青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「へん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ぶる~ ~ぶん ぶん~ ~へ へ~ へた~ へり~ ~へる へる~ ~へん
へん~
べからざる~ べき~ べきで~ べく~ べし~ べつ~ べつに~ ぺん~ ~ほ ほ~

「へん~」 7595, 70ppm, 1607位

▼ へん~ (1815, 23.9%)

132 ことを 73 ことが 71 顔を 45 ものが 29 気が 28 音が 25 やつが 22 ことに 18 ものを, 事を 17 気持に 15 ものです 14 んだ 13 ことだ, ものだ, もので 11 声を, 男が 10 のです, まねを 9 ものでした, んです, 奴が 8 の, やつだ, ア, 声で, 話だ 7 かっこうを, ことは, ところが, ところで, ふうに, もんだ, 奴だ 6 いい方, かっこうで, ことも, ところへ, のか, 声が, 夢を, 言いかた, 話です

5 [12件] ことばかり, においが, ものだった, ものに, 人が, 噂を, 声です, 子どもは, 形を, 手数を, 気持ちに, 話を

4 [14件] ことで, ところに, 事は, 人ね, 動物が, 恰好で, 恰好を, 気もちに, 目に, 真似を, 笑い方, 顏を, 顔し, 風に

3 [23件] うわさが, かっこうの, こえが, ことには, のだ, のである, ものって, ものである, ものの, 事に, 名前だ, 女を, 客が, 工合に, 服を, 歩きかたで, 気もちが, 気持で, 物を, 物音が, 男だ, 男を, 音は

2 [95件] うちへ, かっこうです, こえを, こと, こという, ことする, ことって, ことな, ことなんか, さわぎでした, しわがれ声, じいさんが, たん, だぶだぶの, ときに, のも, ものであった, ものは, もの音が, やつに, をツさん, ゴムだこみたいな, 事が, 亢奮を, 人出で, 仏像の, 仕事です, 侮辱を, 凝視を, 動物だって, 勘が, 匂いが, 可愛気, 名の, 名前の, 名士の, 味が, 噂が, 壮士の, 変人で, 夢だ, 夢の, 女と, 子だ, 子です, 子どもが, 子どもです, 少年だ, 工合だ, 工合であった, 形に, 復讐心を, 微笑を, 心持だ, 恰好に, 感じが, 感じです, 憂愁が, 文句を, 暑さ, 楽隊を, 歌を, 気に, 気の, 気持ちが, 気持ちで, 気持です, 氣が, 理窟を, 癖である, 相違が, 眼つきを, 眼で, 眼を, 突起を, 笑いかたを, 罪悪感な, 美しさ, 聞きかた, 自動車が, 臭いが, 臭いだ, 街だ, 街を, 言ひ, 言葉だ, 言葉づかいの, 話である, 誤解を, 邪魔が, 錯覚が, 間違いを, 騒ぎで, 騒ぎに, 鳥が

1 [682件 抜粋] あいさつでは, あきれた話, いいかた, いきさつから, いきさつが, いやらしい夢, うごき方, うちな, うわさって, うわさを, おじいさんな, おじいさんは, おじいさん立っ, おじさんだ, おすすめだ, おばさんと, お光, お婆さんが, お手本に, お爺さんだ, お爺さんです, お返事, お金を, かおを, かたちの, かっこうに, かなで, くせが, ぐあいですからね, こじつけの, ことあった, こといわない, ことじゃ, ことだったらしい, ことつまり, ことでした, ことです, ことという, ことなんて, ことにも, ことばが, ことばだ, ことよ, こと云いだしちゃっ, こと云いっこなし, こと云ふ, こと云わねえでおくんなさい, こと感じちゃっ, こと言いっこなし, こわい神様みたい, ご剣幕, さるの, さわぎだ, さわぎで, さわぎです, しるしは, しるしを, じいさんがね, そぶりを, そらぞらしさ, ちっぽけな, ちょうしを, つくり声を, できごとが, できごとであった, でんわが, ところかも, ところだ, ところでは, ところでも, ところにばかり, ところまで, ところを, なきだ, なまりだ, なまりの, においの, においを, にぎわいでした, のかい, のかね, のかも, のだろう, のでございます, のでその, のでそれ, ので常, ので男, ので結局, のは, のクマ, はしりかた, はなしだ, はんじやう, ばかりでなく, ひと, ひとね, ひとも, ひと急に, ひびきがいたしました, ふうな, ふしぎな, へやでした, ほめかた, まちがいで, まねなんか, ものだって, ものよ, ものより, もの悲しさ, もんじゃ, やけくそを, やつって, やつらが, ようすを, わけの, わらい声, んで注意, アユだ, オアシスだ, ガキだ, ガラガラ声で, コブが, ソアレを, チャンチャンの, プライドみたいな, モーターボートが, ヤツ, 一等室風呂は, 上眼づかい, 不幸だ, 中年男が, 予感が, 事でした, 事件を, 事情が, 云いかた, 云ひ, 人さおれは, 人でなく, 人出だった, 人形の, 人気だ, 人物が, 人生サイクルが, 人間, 人間が, 今日な, 仏像, 仏像は, 仕事が, 仕事である, 仕事を, 仮装の, 仲に, 会合だ, 体を, 佗びしさをつのらせました, 侍たちが, 修煉が, 値に, 傘とは, 傘を, 傷だ, 僕の, 元気だ, 光りかた, 光景で, 具合に, 出来ごとです, 出来事と, 刑事さんです, 利益が, 努力でした, 労れ, 動きかたを, 動き方, 動機で, 勘で, 勘の, 勢いの, 勢です, 勢ひで盲目滅法に, 匂いさえ, 匂が, 印象が, 反感を, 受け方を, 口の, 句や, 名が, 名です, 名は, 名前が, 名前です, 名誉を, 向う見ずに, 呑み手, 味だ, 味気な, 咳一つし, 唄や, 喜びようだった, 喧嘩だ, 噂でも, 器具を, 四角い橋, 図案的な, 土産物まで, 圧迫感が, 地震だ, 場当たりの, 場所であった, 塔の, 壊れかた, 壓迫を, 声でした, 声な, 声などを, 声の, 夜釣りが, 夢見心地に, 大泥棒, 大物で, 失敗を, 奮発だった, 女が, 女なんか, 女房です, 奴さ, 奴でし, 奴です, 妙な, 娘, 娘だ, 娘よ, 娘を, 嫉妬を, 子どもも, 子供だ, 季節, 定評みたいな, 客って, 客を, 家だ, 家の, 小唄である, 尼に, 屋台で, 巡礼でした, 巡礼な, 工合でした, 師匠だ, 常識が, 年だ, 建物だ, 弟子が, 形であった, 彫り物を, 影が, 御亭主, 御飯たべた, 心もちに, 心配で, 応えかたを, 怒り方を, 性慾倒錯の, 怪我を, 怪談の, 恐いこと, 恐怖を, 悪寒が, 悲しさ, 悲嘆やら, 情景を, 情緒を, 惡魔主義の, 意味は, 意気込みだ, 意義が, 感じ, 感じだ, 感じの, 感触だ, 感触の, 應へ, 戦が, 所で, 所に, 所へ, 手がらを, 手つきや, 手を, 手柄だ, 手紙が, 手紙の, 挙動は, 損失だ, 政党には, 文字の, 料理屋の, 方ね, 方向へ, 日だ, 昆虫を, 星みたいな, 時に, 晩だ, 景気だ, 暗示を, 服装を, 林だ, 棒を, 構えや, 様子は, 模様みたいな, 機械が, 款待を, 武士が, 武者が, 歩きかただ, 死に方, 死骸です, 気もちで, 気もちです, 気もちの, 気分でしょう, 気抜けした, 気持が, 気持ちであった, 気持ちである, 気持ちでした, 気持な, 気焔を, 氣持の, 氣障つ, 水の, 汚い老婆, 泣きどころを, 洋服では, 混雑でした, 混雑殊に, 演説ばかり, 焔が, 無電が, 燈火が, 爆音の, 爺さんだ, 物が, 物と, 物は, 特権が, 犯され方, 球の, 理由で, 理窟ばかり, 生き物が, 生物が, 用心を, 男でした, 男です, 男に, 画ばかり, 画題ばかり, 番狂わせで, 病院です, 癖で, 目じる, 目つきで, 目つきに, 目つきを, 目的が, 眼が, 着物を, 知合いを, 研究だ, 神経衰弱に, 福の神であった, 穢さ, 空も, 空咳を, 窓から, 窓である, 立ち話を, 笑いかたです, 笑いを, 策略を, 簑の, 紙きれが, 紳士でした, 結果に, 絵は, 缶じゃ, 缶だって, 缶の, 義憤みたいな, 老いぼれだなと, 老爺が, 考えが, 者を, 腰つきを, 腹立たしさ, 自尊心が, 自殺を, 自矜, 興味であった, 興味を以て, 色です, 芸を, 苦が, 苦しみで, 苦労を, 苦笑いを, 苦笑を, 茶を, 荒事であっ, 薄笑ひ, 薬の, 薬を, 虫, 蜂だ, 行事でした, 表情を, 装置を, 見幕である, 言い方だ, 言葉で, 言葉です, 言葉を, 記憶が, 評判でも, 評判にな, 試作物こそ, 話が, 話しですが, 話であった, 話ね, 話の, 誘惑であった, 論理であった, 謎を, 議論を, 豪家では, 貧乏人では, 質問で, 贋物を, 足つきを, 身振りを, 軍隊を, 軽蔑の, 運命の, 道のり白骨は, 違いが, 部屋です, 酔い方, 醜い面, 重苦しい険悪, 重荷であった, 野心が, 野郎が, 金持でした, 錯覚を, 長文の, 間の, 間違いが, 間違いであった, 間違ひである, 闇の, 降りで, 雑閙が, 雑鬧の, 難事業, 難行苦業だった, 電話が, 震動が, 青白い光りもの, 音だ, 音には, 音を, 音響が, 顔, 顔が, 顔してる, 顔だ, 顔で, 顔色を, 願ひごと, 風來僧と, 風潮さへ, 飛びかた, 食通振りを, 馬客の, 騒ぎ聞い, 騒に, 騷動な, 魅力に, 魚だ, 鳥だ, 鳩が, 黒ん

▼ へん~ (1283, 16.9%)

23 なって 12 気に 10 思って 9 なったの 5 なると, 住んで 4 あるの, なった, なる, 悲しかった, 真面目な, 落ちて

3 [23件] ある, あるか, いると, いるの, いるはず, うら淋しい影, かくれて, ころがって, ざらに, ちぐはぐな, ちらばって, なったよう, なりそう, 何か, 余所, 俺の, 問題を, 思ったの, 来て, 気が, 眼を, 落着か, 頭の

2 [66件] あるん, いるん, かかって, さびしくなり, して, しみじみと, だぶついて, ちがって, づう, どこか, なったと, ならないであろうかと, なるかも, はしゃいで, ぷよ, ほめて, まじめに, また自惚れられ, もつれて, よそよそしい口調, 上品な, 不安に, 不恰好な, 不気味な, 人が, 休むところ, 体が, 切なかった, 利口ぶつ, 口が, 名の, 増し幾本, 嫋々たる, 嬉しくて, 実感を, 工場か, 御機嫌, 心持が, 怖くて, 思った, 思われる, 思われるかも, 恐かった, 惨めな, 意地くね, 慈愛深, 憂欝に, 暖く, 歩きにくく, 気の毒だ, 気抜けが, 深々と, 疑ふならもう, 真剣な, 神妙に, 私を, 穴でも, 窮屈で, 聞こえるかも, 肌が, 親しげ, 足が, 酢くさい, 重々しげ, 野薔薇が, 鮮かに

