青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「むら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

むかっ~ むき~ むこう~ ~むしろ むしろ~ むす~ ~むずかしい むずかしい~ むべ~ むやみ~
むら~
~むる むる~ むろん~ ~め め~ ~めいた めいた~ めいめい~ めし~ めったに~

「むら~」 1311, 13ppm, 8696位

▼ むらさき~ (250, 19.1%)

14 の花 115 の色, の雲 4 にし 3 とみどり, に, のびろう, の地, の小さい, の煙, の藤, の袴

2 [22件] にも行き, に照る, に見, に見える, のこもり, のふく, のふろしき, のほ, のジヤンパー, の九重, の円弧燈, の凍み光, の古い, の小袖, の布, の泥, の着物, の菖蒲, の蝶, の袖, や樺色, 薄くふりしきる

1 [143件] うすくふりしきる, から事実, か濃, が俺たち, ぞなつかしき, だ, だいだい色なんどで, だった, だの鍋下, だん, ですよ, といや, との腫れ, と三段, と二つ, と柿色, と注文, ながすわが, にあたり, にそれ, につつじ花さく, になった, ににほひそめけり, にキラキラ, に吐息, に園, に変わろう, に悩ましい, に東明, に染め, に浮き立っ, に消え, に濡れ, に煙っ, に煙つた街, に燃, に燃え, に白い, に相違, に石楠花, に紫, に織りなし, に見え, に霞ん, に青海苔, のあやめ積藁むらすずめ農家, のうす, のこと, のさむるも夢, のしぼり, のそれ, のつば, のな, のなぎなたほおずき, のはなびら, のばら, のふろしきづつみを, のみだれ, のよう, のりっぱ, のハンカチ, のヒヤシンス, のビロード, のミミズ腫れ, の一もと, の一本, の二種, の作業服, の光, の光り, の光りもの, の光線, の公達袴, の円外套, の壁, の天幕, の奥, の山気, の帯, の常, の弧燈, の影, の思ひ, の房, の文筥, の斑点, の旗, の日傘あけ, の暗き, の杜若, の枝, の染め, の波, の洋装, の煙り, の牡丹, の矢がすり, の立派, の糸, の紋付き, の紐, の花零, の芽, の草, の蒲団, の蓮, の衣装, の袈裟, の襟, の西山, の覆面二十三騎くつわ, の輪, の酒, の野郎頭巾, の長, の闇, の陣, の霞, の露, の靄, の革, の首長, の鯉, の鸞帯, は, ふかし今日, ほん五分に, も濃き, や怪奇, や普通, や青, をおび, を衣, を韮, 大経師が, 明し, 淡きいろ, 淡し, 深く咲き出, 生姜の, 縅しの, 赤など, 黄色などの

▼ むら~ (172, 13.1%)

9 中に 5 中へ, 蔭に 3 なかに, なかの, 上に, 間を

2 [17件] うえに, すすきの, ただなか, ないよう, ない速力, なかから, なかで, なかへ, まわりを, ような, 中から, 森の, 樹立に, 空から, 篝火や, 雲が, 黒雲が

1 [107件] あたり, ある気候, おっ母さん, しだを, すぐ向う, ないおとなしい速力, ないこと, ない勉強, ない心, ない日, ない歩調, ない気質, ない細い糸, ない編棒, ない風, なるか, にほ, まへ, ようだ, ようです, 上へ, 下に, 中では, 中など, 中を, 云った言葉, 今まで, 仲居を, 前に, 前刈る, 南天が, 叫びが, 喘息の, 固肥りな, 土手を, 声だった, 夏木立, 外に, 奥から, 奥まで, 姿を, 宮殿に, 小虫, 居る処, 山吹あり, 川沿いの, 引かゆ, 役を, 掌が, 方へ, 明るさ, 木の, 杉の, 松林が, 松林の, 枯枝が, 梢にも, 樹立しかも, 殺気が, 海綿白金が, 消えさつた雪, 深いところ, 激しい人, 灌木の, 火, 犬蓼の, 真っ黒な, 眼には, 眼を, 知人で, 竹の, 竹林が, 篠竹の, 籔地が, 組み方や, 繁みを, 羊歯鴉の, 聳えて, 芝生の, 花の, 花も, 茂みが, 茗荷の, 萱に, 蒲が, 蔭から, 蔭は, 薄が, 虎杖が, 虫の, 螢は, 譬喩とも, 赤い実, 軽い湯気, 辺りどことも, 道から, 部分が, 重さ, 間に, 間にも, 雲なく, 青芒, 顏は, 飛ぶま, 騒ぎ競ひ, 麻の, 黒雲虚空より

