青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぽい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ぼ ぼ~ ぼう~ ~ぼく ぼく~ ~ぼんやり ぼんやり~ ~ぽ ぽ~ ~ぽい
ぽい~
~まあ まあ~ ~まい まい~ ~まいりました ~まえ まえ~ ~まかせ まかせ~ まぎれ~

「ぽい~」 1051, 10ppm, 10579位

▼ ぽい~ (69, 6.6%)

6 それを 2 放りだした

1 [61件] いって, かわされたかたち, すてて, その手紙, その書簡箋, そばの, たかくなげ, ぬぎすてた, ねこの, はじくよう, ほうり上げて, ほうり出されたのに, テーブルに, 乘つただろ, 云うが, 來て, 來や, 出したりは, 函の, 博士の, 口の, 吐き出すという, 向うへ, 啼いて, 外へ, 夫人の, 彼の, 彼女の, 思はれるやう, 思ふ, 投げた, 投げだして, 投げ捨てて, 投げ棄てるや, 投げ棄てるよう, 投げ渡されつつ, 投出し, 抛り出して, 抛るよう, 捕縄を, 捨てた, 捨てられて, 措いて, 放り出されました, 放り出しちゃうわ, 放り出すん, 放り込んだ途端, 放る, 机の, 棄てられたこと, 火の, 無造作に, 留り木の, 私の, 突き出されて, 窓の, 落すそう, 言つて素人らしくない, 隠れて, 頭よりも, 飛び出した

▼ ぽい~ (37, 3.5%)

2 だ, ね

1 [33件] かも知れない, か可愛らしい, がたまらなく, がポロポロ, が恥, が昨夜町内, じゃない, だらう, でした, です, ですさ, といろいろ, とが餘計, と根性ツ骨, などさまざま, ねえ, ねもう, はおま, はしばしば, は中位, は好きません, は居ない, は箱, は花, もある, もお前, や堅, や種々, や赤, や黄色, よりか, を引受けた, 兄だ

▼ ぽいもの~ (32, 3.0%)

2 はない

1 [30件] が, がいい, が屋内, が横ぎる, が汚れた, が私, が重なり, だ, だつたが, だつたの, であつ, である, でございませう, でせう, では, となり, と混, と見え, にされた, になつて仕舞つてそれ, に感じられる, に見えた, のみに有, の氣振, も澤山, も稀, をちらりと, を感じさせる, を着, 許は

▼ ぽいところ~ (31, 2.9%)

6 のある 4 があつ, がある 3 があります 2 はある, を見せ 1 があり, が出る, が多い, が好き, が彼等, が身上, だけが懐しく, はあります, をカツト, を一口

▼ ぽいこと~ (21, 2.0%)

2 を言

1 [19件] があろう, が余りに, だ, にはなりますまい, に性欲, は云, ばかりを喋舌, ばかり書い, もこの, もし, も書い, をし, をした, を口, を口走りたくなる, を申し, を説明, を附加, 云うよう

▼ ぽい~ (19, 1.8%)

1 [19件] が好き, だ, だから, だが, で, であ, であるが, でしたが, です, で夫, で此奴, と, なの, に育ちあがった, の嘲笑, の聲, の香, は細口, ばかりだった

▼ ぽいやう~ (15, 1.4%)

1 [15件] だな, なところ, なもどかし, なもの, な卑屈, な息, な暖か, な此人, な気, な氣, な甘, な目, な芽, には思つて, に見え

▼ ぽい~ (14, 1.3%)

1 [14件] あどけない声, が出る, が聞え, でいっ, でニヤオ, で呻く, で啼く, で店員, で返辞, に浮かされた, の下, をかすらせた, をさせた, を出しゃあがっ

▼ ぽい~ (14, 1.3%)

2 で彼

1 [12件] が入口, である, で平次, に角, は乾い, をあらぬ, をかがやかし, をし, をそこ, をただ, を拭いた, 多い毛

▼ ぽい~ (13, 1.2%)

2 を云, を言 1 にかけては達者, にかけても立派, のみで, の出來, の解る, をいい出す, を云つて, を言っ, を言つて済み

▼ ぽい~ (12, 1.1%)

