青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぶん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ ぶ~ ~ぶつ ぶつ~ ぶらぶら~ ぶり~ ~ぶん
ぶん~
~へ へ~ へた~ ~へる へる~ ~へん へん~ べからざる~ べき~ べきで~

「ぶん~」 4135, 40ppm, 2917位

▼ ぶん~ (1294, 31.3%)

21 ことを 13 部屋へ 11 うちの, 家の, 顔を 10 ものに 8 手に 7 からだ, すがた, 名を, 手を, 部屋に 6 あたま, からだを, ポケットに, 前に, 手で, 胸を, 部屋で 5 すきな, ために, 力で, 命を, 好きな

4 [14件] いうこと, ことは, したこと, ほうへ, 國の, 姿を, 家へ, 意見を, 目で, 目を, 考えを, 耳を, 部屋の, 顔に

3 [27件] からだが, からだに, からだの, ことで, ところに, ふしで, ほうから, ほんとうの, ものと, ものを, よいと, 力を, 声が, 娘の, 子どもを, 寝室の, 席へ, 手先に, 服を, 村の, 気持を, 胸に, 身の, 身の上の, 部屋には, 頭が, 頭に

2 [85件] いるところ, うちに, お家の, きもち, くつの, ことながら, ことばかり, ことよりも, せなか, たましい, ところへ, へやへ, ほうは, まえに, まはり, むかしの, むすめ, もって, 上に, 両手に, 仕事を, 住んで, 力が, 友だちに, 右手が, 右手を, 右足の, 名まえ, 周囲に, 周囲を, 営舎に, 国が, 土地から, 外套の, 大きな手, 子どもの, 子を, 家に, 家内や, 寝どこ, 寝室に, 寝室を, 寝床の, 席を, 影が, 影を, 後に, 心の, 息子の, 意趣が, 感情を, 手から, 手の, 文句でじ, 机の, 杜の, 沼ば, 犬に, 用あり, 目の, 眼が, 神さまが, 立場と, 立場を, 罪を, 考えで, 聞いて, 肩に, 腰に, 腹を, 身を, 身体を, 運命に, 運命を, 隊に, 靴の, 頭から, 頭の, 頭へ, 頭を, 首を, 馬に, 高札を, 髪を, 鼻を

1 [800件 抜粋] あごに, あしは, あとから, あなに, あの労苦, あらわれるまえ, ある日, いいぶん, いさましさ, いたましい不幸, いったこと, いつもの, いなかとは, いること, いる場処, いる離家, うしろには, うしろの, うちでも, うちへ, うまれた土地, うんせい, えりや, おかあさんを, おかしな賀状, おさかな, おでこを, おむこ, お国, お姫さまを, お家に, お母さまか, お礼を, かくれがに, かけたなぞ, かごの, からだから, かわいいねこ, かわいい孫娘, かわいい指, かんがえが, がわからなくなっ, きいたこと, きょうだいたちの, きれいな, けいりゃくが, こころの, こと, ことが, ことさ, ことだけで, ことである, ことであろう, ことと, ことなど, ことにしか, ことはじぶんで, ことばで, ことや, ことより, この発見, さきの, しうち, しごと, したいまま, しっぽを, しょうばいは, じっさい出あった, じゅうたんを, すくも, すぐ側, すぐ頭, すごみを, するとおり, すわって, せいな, せいの, せわを, そうした転身, その足あと, そばには, そりに, そりの, ぞうりと, ぞうりを, たてた推理, たのしみも, たばこへ, ためばかり, ためや, ちいさなそり, ちがいと, ちっぽけな, つくいき, つくった規則, つとめを, ところへは, とまちがえ, と並べ, ないあい, ないほど, ないよいき, ない勝利, ない大, ない抵抗力, ない様子, ない聖人, ない良妻, ながめて, なやみを, のどに, はいって, はかわいい, はなさきに, はなしたこと, ばかげた考え, ひざの, ひとりむすこに, ひろさ, ふせぎ独楽, ぶよぶよ大きな, へそを, へやに, ほうが, ほおを, ほんいでない, まっ正面, まわりを, もう一方, もぐりこめる世界, ものでなけれ, ものな, ものの, ものみたいだ, ものも, もろ手で, やったこと, やった仕事, やるせない歎, ゆだ, ような浮ついた, りっぱな, わかかった, わるいお, をかし, シャリを, チンピラ君の, トリックが, パンを, ピストルを, ヘリコプターに, ベッドの, ペン, ランチを, ロオブを, 一人あそび, 一番愛する, 三日月パンの, 下には, 下の, 下駄の, 不親切を, 両手を, 主人に, 主人福島市松を, 二の腕と, 亡魂は, 人生に, 仕事に, 仕事の, 代わりを, 仲良しな, 任務にだけ, 位置を, 住いへ, 住居には, 体を, 体温と, 使命を, 価格は, 借地へ, 働きが, 僻みでは, 内へ, 冬の, 出身については, 初心な, 利益に, 前を, 前途を, 功を, 勉強部屋から, 勉強部屋で, 務めを, 勤勉さをも, 半生の, 厭世的な, 参ったの, 友達の, 友達を, 口から, 口は, 口上は, 叫びに, 名が, 名前を, 吐いたご馳走, 命さえ, 商用で, 器量を, 国に, 國を, 團体から, 地方の, 境遇に, 声に, 声も, 売上高の, 大きな頭, 天分も, 天幕へ, 夫として, 夫の, 夫ををが, 女を, 女房を, 妖女な, 妹だ, 妻を, 姿は, 子どもたちが, 子に, 子供でも, 子供みたいに, 学校を, 安全感だけが, 実生活の, 家じゃ, 家では, 家でも, 家や, 家以外の, 家庭で, 密事まで, 寝室から, 寝間の, 寺です, 小さい影法師, 小さなとき, 小さな胃袋, 小屋から, 小説を, 尻尾で, 局へでも, 居場所に, 居間の, 屋根部屋へ, 属する人種, 巣を, 席から, 席について, 帳面を, 帽子の, 年でした, 年とった, 年老りです, 幸福に, 幸福を, 座敷に, 庭が, 影法師も, 後図の, 御勉強おねがい, 御返答, 御迷惑, 徳の, 心に, 心は, 心情を, 心残りとが, 怒りを, 恋する左膳, 恩人である, 悪いこと, 悪いの, 想像の, 意見が, 感情にばかり, 感想でも, 慈善なんて, 慰めとは, 懐で, 懐中電灯で, 成功を, 或る, 所に, 所持品を, 手にとって, 手は, 手ひとつで, 手まわりを, 手一つで, 手柄の, 手足と, 手足の, 拵えた寒天, 持ち分を, 持って, 指を, 政党から, 教えた歌, 教育を, 敵, 方が, 方へ, 日本には, 時間な, 書いた歌, 書物で, 服の, 望みや, 期待を, 木靴は, 枕もとに, 栗の, 楽器を, 正しさ, 正気を, 歩いた道, 死に場所と, 死ぬ日, 母国への, 毛糸の, 気のせゐだ, 気まぐれかしら, 気もちを, 気持に, 決心を, 治める王国, 混ぜざるもの, 満足を, 激情を, 濡衣どころじゃ, 無いお方, 無いたのしい旅, 熊が, 父親は, 片手片脚を, 物足りなさ, 独房に, 独房へ, 生いたちの, 生まれた家, 生れた国, 生れた村, 生んだふた, 生命を, 生命自由財産などを, 生活を, 生活費その, 生首を, 用事の, 用件を, 番の, 盗まれた品物, 目が, 目も, 目玉を, 相貌を, 相違は, 眼の, 着て, 着古した, 着物買うん, 矢を, 知って, 知らない妻, 知らぬこと, 研究を, 社で, 秋養母が, 立って, 立つて, 細君まで, 細君を, 経験や, 美しいまり, 美より, 美術館に, 老大樹, 考えたこと, 考えどおりに, 考えの, 考へに, 考へを, 耳に, 聞く分, 職責を, 肩ごしに, 肩の, 胴や, 胸の, 胸へ, 脇腹へ, 脚で, 脳みそとばかり, 腕の, 腕を, 腰へ, 腹が, 膝に, 膝の, 膝へ, 自動車で, 自動車に, 自転車が, 舌を, 船から, 船で, 船に, 船へ, 船室へ, 船室を, 艇を, 良人だ, 花ぞ, 茸は, 荷だけは, 虫の, 蝋ざやの, 行くこと, 行為によって, 袂へ, 裾に, 見たこと, 見つけた葡萄藪, 観測は, 言いたいこと, 言うとおり, 言ったこと, 話だ, 話の, 話を, 負債が, 財産を, 貧しさ, 責任まで, 費用で, 贔屓の, 赤いくつの, 赤心を, 足で, 足の, 足下に, 足下を, 足音の, 踵の, 身じんまく, 身にか, 身にとり, 身の上話を, 身よりも, 身体と, 身体の, 身体よりも, 身辺が, 車だけは, 車の, 返答ひとつで, 返答を, 運命が, 道を, 道理ある, 部下を, 部屋から, 部屋を, 都や, 都合で, 野心を, 金の, 鉄杖だけが, 長いプロペラ, 長ぐつをぬいで, 長靴を, 阿呆な, 隣継母の, 頭上に, 額に, 顔が, 顔と, 顔は, 首が, 首と, 首へ, 馬の, 馬を, 馬鹿正直さに, 駈けつくるに, 髪の毛でした, 魔力を