▼ むら~ (89, 6.8%)

9 ある 3 えりが 2 あって, えりを, つてゐる, ないし, 光を, 出来て, 産で

1 [63件] あっても, あり文章, あり書きたいこと, あるところ, あるの, あるのみ, えりの, かえってびっこ, くれに, そよそよと, つた上に, つた畑の, つた真白な, つて, つてくる, つてはては, つてるものの, つてる樣, つてゐた, つて人の, つて居る, つて若ものを, できます, ではじめ陽気, どうなる, ない, ないよう, なくどれ, へりといふ, へりに, へりにては, りよ, れる海女らことごと恥, れる谿, ッた, 一時に, 不意に, 世話を, 云つた, 何度目か, 來て, 側に, 出て, 出来, 出来たため, 反った時, 土間に, 地主の, 声を, 多いこと, 多いので, 小さくくっきり, 常に起伏, 引き止めたが, 想い出されて, 此為に, 歸つて來たらしい, 火柱など, 無く秩序, 獨り, 病人を, 繁って, 赭ら顔の

▼ むら~ (59, 4.5%)

52 のそれ, の家, の持席, はこの, はその, は時, 橘之

1 [40件] が出る, という噺家, といふ噺家, と名乗りし, と看板, の, のち発狂し, のは, はしからず, は主, は之, は予言者, は伊沢氏, は何事, は佚, は先覚者, は全, は其移植, は其赤黒, は完書, は富士川さん, は彼ら, は彼等, は未だ, は東洋, は柳昇, は無名氏, は紅葉, は編年, は苗, は製本, は見物たる, は詳しい, は貧乏, は逍遙子一切世間, 創案にや, 怠りて, 独特の, 甞つて, 遠方の

▼ むら~ (58, 4.4%)

5 なって 3 潜む 2 なる

1 [48件] うつらふ足長蜂, おりた雀, かがなく鷲, かくれた, かくれて, かくれゐる鈍黒, からまる烏瓜, からみついて, くらくこもれるふるで, こもるよ, ころがった, すだく虫, すでにこもらふ, たおれて, ついたの, ついた妻, なったよう, ぬらりと, ぱらぱらと, ほうって, わかれては, 口一つきかず, 囲まれて, 変って, 夕影乗りし, 夕日の, 夜風の, 對する, 從つて煙草畑に, 日は, 杉の, 松乃という, 棲める葭剖いかさま, 焼けるよう, 燃えたてば, 目立つた, 立って, 胸を, 舟とめ, 薄く夕日, 行々子鳴きて, 訊いた, 身を, 遮ぎられて眼, 隠れて, 頭を, 飛び逸れて, 食ひ入りし

▼ むら~ (56, 4.3%)

2 ながめながら, わけ灌木, 眼を, 絶えまなし, 見て, 非常に

1 [44件] あげ一切, あやしたり, うごかすもの, くるむ紫衣, さびしく苦笑, して, すぎては, そのままの, なおし刃方, ながめて, なして, にじみ出させて, ねっしんに, ひとに, ひょいとまたい, ふるは, やっとの, やめたおっ, 一層高め, 何故すゝ, 其儘の, 冷す価値, 出て, 分けて, 動かして, 塗り, 引っ掴んで, 押し分けて, 松風の, 標山と, 母の, 漕ぎ分けて, 照し, 燃やして, 燃やしながら, 猪の, 生じて, 粟毛に, 興行し, 見た, 見調べて, 調べようと, 除いたほか, 離れて

▼ むらさき色~ (53, 4.0%)

3 の煙, の花 2 になっ, のハンケチ

1 [43件] がかった肉, だという, で光る, にうつっ, にかすん, にさながら, になり, になりし, に幽か, に澱ん, に逃げ, のいなず, のけむり, のけむりはいゝ, のたれまく, のびん, のふじ, のふろしきづつみをこわきにかかえて, のみね, のカーテン, のガラス, のビロード, のビードロ, の乞食, の半, の単, の地, の大きな, の小さな, の桑, の歯ぐき, の液体, の着物, の薄, の蛾, の闇黒, の雲, の霧, の鮮, へ消えよう, をした, を呈する, を現