1 [994件 抜粋] あかくなっ, あきらめたやう, あたしの, あった, あったの, あった林檎, あつまった城内, あて僕, あの老人, あやしいやつ, あら, ありがたそう, ありは, あるかは, あると, ある書類, あれを, い, いくらも, いたの, いたんだね, いた者, いないので, いないもの, いまいましいよう, いるかは, いるという, いるらしいの, いろいろな, うきうきした, うすらいで, うずくまって, うまそう, うるさくする, うれしい, うろうろし, うわずった声, おいて, おかしかった, おきましょうかね, おれを, お初へ, お喜び, お幸福, かかりませう, かくすなあ, かけちゃ, かつかう, かびくさい, かみなり好き, からんで, きちんと改, きまってるいうて, きみの, きらりきらりと, ぎくしゃくした, ぎこちなかった, ぎらぎらする, くすぐったいよう, くずれて, くねくねし, けんしき, こじれて, こすっからいとこ, こないだの, こまつたこと, これは, こんがらかったその, こんな風, ごねおるの, ささ波, しおしおし, しつっこく, しばらくおられ, しゃちこばってるの, しらじらしいもの, しわがれたこえで, じっと見やりました, すてて, するどくて, ずうずうしいところ, せつない響き, そつくりかへ, そわそわし, そんなやつ, ぞっとし, たおれて, たくさんの, たのしかった, ために, だだ白い, だるい, ちかい漁場, ちぐはぐで, ちらばったの, つまらなくなった, つらいこと, ていねいな, とどめて, とまりました, とりすまして, どぎつくなっ, どんな形, なったのに, なったもの, なってるん, なつかしく想い, なつて, なにかアヤ, なにも, なま白く, なります, なり三人目, なり急いで, なるくらい, なるという, なるの, ねちねちと, ねばりついて, はしや, はつきり灯つてぼんぼりの, ぱあッとして, ひとを, ひどく泥, ひろびろし, びっくりし, ぴくぴくした, ふわふわ漂つて, ぶら下って, ほかに, ぼやけて, まがって, まごまごし, まじめな, またはお, まぶたの, まるめて, みますの, むきに, むしあつくどうやら, むし暑い大気, むづかしい顔を, もぐもぐした, ものなく, もの悲しくなる, ゃめったにない, やさしく響いた, ややこしくって, ゆがむの, よい学問, よく出来, よそよそしくし, よびりん, わびしい, われわれを, ゐる誰彼, ゑぐいやうな一種の, インテリがかった, ウロウロし, カッと, ガサガサと, キューッと, クラブへ, ゴソゴソしなかった, セリフが, ニコニコした, ネチネチした, ハンコ屋さんが, ペストが, ホテルは, ボタンが, モグリこん, モダーンだ, ワニが, 一匹でも, 一軒あります, 下が, 下りるところ, 下を, 不可解な, 不平の, 不愉快な, 不気味だった, 不調和でありまし, 乱雑に, 二三ヵ所鈍痛が, 京伝の, 人を, 人懐こい微笑, 人見知りを, 他人という, 仲が, 伊貝の, 伊達好みな, 位置し, 住つてゐた, 何ものとの, 佗びしい頃だった, 便宜を, 信用される, 偉くなりました, 儚なく映った, 光って, 内心恥かしい, 冴えて, 冷く, 冷たい可笑しさ, 冷たい空気, 冷淡な, 冷淡に, 凄いの, 凄んだり, 切なくて, 利口ぶっ, 力ませて, 力を, 助かって, 北山の, 十内の, 厭わしく思えた, 口を, 可愛がって, 可憐そうな, 叱られると, 吐きたくさせられた, 吹き溜められて, 味気なく, 唇が, 唾の, 喜びました, 喰い違って, 困り抜き何とか, 固い石, 固っ, 地下水の, 埋めて, 変って, 大きいけれども, 大きく見え, 大きく響く, 大きなそういう彼, 大人に, 大袈裟な, 女が, 好かつた, 好きです, 姿が, 嬉しそう, 子供は, 安心し, 宜しいと, 実感的な, 宿屋は, 寒い, 封建的な, 尊大ぶり芸術家ぶつた, 小ましゃくれ, 少くて, 尻込みし, 居ります, 工合が, 差しかかった頃, 布の, 幸福で, 底意地の, 引きよせて, 弥六の, 強い戦争, 強く私, 当って, 彼等を, 律儀に, 微笑が, 徳の, 心もちが, 心易く, 心細くなっ, 忙しい身体つき, 快を, 怒りっぽい, 思いつめた揚句, 思いましたが, 思う人, 思つて, 思はんとは, 思わせぶりの, 性慾的な, 怪老人や, 恐ろしかった, 息ぐるしくなり, 息切れを, 息苦しい沈黙, 息苦しかった, 悒, 悪い, 悪いこと, 悪い癖, 悪魔の, 悲しいの, 悲しくときめき浮き立たせ, 悲しさ, 情に, 情熱を, 意味あり, 意気込んで, 感じの, 感情的に, 慴えてる, 憂欝な, 懊らされ, 打解けた話, 押えて, 挑みかかる口調, 搦みつく, 散らばって, 方々が, 早く眼, 明るいなあ, 明るく次に, 春らしい, 暗いため, 暗合する, 曲げて, 曲りくねった裏道, 有名な, 来たらうかと, 梟の, 植ゑてお置きなさい, 楽しいよう, 樂しい, 正体が, 歪めて, 歪んだ顔, 残念でございます, 気に入って, 気ぶんが, 気まずくなっ, 気取った溜息, 気味が悪いの, 気味悪く白く光っ, 気密扉が, 気持ちが, 求道者ぶった, 沈み込んで, 沈んで, 没表情で, 沢山で, 泪ぐましい人生的対照を, 浮きうきし, 浮んで, 淋しい, 淋しい感じ, 淋しくつて芥川, 淋しく見える, 淡い, 済まなかった, 滑らかな, 濁った赤, 無気味な, 無関心, 煤黒い, 照れて, 熱くなっ, 父を, 牧師さんくさく, 物珍らしかった, 狩に, 王即ち, 現代の, 甘酸っぱい大気, 生々しくかけ, 生々しく浮ん, 生きたよう, 生意気に, 生真面目に, 番所が, 異う点, 畳な, 疑ぐられると, 疲れてるよう, 痛く僕, 白々しくなっ, 白い, 白い顔, 白っぽい煙, 皆黙りこんだ, 皮膚の, 目立つの, 相手を, 眞に, 真剣らしい, 真面目に, 眠れません, 眼つきの, 眼の, 着陸する, 知能の, 神秘めい, 神聖に, 私の, 秦の, 穴が, 空の, 突き当る硬い, 立ち罩め, 竹きれ, 笑った, 筋張って, 精神的だ, 紙屑が, 紳士ふうに, 美しい, 美しさ, 老後の, 考えこんで, 考えつめると, 耳に, 聞こえる, 肉感的なく, 肌寒い予感, 胸が, 脹れるよう, 膨大なる, 自慢され, 自棄っぱちな, 臭かつ, 舞踏的な, 芝居くさく, 苦笑し, 落ちたか, 落ちつかない態度, 落付の, 蒼白かった, 薄くなった, 薄暗く植木, 藤井紋太夫が, 蝉の, 蠢めき騒い, 血でも, 行儀が, 複雜した, 襟もとが, 見えますか, 見なれない垢, 見られる最後, 親切で, 話が, 誤解しない, 調子の, 警戒する, 變った, 赤くな, 赤茶けた色, 趣が, 足場を, 跼蹐と, 身軽に, 軽蔑の, 輝いた好奇, 辛子膏を, 途切れた, 遅かったで, 道徳的な, 違いますし, 遠くから, 遠山の, 遣瀬, 邊に, 部屋の, 酔えないもの, 酔つた, 重々しく分別, 重くなっ, 重苦しく感じ, 鈴木主, 長い, 長い煙, 長崎通詞一般とち, 闇の, 陣場を, 陰氣くさい, 隙間が, 隠れて, 露西亜人の, 青くその, 青白い顔, 静かで, 静まって, 面喰った, 頬が, 頭に, 風態を, 飯屋は, 饂飩粉くさい, 首を, 騒々しい静けさ, 驚きました, 骨ばって, 鶴が, 黙りがち

▼ へん~ (526, 6.9%)

26 ことは 1210 ところは 6 ことを, ところが, ところを, どす, や, んで 54 ところへ, やな, やろ, んか

3 [12件] ことも, ところだろう, ところも, どすか, 事情が, 人は, 儀は, 土地で, 地面を, 山の, 消息を, 農家の

2 [30件] ことが, ことに, です, ところから, ところだ, ところに, ものらしい, やけど, ような, んです, んに, んやろ, 事は, 事情を, 人が, 人たちが, 土が, 外貌は, 大概の, 子供は, 小屋に, 山に, 心理は, 様子が, 海の, 消息は, 町を, 異人屋敷は, 言葉で, 酒場で

1 [325件] あちらこちらの, うちは, うみの, えへん, えへん烏賊, おうような, おかんがえもござりまし, お家で, お指図, お方と, お百姓さんたち, かいな, かえな, かとくど, かとくどくど, かどっち, かトヨさ, か良, こころであろう, こころもちを, こつを, こと, ことだろう, ことでありました, ことはちゃあ, ことキチンキチン, ごく有りふれた, ごみの, さかい兄貴, さらに奥, せつも, そうじ, たいていの, たべもの, だす, だすか, だすが, でしたが, ですさかい, ですと, ところ, ところお, ところかと, ところがいま, ところがちょっと, ところがよく, ところぢや, ところでございましょう, ところでしょう, と仲間, どこにも, どすけど, どすけれど, どすもの, どっさかい, どツ, なにがし侯などは, なにやらわからぬ出つ, ふだんしめきっ, ほこりを, まあ一番, ものが, もので, ものは, やから, やがな, やがなあ, やけど牢屋の, やぞという, やつらは, やてな, やと, やなあ, やない, やみの, やよつてな, やろな, やろなア, やろ可笑し, ようすを, ように, んと, んも, アラ焚き, キャバレエに, コボズなどが, サラリーマンは, ツツジも, テンヤ物を, ドアを, ドン百姓が, ネオンサインの, ハイキングが, ハンコ屋さんすぐ, パンパンにも, ビルディングにも, ピアノの, ボタンを, ラワンや, ンか, ン兄ちゃん, 不手際を, 乞食や, 事くわしく, 事情に, 事情については, 人々が, 人さね, 人では, 人間に, 人間には, 位置へ, 住民たちが, 作用による, 信心を, 写真屋を, 冷気は, 出来事には, 別荘の, 加速度的な, 勉強家, 勞働者なんか, 区別を, 区別アイマイモコたる, 名物だ, 呼吸は, 商店の, 土を, 土鼠の, 地廻りを, 地理に, 地理や, 地理を, 地盤の, 垣根を, 堀に, 変りようと, 大きな楽器店, 大店, 大演習, 大道で, 女中に対しても, 女子の, 嫁入りせん, 子どもたちに, 子は, 子供たちは, 子供とは, 子供には, 宙に, 宵闇は, 家から, 家は, 家を, 小僧っこに, 小径を, 小徑, 小石を, 屋敷町を, 山という, 山には, 山は, 山や, 山ん, 山中じゃ, 山村の, 山畑を, 山荘を, 山麓の, 岩かどから, 岩の, 岸へ, 島で, 島近くに, 川に, 工場で, 平均雪線は, 平家で, 年貢は, 幸と, 広っぱは, 床の, 店は, 廊下には, 弁えを, 引出しだ, 彼の, 待合から, 御意見, 微妙な, 心境は, 意なるべし, 感じが, 或る, 所だ, 所説は, 手術の, 挙止は, 捜索が, 新劇俳優など, 旅館知っ, 時代を, 木の, 木立ちの中を, 村, 村の, 村人達の, 条理整然として, 枯れ草を, 棚の, 森で, 森に, 森は, 椅子の, 椅子を, 植民地の, 検査に, 概念は, 様子も, 様子を, 標準を, 機微は, 正月は, 武家の, 武家や, 武家屋敷は, 歴史が, 民家の, 水の, 水は, 決定は, 流儀で, 海には, 海上を, 海岸は, 海底は, 海面を, 海面下に, 消息が, 混雑を, 温泉で, 温泉を, 漁師なんて, 漁師の, 潮は, 炭焼きは, 焼け野を, 焼土, 物を, 物語が, 珊瑚の, 田舎廻りの, 町並みは, 百姓と, 百姓娘が, 百姓家へ, 百姓漁師だって, 皮膚の, 砂漠が, 穴蔵の, 立ち木が, 立ち木や, 章は, 筍はなあ, 簡易旅館に, 精とか, 細いこと, 紳士淑女が, 縁の, 考えが, 考慮も, 者じゃ, 肉が, 航海の, 若いもの, 苦心は, 茶を, 草が, 草むらの, 草を, 草深い小, 草深い小径, 蝶番を, 衆は, 街灯の, 複雑さが, 見こみ, 見当で, 覚悟は, 解釋は, 計算も, 話が, 詳細な, 語尾を, 谷から, 谷の, 貧しい百姓たち, 貧民が, 質屋に, 農民は, 農民や, 連中とは, 道は, 道ばたには, 道を, 部屋にしか, 部落を, 酔っ払いや, 醫者は, 野菜籠の, 野薔薇は, 金棒引きが, 門の, 隅に, 雪線が, 青芒, 静かな, 領主である, 風景は, 風物に, 食堂へ, 飲み屋では, 高い高い空, 高さ, 鶇なんかに

