青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

まわし~ ~まわっ まわっ~ ~まわり まわり~ まわる~ まんま~ ~まん中 まん中~ ~み
み~
~みえ みえ~ ~みえる みじめ~ みずから~ ~みせ みせ~ ~みせた ~みせる ~みた

「み~」 17705, 170ppm, 614位

▼ み~ (6534, 36.9%)

176 下さい 137 えに 105 いると 100 いた 96 ください 89 くれ 65 いるの 52 いる 43 ゐると 36 いました, いるよう 35 いるうち 33 いたが 31 いて, えな, 私は 29 ゐる 26 いたの 23 えなもん, ゐた 22 いるん, ごらん, やって 20 やろう 19 くれと, ごらんなさい, それが 18 ゐるの 17 くれないか 16 えなもの, 僕は 13 えだ, それを, 彼は 12 おくれ, これは, 始めて 11 ゐて, 下さいよ, 自分の 10 いること, これを, やれ, 下さいな, 驚いた

9 [11件] いても, います, いますと, いるが, くれたまえ, そこに, ちょうだい, やる, ゐました, 何か, 急に

8 おいで, くれませんか, びっくりした, よい, よかった, ゐるやう, 下さいと

7 いましたが, おります, くれ給え, それから, びっくりしました, 来た, 私の

6 [19件] あげて, いい, いたこと, いるだけ, えじゃ, えなこと, おくん, くれた, くれよ, それは, ました, り, 吹き棄つる氣吹, 彼女は, 来て, 来ると, 第一, 驚いたこと, 驚きました

5 [19件] あれば, い, いたん, え, えで, おいて, おどろいた, おれ, きて, ほしいと, やらう, よかろう, よろしい, わたしは, エに, 一つの, 云った, 取った, 非常に

4 [45件] いたもの, いたよ, いるという, いるところ, いるわけ, いる人, いれば, えだな, えとこう, おくれんか, かれは, くる, くると, くれたま, くれて, くれん, しまった, すぐに, ほしい, やった, やらうと, やりたいと, やること, やるの, やろうと, やろうという, ゐても, ゐましたが, ゐるうち, 下さいませんか, 他の, 伸子は, 何も, 僕の, 声を, 安心した, 容易に, 彼の, 愕いた, 我を, 眉を, 艶だちぬ, 身を, 頂戴, 首を

3 [85件] あげるから, いたお, いたらば, いますが, いるはず, いる自分, えなお, えなの, えな面を, えの, えんで, おくれな, おどろいたこと, くださいませ, くださらない, くれい, くれって, くれという, くれました, くれること, くれるし, くれるの, ぐら, これに, さう, しまったの, しまつ, そう云った, そのこと, その前, その結果, その間に, それだけの, どうする, どうで, どこか, ひろ子は, ほしいん, ぼくは, まいります, まちがいは, まわった, みましょう, もらいたい, もらうこと, もらうと, やつと, やるから, やるん, やれと, やろうか, やろうじゃ, ゐたが, ゐますが, ゐるといふ, ゐれば, ニタリと, 下さいまし, 下さらない, 二つの, 二人の, 人の, 会釈した, 何という, 俄かに, 半七, 家の, 差支えない, 彼を, 彼女の, 御世話, 月夜明りと, 次の, 歩いて, 気持が, 煮ら, 父の, 眠る, 綾羅を, 自分でも, 自分も, 言った, 足を, 雪の, 風に

2 [304件] あげても, あまり感服, あゝいふ, いいこと, いいよう, いきます, いくと, いただいて, いただきたい, いただきたいの, いただけ, いたと, いたまえ, いたよう, いたわけ, いた爺さん, いた男, いった, いつた, いてから, いては, いな, いない, いないよう, いなかった, いながらも, いふ, いままでに, いやあがれ, いやがれ, いよう, いらつし, いるあの, いるか, いるかと, いるので, いるま, いるもの, いる伸子, いる場合, いる様子, いる私, いる間, いろ, いろいろの, うなずいた, うなだる, えだが, えだそうで息子, えだっただ, えとは, えと思う, えと思っ, えなまねを, えなん, えな人が, えな人間を, えな声だ, えな本を, えな色の, えな野郎が, えな野郎だ, えんだ, おいでに, おかないと, おきたいと, おくという, おどろきさけびければ, おどろきました, おやおや, おやり, おりましたが, おれの, おれは, きた, きました, きましょう, くださいと, くださいまし, くださいませんか, ください名前, くれたの, くれても, くれないかと, くれる, くれ給, くんな, こい, こいつは, このこと, この少年, この辺, こよう, これこそ, こんな下手, ごらんよ, ごらん酒も, さすがの, さて驚いた, しって, しみじみと, そうし, そこまで, そしてそれ, そのうち, そのなか, その内容, その男の子, それからの, それで, たけり立つをも, たちまちに, できるまで, どうなる, どんなに美味しく, にわかに打っ, はいれまた, はじめて, はつと, ひそかに, ひとりで, ひやっと, ほんとうに, また次, まだ, まちがいない, みいな, みれば, む, もらいたいん, もらいましたが, もらいます, もらいますと, もらおう, もらおうじゃ, もらった, もらったの, もらったらどう, もらって, もらひたい, やったの, やっと, やましくない, やらなくちゃ, やらなければ, やりたい, やり彼, やるが, やるつもり, やると, やるに, やるので, やるよう, やれという, やろうでは, ゆかぬかなしみ, ゆく, ゆくところ, よいこと, よいの, よめる, よめる狂歌, わかった, わかったが, われは, われわれは, ゐたこと, ゐたと, ゐたの, ゐたやう, ゐたよ, ゐます, ゐるか, ゐるので, ゐるもの, ゐるよりも, ゐるらしいが, ェに, オヤと, ハッと, 一本の, 一種の, 丁寧に, 丁度三日目の, 三日の, 下され, 主人が, 之に, 之を, 云つた, 人多く, 人物を, 人間と, 人間に, 今少し, 今度は, 今日まで, 今迄, 以上の, 伏し沈みたる面, 何を, 來た, 個想を, 全くこれ, 全く相, 其大概を, 切りよく, 初めて自分, 又, 叫びました, 君が, 呉れと, 哀しききらめき, 喋り彼, 喧嘩を, 土佐徳島岡山等各地の, 土蔵を, 堂に, 変な, 夢うつら離り, 天下の, 天鵞絨の, 奇数だったら, 女が, 女は, 妙な, 居る, 山の, 巧みに, 差支ない, 差支へ, 己を, 巷を, 当然の, 彼も, 彼らが, 彼馬鹿者に, 後は, 復た, 心に, 心の, 心を, 感心も, 我ながら, 我の, 或はすでに, 手を, 押つけが, 日本の, 暮して, 本物の, 来ましょうか, 来る, 来るの, 東夷と, 歌を, 母は, 気が, 消燈, 温泉宿には, 漸, 獻りき, 男と, 目を, 知って, 知つてゐる, 石を, 私が, 私と, 私も, 私を, 立てられたる此三百年前, 笑いました, 縮から, 聞けば, 肋一つ一つに, 肩の, 腰に, 自分に, 自分は, 興味の, 芥川が, 話を, 誰か, 誰でも, 誰も, 調べ考えこみ漸く, 貰いたい, 貰いたいと, 走りつつ, 路の, 近所の, 通りすぎます, 達人は, 鄙劣の, 鏡に, 開きたる門, 間違いない, 頂戴な, 頂戴よ, 顔を, 駈けよって, 鶴見は, 黒雲の

1 [3513件 抜粋] あああのから, あげとうございます, あげようか, あげるよ, あっと愕, あの人々, あまりに天地, ある共通性, あんたを, いいたいこと, いかにもそういう, いくとせ, いずれは, いたかも, いただきたい先生, いただけに, いたに, いたらしい, いたら店, いたロロー殿下, いた原大佐, いた小さい, いた教授, いた紀久子, いち早く男, いつもの, いないから, いな豆公卿, いますし, いやに, いよいよ彼, いらっしゃるあなた, いるお初, いるさ, いるでしょうか, いるほう, いる余裕, いる子供たち, いる感じ, いる気分, いる街, いろはに, い一つ, うなずいたが, うれしいたのしい気持, えだぞ, えだ伯父さ, えとこういう, えなあ, えなちっちゃこい, えなも, えなチビに, えな事し, えな人相の, えな口つきしてやがる, えな女, えな山猿に, えな木びきが, えな珍らしい, えな眩しい, えな野かじな, えな頭の, えもの, え気, おかなければ, おくれあかい, おそらくその, おとなしき嫁, おなかを, おもらいなさいまし, おられますか, おりますゆえ, お互いに, お千絵様, お待ち下さい, お貰, かけだして, かや, きたと, きた私, きんぼうが, くださいね, くださるならきっと, くらします, くるやう, くれこうして, くれたし, くれた印度志士コローズ氏, くれないかなあ, くれなどという, くれまず, くれようと, くれるであろうが, くれるン, くれ己, くれ詳しく, ぐらぐらッ, こ, こう急きたてた, こそこそと, この, この一文, この党, この新, この素描展, こらえられない痛, これまで, こわがって, ござれ, ごらん草だの, さしくもり雨, さびしくなつたりかなしくなつたりしたら, さも嬉し, さんざ迷っ, しきりに欲し, しまったが, しまふと, じぶん, すぐ思いだした, すっかり失望, すまぬといふ, そういうの, そう思った, そこの, そして答えた, そのいきさつ, そのまま布団, その中, その何, その動因, その夜, その女, その己, その手, その桶, その白い, その莨, その貌, その頂, それからぐいと, それから散, それから簡明, それだけ, それで好い, それによって, た, たがね含有量, たのしみだったと, だしの, ちよう, ついよろこん, つくづくそう思いました, つまらないな, できるだけの, とき, ともしても, どうかといふ, どうして幼児, どうも真実, どれほど, なお笑われ, なにが, なるほどそれ, なんとなく興, にっこり笑った, はからずもこ, はじめてここ, はじめて先祖, はじめて外国人, はじめて異, はっとした, ひいと, ひどく泣き出された, びッくりした, ふと思い出した, ほかの, ほとんど遠い, まいりました, まさに正常, まず安心, またはじめ, また叫ぶ, また笑いたくなった, まづ, まわったの, まんまと一杯, みつけなかったらかなり, みる, みんなは, むなど, もう一度僕, もえいけれど, もしやう, もし行く, もらいたいくらい, もらうあの, もらおうと, もらってから, や, やったのち, やっとの, やっと米, やつぱり有望な, やはり河童, やらうか, やりなさい, やり長屋, やるよ, やれの, やろうよ, ゆくゆく墨士州, よいそう, ようやく一本, よくない, よく存じ, よろこぶもの, りや秋深く, わが, わざわざ弥勒, わたしたちは, われわれ自身余程, ゐたその, ゐたらしい, ゐた姿, ゐないで, ゐるかも, ゐるとの, ゐるムスメ, ゐる姿, アッ, ェな, カケガネが, キレイだ, サッと色, ヂュウスの, ニコと, パーヴェル・パヴロヴィッチは, ボール追, ヴァランタンの, 一切面会を, 一層侘しく, 一方の, 一箸入れ, 一里の, 三人前の, 三木は, 上着を, 下さいつまり, 下さいもう, 下さい名前, 下さい首尾, 下さるまいか, 下る名, 不思議だ, 世間は, 主に, 事実を, 二人を, 云々と, 五百円が, 人に, 人足を, 仆るべく設け, 今更に, 仕方が, 以来僅かに, 伯母さんは, 何だか余り建物, 何に, 何囘か, 作者としては, 俳優の, 傲然として, 償ひ申さん, 先祖の, 全校の, 六七日には, 其上に, 具合の, 再び韓國, 凡庸人の, 分りましたが, 初めてつきぬけられない, 初めて分る, 初めて本当にお, 判ったこと, 別の, 劇場関係者の, 勉強し, 千種は, 南条は, 又た, 取った人たち, 取らせ, 取調も, 可い訳, 右衛門は, 吉次は, 同人へ, 吹き渡り床, 呉れという, 味い, 哲学史上一時期を, 喉を, 嗇み得る, 国家が, 坂本に, 堪へ難し, 夏にな, 多少力, 夢と, 大に, 大喜び, 大差の, 天には, 天神に, 奇麗でも, 奧の, 女瀧の, 好風景, 妾の, 始めて歴史編纂者, 婆さんは, 子ざる, 学び否, 安東県から, 実を, 家を, 寝ぼけるな, 将来法律の, 小心らしい, 少しからかい面, 少し短い, 就職が, 居りますの, 山吹咲こぼれ, 左へ, 差支なから, 帆村は, 帳場に, 幸蔵も, 床尾を, 廿日市の, 弾圧しよう, 形の, 彼女に, 後に, 御國人, 御覧よ, 心ひそかに, 必成の, 怖れた, 思い出しましたよ, 思わずわたくし, 恐ろしかつ, 悔みなき, 悲しそう, 想像つかんです, 感じた, 感慨無量なる, 懐中に, 我これを, 或は高次的實在者, 所詮この, 手紙の, 押し黙つた, 捜査の, 描写し, 救いに, 數歩を, 新しい近代, 新子の, 日向ぼこせる, 日英兩國語の, 昌平は, 時々茫乎, 暖なり, 曰ふ, 曾て, 朔太郎が, 本つ, 来たと, 来に, 板の間へ, 案外まとも, 森に, 樋口が, 次郎が, 正しいと, 此處に, 歸納し得たる, 死体の, 殯の, 毒蜘蛛とでも, 民間の, 気を, 氷原の, 決定いたします, 泣いて, 洩さ, 涙せりけり, 深く感じました, 渡りを, 演劇映画の, 火星の, 無意味に, 熱の, 独りな, 玄一郎は, 現在の, 甚だ矛盾, 田島は, 畫家は, 病室を, 白い芽, 皆くすくす, 目的の, 直ちに岡本, 相手の, 眠むそう, 眺め入る, 瞳を, 知識を, 確めた, 禍福を, 秘かに, 窓から, 立上る, 笑い出しました, 笑ひだす, 箆と共に, 紋を, 終つた, 結局これが, 結局分らなかった, 結果を, 締付けるに, 罪は, 美しいもの, 老人は, 耳ひとつだに, 聞きも, 肉の, 腐る何, 自信が, 自分を, 自発的な, 舌を, 良人の, 若い人々, 英, 落合まで, 蕨の, 蛾次郎は, 行くやう, 衡を, 裏日本の, 見えわかず, 見越したん, 親方が, 言いたいだけの, 言つた, 詔りた, 誠あれ, 誰しも, 諸神, 象徴派の, 貰うこと, 貰ったこと, 貰ひたい, 赤い処, 起直り, 躍りかかるが, 転倒し, 送りませう, 逃げ出そうという, 通事は, 遁げたも, 道中に, 遽に, 酔は, 金の, 銭の, 閑かなり, 陶酔する, 雨が, 非人だ, 面貌人に, 頂きたいと, 頂戴これまでも, 頬笑んだ, 頼りに, 風流を, 食物を, 駈付けたまひ, 驚いたよ, 驚く, 髭の, 鰹節一連とは, 黄身が

▼ みても~ (2350, 13.3%)

29 それは 12 それが 11 い, わかる, 仕方が, 彼の 10 私は 9 これは, なんの 8 いい, 自分の, 誰も 7 そこには, よい, 何も 6 はじまらぬ, 日本の 5 そのよう, 何を, 同じこと, 知れたこと, 私の

4 [12件] いいです, そこに, わからない, わかるやう, 今日の, 分る, 同じよう, 始まらぬ, 彼は, 彼女は, 自分が, 非常に

3 [30件] あれは, いいが, いいだろう, いいでしょう, いいと, いいな, これらの, さう, さうし, しようがない, すぐわかる, すべての, だれも, どうにも, どこか, むだだ, やっぱりこんな, わかります, わかること, 一人の, 人間の, 仕様が, 何にも, 何の, 分らない, 始まらない, 容易に, 物の, 私には, 返事が

2 [96件] あとの, あの男, いいね, いいの, うまくゆき, お前の, かれには, こういうこと, この人, この作品, これだけ, これと, これなら, これ以上の, しくじるもの, すぐには, そこは, そこも, その人, その原因, その方角, その結果, それで, そんなこと, どうにもなる, どこにも, どちらが, なかなかこれ, なに一つ頭に, なんや, はじまらないと, はじまらぬと, びくとも, ぼくの, まっとうな, よいの, よかろう, よく分らない, よく判る, わかると, われわれは, 一枚の, 人によって, 人間は, 今やふぐ, 他の, 何か, 余りある, 分るが, 分るよう, 同じ事, 同様である, 問題が, 実在する, 察せられる, 弦之, 彼に, 心が, 恋愛の, 悲しさ, 感じられる, 手がかりに, 明らかである, 明らかな, 昔の, 是を, 書籍の, 正体が, 武蔵が, 満足な, 炭火を, 無意味だ, 無駄である, 物堅い老舗, 理解できよう, 直ぐに, 相手は, 眼の, 知れる, 私に, 第一どこ, 答えは, 細君の, 細部は, 結局は, 胸が, 自分は, 落着か, 要領を, 訣る, 足が, 追いつかない, 追っ付かないと, 遅くは, 野球の, 音の

