青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ならない~ ~ならなかった ならなかった~ ~ならなかつた ~ならぬ ならぬ~ ならべ~ ~ならん ならん~ ~なり
なり~
~なりき ~なりし なりし~ ~なりたい なりたい~ ~なりまし なりまし~ ~なりました なりました~ ~なります

「なり~」 42133, 405ppm, 238位

▼ なり~ (2159, 5.1%)

60 いえども 47 いう, 雖も 35 いふ, 云ふ 3224 せば 17 いうべし 14 して, 謂ふ 13 するも 12 ある 10 云に, 謂は 9 いって 8 いうに, 答へ 7 いわざるべからず, 見て 6 あり, するもの, すれば, 信じて

5 [11件] いふに, いふべし, いわざるを, しました, 云々, 云けれ, 思う, 書いて, 答ふ, 言ふ, 記して

4 [17件] いうを, いえり, いひき, 云ひ, 云へば, 信ず, 信ずるもの, 出て, 勝手に, 好きな, 申して, 称して, 称讃す, 答ふる, 言うべし, 訊いて, 謂ふべし

3 [33件] あって, あなた様の, いうと, いふ事, いへど, するに, するの, それが, なすもの, 云つ, 云ば, 云ふべし, 仰せられ候, 余は, 古人の, 各自に, 喜んで, 彼の, 想像する, 慧にて, 捉らずん, 断言し, 申せしかば, 知るべし, 知る可, 自から, 行って, 言う, 言うなり, 言ひ, 訊くが, 認められて, 連れて

2 [125件] あるが, いうが, いうて, いうでは, いうなり, いうべきである, いっても, いはる, いひしに, いひしは, いひつたふ, いひては, いふて, いふと, いふもの, いへども, いへば, いわねば, いわんか, お力に, かや, する, するが, するがい, するとき, するは, するを, せらる, せり, せん, たは, どうぞ, どこの, なすは, なって, 主張し, 主張する, 二人で, 云, 云う, 云うこと, 云って, 云ながら, 云にぞ, 云は, 云ひけれ, 云ふべしである, 云ふも, 云へ, 云わねば, 云を, 人は, 仮定する, 仰しやれ言譯, 仰せられて, 伝う, 信ずるに, 其状恰も, 医師は, 口論や, 古昔も, 名乗って, 唱へ, 堅氣の, 士清翁が, 大に, 好きに, 存分に, 宣給ふ, 彼は, 志村を, 思うこと, 思うの, 思され候, 思ひしに, 思へり, 思わば, 成れ成れ勝手, 戯言云れけれ, 手紙に, 断定する, 是より, 有て, 有りつくこと, 歴史家が, 申けれ, 申しける, 申しければ, 申せども, 申候, 申故, 確信する, 私の, 称しその, 考えて, 聞く, 聞けり, 腑に, 自分からは, 致しましょう, 行くが, 被仰, 言う可, 言え, 言えり, 言けれ, 言って, 言へば, 言わざるを, 言われた, 評する, 認む可から, 認めざる可, 認めたるが, 語りし事, 説明し, 論ずるも, 謂ふべからず, 謂へ, 謂可し, 身を, 逃避的ならざる, 雖へども, 非議する, 頑張って

1 [1254件 抜粋] あがめて, あなたの, ありけるにぞ, ありて, あり身, あるので, あるまで, ある何処, ある説, いいあるいはまた, いいし由, いい一人, いい政事家, いい糸, いうごとき類, いうべからず, いうまでの, いえば, いえ病後, いか, いたしましょうか, いとあら, いはれお, いひがたし, いひても, いひ又, いひ青き, いふにぞ, いふべきである, いへるに, いますこし, いわばいかん, いわれたり, いわんよりは, うけたまわろう, おおぜ, おっしゃって, おまえの, おもは, お伴します, お供いたします, お前を, お叱りくださいませ, お尋ねくだされ, お心, お探しくだされ, お望み, お目, お目通り, お答えします, お訊き下さいませ, お詫, お話し致します, お返事, かくれ直して, かつてみずから, かのお, きいて, きく岡田嘉子, くっついて, くるの, ことわりたること是, この人, ござれ, ご教示, ご貴殿, ご馳走しよう, されたとき, しこれ, した, したの, したる評論, した正月望, した立膝, しまた, し善, し奮力, し或は, し活平等相, し終日日, し自ら大, し評者, すべく予, するであろう, するとの, するゆえん, する一部, する先入観, する所, する時, する沒却理想, する芸術家, する議論, する革命的運動, す換言, せざるべからず, せざれば, せず, せぬこと, せむ, せらるる硫酸, せられて, せんや, そぐわないもの, それあ, それのみ, たがいに, ついに床, どなりつけたる舌, なさず, なしたとしても, なす, なす可から, なす自然現象, なれば, ひっぱたけと, ひとりで, ひと目お, またいわく, また実験, みえる, みなされて, みるや, もつと, やや嘆息, ゆきそう, わが槍先, われわれの, ウただ, トシ子さんと, 一たびは, 一ツ, 一国の, 一抹し去らん, 一機の, 三つの, 三斎屋敷の, 与えるが, 世に云傳, 世間の, 丸官はんに, 也, 予は, 二三日の, 二度目に, 云い晦庵此, 云うに, 云う遠い, 云つても, 云はれ, 云はん, 云ひぬ, 云ふべからず, 云ふ心得, 云るれ, 云詞を, 人にも, 人間の, 今に, 付け加えたり, 仮定せり, 仰せおかれたが, 仰せつけ下さいますれば, 仰せられたところ, 仰られければ, 伝えら, 伺いましょう, 何ぞ固い, 何なり, 何事においても, 余談いたす, 信じます, 信じる妄想, 信ずるところ, 信ずるなり, 信ずる事, 信ずる彼, 信ぜられければ, 信ぜられん, 偏執し, 入つたる, 其儘枕に, 処置し, 出行べし, 初對面, 利兵衞を, 勃然と, 卑しめられたるところ, 又た, 取らずんば, 取出し勝手, 口から, 古島雛ぐらいの, 叫ぶ, 叱りつつ, 叱り玉, 号し, 同じよう, 名主甚左衞門は, 名乗りを, 君が, 呆れ果て, 呵々大, 呼はらせ, 呼びましょうかな, 呼わった, 咄しける, 咄居る, 唄つてゐる, 唱うるをもって, 問わば, 喜ばしげ, 嘆賞した, 嘲り笑えども, 四肢の, 固く信じ, 城中を, 堅気の, 大いに歓ん, 大刀を, 大膽不敵, 天井へ, 奥へ, 女房の, 妙, 妾は, 委細申立る, 安らかに, 定義を, 家より, 宿の, 寝なましもの, 專ら當時人々噂を, 尋ねて, 小間使は, 履き違えを, 差し上げます, 差出せし處, 帰って, 床上に, 弁解する, 引き出して, 役人中へ, 彼婦は, 従者之を, 御不自由, 御存分, 御恩, 御手元に, 御用あれ, 御答, 御質問, 御遠慮なく, 心に, 心得たる者, 心静かに, 応じて, 思いしこと, 思いしもの, 思いちがえたところ, 思います, 思うあいだ, 思うは, 思う心, 思えども, 思し召すやも, 思って, 思はば, 思はれぬ, 思ひ, 思ひしが, 思ひそれ, 思ひて, 思ひ一度, 思ひ其安心, 思ひ愛, 思ひ段々, 思ふと, 思ふにぞ, 思ふ丈, 思へば, 思へるや, 思わるるなり, 思召し, 思召す通りに, 思量せらる, 急に, 悦びけり然, 情婦を, 惟ふ, 想像し, 感じました, 感ずる人, 感受する, 慌てぬよう, 我らに, 或人云, 手を, 手引袖引萬八樓の, 打ち込まんもの, 持たせましよ, 指す, 推定す, 支配した, 故国の, 敢て, 数日にわたって, 断定した, 断言した, 斯く愛山生, 斷定せられたる, 旦那を, 早くあきらめし, 早く来ませ, 明けすけ, 明日の, 是を, 曰ひ, 曰わしめたり, 書いたやっぱり, 有仰い, 望め, 本式の, 案内の, 楽しい夢, 樺太アイヌの, 欺きけれども, 正しい方向, 此段を, 此程の, 歩く芸妓, 死骸を, 気任せの, 氷の, 決して私, 泊めて, 浪人し, 涙を, 深く地, 渦巻き踊り, 潔く相, 為し諺, 無念の, 爆弾を, 片岡堀部前原なんどを, 物語る, 狂歌と, 猶眞實, 用事を, 田島さんは, 申さる, 申されける故, 申され又, 申しける故, 申しました, 申し上げまする, 申すでは, 申すも, 申せしが, 申に, 申僞り, 申合せ役人の, 申立れ, 疑ふ者, 目せられる西洋映画, 直して, 眞實面に, 睨まれけるに, 知らぬ間, 知り得たいと, 知れ渡るや, 確かめて, 神さまは, 秀吉の, 私も, 秘密に, 称せらる, 種々に, 稱せらる, 突飛すを, 立帰ったら, 竜を, 答う, 答えけるに, 答えしに, 答え得れども, 答ふれ, 簡潔に, 精神的に, 結論した, 置いて, 罵る, 考うる, 考えたの, 考えられる最上, 考ふ, 考ふるなら, 考へる風習, 聞いたであろうが, 聞きては, 聞き入れて, 能, 腹立紛れ思ふ, 自ら感化せられ, 自分も, 自慢いたします, 自覚したる, 致しましょうか, 致しませう, 萬民こぞつ, 落付く, 行きなさい父, 行を, 要ると, 見たいもの, 見ゆ, 見るべき根據, 覗いて, 覚ゆ, 親から, 観照で, 解せざるべからず, 解釈し, 言いつけて, 言いつべし, 言い教育家, 言うた, 言うや, 言えるかも, 言つた, 言は, 言ひきかす, 言ふあら, 言ふと, 言れ, 言われたるが, 言わんと, 言傳に, 言立けれ, 訊かれるだけ, 記したれども, 記念の, 設辭し, 詐り樹木も, 評したる, 評し若く, 評判する, 誇りかに, 認むるに, 認めたか, 認められるもの, 認める, 認る, 誓ったあげく姓名, 語りしかば, 語るに, 誤れる道, 誤解し, 説いては, 説き, 説くの, 説明する, 誰人にや, 論ず, 論ずるは, 論断する, 謂うて, 謂つべし, 謂ふも, 謗る人, 販りこせ, 買って, 質さるべき, 軍役を, 近藤に対する, 述ぶる, 速断する, 逢いたい, 運ぶが, 遠慮のう, 重四郎, 録さる, 開かせいただかば, 隱し, 雖ども其直轄の, 雖ども其藝術の, 雖ども帝室の, 雖ども立憲國會の, 雖世の, 雖吾人の, 雖猶, 難癖を, 音取, 頼まれも, 風の, 飯炊に, 駈歩行御用, 鰐淵は, 鹿島へ, 鼻うこめかしつ

▼ なり~ (1448, 3.4%)

8 人の 5 けるかも, これに, これを, 今は 4 その形, 内閣を, 大に, 文壇に, 死す

3 [14件] お力酒だけは, 一本立の, 人を, 他の, 切なる, 手に, 文言うるさし, 果は, 現はる, 現る, 聞こえこれ, 聞こゆる, 苦むも, 見れば

2 [78件] き, ここに, この楽器, さてその, すずしの, その事, ちらちらと, つのりゆく我意, のしの, はじめてばけ, より, より彼, われは, 世の, 主の, 交際の, 今日の, 來る, 再び上界, 句を, 同郷の, 啼かずば, 四方に, 土に, 堂の, 外に, 天つ, 天下の, 家の, 家家の, 家路に, 容易に, 川に, 帰りたり, 常の, 彼の, 彼れ, 往けり, 心の, 悶絶す, 我は, 我を, 戸は, 戸を, 新らしい, 既に久しく, 日の, 日天子さまの, 晴れたる日, 暫し佇みし, 東京に, 此の, 水に, 汝の, 泣出せし, 現るる, 痩せもしつと, 發足す, 盲人の, 祈に, 種々の, 立ちすくみたる左手, 立つ, 笛の, 習ひとりし, 聞こえ鵑声, 自ら悟らざりし, 苔の, 荷の, 谷間に, 轉びて行く, 近頃まで, 遂に離れ, 道徳高き, 頭の, 首を, 騒然として, 驕慢なる

1 [1202件 抜粋] あたかも玻璃, あとの, あらは, あらはれたるあり, ありと, あれ, いずれも, いたみたるならん, いつしか寢入り, いづれも, いとど帰国, いなど, いろいろの, うすき霧, うろく, えと思, おひ, おり候, おれること, お兄樣, かくいへる, かしこに, かの岩, きた, けるかな, こなたを, この悲しみ, この男, さぞ満足, しかも, しきりに, しばしまどろみぬ, しまつた是れ, すこしあけおきたる, すんだと, そが, そと, その一, その信任, その國作り堅め, その後にも, その攻撃, その様子, その燒跡當時ガルディンゴ, その身, その音調, それに, それはや, それより, ただに, ただ大, たちまち眼前, たまはれ, ついに倒れぬ, つねにこれ, できて, なお進みたる, なほ汝の, なりはてたる姿, はじめは, はらはらと, ひとり殘, ふ根本思想, ぶるぶると, まえを, まずつつがなく, まづ地獄, みたきかな, むくつけなる, もと奮発, ものの, やわか後れじ, よみける歌十首, より一旦すたれし, より以後, より后, より数年後, より身, わかるるあま小舟澪, わが命, わずかに, ゐたるが, アキリュウス敵の, イタリアに, エなあ, カネロニー一皿食った, コルキス, シケリアに, ダンテの, ニコライの, バビロニア, プラットフォームに, ラフアエロアンドレア・デル・サルトオが, 一二寸づゝ枝毎に, 一匹にては, 一家を, 一笠一杖に, 一行に, 七男七女を, 三五年の, 三色に, 上昇す, 上等社会は, 不平が, 不快に, 丑刻ごろ福井町の, 世に伝わりたる, 世に及ぶ, 世間に, 両岸, 両方は, 中川家独得の, 中霄, 之を, 乗る折, 乾す, 二人の, 二十六七の, 互に関係, 五十万の, 五時過, 人々に, 人もさはよか, 人界に, 人知れず寝所, 今年より, 今日は, 今更盛ん, 他に, 以來氏が, 伏し居るに, 位を, 体外へ, 何を, 何處を, 余計の, 作物中に, 來立ちき, 修道院に, 俺が, 倒る, 借り受けたま, 兄の, 入る万法帰源院, 全体氷柱に, 六月内に, 其兄弟に, 其処をだに, 其大便の, 其意思を, 其部屋の, 内侍主従の, 円く卓, 再び寺, 再読する, 出で, 出でぬ, 切なき呼吸, 初より, 初花, 前に, 力および, 加之, 勤王家慷慨家等の, 十八日より, 千三百二十一年ラヱンナにて, 半天に, 半年も, 卿の, 厳冬の, 又期せずし, 口なめずり, 可笑味, 合歓の, 君のみ, 呉よと, 和歌の, 唇より, 唯だ, 善く社會, 噴火口端の, 四三〇年に, 困る, 国政に, 國に, 在るや, 地を, 堀留に, 堪へが, 声も, 外部に, 夜も, 大いにグエルフィ, 大いに更始, 大勢の, 大正十年三月帰京しぬ, 大膳儀病氣なれ, 天の, 天下を, 夫と, 奉納寄進に, 女人の, 始めての, 始終お, 威すにぞ, 婦人の, 字数の, 孤児, 学道の, 安らかに, 宗祐は, 室を, 家も, 家庭を, 密かに, 寧帰ろう, 寶の, 小生も, 少しずつ, 尽力, 居たりき, 居るか, 居る所謂怛土羅派, 居る樣子, 居直りて, 峰づたいに日光辺まで, 巻を, 希望の, 常に人体, 平かに, 年経り, 幹に, 床に, 座頭傍の, 引き分れ, 形見の, 彼は, 往くこと, 待ち出で, 後世に, 得させむず, 心獣の, 志を, 快き昼飯, 怒るにぞ, 思はず一歩引退, 思ひも, 思わず落たりけれ, 恐しげに, 恨みを, 悦ぶ如く見え, 惡黨を, 感ぜず思わず限り, 憂苦の, 懿文の, 我こそ, 我に, 我れ, 我夢は, 我身を, 或は四五度, 或る, 戰ひし, 房州に, 打ち臥, 抗議し, 拙者の, 挽かれ, 捕わると, 推怺へつつ, 擦り切るか, 放浪に, 教育も, 数百の, 文学史と, 斉うべき, 新しき世界, 既に自ら心事, 日常の, 旧作を, 明治の, 是を, 是非も, 時刻も, 暗に民権論, 暮し居る, 更に荒き, 曼珠沙華ますます, 月光と共に, 朝敵の, 未来永劫当社の, 机の, 来らしも, 来郷, 東警察とか, 林間に, 桔梗の, 植物を, 極端の, 模糊として, 次第に病, 正雄の, 此里の, 歩み苦し, 歸りぬ, 歸途燈火を, 死せざるを, 死にたしと, 死ぬべき時, 殘る, 殘暑は, 母様の, 毎号巻頭に, 民の, 水中に, 水聲雷の, 永く民間説話, 永代に, 汗ふきに, 汝等の, 汽車は, 法蓮の, 泣きを, 津輕蝦夷即ち, 浪やう, 浪子は, 浮名を, 消, 消えて, 消ぬ, 消光居, 淋しげ, 深く迷, 清涼の, 渓流脚下に, 渾身の, 滅せんこと, 滿樹花を, 濡れし袂, 火の, 無方, 燃ゆる, 燕に, 牧童を, 物も, 狂い廻り, 猶餅, 獨りつく, 王瀧川の, 現ずるもの, 現れしもの, 現わるべき, 現われませんでした, 琴声を, 甚だ面倒, 生むなり, 産まむとす, 田原が, 甲板を, 申ゆゑ後藤は, 異色の, 疾病狂せる, 病癒えざり, 痩せる身代, 白い花, 白木綿の, 百廿兩程に, 皺枯声を, 直立す, 相働き, 相前後せり, 眠たげ, 眺め惚れ, 眼中血を, 瞳を, 石原へ, 碎けよとは, 礼拝せらる, 祈りあ, 神殿に, 私宅へ, 種々なる, 穴に, 空中に, 空気透きとおりたれ, 突あたり遥, 窃に, 立ちて, 立つべきもの, 立竦みぬ, 競走したる, 米吉の, 終に十間内外, 終わります, 絶息す, 縁に, 縋り寄り, 繰言, 翌年春の, 老人の, 耕作が, 耳ざはりなれば, 耳底に, 聞けば, 聞こえぬこの, 聽衆の, 背負ひ帰る, 胴丸に, 能く, 腐敗はかへ, 臥しゐるところ, 自らの, 自ら支へが, 自分の, 與之, 良人と, 良偶を, 花舞ひ, 苦しみ猪, 苦痛全く, 草鞋を, 菊作らう, 萎れて, 萬神の, 落ち來る, 葡匐委蛇き, 葬られし時, 藍光の, 虚空に, 衆人に, 行ふ, 行人征馬の, 衛生を, 衾か, 西の, 見えわかず, 見たしと, 見世には, 規約の, 親の, 言ける, 訴へ, 詩人は, 語りき, 諄言を, 謂う風情, 豐島屋の, 貧民を, 貫一が, 貴夫人, 賣拂, 走り出で, 起き上がり箸, 足音のみぞ, 踵を, 身を, 軒には, 近くこれを, 追, 追ひ, 逢はむ, 進みゐしころ, 遁げ帰りぬ, 遁帰れ, 遂に止む, 遂に鑑札受, 遊びける, 道は, 遠くとも, 遠し, 部屋部屋は, 都下に, 野を, 金沢の, 金貨さへ, 鉦の, 銀蛇を, 長刀疵などは, 開かしむるなり, 開展す, 間もなく妙, 阿武隈本溪の, 随行せん, 集へる, 雨多, 雲を, 霜雪の, 青蛙は, 革質様の, 頓て, 願はくは, 顯はれ, 食ふ, 馳せ出せば, 駈附けつ暴行, 騷ぎしなり, 驢を, 鰐淵の, 鵙は, 龍門山の

▼ なりそう~ (1188, 2.8%)

10665 です 55 である 49 なもの 44 だった 39 なの 38 もない 36 な気 35 なので 23 だと 18 なこと 16 だから 15 ですね 14 でした 12 して, だね 11 だが 10 なん, になっ 8 だな, な, なところ, になった 7 だよ, だわ, であった, ですから, になる 6 だという, で, であるが, な事, な様子, もありません 5 じゃ, だったの, でございます, ですが, にない, ね

4 [11件] だぜ, ですな, ですよ, で私, なもん, な物, に思えた, に思われる, もなかっ, もなく, よ

3 [15件] だし, だぞ, だったが, でしたが, ですの, なお, な事件, な人, な形勢, な空, な空模様, な話, にもない, に思う, に思え

2 [28件] すると, だったから, だったので, だったわ, だなと, であったが, でございますよ, ですけれど, で実は, で心配, なくらい, なしかし, なばかり, なほど, なると, な不安, な予感, な個所, な品, な奴, な見込み, になかっ, に思った, に思われた, に思われない, に私, に見える, もありませんでした

1 [302件] か, かと言っ, かねえ, じゃありません, じゃからのう, じゃけ, じゃな, すること, だからな, だここ, だこれ, だしょうが, だそう, だったら途中, だったり, だって仰し, だといったくらいの, だとの, だなあ, だなれば, だにはや, だねえ, だの, だわい, だナ, だネ, だ事, だ大, だ御供, だ恐ろしかっ, だ私, だ等々, だ襷, だ降りださぬうち, であった子供たち, であった空, であるから, であると, である事, でいて, でご, でございますから, でございますのね, でございますわ, でございます誰, でしたので, でしたよ, でしたらすこしよく, でしょう, ですうち, ですか, ですこと, ですぜ, ですと, ですどうも, ですわ, です少く, です忘れて, です此度, でそうして, でそうなると, でそのうえ, でそれ, でそれで, でどう, でないところ, でなかつた, でなく強いて, でなければ, でならない, でならないその, でならないの, でならぬの, では, でまだ, でまるで, で今, で仕方, で冷たい, で危い, で困っ, で始, で小, で御座いました, で心, で恐縮, で楽しみ, で満州国独立, で牡丹, で肌, で豆畑, で長, で頼り, というよろこび, と思った, と思われる, なあんべ, ないい, ないろいろ, なけしき, なしいんと, なその, なそれ, なだけに, なとこ, なねた, なねりもの, なのに, なのよ, なは, なひとつ, なほどのね, なまま戸棚, なもの一切, なやがて, なやつ, なり, なりりしい, なれば, なんでね, なウチ, なオイッケン, な一つ, な一切, な事情, な事柄, な事物, な二人, な人柄, な仏具, な代物, な代物ゆえ, な伯母, な低, な何, な作品, な併, な傾向, な党, な六畳, な冒険, な冷たい, な出版物, な分量, な半, な卑しから, な危局, な危険, な危險, な卵, な反古類, な叢, な句, な名, な哀話, な品物, な商売, な噂, な型, な場所, な堺目, な境遇, な声, な夏, な多く, な大きな, な妙, な婆さん, な嬉し, な字, な存在, な安定, な宵, な寒い, な小宮山, な山崎, な巨大, な年中行事, な底冷, な店, な庭, な引きしまった不安, な御寮人, な微笑, な心持, な心細い, な性格, な怪しい, な恋愛物語, な情勢, な意志, な意気込み, な感じ, な或, な敏感, な文鎮, な日, な日曜日, な明り, な晩, な景物, な暮方近く, な曇った寒い, な曇り日, な朝, な木立, な材料, な板, な柔らかい, な殿様, な気まず, な気勢, な気持, な汚らわしい, な混雑, な点, な烈しく, な熱い, な状態, な珍, な瓦斯入り, な男, な痛烈, な白玉椿, な眼, な瞳, な筋, な筍, な素晴, な素晴らしい, な美しく勇ましい, な翡翠玉, な者, な肉, な胸, な脅威, な脚本, な自分, な舞台, な苦戦, な莫大, な薄弱, な薄暗い, な表情, な調子, な逃げぶり, な通行人, な部分, な部数, な郷里, な長椅子, な間, な降り工合, な陽, な雑多, な雑沓, な雨, な雲ひとつ, な電文, な静か, な面白い, な頃, な風, な食物, な騒ぎ, な麦稈, にありません, にございません, にした, になっちゃった, になり, になりかけ, になりました, になれ, にも思えた, にも思えます, に人, に仰向け, に何時頃の, に咲いた, に広く, に思い, に思える, に思われ, に思われました, に思われませぬ, に感じ, に感じられ, に感ぜられました, に気, に皮肉, に直感, に脚, に自分, に見え, に見えまする, に香, やねんわ, 一言おっしゃった, 云った, 叫びながら, 言ったが

▼ なりその~ (902, 2.1%)

15 ために 10 上に 8 中に, 結果として 5 うちに, 人の, 代りに 4 ま, 年の, 方の, 結果が, 結果は 3 下に, 中の, 家へ, 弟の, 根は, 頃は

2 [44件] あいだから, かわりに, ことで, たびに, ときの, ほかの, ように, 一つの, 上には, 下は, 丘を, 中で, 主眼なる, 人は, 位置も, 内に, 前の, 周囲の, 基底に, 夜が, 女を, 嫌味な, 孤独な, 家を, 左右の, 日の, 晩の, 晩は, 曉に, 最後が, 村の, 次に, 次は, 浄明の, 真相が, 眼には, 眼は, 石ころが, 秋の, 精神の, 芦の, 裾を, 送別会が, 附近には

1 [720件 抜粋] あいだに, あげく奇妙な, あとでは, あとに, いうこと, いまいましさ, うへ, おゆるし, お座敷は, お心持ち, お早い, お正月の, お祝, お花の, お金の, からだ, かわり実の, かわり海水の, くせどこか, ことに, ことを, ころには, ころクロノスの, ころ病気にも, さまが, たびごとに, たび伯母に, ためくろぐろ, ためだ, ための, ためもう, ため延び, ため彼を, ため明日子は, ため自然淘汰が, ついに消息, つぎに, つどそこから, ときちょうど, ときに, とき川端さんから, とき約, とき選定された, どちらと, なかには, なんたるを, はげしい砲火, ひっそりした, へんの, ほうの, ほかいろいろな, ほかさまざまの, ほか何人何十人の, ほか北陸北越諸所の, ほか総て世の中の, まえに, まわりには, むくろ, もてなしを, やり方は, ような, ギリヤークの, コーラス隊をまで, ゾウが, ハーモニカを, ラッパ鼓隊行進と, 一つを, 一は, 一地方だけ, 一家に, 一方について, 一百里, 七日には, 万年雪の, 三河町の, 上なりの, 上ひどく, 上例の, 上側は, 上天草騷動由比正雪の, 上寒, 上強窃盗の, 上彼女こそ, 上母と, 上父が, 上痩さらばう, 上苗字帶刀を, 上行け, 上頭脳の, 上飲む, 下宿は, 下相談, 不運と, 両手が, 両掌, 中でも, 中なる, 中の島や, 中へ, 中心には, 中間には, 主君と, 主観に, 乾ける, 予想に, 事が, 事件が, 事件なりを, 事業も, 事蹟を, 事遂に, 二カ月ほど, 二人の, 交代が, 京都では, 人たちと, 人に, 人を, 人間以外の, 仕事を, 代りエロに, 代り今まで, 代わりに, 代理人なりが, 以外は, 以後小林兄弟には, 仮親と, 位置を, 余りの, 作戦は, 作男を, 保護を, 保護者なりが, 儘では, 優れた芸術的価値, 儲けも, 先を, 全体系を, 兵鋒向かう, 内にはと, 内側に, 内容が, 再従兄, 出し入れにも, 分脈は, 初期の, 利益は, 前ぶれの, 前夜親しい, 剣道に, 創刊號と, 力で, 勢い一転し, 勢の, 勢力次第に, 勧奨に, 北の方も, 十日の, 千匹が, 半生を, 単位の, 原稿料を, 厭だ, 友ピリトウスを, 双眼鏡を, 反動の, 反対な, 反応の, 反響が, 口から, 名の, 向うに, 唇は, 善に対して, 器械も, 四五十年間の, 四月七日には, 図にの, 国民の, 國の, 土を, 地を, 地位は, 堅い半, 堆積地の, 場から, 場へ, 場所は, 壁の, 壮士が, 声は, 売行, 夏は, 外の, 外何くれと, 外種々の, 多くの, 夜の, 夜は, 夢は, 夥しい財産, 大通りは, 太くなった, 夫人は, 女から, 女は, 妹の, 妹ピロメラテレウスに, 姉妹ディドの, 姉妹ヘルセが, 姓名も, 姿あらたまる, 娘から, 孃子に, 子の, 存在を, 孫の, 孫ニーノ・ヴィスコンティ, 実より, 実質は, 室に, 家内は, 宿泊せる, 居るところ, 屋根や, 山窪の, 島に, 市街に, 市街は, 帰りには, 平地が, 年同, 年父は, 幸福は, 底を, 座の, 強光, 当時の, 当時剣名四隣を, 影響が, 彼女全体が, 御分霊, 御持參, 必然性存在の, 怒りが, 性根が, 恋が, 恐怖心を, 息も, 悲痛から, 惨怛, 意味で, 愛情に, 感傷に, 成功の, 所有者に, 手で, 手始めに, 手段は, 手足が, 打合せかたがた見舞を, 扱い振りの, 拳が, 指すところ, 挙句が, 支配を, 改造者と, 政府は, 教授の, 教理の, 數もめつ, 文明社会において, 文献的欠陥と, 文芸家が, 方どもは, 方へ, 方面に, 旗を, 日いちに, 日ぐらしの, 日その, 日は, 日一日は, 日出入りの, 日暮しを, 旧友に, 明るさ, 明年即ち, 春衛とかいふ, 時から, 時には, 時の, 時まで, 時分から, 時同伴し, 時私も, 時間に, 暗い中, 暗夜の, 書き方は, 書類の, 最も單純, 最後に, 最後の, 月も, 朝親しく, 末端が, 末裔は, 果てには, 果実が, 枝には, 棒が, 極みには, 楽さは, 権利を, 権威が, 樹木が, 機会を, 機関誌として, 欠陥の, 次に新案, 次の, 欲望を, 欲求の, 正義派的不満を, 正體, 死に方, 母パシファエ, 気の, 気持を, 氣の, 氷も, 汽船会社と, 法然頭を, 波動は, 洞穴は, 流れを, 流行も, 液体を, 淋しさ, 深林へ, 渓に, 湖上に, 滑らかな, 濛気が, 火の, 点夫人つらい, 為めに, 煙の, 爪と, 爲め南洋の, 父の, 特志の, 状態の, 献上物を, 現象は, 環の, 環は, 生命を, 生活の, 生活を, 用意の, 男の, 留守宅に, 番を, 癖人里離れた, 発展と, 発展は, 発達は, 登られた台, 白い頬, 皮肉が, 目は, 目的は, 相談を, 真っ白な, 真実さを, 眷属は, 眼から, 眼に, 眼付も, 矮小なる, 研究が, 社会に, 私修まる, 秋俟た, 租税は, 空地を, 窓を, 立てる響き, 第一帶, 紙を, 終わりに, 結果この, 結果さらに又, 結果ジャーナリズムは, 結果人間は, 結果市中の, 結果文学批評として, 結果毛織布は, 結果犯人が, 結果窒扶斯菌が, 結果長州では, 絵が, 美しいの, 美しき歌, 翌年梅雨の, 翌日からは, 翌日は, 翌日与八と, 翌日早速, 翼を, 老翁夫婦を, 胴体の, 腐草土, 自覚が, 自転周期は, 自転車も, 舞台の, 船の, 色血の, 芒の, 花を, 花片の, 苦い涙, 落人や, 葉は, 蔭を, 薬代と, 行路局部の, 表情には, 表現の, 袖を, 裸の, 製作に, 裾野が, 要求で, 要求を, 観望が, 角度から, 言語も, 言論の, 計画にとりか, 診察に, 証拠には, 詩字櫛句爬分, 話合いでは, 談判に, 談判は, 謳ふ, 議論においても, 負担は, 資金の, 起伏の, 足もとから, 跡は, 身を, 身代りに, 車の, 輝きは, 輪が, 近くへ, 近所の, 進取の, 進捗が, 選ばれた一人, 部屋に, 都度毎に, 重要な, 野に, 鉄の, 鋭鋒が, 長女その, 開館を, 降りが, 陳和卿が, 随筆の, 隙間から, 際にも, 隣は, 雇男を, 雲は, 電報が, 霊は, 青の, 面の, 音が, 音楽なりに, 頂地表に, 頃そろそろ, 領内の, 顏に, 顏の, 顔は, 類の, 首謀者と, 香は, 骨は, 髮で, 鼓動が

▼ なりながら~ (870, 2.1%)

8 彼は, 私は 7 それを, 云った 5 唯それ, 私の 4 いつまでも, 腰掛に, 自分の, 言つた 3 どこまでも, 人の, 圓朝は, 夫人の, 少しも, 急に, 生きて, 答えた, 院は, 頭を

2 [51件] いった, いつの間にか彼, この真, さっきから, じっとその, だまって, だんだん川, なお, ふるえ声, もう少し立て, 一方では, 一生懸命に, 二人は, 人に, 人家の, 仰る, 例の, 前へ, 口には, 口の, 叫んだ, 女の, 女は, 子供の, 川上の, 彼の, 待って, 懸命に, 或る, 昨日の, 村の, 母の, 沼の, 洋服の, 白花を, 直ぐに, 相手の, 眼を, 紫の, 美奈子は, 美篶吹き, 而も, 草の, 落ちて, 言った, 足を, 通り過ぎては, 階段に, 顔を, 高く腕, 黙々として

1 [682件 抜粋] ああし, あごを, あのふっくり, あのヤゲン, あの人, あの承, ありがとうっ, あわてて, いいました, いい様, いきなり姿, いくつも, いくらか涙, いって, いつまで, いつもその, いまだにお, いまだ半, いよいよ自分, いら, いろんな巾, うすい帳, うちの, うつ向き勝ち, おくみ, おずおずし, おそば, おつ, おもて, お前の, お婆さんは, お宮の, お日さま, お白州, お耳, お連れ帰りなさった, お雪, きのう読み, ぎごちない, くらやみばかりに, こう女房たち, ここへ, こちこちと, このこと, この強い, この日, この身, この騒ぎ, これを, こんなところ, こんな事, しかし明瞭, しかし燒石, しかし逃げ出す, しかし非常, しかも労働者, しかも眉毛一本, しきりとなにかわいわい, しきりに襟, しずかに, しばらく若君, しばらく遊ん, じゃお, じりじりと, すうと, すぐそば, すばやくお, ずん, せっせとのぼっ, そういう宵, そしてほとんど, そっぽ向かなけれ, そのころ, そのクマ, その友人, その場合無難, その庭, その後立派に, その恥, その日, その様子, その男, その花, その花々しい, その辺, その郡司, その頂上, それが, それでも, それでもどうにかこう, それでもまあ, それでもまだ, それでもサヨ, それでも迷わず, そんなちょっと, たたたっ, ただその, ただ友情, たつた一人, たまって, たゆみなく, ちょっと見た, ぢつと, ついて, つとめて平静, つぶやいた, とうとうそれなりお, どうしてこの, どうしてそれ, どうして御, どう処置, なおじっと, なおも尾行, なおよく, なお一電一風, なお院, ながめると, なんだって, にっこりと, のぞいた, はいまわっ, はらはらと, ばかげた腕白, ひそかに, ひたすら原始林, ひとしきり朝刊, ひびいて, ひょいと見る, ふつと, ふと自嘲, ふりかえると, へやの, ほかには, ほろぼすの, ぽつりぽつり語った, まさに出発, またぽ, まださけ, まださつき, まだ住みこみ, まだ取つ, まだ幼時, まだ闘士満々, みすみす婚期, もう何事, やっとの, やっと岸, やつと, やはりせわしくせわしく, やむなくお, ゆっくり歩い, ゆつくり, ようやく通り抜け, わき見を, わざわざ見送り, ゐた, コーヒーを, ゴロゴロし, サルーンの, ダグラスが, ダンスの, チョッキの, ツイ放っ, ツイ放つ, ドンドン扉を, ハスレルの, バラバラと, ピョコリと, ペタルを, ポケットの, ムクムクと, ヤケに, ロープを, 一人ずつ, 一大事らしく, 一度契つた薄墨, 一方に, 一本の, 一滴の, 一生けんめいに, 一緒にな, 一角は, 一言二言鋭い, 一通の, 一面に, 一面ルーソーヴォルテールモンテスキュー等の, 三四日二条の, 上ずった声, 上に, 下りて, 下駄には, 両手を, 中から, 争われぬ狼狽, 二人には, 二番原へ, 二階に, 云いつづけた, 云いました, 云い返した, 云ったが, 云つた, 五六間向うの, 五十倍の, 人好きの, 今にも墜ち, 今まで, 今もっ, 今日も, 代って, 以上の, 休み休み書いた, 会釈を, 低い山, 体の, 何か, 何が, 何くわぬ, 何とも手, 何一つ思い出す, 何処へか, 何故あんなに急, 俗に, 俯向いた, 傍らに, 僕は, 光の, 兵庫版を, 内心に, 冷酒の, 出発した, 出發, 切断された, 前に, 前の, 割箸を, 力強く浮かび上がっ, 勢いこん, 午には, 卜斎は, 却つて印象は, 又八, 右手で, 右手の, 同乗の, 同時にその, 呟やいた, 呼びかけました, 唇を, 喘ぎ喘ぎ云った, 囈言の, 四五日こちらは, 土州侯の, 地下室への, 地口を, 坂を, 声も, 大きい両, 大きな声, 大の, 大海人, 天井まで, 天覧に, 如何にも神妙, 妙に, 妻の, 威勢よく, 娘達を, 安二郎の, 安心し, 宏子が, 実験場の, 室の, 宵の, 寡言多聞を, 封を, 小刀で, 少しお, 尚も興奮, 山岡に, 岩内の, 峯の, 左膳が, 帝は, 帰って, 帽子の, 幾度も, 幾日もの, 店へ, 店先へ, 庸三は, 弛めること, 弱々しい調子, 当の長崎奉行, 当も, 彼が, 彼女に, 彼等は, 後れた長次郎, 御位, 御夫婦, 御目送, 微笑し, 微笑みつ, 心の, 心は, 必死と, 忙しく動い, 怒鳴った, 思い出したの, 思切って, 急いで, 恐しい力, 恐怖と, 恨みの, 房一の, 所謂政治家的の, 手と, 手一つで, 手巾を, 投遣り, 握り飯を, 教えて, 敷き皮, 新しい婿, 新之助の, 日に日に新しい, 早速筆, 昔の, 時々気味悪く, 時々氣味惡, 時間を, 暗黒の, 暫く白い, 書類を, 最後の, 月夜の, 朝の, 木の, 木村錦花君川尻君あたりと, 札を, 村川に, 東宮に, 枕もとの, 柔らかな, 格子戸を, 梯子を, 棒立ちに, 横たわって, 橋を, 次第に打ち解け, 歩いて, 歩きま, 歩けるよう, 死後の, 殆ど癇癪, 永い間, 汗水たらし, 法の, 洲の, 流し目で, 浮き上がった荷物, 涙を, 清岡卓行と, 清川が, 源氏の, 漢朝の, 濡れた躯, 灌木の, 火鉢の, 焚火を, 無給で, 焦れきって, 煩悶を, 熱心に, 片手なぐり, 片手に, 片手を, 物凄い眼, 物干し台で, 狂気の, 玄関前の, 琴を, 用心ぶ, 番頭, 病室へ, 痒きとき身, 白い唇, 百合も, 目を, 直接に, 相変らず, 眼尻から, 着物の, 矢張り, 知らん顔を, 硝子越しに, 禰宜様宮田が, 禿頭の, 私たち退散する, 秋天の, 空を, 突然自殺, 立って, 立て続けに, 笑いやめ, 答えを, 粛然と, 糞落着に, 納り, 細いリボン, 続いた, 続けた, 縁さきに, 罵り騒いで, 群衆に, 老公の, 考えて, 考へた, 肋骨の, 股火を, 肩を, 背を, 胸に, 脆い気持ち, 自信そのものの, 自分も, 自由な, 舎弟正季と, 船長を, 花も, 英子の, 茶を, 草を, 萌黄の, 落ちかかろうと, 薪を, 藤木氏や, 蟹の, 行儀よく, 表へ, 見えて, 見えなくなって, 見上げたふたり, 見続けた, 親父は, 言おうと, 評議を, 詰まらねえ事, 話かけた, 話しましょう, 説明した, 谷間の, 豹一に, 責めに, 賑やかな, 赤いガラス, 赤い煙突, 身を, 身体も, 身火烈々身体を, 返事も, 返事を, 逃げやがったん, 逃げ隠れようと, 進みました, 遠くから, 選りに, 野馬を, 鉄格子の, 鋭く言い詰った, 鍋の, 門人一統が, 院が, 陸に, 隠されて, 隣室の, 雨襖を, 雪に, 震えて, 非常な, 非常に, 面白かった, 音を, 頑張って, 顔には, 顔出しも, 飛び下りた, 飛白の, 養子と, 首を, 駆け出した, 駈け寄った, 駈け寄つた, 髪や, 髪を, 鳥は, 鹿の子さんを, 麗々しい髪, 鼻汁と

▼ なり~ (793, 1.9%)

90 しないか, しないかと 57 しない 39 しまいか 34 しまいかと 33 せぬかと 23 しませんか 19 しないかという 18 せぬか 16 すまいかと 11 しないだろうか 9 しないかを, しないでしょうか, しませんでしたか, すまいか 8 したが, しないよ, しません 7 しないであろうか 6 しないかね, しないだらうか, しますまいか 5 しないかな, しなかった 4 しないだろうかと, しないの, しないわ, すまいかという, せぬかという, せん, つきり 3 しないかしら, しないこと, しないと, しなかったかと, しなかったの, しませんでしょうか, せぬ, せんかと, せんの

2 [30件] したけれど, しても, しないかい, しないかとの, しないかとも, しないが, しないし, しないぞ, しないでしょう, しないという, しないわよ, しなかったかしら, しなかったであろう, しなかったのに, しなかったろうかと, しなかつたか, しなかつたかと, しなかつたで, しなかつたでは, しまいかという, しませぬか, しませんかな, しませんの, せまいか, せんか, なっても, ひあるく, ひの, 小さいけれど, 致しません

1 [153件] いかにも寒, いたしませぬか, いたしませぬけれども, いたしません, おかしいと, おじさんの, この間と, これを, したものの, して, してるが, してるがね, しないいっそ, しないいつ, しないいつそ, しないかが, しないかしらん, しないかってね, しないかとさえ, しないかとは, しないかの, しないから, しないけれども, しないだらう, しないだろうかしら, しないだろうから, しないだろうと, しないぢ, しないで, しないでしょ, しないでしょうかと, しないでは, しないのに, しないやっぱり, しないわね, しないわねえ, しないん, しない何ん, しない正当, しなかったか, しなかっただろうか, しなかったであろうか, しなかったろう, しなかったろうと, しなかったろう君, しなかったん, しなかって, しなかつた, しなかつたかという, しなかつたかといふ, しなかつたかね, しなかつたであらうか, しなかつたらうかと, しなくってよ, しまいかとでも, しまいな, しましたが, しますまい, しますまいね, しませんでした, しませんでしたろうか, しませんでしょう, しませんでしょうかしら, しませんですよ, しませんもの, しませんや, しませんよ, しめえかと, しめえ俺, すまいかといふ, すまいが, するが, するに, せずや, せぬかとか, せぬかとさえ, せぬかとも, せぬだらうか, せまいかと, せんかという, せんかな, せんから, ぢめた, ぢめは, ぢめる, つきりと, つきり意識, づんでゐた, てられ候ひき, てんは, ととのえて, どうでも, ないかな, なったけれども, ならしったが, なりつづきました, なんだ, ひ, ひする女子, ひと際すがれ, ひに, ひは, ぼろぼろで, まさしくカワト, もも上々の, りつぱです, ウィーンご, カシオピア座でした, ツと, 一晩じゅうゴロゴロ, 上流の, 他の, 健三に, 動詞の, 午後も, 大きいが, 大きいくせ, 大きいほう, 子どもの, 完全に, 容姿の, 小形でも, 小粒である, 彼女に, 後妻と, 悪過ぎる, 手前も, 手織りの, 汚いけど, 深閑と, 演る, 爲ない, 町人で, 白い織, 直さねば, 秋の, 粗末でした, 縞物ずくめで, 致しませぬ, 致しませんが, 致しませんで, 致しませんでしょうか, 致しませんわ, 莢が, 薄青い, 謂は, 迚も, 酷いじゃ, 銀の, 闇屋だ, 随分粗末, 黒っぽく大半, 鼠の

▼ なり~ (514, 1.2%)

66 けり 29 けるかな 26 けるかも 1311 ける 7 來た 6 なったの, なって 5 来たの 4 なつて, なるより 3 けりふと, けり雨は, けれ, ければ, なっても, なると, なるの, 来たん, 行く

2 [38件] かまはずすゞむべ, けむ, けらしな, けりお, けりしろき, けりだ, けりにな, けりふりみふらず, けり夜ふけ, けり早, けり昆布干場, けり泡盛, けり細み, けり蛙, けり遠, けり黝, ける土, ける夜霧ふり下りここ, ける繁立, し, しぞ, して, たらしも, なったか, なつた, なりました, なるだろうと, 住んで, 來る, 家を, 寝て, 打たれたよう, 来て, 腰を, 行かなくちゃ, 行くの, 行くよ, 行こうと

1 [234件] あった, あるん, いくの, いくよう, いく道みち, いた塾生, いった, いらしたのね, うたれたよう, うたれて, お前さんたちが, お前の, かかったが, かくれて, きたの, ぐんぐん歩きました, けむかも, けらしも, けりあかん, けりうつろ, けりか, けりくだり, けりさ, けりさむざむ, けりしばし, けりと, けりという, けりとか, けりなりに, けりわが, けり乾草小屋, けり五尺, けり公方様, けり嗚呼, けり夏, けり夕日宮戸座, けり孟宗, けり寺, けり山の端ごと, けり山の端毎, けり山峡, けり左様, けり広告, けり影はるか, けり必ら, けり是天下太平, けり棕梠, けり涙, けり監獄, けり眺めてを, けり確定じゅん, けり秋, けり穂末, けり笛, けり紅き, けり船も, けり酒や, けり馬車ひとつ, けるあるか, けるいま, けるおの, けるにか, けるより, ける先紺屋五郎兵衞, ける沼尻, ける稗草, ける者, ける萩見薄, ける頃, けれと, けれ扨, けれ是, けん, ここへ, こつちは, この人, させたの, しもの, しやが, し世の中, し人, し君, し奈良, し巴里, し雲井さ, その野, それを, たらずや, ちょこんと腰かけ, つらむか, ない桶, なった, なったかという, なったこと, なったのち, なったのね, なったらまろ, なった御, なった気, なってから, ならないと, なられましたけれど, なられ今, なり, なりどうも, なりましたか, なりましたから, なりましてからも, なりますでしょう, なりよるやろ, なり掃除, なる, なるか, なるかと, なること, なるといふ, なるよう, なる仕向け, なる労働者, なる御, なる方, なる時, なろうと, ふさわ, ほひが, まどかなる, やって来て, やって来ました, やれば, ゅうわな目に, ゆくつもり, ゆくの, りっぱな, バナナの, リアルな, 一九四八年の, 一致し, 上るよう, 乗りこんで, 乳の, 云つて見よう, 任せて, 伺うと, 伺ふさ, 似合はず臆病な, 似合わないシンミリ, 似合わぬ高く鋭い, 作るので, 作品の, 來訪する, 先入観めいた, 再疎開, 印されて, 参った, 取っては, 只同然の, 向けて, 否応なし, 唯その, 団体は, 坂口は, 太くなっ, 夫, 宙を, 家は, 小さい家, 席を, 干からびたよう, 強かった, 往くよう, 憧れて, 所謂現象的擡頭を, 揉まれつつ, 描き出して, 支払いを, 昨日俥で, 来させて, 来た, 来たが, 来たよう, 来た女, 来ますよ, 来るにも, 来るもの, 板戸の, 沈んで, 減少する, 濃い茶色の, 火山が, 生き互, 由緒を, 発露させる, 着橋, 空茶店で, 紙屑屋の, 素直に, 肩替りを, 自分の, 自我を, 舞台に, 荒かった, 薄っ, 行かれた, 行きなさらなかったん, 行きました, 行きませう, 行くから, 行くこと, 行くぞ, 行くべしと, 行くん, 行く仕度, 行く場合, 行く宛, 行く杉浦, 行けない状態, 行った, 行ったよう, 行ったん, 行つた風習の, 覗くよう, 赦免状を, 身を, 返らせて, 返事を, 部屋を, 酔った一人, 重ねたぞ, 離れて, 頼んで, 顔を, 颯と島田, 鳥羽の, 鳧

▼ なりまた~ (478, 1.1%)

5 その中 3 あるとき, ある時, それが

2 [17件] あるもの, それを, 今の, 他の, 全体としての, 後には, 或る, 昆虫に, 時には, 朝が, 県の, 私なりへ, 私の, 葡萄紫と, 赤くなった, 赤坂の, 雨と

1 [430件] あなたに, あなた様に対しては, あまり長い, ある場所, ある種, あれほど, いかでわが, いたるところ, いっそう美しく, いはれなき淋し, うすくらく, おこころぶ, おそらくは, おそらくは怪物, おそらく娘, おそらく言葉, お前さんに, お愛し, お正月と, お角, かくな, かくの, かの鎧竜宮, かの黄金, ぐつたりとなり呻き, ことばの, この人, この娘一人, この治乱, この高山, これらの, こんなこと, さらに一変, しばしばゆきづまった, すぐに, すこし離れた, すすめられて, そうでない, そのあと, そのうち, そのお, そのつぎ, そのとき, その上, その下, その人, その他の, その僕, その先, その名, その娘, その影響, その後の, その愛孫, その時, その残像, その流通, その砂丘, その脇腹, その船, その門, その顔, それだけ独特, それだけ興味, それは, たくさんの, たくまに, ただに, ただの, たとえいかに複雑, たとえ二, たぶん自分自身, ちょろちょろと, つぎから, てれるという, ときとしては, どのよう, なんぞ患う, べつな, ほかの, ほとんど餓死, ほの, ますます妖艶淫卑, まっかに, むずかしくも, もうそれでは, もし間接税, もとの, やがて夕刻, やり出す, わたしから, ゑみさく, アスペルンの, イライザや, イ音が, エヂソンも, オホクサカの, カヅノの, サラット居士に, ジャック・ド・メームは, チャイルドが, ニューグランド, バウツェンでも, ビスケット類の, ボビノの, マアザミの, ミヅハワケの, ロシヤに対しては, 一つの, 一同の, 一幅にも, 一方では, 一方には, 一朝めざむれば世に, 一般に, 一般大王國の, 一般的により, 一転し, 一部分は, 一面から, 一面には, 一面今次事変の, 三年制に, 上手に, 不仕合わせ, 不可思議なり, 不幸と, 世の, 世の中へも, 世人は, 中位人口は, 中立の, 丸邇の, 主人なり, 主人の, 二十本脚に, 互の, 人の, 人力車の, 人家は, 今ごろ小林師範, 今宿の, 今残り餌, 仏寺をも, 他人の, 他方では, 伯父御, 伸子さんは, 伸子は, 低くな, 低くなった, 何か, 何の, 余の, 作家意識の, 修史館が, 健康にも, 元の, 元気が, 公務家なり, 其臣下と, 其處から, 内部から, 再婚及び, 再応召, 別な, 制作に当たっての, 前の, 剰余分は, 助動詞, 勤王の, 原住民を, 友だちとの, 反対に, 同じ働, 同じ趣味, 同会, 同年から, 同時に人間, 同時に健全, 同時に命令, 同時に敗訴者, 同時に自分達, 同様な, 名前の, 名前は, 周囲からも, 嘘らしくなる, 嚢を, 四五日おい, 困ったこと, 国外死亡を, 国家主義とは, 国家愛国の, 國, 國も, 圓馬夫人の, 圖書が, 土佐沖海底都の, 土地の, 土師部を, 地方とは, 坂手の, 執権高時から, 場合によっては, 場所を, 夏の, 多くの, 多くは, 大人びて, 大凶作, 大和の, 夭折型とも, 妙に, 娘が, 子どもの, 学問そのものに対する, 学問科学も, 学者なり, 宇都志國玉の, 実が, 実験的の, 家を, 富山に, 寒いとき, 将門と, 小ぎたなき湯巻, 少からぬ, 尾根へ, 山君と, 山房の, 崇拝し, 巡査の, 幕命によって, 幕将の, 幕府からも, 平原の, 年上の, 幸福に, 幻想的畫家とも, 広元入道さま, 床を, 店の, 当時海の, 役者市川海老蔵は, 彼の, 彼は, 彼らにとっては, 彼女の, 後から, 從來固く, 心細くも, 忍び難い, 志なり, 忙が, 忽ち一城, 悦べ汝勝者, 悪い跋, 愛より, 感激に, 慎重に, 憲政本, 懺悔にも, 我を, 戦う日, 手足を, 技術も, 抽斎に, 挽回すべから, 改めてお伝え, 放射線の, 放浪癖が, 教区の, 数奇な, 整備を, 文学なり, 斬罪に, 新しい今日, 新たに, 新らしい, 日中でも, 早くくさっ, 昔用いられなかった, 春水金水を, 時たま友人たち, 時としては, 時によれ, 時に或は, 晋王の, 暗くなりし, 最小の, 有力な, 朝倉先生に対する, 本も, 本当に自分, 本然の, 本省の, 李逵に, 東両国の, 東國の, 果とも, 枢密顧問官とも, 染殿后とも, 柳絮と, 柴進の, 棋を, 楽しみに, 欠くべからざるもの, 欠点と, 次には, 次の, 正式に, 此行中に, 武蔵の, 武蔵守親広, 死んだあと, 死んでも, 母の, 毎日ごちそうを, 気味の, 水道に, 水銀は, 池の, 法月弦之, 洗礼を, 活溌に, 渡支し, 火の, 炬火だ, 熱心に, 燕尾服を, 牧場で, 物理学なども, 特に命じ, 犬が, 犯罪的性格を, 狭い海峡, 玉名少女が, 瑞西なり, 甚だ自己流, 生活自体の, 田の神祭の, 町と, 町の, 疲れを, 痛哭すべきなり, 白く雪, 白米と, 目標とも, 真剣に, 眼の, 短里, 祇園町へと, 神と, 秀郷の, 竈なり, 笑い溶かし, 第三者に対する, 糸が, 経済学が, 結実する, 統一に, 緑茶を, 繰ひろげて, 罰を, 羅刹と, 義歯でも, 職人も, 肉類を, 背景とも, 胴体の, 脈は, 腹を, 腹這いに, 膳の, 自分が, 自分の, 興味である, 舞い続けて, 航海なり, 芸術の, 落語家に, 蒼くなりつ, 街道の, 西涼の, 見事な, 視力が, 訪問客にも, 訴訟問題の, 説話なり, 誰か, 諸君の, 貸札, 賢なる, 賤職の, 軌道面の, 軟水と, 近世に, 遇ひ, 運命によって, 遠くなっ, 遠くなる, 遠国の, 酒で, 金剛石にも, 長谷部の, 門閥なり, 閃きなど, 集って, 難を, 難波の, 雨が, 雪の, 雪洞が, 雹を, 電燈も, 青い, 青くなった, 非常に, 面倒にも, 頭の, 頭を, 頼家公の, 顕微鏡という, 風も, 風俗人情を, 食物も, 飲食店の, 馬韓といふ, 齢若にも

▼ なりとも~ (396, 0.9%)

4 身を 3 やかましき財産, よくし, 一人は, 亥之助に, 出て, 君に, 思はれず火, 我が家にて, 私の

2 [22件] おのれが, お見出し, しろとて, つづけさま, 人の, 仕事を, 信ずるもの, 信ぜざるが, 内閣大臣たるを, 十年なり, 各大臣, 客観的の, 後代に, 持參金を, 汝の, 皇帝に, 籍を, 薄弱に, 認む可から, 返報する, 逢わせて, 金子を

1 [321件] あいその, あの塔, ありつきたいと, ある芽, いいたい, いいどっち, いい盗, いえよう, いち人前の, いって, いふ, いふべし, おいでなされ, おのれの, おまえの, お世話する, お伝え申す, お前から, お前の, お好き, お姿, お旗本, お気の, お祈りなさい, お裁き, お覘い, お言葉通り, お計らい, お訊ね, お顏, かく歩みつ, きかれるよう, きこうよ, この, このうらぶれ, この世の中, この有為, この水, この身輕, さがさねば, しばらくこの, すでに存する, せよか, ぜひともここ, そういう文学上, その出迎え, その意, その為, その理, その目的, その自, たった二人, ために, だらけた自分, とうてい金田君, とくうつらむとはげみあへり, ともかく終, どうぞ忍ん, どこぞで, なくなったり, なほこれに, のばしたいと, はからひの, はめか, ひとへに, ふくろの, ふれて, もうこの, もう少し前, もしかな, やつて, やり付申, よどまず, より承服, よろづをいとひすてて, わが罪, わたしは, プラスである, 一七日二七日お, 一人に, 一家団欒の, 一廉の, 一時の, 一時御身を, 一滴の, 七千人の, 下枝を, 下界に, 世に, 世の中の, 世は, 中に, 主に, 主取りさえ, 之を, 之を以て, 二度とは, 人に, 人も, 人中へ, 人間らしい心, 他人の, 仰ゃって, 休ませて, 似通ったこと, 但し負, 住み込ませその, 何か, 何ものかへ, 何処ぞで, 俸銭を, 假令へば, 做し得たる有る, 光明を, 光榮を, 児童の, 入置, 共に載せ, 其數には, 別居する, 刻まれんこと, 力を, 功名心が, 動いて, 動かすが, 勿, 北海道に, 十七字に, 半兵衛推参お目にかかり申すであろう, 半日一日なり, 博愛の, 受けては, 口を, 召抱扶持等随意たるべき, 可被仰, 叶えやろうと, 同情者を, 呼度思ひ, 善き事, 善くし, 坤竜の, 変つただらう, 変化を, 多く客, 奪い去る, 女王への, 好いた男, 好きな, 妻や, 妻を, 嫁に, 存じましたが, 安ん, 実際に, 家失われず, 察して, 小さく切っ, 小粒なりとも, 少しは, 屹度し, 左様な, 己れ, 己を, 帰りませう, 平和を, 幾十局幾百局を, 広漠な, 建武中興といふ, 弱の, 役立てば, 彼塔に, 後代の, 御なし, 御めし, 御不審, 御分与, 御寛恕, 御望み次第何, 御気分, 御用あら, 御用を, 御目, 御礼申そう, 御系図, 御自由, 御門が, 心の, 心置きなく, 思はば, 思附あら, 恐怖の, 悦ばしからず感ずるに, 感じ学ぶ手がかり, 慰めよ, 成るやう, 我々の, 戯なりとも, 所詮支え, 手助けと, 手助けに, 承りましょう妙高山, 捧ぐべしとは, 文人の, 断言する, 方様の, 早くこの, 明らかに, 暫時伴なひ, 曳くこと, 書いて, 有り得る數理, 有付せん, 有合, 望まれる向, 望みの, 望む奴, 望め, 望めと, 未まこと, 案内し, 正に向, 正気に, 正義が, 正銘の, 正鵠を, 此には, 此の, 此の世に, 此は, 死骸葬り得さすべし, 殿へ, 民族生活の, 氣に, 汝なほ定かに, 汝において, 注意すべき, 清浄な, 滞在し得たら, 然るべき方, 父が, 爾の, 現世の, 生き残って, 用立て致すと, 申い, 異境の, 當分夫婦別れし, 當時の, 疑いを, 疑ふこと, 疑を, 皆様に, 直ること, 相認め, 真を, 秀林院様を, 私は, 称ふべき, 空気は, 突きたまえ, 素直な, 経を, 絶えず動揺, 継ぎ足して, 縁付て, 繁華の, 美しく燃え上がるだろう, 羲之の, 老人腰掛に, 聞き出したいと, 聞る, 肩身を, 自分に, 致しましても, 致しましょう, 致し始終, 舐めるなりとも, 苦しからず, 荷もつをと, 落延びようから, 虚実生死の, 行って, 裨補する, 要求された, 見たい希望, 見たこと, 見て, 見ましょうとの, 見やって, 親ハミ給, 觀念という, 解明したい, 言い得可, 言へる, 話して, 認め遣わし申すべし, 貢献する, 賣りわたしたく存じ候, 賭けようと, 辞世なりと, 進むの, 進めれば, 遂げでは, 遠慮なくおっしゃっ, 遠慮なく言う, 遣りましょうまア, 遺して, 邪に, 邪念を, 都を, 金儲けさへ, 長くとどめん, 防ごうため, 陰影を, 雇人は, 静かに, 面せよと, 頼まれ申そう, 頼みに, 高野に, 黄白の

▼ なりそれ~ (386, 0.9%)

12 と同時に 6 がまた 5 が又 3 からまだ, から更に, がため, が更に, につけ

2 [17件] からは良から, がだんだん, が何, が再び, が彼, が渓谷, が私, につれて痩せた, に引き, に未練, に続い, のみならず, は私, をまた, を手, を自分, を革命

1 [314件] かといっ, からさらに, からだんだん, からはお, からはこの, からは泉, からは與田先生, からは荒れる, からは静養, からますます, からまだまだ, からまるで, からわざわざ, から七十五日間, から三日, から二十六年間, から全く, から六道, から十五フィート, から右, から四年目, から徐ろ, から怒った, から数年後, から生じる, から田中榮三君達, から百年, から続い, から長く, から鬼塚元帥, が, があっち, がいく, がいよいよ, がうねうね, がおもしろく, がきっかけ, がこうじ, がし, がしだいに, がその, がたとえ, がだ, がつい, がついに, がどう, がどうか, がなお, がひい, がひろい, がみないつ, がみな張金田, がもと, がやがて, がゴシツプ的, がフィヒテ, が一, が一つ, が一年あまり, が一時間位, が三, が三分の一, が三時間位持續, が世間一般, が両者, が中年, が中頃, が二日, が二月頃, が今年, が今後, が円錐状, が出世, が半身人間, が土蔵, が塗られた, が大脳皮膜, が奇怪, が家族, が寺内, が尊い, が尽きる, が年, が店, が引きさき, が引締, が後, が悲しい, が感染, が戦争, が抽斗, が文士劇, が日本, が昂じ, が昂じた, が暗く, が本当, が樹上, が次第, が次第に, が武士道, が歸宅, が段々, が治郎君, が海, が湖面, が物珍しい, が生理的, が生長, が癖, が白い, が眼, が神経的, が秩序, が空いちめん, が端緒, が精神, が終つて, が結んだ, が縁, が職業化, が自分, が自慢, が自然, が虚空, が西, が迚, が高い, こそ島津, さえこの, だけにし, つきり息, つ切り行方, でこそ我が, でやられる, で分りました, で益, で相当, で食っ, とそっくり, とともにそぞろ, とは知らぬ, と一緒, と丁度, と代っ, と共にい, と共によけいきいき, と共に屡, と共に彼, と共に父, と共に顔色, と同時にいろいろ, と同時にぼつぼつ, と知れ, ならば, にこの, について右, について新しい, につづい, につややか, につれて今, につれて戸, にて十分, にはちやう, には仲人, には小さい, には彼ら, にもまして, によって代表, によって彼ら, によって必要, によって王朝, によって現実的, によりて緯書その他, に世子, に中性, に主家, に似た, に先立ち, に前々, に合わせる, に含まれ, に外国, に天性, に女, に嫉妬, に對, に手習, に方向, に映っ, に時間, に最初, に汚される, に知覚, に第, に興味, に蓮華, に血, に見た, に連れ, の劇, の劇的要素, の弁明, はもう, はやがて, は一つ, は一度, は二, は何, は取り, は平生彼, は意識的, は感心, は民家, は眠っ, は確, は自身, は若々しい, は誤り, は連綿, は顏, は飽くまで, ばかりか息子, ばかり喰, へめいめい, へ古代, へ吹き当てる, までの妖しき, までは禅堂, まで二人, まで勇三, まで拝見, もだんだん, もところ, もやがて, もよから, もよし, も一年, も一戸, も停電, も及ばなき, も及ばなきゃ, も名, も土地ごと, も塩野, も幕末頃, も後, も次第に, も気, も直接火, も眼, も談話, やこれ, よりは屡, よりも自分, より中ノ湯, より城楼毎, をあくまで, をうける, をがまん, をごまかす, をさらに, をじっと, をどうにか, をば他, をみんな, をやり, をりっぱ, をガランドウ, を上演, を何ぞ, を使っ, を冒し, を切り起こさなけれ, を受, を受ける, を唯一, を基調, を妬み, を彼女, を恋, を意識, を手引, を拝領, を拡充, を支持, を更に, を根, を欲, を求める, を池, を王, を現像, を破る, を破棄, を秋声, を笑い, を簾子様, を罷め, を考える, を装い, を補ふため, を見, を親王自身, を走っ, を通り越し, を運搬, を隠そう, を集め, 故にこの, 故にまたこの, 故臆, 見に, 迄に勤続

▼ なり~ (348, 0.8%)

56 うな 52 うだ 26 うです 16 うである 11 へすれ 9 うして, うだから, うですね 8 うだが 7 う, うだぜ, うで, うも 6 うだと 4 うだな, うもない 3 ういふ, うぢ, がつて

2 [15件] うだえい, うだし, うだわ, うだツ, うでした, うでしたが, うですが, うですぜ, うでも, うなお, うよ, えしたら, なり, へしたら, りながら

1 [71件] いかし, いすりゃいい, うあまり, ういつた, うした, うだい, うだからと, うだそれ, うだぞ, うだった, うだ僞善, うだ御供, うだ急いで, うだ本格的俳句, うでございますのね, うですから, うですからと, うですな, うですの, うですよ, うですわ, うでない, うでなか, うで内心気, うで千種, うで大いに, うで平次, うで新しい, うで現に, うで結構, うで遙, うなと, うなんだ, うなんだよ, うね, うもないこと, うもないその, うもないだらう, うもないと, うもないので, うもないのでが, うもない体裁, うもない心から, うもない気, うもない燕女, うもない物, うもなかつたで, うもなくよし, うもなく漂, うも無い背, う云, う言, かって, がつた, しも越後家, つさ, なきだに, なくば, なりと叫びつ, なりと言い, はなと通ず, ふである樅, ぶは, ぶも, へしなき, ほど苦しく, も無念そう, をとめ, ん, んうんと, ん買う

▼ なりつつ~ (348, 0.8%)

66 ある 34 あるの 29 あること 21 あった 13 あると 12 あります 11 あるという 10 あるよう 4 あつた, あるその 3 あったの, ありは, ありました, あるか, あるが, あるもの

2 [12件] あるかの, あるかも, あるから, あるとき, あるやう, あるらしい, ある事, ある国, ある時代, ある様, ある現状, 在る

1 [102件] あったから, あったが, あったと, あったのに, あった協同組合運動, あった懐中, あった科学的哲学, あって, ありますが, ありやがて, あり其, あり漫歩, あり誰, あるかに, あるくらい, あるし, あるぜんそく, あるだが, あるです, あるとは, あると共に, あるに, あるので, あるものの, あるわれわれ, あるん, あるカジノ・フオリー, あるプロレタリア, ある一種, ある事実, ある今, ある今日, ある仏, ある吾, ある堤, ある大, ある実状, ある情勢, ある愛, ある感覚, ある支那, ある日本, ある時, ある時期, ある様子, ある模様, ある正成, ある矢先, ある私, ある程度に, ある自分, ある若い, ある証拠, ある農家, ある過程, ある都会, ある際, あれ溌剌, いかなる放縦, いったん部屋, この平原, しかも他方それ, その力, ただその, なお名残, ゆくの, ようやく包み, 人類の, 仕事を, 前へ, 十数年の, 各作家, 変化する, 客體面において, 寝台から, 当途, 机の, 椅子の, 次の, 消えて, 渡って, 熱い茶, 留まるであらう, 益, 相並ん, 眼を, 礼を, 立ちさわぐ渦巻, 聞いて, 肩を, 自分が, 葬られて, 行きます, 表面は, 話を, 読む, 走って, 農民から, 近づいて, 酒色に, 長き廊下, 雲の

▼ なり~ (230, 0.5%)

4 の心, の父, はその

2 [20件] がおお, が孤独, が時事, が机, が通りぬけよう, にとつて, になり, の方, の洋行後, はお, はカバン, は一言, は母, は私, は自分, は遂に, もその, も亦, も此, も死に

1 [178件] から厚く, がお, がこれ, がたつた, がよみ, が信州, が出かけ, が大学, が妻君, が帰っ, が旅人, が昨日, が母, が知っ, が社宅, が自分, が舞台, が船中, が頭, が風, しの, しを, し事, し儀, し儀實, し姪, し母并, だけには柔順, だけ先, としては気重, との関係, と向い合っ, と彼, などの七つ八つ頃, なりが直ちに, にとってそれ, にとっての永遠, には清らか, に及ぼす, に外, に対してもっ, に詫びる, に附き, に預かっ, のお, のこと, のところ, のひそか, の不名誉, の事, の前, の前後四方, の勉強室, の問, の地位, の売れ口, の家, の家内, の布団, の幽界生活, の庭, の待ち切っ, の応接室用, の思い出, の怨み, の愛する, の為, の無, の熱情, の特徴, の疑い, の眼, の知つた時代, の職分, の胸, の自我, の苦し, の荷物, の蒲団, の血, の覚え, の触角, の謙遜, の貧乏ぶり, の身体, の身辺, の運動員, の部長, の銃先, の顔, は, はしてやっ, はそれ, はだんだん, はとび立つ思ひ, はなお, はひやひや, はふと, はぺちゃんにへし, はもう, はわざとらしく, はわめいた, はゴミ箱, はシルクハツト, はレコード, は一二台, は一文, は七輪, は両親, は中風, は久振り, は二重, は何, は兎, は勿論, は大儲け, は大家, は大工さん, は夫, は失望, は奥さん, は定日, は家, は少々, は少から, は常軌, は帽子, は幸福, は形影相, は彼女, は新宿, は昼間, は東京, は洋傘, は準備委員, は用, は眠く, は立っ, は笑いだした, は笠原, は結局, は荷物一切車, は行っ, は足蹴, は郊外, は長次郎, は険しい, もあの, も今, も其事, も動かない, も勿論, も同様, も大, も大連, も妻, も彼等, も心持, も思わず, も故郷, も次第に, も疲れました, も軍需工場, も辛うじて, も驚い, や村長, をお, を勉強室, を庇, を庇っ, を慰, を最も, を生んだ, を疲れさせる役に立つ, を祖母, を迎える, を連れ, 故に今

▼ なりそして~ (224, 0.5%)

5 それが 3 彼の, 彼は

2 [11件] こんどは, なさけなくなる, 人口の, 作歌と, 地主の, 最もプロパー, 最後に, 栄橋の, 熱が, 私の, 粗生

1 [191件] あっと目, あまり普通一般, あらゆる不可能, あらゆる他, いかなる消費者階級, いちめんの, いつしか彼, いつしか煙, いつ食べ, おしまいには, おろおろと, かかる事情, かくては, かつての, かるい目まい, この不利益, この増加率, この真, この頃, ご自分, しばらくする, そうした作用, そこに, その価値, その価格, その増加, その役目, その意志, その熱感, その社会主義的, その結果, その結果自分, その談判, その醜い, その量, その間に, その鞄, それと, それに, それらの, それを, たいていは, たがい, だん, つぎの, とうとうみえなくなっ, とうとう雲, どの家, なお結構, なりつ放しで, のりとに対する, ふざけるよう, ますます彼ら, まだその, みずから他に, むりじいにこんな電文を, もしあなたさまがた, もし自分, もはや季節, やがて冬, より多数, より悪い, わくわくと, わずかに, クロクロ島は, ハイカラ振っ, フキゲンな, プッツリ絶えた, ボルよろしく, モニカの, ヨオロッパ及び, 一度きりしか, 一足毎に, 三回目には, 両方の, 事実上常に, 二三日の, 二匹の, 二千年たて, 京市君に, 人の, 人は, 人民の, 今年は, 今度という, 今日に, 今村さんの, 何らの, 何処かへ, 供給と, 倅山城守意知を通じて, 倍加期間は, 借地契約が, 僕が, 優秀ならざる, 先ず何より寿司, 六磅の, 其の腦, 其爲に, 内外の, 内部が, 再婚及び, 冬は, 出口が, 労働の, 労働階級の, 労賃は, 労賃をも, 動かなくなって, 十箇年間の, 却って之, 又しよつちう, 可哀そうに, 喉の, 国民資本は, 土地は, 地主によって, 大きな寢室, 大人の, 娘は, 家の, 家人らの, 家族の, 巨匠鏑木清方と, 年々結婚する, 床を, 彼らの, 彼を, 待望の, 怨を, 手足の, 支配階級として, 数が, 日ましに, 春の, 時の, 時は, 時代思潮の, 曉け, 更らに, 最初の, 木は, 概言すれ, 次に青く, 次の, 毫も地代, 水の, 決して借地人, 決然苦行禁慾, 河水は, 流行児に, 清潔に関する, 火花や, 燻製ものを, 父の, 父親の, 物理学こそが, 現在と, 現状では, 生産者の, 疾病流行年と, 痩せた, 白い空虚, 皮膚が, 眉から, 砂が, 私に, 秋の, 租税に, 空は, 笑いだした, 粗末に, 粗生生産物, 結婚まで, 肘枕です, 自分の, 舳艫は, 英国政府の, 要求され, 言葉少なに, 貧民階級は, 軍人の, 農耕上の, 遂に仮死, 遽に, 酋長は, 離屋の, 雪子の, 雲行きは, 風は, 高圧電気の

▼ なりこの~ (214, 0.5%)

3 頃では

2 [11件] すが, ま, ままでは, ように, 一定の, 人に, 前の, 場合には, 愛すべき人たち, 故に, 生きにくい

1 [189件] あたりより, あやまちについて, うちマホメットピエール・ダ・メディチーナモスカベルトラムの, お方たちにも, くらい辞儀, ことは, ごときお方, しじま, たび参府の, ために, とき六十一歳に, どうにも手, まま諦める, まま逗留くだされ, やうな, シヤルルは, ドシャ降りの, 一轉を, 七枝刀の, 三千円は, 上野の, 不遇なる, 世界に, 事に, 事以下處, 事実から, 事実が, 二つの, 二三年という, 二三日へんな, 五月十三回目で, 井戸の, 仕事の, 他わずか, 他硬骨, 位の, 位よく, 住居が, 住職の, 依托笑, 信濃より, 元気の, 先き, 八ヶ嶽へ, 冕は, 冬の, 力諸, 北の, 千変万化を, 厄に, 合一あり, 名案に, 国この, 国に, 国の, 土地にも, 土地特有な, 地今, 地球に, 地球は, 塾は, 境を, 境内に, 変化は, 多岐な, 夜寒く, 夢の, 大勢の, 大名の, 大軍の, 大陸は, 天この, 天は, 奇男子と, 女にばかりは, 始末を, 子の, 孤島に, 家に, 寄場に, 寄場へ, 小さい水たまり, 山三大部に, 山屋敷の, 山荘の, 島の, 年若の, 店も, 後十年間は, 徒また, 悪毒, 情なり, 情は, 感応は, 成果が, 戰ひ, 所在が, 批評に, 技術を, 支那學者は, 故にわれ, 断言を, 新しい海, 方は, 日は, 日新著を, 時こんな, 時は, 時やつと, 時われ詩人の, 時人, 時太陽白羊宮に, 時彼は, 時計の, 智獨り, 暗黒の, 曲の, 曲を, 未亡人が, 未曾有の, 本の, 本を通して, 機逸すべからず, 次に曲者, 歌全く, 歌又, 武者所鬼王丸を, 死の, 水は, 水素の, 氷塊の, 汚ない, 江波家の, 混雜が, 源八に, 点においては, 物語の, 物語は, 狼を, 珠他の, 現行条約励行の, 界を, 病院へ, 百姓馬子に, 真夏の, 瞬間の, 神宮を, 秋か, 秋日本でも, 秘かな, 篠井に, 経典によって, 絶好の, 考察や, 者かしこに, 自覚において, 花筒の, 装置は, 見ぐるしき衣, 観を以て, 計画にも, 訴訟は, 証文が, 説に, 論派は, 貧弱な, 距離が, 身ナポリに, 辺の, 辺一帯に, 辺穂高に, 通りの, 運動に, 運動を, 鉄材置場の, 鎌倉も, 門の, 闇黒状態は, 際ただ君相の, 際焼け出された, 隨筆集から, 雑誌の, 雑誌社は, 頃すでに, 頃は, 頌數の, 風康煕帝の, 飛んで, 驚嘆すべき

▼ なり~ (206, 0.5%)

88 して 4 立てて 3 生じて 2 あげて, させて, した三人, した女, した少年, した男, 籠いっぱい入れ, 見せて

1 [95件] あげ煙, いたして, いたしませんと, うって, かえまえとは, かえりみました, かえると, きかないうち, させたん, さらばなり, しずめたよう, した, したお, したそこら界隈, したって, したひよわ, したん, したエレーナ, したヨー, した一人, した丁度諒安, した不良少年, した中年, した人, した人物, した人間, した俳優, した俳優たち, した多分, した大きい, した大男, した姿, した小僧, した少女, した彼, した日本人, した森, した男衆, した芸者, した賢い, してながら, しては, しとる, しないで, しや, しょうじて, しょうじてころげくる火焔車, しようとも, し粗末, するもの, するん, たてて, たてながら, つくること, つけて, つた, つたのだらう, なおしました, なさるでしょうね, はらんまして, はりたり, はりて, はれり, ひそむ, ひそめた, ふせぬから, ほめたが, よそうと, らむとは, りし, り申候, ギョロギョロ見る, 判斷しうる, 古い語, 心から懐かしく, 忠実に, 成して, 構う方, 水神さまに, 生じた武蔵太郎安国, 生じた突風, 発しながら, 眞理と, 知って, 立てながら, 立てる不思議, 立てアリュウシャン群島, 考えろ小さく, 聞くと, 表わそうと, 見た, 見てから, 親切に, 語り牛, 鎭めて

▼ なりやがて~ (204, 0.5%)

5 それが 3 濁り川 2 お菊, その色, 又測定, 小学校を, 川筋は, 根戸川の, 次代の

1 [182件] あらしが, ある夜, ある百貨店, おきみ, おびただしいひかり, おまえから, これが, さしわたし五十センチ, すすりあげて, せまいあな, そこに, そのこまごま, そのつぎ, その兩眼, その声, その子, その年, その御, その柿, その醫學生, それさえ, それは, たくあん石, どしゃ降りに, の果て, は, はかういふ, は人類, は大人, は大衆, は婆さん, は屋根, は死ん, は満々, は真, は耳, は衛府, は身心とも, は鉛, また次, また谷, まっくら, まつすぐ, ま上, みんなから, むこうから, りっぱな, ストア学派の, ハナヤの, パンツを, マヌエラを, ラグビーの, 一つの, 一人の, 一匹で, 一聯隊の, 一行は, 一言も, 上京した, 世界戰と, 中から, 二つとも, 二三百石の, 人に, 人声の, 人目が, 仏に, 何処よりとも, 侮辱的な, 僕の, 僕は, 全部では, 刀を, 前方に, 十坪も, 単純な, 厳しい叱責, 又そこ, 名代に, 君と, 吹雪に, 商賣, 嘆願と, 嘉永と, 型どおりな, 夕日が, 夕暮れが, 夜に, 天浮橋をも, 夫の, 夫は, 妻母として, 姿を, 寝息が, 川上の, 帰京お, 平地よりも, 平手で, 幽に, 役者たちをも, 彼女は, 心臓が, 心臟が, 恐怖と, 悪夢と, 悪癖と, 悲しみや, 悲しむよりも, 意識は, 捕えられて, 捨てさせて, 改築せられ, 旅人の, 日比谷出版社に, 時の, 暦のうへでの, 最後には, 村長に, 東京市の, 柵が, 株式仲買人と, 桜の, 樹に, 止まりぐっと, 止んだ, 水平線の, 活動写真の, 浅い谷, 消えて, 消えるで, 消え失せて, 湖水が, 満月の, 濁川, 燃えきって, 牢獄から, 番頭に, 病院に, 痩せた灌木, 真夏の, 真暗な, 眠つてし, 眠るが, 石田を, 破綻を, 神経が, 稲積のむ, 空が, 糸を, 紅色に, 紙鳶だけ, 素直に, 終戦した, 腹立たしく思われ, 自分が, 芸妓が, 苦悶を, 苦痛の, 英之助だ, 茜という, 草も, 蒼い蒼い空, 薄い樺色, 見えなくなった後, 見えなくなって, 解散した, 財団法人に, 足音も, 道が, 遠くの, 遠くへ, 重々しく響き, 銭の, 錯覚を, 静止し, 頭部も, 食堂が, 黄金の, 黒い目玉, 黒くなっ, 黒色と, 龍巻と

▼ なり~ (197, 0.5%)

4 ような 3 通るに, 音が

2 [13件] その上, ように, 姿で, 建物が, 悪いの, 時間を, 男が, 男の, 矮い, 粗末な, 蜜柑の, 間に, 高い女

1 [161件] ある判断, いいマニラ帆綱, うわさこれも, おっ母さん, お礼しか, かすかや, きたない子どもたち, きれいな, このおばあさん, しっとりした, せいか, たくり込めば, だしで, とうふ, ねたみ思ひて, ふとった女, まず帰る, ままなる, まま素子は, もあれ, ものばかり, よい発見, よろしも, キノを, グリルへ, ジョニイは, タンスの, ホールで, 万年筆工場でも, 上に, 上靴, 事務室かに, 人が, 人形が, 仕切りに, 低い事, 低い巌乗, 低い日本, 低い重, 低い頑丈, 作家として, 価値を, 傘を, 勢力を, 匂いが, 十五, 南天の, 収穫が, 土間に, 地面に, 基本に, 売った地面, 外国大使館の, 大きな腕白小僧, 大さ, 大格闘, 女と, 女にも, 女の, 女は, 姿を, 子かと, 室では, 家の, 寺の, 小さい佐吉, 小さい十四歳, 小さい草履取, 小さな男, 小倉服は, 少し低い, 屋敷にも, 山の, 年數がか, 年月を, 庭に, 得意さで, 性格に, 恰好さえ, 惡い, 感に, 或る, 扇子を, 手で, 手前も, 技巧の, 新語を, 方へ, 時分には, 晴れの, 暮しで, 有様な, 服装で, 未醒が, 杢右衛門どんの, 枝に, 格言を, 欄では, 決心を, 注意を, 洗濯ものを, 源さんの, 独自性を, 畠または, 病間へ, 程度まで, 窓で, 箱職の, 紳士たちが, 美しい婦人, 羽目が, 翁け, 者も, 耳に, 背広の, 胡だ, 腰も, 腹這いの, 艶な, 若宮に, 薄きたない, 虎猫が, 蜜柑を, 袂を, 見解を, 親父を, 財産が, 距離が, 距離に, 身代の, 迷惑は, 道を, 部屋から, 部屋で, 部屋に, 部屋へ, 部屋を, 野性が, 長い友禅片, 長い間, 間続いた, 音, 音の, 音は, 音も, 頁数を, 額に, 風俗は, 饂飩小僧は, 高いあるじ, 高いかれ, 高い小肥り, 高い愛嬌, 高い方, 高い早足, 高い武士, 高い緑色, 高い頸, 鳥捕り, 鳴るよう, 齒科の

▼ なり~ (189, 0.4%)

3 ぬひさむ我

2 [13件] なつは, やつ頃には, 世辞を, 互にその, 互の, 味方は, 染の, 浜と, 涌が, 盡しなされ, 簪なり, 豊は, 駭き

1 [160件] いちを, いち婆さん頭を, かめの, かわりまで, くつろぎにて, さよとともに, たかの, たみが, だるは, つ母さん, どんで, なぎが, ひげ, ひるに, ふせたの, へんろさんの, ほ, ほせたいから, ほせては, ほせる事, ほよそ地上, ぼんほどの, まくらもとに, むこさま, もひみる, るいさんが, わかれに, わるに, イち, 世乃と, 互に一杯, 互に双方, 互に工藝問題, 互に愛情, 互に持つ, 互ひ, 亡くなりに, 亡れ, 休めに, 使いなさるという, 供し, 俊も, 健やかな, 催し事などは, 傳が, 八重から, 出に, 出仕の, 刀で, 刀を, 分けして, 加久は, 化粧を, 化蝋燭を, 医者さんが, 友だちと, 友達にでも, 召使の, 向うの, 君が, 味方の, 喜びに, 国歌舞妓団の, 園の, 園改め園絵と, 大尽も, 天気つづきで, 奈良さまは, 妃さまに, 孃さま達は, 安いところ, 寝みに, 專は, 小さな天皇, 小夜は, 尻を, 尽しなされもういくら, 居間の, 岩様と, 師匠さまからも, 席を, 帰りに, 常は, 常殿にも, 店も, 延は, 役に立ちましょうが, 役人に, 後を, 得意でも, 志乃の, 恥辱である, 手当は, 提灯持となり, 救いくださらば, 文は, 日さまが, 早どの, 星さまの, 春という, 春といふ, 染への, 気もちわるく, 汁の, 泊りに, 温めなされて, 濱と, 瀧は, 灸を, 照が, 熱が, 熱は, 燗が, 父様と, 由羅は, 白粉が, 砂糖も, 祭りに, 秀は, 秀三人の, 竹は, 竹も, 米は, 糸の, 納所小僧も, 組を, 経を, 絹までが, 絹も, 縁側の, 縋りして, 耻かしくも, 能は, 膳を, 花さんも, 花樣とやらには, 芳の, 若いながらも, 茶碗も, 蘭を, 蝶か, 見せなされ候, 覺え, 読みなさる書物, 負けに, 身の, 近習の, 通と, 酒は, 酒を, 金持に, 雪の, 霜婆さんも, 顔が, 顔には, 食慾は, 養いに, 館様に, 高祖頭巾に, 龍氏が

▼ なり~ (183, 0.4%)

4 れが, をし 3 はその, れは

2 [11件] のほう, の女房, の姿, の宇宙, は今, は十九号船, は又, は閣下, も亦, れの, を救

1 [147件] からは全く, からは大, から被害, が九年, が学校出たて, が少し, が武蔵野町, が満幅, が熱, が生長, が白馬, が示した, が空前, が財, すでに保守, としては心外千万, と信長, にはある, には世嗣, に同情, に怪我, のあらゆる, のからだ, のはいっ, のもと, のより, の一部, の上願書, の公家僧侶, の共産軍反撃, の内界, の力, の同族, の名声, の咲き誇らせた, の土蔵, の大, の娘, の容貌, の息子, の意, の意志, の感官, の手, の手先, の推擧, の擁し, の方, の書斎, の服, の歩く, の爲, の片腕, の生命, の生死, の用語, の精神, の經驗, の自決, の言葉, の記者, の赴く, の陣, の頬, の馬, の駕籠舁, の高輪田長三, の髪, はえらい, はさ, はすでに, はそれ, はふかぶかと, はふと, はまた, はもはや, はわざと, はわずか, はイワン, はシヱクスピヤ, は一喫, は一朝, は三度それ, は主我的, は事業, は人間, は余りに, は先刻来憤怒, は写実, は冷淡, は凡, は哀れ, は塚, は多く, は大, は女王, は如何なる, は妾, は常に, は意, は懐中, は早速, は明らか, は暁方, は曉方, は曰えり, は横, は此原素, は比丘, は沙門, は湯呑, は火, は病客, は紙, は美姫, は義賊, は肉, は膝頭, は頭, は黙り込んだ, もいっしょ, もまた, も政府, よりも急, れほどに, れほどの, れも, れ其妻, れ大, れ大声, れ数学者, れ聖霊, をつき破, をばピラト, を介し, を以て改革家, を咎め, を彼, を我手取, を拒絶, を放っ, を救っ, を監視, を自宅, を誘い出す, を非, 正しき愛

▼ なり~ (178, 0.4%)

3 一方では 2 ある時, 刺激とも, 或る, 或時, 青くなり

1 [165件] お千賀どの, お祖母様, かかる関係, この意味, この立場, この観念, さなくともく, しろき鱗, その基, その方, それが, それに, それの, たちまち真青, た二引力, た作, た冬先, た尤も, た時, た能, ついに新しい, もう一人, アブレと, キリストの, ツーリングを, ハイネを, モラルとも, 一メートルを, 一人は, 一人娘の, 一時間したら, 一面で, 三宅様とも, 不漁に, 之を, 九助が, 九助の, 二つには, 云ず, 五年寛文戊申大通詞に, 京都迄, 今更に, 仕事も, 他から, 他に, 他の, 低くな, 住所も, 使命で, 僕とても, 儀左衞門の, 先の, 全く無罪, 其別れの, 其御舍弟の, 其御身形は, 別に独立, 医師に, 反對, 同叔父, 同時に万人, 同時に他方, 善い心, 四時半頃も, 地方経済生活の, 地震ひ, 坪井博士の, 外国奉行の, 大いに遊ぶ, 學生たちが, 実に憎々しく, 小さくなる, 小さくも, 小尼公, 山中の, 市は, 幕府から, 幸之進を, 広くなる, 弟十兵衞の, 弱い者, 律宗の, 後には, 從つて傳教以外に, 御前も, 御姿, 心の, 急報で, 怨霊などの, 感想文に, 或期間, 手下の, 手前の, 批判の, 抒情詩を, 文明批評と, 日劇へ, 明日が, 是迄, 時々ピツ, 時にはお, 時には彼, 暗くなった, 暦の, 更に神, 更に転じ, 本件に, 本多作左, 東京から, 柵の, 検証場面と, 榛軒の, 樺太には, 機械論的生理主義の, 正午に, 正文への, 此世の, 段々にそう思う, 気が, 消極的とな, 涙ぐましくも, 湖の, 爾後王の, 犀の, 猛しい怒罵, 理想的雛男と, 男神を, 異様な, 盲の, 眠りましょう今週, 研究を, 神気が, 祭りの, 紅葉の, 終戦後一度復活した, 結び付ける他, 結局は, 維新の, 羅馬は, 美の, 耳元で, 胸痛き, 自らアキレウスの, 自分も, 自然的と, 葡萄酒の, 薄情とも, 藤を以て, 見ること, 親分の, 誇大な, 誠に寸断刻苦, 谷戸にもな, 赤くなった, 近時樺太廳員小笠原鍵氏の, 阿弥陀浄土と, 集つて默つて四方に, 露骨に, 青くなった, 非御家人, 非愛, 面倒にも, 面白かった, 風教を, 食堂で

▼ なり~ (174, 0.4%)