▼ ぶん~ (235, 5.7%)

2 あるだろう, ちっぽけで, ない, もって, わかるの, 盗人の, 鮨売に

1 [221件] あかとは, あまりきれい, あるって, あるの, いかにゆたか, いちばんえらい, いちばん住ん, いなくなって, いま何を, いま見た, いま部屋の, いれられて, おかしかった, おかみさんと, おくびょうな, おせい様, お妃さま, お高, かくれて, ききちがえたの, ぎょっとしました, この五十両, この人形, この自分, こわくなっ, こんなひどい, ご一同, さきに, されたよう, しかけた恋愛, して, しでかしたあやまちの, しらべた砦, しらべるかわり, じぶん, すきに, すくった, すぐれて, すでにあぶない, すでに胡蝶陣, すべて読んだ, するならひとつ, そういうもの, そこに, そのあと, そのかばん, そのつみ石, そのなぞ, そのまえ, その中, その女房, その小人国, その絵, それを, たすかりたいという, ただの, たったひとり, ためされたやう, だれな, ちっぽけな, とこ何んとか, どうしてこの, どこから, どこからか, どこに, どこを, どんなにすき, どんなにたい, どんなひどい, どんな血すじ, ないが, ないと, なにを, にんげん, はじめて芽, はるばるここ, ひみつ, ひろつて, まえの, まえよりも, また第, まちがって, まっさきに敦盛, まつ暗, みつけたよう, みつけて, みられるの, みんなから, むずむずし, もぐ, やせた土地, やつて, やれば, よいと, わからないん, わたしも, わるいの, クロック先生だつたら, トランクの, ハムレットを, パンを, ベッドの, リストリアの, 一本く, 一本くわえ, 上に, 主命で, 乗って, 人間に, 今いつの, 今まで, 休んで, 信じる異邦, 先に, 先生を, 入って, 八年間諸国を, 六畳の, 出かけて, 出て, 切られやしないかと, 助かる自信, 十センチぐらいの, 半日くるっ, 単なる即席, 収監された, 受けついだ柘植, 台座の, 吸うもの, 呼ばれたの, 咳を, 声を, 外国に, 夜新しい, 大すき, 奇怪で, 奇蹟的に, 奥へ, 好いかしら, 嫌で, 家の, 少年時代で, 岸に, 巴里を, 年の, 年を, 庄之, 心を, 怒られたの, 思い出されると, 悪いこと, 悪いの, 悪いや, 悪かった, 持ち残る一本, 持って, 掛川へ, 探知した, 書いたほか, 書けないの, 有るだろう例, 木を, 未熟だ, 柳生源三郎という, 次から, 正気に, 武田伊那丸です, 死にそう, 死んだとき, 死んだのち, 死んでも, 死神の, 殺ったそば, 殺ったと, 殺りましたと, 殺人を, 母牛で, 気づかずに, 気狂いである, 気狂いでない, 沈黙を, 没頭し, 消えるだけ, 満足なら, 火を, 牛でない, 王さまから, 王女の, 生きて, 生きること, 産ませた子, 盗人である, 目睹した, 真山あさひだ, 磯五の, 秀才である, 立たないから, 第一番, 綱わたりを, 縛された, 自分のから, 蒔いた種はじぶん, 見えるの, 見る権利, 親から, 親しく見送った, 計画を, 詩と, 議事堂の, 買って, 買つ, 身も, 通ると, 部屋の, 重傷を, 阪井を, 電気じ, 預かって, 願って, 飛んで, 鮨屋に

▼ ぶん~ (209, 5.1%)

4 やって 3 いって, 光って, 持って 2 じぶん, それを, つくったもの, つくれるよう, 出て, 口を, 粟餅を

1 [182件] あつた, あの自動車, いいっこない, いかないの, いったら彼女, いってるから, えさの, おうち, おこして, おどれるの, おねえさん, おまえを, おりて, お日さま, お菓子お, かきあつめて, かんがえ出しました道化, がまの, きめて, きめます, きめるの, くって, こさ, こしらえたの, こしらえて, こたえるの, こてこて塗りあげ, こないんだい, こんなお菓子, さがせば, したこと, しっかりと, しまって, するさ, するほう, せう, せめながら, そうし, そうであっ, そう名のり, そう考え, そこい, そこへ, その場面, その木, その秘密, それも, たのしみを, たべて, ちょうど二十, でかけて, とった, とどけでて, とりに, どう動いた, なおして, なろうと, なんとかし, ぬすんだの, のぼらせること, ひっくり, ひっぱるなんてのはごめんだぜ, ひろっといで, ふたを, へやの, ほって, ほんた, もって, やってきました, やりだした, やります, やる, ゆくと, よく知っ, わたしも, アンデインと, ゲルダを, ジュリーの, ドアを, ハンドルを, ポケットから, 一晩ふったら, 三十銭だった, 三十銭だつた, 乗りこんで, 今年の, 何とも, 作った山椒, 信じかねるよう, 修めたもの, 光つてゐる, 処理せね, 切符買う, 判断する, 動かして, 勝手に, 化けること, 十五羽の, 印刷した, 原書を, 名乗るとおり, 嗅ぎ出しただけの, 國会を, 墓へ, 大きく大きく撞木, 始末が, 始末を, 小使室の, 幸太郎が, 庭へ, 引きあげて, 御じ, 御快方, 意見を, 手を, 手足まで, 押して, 播いたらう, 播いたり, 教えて, 明智探偵の, 書いたから, 死ぬこと, 死ぬの, 死んで, 殺さなければ, 気を, 決心し, 油壺を, 注いだ, 洗えますから, 海へ, 満足の, 玄関に, 用意し, 甲斐は, 申しわけありません, 皇帝の, 看病も, 知らないの, 研究する, 確かでない, 答礼に, 給仕まで, 縫った, 考えるほど, 考へて, 耕しも, 背負って, 自分の, 自動車を, 自転車を, 致さなくてはねえ, 艫へ, 苅るつもり, 行きますと, 行くと, 見たという, 見て, 見に, 言い出したこと, 詩人に, 話してたこと, 説明する, 読んで, 賢吉を, 起こすよう, 進んで, 運転し, 運転する, 選挙する, 金もうけする, 門の, 門を, 開いて, 防空壕へ, 電気を, 魔法つかいだ, 鮨売などには, 鮨売に, 鳴らしといて, 鶏卵を

▼ ぶん~ (205, 5.0%)

