青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ほんとう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ほとんど~ ほど~ ほのか~ ほほ~ ~ほぼ ほぼ~ ほり~ ほん~ ほんと~ ~ほんとう
ほんとう~
~ほんとに ほんとに~ ほんの~ ~ぼ ぼ~ ぼう~ ~ぼく ぼく~ ~ぼんやり ぼんやり~

「ほんとう~」 9815, 91ppm, 1210位

▼ ほんとう~ (5850, 59.6%)

32 自分の 28 生きて, 私は 24 お気の毒, そうです 22 そうだ, 困って 21 死んで 17 気が 16 して, それは 14 そうな, よかった 13 私の 12 どうした, 不思議な, 愛して, 腹を 10 あなたは, ありがとう, いやな, 夢の, 自分を 9 あるの, その人, ほんとうに, 好きな, 死んだの 8 あったこと, その通り, それを, そんなこと, なって, 人間の 7 あなたを, うれしかった, かわいそうな, ふしぎな, わたしは, 不幸な, 人を, 自分が 6 ありがとうございました, いいこと, これは, そのとおり, どうしたら, わたしの, 信じて, 妙な, 彼の

5 [27件] あの人, きれいな, そうだった, そう思う, そこに, それが, びっくりし, びっくりした, よく来, わたしを, 何でも, 何も, 君は, 寝て, 心を, 思いも, 感心な, 日本の, 気の毒な, 涙を, 病気に, 知って, 私が, 自分たちの, 自分は, 親の, 飛んでも

4 [44件] あなたが, いいの, いいもの, おこって, おまえの, おれは, お前は, かわいそうだ, この子, そうでございます, そう思っ, どうかし, なんという, みじめな, よく似, りこう, わかって, われわれの, 世話の, 人の, 何か, 僕は, 可哀そうだ, 帰って, 彼女の, 御親切, 悪かった, 悲しいこと, 感心した, 気の毒だ, 気を, 泣いて, 消えて, 理解し, 目を, 眠って, 私を, 立派な, 美しいと, 落着か, 見て, 親切な, 身に, 驚いて

3 [114件] あなたの, あのとき, あの女, あの時, あの男, ありがとうございます, い, いいところ, いい人, いい子, いい方, いい月夜, いい気持ち, いつまで, いやに, いるの, いろいろの, うれしい, うれしいの, うれしく思いました, おかわいそう, おしいこと, おそろしいこと, お前の, お珍しい, かわいがって, ここは, このとおり, この世の, この家, こわい, しなかった, しばらく, しませんでした, すまなかったと, すみません, そうなら, そう思いました, そう思います, そんなもの, どうなすった, どこまでも, どんなつらい, ばかばかしいこと, びっくりしました, ふしぎだ, まじめな, もって, やって, ようこそ, りっぱな, わたくしを, コレラに, 不思議です, 世の中は, 久しぶりで, 人が, 今夜は, 何と, 何の, 何を, 僕の, 力が, 可哀そうな, 可愛がって, 君を, 変な, 夢を, 大丈夫です, 大事な, 嬉しゅうございます, 子供の, 子供らしい, 子供を, 安心した, 幸福な, 彼は, 心から, 心の, 心配し, 怒って, 惚れて, 惜しい事, 愉快な, 愛しては, 昔の, 有難うございました, 来て, 死んだと, 残念でございます, 気がついて, 気分が, 火の, 申し訳ございません, 眼が, 眼を, 科学的な, 素直な, 美くしい, 美しいお, 美しいもの, 美しかった, 考えて, 自信が, 自由に, 見たという, 許して, 身を, 辛かった, 遠い, 降って, 面白いもの, 音楽を, 頭が

2 [364件] あいそが, あき家, あなたに, あのひと, あの人たち, あの娘, あの子, あの時分, ありが, ありがたかった, あるん, いいという, いい天気, いい月, いっしょに, いって, いつまでも, うたって, うちの, うまい, うまいもの, うれしかつ, おいしか, おかあさんが, おかあさんに, おかしいの, おどろいて, お久しぶり, お仕事, お優しい, お切り, お前が, お前さんの, お前さんは, お前には, お前を, お医者, お君, お察し, お母さんです, お美しい, お金を, かわいそうに, きみが, ここまで, こころぼそい, こて, このとき, この人, この場, この方たちの, この頃, これが, これで, こんなとき, こんなよう, こんな目, さびしくなっ, さびしそう, しあわせな, しずかで, しないかも, しないから, しばって, しよう, しんから, じぶん, すきだ, すてきな, すまないこと, すまないと, すみませんね, するだろう, するもの, そうお, そうか, そうかと, そうかも, そうし, そうしよう, そうだったら, そうだろう, そうと, そう思われた, そう感じた, そこで, そこらは, そのきれい, そのつもり, そのとき, そのまっ, その意味, その方, その日, その時, その晩, その黒い, それこそ, それで, それらの, そんな事, たいへんでした, たすかったの, ただの, だいじょうぶでしょう, だめな, ちぇッ, ちがいない, つきつめて, つまらない, つらい, つらいなあ, できるん, どうしよう, どうせき止め, どうなる, なったの, なにも, なんでも, はじめてだ, ひどい, ひどく風, びっくりしたらしく, びっくりする, ふしぎです, へんな, ぼくは, まだ子供, みごとな, みんなの, めでたいこと, もうそのまま胸, やさしいいい人, よい子, よい料理, よくお, よくはたらい, よく分る, よっちゃ, りつぱな青年です, わからないの, わからなかった, わたしたちは, わたしどう, わるかった, われわれは, クラムと, ジョバンニは, ネエもう, マッチを, 一人きりに, 一人で, 一本立に, 一身一家の, 下らない事, 下品な, 世の中が, 中洲から, 二人の, 人生を, 人間は, 今の, 今度は, 今日の, 今日は, 何から, 何かを, 何が, 何だ, 何て, 使用された, 使者の, 俺たちは, 俺を, 僕たちは, 僕を, 僕花の, 入浴した, 内心そう, 分って, 別れが, 利いて, 助けて, 動かすもの, 勿体ないこと, 危ないところ, 可愛いもの, 右と, 君が, 君に, 君の, 味は, 命がけで, 哀れな, 喜こん, 困ったこと, 困ったもの, 困るの, 困るん, 変だ, 夜の, 夢中に, 大切な, 天の, 夫を, 失礼しました, 奇麗な, 好い人, 妾は, 姿を, 嬉しかった, 嬉しそう, 子供たちの, 学校へ, 家の, 家へ, 小さくて, 少し馬鹿, 川だ, 己は, 年を, 幸に, 幸福だ, 幸福である, 幸福に, 引いて, 当惑した, 当時の, 役に立つもの, 待って, 御心配, 御気の毒, 心からの, 心から信じ, 心が, 心配な, 怒ったよう, 思いやりが, 思って, 思わず知らず, 怪物が, 悪い洒落, 悲しかった, 惚れてる, 惜しいこと, 意義の, 愛すること, 感じたこと, 感動する, 感心しました, 感心です, 手紙を, 指だけの, 日本を, 明るくて, 暑くなっ, 有難う存じます, 本心から, 森木国松の, 楽しそう, 止めて, 死ぬかも, 死んだらしいと, 死んだん, 殺されて, 殺す気, 気の毒で, 気まぐれだ, 気味の, 気持が, 気持ちが, 汗が, 決心し, 活きて, 海が, 海の, 消えたの, 涙が, 淋しかった, 済みません, 済みませんでした, 火が, 火事が, 火星の, 無限の, 熱い, 物の, 狐が, 獅子の, 珍しい鶏, 現実の, 生き, 生きたこと, 生きる道, 生き甲斐の, 申しわけが, 申し訳ありません, 申し訳ない, 男の, 皇帝の, 目が, 相すみません, 真実な, 真面目な, 眠ったの, 眠つてし, 眼の, 知らない, 知らないの, 知らねえの, 知ること, 研究する, 社会の, 神様と, 私たちの, 私たちを, 秋に, 秋めいて, 竜が, 純な, 結構でございます, 結構です, 絵を, 美しいかわいらしい娘, 美味いもの, 考えること, 聞いて, 腰を, 腹から, 腹が, 腹でも, 自分で, 自分に, 自然な, 舟に, 苦しんだ, 苹果の, 葉子を, 蛇なら, 血を, 行くか, 見えたの, 言葉は, 説教が, 調査し, 貧乏な, 身の, 身体を, 辛いの, 遇えたの, 運が, 都合が, 雪の, 雲の, 静かな, 願ったり, 風の, 饑じいんだ, 首を, 馬鹿な, 驚いたよ, 高い高い崖, 鳥の, 鷺だ

