青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぼく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ほんと~ ~ほんとう ほんとう~ ~ほんとに ほんとに~ ほんの~ ~ぼ ぼ~ ぼう~ ~ぼく
ぼく~
~ぼんやり ぼんやり~ ~ぽ ぽ~ ~ぽい ぽい~ ~まあ まあ~ ~まい まい~

「ぼく~」 13506, 125ppm, 843位

▼ ぼく~ (4373, 32.4%)

46 それを 42 自分の 31 ぼくの 20 きみの 16 そのひと 14 あなたの 12 君の 11 きみが, そんなこと, 何も 10 きみに, きみを, ここへ, 父の 9 自分を 8 そのとき 7 あなたを, さっきから, 彼の, 急に, 眼を, 知らない, 顔を

6 [14件] あなたに, いった, ここに, これを, それから, ひとりで, カムパネルラと, 先生の, 前から, 君に, 母の, 知って, 自分で, 警視庁の

5 [22件] あいつの, あいつを, あのひと, あのむす, あわてて, いつでも, いつまでも, ここで, ここの, その中, その日, その時, それが, どうかし, どんなこと, ひそかに, 君を, 思う, 思った, 胸が, 腹が, 自分が

4 [32件] あなたと, あのとき, あの男, いまその, こ, こういうこと, ここだ, このひと, すぐに, そういうこと, そこに, その人, その頃, どこに, なにも, なんでも, ぼくで, カムパネルラの, 人を, 人間が, 夢を, 子供の, 家の, 少年の, 彼女が, 日本の, 死んでも, 立派な, 見て, 誰かに, 酒を, 魔人の

3 [63件] あなたがたの, あなたへの, いって, いまでも, いやだ, おっかさんが, おまえを, おもわないでは, きっと見える, きみたちの, きみと, けっしてきみ, こたへた, この事件, この家, この部屋, これが, これは, これまで, こんなこと, そこまで, その, そのこと, その前, それで, それまで, とっさに, どきっと, はじめから, みんなの, もうすっかり天, もう人間, 人から, 人に, 人間の, 今まで, 何か, 何の, 君が, 外の, 女房を, 好きだ, 学校から, 念の, 思ったの, 或る, 手紙を, 明智だ, 明智小五郎だ, 東京で, 東京に, 東京の, 生きて, 目を, 耳に, 胸を, 自分も, 行かない, 見たの, 賊の, 途中で, 鏑木さんの, 頭が

2 [201件] あても, あなたが, あなたがたに, あの女, あの時, ある日, いい運, いそいで, いつた, いつもそれ, いま, いままで, いま夢を, いやです, うれしい, おさわ, おそろしいめ, おとりなん, おどろいて, おもはず, おもはず立留つた, おもわずには, かつての, かれに, かれの, きっと発破, きつと, こういうもの, こう思う, このまえ, この少女, この湾, この為, この馬, これも, こんな美しい, さいしょから, さるまた, しゅっこと, じっとし, ずいぶん眼, ずいぶん青い, そいつを, そうおもい, そこで, その場, その夏, その子, その男, その瞬間, それより, ぞっとし, たいへんな, たしかに見た, だまって, だれにも, ちゃんと知っ, どうしてそれ, どうなる, どこへ, どこへも, どんなにか, なぜか, なにもかも知っ, なんだかへん, なんだか夢, なんという, のどが, ばつが, ひとりぼっちで, びっくりした, ほかの, ほんとうに, ほんとうの, ぼくという, ぼくは, ぼくより, ぼく自身の, まえから, まずその, またぼく, まだその, みんなが, もうきみ, もうその, もう何, もう学校, もう死ぬ, カリメラ鍋に, ガロフォリの, ギョッとして, スモオキング・ルウムの, ドックの, バック台を, マッチを, マリを, リエの, ヴァイオリンを, 一人で, 一度も, 世間で, 中へ, 中学を, 主人の, 二千八百円の, 二千四百円の, 今でも, 今度こそ, 体を, 何という, 何を, 何故そういう, 信じて, 兄の, 先に, 公衆電話で, 初めから, 力が, 勇気を, 厭だ, 口を, 名津子さんと, 君から, 夜光人間に, 夢中で, 女の, 妻と, 妻の, 寝て, 小杉さんの, 少年探偵団の, 屋根を, 幸か, 店の, 弟を, 彼女を, 待って, 心が, 心を, 思いました, 思うん, 思ったん, 思って, 思ふ, 急いで, 意気地なし, 感じる, 慌てて, 手摺に, 折から, 持って, 新聞を, 日本が, 日本を, 早く何, 明日にも, 明智先生の, 明智小五郎です, 書くこと, 最後まで, 服を, 机を, 楊の, 正直に, 死刑に, 気が, 気がついた, 決闘を, 無言で, 焼け死んで, 煙草を, 父から, 父が, 父に, 犯人の, 生命を, 目が, 睡って, 竿忠の, 紀久ちゃんの, 練習を, 考えて, 耳には, 聞いて, 腹だちまぎれに, 自分から, 自分と, 記代子を, 詩の, 警官の, 貞が, 足の, 轡川の, 連盟の, 運が, 金を, 銀座の, 階段を, 食膳を, 首を, 魔法博士の

1 [3140件 抜粋] ああいう, あいつも, あとで, あなた方二人が, あのほう, あの劇中, あの怪盗二十面相, あの時代, あまり感心, あらゆる小遣, ある人物, ある決心, あれと, あんな貧弱, いい, いかなくて, いくら腹, いそがしいの, いちばんはじめに, いっぺんに英雄, いつもこわい, いつも女房子供家族同伴, いつも真面目, いまあいつを, いまこれを, いまたちどころに, いまは, いま力を, いま老人からの, いろんなこと, うた, うなったり, うれしい気持, えてきた, おじいさんの, おそらく人目, おとうさんには, おなかなんか, おもうの, おもわず首, お化けなんか, お嬢さんの, お金が, かくれみの, かつて次, かならず源どん, かね子さんという, がっかりし, きっとあいつら, きっとできる, きっと貧乏, きみたちが, きょうここへ, きらいさ, くるりと, けんかを, こういう犯罪, こう思います, こころから気の毒, こっそり医者, このうち, このすぐ, このまだ, このビル, この二つ, この国, この小使爺さん, この手紙, この本, この犬, この縄ばしご, この透明人間, これからすぐ警視庁, これから本式, これよりも, こわくって, こんなにテキパキあなた, こんな怠け者, ごぞんじ, さきに, さっき地下道の, さびしい子ども, ざつくばらんにいはう, しかし平素, しばしば, しんぱいし, じゅず玉を, すぐさまこの, すぐ母, すこし変, すっかりきみ, すっかり良い, すなわちその, ずいぶん心配, ずっと大戸, そいつらに, そういう気持ち, そうでない, そう思わず, そこで見, そっとマリ, そのころ戸塚, そのへん, そのわけ, その一語, その先生, その女, その少女, その悲し, その晩, その準備, その秘か, その親切, その間どう, その魔法, それでは到頭, それについては, それも, そんなこと習, そんなの, そんな家庭, そんな男, たいてい覚えました, たしかにあいつ, ただお, ただ当然, ただ測量技師さん, たびたびそういう, だいじな用件, だめだ, だんだん仕事, ちっとも知りたくない, ちょうど富坂, ちょっとジャップ, ついでだ, つい近年, つぶやいた, できるかぎり, とうとう大統領, とたんにこの, とても好き, どういう知恵, どうします, どうも今度, どこかの, どんなにも, どんな顔, なにが, なるほど, なんといっ, なんとも思わなかった, にせものに, ねえ人生, ねむらなかったよ, はじめっ, はじめの, はっきり道江, ばかだ, ひじょうにうれしい, ひとつも, ひどい神経衰弱, びつくりし, ふしぎに, ふっといま, ふと万葉, ふらふらと, へただ, ほかに, ほんとに困り切っ, ぼくにたいする, まいばん, まずなんと言っ, またひつじ, また独りぽっち, まだそこ, まだ人生, まだ恟々, まちがえて, みなに, むこうの, むろんここ, もういや, もうすっかり焼け, もうちゃんとお, もうカムパネルラ, もう三十七歳, もう別れる, もう弱, もう本当に生き, もう空, もう金毘羅さん, もっといい, もとのは, もろこし餅を, やっと十, やつを, やめなかつた, ゆうべオヤユビくんに, よくおじいさん, よく東京, よく見た, よそへ, れんげ草を, わざと苦い, アタマに, イトメと, オツキアイは, カナブンを, ギクリと, コックに, サイクロレエンから, シバイが, ジャックの, ズルズルベッタリに, ダメな, テーブルに, トマトは, ドノバン君の, ネルチンスキイを, パッと, フューザン会の, ブルック先生が, ベス死ぬ, ボートで, モコウと, ラセン釘工場の, ルミと, 一こう, 一人の, 一切出なかつた, 一度だって, 一心にあの, 一時に, 一歩も, 一瞬度胆を, 一遍に, 丈夫な, 三害を, 上がり口の, 下劣に, 不孝者です, 世の中に, 中学だ, 中學生, 丸木に, 之は, 事務員の, 二三度肩か, 二十日壊れた, 二度と見かけなかつた, 五ツか, 五月節句を, 些かみじめ, 人力車を, 人気の, 人間だ, 今こそ, 今にも巨人, 今国宝館を, 今年こそ, 今日ロスアンゼルスで, 今残念な, 他人の, 任意の, 伝書バトを, 何だか今日, 何度も, 依然南仲舎, 信じられません, 倦むこと, 優等生だった, 兄さんを, 先へ, 先生を, 公然堂々と, 兵隊として, 円周の, 出さんね, 刑務所製の, 別に老, 別荘の, 前記の, 助かったよ, 勉強します, 勢いよく腕, 勿論後, 十一二歳だった, 十五個ばかり, 半分獅子に, 博物館の, 原っぱで, 又すっかり, 双眼鏡で, 叔父じゃ, 古典の, 只今より, 吃驚しました, 同行池田吉之助君をか, 君と, 周囲を, 和歌山中学を, 商売では, 嘗ての, 四国に, 困るだろう, 地下室にる, 堪えられないよう, 壮二君の, 変装は, 外国品だけに, 夜光人間と, 夢中で飛び廻った, 大丈夫です, 大地へ, 大役です, 大河君に, 大阪朝日の, 失望に, 奥の, 好きです, 姉に, 嫌いな, 子どもを, 學校から, 実はそんな, 室の, 密室の, 小さいとき, 小屋で, 小林っていう, 小田原に, 少しねむります, 尚更, 屋上で, 岩の, 左へ, 帰ると, 帳場の, 平気です, 幸福には, 幼年時身体が, 幾月ぐらい, 弟の, 強く主張, 役にも, 彼女達に, 徒らな, 心から楽しく, 忘れない, 快かった, 思うが, 思つてた, 思わず横っとび, 怪老人の, 恐らく岸田, 息づまるほど, 悪神に, 悲しくなっ, 想像したい, 感奮し, 懐炉を, 戦争中この, 戦災後復興の, 手の, 拍子抜けした, 掃き出された, 操縦室へ, 教えて, 文句なんか, 断言します, 方々転戦し, 日本への, 日頃から, 明るく横須賀, 明智先生から, 明治二十三, 昔の, 昨夜聞いた, 昭和三年に, 時々その, 時に自分, 暗然として, 暴逆な, 最後の, 有馬さんに, 未だにコミニズム, 本所菊川町から, 村川を, 東道と, 根岸競馬場附近の, 棄て子, 横濱船渠に, 歌の, 此の, 歴史に, 殺されるん, 母を, 毎度夜更け, 毛布に, 気の毒に, 永久の, 池田君の, 決心し, 波洗ふ, 泣き虫の, 洞穴に, 海軍波止場まで, 清長や, 演説が, 火星まで, 無事でいます, 無遠慮に, 熱愛できない, 牛屋の, 狂人だ, 独立します, 現在ちゃんと, 甘えた心地, 生命に, 産褥の, 男らしい方, 留さん夫婦の, 病人では, 癇癪を, 監督の, 直ちに職場, 相当古くから, 眺めた, 睡りつづけたの, 知らないなん, 知りません, 硝子の, 祖母の, 福島県へ, 穴倉生活を, 空巣じゃ, 立ち会つて人と, 第五室, 約束に, 終戦後三年間ぐらいは, 絢爛たる, 縁さきの, 羞恥に, 老いて, 考えたん, 耳を, 職が, 育つもの, 背広服の, 腐つたやう, 腹立ちまぎれに, 自分のだけが, 自殺する, 舷側の, 芝公園に, 苦痛を, 葦さんと, 薄野呂です, 蜃気楼を, 裏の, 見たいだけ, 見るん, 親類の, 言わば丸木, 詳しくしない, 誤解, 調べて, 讀みだして, 貧乏で, 買つてゐない, 起きあがると, 路傍で, 身体が, 軍人を, 辛いん, 述べたが, 逃げ出した, 遁走を, 道江の, 酒のみ, 重大な, 金が, 金銭上において, 銀河の, 鑑定家でも, 門の, 雅子さんが, 雨の, 電燈も, 霞峰と, 面くらって, 須原君の, 額面通りに, 飛んでも, 食べたい, 馬の, 高々と, 高等学校の, 魔法つかいという, 黒井博士邸に

▼ ぼく~ (2542, 18.8%)

46 ことを 33 顔を 21 家の 18 ような 17 ところへ 14 ために, 家は 11 うちの, ほうが, 家へ, 心の, 方を 10 父は, 肩を 9 手を 8 からだに, ほうで, 前に, 家に, 持って, 部下が 7 ところでは, 方が, 昔の, 部屋に, 部屋へ 6 ほうは, ように, 母の, 母は, 目に, 言うこと, 顔が

5 [20件] いうこと, ほうに, ほうには, ほうにも, ほうを, やうな, 一存で, 助手の, 友人の, 名を, 場合は, 家から, 家が, 心を, 目の, 目を, 眼の, 研究を, 結婚な, 顔に

4 [25件] いちばんに, うちは, お母さんだ, お母さんは, かわりに, しごと, 仕事の, 写真を, 名が, 家には, 影を, 影法師は, 心に, 心は, 手に, 横に, 考えて, 考えでは, 胸に, 膝に, 記憶に, 身体は, 部屋の, 頭には, 頭の

3 [73件] あとから, いったこと, うしろに, うちへ, おかあさんは, おくの手, おっかさんは, からだ, からだの, からだは, からだを, ことも, そばを, ところに, ほうから, ほうの, ほうも, ほかには, ほんとうの, まわりに, 一生の, 上へ, 両親は, 事を, 住んで, 先生の, 口に, 名は, 国の, 好きな, 妹の, 姿が, 姿を, 家でも, 家にも, 家を, 想像だ, 手が, 手許に, 方に, 方は, 方へ, 日の丸は, 机の, 機嫌を, 母が, 母を, 気持ちを, 父が, 父の, 父を, 画室は, 目は, 相手だ, 眼には, 眼は, 眼を, 瞳に, 知って, 考えが, 考えを, 耳に, 話は, 話を, 身の, 身体が, 頭は, 頭を, 頼みを, 顔と, 顔の, 顔は, 鼻を