3 をし 1 が紅く, して, である, に安, や汗, や頭, や黄いろい, をよけい, を歪め

▼ ぽい~ (10, 1.0%)

1 だった, であつ, である, であること, ですが, ですこし, ときいた, に惚れる, の一人, や浪人者

▼ ぽい調子~ (10, 1.0%)

21 が目, であったが, でたづねた, でやつぱり何, で皆, で話す, におち, に似合はず

▼ ぽい~ (10, 1.0%)

1 がある, がいきなり, が二人, が其所, が扁理, が陰, が隙間, に伴っ, の吹く, は薬屋

▼ ぽい~ (9, 0.9%)

3 をし 1 で割に, といったら, に塗られ, に波, をした, を好ん

▼ ぽいから~ (7, 0.7%)

1 でさ, もうフアウスト斷片, 主人は, 何處かの, 嫌さ, 無闇に, 直にハンケチ

▼ ぽい~ (7, 0.7%)

1 ぜひもねえ, それが, 何んとも, 冷酷には, 忠朝の, 綺麗さでは, 蟒のは

▼ ぽい~ (7, 0.7%)

31 かと思ひました, だつたン, もいる, 困らせに

▼ ぽい~ (6, 0.6%)

2 の上 1 である, となる, を御, を風

▼ ぽいので~ (5, 0.5%)

1 あたし何だか, 少しの, 煖爐に, 男の子等が, 聞えた男

▼ ぽい~ (5, 0.5%)

1 があふれ, だつた電燈, にみちた, に似た, は草

▼ ぽい姿~ (5, 0.5%)

1 が消え, でお, です, のうしろつき, を見せた

▼ ぽい感じ~ (5, 0.5%)

1 がある, であつ, ですが, なの, のする

▼ ぽい~ (5, 0.5%)

1 があります, で, に湖上住居, へ何処, を持つ

▼ ぽい~ (5, 0.5%)

1 が模写, だと, で御座いますから, の眞, は確

▼ ぽい樣子~ (5, 0.5%)

3 をし 1 で言葉, もよく

▼ ぽい~ (5, 0.5%)

3 のみに有 1 ですから, にとつて

▼ ぽい~ (5, 0.5%)

1 の上, の袖, を見付け, 少しの, 暗い紫

▼ ぽい~ (5, 0.5%)

1 がある, でなくても, には頓着, や怖し, を持ち出さなかった

▼ ぽい~ (4, 0.4%)

1 じゃいけない, だ, だから, だよ

▼ ぽい~ (4, 0.4%)

2 ひが, ひの

▼ ぽい~ (4, 0.4%)

1 であつ, になつたん, には入れん, にゐ

▼ ぽい着物~ (4, 0.4%)

3 を着た 1 の下

▼ ぽい~ (4, 0.4%)

2 のなか 1 の匂い, の間

▼ ぽい言葉~ (4, 0.4%)

1 で人, の調子, を取り, を打ち切る

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 吉や, 此に, 調子屋ばかりの

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 しきりに呼ん, なづら, また

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 それが, それは, 口説きかねないねえ

▼ ぽいよう~ (3, 0.3%)

2 な目 1

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 に立つ, 婆さんが, 婆さんです

▼ ぽい亢奮~ (3, 0.3%)

3 の黄

▼ ぽい切ない~ (3, 0.3%)

2 声に 1 やうな

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

3 衣を

▼ ぽい年増~ (3, 0.3%)

1 でお, のお, も浪人

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 が残, さを, 緑色に

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 に憑かれた, はあるまい, は好かない

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 だけはどう, にいろんな, に妙

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

2 をし 1 を光らせ

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 の心情, の頭, はそれ

▼ ぽい空気~ (3, 0.3%)

1 が隅, が障子, を自分

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 のはんてんと縞, の布子, の短い

▼ ぽい羽織~ (3, 0.3%)

1 のうえ, を着, を着た

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 のやう, をあげ, を掛けました

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 が満開, が見え, や赤い

▼ ぽい話ぢ~ (3, 0.3%)

2 やありません 1 やない

▼ ぽい~ (3, 0.3%)

1 とが實, には微塵, を横

▼ ぽいけれど~ (2, 0.2%)