3 の母, は誰 2 ではこんな, では二人, は苦労, まで開放, もなお, より四五十年以前, をさる, を去る, 姑俗に, 来た道

1 [148件] かたつ, こそこの, こそ自由党, こそ自由黨, しも住職, しる通り, し生れた, ぞ飛行機, ではお婆さん, ではかうし, ではその, ではどうやら, ではどっち, ではほとんど, ではもう, では一歩ごと, では二里, では何方, では十五分以上, では土地, では坐った, では常傭い, では弟子, では彼, では後悔, では昔, では正規, では汽車, では演説書記長, では田穀, では相応, では神楽, では私自身, では立派, では笠原, では約, では経済料理, では自分, では谷中, では金田一京助博士, では鍬, では電話, では頼り, では魚, でもモナークナー, でも住ん, でも何一つ, でも時々, でも白百合高女, なほ臥床中であります, ならば, なり今, においてなお, にし, にては見, にてハ日本, にも地面, に加山, に見, のところ, の因, の時, の母様, の汝, の火打, の神尾主膳, はいづれ, はた更に何, はまた, はパリ, は一匹, は丘, は之, は云寄手蔓, は伝六, は何れ, は太き, は広島, は或, は技術徴用, は此世, は殆ど, は源家, は火薬, は片里, は甚だ, は簡易, は老母, は自棄, は財力, は高下, まいた豆, また院長, まであった, までき, までなかっ, までに余, までの圧迫, までの子供, までの心理, までの我, までの暢気, までも度々, までよりいっそう, までより以上, まで一向, まで中島幸吉, まで光り輝い, まで堰かれ, まで知らなかった, まで見た, ま徒に, も云通り爰, も健在, も小田原, も横浜, も版, も高千穂, より後, より考え想い見る, を盛り, 下雋に, 久兵衞さんが, 入って, 其使用の, 其例を, 又方法論, 又私, 咲き出づる, 境地小説として, 奸臣の, 宜しく封, 影落す, 我れ, 我斯樣に, 措きて, 時局に, 東国に, 残れる此最後, 殘らず請出す, 汝が, 病床に, 該書上の, 迄の砂浜, 迄一緒, 迄私, 陛下に, 飛ぶべきは

▼ なりこれ~ (166, 0.4%)

5 がため

2 [13件] ではいけない, に伴, に似たる, に反し, に属する, はあれ, は雪中, もまた, も厭, も只, も常に, を取得, を綺麗

1 [135件] がこんど, がオドロキ, が一八六八年, が一層, が一種, が中毒症, が今日, が僕, が叔父さん, が向上洗練, が埋立地, が彼, が文化, こそ恋, だけが一ヶ月, だけは特別, では孔子, では正義, といっ, と思ふ, と等しく, なくば, なら新鮮, には県当局, には科学上, には脚, によって読者, によりても錢, によりて利, に一〇三, に代っ, に例外, に依っ, に兵頭清, に創作意識, に半襟, に反する, に古来, に対して追従憧憬, に対する鳥獣, に射撃力, に對, に就き, に影響, に從つて都市, に應, に抗する, に方針, に次いで, に物理学上, に理由, に秩序, に配置, に附属, に類する, はいかん, はお, はそれ, はゆるやか, は一八〇〇年, は人口, は何, は冬, は国外死亡, は失礼, は岡村七郎兵衛, は昼食, は此, は死亡率, は無明, は約, は自分, は若, は見方, へ出し, またシヅ子, また一行人, また慌て, までの商人, まで久しい, まで口, まで形, も, もわたし, も大, も大沢, も悲し, も社会, より外, より虎暴非常, をうし, をおき, をこらえ, をすべて蝦夷, をつかみそこねた, をなさぬ, をなんと, をばおん身, をもっ, を上げ, を不当, を伊万里, を保て, を処分, を十年, を地上, を寫す, を御, を放す, を故意, を文, を横, を比翼, を治める, を洩らさず, を滅ぼし, を為す, を爲, を生かす, を研究立証, を罰し, を色眼鏡, を英語, を葬り, を蓄積, を要するに, を見届けん, を賞する, を輸出, を除外, を陷, を集, を食え, 正に海上, 豈少

▼ なり~ (166, 0.4%)

19 否や 7 否やは 4 アしない 3 僕は 2 あした, いい加減諦め, かたは明るく, がれ, なあに, もとほり, 動作が, 否やを, 宴のく, 闇ぢや

1 [113件] あがるありがて, あがれば, あの浪人者, あんた達が, いくらでも有る, おのれくせもの, お分り, お前の, お前みたいな, お手柄, お疲れさまどうぞ, がら, がれと, ぐらに, こちと, これまで, さう, するぜ, そいだけ, その仲, だれには, ちやんと, どこから, どのよう, なりかなり, なる程, はったの, はったもん, はって, はつた, はらかな, はるまで, はるや, はる方, ぺんぺん草が, もうしつかと, やつぱし困る, よその, われらも, アお, アがった, アしない詰らない, アせん, ア棄てられ, シラ真剣の, ッき, 世話は, 世間の, 人の, 人間曲る, 仕方が, 仲仕の, 体は, 何し, 何だつて構, 何でも, 何も, 俺だ, 候はむ, 偽ものなりや, 其を, 其何れの, 出来ませぬ, 別だ, 前に, 動揺なんか, 去年は, 又彦兵衞, 否やそは, 否やと, 否やという, 否やの, 告げよとい, 唐天竺までも, 困るん, 外の面微, 奈何, 好いと, 居らねえたつて, 幸さ, 幼なく, 幾ら困つたつ, 恨まる, 悉く神話, 我知らず, 或はまた単に, 押しかけ, 摸本なりや, 数人なりや明かならざりし, 旧暦にては, 暑いん, 村じゅうから, 来るとこ, 某博士誰, 様子でも, 此の, 毆り, 無根なりや, 痛み出して, 皆んな言つ, 直ぐに這入, 秋の, 競うて, 若しくは此等, 薬を, 虎に, 誰なる, 譯ね, 辻斬野郎當分旅籠町へ, 随分共にお, 雫の, 頭の, 首の

▼ なり~ (152, 0.4%)

3 出て 2 又叫ん, 口を, 命かぎりの, 坐って, 女郎買なんかに, 家の

1 [137件] あかりを, あつた, あとしざり, あなたに, いたの, いた本, いのりました, うどん粉の, お落ちなさいました, ごめん遊ばしませ, するりと抜ける, その上, それを, そろ, そろそろと, たいそう進歩的, つかませられた贋物, なにも, ぬるくなった, ね, はね, ひげ, やったもの, よいさかい, よければ, ゐた, ガックリと, シャケで, ニヤニヤと, ベタ, 一握りの, 一日に, 一日中執務し, 上りゃア, 下駄がけで, 与八は, 云った, 何も, 何を, 便所の, 傍に, 僕は, 八五郎は, 出来ますかいな, 到頭此處, 前谷へ, 口早な, 台所まで, 右にも, 同意を, 君感冒を, 唇も, 固まったふしぎ, 夜みちを, 大きな扇子, 大蹴られ, 天幕の, 女中部屋の, 姿を, 家へ, 家を, 寒いこと, 寒いの, 対手の, 小さい口もと, 小脇差を, 少しも, 嵩だ, 帰って, 年だけ, 彼女たちが, 後の, 応えます, 思い出しましたが, 惘然と, 應へ, 我慢し, 手に, 控えたの, 新聞を, 日を, 暫く耳, 書けるよう, 机の, 来たらしい, 来るの, 柱に, 梶棒に, 歩いてる一人, 歯を, 死んで, 残って, 水面を, 済まして, 湯壺へ, 煙臭く, 狂い死を, 独立し, 玄関へ, 疲れた場所, 病室へ, 皮肉に, 眠って, 眠つてゐた, 神詣での, 窒息し, 立ちあがつた, 立って, 立つて, 端然として, 笑った, 笑つた, 素子の, 細りした頤, 考へ, 膝を, 自分一人だけの, 藤間が, 行って, 裸で, 見れば, 覗きこむ, 訳は, 谷川へ, 賑やかな, 身を, 身動きも, 道中は, 道草を, 里栄は, 鉄砲を, 鋭い詰問, 飛んで, 食卓に, 飯を, 香折の, 高座に

▼ なりがち~ (143, 0.3%)

19 なもの 17 である 11 であった 65 だった 3 だから, であつ, であるが, なの 2 だが, だし, だと, であります, であること, です, ですから, なので, のよう

1 [55件] だこと, だそれ, だったが, だつた, だという, だ明日, でありあるいは, でありまた, であるから, であるところ, であるの, であろうと, でいけなくなる一方, でご, でした, でしてな, ですけど, ですし, ですのね, ですよ, ですわね, でその, でどうしても, でね, で吾身, で味, で困るから, で恥, で現代, で皺襞, で自分, なあふれるほどの, なしかも, なればぞ, なわたしたち, な人, な俳優たち, な僕, な兄弟, な女, な平次, な年配, な弱い, な彼, な断ち切り難い, な時, な理由, な用心癖, な礼, な自分, な芹沢, のところ, の事, の病人, の顔

▼ なり自分~ (126, 0.3%)

4 の心 3 のもの, の身体 2 の室, の家, の手, の気持, は心から, もそれ

1 [104件] から自分, がしどろもどろ, がキンカ, が何, が余り勉強, が勉強, が勧誘, が如何, が実子, が実際, が成就, が手ぶら, が毎日, が生き, が進ん, だけの考え, だけを愛する, ではいろいろ, では知らず, でふた, でもどうして, でもはじめて, でも可笑しかっ, でも可笑しく, でも嫌気, でも諦め, で拾, ともこう, と同種, にこの, には理解, に手, のいい, のお祖父さん, のくびのあたりを手, のこと, のしたい, のたいした, のめど, のもっ, のやう, の不幸ほか, の主宰, の主張, の九歳, の事, の仲間, の信ずる, の信念, の勢力, の好き, の如何, の始め頭, の希望, の弟, の志望, の意志, の感じる, の手柄, の持っ, の指環, の書く, の様子, の樫, の災難, の為, の目前, の研究, の神経, の美, の耳, の脳, の腕, の至上, の荷物どころ, の部屋, の顔, はいま物置, はおろか人, はそっと, はどう, はもつ, は上司幾太, は大塚, は本当に, は涙, は社会, は老体, は黄金二枚, へも娶らせよう, もその, もめでたく, も同時に, も年, も急, も楽しく, も苦笑, も落ちる, をもまた, を尾, を崩すまい, を慰め, を殺し, を益々

▼ なりゆき~ (120, 0.3%)

11 を見 6 に任せる, を注視 4 に任せ 2 にまかせる, に任し, は昭和三十五年, を気遣っ, を眺め, を見る

1 [81件] からいう, から一本, から伸子, がお, がわかります, が余り, だ, であらね, で仕方, として皇室, と喜ん, にかかっ, にしたがっ, につい, にのみまかし, には恐るべき, にまかす, にまかせ, に乱暴, に任せましょう, に任せよう, に委し, に委せ, に注意, に立ち到った, に肝胆, に迫られた, に部屋, のまま, のよう, の一切, の不思議さ, の事故, の如く, はいよいよ, はわたくし, はわたしたち婦人, は一, は城, は此分家, は自然発生, まで漸く, もわからない, も心もとなく, も手, やいかん, をうかがっ, をこれ, をさとった, をふりかえり眺めわたせる, を一, を一とおり, を一瞥, を他, を凝視, を呆然と, を告げた, を問, を序す, を待っ, を心配, を心配そう, を扉, を此, を注目, を監視, を眺めた, を眼, を知っ, を窺っ, を考へる, を見たい, を見つめ, を見まもっ, を見まもった, を見まもる, を見守っ, を見終りたい, を話し, を追, を遠目

▼ なり~ (109, 0.3%)

2 ありて, の命, の心, の持もの, の道, より人

1 [97件] かな, から不思議, から人, から見れ, から頼まれ, がくる, がその, がない, がひとりやっと, が二三囘往, が好く, が懐かしく, が絶え, が起き, きな, すでにおのおの利己, その言, っこひとり, とサル, と事, と交わる, と動物相互, と年, と自分, なりの歌つた歌, なんかァ, におだてられ, にきらわれる, になりし, にも喜ばれる, にも顏, にやる, により, に中身, に勝りたい, に声, に弓矢鉄砲, に疑惑, に迷惑, に逢う, に道, に重宝, のあら, のため, の世話, の個性, の前, の口, の国, の女, の好い, の子, の往反, の感情, の手, の本心, の楽しむ, の爲, の目, の知った, の知つた商豪, の知る如く, の親, の跫音, の通, の過, の間, の食, は世に, は中間, は周囲, は文, は正しく, は段々, は科学的理論, は竟, は自己, は食う, は鬼, もずっと, も馬, や聞く, をお, をこの, をもよ, を失う, を指し, を措い, を殺し, を殺す, を牲, を罰する, を雇っ, 唄えばとて, 多くその, 委せでは, 或は蝦夷

▼ なり更に~ (104, 0.2%)

4 進んで 2 それが, 之を, 又所謂壮士芝居, 後に, 楽手と, 語を

1 [88件] おなじ寺, このイデオロギイ, この家族, この次に, これが, その憲法学説, その明暗, は独り過去, また他, また新, また電車, まれびとなる事が, 一九〇三年には, 上ると, 下つて, 下に, 之に, 二つ許り, 二千百二十米の, 云えば, 五代目歌右衛門と, 代議士に, 低くなる, 先には, 其が, 其下に, 其中へ, 労賃騰貴の, 勅撰集撰者の, 十二年と, 十數字に, 印を, 厳重に, 固形体と, 埋められて, 夜の, 大正十四年一月二十日に, 婆さんヅラに, 学問の, 実用主義的とも, 宮廷の, 容易に, 山の神としての, 左手へは, 布に, 志を, 慰楽に, 懊悩する, 戦の, 拓かれて, 敗者には, 數國數十个國の, 文化猿又, 文章全体に, 斯界の, 新しき佛蘭西, 日本紀に, 明, 暗紫色に, 桁はずれに, 歌の, 死一等を, 液体を, 熟蝦夷即ち, 独り文書に, 登れば, 發達する, 社寺豪族に, 繭と, 能く, 自雷也, 芝居に, 芝居は, 裏手の, 貴方と, 距離が, 転々し, 転じては, 転義を, 轉じ, 近世歐羅巴語に, 近処, 進化し, 郡部の, 鐵の, 青に, 首を, 鷺宮へ

▼ なり~ (103, 0.2%)

55 れども 7 らば 3 すれば, りと, れば

1 [32件] さへ, ども又七, ど其人, ど四海, ながら天, ながら汝, ながら爰, なり, なりと, に加納屋利兵衞方, ば兩人, ば此品暫時借用, ば此日, ば狂言, も意味, も批評的能力, も美人, らざる, りとて, りもし, り斯, り死, り狂, り罪, り罰, り驚奇, る可, れど, ればか, 上は, 樣の, 計を

▼ なり~ (101, 0.2%)

3 かにつけ 2 うすれ, うやら, から何, かわけ, か前, か自分, が自分, によらず, も云はず, も今

1 [78件] うかして, うでも, うも, うも私, かあったら, かきょろきょろ, かくどくど, かの時, かは隠, かは隱さん, かをハッ, かを抱いた, かを物語らなけれ, か一つ, か不穏, か人, か大きな, か大事, か大声, か寂しく物足りなかっ, か御, か氣力, か美しく, か職, がァ, が不幸, が幸福, でもよく, でもビルマ, とす, とも御, とも言われぬ見, と此奴等, と無く, と貴様, なりしよう, なりたよらなけれ, なりと, なりは父様, なりを作る, なり書い, なり誰, にし, になりする, にもかも放り出し, にもできない, にも取らず, にをつまらん, のため, の不審, の仕事, の便り, の恨み, の手掛り, の気, の爲め, の苦, の苦労, の選好み, の音, の顧慮, へなり, へ成共行, ほど自己, も云, も仰せられなかった, も彼, も知らない, も言い出さず, よりも先, よりも急がれた, をか人間, をする, をどう, を印刷, を見, を言っ, んでこの世

▼ なり~ (101, 0.2%)

75 して 3 も其, も此 2 も伊藤侯, も侯, も閣下

1 [14件] もこの, もその, もそれ, もたいへん, もよろ, も不覚, も中, も形式化, も技術的, も未だ, も百五十円, も私, るに, れども

▼ なり遂に~ (97, 0.2%)

3 は全く 2 今日の

1 [92件] かの地, きのこを, ここで, この風習, その奔命, その攘夷鎖国論者, その男, それが, それは, は, はいよいよ, は一人, は予審廷, は仲間, は偉く, は呪符, は嘔気, は庖丁, は彼, は普遍的範疇, は母, は煮, は現在, は皮膚, は運行, は長, は長い, わが江戸川乱歩兄, コッリー軍を, シローテに, デンマルクノルウェイ文學に, ポツカリと, モスコー退却の, モラリスティックな, 一同ちぐはぐの, 一大爆発を, 亀千代附にな, 今日では, 倒産した, 僕は, 兪氏を, 六月二十二日北御, 兵役を, 内的な, 別れ別れに, 十一月に, 十倍以上と, 土瓶の, 夜明け方に, 大引け過ぎまで, 天保五年本丸老中と, 天聽に, 女房の, 婚姻し, 宣統元年正月を以て, 寛五郎を, 岩見の, 崩潰しよう, 希臘に, 帰らぬ旅路, 彫刻性を, 彼は, 徹夜を, 我々を, 戦争に, 新万葉選歌, 方法概念にまで, 明治五年芳幾が, 明治四十三年の, 時間空間の, 本統の, 此が, 武士に, 武蔵の, 水の, 永久的の, 清に, 父の, 甲斐なく, 神道の, 私如き, 空中衝突を, 自ら死を, 自分で, 豁然として, 辭職された, 迂回を, 通信厳禁と, 連続した, 部落に, 革命軍が, 馬廻以下の

▼ なり~ (95, 0.2%)

4 なりさ 2 なり自然主義, なり関係, バイロンと

1 [85件] ざつぱりとした銀髪には, ともなる, なりいざこざ, なりお作り, なりことごとく, なりこの, なりそう, なりそういう, なりそうした, なりその, なりだけの相違, なりつつん, なりなか, なりの典型, なりの力瘤, なりの同じ, なりの差異, なりの決意, なりの程度, なりひと, なりわたしたち, なり一, なり一定, なり世の中, なり中毒症状, なり二人以上, なり他人, なり伝襲, なり何, なり作品, なり傷つい, なり列, なり到来, なり前進, なり動かした, なり勢力, なり厭貧的強迫観念, なり叶う, なり各人, なり大概, なり夫, なり失策, なり始末に, なり年少, なり幾度, なり必死, なり性質, なり教養, なり此, なり此形, なり此目的, なり気立て, なり皆, なり皆蔭, なり破壊, なり精神的, なり自分以外, なり至楽, なり覆面, なり見える, なり該作家, なり誰, なり講堂, なり議員, なり部落, なり長い, なり響き, なり饑饉, ベルモンテが, 仏を, 仏小平が, 兒の, 劇場の, 広い一つ, 弓という, 枝を, 燕枝と, 盾に, 砂利まで, 窓口とも, 笛が, 経営を, 詩を, 銀の, 銀貨は

▼ なりあるいは~ (93, 0.2%)

1 [93件] くどくなり, ぜいたく品とも, そこから, その結果, それに, それより, たたえて, ちょん髷に, ルビーサッファヤ等種々の, 一犬虚を, 万峰飛舞天より, 三倍と, 上りあるいは, 上等の, 不正と, 世田ヶ谷街道と, 中原道と, 事件の, 二人なり, 五円位は, 人の, 今までの, 仏教学に, 他を, 低くなり, 備忘の, 僧侶の, 全然離れ合っ, 六人なりの, 円頂塔と, 半面は, 単に教授, 反対にナ, 収入と, 四時五時に, 地図や, 壮烈鬼神を, 大きい鶏, 大臣に, 天狐などという, 天狗が, 失恋と, 娯楽なり, 専門家なりへ, 岐路に, 帳場附近で, 彼らを, 悪いもの, 憂欝と, 憑庸大学の, 捕縛さるる, 政治の, 教頭と, 散じて, 文部の, 日常配達の, 晦渋に, 曲独楽使いの, 本所区役所の, 本所銀行の, 枯れて, 柔と, 柔婉優美なる, 極上等, 正当と, 泣きあるいは, 淑女の, 減少する, 澱む深味, 熱力と, 牛と, 猛烈と, 病気に, 種々の, 穏和に, 精神を, 網代の, 自分の, 自由と, 舶来の, 藍と, 蛇と, 街燈の, 製糸職工と, 軒回りの, 近くなり, 近所なり, 運動力と, 部分的に, 難解に, 青梅道と, 鳥と, 黒奴を

▼ なりそれから~ (92, 0.2%)

4 急に 2 こんどは, それと, というもの, 柏や, 水夫エンジナー船長に, 顔を

1 [76件] いつでも, いらっしゃいますと, いろ, おじいさんの, おもちゃの, お帯, お窓, お腕先, ぐんぐんふくらん, この通り, こまかな, さっと青く, じじと, ずんずん下れ, その山中, その次, だんだんに, ちょうちょう, とんとん拍子に, ほのぼの赤く, ぼんやりした, もう一つ, カフヱー, スレートの, セルカークと, ヂリヂリと, ニッケルを, 一時間ほどの, 一緒に, 丁度四年ほど, 伊予讃岐阿波土佐と, 何でも, 先き, 先きが海, 先は, 全体とは, 南と, 又おく, 又一年近く, 報告書の, 大きな物, 娘を, 巨ゾウの, 廻り道を, 彼は, 後は, 改めて結合, 放心し, 数字に対する, 旦那様が, 時々彼, 暦局内に, 暫らくし, 有名な, 本当に親父, 権現様の, 櫛なり, 江戸派の, 淡谷さんも, 無断で, 玄関の, 真打に, 私に, 種々の, 義理に, 胸に, 萩の, 身悶えする, 転生し, 農民達とも, 近くに, 鉛毒を, 鑿を, 陸上へ, 頴悟異常に, 鬚根を

▼ なりとて~ (85, 0.2%)

2 はたと捨てつ

1 [83件] あくる朝姫, あやまる, いやしくも人, さる価, その家, その理由, その頑冥軽躁, それより, ただちに抗議, まさかに飯, また一日二日, レディーアルマーの, 一人を, 一包さし出しはべれ, 一同立掛り打擲し, 一夕の, 主人の, 他人の, 伊賀亮が, 兩人相談の, 共に新宿, 兵器は, 再び問わなかった, 則ち, 半四郎は, 又も, 古来日本国, 只一人子, 品柄をも, 喜べば, 嘉助氏石を, 国の, 大きなる, 夫婦には, 如何にも當惑, 客とともに, 家康が, 師匠感應院の, 彼の, 急ぎ御, 恐ろしがりたる, 憚る, 我と名, 排撃し, 数箇処掘, 新字を, 既に公務, 既に縊ん, 早速加納將監, 暫し見物, 更に松野, 来もし, 格別は, 梶棒を, 欲界の, 歡びあふは母上マリウチア我の, 清國問題に, 漫に, 牀上を, 男の, 畔倉重四郎を, 直八, 空一面に, 空言真事取り交ぜ, 聞入る, 聞入申さず, 臣某を, 自から, 自ら悚然たる, 自ら畑に, 自宅へ, 舟の, 蟻の, 血を, 親から, 許せしに, 説を, 誰に, 讀み初, 逃げ走る者, 通らせる, 遠慮会釈も, 雲石師は

▼ なり~ (85, 0.2%)

30 になり 12 になりし 6 になっ 2 では虫, になった

1 [33件] からも吹き上った, がおば, がッてるこ, って身, つたもの, つて, つてし, つて不思議が, つて了うた, つて來た, つて此様生耻曝さなく, にころげし, になつて, になり争う, になり入乱れ, になり揉み合った, になり流れ漂う, になり遊びた, にまた, のほう, の世界, の女中, の者, へ足, ゆく水, れる姿, を向い, を向いた, 向いた, 唇が, 民らの, 賤の, 飼人十合重兵衛という

▼ なりそこ~ (83, 0.2%)

2 なって, にある, にはもう, に時々, は私, をこがらし

1 [71件] いら, えら, からし, からだんだん, からぬけ出よう, から不完全, から偏, から嫁入り道具, から彼らみずから, から恋愛, から振返る, から書院番, から東, から民族主義, から淀川, から無限, から見渡す, から道, から電車通, から黄ばんだ, があらゆる, で食われ得る, ないである, なったが, なった大物, なつて寫眞屋, にあった, にいわゆる, にうつ伏し, にはこまかい, には何, には夫, には海, には親子, にも女子挺身隊, に伸び, に住まっ, に住ん, に信者, に半年, に嫁子, に思想, に据えられ, に散ら, に於, に日本, に松, に河骨, に立ちすくん, に自ら自分, に陽気, の国境, の圧力, の壁, の廊, の所長, の空, の窓, の隠居, は二階, は跋, へまた, へコークス工場, へ土入れ, へ巡査, へ横, へ水, へ海草, まで踏み込まなけれ, より跨, を透し

▼ なりついに~ (83, 0.2%)

1 [83件] かすみの, この盲法師, この荘園, これを, その価格, その特状, その窓, それが, それは, はありがたい, はいかなる, はお, はとうとう, はまったく, はみんな, は一つ, は一丈, は一兆マルク, は一坊住職, は三吉, は二, は人間, は共, は共倒れ, は呼吸, は四つんばい, は土台, は外国人, は大の字, は子々孫々, は安島直円, は御, は救い, は普遍的範疇, は朝廷, は江戸家老, は消え, は現在, は相手, は米, は耳, は良心, は親戚つきあい, は都人, ぼくは, よろこんで, クグツに, ハルが, ヤと, 世間の, 久左衛門から, 二人で, 今日に, 今日の, 仕返しを, 博士が, 夜蒲団を, 大化の, 大司冦, 大名と, 宗教的崇拝とも, 広島県十三万人の, 彼ほどの, 恐ろしい鉄時代, 意を, 愛新, 明治の, 森田との, 植物を, 消える時, 消滅した, 漢音の, 無装飾, 熟練に, 牛方の, 玄徳の, 生産機関をも, 病床に, 翌三十七年, 言うべからざる, 諸君の, 近傍の, 頬を

▼ なり或は~ (83, 0.2%)

2 その動機, 黄龍と

1 [79件] かぶき者, そのよう, その人, その他の, その住民, その前, その形式, その敵, マイナスに, ラジオ, 一種の, 不幸が, 云ひ, 他に, 他の, 伝説化し, 僞り, 元旦の, 兄弟なりに, 入山形, 全く矛盾, 公正なる, 共同生活の, 其の議論, 其人が, 写本と, 別物の, 半日一日に, 又ヘツル, 又其の, 又直接, 又道徳, 噴氣孔と, 圧制せられ, 夢と, 大諸侯, 夫, 学校に, 害にも, 小学校を, 小虫, 幕府の, 庸兵と, 弱者救済の, 徒らに, 復讐の, 忘られ, 我々の, 故なき, 映画なりに, 松の, 桂小五郎氏等の, 梅津正保師範の, 毒ガス細菌戰に, 水先案内などを, 無頓着, 爺さんと, 現實, 現實的, 生活の, 皆さんの, 神秘主義と, 神聖なる, 臣下と, 良心の, 芸人として, 芸術と, 葛根を, 親と, 評価が, 諷誦の, 讃岐の, 身体が, 通告を, 集会宴席の, 馬車の, 高声の, 鳥吟を, 麻雀を

▼ なりとは~ (79, 0.2%)

2 信ずるもの

1 [77件] あはれ, いうこと, いえこの, いえその, いえ余裕, いえ従来身心, いえ留守, いえ畜類, いえ軍学, いずれの, いはざるなり, いはず, いひながら, おそらくおれ以外, こういう宇宙, この事, この霊魂内包, これ欧州近時文明人民の, して, しないが, すこぶる驚怪, どうしても思われない, どんな聖人君子, なし難し, なにを, なんぴとも, よくも思いきっ, オスカー, 云う能わざるも, 云ふ, 云ふべからず, 何の, 何故ぞと, 余が, 余りに御, 信ずること, 信ずる能はず, 信ぜず, 受取りがた, 噂だけに, 基督の, 夢想だ, 天罰とこそ, 常に理論, 彼に, 思ひけれど, 思わず情け深し, 思わないけれども, 思われずさて, 思想界に, 柔順なる, 気がついて, 爾が, 申されません, 申せども, 申せまった拙者不学, 聞けるが, 聞召し, 自信し, 西の, 親の, 観察する, 言えない, 言え守る人, 言は, 言はず, 言ひ, 言わないが, 言わぬ, 言われぬが, 言惡し, 詩家某の, 認むる能は, 語りあえど, 車夫が, 逍遙子え, 露顕せざりき

▼ なり~ (78, 0.2%)

52 人數はと, 引見下さらば, 心の, 自身の, 自身も

1 [63件] ところの, ところへも, 不安な, 予定より, 人数はと, 仕置に, 使番に, 僧も, 先祖以来の, 兩親さまの, 出馬先殊に, 墓の, 大家が, 孝行に, 守殿風の, 安心し, 寵愛が, 尋ねありし時, 帰館遊ばした, 当人も, 役人樣の, 微笑を, 心だ, 快活に, 恩を, 意見如何が, 手かけなり, 手なり, 手の, 手を, 服を, 様子なり, 機嫌麗わ, 母は, 気色を, 沙汰した, 渡道は, 無理ご, 無理も, 當地までも, 目に, 祈りなり, 祝儀を, 神体鼠の, 肖像に, 胸病む, 自分たちの, 自分は, 自身で, 自身には, 苦勞ながら, 親族なりへは, 記録も, 近所の, 近習お, 迷惑を, 連名にて, 長老たる, 隠居に, 領主なりという, 頼りにな, 養生なされましたなら, 養生にも

▼ なりやすい~ (76, 0.2%)

4 のである 3 ものだ 2 のです, のは, ものである, 職業に

1 [61件] いわゆる気張っ, かがわかるであろう, からと思い, からね, から地肌, が, がそれ, ことだった, しまた, そうしてそういう, それで今, そんなこと, ために, でしょう, でしょうから, ですまたは, という, というよう, ところの, と思ふ, のだ, のだろう, ので両, ので純粋, のね, のみならず, ものじ, ものだった, ものでございます, ものでし, ものです, ものは, や, んだ, 事情が, 人間の, 位置に, 俳句に, 傾向が, 制作に, 医科大学の, 十七八の, 千世子を, 原因は, 可能性が, 周囲の, 天性を, 女の, 存在は, 小説である, 幼児の, 性質を, 恐れの, 抽象に, 時刻である, 条件を, 状態に, 理論に, 草庵に, 記憶に, 開放的な

▼ なりながらも~ (74, 0.2%)

2 ニヒリストなみの, 容易に, 巧みに, 自分の

1 [66件] あたりばかりが, あの尨大, いろいろ鎌, こうして八百屋, そうしたもの, そうした不思議, そうであった, そちらへ, そのとおり, その下, それに, たいへん恐がっ, だれも, ついには, どうやらみんな日本, なお未だ, なお自己, なかなかひとり, まだ二本, まだ寝, まだ根気, わたしの, イワベンケイミヤマダイコンソウムカゴトラノオなど, 一度自分, 一方では, 中を, 仙二は, 会得出来, 何んと, 佳運を, 侍に, 別段けは, 又八, 女三の, 始終お, 姫君たちの, 娘を, 宮は, 岩角や, 左様し, 平次に, 彼の, 御自身, 心の, 息も, 折々道化, 文学の, 日に日に衰え, 時々は, 極度に, 深雪を, 猶その, 甚だ奇怪千萬, 相手を, 私は, 美しい線, 自分としての, 荘王の, 蟒の, 裸で, 見た, 貧乏を, 近くへ, 電話器は, 頻に, 黙って

▼ なり~ (74, 0.2%)

9 ふりも 7 振りも 3 しないのに, しなかった 2 しなければ, ますもの

1 [48件] こんな汚い, さん, しず汚れた水, した, したあと, したわけ, して, しない, しないうち, しないが, しないでしょう, しない代り, しない何処, しない相, しなかった大, しまい, しますわ, しません, しめえ, し小型, するが, するの, ずっとよくなっ, せずに, せぬのに, せんわ, たれかかった, だもだの, なさりますまい, ならずも, はてしぞ, やせむかと, ッしえんたい, 一度生れ変つ, 召使ひ, 大きいし, 大きく顔, 小ざつぱりして, 平服姿だった, 心の, 汚れて, 治まろう, 泣く子, 特に時流, 終らば, 繕わず不断着, 見好くし, 鳴るまいから

▼ なり~ (74, 0.2%)

21 になり 20 になりし 10 になっ 7 きに 2 になつて

1 [14件] づお出なされ, づ主人五兵衞へ, なる馬, になった, になりました, になり走っ, にやめ, に云った, に立ち, に立ちする, のある, の相手, の船, へなり

▼ なり~ (73, 0.2%)

6 になりし 4 になり

1 [63件] が明るく, ち始めて, ち科學, に, にいた, になぞ, になっ, になり憂えず惑わず, にはとうとう, にはほとんど, にはもう, には何, には僅, には和泉守, には彼女, には数学, には浄瑠璃, には真中, には知徳, には立派, には讐敵, には遂に, には野山, には高等裁判所, に両人, に台湾, に改めて, に歌舞伎, に残った, に池田屋襲撃, に海外, に続い, に至りて, に養われ, に養子, のもの, のよう, のフジワラ, の世, の場合, の家, の者, の道場, はザッ, は笑, は言葉, また文明堂, また豆州箱根山, まで残つて, を追う, ケルンに, 二人も, 元信光信父子は, 再生した, 孟買から, 宇多の, 小松天皇が, 市会議員市参事員衆議院議員に, 廃せらる, 廢せられ, 無条件に, 美術学校入学, 迄腰掛

▼ なり易い~ (73, 0.2%)

8 のは 4 のである, ものである 2 ことを, のだ, のです, のを, ものだ, もので, ものであり, 性質を

1 [41件] おれは, からだ, からとかく, がお松の, が充分, が此處の, その財産, であろう, です, という欠点, ところだ, ところに, と云っ, と同じ, のか, のでしょう, は大勢様, ものは, もの私たちの, よって諸君, んで, 人士は, 危険が, 又厭, 受驗生生活に, 弊が, 彼は, 性質の, 惧れ, 様に, 歴史を, 環境が, 生命力に, 異常的傾向, 精神の, 習だ, 自分の, 自分達の, 芝居道で, 非現実性, 頭脳の

▼ なりさえ~ (71, 0.2%)

57 すれば 2 した, すればと, すれや 1 しなければ, すりゃなん, すりゃわけ, すりゃ夜, すりゃ私ゃ, するならば, するなら測量技師さん, せねば

▼ なりという~ (71, 0.2%)

4 ことが 3 ことは, ような 2 ことを, た

1 [57件] あの断言, ありまたは, ことである, ことなり, ことに, こと及び, その理, たぐいの, のと, のとは, のは, のを, ふうにさえ, わけだ, わけの, フェロン師その, 一句に, 予言を, 事なり, 事を, 公理と, 公理も, 前提に, 古来の, 句と, 場合が, 子供瞞し, 定評の, 工合らしい, 意という, 意味であります, 意味である, 意味らしい, 所へ, 昔の, 気起り気遠く, 決議を, 物議を, 異説相起こり申し, 白い杭, 程度では, 程度まで, 立証みたいに, 考えが, 考えは, 者あり, 聖書の, 自然観察に, 莫れ, 観念ほど, 言葉が, 言葉などを, 言葉によりまして, 認識に, 調子らしい, 議論を, 連中が

▼ なりとの~ (71, 0.2%)

3 事なり, 意味を 2 評言を

1 [63件] ニュースあり, ロセッティの, 一句を, 一条は, 主義に, 主義社会に, 事なら, 事に, 事は, 事実は, 事實に, 云ひ, 信念を, 判断の, 前提より, 原則より, 原理より, 口実を, 咄を, 噂, 報を, 定義を, 対比で, 将軍家の, 御意は, 思想を, 情も, 意である, 意でなく, 意見を, 感じを, 感を, 感情を, 批評を, 推断に, 故を以て, 断案をのみ, 東大寺尋尊の, 汝の, 理は, 理由による, 由にて, 称号は, 給ふ, 考えは, 考にて, 規則であります, 観念に, 観念は, 解釈を, 評ある, 誤解なから, 説あり, 説あれ, 説も, 説採るべき, 説明も, 説高し, 誹謗攻撃至らざる, 論断を, 趣意ならん, 軽蔑さえも, 迷信全く

▼ なり従って~ (68, 0.2%)

1 [68件] あたりも, いろいろの, この認識論, そのため, その結果, その詩, その語義, ほぼ天然色, またよい, むしろ異, ビュッフォン, プロレタリア文学運動の, 一五年に, 一貨物の, 人間の, 作者の, 価格は, 処分し得る, 出発点, 別に, 利子の, 利潤が, 前述の, 十二本の, 又広告, 又自由一般, 哲学は, 国に, 土地の, 地動説に対する, 多く金を, 奨励金が, 安吾先生の, 客観そのものに, 将来同様の, 幾分軽, 息災延命の, 或る, 映像の, 極めて惨, 死復活の, 毎年ますます, 海が, 炭酸ガスの, 無意味, 現代の, 生活は, 生産力の, 生産的に, 産児の, 疲れを, 登録出生率は, 益々この, 相対主義に, 神話として, 穀価は, 第一等地, 筆幸としては, 粗生, 経済的独立は, 要処, 視野に, 調子の, 輪郭は, 酒を, 雪の, 非ユークリッド幾何学, 鮫ヶ橋も

▼ なり~ (68, 0.2%)

3 のまわり, の前 2 から涙, がきらきら, は焦点, も眩む, をあげ

1 [52件] がくらくら, がとびだし, がひとりでに, が熱く, が眠た, が黒ずん, だけがこれ, で見る, と食慾, なんかぎょろぎょろ, になり, には涙, に一杯涙, に強い, に当れ, に影響, に涙, のあたり, のうち, のさき, のやり場, の先, の病ひと, はおちつき, はとげ, はどろ, は一種特別, は咎める, は氣, は無, は美しく, は落着, は血走り, は輝き, は輝き出しました, ばかりギラギラ, もはっきり, もまるで, も活き活き, をうるませ, をおし, をそらしたくなる, をつぶり, をとじ, をとび出す, をぱちくり, をひらいたら, をひらき, を見交わし, を転じ, を釣り上げ, を閉じた

▼ なりしかも~ (63, 0.1%)

2 兵力の, 大概成功した

1 [59件] あんなに猛烈, けっして中, このたび, この決心, この要求, これを, そのう, その両端, その作品, その勇気, その多数, その論旨, その退屈, その風, それが, それは, それらの, それら種々の, それを, めったに同時には, もって, わが呂, ジャン, デコボコや, 一物すらも, 三度栗と, 不断に, 予約搗きである, 互いに諦められず, 些の, 人間の, 仕事に, 冷気肌に, 出ず欠伸, 単純なる, 吉祥院の, 家の, 左右に, 幾分軽蔑, 当時世間を, 形勢一変し, 彼らは, 徹底し, 恐らく各省官僚, 数日前千葉の, 校正を, 毎調, 相とも, 移民が, 穴の, 老いたる處子, 聴覚が, 良人が, 虚空の, 補給は, 遠方の, 関心は, 非常に, 頭足交互に

▼ なりては~ (59, 0.1%)

2 主を, 今更に, 何の

1 [53件] あたかも栄誉, いかに口惜しき, いかに慎み, いずれも, しばしおこたり, その臣由利八郎, なつかしきもの, ならずと, ほとほと書くべき, また一郎, ドメニカが, 一路植物性の, 一轍なる, 今更何, 他に, 何とも致方, 何時と, 俗界の, 先祖へ, 別して毎年, 又跫音, 和歌は, 外に, 奉公も, 如何に, 妖婦の, 当に, 形勢次第に, 往昔卑彌呼の, 御室の, 慚ずべし, 戊辰の, 手置の, 批答は, 日本の, 本つ, 極めて柔か, 歸り, 江戸演劇を, 父母また, 白昼に, 皇室の, 福助も, 絶えず武男, 致し方も, 荒果てたる, 著しく政治上, 西洋擬いの, 親族にも, 面目ない, 頭を, 驚かされつつ, 高利貸さへ

▼ なり~ (58, 0.1%)

2 が決定的, すでに亡, の事, の送別会

1 [50件] がおれ, がそんな, がなおさら, がやって来た, が何, が居る, が戸外, が時々, が来, が気の毒, が気の毒そう, が眼, が突然, が胸の, だって好ん, とはどう, に似, に別れ, に対すれ, に話しかけ, に逢っ, に逢った, のあと, のおっ, のこれ, のため, の居ない, の手, の方, の良教師, の説, の面, の顔, はいえ, はおれ, はこの, はどこ, は今日, は土地, は恐れ入った, は気, は活版, は軍律, は順々, ほど大人しい, をば満, をほめた, を助けし, を笑う, 今学業

▼ なり~ (57, 0.1%)

9 となる 7 となっ 6 となった, となり 3 になる 2 となつ

1 [24件] がちょいちょい, がちょっと, としてはどんなに, となるべき, と成つた女, なり或いは, になるべき, にまつわっ, のほう, のよろこび, の喜ぶ, の弟, の手, の死後, の気持, の涙, の温かい, はそれ, はぼく, はむツ, は亡くなっ, は心配, をよろこばす, を奉じ

▼ なりさうな~ (55, 0.1%)

6 気が 3 ことである, のを 2 ことを, のが, のだ, ので彼, ものだ, ものは, んです, 物だつ

1 [27件] あはれな, ことは, この種, ところを, の, のであんな, のでここ, のです, のでそれ, ので司会者, ので急, ので白状, ので行き, ものぢや, ものであれ, ものばかり, もんだ, もんです, んで, 事が, 事は, 日光がきら, 晩だつた, 点すらも, 程も, 程薄れ, 顔を

▼ なりさらに~ (55, 0.1%)

2 それが

1 [53件] いわゆる炭団, この家, これを, さかのぼれば, そののち火事泥的, その對策, その得意そう, ガアラ玉と, ハシタと, ベルリナーの, ルチーフエロの, 一八一四年には, 一変し, 一歩を, 一瞬の, 三人連れだって, 五六十年を, 何十年かの, 傑れた, 先生の, 光を, 六十五歳の, 収縮し, 和光同塵の, 国王の, 大審院にまで, 学資も, 山一つ越え, 幾個かの, 広く河原者, 広義に, 彼の, 押しすすむ時代, 拓かれて, 数を, 検事の, 死亡広告欄を, 牛飼神として, 現代国家に, 監房の, 翌朝は, 自分の, 裏手の, 西瓜と, 親王に, 親鸞めづらし, 豊臣時代と, 赤と, 転じては, 速度を, 関を, 隠居と, 馬籠の

▼ なりある~ (54, 0.1%)

15 時は 3 ときは, ひは

1 [33件] ところでは, フットボールの, 事件なりは, 事件の, 人には, 人の, 人は, 似而非コルネイユ, 先生は, 喜劇の, 地方では, 場所では, 家の, 年九月十八日に, 店には, 所は, 日た, 日とうとう, 日の, 日は, 日京都ムーランの, 時, 時代ある, 条件の, 物は, 程それに, 種類の, 笑い声なりが, 者は, 詩人の, 雨の, 雪の, 響きの

▼ なりただ~ (54, 0.1%)

3 安らなり 2 あはれなり, 一つの

1 [47件] あの壁上, いちずに, いぶってるだけ, おのが, お一人, かりそめ, この不思議, この叔母, その経験, その行動, ちらちらと, ひたすら復讐, ひたむきに, もうぼんやり, わんわんと, コゼットに, ローマの, 一人の, 一人茫然として, 一時的栄華を, 一種の, 上衣と, 何貫目の, 僅かに, 力学の, 夢中で, 天に, 子供たちの, 小屋の, 己みずからその, 彼女の, 撓み曲った茎, 浄土の, 海軍卿の, 深むなり, 発送室にだけ, 眼の, 絵を, 耳の, 肩を, 茫然たる, 街燈だけが, 跡目の, 遥かなり, 都会の, 静かに, 黙って

▼ なり~ (54, 0.1%)

2 のである, 年齢の, 補助を, 雄弁家に

1 [46件] さつたのも, さつて気が, の, のだ, のでございます, ので介抱, ので気味悪, んでございます, んを, 乱れやうで, 人気を, 公孫樹が, 処まで, 分量の, 勾配, 厚味の, 変化を, 姿態を, 宿屋でございました, 小島の, 少年雑誌の, 影響を, 手で, 損害, 文句ほど, 明晰さで, 時と, 気持の, 消化不良が, 激湍を, 相違が, 緑を, 老人に, 老僧, 腕を, 興味を, 詮索でも, 財産を, 貯蓄を, 賛めあいが, 逆転でなけれ, 部分が, 部分を, 金額を, 額の, 高を

▼ なり~ (54, 0.1%)

8 くない 3 いと言, くは 2 いといふ, いと思っ, いと思つたの, いの, い衝動

1 [30件] い, いという, いとは, いと大, いと念願, いと思つて, いと思つて様子, いと思ふ, いと申出た, いのだった, いので, いツ, い事, い樣子, い気持ち, い為, い為道さん, い者, かったよ, かったり, かァ, かァねえ, がる田原, くて, くないね, くなった, く無い, なかつたらう恐らくは, の, を失い

▼ なり~ (53, 0.1%)

2 のもの, の人々, の小児, の知識, 處ながらは

1 [43件] さえかほど, さへ, に, にある, に五箇所, に操縦士, に渡辺篤, に甘粕石介, の一側, の一方, の一端, の一筋, の一部分, の二片, の人ら, の仕事, の凡て, の同類, の妨げ, の学生, の守旧論派, の府県, の意味, の或, の方, の朋友, の期間, の生, の科学, の織物, の罪, の者ども, の衞生的注意, はみんな国王, は大, は後日英吉利, は永遠, を損, を犠牲, 人事の, 処ながらは, 國の, 日人の

▼ なり~ (53, 0.1%)

2 の貧, は第, は頼まれ, もし, れに

1 [43件] いまだ我が, が近づく, このペトラム, この石, この郷, なりとわれ, にこの, に与えし, に命ずる, に報いん, に尽さん, に属せざる, の妻子, の最も, の滋養, の父母妻子, はぴちぴち, はわが, は一神, は劉邦, は天知君, は妻, は彼, は愛せ, は生き, は神, は空, は自分, は自然, は英国文学, は貴き, は集会, もこの, も人, も汝, れ此病氣, わがため, を信ずる, を忘れ, を拝せよ, を敵, を清め, を窟墓

▼ なり~ (52, 0.1%)

3 は余

1 [49件] が如き, が心, が継子根性, が老人, にし, に使われる, に欠点, に計画, の上堂, の乗れる, の事業, の国, の女ども, の愛する, の村長辞職, の疑い, の身体, の過, の長久, の頭上, はいかにも, はこの, はまた, はアイヌ人, はクエークル, は両手, は今, は今にも, は先祖代々, は半, は又, は及ぶ, は吹き来る, は学生, は小径, は心霊, は応挙, は思わず, は怪訝, は慈母, は教会, は文学, は明白, は普通基督教徒, は此処, は然, は爾, は目科, も余

▼ なり~ (51, 0.1%)

843 え, こと 2 か知らねえ, よ字

1 [29件] え何歳, から, からであり, からでしょう, から供, から明日, か知らない, がその, が永久持重, が軸, けれどねえ, けれども船大工, しじょうぶそう, し丸顔, し官等, つたで, というの, という噂, とか人間, と存じます, と知らせ, ねえ, ねえお前, の, ネエそんなに, ネエ黙々, 今から, 四十の, 静粛に

▼ なりとして~ (50, 0.1%)

2 あるが, 排斥された, 貶するが

1 [44件] おるでしょう, これを, さて今日, さて古今世界, ついにこんな, どっちも, 一寸私, 下されと, 之を, 以来原平内の, 信頼し得る, 公に, 公刊しなかった, 却って羨む, 圧迫を, 埒を, 女医教育の, 實を, 居るもの, 建築家浜田氏に, 彼に, 悦びしことなれども今日は, 排斥しよう, 採用す, 擯斥せられ, 曹操は, 欣然出陣, 毎に, 決して放棄, 着て, 自ら片, 自然研究の, 著書の, 言い合わせたよう, 言うには, 評論する, 諫諍する, 賤められ, 身の, 返却し, 通用する, 遂にこれ, 関西の, 馘首最初の

▼ なりもう~ (50, 0.1%)

2 これ以上苦しむ, 一人は

1 [46件] あとが, その村, だれの, なにも, ほかに, ベッドの, 一つの, 一つ安積へ, 一人の, 一方では, 一方の, 両足を, 中村君も, 二ヶ月以上も, 今日は, 今月は, 何度か, 先程の, 冷やす必要, 列も, 半年ほど, 危いから, 四五間の, 四十を, 夜明けに, 寝返りを, 年季は, 後を, 忍び難く, 敵意は, 暗くなっ, 書きたいの, 本人の, 此話し, 歩くにも, 殺された娘, 毎日は, 毛布などは, 水の, 永いこと肩車, 消えると, 監督も, 相手に, 眼に, 自分で, 葉の

▼ なり~ (50, 0.1%)

2 の方, の旱, の衣服

1 [44件] がやたら, が参加, が女, が料理屋, が欺瞞, が私娼, が騎手, であれば, でさえ闘牛士, では一人っきり, としてたっぷり, とちぎり, となつ, と二人, と顔, なりあります, にはかなはん, にもつかめる, に代っ, のその, のほう, の世話, の乳癌, の仕送り, の友達, の在所, の天職, の手, の経済的無力, の腕, の表情, の道, は三田, は事務, は派出看護婦會, は顔, へまた, も一番, も倉住居, を三人, を抱い, 夫風呂とか, 車掌の, 運なけれ

▼ なり~ (50, 0.1%)

3 二の 2 一の, 一は, 一回が, 二には, 二も, 四段目は

1 [35件] 一には, 一今日の, 一位の, 一句は, 一回の, 一回は, 一旅団の, 一日第, 一次大戦の, 一次欧洲戦争が, 一章は, 一自分も, 一野戦病院に, 七回の, 三に, 三には, 三の, 三号では, 三囘第四囘と, 三回の, 三子が, 三歩翼を, 三段の, 三漢字は, 三章には, 二十子松を, 二幕の, 二次世界大戦に, 二次欧州大戦の, 二漢字は, 二第, 二綴字だけ, 二説は, 四漢字は, 四説は

▼ なりきつ~ (48, 0.1%)

14 てゐる 32 た頃, て居る

1 [27件] たお, たと, たやう, たわたし, た巾幗詩人, た後, た手, た晩, た燕女, た瞬間, た竹, た言葉, た顏, ちやつて, ていま, ている, てしまふ, てしまへ, てゐない, て上方, て堂々, て相手, て西洋人, て酒, て青侍, て高利, と早々

▼ なり~ (48, 0.1%)

2 てくれたら思い止まりたかった, と雖, に二三夜, 余は

1 [40件] されども, しかも平地, てあの, ていた, ていたら, ている, ておくれ, てからにし, てくだせえ, てくれ, てくれれ, てだ, てまるで, てみれ, てゐるらしい, てボルト, て其の, て外, て株内, て歴然と, て置きゃ, て莫迦, て行ったら, て見たかった, て頼ん, とかや江戸池, と云, にぞ長, に妾, に気づく, やにむ, やを知ら, や其島民, より惡漢者, 余の, 彼は, 熔巖は, 者その, 車は, 高等民種の

▼ なり勝ち~ (48, 0.1%)

7 なの 5 である 4 なもの 3 です 2 だつた, であつ, なので, の私

1 [21件] だ, だし, だった, だという, であるが, でございますもん, ですからね, でそれに, でまた, で形式的, で気苦労, なスカート, な人間, な平次, な注意, な理由, な癖, な社会的生活, になつて行, のもの, の人

▼ なり~ (48, 0.1%)

2 が明け, になる, もねむらぬ

1 [42件] おそくで, おそくまで, おそく私, からよろし, から昼, があけました, が一層, が更けた, が来た, が間近く, その鳴く, となった, となつた, など朝, になっ, になり, にまぎれ, に入っ, に入る, の八, の明ける, の道, の部, の高麗丸, はずっと, はよく, はランプ, は不夜城, は夜景色見物, は屏風, は晴れ, は火, は眠れず, は石, は臥床, もねむらなかった, もよく, も原則, も明け, も里方, を日, フーフー眠った

▼ なり~ (47, 0.1%)

2 頭の, 鳴って

1 [43件] あの広い, あり至り難い, あるの, いちどにおちた, きらいな, ごろごろひと晩じゅう, それは, そんなに厭, たがって, ちなんだ, ちなんだ日本, とどろきわたり, なったり, ひどくい, ふらふらと, ほぐれて, ものすごく聞こえ, わからないという, わかりさえ, わるいと, ゴロゴロ鳴っ, ゴロゴロ鳴りだしました, ッつろ, 厭に, 告白を, 多いとき, 大きくつて, 大急ぎで, 小さかった, 思ふなむ, 悪いと, 涼しい瞳, 紬の, 縮緬の, 腹立たしくて, 落ちたよう, 蜜蜂を, 要求する, 貧弱だった, 錦糸で, 鳴った, 鳴ったり, 鳴ると

▼ なり~ (46, 0.1%)

2 かたは白砂を, 法螺の

1 [42件] あばれ, いそぎで, いばりで, なるもの, なる不一致, なる布袋, なる影響, な重い, に益, の男, テーブルに, ピエロの, 事業とも, 企業機構と, 助かり, 塊に, 奥様は, 奧の, 工場が, 己貴, 怪我を, 揉みに, 暴れに, 机の, 梁と, 樹木の, 気楽なり, 氣は, 氷山か, 洪水を, 疫気を, 盃を, 笑ひ, 統を, 蘭山上の, 觀氏も, 豹目がけ, 財閥に, 酒を, 阿呆なり, 陸軍を, 鳳仙閣の

▼ なり~ (45, 0.1%)

8 になりし 7 になり 3 の千里 2 にすゝ

1 [25件] うしろただ落葉なり, が印刷屋, と同じ, なるは, にあった, にその, にもうし, にアムンセン, に現れる, に言, に述べた, の二足, の往来, の柵, の首相, の鵜ノ島, は嬋娟, へうつむけ, ほど途方, も後, よりずっと, を通, 引, 掛に, 駒

▼ なり一方~ (44, 0.1%)

3 にはまた

1 [41件] が一方, では, ではお金, ではその, ではヒジリ, では人口, では兄弟, では又, では自分, では英語, では里人, にあり, には不断, には国人, には国家独立上, には神仏混淆禁止, にゃあ, に円本時代, に高貴, のため, の若, はこの, はそれ, は一, は何ん, は名, は宿, は扉口, は政治的, は樹木, は田舎, は落, は落ちぶれ, は豆腐屋, よりその, 佐渡風の, 古典語は, 御奉行様, 本来の, 父は, 若いの

▼ なり同時に~ (44, 0.1%)

2 それが, 何か

1 [40件] そういう料理, その世相風俗, それ以来由良一座の, またあの, またここ, また千鶴子, また氣, また簡単, ハ行音は, ワナワナと, 一般記事の, 上体を, 今一度万歳の, 体が, 公園遊楽の, 出所不明の, 印度式カリー・ライスを, 又其の, 又論理学, 商売は, 坐ること, 天地の, 夫が, 小杉的と, 小田原城の, 岩崎ほどの, 市民であっ, 帆を, 恐怖不安を, 永年の, 無名氏の, 白山そのものが, 神に, 竹の, 群集は, 自分を, 道は, 銀座の, 院内ならびに, 非常に

▼ なり~ (44, 0.1%)

3 を砕い 2 の底, も心, を傷, を動かされた

1 [33件] ある武士, がぐらつく, が四季, が急く, が暗い遠い, が真暗, が遠く, には拝む, に悩み, に慢, のなか, の古い, の塵, の奥底, の準備, の裡, の鏡, はゆるすまじき, は冷え冷え, は労, は悲しみ, は重荷, も体, も身体, を以て基督, を以て基礎, を国境, を愉快, を視る, を込めた, 付けて, 易さ, 正しからざれ

▼ なり~ (44, 0.1%)

2 が非, に於, に麩羅, れが, れ我輩, れ疑も, れ立憲政治, れ豈, 無他

1 [26件] から一里, がお, が善惡二, ぞ多から, だけにて充分, だけ語り, では行かぬ, で好, ならば, についで, に基づく, に携はる子, の如き, の如く, は歌浦, まで親切, より度々, より御, より正しく, れも, れ歴史上, れ理, れ皆, れ神学的一致, れ豫算, を大胆

▼ なり~ (44, 0.1%)

2 にはしわ, の色, も青ざめ, をそむけ

1 [36件] からも怒り, からも悲哀, から両手, がほてっ, が熱く, なりが大, にはさも, には瑞々しい, に血の気, のしわ, の売れてる, の赭, の長, はうつむかず, はお, はど, はひ, も明るく, も蒼ざめて, も長く, をまっ, をベンチ, を伏せる, を枕, を横, を真, を私, を羽蒲団, を背け, を見られる, を見れ, を赤め, を赤らめ, を輝かし, を逢わせる, を障子

▼ なり今日~ (43, 0.1%)

2 の国会議員

1 [41件] こそはお, こそ孝助, ではおそらく, ではたれ, ではどの, ではもう, ではアーヴィング, では人間, では佐竹, では大抵, では妙高山, では寺町通り, では生, では過去, でも西洋諸国, に及ん, のいわゆる, のよう, のりきみ, の世話, の國會議員, の地方財政, の所, の武家方, の民俗学会, の碁, の科学文明発達, の話題, はまた, は受付け, は水, は黒パン, まで云, まで何もかも, まで余, まで放っ, まで約, まで続い, より天神丸, 見て, 迄ずっと

▼ なり二人~ (41, 0.1%)

2 で歩い, の日本人留学生, の間, はむしろ

1 [33件] が一緒, が猟人, が組みうち, が話, でざんぶと, で一度, で上海あたり, で世帯, で来, とも三日, とも中沢氏, と何, に悲鳴, の噂, の婢, の弟, の心, の息子, の文選長, の顔, はたのしい, は久し, は之, は互に, は口論, は執行猶予, は夫婦約束, は女, は宿屋, は組み合った, は酒盛, は黙っ, 遣て

▼ なり~ (41, 0.1%)

2 から次, の日, の時代, の瞬間, の龕

1 [31件] ですぐ, でふさ, でパッ, で兜, で呼吸, で実, で平民社, で滑稽諧謔, で男爵, で附近, にモヂリ, のご飯, のより, の三カ月, の世界, の十年間, の姫, の授業, の新年号, の月曜, の歩み, の波瀾, の言葉, の踊り, の音, は二月生れ, は京極宰相高次, は内務大臣, は未, 姉も, 聯の

▼ なり~ (41, 0.1%)

4 もし 2 は我が, は我と

1 [33件] いたく我, が志す, が父, が著せ, が蔭, が詩論, どうしてくれよう, により, に諍訟, のいへる, の信仰, の力, の心底, の思ふ如く, の悲歎後悔, の父, の糞, の運命, の魔法, はある, はこの, は人類全体, は十九世紀, は普通, は自己, またわが, もいまだ, を大臣, を導い, 今事業, 富めり汝泰平, 見よアイギス, 非なり

▼ なりまたは~ (40, 0.1%)

1 [40件] この島, それくらい, ほかの, もっと手びろ, わずかながら, タンボと, ナコ・ナンドなどにも, 一府一省の, 三倍と, 不充分と, 低減し始める, 信心の, 備え置きましたる半弓, 利用が, 加重の, 即刻この, 同情に, 哲学にも, 国々の, 墓なり, 妙策でも, 小学校の, 心境なりを, 悪辣な, 政治的地位を, 日本本州という, 昔の, 有利と, 朝起き, 木綿で, 殆ど忘れる, 気体から, 淋しい山, 知合いで, 私達の, 考えなりを, 虚弱不具な, 蝋燭と, 雨の, 鮭を

▼ なり其の~ (40, 0.1%)

2 功は, 老骨を

1 [36件] うえ斯んな, うへ, まま寝台へ, 一たび入る, 上, 上に, 中お母様も, 中に, 之ある, 事情に, 他は, 以前から, 侍を, 利益は, 前から, 同窓等が, 外家の子郎等に, 年の, 後御, 捨札を, 擧動は, 権変の, 權變の, 水上の, 消悶, 玉座に, 眼も, 筋へ, 結果も, 美色を, 複雑なる, 謠ふ, 譯は, 遺失主へ, 頓才に, 顔で

▼ なり~ (40, 0.1%)

2 の中

1 [38件] から炎, がきき, が利けなくなった, が横, でいえぬ, で与え得る, で十畳, にはたいそう, にも白い, のあたり, のきき, の利き, の固い, はつりあがり, はブルブル, はポカン, は耳, ばかりが片方, へ破れた, までとどく, もき, もきかず, もきけなかった, も利けなかつた, をあい, をきき, をききたくなり, をきく, をつぐん, をひらいた, をびくびく, を利い, を利き合う, を利く, を尖らせ, を開け, 応えどころか, 程で

▼ なり~ (40, 0.1%)

3 のうち, の中, の内 2 へ帰っ, へ帰る

1 [27件] ある軒, からも勘当, がげっそり, が治まらなくなった, で飲む, にじっと, にても嘸, には細君, に居, に帰り病む, に戻, に藏, のさま, のなか, のひさし, の内外, の正面, の者, の軍旗, は乱脈, は破れ, へ乗りつけた, へ歸つて, もなし, を造る, を離散, 富み子女

▼ なり~ (40, 0.1%)

10 る時 5 時は 4 ひは 3 るとき 2 者は

1 [16件] ときは, るところ, るもの, る一部, る出版社, る場合, る恋愛問題, る意味, る種, る者, 半開の, 日の, 日インドネシアの, 時には, 時腕首に, 物は

▼ なりても~ (39, 0.1%)

3 親の 2 二月頃までは, 前に, 家内薄暗き, 彼は, 食物乏しけれ

1 [26件] おん身は, これで, これをば, その点, ないから, ないだろうけど, なほ藤責めに, ねえん, またついに, まだ破れぬ, わが方, 一念は, 全快を, 其の墓なほ新た, 勢を, 妾のみは, 完き, 宜しく候間, 御無心, 慰めよ, 歇む樣子も, 津田不, 益には, 赤城の, 音も, 鶯の

▼ なり~ (39, 0.1%)

4 れを 3 に反し 2 に加

1 [30件] あるが, が一つ, が為め, が爲め, が自由競争, なくては, によって多, によつて哲學説, によりて称し, に依, に基い, に対して人間, に背くべからず, に關, より日々, れに対する, を下り, を信用, を兄弟, を冥交, を刑名參驗, を口, を手, を捕ふる, を政治家, を概括, を碧玉瓶中, を詩人, を説明, を運ぶ

▼ なり~ (39, 0.1%)

3 がした 2 の調子, を殺し

1 [32件] が出たら, が出ない, が彼, が書院, が聞える, こそ立てね, さえも聞かれなかった, です, となつ, になり, に荒く, の揺り聴き, の母たち, は解放, まで嗄れ, も届きました, をあげ, をあわせ, をかけた, をからし, をころし, をたてる, をもらした, を以て神, を叩きつけた, を弾ませ, を忍ん, を慄わせ, を掛けた, を放っ, を立てる, 荒らげ

▼ なりあの~ (38, 0.1%)

4 苹果の 2 人は, 席から

1 [30件] さわぎに, ときあ, やうな, ように, ガランと, ステップと, 世の中でも, 人の, 光の, 兵隊は, 土地を, 坂道は, 大井瑠美子を, 大資産, 女に, 女の, 子の, 子を, 家から, 当時の, 快い乾いた, 急ごしらえの, 時代の, 様に, 洋橙を, 深い谷, 破鐘を, 赤鬼青鬼なる, 連中は, 青年時代の

▼ なりとうとう~ (38, 0.1%)

3 十字架の 2 死んで

1 [33件] おとりやめに, お粥, お金ちゃんという, この訪間, そこを, その旨, へとへとに, また江戸, シャックリを, 三十円台にまで, 五左衛門の, 佐野次郎という, 力尽きて, 十時に, 十秒ぐらいまで, 奥様は, 山の, 徳川時代と, 播磨まで, 斧を, 日の, 朝日新聞が, 汐巻灯台へ, 洛陽まで, 消え去って, 片耳と, 瓢箪から, 眼界から, 神社という, 空っぽに, 自分も, 頭を, 駆け出した

▼ なり即ち~ (38, 0.1%)

2 今若し, 定見ある, 此の

1 [32件] この時, その混, それだけ右翼, インテリの, 一つで, 一の, 一錢が, 不実の, 世の中に, 事業を以て, 二十四歳なる, 人性人情の, 其原因は, 其語は, 初めて物, 前に, 単に笑, 古神, 唇と, 大入満員を, 宗教を, 官能智を, 彼等が, 志願者が, 未だ真理, 立派な, 義を, 自他一如心境同, 論文としての, 身方と, 非合法な, 食ひ

▼ なりここ~ (37, 0.1%)

2 に於

1 [35件] で一応, で中央公論, で女, で狩り着, にい, にめでたく, に一場, に一泊, に二人, に先, に千頭家開運, に博士モヅレー, に如何, に宝塚経営, に心ゆく, に或は, に文官, に来, に東国, に水鳥, に深く, に男女, に移れる, に至り, に言う, に諾冉二尊, に高射砲, の陣地, の露路, へ来る, までからみ合っ, まで来, を住居, を走らふ, を通る

▼ なり~ (37, 0.1%)

7 へん 3 さ, 引移りを 2 あす, へんか, へんねん, へんのや

1 [16件] すったらなりますよ, するとお, づしい精進を, づ兎も, づ皇太后樣から, づ西南向に, はりが, へんから, へんぜ, へんて, へんな, へんもん, んのにナ, んよ, ん一急な, 昼間芝居の

▼ なり~ (37, 0.1%)

3 と子 2 なり祖母, にこの

1 [30件] がリウマチス, が眠っ, となっ, とは違った, と小さな, と私, なども非常, なり叔父, なり天, に哀願, に対しては不孝, に対しては冷笑的, のそば, のぶん, のやう, のよう, のサンチョ, の一周忌, の作れる, の國, の孝子, の最後, の死後, の讐迄討孝貞, はその, は子, は研究, も平三郎, も母, や母

▼ なりしも~ (36, 0.1%)

2 今は, 其の貴族院, 鎌倉幕府の

1 [30件] あるもの, こ, ことはりなるべし, その一なり, その根本思想, その精神, それに, また其の, イタリアに, カーキー色の, シエーナの, 不徳の, 仕事に, 作者の, 僅に, 奇遇と, 後には, 怪む可き, 情合の, 既に過ぎし, 此時代の, 浮世に, 男に, 直に落着, 要するに何れ, 赦されて, 道他に, 道理なり, 風邪の, 騎士等次第に

▼ なり故に~ (36, 0.1%)

2 侯が, 彼は, 我輩は, 聖人の

1 [28件] こ, この世の, もし今大, われら神の, アダムが, ダンテは, 予は, 人民は, 他を, 何事に, 余は, 兩詩人が, 勝負有る, 吾妻鏡が, 天下の, 天下全快せ, 子を, 山羊は, 心神揚らず, 拷問を, 断じてかかる, 時を, 法以て, 神には, 神聖なる, 聖書ある, 若し其適, 蒲生家断絶後内藤家に

▼ なり~ (35, 0.1%)

3 がいっぱい 2 の吹く, はまるで

1 [28件] ある月, がいつ, がヒューヒュー, が出た, が吹く, だけすさまじく, となつ, となり, になつた, になりたい, になる, に逐, に閉じこめられた, のそよぎ, のながる, のまにまに, の如く去, の肌ざわりもやわらいできた, は少しく, は猛り, は益々, もすっかり, もない蒸し暑い, もひどく, も強く, を送る, 吹く窓, 強き中

▼ なりかく~ (34, 0.1%)

3 のごとき, の如き

1 [28件] てドイツ, てヨブ対三友人, て一切, て一般, て世界, て人々, て今日同市, て兵力, て副, て却って, て原敬, て存在, て意味, て欠乏, て永久, て独断論, て生産物, て發展, て短期間, て私, て経済的自由主義, て萬物, て飢饉, なり薬代, のご, のごとく, も質量, 閉されて

▼ なり~ (34, 0.1%)

2 に又, れは

1 [30件] かと云, から近代歐羅巴, が出かけ, だと, と妻, にとつ, に付, に付彼川柳點, に奚, に添い, の兄, の熱, の自由党, の自由黨, はたちまち, はひとり半壊, は以ての外, は私, も多額, も食, より五兩, より勘兵衞, より後世, れほど, れ議会, れ議會, を不義者, を深く, を見よ, 縛れと

▼ なりしばらく~ (33, 0.1%)

3 の間 2 默って

1 [28件] ここを, して, しても, すると, すれば, とっ組み合いましたが, は口, は物, は空, は絶頂, は言葉, は足, は黙り, ひとり考えし, 京に, 叔父の, 呆然として, 土地を, 宗助の, 小声で, 手紙も, 歩くと, 現今衆心の, 腰を, 草鞋を, 身近かに, 黙って, 黙つた

▼ なり一人~ (33, 0.1%)

2 にし

1 [31件] あるいは数人, が, がそれ, が一千円見当, が役人, そのくじ, だけは孤立, では, でポツン, で先, で喋つて, で間, の副使, の同志, の子供, の小さな, の技手, の私有, の老人, はガレージ, はワシントン病院, は名高い, は情ない, は最も, は死なせ, は死んだ, は誠, は阿部様, は鼓, 去り二人, 立ち二人

▼ なり~ (33, 0.1%)

1 [33件] ては一大事, ては何となく, ては大変, てよべ, てより, て終に, とも藤五郎殿, と申, に付い, に付き, に依り, は, はこれ, はばいかなる, ひしは, ひぬ, ふとて, へどもこれ, へども秀林院様, へば何, へば大いに, へば居宅家財等, へば町, へば長崎, ま, や二町目, よと思へ, をむかし, を思召, 故なほ, 故夜中, 故本文代筆, 然る

▼ なり日向~ (33, 0.1%)

21 になり 7 になっ 2 になりし, になり断えず 1 となっ

▼ なり殊に~ (33, 0.1%)

1 [33件] これらの, そういう知己, その特徴, その色, 亭主の, 今宵三五郎は, 伯爵の, 元の, 其形は, 剃刀は, 創作家と, 勤めの, 単衣, 又私, 古き時代, 天保以降に, 女子の, 審美上の, 建仁元年四五月の, 彼の, 春一の, 最初の, 最近は, 正吉の, 正面の, 歯が, 盲目の, 血液型と, 西洋戸前ある, 識らず, 賤ヶ嶽この, 贔屓俳優の, 近頃では

▼ なり~ (33, 0.1%)

5 が遠く 2 が抜け, が進ん

1 [24件] がつく, がとおく, が合, が昂, なり御用, にすべて張り, になった, になつ, になる, に入, に適ふた人, のもめる, の弱い, の練れ, はいよいよ, はしまる, を失いかけた, を悪く, を負, 懸りで仕方, 永くなっ, 遣つて, 長くなっ, 障な

▼ なり~ (33, 0.1%)

2 の前, は鈍く

1 [29件] から涙, がしら, がついた, がとびだし, が下, が益々, が眼窩, と歯, にとまらない, にみえぬ, に物, に立つ, に見えぬ, はじっと, は大きく, は水晶玉, は血ばしり, ばかりが奇妙, ばかり光らせ, を, をつぶっ, をつむる, をひきつらせ, をも閉じ, を喜ばすべき, を皿, を空, を鋭く, を開け

▼ なり~ (33, 0.1%)

3 もありません 2 です, なので, 公閣下我輩を

1 [24件] だあの, だから, だと, だな, である, であるが, ですが, ですね, でない廃物, で心配, なのに, なん, な形勢, な気, な鱗雲, にし, に思ふ, 倚り, 合した数多, 変らず余, 変らず坐ったきり, 変らず実隆邸, 変らず棧道, 對の

▼ なりかつ~ (32, 0.1%)

2 刺激と

1 [30件] いろいろの, かくなる, その分量, その原因, その消息, その繊維, となつて, なんじは, はまた, は純粋さ, 互いに他, 今日まで, 作為が, 印籠の, 右に, 地代を, 大いに解り, 帰藩を, 数少なくなる, 文句が, 日に日にその, 日本の, 旧勤王論者, 普及され, 権利移転が, 誤謬が, 資料が, 迂濶, 遠浅なれ, 驕傲無頼に

▼ なり~ (32, 0.1%)

4 は八尺 3 の光 2 が暮れ, にけに透る, に増し, は明らか

1 [17件] がたて, が傾い, が暮れる, が長く, ざしも, でりはげしく, ならずして, に幾度, の出る, はかんかん, はまる, は当らず, は暮れ, は東, を久しく煩, を暮す, 満鮮人

▼ なり~ (31, 0.1%)

3 と月 2 そのこと保姆

1 [26件] かどといはれる, かどといわれる, しよに, と言, と間, にも二, にも和田, に矢立越, の切り札, の宗教, の思想, は, は利根川, は制, は地上, は守旧, は安靜, は心, は無形, は移動性, は空詩虚文, は裁かれる, は誤り, も実業, 同ハツ, 喘ぎ毎

▼ なり~ (31, 0.1%)

2 に於, の女, の如き, の子, の歸依

1 [21件] に, にてまた, のところ, の一ヶ月, の中, の僅, の場合, の如くなれ, の如く承, の家, の富勢, の後, の旅行, の言葉, の連中, の頃, の點, ほどはお, を以て皇室, を著, 隣りは

▼ なりしか~ (30, 0.1%)

3 知らねど 2 を知る, 梟と

1 [23件] どうにも出来ない, どその後衰, ど市民, ど春, ど追, ならざるか, ばいと, ば長庵の, われ覚え, を想像, を感賞, を知ら, を知り得る, を示す, 人事齟齬多し, 先つ, 夫は, 夫れ, 彼が, 成程, 甚だ怪むべ, 知らむや, 記憶せず

▼ なり~ (30, 0.1%)

2 となり

1 [28件] がし, とは宇宙, と人, と感じた, にさ, に感謝せり, の何たる, の咒咀, の子, の形, の性格, の正義淨火, の祝福, の裔, の霊, の顯現, の食物, はこの世, は殺生, は法王監督牧師神学者輩, は無限, は熱病, は畫, は直接, は至上, は財産, を感じ, 必ずかく

▼ なり~ (30, 0.1%)

3 の上 2 がくらくら, に血

1 [23件] から手, から氈, から甜め, がぐらぐら, が前, が毎日, が浮きあがる, が痛い, が重く, さえも冒された, のまわり, の中, はぽう, はモウロウ, は兀, は胸, もぼけ, もよく, よりもお, をたれ, を剃りこぼち, を十分, を擡げ

▼ なりしまいに~ (29, 0.1%)

3 は何 2 は自分

1 [24件] おん年六十四で, はいつづけなさる, はしぶき, はとがっ, はなにか, は乙, は人間ひとり, は出, は国許, は夕飯, は大工, は夫, は宙, は怒った, は案外, は滋幹, は私, は腹, は軽気球, は長, は顔, ルンペンにまで, 熱中してる, 駈けるよう

▼ なりそうして~ (29, 0.1%)

2 やはり捨てられた

1 [27件] いつかは, いつの間にか消え, その余弊, その温度, その風, とうとう晩, どうぞ観念, どこへ, ますます大きく, まぶしいほど, もう一つ, エプソム丘に, 一般読者とともに, 主宰者の, 今は, 何より面白い, 呟いた, 奠都が, 将軍家の, 更に三日経過, 枝路が, 現代の, 益, 立って, 西の, 遂に夫婦約束, 遊星系は

▼ なり~ (29, 0.1%)

1 [29件] から進ん, が次々, が神戸, が行く, と一緒, と同行, と豹, と里子, なり俊なり, に訊く, の前, の心臓, の生活, の眼, の身振り, の部屋, はホテル, は何, は君, は帰省, は従軍, は恐竜, は町長, は近づけない, は遂に, もつまらぬ, も互先, も愚痴, を訪ね

▼ なり日本~ (29, 0.1%)

1 [29件] がいや, が世界一番, では猿飛佐助, と同様, にある, における教育, にもその, に又, に対し無礼, に帰化, のこと, の内乱, の印刷術, の威観, の学者, の寛さん, の文学, の枢機, の法政, の現代文化, の留学生, の老若男女すべて, の軍事力, の風土氣候, は余, へ來, へ手紙, へ拉し去られた, 狭しと

▼ なり最後~ (29, 0.1%)

2

1 [27件] につぎ, には, には大, には犬歯一本, には自分, には飛道具, にぴくり, に僕, に其肢躰, に別荘, に四万円, に多勢, に天文六年実隆, に心臓麻痺, に折助, に文学, に昨年七月三十一日, に石場, に神, に秦, に純粋, のところ, の文句, はカイゼル, までこの, までよい, 尤も劣れる

▼ なり~ (29, 0.1%)

43 ひぬ 2 ふ, ふな

1 [18件] はざりせ, はじ, ひけると, ひしには, ひしにや, ひながら, ひぬるにより, ひぬ母澤, ふことは, ふと有り, ふは, ふ事是非, ふ其後諸侯, ふ故, へといふ, へと詫, へり, へるもの

▼ なり~ (29, 0.1%)

2 の上, を張っ

1 [25件] がせきあげ, がつまっ, がどきん, がふくれた, が圧され, が痛い, が痛く, が苦しく, には神, に白き, のぐあいが拳, のずっと, のやわらかい, の痛み, の辺, の透く, の飾帯, ははだけました, はば, は重苦しく, も裾, や腰, をかきむしりたくなる, をわくわく, をワクワク

▼ なりさん~ (28, 0.1%)

4 のお 2 がなく, の, の御託宣, の正体

1 [16件] だの, だよ, と茹で, にざんげ, に手, の神主, の赤い, は江戸時代, をありがたがらなくなるでしょう, をまつった, をみ, を信心, を売り, を皆, を食っ, を食べ

▼ なりよう~ (28, 0.1%)

5 がない 4 はない 2 が英語

1 [17件] があつ, があまり, がある, があるまい, があろう, がなかっ, がねえ, だ, というもの, ときたら, ない力, はありゃしない, はそれ, はな, はないでしょう, もない, もないでしょう

▼ なりわれ~ (28, 0.1%)

3 とわが 2 も人, を忘れ

1 [21件] から立っ, この教, しらずうしろ, ながら少し, ながら見下げ果てた, には何, には恐ろしき, に接吻, は, はたやすく, は人間, は仏教ひとり真理, は思ふ, は我比量界, は独りさ迷, は畢生, もわれ, を措い, 乗り遅れじと, 知らずなに, 美しき筆路

▼ なり多く~ (28, 0.1%)

1 [28件] あること, それは, なるもの, の, の人, の人々血, の作品, の作家, の劇作家, の場合, の時間, の本, の枝, の病人, の遊芸人, の運動員, の運命, は並ん, は企業者側, は地上, は小舟, は洞穴, は風雲, 具は, 四国には, 持って, 混つて居ました, 見たが

▼ なり少し~ (28, 0.1%)

3 世間並除け 2 行きて

1 [23件] さびれかけて, ずつ力, ちぢめて, づつその暑熱の, の平ら, はにかみ屋でなくなった, は口, は外, ばかり未練, ばかり記録, も意味, も早く, も青年, 引き下らんとして, 待てよと, 控えの, 政治の, 気分が, 自分で, 船の, 迂闊と, 近くへ, 間を

▼ なり彼女~ (28, 0.1%)

1 [28件] がこの, が丈, が嫌, が段々, が突き抜けなく, に対しても自分, に肉体, に賞め, のふるさと, の亞麻色, の宿所, の方, の死, の稼ぎ, の良心, の薔薇色, の視線, の身元, はうつむいた, はそれ, はつい, はとき, はやっと, は歓喜, は祖母, も息, も手, も段々

▼ なり~ (28, 0.1%)

3 の中 2 のご, の日

1 [21件] がざあざあガラス窓, がぱらつき出した, がふりだしました, が小降り, が霧, で富士山, となっ, となり, と降っ, と霧, になつて, にぬるる, に比し, に湿み, のふる, の降る, は桶, は雲, もかも, もやむ, 降りぬその

▼ なりついで~ (27, 0.1%)

2 それが

1 [25件] その皇子, だから, だと, にうんと, に友禅, に大詰, やよって, イスラエルの, フェルミが, 中世浄土宗起こり, 予言者達の, 備前へ, 公, 塩谷の, 大きく跳ね, 大乱闘, 大霧, 太政大臣に, 実子も, 左大臣に, 憤慨した, 条約不, 秀次が, 結晶が, 逃げようと

▼ なり~ (27, 0.1%)

2 の中, は水

1 [23件] からでもあがった, が深く, が溢れ, が飲みたく, が飲みたくなり, となり, と石, と走っ, なり祠, になり, にも強く, に映つる, に沈み, に濾され, の月, の流れ, は死んだ, は水蒸気, は海, をかぶっ, をさかのぼる, をと士卒, を掛ける

▼ なり~ (27, 0.1%)

2 の無き

1 [25件] がきかなくなる, がしびれ, が上, が地面, が疲れ, が痛く, が重く, くびだけになり, となる, と腰, になりし, にまかせ, に入れ, の先, の弱い, の調子, の踏み, は二尺, もしびれ, もふらふら, も二本, も少し, を上げる, を踏み辷らし, を運ぶ

▼ なり~ (27, 0.1%)

3 はいにしへ

1 [24件] うごきは, が左, となっ, にしむ, には襤褸, には邪熱, にも法衣, に疥癬, のこなし, の外見, の置場, の置所, は天涯, は敵陣, も心, をお, をひる, を投げ出し, を殺し, を細め, を縮めれ, を隱, を離れ, を震わし

▼ なり難い~ (27, 0.1%)

2 のである

1 [25件] うらみが, うらみも, から天下, こと, ことあろう, ことでござる, ことに, ことも, ことを, だろう, でしょう, と共にその, のです, まア土地, ものである, ものの, らしい, わね, 事で, 事情が, 切迫というの, 本質である, 癇癖を, 言葉で, 譬への

▼ なりすぐ~ (26, 0.1%)

1 [26件] その下, その向う, つてを, にお, にさっと, にもとび出し, にももの, に人, に又, に召しのぼせ, に水面, に警察, ひッ, また少し, 下流は, 何か, 側に, 入浴し, 吐き下して, 向うの, 彼らの, 書院番に, 東京へ, 泣くよう, 脇に, 部屋の

▼ なりそのまま~ (26, 0.1%)

2 眠って

1 [24件] おうち, お宮へ, この無, にし, になった, 今度の, 凍って, 凝って, 去って, 大和へ, 姫を, 東京に, 林の, 気が, 気を, 沈黙, 神田を, 美和子の, 若日下王, 行方知れず, 街道へ, 運転手に, 階子段へ, 高鼾を

▼ なりたて~ (26, 0.1%)

3 のほやほや 2 の頃

1 [21件] だったお, でしたね, で忙しい, にデカン高原地帯, のそちゆえ, のとき, のまだ, のニセ, のホヤホヤ, の十九, の属官, の幅, の弟子, の新参者, の新米, の柴山, の熱心さ, の私, の頭, やあがる, を派手

▼ なりよく~ (26, 0.1%)

2 造ること下

1 [24件] その主, 之を, 二人に, 人の, 似た品物, 似た形, 似た感覚, 似て, 出来た西瓜, 切れるの, 動くはしこ, 庇つて下さいます, 弾む脚, 戻って, 晴れた日, 歌ひ, 淺草公園の, 物を, 田淵さんの, 知つて居た, 聞えるの, 行って, 見分ける事, 辛棒を

▼ なりわが~ (26, 0.1%)

2 才能を

1 [24件] ためには, まきしパン, 主君なりの, 了簡を, 亡き後は, 十七八の, 友と, 国富と, 國では, 寄邊なき, 手なりと, 文部省外務省も, 新しく切り, 汝の, 汽車ゆ見る, 父に, 眼の, 神女, 筆を, 胸の, 船上に, 軍を, 髪の, 魂を

▼ なり一つ~ (26, 0.1%)

2 になり

1 [24件] で二つ, には国家, には店内あまり, にまでなっ, のこと, のまとまった, のもの, の中毒, の失敗, の形象, の思想, の掛小屋, の概念, の社会的, の社会的現象, の社寺, の荘園, の通用品, は今日, は信仰, は心理学, は母, は注意, は若葉萌

▼ なり彼等~ (26, 0.1%)

1 [26件] が私達, と親睦, のうちみ, のみ互, の一ベラックワ, の善良単純, の姿, の情意, の意志, の敗, の枕もと, の目附, の筆, の足跡, は人間, は全て柔道着, は嬉し, は実に, は泣けり, は鉄道線路, は高, も別に, も彼, をし, をその, 叫びて

▼ なり~ (26, 0.1%)

2 の木

1 [24件] いはず, が書け, なりに定着, なりの道徳性, のまことに, の値い, の富み, の影, の役に立つべき, の為, の現, も云, も心, も言, をいいなされしません, をいう, をも云はず, をも云わず飛び出し, を噛む, を貸さなく, を邪魔, を食べる, 思ひに, 置きなりいずれ

▼ なり子供~ (25, 0.1%)

2 の分別

1 [23件] がさけぶ, が出来, が四人, が学校, にこんな, になる, に提灯, に気, のうち, のこと, の時代, の時分, の母, の遊び道具, の遊戯室, の遺棄, は何百人, は四人, は孤児, まで出, もなく, ももう, 出て

▼ なり或いは~ (25, 0.1%)

2

1 [23件] 一層見当, 一種の, 医者なりに, 双方なりが, 同じこと, 吠え或いは, 多くの, 姉妹でも, 官司に, 寛や, 恋愛に, 政治を, 明るくなり, 欠食と, 浮浪の, 痩畑の, 相当の, 締出しと, 自身侍に, 芝居者などに, 貴顕紳士の, 遊芸人とも, 陰陽師と

▼ なり放題~ (25, 0.1%)

3 になっ 2 に振舞

1 [20件] だから, だし, で, で二十年あまり, で吉之助, にお, にお金, にし, になさる, になつて, になる, にドンドン, にペコ, に今日, に千変万化, に垣, に流れ廻, に筆, に茶店, の出会い頭

▼ なり~ (25, 0.1%)

1 [25件] がたりなく, がなくなる, で機嫌, にならず, にも名誉, に出, に手, に窮, に苦しみ, のあり, のある, のない, のみは我ら, の出所, の羊毛, の鎖, は生活也, も出, も鎔す, や道楽者, をやらない, を払つて, を握つ, を渡す, を融通

▼ なり同じ~ (24, 0.1%)

2 作家なりを, 屋敷内の, 栂樅の

1 [18件] ように, 一つの, 国頭へ, 土地の, 室に, 家に, 屋根の, 市中の, 心の, 方面と, 旅籠へ, 生活を, 神の, 紀伊の, 線の, 考へから, 貸間に, 農林省で

▼ なり~ (24, 0.1%)

2 があふれ出, さえ出, となっ, となつ

1 [16件] がいつも, がこぼれ, がぱらぱら, が出ました, が気持, が氷, が溢れ, で一ぱい, ながらにアワレミ, もこぼさず, もろい癖, をいっぱい, をこぼす, をためた, をぼたぼた, を出した

▼ なり~ (24, 0.1%)

2 の竦毛

1 [22件] かに引撲, か妖星, か時々, がそのおそるべき, が懸命, が爲, が被害者, が話しかけ, でも見られる, にたずね, になり, にもひけ, にも手, にも知らせず, に出す, に向っ, も使わなくなっ, も才兵衛, も敲かない, も考え, よりも消極的, れでも

▼ なりことに~ (23, 0.1%)

2 近頃は

1 [21件] この殿様, その前, ダンネベルグ様の, チェーホフの, ドストイェフスキーの, 分光器, 医師の, 古美術尊重, 哲学の, 始祖という, 婦人の, 学校が, 昨夕は, 時代の, 森恪は, 武家が, 毎朝の, 洋服を, 碩平は, 細小路一帯には, 青少年の

▼ なりさうに~ (23, 0.1%)

2 なると, 思ふ

1 [19件] ない, ないその, なつて, なつて了うた世の中, なりましたが, なるの, はない, はなかっ, もない, 咳き込んだ, 思はれたから, 思はれるが, 思はれるの, 思ひながら, 思ふの, 思へて, 激しい咳, 見えて, 見えましたが

▼ なりにくい~ (23, 0.1%)

2 のである

1 [21件] かも知れません, ことには, でしょうし, ということ, という系統, と同じ, と思ひます, のです, ものだ, もので, ものである, ものと, ものを, ように, わが国の, んです, 上に, 位置だ, 幾多の, 結局は, 首を

▼ なりやが~ (23, 0.1%)

6 つて 5 つたな

1 [12件] あったな, つた, つたか, つたと, つたな八, つたな蚊燻し, つたのか, つていつたい, つて俺たちには, つて俺は, つて好い, ッて

▼ なり人間~ (23, 0.1%)

2 となる, を正当

1 [19件] が哀れ, が歩い, とならなけれ, と呼べる, のほう, のやう, のヒユーマニチー, の事, の形, の胆, の観, の鼻穴, はただ, はどれほど, は小天地想, は永遠, は背景, も亦, 臭くない

▼ なり~ (23, 0.1%)

3 となりました 2 となっ, になり, の夜

1 [14件] がき, が來, が夏, となる, になる, にはいる, の日, の空, の野, の間, は去っ, は諏訪, へと移った, 籠る

▼ なり~ (23, 0.1%)

2 の木, へなり, や川

1 [17件] となった, となり, と谷, にもいふ, に住む, に遊ん, の, の向う, の肌, の草, はおのずと, は一層, は乱伐, も震ふ, や木, や野, を拓かす

▼ なり~ (23, 0.1%)

2 を伸ばし

1 [21件] が触っ, にしたる, には花やか, に触れる, に長者, に隨つて閉ぢ, のかじかむ, の指, の爪, も汚, や着物, をあげ, をさしのべ, をつくし, をつなぎあっ, を働かし, を口, を夜着, を胸, を覆, を覆せ

▼ なり~ (23, 0.1%)

2 時代の

1 [21件] となる, に猿田彦命, 体制の, 八の, 八郎は, 助も, 即物主義の, 唐書の, 国家の, 女御を, 学説新, 家庭に, 将軍秀忠三代家光相つい, 希臘伊太利, 平民の, 徴組に, 機軸を, 理想境の, 町村の, 藝術の, 鐘釣温泉により

▼ なり~ (23, 0.1%)

2 が甚, が略

1 [19件] がある, がどうもまだ, がひど, が少し, が早い, でございました, というもの, とは一体どう, とは一體, なる柱, にはいろいろ, に問題, はいろいろ, は法, もある, も甚だしい, をし, をした, をする

▼ なり時には~ (23, 0.1%)

2 荘周先生の

1 [21件] それが, また将軍家, また異様, わが, フロイドの, プレストにも, 一小, 一般民衆に, 原稿料も, 夜半過, 大入道の, 明るい興奮, 松原から, 殺到する, 波瀾を, 清澄な, 物思はし, 真夜中に, 胸の, 蒙昧な, 酒に

▼ なり段々~ (23, 0.1%)

5 に高く 4 夕光の 2 いら

1 [12件] お腹は, と地上, に差別, 信州の, 夕かげが, 夜あけの, 小さく小さく体中, 底に, 心安き得意, 焦立って, 薄くなる, 顔まで

▼ なり~ (23, 0.1%)

2 の一角, も冷たい

1 [19件] からはあやしい, が葉, が行手, だけ銀, なりと, なり行交う目, な視線, になり, には金色, には黒雲, に太陽, のほう, の色, の茜, は暗く, は気味悪い青白, へ高く, を斜め, 高く上っ

▼ なり自然~ (23, 0.1%)

1 [23件] なやみも, ならんこと, なり, に, にそう, に商売, に渇, に空間, に精神統一, に財産, に軽部, に逆らう, のとき, の墳墓, の教える, の教育, の画図, の結果, の自然, はしおれ, をこまかく, 又六爻, 大資本国

▼ なり~ (23, 0.1%)