2 [153件] あいさつは, あしならいたい, いいなずけが, いいなずけに, いく方, いた家, うしろへ, おじいちゃんは, おとう, おとうさんも, おねえさま, お母さんに, お父さんは, お父様, かえだま, くつ, ことである, ことは, ことばかり, すがた, すること, せいじゃ, そばに, そばへ, そりを, だ, にし, はさる, は狐, は猫, ばんだ, ほかに, やったこと, ベッドの, 一家が, 下宿の, 両親の, 事務所へ, 今の, 仕事だ, 仕事は, 作文を, 信じて, 分も, 判断に, 前で, 前を, 力では, 助手が, 友だちが, 口からは, 名刺を, 名前は, 名前を, 周囲の, 命令の, 商売だ, 夢を, 妹は, 妻に, 妻の, 姿は, 婚約の, 子が, 実験室へ, 家では, 家などは, 家へも, 家も, 小指を, 少年の, 少年助手の, 少年時代の, 少年期にも, 年齢に, 幻想は, 弟の, 影に, 彼女への, 後から, 忠告を, 思ったとおり, 思って, 性分な, 想像が, 想像では, 想像に, 想像は, 愛して, 愛を, 手には, 手へ, 指を, 掌に, 放浪生活は, 方から, 日給は, 最初の, 服を, 本心が, 机は, 母さんは, 母も, 気の, 気もちは, 気もちを, 父だろう, 父と, 父とも, 生れた家, 生涯の, 生涯は, 画室に, 目が, 眸に, 眼が, 眼に, 眼にも, 知ったこと, 祖父は, 神経を, 立場が, 経験に, 考えは, 考えるところ, 考は, 考へでは, 耳にも, 職業です, 腕を, 腰を, 荷物を, 行為を, 見て, 見るところ, 言葉を, 記憶の, 詩に, 詩を, 話が, 誕生日に, 身に, 身体の, 軍隊は, 部下の, 部屋を, 釣りも, 門出の, 青春など, 頭と, 頭に, 顏を, 首を

1 [1445件 抜粋] あしだ, あとに, あやふやな, いいなずけは, いう悪い, いちばんうれしい, いちばん嫌う, いって, いひたいの, いるの, うえにも, うちには, うちを, おかあさん, おかあさんです, おじいさま, おじさんを, おせツかい, おとうさんから, おとうさんに, おもいあがりなの, おやじは, お尻, お株を, お父さんがね, お父さんな, お父さんの, お願いだ, かくこと, かたうでです, きいて, きらいな, くせをさ, ここに, ことじゃ, ことなんか, こと弁護し, このし, この世における, この長男, こんな牛歩鈍, ござだもの, さきに, した事, しょんぼりした, すきを, すぐ頭, すべてを, せきに, そのいろは, その乱暴, そり, たった一つ, だいじなお客さま, とかえよう, ところで, ところは, ところを, とって, なかに, なかま, にいさんあれが, にする, ねずみの, はじめての, はらった犠牲, は画ぢゃ, ばあいも, ひげ, ふたりの, ほうからは, ほうにだって, ほかは, ほんとの, まえに, まはり, もとへ, ものだった, ものに, も白い, やったやどりぎ, やつたやどり, やりそこないを, よく覗いた, ゐる足場一つ, アゴや, アパートには, アパートは, エゴチズムによる, オツキアイの, カバンの, サーカスを, タクシーが, トリックだった, ノートにも, バッジまで, ヒゲを, ピストルを, ベッドに, ペン刷毛が, ポケットの, ラジオも, 一つの, 一家も, 一生が, 一身に, 一髪を, 三倍ほども, 三輪車と, 上着に, 下痢症とは, 両肩, 両親では, 両親にとっては, 中にも, 丸十七年間生活し, 乏しい連想, 乘つてゐる, 予感が, 事から, 二人は, 五感は, 人生の, 人生中学の, 今日の, 仕事を, 仕事部屋, 代理に, 仲間だった, 任務です, 伯父さんの, 住む吉野村, 住所と, 体に, 体は, 体験なども, 作文などを, 作為の, 例では, 借の, 健康で, 側に, 傍で, 働いた金, 兄も, 兄貴だ, 先生が, 入るべき元, 再度の, 写真の, 凧は, 出まで, 出来る限り, 前途を, 創意は, 力を, 助手と, 助手を, 勝だ, 十三から, 十五の, 十歳の, 印象に, 原稿が, 友だ, 友だちに, 友だちは, 友人たちの, 友人にも, 友人へ, 友達で, 友達も, 反感を, 取付けられた放送機, 受持教師は, 口の, 口辺の, 史観とか, 右頬から, 名だ, 名に, 名前でも, 君にたいする, 呼吸も, 唇へ, 商売に, 囁きを, 四人です, 国へ, 報告だけ, 塾を, 声が, 変装は, 外套の, 夢の, 大罪を, 太股の, 失敗を, 奥の手という, 女房だ, 好みから, 如き者, 妹と, 妻な, 始末を, 姿でも, 姿へ, 子どもが, 子供らから, 子分同様の, 存在に, 学問と, 学校と, 守り神の, 実験です, 家と, 家みたいで, 家庭でも, 家庭も, 家族な, 宿は, 宿題でも, 寝た日本間, 寝台に, 寝支度, 寸言も, 将来の, 小さいクリスチーナ, 小学校の, 小指ばかり, 小書斎, 小説から, 小説の, 小説的空想は, 少年助手に, 少年時代には, 少年期同, 履歴書は, 川柳である, 希望, 帰ったあと, 帰りがけの, 帰るまで, 帽子が, 年齢として, 幸福を, 幼少頃から, 店へ, 弓は, 張った網, 影じゃ, 影は, 影武者として, 役目です, 従弟も, 心中に, 心理を, 忘れ残り, 思いの, 思うとおり, 思うよう, 思考の, 恋に, 恩人だ, 悪口を, 想像した, 意に, 意気地の, 意見な, 愚蒙, 愛讀書二三册に, 感激これに, 態度を, 戦帽は, 所は, 手おちだった, 手並みを, 手紙を, 手許へ, 折角の, 指の, 探偵としての, 推理は, 支えだった, 放談も, 故郷の, 数年は, 文筆名を, 方からは, 方にだって, 方へも, 旅人的な, 日ごろに, 日記の, 日課と, 旧句, 晩飯の, 書きもの, 書斎に, 書齋まで, 替え玉として, 最, 服でさえ, 朝仕事に, 本は, 本心より, 机にまで, 村から, 杜撰も, 東京観な, 枕元へ, 査問会らしき, 楽しみな, 様子を, 横腹を, 次に新しい, 正体が, 歯は, 歴史觀と, 死体隠匿術を, 母には, 母や, 母系からは, 毎日には, 気に, 気もちやら, 気分も, 気持としては, 気持通りに, 汚れた手, 油断だった, 泥棒印象の, 注意である, 満十三歳, 為に, 煙草好きを, 父とが, 父に, 父吉川直広が, 父母も, 片腕な, 物心ついた, 犬を, 狸寝, 理解した, 生れそして, 生れは, 生れる前年, 生地は, 生母です, 生活の, 生活理想も, 甥の, 田舎で, 男としての, 画室の, 番に, 疑問にも, 病気も, 痴愚を, 白ねこが, 皮膚も, 目上の, 直ぐ眼, 眸を, 眼前には, 矢張りお, 知つた燈火広告の, 知らないもの, 知らない所, 知らぬ間, 知識の, 研究に, 研究室で, 祖先を, 秘密は, 空想か, 立ち合いなし, 立って, 立場を, 童貞も, 第八支店, 精神は, 素姓を, 組は, 経歴感とが, 経験し, 結婚後この, 網膜に, 縄ばしごで, 美文的フォルマリズムの, 義兄と, 義兄も, 義兄政広に, 習癖としては, 考えちがいかも, 考えと, 考とは, 考へは, 考を, 耳もとに, 耳食かは, 職探し, 肉体には, 肩, 肩は, 胃と, 胴中を, 胸の, 胸を, 脳みそは, 脳髄だけを, 腕は, 腰やら, 腹の中まで, 腹話術だ, 自動車が, 自己弁解です, 自由に, 興味を, 色の, 若い潔癖さ, 荷造りが, 落第し, 蒼ざめた顔を, 血管の, 行つて見た, 表情が, 裸身と, 見まもる眼, 見舞いの, 親父と, 親父は, 覺つかない, 言いたいこと, 言ひたい, 計画が, 計略が, 記憶では, 記憶通りの, 証人たちが, 詩な, 話の, 誠意が, 説明は, 読書の, 負けだ, 責任かい, 質問に, 足く, 足に, 足は, 足やら, 足場に, 身が, 身仕度にも, 身体に, 身近く, 転って, 近村に, 返したその, 逃げるほう, 通った明治三十七, 連想には, 運が, 過失から, 過失は, 遠い記憶, 部下です, 部下は, 部屋で, 部屋代が, 配達した, 野心は, 金を, 釣りを, 錦では, 長年の, 間には, 閲歴は, 隣りに, 集金が, 青猫, 音楽を, 頬へ, 頭が, 頭にも, 頸を, 顔とを, 顔やから, 飛ばした, 食事の, 餌を, 驚きも, 魂を, 魔術が, 魚釣りなども, 黄金メダルを, 鼠釣りは, 鼻に

▼ ぼく~ (1203, 8.9%)

8 ここに, なんにもしない 7 いうと 5 これを, 悪いん 4 その女, なにを, 君を, 持って, 朝にも, 行くと, 見て

3 [13件] きみを, この事件, ついて, つれて, ですか, やって, 先に, 勝ったの, 子供の, 帰って, 案内する, 知って, 考えて

2 [50件] あなたを, あの人, あの冷凍球, いくまで, いたわって, いちばん高く, いって, きみに, きみの, ここへ, この雑誌, こわいん, こわして, さきに, じゃまを, それを, どうしてこんな, はいって, ひそかに, やります, ゆきます, よく知っ, 一人前の, 乗って, 二の句が, 二十面相の, 分からないかね, 口を, 命令する, 大きなメタル, 好きな, 彼に, 彼の, 愛するの, 扉を, 指を, 文学を, 明日子に, 聞いた話, 自分で, 自動車の, 責任を, 送って, 逃げだしたこと, 連れて, 道化師に, 釣って, 電話を, 頭を, 顔を

1 [1003件 抜粋] あいずを, あいつらと, あずかって, あそこへ, あたろう, あなたに, あなたの, あのひと, あの偽, あの旧式, あの時美校, あまり犬, あらためて司会, あれだけ, あんにゃもんにゃ時代, い, いいました, いいよう, いう, いえば, いくさ, いくらか, いけがき, いこう, いた, いちばんしあわせだった, いちばんわるい, いっしょでは, いった, いったの, いつかあった, いつもせ, いないんで, いなけりゃ三度, いまおく, いま盗まれた, いやだ, いる, いるさ, いるぼく, いるわけ, うしろから, うたうの, うたふよ, うちに, うちの人たちに, うまくごまかし, うまく話, おあずかりしたい, おうかがいしましょう, おくびょうな, おごるから, おじゃまし, おそろしそう, おとして, おは, おぼえて, お使い, お宅, お屋敷, お浜, お目にかかったところ, お茶受けを, お金を, かうして, かえったの, かけた, かたきを, かついで, きっとうまく, きみたちの, きみらと, きょうまで, くんで, こいつに, こうして, こうして一つ目小僧, こうして苦しむ, ここで, このとおり, このドア, この世の中, この女, この庭, この洞窟, この片田舎, この穴, これからそれ, これからやる, これだけ, これほど, ころんだの, こんなにしあわせ, ご案内, さっき昼寝を, しあわせに, しくしく泣きだす, して, しめろ, じきにおうか, すこしも, すこし持っ, せわを, そういう土地, そうした運命観, そこから, そとへ, そのゆすり, その子, その当時, その後モノに, その明智小五郎, その王女, その路, それに, それも, そんな, そんなにも, そんな目, た, ただ身体, たのんで, だっこし, だめに, ちょうど薄暗がり, ついてるから, つい先夜, つけて, つけろと, つぶしたあと, てんで廿, でたらめ言っちゃった, でると, とって, とやかく思う, とりこに, どうしたら, どうして現実, どうにでも, どの部屋, どんなこと, どんなにしあわせ, どんなに君, どんなに震えてる, なかま, なぜあんな, なぜ里見さん, なにか悪い, なんでも, なんの, にせ者, ねじふせて, のませて, はじめこの, ひきうけますから, ひきうける以外, ひとつやっ, ひとりのこらず, ひろったから, ほうたいを, ほんとうの, まい日顔, また四ツ目, また薬屋, まだ何, まもって, みっともないから, みにくいアヒル, もういらない, もう一足, もぐって, もしべつ, もし片手, もし身体, もつと, やくざ者だ, やぶります, やりそこ, やりました, やるの, ゆく, よくせわ, よぶまで, わからなかったの, わざわざ先生, わるかった, われたもん, イギリス人なら, エジプトの, オールを, ガロフォリを, コチンと, スロワキア人と, セロを, ツウリスト・ケビンの, テエプを, ドアを, ドツク會社に, ドブ板を, ナイトの, ビールを, ピストルの, ヘタに, ポイントの, ポケットから, マリを, ムダ足を, ヨシ子の, ルゥヴルで, 一つ落とす, 一ばん好きな, 一人犠牲に, 一度だって, 一応事情, 一昨日あやうく, 一番のぞん, 一番まっとうだ, 一等で, 一等に, 一言なかるべからず, 三十歳の, 上るの, 上京した, 上京を, 下ります, 下僕の, 不安な, 不注意で, 不覚な, 両国の, 両賭け金, 主人に, 九歳の, 事件を, 二十二三の, 二郎で, 云ったと, 云ふ, 井上君が, 人ごとながら, 今いる, 今ここに, 今度は, 代って, 代筆を, 会います, 会って, 似て, 何かへ, 何を, 使った餌, 保護いたし, 側に, 傍に, 先生で, 入つた職場溜り, 入れられた牢屋, 八百屋の, 六号活字を, 兵站総監ほかの, 凝と, 出て, 出来得ること, 切って, 刑事諸君と, 初めて月給, 別の, 前借まで, 割れて, 加賀太夫さんに, 助けだしに, 助手では, 勝ったよう, 北川放, 十一二歳の, 十三歳の, 十二月十日ごろまで, 十八にな, 十杯かれ, 南北五瓶正三治助などという, 即席に, 原口さんを, 可笑しがっ, 右近を, 同じ立場, 同行した, 名づけるよと, 命じて, 哀れっぽい, 唾を, 喀血した, 喜んで, 四歳の, 団長に, 困るから, 地球には, 塔の, 境内を, 壇に, 変装の, 夜席を, 大きくなっ, 大屋の, 大正大震災の, 大統領に, 大魔術, 太宰治を, 奇禍に, 女に, 女中さんに, 女持の, 好きだった, 好きで堪らぬ, 子どもで, 学校で, 守って, 実験に, 家を, 審査します, 尊敬される, 小人に, 小夜子サンに, 小杉さんに, 少年探偵団員だ, 就職の, 岩かどに, 帰ったら諸君, 帰るまではと, 帰国した, 年の, 幸福だ, 幼時から, 幽霊だって, 引きうけて, 引きうける, 引き受けるから, 弱々しいだけに, 当家へ, 彼らこの, 彼女を, 後押しし, 心配し, 志願する, 思うと, 思ったの, 怪我を, 悪かった, 悪党である, 意地の, 感心した, 成人した, 戻って, 手中の, 手工を, 打つん, 折りとった仏像, 拾うとは, 持つ, 指図を, 捕手を, 探して, 揉んだの, 教えて, 旅行を, 早くからこんな, 明らかに, 明智です, 明智小五郎だ, 昭和二十九年千葉県佐倉鹿島川の, 普通用の, 書いたん, 書いても, 書くこと, 未だにこうした, 本当の, 本筋の, 来たらもう, 来ちゃ, 来なければ, 東京まで, 椅子に, 横浜船渠へ, 正しいか, 正勝の, 歳暮大売出しなどの, 死ぬなんて, 死んだよう, 残金を, 殺したと, 毎日きまった, 気がついたとき, 気を, 水菓子屋に, 治郎さんを, 泥棒なみに, 洋装を, 活版所から, 消防署へ, 火口に, 炭焼男に, 無意味に, 照れて, 父と, 父へ, 片隅で, 牢屋には, 特別小心だった, 玄関を, 現在持っ, 現金で, 生きた鶏, 生れたさ, 生活費を, 画人なら, 疑ったとしても, 病院から, 発明した, 目にかけて, 相手な, 眼を, 着て, 知らないとでも, 知らなかつたので, 石油をの, 社長の, 私情が, 税務署又は, 立ちます, 端へ, 第一番, 管理し, 紹介状を, 絵も, 綱を, 美しい詩, 翻訳を, 考えたほど, 聞きあやまったの, 育った横浜, 自分の, 自動車まで, 船に, 花を, 草稿を, 菊池寛賞を, 蛭田博士という, 行かなければ, 行っても, 見えなかったの, 見えるの, 見た彼女, 見なれた, 見はり, 見張番, 覺えて, 言いたいの, 言うと, 言つたのは, 記代子を, 訪ねるたび, 許して, 証明書を, 詩人である, 話して, 説明いたします, 読み返して, 調達に, 諸君を, 讀んで, 負って, 賊の, 赤木医院の, 起き出すと, 身に, 轡川の, 近づけば, 述べること, 退治し, 逃げるん, 透明人間でも, 逢ってから, 道江との, 道江を, 重い足, 野中さんに対して, 金太郎の, 針目です, 釣りを, 鉱山に, 鏑木さんを, 門下生に, 陋劣だ, 雅子さんを, 電報を, 青木さんに, 預って, 飛び込めば, 食べよう, 馬券を, 魔術師に

