青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ひき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ばか~ ばらばら~ ばん~ ぱっと~ ぱり~ ~ひ ひ~ ~ひい ひい~ ~ひき
ひき~
~ひく ひく~ ~ひし ひし~ ~ひそか ひそか~ ~ひそめ ひそめ~ ひたい~ ひたすら~

「ひき~」 1990, 19ppm, 5961位

▼ ひき~ (217, 10.9%)

6 山の, 犬は 5 山鳥の, 蛙は 4 子ヤギたち, 犬の 3 大虎

2 [16件] トナカイは, ネズミ, ネズミが, 大コウモリ, 夫婦が, 妙な, 子ねこ, 子供を, 小さな金魚, 山より, 山下ひかる黄葉の, 嵐吹く, 巨大な, 犬が, 若いもの, 虎の

1 [152件] いい馬の足, いもむしが, おじいさんが, おもしろき蕗, おやねずみ, お化けコウモリです, お多喜, かわずが, こいだけが, こどもやぎは, こどもやぎを, こる莠, さるの, しろい息, すみやかなる, とな, となかいとラップランド, ない顔つき, なかま, ねこと, ねこの, ねこは, ねずみが, ひたひ草, ひょうが, ひょうも, ほかには, ほそい銀色, ぼるに, めらし, もので, ものは, やうに, ろばに, ろばを, をてもこの, ウサギを, オットセイみたいな, ギリギリ最後の, トラに, ドブネズミまでも, ネコを, ネズミを, ハエが, ハツカネズミが, ハツカネズミは, ヘビが, ヘビを, ホタルが, ホタルは, モルモットを, ライオンの, リスが, 一つな, 上に, 下ば, 仲間を, 八峯踏み越え, 八峰の, 和太郎さんは, 唄に, 国, 大きなクラゲ, 大きな石, 大きな虎, 大カブトムシ, 大ガニに, 大ガニは, 大ガニも, 大トラ, 女と, 女給が, 子供に, 子猫は, 宇宙怪人は, 実際な, 宿なし, 小さな動物, 小魚, 山かも, 山さへ, 山に, 山ほととぎすいつか来鳴かむ, 山を, 山桜花日ならべ, 山椿咲く, 山沢人の, 山沢回具を, 山河の, 山行きしかば, 山谷越え, 山路越え, 山道も, 山野さはらず, 弁当に, 強いぐつとくる癪, 怪人が, 怪人は, 怪物が, 怪獣は, 悪い奴, 憎さ, 成功が, 早い海峽, 最上の, 毛虫が, 火花を, 爺が, 片山雉立ち, 牝牛が, 牝牛は, 物腰で, 犬, 犬たちも, 犬と, 猫だけ, 猿であった, 獣を, 白ウサギは, 相談だ, 看板娘に, 私にとって, 綱に, 薬罐を, 虎では, 虎は, 虎を, 蛇も, 蛇を, 蜻蛉が, 親仁は, 親方が, 角箱に, 譜面台を, 赤んぼうリスを, 重なる度, 野獣の, 金魚が, 金魚を, 鉄瓶が, 間に, 関係から, 音楽師たちは, 音楽師は, 馬が, 馬は, 骨は, 骸骨が, 魚を, 黄金の, 黒いみごと, 黒ネズミは

▼ ひきながら~ (120, 6.0%)

3 落ちて 2 たどって, 起きた

1 [113件] ああいけなかった, あたしの, ある楽節, うしろへ, おちて, かえってきました, かけて, かれは, ぐんぐんとん, こう尋ね, こちらの, ころころと, さがしに, しかも青年, しげしげと房一, すこしも, そこに, その度, その座敷, その時分それ, その林, その音, それでも夢中, それについて, たわいなく畳, ちかづきました, ちょこちょこと, なんだか荒々しい, にこにこ笑っ, ふたたび川, ほのぼのと, やって来るもの, やっと読ん, やつて, ゆっくり帰っ, オペラ, ピアノの, リーズの, ヴァリエーションを, 一団の, 三四間も, 主従足を, 何事か, 作ったが, 倒れて, 全速力で, 公園の, 公爵と, 内へ, 出て, 前を, 医師へ, 千世子は, 取っつきの, 同じ町内, 命令した, 唄を, 啜り泣いて, 在るまま, 坊さんの, 大きな声, 大主典, 大河無, 子供を, 家に, 家の, 尋ねた, 小さく這, 屍體を, 川田の, 強く瞬間的, 彼の, 彼は, 彼女を, 往った, 後ろへ, 戸口の, 拝領の, 捜して, 敵の, 木剣を, 来かかって, 来た鹿, 松葉杖に, 次郎は, 歌う者, 歩き出した, 歩くので, 流れ去るよう, 深い満足, 独り言の, 町は, 畑ちがいの, 疾う, 石の, 立ち去って, 答えた, 舞いたち, 若々しい声, 草むらより, 蝙蝠が, 蠢き行かしめるもの, 行く彼女, 襟に, 試験管を, 通るの, 進んで, 道, 金造の, 静かに, 頭に, 馬の, 駆けて