2 のまんなか, を当て

1 [19件] で挨拶, なるもの, に対すれ, に当る, の傍, の岐, の防空壕, はゆっくり, は好し, は爪先, も上っ, も無く, も難渋, より力, を境, を急ぎ, を探そう, を曲る, を眺める

▼ なりあと~ (22, 0.1%)

2 の者

1 [20件] から両, から捉, では生家, では輪, になり, には死にたえた, には着物, には私ひとり, には若い, の七十七人, の十二人, の半額, はもう, は再挙, は嘘, は拗ね, は黒闇, も見ず, をも見ず, を居抜き

▼ なりあなた~ (22, 0.1%)

1 [22件] からの本, からルリさん, がお, が私, とあなた, にもお, のお, のおなか, の存在, の気晴らし, の行先, はきっと, はそれ, はフォーシュルヴァン様, は姫君, は幸福, は私, も世間, も体, も間もなく, をも抱い, をスッポカ

▼ なりから~ (22, 0.1%)

4 だが 2 何か, 見ると, 返事が

1 [12件] おしても, この戦争名分, だ全体, ちょっと四国, でも, 何が, 入って, 取寄せて, 溢れて, 異常なる, 話したこの, 話を

▼ なりされど~ (22, 0.1%)

2 是れ

1 [20件] あきるるも, かく言, このごろは, この金曜日, そは, それは, も自ら死, トロイアにて, フレギュアスの, 万一にも, 不可解だけに, 古來最, 夜いたれ, 夜は, 己が, 栄華を, 汝何によりて, 神罰眞に, 貌は, 道割合に

▼ なりしたがって~ (22, 0.1%)

1 [22件] いろいろ手, そういった様式, その荒野原, ややその, 一人が, 二人を, 人の, 住宅を, 力も, 各個体, 名まえ, 天下の, 天神地祇という, 弾左衛門の, 従来他から, 得にくく, 昔の, 本来奇怪だった, 毎日鏡の, 空気の, 自然に, 鸛は

▼ なりその後~ (22, 0.1%)

2 長らく異状

1 [20件] かのギリシア人これ, この狹, その影響, ち崩御, どうした, にはやや, に知った, の実験, はどっち, は両者, は僅か, は時々, は私有地, は踊り, へ來, へ松平大和守朝矩, も一人二人, も代々二条派正統, も十両, 久しく金

▼ なりどこ~ (22, 0.1%)

2 へなり

1 [20件] かで流れる, かの病院, かへ行つて, からかかすか, からかくる, からともなく, か力, か生気, か蒲団, なりで, なり云って, にいる, にどう, の家庭, の店, の領地, へでも宮, までも深い, まで行っ, 迄いっ

▼ なり~ (22, 0.1%)

2 も又

1 [20件] は井上, も前田道臣, も外記朝意, も家宣, も庄兵衞, も徳之助, も深, をおえい, をば寶澤, をイナダ, を信平, を呼ばれ, を妙貞, を寶澤, を平戸九十郎, を教え, を新, を玄竹, 退却を, 鶯取り逃がし

▼ なり~ (22, 0.1%)

3 となっ

1 [19件] である婦人闘士, となった, と二人, なく子, に対して落莫, の君江, の変死, の絶望, の縁, の邦子, の顔, はあと片, はあわて, は依然として, は早速, もたずやと, をし, を失つた翌々年自分, を迎

▼ なり~ (22, 0.1%)

3 の身 2 が山

1 [17件] がただ, が急, だけ, のほう, の声色, の太い, の姿, の方, の顔, の黒, はりっぱ, は下向き, は歯, ばかりがだみ声, も女, を拵ら, を立てる

▼ なり間もなく~ (22, 0.1%)

2 大学から, 寒くなる, 康太郎は, 彼等の

1 [14件] それも, たうとう, ガス管の, チチコフには, 事業部芸能課長といふ, 健やかな, 又彼女, 古池の, 夫妻共, 店を, 烈しい雷鳴, 私を, 行われた運動会, 酔いつぶれて

▼ なり~ (22, 0.1%)

2 と風, のやう

1 [18件] が北の方, となり, なり花, になつ, になり, になる, に会, のごとき, のすきますき, のはて, のよう, の如く, の粒子, の蓋, の隙間, は墨, は雨, は雲

▼ なりしかして~ (21, 0.0%)

1 [21件] いわゆる失敗者, かの自由論派, その限り人間, ダンテの, 一は, 仏国の, 余の, 公平なる, 勝れつ, 基督信者には, 完全なる, 幸福なる, 感謝すべき, 改進論派は, 是その, 智眞に, 汝まことに, 法学論派は, 臨終に, 藍より, 謙讓はた

▼ なりたり~ (21, 0.0%)

2

1 [19件] ああ心中, あなあはれ赤い, あはれ, いたしたれバ, ける此茂兵衞, この浮腫, しが, しを, といえり, また一羽, 人の, 今も, 共其, 共田舍ま, 其頃天下の, 処刑なく, 天一幼年の, 然れ, 雲の

▼ なりなお~ (21, 0.0%)

1 [21件] この人, そこらの, まだ親分, むつかしく言え, 一日の, 一段の, 人に, 人間悪性の, 他の, 加えら, 噂による, 地域や, 天下後世を, 将来害と, 幸運に, 微笑み口ごもった, 改めて, 棒を, 残りました分, 私が, 補正添加に

▼ なり世間~ (21, 0.0%)

1 [21件] からはまるで, からもひどい, からも軽蔑, から受け, が騒い, でもそう, でもその, でも多く, でも知らぬ, に名, のこれ, の交際, の景気, の注目, の評, の誰, の進歩, はその, はみずから想像, 或は当期, 或は當期

▼ なり~ (21, 0.0%)

2 った, ってしまった, る, れり

1 [13件] おせる計画, したりと, せること, せるだらうと, ったこと, りて, りぬ, ります, るならん, るに, るので, れりされど, れるに

▼ なり~ (21, 0.0%)

3 のない 2 づいて

1 [16件] ある弟子, がなくなっ, がぬけ, となる, ともなり, と相成, なり, なりとしてどの, なり光, にもなり, の籠つた言葉, をあわせ, をいれる, をこめ, を入れ, を添えし

▼ なり~ (21, 0.0%)

3 は十六 2 はやう, を越し

1 [14件] が明け, こそ取っ, とともに旺ん, に数百, の暮, の若い, はやうやう, は明け, も四十, をこえ, をとり, を取っ, を経る, 久しく独り

▼ なり次に~ (21, 0.0%)

1 [21件] あざやかな, はお, は人類, は先生, は天地万物, は捨鉢, は日本ペン, は自分, ぼんやりし, ホノヤギハヤヲの, 他の, 大竹が, 夷舞わしから, 嫌な, 工場的手工業の, 憂鬱に, 株式所の, 水戸の, 第三, 赤くなり, 餅菓子時代が

▼ なり然るに~ (21, 0.0%)

2 侯の, 侯は, 文部省は

1 [15件] この度大岡越前守山田奉行, ピッカルダは, 依て, 又上州, 吾妻鏡寛喜二年閏正月廿六日の, 彼の, 彼を, 後者の, 憲政党には, 憲政黨には, 自由党と, 自由黨と, 謫せられ居る, 頼綱の, 駿河屋三郎兵衞は

▼ なり長く~ (21, 0.0%)

2 高野に

1 [19件] かかるので, この世に, なった, なりどっさり, なり分裂, ねた積りでした, もなる, 人々に, 寝て, 待たされた後, 待たされてから, 感想風な, 東洋の, 治まって, 続くの, 臭が, 蜿ねった, 話した後, 軍隊生活を

▼ なりいま~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] ではヨイトマケ商売, では木戸, では築地, でも私, なお一大疑問, にもおち, にも倒れる, に至った, はどんな, は崩れる, は身, は雑草, は風呂屋, また舟木, まではただ, まではモンペ, もむっくり, 可愛い娘さん

▼ なり~ (20, 0.0%)

5 かつてゐる 2 かつた

1 [13件] うして, かつて大, かつて来た, かつて立つ, しこの, ぬれば, ひなも, ふいうと, へりて, やうな, 内の, 嘘にも, 行長音なりに

▼ なりその間~ (20, 0.0%)

2 を川

1 [18件] から皮膚, にはおもしろ, にわずか, に兄, に共同, に川舟, に曲者, に気候, に私たち, に立ちたる, に結晶, に著しい, に軍人, の何軒, の区別, を, を縫う, 長い月日

▼ なり世界~ (20, 0.0%)

2 の人類, も亦とう

1 [16件] がいや, がしんと, に充満, に再び, のひと, の作家ゴーリキイ, の商業, の学問, の尤も, の注目, の真珠港, はほとんど, を相手, を粉微塵, 新秩序形成, 第一

▼ なり~ (20, 0.0%)

1 [20件] じく, としては, には走使い, に九助, に吹く, に大岡殿申さる, に大岡越前守殿白洲, にBC級, の政府, の磨滅力, の經, の風俗, も大吉, を得, を殺す, を移し, 去れば, 既に冬, 異なれば, 移ってかの

▼ なり時に~ (20, 0.0%)

1 [20件] それは, はこの, はほんの, は一種, は尖端的, は恭一, は猛獣, は田楽, よりて, より腕力, ブラームスに, ヘンデルに, ペシャンコに, 人間に, 彼等の, 応じて, 生命がけ, 緩くなった, 荒々しい喧嘩声, 鹿狩を

▼ なり~ (20, 0.0%)

4 となる 2 となっ, を串

1 [12件] となった, となつ, となり, となりはじめた, と化し, なり力, にしみる, に飢え, は白く, も少し, を刻み, 附きは

▼ なり~ (20, 0.0%)

2 ともなっ

1 [18件] が亡くなつた, となつ, となるべき, なりが国, にそむい, に勘當, に安心, ねこと, の家, の手, の肌, みも, もしょ, をも親友, を失, ダイバーの, 富右衞門の, 殺しなりの

▼ なり~ (20, 0.0%)

2 にむせた

1 [18件] が出た, だ酒, で染まった, ともなる, のため, の酔, の酔い, は一人, は酢, ばかり飲ん, もあの, も遊び, も飮, をも飲んだ, を汲んだ, を見る, を飲む, を飲ん

▼ なり~ (20, 0.0%)

2 は晴れ道, は雲

1 [16件] がいま, となりし, となる, にならず, の一, の反射, の外殻, の景色, の研究, の野, の降る, は六尺, もあわただしく, も止まぬ, も締, や氷

▼ なりいわゆる~ (19, 0.0%)

1 [19件] けずり小僧, ビルらしい, 三度の, 切支丹流の, 国家なる, 垢離も, 大大名, 宣王の, 政治小説という, 数線陣地と, 時間上人の, 欧化主義においては, 気弱と, 爆発が, 西表炭坑の, 逆転と, 野梅的の, 陪音が, 非人

▼ なりだんだん~ (19, 0.0%)

2 昔へ

1 [17件] この人達, その日, それが, みすぼらしくなった, 夢の, 小さくなっ, 山深く, 心やすく, 手さぐりで, 烈しく泡立ち, 生い育ったところ, 痛みが, 自信の, 速度が, 進んで, 遠ざかった, 関係する

▼ なりどう~ (19, 0.0%)

2 でもいい, にでもなれ

1 [15件] あつて, いふはずみ, かすると, かと思われる, したの, すること, する気, すれば, だ驚いたか, でも勝手, で遠島, とも仰せつけられ, なるに, ぶちは, やって

▼ なり低く~ (19, 0.0%)

4 なりして 2 なり跡

1 [13件] なって, なつて, なりする黒い, なりつつ, なり奔放, なり現, なり細かく, なり賑やか, なり黒ペンキ, なる口笛, にある, 成つた, 言って

▼ なり~ (19, 0.0%)

3 が籾山さんだつ

1 [16件] から又, から夏まつり, が主神, が全体, が分派, が又, が日常生活, が籾山さん, が職業化, が連結, と聞, に辞, は二部, れに, れも, を益

▼ なり又は~ (19, 0.0%)

1 [19件] アンテナ真空管ダイヤルコイル等に, 三者の, 何か, 停止する, 内々なりで, 初めから, 口実とも, 大に, 朝起き, 武将と, 江戸へ, 淫乱婆としては, 深い沢, 犯罪者と, 絶えたこと, 著訳書に, 蛙の, 金属的な, 高等乞食と

▼ なり~ (19, 0.0%)

2 に氣, に衣食住

1 [15件] な坂, にこれ, にその, にぞっと, に勘, に取らざる, に家財, に椅子, に疲れ, に病気, に蒼ざめた, に身體, に軽く, に近く, 淵を

▼ なり~ (19, 0.0%)

2 もやや

1 [17件] になつて, になつて棗, になる, には仏蘭西, に入り, の刈入, の声, の彼岸, の紅葉, の葉末, の蝉, は人一倍, は昼中, は田, は黄葉, ふかし, 過ぎて

▼ なり~ (19, 0.0%)

3 つた

1 [16件] せたの, なり, にはどっと, には中止, には五十五円, には国, には殆, には殆ど, には苟, には蜂, には誰, には門末数十人, には雪, には鼻面, ひに, ひには

▼ なりいよいよ~ (18, 0.0%)

1 [18件] はなやかな, 北の, 古今未, 向上し, 哀しみふかく, 大学へ, 底の, 当日に, 御自身, 最後の, 母の, 深く生, 細くなり, 臨終といふ, 著述に, 近づいても, 速やかに, 鋭くなり

▼ なりまだ~ (18, 0.0%)

2 凍みきらぬ青

1 [16件] あるの, いても, かまだ, 一皮寝不足の, 何か, 刑期の, 十六と, 嫁入は, 宵の口な, 歯も, 照り寒き, 破れ寺では, 苅って, 跡式の, 長い歩行, 闇の

▼ なり一年~ (18, 0.0%)

2 ばかり一緒

1 [16件] ぐらい彷徨, たつか, となり, なりすれ, なりの結婚生活, なり緩, なり身, に二, に二十回講義, ばかりし, ばかりのあいだ, ばかり働い, ばかり山科家, ばかり東北, ほどまえ, も二年

▼ なり且つ~ (18, 0.0%)

2 私も

1 [16件] それから, や牢獄, 一方の, 一般的利用的ならん, 信用が, 優れた選手, 国民全体の, 孰れ, 客観的な, 幸福を, 指環を, 有害に, 温かくて, 硬くし, 細心に, 身体が

▼ なり~ (18, 0.0%)

1 [18件] から煙, にはいった, には前々, には大学, には娘たち, には最も, には本書, には札差, には枯れる, には槍, には殆ど男女いずれ, には神代桜, には舞台監督, にも一人, にも山野邊主税, に擁されたる, へ三人, ほど位

▼ なり大きな~ (18, 0.0%)

4 鮭や

1 [14件] あくびを, ため息を, もみぢの, クリスマス, ピヤノが, 十ヶ月の, 娘は, 島だ, 建物が, 水の, 真黒な, 緋鯉の, 身体を, 邸を

▼ なり~ (18, 0.0%)

1 [18件] ができなくなり, がとまっ, がはずん, が切れる, が詰, ぜわしく, の弾ん, はしだいに, は絶えだえ, もしなくなった, もつけない, も絶え, をする, をついては, をつく, をつめた, をはずませ, を凝らした

▼ なり~ (18, 0.0%)

2 の如く

1 [16件] うして, うなされ畫, う仰せられる, ても菊, て天一坊, て白子屋庄三郎, とも知らず, の如くなる, の感応, も妻孝行, るもの, る不名, る不名誉, る不徳, る處, る醫道

▼ なり早く~ (18, 0.0%)

1 [18件] なって, も法水, 大仁へ, 平癒する, 挙げ終りて, 敵に, 汝の, 着けば, 義村の, 行って, 行ねば, 計略を, 語り聞せ, 諸処に, 身体の, 退出せ追出せ, 逃げ出したいと, 酔ふ

▼ なり深く~ (18, 0.0%)

3 潜んで

1 [15件] その危險, なってるが, なること, なると, ひそめる, もなる, 人心の, 信じられて, 摘出した, 潛んで, 痛みも, 知るところ, 諸を, 重りあった黄色い, 顳

▼ なり~ (18, 0.0%)

2 ひしといふ, ひたりといふ, ふ日

1 [12件] いたれ元, なり鎧, の上, の顔, ひし御事, ひし由依, ひては, ひぬれば, ふ, ふこと, へと言つて, へ世の中

▼ なり生活~ (18, 0.0%)

2 の上, の規範

1 [14件] が娯楽, が娯樂, が芸術, が藝術, なりの一転機, に苦勞, のうへに働かす, のめ, の向上, の安定, の成果, の苦しみ, は科学, も楽

▼ なり言葉~ (18, 0.0%)

1 [18件] が出ない, が咽喉, づかひを, となる, なりというもの, になり, のあと, の折り目, の誇張, の調子, の遊び, の韻律, までがすっかり, まで頗る, もなく, を失っ, を発見, 多きは

▼ なり~ (18, 0.0%)

2 大名の, 芸に

1 [14件] 仆れ, 先志に, 大名が, 天使また, 天善神へ, 役人等も, 惡不作は, 機関の, 民を, 職の, 貨物が, 軍も, 邦を, 鳥獣既に

▼ なり難く~ (18, 0.0%)

1 [18件] お登和嬢, この国, さんざん搾られ脅かされた, そこを, その筋, てやまたもや, なったから, なりつ, なりました, 世には, 久保博士の, 堪忍が, 思いました, 恐しくも, 新橋に, 流に, 脚色は, 間近の

▼ なりといふ~ (17, 0.0%)

2 可から, 可し

1 [13件] おそろしい予言, ことを, 世間的な, 古来の, 可しである, 声ぞ, 始末, 斗その, 昨夜は, 松に, 言葉によりまして, 道家の, 非難で

▼ なりとか~ (17, 0.0%)

2 この詞

1 [15件] いうて, これが, これらの, されば, たまたま近所, 一度や, 一日客あり, 不適当, 伝う, 何とか書い, 山岸外史は, 御身の, 昔の, 死は, 色々の

▼ なりまるで~ (17, 0.0%)

1 [17件] いり卵, おとぎばなしの国に, おどりあがるよう, すね早く, それじたいが, 人間業では, 娘を, 挑みかかるよう, 水晶ででも, 沙漠の, 湯殿の, 狂気から, 疣くらいの, 自分でも, 違って, 鉄道の, 面変りし

▼ なりもはや~ (17, 0.0%)

2 雪も

1 [15件] うすら寒い風, インゴルシュタットの, 世に, 今日に, 冗談では, 堪えがたしと, 天運が, 家人, 望みなし, 毛利勢が, 玉髄の, 諸々の, 赫子という, 遊食階級の, 面談の

▼ なり~ (17, 0.0%)

3 申候 2 比等に

1 [12件] つりあ, 他観なり, 信仰なり, 合理を, 必要に, 忍池の, 決断に, 滿に, 眞面目にな, 統一に, 見作家, 誠不実は

▼ なり勝手~ (17, 0.0%)

2 にする

1 [15件] なよう, な事, な所, にそこ, に出, に戸数割, に振る舞い, に捜せ, に搜, に文明, に縁組, に自分, に行, に言, へ出

▼ なり~ (17, 0.0%)

2 の辺り

1 [15件] がたるみ, がだらり, がふるえだした, がブルブル, が朝顔, なども鮮, のあいだ, のふるえ, の両, の合せ方, の皮, の端, は垂れ蒼ざめて, は紫色, を震わした

▼ なり女房~ (17, 0.0%)

3 はお初 2 になり

1 [12件] が朝日権現, が逃げ, と新宿, にも主婦権, に命じ, に殴りかかろう, の役, はなし, は泣声, も傍, や女中, を怒鳴っ

▼ なり~ (17, 0.0%)

2 の手

1 [15件] が無邪気, とも友, なりかまわず, なり一家, になっ, のお, の喜多, の心落附かす, の横, の膝, の頸, の髪の毛, はその, はそれ, は十

▼ なり~ (17, 0.0%)

2 の御

1 [15件] が深い, のほう, の涙ぐん, はまた, は一日, は不, は今, は御, は恨みごと, は涙ぐみ, は琴, は脚, は馬, へ, 之越

▼ なり彼ら~ (17, 0.0%)

1 [17件] が大胆, が強者, が昼間, にとってもこの, にのみこの, のある, の中, の個体, の利潤, の悦楽, の感謝, の背後, の論文, は, はこれ, は実に, は己

▼ なり~ (17, 0.0%)

2 となる

1 [15件] がにじん, が冷え, が滲ん, で血, となっ, なり怨恨, になる, に染っ, に浸った, の文字, の滴, は其下, も凍え, を吐い, を浴び

▼ なり近く~ (17, 0.0%)

2 なって

1 [15件] から見る, なつて, なりあの, なりくるり, なりし, なりする, なりて, なりややしばらく, なりパシパシ火, なり久しい, なり余命, なり汽車, なるの, にいる, は幸徳秋水等

▼ なりあらゆる~ (16, 0.0%)

2 ものが

1 [14件] パツシヨンネイトな, 不利が, 信仰と, 困窮の, 妖が, 希望の, 情熱を, 方法で, 準備を, 点で, 美しき女, 苦難の, 金使いを, 陰影や

▼ なりさうだつ~ (16, 0.0%)

111 たが, たの, たので, たらあの, た座敷

▼ なりそこで~ (16, 0.0%)

1 [16件] この富士, ちょうどその, イタリー人の, ルンフォード伯の, 一体どうして一彦ひとり, 何か, 初めて店, 坪井君は, 小使の, 扨夜と, 男女の, 直ちに明日, 私は, 若い人たち, 進行が, 鹿は

▼ なりなど~ (16, 0.0%)

4 して

1 [12件] いう方面, いへるあるを, した, われながら, 云うだけ, 云ひ, 仰せられ御, 吾れ, 思ひつ, 思ひなりぬ, 言わんか, 論辨し

▼ なり一度~ (16, 0.0%)

2 は殼, は飛ぶ

1 [12件] これを, にぱっと, にぷっと, に多量, に揃っ, は怒った, 息を, 臣下の, 読んだ本, 貧困に, 通り過ぎた車, 逢って

▼ なり主人~ (16, 0.0%)

1 [16件] か客, が客, となっ, ともなっ, なりに献上, になっ, に随伴, の体, の勇蔵, の庄右衛門, の物, の許し, の顔, はまだ, もまた, も送っ

▼ なり人々~ (16, 0.0%)

1 [16件] がキャッチボール, が任意, が起っ, その声, の不安, の知りた, の頭, の顔, はまた, は何時, は勝手, は外, は寒気, は波, は陰気, 立ち行くこと

▼ なり~ (16, 0.0%)

4 となり 2 の松吉 1 が帰っ, が父, となつ, に仕える, の一万, の口許, の感傷, の荘六, の裏切り, は本家

▼ なり全く~ (16, 0.0%)

2 伝来の, 死を

1 [12件] こだわりなく, の無籍者, 別の, 勸善懲惡の, 只事では, 孤独の, 暗黒に, 無意義な, 理窟ばかり, 男と, 眼に, 社会外の

▼ なり再び~ (16, 0.0%)

1 [16件] いさかいが, そのとき, その姿, 一つの, 利根川の, 変わって, 大に, 学校へ, 常識が, 愚かなる, 戦術の, 本国に, 純粋の, 軍監を, 雑文や, 雨にな

▼ なり~ (16, 0.0%)

2 八五年に

1 [14件] じき三十日を以て, ナッシディオなる, 七三年に, 三年の, 人中その, 六年天台山菩提樹を, 十一月六日の, 十時十分山麓熔岩上一列に, 十時噴火大に, 十月十三日獄中にて, 天保十三年, 書店版の, 期間の, 雑誌第

▼ なり国民~ (16, 0.0%)

2 は常に, 再組織

1 [12件] なりの側, の大, の幸福, の文学, の理想, の精神, の自, は働く, は始め, は断じて, も兵士, を一体

▼ なり~ (16, 0.0%)

3 になる 2 の盛り

1 [11件] が過ぎ, となり, とは違った, には氷屋, の夜, の日, の朝凉, はしば, はポタポタ, は秋, は閑

▼ なり我が~ (16, 0.0%)

2 越后にも

1 [14件] 一家を, 中村屋も, 儘に, 党は, 受け納, 国家として, 心の, 想思の, 物なれ, 眼の, 聚美の, 薄井の, 財なり, 購ひ来し

▼ なり~ (16, 0.0%)

2 となっ, は間

1 [12件] が因, たること餘, つべ, は唯, は彼, は独言, は田辺, は薄, は蘇民将来子孫, は雑事, もなく, るまで

▼ なり江戸~ (16, 0.0%)

2 にはいまだ, へ呼寄せ

1 [12件] から建具屋, では非人, で療治, になつ, に出, に来, へいで, へ出, へ帰っ, へ帰った, へ朝聘使, へ歸つたの

▼ なり~ (16, 0.0%)

2 の底, 燃えぬ思ひ乱

1 [12件] が山, で水祓, と陸, には砕ける, のむこう, のよう, の中, の水, はますます, はアフロヂテ, ばたま, 燃えぬ思ひみだるる人

▼ なり社会~ (16, 0.0%)

1 [16件] が受けたる, なりから浮浪民, なりの罪, なり有志, にあ, にあり, にもかえって, の交際, の交際法, の前, の勤労, の改革, の秩序, の風俗, は生存競争, を離れ

▼ なり終に~ (16, 0.0%)

1 [16件] あまり大きく, その望み, 今日の, 其北夷の, 初の, 十間内外と, 地保の, 大利根川と, 幸福を, 東羅馬帝国並びに, 根曲り, 父に, 現行の, 白雲の, 空中に, 開城する

▼ なり部屋~ (16, 0.0%)

2 の中

1 [14件] から出る, で, のうち, のなか, の壁, の女中, の連中, はしん, は明るく, へはいっ, へ一人, へ帰っ, へ駈けこん, を出

▼ なり~ (16, 0.0%)

2 に汗

1 [14件] がふけ, つきなり押, に凄い, に手, に油汗, に玉, に青筋, の下, の毛, の皺, は筋, も多く, をあげ, を拭き拭き

▼ なり~ (16, 0.0%)

1 [16件] などを撫でられ, の根, の油, は一本一本, は文金帷子, ふりみだして, もきれい, も乱れ, も少なく, も眉, も髭, も黒く長く, を切らされた, を剃ろさせ申すなれ, を梳い, を解い

▼ なり~ (15, 0.0%)

1 [15件] が上, だ, だってそこ, だって云う, な, なたの, なの, はかつて, はこころみ, は人, は子規子生涯, は精神, は薄き, は酸き, をいかに

▼ なりたま~ (15, 0.0%)

42 ひて 1 から神さま, にはお, に思い出し, ひたる上, ひぬ, ふまじき, へそして, へり, へ君

▼ なりみんな~ (15, 0.0%)

1 [15件] がうろうろ, がそれぞれ, が幹太郎, が気, が眠つたの, が眼ざめた時, が自室, でにぎやか, の視線, はあおむけ, は何, を赦し, 働いて, 帰って, 読んで

▼ なりもし~ (15, 0.0%)

1 [15件] これを, その度, それが, それ全, 余に, 強て, 必要なる, 或兇漢, 戦国の, 熱心が, 田を, 自身の, 花なく, 親子でなかったなら, 馬琴の

▼ なり三人~ (15, 0.0%)

1 [15件] が学校, でまた, で世間, で扇ヶ谷遠征, になり, の伊太利人, の家族, の忠節心體, の息づかい, はお, は夜々, は好い, は捨てぜりふ, は昔風, をいそがしく

▼ なり~ (15, 0.0%)

1 [15件] がふるえ, がもち, がよわく, が引き戻される, が震えた, にも利い, のしんどい, の苦痛, までひと, も丈夫, をふるわせる, を楽, を離れ, を露出, 駆は

▼ なり手足~ (15, 0.0%)

2 の力

1 [13件] がやせ, がよく, が利かなくなる, が生前, が脱落, となっ, の筋, はしびれきっ, はもう, は痩せ細り, は発条, は鎖, をしばられ

▼ なり~ (15, 0.0%)

3 のよう 2 は女性 1 しとは, に歸, に返, のやう, のルーヴィエ島, の微行, の美しい, の話, より厳か, わが子供

▼ なり~ (15, 0.0%)

2 に帰り, 性格な

1 [11件] に歸, 刀流の, 宙で, 實の, 慚の, 所有無取なる, 漏の, 関心と, 關心にな, 際限の, 頓著な

▼ なり~ (15, 0.0%)

5 非なり 2 もつて怪 1 が面白, その中, な泊ること, の乗りこむ, の役に立とう, もすすめ, 自分の, 非なりとい

▼ なり種々~ (15, 0.0%)

2 御指導

1 [13件] とお, なる形, な建物, な点, な臆測, の事件, の取, の噂, の戦時医学, の誤謬, の遊星, 交渉の, 旅行の

▼ なり~ (15, 0.0%)

1 [15件] が咲き, が咲く, となり, なり, に戯れ, のベニス, の便り, の将軍, の座月, の蕾, はメダケ, は花, は茲, をつくる, をつけた

▼ なりいろいろ~ (14, 0.0%)

1 [14件] お考え, かんがえたすえ, たずねて, とお, とめづらし, と色盲, な場合, な附會, の話, ものを, 分析研究し, 書き足したもの, 考えました, 話しかけ且つ

▼ なりけむ~ (14, 0.0%)

2 漫々たる

1 [12件] これも, その顛末, わが入りし, わが目, 我年長け, 暫し目, 母上の, 火箸横に, 知らねども, 米原彦根湖見ゆる, 肌を, 風雨や

▼ なり~ (14, 0.0%)

2 うといふ

1 [12件] じょうだんのように建, ォーッご, 上人様を, 判断なりを, 参考に, 承引あそばされぬ, 療治なさる, 相談にも, 研究に, 自分の, 自分は, 自分自身は

▼ なりすなわち~ (14, 0.0%)

1 [14件] その子, それが, それは, 主人の, 八厘方格安と, 各結婚, 圧制政府の, 外に, 悪口を, 我再び, 永遠の, 蛸と, 行政において, 見畏

▼ なりそれで~ (14, 0.0%)

1 [14件] いよいよ当日, けんかは, そこは, 一寸消える, 上の句が, 作品を, 全課程, 初めてやっと一束, 幾らかの, 江井の, 皆元の, 紙を, 自ら慰める, 趙家の

▼ なりでも~ (14, 0.0%)

3 すると 2 するやう 1 いいじゃ, したと, して, するよう, ひとが, 何でも, 既に以前, 沁, 私が

▼ なり両手~ (14, 0.0%)

1 [14件] が汗ばん, そろえて, そろへて, たたか, で口, で鉄砲, に顎, を, をきゅっと, をもっ, を寝台, を痛々しく, を突き, を組合せ

▼ なり僅か~ (14, 0.0%)

3 なる人目 2 に唯, に威勢 1 ずつでも届い, にその, に文筆, の知合, 一日の, 二十日ばかり, 四五年の

▼ なり先生~ (14, 0.0%)

2 を他国

1 [12件] になっちまう, にも父親, に綽名, のため, のよう, の様子, の道, はすまし, はなはだ労苦, は一日僕, は君子, は荘重

▼ なり大きく~ (14, 0.0%)

2 なつて

1 [12件] つくった鶏小舎, なったと, なって, なってる赤毛, なり希望的, なり所謂収縮, みひらいた眼, 右へ, 延びた奴, 瞠い, 育って, 見えて

▼ なり学校~ (14, 0.0%)

1 [14件] から出, が嫌い, では世話, というもの, となり, にストライキ, の二階, の井戸, へはだれ, へは行かれない, へ上る, へ行かね, また武, をお

▼ なり~ (14, 0.0%)

2 になり, の頬 1 と前, にあった, になりし, に乗る, は男體山, は草深い, へ曲っ, へ行き, りとても, りながら

▼ なり~ (14, 0.0%)

1 [14件] からわし, から山, から苦情, となつ, と共に栄え, に入, の人, の昔, の生活, へむかっ, へ帰っ, へ沢山金, まで用, 告げて

▼ なり次いで~ (14, 0.0%)

1 [14件] これに, は人, 一八五五年に, 切組とは, 嘉永二年に, 晴れやかな, 東亜連邦と, 海の, 独逸国内に, 睡くなった, 義経と, 衰えそして, 陸軍大臣に, 青帽に

▼ なり次第に~ (14, 0.0%)

1 [14件] その範圍, は僕ひとり位, 一身に, 吐く息, 増長し, 強い降り, 恐怖を, 死滅する, 病的に, 相続し, 私は, 自分の, 面の, 食慾も

▼ なり~ (14, 0.0%)

3 の上

1 [11件] だけになつ, となっ, とならなけれ, となり, となる, にも白菊, の調子, は前, ばかりでなく, も出, を歌つて

▼ なり~ (14, 0.0%)

2 のよう, の上 1 となっ, となった, になり, の奪, は浮い, は海豚, も鎔す, を置いた, 投げが, 走る滴りの

▼ なり結局~ (14, 0.0%)

1 [14件] その内容性, だんだん静観派, ちぢくれて, なくなったらしい, においてかえって, はその, はやっと, は女性, は東亜, は王覇, まあ, やめるに, 実際に, 逃げる路

▼ なり~ (14, 0.0%)

2 が直ぐ

1 [12件] が赤く, だけあけ, に聞える, の中, の奥, の遠く, の鼻, はつったち, も聞えず, を掩, を樂, を用

▼ なり若し~ (14, 0.0%)

1 [14件] この瞬間, 一貫したる, 事業を以て, 人如實に, 力と, 又泣かず, 又高等, 古人の, 奈保子の, 女が, 後世の, 此考察に, 美の, 誤らば

▼ なり行き~ (14, 0.0%)

2 は推する

1 [12件] だと, であったため, なれた侍, に任せ, に任せる, のまま, を予め, を傍観, を簡単, を考へさせられた, を見, を詳

▼ なり近所~ (14, 0.0%)

2 の空家

1 [12件] に奉公, のかみさんたち, のひと, の人々, の家々, の待合, の百姓たち, の芸妓屋, の衆, の長屋, へ配給, をしらべ

▼ なり非常~ (14, 0.0%)

1 [14件] な努力, な危険, な興味, な速, な高速, にお, に困った, に恨み怒られ, に損, に疲労, に美しい, に興味, のこと, の容態

▼ なりいずれ~ (13, 0.0%)

2 にせよ

1 [11件] か日, にし, は行き着く, もけっして, もよい, も婦人, も宮方, も小型, も流れ, 勘当を, 帰って

▼ なりいつも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あいその, こんにゃくを, しずかな, ならもう, の時刻, の癖, の表面的, 何かを, 失笑を, 泣いたり, 眼や, 私が, 開いて

▼ なりすべて~ (13, 0.0%)

1 [13件] が疑問, において一番, に下品, のこと, のジャコウネズミ, の事態, の役人たち, の意識, の挙動, の毛孔, の設備, 掛け買い, 馴れるフレッシュネス

▼ なりため~ (13, 0.0%)

1 [13件] にもなる, に人口, に他, に多く, に夜, に大, に彼, に彼ら, に純粋, に色街, に貧弱, に貴重, に金

▼ なりつい~ (13, 0.0%)

2 話しかけられると

1 [11件] うかうかと, こういうこと, さっきの, ふら, ウカウカと, バスルームの, 先だって研究を, 夢心持に, 書くこと, 科学の, 空腹の

▼ なりとても~ (13, 0.0%)

1 [13件] この世界, 今の, 僕など, 放す見込み, 歩ける筈, 気持悪し, 洗濯を, 見られたざま, 親子四人, 話対手には, 辛棒なり, 頭が, 餘り

▼ なりなにか~ (13, 0.0%)

1 [13件] あると, いおうとして, くだを, したり, それに, と物不自由, と玉井家, わけの, 云おうと, 云って, 喋言ろうと焦れ, 手荒くガタピシ, 遠く後方

▼ なりほとんど~ (13, 0.0%)

1 [13件] 人を, 偶像の, 共和派と, 半狂乱, 友だちに, 彼の, 掴まれること, 歩むこと, 毎年数週ないし, 毎晩社會問題の, 気を, 熟睡の, 遊びに

▼ なりますます~ (13, 0.0%)

2 独学に

1 [11件] やさ, 一般の, 元気づい, 吹きつのる風の音, 固くなった, 巧みの, 栄えるであろう, 沈欝に, 百貨店の, 細民部落と, 自暴自棄に

▼ なり今度~ (13, 0.0%)

1 [13件] の戦闘, の酬, はいくら, は京橋, は何, は帝国大学, は往路, は支那浪人, は普通, は立派, は表, は香油, は高

▼ なり~ (13, 0.0%)

1 [13件] だ, だつた, である, であるが, なこと, なの, なので, なのに, な二十七, な平次, な時, になった, の平次

▼ なり太陽~ (13, 0.0%)

2 の光

1 [11件] が天, が海, が華々しく, が西北, で焼かれる, との間, の子, はその, は光, は卵, は少し

▼ なり~ (13, 0.0%)

3 は三界 2 を生み 1 となった, ねこと, は商業, をさして, を持つ, 帥い, 曰く百日の, 熊の

▼ なり広く~ (13, 0.0%)

3 人丈に 2 開いて 1 なること自身, なるに, もなり得る, 全国各地を, 分布し, 大衆化した, 用ゐられ, 社会の

▼ なり~ (13, 0.0%)

2 でも読む

1 [11件] と文, など読む, の間, やペン, を一ヵ月, を読ん, を送る, 來眞なる, 居宣長の, 月十日の, 阿弥光悦とか

▼ なり東京~ (13, 0.0%)

1 [13件] から人, から送, から逗子, ではじまる, に居っ, に流れ込ん, に猫八, のもの, の人, の大学, の子, の流行, へ来

▼ なり次第~ (13, 0.0%)

2 に帰ります, 或雑誌社 1 あのかた, すぐまた, で病悪, と思っ, になった, の速力, 別れるという, 受け出すつもり, 罷めるはず

▼ なり精神~ (13, 0.0%)

2 は自ら

1 [11件] なき形式美, なりが出, にしみ透る, に精彩, の保養かたがた寄宿舎, の枯, の自由, も老いず, より自然, を安靜, 高く緊張

▼ なり~ (13, 0.0%)

2 の肉

1 [11件] から口, がこけ, がふくれ, が熱く, といわず, にも紅い, の赤み, はひっきりなしに, も思わず, や鼻, を赤く

▼ なり~ (12, 0.0%)

31 なり, ふの, ふ女王, めそは, めや, らし, んと, んを, ッと

▼ なりこう~ (12, 0.0%)

2 なり間に合い, なると 1 すれば, なりして, なりしてこ, なり二十年, なり曲りなり, なり自己完成, な者, まで完全

▼ なりそれでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] あきらめずに, このシツフレ, ってやっと, って当分お腹, って赤猪子, はやる心, ようよう畜舎, 何だかうしろ, 外が, 島さんの, 笑いが, 籬垣は

▼ なりつまり~ (12, 0.0%)

2 武芸者も 1 はすな, は日本文化, ツネは, 全身から, 土に, 御手軽, 既に軍医, 泣きやすく, 自愛に, 舞台に

▼ なりとい~ (12, 0.0%)

5 へり 21 はむこと, はむは, へいかで, へどうけ, へどもわれら

▼ なり~ (12, 0.0%)

1 [12件] お入れ, すえられた, 下るの, 入って, 来た若い, 登るの, 行くつもり, 言って, 言つ, 走って, 運ぶ順序, 飛んで

▼ なりもの~ (12, 0.0%)

1 [12件] おどし, が言える, で様々, で見えなかった, ともいう, によって純粋, の感じ, の考えかた, も云はず, や野菜, をいい, を言う

▼ なり一種~ (12, 0.0%)

1 [12件] の, の信仰, の叙情的, の寛容, の怪談味, の憔悴, の物質, の病気, の私有, の超然たる, の魅力, 漠然たる不安

▼ なり~ (12, 0.0%)

1 [12件] がわに, 六波羅の, 奉行の, 火が, 眼の, 眼は, 肘を, 腕が, 腕に, 腕を, 袖を, 軍勢揃いし

▼ なり事業~ (12, 0.0%)

1 [12件] としては然, とは形体的, とは活溌, と宗教, なりが葉子, なりに自分, の結果, は事業, は人間, は正義, も中止, を以て自ら任ずる者也

▼ なり二つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] だけは出来た, なぐり返した処, なり啼き連, には又, には将軍家, には自身安心, のシルエツト, の呼吸, の眼球, の耳, の道, 続けて

▼ なり今や~ (12, 0.0%)

1 [12件] かくの, ふら, また元帥キッチナー, 大事に, 大佐は, 學界は, 家宝を, 早く十三年前, 時速四千五百キロの, 最期と, 議會に, 選ばれて

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 の眼 1 にも左, に付死骸, に左, の手, の睛, の者, の肩, の金子, は電車, へ飛ぶ

▼ なり~ (12, 0.0%)

1 [12件] つ御, には我等星, に対しての奉公, のなせ, の化育, の成せ, の照鑑, はすなわち, は宗教, は自己, も地, より降り

▼ なり夫人~ (12, 0.0%)

2 の手 1 に寄り添っ, の仕事, の命, の居間, の歿後, の気持ち, はいま一人, はその, をお, を脅迫

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 のお, は婚約中 1 から顔, が猫イラズ, なり娘, に較べ, は又, は昨春丈夫, は看守, を片付けれ

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 となり 1 となります, となる, とも思う, の方, の春枝, はその, は小, は近く, や弟, をやっ

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 れの 1 が光, が宗族, が身, の目, は逃げれ, も亦, れが, れに, れを, れ人

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 がのなり 1 が小鳥, が椿岳, となり, の爲, は上野, は十三, は泥坊根性, は目, は電信技手, も事情

▼ なり思わず~ (12, 0.0%)

1 [12件] あと, がくり, わー, 刻の, 叫びごえ, 抱き緊め, 未練がましくいった, 洗面所から, 肩を, 膝を, 襟をか, 頭を

▼ なり我輩~ (12, 0.0%)

2 の所謂, の聞く, は必ずしも, 豈に, 豈一 1 は当時, は當時

▼ なり時々~ (12, 0.0%)

2 グラウンドに 1 いかだの, はじろじろ, は無作法, ションボリと, 冗戯が, 溜息を, 疾走する, 白い霜, 真佐子の, 立ちどまつて

▼ なり最も~ (12, 0.0%)

2 中也と 1 よき代弁者, 下に, 卑俗な, 卑近なる, 大切な, 性格的と, 深遠に, 自分に, 適当な, 面白かった

▼ なり~ (12, 0.0%)

1 [12件] がお, が大嫌い, が嫌い, が随分, が鳴り出した, じゃあどう, とお, とか云っ, とか殿, はない, は一つ, も京訛り

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 が出 1 がじっとり, が流れ, が滲ん, しきり, に蒸れた, はでる, は粘く, ばかり拭い, びっしょりです, を拭く

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 のひ 1 がうちこん, がどんどん, が寄せはじめ, に浮き, の山, の穂, の遠音, は無し, より波, 立てる海

▼ なり相手~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, さえあれ, には殆, の十分の力, の友情, の女王, の来歴, の気にいり, の首, はもう, よりケ, をし

▼ なり私たち~ (12, 0.0%)

1 [12件] お傍, にいろんな, のため, の年頃, の方言価値論, の様子, はかえった, はただ, はまた, は近所, もお供, を溺らし

▼ なり~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるもの, となる, なき者, のつぐない, の宣告, の覊絆, もけがれ, もない, を作った, を忘, を犯し, 最も重し

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 の上 1 がくずれ, がガタガタ, に手, のあたり, のあたり和, の手, をぽん, を富岡, を折り, を抱え

▼ なり自由~ (12, 0.0%)

1 [12件] という感情, なし, なるもの, になっ, に出入り, に手紙, に揉まれ, に牢内, に筆, に表現, の理明らか, はうばわれる

▼ なり若い~ (12, 0.0%)

1 [12件] サラリーマンの, 亢奮した, 人たちも, 士官の, 女房から, 娘は, 巡査は, 弟子たちや, 者にとっては, 者の, 連中を, 頃には

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 となっ, となり, となろう 1 が花, が茂る, となりました, になった, の着生, の縁

▼ なり長い~ (12, 0.0%)

2 間の 1 ことそう, 尻尾が, 山系を, 山論も, 航空には, 間お, 間子供達の, 間甲板に, 間降りつづいた, 間黙つ

▼ なり~ (12, 0.0%)

2 になっ, になり, の光 1 が没すれ, が高く, となっ, なたと, になりし, のある

▼ なり~ (12, 0.0%)

1 [12件] が折れ, が折れたらしい, が砕け, ともなり, になり, のない, の折れる, も凍る, も肉, を折っ, を異域, 立った肩

▼ なり高い~ (12, 0.0%)

1 [12件] ところから, ものでなけれ, よこ, バルコニイと, 一丈ほども, 坂と, 文化の, 木の, 煙突から, 熱が, 者も, 雲の

▼ なりああ~ (11, 0.0%)

2 余は 1 いやだ, そうです, でもない, 云う大きな, 岳神大慈大悲我らに, 恋なり, 明日よりの, 机竜之, 浅墓

▼ なりおまけ~ (11, 0.0%)

1 [11件] にあの, にいくら, にひどい, にりっぱ, に一方, に不安, に向う, に果物圃, に生き生き, に隣地, に風

▼ なりがたき~ (11, 0.0%)

3 事も, 仕組みも 2 此あたりの 1 このあたり, は泥草履, 節も

▼ なりこちら~ (11, 0.0%)

1 [11件] からはもとより, から降服, なりを噛, に対, のお, の敵意, の米価, の肚, は一中, は倦怠, へおいで

▼ なりさて~ (11, 0.0%)

2 約束せられし 1 こそ大日平, こそ連れ立っ, こそ頼母, この頃, その解したる, みなみな申す, 一旦大将, 予は, 思い出しました妻

▼ なりしかし~ (11, 0.0%)

1 [11件] いくらでもミレン, すぐ元, その理屈, その述, それだけまた, まだ早し, 其を, 処女は, 弥吉が, 結局先生を, 陽気さを

▼ なりじっと~ (11, 0.0%)

1 [11件] わたしの, 三十郎を, 向ふ, 坐って, 寝息の, 平八の, 照準を, 目を, 耳を, 足もとを, 鏡の

▼ なりそれだけ~ (11, 0.0%)

1 [11件] テンポも, 余計に, 値の, 商品を, 日本が, 生活費が, 自然の, 自覚も, 苦しい, 親しみぶかく, 遊覧の

▼ なりそんな~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことから, ことだ, ことは, たよりかたは, ところに, ところへ, 所から, 男が, 迷いも, 風ではと, 風に

▼ なりです~ (11, 0.0%)

2 か, こと, よ 1 あなたが, から私, ことねえ, な, わい

▼ なりどうか~ (11, 0.0%)

6 すると 1 して, 丹三さんと, 火に, 都合よく, 長くここ

▼ なりにも~ (11, 0.0%)

4 ふりにも 1 にあわぬふてえやつ, 何だか女らしい, 感情にも, 振りにも, 櫛の, 生活にも, 言へる

▼ なりひいては~ (11, 0.0%)

2 ここで 1 この江戸, 争論の, 人生を, 何かと, 印刷機械を, 源頼朝の, 画壇の, 自分自身にも, 谷間に

▼ なりほか~ (11, 0.0%)

2 の蛙 1 にも三柱, に二人, に往来, のこと, のもの, の一切, の方たち, の民族, の話

▼ なりまっ~ (11, 0.0%)

31 さか, さらな, するで私, せん, せんたい, せんケニ一番恐ろしい, せ今日, 赤な

▼ なりゆえに~ (11, 0.0%)

4 国民論派は 1 その命令, わが国ヤソ教を, 余は, 国家論派は, 教派的の, 日本も, 日本国と

▼ なりようやく~ (11, 0.0%)

1 [11件] その一端, 人民の, 元気を, 十五歳に, 小日向の, 引返しました, 捜しあてたもの, 混乱から, 私が, 終電に, 解決を

▼ なりわたくし~ (11, 0.0%)

2 がお 1 がお話し, などは木彫, に声, はそれ, は小者一人, は艦, も早く, を見つめ, を長谷

▼ なりわたし~ (11, 0.0%)

1 [11件] があんた, と国男, と小さい, に害, の不幸, の収穫, の身体, の銃先, は先便, やおまえ, をし

▼ なり~ (11, 0.0%)

2 には正義人道 1 にすねた, の主, の人, の寶, は我, は終に, をせばめ, 豈事, 降つて桃

▼ なり初めて~ (11, 0.0%)

1 [11件] いた, から折々, モデルを, 完全に, 完成した, 居た彼, 田代川, 知りぬ, 自分の, 舞台へ, 豊臣姓を

▼ なり前後~ (11, 0.0%)

2 の連岳 1 して, になっ, の事情, の敵, の考え, も出来る, も知らず, も考え, を忘れ

▼ なり~ (11, 0.0%)

2 に心, へ出 1 から盗人, に十人扶持, に城主, に当, の先生, の料理, 堅きが

▼ なり天下~ (11, 0.0%)

2 の勢, の勢力 1 に鳴り響く, の人, の王者, の諸侯公卿, をここ, を統一, 再び大乱

▼ なり姿~ (11, 0.0%)

5 なりが其 1 となり, なりそれ, を虚無僧, を見せない, を隠し, を隠す

▼ なり戦争~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすんだら, となっ, となり, となる, などは全く, になつ, の原因, の日, の目的, の社会, は大体持久戦争

▼ なり~ (11, 0.0%)

1 [11件] いそれ, だと, った卒業生, った奴, った小栗, つた, な, なつた彼, なつた批評家, も今, をする

▼ なり新しい~ (11, 0.0%)

1 [11件] お直衣, ものに, 上衣は, 主神に対して, 人が, 傷跡が, 勤口などを, 所では, 方向に, 科學の, 線そして

▼ なり既に~ (11, 0.0%)

2 して 1 この程英吉利の, シェークスピアの, 世の, 二三人の, 全國, 其御侍士が, 冬や, 吉原には, 四十年間毎朝冷水を

▼ なり果ては~ (11, 0.0%)

2 主人の 1 その真, 凡ゆる侮, 対立の, 成年期にまで, 最愛の, 浴場そのものまで, 満堂総崩れで, 爆撃で, 絶望的破壊的な考へ

▼ なり爾来~ (11, 0.0%)

1 [11件] また幾年, また種々, 七年の, 内閣の, 大坂城代と, 妖怪を, 姿を, 浅田は, 私と共に, 親しく交際, 雲竜寺和尚は

▼ なり~ (11, 0.0%)

2 のよう 1 なり, にもなり, の声, の方, は戸, は犬, や鶏, よりも可愛く, を殺した

▼ なり白い~ (11, 0.0%)

2 眼を 1 ものを, ものチラ, 処は, 天井の, 巌壁から, 蝙蝠ほどの, 蹠を, 顔が, 髯が

▼ なり~ (11, 0.0%)

1 [11件] からちぢまる, が足, なども張っ, なり背, には僅か, に濡手拭, のところ, のはる, ばかり張つて息, も骨, をはずした

▼ なり自己~ (11, 0.0%)

1 [11件] に取, に適した, の, の力, の微粒子, の父母長上, の血肉, をわするる, を信じきった, を脱, 又は個性

▼ なり芸術~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこの, としての価値, となつ, と生活, なりにたずさわっ, なりを自分, にやしなわれ, に親しめ, の光栄, の為め, は現実

▼ なり~ (11, 0.0%)

2 も両方 1 っ原, なり野, になり, の下, の中, はこれ, は兵, は草, も枯れる

▼ なり~ (11, 0.0%)

1 [11件] が浅く, となった, と峡谷, のどんづまりの, の屈曲, の隅, は狭く, もいくつ, を作り, を覗け, 深く桟危く

▼ なり身体~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなよなよ, が宙, が疲れ, に似合, の動き, の周囲, の四方, は段々, は疲れ, は綿, も達者

▼ なり食事~ (11, 0.0%)

2 も入浴 1 が終っ, する外人, のあいだじゅう眼, の量, もすすまぬ, もする, もせず, もろくに, もビクター

▼ なり~ (11, 0.0%)

2 に角 1 が何頭, になり, のどの, の前後, の爲, の蹄, は姫, も売り, を愛づる貴公子

▼ なり高く~ (11, 0.0%)

2 なつて 1 かかげて, なり淫ら, 上って, 上つてゐた, 匐ひあがつ, 昇って, 評価され, 評価する, 飛ばんため

▼ なり~ (11, 0.0%)

1 [11件] から青提灯, がしら, が尖り, が聳え立っ, ぐらいな差, になり, の奥, の孔, の穴, は穴, は顔

▼ なりいかにも~ (10, 0.0%)

1 しての, なやましそう, 住みにくく, 困ったという, 家主的風格を, 忙しそう, 様子あり, 次郎の, 汝は, 苦しさ

▼ なりいくら~ (10, 0.0%)

2 拭いても 1 かでも収入, かのんびり, かの手持, か崇拝, か有益, か残っ, ガス噴射を, 焦って

▼ なりかなり~ (10, 0.0%)

1 なもの, な心配, に荒れ, の収入, はなり, 人々が, 烈しく痛む, 純な, 遠い湯屋, 風俗を

▼ なりかの~ (10, 0.0%)

1 僕秀府の, 六条の, 墻を, 大膳大夫に, 女に, 女の, 女は, 悪夢は, 球においてのみ, 貴紳豪客が

▼ なりがたい~ (10, 0.0%)

1 であろう, では, というところ, と思っ, のであった, のは, のを, ふうで, 状態であった, 者でござる

▼ なりけれ~ (10, 0.0%)

21 ばいつ, ばうれ, ば京, ば今彼, ば切め, ば此段上聽, ば狂歌, ば院

▼ なりそういう~ (10, 0.0%)

1 ものの, 作家としても, 個性に, 傾向の, 山を, 意味の, 気持が, 点に, 関係から, 雄々しいやさしさ

▼ なりそのうち~ (10, 0.0%)

1 いちどメリーを, いつか歇んで, また病氣, 二度は, 何時か, 彼女と, 焼けて, 牧野さんは, 玄関を, 行方さえ

▼ なりたけ~ (10, 0.0%)

1 いいの, おとなしい若い芸者, はお客様, まあ大事, 入らないよう, 早いとこ, 早く帰りたい, 早く弟, 読ませないやう, 読みやすい

▼ なりとぞ~ (10, 0.0%)

3 いふなる 1 云々, 今現に, 其頃海賊二人召捕れ, 建築も, 是れ, 然るに其日馬喰町, 阿部勢州又

▼ なりともかく~ (10, 0.0%)

2 人間と 1 おのが, この問題, も人間, も父親たる者, も首, 交際させ, 史料を, 遊んでばかり

▼ なりはては~ (10, 0.0%)

1 これに, その語, をり, 上半身を, 十にも, 妙法院御所へ, 消えて, 自分から, 自分達の, 雑事までも

▼ なりまず~ (10, 0.0%)

2 その書名 1 そこから, 三の宮の, 小口から, 左それから, 新年の, 食物の, 食物を, 骨を

▼ なりやすかっ~ (10, 0.0%)

72 たの 1 たよう

▼ なり~ (10, 0.0%)

1 からざあっと水, からじっと, って了, になり, になりし, の三人, の海, の窓框, は天文地理, は果物置き場

▼ なり~ (10, 0.0%)

1 ある毎, あれば, なり出して, の成り行き, はさらに, は瑣末, を好む, 無き時, 皆志, 破れば

▼ なり事件~ (10, 0.0%)

2 はそれ, は迷宮 1 が人生, が段々, と場面, なりを如実, のこと, を昏迷

▼ なり二年~ (10, 0.0%)

6 の後 2 なり何時 1 の予定, ほどし

▼ なり~ (10, 0.0%)

2 人類と 1 からざること, 世界は, 世界を, 市民が, 村には, 篇を通じて, 軍作戦の, 農家が

▼ なり初め~ (10, 0.0%)

2 は緑色 1 から私, たの, には裁いた, の墨膜, の疑問, は店, は民衆, は諸所

▼ なり吾人~ (10, 0.0%)

1 が肉, の心中, の関する, は其の, は其当時, は国民たる, は極めて, は生, も亦, を迷路

▼ なり~ (10, 0.0%)

1 したるのち, して, には高, にゆきたくなる, の身, の里, の関, の關, はしばしば, をもらった

▼ なり座敷~ (10, 0.0%)

1 が暗く, では三味線, では相談, などへもしも, にぎごち, には病人, のもの, の女たち, の障子, や泉石

▼ なり強く~ (10, 0.0%)

2 なって 1 なつて, ならなければ, なるの, なるもの, なれる人間, 吹きつける寒い, 本領として, 胸を

▼ なり~ (10, 0.0%)

3 の光 1 が出, が天上, が白く, になっ, のない, は附もの, を眺め

▼ なり~ (10, 0.0%)

1 から晩, から焼酎, とく来, には雲, に穴, の黄ろ, はいつも, は送る, 起きて, 起きるにも

▼ なり漸く~ (10, 0.0%)

1 人目を, 佐賀町の, 力を, 敵に, 暖し, 神としての, 自分の, 舟人に, 鎮火致しました, 開始

▼ なり狼狽~ (10, 0.0%)

4 した 2 した調子 1 したやう, したよう, して, の極

▼ なり~ (10, 0.0%)

1 のま, の後, の歓び, をこの, 不動の, 也全機現, 命がけで, 恥を, 汗が, 転じて

▼ なり結婚~ (10, 0.0%)

2 した 1 して, してから, しようと, するまで, するもの, となっ, に対しても職業, まで生存

▼ なり~ (10, 0.0%)

1 がひえる, でもまげる, に戒刀, のまわり, の木鞘, をおとさず揉み合っ, をかけ, を上げなかった, を低く, を充分

▼ なり自殺~ (10, 0.0%)

2 したお 1 したかも, するという, する女, だと, となり, となるなり, の気ぶり, を図つた男

▼ なり~ (10, 0.0%)

1 が光, が変っ, が白く, となる, どられて, の好い, の黒き, はいよいよ, もいよいよ, を変え

▼ なり~ (10, 0.0%)

2 となり 1 となる, にかざる, に忠義, の間, は直ちに, へ走り出た, 合と, 庭の

▼ なり~ (10, 0.0%)

2 を持上げ 1 から胸, がよじれた, の折れる, の骨, は見苦しく, をすくめ, を両手, を掻こう

▼ なり~ (9, 0.0%)

2 われにも 1 がつて, こうの, しなかった, たくし, たまは, はよく, ほだら経

▼ なりいきなり~ (9, 0.0%)

1 そこへ, ハンケチで, 彼女の, 昌さんの, 相手の, 立ちあがって, 老人の, 自分の, 顔を

▼ なりさき~ (9, 0.0%)

6 になり 1 にお, になっ, になりし

▼ なりしきりに~ (9, 0.0%)

1 それを, とりなしを, 可笑しく噴き出し, 咳を, 手を, 書類を, 海面を, 理屈を, 生欠伸を

▼ なりその他~ (9, 0.0%)

2 のこと 1 お役所, どんな微か, の売上げ, の話, の諸, の賤民, も種々

▼ なりての~ (9, 0.0%)

3 勉強せ 1 お指圖, たまふ, はなし振り気に, 後に, 心得は, 見えの

▼ なりなん~ (9, 0.0%)

1 だと, でもかでも百般, なりどっさり, にし, に何, のこ, のこと, の遠慮, も知られず

▼ なりやすく~ (9, 0.0%)

1 しからざれば, しなければ, そうしたもの, そこに, てよかろ, ない, なって, 小児は, 時や

▼ なりより~ (9, 0.0%)

1 て日本, 喜ばしいもの, 多く水気, 多量の, 大きい集団, 少い出費, 散文的に, 有用な, 高度な

▼ なり~ (9, 0.0%)

3 づかの 1 あっ, だのさ, ちへ, とみとなとり, ひを, 僧は

▼ なりわざと~ (9, 0.0%)

1 こうしたなり, 三味線を, 大声に, 最後の, 眼に, 細長い丸木舟, 終りを, 見つめるだけ, 驚いたやう

▼ なり一層~ (9, 0.0%)

1 しぼんで, 人を, 偏執に, 困難せり, 悲しく沈む, 支那語の, 朗吟的と, 獲やすく, 胸が

▼ なり一時~ (9, 0.0%)

2 は面白い 1 その地方, に上村松園, に俗念, に殺到, はとても, は相当, 睦まじき家庭

▼ なり世の中~ (9, 0.0%)

1 がいや, が人間, が嫌, が萎びかかっ, に亡夫, の一部分, の尊敬, は藤原氏, もかわっ

▼ なり~ (9, 0.0%)

2 體の 1 となり, に今戸橋, に仕える, 果と, 殺しとか, 殺しの, 體は

▼ なり人生~ (9, 0.0%)

1 の享楽品, の失敗者, の姿, の寂しい, の戦争, の肉体, はこんなに, は彼, をいひ

▼ なり人類~ (9, 0.0%)

2 の歴史 1 が或, だけを特別霊妙, なりの一つ, の仇敵, の敵, の最初, の目的

▼ なり仕事~ (9, 0.0%)

1 が無くなる, が続けられぬ, にばかり熱中, に坐る, のみ面白し, はなお, をつづける, をやめ, を終える

▼ なり他人~ (9, 0.0%)

1 のため, の世話, の信用, の心持ち, の感情, の苦しみ, もそうした, をも不幸, を議する

▼ なり何事~ (9, 0.0%)

3 も母親 1 にも改良熱, にも賛成, もケチ, も手, も自分, も面白く

▼ なり何処~ (9, 0.0%)

1 かの, から不浄, か同人雑誌, で暮し, へなり行きます, へなり行っ, へ行っ, へ遁ぐる, までも生命

▼ なり~ (9, 0.0%)

1 が空, となっ, となる, と動力, なりと真個, なり愛, の方, や, を増し

▼ なり全身~ (9, 0.0%)

1 がぶるぶる, が一, が熱く, が粟立った, で嫌悪, に快い, に軽い, はがたがた, を神経

▼ なり凡そ~ (9, 0.0%)

2 此類の, 生命を 1 人間の, 人類中思慮を, 反對, 是等は, 眼に

▼ なり動物~ (9, 0.0%)

1 となり, なりの, なりの心臓, なりを使用, なり植物, の社会, はまた, は牛, は繁殖力

▼ なり向う~ (9, 0.0%)

1 で病気, に一, の人, の山, の方, の空, の隅, へあがった, を透視

▼ なり~ (9, 0.0%)

1 なコトパキシ, な正義, 世界三千年を, 其思想の, 怒ること, 感情の, 歴史の, 水なり, 自然は

▼ なり~ (9, 0.0%)

2 だ内閣 1 その事, だ彼, だ譬喩, だ須らく, とほ, 書きに, 見れば

▼ なり大臣~ (9, 0.0%)

2 などでは無能, の夫人 1 として政治家, となった, となつ, になり, にもなる

▼ なり~ (9, 0.0%)

1 なところで, なりまた, な事, な興奮, にしんみり, に下腹, に執拗, に済まな, に静か

▼ なり嫉妬~ (9, 0.0%)

2 だの対立競争意識 1 と怨恨, なり, のあまり, の情, の罰, は婦人, 深くも

▼ なり学問~ (9, 0.0%)

2 も人 1 なり技能, にも武芸, の自由, は事, は沈深, もあり, も身

▼ なり宗教~ (9, 0.0%)

1 ともなる, と政治, なり, なり慣習, に關, の法則, は宗教, は真理, は聖餐

▼ なり師匠~ (9, 0.0%)

1 があんまりがみがみ, がお, とか云っ, なり恩人, に対する彼女, のあだ名, の奴, の門, はその

▼ なり幕府~ (9, 0.0%)

1 では仮, としてはこれ, に対しての不満, の絵師, の裁決, の走狗, の連歌師, も両統迭立, を建て

▼ なり~ (9, 0.0%)

1 から舞台, となつ, にはうら悲しい, の外, の早咲き, の木立, の花の木, の草花, をこっち

▼ なり~ (9, 0.0%)

1 はこの, は無し, ら甘, 太政大臣の, 将軍の, 左衛門尉義盛さまを, 幽谷翁なども, 汝我を, 葛西善蔵氏が

▼ なり~ (9, 0.0%)

2 の切株 1 が少く, となり, に氷花, のかげ, の枝, の根っこ, は梅

▼ なり~ (9, 0.0%)

2 をもっ 1 が頻繁, にのぞん, にも笑, に腐っ, の誘惑, を北海, を恐れない

▼ なり~ (9, 0.0%)

2 には是 1 にはこれ, にもわが, にも和歌会, にゃア女, に少々, に貴, の外大病ゆゑ門弟中

▼ なり決して~ (9, 0.0%)

1 お邪魔, たのしい陶酔, 三度とは, 人生を, 余一人の, 学校より, 御迷惑, 構ふまじ, 農業者の

▼ なり片手~ (9, 0.0%)

2 に数珠 1 で今, で髪, にて持, をあげ, を卓子, を机, を畳

▼ なり着物~ (9, 0.0%)

2 のくすんだ 1 が裂け, のこと, の前, の着こなし, の黒襟, や袴, を蚊帳

▼ なり私達~ (9, 0.0%)

2 はその 1 が平生通り, が部屋, の復讐, はさようなら, は大津市, は裏口, もこの

▼ なり立派~ (9, 0.0%)

2 な仕事, な緑 1 なもの, な口髭, な技術家, な男, におとな

▼ なり終り~ (9, 0.0%)

3 しか桂次 1 なり, のヘビー級, まではこれ, 彼らの, 彼等の, 現實

▼ なり美しい~ (9, 0.0%)

1 サスキアを, 娘の, 孤独な, 男と, 男の, 而し, 花が, 花は, 鋳金の

▼ なり興奮~ (9, 0.0%)

6 して 2 しながら 1 しそうして

▼ なり~ (9, 0.0%)

1 が岸, という船, といっしょ, となつ, にのる, の上, は由比浦, も人, や汽車

▼ なり良人~ (9, 0.0%)

3 を誹る 1 がいる, がゐる, のおしどり, の顔, をのこし, を助け

▼ なり~ (9, 0.0%)

2 さが 1 え給金, かつた, が心, さ三四尺武州不, さ低, のある, は二万五千磅

▼ なりあたかも~ (8, 0.0%)

1 まっかな, 俳句特別の, 全船, 同じ幹, 天の, 幾何学の, 花で, 賊軍熊本を

▼ なりあたり~ (8, 0.0%)

2 との高 1 に散っ, の人, の電灯, はもう, を探す, を見

▼ なりいっそ~ (8, 0.0%)

1 このままどこ, この金, よそへ, 今まで, 素足で, 自分から, 裏の, 銘々に

▼ なりいつしか~ (8, 0.0%)

2 二人の 1 商売の, 島の, 弱者の, 愛を, 村じゅうの, 高邁なる

▼ なりかたち~ (8, 0.0%)

1 がす, が奇抜, が小さい, こそ小さい, はかく, より少し, を想像, を褒め

▼ なりこんど~ (8, 0.0%)

1 の十六万人, はお, はよし, は彼, は玄徳, は警備軍, は電気主任, は骸骨

▼ なりじゃ~ (8, 0.0%)

1 ありませんよ, ないか, ねえん, わたしには, ア踊れない, 三千両は, 恋女房の, 門口へだって

▼ なりずっと~ (8, 0.0%)

1 おちついて, お寝み, 上の, 古い時代, 寝込んで, 専心的に, 時間を, 経済的の

▼ なりそこら~ (8, 0.0%)

2 の苔 1 がきいん, が暗く, の角, はなんと, はまた, は長

▼ なりそれら~ (8, 0.0%)

1 が円く, が原子価, の主張, の余徳, の経験, の諸, の譏, の魚

▼ なりどんな~ (8, 0.0%)

1 ことが, ことでも, 写真を, 場合にでも, 安つ, 機会に, 理由で, 真夜中に

▼ なりなに~ (8, 0.0%)

2 が不 1 がしか借, がなと望む, もわからなくなっ, をする, を探す, を言っ

▼ なりもっと~ (8, 0.0%)

1 事態が, 人口が, 勤勉に, 右手は, 少くなる, 社会の, 縮まって, 長くなる

▼ なりやすき~ (8, 0.0%)

2 俗語も, 古語も, 漢語も 1 ものに, 京の

▼ なりやっと~ (8, 0.0%)

1 アパートの, マンは, 三人だけが, 小さな銀行, 意味の, 畳の, 見つけた二十銭, 許可に

▼ なりアメリカ~ (8, 0.0%)

1 では私, でスタンレー, との戦争, とアジア, に向っ, の人, また自由主義, をぬけ

▼ なり一家~ (8, 0.0%)

3 を挙げ 1 となる, の中, の方々, の父, を巧み

▼ なり一日~ (8, 0.0%)

1 お能, くらいで, ぐらいほったらかしたくなった, その場所, でも仕事, なりの有様, に一皮, も二日

▼ なり乍ら~ (8, 0.0%)

1 もその, も差出がましく, も平次, 出て, 呆然と立ち尽し, 痛そう, 種々話す, 阿夜子

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 て一旦, て其水 1 て人倫, て天智天皇, て政権, て老

▼ なり但し~ (8, 0.0%)

2 其の内閣 1 口頭の, 吾形をば, 多数の, 此の, 随行の, 顔面には

▼ なり何と~ (8, 0.0%)

6 なれば 1 はなしに, 殊勝な

▼ なり何時~ (8, 0.0%)

2 かは行つて 1 かお, でも飛びかかる, までも固定, までも読み, まで経っ, 迄勤め

▼ なり信仰~ (8, 0.0%)

1 なりに変遷, によって義, の傳播, の道, の鍛錬, はドミニクス, より愛, を得たい

▼ なり~ (8, 0.0%)

1 から無口, のとおり湯槽, のよう, の陣線, 亀天正の, 京都所司代であった, 文五年閏七月十七日に, 知五百石に

▼ なり元気~ (8, 0.0%)

1 づいて, ではち切れそう, になっ, になった, になられた, になり, は一そう弾力性, よく医師

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 を抜い 1 が上らなくなる, の柄, をすばやく, を右, を抽, を持っ

▼ なり到頭~ (8, 0.0%)

1 その口, 主人を, 五左衞門の, 余が, 土地分割は, 猫の, 生きる事, 自分が

▼ なり~ (8, 0.0%)

3 うるに 2 ふるに 1 之個人, 之最も, 之私し

▼ なり十時~ (8, 0.0%)

3 になり 1 が近づい, となり, になった, に起きる, を過ぎた

▼ なり~ (8, 0.0%)

1 に死, に潜, の中, の塩, の道, の雪, は自然, は踏め

▼ なり~ (8, 0.0%)

1 でも見てる, となっ, ならばと, になり, に入る, は必ずしも, を見, 之助

▼ なり家族~ (8, 0.0%)

1 あらざれば, が迷惑, の誰, はもとより, は屋根, も共, をわすれ, を引きまとめ

▼ なり容易~ (8, 0.0%)

2 に返事 1 に一つ, に国家結合, に武力, に結婚, に言葉, に静水

▼ なり富岡~ (8, 0.0%)

1 は, はそれ, は全く, は呆, は結局, は職業安定所, は腹, を発った

▼ なり小さい~ (8, 0.0%)

1 お美しい, ものが, ものに, 声で, 數枚の, 方の, 方は, 藤村が

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 の上 1 につく, にはいっ, にはまっか, に寝た, へ肩, を張らずし

▼ なり廊下~ (8, 0.0%)

2 の向う 1 から見える, と壁, の方, は急, も便所, を足音

▼ なり心臓~ (8, 0.0%)

1 なりの運動, に返っ, の鼓動, の鼓動さ, はその, は電灯, も弱, も肝臓

▼ なり感情~ (8, 0.0%)

1 となっ, なりが残る, なりに関係, なりをすこしも, なりを大衆的, の素朴, は吾人, も豊潤

▼ なり成功~ (8, 0.0%)

1 したもの, したよう, した者, した舞台, しました, の勇者, の方, はいう

▼ なり我々~ (8, 0.0%)

1 にとっては一つ, に命令的, の大いに, の家, の生活, の語, はみな一緒, は靜岡藩士

▼ なり我等~ (8, 0.0%)

1 が永遠, のグループ, は今日, は厄介者, は露西亜皇帝, も思へ, をし, 養い居りましたるところ

▼ なり政治~ (8, 0.0%)

1 ということ, と文学, なり経済, なり總てのもの, に出, に力, の善悪, より学問

▼ なり新た~ (8, 0.0%)

1 な同盟条約, な文化, な気運, な発見, な社会, にいく, にはいっ, に植樹

▼ なり明日~ (8, 0.0%)

1 あるを, から早速, となりゆく, にも江戸, の船, は下谷, は二五, は二円十五銭

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 になり 1 か来ぬらし, の光, の四月, の息吹き, はいつ, も中旬

▼ なり昨日~ (8, 0.0%)

1 になる, の蓋然, の青二才, の非, は二人, までのよう, も三つ, 来た先生

▼ なり本尊~ (8, 0.0%)

5 なの 2 だに何方 1 だに右

▼ なり~ (8, 0.0%)

1 しの, し一ト走り, の花, は元来三百俵, は十五万石, も一方, 一身に, 料理店で

▼ なり武士~ (8, 0.0%)

1 という遊食階級, ともなっ, と云わず, と言, の家, の意気地上, の本場, の魂

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 や爪 1 が再び, が抜けた, の根, はおおかた, はことごとく, を喰いしばっ

▼ なり歴史~ (8, 0.0%)

1 づけられるの, なり宗教, のすすみゆく, のはじまりし, の波瀾, の車輪, は通史, を通じて巨人

▼ なり永く~ (8, 0.0%)

1 こうしてブラブラ, 大切に, 引き伸ばしたことば, 御免有る, 掛つて寄附金を, 獄裏に, 続くであろうところ, 頭を

▼ なり沢山~ (8, 0.0%)

1 に又, に釣れた, の墓, の新奇, の秘密, 並んで, 現われたと, 聞きましたし

▼ なり濃く~ (8, 0.0%)

2 なり濃く, なり薄く 1 なつて, なつて來, なりする翡翠, なり淡く

▼ なり~ (8, 0.0%)

4 して 1 した姿, した平次, し萩野, まして居ます

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 脚を 1 はしから, 膝には, 袖なりを, 褄を, 輪に, 麻岩が

▼ なり特に~ (8, 0.0%)

1 お漉かせ, われの, アジヤでは, 我が好める, 技術は, 日本では, 花柳界では, 葉石の

▼ なり現在~ (8, 0.0%)

1 が變つて未來, ではあれこれ表面的, では里子, に及ん, はシートン教授, は二百八十七平方マイル, は大阪本店, もその

▼ なり終った~ (8, 0.0%)

1 が, のであった, のは, のも, ものである, わけで, 時此の, 知識人の

▼ なり~ (8, 0.0%)

1 る建永元年, る日, る朝, 一八七三年フランスに, 一日降った, 九六年此處に, 二十一年の, 日本郷三丁目徳兵衞組合名主付添へ

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 がした 1 で子供, の反し, は段々, をあげ, をふるはし, を立てる

▼ なり~ (8, 0.0%)

1 が鈍く, に力, に顎, の扱き, をなくし, をぶるぶる, をまく, を組ん

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 が立つ 1 が立ち, に及び, に水, の内部, の底, はどの

▼ なり芝居~ (8, 0.0%)

3 のこと 1 が, だけ元, なりに親しむ, の傍観者, は手

▼ なり~ (8, 0.0%)

3 の声 2 の音 1 なり犬, は虫, 喰い算

▼ なり西~ (8, 0.0%)

3 の方 1 から東, すること, に向, に流るる, もまた

▼ なり要するに~ (8, 0.0%)

1 これ一片の, まつたく無駄, 不連続という, 君の, 天地の, 奧州と, 生活が, 萬葉の

▼ なり誠に~ (8, 0.0%)

1 主思い, 優しい性質, 可愛らしかった, 君が, 君の, 喜ばしく思いまする, 好い事, 私は

▼ なり警察~ (8, 0.0%)

1 で演説, なりの補助, なりへこの, なりへ照会状, の手, の方, の累絶, の耳

▼ なり~ (8, 0.0%)

3 なれや 2 より来る 1 ならざれば, は身体, は運命

▼ なり遠く~ (8, 0.0%)

1 あらゆるもの, から地響き, なりおぼろげ, なるに, へもひろがる, もなるべき, 山脈の, 行き過ぎて

▼ なり鉄砲~ (8, 0.0%)

1 がかけられ, と一如, の的, の音, も打っ, や的, を揚げた, 鋳工所

▼ なり閣下~ (8, 0.0%)

2 が既往三年間, にし, は唯 1 或は国家, 或は國家

▼ なり階段~ (8, 0.0%)

2 を降り 1 がどこ, がなく, のぼる, の下, を上る, を上下

▼ なり~ (8, 0.0%)

1 がゆらぎはじめた, が晴れ, となつ, となり, のよう, の塊, はまた, はまだ

▼ なり~ (8, 0.0%)

2 になり 1 となつ, と虫, の声, はみな島, は前, もまた

▼ なりいかなる~ (7, 0.0%)

2 ゆゑにやといふ 1 ものを, ジニヤスの, 毒物も, 自然の, 題に

▼ なりいつ~ (7, 0.0%)

1 が五, までもしつこく, までもやまぬ, までも上がり込まれ, までも眺め, まで待っ, 始めるとも

▼ なりいつか~ (7, 0.0%)

1 の掛矢, の日彼等, また夏, また彼, 又夏, 知らず滅びて, 知らず識ら

▼ なりいや~ (7, 0.0%)

1 だ, でも黒人, なりとても, なり穴, な松村, もうさんざん, 話すは

▼ なりお前~ (7, 0.0%)

2 もお前 1 が又, のその, の夫道十郎殿, はそれ, を大臣

▼ なりかかる~ (7, 0.0%)

1 ところ他に, 場合も, 小説に, 書類に, 歌も, 眺望を, 読者の

▼ なりこうして~ (7, 0.0%)

1 だれの, ついにキリスト, 之を, 勇吉は, 江戸下谷練塀小路弓削法外道場第, 汽車に, 身の毛も

▼ なりこの世~ (7, 0.0%)

1 が恨めしく, だけでない, での最上, に悪, の女人, の美, や

▼ なりこれから~ (7, 0.0%)

1 この世の, の計画, の闘い, は決して, もずっと, 建設という, 研究員として

▼ なりしかるに~ (7, 0.0%)

2 ものが 1 この地中央, これに, 今は, 今回の, 教法化益も

▼ なりすこし~ (7, 0.0%)

1 こわくなっ, でもお, はマトモ, 困つた事, 大げさかも, 自分の, 落ちついた

▼ なりすっかり~ (7, 0.0%)

2 家運の 1 クサる, 危篤に, 起きる気, 身に, 零落し

▼ なりする~ (7, 0.0%)

1 が可, さ, といい, としよう, にきまっ, 処で, 時は

▼ なりそっと~ (7, 0.0%)

1 家の, 椅子から, 目を, 立ちあがって, 自分の, 襖を, 門の

▼ なりたまたま~ (7, 0.0%)

1 こちらに, みなさんが, 一匹だけが, 御気色, 来たる百舌, 残ったもの, 長くても

▼ なりたりと~ (7, 0.0%)

2 いう 1 思へば, 推測せん, 残念がらる, 見て, 譬えても

▼ なり~ (7, 0.0%)

21 つと彼女, つと炬燵, つと目, や三千兩, や戀女房

▼ なりつぎ~ (7, 0.0%)

1 がチノコ, にはくだり坂, には疲労, に刃物沙汰, に呼んだ, の飛礫, の駅

▼ なりでした~ (7, 0.0%)

1 か, からね, が何とも, が胸, っけ, な, のね

▼ なりでは~ (7, 0.0%)

1 さう, それを, どうにも, どこへも, ない, 外聞が, 少し薄着

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 いつもこいつ, おしで, しこと, たっと, つかりストーヴ, つしり, ぶ板

▼ なりばかり~ (7, 0.0%)

2 大きくて, 大きくなっ 1 大きくても, 心配し, 食ってるに

▼ なりひと~ (7, 0.0%)

1 いきに, のみち教団, むらの, より遅れ, を信じ切らず, 反り反っ, 廻りふた

▼ なりふと~ (7, 0.0%)

1 したる事, んを, 台所で, 思いだしたの, 掌に, 気がついた時, 頭に

▼ なりもしくは~ (7, 0.0%)

1 それと, 一町内一村落が, 二股に, 法学そのものを, 男子の, 老女が, 逆に

▼ なりもと~ (7, 0.0%)

1 から悪かっ, の太平, の道, はお, は一つ石, 下司法師たる, 讃詞で

▼ なりゆき子~ (7, 0.0%)

1 だけ安, と肩, はそこ, はふつ, は寝苦しく, は思ひ, は扉

▼ なりわれわれ~ (7, 0.0%)

1 のところ, の生活, の精神機能, はテックス, は微力, また何, を支持

▼ なりドイツ~ (7, 0.0%)

1 のナチス, の代表, の全, の国宝的プリマドンナ, の失業者, の雑誌, は主として

▼ なり三年~ (7, 0.0%)

1 か五年, の後, の煩悶, まえから, まえに, まえ湯島, も前

▼ なり世に~ (7, 0.0%)

2 一種の 1 一の, 沙門の, 清貧ある, 珍かなる, 階級ある

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 が大, が顔, の調査, はただ, は生活, は老体, も肉動き

▼ なり互に~ (7, 0.0%)

1 争い合って, 其腕を, 相約し, 相見, 紛らわしくなった, 言葉を, 転げて

▼ なり人民~ (7, 0.0%)

1 の居住, の自由, の貧苦疾病, は富み, も日本, を心服, を貴族

▼ なり今夜~ (7, 0.0%)

1 あやしいの, こっそり盗み, の盛ん, はぜひ, は樹, はJO, も徹夜

▼ なり他方~ (7, 0.0%)

2 では 1 においては改進論派, においては自利, においては長井, に於, のもの

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 つていつた, つてその, つても, つて大貫の, つて東大寺へでも, つて行つたのも, 王桂も

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 によって黒山, のほこら, のカピ, の古着店, の同行六人, の貴金属, の赤旗事件

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 が行かなく, にとっては梅コマ, の事, の考, の考え, は諸, を見返し

▼ なり~ (7, 0.0%)

3 に角, も角 1 となり

▼ なり全体~ (7, 0.0%)

1 として研究, として軟弱, にむくみあがっ, の三分の一, の立場, は全体, 再整理

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 に血, 云せず, 住居から, 動者に, 恥を, 移して, 罷向

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 ぞ床しき, にあっ, においては攘夷家, においては行政, にはスッカリ, へ入っ, 治の

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 なもの 1 に表情, に驚く, のもの, の宿屋, の所

▼ なり動作~ (7, 0.0%)

1 が重い, なりについて更に, なりを現した, なりを生き, になる, は醜く, を示す

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 から東, に向っ, の台, の雪国, はピナモホァン, は開いた, 流して

▼ なり十年~ (7, 0.0%)

2 となり 1 このかた自動車以外, たちますと, にし, に医学世話, も人

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 歳ほど 1 三郎は, 教師主義も, 死の, 狂乱に, 自由民の

▼ なり半年~ (7, 0.0%)

2 か一年 1 の月日, ばかりも厄介, ほどまえ, ほど前, も

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 の殿サマ, の殿様, への歌人, より大人君子, 來聖人と, 荘嘉門が, 關の

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 あやふきは, そのこれ, だ錦衣玉, 下男の, 九郎兵衞が, 羸弱の, 黒神村より

▼ なり周囲~ (7, 0.0%)

2 の人々 1 がいや, で眠っ, には色々, の充電, の煩瑣

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 ては二十兩, て三ヶ, て下人共儀屹度, て世話人利兵衞, て光, て某, と果

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 につかまろう, になり, に飛び上る, の字板, の時計, はつっ立ちました, も垂直

▼ なり大いに~ (7, 0.0%)

1 がめる, 仏法を, 困って, 気持を, 満足を, 苦しむ, 迷惑せし

▼ なり大和~ (7, 0.0%)

2 の遠 1 のある, の朝倉宮, の石上, の葛城宮, もいと

▼ なり天井~ (7, 0.0%)

1 がずっと, といわず, は低く, は墨, は次第に, を見, を見上げ

▼ なり天皇~ (7, 0.0%)

2 によって救われた 1 にすべて, はあたかも, は一国, は唯一, 御即位

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 ともなり主人, に智慧, のとりまわし, の数, の興, の身代り, をいっぱい

▼ なり小さく~ (7, 0.0%)

2 もなる 1 なりうすく, なりました, なりまた, はあった, はおまえ

▼ なり小さな~ (7, 0.0%)

1 傑作な, 川の, 庵を, 技は, 木に, 皺が, 竜巻の

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 となり, の中, の名, の流れ, の流水, は道, を愛する

▼ なり希望~ (7, 0.0%)

1 でもなけれ, となるでせう, ともなる, なりによります, なりを云, に充ち, 全く無き

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 のやうかん 1 は大して, 樂院を, 着類の, 臥時代始まる, 鼠に

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 の景色 1 からにじみ出る, の所, は一面, は底, 知れぬ倦怠

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 では用, にはほか, の信用, の名, の空氣, の者台所, を番頭

▼ なり強い~ (7, 0.0%)

2 風が 1 んでしょう, 壓力を, 波に, 薬品で, 酒を

▼ なり後者~ (7, 0.0%)

2 は博愛心 1 に片, は罪, は自己, は資本家利益, をとれ

▼ なり御意~ (7, 0.0%)

6 はよし 1 のまま

▼ なり恋愛~ (7, 0.0%)

1 ありて後人世, から結婚, ならば, なるもの, においても芸術, の疲れ, 豈単純

▼ なり悪魔~ (7, 0.0%)

1 が封じこまれた, とならね, となり, に襟首, はちょッ, はセンイチ, も亦

▼ なり折々~ (7, 0.0%)

1 はパッ, はフランス, は無感覚, は陰翳, 宮門を, 差込みます, 飛立つ白鷺

▼ なり文学~ (7, 0.0%)

1 においても様々, における健全性, の一面, の本道, は人生, は保全, は敵

▼ なり新聞~ (7, 0.0%)

1 では奥さん, で真先, ないか, にも出なくなりました, の発行, や雑誌, を読む

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 すれば, にでる, に遊ばむこ, のお, の用意, の疲労, も一年

▼ なり早速~ (7, 0.0%)

1 こちらから, その医者, その準備, どこかへ, やめさせたの, 下田なる, 菊田が

▼ なり時代~ (7, 0.0%)

1 が移る, により名称, に呼びかける, の思想, の空気, の精神, の趨勢

▼ なり暫く~ (7, 0.0%)

3 して 1 は職務, 倒れて, 取ツ組み合, 此処に

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 から松, が愈, となり, の根, の間, は微, や楓

▼ なり母親~ (7, 0.0%)

2 はそれ 1 となる, なり日, は弟, もついに, をつかまえ

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 のひび 1 となる, にあ, になった, のよう, の中

▼ なり生命~ (7, 0.0%)

1 なり, なりに影響, なりを保険, なり光, なり我, の太陽, をそこなう

▼ なり相当~ (7, 0.0%)

2 評判を 1 な地位, にお金, に別, に気, 売れる女

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 つ暗に, の味覚, の改革, の母, の登山者, 暗い窓, 禅と

▼ なり空気~ (7, 0.0%)

1 が悪い, なりが僕, のため, のよう, の軽い, は身, も凍

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 個の 1 から一, がためと, 働車を, 派を, 餘の

▼ なり自動車~ (7, 0.0%)

1 が何台, で出かける, で宿, の持ち, はその, はピッタリ, をおり

▼ なり自身~ (7, 0.0%)

1 なり其小天地, の主義, の意志, の手, をいじらしく, を発展, 考えつつ

▼ なり蓋し~ (7, 0.0%)

2 伯も, 彼の 1 一には, 地味肥瘠の, 彼等も

▼ なり複雑~ (7, 0.0%)

1 な社会人心, になっ, になつ, になり, になれ, にもなっ, を極める

▼ なり赤く~ (7, 0.0%)

2 なりして 1 なったという, なって, なりしが, なりしたこと, なり額

▼ なり遅く~ (7, 0.0%)

1 なって, までうとうと, までくり返され, まで歩き廻った, まで病室, もなるだらう, 八時頃だった

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 うて, ってこの, って三階, って外形, って字面, って気分, って陽

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 が鷹 1 と仲よし, なり或, の咽, ばかりが染めない, ほどにうすらぎ

▼ なり~ (7, 0.0%)

1 となり, となる, ともなる, になり, に変わった, は春, は黄味

▼ なり青く~ (7, 0.0%)

1 なって, なりした, なりしたが, なり新聞紙引裂, もなる, 書きこまれた川, 澄みきった水

▼ なり~ (7, 0.0%)

2 となり 1 になっ, になり, に変っ, の勝つた, は黄子澄

▼ なりいい~ (6, 0.0%)

1 さからった, 人間の, 仲に, 天気に, 気に, 気持だった

▼ なりいざ~ (6, 0.0%)

2 星人が 1 さらば行かん, その方, や人物, 解放の

▼ なりかた~ (6, 0.0%)

1 がとても, が私たち, でしょうしん, というもの, には不思議, はそういう

▼ なりかつて~ (6, 0.0%)

1 その朋輩, の宮内省, は目立たなかつた, は維新, 狂者それが, 自由と

▼ なりがたく~ (6, 0.0%)

1 何の, 彼の, 御払箱, 舟の, 覚えられ候, 金内軽輩ながら

▼ なりけれども~ (6, 0.0%)

1 一向に驗, 吹迷ふ, 妻も, 満枝が, 絶えずその, 魂は

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 はこれ, は世, は天使ガブリエル, は我, は縁, は謄寫

▼ なりこんな~ (6, 0.0%)

1 ことで, ことでつ, ことまでも, ものの, 山の, 芽出度い折り

▼ なりさま~ (6, 0.0%)

1 に願, のいろいろ, の側, の境内, の小さい, の祠

▼ なり~ (6, 0.0%)

3 なは 1 ぎていらっしゃります, つかりしおれこんで, はれ

▼ なりそれに~ (6, 0.0%)

1 またもや一陣, イギリスや, 不随意, 代つて全身, 何よりも, 日本市街が

▼ なりたちまち~ (6, 0.0%)

1 にその, 余の, 受持を, 口論に, 図の, 昼夢国忠と

▼ なりたとい~ (6, 0.0%)

2 主君が 1 一日たり, 家を, 香木は, 馬超が

▼ なりだれ~ (6, 0.0%)

1 かれの, と知れない, にでも好かれる, もいなくなった, もみな, も老人

▼ なりところどころ~ (6, 0.0%)

1 にうねり, に凍て, に温泉靄上ぐ, のすき, の庭, 鍵裂き

▼ なりどうして~ (6, 0.0%)

2 生活までを 1 あゝ酒, もとの, よいか, 急に

▼ なりどうしても~ (6, 0.0%)

1 くだけた口, 触ること, 許可に, 離れません, 青江に, 駄目で

▼ なりなどと~ (6, 0.0%)

1 云って, 仰っしゃっている, 嘯いて, 考えるの, 説き玉, 雜談を

▼ なりぬる~ (6, 0.0%)

2 人の 1 みなの, もよしなし, よろこびに, をわれ

▼ なりはじめて~ (6, 0.0%)

1 それと, 感じた嫉妬, 死せし神, 物語を, 経済の, 陸海軍が

▼ なりはた~ (6, 0.0%)

1 からみても, や, 政治家であろう, 穿物なり, 農と, 農事の

▼ なりはて~ (6, 0.0%)

1 けむわ, ちまつて, にけり, は明智, は祝詞, は胸

▼ なりひな~ (6, 0.0%)