▼ むら~ (41, 3.1%)

4 こごしく 2 こごしくや, たださわさ, 燈火早し

1 [31件] うかがうよう, さつきから, たえず大波, つれなくて, なほあれ, ほねも, まじめに, 乏しき花, 亡夫の, 伯の, 大半家を, 天に, 子の, 子供の, 家に, 帰って, 年を, 急いで, 歸つて行つた, 残暑の, 溜息を, 當り, 眼を, 笑いながら, 筋金でも, 細々と, 膝の, 薄暗いところ, 飛行家にとっては, 馴れない者, 魂を

▼ むら~ (22, 1.7%)

2 のはら

1 [20件] がかすめ, がくれ, だろう, とみに月, に, に影, のよう, のモクモク, の中, の彫, の彫り, の方, の暗み明るむ, の様, の渦巻, をだだ, を待っ, を背景, 舞い立つその, 騒ぐ黄海

▼ むら~ (21, 1.6%)

2 五年連れ添い, 話して

1 [17件] いい東北, いうのに, しお, そよぐ髪, なって, 下へ, 二人きりの, 何か, 妹の, 尺たらずです, 平假名で, 抱いたの, 日の, 燃えたたせた一事, 空飛ぶ, 胸の, 雪の

▼ むら~ (20, 1.5%)

2 かなしかるべし, すっかり色, 久しかり, 幾むらも

1 [12件] そこまで, ちょっとしずまっ, はては野原, はては野原いっぱい, もう六十, 上つて來た, 感じられなくなった, 暮れて, 笑った, 行くこと, 見ゆ, 駿介も

▼ むら~ (16, 1.2%)

2 達の

1 [14件] さ, たちに, たちの, だった, だと, の毛唐語, の言葉, の道, ものを, を陪臣, 以上の, 哉, 達に, 階級が

▼ むら~ (14, 1.1%)

1 [14件] かと思いました, が降りました, さっと降りいづれ, すぐる浜, ぞ降る, に托鉢, に濡色, のかかる, の中, の數, の露, はげしく降りしきる, を吹通, を避ける

▼ むら~ (13, 1.0%)

2 のやう

1 [11件] たしかな, には, によつて表現, をすませたら, をのせた, を出し, を濟, 人の, 月だ, 気質が, 法師とも

▼ むら~ (13, 1.0%)

4 やうに 1 あとにも, やうなり, 下に, 二人し, 同じ雲井, 孝標の, 続けて, 色を, 風情にて

▼ むら~ (12, 0.9%)

1 [12件] かつたさうで, ことは, こと苦しい, だり咲き目, のだ, 光を, 天候, 我ままな, 条件に, 歩調で, 降り様を, 雨雲の

▼ むらさん~ (11, 0.8%)

2 の事 1 から聞いた, が先代丁字屋傳右衞門, についてかう書い, のいえ, のだいじな, のところ, の退屈, の飼つて, はまるで

▼ むらから~ (9, 0.7%)

2 人間の 1 あちらの, お民, 小鳥が, 水の, 漕ぎ出させても, 生じた摩訶鉢特摩, 香りの

▼ むらなく~ (9, 0.7%)

1 そよそよと, 塗りつぶしたカンヴァス, 攪乱される, 横へ, 樺色に, 滑って, 生えそろうという, 進むが, 食べること

▼ むら~ (9, 0.7%)

1 おっ母さん, お綱, さえ火, どうと, まぎれこんだ, みさま, 奉公に, 来た, 身を

▼ むら~ (9, 0.7%)

2 月の, 道を 1 何か, 木蔭や, 草むらに, 轆轤や, 開閉橋に

▼ むら~ (9, 0.7%)

3 てしまった 1 ております, ておる, てしまう, て仕舞った, は仕ない, 埃及なる

▼ むら~ (8, 0.6%)

1 二十めんそうを, 出会うので, 椅子を, 水の, 焼いたこと, 理解する, 肝腎の, 食べ物を

▼ むらいも~ (7, 0.5%)

1 あった, ある, かなり親切, ののほう, のの籠手, のの退路, 起きあがって

▼ むらさきいろ~ (7, 0.5%)