▼ ひき~ (75, 3.8%)

8 えるが 6 えるは, えるを, へる 4 えるに 3 えるの

1 [42件] あったもの, あつた, ある, あるよう, いっしょに, いっせいにへや, える, えるくらいの, えるでありましたから, えるとか, えるども, えるなどの, えるなら私, えるのいっぱい, えるの目, えるも, えるやくも, からんで, きつく従っ, しどいね, ねに, ひきだしたよ, ひどいので, へただった, もつれ合い乍ら辺り, ゆかいで, わにししゅうを, わるくて, 一人つい, 品川で, 弾丸の, 急に, 悠揚と, 新仲町, 早く呉れ, 朱塗りの, 玄関の, 秘められて, 立って, 荷車に, 言いました, 起りまた

▼ ひき~ (63, 3.2%)

10 ならないよう 3 大人三人前を

1 [50件] いったの, くる, くる人さ, けり, けれ, なったかも, なったって, なったわ, なったん, なった時常, なって, なつた, ならないで, ならないの, ならない様, ならなかったの, ならなくても, なりながら, なりました, なりましたか, なりましたって, なりませんか, なりませんでしたね, なり三びき, なるあわれさ, なれる, 余念が, 入門し, 出掛けた, 包まれた彼女ら, 幾多の, 往った, 憂身に, 成りて, 来たもの, 来る女, 比べては, 泊りがけに, 渡した, 満足し切った, 漂は, 町へ, 粉ひきの, 素足に, 藁ぞうりを, 行き連れてこそ, 誤算を, 赤いまんと, 釣りこまれて, 馬を

▼ ひきかへ~ (61, 3.1%)

17 して 5 した 2 九輪草

1 [37件] あの焼跡, この義母の, この老, し, したが, したその, した名田島, した暑, しつ, しつかりもの, してる, しなの, しました, しんしんと, し別路, せば, また糸, エマアソントロウホイツトマンイブセンイエツステフエン・フイリツプスの, 人々が, 今は, 今夜の, 今案外, 何を, 升田は, 受けるところ, 塚田の, 大山原田碁の, 嫁入頃の, 帰りの, 彼は, 我は, 戸外では, 方々の, 王蜂の, 私の, 舞台の, 高い山々

▼ ひき~ (59, 3.0%)

6 った 4 っている 3 った唇 2 った唇つき, った端麗, った顔

1 [40件] ったいい, ったおもなが, ったところ, った体つき, った口もと, った喜び, った小さな, った小さめ, った小柄, った敏捷そう, った線, った美男, った肉付き, った肉体, った肥えかた, った表情, った躯, った逞しい, った頬, った顎, った顔つき, ってい, って玉, って額, つたところ, まった眉, まって, まるしだれた, り双眸, り呼吸, り張り, り方, り甲斐, り眼鼻, り肩, り額, り顔ぜんたい, り高い, る夜明け, る愁い

▼ ひき出し~ (51, 2.6%)

5 の中 3 をあけ 2 からのべ, に入れた

1 [39件] から一歩銀, から抜い, から横, から白い, から眼鏡, から薬, から貸金, さえ知らなかった, だけにはしまつて, で間, と申す, にいつも, にお金, にしばらく, にしまっ, にでも入れ, にはお金, にキチン, に一つ, に三井呉服店, に入れ, に投げこん, に電報用紙, のおかし, のかん, の二十円, の懐中電灯, の摘要書き, の違, の鍵, へしまう, へ返し, や手文庫, や本箱, をあけよう, をあらためた, をさがす, をひっくり返した, を見たら

▼ ひき~ (48, 2.4%)

3 きらない 2 きらず, きらずぞろぞろ, きらぬ有様

1 [39件] あらわれて, いっしょに, お出でなさい, かわしも, きらざるは, きらずおよそ, きらずその, きらずに, きらず呆然, きらず城市, きらず差しつけるグラス, きらず平家, きらず直義, きらない有様, きらない程, きらない警報, きらぬほど, きらぬ伝令, きらぬ公卿, きらぬ客, きらぬ程, どろんも, なさそう, ならないからな, はいて, やあけ給はむ, よい胡弓もち, 三びきも, 切らず当夜, 切らず続々, 切らない, 切らないウェストミンスタア橋, 切らない早馬, 化け物の, 右様に, 子供を, 捕まえられて, 河の, 高くとびはね

▼ ひき~ (39, 2.0%)

2 死んで

1 [37件] あらかじめ十分, いっしょに, いって, えながら, かわいいぼう, ききました, ぐうぐう寝, ここしばらく, これを, ございませんと, しないかと, しないが, しないの, すまいかと, ずらりと壁間, その単価, たけた赤い, たけると, ただ蛭子神社, ちょいと, づし, づす手の, とんで, ながえ, ままある, テーブルについて, 一切ぬきに, 五辺形の, 大鋸を, 弱いが, 格別汗も, 渡仙の, 珍しく三年前, 腹がけの, 自分で, 街道ばたへ, 赤い色

