青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「べし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

へ~ へた~ ~へる へる~ ~へん へん~ べからざる~ べき~ べきで~ べく~
べし~
べつ~ べつに~ ぺん~ ~ほ ほ~ ~ほう ほう~ ~ほか ほか~ ~ほし

「べし~」 4455, 43ppm, 2703位

▼ べし~ (1781, 40.0%)

61 いえども 29 云ふ 21 いふ 19 いう 14 なり, 雖も 12 云に 11 ある, いへども 9 せば 8 いって, 信ず, 書いて 7 いうので, いふに, いふの, 思はる, 教へ

6 [11件] 云ば, 云を, 信じて, 信ずるなり, 存じ候, 思う, 思ふ, 申けれ, 申しければ, 答へ, 言った

5 いうに, いふこと, 云うの, 存候, 思ひきや, 申ける, 言って, 言ひ

4 いうが, いうと, 主張する, 思えば, 有て, 有に, 申故, 説いて, 論じて

3 [29件] あって, あり, あるが, あれば, いいて, いえば, いえり, いひつ, いひぬ, なして, なす, 主張し, 主張した, 云にぞ, 云れ, 信じたりき, 信ずるもの, 心に, 思います, 思ひて, 思へば, 思へり, 曰ふ, 有けれ, 申に, 申候, 答ふ, 言へば, 言れ

2 [104件] ありければ, ありしは, あるに, いいあるいは, いいこの, いうて, いはれき, いひければ, いひしかど, いひしが, いひて, いふ論, いへるも, おほせ, かねてしる, す, する, するか, するの, するは, するもの, なると, 云々, 云う, 云うので, 云えるは, 云けれ, 云って, 云ひ, 云ひけれ, 云ひつ, 云へば, 云れしか, 人々の, 何か, 信じたり, 信ずるか, 信ずれども, 信ぜしならむ, 信ぜら, 信ぜり, 出づ, 勸めける, 又, 告げた, 命じた, 命じて, 夫より, 存じます, 存じられ候, 存ずる, 宣へ, 心を, 忠告する, 思いしが, 思うが, 思って, 思はるれど, 思ひ夫, 思ふ勿, 思わる, 想ひ, 是より, 書いても, 有しか, 有しかば, 有ば, 歎きしは, 氣づかひ, 決意し, 爲す, 申さる, 申されけるに, 申にぞ, 申を, 申付られ, 申渡し又, 申渡せば, 白す, 私は, 称して, 種々に, 立上る, 答へて, 約束した, 約束したる, 考ふる, 聞く, 自ら信ずる, 自ら期し, 虚空に, 規定する, 覺悟を, 言うて, 言うの, 言えり, 言ふ, 詞を, 誓ひ, 語られき, 謂は, 買つてでた, 迫る, 頓て

1 [1084件 抜粋] あえて自, あった, あったと, ありしも, あります, あるいかにも, あると, あるわ, いいければ, いいし時, いいたいところ, いいつけて, いい一同王, いい玉, いい諸侯, いうごとき予報, いうべきか, いえるは, いえるを, いえる道衍, いきまく者, いはれけり, いはれぬ, いひ其説明, いひ合, いひ捨夫, いひ表, いふので, いふや, いふ事, いへり己, いへるとき, いわく国歌を, いわばこれ日本国, いわんか, おおよそその, おぼしくて, おもは, お光殿, お常長兵衞, お花にも, かつ諌め, こういう風, この書簡, ご布告, さびしさ迫る, さも横柄, しかれども人, したの, しばし見入り, すすめ宮廷, するに, する現実派, すれば, せむか, そう云い捨て, そっと小, その夜, その計, だれにも, となえる人, なしその, なしたの, なし膺懲, なすもの, なす議論, ならば, なりまことに, なり且兄上, また誰, やがてその, よき人, ダンビラを, モオゼの, 一々證據, 一同揃ひ, 一決した, 一般に予想, 三家を, 下役手代黒崎又, 下男善助に, 丹下が, 主唱する, 主税之, 九州筋遊歴の, 乞ひた, 予想する, 予言す, 事を, 二十兩の, 云々連, 云い奉行町野左近将監繁仍, 云うこと, 云う事, 云う急電, 云う結論, 云えば, 云し, 云せけれ, 云ったところが, 云ったやり方, 云つ, 云て, 云はれけれ, 云ひぬ, 云へ, 云る, 云れけれ, 云人あり, 云付られ, 云口も, 云渡しけれ, 云爾, 云置立去し, 京大津の, 人の, 以の, 仰せければ, 仰せられ伝兵衛諸国, 仰せ出された御, 仰出されました, 仰渡されけり依て, 伊賀亮は, 何やら申, 依て, 信じこれ, 信じての, 信じ之, 信じ無, 信じ西方, 信ずるが, 信ずるをもって, 信ずる者, 修理とも, 做し, 偵の, 傍若無人しきりに, 傳吉を, 僞言を, 先の, 入らざる智慧, 兩人は, 公言する, 其の筆記, 其夜近所合壁の, 其翌日三人玄柳方へぞ, 内々覚悟, 内命有りし, 再び宮部善祥坊, 出て, 制したまいしかば, 前後無しの, 勅諚で, 勧む, 勧めたので, 勧めら, 印綬を, 厚く諭されし, 参考までに, 友は, 友次郎は, 取次の, 叫んだ, 可愛や, 各議員, 同夜有志多く, 名誉を, 吩附け, 告ぐれども, 告げたという, 呶鳴った, 命じすなわち, 命じるが, 命じ皆一所, 命じ躬, 命ぜられ後方部隊, 命令し, 唱えたと, 唱道した, 善六は, 嘲笑ひ, 四人打連立て, 基督の, 夜着を, 大叫, 大言吐けり, 契約し, 姑も, 婆は, 存じなお, 存じ上げ候, 存じ翌朝麻布, 存ずるなり, 存ぜられます, 官から, 定まった訳, 定まれば, 定めた, 定めたの, 定め役場, 宣いぬ, 宣し, 宣伝する, 宣給ふ, 密奏す, 察せらる, 專ら取沙汰致候程の, 尋ねけれ共, 小生は, 差紙に, 希望仕, 師君へ, 平蜘, 弱りたる気, 強ふる, 役人へ, 彼は, 待ちかねて, 後より, 御意なされ, 御沙汰あらせられた, 心にと, 心付き足, 心掛け候処, 念じた, 念じつつ, 思いきや, 思いしなり, 思いて, 思いよくよく, 思い極め申し, 思い盤石, 思い読むに, 思うとき, 思うに, 思うよう, 思えるところ, 思ったか, 思つたのは, 思つて居る, 思はれたり, 思はれぬ境, 思ひき, 思ひしかば, 思ひし機, 思ひたりき, 思ひつ, 思ひての, 思ひの, 思ひを, 思ひ内心, 思ひ定めても, 思ひ或, 思ひ翌日, 思ひ詰め, 思ふこそ, 思ふな, 思ふに, 思ふ儘, 思ふ程, 思へど, 思へばこそ, 思わば, 思われる, 思われる鉄色, 思慮し, 思案せし, 思為せざる, 急度申渡し, 悉く夜, 情ある, 惟うに一天神来り, 想ひぬ, 想定され, 愈和寇襲来, 感じたん, 憤激する, 懷中より, 我に, 我頬を, 或時黄金丸, 承るに, 拙者をも, 控へ, 推測し, 推量した, 提議し, 撻たんやうにも, 教えた, 教えて, 教えられ夜明け, 教え公館, 教ゆ, 断ぜられたるは, 断定する, 旅館へは, 日数を, 早くも, 早速お, 早速金子, 明示ある, 是を, 暫時涙に, 書いた, 書き添, 曹操は, 最忠實, 有りける故に, 有り又, 期して, 期待し, 期待せし, 村役人より, 案内する, 楽居候, 止め候, 此やうの, 歸氣色は, 母の, 気負い立って, 江戸下向の, 決定し, 決定致しました, 決心した, 決心する, 法律で, 深く詩, 深切の, 渡すに, 澄見, 炭櫃火桶の, 為せし貫一, 然れ, 爲さば吾人は, 爲すなり, 物々しい誓い, 猶怠り, 申さるれども, 申され扨又利兵衞, 申しつかって, 申しました, 申し渡しければ, 申すこと, 申せば, 申ゆゑ夫より, 申上らる, 申付けしかば, 申付られける, 申付られしか, 申含けれ, 申渡さる, 申渡されけり, 申渡されければ, 申渡され一同, 申渡され内記殿, 申渡され皆, 申渡しけるを, 申渡して, 申渡し彼紀州, 申渡すを, 申立ける, 申置きし, 申聞け, 申送りしを, 留めけれ共, 疑ふ人, 病痿け, 皆, 目星を, 相談仕, 相談茲に, 知って, 知らば, 示し合されければ, 祝うて, 神告ありし, 称されるの, 称せらる, 竊かに, 立上りし, 竹馬の, 笑ひ興ず, 答えた, 答えぬ, 箒木を, 約せり, 約束され, 約束せし, 細々御, 終に敢, 纔に, 罵りければ, 義貞の, 考うる, 考えつき或, 考えら, 考え始めたの, 考へ, 考へたもの, 聞いたとき, 聞いて, 聞き居たり, 聞けり, 聞ゆ, 胸には, 腹を, 自ら信じ, 自ら戒める, 自信も, 舌を, 茶の湯客の, 荘子を, 董卓の, 被仰, 裏面から, 見え, 見ゆ, 覚悟し, 親しき中, 親父が, 解して, 解釋し, 言いおわらざるに, 言いましたがな, 言い張った, 言い結んで, 言ける, 言ったこと, 言ったので, 言った弁信法師, 言った獅奇怪, 言っとく, 言つてゐる, 言に, 言ひわたされぬ, 言ふとい, 言る, 言わなければ, 言われたから, 言われた時代, 言わんや, 言付ければ, 言付られ, 言又, 言渡されたり, 言葉を, 許されしにより, 詔を以て, 評定一決し, 評議一決しける, 詛ふたが, 詫入る, 詰りしに, 誇る, 認めし證文, 認め送れり頃, 誓へる, 語られけり, 語りて, 語るうち下座敷, 説いたが, 説いた現に, 説かれたれば, 説く, 説けども, 論じたそう, 論ぜられたるが, 論決せられ, 諾われなお, 謂ふ, 謙信公から, 豫期し, 責を, 身に, 辯舌利口を以て, 返答し, 迫りたるが, 述べて, 通牒し, 逼られ, 道の, 達しられしかば, 酒を, 里人の, 重四郎, 金沢表へ, 門外に, 雖かくする, 雖ども其形式内容共に, 雖ども多数の, 雖トルストイ伯の, 雖御, 雖極めて, 雖職として, 青年は, 頷き, 頻りに責付, 顏色いと, 飽く迄誇り叫び曰, 驚裡胆を