3 今まで 2 いつか町の, この家, だまって, やっぱり磯五, 彼の, 黙許の

1 [190件] あとから, ありません, あわてて, いくらでも, いっしょに, いって, いまも, いまカラス山の, うちの, おかあさんに, おきて, おせい様, おなじく伊那丸さま, お座敷より, お高, かげ日向, かたわらに, きょうの, くもの, こけしちゃんという, こちらに, このしろで, このまま人間, この世を, この青年, これからどうしてもこの, これで, すばやくかたわら, そのあと, そのうしろ, そのお腹様, そのままお, その打金, その日, そりと, それだけです, それとは, それなりねよう, そんなこと, たしかに目, たっぷりある, だれかに, ちっぽけで, ついに焼け死ん, つづく悩み, とりこし苦労, どうあっ, どうだ, どうどうと, どうなっ, どこかへ, どんなこと, なぜこの, なにを, なんといっ, なんにも持っ, にげだして, ねむって, ひでよし, ひとか, ひとりで, ひどい病気, びわも, ふしぎに, ほうびも, ほんとうに, ほんとうの, ほんとにしあわせ, またうしろ, また馬車, まだあの, まだしばらく旅, まだろくに食べ, まだ小用, まちがって, まるでちがった, むすこよりも, もうすっかり暗く, もうひとり, もう七十郎, もう人間, もう四十四歳, もう広い, もう生まれ故郷, もう酔い, やっぱりひとり, やっぱり寝室, ゆがめられ素朴さ, よく叔母, よく晴れ, よく遊んだ, らが, れいの, カムポスに, キミの, ストーヴの, ボックスの, ランプで, 一人島に, 一晩じゅう家へ, 下き, 下界に, 二羽の, 井戸端が, 京都菊亭公の, 人に, 人間に, 人間の, 今と, 今日以後一度も, 今臨命に, 依然として訂正, 働らい, 充分に, 先生に, 入口の, 分数までも, 動物で, 半ペニイ, 半日くるっ, 南西の, 単なる金, 危険を, 地獄に, 変装を, 大きなスパナ, 大きな鏡, 大さわぎ, 大トランク, 大浄院さま, 天国に, 家に, 家庭教師として, 察せられるの, 小さな瀬戸, 小人に, 小坂部の, 居間へ, 嵯峨野うつし, 帰れない, 役人である, 急いで, 探偵だ, 文庫の, 旋盤の, 来ないわけ, 植物の, 正体も, 武田家の, 死ぬより, 残して, 毎日そこで, 毎日揚げ, 毎日朝と, 毎日遊び狂っ, 気が, 浮世の, 湖に, 焼干し, 父上の, 理性の, 生かして, 甲板に, 眼立たない, 磯五に, 立ちあがって, 箱づめになってどこかへ, 自分の, 船から, 花に, 花判黒印を, 茫然自失の, 萱で, 藍微塵の, 西ヴェンメンヘーイの, 見ら, 読めても, 警官の, 貧乏だ, 買い出しに, 躑躅ヶ崎の, 身を, 車の, 近くの, 逃げるつもり, 遠く東, 部屋を, 鉄杖を, 隣りの, 電話の

▼ ぶん~ (165, 4.0%)

3 信用し 2 さがして, さがしに, つれて, ほんとうに, よくする, 知って, 許して

1 [148件] あんないした, いい人間, いっしょにいかしてくれるつもりなんだろうと, いつもはげまし, いま実行した, うたがっては, おかしく感じました, おてん, おとりに, おどりおわると, お高, かぎまわって, かしな, からかいに, かわいがって, かわいく思っ, きき入れて, きたえること, ころすの, ころそうと, さきのこりの, さしあげて, さしあげましょう, さばいたわけ, したって, しばったわけ, しりぞけて, すきだ, その中, その時, だましたという, ちっともいやがらず, つかんで, とおそうと, ともかくも, とり巻いて, どうしていい, どうするだろう, どう思っ, どう生かし, なぐさめて, にらみつけて, はげまして, はっきり知っ, ばかに, ひとりだけ, ひどくうらん, みて, ガンたちの, バカに, バットの, ラプランド, ラプランドへ, ラプランドまで, 中心に, 乗せて, 仕切り奥, 信じること, 信用しはじめた, 出して, 出世さし, 切り潰されしきりに, 削られて, 助けて, 助け起こして, 叱る一方, 右近殿と, 合わせて, 呪うよう, 呼ぶ声, 呼んだ, 呼んで, 固執する, 埋葬に, 外に, 好きに, 妹に, 嫌って, 子供だ, 存分申したて, 孤独と, 市に, 弄るよう, 引き上げるまでに, 強いられるの, 彼女の, 待って, 心の, 忘れて, 思い出させるよう, 恋するなどと, 惹きよせようと, 意識した, 愛させるよう, 感じた, 慰めながら, 押して, 持すること, 捜して, 放りこんだ六人, 救うこと, 救うみち, 救おうとして, 料理せず, 枯らして, 極めるところ, 正しく導い, 残して, 残らずうばい取ったもの, 殺すつもり, 牢から, 疑って, 目がけて, 眺めて, 瞶めて, 知らないの, 知らなくちゃ, 知らなければ, 知りました, 知ること, 突きだして, 置きわすれて, 美しいと, 苦しめて, 衛ろうと, 見つけだして, 見て, 見下ろして, 見入る異様, 見向きも, 見物しよう, 許せないわ, 試して, 認めさせようという, 誰が, 誰も, 責め立てるだろう, 越えた仕儀, 越えた指図, 越えた生活, 身ぎれいに, 迎えに, 追いこさなければ, 逃がして, 通すなり, 隠すため, 非難し, 頂戴に

▼ ぶん~ (149, 3.6%)

3 おなじよう, そっくりの, 同じよう, 水の, 齢を 2 うなって, 捨てられた, 水に, 海へ, 淵へ, 磯五と, 逆ま, 音を

1 [118件] あつた, あの沼, いっしょに, いっしょにとゞまるものはとゞまるがよいが, いぬが, おなじ考え, おなじ身分, おゆう, お池, この運賃, さういふ例, したこと, そこから, そっくりな, その身, それから, つけた, とびこみました, とびこんだ, とび出して, ならんで, はいって, はいっても, はつきりきこえる, ひとと, ほりわりへ, また一つ, よくに, キャラコさんとの, ドアの, 一しょに, 一つぶんと, 一巻き絡みついた, 一矢を, 上がったの, 二吋四方ほどの, 併せて, 合せて, 同じくらいの, 同じ政党, 同格, 同様に, 呼び出したでも, 咫尺を, 噛みついた分銅, 大地へ, 大波が, 大釜の, 存じますが, 富五郎が, 島とに, 崩れ冷たい, 弦鳴りさせ, 彷徨つた, 手もちの, 手を, 打ちよせて, 投げこみました, 投げたが, 投げるか, 投げ込み娘, 抛り込んだ, 抜き足差し足上がっ, 振れば, 放った, 旋る, 時間を, 根を, 水音高く, 池の, 沈める競争, 沈んで, 泉の, 波紋を, 海に, 浸けた, 浸ったが, 湯の, 物の, 物体の, 王子とを, 申しますの, 相手の, 矢を, 等の, 聞えたよ, 聞える, 肩先へ, 膽の, 自分が, 自分で, 若松屋惣七は, 荒潮の, 薙ぎ返した, 蚋らしい, 観衆の, 谺を, 豆太郎を, 連絡し, 遊びたいの, 間も, 陥りましたゆえ, 音が, 音の, 響き脳, 頭へ, 風を, 飛びこみし由, 飛びこむわ, 飛び上, 飛び込んだ, 飛んで, 飛込んじゃった, 鳴ったと, 鳴って, 鳴らした, 鹿と, 鹿との

▼ ぶんたち~ (120, 2.9%)

2 が心, のよう, の仲間, の命, はその

1 [110件] から南蛮寺, がいかに, がいつか, がいない, がいま血眼, がきつね, がきふ, がきゅう, がきょう刑場, がその, がとんま, がどんな, がどんなに, がながく, がはいりこんだ, がまだ, がローレンス, が使い, が南京攻略, が名, が大きな, が独断, が生きる, が看病, だけだ, だけの美しい, であろう, でお, でしまつ, ですき, ではたらく, で食べ, とおなじ, にくだされた, にとびかかっ, にはこれから, にはね, には狂人, にもよく, に指図, のいなか, のいもう, のいれられた, のうえ, のきょうだい, のこの, のざま, のため, のつくった, のつとめだ, のなか, のながした, のなき声, のふてい, のほう, のまわり, のむれ, のもの, のやった, のダンス, のロケット旅行, のロマンス, の一味, の七つ, の位置, の名誉, の場所, の姉妹, の居住区, の幸運, の挙動, の権利, の歌, の王さま, の生活, の田舎, の眼, の研究, の自動車, の行く, の親類, の跡, の身代り, の部屋, の領地, の食べる, の馬, は, はあいかわらず, はけっして, はすっぽかされ, はすつ, はとりかえし, はほそ, はロロー殿下, は彼ら, は愚, もあの, もいま, ももう, もやりだす, もリカ, も助かり, も同じく, も失敗, も気づかれやしない, も泣きたい, をさがし, をたずね, をもく

▼ ぶんには~ (110, 2.7%)