1 あの方, へたな

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 つととを, 赤いもの

▼ ぽいそして~ (2, 0.2%)

1 チミツな, 黴れた

▼ ぽいたち~ (2, 0.2%)

1 ですし, の男

▼ ぽいっと~ (2, 0.2%)

2 おじぎを

▼ ぽいとか~ (2, 0.2%)

1 そんな世間話, 何とかいっ

▼ ぽいにも~ (2, 0.2%)

1 拘らず人, 驚くぜ

▼ ぽいもん~ (2, 0.2%)

1 じゃあねえや, だから

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 を振りとばし, を捻じ折る

▼ ぽい反抗~ (2, 0.2%)

1 に唇, を彼女

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 がする, ですね

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 だつた, だらうぢ

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 も削げた, や眼

▼ ぽい唐桟~ (2, 0.2%)

1 の半纏, の袢纏

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 からはほか, の上

▼ ぽい夜更け~ (2, 0.2%)

2 の風

▼ ぽい大きな~ (2, 0.2%)

1 歡樂を, 物が

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 が屋根, を心がけ

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 があっ, があつ

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 が大, も好き

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 で小間物屋, の土間

▼ ぽい後家~ (2, 0.2%)

1 とその, のお

▼ ぽい思い~ (2, 0.2%)

1 になった, になる

▼ ぽい感情~ (2, 0.2%)

1 の脆, の露

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 ひ方, ひ難い

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

2 らしさ

▼ ぽい新造~ (2, 0.2%)

1 のお, の目

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 の埃, の空

▼ ぽい暗い~ (2, 0.2%)

1 歌が, 色さへ

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 が満ち満ち, もした

▼ ぽい気分~ (2, 0.2%)

1 などはどこ, に熱し

▼ ぽい爺さん~ (2, 0.2%)

1 である, にせず

▼ ぽい玩具~ (2, 0.2%)

1 の樣, の滑り

▼ ぽい病氣~ (2, 0.2%)

1 の牡鷄, の雄

▼ ぽい眼つき~ (2, 0.2%)

1 ですたすた, は禁物

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 がいつも, にほんのり

▼ ぽい空氣~ (2, 0.2%)

1 の中, は箝束的

▼ ぽい笑い方~ (2, 0.2%)

1 をした, をする

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 が荒, の袷

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 を描い, を描く

▼ ぽい背広~ (2, 0.2%)

1 に中折帽, をきた

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 のあ, の裏

▼ ぽい薄暗~ (2, 0.2%)

1 が一体, さは

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 の角, をいく

▼ ぽい触感~ (2, 0.2%)

2 を加

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 の上, を歩い

▼ ぽい通り~ (2, 0.2%)

1 に今, の一角

▼ ぽい運動~ (2, 0.2%)

2 が出来る

▼ ぽい道ばた~ (2, 0.2%)

1 で, に建つ

▼ ぽい部屋~ (2, 0.2%)

1 である, です

▼ ぽい銅色~ (2, 0.2%)

2 に塗り上げる

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 が交錯, とは觀客

▼ ぽい青年~ (2, 0.2%)

1 だつた, のやう

▼ ぽい~ (2, 0.2%)

1 であつ, を覗け

▼ ぽい髪の毛~ (2, 0.2%)

1 はひどく, や垢

▼1* [461件]