1 [3877件 抜粋] あいつを, あきれちまうね, あした東京へ, あたし以前の, あったとは, あなた, あなたはめつた, あなた西洋音楽でも, あの事, あの方, あの紫, あの駄夫さん, あやまちが, ありがたい政治, ありそう, あると, あわれな細い, あんな弱々しい, いいお家, いい住居, いい木の芽, いい香り, いくたび, いけない人, いちりん, いつのまにかこんなに寂しく, いま, いま圓朝は, いやなこった, いるん, うその, うつくしい姿, うまくやっ, うれしいねえ, うれしくお母さん, うれしゅうございました, えさだけを, えろうございますが, おいでよ, おかしいです, おこった事件, おそろしいとき, おどろいたか, おに, おまえさまの, おもしろいこと, おやさしい, おれを, お伺い, お前たちったら, お前学問を, お医者さま, お夏さん, お師匠さん, お忘れ, お正月が, お母様のみ, お爺様, お祭り, お羨ましい, お蔵, お金の, かしわばやしの, からっぽです, かわいい子, かわいらしい葉, ききますか, きらうよう, くやしくって, げんげを, ここでは, こちらも, このかわいそう, このままお母さま, この世に, この実, この暗闇, この盲法師, この辺, こまどりは, これっきりよ, これ君に, こんなに住み, こんな嬉しい, ごほうび, さ, さえて, さつき雉を, さびしくなりました, しあわせだ, したくなったとき, しては, しない人, しましたぐらいは, しりたいの, じれじれするじゃ, すぐれた探偵小説, すすきは, すべてが, すみませんけれども, ずっと大きく, そういうよろこび, そうおっしゃる, そうであった, そうでも, そう云え, そう考え, そこらに, そっくりよ, そのくら闇, そのやさしい, その女, その気, その秘密, その顔つきどおり, それも, そんなにわるい, そんな大きい, そんな目, たいしたこと, たがいに, ただステッキ, たのもしく思った, たまらなくなりました, だいじよぶだつた, だれが, ちょうが, つまらないなにひとつ, つらいわ, できるか, とてもつらい, どうあそばした, どうしてよい, どうも上人様, どこまで, どんな罪, なさいました, なってないわ, なめてよ, なんでございます, なんの, ねい, のんびりした, ばかばかしい, ひとばか, ひどいわね, びっくりしたろう, ふてぶてしいよう, べつの, ほめられたと, まあ, まじめでも, まだ二十九, まるみの, みなさまに, むごたらしいけれど, めぐまれた土地, もうありありと, もうどんなに不思議, もう休み, もう彼以外, もう気分, もったいない話, もらっても, やさしいいい叔父さん, やって来るか, やるせの, ゆっくりと, よい功徳, よい雨, よくきい, よくは, よく似た, よく寝ついた, よく知り, よろこんで, わかってるみたい, わかる人, わたくしふ, われわれを, エジプトの, キチガイに, ギュウギュウって, シチメンチョウの, ゾッとする, ティトレリの, ネエ御, バルナバスの, フリーダに, ペストや, マア何と, ロボットだ, 一個の, 一度も, 一生懸命お, 万葉集を, 上れるかい, 不便な, 不幸者だ, 与えてるの, 世間は, 久しいこと, 久振, 乾いた咽喉, 二人とも, 二心の, 亡くなつて, 人形に, 人生は, 今では, 今夜じゅうで, 今日に, 仏陀は, 仙台の, 仲の, 伯の, 住んで, 何である, 何とも言えない, 何時に, 俊三を, 信号する, 俺に, 健全な, 優しい心持, 兄を, 光るの, 公園は, 冗談じゃ, 凍りつく霧粒, 出ましたか, 出歩けるよう, 判じ得るの, 刺し殺そうと, 力は, 動かされたくない, 化け物の, 千世子さんなんか, 卒倒できる, 危っかしい, 厭よ, 反省した, 口なんかじゃあ, 可哀そうでございました, 可愛くて, 右門の, 同じ心, 向かって, 呆れたもの, 味わうこと, 命懸, 唾を, 喉が, 四人が, 困ったよう, 困りますお, 図々しい野良犬, 圧死した, 地球を, 堪ま, 変って, 外国から, 夢みたい, 大丈夫お, 大切に, 大奥様, 大菩薩峠は, 天魔に, 夫婦に, 失礼いたしました, 奉天から, 女と, 好いです, 好きでも, 妾が, 始まってから, 婦は, 嬉しいん, 子の, 孝行だ, 安いもの, 実が, 室そのものが, 寒いね, 寝こんで, 實現した, 小ぢんまりと, 小林君たちが, 少ないの, 居るの, 山崎先生を, 左う, 師匠なく, 帰りたくなること, 平常は, 幸福を, 度肝を, 引きつづきまちがい, 弱むし, 強い犬, 弾けるよう, 彼が, 彼等は, 後生です, 御心中, 御礼を, 心あたたまる, 心からそれ, 心から明るく, 心強いよ, 心配する, 必要なら, 忠告に従って, 快活な, 怖いよう, 思いがけない作品, 思いますね, 思った, 急ぎますから, 恋愛詩が, 恐ろしくて, 恬淡で, 悪いところ, 悪ものだ, 悲しいつらいこと, 悲しみを, 情ない, 惜しげも, 意外な, 愛し合つた者, 感じたもの, 感心だ, 慕わしくなります, 憎めねえじゃ, 懐かしみの, 成就される, 戦う気, 手持無沙汰で, 抱くの, 捨て難い, 撮影場から, 救われた心持, 敵の, 斬る気, 新しい芸術, 既う, 日本経済に, 早いもの, 早く表情, 明智探偵な, 昼席の, 暑いほどの, 暫くです, 書きたいん, 有益に, 有難う, 有難く深く御礼申, 朝鮮婦人は, 本物の, 東京の, 柱に, 森閑として, 楽しいもの, 楽しんで, 機銃掃射で, 止して, 正しい素性, 此の, 死なない, 死ぬん, 死んだ奴, 殺されたくは, 殺すつもり, 毎日こうして, 気ちがいです, 気の毒で御座います, 気狂いに, 水神さまが, 江戸の, 沈みきった目附, 治ったの, 泣き出して, 浅ましくって, 海から, 淋しかつ, 深刻重大な, 済まなかった, 温泉にでも, 満足です, 潮時だった, 無知な, 熟しては, 片眼, 物を, 玉に, 理解されない, 生かすため, 生きてる人達, 生きるもの, 生活の, 申し分ない, 男らしい寧ろ, 異数の, 疲れを, 痛かった, 発作として, 百姓し, 目から, 相すまない, 真剣で, 真面目だった, 眠れるの, 知らないん, 知りうるもの, 短兵急な, 祖国を, 神隠しにでも, 私たち二人は, 私も, 秘密な, 穏やかな, 空気に, 突発的な, 笑ったん, 粗末に, 純真な, 紫の, 結構な, 緑平老に対して, 罪な, 美しいの, 美しい島, 美しく聞かれる, 美沢さんの, 考えさせられること, 考えるならそして, 聞くもの, 胆が, 腹に, 自分たちに, 自己の, 自身を, 色男の, 芸人冥利こういう, 若い女性, 苦しみつつ, 苦痛だ, 落ちついては, 葉子が, 蛇が, 血だらけな, 行く気, 複雑な, 見えるの, 見ない返事, 見事である, 親一人子一人, 親類ほど, 解らなければ, 訣つてゐない, 試運転は, 話下手に, 誰だ, 講和条約が, 豚を, 貴下こんな, 貴重な, 賢明だった, 起らなければ, 身の毛の, 身軽の, 農業物理学の, 迷惑だつた, 逃がして, 通っても, 進むこと, 達者と, 邪魔は, 酔つ, 金の, 銀貨だ, 長かつ, 長歌, 間が, 険悪な, 雨戸も, 電気鳩が, 青い炎, 面白かつ, 顔から, 風は, 食える烏, 飲んで, 馬鹿, 駅へ, 驚くの, 骸骨が, 高貴な, 魔法つかいかも, 鳴るん