1 [1825件 抜粋] あいつの, あきらかである, あたりに, あのこと, あの人, あの机, あの立山, あまり下品, あまり見当, あるいは甚だ, あんまりだ, いいくら, いいし, いいなあと, いいわけ, いかに, いかに多く, いくらも, いっかな鍛冶屋たち, いっこうにしるし, いったん固めた, いつしかまた弛ん, いつもそう新, いつも同じ, いない, いのちを, いまや石山本願寺, いやそれ, いよいよ途方, うまくしまらなかった, えたいの, おかしいつまり, おそろしい, おふくろほど, およそ吏, お客が, お腹立ちの, かういふ悩み, かくべつ痩せた, かつてそういう, かなりに, かれは, きっとこの, きわめてりっぱ, けだるく疲れ, けっして実行, こうである, こすって, このお, このムク犬, この三日前後, この作家, この国, この家, この挙動, この清江, この理論, この辺, これから先, こればかりは, こんなにある, こんな女々しい, ごく大まか, さしつかえありません, さっぱりおちない, さっぱり要領, さて自らどちら, さらに前世, しかし兄, しびれるほどで, しょせん益, すぐに, すでに信用, すべて暗黒の, ぜひない, そういう非難, そうだ, そう学識, その, そのたび, そのはげし, そのリズム, その体質, その動機, その坊ちゃん, その引例, その御, その材料, その気, その特色, その相, その秒針, その花, その議論, その階級さまざま, それから人類学的, それだけで, それでハッキリ, それにしても第, それほど偉く, それ以後五十年ぢかく, そんなに違, そんな事, ぞくぞくと, たかだか千か, たくさん乳を, ただの, ただ古く, ただ面白い, たれも, だつて, だめな, ちょっと尻尾, ついぞ真底, つまらない人間, とてもかなう, とてもそんな, ともすると黙り込む, どうしてあんな, どうしてもその, どうしても思い当る, どうする, どうにも面白く, どうも審, どうも武蔵, どこに, どなって, どの部分, ないから, なお桐壺, なお若い, なかなか思ひつ, なぐって, なにかいま, なにも, なるほどそれら, なんだかうすきみわるく, なんらの, ねられない退屈, はじまらない時機, はじまるまい, はっきりわかる, ひとたび胸奥, びくともしません, べつにあやしい, ほとんと, ほろ苦くうら悲しく心, ぼくという, まずこんな, まず美しく, またすぐ, また横田, また通ずる, まだまだほんとう, まだ帰っ, まったく無駄, まわりを, みな同じ, みんな東京の, むしろ旅行服, もうどうにも, もう使い, もう手, もう説明, もとより答えられる, もはや犬, やっぱりだめ, やっぱり森閑, やっぱり羲之型, やはりおなじ, やはりそうだった, やはりなか, やはり声, やはり駄目, よいが, よいとの, ようございます, よくぞ, よくわかりません, よその, らくに, わかるだろう, わかるの, わかる気, われ, ゐず持つてもを, アイルランド物を, インフレと, オーカミイナリの, カントの, ガラス屑が, グリセリンで, サルオガセは, ソバを, チットも, ノーリッジ号一万二千噸, ハッキリとは, ファーブルの, ポチは, ミジメで, ヨーロッパアメリカの, リリパットと, ロシヤとの, 一つは, 一人でも, 一個の, 一向につまらない, 一向に馴染ん, 一向効力, 一向美味い, 一層寂しい, 一度肉眼的領域, 一流として, 一目瞭然である, 丁度腰, 三円六十銭に, 三十頭は, 上州学生の, 下索, 不思議な, 世間では, 中から, 中身が, 乞食に, 事実に, 事態は, 二条の, 五官五能の, 京都ほど, 人に, 人道上から, 今さら立派, 今は, 今川義元を, 今思う, 今時そんな, 仏舎霊閣を, 仕方は, 仲, 伸子には, 何うしようも, 何とも返事, 何一つ私, 何子供よりも, 余りに急, 例へば主席通詞, 依然としてその, 信じなくなって, 信用できまい, 倉地は, 僕が, 僕らは, 充分に, 先づ純, 先生の, 全体の, 全面的には, 六円という, 処女ごころの, 出て, 分かるが, 分類は, 初めての, 判らず所詮いまさら, 判る, 判る多少, 別にかわり, 別に面白い, 別段馬, 刹那的快楽や, 前述の, 力いっぱいつかいすぎ, 助けて, 勿論大した, 十七歳の, 十円紙幣は, 千軍万馬を, 南北朝史の, 危険な, 原画の, 厭いや, 又八は, 友情そのものが, 取返しの, 古代人の, 只の, 同じだろう, 同じ程度, 名作家の, 向うの, 命を, 唯むゝと云, 問題は, 四十歳の, 国禁を, 地上には, 堪らなく二人, 変らないという, 夙く南海の, 夢に, 大した傷, 大天才, 大洋から, 奇怪な, 奴は, 如何に, 妙に, 姉弟はかぶりを, 始まらぬ話, 始まるまいでの, 婦人労務者は, 子供の, 宇宙艇が, 実にいや, 実は不充分, 実際は, 宥めて, 家らしい, 富と, 寸分の, 尊氏が, 尋常の, 小厮, 少しおそい, 少し不思議, 尾崎紅葉先生や, 川口の, 帰る様子, 平均寿命が, 幸福な, 床の間ひとつで, 延福寺に, 弥十郎には, 当分の, 形勢あや, 彼も, 彼女が, 後悔つまり, 御者は, 徳川時代の, 心底から, 思い出せないの, 思へないさ, 恋しい, 恐ろしい, 恥ずかしくない, 悪くは, 悲しさうな声, 想像できる, 意識的な, 成り立った事, 成功する, 我が日本産, 我慢の, 戻って, 手っ取り早い簡単, 抜ければこそ, 振り返りも, 撲って, 救世軍の, 敵わ, 料理と, 旅の, 日本人の, 早苗さんでない, 明かであらう, 明らかでない, 明治の, 明白な, 昨夜の, 時代の, 暫くは, 最初行きつけの, 望遠鏡の, 木造平家建ての, 朽木の, 来ないと, 東欧の, 板橋落合両部中野郷一円ずっと, 栗栖小栗栖栗瀬などという, 梶には, 極地の, 止まなかった, 武家屋敷だ, 死なれないの, 殺される不安, 比較的正し, 気味の, 江戸の, 決して日本, 決して離さない, 法律から, 海軍大尉は, 深奥極まりなき, 溢れんばかりの, 演劇が, 潮の, 無事に, 無意味な, 無駄であろう, 父が, 片目を, 物に, 猫の, 玉山倒れ, 現代において, 琴の, 生壁に, 田舎娘に, 男性美といふ, 當代の, 発見する, 百日とは, 皆目手掛り, 目のあたりその, 直義が, 相変らず閉めきっ, 相變ら, 真暗で, 眼前この, 矢張り夜と, 知られるごとく一日, 知れて, 砂上楼閣化けの皮が, 確報を, 祖父の, 私が, 私自身体験としての, 空しく気, 立春の, 笑って, 筑州として, 簑虫が, 精神上の, 細君が, 結局その, 結局三千代を, 結局生活の, 結果に, 絶対に, 繪高麗風の, 義心厚く, 老獪という, 考えるの, 聞くだけ, 聯合艦隊が, 脈搏も, 膀胱に, 自信を, 自分ひとり置いてきぼりを, 自然であり, 舌が, 色が, 若い婦人, 落ち附かずその, 葛卷の, 薬師寺東塔水煙の, 血の, 袋小路や, 裏面工作小細工陰険で, 西蕃人そっくり, 見つからなかったん, 見物と, 観客は, 解ること, 言えるの, 計算によ, 記録簿に, 詮ない, 説明し, 誰一人真に, 謠曲の, 貴様の, 賊は, 身体が, 迂闊に, 返事も, 追っつかなかった, 逃げられないこと, 進歩という, 過去の, 遠い昔, 酔いを, 金五郎が, 長い冬, 長岡博士じゃ, 間違ひ, 陸奥八戸地方では, 随分妙, 零下一度ないし, 青年の, 面白いであろう, 音で, 頭に, 頭髪を, 類例なし, 餘ある, 駄目な, 高の, 鬼の

▼ みたり~ (1398, 7.9%)

132 した 128 して 29 する 26 したが 20 するの 17 しました 16 しながら 15 すること 8 すると 7 するが, そうかと 6 したの, しましたが, また 5 したこと, したもの, 自分の 4 したけれども, それを, 立って, 起きて 3 ある時, してから, しても, する事, 何か, 急に, 手を, 鼻を

2 [66件] いちど鼻の, いらいらし, いろいろやった, きいたり, これを, さう, さすつて, したところ, したので, したよう, しては, するこの, するところ, するので, するもの, するよう, する人, する悲惨, する気, そしてひそか, それが, とにかく気忙しく, ふっくらした, またこの, むき出しの, むすびの, ゆるくあけ, フンシの, 下の, 今では, 俄かに, 六神丸の, 出して, 又或, 口を, 叩いて, 四つん這いに, 坐って, 外して, 宿の, 寝て, 寝返りを, 嵌めて, 抱いて, 掌に, 撫で, 政岡の, 是れ, 書物を, 減らして, 湯も, 独りで, 石を, 私の, 空を, 考えたり, 股ぐらの, 背けたり, 背中の, 腹を, 若いのに, 見ゆ, 陽の, 頬を, 顔を, 駄目と

1 [788件 抜粋] あああの, あたりの, あたりを, あっちでは, あめざいくでもおもちゃにしているようです, あらゆるいじけた, あるいは, あるいはつまらぬ, あるいは全く, あるいは円柱, あるいは大声一喝, あるいは学士, あるいは謄写, あるいは賛美歌, あるいは金, ある昆虫, いずれも, いたしました, いつか相手に, いやそれではうまく, いろいろと, いろいろとく, いろいろの, いろいろ工夫, うとうとと, おぼえたり, およそ意表, お好み弁当, お由, お腹へ, お酌, かめの, からかって, がんりきを, きざに, きっと皆, こちらの, こっちに, このたび, この人間, この方面, ご祈祷, さうかと思へ, さまざまな, さまざま工夫し, されどその, されるあたり, しかもその, しきりと, しこと, したうえ, したかい, したその, したん, した復一, した程度, した脚本, してね, してるうち, しないため, しなければ, しなるべし, しばらくさ, しばらくは, します, しますと, しようと, し始めた, し愁眉, し船, し荒尾, すずめの, すっかり頭, するあの, するさ, するそう, するたび, するため, するほど, するまでも, するものの, するん, する下等, する余興, する信長, する学僧, する性, する意識下, する者, する食堂, せいの, そういうやりきれない, そうした消費, そうして鬼, そうしとい, そしてまた, そして東京, そして静か, そのたび, その上ヘゴチヤゴチヤ, その姿, その日, その裏表, その邪気, その間に, その限界, それから, それから以前, それから喫茶店, それから裏口, それでも駄目, それも, そわそわし, そわそわと, たまたま見つけた, たまには, ちゃぶ台の, ちょいちょいした, ちょっと臭, ちょと, つぼめたり, でたらめの, とかくりく, ときどき嫌い, とび立つやう, どうにも厭, どこまで, なお突き, なさらなかったでしょうかしら, なぞし, なぞ無用の, なだめすかして, なにかわからず, なんにも見えない, にきびを, ぬる成かし, のみならずいわく, ばかばかしいと, ばくち, ふだん傲岸な, ぶらじるの, ほおを, ほんとうは, ほんのちょっと線, ぼんやり考え, まことに他愛, またあるいは故障, またぐるぐる, またけたたましく, またしばしば, またその, またちょっと, またとんと, または厚い, または旧主, またぽかんと, またデモ倉, またフリードリヒ街, また下り松, また事, また今, また内, また十一時, また天皇, また奈良, また引っ返し, また御, また忠顕, また戻っ, また抜き足, また次, また求めざる, また直江, また米友, また細, また裏口, また論語, また酒商人, また鋲, まどゐしき, まるで歯, まるで生きた, まるで虎, むずかしいカクテール, ものごとの, やって, やっとその, ようやくの, よそよそしく取りなし, ろくに聞い, わざ, わざと面白く, わたしは, アブラ虫の, イタリーの, イナオの, エッフェル塔の, クルクルと, ジャンヌ・ダアクや, ステインド硝子を, ストーヴの, タタミが, タバコを, トンカツという, ビラを, ピッチャーの, ベッドの, ボクも, マントの, マントルピースの, ヤレヤレという, 一寸した, 一年平均二回ばかり, 一緒に, 一週に, 万事忙し, 下って, 下を, 不安そうな, 不審の, 丘を, 両手を, 主人の, 久我鎮子の, 乱れた時, 二つ意味の, 二等を, 井の, 京都や, 人形を, 人生を, 今まで, 他の, 他を, 他村, 仰反って, 低い枝, 何かしら満ち足りない, 何が, 保険の, 信じて, 信吉は, 俳句の, 個人個人お, 傲然と, 兄の, 光線に, 公休日毎に, 其他様々な, 再び植えつけ, 冷笑に, 出しゃばってみたりへこんでみたり種々, 出世讐と, 出来る, 分ろうと, 刺身に, 勾欄の, 危坐ッて, 又おどろい, 又すぐ, 又一度, 又母, 取乱して, 取消して, 台所で, 叱られて, 右から, 同じ挙動, 同じ歩む, 周囲を, 和歌を, 哄と, 商量し, 喧嘩し, 地に, 地面を, 堯の, 塩焼に, 壁を, 夕方からは, 多分なる, 大騒, 天秤の, 女の, 娼家の, 婦人連の, 存外やる, 宝物を, 実際に, 客用の, 家の, 寝椅子, 小僧に, 小鼻を, 少しずつ, 少しは, 少し横向き, 居て, 山を, 崩して, 川丘みどりの, 左枕に, 布団の, 年端も, 広げて, 底を, 店さきに, 引いたり, 引つぱつてみたりして, 当時の, 彼は, 心あたりの, 忘れようと, 忽ちよたり, 思いを, 性を, 悪口云っ, 惜しけ, 愉しん, 感情に, 憤慨し, 我がままいっぱいに, 我と言っ, 我等に, 或いは蛮船, 或は, 或は又重なり合い折れ, 戦争し, 手の甲へ, 才蔵に, 扨も, 押したり, 押して, 抽出し, 拾い上げて, 振袖を, 掌中へ, 探って, 撫でて, 放蕩の, 散歩を, 数少ない知人, 新らしい, 新内語りが, 新吉は, 新芽を, 方々を, 日傭取りの, 日本人に, 時と, 時には待ち, 時には改良, 時によっては, 暑くも, 暴れるほど, 曖昧な, 曳っ, 最後に, 最後には, 机の, 材木の, 枝の, 根気よく, 横から, 横腹を, 樹木を, 欧洲へ, 歌いたそう, 歩いたり, 殊に叉銃, 母だけしか, 毛布を, 気を, 水に, 水面を, 池に, 沢山獲れた, 泣いたり, 流しの, 消して, 深さ, 深呼吸を, 清楚な, 湯の, 滝に, 潰して, 澄まして, 無礼な, 焦躁する, 煩悩に, 父親メルキオルの, 物に, 特別あざやかな, 玄関先へ, 琴を, 甲府以来の, 男性が, 畳へ, 疑いの, 盛んに, 目釘へ, 眉を, 眠らうと, 眼の, 知つ, 知る辺, 神を, 神棚を, 神風楼の, 秘蔵の, 種々な, 穴の, 穴を, 窓から, 窓の, 立ち上って, 竜之, 笠を, 箱の, 箱を, 紅ばらの, 紅を, 組み合った八ツ手, 継竿に, 緑いろ, 縁側へ, 縫物を, 繪具を, 美人から, 群を, 老人が, 耳を, 聞いたりの, 肝腎の, 胆を, 腕こまぬい, 腹掛の, 自分と, 自分にも, 自由主義や, 舌打ちし, 舟着場に, 芝生の, 花櫛を, 芸者はは, 苦しみぬいて, 茶の間の, 茶や, 薬を, 虎の, 蛙の, 行きつ, 表を, 裏の, 要領よく, 見物に, 言葉の, 調査を, 諦めて, 諸差しに, 象鼻動物を, 買い食い, 赤い着物, 足を, 踊りの, 身を, 身体を, 辺りの, 透して, 途中で, 通行人に, 遊冶社界の, 道案内を, 遠くの, 遽に, 郵便屋さんが, 都風な, 金の, 鉱泉に, 銭を, 鎌を, 鏡台の, 閉めた窓, 閑居し, 阪東妻三郎が, 陶器を, 隠居の, 離して, 雲を, 青葉天井に, 静に, 須弥壇を, 頬杖を, 頭や, 首を, 馬の, 馬鹿らしくな, 駆け足の, 髭を, 髱を

