛想よく, 愛着を, 感ずる愛情, 感受性は, 感激と, 感謝すべきである, 憐れむもの, 憧れて, 憧憬を, 我々の, 或る, 或瞬間, 戦々兢々として, 戦いを, 戦う, 持って, 持つ気持, 支払わしめるの, 支払われた所, 支配的な, 攻撃を, 敏感に, 敵愾心を, 日々細心ないたわり, 日本人が, 日本人の, 時局が, 暗に一種, 最も傲慢, 最も愛好力, 最も興味, 本来何を, 植えつけられて, 極めて無頓着, 極りわるく, 極端な, 楽しい期待, 次第に無, 正確に, 殺すという, 気まりが, 注意を, 洋楽専門の, 活きた関心, 涙を, 渇望し, 漠然たる懐疑, 激し易く調子, 無垢だ, 無智モーマイ, 無関心な, 無駄な, 熱心に, 父の, 物質的と, 特別な観, 特殊な, 犯罪を, 独特な, 率直な, 理解を, 畏れつつしんだ気持, 畠山貞政や, 異常な, 異常の, 疑念さえも, 痛切に, 白鳥が, 目を, 盲目な, 相当意識し, 真実の, 真面目に, 眼と, 知るもの, 示さうと, 私たちは, 立って, 筆者の, 等しく吾人, 簡単な, 精神的娯楽を, 結局無頓着である, 統一を, 絶対の, 絶対的軽侮を, 絶望を, 罪を, 群団的に, 考えたなつかしい, 腹立しかった, 膝を, 自らの, 自分の, 自分を, 自然に, 自覚された, 興味を, 色々の, 色々先入感, 表現を, 見せたがることさら, 見懸銀, 覚えが, 覚悟を, 親切な, 計算し, 許しおくべからざる戦, 許しおくべからざる戦い, 試み続けて, 誠意を, 警戒の, 譲歩させる, 譲歩せね, 責任は, 責任を, 賞金五千法を, 起す情操, 起る, 趣味すなわち, 身構えるよう, 軽蔑を, 逃げを, 随分と, 非常な, 非常に, 頭が, 食慾を, 養子は, 驚異の, 魔の

▼ ものさえ~ (304, 0.1%)

39 ある 30 あった 9 あります 6 ありました 5 あるの, 出て 4 あれば, ない, なかった, なければ 3 あるが, あるよう, 感じて, 感じられた

2 [11件] あったの, ありて, ありますよ, ありません, あると, いた, たまには, もって, 感じた, 自分の, 見れば

1 [160件] あったが, あったこと, あったと, あったという, あって, あらわに, あらわれる, ありきされば, ありましたが, ありますね, ありゃあなア, あり多く, あり私, あるから, あるじゃ, あるそう, あるとの, あるとは, あるに, ある様子, ある程, あろう, いくらか育て, いないくらい, いなかった, いなかったらこんな, いませんでしたよ, いる, うかがわれた, うまれて, こうで, このテーマ, ございます, ござらぬ始末, すう, すでに珍奇, そう沢山, そこから, その時代, できあがって, できた, できて, どこまで, ないくせ, ないの, ない我々, なかったら, なかなかに, なきに, なく二, なく人々, なく化石, はっきりつかん, はっきりと, ぴたりと, もうなく, もたらされて, ろくろく申しません, わからない時, 一つなく, 一つも, 一校も, 上手に, 不足し, 人は, 今日では, 作った, 作って, 光って, 内心では, 出せば, 出来た, 分って, 勝手に, 含まれて, 吾, 多い, 多かった, 多くそれ, 大切に, 失くなった時, 奇怪だ, 妖怪が, 実には, 実はこの, 容易く首肯, 少くありません, 少くない, 少ないの, 少なくは, 局外から, 居た, 広い城下, 感じさせて, 感じたほど, 感じられて, 感じられる, 感じる, 感じるよう, 感ぜられたくらい, 感ぜられるの, 払って, 払底の, 折々は, 抹殺した, 持てようかという, 掴んで, 放棄しなけれ, 故の, 既に散逸, 暗示される, 書かれたこと, 書けない, 有りうる, 未だない, 水菜と, 決して少なく, 流れて, 流言飛語の, 浮べながら, 涙を, 測るの, 湧いて, 無くて, 無気味に, 現われた, 現われて, 現われるし, 甦える場面, 発見出来なかった, 眼もと唇もとに, 積って, 考えて, 考えられなくは, 膳に, 芽生えて, 葉子の, 血管に, 見うける, 見えなかった, 見せれば, 見なかった, 見られます, 見付け得ずに, 見出されないの, 覚えた, 訴えては, 貰えさ, 貰えば, 買えないほど, 身に, 造って, 郎女の, 醸し出して, 関東には, 静かに, 音楽が, 食えれば, 驚くよう, 鼻に

▼ ものまで~ (290, 0.1%)

4 持って, 書いて 3 ある, 交って

2 [15件] あった, いれると, さまざまの, すべて莫迦に, ついて, 並べて, 住みはじめた, 包括し, 大切に, 押入の, 目に, 私に, 置いて, 運んで, 随分し

1 [246件] あちこちに, あらひざら, あらむ限り, あらゆる階級, あるが, あるとは, いずれも, いちいち石油, いっしょに, いました, いまよりはずつと, いろいろの, おせっかいに, お取り上げなさい, お呼び下さる, お書きあら, かきよせるくせ, きこえて, きらったの, こうしてああ, こっちで, この, この記念, すっかり消費, すべて女の, すべて支那産の, せびり取ろうと, せまいなか, そこに, その一つ一つ, その名, その間に, それが, たたき起して, つけた, つづらに, できなくなる, とって, とり放題だった, どうにか大体, なくしたの, ぬいで, ぬれて, ほしいとの, まじる始末, まるで普通, みんなもっ, みんな当家へ, みんな息を, みんな採りいれ, みんな背負っ, むざんに裏切られた, むしろ妖怪, やってこそ, やはり引越し, わざわざ時間, タンスに, ポンポン殺し, 一つずつの, 一同重荷を, 一年前後の, 一貫し, 一通りは, 一部の, 丁寧に, 丹念に, 丹念にとり, 云って, 亡くして, 人懐うございます, 人懐しゅう, 仕事も, 何もかも私, 何程の, 作った, 僂指された, 入れたらこの, 入れて, 入れると, 具備し, 内心腹立たしく, 凍えさせては, 出來, 出来て, 出来ますが, 分限に, 利害関係によって, 到達し, 刻んで, 剥取られた, 効かない, 取った, 取り出して, 取り返すほど, 取ること, 取る段, 取出して, 合せても, 合わせると, 含んで, 呼び集め村じゅう, 咲いて, 嘉吉が, 坐つて, 増すの, 多い処, 大手を, 失っちまいましたよ, 失つた, 姿を, 嫌いに, 嬉しそう, 実にはっきり見える, 家族同様に, 少しつけ加えた, 尻を, 布令を, 幾つかの, 庭先へ, 引下げて, 引張り出して, 当局は, 彼は, 彼らは, 彼女らは, 徴用され, 必ずしもそう西洋流儀, 忘れた南, 悉く新しい, 悉皆要らねえ, 惜し気, 憚らず, 懐疑しなけれ, 手當り, 手離し, 抱えて, 担ぎ出して, 拭き取られて, 拾って, 持ち出された, 持ち出しさうに, 持ち出したまま, 持つて, 持出しとうとう, 持出し到頭, 捕えないの, 捕った, 捨てたの, 捨てて, 採択した, 携えて, 散いつ, 数えて, 数へて, 断ち切って, 新唐書藝文志, 映畫, 書いた, 最う反訳, 有りあがって, 検めて, 検討し, 楼門の, 歩くの, 殆ど全部, 残らず出かけて, 殘る, 殺す, 殺すの, 沢山あった, 泣いて, 洗つ, 浴びなけりゃならないからね, 深さうに, 済んで, 渡して, 湖面の, 湯婆が, 準備された, 溜め込んで, 無視し, 焼かれ刈られ掠奪, 燒死の, 現れたそう, 申して, 男は, 町でなけれ, 登録され, 白く咲い, 百腸の, 皆な, 皆な誉め, 皆醫藥として, 盛に, 着かえさせ寝る時, 知らなけりゃア, 神様に, 私達に, 種々の, 積み上げて, 穿いて, 紹介し, 美しく作っ, 能く, 脱いで, 腐る始末, 自分について, 自分の, 自惚, 色々ある, 複雜に, 要求する, 見えましたが, 見せられ芝居, 見て, 親も, 観とって, 計算に, 詰め込んだ, 語り伝えて, 読み初めた, 読んで, 調べられた, 論じようと, 貯えて, 貰つて来る, 買うん, 買わないほう, 買わなくても, 追放に, 這入って, 這入つて, 連作の, 金に, 集まりました, 集めるという, 雑じ, 雑つてゐる, 雑多である, 頼みそれら, 食いつくしぬ, 食べたがって, 飲んで, 飲酒の, 鮮かに, 黒門を

▼ ものをも~ (277, 0.1%)

7 含んで 4 いわずに, 含めて 3 言わずに

2 [13件] こめて, 信じない, 否定する, 弄ぶやう, 持って, 挙揚する, 明に, 私に, 肯定し, 自分に, 見て, 見ること, 言は

1 [233件] あえて殺す, いはずぐんぐん, いわずいそいで, いわずお, いわずさっさと, いわずガラス戸, いわずスイッチ, いわず不二夫君, いわず真先, いわず突然, いわせようと, お拾いなさる, お持ち帰り, お生, かすかに, かつぎ出すの, きれいな, この趣味, この非常地区, これからの, これだけに, さらに混じえず, する, そういうもの, そこへ, それに, たくさん埋めた, たまといふ, たらせた, たらせて, だも, つきとめて, つくづく身, どしどし変え, なるべく調べたい, にくめないもの, のされたという, はしと, ひとたび献げ, ふくめて, また成熟, やはり或, よろこんで, カミと, キリスト教と, クリストフは, サロンの, トルストイは, ハシと, ヒョウと, 一度つくづくと, 一緒に, 一面感じられる, 不思議で, 云う態度, 云ず, 云はず一目散に, 云わずお母様, 云わず重三郎, 云わず飛び込んで, 些の, 交へて, 人形に, 作りうるの, 作ります, 作る力量, 使つた, 信ずること, 借用した, 克服し尽くそう, 共に引きずっ, 其に, 兼ねそなえて, 写真の, 処断する, 刻んで, 加えなかった, 包含する, 包容し, 包括し得る, 十分に, 卑屈に, 取り扱うこと, 取去らる俗, 取扱って, 合せ読まれんこと, 同じ仕事場, 同時に商, 名づけて, 否定し, 含む, 含めての, 含蓄する, 嘘を, 大量殺戮する, 失つて居る, 好んだ, 始めたが, 姐御, 子供の, 定立する, 実際に, 客観的に, 密かに, 射放つ, 尊敬しない, 弄ぶよう, 強き人をも, 彼は, 後の, 得た, 忍ばざるを, 思想や, 恐れずに, 恐れなくなる, 悲哀をも, 惚れて, 意味しなけれ, 愛さず思料, 愛してを, 愛すること, 感じた, 感じたという, 感じつつ, 感ぜず青春, 感嘆する, 憎んでは, 憶えて, 戦わずして, 所有権によって, 打ち忘れて, 把握しなかった, 抱きこんで, 拡大する, 拾い裁いたもの, 挙げること, 掴み出して, 掴んで, 摂り容れあるいは, 摂り曖昧, 文学原理として, 新に, 易々と, 映そうとは, 曖昧な, 書いた, 書きたいと, 書きちらすから, 有しないの, 有た, 根こそぎ業火, 棄つるは, 棄てて, 歌の, 歯を, 死刑に, 残さず突然, 氣という, 汝は, 沢山見かけた, 漠然と現, 潜めて, 無いの, 無縁の, 煙に, 犠牲に, 珍しとして, 生みだしたが, 畏れない生き方, 疑えと, 疑った, 盛んに, 直くみち, 相手に, 知らずに, 知らぬげに, 研究しました, 社会的な, 私たちの, 秤って, 粉々に, 結構と, 絵葉書などでは, 考えずして, 考へさせる, 考へて, 脆弱なる, 自らの, 自由自在に, 自覚し, 舞台に, 藏す, 見免, 見定めねば, 見逃しては, 言はず一嘴引咬へて, 言はず呆れ, 言はで, 言わざりし, 言わずいきなり, 言わずひじょうな, 言わず威儀, 言わず引, 言わず恐れた顔, 言わず暫く, 言わず有, 言わず美人, 言わず見送って, 言わず踏みこんだ泰軒, 言わず鼻, 討たずに, 記しあるいは, 話さないの, 認めた, 認めて, 認める, 認め異国人, 読み聞かせ正月十五日, 論理化し, 論理外の, 謡ふ, 貧しい徳川勢, 買は, 買わぬと, 赦しようやく, 赦し斥けたもの, 遠ざけ書もの, 鎌倉時代には, 附け加, 集めて, 面白く感じました, 魅する珠玉, 齎らし

▼ ものにて~ (276, 0.1%)

83 ありしなり 2 ありし, それよりも, ただありのまま, 一日部屋の, 人は, 候にと, 十分に, 消印には, 當時の, 耳は

1 [245件] あしく候, あたかもバイロン, あたかも漢, ありたり, ありたりき, ありながら, あるからに, あれば, あればこそ, いかに心細く, いさ, いつにても, いまの, おのれなども, およそ何人, かえって大切, この一義, この二つ, この小, この種, この罪咎, この長崎, これすなわち, これに, これは, これも, これを, これ己れ, ござりましょう, ささ事, さて目前, さまで奇, すなわちこれ人間交際, そのいづ, そのかく, その下, その下田, その側, その入れ, その内形, その困難, その幅, その恐, その晩, その期限, その法, その物界, その行為, その記憶, ただこの, ただに, ただ風呂桶, つひに, とうてい永, なき由, なし, なア, にわかにこれ, はや八分四方ぐらゐに擴がり, はや其, まことの, みずから省み, もし, もっぱら十二支, やはり五行, よほど以前, よろしき事, アエネアスの, ダンテの, ピエートロ未だ, 一幕目小春髪すきの, 一睨みごとに, 万国古今の, 世には, 世人が, 中央の, 中尾と, 主エス, 之無様に, 予が, 事の, 人の, 人民は, 人間の, 今度浦, 今日の, 今日尚, 今用いる, 今頃は, 他は, 他人を, 体重の, 何に, 余は, 余程品, 作者は, 例せ, 例の, 俚諺にも, 俳句も, 候う, 候ぞ, 候と, 候間譬侍馬廻りと, 僕など, 先生は, 入牢せられた, 其の折, 其人名等の, 其實は, 其根據たる, 其調子に, 内職も, 創業の, 北方の, 十二世紀の, 半文の, 卑俗聽くに堪ず, 即ち人為, 參詣者の, 又一たび, 口の, 古代の, 古史の, 古註, 只有, 同じく兵士, 同じく空, 含水炭素体中に, 和蘭陀風の, 喜の字に, 団十郎の, 地勢上さも, 外国伝来では, 外國よりは, 大御神が, 天に, 奈美女と, 妖怪を, 妙雲の, 学者と, 学者に, 実に一, 實に, 小天地想ならざる, 小生目下鳥渡手放し, 山丈とは, 平生都会にて, 形容に, 彼の, 彼れ, 彼初, 御座候, 御座候而悪み, 必しも, 意あり, 感忠銘の, 我々日本人は, 我に, 或時, 截り破り, 打ち抱きつつ, 掻て, 摸倣の, 文章の, 斯く世, 新しきあり, 新栄町の, 方今政府を, 日本国は, 日本服の, 景淨, 智恵あり, 曩に, 有り経, 有之, 未だ原本, 未曾つて住所, 東京より, 東京附近には, 東方は, 森栖校長は, 極めて小, 樺太アイヌの, 歌に, 此婦人太く, 此島より, 此慾は, 毫も日本, 気を, 気味悪く神経, 決して無限, 決して真, 決して迷信, 法案は, 清淨なり, 無力は, 燕翁が, 特に, 特にかの, 狂人の, 現に前, 現今なお, 現場へ, 理想の, 田舎の, 由緒も, 目今中学校と, 目方は, 眞の, 真に成学, 破綻又, 確かに, 磯釣りに, 突出され, 窟の, 篇中の, 精神に, 紙を, 紙文反古書籍その他色々, 素よりこの, 結構と, 結構の, 美服美食も, 翼を, 腰より, 自動車より, 至極有り難から, 英語に, 菊五郎が, 行燈の, 言葉にては, 詐りより, 誠に救癩戦線, 豪奢風流の, 赤子の, 近ごろ当, 近日突然, 進んで, 金にも, 鍋にて, 霊魂は, 韓信とか, 頭を, 類は

▼ ものそれ~ (271, 0.1%)

3 が民藝品, が真理, はただ, は人間, は無理

2 [22件] がこの, が今, が工藝, が日常, が最も, が芸術, だけがただ, に, にカキ餅, に私, は, はね, はもはや, は何, は工藝, は明らか, は本当, は死, よりか私, を今, を私, を頭

1 [212件] かね, から一種, から二機, から四ヶ年, から寝る, から随分, がお寺, がで, がとり, がどんな, がまた, がやっぱり, がようやく, がわし, がハイデッガー, が一円, が二十五枚, が今や, が作法, が全て, が口, が只今, が寥, が対象, が少し, が当然, が我々, が掛外, が教学, が新た, が時代, が概念, が段々, が民藝, が法典, が法律, が海軍生活, が禪家喫茶, が私, が空間, が美しく, が自分, が良い, が芸術家, が芸術的, が芸術的構想, が茶道, が訪問録, が詩, くらいのこと, くらいはしかた, ぐらいのこと, こそが一つ, こそただ, こそ女らしい, こそ生命, さえ顔, じゃあおいら, じゃア誰, だから, だけがジャズ歌, だけが手応, だけに引きずられ, だけを僕, だのに, で供養, との対比, とは反対, と倶, と接觸, なしに, にどうせ, にばかり関係, にもう, によって受け, に七曲り, に今度, に作者, に兄さん, に呼吸, に大事, に大盗日本左衛門, に対して心, に引き代え, に引代, に打たれ, に書かれる, に沿道, に準じ, に漬物, に熟し, に矛盾, に色好み, に蓋, に身分, に鈴木さん, に鼠色, のみが真実, のみが真理, のみが私, のみならず, の省略懐中本, はあがる, はいかに, はいま, はいわず, はそう, はそれ, はそんな, はたいして, はで, はなんと, はまるきり, はみんな自分, はもう再び, はもとより, はやがて, は云う, は他人, は何故か, は僕, は凡て, は単に, は又, は反, は吾, は器, は娘, は山村, は平次, は幾何学的空間, は延長, は当り前, は当然, は微塵, は必ず, は恐らく, は意識, は曹操, は東京, は気配, は決して, は油絵具, は法則, は流転, は為, は犯人, は神さま, は自分, は魚, は鼠, への関係, まで, までがまん, まで公, も, もごく, もツイ昨日, も偶然, も可愛, も気分, も禄高, よりほか, より万三郎さま, より進ん, を, をあんた, をこうして, をこそ挙げるべきだ, をこそ正しい, をこの, をそれ, をちゃんと, をつみかさね, をど, をまた, をよくよく, をわたし, を世界観, を両方, を以て律する, を伝統, を例えば, を出しきる, を削っ, を夫婦, を奪われた, を実は, を工藝, を彼, を意識, を感じる, を抜い, を探し, を材料, を欲し, を殺し, を水, を焔, を無理, を皆一緒, を皮袋, を確め, を稱, を紛らそう, を考えたら, を自分, を自身, を落語, を裁判官, を読ん, 果して何ぞ

▼ もの~ (271, 0.1%)

4 である, 向って 3 入って 2 つける題, 俺を, 好んで, 持って, 眼を, 自分の, 行くと, 豪華な, 這入つたこと

1 [242件] あえて当っ, あえて自分, あせる気, いちいちいった, いった, お前の, お目, きれいな, こっぴどく痛棒, ころがり込む場合, こ帯送っ, して, すぐ云った, そう申し付け, その翌日, そむけるよう, それから辛うじて, ちらめく呪, ちらめく呪い, とまりに, どれだけの, ののしりいきど, はいるとても, ひかれる気もち, ひらかれて, ひれ伏したの, ぶつかって, また以下, みがきの, もって, ゆがめられて, ゆくため, よじ登る心掛け, より人間らしい, より多く, よろしく頼む, グルグル廻る, ザット漬け, ハ申聞用意仕, バターを, ペースを, 一ページに, 一人の, 一刻の, 一躍復帰, 与える衝撃, 乗ったひどい, 亜欧堂風の, 人力にて, 今にも手, 他の, 何処までも, 使うバター, 保守的な, 傾いたと, 働きかけなくても, 光沢の, 入れて, 入れましても, 出かけるん, 出ること, 出る喜び, 切符を, 刻ミ葱を, 割り渡したい, 加担し, 動いて, 半ズボン, 半分ぐらい, 即ち主体, 却って愛感, 及ぶところ, 叩く, 叮嚀な, 同情し, 向う面と, 向かうため, 向けさせる, 向ふも, 吩附けた, 呼ばれその, 哲学を, 唾し, 四時間ほど, 型に, 塩と, 塩胡椒で, 多くの, 娘を, 嫁す, 対して, 對し, 導こうという, 小金を, 少しずつ, 展開し, 山盛一升の, 山荘の, 席を, 常に或, 幻想を, 引かれる心, 引き上げて, 引上げた, 強い希求, 形式的な, 彼が, 後から, 従って存在, 御引合, 御書通, 志して, 恥かしい, 悪いと, 意識的に, 憧が, 手むかう, 手むかふ, 打粉を, 投書を, 抱かれたいよう, 拾わせるつもり, 指を, 挑みを以て, 挟んで, 捉まりました, 捧げるつもり, 撓曲, 敢て, 斬りこんで, 施し米, 書いたつまり, 書かなくたって, 最後の, 木炭を, 極く悪い, 楽に, 横に, 正確な, 武藤清左衛門には, 歴史物語を, 残して, 毎年若干の, 毛筆で, 気が, 水を, 永遠の, 沢山の, 沢山泥坊草, 河岸の, 河童を, 注文し, 消極的な, 深入りし, 添えます, 湯煮, 漆でも, 漬けて, 漬け直すの, 火が, 無際限, 熱を, 片付けるには, 現在から, 生れて, 生命を, 生烏賊, 異常な, 発展する, 白羽の, 目標を, 直線的に, 真中から, 眸を, 矢立の, 砂糖を, 秀吉は, 私たち祖先が, 移して, 移って, 移つた, 移つて行つた, 移るという, 移行した, 突入し, 突当って, 符牒を, 筆を, 箱書など, 結びつけたくなり又, 結びつけて, 絶望を, 繩を, 置くこと, 罹ったよう, 脱皮しよう, 自信つけさせたく, 自分で, 自然な, 自然的の, 舞いもどって, 芸妓の, 落ち下る, 落付きどころを, 虚無へ, 血道を, 行きウイ, 行くの, 行く棚, 西洋松露西洋菌それに, 要素的な, 解消する, 賛をと, 身が, 身を, 転化し, 転向する, 転換させれ, 迎合され, 近づいたの, 返って, 這入ること, 通つてゐた, 連出して, 運動する, 道具を, 道徳的に, 遣ろうと, 適応する, 還った意味, 酢と, 醜化, 鍵を, 関係づけ, 關係付ける, 附け平日, 静かに, 頬っ, 飛びこんで, 飛ぼうと, 高麗笛を, 鼻を

▼ ものだらう~ (270, 0.1%)

8013 と思ふ 96 と言 5 と思つて, ね 4 て, といふ, と考へる 3 とせられ, よ, 錢形の 2 かそれとも, かと云, かと色々, と, と思, と思はれます, と思はれる, と私, と考へた, と頻りに

1 [111件] あゝ何, かこの, かしら, かといふ嘆声, かといふ氣, かといふ氣持, かといふ考, かとわたしたち, かと一寸, かと尋ねた, かと少々, かと少しく, かと思, かと昨日腰越, かと気象担任, かと疑, かと絶えず, かと考へ, かと考へた, かなあ, かね, から, かエゾ, か一つそれ, か冬休, か君, か否, か飲まない, がこ, がさ, がそして, がな, がね, が女性, が彼, が私, けれど, このま, この人, さ, し京洛, ぜ, その目的, それ自体の, つて話し, とい, といつた, といはれ, といはれます, といひます, といふ一驚, といふ新案, といふ様, といふ樣, といふ苦しい, といふ説, とお, としみ, とは思, とは思ふ, とは氣附, とぼんやり, とも, ともつ, とわたし, と三郎, と云, と云ふから私, と代, と信じ, と夏川, と存じます, と察せられる, と思ひ, と思ひました, と思ひます, と思案最中, と感じられる, と或, と演説, と独, と考へ, と胸, と言うた, と許, と説明, と馬鹿, と駒平, なあそれ, なあといふ羨望, なア, な爺, ねえ数枝, 一皮一皮剥い, 主人が, 位に, 位の, 位は, 善悪利害どちらともい, 大小自由だ, 尤も俺, 思つても, 教師も, 殆ん, 浪江勘次郎氏の, 独逸の, 理窟は, 石原の, 茗荷を, 虎松と, 要は無理

▼ ものかという~ (260, 0.1%)

39 ことを 23 ことは 17 ことが 10 ことに 9 ような 8 気が 6 ことも, 気に 5 事を 4 ことについて, ように 3 のが, 事は

2 [13件] ことぐらい, ことである, ことについては, のであった, のである, ふうに, 事々を, 事実を, 勢いで, 気持が, 質問に対しては, 風な, 風に

1 [97件] おはなし, ぎょろりとした, ことさ, ことだ, ことだった, ことであった, ことな, ことについても, ことに対する, ことの, ことをね, ことをも, その自然さ, のを, ものをも, ノスタルジアを, 一見迂遠, 不思議とで, 事に, 事については, 事も, 事実は, 事情は, 人には, 人類の, 例証の, 光景が, 具体的な, 凄味で, 勇気が, 反抗心が, 問いに, 問に対して, 問題に, 問題の, 問題を, 問題俳優とはなんぞ, 固い決心, 声が, 外人の, 女性史についての, 実例で, 底に, 度胸とが, 彼の, 心と, 心持ちで, 思いが, 思い入れを, 恐ろしい観念, 意味を, 意地も, 投げやりの, 抗議の, 時が, 様な, 段に, 気から, 気で, 気の, 気も, 気もちである, 気分と, 気持だった, 気持ちに, 気持と, 気組み, 決意が, 消極的な, 点な, 点に, 点は, 点を, 状態に, 疑いに, 疑いは, 疑問が, 疑問を, 私が, 者が, 自惚れすぎた自信, 見本に, 訓え, 評価は, 説が, 説明に, 読者にとって, 読者の, 調子で, 質問に対し, 質問に対して, 質問に対する, 質問を, 軽蔑の, 鉄則を, 限界を, 顔を

▼ ものとしては~ (245, 0.1%)

3 私は 2 台湾喫茶店と, 悲観する, 明晰かつ, 極めて完全, 氷の

1 [232件] あのまま, あまりにも, あまり大き, ありそう, いかにも幼稚, おそらく絶好, おなじキッパリ, かつてミトゲン線, かなり純粋さ, かなり重く, このへん, これが, これに, これらが, すこし間口, すこぶる恰好, そうかも, その方, それが, それは, それらの, たしかに奇妙, ただ暖炉, ちっとも作用, ぢめて, つよい印象, とても桁はずれ, どうも適切, どの點, どれよりも, なおその他, なかなかに, なかなか秀, なくて, ならないとか, ならぬと, ふしぎに, まずその, まず新人, また, また狩獵, まだ昔, まつたく變, もう見納め, もはや存在, やはり楓, よい方, よくいわれ, わずかに, アロンゾ・デ・オヘダフアン・ポンスェ・デ・レオンディエゴ, インチキたるを, チェスタートンの, ハハコグサは, ヒンクスの, ブルジョア, プラトンの, マイクル・トマス・サドラアトマス・ダブルデイヘンリ・チャアルズ・ケアリハアバアト・スペンサア及び, マコレイの, リカアドウとの, レムブランドの, 一切の, 一層の, 一握りの, 三つの, 三文の, 三条の, 主體的事實, 久しぶりであった, 二本松附近に, 京都東寺の, 人間の, 今ある, 今の, 今挙げられた, 仏教僧侶の, 他に, 代表的な, 会津地方から, 住谷氏の, 何にも, 何も, 何一つなく, 何人も, 余りにも, 余りに大きい, 作家に, 佳作に, 例の, 便利である, 個人的な, 先ずこれ, 先づこれ, 先づ北西航路の, 先づ申分が, 先にも, 其才学を, 到底採用, 前期に, 区別せられなかった, 卓袋の, 単なる雑多, 収入しか, 句法が, 可なり, 可憐の, 各種の, 同じ年, 同一の, 呉の, 商店の, 夏から, 多數, 大戦闘, 大森義太郎氏の, 太陽と, 好個の, 如何にも面白い, 婦人速記製図手外交員会計助手歯科医なども, 子飼川, 存在と, 宝貝より, 実に絶品, 寡聞に, 寧ろフランシス, 寧ろ初め, 寧ろ数学, 少しく省略, 少しむづかしいであらう, 少し突飛, 少し象徴的, 常念山脈, 常識から, 平凡な, 平等でない, 年頃で, 強きに, 当然であり, 形而上的な, 彼には, 意味を, 所謂河原巻物に, 拙劣である, 持たぬ, 文字の, 日本で, 日本の, 日本最古の, 明の, 春と, 春秋を, 有效, 本当に書き生かし, 果樹の, 検閲制度に関する, 極めて自然, 歌, 歌も, 正木正依田新, 武政太郎, 歩一歩複雑な, 比較的初期, 江戸趣味に, 決して提供, 満足できなくなった, 漆器が, 漢書藝文志に, 瀬沼夏葉が, 火縄銃程度と, 無価値, 無益であるであろう, 無視する, 物売りの, 特に何, 甚だ馬鹿氣, 由利郡亀田町の, 甲斐が, 異人種, 益子の, 目ざましい発達, 目覚めて, 相応しいもの, 看られないと, 知ること, 社会秩序から, 私には, 稀に, 章學誠が, 竹原スタンダード英和辞典, 竹細工も, 筋が, 築地小劇場時代に, 紙鳶が, 結婚数に対する, 線香花火や, 繊細だ, 考えて, 考えなかつたと, 考えられません, 考へられない, 自分の, 若々しい女性, 荷車と, 表に, 表は, 表われ, 見ず感謝, 見出さないに, 見出されないで, 見出されないであろうと, 認めとらんの, 認めない, 誤っては, 調子の, 警察犬は, 谷崎潤一郎の, 資本主損益の, 赤子の, 退屈せず, 道徳, 鈍いもの, 間違であろう, 隋書の, 随分変, 電気火花の, 非常に, 頗る自由, 飲酒だけに, 餘り, 首肯し, 香美郡の, 高橋敬視の, 鼠癩に

▼ ものやら~ (243, 0.1%)

5 見当が 4 さっぱり見当, 悪いもの, 無いもの 3 それは, 分らなかった, 私には

2 [21件] あると, いっこう要領, さつ, そこの, そのこと, それも, そんな事, つまらないと, どうかも, まだ目あて, わからない, わかりませんが, 全然不案内, 分からない, 少しも, 番小屋の, 癒らぬ, 聞かないふり, 見当も, 遂に解らず, 馬鹿だ

1 [175件] あてには, あまりに娑婆気, あるいはもう, いかがです, いっこうに, いっこうにわかりませな, いっこうに勘得, いって, いや焦立たしい, いろいろな, おいそれと考, お金などを, かいもくあとかた, この寥々, この神楽, この私, これさえ, これに, さっき向うの, さっぱりわかりませんでした, さっぱり分らない, さっぱり分りかねた, しらずおかしき, すっかりととのえ, そこらが, そしてどんな, そのよう, その時, その書付, その辺, それが, それさえ, それすら, それとも離れ離れ, それを, ただわくわく, たとい中, ちょと, てんで, てんで見当, とんとわし, とんと失念, とんと思案, とんと確か, どうして街, どうやらさっぱりわからない, どうやら何だか分らなかった, どうやら誰, どう言い逃れた, どこに, どなたと, なんとも言えず, はっきりしなく, はてしがない, ほとほと困じ果てた, または湖水, または金吾, また抱え, また進歩, まだ見, むずかしい口調, もうお, もう分らない, やあ人, よくは, わからず夜, わからぬ, わからんの, わかりません, われながら, われわれには, アゼルベイジャンの, オレンジな, コン吉は, ホントに, 一睡りしたらしい, 三十分の, 上総に, 不明だ, 主人は, 乗り出すもの, 二が, 二た, 介三郎にも, 何, 何の, 何一つ残っ, 何角の, 余が, 俄かには, 保証は, 値は, 入り口の, 六十ばかりの, 出せそう, 出来ないもの, 出来ぬもの, 分からぬから, 分つたもの, 分らず石, 分らない, 分らないん, 分らぬ, 分らぬこの, 分らぬので, 分らんが, 分りません, 分りゃあ, 分り相な, 判らなかった時代, 動かないもの, 千恵は, 午過ぎ, 又そんな, 只わく, 嘲けるもの, 噂は, 四晝夜の, 大枚百両持っ, 奥の, 妾にも, 存じませんが, 底も, 座蒲団やら, 当てに, 彼女は, 御調べずみ, 心の, 心もとない, 惡いもの, 想像も, 持って, 新聞を, 方々への, 方角さえ, 日いちに, 昨晩迷児に, 時を, 時間が, 更に見当, 書見やら, 未だに判りません, 来年の, 桃色の, 死んだもの, 決しかねた, 決して分った, 測りかねて, 玩具箱を, 現在の, 甚だ覚束, 皆獣だ, 皆目見当, 知らないまま, 知らねど, 知れませんが, 私自身が, 節は, 紙くずやら, 西も, 見えた感じ, 見ると, 解らないから, 解らん, 記憶が, 誰にも, 誰も, 途方に, 選別する, 頭が, 風の, 馬に, 鳥かごの, 鶏とか, 黙然と

▼ もの~ (232, 0.1%)

15 へある 10 へあつ 9 ういふ 3 うして, へありました, へ出 2 う言, へ, へあり, へあれ, へございました, へも, へ感ぜられ, へ持つ

1 [173件] ああ, あの物語, あんなこわれ, いまどこに, いや僕, いわば一種, ういつた, ういふ区別, ういふ機會, うさう, うした, うしなけれ, うっかり物を, うまうま, う云, おかしなこと, おれたちとは, おれの, お互に, お前の, お坊ちゃん, かまわん, くよくよしない, けっく妾, こいつア割かず, ここを, このおっちょこちょい, この差し込み, この痛み, この雨, これを, こんなこと, こんなところ, こんなに毛, さてそこ, しかしああ, しょってるよ, そうする, そうはいっ, そこで小, そこへ, そのつもり, その白, その金吾, そんなになに, だから商売, ところが十一月はじめ, となんだか, と自分, どうも瀬川君, どっこいしょ, ね, ねえ文さん, のみ賤しき勤め, へあらざれ, へあります, へが人間, へさ, へさながら, へそこ, へなかつた, へなかつたら, へなく, へぼつぼつ, へもあつ, へもあまり, へもある, へもつめたく, へも何, へも失つたの, へも既に, へも極めて, へも見ない, へやれ, へゐた, へ一々, へ一人, へ今, へ今日, へ作品, へ例外, へ倒れぬれ, へ出来, へ出来ず, へ出来た, へ出来ぬ, へ前, へ動く, へ含ん, へ感じ, へ感じさせました, へ感じた, へ感じられる, へ感ぜられる, へ掴め, へ有りうる, へ本当に, へ欧米人, へ此頃, へ殆ど共通, へ決して, へ浮べ, へ潜ん, へ現在, へ綺麗, へ自分本位, へ見る, へ見出し得ない, へ試み, へ誰, へ誰一人, へ車, へ釀, へ風雅, もとは, やぎなげく, ァ, ア速かに, ナーニあいつは, ハハハハ, フツフツフ, ローラさん, 一人や, 上から, 世の中は, 二三人取っ, 云う迄も, 今夜に, 仏教は, 仲井さんほどの, 何が, 何しろ阿, 何とで, 何處まで, 俺ら家や, 僕は, 別に君, 古い神様, 同じうまみ, 否です, 季節から, 実にそれ, 宮方の, 寒の, 小冠者信長に, 小田原の, 底に, 彼奴ツたら, 手ば, 捉まえた, 概してそれ, 此の, 死んだ上総屋, 死んだ上總屋, 残念な, 殘念な, 洞庭萬里の, 滅法安い, 熊谷の, 甘干, 竜之, 精神といふ, 組合の, 色と, 藪にも, 近江の, 金も, 鑵詰の, 音無の, 飲むと, 馴染を, 駄目だ, 鼠の

▼ ものをと~ (227, 0.1%)

7 思って 6 思うと 3 お倉, 云う, 今更に, 思ふので, 話しつれて

2 [13件] さ, 今更それ, 何度も, 宗助は, 彼は, 思いますと, 怪しんだが, 悟りぬ, 求めて, 無限定, 私は, 言って, 首を

1 [173件] あとで, あはれ也, あわれ, いうので, いったが, いつに, いひたい顔, いふので, いよいよ残り惜しく, うらめしく思いました, おっしゃった, お前は, お庭, お近, かい探ぐる, かえすがえすも, かの女, くり返して, さながら遁出, しきりに口説い, しとぎ餅, せん方なし, そ, そうやっ, そぞろに, その当時, その心, その日, その銅鑼, その養育, そんな気持, つい愚痴, つてしまつ, つぶやくと, はや山, まこれ, またし, むしろその, ややにがにがしく, われも, 下らない事, 乗らぬ先, 云いたいくらいに, 云つて諾きませんでした, 云ふであらう, 人々は, 人は, 人を, 今から, 今さら力ん, 今になっ, 今更ながら, 何ぞにつけ, 例の, 勉強し, 務めて, 千枝太郎は, 南を, 又そわそわ, 口惜がっ, 口惜しそう, 口癖に, 否やを, 命じ瓦斯, 嘆いた, 嘆じた, 夢幻的の, 大言吐きし, 宗矩は, 家人の, 家臣たちは, 小唄で, 少し片腹痛い, 当時を, 彼女らは, 彼等の, 待ち構えて, 心づけば, 心に, 心は, 心を, 心待ちに, 心掛けないと, 念へ, 忽ち心一決爲, 思いしに, 思いながら, 思いました, 思いますのに, 思い候, 思うけれど, 思うのよ, 思うよう, 思う一心, 思う事, 思う処, 思えども, 思った, 思った瞬間, 思っても, 思ひますけれど, 思ひ其黨與, 思ひ居たり, 思ふ時, 思へば, 思わせる, 思わぬ日, 思われないでは, 思召すこそ, 息を, 悔やみながら, 悲涙を, 感じて, 憮然と, 戦時中幾たび嘆いた, 手當にまで, 押へる, 敏此處に, 文吾の, 新子は, 昨夕方, 望まれるに, 木賃で, 松島さんは, 梅玉堂は, 此の, 歯噛みを, 母は, 気の毒に, 気を, 求めるという, 注文する, 深く恥じ, 無心に, 物色しまし, 独りで, 生命保険に, 用意し, 申すならむと存じ候, 皆が, 皮肉に, 祓ひ, 私さえ, 種々その, 笑いながらも, 笑った栗, 米友は, 細君も, 編輯者からの, 考えて, 考え遠く, 聊か筆墨, 自から, 自分は, 自分を, 色々に, 薫は, 覚束なき, 覺束なき, 角兵衛は, 言いて, 言うて, 言う国王叡感斜め, 言ふ, 記者が, 詩人は, 負じ, 踵を, 身を, 選びます, 院は, 願って, 駒井は

▼ ものへの~ (223, 0.1%)

4 嫌悪に, 方向において 3 執着を, 私の

2 [14件] 企てが, 反感が, 同感は, 嘲笑と, 嫌悪も, 希求が, 帰依に, 愛着を, 憧れの, 漂泊である, 省察に, 翹望は, 試みの, 道しるべと

1 [181件] あこがれが, あこがれその, あこがれで, あこがれであった, あこがれであり, あこがれを, ありかた, かすかな, たたかいと同じ, ほかは, よい誡め, よき警告, よりかかりが, 一つの, 一種の, 世界の, 世界は, 主観的な, 予想を, 二度目の, 何か, 作用は, 侮蔑の, 信頼だ, 信頼などは, 信頼を, 修正や, 傾倒の, 先入観や, 判断で, 刺戟を, 動きは, 反感, 反抗, 反抗を, 反撥や, 可笑しみ, 否定狂える, 呪咀と, 呪詛を, 執し方, 報復的アナーキーの, 変貌を, 夢を, 大手術, 奉仕の, 好奇心や, 妄信から, 妥協, 媒介と, 嫌忌の, 安易な, 実在的思慕に, 実践的な食い入り, 寄する, 対決, 屈従である, 崇敬の, 幼稚な, 序論と, 弁明な, 強化を, 強烈な, 影響が, 彼女自身の, 心からの, 必然的關係に, 志向も, 思慕, 思慕が, 思慕であった, 思慕に, 思慕によって, 思慕の, 悲哀を, 情愛を, 情誼により, 意欲の, 意識的な, 愛と, 愛に, 愛情を, 愛惜は, 愛着の, 愛着は, 感情に, 感覚を, 憐愍だ, 憧れに, 憧れは, 憧れも, 憧憬, 憧憬から, 憧憬が, 憧憬であり, 憧憬である, 憧憬です, 憧憬と, 憧憬とも, 憧憬や, 戦いな, 批判と, 承服し, 抵抗が, 接触を, 接近を, 推移の, 敏感さを, 敗北として, 新らしい考へ, 方向が, 旅を, 日本人の, 服従が, 期待その, 未練は, 本能から, 根強い嫌悪, 欲情から, 欲望も, 決戦的な, 浪漫的な, 渇望に, 満足の, 漠然たる憧憬, 漠然とした, 漠然とした憧れであった, 無責任な, 熱中である, 熱心な話しかけでありました, 献身であった, 献身に, 現実的の, 理想と, 疑問を, 直観を, 祈願, 第一歩であり, 答えは, 答えを, 精進である, 糧と, 義理から, 考えかたを, 腹立ちを, 若々しい感興, 血が, 要求, 要求と, 見方は, 諷刺を, 讃美と, 變化, 趣味の, 転化によって, 転化の, 転向でも, 追究にこそ, 追随によって, 進みである, 過渡期の, 道程の, 遜った懼, 郷愁が, 重要なる, 開眼は, 関係に, 関心と, 関心という, 関心に, 関心或, 闘いの, 露き出した, 面当でも, 順序に, 食慾は, 馴致は, 驚きは, 驚きを, 魅力も, 魅力自分たちにとって

▼ ものとが~ (217, 0.1%)

34 ある 6 あって 5 あつた 4 あった 3 あります, あること, あると, あるの, 対立する 2 あるが, あるやう, あるわけ, いっしょに, こ, はっきり区別, 一つの, 一緒に, 区別される

1 [135件] あったが, あつたらしく後者, あつた様, ありますから, ありますが, あり又, あり場役, あるから, あるとおり, あるはず, あるよう, あるらしいと, ある位, あろう, いり混, おのずから多く, からまりあって, このかわいい, この上, ごった返してる渦巻き, ごつた, ごつちや, すでに初め, そこに, その位置, その論理的キャッシュ・ヴァリュー, その重, それに, それを, そろわなければ, できた, できる, とけ合うこと, とけ合って, なかなかに, なんら直接, はっきりと, はっきり見きわめられなけれ, ひとつである, ひとつみたいな, ふしぎに, 一である, 一でなけれ, 丁度一対を, 並べて載せ, 並用せられる, 互に対立, 互に縄張, 互に表, 交つてゐる, 交る代る浮ん, 交錯し, 今やピッタリ顔, 今や動かし, 入って, 入り乱れて, 入り混, 入れまじるま, 入交っ, 全く無関係, 内と, 内部と, 出来た訣, 出来て, 分れたの, 別々に, 到底一致, 動いて, 区別されね, 双璧であります, 合して, 同日に, 同時にある, 同時に与えられ, 同樣, 唯單, 声を, 多い, 多いの, 始終入れ替る, 完全に, 定量的に, 対象として, 少女としての, 居る, 左右に, 弁別される, 微妙に, 感じられた, 手を, 接合された, 春風の, 有るだけ, 有るぢ, 本末顛倒に, 案外に, 橋の, 汚らしく狼藉, 混じって, 混り, 混り合っ, 混乱と, 混交し, 混合され, 特別な, 男同志互いに, 目に, 直ちに結び付く, 直に取り計らふ, 相互に, 相違し, 矛盾的に, 示されて, 私を, 私達の, 等しいという, 等しきもの, 絡み合って, 統一される, 統計上三または, 胸いっぱいに, 自分の, 衝突すれ, 表象の, 見えて, 見る者, 近郷近在に, 連続し, 重な, 長い間, 集まった, 雑然と不調和, 離れて, 非常に, 顔を

▼ ものにな~ (210, 0.1%)

30 つてし 28 つてゐた 13 つて行つた 12 つて来た 9 つて來た 7 つてしまつ 6 つてゐます 5 つたのは, つてゐ 4 つて來る, つて居りました 3 つたのである, つては, つて來て, つて居た, つて行く, つて行つたのである 2 つたに, つてその, つてを, つて居ります

1 [61件] さりたかったん, つた, つたその, つたで, つたので, つた事も, つた巨き, つた彼の, つてから, つてさ, つてしまつたのである, つてしまつたのは, つてた, つても, つてや, つてよく, つてゐたら, つてゐたらしい, つてゐました, つて三十年の, つて人の, つて仕舞つてそれに, つて仕舞ふ, つて來たこと, つて來つつ, つて來ました, つて其の, つて出, つて勝手な, つて呉れよう, つて報ゐられた, つて外國の, つて大名といふ, つて天に, つて嫌はれ, つて実に, つて家を, つて対句としての, つて居ました, つて居ます, つて居りません, つて居れ, つて師父を, つて我慢の, つて戻, つて散らばる, つて杉の, つて桐の, つて殊に, つて残る, つて漸く, つて現前せん, つて省い, つて私は, つて箱を, つて自分で, つて薔薇は, つて貰ひ, つて遣る, つて錆び, つて高く

▼ ものこそ~ (193, 0.1%)

5 本当の 3 まことの, 真の 2 いわないが, すれという, その実質, たがいに, 彼女の, 明かに, 災難, 特別意識する, 理窟も

1 [164件] ありけれ, ありませんけれど, あれ, あれそ, あれと, あれ学士, あれ學士, あれ降伏, い, いい迷惑, いつまでも, いはないが, いわないけれど, いわなかったけれど, おのれの, かわれデルタ, こういう傾向的犯罪, この場合, この必然性, この恵まれたる, この物語, これから受ける, その上, それである, それなれ, つよいと, どうしていつどこ, ないが, はじめて動物, まさしく仏教, まさしく我々, まさに味方, まさに唯物史觀, むしろ剣, むしろ工藝, もっと浅ましい, もつと, やがて所与, よれよれに, われわれである, ファシストに, ホントは, マルクス主義的範疇の, ミミ族の, 一朝の, 一流の, 三代四代と, 不幸の, 主群が, 主観概念, 之であった, 之である, 云えない, 人を, 人生を, 人類の, 今後の, 今日日本の, 他人の, 何にも, 何よりの, 作品の, 作者と, 例の, 保に, 保障されなけれ, 個人, 個人の, 偏局しない, 元来分析という, 務めて, 博愛な, 即ち自分, 却って望ましく, 却って真, 却て, 厄介でない, 同じくフランス社会主義, 吾が日本, 味到されるべき, 咎あらめ, 哲学では, 唯物弁証法的な, 善である, 嘘では, 地方が, 多けれ気の毒千万, 大なる, 大衆では, 天より, 天下に, 奇すしくありけれ, 好けれと, 存在の, 実に信長, 実に文芸, 実に災難, 実在だ, 宿の, 實に, 常に恋, 幸ひである, 床に, 弱き星の, 彼にとっては, 彼等の, 往々形式的, 待って, 思想の, 悪党を, 悲しけれ我身一つ, 我々にとっては, 我地球の, 或る, 所謂実践性乃至, 技術的精神に, 数百万の, 文学的に, 新しくて, 時代の, 最も厚く, 最も強く深く, 最も恐るべき, 最も恐るべく, 最も捉え, 最も根源的, 最も死, 本来の, 本来文学たるべき, 欲しけれという, 正しく月丸, 正に向, 正に日本精神, 正に眉唾もの, 此の世の, 歴史的感覚な, 民藝である, 江戸錦の, 災難だ, 現代に, 現象に, 生きた現実, 當時の, 百姓の, 真にアメリカ, 真に偉大, 真に恩, 真に自己, 社会組織の, 神だ, 神出鬼没という, 科学が, 立派な, 第二, 老臣の, 自分の, 自然の, 芸術に, 苦労に, 英俊と, 言はね, 言わね貧乏世帯, 貴いの, 農奴解放の

▼ ものとしての~ (191, 0.1%)

3 多衆 2 それと, 世論は, 人間の, 健康から, 即ち彼, 条件が, 歴史に, 永遠に, 自分を, 自覚を

1 [168件] ある思想系統, このジャーナリスト職業人, それが, それを, つながりを, はっきりした, まま現れ, もしくは支持, モラルは, 一つの, 一般的概念を, 三曲の, 世論と, 世論との, 世論とは, 主体, 主張を, 主観が, 事實は, 人生の, 人間である, 人間によ, 令の, 伸子の, 位置を, 作品です, 作品を, 価値は, 価値を, 信仰それが, 個の, 僕は, 先入観によって, 兩契機の, 兵站を, 内容の, 凄絶さに, 処置を, 切り口を, 制限を, 力は, 又はその, 古典と, 名仮, 名譽, 否定である, 呼名である, 唯一の, 嚴し, 図書館に, 外道として, 大局から, 大衆文芸の, 天皇の, 夫へ, 女一般に, 女子の, 女心の, 姿が, 娯楽という, 娯樂といふ, 婦人であり, 婦人大衆の, 存在の, 安心で, 実在を, 広い活動, 建設的精神の, 形を, 従来の, 思想とは, 性格は, 性質を, 悲劇を, 悲哀である, 情愛が, 情感を, 想像に, 意味で, 意味を, 感じを, 態度である, 批判精神は, 挨拶でなく, 換言すれ, 擬装の, 文学お互いが, 文学として, 文学の, 新しい文学, 方法こそ, 方法は, 日本の, 日本型人民戦線の, 日本民族の, 日本民族世界に, 春氷は, 時間及び, 最も有力, 期待を, 格で, 権威を, 機械の, 歓喜や, 正体が, 歴史の, 歴史は, 母しかも, 民衆, 気持ちでも, 池や, 治療も, 演劇は, 無や, 無意識こそ, 物質では, 特色が, 現れである, 理論の, 環境の, 用意が, 発達の, 目的を, 真理性である, 瞬間である, 知覺に, 知識人が, 知識人の, 短歌では, 石炭石油その他が, 社会的な, 禅の, 私たちに, 私の, 立場から, 第一, 範囲から, 組織を, 絶対者が, 美しさ, 美感を, 自分たちの, 自分の, 自己を, 良人しか, 色と, 芸術としての, 芸術の, 若くは, 苦しさ, 融合である, 表情では, 要求を, 見解で, 観念が, 観念体系, 觀念的な, 言葉は, 言葉を, 詞章が, 話である, 語に, 論理や, 賭博ルーレットの, 超人に, 針路は, 限りを, 面に

▼ ものたち~ (188, 0.1%)

5 はその 42 それらは, と同じ, の, の間, は僕, への手前, を如何にも

1 [165件] からは愛敬, からほめられる, から余程, から無理やり, があと, がいい, がいる, がいろいろ, がおまえ, ががいせん, がこの, がしきりに, がすましこん, がその, がつめ, がどこ, がみんな, がもの, がやって来る, がゐる, がマカール, が主人, が事, が二百何人, が口々, が土, が土手, が大, が実は, が帰っ, が政府, が政治, が時たま, が水, が珈琲, が町, が義勇的, が自分たち, が自由, が草履, が血相, が走り, こそかたつむり, だ, だから, だけだった, だと, であったが, である, でいつ, です, ですから, ではない, でパフ, とこうして, とはどうも, とも呼ばれ, と一しょ, と何等, と合流, と愉快, と格闘, と葬式その他, と裏, と言えよう, と話し, と話し合いました, にとってこの, にとっては伸子, にとっては特に, にはそれぞれ見え, には深い, にやらせたら, に一通り, に不自然, に会, に先, に呼び戻した, に手, に期待, に比し, に泣い, に灰色ネズミ, に顔, のいのち, のぐるり, のため, ののっ, のもの, の上ずった, の世界, の中, の仲間, の前, の帰り, の思わく, の手前, の抵抗, の知らない, の話し合う, の顔, の驚喜, はあからさま, はあらかた, はあわて, はじ, はそれぞれ, はそれでも, はなにか, はなにごと, はひそか, はまだ, はみんな, はみんな笑つて, はやがて, は一家, は万事, は世にも, は何, は口, は天皇, は好奇心, は忠実, は明るく, は時計, は殆ど破産, は皆外, は蔭, は裏門, は頭, へも便り, へ下, へ言いきかせる, へ頭, までが何, も, もかれ, もほっと, もほとんど, もまさかそう, もまた, も入れ, も列, も妙, も彼, も所持品置場, も手拍子, も知つて, も若者, も退屈, よりもおま, より強き, より激しき, よ愛らしい, をいちいち, をぎふ, をほのか, をバラ, を不幸, を伴侶, を希望, を怒らせる, を迎え, 又見知り越し, 朝から

