青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なかった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ないでしょう ~ないです ~なお なお~ なおも~ ~なか なか~ ~なかっ なかっ~ ~なかった
なかった~
なかったら~ ~なかつた なかつた~ ~なかなか なかなか~ ~なから なから~ ~なかろう なかろう~ ~ながめ

「なかった~」 41974, 403ppm, 239位

▼ なかった~ (11758, 28.0%)

2297 である 1905 です 1230368215 だろう 213 であります 207 ですが 204 であろう 191 でした 186 でしょう 180 であった 169 では 165 であるが 147 だが 145 だから 102 ですか 88 だと 82 かい 75 でございます 62 だろうか 59 だった 53 かも知れない, ですから 52 ですよ 44 でしょうか 4241 であろうか 37 だよ 36 であるから 34 だね 33 ですね 30 は残念 29 だろうと 28 は当然 27 かね 26 だな 25 はその, も無理 24 かしら, かも知れません 23 じゃ, だという, はこの 22 かもしれない 21 であったが, でございましょう 20 かな, が不思議, だそう, であろうと 19 は事実, は私 17 でありますが, は 15 が残念, でしたが, ですもの, でも, は不思議 14 だけれども, は無理 13 かも知れぬ, でありました, ですからね, は彼 12 であろうが, ですけれど, は遺憾 11 だけれど 10 であると, でございますが, ですな, で御座います, は実に, を残念 9 かその, だろうが, でしょうが, はなぜ, はやはり, もその 8 かそれとも, が, じゃない, だし, だわ, でありましょう, はそれ, は何, は全く, も当然

7 [14件] かとにかく, かもしれません, がふしぎ, が何より, だい, だからね, であって, であるか, でしょうね, はこれ, はどう, は何故, は自分, を幸い

6 かそれ, がまだしも, であったから, はどういう, は何と

5 [24件] かと思う, かねえ, かまた, か自分, がこの, がせめて, が悪かっ, だろうという, でございました, ですわ, はいかにも, はお, はさすが, はそういう, はもちろん, は勿論, は変, は是非, は無論, は誰, も一つ, も道理, を私, を見

4 [41件] かえ, かなぜ, かもしれぬ, がフシギ, が運, だからな, だそれ, だとは, だろうね, でありましょうが, であるけれども, でございますか, でございますね, でございますもの, ですって, と同じ, と同様, はあの, はいう, はせめて, はただ, はつまり, はまことに, はもう, は一つ, は云う, は何より, は僕, は別に, は女, は惜しい, は我, は確か, もこの, もまた, もやはり, も事実, をお, を今, を後悔, を見る

3 [54件] かそこ, かと今, かなあ, がお, がその, がむしろ, が不満, が事実, が失敗, が急, が悪い, が気, が私, だもの, だ自分, であろうかと, でございましょうか, でしょうと, でしょうに, ですがね, ですし, ですそれ, ならば, に気づいた, はおれ, はこういう, はここ, はこのごろぼく, はどうも, はほんとう, はむしろ, はよかっ, は仕方, は他, は多分, は大, は失敗, は幸運, は彼女, は恐らく, は想像, は明らか, は父, は甚だ, は自然, もつまり, も彼, も彼女, を, を怒っ, を思い出し, を悔ん, を無理, を遺憾

2 [143件] かあるいは, かそのまま, かという疑問, かと思っ, かと思った, かと思案, かと私, かと自分, かどう, かなにか, かふしぎ, かまだ, かよく, か一寸, か或は, か知っ, か知らん, か私, がいかにも, がいけない, がいま, がかえって, がだんだん, がまだ, がもう, がやっと, がよく, がわが, が不幸中, が今, が十分後, が幸い, が惜しい, が戦争, が手落ち, が本当, が本当に, が誤り, が間違い, が非常, だか, だその, だったか, だったが, だとか, だなどと, だろうかという, だろうけれども, だろうな, だろうに, であったと, であったろう, でありましたが, でありまた, であるらしい, でございますから, でございますけれど, でございますの, でございますよ, でしたよ, でしょうかしら, でしょうかね, ですお, ですわたし, ですわね, です私, には多く, に気が付きました, はいま, はいや, はおかしい, はおそらく, はかえっ, はかえって, はけだし, はこっち, はそう, はたしか, はたった, はだから, はちょうど, はどの, はなん, はなんと, はひとえに, はふしぎ, はまさに, はまだ, はまだしも, はむしろ当然, はもっ, はやむを得ない, はよほど, は一体, は主として, は今, は何たる, は余り, は俺, は君, は外, は天罰, は実は, は実際, は少しく, は幸, は幸せ, は当り前, は悪う, は曇り, は本当に, は気の毒, は火, は理由, は相手, は言うまでもない, は賢明, もあたりまえ, もお, もしか嘘, もそれ, もむりではない, も不思議, も今, も全く, も勿論, も尤も, も怪しむ, も止む, も自然, をこの, をその, をみる, を今度, を僕, を彼, を思い出した, を悔い, を悔いた, を母親, を考える, を覚え, を非常

1 [1264件 抜粋] あたいその, かいつも, かいま, かい人殺し, かい地蔵, かおじょうさん, かお母さん, かこんなに, かしらあんなに, かしらと思った, かその後五年, かだれ, かというかのよう, かといふ気, かとかれ, かとさすが, かとそんな, かともあれ, かと一応, かと云うであろう, かと他, かと六郎兵衛, かと尋ねました, かと彼, かと思ったら, かと思われます, かと恨んだ, かと慌て, かと査問, かと泣い, かと筒井, かと考えた, かと聞く, かと言いたげである, かと院, かと驚かされる, かなか, かね親父, かは不明, かふだん, かまあ, かも知れん, かやはり, かよろける, かわかりません, かネ君, かペーピー, か一筋, か三浦, か世話, か人々, か伺っ, か余りに, か全く, か出来ない, か分らぬ, か午前中, か吾, か問題, か娘, か平気, か彼女, か応じなかった, か思い当る, か手前, か放免, か李, か此, か消えなかった, か王, か着る, か知らぬ, か若く, か読ん, か諸戸, か述べなくっ, か道路, か間抜けめ, か馬鹿らしい, があの, がある程度, がいました, がおかしい, がお前, がかわいそう, がこんな, がざんねんだ, がその後四十何年無事, がそんな, がてきぱき, がどうして, がなんとなく, がはなはだ, がひどく, がめ, がもと, がやや, がよかっ, がフト, が一つ, が一人, が一大過失, が上海, が不快, が不都合, が二場, が伸子, が倖, が内心不平, が単行本, が反っ, が吾輩一期, が多い, が大ぬかり, が天下, が始まりである, が寧ろ, が幸, が当然, が心残, が忘恩者, が悔やまれる, が悲しかっ, が我, が戦争中, が改築後間数, が根本的, が歴史, が気に入らないなら, が漸く, が珍しい, が異常, が矢, が至当, が虚勢, が見, が解る, が証拠, が身, が近所, が遠州灘, ごらんよ, さア, じゃあない, じゃあるまい, じゃろう, だあ, だからと, だけど, ださ, だそこで, だっ, だってその, だとの, だなどという, だらうと, だろうああ, だろうお, だろうし, だろうしずか, だろうたとえば, だろうねえ, だろうもし, だろう何かと, だろう明らか, だろう端, だろう舎人, だろう落ち込もうとして, だラレイ, だ出版, だ常人, だ甲州, だ親父, であり, でありすなわち, でありましたし, でありますから, でありません, であり自分, であるけれど, であるすなわち, であるとにかく, であるのに, である一人, である加藤子爵, である情けなく, である死傷者, であろうあるいはまた, であろうから, であろうその後, であろうなどと, であろう余り問題, であろう初め, でございましたけれど, でございましょうちょうど, でございまするか, でござる, でしたろうか, でしょうけど, でしょうし, でしょうにねえ, でしょうよ, でしょう乎, でしょう埋葬, でしょう真に, ですええ, ですかね, ですがネ, ですそして, ですただ, ですの, ですわたくし, です勿論, です或, でもあったろう, で御座いますから, ときょう, とても幸, とで何, とで遊びたく, との区別, とまた, とわざわざ, と一方, と下女, と今一ツ, と光辰, と右手, と変り, と寝, と東京勤, と百姓町人, と着物, どうしてか, ならきっと, ならアメリカ, なら相当, なり, にはあくまでも, にはほか, には全く, には感心, には随行, にも深い, に対して同年調べ, に比すれ, に気づい, に離れ, はあきらか, はあたりまえ, はあやかさん一人, はあんなに, はいかなる, はいささか, はいつ, はいわゆる, はうそ, はおそらくは, はおぞましい, はお前, はかえすがえす, はくれぐれも, はこうした, はこんど, はさらに, はじつに, はすなわち, はそこ, はたしかに, はただそうして, はです, はとにかく, はどれほど, はなそっち, ははなはだ, はひどい, はまあ, はまさしく, はまるで, はむりはありませんよ, はもっけの幸い, はもとより, はわかる, はわれわれ, はイノチ, はジイド, はチマ子, はナゼ, はフシギ, はミンチン女史, はラップ, は一, は一同, は一本足, は一町, は丁度, は万太郎主従, は上司小剣氏, は不正, は世々上, は中野君, は事, は二十八日, は五年, は今朝, は他人, は伝, は何かと, は何ん, は俊乗, は偏に, は僥倖, は先生, は先輩, は全然, は六尺棒, は出なかった, は分別, は初め, は前日, は勝入, は千秋, は取り返し, は合作, は吉良上野介, は吾輩, は呻声, は善良, は四日ぶり, は垣内, は声, は大変, は大笑いさ, は夫, は如何, は子, は子供, は孫, は家族, は寧ろ, は将軍, は小三郎, は少々, は少なくとも, は屍体, は山荘, は差しあげる, は己惚, は年, は幸い, は引籠, は強, は彼等, は従来, は心, は思いあわされぬ, は思う, は恨めしい, は悪い, は惜, は愚, は慥か, は手ぬかり, は持病, は提督, は斃, は日本最近, は明かである, は時代, は最も, は本当は, は極めて, は権田原先生, は止む, は此, は武蔵野, は母, は毛受勝助家照, は永く, は決して, は注目, は深川霊岸寺前, は源三郎, は無礼, は独り民間, は現実, は用意, は男, は異国人, は白粉気, は皇孫カル太子, は相場欄, は知己, は確実, は秀子, は稀, は竜, は筑肥地方, は米友, は紙片, は羽柴筑前, は肉親関係, は自分たち, は草木, は萩丸様, は蓋し, は藤氏一門, は見つけ, は記憶, は誤っ, は論理, は豊後, は贋金, は迂遠, は近所, は返すがえす, は遇い, は過度, は郊外, は金博士, は鋳造費用, は間違い, は頑固, は首尾, は鮎子, は鳩便, も, もいい, もかしこ, もこうした, もこれ, もそうした, もそんな, もひとつ, もまことに, もむりはありません, もわかる, も一方, も一面, も二人, も人間, も先客, も加奈子, も同じ, も因, も天才, も尤, も思う, も抑, も欠点, も祖母, も窮状, も芸者, も遊蕩気分, も頷かれる, らしい, をあまりに, をいま, をおぼえ, をさいわい, をそれ, をただ, をほんとう, をむり, をも残念, をよほど, をよろこんだ, をドレゴ, を不安, を世人, を二人, を何より, を先ず, を却って, を口実, を天祐, を寧ろ, を帝大, を幾度, を快く, を急, を恥ずかしく, を悔いる, を惜し, を憾み悲しむ, を殿さま, を気づい, を洋行帰り, を甚だ, を知っ, を祝した, を納得, を見出す, を記憶, を途中, を金, を養母, サ森と, 大丈夫, 手も

▼ なかった~ (5308, 12.6%)

43 それは 31 それが 28 彼の 27 彼は 23 ともかくも 22 私は 18 そのうち 16 これは, 私の 15 今は 14 自分の 13 彼が 12 それを, 今度は 11 その時 10 あとで, この時, ために 9 しかしその, その中, わたしは, 今に, 彼女は, 心の 8 それも, 何でも, 兎に, 或る 7 さすがに, そこは, それと, それに, 今日は, 後に 6 この頃, しかし彼, しばらくし, そんなこと, 今の, 家の, 彼女が, 老人は

5 [22件] いずれに, きょうは, ここでは, ここに, これで, しかしそれ, そうかと, それから, それにも, それらの, とにかくに, やがて, 何か, 僕は, 女の, 女は, 彼女の, 急に, 次の, 気が, 確かに, 非常に

4 [33件] かの女, ここで, これが, これも, これを, そのなか, その代り, その声, それでもやはり, それよりも, ただ一つ, なんでも, ほかの, 一人の, 一種の, 人の, 今から, 何かの, 前の, 家に, 彼を, 日本の, 暫くし, 段々と, 母の, 為に, 父の, 父は, 相手の, 私が, 聞いて, 自分は, 顔を

3 [68件] あるとき, ある日, いずれも, うしろから, お杉, かれは, かれら, この老, こんどは, しかしこの, しかし私, すぐに, そこに, そのあいだ, そのとき, その他の, その家, その日, その死, その男, それでもまだ, それでも何, ただこの, だんだんと, とにかくその, どうした, どこか, もしも自分, 二つの, 二三日前から, 二人が, 二人の, 二人は, 人が, 人に, 今こうして, 今では, 今と, 今夜は, 他の, 何う, 併し, 元来が, 先生は, 君は, 夜に, 大勢の, 妙に, 妻の, 子供が, 当時の, 彼らは, 彼等の, 心に, 念の, 我々は, 母が, 水の, 注意し, 父が, 翌る, 考えて, 自分が, 見ると, 誰も, 起きて, 隣の, 雨の

2 [228件] あとに, ある時, いずれは, いつもの, いま見る, おせいちゃん, およそ十一時, おれの, お互いに, お互に, お今, お通, かなり遠い, こうして顔, このあいだ, このとき, この方, この機会, この紙, これまで, さぶ, しかしこれ, しかしそこ, しかしもう, しかし一種, しかし何, しかし少し, しかし美津子, しかもその, そういう時, そういわれ, そうで, そこには, そこの, そのかわり, その人, その代わり, その姿, その後何かの, その悼ましい, その晩, その気配, その話, その調子, その辺, その顔, その顔色, それからは, それこそ, それすら, それではもう, それでも, それでもお, それでもその, それでも大, それでも彼女, それでも時々, それでも父, それなら, それには, それまで, それより, それ等の, た, たった一つ, ためである, ちらと, どうやら二年, どこかに, なぜか, なにも, なんといっ, ひとりでから, ひろ子の, ふと気, ふと私, ぼくは, まあそれ, またそう, また自分, まもなく戸口, もううんじまっ, もう今日, もしあの, もしこの, やがて何, やがて彼, やっと, やっとの, やっぱりその, やはり母, ややあっ, ゆず湯という, わたしが, 一つの, 一つは, 一と, 一人は, 一八九四年の, 一軒の, 三年まえ, 三度も, 不意に, 両方の, 之は, 事件の, 事実は, 二度も, 人間の, 今でも, 今まで, 今までの, 今夜こそは, 今夜の, 今日では, 今日に, 今日の, 今朝の, 今考え, 今見る, 他に, 他人から, 他人が, 他方美濃部学説其の, 何と, 何んと, 何時まで, 併しそうし, 例の, 信長は, 倭文子は, 僕に, 兄は, 先生が, 入口の, 前後の, 勘六ので, 十四五人の, 口を, 同情する, 周囲の, 商売は, 問題は, 外から, 外に, 多くの, 多少の, 夜が, 夜の, 大助は, 大阪の, 女が, 女と, 女房が, 女房の, 妙子が, 姉の, 娘の, 子供は, 専門の, 少くとも, 岸がんは, 岸へ, 左に, 帰って, 年の, 幸に, 床の, 庸三は, 彼らの, 彼女から, 彼等が, 恐らくそれ, 戸を, 支配人は, 数日の, 明くる, 最近に, 朝に, 朝の, 案内者の, 楡の, 極度の, 此の, 此処へ, 母は, 毎日同じ, 池の, 消印が, 牀の, 犬に, 猫の, 男は, 病人の, 目に, 眼に, 着物は, 秀吉は, 私にとっては, 私には, 私も, 種々な, 立って, 結局は, 繃帯で, 腹の中では, 自分と, 自分を, 自然の, 船室の, 船長は, 色々な, 表の, 見聞を, 親ひとり子ひとり, 近ごろは, 近年に, 近頃では, 近頃は, 返事だけは, 道理で, 部屋の, 金の, 銀子も, 青年の, 頭を, 顔の, 麻布に

1 [3899件 抜粋] あ, あっさりした, あのきびしい, あの人ゆうべ, あの親父, あまり五月蝿く, ある場合, ある晩, いい柳, いくら三年の, いちどは, いったい諸君, いつのまにか馬, いまでは, いよいよそれ, うちいやや, おじいさんの, おそらく彼, おたがい, おまえは, おもん, お付き, お太鼓に, お此, お菊, かえってこれ, かつて見た, かれこれ二時間, きみょうなことにわたしたちは, くすりの, けっして援助, こういう馬鹿, こうして素面, こう云う, こだわったあと, このごろに, この乞食, この十美人, この女, この急, この時能勢弁護士, この炭とり, この者, この道庵, この黄金, これだけでも, これ以上に, こんな彼, さっきお寺から, さりとて, さんざん中間ども, しかしかれ, しかしそう, しかしはじめて, しかしシナ, しかし万一, しかし何故か, しかし口, しかし嬢, しかし日本貿易, しかし煙草, しかし翁, しかし草履, しかし遺憾, しかし馬田, しかも彼ら, しずかに, しばらくする, じかに胸, すくなくとも半ダース, すぐ眼, すでに狩野派, すれちがいさ, ぜんたいどこへ, そうしたこと, そうそうあれ, そう問われ, そこで所帯, そのうちまたしみとおる, そのおかげ, そのたび, そのままそこ, そのもの珍し, その二室, その代り私, その全体, その名, その大切, その少し, その後しげしげ, その後武蔵の, その手紙, その時代, その朝, その浅い, その目, その繁昌, その薫染, その谷, その連中, その間毎日順風が, その頃, そばで, それから半月, それだけに型的, それでは自分, それでもたちまち, それでもロジェル・エ・ギャレ, それでも二千年前, それでも唇, それでも家, それでも必死, それでも日曜, それでも毎日, それでも約束, それでも諸人, それでも随分, それならまず, それの, それ相当の, そんな手近, ただ, ただどういう, ただ一瞥, ただ崑, ただ気むずかしく, ただ読んだ, たとえば二階, たぶん溜池, ためらいながら, だんだんやっ, だんだん聞き糾し, ちょうどアノ辺, ちょっと胸, ついにベルギー, つまりは, とうとうしまいにメネルー, とても嬉しかっ, とにかくこれ, とにかくアメリカ, とにかく六カ月近く, とにかく明るい, とにかく繃帯, とにかく鴎外時代, ともかく法廷, どういう訳, どうもしょ, どうも悪, どこで, どんなとき, なおよく, なかには苦情, なんだか女, なんら逆鱗, はじめて彼, ぱっと硝子, ひどく可愛い児柄, ぴたりと, ふとかくし, ふと思いつい, ぶらさがった蛇, ほどなく清ちゃん, まあ, まさしく十吉, また其の, まだごく危険, まだ県会議員, まもなく私, みんな祝っ, もうはっきりわかりました, もう東, もしや曲馬団, ものごとは, やがてすり足, やがてエカテリーナ, やがて五, やがて午ごろ, やがて彼女, やがて煙草, やがて言った, やっぱり先生, やにわに横合い, やはり心, やむなくそのまま引き, ようやくそれ, よく気, よほどの, わが住居, わるかった, アネサは, エミイが, オールバックに, ガソリンに, グラチアは, シイカの, ゼルシー島だ, テクニックを, ハッキリした, パリに, フォーゲル一家の, プログラムが, ポン引が, ミス大阪はじめ二三の, ラムは, ローザは, 一ツ受ける, 一人二人素早く, 一同困り, 一度が, 一方その, 一歩西湖畔から, 一言も, 七十郎が, 三人が, 三島屋で, 三木は, 上からか, 不具者に, 不測な, 世界で, 中にも, 中島三伯という, 主任の, 九月の, 事実が, 二三十トンの, 二十二歳の, 二度三度する, 互に杯, 五節を, 京子という, 人々の, 人殺しゃどこだといった, 人間荒らし, 今にも打ちかかっ, 今わかった, 今年に, 今度書い, 今日聞い, 今朝は, 今耳の, 仕舞いには, 以前よりは, 伊丹城の, 伸子には, 佐用郷の, 何かしら大切なぜ, 何しろ先刻取次, 何ぞ図ら, 何も, 何分安値くも, 作の, 俊三が, 倉橋君は, 備付の, 僕と, 充分な, 先方も, 光の, 全く調子, 八月はじめの, 其時は, 内玄関の, 冬子の, 刀剣の, 初真打綾之助, 別段の, 前者の, 力強く思われた, 勝法房が, 北へ, 十二時に, 十左衛門の, 午頃までも, 卑しい身分, 単に父親, 厳令な, 双生児の, 口で, 台所だけは, 司法主任の, 同伴者が, 同情すべき, 名古屋大学の, 吾平の, 和田は, 商売柄品物は, 噂に, 四番町辺に, 国語は, 地上から, 垣根に, 堅く止められた, 塾を, 売りに, 外には, 多分介抱, 大きく枝, 大体として, 大方これ, 大賢を, 天草の, 奥で, 女性を, 妙子は, 姉たちは, 娘が, 嫉妬まじり, 安二郎は, 宜く働い, 実はその, 実際一夜, 宮の, 家では, 家臣三名に, 寝てから, 小初, 小面の, 少し晴れ, 少なくとも私, 尤も次の, 山の, 崖を, 左馬介の, 市木さんが, 帰るとき, 平四郎は, 年上だ, 幸太は, 広島や, 座敷の, 庸三の, 弟の, 張訓は, 当夜の, 影響を, 彼にとっては, 彼自身の, 後で考え合わせる, 後日の, 従来の, 心から敬服, 心中これが, 応対ぶりは, 思い掛けなくお父さん, 怪しの, 恥かしくて, 悦子が, 意地悪な, 感じは, 懐中は, 所まばらに, 手伝い婆さんが, 才兵衛に, 押し合ったり, 掃除を, 政右衛門は, 散らし髪を, 数時間の, 文言は, 新たに, 新興の, 既に大人, 日本橋の, 明け方風が, 昔を, 昼間見る, 時代を, 暗い途中, 書かれた目的, 最近そちらから, 月謝が, 木戸は, 本当かも, 本社を, 東の, 松林の, 柄に, 栗鼠か, 案外にも, 植田の, 櫨の, 次第に感情, 正しくそれ, 正造は, 此那雪何だか, 武蔵を, 段々日が, 母を, 毒にも, 気丈な, 水を, 江戸の, 油絵製作に, 泣いて, 浩二に, 海鼠の, 深く期する, 清香院の, 満洲, 漸く老境, 烈しい主人, 然しなつかしい, 然し毎, 熱演で, 父を, 物々しや, 特別な, 狙いは, 献身の, 玉藻を, 現実そのものが, 甥が, 男が, 画面を, 病気でも, 白帆が, 皆ひとしい, 盃を, 相当に, 真佐子の, 着港に, 知識を, 砂馬の, 祖先に対して, 神秘の, 私だけは, 私達は, 程経っ, 突然大きい, 竹童も, 答えようとも, 精悍剛愎の, 紙漉場の, 終に勤務, 結局これに, 総理以上の, 繰返されたので, 義太夫を, 翌日しらし, 翌朝袂を, 老番士, 耳や, 肚で, 背骨を, 脚が, 腹痛は, 自分ながら, 舟を, 色々味わっ, 苟も男児たる者, 苦心の, 茶を, 菩薩の, 葉子を, 薄笑いを, 血液の, 行燈の, 被告の, 襖越しに, 見に, 親しく口を, 観察眼を, 訃音に, 評判され, 誤報については, 誰にとも, 諸将, 護衛の, 赫子は, 身を, 車を, 近ごろでは, 近所に, 迷人会なる, 通信士が, 遂に全く息, 道具なども, 部屋へ, 醒めて, 野面を, 針だけ, 銭箱から, 長広幸人は, 間断なく, 陰では, 随分手, 集って, 雲取山から, 青年が, 非常な, 音楽は, 頤を, 顔全体が, 飛加藤の, 首を, 駒井甚三郎は, 髪の毛が, 鷲印ミルクとは, 黙々と勉強

▼ なかったこと~ (1936, 4.6%)

67 である 3937 であろう 33 だろう 26 です 25 でしょう 22 は確か 17 がある 1615 がわかる, になる 12 があった, は明らか 11 だった, であった, はいう, は事実 10 を私 9 を後悔, を思う, を残念, を知った 8 だが, は前, もある, を彼, を思い出した 7 と思う, は彼, もあった 6 がこの, に気がついた, はない, を知っ

5 [14件] がありました, が分る, なの, に気づいた, はこの, は実に, は明かである, は確, もまた, をむしろ, を意味, を示し, を示す, を覚え

4 [15件] がわかった, が判明, が残念, だけはたしか, だと, だろうと, でした, ですが, でも, は, はたしか, は残念, を想像, を知る, を考え

3 [40件] か, があと, があろう, がむしろ, がよほど, がわかっ, が判る, が想像, でありました, であるが, と思います, なので, なん, にし, にする, に気がつく, はその, はなかっ, はまことに, はもちろん, は今, は勿論, は少し, は想像, は慥か, は明白, もあろう, らしい, をあと, をここ, を今, を今更, を喜んだ, を思っ, を感謝, を知り, を考える, を自分, を証明, を遺憾

2 [107件] があります, があるでしょう, がよく, がわかり, が一つ, が事実, が何, が先ず, が分かる, が分った, が度々, が彼, が後, が明らか, が気, が証明, だから, だけは確か, だったが, だのに, であったから, であります, であろうと, でございましょう, でしょうよ, ですね, でどんなに, で御, と当時, など, にしよう, になります, に基づく, に気, に気がつい, に気づく, ね, のない, の幸福, の方, はありません, はここ, はただ, はまえ, はむしろ当然, はよく, は一つ, は今日, は仕合せ, は何より, は何一つ, は全く, は別に, は同じ, は多く, は当時, は当然, は彼女, は御, は推測, は正しく, は注意, は私, は自分, は言うまでもない, もあっ, もこの, もその, も事実, も明らか, も確実, をお, をこの, をし, をしみじみ, をたいへん, をはっきり, をひそか, をふい, をふと, をわれわれ, を一瞥, を不仕合せ, を不思議, を今度, を吾, を喜び, を大いに, を実に, を幸い, を心残り, を思い出し, を悔い, を悟った, を断言, を歴史, を深く, を物語っ, を物語る, を発見, を確かめ, を確め, を自ら, を言っ, を許し, を話した, を難

1 [961件 抜粋] およそ三十年, かと我, からであった, から中納言, から判断, から川, から推測, から考え, から見, が, があげられよう, があり, がいっそう, がいろいろ, がうなずかれます, がおこった, がかえって, がくやしかっ, がさて, がしきりに, がしれ, がすぐ, がたまらなく, がとうとう, がなんだか, がにわかに, がひどく, がぽつりぽつり, がよかっ, がわかるなら, がイヤ, がハッキリ, がフシギ, が一, が一目, が不思議, が主, が二つ, が五度, が今, が倖, が充分, が分かった, が分っ, が判った, が判りました, が却って, が合点, が報じられ, が大, が寧ろ, が幸, が幾度, が彼女, が後悔, が思い出された, が恥かしく, が悪い, が感知, が推察, が断わっ, が明瞭, が最大, が染, が残り惜しく, が疑問, が知れる, が確かめられた, が私, が窺える, が至極, が落度, が見出され得るだろう, が解れ, が証拠立てられた, が誰, が軽蔑, が遭難, が間もなく, が飽気, ぐらいは推察, ことに近世, さ, さえわたくし, さえ屡, すらある, そして今, そして父, そして驚い, それからその他事務家, それから若し, た, だけがまあ, だけが寝, だけであった, だけはかや, だけはひそか, だけはまぎれ, だけはわかる, だけは断定, だけは書き落し, だけは疑われぬ, だけは確実, だけを僕, だし, だったそう, だのす, だろうが, だろうな, だろうよ, であって, でありましょう, であり聞きも, であると, でお, でこの, でございました, でしたから, でしょうか, でしょうからね, でしょうし, でしょうに, ですよ, でそれからまた, でなにか, でもいえる, でも解っ, で今, で余り, で大学生, で当時, で母, で無意味, で話, で長谷川, で驚いた, といかほど, として考えられる, とちゃんと, とて急, とのみであった, とはいい, とを単に, と云い, と云え, と今一つ, と共に家族制度, と大阪, と存じます, と思われます, と汚い, と真智子, と運, どっ, なし, などあり, などからついに, などが一層, などにふれ, などもその, なども今さら, なども妙, なども重要, などをものがたりました, などをクドクド, などを報告, などを考える, などを聞かれ, などを腹だたしい, などを述べた, など聞き, なのよ, なんかは念頭, にある, にあるだろう, にこだわっ, にします, についてはすでに, については多少, について不吉, について共通, について詫び, になった, になるであろう, にはその, にはキミ子, には十分自省, には御, には末期, には気ぜわし, には部屋, にほっと, にも歯ぎしり, によっても分ろう, によって十分, によって彼女, により又, による, にわかに気分, に何, に原因, に因, に基くであろう, に対しての非難, に対し甚だ, に對, に彼, に心づく, に思い当る, に愛想, に承知, に横たわっ, に気がつき, に気が付き, に気づい, に気付い, に満足, に由来, に起った, に逆襲, に非常, に驚い, のいきさつ, のため, のよう, の一つ, の今, の唯一の, の幸い, の弁明, の必然的, の明, の結果, の証拠, の遠い, はあらためて, はあんまり, はいささか, はいたし方, はうなずかれる, はおぼろげ, はかかる, はがんりき, はこれ, はございますまい, はずっと, はそれら, はたしかに, はなに, はひとたび, はほとんど, はますます, はまた, はまったく, はむりもないのだった, はやがて, はわかっ, はわれわれ, はオルゼシュコ, はクリストフ, はサト子, はマリア, はモーラリスト, はヨオロッパ, は一味徒党, は一日, は一部, は上述, は世人, は乾児, は争われない, は二人, は人々, は今さら改めて, は何, は何度, は何段, は偉い, は充分, は冬季登山, は動かぬ, は協会, は反省, は同様, は和歌, は固, は大言, は存在, は実際, は容易, は小説, は山, は幸せ, は当時掃除人足, は彼奴, は後, は思いがけない, は悪い, は悲劇, は成行き, は推察, は文字史料, は断言, は明, は明かであった, は明かな, は最早, は未曾有, は根国, は正月, は注目, は無理, は物理学者, は状態, は疑い, は疾く, は監獄, は知れ渡っ, は社長, は祝福, は種々, は筆者, は結局, は能, は自身, は英雄的, は見張り, は見逃し得ない, は認めね, は論, は足あと, は運不運, は野口昌作, は階級的裏切り, は顕証, ばかりで, ばかりでなく, への反省, または, また私, も, もあり, もあります, もあるで, もいま直ぐ, もきっと, もししたい, もずんずん, もだから, もほぼ, もまちがい, もわれわれ, も一つ, も一度, も了解, も今, も偶然, も再三, も分り, も反っ, も富ん, も少く, も役所, も御存じ, も思い出された, も恕, も想像, も明治四十三年七月二十五日有珠山噴火, も済まない, も理解, も知る, も解っ, も論証, やその, やらまた, やら容易, や内部的, や多少, や大正十二年, や宮廷内, や採り用いた, をあげ, をいうらしい, をいっそう, をいまここ, をおれ, をお知らせ, をかかれ, をくり返し, をこぼし続け, をさせる, をさっき, をしきりに, をせめて, をそう, をその, をた, をついに, をどうして, をなぜとつぜん, をのろう, をはじめて, をひどく, をぼんやり, をまるで, をもやりとげなけれ, をも思い出した, をやっ, をよく, をよろこんだ, をジイド, を世に, を了解, を云うであろう, を云った, を今さら, を何, を信じ, を僕達, を全部女, を匂宮, を口惜し, を同慶, を含ん, を嘆息, を夜通し苦, を容認, を少し, を弁解, を彼女, を後年, を御息所, を必然, を怒ってる, を思いだした, を思い出しまし, を思い出します, を思え, を思わせる, を恥じ, を恨む, を恨んだ, を悔み歎, を悔む気, を悲しむ, を惜ん, を想い出した, を感心, を憤った, を憾む, を手, を挙げなけれ, を推測, を断わっ, を明言, を松江, を果し, を気の毒, を注意, を率直, を疑わぬ, を白状, を確かめた, を神さま, を答えました, を米子さん, を繰返し詫言, を考えてる, を考えない, を聞かされた, を胸, を自ら難, を自認, を衆, を見, を見ます, を覚りあっ, を観察, を記述, を証する, を詑び, を詑びた, を話し, を誇り, を誓った, を語った, を語りました, を読者, を責め, を車中, を鄭重, を陣十郎, を非, を非難, を顧み, を黒川, 全く無, 又いくら, 従って日本, 或るい

▼ なかったので~ (1856, 4.4%)

49 私は 35 彼は 16 それを 15 彼女は 9 僕は 8 わたしは, 今度は 6 ござります 5 その日, 彼の, 自分は, 黙って 4 そのため, それが, 一種の, 他の, 初めは, 彼を, 私が