ぽいあの娘の, ぽいあはれみの心などは踏みにじ, ぽいあひるさんが散歩, ぽいあひるさんだつたもの, ぽいあんまり優良でない, ぽいいい年増なり, ぽいいいまわしでかかれ, ぽいいや愚鈍な, ぽいお半坊が, ぽいお召の羽織, ぽいお湯のよう, ぽいお辞儀などはいらん, ぽいかたくなな土, ぽいかもしれないが, ぽいからと言つて淺黄の, ぽいくりくりした丸い, ぽいけちな人間, ぽいけろりとした円い, ぽいことばもみな自分, ぽいこれでもまだ, ぽいはごは, ぽいうである, ぽいしぐさを演つて, ぽいしよぼけた身體を, ぽいじゃないか, ぽい三人揃つて手拭を, ぽいッ, ぽいぞといふやうな, ぽいを訴, ぽいたるんだ乳房を, ぽいだろうとはよく, ぽいやない, ぽいですぞ, ぽいという一病が, ぽいといふ反趣味, ぽいときてるから, ぽいとこのある, ぽいところがあつて, ぽいとしてもそれは, ぽいとは言へ, ぽいとも見える文章, ぽいとりつきにくい質, ぽいどよめきが鈍く, ぽい少し, ぽいなあ禁物景気よく, ぽいなかで目, ぽいながらも整つて居り, ぽいにゃ驚きやすが, ぽいのにエヘヽヽ, ぽいはにかみなどがあ, ぽいばかりのものだ, ぽいべらべらした染地, ぽいほどいいもの, ぽいぼく等の友情, ぽいぽいと函, ぽいまるいきのことは, ぽいみじん縞の袷, ぽいみたいに思ひた, ぽいむきさで, ぽいむせかへる, ぽいもの深刻なもの, ぽいよい女見る, ぽいよごれた手帳が, ぽいよれよれの素袷, ぽいよろこびが生々, ぽいとも, ぽいのカナリヤ, ぽいわけはねえ, ぽいんで氣味が, ぽいアンダーラインがあつ, ぽいウチに住ん, ぽいエプロンを生温く, ぽいカンテラの光, ぽいカンバスに漲つ, ぽいガサツ者で生れた, ぽいグリンのズボン, ぽいコロッとした, ぽいコローム版と今, ぽいジヤムパアをひつ, ぽいスカートをひるがえし, ぽいスーツに濃い, ぽいタチだもん, ぽいと跳び越した, ぽいディレッタントではいくら, ぽいドロドロの夜, ぽいネクタイを見, ぽいペンキ画の富士山, ぽいポマードを一個, ぽいメリンスに血, ぽいレコードだのさ, ぽいレストランの上手, ぽい一命じゃなかった, ぽい一室を与へられた, ぽい一時の興味, ぽい一楽のゾロリ, ぽい一節切を聞いた, ぽい一色に見え出した, ぽい一面が強く, ぽい三和土の上, ぽいに若い, ぽい上田縞の二枚小袖, ぽい不器用さを笑つて, ぽい肩や, ぽい丸善の中, ぽい事實を見せつけられ, ぽい五体がやがて, ぽい五燭の電球, ぽい人殺しの話, ぽい人足を叱り飛ばし, ぽい人達の言い, ぽい人間だが, ぽい人駄目ですね, ぽい仕事位に思つて, ぽい仕事着をつけた, ぽい仕業に似, ぽい仕草で彼女, ぽい会話の調子, ぽいですみました, ぽい作爲的なしなで, ぽい借家がぼつぼつ, ぽい傾倒をあの, ぽいの勘三郎, ぽい光りの中, ぽい六郎になつい, ぽい六郎叔父さんが大好き, ぽい内儀さんが無理, ぽい円卓子ひとつ買つた験もなかつた, ぽい冗談をいつ, ぽい冷たい空氣が, ぽい出来心からだ, ぽい制服に身, ぽい勇氣がない, ぽい勸進帳でおや, ぽい匂いをさせ, ぽい化粧をし, ぽい十六七の娘, ぽいの風, ぽい南国の触感, ぽい南画の講釈, ぽい厚いすぎごけの, ぽいに大きな, ぽい双子の着物, ぽい口許で, ぽい口調で話