青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「みる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

みち~ ~みな みな~ みなさん~ ~みました ~みます みます~ ~みよう みよう~ ~みる
みる~
~みれ みれ~ ~みろ ~みんな みんな~ ~む む~ むかし~ ~むかっ むかっ~

「みる~」 21856, 203ppm, 501位

▼ みる~ (15632, 71.5%)

319 それは 119 これは 84 彼は 77 それが 72 そこには 64 私は 61 そこに, 自分の 49 私の 36 彼女は 34 これが 33 自分は 32 彼の 27 そこは 26 これも 25 意外にも 24 次の 23 その中, 何か 22 しよう, 今度は, 女は, 急に, 非常に 21 僕は 20 誰も 19 さすがに, それも, 自分が 18 すぐに, 中には, 成程 17 そこの, 人間の, 女の, 母は, 私が 16 いい, 彼女の, 日本の 15 中から, 例の, 家の 14 あれは, その人, 私も 13 その男, なんの, 僕の, 相手は 12 ここは, この男, そこにも, それには, 不思議な, 中は, 二人は, 何の, 右の

11 [11件] かれは, さう, なかなか面白い, ぼくの, 二人の, 今の, 今まで, 何でも, 左の, 男は, 第一

10 こんどは, しようか, 一人の, 今日の, 何も, 外は, 彼が, 確かに, 私には, 驚いたこと

9 あなたは, それを, わたしは, 兄は, 机の, 自分も

8 [16件] いろいろな, ここに, ここの, これらの, そのとき, その日, その時, どれも, ひとりの, もうこの, 今日は, 先生は, 案の, 案外に, 自分には, 部屋の

7 [20件] いいわ, こは, どうした, なるほどと, やはりそれ, わたしの, 一つの, 下の, 今しも, 前の, 博士は, 多くの, 当時の, 彼も, 意外な, 昨夜の, 普通の, 父は, 男の, 誰が

6 [35件] あたりの, あたりは, あの人, いずれも, おれは, お前の, お君, お絹, きょうは, この女, これには, すべてが, その下, それらの, まず第, もうその, よい, わかる, 下手人は, 中に, 今は, 今夜は, 他の, 俺は, 君が, 君は, 奥の, 妙な, 妙に, 少年は, 彼女が, 扉の, 船は, 葉子は, 驚いた

5 [58件] あいつは, あなたの, あのお, いうと, いつもの, いままで, いろいろの, こいつは, こういうこと, この部屋, すぐ目, すれば, そうで, そこへ, その方, それに, どうでしょう, どこか, どこにも, なるほど, なるほどそれ, ふしぎな, ほんとうに, よくわかる, よく分る, わしは, わたくしの, 不思議に, 中の, 二人とも, 人が, 今度の, 僕が, 君の, 吾, 土の, 大抵の, 女が, 子供の, 宿の, 小屋の, 彼等は, 待って, 思いも, 意外に, 我々の, 昨日の, 案外な, 此の, 火の, 無理も, 生きて, 自分で, 自分でも, 船の, 誰か, 隣の, 面白い

4 [113件] あたしは, あちらの, あなたも, あの女, あまりにも, あれから, いっしょに, いつでも, いまの, おどろいたこと, お滝, かなりの, こうな, ここで, ここでも, ここにも, ここへ, この, このこと, この人, この家, この手紙, この有様, これで, これまた, こんな風, さっきの, じぶん, そのこと, そのなか, その女, その子, その晩, その木, その第, その通り, それからの, そんなもの, ちやうど, なにも, なるほどこれ, なるほどそこ, なんでも, びっくりしました, ふたりの, ぼくは, またし, われわれは, ガラッ八, クリストフは, ホテルの, 一匹の, 七兵衛は, 下は, 主人が, 二つの, 人の, 人は, 何だか自分, 先に, 先刻の, 全く予想, 分ります, 口の, 向うの, 問題は, 四方の, 大そう, 奇妙な, 娘は, 家は, 少しも, 幸いに, 庭の, 彼女も, 思いの, 思ったより, 思ひの, 慥かに, 成る程, 戸が, 昔の, 最初の, 木の, 東の, 東京は, 果してその, 果せるかな, 案に, 案外にも, 武蔵は, 死んで, 母が, 母の, 気が, 気味の, 水の, 水は, 父の, 現代の, 番頭の, 相当に, 相手の, 福富は, 私に, 箱の, 紛れも, 老人は, 若い女, 表の, 隣りの, 風が, 鼻の

3 [229件] あとは, あのひと, あの二人, あの几帳面, あの頃, あれほど, いいの, いいん, いつか自分は, いましも, おどろいた, おれの, おれも, お米, お蝶, お角, お通, かれの, かれら, かわいそうな, きのうの, きょうの, こ, こうだ, ここも, こっちの, このごろの, この事件, この時, これほど, これまで, こんなこと, さきに, さっきから, します, すべての, そいつが, そうでない, そうでも, そうは, そこから, そこでは, そのころ, その前, その声, その家, その影, その歌, その頃, それと, そんなこと, たいていの, ただの, ちょうどその, ちよつと, つい鼻, どうしてもここ, どうだろう, どうもこれ, どうも自分, どこへ, なつかしや, なるほどその, なるほど家, びっくりする, へんな, ほかの, まだお, まだ剛情, まるで夢, やはりこの, やはり自分, りっぱな, わかるが, わたくしも, わたしが, われわれの, アメリカの, ザッと, 一尺ばかりの, 一方は, 一日に, 一時は, 三つの, 上の, 上野の, 不思議だ, 不思議で, 世間の, 世間は, 主人の, 主人は, 云ふ, 人々は, 今から, 今年は, 今日まで, 伸子は, 何う, 何かの, 何と, 何処かに, 僕を, 先生が, 兵馬は, 出て, 分る, 初めは, 別の, 前に, 勝手口の, 半兵衛は, 反対に, 叔父は, 右門は, 向うは, 向ふ, 味方の, 土間に, 夜が, 夥しい露, 大体次の, 大名の, 大概の, 女中が, 女中の, 妻が, 妻の, 妻は, 娘の, 子供は, 学校の, 孫は, 実に不思議, 客は, 室の, 家内には, 實に, 少しは, 己は, 帆村は, 平岡の, 庄造は, 床の, 底の, 座敷の, 弦之, 当太郎, 彼らは, 思いのほかに, 想像し, 手に, 手の, 手や, 手紙が, 故郷は, 日本は, 日本人の, 明かに, 明らかに, 最初から, 最初は, 月の, 本堂の, 村の, 東京の, 果して, 果してそこ, 果たせるかな, 死体は, 殆ん, 母と, 母親の, 水を, 池の, 波の, 泣けて, 涙が, 滑稽だ, 炎は, 犯人は, 狸の, 猫が, 男には, 皇帝は, 目の, 目を, 相当な, 眼の, 石の, 硝子の, 神尾は, 私たちの, 私を, 立派な, 竹の, 素直に, 結局は, 背の, 膳の, 自分たちの, 自分たちは, 自分と, 自分ながら, 自分に, 自分を, 血が, 行李だの, 表には, 襖が, 西の, 話の, 話は, 誰かが, 誰だ, 誰の, 謎の, 豈計らん, 賊は, 車夫の, 部屋が, 酒の, 酒を, 雪の, 頭の, 頭は, 顔の, 馬の, 髷が

2 [831件 抜粋] ああいう, あいつの, あっしが, あなたが, あには, あのとき, あの始末, あの時, あの時代, あの池, あまりの, ありふれた珍しく, ある百姓, あんたは, あんまり信用, いいと, いい気持, いかな皆川半之丞, いって, いつの間にやら, いつまでも, いつ東京, いふこと, いま来た, いやな, いよ, うまい, ええ, おいらの, おかあさんは, おじいさんが, おなじよう, おもしろいね, お互, お冬, お前が, お半, お園, お筆, お紺, お芳, お角さん, お金が, お銀様, お麗さん, かくの, かすかに, かの女, からっと晴れ, かわいそうに, がんりきの, きっとその, きみの, きんは, こうである, こうです, ここまで, このお爺さん, このくらいの, この一家, この前, この国, この場, この始末, この宿, この屋敷, この森, この点, この荷物, この辺, この通り, これから後, これな, これに, これらは, こんな所, こんな話, さうだ, しかるにこれ, したらどう, しみじみと, すぐそば, すぐつまらな, すつかり, すること, せんど, そうでなかった, そうも, そのお, そのとおり, そのほう, そのよう, その上, その二つ, その人間, その大, その手, その時分, その眼, その窓硝子, その結果, その言葉, その間に, その顔, そもそもこう, それからは, それこそ, それですべて, それなる, それほどで, それらが, それらしい, そんなところ, た, たいていは, たしかに壺, ただに, だね, だんなも, ちょうどこの, ちょうど今, とんでもない, どうだい, どうであろう, どうもあの, どうもこの, どうもその, どうも不在, どこかに, どこから, どこも, どこを, どしどし進行, どちらを, どつ, ない, なかなかおもしろい, なかなか容易, なかなか立派, なぞの, なるほどそう, なるほど不思議, なるほど女, なるほど日本, なるほど重い, なんでもない, なんとし, なんとそこ, なんと拳, はたしてそこ, はやくも, ばかに, びっくりした, びつくりしました, ふしぎにも, ふは, ほかに, ほんとうの, まぎれも, まさに旅籠, まだ息, まだ時刻, まだ眼, まっ暗な, まんざらで, まんざら嘘, みごとな, みんなそれは, みんな大きな, もうあの, もうそこ, もうわたし, もう十一時, もとは, やがてリヽー, やっぱりお, やっぱり自分, やはり, やはり海陸風, やはり金造, よいと, れいの, わかるの, わしも, わたくしは, わたしには, オリヴィエが, ギョッと, ジノーヴィー・ボリースィチは, タカ子は, ドクトルの, パパは, ベッドの, ホセの, ホントに, メグは, 一人は, 一位で, 一同が, 一定の, 一時に, 一流うかれ, 一種の, 一般の, 一首の, 七度六分ある, 万太郎は, 三十歳ぐらいの, 三娘は, 下手な, 与八も, 世の中は, 世間が, 両方の, 中からは, 中味は, 予想以上に, 事情が, 事情は, 二百メートルほど, 人も, 人を, 人生は, 人間は, 今までに, 今朝の, 仏頂寺と, 以上の, 仮りに, 伊作から, 伊那丸も, 伯父の, 住居の, 佐々木の, 体裁も, 何かに, 何から, 何だか嘘, 何という, 何より先, 何処も, 俄かに, 俺が, 傍に, 先年浅間山の, 先生の, 全くその, 全く私, 全ての, 八十度, 六円五十二銭あった, 内には, 冷たくなっ, 分裂する, 初めから, 判らないこと, 別に何, 前にも, 割れた船, 北原君が, 半七, 博士の, 却, 厭な, 友人の, 双方とも, 只今の, 右手には, 右手の, 同君は, 名人の, 名刺の, 向うから, 呂蒙, 呉の, 周平は, 喪の, 四五人の, 国家の, 土蔵の, 城太郎は, 壁の, 外題は, 多くは, 夢の, 大したもの, 大へん, 大体その, 大変大きな, 大学の, 大川屋の, 大満員, 大男の, 大部分, 太平洋の, 夫の, 奈良は, 女と, 女も, 女房の, 妾は, 姿が, 婦人の, 学者も, 実に凄惨, 家が, 家を, 家中の, 寂寥から, 寒菊は, 寿女は, 小声で, 小寺政職は, 小幡の, 少しずつ, 屈強な, 屋敷の, 山男は, 川村さんは, 巡査は, 己の, 師の, 席の, 干潟の, 干潮時には, 広島は, 底には, 庭には, 廓の, 当時は, 当然の, 影も, 彼に, 彼らの, 彼女には, 彼等の, 彼等二人は, 後ろから, 徳さんは, 心が, 忠直卿は, 思ひがけ, 思ひ当るところ, 想像した, 懐しい昔, 成るほど, 戸外は, 手を, 手帳に, 持逃げ用の, 故意に, 教育という, 文字の, 新火山, 日本と, 明日の, 明瞭に, 昔は, 昨日あの, 時たま小さな, 時は, 暗いなか, 曹操は, 最後の, 有明の, 朋輩の, 朝寝した, 末広座の, 板谷よりも, 林の, 果たしてそれ, 果然その, 柳吉は, 案外この, 梅玉堂は, 棺桶が, 楽に, 権之, 次には, 次郎は, 正面に, 武蔵が, 死体を, 殿様は, 母親は, 氏が, 氷の, 波は, 流石に, 清二は, 溝口の, 無数の, 煙草を, 熱が, 父親の, 父親は, 物は, 狐が, 猫は, 玄関に, 王様は, 現在の, 理髪料十二銭また, 生涯の, 田の, 異様な, 病気で, 病気は, 痛切に, 白衣の, 白雲も, 皆自分より, 直ぐに, 相手が, 眼下に, 社長は, 禅僧は, 私たちは, 私達は, 秋の, 穀物の, 穴の, 窓は, 竜之, 筋が, 簡単に, 米友の, 粗略に, 紅庵の, 紙の, 結局, 結局この, 絵の, 縛られたま, 老婆の, 老母は, 肝腎の, 肩の, 背中に, 能の, 自分では, 自分にも, 自分よりも, 自己の, 自由ほど, 舟木は, 船員の, 色々の, 花嫁が, 若いおかみさん, 茂兵衛は, 茶席の, 草原の, 葉子の, 藤兵衛は, 藤吉郎は, 虫は, 血だ, 血の, 裏の, 西は, 西洋の, 見かけは, 言下に, 言葉の, 話に, 誰かの, 誰にも, 講演の, 警官たちは, 豚は, 貴方も, 賊の, 身寄りの, 通帳や, 進んで, 道を, 遠くは, 部下の, 金が, 金の, 金を, 鉛筆の, 鍵は, 門から, 阿呆んだら, 随所に, 障子が, 雨が, 雲を, 震災以前も, 順吉は, 額の, 養父の, 駒井甚三郎も, 髪結の, 魚の, 鷲は, 黒, 黙って