2 さしつかえない

1 [108件] いくら問いつめ, いつまで, いま手許に, いよいよ数, いよいよ數, うたがいが, おそらくこんなになん, おもしろいネタ, おもて, かういふ時計, かなり飲む, からきし駄目, きっと懸賞金, この傷, これだけ, ごくやせ, すゞ子の, ずいぶん重大, そこもとや, そのままで, そのままには, それでも夕闇, そんな考え, たいていの, ただの, たやすいもの, たやすい人, だんなを, ちょうど湯, つかみどころ, とうとう気, とちゅう旅, どの家, なかなか捨て, なんともいえない, なんと奴ら, ねえ, はじめての, ふつうの, ほッ, まあ誰, まだ出そろ, まだ武蔵野, まっかな顔, もうすつかり寺, もうずいぶんとおくへ, もう旅, もう麦粉菓子, ものを, よかった, よかろう, よく飲みました, わたしたちの, わたしは, キサマの, キリが, 一向無難, 二百四十フランも, 今からでも, 仕事も, 出家遁世ある, 別だ, 助からない, 変りありません, 大事業, 女の, 如何よう, 學校の, 宮永家の, 川筋の, 差支えございませんでしょうね, 差支えは, 差支へ, 平穏である, 幾晩でも, 彼が, 往生の, 悔いを, 悠久な, 捨ておきませぬぞ, 斧大, 日本の, 構わない, 歌留多お手玉おはじき追い羽根と, 死ある, 江戸に, 決して毒, 火鉢の, 父の, 疎略に, 皆の, 糸針を, 聞くも, 至極長閑, 花から, 苦も, 荊州を, 葬式は, 見えるん, 親の, 親類は, 許されなくは, 誰に, 鉱山で, 長所なんか, 間違いない, 馬も, 魚は

▼ ぶん~ (106, 2.6%)

5 なると 3 なって 2 むかって, 妻の, 朝食を, 罪の

1 [90件] あの銅像, あるか, いい聞かし, いい聞かせました, いい聴かしてる, おまえも, おも, かえったよう, からかって, かれは, ぐあいのよくないようすを見, こんどは, さだめられたみち, したよう, して, しては, しても, しろ月, しろ稲, すぎないのに, すくふち, そそがれて, その真に, それを, だよ, ちぎれたくさり, ついて, つぶやきました, とけないよう, とつて, なつて, なりすましじぶん, なるもの, なんの, にいさんたちの, のぞきながら, ふさわしいむくい, ほはせて, みんなが, もうすこしやさし, ゃかまわねえがあいつに, やったの, やつて, やつらは, グウテンベルグ發明後百五十年ぐらゐ經つて近代活字が, ヘリコプターが, 云い盤面, 云うと, 会いに, 僕たちは, 先生の, 刑罰を, 化けて, 半分あれ, 向いたところ, 呼び起こす声, 多いと, 家へ, 対坐する, 帰って, 当った女, 彼が, 忍びで, 快いから, 恋を, 恥ずかしいあやまち, 教えられた阿片, 教へ, 植えたウメ, 民族の, 気づくこと, 水中電灯を, 洩れず半分, 濡衣を, 牛の, 甲斐は, 疑いが, 疑いを, 細君に, 経験した, 自分が, 藤枝在の, 親切に, 言いきかせた, 言い聞かせた, 言い聞かせなくては, 起きて, 近づいて, 過ぎるほどに, 頭の

▼ ぶん~ (105, 2.5%)

4 いっしょに, カムパネルラも 2 またためいき, また西, 隣りに

1 [91件] あげます, あったの, あのやう, いささか旅, いすに, おりはじめました, お家へ, お説教, お金を, かなしくなりました, かみ殺されるだろうと, こしらえさせて, じっとし, すぐに, すぐ艇外, するの, そういうふう, そうだった, そのそば, その拳銃, その話, ちびちびと, つながって, どうかし, どぶん, ないはず, にいさんの, のどから, はいって, はこび申候間, ひとりでにしく, ひらりと, まきとり器, また人, また秀才, また若がえっ, まっさきに陣刀, もっとちがった, もとの, ゆうべ金色の, よって, ガチョウの, チョコンと, 一つとっ, 一口すっ, 一度刀を, 一生けん命糸を, 一緒に, 中には, 乗りこみました, 予定を, 元は, 共にその, 加えて, 参加する, 口を, 同なじ, 大きな声, 大きな木, 帯を, 常に姉, 床に, 手つだって, 手袋を, 早くよそ, 森へ, 歩かないころ, 気持が, 水の上に, 海面に, 消えて, 甲斐源氏の, 相変らず, 知って, 立身の, 米や, 腕ぐみの, 船に, 船頭と, 苦しいし, 蛾次郎あい, 行かないと, 袖ぐちで, 豆腐や, 貰って, 賢吉君の, 間もなく橋, 青くなっ, 頭巾に, 食べながら, 駄菓子箱から

▼ ぶんから~ (71, 1.7%)

2 進んで, 違って

1 [67件] あにいたちの, あわせて, いちど身の上を, いって, いよいよ雨, うばって, おじぎを, おせんは, お久米, きゅうに, この眼, こんな場合, そうだ, その戸棚, たのんで, だね, ちゃんと知っ, つきあった仲, なんとか局, はじめて私, ほんとに雀, よく知っ, ズッと, セーサルの, 三きれ取っ, 云われど, 人の, 人物画が, 人目を, 勾配が, 口を, 和田へ, 喧嘩は, 女に, 好奇心を, 孤立した, 学問が, 家にも, 平五とは, 幾たびも, 弱りだして, 彼の, 往来し, 怒ったらさぞ, 手足に, 新古今調, 日に, 木登りを, 正体を, 火事が, 父と, 知り合って, 私は, 絵が, 見て, 見ると, 見馴れて, 親しく往来, 親の, 貞良は, 近所の, 附添い, 青白い光, 頬の, 飛びこんだも, 馴染だ, 鮨売に

▼ ぶんでは~ (49, 1.2%)

2 以後も

1 [47件] いくさは, いつどんな, いつ大戦, かどわかされたとは, この人, さほど理屈っぽい, たいへんに, どうやらこんど, どうやら一命, ひょっとしたらスパイ, まず十中八, まるで夢, もう半年, もう非常線, ナイフを, 一と, 一ばんだいじな, 一人まえ, 一方に, 今に, 何とも, 僕も, 出版記念会も, 分りません, 半蔵門で, 叫んでるつもり, 地上の, 夜もすがら語っ, 巴里まで, 思いませんでございます, 明るいうち, 気づかずに, 気づかないちえ, 気も, 片山エンジェルと, 相模遠江と, 科学者だ, 第三, 老母を, 行く行く再起, 言いだせない, 豫言者の, 辻馬車を, 過去の, 道も, 道中つつがなく, 馬の脚力次第で

▼ ぶんでも~ (42, 1.0%)

2 ふしぎな, よく知っ, わかった, わかりませんでしたが

1 [34件] いくらか, おかしいほど, お上から, しりませんでした, そのこと, それが, どうなつ, どこへ, なんだかそんな, びっくりし, やって, よくわかりました, よほど徳性, わからないなりに, わからなかった, わかりません, カイは, 不審に, 分らなかった, 幕の, 思いだせないほど, 意識しない, 持てないくらい, 果たしたいという, 柔術なり, 気づかずに, 泣けて, 溶けても, 苦に, 虫に, 遊戯し, 驚いたお, 驚いたの, 驚いて

▼ ぶんなら~ (27, 0.7%)

1 [27件] あっちの, いいの, お正月には, じきに, たいてい大丈夫, たしかに山女魚, だいじょうぶだ, だいじょうぶと, はるかずっといい, ばずんと, ば定期船, ば山, ば山上, まあよ, まずよかろ, まず安心, まだまだどうして, まだ十, チェチニャ人, ラディオも, 三十三歳の, 五十州や, 夜じゅう歩い, 大丈夫, 心配なし, 東京の, 腹の

▼ ぶんだけ~ (21, 0.5%)

4 では 2 せいぜいは

1 [15件] おとうさんの, すこし引きだし, せつかく, それを, たったひとりいま, で一つ, わざとその, 中へ, 助かるという, 帰って, 帰つてきた, 生きようばかりに, 豹一は, 通って, 飲みあと

▼ ぶん~ (20, 0.5%)

3 と思っ, わ 2

1 [12件] この銚子, ずいぶんいろいろ, ぜ, といっ, とこの, とは気, とは言はず, と今にも, と思つて湯殿, ね, よ, ハハハハ

▼ ぶんひとり~ (18, 0.4%)

