青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なくなっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ながめ~ ~なき なき~ なきゃ~ ~なく なく~ ~なくし なくし~ なくっ~ ~なくなっ
なくなっ~
~なくなった なくなった~ なくなり~ ~なくなる なくなる~ なけりゃ~ ~なけれ なけれ~ ~なさい なさい~

「なくなっ~」 8652, 80ppm, 1397位

▼ なくなっ~ (8070, 93.3%)

812 しまった 580 いた 450 しまいました 254 しまったの 242 いる 220 しまう 205 来た 174 いるの 146 しまって 134 しまうの 102 いたの 77 きた 71 いました, 来て 62 来る 50 いること 46 しまったん 39 来たの 37 くる 36 いて 35 しまいます 32 います 30 いたので, 了う, 了った 29 いたが, しまうと 27 いるという 23 しまうん, しまったよう 22 しまったので 21 いった, くるの, しまったが, 来るの 20 いるので, しまったという 19 いるん, しまうから 18 しまったこと 17 いるから, きました, しまったから, 来ました 16 いたから, きて, 困って 14 いたという, いるよう, しまうという 13 いると, しまうこと, しまうだろう, 私は 12 いるが, きたの, 自分の 11 いるでは, おります, しまったもの, 行った 10 いたし, しまったと, 来たよう 9 いたこと, いたん, いるのに, 来たので 8 いたと, いるし, しまうもの, しまうよう, 彼は 7 いても, しまいましたが, しまえば, しまった時, 仕舞った, 居る, 来ると, 行く

6 [14件] きます, しまいますからね, しまうかも, しまうでしょう, しまうので, しまうよ, しまったのに, しまったよ, ゆくの, わたしは, 声を, 来たこと, 来たん, 行くよう

5 [19件] いたそう, いたところ, いましたが, いますよ, いるかも, いるぞ, いるはず, いる自分, おりました, しまいましたから, しまいますよ, しまうからね, しまうわけ, しまひました, ぼんやりし, 来たから, 来たが, 来たと, 顔を

4 [29件] あわてて, いたけれど, いたでは, いたよう, いるところ, いる私, おしまいに, きたこと, くると, しまいには, しまいましたよ, しまいますから, しまうに, しまうほど, しまったそう, しまったとき, しまったのよ, しまったわ, しまったわけ, その代わり, みると, 今度は, 口を, 居た, 川は, 巨き, 急に, 来るん, 生きて

3 [73件] あとには, いく, いたもの, いたらしい, いないこと, いますから, いますし, いるか, いるそう, いるだろう, いるもの, いるらしい, いる時, おりますが, きいた, こちらの, しまい, しまいそう, しまいますわ, しまうが, しまうじゃ, しまうそう, しまうだろうと, しまうであろう, しまったあと, しまったお, しまったかも, しまったじゃ, しまったでは, しまったね, しまったほど, しまったらしい, しまったらどう, しまったり, しまった今, しまった私, しまった訳, しまってからも, しまっても, しもう, そこへ, そのかわり, その代り, それは, それを, ただもう, まいります, みれば, むやみに, ゆきました, ゆく, ゐました, 一つの, 両手を, 了いました, 了うだろう, 了うのだ, 了うのである, 云った, 今は, 体が, 何か, 出て, 彼女は, 来たもの, 来ます, 死んで, 無理に, 相手の, 眼を, 自分で, 行くの, 言葉を

