青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぶつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ふる ふる~ ~ふるえ ふるえ~ ~ふれ ふれ~ ふん~ ~ぶ ぶ~ ~ぶつ
ぶつ~
ぶらぶら~ ぶり~ ~ぶん ぶん~ ~へ へ~ へた~ ~へる へる~ ~へん

「ぶつ~」 1450, 14ppm, 7982位

▼ ぶつ~ (465, 32.1%)

19 ゐた 16 ゐる 14 ゐるの 6 しまつ 5 寝て 4 ゐたので, ゐて 3 ゐたが, ゐました, ゐること, ゐるせゐか, ゐると, 半日も, 居ります, 遣るだけが

2 [18件] さうし, やつて, やる, ゐたの, ゐても, ゐるもの, ゐるやう, ゐる娘さん, ゐる帽子, ゐる民族, 一寸掉, 出て, 前へ, 地団駄を, 居た, 居るの, 得意の, 来た

1 [337件] いかめしくあたり, いけねえ, いそいそと, いた, いたが, いつて, いつでも, いつまでも, いるから, いるだけ, いると, いる時, うずくまる旅, うつとりした, うつむけにな, うつら, うつ向けにな, おさまつて, おられるよう, お国さんたち, お歩行, お遣り, がに股を, きた, きて, くから, くる男, くれるやう, こつちを, これも, さて, しつきり, しまふと, しまふの, すまして, ずぶぬれ, その手, その指先, それが, それを, そんな縞, てこんな, なほも, ならないものぢ, ねて, のつ, ひとすぢ, ひとりで, ひとりの, へつへ, ほめ方, まだふらふらする, みせる, みた, みたあの, みたの, みたり, みる俳人, むぐつて見た, もらつて, やりなさい, やりました, やりませう, よく寢, れいの, わざわざその, ゐたと, ゐたところ, ゐたむしろ, ゐたもの, ゐたよ, ゐたらしい, ゐたわけ, ゐたニウ, ゐたハンチング, ゐた其の, ゐた勝平, ゐた帽子, ゐた手拭, ゐた気持ち, ゐた男の子, ゐた肩掛, ゐた過去, ゐた霜, ゐない若い, ゐなかつた, ゐましたが, ゐます, ゐますよ, ゐられるもの, ゐられるやう, ゐるかと, ゐるから, ゐるが, ゐるけれど, ゐるぜ, ゐるそれ, ゐるとき, ゐるので, ゐるばかり, ゐる一軒, ゐる丸の内辺, ゐる事, ゐる千代子, ゐる坊主頭, ゐる大根一本, ゐる子供, ゐる寝るより, ゐる小, ゐる店, ゐる戦闘帽, ゐる押借, ゐる方, ゐる殻, ゐる毛布, ゐる花子, ゐる若い, ゐる評, ゐる諸君, ゐる赤ン坊, ゐる軍艦, ゐる頭, ゐれば, イヤに, ガウンを, ステッキを, チヨコ, チヨツピリづつ料理を, トマトの, パラソルを, フランス万歳と, ブウーブウーブウー, ランプを, 上の, 下さるな, 下手人の, 並んで, 乱れて, 了つたに, 了ひました, 二三貫目ゆすぶり出し, 二時頃に, 人樣に, 今から, 今夜は, 伏目に, 余と, 來た, 來たぬれた, 來な, 倒れて, 兩耳を, 冷酒を, 凍つた井桁, 出かける, 出たカンカン帽, 出た後, 出ると, 出來, 出掛けました, 別に濯ぎ, 前垂の, 動かない, 去る, 參つた, 友人知人親せきなどに, 可恐い, 可愛いく, 右の, 吐き出した, 呉れるん, 呉葉の, 呼吸を, 咳払ひ, 喋つてゐた, 喝采した, 坐りこんだと, 型は, 声に, 外とうも, 外へ, 夜を, 大きな鞄, 大判の, 大声などは, 大変な, 大海を, 天へ, 天心に, 女異人, 始終シヨボシヨボ, 子守歌を, 学校の, 學校園に, 室内に, 寝ころんで, 寝てたぢ, 寢た, 寢て, 小さな白い, 居たので, 居た古い, 居た男, 居ない女, 居るかと, 居今先何事も, 山から, 山の, 山の街にも, 山越を, 帝劇へ, 底から, 底の, 庭の, 庭先へ, 廻つてゐる, 引導を, 役得を, 往來で, 忠告する, 忠告を, 怪我人らしく, 恰で, 悠々と, 戸口へ, 新しい考, 新店渓の, 暗いところ, 曉方まで, 曰く, 朦朧と, 木の, 杖を, 束縛され, 来さうなので, 来たの, 来て, 来る, 来るので, 枯枝も, 楽屋入りし, 横に, 櫂の, 歩いて, 歩きまわりツーツ, 歩き出しました, 水の, 油桶の, 泣いて, 泣きだした, 泥濘の, 浴槽の, 渡して, 滑稽に, 火の, 炎天の, 燈火の, 片脚, 狐葛の葉が, 猫脊の, 猶太流, 現はれた, 用達に, 画室の, 白いシャツ, 百姓が, 直立不動の, 眠つた, 眠られぬ夜, 眠れなかつた, 着る, 私の, 竈の, 立ちこめる霧, 立つて, 笑つて居た, 笑ひく, 笑ひ出した, 答へ, 築山の, 素足に, 素麺の, 緋鹿子の, 群島中を, 義歯を, 義雄は, 考へた, 考へてばかり, 聖書を, 自ら安, 自ら生れ, 舞つたと, 花の, 葱を, 蠢動する, 行きました, 行くよ, 行け, 行つた, 表通りへ, 複雑さうな, 襟巻を, 見せたり, 見ても, 見なきやあ, 見には, 見ました, 親父と, 言つた, 言ひました, 走つた, 踊つてゐる, 踊り出す, 踊るの, 踊を, 送りに, 遣らう, 鄙びた稍, 酔ひつぶれ寝, 鍬を, 門をは, 闇の, 附け加, 雨具を, 青い烟, 音の, 題を, 顏ぢゆう, 飛白の, 食ふ, 食べるなか, 飯も, 首と, 黒板, 默つて出, 鼻うたを, 鼻ヒゲを