▼ へん~ (524, 6.9%)

70 なあ 50 ぞ, な 4819 ねえ 15 なと思っ, わ 1410 と思っ 9 ぜ, と思った 6 という 4 と思いました 3 と思い, と思う, と思つて, なとおもっ, なア

2 [11件] から私, か何時頃, が, つたので, というの, とは思わない, とも思, と思わない, なと思った, ねキナ, わどころ

1 [168件] あ, あれも, いまわたしの, おかしら, おっちゃんへ, おつちやん, かね, からさそん, からだ, からと言っ, からどいつも, からな, からね, から北村さん, から北森, から単に, から口, から姓, から店, から早く, から起き, かわからない, がいま, がそれ, がそれでも, がそんな, がまさか, が徳川君, が正直, けど, けどもうしばらく, けれどお, けれど正直, ここで, し, しあんなに, しどうして, し義母, ぜこの, ぜなんだか, ぜ蛇, ぞこと, ぞさっき, ぞとかなんとか, ぞとそういう, ぞと小沢, ぞッ, たいへんだ, だれか, つたから, つたといふ, つたのだらう, というよう, という秘命, といっ, といふ, といふ懸念, とお, とおっしゃる, とおもい, とおもっ, とか肩, とすれ, とその, とは思い, とは思いました, とは思った, とも, と一度, と久助君, と小首, と心配, と思, と思いやす, と思え, と思ったら, と次々, と正親町, と聞い, と言, と言え, と言った, と言わん, と訊ねた, と頭, なああんなに, なあいったい, なあいつ, なあおれ, なあこの, なあこんな, なあそれ, なあたしかに, なあという一件, なあとち, なあと思う, なあと思ひ, なあどこ, なあの, なあブイ, なあ今日, なあ岩, なあ消え, なあ車, ないったい, なうち, なさっきここ, なとおもいました, なとこころ, なとは思いました, なと久助君, なと思い, なと思いました, なと思つて, なと思わず, なと気づいた, なと気づかれなけれ, なと言った, なんてこと, なァ, なァと思っ, な土, な妙, な応答, な植物, ねあの, ねえじゃ, ねえち, ねえどう, ねこれ, ねこんな, ねその, ねそれ, ねたった, ねどうも, ねなにか, ねぼくたち, ねむこう, ねもう, ね今日, ね足許, ね道, へんだ, よおん, よおんちゃん, よ今夜, よ十七, わあんな, わいといいだす, わお, わお母様, わどう, わなあの, わねえ, わねえ潤ちゃん, わへん, わまさか, わよ, わトルーソツキイさん, んだ, アお, ア旦那さまが, 一ぱい汲み上げる, 午前中に, 可笑しい出来損, 大へん, 誘惑, 雨が

▼ へん~ (290, 3.8%)

4 いいだろう, やめて 3 きまりを, よかろう, 勘弁し, 降参した

2 [17件] あらう, お茶を, せう, は珍しい, 二三日書く, 例題の, 医者と, 唄つてゐる, 天下泰平寝首を, 消えたよう, 甘く見逃し, 眠れたらいい, 稼いで, 筆を, 結構, 貴君が, 降参し

1 [236件] あとから, あみを, いいから, いいでしょう, いただいて, いちどおちついた, いちどす, いちばんいい, いよいよ仏独戦争, え, えてえ, おいと, おきき, おさっしが, おしまいだ, おわりですが, お互, お休み, お入りなされ, お弁当, お目にかかること, かえるん, かぶと, きょう空巣の, くびれあが, こおろぎが, この物語, ござりましたろう, ござります, さよならします, ざらに, しばらく待っ, じゅうぶん一息, すぐには, すこし早目, そろそろ退却, たくさんだ, たしかにきこえた, ただ世間並, だきょう, ちょいと, ちよつと, とにかくその, とめても, とれるかき, どうした, どぎまぎした, な, ないて, なんだか筆, はああ, はあまり, はおばけ, はこれ, はそう, はその, はない, はなかつた, はもう, はハイカラ, はモウケ頭, は一升四十円, は今, は化け, は古顔, は寺, は川虫, は平均一メートル, は想像, は松, は癪, は白い, は百姓, は知らない, は見当たらない, ば, ひつつつ, ひとまず鋏, ひとやすみし, ふんぎりを, へたばって, まごついて, またもう, もうほんとう, も三, も五〇糎位, も仏, も時速五十キロメートル, も熊狩り, も雪, やっとふだん, やめに, やめるん, ゆっくりしゃがん, ゆっくり見物, ゆらゆらさせる, ゆるして, よいです, ようやくパッチリ, よからう, よして, よしましょうよ, よし給え, よすん, よそうと, よろしい, わしたちの, キリに, ストップ, テニスでも, ドタリと, ハハハどれどれなにが, ビールでも, ピッタリ停車, ヘンな, マルモ隊長は, ワーリャが, 一杯の, 一杯のもう, 一生一品な, 一転機する, 丈助を, 三千五百名の, 不知哉丸さまが, 中へ, 主人側の, 五六人の, 五十分ぐらいに, 人影は, 今度は, 今日は, 今流行, 休ませて, 会話を, 何か, 何処より, 何年ころどれだけの, 作者は, 僕は, 出御待ちし, 切りあげるほう, 切り上げて, 切り上げること, 切上げて, 別れの, 厳しい自己批判, 口を, 名代なりける, 君は, 唯一人といふ, 団体行動を, 困ります, 土曜日には, 圧しつぶされたよう, 声帯模写は, 多く見かける, 大丈夫か, 家を, 宿を, 審判長スミス警部に, 少しいい, 尻ッ尾を, 屈指の, 帆を, 帰還せられ, 幕つていふ, 引き返しさえ, 彼女は, 心臓を, 怪しいの, 恐いの, 戦いの, 手を, 持って, 掻き消すよう, 擱筆し, 斬り死にを, 旗を, 日本百科辞典でも, 日本百科辭典でも, 時勢に, 最後の, 木の葉に, 本と, 櫻丸や, 止めないと, 死んだの, 気分が, 水面と, 氷の, 泊るから, 火合図する, 珍しく心持ち, 産婆の, 男らしく降参, 発育の, 着席させ, 睨みの, 知りあった闇, 硬い話, 私の, 私は, 秋吉警部の, 立ち直らなければ, 終結した, 結構です, 締切ること, 自分の, 自殺は, 若し財政, 英國大使の, 落付く, 西門慶の, 見かけたこと, 見かけたって, 見たとの, 見てでも, 見なれぬ恰好, 見附かるであろう, 許して, 諦めて, 貴様の, 贋金を, 速力が, 逢うだろうか, 道を, 降りませう, 静かに, 静かにのみを, 頭の, 顔は, 顔色を, 飯を, 首斬らせた, 魚とり大会を, 黙って

▼ へん~ (229, 3.0%)

7 うろうろし, 歩いて, 見まわして 6 見て 4 さがして 3 うろついて, しらべて, ぶらぶらし, ぶらぶら歩い, 散歩し, 歩きまわって, 見まわしました 2 くまなく, さがしまわって, しばられて, ぶらついて, キョロキョロと, 歩きまわっては, 照らして, 見まわしましたが, 走って, 通って

1 [157件] あさって, あるいて, あるきまわって, いかにも知り抜い, いくども, いじくりまわして, いまの, うす明るくし, うれしそう, うろうろしてやがる, うろついてるかも, うろついとるって, うろつくからは, おさ, お歩き, くまなく歩きまわって, ぐるぐるころがりまわっ, ぐるぐると, さがさせた, さがしはじめました, さがしまわりました, さがしまわりましたが, さすつて, しきりに浮かれまわっ, しつかりお, しばろうと, じっとさし, すっかりあけ, すーっと, ずっとてらし, ぞろぞろ這っ, ちと強く, ちょっと探し, ちよつと, つっついて, つっつきました, てらして, ながめまわしたが, なでて, なでました, なでまわして, はいまわっ, ひとりで, ひとり歩きが, ひら手, びくびくふる, ふらりふらり歩いてる, ふれ廻って, ぶらぶら歩いた, ぶらぶら歩きまわりました, ぺろぺろと, まごまごし, まだうろうろし, まわって, みまわしても, もういちど, もっとハッキリ言う, よくしらべます, よくたしかめ, よく見, ウロウロし, ウロウロします, カチカチいわせ, キョロキョロ見まわし, コツコツたたい, トラックの, ノソノソと, バクゼンと, ブーンと, ボンヤリと, 一まわりし, 一人で, 両手で, 二三囘ウロウロ, 二三度撫でる, 俗に, 動かして, 受持つたん, 喜久井町という, 妥協点として, 宇宙の, 小太郎山の, 少し散歩, 少し考え, 山手の, 巡って, 幻影と, 彼の, 往つ, 往還する, 徐行し, 徘徊し, 手さぐりします, 手を, 抑えて, 捜して, 捜すふり, 掘りひろげました, 探したが, 探し廻って, 掻いて, 明るくする, 東へ, 歩いたなあ, 歩いたん, 歩きつづけただが, 歩きながら, 歩きはじめました, 歩きま, 歩きまわつて, 歩きまわりながら, 歩きまわりました, 歩きまわる病気, 歩き回って, 歩き廻った, 歩き廻って, 歩き廻つた, 歩き廻つたり, 歩く, 死にものぐるいで, 泳いで, 泳ぎまわるの, 流して, 清浄野菜を, 渦巻いて, 源と, 滝に, 照らしました, 燭台の, 片づけたり, 片づけるで, 相当の, 眺めながら, 神経的に, 考えて, 考えの, 荒して, 見まわしたが, 見まわした末, 見まわしながら, 見まわす, 見まわすばかり, 見まわる役目, 見る, 見左腕, 見廻して, 見物に, 討って, 誰かの, 走りまわるの, 走り回りしが, 走り廻つたん, 通ったこと, 通るとき, 頭を, 飛び廻って, 鳩羽や