▼ ほんとう~ (2344, 23.9%)

142 ことを 26 ことは 20 ことが, ところは 18 事を 17 意味で 14 人間の 13 意味の 12 名は 11 ことな 10 ところを, 気持を 9 ことです, 自分に, 自分の 8 姿を 7 ことだ, ことで, 話な 6 ことに, 事は, 意味での, 犯人は 5 むすめ, 事情を, 名を, 意味が, 意味を

4 [17件] ありさま, お父様, ことかね, できごと, ように, 人間では, 信仰という, 名前は, 味が, 女首, 心から, 愛が, 明智探偵が, 海の, 犯人を, 話, 顔か

3 [37件] お城, お母さんに, こと, ことか, ことだった, ことでございます, ことでしょう, ことと, ことの, その人, ほんとうの, ものでない, ものと, ような, わけは, 事情は, 人間が, 原因は, 名まえ, 年は, 幸福に, 幸福を, 心の, 文明は, 明智は, 案内者は, 生活は, 相を, 絵は, 自分が, 自分という, 自分は, 自分を, 要求が, 話だ, 話を, 顔な

2 [149件] いい親分, うまさ, おれの, お人形, お名前, お嫁, お幾, お母さんを, お稲, お米さん, かくれ家, けしきの, こけ猿, ことじゃ, ことだろう, ことって, ことである, ことばかり, ことらしい, さいわいは, さいわいを, すがた, たった一人, ところあの, にんげん, ほうほう, ものが, ものだけが, もので, ものに, ものの, トラが, トラでは, トランプと, 一人の, 一人ぼっちで, 下手人か, 下手人は, 事が, 事で, 人形でした, 人間から, 人間だ, 仕事は, 仕事を, 価値は, 信仰が, 信仰を, 俳優の, 値打ちが, 僕の, 兄の, 先生, 力を, 化け物でない, 原因を, 友達に, 可愛らしいうつくしいの, 名である, 名前を, 味を, 大きさ, 大尉どのが, 天上な, 天上へさえ, 天才だ, 夫婦に, 女が, 妹か, 姿が, 姿な, 姿に, 子でない, 子では, 子供だ, 子供な, 子供の, 宮様だ, 家な, 尺鮎が, 尼の, 平和という, 幸に, 幸福とは, 強さ, 心を, 怪物だ, 怪談らしい, 恋を, 恋人を, 恋愛の, 恐ろしさ, 悟りを, 意味では, 意味は, 愛を, 愛情という, 愛情を, 手を, 明智が, 最後の, 木は, 正直な, 歳を, 母に, 母親の, 淋しさ, 無罪宣告なんか, 無罪宣告の, 状態を, 猟師は, 理由が, 生きた人間, 生活, 生活が, 生活の, 生身であり, 異人の, 病人に, 目的は, 神さまです, 神さまの, 神さまは, 私か, 空じゃ, 竹ほんとうの, 笠原さんは, 素裸さ, 素顔という, 素顔は, 美しさ, 考えを, 自分自身を, 芝居噺の, 芸術も, 芸術家の, 苦しみから, 親の, 話かとは, 話かね, 話は, 賢二君を, 金銀の, 顔が, 顔を, 馬と, 魅力は, 魚が, 黄金で

1 [1449件 抜粋] あたりまえの, あばた面さえ, あめ屋さんじゃ, あるべき守るべき姿, いいこと, いの, うちの人を, えらさ, おそろしさ, おはなし, おむこ, おやじでも, お前は, お医者さま, お墓, お女郎, お手, お母さんです, お母さんの, お母様に, お笑いの, お言葉, お誓さん, かなしみに, がいこつ, きみの, けらいが, こっちゃ, ことさえ, ことでした, ことなど, ことや, この子供, しあげを, じぶん, すき焼きの, その切符, とこは, ところそれで, ところどんな, ところよく, ところ僕は, ところ彼は, とらじゃ, はなびらを, ひとりだ, ひもじさ, ふくらみが, ぼくと, ままを, めくらであるならなか, もの, ものであっ, ものを, やさしさ, ゆきづまり手探り, ゆりかさんは, ようです, らいおんだった, を懐中, インド人が, カニでは, カブトムシの, キリストの, キリスト教徒らしい, クラムとは, ゴールの, シンドバッドだ, スイス人に, ゾウでしょう, トラでなく, ドレミファに, ハイド氏の, パリと, フォームに, ボクの, ポストだ, モメントを, ロシアの, 一人ぎりになってしまったのだった, 一日一と, 一本路だ, 一郎さんを, 上山さんで, 上手な, 下手人だ, 不二夫君は, 世の中を, 世界労働者の, 世間と, 中国の, 久しぶりで, 事か, 事だろう, 事な, 事務も, 事実で, 二十世紀の, 井上君と, 人入れ稼業にな, 人形もう, 人情だ, 人物では, 人生に, 人間かも, 人間で, 人間として, 人間に, 人間を, 人間性や, 人間社会の, 仏像は, 仕合せものに, 仲よしに, 休息という, 伝言も, 作者が, 信仰でありまし, 信仰浄土真宗の, 信者たちは, 修業である, 俳句である, 値打ちという, 價うちが, 兄だ, 兄弟であり, 先生から, 光圀は, 光子さん, 