2 の責任

1 [16件] あの部屋, いるつもり, でかくし, ではどう, ではまにあわぬ, でほしい, でも平気, で助かる, で本, で空想, で翼, のつまらない, のもの, の心, の意想, の気づまりさからのがれようとでもするように

▼ ぶんにも~ (16, 0.4%)

1 [16件] さいご, その強盗, はっきりしなかった, やっぱり都鳥, よくわからない, キリが, 会わず父, 千七百余年も, 大業物です, 必ず一人, 疲れはてて, 県令, 秘密が, 罪は, 非が, 黒旋風李逵の

▼ ぶん~ (15, 0.4%)

1 [15件] ふるくつて, ほきくおなり, みつは, もてに, 待たせしたん, 早いです, 歳が, 痩せに, 考へに, 背が, 脊が, 蝶は, 起しし, 金持な, 饒舌を

▼ ぶん~ (13, 0.3%)

10 ぶんと 1 つさり積, ぶん, ぶんど

▼ ぶん~ (13, 0.3%)

2 のよ

1 [11件] ぐってたかもしれやしねえ, ぐってやらにゃならんのだわしは, ぐつてしまふがな, ぐつてやらうと思ふ, のだ, ので広間, のにいつ, のに雨催い, んだ, 寒や, 高声で

▼ ぶんでじ~ (12, 0.3%)

7 ぶんの 3 ぶんを 1 ぶんが, ぶんに

▼ ぶんまで~ (12, 0.3%)

1 [12件] いっしょに, じっと岸, たいへんです, ついでに, やらされて, 乱暴に, 侵略し, 寐かせ, 御奉公, 我々が, 汗水たらし, 話して

▼ ぶん撲る~ (12, 0.3%)

31 かもしれない, か拳固, ことは, ぞと言っ, とね飛, のと, よ, ように, 罪も

▼ ぶん~ (11, 0.3%)

1 [11件] さいどのが, そう思う, ふやけて, まだ残っ, 役立つの, 明るくなっ, 異常を, 相違する, 苦痛の, 訴えるよう, 雨気を

▼ ぶんだけの~ (11, 0.3%)

2 働きを 1 おもわく, お金を, しんと, ためだ, ために, ものとして, 勘定を, 命と, 考の

▼ ぶんよく~ (11, 0.3%)

1 [11件] なつてるらしい, 似て, 据ゑつけられ, 来られたもん, 歩いたが, 歩いたもの, 歩いて, 歩きま, 知つてゐ, 私たちを, 遊びに

▼ ぶん古い~ (9, 0.2%)

1 ものだ, んです, 名まえです, 名前だ, 彩畫屋で, 木に, 水いろ, 能楽愛好者では, 話で

▼ ぶん撲っ~ (9, 0.2%)

1 たって仲間, たり俺ら, ていた, てしまえ, てしまへ, てやる, てやろう, て縛った, て進

▼ ぶんじゃ~ (8, 0.2%)

1 とんとん拍子に, どうやらこっち, ないか, ないかと, 府中へ, 悪党の, 殺されたやつ, 逃げ出さなきゃなるまい

▼ ぶんだけが~ (8, 0.2%)

1 お床, けいべつされた, そんなもの, たった一人, とくべつに, 異端に, 知って, 飛行機で

▼ ぶん~ (8, 0.2%)

2 の生活 1 でしっかり, にある, の暗い, の武門, の離別会, はラム

▼ ぶんある~ (7, 0.2%)

2 んです 1 からだ, つていふ, と思ふ, やうだ, やうな

▼ ぶんさん~ (7, 0.2%)

3 たん 1 きっとよろこん, だよ, って, にあげました

▼ ぶんひどい~ (7, 0.2%)

1 ね, やあ, わ, 医者だ, 瑠璃液だ, 雨だ, 風だ

▼ ぶんよりも~ (7, 0.2%)

1 ずっと小さく, たくさん読ん, はるかはるかかしこい, ほかの, もっとまいっ, 栄三郎様の, 自分に

▼ ぶん~ (7, 0.2%)

2 の一存 1 はぼやけ, はもう, は古い, は大叔母, は片面盤

▼ ぶんかの~ (6, 0.1%)

1 利他的同情的の, 外来語を, 幅と, 必然的関係が, 暗示とも, 進展を

▼ ぶんながら~ (6, 0.1%)

1 こいつは, そのこえ, なんという, はっきりしない, サッパリわけが, 気でも

▼ ぶん大きな~ (6, 0.1%)

1 あくびを, ことを, カップだ, 声を, 失望を, 鷄舍が

▼ ぶん早く~ (6, 0.1%)

2 起きたが 1 來た, 走るの, 起きた暁天, 起きて

▼ ぶん長く~ (6, 0.1%)

1 なつた, 白湯ばかり, 立つて, 逢ひません, 遊びましたから, 遊んだ三八九

▼ ぶんしばらく~ (5, 0.1%)

1 おたより, みんなし, 光ってから, 撒いて, 行かなかったの

▼ ぶんです~ (5, 0.1%)

1 がね, と天気, ね, もの, わ

▼ ぶんなく~ (5, 0.1%)

1 かんぜんで, できて, 整ったと, 気が, 運んで

▼ ぶんより~ (5, 0.1%)

1 さきに, 三歳か, 年上では, 年下の, 空中曲芸の

▼ ぶん久しい~ (5, 0.1%)

2 前から 1 もんです, 進歩の, 間である

▼ ぶん~ (5, 0.1%)

1 からいろいろ, からのこと, のこと, のことぢ, の話

▼ ぶん多い~ (5, 0.1%)

1 ことだらう, そしてさ, でせう, ので, 自転車が

▼ ぶん自身~ (5, 0.1%)

1 その写真, に言いきかす, の目, をどう, を戀

▼ ぶん~ (5, 0.1%)

1 が数間, のなま, のまえ, の笑い, もそれ

▼ ぶん遠く~ (5, 0.1%)

1 からの仰望, から来る, までも行った, まで来た, 使ひ

▼ ぶん長い~ (5, 0.1%)

1 こと君を, ものだ, 多量な, 煙突だ, 間西洋で

▼ ぶんいろんな~ (4, 0.1%)

1 ことが, 人が, 夢を, 牡犬につけ

▼ ぶんだけは~ (4, 0.1%)

1 やめようか, 十二も, 家財の, 男の

▼ ぶんである~ (4, 0.1%)

1 がその, が襖, といった, と受け取つた

▼ ぶんほど~ (4, 0.1%)

1 な紙, 巡って, 浮きあがって, 現われて

▼ ぶんわたし~ (4, 0.1%)

1 が部屋, の家, は同い年, は無駄

▼ ぶん~ (4, 0.1%)

1 が来, によつて違, のため, の言葉

▼ ぶん廻す~ (4, 0.1%)

1 とぽ, やうだ, 実際この, 落日避雷針に

▼ ぶん撲られ~ (4, 0.1%)

1 たりする, たりふん縛られ, たりまア, て追

▼ ぶん擲ぐる~ (4, 0.1%)

1 という勢い, のでした, のでそれ, やら砂

▼ ぶんあつ~ (3, 0.1%)

1 た, たの, たもの

▼ ぶんあの~ (3, 0.1%)

1 犬は, 通りの, 部屋で

▼ ぶんいろいろ~ (3, 0.1%)

1 である, なお, の人

▼ ぶんからの~ (3, 0.1%)

1 つきあいだ, つきあいと, 希望であった

▼ ぶんこそ~ (3, 0.1%)

1 いちばん美しく, そのお, 下司の

▼ ぶんこんな~ (3, 0.1%)

2 ところで 1 ところへ

▼ ぶんその~ (3, 0.1%)

1 国を, 小さいお, 時代の

▼ ぶんという~ (3, 0.1%)

1 のである, 水の, 水音に

▼ ぶんといふ~ (3, 0.1%)

1 のである, 小さな荷物, 音は

▼ ぶんとも~ (3, 0.1%)

1 に, わたしは, 音が

▼ ぶんない~ (3, 0.1%)

1 わ, 教養と, 条件ぞ

▼ ぶんにとって~ (3, 0.1%)

1 おけい, 危険でない, 欲しゅうも

▼ ぶんにな~ (3, 0.1%)

1 つてお, つてまことに, つて幸ひ

▼ ぶんばかり~ (3, 0.1%)