▼ ひきだし~ (35, 1.8%)

6 をあけ 2 を開け

1 [27件] から土蔵, から独りこッそり毒薬袋, から紙, の上, は開けっ放し, へ仕舞い込む, をあける, をあちこち, をいちいち, をかきまわした, をがたがた, をしらべ, をそっくりそのまま, をその, をひっぱりだし, をひっぱりだしました, をひらい, をみなそれぞれ, を力任せ, を取り出し, を指さした, を明け, を片づけはじめました, を知る, を自分, を開き, を開ける

▼ ひき緊め~ (35, 1.8%)

73 られて 2 ると

1 [23件] ぎゅっと拳, それから続けた, たが, たしか, たとき, たの, たん, た唇, てかかりたかった, ても借財, て丈八, て人, て答えた, て行くべき, ながら, られた顔, られるもの, られるよう, るの, るべき職責, るほど, 力んだ顔つき, 大きな眼

▼ ひき~ (30, 1.5%)

4 出づ 2 彼方に

1 [24件] いなば, これに, とびて, やらじと, セキする, 一日臥し, 世を, 出できたるかな, 卑し気, 夢路か, 峠を, 憎しと, 桑の, 水を, 照らし出, 磯に, 祖先を, 薄明の, 行く, 行くちふ, 行く牛, 路上に, 遠津海原, 門に

▼ ひき~ (29, 1.5%)

2 して, 見て

1 [25件] うながして, する, するか, するについても, するほど, する場面, つかさどると, はじめるの, はつて, やった, やる店, よくやる, 三人ほど, 三十ピアスターで, 代表的に, 叱りつけて, 手放して, 掛けた一紙, 早くお, 理解した, 白雲は, 目当てに, 見つけると, 非常に, 頭に

▼ ひきずつて~ (26, 1.3%)

1 [26件] きて, この空地, ござらつし, ぞろぞろ通りかかる, どこまでも, やつて, ゆくといふ, ゐた, ゐたやう, ゐました, ゐる激し, ゐる爲, 居るは, 弱いからだ, 戦蹟慰問や, 日奈久へ, 来た, 歩くの, 泥濘を, 海の, 眠つてゐる, 秋山家の, 行きました, 行きまして, 行つた, 逃げ歸つた

▼ ひき~ (23, 1.2%)

2 ぢて

1 [21件] あかざととびつかとで茫々と, いふぬす, いへば, つたといふ, つたのだらう, つて, つてやつた, つて休もう, つて自分の, つて行く, つとと, なく殺され, なった, みんなドアの, むをえざりき, フイルトレの, 同時にその, 思ふて, 柄鍋の, 申さば足りなん, 目と目を

▼ ひき~ (21, 1.1%)

2 した, して, へす, へすこと

1 [13件] しその, したの, するに, づいた夜, づきて, づき二三丁, ぶつて, へすの, へす私, へす途中うどん, 三びきぐらゐ幽霊を, 三びきの, 死んで

▼ ひきかへて~ (21, 1.1%)

2 今日は, 遊女屋の

1 [17件] おみ, やさしい親切, よくカンドコロ, 三番の, 不幸な, 今日の, 同じ時, 名古屋ホテルは, 塚田の, 夏は, 安くも, 彼の, 男は, 自分の, 辛辣さを, 鍋釜蓋さんは, 隣の

▼ ひき~ (17, 0.9%)

2 をする

1 [15件] がそそっかし, がどうやら, が悪い, だった, で彼, について専門的, に感心, のほう, は, をさせる, をし, をしてる, を教え, を決め, を読ん

▼ ひきとつ~ (15, 0.8%)

121 てくれ, てくれた, て下さい

▼ ひきつつ~ (13, 0.7%)

3 たやう 2 た樣 1 しきりに泣きさけん, た声, た顔, た顔付, また同じ, 五歩に, 書物を, 飛んで

▼ ひきそう~ (12, 0.6%)

41 である, なこと, なもの, な心地, な気持, に見えない, に頭, もない

▼ ひきとも~ (12, 0.6%)

1 [12件] いっぺんに死ぬ, かわいそうに, その場, ぬすまれて, ひっくくりゃァ, ほんとうの, やられて, ベッドの, 出して, 前胴, 口と, 見えないが

▼ ひき続い~ (12, 0.6%)

2 て直 1 て, ての評判, ては出遅れた, てゐる, て一日じゅう, て丸邇臣口子, て来た, て母系, て落ち込む, て驕

▼ ひきその~ (11, 0.6%)

1 [11件] まえで, まん中にあたる, 上目を, 中で, 人びとと, 妹は, 御礼として, 手当の, 次に口, 血の, 頬肉の

▼ ひきそれ~ (11, 0.6%)

2 がこじれ, に鉋 1 から北極星, がなかなかはっきり, が肺炎, に感動, より代々相伝, をまぜ, を力いっぱい

▼ ひき~ (10, 0.5%)

3 らしの 2 がつた, らし 1 うだから, がつたあと, がつて

▼ ひきつて~ (10, 0.5%)