光子だった, 公務上の, 兵隊さんの, 冬枯の, 凄い怪談, 出来事と, 創造力を, 劇場ほんとうの, 力な, 功徳という, 勇気が, 勇者, 動物でなく, 勝利であった, 勝負好きだろう, 半身であった, 博士なら, 卵だ, 原因的機巧は, 友人らの, 反省であっ, 反省の, 反省厳粛な, 叔父さんでは, 合戦は, 同情という, 名が, 名前か, 名前だ, 名士でさえ, 味では, 命が, 命に, 咳であった, 商人じゃあねえ, 善人に, 喜び楽しみは, 喫煙家に, 嘘の, 因縁いわれは, 土を, 地面を, 城な, 壮士では, 売りもの, 夜更けに, 夢らしい, 大人に, 大尉その, 天分は, 天狗の, 太陽でない, 夫婦生活を, 奥の, 奥底は, 女だ, 女な, 女らしさ, 女優でなけれ, 妹じゃ, 妹やったら, 妻は, 姉でなくなった, 姓を, 姿とが, 姿勢を, 娼婦型だったら, 子供ぞろいで, 子供であった, 孔子の, 季節が, 孤独だ, 学問の, 宗教は, 宝石だ, 客に, 家は, 宿なし, 實際家では, 小っぽ, 小林が, 小林は, 小林少年だ, 小県さん, 尼さんだ, 山の, 岩見重太郎や, 嵐が, 巡査だ, 平吉かと, 平等の, 幸せの, 幸福である, 幻燈器械と, 幽霊船だった, 店員竜田良一で, 座付と, 強い人間, 強者だ, 役は, 役者に, 彼は, 御子では, 復讐な, 心は, 心配ごとが, 念願です, 急病な, 性質, 怪塔王でしょう, 怪老人は, 怪談では, 恋に, 恋仲と, 恋愛には, 恋愛詩を, 悪い人, 悲しいこと, 悲痛と, 惨状を, 意図を, 意見を, 愛の, 愛情が, 愛着では, 感情を, 慈悲の, 成功は, 戦闘を, 手術だ, 批評家にしか, 抛げ入れ, 持ち味は, 捨て売りで菊池容斎, 支那人なら, 政治である, 故郷へ, 敍景詩といふ, 教養人という, 敵は, 文字は, 文学らしい, 文明とは, 料理の, 料簡は, 新巻じゃ, 新聞記者に, 日本の, 日本男児だろう, 明智さんは, 明智先生だ, 明智先生と, 明智小五郎な, 明智探偵の, 映画は, 時間は, 智慧では, 智慧の, 暦よりは, 曹操か, 月人だったら, 朗らかさを, 木の, 木村さんじゃ, 本音である, 杞憂に, 枯淡な, 根城だ, 棋道に, 検事局に, 楽器に, 楽園とでも, 樫じゃあねえ, 歓待には, 正体だ, 正夢という, 正直者で, 歯の, 死因を, 殺人な, 殺害者である, 母さんは, 母上です, 母親でない, 毛が, 民衆という, 気持ちなどは, 気持は, 水が, 水貝に, 永遠の, 江戸っ子である, 決心が, 油が, 法じゃ, 浪人者などが, 海馬が, 涙ほんとうの, 深尾みな子に, 渇きを, 温泉に, 源氏の, 火が, 火の玉か, 火星人が, 無罪に, 無罪外見上の, 無罪宣告を, 爲方だ, 父親であっ, 父親でも, 父親を, 物のね, 犬な, 犯人という, 狂信者なら, 独り旅は, 独自の, 狼を, 獅子舞は, 現在の, 理想とか, 生々した, 生きた馬, 生き物である, 生まれ年を, 生存とは, 生活を, 用向きは, 田舎娘の, 男の子なら, 番人に, 病気では, 発見だった, 盆は, 目であった, 目的では, 盲人に, 真実が, 真心から, 真珠や, 真面目な, 眠りという, 知性の, 砂糖と, 磯五を, 祖母である, 祝詞では, 神と, 神は, 神様かしらと, 神風だ, 私だ, 私は, 秋祭りとしての, 科学生活に, 科学精神も, 空では, 笑いを, 笠原さんと, 粗相では, 精神の, 純粋の, 終末だろう, 結末を, 絵じゃ, 絶望に, 罪人つまり, 美しい女, 美という, 美人で, 美人には, 義を, 考えらしい, 聖人だ, 能だ, 腹は, 自分で, 自分でない, 自分な, 自家以上の, 自我では, 自由が, 自由な, 至味と, 色が, 色を, 芝居という, 花に, 花見は, 芸は, 芸術が, 芸術としての, 芸術家で, 芸術家として, 若宮だけの, 苦悶が, 茶話会に, 荒れ地には, 落着いた, 葛片栗だ, 藝術は, 虎で, 虎井博士も, 虫笛を, 蛭田博士に, 血であった, 行く先は, 裁判は, 要求である, 見方では, 親と, 親切が, 親切心で, 親子の, 解決に, 証拠が, 詩ほんとうの, 話か, 話その, 話だろう, 話です, 語彙は, 読者は, 警察に, 谷博士だ, 豊富さ, 貞操純粋の, 貴方の, 賢吉君は, 趣旨は, 軍人でない, 転機である, 農民運動を, 連句については, 道を, 道心者で, 遠洋航路だ, 部下が, 部屋捜し, 野原が, 野菊である, 金じゃ, 金むくだ, 金貨かい, 金貨を, 針路から, 鈴ヶ森は, 銀一君と, 錦です, 鑑札を, 門野君を, 阿霞, 電話かと, 青年は, 面倒が, 音を, 音楽は, 頭が, 顔と, 風趣を, 饑饉に, 首だ, 駕籠だ, 鬼です, 魂つまり, 魅力を, 魔法つかいだった, 鮎とは, 鯨の, 黒奴であった