1 ほしいといふ, 姿を, 食って

▼ ぶんひどく~ (3, 0.1%)

1 叱られた, 悪まれ口, 荒れたねえ

▼ ぶんまでが~ (3, 0.1%)

2 鹿の 1 アメリカ人に

▼ ぶんもう~ (3, 0.1%)

1 おせんは, 下り坂だった, 目を

▼ ぶん~ (3, 0.1%)

1 じぶん, まゆり, 母親の

▼ ぶん一人~ (3, 0.1%)

1 だけ和助, で墓, の母

▼ ぶん上手~ (3, 0.1%)

2 に行った 1 でひょうばん

▼ ぶん久しぶり~ (3, 0.1%)

1 だね, です, で愉快

▼ ぶん冷える~ (3, 0.1%)

1 な, 何もかも凍つ, 終日臥床死について

▼ ぶん~ (3, 0.1%)

1 れた, れた山, れた江ノ浦

▼ ぶん可愛らしい~ (3, 0.1%)

1 ことを, ぢや, 子でございます

▼ ぶん~ (3, 0.1%)

1 つたところ, つたね, な事

▼ ぶん大きい~ (3, 0.1%)

1 ぢや, やつが, 方に

▼ ぶん好き~ (3, 0.1%)

1 だつたの, であるが, らしい

▼ ぶん~ (3, 0.1%)

1 かず, きびしいね, まわし

▼ ぶん撲った~ (3, 0.1%)

1 あげく追っ払っ, というやつ, 種々の

▼ ぶん~ (3, 0.1%)

2 かつた 1 咲である

▼ ぶん早い~ (3, 0.1%)

1 のでございます, 散歩です, 方で

▼ ぶん暑い~ (3, 0.1%)

1 ぢゃないか, ねえ, 流れに

▼ ぶん流し~ (3, 0.1%)

1 に, の, ぶん流し行く

▼ ぶん生き返~ (3, 0.1%)

2 つたのである 1 つた

▼ ぶん苦しい~ (3, 0.1%)

1 けれどびん, やうに, 映畫

▼ ぶん苦勞~ (3, 0.1%)

1 であつ, もした, をかけた

▼ ぶん違つて~ (3, 0.1%)

2 くる 1 ゐた

▼ ぶん酔う~ (3, 0.1%)

1 てゐた, て君, て戻

▼ ぶん~ (3, 0.1%)

1 がぬけ, ちが, の拔けたやう

▼ ぶん高い~ (3, 0.1%)

1 木の, 本だ, 樹ね

▼ ぶんかは~ (2, 0.0%)

1 あるらしい, 脱ぎ捨てる方

▼ ぶんくらい~ (2, 0.0%)

1 ございますわ, 残って

▼ ぶんぐらい~ (2, 0.0%)

1 ひッ, 変るもの

▼ ぶんぐらいの~ (2, 0.0%)

1 洋服や, 金には

▼ ぶんこの~ (2, 0.0%)

1 中に, 山を

▼ ぶんざいで~ (2, 0.0%)

1 この松明, 又ぞ

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 やうが, やうは

▼ ぶんしか~ (2, 0.0%)

1 ないという, ないの

▼ ぶんじゃあ~ (2, 0.0%)

1 とてもお, 花も

▼ ぶんたくさん~ (2, 0.0%)

1 在る, 讀んで

▼ ぶんだけで~ (2, 0.0%)

1 やりゃあ, 面白いこと

▼ ぶんだった~ (2, 0.0%)

1 がもともとあまり, と思う

▼ ぶんだって~ (2, 0.0%)

1 おまえたちに, 近所の

▼ ぶんだれ~ (2, 0.0%)

1 が, もたずね

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 がつて, がふ

▼ ぶんとして~ (2, 0.0%)

1 信之に, 銀貨を

▼ ぶんなき~ (2, 0.0%)

1 体格である, 解説を

▼ ぶんなし~ (2, 0.0%)

1 です, として川

▼ ぶんなりと~ (2, 0.0%)

1 贖うよう, 集まって

▼ ぶんにとっては~ (2, 0.0%)

1 あの少女, やはり恋路

▼ ぶんのよ~ (2, 0.0%)

1 びこをふきならしてみんなに, ふなもの

▼ ぶんはんぶん~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ ぶんひま~ (2, 0.0%)

2 に見えた

▼ ぶんぶく~ (2, 0.0%)

2 茶釜

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 はし, はしはじめる

▼ ぶんまだ~ (2, 0.0%)

1 戦のさ, 酒の

▼ ぶんまとめ~ (2, 0.0%)

1 てやっ, て持っ

▼ ぶんむずかしい~ (2, 0.0%)

1 んだ, 生活です

▼ ぶんめい~ (2, 0.0%)

1 と云, は或は

▼ ぶんよい~ (2, 0.0%)

1 成人を, 日でも

▼ ぶんよと~ (2, 0.0%)

2 云い出した

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 と頭, やう

▼ ぶんをも~ (2, 0.0%)

1 はげますよう, 家族をも

▼ ぶん不便~ (2, 0.0%)

1 だね, であつ

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 の入れ, は優つて

▼ ぶん勝手~ (2, 0.0%)

1 な僻みで, のむくいだ

▼ ぶん変つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたので, ゐて

▼ ぶん大勢~ (2, 0.0%)

1 であつ, の兄さん

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 だそれからまた, な道楽

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ ぶん小さな~ (2, 0.0%)

1 人間だ, 猿だ

▼ ぶん廻し~ (2, 0.0%)

1 ながら事務室, のよう

▼ ぶん廻し風~ (2, 0.0%)

2 の賭物遊び

▼ ぶん強い~ (2, 0.0%)

1 が汗ばむ, ものらしい

▼ ぶん強く~ (2, 0.0%)

1 なつた, ひびいただろう

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 すこやかに, 勉強も

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 の疲れる, をひかれ

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 がしい, がしく

▼ ぶん忙しい~ (2, 0.0%)

1 でせう, ね

▼ ぶん抜い~ (2, 0.0%)

1 てそこ, てやる

▼ ぶん捕っ~ (2, 0.0%)

1 ておい, てきます

▼ ぶん撲つ~ (2, 0.0%)

1 てやろう, て馬の骨

▼ ぶん撲らない~ (2, 0.0%)

1 からだ, だけでも取り柄

▼ ぶん撲られた~ (2, 0.0%)

1 そのあげく, のであっ

▼ ぶん撲れ~ (2, 0.0%)

1 ば感心, ぶん撲れ

▼ ぶん撲ろう~ (2, 0.0%)

1 として立ち, とする

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 り合いを, る

▼ ぶん時間~ (2, 0.0%)

1 がか, もお金

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ ぶん暮し~ (2, 0.0%)

1 がかかる, には困つ

▼ ぶん歩い~ (2, 0.0%)

1 て來, て来た

▼ ぶん沢山~ (2, 0.0%)

1 あります, のお

▼ ぶん泳いだ~ (2, 0.0%)

2

▼ ぶん滑稽~ (2, 0.0%)

1 でせう, に聞こえる

▼ ぶん潰れ~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, てしまひました

▼ ぶん澤山~ (2, 0.0%)

1 の硝子, ゐるね

▼ ぶん烈しい~ (2, 0.0%)

2

▼ ぶん熱心~ (2, 0.0%)

1 で後, に綿密

▼ ぶん白く~ (2, 0.0%)

1 なったかみ, なつたな

▼ ぶん秋山~ (2, 0.0%)

2 は二度

▼ ぶん立派~ (2, 0.0%)

1 だ, だぢ

▼ ぶん編集~ (2, 0.0%)

2 を担当

▼ ぶん興味~ (2, 0.0%)

1 ある学課, のある

▼ ぶん色んな~ (2, 0.0%)

1 ものが, 事が

▼ ぶん若い~ (2, 0.0%)

1 お母さんである, 頃から

▼ ぶん苦労~ (2, 0.0%)

1 したさ, をし

▼ ぶん莫迦~ (2, 0.0%)

2 な奴

▼ ぶん親しく~ (2, 0.0%)

1 して, してた友達

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 だえ, に姿

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 なこと, な言動

▼ ぶん走った~ (2, 0.0%)

1 けれども追, けれども遅れ

▼ ぶん走つた~ (2, 0.0%)

1 けれども追, けれども遲

▼ ぶん違ふんぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ぶん遠い~ (2, 0.0%)

1 むかしの, 對岸である

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 のある, のま

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 つたどし, つた今日も

▼ ぶん~ (2, 0.0%)