▼ ぶつ~ (223, 15.4%)

6 男が 4 やうに 3 ことを, やうな, 女が 2 事を, 口調で, 娘の, 山の, 様子を, 背の, 若者が, 言振, 頭の, 顔を

1 [184件] あしどりのせゐ, えたいの, おかみさん, おとうさんの, おばあさんは, が彼, ことが, ことの, この村, さつきの, せいの, そのくせ, その心, その逞しい, といふ, といふこと, とする, と思ひます, なり丁度, ので, のは, まとまりに, ままその, ままむつつりと, まま挨拶を, まま私を, まま美し, みたい, もので, もんねえ, ガラス壜を, ケダモノと, コツクたちの, 上さんを, 下品で, 中年の, 予言者を, 人足どもが, 今の, 儘つか, 儘仰向けに, 兄貴が, 兒供や, 其婀娜な, 内儀さんが, 内律の, 冠が, 処へ, 処女の, 切つ, 功果の, 単衣, 友情で, 哥薩克帽の, 坊さん数人俄ご, 天使と, 夫人が, 女の, 女の子の, 女を, 女房か, 女房の, 女達だの, 奴等の, 妻と, 娘が, 娘と, 娼婦たちも, 子供といふ, 學生に, 安南, 富士の, 専門の, 小さいやつ, 小さな児, 小萩の, 小鳩の, 少さ, 尼僧の, 屈強そうな, 屋根や, 山々が, 山脈の, 岩手山でした, 岩礁の, 帽子に, 帽子も, 帽子を, 彈み, 彼は, 御老人, 心魂をば, 悪魔めが, 惡魔が, 意味深長な, 意見を, 感情の, 感情を, 感想を, 態度が, 態度で, 態度を, 手附で, 批評を, 掻巻から, 方は, 日に, 日本人が, 時, 時には, 時には眞面目, 時は, 松の, 様子が, 様子など, 樣子で, 樫の, 母親も, 毒々しい紫色, 毛糸の, 気持が, 氣色などは, 汚い獣ども, 漁師が, 演奏者, 煙の, 燈火と, 爺を, 物言ひ, 狂詩人は, 猿ヶ馬場耕地の, 王を, 男がは, 男で, 男と, 盲目竸漕, 瞑想にでも, 私を, 紗の, 經驗の, 美しい尖塔, 美女との, 老人が, 聲で, 肩掛の, 能の, 脚どりで, 腰は, 臺所に, 芥川を, 芸術家の, 苗売り, 若い女, 若い男, 處も, 處女の, 表情の, 親父と, 言い方する, 言ひ, 詩人さんが, 語氣を, 説明に, 車庫や, 退屈さうな, 逞しい男, 里行きらしい, 雄, 雄蕋, 雄鶏は, 雪子の, 青白い顏, 頃隊長の, 額際も, 顏に, 顔つきを, 顔に, 顔付を, 風が, 首だけ, 馭者に, 駅員が, 髪紅の, 鳥打帽子の