▼ へん~ (156, 2.1%)

7 す, するに 5 咳ばらいを 4 咳を 3 するの, せば, つくりが, 笑って

2 [15件] こない思いましてな, さう, したる者, するもの, する氣苦勞, せしが, 云つた, 云ふ, 大きな咳払い, 思うが, 思って, 思ふあたり, 欲す, 空咳を, 笑った

1 [91件] いうて, いちはやくとち, いつもそんな, かたくにぎっ, この田ア何處, こんな気楽, さけび非情, しけるほどに, したから, したること, しつつ, しながら, しみじみ思い, し之, し兼, し山陽, すっくり腹, すらん, する, するが, するも, するリズム, する一個, する人間, する故, する欲求, する気苦労, する積極的, すれど, せきば, せし處斯, せるが, そういう, そう云いたげ, そんな風, のどを, はかりしもの, ひとつし, ひとつ咳払いを, もっともだった, ももがなと, やったもの, 一つ咳ばらいを, 一つ咳払いを, 世話アする, 二つばかり, 二十円も, 二度ばかり, 云うとります, 云た, 云って, 僧を, 咳払いが, 咳払を, 咳拂ひ, 喜八の, 嘲弄的な, 小言を, 強れ, 思うあたり, 思うちよ, 思うて, 思うてたのに, 思う辻, 思ったのよ, 思ひしこと, 思ひし事, 思われるにつけ, 悦んで, 斯夜道も, 望む如く, 欠伸を, 欲する人々, 泣き虫の, 申して, 盛んに, 私を, 笑いいや, 約したり, 臭わして, 芸者は, 言えば, 言つた, 質店主人の, 軽くせき, 軽くせきばら, 運轉手が, 違うて, 長篇の, 鶏の, 鼻で

▼ へん~ (153, 2.0%)

3 心得て 2 いけがき, なかなか慣れた, 昼の, 父の, 街灯の

1 [140件] いつも一ぱい, お寺の, これより, これを, ごらんのと, さすがに, さびしいや, さびしいやしきまちで, さびしいやしき町, さびしい場所, さびしい岩, さびしい町, さも, すべてを, そんなで, たいへんなさわぎ, たいへん景色, たれにも, ちっとも家, ちょっと湘南地方, できるん, とっくに思いめぐらし, どうでも, なかなかふるっ, にぎやかな, にわかにそうぞうしく, はっきりしない, ばかつて, ひどくくらい, ほとんど無人境, ほんとうに, ほんとうの, まあいい, まだほんの, まるた, まるで毛, まるで沼, みなわしの, めッた, もうきれい, もうはわなく, もうまっ, もう公園, もう夏げしき, もう宇宙, もう平常と, もう水面, よく分る, よほどばか, よろしくやれ, わしあ, カニの, コンクリートの, ハッキリし, フグの, ラ・メーゾン・ブランシュと, 一番アカシヤが, 上杉領と, 上流で, 上海人も, 下品である, 下流であり, 下町でも, 井戸は, 伊勢神話の, 伊勢駕の, 何人で, 停電に, 入牢肯定派否定派どちらも, 六兵衞狐の, 初めてな, 剥けたよう, 勝手が, 北多摩郡な, 単線で, 嘗ての, 地球上の, 垣根ひとつで, 墓や, 夕方の, 多分植込み時期, 夜に, 大きな屋敷, 大きな岩, 大きな邸宅, 大体の, 大阪商人の, 安アパート, 宜う, 実にひどい, 実に要領, 富士の, 寺や, 小舟も, 山の上でも, 岩の, 巷談師の, 序の口で, 建物ごとごっそり, 御経, 念入りに, 感じが, 手前も, 日本津々浦々実に, 明瞭でない, 昔の, 曲の, 正三, 歩いて, 歴史を, 水に, 海も, 海水を, 滝の, 漁船の, 火の, 物騒で, 田も, 田舎だ, 男女が, 町へ, 石ころが, 美人が, 臨機応変である, 船や, 蚊が, 行って, 見あげるばかりの, 見えないの, 誰かに, 谷川と, 足利時代の, 近来の, 遠く家並み, 邪悪な, 都の, 雑談に, 餘程愼重に, 高いコンクリート塀, 黒山の

▼ へん~ (123, 1.6%)

2 お口, くすぐったくなっ, 一つ, 当つて, 為めに

1 [113件] あのとおり, あの客, あやしいぞ, あれは, いいや, いちばんだ, いちばんひどい, おかしくなった, お前の, お役所, くすぐったいよう, くすぐったくなる, げっそりくぼみ, こそばゆくなった, こりゃあわるい, こんな所, さわがしくなり, ためである, だいぶん変つて, ちょっとあんたはん私, ちょっとオーヘンリー, ちょっと医者, とつぜんなん, どうぞ今, なかなかむずかしい, なかなか微妙, なければ, はちきれそう, はっきり見え, ひとつ, ふくれたり, まあ, まともな, みきりどきだと, みょうな, もうし分, もう一つ, よかろう, よさそう, ギリギリだろう, ジーンと, スペインに, ドキリ, ナー, パッと, ブルブルと, ボンヤリと, ボーッと, モヤモヤと, 一ばん手に, 一代男をとは, 一寸これ, 一年ぐらい, 一番曲りくねっ, 七面鳥の, 不審, 今は, 何かに, 何誰が, 僕に, 再びベリベリ, 別れどきだと, 前から, 品と, 変った, 多いんだい, 女子の, 妖怪の, 妙に, 安う負け, 寒くなっ, 座敷の, 御酒は, 心が, 意味を, 慄っと, 手ごろの, 操縦士のうで, 斯うし, 日本と, 是に, 時刻も, 最前總助はんを, 木偏に, 水に, 浄瑠璃には, 浅くなり, 渉外部長の, 潮どきだ, 焼けつきさうに, 熱く脹脛, 燃えるよう, 爲に, 珈琲六人前淹れ, 痛かった, 白い煙, 私は, 私一人脱, 程度かな, 種々訳が, 第一, 聞えて, 脹れてるらしい, 芭蕉の, 花魁無駄として, 華族様の, 見えるの, 見え出しやがて, 見切りどき, 費用は, 逢引宿とは, 道順です, 霊鳥の

▼ へんです~ (103, 1.4%)

35147 ねえ 62 かしら, からあなた, ぜ, な, わね

1 [31件] かねよっぽど, からひとり, があの, がいみ, がお, がからだ, がたしかに, がたを, がね, がぼく, がまちがい, がまるで, がやっぱり, がカニじいさん, が一郎さん, が大きな, が子, けれどあの, けれど非常, ぞ, とも見, ねいつか, ねまた, ね朗, よあなた夢, よ昨夜, わ, わねえ気分, んでしまう, ッと, ネ

▼ へんから~ (87, 1.1%)

3 出て 2 そろそろこの, 丈助, 大攻勢, 聞こえて, 電話で

1 [74件] あたりの, いきいきと, いよいよ通訳, おこって, おまはん, くるの, その極点, だと, だの, だろうな, だんだん下, だんだん背, ついて, とびおりたの, とび出して, なにかとりだしました, はいったか, はじまって, ひびいて, ふたつに, むこうは, もう下り, ジインと, バッジを, 丁度見える, 七十センチぐらいの, 乃田さんの, 人夫達は, 会議は, 何う, 出ますか, 切り込んで, 化けものでも, 十四へんぐらいまで, 右に, 夢に, 奥の, 始めねば, 川原へ, 当って, 当然美, 彼の, 急に, 推すと, 新規の, 日本橋を, 来たの, 来て, 機微な, 次第にアカシア, 次第に深刻, 段々消息, 毎夜謡曲の, 海へ, 海流は, 犯人の, 生々しい色, 碌々気休め一つ云いまへんが, 私の, 端を, 節は, 考えて, 聞えた, 聞えだすので, 聞えて, 裏山へ, 調査を, 起きて, 足柄明神へ, 逃げださないと, 這入つたか, 道の, 金属を, 集まって

▼ へんまで~ (78, 1.0%)

3 来て, 来ると, 行くと 2 きて, のぼっちゃってるん, のぼって, 散歩に

1 [61件] あるつめたい, おしあがっ, お伴したい, かいたおぼえが, かけました, きました, くるだろう, くると, さげて, せまって, せんべいの, その穴, たれて, つかって, でて, とびあがって, とびだして, とび上がって, ぬかった, ひきつって, ひびいたと, ぶらさがって, ズーッと, ノコノコ出, パラリと, 一度に, 來かかる, 保安林の, 出て, 出ばって, 出掛けても, 切りさげた派手, 地球に, 姿を, 尾行し, 思い出して, 我慢し, 持ち上げたぐらいの, 斥候の, 歩を, 水面に, 流れて, 深入りし, 潮を, 無駄に, 白く剥き出され, 眞實か, 稲の, 荒らしたといふ, 行かない, 行けるかな, 行ったかしら, 行脚し, 見て, 車を, 辷り出して, 近づくか, 送って, 送らうと, 送ろうと, 點在し

▼ へんけど~ (51, 0.7%)

3 なんぼ畜生, 二十銭貸しとく 2 ほんちよつと, ほんのちよ

1 [41件] あこより, あの人何処, あの商売, あんた一つ手紙書い, いつか渋谷に, いや待て, うち自動車待たしとい, この辺, こんなりに, しかしうち, ししさしたっとく, そんなこと, でんな, ほんちょっと, ほんのちょっと, ナー, 一日中ちよい, 二円五十銭持ってる, 今日は, 何でも, 何ぼくらいか, 僕が, 僕なんぞ, 出て, 初めから, 夜中に, 大勢あとに, 大急ぎで, 姉さんは, 姉ちゃんは, 掏摸はまるどりや, 時分どきだす, 玉置先生が, 男が, 病気で, 綿貫には, 苺が, 見えんかて, 追い追いに, 酒は, 食う方

▼ へんには~ (51, 0.7%)

3 だれも

1 [48件] あまり來, あやしい人かげ, あんな大きなクジラ, いえが, いくらも, いねえ, いられないであろう, かげも, この夏, さきの, たけの, なお四十七歳, ほんとうに, まだ見いだされなかった, みえませんでした, みかけない龜, めったにない, ウサギの, コンブの, パンパン屋が, 一本も, 人の, 人のけ, 外人の, 大男が, 妨げなかるべきか, 家も, 工場や, 影も, 微笑が, 斜めな, 東国武者の, 桔梗が, 棧橋の, 歯の, 比較的少ない, 海岸に, 熊が, 猫が, 知られて, 紅い甲良, 蛙の, 複雑な, 見あたりませんでした, 見られぬ心, 見受けられなかった, 見当らずた, 電灯も

▼ へん~ (43, 0.6%)

4 六ぺんも 3 三べ 2 定かならず

1 [34件] ありましょうな, さしかへ, その御, たいへんに, たしかに父, だいぶひどく, つかまって, はなはだ曖昧, ひとつ確めて, ひらひらと, ぶっそうな, むしり取るの, やはりでこぼこ, やはり住民, よく考え直した, 乗るの, 二十ぺんも, 五へんも, 十ぺんも, 十分見届け, 半ば起き, 受けて, 含んで, 好かつたやう, 實に, 往復し, 手腕の, 打たれましたよ, 指折りかぞ, 焼けたであろうが, 相当デリケート, 立て直さなければ, 話は, 足を

▼ へん~ (39, 0.5%)

19 ないか 9 ろか 4 ないの 1 おへん, ないかい, ないかいな, ろうし手土産でも, アイスランドまでも, 口もとには, 足などに

▼ へん~ (35, 0.5%)