3 [16件] その人, それで, それは, それも, 二人は, 今は, 何の, 何も, 多くの, 家の, 少しも, 彼女の, 眼を, 私たちは, 私達は, 詳しいこと

2 [91件] あるならば, うどんの, お延, かれは, この上, これは, これも, これを, さしもの, すぐに, そうした人たち, そこへ, そのままに, その事, その晩, それではと, それでも大分感情, それなり私達, それらの, ただもう, だまって, ついその, つまりは, はじめの, びっくりした, みんなは, やがてそれ, わたくしは, わたしたちは, アンジョーラは, ホッと, 一緒に, 不安な, 不審に, 不思議に, 主人が, 二人が, 二人の, 人々は, 人に, 今でも, 仕方が, 伊勢直へ, 傍に, 別に穿索, 制止の, 前に, 博士の, 叔父は, 右の, 君の, 女の, 女は, 安心しました, 少年は, 平次は, 彼が, 彼も, 彼女が, 彼等は, 従って, 心配し, 忘れるとも, 我々は, 挨拶も, 敬太郎は, 日が, 暫くは, 最初の, 此の, 母は, 母親は, 気が, 汽車に, 父は, 男は, 知らないと, 確める, 私の, 私達の, 腹を, 自分が, 自分の, 自分も, 読書も, 誰にも, 誰も, 豹一は, 途中で, 部屋の, 非常に

1 [1432件 抜粋] あたかも凱旋将軍, あつかましく両人, あながち義理知らず, ある人たち, あれほど, いい加減な, いきなり, いくらか面羞, いたずらに, いつでも, いつもより, いまの, いよいよ頭, いろいろ工夫, いわば行きずり, いわれなく入って, えたり, おちづ, おばの, おもて, お千代, お広さん, お母さんは, お湯に, お竜ちゃん, お袖, お豊, かぜを, からかい半分に, かれを, きて, くつを, こいつ精神病者では, こう答えた, ここに, こごとを, こっちの, この事, この二頭, この十一月二十五日, この奇利, この家, この憤ろし, この日, この正月, この目前, この言葉, これが, これらは, こんな真似, ござりましょう, さし向いに, さすが事勿れ主義, さらに修業, しかたなく, しばらくたたずん, しばらく躊躇, じぶん, すぐ一メートル, すこしは, すっかり怯えた, すべてそういう, せめて同じこの, そうした, そう主張, そこの, そっとそこ, そのこと, そのままよろめき, そのまま出, そのまま収, そのまま帰った, そのまま次, そのまま秘密, その不思議, その儘, その名前, その噂, その夕方, その完成, その後次第に, その憂鬱, その望み, その歩きぶり, その点, その生気, その発表, その眼, その臭気, その賛辞, その馬, それからと, それぞれの, それでなく, それで始めて, それと, それによって, それほど珍し, それゆえ誰か, そろそろ暇, そんなこと, そんなま, たいそうお, たしかに昨夜, ただちに返事, ただ一ちょう, ただ答えた, ただ護国寺, たちまち相手, だれか, ちょっと不思議, ちょっと行き渋った, ついそこ, ついそれ, ついて, ついみんな, つい口, つらくは, とうとういたたまらなく, とうとうむだ, とうとう勘当同様, とうとう用, とかく人間, ともかくドア, とりわけ夜, どうした, どうする, どうもつらい, どう答え, どこに, どっちに, どんなに驚くだろう, なおも首, なかにはどこ, なぜなら私, なんだか非常, はだか麦の, はっきり画題, ばからしくも, ひそかに, ひどく残念, ふいに, ふたりは, へんに, ほっとし, ほんとうは, ぼんやり立っ, まごまごし, まず何, また中, また懸け隔たった, まだこの, まっすぐ帰り, みんなこいさんに, むしろラプラス, もうすこしで, もう一時間, もう直ぐ後, もしそれら, もっと上等, やがて二度, やっぱり一緒, やはり愚図, やむなく父系, やりそこねた, ようやく経文歌, よくはっきりとは, よそながら矢来, わけなくきまったの, わざと他方, わたしも, わりあいに, ウィリアムズという, オーストリー領に, グルグル塀外, サト子は, ジョヴァンニは, セーヴァリーの, ツイ見ちがえちまっ, ドアは, ドライブし, ハンス, ブラブラ散歩, ホテルの, ボイルは, ポチも, マフチャズが, マンハイム家を, ミッドウェーの, リュシアン・レヴィー・クールが, 一つは, 一九四六年十二月この, 一六一六年に, 一寸箸, 一知は, 一言で, 万事が, 三人とも, 三振の, 三番町を, 下町の, 不満足であった, 世上これを, 世間ばなしの, 中, 中将は, 主な, 久能は, 乾いた唇, 事務長に, 二人に, 二川が, 五フラン送る, 五日目の, 交渉は, 人々から, 今から, 今そこへ, 今一度シャッポを, 今度僕の, 今日発見すれ, 今晩買いに, 他から, 仙台の, 伝六は, 住居へ, 佐京は, 何が, 何でも, 何となく物足りない, 何処へ, 余は, 余儀なく意, 侍女たちは, 係の, 俺たちは, 偵察隊は, 傷痕を, 兄には, 先き, 先生を, 児は, 全部を, 公には, 其架橋地点が, 内心躊躇した, 再び室, 冬に, 分らないが, 別に皮肉, 利益を, 到頭先生, 前後を, 加賀さまの, 助かりましたが, 北穂の, 十内は, 半日を, 印度で, 厩舎の, 又部屋, 叔父に対して, 台湾から, 合宿の, 同じ掛, 同情も, 君に, 吾れ知らずうつむき, 呆然佇ん, 和服の, 唇を, 問い返すと, 四五輯頃から, 四月四日に, 図書館行と, 國民の, 地名に, 坪内先生の, 壁板を, 変事の, 外科の, 多少の, 夜までに, 夢にまで, 大いに勇気づい, 大した失望, 大に, 大塚の, 大抵の, 大笑いしました, 天皇は, 太陽も, 失礼した, 女中は, 始終文章, 娘も, 嫉妬などは, 子供たちの, 学校の, 安心し, 安心を, 実物は, 客の, 宮家ご, 宵に, 容易に, 寂しくて, 寧子を, 尋常一様の, 小半町も, 小春に, 小治田, 少しの, 少し気持, 少し面食い, 少年たちも, 岡崎雪声さんが, 已むを, 帰りも, 平易な, 幸いに, 幾度も, 度胆を, 庶民の, 引っぱられるまま, 強いて想像, 当時評判の, 役人方を, 彼にとっては, 彼女を, 待ちかねて, 従って二人, 御機嫌が, 心痛せざる, 忽ちぷっと, 怒って, 怨みを, 恐らくどの, 恰も地, 悪者らにとっては, 情人を, 意外であった, 愛宕の, 懐手を, 我藩の, 戦争に, 手帳の, 手紙などは, 手足纏い, 折角気持, 捕えること, 捲毛, 支倉は, 故郷からの, 教授は, 文学を, 断りを, 新しい印象, 新之助一人を, 新進の, 日ぐれ, 日記は, 早速紅葉, 明治十六年の, 星の, 昼飯後日本橋と, 時は, 暫く物理教室, 更に桶川, 書き出したら長く, 最一度, 有合した, 朝おきる, 木箱を, 未来の, 本郷三丁目の, 村中が, 松波博士が, 桐の, 森新之助の, 検察当局は, 次には, 次第次第に, 正に客観的, 正規の, 此の際文学は, 死ぬの, 殆ど忘れ, 残念で, 気がつけば, 気を, 水道が, 沓の, 法外な, 注射も, 津田は, 混雑に, 湯屋の, 源十郎じしん, 漸源, 瀑の, 災難を, 烏は, 無縁坂を, 焼き捨てて, 熱海か, 父親譲りの, 物を, 犬居に, 獰猛な, 王氏には, 田舎の, 町風呂へ, 疲れの, 発車までに, 皆が, 皆心を, 直き, 眼に, 砂糖湯を, 社会的な, 祖母は, 私たちに, 私どもは, 私や, 科学が, 稚いおり, 穿いて, 立耳巻尾で, 筏を, 節子は, 籍を, 紫陽花の, 結局は, 緩慢にも, 翌日すぐ, 翌朝厚く, 聞えないという, 肩幅の, 腐れかけた井戸, 自ら弁解を, 自宅に, 自我は, 自然の, 自然足は, 自虐に, 船の, 若い士官, 若松屋惣七が, 英語と, 落瞻したらしい, 蔵と, 蘆屋の, 虚を, 蝶子は, 行けない, 西の宮へ, 見たこと, 見遁, 親しみが, 解釈によっては, 計画は, 訳を, 詩文によって, 話を, 読むに, 諸藩, 謝絶しました, 警察の, 豪家らしい, 貰いに, 賞金は, 足を, 身ぶりで, 身心次第に, 車上の, 辛うじてかわし, 近所の, 返事を, 逃がして, 途中私の, 遂には, 遂に子, 道を, 酒台の, 野村は, 錦子との, 長吉は, 間もなく手足, 陸は, 随分思いきった, 電車通りから, 非常な, 須山は, 風呂敷包みを, 食べずに, 首を, 駒三郎は, 驚いた, 高圧を

▼ なかった~ (1740, 4.1%)

109 いう 86 見えて 65 すれば 46 思う 43 いって 38 みえて 37 思います 28 云って 26 言って 23 云うの 20 見える 17 思って 15 いうので, 見えます 14 云うこと 13 いうが, すると, 云う事 12 云う 11 申します, 言う 10 みえる, 書いて 9 いいます, いうだけ, いっても, 同様に, 言うの 8 いうから, したら, 思うが 7 ある, いえば, したらどう, 云っても, 思われる, 言っても, 言われて 6 いうだけの, 云いますから, 答えた, 聞いて, 誰が 5 いうじゃ, いうよりも, いわれて, したならば, したらそれ, 思うの, 思った, 考えて, 言うこと

4 [12件] いうのに, いうより, するならば, みえるな, 云います, 云った, 云わねば, 思いますが, 想像する, 見え, 言うん, 記して

3 [30件] あっては, いうと, いうに, いうばかり, いうまで, いうよりは, いえる, いった, したらその, したらどんな, したら君, しますと, する, なると, みえます, 主張する, 云うよう, 云うん, 云える, 云われて, 同じよう, 思うこと, 思うん, 私は, 言います, 言えば, 言った, 言ったが, 言ったそう, 証言し

2 [61件] あとで, あなたは, いうかも, いうごときは, いうだけは, いうほど, いうんで, いえるの, いわれる, いわれるの, したところ, したらおそらく, したらかれら, したら彼, した場合, するも, だれが, なれば, みえ船長, 云う人, 云う話, 云う関西者, 伝えられて, 全く同じ, 全く同様, 同じく今, 君が, 告白する, 嘘を, 報告した, 思いました, 思うくらい, 思うと, 思うね, 思うのよ, 思うわ, 思われます, 思われるほど, 断言し, 母は, 申して, 申しますが, 申すこと, 申すの, 申せましょう, 考えては, 考えられます, 考えられる, 自分で, 見えるね, 見て, 見るより, 見る方, 言いますよ, 言うので, 言ったな, 言ったね, 言った方, 言われる, 話して, 運転手に

1 [612件 抜粋] ありましては, ありますが, ありますね, あるが, あれば, いいなさる, いいはりました, いいますからねえ, いいますよ, いい伝えて, いい後者, いい得ますか, いい立ち上がって, いうごとき文句, いうし, いうぜ, いうだけでも, いうて, いうでは, いうどころか, いうならまだ, いうの, いうべきです, いうまでの, いうものの, いえます, いえようか, いえ呉, いかに弁解, いくら悔ん, いったね, いったらひと, いったら笑う人, いふの, いわねば, いわるるか, いわれた程, いわれても, いわれるプルウスト, いわれる事情, いわれる常緑針葉樹, おっしゃったよう, おっしゃる, おっしゃるでしょう, おっしゃるの, おっしゃるので, おなじすがすがしい, おもう, おれが, お常, お松は, お組さん, お雪ちゃんは, かんがえる, きいたらそれ, きかされ私, きっぱり断言, こういい触らし, こう解釈, こう言う, ことわられて, これも, さっきは, しきりに云われる, しきりに興奮, したらあの, したらあるいは, したらあれ, したらあんなに, したらかの, したらこの, したらこれ, したらしばらく, したらすでに, したらそして, したらという, したらば, したらやはり, したらわが, したらわれわれ, したらギリシア, したらフォマ, したら一体どう, したら乳母, したら二人, したら今日密書, したら他, したら俺, したら其, したら別, したら双方, したら同名異人, したら天, したら富田博士, したら屍体, したら思ったこと, したら戦争, したら昨夜, したら果して, したら残念, したら毛利輝元, したら江戸時代, したら火, したら現に, したら男らしく, したら確か, したら続いて, したら自分, したら芭蕉, したら苅谷氏, したら諸君, したら遊星, したら銃丸, したら陽子, しんから, すまない気, するならカント, する彼, そうドリーシュ, それが, たいそう大きな, ただそれだけ, どうして云, どうして断言, どうして考えられましょう, どうして言えよう, ならば当, はっきり感じられます, はっきり荘太玄, ひっきりなしに愚痴, まあ云う, まず見える, みえふと, みえました, みえますね, みえよほど, みえるの, みえ玄関, みえ相変わらず, みえ茶屋, みえ街灯, より思われません, わざと二十歳前, キャビンボーイが, 一般である, 下女も, 世の中を, 中の, 久助君は, 云いえない感じ, 云いますので, 云い同書, 云い得る時, 云い怒り, 云うお, 云うし, 云うためし, 云うだけ, 云うので, 云うべきだろう, 云うべきであろう, 云うらしい, 云う以上, 云う処, 云う千古, 云う印象, 云う大部, 云う女, 云う始末, 云う形式, 云う支倉, 云う断り, 云う為め, 云う畢竟, 云う矛盾, 云う筈, 云う結論, 云う自覚, 云う話しだ, 云う返辞, 云え, 云えるでしょうか, 云おうと, 云ったという, 云ったね, 云ったもの, 云った伸子, 云った相, 云っちまったよ, 云ってね, 云ひます, 云ふんだ, 云われたという, 云われアカデミー, 交番で, 今さらの, 今わかる, 仰しゃったじゃあございませんか, 仰しゃるけれど, 仰有, 仰有って, 仰言って, 伝えられる, 伝わる, 佯り, 例の, 供述した, 信じて, 信じる, 信じること, 信ずる, 信ずる理由, 信ぜられます, 先達様の, 公言し, 分かったとき, 分って, 判りました, 半分ひとり言の, 口早に, 古今著聞集という, 叫んで, 叱られた程, 同じく原始的, 同じく奥州, 同じく概念, 同じな, 同じ事, 同じ理由, 同じ程度, 同前の, 同時に, 同時にあらゆる, 同時にこの, 同時にその, 同時に今日, 同時に又, 同時に受取っ, 同時に年老い, 同時に時々は, 同時に純真, 同様である, 同様彼女の, 同様清三も, 否定する, 告白し, 告白せざる, 咎めましょう, 喜んで, 嘆息した, 失望を, 女房は, 好んで, 嬉しくて, 学者は, 宇兵衛夫婦は, 宿の, 希望する, 常陸夫人は, 幹太郎は, 幹夫は, 広告した, 彼は, 彼らが, 後々まで, 後悔し, 心の, 忍耐する, 怒ったの, 怒って, 思いあたること, 思いながら, 思いひどく, 思いましたのよ, 思いますがね, 思いますの, 思いますわ, 思います体, 思い少将, 思い微笑, 思い長い, 思うか, 思うからね, 思うがね, 思うでしょう, 思うのに, 思うほう, 思うほどな, 思うより, 思う八束, 思う或は, 思う文選, 思う時期, 思う頭蓋骨折, 思えて, 思えば, 思えること, 思ったの, 思ったので, 思ったらじゃ, 思ったら昨夕帰り, 思ってや, 思ふ, 思ふの, 思わなければ, 思わぬ損失, 思われまする, 思われるから, 思われるが, 思われるし, 思われると, 思われるん, 思われる一つ, 思われる大きな, 思われる方, 思われる程度, 思われる部分, 怨んで, 恐悦の, 悔みこれが, 悔を, 悲しげ, 想像される, 想像すべき, 愚痴でも, 感じさせます, 感じて, 感じます, 感じるの, 手軽に, 批評する, 推定し得る, 攷える, 断ずるの, 断定する, 断定せざる, 断言した, 断言する, 新聞が, 明記し, 昔の, 時方らは, 書かざるを, 未婚の, 本屋が, 本気に, 残念でならない, 毎々言っ, 毎日同じ, 比較が, 氏は, 気がついたの, 気がついたので, 気づいて, 気の, 泣きそう, 淋しい気, 父は, 猶太人, 理性する, 生涯苦に, 甲斐は, 申さるるか, 申したこと, 申しましょうか, 申しますそんな, 申せば, 申立て, 申立てた, 男泣きに, 白状する, 皆驚い, 盲信し, 矢代は, 知って, 知っては, 知る, 知るまでは, 確言し, 私が, 私に, 立会いの, 答える, 答えると, 答えるの, 答え返した, 考うべき, 考えます, 考えますか, 考える, 考えること, 考えるとしても, 考えるほか, 考えるもの, 考えるよう, 聞いた, 聞いたの, 聞いては, 聞きましたが, 聞きますから, 自ら言い, 自分を, 自白し, 自白する, 自覚する, 若い母, 薫は, 見えこの, 見えともすれば, 見えるな, 見えるの, 見えるテ, 見えわし達両人, 見えミルク屋, 見え中止に, 見え主人, 見え二年, 見え二男, 見え何, 見え器体, 見え夫人, 見え娘達, 見え小舟, 見え式場, 見え彼, 見え待ちぼけ, 見え或, 見え無数, 見え真似事, 見え絶対安全, 見え老年, 見え遂い, 見え運転手, 見なければ, 見られる, 見ること, 解して, 解するを, 解れば, 解釈出来ぬ, 言いたげな, 言いはりました, 言いました, 言いますが, 言い伝えられて, 言い切っても, 言い切るわけ, 言い夫人, 言い返す, 言うが, 言うけれど, 言うし, 言うだけ, 言うだけに, 言うべきであるかも, 言うもの, 言うよ, 言うより, 言う人々, 言う出たらめ, 言う方, 言う驚くべき事実, 言える, 言えると, 言おうと, 言ったじゃ, 言ったところ, 言ったらそんな, 言ってたそう, 言ってるが, 言ふ, 言わるるほどの, 言われた, 言われるかも, 言われる糖尿病患者, 言わんばかり, 訴えること, 訴えるの, 証言した, 詰るよう, 話した, 話しました, 誇り得ないでは, 語った, 語ったそう, 語る, 誰もが, 謂って, 賞め千切りました, 辰弥は, 返事を, 述べた, 述べて, 述懐し, 閉口し, 陳述し, 非常な, 非常に, 頑張って, 顔色で

▼ なかった~ (1493, 3.6%)

350213 です 88 ですか 63 だよ, だろう 55 だね 47 ですが, ですもの 46 ですよ 41 でしょう 37 ですね 36 だな 26 だが 22 だから, だもの 17 ですの 16 だぜ 14 ですって 11 だからね, ですから 9 だと 8 か, じゃない, だけれど, だわ 7 ですけれど 6 だからな, だけど, ですからね 5 ですな 4 だからなあ, だし, だって, だろうか, だろうと, でしょうか, でしょうが, ですからねえ, ですけれども 3 だがね, でございます, でしょうね, ですけど, ですわ

2 [14件] じゃないでしょう, じゃなく, だけれども, だそう, だぞ, だろうが, だろうな, だろうね, である, でしょうよ, ですけどね, ですってね, ですとさ, ですのに

1 [118件] かい, かも少し, けえ, けエ, じゃないだろう, じゃないです, じゃなかった, じゃなかろう, じゃねえ, じゃァないだろう, だあの, だうち, だお前, だか, だからねえ, だがな, だがなあ, だこっち, だこの, だざま, だせ, だそして, だその, だそれ, だそれに, だちぐさ, だってさ, だとか, だとさ, だとは, だどこ, だどもな, だなあ, だなあんだ, だねえ, だほんと, だまだ, だよと, だろ, だろうあの, だろうけれど, だろうじゃ, だろうなあ, だろうに, だろうねえ, だろうよ, だろう何, だろう早く, だろう石, だヨ, だ事実, だ何, だ俺, だ俺ら, だ勘弁, だ可哀そう, だ可哀想, だ堪忍, だ永遠, だ畜生奴ッ, だ納屋さん, だ革命, でございましょうに, でございましょうよ, でございますか, でございますが, でございますよ, でございます居酒屋, でした, でしたかね, でしたっけ, でしょ, でしょうかねえ, でしょうけど, でしょうそれ, でしょうな, でしょうわたし, でしょう放っといて, でしょう貯蔵所, ですあたし, ですえ, ですかな, ですかね, ですかよ, ですからな, ですがね, ですけども, ですけれどもね, ですぜ, ですそこ, ですそして, ですたくさん仕事, ですってよ, ですとくべつ, ですどう, ですなと, ですのよ, ですッ, ですネ, ですネネ, ですロシア, ですワ, です丁度, です何だか, です実は, です少し, です戸口, です本当, です済みませんが, です私, です藤島, です親分, です記念, では, でも, に落胆, や, やろと

▼ なかったから~ (1397, 3.3%)

292 である 130 です 10619 であった 14 であります, でした, なの 11 だと, で, であろう 8 私は 7 でしょう, では 6 であると, よかった 5 だが, 私の 4 だった, でありました, でございます, わたしは, 今日は, 仕方が, 僕は

3 [11件] これは, これも, して, それで, だろう, であろうか, であろうと, ですわ, でも, 自分の, 豹一は

2 [30件] ああいう, この場合, これらの, こんなこと, そのつもり, その隙, それに, それを, だとか, だよ, であるが, でつまり, で決して, なので, なんだ, なんです, 不思議であった, 二葉亭の, 何も, 何を, 分らない, 帰ったという, 彼は, 拍子抜けが, 父の, 狐に, 知らないと, 答えるすべ, 誰も, 黙って

1 [610件 抜粋] ああそれ, あきらめて, あすこを, あなたの, あの旅行者, あるいはかえってゆったり, ある友人, あんな間違い, い, いいが, いいけど, いかに如実, いくらでも時間, いけないの, いずれは, いずれも, いつか, いつまでも, いつもむしろ自分, いつも中軸, いつも其時刻, いつ迄も, いやいや歩かず, いやちがう, いや二絃琴, いろんな雑誌, うっかりした, うまいには, うまく喋れなかった, おじいさんが, お休みなすった, お声, お帰り, お杉, お松は, お父さんの, お解り, お豊, お高, かかとは, かの女, からかって, からきしさ, からすに, きっとこんな, きょうの, きょとんと, こういうこと, こういう特異, こういう破, こういう結果, こうしたい, こうして自分, このへん, この一場, この企画, この哲学, この往復, この方, この母親, この洗面器, この点, この豆, この間西川から, この鞭, この類, これが, これくらい, これで, これを, こわれたの, こんなに答える, こんな余計, こんな場合, こんな大きな潜水艦, こんな突飛, こんな野良藪, ごく早く, ごく普通, ご大儀, さっき僕は, さびしく思った, さほどにも, さも親し, さらにその, じゃ, じゃありません, じゃ事情, すぐつづけ, すでに盲腸, すべて広告を, ずいぶんおもしろい, ずいぶん不自由, せっかく本, せめて君, せめて太子, せめて罪滅し, そうした, そうッ, そう見えた, そこに, そこの, そして計量, そのかわり, そのまま玉鬘, そのまま雑談, そのロケット日章島, その圏内, その変った, その客室, その年, その晩大熱, その爆発, その父, その白い, その結末, その賞金, それである, それで僕等, それで全く, それらの, そんなめ, そんな眼, たいして目, ただそのまま, たぶん売女, だあたし, だけれども, だこの, だし, だったの, だとでも, だろうか, ちょうど彼女, ちょっと借り, ちょっと流れた, ついそのままに, ついそれ切り, つまりこういう, であったし, であり, でありそして, でありましょう, であるし, であろう部屋, でござんしょう, でしょうあの, ですが, ですよ, ですよるべ, でそれ, でで, でとりわけ, でほか, で一向に, で今, で今日, で本当に, で私, とうとうあれ, ともかくあの, ともかくも, どこかへ, どこに, どっちが, どの道, どんな言葉, なかなか険しかっ, なぜ彼等, ねて, のちのちまでも, はじめて長崎, はっと思った, ほかから, ほんの役塞ぎ, またし, また返した, まだこの, まだ外気, まるで何, みんなも, もういちど, もう四五円, もう生涯ロース, もう負け, もし美貌, もって, やがてパリ, やはり出る, やはり年, やむなく犬, よいものの, ようございました, よく聞い, よし書かれた, よんどころなく万豊, わからない, わかんないわ, わざと返事, わざわざ下り, わざわざ後架, わしにも, エマニュエルが, オレの, カメの, ジャガ芋を, スキーは, セーラー服に, タイピストは, タダであっ, ノーカウントだ, ハッキリ記憶, プレンパレーに, ポチも, リズムや, 一人で, 一唱一嘆だった, 一生人に, 一番いい, 一郎は, 一銭五厘しか, 下駄を, 不幸中の, 不思議じゃ, 不思議だ, 久作が, 之に, 乳の, 予の, 事件に, 二十五両という, 互いにとって, 人と, 人間が, 人間は, 今の, 今までの, 今問題外だ, 今回の, 今夜あたりは, 今度は, 今度も, 今後それが, 今必要, 今朝は, 仕立物処と, 他人には, 他人の, 体が, 何か, 何かとべんちゃら, 何とかし, 何とも云い兼ねる, 何らの, 余は, 余り話が, 余計そういう, 俊乗房が, 俺らには, 倖せ, 僅か許, 僕の, 儲からなかった, 先生は, 入院しない, 公式主義に, 共婚主義, 其時分私の, 内容は, 出すの, 出て, 出品しない, 初対面の, 判らない, 別に恐ろしい, 別段ほしい, 前の, 割合に, 助かったものの, 助かりました, 勢込ん, 十ドルの, 十二時頃でも, 半兵衛も, 卒業し, 即ち売女, 原子爆弾で, 又ききかえした, 反っくり返って, 口髭なんか, 古本で, 可笑しい, 各人の, 各自に, 同じよう, 呆気に, 呉清源係りの, 命がけの, 善人だった, 喜んで, 塾生たちは, 夕飯を, 夕飯後から, 多くは, 多分知るまい, 夢から, 大助り, 大方は, 大杉を, 天災地妖の, 夫人の, 夫婦らしく, 女中のを, 女房は, 奴め自殺し, 好い加減に, 妹の, 嫌疑は, 字を, 学問の, 宇陀郡の, 実力が, 実際生活, 宿の, 宿屋では, 寿女は, 少くとも, 少しは, 少しばかり, 少し学校, 山狩の, 岡目から, 岨道に, 川上の, 師匠燕枝はじめ死んだ, 平仮名で, 平地を, 平次という, 幸い, 弓子は, 弘治三年の, 当分は, 当時の, 彼が, 彼女に, 彼女は, 従って鷹揚, 御馳走し, 思う人, 性の, 或は駄目, 手に, 押して, 拵えません, 探すの, 擦れ違いざま, 故人の, 敬太郎は, 敬礼する, 敵の, 断わったもの, 斯う, 明日の, 昨夜, 昨日からの, 是だけは, 時々いや, 暇を, 曙山とは, 更に第, 月曜日歯医者の, 朝飯が, 本来或, 来て, 来年とかは, 東野邸へは, 某誌の, 栄二には, 極く, 極楽へ, 欧羅巴の, 歩いたの, 殆ん, 殊更何, 残されたの, 殺したも, 毎年まだ, 毒を, 水泳競技が, 汚い地面, 池の, 決して単なる, 河豚と, 河豚は, 浅いところ, 海の, 海賊なんぞ, 浸水した, 深く年来, 清ちゃんは, 温柔しくうなずい, 満も, 源氏は, 火曜日に, 然う, 父が, 父や, 牧さんに, 独力で, 献酬という, 獣医の, 現われなかったまでの, 生徒の, 甲が, 甲の, 疑惑の, 痒いところ, 皆が, 皆山や, 盛綱が, 目ざめて, 真っ先に, 真珠を, 真面目な, 眼を, 知らないだろうけれど, 知らないの, 知らぬ顔を, 知らんけれども, 確める, 私たちに, 私たちは, 私としては, 私には, 私一人不躾に, 笑って, 籠の, 糟谷は, 糸蒟蒻だけを, 素子の, 細かな, 経験的直観と, 結局, 結局わからず, 維新の, 美しい女, 美和子は, 美妙や, 腹が, 自分が, 自分も, 自殺でない, 自然に, 自然文庫の, 自然粗末に, 船まで, 良いよう, 若い男, 苦しかった, 葬儀に, 街路は, 裏は, 見せたくないもの, 見当が, 覚えて, 親しんで, 訪ねる事, 訪問時間などという, 詳しいこと, 詳しい事, 誠に悪い, 誹謗者らの, 諦めが, 謂わば, 豊子さんに, 負けること, 質に, 踊りでも, 身を, 近在の, 返事を, 逃げること, 逆風に, 通い先では, 通用し, 遠慮なくその, 邸の, 都合が, 金は, 随分ちがいます, 随分腹, 雲井の, 霊魂は, 青年の, 預かって, 顔に, 飛び出して, 飲み残しを, 騒ぎが, 鶏荒らし

▼ なかったという~ (1032, 2.5%)

86 のは 83 ことは 50 ことを 45 ことである 40 ことが 27 ような 21 ことも, のが, のである 19 のです 18 ことに, のだ 17 ことです 16 ことで 11 ことだ 9 こと 8 ので, 事は 7 のか, 話も 6 ことであります, のも, わけで, 事実は, 話である 5 ことだった, ことであった, ことと, ことな, わけだ, んだ, 点に, 点を, 証拠は 4 ことだけは, ことには, わけです, んです, 事が, 事である, 事実である, 点も

3 [16件] ことその, ことでした, ことにも, ことや, ものは, わけさ, わけは, 事実が, 事実に, 事実を, 意味で, 意味の, 方が, 理由で, 証拠が, 説が

2 [34件] ことだけ, ことの, ことまで, ところに, のじゃ, のでした, のとは, ふうに, ほうが, ものさ, 一事である, 一事に, 不愉快よりも, 事実な, 事情が, 人が, 例が, 例は, 反対の, 悲劇を, 次第な, 点から, 点が, 点である, 理由は, 理由も, 答えでした, 背中が, 記憶の, 証拠には, 話, 話が, 話だ, 話や

1 [277件] あたりは, あてつけの, あの話, いたましい事実, おちどとによって, お話でした, かぴたんの, げんじゅうさです, ことお母さんは, ことから, ことこそ, ことじゃ, ことそして, ことそれが, ことそれは, ことだけが, ことであり, ことなぞが, ことについて, ことによって, ことに対し, ことまた, ことよりも, ことをこそ, こと丈けは, こと又, そういう事実, そのこと, そのアトランティス, その一点, その日, その自分, その道の, それだけの, それは, それも, たしかな, ときに, とき又, ところから, ところが近江, ところは, のかい, のであった, のであります, のなら諦め, ふうで, ふうであった, まことにさっぱりした, ものそういう, ものである, ものと, ものを, ゆえんは, ようすで, わけかな, わけかも, わけだった, わけに, わけには, んだろう, んでございます, んでしょう, アリバイを, エピソードが, カラクリに, ニュースほど, ノンキな, ハゲ蛸で, バツの, パラドックスに, ヨアンネス少年の, 一さえ, 一つ話が, 一ツ話が, 一事だけは, 一生一度の, 丈の, 不体裁な, 不可解きわまる, 不満や, 事, 事から, 事さ, 事だ, 事だけは, 事であった, 事でした, 事です, 事に, 事も, 事を, 事件は, 事実だ, 事実にも, 事実の, 事情から, 事情に, 事情は, 事情も, 事自身以外に, 人に, 人穴の, 人間の, 他吉, 仮定が, 伝説の, 位で, 位の, 何時も悲しむ, 作者の, 例を, 俚話が, 偶然の, 先達は, 入朝の, 内気で, 処に, 勇ましきツワモノたち, 印象を, 厄介な, 呉一郎が, 咄を, 問題, 問題などでも, 噂, 噂なども, 噂を, 土地がら文盲を, 地下の, 報は, 報告は, 報知が, 声などの, 外部条件は, 天下稀覯の, 天下者の, 失望も, 奇怪さ, 始末な, 婦人の, 安心の, 定説は, 実例が, 実際の, 家が, 岡これほど, 工合には, 左注が, 巧みさ, 広告と, 広告は, 形に, 彼の, 彼自身の, 後悔が, 後悔の, 御仁の, 心算じゃ, 思い出が, 恐慌は, 悔悟を, 悪賢い悪漢, 想いだけが, 想像が, 意味が, 意味です, 意味では, 意味において, 意味は, 意外の, 所に, 挨拶, 挿話に, 文法の, 明かな, 書物では, 条折には, 桂子の, 欠点である, 次第, 次第で, 歴史記述上の, 気持を, 気象だ, 気質の, 満足を, 点だけでも, 点など, 点にこそ, 点は, 狼狽, 猿飛佐助が, 現実は, 理由には, 理窟は, 由緒の, 申しわけを, 画家の, 矛盾, 確かな, 確信を, 確実な, 確証が, 確証は, 程の, 空想は, 立場の, 答えだった, 答を, 結果だ, 結果だけが, 結果も, 結論では, 結論に, 老侯夫妻の, 脊高のっぽ浜子は, 自信を, 苦しさ, 落寞と, 落度で, 落度も, 行為の, 表現を, 裏附けだった, 言伝えが, 言葉に, 言葉の, 記憶が, 記録が, 訣では, 訳さ, 訳だ, 訳で, 証人に, 証拠に, 証拠も, 証明が, 証言を, 評判だった, 話しが, 話だった, 話で, 話であった, 話であります, 話です, 話に, 話は, 話を, 話手口は, 誇りが, 説は, 説も, 責任だけは, 責任は, 賜ものをも, 越中の, 身の上話を, 軍部の, 返事だ, 返事であった, 返事らしい, 逸事が, 逸話は, 遺憾ばかりには, 郷土の, 醜態ぶりであった, 重大な, 金兵衛の, 鐘ヶ淵と, 長州方の, 門番の, 難攻不落の, 頭の, 顔つきに, 類の, 風の