▼ べしとの~ (189, 4.2%)

11 事なり 5 ことである, ことなり, 事なれ 4 事に 3 ことに, 事により 2 ことで, ことにて, 上意なり, 下知心得ました, 事で, 命令を, 夢想を, 御意にて, 言葉に

1 [135件] うわさ一時は, ことだった, ことは, ことゆゑ治助は, たまは, たまひき, 一令を, 上意, 上意で, 上意に, 上意にて, 主人家厳が, 予期は, 事, 事である, 事なりと, 事につき, 事にて, 事を, 事室香に, 事故に, 事故三人の, 事故然, 事故餠屋の, 令でござる, 仰せごとの, 仰せなりと, 仰せを, 仰に, 使が, 信仰ありし, 儀なりと, 内議も, 判断を, 助言である, 勅にまで, 勧めに, 勧めにより, 占いありし, 原理に, 厳令な, 厳命を, 口上なり, 各位の, 命令だ, 回答が, 大命である, 大真理, 宣告の, 家訓は, 将軍家の, 巧みにて, 強硬意見が, 御事ニ候, 御差紙, 御心, 御意なれ, 御意に, 御教書を, 御決意, 御約束, 御親書さ, 心である, 恐ろしさ, 恩命に, 想像から, 想像は, 意で, 意なり, 意なりと, 意に, 意により, 意味にて, 意味を, 感を, 戒を, 戒歟, 推, 朝命と, 条件の, 来書なり, 機を, 次第は, 歌評を, 法を, 注意を, 物語り有りければ, 疑ひを, 盟を, 目的あら, 知らせに, 神, 約束, 約束を, 給ひ, 給ふ, 義なり, 考えが, 考にて, 胸算にて, 臆測より, 見解から, 見込あら, 規定から, 覚悟さえ, 観念は, 言で, 言葉にて, 評あり, 詞の, 誓紙を, 説を, 論も, 論派と, 警告, 議出づ, 議論が, 議論盛なりし, 議題が, 豫言ありしか, 貴電, 趣きを, 趣意であった, 趣意である, 趣意は, 返翰, 迷信より, 通達は, 連想による, 達しに, 遺書に, 遺言なれ, 頼みありき頼まれ, 願を, 風聞は

▼ べしという~ (163, 3.7%)

8 ような 5 ことを 4 のであった, のである 3 ことに, た 2 ことが, ことであった, のが, のだ, のは, 事に, 命令が, 意見が, 言葉は, 議論が

1 [116件] お示し, お説, ことです, ことには, ことにも, ことは, ご禁令, ご秘命, たが, なり, のっぴきならぬ, のでありました, のと, のも, むずかしい家憲, ものあり, ゆえんである, わけさ, わけだろう, わけには, んです, テーゼは, ビラを, 一札を, 一派の, 一種の, 主張が, 主張と, 主義で, 予告したあります, 予定の, 予言は, 五ヵ条の, 仏様が, 令を, 伝承の, 伝統的の, 信仰が, 公命が, 内命が, 内達を, 冠者鐘を, 原則に, 厳命でござる, 厳命を, 古伝あり, 命令は, 命令を, 喜んで, 天皇が, 如き民, 宣単が, 局長の, 差紙が, 形だ, 彼への, 御布令書, 徳川幕府の, 意からの, 意味である, 意味では, 意味の, 意気込みで, 意見, 感じが, 感じを, 指令を, 指定を, 推論は, 教が, 教訓を, 新しい白箋, 新聞社の, 方針に, 明示なく, 有司以て, 条件を, 栗田翁の, 歌が, 沙汰である, 準則を, 点に, 王すなわち, 理想は, 理由を, 由, 確かりした, 神と, 種類の, 空気は, 筋書通りの, 箇条は, 範を, 約束の, 結論であった, 考えに, 者あり, 者とが, 虎も, 見解を, 規則が, 規則は, 規定が, 規約が, 言葉とは, 訓戒を, 詔が, 評判だ, 誓紙を, 説である, 説も, 請願事件も, 諺も, 譫言である, 讃, 電報が

▼ べしとて~ (152, 3.4%)

2 導きしには, 褒美に

1 [148件] ある日幼児, かの小学校, これを, そこに, その一部分, その代金, その後は, その方, その身, ついにこの, つく, まづ東京横濱兩市, もっぱら儒者, わが驚きうろ, 一七日の, 一緒に, 三人一同に, 中を, 之を, 二重に, 人々車を, 人ご, 人夫を, 今京ニ, 仕え奉る, 仕へ, 以前の, 伴ひし, 伴建部夫婦の, 佐竹方や, 何分承知, 余の, 余らと, 來る, 便所に, 借馬引, 僅の, 先づ激しく, 先に, 先年建武新政の, 兩人は, 其儘に, 其手配りに, 其足にて, 再び切符, 出立たんと, 別れたり, 勢州田丸街道へ, 十三四なる, 印符を, 厚く禮, 厩に, 厳しく戒めたる, 吉平をも, 名札を, 吾助, 呼び出され如何, 嘉川一件の, 因て, 国許より, 城内二の丸の, 夜おかけて, 大いに恐れ, 大なる, 夫より, 夫れ, 夫婦は, 奧へ, 奧座敷を, 妻と, 学識の, 學生を, 岡山の, 己が, 引き返す, 弥よ, 役人は, 彼の, 後藤は, 御手元金百兩を, 御暇, 心落付かず, 心覚の, 心配の, 怒りける, 思うまま, 思案の, 悉く詩曰, 悠然と控, 懐中より, 懷中に, 或旅籠屋, 手元金として, 拷問甚だ, 探らせると, 数万の, 新なる, 旅装の, 暫時の, 暫時仲間に, 更に別, 月番の, 東枕を, 次の間へ, 此旅館の, 江の島へと, 渠は, 湯屋の, 澁, 煎藥, 燭を, 牛頭人身の, 狂歌まで, 狼を, 猫一疋を, 猶賑, 獨り, 申上たれ, 番人を, 痛くその, 目録など, 直樣一人, 真黒なる, 知つて知らぬ, 禁錮し, 立出しが, 翌日より, 聚沫中に, 肩の, 自ら水を, 自暴自棄する, 自酌, 與力二人を, 船中の, 船室に, 艶色桃花の, 行くに, 西の, 記て, 調べると, 近江守を, 連歸り, 進みゆき水澤村, 野干, 長兵衞, 靜かに, 願書を, 駕し