1 [9957件 抜粋] 〇・二七秒という, あきめくらなの, あだ, あと五日しか, あのマドレエヌ, あの場, あの新緑, あの金, あまり秀, あるいは沿海州方面, あれで, い, いうの, いかにその, いかにも忌わしい, いきなりこう言つた, いずれの, いっぱいに, いつのまにかいまひとり, いつの間にか私たち, いつも寝間着姿, いまかれ, いや驚いた, いりふねばし, うすぐらい灯, うるさいなど, おかしな話, おとなしくし, おふくろの, おもわず悲憤, お光, お婆さんの, お机, お種, かえっておかしく, かつぜん, かなり遠く, かりにも, きっと血族結婚, ぎょっとし, こういうの, こう言いのこし, こちらは, このま, この不体裁, この侍, この地下二階, この山, この数々, この気, この社会, この荒巻敏司, この間から, こりゃたしかに, これより, こんな家, さあ負けたく, さすがの, さてなかなか, さるの, しばらく滞留, じつになさけない, すぐわかった, すこしも, すでに一堂, すべてに, ずいぶん引き, せっかく築き上げた, そういう態度, そうやっ, そこで新島八十吉, そのあゆ, そのふしぎ, そのサアァッ, その二人, その八田, その印, その夜, その帆, その恋し, その日記帳, その楊子, その源助, その百姓, その筆法, その自転車, その豆腐屋, その銀杏, その音律, それぎり引留められ, それほど平凡, そんなビク, たいしてながく, たしかになにかあった, たしかに涙, ただ母音, たとえばそういう, だいたい三つ, ちっとおかしい, ちょうどルビー, ちょっとの, つい一, つまりどう, とうてい自分, とにかく自分, どうしてどうして, どうしても又, どうなる, どうもひとごと, どうも思う, どうも自信, どうやら三人, どことなく借着, どの蝋燭, なおさらりっぱ, なかなか人間, なかなか頭, なにか外傷, なるほどかわっ, なるほど下, なるほど半世紀近く, なるほど微小人間, なるほど滝, なるほど見知らぬ, なんだかへん, なんとなく楼内, なんにも新, はじめていろいろ, はたして潜戸, ばからしい, ひどい路地裏, ふし糸の, ぷつりと金の, ほとんど一戸, ほんとに自分, まあ過去十何年間, まさしく木戸, まず考え, また急, まだそう深更, まだ冷えきっ, まだ石, まったく多門老人, まるでちがった, まるで押し花, まわりには, みな信ずべき, みんなオレが, むざんやまさしく, めんどうくさがっ, もうと, もう七年, もう兄たち, もう奈良, もう数年, もう犬千代, もう諦め, もしカヌカ, もとより嫌い, やっぱし昔, やっぱり小郷, やつぱり思つたと, やはりまだ生, やはり弦, やはり活字, やはり貧乏, ゆうべから, よくは, よく鞣し, わかるけだし, わたくしには, アレキサンドリアにおける, エジプトの, オールの, ガラス障子の, グレーヴス書記官は, サロンに, ジャヴェルは, タイが, チョウドこの, ドウダイ, ハグロは, パイクソンの, ファニーが, ブーンブーンという, ポケットに, ミネの, ユーゴーは, ルミ子は, ワルシャワの, 一メートルほどのは, 一体犯人, 一寸坐り直し, 一度始まった, 一時開始と, 一種十八世紀的臭味が, 一通の, 丁度彼, 七郎は, 三位の, 三山の, 三畳位ゐ, 上品なしる, 下駄の, 与力の, 両側の, 中橋は, 乃公らも, 亀裂の, 事実バルトウ氏の, 二代目の, 二十歳から, 二燭光の, 互いの, 五十銭紙幣は, 京子は, 人影が, 人間本来の, 今さら夜, 今手術室, 今晩も, 他に, 仰せでございました, 会は, 似非物は, 佐賀県の, 何ぞ知らん, 何でもおれ, 何と青畳, 何人と, 何田, 佩いて, 依田啓七郎は, 信長も, 借家人の, 僅かな, 僕自身にも, 先き, 先生も, 入れ替わり立ち替わり, 全く湯屋, 全然笑, 八月三十一日で, 六代目菊五郎である, 其れ, 内耳の, 几の, 刀を, 初めに, 別に考えなけりゃならん, 前年の, 副団長, 動いてるの, 北東風が, 十中八九まず, 十年も, 千余騎の, 半頃に, 印刷かと, 原名, 又考, 取るに, 古屏風, 可成, 合掌する, 同じ地, 同時に私, 君たちに, 呆れるほど, 和尚さんは, 啓吉自身も, 嘗て妻, 四十日余りの, 四郎さんが, 国民一般の, 地上から, 坂路を, 基礎は, 塵の, 変じゃ, 外観こそ, 夜も, 大きな仮面, 大丈夫です, 大切なる, 大小さまざまの, 大江山課長は, 大阪へ, 太郎さんが, 失敗だらけで, 奥は, 女支配人が, 妹が, 姫君の, 子供達は, 学問に, 安井君も, 宝蔵院の, 実に変化, 実は二ヶ月半, 客が, 家内の, 富三とは, 寸分異, 小さい太鼓, 小作の, 小次郎も, 小道が, 少し熱い, 尚書は, 屋敷に, 岡っ, 川下が, 巴里の, 常には, 平湯の, 幾らか軽い, 床の間の, 座敷は, 弁士, 張生という, 当然この, 彼を, 後ろの, 御堂の, 心配だし気味も, 応接室には, 思いあたる矢, 思ったほどの, 性質に, 恐いよう, 息の, 悪い心持, 想像以上な, 愕いた, 憤怒の, 我々微弱なる, 戦中猛威を, 扉は, 打った人, 拝島の, 探す苦労, 改めて嫉妬, 数台の, 文字吉は, 新助, 旅行でも, 日曜の, 日野は, 明に, 昔無, 昨日まで, 時の, 暖かさうに照つて, 書きつけの, 最前船の, 朝から, 木立の, 本当によくっ, 朱治字は, 来い来いを, 松公だけ, 果して先生, 果して藍皮, 果たして寝床, 果然ひとり, 某大名, 栄養や, 案の定いちばん奥, 案内は, 案外紆余曲折, 梶せつ子と, 楠の, 楽書としては, 橇に, 正しくおば, 正造は, 歴史的に, 残った一本, 殿様の, 毛の, 気味わるう, 水楢の, 汝も, 決して誑かす, 河岸寄りの, 泥まみれに, 浅間山が, 海道から, 混沌への, 渡りに, 満更母, 漢の, 火も, 為政者が, 然し主, 燐寸の, 片手づか, 犬の, 狸と, 玄関と, 現に丸官, 環境は, 生きた人間, 生鰊, 甲州街道へ, 町内の, 番場柏原附近にも, 病室は, 登志子は, 白樺の木に, 皆で, 盗まれたの, 目明し万吉の, 相当ひどく, 看護婦と, 眩しいばかりに, 矢つ, 短篇は, 確率誤差は, 神様は, 私という, 稀代な, 空気窓からは, 立木の, 笑いながら, 等しくみなこれ斎戒, 米の, 糸の, 紋作は, 細い縄, 結局東が, 緊張に, 繊細な, 美女の, 老主人, 耳の, 肚が, 脈が, 膝つ, 自分自身で, 興味が, 艇長や, 花は, 若い二人, 苦しんだだけ, 草香流秘術の, 菱川師宣という, 蒲原夫人の, 蕪村は, 藤堂家の, 蛇を, 血書で, 表情が, 裏木戸へ, 西洋料理とか, 覚明法師ただ一人に, 触覚の, 許しがたい, 誤算が, 諸大将, 豕の, 貴公は, 赤土でしょう, 跛行文化に, 軍艦の, 迂散な, 退こうにも, 通俗的に, 運転手台で, 達者な, 遺憾ながら, 酒か, 重吉の, 金吾様を, 鈎の, 銅の, 鏡には, 長庵先生, 開墾の, 阪井ほどの, 陽の, 障子や, 雑草や, 雪道と, 霞の, 静葉は, 革命中に, 頤がは, 顔色が, 食堂には, 香具師の, 馬鹿馬鹿しい話, 驚きましたね, 高いすぎ, 髪の毛の, 鰍と, 鷹は, 黒い小さい影, 黴臭いにおい