▼ み~ (1352, 7.6%)

83 して 52 つかんで 28 した 22 しながら, もって 17 帯びて 13 持って 12 乞うよう, 乞ふ 10 感じて, 掴んで 8 なして, 感じた, 持つて 7 つかまれて, もつて 6 したが 5 する, 打ちました, 見せて, 覚えた 4 かけて, したの, するの, するよう, つくし, 乞うて, 抓んで, 抱いて, 湛えて, 言って

3 [16件] あつら, したもの, しました, つかんだ, とって, 作って, 加えて, 加へて, 取って, 喰って, 帯びた, 帯びた皮膚, 感じながら, 知って, 考へて, 言い入れ

2 [61件] いたく味つたの, おびて, おりかけしに, かけざるを, こめて, さへ, したり, しても, しなかった, しなければ, すること, するばかり, するらしく緩, する手合, つかまれながら, つかみずるずる, つかみもどして, つかむと, つくしの, つけて, とられて, むすんで, やって, れば, 乞うた, 乞うに, 乞うものの, 入れて, 始めたの, 宿して, 帶びた皮膚に, 引っつかんで, 引ッつかん, 彼に, 忘れて, 忘れ得ないの, 思うて, 想像し, 想像した, 感じたが, 感じたです, 感ずるの, 打ちますある, 書いた, 書いて, 望んで, 求めて, 父さんに, 発して, 破って, 結んで, 聞いて, 與へ, 與へて, 表現した, 見て, 覺え, 読んで, 超えて, 鋏で, 離して

1 [797件 抜粋] あしらった部屋, あなたに, あふれ出させて, いいつつ, いうては, いたします, いただきまして, いって, いふと, いへば, いま抱い, いれて, うくその, うち籠め, うる又, おいて, おそれざらめ, おびたどろどろ, おぼえはじめ久助君, おもひつ, お云い下さい, お出し, お打ち, お言いなさん, かいて, かきだしました, かけおわすもの, かけるも, かなり多量, かの女, きいて, きめて, きるの, くり返すこと, くれこの, ぐんと後ろ, けがすゆゑ也, こぼして, こめた情, こわきに, さしてから, させた眼八, させるん, さらすを, し, しそう, したあげく, したお, したくないから, したけれど, しただけに, したところ, したひ, したまま夜, した下僕, した奴, した曹洪, しつ, しづめ, しとるらしい, しないで, しないと, しなかった拳法, しに, しましたが, しよるわい, しヘ, し身もだえ, し長い, じかに背中, すましたやう, すりかえて, するから, するくらい, すると, するとか, するには, するやう, するらしく一語一語金貨, するわけぢ, する小, する折, する柄, する竹童, する音, すれば, せずに, その書物, その満面, そろえたでは, た, たのしむと, たらした褐色, たらして, ちまし, ちましまそび, つかって, つかまえたいな, つかまえて, つかまれずるずる, つかまれたまま, つかまれても, つかまれるといふ, つかみ, つかみながら, つかみました, つかみスルスル, つかみ寄せて, つかみ戻して, つかみ起した, つかみ蹴る撲る, つかむ腕, つかもうとして, つかんだの, つかんでは, つきつけられつけて, つくしかぎり, つくしとぞ, つくし思ひ初め, つくつた, つくりぬ, つけの, つけられる事, つたの, つづけ腹, つまみそう, とらへるところ, とりあげて, とり止め, とる方, ながめつつ, なされますので, なし, なすを, なびかせて, にじみ出させて, ねらつて, のばしならべて, はこぶもの, はなされた時, ばさんとも, ひしと菅笠, ひっつかみ足, ひッ, ふくんで, ぶつつけた, ほとばしらせた, まぎらすため, まして, まず縦, またもとどおり, みせて, みて, むずと掴ん, むづと引掴んだ, もぎ離そうと, もたらす手段, もちました, もってるあの, もってる様, もつても, もて國, やけにゆらがす, やつそうとは, ゆるめはじめたゼーロン, よみの, り候, るなり, わが物, わけて, わすれは, チラリと, ムズと, 一家に, 一寸かじるじゃ, 一行は, 上げた次第, 上げますわ, 下さいますが, 与えて, 与えると, 与へて, 両の, 並べたかも, 乗せ朱実, 乞う, 乞うが, 乞うすなわち, 乞うだけ, 乞うので, 乞う心, 乞う態, 乞う色, 乞ひ, 乞ひ奉る, 云って, 云つた, 云つてゐる, 云ふ, 云ふかも, 交して, 交へ, 今眼, 仕立て直しました, 以つてする, 休めるため, 伝へて, 作り出すとも, 使うたの, 保ち得ない理由, 催したらしく無言, 傷つけないで, 入れる差配, 共になさいました, 再びせん, 凝視める, 凝視る, 出すこと, 出す所二三ヶ村, 分つこと, 割って, 加えた, 加へ, 包みつつ, 包んで, 厚うし, 去るため, 反射する, 取られた時, 取り交わして, 取り去つて, 取るを, 取ろうとして, 取去れと, 受けても, 受けるべく青木, 受け擅, 吊し, 吊るしあげて, 同感を, 含めた声, 含んだ白々しい, 味つてゐる, 味ふ, 味わわなくては, 和らげようとして, 喚び起すため, 喰ったよう, 喰った彼女, 喰つてあつし, 喰つて閾越しに, 噛んだ, 回復しよう, 垂れさせたもう, 垂れたまえ, 垂れるの, 垂れ從來背部, 増し折々, 外して, 大塔宮様に, 大身と, 失ひ, 妨げる訳, 妻に, 完全に, 実行しよう, 容れる器, 射込んだと, 尊氏へ, 帯びたほどの, 帯びた使徒たち, 帯びた藍色, 帯びた褐色, 帯びた闇, 帯び其性, 帯び来って, 帰する, 帶びた聲の, 帶びてその, 帶びて來た, 帶びて威の, 引きずッ, 引っつかまれて, 引っつかみズルズル, 引っつかむ, 引っ掴んだ, 引つ掴んだ, 引ッつかまれた, 引ッつかみました, 引捕えられ, 引掴んだ, 待つて, 得た, 心からなぐさめ, 忍びつつ, 忘れさせる麻醉劑, 忘れたやう, 忘れた多く, 忘れ給, 思う, 思ってか, 思ひやると, 思ひ付いたの, 怠らずあちこち, 怠らなかった, 恐れさらめ, 恣に, 恥ぢて, 悲しんで, 惱み, 惱んで, 惹くもの, 意味し, 感じさせた, 感じさせるの, 感じさせるよう, 感じながらも, 感じぬでも, 感じられず, 感じられずには, 感じるけれど, 感じるばかり, 感じる程, 感じ二人きり, 感じ出したの, 感ずる, 感ずること, 感ずるよう, 感ずる人, 感ぜさせたの, 憐れと, 懐き独り断腸, 我と楽むの, 打たせて, 打ちながら, 打った, 打つて, 打つの, 把って, 把つて自身の, 抑えたまま, 抓まれて, 投げて, 押しすえて, 押分けて, 拜んで, 持ちがたい, 持ったまま, 持った煙, 持った物, 持った目, 持った黒眼勝ち, 持つの, 持ゆく, 指して, 振廻されて, 挾める村婦, 捨てないの, 掛けたとでも, 掴まえると, 掴みながら, 掴み一人, 掴み庭, 掴むと, 掴んだまま, 掴んだ神禰宜, 握つて, 攫んで, 教えまして, 教は, 敢て, 散ぜんとて, 施すという, 曳かれるお, 書かなければ, 有ツて, 望みます, 机の, 極めて活活, 樂むは, 止めて, 止める奴, 残して, 殺がれし心地, 殺がれたり, 母に, 比較し, 求めない, 求めるだらう, 洩らして, 流れた, 消して, 涙で, 淡路の, 深く知り, 温めて, 湛えてると共に, 滾した, 漲らして, 為る奴, 物語つた, 獨り, 発見しました, 発見する, 直々に, 知らないし, 知らぬ私, 知りながら, 知りほんとう, 神籤の, 秀吉に, 私が, 突き放した, 窓へ, 立てたしといふ, 第一, 経た後, 結びとうござりまする, 結び申そう, 結ぶこと, 結ぶに, 經驗しなけれ, 緊めつ, 續けたので, 考えてはと, 考へてはと, 聞き知つたの, 胸に, 脊負つた洗濯屋の, 自分で, 與へる, 茶碗に, 葬りて, 蔵しつ, 表して, 表は, 装ふ, 見ず, 見せかけたとき, 見せては, 見せれば, 見つけて, 見られて, 見ると, 見付けるところ, 見出したもの, 見出すこと, 覚えさせました, 覚えずに, 覚えて, 覚えます, 覺える, 解かないの, 触れ目, 言うな, 言うの, 言つた, 言つたもの, 試みたところが, 試むる数寄者が, 詫びて, 認め宇右衛門, 誘った, 語って, 調べた, 請うも, 諸手に, 諾いて, 讀みても, 買おうという, 賤か, 起したでも, 起す者, 踏む両, 踏んばり鞍, 踏ン張っ, 辷つて, 述べた, 退治する, 送るビロード, 送ろうと, 通じて, 通じるとの, 道樂に, 遣らねば, 間違はず付け, 関東総, 防ぐもの, 附けたらどう, 除いては, 離すと, 頂き度, 頂くの, 頼んでも, 顔に, 風は, 食えば, 食べて, 鳴らして, 鳴らし喊声

▼ み~ (1123, 6.3%)

148 して 42 なって 11 なつた 10 した, なった 8 すると 7 しながら, なりました, なるの 6 來た, 囓んで, 来て, 齧みて 5 けり, するの, なつて 4 しようと, よりて, 充ちたよき, 思った

3 [15件] いった, かかった, すること, なったが, なったの, なるよう, ゆくと, 倣う, 出るの, 掴んで, 来たん, 眼を, 行く, 行った, 近いもの

2 [52件] ある限られた, くる人, けり敢, した子供, しづむ, しました, する, そよぐ冠毛, なったきり, なったまま, なってから, なっては, なつたんです, ならない, ならないで, ならないの, なりましたが, なる, なると, なるん, なる事, なる時, はずむもの, まとふ蟆子, まとへ, ゆきたいという, ゆくの, 乗って, 似たもの, 冷やかな, 参ったわけ, 参りますから, 叉手つかふ, 堪えないよう, 心いたむ, 応じて, 戀の, 手を, 春めく蓬生, 来た, 来たの, 来ても, 気を, 男を, 積んで, 致して, 行くこと, 話しかける簡単, 足を, 身も, 運よく, 鴨の

1 [669件 抜粋] あち, あっしも, あの山猫博士, あらずと, あらずや, あんな真似, あんまり黙っ, いかないの, いく, いくと, いこか, いたして, いたし候, いたっては, いって, いつか厨の, いつて, うけて, うずくまつ, うちへ, おそれて, おどされた話, おもうぞ, おもむく君, お訪ねする, かかっちゃ, かけた鬼使, かげは, かしずくため, かの女, からだを, がたがた震, きた, きたぼく, きたもの, きつ, きては, ぐつと嚥み込んだ, こころさめ, このごろの, この口, この槍, こらへで, ご信心, さける唐藍, されたの, されて, される, し, しあんぐり口, しがみついて, しそこ, したかと, したそう, したの, したもの, したやう, したり, した小さな, した恰好, した手拭, した時, した熊吉, した生, した運動選手, しづみ, してるやう, しとったん, しとつたん, しはしご, しもみくちゃ, しろ喜び, しデスク, し酒, すが, すぎないかとも, すべく歯大, するから, するが, するばかり, するやう, するよりは, する以外, する家族, する必要, する河岸, する重い, せめぎ合う, せんと, そつと, そなた, それが, たべて, たる酒に, ついたくろ, ついたむら, つかまえて, つかんだ, つかんで, つけ込むという, つるしあげた若僧, とけ合うこと, とらはれわが, なすった方, なったお母様, なったこと, なったところ, なったので, なったホント, なった事, なった家, なった心, なった時, なった様子, なった近所, なっちゃ, なっても, ならずに, ならないこと, ならないと, ならないもの, ならない銀座, ならなくつちや, なられたので, なられたよう, なられて, なられまして, ならんの, なりそう, なりながら, なりましたか, なりましたから, なりましたよ, なりました私, なりましょう, なりますよ, なります時, なりません, なりませんよう, なり両手, なり声, なり速力, なり過ぎて, なるお, なること, なるこの, なるし, なるだろうし, なるだろうと, なるでせう, なるとき, なるならすみません, なるのに, なるもの, なるわ, なる又, なる夜, なる心, なる所, なる時間, なる様, なる樣, なれて, なれないと, なれないん, なれば, なれましたかね, なれましたかの, なれるから, なろうと, ぬかづきて, はさんで, ひしと荒縄, ひろげ蝋, ぽっぽと燃えてる, まあ, まじって, もう何, もえし菜, もんどり打つ, やさしい温良さ, やったが, やって, やらかしながら, やりて, ゅーむ製の, ゆき彼, ゆくが, ゆくとき, ゆくよ, ゆく日, ゆこうことに, ゆむ製ツル付キノ行厨器ナリ, ゆるゆると, よると, わかれ, わが聟, ゴクゴクゴクゴク六七合たてつづけ, フラついて行く, ライトラアの, 一曲を, 一町隣り, 一篇の, 上りました, 下りた, 世間に, 中へ, 丹精を, 久松は, 乗るつもり, 乗ると, 乘れ, 二人は, 云うの, 人目が, 会うであろう, 伝染する, 似合は, 何うかし, 何か, 佛樣への, 來たり, 來て, 來ない, 依ったならば, 依るもの, 俯伏し, 倣うの流義, 倣って, 倦んで, 傚え, 傚へば, 働いて, 充ちたたのし, 免じよろしく, 入つた, 入る, 入るわけ, 入る時, 入れ私, 入浴し, 全身の, 共鳴し, 其頃は, 内の, 凝つて, 出した船, 出はじめた, 出會, 出来よう, 別れを, 前後に, 剥れかかっ, 参りました, 参りますの, 參り, 又市, 友の, 反映させ, 取り出して, 受け答えする, 台所から, 名所を, 向けたもの, 喰べた, 器へ, 囚われて, 四五本の, 堕ちること, 堪えずして, 堪へずいつとは, 堪へられないやう, 堪へる訓練, 変った, 外妾を, 多々の, 夜中の, 大きい階段, 大坪石見は, 大股で, 始終オド, 委ねつつ, 安心し, 家へ, 富んで, 寝て, 對する, 小さくなっ, 小女一人若者二人遣ひ, 小道具物の, 岸本の, 左へ, 帰って, 帰途を, 平次の, 引裂かれたから, 弾みを, 影を, 従いて, 従事し, 御奉公, 徹したけ, 忙しい活動, 快よく, 思い夜, 思うという, 思うよう, 思しめさるるからには, 思ったの, 思つてゐる, 思へ清新横溢, 恋し日, 悶える主, 慕ひよる, 慰められたい, 憐み, 懸るが, 戀し, 成って, 成る, 戯れたもの, 房枝は, 手に, 手の, 打ちひしがれて, 打ち付けて, 承知する, 拍車が, 拘らず心, 拜み入る, 持ちこたへた力, 持った, 持って, 振り返って, 振り返つて, 掛かるを, 換へらる, 搦められて, 擦りかえて, 数ふる, 文を, 文箱の, 日も, 日露戰爭以後の, 明るくて, 昨日一昨日は, 暗く, 暫らく眼を, 暮らしけん, 書かれて, 最後の, 机へ, 来おる, 来たと, 来た母, 来た男たち, 来た自分, 来ます, 来る, 来るのよ, 来るん, 柄杓を, 栽培せられる, 植えて, 歌口の, 正月郷家に, 此世を, 歩いて, 死骸から, 残る日, 殘した, 母屋へ, 比べて, 比べると, 毛見の, 沈んだ, 泊めて, 泥まみれに, 浸り切つて, 添ひなむとて, 満ちた目, 溢れて, 滑つて轉げた, 濕つ, 為て, 煙草を, 照りて, 現れる影法師, 甘さ, 生え後頭部, 生くる, 生命だけは, 用ひ, 畏む總理大臣, 留南奇が, 相違ご, 睨んで, 知る由, 私も, 移り敷居, 突っ立っ, 笑み廣, 笑み廣ご, 笛を, 答へる, 箱を, 節煙を, 綿入の, 縁近い, 縛られたの, 繩繋ぐ, 纒は, 考えて, 耳を, 耽りたかった, 耽りたり, 聞きながら, 腰かけて, 自剃りで, 致します, 與らし, 苦しむ人, 蝶形から, 行々子の, 行かうぢ, 行かむ, 行かれませんか, 行かんか, 行きましょうよ, 行きませうね, 行き度, 行くから, 行くし, 行くだけ, 行くほどの, 行くよう, 行く風, 行ったり, 行った事, 行った時, 行つた, 行つたのが, 行つても, 行つて剩けに, 行燈が, 裾が, 見くらべたの, 覗いて, 覚えさせられたよう, 訓んだ, 訪ねて, 詩の, 誌され, 誘はれる楚々たる, 読むの, 謀んだこと, 護持養育たえず, 變じ, 豆でも, 買取って, 賛成した, 足らぬ細腕, 足りて, 足蹈み, 蹌踉い, 蹌踉けて, 辻町は, 近付いて, 近寄つて, 這って, 通った光景, 通り掛りの, 遊學の, 違いあるまい, 遣るのに, 酔つてゐた, 酔ひ, 醉うた, 鍵と, 鎭む底つ, 鐘巻自, 陷る, 隣り合った, 雪堆, 預るのみか, 頭巾の, 頸だけが, 頼る心持, 顏と, 顏を, 食べられちまうぜ, 食べる, 飮んで, 館門を, 馥郁として, 騰り家運, 默しけれ, 默つて平次の, 默祷を, 龜裂が