▼ ぼく~ (733, 5.4%)

6 の仲間, の方, はこの, はみんな 5 の前, の手, はただ, はまた, は早く 4 からみる, が, のひとり, の会社, はここ, は自分, もまた

3 [12件] とちがった, のこと, の団長, の家, の恐, の目, の眼, は, はかれ, はぼくら, はもう, 小さい者

2 [54件] がこの, がさいかち淵, がそれ, がつい, が一日, が自動車, といっしょ, と一つ, にし, には骨, の, のいる, のなか, のよう, の仕事, の住ん, の力, の友だち, の古い, の唯一, の姿, の家庭, の少年探偵団, の少年時代, の影, の胸, の自動車, の財産, の責任, の魚, はいよいよ, はおたがいに, はそこ, はその, はそれ, はとうとう, はとった, はよく, は両方, は人間, は冬, は大, は淵, は砂, は砥石, は蝉, は貴族, も一疋, も何だか, も車, をここ, をすてる, を待っ, を救いだし

1 [512件 抜粋] おのおの膝, があいいましめ, があの, があまり, があわて, がおっかけた, がこうして, がここ, がすわる, がそこ, がつくった, がはいっ, がふみこん, がほんとう, がもっと, がトヨペット, がドア, が一, が上陸, が不自由, が世界人, が住んでる, が兵隊山, が助からない, が勝手, が卑怯, が参詣, が命名, が外, が寝, が寝る, が小夜子サン, が小学校, が屋根, が工場, が幼少, が彼ら, が想像, が掃除, が探偵, が救助, が旨い, が早く, が書生時代, が最初, が来, が残り, が毎日, が決心, が泣きたい, が無心, が犬, が畑, が発見, が第, が結婚, が聞い, が腫れ物, が舞臺, が菊細工, が落盤, が親, が觀, が起きる, が進歩, が野放図, が降り, が顔, じゃありません, だけで, だけであるらしい, だってそば, だって弟子, でいけなけれ, です, でも驚かない, で追っかけ, とちが, とはセンス, とは階級, とべつ, と一しょ, と兄弟, と別れた, と同年輩, と同行, と大差, と感, と知っ, と飲んだ, などにも時々, ならどんな, にいう, にいわせれ, にさ, にさえ分った, にさえ歩く, にする, につかみかかっ, にとっては大, にとっては憎むべき, にとって肯定的, にとつ, にはだめ, にはなん, にはまだ, にはよい, には一日, には些か, には分る, には千万, には危害, には大阪特有, には姿, には存在, には幻影, には思はれる, には生命, には皆目, には耳より, にまで何, にまで何度, にみつかる, にもくれる, にもやはり, にも優しい, にも分る, にも察しられた, にゃわからない, に何, に国境感, に尾行, に指さす, に挑戦, に時, に気づき, に知らせ, に縁, に見せた, に詰問, に追っかけられる, のお株, のお母さん, のくせ, のこの, のすぐ, のつくった, のほう, のほか, のほんとう, のやく, のよく, のわき, のクイーン・メリー号, のサクラ号, のテント, のピクニック, のマーク, のロケット, の世間, の乗っ, の作り物, の内, の写真機, の十年二十年, の友人達, の古びた, の同好, の周囲, の命, の土壌, の地図, の地球, の場合, の太陽, の女王さま, の子供仲間, の子供心, の存在, の学友, の学校, の容子, の密か, の寝室, の寝床, の小さい, の少, の居所, の常に, の幸, の念願, の思い, の探検, の故郷, の敵, の文学的神経, の旅行予定, の日, の明智探偵, の書架, の書齋, の検査, の歩く, の歴史小説, の歸, の母, の汚い, の生命, の生活, の生活身邊, の疎開先, の瞳, の知っ, の知らない, の知る, の社会, の神経がちょっとへんになっただけのことさ, の空気, の窮状, の立った, の童心, の第, の筏, の組, の結婚, の習っ, の習慣, の耳, の背, の自由, の船具工, の艇, の若い, の親, の親密, の観念, の言った, の試験, の議論, の足もと, の身, の身ぢか, の身分, の身辺, の車, の連れ, の遊び仲間, の運命, の過信, の過去十年二十年, の部屋, の関係, の青年時分, の頭, はあす, はあたたかい, はあと, はあられ, はい, はいか, はいつ, はいつも, はいひたい, はいま完全, はいろいろ, はいろんな, はおろおろ, はお互い, はお先に, はかかし, はかつて, はきみら, はこうして, はこれから, はさっそく, はすっかり, はそろそろ, はそんな, はたすかった, はたすかる, はたばこ, はだいじな, はだまっ, はつねに, はできる, はとじこめられ, はどっか, はどっち, はどん底, はなおもかわるがわる, はなに, はなにか, はなん, はねえ, はひどい, はほっと, はみな, はみんな白色人種, はむさぼる, はもうたいくつ, はもっと, はやった, はゆくゆく, はアネモネ, はタイハイ, はタッチ, はドノバン, はパン, はメンコ, は一団, は一日, は一瞬, は一致協力, は両親, は久保井先生, は乗っ, は事物, は二人, は今後, は仕事, は休暇, は何度, は係長, は修繕, は偉大, は元気, は助かった, は助かる, は労働者, は卑怯, は原っぱ, は友達同志, は同時に, は土, は土管, は堤, は多く, は夫婦, は奈良県, は奥, は始終黙々と, は学問, は学校, は学生, は実行, は富士男君, は寝そべ, は小林, は少年探偵団, は尽きない, は屡, は市内, は帆影, は帰り, は常々たくさん, は彼, は待ち, は思い出せなくなっ, は思え, は思つて, は恐れ, は感じ, は戦災者, は探, は数日間, は敵, は既に, は早速, は明智先生, は暫く, は松林, は枝, は枝道, は次郎君, は歩き, は母, は水, は洞穴, は活動写真, は浅瀬, は浜辺, は港近く, は湖, は火うち石, は独立, は猿, は理解, は生活, は町, は畳, は白浜, は目前, は目白駅, は目的, は直ぐ, は知人, は空想, は第, は紀勢線, は絶海, は胃, は自分ら, は自由, は船, は苦しい, は親, は警察, は逃げ出す, は過去, は遠く, は部屋, は野良犬, は野蛮人, は門内, は間違い, は防備, は顧問, ばかりでなく, へその, へまま, へ聞かせた, へ語る, まで御難, まで狩出し, もいこう, もいちおう, もきかない, もしばし, もただ, もだめ, もつり, もとうてい, もどんな, ものち, ものぼっ, もやがて, もアグネ, も口, も岩手県, も思い思い, も悪漢ども, も救われた, も文学化, も暮らし喘い, も正面, も気がつく, も知ってる, も苦労, も覚え, も身, も降りる, よくよく因業, よりははるか, より一学級上, より先, より年上, より強かっ, より高等, をあざわらっ, をあわせ, をおいかけ, をおどかす, をこの, をたすけ, をどう, をふみ殺させよう, をまい, をまもっ, をみちびい, をもの珍ら, をゆるし, をジープ, を信ずれ, を信用, を初め一般, を助け, を取巻いた, を失望, を守っ, を導い, を愛する, を扇動, を抱い, を捜したでしょう, を捨て, を探し, を措い, を救い, を殺そう, を燃やし, を片づける, を牢, を監視, を目がけ, を肴, を裏切る, を見, を迎え, を道, 小さい子供ら

▼ ぼくたち~ (686, 5.1%)

10 はこの 7 はその 6 のこと, はいま 4 のからだ, の生活, はここ, はそら, はもう, は今, は恐, も降り

3 [19件] だけで, といっしょ, のうまれた, のほう, の家族, の居る, の心, の方, の話, の顔, は, はいつも, はこれから, はぼくたち, は少年探偵団員, は知ってる, をたすけ, をどう, を見る

2 [45件] がはいっ, が飲ん, たすかるだろうか, つるされたり, にお, には見えない, にもすこし, のいる, のうしろ, のかくれ, の住ん, の名, の宇宙艇, の少年探偵団, の手, の生命, の知らない, の身体, はいっしょ, はいろいろ, はお, はきみ, はこれからどう, はこんな, はさっき, はそこ, はそのまま, はそれ, はそんな, はだれ, はちゃんと, はどう, はみんな, はミリガン夫人, は女の子, は帰る, は毎日, は相談, は警察, もあそこ, もはいっ, も彼, をむかえ, を見つけ, を連れ

1 [478件] あのおばけ, あやしいやつ, うずまって, おしつぶされて, おどろきました, お邪魔, かい, から見れ, があと, があぶない, があんまり, がい, がいくら, がいちばんはじめ, がいます, がおしゃべりするのとおんなじなんだよ, がきみ, がこうして, がしっかり, がしん, がその, がたいへん, がたずねる, がちゃんと, がとりこ, がどう, がどうして, がどっち, がはいった, がひきうける, がみんな, がむかし, がやってくる, がパリ, が三日三晩, が下り, が乗っ, が出, が出会う, が助けだした, が厳重, が友だち, が夜野原, が夢, が大勢, が少年探偵団員, が帰る, が悪者, が戦ごっこ, が早く, が有頂天, が森, が死体, が海岸, が湖, が知らない, が窓, が第, が緑, が腰, が落とし穴, が行ったら, が見, が見えなくなった, が近, が金貨, が黄河河畔, この屋根裏, こんなにか, しかえしを, じゃない, ずっとこの, たすかったね, たすけて, だけじゃない, だけの力, だってここ, だってそう, だって親, だという, ちゃんと用意, であいつ, でいえ, でうち, できっと, でここ, でて, ではどう, で自分, とってもこわい, とても似合ってる, となに, とは生活, とびおりて, と仲よし, と同じ, どうしてここ, なかなかの, なんかまだどう, なんか鼻, に, にあ, にあいたがっ, にあたらしい, にあの, にうそ, にです, にとって不利, になん, にはいい, にはいろいろ, にはこの, にはぜったいに, にはできっこない, にはひと足, にはまだ, にはまだよく, にはよく, には明智先生, には本当, には死, には火星, には火星人, には直接必要, には神さま, には船, には髪, にぶっつかった, にまかせ, にもお, にも機械人間, にゃくれなくったって, にわけ, に会わなかったら, に判った, に挑戦, に春, に治療, に潜水艦, に病院, に相談, に見えない, に見せました, に話しかけた, に話した, に黙っ, ねむくなっ, の, のあいだ, のあと, のいく, のおかあさん, のかえ, のかくれんぼ, のきる, のぎっしり, のくる, のことば, のこの, のそば, のため, のだから, のにおい, のにげる, のへん, のほか, のまん前, のもの, のやっ, のやってる, のゆうきとち, の七つ道具, の中, の乗っ, の仕事, の仲間, の会社, の兄弟, の先生, の函, の前, の力, の勇気, の勉強部屋, の友情, の命, の場合, の大事, の姿, の威勢, の将来, の幸せ, の恥, の感じ, の指みたい, の敵, の来た, の泳ぎ, の潜水艇, の潜航艇, の熱心さ, の班, の目, の眼, の知恵, の級友, の結婚式, の義務, の背, の腕, の膝, の親類, の記章, の設計, の話し声, の調査力, の身, の部屋, の鍛練, の間, の非合法運動, の頭, の食べもの, はあいつ, はあちら, はあっち, はあな, はあなたがた, はあやしい, はあらゆる, はあわれな, はいい, はいそい, はいったいどう, はいなか, はいや, はいる, はうんと, はおじさん, はおもいがけなく, はかがやい, はかくし, はぐるっと, はけさ, はこうして, はこれ, はごらん, はざらざら, はしなかった, はしばらく, はしょっちゅう, はしらない, はすこし, はすっかり, はそう, はそうした, はそれぞれ, はたがい, はただ, はたちまち, はたった, はだいじょうぶ, はつい, はついに, はとうとう, はとんでも, はどこ, はどろ, はどんなに, はなに, はなん, はねむこうの, はね飼い鳥, ははじめ, ははじめて, はほんとう, はほんもの, はまだ, はまどから, はまるで, はみょう, はめい, はやく魔法使い, はカニ, はギネタ, はセラダ負傷, はセーヌ川, はホテル, はボーイ, はポチ, はレンズ, はロンドン, は一体どう, は一度, は一生けん命, は三方, は不安, は中国兵, は二人, は人形, は仲, は仲間, は元気, は入り口, は出直す, は前, は助かった, は協力, は危なく, は同じ, は味方ぶりすぎ, は呼吸, は地下道, は地球, は夜光怪人, は夜間航海, は夢中, は大急ぎ, は女の子ひとり, は好き, は妻, は子供, は学校, は安心, は実は, は小さい, は少し, は少年探偵団, は少年探検隊, は幽霊, は後衛中隊, は心, は忘れ, は念入り, は急ぎます, は愛しあっ, は愛し合っ, は手, は探検隊, は操縦, は文化, は日本人, は早く, は明智先生, は時計屋敷, は本当に, は枝道, は模型, は歩い, は死ね, は死ん, は死んじまう, は決して, は洞穴, は潜望鏡, は火事, は無人島, は現に, は生田春月, は田んぼ, は知らなかった, は石, は腹, は自由, は艇, は若い, は落とし穴, は行けないだろう, は豆潜, は豆潜水艇, は賊, は起き出た, は足音, は速水さん, は運, は遠方, は金, は集塊岩, は雌牛, は頭, は食べる, は餓死, は鬼ガ島たいじ, まいばん, までぼやぼや, もあと, もいっ, もいろいろ, もうすこしここ, もうみ, もう帰れやしない, もこの, もすぐ, もその, もそれ, もそれで, もたちまち, もだった, もちりぢ, もつれて, もなんと, もカピ, も一生けんめい, も七つ道具, も博士, も四馬剣尺, も小林団長, も悪い, も手, も晩, も火星, も町, も見た, やって, よりたった, よりはへた, よりも, よりもずっと, よりゃずっとましだよ, より先, よろこんで, をおく, をおそれ, をおどかす, をかきまわした, をかまっ, をこの, をこれから, をこわがらせよう, をこんな, をさがし, をさらっ, をさんざん, をしきりに, をじっと, をその, をつかまえ, をつけ, をつれだし, をとりこ, をどこ, をながく, をなで廻す, をふしぎ, をぶつ, を一つ, を一掴みポケット, を両手, を中井君, を助け, を家, を屋根裏, を引き分け, を当分そッ, を待っ, を手, を拝み廻っ, を明るみ, を更にほれぼれ, を案内, を植え込み, を楽しませた, を殺す, を注文, を煩さ, を生かし, を生き, を生きかえらせ, を祝っ, を苦しめ, を見, を覗きこん, を訪ね, を近づけた, を避ける, を驚嘆, 殺されるん, 見なかったよ