▼ みること~ (945, 4.3%)

78 にした 46 にしよう 28 にする 27 がある 25 にしました 21 ができる 2019 になった 15 にし 14 もできる 13 である 12 にしましょう, もあった, もある 11 ができた, が出来る, になりました 10 ができない, が出来た 9 が必要, です, にいたしましょう, にします 8 ができなかった, ができます 7 ができ, が出, とする 6 になる, はできない 5 だった, だね, に致しましょう 4 にしたい, は私, もできない

3 [20件] ができませんでした, がない, が出来ません, が出来よう, では, になつ, になり, に致します, に興味, のできない, は不可能, は何, は決して, もできなかった, もなかっ, もなかつた, もなく, もまた, も出来ない, を約束

2 [37件] が, があつ, ができず, ができなくなっ, が多い, が好き, であった, であると, でその, なしに, などもあった, にいたしました, に決心, に相談, のできなかった, の出来る, の方, はあっ, はおそらく, はそう, は出来なかった, は出来る, は大きな, は自分, は馬鹿らしい, もあつ, もしなかった, もできません, もできよう, も不可能, も出来る, も必要, も忘れ, も決して, をおすすめ, をしない, を忘れなかった

1 [304件] あたは, があっ, があった, があるで, がい, がいかにも, がおそらく, がおそらく最も, がこの, がすこしも, がつまらない, ができたら, ができなく, ができなくなった, ができぬ, ができました, ができましょう, ができやしません, ができよう, ができるなら, がどうして, がなんとなく, がひどく, がまず, がまず何より, がわたくし, がカンジン, が一つ, が一ツ, が一度, が一番大切, が出来ない, が出来なかった, が出来ました, が出来るだろう, が出来れ, が即ち, が却つて, が反っ, が堪へられぬ, が大切, が大嫌い, が少ない, が少なくも, が当然, が彼自身, が恐かっ, が摘発, が最上, が無駄, が特に, が王子, が立地条件, が第一歩, が緊要, が肝心, が解決, が道楽, が間もなく, きくこと, さ, さえあった, さえしかねた, さえできない, さえも億劫, さえよく, さえ考え, じゃ, すらできない, すらも自然, すら困難, そして恋する, その考え, ただ一言, だいつの間にか, だけにした, だって, だと, だな, だねえ, だよ, だらう, だろうよ, だわよ, であったが, であるが, できるならば, でした, ですね, です思ったほどに, でも, で今日一日, で度胸, で日, で書いたもの, という約束, となり, との間, なお吾曹, なしと, などさえも婦人解放, などは下らん, などは念頭, などもある, などもない, などを愉し, など殆, なんかまるで, なんてすこし, にある, にいたそう, にきめた, にきめる, にしませう, になっ, にはなし, にはまず, にも無理, によってこの, によってわれわれ, によって今更, によって仕事, によって絵, によつて, によつて次第, によるの, にわたし, に世間, に伴う, に何, に依つ, に努め, に反対, に少なから, に心がけた, に悪魔的, に慣れ, に我, に日夜, に決めた, に絶望, に致しました, に興, に迫られ, に逸ッ, のできぬ, のできる, のない, の余裕, の出, の出来ない, の出来なかった, の困難さ, の好奇心, はあの, はありません, はありませんでした, はあるだろう, はあんまり, はいかにも, はおそろしい, はきわめて, はこの, はこれ, はこれから, はさして, はたしかに当然, はたとえ, はでき, はできないであろう, はできなかつた, はできなくなる, はできぬ, はできません, はとうてい, はない, はなかつた, はならない, はひとり, はまあ, はまず, はまた, はみた, はみましょう, はみる, はめったに, は一番反応, は世, は他, は余計, は作家, は先ず, は出, は出来た, は出来ない, は即ち, は却, は多少, は大いに, は容易, は少なくとも, は少なくも, は彼, は彼女, は必ずしも, は必要, は怠らなかった, は悪く, は所詮, は有益, は様々, は滅多に, は無益, は無論, は然し, は粗相, は被告, は許されず, は許されない, は誤り, は連句, は雑作, もあり, もおまえ, もこの, もその, もでき, もできず, もできた, もできないだろう, もできましょう, もできん, もない, もなくなった, もなく溜っ, もなし, もならず, もはじめて, もまして, もまだ, も一つ, も一興, も三番目, も中, も人間, も出来, も出来ず, も出来ません, も困難, も天意, も好ましく, も役人, も往々, も心, も悪く, も意義, も時, も歴史家, も汚れる, も無意味, も無駄, も知らず, も知らない, も興味, も興味深い, も避け, も釣り, や通り筋, をえざれ, をさせ, をどう, をみよう, をも, をも侮辱, を余り, を促した, を切望, を勧めたい, を勧告, を厭, を子規居士, を彼, を待望, を得なかつた, を心掛けなけれ, を忘れ, を忘れるであろう, を欲, を知らなかった, を考えた, を考えつき, を考へ, を要する, を要求, を覚えました, を谷村, を賢明, を面白い, 少く甚, 恰も光備, 恰も庭園, 甚だ少い, 考えさせて, 頻なりき

▼ みる~ (751, 3.4%)

49 だが 44 である 43 だった 3231 であった 23 でした 15 です, も面白い 14 ですが 12 も一興 9 であったが, も悪く 8 だったが, であります, であるが, もいい 7 が好き, じゃ 6 が楽しみ, だね, もまた, も無駄 5 がいい, が一番, だつた, もよかろ, も面白かろ 4 が一つ, が何より, が順序, だという, はいい, は興味, も, もい 3 がよい, が厭, が早道, だけれども, ははじめて, もおもしろい, もよい, も一つ, も有益, を忘れ

2 [31件] か, がいちばん, が当り前, が当然, が愉快, が普通, が本当, が気味悪い, が私, が至当, が面白い, さ, だから, だつたが, はやつ, は世間, は今, は何, は始めて, は極めて, は珍, もいや, もちょっと, もわるく, もイヤ, も強, も当然, も悪い, も腰かける, も興味, よせて

1 [236件] あなたの, いや, おも, かと思え, が, がいちばん要領, がいちばん近道, がいや, がすべて, がそれでまた, がたった, がたのしい, がたまらなく, がだいいち, がだいきらい, がほんとう, がまず, がまた, がよろしい, がわれわれ, が一番悧巧, が一番早道, が一番確か, が一番適当, が一般, が事, が人生, が何だか, が俺等, が嫌, が実に, が少し, が当, が怖し, が恐ろしく, が批判, が早わかり, が最も, が最上, が本来, が楽しい, が正当, が残された, が毎年, が現状, が目的, が科学, が科学者, が穏当, が習慣, が肝腎, が自然, が良策, が賢明, が辛い, が近道, が通, が適当, が関の山, が非常, が順当, じゃその, じゃよ, じゃわ, じゃナ, だけれど, だそう, だと, だな, だねえ, だよ, だらう悪魔, だろう小屋, であるか, であるから, であろう, でございます, でございますが, でしょう, でしょうか, ですか, ですけれど, ですって, ですね, でなければ, では, でも, とです, とは違った, とソックリ, と変り, ならば, なら兎, にさし, によい, に非難, は, はあまり, はあまりに, はありでした, はかれ, はこれ, はこれから, はすこし, はそんなに, はたいへん, はたのしい, はたまらない, はどう, はどういう, はどうしても, はなにか, はまだ, はむだ, はやめた, はわけ, は一種, は不, は今日, は其の, は初めて, は初心, は動く, は可笑し, は君達, は大変, は大津以来, は学問, は左手, は弁護士, は当時, は当然, は彼, は恥ずかしい, は我々, は既に, は早計, は是非, は此奴, は波止場, は無意義, は無理, は無用, は甚だ, は自分, は苦痛, は誤り, は都会, は非常, は面白い, は養子, ほかは, もあながち, もあわれだった, もおもしろかろ, もお慰み, もけがらわしい, もこの, もこわい, もぞっと, もため, もなかなか, もひとつ, もまんざら, もむだ, もめんどう, もよから, もよく, もよろしかろ, もスリル, もワザ, も一種, も人生, も今夜, も何, も全く, も却って, も却つて緑さん, も厭, も又, も口, も咄嗟, も国民, も地獄, も壮快, も失礼, も好き, も好ましく, も存外, も実に, も彼, も徒爾, も怖し, も思いつき, も悲しかっ, も想像, も愉しい, も手段, も旅, も気, も気だるい, も気ばらし, も沢庵, も無用, も無益, も用件, も結構, も興, も良い, も良かろ, も莫迦, も薬, も辛かっ, も道理, も野暮, も面白から, も順序, も魔術, をこわがつ, をため, をどんなに, を好まず, を好み, を楽しみ, を楽しむ, を私, を考え直し, 勇気を, 大平原, 好意を, 機会を, 種類は, 緑の, 要を, 識見に, 難を

▼ みる~ (726, 3.3%)

330 いい 98 よい 6 いいと, よかろう, よろしい, 可い 5 いいや, 宜い 4 いいさ, いいじゃ 3 いいだろう, いい何

2 [15件] いいあの, いいお前, いいぞ, いいだ, いいって, いいなん, いいの, いい俺, ええ, すぐに, それに, どうにも, やうな, 好い, 樂し

1 [220件] あの牢人, あんまり便利, いいあわて, いいいったい, いいいま, いいおれ, いいお前たち, いいが, いいきっと, いいすぐ, いいぜ, いいそう, いいそして, いいその, いいそれ, いいそれから, いいそんな, いいで, いいという, いいとばかりに, いいとんだ, いいどちら, いいね, いいよ, いいわ, いいわずか, いいわたし, いいわれわれ, いい仕儀, いい八, いい十手, いい夜中, いい幸太, いい彼, いい彼ら, いい思いの外手軽, いい悪いよう, いい懲り, いい旦那, いい望み通り, いい次第に, いい気味, いい江州, いい田町, いい自分一流, いい銀町, いい頭, いつちい, いつも要領, いつも駄目, いや決して, ええでねえ, えし, お前は, お名前, お艶, かくする, こいつが, こいつなか, こういうドロドロッ, ここで, ここの, こたへ, これまで, これも, こんなあきらめ, ごとき可憐さ, しからば, しばらくたつ, じつは手のひら, すぐまた, すゞし, そこには, そっとむかし, その実は, その年齢, その意図, その点, その訪ね, それではどうも, それとても, そんな考, ついぞ出会し申さぬ, つぎの, とうとう愛想, どうかと, どうじゃ, どうもよくは, どうも身體, どれでも, なかなか取らせ, なんともこれ, また消され, みるが, もし一朝その, ものは, もはや日記帳, やがてまた, やっぱり無い, やはりあれ, やはりいや, やはり出ない, やはり実際に, よいそこ, よいそのうえ, よいそれ, よいと, よいとて, よいなどとは, よいもし, よいわさ, よい今, よい凧糸, よい多分, よい当分, ようござん, よう御座ろう, よく不足, よし逃げ, よろしい主, よろしい君, よろしかろう, よろしゅうございましょう, クレップの, ドアにも, 一つとして, 一人として, 一向に要領, 一向効目, 上の, 中, 二人とも, 二人の, 云ッても, 人が, 今以, 今頃は, 以前ほど, 何うにも, 何を, 何ん, 何処に, 何度食っ, 値段の, 充分でない, 具体的に, 内に, 内地の, 出ない, 利き目, 到底木村荘八, 到頭奪, 十九年も, 又じき思い, 可, 声は, 夏の, 多くは, 大勢如何とも, 好いお前, 好いが, 好う御座ん, 如きの, 如き感, 如く猿引, 如しであった, 姥さんは, 学生は, 小田原町の, 当てに, 彼は, 性こり, 手を, 手紙も, 打ち消しても, 振り落し, 排尿しない, 故に今, 日ざし, 時々反省, 時計は, 時間と, 智も, 暑くて, 有名な, 来ない, 梁やら, 死という, 気分が, 無視する, 熱くて, 益々異様, 相手が, 石自身で, 第一, 結局無力な, 給仕の, 義眼は, 老人は, 聞くたんび, 自分に, 自分には, 自身は, 若し見込, 落着く, 要するにこっち, 記録を, 誰も, 誰一人連れ立つ, 謎は, 返事が, 返事は, 返答しない, 鍛冶屋, 陛下は, 震災の, 頭が, 馬鹿に, 駄目だ, 鷺江ゆき女の