▼ みながら~ (427, 2.4%)

11 云った 4 私は 3 それを, 歩いて, 言つた

2 [16件] すわって, コツコツと, 休んで, 併し, 俯向いた, 半空, 呼んだ, 四方山の, 心は, 椅子に, 白し月, 自分の, 見ると, 訊いた, 話し合つて, 話を

1 [371件] あとにつき, あとを, あはれとぞ, いいました, いかに私, いった, いつかそんな, いつまでも, いま蜀人の, いよいよ愛する, えてしてくだらぬ, おせい, おとなしく琴, おまえが, お母さんは, かう水島, かちゃかちゃと鍋, かなりきっぱりした, かんがえこみました, こう云った, こっそり吟誦, この事, これを, ごちそうを, さうい, さきかへて, ささやいた, さつきの, さつきも, さらに黄白, ざんぎりの頭を, しかし懸命, しかし来る, したたるよう, しばらく休む, しばらく考え, しょっちゅう神経質, そう云った, そこらへ, そこらを, そこを, そして煙草, そつと, その声, その苦しみ, それでもその, それでも懸命, たずねました, ただ一人, たびたび半, だいぶ晴々, だが彼, だん, だんだん白ん, ちっとも衰え, つめたい風, どうする, どんな文学的感情, なかなか勘定高う, なにごとかを, なるべくみなさん, のべつ幕, のろのろと, はせつけて, はにかむやう, ばっと, ひそかに, ひたすら幻想, ふかいため息, ふと悲し, ふん, ぶつぶつ言っ, ぶらりと明治湯, ぼんやりし, ぽか, またこき使われる, また更に, また街, まだ処女, まだ醒めない, やすんで, やっぱりそれ, ゆくうち, ゆるゆると, よばれて, よもやま話を, わざと可笑しく, わんわん泣き笑い, アバートで, イギリス語で, キエは, キッ, キヤツキヤツ笑つ, コクテールでも, ジロリ, ドアをば, ニヤニヤと, ハタハタ羽根を, ハンドルを, ピアノの, フト気付く, ユキ自身も, ラケツトを, 一呼吸いれる, 一時間程, 一晩中凍てた, 一望千里涯しない, 一緒に, 三十歳位の, 上から, 上るに, 上野の, 下るとも, 不審がった, 両手を, 中へ, 之を, 二人の, 二町程, 二階へ, 人の, 今はじめて, 今も, 今日この, 今日君の, 今晩たつ, 今自分, 今頃は, 仕事を, 仰向けに, 伸子は, 佇んで, 何処かへ, 信仰的には, 働いて, 僕に, 僕は, 元来泣声, 先方の, 入口の, 公園の, 内職し, 内臟, 再び口, 出て, 切ない息, 初瀬は, 前へ, 励ますよう, 医者の, 十六夜の, 十時二十分ごろだ, 千世子は, 半ば渡る, 半ば独り言の, 南北に, 博士は, 反対の, 口の, 口紅の, 叫んだ, 叫んだ言葉, 同じよう, 同時にまた, 吼えて, 呑む, 周圍を, 唄で, 商業上の, 喉の, 囁いた, 声を, 夜ばかり, 夜遅く, 大きな声, 大笑いを, 大野は, 天日の, 奥へ, 女と, 女の, 始めは, 存在する, 孤独だ, 官軍方の, 実はどこ, 客席に, 家じゅうに, 寄食してる, 富岡は, 寝床を, 少し上り始める, 少し無理, 少し行く, 川に, 己の, 己れ, 帰って, 帰るの, 店を, 庭なり, 廻る所, 弁天山の, 弦之, 彼の, 彼は, 彼自身を, 往っ, 後戻りする, 徐に訊いた, 御手洗邸の, 微かに, 心の, 心ゆく談話, 心持が, 急いで, 急に, 急速度, 悠々と, 悪たれ口を, 憐れとぞ, 懐中の, 懐鏡を, 我が胸, 戻って, 打たむ, 折々笑, 抜きつれ立って, 振り仰ぐと, 掌気象長か, 措くこと, 擬宝珠の, 散切り頭に, 既にはや以前, 早や, 早苗は, 昆虫採集で, 是公氏が, 暗くなった, 暫く横, 暮れか, 更に大, 朱実は, 机に, 村の, 来る, 柔かく教養, 格子戸を, 横に, 橋の, 機關手は, 止めるとも, 此処が, 歩いた, 歩き出すと, 歩み去る, 気味わる, 気持が, 池の, 海底の, 涼し枇杷, 混雑した, 湿る谿, 溺れて, 無事に, 焦燥や, 煙突に, 煙草を, 熟と, 熱心に, 父も, 物に, 独語の, 猫の, 猶も向, 獣の, 玄関の, 王様からの, 病の, 発現する, 皮肉な, 目を, 相変わらず微笑, 眠った, 眠って, 眠り入りたり, 瞻り, 石を, 碁を, 立ちあがった, 立ち上りました, 立って, 笑った, 笑つ, 結局失敗敗戦し, 絶えず動い, 絶えず尻尾, 縁を, 習って, 考えた, 考えるとも, 耳を, 聞いて, 聴くと, 肩を, 胸を, 腰を, 自分は, 自分自身を, 花よめ, 花嫁の, 若い人妻, 苦茶々, 苦茶苦茶に, 英吉利は, 萎み夏, 蒼黒い, 薄明けの, 藪の, 行くこと, 表へ, 被服廠の, 西と, 西の, 西行さんの, 見て, 見る間, 視て, 観世音や, 言った, 詰問し, 話した, 話して, 話しませう, 話し出した, 話し合, 話すと, 話そう帰り, 話は, 調子を, 請書を, 讃詠と, 貧乏揺りを, 責任の, 跡を, 跣足で, 踊りだした, 農村調査の, 近づいて, 近よって, 近所の, 追蒐, 逃げ失せに, 進んだ, 過ぎて, 酒宴を, 銜えた煙管, 門を, 雑用を, 雜用を, 静かに, 頬の, 頭を, 顔を, 飛び出した喉豆, 馬に, 髪を, 鮒を, 黒焼に, 黙って, 黙り込んでしまつた

▼ み~ (411, 2.3%)

18 ある 8 あった, あって 5 あると, ない 4 あつた, あつて, あるから, あるの, こもって, ついて, どこかに 3 あったので, かつた, 付いて, 入って, 加わって, 残って

2 [20件] あったわけ, あります, ありますよ, あるとも, あるやう, かかって, すると, ないこと, ないの, のぼった, ほ, 一つ出来た, 一人女児で, 七分で, 不意の, 人間の, 付いたやう, 出て, 深いよ, 行はれ

1 [281件] あくで, あったから, あったであろうと, あったに, あったの, あったらピカリ, あなたさまの, ありいろいろ, ありおのずから, ありさ, ありさうに, ありそこ, ありちよ, ありながら, ありました, ありません, あり彼, あり空想的, あるこれ, あるだらう, あるでありましょう, あるという, あるので, あるもの, あるらしく信者, あるわけ, ある様, あれば, あろうとも, いいせい, いくら殘つて, いった, いって, うすい単, うるさくその, うんと入ってる, えつて, おいて, おそかった, かたまらない, かつて湛, きくこと, くるの, ここらの, この二枚, この頃, こみあげて, さして, さして彼女, されそう, しばしば彼, その代り, その時湯気, その顏付, それである, それを, そろそろ活動, たべられる, だんだんわかっ, ついた, つくと, つくんじゃど, つたわって, てらに, てらの, てらや, てら一匹, できた, とれたし, どこかで, ないから, ないずゐ, ないせい, ないと, なかつたならば, なかつたら茶道, なき午後, なくては, なくなって, なくなるから, なくイヤ味, なく何, なく味がい, なさ, のって, のるだと, のると, はいった, はいって, はげしく起つた, はみ出しそう, はりに, ひれに, ふくらんで, へつたとき, ぺろぺろ赤い, ほしきいづ, ほしくには, ほしもの, ほとんどありません, ほろほろに, ぽちり, ましたとも, またひょいひょい, むくむくと, もてなくなつ, やってきて, よかったら, よけいに, わしに, カードに, プロレタリア文学に, 一人笑った, 一段と深い, 下りて, 両親の, 並び進んで, 並んで, 中学を, 主眼では, 乏しいとも, 二人の, 人間として, 付いちや, 付かないから, 付きやが, 付て, 伝わって, 伝馬船に, 何に, 保たれると, 倍加され, 儂一人だけ, 先に, 先にな, 全く働い, 六かしくって, 其の不治の病, 其処に, 其所に, 凝り固まって, 出るだけという, 出るで, 出ると, 出來, 出来た, 出来たと, 出来て, 出来なければ, 出来るん, 出来上って, 初まった, 刷かれ, 加わるであろう, 勝ち過ぎました, 勝って, 募る, 匂ひます, 半身に, 即ち赦しである, 去りようやく, 去來, 収まらないので, 只一つ公, 吸いつくよう, 唇を, 増して, 多い, 多かった, 多少廣, 夜夜うす暗い, 大きくなれ, 失神の, 如何に, 姿を, 嫌悪に, 射して, 小さければ, 少し殘つて, 嵩じて, 巧みに, 広い額, 強いから, 強いね, 強いので, 強いのよ, 強かつ, 強過ぎる, 得られるの, 御存じです, 微に, 必ず裁判, 忍んで, 悠々と, 悪い, 悪党の, 感じられた, 感じられると, 感じられるまでには, 感ぜられ胸, 慌てては, 手に, 拡がつて, 持って, 文なし, 新しい世界, 日本特有の, 映らぬとも, 最も創意, 有つた, 有る筈, 村の, 殊に私, 残る, 洞の, 浦とでも, 浮かびあがった, 浮んだ, 深いな, 深うなっ, 深くても, 添ひ, 済むと, 湧いた, 湧き出したころ, 湧くそれ, 滲み出して, 漂って, 漸次に, 潮し, 無い, 無いだ, 無いでも, 無えから, 無かつ, 無ければ, 無残に, 現はれる, 瑪利亜の, 生ずる, 疾く先方, 直接の, 空気には, 突然心, 籠つてゐる, 純文学なりと, 続いて, 総身くずれただれ, 花は, 花傘なりに, 菊を, 落ちつかうと, 蔵はれ, 薄い, 蘇み, 行くと, 行われて, 裸の, 見えて, 走つて, 起り別の, 起るに, 軽くだめ, 軽やかな, 這い込んで, 造られた人間, 違って, 違ふからね, 酌を, 鉄砲と, 鉛色に, 銘仙を, 鎭められた, 隠されて, 青白く花, 靜け, 非常に, 鞍馬山には, 頭から, 駈け込んで, 鳴いて

▼ み~ (293, 1.7%)

6 ない 4 したが, ーあー 3 ないと, 人間の

2 [17件] あっても, お糸, しても, しないが, しなかつたが, せじ, つてゐた, どこから, 其昔自分の, 大人よりも, 彼を, 此の, 無し私, 眼を, 私の, 裙に, 遠く黒板

1 [239件] あいつを, あまりに享楽, あめつ, ありやなしや, あろうと, いたしません, いつかほとんど, いまなお, いま何を, いろいろな, うやうやしくお辞儀, おた, おんみ, かえって十分, かくも, かしを, くにつ, こうなっ, ここから, こたえられぬ, こっそり帰っ, この前, これから何處, ございませんが, さぐり得ませぬが, したけれども, した然し, しない, しないか, しないかと, しないから, しないと, しないのに, しなかった, しなかったの, しなかったん, しなかつた, しなかつたの, しまいかと, しませんわ, すぐ消えた, すさのをの, すでにしばしば説いた如く, すべてを, せず動悸, せんが, その武士, それだ, それに, それのみ, それまでに, それを, そんなこと, たかりて, ただ自分, ただ食べる, ちゃんとここ, つたが, つて, つていつまでも, つてその, つてを, つて大きく, つて床の, つて来ました, つて神谷に, つて見上げた, どちらにも, どんなに違うだろう, ないかも, ないだらう, ないな, ないの, ない殆, なお商業団体, なきはず, なくなって, なく釣, なにを, なれぬかけ, なんだかわかりません, ぱんやの実だ, ふりに, へんな, まあわかっ, まさにこの, ますますはげしく, ますますはるか, また格別, まだこうまで, まるで存在, まるで思い出せない, みつけるの, みな今日の, みんな水が, もう死ん, もつの, もはや惡, やはり映画, わいて, わかりませう, キラキラ光る, クリーム色の, シナからでも, ストーリーの, ッた, ナンセンスだ, ヤンを, リーザが, 一度も, 一方ならす, 三世相に, 丸で, 主體, 五十八年來嘗めつくし, 人間を, 今頃漸く, 仕らじ, 以前と, 佐々木小次郎という, 何歳までか, 健康な, 先づこ, 光りかがやいて, 入れかえなければ, 全宇宙, 全然感じないらしかった, 其身の, 初市, 判りたくないけれども, 加減だけで, 動いては, 勿論人, 単なる散歩, 又いつも, 又もやこの, 受け入れること, 可愛い好い香, 名のみに, 唯事では, 單なる, 嗣二の, 堺の, 増した, 増して, 増加する, 多少にも, 夢にまで, 大きい, 大きかつ, 大忌, 妻子に, 嬉しいね, 学校にも, 実は何, 容易に, 寛大な, 届けられて, 常識や, 平地の, 年として, 建てり, 彼女の, 彼等の, 得られなかつた, 御無用, 復活した, 微かな, 徹夜作業などの, 恐し過ぎた, 恐れて, 所謂臣である, 手間賃を, 承天寺, 放つても, 敬語つ, 日日に, 昔から, 映す崖, 春秋の, 時にみどり, 更に不思議, 最初の, 有けん, 朝鮮語の, 東国で, 果てじ胸, 正義を, 此の世の, 此処にのみ, 此解けない, 死んで, 比較的どうでも, 河内の, 泰造多, 海棠の, 湖水の, 満ち傾きぬ, 無論その, 獄中の, 珍らしくない, 生死の, 用意し, 田舎の, 白銀屋新七は, 皆田で, 益々加わり, 直接神に, 眞面目な, 真に神, 知れますなあ, 石で, 破れました, 禁止せず, 禁物だ, 第一線に, 糸に, 経糸二十升より, 緩和を, 茶でも, 血の, 行くところ, 行脚的旅行の, 裳で, 読書である, 赤門前の, 這般の, 通常受ける, 遂にその, 違う, 配給し, 重げで, 金を, 銘々好き好きの, 靈魂を, 非常に, 飯や, 餘つ, 駄目よ

▼ み~ (275, 1.6%)

6 ために, ような, ように 5 ところを 4 やうな 3 うちに

2 [27件] あるもの, ある舞台, ある語韻, うえを, からだ, くるしみ, ことで, つてゐた, ところに, なかに, ひとつに, ままだった, やうに, ようでございます, を着た, 一つであった, 一つである, 前に, 半分は, 底に, 情が, 有難さ, 毛を, 為に, 着物を, 神を, 空に