▼ もの即ち~ (188, 0.1%)

3 事實としての, 所謂, 是なり 2 二人の, 人間の, 彼の, 永遠な, 自由の

1 [169件] この不完全, この氣, これである, これなり, すべての, その人, その宗教, その悲嘆, それの, わがすべて, アカイア水陣の, イオン空気コロイド粒子あるいは, イデアについてのみ, クラシックの, ハレールセイーの, ボローニア人なり, 一切の, 一夫一婦制は, 一層善い, 一般に, 上演によ, 下らない文章, 下手なり, 世の, 世人の, 主観的な, 主體, 之なり, 人口の, 人種別比較法との, 人類が, 伝承遺物記録文書等すべて之に, 作られたもの, 修行といふ, 倉稲魂神を, 光は, 全體, 六花樹枝状の, 其極致なり, 内海は, 初めの, 判斷である, 劇作家の, 動物学上の, 又日本民衆的, 又概念, 古來, 古来の, 史実でない, 各種の, 吾人は, 商品として, 四次元の, 四綱と, 国別比較法と, 大学者で, 天より, 天才です, 娯楽の, 娯樂の, 子孫殊に, 存在としての, 存在に, 存在及び, 実在であり, 客体は, 対象と, 対象を, 対象界と, 小さな低い, 小説が, 尚公, 平凡に, 広義の, 弁証法的な, 形式から, 彼自身の, 後述の, 徳の, 徳宗が, 忠君と, 思想的個性の, 想像表象概念等は, 意志的なる, 意識内容と, 感情の, 我なる, 所謂英雄譚の, 所謂語韻語調である, 抒情詩的情操, 捕捉すべき, 描けたもの, 支那神仙説なり, 故国の, 敵の, 文法の, 新しき高次, 既に市, 日常的, 是, 是なりと, 是れ, 晨星も, 普遍的な, 未来に, 本來, 本質上での, 松陰を, 此書にて, 此目的に, 泥棒を, 無花菓, 煩惱, 物体論の, 玄関が, 現代の, 生きたもの, 生きた肉, 生命の, 異常なる, 百姓なり, 眞理の, 真に具体的, 矢張り大, 社会主義的問題劇な, 社會單位の, 神が, 神性を, 神話なり, 禽獸蟲魚の, 科学の, 稟賦といふ, 空間内の, 空間表象そのものに, 竪穴に, 第一, 第九天, 純粋神話, 素質です, 経験に, 経験の, 絶対に対し, 美学上の, 自ら働く, 自分の, 自己の, 自然, 自然科学の, 表現の, 被止揚者, 西郷隆盛の, 見た眼, 観照の, 詩に, 認識の, 論理的基礎, 謎や, 財産地位名, 軽イオン, 辯證法的な, 近代的なりといふ, 運命的な, 道教は, 陰イオンとが, 陽イオンと, 音律としての, 音楽と, 高級神話の, 鮮かに

▼ ものその~ (180, 0.0%)

3 ような, 中に 2 ゆゑを, 一は, 一枚の, 住居も, 余波を, 内部に, 時の, 身よりと

1 [158件] あるじが, うちには, お侍さん, かけら, かたとは, かはり, くらいな, さけび木, さまざまな, さわぎの, さわし方, すべてが, すべてを, ためだ, ために, ためには, とし, どれも, なかには, なかによ, なげき木, なさけなき装置, はずである, ひとが, ひとの, へんの, ほかいろいろ, ほか古着食料など, ほか言う, ま, ようすは, ように, 一端, 一語に, 一部は, 三つの, 下には, 不快な, 中間に, 中間を, 事情は, 二つは, 二は, 二人を, 人でなけれ, 人に, 人甚だ, 人間は, 位な, 位の, 作用を, 例はなはだ, 例即ち, 傑なる, 傾向に, 償いぐらい, 元に, 全体が, 共犯が, 分限を, 刑場を, 前に, 区別を, 危険は, 原因一に, 友人一名とともに, 口絵の, 台石に, 固有の, 地方の, 地踏まず, 境内の, 声の, 多きは, 大多数, 姿は, 娘たちを, 子供と, 子供の, 子息の, 官職に, 実は神教, 対者たり, 左なる, 己より, 平を, 平和なる, 平生涵養停, 年は, 幾千なる, 度量優りたる, 当座は, 形から, 悲しみを, 意味で, 意気とやらに, 成功を, 手段二あり, 手紙に, 推察する, 政府は, 政策の, 故郷を, 数いくばく, 數いくばく, 數いと, 文夫さんが, 方が, 時々の, 来年や, 板画と, 柔く, 栄誉と, 格段なる, 橋の, 正体は, 殊に, 気まぐれ薄情多情さえ, 深き言外, 点私な, 牙を, 物質と, 犠牲は, 独自性も, 相話し, 真実そういう, 秀の, 種子は, 種甚尠し, 素朴純粋な, 翌朝は, 聲に, 脚が, 膠は, 自由の, 舊き, 色に, 茎の, 著作編述無慮, 薪を, 術で, 表現は, 裏面には, 見当に, 豊かな, 足で, 辯證法的方法と, 通りな, 通りの, 配色の, 青みや, 革命的気, 頃の, 騒動に, 骨法は, 高く銜, 魔の, 黄金を

▼ ものほど~ (176, 0.0%)

2 かなしいもの, わかり易くて, 余計に, 当てに, 早く固定, 普遍性を

1 [164件] あてに, あとに, あんまりその, いいに, いい料理, いっそうきわだっ, いつでも, いばって, うるさい奴, おいしいの, おいしくありません, かえって人, さうし, さうである, ざわめきが, しっくり身, すな, その思い出, その物, その非, たましい, ちよいと, はかないもの, ほんとは, また二人, また生, まちがいが, みっともないん, よい色, ようほせた, よくわけても, よく辛い大根, より意味, オレにとっては, プロゼックだ, 一般に, 上等だ, 下品な, 不遇に, 二人の, 人なつこいもの, 仕合せなる, 俗受けが, 信用の, 個性の, 偉大に, 優良な, 出来上って, 判りにくい, 効果が, 勢ひ, 危っかしい, 反感を, 味においても, 団体の, 多くこれ, 多くの, 大いによろしい, 大脳も, 太平の, 奇妙な, 奇怪な, 如実と, 嫌な, 子供心を, 安定し, 寂莫の, 尊く高くかつ, 小さく見える, 底が, 店が, 度々は, 強いもの, 強く憎む, 御苦労さまな, 怖しさ, 怖ろ, 性に, 怪しいわけ, 恐ろしいもの, 恐ろしく不愉快, 恐怖の, 悪いもの, 意味なき, 意味に, 意味の, 愛したい心, 愛して, 感情の, 憫むべ, 手柄に, 数が, 日本語の, 旨く思, 早くに, 有力で, 村の, 条件の, 来らず求めざらん, 正確で, 正確には, 此の, 比重が, 毛の, 流動的で, 濃い骨肉愛, 無役有害, 無趣味な, 生きるに, 生命が, 盗んで, 直感的に, 真理としての, 硫黄分が, 示唆に, 神体を, 空気の, 純粹, 素朴な, 統率が, 繁昌し, 美が, 美しい, 美しい形, 美しく現実, 美しさ, 美事な, 美味しい事, 脂肪が, 脳の, 自慢を, 自由な, 良いと, 色は, 花が, 苦労し, 落ちはじめたら速度, 落ちぶれ方, 表現する, 複雜でない, 見たいもの, 見事な, 言葉か, 詩的であっ, 読むもの, 課税に, 調って, 諧謔を, 質がい, 辛抱ならぬ, 近いのよ, 近より, 近代の, 迷惑千万, 速く落ちる, 面白く精緻巧妙, 頭と, 頭蓋骨を, 飽きが, 香気が, 骨が, 骨と, 高度の, 鬱性に

▼ ものなく~ (175, 0.0%)

15 して 5 んば 3 何事も 2 ほとほと饑, むばあらじ是れ, むばあらず, 余も, 常に克己, 彼れ, 恐らくは最後, 村, 而し, 藤原氏に

1 [132件] あるいは読書, ある年, いづれも, いと本意, うち紛れ, お互, かくて, かつ往々, この問題, この地方一帯, この歌, さすれ, さらに尋常, しては, しても, すべて李朝初代の, そういうこと, その多く, その明断, その漸く, その物, ただ口々, ただ徒に, てはならぬ, ては月日, てよ, て閉口, ば何, ば大都市, ば此書面, ひろがって, へな, まして一人, またこれ, また一間, また汽車時間, また突然, もし道理, ようやく賞美, わけても, ギリシアも, ヨウさんは, ンば, 一夫も, 一旦政党, 一旦政黨, 一粒の, 一般民と, 且つ現時, 世は, 乗組将校も, 二八の, 人々は, 人は, 人慣れず, 人民は, 今し, 住むに, 何物も, 余の, 便な, 信西入道藏書目録などに, 全く独力, 取り残されたひとり, 取払って, 取残されたの, 口々に, 各自の, 各自勢力を, 否おそらく, 否も, 営業の, 四角な, 地平から, 女房の, 妙法蓮華経の, 姫も, 小さなパノラマ, 思い切り単純, 意氣地なくつまらなく, 感情として, 我が国は, 我らを, 押寄せ来り極まるところ, 拍子抜け, 描いて, 文明の, 旅亭は, 日本一の, 日本画の, 是より, 時には庭先, 會話は, 来て, 枝を, 歌劇, 武備の, 活気の, 活氣の, 満目荒涼殺風景を, 滝太郎の, 澄み輝く空気, 焚火を, 独居の, 現実世界を, 現實世界, 甚締りなし, 皆時と共に, 研究上不便を, 神社より, 移動を, 窓の, 篠つく, 総噸数, 縦列さへ, 肩摩轂撃の, 能くそ, 脂粉や, 自然に, 見徹, 見物の, 言語学者は, 謹みかしこ, 近頃市上, 迷信を, 遂に, 門弟の, 隨分苦勞を, 露出せる, 青空も, 顔を, VANへ

▼ ものなど~ (173, 0.0%)

3 あって 2 あり, ことやうの, する側, どこにも, 数へる, 書いて, 書く人

1 [156件] あそばす後室様, あらゆるもの, ありて, ありません, ありよう道理, あり得るもの, あると, ある筈, いう詮議立て, いかにも清新, いくらでも種類, いずれも, いない日, いふにつれ, いろいろある, いろいろの, うまい, うまく本当, えせ壮士輩, おりません, この村, ごそ, さまざまである, して, しはじめる中年, しまいすっかり, すこぶるよき, すべてまかっ, すべて男の, そうは, それぞれ役目を, それだけでも, たくさんあります, たくさん集め, だいぶ這入つ, てんで問題, である, であること, であろうが, とりに, どうしても最後, なかなか出来ず, なかなか面白い, なくは, なしに, なるべし, なんにもない, まちまちで, まるできらめく, まるでない, まるで生き, みな幾十年来の, もさうですが, もっとり, もらわないでも, ゆっくり時には音, イギリスの, 一々アイサツ, 一人も, 一切いつでも, 一様でなく, 一荷に, 主婦の, 二種しか, 云わすこたあ, 五つくらい, 五三人左右に, 今年の, 今日は, 代表的であろう, 何処に, 余りない, 僕は, 優れたもの, 入れたの, 全く見分け, 出来て, 前の, 動揺は, 取って, 取揃, 受け合うて, 古来から, 吾, 品変れ, 外国には, 多々ある, 夜にでも, 大分あつ, 婦人も, 学問的の, 家の, 少し入れ, 幾多が, 当然わかり, 思いも, 怪腕を, 手に, 撒散らす, 数十人の, 数十点集め, 最もよき, 月後れにな, 様々な, 殆どなかつ, 殆ど寧日, 残って, 決して読まない, 洗濯し, 浅薄な, 漸く片隅, 火光美しく, 無かつ, 無くな, 無数に, 物々しい数, 物置に, 特に美しく, 用途によって, 直ぐに, 相次いで, 私には, 種々あつ, 種々の, 竹竿で, 糞喰えだ, 約七百種, 素よりその, 縫はむ, 置き場所, 耽読し, 自分以外には, 興味を, 色々あります, 色々やっ, 若き上達部殿上人ども, 菜っ葉や, 見かけられた, 見せて, 見ても, 見ると, 見廻ったり, 見当らないばかりか, 言ふ, 詰められるの, 読むが, 誰でも, 調えてからに, 調べ東宝グリル, 送つて, 通俗的の, 違警罪者街上に, 随分珍しい, 非常に, 食うか, 食ったからと

▼ ものとしか~ (169, 0.0%)

10 思われません 8 思われない, 思われなかった 6 思えなかった 5 考えられない 4 思はれなかつた, 考えられなかった, 見えません 3 思えないの, 思はれない, 思われないの, 見えなかった

2 [13件] 僕には, 思えない, 思えないで, 思へないので, 思へなかつた, 思へません, 考えられないの, 考えられないので, 考へられない, 見えなかつた, 見えぬの, 見て, 見られない

1 [82件] お見受け申す, ならぬ, 取れなかった, 受け取れない, 受け取れない構, 受け取れなかった, 受け取れなかつた, 受取れない, 受取れなかった, 味を, 子の, 従って不自然, 心に, 思えずどちら, 思えず彼奴, 思えなかったそう, 思えなくなって, 思えません, 思えませんが, 思えませんでした, 思はれず言, 思はれて, 思はれないの, 思はれなかつたんで, 思はれぬ, 思はれぬ運, 思はれません, 思ひやう, 思へない, 思へぬ, 思へませんが, 思わなかった, 思われないくらいの, 思われないこと, 思われないでは, 思われないでも, 思われないよう, 思われなかったが, 思われなかったの, 思われなかったろう, 思われぬよう, 思われねえの, 思われませぬ, 思われませんが, 思われん, 想像は, 感じられない, 感じられなかったん, 感じられなかつたが, 映じなかった, 映らないの, 映りは, 時間や, 目に, 私には, 考えられないでは, 考えられないという, 考えられないん, 考えられなかったの, 考えられなかったもの, 考えられなくなった頃, 考えられぬ, 考えられまい, 考えられませぬ, 考えられん, 考へて, 考へられないの, 考へられなかつた, 見えず正行, 見えない, 見えないの, 見えないのに, 見えないわけ, 見えなかったかも, 見えなかったから, 見えなかったという, 見えなかつた彼女, 見えぬ, 見えませぬ, 見なかった, 見られんの, 言い様が

▼ ものによって~ (161, 0.0%)

8 媒介された 3 決定される 2 左右される, 所与の, 朝夕手の, 犯されては, 生かされて, 置き換えられては, 自分を

1 [136件] あらわされて, いくらか科学的, いじめられて, いっそう確実, かれら, ことごとく荒らされ, この渾沌, この難題, すっかり取り, すなわち半端議会, そういう所, そのどこ, その軌道, たやすく手配, だ, つまり彼女, でなければ, では, はじめてうそ, ぼんやりし, また同じ, もっぱら書いた, ゆかなければ, われわれが, インドの, グプタ朝の, ゼムリヤ号が, 一つづき, 一家を, 上るの, 与えられて, 世の中を, 人から, 人の, 人を, 今後常に, 代表される, 伝えて, 体系づけられ, 何か, 作られ得ると, 例の, 僕の, 償う義務, 充たされて, 全く日本, 兵卒が, 処女を, 分割統一され, 分類される, 初めて自然科学, 制約され, 刺戟され, 刺激される, 力を, 動かされたいと, 動かず人間, 原理を, 取って, 同じ舞台, 同時に葬られたごとく感ずる, 外部から, 天と, 始めて代弁, 定まるの, 実在認識の, 導かれて, 層一層醇化, 工面した, 引寄せられ, 彼女は, 思索する, 惹き起されたいざこざ, 慎しみ深く, 捉え, 揺すぶられて, 支持せられ, 支配されたる, 支配される, 教えられなくては, 日末現代の, 日本語を, 最もよく特色, 最も優越, 根柢を, 椎持せられる, 欲せられたもの, 歴史的に, 決められしかし, 決定せられる, 消されて, 満たされるもの, 濃い闇, 獣性を, 獲得される, 理解され, 理解する, 生きるという, 生き人生, 生命絶対の, 生活の, 生産せられる, 癒されるしか, 目当ての, 真面目に, 知らされた人生, 知るほか方法, 示される神経反射, 神が, 私有せられ, 科学的に, 純粋の, 組合せや, 維持せられる, 繋がれて, 置きかえられて, 置き換えられるの, 置き換えること, 自らの, 自信を, 自分で, 自己の, 色揚げしよう, 行われたから, 見えるもの, 計られるべき文化哲学的, 記紀時代の, 誤解される, 調べたの, 諸君の, 象徴され, 部分的の, 開かれる犯罪学集談会, 非常に, 養われて, 魚の

▼ ものだけ~ (158, 0.0%)

28 では 11 である 5 あって 4 あつて, れ共 3 だ, ならば, 持って 2 でございました, です, でそれ, なの

1 [89件] お寺二つへ, かいて, しかもゐる, だった, だったよ, だと, だらうか, だわ, だフランス語, ちょっと味, ぢや, であった, であったの, であったり, でこっち, でさえ, でしょう, でそして, でない, でなく, でなくうつ, でなく又, でなく斎藤下野, でなく翼賛会全体, でなく鉄, でひとかたまり, でよい, でを, でエビ粉, でチーム, でドバ, で余分, で刺し身, で多分, で小, で年紀, で神の内陣, で覺, で静か, とって, なら野蛮人, のこして, のこり, ひと鞄東京, まとめて, やつたら, やること, メリンスの, 一口干す, 五六人を, 入れた, 出せ, 切り出して, 助かって, 取つて, 口説いちや, 名を, 地表に, 思ひつく通り書き, 採って, 数えれば, 新味と, 早くさっさと, 書いて, 書き上げたら早く, 書こうと, 残されたの, 残して, 残すという, 残った, 残って, 濃厚に, 特二等という, 獲得し, 用いると, 盗み去ったの, 神聖性が, 見せるといふ, 見たら帰るやはり, 見て, 読んで, 貰うん, 買って, 遺つたやう, 除いたらずいぶん, 集まって, 食えるか, 食物なら, 鮮明な

▼ ものだけを~ (154, 0.0%)

4 挙げて, 書いて 3 知って 2 いちおう予備知識, たよりに, もって, 正体として, 残して, 見ると, 論理と, 身に, 除いて

1 [125件] あげても, あてに, いつも見つめ考え, えらびだし三体, おそば, さう, しかも又, そういうよう, そつくりそのまま, たべて, とり敢, まるで金科玉条, もとは, より出し, コジュウハンという, シラと, トランクに, ヒルマと, ボンヤリ意識し, 一つ屋根の, 主な, 仕入れて, 何か, 使って, 先月から, 入れる体裁, 六人えらび出し, 切り出して, 切り離して, 列べる, 十人ばかり, 厳選し, 取つて, 取りあげて, 取り上げあたかも, 取り出して, 取り締りさえ, 受けと, 受動的に, 哲学だ, 固執し, 売り捌かせますので, 変へる, 失業と, 好きとして, 好んで, 姫君の, 学びなさい, 実感し, 少しく述べ, 引用する, 彼は, 想像する, 意識の, 感じさせた方, 感じて, 手に, 手本に, 扱う店, 抜いて, 抽き出す, 抽象し, 拾つたらさう, 持ち他, 持ち帰った, 持ち男, 持って, 指して, 挙げた記憶, 挙げれば, 掲げて, 掲げると, 描いたのに, 摘録する, 書いた, 書かなければ, 木曾福島へ, 極めて杜撰, 殘し, 殘す, 濁音に, 焼く石見, 用ゐ, 目ざして, 相手に, 私の, 私は, 突き廻して, 算へても, 節子が, 組踊りと, 統制と, 考えて, 自分の, 自分自身に, 芸術として, 若干列挙し, 蟇口の, 見ること, 見るしかし, 言って, 言つてゐる, 詩の, 読み期待, 読むだけ, 読むの, 読んだり, 謙遜に, 載せること, 逸早く奪, 運ばせて, 選びそば, 選びだして, 選び出しそれ, 選び出したの, 選めば, 選んだの, 選んで, 選択し, 郷里に, 重んじて, 開けて, 頂いて, 食べてさえ, 食べ自分

▼ ものであるなら~ (151, 0.0%)

11 ばそれ 7 ばその 5 ば, ばこの

2 [15件] それを, ばこれ, ばそこ, ばたとい, ばどこ, ばわれわれ, ば何ゆえ, ば俳優, ば当然, ば我々, ば決して, ば私, まだ許せる, 朝鮮も, 近代文士は

1 [93件] あゝいふ, いかなる運命, この日本文献学主義, そこからは, その目的, そんな色々, ちよいとは, どこまでも, なお価値, ばあるいは, ばいかなる, ばいっそ, ばここ, ばことごとく, ばさほど, ばそ, ばその間, ばとにかく, ばどうしても, ばどちら, ばなお, ばにわかにそう, ばまた, ばもし, ばフランシス, ばマルクス主義的, ば両国, ば両者, ば事実, ば人生, ば他人, ば何故, ば作字者, ば作者, ば修辞学, ば俳句, ば其の, ば前者, ば又は, ば右, ば吾, ば如何なる, ば孔子, ば完全, ば宜しい, ば少く, ば彼, ば必ず, ば恐らく, ば我国, ば戦争, ば文学, ば日本, ば日本人, ば此, ば汝, ば率直, ば現在, ば穀物地代, ば紙幣, ば自党, ば血, ば読書, ば資本, ば農業, ば連合国側, ば須彌山, ば頭, ば題材, ひとりや, もともと大津絵, 之によって, 人間が, 何も, 併し, 其處まで, 厭ふべき, 哲学を, 寧ろ喜ん, 必ず多少とも, 所謂現代が, 文化社会学は, 新しい童話, 明七日の, 明日か, 猶々ありがたい, 現に存在, 社会の, 私は, 第一, 素子は, 自分は, 諾冊二尊が

▼ ものとを~ (150, 0.0%)

6 区別する 5 区別し, 比較する 3 区別しなけれ, 持って, 比較し 2 もって, 交ぜて, 含めて, 媒介し, 容易に, 混同し, 選び出して

1 [111件] おっ取り囲み動かさぬ, しっかり相, その中, ちぐはぐに, どりと, ながめた, のりを, まぜ合わせて, むすびつけると, むだに, もつて, やって, よりわけて, われわれに, ハッキリし, マスネーと, 一処に, 一応見せ, 一緒に, 与えよ, 丹念に, 二つの, 交換し, 兼ね備, 分けて, 分ち本質的, 切り離してばかり, 切離して, 別に, 区別した, 区別しない, 区別しよう, 区別吟味しなけれ, 去って, 合わせて, 同じ籠, 同時に焼く, 含めた全体, 問はずひとしく, 問わず, 問わずいやしくも, 問わずモーゼ, 嗅ぎわけようと, 夢想する, 対照づけてる, 対立させ, 対立させる, 平衡せしめよ, 弁別する, 彼は, 思い比べる, 意味した, 感じた, 感じて, 感情に, 手で, 択り分け, 持つこと, 掛けて, 接合させ, 描くに, 教えて, 普通の, 最初から, 欠けば, 比べて, 比べますと, 比べると, 比較せずし, 比較対照し, 求めた, 法律と, 浮かべて, 混同しない, 点検し, 無意識に, 照し合わせ, 猿面郎と, 用意し, 直覚的に, 眺めて, 知る, 確に, 確立する, 示した, 程よく集め, 篩い分ける事, 篩ひ分けよう, 絶対的に, 編纂し, 考えたの, 見て, 見なければ, 見分けそうして, 見分けること, 見分けるという, 見分ける眼, 見較べて, 見較べながら, 証明する, 調和させ, 較べて, 迎えた, 選り分けて, 選り分ける, 集めて, 非常に, 食った, 養ひぬ, 饗す, 驚き

▼ ものなき~ (147, 0.0%)

16 にあらず 7 に非 4 に至りぬ, のみならず 2 が故に, ときに, なり, に似, に至る, は亦, は彼, 人の, 時は, 空なれ

1 [96件] お歳暮, お艶, か, かまたは, かを思うらしく, か爲, がごとし, が大臣影, が如し, こそ幸, ことなく, ことなし, こと重明の, ごとくした, ぞ遺憾, にあらざれ, にあらずや, にあらね, にいたりました, にしも, に依る, に愈, に至りたれ, のみか十二議会, はなんぞや, はもとより, は奇魚, は当時, は恨みなり, は注目, は真, は遺憾, ほどであった, まったくの, もあり, も何ぞ, も其代り, も道理, や, やうに, やう彼等を, を, を以てなり, を以て不幸不平, を信じ, を吹聴, を如何, を得ざるなり, を得ず, を恥ず, を悲, を憾み, を昂然, を知り, 一つの, 一大氷原である, 也, 侍従長の, 偉人で, 先進国と, 劔術の, 力を, 勢いで, 名優で, 境地を, 大空かぎりも, 女であった, 家柄に, 平原に, 廊下の, 当時に, 御威勢, 我が日和下駄, 所に, 指導者群の, 方でも, 時まことに, 柳亭種彦翁であった, 業績である, 氷上を, 無邪気な, 無邪氣, 現代知性の, 程であり, 空屋の, 総督の, 能はず, 身こそ, 辺へ, 達人の, 邊へ, 限定として, 限定の, 高峰たる, 麁末なる, 黒部の

▼ ものこれ~ (146, 0.0%)

18 なり 3 である, はお 2 が工藝, くらいな, に代った, をここ, を久しゅう

1 [112件] あり, が, がいちばん, がおれ, が下, が俳句, が失われ, が恋愛, が悪, が支配階級, が日本, が普通, が書かず, が標準語, が江戸, が泣かず, が理想的, が真, が私, が自分, が軈て, ぐらいタヨリ, こそ確か, こそ違い, この妾, すなわちヨブ記, すなわち侍, すなわち奇兵, すなわち生命, ただ一色, だけは大切, だけ笑, で, である右, でも出産, で早く, で買え, と同一, なく候, なし, なども美味そう, ならば, なりこの, なんかはもっともっと, に依っ, に対して, に拠り, はあなた, はある, はかうする, はこれ, はずっと, はむしろ幸い, は一つ, は上方, は乾し切った, は京阪, は十中八九, は合歓木, は名物, は後年, は新人, は明らか, は父母, は王仁, は生み, は田舎みそ, は石器時代, は胸, は親切, は近年, ほど悲惨, まで少し, もハガキ趣味, も三歳以下, も和歌, も残されたる, も犯人, も貴殿, より立派, をかえって, をもっ, を一人, を今日, を以て守戸, を作り始めたり, を匹夫, を区別, を厭はし, を口承文芸, を外され, を完全, を宗教, を庚午年籍, を必然, を応用, を打て, を扱帯, を淨火, を監守, を知らず, を精細, を聞け, を自然教, を複雑, を見, を言文一致的, を証する, を論究, を間人百姓, 有り候う, 蓋し女

▼ ものだつた~ (143, 0.0%)

65 がその 4 が今, んです 3 か, ことを, ので私, やうに 2 かといふこと, かどう, から, けれど今度自分, ことが, ことだけは, ね, よ

1 [96件] かお話, かそこ, かそれとも, かといふ, かといふ事, かな, かのやう, かは分るだらう, かを思ふ, か今, か分らない, か後, か想像, か知る, があの, がいざ, がおしまひ, がこの, がさ, がすぐ, がそこで, がそれ, がそれだけ, がそれでも, がぼく, がまるで, がみんなそれぞれ, がもう, がゆき子, がわたし, がサイラス, が一切, が九つ, が事変後, が互, が仕事, が伊東, が何分, が初めて, が十銭, が危い, が四通八達, が大正十一年, が姉, が安来節, が家庭, が川, が左, が康子, が彼氏自ら苦心考案, が村全体, が案外, が様式, が此頃, が狂気, が現実, が球, が球突, が田舎, が病, が矢張り, が終戦寸前, が結局割, が舞台, が言文一致, が近ごろ, が近頃, が達者, が額面十円一等二千円, が體格容貌, が魏さん, けれど, けれどその, けれどもうこれから, ことと, ことは, しあんな, ぜ, ぞ, なあ, のでこれ, のでそれ, ので到る, ので取りあえず, ので尉, ので従つて出演, ので水, ので皇子, ので鬼, やうである, やうな, ような, わ, わけである, んだらう, んでせう

▼ もの~ (143, 0.0%)

2 これつ, その人, それを, わかりますか, 考えて

1 [133件] ああこう, あした大童です, あたしは, あなたも, あのこと, ある特別, あれなんかも, あれは, あんたたち, あんたも, あんなお婆さん, いう事, いくら死ん, いつだって, いつも皆奥様, いつも秋沢さま, いろいろ見, おほほほほ, おまけに, お互, お前この, お学友, お年よりの, きっと, こ, こうし, この一年足らず, この田舎, この間割合, この頃, こんな暮し, しかもやっぱりせめて, しまいにあれ, すごむばかり, そういう大, そうでしょ, そうなに, そこで私, そしてちつ, そして時時, そのひと, その事自体, その鍛練, そりゃ私, それに, それに私, それは, それよりも, だから大抵, ちっとも室, ついこの間, であり醫學的, では又, でもおばアさん自慢, でもこれ, ところでおじさま, はじめ手紙よこした, ばあや洋傘置いちゃう, ひとりで, まるで泥棒みたい, もう, もしこの, もつと, わたしが, わたしたちは, わたしだって, わたし前から, アタタカナラザルヲエンヤ, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, ノミの, 一体何, 三四度交際って, 不具者な, 云わば, 人間が, 今の, 仕方が, 伯爵家の, 何だい, 何となく波うち, 例えばドストイェフスキー, 全く, 全くおどろいた, 六畳三畳で, 去年の, 又何年, 可笑しいわけ, 君も, 問題は, 困るわ, 国男なんか, 土台, 堪忍し, 大切な, 天井から, 女性お, 好きな, 嬉しくない, 子どもの, 山口岡山大変な, 岡田さん私このごろヘトヘトに, 彼にとって, 従業員は, 御心配, 感心しました, 文化は, 文学上の, 昨今そんな, 木村は, 本当に助かった, 本来は, 本質に, 正ちゃんは, 母が, 気むずかしい方, 無理な, 無理は, 生活を, 眼頭という, 私たちは, 私にも, 私自身其では, 組立てるにだって, 絵具箱に, 脛に, 蒼い顔, 行くの, 親仁様自分で, 誰でも, 露見する, 顔全体出, 鳥は, 鷺の

▼ ものかを~ (142, 0.0%)

4 知って 2 よく知っ, 凝視し, 悟らされたこと, 明かに, 有しその, 知らない, 知ること, 見せて, 説明する

1 [120件] いい当てるほど, いま見せ, いやと, おそらく私, お先に試み, かいつまんで, きいて, さぐって, すこしは, そこの, その時, ためしただけ, ぢつと, つけ加へる, てらしました, はっきり知った, ふくんで, まだ考え, よく知, 了解する, 今と, 今は, 何故考えなかった, 元成は, 初めてはっきり覚り得た, 受けつぐこと, 口ぶ, 含み少年, 呼び求むるようでもあった, 地方人としては, 大体知っ, 子供心にも, 学んだ, 実験し, 容易に, 尋ね迫りつつ, 少しも, 差別し, 待つよう, 得るという, 心細く考へる, 思いあたったおり, 思って, 感じさせること, 感じた, 承知しない, 持ち出して, 指すには, 挿し入れて, 探して, 探りに, 探るよう, 教えて, 教えられた, 教へ, 教育し, 明さ, 明確に, 書くのに, 植えつけて, 検断し, 求めるよう, 猜する, 獲得し, 理解する, 生み出す力, 疑った, 疑って, 疑ふ, 疑わないわけ, 痛切に, 発見した, 的確に, 知ったの, 知つて絶望した, 知らず前途, 知らないよう, 知らぬ少年, 知りしは, 知りその, 知りとても, 知りましたと, 知りませんが, 知り彼女, 知る, 知ると, 研究し, 確かめ得ざる場合, 秀吉は, 私自身も, 究明し, 突止め把握, 絞り取る気, 考えずとも, 考えたいの, 考えて, 自分の, 自分は, 見つけだそうと, 見つめて, 見て, 見るの, 見出さなければ, 覗うに足りた, 認めうるの, 語らない, 語り同時に, 説明以前に, 読みとった, 読み取るだろう, 調べて, 論じ合った, 論ずること, 貢献せしめる, 過去に, 選ぶこと, 附け加, 附け加えること, 露出し, 高橋氏に

▼ ものあれ~ (141, 0.0%)

13 ばなり 4 ども是, ばまた

2 [12件] どもこれ, どもその, どもたのむ, ども子, ども彼, ども我輩, は藻, ばこれ, ばその, ばみなこれ, ば大臣, ば左

1 [96件] から一度, がきっと, がゲヂゲヂ, だったそう, で夜, で立派, とは少し, とも是, ど, どこれら, どさる, どなお, どもあまり, どもいまだ, どもすでに, どもそれ, ども一人, ども一場, ども一般, ども一般俘夷, ども世人, ども事実, ども事實, ども今ここ, ども余, ども僅, ども党, ども右, ども大概皆, ども強, ども当時, ども御, ども必ずしも, ども滑稽諷刺, ども用筆等, ども第, ども自由党, ども自由黨, どバイロン, ど中以上, ど今, ど鬼火, なども春水, なら誰, の製造工場, はお金, はそれ, はメッキ, は無, ばこそ低き, ばこそ然, ばたまたま, ばつかり聞い, ばつねに, ばなあ, ばならん, ばほか, ばみな争い, ばわたくし, ば一々, ば一層, ば一座挙つてこれ, ば三界唯心, ば下士, ば両性, ば丹青, ば之, ば乱撃, ば人, ば他, ば他方, ば信徒, ば光圀, ば力, ば卓見家, ば即座, ば叙事, ば古参, ば和する, ば多く, ば必ず, ば忽ち, ば忽雷同, ば我子, ば暫らく之, ば本編, ば来る, ば瓢, ば自ら, ば親, ば該囚徒, ば購う, ば遊ぶ, ば館外員諸君, も, バこそ

▼ ものなし~ (139, 0.0%)

6 という 3 だ, とする, とせず

2 [11件] だから, と, といふ, とも限らず, と言, と雖, ゆゑに図を, 例へば利益分配, 是れ, 現内閣, 閣下の

1 [102件] からだで, ことさら塵土, さ, さこいつ, じゃない, その本, だから結構結構, だから腹, だったか, だよ, である, でいい, ですから, でとうとう, でやって来, で暮して, で開け放されたいちいち, といい, というべからず, という感, という物堅く, という男たち, という風, といえ, といえよう, といきまいた, といった調子, といひます, といへ, といわざる, といわれた, といわれる, とした, とて罪, とて該地, とはその, とは余, ともいふべからず, と主張, と云, と云う, と云うべからず, と云はん, と云われたる, と信ぜぬ, と己惚れ, と思う, と断じて, と昔, と暮秋二十八日, と欷歔, と此頃此儀專ら評, と申します, と申せ, と称せられる, と考え, と聞き, と見, と限らない, など, にさえも人間, にすませられるなら, にその, になれる, にのんびり, にはなく, には一刻, には一日, には政治, には考へられない, にやっ, に卑屈, に叔父, に暮らし, に架っ, に様々, に病気, に結論, に育っ, に自分, に行く, に認める, に通った, の人生, の児童, の内地米, の反, まして暗き, ゆえに爾先ず, われひとりいかで, 一切の, 余の, 創造の, 小六正和, 平凡なる, 打たれて, 故に平和主義, 日夜きょうきょうの, 殊更塵土, 江戸は, 空気清く, 諸獣

▼ ものだけが~ (137, 0.0%)

5 一時に 2 ないの, もつ神聖, 大衆だ, 存在する, 本当の, 橋の, 残って, 生き残る

1 [116件] あって, あつて, あなたの, あり孤児, いつの, さうい, さうし, ずば抜けて, そうした場合, そこでは, その合唱, それらが, ついには, ところどころ点滴, どうした, やがて朝子, やっと一そう, わかるん, ジャーナリズムの, モチだ, モチであった, 一定の, 与えられて, 人間にとって, 人間を, 代官某の, 住んで, 信長の, 俺から, 僕の, 勉強し, 哲学では, 唯一の, 唯物弁証法の, 唱へ, 在るだけ, 多く買われ, 大衆とは, 大道具の, 太陽の, 存在し得る, 実験では, 幾つも, 幾何学の, 弁当を, 引用され, 形は, 彼の, 心に, 悲しいまでに, 戦力準備者として, 持つ静けささ, 持つ頑強さ, 文化運動を, 文学だ, 文学を, 昔の, 最後に, 本来の, 正しく伸びる, 残つた, 残つてゐた, 残つてゐる, 残り人間, 残る, 残ること, 比較的いい, 浮び上つて, 漠然とした, 焼きすてかねて, 物質の, 特に助長, 現すあの, 理解しうる, 生き残って, 生命に, 田楽である, 目を, 直ぐあと, 真にすぐれた, 眼に, 示す自然, 神々しいと, 空間の, 立ち入る権利, 立ち入る權利, 籠ってるの, 純潔な, 紳士どもが, 紳士共が, 組織を, 美味いと, 胸を, 自然に, 見えて, 見えるの, 記されて, 試合に, 跳ねて, 迎へられた, 通る道, 運命に, 違つた意味で, 遠方の, 選ばれたという, 選ばれるの, 選伐され, 遺つて, 遺骸の, 野性を, 集つて新年宴会とでも, 集まって, 露骨すぎ, 頭を, 風俗と, 魑魅魍魎の

▼ ものたる~ (136, 0.0%)

13 ことを 6 に拘らず 5 ことは, 事を 4 に於, 事は, 可く 3 に過ぎない, や疑い

2 [12件] いまだ知るべからざれ, に外, に過ぎず, のみならず, は復, は我輩, は疑ふ, を信ずる, を失わぬ, を知る, を示す, 以上は

1 [65件] がごとし, が故, こと, ことなり, ことの, ことほとんど, ことほぼ, こと忘却せらるる, こと明かである, こと明らけし, こと此の, こと甚だ, こと論を, その広場, とを問わず, と共に実用, にこれ, にすぎなく, に反し, に恥ぢず, に相違, に過, に過ぎなかった, に過ぎなかつた, に過ぎません, のみ, はその, は前章記, は勿論, は宇宙万有, は言うまでもなし, は論, やがつくり, をとわず, を以て其発表, を以て其發, を問わず, を失わぬであろう, を思わしめる, を断言, を明, を説明, 九頭龍河畔の, 事が, 事なほ男子の, 事今において, 事余別に, 事即ち, 事明かなり, 事疑ふ, 以上世の, 出生死亡及び, 努力への, 勤労と, 千篇一律風致なく, 埃は, 大空, 我々に対して, 所以を, 民主国においても, 疑いを, 確信を, 証迹が, 資本を, 髪を

▼ ものでありまし~ (135, 0.0%)

16 てその 6 てそれ 4 て, て日本 3 てまた, て今 2 てこれ, て中心, て之, て僅か

1 [91件] てあれ, てい, ていま飛行場, ていわば, てかつて, てけっして, てこうした, てこの, てこれら無機物, てさかな, てた, てつまり, てほとんど, てもそれ, てもそれで, てもちろん, てもと, てもどの, てものごと, ても其の, てよい, てアムンセン, てエロチツク, てパンチャ, てポルトガル商船, てマクロコズム, て一々, て一定, て一寸, て一度鏡, て一見, て一見甚だ, て万, て世に, て京都吉田山, て人生, て今日, て以後歴代, て例, て例へば, て俳諧, て其の, て前記墓, て創作力, て半分, て原文, て原語, て古い, て古代羅馬, て名誉心, て周囲, て圓, て圓瓦, て声, て大師, て天皇樣, て夫, て官吏, て実に, て実際, て實, て實用, て左, て平家, て後, て従来五十四, て手, て日本人, て時には, て朝鮮, て核, て殊に, て永代橋新大橋, て決して, て特に, て産卵, て甲, て着物, て禅宗, て私, て私ども, て稀, て稚拙, て精粗, て羅馬貴族, て美, て胸中, て芸術分野, て荘太玄, て賞玩品, て食物

▼ ものであれ~ (127, 0.0%)

19 ばある 5 ばそれ 4 ばこの, ばこれ, ばその 2 ば, ばどんな, ば今, ば他, ば何, ば私, 何か, 私が

1 [75件] かしと, かしという, だけ出た, とすべて, どしかし, ど歌, ど茎, ばあと, ばい, ばいい, ばいっそうそう, ばかれ, ばきつ, ばこそその, ばこそわたしたち, ばこそ初めて, ばこそ木, ばこそ民主的, ばすぐ, ばすでに, ばする, ばそれだけに, ばただ, ばともかく, ばどしどし, ばなおさらそう, ばなほ, ばなん, ばね, ばまだ, ばやむを得ない, ばよかろ, ばフランス人, ばラジオ, ば一層, ば今更, ば何らかの, ば充分, ば力, ば大いに, ば女, ば始終, ば學問, ば完器, ば宜, ば尊い, ば小説作法, ば山, ば常識, ば彼, ば心, ば必ず, ば恋愛, ば指弾, ば敬意, ば日本, ば本, ば残らず, ば汁, ば漫画, ば無限, ば眼, ば絆, ば結局, ば綸旨, ば院長, ば雪華, ば頗る, ひしひしと, よい戯曲, シェクスピイヤの, 大衆の, 我々が, 私の, 要するに社会的不満

▼ ものとか~ (126, 0.0%)

5 聞いて 3 さう 2 古典とか

1 [116件] あるいはコノハナサクヤヒメ, あるいは法隆寺, あんなの, いう類, いちいちそういう, いろいろに, いわれて, およそその, ききましたが, ごほうび, さわがしいもの, そういうお, そう云う, そんなその, だからそこ, だったが, でから, でその, では, で壯麗, で母さん, どす黒い汚い皮膚, なりに, なりまで, はしる, または一カ所, または何用, または在銘, または最も, または脱獄, また座敷, また東京出来, みにくいもの, よく鮭, よぼ, ギヤグ沢山な, コン棒とか, スベスベした, ドイツの, フランスの, リヽカルな, 一つの, 云うの, 云ふ, 今でも, 伺いまする, 何んとか, 何処か, 借金ものとか, 値段の, 兄嫁の, 兎に, 其の他, 半人半獸半人半鳥などの, 同じく父, 同輩とかの, 女を, 婦人とか, 害に, 尺八は, 履とか, 役者は, 後に, 御従属, 忙しくて, 慰みに, 或は必ずしもひとり, 或ひ, 承わっ, 支那の, 昔からの, 晩年の, 景色に, 最後の, 本式の, 果物なら, 柔い, 様々な, 水とかが, 況んや, 深いもの, 物品とかを, 特に新入生, 狒々とかいう, 珍奇な, 甘い感傷, 申しまする, 留守番を, 着て, 砲弾が, 秘密の, 立派な, 等甚だ, 簡単な, 精巧に, 素晴らしく美しいもの, 美くしいものが, 聞いた事, 聞きしが, 聞く, 腰元の, 色々な, 色の, 著名の, 言って, 訳せば, 豪いもの, 貝類の, 贅沢な, 赤ん坊で, 辛苦の, 近いもの, 都の, 階級的反省という, 雑菌が, 飲物の

▼ もの~ (126, 0.0%)

6 はもう 2 には不, のため, のもの, の思惟, はあの, はお, はこの, はこれら, はどんなに

1 [102件] お粒さんみたい, かって, がその, がそんな, がとにかく, がもう, が不調法, が何と, が大声, が御飯粒, が私, が胸, が附き, だけがあなた, だけのもの, だって逢いたい, と似, と郷里, などまだ, なりに男, なんかを手, にはあなた, にはこんな, にはそうした, には子供, には要用, に對, に待合せ, に絶えず, のいい, のうち, のごとき, のただ, のひな鳥, の場合, の家, の役立つ, の愛す, の敵, の方, の母, の母さん, の父, の知つて, の考え, はあと, はあなた, はいらん, はきっと, はそう, はその, はそれ, はそれら, はそんな, はただ, はちつ, はなにか, はびっくり, はへん, はほんとに, はまだ, はもうてっきり, はもしや, は一, は一刻, は一層, は主人, は二人, は二度, は何, は何事, は元気, は全く, は十分お金, は唯, は始終, は寐, は彼, は彼等, は憎い, は所, は既に, は日まし, は暇, は本当に, は毎朝, は決して, は絶えず, は自分, は蛇, は語, は賤, は辛う, ほんとに節, ももう少し何とか, も偶, も負けん, も随分, を意味, 怖かった, 悲しくてね, 本当に自分

▼ ものごと~ (124, 0.0%)

3 を考える 2 と民族生活, の判断, の真相, の考えかた, はなん, は日本, は辛抱, を単純, を軽く

1 [103件] からの推定, から人間, から受ける, がうまく, がこういう, がすべて, がなやましく, がやく, がシナ, が伸子, が凡て, が好都合, が密やか, が手, が複雑, が飲込んだ, というもの, にあらたまれ, にいちいち, にお気, にかれ, にこ, にこだわらず, にしん, についても不完全, にとらわれない, には順序, にみな誰, にわたし, に刺戟, に執着, に申し伝え, に細かい, に買いたくなる, に関心, に驚かされた, のしん, のつまらない, のほん, のわるい, の一面, の利害, の実体, の強弱, の我, の本質, の正, の正常さ, の正当さ, の渾沌, の美し, の表裏, の面白, は, はいつ, ははつきり, はまったく, はみなそれぞれ, はむかし, はむつかしい, は共同一致団結和睦, をありのまま, をいろいろ, をがまん, をしつこく, をすじみち, をする, をはっきり, をもっと, をハッキリ, をバカ, を個人的, を全体, を処理, を力ん, を合理的, を実際, を少し, を忘れた, を感じとる, を扱っ, を数量的, を未, を正面, を注意, を片付けるなら, を物的, を知っ, を神經的, を科学的, を簡潔, を綜合的, を考え, を考えない, を考えね, を表現, を複雑, を解き明かす, を記憶, を語る, を論理的, を識, 痒きながら

▼ ものとばかり~ (124, 0.0%)

56 思って 7 思い込んで 6 思つてゐた 4 信じて, 思いこんで, 考えて 3 思込ん, 私は 2 考へて

1 [35件] あきらめて, お思い, 信じたの, 合点し, 宇治の, 思いきょろきょろ, 思い実は, 思い込みます, 思い込み自暴自棄, 思った, 思ったから, 思ったが, 思ってたら, 思っては, 思ってる人, 思つてた, 思つてたら, 思つてゐました, 思つて居ました, 思ひこんだ, 思ひ込みこの, 思われて, 思われますけれども, 思惟し, 想像し, 此方は, 独断し, 考えないいや, 考える傾き, 考え不思議, 考へられさ, 考へられて, 考へられるやう, 興味に, 解釈し

▼ ものだけに~ (123, 0.0%)

2 人間の, 彼女の, 心を, 道を, 限られて

1 [113件] あったの, あまり上等, ありがたかった, あるの, あれが, いっそう貴重, いつまでも, お茶受け話しか, このデカ, これも, これを, さらに偏狭, さわるの, すがって, すでに物情, するよう, そのよう, その威力, その時々, その栽培, その男, その索寞感, その美し, それぞれに, それは, たちまち内部, たとえ隅, ちゃんとした, てんで山野, どうしてももう一度それ, どぎどぎしたその切, なりましたね, なると, まあ嘘, またわずか, まだ易, むごたらしさ, もう演出, よるだろうか, わかつて, わけも, ゾラは, ツイそこまで, ディオニュシウス自身の, 一から, 一同の, 一番面白い, 世界で, 人一倍彼, 今にはか, 今も, 何となく滑稽, 信長も, 僅な, 全国一とか, 凄いほど, 出来ること, 勿論一場, 却って嘘, 却って銭湯, 又従来, 史実として, 多少気遅れ, 実に念入り, 小野川の, 少し変, 就いて, 師匠を, 惹かれるといふ, 打たれても, 教えて, 既往の, 明治末期以来の, 昔の, 最も潤う, 月並で, 枠網に, 極秘で, 止まって, 止まること, 此街には, 殊更に, 残念でならなかった, 気が, 注意が, 火の, 焼きも, 焼も, 煎米, 物語の, 特に際立つ, 犬養氏も, 現実生活において, 町中に, 益々以つて, 私たちには, 素性の, 聞き澄し, 自分も, 融にも, 触れれば, 許される特権, 諷刺の, 適用される, 金持ちや, 限って, 限ること, 限定出来ない, 頭を, 頼るごく, 骨も, 魅力が, 麻雀ほど

▼ ものすなわち~ (121, 0.0%)

5 これなり 2 人の, 人格と, 思惟する, 矢田部は

1 [108件] いっそう善い, いわゆる主人持ち, いわゆる浪人, およそ百五, このカチ, この光, この実体, これわが, すでに示されたごとく, その宗教, その最高, それの, われわれの, エタに, カインである, クリストフの, ロシアの, 一切の, 一面性として, 上よりの, 中国産品である, 串柿などを, 乾桃とか, 事物の, 人に, 人間に, 今日の, 他人の, 会食した, 充された, 全国民中, 写しから, 前に, 古いもの, 合すれ, 唱門師である, 商品として, 国家の, 坊主である, 大英国, 天皇家の, 如来である, 実生活の, 家庭や, 小麦の, 廟堂の, 延長形体位置及び, 強力な, 彼が, 彼自身の, 後世の, 愛の, 愛を, 我々が, 我々にとって, 我々の, 探偵小説の, 方言である, 有形の, 末法の, 本書なり, 東で, 根源的なる, 植物も, 極めて単純, 歓喜を, 母性的本能とを, 民選議院建白を, 江戸期に, 炒って, 現実の, 生まれの, 生産率と, 眼頭手その他これに, 眼頭手また, 神または, 粉を, 精神と, 精霊と, 自己の, 自然力の, 自然物は, 芸術そのものと, 若さ, 見つかり次第に, 規範と, 言うまでもなく我々, 語り手と, 豊かな, 財産の, 資本制度より, 趣味の, 農民以外の, 遊星の, 都市と, 金玉の, 長さ, 間人百姓であるべき, 陪審制度である, 陶器作者として, 雑戸が, 音を, 食うべき蘆筍, 食料品その他の, 食料品及び, 食物という, 高価高級な, 高燈籠

▼ もののみ~ (120, 0.0%)

16 である 15 では 6 であった 2 だ, であります, であろう, でした, でも, なの, 何故に, 第一義である

1 [67件] ありて, あろうや, かたの, かたは勉の, が眞, これを, ついに画, であったが, であったのに, であって, でありました, であり客觀的, であり心, であるから, であるが, であること, であるの, であろうか, でいつぞやわざわざ, でこの, でこれ, でご, でしょうが, です, でないこと, でなく新しき, でむしろ, で一般民, で初め, で成立, で文献上, で爾, で範囲, で結局それ, で西洋種, で非, なこと, なもと, ならずその, ならずや, ならず又, ならず同情, ならず国民全体, ならず府生, ならず新しい, ならず自己そのもの, ならで, なり, わけも, 並べて, 何等風情, 偉大である, 十指を, 合一し得る, 土産に, 多い, 多かつ, 多きを, 始めて, 存在し, 宗教的体験の, 将来に, 数人の, 正しき存在, 死後その, 残ったもの, 真正の

▼ ものまた~ (120, 0.0%)