6 たに

▼ なりへん~ (6, 0.0%)

1 だなと, に懊ら, に打ち沈ん, に淋しい, に白々しく, に重苦しい

▼ なりぼく~ (6, 0.0%)

1 と助次郎, にははなはだ, に戦争勃発, の家内, の臭, は留さん夫婦

▼ なりまさあ~ (6, 0.0%)

41 ねそう, 横板の

▼ なりまで~ (6, 0.0%)

2 共通な 1 ぴったり当て嵌, 相通ずる, 近く一致し, 類似した

▼ なりまんが~ (6, 0.0%)

41 なそれに, な今時

▼ なりもう一度~ (6, 0.0%)

1 ふると, 広間には, 彼らの, 死なして, 民さんと, 足を

▼ なりやあ~ (6, 0.0%)

1 がつて, しない, ちつとは, カルロネが, 何処に, 部屋へ

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 こ穴の, ごとは, つて御成門を, わりきって, 一山当てれ, 仲間に

▼ なりよき~ (6, 0.0%)

31 に従, に計らえ, 機も

▼ なりわざわざ~ (6, 0.0%)

1 世に, 外務の, 探検に, 無軌道な, 肉を, 送つて

▼ なりわずか~ (6, 0.0%)

1 な残喘, にこの, に一つ, に凹, に彼, に知合っ

▼ なりわれら~ (6, 0.0%)

2 の日 1 が心, の梯子これ, の願, は戦う

▼ なり一寸~ (6, 0.0%)

1 あけられなかった, ばかりになった, 不満を, 宗助の, 腰かけて, 見ると

▼ なり一般~ (6, 0.0%)

1 となる, のその, のため, の學術, の政党首領, の政黨首領

▼ なり三つ~ (6, 0.0%)

2 となり, になり 1 なりがいっしょ, のみかん

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 の上 1 から町, の中腹, の彼方, を巡る

▼ なり両方~ (6, 0.0%)

1 が魂, で相, のびん, の各, の耳, より大砲小銃打発候得バ

▼ なり両親~ (6, 0.0%)

1 の希望, の死んだ, の選んだ, は東京, は非業, は顔

▼ なり二時~ (6, 0.0%)

1 すぎた, となる, になり, になる, に家, ばかり咋

▼ なり二階~ (6, 0.0%)

2 の手摺 1 で寝ち, に通じる, に駆け上り, の映画場

▼ なり以前~ (6, 0.0%)

3 のよう 1 の二人, は十五六円, 専ら穀作

▼ なり作品~ (6, 0.0%)

1 があらわれ, が帝国農会, に現れる, の販売, はますます, も出来上がった

▼ なり作家~ (6, 0.0%)

1 が現実, として信頼, と小さい, になり, のある, の刺戟

▼ なり作者~ (6, 0.0%)

1 としても衰え, と詩, の方, は常に, は文科大学生鈴木三重吉君, も亦

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 いといつて 1 りしが, りてからは, る, るもの

▼ なり兄とい~ (6, 0.0%)

6 へるは

▼ なり~ (6, 0.0%)

3 霜が 1 よりこれ, 姫は, 蝉の

▼ なり別に~ (6, 0.0%)

1 一軒を, 二人の, 急ぐでも, 河辺に, 無理し, 資本出す

▼ なり到底~ (6, 0.0%)

1 その意, チチコフの, 久しく堪う, 之以上長い, 欧州現今の, 死ぬ訳

▼ なり医者~ (6, 0.0%)

1 としての再, と勧誘員, に助けられ, に診, のすゝめ, の忠告

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 する程, に走っ, のほう, の国, の岬, へずっ

▼ なり単に~ (6, 0.0%)

1 よじのぼるばかり, 其結果のみを, 地理的事情から, 日本の, 物質的な, 社交を

▼ なり叔父~ (6, 0.0%)

1 なりが神, なり師匠, の家, の惠, も叔父, や叔母

▼ なり四年~ (6, 0.0%)

1 となった, には重厚, の何月, の年月, ほどはなにごと, ほど牢

▼ なり国家~ (6, 0.0%)

1 というもの, とは人間, の損亡, の是, の権, 若し英雄漢

▼ なり土地~ (6, 0.0%)

2 の人 1 にありつい, の価, の名, を貰ひな

▼ なり夕暮れ~ (6, 0.0%)

5 に次い 1 になった

▼ なり多少~ (6, 0.0%)

1 とも, とも生活, とも違った, の資産, 時間を, 苦々しい心地

▼ なり女中~ (6, 0.0%)

1 なりが駈け上っ, に床, に水, の一人, の言葉, は農繁期

▼ なり女学校~ (6, 0.0%)

1 なりのいずれ, の五年, へ通う, を出る, を卒業, を嫁入り仕度

▼ なり宿~ (6, 0.0%)

2 へ帰っ 1 の女子, の月, の者, へ一時すぎ

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 かつた, さう, さで, さに, さの, 夜の

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 となるだらう, の中, の聳えた, の裂け目, の間, はその

▼ なり左右~ (6, 0.0%)

1 からきりりと, して, に分け, の床, の眺め, を見廻す

▼ なり帰り~ (6, 0.0%)

1 がおそく, には彼女, の船, の車代, はきまって, も遅く

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 にし 1 なき者の, なく織りたる, なりめでたし, に是等

▼ なり度い~ (6, 0.0%)

1 から上級学校, から医専, など, などと云つて姿, などと其の, の

▼ なり当時~ (6, 0.0%)

1 のカザン, の事情, の包括的思索, の新, の新劇運動, の開港場横浜取引

▼ なり従来~ (6, 0.0%)

1 た, のやう, のギルド, の士分以上, の道徳, はただ

▼ なり心配~ (6, 0.0%)

1 されて, して, しながら, なさるな, なもの, にもなった

▼ なり必ず~ (6, 0.0%)

1 われに, 何か, 招かれて, 沙汰なき, 為悪しく, 産婆看護婦産科医者の

▼ なり思想~ (6, 0.0%)

1 なりが一代毎, なりの奧, なり感情, なり職業, なり道徳, の最

▼ なり恐ろしく~ (6, 0.0%)

1 さえなった, なった, なりそして, なる, もなつ, 念入りに

▼ なり意識~ (6, 0.0%)

2 が次第に, は百方 1 が不明, なりは今日

▼ なり手紙~ (6, 0.0%)

1 なりを書く, を引き破いた, を持った, を書い, を衿, を読ん

▼ なり振り~ (6, 0.0%)

1 かまわず気がね, もなく, も小綺麗, 廻されぬ年の暮れかな, 関わず料理手, 離されまいとのみ

▼ なり換言~ (6, 0.0%)

4 すれば 2 せば

▼ なり支那~ (6, 0.0%)

1 との往来, に隆盛, の史學界, の四書五經, の大衆的宗教, は一時

▼ なり教会~ (6, 0.0%)

1 と神学者, に捨て, の尖塔, は真理, もその, も学校

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 が退却, となる, に当たろうで, の目, は世界, を討とう

▼ なり斯く~ (6, 0.0%)

1 てこそ平等均一, て左右, て此, とはいざ, の如き, の如く

▼ なり易く~ (6, 0.0%)

1 したが, そのトリック, そんなに云っ, 兇行の, 失ふもの, 甚だ残念

▼ なり時として~ (6, 0.0%)

1 はもはや, は単独, は囁く, は畦畔, は荒田老, 磁力と

▼ なり時間~ (6, 0.0%)

1 がいよいよ, がせまれ, の差, はまさに, も空間, も自由

▼ なり暗く~ (6, 0.0%)

1 なったの, なりした, なりしたが, なりする, なるの, 暮らして

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 さえも身の毛, なりをした, にかれ, を嗜む, を著, 始める

▼ なり最初~ (6, 0.0%)

1 からやり直さなけれ, のうち, の意氣, の趣意, は七十年, は道

▼ なり未だ~ (6, 0.0%)

2 父を 1 剛勇を以て, 最後と, 道楽も, 間も

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 が二つ, には橘井堂医院, の弟, は夫婦, は潤川, 長く暮らし

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 には水戸浪士ら, に伊豆, の方, の空, の雲, はずつと弓なり

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 になりし, のあなた, の中, は慶安, や林, を出

▼ なり極めて~ (6, 0.0%)

1 不快であり, 事業を, 危険な, 小なり, 普通なる, 端整なり

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 になっ, になり, に積り, の小, の方, を向いた

▼ なり殆ど~ (6, 0.0%)

1 乞食姿で, 掴まれること, 狂的にまで, 育つか, 諸国諸, 駈けて

▼ なり気分~ (6, 0.0%)

1 がひどく険しく, が朗らか, が落ちつい, のはればれ, も大, も大いに

▼ なり気持~ (6, 0.0%)

1 が沈む, が焦りだす, が苛立っ, のいい, よくなけるらしい, を落ちつける

▼ なり~ (6, 0.0%)

3 となり 2 となっ 1 なりへ投げこん

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 して, のしろしめすごとく, の天職, の救世, は云え, れど

▼ なり犠牲~ (6, 0.0%)

3 に非 1 だとか, となり, を取り

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 でよろこん, でMP, には毎日霧, のもの, の事, の灯火

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 がきわ立ち, では稗, にいた, になり, にはたい, の仕事

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 り酒 1 せようそれ, せようと, ぬ, ること

▼ なり病院~ (6, 0.0%)

1 があっ, ではそれ, では其, で月給, にはいった, に這入っ

▼ なり益々~ (6, 0.0%)

1 不興げな, 慷慨の, 神経衰弱が, 苛立つて, 衰へて, 軍備を

▼ なり相互~ (6, 0.0%)

2 の間 1 に敵視, に神, に補う, の軽蔑

▼ なり神経~ (6, 0.0%)

2 が少し 1 が緊張, が過敏, は衰弱, も駄目

▼ なり空虚~ (6, 0.0%)

2 な気持 1 なさびし, なさびしい, なる文字, はますます

▼ なり突然~ (6, 0.0%)

1 と倅, に喘鳴, の求婚, 吼えるよう, 急な, 死病に

▼ なり立て~ (6, 0.0%)

1 なども面白かっ, には隨分嫉妬的注意, のころ, の学生, はさしつさされつ, やがつて

▼ なり結果~ (6, 0.0%)

1 としてジャーナリズム, となつて進歩, となり, ともなっ, になる, の大要

▼ なり緊張~ (6, 0.0%)

2 して 1 した気持, となつ, のあまり冷汗, のあまり顔つき

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 になり 1 じわが, になっ, になりし, のもの

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 なり善 1 となっ, の尤, の真, はしき平衡

▼ なり職業~ (6, 0.0%)

2 としてなり 1 が職業, なりに従事, なり服装, の差別

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 のずんぐり, の荷物, の高い, をむくる, を後ろ, を欄干

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 となった, の五兵衞, の口, の顔, は此, は知っ

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 かつた, 今己が, 又不承知, 松屋金七も, 盛りの, 追記なり

▼ なり若く~ (6, 0.0%)

2 は其の 1 て有為, て死ん, は兇惡, は狂妄

▼ なり落葉~ (6, 0.0%)

1 がし, し始めた同じ, する, ちりこむ, の掃き, を掃く看

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 がいつ, といっしょ, と心, の仲介者, へ相手, もまた

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 を奔ら 1 が水, となっ, ともなり, のよう

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 を遠慮 1 は喰い, をからげ, を両手, を端折っ

▼ なり親しく~ (6, 0.0%)

2 して 1 なったが, 交って, 往來し, 往来し

▼ なり親子~ (6, 0.0%)

1 のマサツ, の不和, の愛, の関係, 帰る, 睦ましく暮し

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 なりともこれ, になっ, になり, はふたたび, を感ずる, を書く

▼ なり詩人~ (6, 0.0%)

1 なくん, なり音楽家, の述作, は超人的, も亦, や画家

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 が縺れ, が途切れ, の種, も活気, をもと, を聞い

▼ なり警官~ (6, 0.0%)

1 がかけつけました, でも与太者, となっ, の如き, もくわわっ, も法官

▼ なり~ (6, 0.0%)

1 娘は, 嬢が, 官の, 樣の, 賤往来の, 郎は

▼ なり赤い~ (6, 0.0%)

1 までに見える, プラカードの, 夕陽の, 色に, 靴を, 顔からは

▼ なり近頃~ (6, 0.0%)

1 でのうま, ではアパート, はことに, はまた, 増田屋が, 花柳の

▼ なり難き~ (6, 0.0%)

1 おのれの, により木曾川, ゆゑ九條家を, 一応の, 儀に, 故ぜひ

▼ なり難し~ (6, 0.0%)

1 いわんやまた, と仰せられ, などと吉保, 何か, 然すれ, 然ども

▼ なり静か~ (6, 0.0%)

1 な田舎, な空気, におの, にもう, に夢, に月

▼ なり~ (6, 0.0%)

2 社交的な 1 を非, 倫の, 条理な, 現実の

▼ なり音楽~ (6, 0.0%)

1 がいつも, なりはそれ自身, なり御, の話, の遊び, をひい

▼ なり顔色~ (6, 0.0%)

2 も冴えず 1 さえも変った, に光沢, はますます, は気味

▼ なり~ (6, 0.0%)

3 ひましよ 2 くは 1 はくば

▼ なり黒い~ (6, 0.0%)

1 お黒さん, もので, 両手に, 体にな, 点に, 翼が

▼ なりあまり~ (5, 0.0%)

1 やかましくて, 伸びなかつた者, 喜怒哀楽が, 深い心理描写, 苦しくて

▼ なりあるいはまた~ (5, 0.0%)

1 これらの, 合して, 和歌とか, 樹木と, 萌黄と

▼ なりいまだに~ (5, 0.0%)

1 ここは, ご逗留, その願い, それを, 成長した

▼ なりいわんや~ (5, 0.0%)

1 この臭き, 出交易, 居交易, 日本国土上さいしょの, 露国が

▼ なりうっかり~ (5, 0.0%)

1 して, すると, その駕籠, 打転, 踏み外すと

▼ なりお母さん~ (5, 0.0%)

1 のお, はまた, も一寸買物, も心配, を養っ

▼ なりかえって~ (5, 0.0%)

1 みなを, 先生が, 医術の, 最後の, 物凄き感

▼ なりかねて~ (5, 0.0%)

1 一大事業を, 士官室から, 快からぬ, 気心知ったる, 海舟も

▼ なりけら~ (5, 0.0%)

41 しふりいでに

▼ なりけれど~ (5, 0.0%)

1 いまだに住人, 大阪に, 本意無げにも, 此事は, 片隅に

▼ なりこそ~ (5, 0.0%)

1 して, ちいさいが, ひどくそまつです, 小さいが, 立派だ

▼ なりさうになつ~ (5, 0.0%)

3 たので 1 た, たところ

▼ なりさすが~ (5, 0.0%)

1 な買い方, にこの, に人間, のマリア・テレジヤ, 腕ぐみの

▼ なりさながら~ (5, 0.0%)

1 ムシムシと, 悲しみの, 詩聖たちと共に, 銛を, 魔術師に

▼ なりさる~ (5, 0.0%)

2 高名な 1 学校で, 年水無月の, 物参らせたら

▼ なりしかど~ (5, 0.0%)

3 手跡大分あがり 1 一生の, 実際蕪村調

▼ なりすでに~ (5, 0.0%)

2 リミットに 1 かがやきぬ, 和するの, 太政官制を

▼ なりそれとなく~ (5, 0.0%)

1 あとから, お艶, ようすを, 尋ねようと, 離ればなれに

▼ なりそれ等~ (5, 0.0%)

2 の女 1 の各々, の檢査者, を思ふ

▼ なりだった~ (5, 0.0%)

1 かな, が山根さん, のかと, のでしょう, んじゃ

▼ なりちょうど~ (5, 0.0%)

1 あしの, おとうさんも, かぶと, 日本に, 渡鳥が

▼ なりちょっと~ (5, 0.0%)

2 ふところに 1 小首を, 気分が, 袖で

▼ なりっ放し~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 じゃこん心持, じゃ気, なの

▼ なりつら~ (5, 0.0%)

21 むさては, むと思ふ, ん急に

▼ なりというも~ (5, 0.0%)

1 おろか愛情は, まことにさ, 不可なから, 二十年前の, 可なり

▼ なりとき~ (5, 0.0%)

2 による 1 によって増減, に敵, に甚だ

▼ なりときどき~ (5, 0.0%)

1 は姉たち, アルコールランプや, 意外な, 眼が, 議會を

▼ なりにな~ (5, 0.0%)

1 つたのよ, つてそんな, つてゐた, つてゐたら, つて延期も

▼ なりのち~ (5, 0.0%)

1 に, には王さま, に呉, 裂けて, 進んで

▼ なりはじめ~ (5, 0.0%)

1 おとなしく祖父, の事, の頃, は, は私

▼ なりひとり~ (5, 0.0%)

2 坐れば 1 で笑った, の寡婦涙, の戦士

▼ なりひどく~ (5, 0.0%)

1 なってるので, ふるえを, 憂鬱に, 苦しむので, 降って

▼ なりふらふら~ (5, 0.0%)

1 と大金, と飛び込ん, 動くから, 彷徨う, 昼の

▼ なりほんとう~ (5, 0.0%)

1 にこの, に御, に恐ろしゅう, の悲痛, の愛情

▼ なりほんの~ (5, 0.0%)

1 いくらかも, チョットした, 一冬と, 凌ぎに, 西瓜の

▼ なりまことに~ (5, 0.0%)

1 ありがたき事, 旨い云い, 望外の, 舜と, 遺憾な

▼ なりまさに~ (5, 0.0%)

1 その事, 千分の一に, 泣きだそうと, 神前に, 飛びも

▼ なりまもなく~ (5, 0.0%)

1 おともども, かすれかすれに, 助手として, 夕空に, 東京は

▼ なりむやみ~ (5, 0.0%)

2 に走り 1 とふざけた, と家来, に広告

▼ なりやはり~ (5, 0.0%)

1 一種の, 同業の, 朝鮮にも, 濁ったもと, 陸に

▼ なりゆゑ~ (5, 0.0%)

2 に北野, に呼 1 に淨

▼ なり一人前~ (5, 0.0%)

2 の男 1 の交換手, の侍, の女

▼ なり一行~ (5, 0.0%)

1 に加わっ, に殿, の厄介者, の書, は殿下

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 となった, となり, とほり, と三, どめ

▼ なり三度~ (5, 0.0%)

1 となり, なり見た, になり, の放下, の食事

▼ なり三時~ (5, 0.0%)

2 となり 1 となっ, になり, になる

▼ なり互いに~ (5, 0.0%)

1 入れ替って, 利害相結ん, 告げる用事, 愛しあうよう, 顔を

▼ なり亭主~ (5, 0.0%)

1 が賭, なりをめ, に向い, はよく, や女房

▼ なり今にも~ (5, 0.0%)

1 おぼれようと, と待つ, 卒倒する, 死にそう, 泣きそう

▼ なり今朝~ (5, 0.0%)

1 の心, の秋冷, 出て, 御親類, 戻って

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 となった, に対する顧慮, の道, も酒, 第五軍

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 の理想, は不幸 1 となる

▼ なり伸子~ (5, 0.0%)

1 にとって一種, にもできず, はだんだん, は悲し, は自分

▼ なり何だか~ (5, 0.0%)

1 さつ, ひどく不幸, 其處が, 書生っぽ, 自分で

▼ なり何とか~ (5, 0.0%)

3 して 1 せんと, 記しよう

▼ なり何となく~ (5, 0.0%)

1 お千, この縁, 夏らしい, 野山の, 間が

▼ なり何とも~ (5, 0.0%)

1 いえないきな臭い, 云えない, 口を, 残念至極, 防ぎよう

▼ なり何ん~ (5, 0.0%)

2 だか 1 とかし, とかの守, なりに在来

▼ なり兄弟~ (5, 0.0%)

3 となり 1 となっ, の喧嘩

▼ なり八月~ (5, 0.0%)

1 となった, となり, の日, の芝居, の調査

▼ なり冷たい~ (5, 0.0%)

1 と言う, ばかりの人, ものに, 無関心な, 芸風に

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 で, でたりき 1 でたま

▼ なり十一時~ (5, 0.0%)

1 となり, になっ, になつ, になり, になる

▼ なり十二時~ (5, 0.0%)

1 になつ, になつて, の大, をまわった, 帰る

▼ なり十人~ (5, 0.0%)

1 が十三人, ちかくなった, になり, の庄屋, の草刈り

▼ なり却って~ (5, 0.0%)

1 この歌, そしらぬ顔, 国民の, 土地の, 妻の

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 軍馬は 1 となり, にもその, の果て

▼ なり原因~ (5, 0.0%)

2 と結果 1 となり, なりがある, の視察

▼ なり反対~ (5, 0.0%)

1 にこの, に北朝, に圧力, に屈折力, に重く

▼ なり古い~ (5, 0.0%)

1 からをぬぎすてる, ほど多い, 形を, 悪事を, 琴歌は

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 なり書き足した, 哀き, 恐さ, 申やと, 申候

▼ なり右手~ (5, 0.0%)

1 にしっかり, に弓, に掛矢, も筋つる, を胸

▼ なり君子~ (5, 0.0%)

2 となり 1 の正道, の禽獣, の道

▼ なり味方~ (5, 0.0%)

2 となっ 1 となる, になる, のため

▼ なり呼吸~ (5, 0.0%)

2 をする 1 が苦しく, をしなくなっ, をすれ

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 の贅肉, はからから, をつま, を締める, を詰らせ

▼ なり四方~ (5, 0.0%)

1 に散乱, の学者, の山, の風, 瞬く明

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 なりの頭, に対すれ, は坂東, をあげ, をひらく

▼ なり地面~ (5, 0.0%)

1 が, が波, にしがみついた, の直, をゴロゴロ

▼ なり夏山~ (5, 0.0%)

4 と繁つた春日山 1 と繁った

▼ なり外国~ (5, 0.0%)

1 との交通, にでもまいつた, に出たらしい, の交際, の封建制

▼ なり大きい~ (5, 0.0%)

1 ので今日, のも, 声で, 眼が, 飯を

▼ なり大人~ (5, 0.0%)

1 から老人, にし, になっ, にもなっ, は三丁さき

▼ なり大工~ (5, 0.0%)

1 の伊兵衛, の子, の音, も名誉, や建築家

▼ なり大急ぎ~ (5, 0.0%)

1 でかけつけた, でそこ, で上, で海, で追っ

▼ なり学者~ (5, 0.0%)

1 となり, の優遇, の流, も日本学問社会, をし

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が種, となっ, なき実は, 朝と, 親の

▼ なり実に~ (5, 0.0%)

1 これを, さんた, 此, 熱意も, 顕微鏡で

▼ なり実行~ (5, 0.0%)

1 した, して, すること, となる, の人

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 となり, に御身たち, の内, の間, を過

▼ なり寒く~ (5, 0.0%)

2 て困る 1 なったずおん, なると共に, 彼は

▼ なり屋敷~ (5, 0.0%)

1 と庭そつくり, になっ, の一部分, の大, の黒沼幸之助

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 なども見える, にあらず, になり, の主立った, の故老

▼ なり巨大~ (5, 0.0%)

1 なる温室十数棟, な原子力, な御幣, な樹, な櫛

▼ なり常に~ (5, 0.0%)

1 剣帯を, 彼女が, 心を, 考へる表情, 蔽ひ

▼ なり帽子~ (5, 0.0%)

1 でイワン, も被らず, を斜め, を顔, を飛ばし

▼ なり平和~ (5, 0.0%)

1 が参る, となった, な日, の保証, の瑞気充

▼ なり平民~ (5, 0.0%)

1 が知識, が趣味, の娘, の間, は自ら生長

▼ なり幾分~ (5, 0.0%)

1 か独断的, なりとも自分, にても一般社会, はまし, ゆるめて

▼ なり幾度~ (5, 0.0%)

3 も覗い 1 かくり返し, も山腹

▼ なり建物~ (5, 0.0%)

1 なりまたは, なり従つて, のなか, の広大, の正面

▼ なり弟子~ (5, 0.0%)

1 というもの, となつ, ともなった, に投げられる, も幾人

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 七が, 三郎には, 三郎を, 八が, 榮や

▼ なり当惑~ (5, 0.0%)

2 した 1 したやう, したよう, しました

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 がよく, がハッキリ, が声, が変わっ, も大きく

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 うすく膝, と形, になり, のうち, は色めき

▼ なり心細く~ (5, 0.0%)

1 なった, なって, なるが, 思召す, 暮らして

▼ なり忽ち~ (5, 0.0%)

1 その長い, 意気投合した, 昼も, 行手から, 言葉も

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 ろしい 1 やの怖, るは, るべきは

▼ なり恐怖~ (5, 0.0%)

1 となり, と殆ど, にぶるぶる, の色, は遁逃

▼ なり悪い~ (5, 0.0%)

1 といへ, はめには, 事は, 代官なりが, 風儀と

▼ なり情熱~ (5, 0.0%)

1 にも燃やされる, のさめ冷え, のより, は執なり, や感激

▼ なり愈々~ (5, 0.0%)

2 毒を 1 セッパ詰っ, 上京した, 當日の

▼ なり憂鬱~ (5, 0.0%)

2 になり 1 な眼顔, にされ, の気

▼ なり戻り遊~ (5, 0.0%)

5 されること

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 に口, に純金, の先, はそれ, を下

▼ なり政府~ (5, 0.0%)

1 と自治体, の役所, の心配, の議, は恐るべからず近づくべし

▼ なり故郷~ (5, 0.0%)

2 の村落 1 は靜岡, へ帰った, を訪れた

▼ なり日光~ (5, 0.0%)

2 の黄金 1 がキラキラ, に映じ, は雲ひとつ

▼ なり旦那~ (5, 0.0%)

1 のお, の胆, はそれ, はそれから又, はまあ

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 や夕, や目覺め, 今日も, 殘る, 苗田の

▼ なり景気~ (5, 0.0%)

2 をつけ 1 が活気づい, だった, を増す

▼ なり暗い~ (5, 0.0%)

1 何かを, 壁に, 海の, 蘆戸を, 追分の

▼ なり最近~ (5, 0.0%)

1 では人造絹絲, では市内バス市営買収, は小さい, は雇員, 又盛ん

▼ なり有名~ (5, 0.0%)

1 な大森, になった, になったら, になり, になれたら

▼ なり本人~ (5, 0.0%)

2 も大方承知 1 とは異, の知らぬ, も気

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が伸び初める, につく, の端, をきられ, を分かっ

▼ なり椅子~ (5, 0.0%)

1 から立っ, が足りない, となる, につきあたる, は買

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 から広小路, なりの名, の欄干, の鉄骨, を跨い

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 倉院に, 六位と, 坊を, 理という, 理は

▼ なり正面~ (5, 0.0%)

1 から哀切, に丸石, に向, に石灰, の青白い

▼ なり武家~ (5, 0.0%)

2 のつ 1 だか, の分, の頤使

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 りたくないと, りの, り途, るべき夏, るを

▼ なり民衆~ (5, 0.0%)

2 の生活 1 と密接, に対する武士団, の血

▼ なり汽車~ (5, 0.0%)

1 が谺, は動き, もすき七時五十何分, や汽船, や電車

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 いつぱい, となる, の中, や河原, をも其名

▼ なり深い~ (5, 0.0%)

2 悲しみに 1 息を, 溝だった, 闇が

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 は胡散臭い 1 の動く, は誘惑, れ唯

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 となり 1 となっ, となる, に移る

▼ なり激しく~ (5, 0.0%)

2 抗議せず, 興奮した 1 喘いで

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 のついた, のない, のよう, の矢, も消え

▼ なり烈しい~ (5, 0.0%)

2 憎悪を 1 突発的の, 胃痙攣を, 語氣で

▼ なり無数~ (5, 0.0%)

1 に松火, に白く, の手紙, の橋, の蛸

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 の如き 1 となっ, のなか, も重い

▼ なり煙草~ (5, 0.0%)

1 ともなり酒, の植, の煙, も喫, を吸い

▼ なり父母~ (5, 0.0%)

1 のため, の挙動, は習慣, や姉, よ見よ

▼ なり独立~ (5, 0.0%)

1 した武器, に世間的, に動く, の見込み, を望む

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 となり, の言葉, も杓子, よりも成長, をたびたび

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 はれ消え, 内閣に, 内閣に対しては, 實の, 實は

▼ なり現に~ (5, 0.0%)

1 なりゆき子, ツァンニー・ケンボと, 同校の, 城下へ, 日本新聞協会として

▼ なり田舎~ (5, 0.0%)

1 でなくした, にいる, のお婆さん, の景色, の閑居

▼ なり甲斐~ (5, 0.0%)

1 がなかろ, と会った, はその, もその, を奥

▼ なり町内~ (5, 0.0%)

1 に鹿, の二三, の人達, の噂, の若い

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 に爪, に突っぷし, に突伏, の上, も代っ

▼ なり百姓~ (5, 0.0%)

1 が困り, が平民, が腐った, になり, も漁師原

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 に逼, も眸, をしかめ, を皺め, を開け

▼ なり研究~ (5, 0.0%)

1 なりをする, なりを投, の結果そう, の足らざる, もお

▼ なり社会的~ (5, 0.0%)

1 な人口, な意味, には成立, の働き, 乃至社会党派的客観性

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 なる反響作用, な若, には少, に光った, に肥桶

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 に行き, の外部, の格子戸, の開いた, や戸口

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 になり 1 となり, になる, のにじ

▼ なり細君~ (5, 0.0%)

1 が良人, と乱麻, と女児, になっ, や子供たち

▼ なり結構~ (5, 0.0%)

2 なお出来 1 なこと, な晴れ着, ダンビラふりかざし

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が再, にもなりましょう, の一部分, もうまく, や写真

▼ なり美しく~ (5, 0.0%)

2 見えた妻 1 さえなっ, なって, なるに従って

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 先生までが, 友は, 婦人と, 庭番の, 橘屋なりを

▼ なり老人~ (5, 0.0%)

1 から墓, が順繰り土, の顔附, は隠退, やかみさんたち

▼ なり肉体~ (5, 0.0%)

2 となり 1 こそ未だに, の安息所, 従って

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 く一切, く人生, く国民, く時, とは段々少し

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が吠える, と一しょ, に同意, よりも荒々しい, を迎

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 と見ゆれ 1 が随所, となっ, の五色

▼ なり行動~ (5, 0.0%)

1 すること, となつ, なりすべて, なりの卵, に移せる

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 に出かけ, は次第に, へ出かけ, も次第に, を歩く

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 となつ, となる, にある, になっ, の半面

▼ なり評判~ (5, 0.0%)

2 は其頃 1 が良かっ, はその, 立って

▼ なり諸侯~ (5, 0.0%)

2 は別に 1 の国, の奥向, は武術家

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が回転, の通る, は揺れた, より飛び下り, を飛ばし

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 に從, の, の秩序維持, の行動, は婦

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 に何目 1 にやけくそ, に短, 卷き上り眼界

▼ なり運動~ (5, 0.0%)

1 に水泳, の役, の方向, は動き, を繰り返せ

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 は近, 乗の, 呂智とは, 州は, 灘七十三里は

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 の雑草, も山, を越す, を飛ぶ, 干は

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 の爪, の痛き, の箱, の食器, 被せの

▼ なり銀子~ (5, 0.0%)

1 の癖, はそれ, は仕込み, は台所, もおどおど

▼ なり鋭い~ (5, 0.0%)

1 しかし窃め, ボールを, 切先の, 破片の, 苦痛を

▼ なり鎌倉~ (5, 0.0%)

1 で水泳中溺死, に幕府, に曳かれ, の, の譴責

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 がある, がな, が空き過ぎ, に合, を置い

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が一層, のうち, のなか, の中, の筏

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が田, でなり, は翌年, を歩む, 遜の

▼ なり随分~ (5, 0.0%)

1 お処刑台, お話の, 人が, 蜘蛛を, 見っとも

▼ なり~ (5, 0.0%)

4 しんば 1 ほど迅

▼ なり電車~ (5, 0.0%)

1 でサン・ヂャン, に乘, の単線, はいつ, も走り

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 となり, なり取るの, のしたたる, は凍っ, を結ん

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 がジロリ, の微妙, もまた, も甚, 伏せたまま

▼ なり頗る~ (5, 0.0%)

2 安南保護 1 まずい演説, 強大なる, 面白いもの

▼ なり頭脳~ (5, 0.0%)

1 がぐらぐら, がすみ, が涼しく, も活溌, を搾っ

▼ なり~ (5, 0.0%)

1 が島, ごツこ, になった, は帰, は気

▼ なり~ (5, 0.0%)

2 になり 1 の引き, は私たち, 売りの

▼ なりあす~ (4, 0.0%)

2 はこ 1 は機関銃, は機關銃

▼ なりあちらこちら~ (4, 0.0%)

1 で虐待, の中学, より頼まれる, を啼き渡っ

▼ なりあれ~ (4, 0.0%)

1 かこれ, だけ弾きこなす, にふれる, は他人

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 はゆる 1 がつく, な城廓

▼ なりいかに~ (4, 0.0%)

1 多くの, 巨万の, 雑多に, 鞭で

▼ なりいっそう~ (4, 0.0%)

1 ねたましくおなり, 強く光, 成育し, 抜きさしの

▼ なりいつの間にか~ (4, 0.0%)

1 がら, 寝込んで, 心霊学に, 服が

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 がいを, なりを, はべだけを, やむや

▼ なりうち~ (4, 0.0%)

1 そろって, の店, の組, 震い恐ろしい

▼ なりお互い~ (4, 0.0%)

1 につまずきあう, に丁寧, に少し, の家

▼ なりからだ~ (4, 0.0%)

1 にはきれい, の調子, は冷えきっ, をめぐり

▼ なりくるり~ (4, 0.0%)

1 とうしろを, と京橋, と千重子, と窓

▼ なりこれら~ (4, 0.0%)

1 と共に藩政, のもの, の人々, の生産物

▼ なりさっき~ (4, 0.0%)

2 の女の子 1 からのこと, の島

▼ なりさては~ (4, 0.0%)

1 と身, 夜見の, 爪垢が, 着物とか

▼ なりさも~ (4, 0.0%)

1 おそろしそう, さも, ないと, 誇貌

▼ なりしだいに~ (4, 0.0%)

1 小さくなる, 母と, 深く大きくかつ, 無言無為の

▼ なりしばしば~ (4, 0.0%)

1 ローマ皇帝の, 同じ村, 地面に, 忠実なる

▼ なりそこら中~ (4, 0.0%)

2 きぃん 1 きいんと, 回って

▼ なりそしてまた~ (4, 0.0%)

1 その奥山, 人が, 大人にも, 春が

▼ なりそのうえ~ (4, 0.0%)

1 ご自分, に美しい, 急に, 電信や

▼ なりそれからまた~ (4, 0.0%)

1 御子息たち, 懐中電灯を, 私の, 自分では

▼ なりそろそろ~ (4, 0.0%)

1 卒業が, 婿さだめ, 日曜慰安放送の, 青から

▼ なりたる~ (4, 0.0%)

1 が如き, が山神, には男, に入れ

▼ なりでございます~ (4, 0.0%)

1 か, がどうして, ねえ, の

▼ なりときには~ (4, 0.0%)

1 おどけときには, このよう, 必要が, 苦しさ

▼ なりともに~ (4, 0.0%)

1 ふるさとの, 其の人, 怒りに, 涙に

▼ なりどういう~ (4, 0.0%)

1 わけで, 場合に, 手を, 点が

▼ なりどうにも~ (4, 0.0%)

1 して, 方返しが, 続けて, 苦しいので

▼ なりどんなに~ (4, 0.0%)

1 この国, 安心の, 筋の, 野蛮な

▼ なりなかんずく~ (4, 0.0%)

2 これらの 1 スープは, 学海翁は

▼ なりなんと~ (4, 0.0%)

2 かして 1 心急る, 申して

▼ なりには~ (4, 0.0%)

1 かに顔まで, さっきの, なるまいと, 折りかがめども

▼ なりまして~ (4, 0.0%)

1 女子の, 敵とも, 産物は, 花の

▼ なりましてや~ (4, 0.0%)

2 春の 1 その裏影, 蘿の

▼ なりみるみる~ (4, 0.0%)

1 うちに, うち倒れ, しなびて, 人夫の

▼ なりむき~ (4, 0.0%)

2 になった 1 になっ, にはなれる

▼ なりもうこ~ (4, 0.0%)

2 の上 1 のうえ, の婆さん

▼ なりもっとも~ (4, 0.0%)

1 傲慢な, 危険な, 放縦な, 深く秘する

▼ なりやや~ (4, 0.0%)

1 おくれて, もする, 寒い瓏銀, 生活にも

▼ なりよって~ (4, 0.0%)

1 いっさい世間の, その所思, オイノリを, 鬱勃たる

▼ なりわけ~ (4, 0.0%)

1 が分った, のわからない, もなく懐かしい, もわからず

▼ なりわし~ (4, 0.0%)

2 ませんもの 1 は老母, もわし

▼ なりインデアン~ (4, 0.0%)

3 はぴたっと 1 はぴたつと

▼ なりダンテ~ (4, 0.0%)

1 がこ, の時代, はトマスその他所謂正統派, 既に邪淫

▼ なりペン~ (4, 0.0%)

1 が重く, の奴隷, を握った, を止め

▼ なり一切~ (4, 0.0%)

1 が癪, の対象, の舊, の訪問事務

▼ なり一同~ (4, 0.0%)

1 の身神, は殿下, は顔, をお

▼ なり一定~ (4, 0.0%)

1 の土地, の給費, の職, の距離

▼ なり一旦~ (4, 0.0%)

1 は辛労, 云い出したと, 女房を, 白状したれ

▼ なり一本~ (4, 0.0%)

2 の酒 1 の巻煙草, の莖

▼ なり一生懸命~ (4, 0.0%)

2 に奉仕 1 な顔, に朝日

▼ なり一致~ (4, 0.0%)

1 して, する, するもの, の難

▼ なり一身~ (4, 0.0%)

1 に担つて, の有様, を以て常に, を投げ

▼ なり丁度~ (4, 0.0%)

1 そこは, そこへ, 元日で, 告別式の

▼ なり万人~ (4, 0.0%)

1 になる, に仕事, に強制, の証拠

▼ なり三日~ (4, 0.0%)

1 になり, の後, もうち, を費やし

▼ なり三月~ (4, 0.0%)

2 に一 1 に一度, 早々退校

▼ なり三段目~ (4, 0.0%)

2 の左端, や九段目

▼ なり下っ~ (4, 0.0%)

1 ている, てこそよ, て十幾年, て行く

▼ なり下り~ (4, 0.0%)

1 はした, ゐたま, 終らんと, 零落いたしました

▼ なり不安~ (4, 0.0%)

1 が恐怖, になり, も苦痛, を自己目的

▼ なり中心~ (4, 0.0%)

1 となり, に近づく, の深度, へ行く

▼ なり久しく~ (4, 0.0%)

1 居たの, 病床に, 過ぎたところ, 領収発射を

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 ひあつ, ふこと, ふは, ふ事

▼ なり二度~ (4, 0.0%)

1 なり聞き込み, の恐縮, ばかりうねる, 測れば

▼ なり五月~ (4, 0.0%)

1 から又, となる, になつて, のはじめ

▼ なり井戸~ (4, 0.0%)

1 のかげなり, の中, の縁, は悉く

▼ なり京都~ (4, 0.0%)

1 はその, へなり, へ問い合せ, までの道すがら

▼ なり人心~ (4, 0.0%)

1 が絶望的, の必要, の機微, を動揺

▼ なり今に~ (4, 0.0%)

1 故右大将家, 於ては, 消息が, 祭の

▼ なり仕方~ (4, 0.0%)

2 なしに 1 がない, がねえ

▼ なり仲間~ (4, 0.0%)

1 に推され, に訣れ, の学生, への顔向け

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 だ侯 1 前文の, 夫れ

▼ なり低い~ (4, 0.0%)

1 声で, 所から, 時には, 者も

▼ なり何ぞ~ (4, 0.0%)

1 や英雄, 此に, 況んや, 特更に

▼ なり何度~ (4, 0.0%)

1 も書, も燐寸, も父, も空

▼ なり何故~ (4, 0.0%)

1 なれば, なればと, に政事思想, 人々は

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 の最も 1 が政党改造, が政黨改造

▼ なり入口~ (4, 0.0%)

1 がほとんど, なき象牙, のほう, のドア

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 大竜王雨 1 の宮, の宮邸

▼ なり其人~ (4, 0.0%)

1 の一生涯, はキリスト, は天国, を育成

▼ なり内地~ (4, 0.0%)

1 に多く, に引, の狐, へ帰っ

▼ なり内容~ (4, 0.0%)

1 からの分類, において高まる, も延長, も自然

▼ なり内部~ (4, 0.0%)

1 から崩れ落ちた, にあり, に広大, の生命

▼ なり冷たく~ (4, 0.0%)

2 響くこと 1 して, なり脣

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 ち我輩 1 ち四生, ち義經卿近く

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 が匕首, と楯, を修めよう, を鎌

▼ なり勢力~ (4, 0.0%)

1 が伸びれ, の中心, もついた, を有し

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 からた, た, てお, と随分

▼ なり半分~ (4, 0.0%)

1 はでたらめ, は眼顏, は眼顔, は言訳

▼ なり単純~ (4, 0.0%)

2 に考え 1 が早, な視覚

▼ なり友人~ (4, 0.0%)

2 の家 1 がこれ, となる

▼ なり古く~ (4, 0.0%)

1 からの敬虔, なつた, 溯れる様, 這入つたもの

▼ なり只今~ (4, 0.0%)

1 お船蔵, こうして草鞋, ではお側近く, では欧羅巴

▼ なり各々~ (4, 0.0%)

1 いろんな相手, には何と, の元素, の材料

▼ なり各人~ (4, 0.0%)

2 が悉く 1 にとつて相違, はほとんど

▼ なり同じく~ (4, 0.0%)

1 するところ, 名声の, 最初より, 町へは

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 の浅, はふ, も匂い, 善くし

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 のまま, はなかば, もなく, を与うる

▼ なり哀れ~ (4, 0.0%)

1 とも残念, なほど, な忙, に気

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 か誠, だ嘘, にもせよ, をつく

▼ なり四日~ (4, 0.0%)

1 と迫っ, と過ぎ, になった, になり

▼ なり四本~ (4, 0.0%)

1 となり, になった, の足, の障子

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 がじめじめ, の上, はしめり, は凍

▼ なり地球~ (4, 0.0%)

1 の広, の果, を中心, を支配

▼ なり基督教~ (4, 0.0%)

1 の主義, は他, は雀, を信ぜざる

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 が色彩, つぼ取つて, と謂, の至る

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 となる, には勤王, に白骨, 暗は

▼ なり夕方~ (4, 0.0%)

1 がまた, となり, になります, までさまざま

▼ なり外界~ (4, 0.0%)

1 から拒否, との連絡, の刺戟, よりたえず

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 すぎて, 介子重次郎清蔵五郎兵衛という, 方なり, 計代は

▼ なり夢中~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 で斑鳩, で紫苑

▼ なり大学~ (4, 0.0%)

1 では何, の通り, へはいる, を探し

▼ なり大将~ (4, 0.0%)

1 からあの, がさりげ, は今日明日宇治, もなった

▼ なり大阪~ (4, 0.0%)

1 では, へなり, へ阪急, まで五円九十五銭

▼ なり天の川~ (4, 0.0%)

4 もまるで

▼ なり夫婦~ (4, 0.0%)

1 で骨休め, ともなり, とも現在, は宜

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 の浦 1 の一, へ二

▼ なり如何~ (4, 0.0%)

1 に盲従, に盲從, に軍民, はせん

▼ なり如何なる~ (4, 0.0%)

1 場合に, 心の, 方法によるも, 苦しみを

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 は出, も弥, も金起, を畜

▼ なり子供たち~ (4, 0.0%)

1 だけで仇討, ともうまく, は二町, も心

▼ なり孔子~ (4, 0.0%)

1 が革新家, の伝記, の耳, も道

▼ なり安心~ (4, 0.0%)

2 して 1 したの, すると

▼ なり完全~ (4, 0.0%)

1 なる政党内閣, なる政黨内閣, にファッシズム, に絶望状態

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 った独立, て不義, なき世, 積分

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 なりなど, なるかな, 秋門院と, 願入

▼ なり実際~ (4, 0.0%)

1 には随分, 上墓穴三十六号などという, 上応用する, 胆力の

▼ なり家庭~ (4, 0.0%)

1 と学校, なりをいかに, においては岡西氏徳, を破壊

▼ なり容貌~ (4, 0.0%)

1 など分らなくなっ, までもニコニコ, も上がっ, も衰え

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 の渇想, は祈祷, は神聖, は進歩

▼ なり寒い~ (4, 0.0%)

1 から犢鼻褌, 夜でも, 日などで, 風が

▼ なり寝室~ (4, 0.0%)

3 へお 1 にもなり

▼ なり小径~ (4, 0.0%)

1 の奥, の方, は荊棘, も出来

▼ なり居間~ (4, 0.0%)

1 で軍治, の掃除, へお呼び, へ馳せかえり

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 に流れつい, に群れ惑う, の姫松, は高く

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 の方, の茶屋, を越した, 越えに

▼ なり市中~ (4, 0.0%)

2 の電気器具店廻り 1 には犬医者, を呼び売りし

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 に包み, のきれ, の豆汁ひき, を引く

▼ なり布団~ (4, 0.0%)

1 から顔, をかぶっ, を見れ, を頭

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 となる 1 となり, を泊めたる

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 に天下, に天子, 将軍家の, 時世の

▼ なり役人~ (4, 0.0%)

1 なり或いは, に嗅ぎつけられ, の助け, をもやった

▼ なり得法~ (4, 0.0%)

1 なりとも臣家相門, の余僧, の俗男俗女, の晩学

▼ なり必死~ (4, 0.0%)

1 に抜きつ抜かれつする, に運命, に銅鑼, に駈けだした

▼ なり必要~ (4, 0.0%)

2 の前 1 な精巧品, は余りに

▼ なり恋人~ (4, 0.0%)

1 なりに化けさせる, のひとり, の美くし, の詩人ルドルオ

▼ なり恰も~ (4, 0.0%)

2 人生の 1 去らざる可, 来らざるべからざる時

▼ なり愉快~ (4, 0.0%)

2 になる 1 に一夜, に自立

▼ なり意味~ (4, 0.0%)

1 が曖昧, のある, は一層, もない

▼ なり意見~ (4, 0.0%)

1 なりにどの, なりを書かね, の數, もお

▼ なり感動~ (4, 0.0%)

1 したやう, したよう, して, のあまり口

▼ なり我ら~ (4, 0.0%)

2 ねむる 1 と同席, は後世

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 お竹, も, もお便り, も濱千鳥ふみ通

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 も人, も彼等被害人民, も政府, 財政を

▼ なり折角~ (4, 0.0%)

1 その啓示, の大, の苦心, めかし込んで

▼ なり改めて~ (4, 0.0%)

1 この老, 奥庭を, 政治いっさい幕府に, 楢雄の

▼ なり文字~ (4, 0.0%)

1 としての, となった, に從つて譯, も微か

▼ なり文章~ (4, 0.0%)

1 でみの, となる, の争, をし

▼ なり日毎~ (4, 0.0%)

2 に群集 1 に禪道, に風

▼ なり日頃~ (4, 0.0%)

1 くもりし胸, の不満, の圧政, の自分

▼ なり早々~ (4, 0.0%)

1 ありがたく御, 刀を, 御差免, 旅館を

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 くれば 1 かとなり徴す, のとるべき

▼ なり明るく~ (4, 0.0%)

1 して, しても, なったので, 法の

▼ なり昨年~ (4, 0.0%)

1 の是, の暑中, の窮乏, まで十年

▼ なり晩年~ (4, 0.0%)

1 ずっと病床, には飯田町, は東大寺別当, は肺

▼ なり智力~ (4, 0.0%)

2 に伴, より生ぜざる

▼ なり書物~ (4, 0.0%)

1 なりをお, の出版, も段々, や古

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 て又, て新井貝原, て独逸, て獨逸

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 うどの, 初春章の, 早くよ, 高層の

▼ なり服装~ (4, 0.0%)

3 なりは優雅 1 なり種々

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 がなに, が眷属, の叔父, の新

▼ なり木々~ (4, 0.0%)

1 の枝ぶり, の枝珠, の落葉, は天皇

▼ なり本当に~ (4, 0.0%)

1 かみさんに, わるいめぐり合わせ, 女として, 自分が

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 の木大王, も直ぐ

▼ なり樹木~ (4, 0.0%)

1 が繁茂, に鳥, の茂った, の豊富

▼ なり此方~ (4, 0.0%)

1 でも, と思はれる, に隔てなけれ, も江戸

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 が無けれ, になる, にもなったであろう, を喰

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 と私, の採集品, の桐, も知らず

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 に適ふた人 1 の毒, の狂つた奧さま

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 のほとり, の向う, また流れ, より一

▼ なり流れ~ (4, 0.0%)

2 流れて 1 となっ, はゆるく

▼ なり海上~ (4, 0.0%)

1 に出る, に白き, の風波, は大きな

▼ なり海岸~ (4, 0.0%)

1 から遠ざかった, に近づく, の方, へ行っ

▼ なり源氏~ (4, 0.0%)

2 の大臣 1 が太上天皇, の不幸

▼ なり演劇~ (4, 0.0%)

1 としては余白, の本質, の領域, の魅力

▼ なり澄し~ (4, 0.0%)

1 たらよかろ, てお, てはいる, 返りて

▼ なり濃い~ (4, 0.0%)

4 鋼青の

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 とちぢみ, となっ, となり, なりの二重

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 となり, にまかれた, はひらひら, は幾条

▼ なり熱海~ (4, 0.0%)

1 で遊ん, となる気づかい, へ一, へ転地

▼ なり片方~ (4, 0.0%)

1 で法律, の肩, は坊主, は少し

▼ なり物事~ (4, 0.0%)

1 が退屈, など考えず, を忘れ, を決断

▼ なり現実~ (4, 0.0%)

1 との格闘者, にも涙ぐん, のもの, の労働者

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 せぬ, べき次第, まじき事, 候いき

▼ なり番頭~ (4, 0.0%)

1 から主人, と三人, になる, 若い者都合廿餘人

▼ なり病人~ (4, 0.0%)

1 のよう, の息づかひ, の樣子, や落伍者

▼ なり盛ん~ (4, 0.0%)

1 にもなった, に各地, に海外貿易, に談笑

▼ なり直ぐ~ (4, 0.0%)

1 に結婚, に鼾, 洗面所へ, 表へ

▼ なり眉毛~ (4, 0.0%)

2 もそれ, も遠く

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 の人, を見る, 直に申せ, 直に白状

▼ なり真に~ (4, 0.0%)

1 して, 用事の, 笑うこと, 驚く

▼ なり真剣~ (4, 0.0%)

2 な色 1 になっ, になる

▼ なり真紅~ (4, 0.0%)

1 から炎, と黄, な口, の群炎

▼ なり知識~ (4, 0.0%)

1 あるもの, の需要, も文化, をもつた

▼ なり神話~ (4, 0.0%)

1 となり, にいづる, にいふ, に曰

▼ なり科学~ (4, 0.0%)

1 なりまた, にもなり, によって生活程度, により

▼ なり空中~ (4, 0.0%)

1 にとびまわる, の楼閣, の酸素, を飛行

▼ なり空想~ (4, 0.0%)

2 の及ぶべき 1 にのみ走る, の子

▼ なり筑波~ (4, 0.0%)

2 は花紅葉 1 につづく, の数百人

▼ なり簡単~ (4, 0.0%)

1 な人造人間, にされ, に傾きたる, に申します

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 二年位の, 五百万円くらいの, 六百軒の, 十立方尺である

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 になれ, 日本の, 粹な, 粹に

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 なりある, なりの両端, にふれ, をお

▼ なり細民部落~ (4, 0.0%)

2 となり 1 とならざる, なりとして改善

▼ なり終っ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ている, て武田勢

▼ なり終つて~ (4, 0.0%)

2 ゐる 1 ゐたに, ゐること

▼ なり~ (4, 0.0%)

3 となり 1 を入る

▼ なり老年~ (4, 0.0%)

1 となる, にかかわらず, になる, らしく御

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 うるに, へなり, へには別段, へ直す

▼ なり自ら~ (4, 0.0%)

1 の少年, は述語, 旨しと, 求めるもの

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 がよく, が硬, のさき, を出した

▼ なり色々~ (4, 0.0%)

1 なこと, なもの, の風説, 仏教の

▼ なり色彩~ (4, 0.0%)

1 なども極めて, なりを吸, の豊麗, は多種

▼ なり英国~ (4, 0.0%)

1 にとっては両国, のオリーヴ色, の政治, は英国人

▼ なり英雄~ (4, 0.0%)

1 が剣, となりおおせ, の行為, も弱者

▼ なり茫然~ (4, 0.0%)

1 とし, として涙はか, として考え込む, とそこ

▼ なり茶碗~ (4, 0.0%)

2 になり 1 のふれる, を置い

▼ なり荒々しく~ (4, 0.0%)

2 家へ 1 人の, 座を

▼ なり落着~ (4, 0.0%)

4 いて

▼ なり薄く~ (4, 0.0%)

1 なって, なりふら, なりふらふら, なる朝靄

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 ががあ 1 の小さ, の鳴く

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 しは, は穀潰し, ひなり, ひに

▼ なり表面~ (4, 0.0%)

1 に出, の飾り, は外国, ばかりの禁欲生活

▼ なり褪紅~ (4, 0.0%)

4 となり

▼ なり試み~ (4, 0.0%)

2 に彼 1 にコツコツ, に左

▼ なり誇張~ (4, 0.0%)

1 して, はし, もある, 多し精神軽佻浮薄

▼ なり諸国~ (4, 0.0%)

2 の文人三都 1 に令, に散らばっ

▼ なり諸方~ (4, 0.0%)

1 から小諸, に手, の領主, へ手分け

▼ なり議論~ (4, 0.0%)

1 が始, こそ異なれ, の内容そのもの, を好んだ

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 くれば, じ魂, なりの電気, ふ様

▼ なり貧しい~ (4, 0.0%)

1 うちにも, 人達が, 家庭生活に, 痩せた一人

▼ なり貧民~ (4, 0.0%)

1 が僧侶, のある, は人口, は従っ

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 が伏屋, き者, となる, ともなり

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 から真紅, となった, となり, はもも色

▼ なり趣味~ (4, 0.0%)

1 となった, となり, なりに反映, の一致

▼ なり足もと~ (4, 0.0%)

2 の雪 1 が乱れ, もふらふら

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 を楽 1 が溶ける, 自ずと浮き上がり

▼ なり軈て~ (4, 0.0%)

1 は討幕, 何にも, 大学を, 月世界は

▼ なり辛うじて~ (4, 0.0%)

1 それから, それを, 上陸した, 馬の

▼ なり近い~ (4, 0.0%)

2 うちに 1 天才です, 頃氷川様の

▼ なり退屈~ (4, 0.0%)

2 になる 1 すること, な時

▼ なり途中~ (4, 0.0%)

1 で止めよう, で燃え, に立つ, 迷うこと

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 に他, に行き, に買収, に追

▼ なり進歩~ (4, 0.0%)

2 して 1 となり, は挙国一致

▼ なり遊び~ (4, 0.0%)

1 たわむれて, の付き合い, の行動, 怠けて

▼ なり運命~ (4, 0.0%)

1 に問いかけ, の, は逆転, は運命

▼ なり道路~ (4, 0.0%)

1 が見える, に揺り倒された, のない, の上

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 が野原, にい, に直に, も鄙

▼ なり野菜~ (4, 0.0%)

1 なりの持味, に肥料, の葉, や木炭

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 は夜 1 となり, は暗し

▼ なり難解~ (4, 0.0%)

2 になり 1 になっ, の語

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 が項上, となっ, となる, よりももっと

▼ なり露骨~ (4, 0.0%)

1 で戯画的, になった, になつ, になる

▼ なり青年~ (4, 0.0%)

1 が一人前, になり, はいくらか, は須らく

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 なき方, なりで一, も停止, を忍ん

▼ なり~ (4, 0.0%)

2 の附根 1 から耳, の下

▼ なり食堂~ (4, 0.0%)

1 であり寝室, ではかない, となり, にもなり

▼ なり食慾~ (4, 0.0%)

1 が甚, が非常, はだいぶ, をまるで

▼ なり食物~ (4, 0.0%)

1 と云え, の不足, を一杯, を腐敗

▼ なり馬鹿~ (4, 0.0%)

1 なこと, なら馬鹿, にされ, になる

▼ なり高尚~ (4, 0.0%)

1 なる職分, になり, になる, に聞こ

▼ なり~ (4, 0.0%)

1 が乗り移る, が馬, の窓, を磨かない

▼ なりあくまでも~ (3, 0.0%)

1 おいつめて, 旅行研究なり, 真剣な

▼ なりあたし~ (3, 0.0%)

1 になり, の実存, はぞっと

▼ なりあまりに~ (3, 0.0%)

1 叮重なあ, 強く噛んだ, 色彩に

▼ なりあやしい~ (3, 0.0%)

1 までに何事, やつを, 人影も

▼ なりあわよくば~ (3, 0.0%)

1 人間として, 国主大名にも, 異海三千里

▼ なりあんな~ (3, 0.0%)

1 お話にな, ことぐらゐならと眼を, ことを

▼ なりあゝ~ (3, 0.0%)

1 ら怪し, われは, 又やった

▼ なりいきおい~ (3, 0.0%)

1 中身を, 催眠薬の, 古美術

▼ なりいったん~ (3, 0.0%)

1 その島, はいった仏, 心が

▼ なりうき~ (3, 0.0%)

3 世に

▼ なりうしろ~ (3, 0.0%)

1 には警官, に反る, に頭光

▼ なりうつ~ (3, 0.0%)

1 かりと, かりとはじめ, かり本文

▼ なりうまく~ (3, 0.0%)

1 ない, 切抜けようと, 返事が

▼ なりうるさく~ (3, 0.0%)

1 云ってから, 干渉しはじめました, 手を

▼ なりうんと~ (3, 0.0%)

1 いうか, 気取って, 運動費を

▼ なりえらい~ (3, 0.0%)

1 ので済ん, 忍耐力を, 芸術家に

▼ なりおしまい~ (3, 0.0%)

1 には字, には米, にカタッ

▼ なりおなじ~ (3, 0.0%)

1 ことなら, 慧に, 色が

▼ なりおもしろく~ (3, 0.0%)

2 もなる 1 なくなって

▼ なりおら~ (3, 0.0%)

1 が姉さん三人, が春, ん樣

▼ なりおわった~ (3, 0.0%)

1 ので, もの数あり, 呉羽之

▼ なりおん身~ (3, 0.0%)

1 にふさ, はよもや, を愛し

▼ なりかくして~ (3, 0.0%)

1 われらが, 天地万有を, 汝に

▼ なりかしこ~ (3, 0.0%)

1 はし, はなんじ, よりその

▼ なりがたく可愛い~ (3, 0.0%)

3 のいとしい

▼ なりきれい~ (3, 0.0%)

1 だった賢吉君, にすきとおった, に長い

▼ なりけだし~ (3, 0.0%)

1 予の, 彼等も, 野干

▼ なりこっち~ (3, 0.0%)

1 からも笑っ, へもはっきり, も負けず

▼ なりごえ~ (3, 0.0%)

1 がきこえました, がしました, をあげ

▼ なりさあ~ (3, 0.0%)

1 これで, みんな愉快に, 賜はれ

▼ なりさい~ (3, 0.0%)

2 ごに 1 ごには

▼ なりさっそく~ (3, 0.0%)

1 そちらの, 一同が, 母へ

▼ なりさんざん~ (3, 0.0%)

1 おもちゃに, 肉闘し, 言いこまれた末

▼ なりしたがってまた~ (3, 0.0%)

1 みずから重んずる, 初穂とは, 沢山は

▼ なりしぶき~ (3, 0.0%)

1 にぬれ, は絶え間, は霧

▼ なりしよう~ (3, 0.0%)

1 がなく, と思う, と思え

▼ なりすき~ (3, 0.0%)

1 なこと, な処, まというすき

▼ なりすぐさま~ (3, 0.0%)

1 彼の, 明智探偵事務所へ, 開封東京へ

▼ なりせめて~ (3, 0.0%)

1 仇敵を, 今夜だけでも, 空保にでも

▼ なりそうなると~ (3, 0.0%)

2 櫂で 1 シャボン玉の

▼ なりそちら~ (3, 0.0%)

1 からの鎌, に別, の方面

▼ なりそつ~ (3, 0.0%)

1 ちへ, と椅子, と膝

▼ なりそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 の作家, 受持ちの, 新家庭

▼ なりそれでいて~ (3, 0.0%)

1 いつに, 女房は, 神経は

▼ なりたいそう~ (3, 0.0%)

1 お興, ご機嫌, な田地

▼ なりたくさん~ (3, 0.0%)

1 なお金, の切り身, 入って

▼ なりただちに~ (3, 0.0%)

1 北条氏の, 弘前高岡に, 牧の

▼ なりたち~ (3, 0.0%)

1 は士農工商, ませぬ, も大体

▼ なりたとえ~ (3, 0.0%)

1 そこに, 議員と, 負けても

▼ なりだいぶ~ (3, 0.0%)

1 みっともない恰好, 材木が, 美しく出

▼ なりちょい~ (3, 0.0%)

1 とやそっと, と杯, と見る

▼ なりつめたい~ (3, 0.0%)

1 岩の, 水の, 風が

▼ なりてかの~ (3, 0.0%)

2 地に 1 夜木母寺の

▼ なりてが~ (3, 0.0%)

1 ない, ないっていう, ないという

▼ なりてを~ (3, 0.0%)

2 る野 1 りを

▼ なりとある~ (3, 0.0%)

1 に本, カケロの, 有名の

▼ なりといふも~ (3, 0.0%)

1 またを, 他の, 極大体

▼ なりときたま~ (3, 0.0%)

2 往き来する 1 小頭の

▼ なりとくに~ (3, 0.0%)

1 尖端を, 社会観人間観の, 親孝行と

▼ なりとたんに~ (3, 0.0%)

1 ツウさんは, 一夜あらしが, 天から

▼ なりとにかく~ (3, 0.0%)

1 あの医者, 四時に, 背景的に

▼ なりとりあえず~ (3, 0.0%)

1 こんな手紙, 学校に, 船を

▼ なりどうし~ (3, 0.0%)

1 しかも声, でどちら, でまえまえ

▼ なりどれ~ (3, 0.0%)

1 が狐, にも手, もこれ

▼ なりなおも~ (3, 0.0%)

1 太平を, 女中の, 隣家の

▼ なりなかなか~ (3, 0.0%)

1 上手な, 奥義に, 趣が

▼ なりにくかっ~ (3, 0.0%)

2 たの 1 たん

▼ なりのぶ~ (3, 0.0%)

2 なの 1 なが

▼ なりのろのろ~ (3, 0.0%)

1 と天井, と悲し, と鍬

▼ なりはや~ (3, 0.0%)

1 人が, 古びし墓, 相触れ合う

▼ なりひたすら~ (3, 0.0%)

2 信仰に 1 休息をのみ

▼ なりふたり~ (3, 0.0%)

1 で神田, はとうとう, はまっ

▼ なりふっと~ (3, 0.0%)

1 かぼそく泣き, 和かな空気の, 霧を

▼ なりまさっ~ (3, 0.0%)

1 ていく, てき, て来る

▼ なりまたもや~ (3, 0.0%)

1 何時間も, 月光を, 眼を

▼ なりまったく~ (3, 0.0%)

1 異なった種族, 砂を, 記憶の

▼ なりまわり~ (3, 0.0%)

2 がぼうっと 1 の壁

▼ なりむかし~ (3, 0.0%)

1 ながらに凝っ, は天皇, を思いださせる

▼ なりもこそ~ (3, 0.0%)

3 すれ

▼ なりもちろん~ (3, 0.0%)

1 元服し, 普通の, 紅白粉など

▼ なりもて~ (3, 0.0%)

2 行きて 1 行くわざ

▼ なりもともと~ (3, 0.0%)

1 おとき, この朝盛さま, 歌舞伎劇を

▼ なりもの言~ (3, 0.0%)

3 へば睨まれ

▼ なりやす~ (3, 0.0%)

1 そうで, っぺ, ない御

▼ なりやと~ (3, 0.0%)

1 いうに, 言うに, 諦めとるん

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 かむと, くらむ, つたりと

▼ なりよし~ (3, 0.0%)

1 今より, 儀礼的因襲的に, 彦山に

▼ なりよろしく~ (3, 0.0%)

1 内に, 相愛すべし, 親交すべから

▼ なりりっぱ~ (3, 0.0%)

1 なし, な男, になり

▼ なりわが国~ (3, 0.0%)

1 はしからず, は上下, は歴史

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 すまい, せんえ, なったん

▼ なりエリス~ (3, 0.0%)

2 と余 1 の顔

▼ なりガタガタ顫~ (3, 0.0%)

2 え出す 1 へ出す

▼ なりフランス~ (3, 0.0%)

1 のカベー, の戦意喪失, の美術

▼ なりブルジョアジー~ (3, 0.0%)

1 の没落, の積極性, を顛覆

▼ なりホテル~ (3, 0.0%)

1 からも追出される, から通知, の一室

▼ なりヨーロッパ~ (3, 0.0%)

1 にいる, の中世, へもゆきました

▼ なり一句~ (3, 0.0%)

1 にしおり, にしをり, の主観

▼ なり一夜~ (3, 0.0%)

1 こっそり武蔵, をかの, を共に

▼ なり一座~ (3, 0.0%)

1 なりを興がらせ, の無礼講, を組ん

▼ なり一応~ (3, 0.0%)

1 の余裕, 婦人の, 帰つて酒と

▼ なり一挙~ (3, 0.0%)

1 にし, に敵国, に江戸一

▼ なり一枚~ (3, 0.0%)

1 の濡れガラス, の短冊石, の藁蒲団

▼ なり一端~ (3, 0.0%)

3 の怒り

▼ なり一緒~ (3, 0.0%)

1 にグシャグシャ, に室, に走り出した

▼ なり一転~ (3, 0.0%)

3 して

▼ なり一週間~ (3, 0.0%)

1 となっ, となる, ばかりで

▼ なり一遍~ (3, 0.0%)

2 が又 1 に之

▼ なり万事万端~ (3, 0.0%)

1 に通じ, 執り行, 執り行うて

▼ なり三ヶ日~ (3, 0.0%)

2 の雜煮 1 の雑煮

▼ なり三年目~ (3, 0.0%)

1 にはもう, には百両, には百兩

▼ なり三本~ (3, 0.0%)

2 になり 1 になつ

▼ なり三歩~ (3, 0.0%)

1 となり, 進めば, 進んで

▼ なり下った~ (3, 0.0%)

1 かつての, ものある, 時である

▼ なり下流~ (3, 0.0%)

1 に下っ, の人々, へなり

▼ なり下男~ (3, 0.0%)

1 の松蔵, の松藏, は死ん

▼ なり下界~ (3, 0.0%)

1 の人畜, の人間, をば全く

▼ なり下野~ (3, 0.0%)

1 の国, の小山, の薬師寺

▼ なり不愉快~ (3, 0.0%)

1 になり, になる, になるなら

▼ なり不潔~ (3, 0.0%)

2 をもつ 1 な感じ

▼ なり世人~ (3, 0.0%)

1 が奢り, の中, は今日

▼ なり両側~ (3, 0.0%)

1 の二本, の夜店, の山

▼ なり中央~ (3, 0.0%)

1 との関係, に純, の坎

▼ なり主家~ (3, 0.0%)

1 におきましても三指, の隠密, を救う

▼ なり乃至~ (3, 0.0%)

1 はそれ, はまた, は原理

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 が出なくなりました, になり, の出る

▼ なり事実~ (3, 0.0%)

1 はそれほど, またほんとう, もその

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となり, に二, は淳和院

▼ なり二日~ (3, 0.0%)

1 なりに年玉, にも三日, のひめ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 には梵行, には満ち, の字

▼ なり人通~ (3, 0.0%)

1 が多, が多かっ, の少い

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となり, にて報じ, をなす

▼ なり今更~ (3, 0.0%)

1 に悲し, のよう, 如何に

▼ なり以後~ (3, 0.0%)

1 はやっ, 何かと御, 心安く頼む

▼ なり以来~ (3, 0.0%)

1 この方法, この西目, は為すまじき

▼ なり仮令~ (3, 0.0%)

1 い失敗, 一発二発の, 幹の

▼ なり会社~ (3, 0.0%)

1 なりへ勤めれ, は解散, へ電話

▼ なり住居~ (3, 0.0%)

1 なりの記載, の近所, を建てる

▼ なり体じゅう~ (3, 0.0%)

1 がかっか, の熱気, の血

▼ なり何分~ (3, 0.0%)

1 にも不便, にも打つ, 無禮

▼ なり何等~ (3, 0.0%)

1 か客観的, か客觀的, のもの

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 しながら, し天一, ながら何云譯

▼ なり使い~ (3, 0.0%)

1 ふるした, や文, を命ずる

▼ なり來つたの~ (3, 0.0%)

3 である

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 く老女, となつ, の嫁

▼ なり便所~ (3, 0.0%)

1 に行った, の朝顔, へも通えない

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 かに気, に売文, に現世的

▼ なり俗人~ (3, 0.0%)

3 は申す

▼ なり俳句~ (3, 0.0%)

1 になるであらう, の風流, は歌

▼ なり個々~ (3, 0.0%)

1 の住宅, の作品, の生活

▼ なり個人~ (3, 0.0%)

1 のなり, の自由, の藏書目

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 よりももっと, を妹, 変わって

▼ なり~ (3, 0.0%)

3 へ曰

▼ なり優しく~ (3, 0.0%)

1 なって, 云ってから, 云つてから

▼ なり元来~ (3, 0.0%)

1 この二十貫目, た道, のモダーニズム

▼ なり兄さん~ (3, 0.0%)

2 がそっち 1 の弓

▼ なり充実~ (3, 0.0%)

2 して 1 した俳優陣

▼ なり光明~ (3, 0.0%)

1 となっ, ともなっ, もやがて

▼ なり兎角~ (3, 0.0%)

1 に我意, に知, 邪魔に

▼ なり全部~ (3, 0.0%)

1 の中, の色, の顔

▼ なり八人~ (3, 0.0%)

2 になり 1 の者

▼ なり六十~ (3, 0.0%)

2 になり 1 に達し

▼ なり六条院~ (3, 0.0%)

1 でない所, へおいで, へはお

▼ なり共に~ (3, 0.0%)

1 この渓谷, 天を, 瞋悩乱心毒を

▼ なり兵隊~ (3, 0.0%)

1 が凍え死ぬ, が車夫, の望郷

▼ なり其処~ (3, 0.0%)

1 か此処, で鞣皮工, には千年前

▼ なり其後~ (3, 0.0%)

1 の勘定, は固形, も依然として

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 て又, ない, るの

▼ なり内々~ (3, 0.0%)

2 笹野新三郎から 1 萱野夫人に

▼ なり内側~ (3, 0.0%)

1 から血, の火孔, は皺

▼ なり再度~ (3, 0.0%)

1 お目にかかります, の武装, 遠き音羽

▼ なり再転~ (3, 0.0%)

2 して 1 すれば

▼ なり写真~ (3, 0.0%)

1 でしか見知らない, のよう, の閃光

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の後, を乱し, を作っ

▼ なり制限~ (3, 0.0%)

2 されて 1 なきもの

▼ なり前途~ (3, 0.0%)

1 が暗黒, が真, に期待

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となつ, なりが見たい, の演出家

▼ なり助け~ (3, 0.0%)

1 にもなり, は却って, 助けられつつ

▼ なり労働者~ (3, 0.0%)

1 となっ, の境遇, の首領等

▼ なり勇気~ (3, 0.0%)

1 が挫けた, なり勤勉, を加えた

▼ なり勉強~ (3, 0.0%)

1 して, の方, も出来なくなった

▼ なり動悸~ (3, 0.0%)

1 がうちます, が高まり, ははやく

▼ なり勝負~ (3, 0.0%)

1 の中止, 付かず呉, 第一主義

▼ なり勢い~ (3, 0.0%)

1 世間に, 挙動も, 椿岳は

▼ なり勿体なく~ (3, 0.0%)

1 て困る, なって, も宮家

▼ なり十一時頃~ (3, 0.0%)

1 から朝, になる, ねる

▼ なり十円~ (3, 0.0%)

1 となった, の手当, 置いて

▼ なり十分~ (3, 0.0%)

1 になり, にむくい, 遠くまで

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 となり 1 切れた片

▼ なり千葉~ (3, 0.0%)

1 の町, の知合, の知合い

▼ なり午後~ (3, 0.0%)

1 となった, になっ, になり

▼ なり卑屈~ (3, 0.0%)

1 となっ, となり, になっ

▼ なり博士~ (3, 0.0%)

1 になる, の顔, は自分

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 チ何を, 服従を, 自対

▼ なり原稿~ (3, 0.0%)

1 の下書き, もまだあまり, を書ける

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 がらせの, でも天下, やになつ

▼ なり去年~ (3, 0.0%)

1 の新, の春, の春ごろ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となった, となる, に託し

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 親も 1 神なる

▼ なり双方~ (3, 0.0%)

1 で商売, の両親, の女房

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の印象, は魂, 不異空といつて

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 河川湖沼は, 神牌を, 藩も

▼ なり各国~ (3, 0.0%)

1 の人々, の陸戦隊, へ打つ

▼ なり各地~ (3, 0.0%)

1 で接待, に謙遜, を流転

▼ なり同情~ (3, 0.0%)

1 があつまっ, となった, の念

▼ なり名誉~ (3, 0.0%)

1 が高く, ともなった, にもなるであろう

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 なり絶対的尊, なり絶對的, を事

▼ なり喜び~ (3, 0.0%)

1 とさえなった, となり, の祠

▼ なり喧嘩~ (3, 0.0%)

1 でもなさってる, や殺人, 早い明瞭

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 なる通り, に地理的事情, に社交

▼ なり嗚呼~ (3, 0.0%)

1 あに偉, なる所為, 殘念なる

▼ なり嘗て~ (3, 0.0%)

1 グエルフイ黨と, 倭一座の, 夢の

▼ なり四つ~ (3, 0.0%)

1 になる, の腕, の車輪

▼ なり四人~ (3, 0.0%)

1 の代表, の者潛, はアメリカ

▼ なり四谷~ (3, 0.0%)

1 にて妓家, へ帰っ, へ帰り

▼ なり四辺~ (3, 0.0%)

1 が真暗, は急, をグルグル

▼ なり地べた~ (3, 0.0%)

1 と壁, に倒れ, をかきむしっ

▼ なり地上~ (3, 0.0%)

1 から三メートル位, にはかわいた, のあらゆる

▼ なり地方~ (3, 0.0%)

1 の人, の政治, へなり

▼ なり地獄~ (3, 0.0%)

1 になる, に罰, へ堕ち

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の長, は皆地名, を四谷

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の一角, へは殆ど, を出

▼ なり基督~ (3, 0.0%)

1 の失敗, は汝, もし慈善家

▼ なり基礎~ (3, 0.0%)

2 となる 1

▼ なり堕落~ (3, 0.0%)

1 しつつ, する順序, を覚えた

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 っていた, りたり, りぬ

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 に夢中 1 なばけもの

▼ なり外套~ (3, 0.0%)

1 は結局, を思ひだす, を着たれ

▼ なり多分~ (3, 0.0%)

1 かの民選議院建白, 何者かが, 助かるまいと

▼ なり夜中~ (3, 0.0%)

1 に, にソッ, に倉田

▼ なり大分~ (3, 0.0%)

1 しばらくたってから, 偉くなっ, 飲む

▼ なり大変~ (3, 0.0%)

1 な事, に疑り, よかった

▼ なり天地~ (3, 0.0%)

1 に一人, の始め, はなお

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の八畳, は障子越し, へ引籠む時刻

▼ なり女子~ (3, 0.0%)

1 が男性的, は独立, をもつ

▼ なり始め~ (3, 0.0%)

1 のうち, は人気, より独存

▼ なり姫君~ (3, 0.0%)

1 なりを連れ, に苦労, へ

▼ なり婦人~ (3, 0.0%)

1 というもの, は生理休暇, をば権力富力

▼ なり嬉し~ (3, 0.0%)

1 かりき温泉, さを, やと近づい

▼ なり子供ら~ (3, 0.0%)

1 の教育, の生活, をいっし

▼ なり子孫~ (3, 0.0%)

1 の数, の為, の育成

▼ なり子爵~ (3, 0.0%)

2 となり 1 と定まり

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 が消えてる, となっ, と字

▼ なり安土~ (3, 0.0%)

1 の御, へゆけ, もあんな

▼ なり宗助~ (3, 0.0%)

2 は元 1 の歸

▼ なり宗教家~ (3, 0.0%)

1 なりいやしくも, は人間, は経典

▼ なり官軍~ (3, 0.0%)

1 が捨て去った, はぞくぞく, を迎え

▼ なり家内~ (3, 0.0%)

1 に病人, の様子, はおろか

▼ なり家出~ (3, 0.0%)

1 したん, の決心, をし

▼ なり寒気~ (3, 0.0%)

1 は日々厳烈, もきびし, も一段と

▼ なり寺院~ (3, 0.0%)

1 の腐敗, も僧侶自身, や仏像

▼ なり専ら~ (3, 0.0%)

1 すき焼と, 小松を, 有心という

▼ なり将来~ (3, 0.0%)

1 どんなに根性, に向, は必ず

▼ なり将軍家~ (3, 0.0%)

1 のご, も夜明け, 新御所

▼ なり尊敬~ (3, 0.0%)

1 しはじめて, となる, もした

▼ なり小僧~ (3, 0.0%)

1 の八百吉, の定, を二人

▼ なり小説~ (3, 0.0%)

1 が面白く, でも, にもなつ

▼ なり少く~ (3, 0.0%)

1 して, とも佳作, とも部分的

▼ なり少しく~ (3, 0.0%)

1 その位置, 派手な, 申訳が

▼ なり少なくとも~ (3, 0.0%)

1 こぼすよう, 相手を, 自らの

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 その上, 上述の, 宗とある

▼ なり尤も~ (3, 0.0%)

1 後者は, 心を, 舞臺を

▼ なり屋根~ (3, 0.0%)

1 からは急, も白く, をぬけ

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 となり 1 を孕んだ

▼ なり巡査~ (3, 0.0%)

1 となった, になり, は後

▼ なり工場~ (3, 0.0%)

1 に入っ, の中, は建物

▼ なり左側~ (3, 0.0%)

1 は低く, は急, は樫

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 と市, の一部, を一貫

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 があがりました, を絞れ, 切に手

▼ なり平時~ (3, 0.0%)

1 には最も, に復し, は縦横

▼ なり平生~ (3, 0.0%)

1 ならば, はそんな, よりも愁わし

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 はその, 曲りして, 程なく富田君

▼ なり幾つ~ (3, 0.0%)

1 とも知れない, も幾つ, も立て続け

▼ なり幾多~ (3, 0.0%)

1 の変化, の有益, の理論

▼ なり広い~ (3, 0.0%)

1 室の, 部屋の, 面積を

▼ なり床の間~ (3, 0.0%)

1 の, の前, の洋燈

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 いては 1 いて

▼ なり弁当~ (3, 0.0%)

1 ひらくと, をつくっ, を持たせ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 さが, て出帆, ひて

▼ なり当然~ (3, 0.0%)

1 のこと, 二代目の, 貞之助までが

▼ なり形態~ (3, 0.0%)

1 が錯綜, なりを研究, も貧弱

▼ なり彼自身~ (3, 0.0%)

1 には大いに, までが自分, も

▼ なり往来~ (3, 0.0%)

1 に出る, はようやく, を歩く

▼ なり後ろ~ (3, 0.0%)

1 に聞い, の方, の者

▼ なり後世~ (3, 0.0%)

1 の小賢しい, の歌, 或は汝

▼ なり御新造~ (3, 0.0%)

3 はいまだ

▼ なり心細~ (3, 0.0%)

1 さが, さの, 気に

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の之, を同じ, を興し

▼ なり性質~ (3, 0.0%)

1 なり高, も悠暢, も次第に

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 でもうまく, としても彼女, になやみ

▼ なり恐らく~ (3, 0.0%)

1 商賣, 現代でも, 買わずに

▼ なり恐るべき~ (3, 0.0%)

1 ほど誠実なり, 憤怒の, 雪崩発生の

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 が少く, を忍び, を忍ん

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 ある人, に感じ, を報ぜん

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となり, ともなる, 思想と

▼ なり悲しく~ (3, 0.0%)

1 なる一二杯ひつ, なる薫, 顔が

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 がうつ, けぶかいお, は闘争

▼ なり想像~ (3, 0.0%)

1 が奔放, の棲むべき, は思想

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 家庭に, 日本潜入を, 端的に

▼ なり意気~ (3, 0.0%)

1 なもの, なりと, なり婀娜

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 いすること, なり, 非愛

▼ なり愛情~ (3, 0.0%)

1 の法則, の結び, も一つ

▼ なり態度~ (3, 0.0%)

1 なりはその, は冷たくよそよそしい, もますます

▼ なり慰め~ (3, 0.0%)

2 となる 1 でさえある

▼ なり憂欝~ (3, 0.0%)

1 になっ, になり, にに沈む

▼ なり我と~ (3, 0.0%)

2 しごろ此物 1 我身を

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の外, はなく, は拒絶

▼ なり戸外~ (3, 0.0%)

1 に持ち出で, はしんと, へ出掛け

▼ なり所々~ (3, 0.0%)

1 に洞, に立つ, に非常

▼ なり批評~ (3, 0.0%)

1 なりをはっきり, の文, の端緒

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 をあげ, を握り, を握りしめました

▼ なり挨拶~ (3, 0.0%)

1 しても, の言葉, もそこそこ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 に雨, の痛み, を合せ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 はれも, ひの, ひを

▼ なり教師~ (3, 0.0%)

1 として學校, となる, の間

▼ なり教授~ (3, 0.0%)

2 になり 1 にはガーネット

▼ なり教育者~ (3, 0.0%)

2 となりたい 1 となる

▼ なり斯様~ (3, 0.0%)

1 なこと, な独断, に御

▼ なり新しき~ (3, 0.0%)

1 具象の, 物の, 闇神秘の

▼ なり新しく~ (3, 0.0%)

1 して, 天下へ, 来たまだ

▼ なり新橋~ (3, 0.0%)

1 が東京, のある, の川岸

▼ なり新聞記者~ (3, 0.0%)

1 にとっては不時, になり, の頭

▼ なり旅人~ (3, 0.0%)

1 にのどか, の心, の見

▼ なり旅行~ (3, 0.0%)

1 となり, も地獄, も試み

▼ なり旅館~ (3, 0.0%)

1 のよう, の主人主婦女中, の庭先

▼ なり日吉~ (3, 0.0%)

1 の性質, の葵, はその

▼ なり日本人~ (3, 0.0%)

1 にも露西亜人, のもの, の中

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 城天守閣の, 時代の, 秩序への

▼ なり早い~ (3, 0.0%)

2 湯の 1 のであった

▼ なり明治~ (3, 0.0%)

1 に至った, の功臣, の釣師

▼ なり昨夜~ (3, 0.0%)

1 となった, などは伜, はこの

▼ なり是非~ (3, 0.0%)

1 ともその, とも語り給, 雪子ちゃんに

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の光り, の明, も夜

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 には茶屋, に飲む, の挨拶

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となる, になった, に至る

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 がある, なとき, を貰っ

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 さも 1 を山上

▼ なり暖かく~ (3, 0.0%)

2 なるにつれ 1 ならなければ

▼ なり月日~ (3, 0.0%)

2 は忘れ 1 がたつ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 ゆる荷物, 尚と, 資格労働者が

▼ なり有難く~ (3, 0.0%)

1 もなっ, 御礼申上げます, 感謝せり

▼ なり木の葉~ (3, 0.0%)

2 など石中 1 となり

▼ なり未来~ (3, 0.0%)

1 は刻々, は即ち, は未来

▼ なり末路~ (3, 0.0%)

2 に対する伏線 1 は気の毒

▼ なり来客~ (3, 0.0%)

1 が益々, として来る, の目覚し

▼ なり東西~ (3, 0.0%)

1 が狭い, に研究所, の碩學

▼ なり板倉屋~ (3, 0.0%)

1 に転げ込んだ, に轉げ, の株

▼ なり枕元~ (3, 0.0%)

1 で一服, に破, に集つて

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 がまばら, の梢, を抜ける

▼ なり果て~ (3, 0.0%)

1 はなんだか, は涙, は血

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 なりの神, の姿態, の葉

▼ なり柿色~ (3, 0.0%)

3 に蝶鳥

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 があ, があわぬ, になり

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 の葉 1 の葉さ

▼ なり桟橋~ (3, 0.0%)

2 にぱっと 1 の様子

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 から露 1 の方

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 悪事の 1 く貧しい婦人

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 になっ, にもつ, の人

▼ なり楽屋~ (3, 0.0%)

1 で三四十分, の空気, へ渋谷正代

▼ なり権力~ (3, 0.0%)

1 が加, はあらゆる, ははじめて

▼ なり横浜~ (3, 0.0%)

1 に出, の埠頭, の知人

▼ なり次々~ (3, 0.0%)

1 にうたい, に大, の作

▼ なり歓喜~ (3, 0.0%)

1 せよ歓喜, となり, を生ずる

▼ なり正しい~ (3, 0.0%)

1 のと, 道の, 道を

▼ なり正直~ (3, 0.0%)

1 ならざる者, にだけもの, に自分

▼ なり正義~ (3, 0.0%)

1 なり, は彼, より戻

▼ なり此上~ (3, 0.0%)

1 は一刻, は何卒, は我四五年

▼ なり此時~ (3, 0.0%)

1 こんな場合, こんな塲合, に至つて

▼ なり武蔵~ (3, 0.0%)

1 が書院, の国金沢, の気持

▼ なり殊更~ (3, 0.0%)

1 てれかくし, に勉め, の廻り道

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 して 1 りの

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 が代, が周, が失

▼ なり殿下~ (3, 0.0%)

1 には此鳩, も待, も待ちかね

▼ なり殿様~ (3, 0.0%)

1 の御前, は持たぬ, へ種々

▼ なり毎日~ (3, 0.0%)

1 のくらし, のよう, 浮かぬ気持

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の以, の帰一, 約議会

▼ なり気の毒~ (3, 0.0%)

1 なる者, にもムービー氏, に思召

▼ なり気温~ (3, 0.0%)

1 なり気圧, もちょっと, も急

▼ なり水量~ (3, 0.0%)

2 も多少 1 も幾らか

▼ なり永久~ (3, 0.0%)

1 にここ, の為, の縁

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 っ童, となる, を渡らなけれ

▼ なり河原~ (3, 0.0%)

1 が開け, となり, に沿っ

▼ なり注目~ (3, 0.0%)

1 されて, なり親しみ, に値すべき

▼ なり流石~ (3, 0.0%)

2 の目科 1 に代りばえ

▼ なり浪人~ (3, 0.0%)

2 なりを縛る 1 の活計

▼ なり消極的~ (3, 0.0%)

1 になる, には氏, に出る

▼ なり消費者~ (3, 0.0%)

2 の負担 1 になろう

▼ なり淋しく~ (3, 0.0%)

1 なるは, なれば, 立って

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 さも, 喜と, 喜に

▼ なり混雑~ (3, 0.0%)

2 して 1 の中

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の乾隆, の玩具, 大喜び

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 から並ん, があつい, の沸

▼ なり滿足~ (3, 0.0%)

1 なさいますで, の第, は總

▼ なり演説~ (3, 0.0%)

1 になった, の卓, の新法

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 した 1 した水

▼ なり灌木~ (3, 0.0%)

1 の這っ, も亦, や小笹

▼ なり火の粉~ (3, 0.0%)

1 がばら, が屋根, の中

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 による虫, のそば, の高

▼ なり無事~ (3, 0.0%)

1 に一生, に古城, に道中

▼ なり無力~ (3, 0.0%)

1 となる, な私, を表白

▼ なり無益~ (3, 0.0%)

1 であると, に浪費, に自分

▼ なり無礼~ (3, 0.0%)

2 なれど 1 なり

▼ なり無駄~ (3, 0.0%)

2 をせず 1 のない

▼ なり焼け跡~ (3, 0.0%)

1 の防空壕, はどう, ばかり広々

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 するは, すれば, と室

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となり, は三十六度代, もさがっ

▼ なり父さん~ (3, 0.0%)

3 をもお前

▼ なり片側~ (3, 0.0%)

1 から軒燈, は私, は蔓草

▼ なり特殊~ (3, 0.0%)

1 な性格, な習俗, の構造

▼ なり狂人~ (3, 0.0%)

1 とあい, となる, なりよし

▼ なり狂言~ (3, 0.0%)

1 から芝居, にもなっ, にも仕組まれ

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 に似 1 好んで

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 ほ親族, ゴーリキイが, 更わらわれた

▼ なり玄関~ (3, 0.0%)

1 にぶら下った, の左手, を出

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となつ, となり, は毎日外出

▼ なり理由~ (3, 0.0%)

1 なき焦躁, なくし, はわからぬ

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 の音 1 は五つ

▼ なり甘く~ (3, 0.0%)

1 なり且つ, なるの, 見ても

▼ なり甚だ~ (3, 0.0%)

1 悲しむべき事実, 美しくなく, 耳に

▼ なり生徒~ (3, 0.0%)

1 であった時, の疑い, の疑ひ

▼ なり生活資料~ (3, 0.0%)

2 はわずか 1 はちょうど

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となりし, の染井福之助, の音次郎

▼ なり田楽~ (3, 0.0%)

1 にも影響, の目的, は衰

▼ なり男女~ (3, 0.0%)

1 おのおのその, のまじはり, の人間的

▼ なり異性~ (3, 0.0%)

2 に対する凡て 1 においては恋

▼ なり疑問~ (3, 0.0%)

1 が生じたら, に疑問, を抱き

▼ なり疲れ~ (3, 0.0%)

1 も大, も直りましたら, を早め

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 を以て後 1 は去り

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 アい 1 そうに

▼ なり白く~ (3, 0.0%)

2 光る円鋸 1 もなった

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となり, なり飼い, のかみなり

▼ なり皮膚~ (3, 0.0%)

1 が老衰, のいろは鶏, は熱

▼ なり直ちに~ (3, 0.0%)

1 内裏へ, 検事の, 重井と

▼ なり真実~ (3, 0.0%)

1 と嘘, の話, の金太郎

▼ なり真理~ (3, 0.0%)

1 のため, は真理, は起る

▼ なり眼玉~ (3, 0.0%)

1 がグッ, ばかりギョロギョロ, を手

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 かくも, となり, 葉松植ゑつらねし

▼ なり石鹸~ (3, 0.0%)

2 と化粧料 1 ぬたくって

▼ なり確信~ (3, 0.0%)

1 となっ, に満ち, に滿

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の傍, の方, を祭る

▼ なり社会生活~ (3, 0.0%)

1 が多様, と文化, を送っ

▼ なり社會~ (3, 0.0%)

1 なりの基礎, の動流, は確固不滅

▼ なり祖母~ (3, 0.0%)

2 などなり 1 に連れられ

▼ なり祖父~ (3, 0.0%)

1 の代, はその, や祖母

▼ なり祖父母~ (3, 0.0%)

1 となる, になる, より見れ

▼ なり秀吉~ (3, 0.0%)

1 から, の老母, は四月二十七日

▼ なり私自身~ (3, 0.0%)

2 は平気 1 も大変

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 の中, の数, をのぞい

▼ なり立ち~ (3, 0.0%)