▼ なかった~ (991, 2.4%)

23 それに 4 またその, またそれ, 僕の, 彼は, 私の, 私は, 私も, 自分の 3 そのとき, それを, そんなこと, またそんな, また私, 僕も, 彼も, 彼女の, 自分が, 自分でも

2 [40件] おまけに, おれの, ことにクリストフ, したくも, そうする, その勤めぶり, それかって, それに大, それに彼等, どっちへ, またそういう, まただれ, またちっとも, また家族, また彼, わたしの, ピンと, 人から, 人に, 今は, 何にも, 兄の, 又今, 喧嘩なども, 家の, 少しでも, 彼が, 彼に, 彼の, 彼を, 彼女も, 母は, 着物姿で, 第一, 自分は, 葉子も, 言えも, 誰が, 誰に, 鉄さんも

1 [826件 抜粋] あたりに, あとで, あなたにも, あの会社, あるいはそれ, あんな高い, あんまり突然すぎる, いきなり暗黒, いくらか気がつい, いつどこ, いまに, いまの, いろいろの, うっかり会っ, おかみさんの, おもゆ, おれが, お前たちばかり, お菜も, お話しに, かえって孤独, かの女, かりに彼, かれ自身, ここの, ここへ, こっちへ, このごろの, このとき, この大会, この社会, こまかいところ, これで, これまでに, こんなに気持, こんな成り行き, ごまかすと, さらに朝廷, したがってクレルヴァル, したがってメキシコ, しばしば土民, しようとも, すぐに, せめては, そういう言葉, そう思っ, そこに, そっと来, そのうえおとなしい, そのこと, そのよう, そのツモリ, その上マリユス, その二人, その亭主, その再三, その友人, その声, その夫, その妹, その後結婚し, その怪しい, その支払能力, その武器, その疑い, その真面目さ, その社会全体, その表情, その話, その身体, それからあと, それからの, それが, それだけにまたいっそう, それなら, それにこの, それにまたなん, それによって, それに私, それらの, それを通じて, そんな人間, そんな暴言, たたされながら, たといもっ, たとい見出し, ために, だれの, ちょうど兵部卿, つとめて, できも, ですから私, とにかく正義, どうして今夜, どこへ, どんなに九太, どんな場合, どんな生活, なにか苛立った, なんの, はじめて素足, ひどく広告, ふと顔, ぶたの, ほかの, ほとんどいかなる, ほんとうの, ましてそれ, ましてそんな, まして人, まして盗み, またあった, またあんなに, またいっそう, またおじさん, またきわめて, またこの, またしよう, またそれら, またたいして, またたいへん, またたま, またつぶやく, またでき, またどんな, またどんなに, またはっきり, またみんな, またみんな彼, またソワーレー, またポルトガル船, また三人, また二人, また今, また他人, また加津美, また同室, また名分, また多く, また如何, また実際, また尊氏, また少女, また彼女, また意識, また文明批評家, また斎藤彦麿, また暗闇, また書き得た, また次, また気の毒, また現前, また生えた, また真似, また知りたい, また知り得なかった, また知ろう, また砲弾, また聞い, また自分, また農業者, また閉式, また雑巾, また高等学校時代, まったく気, むしろその, むしろ顔を, むろん知りたい, もう一回, もう怒, もし見つかっ, もし詩子, もともとそんな, やがて平さん, やれやれと, よかった, よしんば見えた, よし訳した, より真面目, わかると, わき見さえ, われわれ六人の, イペリット瓦斯の, ウムとも, カエサルは, クグリ戸の, クリストフの, ゲルマン的アメリカ的産業主義の, シャビエル自身にも, ジャックリーヌの, ナイフも, ビュルゲルは, フリーダは, プラーグの, プロレタリア文化連盟は, マニーロフに, モオパスサンは, ユンクフラウに, ラジオも, ラツール氏に, 一人暮しを, 一寸した, 一方から, 一方月, 一本の, 一種の, 一通り通用する, 三年前膵臓の, 三馬は, 下宿し, 不安は, 与平にとっては, 世の中は, 世間的に, 中屋敷に, 中座し, 丸窓から, 久々で, 事実大原御幸の, 二度目は, 二番目には, 人々も, 今では, 今でも, 今後の, 今日が, 今日に, 仕事に, 伊藤弥五郎一刀斎なども, 休之, 伯父が, 体験や, 何か, 何の, 何一つ読みたがらなかった, 何処に, 作ろうとも, 作者の, 使い屋を, 俊三に, 保の, 信仰の, 俺にも, 俺も, 停年の, 側近の, 元どおり, 元気も, 入れて, 八十以上の, 公衆は, 判ろうとも, 前借りが, 効果も, 勿論それ, 勿論金, 医師にも, 半太夫, 南洋の, 去定, 又, 又あり得ない, 又する, 又それ, 又今日, 又出られ, 又出来なかった, 又現実, 又許された, 又誰, 友達も, 口を, 古藤は, 吉公が, 同感も, 同時に先生, 名も, 向うには, 向うも, 君は, 吾, 味わうべきもの, 咲耶子も, 問わない方, 喫茶店にも, 嘗て何度, 嘘が, 四カ月という, 国内の, 国外に, 坑内千五百尺の, 売上げは, 夏の, 夜の, 大学は, 大層下町, 大都会, 大食堂, 天国の, 夫も, 夫人の, 夫婦は, 女中も, 女房も, 女流の, 好まれようと, 妻や, 姉さんは, 嫁が, 嫌な, 学ぼうとも, 学校内に, 学芸自由同盟は, 実際また, 客も, 家人の, 寿女が, 将来そういう, 小僧と, 小女の, 履物の, 山へ, 崇拝者の, 帰って, 平河町も, 年齢さえ, 幹太郎の, 幻灯を, 床の, 庭も, 弟に, 弱味を, 当の男, 当方でも, 彼によりも, 彼らも, 彼女に, 彼女自身も, 彼自身も, 後に, 後悔も, 従って, 従って魚類, 御徒町の, 御無理, 心の, 必死でも, 思っても, 性急な, 恨んでも, 息切れが, 悲しいとも, 愚痴も, 愛してる様子, 愛子の, 感じも, 手伝わせたって, 手紙の, 手紙も, 打ち明け, 拳銃を, 持っても, 接触したい, 敬礼の, 数学などは, 文学者の, 新聞にも, 旅行の, 早く妹, 昨夜は, 昼間子供を, 晩飯の, 最近では, 服の, 朝倉夫人も, 朝子も, 机の, 来たようす, 来て, 東京に, 松平出雲守の, 板塀や, 根本的と, 格別の, 森川の, 檜物町にも, 武蔵は, 歩く力, 死亡時間からも, 殆ど碌, 殊に牡鹿山落城, 母から, 母さん留守で, 母も, 毛利氏は, 気に, 気にかけも, 水兵さん達と, 永久に, 泰軒も, 消印も, 涙ぐみなんぞ, 滋幹も, 演劇に, 澄んだ魂, 無論見, 父の, 父も, 物を, 犬は, 猛獣団長の, 現にある, 甚三郎に, 生命の, 生徒を, 田鶴子さんの, 甲斐も, 男の, 番士小屋には, 疑うべき理由, 百石ばかりの, 目っかち, 目の, 着替えの, 瞳は, 知りたくなかった, 短刀を, 石太郎が, 祖母が, 祝宴にも, 神尾も, 福村も, 私からも, 私にとっても, 私個人の, 秘蔵品を, 稽古は, 立去る時, 第三, 答えも, 簡単には, 細君も, 結婚という, 絶望の, 綴方に, 縮小させる, 義雄兄から, 翌日トランクを, 考えて, 考えも, 考え組は, 耕地にも, 肚の, 肩は, 自分と, 自由に, 興味も, 舷側に, 若松屋の, 菊枝にも, 薄暗い横町, 蚊にも, 蜂谷にも, 裏切られたという, 見ただけでも, 親たちを, 言葉か, 言葉も, 詔勅も, 詩も, 話しかけても, 話しの, 詳細な, 語り手の, 議長は, 財産が, 貴下の, 足を, 身体を, 近年は, 迷惑にも, 追っかけなければ, 退け時に, 途, 運んだところ, 道草も, 酒を, 針路の, 長く考え, 隙も, 離婚も, 青い物, 音も, 音楽家は, 顔を, 食べる方, 飾磨へ, 馬田が, 鳥だって, 黙って

▼ なかったよう~ (897, 2.1%)

119 である 90 です 7028 な気 23 だが 21 に思う 15 でした, ですが, に見える 1413 であるが 12 に思われる 11 だね, で 10 なもの 8 であった 7 だった, なこと 6 ですね, ですよ, に思います, に記憶 5 な人 4 だな, であります, でございます, なところ, に思われます, に見えた 3 だから, でしたが, なそういう, なわけ, な大, にも思う, に私, に聞い, に自分, に黙っ

2 [28件] だけど, であったし, ですから, ですけど, でも, なさまざま, なそして, なふう, なふり, なものの, な不思議, な形, な必然的, な恐ろしい, な次第, な複雑, な風, にいま, にこの, にさも, にし, にも考えられる, に今, に思えた, に思った, に想像, に覚え, ね

1 [269件] じゃが, じゃない, だがね, だし, だぜ, だそこ, だぞ, だっけ, だったな, だよ, だわ, だわね, だ今, だ何, であったが, でございました, でございますよ, でしたね, でしたわ, ですがね, ですがねえ, ですの, です松江, でそれ, でたとえば, では, ではずかしく, でもあった, でわたし, で何でもかんでも, で口惜い, で唯, で実際, で幸い, で御座います, で手, で昼, で死んで, で画家, で番頭, で遺憾, で長期, な, なありさま, ないきさつ, ないろいろ, なうわさ, なここち, なこれ, なこんな, なその, なそんな, なたとえよう, なつつましい, なはっきり, なひそか, なゆとり, なよう, なれば, なわたし, な一人, な一生, な一面, な乱れた文字, な事件, な二カ年間, な些事, な人殺し, な個人, な優しい, な先生, な全く, な内気, な冷, な冷酷, な出品, な力, な労働者, な動機, な勢い, な口ぶり, な問屋, な困難, な国, な国民精神団体, な場合, な場所, な変梃, な多年, な大きな, な奇怪, な奇怪残虐, な奇抜, な女, な好ましい, な姿, な客, な対象, な小さな, な平田門人, な年ごろ, な店, な廃頽的, な当時, な御, な心持, な怒り方, な思想, な急, な性格, な性能, な怪事, な情熱, な意味, な感情, な懦弱, な振り, な接吻, な敏感さ, な新, な日, な日本, な日本特有, な時, な暗いとげとげし, な有様, な根強い, な根拠, な様々, な様子, な正義感, な気持, な気軽, な氣, な永い, な法則, な活劇, な活気, な浅井, な淋し, な物, な特異, な状況, な珍, な現象, な理由, な甚だしい, な男性, な発明, な社会, な神秘, な私, な稀薄, な種類, な粗暴, な経験, な美し, な美しい, な考え方, な興味, な若い, な苦い, な苦悩, な英雄, な著名, な表情, な親しみ, な観念物, な解答, な話, な身体, な遠い, な遠方, な重大, な隙間, な隠れた行為, な面白い, な題材, な題目, な高い, にああゝ, にあの, にいう, にいった, にお, にきめ, にきょとん, にここ, にこれから, にこれからとても, にこん, にさ, にさえ見える, にすっかり, にぞんずる, になっ, にね, にまた, にまだ, にも後悔, にも思える, にも思われた, にも思われました, にも書い, にも考えられます, にも見受けられた, にやっぱり, にやはり, にコント, にスープ, にドイツ語, にパリ, にプロレタリア文学, に不満, に人類社会, に他, に伺う, に何ら, に信じ, に信玄, に俺, に兄弟, に冷然, に取次, に呟いた, に夢, に大変, に大石先生, に子路, に完全, に常識, に後, に思いまする, に思える, に思われ, に思われるであろう, に急, に悠々, に愛し, に感じた, に憶え, に所謂論理的, に文学的表象, に日本, に日本橋区大門通辺, に日本的行動主義, に海, に爽, に獣肉, に疎林, に私たち, に穏, に空間, に考えられる, に自己, に若松屋惣七, に装っ, に見せかけられる, に見受けられる, に評論, に語り伝え, に近代, に通船楼, に遠方, に驚い, に高座, に黒い, の次第, よ

▼ なかったもの~ (875, 2.1%)

91 ですから 62 である 40 だから 3824 です 21 でしたから 20 らしい 19 と見える 18 と見え 17 だが 13 であった 12 だと, を 11 とみえる 10 のよう 8 だろう, と見えます 7 か, だった, であるが, と思われる 6 があろう, なの, はない 5 と思う 4 がある, がこの, じゃ, ですからね, とみえ, とみえます

3 [14件] かそれとも, が急, だそう, だろうか, であります, であろう, でした, ですが, では, と思われます, は, はなかっ, ばかりである, もある

2 [23件] かその, かまた, が今, が今度, が今日, が多かっ, さ, だよ, であったが, であるから, であろうか, でしたが, でしたがって, でしょうか, ですね, ですよ, とすれ, に相違, ね, はあるまい, は一人, も多い, を見た

1 [288件] あるいはかえって, かお, かきり, かしら, かすごすご, かそこら, かとそれ, かとも思い, かと後悔, かと思う, かどう, かまたは, かまだ, かまもなくすっかり, かもっとはっきり, かよろける, かガタガタ, かキュキュ, かワッ, か今, か吃驚, か地獄, か平次, か床, か彼, か最早, か混雑, か無精, か焼け, か物干場, か猿轡, か相手, か考え, か返事, か間もなく, か黙っ, が, があった, があの, があの大きな, があり, があるらしい, がいかなる, がいつも, がきょう, がこう, がさわれ, がその, がそれ, がただ, がたちまち, がだんだん, がどれ, がなんとなく, がふと, がぶらさがっ, がほか, がぼろぼろ, がまじっ, がウジャウジャ, が一々, が下り, が今彼女, が何, が十時半, が午後, が合法左翼, が和田さん, が外洋, が大体, が容易, が少く, が幾つ, が康継, が後, が忽ち, が愛子, が日本人, が最初, が武士, が段々, が漸, が濁る, が燦然, が現実, が盈ちあふれ, が真珠, が美, が見え, が見え始める, が贋物, が起きる, が鉄道, が阿曽, さえある, しかも外部, そして現在, だからと, だからね, だからねえ, だけに多少, だこれ, だという, だな, だろうが, だろうそう, つけても, であったかも, であって, であの, でありこの, でありましょう, でありまた, であり今, であると, であろ, でいわば, でおじいさん, でげす, でしたか, でしたのに, でしたよ, でしょう, ですからな, ですからなあ, ですて, ですわ, です或は, でずっと, でその, でどうも, でないか, でね, でまだ, でもう, でもしも, で丁度病中, で信玄公時代, で唐桟柄, で喜兵衛, で多く, で実に, で床, で御, で流れたもの, で矢島, で自分, という, というの, という条件, といえる, といったほう, とし, としての自分, として十二三回, として考えられ, とてはただ, とては帆村機, とは本人たち, とみえた, とみえまする, と今, と合点, と想像, と推論, と有り難く, と気, と私, と考えられます, と考えられる, と見えた, と解すべきであろう, と証明, ならおれ, ならば, ならほんとに, ならわれら, なんか一つ, にそう, にちがい, について物, になっ, になる, にはむずかし, にまで伝わった, にもまだ, に偶然注意, に兵馬, に娘, に巧み, に違い, の中, はありません, はいかなる, はございません, はそのまま, はなかろう, はもろもろ, はやはり, はエタ仲間, はシベリア, はナポレオン・ボナパルト, はヘクトー一人, は之, は今日物資, は仕方, は倫敦, は失敗, は往々, は後世, は悉く, は最も, は機会, は歴史的, は海, は無い, は無かろう, は皆, は知っ, は竹中重治, は黙っ, もありましょう, もあります, もあるでございました, もあるでしょう, もあろう, もない, もないだろう, ももちろん, もわかった, も含ん, も少なく, も幾人, も感情上, も次, も瞭然, や古道具屋, よっぽどだ, より善意, らしいですね, らしいの, らしい娘さん, らしかった, らしかったのに, らしく, らしく坑口, らしく実は, らしく宮崎神宮なぞ, をあんな, をいまあと, をうんと, をお前, をきっと, をこんなに, をすなわち, をその, をちゃんと, をという思い, をと人々, をと彼女ら, をと新子, をば彼, をやっと, を一体, を久慈, を今, を他, を保存, を切紙, を初めてしみじみ, を取り去る, を含ん, を哀願, を幾時代, を意識, を捜せ, を支店長代理, を死者, を無造作, を由兵衛, を眼気, を私, を見たらしく, を見出した, を認めた, を責める, 寧ろ助長, 急ぐ用事

▼ なかったけれど~ (413, 1.0%)

3 彼の, 彼は, 私は

2 [12件] あとから, おじいさんは, それでもやはり, それは, 二人の, 何か, 僕は, 彼女は, 私が, 私も, 自分が, 頭の

1 [380件] あきつの, あすこに, あたしと, あたしは, あとに, あなたの, あの晩, あの横縞, あの男, あの運転手, ある場合, ある新聞社, ある日, ある晩, あんたが, あんなやつ, あんな恐い, いずれにも, いっそう頻繁, いつかは, いつの間に現れた, いつまでも, いつも父, うしろ姿で, おかあさんを, おくさん, おじさんが, おそらくはそれ, おそらく無意識, おれが, おれは, お八重姉さん, お昼の, お母さんが, かきの, きいて, けっして食う, こ, こうして岡村, こうなっ, このこと, このたび, このとき, このヘブライ, この場合, この慌しい, この月, この狂気, この翁, これほど, これらの, こんなとき, ごく気丈, さい前から, さして不愉快, さすがに, ずっと後, せめても, そういえ, そうし, そうそう今, そうやっ, そこへ, そなた, そのいずれ, そのうち, そのかわり, そのとき, そのなごやかな雰囲気, そのよう, そのソワソワ, その仕掛, その代り, その口, その小, その幕, その心, その批判, その時間, その深, その背後, その走り書き, その関係, その頃美和子, それから, それからは, それからむやみ, それが, それでいてこの, それでもこの, それでも彼, それでも彼ら, それでも水際立っ, それでも私, それと共に, それも, それよりも, そんな言葉使い, そんな風, たいへんに, たしかに未だ半分以上, ただその, ただひとつ, ただぼんやり, たぶんおじさん, だんだん慣れる, ちっともなる, ちゃんとそこ, ちゃんと知っ, でもだからそれ, でも気, でも私, とにかく, とにかくよくはたらき, とにかく今, とにかく無意味, どうも名前, どうやらこの, どうやら本船, どうやら結綿, なかなか腹, なかには, なんとなく黒い, はっきり男, はるかかなた, はるばるこんな, ひじょうに美しい, ひどく病気, まじめに, またもし, またもやよそ, まもなく噂, まもなく長く, みなしご, みよは, みんなそれぞれ自分の, もう一人, もう一冊, もう課せられた, もちろん悪者, やがてそれ, やがて帰っ, やっぱり頭脳, やはり同じ, やはり夫, やはり私, よその, わたしが, クリストフは, ジュリアの, チチコフの, ドアを, ネルロの, ランプの, リセプションの, リーズは, 一切の, 一同が, 一方に, 一日も, 一杯, 一歩踏み出す, 七兵衛は, 上下で, 不断何事にも, 主人の, 久しぶりに, 乗物を, 事実上の, 二人には, 二度とくりかえせない, 二階に, 京子の, 人が, 人間という, 今きい, 今なら, 今夜是非お松を, 今度こそ, 今日は, 今日恒川さんを, 今考える, 他の, 住込みで, 何かしら大物に, 借りたボオト, 兄の, 兎も, 其処から, 内々不平の, 内心大いに, 分隊長の, 別れを, 別荘へ, 前に, 勧められるまま, 北川氏は, 千切れた, 半ば習慣的に, 双方とも, 反射鏡を, 取敢, 口が, 号外売り, 同じよう, 同じ列車, 同じ年輩, 同年兵たちに, 君の, 君は, 味えた, 唯もしそうした, 問い詰められて, 土地会社の, 壁越しに, 声だけ, 夕食の, 多くは, 多年の, 大きくなる, 大した大き, 大の, 大漁な, 夫人は, 女の, 女は, 好んで, 娘の, 学校で, 実に異様, 実はその, 宮崎千代子という, 家に, 宿を, 小使さんの, 少しも, 少し辛抱, 島原での, 市民達は, 布引照子の, 常々の, 常とは, 常の, 平行線が, 年とった, 幸に, 幹が, 庸三は, 彦太に, 彼が, 彼には, 待たせられたお嬢様, 後から, 後で思い出しました, 心では, 心の, 心配した, 思いきって, 思いの, 思い出して, 思い切って, 思ったより, 恐ろしく大きい, 恐竜島という, 恰幅の, 悪人の, 感じさせた, 我家へ, 我慢を, 扉の, 扉を, 拳銃が, 故郷を, 教壇に, 新聞に, 新聞記事を, 方々へ, 旦那が, 明智の, 昼間は, 晩がたに, 晩方に, 暫く見, 朝と, 柳生谷の, 栃の木特有の, 棺に, 検波計の, 正直な, 殺されたの, 殿村の, 毎年夏の, 氏だけの, 気が, 氷に, 江藤さんの, 泣きそう, 深い谷河, 深度計の, 清ちゃんが, 渋谷の, 激しい期待, 無暗に, 片々に, 片足義足の, 牢番らしい, 物心が, 犯罪を, 生きて, 用心の, 甲虫が, 白木の, 百篇に, 目ざとい風, 目つきで, 目の, 相手の, 真赤な, 矢っ張り, 知って, 知らぬ男, 神さまは, 私には, 私を, 私実は, 私自身には, 私達は, 種々の, 絹物の, 緑色の, 群集の, 翌日から, 考えると, 耳を, 聞いて, 聞捨てに, 背後には, 胸に, 自分と, 自分には, 自分の, 自分を, 自然の, 船長や, 色あいは, 色の, 芝居の, 葉が, 葉子が, 蜂矢が, 製品は, 見た目の, 見るからに, 見物たちは, 見物の, 見知らぬ紳士, 親しく目に, 親友の, 親方は, 親父さんなんか, 言葉の, 謎々よ, 貧乏人である, 路が, 軽業師で, 近所の, 近藤勇は, 遅くなる, 金蔵の, 鋭くなった, 鏡の, 鏡台の, 隊形は, 隙間に, 雲の, 頭丈け, 頭脳は, 顔は, 食事など, 黒吉は

▼ なかった~ (384, 0.9%)

109 違いない 80 相違ない 64 ちがいない 44 しても 5 相違ありません 3 違いありません 2 ちがいありません, 相違なかっ, 過ぎない, 違無い

1 [71件] ある, かかわらずおれ, かかわらずこん, かかわらずそういう, かかわらずどちら, かかわらず主として, かかわらず幸い, したって, したところ, しては, しろいつ, しろそう, しろその, しろどうしてどうして, しろもえる大気, しろプラン, しろ君, しろ安心, しろ幾分, しろ彼, しろ或は, しろ極めて, しろ気味悪, しろ沼南夫妻, しろ結局, しろ自殺, しろ魂, せよ, せよそれら, せよとにかく, せよ事実, せよ僕, せよ前後, せよ彼, せよ彼女, せよ数右衛門, せよ私, せよ良心, せよ藤原時代, その時さ, ちがいなく, ちがい無い, つい本町, よくも斯く精確, 付けても, 余程顛動, 依るもの, 反して, 反し母屋, 名物の, 天正十三年豊臣氏の, 思わざりき久能山上, 拘らずすでに, 拘らずである, 拘らずなに, 拘らずへん, 拘らず字句軒昂, 拘らず氏, 拘わらず一度, 決って, 相違あるまい, 相違ございませぬ, 相違ございません, 相違なかろ, 相違は, 相違無い, 等しいこと, 起因する, 過ぎぬ, 違いなく, 違えねえ

▼ なかったかも~ (358, 0.9%)

96 知れない 44 しれない 27 知れません 21 知れぬ 18 知れませんが 16 知れないが 15 しれないが 12 知れないの 11 しれません 8 知れないと 6 しれないの, 知れぬが 4 しれぬ, 知れないという 3 しれないと, しれなかった, しれぬが 2 しれないし, わからない, 知れないもの, 知れなかった, 知れん

1 [51件] しれずまた, しれず変動, しれないけれど, しれないけれども, しれないこと, しれないじゃ, しれないぜ, しれないという, しれないよ, しれないん, しれませぬ, しれませんからね, しれませんでしたね, しれませんね, しれませんわね, しれん, しれんが, しれんて, しれんよ, わからない一瞬, わかりません, わかりませんが, 全くこの, 分れしません, 問題に, 存ぜぬが, 知らないが, 知らぬが, 知れないけれど, 知れないけれども, 知れないそして, 知れないその, 知れないぞ, 知れないでも, 知れないとも, 知れないね, 知れないほんとに, 知れないわ, 知れない言葉, 知れなかったん, 知れぬの, 知れぬ諸君, 知れますまい, 知れませんから, 知れませんがね, 知れませんけど, 知れませんでしたが, 知れませんや, 知れませんよ, 知れんが, 解りません

▼ なかったそう~ (357, 0.9%)

86 です 78 である 501413 だが 11 ですよ 9 でございます 8 であります, ですが 6 だから, な 5 ですね 4 だね, だよ 3 であった, であるが 2 じゃない, だな, ですから, ですけれど, でそれ

1 [39件] したいと, して, じゃありません, じゃが, すること, だけれど, であるから, でいよいよ, でおまけ, でこの, でご, でございますよ, でごらん, でした, でしたね, でしたのに, でしばらく, でしょと, ですからね, ですしかし, ですねえ, です貴方, では, で三十歳頃, で何, で可哀そう, で実際, で常陸屋, で御座います, で日常, で誰, で間もなく, で顔, で黴, なので, なん, な太郎, やのん, 言って

▼ なかったけれども~ (308, 0.7%)

4 彼の, 私は 3 その代り, それは 2 これも, 今は, 何かが, 彼が, 彼女は, 父の

1 [282件] あの話, あやの, あんな艶, いかさまこれ, いくらそこ, いったん始まった, いまは, いろいろ話合っ, およそ百キロ, おれたちの, お重, かれは, けたたましい金五郎, こういう幽か, こうした彼, ここに, こっちから, ことにそれ, ことに監督, この事, この人, この外房州, この女, この本, この男, これは, こんな場面, さすがに, しかしそれにしても道徳的, しかし自分, しかし雰囲気, しかもこの, しかも彼ら自身, じっとしてる, すでに生存, せっかくだ, そういう金五郎, そう云う, そう長く, そこには, そこは, そのジェスチャー, その一葉, その事, その処刑, その地方, その声, その外, その尾行車, その微笑, その感じ, その様子, その渦, その独創, その生活, その男, その穏やか, その芸妓, その藩士, その顔, それから, それが, それだけ札幌, それでもなお, それでもなお相互暗示, それでも仏蘭西文学, それでも多少, それでも私, それでも秋播小麦, それでも郵便貯金, それとても, それと共に, それには, それより, それを, そんなに強く, そんなに義理人情, そんな風, たしかにあの, たしかに外国語, たしかに精一杯威, ただその, ただ子供, ただ彼, ただ恐るべき, たぶんそれ, ちゃんとした, でもその, とにかくその, とにかく五, とにかく傷ましく, とにかく其寺, とにかく将軍, とにかく彼女, とにかく殺害, ともかくそこ, ともかく人民, どうだろう, どこで, ながいあいだ無意識, なぜか, なるほどそう, また彼, まだ疲労, みずから知らずし, もし息子, もし歩行, もし生き, やはり早朝, わが国では, キリストは, チベットの, モウ肩を, リヴジー先生が, 一人の, 一先ずじっと気, 三どばかり, 三人は, 下屋敷を, 中村警部は, 二人で, 二月とは, 云われる以上, 互の, 人の, 今に, 今の, 今までに, 今思っ, 今日古い, 今考える, 仕方なし, 他の, 伯父を, 佐助は, 何か, 何かの, 何しろ二の句, 何だか老けた, 何でも, 信一郎の, 兄と, 先を, 先刻よりは, 光丸の, 内々少から, 初々しい希望, 前の, 博士常用の, 唯彼女, 喧嘩渡世では, 四五度は, 城下の, 夏の, 多くの, 夜の, 大きく波打っ, 大変な, 大革命, 天気は, 天皇は, 夫人が, 好きな, 妾青木さんから, 子供の, 子分たちの, 実はここ, 実はその, 実を, 家中には, 小さな国, 小林君から, 少女は, 幅の, 幸か, 幸子は, 広い廊下, 座敷で, 当人自身は, 当時私の, 当時遭遇した, 彼は, 彼女が, 往来を, 御互, 御定法, 心に, 心の, 心臓は, 息子の, 成仏は, 我国の, 手すりには, 招待された, 捜査が, 擡頭する, 新橋演舞場で, 既に延喜式, 日本人と, 昌吉と, 明治の, 時々甲南高等学校, 時次郎の, 最近では, 有耶無耶の, 本当に泣いた, 本当は彼, 本能的に, 机の, 杉江は, 杖を, 東京へ, 東洋城が, 果してその, 案外多く, 正直な, 母は, 母親の, 水戸へ, 永田杢次は, 決して尊敬, 無言で, 熱狂的な, 理由を, 痛みは, 眠ったよう, 眼鼻だ, 確かに, 社会生活と, 神は, 神経質な, 私に, 私の, 私も, 秋の, 笠を, 結局その, 結局ダンビラふりまわし, 縁の, 老師の, 考えて, 聞きました, 肝心の, 肩を, 臆断は, 自分の, 自分等自身としては, 葉子の, 袴は, 要するに南部, 要はすっかり膳立て, 要点を, 覚えず呼吸, 角面堡の, 話の, 読むこと, 読者は, 講者は, 貞之助が, 貧乏貴族ぐらしの, 赤ちゃんは, 軍国的でない, 転々と, 近頃こいさん, 道の, 道夫を, 金さんだけは, 金五郎は, 金五郎マン勝則原田等にとっては, 鉄の, 陽気な, 隙あら, 隣室の, 霞を, 食べて, 食堂ほどの, 首と, 馬が, 駄賃馬は, 髪の毛が, 鶴の, 鼻の

▼ なかったため~ (275, 0.7%)

16 である 10 であろう 8 にその 5 だろう, に 4 にこの, に彼 3 かその, だと, でもあろう

2 [11件] かと思われる, であった, であって, でしょう, なの, に二人, に今, に却って, に諸, に過去, 会えなかったという

1 [192件] いたずらにお互い, いつも間接, か, かあるいは, かお仙, かしらそれとも, かそれとも, かただし, かと思う, かもう, かもしれない, か余分, か元気, か眼, か私, か総長, か随分, くやしがっ, じつにぶ, じゃない, そうした場合, その息子, その死後, だか, だそう, だそうな, だった, だったと, だとも, だの久しく, だろうその, ついうかうか, ついうっかり飲んだ, ついにそういう, であります, であろうけれど, でございます, でしょうが, です, ですから, ではない, ではなく, でもあった, でもありましょう, でもある, で多く, という, というのみで, としか思われない, となお, と云っ, にああなった, にあんな, にいつ, にいつも, にけさ, にしくじった, にすっかり, にずっと, にせめて, にそこ, にそれ, についに, にとうとう, にどの, にどんなに, にみじめ, にむしろ死, にむりやり, にやっと, にわが国, にアメリカ, にセヂ, にドビュッシー自身, に一五〇八年, に一日, に一般人, に不, に不明瞭, に乱れた, に二つ, に今に, に仲間, に何事, に信じ, に債, に傷つき, に儒教, に内部, に判然, に単なる, に博多駅前, に危うく, に古い, に呉一郎, に和銅, に啓蒙, に喜悦, に地上, に外, に多く, に失敗, に妻, に屋敷, に崩ぜられた, に常に, に幸せ, に幸運, に後, に忘れ, に忘れた, に怒っ, に思い, に意外, に懐疑論, に投書, に政治, に数学, に文献, に旧暦, に昭和十二年度, に書き洩した, に未だに, に次第に, に正しく, に歴史的, に死し, に死に, に殺され生け捕られた, に民子, に民衆, に気の毒, に水, に水路, に源氏, に漸次, に無知, に焦, に特別, に現在, に生涯真葛, に畜生, に発電能力, に百年百五十年, に皆, に目, に知っ, に石, に石舟斎, に私たち, に程なく, に経済主義的, に美事, に聴講者, に自分, に自然科学的方法, に自身, に落ち, に虜, に記憶, に調子, に豹一, に起った, に過ぎない, に適度, に都合, に酷い, に重力, に量感, に附属病院その他, に雨量, に頑冥, に馬, に鹿, のよう, の結果, ばかりで, もある, やむなく宿泊, らしい, らしいの, 一向に世間, 久しくこの, 余り夕飯, 例えば保田与重郎氏, 各学年, 思うに, 思ったよりも, 淡紫の, 第一次欧州大戦, 荒れた林, 諸新聞