3 これを 2 動物を, 天使を, 少からず, 少きに, 或る, 波瀾起伏に, 自己形成的な

1 [103件] ありうるもの, いささかの, いまだ適当, おそるべきもの, お姉さん, かくの, この幸福, この現象, これなき, これに, すくなしと, すこぶる多く, すべきもの, すわって, そこから, そのこと, そのひと, その坏, その徳, たい豆腐と, つらい哉, なきにし, ほとんどなし, みかん箱でも, みな因果の, もっと駄洒落, もののあわれを, よく兵, ミスチ, モーデナと, 一であります, 一時流行運命不定の, 一段美の, 乏しからざる, 二人四人という, 二本ある, 人々が, 人間を, 何かの, 偶然に, 出来るもの, 刑を, 勝鬘経は, 勤王の, 北原さんが, 単に思弁的, 反対に, 台湾あたりの, 同人雑誌に, 君を, 和という, 小説家でも, 少からざる, 少し簡單, 少なからず, 少なしと, 尠から, 山背の, 年齢の, 御茶の水より, 御鶏, 忘れて, 怖ろ, 恰も火山, 意識し, 感情や, 故なし, 故皇太后陛下, 斃死した, 明日わざわざ, 最も精微, 最後まで, 末期には, 本屋といふ, 松葉づえを, 次第に騰貴, 正しいもの, 焉んぞ彼, 無きに, 物体的な, 物體的な, 甚少から, 生く, 甲州白根三山の, 疑も, 発表し, 白からじ立つ, 相互の, 笑うもの, 緑は, 缶づめの, 義務責任も, 耳に, 肩に, 覗いて, 詭弁的な, 貧しいもの, 超然たるもの, 辺海の, 通懸つた, 長防尊攘, 電車の, 首輪は

▼ ものといふ~ (118, 0.0%)

13 ことが 8 風に 5 ことである, ことを, ものは 4 ことに 2 ことにな, なるは, のは, 意味で, 意味に, 意味において, 感じが, 気が, 由来を, 考へが

1 [58件] くらゐ, ここに, ことすら, ことです, ことになつ, のが, のとでは, のを, ものを, やうな, よりおのづ, より一種, わけだらう, 一方的, 一項を, 丈は, 中でも, 事が, 事で, 事に, 人も, 依頼心が, 保守的な, 信仰から, 信念なり, 先入観を, 占ひよ, 噂で, 外に, 字が, 定評が, 式に, 形状不明の, 思想が, 意味であります, 意味である, 意味では, 意味ばかり, 意味を, 意味をも, 感じで, 暗示だけは, 次第な, 氣もちに, 氣品の, 相場が, 程の, 考へしか, 考へに, 考へ方, 蔭口を, 要求が, 見地の, 觀念に, 語に, 誤つた観念, 質問を, 靜的な

▼ ものなどは~ (118, 0.0%)

6 一人も 4 一つも 3 ない 2 ないの, なかつた, 一つでも, 遠慮なくその

1 [97件] ありませんでした, ありやしません, いつかもう, この気持, これまで, ずいぶん経済, そのブランク, その修むる専門, その労働, その部類, それらの, た, どうでも, ないこうした, ないよ, なかった, なく却つて, なく又, なにひとつこの世に, はっきりと, はつきりとは, ひとりも, びっくりする, ほかの, ほとんと, ほとんど紙, まずない, まるでうそだらけ, みなかく, みな糞くらへで, もう疾くに, もとよりとる, やはり一種, エジプトの, ヤジローが, 一人だ, 上中下という, 主人が, 今さら問題, 今の, 今日殆ど, 何も, 何んにも, 元来科学, 先生らしくさせられる, 内面の, 凡そかう, 初めての, 十中の, 印度と, 即ちそれ, 及び難い, 存在し得ない, 実に愛すべく親しむべき, 実に美観, 尤も通俗的製作, 平生たくさんは, 心がけ候え, 恰も渓流, 手に, 抜刀を, 数多くの, 新しいもの, 昔とは, 本物らしい, 机に, 来て, 正月二日の, 殆ん, 殊にこれ, 残されて, 決してそう沢山, 決してない, 沖縄だけの, 版画物にさえまで, 甚だ乏しい, 甚だ氣, 甚だ稀, 発見されない, 皆目いない, 粉末絵具を, 舞台に, 血の, 見いだされませんでした, 見逃し勝ちである, 言おうとしても, 詰将棋である, 読まない方, 読んで, 誰も, 贈位の, 農村問題といふ, 金属で, 集めるのに, 驚くほど, 鹿の, 鼻で

▼ ものしか~ (116, 0.0%)

6 なかった 4 持って 2 ない, もって, 出來, 出来ない, 残って, 知らない煩悶不安

1 [94件] あがらなかつた, ありません, ありゃしないし, いないの, お客様達に, きこえないの, くれて, こんな嘘, たべられない, ついて, つくれないこと, つくれないと, つけ得なかったとは, できて, できないので, できなかったが, できぬのに, ないという, ないといった, ないの, なくそれ, なくなるという, なく傭女, ぼくは, まともに, みず痴情, もとめず, やらない神主, 与えないわけ, 与へられないで, 主として考えない, 信じ得ない, 入れて, 再現出来ない, 出ないつて云ふん, 出なかった, 出来そう, 出来ないの, 出来ぬの, 切って, 十年度の, 収入に, 好むこと, 存在しない, 学ばなかつた, 差上げられぬわけ, 得られない, 得られないと, 得られませんでした, 感じて, 感じる事, 抱いて, 持たないが, 持ち上げられない者, 持ち得ないさびし, 描かれず困って, 描く事, 書きませんでしたが, 書くこと, 書けない位, 書けぬこと, 書けぬやう, 書けません, 残っては, 残らない, 生えないだろうという, 生れない, 生れない時代, 疼いて, 知って, 知らないの, 知ること, 私には, 考えられない, 考へられないからかも, 聞かれないこと, 脳膜に, 見えなかったが, 見えなかつた, 見えなくなって, 観たがらずまた, 設備され, 許されなかった, 読んで, 讀んで, 賞賛しない, 載せないつもり, 載せ得なかつたこと, 返されて, 通ること, 集まらなかつたの, 食えないとかいう, 食べること, 食わぬの

▼ ものでございましょう~ (115, 0.0%)

59732 かね, かねえ, ねえ

1 [40件] お奉行様, お母さまは, かお願い, かしら, かそれっきり姿, かそれとも, かただ, かな, かふ, かほんとう, から, からそう, か今日, か仕遂げた, か汗, か知ら, か飛んだ, がけれど, が従来, が貧乏, しまた, ぞ, で, といいます, なあ, に, ねひどい, わい, 兎も, 全く怖, 別段女人禁制, 十方に, 幅面の, 未熟ながら, 癒りましょう, 肉なぞは, 自分では, 遠くから, 重たげな, 門野の

▼ もの~ (114, 0.0%)

3 汝の 2 お三さん, そりや, われは, ッぽ, 喃, 大方猪ン中

1 [99件] あいつは, あたしの, あなた, あの方, あの通り, あれを, いくらあなた, おじさまも, おっ母さん, おばさん当て, おんみ, お前に, お前の, けれ共, こなたが, この国民, これを, さうし, その苦み, そら俺ら, それを, たとえば川, たとえ人, だから可哀そう, でも五日たち十日, なし, なア, ねえもう, ねえ貴下, はたから, ほんとの, むしろ汝, もしかな, もはや二度, よくって, わたし着物も, わらはの, われに, われら田舎に, アハハハ, トニオ・クレエゲルさん, 久子, 云々, 今廣き, 他の, 何が, 信さんも, 出て, 叔父さん, 口という, 古哲, 吾れ, 多少バカ, 奇しき詩, 女が, 宿なんての, 岸を, 帰れ帰りて, 彼の, 彼は, 後では, 悦べ天国, 悲しむ勿, 悲む勿れ, 愛すると, 憂ふる勿, 我が胸, 我らが, 我を, 我生ける, 指だけは, 方便は, 昔を, 朝から, 栴檀の, 正宗の, 気が, 汝は, 汝等は, 汝詩人と, 汝詩歌に, 消えたら心, 滅多にない, 滝の, 甲斐信濃二ヶ国を, 男って, 瘠せて, 盲目なる, 私が, 私の, 衣巻さんの, 請う急ぎ, 足掛け三年, 違つた気風を, 鈍感なる, 長生きすれ, 雲竜相ひく, 須磨寺の, 馬は

▼ ものすら~ (113, 0.0%)

14 ある 6 あつた 4 なかった 3 あった, だにも 2 ありしと, ありとい, ありました, なきに, 失つてゐない, 感じた

1 [71件] あったほど, あらざるが, ありき, あります, ありません, あるが, あるという, あるなか, あるの, ある絵巻物, かくの, たにも, どうなり, ない, ないで, ないという, ないの, ないほど, ない田, ふくんで, ほとんどない, ほとんど持たず, よむ自由, 一定不変で, 今日では, 企つる, 何一つ見, 何一つ見当らぬ, 作者は, 傷つけられる傾向, 創造性を, 喰えぬ人間, 女には, 家族を, 少かった, 平安朝中期前に, 微かに, 怪を, 感じられる, 感ぜしめる, 持って, 探りあてること, 数多くある, 新旧に, 書けさ, 有りたり, 欠けて, 欧州大戦より, 水の, 無関心, 珍らしくない, 発見されなかった, 発見し得なかった, 発見出来なかった, 稀で, 等閑に, 絶無である, 自然から, 見えない, 見えなかった, 見出せない, 見当らなかった, 見当らぬ, 覚えて, 覚える, 賜ふべし, 起し得ないから, 起らなかった, 過て川, 遠くに, 高級な

▼ ものにまで~ (110, 0.0%)

4 及んで 3 なって 2 拡張しなけれ, 私は, 編入し直されなく, 転化する, 運動する

1 [93件] あやまるなんて, いつの間にか浸みこん, この両者, されて, すべてを, そのめでた, そのものの, たたき直して, つかわれるもの, なつて, ほりさげて, 人足の, 今後の, 伝わった, 伝わって, 作品を, 使はれ, 具体化され得なけれ, 及びます, 及ぶ, 及ぼされなければ, 及ぼして, 古人の, 回転した, 固定し, 堕した, 塵除け, 変って, 変へて, 変化し, 変更しなけれ, 変貌させられ, 変質し, 天地と, 小説らしい, 常に触れ, 引きおろす, 引上げられる, 心を, 手が, 技術を, 抽象する, 拡げること, 改造しなけれ, 整頓し直される, 昇華する, 明かに, 極刑を, 止揚されなけれ, 正直に, 歴史の, 気を, 消え失せるところ, 深か, 深かめ, 深めるやう, 溯源し, 生成した, 生活態度を, 発展する, 目を, 省略された, 真白に, 知らず識ら, 硬ば, 礼を, 私を, 立ちいたって, 純化される, 累を, 細かい意匠, 美的要素の, 自らを, 興味を, 萎縮し, 落ち付いて, 蝋塗りに, 見える事, 解らない, 解消する, 譲歩させる, 身を, 転化され, 転向し, 通用する, 進展した, 遡つて, 附会せられる, 離脱せね, 高めて, 高められて, 高めること, 高める筈

▼ ものども~ (108, 0.0%)

6 が夢 4 の夢 2 が肝, だと, に復讐, よりも本文, 何とてやは, 口々に, 火事なりとして

1 [84件] うらみ侍らん今一首歌, が, がいっせいに, がいまだに, がこれから, がという芭蕉, がな, がめぐりおうたのも天の, がわがまま, がわたしたち, が仲裁, が住みし, が其周り, が出, が咄嗟, が多い, が奪っ, が徳川時代, が我儘, が押しなら, が残した, が真実, が集った, が順々, が麦, でありますから, でござれば, ですよ, でもない, で毎年十月十五日, なり, に, におそいかかっ, におそれられ, にかし, にちと, にやっ, に借財, に取りまし, に對, に我遅参, に説き聞かし, ぬかるな, の, のため, の挙動, の眼, の言う, は, はいいました, はいつの間にか, はすぐ, はその, はどう, は一途, は僕, は夜昼, は張子, は恐れ, は打, は滅びる, は立ちあがらなかった, は近う, は通り過ぎ通りかかり, は頭, は顔, は黒い, また各, まれびとありと聞きつ, むほんを, よ巫山戯た, をそれ, を尺八, を幾人, を戸口, を抑える, を束縛, を苦しめ, を載せ, を連れ, 上陸いたし, 六尺棒を, 取り調べの, 打群れ

▼ ものなんか~ (108, 0.0%)

4 何も 3 では 2 ありやしません, いやしない, ないん, なかった, 一つも, 着て

1 [89件] あてに, あまりなく, ありは, ありませんけれど, ありませんでした, ありゃしないのに, ありゃしないよ, ありゃしないわ, ありゃしません, ありゃしませんよ, ありやしないや, ありやしませんよ, あるか, あるもん, おいてなかったはず, お読み, かいて, かくしてないこと, ここで, これまで, さっさと仕舞い込ん, して, しゃぶるなよ, するもん, ただの, つけてた, でなくて, とても取れやしません, とても少なかっ, どうだって, どうです, どんなにふり捨てたかったでしょう, ない, ないじゃ, ないでは, ないの, ないよ, ないわ, なくなって, なしですませる, なにも, ひとつも, もう何, もっとひきょう, もつの, わしは, イギリスでは, 一と, 一人も, 世の中に, 世界に, 今はもう, 何こさえ, 何ひとつない, 何んでも, 入れて, 出すこと, 出すという, 出たんで, 卒業し, 受けつけるか, 君泥棒じ, 喰べ, 夙に超越, 大抵古道具屋, 引奪っても, 御覧に, 拾うもの, 持たせないよ, 持っちゃ, 持ってるもの, 掃き溜めへは, 探して, 曰くの, 書かずに, 書けやしないの, 欲しくない, 溝の, 無いん, 無く信じられた, 盛んに, 糞喰へ, 荒れたって, 見なくても, 言は, 読ませやしません, 読んだつて, 買うの, 鼻も

▼ もののみが~ (108, 0.0%)

2 よく描き得る, 問題な, 真の, 私を

1 [100件] いつも幅, これに, すぐれて, すべてで, その精神, その階級, つねに新鮮, よく計り知る, ユーモア小説と, 交換せられる, 人生や, 人間に, 人間の, 使命を, 信徒に, 印度の, 危険である, 取り得る態度, 取り残されて, 味わう一種, 善いもの, 国法上賤民として, 始めて意味, 存在し得る, 存在である, 完全な, 実在的である, 専有せられ, 将来の, 幅を, 幾分でも, 形象と, 後には, 後世に, 必要な, 性格的である, 恒久的な, 愛すべきもの, 成長し, 我々に, 我々にとり, 或いは鬼筋, 持つ一つ, 持つ不思議, 持つ特殊, 持つ美し, 挙げられそう, 昂然と, 明かるく, 時代を, 普通の, 最も新鮮, 最高な, 未来の, 本来百姓すなわち, 楽しく隣人, 次第に人々, 正しいと, 正しきを, 歴史である, 歴史に, 残るよう, 残存せり, 殘る, 満ち溢れて, 溶鉱の, 無い, 特に, 現在の, 現実である, 理解し得る, 生かし残されて, 生きて, 生き残って, 生き残る, 生に, 生存競争に, 登場し, 皮剥製革の, 眞の, 真に人類, 真に美しい, 真理である, 眼の, 知ること, 知るよう, 知る愛, 科学的に, 穢れ多し, 経過する, 経験する, 縦横に, 自主独立の, 興福寺の, 蝦夷の, 親の, 達し得た本質的魅力, 遺って, 隣家の, 静まり返って

▼ ものとては~ (106, 0.0%)

6 一つも 5 ない, 何も 4 ないの 3 ありませんでした, 一人も 2 ありません, ただそれ, なかった, なかつた, 無い

1 [70件] あけがた, あのいつか, あらう筈, あるはず, いよいよ私, おじいさまおば, おふくろ一人っきりだ, この身一つ, これより, そうたくさん, その作業服, た, ただの, ただ一条, ただ一着, ただ人声, ただ今, ただ常備兵, ただ春蝉, ただ見透かせない, たったそれきり, だれか, なくつめたい, なくなつ, なく其翌日, なく唯もう, なしと, なに一物も, むろん多く, もう誰一人, もはやその, 一ツも, 一個も, 一滴も, 一片の, 並び建つ校舎, 二葉ばかりの, 今云つた, 何一つ残っ, 何物も, 借金以外に, 前にも, 外衣一枚と, 実に寥々たる, 家の, 小量の, 山々の, 帆村機の, 底の, 彼の, 手に, 曠野に, 梢を, 此淋しい, 火口に, 熱気の, 犬く, 猫一匹さえも, 白木の, 百合とか, 稗史小説に, 薄き汗衫一枚, 袋町や, 被害者夫人と, 遠くまで, 遠くを, 遥かの, 野の, 鉛色の, 雲の

▼ もの聞く~ (103, 0.0%)

18 ものが 8 ものに 5 ものは 3 ものの 2 ものから, ものことごとく, ものについて, もの一々, もの何でも, もの何にも, もの悉く, もの癪に

1 [53件] ものごとに, ものさながら, ものすべてが, ものすべてこれまで, ものすべて好意に, ものすべて悲しみの, ものすべて良寛さんの, ものする, ものその他すべて五感に, ものなつかしくっ, ものなにもかも, ものによって, ものに対する, ものふる, ものまでが, ものみな超, ものみんな箸を, ものわたしには, ものを, ものをすら, ものイライラチラチラ, もの会ふ, もの何もかもが, もの何もかも新しく, もの凡てが, もの半蔵には, もの地獄の, もの嫉ける, もの彼には, もの応接に, もの感じる, もの懐かしから, もの戦捷の, もの文明開化の, もの新しい, もの森閑と, もの気に入らない, もの気の毒な, もの涙の, もの珍らしい, もの珍らしく, もの異常の, もの癪の, もの皆おおいなる, もの考えついた, もの舌を, もの花の, もの面白く, 人不思議の, 方も, 物いちいち, 物すべてが, 物皆頼もしい

▼ ものでし~ (98, 0.0%)

25 てね 9 てな 72 てここ, てこれ, てねえ, てねその, て私

1 [47件] てある程度, ていったい, てお許し, てさ, てたとえば, てつい, てと苦労人, てなお, てなこんな, てなわし, てな贈物, てねお, てねこれ, てねよく, てねりっぱ, てねイギリス, てね一人一人, てね天明三年, てね責め, てやっぱり, てタイム, てナお迎え, てニンニク, て世間態, て中, て些, て仕事, て何, て先生, て叔父さん, て大津, て宮中, て家中, て恐らく, て戦争, て月謝, て犯人, て窓, て素姓, て色彩, て若し, て蜆, て行きずり, て要するに, まひには, やう神官僧侶も, ゅが下手人は

▼ ものにとっては~ (95, 0.0%)

2 それは, 不便で, 人間の, 例えば日本, 実に明らか, 実際に, 空間は

1 [81件] ああいう, ある大きな, いつまでも, いまいましくなっ, うさを, かえっていや, くまの, このたった, この世の, この世界, この点, これは, これも, これらの, これらは, そういう危険, そうは, その様, それが, それらの, それらは, それら近代性や, ただ一本立, ただ消え, たとい価値, ばかばかしくて, ほとんど利益, もっと大切, コリオリス加速度という, 一層の, 一番切実な, 並に, 些細な, 何か, 何という, 何の, 充分経験, 先ず結構, 初めの, 千年の, 困難な, 変り行く世の中, 大切な, 大変な, 大部分, 大阪は, 天然の, 孔子は, 学ぶこと, 安全な, 完成の, 宗庵は, 常にわれわれ, 幾多の, 当然の, 日常身辺の, 暑中休暇に, 有益で有り得る, 未知数であった, 束縛が, 極めて重い, 歓楽どころの, 正理, 此の, 死の望ましき, 決して喜ぶべき, 物の数では, 犯罪は, 甚だ都合, 癪に, 神妙不可思議の, 第四階級者, 聖武天皇ならびに, 聞捨ての, 自己以外の, 観臓は, 誘惑される, 踏み越えて, 農村が, 重大な, 非常に

▼ ものこの~ (93, 0.0%)

2 おれに, 三つの, 湖畔の

1 [87件] あたりに, くらいな, くらいのこと, ことばかり, ご婦人たち, さまで, つまらないの, ふぢづるなければ水, へんに, ま, まま帰る, まま引っ込ん, ものこそ, ような, イデー的な, トゥロンの, ドン商売に, 一語を, 三つである, 三週間の, 上そんな, 上また, 世の中が, 両者は, 事件の, 二つの, 二種は, 人なれ, 人に, 人の, 人名は, 仕事を, 作者は, 僧の, 儘見, 優しい慰め, 先生の, 名状し, 唐子は, 地は, 壇ノ浦いったい, 売禄買株, 夜ほど, 女だって, 婦人たちは, 子が, 家は, 寶を, 峰頂に, 島へは, 川を, 幾つかの, 後が, 心構えの, 悪習を, 意味に, 意味において, 意気が, 戸は, 方は, 時我に, 書簡を, 木曾山を, 機を, 武士が, 流しに, 犬の, 獣を, 男の, 町が, 番附だって, 種の, 老母以外にも, 蕪雑な, 行あれ, 見るを, 象は, 迷路に, 過ぎゆく人生, 道場へ, 郷のね, 金によ, 陶人と, 露はに, 頃は, 駅長は, 高原この

▼ ものであったろう~ (93, 0.0%)

338 と思う 6 と思われる 4 と思います 3 と想像 2 ことを, と

1 [35件] かその, かと, かという, かということ, かと思う, かは誰, か大体, か知ら, がしかし, が案外, が母, が発表, が私, が結局, が芸者, ことが, ことは, ことも, し従って, とおもう, とは考えられない, とも思う, と察せられる, と思われ, と推し量る, と推量る, と考えられる, に所謂一犬虚, のに宗房釣月軒, ブランデーを, 事を, 彼自身はっきり, 或る, 精中の, 黒岳の

▼ もの~ (92, 0.0%)

4 うして 3 の役 2 にする, にも無く, をする

1 [79件] ういう, うか, うした, うしても, うぞ, うなるか, うも, うやら, かお, かせむ, かそぐわぬ, かその後おまえ, かない, かなし, かの罰, かデパート, か一つ, か下等, か何かといろいろ, か善い, か心当り, か拵えた, か気味, か温かい, か考え, か見抜いた, がある, がし, がどう, が大切, が惡いか, が私, さ実は, して, だって出来る, です一体, でもない, でも構わない, という惨憺, と云っ, なの, にてもよろし, になる, にもなく, にもなりやしなかつた, にも別に, にも口, にも無くし, に成る, の地, の御, の心, の必要, の考, の色, もありゃしない, もくらべこし, もせず, もなく, も不思議がり, も出来ず, も心得ん, も手, も持っ, も持つ, も時節, も無い, も知らない, も知らなかった, も見えず, も食わず, よあれ, を云っ, を仕散, を以て其の, を好ん, を愚頭, んでお, 残して

▼ ものあら~ (91, 0.0%)

12 むや 97 ばそ 3 ばそれ 2 ばその, ばよろしく, ば吾人, ば山陽, むや顧ふ

1 [50件] はになり, ば, ばこれ, ばすでに, ばすべからく, ばすべて, ばたちまち, ばたれ, ばとの条件, ばとんでも, ばよく, ばわが輩, ばわれら, ば之, ば人, ば何物, ば余, ば修法, ば其, ば其の, ば告げられよ, ば宜しく, ば容易, ば幣束, ば座右, ば復以, ば必ずや, ば性来, ば愛山生一派, ば斬るべし, ば是, ば時代, ば晩香, ば有力, ば正に, ば甚だ, ば眠らぬ, ば穩便, ば第, ば自分, ば読書, ば請う, ば運命, ば隱, ば面白, ば高い, むやう, むやと, む人誰れ, 白い黴

▼ もの~ (91, 0.0%)

11 もひ 2 好きに, 孃さまの, 目に, 組が

1 [72件] きぬさんに, せい様の, つかまりなさりゃそれッきり, なつかしいアリョーシャ, にごっこ, へやさまの, ほからむ, めえ, わかりに, 互に廊下, 互に心臓, 互の, 互ひです, 交際の, 仲さんが, 作んなさいよ, 兄さまは, 内儀に, 分りに, 勝手じゃ, 勝手に, 君は, 嘆きあそばす, 好きな, 姉さんに, 媼さん, 嫁さんなんて, 嬢さまの, 安い御用, 小遣は, 師匠さんに, 年寄の, 序の, 引っ越しの, 役人様が, 忘れなさいな, 怨みする, 恥しいが, 悔の, 悔みにも, 月様は, 月見には, 殿様の, 民さんは, 気の毒様, 珊お前へ, 琴や, 笠は, 考えが, 腹の中の, 芝居も, 苦しか, 蘭さんて, 蘭さんの, 蘭に, 蝶さんの, 袖さんとは, 見せしたなんて, 見受けすれば, 読みに, 豆や, 豆腐の, 辰めとても, 邸では, 部屋着に, 酒の, 酒も, 銀様が, 隠しあそばしたろう, 顏を, 顔も, 飲ませだから

▼ ものかは~ (90, 0.0%)

5 知らないが 4 知らない 2 知れぬが

1 [79件] あとで, いって, いつかう気, おかあさま, すぐ考えさせられる, すこし芝居, そう簡単, つきり, とても考え及ぶ, はっきり判らなかった, まだわからなかった, まったく知る, もとより知る, わからないし, わからないしかし, わからなかったが, わからなかつた, わかる, 一こう, 一向わかりません, 一向判らない, 不明だ, 不明である, 主人大事の, 九郎右衛門が, 人の, 今さら言うまでもない, 今すぐ, 今でも, 今になほ十年, 今一時間も, 今其書, 今日誰の, 仲, 分らないが, 分りませんが, 前に, 古川の, 君自身が, 吾, 國曾議員の, 声で, 存じませぬが, 存ぜぬが, 容易に, 心得て, 想像し, 明々白々です, 明らかに, 明白で, 昼夜道を, 更に判明, 未だ判断, 杣夫や, 次に見る, 正直道誉は, 決しがたい, 治郎吉には, 現在中央軍の, 疑は, 疑わしい, 疵あらせじ, 目の, 知らぬ, 知らぬが, 私たちには, 私は, 聞きは, 背の, 良く知らない, 葉子にも, 蓋し幼時, 裸で, 要するにすべて, 解りよう, 言は, 鏡に, 雲霞の, 青空を

▼ ものでなかった~ (90, 0.0%)

10 ことは 7 ことを, ということ 4 ことが 2 ことである, のが, のである, のです, のは, のを, ようである, 事を

1 [46件] かと思う, かも知れない, かも知れません, からこの, からである, からであろう, からでしょう, から大方, から甲, から良い, かを語っ, がその, がまず, が官吏, ことだけは, ことと, ことの, ことも, し, し村民, ためか, ためじつに, ためでは, というごとき, という事, とすれ, とはいえない, と思った, と想像, と薫, にしろ, にせよ, に違い, のだろう, ので一九四六年十二月, ので介抱手当, ので國民, ので木, ので計画, のと, のとの, のなら, ばかりかこれ, ゆえであろう, 多分の, 故に名誉心

▼ ものなどが~ (85, 0.0%)

4 あって, あります 2 あつた, あつて, ありました, ある, あるが, 出て, 密生した, 見えた

1 [61件] ありそれでも, あり白石長忠, あるの, あるので, あるわけ, いくらも, いた, いっぱいでございまする, この小品, その一例, その例, それであった, それである, それを, それ等の, たずねますと, できて, ときの声を, どの美, ないとは, ひよつこり出て, みんなめちゃくちゃに, やがて疲れた, ウジャウジャと, 他の, 何十枚と, 入って, 入り交じって, 入れられて, 入學, 全山, 出来て, 却けられ, 多かった, 帳場の, 必要に, 所詮相手, 放歌する, 散って, 昔は, 時々芝居, 来ると, 植って, 段々出る導き, 流行って, 済んでから, 無数に, 煩いと, 現れた後, 現われ初め, 發見せられます, 移されて, 良い, 見えました, 訳されて, 調理された, 諸国に, 選ばれて, 陰翳と, 頗る流行, 飾られて

▼ もの見た~ (83, 0.0%)

24 さに 15 さで 5 さの好奇心 3 さのよう 2 ことも, さの連中

1 [32件] さ, さからか, さが, さという, さというやつ, さという奴, さという譬え, さといふ好事心, さとはこの, さと云う, さの一心, さの世にも, さの及び腰, さの奇妙, さの奇異, さの店, さの徒, さの心持, さの心理, さの憧れ, さの気持, さの物好き, さの目, さの眼, さの群集, さの若い, さ客, さ惹きつけられる, し, つてし, ところで, と思う

▼ ものばかりを~ (81, 0.0%)

3 選んで 2 次から, 見て

1 [74件] おいて, かぞえあげる, かっぱらわれて, すつかり抱, そろへては, のせる文学雑誌, また専門, 一生県命に, 並べて, 主として書い, 人間の, 今度は, 作って, 作ること, 六割七割までも, 出陳する, 助成する, 取り扱って, 取出しまして, 受けて, 売る, 売る店, 寄って, 帝は, 座右に, 引抽い, 強ゐず, 待って, 意味する, 感じた, 打ちくだいて, 扱って, 択り, 拾い集め読み返し最近, 持って, 指して, 指すの, 探し出さうとして, 揃へて, 擇り, 書いて, 期待し過ぎ, 産み出すの, 眺めて, 眼に, 着たしっとり, 考へて, 耽読する, 耽讀, 蔵って, 見せて, 見たがり聞きたがり欲し, 見事な, 見慣れて, 言ふ, 誂えられて, 説明し, 読むこと, 読んだん, 読んで, 踊って, 追い求むる時, 選むつもりだ, 集めた研究生, 集めて, 集め歩く, 食いつづけて, 食い三度三度, 食い好き, 食った, 食って, 食つて居る, 食べさせられる, 飼うこと

▼ もの~ (81, 0.0%)

1 [81件] かうしたので, かくいふ, こうして置く, この菌一つ, これは, これを, すなわち栓, その官制, その秩序安寧, それは, そんなこと, とあっ, とりがてに, と持参, どうかする, どれも, なく旅人, はたの, ほんの遊びいたずら, まあ何うに, もっと十分書き, やむをえぬ事, ややもすれば不誠実, よく下駄, よろしからず, わしらは, わずかで, われわれは, われ稼い, 一寸した, 七八人一時に, 予の, 事実と, 人に, 人の, 人間の, 其の遭遇, 内外の, 出来るだけは, 別に, 到達までには, 厳重に, 又先生, 右の, 和製の, 唾にも, 多少前後, 多量に, 大略を, 実際は, 客席に, 市中の, 彼は, 御免下さい, 忌んでの, 悪鬼来り, 摺り鉢を, 早く罪, 是に, 是非に, 本当にほっとは, 楽である, 次々と, 欧州には, 武備の, 殊に目, 水蛇に, 無論一種, 神代その, 竪穴の, 縮図し, 聞き覚えも, 自分は, 見すなと, 読者も, 軽くあっさり, 遂には, 道具しらべ, 駒ヶ岳よりも, 鬼の, 鼠の

▼ ものだけは~ (80, 0.0%)

2 よせ, 受けとれるよう, 持って

1 [74件] ある片隅, いたってしずか, いつもほぼ正確, うたねえ, うまさ, おのづか, かならず持っ, きちきち取りくさっ, こんなに長く, せめてこの, ただ古来, ちょっと手, どういうわけ, どうかこう, どんなに風俗, なくしたくない, なくなった, にがて, はっきり思い出す, はつきりと, まだ家, チャンと, 一夜を, 七点だっ, 下げて, 中央に, 人手には, 何とかし, 何時までも, 働いて, 其の身分, 出させるが, 十分に, 取り返さなくって, 同じその思い, 同区の, 嗅ぎ当てて, 大事に, 大得意, 失はないといふ, 守りとおす決意, 守り通すという, 家で, 幸いに, 微塵に, 忘れられずに, 念の, 思いちがいと, 悪風に, 描き得るが, 播いた大根, 新たに, 日本語で, 最初から, 朗吟する, 残って, 残らず集めて, 無暗に, 片づけて, 生きて, 知って, 知つてゐた, 社会の, 空想し, 簡単じゃ, 聞かないの, 見るので, 許さなければ, 認めなければ, 貰ったので, 這入つて, 通じて, 長く殘つて, 鷺町でも

▼ ものに対しては~ (79, 0.0%)

2 何の, 常に熱心

1 [75件] いかなること, いかなる疑惑, えてして賤, おどろくばかり, このもっさり, じっとし, すべての, すべて何らかの, その生殖, その職業, その長所, それを, それ心から, それ等の, ただ義理的, だれも, どうしても感情的, どうです, ながい屈服, なぜと, のんきである, まあ何とかする, まことに微々たる, また相当, まだ中, むしろ抒情味, むしろ要, 一定の, 例令如何なる, 先天的な, 勲章を, 印度, 口には, 外部的な, 多少, 大して貢献, 如何那人, 容赦が, 容赦は, 常に反抗, 弱く弱いもの, 彼の, 徹底的に, 必要に, 志願者の, 恐らく疑い, 意味を, 或る, 文明は, 日本の, 明白に, 更に石, 最後の, 殊に鋭敏, 毫も仮借, 父は, 生きたまま, 皆一様に, 社会政策的立法の, 私は, 笑いを以て, 約三分の一位, 納得の, 結局無力かも, 絶対の, 肉親でも, 自分は, 警察当局が, 身分に, 長い間, 面向の, 音が, 食物である, 鱒二が, 鴨川大人口を

▼ ものじゃあ~ (78, 0.0%)

23 ない 9 ありません 3 ないか, 有りません 2 ございませんか, ないよ, 無いか

1 [34件] ありませんが, ありませんね, ありませんや, ありゃしない, ございません, ございませんこの, ございませんぜ, ございませんわ, ございません旦那様, ないかとも, ないからと, ないけれども, ないじゃ, ないでしょう, ないでしょうか, ないなあ, ないなま, ないに, ないね, ないの, ないのに, ないや, ないよけい, ない世間, ない事, ない折角, ない私, なかった, なくって, なし, ねえから, ねえぞ, ねえな, 無いと

▼ ものよりは~ (78, 0.0%)

4 はるかに 3 遥かに 2 幾分か

1 [69件] かの大島, この描き, しんみりと, すでに持つ, ずっときれい, ずっとりっぱ, ずっと優れた, ずっと色, それを, たしかに結果, ただちに生地, ない方, むしろ人口理論, むしろ怪物, もう少し優等, もっとまし, もっと濃い, もつと, やはりあちら, やや澄ん, よく吟味, モット楽みの深い, 一応民主的, 一歩も, 上る者, 低い, 佐伯附属の, 体言的の, 何かも, 信心に, 前に, 動物の, 単純な, 古い形, 古風な, 史学に, 大きくそして, 実力で, 寧素人意識の, 小説家の, 少し古風, 少し離れた, 工合の, 幾層倍も, 広く大きいと, 形を, 揉み方, 日時計の, 根本に, 民間の, 率直に, 生きて, 生活的実感の, 真実性も, 社会性に, 精密に, 美くしき, 舌の, 葉がずつと, 軟かで, 退て, 遙かに, 遥か大きな, 遥に, 鎌倉時代の, 長い, 面白い世間ばなし, 音楽に, 飽満の

▼ もの多く~ (77, 0.0%)

3 して 2 は慈善家, は貧困

1 [70件] あたかも台湾村落, あるところ, ある可, いつも縁日, これで, これに, これを, さては樹, さらし井, しかもその, その今日, その木, なかんずく八丈, なりたれば, なりぬ, はありません, はこれ, はこれ一時代一国民, はない, はインド, は天然, は散漫, は秋, は繰り, は自ら悦び自ら, は記録, は高尚, また塚, また希, トロイア軍の, 一見日本, 中庭には, 之ある, 之によ, 今の, 今日から, 住むにやあらむわが, 候, 其最も, 冬は, 初め厨神だった, 劉備も, 卑近な, 単純なる, 取るに, 堂内奉納の, 多額の, 存し, 存ずるを, 就中壺類が, 庭園の, 往々板, 感心致しません, 文史類に, 時としては, 死する由, 河原白河にしの, 為に, 現れ好んで, 直接鎌倉武士を以て, 稀には, 維乗法も, 而し, 蓄へたり, 蔵せる, 酒店に, 酸苦交も, 重複の, 長政も, 齊

▼ ものだって~ (73, 0.0%)

2 ことが, ことは, ほんとうです, 云うけど, 分って, 自分の

1 [61件] ああ沢山, ありましたよ, ありません, あるよ, いいました, いいん, いうが, いうこと, おっしゃったん, おれは, お払箱, きっとそだつ, きょうなんぞは, ここには, ことを, この子, この硝子板, しきり, しんそこ羨ましく, そういつた, だんだんなくなる, ちっとの, つまらないの, つまりは, どんなにありがたい, なくは, わたしが, サ本当に, シルクと, 云うじゃ, 云うだろう, 人間が, 今は, 仕方が, 仰有ったが, 使用価値からだけ, 半分以上が, 同じこと, 売れやしませんよ, 外を, 姉さんが, 擬物の, 昔から, 書いたし, 此の, 沢山ある, 病気を, 知ること, 私が, 私に, 美しい美しい天国, 腹が, 言いますよ, 言うん, 言う話, 話合った, 質に, 身体と, 随分無理, 馬鹿には, 鬼神に

▼ もの~ (71, 0.0%)

5 なき 4 かし 2 かなしき, 姉とて, 親方様は

1 [56件] あの音, あるなる, あれ, いつそ此處, いづれか, うつくし怨ずる, おはすら, かくなる, かしさ, かし金, かたみに別れ, ここに, これだ, しるなる, と, とかや, なかりける, なき徐ろ, にがきいのち, もったいないと, やと, らは, コーイノルオルロー, 世は, 五年十年の, 仕樣模樣, 出でよ詩人, 勿体ないと, 天地た, 尼の, 屈せずし, 山伏たちの, 年頃日頃片時, 彼ら自ら唄い, 我なる, 日本軍は, 明日は, 松澤の, 死んでも, 母さまに, 涙に, 無きという, 無き朧月, 犢牛の, 田丸先生も, 眼交に, 知るでまず, 紀にも, 組織活動によってこそ, 羅馬に, 老いての, 萌え出づる時, 詮ずれ, 誰か, 護らせる君, 非難の

▼ ものなどを~ (71, 0.0%)

2 並べて

1 [69件] うらやんだもの, かごの, このん, して, する, するくらい, そう誰, ときどき見せ, とりそろえて, ぶら下げて, まぶしさうに, よく読ん, 不残, 乱読し, 二人の, 体に, 何時まで, 作ります, 使用する, 供えて, 供へて, 信じも, 出して, 厳しく注意, 取る例, 取出しては, 口に, 同一世, 噴き上げる山, 堰きとめて, 売りながら, 大きな柳行李, 大分写し, 大分描い, 大急ぎで, 妨害した, 始末し, 愛読し, 手あたり次第に, 拝見し, 携へて, 数々持っ, 書いてを, 望んで, 煙に, 立てる, 膝の, 裝並べた, 見せて, 見まして, 見ると, 見るの, 見れば, 言うて, 読み漁ったこと, 読むと, 読んで, 読んでも, 讀む場合, 貰って, 買い込んで, 買っても, 贈って, 都合三十枚ばかり, 附け竹, 集めて, 雇い今夜, 風呂敷包に, 食物に

▼ ものまでが~ (71, 0.0%)

2 みんなそれぞれに, 一緒にな

1 [67件] おたがいに現世享楽, かえってわずかな, ことごとく腹, この国境, この島國, そこに, その一揆, その渦中, その眼, その美, ただの, できかかって, とかく誤り, はやりだすもん, やれ狂介権助丸儲け, エグモントの, 不意に, 休み茶屋や, 何もかもただ, 何等君, 依然として区別, 出来て, 取り残されて, 召集され, 同じ仲間, 吐息と共に, 宿方の, 平気で, 平然と現われ, 彼の, 必至の, 怖いもの, 惹かれて, 感情と, 招かれた, 持ちこまれて, 採録され, 放免の, 旅人の, 時節の, 最後には, 梁の, 次第に退い, 死ぬ前, 殆ど信じられない, 気障で, 無上に, 生き動く物, 皆七顛八倒, 真剣に, 瞞され, 知らせた, 私にと, 細々と, 総立ちで, 聞えて, 見つけられたの, 記載され, 賤民の, 逃げるの, 逆説の, 雑然と掛けならべ, 非人を以て, 面白いか, 面白い不思議, 飛んで, 黙認される

▼ ものなども~ (69, 0.0%)

11 あつた 5 あった 3 ある 2 あって, ありますが, あるが, そのまま出た

1 [42件] あったであろう, あつて, ありました, あります, あんまりはかばかしく, こっそり読ん, これが, しばしばあった, そこに, その例, だんだん多く, できる, むしが, もう私, よろしく必ずしも黄金色, 上演され, 作られます, 出來, 多く論述, 大概は, 大笑いを, 宋國へ, 実に清新, 少しは, 尠く, 居た, 度々朝鮮, 往々に, 後に, 御覧に, 心配し, 意外に, 早や, 無論ありました, 狙わぬらしい, 科学者の, 稀れ, 芥川などが, 読み反, 讀み反, 陳列され, 面白からう

▼ ものすべて~ (68, 0.0%)

2 によって愛し

1 [66件] から宮本百合子, がそこ, がその, がどこ, が一様, が失われ, が寐入, が幼, が情熱, が情血, が流通無碍, が消え失せ, が消散, が涙, が満足, が珍しい, が相, が着席, が私, が草, が豊か, が身, が黴, この問題, この山椒魚, であった, ではなかつた, なつかしい思い出, に幸, に課せられた, に露, のあんな, のはかな, の交通一切杜絶, の他人, の共有物, の女, の構成要素, の美しい, の自然, はっと魂消した, は古色蒼然, は彼女, は恐怖, は灰色, は転, むさぼりくらうこと豚, をおどかし, をかなぐり棄て, を人質, を六時堂, を利用, を剥ぎ取った, を大事, を宥められ, を投げ込んだ, を焼いた, を破損, を置去り, を許す, を金, 固より, 始めてでない, 尽く絵, 思ひ出, 珍しく面白かった

▼ もの或は~ (68, 0.0%)

2 千曳の, 又毒龍, 怪鳥の, 氏が

1 [60件] ある意味, すすんで, すべてに, その細部, それに, もっと古い, ゲエテの, 一歩を, 一般の, 之を, 二頭立ちの, 個性的な, 全体馬と, 卑俗さに, 双方の, 同種類, 天才的な, 婚礼の, 家長の, 小屋掛と, 嵐の, 平かな, 彼が, 彼自身の, 得意不得意な, 恐る之, 愛し尊敬, 慈仁なる, 探偵小説としては, 文学, 新しい白木, 時代的な, 林の, 椅子に, 殆ど副産物, 毒悪なる, 氏, 求められて, 演劇の, 無意識に, 無智, 片々だけに, 犯行の, 狩野風の, 獰猛なる, 皆無でない, 神の, 繊細な, 罪に, 自然その, 自然を, 舵の, 装飾的な, 訴えとして, 貧困縷衣に, 鈍ったもの, 間に合せ的な, 青年の, 麗衣美食を, 黄或は

▼ ものあるいは~ (66, 0.0%)

2 苦悩に

1 [64件] おそすぎる, お寺へ, かえってそれ, これか, これより, さらに, その家族等, その打撃, その液汁, それに, それみずからが, それを, むしろ民衆, もう少し大きい, ものの, キセルを, 一切の, 一般に, 上から, 不規則な, 世間と, 並び行なわるる, 五感以上に, 個人的に, 単に面白い, 名前さえ, 命よりも, 多少憎らしき, 夢想の, 字の, 宗教を, 小量の, 嵩ばりて, 思想や, 悪漢に, 掘りかえし掘りかえすもの, 数学の, 日常生活に, 日本の, 朝鮮南部地方に, 木炭ペン毛筆等で, 林間の, 溜めても, 無定形に, 物好きから, 男女平等論風な, 短くし, 腰を, 自分に, 自転車の, 若さ, 若狭ものの, 薄いもの, 解し得ぬもの, 記事の, 記憶に, 貧乏し, 避け逃, 都合悪い, 野猪の, 長い女, 隊を, 雑誌あるいは, 靴を

▼ ものにでも~ (66, 0.0%)

5 触るよう 3 お成りなされ, すべての 2 登らない限り, 触れるよう

1 [51件] あたれば, いびつの, さかなにでも, しよう了簡, なって, ばけられること, ふれれば, ぶつかつ, めいめいの, 乗りかけたの, 人間学という, 今は, 仕上げること, 会えば, 出っくわしたよう, 出會, 出来ますかという, 出来ること, 助けて, 化けられるへんそう, 厭な, 執り付いて, 妙に, 対いあう, 巡り会ったよう, 当り散らして, 彼女は, 感心する, 打たれたよう, 打の, 振向かない, 捉へ, 收録できなかつた, 朝の, 相当面白く, 秘密の, 窯切れの, 筆を, 紛れること, 絶對祕密で, 自分が, 舌鼓を, 見えないの, 触ったよう, 触った時, 触れて, 触れられるよう, 触れる時, 追いすがられるよう, 逢いますよう, 頼らない限り

▼ ものかね~ (65, 0.0%)

4 これは 2 八, 君

1 [57件] ああ, ああ助かった, あしただ, あの爆弾, あやしいじゃ, あゝいふ商売, い, いなかに, いやらしい, ええ君, おかしいたって, お前お母さんに, お前の, お前子供を, お帰り, お徳さん, お母さんは, これも, せいぜい安く, そんなこと, ちったあ, て音, なに構やあ, ほんとにあんた, まあいい, まあ宜い, よく目, ゑゝ, フ, 上等で, 今の, 今度は, 仏様だって, 会議, 健康な, 側から, 冗談ぢや, 千住が, 君に対して, 好い気, 妙齢でございます, 屹度出来や, 御常談, 悪い事, 悪らしい, 歩いて, 死にゃあ, 私に, 私は, 組合の, 行燈じゃ, 見ず知らずの, 親孝行の, 解ったかい, 解つた, 辻番の, 遠慮も

▼ ものとしても~ (65, 0.0%)

4 差支ない 3 その加害者, それが

1 [55件] あの武右衛門, いいが, こういう品位, こうまで, このしょざいない, この優秀文明, これこそ, これには, これまでの, さる異国人, そういうもの, そう考えられぬ, その公算性, その国産物, その本人, その水脈, だ, だそれ, ともかくも, ともかく今, よませる必要上あと, ゴムが, ローシュ, 一種の, 云々, 亦取り上げられる, 人と, 何れも, 何時からの, 余りに変, 余り好い, 僕等に, 其の心, 又は永田氏, 友の, 基本的方向から, 女だ, 女子の, 存在の, 彼女の, 持って, 既にこういう, 松千代様は, 此の, 決してその, 犠牲が, 産業全体を, 私は, 経験される, 自分は, 自分自身の, 舟木くんが, 認められ果ては, 長いあいだ, 首肯ける

▼ ものかな~ (63, 0.0%)

132 この上, アと

1 [46件] ありがたいおば, あゝ, おぬし, おれは, これ必ず, こんな手, こんな演説, その獲物, その頭脳, それは, ひとまず是公, もしや男, もつとも私, やにっこい大名, よいわ, よしそれ, わが威力, われは, アお父さんの, アなど, アー, ア俺なんか, 且つ其調, 何さま親父殿や, 何とかし, 何故そんな, 其處まで, 君, 大店の, 女護が島の, 彼は, 御世は, 御前そんな, 御言葉, 御許し, 我あの, 我等に, 我等御, 晩かれ, 欅が, 此山崎町へ, 汝は, 父親に, 而て, 西八條を, 辭書編輯の

▼ ものでござる~ (63, 0.0%)

97 が, よ 32 かな, て, のう

1 [31件] か, かのう, からな, か明智光秀, がああ, がお, がお供, がただちに, がなに, がもとより, が一風呂, が世捨人入道雲水, が今, が今度國許, が以後, が唯今, が大洗, が御, が故に, が記念, ご安心, つまり親戚, と打付けた, なんかと, な野郎頭, の, 何卒折, 御主人, 故にいささか, 母上, 貴殿の

▼ ものわかり~ (63, 0.0%)

24 よさ 9 のいい 7 のよ 3 のわるい 2 のよい, の悪い

1 [16件] がい, がわるく, のし, のした, の好, の悪, の早い, はよい, もよく, やア, よいという, よくなった, よくならね, よくなる, よく手, よく手ぎれいに解決

▼ ものばかりが~ (62, 0.0%)

4 動いて 2 並んで, 残って

1 [54件] あつて, あり越えた向う, いやそういった, いるの, うようよし, そのあたり, ならべて, ならんで, のこって, ふは, ふわふわと, シヨウヰンドウ, 一船に, 不思議に, 今は, 他の, 伝つてゐる, 出來, 出来たに, 割合を, 半ば封建であった, 坊主に, 多いよう, 好ましかった, 押し合って, 文学たるべき, 棲みそして, 次から, 死ぬの, 残りましたのよ, 残ります, 残ると, 殖えて, 殘つた, 殺人手段に, 永く残る, 湧き立つて, 濁流の, 熱意と, 生まれて, 眼に, 知るわびし, 空しく写つて, 続いては, 美くしい, 自然と, 見えて, 見える北国, 見るべき内容, 言ったこと, 重な, 集められて, 高い趣味, 麻の

▼ ものまでも~ (62, 0.0%)

2 遽かに侯に

1 [60件] かけつらねて, きちんと綴じ, こうやっ, こっちから, さんご, その筋, ない, ないの, のりと, まじえて, みな洩らさず, ようやく取入れ, 一と, 一緒に, 三味線に, 与へらる, 与八は, 互いに打ち明け合った, 今は, 入れれば, 其名称を, 出て, 分け距, 加えると, 加へる, 勘定に, 卓見が, 受けて, 含めての, 含められるだけ, 喜んで, 失わねば, 奪い取る, 寫して, 小春の, 巧に, 御懇情, 心を, 必ず一応そこ, 捨てて, 捲かれて, 故小橋市長, 明らかに, 時に湖, 棄て去らなければ, 毒に, 水面に, 焼けるに, 男とか, 発揮する, 皆キラキラ, 見えたさ, 見えて, 見るのに, 説明する, 讀まずに, 責を, 金に, 離し得る限り, 鱗の

▼ もの好き~ (62, 0.0%)

2 だから, な, な人, な群集, は甘い, は辛い

1 [50件] から, から冗談半分, が新しい, だ, だと, であったひと, でいらっしゃるし, でそして, でなくては, では, で染めたもの, で淡, で言うん, で赤道直下, で長く, とかころがり込む, との區別, と冒険, なの, なもの, ならば, なるお, な性質, な日本人, な有閑階級, な詩人, な話, な都会娘, な銀座マン, な間, な飲物, にこんな, にどんな, にもしろ, にもわざわざ, に助勢, に私, ね, の人々, の人気, の学者, の家霊, の弟たち, の心, の江戸ッ子, の私, はありません, らしい眼, をする, を笑い

▼ もの~ (60, 0.0%)

3 がある

1 [57件] いろ, いろいろある, があつ, があり, がお, がその, がなつかしく, がひとり, がわざとさうするやうにも, がガラ, が三人互, が主, が取り返し, が數, が眼, すなわち種々, その起原, であって, とを相手, と一緒, に喜, に對つて, に較べ, のほか, の卑劣, の噂, の総称, の習慣的, の言葉, の説, の趣向, の野性的, はあんなに, は人, は全く, は実に, は決して, は秋, もあっ, もあった, も之, も本当は, よ, よりもつ, をきつく, を借り, を加, を意味, を除き, を集める, 一方軽々しく, 変化は, 悉く然らざる, 悉く皆, 更に選ぶ, 送りました, 預けるの

▼ ものによ~ (59, 0.0%)

2 つて, つてこの, つてその, つてでなけれ, つては, つて維持せられる

1 [47件] つてあらわれた, つてたと, つてひき出された, つてわれわれを, つて一つの, つて一番幼い, つて七録の, つて他, つて代られる, つて作られ得る, つて充さるべき, つて前の, つて動物から, つて取, つて受ける, つて四十箇村を, つて報いる, つて多くの, つて天と, つて存在では, つて客觀的に, つて巧に, つて感激させられる, つて揺すぶられ, つて擁護者は, つて支配される, つて文学の, つて根本的に, つて此は, つて為さるべき, つて生産せられる, つて直接仕事に, つて知られる, つて統一された, つて肝腎の, つて自分を, つて舞台的成功を, つて華楊の, つて行はれる, つて補はれ, つて見える, つて規定され, つて認識される, つて造られる, つて選ばれた, つて限定さるべき, つて非難される

▼ ものをば~ (59, 0.0%)

