青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぼんやり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ほんとう~ ~ほんとに ほんとに~ ほんの~ ~ぼ ぼ~ ぼう~ ~ぼく ぼく~ ~ぼんやり
ぼんやり~
~ぽ ぽ~ ~ぽい ぽい~ ~まあ まあ~ ~まい まい~ ~まいりました ~まえ

「ぼんやり~」 7286, 70ppm, 1625位

▼ ぼんやり~ (1831, 25.1%)

46 して 40 眺めて 38 立って 17 考えて, 見えて 16 空を, 突っ立っ 14 眼を 13 ながめて, 坐って 12 あたりを, 見えた, 見つめて 10 そこに 8 見て 7 それを, 歩いて, 浮いて, 海を, 照らして, 眺めながら, 窓の 6 なって, 娘の, 白いもの, 目を, 私の, 立つて, 霞んで 5 口を, 待って, 浮かんで, 浮んで, 突立っ, 考え込んで, 考へて 4 つっ立って, 何か, 光って, 庭の, 暮らして, 白い銀河, 窓に, 見入って, 部屋の, 顔を

3 [39件] こちらを, この世の, した, した顔つき, そこい, 佇んで, 光を, 前方を, 天井を, 姿を, 家の, 彼の, 机に, 椅子に, 水の, 沖の, 浮き出した, 浮き出して, 海の, 点って, 物を, 生きて, 相手の, 眼に, 眼の, 私は, 空に, 空想に, 考えこんで, 聞いて, 自分の, 見あげて, 見えます, 見える, 見えるの, 見おろして, 遠くの, 頭の, 黙って

2 [123件] あかりが, あらわれだして, うかんで, うす赤く明るみ, うつって, うつらうつらし, お庭, この雪, こんなこと, させて, したしかし, したまま, した夜, した影, した微光, した月, した表情, した顔, そのひと, その奇蹟, それに, そんなこと, たたずんで, てらして, なつて, むしろに, わかりかけて, 下の, 何かを, 何も, 何段かの, 兄の, 光つてゐる, 光芒が, 其處らを, 前の, 向うの, 向うを, 呟いた, 咲き乱れて, 地面を, 坐ったまま, 坐つて, 外の, 夢の, 天井に, 家へ, 射して, 岩の, 川を, 帰って, 庭を, 引っ返して, 彼は, 彼を, 彼等の, 往来の, 後ろを, 思案に, 想像し, 感じて, 感じられた, 手に, 手を, 描き出された時, 日を, 明りが, 明るいけれども, 映って, 時を, 曇って, 机の, 横に, 橋の, 民衆の, 水を, 浮きあがっ, 浮ぶの, 灯が, 灯の, 灯を, 然も, 煙草を, 照し, 照らしだされて, 物思いを, 狐を, 白い, 白んで, 目ざめて, 目に, 目的の, 私を, 窓外を, 立ちつくして, 立ち止まって, 立ったまま, 答えた, 考え事を, 考へ, 考へながら, 耳に, 腕ぐみし, 落ち, 薄ら眠く, 薄明るく, 薄眼, 見えるばかり, 見えるよう, 見とれて, 見守って, 見送って, 見過ごして, 過して, 道の, 部屋で, 部屋に, 障子に, 雨を, 青い水, 頬杖を, 魔の, 黒くこころもとなげ

1 [1018件 抜粋] あかるい, あかるく見える, あこがれるよう, あたりに, あやしい光, あらわれたの, ありや, ある事, いつまでも, いまにも, いま眼を, いわば尊敬, うけこたえた, うすら寒い初冬, うつりました, うつるそういう, おおよその, おみや, おもくるしい夢, お燈明, かしこまったり, かすんで, かんが, きいて, くらいの, ここへ, こたえた, この懐ろ手, この木, こんどは, さう考へて, しかし熱烈, しかも非常, したおどろきから, したかお, したなか, したやう, した不安, した印象, した器具類, した奇妙, した当てなし眼, した心境, した恐し, した悲しみ, した所, した日, した映像, した曙, した朝, した概念, した気持ち, した疑問, した目ざしは, した眼つき, した瞬間, した私, した素袍, した美しい, した自信喪失, した色, した葡萄, した視線, した輪郭, した遠近図, した電灯, した驚愕, してる中, しながら, しばらく見送っ, するとき, する時, せわしなそう, そう思った, そこへ, そつぽ, そのさま, そのわけ, その光, その地上, その大きな體, その小さな陽, その峠, その情景, その方, その景色, その深, その程度, その言葉, その辺, その音, そんな想像, た, ただお顔を, ただ他人, ただ愛という, ただ見, だがしかし息, だらしの, つけくわえた, つつんで, つめたい板の間, てらし出して, ともる頃, どこからか, ながめるばかり, なり, なる, なる程度, にじんで, はげしい恐怖, ひっぱって, ひとり湯泊の, ひろがった, ほほ笑んでる, ぼくの, ぼんの, まだ私, まなこ潤み, まるで他人, まわりの, むかしの, やつて, ゆくての, よどんで, よろめき出しては, わめき散らす, コマイヌが, チェリイを, ホームに, リャクに, 一つ所に, 一丁ばかり, 一人の, 一人入, 三十枚の, 上って, 上の, 下宿の, 世界に, 丸く大きく天井, 主婦が, 乞食の, 予感した, 二三日を, 云った, 人の, 人待ち顔に, 仄白んで, 仏像を, 付いて, 仰向けに, 休んで, 何かの, 俯いて, 傾斜地を, 先生の, 光の, 光芒を, 兩側に, 其処らを, 円卓の, 写って, 写真を, 冴えないもの, 出かけて, 出迎へに, 分って, 前に, 前日の, 加茂の, 千鳥食堂の, 去定, 反映し, 取残された二人, 口も, 同情と, 向側の, 味わって, 唯こうして, 四辺の, 地めんに, 坐っても, 坐りこみやがて, 城内へ, 塔を, 壁に, 壁を, 夕暮の, 夕飯を, 外を, 夜の, 夜中に, 夜間用の, 夢を, 大きく眼, 大きな雪洞, 大二郎の, 大変お天気の, 天井の, 天日に, 委せて, 宗吉が, 宙を, 室内を, 寂しい街路, 寢床の, 射すラムプ, 小さく蹲んで, 少し遠見, 屋並みを, 屋根のうへに, 山へ, 川の, 幻を, 広漠たる, 店に, 座敷に, 弱い光り, 影の, 彳んで, 彼女の, 彼方の, 待ち侘びて, 御船蔵を, 心の, 念を, 思いだせるだけ, 思い出す, 思い浮べた, 思うの, 思ひめぐらして, 思案し, 怠惰の, 恍惚し, 恰度波に, 意識に, 感じた, 感じ出して, 憑かれたよう, 憩うこと, 憶ひだし, 戸口の, 戸外を, 手の, 抽象的に, 指を, 探偵の, 支店長代理の, 放心する, 敷居に, 斯う, 旅を, 日向ぼっこを, 明かるい, 明し暮し, 明るいが, 明るいとき, 明るい北, 明るくし, 明るくなり, 明るく洞口, 明るみが, 明人の, 映して, 映るの, 景色を, 暁の, 暗かった, 暗やみの, 暮した, 暮すだけ, 暮の, 暮れか, 暮方の, 曇つた夜で, 曇つてゐる, 曇つて鉛の, 最前詣でた, 朋輩の, 望んで, 杉田水兵の, 枕元に, 染んで, 格子戸を, 梯子段も, 横た, 機械の, 欄干から, 正吉の, 此方を, 歩きつづけて, 残って, 民部の, 気に, 気の, 水仙の, 池の, 汽船から, 沈んで, 油絵の, 法水の, 泥溝の, 流れて, 浮かばせると, 浮かびました, 浮かべて, 浮きだして, 浮き出て, 浮び上って, 浮び出るばかり, 浮ぶ茂倉岳, 浮んだ, 海豹の, 涙ぐんで, 淡い光, 淡色を, 温泉に, 湯気を, 漂うよう, 漠々たる, 濃い霧, 濡れて, 火の, 灯影が, 灰色の, 炙り出されて, 点されるよう, 焚木が, 焚火を, 無理解, 焦点の, 煙管を, 煙草ばかり, 照し出した, 照らされた彼女, 照らしました, 照らし出された部屋, 照らす蒼ざめたランプ, 燭って, 父親の, 物の, 物思ひ, 独りで, 玄四郎を, 現れた波打際, 現われたん, 田圃路を, 畑を, 留守番を, 畳の, 登を, 白い者, 白くかかっ, 白く泳い, 白く空, 白く見え, 白ずん, 白らませ, 目で, 盲人の, 看過した, 眠つて居る, 眺めた, 眺められた, 眺めるだけ, 眺め入る, 眺め耽った, 眼と, 眼下の, 瞬きも, 瞳孔の, 知ったもの, 短い冬, 石油ランプの, 穴の, 空模様を, 空間に, 突ツ立つ, 突立つ, 窓から, 窓外へ, 立ちながら, 立ち止まったまま, 立つたまま, 立現れふらふら, 笑いながら, 紅く染め, 絵を, 縁側に, 置きわすれたる蝋燭, 考えこんだの, 考えしずんで, 考えつづけて, 考え暮らし, 考へはじめました, 耳を, 聞えて, 聞きとれて, 聯想し得る, 肱掛椅子に, 腕を, 腰かけて, 膜が, 自分でも, 自殺の, 自転車を, 船着き場で, 花田の, 草臥れて, 莨を, 落掛の, 蒼白い薄, 薄い光り, 薄暗い中, 薄目を, 薄黒く, 虹猫の, 血の, 行爲すべく誘はれる, 街区を, 衝つ立つ, 表はれ出した, 袴を, 見, 見えたの, 見えなくなつ, 見えました, 見えるだけ, 見えるほど, 見える許, 見かえして, 見すごして, 見た印象, 見てる間, 見まわして, 見ゆるのみ, 見るとも, 見わけられた, 見上げて, 見廻したり, 見据ゑられた, 見詰めて, 見送るだけの, 見開きながら, 視線を, 視詰め, 覚えて, 角火鉢の, 言えば, 訊く, 記憶に, 認めた, 認識した, 読めた, 警部を, 赤い光, 車外の, 輪を, 近くの, 迷って, 通路を, 運動場へ, 過ぎて, 過去の, 遠い過ぎ去った, 遠く眼, 遠方を, 酒壺の, 鈍感に, 門口に, 開いて, 開け放した窓, 降りて, 隅田川を, 隠して, 雪田や, 雲の, 雷電峠の, 電車や, 霞が, 霧がか, 青い瓦斯灯, 青ずんだ, 青眼爺さんの, 鞴を, 頬ずりを, 額に, 顕れた, 風を, 飛鳥川だの, 飾場の, 驚歎し, 魔ものの, 鮒を, 麻痺した, 黒い泡, 黒く浮い, 黒く見えた, 鼠色の

▼ ぼんやり~ (1308, 18.0%)

266 ている 204 ていた 111 てゐる 60 てゐた 45 ていました 44 てい 31 てしまった 20 て居る 17 て来た 14 てしまいました 13 てしまっ 11 て居た 10 てゐ 9 ていない, ています, て何 8 てしまう 7 て, てきた 5 てその

4 [15件] ておりました, ておる, てき, てくる, てし, てしまつ, てゐました, てゐます, て仕事, て暮し, て来, て来る, て歩い, て見, て見分けられませんでした