▼ べしとは~ (88, 2.0%)

3 夢にも, 思われない 2 今の

1 [80件] いかにし, おそらくはいかなる, かつて磯山ら, かねて丞相, かねて明示, かねて知られ, かねて覺悟せり, この藤吉郎, これより, しらつゆの, すでに爾, そのさい, つや, まさに配剤, わが道徳的観念, わたくしの, われ信ぜず, 七八十に, 云へ, 何人も, 余が, 信ぜざれども, 信ぜねば, 吾輩の, 唯天, 多くの, 多數, 夢にも想い到る, 夢にも知ず, 如何にもあり得まじき, 姫の, 子供の, 将軍家の, 山陽が, 当時の, 彼自身だに, 後年を, 思はざるなり, 思はむや, 思はれず, 思はれぬ, 思ひきや, 思ひけれども, 思ひたれど, 思ひ掛けざりしなり, 思わず, 思わでありし, 思われず, 思われねど, 思われません, 想いも, 想はね, 想わざりしに, 想われず, 我人倶に, 断ずる能はず, 昔から, 昼の, 曾て, 望んで, 期しながら, 期せざりしも, 東照権現様御, 殆ど世界, 毫しも, 決して予, 申しながら, 神が, 聖書の, 虎を, 覚えず, 覚えねば, 親たちは, 言いながら, 言わず英国, 詔を, 豫期せなかつた, 負惜, 遺言し, 青年今さらの

▼ べしとも~ (62, 1.4%)

2 思はれず, 見えない, 見えなかった, 見えなかったの, 見えませんでした

1 [52件] いうの, おぼえず, おぼえず優, おぼへず, おもえず, つけ加えた, なく続い, 云ひます, 分らない, 定めぬ旅路, 当世小説の, 怖るべし, 思いぬ, 思い出せず工夫, 思えず神尾, 思えず見れば, 思えない自殺室, 思って, 思はれずやがて, 思はれないの, 思はれぬこの, 思はれません, 思へなかつたの, 思われず一時人心, 思われず其実, 思われず綸, 思われないの, 思われぬを, 思われぬ長広舌, 思召さず, 測られず, 知らぬに, 知らぬ旅路, 知られず, 知れず信濃, 細かいところ, 見えず, 見えないの, 見えない時分, 見えない歓楽, 見えない気しき, 見えぬという, 見えぬほどの, 見えぬ学才, 見えねども, 覚えざりしに, 覚えず, 覚えずす, 覚えねど, 覚えません, 覺え, 許すべからずとも

▼ べし~ (59, 1.3%)

22 れども 6 すれば 5 らば 3 れど, れば 2 るを

1 [18件] ども三人寄時, ども桃青, ど御城代, ど御浪人, ながら捨置, に東西雲焼, ばお, ば兩三年, もその, もなき, らざれ, り丹青家, り寛容, り須らく, 有時は, 樣に, 樣の, 樣決心を

▼ べしといふ~ (40, 0.9%)

1 [40件] この憐憫, それ自体浅はかなる, ふれも, ほかは, 事外国の, 伊賀亮は, 劉知幾の, 即ちその, 取次の, 吉兵衞大いに, 吉兵衞始め, 命令書を, 嚴しい, 妄信を, 委しくは, 希望を, 役人請取改むる, 御神託, 御諭示, 惠みの光なり, 意ぞ, 意味に, 意味の, 意見を, 条項も, 氣運が, 水差是を, 決意を, 異説多し, 目的も, 考は, 考へに, 處置も, 虚僞の, 談理も, 論者である, 議論, 議論は, 途方も, 達しが

▼ べし~ (28, 0.6%)

4 れは

1 [24件] いかで, が泣く, に力, の今日貧, の胃, の貧, はこの, はその, は今, は再び, は千住板橋, は彼, は忝, は罪人, またこれ, も仲間帳面, れはきの, れ夢さら戀, 今こ, 何ぞわが国, 又致方有, 又高田, 取持, 已に

▼ べしなど~ (27, 0.6%)

2 奨る

1 [25件] あやにくなる, いうは, いふ人も, いふ噂, いふ所に, いふ約束, これを, はなしの, または当時, 一旦存立, 今より, 入らぬ心配, 古人も, 国中に, 嬉しき事, 定めたり, 宣言した, 後進を, 思いける, 思ひたるは, 思ひぬ, 涙と共に, 真に一場, 若き女, 言へる

▼ べしこの~ (24, 0.5%)

1 [24件] かきつけそむく人, ために, ふしぎな, 事は, 事王の, 二つの, 二人は, 儀は, 八万六百円の, 声や, 夜の, 夜助かった捕, 夜半の, 天使の, 子己れ, 戎の, 故に, 水の, 法は, 点においては, 界隈に, 英国船中の, 金あら, 非凡な

▼ べしその~ (23, 0.5%)

1 [23件] うちに, 一疋は, 下から, 内には, 名札は, 国陣を, 姿は, 強き情願われ, 技法は, 日暮しの, 時の, 時人, 時党与, 時無二の, 時速やかに, 水みなアペンニノを, 涙を, 渇の, 節には, 結果妻は, 行爲に, 費用の, 黒き髮

▼ べし~ (23, 0.5%)

1 [23件] が先立ち, と我, につけ是, のお, の三保の松原, の印鑑, の天井, の手猛火, の掌中, の文, の最愛, の本地, の神威, はうなずい, はか, はイタリア, は安政四年六月, は實, は日々我, は法便, は波, れにも, れ蕪村歿後数年

▼ べし~ (21, 0.5%)

3 三公己れ, 事なく, 否や

1 [12件] おん身の, なんと言っ, 今夜は, 何卒公儀, 否やを, 吾子といへ, 夢, 学院の, 忍ばれん, 我も, 方今目撃する, 言も

▼ べしされど~ (19, 0.4%)

1 [19件] おん身等を, かく固き, たと, まづそ, もし, も此処, も秀郷, オテルロの, 人に, 再びこれ, 刑罰は, 城中に, 我は, 或ひ, 極めて難解, 汝等わが, 渦中に, 見よ日, 車に

▼ べし~ (18, 0.4%)

2 その玉, やきめし, 書状よむ

1 [12件] ヴァンニの, 今迄, 其許に, 友次郎事も, 友次郎樣へも, 向うにて, 幾度駈, 日高國沙流郡沙流川の, 本島各地の, 此上何成共相應の, 此金子は, 男子ばかりか

▼ べし~ (18, 0.4%)

1 [18件] が脚, が述べたる, この宝, に道, のくら, の傍, の渡る, の眼, は如何, は心, は我と, は既に, は第, も正に, 原食腸寛大, 同じく之, 奪ひたる, 知るイエス

▼ べし~ (18, 0.4%)

13 して 2 うして 1 かも募集, してか, も遂に

▼ べし~ (17, 0.4%)

3 にし 2 から歸

1 [12件] から帰る, すこし捕, は唯, より以後吾, を距, 假り, 左に, 此芸術比翼塚は, 歳は, 爰に, 疾病に, 薫ゆる

▼ べしこれ~ (16, 0.4%)

2 は大

1 [14件] かりそめ, が当世, に実権, はひとり, は生殖作用, より行路, をめでたし, を仏性, を子規子, を止むる, を知らし, を錬, 老齡, 見よおそ

▼ べしそれ~ (15, 0.3%)