2 この一つ, 他の, 悉く抛ちし

1 [53件] いかでか, ことごとく送り, そうでない, その一, それに, もらわないに, イイダいたく, ジャックドウォラシーヌが, 一切の, 一斉に, 互に知り, 今まで, 健全に, 偶然的な, 列の, 初めから, 印度人は, 却って人間以下, 却って吾, 原稿料は, 取り繕いも, 單に, 喰べ, 属せしめるべきこと, 屬せしめるべき, 形式法則に, 彼によって, 彼によつ, 思わずし, 意識し, 我は, 我未だ, 拳もて, 持たざるべし, 持っとるの, 政治上に, 文芸に, 最早君等, 柳と, 止めて, 正確な, 歴史家は, 毎年取り, 汝と, 特に生, 畫工と, 社会的見地から, 種々の, 縦様に, 腰に, 見た事, 負は, 通り越して

▼ ものあらん~ (58, 0.0%)

282 ことを, と

1 [26件] か, か今日, ことが, しかもその, といえ, とす, と予想, と記録所, にはたとい, やし, やである, やぼく, やフレデリック大王, や事実, や余, や哀れ, や基督, や彼, や神, や罪, や誰, や鳥獣, 吾輩かつ, 噫, 歟, 請ふ恕せよ

▼ ものそして~ (57, 0.0%)

2 あなたも, そこに, それが, は二人, 一切の, 三角形の, 常に一つ, 最後に

1 [41件] あの時おまえ, あんなに固く, いはば, いわば不可分, おのれの, この区別, そのため, その両面, その或る, その結果, それは, ね貴方, やがては, 一緒に, 一行一行が, 世界という, 九州の, 今書きつ, 何か, 何となし, 何処かに, 到頭カラコラム映画, 危く言葉を, 川へ, 恐ろしげ, 懺悔には, 文学としては, 曲がりなりにも得, 最も良き, 根源に, 残りの, 現在得, 瓶は, 生きかた, 眞に, 真に存在, 着々仕事, 硝子を, 老父が, 頑固な, 魅力的な

▼ もののみを~ (57, 0.0%)

2 残して, 見て

1 [53件] つくり一刻, もって, 事と, 他方の, 作って, 作ること, 作ると, 先験的に, 写す限度, 列べる陳列館, 友と, 取ったが, 取り出して, 取り道藏, 取扱いそして, 取扱つた朱彝尊の, 取扱ひ, 受入れんと, 呼ぶの, 射あてるもの, 尊重する, 得んと, 感じたの, 我々の, 持って, 持つて, 挙げるならば, 掲げたの, 握るか, 摂取し, 撮る傾向, 数へて, 正当づける, 求むる必要, 病的に, 確実に, 礼讃し, 蓄え小学校, 見せしめよ, 見ても, 見ること, 観察し, 言ったもの, 記して, 記るし, 許容し, 選み出し, 選んだの, 選んで, 集めたもの, 集めたるは, 顧みたこと, 養い残り

▼ もの~ (57, 0.0%)

32 の中, はすべて

1 [50件] から氣, がおのれら, がこれ, がみんな, が共産主義, が区別, が嫌がりました, が誰, でそこ, と共に滅ん, にちょっと, にも, にわざと, に分ったら, に對, の久左衛門, の云い, の悲しき, の悲しみ, の無数, の熱情的, の紹介, の結論, の言動, は, はいう, はぎょ, はしかし, はそれぞれ別, はなお, はみな, は一升, は二人, は僕ら, は再び, は少ない, は悉く, は政府, は眼, は矢代一族, は笑い, は農業, まで, まで民さん, もかれこれ, ももう, も事, も亦, も午後, を急がせ

▼ ものゆえ~ (55, 0.0%)

1 [55件] あまり褒めない, いささかで, いやしくも団体, ことごとく差別, このまま頂戴, この本能, これと, これにも, これは, これを, その人物, その分, その団体, その習性, それでそれ, それを, たいていその, たとい改良, できるだけは, どことなく住心地, ひたすら多年, ひょっとしたらやはりお, まずはご, もし先生, 丞相は, 亡き高, 人物も, 今後人間の, 今日の, 今日真理と, 何んな, 全体としては, 六角へ, 動物の, 勝敗いずれに, 厳敷いわば, 取り敢えず御, 名刺の, 善悪の, 喧しく申す, 夫の, 差別に, 恵瓊どのの, 掌の, 櫓櫂も, 死ぬる, 殿の, 母が, 無論一種, 猿も, 生殖作用の, 生物学を, 自然科学と, 途中の, 銘々にて

▼ もの~ (55, 0.0%)

2 が何と, ぞ, にだ, もの生活

1 [47件] か人倫, か今日, か徒為, か来, がこの, がすき好ん, がそれでは, が入る, が引受ける, が生め言うた, が盜, が目, が着る, が知っ, が調節, が食っ, しもそう, ぞ人世, ぞ何れ, ぞ地, ぞ天, ぞ月, ぞ風狂, だって, だってお座, だってそれ, だって姫様, だって教え, だって欠点, だって酔興, でも日々, にだって出来た, にも言, にも買えた, に貰った, のこと, のせゐでも, の上さん, もかける, もつけよう, もの目, も信, も母ちゃん, も買, も買い, れをか, を恨む

▼ ものへと~ (54, 0.0%)

5 動き行く 3 動いて, 無限に, 自己自身を 2 大きく動い, 移って

1 [36件] いう時, いえば, しかも特に, なって, ゆきますから, ポイエシス的に, 世界は, 世界を, 伸びて, 作られたもの, 創造的に, 向けられて, 向って, 否定すべく作られた, 手を, 探り入る, 推移する, 整えなければ, 水圧の, 猪突した, 発展し行く, 発達し, 社会は, 移つて行つた, 移りはじめた, 移行し始めた, 素ばやく走っ, 絶えず受け継がれる, 興味を, 転じ聖徳太子発案, 転位する, 転化し, 進みました, 進むに従って, 進んで, 高まるから

▼ もの多き~ (54, 0.0%)

3 を見 2 が如し, に及ん, の一事, は何ぞ, を見る

1 [41件] うちにも, がごとし, がゆえに, が櫻, が為め, が爲め, ことこれ司税者の, なるべし, におる, による, に似, に於, に至り, に至れ, の例, はことに, はこれ日本料理, はない, は寧ろ, は飲酒, もここ, もアイルランド, も笑う, やと尋, よりこれ, より熊楠, を, を余, を思った, を想, を疑う, を説く, を論じ, 世に, 中にも, 中は, 事を, 故なり, 模樣なりと, 由, 習慣なりし

▼ ものかが~ (53, 0.0%)

5 しのびこんで 2 あった, ある, いるの, うごめいて

1 [40件] あらわれました, あるに, こちらへ, しのび足, そういう意味, とってを, はいって, わかったら真先, わからなくなって, わからぬうち, コーヒーの, ドアを, ニューッと, ルミちゃんを, 人の, 分らぬから, 判ったと, 判つたと, 判ります, 名物の, 地の, 天候の, 存在する, 彼から, 感じられると, 慟哭する, 憑付し, 我に, 決らないから, 理解できる, 疑われる, 目に, 穴の, 立って, 自然に, 解る, 走り過ぎた, 附け加わって, 集まって, 骨身に

▼ ものずき~ (53, 0.0%)

2 な人, な美術家

1 [49件] かも知れない, からである, か慰み, がいろいろ, が行っ, じゃあねえかこの, という, とを語っ, なお医者さん, なくだん, なたち, なまね, なやじうま, なわたし達, なイギリス人, な世間, な人たち, な人間, な太閤, な夫婦, な女, な子供, な御, な心持, な気持, な男, な眼つき, な若い, な閑人, にこんな, にそば, にて普請, になつ, にも神澤子, に岡部美濃守, に従事, に来る, に燃え, の人, の人間, の心, もあるまい, もない, も手伝っ, や道楽, よ, を, 男が, 連は

▼ もの~ (53, 0.0%)

3 して 2 に振舞っ

1 [48件] が汚れ鼻, で歩きまわっ, にあばれ始める, にうけた, にかけ歩く, にされた, にした, にすん, にのっしのっし, にはしゃぎまわり, にはびこっ, にふりまい, にふる, にへばりつい, にわいわい, に乗りまわし, に乱れ咲い, に住み荒らし, に住ん, に侵す, に元, に原, に吠えまわる, に土, に安らか, に家中, に得意, に戯れ, に振舞い, に振舞う, に文学, に横行, に横領, に河鹿, に舞いくるっ, に荒しまわっ, に荒し廻っ, に行く, に遊, に飛びまはつては花, に飛びまわっ, に駈け廻り駈け廻り, に駈け廻る, の栄華, の気位, も見せない, をする, を見れ

▼ ものだったら~ (52, 0.0%)

2 何ん, 私は

1 [48件] あたしは, あるいはこの, いっさいを, この音, これからは, これは, これ幸い, さぞかしおまえ, しっかりと, すくなくとも辞書, そうむざむざ棄てなかったろう, その組立て, それは, そんなあいまい, どうしよう, どうでしょう, どこかの, なお愉快, なんという, まだしもどうにかいくだろう, わたしどんなに, ナアとか, ワトソン君, 一二三四でも, 中には, 二人とも, 今度こそは, 何でも, 僕は, 其組立てに, 凡ての, 医師は, 君は, 四大も, 如何します, 彼は, 承認したくない, 昔は, 正成の, 殆ど即座, 無駄足だ, 百畳の, 科学の, 第一, 自分の, 自己防衛として, 非常に, 鰊には

▼ ものについての~ (52, 0.0%)

2 ゴーリキイらしい, 感覚が, 言葉なき

1 [46件] お世辞, ことも, ものであり, メモに, 以上の, 作者の, 価値の, 前時代的, 勘ちがいが, 名前で, 問題などが, 基本的態度を, 客観的な, 御注意, 心持, 心構えといった, 怨みの, 意識を, 感じかたは, 感想も, 感慨を, 態度も, 批評に対して, 新しい文学的要素, 既存の, 最初の, 根本の, 現代の, 理解が, 理解に対して, 疑問である, 知識である, 知識にさえ, 知識法則の, 称呼だ, 絶えざる関心, 考えかたも, 複雑極, 試論, 話題が, 論議に, 諸理解, 謂わば, 趣味を, 通念, 頭の

▼ ものについては~ (52, 0.0%)

1 [52件] あきらめて, あとで, あなたも, いろいろ書けるだろう, お豊, かなりに, きわめて浅薄, これを, そういう点, そういう順序, その全体, それよりも, ただいくら, ただ必要, ともかくぐるりの, なにも, なんら記録, ひっくるめて, ふれないなぜ, またあと, やはり分裂, 一物も, 何も, 余りよく分らない, 僕らは, 充分な, 先に, 別に根本的, 卑下し, 博士は, 和算家は, 多くは, 大哲人, 実に無, 平時に, 形式論理における, 後で詳しく, 文字で, 日本人は, 沈黙する, 洩れなく活字, 無感動, 特にそうである, 特に面倒, 理解し, 盲目で, 私の, 種々の, 精密に, 聊か特殊, 自分で, 近頃出版

▼ ものまたは~ (51, 0.0%)

2 より完全, 婦女子の

1 [47件] おそらく吾, これが, これを, すぐに, その混淆, ために, ユーモアや, 一番沢山の, 一見識あり, 信ぜざるもの, 偽りの, 兼用され得る, 地方の, 尊重せられた, 希望を, 当夜に, 当時の, 情死し, 意志に, 成語を, 文字のみを, 旅泊の, 本家の, 朱塗の, 歴史時代に, 汁気の, 淡紅色の, 演劇芸術を, 漢訳仏典を, 燃焼的な, 特に人類, 特殊の, 現時の, 病原を, 百桝洗いと, 研究会員より, 美服の, 老人に, 育つもの, 自分の, 自己に, 角皿などで, 訳するの必要, 読むもの, 賭けものであった, 隣の, 領主への

▼ ものを以て~ (51, 0.0%)

4 して 2 これに

1 [45件] これらに, したるは, し遠, すと, するより, 一組としまして, 之に, 何の, 充たされるよう, 全く動向, 其本来の, 到底財政上, 刻々に, 受けたる害, 多数を, 多數, 大いに活躍, 大に, 天の, 定められて, 宣伝する, 山神田神の, 幽秘神異, 幾つかに, 座の, 或る仕組まれた, 授く, 新しい概念, 最も驚絶駭絶, 最も高尚, 欲を, 汝を, 治療法と, 満足し能わざる, 終つてを, 自らは, 荘厳に, 蜜房を, 製造され, 説明する, 諸君は, 議員と, 賤しい, 適者と, 集まる

▼ もの~ (51, 0.0%)

2 俳句, 濡れたのに, 然り

1 [45件] あしきこころ, いい品, いけず凡作, おおいなる田舎町, かわりぬ, があたらしく, がいきいき, がいつの間にか, がそれ, が買う, が酔, なから, なつかし, な上げて, な其の, な嫌, の夢, は水, をびっくり, 乾, 十尾前後を, 各, 味方です, 売って, 夜店に, 嬉しく人, 小樹, 悲しく憂ひ, 持っといで, 斃る, 新規まき直しである, 枯朽し, 武器を, 混同し, 異なる, 直ちにその, 砕くと, 碎け森, 祀らばや, 竜骨あり, 美し, 聞えるよ, 貴女の, 通じて, 除て

▼ ものにしか~ (50, 0.0%)

4 過ぎない 2 すぎない, 思えなかった, 描き現, 見えなかった, 過ぎないだろう, 過ぎなかつた

1 [34件] して, でき上がらないでね, ならない, ならないわけ, なりません, 値しなかったの, 判らずその, 判らない小説, 取扱は, 当るまい, 思えない, 思えぬこと, 思えません, 思はれないから, 思はれなくな, 思へぬこと, 思われないの, 感じられないの, 感じられなかつた, 感じられなくなるの, 手を, 目を, 考えられない, 考えられなかった岩倉, 聞えて, 見えない, 見えないがね, 見えないでしょうよ, 見えなかったもの, 見えなかつた, 解さぬ私, 誰も, 過ぎないの, 過ぎなかったろう

▼ ものかといふ~ (49, 0.0%)

9 ことを 3 ことは 2 ことが, ことに, やうな, 考へは

1 [29件] ことだ, ことについて, そこの, やうに, イメージを, 事が, 事については, 事を, 凡そ論外, 勢だつた, 好寄心, 実験を, 後悔焦燥に, 思ひが, 態度で, 根本の, 気が, 決意と, 疑ひが, 相談を, 絶望に, 自信は, 言は, 説と, 質問を, 野暮な, 鉄則を, 顔付, 風に

▼ ものじゃが~ (49, 0.0%)

2 どうしてまた, 今では

1 [45件] あせん, あせんか, あの辺, あるかないか, あれじゃ, あれは, あゝ仕方, お一つ, ことしは, この頃日本, さてそれ, しかしその, そうする, そげな事, そげな時, そなた, その後倖せあっ, それでもお, それでももう, それに, それも, つまるところそこ, どうした, どうじゃろう, なかなかそうは, むくろ, やいの, わしも, わしら二人は, アサガオが, 不器用を, 今の, 何でも, 八郎太殿は, 如心軒が, 年を, 放屁走, 病気すっ, 社寺仏閣の, 群がって, 育ちざかりじゃ, 良え, 貴公の, 電車の, 飲み人

▼ ものとな~ (49, 0.0%)

11 つてゐた 9 せり 3 つたのは, つて行く 2 つた, つてし

1 [19件] これは, さむと, せり愛せら, せるか, せるが, せるなり, つたそして, つたと, つたのも, つた此は, つた殆ど, つてから, つても, つて居ります, つて燃え, つて現れた, つて表示され, 思ひそ, 思ひぞとて

▼ ものにとって~ (49, 0.0%)

2 一つの

1 [47件] いいこと, かつての, かなりの, きわめて自然, この上, この儲かる, この時間, この空間, その芸術, なおさらである, なにより, なんの, また彼自身, ヨシ子の, 一流の, 人間的にも, 今の, 今日に, 個人的な, 光明と, 十年という, 多少の, 大きいよろこびであり, 定めし不, 容貌の, 必要な, 急務の, 現在ほど, 理性の, 甚だ心許ない, 益する, 知りたいこと, 窓を, 第一, 結論は, 絶対的な, 翔ぶという, 脅威であり, 自分達の, 見のがし難い, 論を, 趣味以上では, 避けること, 防波堤の, 革命を, 顔の, 魂や

▼ もの~ (49, 0.0%)

6 の心 2 のよう, れを

1 [39件] から独立, から獨立, から私, があくまで, が雄文勁筆, には身, に於, の, のま, のもの, の三十一年, の作品, の偏愛, の側, の心眼, の思ひ出す, の舌, の言葉, はいくら, はしきりに, はどう, はなん, はほとんど, はもう二度と, は一種自己忘却みたい, は人, は仮名, は宜しく, は彼, は忘れる, は所帯, は旅, は王者, は繁, れアレース, れ其むかし岩窟, れ正に, を一応, を苦しませる

▼ もの~ (49, 0.0%)

2 ある事

1 [47件] あの座敷牢, いつも同じ, うっとりと, お犬様, お近さん, かなり長い, この家, この山牢, この支那, じっとし, ずっと分らなかった, ずっと續, その村, そんな肉, どうして暮らし, どんなに数々, にはあの, には落雷, には随分, にぼんやり, にわたった, に世界中, に名高い, に段々, の, の悪, の惡, の苦悩, ぱったりと, ひとりぼっち, ぼやぼやと, もう妾, もがいた末, をさまよい, 乾き萎れ病み伏しました, 呼ばれて, 寄ると, 押しこんで, 放つて, 籠って, 育ちかけ, 虐げられ続けて, 言いふるし, 読みたい新聞, 降りつづいた梅雨, 食べるもの, 黙って

▼ もの~ (47, 0.0%)

5 二は 4 三は, 二種は 3 二に, 二の 2 一の, 三に

1 [24件] 一は, 三には, 三の, 三号は, 三字余りに, 三種は, 三章が, 九の, 九は, 二には, 二其内容より, 二十は, 二号は, 二字余りに, 二章が, 二部は, 五は, 八が, 八として, 六天の, 十は, 四が, 四に, 四は

▼ ものごし~ (46, 0.0%)

2 といい

1 [44件] からどこ, がやさしかっ, がわたし, が伸子, が妙, が柳, でそう, で立ち上っ, とはこの, とを持っ, と可憐さ, などがいかにも, にあった, にいたる, になっ, には寸分, にも暗い, によって多く, に私, に見える, に駿介, のしずか, のなまめかし, の中, の初々し, の沈厚, の男, の穏, はあたりまえ, は二十年前, は田舍町, は素子, は駒井, も良家, や口調, をした, をもって柔軟, を取らね, を失うまい, を見まもっ, を見る, 態度の, 手に, 服装の

▼ ものつまり~ (46, 0.0%)

2 人間の, 属性の, 自分の

1 [40件] あのいまいましい, あの人たち, いままで, そのころ, その作品, その成文律, ともかく当然に, なんと云, は息子, オレの, テーマは, 不十分な寝, 世界観の, 二つが, 人間が, 人間を, 何かの, 商工業として, 女を, 心理的リズムの, 恋人だの, 恋愛という, 感想録の, 憎み能わない憎, 政治という, 文学の, 映画と, 時代感覚を, 智能の, 沢井の, 治水事業の, 滑稽の, 犯罪教唆罪として, 生きること, 私の, 紳士荘の, 習慣に, 苦労性な, 顔つき起居振舞声の, 鮎の

▼ ものについても~ (46, 0.0%)

2 さうである, 何ものも

1 [42件] いえること, いろいろの, かなりな, この程度, そういう根本的, ただ喜ぶ, また同じ, もう少しいつ, やはり同じ, よい氣, メリメと, 一通り述べたかった, 云える, 亦世間的観念, 今では, 伸子の, 何も, 同じこと, 同様です, 同様な, 同様に, 問題は, 地方によって, 彼は, 得るところ, 思いを, 我々を, 書かれて, 武蔵は, 深く考慮, 現代は, 現在いる, 疑問が, 皆目無知, 真面目に, 社会についても, 私たちには, 考えます, 記して, 説明した, 起るよう, 連関し

▼ もの必ずしも~ (46, 0.0%)

2 之れなき, 故意を, 犯人の, 秩序の

1 [38件] その文筆, みな名作ならず, やさしいとは, 不幸でない, 世論な, 主観的文学と, 乙の, 事実では, 亡びず正しき, 今必要, 価値ある, 力なし, 古物でない, 君子ならず, 命短から, 哲學の, 売行きの, 大勢小勢には, 大国に, 失望する, 寺院に, 常識では, 幸福でなく, 感心し, 栄えずこの, 楽しく美しいとは, 構成性を, 正しくない, 深いとは, 無用とは, 無謬, 皆同, 筆を, 美しくは, 美味で, 自信の, 英雄ならず, 起訴する

▼ ものにおいて~ (45, 0.0%)

6 自己同一を 2 あらゆるもの, 存在を, 時々過つ, 滅ぶ者, 私の, 私は, 結合せられた, 身体を

1 [23件] さへ, さへも, すべし, そうである, その, その傾向, その用いる, ただおる, やさしく現われる, 何らの, 何等の, 出会は, 初めて具象化, 問題に, 外的感覚の, 外的感覺の, 形成する, 成就される, 滅び得るという, 滅び得るといふ, 現はれる, 自己に, 自己を

▼ ものはと~ (45, 0.0%)

4 いえば, 云えば 3 いうと 2 つくに, 三行に, 厭な, 言へば

1 [26件] いへば, きくと, こしへに, しごろ, びかかつて来る, まる駅, 云解なら, 伸子の, 問うた所, 問はれ, 尋ねると, 打棄, 申す有様, 私は, 竹槍は, 考えながら, 聞かれても, 見ると, 見回しますと, 言うと, 言ったところ, 言つた, 訊かれたら些, 質されると, 辞退したら, 遠慮し

▼ ものかとも~ (44, 0.0%)

7 思われる 3 思つ, 思はれる 2 思われます, 思われるが, 考へられる

1 [25件] 危ぶまれわれ, 存じまする, 心配する, 思いもっと, 思う, 思うが, 思うの, 思った, 思つた, 思ひます, 思ふが, 思われた, 思われたり, 思われないでも, 思われるの, 想像されない, 推測せられる, 疑った, 考えたくなる, 考えて, 考えられぬこと, 考えられる, 考えられるの, 考へて, 言ふ

▼ ものとのみ~ (44, 0.0%)

9 思って

1 [35件] それが, 云い退けられるもの, 交って, 信じた後, 僕の, 存候い, 安心し, 心得候と, 思いつめて, 思い込みどうも, 思い込んだ叔父, 思うから, 思うなら誤り, 思つてゐた, 思つて友達の, 思つて居た, 思ひ込み張り裂けるやう, 思ふから, 思ふて, 思ふなら誤り, 思へりし鯛, 思へる人, 思召さばそは, 愛を, 手合せを, 独りで, 独り合点し, 皆思っ, 考えられて, 考へられる, 見て, 見ること, 見るべからざるもの, 解して, 解する人々

▼ もの~ (44, 0.0%)

4 を覚え 3 のついた, の中 2 がつい, のなか, の趣

1 [28件] あらざるべからずと, あるもの, ある者, えて, からであった, がつく, ついたころ, ついたとき, ついた四つ五つ時分, ついて, ついてからでも, つくと, つくにつれて, というもの, に並べ, に銘記, のつかない, のつく, のひねくれた, のよれる, の奥, の平地, の日向葵, はことごとく, を動かし, を動かした, を潤, 附くと

▼ ものからは~ (43, 0.0%)

2 なれて, 来ない, 自由に, 遥かに

1 [35件] あのとき, ある程度動かされ, いちじるしい距離, およそ縁遠い, かすかに, そうした種類, なれた大きな, なれやしないでしょうと, ほとんと, ほのかに, 一種の, 之を, 何か, 何らの, 凡そ六年半を, 大変な, 完全に, 思うよりも, 愛されたいという, 新しが, 時間は, 殆ん, 汲めども, 活力の, 火の手を, 特殊民の, 生れて, 程遠いただ, 縁遠い筈, 脱けられない, 超越すべきです, 遠くなった, 遠く単に, 離れる私, 駄洒落なぞと

▼ もので無い~ (43, 0.0%)

5 ことは 3 以上は 2 のである

1 [33件] かと思う, からそれ, からである, からには何, から初め此, から慎重, から文芸審査, から此方さ, ことも, ということ, という事, といふ, としてゐる, とは云い得られない, とわかつ, と予て, と云, と思う, と断言, と諦念, のかも, のだ, のに空, まして夜, やうな, ように, 事件が, 半ばただ, 唯感ぜられる, 婦人の, 當り, 知つても, 貴方を

▼ ものみな~ (43, 0.0%)

4

1 [39件] あつと, いぶせし, がしっくり, がその, がどんなに, が動い, が夢幻泡影, が目, が重苦しく, この茶見世, この類, その声, その好, は涙, まだ濡れ, もろし, もろし尊きもの, よろこびと, を封じ込めぬ, を腐らす, 去ると, 同じ咎, 喜ぶ, 必ずこ, 愛し, 懐しく悲しみ, 消え去り, 淡くさわやか, 深い沈黙, 滅びはてた後, 滅び永く, 珍しい蛮土, 砕くより, 絶えよ空, 親し善き人, 超理的, 速くうらがれ, 遠く渚, 酔えるが

▼ もの屋号~ (43, 0.0%)

43 を示す

▼ ものでありました~ (42, 0.0%)

2 がその

1 [40件] か, から, からいい, からお, からかえって, からもし, から忽ち, から悲哀, から政雄, から然, から自然歴史上, がお, がこの, がそのある, がそれ, がそれぢ, がそれでも, が今, が其莊園, が土地, が大変谷村さん, が彼ら, が彼女, が悲しい, が惜しい, が早く, が次第に, が然し, が王安石, が発句, が私ども, が非常, けれどもそれでも, けれどもそれに, けれども弁信, そうで, そして檢事, でせう, のにこの, よ

▼ もの一つ~ (42, 0.0%)

2 として新, の支柱, は個性, もあらぬ, もない

1 [32件] ぐらいしくじっ, それから, だけに優先権, だけ失った, だってわし, としてこの, としてしからざる, として人生, として史册中, として必然, として黄金, となっ, とならん, と大, ない, なり加えれ, の言葉, の鉄, は, はいまだ, は其, は町方, は葉子, は西, は農家等, は近代精神, もなし, も持っ, をも見つけた, を取上げた, 残して, 買えない

▼ ものらし~ (41, 0.0%)

38 かつた 2 ゅうござりまする 1 さで

▼ もの自身~ (41, 0.0%)

2 がそれ, の性質

1 [37件] があれ, がすでに, がその同じ, がパラドクシカル, が一体, が一体解釈, が人間, が何, が併, が元来, が完全, が実は, が常識, が時間的, が決して, が無, が生活実践, が純, さえが日本主義, なの, については滅多, に一々, に外, に対して特別, に本質的, のこと, のもつ, の内, の内部的, の名, の含む, の妻, の理論, はおそらく, は同一, は少し, を観点

▼ ものかの~ (40, 0.0%)

8 ように 2 やうに, 作説なるべき

1 [28件] いること, ごとく推定, ために, ため身体の, ギリシャと, レアリテが, 中へ, 判断にすら, 判断も, 動いて, 問題を, 外的行動ばっかりを, 大凡は, 如く他, 幻影を, 強い道義心, 思案が, 悪戯に, 手から, 手に, 捉まえ, 推定が, 本道について, 者のみ, 若者が, 見通しでもが, 重要なる, 難題を

▼ ものにと~ (40, 0.0%)

27 つては 2 つても, つて構成的な 1 あなたは, いわぬばかりの, つての, つて手数だ, つて絶對的な, 思う, 思われて, 知事市長級の, 驚きも

▼ もの~ (39, 0.0%)

14 やない 43 ゃあげえせんか 2 やあない, やありません

1 [14件] あねえかも, ぶんで, ゃげえせん, ゃげえせんそこへ, やあんな, やこれ, やと, やといふ, や一先拙者, や幸福もの, や無, や無い, ャありません, ャない

▼ ものじゃと~ (39, 0.0%)

3 思うて

1 [36件] いうて, おっしゃるん, かんたん, こころがけて, わしに, 不審に, 云うお, 云うて, 云うの, 云った和尚, 今し方申し, 仰せられました, 仰せられましたまた, 作阿弥一生の, 俺は, 反駁する, 存じ申すよ, 存ずる, 御訊ねあったれ, 思い籠め, 思って, 愚かも, 我から, 日夜神仏に, 申して, 申します, 答えた, 聞いたので, 苦々しく睨み付けた, 見現, 言わしゃったゆえ, 説いて, 説かれ説かれして, 賞められし, 路も, 隣室の

▼ ものそのもの~ (39, 0.0%)

2 がもの, に私, のうち

1 [33件] から直接, がすでに, がつまらぬ, が古い, が折衷的, が時代的, であった, でありました, である, である必要, ではない, についてももうすこし, について委員会的, には意味, に外, に就い, に於, に本来, に関してさらに, に關, のすなわち, の即ち, の属し, の根本特色, の生命, の肯定, の芸術味, はいかに, は作品, は独自, は見えぬ, をさ, を理論

▼ ものそんな~ (39, 0.0%)

2 ものが, 事は, 隙なんか

1 [33件] うれしさ, お話なら, ことあなたに, ことが, ことしなく, ことの, ことは, ことを, ためしの, のまでを, まずしげ, みだらな, ものから, ものだって, ものは, 事なぞ, 事勝手に, 人たちの, 他人行儀な, 余裕は, 化物とばかり, 御転婆, 心の, 怖い悲しいこと, 愛想づかし, 湯呑には, 自惚れなんぞ, 返討に, 遠みち, 間違った男性本位, 間違つた男性本位の, 風に, 馬鹿な

▼ ものぞと~ (39, 0.0%)

4 お咎め 2 いふ

1 [33件] いう, いはぬばかり, いわば遠き, さし覗く奧, びっくりし, むしや, 云うこと, 勿体ない仰せ, 叫びぬ, 吃驚し, 問ふ, 問われると, 堅く信じ, 宣ふ, 尋る, 御自身, 念は, 思って, 思ふても, 思わせたに, 掻き集めて, 教へ, 文芸の, 知りつ, 聞くに, 藥種の, 誡め置ける, 論究し, 諦めれば, 進め眞前, 開き見れば, 高吟する, 高説を

▼ ものだけでも~ (39, 0.0%)

2 相当の, 相當

1 [35件] いったいどの, これからきっと立派, こんなこと, どこかへ, エンゲルだ, 一本のと, 不用意に, 二十三戸を, 五つや, 何十種という, 八つの, 北海道四東北地方九関東地方十二北陸地方七近畿地方五中国地方四九州地方十七といふ, 十や, 取り返して, 四五名は, 売食いし, 大へん, 年に, 手許へ, 持つて, 故人と, 数ばかり, 既にかなり, 未だ数十, 枚挙に, 楽しいもの, 江戸城名古屋城駿府城越後高田城彦根城亀山城大津城, 片づけねば, 百九十の, 百五十体なお, 知り置くこと, 私の, 立春の, 精査したら, 颯爽と

▼ ものだの~ (39, 0.0%)

2 絶対の

1 [37件] あなたの, あんなにゴチャゴチャ塗り立ててる, およそ今日, げて, その後関ヶ原の, それを, そんなもの, つまらん物, また独り山, わざと卑しい, スキヤキを, チャンバラだの, ロシアの, ヴァージニア・ウルフの, 丸いもの, 仏様みたいな, 元結よりだの, 削った爪, 変化だ, 大根だ, 女の, 子供等は, 幾つも, 従来の, 文庫には, 新鮮な, 水だ, 滑稽な, 特別に, 白いもの, 紫が, 繪畫や, 脛に, 葭町の, 貴重品だ, 青いもの, 黒いもの

▼ ものでありましょう~ (39, 0.0%)

19

1 [20件] いやそんな, かあるいはまた, かそれ, かと言った, か一言, か棒押し, が, があなた, がこの, がこれ, がしかし, がそういう, が人, が彼, が益子, が西洋人, とも, ともともかく, 兵曹長は, 最後の

▼ もの以外~ (38, 0.0%)

2 には何, のもの

1 [34件] そして世動運行, にあり得ない, にこの, にさしあたり, にちゃんと, にない, にはない, には勞力, には外傷, には石版色刷り, には著しい, には面会, には餘, にまだ, にも多く, によつて, にレコード, に何, に出, に民間交通事業, に独立, のシェストーフ, の何もの, の何物, の実在性, の此等, の熟語法, は, はあづま根生, は人, は何一つ, は壮健, は見せしめない, 食べないの

▼ もの~ (38, 0.0%)

2 何が, 或る, 近くには

1 [32件] ある種, いくたりか, かよはい, こなた, この種, これから生まれ出る, そうしたもの, その病気, た目, のびのびと, アラビヤ文化ペルシヤ文化と, 事務系統を, 人間という, 人間といふ, 低きもの一齊, 何人も, 凶變の, 出候, 加藤肥州像は, 告げ得るもの, 天分の, 太都夫の, 実在なる, 性質の, 最も美しい, 李延壽の, 気の, 現に惹きつ, 私たちは, 種類によって, 突然悟入, 辞書なども

▼ もの思い~ (38, 0.0%)

7 にふけっ 3 に沈ん 2 にとらわれ, に耽っ, に耽った

1 [22件] から解放, しながら, ながら笑っ, にしずん, にふけり, にふける, によって置かれた, に似, に変りだした, に心, に沈みがち, に沈む, に沈んだ, に深く, のたね, の場合, の状態, の習性, はトランク, は果てし, やみじめさ, 附いたもの

▼ もの自分~ (38, 0.0%)

2 がその, のもの, も今

1 [32件] から以前, がヤアギチ大佐, が持たなけれ, が本当に, だけの領分, だってふと, だつて, で働い, に合し, のおかれ, のお金, の世界, の佳し, の個性, の力, の名声, の實力以上, の思想, の性分, の腹, の自由, の行為, の頭, はかりに, は一度, は今, は年, より高い, をほんとに, を支え, を生ん, を静か

▼ ものとに~ (37, 0.0%)

2 分けて, 分れる

1 [33件] い何, どれだけの, わけられて, 二分に, 共通な, 分ける, 分け又, 分たるべきであって, 分ち前者, 分れた, 分れます, 分れませう, 分裂した, 分裂する, 分類した, 別れた, 別れると, 区別した, 區別する, 圧倒された, 存外共通, 対照し, 属するの, 岐れ, 平等に, 於て, 明らかに, 本当に区別, 満ちて, 疲れたフランシス, 論なく, 跡を, 震えながら

▼ ものいい~ (36, 0.0%)

32 じゃない, をする

1 [29件] おしだ, がつく, がへん, が交, ことだけが, さ, でしょ, でしょう, で五六本銚子, で係構, で門口, と唐突, と思う, ながら遠慮気, なり, の渋がち, は歯, ぶりや, ものでありません, も温和, わ, わと自分, わね, わねえ, をし, を許し, 下駄や, 味の, 言葉は

▼ ものであったなら~ (36, 0.0%)

5 ばそれ 2 それは

1 [29件] その男ぶり, たとえ不成績, と志村, ばかく, ばこの, ばそこ, ばその, ばその間, ばそれ等, ばただ, ば人間, ば単に, ば危機突破策, ば否, ば実際, ば当然, ば未来, ば空間, ば規矩整然, 一行には, 今日私たち女の, 僕の, 其れ, 夫人は, 役人から, 彼は, 恐らく私, 私は, 芸術として

▼ ものでございまし~ (36, 0.0%)

63 て人 2 てな

1 [25件] てあの, ていま, てそう, てその, てそれ, てそれ位, てたしか, てとてもとても, てね, てねどちら, てもうこれから, てもそれ, てもの, てわたくし, て唯, て将軍家, て早速, て昔, て本日, て無理, て真如, て私たち, て色彩, て重ね, よう

▼ もの甚だ~ (36, 0.0%)

7 多し 2 多しと, 少なからず, 少なくし, 希れなり

1 [21件] すくない, 価直なく, 多い, 多いが, 多かった, 多かつ, 多くし, 多く之, 多く俗, 多く大野原, 多し希臘神話, 妙ならず候え, 少い, 少からず, 少く多く, 少なく卒業, 尠なき, 微々たり, 稀である, 稀なり, 衆けれ

▼ ものと共に~ (35, 0.0%)

1 [35件] あつた, こ, この事業, そして終局, その自動車, むき出しの, むしろ時代, 休暇を, 倒れて, 出発した, 即座に, 各被告人, 同じ仕事, 同一の, 命ぜられたが, 変換群の, 好個の, 学ある, 帰程に, 彼が, 時節の, 智慧ある, 暮し必然に, 消失せ, 渾沌の, 生きて, 生きも, 生き共に, 甲乙なく, 皇帝に対する, 箱の, 自ら動く, 花筵の, 記憶の, 頭の

▼ もの~ (35, 0.0%)

8 にし 2 くちに, と目

1 [23件] がある, として宇宙, として行政体統, として行政體統, として驚神, と口, ならず從つて, に群獸, に話中, の劇, の獸, は即ち, は形相他, は最も, は未だ, は河童, は現在, は蕃野, もなき, もなし, も御店, も成効, を節録

▼ ものありし~ (34, 0.0%)

3 なり 2 と雖, に時, に由る, を見る

1 [23件] が, がその, がためである, がジルケ教授, が二色摺, が其人, が半両, が局外者, が為め, が爲め, が該人物, という, といふ, と見え, は奉, は此手續, は確, やに, やに覚え, より起りし, を思へ, を知る, 事を

▼ ものかなと~ (34, 0.0%)

2 思った

1 [32件] いひぬ, いふ, いふ中, いへば, いわぬばかりに, おもう, しきりに気, 僕は, 其時は, 大いにうれしく, 大いに笑ひつ, 幾度悔い, 思いました, 思う, 思ったとき, 思つたが, 思つた程, 思わざるを, 惘然として, 感傷を, 感心し, 感心した, 感心する, 感服し, 田辺は, 秘かに, 笑はれし, 笑ひ, 考えて, 考えながら, 耳を, 驚いたの

▼ ものとても~ (34, 0.0%)

2 なかった, なく唯, 一人も, 堪忍なるべき

1 [26件] ありませぬ, ありません, いい表現, それに, ない, ない慰め, ない曠野, なくどこ, なくまるで, なく今, なく縁, ひょっとする, やり切れぬ, 一緒になんか, 入りっこないその, 出来ない相談, 少ない, 持てませんよ, 政治的地位また, 極度の, 殆ん, 痩歩蹣跚すでに, 神の, 苦しゅうない, 見られますもの, 遅れて

▼ ものながら~ (34, 0.0%)

2 第一印象

1 [32件] このごろ読んだ, この一生, こんなよい, その精虫, その題材, それだに, それは, それを, どうかこう, ふけ性にて, ほかならぬ, ぽって, もとの, やはり専門家, 今は, 似た品, 何とあそばす, 先年久政の, 同じ人, 塹濠を, 大膳職の, 心の, 時代を, 此頃読んだ, 民選議院の, 氣の, 沙に, 流石に, 火, 私が, 脱出の, 腹を

▼ ものばかりの~ (34, 0.0%)

3 ように 2 なかに, ような

1 [27件] お客します, この竹の台, つもりです, どこに, もので, やうな, やうに, ようだ, ようだった, ようであった, ようにも, ゐる世界, 世間でない, 中に, 周囲を, 旅で, 無邪気で, 現世である, 理窟で無い, 結果に, 群衆の, 集りでは, 集合だ, 集合では, 露店が, 露店の, 静物撮影にのみ

▼ もの~ (34, 0.0%)

4 少なからざる 2 之れなき, 其の一大原因, 大に, 少しと, 少なからざりし, 少なきに, 必ず文士, 此特質ある, 閣下より

1 [12件] た一個, なきに, 同じ, 善く標置, 多し, 少からず, 此病に, 花を, 記憶力に, 随つて熱心到らざる, 隨つて熱心到らざる, 鮮から

▼ もの~ (34, 0.0%)

2 ある限界

1 [32件] しも共に, ぢや, では立派, なお多く存, にし, の客人, の彼, の待合, の火事騒ぎ, の西洋, はかえって, はた何, はみな狂, はもう, は党人, は我, は蕪村, は野生の, は非人, は黨人, まですっかり, までずいぶん, まで見たる, もある, もなお, 姉妹が, 存するの, 犬めが, 現われつつ, 生けるもの, 禍に, 身を

▼ もの例えば~ (34, 0.0%)

2 幸福な, 機械の

1 [30件] おひたしでも, こんな事, イワーノフなどは, コロッケの, ダイヤの, ドストエフスキーの, 一人の, 一筋の, 今日戦争に, 先年の, 光と, 土地収用法という, 声とか, 強度や, 後見人だ, 恐龍, 戸籍という, 正確な, 為されたこと, 物体は, 猿の, 私は, 秘伝の, 稲荷様の, 粒の, 葡萄その他の, 薬屋の, 薯の, 鎗一筋で, 題と

▼ もの多し~ (34, 0.0%)

4 といえ 3 という, とす 2 われは, 乃ち我輩は, 最初は, 閣下は

1 [16件] だ, と, といわざるべからず, とぞ, とて広く, と云, と雖ども, 何ぞ必ずしも独り日本人, 依之諸氏, 凡そ政党, 凡そ政黨, 我は, 書し, 然るに汝, 笑の, 蓋し甚だ矮小

▼ もの~ (34, 0.0%)

4 ひ換 3 はぬ, ひて, ひを, へば睨まれ 2 ひ, ひが, ひである

1 [12件] はじ父, はば, はば唇, はば涙, ひさ, ひの, ひは, ふなかれ, ふべきもの, へぬ, へば唇, もやや

▼ ものからも~ (33, 0.0%)

2 來て

1 [31件] お手柄, じゅうぶん想像, そんなこと, なおアラ, ふれて, まなぶという, みずからを, 免れて, 出入りという, 切り離されました, 又おのずから, 又形而上学的, 大分距離が, 夫からも, 射倖心といふ, 導かれるの, 度々噂, 強いられないで, 慣, 抗し難き, 抜け出して, 採擇, 支えられずに, 救われましょう唯一, 教訓が, 疎んぜられるよう, 聞きつけた, 起こった, 近所の, 離れて, 離れひとり

▼ ものない~ (33, 0.0%)

32 ならば, 方が

1 [26件] かしら, ここは, こと工作する, この生活, この男, し月給日, といっ, と云え, と思う, にきまつてる, ねえ, のに云々, のよ, みたい, よう書いた, わねあたい, わよ, んだ, 十方不知火流の, 名代の, 大貴族, 惨めな, 故からり, 権力者の, 自然の, 視線に

▼ ものにさえ~ (33, 0.0%)

3 なって 2 見えた

1 [28件] うやまわれもうはや, ことかく事, する, すること, なる恐れ, ふれて, まこと, 一度も, 事欠いて, 何等かの, 変って, 定まる縁, 対する反動, 思えて, 思われた, 感じさせます, 感じた, 感ぜられる, 暴行を, 欠けがちに, 深い有難さ, 特色が, 秋立つ, 美の, 聞きとれませんでした, 見え出して, 見られる遺憾, 責められて

▼ ものみたい~ (33, 0.0%)

2 だ, に

1 [29件] だつた, である, でした, でとても, なやつ, な思い上がりから, な概念, な者, にある, になっ, ににこにこ, には難解, にみる, にわあ, に出る, に呼びつけ, に大きく, に思つて, に思われ, に慴伏, に扱われ, に振り, に気長, に淙々, に温かかっ, に無神経, に硬く, に見える, に見られ

▼ もの~ (33, 0.0%)

2 の書いた

1 [31件] があぶない, がこの, が住まねえ, が悪い, が隠れ, として獣, と和らぐ, なんか殺す, につかわれ, に揉, に自分, のため, の同意, の妻, の思い, の濤, の物, の眼, の言う, は信じられない, は笑っ, は魚心水心, をバカヤロー, を人, を好く, を愛しすぎた, を救える, を教, を殺す, を迫っ駆け, を酔わす

▼ もの~ (33, 0.0%)

3 の一つ, の二つ 2 は明治四十四年中

1 [25件] と局限, に何, のだれ, の一人, の二個, の二筋, の人, の座員たち, の所有, の物質, の種類, の自然界, は, は修道院, は働きかける, は働き掛けられる, は先驗的, は内, は小売向き, は岐阜, は感官, は日乗, は郵送, へやる, より良き

▼ ものって~ (32, 0.0%)

3 なんです 2 いうと, のは, 何だ

1 [23件] いったいなん, うまいぜ, そう言う, どれかね, どんな, どんなやつ, なあに, なにかあった, なんでしょう, ものは, バックは, 一体なに, 云っただけじゃ, 何か, 何さ, 何だった, 何です, 何一つある, 区別を, 大体自分の, 姉さんだって, 童話みたいな, 貝

▼ ものよと~ (32, 0.0%)

4 思うたぞ 2 内心せ, 思へば

1 [24件] いいたもう, いふを, おもわないわけ, お喞, 云う声, 友は, 嗤われ, 子鼠の, 心ひそかに, 念じて, 思い切って, 思い実際, 思うたよ, 思うて, 思うにぞ, 思って, 思はれて, 思へど, 感心し, 拾いとりさて, 町の, 聞けりしかば, 舌を, 言ったところ

▼ もの一人~ (32, 0.0%)

2 の死骸, もなく, もなし, も無し

1 [24件] あり美しき, が犬, だにあらしめ, である, で出, で捧げる, としてこれ, とは無罪, などがかい, にかかわる, の人間, もあらね, もいねえ, もなかりし, もなかるべし, もなき, も参列, も生れたる, や二人, や二人とつ, わが前, を択び, 召捕り篤と, 残らずに

▼ もの最も~ (32, 0.0%)

2 優越なる, 多くまた, 多し

1 [26件] すぐる而, 優良な, 勝れ天使, 嚴密の, 多い, 多かるべし, 多きに, 多く続い, 多しと, 広いもの, 広く伝播, 愚劣の, 愛すべきもの, 新しいの, 根源的な, 根源的なる, 様式の, 深い劬, 清らかな, 現實的, 男くさく, 興味の, 詳なり, 賢きもの, 高きもの, 高貴な

▼ ものだったろう~ (31, 0.0%)

75 と思う 3 と思われる

1 [16件] かあるいはまた, がいま, がそういう, が一方, が園芸, が幸い, が翌年, しかも仕事, そう考える, という気, とおもわれた, と思いやられる, と考える, と言うなら, よ, 彼は

▼ ものならず~ (30, 0.0%)

2 祖先神くだし

1 [28件] かすか成といへども, かつや, といわんや, とて予, とて屡, と知るべし, と言, はて誰, ば人々, フォーカスされ, 人は, 人生は, 人生れ, 作者の, 只萬一, 唯おのれ, 幸福の, 幽かに, 松樹脂色に, 極力実地, 此園は, 此頃見し, 然る, 美くし, 美しく貴く感じられた, 義務も, 高殿を, 髯に

▼ ものねえ~ (30, 0.0%)

2 私も

1 [28件] あなた少し, あの元, おとなしくします, お婆さん又, お母さん, かわいそうに, これじゃ, そいで, そうでしょ, でもあなた, まさかお, やっぱりあたし, テコナは, 何にでも, 君責て, 咲ちゃんの, 変な, 夢は, 御隠居様, 戰爭さへ, 母様てば, 汽車でも, 沢ちやん, 生活って, 甲之助さんあなた大きく, 私は, 負けたくは, 貢さん

▼ もの又は~ (30, 0.0%)

1 [30件] もたうと, ウソの, 一九の, 人間の, 充実した, 内側に, 冬の, 劣りたるもの, 医学上の, 単に統一, 外国語等にも, 大工又は, 姿の, 形代の, 情死し, 接近した, 新奇なる, 新派の, 無趣味な, 狂言の, 相手に, 空間という, 純然たる, 結局同じ, 聞いた事, 肯定と, 自殺者行路病者なぞの, 良心欠乏無, 足りないもの, 風に

▼ ものであったら~ (29, 0.0%)

1 [29件] あとへ, いいの, いかに彼, いかに気丈, かくまで, この二人, これに, その突ぱ, それは, たまらないと, どんなによろこばしい, もともと私, アインシュタイン自身が, ヒトラーも, ヒロも, 中には, 今日まで, 仮令この世, 何と退屈, 何の, 何を, 到底この, 勿論男子, 却って子, 大学の, 形式が, 永いあいだ, 自然に関する, 誰も

▼ ものでございました~ (29, 0.0%)

52 かな, がそれ, のに

1 [18件] おやシオン, か, かしら, かなんて揶揄, かは貴方様, から, からね一時, から様子, がおかげ様, がこの, がしかし, がその, がただ, が当代, が違つた意味, でせう, な, ゆえ

▼ もの~ (28, 0.0%)

4 われに

1 [24件] ぎゃん腐った, しょうがねえ, たくしは, たくし本当に, たくし見たこと, どこに, どこの, ないわ, ねえ, ねえだよ, ねえの, ははははは, ば敬, ひびきの, 仕方がねえ, 体の, 別に珍, 剣呑だ, 宅に, 怖えもん, 有りゃしませんぜ, 正直な, 糞くらえだ, 落ってるん

▼ ものでで~ (28, 0.0%)

23 もある 3 もあろう 1 はない, も強く

▼ ものにのみ~ (28, 0.0%)

2 人は

1 [26件] あらはる, いえること, みえて, 下したまへり, 与えら, 価値を, 包まれて, 及ぶやう, 及ぶよう, 可能である, 向けられること, 固有な, 属するの, 帰して, 当て嵌めて, 心の, 心奪, 此の世界は, 特典として, 美を, 興味を, 芸術作品の, 藝術作品の, 過重な, 随う, 順応してる

▼ ものに対しても~ (28, 0.0%)

1 [28件] かれは, それから時代精神, たたかわなければ, はなはだ高き, またそれ, 事情の, 何の, 先っ, 別に何, 反感を, 多くの, 夫人は, 容易な, 常に正しく, 微かながら, 我々の, 智力によ, 正当な, 注意深くまた, 無感覚に, 無我に, 特に神経質, 相当の, 精神の, 組織的な, 興味を, 西鶴が, 適用されうる

▼ ものらしかった~ (28, 0.0%)

3 がそれ, が今 2 がここ, がその

1 [18件] から少し, がさて, がしかし, がそこ, がちょうど, がどうも, が不思議, が主人夫婦, が何, が客, が彼, が教授, が葉子, が裾, が魚, ので即座, のに不思議, ようです

▼ もの~ (28, 0.0%)

2 のこちら側, の家, はぼんやり

1 [22件] あ癪, がどんな, が幾度手紙, ちゃんと知っ, つまらないから, にいつ, にとってあまりに, にとつ, に何, のところ, の生命, はそれとなく, は様様, は殆ど, は毎晩, は自分, は貧しい, もなんか, を噛まう, を噛もう, 持ってや, 驚いちゃったや

▼ ものからの~ (27, 0.0%)

2 鋭い切断

1 [25件] はなし継ぢやがの, 一つの, 便りが, 催眠術に, 出発で, 別離を, 制約を, 勉強が, 反撥が, 収穫であった, 婦人の, 完全な, 影響を, 感想として, 抽象物な, 推理でなく, 文学一般としての, 演繹によ, 生命の, 結果な, 脅迫状が, 自由こそ, 釈放を, 離脱を, 齎でも

▼ ものとて~ (27, 0.0%)

2 人は

1 [25件] ありませぬ, これを, ございませぬ, ござりませぬ, なかりけり, なかりしか, ながめくらしつ, なく一般民, なく林野, なく見渡す, なんにもない, はござりますまい, まえの, まえ如き者, アラビヤの, 一人も, 争われぬ七両, 人間の, 何一つも, 侮るべからず無用, 寵愛は, 成し易から, 無いけれど, 無い有様, 美々しく着飾らされ

▼ ものなりや~ (27, 0.0%)

8 否や 2 と問, と尋, の問題

1 [13件] あるいは故意, という点, といはれしか, とその, の如何, の點, はた外來, 否やにも, 否やの, 否やを, 我等に, 或は他, 或は半ば歴史的

▼ ものをさえ~ (27, 0.0%)

2 含んで

1 [25件] ああし, あえて口, しみじみ感じさせられる, なお人間生活, 思い浮べて, 感じさせます, 感じさせるの, 感じた, 感じたの, 感じて, 感じないわけ, 感じました, 感じる, 感じること, 感じる事, 感ずること, 抱きはじめて, 描いて, 文学的性格に, 横取りする, 気分劇などと, 私は, 見わけ, 買って, 願望する

▼ もの少なから~ (27, 0.0%)

114 ずと 2 ざりしに, ざれば, ずまた 1 ざるなお, ずこれ, ず以, ず従って, ず更に, ぬが

▼ ものなりし~ (26, 0.0%)

3 なり, 事を

1 [20件] が, が其一部後, が其日, が嗟乎, が宋以後, が故に, が最近急, ことは, ことを, ぞ, ぞ尉官, ため呉家の, とはいえ, ゆゑ夫に, をこの, を八方, を容貌望み, を林, を米刃堂, 事は