▼ なかったかと~ (254, 0.6%)

10 いうと 7 思う 5 いうに, 云えば, 思うと, 思って, 思われる 4 たずねた, たずねました, 訊いた 3 いえば, 尋ねて, 思うが, 思うの

2 [18件] あたりを, からかわれたので, 云うと, 云って, 今でも, 奥さんに, 尋ねた, 帝は, 後悔した, 心配し, 思います, 思うん, 思えば, 思った, 考えて, 聞いた, 訊いて, 訊ねて

1 [152件] あとで, あなたが, あやしむ人, いって, うたがって, お仰せ, お考え, お訊き, お訊ねする, かるい恐を, きいたん, きいて, きくと, きくの, ぐるぐる見まわし, こっちから, この部屋, しつッ, ずっと前, そこへも, その後では, それが, それを, たずねたが, たずねて, たずねてな, たずねましたから, たずねましたが, ただしまた, たんねんに, どこででも, なげきました, なぜか, はっとした, ひどく腹, また客, みずからを, もうしますと, わしが, わたしは, ガリヴァが, 一言そっと, 不安で, 不安に, 不覚を, 世間は, 云いその, 云うこと, 云うに, 云うの, 云うよう, 云う些, 云われて, 云われるには, 人は, 今に, 今ふと, 今も, 仰しゃるのですか, 仰ゃる, 例の, 保治は, 僕は, 其迂闊さを, 内部を, 君は, 咎めるよう, 問いあわせ中, 問うと, 尋ねさした, 尋ねたが, 尋ねたそう, 尋ねるの, 小言を, 少からず, 岡目八目や, 後では, 後手を, 心からの, 心配した, 心配する, 思いうたがいなやんだり, 思いかえして, 思いながら, 思いました, 思いまして, 思いますが, 思うわ, 思ったが, 思ったね, 思ってね, 思われたの, 思われるの, 怪しまれるほどの, 恐れた, 悔いて, 悔ま, 悔まれも, 悔やんだが, 悲し, 惜しく思う, 想像される, 想像する, 我れ, 支配人が, 改めてズボン, 早や, 月日の, 木立は, 歯を, 残念であった, 残念でならない, 気が, 気づかわれも, 気に, 無意識に, 申す事, 番頭どもが, 疑って, 痛嘆する, 私に, 私は, 笑ふ, 繰り返されては, 考えたり, 聞いたが, 聞いて, 聞きに, 聞き乍ら, 聞くいたよと, 聞くと, 胸撫でおろす, 自分は, 自分も, 言うこと, 言うの, 言うん, 言った, 言われて, 訊いたん, 訊きましたから, 訊く, 訊くの, 訊ねた, 訊ねる眼目, 訪ねる, 詮議した, 質すと, 追求する, 途中で, 金公不思議に, 青筋を

▼ なかった~ (249, 0.6%)

197 どうか 5 それは 3 それが, それを, どうかは, 知らん, 自分の

2 [15件] そのこと, そのわけ, その辺, それも, それらの, どうかを, どうだ, なにゆえに, ふしぎな, れは, 不思議に, 知って, 知らないが, 私の, 間抜けめと

1 [173件] あ, あす自殺する, あの餓えた, あるいは両氏, あるいは起し, あるいは降りかかっ, いきなり両手, いやもうすこし, おれにも, おわかり, お帰り, がばとそのままのめった, きいて, ききたくて, きっと飛びついた, きのうの, ぐれえなこと, ここにも, この人間, この卜定, ごまかしに, さぐり入れて, して, しても, すなわち支那, そいつを, そう問われる, そこは, そのほう, そのまま踵, その巨大, その理由, その訳, その遅き, それから訊きたい, それだけの, それだけを, それともあんまり, それともこっち, それともこれ, それともまたむしろ, それとも又少年店員, それとも外, それまでは, そんなこと, そんな微妙, たずねました, ただしは, たとえばショパン, だ, だれか, ちょッと, ついに義理, つての, でなければもう少し, とこう反問, とにかくそれ, とにかく弟子達, どうかという, どうにも判断, どうにも私, どっちか, どっちな, どんなに不安, なおかつ村人, なぜ仮名, なんに, のと, はた後年, はよう来い, ばかな, ふしぎだ, またはそれ, または根小屋, または極めて, また英国, また蕨粉, また袂, まっすぐに, まったく忘れ, もしくはこの, やがてばたばた足音, よくは, よく分る, よく覚え, わからぬに, わかりませんな, わけを, ハッキリしない, マアその, ミイにも, 一寸理由が, 上京し, 之を, 二つに, 今でも, 今に, 位の, 何う, 何か, 何を, 僕には, 八重ちゃんに, 再婚する, 凡て知らない, 分りません, 勝てば, 卒然門内へ, 又そこ, 又は気, 又は過小, 又現に, 取り返しの, 取代えて, 各殺人, 同じテーブル, 否かは, 否かを, 塀も, 姐さんは, 姿を, 嫁の, 尋ねました, 少なくともこれ, 師匠お前は, 庄三郎は, 引返して, 弱いあるいは, 心付かない様子, 念入りに, 我々にとっても, 或いは殺された, 或は平素女, 或は気, 所詮は, 持込んだ時, 教えて, 昨夜東京駅で, 柳君, 此処に, 武士ひとりいちに, 気がついたが, 海岸は, 源氏が, 理由を, 理解に, 留守に, 疑われだが, 直接では, 知らないで過るよう, 知らんが, 知れないであろう, 知れません, 知れませんね, 私に, 私には, 私は, 細い小さな, 翌日自殺し, 聴かなかったの, 腹が, 花井が, 若し見かけたら, 藪八は, 西行は, 見忘れる気遣い, 訊いて, 訊きましたが, 誰かに, 調べて, 貧乏に, 達弥と, 馬子の

▼ なかった~ (234, 0.6%)

11 である 54 もある 3 がある, であろう, でした, です, は想像, を, を知った

2 [14件] があった, が今日, が私, だろう, であるが, はこの, は事実, は云う, は確, は私, を保証, を後悔, を記憶, を話した

1 [165件] があったでしょう, があります, がお, がここ, がこの間, がございました, がたしかに, がぼく, がわかります, がわかる, がザラリ, がスッカリ, が一九一八年攻勢, が一大原因, が不幸, が事実, が判明, が多い, が悪い, が想像, が扶, が持, が明らか, が正しい, が此, が犇, が益々, が第, が解った, が解る, が証明, その気持ち, その間野口達市, だが, だけに愉しく, だけに最大, だけははっきり, だけは同情, だけは断言, だったの, だと, であります, でいずれ, でございましょう, でしかも, でしょう, でもあった, とかねて, とによって遂に, とまた, と存じます, と思う, と積極的, と自分, と銀行, などが判っ, などでお, などに起因, などは有名, などもその, についていう, について最大困難, にも市岡, に就い, に気, に気づい, に自責, の後悔, の証拠, はあっ, はありません, はおのずから, はかえすがえす, はきかさなかった, はない, ははっきり, はほぼ, はやがて, は一度, は一条兼良, は万葉集, は側近者, は周知, は実に, は彼, は彼等, は惜しい, は慥, は明かである, は明らか, は暗殺, は無かっ, は無論, は申す, は確か, は私たち, は自分達, は言うまでもなかろ, は鉄砲入手, もその後, もまた, も事実, も亦, も当人, も明らか, も考えられる, も見え, やその, やら類型, をいつも, をこそ見つめたい, をさえ教え, をはじる, をまざまざ, をむしろ, をもう一度, をよく, を何, を何だか, を何度, を余りに, を健三, を僕, を処士, を又もや, を口惜しく, を含み, を喜ん, を喜んだ, を安心, を容易, を心から, を思い出した, を思い浮べた, を思う, を思え, を思っ, を思出, を憶え, を攻撃, を書いた, を此上, を残念, を決定的, を無理, を知る, を示し, を示した, を祝福, を肯, を自覚, を被害者自身, を覚え, を記録, を証拠立て, を証明, を誇った, を責められる, を賢く, を院長初め非常, を非常, 又は女性, 既に前年, 更にその, 言い足りない事

▼ なかったのに~ (209, 0.5%)

5 それが 3 いまは, それを, 不思議は, 今では, 反して, 相違ない 2 どうした, 今の, 今は, 何か, 彼が, 無理は, 違いない, 非常に

1 [170件] あなたには, あのよう, あの問題, あの子, ある朝, あれから, あんたは, いざ片づける, いつのまにかこっそりと, いつのまにやら, いま決定的に, いま猛然と, いよいよ死ぬ, うかつにも, かつて西塔, このごろでは, このごろとても, このごろは, このとき, この姫君, この方法, この時, これは, こればかりは, しかも一棟, しかも双方, すでに社会科学, ずばりと, そのあくる日, その国, その夕方, その夫人, その海後さん, その禅僧, その軽佻, その辺, そもいったいどう, それさえ, それだ, それでもその, それでも妙, それに, たとえ英国種, ちがいない, つい筆, ともかく今日, とんだドジ, どういう風, どうしてあの, どうして今夜, どうして最初, どうやら無事, どうやら自分, どう探した, なさけなや, なぜこんなに顛倒, なぜ日記, はかなさ, はて不思議, ふと一疋, ぼうふら売り, またし, まったく十年, みんなは, やっと硫黄, やっぱり慾, やはり徽章, わざわざ廻り道, アベコベに, ヘーゲルは, マルモ探検隊の, メイエルホリドが, 一体どこ, 一方霊廟, 一躍し, 不思議な, 世間は, 久須美にだけ, 二カ月も, 二兄の, 京都の, 今と, 今に, 今やっと, 今夜も, 今度は, 今日の, 今日は, 今日めずらしく, 今晩の, 今朝が, 今朝に, 今舞台で, 住職や, 体も, 何と, 何故さっき汽車, 俄に, 偶然にも, 偶然よかっ, 兄の, 全く突然わが, 其処には, 内では, 切符と, 反し私, 台風が, 右門が, 君は, 変な, 夕顔の, 天保八年に, 妙に, 娘が, 安田が, 安養寺が, 定って, 家へ, 対応し, 小普請に, 小林少年と, 少しホッと, 山の, 年寄りの, 彼のみが, 後で警察, 御父様, 思っても, 急に, 息子が, 打水が, 数名の, 日ごろ注意, 日本でばかり, 日本に, 昨夜という, 普通労働は, 智子は, 曲輪へ, 月は, 松尾は, 松明を, 案外な, 様々に, 比して, 比べると, 気が, 気持を, 江戸へ, 湖畔から, 父の, 猛然と権利, 監禁の, 相違ございません, 知らず知らず口, 礼さえ, 突然わたし, 自分から, 自然に, 落胆した, 蟷螂としての, 誰も, 調子を, 談話の, 身重に, 違いありません, 部屋の, 金五郎の, 顔や, 馬力を

▼ なかったわけ~ (196, 0.5%)

32 である 30 では 2615 です 54 だが, でも, なの 3 がある, じゃない, だね, であるが 2 か, だから, ですか, ですよ, で従って, はそれ

1 [52件] が, がこれ, がよく, がわかりました, がわかるであろう, がわかるでしょう, が解った, さ, じゃあない, じゃありません, じゃなかろう, だし, だった, だったん, だな, だよ, であっし, であった, であったが, であり一連, であろう, でご, でございます, でさ, でした, でしょう, ですが, ですけど, ですこういう, ですどう, ですな, ですね, ですのね, ですもの, でぼく, で科学, とびつきも, なん, になる, はこれ, はすべて僕, はそこ, は他, は単に, は知っ, は親分, は鼠, もこれ, もわかる, も主膳, も明らか, も話そう

▼ なかったところ~ (173, 0.4%)

11 を見る 6 である, のもの 4 だ, にある, をみる 32 なので, はさすが, へその, へだしぬけ, もある, をもっ

1 [123件] からそんな, からの手落ち, からまたあるいは, から拾い出しました, から機会, から生, から生じた, から病気, から相当, から自分, から起き, から過去, から長篇, があった, がある, があるでしょう, がお, がよく, が何, が何とも, が大, が窺える, が親分, そこでまけ, だが, だけは買っ, だった, だったの, だったので, だろうが, だ何, だ条件, ちょうどその, であった, であったと, であり初, であると, であろう, でこの, でしたから, です, でたまたま, でなん, ではない, で多, で水路, で相手, で花四天, で道庵先生, で青酸加里, など見る, なん, に, にあの, にあふれだす, にかかる, にこそこの, にすでに, には作家, にも確か, によかれあしかれ, にアルブケルケ, に一つ, に作家芥川, に却って, に在る, に多少, に大きな, に平家, に彼女, に怪事件, に我が国, に日本, に最大, に永年, に素人, に誤謬, に読者, のいかなる, のドメスチック, の不思議, の兇暴, の国民全般, の国語, の外, の夢, の婦女子, の幸福, の強行襲撃, の永遠, の濃厚, の純, の聾, の超, の身分, の過去, はひとみ, は一つ, は政元, は沈勇, は見上げた, へはじめて, へひょっくり, へ久しぶり, へ今度, へ娘, へ急, へ教師, へ無理, へ配給, まで飛躍, もあり, もあるらしく, もあろう, をあらためて, をここ, をこの, をその, を今度みずから遂行, を助けられた, を好ん, を苔虫類, を補い

▼ なかったはず~ (159, 0.4%)

4026 である 16 です 8 はない 5 だが 3 であるから, であると, なのに 2 だと, だな, だよ, であった, であったと, であるが, ですが, ですよ, はありません

1 [37件] ありゃしない, がありません, がない, さ, だがと, だし, だぜ, だどちら, だね, で, でありそして, であります, でありまた, でありもし, であること, であるとも, であるの, であるまた, でございます, でござるが, でした, ですがね, では, で赤ん坊, なの, なん, ね, のこと, のない, の四・五・六, の想像物, の美しい, の謙蔵, はなかろう, は絶対, もない, 小右京

▼ なかったほど~ (152, 0.4%)

16 である 64 だった, 彼は 3 であった, であります 2 であったが, でした, 愉快な

1 [110件] あちらでも, あのゴロツキ, あわれ, いそがしい日, うろたえた, おそれ, おばさん, お悦, ここに, この, この世の, この先生, そしてあわてた, それは, それほどこっそり忍び込んだ, それほどのっけ, ただ口, だから, だし, だったに, だわ, ちゃんとしまり, つまらないもの, であったの, でありながら, であるが, であるそして, でございますもの, でござるよ, です, で多く, で私, で自分, とっさに, なの, はげしくなった, はっきりと, ばかばかしく誠実, ひしといっしょ, ひどくいらいら, ひどく弱ってる, ひどく機嫌, まったく自然, むしろ怖, らしい, わかりきった事, セーラーによっては, ペラーゲア・スチェパーノヴァの, 一層心, 一念こった, 不自由な, 世にも怖, 久しい前, 二人の, 低かった, 何か, 兄を, 先生の, 冷淡でありました, 反覆した, 口惜しかった, 可哀相に, 呑気であった, 夥しい, 大食した, 失望の, 好い気味, 婦人の, 寂しく思われます, 小規模な, 崇高な, 川辺みさ子に, 強い衝動, 強く起っ, 彼女たちの, 彼女の, 彼女は, 心眼が, 思いがけなく心, 思い詰めたこと, 思慮の, 怠けたと, 急に, 悪い印象, 愛想よく, 日本の, 検事と, 深く親身, 混乱を, 無神経な, 煙突の, 物凄い速力, 盛大に, 私にとって, 私の, 窮し, 立ったり, 胡散くさい, 自分たちは, 自分の, 自身の, 若く美, 藩の, 複雑な, 越智と, 達者な, 都合よく, 静かに, 頑丈に, 顔が

▼ なかった~ (141, 0.3%)

2827 である 9 はない 8 です 4 だが, ですよ 3 だのに, であるが, なのに 2 だと, だよ, であった, であるから, では, で雨, なの, よ

1 [36件] がない, じゃない, だから, だがと, だし, だそれ, だった, だな, だによくまあ, だろう, だ危険, であって, であるそれ, であると, である処, でございます, でした, ですからね, ですが, ですし, ですのに, で取りも, で実は, ともいえる, と思われる, なれども, なん, の河内介, の男爵, の疑問, の私, の貴賓席, はあるまい, はなく, は無い, もありません

▼ なかった~ (137, 0.3%)

14 である 5 のよう 4 であるが 3 です, なの 2 であると, のこと, の姿, の気持, の眼, もあろう

1 [96件] があっ, があったろう, がいくら, がいる, がこの世, がこんな, が中年, が十年振り, が可哀そう, が在るだろう, が案外, が沢山, が突いた, が自分, が顔, だ, だが, だったというしか, だなどとは, だね, だろうと, であった, であったが, であった玉鬘, でありしかし, であります, であり斉, であるから, であるのみ, でございました, でしたから, ですね, でもこの, で何, で全く, といえよう, として, とをくらべ, などは世の中, なので, なり殊に, にし, にとってはその, にのみ幼き, にはとても, には決して, には黒, にまで縁, にも拘わらず, に自分, に読ん, に課せられる, のいる, のため, のよい, の名, の娘, の心, の怨恨, の業, の為, の突然, の軽率, は, はあした, はかなり, はこうした, はこんど, はどう, はない, はないでしょう, はなかったろう, はまだ, はわれわれ, は三人, は十人, は姉君, は少なくとも, は年, は手, は殆ど, は稀, は金, ばかりで, もあったであろう, もあの, もあり, もありましょう, もあるであろう, もいない, も多かっ, も多く, も掘出し, らしいが, を思いだし, を父

▼ なかったとは~ (123, 0.3%)

4 云えない 3 何という, 言えないの, 誰も 2 いえそれ, いえない, いえません, どうした, なんという迂, 云えません, 思って, 想像されない

1 [94件] いいきれない, いうまい, いうものの, いえかれとても, いえここら, いえその, いえたとい, いえちぎりを, いえないから, いえないの, いえなかった, いえなかったかも, いえ兵士, いえ動物, いえ参内, いえ市井, いえ彼, いえ彼ら, いえ政府, いえ明智, いえ殆ど, いえ理論家, いえ紋也, いえ結婚数, いわれぬ, おもわれない, きめられない, きめられませんよ, じつにもうしわけ, だれが, だれも, どういう意味, どうして云え, どうして言われよう, どうも受取りかねる, なんとした, はてさて弱い, ほんにこの, まことに意外千万, よく言う, よほどの, マリユスも, 一体どういう, 云い切れぬと, 云え, 云えそこ, 云えそれ, 云えぬの, 云えませんよ, 云えん, 云えプレハーノフ, 云え夫, 云え標準, 云え無意識, 云え自分, 云え自殺, 云って, 云わせねえぞ, 伸子に, 何たる愚かさ, 何と空, 何事だい, 保証出来ないであろう, 信じがたかっ, 僕には, 前に, 当のロス氏, 彼の, 心外千万じゃ, 必ずしもいえない, 思いません, 思わない, 思わないかね, 想像出来ない, 承わって, 断言出来ません, 書いてなかった, 決していえなかった, 申されません, 考えられない, 考えられぬ, 言えぬ, 言えぬまでも, 言えまい, 言え口, 言え大いに, 言え彼, 言わさない, 謂えぬの, 迂濶, 間が, 限らない, 限らないが, 限るまい

▼ なかった~ (106, 0.3%)

3 はそれ 2 はこの, はその, は自分, もその

1 [95件] がその, が次第に, が美しい, が自ら, だけにそして, であった, ではあった, としては自分, にその, にはとかく, にはアルブケルケ, には全く, には杜撰, には毒死, にもよけい, の人, の体力, の個人的特性, の健康, の利己的, の前, の前途, の創作, の喜劇, の天質, の子息, の心, の心事, の心情, の心臓, の悲惨, の才腕, の方, の景色, の横着, の死ん, の生活, の用意, の疑い, の皮膚, の眼, の脣, の芸術家, の芸術的生涯, の苦しみ, の荷物, の起あがる, の部屋, の階級, の顔, は, はお, はこんな, はさらに, はともすると, はふかしかけた, はまた, はようやく, はエリザベス, はゴム管, は万事君, は今やにわかに, は今日, は会談, は俄, は全く, は可, は外見, は好い, は微笑, は急い, は晴, は枕木, は殆, は沓脱, は猛烈, は理想, は生き, は眠っ, は睡眠剤, は私, は聴い, は腹の中, は葉子, は野中, は非常, は顔, は驚ろかざる, は黙っ, もこの, も一緒, も独り, も自分, も虚弱, をなお

▼ なかったその~ (105, 0.3%)

4 頃の 3 時の 2 うちに, わけは, 人の, 恐ろしい問い, 時代の

1 [88件] かわりだ, くせに, くせ今までは, ころの, たびごとに, ために, ときである, バックに, 上に, 上の, 世界観を, 中で, 主が, 二字が, 人が, 人は, 人も, 人を, 代用としては, 伯母さんが, 光る石, 光景が, 味も, 坂を, 夜は, 大将が, 女にも, 子の, 子は, 宵の, 家を, 岩角の, 度に, 強さ, 当初の, 彗星は, 待遇に, 御像, 御罰, 心の, 思いさえも, 悪人の, 悪徳と, 所以を, 手が, 故も, 数寄な, 新しいミンナ, 方から, 日の, 昔が, 昔の, 時には, 時は, 時代私は, 朝自分の, 木陰に, 水色の, 煙管を, 理由が, 用を, 看板が, 眼が, 眼の, 眼は, 着物を, 秘密の, 竜に, 籍の, 精養軒の, 経緯を, 緊張感を, 繩みたいな, 罪です, 美の, 自分に, 訳とか, 赤い色, 辺の, 連中の, 部屋は, 野獣の, 金吾には, 鏡台の, 頃上等の, 頃盛に, 顔に, 馬が

▼ なかった~ (102, 0.2%)

4 はその 2 がどうして, の心, は学校, をはじめ

1 [90件] があの, がこうして, がたった, がとにかく, がトンマ, が今, が例, が内幸町, が思わぬ, が所在, が故人, が明治三十五年頃, が連れられ, が酒, だけれど, と一緒, についてあらゆる, にはいかに, にはかくべつ, には此, には知る, には自然, に対してそれ, に聞かし, のこの, のその, の不注意, の二階, の切ない, の卑怯さ, の因縁, の失策, の愚さ, の方, の毎日毎日, の理由, の耳, の親友壺井栄夫人, の過去, の風態, は, はあわて, はいさ, はいつもたった, はこうした, はこの, はこれから, はせめて, はそう, はその後, はそれから, はそれとなく, はほとんど, はまだ, はわきまえ, はボンヤリ, は万事, は之, は今夜, は十二時頃, は危険, は大阪, は少し, は彼, は彼女, は後年嘆賞, は悪い, は手近, は書物, は殆, は無事, は独力, は生れ, は窓, は美しい, は荻舟, は見せ, は貴方, は這, は酒, は附添婦, は随分, ばかりじゃありません, もこの, もその, をお, をお前たち, をとらえ, を適切, 共に其

▼ なかったじゃ~ (101, 0.2%)

67 ないか 17 ありませんか 4 ないですか, ねえか 3 ないかと, ないの 1 すまないぜ, ねえかね, アない

▼ なかった自分~ (96, 0.2%)

2 であった, と今

1 [92件] からの離反者, がかえって, がもしか, が少々, が急, が自分, が訪ね, が里, であったと, であること, でもそれ, でもよそよそしい, で自分, で襖, とが一緒, とともに御, との宿命的, と今日, と周囲, と現在, にいつ, にお, におどろいた, にはそういう, には言い知れぬ, の, のあと, のうかつさ, のした, のそういう, のふがいな, のわがまま, のタノシミ, の不実, の云いたい, の仕事, の代り, の動揺, の名, の境遇, の女々しい, の妻, の娘, の家, の少女, の心, の心持, の怠慢, の恐い, の愚, の愚さ, の態度, の無能, の理想, の理由, の生命, の痛切, の秘密, の立っ, の美しい, の腑甲斐, の責任, の足跡, の身体, の辛い, の迂遠さ, の運勢, は, はこの, はそこ, はそれ, は一本, は孤児, は家, は憤ろし, は生まれる, は電話口, もいささか, もこう, をどうしても, をふり, を呪い, を後悔, を忘れ, を思い出した, を思う, を恥しく, を恨めしく, を憐むの, を痛烈, を発見, を顧みた

▼ なかった場合~ (91, 0.2%)

6 があろう, がどれ 4 はない 3 のこと 2 がある, にはこの, は, はどう, は少ない, もある, よりもより

1 [58件] あのお婆さん, がかつて, がない, が多い, が存外, このよう, それでも青木, である, でもどっち, でも死罪, と事件後, どうする, にある, にかの, にそれ, にそんな, にだけ生じた, には, にはそれ, にはただ, にはたちまち, には一同, には単に, には唯一, には問題, には士, には嫁, には彼ら, には村, には病身, には私, には立腹, には誰彼, にもこの, に今後, に生産, に相当, のお祖父さん, の事, の外, は一つ, は何と, は免職, は問題, は堪忍, は小川町, は極めて, は波田, は直ぐ, は自分, もあるらしく見えます, も折々, よりはやはり, よりも早く, を考え, を考える, 同じ引出し, 然るべく書く

▼ なかった~ (89, 0.2%)

5 はどう 4 に彼 3 にその 2 だ, だった, である, には, にはどんなに, のこと, はそのまま

1 [63件] から人間, から習いはじめ, さえ有ったけれ, じゃ, だと, であったと, でさえそれ, で絶版, とでその後, と同じ, なぜあれ, において女流, にすぐ, にはこう, にはこりゃ, にはそれ, にはだれ, にはちょうど, にはどう, にはなおさらそう, には彼, には思いきっ, には恐ろしい, には縛り上げ, には自己, にもすでに, にゃこうして, に低能娘, に多く, に書かれた, に津田, に衆尼, のおどろき, のひもじ, のよう, の二倍, の印象, の心地, の心持, の恥, の感じ, の曲線, の理科, の絵, は, はあべこべ, はいつ, はこの, はさすが, はそれ, はたびたび, はない, はもう, は他, は必ずしも, は関所, ひどく心配, も元気, よりも労賃, 当然暴力, 恐らくは当時, 掘割り, 驚かされた

▼ なかったかという~ (88, 0.2%)

8 ことを 6 ような 4 ことは, 点に 3 ことである, ことに 2 ことだ, ことです, ことについては, のが, 事である

1 [50件] ことであった, ことな, ことなど, ことについて, ことにも, こと改めて, その力, ただそれだけ, のかね, わけを, んだ, 不安とで, 事さえ, 事な, 事を, 事情が, 問題である, 問題に, 問題は, 問題を, 女として, 弁解を, 当年の, 形の, 恐れとが, 懸念も, 気がかりに, 気も, 点だ, 点である, 点です, 点にまで, 理由を, 疑問, 疑問が, 疑問について, 疑問に対する, 疑惑であった, 相違に, 素敵な, 経緯が, 訊問に対して, 訳を, 話が, 話を, 謎である, 謎よ, 謎を, 質問である, 錯覚が

▼ なかったばかり~ (86, 0.2%)

15 では 3 でなくその, でなくまた 2 でなく, でなくそんな, でなく情実

1 [59件] かごほうびをさえ, その血だらけ, だ, だった, だったそう, だなどと, である, でなくあの, でなくこいつ, でなくせいぜい, でなくそれ以来, でなくたちまち, でなくとても, でなくみんな, でなくむしろ, でなくもっともっと, でなくわたしたち, でなくフランス, でなく世間, でなく久し振り, でなく何, でなく兵部, でなく却って, でなく却って大いに, でなく又, でなく大学, でなく娘, でなく娵, でなく屋内, でなく当時, でなく彼, でなく彼奴, でなく押えたハズミ, でなく政治的方面, でなく日本人, でなく日頃父, でなく期待, でなく東, でなく母, でなく気に入らないと, でなく漱石, でなく生来, でなく番頭, でなく目, でなく私, でなく糸子, でなく自ら, でなく自分, でなく自分たち, でなく自身, でなく舞台, でなく謡, でなく贋造貨幣犯人, でなく這うこと, でなく鎌足, でなく青木, で彼, で時間, なの

▼ なかった時代~ (85, 0.2%)

3 である 2 がある, だから, であった, なので, には彼ら, に何, のこと

1 [68件] おそらく数千万年, からぐゎらんぐゎらんと, からすでに, からの元, から土, から掛軸, があり, がながい, が暫く, が来た, さえあります, だ, だからの, だった, であるから, であるので, でしたが, です, ですから, で航空船, とみえる, と作れる, に, にいた, においてすらショオト博士, においては勿論, における東西, にその後, にでも重吉, にはいずれ, にはいわゆる, にはこの, にはサワ, には人, には報道, には封建的貴族, には粉糠, にも五山, に力強く, に娘義太夫, に強いていろいろ, に彼, に彼ら, に怨めし, に漢文, に考えた, に行われた, に要求, に貞操, のあった, のうち, のもの, のゲルマン民族, の事, の人, の人々, の創意的着想, の彼ら, の悲傷, の新しき, の無, の話, の過去, はなおさら, は花鳥, よりもかえって, 即ち常識, 即ち明治

▼ なかったせい~ (82, 0.2%)

8 もある 5 でも 4 であろう, でしょう 3 である, もあろう 2 か十二時ごろ, だ, だった, だろう, であると, もありましょう

1 [43件] かいつ, かいま, かそれともまた, かついぞ, かどうも, かほか, かもしれません, かもしれん, かも知れない, か五年漬, か何, か僅か, か働く, か占, か妙, か松本, か汗, か皮膚, か私, か美しかっ, じゃない, だよ, だろう僕, であったに, であらゆる, であるが, であろうと, でござんしょう, でしょうか, でしょうかえって, です, ですよ, では, で実際, で町, なの, にすぎない, にもよるだろう, ばかりで, もあった, もあったろう, もあるだろう, もあるでしょう

▼ なかったもん~ (76, 0.2%)

25 だから 21 ですから 732 ですからね, でね

1 [16件] ご講演, じゃけなあ, だからね, だがね, だな, でしまっといて, でしょうなあ, です, ですか, ですよ, でどこ, でひま, で失礼, で御免, で正確, で頭

▼ なかったくらい~ (70, 0.2%)

1211 である 8 だから 6 です 5 ですから 3 であった 2 だった, でした

1 [21件] だったの, だのに, だもの, であった奉公人, であります, であるから, であるが, でお客様, でご, でございましたでも, でしたから, ですよ, で私, なので, なもの, なもん, なんだ, 久しく見かけない, 扮飾され, 自ら滑稽と, 鈍い意識

▼ なかったこの~ (67, 0.2%)

2 夜の

1 [65件] あらしは, ひいさま, ふたりは, まえの, わしが, チビが, 一座の, 一週間あなたは, 不屈の, 不思議な, 二つ, 偉大なる, 出来事を, 勇ましいそして, 印象に, 周到なる, 商売に, 地底魔境という, 境遇を, 夜陰に, 妻に対しては, 媒介物で, 子が, 宝は, 家にも, 島で, 嶺に, 床下の, 戦争が, 手が, 折助席の, 斉魯河間九篇本が, 新来の, 春子が, 時代の, 東洋日本特産芸術が, 棺と, 歓待な, 母親の, 汚泥は, 海べの, 湯島天神も, 演説の, 瀬戸を, 父親が, 犬が, 甘い情緒, 甲斐の, 男の, 研究の, 碩学の, 神がかりの, 私の, 第二, 老人は, 船が, 芸術家は, 茶を, 話を, 部屋の, 金である, 長い月日, 集り全体に, 難関を, 青年の

▼ なかった~ (62, 0.1%)

5 延は 3 島は 2 品は

1 [52件] せいでございます, はちのやつ, ひろの, シャベリ姫は, テイちゃんだけ, 世辞を, 久美さんは, 人だ, 作の, 兄さん, 八重の, 友だちの, 君の, 咲の, 咲は, 咲も, 地蔵さまの, 墓が, 増は, 岸は, 帰りなさいませ, 庄の, 延の, 弱い身体, 徳は, 暇を, 杉に対する, 染が, 浜たちの, 浦, 浦という, 照は, 皆を, 秀の, 竹も, 組に, 綱です, 艶の, 艶は, 花見を, 茶人たちは, 蓮に, 蓮は, 角が, 角差当っ, 読みに, 通の, 銀の, 銀様を, 雪も, 静の, 高だ

▼ なかった~ (61, 0.1%)