3 てきました, てだまっ, て了, て居ります, て手, て日, て立っ, て立つ

2 [40件] ていけない, ていたらしい, ていねえで, ていらっしゃる, ていらつ, ていられない, ているらしい, ていれ, てしまい, てしまひました, てすわっ, てそこ, てただ, てとかく, てなんだか, てはいない, てはいる, てぼ, てまし, てみんな, てゐない, てゐなけれ, て三階, て子供, て少時, て居りました, て或, て投げ出し, て煙草, て眠い, て縁側, て考え, て自分, て見える, て見る, て足, て部屋, て黙っ, ながら, ながら部屋

1 [244件] おしまいには, がっかりし, さ加減が, たりし, たり一部, たり勝手放題, たり家, たり果, たり混乱, ちゃいねえ, てああ, てあたかも, ていくら, ていたい, ていたく, ていたでしょう, ていたら, ていた事, ていった, ていつも, ていなかったら, ていなさる, ていねえ, ていらした, ていらっしゃいます, ていられ, ていられる, ているらしかった, てうち, てえ, ておいで, ておったら置い, ておられた, てかかる, てかすか, てござる, てさだから, てしかし, てしばらく, てしまいましょう, てしまったかれ, てしまったらしい, てしまつて, てすっと, てそこら, てそして, てそのまま, てそれから, てた, てたたずんだ, てだまつて, てだまつて拍手, てだんだん, てちょっと, てつい, ててんでに, てでござん, てどうして, てなに, てはいなかった, てはいられない, てはいられませんでございます, てはし, てはとうてい, てはよく, てはります, てはゐなかつた, てはゐられない, ては居なかつた, ては居られない, てほとんど, てまさに, てます, てまた, てもいなかった, てもう, てもっと, てやがて, てやって来た, てやはり, てゆく, てよく, てゐよう, てゐられない, てゐるせゐ, てをる, てん, てギャング, てフラ, てリュクサンブール, て一体, て一句, て一面, て一體, て上身, て下, て不吉, て二時間あまり, て二階, て互に, て今, て体ぢゆう, て兎角, て全然, て其処, て写真, て凡て, て分らなかった, て力, て勉強室, て十分, て半分, て印, て可, て向, て唯今, て四五日, て坐った, て坐つ, て坐つた, て坐りこん, て夜, て夢見心地, て大いに, て女, て如実, て室, て家, て寓話, て寺, て居, て居たら, て居った, て居ました, て居ます, て居られる, て居れ, て屋根室, て布団, て帰っ, て帰りがけ, て帳場, て幾日, て広間, て店, て影, て彼, て心細, て忘れ, て思い出す, て思わず, て怪物ども, て悲しい, て意識, て振り向い, て振向い, て掴みどころ, て暮した, て暮そう, て曇り, て木, て来たです, て来ます, て歩いとったら, て気づかなかった, て氣, て水, て汚, て注意, て浮世, て海, て淋しかっ, て点れ, て烟草, て無言, て独り, て猫, て現, て生, て畝, て相対, て相手, て眠る, て眺め, て知らぬ, て知らん, て神田, て空, て竜骨, て答えた, て翌, て考えこむ, て考える, て而, て耳, て聞い, て股, て胸, て腕, て草臥れ, て虫, て街燈, て表, て言う, て誰, て起きよう, て返事, て送る, て週番士官, て遊ん, て過す, て道, て遠く, て遣っ, て酒肴, て酔った, て重い, て鍋, て門前, て雨, て青く, て顏, て食卓, て馬右エ門, て麦扱き, ながらも兄, ながらゆる, ながら三度目, ながら九十銭耳, ながら日向, ながら歩い, ながら歩き出し, ながら耳, まだ気持, ガン, 刺戟に対する, 意力も, 次の, 直ぐ眠たく, 胸を, 膝から, 自分の, 調和し, 退屈し

▼ ぼんやりした~ (649, 8.9%)

22 顔を 13 顔で 10 光を 9 ような, 声で, 微笑を 7 不安である 6 ものが, 光の, 頭で 5 影の, 気持で, 眼を, 頭の 4 もので, 三角標の, 光が, 夢の, 様子で, 狼煙の, 目つきで, 眼つきで

3 [12件] たくさんの, ランプの, 不思議な, 夢を, 曖昧な, 気分に, 眼で, 私の, 表情で, 質の, 転てつ機の, 顔つきで

2 [47件] ことで, ことを, ところが, ふうで, ものだった, ものに, もや, ように, 不安, 人影が, 光で, 光線の, 哀感が, 声を, 姿の, 幽霊の, 店僮が, 彼の, 心の, 恐怖を, 所が, 掛念が, 明るさ, 明るみが, 明るみを, 梅の, 気分が, 火の, 灰色の, 畏敬を, 白地が, 目で, 眼が, 眼つきを, 眼に, 眼付で, 眼付を, 表情を, 視線を, 記憶が, 話でした, 輪の, 雲の, 電灯の, 顏が, 顔付で, 黄いろの

1 [370件] あとに, いとわしさ, いろんなむら, うすあかい灯, うすい緑, うつろな, お月様, お色気, お話で, お顔, が今日, が俄, こころに, こころもちの, ことだった, ことも, しかしこれ, すばるの, その輪郭, ただの, だけの自分, とお袋, ところは, ところへ, ところを, にこやかな, のこりゃあ, のである, のも, のもから, ひとときの, ひろ子が, ふうで言った, ふうを, ほどだつた, ま, まくら電灯が, まぼろし, ままで, ままひどく, まま突っ, まま黙っ, ものだけ, ものの, ものを, やうな, ようで, ろうそくの, バネであった, フィルムに, 一抹の, 一種の, 丁寧さで, 不吉感を, 不安が, 不安だ, 不安の, 不安も, 不幸を, 不満の, 不満足, 中に, 予感の, 事で, 五燭程の, 人が, 人でありました, 人となりが, 人との, 人の, 人相書き以外は, 人間で, 人間に, 人間失格者の, 何だか分らない, 何とか云う, 倦る, 像です, 儘お, 元気の, 光では, 光暈を, 兵隊の, 内儀さんだ, 円い明るみ, 処へ, 前途を, 千鶴子の, 印象から, 反響を, 口ぶりで, 口調で, 同情と, 含みが, 哀愁の, 喜怒哀楽であっ, 声が, 夏の, 多少ゆがみ加減, 夜間照明では, 夢想に, 大きな声, 大きな眼, 大きな者, 女を, 女ボオイに, 奴で, 好意を, 姿で, 姿では, 姿とが, 姿を, 婦人たちの, 嫉妬に, 子で, 子供で, 室内を, 寒村の, 小さい白い時計, 小僧であった, 小僧も, 屈辱感は, 山鈍く, 希望を, 平気な, 幽霊みたいな, 弱い驚き, 当惑も, 形が, 形で, 形であった, 形では, 形において, 形を, 影が, 影法師な, 後起き上る, 微光が, 微妙な, 微弱な, 微白い, 微笑が, 微笑を以て, 心が, 心もちで, 心地に, 心持から, 心持であった, 心持に, 心理状態で, 快感や, 恐ろしい十個, 恐怖つぎに, 悲しいよう, 想像では, 想像を, 想念に, 意味の, 意気込の, 意気込を, 意識の, 愕き, 感じに, 感じより, 感じを, 感嘆が, 態で, 或もの, 所へ, 所在な, 抽象的な, 推測に, 提灯の, 揚句な, 敵意とを, 斑に, 斑点, 新しい予測, 方で, 日ざし, 日の, 日は, 日光が, 日暈で, 明りが, 明りで, 明りに, 明りより, 明るいなか, 明るみだった, 明るみに, 明るみの, 明暗に, 星が, 映像が, 映像に, 映像を, 時の, 普通の, 景色の, 景色を, 月あかりで, 月夜の, 有明の, 期待疑問を, 朦朧たる, 椋鳥の, 概念しか, 概念は, 模様に, 民本主義や, 気の毒さを, 気もちで, 気分で, 気分であるなら, 気分です, 気持ちで, 気持ちであった, 気持に, 氣持で, 沈思の, 洋燈の, 流言が, 浅黒い顔, 海の, 淡い流行色, 深い不安, 深い困惑, 混乱の, 湖心の, 満足の, 満足を, 火影を, 灯かげと, 灯が, 灯と, 無口の, 無念無想の, 無為しか, 無関心な, 燈の, 燈り, 物の, 状態から, 状態で, 状態ながら, 狼狽を, 理由で, 理解を, 生活を, 男でも, 畏怖を, 疑いが, 痛ましい微笑, 痴呆状態に, 白いシヤツ, 白つ, 白びかりが見える, 白光を, 目し, 目つきに, 目を, 目附を, 眠たそう, 眠気に, 着物の, 瞬間に, 瞳に, 瞳を, 知識しか, 稀薄な, 空虚が, 空虚な, 笑いが, 笑いを, 笑顔を, 答より, 精神を, 網膜に, 緑いろ, 線が, 美しい肉顏, 老人だ, 考えから, 考えでは, 考えに, 考へ, 考へが, 考へに, 考察は, 者どもで, 自分の, 自分への, 自由な, 興味と, 船の, 若々しさ, 薄い色, 薄い陽, 薄ら影が, 薄ら明りです, 薄明で, 薄明り, 薄暗がりの, 薄暮の, 薄白い, 薄紅い, 行燈の, 行燈を, 街灯の, 街燈の, 表情の, 表情は, 表現で, 覚えが, 観念しか, 解決以上には, 言葉取り留め, 記憶に, 語は, 調子だった, 調子を, 責任の, 質疑とでも, 赤い光り物, 赤い灯, 赤や, 赤黄ろい光り, 距離に, 輪も, 輪廓が, 輪郭や, 轉轍機の, 近頃の, 通りに, 逸子の, 道の, 遠い眼つき, 選択が, 酔い心地の, 酔心地で, 間投詞だけ, 間抜け顔に, 間拔け, 闇夜だった, 陰で, 隣人的嫉妬, 雪子の, 電灯に, 電燈が, 霧が, 靄の, 靄越しに, 青い光, 青じろい光, 頭だ, 頭を, 顏で, 顏を, 顔が, 顔ぢや, 顔つきである, 顔つきは, 顔つきを, 顔に, 顔の, 願いだって, 風で, 馬鹿みたいな, 黒い影

▼ ぼんやり眺め~ (147, 2.0%)

45 ていた 29 ている 16 てゐる 13 てゐた 3 てい, ていました 2 て居りました

1 [36件] たりし, たりした, て, ていたでしょう, ていらっしゃいました, てさえいれ, てしまふであらう, てそう, てそんな, てみた, てらっしゃる, て一時間, て亡父, て居た, て恐怖, て流石, て立ちつくし, て路, ながら, ながらいつも, ながらこの, ながらのっぺり, ながらばかげた, ながら余念, ながら客, ながら家内, ながら昨日一日, ながら煙草, ながら言った, ながら貧しい, ながら馴致, ふと自分, また徐ろ, やがて声, 一杯の, 私は

▼ ぼんやりとして~ (141, 1.9%)