▼ ぼく~ (567, 4.2%)

12 いっしょに 7 そう思う, 知って 6 それを 5 きみの 4 そう思っ 3 そうだ, 一緒に, 今それを, 持って, 母の, 自分の, 連れて

2 [20件] あとから, いこう, いちどやられました, きみたちの, きみを, そうだった, そのこと, そんなこと, ついて, サムも, 一しょに, 人間めい, 同年輩の, 多少は, 子供の, 征く, 木から, 気に, 考えて, 行って

1 [465件] あいつが, あいつに, あいつの, あいつを, あきらめて, あなたが, あなたの, あのよう, あの男の子たち, あの箱, あひにく, あらしなんかに, あれは, あれを, あんまりひどい, あゝいう, いい口, いくよ, いささか慰められた, いじらしくなっ, いつか賑座贔屓に, いまうちあわせた, いましい, いまそう, いまに, いままで, いままでは, いまヒアシンスを, いろいろな, いろいろ考へ, いわない, いわないよ, うかつだった, うさっき, うたいます, うっかりし, うつして, うるさい, う学校, おかしいと, おかずつくりが, おじいさんも, おとうさんに, おどろいたがね, およぐよ, お城, お座敷へ, お歯, お父さんも, かけつけて, かけますから, きいた, きいて, ききましたよ, きのう博士を, きみたちと, けっこうです, けっして思っ, ここから, ここで, ここに, ここまで, こちらの, このごろしみじみ, このとおり虫眼鏡, このとき, このベッド, これからは, これから御殿, これから殺生, ころげるよう, こんな風, ごいっしょ, さいぜんから, さうだ, さうは, さっそく手紙, さつそく, しあわせです, しずんで, した, しょうこ, しらないよ, じっさいこ, じっさいこわかっ, すぐいっ, すぐに, すぐ帰る, ずいぶん中学校, そいつを, そういうすばらしい, そういう小説, そういう所, そうおもう, そうおもっ, そうする, そうだろう, そうな, そうに, そう信じます, そう思った, そう思ってた, そこへ, そのころ, そのつもり, その前後, その後から, その時, その行列, その車, そばから, そばに, それが, それじゃ, それに, それにたいして, それ以上は, そろそろ初期程度, そんなよう, そんな事, そんな旧縁, そんな縁, たいへんな, たしかな, たしかに, たのしいです, たまには, だ, だいじょうぶ, だいたいそれ, だらしなく, ちかごろは, ちゃんと知っ, ちょいちょい専門, ちょうど寒く, ちょっとでも, ついに音, つい箸, つけるからね, つてが, つれて, できるだけ, とうとうむやみ, どうせ永く, ない, なにかやっ, なにも, なるよ, なんだか安心, なんだか買食い, なんとかでき, なんにもいわない, にんげん, はじめから, はじめて会った, はじめは, ひとつ運だ, びっくりした, ふしぎで, べつの, ほかの, ほしいな, ほんとうの, まえから, またいつも, また一つ, また二十代, また考える, また負けず, また馳出, まだおちつい, まだそれ程には, まったく気づかない, まねし, みなと, もうきみら, もうだめ, もう米国, もう要らない, やったが, やっと, やつて, やりますよ, やる, やるぞ, やろう, ゆく, ゆくよ, ゆこう, ゆだんして, よくおぼえ, よくない, よくは, よく心得, よく昼休み, よく海水浴, よく知っ, よく知ってる, よく知らない, よろこんで, りゅうの, わからないが, わからないん, ウンザリする, オカユねりで, オッチョコチョイには, コイの, コリた, サシで, ゾーッと, ドックから, ネコじいさんが, バカだった, ボートで, ポケット小僧も, マチアの, ロンドンへ, 一つ力作を, 一ど, 一ぱしの, 一人の, 一句作った, 一度は, 一度帰宅, 一度張り込み, 一時は, 一週間逃げ歩きました, 三十個もってる, 三年まえ, 上つい, 上へ, 上京しよう, 乗せて, 乗りたいなあ, 予期しなかった, 二十面相の, 云われて, 交って, 亦上野, 亦彼女, 人の, 今の, 今は, 今までに, 今仕事の, 今年あたりは, 仕事が, 仲間に, 何だか赤ン, 何度か, 使い他人さま, 信じないよ, 信用し, 俥に, 僅かしか, 入ったきり, 入って, 全力を, 共々色, 出京以来, 初めは, 力作を, 助からんからな, 助かるよ, 勤勉家でない, 十一日の, 十個かくし, 厭だった, 又奉公先, 又自分, 反対しません, 口ごたえした, 古画は, 合槌うっ, 同じく二十八歳, 同じこと, 同じです, 同じもの, 同じよう, 同じ小学校, 同じ考え, 同感です, 同様あがっ, 君に, 君の, 呟き顏, 呼んで, 四日間と, 培つてゐた, 声は, 変装の, 変装は, 多分に, 夢中で駆けた, 大きかったら, 大きくなったら, 大人並, 大変心配し, 大学を, 大庭先生には, 天井が, 失礼しよう, 女の子と, 好き勝手な, 嬉しいです, 子供心に, 学校に, 安心した, 実は気, 家に, 家内に, 封建の, 小さい弟妹たち, 小学生に, 小林を, 小母さんも, 少しこまる, 少し怪しく, 帰京する, 幼少の, 床に, 店の, 弱ったの, 当てて, 当然書かなけれ, 御しんさん, 心が, 応援に, 思い出した, 思う, 思った, 怠ること, 怪我した, 息を, 悪かった, 意外だった, 愛子も, 憂さ晴らしに, 手つだいますよ, 手を, 手伝わせて, 折には, 持廻つて冗説する, 散歩ながら, 旅先で, 日曜日の, 日本に, 日本中で, 日本全国の, 昌一君と, 時化を, 普通より, 暫時われを, 書いた, 書く宣傳, 最初に, 望むところ, 朝の, 杏の, 東京を, 枕崎に, 棄てたいと, 機会が, 歌うぞ, 歌を, 武器が, 毎年その, 毎日何かしらや, 毎朝豆腐を, 気がつかなかった, 汗びっしょり, 池田君も, 決して負けない, 治郎君は, 法本が, 流行青年病の, 渋って, 焼け出されて, 甚五並みという, 生まれてから, 生命にかけて, 生身の, 町の, 異議は, 疲れた, 皆さんの, 真におじさん, 眼に, 知ってりゃ出かけたん, 知つ, 知つてらい, 知らないよ, 知らなかった, 知らぬでは, 石の, 神田釣友会に, 競馬は, 笑う, 箸は, 約束しましょう, 紙コツプの, 素顔を, 罹災民の, 考えつかなかったよ, 聞いて, 聞くの, 聞く耳, 肚を, 肱を, 腹が, 腹を, 臆面なく, 自分を, 自慰を, 自棄だった, 自然台所の, 自然膳を, 自由画らしき, 船板から, 良心の, 若年の, 苦しい想い, 行きます, 行く, 行くよ, 街へ, 補充兵として, 見た, 見て, 見に, 見事に, 記代子と, 許して, 話し相手が, 誤診や, 読んだ, 読んで, 警察に, 責任を, 買おうかな, 賛成だ, 赤くなっ, 跳ねおき活動, 身が, 透明怪人の, 途中で, 通ったこと, 遊びに, 道具の, 部屋の, 野々宮さんの, 野中さんからの, 金十八弗也の, 鎌倉だ, 鏡を, 長年魚釣りを, 雌牛の, 非常に, 頼まれるまま, 食べる, 駄句る, 高知県, 鰻釣りの, 黄金メダルも, 黙つて

▼ ぼく~ (563, 4.2%)

9 ゆるして 8 見て 6 ここへ, 助けて, 愛して 5 して, つれて, どうしよう, 信じて, 入れて, 訪ねて, 連れて 4 みると, 見つけて 3 おどかそうと, たすけて, ひっぱりだしてくださあい, 呼んで, 外へ, 抱いて, 殺して, 見ると

2 [25件] いっしょに, おぼえて, さそった, そこへ, そんな人間, ぬったよう, はげまして, ほめたよ, 助けに, 叱った, 呼んだん, 嫉妬した, 孤児院へ, 家の, 待って, 救って, 明日子から, 本当に愛し, 穴の, 見ながら, 見るなり, 試して, 誘惑しよう, 連れに, 顧みて

1 [411件] あかあかと, あかんぼあつかい, あたためて, あっと, あつかうから, あるとうとい, あわれんだのさ, いうじゃま者, いじめようという, いじめる手段, いたわって, いっぴき, いつも庇護, いろんなこと, うち負かす, うらぎろうと, うらやましがるだろう, うらんで, うんとなぐっ, おいて, おくびょうものだってしかるんだよ, おこって, おこらせること, おそれましたぼく, おっか, おどかすから, おどろかして, かえして, かかえて, かぎつけたの, かしらに, かつぐん, からかうよう, からかって, からかわないで, こうした思いがけないすばらしい, ここから, このかご, こまらせて, これからどうしよう, ころして, こわがって, こわきに, こんなところ, こんなにし, こんなひどい, こんなめ, こんなもの, ごまかして, ご存じです, さらったわけ, さらったん, しげしげ見, しずかに, しばったなわとが, しばっても, じろじろ見廻してる, すっぽかして, せなか, せめたてるん, せめるん, ぜひ連れ, そこまで, そのまま受け入れ, その一人, その森, その部類, そんなにいじめ, そんなにきれい, そんな無, たすけるの, たずねて, だいじに, だましたの, だれだ, ちょいと, つかまえた子どもたち, つかまえて, つかまえでも, つかまえるに, つかまへて, つきとばして, つき殺そうと, つくったと, つれこんだのさ, つれだしたの, ですね, とじこめたの, とって, とめて, とらえたふたり, とらえた明智君, とらえないと, とらえようと, とりこに, とりまいて, どうかすれ, どうして憎まない, どんな風, なぐったね, なぐって, なぜこんな, なだめるため, にくんで, にせものと, にぶい眼, にらみつけて, にらみました, にらむところ, にらんだ, ねかせて, ねらって, のせて, のせると, のっけて, ののしって, のめますか, はらいのけたので, はらいのけて, ひき殺そうと, ひとりぼっち, ひどいめ, ぶって, へんな, ほんとの, ぼくの, ぼくを, ぼんやりさせ, まちがえられたこと, まるでちがった, まるで無頼漢扱い, まるで運動神経, みた真面目, みるなり, みんなに, めがけて, めぐつて, もう一度倉庫, やらして, ゆっくりねむらし, よく口ぐせ, よく愛し, よく知っ, よく調べ, よびました, よんで, わすれたの, オモチャに, カンニングだの, ガッソーへ, キツネから, ギラギラにらみつけ, ギラギラにらむ, スープに, ノラリクラリ云いのがれ, ハウントするらしい, ビックリさせない, ヘーイさんに, マユミさんだ, ミドリに, ワシントンまで, 一本買っ, 上眼ごしで, 下僕として, 不二夫君だ, 不二夫君と, 不良な, 中学の, 九月二十日まで, 人に, 人無き, 人質に, 人間ぎらいにさせたいんだろう, 今では, 余り好きません, 作って, 使いか, 使う気, 使って, 例に, 侮辱した, 侮辱する, 便所に, 信じては, 信用し, 信用しない, 信用しました, 信頼しきっ, 俥に, 元の, 先生からは, 入れようという, 励まそうと, 勘定に, 卑劣だ, 可愛が, 叱らなかったという, 叱りつけ蜻蛉, 名津子さんに, 君の, 吹きあげる, 呆れて, 呶鳴りつけ, 呼びとめて, 呼びとめます, 呼びよせるん, 呼び御馳走, 呼んだ, 喜ばせたいと, 嘲弄しよう, 嘲笑って, 四十面相に, 固くし, 坊主なぞ, 売ったこと, 売りたまえ, 売るの, 大人びさせぼく, 失った後, 失って, 好いて, 好きに, 始末する, 嫌って, 嫌ッて, 孔子や, 寂しがらせる, 少しは, 庇って, 引き止めたんだい, 引っかけたの, 引っ張りだして, 彼らから, 彼等の, 待ちかねて, 待つこと, 心配させまい, 必要と, 忘れたかな, 忘れたらもし, 怒つて, 怒らせぼく, 怨めしげ, 怪老人に, 恋しちまっ, 恐れて, 悪者とでも, 悲しませるもの, 惡い, 惹きつけた, 愛しく思い出し, 愛しないん, 愛しなくなるよう, 愛ちゃんの, 慰めて, 憎しげに, 憎んで, 戒めたことば, 手古摺らしはじめたの, 抱えて, 抱きかかえぼく, 抱きしめて, 担いだね, 拉したの, 指先に, 捜索した, 捨てないで, 捨てやしないだろうね, 捨てるだろうと, 揉みながら, 揺り起し, 摘みあげつくづく, 支へる, 放しそして, 放送機に, 斎木だ, 明日子は, 明智探偵事務所へ, 書生に, 木箱の, 本当に思っ, 東京へ, 案内し, 梃摺らせた, 植えること, 横着な, 機械台の, 正選手, 死なせて, 殴って, 殺した木俣, 殺すつもり, 殺すに, 殺すの, 気の, 気抜けさせる, 気遣って, 決める, 沖縄人だ, 泣きださせまい思って, 泣き男, 浜で, 淋しがらせなかった, 深く愛してる, 潜水機に, 狙う結果, 独り遊ばせ, 献身的に, 生かす熱, 生んだ人間, 生んだ島, 画室に, 疑ったり, 病人だ, 病気だ, 病院から, 病院へ, 痺れさせて, 益し, 盲目に, 眺めた, 眼で, 眼鏡の, 睨みつけます, 睨み直して, 睨めつけ, 睨んだ, 知らない, 知らないでしょうがね, 突きとばすと, 立ち会わして, 笑わそうとして, 筏に, 精, 締めださないの, 繞って, 罪人の, 脅かす, 自動車に, 苦しめたあの, 苦しめないこと, 苦しめること, 落着くまで, 虐待する, 裏切っても, 裏切るよう, 見かけたら声, 見たとき, 見たまえ, 見た黒井さん, 見つけたとき, 見つけたん, 見つけると, 見てよ, 見ないよう, 見はって, 見られたくない言いかえると, 見るたび, 見るので, 見れば, 見付けて, 見守る, 見張って, 見捨てないで, 見本において, 見物に, 見舞いに, 見詰めて, 覗いて, 試験し, 誘かいすること, 誘って, 誘わないで, 誘惑する, 語るため, 誤解してる, 説いた, 誰よりも, 警戒しだした, 警戒してる, 警戒する, 走らせたの, 起こして, 踏みにじって, 軽べつする, 軽蔑し, 軽蔑し切っ, 轢いて, 返して, 迫害する, 追いまわして, 追っぱらおうとして, 追っ払うの, 逃がすため, 連れ出した, 連れ日本橋, 遮り, 避けてた, 重大な, 金だ, 闇夜へ, 除けものに, 雁字搦めに, 面責なさろう, 鞭撻し, 鞭撻した, 飾って, 馬鹿扱いに, 高い給料, 黙殺し, 鼻で