しはじめ, ぽい名古屋帯といふちよ, ぽい吐息と一処, ぽい吸物を啜り, ぽい周圍の人々, ぽい味噌汁で漁夫等, ぽい味氣ないもの, ぽい和服を着, ぽい哭くやうな, ぽい唐紙で仕切られた, ぽい唾気を庭先, ぽい喪服を着, ぽい單衣をひたし, ぽい嘔吐を吐き下した, ぽい土塊が代り, ぽい地味なつくりかた, ぽい地面においてあ, ぽい坊さんの頭, ぽいで身体, ぽい場所が好き, ぽい夏羽織を着, ぽい夏蕎麥は幹, ぽい夕弱妻幼児親戚の誰彼, ぽい外光の中, ぽい外套を羽織る, ぽい夜風に吹かせ, ぽいを払, ぽい年増です, ぽい大根ではない, ぽいの大牢, ぽい女もちのもの, ぽい女性ですね, ぽい奴らの気持, ぽい好ききらいを露骨, ぽい好奇心に犯された, ぽい好意の押売, ぽいとえら, ぽいともつかず, ぽい婦人はすべて渠, ぽい子供だらう, ぽい宛名だけは義雄, ぽいにばかり籠つて, ぽい宿なのよ, ぽい寝具の匂い, ぽい寢室ではあつ, ぽい實驗の道具, ぽい尊大な表情, ぽい小暗い工場の, ぽい小説と脊中合せ, ぽい小間使い風の娘, ぽい少年でつまらぬ, ぽい屋根や道路, ぽい岩山ばかりで, ぽい工場町をぶらついた, ぽいなどを締めて, ぽい帽子を被, ぽいがはつきり, ぽい床所在のない, ぽいにギラ, ぽい引かれ者でもある, ぽい弟子達の踊り, ぽい役者には出来ない, ぽい往還に現れた, ぽい後家さん主従は別段, ぽい微温の午後, ぽい微笑を頬, ぽい心持になつ, ぽい心理的開展を示し, ぽい志望溢れる画学生, ぽいろし, ぽい急設國際色だらう, ぽい第二, ぽい性質だとか, ぽい恋着の錯綜, ぽい恐怖がもたらされ, ぽい悪あがきは無い, ぽい悪戯だつて, ぽい悲しさうな声で, ぽい悲慘な姿, ぽい意見だと, ぽい愛嬌が出, ぽい感傷的な交際, ぽい感嘆を交, ぽい感覺が彼等, ぽい態度をし, ぽい憂鬱に落ち, ぽい憧れの心, ぽい戯曲を書いた, ぽい所作をする, ぽいは, ぽい手垢ですつかり黒く, ぽい手織縞の綿入, ぽい手足や毛脛, ぽい扮装のまま, ぽい料理はいけない, ぽいざしの, ぽい日の目は酒場, ぽい日本の将軍達, ぽい明るさがた, ぽい時計の胴, ぽい晦暝となり, ぽい景色を見る, ぽい暮しをし, ぽい書きかたが辻野君自身, ぽい書棚にはラスキン, ぽい服装になつ, ぽい服裝が殊更, ぽい朝風が薄い, ぽいの階段, ぽい木綿衣物を着た, ぽい木造でこの, ぽいで語学, ぽいもどこ, ぽい李逵が怒り, ぽいの中, ぽい林檎の葉, ぽい柔らかな惨, ぽいから神, ぽい梅雨が却つて, ぽい椽側に立つ, ぽい様子をし, ぽいに伸びた, ぽい機嫌買ひにな, ぽい櫛巻きの女, ぽい武将と勇卒, ぽい歴史の講義, ぽい死にかけた黄疸患者の, ぽい母性觀が社會表皮, ぽい毛糸の袖無しジャケツ, ぽい毛織でカラー, ぽい気持ちになり, ぽい気長さで我慢づよくて, ぽい氣持で將來, ぽい水粒がもうもうと, ぽい汚物にべつ, ぽい江戸の街中, ぽい汽笛が, ぽい油絵を取り外させ, ぽいを載せた, ぽい洋服は汗, ぽい洗濯物が静か, ぽい派手なこと, ぽい流し眄を向けた, ぽい浜言葉で云っ, ぽい浴着が一枚, ぽい海水浴帽を被, ぽい海風がそ, ぽい深緑のなか, ぽい淺草の景色, ぽい温気をもたらし, ぽい湖辺で, ぽい滑稽な一面, ぽい濕つた外を見, ぽい焼魚の臭ひがし