3 は一人 2 があるなら, があろう

1 [54件] があと, が十一人, が次, が死ん, が眼, が飛び入り, こそ幸福, だけにいわば, だという, で, であったなら一層, である故, であろうか, では, とてはただ, なの, にいきなり, には冷遇, にも話しました, に履物, に比すれ, のよう, の上, の方, はおそらく, はおとなしい, はこの, はその, はただ, はどう, はない, はなく, はみんなどれい, はもちろん, はノーマル, は出口出口, は出頭, は墓地, は少なかっ, は帰っ, は恐らく, は愚人, は持っ, は敵, は更に, は朝, は村, は無い, は白い, は誰, への天罰, もあった, もあるまい, を以て学者風

▼ なかったとしても~ (58, 0.1%)

4 それは

1 [54件] あなたは, あの花, およそ寄席, けっしてきみ, これらの, しかしクレオパトラ, して, すくなくともわたし, その窓, ではどんな, とにかくその, どうせ元々だ, なんの, やはり心, グレゴール, マチアは, 三浦さんが, 人びとは, 今後又, 仏教哲学の, 内に, 判事の, 同じよう, 同時代, 地方銀行は, 大して不思議, 夫人の, 少くとも, 少くも, 少なくともそれ, 市の, 常にその, 彼らと, 彼らにとっての, 彼女には, 後で庸三, 時の, 本質的には, 残された彼, 決して軽視, 特に不思議, 犯人が, 理性にたいしては, 知力を, 社会に, 祖先から, 私たち親と, 私と, 結局妹さんである, 著者の, 逃げる場所, 連脈中の, 遠征隊そのものについては, 風邪でも

▼ なかった理由~ (58, 0.1%)

4 の一つ 2 である, もまた

1 [50件] があった, がありました, がここ, がなけれ, が之, が今, が何, が如何, が最早, が氷解, が解った, こそまず, だよ, であったこと, でもちょっと, になろう, にはこの, の全部, の後, の為, はありませぬ, はおそらく, はここ, はこれ, はなん, は不明, は他社, は全く, は凶作, は単に, は奈辺, は弦四重奏曲, は後述, は春琴, は自然, は読了後, もここ, もそこ, もその, もそれ, も亦, も出る, も少し, をもつ, を一遍, を具体的, を知ろう, を見る, を訊いた, を闡明

▼ なかった~ (55, 0.1%)

3 だ, である, です 2 だから, だったと, であった

1 [40件] こだわりなく, それほど約束, だが, でありました, ですわ, でそういう, で私, なん, に, にダラシ, のつまり, のもの, の働き, の印銘, の古い, の変った, の大, の心づくし, の恐ろしい, の慇懃, の気持, の濃厚, の盛ん, の驚き, の驚異的, 三吉は, 僕は, 初めから, 天相の, 天真爛漫であった, 小じんまり, 幾度も, 恐ろしい意外, 明かな病名, 淋しい頼り, 為事に, 真面目に, 義理人情の, 重三, 驚いた

▼ なかった~ (52, 0.1%)

5 である 3 なので

1 [44件] からの直, から既に, から重吉, この所論, この辺一帯, だから, だったそう, だろうと, であったが, でこの, でもある, で交通, とはいえ, にそれ, にできた, にはむしろ, には一国内, に今村家, に日本, に比べる, のお話, のこと, のとおり, の事, の佐々, の作, の冬夜, の動坂, の子供, の小梅, の成長ぶり, の日記, の曹操, の比, の話, は一流, は下妻左衛門尉なにがし, は宜, は新しい, は沼, は猪, は裏, 即ち憲法発布, 重い鉱石

▼ なかったとき~ (51, 0.1%)

2 のよう

1 [49件] あの女の子, あるかるい, いきなりその, から存在, こんなこと, しか会っ, だまるで, です, ですから, でそれ, でもおっぱい, とか気, とか病気, と同じ, なの, に, にきちがい, にそれ, にはいいえ, にはおそい, にはその, にはわたし, には安心, には川上, にも動い, にアメリカ, に一, に彼, に戦っ, に暇, のあの, のこと, のナンセンス, は, はいなかった, はおまえ, はこうこう, はすぐ, はどう, は彼, は胸, は血, また一般, まるで紙片, もよく, や彼, より客観的, 悲しいよう, 既に畜生道

▼ なかった証拠~ (50, 0.1%)

6 である 2 だ, であろう

1 [40件] が立つ, だと, だね, だよ, であって, であります, であると, でこういう, です, でなくては, ではなかっ, でもある, ともなろう, とも云, なの, に, になる, には, にはある, にはこれ, にはその, にはその後健康, にはちゃんと, にはもう, にはトルーマン, には丈吉, には写真, には彼, には村正, には第, には翌, には錦ヵ浦, に彼女, はこの, は之, は例えば, は寺, は次々, を, を見せました

▼ なかったばかりか~ (49, 0.1%)

1 [49件] いつも唯阿呆, いやもう, うそまでも, かえって七つ, かえって言葉の, これが, せっかく監禁, そういう弾圧, その峻烈, その種, その青年, それは, つとめて, ひょっとしたら僕, ぼくの, まともに, むしろ口数, もう眼, もしやと, 不可解の, 中国の, 二人を, 二時間で, 人々は, 今度は, 働きの, 勝手元までが, 博士号を, 却って自分, 吉弥に対しても, 同じ家, 地上における, 常に云い知れぬ, 彼に, 彼は, 恐らく世間, 或る, 旅路の, 日々に, 時としては, 月々の, 白々しい嘘八百, 目に, 神の, 種々の, 自分の, 言葉も, 返事さえも, 雨龍の

▼ なかった~ (48, 0.1%)

4 にゃ 3 にゃあっし 2 には, にゃ親分, は一日

1 [35件] が一ダース, が暮れる, とては一日, にはこの, にはそれ, にはとても, にはどう, にはどうして, には一日, には何事, には彼, には懐手, には手, には既に, には私たち, には虎児, には雪, にゃいざ, にゃいよいよ, にゃそれ, にゃやりきれねえ, にゃ一万二千石, にゃ俺, にゃ勝, にゃ天道様, にゃ後, にゃ落雁, にゃ門前雀羅, にやおれ, の光, の夕刻, の朝, はこんど, はステージ, よりもいっそう

▼ なかったかの~ (47, 0.1%)

28 ように 2 ようであった, ような, 説明に

1 [13件] ごとく看做して, ゆえんを, ようである, ようにさえ, 女は, 如くその, 如く着坐した, 様に, 源因については, 理由で, 疑問が, 観が, 鋼鍛え

▼ なかったのみ~ (45, 0.1%)

4 である 3 ならずその 2 ならずまた

1 [36件] だ, であるので, でなくまた, でなく一般, でなく一面, でなく海, ならず, ならずあべこべ, ならずいっそ, ならずかえって, ならずそれ, ならずクルリ, ならずジーグフリード, ならず中身, ならず人, ならず作者, ならず全体, ならず共同生活, ならず古い, ならず実, ならず屠者, ならず山脈, ならず彼女, ならず往来, ならず従来, ならず心理的, ならず是, ならず武士道国, ならず考え, ならず自分, ならず興味, ならず落葉, ならず誰, ならず財政上, ならず逆, ならず遂行

▼ なかったあの~ (43, 0.1%)

1 [43件] お夏, きょ, ことです, ごく特異, とき奥から, みいちゃん, アカーキイ・アカーキエウィッチの, 一と, 不思議な, 二月革命の, 五等官に, 人の, 個所の, 剛胆さに, 古い都, 品である, 女は, 子の, 小せん, 年の, 形而上学の, 懐しくおそろしい存在, 日の, 日を, 時の, 朝帰った, 横死死体を, 正義を, 残忍な, 殿が, 気さくな, 気持ちが, 法隆寺の, 海岸通の, 王女の, 白兀の, 細密な, 自然の, 落としまゆの, 虫が, 通りにも, 頃行った, 馭者たちは

▼ なかっただけ~ (43, 0.1%)

7 である 4 なん 3 だ, では 2 であった, なの

1 [22件] きよ子の, その悲歎, その響, それだけ多く, だから, だと, であって, であります, であり心, であるが, でしょう, です, ですよ, でその, でヤミ屋, で彼女, はめっけ, びっくりするでしょう, ますます当惑, 仕合せだった, 得を, 徳だ

▼ なかった~ (43, 0.1%)

3 である 2 にある, もある

1 [36件] があったでしょう, だけはあの, です, で同時に, といい, と職場, などね, なども数える, において自分, について感想, にも当はまる, に手落, に技巧, に於, に法水, はわが, はゴッホ, は多い, は大, は如何にも, は容易, は感心, は所謂, もあろう, も今日, も多かろ, も若干, をさらに, をどうぞ, を反省, を新た, を旧主玄徳, を発見, を見出そう, 又真先, 及び扉

▼ なかったそして~ (42, 0.1%)

2 それだけまた

1 [40件] すっかり城, そこで, その原因, その場, その子供, それは, それを, どうして浮き出し, なんでも, ほとんど幸福, もっと堪えがたかっ, 二人の, 人を, 仁義を, 今も, 他の, 何物をも, 十三連隊の, 又それ, 周囲に, 国元へ, 国庫は, 天国の, 寝てからも, 平気で, 彼も, 彼女との, 損害を, 暖炉の, 柳の, 正に此, 死んだという, 母親と, 理論や, 窓の, 答えた, 考え初めた, 自分の, 色も, 飯を

▼ なかったほどの~ (42, 0.1%)

1 [42件] あどけない色気, おそろしい悪魔, ことで, この大きな喜び, しっかりした, ものが, よほど不完全, 不安を, 主膳が, 人物である, 仕事を, 傾斜を, 収穫と, 大問題, 大戦争, 大果報, 失われた過去, 娘だ, 婦人が, 封建時代が, 幸福と, 強い感銘, 強烈な, 影が, 恐怖と, 惡化の, 愉しい気持ち, 成功に, 打撃を, 残虐が, 深い所, 深い眠り, 温良さが, 熱心さを, 草創の, 諸大名, 謙遜な, 超人的女性, 輝きが, 迂濶者, 過分の, 青木が

▼ なかった様子~ (39, 0.1%)

14 です 7 である 3 であった 2 でした, ですが

1 [11件] がはっきり, だった, でけふ, でしきりに, でしぶしぶ, ですから, でへッ, で帯, で毎日四度, で語り続けた, を見

▼ なかったとも~ (38, 0.1%)

2 いえる, 言える

1 [34件] いいます, いい切れないの, いい得る, いい得るの, いえば, いわれないよう, ツイ思い出された, 云える, 伝えられて, 思うの, 思えぬが, 思った, 思って, 思われます, 悔まれた, 断言し兼ねる, 書いて, 申して, 申しましょうか, 考えられないし, 考えられましょう, 考えられるだろう, 見える態度, 見られる, 見られるが, 言いますが, 言えるの, 言ったぜ, 言わず黙って, 言わるる, 言われ先祖, 謂う, 限らない, 限らないの

▼ なかった彼女~ (38, 0.1%)

1 [38件] がその, が居る, が貞奴, だったので, と言う, にはそれ, にはむしろ, にも一半, のほん, の不撓さ, の両親, の傍, の感情生活, の気性, の消息, の眼, の頽廃そのもの, の顔, は, はいつ, はお, はその, はそれ, はそれでも, はもはや, はグラッドロン, は一直線, は二人, は今, は何, は嫁, は当然, は微笑, は渋沢家, は自分, もそれ, も今, を

▼ なかったとか~ (37, 0.1%)

1 [37件] あるいは恋愛, いう, いうので, いちども, いって, いろいろ悪口, したとかという, そういう取り返し, そんなん, でございました, で鎌倉殿, へんに, まったくいたましい, ッて, 世間に, 云うぜ, 云うより, 仕事が, 何とかいう, 何とかしたり顔, 噂されたら, 変な, 大抵問題, 子供だけは, 岡焼めらが, 悪しざまに, 或は自分, 数え挙げれば, 書いたそう, 毒にも, 気塞り, 眼玉が, 脚本が, 自分を, 見ること, 誰それの, 造ったもの

▼ なかった事実~ (37, 0.1%)

3 である 2 であった, を見

1 [30件] が事件, が横, が確か, が間接, その選び方, であったであろうから, と相, によってゆらい, によって惹起, に属する, に心強く, に触れる, のある, の一片, は動かせなかった, は彼, は極めて, は真に, もあわせ, も注目, や聞こえなかった, をも亦, を報じ, を夫, を彼, を思いあわせれ, を熱, を目撃, を航空機, を話し

▼ なかったにも~ (35, 0.1%)

3 拘らず彼 2 拘らずそれ

1 [30件] かかわらずある, かかわらずいつのまに, かかわらずこなたは, かかわらずその, かかわらずわたくし, かかわらず不思議, かかわらず二十年後, かかわらず人間, かかわらず今日, かかわらず彼, かかわらず彼女, かかわらず戦い, かかわらず昼, かかわらず私, かかわらず葬会者, かかわらず遂に, かかわらず食うこと, しろ私, せよこの, せよこんな, せよその他, せよそれ, せよ日頃, せよ東京, 係わらずとっさ, 拘らず社会自身, 拘わらず明く, 拘わらず正木先生, 拘わらず犯人, 関わらず当時

▼ なかった~ (35, 0.1%)

5 だが 4 である 3 だ, です 2 だった, であると, ですが

1 [14件] だね, であるが, ですけれど, では, なあの, なの, な用心深, におもう, に待ち, に思っ, に思われた, に若々しかっ, に覚えてる, に谷

▼ なかったかを~ (34, 0.1%)

2 思えば, 悔いた

1 [30件] きくと, くやしがった, 不審に, 不思議に, 今では, 問い合わせた, 問わず社会, 巫臣は, 後悔した, 怪むのである, 悔んだ, 我々は, 書くわけ, 疑わなければ, 知った, 知らずただ, 確かめてるよう, 確定しよう, 示すもの, 示す例, 示す証拠, 縷陳し, 考えて, 自分ながら, 見きわめるだけの, 詰問った, 語って, 説明する, 責めた, 遺憾と

▼ なかった~ (33, 0.1%)

2 に彼ら, に町, のこと

1 [27件] ぐらいはとも思う, だけ僕ら, にあの, にあれ, にお, にそう, にまぎれ, にめっきり, にも彼ら, に可, に君, に国府津, に季節, に小さな, に彼女, に得た, に急, に綾子さん, に譲原さん, に黄色い, の事, の出来事, の家, の話, はいろいろ, は他, は平日

▼ なかったけど~ (32, 0.1%)

2 例の

1 [30件] ああ夢, あなたに, あの失礼, これを, そこは, その後お変りは, それは, つい遅く, でもきっと, どうした, なんの, ほんとは, また悪い, もうちゃんと覚悟, もう直った, やっとの, 今から, 今夜たつ, 今日は, 今晩が, 何だかモグモグし, 僕は, 印象だけについて, 妙に, 御仕事, 時々くる, 最後の, 立会人に, 考えると, 隆夫くんに

▼ なかった~ (30, 0.1%)

2 や子供

1 [28件] があった, が同じ, が向う, が死ん, が魔, だ, だご, だったのに, であったが, である, ですから, ですのに, ではある, としての生活, と寝る, の人, の切ない, の友達, の叫び, の楽しみ, の生涯, の美しい, の自我, の身の上, は一人, は急, は貴女, も帰ろう

▼ なかった~ (30, 0.1%)

2 でもある

1 [28件] かすっかり, かもしれない, か何, か肝心, である, であるらしい, であろうと, です, との誤り, にある, に今, に他, に余計, に口, に唐崎荘, に大きな, に已むなく三ノ瀬, に平ヶ岳, に復, に我々, に最後, に死ぬ, に異様, に瞬く, に知合, に親, に誤っ, に闕所

▼ なかったそれ~ (29, 0.1%)

1 [29件] から只見川, がいま, がどう, がどうして, が本当, と云う, なる罪人, についどうも, に声, に工場, に手塩川, はたいした, はやがて, は乳, は何故か, は婆, は知らなかった, は神, は義務, ばかりじゃあない, も吾, も好い, をどういう, を両, を思う, を或, を直接, を私, を考える

▼ なかった一つ~ (29, 0.1%)

5 の理由 2 の原因

1 [22件] である, のこと, のもの, の事情, の仕事, の例, の偶然, の出来事, の制作的欲望, の区切り, の小さい, の幸運, の強い, の想念, の感情, の扉, の新しい, の欠点, の気もち, の疑惑, の習作, の証拠

▼ なかった~ (28, 0.1%)

1 [28件] からこそ生じた, がそう, がそれ, だ, だろう, であったであろう, であったらしい, では各, とか如何, にこの, に仄か, に存する, に感心, に横たわっ, の, のそれ特有, のもの, のイデオロギー, の例, の契機, の学生, の従って, の特殊, の関係, へ屋根, へ自分, を最もよく, を補っ

▼ なかった~ (28, 0.1%)

2 である, の何らかの

1 [24件] から起ったらしい, がいず, であった, であろう, です, ですから, にある, にひろがっ, に寒, に彼, のあはれ, のそして, のなに, の宮部京子, の小, の弁証法, の自国語, の餓えた痩せ, はある, はなかっ, へ父母, を切った, を欲, を補足

▼ なかったからと~ (27, 0.1%)

12 いって 5 云って 3 言って 1 いうだけ, いうので, いう事, するの, そればかりを, 云ってようございます, 見るの

▼ なかっただけに~ (27, 0.1%)

1 [27件] いまでも, うわべだけは, かえってこちら, これが, その驚きよう, ただちにレー, なおさら飽き飽きし, なかなか開かなかった, べらべらと, ますますそういう, 一層いや, 久慈とて, 乗換の, 二人にとっては, 佗しかった, 古くさいかも, 山川を, 彼女を, 新子は, 柴田方に, 次第に二人, 殆ん, 特にひどく, 私には, 米友としては, 芦屋の, 驚ろかされた

▼ なかったものの~ (27, 0.1%)

1 [27件] あのため, あらわれわたるの, あること, お前も, さて招, それでも陣屋, それには, それにも, それを, どうにでも, また好意, もう総武鉄道会社, やはり懐しい, 一人な, 三つに, 何かしら漠然と, 内心には, 困ったこと, 小屋者の, 少くとも, 年の, 形を, 所在を, 救って, 突然横柄, 胸の, 身に

▼ なかった~ (27, 0.1%)

2 のこと

1 [25件] からそう, から今日地主, があった, でさえ殆, と同じ, にくらべる, にはただ, に帰った, のそれ, のわが家, の儒者輩, の吉原, の国家統一, の女, の庶人, の父, の茶人, の話, はいわゆる, はお互い, はどう, は家伝薬, へ返る, よりちっともえらく, を慕う

▼ なかったある~ (25, 0.1%)

2 ものを

1 [23件] おぼろげな, ことを, ものに, 一部の, 人は, 変化が, 夜の, 嬉しい悲しさ, 尊いもの, 恐怖に, 悲しみが, 新しい開拓, 日常, 淋しい影, 深い光, 物に, 特別な, 特色が, 生物が, 種の, 薬物らしい, 表情が, 記憶が

▼ なかった~ (24, 0.1%)

5 であるが 3 である 2 です, では

1 [12件] さ, だ, だから, だが, だよ, でしたが, ですがね, ですね, でただ, になる, はその, はなかっ

▼ なかった二人~ (23, 0.1%)

1 [23件] がここ, がどうして, がまた, が今日, が根津, が逮捕, であったろうか, であること, としてはまず, のうち, の云う, の兄, の小さな, の心, の相撲, の者, はくつろいだ, はその, はそれ, はたまたま, は丁度, は内, も流石

▼ なかった人々~ (23, 0.1%)

2 である

1 [21件] が何時の間にか, が感銘, が書きはじめた, であろう, でさえ酒樽, ではあるまい, のため, の同人雑誌, の苦しい, はこう, は人類, は今日, は彼ら, は後, は急転直下, は蛇の目傘, ばかりだ, もあります, もない, もまた, も程なく

▼ なかったなんて~ (21, 0.1%)

1 [21件] あとで, あなたは, あの子, いうこと, いくらなん, お前は, ことを, すくなくとも神山東洋氏, どうした, どうも想像, なんと監督, のは, 云うなよ, 何という, 何んだ, 偶然に, 僕は, 僕も, 恥かしい, 浅い口実, 聞かせれば

▼ なかった~ (21, 0.1%)

6 がよかっ

1 [15件] がどの, がよろしゅう, がドノ, が不思議, が却, が幸福, ですもの, のため, の一人, の口, の小さい, の御, へ道, を私, を院

▼ なかったのね~ (20, 0.0%)

4 きっと

1 [16件] あなたを, あんなに女, いろいろな, お君さん, けれど今, そうしてその, それによ, だから生活, でもこれ, 利害そのものの, 利害という, 可哀想に, 大学だ, 本当ね, 狭いカンプラ畑, 節子を

▼ なかった~ (20, 0.0%)

1 [20件] あのとき, いったい何年級, おすえちゃん, お互いに, この櫛, こんなこと, それで, そんな恋人, ただ親切ごころ, なんだろう, まるまる損, みんな赤ん坊の, 二千両の, 今履を, 何でも無, 動物園に, 又その, 土壇場に, 無口で, 猫の

▼ なかった所以~ (20, 0.0%)

9 である 2 はここ, はすでに 1 が之, だ, でもある, は主として, は集団的組織, も肯けます, を過去

▼ なかったんで~ (19, 0.0%)

1 [19件] あなたを, いつもいつも教え, いや腹, おっちぬ, そのま, ちくしょうめなんて, ちょっと私用, みんなが, よくよく眸, 一人で, 一番先に, 二人やって来た, 余計ぶん, 待ち遠い, 手巾で, 柳屋のも, 理由も, 立って, 雅子さんという

▼ なかった新しい~ (19, 0.0%)

1 [19件] ものも, ものを, 不思議な, 世界が, 中国文学の, 光りものを, 内容, 出来事に, 学説を, 形態に, 心情の, 感情や, 方の, 楽しみだった, 特殊な, 現実を, 現象を, 社会の, 顕著な

▼ なかった日本~ (19, 0.0%)

2 の知性

1 [17件] が大戦, が見える, の一九五〇年代, の伝統, の作家たち, の帝国主義, の悲劇, の政治家, の文化伝統, の権力, の知識人, の社会情勢, の空, の読者, の面目, はどうしても, を生き

▼ なかったしかし~ (18, 0.0%)

1 [18件] あの盃, かなり神, その生霊, その調べ, その足, なにか, まさに起こらん, やむを得なかった, コルマックは, 一日として, 事実は, 問題が, 少しばかり, 彼の, 彼女の, 心では, 火急の, 逃走を

▼ なかったって~ (18, 0.0%)

1 [18件] いうわ, いうん, ことだ, ことをね, さぞあの, たぜ, のが, もう少しの, わけさ, んだ, 云うの, 云うん, 云って, 云ってたよ, 残念がっ, 湯島へは, 言うん, 言ってるわ

▼ なかったとの~ (18, 0.0%)

4 ことである 2 こと, ことだ, 事であった 1 ことで, ことであった, ことです, 事さては, 事である, 事です, 弁解さえ, 証明が

▼ なかった~ (18, 0.0%)

1 [18件] にあの, にこれ, にやがて, に一層, に三月, に健康, に其処此処, に四, に大臣, に左大臣, に彼自身, に意義不明, に最も, に村尾さん, に私, のこと, へあげ, また彼

▼ なかった代り~ (18, 0.0%)

1 [18件] この急落, さして熱意, としてカヨさん, にあまり, にこれぞ, にしばらく, にハンケチ, に以前飯田橋舞踏場, に何, に同じ, に己, に年長, に当然, に損, に相手, に私, に過去数千年来発展, に鳴戸

▼ なかった~ (18, 0.0%)

3 だから, であった, である, ですから 21 です, で如何なる, なの, な程度

▼ なかった~ (18, 0.0%)

1 [18件] あ, が今更, が突然, が解放, に驚き, の卑怯, はそして, はやむを得ずわざと, はよほど, は一目, は大変愧, は広東, は忙し, は気後れ, もえらい, もこの, も学生時代, を驚愕

▼ なかった~ (18, 0.0%)

1 [18件] ムーア彗星へは, 争闘が, 事件から, 勘が, 変化, 多数の, 才という, 桜草や, 泥棒なら, 燈国師が, 統一と, 自然の, 苦辛を, 英国の, 規模な, 計画も, 都会が, 都会の

▼ なかった当時~ (18, 0.0%)

2 の日本

1 [16件] でことに, ではなかなか, としては近世, においてこれ, のこと, のプロレタリア文学, のモラル, の事情, の大, の学生, の情勢, の有様, の男, の自分, の若い, はたまに

▼ なかった次第~ (18, 0.0%)

6 です 3 である 2 なの 1 で, であったから, であります, であるが, でした, もまた, を実証

▼ なかったころ~ (17, 0.0%)

2 である

1 [15件] だ, であるから, と同じ, には彼ら, に琴, のこと, の先祖, の印度洋, の哲学者, の東京, の話, はなるべく, は六人, は子, よりも寂しく

▼ なかっただけの~ (17, 0.0%)

5 ことだ 2 ことで 1 ことじゃ, ことだった, ことである, ことです, もので, ようだ, 筈でございます, 話さ, 話な, 話に

▼ なかったこれ~ (16, 0.0%)

1 [16件] がその, が人間, だけは堪忍, でもし, に反し, はこれ, は広言, は水晶体, は確か, は茂庭, までの作家, までの苦労, まで相, も残念, をひじょうに, 迄の生活

▼ なかったまで~ (16, 0.0%)

54 である 1 だから, だった, であり吾, であろう, であろうと, で丁度, なの

▼ なかった~ (16, 0.0%)

1 [16件] がそんな, がバネ, が門, だが, だと, であります, であるから, である私, です, ではある, にはあ, の臨終, の顔, へも最初, も笑った, を突然

▼ なかった~ (16, 0.0%)

2 るもの

1 [14件] ことに, るとき, るプラス, る感情, る推理, る汚な, る現象, る男, る石, る認識, 日庄吉は, 時女中に, 法科の, 物に

▼ なかったつもり~ (15, 0.0%)

3 だ, である 1 だが, だけど, だと, であったが, であるのに, です, ですが, で横, なん

▼ なかった~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの鳥, うちを, お父さんも, そらこの, ではどうか, みんなの, やれるだけは, アハハハハハハ, トクべ, 伸ちゃんも, 和助, 怪我を, 昨夜あんな, 然し実存主義, 野原は

▼ なかったのみか~ (15, 0.0%)

1 [15件] お上を, お高, その内, ついには, なるべく, なるべく直接, むしろその, アルコホルの, 一方には, 七日ほど, 却ってますます元気, 海上を, 砲台は, 馬の, 騎馬や

▼ なかった以前~ (15, 0.0%)

1 [15件] ならば, には年, には或は, に戻す, のまま, のよう, の形, の楽しかっ, は盗匪, は私, までは流行病, よりも一個, よりも売上げ高, をおぼえ, 住んで

▼ なかった~ (15, 0.0%)

1 [15件] があっ, がある, しは, に引い, の三枚, の無銘, はほとんど, は一度, は思い出せない, は極めて, は決して, は相当, もある, もまた, も多い

▼ なかった~ (15, 0.0%)

1 [15件] が初めて, が慷堂, が駄目, にとってこれ, の気, の間抜けさ, は, はそれ, はたとえ, はほら, はりゅうと, は一時あまり, は俄然, は吉野君, を朝倉

▼ なかった~ (15, 0.0%)

2 のゴーリキイ

1 [13件] とても中央, と全く, にはちゃんと, にやはり, のこと, の私, の頃, は地獄谷, は月, は板張り, までは人家, より少し, 教授に対しては

▼ なかった~ (15, 0.0%)

32 である 1 が立っ, そういう事, だが, であるが, です, とすこぶる, と女, の敵意, の杳, は神

▼ なかったいろいろ~ (14, 0.0%)

2 なこと, な物 1 なよ, な樹, な疑問, な金属, に身, のもの, の微細, の慣行, の生活問題, の真実

▼ なかったばかりに~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの強情者, その情懐, とうとう蹴殺され, とんだかわいそう, とんだ人騒がせ, まだ知らず, 余計な, 俺も, 出語り山台が, 助かったわ, 病気が, 第一番, 胸を, 迷路に

▼ なかった原因~ (14, 0.0%)

2 の一つ

1 [12件] かと思われる, が, であった, であろう, でもある, になる, はあの, はいくつ, はそこ, はフランス経済, もここ, も突き止められる

▼ なかった~ (14, 0.0%)

1 [14件] からもまた, がいつの間にか, が小, としての多, のやや, の事, の女, の希望, の本能, は父, は祖父, への心, らしい潔癖, をばこの

▼ なかった津田~ (14, 0.0%)

1 [14件] にはまた, の心, はその, はそれぎり会話, はついに, はまた, はやや, は一方, は仕方, は問題, は潜り戸, は突然, は立とう, は飽くまでも

▼ なかった~ (14, 0.0%)

1 [14件] がだしぬけ, が突然, でさえいちばん, と自分, のみかどへ, の一面, の噂, の店, の気持, の留守, は, はなに, は人, は晩年

▼ なかった過去~ (14, 0.0%)

2 の秘密

1 [12件] のしきたり, のニホン, の在り, の天才たち, の悲劇的, の文学上, の罪過, の羈絆, の記憶, は今, は永久, を持つ

▼ なかったのよ~ (13, 0.0%)

1 [13件] そうでしょう, そしておじぎ, それでも栄さん, ところが年鑑, どうしたら, もう帰らない, わかるわね, ウと, 一と, 吉見さんよ, 東海道が, 皆が, 私が

▼ なかった~ (13, 0.0%)

1 [13件] あなたとは, いやあね, え, お友達, けれどもね, こんな気, 何か, 余り先刻, 夜中に, 惚れて, 私自分の, 考えたって, 足で

▼ なかった事情~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, と対比, は子供心, は彼, は老公, も肯ける, も話さず, を始めて, を察する, を彼等, を書いた, を説明, を鴎外

▼ なかった問題~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] がスラスラ, が偶然, が解決, だった, であったので, でございますから, とかあるいは, も相当, をバタ, を境遇, を解い

▼ なかった時分~ (13, 0.0%)

3 のこと 1 だ, とは気分, にはこの, には勝手, には天然痘, には東京, にひどい, のノート, の存在, は家内

▼ なかった言葉~ (13, 0.0%)

2 である, を聴いた 1 がいつか耳, だ, だった, というの, のうち, の意味, の節々, はない, は解釈

▼ なかったうち~ (12, 0.0%)

1 [12件] ですが, にお, にすっかり, にとても, にドイツ人, に全然, に生活, に稲ちゃん, に窓, のひとり, の息子, は私

▼ なかったかが~ (12, 0.0%)

2 判定せられる 1 わかろう, 不思議である, 吾, 容易に, 技術学上の, 暗示され, 残念である, 知りたいの, 自ら不思議に, 説明出来ないだろう

▼ なかったただ~ (12, 0.0%)

1 [12件] それが, オリヴィエだけを, 一つの, 兵部の, 困ったもん, 奇跡によって, 子供が, 望みの, 水面を, 煙たくて, 自分と, 自分の

▼ なかった~ (12, 0.0%)

1 [12件] これが, もしや流, わが生涯, 二葉亭は, 今更残念, 右の, 同様である, 大久保一翁勝安房山岡鉄太郎の, 実に驚く, 家康の, 明かである, 相対死にの

▼ なかった~ (12, 0.0%)

2 当然 1 ひとつハッキリ, 一つの, 同じだ, 同然で, 怪いよ, 道理こそ, 道理こんな, 道理です, 道理好く, 道理浅虫家は

▼ なかったゆえ~ (12, 0.0%)

2 である 1 こんな無駄骨, つい心, であろう絵, にあるいは, にかかる, にそこ, に最初, に謡いもの, よもやと, 次にひととおり

▼ なかった不思議~ (12, 0.0%)

1 [12件] なこと, なもの, な事実, な二人, な力, な問題, な快感, な悩まし, な愛, な経験, な美女, な輝き

▼ なかった人たち~ (12, 0.0%)

1 [12件] が皆, が突然, です, でも夫婦, にとっては自分, にはあるいは, の大, の訪問, は不幸, は決して, は洋画界, をさえ魅了

▼ なかった伸子~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそういう, がニューヨーク, が第, だった, と素子, にはその, の父, の生活, はぐいぐい, は実感, は相, をしらべる

▼ なかった多く~ (12, 0.0%)

4 のこと 1 の事件, の事実, の人, の仏蘭西系統, の問題, の婦人助手たち, の知識, の美

▼ なかった結果~ (12, 0.0%)

4 である 2 です 1 であった, でしょう, としてだんだん, として仲間, として如何なる, を招く

▼ なかった若い~ (12, 0.0%)

1 [12件] ひとびと, 人たちには, 女として, 心の, 有島武郎は, 望の, 白鳥たち, 細君の, 群の, 者たちに, 者どもが, 雄鶏が

▼ なかった人間~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, だから, です, で自分一個, のよう, の性格, の数, はある, はない, よりは精いっぱい, を作り上げよう

▼ なかった子供~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一朝, が死んだ, ですもの, でも悪者, のうち, のよう, のゴーリキイ, の狐, は死ん, もありました, を急

▼ なかった連中~ (11, 0.0%)

1 [11件] が今や, が甘い, のあつまりで, の中, は, はこれ, は一同, は今頃, ばかりです, までがさも, もあった

▼ なかったあるいは~ (10, 0.0%)

2 できなかったと 1 いないという, さらに上策, 偉い事, 忘れて, 意外の, 敵であった, 正しかった, 言うこと

▼ なかったお前~ (10, 0.0%)