2 [195件] あても, いくの, いけない, いただろう, いたでしょう, いたとき, いたのに, いたはず, いたり, いつもの, いては, いない, いながら, いますが, いまは, いられた森さん, いるお, いるかの, いるこれ, いるじゃ, いるぜ, いるだけ, いるであろう, いるとの, いるとは, いるに, いるのね, いるのよ, いるばかり, いるわ, いるン, いる上, いる事, いる人たち, いる以上, いる場合, いる彼, いる様子, いる瀕死, いる現実, いる筈, いる避難民達, いる頃, おまけに, おりましたゆえ, お前を, お君, きたから, きましたが, きましたわ, くるよう, くるん, ここで, ここへ, この問題, この白痴, この頃, これで, しばらくする, しまいましたので, しまいまして, しまいますが, しまいますのよ, しまいまた, しまうし, しまうぜ, しまうその, しまうなんて, しまうのね, しまうのよ, しまうばかり, しまうまで, しまうもん, しまう時, しまえたらたとえ, しまったし, しまったのね, しまった上, しまった事, しまった人, しまった後, しまった時分, しまった様子, しまってね, しまっては, しまや, すべてが, せっかくの, そこに, そのあと, その場, その時, それから, た, ただじっと, だまって, つぶれて, どうする, どこに, どこへ, はんの, ばったり倒れた, ひっそりと, まいったの, ゆくこと, よろしかろう, よろよろと, ゐた, ゐるが, ゐるの, ドアの, 不意に, 了うであろう, 了って, 了わねば, 人間が, 人間の, 何でも, 何度も, 例の, 個人の, 値段を, 其処が, 前に, 却って, 又生きる, 叫んだ, 同じよう, 困る, 土の, 地に, 外に, 外へ, 夜の, 夜中に, 夢中で, 夢中に, 大きい声, 大急ぎで, 大正十二年の, 室から, 家を, 寂しくなった, 小説を, 居たの, 帰って, 床に, 床の, 弱って, 彼の, 後には, 急いで, 愚痴を, 戻って, 手も, 手足を, 持って, 日本の, 来たその, 来るもの, 来るよ, 来るよう, 止むを, 此の, 殆ん, 残ったの, 気の毒だ, 泣き出して, 父親の, 片手で, 男の, 白状した, 目に, 着物の, 私が, 私の, 空を, 窓に, 終には, 腰を, 自分が, 自分は, 自分も, 色々の, 行くだろう, 行くばかり, 行く自分, 行って, 見ると, 見れば, 贔負という, 遂には, 雪の, 非常に, 馬の