2 もまた

1 [13件] から一向, が自分, だけでたくさん, だのに, でいい, にこツ恥かしく, につけ, は裏宿, も道理雪, も韓柳, や親戚づきあい, よりイギリス, を二人

▼ べしまた~ (14, 0.3%)

1 [14件] こ, これを, 人に, 今既に, 内より, 商業国と, 幸いに, 廃幕家に, 此等の, 疾病なき, 行わざるべからざる, 見ざるべし, 願はくは, 食わざるも

▼ べし~ (14, 0.3%)

2 に付

1 [12件] と共に御所刑, なりとて容易, に今, に引替此伊豆守, のみ成ず, よりも今宵, れをも, を相, 迄の證據, 迄は八山御旅館, 迄は其方, 迄は大切

▼ べし~ (14, 0.3%)

2 を見たる

1 [12件] のみ心, の時, は其方, は則, は水呑村百姓一件江戸表, までの如く, も其頃, より家内, れによりてこそ, れ間道, を出さずん, 迄の通り村中

▼ べしとい~ (13, 0.3%)

12 へり 1 はるる

▼ べし~ (12, 0.3%)

1 [12件] 命に, 奉行樣の, 奉行樣今は, 心安く思し召さるべし, 怨恨も, 慈悲に, 憤は, 本陣へ, 聞なされよ, 覽ぜ, 證據の, 養生候て

▼ べし尤も~ (10, 0.2%)

1 安田は, 我差せる, 我等は, 掘出せし器物, 改めて猶申渡すで有う, 此金は, 護謨同様に, 跡月よりの, 道中の, 道中警固の

▼ べしとして~ (9, 0.2%)

1 あやしまぬに, ありますよ, あろうこと, 互に反抗気勢, 今日は, 十年ほど, 怪しまぬに, 懇切に, 越後に

▼ べしなどと~ (9, 0.2%)

2 わざわざ公方 1 した壁書, 云ひ, 心の, 批評し, 書いて, 論ずるの, 速断し

▼ べしわが~ (9, 0.2%)

1 いふごとく, ために, 心彼を, 心懈, 愆は, 愛する如く世, 筆の, 隣人ヴィターリアーノこ, 齡の

▼ べしとか~ (8, 0.2%)

1 がた, 云う森成さん, 仕事や, 何とか改め, 単なる衣住, 極端な, 贅沢な, 金談縁談凶など

▼ べし~ (8, 0.2%)

2 は吠えず 1 の住み捨てた, の体方, の外套, は人, を押分, を食う

▼ べし~ (8, 0.2%)

1 が他界, とて正, はエスパニア, は不幸, は批評, は竊, は譲後鴻, 豈巣林子

▼ べし~ (8, 0.2%)

2 第一 1 づこれを, づ飮み, にもいう, 渠等は, 藤五郎殿さへ, 行くと

▼ べし~ (8, 0.2%)

3 の事 2 の代 1 には公事出入, には斯, に相識

▼ べし~ (7, 0.2%)

1 そるべしと, そるべしとして, ほいなる, ほ神, 愼み, 手お, 梅に

▼ べしここ~ (7, 0.2%)

2 より遠から, を越ゆ 1 な鼠, の庶民, を超

▼ べしさらば~ (7, 0.2%)

1 この後, 五ヶ年過て, 來らむ, 噂さも, 夢路に, 彼は, 時とともに

▼ べしとお~ (7, 0.2%)

2 もひ 1 もひき, もひぬ, もひ量り, もふ, もへる

▼ べし~ (7, 0.2%)

1 その皮, と諸, 叫びを, 声が, 布告が, 火で, 言を

▼ べし~ (7, 0.2%)

1 に加, れ毎会, を公, を打つ, を照ら, を白, を直

▼ べしいざ~ (6, 0.1%)

1 と敷居, 子ども露に, 我が濟勝, 掘れほらんとて, 耳を, 船に

▼ べしかく~ (6, 0.1%)

1 あるべからずと, てトロイア城中, て將來, て衆人, 云うべしかく, 考えるべしと

▼ べしじゃ~ (6, 0.1%)

4 ないか 1 あまり消極的, 家主吾助は

▼ べし~ (6, 0.1%)

1 が上, は如何なる, は新し, は汝, は胸, を知り

▼ べしただ~ (6, 0.1%)

1 わが言うべき, われ宇都宮時雄の, 一言, 二郎この, 遺憾なる, 願わくは上人

▼ べし~ (6, 0.1%)

1 いるが, くれました, すすめるがら, ふ願慾, 女が, 居るところ

▼ べしとまで~ (6, 0.1%)

1 主張した, 云うて, 仰せられた, 勧めたり, 思うよう, 極言する

▼ べし其の~ (6, 0.1%)

1 中には, 中雜記の, 力を, 掟に, 方も, 死骸に

▼ べし~ (6, 0.1%)

2 くおも, くその, 記して

▼ べし若し~ (6, 0.1%)

1 ここに, さうなら, 人の, 御家來に, 慾情に, 沼の

▼ べしあはれ~ (5, 0.1%)

3 可笑しと 1 なるは, 果敢なき塵塚

▼ べしさて~ (5, 0.1%)

1 も気の毒, も浮世, も笑止, も笑止彼, 枕橋を

▼ べしといった~ (5, 0.1%)

1 のである, 後まず, 才人は, 方を, 調子で

▼ べしもし~ (5, 0.1%)

1 のちに, 匍匐膝行遅延する, 女房無き, 実在の, 求むべからずんば

▼ べし今日~ (5, 0.1%)

2 の命 1 の経済社会かく, は先, までは思ひ

▼ べし~ (5, 0.1%)

1 にもせよ, のこ, は兎, も柔順, を苦しん

▼ べし~ (5, 0.1%)

2 しながら 1 し目, ながら將軍, ながら御

▼ べし如何~ (5, 0.1%)

2 して 1 はせん, 樣に, 致したれば

▼ べし~ (5, 0.1%)

1 のよう, の石炭, の秘密, をた, をまつるべし

▼ べし彼等~ (5, 0.1%)

1 の誰, は巨人, は斯, は現在, より先

▼ べし必ず~ (5, 0.1%)

1 思し召違, 悟られるなと, 町奉行の, 短気に, 饑饉が

▼ べし~ (5, 0.1%)

1 て烟草, また我, もゆかし, も享保十一午年九月廿日, も笑止

▼ べし~ (5, 0.1%)

2 の如き 1 てこそ予, て越前守, れば

▼ べし~ (5, 0.1%)

1 は即ち, も取寄, を味, を慎, を慎めない

▼ べしああ~ (4, 0.1%)

1 いかにし, かれ戰禍, 恵ある, 猖獗や

▼ べし~ (4, 0.1%)

31 やない

▼ べしとぞ~ (4, 0.1%)

1 おぼえさ, 天平頃の, 掟てられ, 示しける

▼ べしわれ~ (4, 0.1%)

1 その甘き, とわが身, の手, 又生

▼ べし~ (4, 0.1%)

2 みなへ 1 熱叫した, 諸君は

▼ べし~ (4, 0.1%)

1 が免, が切腹, が眼力, は更に

▼ べし人間~ (4, 0.1%)

1 である, の万事唯一, の力, の多数

▼ べし但し~ (4, 0.1%)

1 此の, 異説多し, 證せらる, 開廷の

▼ べし何と~ (4, 0.1%)

4 なれば

▼ べし我等~ (4, 0.1%)

2 この度 1 は遠く, は隱居

▼ べし故に~ (4, 0.1%)

1 予は, 和は, 碑文以外の, 竜子の

▼ べし更に~ (4, 0.1%)

1 一手は, 一等を, 彼らも, 甞て

▼ べし~ (4, 0.1%)

1 は侯, は将軍, は貴, 事は

▼ べし~ (4, 0.1%)

1 一の, 一皮相の, 一長者は, 二の

▼ べし~ (4, 0.1%)

3 は論 1 白く妍

▼ べし~ (4, 0.1%)

1 も下, 不承知なら, 年季に, 此娘の

▼ べしお前~ (3, 0.1%)

3 の父さん

▼ べしかの~ (3, 0.1%)

1 山鳩来る, 野猪その, 魂笑ひ

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 はわが, は兩大師, は彼

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 すれば, はれうつそ身, 下らない名誉

▼ べしとさえ~ (3, 0.1%)