▼ みる~ (300, 1.4%)

71 になった 49 はない 36 になりました 12 になっ 11 になつ 7 になる, はありません 6 にもなった 4 にはなれなかった, にもならなかった, も起らなかった 3 がしない

2 [13件] か, があるなら, でいた, になつたの, にならない, になり, にはなれない, には少し, にもならないです, にもなれない, はねえ, もしなかった, をおこした

1 [60件] か知らん, がある, があるなら行っ, がいたしません, がしかなかつた, がしなかった, がしなかつた, がせず, がなかっ, が底, が心, さえ起さなかった, だ, だったん, ですか, で伸子, で手文庫, で銀座, などは兵, なら尻押し, なら庖丁, なら紹介, なん, にさえもならない, になっちまう, になつたん, にならなかった, になりません, になるらしい, になれない, になれなかった, になれよう, になれる, にはならない, にはならないであろう, にはなれなかったでしょう, にはなれませぬ, にはなれませんでした, にもこの, にもならず, にもなられた, にもなりました, にもなる, にもなるでありましょう, にもなれなかった, はなし, は起こらない, もあつ, もおこらない, もさらに, もしませんでした, もせぬ, もなく, も何, も出さない, も出なかった, も起らぬ, も起りません, をおこしました, を起させた

▼ みる~ (257, 1.2%)

4 つけても 3 きまって, これは, 及んで, 第一, 過ぎない

2 [12件] かぎる, く, その装置, それは, た, ちがいない, 今朝は, 光るもの, 敏な, 月暗く, 現在ばかりの, 相違ない

1 [214件] あった, あったの, あるいは, あるいはロシア語, いかなる職業, いつかここに, いまだ其義, おまえほど, おも, お鈴, かかる長い, かような, きれいな, この上, この両, この方法, これで, しかずと, したがいなかなか, したがって, したところ, しても, しらへ, すが, すぎない, すぎないだろうと, すぎないの, すぎない別れて, すべて夢の, そのいわゆる糸引き, その今日, その体, その先祖, その受難, その形状, その装備, その骨骼, そは, そもいったいなんと, ただ櫛状, たとえば先, ちょいちょい口げんか, つけて, てっきりその, どうした, どうもおれ, どうもむしろ反対, どうも私, どうも近い, どろどろした, なお正しい, なにも, はなから, はみましたが, まずこれ, また色々, まだ三十前後, まづ女, みかねて, みなこの, もし各人, やっぱり世の中, やはりなんといっ, やはり父祖, やはり私, よい相談, よる, わが国にても, わざと道, キリストの, コックリの, シドニー第, ボア人が, ユニテリアン宗は, 一つ一つの, 一時に, 上品という, 下田に, 不可解の, 両者その, 京墨の, 人を, 人間の, 今ある, 今から, 今まで, 似たり, 余りも, 例えばマルコーニ, 僧侶は, 儒教は, 先づロッパ七役を, 先生は, 到れば, 前に, 剣の, 劃然と, 勝頼は, 南翠外史の, 受胎後およそ, 古代に, 君の, 呪文そのものの, 問題の, 善行に, 団体の, 土洲長岡郡に, 土着精神が, 堂内には, 堪えなかった, 堪へざりき, 堪へざるもの, 壮快楽天の, 夢殿の, 大別し, 太宰は, 如くは, 妖怪研究は, 姿は, 姿人の, 子供の, 宇宙間には, 将来わが国の, 小猿, 山下久内は, 岩は, 帆一つに, 帝の, 平安朝頃の, 平常思想中, 当日主君の, 彼らは, 後者の, 心が, 必要による, 恰好だ, 悪いこと, 意外に, 我が国の, 戦うて, 握飯の, 政治上不平ある, 政治家なる, 敏だった, 敏なかれは, 敏なる, 新短歌, 日常生活に, 日本人は, 日本化しない, 早朝から, 明治七年までは, 明治二十九年には, 明治初年の, 昨今流行の, 普通下水溝渠の, 最下等の, 朝鮮においては, 果して, 果してその, 果たしてしかり, 果たしてよくこの, 案の定ぞ, 極めて悲惨, 樟脳の, 欧米精神上の, 此の, 死後の, 氏族諸, 水辺で, 水陸の, 泪の, 無理も, 父母妻子を, 狐狼等守護し, 猿の, 玲, 生きと, 生命保険あるいは, 直径百分の一ミリの, 知らずして, 石吻磊呵たる, 私の, 結局タバコを, 老婆の, 胡蝶一つ羽を, 臆説では, 自らには, 自分が, 自分に, 至ったの, 至つた, 色こそ, 英国は, 葉書が, 誰も, 誰もが, 調理人達は, 谷ふかく, 足らず市庁, 足るべし, 身体長大容貌端正力能く, 近々危篤, 近江の, 通俗の, 過ぎないこと, 適して, 醒めて, 金錢法案に, 限ります, 限る, 限るの, 青い山, 鳶の

▼ みるつもり~ (187, 0.9%)

25 です 17 である 1412 なの 7 だった 6 だと 5 なん 3 だったの, でいる, でしたが, よ

2 [17件] じゃ, だから, だが, だったが, だつた, だつたの, だという, だよ, だわ, であつ, であると, でいた, ですが, ですと, ですよ, で着手, もある

1 [55件] か, かい, が正反対, だそれ, だったところ, だったので, だったん, だで, だろう, だ等, で, であった, であったが, であります, であるという, であるなど, でい, でいたんです, でおる, でこちら, でございましたが, でございます, でございます皆様, でござる, でしたけれど, でしたけれども, でしょう, ですから, ですという, ですどうか, ですどうぞ, では, でみや古, でも, でもうすっかり, でをります, でジメジメ, でソッ, でダイヤル, で十幾日目, で夕刻, で梯子段, で絵図面, で道ばた, という言葉, なのよ, なんで, にし, になつ, の用意, はない, もなかっ, らしい, らしかったが, らしかつ

▼ みるよう~ (181, 0.8%)

8 になった 7 になっ 6 なこと 4 なもの, な気, になりました 3 だった, にし 2 なお, なその, な心地, な思い, な機会, にする, に云った, に風

1 [126件] だから, であった, でしまり, です, でないと, では, で尊厳さ, なかずかずの, なずいぶん, なといった, なところ, なグロテスク, なタメ息, なトゲトゲ, な一種, な一種奇妙, な不見識, な世の中, な事, な人, な人間, な余裕, な光, な冗談, な冷, な力, な反省力, な嬉し, な小, な小競り合い, な山襞, な広告, な広大, な形, な心もち, な心持, な心持ち, な手つき, な折, な時, な景色, な枯淡, な正確さ, な気持ち, な永劫, な漠然たる, な澄んだ思い, な無作法, な物質化, な目つき, な眼付, な程よき, な細い長い, な群集心理, な花, な調子, な豪奢, な貧しい, な赤ちゃけた地肌, な輩, な返事, な鏡, な長い長い, な隙間, な青い, な風, な鮮やかさ, に, にあたし, にあたり, にいいつけました, にお, におすすめ, におだやか, にこの, にさせました, にした, にしたい, にしばし, にすすめ, にそう, にそして, にたずねました, にただ一面, にちょっと, にという合図, にとのこと, にと云っ, にと云った, にと仰しゃる, にと勧められ, にと叔父, にと言い含めまし, になに, になる, にはいっ, にはっきり, にぴったり, にぼく, にわかる, にクリストフ, に仔細, に命じました, に天, に太陽, に奥, に家, に彼, に思い浮べた, に思われる, に感ぜられた, に未知, に死ん, に湖面, に煙草, に熊川, に熱心, に痛切, に眉, に祈っ, に私, に肩, に自分, に至った, に言いつけられました, に首

▼ みる必要~ (170, 0.8%)

110 がある 8 はない 5 があります 4 があった 3 があらう, があり, はある, もない 2 はあろう, もある

1 [27件] があったでしょう, がありゃしねえ, があるだろう, があるであろう, があろう, がどこ, がない, がなかっ, がぼく, がまだ, が十分, が有る, が起こった, ないの, などはない, にせまられた, のある, はあった, はあり, はありません, はないだらう, もあろう, もなかっ, もなく, も出, を感じない, を感じなかった

▼ みる~ (122, 0.6%)

3714 だな 13 だね 8 だよ 7 だが, です 4 ですよ 3 だから, ですね 2 じゃ, でしょう, ですか

1 [20件] だいま三人, だおせん, だからね, だがな, だけど, だけれど, だここ, だぜ, だそう, だぞ, だったけれど, だって言われた, だつた, だなんて, だもの, だろうよ, だネ, だ四つ, ですな, ですなあ

▼ みるという~ (88, 0.4%)

7 ような 5 ことが, ことは, のは 4 ことに 2 ことだった, ことです, ことを, のが, ふうに, 事は, 風に

1 [48件] きり黙っ, こといつも, ことそれ自体が, ことなんぞも, ことの, しっかりした, その, つもりで, ところまで, のがね, のです, のも, ふうだった, わけです, んだ, んです, 伊那丸の, 信仰が, 冒険の, 勉強の, 場合に, 場合には, 大実験, 妖刀が, 少々変った, 心もちが, 意味の, 新しい経験, 日常の, 智恵な, 格言が, 欲の, 気持が, 気持ちにも, 気魄の, 特殊事情から, 狩猟時代の, 理想主義的な, 皮相な, 研究も, 程度に, 立場からの, 術が, 言葉を, 調査だ, 足さぐり, 題を, 風だった

▼ みる~ (86, 0.4%)