, ぽいを漲らし, ぽい煙管をむやみ, ぽい熱帯の空気, ぽい爪先にかけられ, ぽいの一面, ぽい牡鷄です, ぽい物悲しい心持ちが, ぽいではある, ぽい生活の気分, ぽい生活感情で形象, ぽい田舍の街路, ぽい男ぢやない, ぽい男ものの履物, ぽいを見舞, ぽい痴愚が演ぜられる, ぽい白い砂土の, ぽい白けた温気を, ぽいにつけ, ぽい盆の窪の垂毛, ぽい目つきになつ, ぽい目禮をし, ぽい目附をし, ぽい直ぐ欄の, ぽい真似するんで, ぽい真夏の道, ぽい眼つき彼女の蛋白石, ぽい眼差しで初めておちおち, ぽい睡りから覚めた, ぽい知的な興味, ぽいの上, ぽい石英安山岩の岩頸, ぽい砂礫を洗, ぽい硝子の中, ぽい硝煙が東京, ぽいでもない, ぽいい目, ぽいの匂, ぽいや冬, ぽい濃緑の, ぽい程ばたんば, ぽい種類の快, ぽい空想の言葉, ぽい笑みをかすめた, ぽい笠原の上, ぽい節廻しの身, ぽいの味, ぽい粗目の掛布, ぽい粧いは自分, ぽい糸織の羽織, ぽい細雨が毒々しい, ぽい結び文押し開けると, ぽい絵描きですが, ぽいのやう, ぽいを向う, ぽいを見る, ぽい繪具で赤, ぽい繪双紙を見る, ぽい言の, ぽい美里間切を深編笠, ぽい老人どもの云う, ぽいへだ, ぽい考えを浮べ, ぽい耳鳴りの底, ぽいが果物, ぽいを見透かされ, ぽい胸毛をひやす, ぽいから出た, ぽい腐れか, ぽいはいる, ぽい自分を見守つた, ぽい臭みの爲め, ぽいの中, ぽい良心の自覚, ぽい花卉店のウインド, ぽい花模樣のある, ぽいを吹い, ぽい若者等には動物, ぽい茂みが兩側, ぽい茶色に燿, ぽい草原の横, ぽい物の, ぽい葡萄いろだ, ぽいの青み, ぽい蒲団から首, ぽい蒼ざめた花を, ぽい薄墨の闇, ぽい藁布團の中, ぽい藍色の灯, ぽい藤づるのおほ土瓶がかかつて, ぽいである, ぽいをお, ぽい虚栄心の強い, ぽいが二ツバサ, ぽい蝶々さんを第, ぽい街道すじにこれ, ぽい衣裳の女, ぽい忍ぶ身, ぽい袷切髮が首筋, ぽいから暗い, ぽい褐色のぬり, ぽい褪め易い青色, ぽい西洋紙がまるめられ, ぽい観察が不可, ぽい言ひまはしだ, ぽい訴えと変っ, ぽい詭弁を武骨純朴, ぽい話し方に筋, ぽい語気がと切れた, ぽい調子のを出した, ぽい調子外れの声, ぽい談話をする, ぽい警戒すべき奴, ぽい議論めいた事のみを述べ, ぽい豊滿な娘, ぽいの長, ぽい足音が聞え, ぽい踊りであつ, ぽい身の上話を談, ぽい輕蔑した言葉, ぽい輪廓が附い, ぽい輪郭を識別, ぽいひ易い, ぽい道具が押し込ん, ぽい道路の上, ぽい遣り方を, ぽいで二, ぽいそうな, ぽい野原の上, ぽい金切聲をたて, ぽい金髪で皮膚, ぽい外套の, ぽい長い湿った石, ぽいを行く, ぽい阿波縮の單衣, ぽい雄鷄です, ぽい雑巾で顔, ぽい雑草の中, ぽい雜草の名前, ぽい雨具をつけた, ぽいが沢山, ぽいだけな, ぽい露店が道, ぽい青い海草北の, ぽい青年達がおり, ぽい静かな陰翳, ぽい面上には数条, ぽいの鈴, ぽいのギラギラ, ぽい頭腦に浮ん, ぽいの故, ぽい顔付をし, ぽい風景の顔, ぽい飾窓に申訳, ぽい首巻をした, ぽい香水などをプン, ぽい馬乘り洋服, ぽい馬鈴薯の大きな, ぽいだつたが, ぽいですよ, ぽいが飛び降り, ぽい鳩笛が飾つて, ぽい鴈治郎の魂, ぽいの単物, ぽい鼠色に変化