1 [35件] あ, あいさうな, あいそう, あいらしいん, あては, あの十八文, あの本, あまあまい, あんたが, あんたさいよかっ, あんな人床屋, あんな高い, いっその, この義観さん, それに, そんなこと, どうえ, どうぞ今度, どんなこと, まだたん, 三べん, 久しぶりだした, 久しぶりで, 云う質問, 何ぞええ, 余りに特徴, 兎も, 夫は, 寺田屋の, 思て, 思てるらしい, 田舎へ, 眼の, 茶壺と, 野瀬の

▼ へんやろ~ (31, 0.4%)

732 かなでも

1 [19件] あの人, かお, かそれ, かたっしゃ, かとふと, かともう, かと熱心, かと眼, かと誰, かと雪子, かどんな, か思, がな, けど, といろいろ, とそ, な, なあ, 然し男はん

▼ へんこと~ (30, 0.4%)

32 もなかつた, をも深く, を願

1 [21件] おますかいな, けだし歌人, だが, とそれから, どす, になるやろ, はせ, は得べからず, は煩雜, を主張, を出願, を勉めたるなり, を勸む, を教授会, を求めし, を王アレイエテス, を試みん, を頼み聞え, を頼み聞えぬ, 分ってるし, 極まってるの

▼ へん~ (30, 0.4%)

5 つてな, つてに 2 つて, つて見

1 [16件] お願, かつた, すこし男, つてお, つてそこは, つてそれで, つてちいと, つてど, つて伯父さん出し, つて何ん, つて何処か, つて大工の, つて心気臭い, つて泣い, ふりに, 焼けしも

▼ へん~ (29, 0.4%)

14 へん 8 へんと 32 へんえ 1 へんああ, 警察から

▼ へん~ (27, 0.4%)

3 よろこびに 2 早くお, 苦しいだろう

1 [20件] へん, よろこび下さいました, カミが, 乗せしますよって, 元気でいらっしゃいます, 堀端あこ, 強いやう, 悦びになつて坊ちやま, 悪いので, 慍らせ, 慕いして, 懐しいこと, 気の毒さまだ, 氣の, 生憎さまだ, 綺麗な, 美しい方, 菰の, 行儀悪く, 金持だった

▼ へんじゃ~ (26, 0.3%)

9 ないか 2 ありませんか, ない, ないの, ないよ 1 ありますまいか, ありません, いっこう見ねえ, ないかと, ないかね, ないですか, なかったかしら, ねえか, 先から

▼ へんよって~ (22, 0.3%)

4

1 [18件] いうて, ええ加減, せいぜいお腹, そこは, そんな事, ちょっとここ, どうぞそこ, どうぞどうぞ一生, にあげ, にな, に彼奴, 二人とも, 何とかお話, 兄さんと, 兄貴お前わいの, 安心し, 町の, 見に

▼ へん~ (20, 0.3%)

1 [20件] いけば, いったろうかと, かけて, かたまった, きたらそろそろ, ぶつかれば, ぶッ, んだ, フトンを, 出て, 喰い込むよう, 旅行なすつた, 死骸を, 現われるころ, 落ちて, 行ったの, 連れこむもの, 遠くなく, 飛びこんで, 駕籠を

▼ へん~ (19, 0.3%)

1 [19件] あんまり身, い, いつ迄, お腹は, そのため, それにもう, て見れ, とにかく明日, やり損, 一般の, 仏蘭西や, 何企らん, 夜は, 妾等は, 気楽な, 第一, 誰かて, 選擧にや, 電話口で

▼ へんさかい~ (16, 0.2%)

1 [16件] いっそ早, かえって静か, この枕, これは, よう分別し, 一々あと, 一と, 一寸おりとう呉れやす, 今時阪もんの, 分らへんねんけど, 安心し, 書き置きの, 田賣, 裸で, 辛うおまっ, 電話かけん

▼ へんかと~ (15, 0.2%)

3 思うて 2 言われた 1 いうに, いひ度い, 云ふ, 叔母は, 聞いて, 言うの, 言って, 言ふ, 遣り込められて, 頼むと

▼ へんでは~ (15, 0.2%)

11 ありませんか 3 ないか 1 なくなりました

▼ へん~ (13, 0.2%)

2 やぞ, ン 1 いつもと, けどいったい, し, しへんね, しを, ちと表わされ, なんでしょう, よって, 東京に

▼ へんだった~ (12, 0.2%)

2 からね, よ 1 から, からである, からです, が帽子, にちがいありません, のね, ようだ, わ

▼ へんので~ (12, 0.2%)

3 穢いもん 2 もう流れ 1 この子, っせ, わたくしどもでも, 全部仮名に, 淋して, 淋しん, 若い衆も

▼ へんろさん~ (12, 0.2%)

2 や子供 1 だその, とお, と妥協, と虚無僧さん, と行き逢った, になる, のたれかれ, の群, は大, は大した

▼ へんいったい~ (11, 0.1%)

1 [11件] がまひる, がボーッ, の木立ちの青葉, の水中捜索, はま, をくま, をくまなくさがしまわりました, をくるいまわり, をはい, 一目で, 半年ほど

▼ へんこの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ごつぽう人めら, 世智辛い, 作文が, 俺が, 儘下駄引きずりもつ, 写真と, 劍銀鋲うてる, 家で, 思ひ, 焼け跡を, 通り見透しだ

▼ へんそう~ (11, 0.1%)

2 して, の名人 1 じゃござんすまい, じゃない, のだい, や, をし, 云う危, 旨くは

▼ へん結構~ (11, 0.1%)

2 でございました, にできました 1 だ, だと, でございますのね, です, なお話, なこと, な出版

▼ へんいい~ (10, 0.1%)

2 のです 1 けれどもまさか, なさいますねん, ので十五日, ので新田先生, 天気でした, 實驗を, 気持ちで, 面の

▼ へん~ (10, 0.1%)

41 やが, やございません, やない, やまあ, や何故, や安い

▼ へんとは~ (10, 0.1%)

2 どうしても口 1 したり, それあ, ちが, なんだ, 何が, 大いに変る, 思はざりしを, 思へども

▼ へんにも~ (10, 0.1%)

2 幾つか 1 あるよ, ある草, やはり東洋ぎらいのコルシカ人, クジラが, ゼンマイじ, 何にも, 同じ要素, 林大

▼ へんもん~ (10, 0.1%)

2 どすさかい 1 だん, ぢや, ですから, でその, なア, やさかい, やよ, やろか

▼ へんよく~ (10, 0.1%)

1 できました, なったが, は存じませぬ, 似て, 利くよう, 心得て, 撮れましたよ, 晴れて, 治つて居りました, 言って

▼ へん~ (10, 0.1%)

2 厄介に 1 きげん, よろこび涙, 勝手に, 心配かけました, 気色が, 立腹に, 親切だ, 迷惑を

▼ へん立派~ (10, 0.1%)

1 でしたが, なきれい, なもの, な小説, な暮し, な秘書, な衣しょう, な馬鈴薯, にやっ, に目立っ

▼ へんがな~ (9, 0.1%)

2 あんたが 1 え, そや, 中井竹山先生たら, 中風で, 兵隊を, 直造, 郵便貯金かて

▼ へんどう~ (9, 0.1%)

2 するか 1 だい, だうまく, だか, です, ですかねえ, ですちかごろ, なと勝手

▼ へんよう~ (9, 0.1%)

2 になっ, になる 1 ござんすねよろし, なとこ, な物凄い, にしてん, になります

▼ へんくつ~ (8, 0.1%)

1 すぎたよう, だが, で昼日中, な人物, な変りもの, な男, ね, 故に無理

▼ へんという~ (8, 0.1%)

1 ことだす, ように, 咳が, 白を, 胸一杯の, 返事だす, 関係やら, 風に

▼ へんとて~ (8, 0.1%)

1 わが方, 人はや網を, 家にか, 日の, 書斎に, 死にし時, 爭ふ, 粘き脂

▼ へんなぐ~ (8, 0.1%)

7 あいに 1 あいでした

▼ へんのに~ (8, 0.1%)

1 あんたとこが, あんな時, お父, こんなこと, それぐらいの, よく知つてはるえ, 仕樣, 出来も

▼ へん一帯~ (8, 0.1%)

2 はひろびろ 1 から人穴, に着陸, の何物, の旅客区域, の百姓, を警戒

▼ へん心配~ (8, 0.1%)

2 して, しました 1 いたしました, したそう, なよう, やら苦勞

▼ へん~ (8, 0.1%)

1 だすよ, に対して親切, に気に入った, の心, の気に入った, はどうせ, は不為合せ, を親切

▼ へんいう~ (7, 0.1%)

1 ことあれへん, てど, て大, のん, のんで, はずな, 訳に

▼ へんさかいに~ (7, 0.1%)

3 何処なと 2 云ひまん 1 云いまん, 子供が

▼ へんそんな~ (7, 0.1%)

3 ことを 1 お安直, ことした, 不幸も, 馬鹿な

▼ へん~ (7, 0.1%)

2 そして握られた, 一人で 1 ええもん, こいさんお金やったら, てが受合

▼ へん好き~ (7, 0.1%)

2 だった, でした 1 でしたが, ですから, になれ

▼ へん~ (7, 0.1%)

3 を立て 2 をたて 1 を立てた, を立てました

▼ へんその~ (6, 0.1%)

1 うちに, セリフの, 一つ前の, 体で, 子供達を, 手に

▼ へんそれ~ (6, 0.1%)

2 からは心 1 がおれ, がどう, くらいのこと, は誰

▼ へんだろう~ (6, 0.1%)

1 か, とぬかします, と思う, と立ち止, な, 此処

▼ へんなあ~ (6, 0.1%)

3 お母さん 1 そんなもの, ハハハハ, 折角仲

▼ へんなお~ (6, 0.1%)

1 しかりに, はなしじゃ, もちや, 土産が, 心得ちがいだった, 顔に

▼ へんなし~ (6, 0.1%)

4 の天野三郎兵衛 1 の, ゃれをいったりしてさんざん

▼ へんなら~ (6, 0.1%)

1 まず皀莢河岸, まづ, 人通りが, 何処でも, 大丈夫でしょう, 水を

▼ へんまでは~ (6, 0.1%)

1 いつも水, きて, まだ地道, 史実に, 我慢が, 見当が

▼ へんもの~ (6, 0.1%)

1 かな, ですな, と或, をと人, を見せ, 柔かな

▼ へんやう~ (6, 0.1%)

1 どすな, なく愛らしかりし, な奴, にし, になる, も無く

▼ へん~ (6, 0.1%)

2 を馬鹿 1 に相談, のこと, の善い, もある

▼ へん~ (6, 0.1%)

1 か考え, が金博士さま, のかの, やな, やろかいな, んでやろ

▼ へん~ (6, 0.1%)

1 てじっと, てるうち, て一日, て何より, て恐がってる, て梅田

▼ へん~ (6, 0.1%)

1 なく其金, なく大, もあらず, もあらぬ, 無く悩, 無く鮮やか

▼ へん美しい~ (6, 0.1%)

2 方だ 1 ように, 人で, 国に, 鳥の

▼ へん親切~ (6, 0.1%)

2 な男, にし 1 であった, で音楽

▼ へん面白く~ (6, 0.1%)

2 遊んで 1 ないこと, やって, 拝見しました, 読んだ

▼ へんあわて~ (5, 0.1%)

2 てふところ 1 てやって来た, てポケット, て譜

▼ へんお前~ (5, 0.1%)

1 だな, に会いたがっ, の一生, の無, の知

▼ へん~ (5, 0.1%)