1 がそれ, と云う, の効, の方, は心, は江州生れ, もさすが, をつれ, を恥ずかし, を永遠

▼ なかったからの~ (10, 0.0%)

2 ことです 1 ことで, ことであったでしょう, 事さ, 事で, 結果だろう, 記憶であり, 話で, 過であった

▼ なかっただから~ (10, 0.0%)

2 いばって 1 その後で, まずものの, ボルネオは, レーニンは, 俺は, 有喜子に, 煙草をの, 私お母さんより

▼ なかった一人~ (10, 0.0%)

1 が割り込ん, である, で苦労, の人間, の作家, の友達, の女, の女性, の子供, 寂しく寝

▼ なかった~ (10, 0.0%)

1 の中, の人, の他, の出現, の大, の殆ど全部, の草庵, は日, や峠, を一つ一つ新

▼ なかった~ (10, 0.0%)

1 からのお願い, である, の一本, の動き, の命令, の撓み, の歩み, の秘密, の艱, を私

▼ なかったかは~ (9, 0.0%)

1 じつは必ずしも明瞭, はっきりと, 今の, 今日に, 別として, 後から, 私の, 解らぬ, 言う迄も

▼ なかったぐらい~ (9, 0.0%)

2 であった 1 だ, だから, だったわ, で家, 夢心地で, 本質的な, 湯ブネの

▼ なかったそれで~ (9, 0.0%)

1 おれは, そっと机, ながいこと, ね千代女, 人足先き, 例の, 十日たらず, 眼の, 結局は

▼ なかったわたし~ (9, 0.0%)

1 がここ, が三〇年, の前, の怠慢, は, はあの, はだから, は一九四一年十二月八日真珠湾, は此

▼ なかった今日~ (9, 0.0%)

1 という日, の旅行, はあの, はいつも, は良く, までの事情, までの文化, も逢えなかったで, 長く居

▼ なかった彼ら~ (9, 0.0%)

1 が特に, の仲間, の境遇, の広い, はその, はともども, はどこ, は宝鏡先生, は次第に

▼ なかった~ (9, 0.0%)

1 か法廷内, である, であるかも, であろうか, でしょう, です, でもあろう, ばかりでなく, ほんの持合せ

▼ なかった~ (9, 0.0%)

1 だと, のより, の形, ばかり, も尊厳, を, を裂く, を見つけた, 干に

▼ なかった~ (9, 0.0%)

2 をする 1 で長い, はクショ・ロケラ, は歴史的, ひき殺されて, を書い, を注ぎこまれる, を聞いた

▼ なかった部分~ (9, 0.0%)

1 がある, がどこ, が可, が家, が残っ, だけがはっきり, にぞくし, のうち, までもあたかも

▼ なかったおかげ~ (8, 0.0%)

1 かもしれない, である, でこの, でこんな, で銀子, で電信印字機, で頭, と今

▼ なかったからこそ~ (8, 0.0%)

1 あの娘さん, そのよう, ゴーリキイが, 伸子は, 来て, 汽船の, 発病し, 非道な

▼ なかった~ (8, 0.0%)

1 かれは, すれど, せう, よかった, 十日ほどで, 御座居ます, 手下の, 終身刑に

▼ なかったところが~ (8, 0.0%)

1 いまは, このごろに, その人, 今度の, 何の, 十月四日に, 彼の, 落第した

▼ なかったとでも~ (8, 0.0%)

3 いうの, 思って 2 思ってるん

▼ なかったなぜ~ (8, 0.0%)

1 なら, なら当局者, なら彼, なら彼女, なら服従, なら眼, なら近所, やらなかったか

▼ なかったなどと~ (8, 0.0%)

1 いいわけばかり, それは, 云うこと, 云う勿, 勇吉は, 思いながら, 思われるの, 訴える人

▼ なかったのにと~ (8, 0.0%)

1 この少年, そっと座敷, そんなこと, 何か, 傍の, 常に検校, 深い因縁, 若いくせ

▼ なかったほう~ (8, 0.0%)

4 がよかっ 1 がいや, がまし, がズッ, の娘

▼ なかったぼく~ (8, 0.0%)

1 には新しい, のほう, の胸中, は, はうかつ, はひどい, は直に, もバカ

▼ なかったまでの~ (8, 0.0%)

2 ことで, ことである 1 ことでした, ことな, こと音羽から, 事で

▼ なかった~ (8, 0.0%)

2 だ, だよ 1 だもの, です, ですもの, やわい

▼ なかった一事~ (8, 0.0%)

1 である, でも知れる, に徴する, は初太郎, は怠慢, をここ, をみ, を以

▼ なかった先生~ (8, 0.0%)

1 であった, の境遇, はツト心, は人間性, は欧州, は謡曲, もそれ, も排日問題

▼ なかった~ (8, 0.0%)

1 がある, であり哲学, ではこの, では左, でもある, で言語, の方, はアメリカ

▼ なかった~ (8, 0.0%)

1 がひどい, が急, が眼, が譲吉, をすう, を一度, を武蔵, を死

▼ なかった為め~ (8, 0.0%)

1 であろう, ではあるまい, でもある, にこの, にそれ, に誰, 忘れずに, 見す

▼ なかったあらゆる~ (7, 0.0%)

1 りんごを, 人に, 他の, 仮名にわたって, 政治的関係役所関係の, 方向から, 栄誉名望目の

▼ なかったからでも~ (7, 0.0%)

3 あった 2 ありましょう 1 あるらしい, 有ろう

▼ なかったからに~ (7, 0.0%)

3 相違ない 1 ちがいありません, ほかならない, 他ならない, 違いなかった

▼ なかったがと~ (7, 0.0%)

3 いって 1 ある田舎, ギョッ, 取出して, 母御は

▼ なかったくせ~ (7, 0.0%)

21 にし, に今, に奇略縦横, に自分, に舟

▼ なかったここ~ (7, 0.0%)

2 にいる 1 では酒, にふしぎ, の美し, も大寒, をこの

▼ なかったすなわち~ (7, 0.0%)

1 すみやかに, そのあと, それを, 一言に, 出発する, 彼と, 正直な

▼ なかったそういう~ (7, 0.0%)

1 ことを, ものすごい怪物, 幼年, 心理について, 男です, 経験主義的な, 苦悩の

▼ なかったっけ~ (7, 0.0%)

2 だ, だけれども 1 が, がでもその, 等と

▼ なかったひと~ (7, 0.0%)

3 は一人 1 がこの, が持たない, というの, もお

▼ なかったほどに~ (7, 0.0%)

1 かわいがって, 一時的な, 単純な, 堂々と, 恐ろしかった, 意外な, 自分たちが

▼ なかった人物~ (7, 0.0%)

1 がいつの間にか, がもう, が寝室, が紙, であるから, との突拍子, の円滑さ

▼ なかった仕事~ (7, 0.0%)

1 が, が機械, に心, の後, への凄まじい, をやり, を一生懸命

▼ なかった土地~ (7, 0.0%)

1 がまだ, ではこれ, でもあった, と思う, に外部, はありません, を農業

▼ なかった地方~ (7, 0.0%)

1 においても一揆運動, には存, には戦争, にまで米, は多く, もしくは階級, を訪れ

▼ なかった夫人~ (7, 0.0%)

1 が夕食, が漢文, が玄関, であったが, と志摩子さん, には今, はこんな

▼ なかった~ (7, 0.0%)

1 がある, が幾人, が狐憑き, さ, と泳ぎ, のひがみだ, はない

▼ なかった~ (7, 0.0%)

1 にお, の内, の周囲, の畑, は一軒, を出, を解い

▼ なかった~ (7, 0.0%)

1 ブルジョア, 一時間も, 圓太だった, 地名を, 市民知識人の, 故障は, 芳が

▼ なかった故に~ (7, 0.0%)

1 いわゆる賤山, この二種, こんなあるき, わずかな, 九日に, 古風な, 名誉心は

▼ なかった母親~ (7, 0.0%)

1 がこう, の一周忌, の声, の居間, はようやく, は二十一年, も多鶴子

▼ なかった~ (7, 0.0%)

1 だ, だ今宵, であろ罰, でワシントン, で自分, で鳥, よ

▼ なかった習慣~ (7, 0.0%)

2 が実は 1 が今日, の中, の多く, は一朝, を破った

▼ なかった~ (7, 0.0%)

4 である 1 だ, だろう, で西洋倫理

▼ なかったあと~ (6, 0.0%)

1 だから, でヴェニス, で氏, なので, のこと, 出京

▼ なかったおれ~ (6, 0.0%)

1 が佐月, にはよく, の境涯, はあの, はまだ, は売られた

▼ なかったかい~ (6, 0.0%)

1 お前さんが, これを, そんな人, 何を, 八, 喧嘩とか

▼ なかったかしら~ (6, 0.0%)

1 あたし, あのとき, 僕が, 可厭, 多吉は, 敦子さん

▼ なかったかね~ (6, 0.0%)

1 あの山荘, いや聞く, おれは, こういう顎髯, 船長, 鼓の

▼ なかったかわり~ (6, 0.0%)

1 に今, に彼, に悪い, に我々, に着物, に誰

▼ なかったそこ~ (6, 0.0%)

1 での暮し, にいる, には確信, に謎, はひじょうに, まで来

▼ なかったためし~ (6, 0.0%)

2 はない 1 のない, はこれ, はなく, はめったに

▼ なかったとかいう~ (6, 0.0%)

1 いきはりなん, ことで, ことである, ことと, そうでした, のが

▼ なかったとて~ (6, 0.0%)

1 いまに, それこそ, なんの, 不思議も, 弱い魂, 民子や

▼ なかった~ (6, 0.0%)

41 この寒い, ア僕のは

▼ なかったばっかりに~ (6, 0.0%)

1 アメリカの, サテも, スッカリ底を, 助かった訳, 思いも, 遊ぶに

▼ なかったふう~ (6, 0.0%)

3 である 1 があった, だったので, よ

▼ なかったやう~ (6, 0.0%)

1 だよ, でした, ですよ, な様子, な気, に思ふ

▼ なかった世界~ (6, 0.0%)

1 が私, である, に入らね, に少女時代, の動き, はこれ

▼ なかった人生~ (6, 0.0%)

1 の何物, の局面, の深遠, を学ん, を砂馬, を芭蕉以下

▼ なかった人達~ (6, 0.0%)

1 があるだろう, がそれでは, が私, だ, とする, の悲哀

▼ なかった~ (6, 0.0%)

2 か一つ 1 かの動作, かひどく, という失策, のため

▼ なかった作品~ (6, 0.0%)

1 であった, である, であろうか, をも今度, を味, を完成

▼ なかった健三~ (6, 0.0%)

1 の心, はまた, はやはり, は座敷, は驚ろ, は黙っ

▼ なかった出来事~ (6, 0.0%)

1 が起った, で苦痛, なの, におせん, は後, は見方

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 から一通, ですが, で特に, にしてやる, を今, を合わせる

▼ なかった~ (6, 0.0%)

2 である 1 だ, で, です, の良

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 が死ぬ, の一面, の志津子夫人, の病状, の笑顔, を同伴

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 が急, だ, ねこも, のところ, は次, やコウノトリ

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 主人は, 恨みから, 本望の, 様子だ, 生活ぶりに, 訪問であった

▼ なかった源氏~ (6, 0.0%)

1 である, の放浪, の目, は恋妻, は物音, を恨めしい

▼ なかった~ (6, 0.0%)

4 である 1 です, にてあれ

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 に坐する, の裁き, をお, をお詫び, をゆるし, を許し

▼ なかった美しい~ (6, 0.0%)

1 ものを, レースの, 人に, 女房が, 山水や, 都会が

▼ なかった~ (6, 0.0%)

2 には描きたい 1 がひとり, が今晩, でありながら, の辺

▼ なかった~ (6, 0.0%)

2 で斃 1 といかにも, に湯治客, もまた, を歩き

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 があと, くさいにおい, こそ飲んだ, をよした, を飲む, を飲ん

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 がだいぶ, が気に入らねえ, が赤く, で, であたし, に外光

▼ なかった~ (6, 0.0%)

1 が吹く, が観える, だが, で角, も吹かなかった, も吹かぬ

▼ なかったくらいの~ (5, 0.0%)

1 ことだ, ことは, ものと, 低い声, 処へ

▼ なかったこんな~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 偉い音楽家, 同情は, 孤独の

▼ なかったそこで~ (5, 0.0%)

1 おれは, 千坂さまは, 同胞が, 向島の, 沢田は

▼ なかったそれから~ (5, 0.0%)

1 よくわかりすぎた, 佐渡守に, 室の, 幾分彼, 薬も

▼ なかったそれら~ (5, 0.0%)

1 のこと, のもの, の一致, の子供たち, の領域

▼ なかっただが~ (5, 0.0%)

1 あのとき諸君, お久米, 今はっきり, 伊兵衛が, 存在者から

▼ なかっただけでも~ (5, 0.0%)

1 ありがたいと, しあわせだった, 倖せです, 目ッけ, 相当な

▼ なかったというは~ (5, 0.0%)

1 さもあり, 山林保護の, 市井町人の, 当時馬琴が, 戸長

▼ なかったとさえ~ (5, 0.0%)

1 いわれる, 伝えられて, 言えそう, 言えるの, 謂われて

▼ なかったとともに~ (5, 0.0%)

1 それに, またきわめて, 人民戦線の, 今日生き, 文学理論の

▼ なかったと共に~ (5, 0.0%)

2 又想像以上 1 ひいて, 当然それ, 珠子に対して

▼ なかったなと~ (5, 0.0%)

1 彼は, 思って, 悶えても, 栄二は, 譲吉は

▼ なかったみたい~ (5, 0.0%)

1 だ, だが, だけど, だわ, におやじ

▼ なかったもう~ (5, 0.0%)

2 一つの 1 ひとりの, 一人は, 耐えきれない一家

▼ なかったわれわれ~ (5, 0.0%)

1 が曲りなり, にとってそれ, の歌舞伎マスク, の行動, の見る

▼ なかった不幸~ (5, 0.0%)

1 なお父さん, なる収穫, な父, の最大, を超脱

▼ なかった主人~ (5, 0.0%)

1 が急, が死んだ, にじゃれつい, の平吉, も白雲

▼ なかった事柄~ (5, 0.0%)

1 がいくら, が省みられ出した, の話, をまた, を彼

▼ なかった二つ~ (5, 0.0%)

1 のこと, のもの, の形態, の意味, の獲物

▼ なかった伯父~ (5, 0.0%)

1 がいた, のこと, の姿, の詩文集, は数

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 が思いがけなく, の到着, の趣味, は急, は病

▼ なかった動機~ (5, 0.0%)

1 からいっ, が実感, である, の純真さ, も亦

▼ なかった口惜し~ (5, 0.0%)

1 さ, さで, さと, さも, さより

▼ なかった大きな~ (5, 0.0%)

1 ビフテキ, 事業それが, 宝を, 穴が, 自然の

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 だったでは, の死, の気質, の無情, を無理やり

▼ なかった女中~ (5, 0.0%)

1 が膳, である, などが長く, の愚, の若

▼ なかった心持~ (5, 0.0%)

1 がある, がいまだに, にこんな, もわかる, を思う

▼ なかった意外~ (5, 0.0%)

1 なもの, な事実, な難点, の敵, の相談

▼ なかった感情~ (5, 0.0%)

1 の大, の暴力, や思想, や感覚, を感じ

▼ なかった所為~ (5, 0.0%)

1 かろくに, であろう, なん, もあったろう, もあろう

▼ なかった手紙~ (5, 0.0%)

1 がちゃんと, であると, に彼女自身裏書, も書き, を香港

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 が残らず, にぶつかった, に得度, の攻撃力, はただ

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 らしい一つ, らしい戦慄, 人間として, 手法だろう, 手法を

▼ なかった方面~ (5, 0.0%)

1 から一彪, が多々, におぼろ, に手, へだんだん

▼ なかった~ (5, 0.0%)

2 を答えた 1 を主張, を感謝, を答え

▼ なかった最後~ (5, 0.0%)

1 に銀座, の一冊, の手紙, の方程式, の根拠

▼ なかった~ (5, 0.0%)

2 も心から 1 の面, はないし, はほとんど

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 からの不満, からの快晴, はその, は暗い, もう看病

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 です, なん, の人々, の跡, を新しく

▼ なかった気持~ (5, 0.0%)

1 が胸, である, は漸く, を私, を覚えた

▼ なかった生活~ (5, 0.0%)

1 と文学, に帰し得る, の力, の正義, は終り

▼ なかった~ (5, 0.0%)

2 です 1 だ, だけれど, 変らず旅廻り

▼ なかった社会~ (5, 0.0%)

1 に発達, の半, の段階, の現実, は実に

▼ なかった祖母~ (5, 0.0%)

1 が生きる, が身内, の影響, は私, まで母

▼ なかった素子~ (5, 0.0%)

1 が, がこの, はやがて, は氷, も遂に

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 がある, がすらすら, がやっと, ですからな, の秩父奥山

▼ なかった~ (5, 0.0%)

1 が入ったら, が入り始めた, が幾らか, の創造, を出し

▼ なかったいい~ (4, 0.0%)

1 から今年, わけじゃ, 意味での, 景色でありました

▼ なかったおまえ~ (4, 0.0%)

1 は待つべきだった, も表具師, をそういう, を私たち

▼ なかったおら~ (4, 0.0%)

2 死んじまうよう 1 あいま, ちっとも知らなかった

▼ なかったお蔭~ (4, 0.0%)

1 でぼろぼろ, で二千二百フィート, で化学, にまだ

▼ なかったかとも~ (4, 0.0%)

1 思うが, 思われますけれども, 考えられるの, 見える

▼ なかったことそれ~ (4, 0.0%)

1 がサンプリス修道女, だからこそ, も彼女, をハッキリ

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 くれば, ッ, 女の, 己も

▼ なかったでも~ (4, 0.0%)

2 あろうが 1 ありませんが, あろう

▼ なかったとして~ (4, 0.0%)

1 おこう, それは, 作家としての, 攻撃し

▼ なかったどんな~ (4, 0.0%)

1 ストライキが, 大火事, 恐ろしい咳, 苦労を

▼ なかったなどという~ (4, 0.0%)

2 のは 1 ことが, のが

▼ なかったまた~ (4, 0.0%)

1 別に何, 城兵の, 老師の, 軽蔑し

▼ なかったまでも~ (4, 0.0%)

1 あの貴女らしい, かなり深, 耕地の, 隣近所奴が

▼ なかったより~ (4, 0.0%)

1 以上に, 女は, 悲しいの, 高度な

▼ なかったクリストフ~ (4, 0.0%)

1 はこの, は子供たち, は物, を憤激

▼ なかった~ (4, 0.0%)

21 て妻籠, て難題

▼ なかった一種~ (4, 0.0%)

1 の不安, の文化主義, の気分, の生甲斐

▼ なかった三人~ (4, 0.0%)

1 がこうして, の人, も菓子, をいったい

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 でよく, で一葉丈, にガラッ, に表面

▼ なかった事件~ (4, 0.0%)

1 が突発, であったから, の糸, を惹起

▼ なかった京都~ (4, 0.0%)

1 がその, の信者たち, の文士たち, の美し

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 ならば, は亡くなってる, は弟, 初めて人間

▼ なかった代わり~ (4, 0.0%)

1 に俊夫君, に別段, に自分, に酒

▼ なかった以上~ (4, 0.0%)

1 かえって今, はがんばらなかった, は私, 何とかけじめ

▼ なかった~ (4, 0.0%)

2 死んで 1 と脂肪, の疲れ

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 の千吉, の壮太郎, は一人, は特に

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 からこの, から今日斯, の夫, を続けます

▼ なかった全く~ (4, 0.0%)

1 の新参兵, ユンケル氏の, 別の, 新しい一つ

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 が奇蹟的, であったからこそ, と快感, を自分

▼ なかった危険~ (4, 0.0%)

1 とは云え, と不安, なる転落, や艱難

▼ なかった叔父~ (4, 0.0%)

1 がその後彼, に突然, の態度, の津田

▼ なかった国民~ (4, 0.0%)

1 が急, と大差, に私, は候補者

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 の光子, の老けた, の青い, の顔

▼ なかった平次~ (4, 0.0%)

1 この時, ですが, は後, は曲者

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 ではありませんでした, で毎年相模湾, のころ二十五, はここ数年来一度

▼ なかった幸福~ (4, 0.0%)

1 が一つ, と真剣さ, な京都, にたいする感情

▼ なかった幸運~ (4, 0.0%)

1 と思っ, の仲間, を一刻, を心から

▼ なかった~ (4, 0.0%)

2 の者 1 の前, の暖簾

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 の勇吉, の影, やそこ, を育て

▼ なかった彼等~ (4, 0.0%)

1 が用心棒, の仲間, は歴史, は頬

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 でも彼, でわずか, のよう, 恐ろしい雁坂

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 であろうという, の競争者, はなに, を告白

▼ なかった恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 ことが, 事件が, 地獄的の, 謎であった

▼ なかった意味~ (4, 0.0%)

1 がある, がわかったろう, とを悟った, のこと

▼ なかった愛情~ (4, 0.0%)

1 がこみあげ, が湧き上った, のある, の国

▼ なかった我々~ (4, 0.0%)

1 の不幸, の祖先, の青年時代, は何かしら変事

▼ なかった方法~ (4, 0.0%)

1 で伸子, で前もって, に経験, を一般に

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 の友達, 事を, 恨という, 自由党は

▼ なかった景色~ (4, 0.0%)

1 が展開, が深沈, に見える, の一部

▼ なかった東京~ (4, 0.0%)

1 から荒川岳, の劇壇, の寄席, の市民

▼ なかった模様~ (4, 0.0%)

2 です 1 だった, である

▼ なかった~ (4, 0.0%)

2 というもの 1 であると, と向かい合っ

▼ なかった特殊~ (4, 0.0%)

1 なる文芸生活, のたま, の発達, の自然現象

▼ なかった理想~ (4, 0.0%)

1 に大きな, の夢, の妻, の至魚

▼ なかった疲れ~ (4, 0.0%)

1 がしだいに, が一ぺん, が絶望, とで文字春

▼ なかった~ (4, 0.0%)

4

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 から絶えず, と鼻, に見えなかった, 新しい広い景色

▼ なかった秘密~ (4, 0.0%)

1 がある, というの, の予備軍, の計画

▼ なかった程度~ (4, 0.0%)

1 によく, に進歩, の作用, の火傷

▼ なかった~ (4, 0.0%)

2 の感情 1 を微妙, 少婦

▼ なかった自然~ (4, 0.0%)

1 の中, の儘, の結果, の美し

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 原因について, 友人には, 嬢諸氏すべて偉大なる, 矛盾の

▼ なかった~ (4, 0.0%)

2 を翻し 1 がにわかに, でちっとも

▼ なかった金五郎~ (4, 0.0%)

1 が苦し, の心, はいらいら, はその

▼ なかった~ (4, 0.0%)

1 じゃから郵便配達, だったから, には間に合わなくなる, に於い

▼ なかった青年~ (4, 0.0%)

1 が突然, の一生, の焦る, を思い出す

▼ なかったあなた~ (3, 0.0%)

1 の一生, の仕事, はその

▼ なかったあれ~ (3, 0.0%)

1 は僕, もまた, を知らず

▼ なかったいつも~ (3, 0.0%)

1 のこと, のところ, 眼明きと

▼ なかったうえ~ (3, 0.0%)

1 に山, に市中, に疲れきっ

▼ なかったおせん~ (3, 0.0%)

1 が次第に, は午すぎ, は茶

▼ なかったかしらと~ (3, 0.0%)

1 二度目に, 思うわ, 思った

▼ なかったからかも~ (3, 0.0%)

1 しれない, 知れない, 知れませんが

▼ なかったからって~ (3, 0.0%)

1 つきあいまで, 急に, 怪しむに

▼ なかったからとて~ (3, 0.0%)

1 おいたを, 彼らに, 私は

▼ なかったからには~ (3, 0.0%)

1 しかたない, 私を, 討てない理由

▼ なかったぐらいの~ (3, 0.0%)

1 ことしか, ことで, ものだ

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 え, エ, エど

▼ なかったこう~ (3, 0.0%)

2 なると 1 と気がつけ

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 やくい, んだ, 出府とは

▼ なかったすべて~ (3, 0.0%)

1 の人々, の他, の周囲

▼ なかったすると~ (3, 0.0%)

1 マチアは, 三郎兵衛は, 老爺さまが

▼ なかったそうして~ (3, 0.0%)

1 その計算書, 四人は, 立居ふるまい

▼ なかったそんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 深夜ひたひた, 覚えは

▼ なかったため何~ (3, 0.0%)

2 のはじらい 1 が何だか

▼ なかっただけが~ (3, 0.0%)

1 もっけの, 幸と, 悪いの

▼ なかっただけは~ (3, 0.0%)

1 たしかだ, 明確である, 確かである

▼ なかったというくらい~ (3, 0.0%)

1 で, です, 彼は

▼ なかったというのみ~ (3, 0.0%)

2 である 1 で古い

▼ なかったといった~ (3, 0.0%)

2 そうである 1 のが

▼ なかったとにかく~ (3, 0.0%)

2 付きっきりで 1 そういうふう

▼ なかったどうして~ (3, 0.0%)

2 だか 1 あの人

▼ なかったなぞ~ (3, 0.0%)

1 が明智探偵, と女, 随分と

▼ なかったにと~ (3, 0.0%)

1 嘆息した, 後悔した, 照りつけられて

▼ なかったねえ~ (3, 0.0%)

1 お仕事中, どうした, エフィ

▼ なかったむしろ~ (3, 0.0%)

1 その余裕, 与えられたこの, 本人が

▼ なかったものそれ~ (3, 0.0%)

1 が新た, は僕, を今

▼ なかったわね~ (3, 0.0%)

1 こんな窮屈, じゃあたい, よくお前さん

▼ なかったフランス~ (3, 0.0%)

1 のパン屑みたい, の女, は紙幣

▼ なかったローマ~ (3, 0.0%)

1 で数学, の詩人, はその

▼ なかった世の中~ (3, 0.0%)

1 というもの, においてすでに, のため

▼ なかった両親~ (3, 0.0%)

1 の純粋, もあまり, を持つ

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 な理由, 僧の, 勝頼の

▼ なかった今更~ (3, 0.0%)

1 の議論, 故人に対して, 頼んだって

▼ なかった仕方~ (3, 0.0%)

2 がない 1 に於

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 でも折れ, はここ, を納める

▼ なかった印象~ (3, 0.0%)

1 が新た, の人, を与えられた

▼ なかった友達~ (3, 0.0%)

1 が二百石あまり, にあて, の不意

▼ なかった古代~ (3, 0.0%)

1 においてはよしや, には水, の気だかく

▼ なかった同じ~ (3, 0.0%)

1 内的な, 部屋に, 銀行の

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 が芸術, は顔, を御簾

▼ なかった唯一~ (3, 0.0%)

1 の人々, の国, の都会

▼ なかった~ (3, 0.0%)

3

▼ なかった境地~ (3, 0.0%)

2 に足 1 なの

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 である, をどもる, を聞かなかった

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 な奴ら, な特色, に捻

▼ なかった始末~ (3, 0.0%)

2 である 1 はやがて

▼ なかった子供たち~ (3, 0.0%)

1 が穴, の証言, はカイン

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 が大分, が日, のまんなか

▼ なかった将軍~ (3, 0.0%)

1 の場合, の無能, を殺す

▼ なかった小さな~ (3, 0.0%)

1 変化が, 心が, 港に

▼ なかった居士~ (3, 0.0%)

1 の態度, の眼, は一矢

▼ なかった希望~ (3, 0.0%)

1 と誇り, の色, は

▼ なかった幾多~ (3, 0.0%)

1 の美しい, の聖徒, の迷路

▼ なかった庸三~ (3, 0.0%)

1 はうとうと, はしばらく, はそう

▼ なかった弱気~ (3, 0.0%)

1 のため, の為, を苦しん

▼ なかった役割~ (3, 0.0%)

1 は社会的, を歴史, を演じ

▼ なかった微妙~ (3, 0.0%)

1 なちがい, な女, な樹皮

▼ なかった心境~ (3, 0.0%)

1 から現れた, がさ, をのべ

▼ なかった快楽~ (3, 0.0%)

1 ではない, は今や, をかれ

▼ なかった恨み~ (3, 0.0%)

1 から幸田, も言っ, を言う

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 さえも潜め, をひきとる, を止め

▼ なかった悲し~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さは

▼ なかった悲しみ~ (3, 0.0%)

1 が治三郎, を忘れる, を新

▼ なかった意義~ (3, 0.0%)

1 と歴史, と社会性格, をこめた

▼ なかった愛人~ (3, 0.0%)

1 の志, の情, をゴッホ

▼ なかった折柄~ (3, 0.0%)

1 なので, のこと, 同地方

▼ なかった日本人~ (3, 0.0%)

1 から日本語, は六十年後, もはげしく

▼ なかった時彼~ (3, 0.0%)

1 はふと, は嘆, は自分

▼ なかった時私~ (3, 0.0%)

1 の心配, は動揺, は憤然

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 が開け, にはどんな, には恐らく

▼ なかった有様~ (3, 0.0%)

1 が飾り, でしたが, を栄養不良

▼ なかった残念さ~ (3, 0.0%)

1 が実感, など書い, 悲しさ

▼ なかった深い~ (3, 0.0%)

1 事情を, 悲しみが, 悲しみに

▼ なかった父親~ (3, 0.0%)

1 に顔, の生涯, や母親

▼ なかった珍しい~ (3, 0.0%)

1 人間の, 十字形の, 物を

▼ なかった瑠璃子~ (3, 0.0%)

1 が突然, は甦えった, もつい

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 にあう, の前, をまつげ

▼ なかった私達~ (3, 0.0%)

1 は此所, は物珍, は胸

▼ なかった種類~ (3, 0.0%)

1 のもの, の思いつき, の文学作品

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 から八時ごろ, が俄, に星

▼ なかった笹村~ (3, 0.0%)

1 は晩飯, は汐, もその

▼ なかった紅葉~ (3, 0.0%)

1 の器, の最後, の船

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 の君, の女王, の玉ただ一つ

▼ なかった経験~ (3, 0.0%)

2 であった 1 が或

▼ なかった美し~ (3, 0.0%)

1 さが, さに, さ優し

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 の徹底的, の恩師能静氏, の所謂灌水

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 同行とは, 夫婦やら, 紳士が

▼ なかった色々~ (3, 0.0%)

1 な考え, な遊び, の多彩

▼ なかった苦しみ~ (3, 0.0%)

1 はその後, や悲しみ, をあんまり

▼ なかった記憶~ (3, 0.0%)

1 がある, がそこ, だが

▼ なかった責任~ (3, 0.0%)

1 で御座います, は当然, を感じる

▼ なかった近所~ (3, 0.0%)

2 の子供たち 1 の喜左坊

▼ なかった運命~ (3, 0.0%)

1 がすぐ, の割前, を内部的

▼ なかった遠く~ (3, 0.0%)

2 の瀬 1 で鳴る

▼ なかった重い~ (3, 0.0%)

1 ものを, 税金の, 鎧を

▼ なかった金助~ (3, 0.0%)

3 も金助

▼ なかった銀子~ (3, 0.0%)

1 の生活, も栗栖, を初めて

▼ なかった陽子~ (3, 0.0%)

1 にはじめて, のこと, への面当て

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 とか地震, にやけた, の死火山

▼ なかった~ (3, 0.0%)

1 では殺し, を刀, を悪く

▼ なかったああ~ (2, 0.0%)

1 おじ上, よかった

▼ なかったあたり~ (2, 0.0%)

1 の山々, 疑われたこと

▼ なかったあんた~ (2, 0.0%)

1 なら大丈夫, の云う

▼ なかったあんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 些事を

▼ なかったいくつ~ (2, 0.0%)

1 かの経験, もの前兆

▼ なかったいや~ (2, 0.0%)

1 そうじゃ, な気持

▼ なかったうらみ~ (2, 0.0%)

1 がある, に戸外五十メートル

▼ なかったおり~ (2, 0.0%)

1 に進ん, のこと

▼ なかったお玉~ (2, 0.0%)

1 が始, もこの

▼ なかったお詫び~ (2, 0.0%)

2 やら暮

▼ なかったかって~ (2, 0.0%)

1 ひどい剣幕, 松本さんは

▼ なかったかなと~ (2, 0.0%)

1 そう思った, 考えた

▼ なかったかによって~ (2, 0.0%)

1 個人の, 分かれるの

▼ なかったからか~ (2, 0.0%)

1 大弥太, 黒塗りの

▼ なかったからばかり~ (2, 0.0%)

2 では

▼ なかったがも~ (2, 0.0%)

1 ずの, そりも

▼ なかったくやし~ (2, 0.0%)

1 さも, まぎれに

▼ なかったこうして~ (2, 0.0%)

1 はいられない, オルタの

▼ なかったことこれ~ (2, 0.0%)

1 は会社, もまた

▼ なかったことに~ (2, 0.0%)

1 よると, 相手は

▼ なかったこと等~ (2, 0.0%)

1 を想え, を部分的

▼ なかったこれら~ (2, 0.0%)

1 の中国, の婦人たち

▼ なかったさびし~ (2, 0.0%)

1 さでした, さを

▼ なかったしかと~ (2, 0.0%)

2 いって

▼ なかったしかも~ (2, 0.0%)