9 いました 6 ゐた 4 いましたが 3 いて, 見て 2 ました, ゐて, ゐる, 佇んで, 居る, 立って, 電燈を

1 [102件] あくどい色, あたり一面の, いつまでも, いてから, うつって, おしまいに, お兄さんたち, お雪, くる, これを, しばらくは, しまつ, そこに, その場, その火, それから, それでいて何だか, ただ夢心地, ただ煙, ただ驚いた, とりとめも, どうかし, どこを, ならんで, まだその, まるで彼, みとれて, ゆめを, わからなくなりました, ゐたん, ゐる成, ゐる所, ゐる私, ノッソリとして, 一二尺の, 不思議に, 人影が, 令一が, 佇むと, 低く見えた, 何かの, 何の, 何も, 其の形態, 其辺見回せ, 南方遙かに, 取りとめも, 堀向うの, 外を, 夢の, 夢を, 妻の, 安を, 居ます, 居るだけ, 居るばかり, 居る程煤びた, 店さきに, 庭を, 待つて, 後姿を, 後悔に, 思い出せぬけれど, 手を, 接待の, 日の, 日を, 来た, 来て, 次の, 止め度も, 此れ, 此方の, 気の, 深い苦痛, 煙草を, 燈火を, 物に, 疲れきって, 白く乾いた, 目を, 眼の, 硝子戸の, 私達の, 移行し, 稻香村, 立ち停って, 立ち尽した, 立ったまま急, 考え込んだ時, 聞いて, 自分の, 襖が, 西の, 見えた, 路の, 近き對岸, 錫色の, 隅の, 障子に, 風を, 黙って

▼ ぼんやり立っ~ (112, 1.5%)

34 ている 32 ていた 10 ていました 4 ています 3 て見 2 てゐる, て居ました, て眺め

1 [23件] たり歩い, てい, ていられます, ているう, ているで, ております, てこっち, てさも, てその, てどうやら, てない, てほか, てゐました, て少年ら, て居りました, て流れ, て目, て私たち, て考えこん, て考えてた, て考え込ん, て聞い, て見送っ

▼ ぼんやりしてる~ (73, 1.0%)

9 んだ 4 ことが, の 3 じゃない 2 んです, 時の

1 [49件] うちに, うち腹減り, が一緒, けど気性, ことも, ことを, この男, だけな, だけにちょっと, と, といつのまにか, とやたら, とわからん, と京子さん, と彼, と後ろ, と晋吉, と看護婦, と耳, と誰か, と過ぎ, と頭, ね, のが, のだ, のでなんとか, のは, のを, みたいな, ものだ, やうに, ようだった, ようでも, わけにも, んだい, ボースンに, 一枚の, 人などは, 吉村へ, 外ない, 婆さんを, 彼女を, 所だった, 所へ, 時, 時あお, 様子だった, 眼の, 者が

▼ ぼんやり~ (59, 0.8%)

19 ていた 18 ている 5 てゐた 4 てゐる

1 [13件] たりし, ていました, ていれ, ておられます, てゐれ, てをれ, て取り残された, て居る, て暮す, ながらきびしい, ながら今晩, ながら浅吉, ながら自分

▼ ぼんやり考え~ (57, 0.8%)

25 ていた 11 ている

1 [21件] たりしてた, ていました, ています, ておった, てでもいらっしゃる, てみ, てみた, ても味, て居りました, て見た, ながらにわとこ, ながらバス, ながらファゼーロ, ながらメトロ, ながら外, ながら片方, ながら猫, ながら自分, ながら蕩然, に沈んだ, に耽っ

▼ ぼんやり立つ~ (44, 0.6%)

12 てゐる 8 てゐた 5 て居る 2 たま, て居ります

1 [15件] たままで, て, ている, ておなじ, てたつ, てゐない, てゐました, て下, て居, て居た, て居ました, て玄関, て見, て足, 花田の

▼ ぼんやり~ (43, 0.6%)

4 を見開い 3 をやっ, を開い 2 にはいった, をやった, を開いた

1 [27件] がさめた, で追っ, にうつる, をあい, をあけた, をあける, をさました, をすえ, をつぶり, をとめ, をやってる, をやつ, をやり, を向う, を向け, を宙, を挙げ, を据え, を見張った, を見据えてる, を見開いた, を赤く, を転じた, を轉, を開きました, を開く, を開け

▼ ぼんやり坐っ~ (37, 0.5%)

12 ていた 11 ている 2 ていない, ていました 1 たり寝, たり歩い, たり針仕事, ています, ていられる, てこのごろ, てゐる, て剣闘, て居りました, て煙草

▼ ぼんやりその~ (32, 0.4%)

2 前に, 姿を, 山を, 後姿を, 文字に

1 [22件] ふたりを, 上に, 二人の, 人の, 兄の, 包を, 場に, 奥田の, 姿が, 娘の, 影を, 方へ, 方を, 日を, 明るさ, 燈り, 粗末な, 表書を, 裏から, 車を, 響きに, 顔を

▼ ぼんやりとしか~ (27, 0.4%)

3 見えません 2 見えなかった山々, 覚えて

1 [20件] わからなかったが, わからなかった人間, 御存知ない, 思ひだされぬこと, 感じとられて, 明るくなかった, 気づかれて, 浮びあがらなかつた, 理解し, 知らなかつた, 答えなかった, 見えずただ, 見えない, 見えないこと, 見えないの, 見えなかった, 見えなくなって, 見えませんが, 見えませんでしたが, 見わけられないほど

▼ ぼんやりする~ (26, 0.4%)

2 ほど混雑

1 [24件] ことが, ことだろう, ことも, し今日, ために, ためには, だけ, だけです, と死にたがる, な, なよ, ねえ, のだった, のは, ほど思いつめ, まで木, も薬, やうに, ように, んで, 岩の, 程がっかり, 程激しく, 訳である

▼ ぼんやり佇ん~ (26, 0.4%)

7 でいた 6 でいる 4 でゐる 2 でいました 1 でいます, でいよう, でつい, でゐた, で列車, で居た, で待ちました

▼ ぼんやり~ (26, 0.4%)

7 を眺め 6 を見上げ 2 ばかり眺め, を仰い 1 に向け, に据え, に浮ん, の星, をながめ, を眺めた, を見, を見つめ, を見張った

▼ ぼんやり白く~ (24, 0.3%)

5 なって 4 見えて, 見えるだけ 2 けむって 1 けむってゐるばかりどうしてもカムパネルラ, けむつて, なつて, 光って, 光つてぷるぷるぷるぷる顫へて, 横わる道と, 淀むの, 爆発した, 見えるの

▼ ぼんやりそれ~ (23, 0.3%)

4 を眺め, を見 2 を聞い

1 [13件] が何, が見え, に従った, に見とれ, はつまり, らしい物, をながめ, をみつめ, を眺めた, を見る, を見下した, を見物, を見詰め

▼ ぼんやり~ (23, 0.3%)

10 を眺め 2 に出ました, のこと 1 にたっ, に眼, の方, の暗闇, の物音, の風景, を眺めた, を眺めやった, を見

▼ ぼんやり~ (23, 0.3%)

4 の方, を眺め, を見

1 [11件] の上, の中, の向う, の外, の新緑, の木, の樹立, の石榴, をみ, を眺めた, を見おろし

▼ ぼんやり~ (23, 0.3%)

2 をあげ, を挙げた, を見合せた, を見合った

1 [15件] でうろうろ, のお, をだした, をば赧らめ, をみつめた, を出します, を挙げます, を掩, を見, を見あわせ, を見あわせました, を見合せ, を見合っ, を見合ってた, を見合わせ

▼ ぼんやり考えこん~ (22, 0.3%)

8 でいた 5 でいる 2 でいらっしゃる 1 でい, でいました, でいます, でしまった, でばかりいる, で時々, で黙りこん

▼ ぼんやり帰っ~ (20, 0.3%)

12 て来た 3 てくる 2 て来ました 1 ていった, て来, て来まし

▼ ぼんやり白い~ (19, 0.3%)

4 柱とが 3 ものが, シャツが 2 峠の, 布の, 網襯衣を 1 水面の, 縞に, 霧の

▼ ぼんやり~ (19, 0.3%)

13 の外 1 からそ, から外, から眺め, にもたれ, のそ, のところ

▼ ぼんやりつっ立っ~ (18, 0.2%)

6 ていた 5 ている 4 ていました 1 てたん, て上, て顔

▼ ぼんやり見え~ (18, 0.2%)

7 ていた 2 ていました 1 ている, てきた, てなんとなく, てゐた, てゐる, て來, て居ります, て来ました, て私

▼ ぼんやり見える~ (18, 0.2%)

4 のです 2 橋の

1 [12件] だけだった, だけであった, ばかりであった, ようだ, ようだった, ような, ように, 内庭に, 四ツ柱に, 床の間の, 橋杭の, 黄昏の

▼ ぼんやりそこ~ (17, 0.2%)

6 に立っ

1 [11件] だけ真暗, で考へ, に佇ん, に佇んだ, に坐っ, に居残っ, に居残りました, に彳, に立ちすくむ, に立った, に立つ

▼ ぼんやりながめ~ (16, 0.2%)

4 ていました, ている 2 ていた 1 ていたら, ています, てくらした, て困った, て居る, ながら煙草

▼ ぼんやり~ (16, 0.2%)

2 か考え, か考へ

1 [12件] かに思い耽っ, かの冒険, かの危険, かを仄めかそう, かを待つ, かを考え込ん, か一人ごと言つて, か大きく, か考, か考え込ん, の刺戟, の気

▼ ぼんやり歩い~ (16, 0.2%)

3 ている 2 ています, てゐる 1 ていた, ていたら, ていった, ていました, てみたい, てゆきました, てゐた, て来る, て降り

▼ ぼんやり煙草~ (16, 0.2%)

4 をふかし 3 を吹かし 2 を吸っ, を吹かした, を喫し 1 に火, を吸, を喫ん

▼ ぼんやり突っ~ (16, 0.2%)

13 立って 1 立った島原城, 立った浜路, 立った炭屋

▼ ぼんやり聞い~ (16, 0.2%)

9 ていた 4 ている 2 て居りました 1 ていました

▼ ぼんやり~ (15, 0.2%)

3 お蝶

1 [12件] うっかりぽんである, お喋, のんき者では, 児で, 動物である, 従姉が, 抜け作, 方が, 気分で, 燈籠の, 膜に, 顔を

▼ ぼんやり~ (15, 0.2%)

3 の顔

1 [12件] にこころ, に分っ, の傍ら, の後姿, の心, の方, の脚, の見, は端坐, をながめた, をみつめた, を眺めた

▼ ぼんやり歸つて來~ (15, 0.2%)

2 たところ, る外

1 [11件] た, たといふ, たの, たやう, たガラツ八, た八五郎, た内弟子, た勇吉, てけふ, て八五郎, ますよ

▼ ぼんやり天井~ (14, 0.2%)

3 を眺め

1 [11件] に向け, の一隅, の板, の節穴, を眺め出した, を睨ん, を見, を見上げる, を見上る, を見詰め, を視

▼ ぼんやり往来~ (14, 0.2%)

5 を眺め 2 の人音, を照らし 1 に立ち止まっ, に立っ, の真中, をながめ, を見

▼ ぼんやり~ (14, 0.2%)

5 を傾け 4 にし 2 を貸し 1 だけを貸し, をかし, をかしてる

▼ ぼんやり~ (14, 0.2%)

5 を下ろし 2 をおろし 1 をかけ, を下し, を下した, を下ろした, を卸し, を据え, を浮かし

▼ ぼんやりあたり~ (13, 0.2%)

3 を見廻した 2 を眺め, を見廻し 1 を見, を見まわし, を見回し, を見廻しました, を見廻す, を霞ませ

▼ ぼんやり考へ~ (13, 0.2%)

6 てゐた 2 たりした 1 ごとを, てやつ, てゐます, てゐる, て居た

▼ ぼんやりながら~ (12, 0.2%)

1 [12件] おさよ, したから, その微か, つかみかけた, わかったよう, 分りかけて, 台本の, 始終私, 根強い自分, 段々に, 知ったの, 薄眼

▼ ぼんやり~ (11, 0.2%)