1 せいが, ひいきの, 感服なさいました, 損です, 親友が

▼ へんとこ~ (5, 0.1%)

1 で毎日二, へもまア, へ來たん, へ役場, へ町

▼ へんねんけど~ (5, 0.1%)

1 そしたらとう, ほんまいうたら, もうちょっとその, 今夜急に, 自分は

▼ へんろ装束~ (5, 0.1%)

3 に身 2 並びに持道具一切

▼ へん~ (5, 0.1%)

2 てゐる 1 ています, て居ります, 通つてゐる

▼ へん~ (5, 0.1%)

1 あ泣け, がついてる, が言った, に似なくっ, はまだ

▼ へん気の毒~ (5, 0.1%)

21 がって, なこと, に思った

▼ へん~ (5, 0.1%)

4 に入 1 の毒

▼ へん高く~ (5, 0.1%)

1 お金を, とまって, とまつ, 売ること, 思えました

▼ へんあの~ (4, 0.1%)

2 人でも 1 山の, 時の

▼ へんうまく~ (4, 0.1%)

1 いつたので, たのむよ, 要領を, 言ってらあ

▼ へんけれど~ (4, 0.1%)

1 きっと私, そりや, 乳屋はん何とか, 家へ

▼ へんそうした~ (4, 0.1%)

1 にせものだった, んだ, 二十めんそう, 二十めんそうは

▼ へんって~ (4, 0.1%)

2 んだ 1 どのへん, 何が

▼ へん~ (4, 0.1%)

1 さん, っしゃろ, つせ, つちが

▼ へんどうせ~ (4, 0.1%)

1 あたいは, 年増に, 持ちくづした身体, 暮れも

▼ へんどす~ (4, 0.1%)

1 え, かほか, な, わと言っ

▼ へんねん~ (4, 0.1%)

1 さかいにな, やったら私, 昔やったら, 残念や

▼ へんばかり~ (4, 0.1%)

2 足を 1 われわれも, 回って

▼ へんまじめ~ (4, 0.1%)

2 な顔 1 な様子, に

▼ へん~ (4, 0.1%)

1 だから, っそう, でありかたがた相手, の航海

▼ へんよい~ (4, 0.1%)

1 ことだ, ことを, そうだ, 遊びでした

▼ へんよかっ~ (4, 0.1%)

3 たと 1

▼ へん~ (4, 0.1%)

3 へん 1 へん鎧屋さん

▼ へん大きな~ (4, 0.1%)

1 ものでした, ダイヤモンドでありました, 字で, 波が

▼ へん好い~ (4, 0.1%)

1 てゐた, 事を, 詩である, 面の

▼ へん悪い~ (4, 0.1%)

1 からね, こと, やうだ, ようです

▼ へん悲し~ (4, 0.1%)

2 そうな 1 かつた, がり私

▼ へん愉快~ (4, 0.1%)

1 だつた, であったという, なの, なもの

▼ へん機嫌~ (4, 0.1%)

1 がよい, がよかっ, の悪い, を悪く

▼ へん綺麗~ (4, 0.1%)

1 なもの, な佛蘭西言葉, な優しい, にお

▼ へん面白~ (4, 0.1%)

1 かつた, がって, がられました, がりました

▼ へん馬鹿~ (4, 0.1%)

1 な, な奴ら, にし, にしねえ

▼ へんあいつら~ (3, 0.0%)

2 にわかっ 1 に何

▼ へんあわてた~ (3, 0.0%)

3 風で

▼ へんおれ~ (3, 0.0%)

1 にだって一分, の作った, はちやん

▼ へんお世話~ (3, 0.0%)

2 になりました 1 になりまし

▼ へんお前さん~ (3, 0.0%)

1 にそんな, にやあ, は何だい

▼ へんかった~ (3, 0.0%)

1 か, のと, んやろ

▼ へんかなあ~ (3, 0.0%)

3 石井君

▼ へんきまり~ (3, 0.0%)

2 悪く思っ 1 が悪かっ

▼ へんきれい~ (3, 0.0%)

1 だったし, でした, な川

▼ へんぐるぐる~ (3, 0.0%)

1 引っぱりま, 引っぱりまわした, 引っぱりまわしました

▼ へんここ~ (3, 0.0%)

1 で死んだら, は酒屋ぢ, をどこ

▼ へんさびしい~ (3, 0.0%)

2 やうな 1 ような

▼ へん~ (3, 0.0%)

1 あんたが, しゃけど, 奥さん

▼ へんため~ (3, 0.0%)

1 ぞ, と見るべきでなく, に不日

▼ へんつかれ~ (3, 0.0%)

2 てゐるらしく 1 ているらしく

▼ へんでございます~ (3, 0.0%)

1 が二階堂, ねえ, ッ

▼ へんとして~ (3, 0.0%)

1 こは, ゐる, 而し

▼ へんどこ~ (3, 0.0%)

1 へでも行く, までも飴, を歩い

▼ へんどんな~ (3, 0.0%)

1 もんだ, もんだい, もんです

▼ へんなっ~ (3, 0.0%)

2 て云っ 1 てしまうでしょう

▼ へんなと~ (3, 0.0%)

1 しよりでしたから, 柳吉は, 笑うだけ

▼ へんのど~ (3, 0.0%)

3 つせ

▼ へんびっくり~ (3, 0.0%)

1 しました, しましたが, するだろと

▼ へんほど~ (3, 0.0%)

2 空で 1 な大

▼ へん~ (3, 0.0%)

2 はすと 1 仕方が

▼ へんまでが~ (3, 0.0%)

1 捏造である, 昌造の, 鼻の

▼ へんまでも~ (3, 0.0%)

1 つづいて, ジャブジャブと, 長駆した

▼ へんよろしい~ (3, 0.0%)

1 と言, ものです, 私が

▼ へん~ (3, 0.0%)

1 となっ, の旅, の眼

▼ へん上機嫌~ (3, 0.0%)

2 でした 1 なこと

▼ へん~ (3, 0.0%)

1 がよくっ, が好く, よさうに

▼ へん僕いつか~ (3, 0.0%)

3 て自分

▼ へん大きく~ (3, 0.0%)

1 今日の, 見えたこと, 見える

▼ へん~ (3, 0.0%)

1 な恐ろしい, な情況, な男

▼ へん嬉しい~ (3, 0.0%)

1 です, のだ, らしい

▼ へん嬉しく~ (3, 0.0%)

1 て家, て有難く, 聞いたので

▼ へん小さく~ (3, 0.0%)

1 て地理学者, 縮まって, 見えた

▼ へん御無沙汰~ (3, 0.0%)

1 いたしました, しちまって, 申して

▼ へん恐縮~ (3, 0.0%)

1 したやう, したよう, です

▼ へん早く~ (3, 0.0%)

1 下へ, 見当を, 起きたもの

▼ へん柔らか~ (3, 0.0%)

2 でしたから 1 なはつきり

▼ へん楽し~ (3, 0.0%)

3 そうに

▼ へん~ (3, 0.0%)

1 おくれが, になっ, に食わない

▼ へん温和~ (3, 0.0%)

2 しくいらっしゃるん 1 しい論旨

▼ へん疲れ~ (3, 0.0%)

1 ていらつ, て字, て睡くなりました

▼ へん~ (3, 0.0%)

1 さめては, である, を光らせ

▼ へん自分~ (3, 0.0%)

1 が今みたい, にはわからぬ, より他

▼ へん評判~ (3, 0.0%)

1 がいい, が宜しゅう, が高く

▼ へん重く~ (3, 0.0%)

2 カチカチ鳴る 1 なりました

▼ へん重大~ (3, 0.0%)

1 な事実, な喧嘩, に考へてるらしい

▼ へん面白い~ (3, 0.0%)

1 ので私, 御創作, 愉快な

▼ へん驚いた~ (3, 0.0%)

1 が, ようです, ような

▼ へん~ (3, 0.0%)

1 がをれた, が折れた, 折れると

▼ へんあたい~ (2, 0.0%)

1 は見, ん家

▼ へんあなた~ (2, 0.0%)

1 に御, もだいぶ

▼ へんあんまり~ (2, 0.0%)

1 業突張りが, 自分勝手に

▼ へんいちめん~ (2, 0.0%)

1 になん百, にまっ黒

▼ へんうち~ (2, 0.0%)

1 に無断, の姉ちゃん

▼ へんうまかっ~ (2, 0.0%)

1 たが, たし

▼ へんうれしい~ (2, 0.0%)

1 と思ひます, 気分に

▼ へんおかしい~ (2, 0.0%)

1 と思つたしだい, な

▼ へんおとなしい~ (2, 0.0%)

1 一羽の, 無口な

▼ へんお気~ (2, 0.0%)

1 に入, に召されました

▼ へんかなしく~ (2, 0.0%)

1 て, なって

▼ へんかも~ (2, 0.0%)

1 しれないがね, 分れしませんけど

▼ へんからは~ (2, 0.0%)

1 なれて, 土堤の

▼ へんくたびれ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ へんくらい~ (2, 0.0%)

1 でこれ, でたらめを

▼ へんけどなあ~ (2, 0.0%)

1 子供は, 會社へ

▼ へんこう~ (2, 0.0%)

1 なったら根, 思いましてな

▼ へんこんな~ (2, 0.0%)

1 こって, ことに

▼ へんさかいと~ (2, 0.0%)

1 滑稽口を, 言つて僕が

▼ へんさびしく~ (2, 0.0%)

1 なりましたので, 胸が

▼ へんしけれ~ (2, 0.0%)

2 ば見る

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 がトラ十, をし

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 ないし, ない思

▼ へんそれで~ (2, 0.0%)

1 済むと, 男子の

▼ へんだが~ (2, 0.0%)

1 な今度, 口は

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 きちんで, きちんに

▼ へんちっとも~ (2, 0.0%)

1 珍しくねえ, 知りま

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 えへん, てんだ

▼ へんつごう~ (2, 0.0%)

1 がよい, よくゆきました

▼ へんつまらない~ (2, 0.0%)

1 と云, 姫や

▼ へんつもり~ (2, 0.0%)

1 でも, やろか

▼ へんつるつる~ (2, 0.0%)

2 すべる傾斜

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 それじゃ, なにが

▼ へんていねい~ (2, 0.0%)

1 におもてなし, にし

▼ へんである~ (2, 0.0%)

1 が, し出来

▼ へんでの~ (2, 0.0%)

1 年中行事の, 鎌倉目付と

▼ へんで別れよう~ (2, 0.0%)

2 と私

▼ へんといふ~ (2, 0.0%)

1 發明者即ち, 素志なれ

▼ へんとも~ (2, 0.0%)

1 せずさればとて, 君生き

▼ へんない~ (2, 0.0%)

1 いまわしを, ばり方

▼ へんなう~ (2, 0.0%)

1 たがい, なり声です

▼ へんなこだ~ (2, 0.0%)

2 はり方に

▼ へんなち~ (2, 0.0%)

1 がひで, がひです

▼ へんなに~ (2, 0.0%)

1 が知事様, を世迷言

▼ へんにあたる~ (2, 0.0%)

1 こまかい機械, 所を

▼ へんにまで~ (2, 0.0%)

1 へばりついて, 出た

▼ へんねえ~ (2, 0.0%)

1 あたし赤ちゃんが, なんだかへん

▼ へんのでなあなんぞ~ (2, 0.0%)

2 思うて

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 う, は少し

▼ へんひと~ (2, 0.0%)

1 の腹の中, 理屈こねやがった

▼ へんぺん~ (2, 0.0%)

1 たる短篇, と風

▼ へんまでしか~ (2, 0.0%)

1 ないこと, ない小さな

▼ へんまでよ~ (2, 0.0%)