1 また知っ, 彼は

▼ なかったしさ~ (2, 0.0%)

1 そうだ, それから春

▼ なかったしと~ (2, 0.0%)

2 いって

▼ なかったしるし~ (2, 0.0%)

1 だよ, なの

▼ なかったしんみり~ (2, 0.0%)

1 した話, とした

▼ なかったせめて~ (2, 0.0%)

1 このくらい, 遺品のは

▼ なかったそれだけ~ (2, 0.0%)

1 だという, はどんなに

▼ なかったそれだけに~ (2, 0.0%)

1 この予期, 一朝事ある

▼ なかったそれでは~ (2, 0.0%)

1 どこも, 少し急がなく

▼ なかったたった~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一人の

▼ なかったつまり~ (2, 0.0%)

1 こっちの, 伯父さんが

▼ なかったといふ~ (2, 0.0%)

1 わけだ, 個所も

▼ なかったとおり~ (2, 0.0%)

1 この社会, に全然

▼ なかったとかの~ (2, 0.0%)

1 証拠は, 証言ばかり

▼ なかったとき伸子~ (2, 0.0%)

1 は蜂谷, は鉄工組合

▼ なかったとき自分~ (2, 0.0%)

1 おかみさん, を突き放し

▼ なかったとこう~ (2, 0.0%)

1 いうの, だ

▼ なかったどう~ (2, 0.0%)

2 やって

▼ なかったどころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ なかったなあ~ (2, 0.0%)

1 お美夜ちゃん, そいつは

▼ なかったなあと~ (2, 0.0%)

1 そんな気, 思って

▼ なかったなつかしい~ (2, 0.0%)

1 声を, 母は

▼ なかったなど~ (2, 0.0%)

1 その人, 有名な

▼ なかったには~ (2, 0.0%)

1 相違ありません, 違ない

▼ なかったねと~ (2, 0.0%)

1 云う挨拶, 言って

▼ なかったのよと~ (2, 0.0%)

1 云った本人, 夫人は

▼ なかったはなし~ (2, 0.0%)

1 であったに, を聞く

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 あいには, ちよ

▼ なかったばかりの~ (2, 0.0%)

1 矢追村だった, 罪では

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 い, えか

▼ なかったまたは~ (2, 0.0%)

1 彼の, 最初から

▼ なかったまったく~ (2, 0.0%)

1 だ, の無宿者

▼ なかったまま~ (2, 0.0%)

1 でこう, に過ぎ

▼ なかったまるで~ (2, 0.0%)

1 なにも, 佐助を

▼ なかったもしくは~ (2, 0.0%)

1 彼らを, 逃げ出して

▼ なかったもっと~ (2, 0.0%)

1 愛情と, 深いと

▼ なかったもと~ (2, 0.0%)

1 の村, の理由

▼ なかったやはり~ (2, 0.0%)

1 どこまでも, 水戸との

▼ なかったよりも~ (2, 0.0%)

1 幾倍かの, 持前の

▼ なかったわが~ (2, 0.0%)

1 浦上教会こそ, 父が

▼ なかったわが家~ (2, 0.0%)

1 の末子, の道場

▼ なかったわよ~ (2, 0.0%)

1 えらいわねえ, ソン時の

▼ なかったわれら~ (2, 0.0%)

1 が日本海, の無礼の

▼ なかったコゼット~ (2, 0.0%)

1 さえも知らなかった, にも許さなかった

▼ なかったゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 のすべて, は偶然

▼ なかったドア~ (2, 0.0%)

1 は激しく, をあけた

▼ なかったベルリオーズ~ (2, 0.0%)

1 の, の懐

▼ なかったボースン~ (2, 0.0%)

2

▼ なかったロシア~ (2, 0.0%)

1 の教育法, の民衆

▼ なかった一同~ (2, 0.0%)

1 が息詰る, はまず

▼ なかった一年~ (2, 0.0%)

1 の月日, の話題

▼ なかった一点~ (2, 0.0%)

1 でしょう, を極めて

▼ なかった一生~ (2, 0.0%)

1 が女史, の頼み

▼ なかった一種異様~ (2, 0.0%)

1 な激情, な鋒鋩

▼ なかった不安~ (2, 0.0%)

1 がにわかに, に襲われた

▼ なかった不快さ~ (2, 0.0%)

1 が喉元, を始終

▼ なかった不満~ (2, 0.0%)

1 や俊子, を充たし

▼ なかった不覚~ (2, 0.0%)

1 がまったく, を悔い

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 には搗臼, に求めなけれ

▼ なかった二三~ (2, 0.0%)

1 の小屋, の村

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の位置, の隙

▼ なかった互い~ (2, 0.0%)

1 の共通語, の結合

▼ なかった京吉~ (2, 0.0%)

1 だった, にとってただ

▼ なかった人民~ (2, 0.0%)

1 の声, の歴史

▼ なかった人間性~ (2, 0.0%)

1 が金, の奔流

▼ なかった今夜~ (2, 0.0%)

1 の瑠璃子, も早く

▼ なかった今年~ (2, 0.0%)

1 の四月, は水

▼ なかった今朝~ (2, 0.0%)

1 の暁, の雪

▼ なかった仏壇~ (2, 0.0%)

1 には古い, の位牌

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の人, の出版物

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 でしたから, の半玉

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 あり柳, の赤煉瓦

▼ なかった伯父さん~ (2, 0.0%)

1 とチビ公, の御

▼ なかった佐助~ (2, 0.0%)

1 はむしろ, は実に

▼ なかった何事~ (2, 0.0%)

1 かがこの, も言わなかった

▼ なかった作家~ (2, 0.0%)

1 との違い, は稀有

▼ なかった作家たち~ (2, 0.0%)

1 が高見順, は自分

▼ なかった価値~ (2, 0.0%)

1 が十年百年, を感じさせる

▼ なかった信子~ (2, 0.0%)

1 との事柄, に対して温和

▼ なかった個性~ (2, 0.0%)

1 と個々, にある

▼ なかった偉大~ (2, 0.0%)

1 な人々, な魂

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 についてい, の手

▼ なかった兄さん~ (2, 0.0%)

1 はここ, ははじめて

▼ なかった充分~ (2, 0.0%)

1 に狙い, の自由

▼ なかった光景~ (2, 0.0%)

1 であった, であったが

▼ なかった全然~ (2, 0.0%)

1 あたらしい幕, 新しい大陸

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 なの, に金峰山図幅

▼ なかった内部~ (2, 0.0%)

1 のもの, の力

▼ なかった切ない~ (2, 0.0%)

1 思いを, 親が

▼ なかった初め~ (2, 0.0%)

1 の日曜日, の詩体

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の扉, の新鮮

▼ なかった創造的~ (2, 0.0%)

2 な精神

▼ なかった効果~ (2, 0.0%)

1 において, を上げ

▼ なかった区域~ (2, 0.0%)

2 にかえって

▼ なかった医者~ (2, 0.0%)

1 がある, に代理

▼ なかった千世子~ (2, 0.0%)

1 は今, は包まれる

▼ なかった卓二~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は京野夢子

▼ なかった博士~ (2, 0.0%)

1 が突然, は駿河台

▼ なかった印度~ (2, 0.0%)

1 という六千年, の細かい

▼ なかった即ち~ (2, 0.0%)

1 キリスト教の, 彼らの

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 ファシズムの, 絵の

▼ なかった叔母~ (2, 0.0%)

1 の訓練, もその

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 もきかなかった, も利かなかった

▼ なかった古い~ (2, 0.0%)

1 時代の, 理由であろう

▼ なかった古人~ (2, 0.0%)

1 の芸術的関心, の骸

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 へ行く, を選んだ

▼ なかった同情~ (2, 0.0%)

1 すべき事実, の深

▼ なかった同氏~ (2, 0.0%)

1 が十六万人, にかく

▼ なかった名前~ (2, 0.0%)

1 が相手, もある

▼ なかった名誉~ (2, 0.0%)

1 ある闘い, なこと

▼ なかった向う~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の家

▼ なかった吾輩~ (2, 0.0%)

1 はその, はアタマ

▼ なかった周囲~ (2, 0.0%)

1 のごまかし, の空気

▼ なかった品物~ (2, 0.0%)

1 もあった, をもと

▼ なかった困難~ (2, 0.0%)

1 である, にでも逢った

▼ なかった国々~ (2, 0.0%)

1 の進歩性, を探求

▼ なかった地域~ (2, 0.0%)

1 がかしこ, の内

▼ なかった地獄~ (2, 0.0%)

1 の絵, を小林

▼ なかった報い~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ なかった場所~ (2, 0.0%)

1 である, の雪

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の上, の材料

▼ なかった夕刊新聞~ (2, 0.0%)

1 が今日, であった

▼ なかった多分~ (2, 0.0%)

1 の社会的規定, 左の

▼ なかった多数~ (2, 0.0%)

1 の敵, の発見

▼ なかった大丈夫~ (2, 0.0%)

1 だから, だよ

▼ なかった天井~ (2, 0.0%)

1 が急, の上

▼ なかった天皇~ (2, 0.0%)

1 から権力, の権力万能

▼ なかった失敗~ (2, 0.0%)

1 ですな, の残念

▼ なかった女優~ (2, 0.0%)

1 は極めて, を私

▼ なかった女性~ (2, 0.0%)

1 としての深く大きい, の絵

▼ なかった女房~ (2, 0.0%)

1 も今度, を源氏

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 な気持, に息苦しい

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の身, や倉

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が今, ははばかる

▼ なかった姿~ (2, 0.0%)

1 こそまことに, を武家気質

▼ なかった子ども~ (2, 0.0%)

1 である, のよう

▼ なかった孔子~ (2, 0.0%)

1 の人物, の心

▼ なかった学者~ (2, 0.0%)

1 のこと, の思想

▼ なかった安心~ (2, 0.0%)

1 と婆, の胸

▼ なかった宗助~ (2, 0.0%)

1 は町, は突然

▼ なかった実験~ (2, 0.0%)

1 を繰りかえし, を繰り返し

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の御, へ強制的

▼ なかった宮本百合子~ (2, 0.0%)

1 は, は一九四五年十一月頃

▼ なかった家内~ (2, 0.0%)

1 にあっ, のお

▼ なかった富士~ (2, 0.0%)

1 がくれそめた, が端麗

▼ なかった将棋~ (2, 0.0%)

2 に負けた

▼ なかった小鳥~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ なかった少く~ (2, 0.0%)

1 ともそれ, とも二階

▼ なかった少し~ (2, 0.0%)

1 ばかりの草, 蒼ざめた顔を

▼ なかった少女~ (2, 0.0%)

1 がしとやか, が独り

▼ なかった少年~ (2, 0.0%)

1 の日, の頃

▼ なかった山々~ (2, 0.0%)

2 の襞

▼ なかった岡田~ (2, 0.0%)

1 のいわゆる, の神経

▼ なかった工場~ (2, 0.0%)

1 の中, の汽笛

▼ なかった左翼思想界~ (2, 0.0%)

2 の動向

▼ なかった師匠~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ なかった幕府~ (2, 0.0%)

1 のご, の役人

▼ なかった幼い~ (2, 0.0%)

1 日の, 時の

▼ なかった広い~ (2, 0.0%)

1 原と, 複雑な

▼ なかった弁解~ (2, 0.0%)

1 が作品, は出来ない

▼ なかった~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ なかった当の~ (2, 0.0%)

1 恋人にさえ, 責任者の

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の問題, の結論

▼ なかった彼自身~ (2, 0.0%)

1 の愚, の手

▼ なかった御息所~ (2, 0.0%)

1 が愛, も問うた

▼ なかった心持ち~ (2, 0.0%)

1 が日本, を読んだ

▼ なかった心理~ (2, 0.0%)

1 が説明, もここ

▼ なかった思い~ (2, 0.0%)

1 が空穂先生, を二人

▼ なかった思想~ (2, 0.0%)

1 が勃興, の大胆さ

▼ なかった性質~ (2, 0.0%)

1 が調和, はだんだん

▼ なかった恋人~ (2, 0.0%)

1 でもいざ, に逢った

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 をきせられ, を謝

▼ なかった悔い~ (2, 0.0%)

1 が深い, を噛みたくない

▼ なかった悔恨~ (2, 0.0%)

1 が彼, の苦痛

▼ なかった悲しい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 家の

▼ なかった悲劇~ (2, 0.0%)

1 と笑劇, のクライマックス

▼ なかった情勢~ (2, 0.0%)

1 に引かれた, を齎し

▼ なかった情熱~ (2, 0.0%)

1 を帯び, を読みとる

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の世界, の感じ

▼ なかった感じ~ (2, 0.0%)

1 がする, がナースチャ

▼ なかった態度~ (2, 0.0%)

1 によく, に比し

▼ なかった憎悪~ (2, 0.0%)

1 という感情, をあの

▼ なかった憾み~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 ながら惜しい, は仏様

▼ なかった我が~ (2, 0.0%)

1 クグツ族との, 身の上話に

▼ なかった或は~ (2, 0.0%)

1 与える才能, 接触し

▼ なかった戦後~ (2, 0.0%)

1 のこと, の懐中

▼ なかった所長~ (2, 0.0%)

1 もフト, も遂に

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が軽々と, の蝶番

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 だぞと, ならしを

▼ なかった手法~ (2, 0.0%)

1 であって, を取り入れ

▼ なかった拙者~ (2, 0.0%)

1 にも半分, の立場

▼ なかった指環~ (2, 0.0%)

1 が一つ, なの

▼ なかった揚句~ (2, 0.0%)

1 だもの, である

▼ なかった故郷~ (2, 0.0%)

1 のよう, の空

▼ なかった数多く~ (2, 0.0%)

1 の問題, の離れ

▼ なかった数学~ (2, 0.0%)

1 なども非常, の一分科

▼ なかった文学~ (2, 0.0%)

1 の世界, の方面

▼ なかった新た~ (2, 0.0%)

1 な交情, な思惟

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の武士, へ西行

▼ なかった明る~ (2, 0.0%)

2 さと

▼ なかった明るい~ (2, 0.0%)

2 南の

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が段, だ

▼ なかった昨夜~ (2, 0.0%)

1 のこと, の野営

▼ なかった時自分~ (2, 0.0%)

1 は硬く, は茫然

▼ なかった暖炉~ (2, 0.0%)

1 の鉄蓋, は冷え切っ

▼ なかった書物~ (2, 0.0%)

1 というもの, も少ない

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 下層民は, 重要な

▼ なかった最も~ (2, 0.0%)

1 代表的な, 偏狭で

▼ なかった最初~ (2, 0.0%)

1 から円満具足, の御簾

▼ なかった期間~ (2, 0.0%)

1 がどの, に近代日本

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 である, の枝

▼ なかった材料~ (2, 0.0%)

1 とによってジード, を出し

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 と刀, をそろそろ

▼ なかった松江~ (2, 0.0%)

1 のこと, をだれ

▼ なかった松造~ (2, 0.0%)

1 の気持, の言葉

▼ なかった根性~ (2, 0.0%)

1 がありあり, を恥しく

▼ なかった極めて~ (2, 0.0%)

1 印象の, 強力な

▼ なかった様々~ (2, 0.0%)

1 の微妙, の物

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 である, や物語

▼ なかった歓喜~ (2, 0.0%)

1 が現代, の訪れ

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の南, もしてやらなかった

▼ なかった武士たち~ (2, 0.0%)

1 は信長, もトルレス

▼ なかった武家時代~ (2, 0.0%)

1 の思想, の貴婦人

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の浮く, を黒く

▼ なかった歴史~ (2, 0.0%)

1 である, に鑑み

▼ なかった民族~ (2, 0.0%)

1 について考える, は恐らくは

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 がし, もする

▼ なかった気味~ (2, 0.0%)

1 がある, の悪い

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 でもこういう, を飲もう

▼ なかった永久~ (2, 0.0%)

1 に, に知らなかった

▼ なかった決意~ (2, 0.0%)

1 が浮ん, と勇猛

▼ なかった沢山~ (2, 0.0%)

1 の事, の軽

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 だった, ばたけ

▼ なかった~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 は云われる, は暫く

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の神, の鳴る

▼ なかった消防組長~ (2, 0.0%)

2 のわに久

▼ なかった淋し~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ なかった深山~ (2, 0.0%)

1 には笹村, を一万町歩

▼ なかった清い~ (2, 0.0%)

2

▼ なかった漁夫~ (2, 0.0%)

1 や水夫, を全く

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が炎, のようす

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 字の, 慚な

▼ なかった煙草~ (2, 0.0%)

1 が無性に, を二日

▼ なかった燈火~ (2, 0.0%)

1 のない, の油煙

▼ なかった物怪~ (2, 0.0%)

1 が小さい, が法

▼ なかった物音~ (2, 0.0%)

1 が俄, が耳

▼ なかった特異~ (2, 0.0%)

1 な貢献, の現象

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が悪い, に吠えられない

▼ なかった犯人~ (2, 0.0%)

1 の陰, をフシギ

▼ なかった犯罪~ (2, 0.0%)

1 です, に就い

▼ なかった状態~ (2, 0.0%)

1 であった, であったから

▼ なかった狼狽~ (2, 0.0%)

1 せざるを, の色

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 らしい幻像, らしい海岸

▼ なかった現実~ (2, 0.0%)

1 にもうかがわれる, の危険

▼ なかった現象~ (2, 0.0%)

1 が今朝, したがって滅多に

▼ なかった理解~ (2, 0.0%)

1 であった, に達した

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 のでき, を袋

▼ なかった環境~ (2, 0.0%)

1 である, とし

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 さが, トウモロコシの

▼ なかった生徒~ (2, 0.0%)

1 に遣りこめられた, の代表的

▼ なかった生涯~ (2, 0.0%)

1 については一言, の最初

▼ なかった男性~ (2, 0.0%)

1 が幾人, の心

▼ なかった画家~ (2, 0.0%)

1 だと, むしろその

▼ なかった異性~ (2, 0.0%)

1 に対して盲目, の匂い

▼ なかった疑問~ (2, 0.0%)

1 が一時, を発し

▼ なかった疲労~ (2, 0.0%)

1 が出, の加わった

▼ なかった病人~ (2, 0.0%)

1 が家, が川那子薬

▼ なかった白い~ (2, 0.0%)

1 毛が, 隠し彫りが

▼ なかった百姓~ (2, 0.0%)

1 であったろうこと, の部落

▼ なかった皇室~ (2, 0.0%)

1 その皇室, の地位

▼ なかった相手~ (2, 0.0%)

1 のコップ, のロデス夫人

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 や善, 坊が

▼ なかった瞬間~ (2, 0.0%)

1 にはモーロア, に対して女

▼ なかった矢代~ (2, 0.0%)

1 には基経, はこう

▼ なかった知識~ (2, 0.0%)

1 の向上慾, を与えられました

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の側面, の唐櫃

▼ なかった私たち~ (2, 0.0%)

1 にも竦然, の苦しみ

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 のこと, の夜風

▼ なかった種々~ (2, 0.0%)

1 の物体, の経験

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 だのに, っても見ろ

▼ なかった竹童~ (2, 0.0%)

1 の踵, は多少

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 であった, でよい

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 があった, のみ多く

▼ なかった米国~ (2, 0.0%)

1 に着いた, は出来る

▼ なかった細君~ (2, 0.0%)

1 が不承不承, は別に

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 だね, の結果

▼ なかった結晶~ (2, 0.0%)

1 のかく, までその

▼ なかった継母~ (2, 0.0%)

1 が不思議, を斬りつけた

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 だったので, にお上さん

▼ なかった老人~ (2, 0.0%)

1 に就, の心

▼ なかった考え~ (2, 0.0%)

1 が不意, を見抜く

▼ なかった背中~ (2, 0.0%)

1 に汗, のホクロ

▼ なかった腑甲斐~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を片付けはじめた

▼ なかった自分達~ (2, 0.0%)

1 の身分, は皆

▼ なかった自動車~ (2, 0.0%)

1 なん, の警笛

▼ なかった自由~ (2, 0.0%)

1 な良心, をお

▼ なかった自身~ (2, 0.0%)

1 の性格, への甘え

▼ なかった良人~ (2, 0.0%)

1 の心, は男

▼ なかった~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ なかった苦い~ (2, 0.0%)

1 かすが, 経験を

▼ なかった茶屋~ (2, 0.0%)

1 でちゃんと, へ役者

▼ なかった荷物~ (2, 0.0%)

1 の連中, を開け

▼ なかった葉子~ (2, 0.0%)

1 の瀟洒, は寝起き

▼ なかった著者~ (2, 0.0%)

1 が, はこの

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 であったが, はこの

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が一度, の声

▼ なかった複雑~ (2, 0.0%)

1 なむずかし, な傷み

▼ なかった西洋~ (2, 0.0%)

1 の帽子, の新しい

▼ なかった覆面~ (2, 0.0%)

1 のまま人, を解い

▼ なかった覚え~ (2, 0.0%)

1 がある, が無かっ

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が悪い, はこれ

▼ なかった親分~ (2, 0.0%)

1 の平次, の藤吉

▼ なかった言訳~ (2, 0.0%)

1 を吃, を簡単

▼ なかった記録~ (2, 0.0%)

1 のうち, を整理

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 だと, りも

▼ なかった誤り~ (2, 0.0%)

1 である, に気づく

▼ なかった説明~ (2, 0.0%)

1 つまり私, を最初

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 かの中, も彼女

▼ なかった貞世~ (2, 0.0%)

1 の口, もだんだん

▼ なかった貧しい~ (2, 0.0%)

1 旅を, 東洋の

▼ なかった貴女~ (2, 0.0%)

1 は初め, は当然

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が歴然と, を豊国

▼ なかった身体~ (2, 0.0%)

1 が半日, の下

▼ なかった迷路~ (2, 0.0%)

1 にふみ入り, の廊下

▼ なかった過失~ (2, 0.0%)

1 であって, に気

▼ なかった遠い~ (2, 0.0%)

1 山々まで, 飯田の

▼ なかった遭遇~ (2, 0.0%)

2 の記念

▼ なかった部屋~ (2, 0.0%)

1 が急, である

▼ なかった都下~ (2, 0.0%)

1 の二流新聞, の各

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が醒め, を充たし

▼ なかった金吾さん~ (2, 0.0%)

1 が黙っ, そしてそういう

▼ なかった金魚~ (2, 0.0%)

1 のなか, は生きてた

▼ なかった鎮江~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 の有無, の銘

▼ なかった関係上~ (2, 0.0%)

1 かの伝説, なんだか場違い

▼ なかった限り~ (2, 0.0%)

1 この足跡, は少く

▼ なかった隅田川~ (2, 0.0%)

1 の水, へ落ちよう

▼ なかった隆吉~ (2, 0.0%)

1 という子, の姿

▼ なかった階段~ (2, 0.0%)

1 の高, を登っ

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 かしい, 工事も

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 がパリ, の影

▼ なかった青年時代~ (2, 0.0%)

1 にひとり例外, の芥川龍之介

▼ なかった静子~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, に声

▼ なかった革命~ (2, 0.0%)

1 の向こう, は一つ

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 が加わり, が後

▼ なかった頗る~ (2, 0.0%)

1 気の, 静かな

▼ なかった領域~ (2, 0.0%)

1 に進出, までもよみこなし

▼ なかった風景~ (2, 0.0%)

1 が次第に, である

▼ なかった高い~ (2, 0.0%)

1 不抜の, 香り

▼ なかった高輪~ (2, 0.0%)

2 のお前

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 でござる, は夜

▼ なかった~ (2, 0.0%)

1 に米袋, の死骸

▼1* [2585件]