2 考えら 1 望みを

▼ べしましてや~ (3, 0.1%)

2 その方 1 闇に

▼ べしもと~ (3, 0.1%)

3 は檀家

▼ べしやと~ (3, 0.1%)

1 この春, 問ふ, 過来しかた

▼ べしアキルリュウス~ (3, 0.1%)

1 が敵王, の眼, の陣營

▼ べし一人~ (3, 0.1%)

1 の道中, も殘ら, を菩薩

▼ べし上杉~ (3, 0.1%)

3 のお

▼ べし不思議~ (3, 0.1%)

1 というも愚か, に縁, の因縁

▼ べし云々~ (3, 0.1%)

2 とある 1 とてその

▼ べし井戸~ (3, 0.1%)

3 がはに手

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 の人, の善し, の説

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 て全欧, て汝, て洋燈

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 だ割愁, 処女に, 狸の

▼ べし何事~ (3, 0.1%)

3 も辛棒

▼ べし信如~ (3, 0.1%)

2 は斯 1 はかかる

▼ べし其内~ (3, 0.1%)

1 には伊豆守參上, には屹度, に紀州表

▼ べし其方~ (3, 0.1%)

1 が心付, は病氣, も相違

▼ べし其間~ (3, 0.1%)

1 には江戸表, は何, 必ず

▼ べし即ち~ (3, 0.1%)

1 人心服せん, 凡て翅と, 第二章

▼ べし去年~ (3, 0.1%)

3 あひたる

▼ べし四月~ (3, 0.1%)

2 の十五日歸國 1 の十五日帰国

▼ べし~ (3, 0.1%)

2 は寄せ 1 は人並

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 ならずとも, に修養, 歡喜

▼ べし天下~ (3, 0.1%)

1 のため, の大, 普く其の

▼ べし家内~ (3, 0.1%)

1 にてすら火桶, の者共屹度穿鑿, を見れ

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 ほ此事, 又存寄有, 神に

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 は老, 少きとき男子, 若くし

▼ べし我が~ (3, 0.1%)

1 信に, 流儀を, 軍に

▼ べし所がら是非~ (3, 0.1%)

3 もなや昨日河岸店

▼ べし拙者~ (3, 0.1%)

1 が八五郎殿, は町醫村井長庵, も是

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 の首, は逃れ, を折伏

▼ べし暫く~ (3, 0.1%)

1 御控, 忍びがたき, 控へ

▼ べし横町組~ (3, 0.1%)

3 と自ら

▼ べし殊に~ (3, 0.1%)

1 アイヌは, 大金を, 女の

▼ べし決して~ (3, 0.1%)

1 咎むべ, 御不自由, 怒を

▼ べし~ (3, 0.1%)

3 ひに

▼ べし~ (3, 0.1%)

1 には様々, の力, は汝

▼ べし~ (3, 0.1%)

3 にやつれたれ

▼ べしあなた~ (2, 0.0%)

1 にも心掛けたまえ, もやはり

▼ べしあるいは~ (2, 0.0%)

1 その足, 政府に

▼ べしいそぎのつかひなればゆくぞとて~ (2, 0.0%)

2 おろしおきたる荷物

▼ べしいわんや~ (2, 0.0%)

1 この肉体, 平生の

▼ べしかくして~ (2, 0.0%)

1 官能ま, 淑女の

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ごとく需要, 二百六十通従来通りで

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ふもアウレリア, ふも洗濯

▼ べしさては~ (2, 0.0%)

1 五月蠅しと, 人心の

▼ べしさも~ (2, 0.0%)

1 なくば, 気楽に

▼ べししかし~ (2, 0.0%)

1 それには, 強がるべからず

▼ べししかも~ (2, 0.0%)

1 夜に, 我なほトロイアの

▼ べしすなわち~ (2, 0.0%)

1 夫の, 汝憂愁を

▼ べしづくし~ (2, 0.0%)

1 で泣面, の成果

▼ べしというは~ (2, 0.0%)

1 女子より, 朝野の

▼ べしとかいう~ (2, 0.0%)

1 程の, 考えは

▼ べしとしても~ (2, 0.0%)

1 呻き苦しむ患者, 姉までが

▼ べしとても~ (2, 0.0%)

1 このままここ, 御国の

▼ べしなし~ (2, 0.0%)

2 立ちも

▼ べしなんて~ (2, 0.0%)

1 いつも弟子たち, そんなあなた

▼ べしなんど~ (2, 0.0%)

1 思ひつ, 触れ回るという

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 何人の, 進むべしで進みなさいと

▼ べしはやく~ (2, 0.0%)

2 打やぶり

▼ べしよく~ (2, 0.0%)

1 仕了せなば, 考ふべし

▼ べしアカイア軍~ (2, 0.0%)

1 の主, の首領

▼ べしシテ~ (2, 0.0%)

1 其の金高, 又其方

▼ べし一旦~ (2, 0.0%)

1 太くその, 彼の

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 埓至極の, 道を

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 の所謂神学, の飼主注意

▼ べし世界~ (2, 0.0%)

1 の識者, はほ

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 に, に君

▼ べし二十歳以下~ (2, 0.0%)

2 の青年

▼ べし今ひとさらづゝ豆~ (2, 0.0%)

2 の粉

▼ べし今夜~ (2, 0.0%)

1 などは火事場, の会

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 の程度

▼ べし何とて~ (2, 0.0%)

1 敵を, 詮なき

▼ べし何卒~ (2, 0.0%)

1 今宵の, 御助け下さる

▼ べし何方~ (2, 0.0%)

1 にもあれ, に候

▼ べし俗世~ (2, 0.0%)

1 をし, を済度

▼ べし傳吉~ (2, 0.0%)

1 が叔母, は身

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 が, と自分

▼ べし其上~ (2, 0.0%)

1 にて同人, は自力

▼ べし其不思議~ (2, 0.0%)

2 なるは

▼ べし千年~ (2, 0.0%)

1 の後, の精

▼ べし口惜しいくやしい口惜しい口惜しい~ (2, 0.0%)

2 長吉め文次め丑松めなぜ

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 へゆ佐夜気久於比弖来, ゆ清けく

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 だ書册, 我に

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 もまた, 失はば

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 お新殿, な彼女

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 は鰻, ふ酒

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 を的, を言

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 授一人の, 身一つの

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ては以後音信不通, て兩人

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 に報, の元気

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 その翼, は善人

▼ べし夜叉~ (2, 0.0%)

2 の怪

▼ べし大方~ (2, 0.0%)

1 皆盜, 諸彦の

▼ べし太儀~ (2, 0.0%)

1 ながら諸所, なりと申渡され

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 とすべし

▼ べし女子~ (2, 0.0%)

2 たらば

▼ べし如何にも~ (2, 0.0%)

1 受申さんとの, 御無念

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 して

▼ べし子もと~ (2, 0.0%)

2 より詩

▼ べし実に~ (2, 0.0%)

1 一日当り三合で, 鼻持の

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 んする

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 に巖, に斯樣

▼ べし尊むべ~ (2, 0.0%)

2

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 するほどの

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 れば, 候えば

▼ べし左樣~ (2, 0.0%)

1 に輕, の事

▼ べし巴峡~ (2, 0.0%)

2 のさけび

▼ べし巴峽~ (2, 0.0%)

2 のさけび

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ならざる者, のなゐ

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ひこの, ひ海軍

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ち女郎, て藻岩

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 七引負は, 吉は

▼ べし後日證據~ (2, 0.0%)

1 の爲め我等身, の爲我等身

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 るべき女怪メズサ, るべし

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 ある堕落

▼ べし或は~ (2, 0.0%)

1 彼ら嶮要の, 扣ゆる

▼ べし政府~ (2, 0.0%)

1 は秩序安寧, も日本

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 ふべし

▼ べし既に~ (2, 0.0%)

1 之を, 駈込訴訟

▼ べし早々~ (2, 0.0%)

1 急げと, 是へ

▼ べし早う~ (2, 0.0%)

2 根岸へ

▼ べし早速~ (2, 0.0%)

1 宿元より, 種植えせよ

▼ べし明玉砕破内~ (2, 0.0%)

2 に白玉

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 に長, は陰暦

▼ べし未だ~ (2, 0.0%)