1 かしい, かしい山路

▼ ぶん面白い~ (2, 0.0%)

1 ことにも, ものが

▼1* [569件]

ぶんあがりまして, ぶんあきれぎみで, ぶんあたしをぶった, ぶんあなたに苦労, ぶんあなた様からは遠い, ぶんあやしくなりまた, ぶんありさうに思ふ, ぶんありがたいいやあり, ぶんあれは神戸, ぶんいい様子と, ぶんいたんでゐ, ぶんいびきかく必要, ぶんいやな天気, ぶんうしろを向い, ぶんうす汚いもので, ぶんうつくしいものだ, ぶんうまくきれいに, ぶんうるさい宿だ, ぶんえらいもんだ, ぶんおかあさんといっしょにその, ぶんおしりをまくっ, ぶんおそいじゃない, ぶんおそくまで飲みつ, ぶんおふくろにぶたれた, ぶんおぼえた歌を, ぶんおもしろいでせう, ぶんおらあ車力, ぶんおれは元, ぶんお前のお世話, ぶんお喋りをし, ぶんお家の門, ぶんお待ちしたわ, ぶんかえってわたしは, ぶんかげろうが, ぶんかっての考えで, ぶんかでうまいん, ぶんかれの武士精神, ぶんかを察知する, ぶんがてがらを, ぶんきいた話に, ぶんきびしいものです, ぶんきれいでせう, ぶんきん各種各様の金魚, ぶんくらいずつしか見えません, ぶんくらいはその都度, ぶんけむりに陥ちる, ぶんこうしてうちが, ぶんこっから出, ぶん迷惑でしょう, ぶんごらんの如き, ぶんさえしっかり頑張れ, ぶんさえも忘れただ, ぶんさびしいものである, ぶんさみしかつた, ぶんされてきた, ぶんさん独りではまにあわない, ぶんざいで何, ぶんざいで私たちの世界, ぶんしばらくぶりで, ぶんしめて十八本すんだ, ぶんしょうがうまいよう, ぶんしょうはずいぶん下手, ぶんぶんの, ぶん早く, ぶんすきとおっている, ぶんすばやく汽車から, ぶんせいせいするで, ぶんそういって, ぶんその後も鴨, ぶんたかくのぼったので, ぶんたくさん水を飲んだ, ぶんたくさん油があつ, ぶんたちきょうだいが怪物, ぶんたちのよりももっと, ぶんたちみんなをなぐり殺す, ぶんたちガチョウによく, ぶんたち一団のみすぼらし, ぶんたち三人の気持ち, ぶんたち母子の願い, ぶんたち親子と女中さん, ぶんたつしやで, ぶんたのしみなの, ぶんだけを送るという, ぶんちかよく来た, ぶんちがわないふたりの, ぶんちぎつて持つ, ぶんちゃっかりして, ぶんちゃんとそろって, ぶんち向う新家へ, ぶんっと王進の, ぶんつまらんことに, ぶんつめたい水です, ぶんつらかつた, ぶんつらいことが, ぶんであったろう突然どこ, ぶんでございますどうぞいま, ぶんでしのふと, ぶんでしたことは, ぶんでてがらを, ぶんでなく生きながら神, ぶんでもかえだま, ぶんとしてはさいぜんからの, ぶんとともに冷静だった, ぶんとのつながりが, ぶんとぼしいところでございます, ぶんとれたらしいのです, ぶんとんで来, ぶんとんちんかんな會話, ぶんどうしたの, ぶんどうかよろしくおねがいいたします, ぶんどうしてこんな山, ぶんどうしようってのさもう, ぶんどおりだと, ぶんどこかこの, ぶんながい間世の中の, ぶんながしますぜこの, ぶんなさけなかつたけれど, ぶんなつかしくぼくは, ぶんなにを釣る, ぶんならなおるよ, ぶんなら驚きゃしますまいが松平, ぶんなりに何ほどかの, ぶんなんて考えでしょう, ぶんにかけ候ゑりなどのぬいなど致しおり, ぶんについてこいと, ぶんにでもいって, ぶんにとっての不幸な, ぶんにとってもおたがい, ぶんにはとそこは, ぶんにはやなぎや, ぶんにゃどこに, ぶんにや足が, ぶんによつて二王子, ぶんに対して何か, ぶんねぎって買おう, ぶんねんねしましたね, ぶんねんを入れねだんも, ぶんのうでを, ぶんのちからで, ぶんのてのひらにも, ぶんのやしきの, ぶんはげしくやつて, ぶんはにわのすみっ, ぶんはやく流れて, ぶんばかりじゃない, ぶんばさばさいうこえが, ぶんひがんだものでございます, ぶんひとを食つた廣告文, ぶんひとりきりだと, ぶんひどかつた, ぶんひろいところね, ぶんびくびくしながら, ぶんふざけた部屋だつた, ぶんぶんとんで, ぶんあやまるのに, ぶんへの私語, ぶんほどに引きよせられたとき, ぶんぼろぼろになつ, ぶんぼんやり者であるその, ぶんまかることに, ぶんまごついたのよ, ぶんまちの縣立病院, ぶんまでのことを, ぶんまめなひと, ぶんみたいな者, ぶんみんな歩くの, ぶんむつかしい問題である, ぶんむづかしさうな問題もある, ぶんめいわくそうな顔, ぶんやすんだ眼が, ぶんよう冷える, ぶんよくそういって, ぶんよごれた仕事着の, ぶんよりは少し岬, ぶんら一家の平和, ぶんわかりにくい謂, ぶんわけが違, ぶんわざとらしく元気に, ぶんわれを取り戻した, ぶんゐるのです, ぶんをすら忘れかけたころ, ぶんを以てかれこれ言, ぶんアレンヂしたため, ぶんジョリクールは肺炎, ぶんトラになっ, ぶんハイカラで西洋, ぶんハヂカれたいや, ぶんヘタクソ鶯, ぶんヘタクソだつた, ぶんマダムに云われた, ぶんマチアはギリシャ語, ぶんロケットがならべ, ぶんきれの, ぶん一人ごろり横, ぶん一番鋭く春, ぶん一緒に各, ぶんの高い, ぶん三十銭ずつ九十銭, ぶん三十銭づゝ九十銭だつたか, ぶん上手下手がある, ぶん上流まで行った, ぶん上野公園から谷中, ぶん下品な事, ぶん下手だべ, ぶん下手糞な鶯, ぶん不同だ, ぶん不安そうな樣子, ぶん世話を焼い, ぶん世路に虐げられ, ぶん世間へは顔, ぶんに捨てっちまわ, ぶん久らく酔ひ心地にならなかつた, ぶん九カ月もたった, ぶん乱れて神谷, ぶん二日の会議, ぶんひにくい, ぶん亡き先妻の, ぶん交際ひ難い, ぶん亭主という心もち, ぶんまでこら, ぶん他愛のない, ぶん仙台へ来る, ぶん以前のこと, ぶん以外のほか, ぶん伊豆の温泉各地, ぶん使ひ古し, ぶん使われていた, ぶん偉い人たちも, ぶんは生前, ぶん優れたものも, ぶん兇暴なもの, ぶん光ってゐます, ぶん光るわね, ぶん入江になっ, ぶん八十ぢかかつ, ぶん八頭だての白馬, ぶんている, ぶん出くわした様だ, ぶん出來てゐた, ぶん出入りのお, ぶん刈つて見なければ, ぶん列んでゐる, ぶん判断を誤った, ぶん前方にお, ぶん劍人の小, ぶん加担したよう, ぶん勇敢ね, ぶん北の方の寒い, ぶん十三四さいでいらっしゃいましたでしょう, ぶん盲の, ぶん半三郎のからだ, ぶん危険な代物, ぶん厚面ましい女, ぶん友だちが果物屋, ぶんつてやら, ぶん取りちらして, ぶん口説かれたことだらう, ぶん古くから婦人, ぶん古るいものです, ぶん古木邸の裏門, ぶん可愛がられて育ちました, ぶん可笑しなもの, ぶん右馬之丞, ぶん吹きまくつた屋根の, ぶん困ることだらう, ぶん困難だらうが, ぶんにうずまっ, ぶん