1 しまつ, は当らぬ, もい, もいい, もそれほど, も了, も何ん, も間違, ゐた, ゐたの

▼ ひきづら~ (10, 0.5%)

6 れて 1 れた形, れる, れ友, れ旺盛

▼ ひき~ (10, 0.5%)

1 が数匹, とはそれぞれ, とはどちら, のやう, はちやう, はのつ, みて, もいねえ, よ, らしい

▼ ひきかた~ (8, 0.4%)

1 が, が下手, と少し, までよく, もひとつ, をきき合っ, をち, 剃りかた

▼ ひき~ (8, 0.4%)

2 へひき 1 って朝ぼらけ, へた, へたらしい, へてあんまり, へてさて, よ朝

▼ ひき~ (8, 0.4%)

2 妹弟六人の 1 もうけた貯金, ものには, 将来見込みの, 東京見物を, 飲み出すと, 麦を

▼ ひき~ (8, 0.4%)

2 さしも名高き 1 うみれん, くに御, こむらひかがみ, ちよつと, 仕上げの, 我家の

▼ ひき~ (7, 0.4%)

1 とひ, とひぬる, はされ, はされた, はし, はしに, はし銀座いそげ

▼ ひき~ (7, 0.4%)

1 った, った手肢, った精悍そう, ってくる, って慄, って陽, るやう

▼ ひき~ (7, 0.4%)

2 のあなた, の輪中空 1 がその, さ, よ

▼ ひきあけ~ (6, 0.3%)

1 にいつも, にお, に家, に氏神諏訪社, ひけすぎ, 驚くと

▼ ひきやすい~ (6, 0.3%)

1 きれ地, と思っ, ような, 僕は, 箱入り娘な, 薬品類に

▼ ひき倒し~ (6, 0.3%)

2 というやつ 1 たり手一杯, たり転がし, て捻じ, ということ

▼ ひき裂い~ (6, 0.3%)

1 てしまいたい, てしまったら, てその, て千切, て嚥, て裸

▼ ひき返し~ (6, 0.3%)

2 てきた 1 てまいりました, て来, て来た, て来る

▼ ひきかせる~ (5, 0.3%)

2 やうに 1 ことが, のであつ, 父も

▼ ひきたて~ (5, 0.3%)

1 でございます, でないと, によるもの, もあったろう, をうけた

▼ ひきつけ~ (5, 0.3%)

1 がくる, ではじめ動顛, で会った, は御免, へ出

▼ ひきつめ~ (5, 0.3%)

3 にし 1 で後, に結った

▼ ひきとり~ (5, 0.3%)

21 になられた, になる, を願いましょう

▼ ひきはが~ (5, 0.3%)

1 されて, して, しました, し方, そうと

▼ ひき上げ~ (5, 0.3%)

1 てとしての人間性観察者, て行った, になりました, をいう, をはじめた

▼ ひき番頭~ (5, 0.3%)

1 ですが, ですし, でノラクラ, のよう, をさせ

▼ ひき~ (4, 0.2%)

2 やへ 1 やで, やを

▼ ひきという~ (4, 0.2%)

1 ことが, のだけは, やつが, 自分の

▼ ひきひき~ (4, 0.2%)

1 歩いてた, 歩きながら, 歩く良人, 追えど

▼ ひきまた~ (4, 0.2%)

1 出まかせを, 南は, 実際に, 返って

▼ ひき~ (4, 0.2%)

2 のひき 1 のネズミ, は寝床

▼ ひき寄せ~ (4, 0.2%)

1 てくれ, て散々, ながら当て身, になっ

▼ ひき~ (4, 0.2%)

1 と歌い手, に野草, のよう, の同じ

▼ ひき揚げ~ (4, 0.2%)

1 だ, だッ, にもここ, を令

▼ ひき換え~ (4, 0.2%)

1 ができる, に, に受け取っ, に武蔵

▼ ひき止め~ (4, 0.2%)

1 なんかしません, にかかった, はつかまつりません, 腰を

▼ ひき~ (4, 0.2%)

1 がありました, が臼, は, は総

▼ ひき裂かれたらしい~ (4, 0.2%)

4 音である

▼ ひき裂く~ (4, 0.2%)

1 ことも, と赤爛れ, なごり哉, ような

▼ ひき起した~ (4, 0.2%)

1 この暖かい拙い, のでしょう, 不健康, 騒ぎでした

▼ ひき還す~ (4, 0.2%)

4 より上

▼ ひきうど~ (3, 0.2%)

2 との関係 1 と云

▼ ひきかす~ (3, 0.2%)

1 ことが, やうに, んでなけれ

▼ ひきかつ~ (3, 0.2%)

2 ぎかかへて戻る 1 ぎおもふは生みの

▼ ひきがねを~ (3, 0.2%)

3 ひきました

▼ ひきくらべ~ (3, 0.2%)

1 つつ読んだであろう, て, てなにか

▼ ひきざくら~ (3, 0.2%)

1 でありませんお前, の花, の花だい

▼ ひきずり~ (3, 0.2%)