▼ ぼく~ (467, 3.5%)

6 して 5 化けて 4 向って, 教えて 3 いった, しっかりつかまっ, それを, とつて, なんの, まかせて, 云つた, 向かって, 知らせて, 電話を

2 [25件] あうと, あふと, いったんです, くれるの, この大任, しても, できること, どんな関係, なにを, ものを, やらして, 与へた, 何を, 少し考え, 心を, 暇を, 気づくと, 石油を, 親切に, 言いたいこと, 話した, 話したこと, 話して, 読ませて, 電話する

1 [368件] あいそよく, あえなくなるし, あたえて, あたえられるべきですそれ, あって, あてこすって, あなたの, あなたは, あなたを, あの屋敷, あの手紙, あの都, あるいは大衆性, あるの, ある永劫, ある種, あわせて, あわせないよう, あんなこと, いいつけて, いそいそ心, いったいどんな, いつた, いつたこと, いつも魔, いて, いろいろ話しかけ, いろんなもの, いわせて, いわせれば, うそを, うちあけて, うちで, うらを, おしえて, おしえようとは, おそわって, おまかせください, おまかせくださっ, お任せください, お守りを, お頼み, かきを, かける, かして, かしてね, きいたの, ききめ, きせようと, きまった, くって, くれた, くれたので, くれたカアペンタア, くれて, こういうもの, こういっ, こぼしました, これは, これほどの, こんなみじめ, させること, さよう, さよならし, さよならって, さわらないで, したつて, した事, しっとりと, しては, しないこと, しろ人, じゃれついて, すすめたの, すれば, そうさせた, そうさせる, そそがれぼく, そのこと, その様, その歌, そんな気持, たいへん年, たびたびひどい, だつて, だまって, ちよつと, つらくあたる, できないかわり, できないとき, できない絶対, できるだけの, できるでしょうか, ですか, とうとう病人, とって, とどけて, とびかかって, どういう知恵, どうしろ, どこへ, どなられると, どんなこと, なじんで, なすりつけようと, なすりつけるつもり, なぜその, なった柾, なっても, ならできるの, なりすましたその, なり擦り切れた畳表, なると, なれて, ぬかしたり, ねむり薬, はっきりわかりました, はやあの, ばけた子ども, ばけて, ひとことも, ふえを, ぶっつかったん, ぶっつかって, ぶっつける, ぼくの, まかして, また幼年時, まつわりついたの, ま心, むかって, むすびつけるの, もう一言余言, もったかは, やかましくいっ, やくそく, やってくれと, やはり満面, やらせて, ゆくりなくありし, よくない, よく似た, よこして, わかつた, わからないから, わからないこと, わかりませんが, アドレスを, カフェーに, センダードへ, パンを, ポーズを, ラッキーは, 一そくの, 一つの, 一人で, 一言も, 万一の, 上村松園さんの, 下へ, 不似合い, 与えて, 二つの, 二ひき, 云ったの, 云った言葉, 今月から, 代って, 任せて, 会いたいと, 会った時, 会って, 似た同じ, 何か, 作らせたの, 傷つけられた下腹部, 兄と, 先づ印刷紙面, 先手を, 入り用だった, 入れるまア, 六ルーブリ貸し, 内緒で, 写真を, 出来るでしょうか, 分りました, 力を, 劣らぬ犬好き, 勇気を, 化けた, 化けたこと, 化けるの, 半年以上も, 原稿を, 取ってのみ, 取り戻して, 口止め料が, 口蓋を, 同席し, 同情し, 向っての, 向つて, 向つて曰く, 君が, 呉れるの, 喋らせまいとして, 喜んで, 報告し, 報告を, 売って, 変装し, 夜学を, 女の, 女を, 好意を, 委して, 婚約の, 嫉妬し, 宿を, 寄越したの, 寄越して, 尋ねたね, 就て, 尾行させ, 屆けて, 届くの, 幾度か, 強くなれ, 当てるつもり, 影響が, 役人を, 彼女が, 御愛用, 復讐を, 必要が, 忠告する, 恋愛結婚でしょう, 恩が, 悪いこと, 惚れようと, 意味あり, 愛撫されたい, 懇望し, 戦争勃発から, 手が, 手渡した, 手錠を, 打たして, 打明けたが, 持たせて, 持ちかけて, 挑戦した, 揉むの, 撫ぜて, 改めるべき点, 教えたの, 日本の, 早くから, 暴言さすれ, 書いて, 最初に, 杖を, 来ちゃ, 東京に, 比べると, 気がついて, 水を, 注がれた気, 浴びせる罵詈讒謗, 涙を, 渡して, 激励の, 牢屋の, 特にぼく, 理解は, 理解力が, 生半可な, 申しわたしました, 申し出たの, 申し込んで, 白羽の, 百万円です, 盛んに, 目配せし, 相手は, 相談し, 看護婦を, 示した度, 空想癖が, 競争を, 糊塗する, 紹介された, 結びついたの, 美感と, 義侠という, 義務が, 羽根が, 考えが, 考へさせれば, 聞いた, 聞いても, 聞かして, 聞かせた, 聞かせて, 聞かせも, 聞きたいこと, 自分のか, 自動車を, 與太郎なんて, 船を, 苦學希望の, 苦情を, 行けと, 見えるところ, 見せた, 見せた親しみ, 見せて, 見て, 見破られたこと, 見破られて, 親しい御, 言うだろうと, 言ったの, 言って, 言わせたの, 言わせれば, 訴へ, 話が, 話さねば, 話しかけ, 話しました, 語ったもの, 語って, 語つた人が, 課したこと, 謝まる, 負けたこと, 責任が, 貸すと, 走り方, 身の, 身体が, 近い呼吸ひっぱく, 近づいて, 近よっ, 返事さえ, 迫る彼女, 迷惑を, 追従笑いを, 送って, 逐一の, 通知する, 逢いたがって, 金が, 金を, 関心が, 難題が, 面と, 面倒を, 革の, 頼み込んで, 飛びついた犬, 食って, 飲ませたの, 驚くべき吉事, 骨を, 髯ぐらいは, 2号が

▼ ぼくには~ (340, 2.5%)

7 それが 6 わからない 3 できない, よくわからない, わかりません, 一昨日大へん, 何か

2 [13件] ある, お父さんが, そのとき, だいたいけん, ちっともわからない, ちゃんとわかっ, どうする, なにも, わかって, わけが, 分らないが, 奇妙な, 少しも

1 [286件] あたらないよ, あったの, あなたが, あなたの, あの鏡, あれも, あれ以上の, あんなきみ, いけそう, いつかしら少年, いつだって, いま自分でし, いろいろ口説いたです, うそを, おとうさんに, おぼろに, かいくれその, かなりな, かわいそうだった, こうしてちゃんと, このごろやっと, このなぞ, このほう, このぼく, この世の, この取り合せ, この方, これが, これこそ, これに, これ迄の, こんなかわいい, こんなこと, こんなにじょうぶ, こんな一, こんな重い, さうし, さして重要, さっぱり商売, すぐ分った, すこしもわかりません, すべての, ずいぶんうらみ, ずいぶん易しい, そうと, そう思え, その人怖じ, その必要, その忍耐, その揶揄, それだけが, そんなむずかしい, そんなリエ, そんな實行力, そんな泣き声, そんな空しい, そんな考えそのもの, そんな者, そんな風, たいへんうれしかっ, たえられない, たまらない魅力, たまらなく悲しく思われた, だいじな女, だいたいわかっ, だいたいわかった, ちっとも切実感, ちっとも悪い, ちっとも見当, ちゃんとわかっちゃった, ちゃんとわかる, ちょうどそんな, つまらなかった, てんで見当, できないの, できないよ, できませんが, でこぼこし, とてもわからない, とても助けられやしないだろう, とんと確, どうしても, どうしてもわからない, どうしても馴, どうにもなりません, どうも, なにかに, なにが, なんにもわかりません, なんの, はっきりした, はなはだやっかい, ふしぎで, ふたごの, ふに, へんに, ぼくの, まだお, まだその, まだわからない, まだ分らない, まったく疑問, まつぴらなのだ, まるっきりわけ, まるで屠所, みんなわかっ, むかしから, もうなにもかもわかっ, もうわかっ, もう何, もう賊, もとより有益, ものを, やっぱり君, よくわかっ, よくわかりません, よく先生, よく分からない, よく分っ, よく判らない, よく解らない, わかってるよ, わからないが, わからないね, わからないよ, わからなかった, わかりすぎるほど, わかりませんね, わかるよ, わかるん, カバン持ちは, チンピラ別働隊という, トオサンの, ピッポちゃん, ボーっと, ラクな, 一昨日たいへん, 一滴も, 一等賞を, 一言も, 不吉な, 不得手, 不思議でならない, 不意と, 中の, 二銭銅貨一枚を, 五十ターレルしか, 京言葉の, 人間に, 今この, 今も, 他人の, 以前から, 会わないよう, 伯父にあたる, 住所が, 何が, 何ともその, 何にも, 何の, 何も, 何もかもさっぱり分らない, 何もかもわかっ, 何ら関係, 何一つとして, 保護感情みたいな, 信ずるところ, 全然記憶, 分からないなあ, 分からんね, 分つて, 分らないね, 分らなかったが, 分りかねます, 初めは, 判断できなかった, 別に考え, 創作の, 効き目が, 十円から, 受けとれない偶像, 唯温か, 困難な, 多い, 夢か, 大きなしかえし, 大きな不幸, 大きな体, 太宰治が, 女の, 女中が, 如何にも哀れ, 嫂という, 嫉ましくみえて, 嬉しかった, 字引無しでも, 学問は, 実際それほどつらく, 実際の, 小癪に, 少年の, 尾上町附近での, 届かずうしろ, 帰る家, 広東語は, 弱々しい人, 従妹にあたる, 心が, 思いがけないこと, 思えるの, 思ひ耽るほど, 思へなかつたの, 思われない, 恋人が, 恋人であった, 悔恨と, 想像できない, 愉しいもの, 愉快な, 意外だった, 感銘が, 憧がれの, 手品の, 教えて, 文学少年に, 新しい発見, 旅情の, 日曜は, 旧悪では, 早や, 明日という, 明日子が, 明智先生が, 書けなかった, 最初の, 朝という, 楽しみでも, 楽しみの, 権力が, 母の, 母は, 母も, 決して厭, 決して語っ, 決定的な, 父には, 父親と, 特に酒友, 珍しく百本釣り, 現金が, 理解出来ない, 異母兄にあたる, 盗癖が, 相手が, 知る所, 純な, 絶対に, 考えられない, 職を, 肉体が, 育ち出して, 腰が, 自信が, 自分と, 自由な, 苦手だ, 苦手で, 落ちつきという, 落ちつくという, 葉書一本寄越さない, 見せも, 見当が, 解き難い, 計画的とは, 許せる気, 話と, 詳しいこと, 読めませんよ, 負けて, 重大だった, 鏑木さんを, 関係ない, 面白く思われる, 頷かれないん, 馴, 髪床や

▼ ぼく~ (199, 1.5%)

17 いっしょに 7 そっくりの 4 一緒に 3 して, ちがって 2 いつしよ, お弓さん, ポケット小僧だけ, 一しょに, 一しよ, 同じよう, 文代は, 母とは