1 [2416件 抜粋] あけっぱなし, あっけらかんと, あとに, あの茶釜, あるが, いいかと, いきぐるしいの, いきなり玄関, いくため, いくばかり, いくら逃げよう, いそ, いたきこりは, いたね, いたらと, いたんで, いた先頃, いた屍臭, いた磯野, いっそ彼, いつの間にか其処, いないの, いました人間, いますよう, いよいよお, いられた, いるきょう, いるただ, いるとき, いるばかりか, いるもん, いるらしく, いるッ, いる中館公一郎, いる二人, いる作家, いる咽喉, いる子供, いる情熱, いる晩, いる様, いる玲子, いる若松屋, いる足, いる雪, いる食糧, うちで, うろうろし, おしまいだ, おた, おまえも, おやじの, おりながら, おり主として, おり根本的, おれなんかの, お国, お弁当箱, お祭が, お馴染, かえってなおありがたがるだろう, かなしそう, かれは, かわいそうねえ, きたけれど, きたらしいまだそう, きっかり晝, きつつ, くるぜ, くるので, くれたらいい, こうし, こう叫ぶ, こっちの, このワケ, この夏, この節, こまるからね, ごろごろごろごろーンと, さけんだ, さっきの, さわいで, しきりに捜し, したがって一々, しまいから, しまいそして, しまいときどき, しまいふらふら, しまいましたの, しまいましょうあの, しまいまするという, しまい丸腰, しまい子供ら, しまい昔帳場格子, しまい疲れいよいよ, しまい苦々しい, しまうからと, しまうけれど, しまうだろうなどという, しまうです, しまうならば, しまうまでには, しまうらしいの, しまう仕掛け, しまう心配, しまう気, しまう訳, しまったあの, しまったからなあ, しまったそして, しまっただろう, しまったでしょうが, しまったところ, しまったなんて, しまったもう, しまったらふたり, しまったわい, しまった事情, しまった実に, しまった彼, しまった日, しまった淋し, しまった艦, しまった酔いどれ女, しまってからの, しまひアダリン, しまわれたの, じいんと静まり返った, じっと抱い, すぐその, すこし葡萄色, すべての, そういう一人, そこから, そこは, そして本当に, そのうえこわれ, そのままに, そのレベル, その偉い, その原っぱ, その後には, その曖昧, その生活, その郵便物, そばへ, それから後, それっきり帰っ, それ自身に, そんな武器, ただ, ただぼくたち, ただ一銭二銭, ただ愛情, ただ諸国, たちすくんで, たぶんに, だんだんに, ちぢまって, ちょっと色気, ついに人垣, つい人間, つまりわれわれ勤労者, とうとうそっち, とうとう人, とうとう旧家, ときどきに, どうかした, どうします, どこやら, どっと寝こん, どんなに助かる, なきだした, なんと名, のべつに, はち切れた, ばったりその, ひとりそっと裏, ひどく困っ, ふっと四人, へたばって, ほえ始めた, ほろりと, ぽかっとともっ, まいりまする, またこんど, また初めて, また衛兵所, また黙り込ん, まったく変っ, まるで影, みたいと, もうあと一二枚, もう一つ, もう二年, もう白丁, もち主の, やがては, やがて眠りました, やったの, やめて, ゆき今日, ゆくわけ, よろめいてる彼, わずかに, ゐる毎日, アメリカに, ガーツルードが, グラウンドの, サイは, ズルズルと, チーチャコモチャ桂の, ハッキリ自分, ピカ一には, ヘンリイ卿や, ポカリと, ミウーソフの, リュックを, 一かけの, 一人に, 一同が, 一度に, 一時に, 一般に, 七福神の, 三月に, 上方へ, 下谷の, 不平と, 世の中が, 並んで, 丸木の, 了うし, 了ったらしい, 事実も, 二三時間後に, 二月経つ, 二階に, 五官の, 亢奮し, 人が, 人形町で, 人間なんて, 今では, 今までは, 今日が, 今朝と, 仕舞うもの, 他へ, 以来かれ, 以来君は, 仲町で, 伯父の, 佐藤の, 何とかし, 何人かの, 何者かが, 俯向い, 傍に, 僕死せりだ, 先生の, 八犬伝だけが, 其の年, 円山の, 凍って, 出る, 切れるの, 別莊地, 前もうし, 労働者は, 化けの皮を, 医師を, 半分は, 危うく餓え死, 厠へ, 参りますわかるでしょう, 又来, 友達たちが, 只納豆, 右近に, 名前ばかり, 君が, 吠えるよう, 呟くと, 唯だ, 唯眉, 善いね, 四ツん, 困ったという, 困った時分, 困るかも, 困るん, 国中町中に, 土煙の, 地理や, 垂れれば, 墓場から, 外から, 夢でも, 大きい月, 大して惜しい, 大声上げ, 大将が, 大江戸の, 天下は, 夫婦喧嘩は, 女の子って, 如何にも気の毒, 始終新しく, 婚約を, 学校の, 官僚に, 客間から, 害虫として, 家出を, 富豪の, 寝て, 尋ねた, 小箱, 小走りし, 尖った木の根, 居りましたが, 居るけれども, 居る余, 屍体が, 山崎は, 巡査に, 市民は, 常識と, 年久しい, 広い場所, 店を, 廻された独楽, 強権の, 彼も, 彼方に, 後に長い, 後町に, 従順に, 徳川時代の, 心理学者に, 快活な, 怖くも, 思い切って, 思わず高い, 恨めしそう, 悪い事, 感覚の, 我れ知らず, 所在な, 手で, 手持無沙汰で, 打っても, 探求される, 故も, 数日の, 新しい範疇, 新東二百を, 日向の, 日本橋で, 春泉を, 昨日とうとう, 時候遅, 景助は, 書かれた小説, 最上法王集権論だ, 有り難いの, 朝廷が, 本人の, 村長と, 来たか, 来たじゃ, 来たとき, 来たもともと, 来たらしく手酌, 来た事, 来た朋輩たち, 来た自分, 来つるわ, 来ましたね, 来るし, 来るであろうそして, 来る筈, 東京へ, 枕もとの, 枯死し, 棒の, 椅子を, 楽屋の, 様子も, 横浜へ, 欲しい, 正午頃には, 死なねば, 死人の, 残念でなりません, 殺したん, 毎日の, 気を, 水面に, 汚い歯, 沼の, 泣いた, 泣きも, 洋楽が, 浜屋が, 消えるよう, 淋しくなりました, 清しい, 漁師の, 烈しく咆哮, 無言で, 燈の, 牧子に, 物狂おしいほどの, 狼狽した, 現今に, 生活の, 甲板上に, 町でしょう, 病と, 百も, 皆んなが, 皮が, 県郡と, 眼と, 知辺を, 砂地に, 祖母の, 秀英と, 私服の, 空が, 空箱を, 窮乏の, 立ち止まった, 立竦む, 第一義真理の, 精神病者に, 紫玉の, 終った後, 結句気楽, 結局仕事が, 絶えず変った, 美しい女, 老トルストイ, 職業的な, 胸が, 腕を, 自分たちの, 自殺する, 自然敬遠せざる, 舟賃を, 苦しい思い, 茶屋か, 萩村の, 薄汚い漆喰壁, 蛙も, 血相變えて, 行くらしいこと, 行こうと, 表には, 西洋人名辞典を, 見えるの, 見上げるよう, 角田の, 訊ねた, 話しは, 謂わば, 貸本屋は, 起って, 路ばた, 輪鍵を, 返したまでの, 逃げだして, 逃げ出しを, 通り過ぎる電車, 遂に止める, 遠ざかって, 部屋を, 野っ, 金蔵の, 鉢盂ばかりと, 長原吉之助は, 長野県庁へ, 間もなく後妻, 関東平野が, 隠して, 離縁される, 霧が, 面も, 頭が, 顔色が, 飛びこむ片っ端, 飛び込んで, 食べたがらないで, 飲んじまったのよ, 香の, 駈けて, 高笑らいを, 麻布中学へ