2 にぶ, にもう

1 [82件] に, にあたり, にあたりの戦友, にあの, にいい, にいつ, にうつっ, にお, にぐっと, にここ, にしぼみあがる, にすう, にするする, にずばり, にずるずる, にその, にちょうど, にととのった, にばらばら, にひきずられ, にふたり, にみごと, にみゆべき, にむちが, にウィスキー, にスルスル, に下, に下界, に丘, に両, に二本, に修羅場, に先頭, に六人, に六尺四方, に十方, に変わっ, に夕やみ, に大, に大きく, に大きな, に奮戦, に山ぎ, に岡っ引き長助, に早く, に暗く, に望楼, に案の定, に海光, に消え, に涙, に渦まく, に渦潮, に湖, に犠牲, に猫間犬丸, に甲賀奥地, に番台, に異様, に目, に真夏, に穴, に空濠, に紅, に義貞, に脱疽, に葦間, に討たれ, に赭土色, に轟々たる, に近づい, に遠ざけ, に銀色, に銃さき, に鋭い, に長虫, に阿蘇惟成, に青い, に面上, に顔色, に騎馬歩兵, ぼろしという

▼ みる~ (84, 0.4%)

10 にした 65 にし 4 がある, ができます 3 にしよう 2 あり和漢, にする, になった, のできる, もある, よとて人々

1 [40件] ができた, ができなかった, がどうしても, が出, が出来たなら, が出来る, さえあります, さえしよう, しか無い, じや, すらしなかった, たね, だった, だという, ですね, としよう, などもあった, にしましょう, になつ, によつて, に充分, に決定, の愉悦, はあっ, はその, はなん, ははなはだ, は先生, は出来る, は欣喜至極, は虚心, もあった, もあらざるべき, もしない, もできる, もなし, も一つ, も太宰, を君, を望む

▼ みるより~ (62, 0.3%)

10 ほかは 5 ほかに 4 外に 3 仕方が 2 おきあがらんとして, ほかには, ます, 仕様が, 他は, 明らかです

1 [28件] あきらかです, しょうがあるまい, しようがない, にわかにそわそわしだした, のこりの, はるかに, ほかない, ほかなかっ, ほかの, ほか何ら, ベッドの, 上人の, 仕方は, 他なかっ, 他には, 先に, 外なく, 外には, 外は, 心淋しい, 怪塔王は, 早くその, 早く扉, 明かであるから, 明かでは, 明らかな, 長き髪, 駿河一番額髮も

▼ みるもの~ (60, 0.3%)

4 だ, である 2 だという, ですね, では, もある

1 [44件] があった, がある, がだんだん, がない, が全部灰色, が多く, さ, じゃ, じゃがのう, だから, だと, だな, だなあ, だよ, でいざ, ですと, ですな, ですよ, で寺, で靴, としては先, なくほとほと, なの, ならむしろどうどう, なん, にし, にたくさん, に与, の心, の感情, の行, はありゃ, はたれ, はない, はないだらう, は声, もあった, もあつ, もあれ, もとうぜん, もない, もなけれ, よ, らしくアーヴィン

▼ みる~ (48, 0.2%)

7 えと 2 えとこれ

1 [39件] えとある, えといくらか, えといずれそう, えといつの間に, えといよいよ, えとおどろくじ, えとおれ, えとこの, えとこりゃどうも, えとこんな, えとじゃま, えとせめてもう, えとその, えとどうも, えとどうやら, えとなあ, えとなるほどある, えとなんと, えとまだ, えともちろん, えとやっぱり, えとコンクリート作り, えと三日, えと仁念寺, えと今度, えと前山一作殺し, えと勘, えと外見, えと娘, えと少し, えと彼奴, えと愚左衛門, えと母, えと生意気, えと衣桁, えと身分, えと駕籠, えと魚, 樹よ

▼ みるまでも~ (48, 0.2%)

7 ないこと 4 なかった 3 ない 2 なくその, なくまるで

1 [30件] ありません, あるまい, ないし, ないで, ないと, ないの, ない女賊, なかつた, なかろう, なくお, なくかれ, なくこれ, なくそれ, なくひと目, なくもし, なくロベエル・コンシャアル, なく両立, なく吉田, なく嘘, なく四方, なく大声, なく常に, なく彼, なく旅装束, なく明, なく目, なく真暗, なく私, ねえこと, ねえじゃ

▼ みる~ (46, 0.2%)

2 いな, 右門は

1 [42件] しらじらしくも, その足, ただちに大, たちまち大輪, たちまち泥, たちまち空, どうしてこう御飯, にこりと, ひらり一蹴, もうこれ, もう我慢, ドンドン素足, ヨハネスは, 一斉に, 一転ごとに, 三段づつ飛び越え, 下に, 兄弟は, 六尺あまりの, 兵曹長は, 否や, 否や座を, 否ムッ, 唐突に, 唖然と, 声高らかに, 夢中で, 大作は, 孔明が, 尊氏を, 平次の, 幹太郎の, 彼の, 後深草, 忽ち中途, 思い切ったり, 急に, 林さん突然, 槍先の, 覗き穴を, 諸家の, 颯と白い

▼ みるやう~ (46, 0.2%)

5 になつ 2 な哲学, に風

1 [37件] だつた, であつ, である, でいい, なあまい, なかつ, なこと, なゆめ, な何, な光景, な冷, な切な, な孤独, な徒ら, な気, な気持, な氣, な洋裝, な眼付, な興味, な色, な酒宴, な青空, に, にすゝめ, にどこ, になり, にふれ, にエカテリイナ女皇, に冴えた, に土佐侯容堂, に庄左衞門, に怖い, に感ぜられた, に流れ, に頭, に鮮やか

▼ みるところ~ (43, 0.2%)

2 だ, だが

1 [39件] がある, じゃ現代, その力量, だつたの, でない, では, ではそれ, ではどうも, では世, では今, では今日, では何となく, では前, では姉, では彼, では必ずしも, では所謂現実的, では躰質的, では関東一, として居ります, なり, にあらず, においては差別的, にてはなお, にては人間, にては妖怪, にては家相家, にむしろ, による, によるに学術, のもの, の正義, の波, の現実, はやっぱり, まづ, もなく, 決してひと通り, 若い女

▼ みる~ (43, 0.2%)

2 あり, ありしが, いいが, よかろう

1 [35件] あわれな, いい, いたいたしいよう, おなじである, この事, なお首鼠両端, また一興, また風俗, むざんな最期を, むざんに焼け死ん, よい, よいもの, よかろうず, よろしい, コックリは, 一興である, 一興であろう, 一興では, 厭らしい, 厭わしい皆, 哀れな, 太子の, 平等的方面が, 必要じゃ, 念の, 惨めに, 旧教の, 松ヶ崎までは, 淀んだよう, 無残な, 苦しうござらぬ, 藩の, 防ごうという, 面倒じゃ, 面白からう

▼ みるとき~ (42, 0.2%)

2 だ, に私

1 [38件] かなりアイマイ, かれが, この波及, そのたけだけし, とにかくこれ, にさえも消費者, にじつに, になんだか, には入用, によろこばしい, に出, に幼児, に私ども, の子供心, はすなわち, はその, はそれ, はまた, はまつたく, は一応, は人物画, は全く, は大智氏, は感情, は是, は最上純全, は松園氏, は欠ける, は殆, は決して, は空寂, は笑顔, は至つて, は誰, また別, 例えば心, 残るところ, 美しさ

▼ みるから~ (40, 0.2%)

4 である 2 気の, 見て

1 [32件] うちに, おそろしい一ぴき, おめ, お前たちで, ここへ, これへ, そのままちょっと待っ, その三宝, その間ここに, よく聞い, 一寸委せる, 人の, 先に, 危なっかしいその, 嘉助さんは, 師走らしい, 待て, 手前は, 暫くさう, 書かれて, 来て, 痛そう, 痛ましい姿, 竜宮の, 綱を, 置いて, 聞いて, 自分でも, 許して, 賭を, 部屋へ, 食慾を

▼ みるのに~ (35, 0.2%)

1 [35件] あれは, いくら山の神, この上, これは, これらの, すべて婦女子のみ, そなた, そのじ, その青年, それは, たしかに四五日, どうしても和算, どうも松竹, ほぼ大正時代, まじまじと, またとない機会, わたしは, 中から, 博士は, 天然の, 息子の, 極めて勢力均衡的, 次の, 独逸では, 知識の, 祭は, 私が, 第一, 精緻に, 自分は, 蟻田博士は, 血生臭い, 赤ん坊を, 野性と, 魂が

▼ みるだけでも~ (34, 0.2%)

3 気が 2 怖ろ

1 [29件] あり得ないの, そこに, そして一寸, それだけでも, ぞくぞくし, たまらないこと, なかなか楽しい, むだじゃあ, むろんもの, よろしいん, ゾッとする, 一種の, 品川御殿山英国公使館の, 失礼な, 幾らかの, 忍びない, 悪くは, 智深, 楽しかった, 次の, 無用で, 煩らわ, 痛快だ, 罪悪である, 胸に, 自分の, 見て, 身が, 身顫が

▼ みるだけの~ (34, 0.2%)

4 ことだ, 余裕が, 勇気も 2 もので, 価値は, 心の

1 [16件] ことさえも, ことで, ことである, ことです, ものに, 人物は, 価値が, 値打は, 内容も, 好奇心も, 必要も, 思慮分別は, 抱負や, 楽な, 芸当だろう, 話な

▼ みる~ (34, 0.2%)

2 ではない, は塩

1 [30件] あの五重の塔, あるいは考え, があっ, がある, この言, さう, その内容的, どんな特色, におのずから, にこの, にそれ, にはこの, にはそこ, にはま, には彼, には歓喜, に世阿弥, に始めて, に恋愛, に於, に決して, のこころ, の一つ, はかつて, はよく, は柳田君, は目と目, は確, もやはり, 即ちもっと

▼ みる~ (33, 0.2%)

3 である 2 八兄イ, 正体が

1 [26件] あたしは, あるいはピンセット, して, するより, そしたらわかる, その二つ, それとも京, それとも何, それとも庭, それを, どうか, どっちが, ひとつ, または今日, みんなで, 一寸鏡を, 三つ沢へよ, 呵責しなけれ, 怖くな, 怖くなっ, 新聞社に, 武蔵ッ支度し, 泣かせて, 考えると, 食べて, 食べないかは

▼ みるだけ~ (33, 0.2%)

43 である 2 だが, だった, なの

1 [20件] であった, でいい, でお, でございますが, でさえ, でそれ, でそれ以上, でどう, でなくわれわれ日本人, でなく法律以外, では, で例, で感じられるの, で戻って, で相互, で真相, ならいい, なん, はみます, 無駄骨だ

▼ みるほど~ (30, 0.1%)

2 ありがたい御

1 [28件] ありがたかった, いい若衆, かえってわからなくなる, かわった鳩, さしもの, だった, だんだんと, だんだん感心, な興, ばからしい, ぼくの, よい雑草, 両者の, 人間的な, 出生率は, 変である, 夢の, 家主の, 巧妙に, 広いのね, 恋いこがれて, 日本人ほど, 次第にこの, 源氏は, 私は, 腹の, 薄月, 輪廓は

▼ みるため~ (28, 0.1%)