1 [149件] あなたを, あの方, いえいくら, いっしょじゃ, いっしょにすこしこころもちをしずかにしてごらん, いれかわったほんとう, おなじよう, おなじ服, おなじ顔, おんなじめに, おんなじ服, お祖父さんの, きたらこんな, きみだけで, きみと, きみとで, きみとの, きみとは, この男, しちゃ, しても, そちらに, そっくりじゃ, そっくりだ, そっくりな, その, その両, だぼ沙魚嬢, ちがうん, ちがったべつ, ちがっては, でなければ働きません, どこから, なんの, ふたりきりでした, ふたりきりです, ぼくを, まったくおなじ, まったく同じ, まるっきりおんなじ, まるでふたご, もうひとり, よくにた, よく似た, サムとは, サムは, ノロちゃんの, バクスターガーネット君三人で, ポコちゃんとの, マリとの, 一つか, 一日だけ, 三りん, 三人の, 三根夫が, 並んで, 中学同級の, 中村君とで, 二人きりに, 二人で, 二人暮しです, 二宮君は, 交替で, 人形と, 代わりあってね, 仲が, 似て, 信じきって, 健吉さんだけは, 共同事業の, 別れたいと, 別れようと, 別れると, 別れ女ひとり, 助次郎が, 同じ, 同じこと, 同じころ京都帝大, 同じところ, 同じ名前, 同じ意見, 同じ服装, 同じ目, 同じ社, 同じ考え, 同姓の, 同宿しません, 同年小酒井君は, 同年輩位の, 同年齢, 同窓だ, 同級生であり, 向きあっても, 咲子さんと, 土を, 変りが, 変りは, 妹だけが, 妹とは, 妹は, 姉さんは, 姉を, 婚約し, 家内と, 寸分ちがわない, 小林と, 小林は, 小林君とを, 少年探偵団に, 山下君の, 弟と, 彼とは, 彼女とには, 彼女とも, 恋愛だって, 文代と, 文代のか, 明日子が, 明智君だけ, 杉本君とは, 村川の, 東海さんと, 松林桂月くらい, 板を, 柳川は, 柴山は, 死んだ曲芸師, 母とが, 清さんうしろに, 真剣勝負を, 知恵くらべ, 笠原さんが, 紀久ちゃんが, 結婚し, 編集子との, 英語の, 草鞋で, 荷物を, 視線が, 親友に, 話を, 遊ぼう, 遊ぼうね, 靴穿で, 顔かたちが, 首だけ, 馬の, 黒井さんの, 黒川君と

▼ ぼくにも~ (71, 0.5%)

2 わかりません

1 [69件] あいつが, いちばんいい, いろいろある, いろいろ疑わしい, おくれよ, おんなじこと, お許しが, こうし, この紡車, さっぱりわかりません, して, じゅうぶん責任, すこしてつだわし, そこの, その秘密, それへ, それを, そろそろマスク, そんなこと, ただならない, なんか話, はいらないかと, ふに, まだよくわからない, まったくわかりません, やっとわかりかけ, よくわからない, わからない, わからないがね, わからないこと, わからないの, わかります, わかりませんよ, わかるの, わかるよ, わかるよう, わけて, クリスマスは, 一つ愉快な, 何か, 何から, 使えそう, 先生が, 分つた, 分らずむなしい, 分らないでは, 分らないよ, 参会する, 周囲にも, 多少ひと, 多少責任, 小さな見, 少しください, 成人への, 手伝わせて, 本当の, 煤を, 眼を, 立ち会って, 考えが, 考えられて, 自由な, 見えるんでね, 買って, 買わせようという, 身に, 連想の, 青春という, 順番が

▼ ぼく自身~ (60, 0.4%)

2 のし

1 [58件] からはあの, が, ががんばっ, がよく, が成長, が特に, が直接道江, が矛盾, が腹鳴り, この種, しばらくの, でぼく, でもここ, でよく, で鍾乳洞, としてはし, とびこんで, どうしたら, にすべき, にたいしてふくしゅう, にとって自身, になるべく, にはタコ, にもあなたがた, にもする, にもわからない, にも到底, にも經驗, に恋愛, に関するかぎり, に関係, のいう, のおぼえ, のくし, のふくしゅう, のステールネス, の欲望, の気もち, の生活, の破滅, の血液, の鏡, はあの, はいろいろ, はこれ, はちっとも, はと問われれ, はなんにも, はぼく, は充分, は浮浪人赤井寅三, は顏, も機會, をぼく, を見, 一応も, 忘れえないと, 思い出されて

▼ ぼく~ (59, 0.4%)

2 のクルウ, も

1 [55件] がひがまれる, がリンカアン, が他, が入っ, が帰国, が承諾, が日本語, が波止場, が驚き, でさえ些か, と肩, と顔, にとって文字どおり, には無く, に一緒, のこと, のキャプテン整調, のグルウプ, の交友, の前, の大洋丸, の学校, の学校六百人, の学級会, の巳歳, の愛情, の棒引, の汚れ物, の耳朶, の自動車, の車, はみなかった, はフォックス撮影所, はロングビイチ, は努力, は午前中, は向う, は幸福, は彼地, は相手, は隅っこ, へ光, へ話した, まで何となく, も子供, も笑っ, も隅田川, よりも一船前, よりも近所, を呆れ, を呼びとめ, を置い, を負かした, を迎え, を逃がしたら

▼ ぼく~ (53, 0.4%)

265 よぼく 2 よ明智

1 [20件] からである, が, がこれ, がつまり, し二ひき, つてな, つて一番はじめの, つて書ける, つて林の, ということ, としてもぼく, と思ってる, と知れる, のという, のは, もの今きみを, もの今更ねえ, もの顔を, よしずか, よ明智小五郎

▼ ぼくだって~ (52, 0.4%)

2 それは, もしかしたら

1 [48件] あけること, あの女, あやふやな, いま一生懸命な, おりおり大人, きみにも, こうして一人ぽっち, こうみえ, こころえて, こだわらないよ, これで, こんなに大きく, そうさ, そうだ, そうな, そこに, ちょっと見たら, どちらだって, なにかの, ほかの, まったく悲しい, もう永峯, もちろん聞いた, やはり同窓, わかってるよ, わかりますよ, カラスでなけりゃ, ニセ貴族, フランス人だ, マホガニーの, 人が, 忠臣に, 悲しいん, 愛ちゃんの, 持ってや, 本当にしたく, 林の, 生きて, 男です, 縄ばしごを, 苦しいん, 見えないよ, 負けない, 負けは, 金は, 青木に, 魔法くらい, 魔法使いだ

▼ ぼくより~ (30, 0.2%)

3 先に

1 [27件] いっそう愛する, いつもよけい, うまいと, えらいやつ, すこし小さい, ずっと上, ずっと小さい, よけいに, 一廻り下の, 七つばかり, 三つ大きい, 下の, 二ツ年下の, 以上に, 健康で, 前に, 十ぐらい, 古いん, 大きくも, 小さいん, 小さいカンカン, 年上です, 早いもの, 早く気がついた, 無邪気だった, 背の, 賢い

▼ ぼく~ (29, 0.2%)

3 云った

1 [26件] くれたガマ口, その日, よこした私信, 云いそして, 云うの, 云ったことば, 云はれた, 口も, 向けて, 向って, 告げながら, 呶鳴つた, 命じるといった, 廻つて来た, 彼女を, 微笑を, 意地悪を, 手紙が, 杯を, 示したこと, 筆談を, 見せた, 訊ねた, 話しながら, 語りかけて, 課し初めて

▼ ぼくにとっては~ (22, 0.2%)

1 [22件] あれが, それだけでも, それらの, どうでも, なんでも, ガラスの, 一定の, 以仁王の, 何よりたい, 全くぼく, 出張から, 大きな意味, 女房さえ, 学校に対する, 月の, 生きること, 祖父の, 肉体的の, 自然な, 親類の, 辛かった, 酒友だった

▼ ぼくはね~ (22, 0.2%)

1 [22件] あいつは, きみが, きみこの, きみを, ここへ, この雑音, これからここ, そいつが, ちょっとたいへんな, どれだけ, みんなの, をん, カイジンシジュウメンソウです, カルメンより, ガチョウの, 兄さん, 先生の, 八月の, 医者に, 水とう, 泳ぎが, 金持ちだ

▼ ぼくみたい~ (20, 0.1%)

3 な子ども 2 なちっぽけ, なもの

1 [13件] かい, な小さい, な熟煉, な男, な詩人, な足どり, にすこし, にね, にベッド, に六十, に年, に弱気, に金

▼ ぼくから~ (19, 0.1%)

2 さきに

1 [17件] いって, いへば, うその, はつきり申します, マスを, 云ふ, 先生に, 千円も, 呼んだの, 四五人ほど, 見栄も, 言わせれば, 訊かない限り一切父, 諒解を, 警視庁の, 離れようと, 電話を

▼ ぼくにとって~ (19, 0.1%)

1 [19件] あのオリムピア, その時, なぜそんなに興味深い, なんの, はたして自然, もはやクルウ, 今たい, 他人が, 先生以外の, 出来ること, 勝負なぞ, 団地の, 困難な, 大事な, 忘れえない或, 故郷の, 楽しいの, 生れて, 血の

▼ ぼく~ (17, 0.1%)

3 はなししよう 2 ほねえさん, 説教で 1 うちへ, かねを, たてかえ致して, つかさんりんご, はなししやう, 使いだ, 友だちを, 姉様の, 習字の, 酒なんか

▼ ぼく~ (17, 0.1%)

2 ので, のであった, んべ

1 [11件] ので自然一風, のは, のを, んです, んにも, 一種の, 帯止めを, 文学と, 男ごころに, 若い人たち, 青年に

▼ ぼくひとり~ (17, 0.1%)

2 のほう

1 [15件] おいて, です, でのぞく, ではない, ではやれない, では迷路, でひっそり, でやって来, で崖, で見た, なん, のもの, の力, の心, 出て

▼ ぼくだけ~ (16, 0.1%)

4 では 2 聞いた 1 あごひもを, だ, だった, でなく明治, でよそ, モエビを, 一人逃げ損なっ, 審査船に, 抜けさせて, 検札に

▼ ぼくです~ (15, 0.1%)

531 お父さん, から血, が, がにじむ, この大任, し本人, よぼく

▼ ぼくとしては~ (15, 0.1%)

1 [15件] いいこと, これまで, しょッち, せい一ぱいの, それが, それを, とっさになんて, アイディアだけを, 所詮生涯, 異存ありません, 矢来町からの, 結果が, 読むに, 賛成し, 鬼一法眼が

▼ ぼく一人~ (15, 0.1%)

1 [15件] が居残っ, だから, だけの招待, であった, である, でたくさん, で下谷西町, で取手, で横浜, となっ, にち, のため, のヤセ腕, また一人, を庇ふため

▼ ぼく~ (14, 0.1%)

2 よければ

1 [12件] おは, きっと仕事, すらおかしく, よかったら, 代わりは, 例の, 又おかみさん, 地面に, 大きな6, 御二方, 独立します, 許婚の

▼ ぼく~ (14, 0.1%)

1 [14件] ぼくの, サムの, トオサンは, ミドリを, 中川一政などが, 妹の, 小さい動物たち, 小林君に, 弟には, 村川の, 横町石橋吉祥寺関前, 正ちゃんが, 母の, 田口が

▼ ぼくとは~ (13, 0.1%)

2 口を

1 [11件] いきが, これから司令塔, なるべくはなれ, 一廻り違ふ, 今の, 四つ違ひ, 学校の, 急いで, 母ちがいな, 気が, 無関係な

▼ ぼくなどは~ (13, 0.1%)

1 [13件] お婆さんの, どんな虫, フナに, 娘を, 子供で, 当時触目する, 心ひそかに, 意識的に, 案じないでは, 殊さらに, 老獪である, 舞に, 騷音に

▼ ぼくなら~ (13, 0.1%)

2 ぼくが

1 [11件] けいたい, この種, その工場, それが, ちゃんと十六本, ばカラ針, ぼくの, ぼくを, 余計な, 廢語辭典でも, 徹底テロリズムを

▼ ぼくぼく~ (13, 0.1%)

1 [13件] うねって, した下駄, して, と土, と板, と草鞋, と靴穿, と首, と馬, になり, の小, 出た所, 掘った

▼ ぼくなんか~ (12, 0.1%)

1 [12件] いつまで, こうは, ここに, ざんねんながらきみの, とてもかなわない, はじめから, もし娘, サインし, 出ないで, 忘れて, 自分で, 落ちるとちゅうで目

▼ ぼくでも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あつた, いい, おもわぬところ, かなわないほど, そしてまた, だまされるところ, ない, ひどく音楽的, 塗ったよう, 賢ちゃんで, 馴れて

▼ ぼくもう~ (11, 0.1%)

2 かえるん 1 かえろう, くたびれて, なおったよ, ひもで, 三つひろつたい, 帰ります, 帰るよ, 息で, 死ぬかと

▼ ぼくじゃ~ (10, 0.1%)

4 ない 3 ありません 1 ないん, なくて, なくガラス

▼ ぼくにとっても~ (10, 0.1%)

1 たえがたい苦痛, ひそかに, ショックで, 初耳だった, 妹の, 尾上町時代の, 愉快な, 故人にとっても, 敵です, 最も大事

▼ ぼくたちふたり~ (9, 0.1%)

1 がこの, が立っ, して, とも万年筆型, のあと, のほか, の責任, はだれ, は中

▼ ぼくたち二人~ (9, 0.1%)

1 で, で出かけよう, にとって一生, の責任, は, はおそるべき, はしばらく, は飛行艇, も君

▼ ぼくという~ (9, 0.1%)

1 のは, 三人家族な, 人間も, 偽映, 弟にとっては, 父にも, 留守番も, 素質が, 関口二郎という

▼ ぼくとの~ (9, 0.1%)

1 ことで, ことは, 短い兄弟縁, 結婚についての, 結婚を, 間に, 間柄は, 関係で, 関係も

▼ ぼくなども~ (9, 0.1%)

2 その組 1 おなじ仲間みたい, その抹茶, 史論でなく, 夕焼けの, 義経は, 隠れて, 頼まれては

▼ ぼくら子供~ (9, 0.1%)

2 の眼 1 と一しょ, はいろは長屋, はこの, はその, はどこ, も密か, を初め

▼ ぼく~ (9, 0.1%)

2 をし 1 と後, のない, の松, は, ひろふ, を拾つて焚付, を掻きあつめ

▼ ぼくこそ~ (8, 0.1%)

2 ほんとうの 1 いいめいわく, きみに, はずかしい, みんなに, 失敬した, 申しわけないゆだんでした

▼ ぼくこの~ (8, 0.1%)

2 うで 1 あいだから, 国の, 塾には, 話を, 音楽だいすき, 頃時計の

▼ ぼくでは~ (8, 0.1%)

2 ない 1 ある, あるまい, ないか, ないが, なくて, 間に

▼ ぼくよりも~ (8, 0.1%)

1 おそらくは彼, できるん, よけいもうけ, 三十分ほど, 年上だ, 百段も, 若い丈夫, 頭が

▼ ぼく~ (8, 0.1%)

2 だよ 1 じゃない, だい, ちへ, とこに, とこは, とこへ

▼ ぼく先生~ (8, 0.1%)

2 のお 1 からる, にいわれる, にご, に電話, のおっしゃる, の助手

▼ ぼくだけの~ (7, 0.1%)