2 幾日も

▼ へんみな興奮~ (2, 0.0%)

2 して

▼ へんやかましい~ (2, 0.0%)

1 ことです, ようでした

▼ へんゆたか~ (2, 0.0%)

1 になりました, に仕合せ

▼ へんわるい~ (2, 0.0%)

2 かもう

▼ へん丈夫~ (2, 0.0%)

2 になりました

▼ へん不機嫌~ (2, 0.0%)

2 だった

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 でも何処, のとこ

▼ へん仕事~ (2, 0.0%)

1 の役に立つ, は怠け

▼ へん優しく~ (2, 0.0%)

1 て重明, 親切に

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 きあ, を自慢

▼ へん六ぺん旋回~ (2, 0.0%)

2 する

▼ へん利口~ (2, 0.0%)

1 だと, で気

▼ へん力強い~ (2, 0.0%)

2 感じも

▼ へん勝手~ (2, 0.0%)

1 な願い, にし

▼ へん反対~ (2, 0.0%)

1 しました, するの

▼ へん可愛~ (2, 0.0%)

1 がってるから, がるよう

▼ へん同情~ (2, 0.0%)

2 して

▼ へん呑気~ (2, 0.0%)

2 なお方

▼ へん地味~ (2, 0.0%)

2 が悪い

▼ へん変った~ (2, 0.0%)

1 人だ, 人です

▼ へん大阪~ (2, 0.0%)

1 のほんま, の煤煙防止

▼ へん失礼~ (2, 0.0%)

1 でしたな, なこと

▼ へん好く~ (2, 0.0%)

1 なったよ, んです

▼ へん好奇心~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ へん尊敬~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ へん少なく~ (2, 0.0%)

1 て笠神博士, なつたので

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 とったそして, に一遍牛肉

▼ へん御機嫌~ (2, 0.0%)

1 がよい, がよく

▼ へん~ (2, 0.0%)

2 な坂

▼ へん悲劇的~ (2, 0.0%)

1 な事件, な誤解

▼ へん愉快さ~ (2, 0.0%)

2 うでしたが

▼ へん意地~ (2, 0.0%)

2 の悪い

▼ へん意外~ (2, 0.0%)

1 に感じまし, のよう

▼ へん意気地~ (2, 0.0%)

1 がなくなる, もない

▼ へん感じ~ (2, 0.0%)

1 のよい, やすいの

▼ へん憤っ~ (2, 0.0%)

2 て出

▼ へん投げつけれ~ (2, 0.0%)

2 ば大

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 なはれ, やかて

▼ へん暑い~ (2, 0.0%)

1 ものです, 日でした

▼ へん暑く~ (2, 0.0%)

1 て沼貝たち, なりました

▼ へん有名~ (2, 0.0%)

1 です, な売れ行き

▼ へん様子~ (2, 0.0%)

1 が違っ, でしたが

▼ へん気に入っ~ (2, 0.0%)

1 ていました, てこの

▼ へん気分~ (2, 0.0%)

1 がよろしい, もよ

▼ へん気味~ (2, 0.0%)

2 が悪く

▼ へん気持~ (2, 0.0%)

1 がよう, になっ

▼ へん満足~ (2, 0.0%)

1 したこと, したよう

▼ へん狭い~ (2, 0.0%)

1 お心, ものでありました

▼ へん異様~ (2, 0.0%)

1 なようす, な身振り

▼ へん瘠せ~ (2, 0.0%)

1 ては居りました, て小屋

▼ へん真面目~ (2, 0.0%)

1 な顔, になりまし

▼ へん緊張~ (2, 0.0%)

1 します, すると

▼ へん繰り返し~ (2, 0.0%)

1 ている, て言った

▼ へん美しく~ (2, 0.0%)

1 思いそれから, 正しくお

▼ へん考え~ (2, 0.0%)

1 ながらやって来た, 深そう

▼ へん興味~ (2, 0.0%)

1 のある, をそそられます

▼ へん興奮~ (2, 0.0%)

2 して

▼ へん良い~ (2, 0.0%)

1 ことの, 心持に

▼ へん苦し~ (2, 0.0%)

1 かつた, がって

▼ へん苦しみ~ (2, 0.0%)

1 もがい, を感じる

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 だに知らず, も知らず

▼ へん親しく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ へん貧乏~ (2, 0.0%)

1 でジェハン・ダアズ, な暮し

▼ へん貴さま~ (2, 0.0%)

2 の出る

▼ へん貴重~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ へん賢い~ (2, 0.0%)

1 です, 生れつきでした

▼ へん軽い~ (2, 0.0%)

1 ので気がつい, 気持に

▼ へん軽く~ (2, 0.0%)

2 なったね

▼ へん~ (2, 0.0%)

1 下りて, 客が

▼ へん都合~ (2, 0.0%)

1 がよう, のいい

▼ へん重苦しく~ (2, 0.0%)

1 てわずか, てわづか

▼ へん重要~ (2, 0.0%)

1 なもの, らしい気

▼ へん長い~ (2, 0.0%)

1 のだ, 夢です

▼ へん長く~ (2, 0.0%)

1 お邪魔, して

▼ へん難しい~ (2, 0.0%)

1 おたずねだ, 規則が

▼ へん静か~ (2, 0.0%)

1 な時, になった

▼ へん高尚~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ へん~ (2, 0.0%)

2 の緩い

▼1* [749件]