1 [28件] であった, であったが, であつ, でしょう, です, に, にいろいろ, にうっかり, にこの, にぜひとも, にです, には埴輪人形, には畳, にほこら, にみずから, にわざと, にわざわざ, にわたし, にガス湯わかし, に彼, に待とう, に必死, に止まる, に窓, に遣っ, の充分, 一旦双眼鏡, 乃至芸妓

▼ みるまでは~ (28, 0.1%)

1 [28件] それほどにも, なかなか合點, なんともいえない, ほとんど完備, まだ半信半疑, わからなかったそこ, わからねえという, わけが, 一日でも, 人には, 何とも, 何の, 夫人も, 安心が, 安心できません, 安心も, 家には, 思い出せなかった, 敗けて, 明石勘次郎も, 果して蝦蟇, 熄ま, 私自身にも, 自分の, 自分は, 自棄気味で, 落ちつかなかった, 見当が

▼ みるので~ (27, 0.1%)

19 あつた 1 あらうとおも, おかで, お客様たちは, かえって怪しく, 半七, 吐き出して, 水門を, 私は

▼ みる~ (26, 0.1%)

3 も有る

1 [23件] あり, がある, がこの, が今, こそ真に, には継母, によつて自由, に錯覺, のなみ, の心もち, の見方, の誰, の身ぶり, はさぞ, はない, はなかっ, は全, は日本, は現に, は真に, もありません, もある, もなかっ

▼ みる~ (24, 0.1%)

4 はない 2 もない, もなかっ

1 [16件] がある, がなかっ, すらもなかっ, とはし, と共にある, におくる, の自分達, はいない, はこの, はござりませぬ, はないだろう, はなかっ, はみな, もあった, も出, をし

▼ みるなり~ (23, 0.1%)

2 したら怎, 聲を

1 [19件] ああと, おなつ, かなきり声を, ぎゃっとばかり悲鳴を, ぐっと熱い, こいつは, こぼした, すぐ園丁, ぼくは, ぽろぽろ涙, 刀を, 動物園を, 噛みつくよう, 坂本さんが, 思わずほう, 田代は, 行ったという, 身ぶるいを, 雑談する

▼ みるほか~ (21, 0.1%)

4 はない 2 に仕方

1 [15件] ありません, その面, ない, ないと, なし, にはありません, に手, に気持, に無い, はありません, はこれ, はなかっ, はなかつた, はよい, は何

▼ みるうち~ (20, 0.1%)

1 [20件] にいきいき, にこんなに, にそれ, にやみ, にコップ, にバリバリ, にリイ, に右, に向う, に娘, に小さく, に床の間, に接近, に生長, に盛大, に船, に遂に, に首, まず眼, もちろん韓人

▼ みる~ (20, 0.1%)

2 かぐはな, と音価, なければ

1 [14件] おひせ, かな, で水, と言, のゆかしき, の樣, の王子, の絶え, の草, は海人, は難く, もなく, 刈るここ, 絞リト称シテ此植物

▼ みるわけ~ (20, 0.1%)

3 にはいかない 2 であります, にもゆかず

1 [13件] じゃが, である, です, ですが, でも, なん, にいかない, にいかなかつた, にはいきません, にはゆかない, にも行かず, にゆかないだろう, にゆきません

▼ みるかげ~ (18, 0.1%)

10 もなく 6 もない 1 もない汚い, もなく古り朽ち

▼ みるといふ~ (18, 0.1%)

3 ことは, ことも 2 ことが 1 ことこれらの, ことで, のが, べつな, やうな, やうな煮えきらぬ, 事が, 場合には, 悪い癖, 本能が

▼ みるとか~ (18, 0.1%)

2 何とかどんなにつまらない

1 [16件] あやん, あるいは子供, あんまを, いうよう, こりゃ何となく, そういう卑屈感, そんなこと, ひとり角力とか, 中間の, 動くこと, 呼吸を, 或いは又小林, 生涯の, 禅を, 聞いて, 自分の

▼ みる勇気~ (18, 0.1%)

5 もなく

1 [13件] がない, がなかっ, が一時, が出ない, が出なく, さえない, はお, はない, は出なかった, もない, も失せ, も持, も親しみ

▼ みるからに~ (16, 0.1%)

1 [16件] おそろしい顔つき, たのしそう, ぼくとつそうな, みずみずしく青あお, やわらかそう, 人の, 人を, 仲睦じい容子を, 元気よく, 巌乗な, 昔田舎にも, 有頂天で, 胸の, 船乗りらしい, 荒仕事を, 頑固さうな

▼ みるしか~ (16, 0.1%)

3 ない, なかった 2 あるまい, ないだろう 1 しかたが, ないと, みちは, 方法は, 明日の, 為すすべ

▼ みるたび~ (16, 0.1%)

1 [16件] あのとき, おさや, に, にこの, にその, にびくびく, によい, にわたし, に不快さ, に中島先生, に在りし, に小生, に得意, に心, に縁起, に餓鬼

▼ みる~ (16, 0.1%)

1 [16件] がい, がいい, がいくらか, が却って, が好い, が実際, が早, が私, が穏当, が自分, だが, で男の子, に傾い, に気持ち, へ傾, 宜しからう

▼ みる余裕~ (15, 0.1%)

2 もなかっ, もなく

1 [11件] がなかっ, さえなかっ, すらない, すらなかっ, など微塵, はない, はなかっ, は戦時中, まで持つ, もない, もなかつた

▼ みる機会~ (15, 0.1%)

2 がなく

1 [13件] があり, がない, がなかっ, がなかなか, さえ容易, に達した, はほとんど, をのがす, をもった, をもつ, を失っ, を得ない, を得ました

▼ みる~ (14, 0.1%)

2 気持は

1 [12件] めあての, 人柄の, 千絵は, 島の, 役所, 心は, 星さまよりは, 染の, 気持に, 考えだった, 考えは, 銀様でありました

▼ みるよりも~ (14, 0.1%)

2 明らかな

1 [12件] あきらかです, いっそこの, この自然界, はっきり見えた, もっとおもしろい, 明かだ, 明らかであり, 明らかである, 明らか殿は, 瞭か, 瞭らか, 近く会話一つ一つ

▼ みるとも~ (13, 0.1%)

3 うその 2 なしに 1 いうべき人首唯一, このご, なく外, なく眺め, なく見上ぐる, なく見詰め, なく鏡かけ, 早や

▼ みる気持~ (13, 0.1%)

2 になった

1 [11件] が湧いた, にさせた, になつ, になる, にはなりません, にもなる, にもなれない, は起こっ, もない, もなかっ, もなく

▼ みる~ (13, 0.1%)

2 に卑屈

1 [11件] にここ, にじりじり, にそれ, にどろどろ, にエ・ツーカ・シュー, にスーウ, にチュチュチュチュチュッ, に京, に俄, に真っ向, は何

▼ みるその~ (12, 0.1%)

1 [12件] あいだ伊代の, あとで, 不健康な, 中に, 低さ, 姿あはれ, 折々は, 時期が, 樹の, 目付きは, 第一篇, 自由は

▼ みる価値~ (12, 0.1%)

5 がある, のある 1 があり, があるであろう

▼ みる~ (12, 0.1%)

1 [12件] ありて, には前身, に一ばい女, に誰, の漸く, も尋常, も痛, も絶対, をさました, を忘れた, を有, 美しく花

▼ みるけれど~ (11, 0.1%)

1 [11件] いい処, そして自分, その旅, それが, どうもち, 何を, 十年も, 立寄つた先, 誰も, 重い硝子戸, 雪姉ちゃんそない

▼ みるばかり~ (11, 0.1%)

2 である 1 ただただ住みなれた, だった, だと, でいい, です, でなくわが身, でなく一冊ごと, で一度, で実行

▼ みる~ (11, 0.1%)

1 [11件] えざりしなり, えしめよ, えたりき, えていふ, えば, えばその, えむ, えん, 木の頭, 認めて, 食用に

▼ みるものの~ (10, 0.0%)

2 部屋は 1 そこは, それで心, それを, どうしよう, どうもその, 近づいて, 雷横に, 頗る下手糞

▼ みる決心~ (10, 0.0%)

4 をした 2 をし 1 だった, だもちろん, をしてる, をしました

▼ みる~ (10, 0.0%)

1 があった, がある, がいつの間にか, がない, がまたすこし, が少し, が局限, だった, には彼, も眩ん

▼ みるほう~ (9, 0.0%)

6 がいい 2 がよく 1 が早わかり

▼ みるほどの~ (9, 0.0%)

1 ことは, ことも, すきま, 人が, 余裕が, 勇気も, 意地きたな, 興味が, 興味も

▼ みるまで~ (9, 0.0%)

1 お前の, じゃ, だ, ちっとも気, である, ほうっても, 冷たい, 考えちがい, 蓬莱館と

▼ みるのみ~ (8, 0.0%)

6 である 1 でしたが, なりみるは

▼ みる余地~ (8, 0.0%)

1 があり, があろう, がない, がなかっ, のない暗, はない, もある, もない

▼ みる~ (8, 0.0%)

3 がない 1 があったら, がなかっ, はなかっ, もございません, もなかっ

▼ みるくらいの~ (7, 0.0%)

2 ことは 1 ことしか, ことで, もので, ものです, 興味を

▼ みるけれども~ (7, 0.0%)

1 すぐ厭, そして矢張絶世, それを, そんなもの, 今度は, 何一つとして, 物音ひとつせず

▼ みること帰~ (7, 0.0%)

7 するが

▼ みる興味~ (7, 0.0%)

1 が私, はもう, は十分, もなから, もなく, も起っ, を感じだした

▼ みるこの~ (6, 0.0%)

1 ところずっと, 不可解の, 変り種を, 山の, 数学者の, 琴平の

▼ みるなんて~ (6, 0.0%)

1 ことを, そんなうまい, そんなこと, どうみ, 生ぬるい肚, 言った

▼ みるには~ (6, 0.0%)

1 あまりにも, まだあまりに早, よいところ, 言語の, 足りないの, 適した時間

▼ みるひと~ (6, 0.0%)

2 の胸 1 がみれ, ちかきよ, の目, もいなかった

▼ みるまでの~ (6, 0.0%)

1 ことさ, ことで, ことです, ことは, 彼らの, 能力は

▼ みるやら~ (6, 0.0%)

2 して 1 それから目方, 余所目には, 厨へ, 宮廷武官の

▼ みる場合~ (6, 0.0%)

1 がある, にあの, にも以上三つ, に外国劇, は安易, 単に被

▼ みる~ (6, 0.0%)

1 なん, に美し, の親切, の関心, 夢が, 有り難く感じた

▼ みる積り~ (6, 0.0%)

1 だったが, でここ, で云った, で川春の店さき, なので, なん

▼ みる~ (6, 0.0%)

2 もない 1 があります, がある, があろう, でありと

▼ みるかも~ (5, 0.0%)

1 しれないと, しれないという, しれぬと, 知れない, 知れませんよ

▼ みるさえ~ (5, 0.0%)

1 おそろしい声, はなはだしい苦痛, むらっと, 堪えられない焦躁, 影を

▼ みるそれ~ (5, 0.0%)

1 がない, だけはよし, とずゐ, と同じ, もみんな心構え一つ

▼ みるって~ (5, 0.0%)