1 主観に, 妄想から, 思ひだ, 物だった, 癖かも, 知恵では, 閲歴であっ

▼ ぼくだった~ (7, 0.1%)

2 のさ 1 がしかし, がそれ, せいも, のか, んだ

▼ ぼくについて~ (7, 0.1%)

2 おいで, くるんだよ 1 おりて, きた小物, 来て

▼ ぼく~ (7, 0.1%)

2 どうしても 1 いいもの, この網, ねえさんの, マリの, 縄ぬけ

▼ ぼく~ (7, 0.1%)

2 のよう 1 があつ, が一つ, が在る, って臍, のある

▼ ぼくたちここ~ (6, 0.0%)

3 で天上 1 からのぞい, でおります, にいる

▼ ぼくなんかは~ (6, 0.0%)

1 それだ, どうかする, ほかの, 少しも, 折角この, 身に

▼ ぼくにだって~ (6, 0.0%)

1 きみにだって, それは, 奥の手が, 旅行する, 理解できない, 葉書の

▼ ぼくに対して~ (6, 0.0%)

1 じつに親切, とくべつの, とても腹, 不満である, 商業に, 注ぐ愛情

▼ ぼくへの~ (6, 0.0%)

1 おもいやりからばかり, お説教, 愛情の, 愛情は, 通信が, 遠大な

▼ ぼくほんとう~ (6, 0.0%)

2 はよく 1 にうれしい, に見た, は一晩じゅう, は先生

▼ ぼく小林~ (6, 0.0%)

3 です 2 ですよ 1 っていうもん

▼ ぼくあの~ (5, 0.0%)

1 人が, 人すきです, 人の, 人形に, 笛の

▼ ぼくこわい~ (5, 0.0%)

31 よう, 夢見ちゃった

▼ ぼくその~ (5, 0.0%)

1 おじさんと, たびに, ふしぎの, 箱を, 話を

▼ ぼくそれ~ (5, 0.0%)

1 がおもしろい, は断言, は気, をあたたかい, を見た

▼ ぼくたちみんな~ (5, 0.0%)

1 が寝, でたすけあっ, とうちゃん, にこんなに, をねらっ

▼ ぼくたち三人~ (5, 0.0%)

1 で兵太郎君, で空気男, で貨車, はあいつ, はあす東京

▼ ぼくとで~ (5, 0.0%)

1 そっと見, とうとう考え出した, もうけたお金, 発明した, 食卓の

▼ ぼくなど~ (5, 0.0%)

1 全然その, 御意見, 無数の, 足の, 釣りしたく

▼ ぼくなどの~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 出る幕, 生れる八年前, 顔に

▼ ぼくなんだか~ (5, 0.0%)

1 うそみたいな, きみがわるくなっ, こわくなっ, 寒くなっ, 自分が

▼ ぼくら三人~ (5, 0.0%)

1 が年長者, では, はその, はどこ, は湯崎

▼ ぼくら少年~ (5, 0.0%)

1 が覗い, の眼, はいかだ, はその, は家庭

▼ ぼく~ (5, 0.0%)

2 の友情 1 の様子, よりはるか, よりもオォル

▼ ぼくいっ~ (4, 0.0%)

2 てもいい 1 てみましょう, て見

▼ ぼくいまお母さん~ (4, 0.0%)

4 の夢

▼ ぼくいや~ (4, 0.0%)

2 です 1 だ, だよ

▼ ぼくおこし~ (4, 0.0%)

2 てやらう, てやろう

▼ ぼくお父さん~ (4, 0.0%)

2 はきっと間もなく 1 はきっとまもなく, はきつ

▼ ぼくこれ~ (4, 0.0%)

1 が覚えられない, とおなじ, まで同じ, を見

▼ ぼくだけが~ (4, 0.0%)

1 じいさんを, 名知らぬ, 大空艇に, 那覇の

▼ ぼくだけは~ (4, 0.0%)

1 まあこの, 六時半に, 少し見える, 思つてゐる

▼ ぼくとが~ (4, 0.0%)

1 いれかわったの, すばらしい計画, 以後交友を, 生活同人の

▼ ぼくなぞは~ (4, 0.0%)

1 もったいないと, 夜間照明の, 火事の, 生きてる資格

▼ ぼくにと~ (4, 0.0%)

2 つては 1 つて古い, つて本家な

▼ ぼくに対する~ (4, 0.0%)

1 判断を, 大きな愛情, 気持ちという, 爆発的献身的な

▼ ぼくのば~ (4, 0.0%)

4 あひ

▼ ぼくばかり~ (4, 0.0%)

1 でなく作家たち, では, のこった, ほかは

▼ ぼくら四人~ (4, 0.0%)

1 で十分, の胸, は考える, は黄色人種

▼ ぼく~ (4, 0.0%)

1 ちよん, となり, と唱, の中

▼ ぼく学校~ (4, 0.0%)

2 の帰り 1 から帰るとち, がひけ

▼ ぼく少年探偵団~ (4, 0.0%)

1 にはいっ, にはいりたい, のもの, の吉村菊雄

▼ ぼく~ (4, 0.0%)

4 から見る

▼ ぼく~ (4, 0.0%)

1 がくるい, がつかなかった, が変, をうしなっ

▼ ぼく水筒~ (4, 0.0%)

4 を忘れ

▼ ぼく牛乳~ (4, 0.0%)

4 をとり

▼ ぼく白鳥~ (4, 0.0%)

4 を見るなら

▼ ぼく知っ~ (4, 0.0%)

3 てら 1 てます

▼ ぼく知らない~ (4, 0.0%)

21 よ, んだ

▼ ぼく行っ~ (4, 0.0%)

3 てとっ 1 て見

▼ ぼく~ (4, 0.0%)

1 てあげましょう, てあげる, てきましょう, て知っ

▼ ぼくおじさん~ (3, 0.0%)

2 のうち 1 の家

▼ ぼくおなか~ (3, 0.0%)

1 がすいた, なんかすかない, のくすり

▼ ぼくきみ~ (3, 0.0%)

1 が悪い, が悪く, を崇拝

▼ ぼくこんな~ (3, 0.0%)

1 きれいな, ことへ, のはじめて

▼ ぼくさっき~ (3, 0.0%)

1 からずっと, からそんな, から考え

▼ ぼくすっかり~ (3, 0.0%)

1 のどが, わすれて, 見ちゃったよ

▼ ぼくたち人間~ (3, 0.0%)

1 に共通, の科学知識, は火星

▼ ぼくたち四人~ (3, 0.0%)

1 は力, は少年, は少年探偵団

▼ ぼくたち子ども~ (3, 0.0%)

1 が三人, になかなか, に息

▼ ぼくちっとも~ (3, 0.0%)

1 くるしいこと, こわくない, さびしくない

▼ ぼく~ (3, 0.0%)

2 ぼくっ 1 と鍬

▼ ぼくでさえ~ (3, 0.0%)

1 同じ講義, 見も, 非常に

▼ ぼくどうしても~ (3, 0.0%)

1 うちへ, わからないな, 探そうと

▼ ぼくなどにとっては~ (3, 0.0%)

1 他人事, 何よりである, 忘れること

▼ ぼくなどには~ (3, 0.0%)

1 その片鱗, それが, ますます以

▼ ぼくなんかに~ (3, 0.0%)

1 お話に, 与へた記憶, 用は

▼ ぼくなんかの~ (3, 0.0%)

1 子供の, 立入る筋, 門前の

▼ ぼくねん~ (3, 0.0%)

2 人みたいな 1 人だ

▼ ぼくはかっ~ (3, 0.0%)

3 ちゃん

▼ ぼくはじぶん~ (3, 0.0%)

1 のこの, の手, の毛糸

▼ ぼくへは~ (3, 0.0%)

1 うんともす, くれないん, 話した

▼ ぼくほん~ (3, 0.0%)

2 たうは 1 たうに

▼ ぼくまだ~ (3, 0.0%)

1 ここの, そんなこと何, 行かなくちゃ

▼ ぼくもね~ (3, 0.0%)

1 なんだかそんな, ぼくが, ビルマから

▼ ぼくやっ~ (3, 0.0%)

2 てみます 1 てもいい

▼ ぼくよけ~ (3, 0.0%)

1 だ, だろうと, で実は

▼ ぼくら明治~ (3, 0.0%)

2 の子 1 の人間

▼ ぼくら生徒~ (3, 0.0%)

1 がやたら, でなくて, も

▼ ぼく助手~ (3, 0.0%)

3 の小林

▼ ぼく宛て~ (3, 0.0%)

1 にも誤謬, に届いた, の健吉さん

▼ ぼく少し~ (3, 0.0%)

1 うたって, わからないこと, 相談が

▼ ぼく見たい~ (3, 0.0%)

1 にかう, にやる, ものだ

▼ ぼく銀河ステーション~ (3, 0.0%)

2 を通ったろう 1 を通ったらう

▼ ぼく飛び下り~ (3, 0.0%)

3 てあいつ

▼ ぼくいつ~ (2, 0.0%)

1 でも退, 見ても

▼ ぼくいま~ (2, 0.0%)

1 までそこ, まで見た

▼ ぼくうっかり~ (2, 0.0%)

1 して, してたよ

▼ ぼくおお~ (2, 0.0%)

2 ねえさんの

▼ ぼくお話~ (2, 0.0%)

1 だけでもいい, だけでもきく

▼ ぼくくらい~ (2, 0.0%)

1 不幸な, 世の中に

▼ ぼくこわく~ (2, 0.0%)

1 ありませんから, ない

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

1 とぼく, の四つ葉

▼ ぼくしるし~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

1 ぶんの, ょうへ

▼ ぼくずいぶん~ (2, 0.0%)

2 泳いだぞ

▼ ぼくずゐ~ (2, 0.0%)

2 ぶん泳いだ

▼ ぼくそういう~ (2, 0.0%)

1 おばさんなら, 旅行は

▼ ぼくそんな~ (2, 0.0%)

1 こといやです, 人に

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

1 きぎを, な人間ども

▼ ぼくたしかに~ (2, 0.0%)

2 見たん

▼ ぼくたちあと~ (2, 0.0%)

1 からつい, をつけよう

▼ ぼくたちどっか~ (2, 0.0%)

2 へかくれよう

▼ ぼくたち兄弟~ (2, 0.0%)

1 にし, のなか

▼ ぼくたち子供~ (2, 0.0%)

1 にほんとう, のため

▼ ぼくたち少年探偵団~ (2, 0.0%)

1 がまちぶせし, の力

▼ ぼくだけに~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ ぼくだの~ (2, 0.0%)

1 下の, 事務所ボーイの

▼ ぼくちやん~ (2, 0.0%)

1 とつかまつてる, と桑

▼ ぼくちょっと~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 明智先生に

▼ ぼくって~ (2, 0.0%)

1 だれだ, ものが

▼ ぼくでなく~ (2, 0.0%)

1 ちやんと, てはできない

▼ ぼくといふ~ (2, 0.0%)

1 人間は, 相手なり

▼ ぼくとて~ (2, 0.0%)

1 そう一同, 何かしらの

▼ ぼくと共に~ (2, 0.0%)

1 出資者の, 家を

▼ ぼくどうして~ (2, 0.0%)

1 いいの, 芝居を

▼ ぼくなぞ~ (2, 0.0%)

1 位置は, 若いうち

▼ ぼくなどが~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 言うまでもなく読者

▼ ぼくなにか~ (2, 0.0%)

1 あげたいん, したん

▼ ぼくなりの~ (2, 0.0%)

1 史見, 考え方として

▼ ぼくなんかが~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, 力士だ

▼ ぼくなんかとは~ (2, 0.0%)

1 まるで段, 一廻りの

▼ ぼくにたいする~ (2, 0.0%)

2 君の

▼ ぼくにとり~ (2, 0.0%)

1 タブウみたいな, 不愉快な

▼ ぼくにね~ (2, 0.0%)

1 むりぐすりのはいったコーヒーを, 人間は

▼ ぼくのぼっ~ (2, 0.0%)

1 てみます, てみよう

▼ ぼくはから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ ぼくはちゃあ~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ ぼくはは~ (2, 0.0%)

1 だかに, ッと

▼ ぼくはも~ (2, 0.0%)

1 いちど見, ッと

▼ ぼくびっくり~ (2, 0.0%)

1 しちゃった, して

▼ ぼくふしぎ~ (2, 0.0%)

1 でしようが, でたまらない

▼ ぼくほど~ (2, 0.0%)

2 不幸な

▼ ぼくみんな~ (2, 0.0%)

1 にうんと, を連れ

▼ ぼくもと~ (2, 0.0%)

1 からへた, 飛んで

▼ ぼくやっぱり~ (2, 0.0%)

1 わかして, 明日から

▼ ぼくよく~ (2, 0.0%)

1 わからない, 知ってるよ

▼ ぼくらい~ (2, 0.0%)

1 か言う, の小さな

▼ ぼくら一行~ (2, 0.0%)

1 が有馬, はこの

▼ ぼくら兄弟三人~ (2, 0.0%)

2

▼ ぼくら子供たち~ (2, 0.0%)

1 の歓ぶ, の眼

▼ ぼくら子供心~ (2, 0.0%)

1 にも何となく, にも壮士

▼ ぼくピストル~ (2, 0.0%)

1 とサーベル, にラッパ

▼ ぼくポケット小僧~ (2, 0.0%)

1 だよ, だよう

▼ ぼくルミちゃん~ (2, 0.0%)

1 がとても, に話す

▼ ぼく一人きり~ (2, 0.0%)

1 では楽隊, で菩提寺

▼ ぼく一度~ (2, 0.0%)

1 も通った, 会いたいと

▼ ぼく一郎~ (2, 0.0%)

2 です

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

1 きらいです, すきさ

▼ ぼく寡聞~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

1 ばこを, ゆびが

▼ ぼく心配~ (2, 0.0%)

1 だよ, でたまらない

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

2 にぼく

▼ ぼく早く~ (2, 0.0%)

1 うちへ, ききたくて

▼ ぼく明智探偵~ (2, 0.0%)

2 の助手

▼ ぼく明智探偵事務所~ (2, 0.0%)

2 の小林

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

1 とうに水, を汲ん

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ぼく眠い~ (2, 0.0%)

1 じゃない, のに

▼ ぼく自分~ (2, 0.0%)

1 で来る, の部屋

▼ ぼく読ん~ (2, 0.0%)

2 でみよう

▼ ぼく~ (2, 0.0%)

1 が冷える, が弱く

▼1* [514件]