▼ ものもう~ (26, 0.0%)

2 大丈夫さ

1 [24件] お心, これ以上よい, さびしか, ざあっと一月だ, しかたが, その馬鹿もの, そんな泥水, ぼろぼろに, やめて, わかい婦人, 一つは, 一年さきに, 二つばかり, 今ごろは, 四五回分書い, 天真じゃ, 尼に, 忘れたと, 思ひ切つて歸, 急いだって, 手も, 見ては, 買わなくとも, 足かけ五年に

▼ もの~ (26, 0.0%)

2 にことごとく, にその, 偶然なら

1 [20件] これを, にそれ威, にただ一, にひとり, によもすがら, に君, に少し, に彼等, に必ずしも, に独り文, に独り露人, ゆゑなしとせんや, ハムレツトのみ, 佐藤惣之助君のみ, 唐津に, 夫白銅一片に, 曹操と共に, 独り西楚の, 独り議院のみ, 独り院の

▼ ものそれら~ (25, 0.0%)

2 は死

1 [23件] がきっぱり, がみんな白, と一刻, にいかなる, のいかにも, のごたごた, のもの, の世界, の乱れ叫ぶ, の人たち, の国々, の家々, の性質, の悉く, の慎ましい, の横溢, の皮膚, の色, の雑多, は何, も皆, を予想, を組立て

▼ ものどこ~ (25, 0.0%)

2 がいいだ

1 [23件] かからきた, かちゃんと, かにありました, かの雑誌, か今夜, がいい, が乳, で怨み, で聞いた, にあった, にある, にだつ, にでもある, にも売つ, のうち, のどう, の隅, へでも走っ, へ持っ, へ行っ, まで積極的, まで行っ, を探した

▼ ものなどに~ (25, 0.0%)

1 [25件] あらず, うつして, かかずらって, これは, して, そういうもの, なると, なるほど, なる気づかいは, やや俗っぽい, 出演し, 固よりやすら, 對し, 就いて, 局限され, 後れを, 惹かれること, 故院, 特に愛すべき, 至るまで, 興味を, 見られるもの, 追ひかけられ, 頓着しない, 魅惑される

▼ もの人間~ (25, 0.0%)

2 の力, の実相, の心理

1 [19件] た, ってとても, って何故そんなに, として我々, と人間, と親しい, の働盛, の尊重, の幸福, の思慮, の感傷以外, の本性, の気, の生活, の行動, の顔, の食物, はもちろん, を変化

▼ もの及び~ (25, 0.0%)

1 [25件] おそらくはそれ, こと人に, この期間, そこより, その他に, その子孫以外, 一年ばかり, 一般蔬菜類それと, 中津川道などが, 之れ, 人工で, 來らんと, 僕が, 動物的な, 堂等の, 大功以上と, 妻として, 支那の, 文芸春秋と, 梵語系その他の, 浪漫的なる, 言に, 追ひ, 通詞と, 黒頭巾な

▼ もの~ (25, 0.0%)

5 かりき 3 かりしが 2 からむ凡そ人

1 [15件] かつた, からむ, かりし, かりしかど, かりしこと, かりしと, かりしは, かりしを, かりし由, かるべきは, すぎるもの, 一さん貴下は, 數を, 時忽ち, 舌する

▼ ものそう~ (24, 0.0%)

3 では

1 [21件] あろうかの, いって, おっしゃりさえ, しつこく仕返し, して, じゃなくっ, すれば, であって, でしょ, でしょう, でなくっても, でなければ, な, はいかなくっ, 云いながら, 云う限り, 分らないこと, 思いたい人, 来なくっちゃ, 注文し, 簡単に

▼ ものだけで~ (24, 0.0%)

1 [24件] あえて変化, あの新聞, どうだい, やろうっていうの, 内閣を, 前後七十五本を, 十分であった, 埋められて, 心が, 我慢を, 満足し, 満足しきれない, 満足してよう, 満足する, 滿足し, 物語を, 用を, 私達が, 老酒を, 自分元気に, 衣食し, 試験飛行を, 足れりと, 軍事的な

▼ ものでありません~ (24, 0.0%)

62 か, からね, ね

1 [12件] から, からお, からこの, から左様, から海, から私, がただ, が彼ら, が極めて, さあ取っ, し東京, よはつはつ

▼ ものとでも~ (24, 0.0%)

2 お前の, 思ったの, 思つ

1 [18件] いうの, おっしゃるん, お思い, 思って, 思ってるだろうそう, 思ってるん, 思つてゐる, 思つてゐるらし, 考えたら大, 見まちがったか, 見るの, 解するより, 解釋しなけれ, 解釋せなけれ, 言うの, 言ったほう, 言ふ, 認められて

▼ もののみに~ (24, 0.0%)

1 [24件] あらざること, あらず, あらずわが国, その効能, とどまらず原作者, とどまらない, とどめて, ほほえみかけちかづくもの, ゆるされる, 伝え伝えて, 似ること, 傳ふべき, 圧縮され, 局限し, 恩沢を, 有之, 理解さるべき, 與へ, 菩薩の, 見る浅黒い, 適用された, 限られて, 限るよう, 面白く読まれる

▼ ものへという~ (24, 0.0%)

5 世界は 4 ことは 3 ことである 2 ことでなけれ, 世界においては 1 ことが, のである, 世界でなけれ, 世界においての, 世界の, 労作的生命の, 歴史の, 歴史的生産作用として

▼ もの言う~ (24, 0.0%)

5 たびに 2 のは, 声も

1 [15件] からこそ人間, ことを, てくれへん, にさえ声, に言われぬ, ものが, よう, ように, 怪獣, 拍子に, 活動大, 者も, 花でござん, 都度肩から, 鎧

▼ ものそういう~ (23, 0.0%)

5 ものが 3 ものを

1 [15件] ことを, ものだ, ものであるべきだ, ものでなけれ, ものに, ものによって, ものの, ものは, もの全体の, 人たちを, 何物にたいしても, 女性だけが, 本なら, 間接な, 面で

▼ ものであるべき~ (23, 0.0%)

2 はずである

1 [21件] おゆう, かということ, かについて二, かは歴史そのもの, かを明, か厳密, か大体, ことを, にこの, はずが, はずだ, はずです, 事実が, 人間性を, 仕事すな, 以上これらと, 哲學の, 怨霊が, 概念や, 筈な, 道徳としての

▼ ものどんな~ (23, 0.0%)

2 ことが, 事が, 事で

1 [17件] ことで, ことも, ことを, ひでりつづきで, また阿漕, ものか, ものが, 下心が, 事でも, 偶然が, 凄い手柄, 変相を, 御馳走が, 急所を, 猛火も, 結婚でも, 苦しいこと

▼ ものに対し~ (23, 0.0%)

1 [23件] この上法律上, しばしば痛く, それ以外に, そんな事, より多く, 一層重大, 万端の, 他より, 何の, 余り勝手, 僅小な, 奨励金が, 如何に, 強いて, 必然な, 愛の, 抱いて, 日本の, 明治生れの, 第三版, 自卑し, 表現は, 表面の

▼ ものはね~ (23, 0.0%)

1 [23件] あまり言葉, おしの, きみの, たいがい損する, ついホホホホホ, つまり真人間, なんの, ほかの, まだ自分, もうあたし, ジム君や, ホラこうして, 人間て, 嘘を, 地境いから, 始めから, 年の, 持参の, 新さん好きでない, 日に, 自分の, 見物の, 身を

▼ もの~ (23, 0.0%)

1 [23件] おっとりし, がうまく, と申す, にはすべて, によつて, に威張れる, に自分一人, に阿, のいろいろ, のおっつけ, のよく, の片面, の真相, の見方, の起こり, をいつはり, をよく, を一寸, を善意, を大きい, を苦, を荒立てる, を逆

▼ もの少から~ (23, 0.0%)

92 ずと

1 [12件] ざりき, ざりしなり, ざるも, ざるを, ざる今日, ずあつ, ず事顯はる, ず其筆頭, ず存, ず悲むべ, ず此, ず然

▼ もの少し~ (23, 0.0%)

4 もなく 2 締まるが

1 [17件] くらゐ, ささえられると, でも自分, とせざる, とせず, はのんびり, は思い, は相好, は解っ, もそれ, も有り, も気, わかった, 位は, 余計に, 紅色を, 醉つて下さらなき

▼ もの持っ~ (23, 0.0%)

5 て来 2 ている, てき

1 [14件] ていた, てこなくたっ, てっ, てて, てみ, てやしない, てやしません, てやはったらしい, て帰っ, て来い, て来た, て来なくっ, て来なさい, て行かなくっ

▼ もの笑い~ (23, 0.0%)

4 になっ 3 の種 2 のたね

1 [14件] だ, だぞ, であろう, です, ですよ, となろう, にした, にならなけれ, になる, になるであろう, にもなりましょう, にもなる, に相, を重ねる

▼ ものかい~ (22, 0.0%)

2 この妖怪

1 [20件] ありがたいお, ありゃ雨, お天気, お天気さ, これは, さあ勝負, その今, てしまっ, て扇ひき, どうか早く, 俺は, 厭だい厭だい, 叔父さんは, 地震除だ, 志摩だ, 男が, 盗児と, 逃げろ逃げろ, 馬鹿, 鼻かんで

▼ ものどうして~ (22, 0.0%)

2 えいやら

1 [20件] あの人形, お前さん夜稼ぎなんか, これが, こんな稀有, 一家族四人も, 世間で, 名古屋へ, 女は, 学校の, 持ちかえったの, 汽車に, 治れるもん, 泣かないで, 渡るどころ, 病人の, 眠れましょう, 私唄えます, 置いて, 食べるかぐらい, 驚かずに

▼ ものなんぞ~ (22, 0.0%)

2 疾の, 足許に

1 [18件] あるかないかくらい, あるもの, おあずかりした, ですが, とてもできません, どうする, ないのよ, なんにも見たく, ゐやしない, 久しく民間, 使あねえ, 入らん, 持って, 書いたこと, 物の数にも, 私は, 見て, 買つて來たら

▼ もの~ (22, 0.0%)

2 は実は, れあらむ, を吾, を称し

1 [14件] が人々, が古典, が所謂批評家, が文化, が空間, なり, は一面, は何, は形式的, もけい古, れ有りと, を人々, を私, 有りとも

▼ もの~ (22, 0.0%)

4 らしさ, らしそう 3 らしげに

1 [11件] らしいから, らしいぞ, らしいのよ, らしいコルシカ人, らしい一団, らしい風物, らしくて, らしくとうとう, らしく喜んだの, らしげ, らし気

▼ もの~ (22, 0.0%)

2 成功し

1 [20件] あった, この水, すぐれた作品, それが, つまらない好奇心, どうにも動かし, 傷ましいもの, 其多くの, 其擴がる, 利き目, 彼の, 愚かな, 敬意を, 益々患者, 益堕落させたい, 脅迫観念を, 自在でない, 良いと, 複雑に, 論理学的に

▼ ものでございませう~ (21, 0.0%)

841 あなたの, かと反問, かひと, かほん, かみ, がついで, なあ, 遠くから, 重たげな

▼ もので御座います~ (21, 0.0%)

2 な, よ

1 [17件] かな, から, からその, から全く, から父親, か露, が, がこの, がどうぞ, がね, が害め, が家, が昌作叔父さん, が私, ねえ, もの, 許婚の

▼ ものとしてしか~ (21, 0.0%)

2 問題に, 存在しない, 把握されない

1 [15件] あり得ない, 受取りがたく, 実際に, 意識されず, 把握されず, 描き出せなかったという, 現れないか, 現代人の, 理解しない, 理解しなけれ, 理解の, 聞えなかった, 見なさそう, 解決されない, 評価出来ない

▼ ものなかりし~ (21, 0.0%)

3 が如し 2 が故, なり, に此川, のみ問題, を以て彼 1 がその後, がエキステル一人, が元, といへ, のみ, より當時, 故使, 為築地路地裏の

▼ ものなぞは~ (21, 0.0%)

2 皆それを, 遠慮なくその

1 [17件] あまりに卑小, ことにそれ, それを, そろそろ単調, ただの, どうでも, ない, ないの, なくつて, レファインされない, 一つも, 一人も, 世にある, 太政官の, 数え切れないほど, 積まれて, 食べないので

▼ ものもしくは~ (21, 0.0%)

2 それを

1 [19件] その主潮, それが, それに, より以上深刻, 以上の, 以後の, 何等かの, 単に表面, 大に, 対照すべき, 少年に, 支那の, 政治的目的意識によって, 昔通りの, 普遍原理的な, 歴史を, 現在眼に, 甚だ不鮮明, 第二次的

▼ もの以上~ (21, 0.0%)

2 に力強く

1 [19件] であるか, な樂しみ, にどれ, には詳しい, に切実, に強請る, に本当, に深い, に物的交通, に非常, に面白い, の二つ, の光度, の或, の生々し, をもっ, を与, を私, 築土

▼ もの~ (21, 0.0%)

2 使用下さいませ

1 [19件] つかハ, 不自由は, 入用の, 城下では, 奉行様の, 寵愛は, 心に, 来会も, 溜りコボシが, 病気は, 祝言の, 膝に, 談し, 贔負様を, 近所の, 迷惑でも, 酔興か, 隠居さまで, 養子に

▼ もの悉く~ (21, 0.0%)

1 [21件] がその, が明るい, が有料, が気, に其の, また集合, みどりといった, 内属す, 双の, 天使の, 天国に, 感激を, 戦場か, 珍しいの, 白きが, 石と, 自ら異あり, 苦悶の, 荒れはてて, 薄烟, 變じ

▼ もの知らず~ (21, 0.0%)

4 識らず 2 識らず発し

1 [15件] で歩い, というの, といった感じ, な小, な性分, のよっぽど, のマタ・アリ, の地位, の智, の無法, の私, の糞度胸, の若殿, ほど厄介, を悲しむ

▼ もの~ (21, 0.0%)

2 てゐる

1 [19件] きくに, こくって, ちゃいけない, て, ていらっしゃい, てきた, てどう, てはうれしき, てゐ, に行, のやう, の役, をした, 度さで, 度さに, 遊山という, 高い市女笠, 高い諸君, 高く推

▼ もの~ (21, 0.0%)

6 りである 2 であつ, りが, りだ 1 である, りだつた, りであ, りですよ, りで俳優, りで其上, りで絢爛, りに, りほし

▼ もの~ (21, 0.0%)

1 [21件] が悦ん, が炬燵, だ, である, である労働者, にも云っ, に別れ, に納得, の住ん, の喧嘩, の間, はさんざん, はもう, は貨車, への遠慮, も鳥達, よ喃, を喜ばせる, を思はない, を恐れ, を羨ませ

▼ ものかに~ (20, 0.0%)

2 つまずいて

1 [18件] せもの, ひきつけられて, ふれると, へやの, むこうずねを, 向かって, 吸いつけられ河童頭, 囚われて, 夜すがらな, 憑かれたよう, 押しつけられでも, 気を, 相違ない, 蝕まれつつ, 見える, 迷って, 追いかけられて, 追ひかけられ

▼ ものたり~ (20, 0.0%)

2 しに, なげに, ません, 侯は, 而し 1 しある, しこと, しを, ず新しい, ない思い, ない感情, なかつた, 得ないこと, 得る, 得る唯一

▼ ものでしたら~ (20, 0.0%)

2 同じ値段, 妾は

1 [16件] お買上げ, さっさと次, それっきりになんぞ, どうぞ夢, みんなは, わたくしだって, わたしは, 何とか御, 使いの, 初めの, 多々ある, 必ずこの, 戦争の, 文部省とか, 直ちに医師, 私は

▼ ものどう~ (20, 0.0%)

3 したって 2 だっていい

1 [15件] したがい, しや, しようが, しようどう, しようも, すること, だつて, でもええ, なったって, なろうと, にでも弁解, にもならない, 考へ, 考へたつて歸ら, 見たって

▼ ものならぬ~ (20, 0.0%)

2 美しさ

1 [18件] あやしい美しさ, いぶし銀森は, ことは, ことも, 不思議な, 妖異の, 威力が, 平和と, 感じで, 放射光を, 特権, 美しい世界, 者が, 貴い気配, 貴い氣配, 貴さ, 醜悪さが, 金柑の

▼ ものを通して~ (20, 0.0%)

2 無限な, 見たかの

1 [16件] であって, 一つの, 一種の, 主体を, 何か, 初めて現実, 多くの, 大友を, 天上の, 太陽に, 実際表面, 御つきあいいただい, 日本の, 未来に, 父の, 非常に

▼ もの~ (20, 0.0%)

2 の足, は男

1 [16件] が適し, ってへん, というもの, と見える, なら誰, にあらず, の, のそういう, の乳, の夫, の生活, はこういう, はこんな, は三従, は三界, は何時も

▼ ものあの~ (19, 0.0%)

1 [19件] おやじが, むすめ, 下手人が, 人が, 人間豹の, 勘の, 壺は, 子が, 子だって, 子の, 子は, 宮門から, 有名な, 犬の, 甘い, 町の, 腹が, 野戦病院から, 頃から

▼ ものかしら~ (19, 0.0%)

5 んと

1 [14件] いやいやそんな, せめてもう一, そんなこと, でもあんな, ない, なるほど女, んなんぞと, 妙な, 東京にだって, 生にも, 相当な, 系図の, 赤外線男の, 針の

▼ ものずくめ~ (19, 0.0%)

2 だ, である

1 [15件] がつい, でし, でまるで, どう見, ななり, のかっこう, のなか, の丸木, の大男, の御免安, の料理, の氏, の着物, の衣服, 薄いものずくめ

▼ ものそれから~ (19, 0.0%)

1 [19件] あの柔和, それと, もう一つ, ガラパコを, ドイツの, 乾した菓物, 人造肉を, 以内には, 個人的な, 兵形勢といふ, 大皿の, 御上の, 稀らしい, 羽ばたき出ようと, 脱ぎ捨てた着物, 色は, 衛生試験所とか, 超短波, 長崎を

▼ ものといった~ (19, 0.0%)

3 のは, ほうが

1 [13件] あんばいで, その白い, ような, 具合に, 処で, 感じの, 景気が, 理由から, 表情が, 途端何んだ, 顔つきで, 風に, 風采

▼ ものなぞ~ (19, 0.0%)

2 では

1 [17件] あそばして, ありがたく受け取っ, ありません, あろうはず, いう彼等, いう念, いう新しい, いろいろありまし, それらの, である, どれも, 一枚だって, 出して, 家の, 書いて, 無かった, 縫うこと

▼ ものなどの~ (19, 0.0%)

1 [19件] した時, 一向手薄, 一時的に, 中には, 事故が, 内部の, 創痕を, 報告を, 影が, 散らばつて, 散佚した, 癖な, 発見も, 興行の, 見方は, 観念が, 誂は, 財宝が, 陰影を

▼ ものばかりに~ (19, 0.0%)

2 なって, 気を, 限られて

1 [13件] そだつて, なった, なったので, なり其さ, なると, なるの, 候, 力を, 好意を, 惑は, 決めるかと, 眼を, 見えて

▼ もの二人~ (19, 0.0%)

3 や三人 2 も三人

1 [14件] ありたり, あること, ある如く説けるも, がパリ, が寝しずまった, で三冊, で喰, のひと, は三日目, は同じ, は旅, ばかりを手伝わせ, をし, 見受けた

▼ もの同志~ (19, 0.0%)

2 の連関

1 [17件] がより, が互, が互に, が如何, が殊に, こんなこと, だでな, で, で暮らす, の心情, の手紙, の旅, の話, の間, を掛けあはせ, を掛けあわせ, 親しい口

▼ もの夫婦~ (19, 0.0%)

1 [19件] だよ, っていう奴, でございまして, でたとい, ということ, というところ, というの, という感じ, という表現, という言葉, という譬, といふ言葉, とでも言います, と人, のよう, の譬, は一生懸命, は工場, は遠く

▼ もの実に~ (19, 0.0%)

1 [19件] かくの, しつこく実に, まどろこしく, 三十に, 五万余人根井大, 其父を, 十万余人, 厭な, 夥多なりと, 寂しそこ, 平戸における, 彼らの, 文豪ゴンクウルを, 此革命なり, 王の, 私も, 芝居と, 見事な, 露国の

▼ もの~ (19, 0.0%)

5 の婆さん 2 などに何

1 [12件] があった, が並ん, で通っ, にはいりました, の主人, の消息, の窓, はあった, はまず, へ行っ, へ行った, を漁り

▼ もの必ず~ (19, 0.0%)

2 多からん

1 [17件] この手紙, これを, その原因, 不幸に, 五六十人あるべし, 何らかの仏教寺院, 多かる, 奇怪の, 幸福を, 悦んで, 我に, 斬新奇警人を, 日出を以て, 漁せん, 猟せん, 終りあるは, 良き品

▼ ものここ~ (18, 0.0%)

2 にある

1 [16件] が大いに, できょう, で少なくも, にあります, において衆客, におる, にかへらん, に大賀弥四郎, に尽きる, に来た, の案内人, へつれ, へ二人, もテーブル, をはなれかねる, を根拠

▼ ものさえも~ (18, 0.0%)

2 ある, なかった, 人間の

1 [12件] ない, ないで, なお行, もうほとんど残っ, 全く無い, 史上その, 嘘を, 御同情, 掠奪を, 望まれた, 止めて, 無かった

▼ ものたとえば~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなたを, この間野原で, すべての, ねずみなら, クサリ鎌や, ビルディングの, ベートーヴェンの, 今の, 作文や, 友情恋愛等については, 小さな籠, 彼らと, 教育社会文化等については, 槍薙刀弓矢の, 火鉢とか, 焜炉の, 絵心の, 蔓荊の

▼ ものであるらしい~ (18, 0.0%)

2 ことは, ことを, のだ

1 [12件] からである, から亜砒酸, がその, が歌詞, ことだけは, こと皇居に, と云った, と思召, にもかかわらず, のである, のは, や

▼ ものでないなら~ (18, 0.0%)

2 そこに, ば, ばその, ば修辞学, ば私 1 ばそれ, ばそれら, ばたとい, ばまた, ば何故, ば彼等, よほどどうかし, 私は

▼ ものでなかつた~ (18, 0.0%)

2 ことは, ことを, に違, のである 1 かと思ふ, からだ, ことが, ことに, ことも, なぜならそれ, のを, 事だけは, 事を, 故に名

▼ ものなけれ~ (18, 0.0%)

2 ば, ばなり

1 [14件] ばこの, ばさ, ばすなわち, ばその, ばわれ, ばマルコ, ば俗, ば寂寥さ, ば弥生, ば新奇, ば此間違, ば独立ち, ば獣, ば畢竟

▼ ものにおいては~ (18, 0.0%)

2 許されること, 過ち得ないこと, 部分は

1 [12件] この種, その反, なおさらであっ, ア段の, ウィッグワム, 主観的な, 多くは, 實在する, 必ずしもそうでない, 時間性に, 歴史が, 死亡は

▼ ものみんな~ (18, 0.0%)

1 [18件] いつもあんなに威勢, おなじだった, が同一, が狡猾, その事, とどうして, に閉店, のもの, の心, はパリ, 何もかも子, 取出して, 悪い, 持つて, 燃えるん, 燃しちゃったん, 聴いて, 遣い切って

▼ もの一切~ (18, 0.0%)

1 [18件] がしょんぼり, がなつかしい, が不満, が明るく, の存続, の望み, はことごとく, をそれ, を凍らせず, を危険, を含めた生きた, を容赦, を掲載, を掻き集め, を揃え, を敵, を鏡中, を集め

▼ もの今日~ (18, 0.0%)

2 にあり

1 [16件] が今日, こそは逃がしません, では佐竹, のいわゆる, のよう, の大, の御, の歴史家, の經濟的不平等, はこれ以上, はそこ, は中村珊玉様, は実に, は結構, までに数十人, も私

▼ もの全く~ (18, 0.0%)

1 [18件] その感覚, つまらず槍, 世の常の, 人里離れた, 人間と, 人間を, 充実した, 参って, 呆れて, 孤立し, 愚民の, 我に, 火事は, 無意味な, 無為に, 生い立ちを, 知らないの, 虚妄なる

▼ もの同士~ (18, 0.0%)

2 の間

1 [16件] がそれぞれ, がつまらん, が一つところ, が持つ, であやまち, にあけ渡し, のすむ, のクラブ, の同性, の左膳, の手持無沙汰, の打ちあけ, の深い深い, の組, は更に, やったら

▼ もの~ (18, 0.0%)

2 に無心, のみか揺れそよぐあり, を助

1 [12件] ありき今や, とともに神, に命じな, に対する異様, に手向, に来れ, のみにてはなかりけり, の坐しけり渇く, は掻き, を兄弟, を涼し, を見れ

▼ もの~ (18, 0.0%)

2 も多く, を知らず, 知れず

1 [12件] あり, うれば, う可, においてはこれ, をしらず, 知れず世界, 知れず米友, 知れず諸所, 知れない, 知れぬほど, 知れぬ有様, 知れぬ程

▼ ものあっ~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] てお, てこれ, ての中枢, て列車, て化け物, て左膳, て必ず, て意気, て早朝, て焼野, て益, て而, て誘う, て読み, て飽くまで

▼ ものいみ~ (17, 0.0%)

2 生活の

1 [15件] が明ける, で此, で門, と関聯, の意味, の標, の遺風, はさ, は何れ, は此外, は非常, をし, 中は, 生活に, 生活を

▼ ものかしらと~ (17, 0.0%)

2 一度二階の

1 [15件] あたし思いました, いったこと, いつも考え, ためらって, ひどくややこしい代数, 始めて, 思うところ, 思はれるやう, 思ふ, 感心した, 案じて, 気づかわれる, 瞬間矢代と, 胸の, 途方に

▼ もの~ (17, 0.0%)

4

1 [13件] ざりましょうか, しだ, しの優しい, しの凛々しい, しの面長な, しも, しもどことなく, しも噂, ゑあまた, 会釈は, 佩刀などは, 家老さまの, 迷惑でもござりましょう

▼ ものたらしめる~ (17, 0.0%)

3 ものは 2 ためには

1 [12件] ことが, ことは, ために, ための, と共に然し, と思う, にたる技術, のである, まで感動, 力な, 必要の, 筈である

▼ ものであり従っ~ (17, 0.0%)

3 てそこ 2 てまた, て起らない 1 てかかる, てこれ, てこれら, てこれら諸国, てそれ, てわれわれ, て之, て彼, て新しい, て私

▼ ものでござん~ (17, 0.0%)

54 すからね 2 すかだ, すが 1 すか, すからせっかく, すからそれで, すからとても

▼ ものでねえ~ (17, 0.0%)

2 そんなこと, ぞ

1 [13件] かハハハ, この騒ぎ, これお, そこで商売上, みっともない, みっともない他, みっともない親子, ものが, ような, んだ, 何か, 男の, 親子じゃ

▼ ものとさえ~ (17, 0.0%)

4 なって

1 [13件] あなたが, いわねば, なったの, なるだろう, 必ずしも相応, 思えた, 思われる, 眺められた, 考えたくなるの, 考えて, 考えられて, 考えられる, 言って

▼ ものなるべし~ (17, 0.0%)

1 [17件] と, といえ, といふ, とて中, との注意, との見解, と云, と信ず, と言えり, と語られけり, など入らぬ, 先生には, 帝国議会の, 換言すれ, 此時將軍には, 水音の, 鹿兒島市附近に

▼ ものへは~ (17, 0.0%)

1 [17件] それぞれ褒美を, ほしいと, 一日も, 何か, 内密に, 副長以下大尉以上の, 嗜虐的に, 大手を, 媚薬を, 成るべく近づかない方, 手も, 手を, 村からは, 権利を, 決してお, 白いソース, 返辞も

▼ ものらしいです~ (17, 0.0%)

6431 からねミソ, があの, がこの, なあ

▼ ものわが~ (17, 0.0%)

2 如くし, 目に

1 [13件] あこがれを, やれば, 世に, 半球より, 可愛い仔鹿, 最も忌嫌, 死を, 父は, 眼に, 船客と, 荷風文学も, 血筋をも, 顏に

▼ もの云い~ (17, 0.0%)

3 をした 2 をする

1 [12件] がいよいよ, が幼い, しずかな, なども穏, にあい, にさせた, に狐疑, に紀久子, に赫子, のある, の簡明率直さ, もごく

▼ もの仕方~ (17, 0.0%)

13 がない 1 ありませんわ, がありません, なく一時, はねえ

▼ もの~ (17, 0.0%)

2 が夢, は茶室

1 [13件] が参考, である, で今日, どうして汝等, の地所, の意志, は所詮, は紅海, も, も一斉, も八方手分け, を鼠, 呼び寄せ小さな

▼ もの凄い~ (17, 0.0%)

1 [17件] いつも私, ばかりの墳墓, ロマンスは, 世界だろう, 塔の, 声が, 山道を, 幽霊らは, 有様の, 死闘の, 経験が, 經驗が, 虞れ, 輝きを, 静寂の, 音響が, 風の音の

▼ もの~ (17, 0.0%)

1 [17件] さ廿八人囲を, なるもの, へんなち, むねは, メロドラマだ, 匙一杯と, 匙一杯ほどを, 嫌ひ, 応大徳の, 教正を, 根太木飛塵馬蹄大屋裏住平, 笑せぬ, 變な, 部分芸術的な, 都劇場の, 酒の, 鉢を

▼ もの新しい~ (17, 0.0%)

2 ものの

1 [15件] もの, ものが, ものだ, ものと, ものとも, ものに, ものは, ものを, 享楽を, 住居に, 印象を, 民主的な, 気分だった, 活動の, 経験を

▼ もの足りない~ (17, 0.0%)

3 気が 2 ような

1 [12件] から, やうな思ひ, ようだった, ようにも, 一日だった, 一種の, 心持ちも, 様子だった, 気も, 気持が, 淋しいもの, 部分は

▼ ものあなた~ (16, 0.0%)

1 [16件] がお, がどん, って人, なんかこそ腰, に捨てられ, のもの, の前, の御, の顔, はあたし, はきっと, は嬉し, は御存じ, もそれ, も一つ奮発, を横

▼ ものいろいろ~ (16, 0.0%)

1 [16件] あった, あります, あるが, あるの, だからね, でありました, とある, と人, と心配, な声, な形, な程度, の事情, の形状, 七ツ道具が, 自分の

▼ ものこそが~ (16, 0.0%)

1 [16件] ジャーナリズムな, ヨオロッパの, 前二者, 勝義に, 却って常識的, 実は又, 客と, 最も重大, 最初の, 本当の, 某事物, 歴史的行動な, 統計だ, 蒙昧人に, 解釈の, 進歩的でなけれ

▼ ものこんな~ (16, 0.0%)

1 [16件] いいところ, いやな, ことが, つまらない類型的, ひどいこと, ものさ, 事を, 内職なんかで, 処とても, 場所では, 情けないこと, 晩には, 有難いこと, 芽出たい, 遠方の, 風に

▼ ものごころ~ (16, 0.0%)

3 がついた, のつく 2 がつい 1 がつく, が着い, ついて, ついてから, つかんうち, のつくじ, もつかない, を揺り醒まされ

▼ ものすらも~ (16, 0.0%)

2 あった, 日に

1 [12件] あったと, ありました, ありませんよ, ないの, なかった, 一軒も, 始終神経質, 子は, 思ひ浮ばなかつた, 手にとって, 捨てるに, 郎女の

▼ ものそこ~ (16, 0.0%)

1 [16件] い断食, から成育, から持出した, から白い, ですね, にモジモジ, に住みつ, に真, に私たち, に転機, に集まる, はどちら, へお, へ三つ, へ揃え, をハッキリ

▼ ものにたいして~ (16, 0.0%)

1 [16件] つまりこれから, ひどく架空, 不思議な, 人が, 人類全体を, 兄の, 少しの, 彼の, 意地悪い, 感謝し, 新しい友人ら, 日本の, 最も厳格, 最も意識的, 絶対的な, 鋭敏な

▼ ものまでを~ (16, 0.0%)

1 [16件] いつか心身から, とるに, よく模, ブック・レヴューと, 一ヵ所に, 共に伸, 勘定すれ, 含めれば, 失ふといふ, 妻は, 引きくるめて, 微笑ましい素直, 擧げて, 放縦に, 死なすには, 頼んで

▼ もの一同~ (16, 0.0%)

2 が互に

1 [14件] こうして門前, に夜中, に振舞酒, に白パン, の新しい, はそこ, は声, は炉ば, へ向っ, もまた, もやや, よりより, を樋橋, 広い囲炉裏ば

▼ もの乃至~ (16, 0.0%)

2 は, はそれ

1 [12件] あり得るもの, は戦争, は明清, 写生写実さ, 合一する, 同一なる, 日本精神の, 本格的な, 由之氏の, 社会哲学的な, 貫徹そのものを, 隱れたる

▼ もの~ (16, 0.0%)

2 しか見当らない, に単純, に思っ 1 でこの, にお気, にしか考えられ, にて意, に思う, に考へられ, に考へる, はどうにか, はもつ, ゐにしか

▼ もの例へば~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの, ペンである, 二十年も, 先だつて, 光と, 兵の, 學生, 宇津保物語に, 家庭に, 爲された, 物體は, 石垣を, 藝術的宗教的などが, 虎が, 親を, 賀茂真淵の

▼ もの更に~ (16, 0.0%)

2 なし, 水底を

1 [12件] それを, イポリツト・テエヌの, 一人を, 今日に, 仔細に, 家庭を, 或る, 普遍なる, 独楽師に, 稚きもの, 種々の, 闇夜の

▼ もの~ (16, 0.0%)

3 はしく, ひに 1 しく運八翁, はしい, はしき身, はしく叫ん, ほしいまでに, ほしい一陣, ほしい弾力, ほしい指, ほしい気持, ほしくはた

▼ ものいや~ (15, 0.0%)

1 [15件] すでに実現, ぢや, でいや, です, になっちゃう, はてに, はや此, もつと, んなった, ドラマを, 寧ろ怖い, 心を, 怒るかな, 白いの, 魚類いや

▼ ものおよび~ (15, 0.0%)

2 これを

1 [13件] フィロソフィカル・トランサクションに, 乾いたもの, 単独行, 原著者から, 戦功に, 日本画でも, 最も下等, 椋という, 特別の, 知るところ, 神的なる, 結婚前の, 自ら実地につき

▼ ものごしで~ (15, 0.0%)

1 [15件] いいわけ, おあり, その人, にこにこし, もりっぱ, コーヒーと, 三十回も, 云ひ, 何がを, 叮嚀に, 固い表情, 素子の, 自分で, 良心を, 茶盆を

▼ もの~ (15, 0.0%)

13 なは 1 ぐそばにあるようなさっかくをおこしたのだ, ツく

▼ ものする~ (15, 0.0%)

1 [15件] あい図なる, あひ, こといと, こと為す, そのつながり, とは全く, には丁度, のだ, のと, ように, 人は, 字はと, 時に, 書も, 私の

▼ ものただ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お茂, このごろふっと, に地上, の一とき, の半, の形式的可能性, ひとり故, われ一人のみ, 一組駈, 不思議な, 合図の, 実証的精神に, 書くこと, 自然そのものを, 魏の

▼ ものださうで~ (15, 0.0%)

1 [15件] あとの, これによ, これより, その巡査, その様子, その橋, その海蝕, どんなに気, 封を, 役者皆大, 心理学者に, 真か, 禅師は, 速力を, 頃日箕山さんは

▼ ものでありたい~ (15, 0.0%)

3 と思う 2 と思います 1 ことは, といふ, とする, とも念願, とも思っ, と希, と彼, と思ふ, と願つて, のである

▼ ものでなかろう~ (15, 0.0%)

42 と思う 1 かとは僕, かと疑い, が周章, ということ, と予察, と土, と思います, よき師匠, 筈は

▼ もので御座いましょう~ (15, 0.0%)

121 あなた様の, かいやいや, といった

▼ ものとでは~ (15, 0.0%)

2 同じ大き

1 [13件] かなり表現, これは, そこに, その映画俳優, その本質的, もうちがい, 一町から, 仮令その, 変化の, 常に天, 接近する, 選択や, 音が

▼ ものなんて~ (15, 0.0%)

3 何も

1 [12件] あるもの, いなかったですもの, とても戴け, ないでしょう, なんにもない, のは, 一つも, 在りやしね, 殆どなかつた, 言ったら承知, 飽きるで, 飽きるでしょう

▼ ものにつき~ (15, 0.0%)

1 [15件] これを, そのこしらえ, どんな学理的, ものの, ゃあがった, やあが, ゆうべも, 何如に, 元祖と, 大きな分け前, 当った, 清末岩国に, 相談した, 相談する, 自分と

▼ ものはな~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるとき, おやじ, どこかで, 上様が, 云い寄られた男, 君の, 必ず生涯, 時期が, 物を, 生きた人間, 生きて, 習はん経文も, 自体こんな, 荒削りの, 靴なんか

▼ ものばっかり~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] あつまって, ついに瓦, でこちら, で給仕, で雪上, なの, 並んで, 揃って, 欲しがった, 読まされて, 追いまわして, 食って, 食膳に

▼ ものへとして~ (15, 0.0%)

2 何処までも

1 [13件] イデヤ的形成的でなけれ, ホモ・ファーベルの, 作用が, 創造的形成的なる, 幾千万年かの, 我々が, 我々は, 歴史的に, 無限に, 矛盾的自己同一に, 社会の, 自己が, 過去から

▼ ものわたし~ (15, 0.0%)

1 [15件] なんぞ若い, には新規, のはくぞうりはじいや, の身体, の郷里, はありとあらゆる, はそう, はそういう, はのんき, はほとんど, は世にも, は惜しくも, は森, もにがい, 怖くな

▼ もの~ (15, 0.0%)

2 には解る, の方, も外交 1 あへえ三百六十五日, あビツクリ, がとは砂粒, で出来る, と知っ, の気質, は欲しく, は殴られ, も為

▼ もの欲し~ (15, 0.0%)

3 そうに 2 げな, そうな 1 がっては, げに, さうに川を, さうに左右を, さうに白足袋を, そうで, とは存じ候え, と思えり

▼ もの~ (15, 0.0%)

1 [15件] えん, かりき, の中, 之, 之候へども, 之候頓首再拝, 二斎どのも, 形式の, 意味で, 技巧な, 提灯にて, 故にしるし, 時間的な, 様式な, 間断に

▼ ものいくら~ (14, 0.0%)

1 [14件] お使い, お艶, かでも分, だつて, だつてころ, で買った, ばかだって, 僕だって, 命しらず, 心配した, 探したって, 狭くっても, 見たって, 騒いだって

▼ ものいずれ~ (14, 0.0%)

1 [14件] か歌, もかつて, もほとんど, も大回転, も思い思い, も最終, も月並み, も欧州一, も理論的計算, も皆タマ, も経, も表通り, も鎌倉, も長い

▼ ものださうだ~ (14, 0.0%)

2 が, が実際 1 がさて, がその, がそれでも, がそれ以前, がどうも少し, が今, が商人, が娘時分, が新太郎少将, 彼處へ

▼ ものであるまい~ (14, 0.0%)

101 とにらんだ, と思ふ, と思われます, と疑う

▼ ものでなくなっ~ (14, 0.0%)

2 ている, て来, て来た 1 ていた, てから幾何, てくる, てしまう, てしまっ, てその, て了うの, て自由

▼ ものにたいする~ (14, 0.0%)

2 悲しみが

1 [12件] ドイツ民衆に, 不愍を, 信仰や, 奉仕などによって, 年少気鋭な, 彼の, 從順さで, 感受性の, 感情が, 敵意に, 直接の, 絶えざる賛歌

▼ ものにても~ (14, 0.0%)

1 [14件] あらじ, あらんか, あるべし, その主人, その教師, ただちに甲, ハンケチ巻紙その他何にても, 五百円を, 嚴密に, 壮士役者か, 平素見慣れたる, 恐れませんの, 支那流外に, 田舎の

▼ ものよし~ (14, 0.0%)

1 [14件] がすべて宮廷式, が近代風, と万歳, と替る, と言, なる賤業, の原義, の方, の祝言, は早く, は明らか, よしもう, 又概念, 来たと

▼ ものを通じて~ (14, 0.0%)

1 [14件] それを, 一貫せる, 今日では, 作ったもの, 働く際, 内なる, 最も著しい, 漠然と自分, 現われるの, 神秘なる, 精神の, 能く, 見ても, 過ぎ行かざる永遠

▼ もの全体~ (14, 0.0%)

1 [14件] から来る, が健康, が持っ, が海, が穢れる, が腐っ, として大衆, のよう, の中, の新しい, の知識, の称呼, の笑いぐさ, を引っ

▼ もの~ (14, 0.0%)

2 に触れる, をあげ 1 がつけられない, が出ない, と顔, にする, に入れ, に取らず, に立つ, をたたい, を挙げる, を触れる

▼ もの日本~ (14, 0.0%)

2 の女房

1 [12件] だけ降る, でやれ, にて作られ, に二種, の国土, の屋根, の御, の詩, の近海, はまず, はまったく, を粉砕

▼ もの~ (14, 0.0%)

1 [14件] なども主として, は口碑, は畳屋さん, れなり, れなり外形上, れに, れのみ, れ一, れ一種, れ実に, れ實, れ曩, を本能, を美的

▼ もの果して~ (14, 0.0%)

2 之れあるや, 幾人ぞ, 幾個か 1 之れ, 之を, 人教, 人間の, 何事をか, 売輪, 幾人か, 腹立つべきか

▼ もの~ (14, 0.0%)

5 に聞く 3 に聞える 1 でも塞がなきゃ聞えます, にきく, にきこえる, にする, に響く, を塞い

▼ ものあたし~ (13, 0.0%)

1 [13件] あのとき, が似, だけは信じ, だって庄さん, だつて, どうなる, の心づくし, の方, は特に, やります, を措い, 御挨拶, 笑っちゃったん

▼ ものかって~ (13, 0.0%)

2 ことは

1 [11件] いつもいっ, いつも話しゃしない, すぐ買っ, どうする, ふいと, 先生は, 思いました, 来る, 私は, 言うよう, 言うん

▼ ものぐる~ (13, 0.0%)

43 ひは 2 ひを 1 いでなん, ひの, ひ御, ほしく

▼ ものたらしめ~ (13, 0.0%)

2 ている

1 [11件] これを, つつそれ, つつ最後, ていた, なおまた戯曲, または驚くべき, む為には, 下役を, 従って人, 從つて自己の, 文芸復興の

▼ ものだつたら~ (13, 0.0%)

1 [13件] うかと先づ記憶, うと後, こんな事, どうだらう, どんな美男子, ガーゼの, 二時間の, 何處かの, 君一人入, 如何に, 妾は, 私は, 重役から

▼ ものとお~ (13, 0.0%)

8 もはれる 2 もひける 1 もひ, もひし, もへる

▼ ものなどで~ (13, 0.0%)

1 [13件] あつた, よく内務班, 上衣の, 二人が, 新しいもの, 日本の, 生きて, 組立てられプログラム, 見る親分子分, 見得, 輝いてる玩具屋, 追ひ攻められ, 陸に

▼ ものにては~ (13, 0.0%)

1 [13件] あらざりき, あるべからず, これなく, なかりしかど, なかりしなれ, なく候, なし, なしと, 候わねども, 無かりし, 無之, 笠森お仙が, 非ざりき

▼ もののけ~ (13, 0.0%)

5 はひ 2 のよう 1 とかそんな, の姿, はいが, はいは, はいを, はひから

▼ もの優しい~ (13, 0.0%)

1 [13件] お静, のだった, ものと, もの正しい, もの自然の, 口を, 娘でした, 宿の, 新夫人, 湿を, 潤いが, 羽織の, 茶屋の

▼ もの全部~ (13, 0.0%)

1 [13件] が整然と, で一万二三千, と數册, は誰, へもやはり, をここ, をほうり出し, を柱, を生き, を相手, を調べる, を集め, 取つてしまつた

▼ もの~ (13, 0.0%)

2 など番

1 [11件] がな, が立つ, に増し, に多き, に數千人, に疎し, に絶えず, に限つて, の光, の暮れがた, をおう

▼ もの~ (13, 0.0%)

1 [13件] い, い愛情, かな, かな中形, かな出家容, かに断られた, かに言った, きかなや, しい声, しく身, な優しい, にあはれ, にすらり

▼ もの美しき~ (13, 0.0%)

2 ものを

1 [11件] は上, ものあらゆる, ものに, ものに対する, ものの新しい, ものはなやかなる, もの優しい, もの換言すれ, もの母なる, もの真実なる, もの重要な

▼ もの頗る~ (13, 0.0%)

5 多し 2 多かりき, 多く且つ, 多く今 1 多し武者修行, 得意の

▼ ものいひ~ (12, 0.0%)

2 かへる 1 おしだ, かへれ, がどうも, て吾, で叱りつけた, ながら遠慮氣, のかの, ももの, を付ける, 寄つた男や

▼ ものこれから~ (12, 0.0%)

3 身一つにな 2 生かそうと 1 はせいせい, わたしが, 作るもの, 先も, 先生き延びる, 書くもの, 見れば

▼ ものじゃろう~ (12, 0.0%)

431 かなア, て, と平家, と思っ, な

▼ ものその他~ (12, 0.0%)

2 その民族 1 いろいろさまざま, お義理, から非常, がどっさり, の人々, の会場, の時, の遊芸, 皆散在, 色々違つた形

▼ ものだに~ (12, 0.0%)

1 [12件] あのギラギラ, あらじ, なき無味一様, なし, なア, 存在し, 己が, 無い, 無かった, 矢倉澤通は, 私には, 親はと

▼ ものでなくっ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ちゃこう, ちゃ利かない, ちゃ気に入らない, ちゃ神聖, ていくら, てさ, てそういう, てはね, てもこの, て今, て湖, て親

▼ ものなべて~ (12, 0.0%)

1 [12件] うち訝し, うなだれて, うらはかな, かへらぬ, さは, の罪, 圧す, 悩ましさ, 秋に, 見わかぬ闇, 過ぎゆかむもの現身, 麗らならぬ

▼ ものなるべく~ (12, 0.0%)

1 [12件] その一部分, と藤村先生, 今明日, 余輩は, 候, 其住所は, 其存在の, 千早ふる, 心一つに, 漢人殊に, 漢民族の, 草に

▼ ものなん~ (12, 0.0%)

2 でもない, の不足 1 でもありゃしない, でもし, でもそれ, にする, の不平, の危害, の意味, の遠慮

▼ ものにぞ~ (12, 0.0%)

9 ありける 1 あるべき, なりぬる, よる君

▼ ものはなはだ~ (12, 0.0%)

5 多し 2 少なし 1 多かりし, 多きは, 多くまた, 多し云々, 少なからず

▼ ものばかりは~ (12, 0.0%)

2 ありませんでした, いない 1 いって, いないと, いなかった, ない, ないはず, 拵らえぬ, 見る人, 醜い時代

▼ ものほし~ (12, 0.0%)

3 げで 2 そうに 1 ざお, ざを, そうな, の, の下, 場は, 場まで

▼ ものほとんど~ (12, 0.0%)

3 まれなり 1 それを, ない, なくただ, なしと, 寝て, 徹宵付ききりで, 毎日の, 無しとの, 立場を

▼ ものをという~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことが, ことで, ふうに, 主張を, 思いが, 思いは, 思いを, 朝日の, 秀子の, 経営者の, 自省だった, 面を

▼ もの思わし~ (12, 0.0%)

6 げな 1 げに, げにうち, げにじっと火, げにたどた, げに灯, げに額

▼ もの~ (12, 0.0%)

4 ひは 1 いやさも, るもの, る一面, る事, る場合, 人曰くダンテが, 時は, 程度の

▼ もの~ (12, 0.0%)

3 之候 1 がたいもの, つて存し, 之これ等, 之と思召, 之候其傑作, 之候様, 之出来得るなら, 之由, 之節

▼ もの有り~ (12, 0.0%)

2 や無し 1 て前述, との反証出, コロボックルが, 右に, 土器形状模様中には, 皿形の, 着服の, 石鏃中にも, 諸種の, 鉢形の

▼ もの有る~ (12, 0.0%)

2 もんか 1 かそもそも, が是, といへ, なり御, に定, に髣髴, もんかい, を見る, 上に, 事を

▼ もの毎日~ (12, 0.0%)

5 のよう 1 お午, のお, のやう, の生き, の生活感情, の衣食住, むしろ彼ら

▼ もの決して~ (12, 0.0%)

1 [12件] これを, ひとりロシア人に, わが国の, 一朝一夕に, 偶然に, 公式によって, 尠少に, 怪しむに, 愉快な, 掩うべ, 無御座候, 諛辞に

▼ もの無し~ (12, 0.0%)

1 [12件] という調子, とは私, とは誰, と云つて, と見えし, と見上ぐる, と言, と雖, どこかに, に, にはあの, 但だ

▼ もの特に~ (12, 0.0%)

1 [12件] その回転, その実際, ガス体に, ヤッツケ合う, 二十代の, 人類に, 小鳥が, 悪評ある, 支那思想に, 病氣にて, 薩摩の, 身體的な

▼ もの~ (12, 0.0%)

2 と女, の方 1 と格別, にとって興味, に対して自分, のため, の力男, の草履, は意気地, も女

▼ もの私たち~ (12, 0.0%)

2 の間, はその 1 が愬, だけじゃ行かれ, のカラダ, の便り, の場合, の家, の現実, はいわば

▼ もの足りな~ (12, 0.0%)

2 さが, さや, さを 1 さ, さである, さでは, さの, さは, さも

▼ もの静か~ (12, 0.0%)

2 な声 1 で心, なむしろ, な一人, な山川, な性質, な態度, な烏鷺, な老人, な足, な風景

▼ ものああ~ (11, 0.0%)

3 やって 1 いう境地, いう女, くるしかった, して, ちゃん悪い, なんに, 暑い私汗, 私は

▼ ものあらゆる~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことに, ところを, ものが, ものの, 地上の, 場所の, 思想それが, 現實的存在, 直線と, 色彩あらゆる, 醜いもの

▼ ものじゃった~ (11, 0.0%)

2 が, がその, ぞ, よ 1 か話し, に, のじゃ

▼ ものだから~ (11, 0.0%)

1 [11件] あたしすぐ, あの子, あの爺さん, こんどは, とうちゃんとかあちゃんが, ソーット少し, 世間なんて, 中え入る, 慌てて, 自由詩散文詩が, 鰻男だ

▼ ものであるらしく~ (11, 0.0%)

1 [11件] おじさんは, それからそれ, また必ずしも, ウエルスが, 又名声, 宋の, 決して熊沢氏一人, 無論他殺, 燈火の, 直覚された, 西洋では

▼ ものとともに~ (11, 0.0%)

1 [11件] この荒々しい, それを, 例の, 夜ふくる, 志賀直哉の, 恐らく, 昇りつ, 流れて, 焼畑の, 爾に, 躍り上がるに

▼ ものにすら~ (11, 0.0%)

1 [11件] お粂, きっと頓珍漢, これを, なって, 傾いて, 其が, 常に渇い, 思えて, 新世界, 疑問であった, 考えて

▼ もの~ (11, 0.0%)

3 にや 2 にあの 1 づ彼を, づ葱の, ながつお, なじりの, ゐつてるもの, をす

▼ もの一般~ (11, 0.0%)

1 [11件] が何, につい, について罪悪視, に就い, に思想, の信用, の最後, の間, の領域, をば正当, を考え

▼ もの云う~ (11, 0.0%)

3 表象 1 ごとに, ような, ように, んだ, 度に, 時世に, 調子が, 頬が

▼ もの何ぞ~ (11, 0.0%)

31 一派の, 名案名趣向名句も, 天地至大の, 数々として, 數, 独り寿陵余子のみ, 理学の, 自ら愧づるを

▼ もの~ (11, 0.0%)

2 て来る, 來て 1 づが, て居る, で来, で来たる, で沛然, の衣裳, 代り時でも

▼ もの~ (11, 0.0%)

1 [11件] さうし, せっかくの, つくづく呆れ, と云わぬ, と少し, と心竊, と思う, と見まわし, と魏, よくもまあ觀客, 讀む人

▼ もの~ (11, 0.0%)

2 かねてから貴君, なんかとつく 1 が鼬, には解らない, に贈っ, の女, の食, はあなた様, はそれ

▼ もの子供~ (11, 0.0%)

1 [11件] がみ, が無い, だって出来る, なン, のかげ, の手, の笑い声, はかく, まじりに, みたやう, らしいので

▼ もの~ (11, 0.0%)

6 からず 1 からざること, く生活, し, しと, なからず

▼ もの思ひ~ (11, 0.0%)

2 に耽つ 1 さする, そこらでは, にふけり, にふける, に耽つた, もなし, やらうつむいた, 出の, 遂に眠

▼ もの思ふ~ (11, 0.0%)