▼ ほんとう~ (560, 5.7%)

4 私の, 自分の 3 あなたを, あの人, あんたが, そうで, それが

2 [24件] あなたが, あなたの, いいの, いつでも, お茶の, そうじゃ, そうでない, それは, そんなこと, そんなもの, そんな気, どういうこと, どんなこと, ゆきも, よく知りません, 一つの, 何か, 僕は, 城の, 少しも, 性が, 私は, 自分が, 鏡花を

1 [489件] あえてこの, あすこに, あたいの, あたしだけが, あたし畫なんか, あなたたちの, あのみみず, あの母, あの縁談, あの自動車, あの茨, あの高利貸し, あまり大きく, あまり楽しみ, あまり気, あまり気乗り, ありがたいと, あれも, いくらか罰金, いつまでも, いては, い列, うちの, おかあさんも, おせんの, おそろしい大ど, おなかが, おばさんな, おむすびが, およそあそこ, おれが, おれの, お嫁, お母さんが, お母さんは, お顔, かれには, がっかりし, きっとこの, きみが, きょうはじめて, ぐっと進め, けっして期待, こういう場所, こうしか, こうした刑務所見学, こうして二人, ここから, こっちから, このでき, このふたり, このまま, このよう, このわに, この世の, この二巨頭, この余分, この前方, この反響, この思いやり, この海底戦闘, この男, この秀吉, この間まで, これからいい, これからの, これが, これこそ, これで, これは, これを, こわくて, さういふ料理, さうでない, さして注意, じいさんなんかじゃ, すきな, すぐにでも, すこしこわく, すばらしい牛, ずっと前, ずっと勇気, ずわい, そういうもの, そうな, そうは, そう旨く, そこが, そっとし, そのお化け, そのま, その亢奮状態, その何倍, その国, その子, その時, それではおもしろく, それには, それほどで, それらについて, それを, それ程爺さん, そんなでっかい, そんななま, そんなに寒く, そんなふう, そんな事, そんな人, そんな仰山, たいへん気, ただえさ, ただそう, ただオルガ, ただビュルゲル, ただ一つ, ただ事務局長さん, ただ噂, ただ工場主, ただ間に合せ, たちの, たった二, たぬきの, だれが, だれな, だれにも, ついさっき, つかまってや, できるはず, とっくに決定, とても強い, とても遠く, どういう, どうな, どんなかたち, どんなにか, ないん, なかなか腹, なかなか複雑, なくなって, なにかしら, なにが, なにも, なめとこ山, なんという, ねぼけまなこ, ねむって, のがれようのがれようと, ひどく残酷, べつの, ほかならぬフリーダ, ほとんど悲しん, ほんとうは, ぼくが, ぼくは, まだまだ駄目, まだ誰, まったく何, まったく自分自身, まっ黒な, みじめな, みずあめ, むつかしいこと, めくらなの, もうあなた, もうお昼, もうここ, もうとっくに道, もうほとんどおれたち, もうもっ, もう書類, もう消え, もう篠谷, もちろん品川, もっとべつ, もっともだった, もっと大きい, もっと尊敬, もっと数, もっと最大級, もっと融通, もつと, もときた, やっぱり恭さん, やはり淋しかっ, やるべきであったほどに, ゆりかもめの, よくない, よくは, よくわからない, よく訣ら, よろしいので, わからないこと, わからないの, わからないもん, わかりませんよ, わたしが, わたしどうしても, わたしの, わるい魔女, わるい魔法使い, われわれには, われわれの, アフリカの, イオウと, ガラスでない, グリンミンゲ城を, ソファの, ダイヤモンドや, ドアが, パリーを, ヒラメでは, ペーピーの, マルクスエンゲルス両, 一つ二つぐらいも, 一万三四千人であったであろう, 一六七〇一六一冊, 一口でも, 一度も, 一時間も, 一晩じゅうこの, 一枚の, 一番の, 一秒か, 一部分夢である, 万事うまく, 三つの, 三つ分ぐらゐしかないや, 三メートル四方ぐらいの, 三十メートル位しか, 三味線は, 三成の, 三月には, 上手である, 不可能な, 不幸になんか, 世間の, 両親以外の, 中古の, 中身が, 丸底の, 乳母や, 二つです, 二つの, 二人だけの, 二十六歳だ, 二十面相の, 二回あつ, 二百坪にも, 五分ぐらい, 五分も, 五十六年で, 五十匁以上百匁近い, 井沢屋という, 人を, 人称が, 人間では, 人間の, 今の, 今夜では, 今夜のは, 今晩の, 仔猫の, 