1 どうする, なにを, 云ったじゃ, 嘘を, 法が

▼ みるといった~ (5, 0.0%)

1 ような, ように, 按配, 調子で, 調子である

▼ みるとね~ (5, 0.0%)

1 お前は, その少年, みんなその, 例の, 病気の

▼ みるにも~ (5, 0.0%)

1 およばぬか, 及ばなかったの, 及ぶまい, 言葉は, 読むにも

▼ みるもん~ (5, 0.0%)

2 じゃねえ 1 だよ, でがす, ですよ

▼ みる~ (5, 0.0%)

1 じゃまたな, すがも, ゆうも, ネお, 情郎は

▼ みるよりは~ (5, 0.0%)

1 そのまえ, その中, やすし, 弟と, 高く山聳

▼ みる~ (5, 0.0%)

1 あたしが, まあ坊, 本当にありがとう, 知らさないで, 誰も

▼ みる以外~ (5, 0.0%)

1 にない, にはない, には避け, に手, に自由意志

▼ みる~ (5, 0.0%)

2 の方 1 だけに繋がれ, だわ, もなく

▼ みる~ (5, 0.0%)

2 の余裕 1 にはなれぬ, のゆとり, 宜し

▼ みる~ (5, 0.0%)

1 にはおよそ, のカン, の性質, は, は弱い

▼ みるあの~ (4, 0.0%)

1 押しつけがましさ, 無限の, 男の, 通りの

▼ みるかという~ (4, 0.0%)

2 ような 1 ことについても, 気に

▼ みるかな~ (4, 0.0%)

1 こいつの, なんだか身内, 一ツ, 灸を

▼ みるごと~ (4, 0.0%)

1 にこの, に姉, に新しき, に私

▼ みるだけで~ (4, 0.0%)

1 いた, して, 十分であろう, 現実には

▼ みるとは~ (4, 0.0%)

1 たけには, だかで, つと息, 大きな違い

▼ みる~ (4, 0.0%)

2 うちは 1 うちが, どこかで

▼ みるはず~ (4, 0.0%)

1 だと, であるが, なの, もない

▼ みるやう裏~ (4, 0.0%)

4 にはりたる

▼ みる値打~ (4, 0.0%)

2 はある 1 がある, はあるでしょう

▼ みる値打ち~ (4, 0.0%)

1 がご, のある, はあり, はある

▼ みる~ (4, 0.0%)

1 で母, にその, にそれぞれ, にまず

▼ みる~ (4, 0.0%)

1 は今, は失くなっ, ももっ, を守り立て

▼ みる~ (4, 0.0%)

1 晏寺堤の, 看板の, 雷雨であった, 馬鹿だ

▼ みる~ (4, 0.0%)

2 になつて 1 になれないだらう, はない

▼ みる程度~ (4, 0.0%)

1 しか出来なかった, でわずか, のもの, の軽い

▼ みる習慣~ (4, 0.0%)

1 がいつの間にか, がすこし, がつい, をとっ

▼ みる迄も~ (4, 0.0%)

1 ありませんでしたので, ない恐いの, なくそれ, なくなる

▼ みる~ (4, 0.0%)

1 がありませんでした, もなかっ, もなく, も未だ

▼ みる~ (4, 0.0%)

1 から桂子, にはひそまり返り, の年, 丁度朝

▼ みる~ (4, 0.0%)

1 だったが, であつ, なん, はなかっ

▼ みるかと~ (3, 0.0%)

1 思ふと, 思われる程, 東野は

▼ みるくらい~ (3, 0.0%)

1 だった, であと, です

▼ みるここち~ (3, 0.0%)

2 して 1 でした

▼ みることさ~ (3, 0.0%)

1 へあつ, へしない, へできない

▼ みるすると~ (3, 0.0%)

1 それは, ほのぼのと, 相手は

▼ みるそう~ (3, 0.0%)

21 です

▼ みるとかいう~ (3, 0.0%)

1 ことばを, ことを, ので

▼ みるとき私~ (3, 0.0%)

1 はこの, はまず, は全く

▼ みるとな~ (3, 0.0%)

1 なかなか死ぬ, わがバラバラ, 望月という

▼ みるなぞ~ (3, 0.0%)

1 いう心, はどうしても, 相当時間

▼ みるにつけ~ (3, 0.0%)

1 あさましいとも, かなしいうち, 菊ちゃんも

▼ みる~ (3, 0.0%)

1 アキルレをは, 其形状のみ, 我地位より

▼ みるばかりの~ (3, 0.0%)

1 事でございます, 冷やり, 田畑の

▼ みるひま~ (3, 0.0%)

1 すらない, はなかっ, もなかっ

▼ みる~ (3, 0.0%)

2 かるらし 1

▼ みるほどに~ (3, 0.0%)

1 なったが, 深さ, 索然と

▼ みるまだ~ (3, 0.0%)

1 そのとき, ほんとでない, 夏の

▼ みるめ様~ (3, 0.0%)

1 と言う, の墓, はそんなに

▼ みるやいなや~ (3, 0.0%)

1 この青年, 名人もろとも, 花栄は

▼ みる予定~ (3, 0.0%)

1 が私, であった十番, をたて

▼ みる~ (3, 0.0%)

1 なん, にまで長大, は勿論

▼ みる元気~ (3, 0.0%)

1 さえあるなら, なんか出ませんでした, はとても

▼ みる子供~ (3, 0.0%)

2 らしい純 1 の顔

▼ みる~ (3, 0.0%)

1 はよく, もある, も無かっ

▼ みる手段~ (3, 0.0%)

2 はない 1 をいよいよ

▼ みる方法~ (3, 0.0%)

1 はない, もある, もない

▼ みる~ (3, 0.0%)

2 がない 1 のある

▼ みる時それ~ (3, 0.0%)

1 はすでに, は盛りあがった, は誠に

▼ みる様子~ (3, 0.0%)

2 をした 1 もない

▼ みる用意~ (3, 0.0%)

1 があり, があります, を怠らなかった

▼ みる~ (3, 0.0%)

1 があっ, がある, がいつの間にか

▼ みる~ (3, 0.0%)

2 もある 1 も一応

▼ みるあめ~ (2, 0.0%)

1 つちに, をみれ

▼ みるいや~ (2, 0.0%)

1 はやあっち, ハヤひどい

▼ みるかとは~ (2, 0.0%)

2 何事です

▼ みるがま~ (2, 0.0%)

1 に罅, に黄ばむ

▼ みるぐらい~ (2, 0.0%)

1 ですぎたの, なもの

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 おのある, そうすれ

▼ みるすべて~ (2, 0.0%)

1 の人々, の神祕

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 うれしき, 由も

▼ みるだけのね~ (2, 0.0%)

2 うちは

▼ みるとお~ (2, 0.0%)

1 たがい, みので

▼ みるとかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 藤吉な

▼ みるとから~ (2, 0.0%)

1 つと晴れ, つまらないね

▼ みるとき明らか~ (2, 0.0%)

1 である, であろう

▼ みるとして~ (2, 0.0%)

1 この他, 湖上湖辺の

▼ みるとずつと~ (2, 0.0%)

1 絵が, 離れて

▼ みるとと~ (2, 0.0%)

1 いふの, 自分に

▼ みるとともに~ (2, 0.0%)

1 幟町で, 残る半分

▼ みるとに~ (2, 0.0%)

1 しき色に, つと笑つてやう

▼ みるなど~ (2, 0.0%)

1 至極いい, 言つて看護よりも

▼ みるなどという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 妄想は

▼ みるにつれて~ (2, 0.0%)

1 これでも, どうしても間違った

▼ みるのよ~ (2, 0.0%)

1 大した甘やかし, 日本橋な

▼ みるの必要~ (2, 0.0%)

1 がある, をも認め

▼ みるみんな~ (2, 0.0%)

1 がする, くれ

▼ みるよく~ (2, 0.0%)

1 ない, 入って

▼ みるよし~ (2, 0.0%)

1 もない, もなかっ

▼ みるカフェー~ (2, 0.0%)

1 などつまらぬ, は満員

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 朝廷ニ献貢シタリシモノナルベシ古, 食用ニ供シタルハ本邦ニ在

▼ みる~ (2, 0.0%)

2

▼ みる一つ~ (2, 0.0%)

1 の, の夢

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 に必要, は俺

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 が外れ, はやはり

▼ みる事江戸~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ みる二人~ (2, 0.0%)

1 では, の孫

▼ みる人々~ (2, 0.0%)

1 はおのずから, もある

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 であって, の冷やか

▼ みる~ (2, 0.0%)

2 氣も

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 の感覚, の感覺

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 であった, に非

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 く路, し

▼ みる同書~ (2, 0.0%)

1 が川田説, の製本

▼ みる向日葵~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 が, の獄壁いつ

▼ みる如く~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 がくずれ, が駒井

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 もない, もなくなった

▼ みる心地~ (2, 0.0%)

1 して, も出ず

▼ みる心持~ (2, 0.0%)

1 はない, は山の上

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 がなかつた, もなく

▼ みる時其処~ (2, 0.0%)

1 に少し, まで溯る

▼ みる時間~ (2, 0.0%)

1 は充分, を有しなかった

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 なる本者一冊とい, な気

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 に代, に千年

▼ みる気持ち~ (2, 0.0%)

1 なの, になった

▼ みる氣持~ (2, 0.0%)

1 からでもあつ, は實

▼ みる江戸~ (2, 0.0%)

2 の歌舞伎

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 として一応, の手跡

▼ みる空家~ (2, 0.0%)

2 の庭

▼ みる空想~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ みる立場~ (2, 0.0%)

1 であって, では国家

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 だから, はない

▼ みる美貌~ (2, 0.0%)

1 の孤児, の持主

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 であつ, へである

▼ みる自分~ (2, 0.0%)

1 の方, は真実木村重吉

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 ですが, はほか

▼ みる見方~ (2, 0.0%)

1 に変り, に私

▼ みる言葉~ (2, 0.0%)

1 であつ, なの

▼ みる責任~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 がある, は論理的方法以外

▼ みる~ (2, 0.0%)

1 は醜い, をかがやかし

▼ みる黒い~ (2, 0.0%)

1 部分が, 霧が

▼1* [511件]