1 の着物, の靴, をまた

▼ ひきつつて~ (3, 0.2%)

1 ゐる, 一時跛行し, 唸り両

▼ ひきづり~ (3, 0.2%)

1 寄せて, 込まれて, 降ろして

▼ ひきには~ (3, 0.2%)

2 なるまいし 1 神出鬼没で

▼ ひきばかり~ (3, 0.2%)

1 して, とって, 入れ物に

▼ ひきまで~ (3, 0.2%)

1 あらゆる人間, 今は, 教えるから

▼ ひきやすく~ (3, 0.2%)

1 てその, もある, 従ってそうした

▼ ひきよめる~ (3, 0.2%)

2 やうな 1 ために

▼ ひき~ (3, 0.2%)

2 切って 1 切れるよう

▼ ひき合せ~ (3, 0.2%)

1 したいが, と存じられます, と戴宗

▼ ひき~ (3, 0.2%)

1 が其上, と手摺, の書いてない

▼ ひき戻し~ (3, 0.2%)

2 に行く 1 ながらいった

▼ ひき~ (3, 0.2%)

2 きて 1 いて

▼ ひき放し~ (3, 0.2%)

1 てしまう, てしまっ, て考へよう

▼ ひき明け~ (3, 0.2%)

1 がよい, にかけてひどい, に半蔵

▼ ひき~ (3, 0.2%)

1 じゃありません, ね, をする

▼ ひき籠り~ (3, 0.2%)

1 がちだつた, がちとは, になつ

▼ ひき続き~ (3, 0.2%)

2 ではあつ 1 ではあった

▼ ひき~ (3, 0.2%)

2 きでは 1 き遂に

▼ ひき~ (3, 0.2%)

2 ふ苦し 1

▼ ひき自分~ (3, 0.2%)

1 に生れ, の家, は

▼ ひき~ (3, 0.2%)

1 のうれしい, の能力, をひき上げ

▼ ひき起こす~ (3, 0.2%)

1 いろいろな, ことの, 小さな波紋

▼ ひき違い~ (3, 0.2%)

1 に蓬生, のよう, をした

▼ ひき離し~ (3, 0.2%)

1 てこんな, ては考へられない, 彼岸の

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 がつて綺麗, はせでせう

▼ ひきあつ~ (2, 0.1%)

1 た影, て労はり

▼ ひきうつし~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ ひきかぶり出あるく~ (2, 0.1%)

2 と松原

▼ ひきかぶる~ (2, 0.1%)

2 ものも

▼ ひきがち~ (2, 0.1%)

1 であった, の野村

▼ ひききりなし~ (2, 0.1%)

1 にやってくる, に流れ

▼ ひきこれ~ (2, 0.1%)

1 は信子, を威圧

▼ ひきさうな~ (2, 0.1%)

1 ので例, んだ

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 ていた, は白絹

▼ ひきしかも~ (2, 0.1%)

1 しょっちゅう走ろう, ともに遊行

▼ ひきずつ~ (2, 0.1%)

1 たま, た男

▼ ひきそっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ております

▼ ひきそろっ~ (2, 0.1%)

1 ていっ, てでかけました

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 が未来, と思った

▼ ひきだけ~ (2, 0.1%)

1 では, 生きのこって

▼ ひきちがい~ (2, 0.1%)

1 にひとり, に下男

▼ ひきつたの~ (2, 0.1%)

1 が少し, でした

▼ ひきつて了~ (2, 0.1%)

1 ふと臆病, ふの

▼ ひきてか~ (2, 0.1%)

2 へりし事

▼ ひきです~ (2, 0.1%)

1 から少年たち, から年中荷物

▼ ひきとして~ (2, 0.1%)

1 暮しその, 隠れ死

▼ ひきとは~ (2, 0.1%)

1 實か, 水が

▼ ひきども~ (2, 0.1%)

1 が酒, は棒

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 づんで, んだ

▼ ひきながらも~ (2, 0.1%)

1 続々傑出, 背後の

▼ ひきなし~ (2, 0.1%)

1 に民主的人民, に確保

▼ ひきなども~ (2, 0.1%)

1 しないこと, つまりそれ

▼ ひきなら~ (2, 0.1%)

1 んでいる, んで坐る

▼ ひきなんぞ~ (2, 0.1%)

2 百人前の

▼ ひきにも~ (2, 0.1%)

1 なった, 行かねば

▼ ひきひとり~ (2, 0.1%)

2 はわが

▼ ひきみたい~ (2, 0.1%)

1 にずるずる, にみんな

▼ ひきむしつて~ (2, 0.1%)

2 しまつ

▼ ひきよう~ (2, 0.1%)

1 だが, ですに

▼ ひきわり~ (2, 0.1%)

2 てす

▼ ひき三びき~ (2, 0.1%)

1 とつづい, とネコ

▼ ひき下る~ (2, 0.1%)

1 のよ, 拍子に

▼ ひき下ろし~ (2, 0.1%)

1 て来る, 衆人の

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 しだけ, しという

▼ ひき佐渡~ (2, 0.1%)