他の, 何ごとも, 何の, 何も, 何を, 何一つなくなっ, 何者であった, 作家よりも, 俺たちと, 倉地の, 倉地は, 倍のを, 僕が, 僕こわした, 僕も, 僕ストライキが, 兄の, 先生が, 先生は, 全く出来ない, 全然存在, 八ぴきの, 分らないの, 切りたくないん, 刑の, 判らない父親, 判りませぬ, 別な, 前とは, 労働者では, 千之, 卑きょう者な, 単に自尊心, 口に, 古くから, 可哀想な, 台所椅子の, 台湾坊主で, 各年, 同じ静物, 名誉の, 君が, 君に, 君子が, 命令の, 嘘つきの, 困り者, 地球と, 境涯の, 売笑婦に, 外に, 大抵多人数, 大昔から, 大蛇でありました, 大都劇場, 天子様が, 天皇様の, 夫に, 失敗し, 奥畑に, 女では, 女の, 如何あらう, 妖女じゃ, 妹の, 姉は, 姥石であった, 子好き地蔵だろう, 完了形でなく, 宮を, 家の子でない, 小母さんの, 山にか, 山の, 岸和の, 帆村は, 帰つた方が, 幾分うたがわしい, 彫刻師な, 彼の, 彼は, 彼女の, 御身体, 怒って, 怖い沼, 恐ろしい盗人, 悪戯した, 意味を, 意気地なし, 感心の, 懐しいもの, 戦争に, 手を, 打ち破ること, 投げても, 拷問で, 文学書生な, 新婚早々細君に, 新現出, 日を, 日本人に, 日本固有の, 明智先生な, 星の, 暖かさ, 最も多く, 朝鮮人と, 木ぐつ屋だ, 来て, 松葉杖を, 桂昌院は, 機の, 機械係に, 機関の, 正吉も, 正義の, 此の方が, 歩けるん, 死んで, 母親すら, 毎晩ここへ, 気だての, 水は, 決して光栄, 泣いてばかり, 泣き出すほか, 泣くまい泣くまいと, 浅薄すくなくとも, 湯に, 火事の, 火星人は, 無邪気な, 父親たる, 片目の, 玉座の, 王女さまに, 王子な, 生は, 生れて, 生野暮, 田所君子である, 田植ゑのさなぶりの祭りで, 男であるまい, 男の子な, 白ガチョウを, 盗品を, 矢張りその, 知って, 知事の, 碌でもね, 祈祷を, 神の, 神月の, 神様を, 私が, 私ちっとも, 私には, 私へ, 私も, 私奥さまと, 私自費出版に, 私行かなくっ, 秘密な, 種痘ぐらいの, 空き家な, 突然そういう, 粂次郎という, 紐の, 組合から, 絹が, 美しくなんか, 老人の, 聖者たちあなたの, 職業的な, 肉体を, 肉眼では, 臆病な, 自分は, 自分一人が, 自動車の, 自然に対する, 自由な, 良縁では, 若いと, 若いの, 若いまま, 若い女, 若い男, 葉子自身が, 行くまいと, 裁判所事務局の, 見えない人, 見たの, 見も, 観衆な, 読まずに, 誰か, 誰が, 警察に, 豌豆つぶぐらい, 豪傑な, 軍手が, 轅に, 辛いきびしい人生, 過ぎ去って, 違うの, 遠足の, 都会人の, 酒も, 釈然と, 重力は, 金が, 鉱山を, 開墾地へ, 関の, 隠し通そうと, 雄猫, 雪ちゃんで, 非難し, 額ぶちでは, 願って, 飛行家に, 食べられる物, 髪の毛は, 鮎を, 鷹の, 鼠が

▼ ほんとう~ (185, 1.9%)

238 と思います 5 とする, とも, と思いました, と思う, と思った, ね, わ 4 そうです, と思っ 3 ぜ, とすれ 2 かどう, からね, から仕方, かわからない, ということ, としたら, と信じました, と思われない, よお

1 [87件] あ, あんた大いに, かどこ, かよく, から, からいい, からこそちょっと, からね敵, か判りません, か確か, がこの, がこんな, がその, が自分, けっして冗談, けどそれでは, けれども自分, けれど夫婦, そうだ, そうだった, そうも, それが, ぞ, つたのじ, といい張る, というとき, という気, という者, とこんど, としてもあいつ, とは思はれない, とは思わぬ, ともうそ, ともこんど宣撫班, ともさ, ともその, とも明日, とも話せ, とわかった, とわかる, と主張, と云, と信じ, と信じさせる, と信じた, と信じたかった, と信じてるらしい, と信じよう, と信じる, と太郎左衛門, と彼女, と思いこむ, と思ふ, と思われる, と断言, と知っ, と知る, と自分, と自分自身, と言い張ります, と誓う, なぜ, などうも, なんてありうる, ねおまけ, のに, のに争う, もので, よあんた, よお母さん, よごらん, よそれから, よとこたえる, よほら, よマ, よ君, よ女一匹, よ女房, よ尤も, よ正真, わおじさん, わね, わ見ましょう, クリスマス前に, ホホ, 何を, 自然に