1 というもの, について作者, を明らか

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 ひは, ひ少く, ふべきもの

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 は箸, をなげうち, を執り初める

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 が出る, へともなる, へなり

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 と茶椀, をおろす, を持った

▼ なり精神的~ (3, 0.0%)

2 になる 1 に己

▼ なり紀州~ (3, 0.0%)

1 の木の本, はそのまま, をさして

▼ なり約束~ (3, 0.0%)

1 のある, の時計, を断

▼ なり素子~ (3, 0.0%)

1 の手もと, はおや, は三十七

▼ なり細かく~ (3, 0.0%)

1 分つて, 砕いて, 砕けたり

▼ なり細胞~ (3, 0.0%)

1 は次第に, は蛋白質, もなに

▼ なり経験~ (3, 0.0%)

1 が浅い, と学問, に重き

▼ なり結城さん~ (3, 0.0%)

3 と呼ぶ

▼ なり絶えず~ (3, 0.0%)

1 咳き続けて, 微風は, 踊るよう

▼ なり絶壁~ (3, 0.0%)

1 となり, の上, も滝

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 が絶え, ともなり, なければ

▼ なり縁語~ (3, 0.0%)

3 も場合

▼ なり繁栄~ (3, 0.0%)

1 の表現, をきわめて, を来した

▼ なり美登利~ (3, 0.0%)

3 はさる

▼ なり義人~ (3, 0.0%)

1 となり, の妝飾, は信仰

▼ なり翌年~ (3, 0.0%)

1 になります, には老中, 死んだ

▼ なり翌日~ (3, 0.0%)

2 さる方 1 からキング町

▼ なり聴衆~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 からテーマ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 なり君主, をさがし, を失い

▼ なり職人~ (3, 0.0%)

1 が家督, となっ, をたのん

▼ なり背筋~ (3, 0.0%)

1 が冷や, や腋の下, を波うたせる

▼ なり能率~ (3, 0.0%)

1 が上り, が低下, も挙るだろう

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 になり, に羽, のほう

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 となっ, のひとつ, を立てた

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 に臭, は青く, を紫色

▼ なり自暴自棄~ (3, 0.0%)

1 となっ, となり, に傾かん

▼ なり自転車~ (3, 0.0%)

1 で走る, は逆立, をそろへ

▼ なり芽柳~ (3, 0.0%)

3 のもと

▼ なり苦しみ~ (3, 0.0%)

1 のほか, の外, をかけた

▼ なり苦労~ (3, 0.0%)

1 した果, して, もいたしました

▼ なり苦悶~ (3, 0.0%)

1 と歓喜, はますます, を愈

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 に主, に又, に淡路

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 付いた気分, 付いて, 付けなくなった

▼ なり落ち~ (3, 0.0%)

2 にけむ 1 来る

▼ なり蒼く~ (3, 0.0%)

1 なって, なり冷酷, なり行きつ戻りつうろ

▼ なり薄い~ (3, 0.0%)

1 唇をへの, 木綿筒袖繻袢の, 舌ほどに

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 にもなった, は飲みつ, も売れなくなった

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 からさし, について曲る, や何

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 にならね, の世界, を衝い

▼ なり虚無~ (3, 0.0%)

1 となり, に帰, に歸

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 がはいらない, がブンブンブンブンブンブン, 多くなり

▼ なり蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 と狸, の姿, の糸

▼ なり行燈~ (3, 0.0%)

1 がガス燈, をひき寄せ, を持ち廻っ

▼ なり街道~ (3, 0.0%)

1 はまつ, を呑み込ん, を横ぎらうとして自動車乗り

▼ なり衣服~ (3, 0.0%)

1 はすでに, をすっぽり, を着る

▼ なり衣裳~ (3, 0.0%)

1 の模様, の直線的美感, も何

▼ なり表現~ (3, 0.0%)

1 なりと, の密度, は十人十種

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 をあげ, を肩, を顏

▼ なり裏山~ (3, 0.0%)

1 のミササギ, の風一通り, を描く

▼ なり裸体~ (3, 0.0%)

2 の表現 1 の女

▼ なり見事~ (3, 0.0%)

1 な大木, な手際, に斬った

▼ なり見物~ (3, 0.0%)

1 に参られた, の訓練, を退屈

▼ なり見物人~ (3, 0.0%)

1 からも団, の前, を満足

▼ なり親分~ (3, 0.0%)

2 となる 1 御食事中

▼ なり親類~ (3, 0.0%)

2 の者 1 なりと云つて行

▼ なり記憶~ (3, 0.0%)

1 せられること, の中, や使用

▼ なり詳しく~ (3, 0.0%)

1 執拗すぎる, 話して, 述べて

▼ なり説明~ (3, 0.0%)

1 から鑑賞, より暗示, を中止

▼ なり読書~ (3, 0.0%)

1 に心, もしなかった, も気

▼ なり諸君~ (3, 0.0%)

1 なり私, にも酒, は並

▼ なり豹一~ (3, 0.0%)

1 は南座, を抱きあげた, を連れ

▼ なり貧乏~ (3, 0.0%)

1 になつ, のどん底, も始め

▼ なり賑やか~ (3, 0.0%)

1 にな, になる, に続い

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 切れたかと 1 が残った

▼ なり身分~ (3, 0.0%)

1 の高い, は高から, も上位

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 になつて, の傾いた, の傾かぬ

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 となる 1 の刻

▼ なり農夫これ~ (3, 0.0%)

2 をもつ 1 を見付け

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 処と, 衆の, 衞公は

▼ なり近ごろ~ (3, 0.0%)

1 では沖合, でも時々, は多少

▼ なり近代~ (3, 0.0%)

1 のヨーロッパ, へと降, まで一枚

▼ なり途方~ (3, 0.0%)

2 に暮れ 1 にくれた

▼ なり~ (3, 0.0%)

3 ひには

▼ なり道楽~ (3, 0.0%)

1 の自己宣伝, も度, も相当

▼ なり道端~ (3, 0.0%)

1 から分岐, にも植ゑられた豆, の小

▼ なり適当~ (3, 0.0%)

1 な単, にお, に選挙

▼ なり郵便局~ (3, 0.0%)

1 に勤め, へ廻っ, や軍神

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 がたけなわ, が廻る, つ払

▼ なり重要~ (3, 0.0%)

1 なポスト, な発見, な都市的機構

▼ なり釣瓶~ (3, 0.0%)

1 で三ばい頭, で水, の水

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 という, といふでもない, の往来東西

▼ なり関係~ (3, 0.0%)

2 の深 1 して

▼ なり附近~ (3, 0.0%)

1 に穢多村, に青, の町

▼ なり陰鬱~ (3, 0.0%)

1 なこと, な狂, な雨

▼ なり陽気~ (3, 0.0%)

1 な騒音, になつ, に夜会

▼ なり隣組~ (3, 0.0%)

1 の共同作業, の土台, は仲良く

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 かるべし, ておる, 故非番

▼ なり雷鳴~ (3, 0.0%)

1 とともに密雲, のよう, を起し

▼ なり電燈~ (3, 0.0%)

1 がつく, とケーブル, の光り

▼ なり青々~ (3, 0.0%)

1 した芝生, とした, 軒が

▼ なり面白い~ (3, 0.0%)

1 と思います, 看板も, 話題と

▼ なり面白く~ (3, 0.0%)

1 ない川口, なさそう, もあつ

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 には水, にアオミドロ, は斯

▼ なり須臾~ (3, 0.0%)

1 も停滞, も寂静, も無為

▼ なり顔つき~ (3, 0.0%)

2 も明るく 1 もみるみる

▼ なり~ (3, 0.0%)

2 ふに 1 れば

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 えが, へが來, へる老媼

▼ なり風呂~ (3, 0.0%)

1 の帰り, の底, もはいれる

▼ なり飛沫~ (3, 0.0%)

21 はしぶき

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 になる, の一塊まり, の最中

▼ なり~ (3, 0.0%)

1 と団子, ばかりたべ, を貰う

▼ なり馬丁~ (3, 0.0%)

1 なりが駆け抜け, なりをもっ, になり

▼ なり馬車~ (3, 0.0%)

1 なりを作らせ, にのれ, を驅

▼ なり高級~ (3, 0.0%)

1 なコンパクト, にし, の官吏

▼ なり魚屋~ (3, 0.0%)

1 の女房, の店先, や八百屋

▼ なり鹿~ (3, 0.0%)

1 の配偶, を追って, 鳴草舎

▼ なり黒く~ (3, 0.0%)

1 なつて, なりして, 窓は

▼ なりあご~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ なりあちこち~ (2, 0.0%)

1 で討たれ, の宮家

▼ なりあつし~ (2, 0.0%)

1 が見張らせ, を慰め

▼ なりあに~ (2, 0.0%)

1 嫁とも, 戒めざるべ

▼ なりあまつさえ~ (2, 0.0%)

1 士籍の, 背景が

▼ なりあらためて~ (2, 0.0%)

1 その技術, その農夫

▼ なりいかで~ (2, 0.0%)

1 かその, か鋒刃

▼ なりいかん~ (2, 0.0%)

2 となれ

▼ なりいくらか~ (2, 0.0%)

1 文学らしくなる, 蒼くなった

▼ なりいささか~ (2, 0.0%)

1 なだめんと, 感慨に

▼ なりいそいそ~ (2, 0.0%)

1 とお山, として客

▼ なりいたずら~ (2, 0.0%)

1 な荒立ちに, に滞陣

▼ なりいちおう~ (2, 0.0%)

1 の落ちつき, 橋場の

▼ なりいちばん~ (2, 0.0%)

1 しまいにお, しまいに女神

▼ なりいったい~ (2, 0.0%)

1 おれが, 私は

▼ なりいつか冬~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ なりいつのまにか~ (2, 0.0%)

1 寝込んで, 広い原っぱ

▼ なりいぶせき~ (2, 0.0%)

2 独立家屋である

▼ なりいまだ~ (2, 0.0%)

1 二葉の, 逢ったこと

▼ なりいらいら~ (2, 0.0%)

2 する

▼ なりいろんな~ (2, 0.0%)

1 尾鰭が, 職業に

▼ なりいわば~ (2, 0.0%)

1 しんがりの, 博士の

▼ なりうす~ (2, 0.0%)

1 のろに, ぼやけた黄昏

▼ なりうつくしき~ (2, 0.0%)

1 虫と, 顏に

▼ なりうるか否~ (2, 0.0%)

1 かによって決る, かは疑問

▼ なりうれし~ (2, 0.0%)

1 さが, さの

▼ なりうれしい~ (2, 0.0%)

1 という, と思います

▼ なりうれしく~ (2, 0.0%)

1 思って, 思召し

▼ なりおいで~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ なりおかげ~ (2, 0.0%)

1 でまた, でフランス

▼ なりおしゃべり~ (2, 0.0%)

1 の悪魔, を始め

▼ なりおじいさん~ (2, 0.0%)

1 になっ, の家

▼ なりおそらく~ (2, 0.0%)

1 一般的比率に, 幸吉車も

▼ なりおとうさん~ (2, 0.0%)

1 のおかげ, をひっぱる

▼ なりおとな~ (2, 0.0%)

1 になり, の三ばい

▼ なりおどおど~ (2, 0.0%)

1 した態度, しなくなりました

▼ なりおなか~ (2, 0.0%)

1 にむぎ, もまし

▼ なりおのおの~ (2, 0.0%)

1 われを, 着たる衣服

▼ なりおま~ (2, 0.0%)

1 へが上, への本丸

▼ なりおも~ (2, 0.0%)

1 ては冷やか, ひもよらず

▼ なりおり~ (2, 0.0%)

1 から負傷, がすっかり

▼ なりおれ~ (2, 0.0%)

1 はお前, を慰め励ます

▼ なりお召~ (2, 0.0%)

1 しを, なり単

▼ なりお寺~ (2, 0.0%)

1 の台所, の林

▼ なりお座敷~ (2, 0.0%)

1 つ, で雛妓

▼ なりお母様~ (2, 0.0%)

1 も直ぐ, も親類

▼ なりお父さん~ (2, 0.0%)

1 の旧友, ゆずりの

▼ なりお通夜~ (2, 0.0%)

1 に來, に来る

▼ なりかさ~ (2, 0.0%)

2 こそとまた

▼ なりかし~ (2, 0.0%)

1 の木, ははみんなざわざわ言

▼ なりかすか~ (2, 0.0%)

1 にこぼれた, になっ

▼ なりかつまた~ (2, 0.0%)

1 兵力増加各, 窄く

▼ なりかは~ (2, 0.0%)

1 つて, りて

▼ なりかも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れないが

▼ なりがっかり~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ なりきもの~ (2, 0.0%)

2 のえり

▼ なりきん自身~ (2, 0.0%)

2 も椿姫気取り

▼ なりぐっと~ (2, 0.0%)

1 押えつけて, 顎を

▼ なりぐるぐる~ (2, 0.0%)

1 とまわる, 飛び回る

▼ なりけに~ (2, 0.0%)

2 春は

▼ なりげに~ (2, 0.0%)

1 いかなる技工, その時

▼ なりげんき~ (2, 0.0%)

1 になっ, もつい

▼ なりこういう~ (2, 0.0%)

1 味な, 顔ぶれは

▼ なりことば~ (2, 0.0%)

1 なりが永く久しく, のほか

▼ なりこのごろ~ (2, 0.0%)

1 はまた, は臣下

▼ なりこれ一人~ (2, 0.0%)

2 のみにあらず

▼ なりこれ余~ (2, 0.0%)

2 が目前

▼ なりごちそう~ (2, 0.0%)

1 なされたらまた, をいただく

▼ なりささやか~ (2, 0.0%)

1 では, な仕事

▼ なりさして~ (2, 0.0%)

1 は, 多くも

▼ なりさっさと~ (2, 0.0%)

1 このカッフェ, アパートの

▼ なりさつき~ (2, 0.0%)

1 から妙, の女の子

▼ なりさびしく~ (2, 0.0%)

1 なって, なるから

▼ なりさもなければ~ (2, 0.0%)

1 お互に, 破産的な

▼ なりさらさら~ (2, 0.0%)

1 と分かれ, と水

▼ なりしかと~ (2, 0.0%)

1 いふに, 長き袂

▼ なりしかの~ (2, 0.0%)

1 第一, 襟巻きを

▼ なりしかるべき~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 筋と

▼ なりしこう~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なりした~ (2, 0.0%)

1 ものである, 十余名の

▼ なりしょせん~ (2, 0.0%)

2 は世

▼ なりしわ~ (2, 0.0%)

1 が兄弟達, が腕

▼ なりじりじり~ (2, 0.0%)

1 して, とその

▼ なりすくなくとも~ (2, 0.0%)

1 年に, 詩の

▼ なりすんで~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ なりずつと~ (2, 0.0%)

1 地質が, 寢込ん

▼ なりせい~ (2, 0.0%)

2 がめきめき

▼ なりせせらぎ~ (2, 0.0%)

1 の音, へばちゃり

▼ なりせっかく~ (2, 0.0%)

1 の力米, 捕らえたる魚類

▼ なりせまく~ (2, 0.0%)

2 ヤドカリみたいに

▼ なりそいつ~ (2, 0.0%)

1 が言う, にいろいろ

▼ なりそして又~ (2, 0.0%)

2 ほっとした

▼ なりそち~ (2, 0.0%)

1 もひとり, も聖母

▼ なりそっち~ (2, 0.0%)

1 の方, へ忍ん

▼ なりその後女房達~ (2, 0.0%)

2 は村長

▼ なりそば~ (2, 0.0%)

1 なりを手打ち, にぴたり

▼ なりそら~ (2, 0.0%)

1 のあちこち, 熱海の

▼ なりそれでは~ (2, 0.0%)

1 まだまだ, もうあす

▼ なりそれと~ (2, 0.0%)

1 いつしよ, なしに

▼ なりそれなら~ (2, 0.0%)

1 帰途京都へ, 本当の

▼ なりそれにまた~ (2, 0.0%)

1 このまま, クムイなどを

▼ なりそれゆえ~ (2, 0.0%)

1 にある, にまた

▼ なりそれ以来~ (2, 0.0%)

1 ずっと乞食ぐらし, と云つて

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 しに

▼ なりたいてい~ (2, 0.0%)

1 の生徒, 晴天一日曇天一日荒天二日という

▼ なりたいへん~ (2, 0.0%)

1 の御, 賑かな

▼ なりたしかに~ (2, 0.0%)

1 お父上, この辺

▼ なりただし~ (2, 0.0%)

1 討たれ候侍, 討たれ候横田清兵衛

▼ なりたった~ (2, 0.0%)

1 一つの, 五十円きりもっ

▼ なりたとへば~ (2, 0.0%)

1 孔子聖人には, 隼人毛人の

▼ なりたより~ (2, 0.0%)

1 ないが, になる

▼ なりだから~ (2, 0.0%)

1 一層不気味, 陰気に

▼ なりだが~ (2, 0.0%)

1 母について, 益

▼ なりだけど~ (2, 0.0%)

2 私にとって

▼ なりだろう~ (2, 0.0%)

1 と思う, ねえ

▼ なりっぱなし~ (2, 0.0%)

1 でまだ, の彼女達

▼ なりついにまったく~ (2, 0.0%)

1 なくなって, 聞こえなくなって

▼ なりつくづく~ (2, 0.0%)

1 この世の中, 落ちぶれたと

▼ なりつつも~ (2, 0.0%)

1 このさい猛犬, まだシャッタ

▼ なりつまらない~ (2, 0.0%)

1 ものに, 分裂

▼ なりつる~ (2, 0.0%)

1 やへ電話, や往生院

▼ なりていう~ (2, 0.0%)

2 ときと

▼ なりておも~ (2, 0.0%)

2 へば穉

▼ なりてしか~ (2, 0.0%)

2 都に

▼ なりてぞ~ (2, 0.0%)

1 聞き侍りし, 酒汲みはじめける

▼ なりてほども~ (2, 0.0%)

2 あらじと

▼ なりてや~ (2, 0.0%)

2 みぬ

▼ なりとうてい~ (2, 0.0%)

1 つきあいきれないと, 詩情の

▼ なりとお~ (2, 0.0%)

1 もはるべき, 好きに

▼ なりとかく~ (2, 0.0%)

1 する間, 暮らし難い

▼ なりとな~ (2, 0.0%)

1 せり, つて見た

▼ なりとのみ~ (2, 0.0%)

1 いひて, 認め女

▼ なりとばかり~ (2, 0.0%)

1 口を, 大男は

▼ なりともすれば~ (2, 0.0%)

1 懶惰に, 暗礁に

▼ なりとや~ (2, 0.0%)

1 ッと, 思はれん

▼ なりとりわけ~ (2, 0.0%)

1 少年期から, 袴は

▼ なりどうせ~ (2, 0.0%)

1 云われるならこちら, 野蛮人なら

▼ なりどうも~ (2, 0.0%)

1 困りましたいや, 死因が

▼ なりどくだみ~ (2, 0.0%)

2 の芽

▼ なりどちら~ (2, 0.0%)

1 に対してもよろしから, も役者

▼ なりどっさり~ (2, 0.0%)

1 になる, 食って

▼ なりどの~ (2, 0.0%)

1 位カンゴクには, 庭も

▼ なりどんどん~ (2, 0.0%)

1 伐るため, 看板は

▼ なりなかには~ (2, 0.0%)

1 直接に, 短刀や

▼ なりながらでも~ (2, 0.0%)

1 結構でございます, 聴聞し

▼ なりなさり~ (2, 0.0%)

1 そうです, はしますまい

▼ なりなぞと~ (2, 0.0%)

1 よろこびながら, 主張する如き

▼ なりなと~ (2, 0.0%)

1 云った, 思ひつ

▼ なりなどという~ (2, 0.0%)

1 予言を, 者なく

▼ なりなにやら~ (2, 0.0%)

1 の工匠, 自分も

▼ なりなぶり殺し~ (2, 0.0%)

1 なりどう, なり何

▼ なりなむ~ (2, 0.0%)

1 など思ひいでぬ, はた薄

▼ なりなんて~ (2, 0.0%)

1 考へてれば, 言う人

▼ なりなんとなく~ (2, 0.0%)

1 オ茶は, 陰鬱として

▼ なりにわかに~ (2, 0.0%)

1 尊大に, 顔まで

▼ なりぬれ~ (2, 0.0%)

2

▼ なりのう~ (2, 0.0%)

2 しろあな

▼ なりはげしい~ (2, 0.0%)

1 ときには, 論戦が

▼ なりはげしく~ (2, 0.0%)

1 あわを, 身を

▼ なりはしたない~ (2, 0.0%)

2 事な

▼ なりはやく~ (2, 0.0%)

1 体だけでも, 有江の

▼ なりはるか~ (2, 0.0%)

1 に本物, の下界

▼ なりはるばる~ (2, 0.0%)

1 ウオルムスの, 唐へ

▼ なりひそか~ (2, 0.0%)

1 に, に兵

▼ なりひどい~ (2, 0.0%)

1 アルコール中毒患者と, 貧乏を

▼ なりふくら雀~ (2, 0.0%)

2 となるであろう

▼ なりぶらりと~ (2, 0.0%)

2 江戸へ

▼ なりほう~ (2, 0.0%)

1 ばい同士矛盾に, ほうの

▼ なりほおずき~ (2, 0.0%)

1 なども怖, をとっ

▼ なりほっと~ (2, 0.0%)

2 一息ついた

▼ なりほのか~ (2, 0.0%)

1 な空明り, に生甲斐

▼ なりぼんやり~ (2, 0.0%)

1 し, 庭の

▼ なりまさり~ (2, 0.0%)

1 つつ文学的豊饒さ, 火事の

▼ なりまち~ (2, 0.0%)

1 へ出, 遠しく

▼ なりまっ暗~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ なりまつ~ (2, 0.0%)

1 が食事, せ

▼ なりまぶた~ (2, 0.0%)

1 から飛び出さん, も唇

▼ なりまるっきり~ (2, 0.0%)

1 新しい別, 湯も

▼ なりまア~ (2, 0.0%)

1 お前ら遊ん, 年も

▼ なりみぞ~ (2, 0.0%)

1 れの, れは

▼ なりみなさん~ (2, 0.0%)

1 の読み物, 早く罪

▼ なりむっつり~ (2, 0.0%)

1 不機嫌, 黙りこんで

▼ なりめいめい~ (2, 0.0%)

1 の嗜好, の生活

▼ なりめっぽう~ (2, 0.0%)

1 高いので, 高い料金

▼ なりめでたく~ (2, 0.0%)

1 かしこ, その一人

▼ なりもう少し~ (2, 0.0%)

1 だああ, 長い時間

▼ なりもしも~ (2, 0.0%)

1 一つの, 合戦と

▼ なりやいなや~ (2, 0.0%)

1 これ女なり, これ非人に

▼ なりやいなやを~ (2, 0.0%)

2 ただすを

▼ なりやう~ (2, 0.0%)

1 が無い, やく親

▼ なりやかましく~ (2, 0.0%)

1 その改造, ても叱る

▼ なりやがてじめじめ~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ なりやがてそのまま~ (2, 0.0%)

1 丈余の, 上へ

▼ なりやがてだんだん~ (2, 0.0%)

1 まっ黒, 赤くなっ

▼ なりやがてぴったり~ (2, 0.0%)

1 しずまった, とまりました

▼ なりやけに~ (2, 0.0%)

1 意気っぽく, 煙草を

▼ なりやさしい~ (2, 0.0%)

1 人が, 調子で

▼ なりやすから~ (2, 0.0%)

1 な, ね

▼ なりやっぱり~ (2, 0.0%)

1 だめかなと, もとに

▼ なりやつ~ (2, 0.0%)

1 と, と口

▼ なりやに~ (2, 0.0%)

1 下りまた, 疑を

▼ なりやは~ (2, 0.0%)

1 藝術家の, 量り難い

▼ なりややもすれば~ (2, 0.0%)

1 姉に, 灰色がちに

▼ なりゆっくり~ (2, 0.0%)

1 歩く, 相談したい

▼ なりゆらりと~ (2, 0.0%)

2 動いて

▼ なりよい~ (2, 0.0%)

1 のと, 子を

▼ なりよそ~ (2, 0.0%)

1 の店, へ逃がし

▼ なりよほど~ (2, 0.0%)

1 小刀を, 確実に

▼ なりよりも~ (2, 0.0%)

1 この塔ロケット, つごうの

▼ なりらくに~ (2, 0.0%)

1 なりさ, なりその

▼ なりろくに~ (2, 0.0%)

1 何も, 飲まずダレ

▼ なりわびし~ (2, 0.0%)

1 さは, や

▼ なりアエネアス~ (2, 0.0%)

1 の軍, を助け

▼ なりアダリン~ (2, 0.0%)

1 のむ, をのむ

▼ なりイギリス~ (2, 0.0%)

1 となるであろう, のパンクハースト夫人

▼ なりインキ~ (2, 0.0%)

2 をかり

▼ なりインド~ (2, 0.0%)

2 の経典

▼ なりカッチアグイーダ~ (2, 0.0%)

1 となり, の生れし

▼ なりカフェー~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, に新聞紙

▼ なりガス~ (2, 0.0%)

1 ではりきった, は散逸

▼ なりガラリ~ (2, 0.0%)

2 と戸

▼ なりキミ子~ (2, 0.0%)

1 がカヨ子, は中江

▼ なりキャバレー~ (2, 0.0%)

1 と特殊関係, の中

▼ なりキリスト~ (2, 0.0%)

1 を代表, を十字

▼ なりクリストフ~ (2, 0.0%)

1 の言葉, は犬

▼ なりシグナル~ (2, 0.0%)

1 とシグナレス, の柱

▼ なりシテ~ (2, 0.0%)

1 なり一俳優, 又其方

▼ なりシャツ~ (2, 0.0%)

1 から晒木綿, はすり切れ

▼ なりショパン~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なりジャック~ (2, 0.0%)

1 といふ犬, は喜ん

▼ なりジョウ~ (2, 0.0%)

1 がじ, は念入り

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 とシ, を最善

▼ なりスサノヲ~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ なりセッセ~ (2, 0.0%)

1 と仕事, と演技

▼ なりセット~ (2, 0.0%)

1 となる, と定

▼ なりゾロゾロバタバタ~ (2, 0.0%)

2 と仕置場

▼ なりタクシイ~ (2, 0.0%)

2 の通る

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 こないあんな, こないぜ

▼ なりッこ~ (2, 0.0%)

1 ありゃしないわよ, もないでしょう

▼ なりテーブル~ (2, 0.0%)

1 に顔, の上方

▼ なりデパート~ (2, 0.0%)

1 の飾人形, へ行け

▼ なりトラホーム~ (2, 0.0%)

2 と頭瘡

▼ なりナポレオン~ (2, 0.0%)

1 が力, を出した

▼ なりニコチン~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ なりハネ~ (2, 0.0%)

1 てからすぐ, てから一人

▼ なりハンカチ~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ なりバス~ (2, 0.0%)

1 が通りはじめた, も午後

▼ なりヒラメ~ (2, 0.0%)

1 があの, の家

▼ なりビスケット~ (2, 0.0%)

1 さえ不足, を入れ

▼ なりビッコ~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ なりビール~ (2, 0.0%)

1 から始め, のコップ

▼ なりファラデー~ (2, 0.0%)

1 の健康, を終身官

▼ なりフィレンツェ~ (2, 0.0%)

1 なるグエルフィ黨, を逐

▼ なりフォーク~ (2, 0.0%)

1 で突, もマカロニ

▼ なりフラフラ~ (2, 0.0%)

1 と立ち上った, になっ

▼ なりホッ~ (2, 0.0%)

1 とした, と息

▼ なりホン~ (2, 0.0%)

1 のチョット, の一瞬

▼ なりポケット~ (2, 0.0%)

1 から新聞, を探っ

▼ なりポンプ~ (2, 0.0%)

1 を使っ, を引く

▼ なりマダム~ (2, 0.0%)

1 はきつ, を見舞った

▼ なりマリユス~ (2, 0.0%)

1 の腕, はコゼット

▼ なりミヤ子~ (2, 0.0%)

1 の屋根裏, は戻っ

▼ なりランプ~ (2, 0.0%)

1 となり, を

▼ なりルイ十四世~ (2, 0.0%)

1 に於い, に至

▼ なりロスアンゼルス~ (2, 0.0%)

1 の発展, は一息

▼ なりロンドン~ (2, 0.0%)

1 にいる, にとどまる

▼ なりワシントン~ (2, 0.0%)

1 の空, へ手紙

▼ なり一個~ (2, 0.0%)

1 の刑事巡査, の輕氣球

▼ なり一八~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ なり一八五七年~ (2, 0.0%)

1 には大, には母校

▼ なり一国~ (2, 0.0%)

1 の文運頓, の総理大臣

▼ なり一年間~ (2, 0.0%)

1 は自分, ばかりかなり

▼ なり一度生~ (2, 0.0%)

2 を得

▼ なり一思い~ (2, 0.0%)

1 に殺害, に自分

▼ なり一昨年増租案~ (2, 0.0%)

2 の衆議院

▼ なり一時間後~ (2, 0.0%)

2 には遂に

▼ なり一時頃~ (2, 0.0%)

1 になった, までねた

▼ なり一月~ (2, 0.0%)

1 が一年, ばかりする

▼ なり一歩~ (2, 0.0%)

1 ずつ大地, もあと

▼ なり一点~ (2, 0.0%)

1 において赫々, 青いもの

▼ なり一生~ (2, 0.0%)

1 を純潔, を誤つ

▼ なり一番前~ (2, 0.0%)

2 の席

▼ なり一筋~ (2, 0.0%)

1 に浄土門, の陽

▼ なり一般的~ (2, 0.0%)

2 ならずして

▼ なり一見~ (2, 0.0%)

1 したところ, 無愛想に

▼ なり一角~ (2, 0.0%)

1 の実業家, もどてら

▼ なり一言~ (2, 0.0%)

1 も有, も返事

▼ なり一部~ (2, 0.0%)

1 は政治, は逃亡

▼ なり一陣~ (2, 0.0%)

1 の冷たい, の風

▼ なり一面~ (2, 0.0%)

1 には家族的, に脹れあがった

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の燭臺, の罪

▼ なり七人~ (2, 0.0%)

1 が手分け, にふえた

▼ なり七十郎~ (2, 0.0%)

1 の一族, は死罪

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の及ぶ, も伸びた

▼ なり三ヶ月~ (2, 0.0%)

2 が空しく

▼ なり三位~ (2, 0.0%)

1 に差支え, の中将

▼ なり三倍~ (2, 0.0%)

1 になり, になりし

▼ なり三匹~ (2, 0.0%)

1 となり, になる

▼ なり三十一文字~ (2, 0.0%)

1 なりに現われ, なるが

▼ なり三十円~ (2, 0.0%)

1 なりの餞別, になりし

▼ なり三千代~ (2, 0.0%)

2 の勢威

▼ なり三年前~ (2, 0.0%)

2 に母

▼ なり三村屋~ (2, 0.0%)

2 の暖簾

▼ なり三枝~ (2, 0.0%)

1 が二度と, の叔父

▼ なり三転~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なり上半身~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ なり上品~ (2, 0.0%)

1 な姿, になり

▼ なり上方~ (2, 0.0%)

1 より東海道, を遍歴

▼ なり上等~ (2, 0.0%)

1 な飲物一切, の社会

▼ なり下がっ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て同

▼ なり下らない~ (2, 0.0%)

1 ことを, 雜談やら

▼ なり下劣詩魔~ (2, 0.0%)

2 に魅せし

▼ なり不可思議~ (2, 0.0%)

1 なりと, な神秘

▼ なり不可能~ (2, 0.0%)

1 であると, にさえなった

▼ なり不幸~ (2, 0.0%)

1 な花, にし

▼ なり不徳~ (2, 0.0%)

1 なり子女, の輩身

▼ なり不機嫌~ (2, 0.0%)

1 な表情, な風

▼ なり不正~ (2, 0.0%)

1 となる, な事

▼ なり不自然~ (2, 0.0%)

1 でなくなるという, を覚え始めた

▼ なり不良分子~ (2, 0.0%)

1 なりとともに一括, なりを普通民中

▼ なり不遜~ (2, 0.0%)

1 なり教養, になっ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は威望材力, は後世

▼ なり両脚~ (2, 0.0%)

1 に沿う, を舟

▼ なり両足~ (2, 0.0%)

1 の裏, はまったく

▼ なり並木~ (2, 0.0%)

1 のうち, の風

▼ なり中学校~ (2, 0.0%)

1 の国文教科書, の教科書程度

▼ なり丸い~ (2, 0.0%)

1 帽子を, 玻璃鐘の

▼ なり主体~ (2, 0.0%)

1 となる, の意味

▼ なり主命~ (2, 0.0%)

2 たる以上

▼ なり乃ち此般~ (2, 0.0%)

2 の現状

▼ なり乃ち閣下~ (2, 0.0%)

2 の責任

▼ なり乏し~ (2, 0.0%)

1 さに, ともなし

▼ なり乗り~ (2, 0.0%)

1 こめるデッキ航者, 廻したが

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は竹蔵, をばにわかに

▼ なり九州~ (2, 0.0%)

1 から戻っ, の大友

▼ なり九時~ (2, 0.0%)

1 になっ, をまわる

▼ なり九時五十分~ (2, 0.0%)

1 となり, となりました

▼ なり九月晦日~ (2, 0.0%)

2 より病

▼ なり乱暴~ (2, 0.0%)

1 とさえなり終る, にも見える

▼ なり乳房~ (2, 0.0%)

1 にまでコールドクリーム, もだ

▼ なり乳母~ (2, 0.0%)

1 なる老婆, は右枕

▼ なり了ん~ (2, 0.0%)

2

▼ なり事務~ (2, 0.0%)

1 に鞅掌, の執り

▼ なり事務所~ (2, 0.0%)

1 によって見た, の必要

▼ なり事情~ (2, 0.0%)

1 があっ, に応じ

▼ なり事物~ (2, 0.0%)

1 なりをもつともつと, の客観的法則

▼ なり二つ三つ~ (2, 0.0%)

1 なりの寫眞, 隔てた座敷

▼ なり二三日~ (2, 0.0%)

1 のうち, は閑暇

▼ なり二十~ (2, 0.0%)

1 となり, のくせ

▼ なり二十七日~ (2, 0.0%)

1 となった, となつ

▼ なり二十三歳~ (2, 0.0%)

1 のとき, の七月

▼ なり二十五日~ (2, 0.0%)

1 には慶応義塾, の早朝

▼ なり二十五歳~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ なり二十日~ (2, 0.0%)

1 ばかりし, もたつ

▼ なり二度と~ (2, 0.0%)

1 押す気, 郷地に

▼ なり二度目~ (2, 0.0%)

1 の冬, の婿

▼ なり二本~ (2, 0.0%)

1 が三本, に非

▼ なり二町~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり二週間~ (2, 0.0%)

1 ほど経っ, ほど經つて

▼ なり二郎~ (2, 0.0%)

1 はその, は微笑みつ

▼ なり二間~ (2, 0.0%)

1 となっ, になり

▼ なり云々以下~ (2, 0.0%)

2 の一段

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ なり互い~ (2, 0.0%)

1 の復讐心, の顔

▼ なり五つ~ (2, 0.0%)

1 となった, になる

▼ なり五人~ (2, 0.0%)

1 になっ, は水タマリ

▼ なり五円~ (2, 0.0%)

1 となっ, 出して

▼ なり五十~ (2, 0.0%)

1 になつて, になり

▼ なり五十人~ (2, 0.0%)

1 ずつ区切っ, ともなっ

▼ なり五十年~ (2, 0.0%)

1 の事, の人生

▼ なり五十銭~ (2, 0.0%)

1 か一円, を供

▼ なり五百~ (2, 0.0%)

1 なり極めただけの, は世話

▼ なり井上伯~ (2, 0.0%)

2 は閣下

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 などに犬, の館

▼ なり人々奇~ (2, 0.0%)

2 として集り観る

▼ なり人力車~ (2, 0.0%)

1 は走り自動車, を挽く

▼ なり人家~ (2, 0.0%)

1 が流れ, は途切れた

▼ なり人形~ (2, 0.0%)

1 の形, もさすが

▼ なり人相~ (2, 0.0%)

1 が識別, のよく

▼ なり人知れず~ (2, 0.0%)

1 大将の, 氣を

▼ なり人種的~ (2, 0.0%)

1 ならすし, なり

▼ なり人通り~ (2, 0.0%)

1 のある, も少なく

▼ なり人類的~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ なり仁愛~ (2, 0.0%)

1 に終わる, の基礎

▼ なり仄か~ (2, 0.0%)

1 ながら爽涼, な陰惨

▼ なり仇敵~ (2, 0.0%)

1 のよう, の子

▼ なり今一人~ (2, 0.0%)

2 の有力

▼ なり今年~ (2, 0.0%)

1 でもう, の立春

▼ なり今後~ (2, 0.0%)

1 いっそうの, とも南陽房

▼ なり仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 の戦線, の演劇史

▼ なり代っ~ (2, 0.0%)

1 て浮かん, て詫び

▼ なり代り~ (2, 0.0%)

1 を考へる, 又一転

▼ なり代診~ (2, 0.0%)

2 も看護婦

▼ なり以上~ (2, 0.0%)

1 の諸, は学問

▼ なり仮親~ (2, 0.0%)

1 でも立て, に立て

▼ なり伊藤公~ (2, 0.0%)

1 なりまた, にも公然

▼ なり伊藤内閣~ (2, 0.0%)

2 の外務大臣

▼ なり伊豆~ (2, 0.0%)

1 の国司, の寺

▼ なり伊豆屋~ (2, 0.0%)

2 の二番目息子

▼ なり休み~ (2, 0.0%)

1 が終り, の日

▼ なり会話~ (2, 0.0%)

2 にも自信

▼ なり伯爵~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり住吉~ (2, 0.0%)

1 の社, の門

▼ なり住職~ (2, 0.0%)

1 はこの, は女

▼ なり佐久間町~ (2, 0.0%)

1 となり, へ着いた

▼ なり佐吉~ (2, 0.0%)

2 は相

▼ なり佐太郎~ (2, 0.0%)

1 は再び, も村

▼ なり何もかも~ (2, 0.0%)

1 恭一が, 月々の

▼ なり何心~ (2, 0.0%)

1 なく永代橋, なく雲壁

▼ なり何時しか~ (2, 0.0%)

1 安全よりも, 彼等の

▼ なり何物~ (2, 0.0%)

1 にか具躰的, もわきまえる

▼ なり何處~ (2, 0.0%)

1 へなり行きます, よりか盜

▼ なり余り~ (2, 0.0%)

1 徒然に, 立派でない

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 つた, の心持

▼ なり例へば~ (2, 0.0%)

1 上演料も, 夕食に

▼ なり侘しく~ (2, 0.0%)

2 なりそして

▼ なり侵略~ (2, 0.0%)

1 となったら, を拡大

▼ なり俄然~ (2, 0.0%)

1 大河の, 精神が

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に川開き, の野心

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり, の堅く

▼ なり信念~ (2, 0.0%)

1 なりを読者諸君, はいよいよ

▼ なり信長~ (2, 0.0%)

1 のよう, は武骨

▼ なり修養~ (2, 0.0%)

1 の龜鑑, をし

▼ なり俳優~ (2, 0.0%)

1 の個性, の方

▼ なり俺達二人~ (2, 0.0%)

2 は長い

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 の対立

▼ なり候もの~ (2, 0.0%)

1 かなこれ, と相

▼ なり候間~ (2, 0.0%)

1 せめて罪滅し, 死んで

▼ なり倚掛~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ なり倫理道徳~ (2, 0.0%)

1 は人間, を守る

▼ なり偃松~ (2, 0.0%)

1 の叢生, の枝

▼ なり偉い~ (2, 0.0%)

1 人々を, 芸術家と

▼ なり偉人~ (2, 0.0%)

1 なりがあり, はただ

▼ なり偉大~ (2, 0.0%)

1 なるフランス, にし

▼ なり停車~ (2, 0.0%)

2 の位置

▼ なり健全~ (2, 0.0%)

1 な国民性, な家庭

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 で見る, に附

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 にしか御, に精神

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 にあった

▼ なり僕たち~ (2, 0.0%)

1 が無実, は学校

▼ なり儒教~ (2, 0.0%)

1 が再び, の家庭

▼ なり優しい~ (2, 0.0%)

1 声を, 親切な

▼ なり充分~ (2, 0.0%)

1 その気分, 生存競争に

▼ なり光栄~ (2, 0.0%)

1 ある世界, と恥辱

▼ なり光秀~ (2, 0.0%)

1 は一行十三人, も討たれた

▼ なり光線~ (2, 0.0%)

1 が逆もどり, の具合

▼ なり全国~ (2, 0.0%)

1 に雷名, の津々浦々

▼ なり全日本~ (2, 0.0%)

1 の図書館, の諸

▼ なり全然~ (2, 0.0%)

1 歩行が, 虚偽の

▼ なり兩手~ (2, 0.0%)

1 をう, をだらり

▼ なり兩者~ (2, 0.0%)

1 の性向相, の間

▼ なり八幡~ (2, 0.0%)

1 の祭礼, 大菩薩

▼ なり八組~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり公園~ (2, 0.0%)

1 などにあそび, の壮麗

▼ なり公私~ (2, 0.0%)

1 の生活の, を混淆

▼ なり六〇年十二月~ (2, 0.0%)

2 にひどい

▼ なり六月朔日~ (2, 0.0%)

2 にたま

▼ なり六蔵~ (2, 0.0%)

1 の右腕, の身の上

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 を二手, を諸所

▼ なり兵部卿~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ なり其事~ (2, 0.0%)

1 に関した, 遂に発覚

▼ なり其他~ (2, 0.0%)

1 の事項, の諸

▼ なり其儀~ (2, 0.0%)

1 ならば, ならばと

▼ なり其内~ (2, 0.0%)

2 にはと手紙

▼ なり其家~ (2, 0.0%)

1 から后, ます

▼ なり其所~ (2, 0.0%)

1 で崩御, へ罷り出る

▼ なり其故~ (2, 0.0%)

1 に洛中洛外, は云々

▼ なり其故如何~ (2, 0.0%)

2 となれ

▼ なり其日~ (2, 0.0%)

1 は空, 怪き者來ら

▼ なり其節~ (2, 0.0%)

1 のこと, の馬士

▼ なり其處~ (2, 0.0%)

1 から一種, に開いた

▼ なり其譯~ (2, 0.0%)

1 は一昨日, は斯樣

▼ なり其進退~ (2, 0.0%)

2 は天下

▼ なり内閣~ (2, 0.0%)

1 は断じて, は斷

▼ なり円タク~ (2, 0.0%)

1 となっ, を拾

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 変し, 生長藩の

▼ なり冒険~ (2, 0.0%)

1 で, となり

▼ なり写生~ (2, 0.0%)

1 が出来る, の技

▼ なり况むや長期~ (2, 0.0%)

2 の内閣

▼ なり凡て~ (2, 0.0%)

1 の呼吸, は小学校

▼ なり凡物~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 などにかけはしる

▼ なり凹凸~ (2, 0.0%)

1 ができる, が多く

▼ なり切なく~ (2, 0.0%)

1 てたまらなかっ, 胸に

▼ なり切れ~ (2, 0.0%)

1 の長い, もしない

▼ なり刑場~ (2, 0.0%)

1 に推, に送られ

▼ なり判然~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ なり利根川~ (2, 0.0%)

2 は花道揚幕

▼ なり制服~ (2, 0.0%)

1 となり, も洋服

▼ なり刺激~ (2, 0.0%)

1 となり, を受けたらしい

▼ なり剃髪~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なり則しるし~ (2, 0.0%)

2 に此石

▼ なり前提~ (2, 0.0%)

1 となる, を忘れたる

▼ なり前者~ (2, 0.0%)

1 の期間, は身

▼ なり剥製~ (2, 0.0%)

2 の栗鼠

▼ なり創作~ (2, 0.0%)

1 と摸倣, の新しい

▼ なり助手~ (2, 0.0%)

1 のピーター, のポールトン

▼ なり労働~ (2, 0.0%)

1 によって練られた, に対する需要

▼ なり動揺~ (2, 0.0%)

2 せずには

▼ なり勝利者~ (2, 0.0%)

1 だけがいくらでも, となる

▼ なり勝気~ (2, 0.0%)

1 なおその, な負

▼ なり勢力統一~ (2, 0.0%)

2 を得れ

▼ なり勤め~ (2, 0.0%)

2 もできない

▼ なり医師~ (2, 0.0%)

1 と看護婦, も立派

▼ なり十一~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ なり十一時すぎ~ (2, 0.0%)

1 に帰宅, 迄やった

▼ なり十三歳~ (2, 0.0%)

1 でオルガン, になった

▼ なり十二歳~ (2, 0.0%)

1 になった, の時

▼ なり十二由旬~ (2, 0.0%)

2 は日本道六十六里

▼ なり十六~ (2, 0.0%)

1 になる, に三十二

▼ なり十数人~ (2, 0.0%)

1 の人々, の人たち

▼ なり十月~ (2, 0.0%)

1 の末日, より十二月一杯

▼ なり十銭~ (2, 0.0%)

1 になった, まであがった

▼ なり千人~ (2, 0.0%)

1 して, になり

▼ なり千種~ (2, 0.0%)

1 は大急ぎ, は鬼頭

▼ なり半円~ (2, 0.0%)

1 となっ, となり

▼ なり半年間~ (2, 0.0%)

2 寝て

▼ なり半月~ (2, 0.0%)

1 なり温泉場, になつ

▼ なり卑しい~ (2, 0.0%)

1 チュルカレーが, 人間においては

▼ なり卒業~ (2, 0.0%)

1 す, のとき

▼ なり卓越~ (2, 0.0%)

1 した印象, した見識

▼ なり南冥~ (2, 0.0%)

1 というところ, といふところ

▼ なり南無~ (2, 0.0%)

1 さん何者の, 仏南無

▼ なり南瓜~ (2, 0.0%)

1 の葉, は平年

▼ なり単なる~ (2, 0.0%)

1 手段として, 符号として

▼ なり博多~ (2, 0.0%)

1 へやっと, を中止

▼ なり印刷所~ (2, 0.0%)

1 で夕食, となりし

▼ なり印象~ (2, 0.0%)

1 から印象, も浅く

▼ なり危うく~ (2, 0.0%)

1 斬られようと, 身を

▼ なり危く~ (2, 0.0%)

1 するならば, 泣かされる處

▼ なり危険~ (2, 0.0%)

1 なりとして, のない

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 てこの, て何

▼ なり厚い~ (2, 0.0%)

1 唇が, 壁は

▼ なり原稿料~ (2, 0.0%)

1 でこの, も一枚二円前後

▼ なり友だち~ (2, 0.0%)

1 とは楽し, などに見せ

▼ なり友達~ (2, 0.0%)

1 が来, なりがとめ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 つてその, 對に

▼ なり叙事詩~ (2, 0.0%)

1 として専ら, なりに残され

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 では蚊帳

▼ なり口惜し~ (2, 0.0%)

1 さに, まぎれに

▼ なり古人~ (2, 0.0%)

1 がこの, の名作

▼ なり古代~ (2, 0.0%)

1 になる, の鬼神

▼ なり召使~ (2, 0.0%)

1 の田舎, ひの

▼ なり可愛い~ (2, 0.0%)

1 娘を, 目を

▼ なり史官~ (2, 0.0%)

1 の直筆, の精神

▼ なり史料~ (2, 0.0%)

1 として或, の自

▼ なり右大将~ (2, 0.0%)

1 もまいった, を兼任

▼ なり右大臣豊成~ (2, 0.0%)

2 と藤原永手

▼ なり吉備真備~ (2, 0.0%)

2 が重用

▼ なり同乗~ (2, 0.0%)

2 する興味

▼ なり同君~ (2, 0.0%)

1 はこれ, より聞きし

▼ なり同国~ (2, 0.0%)

1 の同門池田, の臼杵町

▼ なり同志~ (2, 0.0%)

1 で話し合った, の白石正一郎様

▼ なり同時にまた~ (2, 0.0%)

1 ほほえんで, 遠い洋上

▼ なり同輩~ (2, 0.0%)

1 と共に住, 互いに排斥

▼ なり名人~ (2, 0.0%)

1 となり, の将棋

▼ なり名古屋~ (2, 0.0%)

1 に来た, へ去っ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ふの, 指針打鬢挟髱挟当節また

▼ なり君主~ (2, 0.0%)

1 の許可なく, の間

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 も汝, 直に入

▼ なり吾が~ (2, 0.0%)

1 恋ふらく, 鬼課長狭山九郎太氏が

▼ なり吾輩~ (2, 0.0%)

1 はこの, は当時

▼ なり呂布~ (2, 0.0%)

1 とやらいう, なり

▼ なり呂律~ (2, 0.0%)

1 があやしく, 正しいベース

▼ なり味覚~ (2, 0.0%)

2 は敏感

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり荒魂, を主

▼ なり和やか~ (2, 0.0%)

1 な日, になる

▼ なり和吉~ (2, 0.0%)

1 は元服, も種々

▼ なり和漢倶~ (2, 0.0%)

2 に北国

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が出, も少く

▼ なり咽喉~ (2, 0.0%)

1 の奥, はかすれた

▼ なり哀傷~ (2, 0.0%)

2 から自嘲

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となり, 賣がら燦

▼ なり商人~ (2, 0.0%)

1 となっ, となり

▼ なり商品~ (2, 0.0%)

1 として通用, となり

▼ なり商売~ (2, 0.0%)

1 なりが勤まる, の方

▼ なり商家~ (2, 0.0%)

1 では宅神, の子

▼ なり商店~ (2, 0.0%)

1 の窓, はすっかり

▼ なり問屋~ (2, 0.0%)

1 の仕分け, の者

▼ なり善良~ (2, 0.0%)

1 なりし村家, の商人

▼ なり喇叭管~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり單純~ (2, 0.0%)

1 な知識, は併

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に拠れ, ほど長途

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 きに

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 になり, 這いに

▼ なり四ツ~ (2, 0.0%)

1 に這い, ん這い

▼ なり四倍~ (2, 0.0%)

1 となり, の文字

▼ なり四十~ (2, 0.0%)

1 となれ, になる

▼ なり四時~ (2, 0.0%)

1 の移り変り, 打つの

▼ なり因果~ (2, 0.0%)

1 の原理, の連鎖永久

▼ なり因襲~ (2, 0.0%)

2 も亦

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 より我輩

▼ なり固く~ (2, 0.0%)

1 なった, もなった

▼ なり国史~ (2, 0.0%)

1 に載せられ, の研究

▼ なり国家意識~ (2, 0.0%)

2 を破る

▼ なり国男さん~ (2, 0.0%)

1 にすぐ, は青い

▼ なり國民~ (2, 0.0%)

1 の文學, を一體

▼ なり土橋~ (2, 0.0%)

1 ご門, の寺木歯科

▼ なり土用~ (2, 0.0%)

1 にまいた, の半

▼ なり圭子~ (2, 0.0%)

1 が見ない, に皆

▼ なり地名~ (2, 0.0%)

1 からし, から終に

▼ なり地平線~ (2, 0.0%)

1 の向う側, の末

▼ なり坂口安吾~ (2, 0.0%)

2 はエロ作家

▼ なり堂々~ (2, 0.0%)

1 と馬, 宣言の

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の土塀, の扉

▼ なり境内~ (2, 0.0%)

1 の石碑, は朝

▼ なり境遇~ (2, 0.0%)

1 も変っ, をかえた

▼ なり墳墓~ (2, 0.0%)

1 すら其迹, も亦

▼ なり士分~ (2, 0.0%)

1 にとりたてられ, の列

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 と目醒む, の形

▼ なり変っ~ (2, 0.0%)

1 てい, てからはなかなか

▼ なり変つて~ (2, 0.0%)

2 ゐた

▼ なり夕刻~ (2, 0.0%)

1 までたっぷり, までに泉岳寺

▼ なり夕霧~ (2, 0.0%)

1 になり, に掩

▼ なり夕飯~ (2, 0.0%)

1 の仕度, をし

▼ なり多い~ (2, 0.0%)

1 が当時, けれども詳しく

▼ なり夜更け~ (2, 0.0%)

1 て駿介, の道

▼ なり夢幻~ (2, 0.0%)

1 の境, は實在

▼ なり大いなる~ (2, 0.0%)

1 はこの, 職務を

▼ なり大入道~ (2, 0.0%)

1 となる, ともなり

▼ なり大勢~ (2, 0.0%)

1 が集つて話, の間

▼ なり大名~ (2, 0.0%)

1 とも成り上がった, の国替

▼ なり大国~ (2, 0.0%)

1 と大国, の鷹揚さ

▼ なり大学病院~ (2, 0.0%)

1 に移っ, へ入院

▼ なり大小~ (2, 0.0%)

1 の振れ, の船舶皆

▼ なり大岡氏~ (2, 0.0%)

1 は旧, は舊國民派中

▼ なり大手~ (2, 0.0%)

1 を振っ, 振りて

▼ なり大木大石~ (2, 0.0%)

2 もうちおとさる

▼ なり大本教~ (2, 0.0%)

1 へなり, を得れ

▼ なり大根~ (2, 0.0%)

1 もらつた, や冬菜

▼ なり大正三年~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ なり大正九年~ (2, 0.0%)

1 には私達, に帰朝

▼ なり大砲~ (2, 0.0%)

1 になり, の餌食

▼ なり大粒~ (2, 0.0%)

1 に変った, の涙

▼ なり大衆的~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり天上~ (2, 0.0%)

1 なりに引き, より地下

▼ なり天保以後~ (2, 0.0%)

2 は品格

▼ なり天国~ (2, 0.0%)

1 は即ち, へ行ける

▼ なり天気~ (2, 0.0%)

1 がよく, のいい

▼ なり天氣~ (2, 0.0%)

1 のい, のいい

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 だ苛酷, 上老君として

▼ なり太刀~ (2, 0.0%)

1 を取, を新王子

▼ なり太郎~ (2, 0.0%)

1 は八才, やほか

▼ なり夫等~ (2, 0.0%)

2 を思ふ

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 というべし

▼ なり奇怪~ (2, 0.0%)

1 な太湖石, な形

▼ なり奇蹟~ (2, 0.0%)

1 なくし, のみが吾

▼ なり奉公~ (2, 0.0%)

1 をする, をせず

▼ なり奔放~ (2, 0.0%)

1 な人間性, な情調

▼ なり奥方~ (2, 0.0%)

1 になり, は賃仕事

▼ なり奥様~ (2, 0.0%)

1 が私, に通じない

▼ なり女の子~ (2, 0.0%)

1 が年頃, は父親

▼ なり女子供~ (2, 0.0%)

1 にも押し, は行き悩んだ

▼ なり女工~ (2, 0.0%)

1 の方, を傭

▼ なり女性~ (2, 0.0%)

1 は禍, は陰

▼ なり女遊び~ (2, 0.0%)

2 もできなくなり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 では鰻, の腕

▼ なり奴隷~ (2, 0.0%)

1 となり, の売買

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に計ら, 惡に

▼ なり好き~ (2, 0.0%)

1 だつた, な生活

▼ なり如何にも~ (2, 0.0%)

1 危かしくやう, 陽氣で

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 はお, はおほとのごもり

▼ なり妥協的~ (2, 0.0%)

2 な心持

▼ なり妹たち~ (2, 0.0%)

1 が之, を呼び迎え

▼ なり妻子~ (2, 0.0%)

1 の捨處, を伊豆

▼ なり姉さん~ (2, 0.0%)

1 なりというもの, なりの心意気

▼ なり始めて~ (2, 0.0%)

1 愁眉を, 白い砂

▼ なり始末~ (2, 0.0%)

1 がつかない, に負えぬ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は承知, 御と

▼ なり姦淫~ (2, 0.0%)

2 するなかれ

▼ なり娘さん~ (2, 0.0%)

2 の茶道

▼ なり娘此異獣~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ なり婆さん~ (2, 0.0%)

2 を置き去り

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となり, ともなり

▼ なり嫁入り前~ (2, 0.0%)

1 からの男, の茶の湯なみ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 がその, を敬う

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となる, な顔

▼ なり嫌い~ (2, 0.0%)

1 なもの, の綾衣

▼ なり嬉しく~ (2, 0.0%)

1 なるでしょう, もう大丈夫

▼ なり子規子~ (2, 0.0%)

1 はいかなる, は真に

▼ なり孟子~ (2, 0.0%)

1 と大学, の教え

▼ なり学業~ (2, 0.0%)

1 もこれ, を荒棄

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 になりし, のある

▼ なり宇宙~ (2, 0.0%)

1 の中, は無限

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 女は, 慰母と

▼ なり安らか~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ なり安息~ (2, 0.0%)

2 を求め

▼ なり完成~ (2, 0.0%)

1 したと, するに従って

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 から評定所, にあり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に浮い, に浮き

▼ なり宝生~ (2, 0.0%)

1 なり竹本, の下手

▼ なり実業~ (2, 0.0%)

1 の根本, も人

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 にそびやぐ

▼ なり室内~ (2, 0.0%)

1 と廊下, を歩く

▼ なり室町~ (2, 0.0%)

1 となり, になつて

▼ なり宮廷~ (2, 0.0%)

1 から定められた, の勢力

▼ なり宮本~ (2, 0.0%)

1 なり非常, の叔母様来

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 のまん中, も終る

▼ なり家々~ (2, 0.0%)

1 としても老人, の年禮

▼ なり家中~ (2, 0.0%)

1 には犬一匹, 反對

▼ なり家人~ (2, 0.0%)

1 からは全く, が大名

▼ なり家康~ (2, 0.0%)

1 と通じる, は真田

▼ なり寄進~ (2, 0.0%)

1 につかせた, の品

▼ なり密教~ (2, 0.0%)

1 が衰, と道教

▼ なり富者~ (2, 0.0%)

1 の畑, ますます富め

▼ なり寝台~ (2, 0.0%)

1 に近づい, の上

▼ なり寝床~ (2, 0.0%)

1 のなか, の上

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に浮雲, の世界

▼ なり寺方~ (2, 0.0%)

2 で無事

▼ なり専門~ (2, 0.0%)

1 の修業, の指導者

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ともなる, の前

▼ なり尊兄ひとり~ (2, 0.0%)

2 のみが知る

▼ なり尊公~ (2, 0.0%)

2 のゼンマイ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 いで米国公使, いで米國公使

▼ なり尋常~ (2, 0.0%)

1 なる鬼胎, の者さ

▼ なり小声~ (2, 0.0%)

1 で言った, をぐっと

▼ なり小天地想~ (2, 0.0%)

1 なり, なるため

▼ なり小山~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの大き, より轉乘

▼ なり小川~ (2, 0.0%)

1 となり, の蝗

▼ なり小雨~ (2, 0.0%)

1 の中, はやん

▼ なり小食家~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり小鳥~ (2, 0.0%)

1 がチチ, の群

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 ては方今

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 には針, のある

▼ なり居士~ (2, 0.0%)

1 が自由党, は政治家

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の庭, の隅々

▼ なり屋根板~ (2, 0.0%)

2 は他国

▼ なり屏風~ (2, 0.0%)

1 になる, のなか

▼ なり山上~ (2, 0.0%)

1 の壮景, の大男

▼ なり山中~ (2, 0.0%)

1 に在り, 固より

▼ なり山道~ (2, 0.0%)

2 を荷

▼ なり岡崎屋~ (2, 0.0%)

2 の家督

▼ なり島中~ (2, 0.0%)

1 のほか, の誰彼

▼ なり崇敬~ (2, 0.0%)

1 すべきもの, すべき装飾

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なす隈, の周囲

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり工業~ (2, 0.0%)

1 の拙, 起さざるべからず商法

▼ なり左手~ (2, 0.0%)

1 でそこ, にぺしゃんこ

▼ なり巧妻~ (2, 0.0%)

2 常に拙

▼ なり差配~ (2, 0.0%)

1 なりだ, の家

▼ なり已に~ (2, 0.0%)

1 山門に, 末代の

▼ なり巴里~ (2, 0.0%)

1 に居る, は羅馬

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 には鯨, のひびき

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となり, は一枚一枚

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 すらも御, にまた

▼ なり師匠むら~ (2, 0.0%)

2 くの

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 がなくなる, の温まる

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 になり, へ括りつけ

▼ なり帰依~ (2, 0.0%)

1 すること, とさえ高まった

▼ なり帰納的~ (2, 0.0%)

2 には戯曲

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となり, までもそれ

▼ なり常習的~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なり幅一尺~ (2, 0.0%)

2 長さ一間

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 氣で, 羌将軍西寧侯たり

▼ なり平凡~ (2, 0.0%)

1 なこと, な生徒

▼ なり平松屋~ (2, 0.0%)

2 と暖簾

▼ なり平次~ (2, 0.0%)

1 の女房, の方

▼ なり平気~ (2, 0.0%)

1 でつかん, で私

▼ なり平等~ (2, 0.0%)

2 なり自然

▼ なり平素~ (2, 0.0%)

1 にもなく, 持って

▼ なり年長~ (2, 0.0%)

1 の人, の夫

▼ なり幸福~ (2, 0.0%)

1 な御, にさえなった

▼ なり幸運~ (2, 0.0%)

1 にも捜索, の門出

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 だけ残った, となつ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の人, や蜃気楼

▼ なり幼い~ (2, 0.0%)

1 ころから, 子らを

▼ なり幼稚園~ (2, 0.0%)

1 に通う, の生徒

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 奥と, 祕の

▼ なり幽霊~ (2, 0.0%)

1 となり, のよう

▼ なり幾たび~ (2, 0.0%)

1 か座名, か父

▼ なり広大~ (2, 0.0%)

1 なもの, な東京

▼ なり広間~ (2, 0.0%)

1 で酒宴, の隅

▼ なり度いもの~ (2, 0.0%)

1 だと, です

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 へ五時半, 崩れる頃

▼ なり庭園~ (2, 0.0%)

1 が薄暗く, へ出た

▼ なり廃物~ (2, 0.0%)

1 となり, の利用とも

▼ なり廣小路~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ出れ

▼ なり弊害~ (2, 0.0%)

1 はなお, も起り

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に觸, を振り立て

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 籠り中, 籠り中大變

▼ なり弟君~ (2, 0.0%)

1 は毒殺, も来れり

▼ なり弟様~ (2, 0.0%)

1 がいつか, の勢

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が上, 次馬

▼ なり弱く~ (2, 0.0%)

1 なって, なりして

▼ なり強いて~ (2, 0.0%)

1 然ることせんと, 皮肉な

▼ なり強味~ (2, 0.0%)

1 となる, ともなる

▼ なり当の~ (2, 0.0%)

1 ウィルソンは, セルゲイに対しても

▼ なり当代~ (2, 0.0%)

1 となり, に於

▼ なり当分~ (2, 0.0%)

1 しみじみと, 御看過

▼ なり当年~ (2, 0.0%)

1 の大衆向き, の書生青二才

▼ なり彦太郎~ (2, 0.0%)

1 の顔, は阿部

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 には立たねえ, のよう

▼ なり彼これ~ (2, 0.0%)

1 に答, を行う

▼ なり彼女ら~ (2, 0.0%)

1 の取り引き, の読書

▼ なり彼方此方~ (2, 0.0%)

1 で一人, の椅子

▼ なり彼輩~ (2, 0.0%)

2 の心事

▼ なり往々~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ なり往來~ (2, 0.0%)

1 をしなく, を歩い

▼ なり後で~ (2, 0.0%)

1 聞くところ, 薬代や

▼ なり後に~ (2, 0.0%)

1 そこの, なつて

▼ なり後家~ (2, 0.0%)

1 が生前懇ろ, のお

▼ なり後悔~ (2, 0.0%)

1 して, となり

▼ なり後日~ (2, 0.0%)

1 になつ, の掛り合

▼ なり御簾~ (2, 0.0%)

1 が下, の外

▼ なり御詠歌~ (2, 0.0%)

1 なりを申しあげる, なりを申します

▼ なり御飯~ (2, 0.0%)

1 がすみ, もひとり

▼ なり復讐~ (2, 0.0%)

1 となる, の念

▼ なり微塵~ (2, 0.0%)

1 と変じた, も隙

▼ なり微笑~ (2, 0.0%)

1 となる, を浮べ

▼ なり徴用~ (2, 0.0%)

1 だの何, となり

▼ なり心から~ (2, 0.0%)

1 地蔵様が, 笑うこと

▼ なり心弱く~ (2, 0.0%)

1 なって, も涙

▼ なり心苦し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ なり必ら~ (2, 0.0%)

1 ず歴史, ず組織的学問

▼ なり必らずし~ (2, 0.0%)

1 もプレトー, も酬報

▼ なり忙し~ (2, 0.0%)

1 さに, そうに

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 樂に, 演する

▼ なり急ぎ~ (2, 0.0%)

1 上京し, 軍服を

▼ なり怨み~ (2, 0.0%)

1 も憎しみ, をお

▼ なり怨恨~ (2, 0.0%)

1 と変ずる, なり争闘

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となる, なり然

▼ なり恍惚~ (2, 0.0%)

1 として仕舞います, として夢

▼ なり恐し~ (2, 0.0%)

1 い思い, そうに

▼ なり恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ものから, 報いを

▼ なり恥ずかし~ (2, 0.0%)

1 がって, さの

▼ なり恥ずかしく~ (2, 0.0%)

1 なりそして, なり亭主

▼ なり悔悟~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり悪人~ (2, 0.0%)

1 となる, は支配

▼ なり悲痛~ (2, 0.0%)

1 な声, の涙

▼ なり悽惶~ (2, 0.0%)

2 好仇

▼ なり惣右衞門~ (2, 0.0%)

1 の仏様, の名

▼ なり惨め~ (2, 0.0%)

1 な恥さらし, になった

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ひ見よそのかみ朕此讃岐, ふに

▼ なり想世界~ (2, 0.0%)

1 の不, は社界

▼ なり意地~ (2, 0.0%)

1 にもそこ, わるくさえ

▼ なり意志~ (2, 0.0%)

1 のまま, も情

▼ なり愚か~ (2, 0.0%)

2 な者

▼ なり愚民~ (2, 0.0%)

2 のデマゴーグ

▼ なり愛国~ (2, 0.0%)

1 の空言, 若くは

▼ なり感心~ (2, 0.0%)

1 な親, の男

▼ なり感激~ (2, 0.0%)

1 となり, を失うなら

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 と云え, なり和

▼ なり憎い~ (2, 0.0%)

1 事である, 敵は

▼ なり憎しみ~ (2, 0.0%)

2 は深

▼ なり憤怒~ (2, 0.0%)

1 となった, の皺

▼ なり憲法~ (2, 0.0%)

1 第九条, 第二章

▼ なり懐し~ (2, 0.0%)

1 げに, そうに

▼ なり懺悔~ (2, 0.0%)

1 となり, のつもり

▼ なり成人~ (2, 0.0%)

1 しかかる子供たち, してからも

▼ なり成長~ (2, 0.0%)

1 して, の足場

▼ なり我儘~ (2, 0.0%)

1 が出, でもしなく

▼ なり我国~ (2, 0.0%)

1 にいる, 総人口

▼ なり我彼~ (2, 0.0%)

1 に地獄, の日メノイチオス

▼ なり我是~ (2, 0.0%)

2 に感じ

▼ なり戦場~ (2, 0.0%)

1 にある, の勇者

▼ なり戸まどい~ (2, 0.0%)

1 した赤とんぼ, せざるを

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 のある, まだら

▼ なり所持~ (2, 0.0%)

2 の屋形船

▼ なり所薫~ (2, 0.0%)

1 となる, ともなる

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となり, をしめた

▼ なり手さき~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり手下~ (2, 0.0%)

1 になっ, の山賊たち

▼ なり手当~ (2, 0.0%)

1 も減る, を一人分

▼ なり手当り次第~ (2, 0.0%)

2 切支丹の

▼ なり手拭~ (2, 0.0%)

1 で皮膚, を右

▼ なり手早く~ (2, 0.0%)

2 めしを

▼ なり手腕~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ なり手術~ (2, 0.0%)

1 ももっと, を受ける

▼ なり手間~ (2, 0.0%)

1 がか, をかけ

▼ なり才能~ (2, 0.0%)

1 の奴隷, も亦

▼ なり技術的~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 と云, と横道

▼ なり投げやり~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり拍子抜け~ (2, 0.0%)

2 がした

▼ なり拙者~ (2, 0.0%)

1 が半方, も悉く

▼ なり指導的~ (2, 0.0%)

1 となり, な尺度

▼ なり按吉~ (2, 0.0%)

2 の片手

▼ なり捨身菩薩~ (2, 0.0%)

2 のおから

▼ なり掃除~ (2, 0.0%)

1 や食物, をする

▼ なり探偵~ (2, 0.0%)

1 なりの際, にとって最大

▼ なり探求~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ なり接近~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なり支配者~ (2, 0.0%)

1 となりまし, となる

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 に従う

▼ なり政治上~ (2, 0.0%)

1 の実権, の野心

▼ なり故人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の女御

▼ なり敗戦~ (2, 0.0%)

1 になり, のころ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 へ易く, を里閭

▼ なり教室~ (2, 0.0%)

2 で先生

▼ なり教養~ (2, 0.0%)

1 なし思想不鮮明, にもなる

▼ なり散々~ (2, 0.0%)

1 にこそ逃去, にちらめい

▼ なり散り散り~ (2, 0.0%)

1 に小島, に消え失せる

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 も多, も日ごと

▼ なり数々~ (2, 0.0%)

1 の技能, の歌合

▼ なり数カ月~ (2, 0.0%)

1 の練習, も治療

▼ なり敵味方勝敗~ (2, 0.0%)

2 を忘れ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり聲, はどう

▼ なり文化~ (2, 0.0%)

1 は地, を飾る

▼ なり文壇~ (2, 0.0%)

1 と離れ, もこの

▼ なり文學~ (2, 0.0%)

1 に出, の境界

▼ なり文明~ (2, 0.0%)

1 の新説, の進んだ

▼ なり料理~ (2, 0.0%)

1 となっ, にやかましく

▼ なり新子~ (2, 0.0%)

1 は準之助氏, までが妹

▼ なり新賀~ (2, 0.0%)

1 に来, に自分

▼ なり旅商人~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり旅路~ (2, 0.0%)

1 の心細く, の憂さ

▼ なり日本一~ (2, 0.0%)

1 の不忠者, の木橋

▼ なり日本人民~ (2, 0.0%)

1 の総, の總代表者

▼ なり日本軍~ (2, 0.0%)

1 は之, は破竹

▼ なり日蓮宗~ (2, 0.0%)

1 に凝り, の僧侶

▼ なり旧来~ (2, 0.0%)

1 の伝承, の特権的分業

▼ なり明く~ (2, 0.0%)

2 る朝

▼ なり明後日~ (2, 0.0%)

1 なり, は二円二十五銭

▼ なり明智探偵~ (2, 0.0%)

1 と中村警部, と警部補

▼ なり明治四十五年~ (2, 0.0%)

1 には出来, には出来上っ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 かつた, るだけで

▼ なり易き~ (2, 0.0%)

1 を知れ, 衣の

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の數, の梭

▼ なり星座~ (2, 0.0%)

1 もずいぶん, もずゐ

▼ なり星氏~ (2, 0.0%)

1 の頭脳, の頭腦

▼ なり是他~ (2, 0.0%)

2 なし水

▼ なり是等~ (2, 0.0%)

1 のもの, の忠節

▼ なり昼着~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なり昼間~ (2, 0.0%)

1 には滾り立つ, はあれ

▼ なり時期~ (2, 0.0%)

1 も三月三日, を同じ

▼ なり時計~ (2, 0.0%)

1 はとまり, を見れ

▼ なり時雨~ (2, 0.0%)

1 が降り, の走る

▼ なり普及~ (2, 0.0%)

2 はする

▼ なり普通~ (2, 0.0%)

1 の感能, の無定形

▼ なり智慧~ (2, 0.0%)

1 は汝ら, 生じて

▼ なり暖かい~ (2, 0.0%)

1 太陽が, 江戸では

▼ なり暗黒~ (2, 0.0%)

1 の宇宙, はまた

▼ なり暫し~ (2, 0.0%)

1 の別れ, 何事も

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり勇, 正に勝つ

▼ なり暴力~ (2, 0.0%)

1 と脅迫, をもっ

▼ なり曖昧~ (2, 0.0%)

1 な心, になり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に憲政党, に憲政黨

▼ なり曰く星氏~ (2, 0.0%)

2 が埋立出願

▼ なり更にもっと~ (2, 0.0%)

1 ふかく科学, 本式の

▼ なり書斎~ (2, 0.0%)

1 となり, を出

▼ なり最早~ (2, 0.0%)

1 や二度と, 袋物屋さん下駄屋さん差配人さんを

▼ なり有志~ (2, 0.0%)

1 の人々, の御

▼ なり有罪~ (2, 0.0%)

1 と決定, にもなる

▼ なり有限~ (2, 0.0%)

1 なるもの, は引力

▼ なり有難い~ (2, 0.0%)

1 ことで, ことでありました

▼ なり有頂天~ (2, 0.0%)

1 となる, になり

▼ なり朋友~ (2, 0.0%)

1 ともなり, に対すれ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 はバタ, は荒布

▼ なり服裝~ (2, 0.0%)

2 なりは優雅

▼ なり朗らか~ (2, 0.0%)

2 な気持

▼ なり望み~ (2, 0.0%)

1 となり, の空

▼ なり朝之助~ (2, 0.0%)

2 は寢

▼ なり朝廷~ (2, 0.0%)

1 に勢力, のご

▼ なり朝日~ (2, 0.0%)

1 が山巓, の当っ

▼ なり朦朧状態~ (2, 0.0%)

2 は脱した

▼ なり木の葉土~ (2, 0.0%)

1 となり, と成

▼ なり木枯~ (2, 0.0%)

2 はまた

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 発表の, 郷里を

▼ なり本位田家~ (2, 0.0%)

1 の栄えまする, は御領下

▼ なり本当~ (2, 0.0%)

1 の別荘地, の眠る

▼ なり本所~ (2, 0.0%)

1 に過ぎたる, のほう

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 に丹

▼ なり材料~ (2, 0.0%)

1 となる, なりを蒐め

▼ なり材木~ (2, 0.0%)

2 まで用意

▼ なり村民~ (2, 0.0%)

1 はこれ, 悉く離散

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 にすがらね, の差配

▼ なり東京市民~ (2, 0.0%)

1 はめっきり, を恐怖

▼ なり東側~ (2, 0.0%)

1 の地境, はやや

▼ なり東北~ (2, 0.0%)

1 へ行け, をさし

▼ なり東洋~ (2, 0.0%)

1 の名士, の大

▼ なり林町~ (2, 0.0%)

1 にゆく, の古

▼ なり果つる~ (2, 0.0%)

1 はしょせん, を好まぬ

▼ なり果てし~ (2, 0.0%)

1 ぞ不可思議, わろき叔母

▼ なり枯木~ (2, 0.0%)

2 が原

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 によりかかり, に掛け

▼ なり校正~ (2, 0.0%)

1 の助力者, をわたし

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ですって, を買っ

▼ なり格子~ (2, 0.0%)

1 に隙間, を払った

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 いろの, となり

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 などには格別

▼ なり桜草~ (2, 0.0%)

1 となり, のこと

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 にほふ, の花

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が人形, の先

▼ なり植物~ (2, 0.0%)

1 となっ, なりから分れ

▼ なり植物化~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なり植込~ (2, 0.0%)

1 に吹き入る, のつつじ

▼ なり楊貴妃~ (2, 0.0%)

2 は蜀州

▼ なり楽しい~ (2, 0.0%)

1 家庭を, 身の上と

▼ なり楽しみ~ (2, 0.0%)

1 にし, になった

▼ なり楽手~ (2, 0.0%)

2 と楽手

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 にもなり, を取っ

▼ なり樅栂檜~ (2, 0.0%)

2 などの大木

▼ なり模やう~ (2, 0.0%)

2 やかたち

▼ なり横着~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の根, の間

▼ なり樺の木立ち~ (2, 0.0%)

2 も降り

▼ なり機会~ (2, 0.0%)

1 をどんな, を見つけ

▼ なり機関車~ (2, 0.0%)

1 のけむり, の残骸

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 あり松, などには格別

▼ なり次席~ (2, 0.0%)

1 が三升入り, の渡辺主税

▼ なり次席家老~ (2, 0.0%)

1 は国許, は責

▼ なり次男~ (2, 0.0%)

1 が五歳, もまた

▼ なり次第私~ (2, 0.0%)

1 から悉く, がもう

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 かわしそう, くべきこと

▼ なり歐洲~ (2, 0.0%)

1 の在, 諸國今

▼ なり止むる術~ (2, 0.0%)

1 もなき, も無き

▼ なり正しき~ (2, 0.0%)

1 ためには, 人たるは

▼ なり正午~ (2, 0.0%)

1 になり, 少し過る

▼ なり正当~ (2, 0.0%)

1 なる父母, な者

▼ なり正気~ (2, 0.0%)

1 でいる, なり生命

▼ なり正法~ (2, 0.0%)

1 の水, を演説

▼ なり正篤~ (2, 0.0%)

1 が手入れ, のようす

▼ なり此事~ (2, 0.0%)

1 ありて, や明白

▼ なり此儀~ (2, 0.0%)

1 は既に, は與惣次始め村中

▼ なり此故~ (2, 0.0%)

1 にわれ汝, に日

▼ なり此日~ (2, 0.0%)

1 はいつも, 見るもの皆

▼ なり此辺古跡~ (2, 0.0%)

2 多し

▼ なり此頃~ (2, 0.0%)

1 では荷車, にては外

▼ なり武事~ (2, 0.0%)

2 にも疎から

▼ なり歩行~ (2, 0.0%)

1 に悩んだ, もサンマン

▼ なり死体~ (2, 0.0%)

1 に取り縋っ, は少く

▼ なり死傷者~ (2, 0.0%)

1 が続出, もだいぶ

▼ なり死闘~ (2, 0.0%)

1 すという, す未知

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ なり残念~ (2, 0.0%)

1 なれども, 至極無

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が真黒, 薄くし

▼ なり殿~ (2, 0.0%)

1 なり勤めまする, の御

▼ なり母上~ (2, 0.0%)

1 なりに, 行って

▼ なり母様~ (2, 0.0%)

2 なりの魂

▼ なり比較~ (2, 0.0%)

1 の叶うた, の方法

▼ なり毛虫~ (2, 0.0%)

1 がきらい, が蝶

▼ なり民族~ (2, 0.0%)

1 の前途, の土地

▼ なり民間~ (2, 0.0%)

1 でもトキユタ, で用いられる

▼ なり気体~ (2, 0.0%)

1 から昇華凝縮, また変じ

▼ なり気味が悪い~ (2, 0.0%)

1 だろうと, とは思いました

▼ なり気持ち~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, なりのもち

▼ なり気質~ (2, 0.0%)

1 が外向性, も明るく

▼ なり気違い~ (2, 0.0%)

1 になった, にもなる

▼ なり水差し~ (2, 0.0%)

1 なりまたは, なり又は

▼ なり水平線~ (2, 0.0%)

1 の向, の彼方

▼ なり水田~ (2, 0.0%)

1 と入り組み, にはたっぷり

▼ なり水草~ (2, 0.0%)

1 の隠れる, の隱

▼ なり水谷氏~ (2, 0.0%)

1 がスポークスマン, また病み

▼ なり水面~ (2, 0.0%)

1 に円やか, に踊っ

▼ なり氷山~ (2, 0.0%)

1 に対する具体的, の間

▼ なり汁椀~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり汚穢~ (2, 0.0%)

2 なりトラホーム

▼ なり江戸小唄~ (2, 0.0%)

2 なりに振り向け

▼ なり汲水場~ (2, 0.0%)

2 に立つ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 では小, に泳ぎ出す

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 は黄ばめる

▼ なり沢村家~ (2, 0.0%)

2 のよい

▼ なり河太郎~ (2, 0.0%)

2 といえ

▼ なり河水~ (2, 0.0%)

1 の涸れる, 尽く熱き

▼ なり沼田~ (2, 0.0%)

2 の少し

▼ なり況して~ (2, 0.0%)

1 や替りたる, 鉱毒被害民は

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の, のみ独り

▼ なり法律~ (2, 0.0%)

1 の欲する, の目的

▼ なり法王~ (2, 0.0%)

1 に頼む, の侍従

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 を吹き, を激しく

▼ なり波瀾~ (2, 0.0%)

2 多き歴史

▼ なり注意深く~ (2, 0.0%)

1 僕の, 物を

▼ なり洋々~ (2, 0.0%)

1 たる前途, として大地

▼ なり洪水~ (2, 0.0%)

1 の後, の水脚

▼ なり活計~ (2, 0.0%)

1 の事, の術

▼ なり流離~ (2, 0.0%)

1 の愁, の憂

▼ なり浅草~ (2, 0.0%)

1 へのし, へ廻り

▼ なり浜田~ (2, 0.0%)

1 と一緒, より五里

▼ なり浜町~ (2, 0.0%)

1 に二千坪, の出先

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は表面, 之助

▼ なり浮世~ (2, 0.0%)

1 が暮らし, の百汚穢

▼ なり浮浪~ (2, 0.0%)

1 の仲間入り, の傀儡子

▼ なり海底~ (2, 0.0%)

1 でなり, の砂

▼ なり海軍~ (2, 0.0%)

1 では新た, の技術者

▼ なり海道筋~ (2, 0.0%)

1 を荒し, を荒し抜いた

▼ なり涅槃~ (2, 0.0%)

1 も無, を第

▼ なり淋しい~ (2, 0.0%)

1 町が, 静かな

▼ なり淡く~ (2, 0.0%)

1 なり北, なるせい

▼ なり深夜~ (2, 0.0%)

1 その女房どの, に尾崎一雄

▼ なり深山~ (2, 0.0%)

2 を越え

▼ なり深川~ (2, 0.0%)

1 へ飛火, を追われた

▼ なり清二~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, は壊れ

▼ なり温厚~ (2, 0.0%)

1 なおちついた微笑, にし

▼ なり渾然~ (2, 0.0%)

1 とした, として一つ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に臨む, の水色

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 一ヶ年目には, 地が

▼ なり満月~ (2, 0.0%)

1 が好かない, の夜

▼ なり満足~ (2, 0.0%)

1 したの, すべき勢

▼ なり源之助~ (2, 0.0%)

1 は間違, は間違え

▼ なり準備~ (2, 0.0%)

1 をいろいろ, 出来たるよし

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 を嚢, を埋め

▼ なり演出者~ (2, 0.0%)

1 なり見物, は自分

▼ なり演説者~ (2, 0.0%)

1 としての伎倆, になり

▼ なり漢字~ (2, 0.0%)

1 となり, の

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 に政治

▼ なり漸次~ (2, 0.0%)

1 それも, 拡張せりと

▼ なり潔く~ (2, 0.0%)

1 なれ, 縛に

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 にのった, も満ち

▼ なり激しい~ (2, 0.0%)

1 滝水で, 鼓動を

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となり, をなし

▼ なり火鉢~ (2, 0.0%)

1 の傍, の灰

▼ なり灯火~ (2, 0.0%)

1 がちら, を吹き消し

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となっ, は土

▼ なり灰色~ (2, 0.0%)

2 に濁っ

▼ なり灰銀~ (2, 0.0%)

1 をさ, をさえ交えた

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 で燃え, の火

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり必ず, のご

▼ なり為め~ (2, 0.0%)

1 に僕, に昔

▼ なり無い~ (2, 0.0%)

1 も同然, 力まで

▼ なり無心~ (2, 0.0%)

1 に空, の子守女

▼ なり無意識~ (2, 0.0%)

1 の修正, の状態

▼ なり無愛想~ (2, 0.0%)

1 な表情, にもなります

▼ なり無料~ (2, 0.0%)

2 で近所

▼ なり無茶苦茶~ (2, 0.0%)

1 に弾丸, に悪口

▼ なり無言~ (2, 0.0%)

1 のま, のまま

▼ なり無謀~ (2, 0.0%)

1 なり国家, にもただ一人

▼ なり無邪気~ (2, 0.0%)

1 な犬, な遊び事

▼ なり無限~ (2, 0.0%)

1 の僭上, の明暗

▼ なり焦燥~ (2, 0.0%)

1 をさえ感じ, を感じ

▼ なり然し~ (2, 0.0%)

1 モヤ余りそんな, 下を

▼ なり然して~ (2, 0.0%)

1 この八房, 其吟詠に

▼ なり然しながら~ (2, 0.0%)

1 今其方, 御門の

▼ なり照吉~ (2, 0.0%)

2 は伊太郎

▼ なり煮沸~ (2, 0.0%)

2 せられるとき

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の平, の鳴

▼ なり熱く~ (2, 0.0%)

1 なりほとんど, なり殆ど

▼ なり熱心~ (2, 0.0%)

1 に御, に読み返し

▼ なり熱狂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なり燭涙~ (2, 0.0%)

2 ながくした

▼ なり父親~ (2, 0.0%)

1 があちこち, の十三年忌

▼ なり爺さん~ (2, 0.0%)

1 の忙し, の方

▼ なり片端~ (2, 0.0%)

1 から抱え込ん, ははや

▼ なり片腕~ (2, 0.0%)

1 となり, を額

▼ なり牛馬~ (2, 0.0%)

1 ともなる, を牽い

▼ なり牧牛~ (2, 0.0%)

1 のアンキーセイス, も官許

▼ なり物云ひも目~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ なり物語~ (2, 0.0%)

1 も複雑, をもつ

▼ なり物質~ (2, 0.0%)

1 すなわちエネルギー, は確実

▼ なり物音~ (2, 0.0%)

1 といっ, を遠く

▼ なり特別~ (2, 0.0%)

1 のお客さん, の刺戟

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の変じ, は穴

▼ なり独り~ (2, 0.0%)

1 でくく, ですべて

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり狂人, の吼

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なんぞは寒い, 之猪

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 か猫, はみな雲

▼ なり猿神~ (2, 0.0%)

2 といえ

▼ なり獅子身中~ (2, 0.0%)

1 の虫, の蟲

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 や醉醒, 御休み

▼ なり王勃~ (2, 0.0%)

1 が謂, が謂う

▼ なり王女さま~ (2, 0.0%)

1 のほう, もまた

▼ なり王様~ (2, 0.0%)

1 なりが決まる, や道化

▼ なり珍し~ (2, 0.0%)

1 がって, や九時帰宅

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 とすべし

▼ なり理科~ (2, 0.0%)

1 の教授, の発達

▼ なり理論~ (2, 0.0%)

1 なりが出, はふたたび

▼ なり瑠璃紺~ (2, 0.0%)

1 の上びかりとなった, の上びかりとなつた

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が落ち, も鎔

▼ なり生まれながら~ (2, 0.0%)

1 にし, 原罪を

▼ なり生物~ (2, 0.0%)

1 となる, を殺し

▼ なり生理学~ (2, 0.0%)

1 の研究, を担当

▼ なり生産~ (2, 0.0%)

1 と消費, も消費

▼ なり生計~ (2, 0.0%)

1 が苦しく, の方

▼ なり生駒~ (2, 0.0%)

1 となり, なんぞはこりこり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 をし, 無き者

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 もなき, ゐたもの

▼ なり用人~ (2, 0.0%)

1 となり, なり万事万端

▼ なり田の面~ (2, 0.0%)

2 や山麓

▼ なり田中~ (2, 0.0%)

1 から要求, の属する

▼ なり田中伯~ (2, 0.0%)

2 の斡旋

▼ なり田舎者~ (2, 0.0%)

1 が愈々, の仮

▼ なり甲板~ (2, 0.0%)

1 には出られ, の前

▼ なり男子~ (2, 0.0%)

1 の我儘, の賃銀

▼ なり男爵~ (2, 0.0%)

1 は馬, 大いに怒っ

▼ なり町人~ (2, 0.0%)

1 の子, の購買力

▼ なり町家~ (2, 0.0%)

1 の娘, の群

▼ なり画箋紙~ (2, 0.0%)

1 なりへ達者, なりを送つ

▼ なり畏く~ (2, 0.0%)

1 も主上, も叙位任官

▼ なり留吉~ (2, 0.0%)

1 はいつか鶴石, を見る

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が耕作, となり

▼ なり異朝~ (2, 0.0%)

1 には其, には其たぐい

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に突伏, の上

▼ なり疲労~ (2, 0.0%)

1 のよう, は比較

▼ なり疾く~ (2, 0.0%)

2 なりつくるくる

▼ なり痙攣~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ なり痛み~ (2, 0.0%)

1 がはげしい, は愈

▼ なり発句~ (2, 0.0%)

1 となり, ともなった

▼ なり発憤剤~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なり発熱~ (2, 0.0%)

1 した, も低く

▼ なり発狂~ (2, 0.0%)

1 し救いがたい, でもし

▼ なり発達~ (2, 0.0%)

1 し過ぎた時代, を遂げた

▼ なり白樺~ (2, 0.0%)

2 の幹

▼ なり白牡馬~ (2, 0.0%)

2 の卵

▼ なり白皚々~ (2, 0.0%)

2 たる雪

▼ なり白衣~ (2, 0.0%)

1 の上, は紫

▼ なり百人~ (2, 0.0%)

1 になり, になる

▼ なり百円~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ なり皇后~ (2, 0.0%)

1 には雄略天皇, のお

▼ なり皇后樣~ (2, 0.0%)

1 の妹, の御名

▼ なり皇子~ (2, 0.0%)

1 がおいで, が東宮

▼ なり皇帝~ (2, 0.0%)

1 が語ってる, の靈

▼ なり皮肉~ (2, 0.0%)

1 になり, の言葉

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 も普通一樣, を持った

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 になる, をひっくりかえした

▼ なり盆栽~ (2, 0.0%)

2 を並べた

▼ なり盗賊~ (2, 0.0%)

1 をなす, を縛り

▼ なり目付~ (2, 0.0%)

1 には森宗意, を上手

▼ なり目前咫尺~ (2, 0.0%)

1 を弁ぜず, を弁ぜずし

▼ なり目科~ (2, 0.0%)

1 は更に, も何やら

▼ なり盲目的~ (2, 0.0%)

1 になっ, になり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 き家, 写と

▼ なり直接~ (2, 0.0%)

1 ある点, な性的欲望

▼ なり直次~ (2, 0.0%)

1 がお, は老

▼ なり直道~ (2, 0.0%)

2 を量

▼ なり相応~ (2, 0.0%)

1 の官憲等, の資産

▼ なり相思相愛~ (2, 0.0%)

2 で婚礼

▼ なり相撲~ (2, 0.0%)

1 ならば, の技

▼ なり相討ち~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ なり相談~ (2, 0.0%)

1 してからが, をする

▼ なり相談相手~ (2, 0.0%)

1 となりたい, にもなる

▼ なり相違~ (2, 0.0%)

1 がある, して

▼ なり看護婦~ (2, 0.0%)

1 が前, にも一人

▼ なり真四角~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なり真正~ (2, 0.0%)

1 の一致, の信徒

▼ なり真赤~ (2, 0.0%)

1 になっ, に血

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 も張り裂けん, を決して

▼ なり眼つき~ (2, 0.0%)

1 はいっそう, も悪く

▼ なり眼前~ (2, 0.0%)

1 の對, の風景

▼ なり眼尻~ (2, 0.0%)

1 がつりあがる, や口許

▼ なり眼鏡~ (2, 0.0%)

1 がキラツ, を外し

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, を据え

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の裏, を上げ

▼ なり矢代~ (2, 0.0%)

1 の淋しい, は今

▼ なり知力~ (2, 0.0%)

1 となっ, の最も

▼ なり知己~ (2, 0.0%)

2 にはそれ

▼ なり石ころ~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり破壊~ (2, 0.0%)

1 となる, れでも

▼ なり破損~ (2, 0.0%)

1 して, すれば

▼ なり硝子戸~ (2, 0.0%)