地球がお, ぶん城下は敵, ぶん変り者だ女, ぶんかつた, ぶん夜中に火事, ぶん夢中ですうの, ぶんへん, ぶん大きくなりましたね, ぶん大金を投じた, ぶん天気が続いた, ぶん奇体だねえ, ぶん奇妙な肉感, ぶん奇體だねえ, ぶん奮闘努力したん, ぶん女房も沢山, ぶんの使い, ぶん嫉妬深いと, ぶん学校の教科書, ぶん宏壯な構, ぶん家中の輩, ぶん寒かったし, ぶん寝入った脳みその, ぶん将棋をお, ぶん将門の方, ぶん小さかつた, ぶん小さくなつたが, ぶん少くなつたわ, ぶんくない, ぶん居るなあ, ぶんしい山, ぶん差しだした豪の, ぶんが寄つた, ぶん年老りましたもの, ぶん広い日向の, ぶん広く露出し, ぶんを閉める, ぶんわった, ぶん廻しみたいに廻った, ぶん廻り切り口から, ぶん廻わしてくれる, ぶん弓なりに内, ぶん弱つてゐますね, ぶん強情の男, ぶんの変つた舞台, ぶん役立つて來, ぶん彼女をふっくら, ぶん往復に時間, ぶんな方, ぶん御前にひかえ, ぶん御無禮だつた, ぶん御無沙汰したけれど, ぶん御苦労なさいましたで, ぶん御身御よう心, ぶん心外だといった, ぶん心苦しいことが, ぶん怒って私, ぶん思い出して下さい, ぶん思ひ切つて亂れた, ぶん思ひ切つたところへ, ぶんにはあ, ぶん急いだけれど去年馴染, ぶんすべき点, ぶん悪いことを, ぶん悪口雑言をならべ, ぶん悲しい顔の, ぶん悲慘な犧牲者, ぶん情なかつたでせう, ぶんい評判, ぶんを練り, ぶん愉快になり, ぶん意識的に戯画化, ぶん感謝して, ぶん成信が起し, ぶん戦前と気分, ぶん手こずつてゐるらしい, ぶん手紙を書いた, ぶん手荒い音で, ぶん才略縦横な男, ぶん擲った, ぶん拡大されて, ぶん拾った人を, ぶん捕鯨帆船は一年, ぶん捕鯨船では小笠原島, ぶん捲いて髪, ぶん接吻すること, ぶん描いてゐる, ぶん撒いてしまひ, ぶんちゃはう, ぶん撲られなかったのが, ぶん撲られるんです, ぶん撲りつつ組み合っ, ぶん撲り合うというよう, ぶん擲ぐらないとかえってよく覚えるよう, ぶん擲ぐられた上じきに縛られ, ぶん擲ぐられても平気です, ぶん擲ぐられはせぬかといつも逡巡りを, ぶん擲ぐられはせぬかとぶるぶる慄えて, ぶん擲ぐられるもんですから中には頭, ぶん擲ぐりは大臣一人, ぶん擲ぐろうとした, ぶん擲ってでも白状, ぶん擲ろうとしたです, ぶん故にかわいい栄様, ぶん散らかりましたわね, ぶんか味方, ぶん文学好きだね, ぶん文武の宿老, ぶん旅先の身, ぶん旨味さうな音, ぶん早起きしたもの, ぶんには少々, ぶん時代おくれだ, ぶん晩くまで話し込む, ぶん暑苦しい日で, ぶん暖かだと, ぶん暗かったので, ぶん暫らく私はのぞい, ぶん曖昧模糊としてゐる, ぶん有りさうに思はれる, ぶん有名な志士, ぶんを讀みました, ぶん本気のよう, ぶんのため, ぶんがおち, ぶん楽壇でひそひそ, ぶん樂壇でひそひそ, ぶん横着な達人, ぶん欲しがつてら, ぶん正々堂々と行乞, ぶん正確にいう, ぶん歩きまわつて心當り, ぶん死体が見つからない, ぶん殿様のお供, ぶんられなきや, ぶんが早い, ぶん気まぐれにしばらく, ぶん気むづかしい人間だから, ぶん気分は出た, ぶん気持のい, ぶん強く思, ぶん氣味の惡い話, ぶん氣恥かしいほど, ぶん氣苦勞をした, ぶん水腫のき, ぶん永いこと話し, ぶん汚くなつて, ぶん汚なくして, ぶん沈没した馬車, ぶん沢山伝はり残つて居ります, ぶん泊つてたのよ, ぶん泣きながら, ぶん注文が大きい, ぶん派手になつ, ぶん流したあとの, ぶん流し振りいやもう, ぶん流し行く筏の, ぶん流す河の, ぶん淋しがつて, ぶん深刻になりました, ぶん溜つてゐた, ぶん溯ったぞ, ぶん溶けたり澱ん, ぶん火事のため, ぶん無愛想な奴, ぶん無理な注文, ぶん無駄にも時間, ぶんが出ました, ぶんけもしたらう, ぶん父母に死別, ぶん物足りないもので, ぶん独りで見, ぶん獄中の生活, ぶんなどをやつ, ぶんらしい花, ぶん現代ばなれ, ぶんを沢山, ぶんつたれて, ぶん生き返つたとよ, ぶんのとり, ぶん留守を頼む, ぶんつてゐる, ぶん痛快だらうねえ, ぶん痩せ細つてゐる, ぶん白いんだ, ぶん盛んな連中, ぶん相応だよ, ぶん相違があつ, ぶん暗だつた, ぶん真杉さんとはおつき, ぶんにあまる, ぶん疲れさ, ぶん破れましたねといつた, ぶんさうだ, ぶん硬い方だつた, ぶん神経過敏な人, ぶん秩序もなく, ぶん種類がある, ぶん空いている, ぶん笑いをふくん, ぶん筑紫といった今, ぶん簡単な身軽, ぶんだろうじゃ, ぶん精密な數字, ぶん紛糾がある, ぶん細いぞ, ぶん組織のゆるんだらしい, ぶん緩和したもの, ぶん緩慢な卓效ぶり, ぶん練習したですが, ぶん美しいわ, ぶん羨しいやう, ぶん老けた人である, ぶん老人を三鞭酒, ぶん考えた末やっと, ぶん考へたしなんど, ぶんの孔, ぶん聞きかじりで通じていた, ぶんの削げた, ぶんの鬱, ぶんがたちました, ぶんの上, ぶん自分がいい, ぶんは漕いだ, ぶん花畑になっ, ぶん花菫を抜い, ぶん芸術家を保護, ぶん苦しみ悩んだ, ぶん苦心し且つ, ぶん苦心惨憺したやう, ぶん萄酒一杯やりなさい, ぶん薄着だからね, ぶん行くでせう, ぶん衰弱して, ぶん複雑な画家, ぶん複雜で, ぶん見えにくくな, ぶんに叱られる, ぶん親切によく, ぶん親密さうにして, ぶん言い出しにくいこと, ぶんをきいた, ぶん誇張されて, ぶん誰彼にいひきかされました, ぶん擔に, ぶん貧弱だつた, ぶん貴方たちは意地わる, ぶん賢い男に, ぶん賣れるんだ, ぶん贔屓目がある, ぶん超然たるもの, ぶん足ぁ早いな, ぶんたりがある, ぶん距離のある, ぶんのこなし, ぶん身分が堕ち, ぶん軽井沢とも違, ぶん軽卒家さんね, ぶん辛抱強く行乞した, ぶん迷惑をかけた, ぶん逆説的な言分, ぶん造詣して, ぶん進んだ戀仲に, ぶんかつた, ぶん遊びに来た, ぶん違つて來ます, ぶん違わない場所へ, ぶん退いて, ぶん遠方ですがね, ぶんつぱらつてゐたが, ぶん酔ふたが習慣, ぶん酷使したの, ぶん釜無川の下, ぶん銀太と金太, ぶん鋭くなつた, ぶんいらうか, ぶん長う伸びて, ぶん長期に亙つ, ぶん長生したが, ぶん長途一気に疾駆, ぶん開いている, ぶん閑散な勿體, ぶん添って, ぶんにおけない, ぶん難儀なこつたが, ぶんがひくく, ぶんが, ぶん露地を入組んだ, ぶん面白く見られること, ぶん頼もしくなつて, ぶん食べなければいけない, ぶん食事の用意, ぶんける方, ぶん飲みつけていた, ぶん飲んだそしてぐつすり, ぶん饅頭や菓子, ぶん騒がしかつた, ぶん驚きましたし怖い, ぶんを折つた, ぶん高くとんで, ぶん高価には違, ぶん高雄はしきりに, ぶん黒川が話