2 のかたくり 1 になりました, に萎え, のビロード, の山つつじ, の煙草

▼ むら立つ~ (7, 0.5%)

2 ように 1 てゐる, 崖岬も, 杉生ときをり, 針葉樹の, 雲も

▼ むら立ち~ (6, 0.5%)

21 たつが, ながら山, 大岩に, 昇りその

▼ むら~ (6, 0.5%)

1 しきり飛び立つ日, という処, の初音町, の鳴く, 枯れしほづえには, 立つ

▼ むらある~ (5, 0.4%)

5 中から

▼ むらいと~ (5, 0.4%)

1 おて, なって, 尊敬する, 百姓との, 膝組みで

▼ むらぎも~ (5, 0.4%)

5 の心

▼ むらたけしくん~ (5, 0.4%)

1 といもう, のお, のおとうさん, はいもう, はし

▼ むられた~ (5, 0.4%)

1 のが, のである, まま砂の, 自分も, 譲原さんの

▼ むら時雨~ (5, 0.4%)

2 かな, も一服 1 の巻

▼ むら~ (5, 0.4%)

1 が思う, の穂打, の露, はその, は燈火

▼ むら~ (5, 0.4%)

1 すだく梢さび, の, のあやなすすだき, の我が, の木

▼ むらさき出版部~ (4, 0.3%)

1 から, から出す, で神田, というの

▼ むらっと~ (4, 0.3%)

2 燃えた 1 うごいて, 殺意に

▼ むら~ (4, 0.3%)

2 や音たて 1 ぞや, やうな

▼ むら~ (4, 0.3%)

1 憂ひなりはた, 温き湯, 疲れはて, 要するに造化

▼ むら~ (4, 0.3%)

1 あれど, に天, の峡, 聳え

▼ むらいが~ (3, 0.2%)

1 こっくりこっくり, すらりと, 見たこと

▼ むらさき組~ (3, 0.2%)

2 のお 1 というハンケチ女

▼ むら~ (3, 0.2%)

1 に何処, に清三, 翌る

▼ むら尾花~ (3, 0.2%)

1 の蔭, の連, を殘

▼ むら~ (3, 0.2%)

1 になっ, の房, の狩衣

▼ むらいたる~ (2, 0.2%)

1 ものが, 自分が

▼ むらいや~ (2, 0.2%)

1 悪者や, 通行人ばかりにな

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 いぶに, いぶは

▼ むらげえり~ (2, 0.2%)

1 がする, がするだ

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 きばんで, へあれ

▼ むらさえ~ (2, 0.2%)

1 入れないおせん, 頭や

▼ むらという~ (2, 0.2%)

1 ものに, 老妓の

▼ むらどり~ (2, 0.2%)

1 の, の塒竹むら下

▼ むらなら~ (2, 0.2%)

1 ば尋ねき, 大抵まあ一日

▼ むらにな~ (2, 0.2%)

1 つた肉の, つてしまつて二匹とも

▼ むらのぶこ~ (2, 0.2%)

1 と呼ばれる, よ

▼ むらむか~ (2, 0.2%)

1 はた, も

▼ むらるる~ (2, 0.2%)

1 のである, 前に

▼ むられぬ~ (2, 0.2%)

1 ま, ままに

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 のした, の白粉

▼ むら小町~ (2, 0.2%)

1 などと云われる, などと呼ばれ

▼ むら木立鉾杉~ (2, 0.2%)

2 の鉾

▼ むら母子~ (2, 0.2%)

1 が止める, は半次

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 が起る, で癇

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 いたるのみ, いたる中

▼ むら立っ~ (2, 0.2%)

1 ている, て想像

▼ むら立てる~ (2, 0.2%)

1 屋根の, 赤き岩

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 の奥深く, の奧

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 が奥, の葉

▼ むら笹柿もみぢ梅が枝~ (2, 0.2%)

2 の蔦

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 き尾花苅萱, れるほとり

▼ むら茂る~ (2, 0.2%)

2 すすきの

▼ むら~ (2, 0.2%)

2 に庵

▼ むら~ (2, 0.2%)

1 はわたし, をヌッ

▼ むら藁屋水ぐる~ (2, 0.2%)

2 ま廻れる見れ

▼ むら躑躅~ (2, 0.2%)