ぼくあえて先生に, ぼくあえるかしら, ぼくあくまでいい人, ぼくあげてもいい, ぼくあげるよ, ぼくあしたの晩, ぼくあついストーブの, ぼくあととりじゃない, ぼくあなたをお送り, ぼくあやしいとおもった, ぼくあるけるといい, ぼくあれを捜し出した, ぼくいちいちそんなこと, ぼくいっしょうけんめいやってみましたけれどとても, ぼくいっしょに飲んだ, ぼくいつか報いられるか, ぼくいつか博物館へいった, ぼくいつもここに, ぼくいまへんなひつじさん, ぼくうしろに三番, ぼくうそをつく, ぼくうたったらきっとびっくり, ぼくうちにかえります, ぼくうねってそれ, ぼくうまれて, ぼくうれしいなというよう, ぼくおとうさんにこんばん宝冠, ぼくおばさんにきっと, ぼくおもしろいご本, ぼくお家へかえって, ぼくお腹が減ッ, ぼくお願いがある, ぼくかえって決心し, ぼくかったのを, ぼくかて同じこと, ぼくかぶとむしが大, ぼくからの頼みを, ぼくからも祈ります, ぼくかわりに読みます, ぼくがちやんと, ぼくがのん気でも, ぼくがはだかの, ぼくがややめなければなー, ぼくきっと大統領に, ぼくきっとそうするって, ぼくきっとよくやって, ぼくきょうペスを見た, ぼくくつが小さい, ぼくぐらいあるぜ, ぼくぐらいの子どもを, ぼくここにいる, ぼくこころの, ぼくこっそり自動車に, ぼくこっちのおねえ, ぼくこれからその家, ぼくこれからちょっと旅行し, ぼくこんどこそ命がけ, ぼくこんどスケート始めたん, ぼく案内しましょう, ぼくさっき北見君たちをたすけだした, ぼくさっぱりわけが, ぼくさびしくないよ, ぼくさみしくて困る, ぼくて見る, ぼくしかたがある, ぼくした下駄を, ぼくしっぱいしました, ぼくじゃあないよ, ぼくじゃって軍人の, ぼくすきですね, ぼくすごく孤独だった, ぼくせっかく取ったの, ぼくぜったいに先生とは, ぼくそいつに食われ, ぼくそう云いたくて, ぼくそこからきた, ぼくそれでよけい印象, ぼくそッとつけた, ぼくぞっとしちゃって, ぼくただちょっと確かめ, ぼくたちあいつに見つからない, ぼくたちあすこにむかっ, ぼくたちいまとりいの, ぼくたちいまふしぎなもの, ぼくたちいまへんなもの, ぼくたちうっかりしてたん, ぼくたちおとなは先, ぼくたちきょうだいはね, ぼくたちこまをまわし, ぼくたちしょうねんたんていだんに負けた, ぼくたちすべてを規格化, ぼくたちにせものは七人, ぼくたちほかのもの, ぼくたちみたいな上, ぼくたちカイちゃんを見た, ぼくたちザコネですから, ぼくたち二人きりでほか, ぼくたち今日から瓶, ぼくたち仲間と微笑, ぼくたち個人に身近, ぼくたち兄妹はひとり, ぼくたち六人は小さな, ぼくたち兵隊は弱者, ぼくたち兵隊ごっこちて, ぼくたち冒険をやりすぎた, ぼくたち双眼鏡で空, ぼくたち同士の間柄, ぼくたち同志は花以上, ぼくたち同胞の英雄, ぼくたち団地の夫たち, ぼくたち地球人より知能, ぼくたち地球人類よりもずっと, ぼくたち夜だけ人間, ぼくたち学生時代の学寮生活, ぼくたち小林団長におそわっ, ぼくたち川の方, ぼくたち息ができなくなる, ぼくたち探検隊員をおどかす, ぼくたち教師自身の問題, ぼくたち日本の知識階級, ぼくたち村の子供, ぼくたち気分がわるい, ぼくたち窓からのぞい, ぼくたち純粋に海, ぼくたち結婚しようそして, ぼくたち老人どもが想像, ぼくたち自身にぼくたち, ぼくたったいま遺族を, ぼくたべやう, ぼくたまげたよ, ぼくためしてみる, ぼくたるや大, ぼくだいじょうぶです, ぼくだけかもしれないが, ぼくだけしか頼る人, ぼくだけじゃないん, ぼくだけでひろつたい, ぼくだけというわけに, ぼくだってねチビでも, ぼくだまってあなた, ぼくだろと二本脚, ぼくだんぜん花を, ぼくちゃ駄目だ, ぼくつて小屋の根太, ぼくつばめになりたい, ぼくつまらんことを, ぼくてっきり幽霊かと, ぼくであってだんじて, ぼくであったからなぜ, ぼくできないんです, ぼくできませんお母さまぼくできない, ぼくでしょうね, ぼくでもよだれが, ぼくといった真面目な, ぼくとして最惡, ぼくとちゅうまでむかえにいこうか, ぼくとっても行きたいん, ぼくとてもいいこと, ぼくとぶのは, ぼくとも似て, ぼくとを見くらべたら何, ぼくとんでもないこと, ぼくどうしたん, ぼくどうかして, ぼくどちらも, ぼくどのくらい気, ぼくどんな勉強でも, ぼくなぞもできない方, ぼくなつたさうで知らない人, ぼくなどさえ一睡も, ぼくなどといろいろの, ぼくなどにさへ, ぼくなどに迄サインを, ぼくなどよりはるかに, ぼくなによりもそれ, ぼくならぬ人々の, ぼくなら黙っている, ぼくなりぼくの, ぼくなんでもやります, ぼくなんかにはまだとてもうかがえない, ぼくなんかもこれを, ぼくなんかよりずっと年, ぼくなんぞべつに話す, ぼくなんぞの十八歳は, ぼくなんて駄目です, ぼくなんどもやった, ぼくにかはて忙しい, ぼくにさえ聞えるほどの, ぼくにしかえしした, ぼくにたいしてあらゆる権利, ぼくにだけ話して, ぼくにだけは判る理由, ぼくにだってちゃあんと, ぼくにつき纏って, ぼくにでも理に, ぼくにとっての母は, ぼくにもはひらないかと, ぼくにゃ意味が, ぼくにや入れたい, ぼくに関する大赦の, ぼくねえあれな, ぼくのうでまえを, ぼくのくびをしめるとはなにごとだ, ぼくのこたへはしかし, ぼくのじゃないいたく, ぼくのどがかわいた, ぼくのみが例外に, ぼくはかぶりを横, ぼくはかま猫に同情, ぼくはからの防火槽で, ぼくはがッかりし, ぼくはずかしいけれどきっぱり, ぼくはてのひ, ぼくはと訊かれ, ぼくはなんてしあわせな, ぼくはねぼぼぼくはね, ぼくはへただから, ぼくはるす中りっぱに, ぼくはわづか二ヶ月, ぼくばかりかお父さんも, ぼくばかりじゃない, ぼくひとつあの屋根, ぼくひとり影だけが二つ, ぼくひまを見付け, ぼくひるは野原, ぼくびしょぬれで寒くて, ぼくふきげんだったけど, ぼくふきだしたりし, ぼくふざけていってる, ぼくふたごの兄弟, ぼくへもお説教みたい, ぼくいを, ぼくべつに何も, ぼくほかのこどもたち, ぼくほとんど消化力を, ぼくほんとにできないん, ぼくほんとにそう思って, ぼくぼくぼくと首, ぼくぼく橋の傍, ぼくまた来ても, ぼくまでいっしょに, ぼくまでが代の, ぼくめくらになった, ぼくめんがねえへえ, ぼくもうすこしで気, ぼくもぐってしらべ, ぼくもさ水の, ぼくもしお許しが, ぼくもちやうど, ぼくもっと考えて, ぼくもにやっと笑った, ぼくもをかしいとお, ぼくやっとわかったよ, ぼくよけにして, ぼくよりとしを, ぼくよりはつぎの, ぼくよりよかあない, ぼくよんでくる, ぼくらここにいる, ぼくらさへときには, ぼくらふたりぐらいきっといっぺんに, ぼくらみんながゴマカ, ぼくら丁稚番頭たちはよく, ぼくら二台の車, ぼくら人間の暮し, ぼくら作家も時に, ぼくら全体を憎ん, ぼくら凡俗には道心, ぼくら凡夫にはちよ, ぼくら団地の夫たち, ぼくら大勢のチビ, ぼくら夫婦は口, ぼくら子供らは母, ぼくら子供時分にはやや, ぼくら孫たちが身, ぼくら小人にとっては人間, ぼくら小学生も立ち並んだ, ぼくら小學生も立ち, ぼくら幼童の耳, ぼくら徒弟の通常, ぼくら数人の子, ぼくら旅客の眠り, ぼくら旅情をいだく, ぼくら日本に生きる, ぼくら日本人の常識, ぼくら明治生まれのもの, ぼくら書生がよく, ぼくら横浜の子供, ぼくら父母たちの上, ぼくら現代人はより, ぼくら男の子は紺ガスリ, ぼくら男性にとつて, ぼくら男生徒はそこ, ぼくら給仕は彼女ら, ぼくら群雀の同級生, ぼくら肉親にはありあり, ぼくら自身の力, ぼくら芸人は運動, ぼくら親友だけの内輪, ぼくら親子の前, ぼくら誰一人思って, ぼくら貧者の心理, ぼくら青年にとっては最高, ぼくら音痴を惱, ぼくら風になる, ぼくりしじに蹴, ぼくろみたいなもの, ぼくわからないことが, ぼくわかんないんだ, ぼくわざとしたん, ぼくをからかふために, ぼくをけむたがつてるようだが君は, ぼくをね身動きできない, ぼく西巻だ, ぼくカビくさくこの, ぼくキューピッドっていうの, ぼくゾーッとして気, ぼくダンスしたいの, ぼくバカなこと, ぼくバスにのる, ぼくパンをすこし, ぼくプールへいったん, ぼくベスの道づれ, ぼくペスペスと呼んだ, ぼくホテルに帰る, ぼくポケツトにいり, ぼくマジナヒをし, ぼくママにすてき, ぼくミスと一, ぼくライオンからみる, ぼくラッパもほしい, ぼくラプランド犬からひとり, ぼくリカに乗せ, ぼく一つでいい, ぼく一人みたいな恰好, ぼく一箇の問題, ぼく一週間もおとなしく, ぼく三十年前に九州, ぼく三千夫です, ぼく三千歳にしよう, ぼく三週間ほどお目にかかっ, ぼくの方, ぼくのようす, ぼく中学生になりたい, ぼく中村警部に電話, ぼく乞食みたいな恰好, ぼく予審判事になる, ぼく事務所へいっ, ぼく二三ヶ所心当りをさ, ぼく五十ターレルお金があります, ぼく五銭だ, ぼく井上だよう, ぼくのまま, ぼく今になんだかおそろしいこと, ぼく今井さんの顔, ぼく今夜一晩じゅう寝られないじゃ, ぼく今度の期間, ぼく今度講習をうけ, ぼく仕事がある, ぼく代われたら代わりたいと思う, ぼく以上にもと, ぼく佐川春泥です, ぼく佐藤ですお, ぼく余りお邪魔, ぼく俊一君の洋服, ぼく個人の問題, ぼく健ちゃんのうち, ぼく元気が出, ぼくへまいります, ぼく八田忠晴は身, ぼくてきたら, ぼく出た所に, ぼく別室へ参ります, ぼく助けに来た, ぼく北原といつ, ぼく北海道で見た, ぼく医者を呼び, ぼく十四を頭, ぼく友だちとはぐれ, ぼく取ってきます, ぼく取つておく, ぼく同様新人ですが, ぼく名前がわかっ, ぼく吹いてみます, ぼく嘉治さん健吉画伯五丈館主の四人, ぼく四五十日ほど前, ぼくを半分, ぼく地図をもらった, ぼく大将の着た, ぼく夫婦などを一夕招宴, ぼく失礼します, ぼく女の子に変装, ぼく如きものに, ぼく始終そんな気, ぼく姿をかえ, ぼく孤独になっ, ぼく実は大河君が, ぼくている, ぼく尊敬はしない, ぼく尾関と言います, ぼくを下り, ぼく帰らないでここ, ぼく平気だ, ぼく引張とする, ぼくすぎるん, ぼく弱音をはく, ぼく当人の実感, ぼく待ちどおしい, ぼく待っている, ぼく後生の断想, ぼく徒競走に自信, ぼく迷惑は, ぼく御飯をたかなく, ぼく必ず払う, ぼく思いもよりませんでした, ぼく思うに真, ぼく思はなかつたんだ, ぼく思ふにそこ, ぼく急ぐんだ, ぼく悪かったかんにん, ぼく戦時中に木炭二, ぼくを入れ, ぼく手紙をかこう, ぼく持ってるし, ぼく断言しますが, ぼく明日学校の帰り, ぼく明智先生の少年助手, ぼく昨日海岸通りへ使い, ぼく時計の箱, ぼく時間がない, ぼく望遠鏡がほしい, ぼく木村正一だよ, ぼくを食べたい, ぼく栗原というん, ぼく様子を見, ぼくの傍, ぼくを歌っ, ぼく死にそうです, ぼく毎日迎えに, ぼく毎日いつしよけんめい, ぼく氏神さまのとこ, ぼく気の毒に思う, ぼく水盤に入れなけれ, ぼく永久にあなた, ぼく泣かないよ, ぼく泣きそうに, ぼく泣きたかつたけれどがまん, ぼく泥棒かもしれない, ぼく浜本浩永井龍男三角寛それに南島研究家, ぼく源一ですよ, ぼく潜航艇に乗る, ぼくを見, ぼく生きている, ぼく申しぶんの, ぼく畏まって数回, ぼく病気なん, ぼく病院行くん, ぼく相川泰二っていうん, ぼく真剣なん, ぼく睡くないもの, ぼくを射る, ぼく知つてらあぼく, ぼく知りゃあしない, ぼく神さまのところ, ぼく神戸は終戦後, ぼく神月さんに借り, ぼく神様はいや, ぼくのところ, ぼく競馬何べん, ぼくはつまらない, ぼくと鉛筆, ぼくを受ける, ぼく羽柴です, ぼく考えてみた, ぼく聞いたんです, ぼく聞きまして聞き, ぼく背中がぞくぞく, ぼく體の, ぼく自身この世に, ぼく自身旱魃のさなか, ぼく自身透明になる, ぼく苦しいんです, ぼく行くね, ぼく行つてとつて來よう, ぼく見おぼえがあります, ぼく見たことある, ぼく覚えたいんだ, ぼく試験のよう, ぼくの腰, ぼく誤解なんかする, ぼくの煮込み, ぼく質問を残らず聞い, ぼく跪拝しました, ぼく迎えにいく, ぼく迷っちゃったんです, ぼく追っかけられている, ぼく週刊にふさわしから, ぼくにまよっ, ぼく達チビはまた, ぼく達ボオトの場景, ぼく達四人の交友, ぼくは飲みません, ぼくなんか持っ, ぼく銀河ステーシヨンを通, ぼく長兄は戦死, ぼく隆夫です, ぼく隣りの部屋, ぼくの上, ぼく頭字だけしか署名, ぼく飛びおりてあいつ, ぼく魔法使いなんかになりたくありません, ぼくが見たい, ぼく鳩ポツポにあ, ぼく鷲尾和吉ですよ