1 公儀より, 甚だしく體力

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 の母, は容易

▼ べし此上~ (2, 0.0%)

1 にも申爭, の處御心

▼ べし此儀如何~ (2, 0.0%)

1 と述, 有んと

▼ べし此方~ (2, 0.0%)

1 へ入, よりこそ願

▼ べし此界隈~ (2, 0.0%)

2 に若い衆

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 りて, るや

▼ べし殊更~ (2, 0.0%)

1 其方は, 娘お

▼ べし江戸~ (2, 0.0%)

1 にてはいかに, へ下り

▼ べし法律~ (2, 0.0%)

1 こそは守るべき, に照

▼ べし浪花~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 に忠義, へ二分

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ながら引入れる, に草

▼ べし物言~ (2, 0.0%)

1 ひの, ひ打

▼ べし生命~ (2, 0.0%)

1 が惜しい, は彼

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 るべし此児, 無く心

▼ べし発表~ (2, 0.0%)

2 は容易

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 の前, をおおうべし

▼ べし糞臭~ (2, 0.0%)

1 堪うべ, 堪ゆべからずと

▼ べし自分~ (2, 0.0%)

1 は今可, 自から

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 にも思ふ, のかた

▼ べし花紅~ (2, 0.0%)

2 なり喜悦

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 わが軛, を握れる

▼ べし蕪村~ (2, 0.0%)

2 の眼中

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 も割るべし, 多き所

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 とも言うべし, の破れる

▼ べし読者~ (2, 0.0%)

1 かの紀州, の寛容

▼ べし越前~ (2, 0.0%)

1 には少, を書院

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 はせ, を取ず

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 ては五萬石以上, て呼出す

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 を欺く, 消えて

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 と人心, のみかその

▼ べし~ (2, 0.0%)

1 に稻葉, は必ず

▼ べし骨董~ (2, 0.0%)

2 を捻くる

▼ べし骨董好き~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ べし~ (2, 0.0%)

2 なくし

▼1* [902件]