▼ ほんとうです~ (178, 1.8%)

791513 とも 9 かい 8652 かね

1 [41件] あの大和尚さま, かえ, かお母さん, かその, かそれ, かそれから, かと念, かと訊いた, かなと皆田, かねえ失礼, か君, か奥さん, か篠崎, が, が彼奴, が縁, けれどもそれ, しそれ, ぜ, そりゃそう, ってば, という, ともいくら, ともそこ, ともほんとう, ともまったく, とも潤ちゃん, とも確か, と云う, な, ねえ, ねえ私, もの, よあの, よおじさん, よぼく, よ冗談, わね, わねぇ, わねえ, 確に

▼ ほんとう~ (78, 0.8%)

10 の, んです 9 んだ 8 のです 7 のか 6 のだ 4 のかも 3 のでございます, のよ 2 ものか

1 [16件] ことが, のかい, のかと, のさ, のだろう, のであ, のである, のでしょう, ので彼女, の友さん, ものです, もんか, 人間性の, 意味での, 相だろう, 話を

▼ ほんとう~ (64, 0.7%)

10 どうか 3 どうかは 2 うそか, どうかと, もちろん保証, 知ら, 知りませんが

1 [41件] あしたに, うそかさえも, え, え虎吉, お春どん, これから事実, これほど, しらん, その寸法, その段, それともジャガイモ, それとも人騒がせ, それは, そんな場面, とっくりと, ほんとうなら, め組ほんとうかい, よく判りません, よく詮議, わからないが, わかりません, ウソか, ッ, 一体どうしてその, 三位の, 分りませぬけれども, 判らない, 判らないが, 判りません, 判りませんが, 嘘か, 嘘かと, 嘘かを, 或る, 樽野, 次郎, 源吉, 知らないが, 知りません, 知りませんけれども, 途方も

▼ ほんとう~ (54, 0.6%)

9 いえば 8 いうと 6 云えば, 言うと 4 云うと, 言えば 2 云ふと, 申しますと

1 [13件] いいましょう, いいますと, いって, おっしゃって, 云おう, 云って, 云つてゐる, 暗示し, 申しあげると, 申せば, 聞くの, 見せて, 言って

▼ ほんとうなら~ (42, 0.4%)

2

1 [40件] いったいどんな, うれしいなあ, おまえは, お祖父さんの, きっとしあわせ, けしからん話だ, ここに, この船, これは, さつきだ, そのお, その証拠, それこそ, どういうお, どんなにうれしい, ば土, ば妙子さん, ば閑子, ふしぎという, ぼくたちの, またひとつ, もったいないこと, ノロ公が, 一しょに, 今ぢや, 十日程前に, 南極大陸は, 同じ主家, 大した破壊力, 大変だ, 嬉しいけれど, 少し変, 左様な, 日が, 月は, 白金か, 羨しくなる, 若旦那の, 通りの, 音楽界の

▼ ほんとうには~ (36, 0.4%)

1 [36件] いたしませなん, しなかった, できて, なさらないの, なし好いわ, まだ信じられません, よくお, よくわからない, わかって, わからない, わからないという, わからないとも, ナオミに, 何も, 判って, 味わえない, 尊敬され, 快くならないらしい, 悟れないが, 愛されては, 愛しきれないよう, 持って, 撞かぬそう, 明け離れて, 死ななかったの, 決心しかねた, 生かされないから, 知って, 知り得ない, 私に, 素子が, 自分の, 解らないの, 認識できない, 諦めて, 釈然と

▼ ほんとう~ (33, 0.3%)

3 あらう, ござります 2 あつた, ござりまする

1 [23件] あらうが, お母さんが, ござりましょう, せうさ, せうね, そうしてそれだけ, その時, どこからが, どこまでが, どれが, もしもお前, 人間の, 今一度話す, 何でも, 嘘も, 後半分は, 怪金属, 政吉の, 本人に, 此信仰が, 無いの, 片方の, 芸術的だ

▼ ほんとうである~ (27, 0.3%)

3 ことを 2 かもしれない, ことが, とすれ

1 [18件] かぎりお, かどう, かない, かもしれませぬ, かを決定, か判らない, か十右衛門, か嘘, ことジャンナンという, ということ, とする, と同時に, と思えない, と思っ, と断定, に違い, はずだ, ような

▼ ほんとうでしょう~ (27, 0.3%)

1931 かあの, か奥方様, と立ち上り, ねえクンツ, ほんとうに

▼ ほんとうでは~ (17, 0.2%)

4 ない 2 なかった

1 [11件] ありませんな, あるが, あるまいか, ないか, ないかと, ないと, ないという, ないの, ないよう, なくして, なくその

▼ ほんとうだろう~ (15, 0.2%)

61 かとしか思われません, といっ, と思う, と思っ, と考えた, な, ナ, 前に, 血統の

▼ ほんとうとも~ (15, 0.2%)

5 ほんとうとも 1 お前たちが, そこは, そのとおり, つかずに, ぼくの, 判断する, 嘘を, 当人の, 思われぬ程, 見きわめが

▼ ほんとうらしい~ (15, 0.2%)

1 [15件] が, がやはり, ことを, ぞ, という, ところが, と後, ね, よ, ようだ, んです, 嘘だ, 感じの, 色彩を, 顔を

▼ ほんとう~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいますと, したらもの, すれば, わかりますと, 信じました, 嘘との, 思います, 思い込んだ, 思えないなら湖西, 思って, 思っては, 思われた, 思われるの

▼ ほんとうとは~ (13, 0.1%)

2 思えないの, 思われない 1 受け取らなかった, 思えないくらいに, 思えないほど, 思えませんので, 思わないが, 思わなかったそう, 思われない話, 思われませぬもの, 思われませんでした

▼ ほんとうにね~ (13, 0.1%)

1 [13件] え神さま, お父さま, さっきぼくが, そうは, どうなっ, よいお, シュレムスカヤ先生は, ホホ, 今度小説を, 何人かの, 何処へ, 尼さんにでも, 此の

▼ ほんとうでございます~ (12, 0.1%)

81 かどう, な, わね, わ寒く

▼ ほんとうだった~ (11, 0.1%)