2 右向けと 1 い, おけつまり, お久良, そんな細かい, どうも考え, 余り役に立たなかった, 役にも, 役に立たず邪魔, 醜男見たいです

▼ ぼんやり~ (11, 0.2%)

2 へ帰っ 1 にいる, に帰つて, に帰りかけます, に閉じ籠っ, の中, へ帰, へ帰りました, へ帰る, へ歸

▼ ぼんやり~ (11, 0.2%)

2 の方, の目 1 にも分つ, の受持, の家, の寝顔, の耳, の顔, を見上げ

▼ ぼんやり~ (11, 0.2%)

1 [11件] かすば, だが, だと, であるその, ですから, でなければ, なん, の多い, の貴様, らしくそれ, 抜け作

▼ ぼんやりそんな~ (10, 0.1%)

3 ことを 2 言葉を 1 いいかげんな, ことさ, 事を, 変な, 気が

▼ ぼんやり~ (10, 0.1%)

3 を開い, を開け 1 をあい, をあけ, を開けた, を開けてる

▼ ぼんやり待っ~ (10, 0.1%)

4 ていた 3 ている 1 ていられない, ておりました, てやしないでしょ

▼ ぼんやり微笑ん~ (10, 0.1%)

5 でいた 2 でしまった 1 でい, でいました, で夢想

▼ ぼんやり~ (10, 0.1%)

6 つ立つて 1 つ立つた炭屋, つ立つてるだ, つ立てゐる遠藤, 立ったろう

▼ ぼんやり考え込ん~ (10, 0.1%)

5 でいた 2 でい 1 でいらっしゃる, でいる, で歩い

▼ ぼんやり自分~ (10, 0.1%)

2 の祠 1 から自分, がそう, でも感じ, の住ん, の家, の掌, の頭, はそこ

▼ ぼんやり見送っ~ (10, 0.1%)

7 ていた 1 たりした, ておる, て村尾

▼ ぼんやり頬杖~ (10, 0.1%)

7 をつい 2 をついた 1 をつく

▼ ぼんやり~ (9, 0.1%)

2 つし 1 宅の, 島の, 町を, 酒を, 顔は, 駒ちゃんを, 高の

▼ ぼんやり~ (9, 0.1%)

1 から仕事駄目, がお, が絶えず, けどその, と自分, と言, な, なと内心, よ

▼ ぼんやり坐つ~ (9, 0.1%)

6 てゐる 1 ていろいろ, てしばらく, てる人が

▼ ぼんやり夢想~ (9, 0.1%)

4 して 1 してる時, にふけっ, にふけった, にふけりました, に沈んだ

▼ ぼんやり感じ~ (9, 0.1%)

2 ていた 1 ている, てゐた, ながら何物, ながら国民兵, ながら水, ながら阿賀妻, 思い出したのね

▼ ぼんやり~ (9, 0.1%)

2 を過した 1 の暮, を暮してた, を暮す, を送っ, を送った, を送ってる, を過しました

▼ ぼんやり見つめ~ (9, 0.1%)

2 ていた, てゐる 1 ている, てその, ながら坐つ, ながら鸚鵡返し, 唇を

▼ ぼんやり覚え~ (9, 0.1%)

6 ている 1 ていた, ています, て居る

▼ ぼんやり部屋~ (9, 0.1%)

4 の中 1 に立っ, の隅, の隅々, の障子, へはいっ

▼ ぼんやり霞ん~ (9, 0.1%)

1 でい, でいっ, でいつ, でいる, でゆき, でゐ, で来ちゃった, で見える, で遠く

▼ ぼんやりかすん~ (8, 0.1%)

2 で見える 1 でいっ, でいます, できた, ではいます, で行きました, で見えた

▼ ぼんやりこの~ (8, 0.1%)

2 石碑を 1 めずらしい窓かざり, ドブ板を, 二つの, 会話に, 写真を, 地点に

▼ ぼんやりしてた~ (8, 0.1%)

2 んだ 1 かと思う, ことを, よ, わ, 揚句ふと, 方が

▼ ぼんやり光っ~ (8, 0.1%)

3 ている 2 ていた 1 ていました, てゐた, て見える

▼ ぼんやり~ (8, 0.1%)

1 でもさめた, でも見, のなか, のやう, のよう, の世界, をみ, をみた

▼ ぼんやり意識~ (8, 0.1%)

3 した 1 された, されて, しながら, を失った, を忘れ

▼ ぼんやり~ (8, 0.1%)

3 の前 2 にもたれ 1 にもたれた, のま, の上

▼ ぼんやり照らし~ (8, 0.1%)

5 ている 2 ていた 1 て居る

▼ ぼんやり~ (8, 0.1%)

2 を覚ました 1 をあけた, をおとした, をさました, を定め, を見開いた, を開け

▼ ぼんやり空想~ (8, 0.1%)

1 したこと, して, に, にふけっ, に耽, に耽っ, に耽り出した, の世界

▼ ぼんやり~ (8, 0.1%)

2 へこん, へ込ん 1 へこみ, へはぢめ, へ耽ける, へ込んでる

▼ ぼんやり記憶~ (8, 0.1%)

2 して, に浮ん 1 から呼びもどし, にのこっ, に残っ, の糸

▼ ぼんやりしか~ (7, 0.1%)

1 その顔, 感じないの, 映らないが, 見えないもの, 見えぬ市ノ瀬牧人, 見えませんでした, 覚えて

▼ ぼんやりたたずん~ (7, 0.1%)

4 でいる 1 でいた, でいたら, でいました

▼ ぼんやり待つ~ (7, 0.1%)

2 てゐた 1 ている, てゐる, て居りました, ということ, のであった

▼ ぼんやり思い出し~ (7, 0.1%)

3 ていた 2 て眼 1 てみました, てわが子

▼ ぼんやり~ (7, 0.1%)

3 つて來ました 1 つて來た, つて來て, つて參りました, つて来た

▼ ぼんやり物思い~ (7, 0.1%)

3 に耽っ 2 に沈ん 1 にふけっ, に耽けっ

▼ ぼんやり~ (7, 0.1%)

1 にからみつい, に残っ, に浮ん, のすみ, の中, の奥, の奧

▼ ぼんやりでは~ (6, 0.1%)

4 あるが 1 ありましたが, ない

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

1 ところが, のよ, のを, もんだ, 年弱に対して, 顔つきでは

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

2 いって 1 して, しなかった, ただの, 致して

▼ ぼんやり其処~ (6, 0.1%)

1 に在った, に居る, に屈み込ん, に眼, に立っ, に腰

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

1 の世, の小川, の方, をながめ, を見, を見つめ

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

2 を見詰め 1 によりかかっ, によりかかつて, の上, を見

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

4 の中 1 に寝転ん, の隅

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

3 の上 1 にへたっ, のうえ, の中

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

4 んでゐる 2 んでいた

▼ ぼんやり彼女~ (6, 0.1%)

2 の顔 1 に迷惑, の動作, を家族, を眺めました

▼ ぼんやり椅子~ (6, 0.1%)

1 にかけた, にかけて物, に掛け, に胡坐, に腰, に腰かけ

▼ ぼんやり照らされ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 て立った, 夜明け直前の, 枕を, 闇に

▼ ぼんやり立った~ (6, 0.1%)

2 ままで 1 のも, ままである, ままでした, 儘であった

▼ ぼんやり立ってる~ (6, 0.1%)

2 んじゃ 1 ために, と彼, の, 佐代子に

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

2 へて, へてゐました 1 へた, へました

▼ ぼんやり縁側~ (6, 0.1%)

2 の柱 1 に立っ, に立つ, に腰, の手欄越し

▼ ぼんやり見あげ~ (6, 0.1%)

3 ている 2 てゐる 1 ていた

▼ ぼんやり見えた~ (6, 0.1%)

2 のです 1 が庭, ことであろう, のを, 男である

▼ ぼんやり見上げ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 ていた, てどう, て呟い, て夢

▼ ぼんやり~ (6, 0.1%)

2 のふる, を眺め 1 の降る, の音

▼ ぼんやりさせ~ (5, 0.1%)

1 てい, ておく, てしまふ, て快活, て置けない

▼ ぼんやりしない~ (5, 0.1%)

1 ために, でさ, でよ光邦様, で一刻, で大人

▼ ぼんやりそう~ (5, 0.1%)

1 云って, 思うだけ, 思っただけ, 感じながら, 言って

▼ ぼんやりつっ立ってる~ (5, 0.1%)

1 ところに, ような, 久七へ, 若い男, 野口昌作の

▼ ぼんやりでも~ (5, 0.1%)

1 なんでも, わかって, 云ったらそく, 五つも, 分かって

▼ ぼんやりともっ~ (5, 0.1%)

3 ている 2 ていた

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

1 れば, 知って, 罵った, 装い他人, 醒ますよう

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

2 ている 1 て四時すぎ, て来た, て来られます

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

4 つてゐた 1 つて小鳥の

▼ ぼんやり明るく~ (5, 0.1%)

4 なって 1 なした

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

1 をすごし, をすごす, を過される, を過し, を過した

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

1 がつかず, が抜けた, にかかっ, の弛む, を失い

▼ ぼんやり浮ん~ (5, 0.1%)

1 でいた, でいる, でそれ, で来た, で見え

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

3 し出されて 1 して, し出される

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

2 を考へ 1 の影, をながめた, 思ひに

▼ ぼんやり腰かけ~ (5, 0.1%)

1 ている, てもいられなかった, てもゐられなかつた, てゐる, て暮れ

▼ ぼんやり視線~ (5, 0.1%)

1 をおとした, を休め, を向う, を投げ, を注い

▼ ぼんやり赤い~ (5, 0.1%)

1 その隣りで, だろう, 其隣りで, 火照りを, 空を

▼ ぼんやり~ (5, 0.1%)

2 を眺め 1 のよう, や水, を見

▼ ぼんやり黒く~ (5, 0.1%)

1 うつる木立, 人影が, 見える, 見えるだけ, 見える所

▼ ぼんやりありました~ (4, 0.1%)

4 が霧

▼ ぼんやりうしろ~ (4, 0.1%)

4 へ引い

▼ ぼんやりうち~ (4, 0.1%)

1 ながめながら, に帰っ, 開いたまま, 開き好奇心

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 さぞ見, 幸福な, 独りで, 自分の

▼ ぼんやりしてない~ (4, 0.1%)

1 で引抽, で早く, で落着, で食堂

▼ ぼんやりしてん~ (4, 0.1%)

1 とどう, の, のお母さん, のよ

▼ ぼんやりすわっ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 て時, て来た

▼ ぼんやりつっ立った~ (4, 0.1%)

1 ままどうして, ままながめ, まま三人の, まま待っ

▼ ぼんやりとか~ (4, 0.1%)

1 すんだ山, すんで, 冷淡に, 昼の

▼ ぼんやりとでは~ (4, 0.1%)

4 あるが

▼ ぼんやりどこ~ (4, 0.1%)

1 かへ眼, かを眺める, かを見つめ, にかあの

▼ ぼんやりふだん~ (4, 0.1%)

4 よりも低く

▼ ぼんやりまた~ (4, 0.1%)

1 云いました, 外へ, 汽車に, 茶の間に

▼ ぼんやりわかっ~ (4, 0.1%)

3 て来た 1 ている

▼ ぼんやりわたし~ (4, 0.1%)

1 にもど, にもどっ, の部屋, はそのまま

▼ ぼんやり一人~ (4, 0.1%)