みるンな, みるある人は, みるあるいは舐めて, みるあれである, みるいとまも, みるいわゆる張りだ, みるうまくない, みるおかしみが, みるおつもりはない, みるおもひだ, みるおもいがする, みるおよそ一と, みるおりを持たぬ, みるお姫様みたいな人, みるお家の中, みるかぎりの自然, みるかぎりどこにも人, みるかぎり墓と塔婆, みるかぎり赤道下の炎熱, みるかくばかりなる, みるかとの話が, みるかなとかんがえて, みるかのお仁, みるからが既に勝手, みるからと沢田に, みるからとも云え無い, みるかをまづ, みるがからだめです, みるがたふとさ, みるがなアなどと, みるがほどのことで, みるきりで泣きたい, みるくらいがいい, みるくらいにしたけれど, みるぐらいの仕事は, みるぐらゐでおほか, みるけにまあ聞い, みるだけであった, みるここは橋場, みることこれが僕, みることそれが何より, みることポン引の真似, みること仇の如かり, みること以外にはひと, みること信玄は大嫌い, みること国人の如し, みること汝の患, みること泥酔して, みること火気厳禁の場所, みること観という字, みるこれが又, みるこれなん味方の一人, みるこッたな, みるしかしそう云い, みるしょせん一生だ, みるじゃまをし, みるすきさえあたえなかった, みるすげなく遠ざかって, みるすばらしい良能の, みるせいか主人, みるいいかい, みるそうすると彼の, みるそこで教育も, みるそして開けては, みるそしてまた新たに, みるそれで埒が, みるたびごとにドイツ皇帝カイゼル, みるたび手をあげ, みるたび私はいったい, みるたび谷が吠える, みるため町へ行く, みるだけという態度で, みるだけは学者の, みるだに尊いきわみ, みるっちゅうことだ, みるついでに鳥, みるつてことにはなつてる, みるつもり之は帰京後, みるてめえたちは下道, みるせう, みるでもなかつた, みるとある会社の, みるといっただけである, みるとおり答の十位, みるとかくのごとき, みるとかへつて投げやりな, みるとがつかりするくら, みるときこれはまた, みるときさまがいない, みるときそれは血族, みるときわれわれはとうてい, みるとき今日誰しも答える, みるとき先づまつさきに落第, みるとき動物みたいな険しい, みるとき明治大正昭和の御代, みるとき流石にこの, みるとき異色のある, みるとき顔真卿, みるとき飛鳥時代本来の分, みるところこはいかに, みるところウナギのよう, みるところ彼がもうちやん, みるところ彼等の芝居, みるところ文学的であ, みるところ日常の彼, みるところ肉づきと, みるとしてさそれから先, みるとしても二人に, みるとぞつとする, みるとたんぞっとする, みるとでもいつたやや, みるとなんて馬鹿な, みるとの機械的な, みるとほどよい苦味, みるとやッぱり人の, みるとよッく, みるとをかしな, みるつちを, みるどうもやはりあの女, みるどこから出た, みるなかれの神文, みるなぞといひだし子供, みるなともまさかいえまい, みるなどというはおろかそんな, みるなどのことも, みるなよ細工は, みるなり手をひっぱる, みるなんぞといったことは, みるなんぞも異だ, みるなんてとぼくは, みるにつれ遠い一つ, みるにほどよく甘かっ, みるに従って話が, みるはっきりと度, みるはなしであるが, みるあい相当, みるひき歪んで, みるひつようがあります, みるひとつの資料, みるひょっとこ舞の仮面, みるぴいんと張り出したの, みるふりをしました, みるほかみちはない, みるまことにまづし, みるまでに至らずに, みるまでにはいくらかひま, みるまもなく爆弾が, みるまアレントゲン反応で, みるめナド多く詠メリ又昔ヨリ, みるめ昆布などの海草, みるもういちど腹を, みるものすべてが珍しい, みるものみなその好, みるもの劇のすんだ, みるもの子供がみ, みるやっぱり古い, みるやつてやれない, みるやり方も無作法, みるゆえに真理, みるゆとり愛しみ, みるよう昨今備後の鞆, みるよりしかありませんでした, みるよろしいです, みるわが子の顔, みるわさびすみそ, みるわたしの胸, みるわというところへ, みるわりこせう, みるわりさんせう, みるわれさへにしづこ, みるわれらの筆, みるカザリヤの台所口, みるキリストの御, みるクルウの先輩達, みるグリンピースのスープ, みるサイコロが会い, みるソヴェトの生活, みるダネックの胸, みるて, みるデカダン派は将軍, みるデヴィス海峡にかかった, みるパッとしない, みるブルジョア社会とはカール, みるプロレタリア文学の運動, みるヘクトールかくて, みるポタアジュうましハムエグス, みるミネの目, みるリズムとなつ, みる一応完成された, みる一番の悪夢, みる一行の変化, みるでも気, みる三十二階建ての高層ビル, みる三色菫だ, みる上等弁当のまん中, みる下女のお, みる淨の, みる世の中が真っ暗, みる世界観が必要, みるに壊れ, みる主義なん, みる事榮に, みる二輪車のいくつ, みる二階は荒廃, みる人たちも多かっ, みる人人の判断, みる人間があった, みるなんじと, みる今夜は眠る, みる以上これは彼, みる以前に本人, みる企てをどこ, みる作家の幻想以上, みる便宜のない, みる信仰心と同じ, みる俳人の試練, みる俳優の一人, みる値段が変っ, みる健康の保持者, みる側面運動のほか, みる傾向がはなはだしい, みる先生の意見, みる光枝だった, みる光秀であった, みる公園はす, みるや, みる冷笑がひろがった, みるにはそんなに, みる刹那に躰, みる加茂川の浅水色, みる勇氣もありませんでした, みる動物の精力, みる勝敗は時, みる十一の子, みる十年間は短い, みる南米の山, みる原理に發, みる厳格な態度, みる及ビひらみる, みる一歩は, みるも知らず, みるもある, みる君たちの目, みる吾が俳諧や, みるです, みるであり又, みる地上の人類, みる地平線は私, みるにはまだ頗る, みる場処は現実, みる場合そこに, みる場合ぢや無, みるは大丈夫, みる夜空の美, みる夢眼を閉じ, みる大したお祭り, みる大丈夫のやう, みる大胆と勇気, みるの美地, みる天上一輪の月, みる天邪鬼がその, みる天風北溟の荒濤, みる奇想と名, みるが必要, みるが莫迦, みる姿をひそめ, みるの表情, みる婚期を失います, みる学問なの, みる学者もまれ, みる学者達が忽必烈, みる実例だが, みる実力が欠け, みる実行を知る, みるをにぶ, みるさが, みる寫眞のやう, みる小野川も虫, みる岩かげの滝, みる島民の目, みる工夫もありません, みる左楽がボケ, みる希望のない, みる平凡な田園, みる底力とか深味, みるに私, みるにはじめて, みる強い人間としての, みる強敵だった, みる当りが附きました, みる役目を引受けた, みるはやつぱり洋画壇, みる殊勲の, みる心算でもあつ, みる志望があったらしい, みる忠臣蔵の力弥, みるだったから, みる性急な人, みる悪くはなっ, みる悪口も言わない, みる悲しさが, みる悲しみといへ, みる悶々の嘆き, みる情熱的な働き手, みる想いで眼, みる意義は今, みる感興をおぼえた, みるる種, みる所存でございまする, みる所義時政子の熟知, みる手がかりがなかつた, みる手筈であつ, みる手紙を書い, みる手間でわたし, みる折竹も相当, みる指先に弾力, みる控えで待っ, みる推測とは反する, みる故国日本の姿, みる教師はゐない, みる文理両方をかねた, みる料理屋などの経営難, みる新しい力が, みる新免家の武蔵, みる新聞雑誌の類, みる日本のタンゴ, みる日本古来の思想, みる昌造への傳言文, みる明るい顔だった, みる映画は, みるの姿, みる時これに適した, みる時そこに歴史的, みる時不忠不義の人, みる時刻でしょう, みる時国家の理想, みる時彼はいつも, みる時新橋や常磐橋, みる時期のある, みる時皮膚を持ち, みる時私は何, みる時私達の心, みる時著者の如き, みる景物のくりかえし, みる景色なり, みる最も合理的な, みる最初の企て, みる月日もありました, みる有明の月, みるぞし, みるがある, みる材料をもたらしたい, みる村人たちの公認, みる東洋人見るからに, みる根氣よく當, みる桂子は別人, みる楽しさを, みる楽しみは第三者, みる権利を持っ, みる樹氷の形, みる樺太の景趣, みる機会さへ容易, みる權利みたいなもの, みる次第なの, みるのひと, みるの町, みる此処は涼しい, みるでは無, みる民主的な文学理論, みる気分にもなる, みる気風があっ, みる氣もちだらう, みるの量, みる汝笑へば目, みるみて, みる注意を怠らなかった, みる洋書の紙, みる活字の歴史, みる浮世の苦, みる涎くりのよう, みるみるの, みる清楚な寺院建築, みる温厚の士, みる源氏も煩悶, みる漁色家で常に, みるで紫式部, みるに一寸手さき, みる無花果の葉, みるである, みる犀星の眼付, みる理由は何一つ, みる生活の力, みる生活感情の豊かさ, みるの目, みるの破れ, みる痙攣られたよう, みる療法に託し, みる白き垣根の, みる皮肉な顔附, みるの人出, みる目つきをした, みる目差しをその, みる目眩暈くばかり, みる眼下に迫っ, みる眼元何ともいえない, みる着物の上, みる瞬間だけに全身, みるが素早かっ, みる矛盾がのこされ, みるに吸われ, みる社会の習慣, みる秀吉の癖, みる程これらの非, みる程値うちが迫っ, みる空間が入り用, みる立派な奴, みる競り上るよう, みると話しました, みる等何かしら無駄に金銭, みるの座, みる紀子とはどこ, みる約束をし, みる眞の, みる純粋かつ新鮮, みる絶好の機会, みる緊張ぶりを示した, みる美男にお, みる義務を負うた, みるしが, みる考えでございます, みるに灰色, みる能力を持った, みるの上, みる自信もこの, みる良心的な努力, みる色といへる緑, みる色彩の純粋さ, みる花火の最後, みる主人陽吉夫婦は, みる若干の見聞, みる苦痛と戦う, みる英明な質, みる蒙昧の失われん, みる蒸汽軍艦が長崎, みる蒼白になっ, みるに飛彈, みる藤川はすでに, みる血統よ, みる行動の独創性, みるもある, みるそしてこれから少なくとも, みる表情まではっきり, みるを手拭, みる圧迫階級の, みる複雑な性格, みる西のみづうみ, みる見かたに私, みる視線は不躾, みる覚悟ぞ, みる親爺の顏, みる角度になん, みる畫を, みる許可に対する両親, みるにゃあいかねえが, みる試みを験し味わう, みる試験には通過, みる誘惑に彼, みるにはゆかなかつた, みる豊富な生命感, みる責めがある, みる資料とする, みる資格が取り上げられ, みるの人間, みる身分になりたい, みる辛い涙に, みる辛抱すること, みる近代的生活の空氣, みる過剰な自意識, みる過去は, みるもなく, みる道徳的責任がある, みる遺風の片鱗, みる郷愁的な色彩, みる酌婦などよりは遥か, みるのこぼれる, みる金具の音, みる金華山沖へ流れ, みる鉄筋コンクリートの太い, みるやきに, みる鑑識の慥かさ, みる間もなく二人は, みるにいちばん, みる隠居と一つ, みる隻手突きに投げ出し, みる青い空, みる青木昆陽が長崎, みる青葉を見, みる面倒もな, みるを伝わっ, みると肩, みる顔色が変った, みるヲ食用ニ供シタルハ往古ヨリ行ハレシモノニシテ弘仁式ニ尾張, みる風光とはおおよそ, みる風景は可憐, みる風習もある, みる飄逸さを作品, みる食慾と非凡, みる駄洋食でメンチシチュウ, みる驚愕にゆがんだ, みる高い香気を, みるも聲