▼ なくなってから~ (180, 2.1%)

3 伸子は, 彼は 2 主人は, 何か, 余程に, 夜も, 家の, 後に, 後の, 私は

1 [158件] あア, うわごと, お前は, お石, かえって怖, きみも, ここには, こっちもう, この動詞, これで, さぶちゃ, しばらくと, すぐに, すこし変, すでに一世代, すでに久しい, すべてが, ずっと肥え, そう思った, そこらの, そのままに, その中, その長男, たいへんいそがしく, だから, ちょっと間, でも, とき子との, とても気, なおなお世間, ひと月ぐらい, ふっと顔, また二三度, また噂, また更に, みんなとっても, もうかれこれ二月, もうよほどに, もう余程に, もう十五世紀, もう幾日, もしかして戻っ, やがて七月, やけ酒を, ゆっくり梯子, ようやくそこ, ようやく彼女, ようやく野, わかった, わかって, チョン髷が, ヴォルガ河や, 一年目の, 一日措いた, 一時区長という, 一週間目に, 七日目の, 三年の, 三年目ぐらいに, 三度目だ, 三日目の, 不如意に, 世界中ずいぶん, 久しいので, 久しいもの, 二三の, 二三日という, 二人は, 二十一日経っ, 二十日許り経っ, 井上家を, 今日で, 会うこと, 体育室に, 何処へか, 何年に, 使丁は, 働くこと, 僕は, 兄さんは, 兵学の, 出て, 初めてしみじみした, 利助の, 十五分間も, 十日ほど, 十日以上に, 十日程過ぎた, 単に子供, 嘉七は, 四年にも, 四馬剣尺は, 困って, 夜中に, 大ぶ, 大抵の, 大道具迄, 太十, 夫人の, 女は, 女史の, 女房とも, 家へ, 家中は, 小さなゲルダ, 帰りましょうね, 平七と, 幾何かの, 幾年も, 幾日も, 床下に, 座頭は, 弟が, 彦太郎は, 彼女は, 後, 後この, 後でその, 後は, 急に, 旧ロシア皇帝, 早や, 暫くは, 朝子は, 本当の, 松江は, 正吉は, 此の, 死ぬまで, 母は, 母親が, 母親は, 油断を, 独り者の, 生活そのものが, 申上げ, 病臥に, 短い冬, 私の, 箏の, 糖尿病が, 老妻さん, 耳の, 自分も, 自然おのおのの, 見て, 観劇の, 轟が, 遊びおさめる, 達吉は, 郷里の, 金を, 間違いが, 陶が, 離れの, 騒ぎは, 高原は, 鬼の