1 で上野, で金平さん, 佇んで, 歩いて

▼ ぼんやり二人~ (4, 0.1%)

2 の話 1 の会話, の顔

▼ ぼんやり二重~ (4, 0.1%)

1 になっ, になつ, になつて見え, に見え

▼ ぼんやり佇んだ~ (4, 0.1%)

2 まま何となく 1 がすぐ, ままトツクの

▼ ぼんやり俯向~ (4, 0.1%)

4 いて

▼ ぼんやり光つて~ (4, 0.1%)

1 だだツ廣, ゐた, ゐる鏡, 流れて

▼ ぼんやり分っ~ (4, 0.1%)

2 てきた 1 ていた, て来た

▼ ぼんやり分る~ (4, 0.1%)

2 やうな 1 ような, 位で

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 てい, ている, てしまう, て居る

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

2 の奥 1 に坐っ, を開いた

▼ ぼんやり微笑~ (4, 0.1%)

2 を浮かべ 1 してるよう, してるらしい表情

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 に求め, に沁み, に浮べ, の弛む

▼ ぼんやり思っ~ (4, 0.1%)

3 ていた 1 てみ

▼ ぼんやり思ひ出し~ (4, 0.1%)

2 てつまらな, て眼

▼ ぼんやり戸口~ (4, 0.1%)

1 によりかかり, に立っ, の方, へ姿

▼ ぼんやり戻っ~ (4, 0.1%)

2 て来ました 1 て参りました, て来た

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 を動かし, を引つ込め, を拱い, を束ねた

▼ ぼんやり時間~ (4, 0.1%)

1 をすごし, を消す, を過ごす, を過す

▼ ぼんやり暗く~ (4, 0.1%)

2 なって 1 なつて, 照らして

▼ ぼんやり暮らし~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ていました, てゐる

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

2 のあかり 1 が光っ, の光

▼ ぼんやり浮い~ (4, 0.1%)

2 ている 1 てくる, て来る

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 にうかん, の方, の景色, を眺め

▼ ぼんやり点い~ (4, 0.1%)

1 ていた, ている, て居ります, て顔

▼ ぼんやり眺める~ (4, 0.1%)

2 のだった 1 のである, 習慣が

▼ ぼんやり空間~ (4, 0.1%)

2 を見つめ 1 に定めた, を眺めた

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 上った, 停って, 尽して, 止った

▼ ぼんやり立ちつくし~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 ていました, てしまいました

▼ ぼんやり考えごと~ (4, 0.1%)

2 をし 1 に耽っ, をする

▼ ぼんやり考える~ (4, 0.1%)

1 ことを, のだった, のである, ほど中江

▼ ぼんやり聴い~ (4, 0.1%)

3 てゐた 1 ていた

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 明るく地ならし, 明るく感じた, 曇って, 霧が

▼ ぼんやり見守っ~ (4, 0.1%)

4 ていた

▼ ぼんやり赤く~ (4, 0.1%)

1 なった, なって, なつて, 照す

▼ ぼんやり遠く~ (4, 0.1%)

1 にあっ, に聞こえ, を見, 教会堂の

▼ ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 を垂れ, を振り, を眺め, 垂れて

▼ ぼんやりあかるく~ (3, 0.0%)

2 てそこ 1 見えるの

▼ ぼんやりあらわれ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て飛び込ん

▼ ぼんやりかかり~ (3, 0.0%)

2 まっ黒な 1 まつ黒な

▼ ぼんやりくらし~ (3, 0.0%)

1 ていた, てしまった, てゐた

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 うして, が原因, で私

▼ ぼんやりそっち~ (3, 0.0%)

3 を見

▼ ぼんやりつい~ (3, 0.0%)

1 ていました, てゐた, て馬屋

▼ ぼんやりつつ~ (3, 0.0%)

2 立つて 1 立つたり

▼ ぼんやりなっ~ (3, 0.0%)

1 てお寺, てしまう, てどうも

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 しろ起こすところ, 見えます, 見せて

▼ ぼんやりベンチ~ (3, 0.0%)

1 に腰, に腰かけ, へ帰る

▼ ぼんやり二階~ (3, 0.0%)

2 の居間 1 の手すり

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 の家, の酒, の顔

▼ ぼんやり前方~ (3, 0.0%)

2 を見 1 を見詰め

▼ ぼんやり周囲~ (3, 0.0%)

1 の見物席, の話し声, の顔

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

3 の顔

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 に浮い, をみつめ, を見やっ

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 から降り, でも見, を降りた

▼ ぼんやり巻煙草~ (3, 0.0%)

1 に火, をふかし, を御

▼ ぼんやり幾つ~ (3, 0.0%)

2 にも岐 1 にも別れ

▼ ぼんやり微笑み~ (3, 0.0%)

1 ながら幾時間, ながら機械的, ながら音響

▼ ぼんやり思い~ (3, 0.0%)

1 ながらその, に耽っ, を走せ

▼ ぼんやり想像~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ぼんやり明るい~ (3, 0.0%)

1 というやや, のを, 光が

▼ ぼんやり映っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てきた, て家

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

2 の近い 1 の月

▼ ぼんやり暮し~ (3, 0.0%)

1 てい, ていた, ながらいつ

▼ ぼんやり書物~ (3, 0.0%)

3 に眼

▼ ぼんやり歩いてる~ (3, 0.0%)

2 うちに 1 のであった

▼ ぼんやり残っ~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, て居る

▼ ぼんやり浮き出し~ (3, 0.0%)

1 ていた, てにこにこ, て見えた

▼ ぼんやり灯影~ (3, 0.0%)

1 が見える, の洩れ, を宿した

▼ ぼんやり点っ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 の中, の方, を眺め

▼ ぼんやり白ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいる, で淡路島

▼ ぼんやり眺めた~ (3, 0.0%)

1 がいつしか, だけだつた, なり鸚鵡返し

▼ ぼんやり突立~ (3, 0.0%)

1 ってはよく, って腹の中, って逃げよう

▼ ぼんやり答え~ (3, 0.0%)

2 ていました 1 ている

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

2 を組ん 1 を拱

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 の上, を歩いた, を見降ろし

▼ ぼんやり見とれ~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, てゐ

▼ ぼんやり見やっ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ ぼんやり見る~ (3, 0.0%)

1 だけでご, だけで満足, のでなく

▼ ぼんやり見守り~ (3, 0.0%)

1 ながらいつ, ながら今, ながら話

▼ ぼんやり見廻し~ (3, 0.0%)

1 たりした, ていた, ふと死にたくなった

▼ ぼんやり見詰め~ (3, 0.0%)

1 てゐた, ながらお前, ながらそんな

▼ ぼんやり見送~ (3, 0.0%)

2 つてゐた 1 つてゐました

▼ ぼんやり訪ね~ (3, 0.0%)

2 て来られる 1 ていきました

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

2 を交し 1 を聴い

▼ ぼんやり輪郭~ (3, 0.0%)

1 づけられて, のぼやけた, を描かせる

▼ ぼんやり返事~ (3, 0.0%)

2 をしました 1 した

▼ ぼんやり開い~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て彼

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の幕

▼ ぼんやり青い~ (3, 0.0%)

1 あかりが, カーペットに, 氷霧だ

▼ ぼんやり~ (3, 0.0%)

1 に立ちつくし, に立っ, の冷

▼ ぼんやりあそこ~ (2, 0.0%)

1 の前, へ浮き上っ

▼ ぼんやりあと~ (2, 0.0%)

1 の往来, へ残りました

▼ ぼんやりあらぬ~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ ぼんやりうつっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ぼんやりおぼえ~ (2, 0.0%)

2 ています

▼ ぼんやりから~ (2, 0.0%)

1 些細な, 覚めて

▼ ぼんやりきい~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ぼんやりくらく~ (2, 0.0%)

1 ていまにも, なりました

▼ ぼんやりけぶる~ (2, 0.0%)

1 東の, 紫雲英の

▼ ぼんやりこう~ (2, 0.0%)

1 して, 云った

▼ ぼんやりさせられ~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, て来

▼ ぼんやりさせる~ (2, 0.0%)

1 のだった, ように

▼ ぼんやりさ加減~ (2, 0.0%)

1 であったら昨夕, であつ

▼ ぼんやりした電燈~ (2, 0.0%)

1 の光, の目玉

▼ ぼんやりして~ (2, 0.0%)

1 ちゃ退屈, て生きてる

▼ ぼんやりしとる~ (2, 0.0%)

1 じゃない, とかい

▼ ぼんやりしました~ (2, 0.0%)

1 のでとうとう, ので愉快

▼ ぼんやりし出し~ (2, 0.0%)

1 て夜, 五十分目には

▼ ぼんやりし過ぎ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ ぼんやりし過ぎた~ (2, 0.0%)

2 事を

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 な, なよ

▼ ぼんやりそれら~ (2, 0.0%)

1 の画, の過去

▼ ぼんやりたき火~ (2, 0.0%)

2 をながめ

▼ ぼんやりとかす~ (2, 0.0%)

2 んで

▼ ぼんやりとながら~ (2, 0.0%)

1 イギリスアメリカなどの, 思って

▼ ぼんやりとは~ (2, 0.0%)

1 して, 感じて

▼ ぼんやりともってる~ (2, 0.0%)

1 ので意識, 狭い廊下

▼ ぼんやりなお~ (2, 0.0%)

1 客だ, 花の

▼ ぼんやりなに~ (2, 0.0%)

1 かを感じはじめた, かを考える

▼ ぼんやりほか~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ ぼんやりまっすぐ~ (2, 0.0%)

1 に立っ, を見つめ

▼ ぼんやりみんな~ (2, 0.0%)

1 の走り, の遊ぶ

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 たれて, 露呈し

▼ ぼんやりストーブ~ (2, 0.0%)

1 に温まっ, に温まつ

▼ ぼんやりダイアル~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ぼんやり一室~ (2, 0.0%)

1 に閉じこもっ, に閉ぢ

▼ ぼんやり一日~ (2, 0.0%)

2 をくらす

▼ ぼんやり下谷~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ぼんやり予感~ (2, 0.0%)

1 する事, 出来るよう

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 ひました

▼ ぼんやり云っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の顔, ひに

▼ ぼんやり人影~ (2, 0.0%)

1 が写っ, が現われる

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 明るくなっ, 白い霧

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 助の

▼ ぼんやり仰い~ (2, 0.0%)

1 だりはるか, でながめ

▼ ぼんやり休養~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ ぼんやり光る~ (2, 0.0%)

1 明る味, 点に

▼ ぼんやり八五郎~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, が歸つて來

▼ ぼんやり凝視め~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ ぼんやり分りかけ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てくる

▼ ぼんやり動い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て彼等

▼ ぼんやり坐った~ (2, 0.0%)

1 ままでした, まま黙っ

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の空, の闇

▼ ぼんやり夢み~ (2, 0.0%)

1 ながらあるいは, ながらすわっ

▼ ぼんやり天井板~ (2, 0.0%)

1 の木目, を眺め

▼ ぼんやり姿~ (2, 0.0%)

1 を煙らせた, を照らし

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 へ帰, へ帰った

▼ ぼんやり射し込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 いて, を垂れ

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の下, の方

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 に見入り, を眺め

▼ ぼんやり帰つて~ (2, 0.0%)

1 来た, 来て

▼ ぼんやり幸福~ (2, 0.0%)

1 でその, をねがっ

▼ ぼんやり広小路~ (2, 0.0%)