へんああもうそんな, へんあたりに気兼ね, へんあてどない, へんあまりに有り難くも, へんありがたいことで, へんありますね, へんあるやうで, へんあるいは百十四へんくらい, へんあれは踊り, へんあんたには分ってん, へんあんな乱暴もんの, へんぐらだ, へんいいなさったら自分の, へんいいますのん, へんいかにほめん, へんいきいきした目, へんいくらおまえさんが, へんいけまへん, へんいずれ近いうち, へんいっしょに焼けちまった, へんいったいそうとうひろくエコー, へんいったいまるでお祭り, へんいつまでも離れん, へんいま売りだしの, へんいやにおひゃらかしやがる, へんいやはったよってに, へんうなづくやうに, へんうまそうに, へんうまいことを, へんうらやましがって, へんうれしかつた, へんうれしかったよう, へんうれしくありました, へんえて物さえ, へんえらいこと怨みや, へんえらくにらんで, へんおいしいよ, へんおいら詰らねえこと, へんおいらアのせい, へんおうべらぼうな, へんおこっている, へんおしかりになりました, へんおそいので人, へんおちぶれて気の毒, へんおとなしく素直に, へんおどかすない, へんおどる事が, へんおどろいて居られた, へんおまはんは, へんおもしろそうに, へんおもしろくもねえ, へんおよそこれを, へんお前達はそれでも, へんお待ちして, へんお母さまもお, へんお蔭で泥路, へんお金のたくさん, へんかいうのん, へんかしこい深切な, へんかしらんと, へんかたじけ, へんかってん, へんかて伯父さんあんじ, へんかというのです, へんかなア, へんかなしそうなせまった, へんかなしいとき, へんからす貝とね, へんからと言い出した, へんからも弁当持ちで, へんかわいそうになっ, へんげんを, へんききめがあった, へんきまり文句ですね, へんきむづかしやで, へんきゅうくつでした, へんきらいなこと, へんはしく, へんくつそのものもそれ, へんくどい話は, へんくらゐ円タク, へんくらいや思て, へんくらく沈んで, へんくりかえしてみよう, へんぐらいやわ, へんぐらいのもんだろう, へんぐらいまで繰り返した, へんぐらいも習うの, へんへん噎せ, へんけがをし, へんけたたましく鳴った, へんけどもそない, へんけはしかったの, へんけれどな外の, へんけれどなあ晩方から, へんけわしかったの, へんこけが六十六部, へんこすってかぶる, へんこと確かでした, へんこまかい数を, へんこまったやうでした, へんこれは結構, へんこれから夜明けまでの, へんこわがるもんかね, へんこんなになっても, へんご苦労さまでした, へんさあ直造寝よ, へんさかいな埋めるの, へんさかいなどわけの, へんさかいにと子供の, へんさすが生れだけ, へんさっきはほんま, へんさっぱりして, へんざまあ見ろ, へんざまア見や, へんしかやって, へんしつっこいでしょうわたしだって, へんしという命令的な, へんしますさかい流れ, へんしゃくにさわりましたので, へんしゅうして, へんしらばくれはよし, へんじゃあおばけや, へんすきでいつ, へんすこし歩いて, へんすすきの上の空, へんすばらしい思いつきだ, へんすべもなし, へんずゐぶん曖昧模糊として, へんせい年會だす, へんせめてあたしが, へんせんえつな願ひで, へんぜいたくだったわけ, へんぜとおたか, へんそいでゐ, へんそうして木村さんの, へんそうぞうしゅうございまして, へんそしたらお姉さん, へんそやさかいこの帽子代一円二十銭, へんそらをめぐりました, へんそんならさっき, へんぞうさもない, へんぞといって, へんたくさんひょうたんがなっ, へんただの講釈師, へんたびたびキモノの, へんためここに一切, へんためわれ世に歸ら, へんため南印度の國王捺羅僧伽補, へんため密かに謀り, へんため支那に來, へんため身を殺し, へんだけ底に, へんだけについて, へんだこころざしより団子, へんだっしゃないか, へんだっていわしったじゃ, へんだつたがそん, へんだてえへんだ, へんだらしのない, へんだれかにようす, へんちいさなこどもを, へんちゃぶ屋, へんちやんと家, へんちよつとも, へんついてるり色, へんつくりんな格好, へんつづけざまに, へんつていふ諦めが, へんつまらなく思いましたが, へんつまらぬ事を, へんつまらねえことを, へんつめたかったので, へんつらいから僕, へんでありますがつまり, へんでしたのね, へんでしょうとたずねる, へんでつしやろ, へんでないことも, へんでへうし皆さんの, へんでもときた方, へんで停まるだろう, へんで寝ようではない, へんで放っといたら寝ざめ悪い, へんで涼んでら, へんで組んずほぐれつの大, へんとう腺の, へんとか言ふて, へんとしても抑へられない, へんとてほどなき處, へんとの苦心も, へんどうしてそれが, へんどしたもん, へんどっせと口軽, へんどっちがべらぼう, へんどれほど黄金, へんどんげして, へんどーだい, へんなかたこと, へんなかたちをした, へんなかわり方です, へんなきかいの, へんなこえは耳, へんなつかしく光って, へんなでた手が, へんなどとたいそうな, へんなどにちょっと飛石, へんなどをぶらぶらし, へんなのよう, へんなはいり方を, へんなるんじ, へんなをどりを, へんなんだそんな, へんなんといふ声で, へんなんぼでも生き, へんにおける勢力は, へんにしかないよう, へんにてよろしい, へんになつて居ります, へんになあと京都の, へんにまでやつて來て, へんにものかなしい亡命的, へんにや誰も, へんにわかにその博士, へんぬかりなく手, へんねとその女, へんねんと怒って, へんのうの匂いと, へんのてきを, へんのと云うよう, へんのや手附け, へんはじめから碁石, へんはずあれしませんの, へんはずかしく思いますが, へんはなはだ曖昧だった, へんはばかりさま, へんはやしき町の, へんばかに暑う, へんばっかりか知れたらどんな, へんひいきにし, へんひっそりとし, へんひどいのだ, へんひどく疲れて, へんひびきが違っ, へんびつくりして, へんふざけてら, へんふしぎなランプ, へんぶつきらぼうに, へんぶらついてみましょう, へんぶるぶると, へんへんぴな所, へんなるもの, へんべと言うて, へんべは言ふ, へんべをふむ, へんほどの大男には, へんほんまに無茶, へんぼんと, へんまあまあそない, へんまた後で泣こう, へんまだ電燈が, へんまでか僕には, へんまでで結構, へんまでにいたしましょうかな, へんまでのことなら, へんまともな平凡, へんまるきりあてときょうだいみたいにさしといたのんに, へんまるで御大身, へんみじかかったと, へんみじかくなる, へんみな知つちよるい, へんみんなに尊敬, へんむしゃくしゃして, へんめずらしいという, へんめずらしかった, へんめづらしいもの, へんもうけたことに, へんもうもういつでも, へんもしもわしが, へんもっともらしいの, へんもの世に有り, へんやせてしまいました, へんやつれている, へんやろう云う考やった, へんやろ思うわ, へんやんかいな, へんゆかいなものでした, へんよしてもくり, へんよになるの, へんより松川浦に, へんらくな旅, へんらしくもなく, へんりっぱなもの, へんれいをいたそう, へんろさんだつたホラ, へんろさん二人出立西へ東, へんろ宿の傾いた, へんろ装束一切が右, へんわい放うりこんだら着物, へんわいと豹一は, へんわかりきった事で, へんわたしをほめた, へんわなあきっと堪忍, へんわるかつたん, へんわるくなって, へんを通して朝鮮と, へんアハハハ信心が聞い, へんウフンええと, へんオタフクのバケ猫め, へんオールマイティーが聞い, へんガラスという奴, へんギザギザして, へんギヤラントな人柄, へんグズグズしてたら光子さん一歩, へんゴンチヤロフの敍述, へんシンガポールから迎えのこぬ, へんズーッと佐久, へん大へん, へんッお前さんなんぞのよう, へんツマ巡査などが笑っ, へんツヤツヤした巻毛, へんやろな, へんハイカラなば, へんボロい仕事が, へんボースンといった方, へんヤッコめ生えるにゃ, へんヤ何でもこれ, へんラインの水, へん一体画家さんたら, へん一体鬱蒼たる樹立, へん一円の御家人, へん一坪ばかりの地盤, へん一昨日おいでだ, へん一杯にぜんまい, へん一軒の身代, へん一郭は佐賀藩主, へん丁寧に答えた, へん丁重にすべき, へん三多摩自由党の生, へん上手でした, へん下手になる, へん不便を感じた, へん不味かつた, へん不味かった, へん不平で軽蔑, へん丹生さんの奥さん, へん久しいものさ, へんなら華族さん, へん乗気なの, へん乗馬が好き, へん二度とは喰う, へん云うてんけど是非ちょっと, へん亭主は大事, へん人同士怪しいや, へん人望ある好著, へん今日みて, へん今更何だい, へんなし只, へん他人の家, へん代えして, へん仲よしになつ, へん仲好しで遊ぶ, へん休んでのぼる, へん伸びたが何, へん似合っていた, へん何んだか, へん何曜日とやらの午後, へん供給が充分, へん便利になりました, へん俺あなお前なんぞから呼び捨て, へん倍加すると, へん借金して, へん優れている, へん優遇した, へん氣な, へんが弱く, へん光るのだ, へん光子さん自身のこと, へん山の, へん其の罪は, へん其時か, へん其樣な横柄, へん内証の咳一咳, へん凄く思った, へん凝ってしまいに, へんは何分, へん凶猛なもの, へん出来が悪く, へん出来立ては喧嘩, へん分った話ばかり, へん分つてるよ何故, へん分るもんか, へん別けてあげよう, へん利いた風な, へん利用しられたと, へん刺青もねえ, へん刻落ちたら, へんを入れ, へん助かるのだ, へん助けになる, へん効果あるよう, へん勘ちがいをし, へん半田まで通っ, へん卑怯なこと, へん卓越した推理力, へん危ないのでございます, へん去年身投げをした, へん参考になります, へん置いて, へん受けたので以来此, へん口惜しがつて, へん口惜しい口惜しい思い出ある, へん口惜しかったの, へん古いポーズです, へん古ぼけてい, へん可愛がられている, へん合理的でしような, へん同性の愛, へん名声を挙げました, へん名高いものだった, へん名高かった方々, へん吾輩は君たち, へんをなすった, へんも返る, へんのいい, へん唐土の井守, へん商売繁昌するの, へん善いことばかり, へん善良な連中, へん喫驚しました, へん噎せながらデザート, へん器用で私, へん四十の二つ, へん困却した感じ, へん困難だったに, へん地球の果, へん地者と称えた, へん地質のせい, へんからあけ, へん大きい子であったらしく, へん大平さんを恨ん, へん大枚十四両と二分, へん大蛇だッ, へん大袈裟な真似, へん失敬した, へん奇抜な形, へん女ぶりを上げた, へん好かれるように, へん好んでいた, へん好意的に見えた, へん好都合にも博士, へん姿のいい, へん威勢のい, へん子供だましのよう, へん安いもんで, へん安手な殺し文句, へん完全に錠, へん実際的です, へんがよろこぶ, へん寒いのです, へん尊いものと, へん尊王攘夷が笑わせやがら, へん小さいなあ, へん小粒なので, へんつて青くくらく, へんの下, へんの近く, へん巧妙なわな, へん幸子ちゃん是非聞きに, へん幸福でした, へん廻ったとき大, へん廻つたとき大監督, へん廻つてなんとかといふ, へん弟無事で行っ, へん張らなきゃ食えねえ提燈屋, へん当てどもなく, へん当代太宰治の声色, へん役に立ったぜ, へん役に立つかもしれん, へんの氣, へん後れた非近世的社会機構, へんだと, へん得意でした, へん御寮さんの働き, へん心がけのよい, へん必要だったの, へんわしくなる, へん快かった, へん怒りを感じた, へんれて, へん思いましたら外い出る, へん思いますけどど, へん急いでこっち, へん恐ろしかったの, へんをし, へんれて, へん悔悟したよう, へん悧巧そうに見えた, へん悲しくなりました, へん悲しんだ葬式の, へん悲しんだらしくしかしあの, へん愉快さうにして, へん意義があろう, へん愚民にお, へん感心をしまし, へん感服したらしいの, へん慌てた返事でした, へん憎しみを抱きます, へん憎悪しながら, へん懇ろにもてなし, へん成ってやしない, へんをし, へんである, へん手ごたえのある, へん手めえが, へん手前の様, へん手前らがそれ, へん手数のかかる, へん抽象的な答え, へん拙いので応用方面, へん挨拶したぐらい, へん捉めえて, へん換えましたとは下女, へんを愛せよだ, へん數行は男二人, へん断固として正しく, へん新しい正しい方法を, へん新造を抱きたがる, へん新鮮ですな, へん早口に云いました, へん晩春らしくて, へん取った, へんです, へんかつた, へん暗く見えたの, へん曖昧な調子, へん曖昧模糊とした, へん更に良馬持つ, へん最後に左, へんがよろしい, へん有り難く思いました, へん有利なの, へん有難さう, へん有難い發見である, へん有頂天に喜ん, へんとか愚か, へん木村などなんぼ, へんの事, へん本当に怒って, へんやがれ, へんにない, へんでございます, へん楽しみにし, へんしく算數, へん機敏なやつ, へんしい気, へん欲しがって, へんかわしいと, へん止してくん, へん正直な人, へん残念に思はれました, へん気がるそうに見えた, へん気だてのい, へん気候が悪い, へん気苦労を生ぜざる, へんが出たら, へん沈んで暗い, へんはない, へん泣いておいでです, へん流れが強く, へん海老屋の鬼婆, へん淋しい事だ, へん混んでゐた, へん混雑して, へん済まないように, へん源氏節芝居の話, へん滋養分のある, へんの野郎, へん滝豪傑こっちの大, へん演説か, へん火酒が呑めなく, へん烏賊捕口説, へん無口になり, へん焼け出されでおまし, へん熱心に探偵, へん爲め流沙葱嶺の險, へん爲火星の十字架, へん爲追行と云給, へん牢舎は無き, へん物悲しい表情を, へん特別で口, へんずきでした, へんかつた, へん猛烈なもの, へん猪口の受取り, へんらしがって, へんがある, へん田舎者どすよ, へん甲州ばかりは日, へんなんてまったく, へんって騒々しい, へん異う旦那ぶりやがって, へん異同のある, へん疑ひ深いん, へん病気なんで, へん白かった, へん白っぽく甘酸っぱくなった山, へん皮肉な目付き, へん盗人たけだけしい, へん盛かんです, へん目立つことは, へんき止むよって, へんつぶりもつてでも, へん知りもしない, へん短く舊石器時代の, へん破れてゐる, へん稲びかりから漂白される, へんいので, へん空いた電車で, へん空いてるんだ, へん空気の流通, へん笑わせやがるよ, へん笠太公お前あんまり慾, へんと言訳, へん篦棒め何が当, へんな柄, へん糸へんの現役, へん紙子細工や張子, へん速く逃げ, へん素直にひびく, へん経過い, へん絵エ習いたかったら研究所い, へん続いたら死んぢやう約束した, へん維康を一人前, へん縹緻よしな, へん繰り返し讀むと當時幕閣, へん繰り返すと歩調, へん美し過ぎるお婆さん, へん美しく気高く見せては, へんに喜ばれた, へん耀ける錫の, へん考え込んでこっち, へんにし, へん聞いて呆れ, へんが高く, へん背後暗え, へん背負っている, へんで来い, へん腹合せの姉弟, へん臆病なの, へん自信があり, へん自由が妨げられ, へん臭いので家内, へんがすきでした, へん船乗のこと, へんかつた, へん芥川さんのお, へん芭蕉も凡兆, へんかつた, へん苦しいもんだ, へん苦しかった, へん苦しゅうございますが, へん苦痛だったん, へんが生え, へん荒々しい目つきにな, へん荒廃して, へん落着いて, へん蓄生支那の捕虜, へん衆人は, へん衣裳を付けりゃ, へん褒められて虎退治, へん西洋間になってる, へんはらしのきいた, へん見つともなき, へん見劣りがいたします, へん親しかつたん, へん観照寺で接待, へん観音様と同じ, へん解りにくいやう, へん解死人に立たなけれ, へん言って聞かせる, へん言葉を聞く, へん訳あれしませんやろ, へん詳しいので案内, へん誤解を生じ, へん謙遜だ, へん貞之助兄さんも本家, へん質素でした, へんがちがう, へんの早い, へんして, へんの人力挽, へんにしあれ, へん軽べつされました, へん轟さん一昨年あんたが私, へんく次ぎ, へん近く見えますこと, へん近頃問屋じゃ, へん返し申すしかし, へん迷惑してるぐらい, へん逃げてみろ, へんひました, へん進歩的なよう, へん遅いじゃない, へん遅く貨物列車らしかった, へん遅れましたのね, へん違って友愛的, へん遠いのに御供, へん遣ってやあがら, へん部厚なもの, へんが好き, へん野郎とはこりゃあお, へんをこしらえ, へん鋭くなつて, へん長くつまらない話であります, へん長つたらしいもの, へん閉口しました, へん間主人の難儀, へん間抜けな泥棒め, へん関係がある, へん降ったか覚えねえ, へん陰欝にふるび, へん陰気になりました, へん陽気になりました, へん雅趣が深く, へん集金があんじょう, へん離れていた, へんの多い, へん雪子ちゃんにかて, へん雲雀の生れ代り, へんくさい野郎奴, へん青くて明るく, へん面白うございました, へん面白かったので, へん音樂が好き, へんが痛みます, へん顔色が悪い, へんひは, へんひなく憂き身, へん食いものの方, へん食ひものの方, へんを食う, へん驚ろいて, へん高い峠に, へん高座から喇叭, へん高齢でした, へん魅力的であつ, へん黄いろなこと, へん自-田