1 が団々, が団団

▼1* [168件]

むらいがひとところにたむろ, むらいが命をさしあげ, むらいが夏木立の青い, むらいが常時に於, むらいが江戸の西の丸, むらいが砲術の研究, むらいくずれが, むらいでなんと不思議, むらいですけれども与八, むらいといえるかどう, むらいなんだそうだ, むらい慣れたものである, むらい集いせば, むらてこれ, むらうてその用, むらふる萩, むら硫烟の, むらかたのもの, むらからも離れて, むらがからだ中, むらな南, むらきえし山の, むらぎしやう, むらぎものこころ傾けことほぎの, むらぎる霧に包み去る, むらくしづけきが, むらくには酔っ払った, むらくにとっくりと膝, むらくに風格的な歌, むらくの一番ありがたいの, むらくば少しく無, むらくもか, むらくも花に嵐, むらくも酔いどれの噺, むらぐもやその他とたてぐ, むらさきだちたる雲の, むらさきならぬ白元結きつ, むらさきにべにいろな, むらさきのけむりをあげていたこの家の, むらさきビロードのふく, むらさき二尺に足らぬ, むらさき人うつくしき, むらさき地に花, むらさき屋と呼ん, むらさき杏葉牡丹を織りなした, むらさき水晶の小, むらさき水晶草入り水晶などの置き物, むらさき組大田町には臙脂組, むらさき色のもあっ, むらさき色白りんどうの気高い, むらさき芝居の女, むらさき野ゆく行人, むらさき鉛筆で所々, むらさき風に吹かれ, むらざらしめん, むらざらんがため, むら雪解水とどろきたぎち, むらしょういちとや, むらしろく花ぞ, むらと思へる, むらすうっと窓, むらすずめ農家の庭, むらその姿思へや, むらたってい, むらたろじろう木むら与, むらが良い, むらだったかお里, むらだっている, むら気の, むらったんだ, むらって家へ, むらづゝ順にばら, むらとかいふ家へ, むらとのばらの, むらともをのとも申, むらとりの, むらない湯に, むらなどが茂って, むらなる莢の, むらにとって大昔から, むらには打水の, むらもない, むらのけやき林が, むらのやなぎ木立, むらひえぼし, むらひでも送る, むらひと言ふと才分, むらひぼふし, むらびとなどではない, むらふごとくあるときは, むらへと姿を, むらぼうと, むらまっ暗な海, むらむいたき藪蚊ら, むらむさまを, むらむまつ夜ながらの有明, むらむ人妻の泣く, むらむ酒場の窓, むらもそッと, むらもみじ垣根を繞, むらゆげをはきだせ, むられずにいた, むられなくなったのは, むられる事を, むられんとする, むらを以てそほどと, むらと燃え, むら三十前から綱, むら照りてに, むら次浅井お, むら乗っている, むら光る薄の, むら冷めたる二月かな, むら千鳥のよう, むら半次おぬい, むら咲きをはじめた, むら喜内之介, むらを置縫い, むら夕べの澄み, むら孟宗の影, むら家紀の国家, むら小竹が間, むら座元の羽左衛門, むら掻き抱き寝れど飽かぬ, むら曇る松の, むらの斜めみぎ, むら植ゑ終りて, むらりの, むら氣でぶつきらぼうですわ, むらむら殘り, むら消えた砂浜には, むら淋し白萩の, むら漁家が互いに, むら濃きは杉田, むら焼けになる, むら煮えでこれ, むら燃えの朱, むら上る, むら生えの高い, むら生える枯尾花に, むら生活の零落, むら白きをとこ, むら白く朱唇の, むら真竹の竹藪, むらの朱, むら見えぬまでを, むら繁る蘆原へ, むらの心, むらでさらり, むら自身も見, むらのほ, むら若い衆よう来て, むらえしな, むら薄立枯れて荒野, むらも霜枯れ, むら錦葉の中, むら雀うしろ向けるが, むら雀ジャズっては泣き, むら雀野路も寒, むら雨ふりぬ黒谷, むら雨廂を斜, むら雲とこやみにお, むら雲一重薄衣の晴れた, むら雲迷ふ夕べ, むら雲迷い野分吹く頃, むらの蛇腹, むらたてて, むら駿介じゆんお