1 [191件] あくどさ, あったの, あとが, あとの, あまり死に臨めるごとく, あるせりふ, あるそば, あるなつかしい, ある下脹れ, ある京都言葉, ある人, ある光, ある又, ある品物, ある始終, ある快い, ある所, ある所帯道具, ある書店, ある淡, ある灰色地, ある画, ある白, ある目, ある空際, ある聲, ある落着, ある調子, ある質問, ある配色, ある面, ある面立ち, ある顏, ある顔立ち, ある顔色, うえで, うちな, おさまたげ, かかッ, かへさ, が有った, きょうだい同様じゃ, ことも, ことを, ご様子, さしくる眼, して, しまに, しんの, するまっ黒, せまいおもいを, ためである, ため此上も, ため色を, だのかくれ, ていも, でした, では, というの, ときなど, ところへ, とほり, と名づけられ, ないこと, ない別れ, ない収穫, ない様子, ない顔, なかにも, なかを, のポスト, の中, の童話, ひとつで, ふえを, ふかみ, ほうも, ほとんどない, まましかも, みえる, むし, むしだつた, むしという, ものが, やうで, やうでした, やうな黄ばんだ, ようでございました, ようにさえ, よさ, をきた, を持っ, を発明, ダイヤの, フットホールドで, フレデリック大王の, 一つで, 一つでございました, 一つな, 一つに, 一つは, 一という, 世界が, 中だけで, 中なる, 中に, 中へと, 仕度を, 偶然も, 傳は, 内に, 処へ, 出しかたは, 出て, 刻限をも, 前では, 原因は, 古金銀, 名詞法から, 命と, 命に, 命らしく見える, 基と, 多少残つて, 太刀や, 如きは, 姫さまだ, 尊に対する, 少しも, 少女みんな同じ, 帽子をか, 幼なじみが, 当るところ, 御容子, 御母天, 御眼, 微笑が, 微笑だった, 微笑だつた, 心を, 恋文て, 情は, 情熱に, 感ぜら, 手へ, 文学が, 方が, 時は, 時刻が, 最中に, 有る人, 木彫りとしか, 林を, 樣な, 残ったその, 殘つた草の根を, 毛皮で, 水晶の, 氷の, 海へ, 深さ, 深入りする, 点にとり, 眼を, 眼差しを, 眼差を, 着物で, 程も, 立場から, 笛, 結果である, 羽根が, 習慣を, 袖を, 裏に, 見える小さな, 見つかる事, 言葉も, 起縁に, 足りないもの, 足柄郡西する, 踏み弄びまするやう, 辺りを, 遠吼, 邪魔を, 障害に, 雲に, 音な, 鬼灯が, 麻の, 鼠色の

▼ み~ (209, 1.2%)

4 ない 3 ある, した, しなかった, なかった 2 すれば, せずに, せず又, せず食ひも, ないの, ふたも, 忘れて, 罪の

1 [177件] あった訳, あへ, あらうと, あらざれど, ありません, ありませんですから, あり東海道愛好者, あり燈籠, あるし, あるせい, あるであろう, あると, あるべき筈, あれば, あればと, あんめえ, いい, いくらか色づき, いたしませんけれど, おのずから形式, かかるが, かならず私, この八月, させぬこと, さること, されるが, したが, したろう人, した事, しつ, して, しない, しないこと, しないで, しない人間, しなかったよ, しなかった色々, しなかつたが, しねえん, しまい, しようし, しらない外国, しらぬその, しらぬ故郷, し着, すべけれ曲中人物, するが, するだろうと, する安心, せず, せず今井, せず千代, せで入りし跡, せぬけれど, せぬ世, そうしてふるえおののく喘ぎ, そめぬ, それで, それと, たいがいに, ためらいも, だんだん薄く, ついて, つきよく, つまりは, できて, できないほどの, できないよう, ないが, ないけれど, ないこと, ないやう, ない惨なる, ない親族ども, なかなか生き, なくただ, なくどう, なくなったよう, なく不思議, なく何の, なく多年, なく夢うつつ, なく市木さん, なく日, なく暮らし, なく降りつづけた, なく降り続い, なく降頻る, なく鬱い, なければ, なさそう, ならず, ならず冷, にわかに消えた, はら, まぜて, ままごとの, もうこれ, よけいに, よろこびも, 一つにな, 上りません, 亦深から, 亦驚嘆, 今日限り, 他れ, 会社が, 光つて見える, 共にし, 出來, 出来た, 出来れば, 去らず身, 口の, 和子のぶじ, 喜びも, 増して, 夕に, 外して, 多くて, 大方含まれ, 失なりぬ, 好ましくな, 好みも, 少しづつ, 少なくて, 得ないで, 得ぬ, 忘れた今, 忘れ餘, 思うぞんぶん良斎, 悔いも, 悪くおもっ, 悪くございません, 情も, 愉しいもの, 感じませんし, 成らず, 手つだって, 打首獄門だ, 抱いて, 持つて, 有りやう, 楽みだし, 機んだ, 残るの, 永くは, 消えて, 深かった, 深き粉河寺, 濟んで, 無いので, 無くこんな, 無くなるだらうと, 無くまた, 照れるも, 申したま, 眼立たない, 知らないし, 知らない人たち, 知らぬ赤, 秋草の, 籠つて居る, 糸子は, 美しさ, 聽かば, 花火も, 薄い, 見えず温順, 試驗濟み, 請わぬ今日, 起らないでも, 起ると, 遠く隠れた, 遣らず冥途, 鋒尖, 食ひもしない

▼ みては~ (202, 1.1%)

12 どうか 9 どうかと 7 どうでしょう 5 どうだ 4 くれまいか, どうです 3 どうかね

2 [16件] いかがでしょう, いかがです, いけない, いなかった, どう, どうかという, どうだらう, どうで, どうであろう, どんなもの, ならない, ならないもの, ゐないが, 何う, 居れませんでした, 舞ひ

1 [126件] あれも, いいかげんで, いかが, いかがであろう, いかがでございます, いかがでござる, いけないじつと, いけませんあなた, いない, いない彼, いなかったが, いろいろと, いろんな質問, おまえの, かねがね想像, くれないの, くれぬか, さて落語家, さびしい顔, したり顔し, しょっちゅうホテル, じっと地面, すぐおもしろい, そうしたもの, そこで, それほどで, それらの, それを, だれだって, ちょっかいを, とびこんで, どうかしらと, どうかな, どうじゃ, どうだい, どうや, どう云う, なやましくも, ならないと, ならんぞ, なんとか答, にたりにたりする, ひよろ, ふみ潰し, ふッ, またズブリ, また屹, また目盛盤, また降る, もいでも, もう文句, よく諸, よほどの, わたくしとて, ゐたの, ゐないかと, ゐないの, ゐなかつたので, アルヘンティーナように, ムクとして, ーねる, 一見なんら非難, 下さいませんか, 主だ, 云々といふ, 何うじゃ, 例の, 半三郎, 又犬, 吃驚する, 呆れて, 呉れまいかな, 命も, 声の, 壺に, 大阪から, 夫人が, 女同士で, 如何, 如何でしょう, 如何です, 実に完成, 店から, 彼の, 彼は, 後え, 感に, 手を, 接いで, 新田方の, 方々案内し, 日課の, 時勢の, 最後に, 楽しむの, 正しい判断, 武陵桃源という, 渓の, 渡しを, 滔々たる, 火に, 皿小鉢が, 知らない字, 笑み馬, 笑む, 粗製でも, 結局大道的方針を, 網まで, 考え直して, 耳の, 腹を, 苦吟し, 言ふ, 買えるもの, 路傍の, 逃れること, 遂に安, 遣瀬, 針を, 関税を, 順ぐりに, 頻りにその, 首を, 駈け戻って, 麟を, 黙って

▼ み~ (159, 0.9%)

8 して 4 した 3 おって, 振りたき袖 2 し復, す, するの, するは, 比べて, 若や

1 [129件] あって, あわれみとは, いう, いうか, いうに, いうよりも, いふたらとても, いふの, いふもの, おかしみ, おっしゃった, おった, おった朝日, おるよう, きいては, くれやす, こうと, したこと, しました, し衣食住, する, するい, するところ, する人々, する伊吹, する将兵たち, する折, する日, する處, する越前, せしが, せず, そうしたこと, ただに, つややかさを, なぐさめし我身, なしこれ, なったこの, なりました, なる, ほつた, ほつて, ほつてぢ, ほり, ほるやう, ほる冷たい, また新た, よろぼひ立てる, 一しよだ, 不安とに, 不満とが, 云うべきであろう, 云うもの, 云う事, 云う形, 云う非常, 云って, 云ふ, 他人の, 何を, 信頼の, 冥, 厭わしさ, 同情の, 咲きに, 品位とを, 変つ, 外に, 夜具の, 女名前何でも, 嬉しみと, 守りを, 帰って, 後悔の, 快い弾力, 思うて, 思ったそう, 思って, 思はむ, 恋しかりけり, 悲しみそれらは, 悲しみとで, 憐れさを, 戦うとき, 手には, 暖かみを, 暖さが, 朝廷を, 椎茸と, 殘る, 温かみに, 滑らかな, 熱心とを以て, 物言ふ, 物足りなさ, 珍らし, 生気とを, 申しても, 申しましたが, 眺め見あかず, 破れはてし, 称して, 称するもの, 笑まむ眉引, 美しさ, 背優美味が, 致候迄に, 舊くから, 花たむけし, 苦みの, 草とりかね, 藤波の, 血の, 見えて, 親しみを, 親愛さとが, 言うた, 言うの, 言って, 言ふ, 言ふも, 許しとが, 許しとに, 許しの, 違った一つ, 闇との, 静かな, 魅力とが, 鹿の

▼ み~ (141, 0.8%)

9 あつた 2 ござります, ニツコリする, 一間ばかり, 母達の, 玉が, 耐えて, 見えたの

1 [118件] あたためて, あつて, あらう, いたの, いつも黙々として, いらっしゃいましょうか, いる伸子, うれては, えなもの, おざった, お在す, この仕事, この藤波友衛, これだけは, さう, じっと耳, する暴行, ずっと以前, せうね, そうでない, その青年, それが, それを, たたきますと, たまらないほど, ちくりと一本, つい此の間, つかまれたよう, どんな病氣, ふるいわけてから, もござりましたら, チラリと, 三田の, 二人を, 今でも, 仰け反るところ, 何處からか, 傅次郎の, 先生が, 其のころ書生気質, 切って, 前褄, 勝ち續け, 卓が, 同時に不身持, 喰べて, 四方山の, 地蔵様を, 地藏樣を, 堪らないといふ, 大い, 好いだ, 好いわの, 子供だって, 家中の, 寝る, 少しはで, 左右に, 左手を, 平常は, 幸福者なんだい, 彼を, 心が, 心こ, 押し通しました, 掛つて來る, 揚羽の, 撃って, 更に無理, 書くだけで, 朝刊の, 梶棒が, 此が, 水を, 淡雪の, 照彦様を, 猿若の, 生きて, 生きる方, 生垣の, 疾走する, 病気中看病に, 白状した, 百姓一揆を, 相談の, 石沢閑斎と, 石燈籠は, 私の, 私は, 笑つ, 笑わせる, 素性が, 纏め始め, 腹を, 自分の, 臺座の, 良平には, 華々しく迎えた, 落っこと, 落つこと, 蔵の, 虫も, 見ると, 見付けなすつた, 詰らんこと, 足が, 足を, 辻斬りの, 通らうと, 釣りといふ, 開かなかつたん, 隱見する, 雪は, 頤髯さ撫でた, 首の, 鼬小僧の, 齎らさるべき, 齒が

▼ みつつ~ (85, 0.5%)

5 あんが, あんの 4 あんを 3 あんも 2 あんと, 勢る, 歩いて, 行くが

1 [60件] あり, あると, ある心, あん, あんかい, あんがなあ, あんじやあ, あんといふ, あんとは, あんとられて, あんなあ, あんに丸髷, あんに着物, あんに頼ん, あんに頼んだら, あんはなあ, あんみたい, あんやし, あん一人で, あん泊, あん洗濯, あん連れて, かの黒, ここの, この議, みまもりて, 今一息と, 今日のみは, 六日目の, 南大門から, 去り敢, 問ふ, 夜明け近く, 妹は, 妹待つら, 幾度か, 彼の, 往っ, 悠々と, 捨てられぬかも, 敬礼を, 春の, 春を, 時々一粒, 更けたり, 欄頭の, 泥中に, 漸, 烏賊の, 竊と, 立てる女, 胸に, 自分は, 行く, 見て, 見てを, 近くに, 都家歌六の, 静かに, 馬上静かに

▼ みてから~ (78, 0.4%)

3 でないと 2 あいまいな, その原稿, だ, でも, 火鉢に

1 [65件] いくらか気まり, おかしいと, おくれて, おもおもしく首, お家へ, お頼み, さきに, すっかり気, その徳利, それから外人, それから答え, だが, でなければ, はかまへ, はっと眼, また云った, もう練習, ゆっくりと, わななきわななきレンズ, ニヤッと, フーツと, 一足遅れ, 三室を, 云った, 今日帰る, 使えたら使おう, 初めて恋, 初めて火, 各種の, 夜具の, 子供が, 寝に, 小さくなっ, 帰るから, 帰ると, 廿六年ぶりで, 彼が, 後でも, 悲しいうち, 挨拶を, 攀って, 文句を, 根拠を, 次に右, 決めるの, 片口へ, 盤に, 直ぐ又, 破ったり, 立ちあがりながら, 結局その, 考えた結論, 考えましょうわい, 脚をの, 言へ, 議論を, 貝原は, 越後守仲時の, 足を, 鉄格子の, 隅の, 静かに, 静かにかけ, 首を, 黙って

▼ み~ (73, 0.4%)

9 をの室 4 へすれ, やま 3 うも 2 さぎ, っしゃい, です

1 [47件] いるだの, うして, うで, うである, うであるが, うもない, かえあれ, この位, さぎのうへの, さぎや松, さぎをすっかりこわして, しし珈琲, したの, しぬ, しもたゆ, ちだと, ちゃんとわたし, っし, っしゃいご亭主, つし, でした, は子供, ひづるや唐国人, ぶらひ, ぶらひのみ, ぶらひ御, ぶらひ御髪, も行く, よりは腹だたし, をがいつか, をととても, をとわかれる, をのところ, をの声, をの情夫, をの愛し, をの眼, をの面倒, をは何とも, をは少し, をは燃える, をは物臭, をは生き, をは眼, をは私, を子, を常久

▼ みちゃ~ (54, 0.3%)

10 どうだ 8 んの, んは 7 どうです 4 んが 2 どうだい, どうだろう, んには, んを, アどう 1 あんまり無味乾燥, いない, いますまい, いられないな, とても安心, どうかね, ァいられねえ

▼ み~ (48, 0.3%)

15 がれ 3 古へ

1 [30件] あがれ, あがれそれでも, いせ, え, えな, がれあの, がれおれが, がれこっちから, がれそのまま, がれそれで, がれた, がれどう, がれ一もうけし, がれ上屋敷の, がれ大声で, がれ気の毒だ, がれ米友の, がれ野郎活仏さまが, びたるわざに心を, びやかに菓子の, び心の, 友禅の, 古で, 圓太郎, 幾らかの, 悲しさ, 憎みや, 生臭を, 肥料に, 蠅だの

▼ み~ (37, 0.2%)

5 の命 4 はした 3 はし, はしました 2

1 [20件] などいう, など言, のみこと, の尊, はしこれも, はしぬ, はします, はしわが, はしゐたる, はつて来, ひょう, ふこと, ふと云, へんと, ほうい, ほうか, ほしきもの, ほという, をしぬ, ん

▼ みやう~ (37, 0.2%)

8 と思 3 か, とする 2 と思つたの

1 [21件] かといつた, かと風呂屋, といふでは, といふ事, といふ心, といふ気持, としても結局やつぱり徒労, とふと, ともん, と心, と思つて彼, と思ひ, と思ひついた, と思ひました, と木村重吉, と由子, と眼, と考へた, と考へられる, にも力み, ね

▼ みその~ (36, 0.2%)

2 中に

1 [34件] さま目を, ほか水中の, ま, 一つ一つに, 一盃機嫌で, 上で, 世界から, 仲は, 俸給を, 前へ, 匂い何かしらひきつける, 同囚の, 年の, 恩顧を, 指を, 文明を以て, 次にはもう, 歌の, 混雑を, 癖自分の, 百瀬しのぶから, 窓, 者を, 耳へ, 肉を, 肩へ, 胸は, 臭いが, 貸しと, 辺を, 非難を, 面変りその, 顔を, 馬鹿さ加減に

▼ み~ (34, 0.2%)

2 だ, だから, である

1 [28件] があつ, が両立, が入, が正しい, そのま, であつ, であるが, で少時もの, で山, といふもの, なども平明主義, になつたの, によってはあるいは, によって意志, によって色々, に疑ひ, に近, はない, はなかなか, は誤り, もない, もまた, や解釈, をし, をせられた, を伝へよう, を指定, を誤っ