▼ ぶつかつて~ (127, 8.8%)

3 行つた 2 みること, ゐて, ゐる, ゐること, 来るやう, 行くと, 行けるやう, 見ると

1 [108件] いこうと, いつて, いる, からどうも, きた時, くるので, くる虫, くる障子, これは, こわれました, ざぶざぶ流れ, しどろもどろに, しまつた, そこでヤア, それから路地, それを, つき破らなくては, つくつて, とうたう焼かれ, はねかへ, ばかり居た, ひとりで, ひどい目, みたいの, みたらと, みて, みなきや, みなけれや, も破れない, ゆくと, ゆく流儀, わきへ, ゐは, ゐました, ゐるか, ゐるでは, ゐると, ゐるやう, ゐる気, ゐる父親, ゐる逆境, 來た, 來たんだ, 來る, 修証義と, 其の儘, 其方の, 具合が, 大けが, 幻滅させられ, 弓弦の, 引きあげられるまで, 弾き返されたやう, 心に, 心甚だ, 悲劇に, 想像の, 推理の, 新しいいろいろ, 来た, 来たが, 来た一人, 来るところ, 来るの, 来る女, 死ぬ, 死ぬまで, 發する, 白い布, 真白に, 私は, 穴を, 立てる微か, 立派だ, 笑ひ, 粉微塵に, 自分の, 落ちて, 血を, 行かうと, 行かうといふ, 行かざるを, 行きたいといふ, 行く, 行くの, 行くより, 行くラッシュ, 行く場所, 行く大胆さ, 行く素朴, 行く術, 行けるだけの, 行けるもの, 行つた歌の, 行つてゐました, 行つてゐる, 行つて幾分手応への, 見せる氣力, 見た, 見ないと, 見なければ, 見ようぢ, 見ること, 解くと, 話を, 雄大に, 露路に, 頭を

▼ ぶつかつ~ (82, 5.7%)

355 たので 4 た時 3 たこと, たの, たもの 2 たやう, たわけ, た場合

1 [23件] たから, たが, たといふ, たところ, たらてんで, たら何だか, たりし, たりしたら, たりする, たりやう, たり何, たり或は, たり来, たり第, たんだ, たスプウン, た不幸, た先生, た問題, た気, た爲, た生傷, た罪人

▼ ぶつきら~ (41, 2.8%)

18 棒に 8 ぼうに 6 棒な 2 ぼうな, 棒だ 1 ぼう, ぼうで, ぼうの, 棒, 棒では

▼ ぶつ~ (34, 2.3%)

11 ッて 3 つたのは, ッた 2 つたので, つたのである, つては

1 [11件] つた, つたあの, つたしつかり, つたちよつと, つたに, つたのさ, つた人は, つた私は, つても, どうでも, 叩くか

▼ ぶつ~ (26, 1.8%)