2 は青き

▼ ひき写し~ (2, 0.1%)

1 にした, をし

▼ ひき千切~ (2, 0.1%)

1 ってその, ってつる

▼ ひき取り~ (2, 0.1%)

1 ねがいたい, を願っ

▼ ひき受け~ (2, 0.1%)

1 その夜, てこの

▼ ひき合わせ~ (2, 0.1%)

1 だろうよ, もできませんでした

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 といふもの, をき

▼ ひき外し~ (2, 0.1%)

1 お持ちかえりなされた, 持参いたしましたれ

▼ ひき大地~ (2, 0.1%)

1 にむかっ, の上

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 も元気, も黒

▼ ひき廻し~ (2, 0.1%)

1 する必要, の程

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 になる, に成る

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 へかよっ, をあげる

▼ ひき放ち反る~ (2, 0.1%)

2 弓の

▼ ひき明け方~ (2, 0.1%)

1 に帰る, より大雨

▼ ひき易い~ (2, 0.1%)

1 けれどもまずまあ, のは

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 にす, の代り

▼ ひき機械~ (2, 0.1%)

1 のやう, を吊し

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 になっ, にも粉屋

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 も切れ, をむしる

▼ ひき~ (2, 0.1%)

2 かかりに

▼ ひき神代~ (2, 0.1%)

1 よりかく, より斯く

▼ ひき移り~ (2, 0.1%)

1 この土地, になりました

▼ ひき移る~ (2, 0.1%)

1 といふ日, ような

▼ ひき立つ~ (2, 0.1%)

2 ことと

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 をまわし, をまわす

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 の粉, をはきよせる

▼ ひき~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 ひきかまびすしく, 引きゃ妾

▼ ひき袖引き~ (2, 0.1%)

1 して, する者

▼ ひき裂いた~ (2, 0.1%)

1 ようだ, 着物の

▼ ひき裂かれ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, でもする

▼ ひき裂かれた~ (2, 0.1%)

1 ワイシャツから, 戦跡をめぐって

▼ ひき裂かれる~ (2, 0.1%)

1 にまかせ, ような

▼ ひき起こし~ (2, 0.1%)

1 そのまま離室, ているで

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 には二箇, をち

▼ ひき退る~ (2, 0.1%)

1 のみである, わけには

▼ ひき連れ先供~ (2, 0.1%)

2 の者

▼ ひき~ (2, 0.1%)

1 の底, は二人

▼ ひき離した~ (2, 0.1%)

1 だけだ, と思っ

▼ ひき離す~ (2, 0.1%)

1 と足, ように

▼1* [456件]