▼ みから~ (32, 0.2%)

2 激しい言葉, 遁れ

1 [28件] いったん収まりかけた, いぬゐ, おりる姿, くつわまで, くるのに, そつと, その一生, みな袖を, 今戀, 何度も, 出たひな, 初めてその, 大は, 愛に, 拓かせようと, 救はれた, 漸く救, 熱湯を, 笑みを, 自分の, 親しくすれ, 解放し, 言った捨台詞, 起った事, 逃れようという, 遠ざかる様, 離すこと, 飛び降りたところ

▼ みての~ (29, 0.2%)

5 上で 2 ことだ, 上の, 話である

1 [18件] お頼み孃さま不憫, ことな, ご警戒, わけだろう, わざを, オッカネ女が, 上なら, 争いである, 問題だ, 奇怪至極な, 後にも, 悪口でしょう, 想像であった, 業と, 気持との, 確かな, 証言でしょう, 賜り物茂助は

▼ みかた~ (28, 0.2%)

7 の潜航艇 2 だよ

1 [19件] から誘われた, がいかにも, がせられ, がとん, が何と, しも, で私, とする, に大, のヘリコプター, の勝利, の正しい, の警官, もともに, も違つて來, をし, をする, をみせ, をやつ

▼ み~ (27, 0.2%)

63 るるよう 2 るるごとき, るる微笑

1 [14件] いて, がかしましい, こそは新, つさ, と同じく, によつて人間, はまた, みら, るるが, るるの, るるも, るる畏敬, るる諸王, を知らない

▼ みたま~ (26, 0.1%)

152 の祭り, へとむりやり, へば雀子 1 へあの, へバビロン, へ君, へ概して, へ秋子

▼ みには~ (25, 0.1%)

2 して, なって

1 [21件] いらうとも, いる, しないつもり, たしかに古雅, なりませんでしたか, ひつた, まことに結構, また必ず, もう足元, 他人の, 代へ, 入りかね手, 声も, 少しも, 未成品とは, 水蟷螂が, 無かった, 眼を, 私の, 要むるところなし, 飢えて

▼ みという~ (24, 0.1%)

4 ものが 3 ような 2 ものを

1 [15件] ことが, ことも, ところな, のさ, ものだろう, もので, ものは, ものも, 事で, 二法令ほど, 様な, 段に, 気もちから, 順序だ, 風に

▼ みでも~ (23, 0.1%)

2 して, するやう

1 [19件] あった, あったの, あつた, ありかつ, ある, いるん, すると, するよう, する樣, づゝみでも同じ, ないから, なく諦め, やったか, 半襟の, 取って, 思案し, 残って, 決して時務, 言いたいくらいの

▼ み~ (20, 0.1%)

2 手を

1 [18件] しがみつきながら, じっと眼, その手, その片手, ちょっと足, つかまると, でた, 与五郎の, 両足を, 伸ばそうと, 入れた革鞄, 入れて, 寄って, 投げ込んだ, 片手を, 縋って, 跳びかかって, 飛込んで

▼ みまた~ (20, 0.1%)

2 それを

1 [18件] かたく信じた, このな, これを, その, その大, ちょっぴりさし, スターツィオに, 作物を, 嬉しむ, 少しく時, 工場建設の, 幻想に, 彼らを, 挙樹をも, 文事にも, 笑うだろう, 身體の, 部下の

▼ み~ (20, 0.1%)

141 かね, かや, か人前, が鳴き出す, ですか, もひと

▼ みとして~ (19, 0.1%)

1 [19件] その女, なかば朽ち, ゐるの, ロシヤとも, 一族の, 二人の, 仰がれるであらう, 受けるであらう, 受け取って, 始終涙, 居る, 来た, 来た小山田信茂, 現わ, 生垣の, 稼兄を, 自分自身を, 阿波入国の, 降伏を

▼ みにくい~ (18, 0.1%)

2 容貌では

1 [16件] あひるだ, おくれを, かえるの, ことと, となってる, とはそう, と思ふ, 二人の, 口あらそい, 意志の, 感じを, 敗れ方, 死骸を, 私が, 退きかた, 顔も

▼ みにな~ (18, 0.1%)

2 つても, つて客を

1 [14件] つたのでございます, つたのは, つた背中から, つて今にも, つて小走りに, つて御覧に, つて急いだ, つて教へ, つて本, つて水洗ひ, つて皮を, つて耳を, つて腰も, つて隼人が

▼ みそれ~ (17, 0.1%)

2 を胸

1 [15件] から五枚, がえぐい, がわからなかつた, が反, が如何, によって, に従う, の実, は恐るべき, をうしろ, をサラサラ, を二人, を玄関口, を貸し, を飜

▼ みにも~ (17, 0.1%)

2 あたり供養, して

1 [13件] あらで一種変梃, ならぬかたい, なりましょうず処, なる, なるし儲け, 似た暗, 何も, 充ちたもの, 其心の, 出られる訳, 恥じて, 書いて, 貧乏で

▼ みそう~ (16, 0.1%)

3 にもない

1 [13件] して, だった, てっせんかなめ, なけばけばしい, なもの, な地相, な心, な花, には想えなかった, に手, に歯, もない, もなく

▼ みたりの~ (16, 0.1%)

4 淑女

1 [12件] あげくちかごろ, かげ, すべてで, フィレンツェ人, 伴侶の, 墓の, 淑女あり, 淑女の, 淑女も, 淑女即ち, 者ま, 者を

▼ みながらも~ (16, 0.1%)

1 [16件] その時, それでもかなり, 女性に, 彦兵衛嫌応は, 押入より, 敢て, 望み通りの, 木々説に, 杯を, 桂子を, 猶踏み, 男の, 相當, 聲爽かに, 逃げるを, 駿介は

▼ み~ (16, 0.1%)

72 へば此處, へり 1 へあいつら, へとて蔭, へば此処, へ将軍, へ終に

▼ みたち~ (15, 0.1%)

4 の無数 2 の嘆き, の死, の無限, の静けさ 1 に入らん, の背, の背負

▼ み~ (13, 0.1%)

1 [13件] から小さく, から馬, だつたが, で貰, なのよ, につとめ, につれ, のマツチ, の三徳屋, の二階, の露地, の面影, へはいつた

▼ み~ (12, 0.1%)

3 君は, 由 1 びゆるごとく, 上がりなんし, 早く歸, 竹の, 米を, 靜も

▼ みさえ~ (12, 0.1%)

7 すれば 1 すりゃこの, ない, 感じられるほど, 残って, 漂って

▼ みてや~ (12, 0.1%)

3 がれ 1 がると, がれあしたとっ, がれいまに, がれけ, がれっ, がれって, たやすくは, 惠むともなき惠み, 過ぎなむ

▼ み~ (12, 0.1%)

52 えか 1 い, いと, えじゃ, えたらふく, るく思ひきつ

▼ みがたい~ (11, 0.1%)

1 [11件] だろう, 世の中で, 力に, 心の, 熱望が, 者としてしか, 胸の, 衝動と, 要求から, 願ひであつ, 願望としてよりも

▼ みしり~ (11, 0.1%)

1 [11件] という音, と上っ, と変, と天井裏, と廊下, と撓んだ, と歩い, と渡っ, と降り, と階段, と響い

▼ み且つ~ (11, 0.1%)

2 眺む 1 よろこぶ, 佛蘭西語に, 可忌, 憤って, 苛ち, 語り興酣, 譲るに, 量に, 食つて

▼ み難き~ (11, 0.1%)

2 炎上の 1 に出, ものなる, ゆえんである, を感ずる, ハドリアの, 一つの, 情熱の, 要求なる, 遺憾を

▼ みなど~ (10, 0.1%)

1 いう娯しみ, しちゃ, しつつ, する三味線, せむとて, 一切かえりみなく, 云つて居られない, 冷たいもの, 少しも, 忘れて

▼ み取り~ (10, 0.1%)

2 しに 1 が二人, たまふべし, と夫婦約束, になり兼ねない, の墓, の幽霊, の死骸, 給え弓矢

▼ みある~ (9, 0.1%)

2 所に 1 ものなり, をばある, 修行者短冊を, 灰色の, 発想を, 色を, 雪の

▼ みだりが~ (9, 0.1%)

2 ましい姿, ましい言葉 1 はし, はしくし, ましい男狂い, ましい話, ましさ

▼ みでは~ (9, 0.1%)

2 ない 1 ありますまいか, あるまい, ございませぬが, ないか, なく詩傳, 豈夫, 間に合わない程

▼ みとか~ (9, 0.1%)

1 あぶらろうそく, いったよう, いって, てれるとかいう, ゆとりとか, 云ふ, 仏罰神威などが, 潤ひとか, 花見とか

▼ み~ (9, 0.1%)

1 が, として南方翁, にハ, に尋ねける, の子, の男, は見, をし, をのろう

▼ みそして~ (8, 0.0%)

1 あんな女房連, いちどは, いとも無造作, 再び階段, 平氣, 時々話, 車から, 遠い旅行

▼ みたりなど~ (8, 0.0%)

3 して 1 した, したの, しました, しましたが, するの

▼ みにゃ~ (8, 0.0%)

1 どんなになる, ならん, わからんけど, 分らん, 寝覚めが, 持って, 浪を, 誰でも

▼ み~ (8, 0.0%)

1 に一点, に思ひめぐらし, のま, の取り, まかせに, をなす, を使, を引きしめた

▼ み~ (8, 0.0%)

2 が一杯, を 1 の鳴る, は渓, をくれ, を一杯

▼ みかつ~ (7, 0.0%)

2 遠み 1 は水平, ファーエンヅァの, 誇り更に, 誇るべきである, 近み

▼ み~ (7, 0.0%)

2 ぬの 1 のまに, ふ見に, めかも, ネコぶち, 夕み

▼ みさん~ (7, 0.0%)

1 がいひました, がうさぎさん, がふとした, が一匹, と兵隊, もどんどん, や娘

▼ みそれから~ (7, 0.0%)

1 こんどは, 不審そうに, 両脚を, 内緒の, 小箱, 廊下の, 石段を

▼ みてからに~ (7, 0.0%)

2 するほう 1 したいと, しようと, するが, なさい, 懐中へ

▼ みてからの~ (7, 0.0%)

1 こと, ことである, ことに, 上, 事だ, 兵馬自身の, 言い草な

▼ みてを~ (7, 0.0%)

1 つたに, り, りぬ迎春, りました, りましたが, りますと, りませんが

▼ みとも~ (7, 0.0%)

2 悲しみとも 1 ながめとも, なき穎割葉, なるべきもの, 御思い出し給わり, 思おうもの

▼ みを以て~ (7, 0.0%)

1 其人を, 学校教師の, 寄宿を, 寄宿仰, 御辺, 眺めて, 紺青の

▼ み~ (7, 0.0%)

1 だから, でご, ですが, ですと, には小さな, は驚い, を執る

▼ み深く~ (7, 0.0%)

1 て感じ, て權三, なるもの, 傷つけて, 其上武術に, 物を, 髣髴著く

▼ みかげ~ (6, 0.0%)

2 のかけら 1 にますかげ, の山, の書き, 即お

▼ みたりも~ (6, 0.0%)

2 して 1 した, する, またみな斯, 出来る

▼ みだの~ (6, 0.0%)

1 あさましく聞き, はくしゃだの, 俳諧師だ, 親さまの, 詐り僻み, 郷里に

▼ みだり~ (6, 0.0%)

1 がましく, がましく隣り, なりとして, なる目, 國家社會の, 衣に

▼ みつつも~ (6, 0.0%)

1 なおこの, 可懐し, 幾分の, 志保の, 息を, 畏を

▼ み~ (6, 0.0%)

2 ふ, ろに 1 り屋, ろの

▼ み~ (6, 0.0%)

1 おいらまだ, のに夜倉知, 偶然であった, 寝てたッ, 追いこまれた状態, 遥かなる

▼ み~ (6, 0.0%)

2 えの, やと 1 や, 六十四歳の

▼ みぶり~ (6, 0.0%)

2 にやや 1 かかえって, がいや, は今, をその

▼ みもの~ (6, 0.0%)

2 おも 1 おもひと言, だから, である, を欲する

▼ み~ (6, 0.0%)

2 ながらに日 1 ありける, なりこちご, なるなり, にぞ聴く

▼ み~ (6, 0.0%)

2 ただ木, の夢 1 も眠らず, を徹し

▼ み~ (6, 0.0%)

1 ぐさとり母の, づから弥勒菩薩, には古藤, に手, の指, も足

▼ み難い~ (6, 0.0%)

1 のは, 場合でも, 彼の, 情熱を, 憧憬が, 本能が

▼ み難く~ (6, 0.0%)

1 しかも未だ, なつた, 受納め酒肴など, 態, 承知せしか, 頻りに道祖神

▼ み~ (5, 0.0%)

2 つて爪薄く 1 ぐるくるめき, ふといつた, へぬがに

▼ みあの~ (5, 0.0%)

2 背戸に 1 ように, 三味線には, 黒髪の

▼ みあるいは~ (5, 0.0%)

1 大胆不敵にも, 富岡鉄斎翁の, 慣るる, 眠りあるいは, 詩歌管絃の

▼ みさうに~ (5, 0.0%)

1 しを, なる, なる言葉つき, も思へる, も見えた

▼ みたりと~ (5, 0.0%)

2 おぼしく俗中 1 あるから, 急に, 笑ひ

▼ みちゃあ~ (5, 0.0%)

1 あっしも, どうだい, どうです, んと, 博奕を

▼ みてさ~ (5, 0.0%)

1 ういふ, うして, うはいは, う呟いた, う思つた

▼ みてな~ (5, 0.0%)

2 声を 1 けり, 奴集団農場さ入れるでなえ, 馬鹿野郎を

▼ みてはと~ (5, 0.0%)

1 勧めた, 巌流に, 思ひついてからの, 申しあげて, 話して

▼ みなどを~ (5, 0.0%)

2 したから 1 して, たずさえて, 振つて

▼ みまで~ (5, 0.0%)

1 あらせられる, あり信仰的, した, 透って, 露や

▼ みよう~ (5, 0.0%)

1 にもつとに, にもとる, にもみんな遠く, はない, も知らぬ

▼ みより~ (5, 0.0%)

1 ながくない, 少き忌日, 最っと, 梅堀を, 除外される

▼ みよりの~ (5, 0.0%)

1 ないと, ないもの, 人に, 琴の, 者にでも

▼ み一方~ (5, 0.0%)

1 であんまり, には愈々, には骨, の心, は我儘勝手

▼ み~ (5, 0.0%)

2 の只 1 あれば, さてさて首尾, の趣

▼ み~ (5, 0.0%)

2 を駆ふ, を驅 1 を駆う

▼ み~ (5, 0.0%)

2 別離を 1 ネジ曲げ, 全くの, 寂靜の

▼ み婆さん~ (5, 0.0%)

1 がいそいそ, が寄席, でお, でした, に貰った

▼ み~ (5, 0.0%)

1 の右, の懷, の瘤, の聖言, より凶命

▼ み深い~ (5, 0.0%)

1 ものであり, 大江の, 学生の, 樣子を, 読者に

▼ み~ (5, 0.0%)

1 と成つた, には如何なる, の小皿, は湯水, までわざわざ

▼ み門西~ (5, 0.0%)

5 の中

▼ みいざ~ (4, 0.0%)

4 率川の

▼ みかも~ (4, 0.0%)

1 月読の, 知れないなぞと, 知れぬ, 知れぬと

▼ みこそ~ (4, 0.0%)

1 すれこれ, すれ憎い, 實に, 觸れ

▼ みこれ~ (4, 0.0%)

1 あるによりて, に代え, をかい, を振回し

▼ みごろ~ (4, 0.0%)

2 しに 1 しにも, も

▼ み~ (4, 0.0%)

1 故に八尺勾玉, 新草, 易いやくざ者, 易い人

▼ みしも~ (4, 0.0%)

1 この酒, そのひとり, でも, 此地の

▼ みだし~ (4, 0.0%)

2 は致しません 1 と評判, のよう

▼ みだった~ (4, 0.0%)

1 がそれ, し台所, に相違, のである

▼ みてか~ (4, 0.0%)

1 それとも無心, それとも胞衣, 水を, 男が

▼ みてさえ~ (4, 0.0%)

1 どこやらに, むらむらする, むらむらなる, 実に意気地

▼ みてと~ (4, 0.0%)

1 つたいま, つて, ロイスの, 言は

▼ みなおも~ (4, 0.0%)

1 えらくもっ, ひおも, ひでの, 日記を

▼ みによる~ (4, 0.0%)

1 のである, ふだんの, 事柄で, 輻射熱と

▼ みへの~ (4, 0.0%)

1 こが, 愛や, 感謝と, 讃歌は

▼ みめかたち~ (4, 0.0%)

1 がお, が変った, で望まれる, のすぐれた

▼ みよく~ (4, 0.0%)

1 お遊び, しや, やっつけたぞ, 人の

▼ みよりも~ (4, 0.0%)

1 いかにし, ない貧しい不器量, もつと, 遊びの

▼ み~ (4, 0.0%)

1 に一足, の事柄, の人, の者ども

▼ み~ (4, 0.0%)

1 でもある, はり, を, 匠記初

▼ み代り~ (4, 0.0%)

1 に勧め, に嘴, に欠伸, の批評

▼ み~ (4, 0.0%)

1 である, の両端, をきよめ, をし

▼ み~ (4, 0.0%)

1 が持ち出される, にされ, にし, になり

▼ み~ (4, 0.0%)

1 燈明点け, 燈明點け, 計らひまことに, 面倒でも

▼ み~ (4, 0.0%)

1 はとこし, れ神, を思へ, 既に彼

▼ み~ (4, 0.0%)

1 があらわれる, のあらわれる, のつねに, の源

▼ み~ (4, 0.0%)

1 のやう, の最期, の責罰中, を啓発

▼ み~ (4, 0.0%)

1 が皺一つづ, も崩れ, も滅茶, をよく

▼ み~ (4, 0.0%)

1 には悲涙, に血, は憎悪, は汗

▼ み~ (4, 0.0%)

1 からいた, から利する, から意向, 叙体の

▼ み~ (4, 0.0%)

1 でございます, で呑んだ, のこと, の中

▼ み遂に~ (4, 0.0%)

1 は人, 彼を, 救ひ, 致死量を

▼ み~ (4, 0.0%)

2 の吹く 1 には傷み, のささら

▼ みあれ~ (3, 0.0%)

1 といふの, とは何事, をせられる

▼ みいみい~ (3, 0.0%)

1 ほとんど居眠り, 不平を, 円曲に

▼ みおや~ (3, 0.0%)

1 かむいざなぎ, として在す, 候所とりつぎ

▼ みがたく~ (3, 0.0%)

2 て今頃 1 如何にもし

▼ みがち~ (3, 0.0%)

1 だ, な眸, な眼つき

▼ み~ (3, 0.0%)

2 る弥兵衛 1 もなく

▼ みじゃ~ (3, 0.0%)

1 くので, ない, ア

▼ みすら~ (3, 0.0%)

1 ある今日, 心の, 覚えた

▼ みたりさえ~ (3, 0.0%)

1 した, したが, するの

▼ みたりなんぞ~ (3, 0.0%)

1 したこと, して, しても

▼ みだりがは~ (3, 0.0%)

1 しい傾向, しき獸慾の, しくうち

▼ みだりな~ (3, 0.0%)

1 大言は, 強がりは, 追及も

▼ みてこそ~ (3, 0.0%)

1 それが, どこにも, 作りたれ恭敬三昧

▼ みてもよ~ (3, 0.0%)

1 かつた, かつたし, かりそう

▼ みてもを~ (3, 0.0%)

2 らず 1 かしいから

▼ みてよ~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 真紀子さん何んと

▼ みながらの~ (3, 0.0%)

1 話だ, 談合顔で, 食事ご

▼ みなども~ (3, 0.0%)

1 あって, いつかの, びっこの語原らしい

▼ みにて~ (3, 0.0%)

1 先日は, 寺中に, 小谷へは

▼ みにと~ (3, 0.0%)

1 あり, こしへ, 来し吾

▼ みまたは~ (3, 0.0%)

1 そのいふ事, 何を, 束縛

▼ みみたい~ (3, 0.0%)

1 で胴体, ないびき, な氣持

▼ みみんな~ (3, 0.0%)

1 あげよう, でオレ, を寢かす番

▼ み~ (3, 0.0%)

1 がナニ, にそッ, より

▼ み~ (3, 0.0%)

1 いつむ, こああ, こだ

▼ みりや~ (3, 0.0%)

1 あの亀, ずゐぶん, その方

▼ みわが~ (3, 0.0%)

1 心もの音も, 衣手は, 逃げのぼりしあり

▼ みをも~ (3, 0.0%)

1 ちくづし, 歓びをも, 知らぬ顔の

▼ みを通じて~ (3, 0.0%)

1 おるやつ, 宇乃は, 語る

▼ み~ (3, 0.0%)

1 を予, を殺し, を破

▼ み~ (3, 0.0%)

1 かいふらしき, を仕出かさう, を好み食べた

▼ み~ (3, 0.0%)

2 ひましたも 1 ひし時

▼ み~ (3, 0.0%)

2 であるが 1 のだいおん

▼ み少し~ (3, 0.0%)

1 づつ動く, でも彼女, 離れて

▼ み我が~ (3, 0.0%)

1 兵車妨げし, 念ふ, 由緒の

▼ み~ (3, 0.0%)

1 古今で, 考, 訓で

▼ み~ (3, 0.0%)

1 がポロポロ, にくれしふる, を隠し

▼ み~ (3, 0.0%)

1 かりけり内々, かりし姉上, さは

▼ み深き~ (3, 0.0%)

2 吾目には 1 日影に

▼ み~ (3, 0.0%)

1 もつれる, も変わらず, 搏つ

▼ み~ (3, 0.0%)

1 で聞く, に拂, に聴く

▼ み見る~ (3, 0.0%)

2 がすずし 1 所なる

▼ み~ (3, 0.0%)

21 ふくむ

▼ み雲居~ (3, 0.0%)

3 にぞ妹

▼ み~ (3, 0.0%)

1 で上目, と向, をし

▼ み~ (3, 0.0%)

1 の前面, は口, は鈴

▼ みあと~ (2, 0.0%)

1 の大, は材木屋

▼ みあんな~ (2, 0.0%)

1 理解に, 莫斯科の

▼ みいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な制限下, な場所

▼ み~ (2, 0.0%)

1 しこみ, へるの

▼ みかい~ (2, 0.0%)

1 かくろ, 安太郎だ

▼ みがたき~ (2, 0.0%)

1 某が, 汗の

▼ みがわり~ (2, 0.0%)

1 に見つめ, に見やった

▼ みけれども~ (2, 0.0%)

1 今さら詮術, 半四郎は

▼ みこの~ (2, 0.0%)

1 名によって, 荷の

▼ みさらに~ (2, 0.0%)

1 また十段, 湯茶の

▼ みしか~ (2, 0.0%)

1 そは, ど上世

▼ みしかも~ (2, 0.0%)

1 その能動性, 疑ひを

▼ みしもに~ (2, 0.0%)

1 威儀を, 着かえて

▼ みじかに~ (2, 0.0%)

1 いままでの, 説明しました

▼ みせめて~ (2, 0.0%)

2 疵口の

▼ みそこ~ (2, 0.0%)

1 に新城, をし

▼ みそー~ (2, 0.0%)

2 れー

▼ みたまたま~ (2, 0.0%)

1 ふなど, 下枝と

▼ みたりかと~ (2, 0.0%)

2 思うと

▼ みだけ~ (2, 0.0%)

1 おひ, 綺麗に

▼ みだけは~ (2, 0.0%)

1 ある乳房, 恐れずには

▼ みだる~ (2, 0.0%)

1 ものとして, 元根を

▼ みついに~ (2, 0.0%)

1 今日人間は, 紙帖中に

▼ みつき~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の間

▼ みてからと~ (2, 0.0%)

1 そなた, 思って

▼ みてさえも~ (2, 0.0%)

1 この暴圧, 皆さん頭が

▼ みてはという~ (2, 0.0%)

1 ことに, 夫人の

▼ みといふ~ (2, 0.0%)

1 キツカケで, 言葉が

▼ みとが~ (2, 0.0%)

1 立って, 自然に

▼ みとは~ (2, 0.0%)

1 もはや物象, 何が

▼ みどこ~ (2, 0.0%)

1 にも正内老人, をやられた

▼ みども~ (2, 0.0%)

1 のいう, はいかだ

▼ みなどは~ (2, 0.0%)

1 少しも, 顧みて

▼ みにおいて~ (2, 0.0%)

1 正直を, 見る

▼ みにか~ (2, 0.0%)

1 その繩, 余計な

▼ みについて~ (2, 0.0%)

1 楽しそう, 語って

▼ みによ~ (2, 0.0%)

1 つて神の, つて鍛へ

▼ みに対しては~ (2, 0.0%)

1 ほんとうに, 至極尤も

▼ みのみが~ (2, 0.0%)

1 真の, 限りなく

▼ みはつ~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ みばかりかと~ (2, 0.0%)

1 思ったらいつの間に, 思つたら

▼ みぶと訓~ (2, 0.0%)

1 まして, まして居る

▼ みほとんど~ (2, 0.0%)

1 一足を, 終日食っ附い

▼ みみか~ (2, 0.0%)

1 ど, どに相違

▼ みむらぎも~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ みめ形~ (2, 0.0%)

1 すぐれて, ならびなく美

▼ みやうぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ みやかに~ (2, 0.0%)

2 ちちめ

▼ みやつ~ (2, 0.0%)

1 たガラス, と希望

▼ みゆる~ (2, 0.0%)

1 ばかりに強き光, 時が

▼ みよろしき~ (2, 0.0%)

1 姿したる, 松が枝の

▼ みわけ~ (2, 0.0%)

1 としてひと, をいたします

▼ みわるく~ (2, 0.0%)

1 さはりました, さわりました

▼ みをこそ~ (2, 0.0%)

2 愛しなば

▼ みノラリクラリ~ (2, 0.0%)

2 と遊ん

▼ み~ (2, 0.0%)

1 だン, やンら

▼ み~ (2, 0.0%)

1 に倉石, の美しき

▼ み一本~ (2, 0.0%)

1 からは時々, の鋲

▼ み~ (2, 0.0%)

1 からのぞき込む, ぐれば

▼ み~ (2, 0.0%)

1 の方, は百姓

▼ み二人~ (2, 0.0%)

1 しやが, の妾

▼ み~ (2, 0.0%)

1 は金銭, も石垣

▼ み今日~ (2, 0.0%)

1 なお, の供養

▼ み今朝~ (2, 0.0%)

2 はすずし

▼ み~ (2, 0.0%)

1 て花二つ三つ, 又小夜衣

▼ み作者~ (2, 0.0%)

1 と共に當時, の気持

▼ み~ (2, 0.0%)

1 つてゐる, つて涙が

▼ み入口~ (2, 0.0%)

2 の戸

▼ み~ (2, 0.0%)

1 の樣子, 函との

▼ み利休~ (2, 0.0%)

2 を殆

▼ み哲人~ (2, 0.0%)

2 は身

▼ み~ (2, 0.0%)

1 が歪んだ, ふるいて

▼ み~ (2, 0.0%)

2 みこめないもの

▼ み国土皆~ (2, 0.0%)

1 震りき, 震りぬと

▼ み~ (2, 0.0%)

1 として守っ, もない

▼ み~ (2, 0.0%)

2 べの花

▼ み大きく~ (2, 0.0%)

1 おなり遊ばしたら, つていらつ

▼ み天離~ (2, 0.0%)

2 る鄙辺

▼ み太鼓~ (2, 0.0%)

1 というよう, の音

▼ み~ (2, 0.0%)

1 に歸つて朝飯, を作り

▼ み寺僧~ (2, 0.0%)

1 に其所在, に就い

▼ み小冠者~ (2, 0.0%)

2 臥したり

▼ み山篠~ (2, 0.0%)

2 をおしわけ

▼ み~ (2, 0.0%)

2 の品

▼ み~ (2, 0.0%)

1 へ入り, へ入る

▼ み~ (2, 0.0%)

1 いと念じ, くなる

▼ み~ (2, 0.0%)

1 て忍ぶ, ひてには

▼ み彼ら~ (2, 0.0%)

1 が心猿, は終に

▼ み彼女~ (2, 0.0%)

1 の弾箏五十年, の残虐

▼ み彼等~ (2, 0.0%)

2 の人格

▼ み~ (2, 0.0%)

1 に嵎, に間違えられ

▼ み心臓~ (2, 0.0%)

2 へ聴診器

▼ み拍手~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ み摘み~ (2, 0.0%)

2 をる

▼ み方一つ~ (2, 0.0%)

1 に在る, 或は沈子

▼ み明る~ (2, 0.0%)

1 眞土や, 真土や

▼ み明方~ (2, 0.0%)

2 出かけようと

▼ み易い~ (2, 0.0%)

1 内容を, 山だった

▼ み更に~ (2, 0.0%)

1 各, 御丁寧

▼ み朝戸~ (2, 0.0%)

2 を開き

▼ み~ (2, 0.0%)

2 にもたれ

▼ み~ (2, 0.0%)

1 から次, の宿

▼ み次に~ (2, 0.0%)

1 アンテノーラに, 二十節において

▼ み気味~ (2, 0.0%)

1 に下った, に叔父

▼ み~ (2, 0.0%)

1 かたぶきて, には屍

▼ み~ (2, 0.0%)

1 の良書, 更け足らぬ自戒

▼ み~ (2, 0.0%)

1 をきりひらく, をながめ

▼ み端居~ (2, 0.0%)

2 ますかも

▼ み~ (2, 0.0%)

1 ひみ過ごし, ひ怠るもの

▼ み~ (2, 0.0%)

1 の絲, の走り書き

▼ み絶間~ (2, 0.0%)

2 なく落つる

▼ み自分~ (2, 0.0%)

1 が自堕落, は明星

▼ み自己~ (2, 0.0%)

1 に安, に徹したる

▼ み~ (2, 0.0%)

1 てらるれば, の屋裏

▼ み~ (2, 0.0%)

1 の名, の芽

▼ み荷物~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ み~ (2, 0.0%)

1 下其段は, 遊言葉を

▼ み赤い~ (2, 0.0%)

2 着物を

▼ み~ (2, 0.0%)

2 をー

▼ み~ (2, 0.0%)

1 に余る, は物

▼ み~ (2, 0.0%)

1 にのせ, に奉れ

▼ み~ (2, 0.0%)

2 ひ群れゆけど

▼ み~ (2, 0.0%)

1 にひたりきっ, は悪く

▼ み~ (2, 0.0%)

2 み小急ぎ

▼ み~ (2, 0.0%)

1 が備つて, をまたぐ

▼ み~ (2, 0.0%)

1 も晴れた, を味

▼ み~ (2, 0.0%)

1 が途切れ, の波

▼ み~ (2, 0.0%)

1 の止る, を鎭め

▼ み~ (2, 0.0%)

1 こころなし, にその

▼ み~ (2, 0.0%)

1 つたこと, ふ七種

▼ み~ (2, 0.0%)

1 の上, を仏塔

▼1* [883件]