1 の方, を見た

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 がひろがっ, の薄い

▼ ぼんやり彷徨~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 にのこる, を見送っ

▼ ぼんやり心持~ (2, 0.0%)

1 が分る, は分る

▼ ぼんやり応接室~ (2, 0.0%)

1 にしばらく, に残り

▼ ぼんやり感じた~ (2, 0.0%)

1 だけで通りすぎた, 和一郎は

▼ ぼんやり感ぜられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て来る

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 れを

▼ ぼんやり探し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ ぼんやり控え~ (2, 0.0%)

1 ていた, て殿

▼ ぼんやり暗い~ (2, 0.0%)

1 空に, 部屋の

▼ ぼんやり曇っ~ (2, 0.0%)

1 たりします, ていた

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 に凭れ, の方

▼ ぼんやり武藏野~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を眺めました

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 のこと, を待っ

▼ ぼんやり残ってる~ (2, 0.0%)

1 だれかに, まま話し

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 と周子, の顔

▼ ぼんやり水の上~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を見降し

▼ ぼんやり水平線~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ぼんやり江戸~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ帰っ

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 のほう, を見

▼ ぼんやり河面~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を眺めやった

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の方, の面

▼ ぼんやり泥溝~ (2, 0.0%)

1 の水の上, の水面

▼ ぼんやり浮かび出~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐる

▼ ぼんやり浮き~ (2, 0.0%)

1 あが, だし

▼ ぼんやり浮き上らせ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ ぼんやり浮ぶ~ (2, 0.0%)

1 が低い, 若かった

▼ ぼんやり浸っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てぼんやり

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の船, の荷役

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 を眺め

▼ ぼんやり湯気~ (2, 0.0%)

1 に曇ります, の中

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 がさす, を引きます

▼ ぼんやり灯っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ぼんやり灰色~ (2, 0.0%)

1 にかすん, の霧

▼ ぼんやり点れた~ (2, 0.0%)

1 きりで, 電燈に

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ ぼんやり照らす~ (2, 0.0%)

1 だけだ, にすぎない

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 っている, る十燭

▼ ぼんやり独り~ (2, 0.0%)

1 になる, ゐた

▼ ぼんやり狭く暗い~ (2, 0.0%)

2 路地裏の

▼ ぼんやり玄関~ (2, 0.0%)

1 に見送った, へ出た

▼ ぼんやり現われた~ (2, 0.0%)

1 のは, 足許は

▼ ぼんやり発車~ (2, 0.0%)

2 の笛

▼ ぼんやり相手~ (2, 0.0%)

1 の顔, を眺め

▼ ぼんやり眺め続け~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐます

▼ ぼんやり睡り込ん~ (2, 0.0%)

1 でしまい, でしまひ

▼ ぼんやり知っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の空, の薄

▼ ぼんやり窓外~ (2, 0.0%)

1 の津軽平野, をながめ

▼ ぼんやり立ちあがる~ (2, 0.0%)

1 と黙, と黙っ

▼ ぼんやり立ちすくん~ (2, 0.0%)

1 でしまいました, でしまひました

▼ ぼんやり立ち止まっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, ては提げ

▼ ぼんやり立ってた~ (2, 0.0%)

1 が少し, の

▼ ぼんやり立どまり~ (2, 0.0%)

1 さうになつた, そうに

▼ ぼんやり考えた~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 何もかもみな相対的

▼ ぼんやり聞き~ (2, 0.0%)

1 ながら思わずそっと, 惚て

▼ ぼんやり聞き流し~ (2, 0.0%)

1 ていた, て土間

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 に抱き, の想

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の上, の小型

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の出, の船首

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 が流れ, をぼかし

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の花, を眺め

▼ ぼんやり萱葺~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ ぼんやり蕎麦屋~ (2, 0.0%)

2 の灯

▼ ぼんやり薄目~ (2, 0.0%)

1 をあい, をあけ

▼ ぼんやり行燈~ (2, 0.0%)

1 がともつ, を眺めやった

▼ ぼんやり見えてる~ (2, 0.0%)

1 きりで, ゴチック式の

▼ ぼんやり見え出し~ (2, 0.0%)

1 てきた, て歌声

▼ ぼんやり見おろした~ (2, 0.0%)

1 ことが, 薄明の

▼ ぼんやり見た~ (2, 0.0%)

1 だけだった, のです

▼ ぼんやり見上げる~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ ぼんやり見入っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ぼんやり見物~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ぼんやり見送り~ (2, 0.0%)

1 それからお, 私は

▼ ぼんやり解る~ (2, 0.0%)

1 やうな, ように

▼ ぼんやり認め~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 を投げ出し, を止めた

▼ ぼんやり足もと~ (2, 0.0%)

1 へ這, を見つめ

▼ ぼんやり追憶~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, に耽っ

▼ ぼんやり過し~ (2, 0.0%)

1 たりする, てしまった

▼ ぼんやり遠い~ (2, 0.0%)

1 川筋の, 所の

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 をのん, を飲ん

▼ ぼんやり釣ランプ~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 に頬杖

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 のそ, の傍

▼ ぼんやり門口~ (2, 0.0%)

1 に佇んだ, に立つ

▼ ぼんやり開け~ (2, 0.0%)

1 てその, て顔

▼ ぼんやり障子~ (2, 0.0%)

1 に映つ, の蔭

▼ ぼんやり雨音~ (2, 0.0%)

1 に耳, に聞き入っ

▼ ぼんやり電燈~ (2, 0.0%)

1 がつい, を眺め

▼ ぼんやり電車~ (2, 0.0%)

1 に揺られ, を一台

▼ ぼんやり霞んだ~ (2, 0.0%)

1 ものに, 虚空に

▼ ぼんやり青白い~ (2, 0.0%)

1 ばかり電燈, 野原の

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 に唸い

▼ ぼんやり飲ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でゐ

▼ ぼんやり黄金~ (2, 0.0%)

2 いろに

▼ ぼんやり黒い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 陰翳が

▼ ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 の穴, をぶらさげ

▼1* [858件]