べしあくまたちは赤斑, べしあくまでも人を, べしあつき日には, べしあの立派な, べしあはれジヤンネツテならまし, べしある説に, べしあゝら尊し, べしいささかも飾気, べしいつかは必ず, べしいまだ独立の, べしいわゆる国民的政治とは, べしうまい酒は, べしええ親方は, べしおそらく塵芥とても, べしおそろしき事かななど, べしおのれもまた, べしおれが遊ぶ, べしお待ち申す, べしハハハと, べしかねがねの細やか, べしかねてその方工事, べしかれいかに質屋, べしぐらゐに想像せらる, べしげんなりしちま, べしこそ夜空は, べしことさらにまいる, べしことに親しく左右, べしこの我が訓を, べしこれラチオの者, べしこれ不合理である, べしこれ俗人の好まざる, べしこれ僞りの, べしこれ技工をもっ, べしこれ豫め見ゆる矢, べしさきの階, べしさても消ぬべし, べしさもなければ通俗作家たれ, べしさりとては是, べししまらくをたぎる, べしじゃがあのお松, べしすべてはヂュウス, べしすべて草木の善惡, べしせっかく急ぐべけれども, べしそこの営内, べしそこばくの獻本, べしそれ以上を求める, べしそんな行為は, べしたといこれを, べしために其身相応, べしちょっとした心の, べしっていわれてるん, べしてはいなかった, べしとある神好ま, べしというもやや理, べしといふのみなり, べしといふのみにてどなたの, べしといふは是れ, べしといふもありけり, べしとかくは好み, べしとかや近くは, べしとく時機の, べしとだけアナウンスする, べしとにはあらず, べしとねがひつつ, べしとのみありて, べしとばかりでどうしても, べしともすれば彼は, べしなぞと意気込んでね, べしなぞ仮りて喫, べしなぞ語合ひたる後, べしなどという漢語さえ, べしなどとも大言を, べしなほ又是非, べしなんぞその失望, べしなんど迷ひには, べし少しも, べしねがはくは, べしはじめよりしりぞけ, べしひとり鳴きても, べしふかく悲嘆すべし, べし駅, べしづ, べしまことに稀代な, べしまさにこの時刻東京大本営, べしまずの意, べしまたは快癒の, べしみずから風ひかぬが, べしむといふ語は元来, べしめざらんに如かず, べしもうホレタハレタでは, べしもちろん芭蕉蕪村に, べしやというような, べしゆえに神は, べしゆっくりと待たれよ, べしよくよく手当し, べしよし今日よりは, べしよって予は, べしよろしく早く去り, べしれいの羽左, べしわたくしも神, べしわれら鄙吝の, べしわれマカオーンを認め, べしゑゝ親方は情, べしアルコールとして飲むべからず, べしアルプスの嶮, べしイーリオン聖なる都城, べしイーリオン陷落なさん曉, べしオヂュシュウス聰明神に似たる, べしカエサルが政權, べしキリストは法王, べしコメデイ或は鬼神, べしコレ若衆氣を慥, べしシヨウチユウよさよなら, べしシヨウチユウジンなどはのむべ, べしジッと眸, べしダンテは太陽, べしダーウィンは猴, べしトロイアの, べしトロイア城と城中, べしトロイア陣中に, べしトンチの遺物, べしナニ話に来る, べしハチクの花, べしビセンツォの流る, べしビールはあ, べしファルムスを襲撃, べしフランスの治下, べしヤヨ氣の毒, べしラアブこのうち, べしローマの寺院, べしヲイお菊, べしヴェネージアの貨幣, べしの罪, べし一たび人のこ, べし一つならば, べし一やうに労働服, べし一休の禅, べし一個の事實, べし一兩日中には吉三郎, べし一切の諸, べし一切万事わが意, べし一厘にてもむだ, べし一句に拘泥, べし一夫憤りを, べし一家の文明, べし一尾の親, べし一挙して, べし一片の, べし一見致したしと, べし一身の文明, べし一輛の戰車, べし丁抹語にて書かれ, べしなる數, べし七日の間, べし万人のため, べし万民は法, べし三十ばかりなる, べし三十一日もやっ, べし三十年前亜米利加のペルリ, べし三味も同じ, べし三束釣れば, べしの御, べし上内庫中において遍, べし上帝はそれぞれ, べし不便の次第, べし不如意の事, べし不急の土木, べし不時の災難, べしその人品, べし且らく吾が學變, べし且世上に対すべし, べし且旅籠屋清兵衞は入用何程, べし且此種の批評充分, べし世に最も憫察すべき, べし世上に山師, べし世人は幽, べし世間は我等, べし兄曰く果し, べし両国橋にさ, べし主税之助, べし久しき途絶えを, べし久能城の下, べしに及ばず, べしくさい伊那丸, べし乳酸菌を利用, べし予て其方工事仰せつけられたき, べしを分て頼む, べし事急なるとき, べし事態はその, べし二人の子供, べし二人連か御前樣, べし二合をよし, べし二郎には悲しき, べしふとこ, べし五七年も過, べし五形の枕, べし五重の塔岡巒にかたより, べしからん跡, べし京城の内外陰時常, べし京師空虚なり良将, べし人気罕なる所, べし人知を発達, べし今や故郷に, べし今わが論ずる, べし今一寢入するにより, べし今一度此文を進げ, べし今宵の心, べし今日自学自修の必要, べし今月幾日に死する, べして余, べし仏祖の児孫, べし仕事だってこの, べし他人の事, べし他人はいふに及ばず, べし仙術太郎と喧嘩次郎兵衛, べし以上進駐軍からの命令, べし以後の仁, べし以来はお, べし仰せ畏り, べし伊賀亮殿御太儀ながら御, べし伊賀守吉近は式部, べしへ云, べし低きに從つて細かりき, べしまる事, べし体温はかるべしべしべしづくし, べし何かと心遣ひいたさせ, べし何ぞ極印にても, べし何とぞ暫しの苦悶, べし何れにも師父, べし何卒先樣へ御, べし何卒暫しの苦悶, べし何心なき二人, べし何物も隱, べし何道にも一, べし作者の彼, べし併此事屹度九助が殺したる, べし併此以後は三人, べし併貴方には江戸表不案内, べしりし後, べしを作る, べし保険には入るべし, べし信心怠りなく勤め, べしも源八, べし備前および紀州, べしりならずと, べし先々御刀, べし先々心置なく寛, べし先々此金子は御, べし先刻越後者の由, べし先名乘出る時, べし先夫れ迄は, べし先平石の口上, べし先生には能くも, べし先頭に立ち, べしに角十勝アイヌ, べしすなわち母, べし全く金子を, べし兩刀を帶, べし兩方全き, べし八重が一心, べし其上憑司は私, べし其世の光, べし其代りに汝, べし其土地の塩, べし其地面人手に渡, べし其外の品, べし其外小袖合羽の類, べし其女を引捕, べし其妻の其方, べし其市之丞殿, べし其方出家致すからは, べし其時御尋, べし其時市之丞殿持參致されたる金子, べし其時雪三决然とせし, べし其段拙者共より方丈, べし其火を爰, べし其百兩の金子, べし其答が胡亂, べし其節見苦敷振舞, べし其者は何所, べし其者ひとり王たらむ, べし其處には鳳來寺行乘合自動車, べし其言に從, べし其身はよろず, べし再び是を, べしに亦, べし况んや手近, べし出家のこと, べし刊行の工事, べし初めて見る今年, べし別して地獄谷の, べし利慾よりならず, べしち尚武任侠, べし剋殺を憚, べし前後際断即今に徹すべし, べし前途望多しと, べし剛勇みづから恃め, べしの続, べしりたるのち病, べし勇士の心, べしに誇れる, べし勝利は尊ぶべし, べしるも, べしまる, べし包み隱さば屹度拷問申付んと申されけれ, べし匹夫もその, べし十一人の証人全部, べし十万トンの怪物, べし十萬騎今日は西海, べし千円の身代, べしなる威, べし南海にいた, べし博物館なる櫻井香雲氏, べし博識に依る, べしは藤原氏, べし厚み二糎もある, べし又次の歌, べしを恋, べし双方ともに学問, べし古語にも遠き, べし古跡と云, べし古風なること, べし只今承ま, べし只今上州大間々に御, べし只今彼方にて承, べし可憐の燕朝近く, べし史料中の多, べし右七十兩相濟次第四郎右衞門は相, べし吁汝詩論をなす, べし吉三郎は當時旅籠屋, べし吉原町始りし, べし吉川町には両国餅, べし時代にても, べし同じきしやで, べし同氏の東蝦夷日誌, べしつて右の, べし君らと余, べし周瑜も魯粛, べし周道如砥とかや言, べし味方は十分の勝利, べし唯願はくは上人, べし善き悪しき後つぶさなり, べし喧嘩の戻り, べし嗚呼涙香君は, べし四十余人の後家, べし四弘誓願を忘, べしより韓非, べし国民も亦, べしに對, べし國書をもたらす, べし土手八町もうち, べし在家より非, べし地一六・三八にいづる, べし地上外にまた, べし地税を減ずべし, べし士籍擲つべし国, べし外套だけ被っ, べし夜雨已に身病, べしさめて, べし大きに御苦勞, べし大丸の事務所, べし大兵の男, べし大出氏は心理, べし大切の, べし大姉樣や小, べし大学に所謂一家仁, べし大抵が五十年, べし大正十二年の震災, べし大海を, べし大石内藏助は其身放蕩, べし大磯鎌倉は始め, べし大隅心遣ひ無用, べしつ日, べし天保十四年寅年の初冬於鶯谷庵かき, べし天理人情を害する, べし太西洋の面, べし夫さへ云, べし夫共お梅, べし夫婦の者改名, べし夫婦家に居, べし奇兵隊の名, べしは助け, べし女将軍の一丈青, べしず此, べし妹富こと小夜衣儀は同人伯父村井長庵, べし姫小松御前の池, べし姿むくつけく器量世, べし威厳をも傷, べしのうしろざま, べし婆羅門が火天, べし媒妁の妻, べしにも行かん, べししかるべし愉快, べし孔明のうしろ, べしならん, べし孤独よろこぶべし, べし孤独彼を思う, べしにつかざる, べし學校に對, べし宗教家は法, べし官員の仲間, べし官海に身, べし定めて勞れ, べしなり海, べし宜しく申し傳, べし宜しくみだりに自ら菲薄し, べし実母へも孫, べし宮の腰に八幡宮, べしに入る, べし家督は悴, べし寒くなきよう支度, べし寒山子の如く, べし寛大のこの, べし寝室の桜, べし實行はひと, べしするほどの, べし将軍の若, べし尋常ならば, べし對面せんとの仰, べし赤倉には, べし小僧の尻, べし小僧人の入り, べし小石川御屋形, べし少々手間取ても, べし少女二人のこれ, べしとも此度, べしては先生, べしの害, べし山中に地獄谷, べし山河よ越, べし屹度申渡すべき筋, べし岩見はいつの間にか, べしのあたり雲荐, べし工水名城も保つべからず, べしを省みるべし, べし帝国議会の一員, べし帝政論派のただ時, べし帝炳文の敗, べし帝金陵の諸, べし帰路は各人, べしかなる, べし幸いにこの, べし弟彦四郎は此地, べしに立, べし彼らはみな昨日, べし彼從は, べし彼是の軍兵三千騎, べし彼等戰鬪の休み, べし彼隱亡彌十, べしは久しき, べし待人来るべし, べし待人來るべし, べし待構へたり扨又長八, べし後方百メートルのところ, べし後生をば聖人助け給, べし得道せば, べし御宿仕らんと, べし御蔭にて僕, べし御駕籠の中, べしながく時, べし心靜かにと誡め, べし必ずしも人間の, べし必ず然樣な, べし必らず忠臣二君, べしはまさに, べし忠兵衞殿には何處迄, べし忠相ぬし, べし快く彼を, べし思想は滋雨, べし思慮淺はかの, べし急ぎ膳をと, べしるるは, べしのもつれ, べし恨めしき時くやしき, べし息栖に至るべし, べし悉有中に衆生, べしは悪, べし悪しくもあれ, べし悪人も一転, べし悲曲としての価値, べし情熱はすべて, べしならば, べし愉快なるべしこれ, べしふに, べし意惡行を捨て, べししむべし, べし愼むべし, べし憎きは新田, べしひに, べし我々始め村中より世話, べし我子の家, べし我幸福を求むるとて可惜忠義, べし我彼と共に, べし我徒らに力自慢, べし我渠を見し, べし我生死を尽くす, べし我等方は明日聢, べし我等豫て頼置, べし我等頂上を棄て, べし我義塾の命脈, べし我菊が姑, べし我輩越後に赴きし, べし日五八は, べし戰場の休み, べし所詮喜八が, べしに太, べし手始めの功, べし手引は渠, べし扨又五左衞門は道すがら, べし扨大岡忠右衞門とて三百石, べし扨彼兩人を片付, べし當將軍樣紀州和歌山加納將監方に, べし抔語合ふ思, べしをあげ, べし持參金を切金, べし振りのこまか, べし推移するに, べし換言すれば, べし支那の君子, べし政党などの争, べし故郷に歸, べし敵兵万斛の血, べし文化諸部門, べし文聘の児戯, べし夫婦のみ, べし施薬と見舞金十円, べし日本人は牛肉, べし日本国民四千万人中壱ヶ年三百円以上の収入, べし早おきすべし面会, べし早計玉ふな, べしなば, べし明年姚興果して来り, べし明日は必ず, べし明朝は六ツ時登城, べしの人, べし春半家に還らず, べし是此金子は受納め, べし是等を括り, べし是非お迎, べし是非実行すべし, べし晁錯が削, べし時としてぐい, べし時われ目を燒けし姿, べし時日を移さず, べし時機に依れ, べし時節因縁これなり, べし景色は再び, べし智者は諸, べし暇さへあれ, べし暗くやあらん, べし暫し涙に, べし曰くわが心, べし曰く史料其者の批評, べし曰く英仏交も琉球, べしを以て伝へ, べし書架の公開, べし書面に是有所, べし最後といへるは, べし最早旅人宿も, べし最早年頃ゆゑ聟にても, べしの星宿, べし月ヶ瀬行の失策, べし月日経たば, べし體に, べし有名なる英国, べし早く起き, べし未來の門, べし熔岩は, べし本所深川ならば, べし本能本性を合せ, べし杉田老画伯, べし松平伊豆守と釜, べし林中の象, べしも壁, べし亡び豊, べし桂月様の御, べし楊鋒の五人, べし無きの, べし楼上月徘徊す, べし樹木が繁かる, べしも入る, べし橿の木蔭, べし替の, べし欧米人が日本人, べし欧米人民の愛顧, べし正月二十五日に詮索, べし此事件に付き, べし此人數は凡そ千人餘, べし此以後は隨分氣, べし此以後心を改め, べし此使は大切, べし此儀取隱, べし此儀吟味を遂, べし此児の行末, べし此場さへ凌げ, べし此大雪に道, べし此天井の上, べし此家を繼せん者末頼母, べし此度の儀, べし此意味に於, べし此旨を存じ, べし此旨主人へ篤と, べし此旨心得置べし此度, べし此旨我遺言なりと, べし此旨村中へ申達, べし此時將軍には御, べし此段兩人同道にて水戸家, べし此段屹度申付たるぞ, べし此点に於, べし此義考ふるに, べし此者夫婦の機, べし此趣き早々罷, べし此長庵に於, べし武弁のほこり, べし歴山大帝の躯こ, べし死力を出し, べしり金, べしは汝, べし母上には御, べしは瘡, べしの尊, べし水掻きまであり, べし水軍に, べし水音の涼しげ, べし汚れものを片づけるべし, べし汝何者ぞ, べし汝勇猛の, べし汝如何ほど働き, べし汝嶮しき路を出, べし汝心に夢みる, べし汝等第三, べし決死の軍, べし沒却理想を質, べし沙汰の有, べし況して国に, べし況んや理想境, べし法句は或は, べし津々浦々まで彼, べし浄海も渠, べし浦山しやと, べし浮世絵にもこの, べしはもっ, べし海洋の老い, べし海洋学のマクドナルド博士, べし消費者たる者は必ず, べしその時, べし涙ぐましい思を, べし深く案事られ, べし清唳孤潔此の鶴公, べし湖中竜住むべし而, べし源氏伊勢物語は心, べし漕座よろしき兵船, べしの井, べし炯眼を放ち, べし仏性の, べし無抵抗主義の成果, べし然し憑司が, べし然るに同年七月八日の, べしは汝, べし片田舍なれども, べしのかなしき, べし物茂卿の跋, べし狂人を紹介, べし猶もお花殿, べし猿股にては緊褌一番, べし率主從の契約盃盞遣さん, べし王ジョンはヘンリー二世, べし現在はもはや, べし理由の第, べし知の, べし生中もちたる, べし生産機関の発達, べし生田は二人, べし用辨次第早速御, べし甲州の巨星, べし男女の中, べし町人は町人, べし町役人共四郎右衞門は殘金相濟, べし町所家主名前は何と, べし画面のニンフ, べし畜生にだ, べし異様のかおり, べし當人は如何にも, べし當代主税之助, べし當家相續などとは思ひ, べし當座の慰みもの, べし當時此人に憎まれ, べしは負, べし疾く逃ぐるこそよか, べし疾時機の来よ, べし病鵲夜半人を驚かす, べしなれば, べし白子屋事は材木町, べし白子屋方へ能, べし白状せぬからは, べし白練を束ねたる, べし百七十余通の手紙葉書, べし百姓の情, べし百般の事業, べし皇土をみだし, べし目前見ての, べし直ちに馳せ直ちに, べし直に御入用, べし直径一尺五寸余もあろう, べし相違なく五ヶ年, べしは最前, べしの言, べし西山の, べし矢張馴染の天民, べしに矢, べし破滅逃れずイーリオン, べし碧空澄める所, べしなる證據, べし社稷立つべし, べし祈祷の教会, べし祈願の終つて後, べし神主禰宜ら十人ばかり皆厳か, べし神牲は犯すべからず, べし神靈彼を倒すべし, べし禅宗の称, べしを樂, べしし儀當時, べし私お客樣にお, べしの晴, べし科人の女房, べし種々の声, べし穀平を殺したる, べし空想感情靈應の諸, べし窮屈ながら今, べし立ち留まること百回, べし立替れり, べし端艇を乗り出す, べし竹青ではない, べし筒袖の単, べし篇首に本書, べしにし, べし粮廚に滿, べし精悍無比天下斯の如き, べし糟糠の老, べし素より彼の, べし紫矢絣の単, べし紫緞子の美々しき, べし細君はその, べし紹介とやらん, べし紺絹キャリコの小, べし縁談すべて望なし愼, べし縱令又七殿がお, べしべからずとは, べし羅馬書六章二十三節に曰く, べし羊羹のつつみ, べし美しき腕は, べし美人はすでに, べしプォイニクス彼ひとり, べし老中の公用人, べし而金子紛失の由, べしも飾気, べし聖眼の照らす, べし聖金曜日はダンテ, べしは爛, べしの儀, べしの恨, べしく軽口, べし脱線せざるべからず, べしに山羊, べし臍内また種あり, べし自ら制し我, べし自制なきところ, べし自殺は羅馬, べし自然御用もあら, べし之助, べし色海滔々の情波, べしは盛, べし花山院御札に書せ, べし若き女の, べし苦痛せぬ中, べし英邁のアガメムノーン, べしに其素性, べし草鞋を手早く, べし荷物并びに離縁状, べしの井, べし萬づに淡々, べし萬一又, べし萬一手荒がましき, べし萬一澤の井, べし萬暦四十八年かの, べしし人, べし蓋し六合の, べし蓬庵公以来の阿波二十五万六千石, べしもよし, べし蕁麻は本草, べしの葉, べしかぶりながら, べし藤五郎樣には, べし藤井氏は今, べしのご, べし虚報甚しきを以て明日新聞記者, べしよ我が, べし蜀軍の士, べし蜈蚣の毒, べしの鳴き, べし蜿蜒七十里にも連なる, べし螢名所の田畑, べしへどを吐いた, べし衆人の水師, べし行末如何成事やらん, べし表彰すべしと, べしに白銀, べし補助椅子を売り切る, べし広がりなる梯二つ, べしひ來, べし西国大名のごとき, べし見よこれ神の, べし親切というもの, べしふべしそれ, べし記實は今, べし詩人は一, べし詮方なくば, べし詳しくはいか, べし語惡行を捨て, べし誰方だね, べし論者は如何なる, べし諷諫をよく, べしの誓約彼ら, べし諸君を羨む, べし謹愼の徳, べし譬い之あり, べし議院も開くべし, べしを脚爬, べして此, べし貞婦の心, べしおほけれ, べし嬢も, べし貴殿應對は氣遣, べし赤銅の性, べし溶解弾, べし越前病氣引籠りより, べしを投げ, べし身ひとつに何物, べし身不肖なれど, べし身惡行を捨て, べし軒續き客足絶, べし軽便文化夏衣ともいふべし, べし輕卒ならず狂, べし輕少ながら御, べし農民の物, べし辺鄙の小, べしふ, べし近き處に, べし近常夫婦の, べし迚退かる簾, べし追って手順を, べし途中にて惡漢, べしすれば, べし遁世して, べしるれば, べし過度の馳, べしは借さぬ, べし道しるべせん男得たまうべきたより, べしへりや, べし違算あるべからず, べし野猪をいう, べしなきもの, べし鐘釣温泉にいたれ, べし長州遠征の壮士, べし長生の一術, べし開明社会と交際, べし防禦力が零, べし阿部さんも黙っ, べし限りも知れず, べし随処の旗亭, べし随意の結合, べしの家々, べし隨分安堵して, べし鼠の, べし集會の席, べしは雛, べし雪月花をくり, べし澄める雲, べし面会に来るべし, べし面白き計らひあり命, べしつべし, べし預言者エゼキエルの見し枯れた, べしは燃, べしくは, べし類人猿の描ける, べし風越の峰, べし飽間三郎同孫七, べしり草臥, べし首尾能御目見さ, べしの上戸, べし馬鹿なこと, べし骨堂なり, べしが四畳半, べしわがな, べしを釣らん, べし魚介は捕え, べしのご, べし鹿を質, べし鹿兒島市附近に於, べし麁末なれども, べし黄金台のアカシヤ, べし鼠五百歳なれば