あたかもメリー・ゴー・ラウンドへ, みあたりは落葉, みあつた, みあらためて日本と, みあるは徒跣に, みいかに苦しんだか, みいちかは小港, みいつも軽井, みいまだみぬ國, みいま目をさまし, みいみい暗くなりかけた表, みいや綺麗かぞ, みいわくなくみふみ, みういういしい愛らしさを, みうれしさも, みめりめり毀れ, みおそのという娘, みお勝手の傍, みお客様にも臥床, みお盆が引かれる, みかきのついた, みかぎり一点の緑, みかぐろい快楽よ, みかげんに結んだ, みかしこより一, みかたどうしが取っくみあっ, みかと部屋の, みかの石の, みからの擬態とも, みからをさを, みかわいらしいみやまを, みがとが出よるところ, みがやまひの, みきれいに土, みくさい気分は, みくにつ, みくみ町までぐんぐん, みくらいの挨拶を, みぐらいの事を, みぐるみ売った, みけと昔から, みけねこのよう, みけはざんねんで, みこちたみ嘆く人, みこっちはまだ, みことに昔の, みころもを, みこんな事で, みでくくる, みごつとん, みさしなみの国, みさしもの藤原一門, みさすがになき, みさっそくお館, みさては優にやさしき月花, みさながら流る, みしげきおのづか, みしずかに物声, みしだいたり或, みしと云うも, みしばしば自分が, みしばらく待って, みしもの鼠では, みしもをつけ博多今小蝶, みしり人が歩く, みじき月射して, みじき花の姿, みじまいの無, みすぐ眠る, みすなわち旋風や, みすべてを調べ, みずつの飯米を, みせいより, みせっかく今竹やが, みらぶる, みが奥津城どころ, みそうして生産する, みそしてまたこの乾き, みその他にはなし, みその後へ大垣, みその間に夫, みそれに私は, みそれ等は管, みそんなくすぐり, みたっぷりの古, みたりしもなほ駿河遊びの, みたりとの言懸り, みたりなんかする, みたりはうみて, みたりまでして, みと爺さん, みだけのもので, みだけを考へて, みだれにみだれ, みぢんもごまかす, みっともねえぜ, みつぎに敷居, みつけし紐解く, みづうみの方は空, みづのたはごとの蘆花蘆花の貧弱, みづみづしい新鮮な茎, みづ江が霧, みてかの剣を, みてからがほぼ一千万円程度, みてからにと早苗の, みてからは財閥解体財閥家族の, みてからも諭吉の, みてじゃありましょうのう, みてぞおく, みてでもきたよう, みてという表現に, みてとも思召さん苦し, みてなんてことで, みてもがたりともせんじゃ, みてもやッぱりいつかお綱の, みてよりはふと東坡, みでと無理に, みとおり青いもの, みとおり性格に喰い入っ, みとかいふうちへ, みとしてね洗った襦袢, みとっくりかえして, みとても珍重すべき, みとでも強いて, みとにかくぐっすり眠ること, みともかくも中川, みとをつたえ合おうと, みとんと夜会の, みと共に右往左往する, みどうの小笠原, みどうかすると, みどうもないやろ, みどっちへ行こう, みどっちみち二晩三晩は, みどれほど巧み, みどん皆こ, みどんなに私が, みどん皆此方へ来, みなお心臓が, みなかなかにいい尽すべく, みなかには新聞紙を, みながらと云ふ, みながらとは云ふも, みながらにこっと, みなさけを大, みなどがにぎやかに, みなどでこれこれの, みなどというものは, みなどとは言いたか, みなにか繕ひものを, みなんぢの設け, みにかけてまたおんみの, みにくく見えるのに, みについてはけっして口, みについても細かい用意, みにつき動かされて, みにても既に九十有餘, みにねお婆さん私も, みにばかり感じて, みにまで企業的性質を, みによって差許す, みにより創造される, みに対してゐると, みねよげに見ゆる, みねーしよんの, みので三の膳の, みのにかくれ笠, みのみだれて, みのりことぶく, みの臘梅八つ手五葉の松, みはからつて海にも, みばかりでたた, みばやその上, みひとり悲んでいる, みひどく当惑した, みびつこ引きながら牛, みふしぎそうに首, みふたたび経過句を, みふたりとも浴衣, みへはいつて, みほうれん草の様, みほどりの, みほめる美的感情教育においては, みつかりと, みまして労働者的な, みまだ蕾なり, みまだしばらく停車する, みまぶたをひっくりかえし, みまもなく意識の, みみやがれっ, みみやましぐれな, みみんなここへ来, みむといひ出でたま, みむとてするなりと女, みむと梅の鉢, みむ人あれと思ふ, みめ容此上なく美, みめ清らかな白衣, みもう二時も, みもうまいがちり, みもこそすれ, みもしわれを, みもみぢけやき, みやあがれ, みやうためであつ, みやがてそのままの姿, みやすい千世子は, みやはりまっせ一石八斗二升五合, みゆるしを給わるなら, みゆハゆる南面, みょうりにつきるほどやさしくいたしとうと, みょうをえりつけられその石, みよりは苦みである, みら天の力, みら我れと共に, みりやあれも一種, みりや掛りもまア, みすゑまつる, みわなにかけた, みわるいわらい, みわれ心を喜ばしゐたる, みゐる雪柳ただ白し, みをかくるもの, みをさえ語った, みをすら持つて, みをという名も, みをもって内蔵助利三が, みをよけて横に, みを通して誹笑, みん剤を多量, みアカイア及びトロイア, みアワヤ飯を喰おう, みほらこの, みイエスの立てる, みカーテン締めて, みキミ子はあれ, みクロワサンをかじり, みグラスにそそがれた, みグリツプの声, みジョニーウォカーはなくなった, みタイヤは擦り減り, みたれだから, みッちい見かけ倒しな, みッちく出しては, みつていふ, みパイプも吹かさう, みフランス内を方々旅, みブルートゥスをこ, みプジェー神父は, みミラア先生がお, みルバーシカの下, みンことにはねえ, み一々その最, み一七〇六年六月三日に故国, み一人して, み一區劃に纏め, み一同はまたもや, み一寸経って, み一時半頃か眠る, み一種七八株を寄せ, み一萬句二萬句を吐い, み三保の崎, み三十人扶持を給, み三方の女, み三時頃雨戸をしめない, み上下和睦して, み上半分は夕日, み弟の, み不潔物に発生, みは寂心, み世にも嬉げに, み世の中は童ごと, み世の常の物語, み世界地圖を見, みやかに前轍, み眼は, み両手をふ, み丸吸とヘット, み主将の言, み乃ち以て子, み久しく開けないため, み久保も飮, み亀寿さまのお, み亀山城の家中, み亀甲繋ぎ松葉締め轆轤巻高手小手片手上げ逆, み事件は一應片, み事務家の楽しむ, み事情を斟酌, み二十分ほど泣い, み二時頃眠ったか, み互いまして友達同志, み互に得たる幸福, み人々のいのり, み人影もせず, み人間の凡愚, み仁者は永遠, み今に踊でも, み今夜はたっぷり, みのおわす, み仏母摩耶夫人の影像, み付きはつと飛, み付き乍ら首を小田島, み以上に自己, み以外のもの, み仰いだものが, み休日を待ち, み休養を申渡された, み伯爵の罪状, み伯父の手紙, みでふん縛る, み低く垂れ覆ひ, み体験心証して, み何かしら萠ゆる緑, み何でもかでも思想の, み何となく痛みを, み何ともはや味気なき, み何んとか智惠, み何処までも絶やさない, み何時も早く, み何程の費, み使の沙汰, みの所, み信頼させると, みして, み俺自身の運命, み借せ, みのみ前, みをも一處, み僞善の花, み充分に滿, み先ずこれを, みに角ぐつすりと, み兜町へ出, み全体の調子, み全国の浮浪, み公園程もある, み共にその兄, み其の作れる詩, み其單純な質素, み其声は少しく, み其天妃また, み其嶮を攀づる, み其權力を嫉, み内外表裏の矛盾, み再び自分の, み凱旋の踊り, み出づ仏いわく師子王は我身是, み出入の左官, み出演者の役割り, み出立は何日々, みを小姓, み刀戟相貫き積屍陵, み歯しなければ, み切りをつけ, み列柱を上, み初瀬はいく, みにおすがり申す, み力任せに車, みに逸る, み動悸を抑え, み動物のよう, み勝ちだつた, み十八昼夜も入, み十手をゆらゆら, み十時二十分長次郎谷の登路, み千代子は廣介, み千歳を否応なしに, み千鳥鳴くなり, み半分の閑, みへ更に, み危難を懼, み即ち其の詞, み却つて一層病症, み原色の中, み去ろうとする, み友人相寄り此処, み友染の背, み友達の腕, み反映の典型, み叔父をうらめり, み取りたるに相違, み取り五百兩宛配分仕つり是を盜, み取り候段重々不屆, み取り島田宿の中町水田屋藤八方, み取り罪を文右衛門, み口輪よろいの草, み綿を, み可愛がりました, み可被下候, み台所の角, み右手には幾度, み同じもので, みの尊, みの健やか, み吾が割れし愛, み呑氣らしさ, みき食物等, みを棄て, み命がけの働き, み和殿のことば, み唯もう自然と, みひたる言葉, みに懷中鏡, み喰らおうとする, み四つの石門, み四道の風, みの来たらん, みは久, みを齧り, みの果て, み地肌を這, み地響きて湯, みの裾, み塵労断ちがたい, み士馬を休息, みで叫んだ, み声殿陛に徹す, みに孔孟, みには不愉快, み多い姿で, み多き世路を, み多くは塗り物, み多く歌つてはあれ, み多助の袖, み大きな鮎の, み大丈夫と念, み大義を忘れ, みに登る, み天一は徳隱, み天上の星, み天下を全, み失地は敵, み失聲かすけく, み女房の姿態, み如何にくすん, みかな, み妃ならではと思われる, み妙齢の婦女子, み姉娘のお, みを恐れる, み威嚇した頼母, み嫋々と咽ぶ, み子供みたいな三高生, み孔夫子が生き, み孔明の遺志, みを悲, みんじ, み宝暦四年六月某日誕生名は松太郎, み宝来橋寺田や伊助, み家庭ハ冷かに墳墓ハ乱, み容器その物, み寂しく立ちて, み富岡は両, み寺院の勝利, み対比によってシラブル, み封じ目油断なく幾度, み専らこの道, み尋常でない死に方, み小さなロバの, み小池さんが代っ, み小田原及関東の諸, み小野の篠原, み小首をかしげ, み少く僅かに, み少なき農民の, み少女に具, みもさや, み山路も越えやす, み山風にこそ乱, み峻峰を削り, みを廻り, み川源は信越, みをみ, み左右にひろがる, み左思右考するに, み左手で奇形, みなどと一緒, み帰国後は子供, み常に先んじて, み帽子の中, み幾度か逡巡, み庶民に同情, み廃嫡の子京水, み廻転椅子の上, みのベッド, み引導だけは授け, み強い力と, み彖繋象説卦文言を序, み彫刻を愛し, み彼無情なる友, み彼自身よりの黙示, み徃来の人, み後導者と共にすゝ, み後者をのみ尊ぶ, みひが, み得意になり, み從つて純粹, み徳川勢は矢田川, み心から憎んだ, み心悲しみによりていたく, み心惱すアカイア, み必殺の意気, み忠勇なるわが, み快く談ず, み忽然として, み思恩の知州岑瑛, み所々, みです, み悠々然と鑿, み悩ましく過ぎゆく時, み悪く言いますが, み悲しげに, み悲しみをそらし, み情気があれ, み惡趣に墮, み惻々たる慈悲心, み意見を述べ, み感情のはずみ, み感應院の篤き, み慈母の庇護, みふ七種, み慷慨節義の譚, み憂きなやみ, み懐中を探れ, み我々の眼, み我兒をいだい, み我子とも思へる, み我背子を目, みひは, み或は和歌や, みのため, み手跡縫針は勿論, み打ちに一撃, みと理, みみては, み指先を水, みの欠け, みて顧みざる, み揚幕の方, みへ接, み握飯を食, み改宗をすゝめ, み放題の食, みひ孝行, み敵視し合うの, み敷田年治ホフシハ・ナカムと訓, み文化を愛する, みのコンスタンチン, み方法を尽した, み方熱灰の加減, みの意義, みの暮れぬ, み日ソ労働者大衆の結合, み日光を経, み日数を掛け, み日本人のみが神様, み昆弟相疑ひ山, みは照, み易きが故に, み易く油断も, みから波多野邸, み春草を髪, み是等の道士, み時々寢込むといふことさへなければ何も, み時にして, み時には人の, み普通のとおり彼, み暇日を遣る, み暗闇の空, み暫く腕組ん, み暴風雨のなか, みく, み更めて日本, み最も美しい幻, み最後にブリグス青年, み月めに倒れた, み月光を浴び, み東昌に営, み東風子にトチメンボー, み板戸などを持ちまし, み校舎も柵, み深くこもり, み椿なども立て, み楠公夫人のみ姿, み楠木正行を検非違使, み楼門の柱, み権九郎の様子, みになっ, み橘守部はサヤゲドモ, み次いで頬が, み次第に子供の, み欲望に駆られた, みきは, み此十王堂に一七日, み此宮と植物園, み此緊張を助成, みを賤む, み武士の手, み武田伊那丸君の付人, み武者たちもみな, みを磨い, み歴史をみる, み死相捐つるの, みんど, み殊に人の, み毎日朝から晩, み生藥, みの為め, みがきい, み気息を感じる, み水引を掛け, みが食, みの熱心, み汝等を詛, み沈鬱にし, み沙魚の肉, み河沿ひの, み河沿いの青白い, み泥土之を蓋, み流れも急, み浄蔵に命じ, み消防官に追い立てられ, み烟糢糊, み深雪を何, み清き月夜に, み清子を見る, み滿足等に於い, みに吏黨, み澤田子は五勺飮む, み濕つた庭には杉, み濕つた灰の中, みのご, みにあたり, みくれた, みに是詩, み烈々と大志, みを吹き, み無学を羞, み曹を, み頬の, み特に馬が, み狭く案じ暮した, みりで寢どこ, みを附け, み珈琲を飲み, み珠數かぞへ南無, み珠運様も珠運様, み現にある事実, み甚だしきあまり厖大に, みを終ったら, みを崇めたる, み田村權右衞門へ申斷, み由無き七情の, みの前, みの絵巻, みみ謹んで, みのひま, み病氣も出べき, みくすき透つたひたい, み白髪の老人ら, み皮膚の色, みにのせ, み目下はこれ, み目白僧園の鐘, み相愛し相, みを顰め, み真杉静枝をむしろ, み真白なるほだし, み眼球の激痛等, みへた, みぶみで, み研究も積ん, みは礼, み礼儀三千威儀の中, み社長が窓, み神祇を安置, み神話を自然, み私たちにも近寄る, み種々注意し, みに窺, みから外, み窓ガラスは破れ, みに之, みだけに水, み立憲の政体, み竜ヶ岳へ続く, み竹杖に縋, み竹童のす, みの形, み管理人にも一本下, み箪笥の扉, みを削り, み其の外, み米食ふべからず, み精神的なもの, み紛々と舞う, みを品, み終に堪うること, み給はん事もあら, み絶えず房一の, み綜合性様々に示唆的, み綱常を重んじ, み缺點と戰, みを造れる, みに接し, み美くまた気乗り, み美代やどうして, み美術骨董品を作る, み美麗の膚, み義和團の亂, み翌朝お松が柳田平治, み病死苦の, みでニヌ, み耕作にいそしむ, み耽けることが, み聖なる夜, み肢體に螢, みを曲げ, みしが, み胃散服み一寸, みに氣味, みの方, みに此二個, み胸中自家の主義, みく外国, み腕木へ自分, みっこい, みまで水, みして, み自ら決するところ, み自殺せずとも, み至当な理由, みに味わっ, み舒明天皇の皇女, み舟中では, み航路は蘇士, み良人にはわがまま, み苟くも日本人たるの, みえまし濯ぎ, み若し氣に, み苦むとも知らず, み茄子の新, み茶山は神辺, み草履の緒, み荊棘の中, み荘子を引き, みごしら, み荷置場に出, み菓子を食, み萬死を出, みみて, みに絡, み蒲団は其処, み蒼白な龍顔, み蓄音機を挿, み蔑んでゐた, み蔡九奉行のいる, み蔦紅葉は真紅, み薄しと賢顔, み薄ら光に, みも折っ, み藤八猿を肩, み蘇生の感, み蚊帳へ入る, みに似た, み蛇王に近づき, み衆眸之に注, み衣服をあらため, み褞袍の上, み襷がけにて浴衣, み西のは思ふ, み覇気を消尽, み見えずみ星うつる水, み見えずみ月光のうち, み見事にまかれた, み親しく葉書し, み親切にもまた, みに縋っ, み解釈を, みりして, み詐りて罪, み詛言はしめしく, み詩人の楽しむ, みか能, みひ酔ひ, み譲りに譲る, み讀書なども少し, みは深く, み貝樹敬山の三重奏, み貴族にし, み買占めをする, み贔屓に負かぬ, み赤く色着き, み越前足羽神社の境内, みに搦, みのはな, み軍学上のこと, み転た更に堅く著す, み轉定に先後, み辛いのなんか, み近くは略解, み近時この訓, み遊ぶ日と, み遊宴歡語し旅行, みだつた, みけたりしなり, み遠い方をば, みの空, み邪徑に由らず, み郷閭の地, み都府の市色, み酒色を縦まま, み醉生する貴族, み醜い妖怪じみた, み里子の郷里, みつて, み重臣の三名, み野風呂を焚いた, みを崇, み金龍は香, みのマッチ箱, み銀山しかじ, みといえ, み長い時間じっと, み長岡様にもまた, み合わぬので, みき暗色, みもあり, みも照り, みは非常, み障子を明け, みの大黒屋, み雁首にてこちこち, みの河童, み雑誌いろ, みかりしを, み難ければこそ此, み難しとして神, みの散り, み雲間の雁, み青くざらざらした, み青紫蘇枝豆それにき, み青銅の, み静座をし, み順境の時, み領民を愛撫, みに微笑, みから蒲團, み頭髮亦白きを, み頻りに道徳的な, み頼朝の像, みが赤く, み顔色を和らげ, み風景の説明, み飮んでは, み飮餘したる麥酒, みを喫, みにもて往き, み馬蘭の中, み馬鈴薯の煮付, み馬駐まると, みの正面, み駅吏の言葉, み駅長はほとんど, みぞ躓く, み騎乗して, み騎射を善く, み驛吏の言葉, みは痩せ, み高士世に容れられざる, みなどもお, みと倶, み鰐魚をさえ, みは波上, み鳥網張る秋田, み鴫鳴きわたる, み鶏五穀を啄む, み鹿が多かっ, みや鹽, み黄葉でぬ木, み黒く塗りたる船, み黒キャリコの紋付, み默坐したるあるのみ