▼ なくなっても~ (126, 1.5%)

2 いい, 人間同志一人と, 俺は, 私の

1 [118件] あたしと, あとに, あれだけの, いいかも, いいから, いいの, いい物, いた, いっそう近づい, お前が, お前さえ, かまわないじゃ, かまわないわ, かまわない自分, この習慣, さして不自由, しばらくは, すぐわかる, すむという, そうしてやる, そのさかずき, そのまま親しみ合いむつみ合い, その不便, その車輛, それが, それほど悲しく, そんなこと, ちょっと気, でたらめな, どうしていい, なおかつ根強く, なお恐るる, なお頑固, ぬすんだやつ, ほんのしばらく, ぼんやりと, まだまだ不, まだ同じ, まだ宝, まだ平, まるきり街道, むかしの, やっぱり飲みます, やはりその, やはり空, やわらか物, ようござん, よく稽古, わしは, わたしは, カフエーなんかに, ゲラゲラ笑っ, ッと, ミネは, 一向に差支えない, 二人の, 今頃は, 俺工場で, 僕は, 光だけは, 別に不思議, 別段抗議, 力を, 又八は, 口の, 同じである, 商売は, 啼止まない, 喪心した, 困るから, 大福餅には, 妻に, 子供達が, 安い月給, 尚言い続ける, 帰りきれないもの, 平気だ, 当人平気で, 彼は, 彼女の, 後で恨む, 御先祖, 忽ち悲鳴, 戦争に, 改名主の, 日中戦争の, 日本の, 書かんの, 木笛の, 本質的な, 松江には, 構わないが, 構わない勢い, 止まらなかった, 母さんを, 毎日の, 気を, 永久に, 治療しなけれ, 猶空, 王立協会の, 目の, 私だけは, 私は, 種痘をさえ, 立派な, 絵草紙屋が, 縞の, 脳味噌が, 自殺者の, 芝居や, 花だけは, 誰か, 豆屋が, 鉄の, 頭蓋骨を, 魚を, 黙って

▼ なくなったり~ (89, 1.0%)

14 して 8 した 7 する 4 すると 3 するの 2 したの, すること

1 [49件] からきし意気地, した人, した時, しては, しました, しますからね, するので, するもの, するよう, する例, そうかと, そのほか, そんなこと, ぞうりが, だいぶいじめられた, だんだん登り, ぬすまれたり, はなはだしい時, またいつ, また裏山, エンジンが, 一度書いた, 丸善が, 何病とも, 到底逃れられぬ, 千人針に, 取っておきの, 商店が, 大艦隊, 思いがけず近い, 急に, 憎まれたり, 或いは又, 死んだり, 泥が, 消えたり, 満期に, 盗まれたり, 神祇, 考えれば, 脚が, 自己の, 近頃やっと巴里, 遠くの, 鉄扉を, 雨戸が, 雪を, 飛んで, 騒いだり