3 と切れた, ぶつり 2 とした

1 [18件] と, といつ, とたち切りました, とねへえ, とも言わず, と云い切っ, と切っ, と切った, と切りまくっ, と切れ, と噛み, と囓, と断ち切られ, と断った, と武蔵太郎, と背後, と黙りこん, 鯉口を

▼ ぶつかけ~ (19, 1.3%)

3 てやる 2 て鹿

1 [14件] たりまつかさ, て, てある, てき, てやつ, てやらう, てやれ, て天窓, て食, て食べた, やが, やがる, をつた, をつて

▼ ぶつ~ (19, 1.3%)

1 [19件] うごいて, うしろに, おりが, しなを, であった, ですか, なき事これ, は愚か, ひっそりした, ように, 一団に, 中で, 人たちも, 人は, 右の, 男女は, 目です, 音律には, 額が

▼ ぶつたり~ (17, 1.2%)

3 して

1 [14件] うつかり強がり, えり巻を, こすつたり, した, した芸術家, しないこと, するかを, もぐらもちが, 惱ましい, 抱いたり, 短い頭髮, 窓の, 腕組みを, 頬摺りし

▼ ぶつ~ (15, 1.0%)

2 ほしで

1 [13件] いっしょに, おしで, すぐまたちぢこまっ, なにか吐きだし, ほして, やわらかいそう, 力を, 呟くやう, 噴きあがりばらばら, 大きく飮, 聞く蜆, 脹らんで, 言うあれ

▼ ぶつ倒れ~ (14, 1.0%)

4 てし 2 さう, さうにな 1 さうになる, てゐた, て了つた, て唸つ, て水溜り, て自分

▼ ぶつ通し~ (14, 1.0%)

2 でやる

1 [12件] て語る, であつ, でかきつ, で書く, にあつ, になつて, になる, に巡査, に机, に苦しん, の勞働, らしい

▼ ぶつつけ~ (12, 0.8%)

2 てゐる 1 ていき, てそれ, てやつ, て向う側, て拳, て来た, て歩く, て目, て血だらけ, に誌

▼ ぶつ~ (11, 0.8%)

2 尻向け 1 いかなくては, きがん, でかけました, ばけて, 交った, 切符を, 寄越したの, 越したこたあねえ, 鰊

▼ ぶつ真似~ (10, 0.7%)

4 をした 3 をし 1 して, のお, をしました

▼ ぶつかけた~ (7, 0.5%)

1 くせに, だけで立上, と云, のねもつたい無い, のは, 事に, 着物の

▼ ぶつかける~ (7, 0.5%)

1 つもりだらう, のだ, のを, やうに, よ, 容子などが, 為町の

▼ ぶつ~ (7, 0.5%)

3 はし 1 はさ, はし始めた, はす, はすちうこんで

▼ ぶつつかり~ (7, 0.5%)

1 さうである, それを, はしない, 今にもその, 候故, 合ひ, 諸所に

▼ ぶつ~ (6, 0.4%)

4 んの 1 んな, んへ

▼ ぶつ~ (6, 0.4%)

1 あのむす, あらわれました, あるん, すがた, すむまで, 喝采を

▼ ぶつ~ (6, 0.4%)

1 だ, だそう, だな, ですもの, と切っ, と音楽

▼ ぶつかけられた~ (5, 0.3%)

1 つて大事おま, ものの, やうに, ように, 時の

▼ ぶつこと~ (5, 0.3%)

1 ができぬ, にいたす, はない, をやめず, をやめた

▼ ぶつつける~ (5, 0.3%)

2 やうな, やうに 1 のでどう

▼ ぶつつり~ (5, 0.3%)

3 と云 1 と坐, 切れて

▼ ぶつなら~ (5, 0.3%)

3 おぶちなさい 1 いくらでも御, お打ち

▼ ぶつ~ (5, 0.3%)

1 したばかり, てらして, となえて, 出す射的, 見つめて

▼ ぶつ~ (5, 0.3%)