3 のです 1 かもしれません, この歌, とすれ, な, のかと, ので, のであります, のでしょう

▼ ほんとうかも~ (10, 0.1%)

3 しれぬ 1 しれない, しれないと, しれないよ, しれん, 知れないぜ, 知れないな, 知れません

▼ ほんとうじゃ~ (9, 0.1%)

1 ありませんか, ない, ないお前, ないか, ないですかね, ないね, ないほんとう, ないよう, なさそう

▼ ほんとうでない~ (8, 0.1%)

1 かと思う, からちょっと, のか, のぢ, ので, んです, 八木君は, 話には

▼ ほんとうらしく~ (8, 0.1%)

2 吹聴する, 地図やら 1 もなく, 彼女の, 提供され, 話に

▼ ほんとうにか~ (7, 0.1%)

4 あいそう 1 あいい, あいらしいいい子, ぶとを

▼ ほんとうになんて~ (7, 0.1%)

1 いいん, おかしいん, しあわせな, すばらしいの, 云う, 可愛い子, 美しいの

▼ ほんとうかい~ (6, 0.1%)

1 おい, お前とは, それ, どこに, 君, 姉さん

▼ ほんとうかと~ (6, 0.1%)

1 セーサルに, 云った短, 尋ねた, 思って, 春琴は, 議論しました

▼ ほんとうであった~ (6, 0.1%)

1 か, かもしれぬ, が同時に, ことが, としたら, のかも

▼ ほんとうだったら~ (5, 0.1%)

1 あしたは, かわいそうじゃ, たいへんだ, どうする, どうなさる

▼ ほんとうであろう~ (5, 0.1%)

1 か, か帆村, とは私, とも仮り, と思った

▼ ほんとうにも~ (5, 0.1%)

1 ういよいよ, うそにも, うその, しろお嬢さん, 児が

▼ ほんとうであっ~ (4, 0.0%)

1 てくれたら, てくれれ, てこういう, ても丈夫

▼ ほんとうによ~ (4, 0.0%)

3 かつた 1 パリーの

▼ ほんとうはね~ (4, 0.0%)

1 かわいい子, 兄さん, 大概な, 私

▼ ほんとう~ (3, 0.0%)

1 うそいや, 半分ずつ, 知りたいん

▼ ほんとうだらう~ (3, 0.0%)

2 と思ふ 1

▼ ほんとうでなく~ (3, 0.0%)

1 てやはり, 子供独得の, 最初の

▼ ほんとうでも~ (3, 0.0%)

1 ある, なければ, 他には

▼ ほんとう~ (3, 0.0%)

1 なにも, ほんとう金三郎と, 嘘もねえ

▼ ほんとう~ (3, 0.0%)

1 この先生, 半ちゃん, 実際下品

▼ ほんとういいましょう~ (2, 0.0%)

1 か, かねね

▼ ほんとうかな~ (2, 0.0%)

2

▼ ほんとうじゃろう~ (2, 0.0%)

1 か, かなあ

▼ ほんとうであったら~ (2, 0.0%)

1 なかなかの, もってのほかだ

▼ ほんとうでございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ ほんとうとしか~ (2, 0.0%)

1 思えないの, 思われないの

▼ ほんとうとして~ (2, 0.0%)

1 万事やる, 通用する

▼ ほんとうにかは~ (2, 0.0%)

1 いい顏, いらしいの

▼ ほんとうにから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ ほんとう~ (2, 0.0%)

1 わたしこんな, 呆れたこと

▼ ほんとうのね~ (2, 0.0%)

1 うちが, うちも

▼ ほんとう~ (2, 0.0%)

1 しからぬ無邪気, しからぬ表現

▼ ほんとうらしくする~ (2, 0.0%)

2 ために

▼ ほんとうらしくない~ (2, 0.0%)

1 ことを, 人物などが

▼1* [73件]

ほんとうありますか, ほんとういえば嫌, ほんとうかしらと思ったん, ほんとうかしらんおれは, ほんとうかなあ高度二万五千メートルだって, ほんとうかなどと聞いたり, ほんとうかね小林君, ほんとうかねと尋ねると, ほんとうからいうと, ほんとうからだじゅうまっかですわ, ほんとうここは涼しい, ほんとうこのいち, ほんとうさまだ, ほんとうさ電車の通った, ほんとうざます, ほんとうすぎるから私, ほんとうそんなこと聞きやしない, ほんとうあなんだ, ほんとうだつたかな, ほんとうだ縛られるかと思った, ほんとうってどういうこと, ほんとうつれていっ, ほんとう何の, ほんとうであったなら自分の, ほんとうであったろうかと疑われ, ほんとうであるまいかと思われ, ほんとうでございましようか, ほんとうでございましたら五兵衛さまは, ほんとうでござろうかの, ほんとうでしたか, ほんとうでしたらわたしたちは, ほんとうでなかったし若松屋, ほんとうともねえお前, ほんとうとを見わけること, ほんとうどうしたん, ほんとうどんな犬の, ほんとうならかれは先方, ほんとうならきいてみたい, ほんとうなら阿母さんは, ほんとうなら驚いたな, ほんとうにてがらを, ほんとうにと思って, ほんとうにねえ世の中には, ほんとうにねと光代が, ほんとうにねエよその, ほんとうにもの欲しそう, ほんとうにやすらかな気持の, ほんとうにネ今日よりも, ほんとうのけんですからさわれ, ほんとうのぶかは手足, ほんとうはというそんな言葉, ほんとうははあてに, ほんとうよりも控え目な, ほんとうらしかったが, ほんとうらしくきこえるので王様, ほんとうらしく仕組むかそれ, ほんとうらしく思わせるだけのこと, ほんとうらしく思われてくる, ほんとうらしく思われる説明は, ほんとうらしく聞えて来ます, ほんとうらしく聞こえるというおもしろい, ほんとうらしく見えるとしたら, ほんとうらしく見せかけるために, ほんとうらしく見せなければならなかった, ほんとうらしく見せるなどといふ手品, ほんとうらしく言ったのであろう, ほんとうらしく開け放してしゃべる, ほんとうメイちやん, ほんとう以上の小, ほんとう料理番と婢さん, ほんとう殊に詩に, ほんとう言うと私, ほんとう金三郎とお