2 の向う

▼ なり硝煙~ (2, 0.0%)

1 と破壊, に眼

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となる, になっ

▼ なり確か~ (2, 0.0%)

1 に北, りした顔

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 にあらず, の仕方

▼ なり社界~ (2, 0.0%)

1 に対する己, の先導者

▼ なり祖先~ (2, 0.0%)

1 に因縁, の郷

▼ なり祖国~ (2, 0.0%)

1 の光栄, をのろい

▼ なり祝福~ (2, 0.0%)

1 されたもの, を乞う

▼ なり神仏~ (2, 0.0%)

1 に宣誓, の霊感

▼ なり神秘化~ (2, 0.0%)

1 される地盤, され常に

▼ なり神經質~ (2, 0.0%)

1 になつて來, になりいろ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, へ来

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の問答, は心

▼ なり秀次~ (2, 0.0%)

1 の生死, は待たせ

▼ なり秘書~ (2, 0.0%)

1 となっ, を案内

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 経て, 過ぎて

▼ なり程なく~ (2, 0.0%)

1 勤務中に, 遂

▼ なり程度~ (2, 0.0%)

1 なり色合, の強い

▼ なり稲妻~ (2, 0.0%)

1 の胸, を起し

▼ なり稿料~ (2, 0.0%)

1 ともなる, は二万円

▼ なり積極的~ (2, 0.0%)

1 に再, に尽力

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 しかった性質, しく懐中

▼ なり空間~ (2, 0.0%)

1 に於, は物質

▼ なり窒息~ (2, 0.0%)

1 がおこっ, するほど

▼ なり窮屈~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が竈神, の焚木

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 けん夢, 帰って

▼ なり端艇~ (2, 0.0%)

1 は調子, をおろし

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 のパイプ, 取の

▼ なり竹の子~ (2, 0.0%)

1 がすし, はまず

▼ なり竹藪~ (2, 0.0%)

1 も寢, も樹木

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 を作っ, を持ッ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 といふ程, になり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に起伏波瀾, も亦

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 をもて

▼ なり節々~ (2, 0.0%)

1 のしっかり, はうずきだし

▼ なり篠田~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ なり簷下~ (2, 0.0%)

2 に添う

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が入, を舂く

▼ なり米国~ (2, 0.0%)

1 などでは特に, の土

▼ なり粗暴矯激~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ なり精しく~ (2, 0.0%)

1 伝えられた, 伝へられた

▼ なり糸子~ (2, 0.0%)

1 が愛らしき, は沈黙

▼ なり純文学~ (2, 0.0%)

2 はこれ

▼ なり紙一束藁~ (2, 0.0%)

2 にてむすび

▼ なり素早く~ (2, 0.0%)

1 あたりを, 私に

▼ なり紫夫人~ (2, 0.0%)

1 に出産, はあと

▼ なり紫藍~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり細い~ (2, 0.0%)

1 字で, 田舎道を

▼ なり細か~ (2, 0.0%)

1 なこと, な葉

▼ なり細がき~ (2, 0.0%)

2 の面相

▼ なり終い~ (2, 0.0%)

1 にはむっと, には海軍そのもの

▼ なり終に全く~ (2, 0.0%)

1 散る氣, 銀が

▼ なり組織的~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり経済~ (2, 0.0%)

1 なりその, にもなる

▼ なり結局道徳的~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ なり給はん~ (2, 0.0%)

1 嗚呼が, 程に參りこん

▼ なり給仕~ (2, 0.0%)

1 になり, に手数

▼ なり統治者~ (2, 0.0%)

2 の制度

▼ なり絵具~ (2, 0.0%)

1 も安物, を出させ

▼ なり絶望的~ (2, 0.0%)

1 となる, な気もち

▼ なり継母~ (2, 0.0%)

1 の干渉劇, はこの

▼ なり維新後~ (2, 0.0%)

2 は桑茶栽付所

▼ なり総て功利~ (2, 0.0%)

2 の念

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の上, の毛氈

▼ なり緑金~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり縦横~ (2, 0.0%)

1 に文字, に石壁

▼ なり縹緻~ (2, 0.0%)

1 もまんざら, も悪く

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 て吾, て怠惰

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 いて, て常

▼ なり罪悪~ (2, 0.0%)

1 と呼, を隠蔽

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 が狼

▼ なり美人~ (2, 0.0%)

1 の評判, を天

▼ なり美佐~ (2, 0.0%)

1 の生き, はその

▼ なり美術~ (2, 0.0%)

1 なり音楽, の境界

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 によって栄三郎, によって起った

▼ なり義党~ (2, 0.0%)

1 の同志, の面々

▼ なり義務~ (2, 0.0%)

1 です, として愛国

▼ なり義雄~ (2, 0.0%)

1 の浮かない, を見つめ

▼ なり翌朝~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は止ん

▼ なり老子~ (2, 0.0%)

1 の母, の自然

▼ なり老齢~ (2, 0.0%)

1 で隠居, のさまざま

▼ なり聊か~ (2, 0.0%)

1 の知邊, 以て

▼ なり聖書~ (2, 0.0%)

1 なども読みました, は孤独者

▼ なり職務~ (2, 0.0%)

1 による原子病患者, も牢屋

▼ なり肉体労働~ (2, 0.0%)

2 の必要

▼ なり肉筆画~ (2, 0.0%)

2 の色彩

▼ なり肉落ち骨~ (2, 0.0%)

2 秀で眼光

▼ なり肝心~ (2, 0.0%)

1 な動力網, の学問

▼ なり肺患~ (2, 0.0%)

2 を病み

▼ なり肺炎~ (2, 0.0%)

1 がやつ, を惹き起し

▼ なり背中~ (2, 0.0%)

1 に大きな, を丸め

▼ なり背景~ (2, 0.0%)

1 となっ, なりには大分今

▼ なり胸あて~ (2, 0.0%)

2 ともいふ

▼ なり脈々~ (2, 0.0%)

2 として生き

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の中枢, は其の

▼ なり腹立たしく~ (2, 0.0%)

1 なった, もなっ

▼ なり自ずと~ (2, 0.0%)

1 彼らの, 権利を

▼ なり自らカラ~ (2, 0.0%)

2 を突き破り

▼ なり自作~ (2, 0.0%)

1 に酔, に酔っぱらい

▼ なり自信~ (2, 0.0%)

1 をお, を失い

▼ なり自分ひとり~ (2, 0.0%)

1 ですなわち, 全く変っ

▼ なり自分自身~ (2, 0.0%)

1 と自分, を取り戻し

▼ なり自分達~ (2, 0.0%)

1 の二十五年, は全く

▼ なり自宅~ (2, 0.0%)

1 にて教鞭, の風呂

▼ なり自宅療養~ (2, 0.0%)

2 が危険

▼ なり自慢~ (2, 0.0%)

1 になり, に価する

▼ なり自然私~ (2, 0.0%)

1 をかばつ, をたずね

▼ なり自由論派~ (2, 0.0%)

1 が, の薄遇

▼ なり自首~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なり臭気~ (2, 0.0%)

1 がひときわ, にまみれ

▼ なり興行者~ (2, 0.0%)

1 となつ, の瀬踏み

▼ なり舞台~ (2, 0.0%)

1 が平原, は更に

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ありて, 医も

▼ なり良心~ (2, 0.0%)

1 に逆, の賞讃

▼ なり良馬主~ (2, 0.0%)

2 を得ざる

▼ なり艱難~ (2, 0.0%)

1 するも, に暮しける

▼ なり色慾~ (2, 0.0%)

1 が昂騰, 増して

▼ なり色紙~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は金, やその他

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 の茂っ

▼ なり芭蕉~ (2, 0.0%)

1 となるべきだ, の有名

▼ なり芳村道之丞~ (2, 0.0%)

1 はその, は其中心人物

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 について話し合っ, は忘れる

▼ なり芸者~ (2, 0.0%)

1 とともに暫時, にでも騒がせ

▼ なり苛烈~ (2, 0.0%)

2 となった

▼ なり苟くも~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ なり若干~ (2, 0.0%)

1 の修正, の労働者

▼ なり苦しい~ (2, 0.0%)

1 と叫ぼう, 心的境遇に

▼ なり苦しく~ (2, 0.0%)

1 なって, ゆたんぷであたため助かった

▼ なり苦心~ (2, 0.0%)

1 をし, を拂うた

▼ なり英語~ (2, 0.0%)

1 の方, は全く

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり持っ, を喫し

▼ なり茶色~ (2, 0.0%)

2 の瞳

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 あげ場, が重い

▼ なり荷物~ (2, 0.0%)

1 と成り, の疎開

▼ なり萬一~ (2, 0.0%)

1 御對顏, 縛られも

▼ なり落付~ (2, 0.0%)

1 は失はれ, は失われ

▼ なり蒲田~ (2, 0.0%)

2 から大井

▼ なり薄志弱行~ (2, 0.0%)

1 となる, の徒

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 でも炭, を売り

▼ なり藤作~ (2, 0.0%)

1 にはまた, は一人

▼ なり藤原氏~ (2, 0.0%)

1 に倣う, の女御

▼ なり藤吉~ (2, 0.0%)

1 が半, は間もなく

▼ なり藤紫~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 と藩, はなくなっ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となる, の幽谷

▼ なり虚しい~ (2, 0.0%)

1 希望の, 畳の

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が卵, が村

▼ なり蝶子~ (2, 0.0%)

1 の三味線, もびつこをひいて國民學校

▼ なり螺貝~ (2, 0.0%)

2 を耳

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 の歩哨

▼ なり行儀~ (2, 0.0%)

1 がくずれ, も改

▼ なり行末~ (2, 0.0%)

1 を契った, 危ぶまれる状態

▼ なり表情~ (2, 0.0%)

1 も言語動作, をなくし

▼ なり表紙~ (2, 0.0%)

1 の古ぼけた, を附け

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に一杯, をふりまわし

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 になり, のひだ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は有る, をはだけ

▼ なり西北~ (2, 0.0%)

1 の方, の風

▼ なり西日~ (2, 0.0%)

2 が燃える

▼ なり西蔵~ (2, 0.0%)

1 だけが知られざる, の清国官吏

▼ なり西郷侯~ (2, 0.0%)

1 は憲政党内閣時代, は憲政黨内閣時代

▼ なり視界~ (2, 0.0%)

1 は五十メートル先, は拡がり空気

▼ なり親しみ~ (2, 0.0%)

1 なりを與, も持っ

▼ なり親たち~ (2, 0.0%)

1 の心, の迷惑

▼ なり親族~ (2, 0.0%)

1 の盃, の第

▼ なり親父~ (2, 0.0%)

1 が猿, も辞職

▼ なり親類縁者朋友~ (2, 0.0%)

2 よりも人

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ある牛, より押廻

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 はぬ, ふべし

▼ なり言葉づかい~ (2, 0.0%)

1 なぞも武芸者, もずっと

▼ なり記者~ (2, 0.0%)

1 はもはや, を募集

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 へたい位, へとなり

▼ なり話題~ (2, 0.0%)

1 の少ない, の提供者

▼ なり読者~ (2, 0.0%)

1 も特定, よ吾人

▼ なり誰か~ (2, 0.0%)

1 がおだて, が躍り上っ

▼ なり調和~ (2, 0.0%)

1 し難く, を需むるものは物質

▼ なり調子~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, もその

▼ なり談理~ (2, 0.0%)

1 の後, は益

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ふ少しく, ふ諒せよ

▼ なり諏訪~ (2, 0.0%)

1 の湖水, の高原

▼ なり諭吉~ (2, 0.0%)

1 のよう, はほん

▼ なり諸兄~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり諸式~ (2, 0.0%)

2 は騰り

▼ なり諸所~ (2, 0.0%)

1 に温泉, の巡拝

▼ なり講師~ (2, 0.0%)

1 になり, の一人

▼ なり警戒~ (2, 0.0%)

1 すべき時期, にこころ

▼ なり警視庁~ (2, 0.0%)

1 で彼, の留置場

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は立君, ひ技巧

▼ なり議会~ (2, 0.0%)

1 は既に, 若し健全

▼ なり議會~ (2, 0.0%)

1 は既に, 若し健全

▼ なり讀書~ (2, 0.0%)

1 と修業, も拙から

▼ なり讚美者~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ なり谷中~ (2, 0.0%)

1 から浅草一帯, から淺草一帶

▼ なり谷間~ (2, 0.0%)

1 の樅, を下り

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に君民, に我秦

▼ なり豊か~ (2, 0.0%)

1 なる掻きわけ難き, にのびのび

▼ なり豪雨~ (2, 0.0%)

1 に白く, の降らざる

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 を上海, を引渡す

▼ なり貧しく~ (2, 0.0%)

1 なりて, なる

▼ なり貧窮~ (2, 0.0%)

2 も甚

▼ なり貫一~ (2, 0.0%)

1 の姿, は己

▼ なり貴方~ (2, 0.0%)

1 の妻, も安き

▼ なり資材~ (2, 0.0%)

1 に任せ, も出回りはじめた

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 い言わん方, かにもなつ

▼ なり賢く~ (2, 0.0%)

1 ない女, なったり

▼ なり赤き~ (2, 0.0%)

2 陽に

▼ なり赤心~ (2, 0.0%)

1 なり, の悔改

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 い地肌, い顔

▼ なり超人~ (2, 0.0%)

1 となろう, の夢想者

▼ なり越前守殿出座有~ (2, 0.0%)

1 て一同呼, て文右衞門

▼ なり足下~ (2, 0.0%)

1 の事, の雲

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 はだ, は電気形

▼ なり路傍~ (2, 0.0%)

1 に餓死, の草

▼ なり路頭~ (2, 0.0%)

1 に迷い, に迷う

▼ なり躊躇~ (2, 0.0%)

1 されたの, したが

▼ なり身上~ (2, 0.0%)

2 を投げ出した

▼ なり身動き~ (2, 0.0%)

1 すること, もできません

▼ なり身體~ (2, 0.0%)

1 に脂, の自由

▼ なり軒下~ (2, 0.0%)

1 に掲げ, に車

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 きは, なる膚

▼ なり輪かん~ (2, 0.0%)

1 を外す, を着けた

▼ なり農業~ (2, 0.0%)

1 に関するすべて, を第

▼ なり農民~ (2, 0.0%)

1 の間, は落伍

▼ なり辻斬~ (2, 0.0%)

1 などもしばしば, をし

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 ひに, へに来る

▼ なり近き~ (2, 0.0%)

1 筏の, 頃まで

▼ なり近在~ (2, 0.0%)

1 の人, の百姓

▼ なり近江~ (2, 0.0%)

1 の車, も昼すぎ

▼ なり返辞~ (2, 0.0%)

1 もせず, をする

▼ なり迷信~ (2, 0.0%)

1 なりが加速度, は彼等

▼ なり迷惑~ (2, 0.0%)

1 ばかりおかけ, をかけた

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 て沙汰, 駈ながら

▼ なり退却~ (2, 0.0%)

2 の殿

▼ なり逃入村~ (2, 0.0%)

2 は墳

▼ なり通りがかり~ (2, 0.0%)

1 にスパリ, の見知らぬ

▼ なり造化~ (2, 0.0%)

1 なり, の花

▼ なり進行~ (2, 0.0%)

1 の道すじ, は遅々たる

▼ なり遊女~ (2, 0.0%)

1 となり, を御

▼ なり遊惰~ (2, 0.0%)

1 な人間, は彼等

▼ なり運転手~ (2, 0.0%)

1 がサッと, が乗手

▼ なり道場~ (2, 0.0%)

1 でも持つ, へ来る

▼ なり道徳~ (2, 0.0%)

1 なりに關, なり宗教

▼ なり道徳的~ (2, 0.0%)

1 なりと, なり宗教的

▼ なり遠い~ (2, 0.0%)

1 曲角の, 赤石山脈の

▼ なり遠方~ (2, 0.0%)

1 にて銃, の地

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に見え, に豪徳寺裏手

▼ なり遺書~ (2, 0.0%)

2 は三輪

▼ なり都会~ (2, 0.0%)

1 では生活物資, の空

▼ なり都合~ (2, 0.0%)

1 に因, のいい

▼ なり酔い~ (2, 0.0%)

1 がこじれた, が二倍

▼ なり醜態~ (2, 0.0%)

1 だったかと, であった

▼ なり里俗かじき~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 兵衛は, 太夫は

▼ なり重税~ (2, 0.0%)

2 をのがれる

▼ なり野上さん~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 が殖える, は減らない

▼ なり金看板~ (2, 0.0%)

2 のやくざ者

▼ なり金襴~ (2, 0.0%)

2 の袈裟

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なり雪駄, も腐っ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 になる, の欄干

▼ なり鉄道~ (2, 0.0%)

1 のトンネル, はステフェンソン

▼ なり鉛色~ (2, 0.0%)

1 に變, の光

▼ なり銀行~ (2, 0.0%)

1 からおろし, の経済状態

▼ なり鋭く~ (2, 0.0%)

1 指摘し, 空を

▼ なり鋼線~ (2, 0.0%)

2 は張

▼ なり錯乱~ (2, 0.0%)

2 して

▼ なり鎌足~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 にうつる, の前

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 と足, の内

▼ なり長兄~ (2, 0.0%)

1 の本棚, は介隈

▼ なり長崎~ (2, 0.0%)

1 にもあれ, のオランダ領事

▼ なり長崎村~ (2, 0.0%)

1 という所, といふ所

▼ なり長男~ (2, 0.0%)

1 が慌てふためく, の方

▼ なり門口~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ なり閑寂~ (2, 0.0%)

1 な郊外, を愛する

▼ なり間違~ (2, 0.0%)

1 ひは, ひ有

▼ なり閣下幸~ (2, 0.0%)

2 に之

▼ なり防禦~ (2, 0.0%)

1 に偉大, のまずい

▼ なり限度~ (2, 0.0%)

2 は力業

▼ なり陛下~ (2, 0.0%)

1 の人民, の恩

▼ なり陰気~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ なり陰陽師~ (2, 0.0%)

1 の下, の配下

▼ なり陶器~ (2, 0.0%)

1 が完全, の工場

▼ なり陽炎~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, の立った

▼ なり階級~ (2, 0.0%)

1 といふもの, なりそういう

▼ なり階級制度~ (2, 0.0%)

1 で治まっ, を止め

▼ なり隠者~ (2, 0.0%)

1 となっ, となり

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の子供, の息子

▼ なり隣室~ (2, 0.0%)

1 にある, のなか

▼ なり隣家~ (2, 0.0%)

1 のタケノコ, の主婦

▼ なり雅談湧~ (2, 0.0%)

2 が如く

▼ なり雇人~ (2, 0.0%)

1 なりがいるなら, は大勢

▼ なり雛妓達~ (2, 0.0%)

1 が望む, が望むまゝの人

▼ なり離俗~ (2, 0.0%)

2 の世界

▼ なり離婚後~ (2, 0.0%)

1 であった, も母

▼ なり雨戸~ (2, 0.0%)

1 へ大, をしめる

▼ なり雪片~ (2, 0.0%)

2 は白し

▼ なり雪駄~ (2, 0.0%)

1 の裏金, の足音

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 がたら, や多き

▼ なり電気~ (2, 0.0%)

1 が点いた, について知らない

▼ なり電線~ (2, 0.0%)

1 の三百万マイル足らず, の被害

▼ なり震え~ (2, 0.0%)

1 の間, 上って

▼ なり震災~ (2, 0.0%)

1 と同時に, の頃

▼ なり霊場~ (2, 0.0%)

1 を巡っ, を巡つ

▼ なり霊感~ (2, 0.0%)

1 とさえもなる, の奔流

▼ なり青い~ (2, 0.0%)

1 瓢箪の, 響きの

▼ なり青山~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, は大山街道

▼ なり青木氏~ (2, 0.0%)

2 は初

▼ なり青森~ (2, 0.0%)

1 まで船, を出発

▼ なり青空~ (2, 0.0%)

1 が見え出した, も見え

▼ なり非人~ (2, 0.0%)

1 となっ, の身

▼ なり非国民~ (2, 0.0%)

2 とならなけれ

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 に尻, 懸山

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は享保三戌年二月二日, は貞享

▼ なり頑丈~ (2, 0.0%)

1 な鉄, な骨立ち

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 て吉三郎, て連

▼ なり頭巾~ (2, 0.0%)

1 なり, をぬぎ

▼ なり頸部~ (2, 0.0%)

1 からの出血, から寝巻

▼ なり頻りに~ (2, 0.0%)

1 本が, 観能

▼ なり題名~ (2, 0.0%)

1 を思いだし, を思ひだし

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は青ざめ, までがほて

▼ なり顔面~ (2, 0.0%)

1 に時々, は苦悶

▼ なり顱頂骨~ (2, 0.0%)

1 の対応部, は特に

▼ なり風俗~ (2, 0.0%)

1 なり礼儀, なり言語

▼ なり飄然~ (2, 0.0%)

2 として故郷

▼ なり飛行機~ (2, 0.0%)

1 ができた, の形

▼ なり食料~ (2, 0.0%)

1 が豐, の価格

▼ なり養家~ (2, 0.0%)

1 の名跡, の財産

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 なりがかわる, の川虫

▼ なり館員~ (2, 0.0%)

1 が増す, の一人

▼ なり首尾~ (2, 0.0%)

1 よき曉, よくついに

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 となり, の果

▼ なり髪の毛~ (2, 0.0%)

1 が逆立った, にはつや

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の毛一本, の油

▼ なり鬼瓦~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 の容器, 之丞

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 は空, は高く

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 と鶩, 遊べり小さく

▼ なり鷓鴣~ (2, 0.0%)

1 がそば, のそば

▼ なり鹿児島~ (2, 0.0%)

1 の町, の造士館

▼ なり~ (2, 0.0%)

1 や野菜類, 搗きを

▼ なり黄色い~ (2, 0.0%)

1 室内の, 花の

▼ なり黄金~ (2, 0.0%)

1 となす, の匙

▼ なり黒パン~ (2, 0.0%)

1 と蜂蜜, をかじる

▼ なり黙阿弥~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ なり~ (2, 0.0%)

2 は廷珸

▼1* [9761件]