ひきあとからあと, ひきいいのが, ひきいいえすべての, ひきいくらかの銭, ひきうまいがどこ, ひきうるさくとんで, ひきおおごらんなさい, ひきおこる場面は, ひきおわってからあまり, ひきお寺まゐり, ひきかき廻したの, ひきかくて生れしすぐれし, ひきかけて誓, ひきかせてゐる, ひきかぶり飛ぶように, ひきかへてがつしり, ひきかへに封鎖預金から, ひきかまびすしくしゃべり立てて, ひきから餌の, ひきくらゐならそこら, ひきくるめて云, ひきこっちの文法, ひきさうに見えない, ひきさえすれば, ひきさして見か, ひきさま暗い方, ひきさらって文学的精励, ひきされど沒理想即, ひきさんだったが, ひきしかゐなかつた, ひきしこもうと思う, ひきしごきイワンをば, ひきしたんだ, ひきしてる一寸法師の, ひきしのぶをしひ, ひきしむ針ぞ, ひきじわじわと攻め, ひきすえ后が, ひきすえた武松の, ひきすその赤い, ひきするのも, ひきずつては行くが, ひきずつてをりました, ひきずらすまいとした, ひきそこなつて, ひきそしておん眼の, ひきそつて子供, ひきその後は研究費, ひきその間には三四人, ひきそれから肋膜を, ひきそ高窓の軒, ひきぞうりばき, ひきただより高き, ひきたまえな, ひきたり湯崗子にて, ひきたる煌砂, ひきたれるに驚く, ひきだろうがへいき, ひきだんだん向うの, ひきつてしまつてもまだ, ひきつて一向他, ひきつて寶雲齋坊は怪しく, ひきつて差支へない, ひきつて考へこむんぢやないかと私, ひきつて膝に手, ひきつて自棄に吐月峰, ひきつて音無家の門, ひきつねに持つ緋房かざり, ひきつめ加減の洋髪, ひきつめ髪の額, ひきつるが如く, ひきつれの跡, ひきづつたいはば, ひきづつて行くの, ひきづつて今度は真剣, ひきづりあげられて踊りをぼんやり, ひきづりこみこれを柱, ひきづりこむ魔力はほか, ひきづりだして殺されると, ひきづりまはされ限定されて, ひきづり窖のやう, ひきづるやうに便所へ去つた, ひきづる方が好き, ひきづゝ番をし, ひきづッていかれ, ひきづツてゐる, ひきてに手を, ひきても人は, ひきてや向ふよ, ひきであったがまもなく, ひきでは学生たちが, ひきでもなんでも, ひきといふヨハン王の, ひきとても見られた光景, ひきとのべつに, ひきともきびんだ, ひきとりなされ切腹の, ひきとりなされましてそなえ, ひきとわを召す, ひきどうなるか, ひきどっこいしょと立ちあがった, ひきなかの物, ひきなさいまし本統に, ひきなさる気に, ひきなさるまい殊にこの, ひきなされてい, ひきなされましたがふと, ひきなされますところから, ひきなど饒舌な, ひきならしに来, ひきなれになつ, ひきになつてごらんなさい, ひきになんぞ百人前の, ひきによって勘定奉行にまで, ひきのよふなるあ, ひきはかへし, ひきはくびを起し, ひきはなち車の, ひきはめをとかい, ひきぱんぱんと怪塔王をねらいうちしました, ひきひき前垂に白米, ひきひき富士川へ引き返した, ひきひき役者たちの監督, ひきひき爺さんのあと, ひきひき駈けずり廻っ, ひきひと或はひきうど, ひきふえましたよと猫, ひきふたたび疲れた弦, ひきふたり轡をならべ, ひきぶらぶらいたしましたが, ひきぶりはそう, ひきぶるぶると見える, ひきほどきひき, ひきほどく朝顔の, ひきまでがおらが, ひきむいてしまいました, ひきむしられる眺めであった, ひきむしる彼の, ひきむすびやすらひて, ひきむすんでいる, ひきめまいの大, ひきめ下げ緒といっしょ, ひきもとまつて, ひきものに持たせ, ひきやくがびやうゐんへ, ひきやら政治的な, ひきやるのは, ひきひり, ひきゆがみ片眼, ひきゆる二十数名の, ひきょうだぞっておっしゃったけれど毎日誰かが駅, ひきょうのようでござりますがおくがた, ひきすれば, ひきよき妻が, ひきよりまん, ひき岩の, ひきりうす, ひきわずらうほどの大, ひきわり麦をねらってる, ひきわる見世物を見, ひきジャケツは今年, ひきストララムが指揮, ひきスーを一人, ひきこない, ひきデコを使う, ひきトボトボと歩い, ひきバクスターは二つ, ひきバルザックの作品, ひきピストンの鼓動, ひきフォン・コーレンの方, ひきプラットフォムを走っ, ひきマーチおばさんはなおる, ひきユトランド諸島のあたり, ひきヨーロッパでリルケ, ひき一つ家の秋, ひき一人が押し, ひき一升壜を下げ, ひき一層その若者, ひき一見天女の, ひき三びきめのはラッパ, ひき三びき四ひきとみんなドア, ひき三びき四ひき五ひきおおごらん, ひき三びき四ひき五ひきあとからあと, ひき三枚におろし, ひき三番目のは四角い, ひきに, ひき上ぐる竿の彎, ひき上してゐる, ひき上眼を使う, ひき下ろし漕ぎいでてゆく, ひき且つ周密な, ひき乃木将軍もまた, ひき乍ら搜して, ひき二人の顔, ひき二号艇の尾部, ひき二度ともう聞けないかと, ひき二日ばかり微熱, ひき五ひきおおごらん, ひき五ひきあとからあと, ひきに批判, ひきでも殆, ひき今に聖帝と, ひき今度の本, ひき今朝はこれ, ひき他方の足, ひき会せや二人, ひき会わせておかね, ひき会わせたい人が, ひき会わせないのも, ひき伝奏まで書, ひき伸してみる, ひき伸ばしながら, ひきし身内, ひき倒すとお, ひき健吉さんもその, ひきに流れ, ひき入れをつた貴様, ひき入れるような, ひき入れ声して, ひきして, ひき写したと云つて, ひき凡庸な協奏曲, ひき出し女に化ける, ひき出づる力なし, ひき出陣のしおどき, ひきが線, ひきをむけ, ひき分けになった, ひきへだす, ひき前垂に白米, ひき割く封建勢力の, ひき十四歳の時皆傳, ひき千切れ髪の毛は浅ましく, ひき半兵衛を捜す, ひき去りぬアカイア軍は, ひき去る浪, ひき取ったとのこと, ひき取りなすって, ひき取んねえ, ひき受けして飛ん, ひき受けした手前も, ひき受け手のない, ひきは左, ひき口唇も濃く, ひきはす, ひき合せしやうから, ひき合せる日なり, ひき合せ下さろうと言う, ひき合つて表へ駆け出し, ひき合わすように, ひき合わせしようと思います, ひき呼吸に呟く, ひき唇紅も濃く, ひき固い隔壁に, ひきでありその後, ひき壊してしまった, ひき売りてえのは, ひきは眉, ひき夜一夜安気に眠らなかった, ひき夢見の里, ひき太いのは, ひき太刀を使い, ひきの部屋, ひきは小さい, ひきは互いに, ひき姉はじぶんのえり, ひき姉妹たちは互に, ひき宇乃の背, ひき宋江は東平府, ひきを出た, ひきへ帰っ, ひき宿無し狗のやう, ひき富士川へ引き返した, ひき小さな白いは, ひき小屋にさがっ, ひき少し歌う, ひき少しく熱が, ひき尤もらしい献策, ひき屋台のおやじ, ひきを越え, ひき常に武門を, ひきについた, ひき続いて, ひき張れ清麗け, ひきを作り, ひきだと, ひき役者たちの監督, ひきがやっき, ひき怪し気なる唄, ひきれ初め, ひき房州の船頭衆, ひき所以に賢后, ひきひ嬉々, ひき抜いてきた, ひき押太鼓陣羽織あだ, ひきじ入れられて, ひきの股, ひき据ゑおきて秋祭爾奉, ひき据ゑて何故それ, ひき据ゑ放火すべく鐵砲, ひきしる鳩, ひき描き加えられてあった, ひき揚げあるがよい, ひきへて露, ひき搾られるような, ひき摺られ通しは, ひき摺り下して, ひき摺り上げてくれ, ひき摺り出して腰, ひき撥受けをいとなん, ひき擦るように, ひきるらしい, ひき教授上に少なから, ひき文法書にかじりつい, ひき文章の古典復興物語調流行, ひき斎藤家に利用, ひき斯くいは, ひき明けごろから風, ひき明けごろ山内が眼, ひき易い暖かさです, ひき易い美しい顔だちだ, ひき昨日はひどい, ひきえて小野, ひき更に今度は, ひき書中の辞句文章, ひき本所浅草方面の得意先, ひきやイス, ひき染太夫が語る, ひきうる田植笠早, ひきをし, ひき機械珈琲沸しテンピ, ひき次いで恐怖を, ひき此奴が最後, ひき歩きながらジジ, ひき歩く良人の, ひき歪み双つ, ひき歪んでカッ, ひき歪んだ顔で, ひき殊に彼女とも, ひき民家は炊煙, ひき気味になっ, ひきなの, ひきでぬれ, ひき汝らの友, ひき法然門下の浄土宗, ひきには水柱, ひき添うような, ひき潮どきなの, ひき炎天の長い, ひき爺さんのあと, ひき爾来満州建国東亜連盟運動の, ひき片手に不具車, ひき牛若が笛, ひきがあり, ひき牽制や利用, ひきう, ひき留め申して, ひき留守役の紀, ひき盛んに餌, ひき配せして, ひき祝いをし, ひき移らうぢや, ひき稽古もやめ, ひきの針金, ひき立てでもする, ひき等おん栄を琴, ひきもった, ひき籠つて居たの, ひきを搗け, ひき紅葉も照, ひき終るとそれで, ひきへた, ひき結ぶ山の下かげ, ひき絞った絃を, ひき給候べく候, ひき絶壁をそばだたせ, ひき続いたもので, ひき続きいと天気, ひきまで指摘, ひき網場といふ所, ひき緊つた姿である, ひき緊つた師匠の脣, ひき緊まろう, ひき緊めかたくなに頭, ひき緊め勝手元へ立つ, ひき緊め心をおちつけ, ひき緊め怒りの眼, ひき緊め窓に凭れれ, ひき緊め身ぶるいをした, ひき締まる思ひと共にその, ひきかひ, ひき美しく冴えて, ひき美女に愛されたい, ひきをうしない, ひき背中に赤ちゃん, ひきで市川, ひき舟時代の名残り, ひき芸人の我, ひき草刈り庭掃除で小牛, ひき落すあるいは一瞬, ひき薄暗い暑い部屋の, ひきらしく動いて, ひきが飛び出す, ひき蛙めが片, ひき行く屠牛見る如し, ひき袖ひきした, ひき袖ひき軽蔑の笑, ひきぐなりいびきを, ひき裂いたらしい音である, ひき裂かれやしないかと思う, ひき裂きながら黙々と, ひき裂けるような, ひきやレエス, ひき西はカミカワ, ひきの又右衛門, ひき計算し秘密, ひき討手に負け, ひき誘われたように, ひき読みもしない, ひきも彼, ひき諸書に多く, ひき貴方が半, ひき買ってきました, ひき起こって来る, ひき起され難いもの, ひき起して筏, ひき起し砂利場の上, ひき起すことも, ひき起るばかりでなく, ひき軽蔑の笑, ひきけば, ひき返した君子が, ひき追えど及ばぬ, ひき退ろうとする, ひき逆賊の名, ひき通しであるし, ひき連れて来た, ひき連れ大坂上陸の目的, ひき連中は夜明け前, ひき遠く我が国までも, ひき邦夷は, ひきを引いた, ひき金魚を買いました, ひきをならし, ひき長曾我部毛利島津等和談に応じた, ひきをひきつ, ひきに光り, ひき雲泥のちがい, ひき零落の気品, ひき頬紅をぬ, ひきのあたり, ひきを搗く, ひきの鉄蹄, ひき騎乗の功者, ひき鷲尾は三つ, ひき黒馬旅館にやってきた