▼ なくなっては~ (57, 0.7%)

2 いなかったの

1 [55件] いたが, いとど淋しい, いない, いないし, いないと, いないの, いないよ, いません, いよいよこれから吉水, いるが, おれの, ぐあいが悪い, この上, さる計, しまわないので, それこそ, それも, たいへんだ, たいへんです, たいへん困る, たまらないと, たまらん, ならない, もうおしまい, もうなん, わたくし生き, シェイクスピヤも, 不思議な, 不知哉丸も, 二度とも, 今日からの, 其が, 困るからね, 困るであろうとの, 大変それでも, 大変だ, 大変です, 天へは, 安国寺さんに, 居らん, 彼らが, 心細いのに, 支配人と, 早速に, 来月から, 欲しいが, 母の, 気の毒だ, 生き甲斐も, 私の, 私は, 興行価値が, 芝居を, 袴を, 面白くない

▼ なくなってからは~ (37, 0.4%)

2 家の

1 [35件] お春, お母さんは, この二人, ずっとひとり, そのままに, それを, なおの, ほんとうの, まるで泣き, ヴァィオリニストの, 一匹の, 一層心, 不自由な, 争われず緊張, 休み時間に, 僕の, 和泉屋とも, 堕落した, 夜の, 大抵達磨宿, 天に, 妙に, 妹さんが, 家に, 彼は, 彼らには, 急に, 教会堂へ, 時々劇, 毎日の, 看板を, 私も, 行く張合, 足繁く, 門も

▼ なくなっちゃ~ (20, 0.2%)

1 [20件] いそう, いないか, いないだろうか, いました, いましたね, いましたわ, いましてね, いますもの, こうでも, しょうがない, それも, ア慰藉料も, ッて, 原稿料も, 困るんで, 大変だ, 始末が, 梁山泊だって, 生きてる張合い, 駄目だ

▼ なくなってからも~ (19, 0.2%)

1 [19件] かよいめかけ, じっと寝, どうぞ正しい, なお修辞上, まだ時々店頭, 久しいこと, 他所の, 周平は, 多鶴子は, 好きで, 平助は, 張りかえを, 彼は, 彼女の, 時々私, 朝晩は, 相変らず, 私は, 雪が

▼ なくなったって~ (12, 0.1%)

1 [12件] いい, いいです, おれには, すぐよそ, だれも, みんな喜ん, イイワ, 仰言ってたわね, 何処かで, 女中だって, 当の係員, 男子は

▼ なくなってからの~ (10, 0.1%)

1 久しい間, 先生は, 口授作にも, 平兵衛の, 彼等一家の, 後釜には, 私の, 空想が, 精神的な, 自分の

▼ なくなってしも~ (5, 0.1%)

4 うた 1 うたよ

▼ なくなってや~ (4, 0.0%)

1 しない, しないこと, しないじゃ, しないん

▼ なくなってからでも~ (3, 0.0%)

1 快川, 日当りの, 柳生城の

▼ なくなってね~ (3, 0.0%)

1 そのうえにあの, 十時すぎに, 車が

▼ なくなっちゃあ~ (2, 0.0%)

1 もうおしまい, 実に困る

▼ なくなってからという~ (2, 0.0%)

1 ものおとうさんは, もの玲子は

▼ なくなってはと~ (2, 0.0%)

1 もうそんな, 互いに十分の警戒

▼1* [11件]

なくなっからな磨いじゃ, なくなったちでそこ, なくなったちゅうこんだが今はどう, なくなったりなどしたわけ, なくなったりはしない, なくなってからだけでもたて, なくなってから程たって, なくなってこそ支那に対して, なくなってもとお百度, なくなってよサバサバとして, なくなってネ皆に