ぼんやりあかりがつい, ぼんやりあぐらをかい, ぼんやりあけて何事, ぼんやりあげたお艶, ぼんやりあなたの前, ぼんやりあの頃の, ぼんやりありのままに在る, ぼんやりあることを, ぼんやりあるいている, ぼんやりうかんで來, ぼんやりうけながらストーブ, ぼんやりうすあかるくてそして, ぼんやりうつッて, ぼんやりうつけ者のよう, ぼんやりうつむいている, ぼんやりおちよのようす, ぼんやりおぼえてるあの時分, ぼんやりおもての方, ぼんやりおれを見る, ぼんやりお世話になってる, ぼんやりお前を見守, ぼんやりお嬢さんの頭, ぼんやりお客さんが飲みかけた, ぼんやりお母さんの顔, ぼんやりお鍋に両手, ぼんやりかうもし, ぼんやりかかってよく, ぼんやりかがやかせている, ぼんやりかごの戸, ぼんやりかすみはじめて雲, ぼんやりかすむ早池峰の, ぼんやりききながら山, ぼんやりきくとお前, ぼんやりくたびれもうけを, ぼんやりくっている, ぼんやりくもっていた, ぼんやりくらい藪の, ぼんやりけがのこと, ぼんやりけむってゐる, ぼんやりこうして考え込んで, ぼんやりここで気, ぼんやりこしかけてラウドスピーカア, ぼんやりこっちを振り返っ, ぼんやりことしていた, ぼんやりこめて夜, ぼんやりこれらの一団, ぼんやりこれら訪問客たちのため, ぼんやりこんな事を, ぼんやりごくごく遠い海, ぼんやりさう云つてゐました, ぼんやりさう云ってゐました, ぼんやりさきへ帰る, ぼんやりさし彼の, ぼんやりさした死骸の, ぼんやりしかけた渡瀬の, ぼんやりしかしそれが, ぼんやりしすぎて生れ, ぼんやりしたおどけた顔を, ぼんやりしたおどろきの色, ぼんやりしたかけ離れた心持で, ぼんやりしたはにかみを感じた, ぼんやりした与の公, ぼんやりした光りによって主人, ぼんやりした光りでその鈍く, ぼんやりした取りとめのない, ぼんやりした引き方し, ぼんやりしだいに消えゆく炎, ぼんやりしちまつたのよ, ぼんやりしてやがるんだ, ぼんやりしなくてはいけない, ぼんやりしゃがんで, ぼんやりしよるはよう飯, ぼんやりし出すのを, ぼんやりし始めるのだ, ぼんやりすさまじく光るなか, ぼんやりすらも分らない人, ぼんやりすわりこんでいました, ぼんやりせしが稍, ぼんやりせずにはおれぬ, ぼんやりそこらを見回し, ぼんやりそつちを, ぼんやりそのおかしな形の, ぼんやりその後に従いました, ぼんやりその後影を見送った, ぼんやりろひ, ぼんやりたずねますとじいさん, ぼんやりたたずんだままトックの, ぼんやりたって居る, ぼんやりたづねますと, ぼんやりたばこを吸う, ぼんやりだったという証明, ぼんやりちがう部屋に, ぼんやりつかまつてゐる, ぼんやりつけたトラックが, ぼんやりつぶやいている, ぼんやりつぼめて爺, ぼんやりてらしている, ぼんやりであったから篤学, ぼんやりでない限りの, ぼんやりという姿勢では, ぼんやりとかれの顔, ぼんやりとしてはひつて, ぼんやりとめんこのこと, ぼんやりともつて居た, ぼんやりとりとめなく乱れていた, ぼんやりどうしてるの, ぼんやりながめましたが, ぼんやりながらも見えて, ぼんやりなされて一日ぢ, ぼんやりなすっている, ぼんやりなすってるの, ぼんやりなにか考えこみながら, ぼんやりならんで咲い, ぼんやりなりにも言, ぼんやりなるような, ぼんやりなればしっかり, ぼんやりなんだよ, ぼんやりにじんだ墨絵の, ぼんやりにはわかるまいさ, ぼんやりぬれ縁ぎわにたたずみながらしきり, ぼんやりねえこの子, ぼんやりねと云って, ぼんやりのんきにし, ぼんやりひかっている, ぼんやりひねっている, ぼんやりひらめいていた, ぼんやりひろがって来た, ぼんやりふさぎこんでいる, ぼんやりふしぎだなあとおもってながめたなりすぎて, ぼんやりふところ手して, ぼんやりふわりとする, ぼんやりふんぞってもおれん, ぼんやりの白く, ぼんやりぼんやりでおけ, ぼんやりまえのほう, ぼんやりまつすぐに, ぼんやりていた, ぼんやりみえる赤いよだれかけ, ぼんやりみつめながら栄二, ぼんやりめくっていた, ぼんやりもとの土間, ぼんやりもののあたくし, ぼんやりやって来たのは, ぼんやりやつて來, ぼんやりやわらげた酢を, ぼんやりゆれながら走りました, ぼんやりわかつて來, ぼんやりわかりかけて来た, ぼんやりわきに向いてる, ぼんやりわれとわが, ぼんやりアンデルセンのコント, ぼんやりウイスキーを舐める, ぼんやりエミリアンと子豚, ぼんやりシルエットを浮き上らした, ぼんやりストウブに当っ, ぼんやりセーヌ河畔の釣客, ぼんやりダンスをみ, ぼんやりチュンセに云いました, ぼんやりツ子でない樣子, ぼんやりテーブルに顎, ぼんやりビイルを呑む, ぼんやりフィクションみたいにし, ぼんやりホテルの玄關, ぼんやりホームの長い, ぼんやりメイ子の姿, ぼんやりリリーの食べ, ぼんやりと所, ぼんやり一つの疑問, ぼんやり一つページを眺め, ぼんやり一ところに立っ, ぼんやり一二時間をすごし, ぼんやり一廻りしてから, ぼんやり一等船室の大広間, ぼんやり三人の後, ぼんやり三度往復して, ぼんやり上げてはい, ぼんやり上り口につっ立っ, ぼんやり上気した頬, ぼんやりの景色, ぼんやり下っている, ぼんやり下婢の様, ぼんやり両国の橋, ぼんやり中腰になっ, ぼんやり主人の命, ぼんやり乍らも感, ぼんやり乍ら道はついた, ぼんやり乞食とされ, ぼんやり飲み児, ぼんやり予覚し待って, ぼんやりに追われ, ぼんやり二三時間考えごとをし, ぼんやり二羽の梟, ぼんやり云い出されたその帰国, ぼんやり云われていた, ぼんやり五つばかりの提灯, ぼんやり五分刈の頭, ぼんやり井戸前の早, ぼんやりの海, ぼんやり人々の胸, ぼんやり人家の屋根, ぼんやり人形を眺め, ぼんやり人間らしい影が, ぼんやり人間性の発展, ぼんやり人顔が見える, ぼんやりまで見, ぼんやり他事を考え, ぼんやり仰向いて臥, ぼんやり休んでゐる, ぼんやりはって, ぼんやり伸子が抱い, ぼんやり佇ちつくしていた, ぼんやり佇っていた, ぼんやり佇立したまま森, ぼんやり何処かを見まもる, ぼんやり何處かを見詰め, ぼんやり保子の顔, ぼんやり俯き案じてゐれ, ぼんやりむで, ぼんやり停って足下, ぼんやり停つてゐる, ぼんやり停車場を出, ぼんやりに屈ん, ぼんやりにかけた, ぼんやり傾きか, ぼんやり傾けてクリストフ, ぼんやり働く人間の, ぼんやり働らいて, ぼんやりの椅子, ぼんやりが射し, ぼんやり光りらしいものが, ぼんやり入口に突っ, ぼんやり全く他の, ぼんやり公表された丈, ぼんやりれ等, ぼんやり其の葉書を, ぼんやり其事ばかりを考, ぼんやり其處に立つ, ぼんやり凡てのこと, ぼんやりりかかって, ぼんやり凭りかかつてゐる, ぼんやり凭れかかっていた, ぼんやり出ちまいますよ, ぼんやり分かり掛かつ, ぼんやり分かりますよ, ぼんやり分かるようであり, ぼんやり分ったくらいな, ぼんやり判って来, ぼんやりを抜い, ぼんやり動かなくなってしまっ, ぼんやり動きかけて, ぼんやり勝手口へ出, ぼんやりつて, ぼんやり匂わしてあった, ぼんやり包まれた百姓女の, ぼんやり半眼にふさい, ぼんやり半身をひからせ, ぼんやり卓子に肱, ぼんやりへすべっ, ぼんやり印象に遺っ, ぼんやり原っぱを見渡し, ぼんやり原子爆弾の話, ぼんやり厳粛だ, ぼんやり初めから, ぼんやり反対の方, ぼんやり反映する生死, ぼんやり受け答へを, ぼんやり受話器を耳, ぼんやり口笛を吹き吹き, ぼんやり古着屋の石松, ぼんやり台所に坐, ぼんやり右往左往に入れ乱れ, ぼんやり右手をながめ, ぼんやり同じことを, ぼんやり同士はま, ぼんやり同情とも困惑, ぼんやり向うを見, ぼんやり向かい合ってすわっ, ぼんやり向けられてることが, ぼんやりのこと, ぼんやり呆気に取られ, ぼんやり呑気に見, ぼんやり味わいを豫覚, ぼんやり覚まされるやう, ぼんやり嘉七の姿, ぼんやり土下座して, ぼんやり圭吾とだけ覚え, ぼんやり地上に立っ, ぼんやり地平線に卵色, ぼんやり地面を眺め, ぼんやり坐ってるだけというよう, ぼんやり坐つたきりにな, ぼんやり垣間見てるにすぎなかった, ぼんやり城中へ帰っ, ぼんやり塾生名簿を見, ぼんやり夕闇の路, ぼんやり夕雲を仰ぎ, ぼんやり外国文学の本, ぼんやり夜中に眼, ぼんやり夜明の空, ぼんやり夜空を赤く, ぼんやり夢みるような, ぼんやり夢見てるやうな, ぼんやり大きなポプラの, ぼんやり大空の雲, ぼんやり大門を出た, ぼんやり大風一過の気分, ぼんやりを仰いでる, ぼんやり天沼の家, ぼんやり太宰が芥川賞, ぼんやり失神したよう, ぼんやり奇麗な蚊帳, ぼんやりのかお, ぼんやり女達のお喋り, ぼんやり妻籠へ帰った, ぼんやりの食物, ぼんやり安全感がある, ぼんやり安楽椅子によりかかっ, ぼんやり定めていた, ぼんやり客俟の誰彼時, ぼんやり客待ちをし, ぼんやり客観的と云われ, ぼんやり寂しそうに, ぼんやり寂しくて離れ, ぼんやりころんで, ぼんやり寝そべつてゐる, ぼんやり寝床の中, ぼんやり寝転んでいる, ぼんやりしい心持, ぼんやり対座して, ぼんやり対象とし, ぼんやり将軍家のお, ぼんやり對手の顏, ぼんやり小半日過した此方, ぼんやり小屋の前, ぼんやり小石川の方, ぼんやり尾根をすべっ, ぼんやり馴染めないもの, ぼんやり居残っていた, ぼんやり居間の縁側, ぼんやり屈んでいる, ぼんやり屈托して, ぼんやり屈託して, ぼんやり山田を見つめ, ぼんやり山門に立っ, ぼんやり岐阜提灯の赤い, ぼんやり川波を見まもっ, ぼんやり左手に持ちかえ, ぼんやり差している, ぼんやり帰つて来たりなどした愛すべき, ぼんやり帰らうとしか, ぼんやり帰りかけると町外れ, ぼんやり帰る奴は, ぼんやり帰宅した和泉屋, ぼんやり平気になった, ぼんやり幸子の従兄, ぼんやり幻影の様, ぼんやり幽霊のよう, ぼんやり広い庭を, ぼんやり広間に立っ, ぼんやり床の間や天井, ぼんやり店頭に彳, ぼんやり座敷へ戻っ, ぼんやり庭先などを眺め, ぼんやり廊下を照らし, ぼんやり引つくり返つ, ぼんやり引上げて行った, ぼんやり引幕をながめ, ぼんやり当てもなし, ぼんやり彼らを眺めた, ぼんやり彼女等を見送つ, ぼんやり彼女達を見た, ぼんやり往来ばたへ, ぼんやり待ってるという精神, ぼんやり後ろを向い, ぼんやり後影を目送, ぼんやり従いて歩いた, ぼんやり漫遊の, ぼんやり御殿の方, ぼんやり微笑み合っていた, ぼんやり忘れてしまう, ぼんやりへた, ぼんやり念頭に浮ぶ, ぼんやりれて, ぼんやりに沈ん, ぼんやり思いついた時彼の, ぼんやり思い出しますが今, ぼんやり思い出すのが, ぼんやり思い出せぬ思い出を, ぼんやり思い出せるような, ぼんやり思い耽ってることが, ぼんやり思い起している, ぼんやり思うだけで, ぼんやり思ひあててゐた, ぼんやりしいあすこ, ぼんやり怪しんでゐる, ぼんやり息苦しい生活の, ぼんやり惣七を見おろし, ぼんやり惨酷さを, ぼんやりひ出しましたわ, ぼんやり想い出してわが子, ぼんやり感じますところでは, ぼんやり感じられ視野の, ぼんやり感じることさえ, ぼんやり感ぜられるものが, ぼんやり感づいていた, ぼんやり感情を現し, ぼんやり憤りに満ち, ぼんやりい起すこと, ぼんやり懐手をし, ぼんやり我家へ帰っ, ぼんやりの外, ぼんやり戸外を見あげ, ぼんやり戸惑つてゐる, ぼんやり戻つてくる, ぼんやり扇形の模様, ぼんやり手前などは畳, ぼんやり手摺から身体, ぼんやり手燭にぼやけ, ぼんやり手綱を握った, ぼんやり拡大した輪廓, ぼんやり挨拶した, ぼんやり振り返った時の, ぼんやり掴めるような, ぼんやり描かれてる血に, ぼんやり描き出された町の, ぼんやり改札口を見, ぼんやり放心して, ぼんやり故郷に帰還, ぼんやり敏子のこと, ぼんやり散歩をし, ぼんやり数えていた, ぼんやり数寄屋へ帰っ, ぼんやり敷いて, ぼんやり敷石の上, ぼんやり新聞の活字, ぼんやりの疲れ, ぼんやり旗太郎を瞶め, ぼんやり日向に寢そべつ, ぼんやり日向ぼつこをし, ぼんやり日本橋の上, ぼんやり早稲の穂, ぼんやりのついてる, ぼんやり明け近い暈, ぼんやり明りがさして, ぼんやり明るんで見える, ぼんやり明神下の錢形平次, ぼんやり易者の顔, ぼんやりを見, ぼんやり映し出していた, ぼんやり映ったところは, ぼんやり映ってるだけである, ぼんやり昨日からのこと, ぼんやり時代の付いた, ぼんやり晴耕雨読などといふ生活, ぼんやり晴耕雨讀などといふ生活, ぼんやり暖炉の上, ぼんやりの中, ぼんやり暮したわけで, ぼんやり暮したくなったのだ, ぼんやり暮れ残ってそこら, ぼんやり曇った静かな, ぼんやり曇る窓の, ぼんやり曇んだ空に, ぼんやり書斎に引籠, ぼんやり望まれるように, ぼんやり望んでいた, ぼんやり朝歸りを, ぼんやり朝歸つて來るといふ, ぼんやりの肌, ぼんやり木兎のやう, ぼんやりの顔, ぼんやり村田の顔, ぼんやりを重ねた, ぼんやり東京の街, ぼんやり板戸の戸口, ぼんやり林町の宿, ぼんやり染めてるほのかな, ぼんやりにもたれ, ぼんやり柱暦を眺め, ぼんやりからノート, ぼんやりの老木, ぼんやり校門を出た, ぼんやり格子に額, ぼんやり格子口に立っ, ぼんやりをながめ, ぼんやり極めて単純な, ぼんやり楽屋へ帰っ, ぼんやり樂隊を眺め, ぼんやりのかげ, ぼんやり橋桁にもたれた, ぼんやり欄干を突っつき, ぼんやり欄杆にもたれ, ぼんやり止りましたがたちまち, ぼんやり止り木にとまつ, ぼんやり此んなこと, ぼんやり此方を眺め, ぼんやり此様子を見, ぼんやり武田さんのこと, ぼんやり歩きまわって夜, ぼんやり歩き出している, ぼんやり歩き続けて銘仙, ぼんやり歩くことも, ぼんやり歸つたと聽, ぼんやり歸つて行つたらう, ぼんやり残り何を, ぼんやり毎日家を出, ぼんやり気がついて見る, ぼんやり気づいたとき彼の, ぼんやり気イつき出して, ぼんやり気付いてはいた, ぼんやりを眺め, ぼんやりの縁, ぼんやり池一つへだてて, ぼんやり池田屋に戻, ぼんやり河岸縁に蹲ん, ぼんやりかぶ, ぼんやりの戯れ, ぼんやり注いでい, ぼんやり洞ろな眼差し, ぼんやり浮いた月の, ぼんやり浮かびあがったほうたいまきの頭は, ぼんやり浮かぬ顔を, ぼんやり浮かび上った端正な, ぼんやり浮かんで来る, ぼんやり浮き上がっている, ぼんやり浮き上っている, ぼんやり浮き出させながら次, ぼんやり浮き出たように, ぼんやり浮びだしている, ぼんやり浮び出して来た, ぼんやり浮べてゐた, ぼんやり浮んだところの, ぼんやり浮上らせて, ぼんやり浮立つコラム市停車場の, ぼんやり海辺へやつ, ぼんやり浸り込んでいた, ぼんやり消え残っている, ぼんやり淋しさう, ぼんやり淵辺伊賀守は西, ぼんやり清岡の顔, ぼんやり渡つて來たの, ぼんやり湖面を眺めやった, ぼんやり湯氣の中, ぼんやり溜め息をつい, ぼんやり滝壺のかたわら, ぼんやり漁師の頭, ぼんやり漂つてゐる總, ぼんやり潜んでいた, ぼんやりの水, ぼんやり火鉢の中, ぼんやり烟草を吹かし始めた, ぼんやり無意味な善良, ぼんやり焼けた薪の, ぼんやり焼跡に立っ, ぼんやり煙つてゐるの, ぼんやり照すのでした, ぼんやり照らされたその長, ぼんやり照らしてるばかりで, ぼんやり照るのが, ぼんやり燃えるような, ぼんやり燐光をだす, ぼんやり片手をかけた, ぼんやり片隅に立つ, ぼんやりのす, ぼんやり物案じにふける, ぼんやり物象を見つめ, ぼんやり狐火を眺め, ぼんやりを見, ぼんやり玄関前の舗道, ぼんやり玉目トキが酒肴, ぼんやり玉雄の顔, ぼんやり甘えた気持で, ぼんやり生えてゐる, ぼんやり生きている, ぼんやり甲府市の炎上, ぼんやりを退屈, ぼんやりの方, ぼんやり町会の名, ぼんやり画面を見上げた, ぼんやり畏敬して, ぼんやりに寝そべっ, ぼんやりが浮ぶ, ぼんやり疲れて散歩, ぼんやり疲れたように, ぼんやり病院のベッド, ぼんやり痛く感じながら, ぼんやり痩せて行く, ぼんやり癈人みたいな生活, ぼんやり發車の笛, ぼんやり白いまるいものが, ぼんやり白かったん, ぼんやり白けた廣がりが, ぼんやり白みかけて来, ぼんやりの話, ぼんやりを見下し, ぼんやり目前に浮かび上がっ, ぼんやり目送して, ぼんやり盲目窓のよう, ぼんやり向うに, ぼんやり眠たげに, ぼんやり眠っていた, ぼんやりに映る, ぼんやり眺めさせられるような, ぼんやり眺めてるうちに, ぼんやり眺め歩いたりなに, ぼんやり知つてゐる, ぼんやり知らずに過す, ぼんやり知られていた, ぼんやり知れていた, ぼんやり石炭庫の前, ぼんやりの上, ぼんやり硝子に映っ, ぼんやり硝子窓の外, ぼんやりくひろがっ, ぼんやり私達の恰好, ぼんやり秋日和の庭, ぼんやり種々なこと, ぼんやりの種類, ぼんやり突ッ立ッていた, ぼんやり突ツ立つて, ぼんやり窓際に立つた, ぼんやり立たしましたお姿, ぼんやり立ちくらして, ぼんやり立ちつくした予は, ぼんやり立ちどまっている, ぼんやり立ち止つてゐた, ぼんやり立ち竦み禹徳淳は, ぼんやり立ち続けています, ぼんやり立っとるか, ぼんやり立つたままエレーヌの, ぼんやり立つてたが少し, ぼんやり立並んでいた, ぼんやり立止つて物を見詰め, ぼんやり竜宮から離れた, ぼんやりんで坐つ, ぼんやり笑っていた, ぼんやり笑顔をしよう, ぼんやり笠井氏の蛮声, ぼんやり答えたぎり窓の, ぼんやり答えますとたちまち, ぼんやり箪笥にもたれ, ぼんやり籐椅子に凭れ, ぼんやり籠っている, ぼんやり紅絹裏をはね退けた, ぼんやりが白けた, ぼんやり細君のよそ行着, ぼんやり網膜へうつし, ぼんやりいろである, ぼんやり緑色に烟っ, ぼんやりに坐つ, ぼんやり織り込まれている, ぼんやり繰りかえしている仕, ぼんやり繰り返して見るべき, ぼんやり繰返すのだ, ぼんやり纏わっていた, ぼんやり置炬燵に当り, ぼんやり羽蟲のお祈り, ぼんやり翳り長い廊下, ぼんやり道士の, ぼんやり老人を見た, ぼんやり考えこんだように, ぼんやり考えついた定義と, ぼんやり考え事に耽っ, ぼんやり考え耽ったりした, ぼんやり考え耽ってる竜子の, ぼんやり考え込みながら神棚, ぼんやり考え込むことが, ぼんやり考え込んでるとお, ぼんやり考へるともなく, ぼんやり考へ耽つてゐた, ぼんやりも力, ぼんやり聞いたようだ, ぼんやり聞いてるうちに, ぼんやり聞えはする, ぼんやり聞えるのと, ぼんやり聞きほれていた, ぼんやり聞き流すものも, ぼんやり聞き知っている, ぼんやり聞くともなし, ぼんやり聞こえるのは, ぼんやり聳えている, ぼんやり肱掛椅子に凭, ぼんやり育って来た, ぼんやりをぶらぶら, ぼんやり腕組してた, ぼんやり腕組みをし, ぼんやり腰掛にすわっ, ぼんやりを見せ, ぼんやり膨らまして輪廓, ぼんやり臆病窓の外, ぼんやり自動電話の箱, ぼんやり自宅に帰った, ぼんやり自家の門, ぼんやり致してふるえおる, ぼんやり致しましてご, ぼんやり致し居り候いしかどようやく, ぼんやり舞蹈を眺め, ぼんやり船中の雑音, ぼんやり花畑を眺め, ぼんやり松屋惣七を, ぼんやり苦笑を浮べた, ぼんやり荒寥とひろがり, ぼんやり菅原と周, ぼんやり落している, ぼんやり落ちている, ぼんやり蒲団の裾, ぼんやり蓮鉢を見守る, ぼんやり蓼科山の方, ぼんやり薄笑いをもらし, ぼんやり虚脱されて, ぼんやりをきい, ぼんやりを追い, ぼんやり蛋白彩のまた, ぼんやり蝋燭の光, ぼんやり蝙蝠の翼, ぼんやり行つてみたいんですの, ぼんやり街路を歩いてる, ぼんやり表通りを眺め, ぼんやり見えまして花, ぼんやり見えるだらうが兎, ぼんやり見せていた, ぼんやり見せられるなんてやりきれない, ぼんやり見つめはじめるのであつ, ぼんやり見つめると澄子, ぼんやり見てるきりで, ぼんやり見て取っていた, ぼんやり見まわしていました, ぼんやり見上げた彼の, ぼんやり見上げてる彼女に, ぼんやり見下してゐた, ぼんやり見下ろしていた, ぼんやり見分けられてその, ぼんやり見回しながらこういう, ぼんやり見守るきりだった, ぼんやり見廻はつて, ぼんやり見廻したがまた, ぼんやり見廻すと先刻, ぼんやり見惚れている, ぼんやり見据えて太い, ぼんやり見渡していた, ぼんやり見直してゐた, ぼんやり見較べながら子供, ぼんやり見返つてゐた, ぼんやり見返した眼に, ぼんやり見返すと, ぼんやり見過ごしたりする, ぼんやり見開いていた, ぼんやり見開いてる黒目に, ぼんやり覗いていた, ぼんやりき出す, ぼんやりてゐる, ぼんやり解く方が, ぼんやり言い付けられた実験を, ぼんやり計算をし, ぼんやり詰めかけてる人形が, ぼんやり話してすむ, ぼんやり話しただけだった, ぼんやり認めることが, ぼんやり語っている, ぼんやり読みあさるより外, ぼんやり読経を聞い, ぼんやり起ち上がろうとする, ぼんやり踞ったものが, ぼんやりんでゐる, ぼんやり蹲つてゐる老婆, ぼんやり身動もしない, ぼんやり身動きもせず佇っ, ぼんやり車外の景色, ぼんやり車寄せを照らし, ぼんやり車窓の景色, ぼんやり軒下に立っ, ぼんやりっている, ぼんやり輝いている, ぼんやり輪廓をぼかし, ぼんやり辿りながら新蔵, ぼんやり近寄って来, ぼんやりつてゐる, ぼんやり透いて見える, ぼんやり途中に立ち止まっ, ぼんやり這入り込んで来た, ぼんやり通じていた, ぼんやり通り過ぎかけて, ぼんやり遊ばして, ぼんやり遊ばせてゐる, ぼんやり遊んでいる, ぼんやり運動会を見, ぼんやり過ぎたか知らん, ぼんやり過ぎましたらある日戸口, ぼんやり過ごしたりする, ぼんやり過してるうちに, ぼんやりをながめ, ぼんやり道ばたに屈み込みました, ぼんやり道江が何, ぼんやり道行く人々を, ぼんやり遠い悲しさを, ぼんやり部屋中を見廻し, ぼんやり酒場の前, ぼんやり酒瓶を取り上げる, ぼんやり重なっていた, ぼんやり野面を眺め, ぼんやり金ぴかのバルコン, ぼんやり鉤すさみ鉤貧乏鉤愁苦の鉤, ぼんやりや薔薇, ぼんやり長い旅から, ぼんやり長生きさせたいからな, ぼんやり門前をながめ, ぼんやり閉じこもっていた, ぼんやり開かれていた, ぼんやり開きながら眺めた, ぼんやり開きかけてはまた, ぼんやり間抜顔である, ぼんやり降りて来, ぼんやり陳述して, ぼんやり隊長の室, ぼんやりの火影, ぼんやり集まって倦怠そう, ぼんやり雑然とだが, ぼんやり雑誌をめくっ, ぼんやり雨脚を眺め, ぼんやりの中, ぼんやり雪舟まがいの山水, ぼんやり電気の光, ぼんやり電球を眺め, ぼんやり電話口に立つ, ぼんやりを隔て, ぼんやりのかかった, ぼんやり青っぽい灯の, ぼんやり青みがかった雲の, ぼんやり青白くなって, ぼんやり青空を眺め, ぼんやり靠れかかりながら私, ぼんやり響いてくる, ぼんやりをめく, ぼんやりにうかべた, ぼんやり頬づえをついた儘半日も何, ぼんやり頭脳に入った, ぼんやり頼ってきた, ぼんやりを擧げます, ぼんやり去って, ぼんやり食事をし, ぼんやり食堂にはいり込ん, ぼんやり飲み込まれるそれらの, ぼんやり飾窓の前, ぼんやり香水の小さい, ぼんやり馬車の前, ぼんやり驚きの感情, ぼんやり鬱ぎこんでいる, ぼんやりを奪, ぼんやり黄いろく光る魚油灯, ぼんやり黄いろくってその, ぼんやり黄ばらをけぶす, ぼんやり黄ばんでいる, ぼんやり黄色に見える, ぼんやり黒ずんで立った, ぼんやり黒門を出, ぼんやり黙礼しながら, ぼんやり鼠色して, ぼんやり龍宮から離れた