2 春の 1 うたびとの, こと彼の, と, とは心, はひそや, わが身一つの, 人の, 女, 此の

▼ もの無き~ (11, 0.0%)

2 に非 1 か, にしも, により殊に, に到った, のみならず, はいかん, や, を以て意識却, 故将来

▼ もの~ (11, 0.0%)

1 [11件] で見, にかから, に見えぬ, の不自由, の仇, の位置上方, の前, の見えぬ, の視るべき, を人間, を傷ましめる

▼ もの自然~ (11, 0.0%)

2 のまま 1 が彼ら, なもの, なるもの, に筋動, のある, のひとつ, の中, の妙力, の愛し

▼ もの~ (11, 0.0%)

2 の起つた, を聞く 1 ありわれ, にはつきもの, にひきあて, にも年月, の土地, の意味明亮, の起った

▼ もの~ (11, 0.0%)

2 な冬 1 なひとがら, なる人, なる仕舞家, な宮, な往来, に御酒盛, に来かかっ, に謹みたる, に黙々

▼ もの食い~ (11, 0.0%)

1 [11件] からよろこばれます, て喉, でなければ, には承知, には駄目, の資格, の道楽, は言い合わした, もまだ, をつづける, 仆し

▼ もの~ (10, 0.0%)

3 はゆる 2 な虚無 1 ずくの, ぢめで, ぢめられつ兒が, は, はむとおもふ心

▼ ものいつも~ (10, 0.0%)

1 けい庵に, のお歌, の移り気, 側に, 奥座敷で, 泣きながら, 祭文で, 私を, 秋が, 自己と

▼ ものいはぬ~ (10, 0.0%)

1 かな, こと良久し, つれなきかた, 仏と, 像と, 口の, 口まで, 彼らの, 花も, 靜かな

▼ ものいふ~ (10, 0.0%)

1 がまま, ことは, ことも, こと能は, なからむ, なかれ我, やうにぞ, 世と, 声ぞ, 花ぞと

▼ ものかなどと~ (10, 0.0%)

1 おっしゃること, とりとめも, どこの, 大袈裟に, 序に, 思い続けて, 考へて, 自分で, 言って, 頻りに考えた

▼ ものきっと~ (10, 0.0%)

1 うつったわ, たいしたこと, 周馬の, 承知する, 殺されるの, 眼の, 脚が, 裏切られるという, 讐を, 通るわ

▼ ものことごとく~ (10, 0.0%)

1 が自分, が被ったら, はなやかです, を見失い, モルモンなる, 十七字に, 嬉しげ, 消極的なら, 農作いたし, 避難に

▼ ものことに~ (10, 0.0%)

1 お子様を, この資財家, その結末, よれば, 似顔風俗は, 大名の, 子供は, 洪水が, 自滅の, 越後屋の

▼ ものださう~ (10, 0.0%)

82

▼ ものだらけ~ (10, 0.0%)

2 だ, で胸 1 だが, であった, でご, なのに, の世の中, の部落

▼ ものでありませう~ (10, 0.0%)

31 から苟も, が, がこの, がそれ, が今後, しかし其中, ともともかく

▼ ものでかれ~ (10, 0.0%)

2 が長い, らは 1 に取っ, のからだ, はたちまち, は十五年, らの, 自身も

▼ ものでございません~ (10, 0.0%)

21 からよろしく, から私, が多い, けれども神仏, ことを, の, みんな二束三文に, みんな寿命でございます

▼ ものでござろう~ (10, 0.0%)

41 かと, かと意外, かな, な, の, のう

▼ ものなぞが~ (10, 0.0%)

1 あったもの, あって, あとから, あるが, それからそれ, 光って, 前後し, 有る可, 無造作に, 自然に

▼ ものにおいてを~ (10, 0.0%)

91 やであります

▼ ものにこそ~ (10, 0.0%)

1 あれ, なれ悪い, まことの, よろこびは, 僕達は, 彼の, 拠られなかったに, 故人の, 最も聰明, 真実の

▼ ものにだけ~ (10, 0.0%)

1 ある意志, たよらないで, 惹かれるだけの, 振りあてた, 文学を, 眼を, 見えるの, 見られる肉, 解題が, 限られた用語

▼ ものにや~ (10, 0.0%)

3 候べき 1 その量, なりませんよ, まだ婦人, ア今更らなれません, ア思はせ, 箸も, 草の

▼ ものに関して~ (10, 0.0%)

1 しばしば誤謬, ひとは, 吾, 局外に, 居た, 書いた書物, 最も少なく, 研究しよう, 苦しく力強き思索, 規定される

▼ ものに関する~ (10, 0.0%)

1 あらゆる連想, 哲学的分析が, 問題では, 時事的批評と, 法則は, 理論, 私の, 科学的基礎的の, 空間表象, 認識が

▼ ものまず~ (10, 0.0%)

1 もって, 一週に, 五百目ないし, 以て, 南京玉くらいの, 呉に, 小野派開闢以来の, 指を, 第一, 胴体を

▼ ものまだ~ (10, 0.0%)

1 まいって, 二回目の, 仮普請, 何と, 出来やしませんわ, 幾らも, 彼と, 治らず気, 生若, 頼りなる

▼ ものまるで~ (10, 0.0%)

1 いまにも, お話に, なく元, 一則も, 中途半端な, 乳呑兒の, 姉妹の, 家に, 気ちがいの, 自然と

▼ ものよく~ (10, 0.0%)

1 おぼえて, この福富長者, その内情, その差別, てもわるく, ないもの, 写す, 此の, 決むるを, 知って

▼ ものをすら~ (10, 0.0%)

1 創らずして, 密かに, 感じしばし, 感じて, 我に, 沢山に, 生じた, 異にし, 知らずに, 藩王と

▼ もの一度~ (10, 0.0%)

1 は家, は是非死, は行, もその, も来た, も理髪屋, も見た, も見舞う, も鉄斎翁, も食堂

▼ もの~ (10, 0.0%)

1 から受けとめる, が, が敬語的屈折, に, のこと, のほう, のもの, の方, へは罫紙, 使いと

▼ もの~ (10, 0.0%)

1 かの行者, そのこと, その欲望, それでもいつ, てえの, という風, と抜かすで, と誇る, など, 且つ奇拔

▼ もの~ (10, 0.0%)

1 いちま, これである, て見なり, 二条家風の, 其霊力を, 占ひ, 天つ, 是なり, 是れなり, 是神話なりと

▼ もの少く~ (10, 0.0%)

2 ともその 1 ともあの, とも出来上つた部分, とも日本, ない, なりて, も東洋近傍, 加えたもの, 多くは

▼ もの往々~ (10, 0.0%)

4 にし 1 これに, その例, 事実に, 人物の, 存在する, 誑惑せられ

▼ もの持つ~ (10, 0.0%)

1 てゐる, て來, て働く, て来, て来よう, て来る, て行かいで, て行かなくつ, 心は, 王様が

▼ もの~ (10, 0.0%)

1 なり, にある, の哀れ, の国, の庭, の後, の貴重, の趣味, の身, を大国主神

▼ もの美しい~ (10, 0.0%)

2 ものを, もの善良な 1 もの, ものとして, もの有用な, もの清らかな, 青年と, 音くらい

▼ もの~ (10, 0.0%)

21 からはらはら, から手, にひそん, にみ, に小, に潜ん, に薄, や草むら

▼ ものあらず~ (9, 0.0%)

1 これまた, そのこれ, と客, と為し, と爲, もし一毫, 偶俳道の, 全軍, 吾輩は

▼ ものいじめ~ (9, 0.0%)

2 をする 1 のよう, はしない, もしかねない, をし, をなさる, をなすっ, をやめたら

▼ ものいわゆる~ (9, 0.0%)

1 上等でない, 入声音が, 客観的精神の, 情熱を, 烏合の, 経済的財は, 良心信仰正義義務などと, 苦の, 過去の

▼ ものこそは~ (9, 0.0%)

1 われわれの, プルウストに, プロレタリア文学から, ロシアにおける, 云うまでも, 全く気の毒, 外ならぬ, 尊い, 第一

▼ ものじゃァ~ (9, 0.0%)

2 ござんせん, ないの 1 ございませんよ, ないわよ, ない自分たち, ない話し, ない随分

▼ ものそれに~ (9, 0.0%)

2 あなたは, どんなもん 1 あの通り綺麗, おさかな, お國, この人, よつて政治

▼ ものそんなに~ (9, 0.0%)

1 しずとも, たやすいもの, ほしけれや, も簇, わからない米友さん, 好きぢや, 心配する, 甘味しけれ, 馬鹿正直に

▼ ものたら~ (9, 0.0%)

4 ざるなし 1 ざるを, しめも, しめようでは, む, んよりは

▼ ものだつ~ (9, 0.0%)

3 てある 1 たかと, てあるだらう, てみんな, て何, て多少, て少し

▼ ものつまらない~ (9, 0.0%)

2 もの, わ 1 ことを, ものと, よ, んだって, 物を

▼ ものであったらしい~ (9, 0.0%)

1 からそういう, がしかし, がそれ等, が信長, が後世, という事, とのこと, のである, のです

▼ ものであり得ない~ (9, 0.0%)

2 ことは 1 けれども事實, ことを, という恐れ, とも限らぬ, と等しい, のだ, のである

▼ ものであるだろう~ (9, 0.0%)

42 というよう 1 から, かをわれわれ, と否

▼ ものなぞを~ (9, 0.0%)

1 ありがたがるの, やって, チョッと, 入れると, 婆やの, 手に, 煮ると, 縫った, 読んで

▼ ものなるや~ (9, 0.0%)

2 を究めん 1 との疑問, と尋, は疑い, をさだか, を知らぬ, を考えみ, を自ら

▼ ものにとっても~ (9, 0.0%)

1 この改変, これは, これ程結構, それの, またその, また同様, 実にあわただしかっ, 快い季節, 決して無用

▼ ものにばかり~ (9, 0.0%)

1 だった, 信頼し, 気を, 焦点を, 熱中し, 耽つて, 見えた, 輝いて, 驚いて

▼ ものによっては~ (9, 0.0%)

1 いいこと, 一服寄進に, 三倍以上です, 人それぞれに, 到底全部, 我々の, 華族の, 見た目の, 齎されない

▼ ものに対しての~ (9, 0.0%)

1 ほか動かない, 恐怖先生が, 意見も, 手段口実に, 是正であり, 気持は, 気持を, 自分自身の, 評価と

▼ もののみの~ (9, 0.0%)

1 ことなり, ようであった, フィルムで, 住む天上, 姿である, 持つ人間, 東京, 知って, 興味を

▼ ものばかりじゃ~ (9, 0.0%)

2 ありません, ない 1 ないか, ないかと, ないですか, なかったか, ねえか

▼ ものほんとに~ (9, 0.0%)

1 おまえは, さ, なに一つだって, 人生の, 口措く, 吃驚し, 困った人, 大丈夫と, 情なくなる

▼ もの~ (9, 0.0%)

4 がッ 21 がこの, がその, が人殺し

▼ ものもっと~ (9, 0.0%)

1 大きなもの, 女の, 明るいもの, 智的な, 欲しい, 正しいもの, 気まぐれに, 自分の, 頭の

▼ ものやさしく~ (9, 0.0%)

1 いたわるる時, は出来, 入って, 取りはやして, 奥の手を, 寂びしく美しい, 相手を, 自分が, 謙遜柔和に

▼ ものやっぱり~ (9, 0.0%)

1 この価, 一人で, 同じ穴, 奥さんに, 学問が, 役者が, 御病気, 才能の, 私らは

▼ ものわれ~ (9, 0.0%)

2 なり 1 なりわれ, にさき送りた, に愛, に来よ, の手, は勇士, は知らず

▼ ものをか~ (9, 0.0%)

1 ぢる, づきて, はいさうに, ふ, ぶつて, ぶつてる年, へりみて, 待って, 追うものの

▼ ものをこそ~ (9, 0.0%)

2 おもへ, 思へ 1 いわないけれど, 云ふも, 子供に, 持って, 求めて

▼ ものをでも~ (9, 0.0%)

4 見るよう 1 しらせるよう, 教えるよう, 見たやう, 見たよう, 見るかの

▼ ものをもって~ (9, 0.0%)

1 おむかえ, 一人前の, 代用する, 制作し, 対抗させる, 札幌に, 来ました, 満足し, 行動した

▼ もの世間~ (9, 0.0%)

2 の人 1 がその, では何ん, にゃあ, の人達, はなはだ多く, はなはだ多し, へ対し

▼ もの二つ~ (9, 0.0%)

1 あり, の出入り口, の調和, も, を又, を重ねた, を鋸, 振と, 遣は

▼ もの何一つ~ (9, 0.0%)

1 としてこの, として不思議, 失つても, 彼の, 疑いの, 眼に, 見当たらない, 見當ら, 食べるもの

▼ もの凡て~ (9, 0.0%)

1 いまさらに, がしきりに, が夜更け, が急速, が戸惑い, が自分, の事物, の光, は実は

▼ もの~ (9, 0.0%)

1 哀さう, 哀さうだ, 哀で, 恐いもの, 恐くって, 恐さ, 惜丈夫の, 懐さは, 懷さは

▼ もの哀しい~ (9, 0.0%)

2 はずな 1 ような, 回想が, 旅を, 植物たちの, 歴史の, 盲目の, 風味が

▼ もの~ (9, 0.0%)

2 の眼 1 とも昼, になる, のまと, の最後, の闇, もろくに, も満足

▼ もの~ (9, 0.0%)

1 と見, において十分, にばかり居る, に仇する, の中, へ帰っ, へ幾日, へ飛び込む, を起したる

▼ もの~ (9, 0.0%)

3 のもの 2 の路 1 と積み, に乘鞍人, のもの畑, へこもっ

▼ もの思う~ (9, 0.0%)

32 葦という 1 に必ず, 様子で, 状に, 男も

▼ もの我々~ (9, 0.0%)

2 の力, の魂 1 から独立, がお嬢様, が感じ, が見, のまま

▼ もの換言~ (9, 0.0%)

9 すれば

▼ もの日々~ (9, 0.0%)

4 にうとし 2 に踈 1 に疎く, に疎けれ, の生活

▼ もの~ (9, 0.0%)

1 が出, が出ます, だつて大, になっ, の精, ぶくれに, へはいる, をかける, を品

▼ もの~ (9, 0.0%)

1 が強調, くる価値, に価する, やさしい苦労, を偸む, を愛し, を欲する, 卵で, 椎茸を

▼ もの~ (9, 0.0%)

2 には農村生活, に色めく, れに 1 なり, なりとか, なり網

▼ もの~ (9, 0.0%)

6 して 1 もその, もそれ, も多く

▼ もの見せ~ (9, 0.0%)

2 てあげる, てやろう 1 ちゃ, てあげましょう, ていただかなく, てもらつ, ても詰らぬ

▼ もの~ (9, 0.0%)

2 に身 1 から目, から這出した, にたたずん, に前途, に戻った, より甍, を

▼ もの~ (9, 0.0%)

2 が吹い 1 がなく, が吹け, なきに, にはこばる, は叡山, を起し, を起し乾き

▼ ものあと~ (8, 0.0%)

1 からあと, でゆ, で何, になっ, に殘, の二匹, はなに, は何ん

▼ ものあるべき~ (8, 0.0%)

1 は情, や然, や高利貸, をおそれ, を信ず, を思ひ, 理なし, 筈無し

▼ ものあんた~ (8, 0.0%)

1 がいたら, が凝つた, が悪い, といっし, のあと, のを, は豆腐売, を悲しい

▼ ものいつ~ (8, 0.0%)

2 そ極端な, までも相 1 だって, でも, でも買えた, になったら被れる

▼ ものお前~ (8, 0.0%)

1 がその, が何, が家, にやれます, のし, の親分, も三十, を一番

▼ ものかとは~ (8, 0.0%)

1 いったけれども, だしで, らを, 云うもの, 存じますが, 存じますけれど, 思いました, 思ったが

▼ ものかなあ~ (8, 0.0%)

1 お侍, この女, そうして自分たち, それでは返へさう, 何でも小, 内地の, 百五十年の, 雨村の

▼ ものかねえ~ (8, 0.0%)

1 お前顔を, そこは, なんかと, 坊や, 女つてものは, 悪くなつたら, 馬鹿, 馬鹿馬鹿しい

▼ ものがと~ (8, 0.0%)

1 いった方, どうにかこうにか, びだしたではありませんか, ほうも, まつて, 彼は, 思いながら, 思って

▼ ものさね~ (8, 0.0%)

2 番頭さん 1 そうとも, どんな拍子, なんの, ハッハッハッハッ, 死のうと, 顔を

▼ ものさらに~ (8, 0.0%)

2 なくまた 1 こつけいなもの, なし, 取り出したる往復, 或る, 相当の, 諸国を

▼ もの~ (8, 0.0%)

21 づけさ, てゐ, て世界, て居る, まひには, やうが

▼ ものしかし~ (8, 0.0%)

2 空間から 1 咲いて, 感情は, 白濁全体としては, 私が, 義哉の, 銅では

▼ ものしかも~ (8, 0.0%)

1 こんな小さな店, その人間, 外部の, 小さくて, 当時は, 彼自らも, 智能の, 男の

▼ ものした~ (8, 0.0%)

1 ものである, ものを, ものをも, 或る, 文字の, 文章に, 芸術に, 金を

▼ ものずきな~ (8, 0.0%)

3 のが 2 者が 1 ことや, せいか, 者も

▼ ものそれで~ (8, 0.0%)

1 やっと吻, ピイピイし, 一週間に, 今朝に, 充分じゃ, 勝手な, 又手紙, 明智の

▼ ものそれ自身~ (8, 0.0%)

3 の価値 1 がこの, が自己矛盾的, ですのにね, について云ってる, はそれぞれ一つ

▼ ものたらし~ (8, 0.0%)

3 めんと 1 むる, むるために努力しなけれ, むる成年期の, むる所以では, めんが

▼ ものだけしか~ (8, 0.0%)

1 お連れなさらなかった, なかった, 二人から, 採用しなかった, 残して, 見えなかったが, 観測出来ない, 記憶に

▼ ものであったであろう~ (8, 0.0%)

31 がそれ, がただ, それが, と察せられる, と想像

▼ ものどうし~ (8, 0.0%)

1 がいっしょ, でからす, で互, の寄り集まり, の闘い, をまとめ, を繋ぎ合せる, 集まって

▼ ものどんなに~ (8, 0.0%)

1 おめでたかった, か, すぐれたよう, 人柄が, 力を, 可愛くな, 早くお, 気が

▼ ものなから~ (8, 0.0%)

31 ずと, ず五言七言, ん, んこと, んと

▼ ものによつ~ (8, 0.0%)

1 てつ, てまた, て充たされた, て動かされ, て喚び起される, て最もよく, て為されたなら, て絶えず

▼ ものばかりと~ (8, 0.0%)

1 いうのに, いって, なったの, 思われて, 手伝いの, 見える, 言っても, 限らぬ

▼ ものまして~ (8, 0.0%)

1 たかちゃんの, は型, 物取らす, 盗ッ人市に, 私などは, 赤穂の, 露國に, 音楽などは

▼ ものもし~ (8, 0.0%)

2 芭蕉を 1 あなたが, あなたに, ぜんに, それ大都市の, 天が, 本当なら捨て

▼ もの~ (8, 0.0%)

2 を入れた 1 がリアル, けに金, け行く, しかない, に規模, 訳して

▼ もの~ (8, 0.0%)

6 確定な 1 可知の, 必要な

▼ もの何処~ (8, 0.0%)

2 にでもある, に在る 1 でおぼえ, へでもやつ, へもあの, までも自分

▼ もの共に~ (8, 0.0%)

2 彼れ 1 ありますが, 亡び去ったの, 場裏に, 暮して, 浮気の, 理科大

▼ もの~ (8, 0.0%)

1 が人間, でも先方, で斯, とは何, もの, れが, れも, ん中でも

▼ もの其の~ (8, 0.0%)

1 一に, 二なり, 他の, 優美な, 女房の, 數を, 真の, 縁で

▼ もの勝ち~ (8, 0.0%)

1 だ, だぞ, でこすい, なん, にあたたかい, になる, の世の中, 今の

▼ もの同様~ (8, 0.0%)

1 である, であると, な溌剌さ, な表情, にかたわら, になる, に私, に租税

▼ もの~ (8, 0.0%)

1 かくの, この世に, な霊, にはあれ, より以上, 基体的なる, 正しく詩, 食って

▼ もの哀れ~ (8, 0.0%)

4 なるもの 1 なふう, な涙ぐましい, にもおかしげ, を帯びた

▼ もの~ (8, 0.0%)

2 だったなんて, ではない 1 だの馬鹿, でしょうおばさん, はない, 吐きに

▼ もの~ (8, 0.0%)

2 より之 1 に是, より其弊, より多し, より松陰首唱, より見, より象山啓発

▼ もの~ (8, 0.0%)

1 でないもの交, なもの, なもん, な事, な話しだと, にも思はう, に淋しい, を上り

▼ もの大抵~ (8, 0.0%)

2 其の範 1 この類, これに, は似た, は町, みなこの, 好事家の

▼ もの如何~ (8, 0.0%)

2 にし 1 ぞ沙門, で知るべき, によ, によっては文字どおりお客, に憎まれてる, んぞ

▼ もの寂しい~ (8, 0.0%)

3 乾声が 2 乾聲が 1 室へ, 自然が, 自然の

▼ もの幾人~ (8, 0.0%)

1 あるか, かある, か先生, ぞ, だか, となく, もあったでしょう, もあるまい

▼ もの忘れ~ (8, 0.0%)

21 から気, ていた, ては否, とを與, など仕りまし, をした

▼ もの或いは~ (8, 0.0%)

1 それを, もっと正しく, 他国の, 全く同じ, 具体的に, 合意的に, 夢想の, 真として

▼ もの本当に~ (8, 0.0%)

1 おまはん, こわい方, びっくらしたわ, 仕方が, 可愛さ, 来て, 苦しい焦だたしい, 豪いもん

▼ もの柔らか~ (8, 0.0%)

1 だが, で温和静寂, な友情, な手つき, に, に命令, に注意, に穏健

▼ もの楽しい~ (8, 0.0%)

2 ことを, ことゼイタクを, ものを, ものゼイタクを

▼ もの殊に~ (8, 0.0%)

1 人に, 古代文学には, 哀惜の, 後者は, 文書以下を, 本質を, 蕗の, 近代劇といふ

▼ もの~ (8, 0.0%)

2 なるもの 1 と云, ねこの, の病気, はいつしか, は何れ, は新九郎

▼ もの無理~ (8, 0.0%)

1 じゃない, なもの, にも洋傘, に戦, はありません, はない, もない, をする

▼ もの~ (8, 0.0%)

1 だった, にさわっ, にさわった, にさわらざる, にさわる, に障らざる, に障る, の種

▼ もの~ (8, 0.0%)

2 の寐, の駱駝 1 なもの, の愛慕, の現実, 淵出で

▼ もの立派~ (8, 0.0%)

4 なもの 1 な原因, な御, な理由, な裃

▼ もの見る~ (8, 0.0%)

1 とリアル, に随, のが, のも, もの凡てが, もの聞く, 理窟が, 目も

▼ もの~ (8, 0.0%)

2 に負うた 1 につけてる, に一糸, に余る, の長, は痩馬, を救

▼ もの~ (8, 0.0%)

2 ふごと 1 はせなく, はない, ひたく一人, ふと酔, へまい, へるかと

▼ ものあまり~ (7, 0.0%)

2 遠く離れた 1 うまくなく, ものとしての, をひらい, 煩わしきに, 貴くし

▼ ものあんな~ (7, 0.0%)

1 のいや, ものア駄目です, もの観ずれ, 奴に, 柄の, 醜悪な, 馬鹿な

▼ ものいう~ (7, 0.0%)

1 と響く, は聞えざりし, までもなく, をながめ, をまつ, 目の, 花の

▼ ものおき~ (7, 0.0%)

1 から手すき, のうすぐらい, のくらい, の中, の仏像, をかたづけ, を活用

▼ ものおと~ (7, 0.0%)

1 が, が高く, にびっくり, に変っ, もござりませなん, をころし, を聞いた

▼ ものおよそ~ (7, 0.0%)

1 この編, 五十年に, 五百名あり, 五百棟あり, 四億人と, 四回随って, 幾百匹東から

▼ ものかといった~ (7, 0.0%)

2 風の 1 ような, 感じです, 態度と, 調子で, 顏で

▼ ものかなあと~ (7, 0.0%)

1 吾, 思いながら, 思うほど, 思案に, 感心する, 淡い不満, 考えながら

▼ ものかなしい~ (7, 0.0%)

1 うったえるよう, ものと, ような, ラッパを, 京都の, 瞳の, 表情で

▼ ものがたり~ (7, 0.0%)

1 いかにぞや, ことばことばに, して, なぞを, 形式に, 抄, 特にそれら

▼ ものしたがって~ (7, 0.0%)

1 それは, また学ぶ, もちろん自分, 夫の, 我々徳川幕府の, 拭えば, 書くという

▼ ものすこぶる~ (7, 0.0%)

1 勢力あり, 多い, 多くパリ, 多く殊に, 多ければ, 浅からざりし, 美味じゃ

▼ ものすでに~ (7, 0.0%)

1 その数, なしといふ, オモチャの, 十七隻, 数万戸に, 生きて, 純然ならず

▼ ものせめて~ (7, 0.0%)

1 三々九度でも, 三三九度でも, 下には, 仏様の, 佛樣の, 手の, 焼灰

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 あひっかかり, あもの, のた, はむれ, ばが, ばを, 宜い

▼ ものだけの~ (7, 0.0%)

1 二次会を, 交通は, 宗教である, 実在を, 物を, 重さ, 集りらしく

▼ ものだったらしく~ (7, 0.0%)

1 それは, それ以来妻帯も, 三時間近くかかった, 博士の, 手を, 祭神が, 長いゴム

▼ ものだつたらう~ (7, 0.0%)

2 か, と想像 1 と思はれる, と考へる, などといふの

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 そりで, そりと, そりの, そりは, そり水の, ていう意味, ぴきならぬ

▼ ものであったらしく~ (7, 0.0%)

1 そこには, それが, ポエチウスでも, 二十九年の, 土地では, 彼は, 私が

▼ ものとかは~ (7, 0.0%)

4 知る 1 その使う, 三年生と, 最も罪

▼ ものとかを~ (7, 0.0%)

1 今から, 斥す, 標準に, 見つけしだい, 見ると, 贈った, 集めて

▼ ものとしてのみ~ (7, 0.0%)

1 意味を, 把握し得る, 映つた, 歴史的時間の, 特殊科学から, 理解されなけれ, 自覚せらるる

▼ ものとまで~ (7, 0.0%)

1 彼女は, 思いつめたが, 思われて, 自信を, 言いたいの, 賞めた, 限定しなく

▼ もの~ (7, 0.0%)

3 もつ 1 つさりあつ, ない思てん, もとを, もめなんとも

▼ ものなどと~ (7, 0.0%)

1 ずいぶんいろいろの, 云い放つから, 云うかも, 勝手に, 声を, 教え得べきもの, 迷信し

▼ ものならやっ~ (7, 0.0%)

3 てみろ 1 たってよ, てこい, て来い, て見る

▼ ものなんかは~ (7, 0.0%)

1 一つも, 全然なかっ, 出し惜しみせず大きな, 地の, 時にころがり落ちる, 盗りは, 馬なども

▼ ものにたいしては~ (7, 0.0%)

1 さほど夢中, それも, やさしいしん, 何が, 用心ぶ, 補償を, 軽侮と

▼ ものにまでも~ (7, 0.0%)

1 そういう気分, 一脈の, 広げるという, 廣げる, 持ち込まれるの, 注意し, 行き得ないという

▼ ものによりて~ (7, 0.0%)

2 大小品, 相制 1 保護存養せしめ, 報いられざるを, 心の

▼ もののみは~ (7, 0.0%)

2 私たちを 1 この解放, その身, 中将の, 今その, 取り残されるに

▼ ものはなんぞ~ (7, 0.0%)

7

▼ ものばかし~ (7, 0.0%)

1 だ, だから, であった, でしたもの, ですのよ, でたいした, 抜いて

▼ ものばかりとは~ (7, 0.0%)

2 限らないが 1 思われない, 言えません, 言へ, 限らない, 限らない事

▼ ものゆゑ~ (7, 0.0%)

2 甚だ美事 1 かの水面, に幽か, 安いこと, 御咄相手, 面白くは

▼ ものわずか~ (7, 0.0%)

1 に三, に二枚, に八百名, に十四軒, に数十人, に脊骨, 二十七人という

▼ ものをしか~ (7, 0.0%)

1 人々は, 意味し, 意味し得ない, 描いて, 明言し, 見て, 買うこと

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 ありゃしめえ, ねえと, もうと, 仕かた, 分つたの, 無えなア, 遊んで

▼ もの~ (7, 0.0%)

2 て御座候 1 てべつに, て候, て命さ, て当時私ハ, も申達候処

▼ もの一枚~ (7, 0.0%)

1 ありとの, あれば, しかない, でも着せ, のもの, を取り出し, を羽織っ

▼ もの~ (7, 0.0%)

2 なるを 1 から小粒, には四疊半, は国持, を下, 附かずに

▼ もの二三~ (7, 0.0%)

2 あり 1 ちらほら夏, の外, を列挙, を取り, を極

▼ もの互に~ (7, 0.0%)

2 一致しない, 調和し 1 万感を, 体を, 結びつくもの

▼ もの今度~ (7, 0.0%)

1 こそは俺, こそは妊娠, の事件, はそう, は私仇, は飲食店, は鮓

▼ もの優しく~ (7, 0.0%)

1 こうも, さえ見える, しん粉の, て美しい, 微笑んで, 申して, 肩が

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 からうしろ, から合圖, で立てる, にマルコ・ポオロ, の亭主, の室, 征夷大将軍大塔宮様じゃ

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 が気, こそ馬鹿, になんて何, に牛羊, のもの, の義務, は撰ぶべし

▼ もの多けれ~ (7, 0.0%)

1 ど菜蔬, ばあるいは, ばそのまま, ばなり, ば史料, ば常に, ば年

▼ もの~ (7, 0.0%)

2 のある 1 となるべき, と色調, も態, も色, や味

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 が雪, とともに, とともに忘却, もいや, も形, を口, を歩める

▼ もの彼女~ (7, 0.0%)

2 は知らず 1 のこと, の傷口, の威風, はその, は大抵一日おき

▼ もの後者~ (7, 0.0%)

1 はこの, は作られた, は宮中, は普通, は晶子さん, は鎌倉時代, を論理的

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 ぢた, なくて, るべきもの, るれども, ろしい, ろしいも, ろしく

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 なるもの, に妻女, に欲しい, に發達, に行手, に評判, に馬淵

▼ もの悪い~ (7, 0.0%)

1 ことを, とほか, ものつまらぬ, ものとばかりは, もの硬く, 役ったらありゃしない, 方でない

▼ もの故に~ (7, 0.0%)

1 この近江, たやすく失望, 仮りに, 日本的な, 王蛇という, 琵琶を, 随分きらひ

▼ もの既に~ (7, 0.0%)

1 ありと, 三百余名議長の, 俗物を以て, 在つたところ, 明星發行所の, 言ひし, 起つたからには

▼ もの書い~ (7, 0.0%)

3 てお金 2 てい 1 て扇子へぎ分, て永い

▼ もの~ (7, 0.0%)

2 ぬっくらい, よりはなはだしき 1 にする, に行く, を恐るる

▼ もの漸く~ (7, 0.0%)

1 増加し, 多きを, 多くこれ, 多く遂に, 多し, 繁盛を, 醒め来れば

▼ もの~ (7, 0.0%)

2 れば 1 ば拙, も肉落ち眼窩, らざれ, らず, れども

▼ もの狂わしく~ (7, 0.0%)

1 するよう, キャラコさんを, 井戸端で, 信吉の, 変って, 走りだした, 駆廻ったは

▼ もの現在~ (7, 0.0%)

2 するもの 1 あるがま, に於ける, の自分, の貴方, 生きて

▼ もの甘き~ (7, 0.0%)

1 汗に, 花, 蜂の巣の, 鈴の, 靄の, 風の, 驢馬の

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 あるもの, がある, に堪えぬ, ゐられしならん, ゐられ肉差し, を足し, 有るもの

▼ もの~ (7, 0.0%)

2 共に思想 1 変ず苦手, 比肩し, 知る人間同士, 遇ふる, 集まり火

▼ もの知り~ (7, 0.0%)

1 て制する, なユリ子はん, のよう, の方, の長き, 顔から, 顔の

▼ もの知る~ (7, 0.0%)

3 によしなけれ 2 作用が 1 もんかい, 作用即ち

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 と為す, にむかふ, のする, のよう, の代, の靈, も現今

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 二百七萬坪に, 二百萬坪に, 五千, 六千人そのうち, 十種ばかりの, 千人に, 四千人皆歸國せず

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 がぬりつぶされた, でくるんだ, につつんだ, の上, ぶくろ, を剥がす, を揃え

▼ もの貴方~ (7, 0.0%)

1 から催促, が訳, が譯, とても仔細, なん, はお, はよっぽど

▼ もの~ (7, 0.0%)

1 ででもどけ, で障子, の下, の萎えたる, を伏せ, を取っ, を団石

▼ もの足らない~ (7, 0.0%)

1 という評, ところも, のでいつのまにか, ものです, 心地が, 性分だ, 気が

▼ ものありたれ~ (6, 0.0%)

6 ばなり

▼ ものあるべし~ (6, 0.0%)

1 ことに親しく, とかしこ, との迷信, もちろん芭蕉, やおん身, やと過来

▼ ものいかに~ (6, 0.0%)

2 して 1 君と, 多きかな, 流行と, 若いとは

▼ ものかく~ (6, 0.0%)

1 あり度いも, て文学, のごとし, のには, のは, の如く

▼ ものかなど~ (6, 0.0%)

1 いろいろ立ち入っ, 思つ, 恐らく好奇心, 申しわけみたいに, 私は, 考へて

▼ ものかねと~ (6, 0.0%)

2 見廻すと 1 二人は, 叱るよう, 呟いた, 怒ったよう

▼ ものがは~ (6, 0.0%)

4 ひつて 1 いつて, ばを

▼ ものがを~ (6, 0.0%)

2 ります 1 どりをを, り, りそして, りましたそれ

▼ ものくらい~ (6, 0.0%)

1 うまくて, だったら僕, で簡単, 下らんもの, 無味索寞な, 生き身の

▼ ものぐらい~ (6, 0.0%)

1 どうにか作つて, 心得て, 手に, 正直な, 知らなくて, 食べて

▼ もの~ (6, 0.0%)

6

▼ ものしかた~ (6, 0.0%)

6 がない

▼ ものじや~ (6, 0.0%)

1 ぞ, て, なと始めて, ね, のと, やら

▼ ものすっかり~ (6, 0.0%)

1 寝込んじまったん, 揃える, 神経質に, 私信用を, 落葉も, 集められて

▼ ものそうして~ (6, 0.0%)

1 あんなに立派, こんな細い, その人, 人の, 冷やかに, 軽捷抜群の

▼ ものだっ~ (6, 0.0%)

1 たりし, たりしたら, たりします, たりする, たりだから, たり酒

▼ ものだったでしょう~ (6, 0.0%)

31 かしら, しおまけ, それも

▼ もの~ (6, 0.0%)

3 だて 1 すか, だてで, のは

▼ ものであっただろう~ (6, 0.0%)

21 からこういう, が今, しそこで, とおもう

▼ ものでが~ (6, 0.0%)

2 しょう 1 した, しょうな, せうね, なあろう

▼ ものでしたろう~ (6, 0.0%)

42

▼ ものでなくなった~ (6, 0.0%)

1 ことに, ことは, ので友だち, はずな, わたしの, 馴染みの

▼ もので無けれ~ (6, 0.0%)

2 ばならない, ばならぬ 1 ば可, ば私

▼ もので見る~ (6, 0.0%)

1 からに涼しげ, から凄まじい, もので, も傷ましい, 人が, 眼に

▼ もので謂わ~ (6, 0.0%)

1 ば創作的価値, ば台湾, ば坊主, ば夜, ば珍宝, ば私

▼ ものとかいう~ (6, 0.0%)

2 ものは 1 ものに, 底知れぬ, 意味にも, 風に

▼ ものとしてだけ~ (6, 0.0%)

1 出て, 意義を, 扱われて, 母の, 見て, 語られて

▼ ものとすら~ (6, 0.0%)

1 いはれて, いわれて, 思って, 考えられて, 考へる様, 見えたの

▼ ものとで~ (6, 0.0%)

1 あつた, 出來上つて, 取り組んだの, 混雑し, 生活の, 調子を

▼ ものどうしても~ (6, 0.0%)

1 あやしいわ, ひいき目っていう, 取り去る事, 渡し銭を, 眠れなかった原因, 舞姫に

▼ ものなぞと~ (6, 0.0%)

1 なると, 思はず遠慮, 思わず遠慮, 悟りを, 愚痴も, 気の

▼ ものなどには~ (6, 0.0%)

2 比べものには 1 かえって科学, ずゐぶん造詣, たいていは, 殊に其

▼ ものならざる~ (6, 0.0%)

2 可らず 1 ことを, に余, に贋, 也

▼ ものなら受け~ (6, 0.0%)

2 てみよ, てみろ 1 てみやい, て見ろ

▼ ものなら斬っ~ (6, 0.0%)

2 てみろ 1 てしまいます, てもらおう, て見る, て見ろ

▼ ものなら逃げ~ (6, 0.0%)

4 てみろ 1 てごらん, てみよ

▼ ものなら通っ~ (6, 0.0%)

3 てみろ 2 てみよ 1 てごらん

▼ ものなんぞは~ (6, 0.0%)

1 ありは, それほどの, どうです, 一人も, 何んにも, 殆ど無い

▼ ものにおいても~ (6, 0.0%)

1 あるいは斯く, また同様, また眞理, また真理, 彼は, 精神は

▼ ものにゃ~ (6, 0.0%)

1 あその, ア却って, 勤まりまっ, 目がねえと, 箸も, 違いない

▼ ものはじめ~ (6, 0.0%)

2 なく終り 1 からその, から結び付け, っから, はこの

▼ ものばかりしか~ (6, 0.0%)

1 出なかった, 出来なかつた, 出来ませんでした, 書いて, 読みません, 食べて

▼ ものへも~ (6, 0.0%)

2 移すこと 1 かかわって, 時々出席, 知れ渡りましたでご, 響くよ

▼ ものまあ~ (6, 0.0%)

3 何の 1 こちらから, そういったよう, 御免なさいまし

▼ ものまったく~ (6, 0.0%)

1 ですよ, 人の, 南洋そのまま, 家なく, 私は, 香気の

▼ ものまね~ (6, 0.0%)

1 ぐらいいい, する, とはちようど反対, なの, のよう, の名人

▼ ものもと~ (6, 0.0%)

1 この春以来, なり, のま, の巣, は車, 同じ加賀様

▼ ものもらひ~ (6, 0.0%)

1 が言, などもさうです, に関する語原, の話, まだ眼, 腫れ上り

▼ ものやさしい~ (6, 0.0%)

1 ことが, ご新造, 機嫌の, 歌声踊り舞う, 目は, 調子で

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 あるまい角, ちきも, づかに, づか五分の一, 実わ, 無い

▼ もの一本~ (6, 0.0%)

2 の花 1 あり, で料理, の髪の毛, は何

▼ もの主人~ (6, 0.0%)

2 が死ね 1 が犬, には主人, はそんな, は大

▼ もの之を~ (6, 0.0%)

1 享有す, 器と, 埋み泥土之, 己が, 病む事, 道と

▼ もの~ (6, 0.0%)

2 へば唇 1 はば泡沫, ひを, へば更に, へば涙

▼ もの今や~ (6, 0.0%)

1 一転し, 一轉し, 無慙にも, 纔に, 蔵し, 重ねて

▼ もの但し~ (6, 0.0%)

2 新品同様履行は 1 キヅもの, 二日で, 果して深見氏, 校川さんには

▼ もの何ん~ (6, 0.0%)

1 であろうと, でも, でもに趣味, とかし, なもの, にも見えなかつた

▼ もの僅か~ (6, 0.0%)

1 なもの, に七百十一人, に三四人, に三戸, に二人, に殘

▼ もの分り~ (6, 0.0%)

1 のいい, のよ, のよかつ, のよく, の好い, もよい

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 だつて, だろうじゃ, なこッ, なもの, になつ, らしいもの

▼ もの~ (6, 0.0%)

2 を利く 1 から腹, が早い, にする, ばかり強

▼ もの~ (6, 0.0%)

2 から判る 1 に何, に拡, の多, より教

▼ もの~ (6, 0.0%)

2 れとも 1 が実践, に仕うる, はあなた, は一度

▼ もの女房~ (6, 0.0%)

2 は別もの 1 が蛆, の局, はかくすべき, はほんとう

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 が喰, または孫, よりも近い, をあやす, をかばわぬ, をだく

▼ もの宜しく~ (6, 0.0%)

1 これに, 之を, 彼を, 我が日本, 猛省すべきであらう, 鎗を

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 になく, の間, の隅, を作つて, を持っ, を通っ

▼ もの寂びた~ (6, 0.0%)

1 仏画ばかり, 古寺だけに, 境内を, 姿を, 幻影を, 森の

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 ぐまさんはあひるさんに, なるもの善, は発育不良, 丼に, 供に, 湯に

▼ もの尤も~ (6, 0.0%)

1 お目にかかってから, 他の, 多くヒユーマニチーを, 多く人間の, 多く最, 敗る

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 が事, が爲, が細君, は畜生同様兄弟同志, も今, をもて

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 でビール, を離れ, 果物などが, 棹で, 棹に, 棹の

▼ もの従って~ (6, 0.0%)

1 こういう星, その書く, 或る, 書くもの, 歌は, 縦横無礙な

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 しも常に, しも彼, しも悉く, しも散文, しも日本武尊當時, しも真理

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 ういう, うして, うやっ, うやつ, う問う, かる事

▼ もの未だ~ (6, 0.0%)

2 以て 1 一つだに, 之あらず, 知り得ざるもの, 覚え知らず五月雨

▼ もの極めて~ (6, 0.0%)

1 多くまた, 多し, 少なく関孝和, 自然の, 鋭利なれ, 高潔なる

▼ もの次第に~ (6, 0.0%)

1 その作品, 加わるに, 増す, 減少す, 疲れて, 精神が

▼ もの~ (6, 0.0%)

5 んど 1 見当らざるにより

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 が信仰, が送る, とともにあり, に軟か, まことに勇, わが胸

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 に若く, のもの, の魚, ばかりだ, へおっ, へとび込ん

▼ もの無い~ (6, 0.0%)

1 かね, ことで, もの大きな, 方が, 者ぢゃないんだで紋の, 麒麟児と

▼ もの町内~ (6, 0.0%)

2 の人 1 の人達, の独り者, の獨, の若い

▼ もの病的~ (6, 0.0%)

5 なもの 1 なるもの

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 いろでわからあ, に見え, に見えず, の前, をしかめ, 馴れぬもの

▼ もの知らない~ (6, 0.0%)

1 から何だか, という, よ, わよ, 人は, 者が

▼ もの種々~ (6, 0.0%)

1 ありと, あるべしと, が影響, なる惡疫, 雑多である, 雑多の

▼ もの絶対~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 という考え, なるもの, に信用, に引き籠っ

▼ もの続々~ (6, 0.0%)

4 とし 1 あらわる, 出ずる

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 に煮, のところ, のなさる, はみんな受難者, は何度, は目

▼ もの自体~ (6, 0.0%)

1 がこの, がそれほど, が元来研究, が通俗性, にこの, はすでに

▼ もの自己~ (6, 0.0%)

2 を主張 1 の存在, の意, の獲得, を包含

▼ もの芸術~ (6, 0.0%)

1 など, などという, に関するもの等, のたしなみ, も不滅, を以て志し

▼ もの~ (6, 0.0%)

2 出て 1 あり, が出た, ながらもおの, は息

▼ もの若く~ (6, 0.0%)

1 は假面暗示, は僻境, は其或, は無い, は獨學師, は自ら教

▼ もの要らない~ (6, 0.0%)

2 と私たち 1 ぢや, のかも, よ, 犠牲を

▼ もの覚え~ (6, 0.0%)

2 の悪い 1 がいい, ています, ていらっしゃる, も悪く

▼ もの言わぬ~ (6, 0.0%)

1 人と, 作用によって, 応答に, 湖水に, 花にも, 螢が

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 がある, がきまり, だつて聽, にとっては由緒, にならない, にも何

▼ もの買う~ (6, 0.0%)

1 てあげ, もの老若男女いずれも, よろしい, 人が, 人は, 位なら

▼ もの足りなく~ (6, 0.0%)

1 お思い, さえ感じられ, つて御, てしかた, も思えた, 思つた

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 が年々貧民, なぞたんまり, になる, のランプ, をとろう, を出し

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 かなしかし, かな好意, かな山, かな筧, かに散歩, かに落ち着い

▼ もの~ (6, 0.0%)

3 ざしが 1 に清興, り捧げずに, を見れ

▼ もの~ (6, 0.0%)

2 で聞く 1 と厚き, にのせる, の先, ひらたく色

▼ もの~ (6, 0.0%)

3 きなり 1 し, し能, なしいわんや

▼ もの~ (6, 0.0%)

1 のみ見え, の先, の影, の高, や唇, 尖から

▼ ものあたい~ (5, 0.0%)

1 がいなくなったら, が父, ちゃんと赤ちゃん, どうしよう, のつめたい

▼ ものあに~ (5, 0.0%)

1 これを, ただ今日, ただ私一人, 女性なく, 戒めざるべ

▼ ものあらざる~ (5, 0.0%)

1 ことを, なりと, に独り山県系, に獨, 草の

▼ ものあらじ~ (5, 0.0%)

2 伊藤侯は 1 とぞ, とぞ思える, と貴

▼ ものいづ~ (5, 0.0%)

3 くにか 2 くにある

▼ ものいらない~ (5, 0.0%)

31 のよ, んだ

▼ ものかしらという~ (5, 0.0%)

1 ぼんやりした, わたしの, 楽しい問題, 興味も, 顔を

▼ ものかとの~ (5, 0.0%)

1 問に, 百姓らしい, 自負は, 論証が, 質問を

▼ ものかなしく~ (5, 0.0%)

1 くもった冬, こちらの, そしてなつかしい, なって, なる酒

▼ ものかなんて~ (5, 0.0%)

1 え這入り, おっしゃらないで, それからも, 好な, 繃帶し

▼ ものからでも~ (5, 0.0%)

2 おまえを 1 さうし, 逃れるやう, 逃れるよう

▼ ものかれ~ (5, 0.0%)

1 の姿, の額, は本能, は煩悶, を知らず

▼ ものがち~ (5, 0.0%)

2 つとも 1 がつて, で買わなくては, やんとき

▼ ものがも~ (5, 0.0%)

1 うふたり, くて, しなかったならば, 一つある, 一ツある

▼ ものこう~ (5, 0.0%)

1 ありました, して, なっては, 四人で, 憎みが

▼ ものこっち~ (5, 0.0%)

1 だって的, では随分, のすみ, は大げさ, へよこし

▼ ものさび~ (5, 0.0%)

31 てのそ, て面白く

▼ ものさびた~ (5, 0.0%)

1 不気味な, 別荘風の, 場所で, 道筋も, 鉦の

▼ ものしばらく~ (5, 0.0%)

1 おかくまい下されい, しない今宵, の間, は無言, 待て

▼ ものじゃあねえ~ (5, 0.0%)

1 あれア心から, お副食物, 一生かかっ, 世間に対する, 何処からか

▼ ものすぐ~ (5, 0.0%)

1 にわれら, に刃物三昧, に忘れ, 一緒に, 干せた木の芽草

▼ ものすごい~ (5, 0.0%)

1 ものを, 人が, 光景を, 地震は, 電光が

▼ ものそりゃ~ (5, 0.0%)

1 どうした, なんだ, みんな前川さんから, 直ぐ判る, 行こうと

▼ ものそれとも~ (5, 0.0%)

2 何か 1 そのやう, 他に, 妙策が

▼ ものたま~ (5, 0.0%)

1 しひは, つたもの, には平家琵琶, には蟲, ふに

▼ ものたれ~ (5, 0.0%)

1 かかく, かこの, が持っ, と要求, ば実際

▼ ものださうである~ (5, 0.0%)

1 から, がこれら, がそれ, が今, が何せ

▼ ものだち~ (5, 0.0%)

2 は皆 1 ぇっいまいましい, えッばか, ゅっけ半日蒸す

▼ ものだったらしい~ (5, 0.0%)

1 が, がすっかり, ことは, のに反し, のね赤痢

▼ ものだめ~ (5, 0.0%)

2 だ, だよ 1 だから

▼ ものぢやあ~ (5, 0.0%)

1 ない, ないかと, ないぞ, ないです, ないといふ

▼ ものづくし~ (5, 0.0%)

21 の真似, を見, を言うたなら

▼ ものであり得る~ (5, 0.0%)

2 としても少く, にし 1 にせよ

▼ ものであるべきだ~ (5, 0.0%)

1 という考, と思います, と思う, と思え, と私

▼ ものであるべきで~ (5, 0.0%)

1 そこに, はあるまい, もとよりそれ, 言葉を, 随て

▼ ものでございまする~ (5, 0.0%)

21 から又, が現在, し壬申

▼ ものでござんしょう~ (5, 0.0%)

1 これでは, な, ねえお, 御検視, 木曾は

▼ ものでなかったなら~ (5, 0.0%)

1 ば, ば兄さん, ば自然, もっと立派, 桜の

▼ ものでなき~ (5, 0.0%)

1 ことを, こと純粋な, のみならず, や騷ぎ, を知った

▼ ものでなくなる~ (5, 0.0%)

1 お伽噺でなくなる, かも知れない, し更に, のです, ように

▼ ものでもねえ~ (5, 0.0%)

1 これからこの, さてその, ようごす, 其の時此, 若し逃げ

▼ もので御座いまし~ (5, 0.0%)

1 てこれ, てもはや, てネ誠に, て始末, て巴豆

▼ ものというしか~ (5, 0.0%)

5 ない

▼ ものというも~ (5, 0.0%)

2 可なり 1 さしつかえない, 不可なかるべし, 可なり云々

▼ ものとばかりは~ (5, 0.0%)

2 かぎらない 1 思はれなかつた, 見られぬほど, 言はれまい

▼ ものどうせ~ (5, 0.0%)

2 沈むわ 1 使うアテ, 好くは, 空しく亡びる

▼ ものどころか~ (5, 0.0%)

1 いよいよ修羅, もっと大きな, 人間の, 創作それ自体をさえ, 現象に

▼ ものなお~ (5, 0.0%)

1 云い得るならば, 多けれども, 更ねえ, 死を, 迷信の

▼ ものなか~ (5, 0.0%)

1 には, には大きな, には往々, には手首, には毒

▼ ものなかなか~ (5, 0.0%)

1 そんな甘, の人気, 多忙である, 許せないわ, 面白し

▼ ものなどでは~ (5, 0.0%)

2 ないこと 1 あり得ない, あり得ないこと, ない

▼ ものならざれ~ (5, 0.0%)

4 ばなり 1 ども後年

▼ ものなら助け~ (5, 0.0%)

4 てやりたい 1 てえっ

▼ ものなんとなく~ (5, 0.0%)

1 この小娘, こわくなっ, オルガンの, 人を, 活気に

▼ ものにか~ (5, 0.0%)

1 あらむと心付け, かつてゐる, ような, 媚びてをらねばならぬ如き, 逢いけむ

▼ ものによっても~ (5, 0.0%)

1 とどめられること, ひどく傷つけられ, よく打ち払われた, 裏書きされない, 述べるという

▼ ものによる~ (5, 0.0%)

1 ことを, のか, ので, のであっ, よりほか

▼ ものに迄~ (5, 0.0%)

1 光を, 到達しない, 成長する, 祭上げ, 醗酵しない

▼ ものねと~ (5, 0.0%)

1 いふほどの, わたしは, 云うよう, 申しても, 笑って

▼ ものはかない~ (5, 0.0%)

3 の上 1 もの凝った, 夢である

▼ ものはは~ (5, 0.0%)

1 うつて, からいの業縁, くちょうがつばさをひろげたのだとおもいました, ぢず, アいくら

▼ ものはも~ (5, 0.0%)

1 うた, ひとつ大きく, 一つの, 少し静か, 早や

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 つかしたべ, つかしだ, らいの, ッかりだ, 見た

▼ ものばかりで~ (5, 0.0%)

1 出来る自然発火装置, 料理された, 暮して, 有った, 祝うの

▼ ものひどい~ (5, 0.0%)

1 ねえ私ゃ, よ, 上海もので, 紙の, 脚本

▼ ものほどには~ (5, 0.0%)