1 でいっぱい, にまじっ, の中, はびっくり, をばか

▼ ぶつ倒れた~ (5, 0.3%)

1 のだ, ま, ものだ, 奴の, 狩野川が

▼ ぶつ~ (4, 0.3%)

1 て, てしまった, ても其の, て來

▼ ぶつぞう~ (4, 0.3%)

1 にばけ, のきもの, はむくむく, をゆびさしました

▼ ぶつよう~ (4, 0.3%)

1 なところ, な男, にしか感じやしない, にはじきだした

▼ ぶつ~ (4, 0.3%)

1 つたやう, つた樣, の鍋, 大掴

▼ ぶつあれ~ (3, 0.2%)

3 又引

▼ ぶつから~ (3, 0.2%)

1 あ, ないで, 痛いよ

▼ ぶつする~ (3, 0.2%)

1 かな, のは, 場所も

▼ ぶつせい~ (3, 0.2%)

1 なとつつき, な心持, に思つて

▼ ぶつぜん~ (3, 0.2%)

2 とあり 1 と書い

▼ ぶつたつ~ (3, 0.2%)

2 て駄目 1 ておんなじ

▼ ぶつても~ (3, 0.2%)

1 氣に, 船醉しない, 落ちつかないし

▼ ぶつとは~ (3, 0.2%)

1 いいきみ, およそムダ, 何事です

▼ ぶつなんて~ (3, 0.2%)

1 ことが, そんなこと, 妙だ

▼ ぶつのく~ (3, 0.2%)

1 びがたけやぶの中から, びの, びのところへいそぎました

▼ ぶつ~ (3, 0.2%)

1 この私, どこへ, 一所に

▼ ぶつ~ (3, 0.2%)

2 ぼとけヤレ 1 ぼとけ

▼ ぶつ~ (3, 0.2%)

1 ぶつ, ぶつう石, ぶつじゃあござんせんし

▼ ぶつ金ぶつ石~ (3, 0.2%)

2 ぼとけヤレ 1 ぼとけ

▼ ぶつかけられ~ (2, 0.1%)

1 ちやつた, てはかなはん

▼ ぶつかれる~ (2, 0.1%)

1 のです, 元気が

▼ ぶつ~ (2, 0.1%)

1 以上は, 由

▼ ぶつくらい~ (2, 0.1%)

1 ならそれ, なら私

▼ ぶつさき羽織~ (2, 0.1%)

1 は武人, を著

▼ ぶつさま~ (2, 0.1%)

2 にさんけい

▼ ぶつたしわがれ~ (2, 0.1%)

2 聲が

▼ ぶつたち~ (2, 0.1%)

1 つぽ, の中

▼ ぶつた斬り~ (2, 0.1%)

2 のマリイ

▼ ぶつ~ (2, 0.1%)

1 がひ, がひだ

▼ ぶつつかる~ (2, 0.1%)

1 まで分らねえでない, 時は

▼ ぶつつけがき~ (2, 0.1%)

1 の, をされた

▼ ぶつつけた~ (2, 0.1%)

1 のです, 恰好を

▼ ぶつつけ合~ (2, 0.1%)

1 つた, ひながら

▼ ぶつてな~ (2, 0.1%)

2 ぶつて

▼ ぶつては~ (2, 0.1%)

1 ゆけなかつた時代, 桑原

▼ ぶつてる~ (2, 0.1%)

1 ので, んだ

▼ ぶつ~ (2, 0.1%)

1 どうやら南宗院, 汗ッかき

▼ ぶつといふ~ (2, 0.1%)

1 響が, 響は

▼ ぶつにでも~ (2, 0.1%)

1 ばけること, 出会ったよう

▼ ぶつやう~ (2, 0.1%)

1 にはぢ, に手

▼ ぶつ~ (2, 0.1%)

1 として居た, と縄

▼ ぶつ倒す~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ ぶつ倒れる~ (2, 0.1%)

1 か分らない, べよ

▼ ぶつ掛け~ (2, 0.1%)