なり〆切の期日, なりあああ自分も, なりあいつの言い草, なりあおい瞳や潤い, なりあきらめ果てたかの, なりあくびの涙, なりあくまで人間的な, なりあくる朝, なりあげくに吐い, なりあさってになりし, なりあさましや歓楽, なりあさましい姿は, なりあさ子は一人ぎり, なりあしたでア, なりあした来がけに地獄, なりあすこを守った, なりあそこを回る, なりあたい十七歳だと, なりあたしたちの駈けつけた, なりあたふたと自席, なりあたら槍一筋の, なりあたらしい明日が, なりあたり一面がものすごく, なりあたり一面平野の如し, なりあちきの方, なりあちらに爬, なりあっしが見張らせ, なりあっちの開閉器, なりあっちこっち少し痛い, なりあっち向きこっち向く度, なりあっとおもうま, なりあつてゐる, なりあついあついと汗, なりあつく候, なりあとパークを散歩, なりあなありがた, なりあなたがたの将来, なりあなた方の御, なりあなた方二人の恋語, なりあな蛇足をしひた, なりあはれな子, なりあはれ何事にならん, なりあまくしめつけられて, なりあまたの貴婦人これ, なりあやういところで, なりあやうくひとの, なりあやふく涙がこみあげ, なりあるは自殺する, なりある程度その感覚, なりあれきりお姿, なりあれこれ考えたあげく, なりあわやという間, なりあんなに恋も, なりあんまり飛びは, なりいいえ私は, なりいいかげんに咽喉, なりいい加減に辞し去った, なりいかがはせん, なりいかにいわんや無始時, なりいかようともいたします, なりいきにまかせ, なりいきどまりになっ, なりいくさやぶれて, なりいくたびかかれの目に, なりいくつかの難事件, なりいくばくもなくし, なりいくぶん胸を, なりいくら熱心に教え, なりいく重ともなく, なりいたく心に, なりいたければさすりたくなる, なりいたたまらなくなって, なりいたたまれなくなって, なりいたましき傷と, なりいちど結婚したが, なりいちばん末の弟さま, なりいちばん身分の低い, なりいっこう興味が, なりいっさいがいよいよ, なりいっしょに面, なりいっそう本当に沈重に, なりいっぽう腹ばいに, なりいつかしら無理なし, なりいつかロシヤの文学者, なりいつか二人は互に, なりいつか夜中になりし, なりいつか彼女が出, なりいつぞやなどは吉原, なりいつの間に名を, なりいと腹立しげに, なりいとも原始的な, なりいと子厨のかた, なりいにしへより元禄派, なりいぶかしき手紙を, なりいまわれわれは遮二無二, なりいま一人は人, なりいま奥で休ん, なりいま赤間ガ関におとどまり, なりいもうとたち, なりいやあまず繞, なりいやいやそうしたとき, なりいやしいうし飼うま飼の, なりいやしくも熱きものみな火, なりいよいよそうなら絶体絶命, なりいわく国民的の文学, なりうかうか暮らして, なりうしのしつ, なりうすきものは, なりうすくなって, なりうす甘き青空遠くに, なりうそ寒しと云, なりうたた感慨が, なりうたてや吉次, なりうっすらと汗, なりうっとりと失神状態, なりうつくしくきかざった人, なりうつつになっ, なりうつらうつらと眠り出した, なりうとうとして, なりうなじをかすか, なりうねうねとうねっ, なりうまし盞, なりうらめしそうに, なりうるかを学びました, なりうるさいはと叱りつけられ, なりうわごとを, なりうわおいぐつはつめになりました, なりうわべだけの華麗さ, なりうわ言をいう, なりうんうんといい返事, なりうんざりするよう, なりぐってえぐってえぐってやれ, なりえびよりはもっと, なりえらかったけれど, なりおい酒の, なりおおするにも, なりおおよそ一様同等に, なりおかあさんの考え, なりおかげさまでとあいさつ, なりおかしな事だ, なりおかちんなりほんの, なりおかみへ反抗, なりおかみさんとなり, なりおきめになれ, なりおこのの血だらけ, なりおごそかに水, なりおしな, なりおしいになる, なりおしなべて兒等といへる, なりおしまいごろには膝, なりおしまひにはその, なりおしろいとなり, なりおそくもなる, なりおそらくは行きつ, なりおそろしい殺人を, なりおそろしく想像し, なりおたがいにこうしてよれつもつれつし, なりおっつけ晴れて, なりおっとりと耳, なりおつきの方, なりおとよも何, なりおとなしく床に, なりおとなしく小さかった口, なりおのおの二十名ずつの兵, なりおのずからクズレざるを, なりおのれ自身で恨み痩せ, なりおばあちやん, なりおばあさんがそれ, なりおぼろげになつ, なりおぼろ月夜の段々坂, なりおもちゃの人形, なりおもむろに変って, なりおやじも死んだ, なりおわびのことば, なりおわり明教を, なりおわんぬ, なりおん年六十でお, なりお七夜に鷹二郎, なりお世話申して, なりお互い同士疑い合うよう, なりお伝が死ぬ, なりお供には昔, なりお側へ寄りつく, なりお先へとも何ん, なりお出かけになろう, なりお初の口, なりお召し物の綻ん, なりお召物もわざわざ, なりお嬢さんの顔, なりお小使いは, なりお布施を戴く, なりお歌をお作り, なりお母さまにだしぬけ, なりお洒落になり, なりお湯をお, なりお産の留守番以来, なりお茶がいいつけられた, なりお茶屋へ奉公, なりお菜を拵える, なりお萩と祭, なりお袋達が鎌倉, なりお話はだんだん, なりお里は事件落着後, なりお金ももう, なりお陰でやっと, なりお雪ちゃんとしても改まっ, なりかいぞく, なりかぎ裂きをこしらえた, なりかくべつ病弱という, なりかしわはみんなざわざわ, なりかたい一房の, なりかたがた行き悩み, なりかたき時は, なりかたわら小さい毛糸屋, なりかっとして, なりかと思いましたが, なりかなかな侍る, なりかならず数年の, なりかへつて頼家公の, なりかみさんも隙そう, なりかやに身近, なりかよの監視役, なりからからと笑っちゃったよ, なりからだ一つを資本, なりからも大勢の, なりかわいそうに思召, なりかんばらこほりにてする, なりがくつく足, なりがさがさの手, なりがさつになり, なりがまんが出来る, なりがやがや騒ぎとともに, なりきっぱりと言い放つ, なりきつてひどく不便で, なりきのうまでの不愉快, なりきまりの悪い, なりきみわるそうに, なりきゅうにおろおろ, なりきょうは例, なりきょう四時から五時, なりきりきり舞いをし, なりきりぎりすは蚯蚓, なりきりょうもずっとうつくしくなってはいましたけれどじぶんたち, なりきん作がため, なりぎごちない調子, なりぎつしり詰めれば, なりぎゃあぎゃあ騒ぎたてて, なりぎらぎらと輝く, なりふうと, なりくぎの音, なりくそ坊主いで, なりくつをかんがえ, なりくどくどと蒔, なりくねくねした九十九折, なりくやしそうに, なりくらい夜道を, なりくり返す昔, なりくるくるくると, なりくろうなりて, なりぐしゃぐしゃと消えた, なりぐつぐつと眼, なりぐつと一突に遣つ, なりぐるぐるぐるぐる座敷の, なりぐんぐんとからだ, なりけさ鏡を覗い, なりけんよ, なりけんかひなかりけり, なりけんめいに彼, なりに見え給, なりげぇーと吐き出す, なりこいさんの同情者, なりこいつはたいした, なりこうした現状を, なりこうそうな瞳, なりこころの隅々, なりこころづくしの, なりこだまする, なりこっそり逃げ出して, なりことの外, なりことごとく監獄に, なりこのほど夫人がこの, なりこの間は同君, なりこはいふまでもなく, なりこぶしをにぎっ, なりこまかな灰, なりこよひまた聴く当年夜雨, なりこれからどうしようかと, なりこれら倭人諸国の中, なりこれら外国が一致, なりこれら皆寸にも足らず, なりこれ不善の人, なりこれ人の栄華, なりこれ以上の接近, なりこれ何上人の遺骨, なりこれ命これに従わね, なりこれ悪人のその, なりこれ我々がまさに, なりこれ爾に対して罪, なりこれ神以外のもの, なりこれ程までに思ひくる, なりこれ等諸概念, なりこれ閨中に術, なりこわい顔で, なりこわくなって, なりこんなにしては, なりごたごたとなっ, なりごろごろと転がる, なりごろつき風の四十男, なりごろりと仰向けに, なりごろ寝をする, なりご新姐の, なりさいわいにだれ, なりさうなうら, なりさうな気忙しさに, なりさうな薄暗い朝で, なりさかいに, なりさかりばを歩け, なりさきのは皆, なりさけはたがい, なりさしづめ西川君が, なりさぞ困った顔, なりさっき庭先で津村, なりさっとその枝, なりさっぱりして, なりさまざまの花, なりさらさらさっと八方へ, なりさらにさういふ人たち, なりさらば何ぞ人, なりさりとて諂ひ, なりさるぐつわをとっ, なりさんざ旅を, なりさ加減は家族中, なりざあっと一気にお湯, なりざまの少し, なりしいて訊こうと, なりしいんとなった時, なりしかし又その大袈裟, なりしかたなく膝, なりしかについては全然推測, なりしかは余輩の, なりしかもなお依然エッタ, なりしかるにかく浅間敷き, なりしかるに実際上各, なりしがなくなって, なりしげしげ和佐保町へ, なりしこたま旅費も, なりしずくとしずく, なりしずしずと天魔太郎, なりしだい寐られるやう, なりしだい私が催促, なりしっかりして, なりしっとりと汗ばん, なりしてるの仕事, なりしなやかな弾力, なりしのぎをけずっ, なりしばかりなり, なりしまを相手, なりしまいにすっかり消えて, なりしみがつい, なりしょっちゅう庇って, なりしょぼしょぼと目たたき, なりしらじらしく腹を, なりしりばし, なりしるしなりにこの, なりしんとして来る, なりしんみり語り合う機会, なりし如き班固, なりじきしたい, なりじき水がくもる, なりじまいに最後, なりじめじめと汗, なりじれったそうに, なりすえの若, なりすごくなる, なりすすり泣きともなる, なりすずしげな月, なりすたすた歩いて, なりすっくとそこに, なりすっと腰が, なりすばやく立って, なりすべなく, なりすべて商売熱心な上方人, なりすべて四十四音を区別, なりすべて新規な馴れないこと, なりすべて暴により, なりすべて精進でされる, なりすべて脳力にて理, なりすみにたたん, なりすみ子が睡っ, なりするとのれんを, なりするどい牙を, なりするどく呻きながら, なりずいぶんつらい思い, なりずるずるべったり店をやめ, なりずんずん船と, なりせかせかして, なりせきがはら, なりせまんの, なりせめてもう家族の, なりせりふなりで, なりせわしく鼻を, なりせわしなく瞳を, なりぜひなく退い, なりぜんたいは一見, なりそういった組織の, なりそうした人を, なりそうつとしや, なりそうどころでは, なりそう十枚かいたらへばった, なりそくねたの, なりそこかしこで凄まじい, なりそこらじゅうきいんと, なりそしてただ保守的だった, なりそぞろに怖, なりそっぽを向きたい, なりそのままぐっすり寝込んで, なりそのままずっと進んで, なりそのままブラブラ病いに, なりそのまま全く反省する, なりその他何であろうと, なりその他弁護士医者技師そういう人, なりその他種々の動作, なりその他種々部が出来, なりその他門閥家なども文武, なりその後われわれが弁当, なりその後ケンブリッジ大学に転じ, なりその後上州の和算, なりその後二十年にも充たぬ, なりその後十九年間城内は荒れる, なりその後吉野へ城, なりその後四箇年を費し, なりその後数年にし, なりその後数日経った時, なりその後番頭の幻影, なりその後金平のお金, なりその後頭山先生の切望, なりそもそも老婆心の, なりそら耳を走らせ, なりそりゃいけないとも, なりそれきり守田座へは足踏み, なりそれぞれ下駄をはい, なりそれっきりまた三晩, なりそれっきり行方知れずに, なりそれでまた三十分以上も, なりそれなり帰って, なりそれにしても父は, なりそれら各々の衛星, なりそれ以上は黒灰色, なりそれ以外のこと, なりそれ以来他のどんな, なりそれ以来江東地区の労働運動, なりそれ民人のその, なりそれ自らは他, なりそれ自体の混濁, なりそれ自体透明な輝き, なりそれ自身は弱体, なりそれ限り消息が絶え, なりそわそわ甲板士官の, なりたかだか二万法の借金, なりたぐいもない, なりたけお早く御, なりたけお許しをうけ, なりたけお金を使わせまい, なりたけ世間へ顔, なりたけ内証でのそこ, なりたけ気がねをさせまい, なりたけ真面目に批評, なりたけ簡単に言葉, なりたけ自分で落着, なりたけ草履をはく, なりたけ金のいらない, なりたけ駄賃を廉くし, なりたしか市長か, なりたちぁ一気だで, なりたっぷりさに, なりたつきのため, なりたて古参の編輯同人, なりたて部屋の中, なりたとえば肉体を, なりたのもしき人物なり, なりたばこものむ, なりたびたびその仰せ, なりたぶん水底に, なりたまいぬ弾力強き心, なりたまえということ, なりたまえ一丁組もう, なりたまさかものを, なりたまに玄関の, なりたまはずや, なりたまはん事をかつ, なりたまらなくなって, なりたらし先生の, なりたりということを, なりたりというもこの海上, なりたりといふ事宗任が, なりたりとて一カ月百円以上の, なりたりとの説も, なりたりとは申すもの, なりたる者一人その縄, なりだけはまあ普通, なりだしなり, なりだし我らは未来, なりだったでしょうからな, なりだって檀那さまが, なりだらうと思つて, なりだらしなくなって, なりだらりと垂れた, なりだんだんあっさりした青い, なりちゃんと取り揃えて, なりちやんと本部, なりちょっとした模倣という, なりちよつと油断, なりちよいちよいアトリエを訪ねる, なりちらと自分, なりちらちらと漂ってる, なりちらっと前の, なりちりにけむ青, なりちんばのピエール, なりって小勝さんじゃ, なりっぽのよう, なりついうとうとして, なりついそのまま眠って, なりついぞ此の, なりついになんにも無くなって, なりついにぱっと消えて, なりついに単にフキという, なりついに急ぎ帰りいまだ, なりつえぬ, なりつつましい民の, なりつと立ち上って, なりつぶてのよう, なりつぶさに同地を, なりつまらねえやと鼻, なりつむじ風が巻き起こりました, なりつや子はとなり, なりつよく膠着する, なりつれの方, なりつれないマノンを, なりつれなく憎くき伯母, なりづめです, なりてあらはる, なりてかけ去れば, なりてから姪の, なりてっきり貴方に, なりてなも産むなる, なりてれ臭い思ひ, なりてれくさくなったらしく, なりてわッと, なりてんでんバラバラに, なりてんじょうはいよいよ, なりでございましたからこの, なりでしょうという, なりでたらめが即ち, なりでともことわらぬよう, なりでないかその, なりというはこの事, なりといったグアイに, なりといつても過言, なりといふは形體上より, なりといふやその着眼點, なりとかにてその母堂, なりとかの疑は, なりときおり何かの, なりとく千年の, なりとこと落, なりところによっては海, なりとさえ云うたくらい, なりとしてもいわば犯人, なりとせむ而も閣下, なりとぞけふは, なりとっくに婚期も, なりとっさの間, なりとどのつまり店は, なりとにかくもう少し高い方, なりともかへり申候, なりともと思ひしが, なりとも君に尽くした, なりとも立退べし尤も, なりとりが近頃, なりとをさまつて, なりとんちんかんになり, なりとんでもない姉, なりと金のかかる, なりどうしてこうなの, なりどうにかして, なりどうやらこの光茂, なりどきどきするこめかみ, なりどこそこは山吹, なりどす黒い土色に, なりどっしりと空間, なりどっちを見, なりどっと溢れる根, なりどれほど軽部の, なりどろどろと恐しい, なりないも同じ, なりないしは人間が, なりなおまた独りの, なりなかでもバアリイは, なりなかば眠りから醒めず, なりながくはそう, なりながらやにわと意外な, なりなくてはならない, なりなさけない退化堕落を, なりなさけなくなり不快, なりなすったと云う, なりなぜでしやう, なりなぞした, なりなぞえに白く, なりなつかしいふうに, なりなどてわれ不老不死なる, なりなどとは普通に, なりなどにかまわない素朴, なりなにしろちよつと, なりなにゆえに長者, なりなべてか, なりなほ上ると, なりなほ人間の言葉, なりなほ國土の保安, なりなみだが, なりなよ江戸の, なりならどこへ, なりなれなれしくそばへ, なりなんかして, なりなんぞはぢ, なりなんぞをするという, なりなんだかボーフラや, なりなんともいえぬ心, なりなんともどうにも白々しい気持, なりなん勢なれば, なりなん後も青から, なりなん日には, なりにいさんがそっち, なりにおいて種々の, なりにぎやかになりました, なりにくふうした, なりにくくなる, なりにしをなどて, なりについて話すこと, なりにでも自分の, なりによって名誉を, なりにわかの嵐, なりにをる, なりに対する注意と, なりねえ可愛いあなた, なりねがはくは, なりねこのほう, なりねむくなり水, なりのち東宝系の映画小屋, なりのどがからから, なりのどかさも生じ, なりのべつにバツト, なりのほほんなりと少し, なりのり紅を右, なりのんびりしたこと, なりはいと答え, なりはえぐらいになり, なりはしけのなか, なりはしなくも私の, なりはじめ二敗つづく二局, なりはたして家も, なりはたと夜に, なりはだしのままおっかさん, なりはっきりして, なりはつきりして, なりはつきり意識的な攻撃姿勢, なりはてなむず, なりはと笑い春, なりはなはだしきは主人, なりはり半のすっぽん, なりはるか奥の突当り, なりはるか後に残され, なりばかばかしくなるばかり, なりばたりと砂の, なりばらばらと主税, なりばら色になり, なりばりかんを持った, なりぱっと吐かれる煙, なりひがし曇れば, なりひきのめ, なりひき出しの摘要書き, なりひき緊めた唇, なりひしひしと竹, なりひそひそと囁き合い, なりひつそりした夜, なりひとことももの, なりひとしお可愛くなりました, なりひとたび生を, なりひとつの平衡, なりひとつかみの松葉, なりひとつ手振りを揃え, なりひとりでに微笑が, なりひとり内果皮を残し, なりひとり空なるのみ, なりひとり鼻をくん, なりひと羽に千里, なりひと間に押し込められ, なりひどくさびしい場所へ, なりひねもすぶんぶんにぎやかに, なりひもじさいや増し, なりひょいとすると, なりひょっくり内地へ, なりひょろひょろとよろめいた, なりひろい馬場の, なりひろびろとした, なりびくとも動かなくなっ, なりびっくりして, なりびつくりしたやう, なりびと舟ひき下ろし漕ぎいでて, なりぴったりとまって, なりふしぎな感動, なりふしだらになる, なりふたたび関係した, なりふだん百戸に足らぬ, なりふっくりとした, なりふつつりと思ひ切, なりふつ枝のほつ, なりふて寝などする, なりふところからたたんだ, なりふところ紙を取り出し, なりふり撒かれる血, なりふるいなじみの, なりふるさとに呼びかけられた, なりぶくぶくと泡, なりぶつぶつと音, なりぶるぶるとふるえ, なりへた張った主婦, なりべたりと路の, なりべつに一頭の, なりぺこぺこする立場, なりほうだいどんなこと, なりほうだいカクテールをのん, なりほうぼうからわざとらしい, なりほおからあご, なりほとんどなんにも見えなくなって, なりほどなく詐欺事件で, なりほの暗く大きく宏い, なりほら吹きなりのほほん, なりほれぼれと鳴い, なりほろほろ涙を, なりほんとにいきなり小虫, なりぼそぼそとした, なりぼつぼつした下手, なりぼやっと考えこんで, なりってり, なりぽうっと内側から, なりぽたぽた落ちて, なりぽつりぽつりものを, なりまあまあと自分, なりまことをいは, なりまことによろしくないもの, なりまさかと思う, なりまさるを汝, なりまさるかげはこの, なりまじめにならない, なりまたついで京都帝大, なりまたまた山と, なりまたもお酒, なりまた一方純粋の, なりまぢかに迫った, なりまっさおになり, なりまっしぐらに此の方向, なりまっ先に矢を, なりまつたくの夜, なりまとめて綴じる, なりまともに坐る, なりまなこをこらし, なりまのあたりに二人, なりままよと自分, なりまんまんたる地, なりまん中の赤, なりめを, なりみかどのご逆鱗, なりみごとな様子, なりみじめだった曲馬団, なりみじめさは心から, なりみじんも愛くるし, なりみすみす幕府を, なりみずから知らずして, なりみたいな若い, なりみちのりにし, なりみなこれを聞き, なりみな一主人に隷, なりみな思い出の深い, なりみな農夫となり, なりみんなお前と言う, なりみんな手づかみでやりはじめた, なりむかしおん身の惠, なりむかし蒼海と手, なりむくむく起き上って, なりむしむしすると, なりむしゃくしゃして, なりむしろ帰納的な, なりむしろ少し太ったよう, なりむだだと, なりむつかしい役柄だけに, なりむむと詰り, なりむらさき色になりし, なりむろん元服し, なりめいめいそれぞれの意見, なりめしひの, なりめずらしくのびのびと, なりめっきり裁縫は, なりめったやたらに, なりめでたしめでたし又, なりもうそろそろおかあさんの, なりもうちっとやそっと, なりもうほとんど二年も, なりもうもうお仕置きは, なりもしまたならずにも, なりもそっと動いて, なりもって深く新, なりもっともっと縮んで, なりもつとも筋の, なりもとよりお園, なりもと通りの夫婦生活, なりものがたりの肝腎, なりものすごく海に, なりもの凄じく, なりもみくしゃな顔がしっとり, なりもやもやになっ, なりもんは, なりゃあがれとおっぽり出した度胸, なりゃあしねえあとで自分, なりゃあしねえかと浮き腰でいる, なりゃあしねえ裸体になっ, なりゃあしまいかと思うと, なりゃあしめえし女房のこと, なりゃあてめえなんか一生かかったって, なりゃあどいつこいつの容赦はねえ, なりゃいくらでもとれるくせにそういう品, なりゃえゝけんど十年や十五年, なりゃおくにのかたき切ったやつ, なりゃおしゃべりっくらに負けはとらねえ, なりゃおまえさんまかせだ橙を落とさねえ, なりゃくそやけだ皆の思う, なりゃどうしてもできませぬ親方一人でお, なりゃもうくやしいから何もかも洗いざらいぶちまけ, なりゃもうこっちのものだからあばたの大将, なりゃもうじたばたしねえからさ殺せ, なりやかくありてこそ, なりやがてあたかも尾を, なりやがてすーっと消え, なりやがてちょっと途切れる, なりやがてどういふ関係, なりやがてどーんどー, なりやがてなにか顔に, なりやがてばったり聞こえぬよう, なりやがてぱったり止む, なりやがてもうきこえなくなりました, なりやがてスーッと地上, なりやがてフッと消える, なりやがてペラペラしたもの, なりやがて一度行くか, なりやがて全くの戦時体制, なりやがて突然庇を, なりやすいいいところも, なりやすくって段々, なりやたらに猛りたっ, なりやっとこれからが楽しみ, なりやっとほっとした, なりやの問題は, なりやみのなか, なりやむなく他国へ, なりやむを得ず家屋を, なりややしばらく聞えて, なりやりきれない感じだった, なりやわらかな乳酪色, なりやを疑ひ并, なりゆえ手形は心づかず, なりゆかのあな, なりゆとりがある, なりゆるきものは, なりゆゑに人を冷靜, なりようわけはありません, なりよう訳がない, なりよからぬ園, なりよしや我が想像, なりよしよし今宵は, なりよそめにもめっきり, なりよそゆきの料理, なりよそ事ながら気恥かしく, なりよったハハハハハハ, なりよっぽど一人だけ, なりよもぎがもちになるころはそこい, なりよろしい判った, なりよろよろとして全身, なりよわき我のみ, なりよわくて小さい, なりりかに配, なりれいの散歩, なりろくろく口も, なりわいわい云ひ, なりわかき喘に, なりわが身のはて, なりわが身独りが極楽, なりわけて常日頃元気, なりわたしらが読みたい, なりわたつみのみやなり, なりわななく手元, なりわるくすると, なりわる悪戯をし, なりわる知恵がわきあがっ, なりわれら同族の長上, なりわれわれ愚かな兵卒, なりわれわれ自身の眉, なりわれ心狂ひたるに, なりわれ知らず絶叫した, なりわれ知らず頭へ手, なりわれ虹の松原, なりを通して庭の, なり型なし, なりしねえあの, なりアイウエオを教え, なりアイギスを持てる, なりアイシェードかけて, なりアイツは却, なりアイヌ語は単に, なりアイロニーは単なる, なりアカイアの諸王並, なりアカイア軍は散々, なりアキレスのよう, なりアクチュアルとなる, なりアクロン号の附近, なりアグニは火, なりアグリタスは悪魔, なりアジなこと, なりアジアとヨーロッパ, なりアスピリンのん, なりアダムの身躰, なりアダモに勸め, なりアディソンやスティール, なりアトラクションまかりならぬこと, なりアナハセルトン婦の死, なりアナーキストとなっ, なりアパートに泊る, なりアピア市外に四百エーカー, なりアブサントを六十本, なりアメリカ人やユダヤ人, なりアメリカ娘が両, なりアリナの霊, なりアリナ夫人の実父, なりアルトとなっ, なりアルフォンソヤーコモフェデリーコの三子, なりアルポイノの死, なりアルミニュームともなる, なりアレクサンドラがなにか, なりアレルトの鳴つ, なりアローさんと船長, なりアワヤ圧死しようと, なりアワヤ袋叩きにされよう, なりアンコール十回に及ん, なりアンチモンも效, なりアンチャンの生活, なりアンマをよぶ, なりアンヴァリードの砲声, なりアン女王の御, なりアーキトフェルがアブサロネ, なりア彼女は恋, なりア此方で云う, なりイアソンを慕, なりイシカリの野, なりイタリア各市の黨派, なりイタリーは再び, なりイチハノ神は忘, なりイヅモタケルとともに肥, なりイデオロギー論の先駆, なりイデハとなった, なりイナがボラ, なりイナヒの命, なりイプセンなりは学問的, なりイモリになっ, なりインフレーションは増大, なりウイを大分, なりウイスキーを少し, なりウイリアム・スチュークレーという学者, なりウエップは寒暖計晴雨計, なりウゴリーノの變, なりウジャウジャとのたくりまわっ, なりウハづって出来悪し, なりウルトラ的な大衆観念, なりウロウロして, なりウロ舟物売り石垣舟すべてが影, なりウンこれは, なりエゴイストになる, なりエサウとヤコブ, なりエジャナイカの声々, なりエスキーモでライスカレー, なりエスティ家の領地, なりエタと非人, なりエタ頭弾左衛門の下, なりエビの如く, なりエビ茶色になり, なりエリザベスもいま, なりエリパズらはこの, なりエンジンのやかましい, なりエ段長音が発生, なりオオこの寒, なりオオドゥウの作品, なりオジ気づいたと, なりオボコがイナ, なりオルガンをひき, なりオルグとしての才能, なりオレンジとなり, なりオロアンにもなり, なりオンタケと唱うる, なりオンドリは棟, なりオーカミイナリの山中, なりオーム返しに信じ, なりオヽ怖やと, なりカアライルとなり, なりカイトとなった, なりカウスの先, なりカエサルはなほヨハネ, なりカゴ虎の俥, なりカザン市へ出かけ, なりカシミヤやセル, なりカストロカーロは惡, なりカタパルトから飛び出す, なりカテリーナ・イワーノヴナのところ, なりカネをたくさん, なりカハラ玉となった, なりカヨ子がシノブ夫人, なりカラスやラバール, なりカリフの顔, なりカリフォルニアとメキシコ, なりカルタをとり, なりカンシャクを起す, なりカンテラとなり, なりカーテンはピンク, なりカールが馭者台, なりガアタア勲章の騎士, なりガゴをその, なりガサコソ藪を掻き別け, なりガソリンも一ガロン八十銭位, なりガタガタと細かく, なりガタガタ顛える, なりガチだの金, なりガチャガチャうるさいトロット, なりガラス戸の向, なりガルリア人及びラチオ人, なりガンコガンコと啼き, なりガンジーの名, なりガンマ星の天蓋, なりキスなり黒鯛, なりキッと口, なりキュバ総督から独立, なりキヨ子にはふられる, なりキングス・ベイの町, なりキーキーと響く, なりギゴチない結果, なりギベルリイネンになっ, なりギャングとなり, なりギュッと抱きしめ, なりギヨツとした, なりギリシヤ語で詩, なりギーと内側, なりクウルマイエールの谷間, なりクエークル派は偽善, なりクラクズーは消えうせ, なりクラストの下, なりクラブ宛の長い, なりクリームとなり, なりクルクルと檻, なりクルップ性肺炎だった由, なりクレタ島の巨人, なりクレムリンの外壁, なりグイと胸, なりグウテンベルグなりの, なりグッと白虎太郎, なりグッタリ地上へ倒れ, なりグラドウィツは比較的, なりグループとして昂揚, なりグレコになる, なりグレージーは女, なりケイトは家庭教師, なりケーニヒスベルクの指揮者, なりゲッソリして, なりゲハイムラートの榮稱さ, なりゲムパイにもなり, なりゲラ刷だけがぼく, なりコオラスなりの働き, なりコカールの広い, なりコソとも動き, なりコトパキシの高き, なりコムソモールとなる, なりコメカミに静脈, なりコラント亭はその, なりコルドバへきた, なりコルレジヨオがダナエ, なりコレ亭主貴樣, なりコロコロコロコロと音, なりコンシエルジュリー監獄とフォルス監獄, なりコントのポジティヴィズム, なりコンブ林の中, なりコードとなり, なりコーヒーのん, なりゴゼイという名, なりゴミをかぶっ, なりゴミゴミした裏, なりゴム靴の底, なりゴルチャコフは露西亜, なりゴヱテとなり, なりゴーリキイはその, なりサア尋常に白状, なりサイドが化粧, なりサエの方, なりサキになり, なりサト子は庭, なりサミイが退院, なりサヨナラとなる, なりサルトン博士は蔵書, なりサントリーハイボール飲みつ, なりサンニタ人と和, なりサヴィンコフの反, なりサークル活動が勤労大衆, なりサーッとあらし, なりサーベルを算盤, なりザクロの実, なりシエクスピイヤと近松, なりシエーナの貴族ギーノ, なりシオのある, なりシカゴの畜産技師, なりシクシク泣いた, なりシテ他出とは何れ, なりシナ人から得る, なりシピオアフリカナスその三, なりシミだらけになっ, なりシムソンは太い, なりシャナリシャナリなり往来, なりシャビエルはマラッカ, なりシャンハイその脳髄, なりシヤムに行け, なりシヤルル・ダンジュウの南進, なりシルエットのよう, なりシルヴァーをも含めた, なりシンガポールへ行っ, なりジイドの人間, なりジツと立つ, なりジャーナリスティックになる, なりジャーナリズムに征服, なりジユリアス・シーザーにもクロムウエル, なりジョニオカを半分, なりジョージ親王は一九〇一年ヴィクトリア女王, なりジヨヴァンナも誰, なりジンジャーエールといふもの, なりスイスイと車馬, なりスイッチとなり, なりスウプも幾日ぶり, なりスクリーンなりの上, なりスケールの豪壯雄大, なりスゴン・ヴエヴエル夫人といふ若く, なりスタイルなり行動, なりスタンレー賭博団は千フラン, なりスティームも通っ, なりストーヴをたきつけ, なりスノーははげしい, なりスパイ団のほら穴, なりスピッツは眼界, なりスピロヘーテンパリーダと共にタバコ, なりスペインの金, なりスモオレツトフイヽルヂングなど此派, なりスルスルと兵庫, なりスレンの谷, なりスーッと目, なりズカズカと助手, なりズボンのポケット, なりズルズルと絨氈, なりセリフも危, なりセルさへ軽き, なりセンターの穴, なりセンチメンタルとなる, なりソクラトスその二, なりソファでえらい, なりソルレクスは盲目, なりソレで私, なりソンキのお母さん, なりソヴェト同盟では現に, なりソヴェト同盟内の各, なりソーントンはむき, なりソ連は巧み, なりソ連軍はベルリン, なりタオルにしみた, なりタクシーを拾っ, なりタクシー三田へ, なりタクシー喜多八へ帰る, なりタクシー帰宅早し十一時, なりタクシー田原町中芸へ, なりタケシウチの宿禰, なりタシルムポの副, なりタッタタッタと二, なりタラタラと血, なりタルクィニウスの子, なりタローの後, なりダイヤモンドをイルミネーション, なりダダとなり, なりダブダブの上衣, なりダランベールとラグランジ, なりダレて大宮町, なりダンサーたちは花, なりダンテアリギエーリその四, なりダンテウェルギリウスに導かれ, なりチエホフの醫學生, なりチチコフが何者, なりチップになる, なりチブロン島を横断, なりチベットへ帰っ, なりチャシとは蝦夷, なりチャタム卿が成長, なりチャチなゴルフ, なりチャンバーレンの探検, なりチヤツクのする, なりチョンガレとなり, なりチースとなり, なりチームは下級生中心, なりヂェルジャヴィンがプーシキン, なりッぱなしとなって人ばかり右往左往, なりこない, なりツォイスも亦, なりツネは元, なりツルゲーネフやドストエフスキー, なりツルヌスを助け, なりテイン氏言へるあり貝, なりテエブルの上, なりテシフォネ中にあり, なりテバイ人メナリッポスと戰, なりテバイ攻圍中ゼウス電光を投じ, なりテムポのはやい, なりテモ暖かに寝たる, なりテヱエル河の東岸, なりテンパロデにもなります, なりテンポが加わり, なりテーマとして懐姙, なりディドローも壮語家, なりデカダンスが形, なりデカルトの, なりデカルト学派に属する, なりデビーは名誉教授, なりデモクラシーの敬愛者, なりデモクラチックのもの, なりデンキスタンドのシェード, なりトウフとなつ, なりトマトもいで, なりトミヤサロンからマルタマ, なりトラソオなるものタイス, なりトラックは左, なりトロイアに助け, なりトロイア城にすぐれたる, なりトロイア王デリアモスの委托, なりトロッドおよびその, なりトンネルを出で, なりトン数は三倍, なりトーマスをなだめる, なりキリとして, なりドアを破っ, なりドイツ人やフランス人, なりドウでも宜いと, なりドクタアは国, なりドスなりは謂, なりドッと水, なりドルに較べれ, なりドンファンとなっ, なりド・スキュデリー嬢からバルテルミー・アドー夫人, なりドーンドーンドーンドーンと幽, なりナイアガラ辺で起した, なりナイル河の水源, なりナウムケーグがセーラム, なりナオミを浅草, なりナッパ服の裾, なりナメクジの海上歩行, なりナースチャはいつか, なりニオベはタンタロス, なりニグロの文化, なりニコラスはラスプーチン, なりニヒリスティックになり, なりニョッキリ前へ立ちはだかった, なりニンシンの知れない, なりニージニの定期市, なりニージュニの市, なりヌネスやビレラ, なりヌーッとのびた, なりネクタイをぐいと, なりネリは七つ, なりネルソンは英国民, なりノイブルグの戦場, なりノサレたよう, なりノソノソと死骸, なりノルマルなもの, なりすまいかと, なりハアハア息を, なりハイヤーで帰る, なりハインツェも時に, なりハイ彼は私, なりハゲ天で食事, なりハタオリ器械や酒場, なりハッと思った, なりハッタと能勢氏, なりハテ不思議なる, なりハドリアヌス五世と稱, なりハムレットがだんだん, なりハヤブサ丸がこの, なりハリスが呈出, なりハンケチを出し, なりハンドルはもっとも, なりバアナアド・ショウをし, なりバイブルに親しむ, なりバイロンとなり, なりバザーロフという人物, なりバシバシ国男に云い, なりバツクの時, なりバトラルドライデンクラレンドンのごとき, なりババリアの選挙公, なりバベルの塔のお喋り, なりバラツクの食堂, なりバリバリ音が, なりバルザックだのサント・ブウヴ, なりバルトの, なりバルトウ氏の捜査, なりバンダイと音読, なりパイ軍曹とピート一等兵, なりパガーニはその, なりパチパチともの, なりパチンコ屋の番人, なりパテーにもなり, なりパトロークロスとなり, なりパナマの方, なりパラオ病院よりも良く, なりパリスの戦没, なりパリーの街路, なりパルムの小, なりパン屋ともなり, なりパートロークロスとなり得る, なりパードヴァ人工事を施し, なりヒサが妾宅, なりヒステリーにもならざる, なりヒノエウマの迷信, なりヒモにまかれ, なりヒューッと呻, なりヒューマニズムという旗, なりヒョタヒョタと二三歩, なりビックリして, なりビーカーに入った, なりピアノの側, なりピチャピチャ三吉をたたく, なりピッカルダは絶對, なりピッカルダコンスタンツェのごとき, なりピッケルを御, なりピッタリと閉され, なりピツタリと閉され, なりピュロスの原, なりピューだけが残された, なりピンは五月肥溜, なりファウストを包, なりファニイなりが彼, なりファラーの, なりファンタスティックなイメージ, なりフイゴとタガネ, なりフエデリゴなり, なりフォボスの周期七時間三九分, なりフォードより自動車, なりフオオクは左手, なりフキゲンでもある, なりフヂとなる, なりフッと停る, なりフヌケみたいになっちゃった, なりフューザン会の彫刻, なりフランシスはまた, なりフランス王はこれ, なりフランス語がまだよく, なりフランス革命前後に優秀, なりフランネルで爪, なりフリーダのいない, なりフリードリヒ大王ナポレオン以来はほとんど, なりフワフワと空, なりフーフー息ばかり, なりブゥルヴァルを流し, なりブオソの生殖器, なりブザンソンの大司教, なりブザーなぞ押す, なりブラウワー老人を川, なりブラジルの前, なりブラッキ・ジャッキオイチョカブ四五キャシナボカハワイボカといろいろ, なりブラバンテの淑女, なりブリキのよう, なりブリュブラックとなり, なりブルブル慄え, なりブルームには日本人倶楽部, なりブレフスキュ島の敵, なりブーレ踊りがカチューシャ舞踏, なりプラトーの愛情, なりプロス嬢はお茶, なりプロレタリア文学団体は日本プロレタリア作家同盟, なりに7, なりヘカベポリュクセナの骸, なりヘザアの葉, なりヘラクレスジェネーリオネの牛, なりヘリコプターのそこ, なりヘンリーは一時, なりヘーゲルの自然哲学, なりベッドに寝こん, なりベリベリバリンと叩きつける, なりベルダンに向い, なりベルナルドゥスダンテの意中, なりベンチから立上, なりペダルに足, なりペテルブルグがレーニングラード, なりペテロパウロの兩聖徒夜帝, なりペパンやモレー, なりページ数にはあらず, なりペーテルスの探検, なりホチョカケタと啼い, なりホテルニューグリルでオニオングラタン, なりホラこんな具合, なりホラチウスの教, なりホルワット将軍が金, なりホヲリの命, なりホントウがウソ, なりホーエガイスとかいふ村, なりホールが終っ, なりボズさんが遠慮なく, なりボッと見る, なりボックスの中, なりボーイを呼ぶ, なりボーッという凄まじい, なりポカンと顔, なりポツジヨは得意, なりポツポツ人家が, なりポラーノの広場, なりポンヌヴィルの裁判所, なりポンメルシーは少尉, なりポートダーヴィンの精神病院, なりマアテルランクなりの戯曲, なりマウントジョイはもっとも, なりマキアヴェリに言わせれ, なりマクス公の二女, なりマスクの周圍, なりマッチが無い, なりマドレーヌ氏は市長殿, なりマドロスはまた, なりマニエールとなる, なりマニーロフその他の手合い, なりマノエル王の書翰, なりマリー夫人はセーヴル, なりマルクになった, なりマルボンといっ, なりマローリーの散文, なりマングローブの林, なりマンドリンの音, なりマンフレディ戰場の露, なりマンフレディ殪れシャルル一世, なりマーブルへ行き, なりミズーリ河とコロンビア河, なりミニヨンの一節, なりミネが後, なりミミは僕, なりミュンヘンを防ぎ, なりミユルレルの羅馬, なりムクムクとふくらみ, なりムチンの存在, なりムラムラと三人, なりムレとなった, なりメキシコに亡命, なりメキシコ人すべての誇り, なりメグは手, なりメチャなりけり, なりメッテルニッヒは墺国, なりメデューサの首, なりメムバーは相当, なりメートル法によって長, なりメードさんだけが元気, なりモウレツに激しい, なりモスコーの大, なりモット大きな人, なりモデルであると, なりモノクサとなりつ, なりモルトケが遂に, なりモンジュ及びその, なりモンタージュとなり, なりャ遺言もしたいし, なりヤツとなり, なりヤマメもイワナ, なりヤリ玉にあ, なりヤレヤレ也, なりヤ遺言もしたいし, なりユウモアは下品, なりユキを案内, なりユダにつぎ, なりユダヤ人文化の排撃, なりユニテリアン派は偶像教, なりヨタヨタ七三の所, なりヨットに乗っ, なりヨハンネス二十一世と稱, なりヨヨと泣き伏して, なりヨワン榎とうたわれた, なりヨーロッパ政争の渦巻き, なりヨーロッパ文学の系統, なりライトをつけ, なりラウペパは南方, なりラックを塗っ, なりラッセルの跡, なりラプンツェルは肉感, なりランビァン高原への九十九折, なりランプ台ともなるらしかった, なりラヴォアジエもまた, なりラ・メデュウズは右舷, なりラーナ曰ルッカの人冥助, なりリアルに聰明, なりリエより約, なりリストがぴったり, なりリスボンと同じ, なりリッジは痩せ, なりリプトンでコーヒー, なりリベラールはけっして, なりリンクの隅, なりリーダーとなっ, なりルカヌスの, なりルカ傳一四・一五に曰く, なりルッカの人々, なりルックザックをおろし, なりルパンになった, なりルビが有る, なりルブラン氏の方, なりル・ペリイというキャフェ, なりルーニ山の中, なりレオナルドもブルックハルト, なりレオンは第, なりレコードかけたり, なりレタペーパーを廢, なりレビュー的セットになっ, なりレンズの焦点, なりレーニンと袂別, なりロイド眼鏡と一つ, なりロオマ字となり, なりロシア生れの有名, なりロシア皇帝の配下, なりロッテスレー男グローブガシオットが委員, なりロベスピエールの足もと, なりロマンとこの, なりロロ公爵やルル公爵, なりローウッドでいろ, なりローシーの赤坂, なりローソクのシン, なりロータスが鍛冶屋, なりローマン主義の勃興, なりローマ帝国亡びるや, なりローリイが好き, なりワカクサカベの王, なりワザと色々, なりワーッワーッと喊声, なりワーツワーツと喊声, なりヱモルソンも或, なりヴェランダは愛蘭土泥炭沼, なりヴルガータにては第, なりヴントに申出る, なり一〇〇軒も二〇〇軒, なり一たび臨むとき, なり一つびとつの語を感じた, なり一つ一つの窓, なり一ばんよろし, なり一ゆり肩をゆすつ, なり一カ月ほど癒ら, なり一カ月位経つと, なり一キロ先は殆, なり一ッ橋に移っ, なり一ノ関の主張, なり一フィートもしくはそれ以上, なり一ページの読書, なり一メートルごとに立て, なり一ヶ年後にはパン, なり一ヶ月が二ヶ月, なり一ヶ月一週間三四日とひどく, なり一ヶ月余というもの, なり一ヶ月半なりのうち, なり一一〇九年に死す, なり一一〇番に電話, なり一七五六年で終る, なり一万人の行列, なり一万以上の匪, なり一万円とよばれた, なり一三〇七年その郷里, なり一三〇五年に死す, なり一三一三年八月死すダンテ, なり一三一二年怨みを受け, なり一世の豪傑勝安房守, なり一両日を過ぎ, なり一乗ヶ谷の城下, なり一九一四年の前半期, なり一九三一年十一月からは日本プロレタリア文化連盟, なり一九二一年八月二日に故郷, なり一九二七年一〇月二日の最後, なり一九二三年には約, なり一九二八年の冬, なり一九二六年に隠退, なり一九四五年には結婚三, なり一事あるごと, なり一事一物も国, なり一二の松, なり一二七六年ハドリアヌス五世の後, なり一二七六年七月選ばれて, なり一二七四年リオンに死す, なり一二九〇年の頃, なり一二九〇年ラヂスラーオ死して, なり一二九一年に死す, なり一二二一年ボルセーナ湖附近のバーニオレジオ, なり一二五〇年プロヴァンスに死す, なり一二八五年に死す, なり一二八六年その從弟, なり一二六五年ロムバルディアのギベルリニ黨, なり一二四五年レーモン死せる時, なり一二町となり, なり一五九七年二月五日長崎立山の海, なり一五二八年の春パナマ, なり一五六七年八月に二隻, なり一人ぼっちになった, なり一人一人検査を受ける, なり一人下宿へ帰つて, なり一人二人が歸, なり一人言はで, なり一体泥炭地が, なり一信だけでも船, なり一俳優ほどな, なり一側面猶且単純ならず去れども, なり一元が剖, なり一先ず番頭の, なり一八〇〇年ないし一八一一年, なり一八一五年二月末ネープルに赴い, なり一八三三年には同校, なり一八九五年まで滞米三年, なり一八九四年イタリヤの無, なり一八二一年に結婚, なり一八二七年に王立研究所, なり一八六〇年からふたたび, なり一八六三年頃ジェネバなるヘルチェン, なり一八四〇年にはカーン, なり一八四八年以前のヨーロッパ大陸, なり一八四四年には旧, なり一六一〇年になっ, なり一六三三年穴つるしといふ, なり一六五三年二十一歳で学士, なり一円となり, なり一刀を抜く, なり一分になり, なり一分隊の兵, なり一切圓滿せる圓滿, なり一切御沙汰に及ぶ, なり一切苦の斷滅, なり一刻交代で柵, なり一千二百万ならば, なり一口でも言葉, なり一同庭に廻り, なり一同旗上げをいたします, なり一同驚き騒ぐ間, なり一味のため, なり一商店の主人, なり一四六九年には双方各々五百人, なり一四六八年応仁の乱, なり一回ごとに力, なり一図に曙, なり一圓なり九圓五十錢, なり一城の主, なり一塊りに, なり一変して, なり一妾にし, なり一字は一字, なり一安心したの, なり一定不変なもの, なり一寸先も見えぬ, なり一寸勝手の方, なり一山荼吉尼化の傾向, なり一山衆評して, なり一平民として仏蘭西, なり一年ぐらゐ彷徨して, なり一年二年たつと, なり一年足らずの翌年, なり一度家に立返り, なり一廉のチャンタン, なり一心不乱に進ん, なり一応ゆっくり逢って, なり一念を入れ, なり一念ここに及ぶ, なり一應いと子さまの御, なり一應手當も加, なり一抹の憂鬱さ, なり一揆は切支丹, なり一政はそれ, なり一族をつれ, なり一日おきの入浴, なり一日中ボツボツ釣れる, なり一日中蝶々夫人が日傘, なり一日中雨だれの音, なり一日二日は, なり一日何杯かの客, なり一日床についた, なり一日本目の西蔵院, なり一日父に請, なり一昨年その家, なり一昨日は病人, なり一時しのぎの気持ち, なり一時すぎ辞して, なり一時前に帰る, なり一時半となる, なり一時失業労働者の数, なり一時彼女に御, なり一時新聞の政治部, なり一時日本の棉作り, なり一時男子を立て, なり一時近郷の話題, なり一時間ばかりし, なり一時頃失敬して, なり一晩のうち, なり一晩中荒れ狂った, なり一晩中オルガンのよう, なり一曲すむと, なり一月着工胸像は福岡県糸島郡出身彫塑家津上昌平氏, なり一望のうち, なり一朝の奮激, なり一本脚傘の化物, なり一杯中味の, なり一桶ほどの水, なり一椀の白湯, なり一段変じて, なり一泡吹かせて, なり一流の商人, なり一流人の中, なり一滴の涙, なり一瀉して, なり一燈園を作れ, なり一片の言葉, なり一物もない, なり一生日蔭者のやう, なり一生栄華にくらす, なり一生涯警察の眼, なり一町二町と隔たっ, なり一番さいごまで待たされた, なり一番下の二つ, なり一番奥の田, なり一番思慮の無い, なり一百二十人の同勢, なり一目瞭然たる形, なり一瞬喪失をよびおこす, なり一瞬息をつめ, なり一瞬時において永遠的, なり一石百八十七匁は一両, なり一礼して, なり一神教には中心, なり一禮して, なり一種天才的な言動, なり一種軽侮の念, なり一篇の文章, なり一結果ともなる, なり一統の政治, なり一線の針, なり一群の黒い, なり一膝のりだして, なり一般民衆の爲め, なり一般観衆にとってはまさに, なり一葉の一生, なり一行緊張せること流石, なり一衣帯水を隔てたる, なり一見いずれが誰, なり一議に及ばず, なり一躍反対物へ, なり一軒を丸焼け, なり一週間後に栄介, なり一部零度の水, なり一銭取り出して, なり一門の一人, なり一間となり, なり一陶の勇氣, なり一面梶子の恋, なり一面貸主となつ, なり一風呂浴びて, なり一首の風格, なり一馬木ベエ人見小六丹後弓彦博士もピカ一, なり一馬身となり, なりは梅吉, なり丁度一枚の解剖図, なり七たび夫人となり, なり七カ年になれ, なり七万騎に近い, なり七八年前から御, なり七八歳の小童, なり七十六以上になれ, なり七十銭が八十銭, なり七年つとめて, なり七年ぶりで持主, なり七日十日と間, なり七時八時九時十時となり, なり七時半といふ時間, なり七時過ぎに戻っ, なり七時頃から眼, なり七月のヌネスたち, なり七月七日の報告, なり七月中旬に死んだ, なり七月六日頃より暑気出, なり七秒となり, なり七羽の鶴, なり七草が過ぎ, なり七輪なりにしたがって, なり七部集なども覗きたれ, なり七銭になり, なりに一つ, なり万一離洲し, なり万三郎は身, なり万世一系の天皇, なり万之助のため, なり万乗の尊, なり万事工合よく引回され, なり万事村長の言, なり万国商業の問屋, なり万宝山事件となり, なり万已を得ず生れた, なり万年青なり糸柳, なり万延文久元治慶応そうし, なり万感を排除, なり万有教あらざる前, なり万有的眼光には万有, なり万物自然の声, なり万葉に多く, なり万里なり, なり万金丹なぞだけがハバ, なり丈助を連れ, なり三たび王后となり, なり三つ割に白く, なり三とせ前の事, なり三ばんめの須佐, なり三びきになり, なり三カ月の暑中休暇, なり三ツとなり, なり三ヵ月ほどで死ん, なり三ヶ国からの公私, なり三万の大王, なり三万円もなけれ, なり三上山蜈蚣あるべし湖中竜, なり三世紀すれば, なり三五郎と三人, なり三人目が死んだ, なり三人称発想は益加つて, なり三代でたいがい没落, なり三代目には四倍, なり三休より幕の内, なり三位中将も来, なり三保の松原に浴せし, なり三個の煉瓦, なり三僧を江戸, なり三円の回数券, なり三分の一なりお, なり三分の一なりに減少, なり三列になりし, なり三十で今日, なり三十なり數はどう, なり三十センチになり, なり三十万円になる, なり三十三年七月に大学, なり三十人になり, なり三十人扶持を受け, なり三十六字母を作り, なり三十四歳の時, なり三十女になり, なり三十年もたっ, なり三十年あまり過ぎたりし, なり三十歳に達せざる, なり三十郎はこれ, なり三千寵幸一身に集まり, なり三千石の知行, なり三千里なり流され, なり三合になり, なり三名の武士たち, なり三味線を胸, なり三四七年の頃アンテオケア, なり三四年前に死去, なり三回となっ, なり三太郎おじさんは何, なり三尺となり, なり三島の家々, なり三島宿の長崎屋, なり三島暦の板木, なり三巻となり, なり三年九月に大目附服忌令分限帳改, なり三年間も毎日浅草, なり三度目となれ, なり三度目のが又, なり三度花を開き, なり三日おきになり, なり三日五日の間, なり三日目に蒔, なり三時すぎ迄読ん, なり三時三十分最初の鞍部, なり三時半つひに, なり三晩になった, なり三晩目が一晩, なり三月二十一日ネープルを出立, なり三月十九日に退院, なり三月四日の衆議院, なり三木の城, なり三村家の別家, なり三条の尼宮, なり三条西家の人々, なり三杯となり, なり三枚襲ねの薄い, なり三氣が三才, なり三河屋の仕事, なり三河島の日本建鉄工業株式会社, なり三浦氏も亦, なり三田丈が妙, なり三男の泰博, なり三町となる, なり三界乞食の境涯, なり三界六道の間, なり三畳の方, なり三疋になった, なり三百両の支度金, なり三百人からの人間, なり三百兩の支度金, なり三百枚となつ, なり三百石に六百両, なり三直へ行く, なり三社の祭り, なり三社権現も浅草神社, なり三種の罪人, なり三芳屋の身代, なり三荷葉大伶人草, なり三角四角といふもの, なり三越白木屋などにつれて行, なり三転四転して, なり三轉四轉して, なり三道となり, なり三間になった, なり三隊に編成, なり三階には二つ, なり三韓へ渡る, なり上がった人の, なり上げ汐となれ, なり上ったのも, なり上つた家などは深い, なり上つて来た経歴, なり上つて來たの, なり上りといい出したれ, なり上り結婚のため, なり上下ともに南, なり上下合一官民一致天皇帰一八紘一宇新時代, なり上京して, なり上体に力, なり上古万葉の歌, なり上品語なり自, なり上尾久下尾久と川, なり上屋と税関, なり上山町の旅館, なり上意討という名目, なり上手な者, なり上杉氏衰うるに, なり上氣して, なり上水の流, なり上流人士の掛り医者, なり上流社会の人々, なり上流紳士と称する, なり上熊本駅へゆく, なり上皇となられた, なり上総の東金, なり上衣なり馬車, なり上野永藤へ寄っ, なり上陸の準備, なり上陸戦の噂, なり下がったのかと, なり下つた御様子, なり下つた男ぢやない, なり下り船も毎日便宜, なり下る決心な, なり下人も頭, なり下僕の業, なり下僚として相, なり下女は手當, なり下官愚昧短慮を以て縦, なり下屋の板葺き, なり下層階級はほとんど, なり下役兩人も受, なり下手なもの, なり下枝の小さな, なり下民のその, なり下水の埃, なり下男奉公し俥夫, なり下町の娘たち, なり下種の時晩, なり下等動物に見る, なり下総の結城, なり下谷徒士町に門戸, なり下鍛冶屋宿上鍛冶屋宿住吉畔高台寺甲府の城下, なり下馬将軍とまでいわれ, なり下駄ばき, なり不便にし, なり不具者のよう, なり不可思議性のもの, なり不可知的にし, なり不問に附し, なり不平絶えず, なり不平そうに立とう, なり不平懐疑の念, なり不快になった, なり不思議に神経, なり不意に, なり不整になっ, なり不断の友情, なり不断首を截, なり不日出発する, なり不明瞭のまま, なり不正直となり, なり不毛の地, なり不測の変外界, なり不満不平の人, なり不相変冷やかな, なり不眠の種, なり不義となり, なり不能の犬, なり不良になっ, なり不規則であれば, なり不言不語, なり不足は親戚, なり不道徳にさえなっ, なり与三郎同様佐渡送りにでもなっ, なり与五郎は素面, なり与八の製作場, なり与平の話, なりの刻, なり且つ互に區別される, なり且一目失明した, なり且何事もお, なり且例年の脚氣, なり且兄上がの, なり且其の気性, なり且其存在と否, なり且又窄くなつ, なり且妙子にも疑念, なり且宮廷に属し, なり且賄賂によつて罪, なり且雪渓の両側, なり且音曲に巧み, なり世にもまれに, なり世人大に其事, なり世帯のきりまわし, なり世情は一変, なり世界じゅうの常設館, なり世界一周の目的, なり世界人類的なるべき愛, なり世界八十箇国の気象学者, なり世界大の世界, なり世界平和とよく, なり世襲となれ, なり世評を恥じた, なり世話事とも言い得る, なり世路を濶歩, なり世過ぎの按摩, なり世間一般に知れましたら, なり世間体をはばかる, なり世間普通のとりつく, なり世間話をつ, なり世間體を憚, なり丘陵になった, なりは松太郎, なり両国の川開き, なり両家にとり, なり両度欧洲に渡航, なり両手両足をはなし, なり両者一身のごとく融け合っ, なり中世ラハブは寺院, なり中世以来の回教都市, なり中佐か何, なり中元を境, なり中原君兄弟もいつしよ, なり中古高利貸の極めて, なり中味の空, なり中和的なしかし, なり中堂に酒, なり中央政府の重要, なり中央線に沿った, なり中央軍の奮戦, なり中央部から後部, なり中学なり女学校, なり中學も半, なり中宮からお, なり中村の車, なり中村警部なりに知らせ, なり中津藩の役所, なり中流以上の社会, なり中流階級急進派の左翼, なり中空を蔽う, なり中腰でね, なり中野老鉄山, なり中野君は宿屋, なり中門廊に宿直人, なり中音でそそり, なり中頃以後にもなります, なり丸々と肥っ, なり丸の内の宗像探偵事務所, なり丸山の妓楼, なり丸山勇仙はもう, なり丸木橋のよう, なり丸髷なりよき, なり丹波の奥, なり丹波市から車, なり主君の耳, なり主因となり, なり主婦となり得る, なり主従道徳が強調, なり主権者となった, なり主流となった, なり主税も兄, なり主義者の身辺, なり主要の橋, なり主観の極端, なり主計頭を召, なり主謀者は宮将軍, なり主題となり, なりの中, なり乃ち之に一書, なり乃ち又新に學問識見, なりしからずして, なり久しう病ら, なり久しい間幽かに, なり久しぶりで染, なり久八は全く, なり久堅町の長屋, なり久子さんから聞きました, なり久左衛門の家, なり久方振りの表役, なり久松家の用人, なり久松留守の札, なり久留島義太の天才, なり久能誰かに会いたくない, なり久野氏なりに, なり乍ら医科大学の教室, なり乍ら後をも見ず, なり乍ら我家の窮状, なり乍ら気力を励まし, なり乍ら活躍して, なり乍ら蕾がつい, なり乍ら警官は退場, なり乍ら身體も心, なり乏しい月給を, なり乗気になっ, なり乗組は四五〇名, なり乗船中海の色, なり乘りかへ驛, なり助其方島田宿泊, なり九九六年に死す, なり九八七年ルイ五世の後, なり九助を早々, なり九十九里浜にさよなら, なり九千になり, なり九圓五十錢なり十二圓三十錢, なり九尾狐の妖力, なり九州弘通の法将, なり九年に二十七歳, なり九時すぎ迄見物, なり九時二十五分三窓の頭, なり九時半になり, なり九時四十分となり, なり九時頃まっくら, なり九月二十七日には聖書会社, なり九歳の時, なり九死一生の大病, なり九竅の中, なり九郎判官義経は衣川, なり九鬼子爵代つて東京博物館長となりぬ, なり九鬼氏がそれ, なりふ思想, なり乞食のやう, なり乞食物貰ひ入る可, なりも一国内, なり乱世のつづく, なり乱倫の真似, なり乱歩氏の蔵書, なり乱賊となる, なり乱闘に発展, なり乳色の渦卷, なり乳色のもや, なり乳香没薬となるで, なり乾燥しまた, なり乾田がまた, なり亀井戸の先, なり亀裂と亀裂, なり了つて既に久しい, なり了つて從つて墨子の事, なり了らんまして嬉し, なり了らん乎この傾向, なり了ンぬ, なり了簡次第に有, なり予之を憂うる, なり予審も済まし, なり予想なりを聴かせ, なり予此れを, なり予科が一年, なり予章にした, なり予言とさえもなる, なり争覇の分脈, なり争闘なり嫉妬, なり事件後一年半を経た, なり事務室の内, なり事変前から唱導, なり事実経験は決して, なり事實なり, なり事實宰相の仕事, なり事新しく自分に, なり事業家たるの念, なり事業界のゆき, なり二そのうちに失せ, なり二たびは到る, なり二となり線となり, なり二の腕まで露, なり二カ所に大きな, なり二ツには妻, なり二ノ橋の方, なり二ヵ月前千鶴子が入る, なり二万石ずつ加増, なり二三の小さな, なり二三人はほしい, なり二三尺飛び退いて, なり二三年経つうち, なり二三弥次に応酬, なり二三日前から鉛筆, なり二三百年経て, なり二三省の地, なり二人ぎりで居る, なり二人ともどもになり, なり二代三代はもとより, なり二代目お鯉, なり二八ばかりに成長, なり二劉よりすれ, なり二匹が三匹, なり二十ぷんほどのうち, なり二十キロを超える, なり二十万円になり, なり二十三室もあつ, なり二十三日になる, なり二十九年までは政府, なり二十九歳で亡くなった, なり二十二十一となつて, なり二十五の絃, なり二十五円の金, なり二十件三十件になっ, なり二十兩勝た三十兩勝, なり二十六日の朝, なり二十分も歩く, なり二十四人になり, なり二十四日を一日, なり二十四時間のおそらくはたいして, なり二十尺四方の広間, なり二十年の修行, なり二千五百余年来日本国をし, なり二千余人の長, なり二千円になった, なり二千歳にし, なり二台の自動車, なり二合がまた, なり二囘目は年, なり二回に渡る, なり二圓なりづつ, なり二妾三妾随時随意にこれ, なり二層三層の高, なり二年三年と経る, なり二年三年五年七年と思わぬ, なり二年後第十回オリンピック選手, なり二年間外出できなかった, なり二方の寝息, なり二日ぶりで愉快そう, なり二日三日は貯蓄, なり二時すぎ宿へ帰る, なり二時間を経, なり二時間半というもの, なり二月となり, なり二月入院しました, なり二月初旬には日本菓子部, なり二月目には平手, なり二束三文で全て, なり二条の院, なり二杯が五杯, なり二枚なりいつも, なり二町谷の見, なり二番の夜明け星, なり二百が一錢, なり二百万石の大, なり二百五十六といふやう, なり二百五十石の高禄, なり二百人からの同類, なり二百円になり, なり二百円のをとる, なり二百枚となり, なり二百歩なり歩かね, なり二百頁近く迄, なり二等だけ残っ, なり二筋道はあたっ, なり二箇の病根, なり二羽の蝶, なり二艘のボート, なり二著書が改訂, なり二部へ出る, なり二重になる, なり二重構造に発達, なり二銭となった, なり二錢なり十錢, なり二間半ほど行く, なり二階造りで一階, なり二隻の伝馬船, なりはゆる, なり云々と利口, なり云々太閤深く嫉み思はる, なり互に初めて会うよう, なり互角の腕前, なり五丁に一つ, なり五万円になり, なり五万石に加封, なり五丈原頭凄惨の秋, なり五世紀めに日本, なり五両費い十両, なり五位の位, なり五体はブルブルッ, なり五兩費ひ十兩, なり五八とやらは幇間, なり五六年後には銚子口, なり五兵衛はさっそく, なり五兵衞は早速, なり五兵衞殿を早く, なり五匹となり, なり五十フィートも行った, なり五十一文字になる, なり五十七八年間に八割強, なり五十五歳ないし六十歳, なり五十嵐甲子雄は第, なり五十日あまりをすごした, なり五十雄君は下痢, なり五千の屍体, なり五合目小屋にて休み, なり五回六回におよんだ, なり五天竺を統, なり五寸となった, なり五寸釘手裏剣の妙法, なり五山は人, なり五年に一度, なり五年八年と遅れ, なり五年十月に大目附宗門改, なり五年生相当な円, なり五度ぐらいかよっ, なり五斗米道も一時, なり五日十日と経つ, なり五日目になり, なり五時十何分に終る, なり五時近く座へ向, なり五時間になり, なり五時頃迄やり, なり五晩になり, なり五月一日まで犯罪, なり五月中旬にはとこ, なり五本ぐらいがまず, なり五杯が十杯, なり五歩となり, なり五歳ばかりの児, なり五百師子は諸, なり五百歳にし, なり五百牡竜来って, なり五経の解釈, なり五色人を想, なり五通となる, なり五週間ばかり居る, なり五郎太は刀, なり五銭となり, なり五隻ばかりのラガー, なり井上嘉門の大宝財, なり井上外記の因業面, なり井伊は桜田事変, なり井出夫人の方, なり井師にハガキ, なり井戸端に行っ, なり井荻看護婦の顔, なりの財, なり些少の擦, なり亜米利加種の林檎, なり亜麻の皮, なり亡命者や王党側, なり亡国を復興, なり亡師のあと, なり亡者のよう, なり亢奮もし, なり交叉された二本, なり交情も日まし, なり交換が現実, なり交換台中継台となり, なり交渉があった, なり交潤社の名, なり交通が便利, なり交際が上っ, なり交際範囲が広く, なりの名, なりけてゐる, なり京屋の張場はいち, なり京師に天子御座, なり京橋のあの, なり京町奉行の組与力同心, なり京畿を並集, なり京都所司代となり, なり亭主之を聞き, なり人々みなこれを奇怪, なり人々立騷ぐにぞ縫殿頭殿是を聞, なり人々自ら知らば, なり人これを得る, なり人なみに知恵づい, なり人びとは部屋, なり人まろ遠き国, なり人中に出, なり人丸左陣を中, なり人事不省に陥った, なり人出も毎晩, なり人功を以て之, なり人助けにもなる, なり人口に対する抑制, なり人口十人につき一人半, なり人地上の萬物, なり人垣を押しわけ押しわけ, なり人声や車, なり人夫とまでなり下がった, なり人差指で統計表, なり人形芝居の如き, なり人情には遠し, なり人情美風はすたれるだろう, なり人日ごとに白く, なり人智発達の結果, なり人柱となれる, なり人格なりに影響, なり人格価値が著しく, なり人権問題とくる, なり人為的となり, なり人物なりのどれ, なり人生一般を順直, なり人界に近き, なり人畜は離散, なり人眼をひい, なり人老ゆれば, なり人自ら贖ふの, なり人語を解, なり人道の扶植, なり人間業のうたかた, なり人間界の怪魅, なり人間的な情緒, なり人間解釈についてあらゆる, なり人霊の価値, なり人類愛主義者になった, なり人類社會はそこ, なり人骨と千, なり仁政は化し, なり仁政これを成功, なり仁王のやう, なり仁義道徳は地, なり今に思う存分笑い転げられるぞと, なり今に至ってその後裔, なり今わが感ずる, なり今われ実にかの, なり今一度乞食のゆき, なり今世紀に入っ, なり今二十五年の我が, なり今井君は私, なり今再びこれをなんじに還さん, なり今回の改作, なり今夜一と晩, なり今夜歌舞伎を御覧, なり今川家時代家臣, なり今川氏真の如き, なり今年夏の初め妾, なり今日世界は二つ, なり今日大野川に見, なり今日日はどうやら, なり今日独逸一兵を増せ, なり今日申剋御所の上棟, なり今日疲れを感じる, なり今時のいわゆる, なり今晩は浅間, なり今月になッ, なり今朝産院を出, なり今期議会にも必ず, なり今村大将は一たん内地, なり今治の方, なり今船はいかなる, なり今西巻子が最も, なり仍つて其党類皆蓑笠を彼所, なり仍つて将軍家御対面, なり仍つて鶴岳宮に御, なり仏典をいじり, なり仏印の頃, なり仏和辞典を引い, なり仏国に渡航, なり仏国米国オランダ暹羅中国の諸国, なり仏教信者となり, なり仏教系の神, なり仏王ヘンリーの譲, なり仏蘭西髭の片端, なり仏道を研究, なり仏陀は智, なり仏頂寺を憎み返す, なり仏頂寺丸山は肉, なり仔犬はふるえ, なり仔細のお, なり仔馬はかへる, なり仔馬跳ねゐて, なり仕事半ばで帰らね, なり仕合わせになる, なり仕度も兵, なり仕草なりその他, なり他人行儀になり, なり他家に行っ, なり他律信となり, なり他者性は客體内容同志, なり他面には本人, なり他面発表機関も困難, なり付け根の辺, なり付參り既に, なり仙台の高等学校, なり代りまして私, なり代り八面に敵, なり代わりて考え, なり代官手代奉行付き別隊組兵士なぞは位置, なり代官林兵右衛門を殺す, なり代役を川田義雄, なり代理はそのうえ, なり代用食なんぞが幅, なり代用食事の手間, なり代表で新太郎, なり代言人となった, なり代議士になり, なり令制の賤民, なり令嬢は決して, なり令嬢パミーラから憎悪, なり以下は大天井岳, なり以下それぞれ一週間位の停学, なり以來屹度心付候樣致すべき旨, なり以來私は供出, なり以前ローマの大, なり以後十年間に八銭, なり以後年と共に巻, なり以後精勤を盡, なり以後高村幸吉となった, なりと見れ, なり仮にも一旦, なり仮作の人, なり仮名の会, なり仮名遣の問題, なり仮死の状態, なり仮病をこしらえ, なり仰せのごとく, なり仲よくしては, なり仲町の妓, なり仲通りの何処, なり仲間者となり, なりの海辺, なり任国へ下っ, なり任意の次元, なり企画すること, なり企画通りの終幕, なり伊兵衛は足袋はだし, なり伊勢の人, なり伊勢屋方にて五百兩盜, なり伊勢甚の子供, なり伊呂波歌によって代表, なり伊太利に黒シャツ党, なり伊弉諾尊と共に人間, なり伊東のポンプ, なり伊藤姓になられた, なり伊藤篤太郎博士の説, なり伊豆権現となり, なり伊達が勝て, なり伊達郡に館, なり伏姫の中, なり伏線なり, なり伐採かたを所, なり休み乍ら御接待方法, なり休み後方を見れ, なり休み時間には児童, なり休戦ラッパが鳴った, なり休日を幸い, なり休暇が三日, なり会つても最近, なり会全体も活気, なり会場には客, なり会場一面が明るく, なり会議はそれ, なり会議密議とごった返し, なりの松次郎, なり伝兵衛になっ, なり伝手をもとめ, なり伝染病院へ入院, なり伝次郎は我慢, なり伯母は義盛, なり伯爵家の好意, なり伯父を殺せり, なり伯父九郎兵衞も介抱人, なりの顔, なり伴稼ぎを始めた, なり伴藏は志丈, なり伸びひろがると, なりの手, なり位置して, なり低下したよう, なり住宅地はただ, なり住民もほか, なり住職渡辺某はじめ, なり佐々木を御, なり佐伯宿禰の家, なり佐助に琴台, なり佐助どん何ぞ疑, なり佐多は身體, なり佐藤は全く, なり佐賀熊本の暴動, なり佐野屋橋の文楽座, なり佐陀神となり, なり体力と経済力, なり体質に変化, なり体躯全体であえぎ, なり体重も恢復, なり体量なぞもかなり, なり体験となり, なり体魄は鬼, なり何かしらこんどの旅行記, なり何かしら気弱さを示し, なり何ごとかにビクビク, なり何しろ警視庁の, なり何でも彼女の, なり何よりは関東勢, なり何れも其家, なり何一つ生えない不毛, なり何不自由のない, なり何不足ない羨ましい御, なり何分此儀は我等, なり何割かは橋, なり何十万の身代, なり何十年を経, なり何十条ともしれない, なり何千人ッていう小作人, なり何卒行逢ぬ, なり何奴なれば, なり何度下山を思い立った, なり何故かあわてたよう, なり何時の間にやら待遇, なり何時処刑かわからなく, なり何時己が手前, なり何様とも仰せつけられ, なり何気なく病人の, なり何氣なき孃さま, なり何百人てえ女, なり何程の事, なり何程自己が手腕, なり何荘の何郷, なり何遍直さしても, なり余り病気をした, なり余情は徒爾, なり余所より尋, なり余曰く国力強盛にて外夷, なり余興がはじまった, なり余裕を失つて, なり余韻が消え, なり佛徒の涅槃, なり佛教も亦, なり佛蘭西へも行つて來, なり作り手になった, なり作中の人物, なり作効果が正し, なり作太郎はいよいよ, なり作曲の印税, なり佳一は程なく, なり佶屈となり, なり使用高が次第に, なり例えば日本から, なり侍従をお, なり侍臣をし, なり価値も認める, なり価格は均衡価格, なり侵略戦争賛成種々の人権抑圧法賛成, なり便なりの成分, なり便利になった, なり便宜なりあるいは, なり係り合ひの, なり俊なりは, なり俊夫君は私, なり俊明氏なりいまだ, なり俚伝なりに先住民, なり俚俗の唱うる, なり俚諺の所謂, なり保健衛生の面, なり保名親子の願い, なり保護に身, なり保護税をやめ, なり保険業者となる, なり保険金なりの為, なり信助は日本橋石町, なり信州妻子の宿, なり信平息子は前夜, なり信徒が群れ, なり信心堅固の誉, なり信濃のツカマ, なり信濃町のアトリエ近く, なり信用は乱れ, なり信者が目立っ, なり信者たちの熱心, なり信階の女, なり信雄は何, なり信頼し同化, なり修一が頭髪, なり修法読経祭り祓とその, なり修練を要する, なり修羅にのた打つ, なり修行の功, なり修養会などを作っ, なり修験道の優婆塞たち, なり俯向きになった, なり俯瞰的になり, なり俵屋の跡, なりが秀才, なりは先, なり倉庫のやう, なり倉皇としてヨーロッパ, なり個人意識にうごかされ, なり個人的生活と社会的生活, なり個性が無くなっ, なり候まま近日御伺いいたします, なり候やうにさ, なり候ゆゑはん料出し候ても外, なり候上引続き余病, なり候事とてほ, なり候処この時手, なり候処当山は申す, なり候処愚僧はとにかく, なり候処慶蔵事十余年前麹町辺通行の折拾, なり候半と存候, なり候寡婦御坐, なり候時まで当山, なり候様に引つける, なり候次第にて有, なり候池のなかば, なり候由承りあまり, なり候者故これぞ正しく, なり候者御免なさるべく候, なり候處を捕へられ, なり候覧と奉, なり候覧心はあがり, なり候訳にてもあるまじく, なり候間これまた別, なり候頃よりふと, なり候頃白昼俄に風雨吹, なり借家を買ひたい買ひたい, なりも張つて二十円, なり値段も高く, なり倨傲にし, なり倫理乃至道徳, なり倫理教育全盛の時代, なり偃松石楠大米躑躅, なり假令ば或, なり假令何事を申す, なり假令此上如何樣に陳ずる, なり假令重忠の誅戮, なり假初の愚痴, なり假親でも立て, なり停滞して, なり停車場沿いの土手, なりの肩, なり健康な嬌, なり健康状態は著しく良く, なり偶然的となる, なりせもの, なり傀儡となっ, なり傀儡師として世, なり傍正面の姿見, なり傍若無人の事, なり催眠薬を用いざる, なり催眠術をかけ, なり傲慢さともなった, なり傳吉が押領, なり傳説に曰, なりの養生, なり傷口も床, なり傾斜緩なる, なりに彼, なりの成跡, なり働きが減り, なりなり天女, なり僕達がもう, なり僚友関係のよしみ, なり僞善者を第, なりと聖, なり僧たちにパン, なり僧人となり驢となり, なり僧侶もしそ, なり僧空海が少壮, なり僧衆の和合, なり僧行基をお召, なり僧都のお寺, なり儂一女子なりといえ, なり儒官は菅清家, なり儒者ふうの老人, なりき詞, なり優しき方は, なり優柔不断の殿上人ども, なり優柔不断外に大志, なり優秀な研究者, なり優越感は満足, なり優遇して, なり優雅になり, なり儲位明らかに定まり, なり元々豊臣の, なり元就自身は芸州神領表, なり元年が二年, なり元弘三年新田義貞卿が北條高時, なり元服と同時に, なり元治元年七月十六日に此職, なり元治年代の長州志士ら, なり元町の方, なり元禄の頃, なり元禄以後の俗体, なり元素が音, なり元高五百石を給せられた, なり兄やつなの, なり兄妹に対すれ, なり兄弟分の誼, なり兄袁紹へ例, なり充血した眼, なり兆青流の開祖, なり兇悪な強盗, なり先々拙者の連, なり先ずこの位, なり先ずぽっくりと腰, なり先だって行った人, なり先づ兩國の盛り場, なり先づ冷にてよし, なり先づ最初にそれ, なり先づ月並の題, なり先妻の死後, なり先年初て, なり先日東京を素通り, なり先月十八日に債権者会, なり先次右衞門其方の老母病死, なり先生これも日本服, なり先生それはさぞ, なり先祖代々家老は家老, なり先輩からも忠告, なり先達て仏国で無線電送, なり光力を強め, なり光明世界に上った, なり光明氏が牙, なり克子への食糧, なり克明に店, なりが生まれる, なり児島なにがしに対すれ, なりのため, なり党員等からも推賞, なり党派もふえる, なり党派的となる, なり入声の, なり入寮した, なり入日と風, なり入札式を採用, なり入浴なども出, なり入牢申付られたり, なり入道さまを召し, なり入院して, なり入院当時は貌ぢ, なり全体俗にし, なり全国労農大衆党が結成, なり全国町村長会議では婦人公民権案, なり全国的になりつ, なり全形をどんな, なり全日本学生選手権制度を確立, なり全滅の危機, なり全能の神, なり全身ところきらわず火傷, なり全身まっかな傷, なり全身自由の精神, なり全面的となり, なり兩人共同村にて人々, なり兩側に果樹, なり兩岸ともに岩床, なり兩河岸は大名下邸, なり兩漢三國六朝頃になる, なり兩親の死んだ, なり兩足を敷島, なり八五六年に死す, なり八五郎の注進, なり八人目の女房, なり八割増しの退職手当, なり八十になり, なり八十七歳の今日, なり八大龍王雨やめたま, なり八字髭美しき医師はちよ, なり八山にては行列, なり八幡系統のもの, なり八年制となった, なり八方御当惑, なり八時になり, なり八時近くまでか, なり八時頃もうねむい, なり八月上旬には声, なり八月九月十月と過ぎ, なり八月以来私は吐き気, なり八月六七八の三日間, なり八月十六日にオッタワ, なり八正道なりが苦行, なり八波が車, なり八畳と四畳半, なり八疊と四疊半, なり八百万づの神, なり八百屋にも野菜, なり八百年来の貧乏ぐらし, なり八艘の船, なり八軒屋の旅宿, なり八重は大丈夫, なりに非, なり公事訴訟を捌く, なり公使を始め主立った, なり公使館の, なり公判に付せられる, なり公卿の中, なり公卿補任に載る, なり公安委員にもなった, なり公定価も上っ, なり公平にやっ, なり公条実枝とつたえ, なり公正なる批評, なり公民の戸籍, なり公生活の秩序, なり公高が可哀想, なりには諸悪, なり六つ過ぎにやつ, なり六ツになり, なり六ヶ敷い, なり六丁もはなれた, なり六七八の三カ月, なり六七名の有志, なり六万字ばかりの経文, なり六倍七倍となり, なり六冊が三冊, なり六十四となり, なり六千円ほどの退職金, なり六年となった, なり六年前に禅師さま, なり六年行脚の旅, なり六年間小都会の劇場, なり六度行うた時代, なり六日には大隈自身, なり六時すぎ迄眠っ, なり六月に比べ, なり六月解禁ごろは石アカ, なり六朝時代にもこの, なり六条院なりへお, なり六波羅へ入御, なり六甲となり, なり六畳で空, なり六百人を容れる, なり六石三斗の田地, なり六郎兵衛は苦痛, なり六郷の土手, なり六韜三略の話, なり共五山へ可, なり共人百年の壽命, なり共同の泉, なり共存共栄の足場, なり共犯者になり, なり共産党員と目, なり共稼ぎがし, なり共箱の蓋, なり兵卒は其時, なり兵士の使役, なり兵学を研究, なり兵書といわず, なり兵法に心, なり兵法所出仕の一員, なり兵站部となっ, なり兵馬の政, なり其さへ次第に, なり其一分派には丹前, なり其一生を唯, なり其上借金も多く面白からねば, なり其上層は人, なり其上急に出物, なり其上文言繋辭序卦などの如く, なり其上暦法の問題, なり其上節季師走押迫ての金, なり其上肋膜を病ん, なり其不在中大雪に馬匹, なり其不明なる者, なり其中に生えたる, なり其中頃から戰國, なり其二は西洋思想, なり其人民の性情, なり其他學理及實踐に關, なり其他本島の竪穴中, なり其代り堪弁, なり其位置に, なり其内容も亦, なり其内心のいかに, なり其冬十月には盗賊, なり其冷遇する所, なり其功徳身を潤す, なり其勇気ありて, なり其動作も比較的, なり其口よりインドラ, なり其咄し承りしゆ, なり其国家の利害, なり其國家の利害, なり其外彼是にて二千兩餘, なり其子の男子, なり其小天地なり其性情, なり其峰頭稍高きもの, なり其常用の座席, なり其年に歿, なり其形式を保存, なり其後ヴァイオリンの音, なり其後二晩ばかし徹夜, なり其後伊勢山田奉行仰付, なり其後惡き者, なり其後樣子を聞, なり其後此一件落着の趣き越前守殿, なり其後私し儀, なり其心は月, なり其心操の浅間, なり其怒に触れ, なり其性を遂げ, なり其性情なり其理想, なり其所等中回つて歩いて, なり其招待状が屆, なり其放胆不諱, なり其放膽不諱にし, なり其方も此處, なり其方大切なればこそ, なり其方存じ居るやと, なり其時また上意, なり其時其方の袂, なり其月桂冠となり, なり其服が白く, なり其末流の岸, なり其本は正しく, なり其次は何円以上, なり其決定書は午後六時木名瀬典獄, なり其爲貴樣請人, なり其現ずるは主観的願欲, なり其理想なり, なり其用意すべしと, なり其病人と申, なり其眼は日, なり其研究が遂に, なり其節弟十兵衞朝未明より出立, なり其者が掛り, なり其肉は土, なり其膳は籠, なり其臍は空気, なり其色もまた, なり其花に達する, なり其苦痛は恰も, なり其血は泡立つ, なり其術を傳, なり其表現する神自体, なり其表面を瞥見, なり其裔孫広明に至つて, なり其言頗る過, なり其詠ずる所尽く取, なり其詳傳既に記載せり, なり其資格で神職, なり其足は地, なり其跡は天一坊, なり其身も弦月丸, なり其途中山口広島などへ立寄る, なり其道に在る, なり其道具は如何, なり其醜行を咎むるは嫉妬, なり其長の下, なり其間に存する, なり其音響は固, なり其頃は私, なり其食事の世話, なり其骨は山, なり其髪は樹木, なり具体的内容の進歩, なり具戒者の香, なり兼吉がこの, なり内乱が勃発, なり内務大臣となり, なり内城の中央, なり内外一和衆力一致他方もちろん熟練, なり内容化して, なり内山村から西, なり内弟子で弟分, なり内憂外患だんだん私, なり内海達郎がそば, なり内田良平氏を副, なり内的發展は乏し, なり内臓や筋肉, なり内観するよう, なり内観法また知力的, なり内記をまた, なり内面の階級的成長, なり円い顔は, なり円タク助手をやった, なり円山主水応挙, なり円座の形, なり再転川上貞奴の, なり冒頭に述べた, なり冗漫なる舞蹈, なり写本その三, なり写生文歌雑筆等においてはこれ, なり写真機もお, なり冥府に下っ, なり冬休みとなった, なり冬空へ撒き散らされ, なり冷くして透明, なり冷たさが, なり冷やかに公, なり冷汗をかき, なり冷沢という浅川山, なり冷酷な様子, なり冷酷センチ最も雑然たる, なり冷雨の降り, なり冷静になる, なりとなり, なりしい夜風, なり凝固して, なり几帳をへだて, なり凡そ人の道, なり凡て心の基督, なり凡て恋愛は斯, なり凡十四五年居る中女房, なり凡愚を見ずん, なり処刑なく生き, なり凱旋をした, なり出世の道, なり出入りの相撲さん, なり出場停止はおろか, なり出家し法華經, なり出征して, なり出来悪し, なり出水が高く, なり出没自在の神通力, なり出演すること, なり出版社をおこし, なり出発の時間, なり出稼人行商人となる, なり出立したらいい, なり出精するうち悪心, なり出羽守へ万哭, なり出身地の名, なり出雲の人, なり函館なり青森, なり刀術の心得, なり分冊の小説本, なり分別のある, なり分化となつ, なり分娩は近づきました, なり分岐点に立っ, なり分析が弁証法的, なり分析業者や化学者, なり分裂の指先, なり切なさに, なり切れ味の冴えた, なり切腹するという, なり刈り上げと鎮魂, なり刑罰なる語, なり列車は速力, なり初め女性の髪, なり初め紀州にありて, なり初め遠慮がちな臆測, なり初代の掌, なり初午から針供養, なり初子は容疑者, なり初島のあたり, なり初春の方, なり初期の彼, なり初瀬は散ら, なりつたらし, なり判事らは各自, なり判任官も之, なり判全体がほんの, なり判断が臆病, なり判然区別されて, なり別々の方法, なり別して所謂紳士風なる, なり別人のよう, なり別室へ碇, なり別当蓮忍の引責, なり利兵衞は得意, なり利害の大, なり利害道義もって, なり利息のつく, なり到頭もう二曲りか三曲りで, なり刹那の感興, なりの生えた, なり刺戟性は減じ, なり刺身が食いたい, なりのうつる, なり刻々全国民, なり刻下の騷亂, なり剃刀にもなる, なり前のめりに前進, なり前世の宿因, なり前兆とならない, なり前古の史巫, なり前垂で顔, なり前年からは食料, なり前年半ばは有志半ば, なり前後二回祝鐘を鳴らす, なり前後左右のもの, なり前方に見える, なり前日のやう, なり前科者比較的多し, なり前篇は主として, なり前進もできなく, なり前進力のある, なり前門の虎, なり剛いもの力, なり剛情となり, なり剛者十数人を引きつれ, なり剣技においても拙者, なり院長として, なり副詞になり, なり割股が旌表, なり創作曲に対しても国民性, なり創意なりを加, なり劇作家となり, なり劇場へゆけ, なり劇場並に俳優, なり劉長曰く邪睨邪視なり, なり力一杯働かなければと, なり力強い輝かしいものと, なり力強くなつて來, なり力強くいい放った, なり成り名, なり功名なりに奉仕, なり加之に在来, なり加奈子の手, なり加様に御無沙汰, なり加盟せぬ国, なり加茂めへ行く, なり加護から更に, なり加速度になり, なり加野に別れ, なり劣情を感ずる, なり助手たちの手中, なり努力となるでせう, なり励みにもなっ, なりせずして, なり労働用具としての機械, なり効果が副業, なり勃凸は勃凸, なりにより, なり勅任官になる, なり勅使の大臣, なり勅命で作つた四庫全書, なり勅撰集の選者, なりなりとす, なり勉学をも励む, なり勉強狂人と人, なり動かないでも誰, なり動きも多く, なりでなり, なり勘太は介三郎, なり勘定吟味役から続い, なり勘平なり義経, なり勝入は落馬, なり勝利の神, なり勝果を万代, なり勝者となり, なり勝頼なり勘平, なりひ舞台装飾, なり勢余つて少し誇張, なり勢衰へて充分, なり勤労者としてのわれわれ, なり勤勉な牛乳配達, なり勤勉力行智策兼備なるは, なり勲一等となりき, なり勲功があっ, なり勲章をもらった, なり勳一等となりき, なり匍匐して, なり匕首になり, なり化助を追い払う, なり化物を創造, なり化粧などもする, なり化者となり, なり北京へ出かけ, なり北京府の禄, なり北千島アイヌには絶え, なり北原ミユキがまず, なり北国三州の主, なり北宋時代などは僅か, なり北山は祇園荘, なり北山伏町時代には徐々, なり北川さんや梅子さん, なり北方の露軍, なり北方博物館といふ名, なり北村君と私, なり北条氏全滅の憂, なり北欧産の穀類, なり北歐羅巴にては善き, なり北洲の千年, なり北浦と合し, なり北海道の南部, なり北清事件に至つて, なり北西海岸はるか遠くに位置, なり北風これを吹き, なり匪軍のなか, なり区長さんのところ, なりし難い, なり医薬となる, なりになる, なり十センチになり, なり十メートルほどいく, なり十一時半迄寝た, なり十一月三日の宮中授賞式, なり十一月下旬には千二百圓臺, なり十一月十一十二の両日, なり十一月十二月それから寒, なり十一月終りは冷たき, なり十一歳の時, なり十七世紀頃にはその, なり十七年前に娘, なり十七年間酷使されて, なり十万ともなるだろう, なり十万二十万円なりその, なり十万円になり, なり十三四時間も眠ります, なり十三日の夜, なり十九の年, なり十九世紀の大勢, なり十九日には征討, なり十二世紀の半, なり十二人になり, なり十二人別れ別れになっ, なり十二圓三十錢なりなどが暫らく續, なり十二年それが可決, なり十二年一時御留山, なり十二時半にねた, なり十二時近くまで喋舌, なり十二月には遂に, なり十二月一日今や同志, なり十二月二十七日に, なり十二月十七日にその, なり十二月十八日に獄内, なり十五の歳新潟, なり十五六になる, なり十五分間と変り, なり十五年なり楽, なり十五歳になった, なり十五銭の笊蕎麦, なり十人分の酔, なり十人家族がたちどころに, なり十何年も続いた, なり十八年から再, なり十八年内閣属に転じ, なり十八年前江戸へ出, なり十八歳の折, なり十六人になり, なり十六倍になるだらう, なり十分位したら空襲ケイ報, なり十匹となり, なり十句ばかり玉斧, なり十四の時, なり十四五となる, なり十四歳で臨済, なり十字を切る, なり十年後には, なり十年振りに私, なり十年来の親類つきあい, なり十幾年のその間, なり十手捕縄も同時に, なり十数年間博大の筆陣, なり十數通はこれ, なり十日になる, なり十日あまりして, なり十日寅の刻, なり十日目頃は座敷, なり十月中旬のおだやか, なり十月十九日には第, なり十月十日の午後, なり十月来又, なり十月頃なので, なり十月頃彼が帰る, なり十畳敷き余り, なり十錢なり一圓, なり十間になり, なり千万人を助け, なり千二千と作った, なり千代乃を慕った, なり千余年を経, なり千八百円ベースの今日, なり千古変らざるの, なり千古不滅の真理, なり千四百四十氣凡べて六十歳, なり千変万化錯綜して, なり千年の後, なり千成ずしですし, なり千条と成つて, なり千浪と新九郎, なり千畳万畳の濤, なり千秋楽のお, なり千種万種の波紋, なり千穂子が荒川区, なり千草殺しひいては, なり千萬圓もする, なり千葉氏の添書, なり千金を夢み, なり卅二になり, なり午前三時すぎ迄, なり午前二時頃侍従に, なり午後九時前後に満潮, なり午後五時すぎに友だち, なり午後買物がてら出かけ, なり午過ぎとなった, なり半ば開いた眼, なり半ば幻覚のうち, なり半ば横向きになつて, なり半ば笑ひかけて, なり半ば腰を浮かし, なり半分以上は嘘, なり半分口を抑え, なり半年一年二年とそれぞれ程度, なり半死半生の姿, なり半生の間, なり半纏を頭, なり半身となる, なりともなる, なり卑近になり, なり卒業後も永く, なり卓尺をさがし, なり協同親和会と会, なり協団に移っ, なり南さんもけろりと, なり南アメリカやアフリカ, なり南アルプスの岩魚, なり南京米が麥, なり南京虫に襲, なり南側は平日, なり南兵の横尸百余里, なり南北は百十七度, なり南向きの座敷, なり南天竺の菩提流支, なり南山法藏吉藏はねから, なり南極これが爲, なり南歐の季節人, なり南行する舟, なり単行本として出版, なり単調になっ, なり博奕にかけてはほんの, なり博徒が多く, なり博覧強記をもっ, なり博雄の学校, なり卜部の名, なり卜部宿禰大亀を焼い, なり印刷屋になり, なり印刷税と云う, なり印度人の悪ふざけ, なり印象的になり, なり危く火事を出し, なり危ないことに, なり危なく見えた船, なり危言流行の今日, なり即ちまた観念論的と, なり即位される例, なり即刻佐世保の軍港, なり即座にその, なり即時休戦状態となる, なり即興と出鱈目, なり却って又失うよう, なり却つておもしろ味さ, なり却つて正義に反する, なりを孕ん, なり厄介をかけた, なりさは, なり原作者が女房コンスタンチェ, なり原則が例外, なり原告に交すべき, なり原城へ籠城, なり原始林に太陽, なり原始的要素に分解, なり原始芸術なり盛, なり原子になり, なり原子バクダンが落され, なり原子野が一切, なり原文を知らない, なり原料代は高く, なり原田は大, なり原稿用紙一枚書くの, なり原稿紙に向う, なり原著の筆致, なり原隊を離反, なりへ駆け込ん, なり厨神大黒天もなかなか, なり厭わしいと云う, なり厭世感を深めた, なり厭世的になる, なり厭離庵の庵室, なり厳しい当時の, なり厳しくおっしゃるの, なり厳州に在り, なり厳粛な命令, なり厳重にくり返しくり返し, なり参会者はこの, なり参政に当る, なり参覲交代制度の廃止, なり参謀となっ, なり参謀本部の五万分一図, なり参軍山県中将も本営, なり又の日の潮, なり又もや三七日と, なり又四郎といれちがい, なり又或は家計の, なり友人知己を介し, なり友人諸君の幸, なり友人達の切, なり友情という広汎, なり友愛塾生活の意義, なり友次郎は夥多敷, なり友田さんに云わんで, なり友軍に過ぎぬ, なり双方和睦ともなったる, なり双方果し合い致したるところ, なり双輪なり之, なり反乱は無謀, なり反古となり, なり反射的に, なり反感と軽蔑, なり反抗を止め, なり反抗蕃人の総数, なり反面にひどい, なり反駁したいにも, なり収入は減っ, なり収税吏になっ, なり収穫は桁ちがい, なり叔母の家, なり叔父さんの家, なり叔父兵九郎様の御, なり取りあえず手紙で, なり取り返しに行った, なり取捨相反して, なり取留めもない, なり取締役になっ, なり受け方も半, なり受け答えにも窮する, なり口々に騒ぎ立つ, なり口いっぱいに頬張った, なり口上を聞, なり口前一つで諸家, なり口実を構え, なり口数も少なく, なり口碑となっ, なり口絵が重んぜられ, なり口許なり肉付, なり口論が喧嘩, なり口車よく廻はらでや, なり口髭をちよ, なり古い淋しいアイスランドは, なり古典とダンテ, なり古典韻文の生ぬるい, なり古墳の構造, なり古拙の繪畫, なり古文今文, なり古昔廓と唱, なり古書の諫鼓, なり古来その解釈, なり古沢氏は往時自由党, なり古河十二万五千石の廃絶, なり古澤氏は往時自由黨, なり古訓法華経の, なり古賀政男のみ出演, なり古道具屋だの炭屋, なりりに, なり只一言でも私, なり叫び声をあげる, なり叫び笑い批評し喝采, なり叮嚀屑屋と方々, なり可哀相でもあり, なり可愛いい松吉の, なり可愛ければそれ, なり台処へでも何, なり台地を跳び下りる, なり台所の大敵, なり台詞の節度, なり台風となり, なりなりといふ必要, なり史学に非, なり史学科とは離れ, なり史學に於, なり右京次郎と小枝, なり右側が女, なり右内は百姓, なり右大将家もこれ, なり右大臣家との争い, なり右左より群付, なり右相談の濟, なり右衛門も行衛不明, なり右衛門佐の侍臣, なり右足をまげ, なり右近を呼びにおつかわしになった, なり右門勝つか, なり号令者と化し, なり号呼疾走して, なり号外で意外, なり司令長官も陣歿, なり司教となる, なり司法行政の権力, なり司空となり, なり司馬懿の援助, なり司馬懿仲達ともある, なり各人めいめい勝手なこと, なり各地共博奕は衰退, なり各種の天使天, なり各自のえらぶ生きる, なり各部が自, なりふこと, なり合つた見物人の船, なり合つた部屋にはいつ, なり合同会見しか許されない, なり合巻本を読ん, なり合法的な, なり合理づける囁き, なり合計二萬七千人の人命, なり吉利支丹の秘法, なり吉原へ行った, なり吉原通いの客, なり吉屋さんの家, なり吉岡家の剣法, なり吉川英治もかつて, なり吉本でもどうにか, なり吉次は腕, なり吉沢先生吉沢先生と大変, なり吉良家の内部, なり吉見英太郎河合八十次郎は各, なり吉野へご, なり吉野室町時代を経, なり同一の古説, なり同伴者となつ, なり同僚の噂咄, なり同僚たちの, なり同僚堀達之助は蕃書取調所教授, なり同勢二十一人の宿泊, なり同国学士院の動物学博士等数名, なり同国渭津に住居, なり同地に家族, なり同士としっかり, なり同夜午後十一時まで通計五時間, なり同家の娘, なり同年の秋, なり同役御用衆のうち, なり同心の株代, なり同志三四人申し合わせて, なり同志来栖勘兵衛からは, なり同情的な気分, なり同感なり詩人的, なり同時に極めて謙遜な, なり同書に吉十郎外八人, なり同月二十四日大江広元の名, なり同校全職員, なり同様な悪魔, なり同氏の勧め, なり同町の家主治兵衞, なり同胞を同胞, なり同誌はその, なり同道して, なり名主だった松井, なり名主様のお, なり名主組頭を始め附添, なり名分として有利, なり名前になる, なり名指しで錢形平次, なり名物にもなっ, なり名目上はもちろん, なり名高き庭苑も, なり向島へのし, なり君侯も意, なり君寵淺からず, なり君臣主僕その位地, なり君自身の方向, なり吝嗇くさくなっ, なり吟味強くなり, なり吟味中入牢申付られける又, なり吟詠の人, なり否定的になり, なり含宙軒先生となり, なり含宙軒探偵となり, なり含蓄が豊富, なり吸入が窒, なり吹き降りの中, なり吹雪となり, なりっとし, なり吾他日宗廟神霊に見えざらん, なり吾国の国防, なり吾妻鏡中文治以前の小説的記事, なり吾家に在らず, なり吾等人類を相, なり呂宋兵衛のあと, なり呉下阿蒙には, なり呉公と蜂, なり呉城の土牢, なり呑み屋でも女, なり呑気になり, なり周さんは東京, なり周りを見廻, なり周圍もだ, なり周瑜の身, なり周知の如く, なり周馬は胸, なり味ふより外, なり味岡小萩, なり味方喧嘩をひき起こした, なり呵々という新聞記事, なり鳴りこんで, なり呼びだしがきた, なり命婦はそっと, なり命数が尽き, なり命題に深い, なりひなり, なり和助は告白, なり和合すること, なり和合衆の勇進, なり和尚さまこそ常陸坊海尊, なり和尚さんはぴんぴん, なり和戦の政, なり和歌は学問, なり和歌所が出来た, なり和漢の将軍, なり和田左衛門尉さまが何, なり和船をや, なり咏歎となり, なりも其, なり咲いている, なりも潤, なり品性がよく, なり品類は大抵, なり哲学者の夢, なり哲學的となる, なり哲理的の冷眼, なり唄声は一層, なり唇つきにも眼, なりには決して, なり唐七は距, なり唐子は外國, なり唐時代には普通, なり唐津の旧, なり唐碑は昔, なり唐糸が急激, なりになりした, なり唖者となった, なり唯々として主命, なり唯一と突き, なり唯其方法同しから, なり唯安らなり, なり唯心的傾向となり, なり唯物論的になり, なり唱歌となり居る, なり商いをなされ, なり商売工業の変化, なり商工奨励館まで運ん, なり商工業に従事, なり商業の天地, なり商業家となる, なり商法の見習, なり商科大学を来年卒業, なりはば素性, なり啓示となる, なり啻に是れ, なり喃々戯語を交し, なり善人に対し善事, なり善悪邪正無差別, なり善鬼悪鬼美鬼醜鬼, なり喉元で息, なり喉濶く牙大, なり喜内が當番, なり喜劇的な不安, なり喜平次と孫四郎, なり喜悦の種, なり喞筒はウウーン, なりなり, なり之助, なり営利事業なりをどう, なり営業がむずかしく, なり嗜好なり技術修得, なり嘆きとなり, なり嘉七は小声, なり嘉傳次が病死, なり嘉川主税之助, なり嘉永三年伊豆七島全圖, なり嘉禄三年七月五日都を進発, なり嘔吐と下痢, なり嘔気がする, なり器械がする, なり器物でも投げ, なり噺家の世界, なり嚥下される刹那, なり嚮導者となる, なり嚴肅な樣子, なり囁きとなり, なり四ヶ所の大, なり四丁目の裏, なり四七日とつづく, なり四五尺になり, なり四五日のあいだ, なり四五時間くらいは辛うじて, なり四五町となり, なり四五畳の古, なり四代将軍の寵, なり四代目には八倍, なり四倍五倍六倍といくら, なり四分の一になり, なり四匹になり, なり四十七士の国法, なり四十三四の年頃, なり四十二年応用力学研究のため, なり四十八人になり, なり四十六歳で大, なり四十円になり, なり四十分目にはまた, なり四十女になっ, なり四十年という年月, なり四十日なり打ち通すあいだ, なり四十銭で勤められた, なり四千キロになり, なり四名にまで数, なり四回も五回, なり四囲には二人, なり四國中國上方筋への大船, なり四壁には諸仏, なり四季はそれぞれ, なり四寸ばかり延び, なり四年あまり土佐の国, なり四年十二月に江戸町奉行, なり四年十二月教授職並に進み, なり四度と重なっ, なり四拾枚なり, なり四方八方からロンドン, なり四時ごろ阿南陸相をだしぬい, なり四時十何分に伊東発, なり四時半の新, なり四時半楽屋入りして, なり四時半燕小屋着途中女学生の一隊多数下山, なり四時近くにそこ, なり四時頃湯浅氏を愛国婦人会, なり四月の上旬, なり四月末までには是非, なり四本目になった, なり四杯となり, なり四條の八尾政, なり四民のくるしみ, なり四箇月間に四・三七, なり四肢も豊か, なり四軒寺町本覺院の住寺, なり四道五道となり, なり四郎さんと日比谷, なり四郎右衞門も大病, なり四隣の諸, なり回向院がある, なり回天の雄志, なり回顧もする, なり因果律は物理的世界, なり因果物となる, なり団体なりに其人, なり団体的のもの, なり団十郎の帰った, なり団子になっ, なり団子坂で降りたら, なり団扇掛に長い, なり困窮して, なり囲炉裏によって分て, なり図星なり, なり図書舘よりの帰途, なり固定した, なり固形体になる, なり国主となっ, なり国事に触れ, なり国全体を正しく, なり国内の諸国, なり国内平穏に帰し, なり国内販売分もこれ, なり国土経営となり, なり国威四方に輝煥, なり国家活動の原動力, なり国庫の収入増加, なり国法上良民であるはず, なり国用方を命ぜられた, なり国男スエ子英男自分が母, なり国経卿歎き給, なり国臣に筑前, なり国防が手薄, なり国際上の無言, なり国際的ファシズムに結ばれなけれ, なり国際花火の長崎, なり国香なりの一まき, なりと國, なり國名さへも知らざり, なり國威を宣揚, なり國家に於ける, なり國語國文國史漢學などは寧ろ, なりが次第に, なり園のはづれ, なり園丁は花, なり園田氏に電話, なりなるは, なり土井家の嫁, なり土人いわくこの蛇, なり土台となった, なり土塀の裾, なり土川春彦のほう, なり土師氏葬式の祖業, なり土手が著しく低く, なり土手石垣などで踏みすべり, なり土手際の石, なり土曜日曜には一日ゆ, なり土木界で働くなら, なり圧力を増し, なり圧抑者に対する破壊的手腕, なり在り方なりによつて, なり在位九ケ月にし, なり在位五ケ月の後自ら, なり在職中に, なり在職二十五年の長き, なり在郷軍人分会長をかね, なり圭一郎は後釜, なり地ならしでもする, なり地上勤務部隊の隠れた, なり地上練習も終っ, なり地下の底, なり地下室は衛兵, なり地主の屋敷, なり地主側の方, なり地代の負担, なり地伯もいつか狂信, なり地元の植木職, なり地勢は次第に, なり地図を拡げ, なり地声となっ, なり地平線上に現われた, なり地所になり, なり地方人士の都会模倣, なり地方官に転じ, なり地方文化黎明の先, なり地方独立単位にはじまりました, なり地方的な商業, なり地方紛争の小, なり地方繁栄の外観, なり地殻が揺れ出す, なり地獄内の時間, なり地盤となっ, なり地租などの收納, なり地肌は白く, なり地蔵は飛脚, なり地謡に張り, なり地質の橋本教授, なり地震や大, なり地鞴踏みながら, なり地響きとなり, なり地頭の口, なり坂月面白しあれ, なり坂本家へ出入り, なり坊ちゃんをピチャピチャ, なり坊主之助, なり坊主頭をふりたて, なり坐りもしない, なり坐禅なりいろいろ, なり坑道を先, なり坪井博士は樺太アイヌ, なり垂れぎみの下, なりにはまり, なり垣根を跨ぎ越し, なり城下には立派, なり城下町が形, なり城主ともなり, なり城兵の胃の腑, なり城壁を築かん, なり城寨の構造, なり城山で死んだ, なり城廓のよう, なり埠頭も玩具, なり執事となった, なり執拗になっ, なり執着も強く, なり基督教以外に対しては更に, なり基督教信者になっ, なり基督教徒の信ずる, なり基督教的の倫理觀, なりに沿った, なり堀内坂本両氏は土産, なり堀尾氏の時, なり堀田原の家, なりは造り代えられ, なり堅い輪郭を, なり堅く締って, なり堅実な市民, なり堅気で暮し, なりつれば, なり堤頭の草, なり報酬の無い, なり場合によっては徒歩, なり場所を変る, なりの富豪日比屋, なりのなか, なりの屋根, なり塗りの剥げた, なり塚田が三八, なりともなりうる, なり塩煙草樟脳等もまた, なり塩田氏はばたばた, なり塵垢の爪, なり塵芥となり, なりである標, なり墓参のため, なり墓穴まで行けたであろう, なり増さってゆく, なり増大して, なり墨家は三, なり墺軍は大王, なり壁面には白砂堆積, なり壇浦合戦など最も, なり壜型となつ, なり士大夫修養の指導精神, なり士官も水兵, なりなる哉造化, なり壯時橘の樹蔭, なり声音も多少, なり売っても好い, なり売り物なるべしとの, なり売僧の言葉, なり売買せらるるに, なりとなる, なり変りつつある, なり変化したの, なり変幻の妙, なり変物となり, なり変装自在の特技者, なり変質して, なり変通自在にもならしめられる, なり夏中不勝, なり夏冬雪を戴き, なり夏痩せをする, なり夕ごはんがすみ, なり夕刊の天気予報, なり夕方鹿野さんに見す, なり夕陽が森, なり夕食後歡談に夜, なり外交となった, なり外交上尠なからぬ, なり外使いの者, なり外向的な人, なり外国宣教師の呪い, なり外国船二隻を借受け, なり外國通辯方頭取となつ, なり外形は影, なり外形上の批評, なり外敵を防ぐ, なり外来文化の刺戟, なり外部から十数名, なり外部的には少し, なり多き時は, なり多く俗人あり鼠穴, なり多く男子を産み, なり多く飮んでも, なり多助とは極中, なり多吉が面会, なり多四郎の留守, なり多寡はその, なり多年連添った良人, なり多年修羅の巷, なり多年苦難を師, なり多情多思, なり多様になっ, なり多田越えは, なり多町の角, なり多磨太君の藁草履, なり多神教の裡面, なり多聞兵衛殿の死骸, なり多芸志耳命がいま, なり多量の澱粉, なり多門老人の腰元, なり夜ごとに子供, なり夜ふけて田圃, なり夜みちをし, なり夜もすがら涼み歩かんと, なり夜中江州の八幡, なり夜光人間の銀色, なり夜具をはね, なり夜分またどうして, なり夜勤係となりました, なり夜半になる, なり夜営などでは悠々, なり夜天の宿, なり夜学に行ったら, なり夜寒の風, なり夜明けを待たう, なり夜明け頃より雨降り, なり夜本郷の夜店, なり夜毎水垢離などし, なり夜着をすっぽり, なり夜着引きかぶれば, なり夜鷹の真似, なり夢見ごこちにしばしば, なり夥しい人々が, なり夥しき火事と, なり大げさに梯子, なり大した所では, なり大して不便は, なり大みそかお正月お店, なり大下組の若者達, なり大久保なにがしという名, なり大久保参議の時代, なり大事にもあそばす, なり大仏さんとなった, なり大体まを, なり大入満員である, なり大分弱ってやっと, なり大分深入りして, なり大切の品, なり大前宿禰小前宿禰というきょうだい二人, なり大友の勢威, なり大口の金, なり大同に幽せ, なり大同元年祭祀料十六戸を付せられ, なり大名旗本の行状素行, なり大和守の表情, なり大國民にし, なり大坂御城代京都, なり大型封筒に入れ, なり大声を出し, なり大字民七十余戸ことごとく入獄, なり大学南校に入り, なり大寒至れば, なり大将忠直卿は今日, なり大尉に進級, なり大嶽君が主として, なり大川へ舟, なり大巻の家, なり大形になる, なり大慈大悲心をもて, なり大手門を通過, なり大抵の男, なり大敵今勢を尽し, なり大方は米糠, なり大方酒もある, なり大木の生い茂った, なり大林家にとっては用心, なり大正となった, なり大正五年からは, なり大正八年芥川の紹介, なり大正十三年二月二十一日溘焉として長逝, なり大正十二年には北欧諸国, なり大正十二年九月一日の朝, なり大正十四年の秋頃, なり大正四年には編輯局長兼文藝部長兼婦人部長, なり大気澄む日, なり大江山課長と蝋山教授, なり大河となる, なり大波のよう, なり大洋は遂に, なり大獄後の反動期, なり大王の大勝, なり大生郷村の天神様, なり大田へはいつ, なり大町末広町なんどおさおさ東京, なり大目附に準ぜられ, なり大秦國に耶蘇, なり大窪詩仏は十四歳, なり大箱を二つ, なり大統領になり, なり大群をなし, なり大義名分は何となく, なり大老要撃の密計, なり大股に花壇, なり大膳太夫は彼, なり大苑生花啄みつつ, なり大蔵権大輔となり, なり大藩諸侯のなか, なり大衆の気分, なり大衆向になつ, なり大衆場面で文学的成長, なり大衆現実から取残され, なり大西洋の海, なり大賞堂のショーウィンドー, なり大軍が一気に, なり大道芸人となりなどし, なり大部屋頭になり, なり大阪名人を自称, なり大陸でも敵軍, なり大雨降出し稲光, なり大風が谷間, なり大鳥氏はもう, なり大黒天を勧請, なり天一四・一〇三以下同一九, なり天下一般幕府の仁政, なり天下後世の談, なり天下皆喜びて, なり天使は冥助, なり天保九年かれが, なり天保十二年には三十八歳, なり天台宗と日蓮宗, なり天和元年護国寺建立の敷地, なり天和元年護國寺建立の敷地, なり天啓なりかく, なり天女が神仙界, なり天女美女よしや傾城, なり天子様が御所, なり天守へ入, なり天才の本質, なり天晴れ設計図は作り, なり天民貧道など奚疑塾, なり天涯孤獨田舎では誰一人話相手, なり天然的になり, なり天狗の腰掛松, なり天王寺の伽藍, なり天王山に本拠, なり天理教に化, なり天神人あると, なり天秤棒の重み, なり天象はままならず, なり天龍へ音, なり太い棹を, なり太く強く動いて, なり太子御像, なり太守となっ, なり太宗が王羲之, なり太宰を婿, なり太宰府にある, なり太宰氏ほか三人の中堅, なり太宰調稀薄の結果, なり太巻のハートメン, なり太平洋戰爭となる, なり太平記にも及んだ, なり太息の數, なり太田玉茗や宮崎湖処子, なり太祇の, なり太閤になり, なり太陽系旋渦に巻き込まれた, なり夫ゆゑお前の御, なり夫人等の足, なり夫共御奉行所, なり夫卒の増員, なり夫婦別れをし, なり夫謀叛の科, なり失心の一歩手前, なり失意も非, なり失敗したの, なり失望の極, なり失業者はふえ, なり失礼かと存じまし, なり失踪の場合, なり奄美大島沖縄諸島小笠原硫黄島等これらのもの, なり奇声をあげ, なり奇妙な風習, なり奇物なり露伴, なり奇絶な盆石, なり奇術のネタバラシ, なり奇蹟的に気高く, なり奉公人がかりに主, なり奉行所へいけ, なり奏任官五等を拝命, なり奏楽は二曲, なり契りをむすび, なり契丹となり, なり契情遊女に咎, なりるは, なり奔流する山, なり奔流急湍に舟, なり奔湍に続く, なり奢侈はもちろん, なり奥さまも無理, なり奥さんは医者, なり奥医師となつ, なり奥山大学はもう, なり奥曲輪はひ, なり奥義となり, なり奨励の具, なり奮激緊張の意趣感情, なり女あるじへ秘書, なり女たちも薬, なり女の童の行く手, なり女中さんたちの囁き, なり女二の宮, なり女人は其等, なり女優のこと, なり女先生をおんぶ, なり女名取中からは勝久, なり女大学を暗誦, なり女子懇親会にも同, なり女学生の帽, なり女将さんはすっかり, なり女工たちは今, なり女房たちもそう, なり女持のステッキ, なり女流俳句の位置, なり女王たちにも現在, なり女神ヂアナを垣間見, なり女難を免れる, なり奴僕となり, なり奴婢となり, なり奴氣質を賣り, なり奴里能美のお, なり好々爺のおも, なり好き猟なり, なり好事家識者の間, なり好奇心なりは起るまい, なり好奇的になった, なり好意を示し, なり好戦主義の根拠, なり如何せんと思ひける, なり如何程爾ぢは, なりに胡乱, なり妄言まで言つた位, なり妄語まで言つた位, なり妓楼百軒という繁昌, なり妖しい光を, なり妖怪変化はおろか, なり妖魅力をセタン, なり妙手なきなり, なり妙高と黒姫, なり妹御を遣る, なり妻帯後間もなく解職, なり妾宅をひきあげさせ, なり姉妹が先, なり姉川に一敗, なりて地中海, なり始めてありのままの自然, なり始め急な上り坂, なり始終大納言家の, なり御に, なり姐さんは優しい, なりの文字, なり委しく話したが, なり委細は斯, なりの寄寓, なり姫宮がお, なり姫路藩では最後, なり姫驚き叫びしを, なり姿形も見よ, なり威儀を正した, なり威力が加わっ, なり威圧とならず, なり威武を近郷, なり威風堂々と, なり娘たちの待つ, なり娘子軍の一隊, なり娘時代の母, なり娯樂にあらず, なり婀娜なり帯, なりやも女中, なり婆アさんも年, なり婆様御自身, なり婆羅門の性, なり婉麗になり, なり婚礼の席, なりが臥した, なり婦女子にた, なり婿となる, なり媒氏をもって豊雄, なり媒酌者は左團次君夫妻, なりがその, なりは衣服, なり嫁入の道中, なり嫌々ながら法科大学に, なり嫌気がさして, なり嫡子為家には関東, なり嬉しいことも, なり嬉しき迎ひ, なりは漸く, なり子々孫々に伝うべき, なり子どもの正月, なり子供もも一人くらいはふえるだろう, なり子供心にも父, なり子供等は騷ぎ, なり子供達が居れ, なり子女や目下, なり子孫謹で福澤, なり子宮繊維腫と診断, なり子房の皮, なり子音は隣り, なり子音数9とすれ, なり孔明はさらに, なりした能因法師, なり存在が危く, なり存在意義となる, なり存娼説は公娼, なり存生ならば, なりを称する, なり孝和の名声, なり孝孺は君子, なり孝康の手足, なり孝次郎は父親, なり孟冬雉大水に入っ, なり孟子自身が熱心, なり季題というもの, なり孤児に強い, なり学位ひとつとらずに, なり学問同様文学も亦, なり学士も助手, なり学士院の会員, なり学徒挺身隊の出動, なり学校時代のシルレル, なり学界にとっては一大不祥事, なり学窓の勉強, なり学術上の雑誌, なり学術以下三者もおのずから, なり学説間の争い, なり学費等も自然, なり学資の補助, なり学齢児童の九割九分, なりか先, なり孰方からも, なり學問に出, なり學年の終り, なり學期試驗も近づい, なり學校時代のシルレル, なり宇都宮へ戻っ, なり宇野さんは芥川龍之介, なり守節十七年可立も名, なり安んぞ神霊に, なり安二郎にその, なり安五郎殿白妙と逃亡, なり安住の地, なり安価となり, なり安定な感じ, なり安房上總は翠波, なり安政となり, なり安政二年八月に普請奉行, なり安政元年にまた, なり安楽椅子にフンゾリ, なり安然は豆腐, なり安直芝居とレヴィウ, なり宋・元の高僧, なりとして佐々木左衛門尉, なり宗さんに仇する, なり宗勝を贔屓, なり宗吉は忠左衞門, なり宗教学教育学等は実際, なり宗教学的立脚地また固, なり宗教的なりの良心, なり宗眼と号, なり官僚の政治的支配, なり官吏登庸試験も課目, なり官員となり, なり官府の日記, なり官林払下問題の醜聞, なり官林拂下問題の醜聞, なり官民の死傷, なり官能の喜び, なり定めようのない, なり定明を竦ませ凝り固まらせた, なりも醉狂, なり宛然たる五目流, なり宜しくわが家に, なり宝塚旧温泉, なり宝杵変じて, なり宝永七年には二度目, なり宝物をもらい, なり実は自然の, なり実り頃実家の土産, なり実力の優れ, なり実在して, なり実感としての黒川能, なり実生活との分離, なり実行力ができ, なり実行家となり, なり実行者ともなり, なり実践への刺戟, なり客人達もその, なり客先の番附, なり客因となり, なり客嫌いになった, なり客室なり湯殿, なり客果となり, なり客舎となり, なり客観主観が一つ, なり客觀とは自己, なり客觀的或ひ, なり客足がつき, なり客間にもなり, なり宣伝費販売費など差引い, なり室僕になり, なり室子の性質, なり宮がたもそれぞれ, なり宮中の納殿, なり宮内緒でそんな, なり宮家はスック, なり宮島近くの海軍療養所, なり宮崎氏がいった, なり宮廷内は流言蜚語, なり宮木喜久雄と僕, なり宮様のご, なり宮殿の美しい, なり宮殿楼閣はただ, なり宰相の着ける, なり宰相ダリヂールの奏請, なり害毒的になり, なり宴遊を種, なり宵ごとに聞く, なり家並もきちんと, なり家中反対するの, なり家主より町奉行所, なり家主勘兵衞は役柄, なり家事のとりまわし, なり家二軒ありむたヶ原, なり家兄は存, なり家具その他いっさいの内容外観, なり家出常習であった父親, なり家名を揚げたき, なり家屋はますます, なり家屋敷も土地, なり家庭全体の昂上, なり家康なりからこの, なり家数も増し, なり家族ともども江戸に出た, なり家族中の女, なり家族会議が幾たび, なり家族及親戚朋友の為, なり家来になっ, なり家来たちにはぐれ, なり家業は年, なり家毎に神, なり家産なりが失はれた, なり家畜はおそらく, なり家督の弟, なり家禽が毎日卵, なり家系となっ, なり家紋を墓所, なり家老格にも列, なり家蔵は段々, なり家藏のみか數代續きし暖簾, なり家財も娼妓, なり家賃の話, なり家途をさして, なり容色なり選抜, なり宿命的な感じ, なり宿因は八房, なり宿屋に弁当, なり宿引なり手代, なり宿望の百太夫像, なり宿直をする, なり宿預けの身, なり宿題もきちんと, なり寂しがって, なり寂しき枕頭に, なり寂寥を拒ぐための鬪ひだ, なり寂靜行のゆゑ, なり寄せ集めて, なり寄せ手の真ん中, なり寄合には顔, なり寄手は弱く, なり密度は増加, なり密教的信仰なりが出, なり密林が突然, なり密語となっ, なり密議の室, なり密閉部の工合, なり密集部落となります, なり富人となり無学なる者, なり富右衞門も猶, なり富士の山, なり富士館ての, なり富子を客席, なり富子夫人に万事, なり富本から新内節, なり富樫の介, なり富籤の番号, なり富豪を額, なり富貴を羨み, なり富貴是なり栄達是, なり寐衣とて袷, なり寒中にも冷水灌漑, なり寒吉はイトマ, なり寒暖気圧ともに激変, なり寒村アパリで退屈, なり寛容ならざるもの, なり寛政度のお, なり寛文十二年に生れた, なり寛永から二百年余, なり寛永五年極月の夜, なり寛永十九年には下, なり寛永寺もやけ, なり寝小便をもらす, なり寝心地満点十二時近く迄ね, なり寝所へはいった, なり寝汗をかい, なり寝間と茶の間, なりつかぬまでも, なり寢室の扉, なり實業家の手代, なり實行者ともなり, なり實際を離れ, なり審配その他の重臣, なりへ着いた, なり寶澤と改名, なり寸々に切り刻まれ, なり寸土も一兵, なりの住職, なり寺号を青黛山如月寺, なり寺家の生活, なり対岸にある, なり対手の僧形, なり対立したアトモスフェア, なり対話敬語なり上品語, なり対象ともなっ, なり寿司のやう, なり寿命が延び, なり寿江子も境遇, なり寿詞と謂, なり封建社会はその, なり封駁の權, なり専横の弊, なり専門学者をし, なり将来事を醸した, なり将校下士官のブロック, なり将軍になり, なり将軍さまのご, なり将軍家御感悦に及ぶ, なり将軍職よりもとうとい, なり将門は太政大臣藤原忠平, なり將來せられるもの, なり專ら娘つばめの成長, なり專門家は衣, なり專門的知識を得なけれ, なり尊大になり, なり尊攘の意志, なり尊族なり封土, なり尊王攘夷の大, なり尊皇精神の昂揚, なり尊称なる故に, なり尊者の創, なり尋常一様の手段, なり尋常人に無意味, なり小さい黒い手で, なり小人の徳, なり小僧さん調子はずれに竹, なり小児たちは常得意, なり小刀の先, なり小判は一まわり, なり小原の方, なり小吏となり, なり小唄踊りの文句, なり小土佐と名乗った, なり小型となつ, なり小夜衣を何時, なり小太郎さんに逢わし, なり小学校ではわたし, なり小学生ぐらいになり, なり小尾悦太郎って老人, なり小幡民部が軍師, なり小敵は大敵, なり小机の端, なり小松の蔭, なり小松川の辺, なり小林は包まれ, なり小林団長と園井君, なり小林貞を支倉, なり小森軍医がこれ, なり小泉といふ士族, なり小生が水蔭, なり小田原こそはワシントン, なり小石を拾, なり小笠原行きの近海郵船, なり小粒になり, なり小紋なり結構, なり小細工などし, なり小脳も漸, なり小舎の隅, なり小菅の東京拘置所, なり小言をいう, なり小説家のなすべき, なり小説家幾人ありとも, なり小説新潮の案内, なり小説本来の面白, なり小谷さんが来なくなる, なり小野の伊東氏, なり小鍋立ての風, なり小間物屋でどうにか, なり小雪ちりはじめた畑仕事, なり小頭の子, なり小高い場處なら, なり小鼻を膨らました, なりも咎申付, なり少々やり切れなくなっ, なり少き時なり, なり少なからず近世, なり少なくも心理学者の, なり少佐の資格, なり少女たちを案内, なり少年からよほど, なり少数の英人, なり少時は何, なり少時ひとり考へし, なり尚もグングン殖えて, なり尤も五兵衞の悴, なり就中去る天保四巳年, なり就中俳句は子規氏, なりを原頭, なり近くの, なり尺度となり, なりのツビ, なり尻切とんぼのお, なり尼君はそれ, なり尼御台さまのお, なり尽力道得す, なり尾崎氏は老い, なり尾州家を呼び出し, なり尾根は瘠, なり尾羽打ち枯らして, なり尾鰭の先, なり尿もいくらか, なりに当る, なり局部切断の時, なり居り候, なり居りしが今, なり居りたるがいづれ, なり居りたれば事, なり居りみしたいやもう二度と再び, なり居候由に候, なり居合はせた, なり居然たる一宿儒, なり居直り強盗になり, なり屈伸の角度, なり屈辱の思い, なり屋上で浴衣, なり屋内の寢息, なり屋宅の普請, なり屋敷曲輪のどこ, なり屠殺場も浸水, なり屡々新鮮な, なり山々は長い青い, なり山ぎはの線はいふ, なり山それ自体の一部, なり山のをく, なり山みちにさしかかっ, なり山内めを呼出し, なり山原船は遥, なり山口はるが杵屋勝久利, なり山口君に記念, なり山国のピクト族, なり山城の白河, なり山城近江河内伊賀丹波等五カ国の水, なり山峡の湖水, なり山崎は汗, なり山川風物さながら土, なり山松の遠, なり山林すべて火となっ, なり山田耕筰さん達に声楽, なり山神形を易, なり山笠に名高い, なり山羊の荷物, なり山脇が母子, なり山賊どもの棲家, なり山門前を流るる, なり山陰となり, なり山頂に下っ, なりと揚幕, なり屹度相愼み心, なり屹驚するな, なり岐道へくる, なりが尽き, なり岡場所はもちろん, なり岩倉具定を総督, なり岩登りとスキー登山, なり岩石ヶ城の城内, なり岩肌に薄氷, なり岩角に触れ, なり岩面を瀉下, なり岸辺に近き, なり峡谷の広闊, なり峭楼の秋, なり峰越しにどこ, なり峰頭は孰, なり島々の周囲, なり島かげから突進, なり島の内の華陽堂病院, なり島原の町, なり島津は天下, なり島田から丸髷, なり峻厳な論告, なり重なる儀容, なり崇厳なり穏かなり, なり崇神天皇の御代, なり崖崩れの為, なりのある, なり川原の自然石, なり川口が乗り出す, なり川岸を左, なり川島増田の遭難, なり川底までも射, なり川水は研いだ, なり川添ひの, なり川舟三里をのぼり, なり巡邏となり, なり工合わるし, なり工場全体が轟々と, なり工業貨物が低廉, なり工面をし, なり左傾する友人, なり左大臣橘諸兄をし, なり左樣存ぜよ其外, なり左甚五郎など, なり左翼中央の下部, なり左衛門尉さまも白髪, なり左門を迎え撃つ, なりきな, なり巨蘭は棘, なり巨額を投じ, なり巫女を呼ん, なり差別の観, なり差向いのカルタ遊び, なり差控えを命じる, なり差支がなかつたら, なり差支えのある, なり差櫛梳櫛洗櫛中櫛, なり已むを得ず, なりとなっ, なり市ノ瀬牧人は井戸端, なり市ヶ谷と戸塚村, なり市之丞の長八, なり市会議員にも当選, なり市兵衛の如き, なり市区改正や交通整理, なり市場も大体開拓, なり市川升之丞, なり市川権十郎と改名, なり市川流荒事の根元, なり市役所を占領, なり市松に組んだ, なり市長の娘, なり市長以下の別席, なり布團をかぶつ, なり布局は整頓, なり帆村と課長, なり帆村荘六もこれ, なり希望爰に存, なり希望的になっ, なり希望者の観覧, なり希臘神話は然, なり帝劇女優の藤間房子, なり帝国大学においても明治十九年以来憲法, なり帝室にし, なり帝政論派の欠点, なり帝王の自恃, なり帝都との距離, なり師匠秋山も来た, なり師弟関係の成り立つ, なり師範学校を終える, なり帯ぐあいを直して, なり帯刀を見あげ, なり帯小袖をそのまま, なり帯糸褐色で特有, なりするところ, なり帰って来た, なり帰ったことが, なり帰つて来て, なり帰り路となり, なり帰一を求むる, なり帰京の上, なり帰国の船中太平洋, なり帰来寒山和尚で通した, なり帰路にはおびただしい, なり帳合いも学問なり時勢, なり帷幕の密議所, なり常久不滅の霊, なり常緑針葉樹ことにもみ類, なり常見これなり, なり常識になった, なり常識的に合理化, なり常識的概念の分析, なり常陸に知己, なり幕下となっ, なり幕切れの手, なり幕府瓦壊の運命, なり幕政御改革, なり幕軍は意気沮喪, なり幣制の改革, なり平になり縦, なり平らの流れ, なり平地をいく, なり平均を失う, なり平均消費は減退, なり平坦なる真理, なり平安なりを貪, なり平安朝に入る, なり平家となりました, なり平常の不身持, なり平戸焼などはじめた, なり平林にたずねた, なり平民社は直に, なり平穏なくらし, なり平等主義は国家, なり平衡を失し, なり平野は浅瀬, なり平野屋の寮, なり平開せる花面, なり年々相当な金, なり年俸三百ポンドをもらった, なり年季を増す, なり年官年爵の特権数, なり年寄と一所, なり年寄りにならせ, なり年寄り給ひたる父上, なり年少の得法, なり年月を経, なり年末年始の休み, なり年輩の住民, なり年長者はそれぞれ年少者, なり年齢もたしかに, なり幸いの神, なり幸い二人だけは一緒, なり幸坊という子供, なり幸徳管野の兩人, なり幸福者とよばれ, なり幹部に昇格, なり幹部一同も俄, なりふして, なり幼きものを, なり幼児生活団の研究題目, なり幼少の頃, なり幼稚な心から, なり幾らかの學費, なり幾分間も読みやめなけれ, なり幾千軒の農家, なり幾度神様に逢わせ, なり幾日も幾日, なり幾本もの旗, なり幾百萬の人, なり幾艘ものそれら, なり広々となった, なり広元朝臣申次たり而, なり広告面を外し, なり広場の上, なり広小路へ出れ, なり広島で開かれた, なり広田外交の理想, なり庄兵衞の跡, なり庄司利喜太郎は喜平, なり庄屋であった本家, なり庄左衞門と改め, なり床板がそのまま, なり床脇の棚, なり底止するところ, なり店側の忠実, なり店先へ出, なり店員になりやっ, なり府内の教会, なり度いがお定まり, なり座ぶとんは揃え, なり座光寺の家, なり座員は鎌倉海岸, なり座席に飛び込む, なり座談会やその, なり座長になり, なり庭前には錦, なり庭隅の一本, なり庵室の庭, なり庶子は衆人, なり庶民は長く, なり庶民的といふ譯, なり庸三は帰っ, なり庸兵となりし, なり廃園の瓦, なり廃墟の瓦, なり廃嫡となった, なり廃屋の蔭, なり廃山となっ, なり廓中支配役になる, なり廓内の惨状, なり廖化に会っ, なり延々十数里さながら蜘蛛, なり延喜の四時祭式, なり廷章は女, なり建武の中興, なり建武二年七月となった, なり建築移転のみならず, なり建設する事, なり建連る二階家, なり廻って後見, なり廻瀾となつ, なり廻船問屋の影, なり廿五兩といふ大金, なり廿六日の朝看護婦, なり弁三の家, なり弁論の末, なり弁護士依頼のこと, なり弁韓は日本, なり弊害底止する所, なりは十一月二十五日, なり式ども滞なく相, なり弓矢をお, なり引摂寺という, なり引續いて, なり引越先がない, なり引込勝ちとなり, なり引違ひ立交, なり弟猾は箕, なり弥兵衛とおきた, なり弥生座の裏路次でぶざま, なり之丞, なりつたことが, なり弱体と衰滅, なり弱志弱意は彼等, なり張り満つる, なり張飛も同数, なり強き者は崇高, なり強力になっ, なり強勢なん, なり強圧的となり, なり強情を張る, なり強慾の大, なり強氣一點張りの養父徳右衞門, なり強行しなければ, なり強迫観念を伴う, なり強陰に随, なり強靱で逞しい, なりは充分まっすぐ, なり弾正病気とあら, なり当人のため, なり当今では孫兵衛, なり当家をまもっ, なり当局からボルシェヴィキ, なり当座は付武官, なり当時世人は此, なり当時幕府内部の物論, なり当時波江さんにはまだ, なり当時病天才の名, なり当時米遊中であった故, なり当時若年の翁, なり当番を作っ, なり彗星は駆けつ, なり形容詞になり, なり形式化されて, なり形而上論上所見の義, なり彫刻界の衰退, なり彰義隊は無残, なり影法師も姿, なり影響されて, なり役人衆の詞, なり役屋敷に於, なり役目とは云い, なり彼わが子と爲, なり彼シャルルマーニュの軍中, なり彼ジャヴェルはなお, なり彼ピサの市民, なり彼レーモン伯の徳, なり彼処の親戚此処, なり彼奚ぞ容易, なり彼女たちの服装, なり彼女自身も自分, なり彼女達の頬紅, なり彼奴には思うつぼ, なり彼岸桜が笑, なり彼心驕りてシエーナ, なり彼是するうち, なり彼時の心機妙変, なり彼棺は素, なり彼武家時代に於ける, なり彼町人體の男, なり彼等劇しき熱の爲, なり彼等大衆の自己意識, なり彼等彼の邪, なり彼迷ひ我迷, なり彼道十郎の後家, なり彼頭を内, なり往き帰りの電車, なり往年の人気, なり往復四十銭かかること, なり往昔より以降, なり往昔秀衡の室, なり往時はその, なり往還はやや, なり後とりがある, なり後キールブレスラウ諸大学, なり後不忍池清宜, なり後世子孫これを再演, なり後世疫病ある時, なり後主の是, なり後人の忠実, なり後代の人, なり後底に集まり, なり後日本国で今, なり後日野間原泉口番所ニ至リテ直右衛門ニ書テ与ヘバ, なり後続の三艦, なり後藤を討死, なり後藤さんを介し, なり後見なりご新, なり後見者の園井, なり後進者成功のため, なり後野生の木, なり徐々と低地, なり徐々に温かくなつ, なり徐ろに彼, なり徒らに内閣, なり徒歩で岸, なり従つてその生活, なり従つてまれびとの国を高天原, なり従つて下句も活溌, なり従つて何等生産的でないもの, なり従つて収入も少く, なり従つて新劇運動の中心, なり従つて簡単に手, なり従つて表現さる, なり従つて記録せられる機会, なり従つて語義も殆, なり従つて酒場の空気, なり従三位に叙せられた, なり従上の五位, なり従兄の姪, なり従四位を授けられ, なり従来文学なるもの, なり従者が, なり従而彼の人生, なり従順に深呼吸, なりであっても, なり得らるべきか, なり得念は愚僧, なり得意の武芸, なり得手勝手といはれ, なり得法せりとも比丘尼等, なり得道解脱ができずし, なりて廢立, なり從つてわが織機者, なり從つて文明が一段と, なり從つて遺物も多く, なり從來は紀傳, なり從兄の喜太郎, なり從兄弟なりをはた, なり從四位下右大辨, なり御前で術, なり御台所の官女, なり御台所さまをお, なり御堂のお, なり御大祭日なれば, なり御家人等亦京都, なり御座を広間, なり御成門の儀, なり御所辺の空気, なり御機嫌がよく, なり御歌数首御独吟, なり御殿の後, なり御用をつとめ, なり御者は遊猟者, なり御苦労様につめたい, なり御覧になつ, なり御車京都より遅く, なり御輿に乗らせ, なりって家内, なり復興せんと, なり復路が往路, なり禄し, なり微妙となり, なり微弱となる, なり微細なもの, なり微雨となりし, なり徳勝寺殿天英宗清大居士, なり徳山にやっ, なり徳川初期にかけて肖像畫, なり徳川期の變遷, なり徳川殿の弓箭, なり徳川軍の旗下, なり徳教なり政治, なり徳蔵にも挨拶, なり徳行の高き, なり徹底して, なり徹底的に建築, なり心ならずもいぜんの武士, なり心もと無い状態, なり心中の相手, なり心地よかりそう, なり心境なりをその, なり心安くおもふやう, なり心宮内の妖婆, なり心持がよい, なり心理的にも生理的, なり心痛したの, なり心着なり下, なり心臓状円形で葉裏帯紫色, なり心身疲労の慰藉, なり心霊の貴重, なりしも自ら其理想派, なり必ずしも上流者流の, なり必ずや事に, なり必然に罪, なり必然的に伴う, なり必要量だそう, なり志保をもごく, なり志道軒ムラクモと号, なり応待の仕振り, なり応接室ともなっ, なり応接間なり食堂, なり応援にでた, なり忠告者となり, なり忠常は能員, なり忠義を盡, なり忠臣となる, なり快活になり, なり快活豪放皮肉の超凡, なり快速になっ, なり快適な住まい, なりを側, なり忰虎蔵の世話, なりを放, なり念仏のため御堂, なり念仏勧進の書, なり忽ちにして, なり忽然と消え失せた, なり忽然暁の鐘, なり忿怒は旋風, なり忿恨は次第に, なり怒号と拍手, なり怖しく醜い方面が, なり怖気たの, なり思いきつて, なり思いがけないそれは, なり思いなしか鼻, なり思いやりをうれしく, なり思うように, なり思しめしの, なり思わず再び進み入ろう, なり思想一たび活動すれば, なり思想信仰が統一, なり思索的生活に傾い, なり思考はふかい, なり怠りがちのもの, なり怠惰の結果, なり急湍激流に怒号, なり急転直下して, なり急速に近づき, なり急進派の学生, なり急進者もなけれ, なり性分なりで, なり性情なりまたは, なり性慾機關となり, なり性来好む道, なり性格の活動, なり性欲的な憂鬱, なり性生活どころでは, なり性能も惡, なり怨敵まこと, なり怨霊の祟り, なり怪し氣なる, なり怪しき詩論家なり, なり怪しく思召し, なり怪塔ロケットを一そう, なり怪奇になり, なり怪我をした, なり怪老人に化け, なり怪訝となり, なりじけ, なり恋ゆゑに悩, なり恋仇の秀吉, なり恐々しゃべる習慣, なり恐らくは象徴詩を, なり恐らく二度と繰り返らない巨大, なり恐る恐る手に, なり恐れながら私, なり恐怖時なるもの, なり恐縮して, なり恒例の弊物, なり恥ずかしいばかりかひどい, なり恥ずる者もなく, なり恨みにつもる, なり恨めしいことも, なり恩人なりという, なり恩怨両つながら, なり恩顔を拝, なり恬淡さを好ん, なり恭しく慶正, なり息づかいが荒く, なり息子の医者, なり息苦しいほどになっ, なりかも結構, なり恰好は女中, なり恵心僧都の浄土教, なり悄然と頭, なり悄然たる余を従え, なりしく申立, なり悉く知りて, なりまじ恨まじ浮世, なり悔恨の種, なり患者控え室へ通う, なり悦子はローゼマリー, なり悧口になつ, なり悩しき反抗はやさしき, なり悩ましい初夏の, なり悩み死に, なり悪き物なりを, なり悪くもなる, なり悪事が世, なり悪人姦党が利用, なり悪化したの, なり悪影響を及ぼす, なり悪気を以て武尊, なり悪用すれば, なり悪疫の息吹, なり悪罵や石つぶ, なり悪行なりの素因, なり悪逆の徒, なり悪銭にもなり, なり悲しげにそこ, なり悲しい制裁を, なり悲しみの声, なり悲惨の原因, なり悲惨酷烈の記事相接続, なり悲感を表す, なり悲憤を感じた, なり悲観的であらざるを, なりけ萎び, なり悽愴の気, なり情なくも十分, なり情なしと見, なり情事多し後, なり情感が遅鈍, なり情緒に溺れ, なり情調的に縹渺, なり惟敬の再, なり惣右衞門七十五歳女房お時五十五歳悴, なり惨落となった, なり惰弱になった, なり想像的な敬慕, なり意伯と夫婦, なり意匠に出でぬ, なり意図あるもの, なり意地っぱりとなり, なり意地惡さうに義雄を瞰, なり意志力なども弱く, なり意気地となる, なり意気揚々として反りくり返る, なり意識的に考へる, なりにし, なり愚かしい後悔も, なり愚人となる, なり愚俗不経一, なり愚痴っぽくなり, なり愚魯なりとする, なり愛他的衝動の萌芽, なり愛兒は, なり愛兒らしか守れ, なり愛嬌者になつてる者, なり愛宕下に屋敷, なり愛憎を離れ, なり愛楽友となり, なり愛護なりが這入つ, なり愛郷心をも養, なりが悪い, なり感傷的にさ, なり感冐に犯されたる, なり感情的な反対意見, なり感想なり研究, なり感應院夫と聞き, なり感激性が麻痺, なり感興や天分, なり感謝の意味, なりえ出した, なり慈円も天台座主, なり慈愛ある父, なり慈興と号, なり慎一はすこし, なり慚愧となり, なり慟哭の表情, なり慢心なりの色, なり慣習なり其他學理及實踐, なりを得る, なり慰労者となり, なり慰安となり, なり慰撫となり, なり慶喜公もその, なり慶長五年関ヶ原の役, なり慾望なりが過度, なり欝に, なり憂危心に積み, なり愛は, なり憎うございましょうか, なり憎らしきことなり, なり憎悪は消え失せ, なり憐む可き者, なり憑司昌次郎と交, なり憤慨となる, なり憤懣心の慨辞, なり憤激し凶猛, なり憧憬者となる, なり憲法発布式の当日, なり憶良の長歌, なりも寂しく, なり懐ろへ向, なり懐中の印可, なり懐中電灯の光, なり懐手して, なり懶惰も罪, なり懷徳堂其のもの, なり懸崖のそこかしこ, なりるな, なりの通, なり戀人の家系住居, なり成績良く卒業後独立, なり成虫になる, なり成覚房幸西といった, なり成金になっ, なり我々友人は井口氏, なり我が国またこれ, なり我が身の安心, なり我さへ無念, なり我ら一行を請じ入れ, なり我ら意志の深, なり我中川にブラフ, なり我主觀の好き對象, なり我人を遣, なり我勝に玄関脇, なり我名を記す, なり我唇は清淨, なり我因果なりとやいはん, なり我子なり吾, なり我富たればとて, なり我將軍を敬, なり我心は処女, なり我松山藩へも三十人, なり我楽多文庫売上, なり我県も承諾, なり我知らずわなわな震, なり我知らず急ぎ足になる, なり我知らず気を急ぎ, なり我等三名は川, なり我視力乏しけれども, なり戒めとなり, なり戒厳令が布かれ, なり或いはまた御評議, なり或はまたその時代, なり或は即かず離れずの, なりをやめ, なり戦いが必要, なり戦乱の時代, なり戦争そのものとそれ, なり戦人が必要, なり戦勝には縁, なり戦勝国民にいじりまわされた, なり戦国時代の頃, なり戦地に工場, なり戦場ニも鞭, なり戦後は一枚, なり戦後病没したが, なり戦術は紊, なり戦闘の歴史, なり戦闘群になった, なり戦陣をまたずし, なり截口の曲線, なり戯曲になり, なり戰利あらず敵, なり戰國時代となり, なり戰爭となる, なり戰鬪の歴史, なり戴冠以前に溯り, なり戴宗楊林の二人, なり戸倉老人や少年探偵団, なり戸出でし, なり戸口のし, なり戸外公共の事務, なり戸山が真面目, なり戸田のほう, なり戸籍外に脱出, なり戸籍面から抹殺, なり戸野兵衛や竹原入道, なり戻り二兄を滅ぼし, なり房内をふり, なり所有主となり, なり所有者の恨み, なり所生の皇子, なり所管凡八万石許なり, なり所詮は事, なり所謂アペンニノ連峰にはあらず, なり所謂侠客は隠然, なり所謂北条九代記の, なり所謂収縮拡張に比すべき, なり所謂寄木法が発達, なり所謂年増美とか姥桜, なり所謂思想に於, なり所謂無念無想で仕事, なり所謂独立化して, なり所謂素王説が出, なり所長の妻君, なり扇子で胸もと, なり扉しとやかに開かれ, なり手あつく葬って, なり手すじをみる, なり手の平でにじみ出す, なり手ひどく彈かれる, なり手代なり, なり手元は不如意がち, なり手先から腰, なり手前の家, なり手前共主人も立合いまし, なり手広な畳, なり手広くやって, なり手引となるべき, なり手強く動かさずには, なり手掛りや足掛り, なり手枕で眠っ, なり手水を使わせ, なり手狭な借家, なり手痛き戦は, なり手荒く雨戸を, なり手術者はその, なり手際よく別れ, なり才兵衛九つになった, なり才力さえあれ, なり才次の代り, なり才男とまた, なりたんずるもの, なり打擲に痛む, なり扨主税之助, なり扨亦山伏が補任, なり扨伊賀亮は奧, なり扨又長庵は追, なり扨御門の御, なり批判されて, なり批判的になり, なり批評家はいらない, なり批評的の態度, なりも見る見る, なり技巧的となる, なり技師長となり, なり技能なり何, なり技術の, なり技術修得の便宜, なり技術家は揃い, なり抑圧に対する信仰, なり抒情性の自然的, なりりだしたくなる方, なり投書の機関銃, なり投票日が近づく, なりから山中, なり折衷は個想, なり抜き身の槍, なり抜山蓋世の勇士, なりへ主, なり抱え妓の公正証書, なり魂消た別嬪, なり押入なり秘密, なり抽象的な予期, なり抽象美の詩, なり拗音を有する, なり拙宅の会, なり招待者ともなった, なりして, なり拡大される, なり拳闘家は闘士, なり拳鬪により, なり拳鬪選手もやつ, なり拵え物となり, なり拾円の慾, なり拾錢が間, なり馴れた, なり持久戦争になる, なり持参金で財産, なり持參金で財産, なり持明院統の花園天皇, なり持楯なりで, なり持物は品川, なり持藥たるため, なり挂けたので私, なり指一本さわらせや, なり指先の力, なり指導書となるであろう, なり指揮計画者となり, なり指環を取り戻さん, なり指端の爪, なり挙措なりが少し, なり挙止もの静か, なり挙止動作に丸味, なり振り構はず子分達を引き廻し, なり振舞なり, なり捕方へ手向い, なり捕獲審検所に出る, なり捕虫綱は穴だらけ, なり捜索をし, なり捨台詞が受ける, なり据眼に熟, なり掃除植木の手入れ, なり授業が休み, なり授業料を給, なり授爵等の恩命, なり掌侍に任じられ, なり掌大に見える, なり排日抗日はむしろ, なり排日熱が過度, なりかつて稀, なり掛物になり, なり探偵吏なればこそ, なり接待に出た, なり接戦となっ, なり控えの部屋, なり控え目になり, なり口説く女房, なり掻巻を鼻, なり揚句の果て, なり揚屋入申付, なり揚座敷のよう, なり揮毫攻めにあ, なり損いかも知れません, なり損失となっ, なり損害を賠償, なり携帯品なり金, なり搾取的となる, なり摩擦係数が減っ, なり播磨法師は清水坂, なり操縦士をよん, なり據ころなく水戸, なり擧動なりをただ, なり擴張されて, なり支えの丸太, なり支倉の行きがけ, なり支度して, なり支度料としてその, なり支柱となる, なり支線も不要, なり支那人の間, なり支那宣教師某四十年間伝道, なり支配内に左樣, なり改姓を希望, なり改造とまで進んだ, なり攻勢的になる, なり攻撃四方に起る, なり攻者代りて防者, なり放免された, なり放射性物質の発見, なり放心状態が次第に, なり放恣に身, なり放散した, なり放歌となり, なり放水路の働き, なり放浪となった, なり放浪者が放浪, なり放縦となり, なり放題お金の外, なり政事は政事, なり政事一変し東方, なり政令二途に出る, なり政党から内閣総理大臣, なり政党ひとたび力を得る, なり政吉は果して, なり政子姉や藤子姉, なり政宣が京都, なり政府當局が平和, なり政権をとる, なり政治家に転じ, なり政治家成り金とでもいう, なり政治思想を行為, なり政治意識となっ, なり政治演説なども相当, なり政界復帰の機, なり政策的なもの, なり政論社会は窃, なり政道誠なく神祇, なり故にまた時の, なり救いを呼ぶ, なり救ひともなる, なり救世主世に降り, なり救助の船, なり救助艇に助けあげられた, なり救濟となつ, なりるれば, なり敗亡に歸, なり教えとなる, なり教会内に偽善者, なり教会復興の方策, なり教会必しも真理, なり教会独立を唱, なり教坊の組織, なり教導者となり, なり教育の学校, なり教育的活動ともなっ, なり教舎の方, なり教訓なりを現, なりて我胸中, なり散々山の容, なり散会した, なり散歩にも疲れ, なり散漫になる, なり敦忠は限り, なり敦賀の病院, なり敬意をお, なり数ヵ月して, なり数ヶ所の手傷, なり数ヶ月も治療, なり数万の烟筒, なり数人の巡査, なり数十名の警官, なり数千万を以て計る, なり数多い提灯の, なり数字になっ, なり数学は山嵐, なり数巻の中, なり数年彼と威, なり数年来は戦争, なり数年目の今日五百軒, なり数日の間沿岸, なり数時間睡った, なり数棟の借家, なり数理的の観念, なり数百の生徒, なり数百万の人間, なり数百金の盛装, なり数秒時間なり, なり数間隔った処, なりふは, なり整合を取り去り, なり敵同士と摺れ, なり敵国の中心, なり敵対行動をとらね, なり敵意に満ちた, なり敵討の旅枕, なり敷居際に突, なりとなり, なり文丈ケ受取りて, なり文久三年九月に留守居, なり文久三年伊藤俊輔井上聞多井上勝山尾庸三らの洋行, なり文久三年版の, なり文体の習得, なり文化七年に二十五歳, なり文化九年奥医師に進み, なり文化五年の伊予, なり文化人達は相, なり文化哲学は営養, なり文化活動の盛ん, なり文化自体の災害, なり文化頃には二人, なり文史類より一段と, なり文右衞門へ引會, なり文吉は淡島, なり文吾は山吹, なり文士になり, なり文字どおり天涯孤独の一剣居士, なり文字通り蝕まれた青春, なり文字通り部屋中七転八倒して, なり文学意識を展, なり文学的形式を受け取る, なり文學界の不滅, なり文明諸国において建つるところ, なり文明開化の世, なり文武時代に光明后, なり文章粗雑きめ荒し, なり文筆をもつ, なり文芸作品としての意味, なり文芸家となり, なり文芸院が概して, なり文芸院学士アンリイ・バタイユの新作, なり文責は記者, なり文部卿になり, なり文部省とピッタリ, なり斉民教は政教分離, なり斉泰黄子澄を非, なり斉魯二篇本は斉魯, なり料理人となり, なり料理場の電燈, なり料理番ともなり, なり料簡の狭い, なり斜め横に倒れる, なり斜陽おだやかに船中, なり斡旋の功, なり断崖がすぐ, なり断言的であること, なり断髪を悲しむ, なり斯んな恐ろしい, なり斯墓なき身, なり斯程に證據, なり斯般の理, なり新劇研究会は解散, なり新吉がまっ黒, なり新天地を飲み歩いた, なり新婚の男女, なり新宿駅前の交番, なり新島君も病, なり新市村座となり, なり新平の娘, なり新年の贈物, なり新潮社から, なり新田軍はこれ, なり新築の家, なり新聞紙引裂捨て何処, なり新見附から九段, なり新進作家のうち, なり新道というの, なり新鮮に軽快, なり斷崖よりいで, なり方丈樣へ御願ひと, なり方便は目的, なり方方の台傘, なり方法が対象, なり旁新聞記者として政治, なり旅籠屋のある, なり旅興行の延若, なり旅行中嵌めきつて, なり旅費となる, なり旅順に捕えられ, なりとなり, なり旗本奴と町奴, なり既往と将来, なり既知の世界, なり日々の台所, なり日々兼而思付所をせい, なり日々怒りと悔恨, なり日々掛取に, なり日々見物は突ッ, なり日ごろ疎からぬおん, なり日なたになっ, なり日に日にその気勢, なり日下の直, なり日乾しのきいた, なり日出前の微風黎明, なり日南になりし, なり日向臭い又丹三郎, なり日和も長閑, なり日夕往来して, なり日夜おとき, なり日夜敵の奇襲, なり日常の道理, なり日常生活なりを聞き出そう, なり日常的になれ, なり日支三助比較論, なり日支同文の邦家, なり日曜の晴着, なり日曜日の讃美歌, なり日本北アルプスの槍ヶ岳, なり日本国に, なり日本国民は欧州, なり日本文学というもの, なり日本橋区中洲の旗亭辰巳屋, なり日本橋本町の紙問屋, なり日本浪漫派の人々, なり日本海の海戦, なり日本男児の好, なり日本米を食べる, なり日本経済侵略の第, なり日本美術は日本, なり日本語を習いはじめ, なり日比谷の公会堂, なり日比谷公会堂では連日, なり日沒まではそれ, なり日清戦争の時, なり日用品や菓子, なり日脚は長く寒, なり日蔭の冷え, なり日野驛より汽車, なり日露両国民, なり日露國交史上最大の暗い, なり日露戦後哈爾賓で開業, なり日露戰役後は我が, なり日頃電話局の前, なり旧い道徳の, なり旧暦の日取り, なり旧暦十一月下旬から十二月上旬, なり旧知の作家, なり旧縁は漸く, なり旧臣たちの事, なり早き牛乳配達と, なり早晩力と力, なり早暁に鳥, なり早死して, なり早稲田まで行った, なり早稲田大学は更に, なり早起きの店, なり早馬数騎鎌倉さして馳せ下る, なりは太陽, なり昂奮してるらしかつ, なり昆侖奴となり, なり昆布の主要呈味成分, なり昆明では, なり昆虫のこと, なり昇進や出世, なり明くる日もずっと, なり明け方には三人連れ, なり明らかに皇儲, なり明るい力強さを, なり明史では建文帝, なり明和の六年八月十五日, なり明和年間に及び, なり明快よりも難渋, なり明方になつて, なり明日乞丐となる, なり明日冷淡であって, なり明日小原に差しかかられまする, なり明日朝手紙のつく, なり明日江戸表へお, なり明智は鉄, なり明智先生から知恵, なり明月の三日月, なり明朗で頭, なり明朝はここ, なり明治三十五年十月に帰朝, なり明治三十年に東京高等師範学校, なり明治九年の春, なり明治二十二年の統計表, なり明治二十五年十一月法律第八号, なり明治十七年南千島なる色丹島, なり明治十九年に至る, なり明治十四年の第, なり明治四十五年七月一日には近代的, なり明治四十四年十月興行に, なり明治四十年二月十七日東京神田錦輝館に於ける, なり明治四年の廃藩置県, なり明治四年以来四倍と二割弱, なり明治四年八月二十八日に至っ, なり明治大正の世代, なり明王の名, なり昏睡状態になっ, なり易い若い所員たち, なり昔ながらに居る, なり昔橘良基が五国守, なり昔語にさる, なり星団が集まっ, なり星影も空, なり星空の下, なり星野博士は其, なり映画雑誌など例へば, なり春冬山に居し, なり春日神社の猿樂師, なり春月になれる, なり春琴も次第に, なり春画など水夫部屋, なり春雪の後冷, なり春頃のどんちゃん賑やか, なり昨今の紅葉, なり昨夜御殿場旅館階上の月, なり昨年国民協会の解散, なり昨年國民協會の解散, なり昨年末から実行, なり昨年極末遂に七百弗足らず, なり昨日碓氷の働き, なり昭公が季氏, なり昭和二十年十二月廿四日に進駐軍, なり昭和八犬伝ぐらいはまたたく, なり昭和十六年二月一日東亜連盟中国総会の発会式, なり是おきなの, なり是りや何したら宜, なり是其方に疑ひ, なり是大事と前, なり是奉行職をも勤むる者, なり是非此文を御, なり是非離縁状を出せ, なり昼前は筏, なり昼間僕が便所, なり昼間皆がたんぼ, なり昼飯前には山荘, なり時たま都会へ, なり時三になにか, なり時世の潮流, なり時代要求の結果, なり時刻が近づい, なり時刻爽わず, なり時勢を察する, なり時化波の隙間, なり時弊を匡正, なり時機といふもの, なり時法を表す, なり時計師のみがことごとく, なりとなった, なり晝前なるに, なり晩婚だと, なり晩景また刑部丞忠季, なり晩食迄動かなかつた, なり晩飯の食卓, なり普教に勉め, なり普通民ともなり, なり普遍なりを備, なり普遍性を持つ, なり景色が開け, なり景行帝の親, なり晴れやかな声, なり晴れ晴れした気持, なり晴期にはほとんど, なりの眼, なり智水千頃の池, なり智者と共に住, なり智識全権の世, なり暁方まで一気に, なり暑い戸外を, なり暖かかった陽気, なり暖簾を分け, なりぼったいウール, なり暗に住む, なり暗室から出, なり暗示と綜合, なり暗転がやたら, なり暗闇が悔恨, なり暗黒色となり, なり暗黙に入用, なりと天體, なり暦書の漢訳, なり暦法に精し, なり暦表に日蝕, なり暫時にし, なりに越商, なり暮らしむきも次第に, なり暮れ方になる, なり暴君となり, なり暴士となり, なり暴漢が現れ, なり暴風が起った, なり曰く汝は今, なり曰く蛇の眼, なり曲りなりにという, なり曲者の捕まる, なり更によく釣るやう, なり更に日に日に高くなり, なり書き足したところ, なり書き物があまり, なり書狂となり, なり書生に揉ませる, なり書籍に至り, なり書籍類が落ちつい, なり書肆は私, なり書齋へ這入つた, なり曹休を大, なり曾祖父の代, なり替って晴そう, なり最上階のはもはや, なり最低の鞍部, なり最低一千万人の餓死者, なり最初段別五升を収める, なり最初百五十萬もあれ, なり最近張之洞, なり最高の価値標準, なり會議の結果三名, なり月々四圓宛食料を入れる, なり月世界行きのバス, なり月光のごとく, なり月刊の歩調, なり月宮は宇宙, なり月影では青く, なり月給の額, なり月給十八円貰って, なり月給払つて断乎保護, なり月謝となり, なり月輪関白などもわざわざ, なり月面の明暗, なり有化して, なり有害にまた, なり有志家なりが彼ら, なり有意義の義, なり有望であるか, なり有用な者, なり朋輩衆と嵐山, なり服薬なり或は, なりかに歌, なり望月丹後は切腹, なり朝な朝な霜の, なり朝一回の運動, なり朝二膳ひる三膳夕三膳, なり朝報社に入り, なり朝夕のお, なり朝夕礼拝供養を受, なり朝方コーヒーをのん, なり朝日ビルの十階, なり朝晩ほかのこと, なり朝晩みんなでやつ, なり朝狩に今, なり朝猟に今, なり朝顔は花, なり朝餉夕餉の仕度, なり朝鮮呂宋暹羅安南, なり朝鮮問題の解決者, なり木下の特性, なり木刀の尖, なり木剣を把ら, なり木喰戒を継い, なり木彫なり自分, なり木戸からもう一度, なり木戸錢を取る, なり木曽の御, なり木曾の御, なり木曾路より中仙道, なり木材の運搬, なり木材屋の計, なり木村さんや書生, なり木村毅氏柳田泉氏横溝正史氏などその, なり木村派の早川, なり木沓のヴァイオリン, なり木炭をカン, なり木田と博士, なり木登りは上手, なり木石を拝する, なり木立も盡, なり木箱を並べた, なり木綿不足紙不足といふ聲, なり木見さんの家, なり木賃宿を出た, なり木魚の音, なり未亡人はすでに, なり未來となつ, なり未成年者がそれ, なり未来派となり, なり未来無限の時間, なり未知の力, なり未練らしう, なり未踏の土地, なり未醒では, なり未開の風景, なり末娘の妙子, なり末弘は落ち, なり末期養子の禁, なり末松博士など直接, なり本丸から三の丸, なり本国に下っ, なり本城なり, なり本宅は人手, なり本屋にまでなっ, なり本式に勉強, なり本心を披瀝, なり本日未刻, なり本望を遂得, なり本朝に五台山, なり本朝古代のあり, なり本格的になつ, なり本業の傍卜筮, なり本石町辺を通っ, なり本職の弟子共, なり本腰を入れ, なり本谷と合し, なり本質的なもの, なり本郷霊雲寺わきの大根畑, なり本野に助け, なり本間派の管槍, なり本院には隠岐, なり札差の株, なり札幌小樽旭川帶廣函館等に於い, なり札幌鉄道局に凍上対策委員会, なり朱雀院はいろいろ, なりの上, なりの根, なり杉山の帰り, なり杉松樫などの常緑木, なり杉板の厚み, なり杉浦鋼太郎さんの大成学館, なり杉茂登にも二人名義, なり李四も亦, なり村一般の耳目, なり村人の噂, なり村内の心, なり村役人は法, なり村方のもの, なり村社が四番目, なり村総出で防水工事, なり村落巷里の歌謡, なり村里なども起立, なり杓子になりたがる, なり束縛になる, なり条約後買収されて, なり来る年々に, なり来歴づきでお, なり東京大学方面などでも皆, なり東京帝大の文学部, なり東京戻りの壱州人, なり東京近くのこの, なり東助によく, なり東北音の東京弁, なり東南の方, なり東夷を擧げ, なり東宝の秦豊吉, なり東宮をお, なり東方僧院の法規, なり東方戦場また決戦, なり東桂さんが一所懸命, なり東洋人はもとより, なり東海道の生麦村, なり東野南次の筆, なりかになる, なり松みどりなり加, なり松平なにがしの下屋敷, なり松年先生は学校, なり松月庵に住んだ, なり松浦小夜姫を人柱, なり松田の家, なり松見順平さんの順天求合社, なり松野が邪心一ツゆゑぞ, なり松雪院や女中共, なり板の間に転げ, なり板本其二なり写本, なりに坐, なり林中に往き, なり林檎の秋, なり林田に従え, なり果して元通りの, なり果つるように所詮, なり果てし一人の敗残者, なり果てむも知るべからず, なり果てむ身をまつ, なり果て和歌の才能, なり果中に一種子, なり果候上は最早, なり果実となってる, なり果樹の消毒, なり果穂が下がり, なり枝炭のごとく, なり枝葉が茂り, なり枢機官となった, なり架空的な人物, なり某地へ赴任, なり柔かみも, なり柔らかな衣服, なり柔弱になり, なり柔惰となる, なり柔櫓声中夢を載せ, なり柳吉の通い, なり柳営諸閣老, なり柳家小三治, なり柳橋となる, なり柳絮の飛ぶ, なり柴又の帝釈あたり, なりなりをかけ, なり査證ももら, なりやトキワカエデ, なり柿沼の顔, なり柿葺の茶室, なり栄えがござる, なり栄二の話, なり栄介は得意, なり栄誉なりが単に, なり栄達是なり是等, なりの皮, なり栗棘庵に住み, なり校庭には記念, なり校舎となっ, なり校長の斡旋, なり株劵が下り, なり根の国は海底, なり根岸御行の松, なり根強く発育した, なり根本となる, なり根相の物, なり格言を楯, なり格闘者たらざる, なり桂先生はおどろかれました, なり桂太郎が内大臣, なり桃青は履践, なり案内人なりを連れ, なり桎梏となっ, なりの軟かい, なり桑名に護送, なり桜井先生もあまり顔, なり桜田門まで遠征, なり桟敷へ真直ぐ, なりにも血, なり梅子の苦悶, なり梅花の美, なり梅賀の家, なり梅雨があがっ, なり梅雨晴る, なりの啼き, なり梵王は身, なり梵語の影響, なり梶棒を取, なりの実, なり棒切れと棒切れ, なり棒立ちになっ, なり棕梠縄は二十束, なり森永へ行き, なりになり, なりが家, なりで飲みだし, なり検校の位, なり検死を受けまし, なり検閲の合理化, なり椰子の実, なり楊雄と石秀, なり楠公は湊川, なり楠正成の銅像, なり楢井家へ歸つたの, なり楢夫もそば, なりを練磨, なり業欲者には金貨, なりを大きな, なり極地のオーロラ, なり極度の恐怖, なり極東に対して共同作戦, なり極楽なりへは決して, なり極楽往生の欣求, なり極楽水の裏屋, なり楽しからんとして, なり楽人楽器を擁し, なり楽器を下, なり楽士が不要, なり楽屋うちなり裙模様, なり概して理智的説明的に, なり榊原康政は池ノ端向ヶ丘, なり榎本の視察, なり槇子に貴様, なり構内の高い円い, なり構成は何重, なり構成派となり, なり構造に工夫, なり槍組と鉄炮組, なり様はずがない, なり様子から推察, なり様式に熟し, なりの尾山, なりの第, なり樂しみにより, なり樂勤を申付, なりの森, なり樅ノ木の枝, なり樅林になり, なり標本となった, なり模様も醜悪, なり模範なり, なりりに, なり権あにいもずっと, なり権兵衛を挙げ, なり権勢の家, なり権勢是なり富貴是, なり権妻を度々, なり権威となられた, なり権謀術策も用い, なり横ちがいに曲ん, なり横っ跳びに二三間, なり横井に比すれ, なり横取りをした, なり横浜十全病院のベッド, なり横溢して, なり横腹を圧, なり横路に入れり, なり横転し逆転, なり横雲に華々しい, なり横顔がとがっ, なり横風ならば, なりの樹, なり樹下に目, なり樹明居へ押しかけ, なり樹蔭が多く, なり樺太庁の長官, なりが見えなくなっ, なり樽拾ひまでに尽力せり, なりが回転, なり橋がかりは細流, なり橋本氏は同郷, なり橋梁となる, なり橋詰の土手, なりの花, なり機体がさがっ, なり機敏にもなれ, なり機智は擽り, なり機械に至り, なり機械力によりさえすれ, なり機械観的になり, なり機関銃になり, なり檀那として大宮入道内大臣, なりとなり, なり檳榔毛の車, なりとなり, なり櫓拍子がかわり, なり欄間越しとは言つて, なり權官は或, なり欠伸をすれ, なり次女はサラ, なり次手にうんと, なり次男相続また嘉模, なり次第免職されるという, なり次第埋め合せをつける, なり次第家を遁出, なり次第巴里に帰っ, なり次第方々に散れてる, なり次郎は四畳半一間, なり次郎吉のこと, なり次郎本人に対しては無論, なり欧米人の想像, なり欲望なりというもの, なり欷歔となった, なり歌仙百韻となる, なり歌境も著しく, なり歌沢なりしばらく, なり歌舞伎の芸, なり歌舞伎座にて拍子木, なり歌舞伎座創立以来同座にあり, なり歌論となり, なり歐米人も眞面目, なり歓声となり, なり歓楽の陣営, なり正しく立派な, なり正にそれが, なり正価は正価, なり正太郎左官と云われ, なり正式に六方向テレビジョン, なり正月の初子, なり正月公演は二円八十銭, なり正月忌詞のイネツム, なり正蔵を写, なり正規の文学活動家, なり正邪ふた道の岐路, なり正雪事件以後には浪人, なり正面露台の外, なり此の間まで美くし, なり此の間道はよく, なり此上親子餓死に成行事, なり此世以上のもの, なり此中婆さんとなつ, なり此乳頭より滴, なり此事錠前を破り, なり此二大宿題, なり此二品は婆, なり此五の病, なり此処にも生れた, なり此北の御門, なり此卵両分して, なり此墓は蓋し, なり此夜は大胆, なり此寒氣に若, なり此年江戸に斬せられた, なり此度は其節, なり此時井伊掃部頭發言により松平陸奧守綱村卿, なり此晨歩して, なり此様な顔形, なり此歌全く取, なり此決心を実行, なり此満足したる眼, なり此点に於, なり此点一審の記録, なり此目的點に對, なり此砌髮結清三郎は出奔, なり此等の歌集, なり此罪は如何, なり此義節は如何, なり此臆病風は二十三日, なり此自己の真相, なり此藤重と云, なり此處より通し, なり此話しを, なり此身一つに科, なり此返答は何ぢ, なり此長庵が生, なり此頃とんぼ追ひ, なり此頃來給ひしは, なりはチヨコント, なり武人像にきざまれ, なり武功抜群の夢, なり武器を執り得る, なり武器軍資は太橋, なり武士たちの中, なり武大の帰り, なり武夫は激しい, なり武家方ではどう, なり武松をにらまえ, なり武漢派の共産派軍隊, なり武田のうち, なり武者となっ, なり武芸の段式, なり武蔵守修理亮出雲守三浦左衛門尉結城左衛門尉内藤右馬允等供奉せしむ皆歌道, なり武蔵野の雑木林, なり武藏までも大和, なり武門の棟梁, なりの九月三日, なり歳終り更始し東作, なり歳終更始す介祉, なり歴代内閣の脅威, なり歴史的世界の形成作用, なり歴史的変化の径路, なり死亡貧苦は人, なり死刑の呪うべき, なり死刑囚となっ, なり死因ともなった, なり死後はその, なり死恥をさらす, なり死物になる, なり死病にさえもとりつかれ, なり死者は再び, なり死者七万四千ゆくえ不明二十一万焼け出された人口, なり死身になっ, なり死骸をキトー, なり死骸陳列場にも利用, なり殆ど進退に窮, なり殊勝げに答え, なり残つた屍体をひきあげかね, なり残りの八分の七, なり残り三人はその, なり残り五人は人々, なり残丘となっ, なり残務を執る, なり残忍殺伐となった, なり残暑の強い, なりもせず, なり殖産事業の進歩, なり殘念至極であるけれども, なり殘骸のやう, なり段六を見, なり殺人鬼の襲撃以外, なり殺生常習の屠, なり殺生禁断女人結界の山, なり殿さまには不為, なり母あてに遺書, なり母君にも家, なり母親さんも安心, なり母語の輕侮, なり日曜には, なり毎夜怪猫退治の工夫, なり毎年八百万石余の米穀, なり毎年平和祭が行われる, なり毎年桜の咲く, なり毎年毎年損じたこけら板, なり毎年秋になる, なり毎日一度はかならず, なり毎日一度海の水, なり毎日仏勤めばかりをし, なり毎日先生にかかり, なり毎日出勤して, なり毎日單調な船艙生活, なり毎日毎日チャンチャンチャンチャンと花魁船, なり毎日毎日無為にくらし, なり毎日沐浴する事, なり毎日海に入り, なり毎日逆風が吹きつづく, なり毎日黒山のごとき, なり毎晩の空腹, なり毎晩宵闇が町, なり毎月曜日と金曜日, なり毎朝早くからレッスン, なり毒喰ば皿, なり毒蛇の首, なりより彼, なり比丘あり縄, なり比丘衆よ此, なり比喩的に云え, なり比島の残虐事件, なり比較上現世はほとんど, なりともなり, なり毛ぶかい脛や, なり毛利浅野の家中, なり毛利淺野の家中, なり毛沼博士が惨敗者, なり毛皮や毛織り, なり毫も恐るるに, なり氏忠は十七, なり氏政父子に降伏, なり氏素姓なりを寝, なり民さんも済みません, なり民人教化の人文的事業, なり民子は身持, なり民心の彼, なり民族国家の代り, なり民族精神の展開, なり民謡から段々, なり気さくな奥さん, なり気だてもよし, なり気まずそうに, なり気むずかしそうに, なり気乗りがした, なり気味であった, なり気圧なり総て想, なり気弱ささえ出, なり気恥しく思ったが, なり気永に叩い, なり気浴療法へ行く, なり気温三拾度に昇れ, なり気澄眼力旧に倍, なり気節なきは, なり気絶して, なり気象も以前, なり気転が利く, なり氣持も明るく, なり水かさはどんどん, なり水上に飛ぶ, なり水兵が二人, なり水兵ナイフをそこ, なり水勢を幾分, なり水右衞門たつた一人, なり水声が下, なり水寨では水軍, なり水戸さまは鼈甲, なり水戸方がだんだん, なり水戸藩の掃き, なり水晶山の人足ども, なり水気もなくなった, なり水汲上ぐる釣瓶の音, なり水滴となる, なり水産技師をし, なり水練の技術, なり水腫が出, なり水蒸気も水, なり水谷町となり, なり水車場を離れ, なり水郷について楽, なり水銀を焼け, なり水鳥は夜中眼明也, なり氷室検事も署長, なり氷柱となり, なり氷袋や氷枕, なりつづきが, なり永い間起き上れなかつた, なり永久平和の第一歩, なり永辻なりへ電報, なり永遠にその, なり永遠性のみが純, なり永遠無窮人民と交際, なりからいた, なりがお, なり求馬は小間物, なり汐首岬といふ, なり汚い色を, なり汚らしい感じで, なり汚らしくなって, なり汚名悪名受けて, なり汚点なりがあっ, なり汝らは日本一, なり汝らこれに聴け, なり汝一致せんと, なり汝力なきもの, なり汝如何して, なり汝彼女を慰むる, なり汝我に從, なり汝智しわがこの, なり汝空を翹, なり汝等側によこた, なり汝自ら清くし, なり江州堅田の民家, なり江戸お構いの女房, なり江戸上方まで沸き立たせた, なり江戸伝馬町の獄, なり江戸名物となりける, なり江戸城に同じく, なり江戸川の岸, なり江戸川端の, なり江戸派の俳句, なり江戸番を勤める, なり江戸順禮も又, なり江東一帯の地, なり江都に数多き, なり池上の大, なり決定の自然これ, なり決心して, なり決断が従属的, なり決断力が鈍っ, なり決裂する例, なり沈欝の気象, なり沈香となり, なり沈鬱な気分, なり沙漠より出で, なり没我の境地, なり河内の峰々, なり河内介の側, なり河南の尹, なり河原者の名, なり河大小各種の船舶, なり河岸がだんだん, なり河床が高く, なり河沿いに大きく, なりの面, なり油つけもつけない, なり油断のない, なり油煙粒ほどの小さい, なり治療すべき病, なり治績大いに擧, なり治罰反つて汝, なり治者被治者の義, なり沼田城もその, なり況や他人をや, なり況んや実際, なり泉府と称し, なり泉水に落ち, なり泉田筑後の娘, なり泊まり客が少なく, なり法事を営まね, なり法令四方に行き渡り, なり法制的には疑問, なり法句經の所詮, なり法名を友月, なり法律上の保護者, なり法律改定を好まざる, なり法然の説く, なり法然上人も八十, なり法王インノケンティウス及びホノリウス, なり法王ボニファキウス八世に招かれ, なり法皇の命, なり法皇王侯の嗔, なり法眼に叙せられ, なり法筵の時, なり法蓮房の腕, なり泡雪のよう, なり泡鳴はいろいろ, なり波上の岬, なり波子の意志, なり波斯バクダットを經, なり波濤となり, なりの泪, なり泣く泣く葬式の, なりとなってる, なり泥人形がバタバタ, なり泥工は建築師, なり泥的もす, なり泥舟と号, なり注射はじめます其, なり注意の行き届いた, なり泰西においてリベラール論派, なり洋字漢字假名の混淆, なり洋服屋ともならね, なり洋燈に油, なり洋行したしと, なり洋行帰りの尊敬, なり洋間の中, なり洒落になり, なり洗つて乾してでも, なり洗濯塲ともなれ, なり洗濯業者となり, なり洗煉されて, なり洗礼を施さ, なり洗練された人間, なり洗面器なり青々, なり洛陽の火の手, なりなり淵, なりの国, なり津川子と共にエイヤエイヤ, なり津幡秀子は細君業, なり津村はスマトラ, なり津浪の後, なり津田の言葉, なり洪次郎は眼, なりに驚異, なりくべき病人, なり活動の中心, なり活字も数万個, なり活気立って, なり活溌とおもしろく, なりは雪, なり流動資本の性質, なり流星なり数秒時間, なり流涕して, なり流行唄をくちずさん, なり流言を放っ, なり流速がある程度, なり浄土へ生まれ, なり浄土宗の法統, なり浄水場の道, なり浅いと嵩, なり浅ましくなり年, なり浅手を負, なり浅瀬の底, なり浅田は黙々, なり浅草区駒形の浅草座, なり浅草暮しの派手さ, なり浅草猿若町の文楽座, なり浚渫バケツが全部, なり浜村屋瀬川菊之丞を名乗っ, なり浜路を迎え, なり浦塩斯徳に向, なり浩平たちのよう, なり浩然の気外, なり浪子は麻裏草履, なり浪漫的幻想的に傾向, なり浪花節語りの保護者, なり浪頭は空, なり浮世絵の傍系, なり浮橋を焼く, なり浮藻も行衛不明, なり浮雲の富, なりの後, なり浴衣となつ, なり海一面に波の花, なり海嘯が起った, なり海外の専門雑誌, なり海岸通りに出た, なり海岸防備の必要, なり海戦においても指頭大, なり海手と二, なり海水が雲, なり海浜の岩角, なり海浜植物が茂っ, なり海老になっ, なり海藻がまつわりついた, なり海賊等も必死, なり海路は詩材, なり海軍大臣になるでせう, なり海陸両世界, なり海雲寺の富籤, なり涅槃主義者となり, なり消光處に良ら, なり消毒の方法, なり消滅して, なり液体は化し, なり液状のパルプ, なり涼しい山の, なり涼しくなつて, なり涼しげな月, なりの堤, なり淋しき路を, なり淨六・一一八にダンテ自らキリスト教, なり淨土なり, なり淨水場の道, なり淨覺院先住天道存命中の遺言斯, なり淫らな声, なり深き民主派と, なり深夜奧の間, なり深夜暗闇の中, なり深奥となりゆく, なり深林に百間滝, なり深林広沢の中, なり深沈と寂しい, なり混乱は益々, なり混同して, なり混濁した空気, なり淺草の, なり清く尊げに, なり清原中原の二家, なり清原氏についで奥羽二州, なり清国の溥倫貝子殿下, なり清国政府は陜西省, なり清子の膝, なり清川との家庭, なり清朝に入, なり清水の山奥, なり清水さんが乞われ, なり清水神父様は聖体, なり済まないが水, なり済まなくなって, なり渋沢栄一も先生, なりと変わり, なり渓橋となり, なり渓流の中, なり渓谷となる, なり渓間の鯉, なり渡り黨は内郡, なり渡辺さんや槇君, なり渡辺勘十磯野平三郎塩野清介の三人, なり渡邊織江の長男渡邊祖五郎, なり渡邊織江方へ松蔭大藏, なり渦巻は一つ一つ, なりつて, なり温泉場で暮す, なり測量の結果, なり渾沌たるもの, なり湖水は黄金色, なり湯たんぽを入れ, なり湯ぶねの蓋, なり湯加減をみ, なり湯屋の所, なり湯島のお, なり湯殿なりこの, なり湯沸が俯向け, なり湯田へ行かう, なり湯舟沢峠両村, なり湯銭二銭五厘の当時, なり湯飲みが胴, なりになり, なり満天に広がった, なり満州辺で儲けた, なり満潮時だから, なり満足そうに頷いた, なり満身独立の精神, なり溌剌たる創作力, なり源三の歩, なり源三位頼政と呼ばれる, なり源五郎も大きな, なり源叔父の帰り, なり源因なり伏線, なり源実朝の, なり源次郎少年の首すじ, なり源泉となる, なりが年中, なり溺死の一歩手前, なりされつ, なり滅多に庫, なり滋幹のこと, なり滋賀や千家, なり滋養となり, なり滑らかにもなり, なり滑稽となる, なり滑稿諧謔の老手坂田仙八, なり滝人の不思議, なり滝壺の中, なり滝沢にて直下十六丈, なり滞在わずか数ヵ月, なり漁夫の住ん, なり漁郎天人の至美, なり漆喰もろとも復讐, なり漆器の広蓋, なり漏斗の口, なり演出家の意図, なり演劇それ自身の美, なり演劇復興を目指し, なり演戲場の中央, なり演技の幅, なり漕手は不断, なりの代, なり漢中巴蜀に雄視, なり漢字假名交りの, なり漢學の方, なりもない, なり漫歩の背景, なり此比把筆出来候仕合延引御, なり潔白なりのお前, なり潜入して, なり潤色され整然たる, なり潮流が次第に, なり潮湯治場外の海, なりすと, なり澄し連日の小鳥, なり澄太君の文, なり澄江の言葉, なり激しかつた, なり激奮猛奔して, なり激情にあふれた, なり激烈となつ, なり激痛が全身, なり激興なり, なり激色を帯び, なり激越な情緒, なり激越怒号して, なり濁りがちな水, なり濕める川, なり濛々たる凄, なりった木葉, なり瀑布連続す, なり瀟洒な素晴らしい, なり瀧野川の園遊會, なり瀬川の家, なり瀬川事討難き讐, なり灌木帯草本帯となる, なり灌頂國師となり, なりが急, なり火伴の童達, なり火勢はその, なり火消したちは勿論, なり火祭りの松明, なり火花を散らし, なり灯明台の正中, なり灰皿の中, なり炊事その他の燃料, なり炎天が続く, なり炎暑強き頃, なり炭俵を肩, なり炭団が水晶, なり点滴の音, なり点滴石を穿つ, なり為家が相続, なり為替相場も急転, なり烏兎怱々いつしか二十年近く, なり烏森のお, なり烟水蒼茫として舟, なり焚火も消された, なり無償にて得ら, なり無口になった, なり無声の声, なり無学なる, なり無念の月日, なり無恥になり, なり無情非礼を敢, なり無意味に機械, なり無意識的語源論は之, なり無期が確定, なり無残にも旗, なり無気力に陥った, なり無為にし, なり無理方程式を無理, なり無用となり, なり無知な母親, なり無礼講と称し, なり無神論者なり偽善者, なり無精は神慮, なり無精卵ばかり生, なり無罪の判決元, なり無論品部と, なり無責任なこと, なり無造作が無, なり無電を打っ, なり無頼漢から強盗, なり無頼漢同様なさる, なり無駄書きを宮, なり焦眉の問題, なり焼酎は私, なり照代はぱっと, なり照明もあかるく, なり煩悶が絶えなくなる, なり煩瑣になっ, なり煩雑な日常, なり熊本の高校, なり熊笹の間, なり熊襲建のうち, なり熊野方面へお, なり熔岩流の表面, なり熟練を要する, なり熟考るに, なり熟視むれば, なり熱い地面に, なり熱中して, なり熱性ある快楽, なり熱情を帯びる, なり熱気と臭気, なり熱氣が黄色, なり熱汗のでる, なり熱海宝塚劇場へ浪花節映画, なりゆる肉, なり燃料なりを買っ, なりの數, なり燈油の焼ける, なりが骨, なりでたりはいつ, なり燕国公に封ぜられました, なり燕王に負い, なり燥ぎ出したり, なり爆弾となり, なり爪先を立て, なり爪弾位は静か, なり父上の遺訓, なり父兄姉などへ交互, なり父子そろって, なり父性あるも, なり父樣が惡計それ, なり父権が母権, なり父母兄弟妻君アニヨメ等に威張る, なり父祖傅來の俸祿城池, なり父親紋七はどこ, なり爺様も夜, なりかな風, なり爾らまず神, なり爾後は一切, なり片っ端からお, なり片山潛は一ヶ月以上, なり片岡さまを突き伏せ, なり片言を喋る, なり片足は外, なり牒者となり, なりとなり, なり牛乳の時期, なり牛乳製品販売所の前, なり牛島の御, なり牛裂の私刑, なり牛込の男, なり牛込松ヶ枝へのした, なり牛頭大仙人, なり牛馬等の家畜, なり牛馬豚羊まさしく小さくい, なり牝虎に向い, なり牟婁新聞は毛利柴庵, なり牡丹屋にきた, なり牡鶏のよう, なり牧場が森, なり牧師さんにたのん, なり牧師たるよりはむしろ, なり牧民者がほとんど, なり牧者其人をえざれ, なり物々交換の爲, なり物体が平板, なり物価が騰貴, なり物価三倍以上になった, なり物凄く風が, なり物売店まで盛ん, なり物心の二大臣, なり物憂い身体を, なり物珍しい生き生きした, なり物理の作用, なり物理学否自然科学一般の科学的客観性, なり物語ふうの音楽, なり物象を朧ろ, なり物資を惜, なり物質不滅の規則, なり物質文明とともに大西洋, なり物足りなくなったと, なり特大の魔法瓶, なり特権や妄信, なり特殊的となる, なり特種の進化, なり特賞が出た, なり犬丸支配人に言, なり犬帰村に行った, なり犬神人として著名, なり犯罪数が以前, なり犯罪者比較的多し, なり犯行をはじめる, なりを幕府, なり状猫のご, なりひめぐりてかく人, なり狂わしきまでに恋し, なり狂暴となった, なり狂気になっ, なり狂犬になる, なり狂癲の極, なり狡いことも, なり狡智となり, なり独り京山に到り, なり独力座禅思惟の一法, なり独断的なしかし, なり独特な性格, なり独立自存の気象, なり独自の自発性, なり独身時代にいくら, なり独逸皇帝彼は憐, なり独龍山三家の誼みと, なり狭い町を, なり狭くなるにつれ, なり狭く低くなったよう, なり狭山にランプ, なり狭量となり, なり狭隘なる愛国心, なりき經驗, なりきトロイア, なり猛火に似, なり猛獣がその, なり猟奇的となっ, なり猟師は獅子, なり猥談が必ずしも, なり猪突板倉が名将, なり猫徹も近藤, なり猫目石の奢り, なり献身がともかく, なり猿族と競争, なりに投ぜられ, なり獄吏になる, なり獅子の面貌, なり獅子使いが出, なり獅子族と鷲族, なりの字, なり獨文なりを書く, なり獨文學や東洋支那哲學, なりつ酬, なり玄卿邸の茴香畑, なり玄機は陳, なり率土の浜, なり率直になり, なり玉いしがさりとて, なり玉再再ならず窮地, なり玉座に近き, なり玉簾の内, なり玉蘭のまだ, なり玉虫色と輝い, なり玉蜀黍の広葉, なり玉蟲色と輝い, なり王さまから位, なり王児の成長, なり王党の国会議員, なり王党派の承認, なり王公も賤, なり王双はいと, なり王子や貴族, なり王宮の内, なり王様王妃様を救い出し, なり王滝村にて昼食, なり王莽は大, なり玩弄物を玩ぶ, なり珍しいことに, なり珍しくなければ, なり珍動物として厳重, なり珠運命の有らん, なり珠運様への百両, なり現世における事業, なり現代のあらゆる, なり現代一種の伝奇, なり現代人の生活, なり現在母の三年越, なり現地でもっ, なり現場の地形, なり現実性の薄い, なり現実的になる, なり現役に復した, なり理左衞門大音揚コリヤ九助假令右, なり理性や理論, なり理想なり, なり理想世界の現, なり理智的になった, なり理有て罪, なり理窟を云, なり理論的となり, なり理財の點, なり琵琶を宮, なり瑠璃光丸が十四, なり瑠璃色の絨氈, なり瓊女金蓮を散ず, なりの神, なりつたれること, なり甘しひとり合点なり, なり甘ったるくなまぬるく都会の, なり甘美内宿禰は殺された, なり甘露のよう, なり甚しきはこの, なり甚だしきは健康, なりて恋, なり生々してきた, なり生き恥をさらす, なり生き生きとする, なり生き甲斐ある身の上, なり生みたる三兒皆, なり生命財産等の人権, なり生死去来は生死去来, なり生殖腺が成熟, なり生気は天地, なり生活力が消耗, なり生活必需品の蒐集, なり生活意欲を多分, なり生活意識や情操, なり生活樣式もそれ, なり生活的になり, なり生活費などものち, なり生涯を倶, なり生物学会を構成, なり生物界に於ける, なり生玉神社にも仕えた, なり生産武備相協同して, なり生甲斐もなき, なり生者の肉眼, なり生類の, なり生麩になる, なり産室へお呼び, なり産院の門, なり用言なりから転じた, なり甫めて日本, なりとなり, なり田山課長以下の立場, なり田島屋の後, なり田村藍水や松田元長, なり田沼の施政, なり田畠に灌, なり田鼠化して, なり由井ヶ浜の曲淵, なり由松親分は其處, なり由緒のある, なり由良之助が酒, なり甲之助さんというお, なり甲子郎へ行く, なり甲斐信濃の両国, なり甲板士官はしきりに, なり甲虫ほどになり, なり甲論乙駁賑やかであつ, なり申し分のない, なり申し子型に転じ, なり申ものにて候間, なり申候即ち今時, なり申候者の外, なり申刻下りに墓参り, なり申者に候, なり男たちからは嘆美, なり男の子はお父さん, なり男世帯なる篠田家, なり男女ざかりが初老, なり男姫の聲, なり男子二人の中, なり男子側の識者, なり男子十一人出生も人, なり男性の一挙一動, なり町人百姓の金, なり町所名前などを申位, なり町村における新, なりの傾向, なり画的興味なりがむしろ, なり画面は狭まっ, なり畑中の耳, なり畑中蓼坡伊沢蘭奢の諸氏, なり留守にした, なり留守居をし, なり留置場に下げられた, なりは死し, なり畜生の浅, なり畢つた大乘思想, なり畢んぬ, なり番地をたより, なり番場町となり, なり番附に梅阿弥, なりかきてや, なり異常の御, なり異常白血球が増し, なり異教に逆転, なり異様な照り, なり異端説を主張, なり異論まちまちという所, なり異質間の異, なり異邦人の共感, なりり前, なり當時ポレンタ家とリミニ, なり當時世人は此, なり當時町奉行を勤め人, なり當時齊彬公樣は歐文書類, なり當直醫は屡, なり疎外化となった, なり疎遠になった, なり疑いを忘れた, なり疑い深かくなり, なり疑惑は海, なりを亢, なり疳癪を起し, なり疾きものはせつな, なり疾風に乘つた雨, なり病後の事, なり病死す, なり病気と云っ, なり病災が無病息災, なり病的となつ, なり病身になっ, なり症状が進ん, なり痛々しく苛めつけられて, なり痛ましかつた, なり痛切となるであらう, なり痛烈な孤独, なり尖りたる汝, なり痩せぎすな男, なりが咽喉, なり痴愚な天皇, なり癇癪もちになり, なり癌腫となっ, なりを正さん, なり癩病全く癒え, なり癩者を渡し, なり発作を起す, なり発刊当時の意気, なり発声法について工夫, なり発売禁止はもとより, なり発明ともなり, なり発明発見の夢, なり発条仕掛の人形, なり発火錐で作った, なり発送の仕事, なり発音が落ちつい, なりに向かっ, なり登りも稍, なり登山路としては幅三尺, なり登山道のはた, なり白々しくもあつ, なり白き一輪, なり白人達の奪い取った, なり白子屋の家名立, なり白川のほとり, なり白木の後, なり白木綿の腹巻, なり白池という所, なり白瀬中尉を当てこんだ, なり白眉となり, なり白砂青松の渚, なり白紗のとばり, なり白血球や赤血球, なり白足袋に雨, なり白霧数里針葉樹闊葉樹白樺に樹氷, なり白骨になる, なり白髪頭で腰, なり百三十八歳まで長生, なり百三十六人の処刑, なり百二十になり, なり百二十円の月給, なり百五六十になり, なり百五十人を百人, なり百五十年来の名所, なり百倍になっ, なり百円サツ何枚かになる, なり百味箪笥といふものさ, なり百四十六票対百四十三票とわずか, なり百坪ぐらいの深い, なり百姓たちの狡猾さ, なり百姓家でパン, なり百姓町人の男女共, なり百年伝統のなか, なり百年千年万年あやしきは, なり百廿八になり, なり百方手段を講じ, なり百日稼穡の労, なり百枚となり, なり百歳に満, なり百科事典なりを見る, なり百米昇る毎, なり百花園へ行け, なり百花園菊塢の伝, なり百里を隔てた, なり百難は四散, なり百餘年前にこの, なり的確なり普遍, なり皆いっしょに住み, なり皆のぶツぶツ, なり皆其に憧れた, なり皆川氏の死んだ, なり皆御家人等に仰せ, なり皆済して, なり皆目見当も, なり皆蔭から神, なり皆身軽で経費, なり皇后愛憐の間, なり皇太子の物忌み, なり皇太子イザホワケの命, なり皇女に同情, なり皇室が雲の上, なり皇軍の皇軍, なりともなり, なり皮ふがたるん, なり皮下組織との結締繊維, なり皷動は不規則, なりは深く, なりの縁, なり皿洗いともなり料理番, なり皿類のこわれる, なり盂蘭盆会の禁止, なり盆地がひろがり, なり盆暮には心, なり盆水一方に高けれ, なり益田少将此事をよく, なり盗人にもなり, なりに生産, なり盛子がびつくり, なり盛庸は歴, なり監獄を一周, なり監督教会は英国, なり盤石岩をとばす, なり目あての志毘, なり目のあたり我が怪しき, なり目の玉だけウツロ, なり目下の情勢, なり目下カケコミ教の風呂, なり目下興隆の機運, なり目標となり, なり目的のため, なり目的通りにやる, なり目頭が熱く, なり目黒の庄司三郎兵衞, なり目鼻立ちが融け, なり盲目にもなっ, なり盲目者は目, なり盲者となり, なり直々逢うて, なり直にお隅, なり直吉自身もさ, なり直家は身, なり直径一里に足らざる, なり直接的なもの, なり直様家来に命じ, なり直義を副, なり直訳なりした, なり相乗車で義仲寺, なり相互ともに息, なり相好が次第に, なり相対性原理が損, なり相州以下諸人群参す, なり相州大官令御共, なり相撲旗とりなに, なり眉目の間, なり看守の與, なり看客怪み給, なり看病人は誰, なり看護に心, なり県令から侍, なり県庁の学務課員, なり県当局の意志, なり県当局警察当局同校職員総動員の下, なり県政もまた, なり眞上の岩山, なり眞實性となつ, なり眞赤になりだした, なり真っ蒼な, なり真っ黒に見えた, なり真上の岩山, なり真剣さを加えた, なり真夜中のよう, なり真暗なこの, なり真犯人でない場合, なり真珠湾海底に散つた, なり真白な泡, なり真白い幕に, なり真空といっ, なり真空管や放射性物質, なり真鍮変じて, なり真鍮銅お試しなさい, なり真面目に熱心, なり真髄なりを見ん, なり真黒い顔が, なり真黒くなって, なり眠つた低い家々, なり眩暈がし, なり眺望が好い, なり眼あきの時分, なり眼下の褐色, なり眼中人なく大手, なり眼付が乱れ, なり眼光のみ物すごき, なり眼球を売っ, なり眼疾のため, なりのみき, なり着実なる快楽, なり着替えをてつだう, なり着陸まではまず, なり睡眠中の子供, なり睨みすくめて, なり瞑目してる瞼, なり瞽巫女や歌占巫女, なり矛盾した事, なり矛盾ぬきの政治観, なりしよ, なり矢崎君の靈前, なり矢崎舎人が命ぜられ, なり矢嶽越す隧道, なり矢杉は自動車, なり矢田部さんの手, なり矢野清舵手は両手, なり知世子のほう, なり知人でで, なり知行召し上げ屋敷, なり知遇に讐, なり短くもなった, なり短剣を握った, なり短歌固有の細み, なり短篇としては満足, なり短銃なりドスなり, なり矯正も労働, なり石上の神宮, なり石地蔵のよう, なり石子刑事もいろ, なり石川安五郎は揚り屋, なり石木王という方, なり石楠や馬酔木, なり石段で庭, なり石油ランプも三分芯, なり石炭となり, なり石燈籠の近く, なり石田だけが彼女, なり石碑の下, なり石造の教会堂, なり石順にはその, なりを吹きつける, なり砂原の上, なり砂糖大根なり北欧産, なり砂走りの中, なり研究室みたいになった, なり研究的態度をもっ, なりへ引返す, なり砲兵は旅団, なり砲台は湾口, なり砲手らが隊伍, なり砲撃云々は全く, なり破れ目から水, なり破壊的なり社会運動, なり破局となる, なり破廉恥にさえなっ, なり破戒の罪, なり破綻する, なり破綻的となっ, なり硝子が花模様, なり硝子盤と睨めっこし, なり硫黄の臭, なり硫黄岳は今日, なり碑石はすでに, なりくな, なり碧瑠璃の海, なり碩学としての存在, なり確乎たる精神, なり確率誤差は二・六度, なり磊落にもなれ, なり磨きのかかっ, なりや灘, なり磯吉などひそか, なり磯部の邸, なりは地祇, なり礼儀なり或は, なり礼拝堂は防舎, なり礼節正しく人情, なり社交的になった, なり社会本能が退化, なり社会活動の一つ, なり社会状態は驚くべき, なり社会的エティケットも維持, なり社会秩序紊乱の動機, なり社会運動を妨害, なり社務所にて絵葉書, なり社員にも辞, なり社會主義を唱, なり社會生活は東洋, なり社會道義をもつ, なり社長さんとまちがえ, なり社長クラスや高等官クラス, なり社長兼主筆は燒, なり祈祷者はその, なり祖先以來の社會組織, なり祖先伝来の家屋敷, なり祖先神の祭り, なり祖母孫とつながる, なり祖父以來幕府の恩遇, なり祖父自身になり, なり祖神も源平, なり神々しいまでに霊的, なり神々しきこと比類多から, なり神中のこと, なり神代杉となっ, なり神像となり, なり神僧その家, なり神在す間は余, なり神妙に頭, なり神婚説話になる, なり神学に於, なり神山の頂き, なり神山守は改めて, なり神戸迄出かける, なり神戸東京間各駅に手配, なり神棚へなり, なり神様を自分, なり神武天皇がヤマト, なり神父の顔, なり神田お玉ヶ池に道場, なり神田川の河岸, なり神社に詣る, なり神祇省は教部省, なり神秘のベール, なり神秘性を増し, なり神経衰弱になり, なり神経質になり, なり神經過敏になつ, なり神罰が必ず, なり神近さんなりのこと, なり神通力をもつ, なり神霊何ぞ棄て, なり神鳴りが鳴り, なりはすべてそこ, なり祭祀は重, なり禁漁期を定めなけれ, なり禁裏さまも人, なりを辞退, なり禅尼となり, なり禍難來るべし, なりは生, なり福岡地方裁判所から熱海判事, なり福徳の神, なり福音信者となり, なり秀綱卿が波多, なり私たちのもやり, なり私たち三人なんだか互に親し, なり私たち二人を改めてきょろきょろ, なり私たち海の青年, なり私共は出た, なり私共二人つきり, なり私同様巣鴨獄中の人, なり私宅へも入魂, なり私情の悲, なり私慾は巧, なり私方を悪しく, なり私権を確定, なり私達三人は或, なり秋八月となった, なり秋収の時, なり秋季大興行, なり秋山先生で先ず, なり秋川の姓, なり秋風ぞ吹く, なりの次第, なり科人九助は早々, なり科学政策をやったなら, なり科学的にさえ, なり科学精神否定に至った, なり科学者として許すべからざる, なり科學文化の中, なり科白の一つ一つ, なり秘密の鍵, なり秘密話の一室, なり秩父浅間赤城日光の山々, なり移つてしまつ, なり移り乍ら何時までも能成立以前, なり移民局の食堂, なり稀有となり, なり稀薄は弛, なり松より, なり種子となっ, なり種田は二三軒夜学校, なり稲荷は店請, なり稲葉家などは揚り, なり稲葉山城の主君, なり稼ぎが低く, なり穀物と穀神, なりの揃つた麦畑, なり穂先ともなっ, なり穏やかに人間, なりの揃つた麥畑, なり多と, なり穢くなり従って, なり究竟は万古, なり空いっぱいに大きく, なり空しき名を, なり空中曲芸のできる, なり空咳も何時, なり空堀に続き越え, なり空氣が一層, なり空疎な言辞, なり空腹でもあった, なり空襲が恐ろしく, なりと走り出, なり突き殺して, なり突き当りは築地まがい, なり突っ立ったまま, なり突如とし, なりり二人, なり窃かに井中, なり窃盗からその他, なりとなれる, なり窮乏の時, なり窮尽あるべからず, なり窮屈さはいっそう, なりを自分, なり立ち怯れが, なり立ち木や草, なり立てのから三十歳前後, なり立川流教團は彈壓, なり立廻りに使っ, なり立木の皆, なり立脚俗情に墜ちざる, なり立身出世疑いなしじゃ, なりその中, なり竜介氏は喀血, なり竜女を後, なり竜宮の小, なり竜神はこれ, なり竜頭の御, なり章魚の足, なりの霊前, なり童謡風の副, なり端山となり, なり競技者を募つた, なり競馬へ行っ, なり竹中半兵衛や黒田如水軒, なり竹本なり歌沢, なり竹槍や蓆旗, なり笈摺貝摺などいう, なり笑い興じて, なり笑い声がうずまいた, なり笑ひとなつて, なり笑声せし方, なり笑左なりの立直したる, なりの笛, なり笠森仙太郎と美奈子, なり第三者からは我田引水, なりにはさまれ, なり笹原づたいに峯の方, なり笹子なりに兵, なり筆生となつ, なり筆者が同地, なりのごとき, なり等々といふうち十一時近く, なり等閑に触, なり筋肉まで弛緩, なり筋途立った思考, なり筋道が分り, なりはずっと, なり筑前の香椎, なり筑波山の低く, なり筑紫の國, なり箇人の感情, なり箇樣な事, なり箕面動物園はついに, なり算盤の算法, なりを捲く, なり管轄縣廳も群馬, なり箪笥の引き出し, なり箱入りの一本, なり箱根の御, なり節句前の事, なり節婦となり, なり節子は相良桂一郎, なり範囲が自由, なり篇末又かく, なり土なども, なり築地の記念上演, なり築地小劇場にゆく, なり築造に関係, なりつくばかりの, なり簑笠を言, なり簡素になり, なりになり, なりの一條, なりはあふれ出る, なり籠城組から先生はじめ私達二三人, なり籠絡家となる, なり米屋なりまた, なり粉屋では黄粉, なり粉末と化し, なり粕谷では田, なり生生産物, なり粗服に乗馬靴, なり粗末な食べ物, なり粗野になり, なり粘土ですつかり塗り, なり粮米を出し, なり精力のない, なり精密となる, なり精氣を失つて, なり精神病者として取扱い, なり精神錯乱を見る, なり精粗さまざまの外国銀貨一ドル, なり精細になれ, なり精進物の煮付け, なりの中, なり糢糊として踪跡すべ, なり糧食の欠乏, なり糸柳なりのよう, なり糸瓜のぬうつ, なり糺弾なさるの, なり紂王のため, なり紅く光り出した頬, なり紅屋は不審晴, なり紅樹青林見渡す森, なり紅毛碧眼のマドロス, なり紅白いろいろの変種, なり紅粉はあわれ, なり紅茶を三杯, なり紅葉が綺麗, なり紅葉胸中の成竹, なり紅蓮と名乗り専心念仏三昧, なりだけ黒く, なり紋右衛門と三弥ぼんやり, なり納得ずくで別れた, なり納戸へなり, なり紐育でも実験, なり純化せられて, なり紙型を澤山, なり紙屋の伯父, なり紛乱となっ, なり紛争は転, なり紛糾かり揚句, なり透しの, なり素より文字を以て, なり素晴らしい奇蹟を, なり素知らぬ風に, なり素絹となり, なり素肌へ馬, なり素質的に歌舞妓, なり紡績工となる, なり紡績工場の世話係, なり紫式部を作者, なり紫水晶末になる, なり紫紺の駱駝, なり紫色になった, なり累々たる白骨, なり細々と賃仕事, なり細い白い手が, なり細かいのが, なり細くもなるで, なり細く鋭く天を, なり細づくりの耳掻きかん, なり細川家もまた, なり細紐一本の長女さま, なり細菌物語も終りました, なり紳士というもの, なりなり萬筋どころ, なり終つた今の玉川, なり終つてやけ酒に酔ひ, なり終り現実の重圧, なり終ろうも知れぬ, なり終戦後日本新聞聯盟となり, なり終日この状態, なり終日佛間にい, なり終生涙を, なり絃妓らまでも衷心, なり組みに分れ, なり組合なりを組織, なり組合せの遊戲, なりもあり, なり経営の才, なり経済上の権利, なり経済学部教授会は, なり経済的人的に国際的援助, なり経費はいたずら, なり経験論はヒューム, なり結句で二たび, なり結句我手に育ちし, なり結婚當事者たる男女, なり結実もよい, なり結局一時の利益, なり結局事件を面倒, なり結局云ひ分, なり結局五ヶ村であったが, なり結局五百臺を製作, なり結局十一時になっ, なり結局口にすまじき, なり結局大分勝った, なり結局太陽が顔, なり結局彼女は表向き伯爵, なり結局我々を驅除, なり結局政府が泣き, なり結局案内記や話した, なり結局甚しく概念的, なり結局登録のない, なり結局素朴な原型, なり結局細君を王立協会, なり結局預りとなる, なり結滞するそれ, なり結象美の詩, なり結髪というもの, なり給はずや, なり給はんかた宜しからん, なり給はんものをなどいへり, なり給ふために海, なり給与は四十四, なり給料からの源泉課税差引き, なり給料四円か五円, なり給金はない, なり絨毯は水, なり統一も均斉, なり統一審理も不可能, なり統制の側, なり統制経済による不安, なり統御を失ひ, なり統計物理学の領域, なり絵本草双紙の類, なり絵画彫刻はもとより, なり絵画彫刻音楽に至る, なり絵筆を止めさせられる, なり絵葉書を買い, なり絶大の權威, なり絶対批判者となっ, なり絶対的尊貴なり, なり絶對的尊貴, なり絶景なり, なり絶望した若い, なり絶汽運転の利用, なり絶遠の國, なり絶頂へ着きし, なり絶食同樣, なり絹糸のやう, なりの小紋, なり經書から離れ, なり継続的に刊行, なり続々長崎へ, なり続行する事, なり維新後三十七年を経過, なり綱成の相, なりを脱, なり網代車や絲毛車, なり網棚にぶら, なり綺麗にもなり, なりを織っ, なり綾子は傍, なり綾麿は阿部川町, なり綿は特別, なり緊張感を新しく, なり緊急に, なり緋色は忽ち, なり試合にも, なり総ての情熱, なり総て想ふ所, なり総掛かりで退治, なり総監をはじめ, なり総立ち上る蚊, なり総統となった, なり総裁になった, なり総身を縫針, なり総身ガタガタふるえはじめる, なり総長なりに我々, なり緑色になる, なり緑雨は写実家, なりの切れた, なりなりが当時画家, なり線路の両側, なり線香と女, なり締めくくりをつけ, なり編纂者の中, なり編輯をやめる, なり編輯期日に迫り, なり編輯者となつ, なり編集局には山口孤劍, なりり保養, なりは練子寧, なり縁日や何, なり縁結びの集会, なり縁談をお, なり縁遠く見える, なり縁類の某, なり縄目の法師四人, なり縱令御貯, なり總てのものの基礎, なり總嫁なり勝手, なり繁く枝を, なり繁劇な新聞, なり繁茂するよう, なり繊細な黒レース, なり繊維になり, なり織田家からは妾腹, なり織部正の身, なり繪葉書を買, なりがほどけ, なり罪人に非, なり罪人男女は案外, なり罪作りを仕ました, なり罪茲にあり, なり置きざりにされ, なり置目をお, なり置目老媼という名, なりは法律上, なり署長はじめを現場, なり罵倒する材料, なり罵詈となり, なり罷業者の虐殺, なり羅紗や麻布, なり羅馬のホラチウス, なり羅馬字会の設立, なり羅馬日記に刻, なり羊歯や馴鹿苔, なり羊穀物の損害, なり美くしき春, なり美しすぎる顔, なり美佐子の方, なり美津子さんと一緒, なり美濃正伝寺の請, なり美男子に変じ, なり美的にもなる, なり美的生活から離れ, なり美術学校卒業後今日に及ん, なり美術研究が容易, なり美貌ならぬ婦人, なりを成し, なり群長遠山春樹の指揮, なり群雌牡なく山谷, なり羨しくて, なり羨ましいわ, なり義人政治行われこれぞ, なり義仲は討死, なり義元殿のお, なり義塾唯一の資産, なり義妹は殊, なり義捐金にもなれ, なり義時も又, なり義母の千代, なり義父上の敵, なり義盛鬱陶を含む, なり義経なり昔, なり義経袴に男山八幡, なり義重のむす, なり義雄等の列車, なり羸弱な生まれ, なり羽化登仙する思い, なり羽州三春に産せり, なり羽柴の姓, なり羽根布団を顎, なり羽織の下, なりははたと, なり翌々晩となる, なり翌年ケーニッヒスベルグ大学の生理学員外教授, なり翌年二十三歳のバッハ, なり翌年王立研究所の実験場, なり翌日いきの出来ない, なり翌日刻限を計り, なり翌日早朝王侍御に, なり翌月侍従兼務となっ, なり翌朝舟で船島, なり習慣的になる, なり習癖なりは今日, なり老婆の安, なり老子孔子孟子の徒, なり老爺は何, なり考えかたなり生活態度, なり考古学を専攻, なり考古学者となっ, なり而御兩人は氣樂, なり耕平はせ, なり耕耘の武器, なり耳内にも入り, なり耳朶の中, なり耳飾を盗ませた, なり耶教は近く, なり耶蘇の穉子, なり聖なる栄光を, なり聖ドゥニ聖ジュヌヴィエヴなどの時代, なり聖ピエートロの後繼者, なり聖地のごとき, なり聖域に至る, なり聖天子万機の朝政, なり聖徳太子は蘇我氏, なり聖武天皇の頃, なり聞人といふもの, なり聞人達の引付, なりとなり, なり聯絡が完成, なり聴手なりに与, なり職人仲間の情愛, なり職員がそれぞれ年齢, なり職工場の職人, なり肉付なりがどうしても, なり肉体的生活のこと, なり肉情よりし, なり肉置も十分, なり肉附も血色, なりのぬく, なりに顔, なり肝胆を砕い, なりでも首, なり肥料ともなるべき, なり肥満し若返って, なり肥馬に跨る, なり肩幅が張っ, なり肱枕をし, なり肺臓は発達, なり胃腑まで赤く, なり胃腸の作用, なり胆吹山に綿雲, なり背なかにある, なり背後が明るく, なり背面となり, なり胎龍と空闥, なり胡散気に, なり胡桃隆起が一層, なり胡説誤れり, なり胡麻化さんには余り, なり胸苦しくなつたので, なり能弁家になりました, なり脂肪の乗った, なり脆弱なる地皮, なり脇の下に冷いもの, なり脇差を差し, なり脇息に肘, なりの数, なり脈鈴と申す, なり脊中がづきづき痛んだ, なり脚絆の足, なり脣もとが締まっ, なり殼に, なり脱殻になっ, なり脱線して, なり脳病は全く, なり腕前は褒められる, なり腕組した片手, なり腕組みをすれ, なり及び各, なり腰掛には空き, なり腰紐に化ける, なり腹ペコの状態, なり腹胸肩とみるみる, なり腹這ひにな, なり腹部からは内臓, なり膃肭獣の言葉, なりが流れ, なりが片一方, なり臆病なり, なりとなる, なり臣民全體, なりってばかりおり, なり臨時の客, なり自らその間に道, なり自ら公民権を放棄, なり自ら其処に他, なり自ら品位も立ち, なり自ら死し自ら, なり自他共に引つ, なり自作人となる, なり自供がある, なり自分たちは失業, なり自分みずからその心境, なり自分一人では, なり自分独り孤独を楽しむ, なり自分等が若かっ, なり自分達芸術座のマーラヤ・スチェナー, なり自分金があったら, なり自動詞と他動詞, なり自在になつ, なり自堕落になり, なり自家創造の船, なり自尊心を傷つけない, なり自己嫌悪の気持ち, なり自己完成の目的, なり自己尊大の念, なり自己性と他者性, なり自己沈潜のため, なり自己矛盾に陥, なり自己陶酔に過ぎず, なり自己陶酔的に陥り, なり自意識過多に落ち込ん, なり自我にでなし, なり自棄じみた荒々し, なり自治団体なりにた, なり自炊生活を営みし, なり自然それを口, なり自然主義の隆盛, なり自然利害得失の考究, なり自然家中の女, なり自然崇拝となる, なり自然消滅の形, なり自然淘汰説も実際, なり自然等閑て波傷風, なり自然自分を白眼視, なり自然諷詠の傾向, なり自然足は遊び, なり自由主義になり, なり自由主義者は民主主義者, なり自由党は二百七十名院内絶対過半数, なり自由律の歌, なり自由神学派となり, なり自由競争の盛ん, なり自由結婚となり, なり自由自在に働きます, なり自習する暇, なり自説の感想, なり自身戌年というところ, なり自邸へつれもどす, なり臭素の刺戟, なり至って不安定な, なり至尊たりとも, なり至当のお礼, なり致斎三日の間, なり致死の請願本書, なり臼蜂卵等の共犯, なり舅嫁嫂義弟とつながる, なり之助, なりに入っ, なり興味をもつ, なり興行師も一方, なり興隆せしむべきす, なり舊主へ義理, なり舎人は郡領, なり舗道の上, なり躍と, なり舞台監督をやる, なり舞台監督畑中蓼坡氏の決定的功績, なり舞台美術の研究, なり舞臺に出, なり舞踏なりをその, なり舞踏室が荒廃, なり舞車に変化, なり舟旅の緩慢, なり航空地図を壁一面, なりを颯と, なり舵器には馬尾藻, なり船べりから波, なり船中の空気, なり船乗りへの憎しみ, なり船人纜を増す, なり船員が声, なり船岡どのは手, なり船柁干さずして, なり船酔いを口実, なり船長となり, なり船頭の爺さん夫婦, なり艇内の空気, なりとなつ, なり艫部に乘つた五十六人, なり良いものでなく, なり良き案内者と, なり良将無かるべからずと, なり良製の菓子, なり色合いに富ん, なり色男が女, なり色艶がまして, なり色調が多彩, なりのない, なり艶つやと健康, なり艶麗で華々しく, なり芋ヶ瀬の荘司, なり芋銭の人間味, なり芙蓉や萩, なり芝琴平町に来り, なり芝生となり, なり芝翫とあらためた, なり芥川あはれに思ひ, なり芥川龍之介になり, なり芬華の奥, なりのぬけた, なり花世は十五, なり花井氏の長男節雄君, なり花婿となった, なり花子は身, なり花柳遊びのお, なり花瓶に挿したる, なり花袋好みの自然主義, なり花見なり音楽舞踏, なり芳さま其お心, なり芳之助はそれ, なり芳香あり愛すべしと, なり芸事ばかりを熱心, なり芸者連名帳にれいれいと, なり芸術上でなすべき, なり芸術動機から出発, なり芸術家となり, なり芸術家達の情熱, なり芸術批評は専ら, なり芸術独特のほり下げ, なり芸術生活なりというもの, なり芸術的には演劇, なりとなつ, なり芽出度く本領安堵, なりの水, なりよりし, なり苗代が出来る, なり苛苛し, なり苛酷な太陽, なり苟くも相続者なくんば, なり苟も己れ, なり若い美しい妻に, なり若き主良経, なり若しくは神以上の, なり若し直ちに比量の, なり若宮を愛する, なり若年寄より直接言上, なり若手経済学者として世, なり若旦那にも存じ寄り, なり若様を殺し, なり若気の一図, なりとなる, なり苦しそうに, なり苦んでゐたらしい, なり苦勞されて, なり苦学して, なり苦悩は人, なり苦笑しました, なり苦行によつて, なりはセルカーク, なり英国王の許可, なり英明の人, なり英米伊露等の各国, なりのひと, なり茂太郎が西, なり茂木氏は中島信行夫人, なり茂次の後見, なり茄子なりその, なり茅蜩の声, なり茅野百記はその, なり茎がくねつて行く, なり茨木屋の佐倉宗五郎気取り, なり茫漠とした, なり茶の湯は全く, なり茶人の帽子, なり茶室からの早春, なり茶漬けが食べたくなる, なり草の根を分け, なり草山が見え, なり草木発生し水泉迸出, なり草紙洗いまして, なり草色となり, なり草茫々たる山, なり草鞋を脱ぎ, なり草鞋虫は翼鰓虫, なり荒いつくりで, なり荒くなり又, なり荒くれた自然, なり荒削りなりの柱, なり荒川左岸の丘陵, なり荒筵のうえ, なり荒魂は悪, なり荘園内に善意, なり荷風君初め木曜會員に送られ, なり荷馬車は緩く, なりとした, なりをプカプカ, なり莫大な死傷者, なり菅原道真というよう, なりを見た, なり菊千代の身辺, なり菊塢は奥州, なり菊枝の日常, なり菊水となった, なりも栽培, なり菜園となっ, なり華やかになり見違え, なり華厳をたずねる, なり華道となる, なり菱川は辻新次さん, なり菱形にも円く, なり萎縮しやすき, なりの初, なり萩桔梗すすき女郎花の類, なりは母, なり萬機に當, なり萬物の眞, なり萬筋どころの單衣, なりが一面, なり萱門を押破つて散々, なり落ちつきがなく, なり落付き仕事に向い, なり落伍する者, なり落合芳幾となり, なり落成の時, なり落潮となる, なり落着きを失ふ, なり落胤として所領, なり落膽して, なり落葉樹林になる, なり著書の発売, なり著物なりについてゐる, なり著者は四百ポンド, なり著者等が此, なり著述の責任, なり著述講談に従事, なり葛城の曽都彦, なり葛西川橋の下, なり葡萄の園, なりの間, なり葦村つづき舟, なりひの, なりなぞは四五本, なりはその, なり葷酒を帯びた, なり蒐め切れなくなる, なり蒭狗となつ, なり蒲公英となり, なり蒲公英云々の戯句, なり蒲団が舟, なり蒸気となり, なり黒くも, なり蒼然となり, なり蒼空に消え去る, なり蓄積がこう, なり蓄財も出来, なり蓬生の案内, なりの花風間, なり蓮花蕾を破り, なり蓼科山となり, なり蔑み除けるなりとにかく, なり蔦かづらの環, なりの中, なり蔵書を売り, なり蔵王堂へ御, なり蕎麦そのものの味, なり蕎麦麪を味わう, なりの内部, なり眼を, なり薄命の歎声, なり薄暗き町の, なり薄気味が悪い, なり薄色の山桜, なり薄茶は薄茶, なり薄野からの歸, なり薔薇のこの, なり薔薇色がかつ, なり薨去したが, なり薫中将が自身, なり薬局の小僧, なり薬屋にヒロポン, なり藁屋根の家, なり藍色になり, なり藝名を隱, なり藤川鴨八郎門人赤石郡司兵衛が弟子団野, なり藤次郎が東雲, なり藤田小四郎もその, なりも澤山服め, なり藩政の中軸, なり藪柑子のあ, なりを生じ, なりの生い茂った, なり蘆屋に帰る, なり蘆田の宿, なり蘆荻に添い, なり蘆辺浦の風景, なり蘇我入鹿が手, なり蘇枋の花房, なりは最上, なりりては, なり處分をしなけれ, なり處處聞きとれなくなる女, なり虚偽に反発, なり虚弱そうで無, なり虚栄の渇仰, なり虚栄心がこぶ, なり虚無的な気持ち, なり虧げる月, なり虫喰ひ算, なり虹梁となり, なり蚊帳にさす, なり蚊虻ともなっ, なり蚕棚へ長く, なり蚕飼村へ行った, なり蛆虫を肉, なり蛍草の花, なりのうた, なりを征, なり蜂矢探偵が勝った, なり蜂須賀侯のよう, なり蜂須賀家の申しひらき, なり蜜柑山の家, なり蝋燭の火, なり蝋石盤をかかえ, なり蝙蝠傘を差した, なり蝦夷なりについて十分, なりばっかり虐めるらしい, なり蝶吉の母, なり螂蛆喜んで, なりずるとき, なり融通も利きました, なりのつぶやく, なりも平氏, なり蟹シャボの花, なり蟻田博士の秘密室, なりよけにハンカチ, なり蠣船は貸, なり血の気もその, なり血書を書く, なり血槍を揮っ, なり血氣さかんに食慾, なり血液の循環, なり血眼の利権屋, なり血管を注, なり血色もよく, なり血行が靈妙, なり衆人の面前, なり衆理想皆非なり, なり衆生済度の誓, なり衆議院議員なりはた, なり行きずりに相, なり行き止まりの支脈, なり行くことで, なり行く先の平野, なり行く行くは軍用, なり行つてもらひたいと, なり行つて復そこで稼ぐ, なり行つて畑の中, なり行事なりにおいては東北地方特有, なり行事町の年寄行事, なり行商人が金貸し, なり行手に森林, なり行政の目的, なり行方不明になる, なり行末めでたかるべき, なり行為の自由, なり行状なりが各自, なり行脚をし, なり行路の人, なり街燈がキラキラ, なり衛門督もお, なり衝突をし, なりにおけるの領, なり衣食のため, なり表付だけセメントづくり, なり表門の方, なり衰えはて, なり衰弱して, なり衲衣の衣文, なり袈裟一枚大の地, なり袋戸の上, なり袋物と化け, なり綿を, なり被告たちは全部日, なり被告人はまっすぐ, なり被告席のランドリュ, なりに着替え, なり裁判を苦しめ, なり裁判官も警察官, なり裁判所も設け, なり裂け目はいっそう, なり裏切者の首, なり裏口営業などといふこの, なり裏梯子から標本室, なり裏面に文字, なり裙模様を着けた, なり補助満員なり, なり補助物なり人間, なり補助者となっ, なり裟竭難陀等十六竜王, なりの絲, なり裸體になつ, なり製本屋に積上げられ, なり裾野より近く不二, なりをしめ, なり襖絵は感服, なり襟元から風, なり襤褸にくるまった, なり襦袢の襟, なり襯衣も茶色く, なりをかけし, なり西のは汚, なり西丸に住居, なり西丸老中となり, なり西園寺内閣の運命, なり西土にいふ, なり西室公瑜と称した, なり西洋では個人, なり西洋学者中にヤソ教, なり西洋思想を輸入, なり西洋料理は金, なり西洋莨や香水, なり西洋館が舟, なり西海に日, なり西湖の名, なり西郷は参謀, なり西鶴一流の浮世好色小説, なり要害にもなる, なり要心金は持つ, なり遁し, なり見かけより充実, なり見せ場になる, なり見た目を偽っ, なり見よ某牧師, なり見よ見よ彼は, なり見劣りするの, なり見巧者訳知りとなった, なり見張りのもの, なり見当違いな誤解, なり見本にテスト盤, なり見物席を眺め渡し, なり見舞いに集まる, なり見込みのある, なり見返りもせず, なり規則無き也, なり規則正しく寢起き, なり規範概念が題目, なり視力が衰, なり視線を反, なり視覚のほど, なり覗きの前, なりう帆村, なり覚えず戚を, なり覚信尼の孫, なり覚心坊のやぐらにからみつき, なり覚束なくて, なり親がわりのよう, なり親切に指導, なり親切そうになり, なり親子夫婦朋友師弟兄弟となった, なり親子強盗となっ, なり親子涙の乾く, なり親孝行のため, なり親戚をもっ, なり親房も薨去, なり親方の竹松, なり親方夫婦を親, なり親爺が隣家, なり親身の者, なり親類知己の娘さんたち, なり親類總代の猿, なり古美術会, なり観察の行き届い, なり観念の色, なり観潮楼の本棚, なり観者をし, なり覺束なしや, なり角力などを取っ, なり角理学士と戸田, なりかること, なり解剖学者のヒス教授, なり解放されたよう, なり解決すべき性質, なり解脱となる, なり解釈する人, なり触覚は魯鈍, なり言の葉は波起り波, なり言わば科学者という, なり言下に非, なり言分有りやと云, なり言文一致に近づい, なり言語なりが違っ, なり言語応対の風采, なり言論の自由, なり言論文章で新, なり畫の, なり記念碑がなげる, なり記憶力が乏しく, なり記紀に地上, なり記録を説い, なりがまざっ, なり訪問用紙に名前, なり設備が良く, なり許鄭の學, なり診察を受け, なり診断書を於, なり証文を棒, なり詐術なり, なり評議が熟する, なり詞章に高く, なり詠唱となった, なり詠嘆の率直鋭利, なり試行錯誤的の行動, なり詩人リヒテルとともに天, なり詩人哲学者の為す, なり詩人墨客来る可, なり詩人的の識認, なり詩化すれば, なり詩家も亦, なり詩歌的になり, なり詮議の結果, なり話そのものまで眉, なり話相手になりし, なり該坑は産額, なり認識で乱作, なり認識能力として位置, なり誓つて之を断たん, なり誓詞に伴う, なりとなる, なり語頭の, なりの商い, なり誠実なる快楽, なり誠実愚直に立ち働く, なり誠意を示す, なり誤解を招き, なりの当, なり説教も官許, なり説話となる, なり読本なり現代一種, なり課役のかからぬ, なり調度なり仲, なり調査隊の捜査, なり談洲楼焉馬が判者, なり談話の相手, なり談論に花, なり請負人は使用人, なり諏訪文碌斎竹則と名乗る, なり諏訪町駒形一円を黒烟, なりなり, なり論理学となった, なり論理的な有, なり諦らめいい加減の, なり諦觀なりがもたれる, なり諫諍するもの, なり諸々の物, なり諸事以前のよう, なり諸人昼夜の別, なり諸君幸に同志, なり諸国一見の旅僧, なり諸多の動物, なり諸子願くは, なり諸戸は私, なり諸王の入京, なり諸種の儀式, なりふ所, なりの掛け, なり謙信にとって始末, なり謙譲や調和, なり謙遜にもなっ, なり講壇に立つた, なり講義や輪講等, なり講談社はあの, なり謹慎の意, なり謹慎日になった, なり警吏と爭, なり警報が朝, なり警察司法部は俄然, なり警察裁判所刑務所などを必要, なり警視総監の笑遁, なり譬喩としての効果, なり譬喩的な誓, なり譴責をする, なり護岸修理もあと一日, なり讀者諸君それいづれをか, なりと恩, なり谷中三崎町に茶店, なり谷口が立つ, なり谷崎の八畳, なり谷崎潤一郎の前, なり谷陰なり男, なり谿となる, なり豆ランプを持った, なり豆腐ぐらゐの肴でわびた, なり豆腐以外には一切箸, なり豊世なりだ, なり豊多摩刑務所に拘置, なり豊富になり, なり豊臣の姓, なり豊臣姓を創てた, なり豐富になる, なりの様, なりをば船, なり象徴となるべき, なり象牙棕櫚と白檀, なり象皮を披, なり豪傑どもが三々五々, なり豪商となり, なり豪極にきこえた, なり豪逸雄壮なる詩句, なり豫め多少は, なり豫算を組み, なり豫約の形, なり貝淵流の棒使い海蘊, なり貞享三年閏三月八日を以て寂し, なり貞盛が意図, なり財寶の慾, なり財布の軽い, なり財政の基礎薄弱, なり財産というもの, なり財界の資本, なり財閥の成員, なり貧しさをも, なり貧しきものよ, なり貧乏教会の牧師, なり貧富の懸隔, なり貧富智愚により, なり貧苦の問題, なり販売主任となるべきであっ, なり貪欲と非, なり貫太と一緒, なり貫禄将棋を指す, なり責任感のよう, なり貰いに来る, なり貴下は救国, なり貴君の恋歌, なり貴族の社会一変, なり貴族院議員となっ, なり貴様たちの知った, なり貴殿は三千石, なり貴重なる絵画, なりふもの, なり買い手がそば, なり買つて來て何處, なり貸金の回収手段, なり費用が多く, なり費用古に十倍せり, なり貿易を禁ずれ, なり貿易のでは, なり賀茂氏の宗, なり資朝俊基の公卿, なり資本の負担, なり資本主義から社会主義, なり賊軍視されては, なり賛成の意, なり賠償となるべき, なり賠償者となり, なり賠償金三億円を得, なり賢二少年はしばらく, なり賤民の子, なり質料が形相, なり質朴を旨, なり質量の考え, なりを引受ける, なり賭博兇状と強迫兇状, なり贅沢を警告, なり贔屓の人々, なり赤さんが出来ましたら, なり赤ちゃんぐらいの大き, なり赤ん坊を大した, なり赤井さんの感情, なり赤坂から家, なり赤坂辺までその, なり赤塚家を繼, なり赤川大膳と稱, なり赤彦君の状態, なり赤染時用という検非違使, なり赤格子めと張り合っ, なり赤瀬の大将, なり赤瀬さんは全く, なり赤珠の如く, なり赤面恐怖症の如き, なり赤面逆上的混乱苦痛とともに誤謬, なり赤黒く何かの, なり赭色の岩盤, なり走りものずきに, なり走り使いをし, なり起きぬけに仕度, なり起居振舞は名古屋人, なり起重機となり, なり自然力を, なり超脱は包容, なり超越的なるもの, なり越中へなり, なり越前守殿は文右衞門, なり越前守殿高らかに刑罰, なり越後の高田, なり趙州の如く, なり趙雲は日, なりのある, なり足利将軍の廃立, なり足利尊氏を扶, なり足利氏の末世, なり足早にゆき交う, なり足業をつくし, なり足漾ひ魂, なり足軽の家, なり足音をぬすん, なり足首を手, なり趺坐なして, なり跛行をひい, なりてて一本, なり跣足では一歩, なり路ばたに, なり路上の浮塵, なり路地を隔て, なり路用も遣い, なり路程は僅, なり踊り児は先生, なり踊り手は畳, なり踊子の腰, なり踏絵の法, なりえて, なりの赤ぎれ, なりの塵, なり蹌踉としてなお, なり蹴鞠和歌の諸, なりとなった, なり躍動する雀, なり身がらは土肥次郎, なり身心の穢れ, なり身心ともに健, なり身心機能の自, なり身振りなりを受けず, なり身方の軍勢, なり身柄を吉長, なり身近かな人, なり躯つきも逞しく, なり車上の人, なり車体がひどく, なり車内は騒然, なり車券全部払い戻すこと, なり車坂のほう, なり車夫や専門, なり車庫の位置, なり車輪の中心, なり車馬に乗る, なり軍事顧問官となった, なり軍人や兵隊, なり軍司令官兼民政奉行となっ, なり軍御用の作家, なり軍情報部と情報局, なり軍艦奉行陸軍総裁を経, なり軍部および軍人, なり軍醫の前, なり軍陣の時, なり軍需産業に動員, なり軒さきに突きでた, なり軟らかい寝息, なり転地療養をする, なり転宅と見せかけ, なり転寝ぞする, なり転落するの, なり矢と, なり軽い鼾さえ, なり軽い白い驟雨が, なり軽くなった, なり軽率な急進的外形, なり軽薄ともなる, なり軽躁なり漫, なり輕井澤には堂助, なり輕重がある, なり輝かしい天皇親政の, なり輝方英朋年恒年英となり, なりとなり, なり輪廓ばかりの原画, なりじて, なり轟々と響く, なり辛くも主将曹休に, なり辛辣になっ, なり辜鴻銘を見る, なり辞職したさ, なり辭退せず其中, なり辯證法は再び, なり辰砂は朱砂, なりになり, なり農夫となっ, なり農夫商人の女, なり農学校へ出かけ, なり農家の一つ一つ, なり農村自体の, なり農業上の改良, なり農業指導が出来る, なり農業生活をする, なり農民以外の百姓, なりなりに棄, なり辻川に帰った, なり辻斬りの話, なり迂遠になり, なり此点は, なり近々専門校に, なり近々と腰かけては, なり近くなるみの浜千鳥, なり近く都へ出, なり近世の日本, なり近年に及ん, なり近所合壁のやから, なり近日中に東北, なり近日勢揃い仕りますれば, なり近来日向に, なり近東の方, なり近松の級三十人, なり近江殿御に伊勢子正直, なり近状なりを雑談, なり近県からの見物目あて, なり近衛前久, なり近衛公は現に, なり近衛内閣はそれ, なり近衛通から電車, なり近辺の水, なり近郊ロケで杉並木, なり返しとなっ, なり返事をしなかった, なりも活き, なり迦羅奢も, なり述而子罕, なりひ乍ら, なり迷い乍ら従いて, なり追って禄高等の, なり追従となっ, なり追放令は酒宴, なり追究されること, なり追跡者は被, なり退位した皇帝一族, なり退官後は満, なり退官後貴族院議員に勅選, なり退校の際, なり退潮になる, なり退職金を半分, なり退院も間ぢ, なり送別の夜会, なり送電の故障, なり逃道を見, なり逆境が順境, なり逍遙院前内府, なり透明となり, なり透明体と化し, なり逐次正面の, なり逓信省は之, なり途上でお, なり途中半分に減じ, なり逕庭が存する, なり通しでね, なり通つて居る, なり通りお金を渡し, なり通りさくらんぼを一つ宛鄭寧, なり通りすがりの同胞, なり通り二つ購はされた, なり通り夜の自習時間, なり通人となっ, なり通俗小説の表現, なり通信や運輸, なり通夜物語の丁山, なり通常の運動, なり通常長期戦争となる, なり通弁官となりつる, なり通行人の大概, なり通親の土御門邸, なり通訳として部隊, なり逞しい情欲の, なり逞しく美しいのだ, なり速い足どりで, なり速い速いと驚いた, なり速力をもつ, なり速度のある, なりたいとは, なり逢引きがばれて, なり連尺商いという言葉, なり連絡がつかなく, なり連翹も遠方, なり進らせよと, なり進行係のほう, なり逸子を妻, なりれ得ず爾時岩間, なり遂にほとんど救いがたい, なり遅延し始めた, なり遊び相手ともなった, なり遊び道具をそこ, なり遊廓へ這入る, なり遊戯に堕し, なり遊撃隊がくやし, なり遊星らしく瞬き, なり遊魂は変, なりよくと, なり運動場のまん中, なりぎてそんなこともありさうぢやないか, なり過不及なき人, なり過去の生命, なり過去七年間この問題, なり過度に自分, なり過程的なる生成, なり過食はその, なり道ぞいに石, なり道ばたの草, なり道べりの倉庫, なり道中の或, なり道中衣裳の費用, なり道之進の姿, なり道人様をお, なり道具オンチになる, なり道具方が芝居, なり道化仮面はくみしかれた, なり道化者は体育家, なり道士が住まず, なり道夫の方, なり道得となる, なり道徳上より見たる, なり道徳生活の事実, なり道徳的意味をもつ, なり道理の視察, なり道義も作興, なり道行も可, なり道誉のこころざし, なり道路通ふもの, なり道鏡も始め, なり道鏡自身為に始め, なり道風に至つて, なり達人となり, なり違つた場所でなり, なり遞信省は之, なり遠からずして, なり遠く高く風の, なり遠山は波濤, なり遠慮はなし, なり遠慮がちながらも話される, なり遠慮なく清三の, なり遠方此方の風景, なり遠方配達にはじつに, なり遠洋航海も済ませ, なり遠矢幸造がうる, なり遠近は世界, なり遥かに遠く, なり遥か下の方, なり遷化されたので, なり遷都が容易, なり選抜きでないと, なり遺憾だ, なり遺言放送を決行, なり避寒地なりを拵え, なり避来矢の鎧, なり還って居た, なり邦国統治の権国会, なりな未来, なり邪悪な方面, なり邪気なく噪, なり邪魔な建物, なりを追, なり邸内を見せ, なり邸宅と舞台, なり郊外へ戻, なり郡太夫聞て大, なり郡奉行の支配, なり郡山に六時, なり郡村吏も人, なり部下となっ, なり部屋ぜんたいはぼんやり, なり部數も増大, なり部落を異に, なり部落民なりに了解, なり郵便が電報, なり郷党二つに分かれ, なり郷土史を読む, なり郷民に敬神, なり郷里を捨て, なり都々逸端唄謡曲仮声片, なり都人はそれ, なり都会工場の労働者, なり都合次第で性質, なり都市が發達, なり都會に住む, なり都鄙の人々, なり酌婦と一, なり配偶となつ, なり酒一樽が私, なり酒場のマダム, なり酒席の一興, なり酒楼で唄う, なり酒気をおび, なり酒焼酎するめ, なり酒燒けに燒けた奎吾, なり酒田に, なり酒肴の膳, なり酒類の販売, なり酔ひしれて, なり酔ッ払いよりもオシャベリ, なり酔客の所望, なり酔態に託し, なり酩酊して, なり酸素に異なる, なりむれば, なり醜い男子の, なり醤油もまじっ, なり醤油屋の番頭, なり醫術にしろ, なり釈放されるの, なり釈明となり, なりから農業, なり里子の配給, なり里見十左衛門のかん高く, なり里長に命じ, なり重い圧力の, なり重く見られて, なり重く暗くなりそうして, なり重三郎は出入り, なり重井葉石新井稲垣の諸氏, なり重吉は呻いた, なり重大なもの, なり重役の気受け, なり重成法師は己, なり重職のあいだ, なり重蔵の忠死空, なり重語なり, なり重量の有る, なり野人のよう, なり野卑になり, なり野原はまるで, なり野呂も自発的, なり野営とジョン, なり野山が紅葉, なり野崎小唄となり, なり野望的の高名心, なり野本くんは顔, なり野沢屋が大きく, なり野獣においては獰猛, なり野球をし, なり野萩の咲く, なり野蛮や貧乏, なり野蛮時代に比すれ, なり野辺地の本町, なり野鼠の将, なり量感となっ, なり金一封となった, なり金之助の病気, なり金井はどうやら, なり金元となった, なり金切声のふるえ, なり金剛山となった, なり金吾老人と金太郎君, なり金子男の肝入り, なり金属のもの, なり金座の後藤, なり金持の未亡人, なり金木犀の花, なり金杉からこの, なり金森家は領地, なり金沢に謫, なり金沢町自慢の, なり金箔の剥げた, なり金糸雀も, なり金色の半円, なり金融の仕事, なり金融界もそれ, なり金貨と銀貨, なり金銀用度も皆兄, なり金銭の力, なり金鎖となり, なり金高にする, なり金髪には灰色, なり金魚鉢のそば, なり金鵄勲章をもらった, なり針小なること, なり針葉樹の目立つ, なり針金なりが磁石, なり釣りを中止, なり釣人仲間でも鮎, なり釣客を案内, なり釣師になりたい, なり釣瓶打ちにもされる, なり釣竿を腕, なりの音, なり鉄板でも張った, なり鉄格子の中, なり鉄槌はスルリ, なり鉄橋にかわっ, なり鉄筋建築の国家, なり鉄銭を鋳り, なりとなる如く, なりもかたづけられ, なりの手, なり鉱山を下り, なり銀五郎の最期, なり銀燭は輝き, なり銀耳となる, なり銃剣を振りまわし, なり銃器となっ, なりとなり, なり銅牌やら銀牌, なり銘々が社会人, なりの値打, なり銭形平次を何百, なり鋤鍬となり, なり鋪床に刻みたる, なり鋭き青銅に, なりとなる, なり錠前をこじあけ, なり錦橋本に従, なり錫鉱山の経営者, なり錯綜した事情, なりと鍔, なり鎌倉口まで先陣, なり鎌倉幕府の全盛時代, なり鎌倉殿より仰, なりとなっ, なり鎖鑰基線作戦線等はこの, なりなり乃至, なり鎮守府将軍になりし, なり鎮魂術は成立, なり鏡台の引出し, なりとなる, なり鐵マンガン長石等々いろ, なり鐵橋のやう, なり鐵道の枕木敷設, なり鑛山には東京, なり鑵詰めにあきた, なり細くなりし, なり長々と昔話, なり長い広い廊下には, なり長井を殺し, なり長兵衞殿先一通り聞て下され, なり長坂奥山も寄っ, なり長大な枚数, なり長女の雪子, なり長女アサも十八歳, なり長安に往く, なり長屋の者共, なり長山遙に連, なり長州の使者, なり長庵が惡事, なり長松某証人, なり長棒の駕籠, なり長江の波音, なり長火鉢の前, なり長田さんへゆく, なり長白の山貨, なり長老教会は野望人士, なり長良川博士をののしる, なり長襦袢一枚になっ, なり長谷川は手酌, なり門内に降り, なり門前の田, なり閉口して, なり開墾せんにも二三尺, なり開帳の人気, なり開店はたしか, なり開成学校が大学南校医学校, なり開明社会の宗教, なり開裂して, なり開門あるべしと, なり開闢以来記録に存, なりな時間, なり閑日月を送る, なり閑院宮寛子女王殿下が小田原, なり間もなくきっぱりと別れ, なり間人の境, なり間借りをする, なり関ヶ原なり, なり関中呼んで, なり関屋の桜, なり関東あたりから急速, なり関白となるべし, なり関白家の罪, なり関西在住の探偵小説作家, なり関門を通り抜ける, なり闊葉樹は良質, なり闕乏の時分, なり闘争力ともなった, なり阪地の名, なり防戦したい旨, なり阿修羅となつ, なり阿倍比羅夫をし, なり阿古屋扇を折っ, なり阿弥陀街道から笹子, なり阿房陀羅経となっ, なり阿波へ探索, なり添いの, なり附添夫だけで, なり附近一帯の住民, なり降りとなれ, なり限りもない, なり限定される, なりのほう, なり院主余に徴, なり院長の方, なり陣所戦場なり軍, なり除虫菊なりを植えよう, なり陰口の種, なり陰性となっ, なり陰森として眠, なり陰謀事件の関係者中行方不明, なり陰険な悪党, なりは寧波, なり陳暉平安馬溥徐真等の上, なり陳農に命じ, なり陶器骨董の触覚, なり陸上でなりで, なり陸地をはなれる, なり陸軍の嘱托教師, なり陸軍戸山学校はこの, なり陸道もて奔走, なり険しい影を, なり陽電子の発見, なり隅田川は機械油, なり隊伍次第に乱れる, なり階上は展覧会, なり階子段を駈けあがった, なり階級本能が退化, なり階調なりがその, なり随つて何事を為る, なり随つて厭味に感ずる, なり随ッて学業, なり随意婢使となり, なり随所に行手, なり随輦の臣下, なり隔てのない, なり隔りのある, なり際限あること, なり障子の内, なり隠しだて式となる, なり隠れん坊の子供みたい, なり隠密として此俺, なり隠居とともに天空快闊, なり隣人社の諸君, なり隣国に破らるる, なり隣接地方の娘, なり隣村からわざわざ, なり隣翁が何, なり隧道となり, なり隨つて沖合では高, なり隨分お處刑臺, なり隨分心付けつかは, なり隨分苦勞をした, なり隨員なども澤山任選, なりれたるもの, なりして, なり雀右衛門は厩橋城, なり雀斑ができ, なり雀海中に入っ, なりがね, なりの来る, なりも頌, なり雅歌のご, なり集りて富, なり集中されて, なり集会が自由, なり雌雄を決する, なりの歌, なり雑作となる, なり雑俳楊弓藤八拳からお茶, なり雑曲ながら関西, なり雑木雑草が茂っ, なり雑誌になっ, なり雑談となり, なり雙魚天涯に煌めき, なり雛祭りなりにはなはだ, なり雜草あまたしげり, なり雜類は亦, なりるるは, なり離れがあい, なり離ればなれに結婚, なり難ければ今明日, なり難波或は西京, なり難癖をつけ, なり雨宿りの客, なり雨月物語になりした, なり雨脚も消え, なり雨蕭々として孤影蓼, なり雨雪霰雹に霙, なり雪だるまのできる, なり雪やけした頬, なり雪三が徃昔, なり雪渓の間近, なり雪駄直しの仲間, なり雰囲気となり, なり雲ひとつない青空, なり雲助とかの肩, なり雲粒結合の理論, なり雲霧で遠望, なり雲龍寺の有志たち, なりる, なり零時が過ぎれ, なり零細な日給, なり零落して, なり雷音洞主が言, なり電光を見る, なり電報をお, なり電気冷蔵庫やスクーター持ち, なり電気治療なりと, なり電気燈が晃, なり電灯を消し, なり電燈消しに来し, なり電球は水, なり電車線路を隔てた, なり電車賃は八銭, なり震動はいよいよ, なり霊交術にまで熱中, なり霊魂はその, なりがおり, なりに落ち, なり霧ヶ峰となり, なり霧粒の大き, なり露伴先生はその, なり露助を捕虜, なり露台の外, なり露国や米国, なり露色に出, なりの底, なり靄然たる君子, なり青侍二人を召し, なり青味が消え, なり青年これによりてすでに, なり青年達をそれ, なり青春の血, なり青春二十一なお空しく, なり青木が船団, なり青森県では現に, なり青楓氏と河田博士, なり青江市之丞, なり青玉其は水江, なり青畳を敷いた, なり青白な顔色, なり青眉になっ, なり青篠密生す, なり青袍をまとった, なり青赤青赤とめまぐるしく, なり青雲に飛翔, なり青黒く繁った葉っぱ, なりなるは, なり静子は夫, なり静止して, なり静穏なる哉, なり静粛にきわめて, なり静脈が動脈, なりかな空氣, なり靜岡の弟, なり靜智は死滅, なり非人三党の輩, なり非人等を取締, なり面倒を掛けた, なり面倒臭そうな, なり面影は宿っ, なり面白おかしくその, なり面白かった, なり面白味うせたり, なり面目を一新, なり面紗となつ, なり面色土気色に変じ, なりのバンド, なり革命軍は千余名, なり靴屋の仕事, なりくなる, なり鞘町となっ, なり鞣皮工の労働, なり鞦韆の綵繩, なり音信もする, なり音加はりて語, なり音声も朗らか, なり音曲に, なり音楽家なりがもしも, なり音楽舞踏なりその, なり音樂となり, なり音無の親爺, なり音読して, なり頂上では二尺以上, なり頂点となる, なり頃刻の間, なり項目はかえって, なり順にひとりずつ, なり順まわりに宿, なり順帝の至, なり順序が誠に, なり順従になっ, なり順風は帆, なり須利耶さま親子を囲みました, なり須勢理媛と二人, なり須磨の眺め, なり須磨明石辺に屏居, なり頑信となり, なり頑固となり, なり頓珍漢の事, なり領主が寵, なり領事館なりへ行かない, なり領地五百石を賜り, なり領域なりを自覚, なり領民からも不平, なりのあたり, なり頬骨の張った, なり頭痛眩暈何ぞと, なり頭蓋は天, なり頸足ばかりが暗い, なり頻度曲線は第, なり頼み合ひはげまし合, なり頼もしさも, なり頼家如何に暗愚, なり頼政を四位, なり頽廃的風潮となる, なり額垂るる我, なり顎鬚なんかはやし勿体らしい, なり顏色は蒼黄, なり顔中に油汗, なり顔役はやがて, なり顔洗ひつつよしと, なり顔面朱をそ, なり顕治からの発信, なり願はくは待たせ, なり願人淺草田原町小間物商賣花房屋, なり願人相手方とも居並びし, なり願念が衰えます, なり願望となる, なりしたところ, なり類書としては古, なり顧問となり, なり顫音や鈍重, なり顴骨がとびだし, なり風光実に秀絶, なり風向なり気温, なり風呂敷包を玄関, なり風景が明るく, なり風気転じて, なり風水説となれり, なり風流なの, なり風物詩画をものし, なり風紀を維持, なり風船ゾウのからだ, なり風船玉は川風, なり風裏の繊塵, なり風速もしだいに, なり風采なりを現, なり風雨の夜, なり飛下する水, なり飛加藤の亜流, なり飛田が卒業後, なり飛脚が郵便, なり飛行船の設計者ノビレ大佐, なりも進まず, なり食塩注射によって辛, なり食後に胃, なり食料付で置い, なり食料品缶詰は倍値, なり食欲体重すべて減る, なり食用に供せられる, なり食糧となる, なり食糧事情はますます, なり食糧暴動は全国的, なりと疲れ, なり飢饉の際, なり飢饉救済委員会長として国際的, なり飯田氏を嗣いだ, なり飯田河岸の砲兵工廠, なりける二人, なり飲み屋がなくなる, なり飲料なり燃料, なり飲食も同断, なりのよう, なりふこと, なりまで御, なり飽食と甘, なり養女お若, なり養子という条件, なり養母へ孝, なり養父の院長, なり養父土屋多門も泪, なり養育係には年, なり養鶏のかたわら, なりに迫られ, なり餓死せしに, なり餓鬼大将ぎみであった, なり餘事の答, なり餘瀝を嘗むると, なりは鬼, なり首都へ還送, なり香取鹿島息栖銚子の浦, なり香炉型の土偶, なり香茶活花まで器用, なり香華だけは手向け, なり馬一たび喘げば, なり馬占が起った, なり馬来語の浅間, なり馬立ての丸太, なり馬糞の数, なり馬譚を仮り, なり馬足となり果て, なり馬込街道の埃, なり馬道から竜泉寺, なり馬頭観音の四月, なり駄蕎麦の方, なり駄蕎麦屋では鶏卵, なり駅つぎの伝馬旅舎, なり駑馬は駑馬, なり駒三郎も団十郎, なり駕籠の中, なり駕籠一挺へ夫婦二人, なり駱駝の主人, なり駿河より見る, なり駿河台の池田氏, なり騎馬の武術, なり騷ぐは下に戀, なり驚愕の叫び, なり骨太になり, なり骨柄も失礼, なり骨格逞しき山地, なり骨牌に夢中, なり骨董を捻くれ, なり骨身をおしまず, なり骸骨のよう, なりとなりし, なり體形を具する, なり體驗を續, なり高々文化社会学なる, なり高原となり, なり高四十五丈幅拾丈はかりありと, なり高射砲隊の中隊長, なり高山植物という補助, なり高岡まで何分, なり高島城の水門, なり高度にもなっ, なり高徳は息, なり高星総監は椅子, なり高橋の志道軒, なり高氏のす, なり高浜先生と同じ, なり高潮があげ, なり高熱になやむ, なり高祖之に因つて以, なり高笑いをし, なり高踏的小劇場, なり高野山の開創, なり髪上げや裳, なり髪飾なりが一般, なりまで生え, なりの中, なり鬘師は美術家, なりに獅, なり鬨の声を揚げ, なり鬱々として楽しまず, なり鬼チェルベロ雨雪と共に彼等, なり鬼王丸の本身, なり鬼畜の心, なり鬼神ともなる, なり魁車は外的条件, なり魂存すれば, なり魂魄転じて, なりの降る, なり魏延劉封ここは鴻門, なりとなり, なり魔界へ踏込み行かれよう, なり魔行をほしい, なり魔風ます, なり魚たちは泥, なり魚三千六百満つすなわち, なり魚介を死滅, なり魚見岬へ水柱, なり魚類の豐, なり魯国宣教師に教化, なり魯鈍となる, なりなどは姿, なり取らいで, なり鮒釣りの本場, なり鯨波では殆, なり食ったむくいとは, なりと尻尾, なり鰻飯は西洋料理, なりのゐる, なりが釣れた, なり鳥井青年なりがこれ程, なり鳥嘴の迦樓羅王, なり鳥居にかかれる, なり鳥居龍藏氏は内耳土器, なり鳥御前一人はまた, なり鳥料理など御馳走, なり鳥羽は今度, なり鳥類の害, なり変じて, なり鳴りひ, なり鳴り物を鳴らし, なり鴨川を愛する, なり鴻の巣の若江, なりの鳥, なり鵠沼辺では普段人, なり鶏たちは埃, なり鶏肥ゆれば, なり鶴ちゃん鶴ちゃんと可愛, なり鶴ヶ岳の称呼, なり鶴丸君をし, なりなり雀, なり鷲津より舞坂, なり鷲見与四郎といったよう, なり鷲郎なり, なりを白し, なり鸚鵡蔵と飯食い地蔵, なり鸛まがいの食通, なり鹿島踊りを其儘, なりまでは夢, なり麗らなる日, なり麥酒を呑む, なり麦酒を呑む, なり麪包あり葡萄酒, なり麹町三丁目の裏店, なり麹町六丁目へ暖簾, なり麻剌加を略し, なり麻布なりその, なり麻雀でもし, なり黄人種の大同團結, なり黄土の堆積, なり黄泉の岩根, なり黄能となり, なり黄蓋が旨, なり黄身の匹夫, なり黄風島へ出かけ, なりの白, なり黒ペンキの半分, なり黒川さんにも可, なり黒幕となった, なり黒曜石のよう, なり黒棚に柔, なり黒檜と米栂, なり黒焦げになった, なり黒熟すれば, なり黒田清太郎氏の名誉, なり黒目のうわずった, なり黒眼が濡れた, なり黒虎青蜘蛛とすごく, なり黒驪となり, なり黒鯛なり鯉, なりして, なり默石彈松の間, なり黙ったままくるり, なりの巣, なり鼻下にヒゲ, なり鼻水をすゝ, なり鼻節神とも称せられ, なり鼻紙の事, なり鼻腔の喘ぎ, なり鼻高の幸四郎, なりが立, なりは巖, なりを取っ, なり龍馬ともなり, なり龕燈を投げる, なり9米とも見える, なりABCゲームをやる, なりには目, なりOK新聞記者とはそれ