1 おもは, わたしを, 国家にとって, 堂々たる所, 確信が

▼ ものまさか~ (5, 0.0%)

1 お前の, そんなこと, 猟師とはねえ, 知らん顔しやしない, 裸では

▼ ものもつ~ (5, 0.0%)

1 とノーブル, と厳粛, と叔父さん, と生命, と華奢

▼ ものやらと~ (5, 0.0%)

1 いまだに謎, ふと考, 思われますわい, 梶は, 考えた

▼ ものらしく見える~ (5, 0.0%)

1 が何分, が此, のです, ふしが, ものが

▼ ものをといふ~ (5, 0.0%)

1 ような, 事は, 心にも, 注文を, 理由から

▼ ものをとの~ (5, 0.0%)

1 お悔み, ことで, たまひき, 一心と, 註文なら

▼ ものをばかり~ (5, 0.0%)

2 取り上げて 1 であった, 書いて, 食べて

▼ ものをを~ (5, 0.0%)

2 ろし 1 かしいと, とこ, みななり

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 そんなにうらまれ, つまらないわ, 二郎さん, 其れで, 昔の

▼ もの一方~ (5, 0.0%)

1 にはそまつ, はこまかい紅い, は人間的, は獣性, は病人

▼ もの三人~ (5, 0.0%)

1 とかの由, と同伴, の女ども, はたしかに, ばかりを寝せ

▼ もの不思議~ (5, 0.0%)

1 なほど, なもの, な声, な孤独, になつかしく

▼ もの世に~ (5, 0.0%)

4 疎きもの 1 多しと

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 から育つ, ぐらいのもの, に作文教授, に小判五十兩, に豐

▼ もの人々~ (5, 0.0%)

1 との話, の心, の着, はさまざま, は別目

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 によってスープ, のプルードン批判, の空中, の黒, 之ば

▼ もの個性的~ (5, 0.0%)

5 なもの

▼ もの偉大~ (5, 0.0%)

3 なもの 2 なるもの

▼ もの偶然的~ (5, 0.0%)

4 なもの 1 とは故意

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 とその, の罪, はこの, への供養, をうらやむ

▼ もの先生~ (5, 0.0%)

2 なんざ 1 からこうして, のこの, ほんとに困ります

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 からむとは, 世界では, 篇悉く, 體が, 體についての

▼ もの別に~ (5, 0.0%)

2 案ずるほどの 1 天も, 存するあり少しく, 心にも

▼ もの同じ~ (5, 0.0%)

1 さまなり, 一銭に, 二人が, 可能性を, 線の

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 いつくして, う者, はひ得ぬ, はへよ, を感ぜざるべし

▼ もの~ (5, 0.0%)

2 より惜しい 1 ありゃこそ, が躍っ, までも狙われ

▼ もの~ (5, 0.0%)

2 なるもの 1 となく, なるもの惡, を愛する

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 が流れ込ん, と密接, に跳ね, をかける, を運び

▼ もの地面~ (5, 0.0%)

3 に生え 1 へお, をはふ

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 で, のこゑごゑ, の声, ものに, をねぎっ

▼ もの多から~ (5, 0.0%)

1 ざるを, ざれども, ず大善大仁, ん, んも

▼ もの多かる~ (5, 0.0%)

5 べし

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 からも降らず, と地, にあり, を仰い, を仰ぐ

▼ もの~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 たるもの, の肉体, は必ず

▼ もの実は~ (5, 0.0%)

1 あっても, 偽り, 大能掌裡の, 女性美を, 風采ばかり

▼ もの少なく~ (5, 0.0%)

1 ありません, また耳, 婦女は, 成長の, 裸体せる

▼ もの平気~ (5, 0.0%)

31 だよ, でしょう

▼ もの~ (5, 0.0%)

2 の上 1 が絶えず, に就き, の山

▼ もの彼等~ (5, 0.0%)

1 が彼女, にとって何で, の食糧, は其の, は滅茶苦茶

▼ もの心理的~ (5, 0.0%)

5 なもの

▼ もの心配~ (5, 0.0%)

1 して, すること, するだけ, する事ア, せざるを

▼ もの必ら~ (5, 0.0%)

1 ず又, ず実行家, ず實行家, ず死す, ず老

▼ もの思はし~ (5, 0.0%)

1 げに唯一人渚, げに外套, げに暗い, げに河面, げに青み

▼ もの我等~ (5, 0.0%)

1 にあらはる, に親しから, の文物, を叱咤, を鞭撻

▼ もの明日~ (5, 0.0%)

1 にしたら, にもわたし, の夜, よりは有り, 早く起き

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 のガレオット, の人達, の沼地, より幾人, 少し素人芝居

▼ もの書く~ (5, 0.0%)

1 ことの, ということ, に最も, はわれ, わ

▼ もの~ (5, 0.0%)

2 の梢 1 などの丸太, を伐り, を伐り出し

▼ もの本質的~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 にね, に人間的, に相容れない

▼ もの根っから~ (5, 0.0%)

5 葉っ

▼ もの殆ど~ (5, 0.0%)

2 無用の 1 我一人なる如く, 毎日の, 総てを

▼ もの永遠~ (5, 0.0%)

2 なるもの, のもの 1 の滅亡

▼ もの深い~ (5, 0.0%)

1 ことは, ものあるいは, ものに, もの眞實な, もの真に

▼ もの無けれ~ (5, 0.0%)

1 ば七八日, ば則, ば此間違, ば歸, ば馬

▼ もの狂わしい~ (5, 0.0%)

1 ほど体じゅう, ものにまで, ヒステリイの, 循環論の, 醜態が

▼ もの現実~ (5, 0.0%)

2 には存在 1 の世界, の国民, を超越

▼ もの生命~ (5, 0.0%)

2 をはる 1 あるもの, とじかに, を取られる

▼ もの真に~ (5, 0.0%)

2 おもしろい物 1 人類的なる, 天下無比である, 是れ

▼ もの私達~ (5, 0.0%)

1 が, には休戦, の顔, はもっと, は驚かず

▼ もの素直~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 な出來ぢ, に招き, に斬られもしましょう

▼ もの絶え~ (5, 0.0%)

2 て無し 1 てあらず, てなし, て会わなかった

▼ もの絶えず~ (5, 0.0%)

3 尻目に 1 その手段, 新しきもの

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 がぬける, でも本丸, に蔦, もやわらかい, を拔

▼ もの~ (5, 0.0%)

2 の底 1 が減ってる, のふく, は違え

▼ もの自ら~ (5, 0.0%)

1 の生, を抑制, 働くもの, 多かり, 親しみ寄りつかずして

▼ もの自由~ (5, 0.0%)

2 なるもの 1 な吸収力, に台所, の得られない

▼ もの蓋し~ (5, 0.0%)

2 亦平生 1 この美, 希臘語の, 求め得難し

▼ もの要するに~ (5, 0.0%)

2 私が, 私自身よりも 1 人間の

▼ もの見たい~ (5, 0.0%)

1 な得意, になった, ものと, もの定めし, 所も

▼ もの論理~ (5, 0.0%)

2 を動かす 1 に動機, をし, を存在

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 つちま, の汗, ふてやる事, ふどこ, ふよろしい

▼ もの超越的~ (5, 0.0%)

3 なるもの 2 なもの

▼ もの足らぬ~ (5, 0.0%)

1 と思っ, のです, 心地, 感じが, 気持が

▼ もの迄が~ (5, 0.0%)

2 其の眼 1 ありありと, みな四十五の, 時として同じ

▼ もの過去~ (5, 0.0%)

2 せるもの 1 の歴史, の追憶, 及び未来

▼ もの~ (5, 0.0%)

1 がおいしく, と人生, の泉, はうまい, を一升かん

▼ もの鈍き~ (5, 0.0%)

2 毛織の 1 床に, 鉛の, 駱駝を

▼ もの障る~ (5, 0.0%)

5 もの彼の

▼ ものぁ何~ (4, 0.0%)

4 だべ

▼ ものあまた~ (4, 0.0%)

2 見しに 1 あり, 駿足の

▼ ものありしか~ (4, 0.0%)

2 ども先生 1 どもその, ど永く

▼ ものありと~ (4, 0.0%)

1 てわれ, て一日宵, て出しける, て當時こ

▼ ものあわれな~ (4, 0.0%)

1 女が, 様子を, 装し, 譚だ

▼ ものあんまり~ (4, 0.0%)

1 おそくなる, 受けて, 意地わるを, 苛いじゃございません

▼ ものあゝ~ (4, 0.0%)

1 いやだ, 汝その, 汝大難すぐ, 私は

▼ ものいか~ (4, 0.0%)

1 がいたしました, なれば, やうに, 程横紙破りの

▼ ものいざ~ (4, 0.0%)

1 となれ, と云, 実名お, 競爭の

▼ ものいと~ (4, 0.0%)

1 おかしく山中, 多かり, 多きもの, 少かる

▼ ものいよいよ~ (4, 0.0%)

1 可笑, 森厳であらね, 腕を, 複雑であっ

▼ ものいわば~ (4, 0.0%)

1 三馬の, 女性的な, 彼の, 精神的人間性という

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 すき好ん, ぬそこ, ト身を, 水車が

▼ ものええ~ (4, 0.0%)

2 よせってば 1 さ, 本当の

▼ ものおも~ (4, 0.0%)

2 ひこし路 1 ひと言う, ふ

▼ ものお父さん~ (4, 0.0%)

1 はすっかり, ばツ, よりも豪く, 飲みは

▼ ものかえって~ (4, 0.0%)

1 又工合, 少なくヤソ教, 推称し得べき, 真の

▼ ものかに対する~ (4, 0.0%)

1 憤怒に, 批判で, 抗議の, 時に

▼ ものがか~ (4, 0.0%)

2 はるが 1 へりみられ秋, やうに

▼ ものがの~ (4, 0.0%)

1 うては, そりの, た打つて, つてゐる

▼ ものきく~ (4, 0.0%)

1 ものうらうら, ものすべてが, もの味う, もの珍しい

▼ ものけれど~ (4, 0.0%)

2 安心し 1 私達の, 詐欺を

▼ ものこちら~ (4, 0.0%)

1 から御, で拂, は見切っ, へ飛ん

▼ ものこれら~ (4, 0.0%)

1 の人たち, の四問題, の外国人, を美しく

▼ ものしづか~ (4, 0.0%)

1 な白い, な遠雷, に並ん, に落ち着い

▼ ものじゃという~ (4, 0.0%)

1 のさ, 事だった, 証拠が, 話である

▼ ものずきで~ (4, 0.0%)

1 は人, もよく, 幕切れのぶざま加減は, 相手が

▼ ものその他子細~ (4, 0.0%)

4 あるもの

▼ ものそれ等~ (4, 0.0%)

1 のもの, の性質, の慎ましい, の所持品

▼ ものたとへば~ (4, 0.0%)

1 アンドレエフとか, 曾て, 犬だ, 酢とか

▼ ものたらぬ~ (4, 0.0%)

1 からや, ほど寡黙, 月や, 頬を

▼ ものたりとも~ (4, 0.0%)

1 その罪, 右の, 復興した, 此の

▼ ものだが~ (4, 0.0%)

1 すぐ側, スピードの, 我々素人には, 面白そう

▼ ものだき~ (4, 0.0%)

1 さまなどを, さまの, さまは, には胎蔵界曼陀羅

▼ ものだけによって~ (4, 0.0%)

1 そう信じ, 今の, 保証され, 断食芸人の

▼ ものだれ~ (4, 0.0%)

1 からもばか, が作った, 一人として, 一人片付けに

▼ ものつらい~ (4, 0.0%)

1 ですわ, もの, ものであった, ものと

▼ ものでありましたなら~ (4, 0.0%)

1 ば問題, ば後, ば私, ば籠

▼ ものであるらし~ (4, 0.0%)

4 かつた

▼ ものでござっ~ (4, 0.0%)

1 てかく, てないや, てな貧乏神中, て上手

▼ ものでござんす~ (4, 0.0%)

21 あれは, 知恵者は

▼ ものでしたなら~ (4, 0.0%)

1 ば一世一代, ば人相論, 空も, 貝殻が

▼ ものでもと~ (4, 0.0%)

1 心がけたが, 思って, 思ふん, 支那の

▼ もので御座いませう~ (4, 0.0%)

31 親分さん

▼ もので生き~ (4, 0.0%)

1 てい, ている, てどんどん, てゆく

▼ ものとかの~ (4, 0.0%)

1 区別が, 原稿を, 専門みたいな, 相違で

▼ ものとこそ~ (4, 0.0%)

1 思ひ悟りて, 思へ, 覚え侍れ笑ひも恨み, 言うべけれ

▼ ものとだけ~ (4, 0.0%)

1 くらべるの, つきあうの, 知つてを, 見て

▼ ものとばっかり~ (4, 0.0%)

1 信じて, 大目に, 思って, 思われて

▼ ものとや~ (4, 0.0%)

1 し給はん, 人の, 思ひけん我, 思ひ違

▼ ものどす~ (4, 0.0%)

21 がな, へ

▼ ものどっち~ (4, 0.0%)

1 だったかくらい, だっていい, でも割, へ逃げたら助かる

▼ ものどれ~ (4, 0.0%)

1 がどいつだ, だけ離れた, もこれ, をそれ

▼ ものなつかしい~ (4, 0.0%)

1 ものだけが, 心持が, 恋人の, 靜けさである

▼ ものなどにも~ (4, 0.0%)

2 みえたれば 1 比較し, 見当るが

▼ ものならざるべからず~ (4, 0.0%)

1 となしたる, と叫ん, 人間の, 物質の

▼ ものならない~ (4, 0.0%)

1 のが, やうに, 方が, 筈も

▼ ものならね~ (4, 0.0%)

1 ばふで, ばよくよく, ば云々, ば読む

▼ ものなら帰っ~ (4, 0.0%)

2 てごらん 1 て居りましょう, て来なく

▼ ものなら立て~ (4, 0.0%)

1 てみろ, て下さい, て下さいまし, 栄すが

▼ ものなりき~ (4, 0.0%)

1 かなしからず, と, と想像, ゆえにその

▼ ものなんだか~ (4, 0.0%)

1 判然しない, 又はもともと, 変な, 自分が

▼ ものなんで~ (4, 0.0%)

1 お金になど, 二人の, 樹にも, 誰にも

▼ ものにだって~ (4, 0.0%)

1 あります, ちょっとあるまい, ならなかったじゃ, もっと何

▼ ものにぶき~ (4, 0.0%)

1 床に, 顔の, 駱駝の, 駱駝は

▼ ものにを~ (4, 0.0%)

1 さめとられた, はるかに, みが, るか

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 しの命 1 しと, しのもの

▼ もののかず~ (4, 0.0%)

1 でもござりませぬ, ともみえなかった, とも思わない, にはならない

▼ ものはい~ (4, 0.0%)

1 ぢけ, ぢる, づれもおのづと一緒に, てんの

▼ ものはか~ (4, 0.0%)

1 へつて, ますを, やうな, やうに

▼ ものはて~ (4, 0.0%)

2 のひ 1 困つた, 怪しからん

▼ ものひとつ~ (4, 0.0%)

1 だって出来っこない, の否定, 大いなる百合, 食うにも

▼ ものひとり~ (4, 0.0%)

1 ではねえ, で聞い, で買つて, 彼あり

▼ ものひもじき~ (4, 0.0%)

4 もの乏しく

▼ ものへとの~ (4, 0.0%)

1 仰望から, 歴史的進展の, 自己形成の, 行為的直観的な

▼ ものほか~ (4, 0.0%)

1 にしかた, のお, のどんな, の雛妓さん

▼ ものましてや~ (4, 0.0%)

3 土方の 1 それが

▼ ものむしろ~ (4, 0.0%)

1 それを, 反対の, 多くの, 死によ

▼ ものもち~ (4, 0.0%)

1 で十五日, で湯治場, の家, の若旦那

▼ ものわれら~ (4, 0.0%)

1 が中, このたび, も生き, 眠る見て

▼ ものをど~ (4, 0.0%)

1 さっと置いた, つさりたべて, つさり持つて, つちが

▼ ものをなど~ (4, 0.0%)

1 いいいい行, いへり, おも, 考が

▼ ものをのみ~ (4, 0.0%)

1 下して, 取扱つては, 愛し続けて, 指して

▼ ものをまで~ (4, 0.0%)

2 どうして機械 1 懐しそう, 神様の

▼ ものモラル~ (4, 0.0%)

2 とか社会性 1 だと, といふもの

▼ もの一々~ (4, 0.0%)

1 を記し, 手を, 日記帳に, 生きて

▼ もの一つ一つ~ (4, 0.0%)

1 から悲し, にもそれぞれ様々, に妻, に耐えゆかね

▼ もの一個~ (4, 0.0%)

2 顕れ出 1 の生成力, を挙げん

▼ もの一寸~ (4, 0.0%)

1 したもの, は来られない, も分りませんでした, 精進を

▼ もの一日~ (4, 0.0%)

1 に何人, も晏如, も無かるべからざるなり, や二日

▼ もの一種~ (4, 0.0%)

1 の植物咒力信仰, の群衆心理, の誇り, の趣

▼ もの一言~ (4, 0.0%)

1 すれば, でいえ, で云うなら, もお

▼ もの一首~ (4, 0.0%)

4 もあるまじく

▼ もの下等~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 のもの, の方

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 が世, に有り, の人, の廂髮

▼ もの世の中~ (4, 0.0%)

1 にはいろ, にはいろいろ, の廻り合わせ, はきっとこう

▼ もの並びに~ (4, 0.0%)

1 すべての, 小文字及イタリア風小文字である, 最も純粋, 未発表

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 體の 1 なる大将, により

▼ もの乏しく寒く~ (4, 0.0%)

2 物足らぬ, 物足りぬ

▼ もの二三人~ (4, 0.0%)

1 があたり, だけを付け, にて夜行, に声

▼ もの五人~ (4, 0.0%)

1 におよびぬ, の女, ばかり烏帽子, や十人

▼ もの人格的~ (4, 0.0%)

2 なもの, な性質的

▼ もの何で~ (4, 0.0%)

2 姉さんが 1 死物が, 逃亡を

▼ もの何と~ (4, 0.0%)

1 いうても, なりとも, 微妙でしょう, 皆の

▼ もの何となく~ (4, 0.0%)

1 そつちの方に, なし, 暗きもの, 香の

▼ もの何もかも~ (4, 0.0%)

1 がただ味氣, 散らかり放題, 新しく特に, 遣りに

▼ もの何ら~ (4, 0.0%)

2 あること 1 の美, の自発性

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 い睡たげな音, い足どり, がほ, く一夜

▼ もの健全~ (4, 0.0%)

4 なもの

▼ もの健康~ (4, 0.0%)

2 と満足, なるもの

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 に角 1 だって居る, はフランネル

▼ もの全然~ (4, 0.0%)

1 たよりない, 出欠が, 意表外の, 自分の

▼ もの其方~ (4, 0.0%)

2 は齋藤 1 はまるで, は斎藤

▼ もの出来~ (4, 0.0%)

2 たり 1 ていた, もしない

▼ もの口笛~ (4, 0.0%)

4 や人々

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 往今來蓋し 1 堀博士の, 美術価値を

▼ もの可能的~ (4, 0.0%)

4 なもの

▼ もの向う~ (4, 0.0%)

1 でして, に気付かれない, はもっと, 柳原の

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 の怖い, 南京蕎麦売の, 機会だに, 耳ある

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 はむと, はれけり, ひたげな眼, れた心

▼ もの四人~ (4, 0.0%)

1 すなわち四分の三, には羅紗, の申立, を呼びまし

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 の続かぬ, の高い, も嗄れ, を聞く

▼ もの多々~ (4, 0.0%)

1 あり, ありと, あるをもって, これ有り

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 の呻き, の毒々し, の迸しる, は

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 ぞ経世偉勲中, ぞ經世, ものを, んじ

▼ もの完全~ (4, 0.0%)

3 なるもの 1 に新聞

▼ もの家中~ (4, 0.0%)

3 の者 1 にはなし

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 からず, し, なからず, なしとは

▼ もの将来~ (4, 0.0%)

1 において果して然, のもの, の貧富, よりはなはだしき

▼ もの小さい~ (4, 0.0%)

1 ものと, 時から, 箱の, 頃小笠原プロの

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 のごとし 1 うや, に旋回

▼ もの常に~ (4, 0.0%)

1 人間の, 優れた作, 理想の, 遠からず

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 の民五郎 1 しで, の霧

▼ もの幾多~ (4, 0.0%)

1 ございます, の実験, の障害物, 現われ

▼ もの弱い~ (4, 0.0%)

1 ものが, ものと, ものに対して, ものべつに

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 で何, には, に随, の世

▼ もの忘れした~ (4, 0.0%)

2 後見に 1 やうに, 時の

▼ もの恐らく~ (4, 0.0%)

1 や永遠, 十の, 心の, 案山子を

▼ もの悲しい~ (4, 0.0%)

1 ひと時であった, もの弱い, もの親味の, 黄昏家々の

▼ もの意識~ (4, 0.0%)

1 なきもの也, に於, の所産, を恢復

▼ もの憎く~ (4, 0.0%)

3 らしからうでは 1 きもの我が

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 から印度, さえありゃ, に触れ, 入つて

▼ もの数十名~ (4, 0.0%)

1 ありと, の刑吏, の多き, 相会し

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 でない物, の攻撃打ち拂, の陣立て, ふわけ

▼ もの文学~ (4, 0.0%)

2 は光 1 というもの, ならざるもの

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 どんには, らしくなりも, 方面に, 社会という

▼ もの新しき~ (4, 0.0%)

2 ものが 1 ものに, ものの苦しい

▼ もの既知~ (4, 0.0%)

4 のもの

▼ もの早く~ (4, 0.0%)

1 すぐ消え, 取って, 拝見いたし, 私の

▼ もの普遍的~ (4, 0.0%)

3 なるもの 1 なもの

▼ もの書き~ (4, 0.0%)

2 などせる 1 に到ります, ふける

▼ もの最後~ (4, 0.0%)

1 がブラマンジェ, にどうしても, のもの, の一句

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 から晩, に晩, も三平, 遅くまで

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 さえすれ, たりて言句, て我教, て汝ら

▼ もの東京~ (4, 0.0%)

1 から来援, でのあの, にゐ, の長

▼ もの枚挙~ (4, 0.0%)

4 に遑

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 になっ, に共存的, に長き, を見

▼ もの次に~ (4, 0.0%)

1 は一つ, は同じ, は蕎麦, 金椎次に

▼ もの欲しく~ (4, 0.0%)

1 ない, ないん, なる, はなかっ

▼ もの正しい~ (4, 0.0%)

1 ものが, ものすぐれた, ものに, もの暖いもの

▼ もの正義~ (4, 0.0%)

2 を愛す 1 あるもの, を愛し

▼ もの死んだ~ (4, 0.0%)

1 ものから, ものと, ものとして, 積りなら

▼ もの永久~ (4, 0.0%)

1 に牢剛, に私, に私たちふたり, の平和

▼ もの沢山~ (4, 0.0%)

1 あがらなければ, いるの, の盛装, 角笛を

▼ もの法則的~ (4, 0.0%)

4 なもの

▼ もの淋しい~ (4, 0.0%)

1 夜の, 思いで, 時の, 風情を

▼ もの深き~ (4, 0.0%)

2 ものを 1 もの, ものよりも

▼ もの深く~ (4, 0.0%)

1 其至粋を, 思いを, 秘められた淋し, 考索すれ

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 の為 1 なり深く, により

▼ もの無心~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 をいい, を言われる

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 干の 1 を見渡す, 干棹

▼ もの~ (4, 0.0%)

3 の事 1 更じゃ

▼ もの珍しい~ (4, 0.0%)

1 がまま, ものが, ものそう, ものを

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 はれ出, 實の, 實的な, 實的なる

▼ もの疑ひせぬ~ (4, 0.0%)

4 清い心

▼ もの確か~ (4, 0.0%)

1 なもの, な動作, に, に今

▼ もの積極的~ (4, 0.0%)

3 なもの 1 なプラス

▼ もの精神的~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 なるもの, な娯楽

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 の贖, 亡ぼしだ, 亡ぼしであろう, 亡ぼしでございます

▼ もの聞いた~ (4, 0.0%)

1 もの, ものでなけれ, ものに, ものアタマへ

▼ もの聴く~ (4, 0.0%)

1 ものいつのまにか, ものが, ものとては, もの何一つ

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 くこれ 1 く潮州, く記臆

▼ もの自然的~ (4, 0.0%)

4 なもの

▼ もの若い~ (4, 0.0%)

2 男が 1 女の, 娘の

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 にあらし, に月, は三葉, ばかりのもの

▼ もの蕪村~ (4, 0.0%)

2 に至り 1 の天明, の蕪村

▼ もの言い換える~ (4, 0.0%)

1 とその, と一般的, と主観, と普遍的

▼ もの~ (4, 0.0%)

4 ずれば

▼ もの語り~ (4, 0.0%)

1 の古い, もあり, も眼, 申し上ぐべく候

▼ もの論理的~ (4, 0.0%)

3 なもの 1 なるもの

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 で, はば新し, はば春, ゆる靈肉一致的

▼ もの貧しい~ (4, 0.0%)

1 もの, もの求める, もの飾る, 農家や

▼ もの買っ~ (4, 0.0%)

1 てきた, て来やし, て置く, て連れ

▼ もの足らな~ (4, 0.0%)

3 さを 1 さが

▼ もの~ (4, 0.0%)

2 を接し, を接した

▼ もの身知らず~ (4, 0.0%)

1 だった, である, です, とやらこの

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 ありすべて皆武士, 出た, 抜かうと, 牛酒

▼ もの道理~ (4, 0.0%)

2 だよ 1 で無いと, のある

▼ もの長い~ (4, 0.0%)

1 一生を, 船や, 間に, 間私は

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 づけに, にぶち, の方, をひらい

▼ もの陽気~ (4, 0.0%)

2 なもの, はよし

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 となり, につけ風, に打, を起す

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 の変化, の如く, の立居, より落ち

▼ もの電燈~ (4, 0.0%)

2 が驟雨 1 が煌々, のカーボン線

▼ もの音楽~ (4, 0.0%)

1 とか絵, と美姫, ならざるもの, に近き

▼ もの~ (4, 0.0%)

1 くは, ひわれ, へども彼, を掛け

▼ もの騒がしい~ (4, 0.0%)

1 だけで, 声には, 景色を, 渦を

▼ もの高貴~ (4, 0.0%)

1 なもの, なるもの, の人, 織の

▼ ものあげる~ (3, 0.0%)

1 から, からおいで, わよ

▼ ものあたかも~ (3, 0.0%)

1 この白雪, 縁日の, 霊薬が

▼ ものあたり~ (3, 0.0%)

1 で, のもの, まへ

▼ ものあっち~ (3, 0.0%)

1 から見たら, でもこちら, の隅

▼ ものありき~ (3, 0.0%)

1 たりのもの, 彼は, 我は

▼ ものありて~ (3, 0.0%)

2 物の 1 のが

▼ ものありません~ (3, 0.0%)

21 がけだし

▼ ものいかん~ (3, 0.0%)

1 ぞその, とも狂わし, とも自ら慰め

▼ ものいくた~ (3, 0.0%)

3 あるを

▼ ものいくばく~ (3, 0.0%)

1 あるを, ぞや, もなく

▼ ものいずくんぞ~ (3, 0.0%)

1 ひとりミルトンハンプデンピム輩のみ, 両三を, 俛首し

▼ ものいちばん~ (3, 0.0%)

1 いいもの, よいもの, 美しいもの

▼ ものいっしょ~ (3, 0.0%)

1 に暮らす, に死ぬ, に行っ

▼ ものいづれ~ (3, 0.0%)

1 か死滅, も月並, も衣服

▼ ものいま~ (3, 0.0%)

1 にあっちこっち, のお, の寂し

▼ ものいまだ~ (3, 0.0%)

1 これあらざるなり, 乏しか, 他の

▼ ものうち~ (3, 0.0%)

1 の方, の村, は物

▼ ものうっかり~ (3, 0.0%)

1 作品が, 入ろうものなら, 金なんか

▼ ものえらい~ (3, 0.0%)

2 もの男児は 1 進歩であり

▼ ものおかしい~ (3, 0.0%)

1 ですか, わね母さん, 冒険から

▼ ものおぼえ~ (3, 0.0%)

1 がよく, が悪い, のよい

▼ ものおまけ~ (3, 0.0%)

1 に今夜大分舌, に目, に私

▼ ものおもい~ (3, 0.0%)

2 に浸っ 1 を消す

▼ ものおもしろ可笑しく~ (3, 0.0%)

3 世を

▼ ものおら~ (3, 0.0%)

1 あうった, あもう, がするだ

▼ ものおれ~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の身, はもう

▼ ものお前さん~ (3, 0.0%)

1 この様子, どんな間違, のよう

▼ ものお祖母さん~ (3, 0.0%)

3 が呼び

▼ ものかさえ~ (3, 0.0%)

1 わからなかった, 弁えおらぬか, 知らない娘達

▼ ものかしらん~ (3, 0.0%)

1 今にも堂島, 私は, 結局阿Qが

▼ ものかつて~ (3, 0.0%)

1 いふ氣概, ね, 言ふんです

▼ ものかとか~ (3, 0.0%)

1 云うよう, 君が, 従って又

▼ ものかとさえ~ (3, 0.0%)

1 彼は, 思った, 思って

▼ ものかなという~ (3, 0.0%)

1 面持ちを, 顔付で, 風に

▼ ものかなとは~ (3, 0.0%)

1 思い候えども, 思うの, 思ふもの

▼ ものかなどという~ (3, 0.0%)

1 そんな感, 不平を, 理屈は

▼ ものかについては~ (3, 0.0%)

1 いずれ改めて本, いま語る, 自信を

▼ ものかはと~ (3, 0.0%)

1 出入りの, 勵み, 言ふ

▼ ものかへ~ (3, 0.0%)

1 そんなケチ, つて二三枚下つた処に, つて死地に

▼ ものかよ~ (3, 0.0%)

1 あの子, 仕った芸当, 盧俊儀と

▼ ものからに~ (3, 0.0%)

1 京きこえ, 然かぞ, 継ぎて

▼ ものからより~ (3, 0.0%)

2 複雑な 1 高次の

▼ ものがさ~ (3, 0.0%)

1 このシキ, ぼくの, 水蒸気に

▼ ものくさ~ (3, 0.0%)

1 ぐさ, ぐさあり皆可憐の, ばかげろう

▼ ものくらいは~ (3, 0.0%)

1 どうにでも, のけるほどに, 大して困難

▼ ものけだし~ (3, 0.0%)

1 これに, 一人も, 自然の

▼ ものこういう~ (3, 0.0%)

1 手法は, 派手な, 考で

▼ ものこつち~ (3, 0.0%)

1 から何, が, で何

▼ ものさえが~ (3, 0.0%)

1 あり得ないと, ニュートンの, 日本に

▼ ものさがし~ (3, 0.0%)

1 ている, てき, てくる

▼ ものさすが~ (3, 0.0%)

1 に堂々たる, に目鏡, はいい

▼ ものさぞ~ (3, 0.0%)

1 おかゆが, お疲れ, 困られたこと

▼ ものさと~ (3, 0.0%)

1 云って, 喜楽は, 思って

▼ ものされ~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば徳川, 手出しも

▼ ものしみじみ~ (3, 0.0%)

1 とした, と語っ, 味へば

▼ ものしよう~ (3, 0.0%)

1 あっかい, とする, と思つて

▼ ものしらぬ~ (3, 0.0%)

2 者ども 1 やつらが

▼ ものしり~ (3, 0.0%)

1 だった, のよう, の牧師さん

▼ ものじゃの~ (3, 0.0%)

1 あく抜け, あゝ悪い, 長州武士は

▼ ものじゃろ~ (3, 0.0%)

1 が, と罵った, な

▼ ものすぐれた~ (3, 0.0%)

1 ものに, ものは, ものを

▼ ものずっと~ (3, 0.0%)

1 この稼業, 生糸の, 調和的沈潜的な

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 が準備時代, なたは, を高らか

▼ ものそうした~ (3, 0.0%)

1 ものは, 作品は, 小説の

▼ ものそのまま~ (3, 0.0%)

1 だと, では, の姿

▼ ものそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 に傑出, の受け持ち, の本来

▼ ものそれ以上~ (3, 0.0%)

1 になりっ, に重要, のものザラ

▼ ものそれ位~ (3, 0.0%)

1 なこと, のこと, の血

▼ ものぞとて~ (3, 0.0%)

2 我等は 1 懷にを

▼ ものぞとは~ (3, 0.0%)

1 思い忍ぶあたわず, 神ならぬ, 私の

▼ ものたとい~ (3, 0.0%)

1 いかなる悪, 世間から, 今日ある

▼ ものたらしめた~ (3, 0.0%)

1 すなわちその, のである, のは

▼ ものたるべき~ (3, 0.0%)

1 ことは, を容認, 素質を

▼ ものだけについて~ (3, 0.0%)

1 さへ, 数えた値, 見ると

▼ ものだけには~ (3, 0.0%)

1 こちらからも, そんなにくっきり女, 気づかないで

▼ ものだし~ (3, 0.0%)

1 てみれ, て見れ, を吸う

▼ ものだったで~ (3, 0.0%)

2 はない 1 はありません

▼ ものちっとも~ (3, 0.0%)

1 ないわ, 残り惜いこ, 面白くも

▼ ものちつ~ (3, 0.0%)

1 とはもう少し何とか, とは自分, ともかはつて

▼ ものづくり~ (3, 0.0%)

1 といふ名, の大, 或は名詮自性

▼ ものであったでしょう~ (3, 0.0%)

3

▼ ものでありかれ~ (3, 0.0%)

2 を知る 1 ら自身で

▼ ものでありまする~ (3, 0.0%)

1 から今日, から竿先, が少しく

▼ ものでいづれ~ (3, 0.0%)

1 にし, も半紙, も板本

▼ ものでござんし~ (3, 0.0%)

1 てなこうして, て斯, て米搗き

▼ ものでたと~ (3, 0.0%)

1 へある程度, へその, へ何

▼ ものででも~ (3, 0.0%)

1 あったならば, あらう, あらう事

▼ ものでなかったろう~ (3, 0.0%)

1 か中枢, ことは, ことも

▼ ものでなくつ~ (3, 0.0%)

1 ちやなりません, ちや神聖の, ちや萬一の

▼ もので出~ (3, 0.0%)

1 てきた, て行きがけ, 居

▼ もので囃し~ (3, 0.0%)

2 言葉である 1 方の

▼ もので忘れ~ (3, 0.0%)

2 ようにも 1 もしない

▼ もので死んだ~ (3, 0.0%)

1 人間は, 利用しか, 父親の

▼ もので無~ (3, 0.0%)

2 かつた 1

▼ もので無かった~ (3, 0.0%)

1 ことも, ことを, にし

▼ もので生きる~ (3, 0.0%)

1 ために, ということ, といふ

▼ もので知らない~ (3, 0.0%)

2 うちに 1 者は

▼ もので読ん~ (3, 0.0%)

1 でいる, で見, で見る

▼ ものとしてから~ (3, 0.0%)

1 信長に, 徐にすずしい, 舞台を

▼ ものとぞ~ (3, 0.0%)

1 思はれける爰, 思わるる, 怨むらん

▼ ものとのみは~ (3, 0.0%)

1 思われない, 申すこと, 解し難い

▼ ものとりわけ~ (3, 0.0%)

2 物質的な 1 私には

▼ ものどうぞ~ (3, 0.0%)

1 おついで, 一日も, 堪忍し

▼ ものどの~ (3, 0.0%)

1 ような, ように, 木に

▼ ものどもも~ (3, 0.0%)

1 一様に, 無事に, 見るに

▼ ものないしは~ (3, 0.0%)

1 死骸を, 祭を, 臭いもの

▼ ものなぜ~ (3, 0.0%)

2 なら作家 1 か一そう歩度

▼ ものなぞに~ (3, 0.0%)

1 ことの, なる, 読みふける客

▼ ものなぞも~ (3, 0.0%)

1 ある, なるべく薄く, 昼の

▼ ものなどとは~ (3, 0.0%)

1 余程その, 敗れても, 異って

▼ ものならし~ (3, 0.0%)

2 ぜんに 1 了せるだろう

▼ ものならで~ (3, 0.0%)

2 は十分 1 は古今

▼ ものなら喜ん~ (3, 0.0%)

1 で命, で自分, で降参

▼ ものなら打っ~ (3, 0.0%)

1 てごらん, てみよ, 捨らかしとか

▼ ものなら持っ~ (3, 0.0%)

1 てみろ, て帰れ, て行っ

▼ ものなら死ぬ~ (3, 0.0%)

1 で仕方, までに後部, ように

▼ ものなら殺し~ (3, 0.0%)

1 てごらん, てみろ, てやりたい

▼ ものなら生き~ (3, 0.0%)

1 て見よう, ながら少し, 辱を

▼ ものなら破っ~ (3, 0.0%)

2 てごらん 1 てみよ

▼ ものなら黙っ~ (3, 0.0%)

1 ていたら, て受け, て妹

▼ ものなりしか~ (3, 0.0%)

1 どむら, ど尚, ばフォルリ

▼ ものなりなど~ (3, 0.0%)

1 余計な, 口を, 花は

▼ ものなりの~ (3, 0.0%)

1 いいよう, 発展を, 移送を

▼ ものなんぞが~ (3, 0.0%)

2 目貫の 1 挙げて

▼ ものなんぼ~ (3, 0.0%)

1 でも, 有つた, 飲んでも

▼ ものにおいてさえ~ (3, 0.0%)

1 それが, 法の, 過つという

▼ ものにおける~ (3, 0.0%)

1 女の, 普遍的な, 真実の

▼ ものにかけて~ (3, 0.0%)

1 僕は, 置くの, 非常に

▼ ものにかは~ (3, 0.0%)

1 つた, つて, つて来

▼ ものにさえも~ (3, 0.0%)

1 感ぜられたの, 無常を, 転化し

▼ ものにとっての~ (3, 0.0%)

1 云いつくせぬ遺憾, 嘲弄の, 必ず出っ喰わす

▼ ものにより~ (3, 0.0%)

1 そひ, ますると, 多くの

▼ もののう~ (3, 0.0%)

1 づくまり, 袋持, 露月どの

▼ もののみと~ (3, 0.0%)

1 なるから, 言って, 謂わねば

▼ ものはじめて~ (3, 0.0%)

1 承諾し, 書いたん, 見たの

▼ ものはの~ (3, 0.0%)

1 たまへ, べつに, 他に

▼ ものはや~ (3, 0.0%)

1 なぎや, はらかい, ッぱり見当らなかった

▼ ものばかりかと~ (3, 0.0%)

1 いふに, 思って, 言うと

▼ ものばかりという~ (3, 0.0%)

1 のである, もんだに, 訳で

▼ ものばかりとも~ (3, 0.0%)

1 思われない, 言えない, 限らず絹本

▼ ものぴったり~ (3, 0.0%)

1 しないもの, と痛み, やめるという

▼ ものへでは~ (3, 0.0%)

2 ない 1 なくて

▼ ものへまで~ (3, 0.0%)

1 すべて論功行賞を, 問題を, 探り入らん

▼ ものまだまだ~ (3, 0.0%)

1 二番狂言という, 仕甲斐, 我々は

▼ ものまでの~ (3, 0.0%)

1 文献が, 間に, 階級を

▼ ものみた~ (3, 0.0%)

1 さで, さのよう, さもある

▼ ものもう少し~ (3, 0.0%)

1 お駕籠, だから, 待たなけりゃ駄目

▼ ものもっ~ (3, 0.0%)

1 てい, てヨタヨタ, て彼

▼ ものもっとも~ (3, 0.0%)

1 先祖忠秋以来ちと, 半分しか, 多きにも

▼ ものもとより~ (3, 0.0%)

1 一瞥の, 城主別所長治と, 少なからず

▼ ものもの~ (3, 0.0%)

1 が, ずきに, に投げかけた

▼ ものやの~ (3, 0.0%)

1 はなしは, ように, 前は

▼ ものやはり~ (3, 0.0%)

1 それだった, 太陽など, 女細工で

▼ ものやり切れない~ (3, 0.0%)

21 もの恐ろしい

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 へおや, へぜひ, へむへきなりとてよくしんぼふ

▼ ものよりか~ (3, 0.0%)

1 少しは, 新しい野菜, 金の

▼ ものよろしい~ (3, 0.0%)

21 んです

▼ ものらしき~ (3, 0.0%)

1 和服と, 映画撮影用の, 黒部の

▼ ものらしくなっ~ (3, 0.0%)

3 て来た

▼ ものらしく思はれる~ (3, 0.0%)

1 からである, けれど事実, のであります

▼ ものらしく思われる~ (3, 0.0%)

1 からその, のであります, ものは

▼ ものわし~ (3, 0.0%)

1 とてもそれ, はこれからすぐ, は毎日

▼ ものをとて~ (3, 0.0%)

1 その夜, ダンテを, 起ちて

▼ ものをね~ (3, 0.0%)

1 その腰, 分って, 宅へ

▼ ものをもっては~ (3, 0.0%)

2 いなかった 1 いません

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 こうに, なっちまった, なるから

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 た, なけれバ, 戦ひ修行

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 お前さんが, 多少の, 巫山戯て

▼ もの一二~ (3, 0.0%)

1 がある, を挙げる, を擧げる

▼ もの一層~ (3, 0.0%)

1 それまでより, 深く言, 親しいもの

▼ もの一杯~ (3, 0.0%)

1 だから, とをバター, 食ったかたち

▼ もの一歩~ (3, 0.0%)

1 もその, も家, 進んでは

▼ もの一般的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 であると

▼ もの万事~ (3, 0.0%)

1 においてより, にまた, 悪い

▼ もの三つ~ (3, 0.0%)

1 で六十枚, のす, を摘出

▼ もの三本~ (3, 0.0%)

1 のうち, を作り, を造り

▼ もの不完全~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 にもせよ

▼ もの主観的~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 しからずで, しからずとは, しかりし乞食僧

▼ もの久しぶり~ (3, 0.0%)

2 にてきたれり 1 で新

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 あり 1 は宗麟配下

▼ もの二度と~ (3, 0.0%)

1 お目にかかっては, 召されたる例, 説を

▼ もの二本~ (3, 0.0%)

1 の大木, また浪, を取り

▼ もの互いに~ (3, 0.0%)

1 ふりかえりて, 己が, 相異なる

▼ もの井戸~ (3, 0.0%)

2 の形 1 に投じ

▼ もの人生~ (3, 0.0%)

1 がある, に対して受動的, へおろされ

▼ もの今に~ (3, 0.0%)

1 於て, 殿様が, 母も

▼ もの仕様~ (3, 0.0%)

1 がありますまい, がない, がねえ

▼ もの以前~ (3, 0.0%)

1 になにか, にもつ, の田舎

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 ではひと, ふ人ごと, ふ人毎

▼ もの住居~ (3, 0.0%)

1 せり如何, の条件, 致すやと

▼ もの何だか~ (3, 0.0%)

1 わからないとら, わからないとらえどころ, 気味悪い存在

▼ もの何でも~ (3, 0.0%)

2 皆頭から 1 やる

▼ もの何とも~ (3, 0.0%)

1 して, 云えません, 感じないの

▼ もの何人~ (3, 0.0%)

1 だつて狂人, も如叙, も知らず

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 が旧作煙三幕, の見し, を狼

▼ もの作る~ (3, 0.0%)

1 ことにおいて, ものなる, んだって

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 てくれなく, りし時, るものの

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 なもの, にいう, に洋妾

▼ もの俳句~ (3, 0.0%)

1 は下卑た, は歌, は町人

▼ もの個々~ (3, 0.0%)

2 に分離 1 の過程

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 に三, に數十名, ばかりを有する

▼ もの兄弟~ (3, 0.0%)

1 なの, にてもそもじ, へさし

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 は先 1 が鋭利

▼ もの入っ~ (3, 0.0%)

1 ていたろう, ては残忍酷薄, てゐたら

▼ もの入り~ (3, 0.0%)

1 だからね, をかけた, 八九分

▼ もの八百屋~ (3, 0.0%)

3 の吉五郎

▼ もの其樣~ (3, 0.0%)

2 な愛想 1 なもの

▼ もの具体的~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 た会う日, た聚, 出発を

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 のものみんな, の真っ盛り, は怖い

▼ もの凡そ~ (3, 0.0%)

1 いかなるかすか, 左の, 是等一味の

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 を合せれ, を引か, を構える

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 ですが, のはいった, の強い

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 の一, の中, の六

▼ もの単なる~ (3, 0.0%)

1 修飾句皆今は, 時間そういう, 霊媒術です

▼ もの単に~ (3, 0.0%)

1 個人的な, 歴史的なる, 蛇足に

▼ もの古い~ (3, 0.0%)

1 ものが, 土着の, 絵草子などにも

▼ もの可哀そう~ (3, 0.0%)

1 だ, ですよ, に

▼ もの同然~ (3, 0.0%)

1 じゃ意, だ, にいぎたなく

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 に奢らない 1 はヤソ

▼ もの吾人~ (3, 0.0%)

1 が尤も, はその, 遂に其余り

▼ もの哀し~ (3, 0.0%)

2 げな 1 さでした

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 ひの 1 はする

▼ もの善良~ (3, 0.0%)

2 な魂 1 なもの

▼ もの喜ん~ (3, 0.0%)

2 で調ら 1 で調製

▼ もの因果~ (3, 0.0%)

1 でございまして, ね, 見られたもの因果

▼ もの堆積~ (3, 0.0%)

1 したもの, す, するに

▼ もの声高~ (3, 0.0%)

1 なもの, に元気, に座談

▼ もの変った~ (3, 0.0%)

1 もので, ものは, もの何んでもに

▼ もの多分~ (3, 0.0%)

1 は何所, 私あんな, 聲も

▼ もの多少~ (3, 0.0%)

1 の得意, の戸, 残り居り

▼ もの多数~ (3, 0.0%)

1 であるという, の専門文献, を占め

▼ もの大いに~ (3, 0.0%)

1 泣かされると, 盛り与謝野寛, 道を

▼ もの大きな~ (3, 0.0%)

2 疲れを 1 もの小さな

▼ もの大切~ (3, 0.0%)

1 でありまして, にしなく, の文書

▼ もの女性~ (3, 0.0%)

2 は男性 1 というもの

▼ もの好い~ (3, 0.0%)

1 気にな, 法師さんです, 絵で

▼ もの好奇心~ (3, 0.0%)

2 に引ずられ 1 といふやう

▼ もの始めて~ (3, 0.0%)

2 能く 1 人を

▼ もの~ (3, 0.0%)

3 入つて

▼ もの存在~ (3, 0.0%)

1 するもの, する権利, と事実

▼ もの学校~ (3, 0.0%)

1 でほんの, の図書館, の帰り

▼ もの宇宙~ (3, 0.0%)

1 のもの, の大きな, の最大

▼ もの客観~ (3, 0.0%)

1 とはこれ, とは見られた, は何

▼ もの客観的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 に与えられた

▼ もの家主~ (3, 0.0%)

2 は長吉 1 が長吉

▼ もの少なき~ (3, 0.0%)

1 はなんぞや, もその, 時は

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 の所, も鱗, を曳いた

▼ もの己ら~ (3, 0.0%)

3 の言

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 から年, に幾十, の足らぬ

▼ もの幸福~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, になっ, を思ひ描かせる

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 んど 1 干か

▼ もの幾種~ (3, 0.0%)

3 あるを

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 になっ, に考えられ, の力み

▼ もの弓矢~ (3, 0.0%)

2 囲みて 1 の徒

▼ もの当時~ (3, 0.0%)

2 の民衆 1 は何処

▼ もの彫刻~ (3, 0.0%)

1 とはこういう, ならざるもの, に近き

▼ もの忽ち~ (3, 0.0%)

1 この奇秀, 家中が, 盛り返して

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 か悩, をし, をする

▼ もの思は~ (3, 0.0%)

3 しげな

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 だけの対手, の外, を放し

▼ もの恐らくは~ (3, 0.0%)

2 二三子のみ 1 他国他

▼ もの恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 ものやさしく, ような, 毒矢が

▼ もの恒常~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 のない, のふかい, の人

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 いわ, い筈, なるもの

▼ もの想う~ (3, 0.0%)

1 人は, 故に, 葦

▼ もの意味~ (3, 0.0%)

1 という点, のある, の不明

▼ もの慣れた~ (3, 0.0%)

1 召使ひ, 身腰で, 顔つきで

▼ もの手足~ (3, 0.0%)

1 だけとなっ, に汚れた, もひどく

▼ もの扱い~ (3, 0.0%)

3 にする

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 いかなる鬼物, も亦, も時代

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 につた, のふくらみ, 折れば

▼ もの斯く~ (3, 0.0%)

1 あるべきもの, 曰はむ, 言へり

▼ もの時に~ (3, 0.0%)

1 はそんな, 或はむし, 或は數尺

▼ もの暗い~ (3, 0.0%)

1 から慰められ, ものという, もの残虐な

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 て扇子引さくなごり哉, と爐火, なるもの

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 のいい, はかく, はちゃんと

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 は読むべき, は讀むべき, 當に

▼ もの本当~ (3, 0.0%)

1 ならそういう, の劇, の面白い

▼ もの来ない~ (3, 0.0%)

1 けれどおちつい, だいたい待つ, と同じ

▼ もの来る~ (3, 0.0%)

1 もんか, 日も, 者全部に

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 なさ 1 無い恋

▼ もの果たして~ (3, 0.0%)

1 インド今日の, 幾人いただろう, 日本今日の

▼ もの柔かい~ (3, 0.0%)

2 少女の 1 絹の

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 を持った, を持つ, を揮う

▼ もの概ね~ (3, 0.0%)

1 旧説, 皆繪聲に, 緑樹と

▼ もの権力~ (3, 0.0%)

1 あるもの, に属した, の源

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 のかたはら, はこういう, ふ聲

▼ もの歴史~ (3, 0.0%)

1 において現われ, に於, の発展

▼ もの母さん~ (3, 0.0%)

1 つたら直ぐ, の結った, の結つた髪

▼ もの民衆~ (3, 0.0%)

1 の手, の素朴, の趣味活動

▼ もの江戸~ (3, 0.0%)

1 で引い, に来る, の一流剣客

▼ もの流石~ (3, 0.0%)

2 に眼鏡 1 古兵の

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 のにじんだ, の外, の種

▼ もの清らか~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ もの焉んぞ~ (3, 0.0%)

1 太平に, 死と, 豐臣氏に

▼ もの無形~ (3, 0.0%)

3 のもの

▼ もの無駄~ (3, 0.0%)

1 なもの, な力んだもの, な飾り

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 と結婚 1 は私

▼ もの特殊~ (3, 0.0%)

1 な面白味, に親愛, の学問的研究

▼ もの特殊的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 なるもの

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 がいけない, さえ手, は藻西

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 に類する, の提灯, の落ちた

▼ もの珍ら~ (3, 0.0%)

1 かに見える, なこと, に見

▼ もの現に~ (3, 0.0%)

1 この伊蘇保物語, 佐渡りの, 佛蘭西の

▼ もの現実的~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ もの生れ~ (3, 0.0%)

2 ながらによき 1 たりといふ感

▼ もの生産的~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ もの~ (3, 0.0%)

3 に立つ

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 なるもの 1 觀的に

▼ もの直に~ (3, 0.0%)

1 かへしました, 気が, 行って

▼ もの直接~ (3, 0.0%)

1 なもの, なるもの, に自己

▼ もの眠り~ (3, 0.0%)

2 を眠れ 1 から今

▼ もの眼鏡~ (3, 0.0%)

1 がみんな, だけは私, をかけた

▼ もの着物~ (3, 0.0%)

1 などはどう, はうんと, を著せ

▼ もの知っ~ (3, 0.0%)

1 ています, ているだろう, ております

▼ もの社会~ (3, 0.0%)

1 というもの, によって動かされる, はこんな

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 の枝 1 は万代

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 ふもの

▼ もの笑う~ (3, 0.0%)

1 もの, ものその, ものは

▼ もの精神~ (3, 0.0%)

1 と技術, も肉体, 乃至意識

▼ もの純潔~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 にし

▼ もの純粋~ (3, 0.0%)

1 なもの, ならざるもの, に精神的

▼ もの紛々~ (3, 0.0%)

2 として起る 1 として数

▼ もの素朴~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 でうそ

▼ もの経験~ (3, 0.0%)

1 した事, の乏しい, の浅い

▼ もの総じて~ (3, 0.0%)

1 四十数カ所に, 廿六個である, 雇人は

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 りし 1 なるもの

▼ もの置い~ (3, 0.0%)

2 てございます 1 ていった

▼ もの~ (3, 0.0%)

3 なるもの

▼ もの美事~ (3, 0.0%)