1 て啜る, て遁出

▼ ぶつ放し~ (2, 0.1%)

1 てでも, てやらう

▼ ぶつ突かつ~ (2, 0.1%)

1 て, てね

▼ ぶつ続け~ (2, 0.1%)

1 の徹夜, の徹夜苦行

▼ ぶつ金ぶつ~ (2, 0.1%)

1 と言う, はこの

▼ ぶつ飛びあがつた~ (2, 0.1%)

2 飛んだわ

▼1* [117件]

ぶつて問題用紙, ぶつうりと突いた, ぶつかけたら尚臭く, ぶつかけられるのが, ぶつかけオカユのはい, ぶつかつてたびたび御苦労です, ぶつじゃ有難く, ぶつきりのアイヌ, ぶつきり飴よお, ぶつけちまひしばしは, ぶつこけてぼん帷子, ぶつこまれたんだ, ぶつこみ猶又, ぶつこむと萬能, ぶつころすなんて騷, ぶつこんでの革色, ぶつもし生きてりゃ, ぶつさうですね, ぶつなぐるぞの, ぶつたおれたというよう, ぶつたくり式と, ぶつたままでお, ぶつたまげて蟲干, ぶつたんだな, ぶつた思はせぶりを, ぶつた歩き方など, ぶつからね, ぶつだけぶたれて, ぶつだけでも痛そう, ぶつちゃあと言ふ, ぶつちや居られませんよ, ぶつっけた, ぶつっけてガチャン, ぶつっとそう云っ, ぶつついたということ, ぶつつかつてみたかつた, ぶつつかつたかそれ, ぶつつからぬと見え, ぶつつかられてはね返り, ぶつつかるだらうと思, ぶつつけないでそれ, ぶつつけぶつ倒すの, ぶつつけましたから今太郎君, ぶつつけられたりし, ぶつつけ昼も夜, ぶつつづけて今, ぶつつぶしてし, ぶつつぶれ小屋で, ぶつづけに掻き立てられた, ぶつてこらへ人, ぶつてさう言, ぶつてでもやらなければ, ぶつてなんぞもらいたくないよ, ぶつてね他に, ぶつてやあがるんだい, ぶつてり太つた, ぶつでもねえですぐ, ぶつ額を, ぶつなしたまわれことしきん作, ぶつなという, ぶつなり殺すなり勝手, ぶつなり蹴るなりし, ぶつなんまん, ぶつにてかへらんと, ぶつのよたん, ぶつはれもの, ぶつき, ぶつぱなしながらだんだん心, ぶつぱなし盛装したポルトガル商人, ぶつぱなす人士の存在, ぶつぼうぼうと鳴い, ぶつまで隣の, ぶつまねをし, ぶつわかったその, ぶつものでは, ぶつものうくどきやうまめ, ぶつおやつ, ぶつと黄色い, ぶつらぶつらと黄色い, ぶつわよおばさん, ぶつわよとおそのが, ぶつデパートのマタ, ぶつ中学生の政治狂, ぶつれた, ぶつ倒されたの, ぶつ倒されるほど睡い, ぶつ倒せの演説, ぶつ切ら棒に, ぶつ切れになっ, ぶつ切牛うつぼへ, ぶつに子供, ぶつ口上ばかりに植込, ぶつ叩いて気, ぶつ吃驚げた真似仕出かし申しての, ぶつれて, ぶつ始めりやいいん, ぶつ座敷牢だと, ぶつ懸けた大根の, ぶつ掛けたやうに, ぶつ放したのも, ぶつ権利がある, ぶつ死ぬまでこき, ぶつ殺されんな, ぶつ殺した方が, ぶつ突つたのである, ぶつけだつた, ぶつとかやっこ踊り, ぶつ裂き羽織に, ぶつ込み左仲の側へ衝, ぶつ通した天井は, ぶつ通しミシンを踏ん, ぶつかりながら, ぶつ附けたり枕, ぶつ飛ばしたんだ, ぶつ飛ばすんだ, ぶつ飛んで狐, ぶつ燈籠といった