3 の心がけ

▼ もの考え~ (3, 0.0%)

1 てばかりい, で見れ, に考え

▼ もの考えられた~ (3, 0.0%)

1 ものを, もの知られた, 生き方です

▼ もの職業~ (3, 0.0%)

1 ぐらいはなん, といふもの, を職業

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 からすぐ, にになう, に背負

▼ もの~ (3, 0.0%)

2 の戸 1 に来

▼ もの自明~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の眞理

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 のかたはら, をひっくりかえそう, を下し

▼ もの良人~ (3, 0.0%)

1 に獅, の様子, はいよいよ

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 が白茶けた, と慾, は照ります

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 の都, の頃, 売りだって

▼ もの若し~ (3, 0.0%)

1 あなたが, 下に, 君が

▼ もの若しくは~ (3, 0.0%)

1 現わる, 現わるべき, 自然に

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 るの, るもの, る蝦夷人

▼ もの表面~ (3, 0.0%)

1 に苦しい, はいかめしき, より一見

▼ もの触れる~ (3, 0.0%)

2 ものに 1 とはあんな

▼ もの言わず~ (3, 0.0%)

1 とも寂しい, 念願する, 活ものが

▼ もの計り~ (3, 0.0%)

1 である, でございました, でトランク

▼ もの記憶~ (3, 0.0%)

2 の内側 1 も何

▼ もの詩的~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 でないもの

▼ もの誠に~ (3, 0.0%)

1 当れり, 慈母薫陶の, 當れり

▼ もの読む~ (3, 0.0%)

1 のは, ものである, 事を

▼ もの貴君~ (3, 0.0%)

2 に申 1 とご

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 かさうに, かそう, かに

▼ もの赤い~ (3, 0.0%)

1 ものちらちら, 褌を, 頭巾を

▼ もの起り~ (3, 0.0%)

2 而し 1 来りて

▼ もの踊る~ (3, 0.0%)

1 ものなどが, もの吟ずる, もの相撲を

▼ もの軽い~ (3, 0.0%)

1 ものだ, もの騰ろう, もんで

▼ もの迄も~ (3, 0.0%)

1 含まなくては, 小春の, 律したがる弊

▼ もの近き~ (3, 0.0%)

1 もの低き, もの高き, 里悉く

▼ もの近頃~ (3, 0.0%)

1 ぢや, は律義人, は昔

▼ もの途中~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 で行きあう

▼ もの運命~ (3, 0.0%)

1 といふもの, と言, を定められた

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 の可, は悪し, を荒びたる

▼ もの酔った~ (3, 0.0%)

1 あとが, お槙, からだ

▼ もの醒めた~ (3, 0.0%)

2 しかし休み 1 時の

▼ もの随分~ (3, 0.0%)

1 だと, だわ, 永年使っ

▼ もの電車~ (3, 0.0%)

1 にのっ, に乗る, の中

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 と霧, に霧, のよう

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 なんか見られやしません, に先, に少し

▼ もの飛ぶ~ (3, 0.0%)

2 矢に 1 ものに

▼ もの食う~ (3, 0.0%)

1 か, や食わず, 奴は

▼ もの食っ~ (3, 0.0%)

1 てなきゃいけない, てはリッチ, てやがっ

▼ もの食べつくし~ (3, 0.0%)

1 てひとり, 何を, 雑草花ざかり

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 のもの, は買っ, や牛

▼ もの馴れた~ (3, 0.0%)

1 思いやりの, 敏捷な, 状で

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 が知れ, が知れてる, んだ

▼ もの高い~ (3, 0.0%)

1 ものが, もの恐ろしい, 音を

▼ もの~ (3, 0.0%)

1 そしてこの, でいえ, に似ず

▼ もの黙っ~ (3, 0.0%)

1 ていられる, てじっと, て出

▼ ものあいつ~ (2, 0.0%)

1 はおれ, はずいぶん

▼ ものあした~ (2, 0.0%)

2 早く入れ

▼ ものあたりまえ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の社会的人間

▼ ものあった~ (2, 0.0%)

1 と圓朝自身, に拘わらず

▼ ものあつ~ (2, 0.0%)

1 たと, て之

▼ ものあはれ~ (2, 0.0%)

1 なまで, な麦

▼ ものあやしい~ (2, 0.0%)

1 じゃない, やつが

▼ ものあらまし~ (2, 0.0%)

1 は授け, を

▼ ものありけれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば武蔵野

▼ ものありゃしない~ (2, 0.0%)

1 よ, わ

▼ ものありや~ (2, 0.0%)

1 といふこと, と問

▼ ものあり依~ (2, 0.0%)

1 つて年号を, て之

▼ ものあり写し~ (2, 0.0%)

2 て不可

▼ ものあるいはまた~ (2, 0.0%)

1 仰々しく桟敷, 春に

▼ ものあるひ~ (2, 0.0%)

1 は避け, は都合惡いもの

▼ ものいいかえる~ (2, 0.0%)

1 と何, と過程

▼ ものいくらでも~ (2, 0.0%)

1 次から, 荷は

▼ ものいた~ (2, 0.0%)

1 づける枕もと, づらに

▼ ものいたく~ (2, 0.0%)

1 少く二十数年後, 瘠する

▼ ものいたって~ (2, 0.0%)

2 少ない

▼ ものいちいち~ (2, 0.0%)

1 の先触れ, 事実に

▼ ものいつのまにか~ (2, 0.0%)

1 一つに, 海上に

▼ ものいとしい~ (2, 0.0%)

1 ものそれを, ものだ

▼ ものいない~ (2, 0.0%)

1 よと私, わ

▼ ものいひたげ~ (2, 0.0%)

1 にあたたか, にその

▼ ものいる~ (2, 0.0%)

1 のかという, もんか

▼ ものいわぬ~ (2, 0.0%)

1 は同一, 謙虚な

▼ ものうつ~ (2, 0.0%)

1 かり二人, かり金

▼ ものうつくしい~ (2, 0.0%)

1 ものとばかり, ものに

▼ ものおいしい~ (2, 0.0%)

1 もの, 御飯を

▼ ものおお~ (2, 0.0%)

1 さわぎでした, ゆれに

▼ ものおじ~ (2, 0.0%)

2 したよう

▼ ものおじしない~ (2, 0.0%)

1 その伝六, 大胆な

▼ ものお互い~ (2, 0.0%)

1 にも, に違っ

▼ ものお客~ (2, 0.0%)

1 のある, を取った

▼ ものお松~ (2, 0.0%)

1 がその, の奴ア

▼ ものお菓子~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ものお話~ (2, 0.0%)

2 にならない

▼ ものかいな~ (2, 0.0%)

1 やを知らね, 出直して

▼ ものかう~ (2, 0.0%)

1 いふ派手な, 言つた静的の

▼ ものかかる~ (2, 0.0%)

1 ことこそ, 組織

▼ ものかぐらいは~ (2, 0.0%)

1 じかにこの, 知って

▼ ものかけ~ (2, 0.0%)

1 て居る, ば

▼ ものかしこ~ (2, 0.0%)

1 に諸, に集まる

▼ ものかっと~ (2, 0.0%)

1 怒り度いもの, 身を

▼ ものかでは~ (2, 0.0%)

1 ありません, なくかれら

▼ ものかなし~ (2, 0.0%)

1 さそして, さを

▼ ものかなんぞに~ (2, 0.0%)

2 心得ら

▼ ものかなんぞの~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ ものかねて~ (2, 0.0%)

1 聞いた, 行方を

▼ ものかはの~ (2, 0.0%)

1 きらびやかさだ, 蔵人の

▼ ものからと~ (2, 0.0%)

1 いうに, 體質からとで

▼ ものがつつ~ (2, 0.0%)

1 ーっと, 走る

▼ ものがて~ (2, 0.0%)

1 がらと, すりの

▼ ものがとや~ (2, 0.0%)

2 斯う

▼ ものがに~ (2, 0.0%)

2 はかに

▼ ものがね~ (2, 0.0%)

1 えそう, それじゃあ

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 ょうはごゆるりなさい, りょうなんか

▼ ものきょう~ (2, 0.0%)

1 の私たち, はどうか

▼ ものきれい~ (2, 0.0%)

1 なろうそく, なチョウ

▼ ものくら~ (2, 0.0%)

1 ゐに, ゐ普遍性

▼ ものぐらいの~ (2, 0.0%)

1 場所に, 尺は

▼ ものぐるい~ (2, 0.0%)

1 のかく, の知恵

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 はやんねえ, は家

▼ ものげに~ (2, 0.0%)

2 寂し

▼ ものこうして~ (2, 0.0%)

1 姉さんやっ, 置いたつて何

▼ ものこのあらゆる~ (2, 0.0%)

2 器官の

▼ ものこの世~ (2, 0.0%)

1 にありや, に金

▼ ものこまごま~ (2, 0.0%)

1 と目, と眼

▼ ものこわい~ (2, 0.0%)

1 でしょう, もの世間の

▼ ものこんなに~ (2, 0.0%)

1 早く起きた, 苦しがる

▼ ものございません~ (2, 0.0%)

1 から, わ

▼ ものご免~ (2, 0.0%)

1 だなんて, なさいやすみますわ

▼ ものご馳走~ (2, 0.0%)

1 するわ, は老人

▼ ものさなどと~ (2, 0.0%)

1 天を, 軽くかたづけない

▼ ものさびれた~ (2, 0.0%)

1 町の, 薄暗い場末

▼ ものさまざま~ (2, 0.0%)

1 である, に発揮

▼ ものさもなければ~ (2, 0.0%)

1 何か, 文学者に

▼ ものさらば~ (2, 0.0%)

1 傘を, 八百善料理の

▼ ものしかして~ (2, 0.0%)

1 他は, 明治の

▼ ものしたがってまた~ (2, 0.0%)

1 或る, 観念的なる

▼ ものしようが~ (2, 0.0%)

1 ない, ないわ

▼ ものじゃから~ (2, 0.0%)

1 其の念, 銭が

▼ ものじゃによって~ (2, 0.0%)

1 お前も, これも

▼ ものすぎる~ (2, 0.0%)

1 という位, ので直させ

▼ ものすくなから~ (2, 0.0%)

1 ず, ず独り

▼ ものすくなし~ (2, 0.0%)

1 とせず, 千手が

▼ ものすな~ (2, 0.0%)

2 はち

▼ ものすらが~ (2, 0.0%)

1 あった, 実は存在

▼ ものすわっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てうめく

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 きじやあ, ゑに

▼ ものぜんぶ~ (2, 0.0%)

1 に, のため

▼ ものそいつ~ (2, 0.0%)

1 がもう, をさ

▼ ものそっくり~ (2, 0.0%)

1 の模倣, を焼い

▼ ものそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の事実, の方々

▼ ものそれでいて~ (2, 0.0%)

1 なかなかあの, 相当の

▼ ものそれほど~ (2, 0.0%)

1 のこと, 美味いもの

▼ ものそれ以外~ (2, 0.0%)

1 に仕事, の覚悟

▼ ものぞという~ (2, 0.0%)

1 気が, 気概だった

▼ ものぞなど~ (2, 0.0%)

1 いふも, 言わるる人有

▼ ものぞの~ (2, 0.0%)

1 腹である, 覇気が

▼ ものぞや~ (2, 0.0%)

2 取り分け職人仲間

▼ ものたくさん~ (2, 0.0%)

1 だわ, 持つて

▼ ものたとえ~ (2, 0.0%)

1 乞食した, 御家老

▼ ものたまに~ (2, 0.0%)

1 あたしの, 大雪で

▼ ものたらしむべく~ (2, 0.0%)

2 このごろ常に

▼ ものたらしめざる~ (2, 0.0%)

2 可から

▼ ものたらしめね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ ものたらしめよう~ (2, 0.0%)

2 とたくらん

▼ ものたるべく~ (2, 0.0%)

1 どうしても現代, 人心の

▼ ものだいお~ (2, 0.0%)

2 紋さん

▼ ものだかうした~ (2, 0.0%)

2 些細な

▼ ものだけと~ (2, 0.0%)

1 なったの, 云い得るらしい

▼ ものだす~ (2, 0.0%)

1 と鑑定, わ太閤さん

▼ ものだったなら~ (2, 0.0%)

1 ばと朝夕, ば同じ

▼ ものだな~ (2, 0.0%)

2

▼ ものだやい~ (2, 0.0%)

1 いも虫なき虫わらじ虫, 手前が

▼ ものだら~ (2, 0.0%)

1 け, けでもね

▼ ものだ行っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, ても行っ

▼ ものだ見た~ (2, 0.0%)

1 ところも, ような

▼ ものだ見れ~ (2, 0.0%)

2 ばわかる

▼ ものだ降~ (2, 0.0%)

1 つた降つた, つても

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 つとや, ッた

▼ ものちぐはぐ~ (2, 0.0%)

1 な踊り子, になる

▼ ものちっと~ (2, 0.0%)

1 はおちつい, やそっと

▼ ものちょい~ (2, 0.0%)

1 と武士, と間違えよう

▼ ものちょうど~ (2, 0.0%)

1 アルファベットの, 大観音の

▼ ものちょっと~ (2, 0.0%)

1 一目お目にかかっ, 縛るだけ

▼ ものぢゃなかなか承知~ (2, 0.0%)

2 しないん

▼ ものぢア~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないから

▼ ものついに~ (2, 0.0%)

1 日光を, 究極においては

▼ ものつくっ~ (2, 0.0%)

1 てみせ, てもらっ

▼ ものつけ~ (2, 0.0%)

1 てもまだ, ひげ

▼ ものつまらなく~ (2, 0.0%)

1 なったわ, もない

▼ ものつまらぬ~ (2, 0.0%)

1 ものという, ものの

▼ ものつまり人~ (2, 0.0%)

2 が自分

▼ ものづく~ (2, 0.0%)

1 めで, めである

▼ ものてえ~ (2, 0.0%)

1 のは, のを

▼ ものであったかれ~ (2, 0.0%)

1 の球, はスタート

▼ ものであったです~ (2, 0.0%)

2

▼ ものであら~ (2, 0.0%)

1 うかとちよ, ばそれ

▼ ものでありし~ (2, 0.0%)

1 ことを, や夫

▼ ものでありふれた~ (2, 0.0%)

1 巌丈一方の, 貧弱な

▼ ものでありますなら~ (2, 0.0%)

1 ばお宮, ば小生

▼ ものでありませぬ~ (2, 0.0%)

1 から先づ運命, が器用

▼ ものであり傷ついた~ (2, 0.0%)

2 鳥に

▼ ものであり生き~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ものであるだらう~ (2, 0.0%)

1 がそれ, と思ふ

▼ ものであるで~ (2, 0.0%)

1 の, はない

▼ ものである如く~ (2, 0.0%)

1 またそれ, 錯覚し

▼ ものであろ~ (2, 0.0%)

1 とさつと, 死骸を

▼ ものでいく~ (2, 0.0%)

1 たびか, たり人間

▼ ものでいつ~ (2, 0.0%)

1 たん敵味方に, 焼板

▼ ものでかう~ (2, 0.0%)

2 言ふ

▼ ものでかよう~ (2, 0.0%)

1 な外國風, な靴

▼ ものでございましたら~ (2, 0.0%)

1 この幸兵衛, 自然に

▼ ものでございませぬ~ (2, 0.0%)

1 から私, が純正

▼ ものでござった~ (2, 0.0%)

1 かな, ので金次郎様

▼ ものでござらう~ (2, 0.0%)

2

▼ ものでされ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ客, ばその

▼ ものでた~ (2, 0.0%)

1 うとう私たち, んねんには

▼ ものでたつた~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一つ私の

▼ ものでだ~ (2, 0.0%)

1 とするなら, ん

▼ ものでつ~ (2, 0.0%)

1 に占, びとは

▼ ものででき~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ ものでないのみならず~ (2, 0.0%)

1 文芸に, 進化律それ自身が

▼ ものでないらしい~ (2, 0.0%)

1 ことは, のだ

▼ ものでなかっ~ (2, 0.0%)

1 たりジャーナリズム, たり完全

▼ ものでなかったら~ (2, 0.0%)

1 パーシウスを, 異性の

▼ ものでなかつたらう~ (2, 0.0%)

2

▼ ものでなく作られる~ (2, 0.0%)

2 ものである

▼ ものでなけり~ (2, 0.0%)

1 やいけない, やア

▼ ものでなけりゃならぬ~ (2, 0.0%)

1 とかそういう, とか斬新

▼ ものでの~ (2, 0.0%)

1 さり, 方が

▼ ものでのう~ (2, 0.0%)

1 お賤, てこんな

▼ ものでは~ (2, 0.0%)

1 これからさっそく参りまし, 暫く

▼ ものでまえ~ (2, 0.0%)

1 から登, の夜

▼ ものでまつたく~ (2, 0.0%)

1 その通り, ウンザリした

▼ ものでもが~ (2, 0.0%)

1 自分ひとりだけ, 自己本来の

▼ ものでを~ (2, 0.0%)

1 かしみたつぷりのものらしい, こが

▼ もので云わ~ (2, 0.0%)

1 ば時, ば最も

▼ もので兼ね~ (2, 0.0%)

1 て, てから刺青

▼ もので出来~ (2, 0.0%)

1 ている, 方から

▼ もので取~ (2, 0.0%)

1 つきの, つて範と

▼ もので困った~ (2, 0.0%)

1 ものさ, 厄介な

▼ もので射込んだ~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ もので引つ~ (2, 0.0%)

1 かいてこしら, ぱり付けられる

▼ もので御座らう~ (2, 0.0%)

1 て, サア

▼ もので御座る~ (2, 0.0%)

1 のう, 拙者未だ

▼ もので有る~ (2, 0.0%)

1 ものの, 金の

▼ もので測らず~ (2, 0.0%)

2 も溝口医師

▼ もので無からう~ (2, 0.0%)

1 か, と思ふ

▼ もので無き~ (2, 0.0%)

1 や二人位, や自分

▼ もので申す~ (2, 0.0%)

1 までもなく, もお

▼ もので突け~ (2, 0.0%)

1 ば間髪, ば間髮

▼ もので覆はれ~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, てゐる

▼ もので見~ (2, 0.0%)

1 ても何だか, て居る

▼ もので見た~ (2, 0.0%)

1 ところ同じ, ところ喧嘩の

▼ もので買った~ (2, 0.0%)

1 人間の, 店で

▼ ものといふか~ (2, 0.0%)

1 兎も, 文芸と

▼ ものとから~ (2, 0.0%)

1 区別される, 同時に組み立てられ

▼ ものとしてか~ (2, 0.0%)

1 ぶつて, ような

▼ ものとしてこそ~ (2, 0.0%)

1 安心し, 知られて

▼ ものとしてよりも~ (2, 0.0%)

1 先に, 軍事的地盤としての

▼ ものとち~ (2, 0.0%)

1 がつて, ゅうでくさりゃおしまいだ

▼ ものとばかし~ (2, 0.0%)

2 思って

▼ ものとまでは~ (2, 0.0%)

1 思って, 見られないが

▼ ものともかく~ (2, 0.0%)

1 日本一古い, 私の

▼ ものとよむ~ (2, 0.0%)

2 字なり

▼ ものとより~ (2, 0.0%)

1 惡いものとの, 見えないと

▼ ものどういう~ (2, 0.0%)

1 ものか, 理由で

▼ ものどうにか~ (2, 0.0%)

1 いい取り計らいよう, して

▼ ものどぎつい~ (2, 0.0%)

1 ものには, ものむかむかする

▼ ものどならず~ (2, 0.0%)

2 行きは

▼ ものなかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たよ

▼ ものなかつた~ (2, 0.0%)

1 よ, んです

▼ ものなくすずしき~ (2, 0.0%)

2 唾のみぞ

▼ ものなぐさめだ~ (2, 0.0%)

1 がいれ, ね

▼ ものなどから~ (2, 0.0%)

1 判断し, 最近は

▼ ものなどという~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ ものなに~ (2, 0.0%)

1 もあり, よウ

▼ ものなにか~ (2, 0.0%)

1 おもしろさ, 欧米の

▼ ものなにもかも~ (2, 0.0%)

1 江戸とは, 私を

▼ ものなほ~ (2, 0.0%)

2 寂し

▼ ものならいつ~ (2, 0.0%)

1 そ早い, そ早く

▼ ものならしめ~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ ものならじ~ (2, 0.0%)

1 ぶんで, やは

▼ ものならずや~ (2, 0.0%)

1 と, と云ひつ

▼ ものならずん~ (2, 0.0%)

2 ばあらず

▼ ものならたと~ (2, 0.0%)

1 へお, へ口

▼ ものならやる~ (2, 0.0%)

1 のだ, 積りだった

▼ ものなら出し~ (2, 0.0%)

1 てみろ, て見ろ

▼ ものなら出来る~ (2, 0.0%)

1 と云, まで一度

▼ ものなら切っ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て下さい

▼ ものなら別れる~ (2, 0.0%)

1 ように, 別れない

▼ ものなら取っ~ (2, 0.0%)

1 ておい, てみろ

▼ ものなら売っ~ (2, 0.0%)

1 てそれで, て見よう

▼ ものなら奪っ~ (2, 0.0%)

1 てみろ, て見よ

▼ ものなら思い切っ~ (2, 0.0%)

1 て壊し, て華麗

▼ ものなら急い~ (2, 0.0%)

1 でそれ, で走っ

▼ ものなら成るべく~ (2, 0.0%)

1 私は, 訣らせ

▼ ものなら捨て~ (2, 0.0%)

1 てたった, て置い

▼ ものなら殺した~ (2, 0.0%)

2 野郎は

▼ ものなら生れ~ (2, 0.0%)

2 ても仕方

▼ ものなら知らぬ~ (2, 0.0%)

1 こと一廉の, こと其すら

▼ ものなら考える~ (2, 0.0%)

1 ことは, 必要は

▼ ものなら落ちる~ (2, 0.0%)

2 音が

▼ ものなら見たい~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, ものだ

▼ ものなら言っ~ (2, 0.0%)

1 てみろ, て見

▼ ものなら討っ~ (2, 0.0%)

1 てとろう, てみろ

▼ ものなら諦め~ (2, 0.0%)

2 て頂く

▼ ものなら逃げ出そう~ (2, 0.0%)

1 と思った, ものなら

▼ ものなら防い~ (2, 0.0%)

1 でみ, でみられい

▼ ものなら飛んだ~ (2, 0.0%)

1 あとの, 災難です

▼ ものなら食べ~ (2, 0.0%)

1 てもよい, てもらえる

▼ ものなりけり~ (2, 0.0%)

1 とあさましき, 其夜ふけたる

▼ ものなりさり~ (2, 0.0%)

2 ながら僅

▼ ものなりされ~ (2, 0.0%)

1 ば国民論派, ば櫻島

▼ ものなりと~ (2, 0.0%)

1 密室の, 或人いふ

▼ ものなりとして~ (2, 0.0%)

1 之を, 桂昌院は

▼ ものなりなどと~ (2, 0.0%)

1 いえる咄, さよう

▼ ものなりに~ (2, 0.0%)

1 子供を, 歴史の

▼ ものなるべき~ (2, 0.0%)

1 をお, を思ひぬ

▼ ものなるべけれ~ (2, 0.0%)

1 ども更に, ばこれ

▼ ものなれた~ (2, 0.0%)

1 くちぶり, 言葉つきや

▼ ものなんかに~ (2, 0.0%)

1 こだわるの, びくびくしやしない

▼ ものなんぞに~ (2, 0.0%)

1 こっちゃ, 手を

▼ ものにおいての~ (2, 0.0%)

1 ほか楽しまない, ほか樂しまない

▼ ものにかけては~ (2, 0.0%)

1 まことに冷淡, 僕は

▼ ものにかの~ (2, 0.0%)

1 女を, 江戸川堤の

▼ ものにだけは~ (2, 0.0%)

1 すべてが, 許されるでも

▼ ものにてや~ (2, 0.0%)

2 ありけん

▼ ものにとってこそ~ (2, 0.0%)

1 またその, 最も目

▼ ものにとり~ (2, 0.0%)

1 かかれぬ気持, 巻かれた守吉

▼ ものにの~ (2, 0.0%)

1 みその, 念は

▼ ものにはと~ (2, 0.0%)

1 つつきにくい, 主人は

▼ ものによってよりも~ (2, 0.0%)

1 その夢想, 天国に

▼ ものにわ~ (2, 0.0%)

1 づか一年足らず, づか腰

▼ ものにわたって~ (2, 0.0%)

1 内容の, 原則の

▼ ものに対してのみ~ (2, 0.0%)

1 反応する, 発するので

▼ ものに対すると~ (2, 0.0%)

1 いうが, 同じよう

▼ ものに関しては~ (2, 0.0%)

1 大人などよりも, 時として我々

▼ もののかずで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ もののこらず~ (2, 0.0%)

1 なげて, 読みつくしたかと

▼ もののに~ (2, 0.0%)

2 ほひは

▼ もののみとは~ (2, 0.0%)

1 限らなかったが, 限らぬ

▼ もののみには~ (2, 0.0%)

1 持たれて, 限らないが

▼ もののみによって~ (2, 0.0%)

1 囲繞される, 生きるという

▼ ものはから~ (2, 0.0%)

1 駄目だ, 駄目で

▼ ものはが~ (2, 0.0%)

1 あせんな, あせんよ

▼ ものはく~ (2, 0.0%)

1 づれる逢へば, ものでなく

▼ ものはござりませな~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ ものはござりませぬ~ (2, 0.0%)

1 かおこ, 朝も

▼ ものはじぶん~ (2, 0.0%)

1 にとって欲しゅう, のした

▼ ものはじめ村~ (2, 0.0%)

1 の人々, の人たち

▼ ものはた~ (2, 0.0%)

1 うとう食堂, 何の

▼ ものはっきり~ (2, 0.0%)

1 掴んだと, 掴んで

▼ ものはつ~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ ものはとに~ (2, 0.0%)

1 角, 角として

▼ ものはど~ (2, 0.0%)

1 いつもこいつ, つとふき出しました

▼ ものはなんて~ (2, 0.0%)

1 急に, 美しい赤い艶

▼ ものはねえと~ (2, 0.0%)

1 思うん, 思って

▼ ものはよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, くさう思

▼ ものはを~ (2, 0.0%)

1 かしいと, かしな

▼ ものばかりか~ (2, 0.0%)

1 多くの, 太平記原典の

▼ ものばかりから~ (2, 0.0%)

1 成って, 材料を

▼ ものばかりにて~ (2, 0.0%)

1 右徒党の, 飮食店は

▼ ものばかりにな~ (2, 0.0%)

1 つたのは, つてだ

▼ ものばっか~ (2, 0.0%)

1 しだ, しだべ

▼ ものひと~ (2, 0.0%)

1 かけらぐらはいいだろう, の物

▼ ものひとたび~ (2, 0.0%)

1 流れ去っては, 英雄の

▼ ものひとりでに~ (2, 0.0%)

1 出るもの, 微笑まれるよう

▼ ものひどく~ (2, 0.0%)

1 ベッドを, 感動し

▼ ものびっくり~ (2, 0.0%)

1 して, するじゃ

▼ ものびつくり~ (2, 0.0%)

1 するぢ, するやう

▼ ものふしぎ~ (2, 0.0%)

1 なもの, はねえや

▼ ものふたり~ (2, 0.0%)

1 か三人, こなたに

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 つけの, つとい

▼ ものほどの~ (2, 0.0%)

2 確かさは

▼ ものほどは~ (2, 0.0%)

1 正確でないらしい, 残って

▼ ものほのか~ (2, 0.0%)

1 にし, にでもお話し

▼ ものほんとう~ (2, 0.0%)

1 に死ん, に自分たち

▼ ものほんの~ (2, 0.0%)

1 お酒, 余計者に

▼ ものぼく~ (2, 0.0%)

1 というの, はなんと

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 ちやぽ, つ

▼ ものまことに~ (2, 0.0%)

1 人情の, 勤勉者で

▼ ものまさに~ (2, 0.0%)

1 此を以て, 青年に

▼ ものまでに~ (2, 0.0%)

1 でき上がるの, 進化しきたった

▼ ものまでは~ (2, 0.0%)

1 ゆるさ, 拝見せず

▼ ものまア~ (2, 0.0%)

1 宗悦よく, 私が

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 だりがましい, てたのしみだった

▼ ものみなあはれ~ (2, 0.0%)

1 なり, なり雨

▼ ものみなこれ~ (2, 0.0%)

1 に倣っ, に属する

▼ ものみな息~ (2, 0.0%)

1 をのん, をひそめ

▼ ものめいめい~ (2, 0.0%)

1 が職場, が自分

▼ ものもござりまし~ (2, 0.0%)

1 て, てそれ

▼ ものもちろん~ (2, 0.0%)

1 テクだ, 王の

▼ ものもわ~ (2, 0.0%)

1 づかでした, ッと

▼ ものやさしきいい~ (2, 0.0%)

2 君子かも

▼ ものやすい~ (2, 0.0%)

1 から男, 祝儀じゃ

▼ ものやった~ (2, 0.0%)

1 がにい, ためしが

▼ ものやらが~ (2, 0.0%)

1 恰で, 部屋中一杯に

▼ ものゆえに~ (2, 0.0%)

1 彼らが, 進上は

▼ ものゆゑか~ (2, 0.0%)

2 の光り物

▼ ものゆゑこれら~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ ものゆゑせんかた~ (2, 0.0%)

2 なく雪あれ

▼ ものゆゑはなしもおもしろく才~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ ものゆゑ晴天~ (2, 0.0%)

2 といへ

▼ ものよい~ (2, 0.0%)

1 もの楽しい, 部分を

▼ ものよき~ (2, 0.0%)

1 主題歌, 真なら

▼ ものよっとい~ (2, 0.0%)

2

▼ ものよっぽど~ (2, 0.0%)

1 だよ, ばかで

▼ ものよとの~ (2, 0.0%)

1 そしりもござりまするが, 弱々しい声

▼ ものよもや~ (2, 0.0%)

2 池とは

▼ ものよりしか~ (2, 0.0%)

1 ないが, 婦人たちには

▼ ものよりずつと~ (2, 0.0%)

1 広く大きくな, 理想も

▼ ものよん~ (2, 0.0%)

1 でいない, でいる

▼ ものらしくない~ (2, 0.0%)

1 ものも, 世にもかぐわしい

▼ ものらしく引き裂いた~ (2, 0.0%)

2 巻紙と共に

▼ ものらしく思われ~ (2, 0.0%)

1 て来た, また実際

▼ ものらしく思われた~ (2, 0.0%)

2 ので念

▼ ものらしく感じられる~ (2, 0.0%)

1 のだった, のです

▼ ものわからない~ (2, 0.0%)

1 ものには, や

▼ ものわかる~ (2, 0.0%)

1 ものには, 私の

▼ ものわけ~ (2, 0.0%)

1 て心, を云え

▼ ものわざわざ~ (2, 0.0%)

1 持って, 泥なんか

▼ ものわたくし~ (2, 0.0%)

1 が彼, の名

▼ ものわびし~ (2, 0.0%)

1 さに, われは

▼ ものわら~ (2, 0.0%)

1 はべなどはされど, ひに

▼ ものわれわれ~ (2, 0.0%)

1 のもの, を育てる

▼ ものをな~ (2, 0.0%)

1 ア, 歩け

▼ ものをなどと~ (2, 0.0%)

1 思って, 戯れ交じりお

▼ ものをに~ (2, 0.0%)

1 ぎらせなくったっていいじゃあありませんかすぐ, ゅうっと四方へ

▼ ものをねえ~ (2, 0.0%)

1 そおれや, 只打

▼ ものをの~ (2, 0.0%)

1 んだ, 優しい声

▼ ものをは~ (2, 0.0%)

1 ぢめました, はき木

▼ ものをまでも~ (2, 0.0%)

1 捕えて, 無断引用せるある

▼ ものをや~ (2, 0.0%)

1 はらかく, ッつけた

▼ ものをよ~ (2, 0.0%)

1 そりなみ迷へる, そりに

▼ ものイデー的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ものギシギシギシギシ~ (2, 0.0%)

2 動いて

▼ ものグロテスク~ (2, 0.0%)

1 なもの, のもの

▼ ものセンチメンタル~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ものゼイタク~ (2, 0.0%)

2 を愛し

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 てネ, て寸法

▼ ものテュプス的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ものネエ~ (2, 0.0%)

1 出来るだけの, 見こまれたと

▼ ものパッ~ (2, 0.0%)

1 と一度, と身

▼ ものヤソ教~ (2, 0.0%)

1 に由来, を信ずる

▼ ものロシア~ (2, 0.0%)

1 の人々, より入る

▼ もの一だに~ (2, 0.0%)

1 なきごとく, なし

▼ もの一ツ~ (2, 0.0%)

1 が梶, として欲しから

▼ もの一二句~ (2, 0.0%)

1 にし, に過ぎず

▼ もの一切合切~ (2, 0.0%)

1 いろとりどり, 持ち出して

▼ もの一向に~ (2, 0.0%)

1 ひるまない, 害に

▼ もの一時~ (2, 0.0%)

1 に大勢, に流行

▼ もの一時的~ (2, 0.0%)

1 な病的心理, のもの

▼ もの一統~ (2, 0.0%)

1 の者, へ常

▼ もの一通~ (2, 0.0%)

1 と別に, を見付けました

▼ もの一部~ (2, 0.0%)

1 があつ, 進ぜましょう程に

▼ もの一鳩~ (2, 0.0%)

1 をとら, をとらえ

▼ もの丁度~ (2, 0.0%)

1 いいわ, 思い立って

▼ もの七百六十八万四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ もの丈夫~ (2, 0.0%)

1 なもの, な上

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 は天草, 聴く人

▼ もの三冊十五銭~ (2, 0.0%)

2 で如何にも

▼ もの三四人~ (2, 0.0%)

1 で麻袋, に逢

▼ もの三日~ (2, 0.0%)

1 に一度, に一度必ず

▼ もの三種~ (2, 0.0%)

1 あり, ありて

▼ もの上る~ (2, 0.0%)

1 と長座, んでしょう

▼ もの上下~ (2, 0.0%)

1 まだ届きません, 貴賤

▼ もの上人様~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ もの上手~ (2, 0.0%)

1 にだってなるだろう, のもの

▼ もの下らない~ (2, 0.0%)

1 ものと, ものについて

▼ もの下らぬ~ (2, 0.0%)

1 ものの, もの等を

▼ もの下物~ (2, 0.0%)

2 と呼ばれ

▼ もの不安定~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの不平~ (2, 0.0%)

1 らしいもの, を抱く

▼ もの不純~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ もの不自然~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの両方~ (2, 0.0%)

1 ある, とも

▼ もの両論~ (2, 0.0%)

1 が囂々, にわかれ

▼ もの中央~ (2, 0.0%)

2 ではあまり

▼ もの主として~ (2, 0.0%)

2 国王の

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 なもの, にとり澄ました

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 ふに, ふ速

▼ もの也何~ (2, 0.0%)

2 となれ

▼ もの二ツ~ (2, 0.0%)

1 あり, 双びていできたり

▼ もの二十枚~ (2, 0.0%)

1 かききょう, ほど

▼ もの二度~ (2, 0.0%)

1 ねじりも, や三度

▼ もの云い換えれ~ (2, 0.0%)

1 ば一定, ば否定

▼ もの云う如く~ (2, 0.0%)

1 のどは, 袖を

▼ もの云え~ (2, 0.0%)

1 ばさび, ば無数

▼ もの云わ~ (2, 0.0%)

1 ば哲学プロパー, ば微妙さ

▼ もの云わぬ~ (2, 0.0%)

1 あにき, 灯の

▼ もの五六人~ (2, 0.0%)

1 と田圃, なりしが

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 とは塞ぐ, ァ虫

▼ もの享保年中長崎~ (2, 0.0%)

2 より上京

▼ もの人形~ (2, 0.0%)

1 いけ花, と来

▼ もの人心~ (2, 0.0%)

1 と緑茶, を攻

▼ もの人民~ (2, 0.0%)

1 のため, をすなわち

▼ もの今さらどう~ (2, 0.0%)

1 にもならない, 張りかえようたっ

▼ もの今一つ~ (2, 0.0%)

1 は私, は言葉

▼ もの今夜~ (2, 0.0%)

1 はあの, はもう

▼ もの今更~ (2, 0.0%)

1 ねえ, 繼母の

▼ もの今頃~ (2, 0.0%)

1 は御飯時, まで隠れ

▼ もの仮令~ (2, 0.0%)

1 僅でも, 罪は

▼ もの伝統的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの伯父さん~ (2, 0.0%)

1 が早く, を殺す

▼ もの似た~ (2, 0.0%)

1 というもの, 換玉くらいや

▼ もの低き~ (2, 0.0%)

1 もの悉く, もの河の

▼ もの住む~ (2, 0.0%)

1 もの著, 家の

▼ もの体裁~ (2, 0.0%)

1 が悪い, さらに善し

▼ もの何うに~ (2, 0.0%)

1 でも操縦, もしようが

▼ もの何しろ~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, 恐いよ

▼ もの何とぞ~ (2, 0.0%)

1 お見知りおき, 成仏する

▼ もの何事~ (2, 0.0%)

1 があっ, によらず

▼ もの何倍~ (2, 0.0%)

2 にもなっ

▼ もの何千何万~ (2, 0.0%)

1 ということ, という大勢

▼ もの何時~ (2, 0.0%)

1 だってお腹, 死ぬか

▼ もの何百人~ (2, 0.0%)

1 に逢, に逢った

▼ もの何者~ (2, 0.0%)

2 か海賊

▼ もの何處~ (2, 0.0%)

1 で怨み, にでもある

▼ もの余程~ (2, 0.0%)

1 おびえて, 狡猾の

▼ もの作物~ (2, 0.0%)

1 は常に, を荒す

▼ もの侘し~ (2, 0.0%)

1 げに, さを

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 には鍋, の身の上

▼ もの~ (2, 0.0%)

2 あるもの

▼ もの便~ (2, 0.0%)

1 ち我邦, にした

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 でないかとの, れるもの

▼ もの偽り~ (2, 0.0%)

1 のもの, を云う

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 で気, にゐ

▼ もの働く~ (2, 0.0%)

1 のも, ものが

▼ もの僕等~ (2, 0.0%)

1 の順番, を形而下派

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 は諏訪家, 櫓下の

▼ もの元来~ (2, 0.0%)

1 は裁判所, 性癖に

▼ もの兄さん~ (2, 0.0%)

1 がお, を誘い

▼ もの先ず~ (2, 0.0%)

1 倦まざるもの, 言葉が

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 つてゐたら, つて行く

▼ もの入れ~ (2, 0.0%)

1 て下さらぬ, て行く

▼ もの全国~ (2, 0.0%)

1 いたるところ, において四十一個所

▼ もの全身~ (2, 0.0%)

1 でうちこめる, のもの

▼ もの八十余人~ (2, 0.0%)

1 に及ん, の名

▼ もの八本~ (2, 0.0%)

1 あり, を持つ

▼ もの六十余人~ (2, 0.0%)

1 あり, 平大納言時忠

▼ もの六百~ (2, 0.0%)

1 に及んだ, 合わせて

▼ もの其二~ (2, 0.0%)

1 なり, は外套頭巾

▼ もの其許~ (2, 0.0%)

2

▼ もの其説~ (2, 0.0%)

2 に拠

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 にどんな, の輪

▼ もの内的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの内面的~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ もの再び~ (2, 0.0%)

1 すること, 取らなければ

▼ もの凄く~ (2, 0.0%)

1 蒼ざめている皮膚の, 頑強な

▼ もの出し~ (2, 0.0%)

1 ちや, てい

▼ もの出で~ (2, 0.0%)

1 たり, て初めて

▼ もの出る~ (2, 0.0%)

1 ことあり, もの中止を

▼ もの出来る~ (2, 0.0%)

1 だけ養父母, 事なら

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 はあたい, を負担

▼ もの初めて~ (2, 0.0%)

1 夫婦さし向いって, 知って

▼ もの利用~ (2, 0.0%)

2 し得べきもの

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 ちそれ, ち平民文學

▼ もの前後~ (2, 0.0%)

1 にかぶせ, より急

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 のすんだ, のみ品

▼ もの助かる~ (2, 0.0%)

2 道理は

▼ もの動かぬ~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ もの勘定~ (2, 0.0%)

1 したこと, しよう

▼ もの勝栗~ (2, 0.0%)

2 を用

▼ もの十七人~ (2, 0.0%)

1 に部下百余人, を斬りし

▼ もの十余人~ (2, 0.0%)

1 はおのおの, を呼び集める

▼ もの半分~ (2, 0.0%)

1 になった, は物好き

▼ もの半蔵~ (2, 0.0%)

1 には過, や寿平次

▼ もの卑俗~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 を結ぶ, 半纒

▼ もの印度~ (2, 0.0%)

1 に之, のもの

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 いわ, し誰

▼ もの危険~ (2, 0.0%)

1 を知り, を虞

▼ もの及ぶ~ (2, 0.0%)

2 だけ力

▼ もの取っ~ (2, 0.0%)

1 ておしまい, て捨

▼ もの取らん~ (2, 0.0%)

2 とて可愛き

▼ もの取次ぐ~ (2, 0.0%)

2 と俺

▼ もの口惜し~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ もの可憐~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 が整然と, やそこ

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 なるは, に旋回

▼ もの右往左往~ (2, 0.0%)

2 する人波

▼ もの吃驚~ (2, 0.0%)

1 したろう, して

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 一幀高泉慧林天祐等の, 一鋪を

▼ もの各々~ (2, 0.0%)

1 のもの, 言罵り

▼ もの同じく~ (2, 0.0%)

1 ドリフトに関する, 之れ

▼ もの同時に~ (2, 0.0%)

1 神の, 賢明純良壮大であり

▼ もの名誉~ (2, 0.0%)

1 ある小説家, および威厳そのもの

▼ もの向けてる~ (2, 0.0%)

2 から火

▼ もの向上心~ (2, 0.0%)

1 に富める, の強き

▼ もの~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ もの唯一~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 なる聲, に靜

▼ もの單純~ (2, 0.0%)

1 なる姿, に疑

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 べて来た, まざれば

▼ もの嗚呼~ (2, 0.0%)

1 なきには, 何に

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 に藤山, は菊田一夫作

▼ もの四五人~ (2, 0.0%)

1 はバラバラ, 集まって

▼ もの困る~ (2, 0.0%)

1 じゃア, よな

▼ もの固く~ (2, 0.0%)

1 なって, ならざるを

▼ もの土蔵~ (2, 0.0%)

1 の二階, の方

▼ もの土間~ (2, 0.0%)

1 へ引くり返る, へ引っ

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 に伏さ, 踏まずの

▼ もの地上~ (2, 0.0%)

1 に一人, に数株

▼ もの地図~ (2, 0.0%)

2 に入れ

▼ もの地獄~ (2, 0.0%)

1 とか極楽, の姿

▼ もの~ (2, 0.0%)

2 が堪る

▼ もの売る~ (2, 0.0%)

1 という, 小家の

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 の真昼, は氷

▼ もの夏休暇毎~ (2, 0.0%)

1 の帰省, の歸省

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 には既に, に出

▼ もの外側~ (2, 0.0%)

1 からは手, の美し

▼ もの外国~ (2, 0.0%)

1 で使う, のもの

▼ もの多かっ~ (2, 0.0%)

1 た, た山中

▼ もの多勢~ (2, 0.0%)

1 からヤイヤイ言, 集って

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 にうなされ, の如し

▼ もの夥しい~ (2, 0.0%)

1 が實情, 数に

▼ もの夥多~ (2, 0.0%)

1 あり, なるべきは

▼ もの大した~ (2, 0.0%)

1 事じゃ, 苦痛な

▼ もの大して~ (2, 0.0%)

1 感じよく, 手も

▼ もの大人~ (2, 0.0%)

1 は山系統, も多勢

▼ もの大方~ (2, 0.0%)

1 から演者, 無気力の

▼ もの天下~ (2, 0.0%)

1 に知られた, に賭け

▼ もの天野君~ (2, 0.0%)

2 は始終

▼ もの奉公人~ (2, 0.0%)

1 だって遊ばせ, も付い

▼ もの女中~ (2, 0.0%)

1 だって着やしない, らしいもの

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 が歩, として差

▼ もの好み~ (2, 0.0%)

1 な気もち, は潜ん

▼ もの好漢~ (2, 0.0%)

1 いまだ不, 未だ不

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 なもの, な風

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 の私, の部屋

▼ もの始め~ (2, 0.0%)

1 あり根源, て

▼ もの威圧~ (2, 0.0%)

1 なるもの, を感ずる

▼ もの嫁入り前~ (2, 0.0%)

2 に極

▼ もの嫉み~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 でも耳, ひの

▼ もの子ども~ (2, 0.0%)

1 のなきごえ, までが真似

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 が少し, なんか書けやしない

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 し太祖崩, し彊健

▼ もの存すれ~ (2, 0.0%)

2 ばなり

▼ もの安く~ (2, 0.0%)

1 んぞ, 買えるもの

▼ もの安全~ (2, 0.0%)

1 というもの, なもの

▼ もの宗教~ (2, 0.0%)

1 の変遷, は仏教以外

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 となっ, 朝一方には

▼ もの実在~ (2, 0.0%)

1 とそれ, は裏面

▼ もの実際~ (2, 0.0%)

1 トリニテイの, 世に

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 もなく, 最も甚だし

▼ もの容易~ (2, 0.0%)

1 ならぬ器, に自殺

▼ もの宿~ (2, 0.0%)

1 へ帰っ, へ電話

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 にあてられる, を覺ゆ

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 に二十有, 在的

▼ もの寧ろ~ (2, 0.0%)

1 助長させた, 民謡で

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 は豊公, へ預ける

▼ もの対立~ (2, 0.0%)

2 するもの

▼ もの専門~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ もの尋常一様~ (2, 0.0%)

1 の封建政治, の手段

▼ もの小さく~ (2, 0.0%)

1 きざんで, ない学童

▼ もの小だかき~ (2, 0.0%)

2 処に

▼ もの小才~ (2, 0.0%)

2 の利いた

▼ もの小米花~ (2, 0.0%)

2 闌けに

▼ もの小説~ (2, 0.0%)

1 の書き方, や物語

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 からむと, なり

▼ もの少々~ (2, 0.0%)

1 とが残った, 有之

▼ もの少き~ (2, 0.0%)

1 はまことに, ゆえんなり

▼ もの少なくとも~ (2, 0.0%)

1 一万戸を, 大小懐中物だけは

▼ もの少なし~ (2, 0.0%)

1 という, の喩

▼ もの少年~ (2, 0.0%)

1 がプラットホーム, は毎日

▼ もの尽く~ (2, 0.0%)

1 みな己れ, 自分を

▼ もの屋敷跡~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は美人屋敷

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 られる方, る方

▼ もの崇高~ (2, 0.0%)

1 なもの, なるもの

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 の瀬, は水

▼ もの帰っ~ (2, 0.0%)

1 てもいい, て来る

▼ もの干し~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, で涼み

▼ もの平次~ (2, 0.0%)

1 がこう, が斯

▼ もの平民~ (2, 0.0%)

1 と云う, の子

▼ もの年一年~ (2, 0.0%)

1 と何, より加わる

▼ もの年代記的性質~ (2, 0.0%)

2 を帯びた

▼ もの年寄り~ (2, 0.0%)

1 って衿, の区別

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 でした, にし

▼ もの幾何~ (2, 0.0%)

1 あるや, かあるべき

▼ もの幾度~ (2, 0.0%)

1 となく, も大きく

▼ もの幾百~ (2, 0.0%)

1 となく, もはや逃げ隠れる

▼ もの広く~ (2, 0.0%)

1 いえば, ハ新木在

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 が多く, にはビール

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 まで来た, を走れり

▼ もの建築~ (2, 0.0%)

1 ならざるもの, に近き

▼ もの弱き~ (2, 0.0%)

1 ものの, もの美しき

▼ もの弾力~ (2, 0.0%)

1 があっ, のない

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 三郎の, 多き時

▼ もの当然~ (2, 0.0%)

2 だわ

▼ もの形而上學的~ (2, 0.0%)

1 なもの, なるもの

▼ もの形而上的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの彩り~ (2, 0.0%)

2 もなく貧しき

▼ もの役者~ (2, 0.0%)

1 のよう, の化けの皮

▼ もの往来~ (2, 0.0%)

1 ですから, の両側

▼ もの往生~ (2, 0.0%)

1 はする, をせん

▼ もの後世~ (2, 0.0%)

1 のため, の商家

▼ もの従っ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て又

▼ もの御前~ (2, 0.0%)

1 だって分るだろう, に調

▼ もの御覧~ (2, 0.0%)

1 なさい生きて, 遊ばせ此

▼ もの心づいた~ (2, 0.0%)

1 時は, 頃は

▼ もの心づく~ (2, 0.0%)

1 娘時代から, 時分から

▼ もの必然~ (2, 0.0%)

2 に生れし

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 る, 忘れるもん

▼ もの~ (2, 0.0%)

2 したもん

▼ もの怖じた~ (2, 0.0%)

1 ような, 子供の

▼ もの思い思い~ (2, 0.0%)

1 だ, 勝手な

▼ もの急ぐ~ (2, 0.0%)

2 用事は

▼ もの怨ん~ (2, 0.0%)

1 でなんかいる, でなんかゐる

▼ もの恋愛~ (2, 0.0%)

1 の妙力, は人類

▼ もの恐く~ (2, 0.0%)

1 はない, は露西亜皇帝

▼ もの恐し~ (2, 0.0%)

1 いような, き戰鬪

▼ もの恐怖政治~ (2, 0.0%)

1 よりももっと, よりももつ

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 も外聞, をする

▼ もの恥ずべき~ (2, 0.0%)

1 ものだ, ものという

▼ もの悠々~ (2, 0.0%)

1 と萌黄真田, 綽々として

▼ もの悦ん~ (2, 0.0%)

1 で踊り, で遠近

▼ もの悪しき~ (2, 0.0%)

1 ものいろ, ものの

▼ もの悲しく~ (2, 0.0%)

1 もあきらめ, も恐ろしく

▼ もの悲しみ~ (2, 0.0%)

1 にみちた, の外

▼ もの情念~ (2, 0.0%)

2 の情念

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 に介する, に随

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 こそは具体的, そういうよう

▼ もの愛くるしい~ (2, 0.0%)

1 のよ, もの素朴で

▼ もの愛らしい~ (2, 0.0%)

1 もの可憐な, もの珍しい

▼ もの感じた~ (2, 0.0%)

1 ことの, ものは

▼ もの感ずる~ (2, 0.0%)

1 もので, もの悉く

▼ もの感傷的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ もの感激~ (2, 0.0%)

1 せざるを, は見せ

▼ もの感覚~ (2, 0.0%)

1 の敏い, の鈍い

▼ もの憂さ~ (2, 0.0%)

1 であった, である

▼ もの成る~ (2, 0.0%)

1 へく, ように

▼ もの我が~ (2, 0.0%)

1 もの云へば, 如きは

▼ もの或いはまた~ (2, 0.0%)

1 わけも, 狩猟の

▼ もの戦争~ (2, 0.0%)

1 と平和, の本質

▼ もの戦場~ (2, 0.0%)

1 で死ぬ, に於

▼ もの所有~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ もの所詮~ (2, 0.0%)

1 うまくいかない, は言説

▼ もの手数~ (2, 0.0%)

1 だなどという, のかかった

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 念ずる状, 突かって

▼ もの批評~ (2, 0.0%)

1 する気, を必要

▼ もの抽象的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な正義

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 だなげえお, 来りて

▼ もの持たざる~ (2, 0.0%)

2 もの

▼ もの挙げ~ (2, 0.0%)

1 て数, て茶事

▼ もの~ (2, 0.0%)

2 へがたく

▼ もの捉え~ (2, 0.0%)

2 がたくあらわし

▼ もの揉み~ (2, 0.0%)

2 叫び泣き

▼ もの提灯~ (2, 0.0%)

1 に釣鐘, は持たない

▼ もの政男さん~ (2, 0.0%)

2 だつて

▼ もの故意~ (2, 0.0%)

2 をもっ

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 て, てその

▼ もの散髪~ (2, 0.0%)

1 で書生羽織, のもの

▼ もの数千人~ (2, 0.0%)

2 ことに甲賀郡西部方面

▼ もの数名~ (2, 0.0%)

1 あった, を抜擢

▼ もの数次~ (2, 0.0%)

1 漸くに, 遂に巨巌

▼ もの数種~ (2, 0.0%)

1 ありそれ, をあげ

▼ もの数軒~ (2, 0.0%)

1 を数, を見る

▼ もの敵情~ (2, 0.0%)

2 を探る

▼ もの~ (2, 0.0%)

1 を盡, を知らず

▼ もの數人~ (2, 0.0%)

1 と小説會, にし

▼ もの文壇~ (2, 0.0%)

1 に出, の人

▼ もの文芸