なかったあかつきにはその, なかったあげくわたしは彼, なかったあたかもこのいま, なかったあたしの気持, なかったあたたかな強い, なかったあなた様でも, なかったあひるがことし, なかったいいえ実は見よう, なかったいかに度量が, なかったいきさつを妄執, なかったいくら喚こうと, なかったいささか豸へ, なかったいたずらにつまらぬ, なかったいちどでも私, なかったいつかは好き, なかったいつぞやのこと, なかったいまでは自分, なかったいまいましさかも, なかったいま瀬沼自身が告白, なかったいやいややはり夫婦と, なかったいらいらとこじれた, なかったいろいろ複雑な事情, なかったいろんな事が, なかったいわゆるエタにとっては, なかったうえこれほどひどい, なかったうち鎌倉へ自転車, なかったうめ合わせだ, なかったうんまさに潮どき, なかったおしゃべりの悪魔, なかったおそろしい盗賊じゃ, なかったおばあさんがふと, なかったおばさんの魂魄, なかったおめでたさとは, なかったおもしろかったという, なかったおろかな弟, なかったおん身をこの, なかったお上にもお, なかったお世話になりました, なかったお伽噺が予期以上, なかったお前たちの愛情, なかったお前らだ, なかったお多福の面, なかったお姫様気質をシェクスピア, なかったお客は多分, なかったお客さまが代, なかったお客さんであるから, なかったお宮が柳沢, なかったお松の母, なかったお歴々も怒り, なかったお母さんに教え, なかったお父さんの真実, なかったお父つぁんがいま, なかったお礼をいう, なかったお祖母さんもする, なかったかいなどと訊く事, なかったかえって彼は, なかったかさえわからない徳冨蘆花, なかったかしらって涙ぐんでるのよ, なかったかしらなんて考えて, なかったかすかな音, なかったかすら知らないん, なかったかたく拳を, なかったかでちょっと神経質, なかったかとか誰の, なかったかとさえ思われます, なかったかとにもかくにも, なかったかとのお訊ね, なかったかとは言いたくない, なかったかな君は, なかったかなあと思う逆さ, なかったかなどということを, なかったかななどいう気持, なかったかについては別に考察, なかったかにより世界の, なかったかねえ自分の, なかったかねなどと言う奴, なかったかよ鶴さん, なかったからだけです, なかったからということであった, なかったからとで有ったろうが, なかったからとはいえ私, なかったからとも考える人, なかったからないつ追い越し, なかったからなどと思う, なかったからもありましょうが, なかったかわりベルリンと密接, なかったがたりという音も, なかったがとに角眼を, なかったがとのこと, なかったがな面白くねえ, なかったがね城介君は, なかったがはいること, なかったがらがらがらがらすぐ後に, なかったがんりきの百, なかったきたないこぼれ物で, なかったきっとおじさまが, なかったきみたちの勇気, なかったきょうはぜひとも, なかったきりあとはずっと, なかったぎんはとうとう, なかったくちだよ, なかったくつよ, なかったくらいに興奮した, なかったぐらいで撲る法, なかったぐらいによく謹しん, なかったけどねたしかに消えちゃった, なかったけれどねまさかあの, なかったけれどもとさもさ, なかったけれどもははと笑った, なかったこころもちは伸子, なかったこっちからもちかける, なかったことそこへ今, なかったことそこらあたりは似た, なかったことそれゆえ子供は眠っ, なかったことそれらについて三時間半, なかったことどもを考え, なかったことばを俄然, なかったことむし笑いに笑った, なかったことゆうべ初めて一羽, なかったことわたしたちの関係, なかったことロマンチックの古臭い, なかったこと一葉もそう, なかったこと予想外に婦人, なかったこと人生と云う, なかったこと前述の通り, なかったこと北山の山王祭, なかったこと協団的基礎なくし, なかったこと女中になるなら, なかったこと宮から鳥羽, なかったこと家をすてざる, なかったこと寝室へはいっ, なかったこと将来はきっと, なかったこと彼が敵, なかったこと後妻を迎え, なかったこと御免なさい, なかったこと悲鳴をきい, なかったこと最近は結婚問題, なかったこと母親の死, なかったこと洋介のこと, なかったこと玉体に障る, なかったこと用のある, なかったこと等々のよう, なかったこと米田さんに充分, なかったこと義兄辰雄との間, なかったこと表面に現われ, なかったこと農民の生活, なかったこと途中で蛙, なかったこのごろになっ, なかったこまかいことまで, なかったこれからはそこ, なかったころがんじょうな岩山, なかったころ七つで小学校, なかったころ人間の肩, なかったころ初期の作品, なかったころ隣組座の横暴, なかったこんどからはあいつ, なかったごく古い時代, なかったご免なさい, なかったそれから, なかったさあ早くお, なかったさいごまでおれ, なかったさち子の目, なかったさておれが, なかったさまざまの可能性, なかったざわざわと枯れ草, なかったしかしながらまったく何らの, なかったしけものの, なかったしたがって自分から, なかったしんしんとした, なかったすくなくも二三年は, なかったすぐ鼻の, なかったすさまじい色が, なかったすっかり尾鰭の, なかったすっぽんが持つ, なかったすでにソクラテス以後の, なかったずいぶん先へ, なかったずっと後に, なかったてめえ食え, なかったぜいたくなねこ, なかったぜんぜん新しいほんの, なかったなたも, なかったそうしたことを, なかったそうするとね証拠, なかったそしてまた敷布に, なかったそちらでの病床, なかったそのうち時日も, なかったその間に柳沢, なかったそれでもない, なかったそれならこっちも, なかったそれほどのお金, なかったそれ以前の麻, なかったそれ以外に頼る, なかったぞと云った, なかったたくさんの御利益, なかったたちまち私は, なかったたとえ見たに, なかったたのしさでした, なかったためそれが大変, なかったためわたしの責任, なかったため三番目の一番, なかったため互を目標, なかったため五十の手習い, なかったため亡父の故旧, なかったため仏に逢わなかった, なかったため信忠以下は驚愕, なかったため台本を離れた, なかったため喀血したあと失神, なかったため大師は腹, なかったため安芸から聞いた, なかったため幾年か休学, なかったため幾重の衣, なかったため彼は自分, なかったため慎重でない態度, なかったため摺鉢窪へ下っ, なかったため横暴なる赤馬車, なかったため母夫人は不安, なかったため注意をした, なかったため片意地では, なかったため片時もそれ, なかったため牛乳車の運転手, なかったため田中は木村, なかったため絶頂までの半分, なかったため腹に力, なかったため自分の人間性, なかったため自然動きは文壇内, なかったため軍葬の礼, なかったため邦人にたいするアメリカ側, なかったため食事はおかゆ, なかったため鴻山もすぐ, なかったたらをかご, なかっただけじゃありませんか, なかっただけで事実は, なかっただけを僕は, なかっただれも知らなかった, なかったちいさなものの, なかったちぎれ雲が生, なかったちっとも知らなかったけれども, なかったちびのティム, なかったちょうどそのとき, なかったちょっとした隠れた事実, なかったっけと思い出したよう, なかったっていうような, なかったっていうのかいってさ, なかったつい二た, なかったつうんだ, なかったつぶらな眼, なかったつむじ風に捲きこまれ, なかったんだ, なかったできごとでしたが, なかったではどうしたらきりぬけ, なかったというしかない, なかったというのかい, なかったといったじゃないか, なかったとおり住所にも嘘, なかったとおり女は男, なかったとおり彼も息子, なかったとかいうだけで結着し, なかったとかが又問題, なかったときそれを蒔きつけ, なかったときパリーの生活, なかったとき両側の樹木, なかったとき和一郎は茶碗, なかったとき年ちゃんはどんなに, なかったとき彼らは自分, なかったとき苦しまぎれに寂し, なかったとき茶だんすにつかまっ, なかったとき退屈だとは, なかったとこから推し, なかったところ二春まで続け, なかったところ小鷹さんに診せたら, なかったところ帰り際になっ, なかったところ昨日の原稿, なかったところ案内者も今回, なかったところ正午頃に号外, なかったとしか思えなかった, なかったとだけいって, なかったとても美しい嘆き, なかったとね仕事師手合が, なかったとばかり女房の, なかったとばかりに空恐しく, なかったとんだ事を, なかった見えで, なかったどうしても鍵が, なかったどうせ伊達煙草だ, なかったどうにも頼むと, なかったどぎつさや, なかったどころか彼が, なかったどっさりの事, なかったどれひとつ代って, なかったどれ飯をやろう, なかったどんなに辛くとも, なかったなぞと云えば, なかったなつかしさを, なかったなどの一種の, なかったなにかすなわち, なかったなにか用事が, なかったなれなれしさで, なかったなんざ人を嘗めた, なかったなんぞとはちっとも未だ申し上げません, なかったなんだか気の, なかったになア, なかったにわかな変わった態度, なかったに対して契沖が, なかったねずみが十五匹, なかったのさなんかというの, なかったのでねあけて, なかったのでねえ阿母さん, なかったのどに魚, なかったのねしもどけの, なかったのねと感情の, なかったはげしい批判の, なかったはじめくらくらとめまい, なかったはずみからよろよろ, なかったはっきり云えば, なかったはでな着物, なかったはんもんなの, なかったばかねあたし, なかったばかりじゃない肌, なかったばっかりでなくあまり, なかったひそかな情熱, なかったひとりの男, なかったひどい寒さも, なかったひろ子にとって柳井線沿線, なかったふたりの学生服, なかったぶんにはそのまま, なかったへえーそんなかね, なかったべつな妻, なかったほかの家来たち, なかったほんとだよ, なかったほんとに俺が, なかったほんのささやかな, なかったぼく宛ての健吉さん, なかったまあそんなにおこらないが, なかったまことの道, なかったましてあんなに仲よくして, なかったまでで仕方の, なかったまれな宝, なかったまわりの者, なかったむかしの世, なかったむしゃくしゃ腹で, なかったむしろ主従の区別, なかったむっつり右門が, なかったむろん蜜柑の, なかったむろんおよその察し, なかっため組の惣助, なかったもうすぐやって来るだろうか, なかったもう少し生きて, なかったもし生徒の, なかったもちろん愚昧という, なかったものつまり飾りが殖えた, なかったもの危険を知り, なかったもの同化の機会, なかったもの社会学や心理学, なかったもの長が悪い, なかったやさしげな, なかったやさしい夢見がちな, なかったやつが急, なかったやも知れぬよ, なかったやら分らない品物, なかったゆえすべてを合し, なかったよいお友達, なかったよりはやはりそれ, なかったらくに息を, なかったりっぱな展覧場, なかったろうにと身一つ, なかったろうとですか, なかったわかい反逆者の, なかったわが国が一体, なかったわきのドア, なかったわけそれを承りましょう, なかったわしのわがまま, なかったわずかのあいだ, なかったわずらわしいことと, なかったわたくしを神仏のち, なかったわだって云おうったって, なかったわと云ったらそれ, なかったわりによかっ, なかった幸いに, なかったんでなどの程度, なかったんでへッへ, なかったアカデミーの一員, なかったアカハタが一部, なかったアグネスの強壮, なかったアセチレンの照光器, なかったアゾ原あたり, なかったアツポクタスの言説, なかったアディオスあんなこと, なかったアドリナ・パティにお, なかったアナーキスト時代と思いくらべる, なかったアノ頃の黒部, なかったアブノルマルな弊害, なかったアメリカ兵があと, なかったアルキメデスの話, なかったアンジェリカというその, なかったイギリスの無, なかったイタリーの婦人, なかったイチョウすなわち公孫樹, なかったインド人がこの, なかったエゴイストであります, なかったエポニーヌは彼ら, なかったエンジンがやっと, なかったオセローで脊丈, なかったオペラは殆ど, なかったオリヴィエは自分, なかったオルガンチノは反っ, なかったカイビャク以来の歴史的愛国者, なかったカスタンはまっか, なかったカソリックの犠牲, なかったカテリイヌが此頃巴里, なかったカフカーズの山奥, なかったカワラヒワの群, なかったカンタータ三百曲のうち, なかったカントにとってはこの, なかったカント自身に於ける, なかったカンヴァスはその間, なかったカーニュにいた, なかったカーネーションの花, なかったガラクタだなんて, なかったガラシヤの反抗, なかったガラッ八が, なかったキク子であるから, なかったキスでもしばらく, なかったキッカケからそういう, なかったキトウ市は約, なかったキュラソーが一瓶, なかったギリシア時代に, なかったギーユミノーの不運, なかったクウフリンが夢見, なかったクロの慕う, なかったクールバタイユはそこで, なかったグラムダルクリッチが部屋, なかったグルーシーナポレオンを欺いた, なかったグロリア号がなん, なかったゲランという軍曹, なかったコンノが優勝, なかったサイレンがある, なかったサバが海, なかったサヨの瞳, なかったサラマンカ時代の初恋, なかったサーシャは庭, なかったシッポらしきもの, なかったシナ人が果して, なかったシュルツは身, なかったショーウインドーの内部, なかったシリグアンヌ族は彼ら, なかったジオルダノ・ブルノーもコペルニカス, なかったジャーナリスティックなわる, なかったスキがあっ, なかったスクルージをし, なかったスティヴンスンに何, なかったストライキなどという脅迫的, なかったスペインやイタリヤ, なかったスリッパの跡, なかったセイだろうと, なかったセエヌの河畔, なかったセザンヌはやはり, なかったセミョーノフの不潔, なかったセリフだのに, なかったセンセーショナリズム乃至黄色調, なかったゼイタクが出来, なかったソコーリスキーが五時ごろ, なかったソノ子の手練, なかったソフィヤと遂に, なかったソヴェトにおける産業党, なかったタイタニックはこの, なかったタメシはない, なかったダリアの花, なかったチェリーが彼, なかったディルタイの哲学, なかったデボチンも同じ, なかったトゥラスカラが極めて, なかったトックの最後, なかったトマスみたいなところ, なかったトルストイこの三人, なかったトロニア家は羅馬, なかったトンはむッくり, なかったドイツの運動, なかったドイツ古典哲学の内, なかったドコの国, なかったドストイェーフスキイは人間, なかったドストエフスキイやジイド, なかったドラマチストになろう, なかったドンキホーテとその, なかったドヴォルシャークは, なかったナと紙燭を, なかったナエーアといま, なかったナポリの港, なかったニューイングトン・ブットが始, なかったネと多賀ちゃんと, なかったノルウェイにおける森林, なかったハイデッガーは実は, なかったハイドンは今, なかったハムの真似, なかったバイキング海賊でもこの, なかったバラバラの一部, なかったバルザックスタンダール等の作品, なかったバルダの知慧, なかったバルナバスが, なかったパイプをサム, なかったピガフェッタや疑懼, なかったフィリップにはマルグリット, なかったフォアをし, なかったフォーシュルヴァンは墓掘り人, なかったフョードル・パーヴロヴィッチは酔いしれ, なかったフランス人の国民性, なかったフロレンスの実際, なかったブリューヘルでもない, なかったブルジョアジー乃至地主, なかったブルジョア作家たちの間, なかったブルツラウ管区を除き, なかったプロレタリアートの生活, なかったベルの音, なかったベルリオーズ激情に駆られる, なかったベルリンの興行会社, なかったベートーヴェンは, なかったホラチウスのごとく, なかったポケットがあります, なかったポーやドイル, なかったマダム丘子のその, なかったマツの木, なかったマリユスが来る, なかったマルクス青年のそれ, なかったミサ子はそれ, なかったミミ族や, なかったミルハも彼, なかったムクの凄まじい, なかったムク犬がこの, なかったムシャクシャ腹で言う, なかったムルタが死, なかったメッツ以東の地区, なかったモスクワを発見, なかったモデル紹介者もそれ, なかったモメントを或, なかったモロにそんなの, なかったモーターボートを思い出したらしく, なかったモーツァルトに比べ, なかったヨアンネス少年の部屋等, なかったヨハネスも同じ, なかったラウペパは直ぐ, なかったラジオを聞かされ, なかったラテン語の文法, なかったラ行音および濁音, なかったリアリズムに徹し, なかったリットン卿は遂に, なかったリルケはその, なかったリーベは何人, なかったルミちゃんがいつのまにか, なかったルーテルの胆, なかったレヴェズに関係, なかったロペス・デ・カルバリョなどであった, なかったロマン・ロランはモスク, なかったロンドンやパリ, なかったロンドン市民も日, なかったロヴィーサとしてはこの, なかったワルシャワでは一つ, なかったワーテルローがすべて, なかったヴェリチャーニノフのところ, なかったと口, なかった一ツの書附, なかった一ヵ年程の期間, なかった一七九〇年ないし一八一一年, なかった一九三一年からのち, なかった一人一人の女, なかった一体僕は, なかった一切の資産, なかった一千の地域, なかった一千万円の大, なかった一号艇がまぶしい, なかった一向宗すなわち, なかった一喜一憂であり毎日顔, なかった一団がまだ, なかった一夜があけ, なかった一大波瀾を逆, なかった一大発展を内, なかった一女性が隠され, なかった一家の父, なかった一小島に過ぎなかった, なかった一尺余の老, なかった一弾が身体, なかった一方が中学生, なかった一族のない, なかった一昨日重三がお, なかった一曲はそれ, なかった一月も経て, なかった一服の煙草, なかった一本の綱, なかった一棟の洋館, なかった一片の亀裂, なかった一特徴を具え, なかった一番の原因, なかった一種ハイカラで骨, なかった一種特別な虚榮心, なかった一突きであった, なかった一箇の大きな, なかった一管の音, なかった一緒にお, なかった一羽の黒い, なかった一腕白少年がその, なかった一般の空気, なかった一般人間性から人間, なかった一語を聞いた, なかった一週に二度, なかった一週間ある有名, なかった一郎は弟二郎, なかった一部の人々, なかった一部分のこと, なかった一間置いて, なかった一隅の地面, なかった一階級があった, なかった一隻の和船, なかった一青年が遂に, なかった一面にはじめて, なかった一頃の事情, なかった万吉の姿, なかった万太郎もその, なかった万葉時代の我々, なかったけ, なかった三ツ木は各, なかった三之丞の一克さ, なかった三井家代々の偉, なかった三十郎はこの, なかった三原の町, なかった三四人の声, なかった三昧境のある, なかった三月である, なかった三本錐の傷, なかった三村次郎左衛門がその, なかった三枝子の行方不明, なかった三沢がどうして, なかった三津井老人が事務室, なかった三菱村の諸, なかった三輪みどりが紅, なかった上人の問答, なかった上何か私, なかった上僕の顔, なかった上古の人間, なかった上宮廷の御, なかった上方へいっ, なかった上框の障子, なかった上流富裕な階級, なかった上級裁判所はどこ, なかった上記の種類, なかった下層の武士, なかった下手人は後ろ, なかった下請け工場の整理, なかった用心を, なかった不出来で三階, なかった不平武士がこの, なかった不当の損失, なかった不徳漢にとって残された, なかった不快そうな顔, なかった不思議さが万物, なかった不愉快さをさらに, なかった不意の観物, なかった不意打の危難, なかった不条理なでたらめ, なかった不測の事, なかった不満さを持っ, なかった不満会社へ尋ね, なかった不美人だったに, なかった不親切私はその, なかった与一は赫, なかった世界的な名手, なかった世間の人, なかった山の, なかった両性の社会関係, なかった両手を敷居, なかった両脚がにわかに, なかった中位の妓, なかった中国山脈がどこ, なかった中央政府が次第にハッキリ, なかった中将が今夜, なかった中年女は誇らか, なかった中橋のそば, なかった中流女性にとって宮仕え, なかった中老の醒ヶ井, なかった丹波の一党, なかった主従家族という縦, なかった主税は掻巻, なかった主要な人物, なかった久保井校長は五人, なかった久兵衛の様子, なかった久慈であるのに, なかった久木はたたみかける, なかったに対する主観, なかったあるいは羽織, なかった乗客もいつの間にか, なかった乗客たちは両, なかった乙女の後日, なかった九太の眼, なかった九州の鳥, なかった乱痴気騒ぎは洞穴, なかったなんか飲まれ, なかった乾版から景色, なかった争いを思い出す, なかった事がらについていろいろ, なかった事ここに作者, なかった事一番つらい事, なかった事丈けは判然云, なかった事今思っても, なかった事位充分我慢, なかった事只一寸の間, なかった事思春期に於ける, なかった事怪し気な物音, なかった事情それが民衆, なかった事業はぜひ, なかった事等ちょっとした陳述, なかった二十二・三の若い, なかった二十年ぶりに豊吉, なかった二十歳の情熱, なかった二日目になっ, なかった二番目の兄, なかった二葉亭もこの, なかった二重にも三重, なかった二階へとなり, なかった五〇磅をもう, なかった五人には電話, なかった五十嵐甲子雄もその, なかった五百が平生青眼, なかった五竜岳や鹿島槍岳, なかった井上君よりはしょっちゅう, なかった井戸がある, なかった些事が一々, なかった亡母の夢, なかった亡祖父の蔵書, なかった交響楽を書きたい, なかった享楽の力, なかった享楽品を所有, なかった京なまりがほぐれ, なかった京洛天地の夢, なかった京都築城のこと, なかった人だかりもいつ, なかった人実業家を希望, なかった人家がせり, なかった人工心臓研究の第, なかった人形をやらなかった, なかった人影が五つ六つ, なかった人政治家を志ざし, なかった人生派の芸術, なかった人等の差別, なかった人間本来の美しい, なかった仇敵の紋, なかった今に卒業しよう, なかった今宵牢を破った, なかった今度は久しぶり, なかった今戸の本宅, なかった仏像彫刻が作られ始めた, なかった仏祖の心境, なかった仕事利休以上の仕事, なかった他群の技術家, なかった仙三という主人公, なかった助は, なかった代り以来胸おどるよう, なかった代り文壇で鼠, なかった代償としても充分, なかった代診のところ, なかった令嬢たちも次第に, なかった以上三枝は秀岡, なかった以上婆の茶店, なかった以上小説部会の報告, なかった以前京阪江戸を含んだ, なかった以前私の好き, なかった仲仕を三人, なかった仲間でも生活, なかった伊兵衛はその, なかった伊奈子が何, なかった伊緒はそっと, なかった伊賀の暴れん, なかった休息をついに, なかった会話とが掲載, なかった伝統にわずらわされ, なかった伝記者評論家は一人, なかった伝通院を尋, なかった伯林の千村教授, なかった伯母の身, なかったの男, なかった伴大次郎も彼, なかった伸弥は心, なかった位健康に於, なかった位気持よくそして, なかった位落胆した, なかった低級な人間, なかった住人は一躍, なかった住民の大, なかった佐々の家族, なかった佐々介三郎がおり, なかった何ものかを現, なかった何んだ大阪, なかった何万年も前, なかった何処かの海, なかった何分唯事ならぬ, なかった何年かの間, なかった何日かがあっ, なかった何物かを掴み得る, なかった余りに人, なかった余勢でお喋り, なかったであっても, なかった作り事なん, なかった作平もまさしく, なかった作為された器, なかった作用も後, なかった作者が率直, なかった作者自身のうち, なかったし徳川中紀, なかった例証の一つ, なかった侮辱のため, なかった便利な器, なかった便宜もあら, なかったなどぎつい, なかった信仰は物すごく, なかった修業をし, なかった倉地が座敷, なかった倉持であった, なかった倉田氏の著書, なかった個別科学者に対してはこの, なかった個性的才能の型, なかった個所がとつぜん, なかった借款をよく, なかった偃松が割合, なかった偉観であった, なかった健康な私, なかった側面にふれた, なかった傍部屋で琵琶, なかった催眠術に興味, なかった傲慢そういうむす, なかった傾向はふるい, なかった僅少なプロセント, なかった僚友会が此, なかった僚艇とも電波, なかったがそば, なかったでございますから, なかった儀容と隔心, なかった優しくも哀れ, なかった優雅の観, なかった儲けものであった, なかった元気が回復, なかった兄弟姉妹知友たち今ヨブ, なかった充実した色, なかった兇悪な前科者, なかった先生がたの写真, なかった先考の華族, なかった先覚とやらの誤謬, なかった先輩がある, なかったが青い, なかった光君は当直, なかった克己的犠牲行為はどれ丈人, なかっただったとか, なかった入浴ができた, なかった戦闘の, なかった全智全力を尽くし, なかった八右衞門は次第に, なかった公爵を昂奮, なかった六十万石の世子, なかった六日の月, なかった六月まで続いた, なかった六条院に朝夕出仕, なかった六郷左京は伸びた, なかった兵員は四分の一, なかった兵庫神戸の住民, なかった兵道家にとって談笑, なかった兵馬の一徹, なかったれで居て, なかった内地の事情, なかった内奥の願, なかった内容を盛った, なかった内幕に立ち入っ, なかった内心の苦悩, なかった内部的対立が兆し, なかった円本ブッタタ記これを思う, なかった円顔の老, なかった再会のよろこび, なかった冒険的航海者もその, なかった冷たい規則を, なかった凡そ以前の, なかった凡夫の奴共, なかった処無惨にも何者, なかった出勤して, なかった出発の日, なかった切なさとを, なかった切創の目的, なかった切地が急, なかった切支丹屋敷へ忍び込ん, なかった初代勘兵衛の欺瞞, なかった初対面の意外, なかった初恋の様, なかった別種のこの, なかった利国は今, なかった利己的な享楽以外, なかった制度や規律, なかった前人未踏の地底, なかった前代未聞の大, なかった前以上にきらい, なかったい髭, なかった剛毅なる彼, なかった剣術だの槍術, なかった副作用をもたらした, なかったに伸子, なかった創造能力を現代人, なかった劇薬のこと, なかった劇評家さえ追い追い進ん, なかった力づよい様子をし, なかった力仕事をし, なかった力強い傍証とは, なかった功名の機会, なかった加代のめざましい, なかった加減がうん, なかった助命を切望, なかった努力にわれわれ, なかった労働の価格, なかった労働者らが結束, なかった労働者農民が最も, なかった勇士の子孫, なかった勇気のない, なかった動向であった, なかった動植物虫けらというもの, なかった動物なの, なかった勝ちがむしろ, なかった勝則がぽつんと, なかった勝手違も実は, なかった勝造とその, なかったであったため, なかった化物刑部の素姓, なかった北山の杉, なかった北村さんにヒョッコリ, なかった北村透谷は初めて, なかった北軍封鎖線を突破, なかった北隣の島々, なかった医学生吹矢隆二こそ実に, なかった十三億という金, なかった十三歳のゴーリキイ, なかった十九世紀の英吉利生れ, なかった十二人の中, なかった十五歳から十八, なかった十分間もこんな, なかった十数年前には学僕, なかった十次郎は其足, なかった千三は夜具, なかった千之助今見る姿, なかった千人針が駅, なかった千葉へ, なかった千谷さんの取り, なかった千鳥が今, なかった午後四時過ぎの日影, なかった午餐を自身, なかった半鐘の音, なかった卑劣な企みを, なかったは眼, なかった南瓜がその, なかった南老人は声, なかった単なる批評も, なかった単純な心, なかった卜部兼好にはそれ, なかった印刷して, なかった却って案外な, なかった厚仕上げをやっ, なかった原始時代に立, なかった原料と在庫商品, なかったなもの, なかった厳しさで, なかった厳粛な表情, なかった去年の私, なかった去年頃まで自分, なかった又は書き留めなかった材料, なかった又之丞の恋, なかったの様子, なかった友だちなどが朝夕遊び, なかった友人が来訪, なかった反動であるとばかりに, なかった叡山の焼, なかった口語詩に対して人以上, なかった琉球の, なかった古い古い半分忘れられ, なかった古今無双の二つ, なかった古代人の心理, なかった古典の必然性, なかった古墳だの廃寺, なかった古市の町, なかった古里の人たち, なかった可哀そうなお町, なかった可憐な女性, なかった右翼反動国粋其の他, なかった右近のため, なかった合理主義者だった, なかった吉岡方の狼狽, なかった吉川の姿, なかった吉川夫人の贈物, なかった吉川軍と功, なかった吉本ではある, なかった一傾向を, なかった同乗席に飛行服, なかった同志のふと, なかった探偵が, なかった名人がはしなくも, なかった名優の前, なかった名古屋の客, なかった君らが怒り, なかった呉青秀の狼狽, なかった呑ンベの繁, なかったは使, なかった呼吸をも吻, なかったさえもまだ, なかった咄嗟の間, なかった和田のほう, なかったが軽く, なかった哀れな人間, なかった品行方正の北山, なかった哲学史上又は思想史上, なかった哲学者のこと, なかったがやっと, なかった唯一人のハスレル, なかった商人や市民, なかった商売仇を夏, なかったにちょっと, なかった善事というもの, なかった善良にし, なかったのところ, なかった喜ばしさの, なかった喜びに煌煌, なかった喫煙室に行っ, なかった嘉訓は不自由, なかったが残念, なかったである, なかったの橋, なかった四つばかりの男, なかった四男五郎右衛門の所在, なかった四羽の鶴, なかった四老臣のうち, なかった四辺を見た, なかった四高弟の者, なかった因襲が斉彬, なかった困窮して, なかった図書館をよろこん, なかった図画を私, なかった固い扉が, なかった国境と線路, なかった国家の政権, なかった圓朝は, なかったの壁, なかった土地案内のお, なかった土門を叱りつける, なかった圭介は思いがけず, なかったを今度, なかった地代の問題, なかった地位に導いた, なかった地侍の主人, なかった地蔵尊を俄, なかったを駆出した, なかった坊主です, なかったのあと, なかった堀尾君もこの, なかった堅い筆の, なかったで互, なかった場合一年後れます, なかった場合其等の人々, なかった場面をとりあげ, なかった塩田だけに失望, なかった塩野であった, なかった境遇というもの, なかったがはっきり, なかった墓石の下, なかった墓穴の中, なかった士めら今度こさ, なかった変り者であるから, なかった変動をうけ, なかった変化におどろき, なかった夏目氏が姿, なかった夕ぐれもいまだ, なかった夕方ふらりと, なかった夕陽新聞は一躍, なかった外国人を救う, なかった外郎売がひょっこり, なかった艱に, なかった多勢の少年, なかった多数民人の間, なかった多産的作品と小さな, なかった多田刑事が保証, なかった多難な歴史, なかった多鶴子はありき, なかったになっ, なかった夜光の短刀, なかった夜明けのエクセントリック, なかったを牢屋, なかった大いに賞められ, なかった大事の一点, なかった大兵肥満の豪傑, なかった大切な見落しが, なかった大助が独り, なかった大地からごうご, なかった大将がある, なかった大小も見えなかった, なかった大工の子, なかった大御所古稀庵老人でさえダンス熱, なかった大急ぎで門, なかった大戦直後の頃, なかった大昔からここ, なかった大木を伐採, なかった大森の親しい, なかった大槻が笑い, なかった大橋氏はいま, なかった大橋翠石氏猛虎一声たちまち大家, なかった大正十年ないし昭和二年, なかった大気中の条件, なかった大熊が仰臥, なかった大石鶴松はマン, なかった大胡額田一ノ井, なかった大道がかなり, なかった大道具が八千円, なかった大門そとの長屋暮し, なかった大騒ぎの最中, なかったの配剤, なかった天ばつだよ, なかった天下の名婦, なかった天才大川は仇敵米倉三造, なかった天文部員の怠慢, なかった天然痘やその他, なかった天窓が一つ, なかった天罰だ, なかった太刀山の全盛時代一度, なかった太刀川青年がとつぜん, なかった太古の, なかった太田が異様, なかった太郎や未来, なかった夫婦はかえって, なかった夫婦間の取, なかった夫重三郎の死骸, なかった失望を塩野, なかった失業の秋, なかった失策はその, なかった奇怪の人物, なかった奉公話が持ちあがった, なかったの方, なかった奥利根川の釣り人, なかった奥地の植民地, なかった女々しい弱点を, なかった女たちが男, なかった女丈夫になる, なかった女人においてその, なかった女君はソー, なかった女子は男子, なかった女王などといっ, なかった女絵師が急, なかった奴国の宮, なかった好人物の福太郎, なかった好例として次, なかった妖怪も一度, なかった妖艶無比な毒, なかった妙音も出た, なかった妹たちだけが漂泊, なかった妻子たちのこと, なかった姉さんが義理, なかったもとりなし, なかった姫君のこと, なかった姫君姿の駕籠, なかった姿態を描い, なかった威力が足りなかった, なかった威勢のよ, なかった婀娜っぽい小娘に, なかったが鬼, なかった婆さん御苦労さま有難う, なかった婆ア多分の礼, なかった婦たちが真先, なかった婦人の社会的, なかった婦人たちをし, なかった婦人委員会の報告, なかった婿であったから, なかったな思出, なかった嫌いがある, なかった嫡子平内と妻, なかった嬉しい情趣を, なかった子役の形, なかった子細もまた, なかった存在を思惟, なかった学会研究発表会などが各, なかった学問への意欲, なかった学校である, なかった学業を弟, なかった学生社会は之, なかった学説がその, なかった学課はそういう, なかった学風からであろう, なかった孫権がいつのまにか, なかった宇宙怪人を二十人, なかった宇津木兵馬は手, なかった宇野浩二は自分, なかった安らかな夢, なかった安場は日曜以外, なかった安宅先生は葛岡, なかった安彦氏が漢字, なかった安楽な生涯, なかった安積八弥太を紹介わせ, なかった安芸も甲斐, なかった完全犯罪者がはたして, なかった宏子は黙っ, なかった宗教家はまれ, なかったを我々, なかった叔父は, なかった実に驚くべき人物, なかった実りをもっ, なかった実例を同君, なかった実情が暴露, なかった実演でなければそれ, なかった実際会って, なかった実際すでに不正な, なかった実験科学よりも今, なかったは急, なかった客観的な眼, なかった宣誓を八月五日, なかった宣長翁の後継者, なかった室内に沈黙, なかった宮内は心, なかった宮廷警士総監に任命, なかった宮本武蔵は常に, なかった宮殿のあと, なかったに彼, なかった宴会で一晩中, なかった家々の者, なかった家内一人だけで, なかった家司などが突然, なかった家庭向の事, なかった家康に至っ, なかった家柄である, なかった家系をいいます, なかった家老の嫉妬心, なかった家郷の愛する, なかった容姿である, なかった容子で, なかった宿をなぜ, なかった宿場本陣の主, なかった寂然たる岩道, なかった寄席の昼興行, なかった寄稿の責め, なかった富士山の姿, なかった富士男はこの, なかった富子に対してわけ, なかった富裕な家, なかった寒々しい鼻たれ, なかった寒村がいま, なかったの鐘, なかった寺田博士をし, なかった対照と比較, なかった対立が室町時代, なかった対象のうち, なかった封建的遺物を改めて, なかった将軍家はむしろ, なかった尊徳である, なかった小さい本に, なかった小さなその門は, なかった小作料の軽減, なかった小作百姓の重次郎, なかった小包を受け, なかった小品を田舎, なかった小径が黒く, なかった小指はまた, なかった小村雪岱石井鶴三中川一政などという画家たち, なかった小池はおれ, なかった小滝橋に近い, なかった小糸新八郎, なかった小説がある, なかった小野の館, なかった小野寺十内が村松喜兵衛, なかった少なくともそうらしかった, なかった少年時代の友だち, なかった尚侍が見, なかった尤も白翁堂と, なかった尨大な発行部数, なかった尺八の音, なかった屋敷勤めより町住い, なかったの目, なかった屑鉄屋は廃墟, なかった山の上に茶色, なかった山の手の人々, なかった山上の垂訓, なかった山崎はぱたり, なかった山田は数十年, なかった山田さんも丹精, なかった山腹や川沿い, なかった山蔦に縋っ, なかった山道や谿, なかった岡本だの岡本, なかった岡田海軍大将が内閣, なかったがその, なかった岩倉とて何, なかった岩根半蔵はどういう, なかった岩蔵が助かり, なかった岸本はこの, なかった峯吉の所在, なかったにはお祖母さん, なかった巌流島も将来, なかった川長のお, なかった工事を立派, なかった工人の位置, なかった工合にこんぐらかった, なかった工業労働者の生活, なかった左側の群集, なかった左腕をマント, なかったいけれど, なかったきな, なかった巨万の富, なかった巨大な財宝, なかったが浪人, なかった巴里だ, なかった市九郎はなんとも, なかった市井人の以前, なかった市村の家, なかった市民一般もこれ, なかった帝大の物理学者, なかった帳台のかたわら, なかったの時, なかった常念岳がイガ栗頭, なかった常民の精神史, なかった常識的達人の鋳型, なかった常連の一人, なかった常陸守であったから, なかった幇間的な彼, なかった平凡人の心, なかった平原がたちまち, なかった平均価格の下落, なかった平戸の島々, なかった平田玄蕃がおとずれ, なかった年寄達にほんにそう, なかった年少の恍惚, なかった年玉の意味, なかった幸いにもクリストフ, なかった幸太が火, なかった幼少からわが家, なかった幼稚園を建て, なかった幽かな隙間, なかった幽霊潜水艦隊から攻撃, なかった幾たびやりなおしても, なかった幾つかのこと, なかった幾人かの志願者, なかった幾何学の哲学的意味, なかった幾分の直覚, なかった幾月かの間, なかった幾組かの日本人, なかった幾通の書信, なかった広告が出, なかった広大な地平線, なかった庄司署長や神楽坂署員, なかった度々の男, なかった庶民史の方, なかった建築はチャン, なかった建設のスローガン, なかった弁信さんとちょっと, なかった引越しを行った, なかった弟子などが集っ, なかった弟橘姫の涙ぐましい, なかった弱い子に, なかった弱味も爰, なかったさで, なかった強いお化粧, なかった強度でいざ, なかった強敵が今, なかった強権とはっきり, なかった強硬組の面々, なかった当時医中の先覚者, なかった当時珍らしい大, なかった形勢であったと, なかった形容が詩, なかった形態のアフンルパ, なかった形而上学的存在は形而上学的範疇, なかった役廻りをこの, なかった役者だ, なかった彼女らはビール箱, なかった彼女而も彼, なかった彼方の家々, なかった彼杉山其日庵主は単身孤往, なかった待遇ぶりをすっかり, なかった後白河法皇を中心, なかった従って又偶然性, なかった従卒や家人, なかった従者たちが主人勘右衛門, なかった得意の時分, なかった御代太平の昔, なかった御幣岳がしっとり, なかった御朱印を家康, なかった御来光が東, なかった御蔭である, なかった御面相が口紅, なかった微笑がうかん, なかった徳次郎が死に, なかった心がけとは反対, なかった心持そのものにおいて同感, なかった心持それも伸子, なかった心持生意気になる, なかった心残りからです, なかった心理的なモメント, なかった心臓に致命的, なかった必死の生活, なかった必然として映し出される, なかった必然さとの間, なかった必然性がなけれ, なかった忌々しさを, なかった忙しそうな, なかった忠誠の士, なかった忠通もおととし, なかった怒気は消える, なかったろしい, なかった怖しいこと, なかった思い出でもお, なかった思想性をもちはじめ, なかった怠け者の蟋蟀, なかった直に, なかった急進的な一団, なかったとみえ, なかった性情をかれ, なかった性格の端, なかった性格上の饑, なかった性癖がある, なかった怨みを時たま, なかった怪我はない, なかった怪物を筏, なかった怪物たちの声, なかった怪青年と落, なかった恋しい父帝を, なかった恋心をその, なかった恍惚の表情, なかった恍惚郷に惹き入れられ, なかった恥ずかしさが, なかった恩恵であること, なかった恩爵の好餌, なかった息子の影, なかったいったって, なかった悪党は他, なかった悪名をこうむる, なかった悪者を見つけ, なかった悪霊の作者, なかった悲哀を夫人, なかった悲壮な情緒, なかった情そのもののデリカシー, なかった情景を思い起させる, なかった惑星の人, なかったはありました, なかった惨めな父親, なかった惨状でご, なかった想念が今, なかった愉快のため, なかった愉悦の感情, なかった意識のどこ, なかった愚かな者共, なかった愚かさは我々, なかった愚作の数, なかった愚僧は其の, なかった愚楽老人大狼狽, なかった愛嬌で媚び笑い, なかった愛子はこの, なかったがない, なかった感情人の達し, なかった憐れな少年, なかった懐かしい顔は, なかった懐中電燈を時々, なかった程ドウ, なかった成因が爰, なかった成都の銘酒, なかった我が国に歓迎, なかった我忠勇なる将士, なかった戯談などをも人, なかった房枝がこれ, なかった所謂冷淡中の一物, なかった手ごたえのある, なかった手代はかえって, なかった手口がわかる, なかった手塚は医者, なかった手袋を外し, なかった手際などは凄い, なかった才正義潔癖は認め, なかった技巧というの, なかった抗議の一場面, なかったなの, なかった折山中のこの, なかった折竹がやがて, なかった抜け道をみつけた, なかった抱一庵をも一見コロリ, なかった拝田村まで帰る, なかった拳法の一代, なかった持余しものでその, なかった挙句ぷいと家, なかった振りをし, なかった捕手たちは袋, なかった捕虜の受, なかった支那服の男, なかった支配者的役割は単に, なかった支配階級に対してかつて, なかった改良すべき点, なかった放免囚の中, なかった放射線が出る, なかった政ちゃんが気, なかった政党新聞の用紙, なかった政友会や民政党, なかった政友会総裁の頭脳, なかった政府と栄養専門家, なかった政恒は福島県, なかった政治家はまれ, なかった政治活動を娘, なかった故に或はもしもし亀, なかった故今日では貴重, なかった敗因がどこ, なかった教師たちも歴史的, なかった教科書が全部, なかった教育会の事業, なかった数々の事実, なかった数人の人たち, なかった数十万部がプロ, なかった数十百氏もしくはそれ以上, なかった数多の細か, なかった数年前にそれ, なかった数年間の困難, なかった数時代の人々, なかった数篇をのぞい, なかった敵対に不意, なかった敵方の陣営, なかった文化層の人々, なかった文化的自由主義を自由主義全体, なかった文化科学乃至歴史学, なかった文字の霊, なかった文学書が入っ, なかった文学熱心の兄, なかった文次郎の田, なかった文治文化面の施策, なかった文芸美術や政治経済, なかった斎藤寅次郎も, なかった料理方の人達, なかった斬新の感じ, なかった断じて堪えられなかった, なかった新さんとお, なかった新しい高い世界が, なかった新人であったこと, なかった新体詩の様式, なかった新味と独特, なかった新天地がこれ, なかった新太郎君は横浜, なかった新妻とか, なかった新手の大軍, なかった新派は前, なかった新生面が開かれ, なかった新聞を展げ, なかった新蔵が何, なかった新鮮な新, なかった方向へ決意, なかった方棕梠の蔭, なかった旅行中のドストイエフスキイ, なかった旅行者はたずね, なかった旅行者たちのとりとめない, なかったじるし, なかった日々のこと, なかった日の出が明日, なかった日吉であった, なかった日本人民の意志, なかった日本人男女は幾十万人, なかった日本代表たちのメッセージ, なかった日本北辺の小, なかった日本固有なもの, なかった日本女のところ, なかった日本左衛門では, なかった日本文化の矛盾, なかった日本水聯は対抗競技, なかった日本派の俳諧師これ, なかった日本語が蒲原氏, なかった日頃の科, なかった旦那の自由, なかった旧臣たちへは, なかった旨ありていに言う, なかった旨陳述した, なかった早合点の致す, なかった早業の名人, なかった早速隣室の, なかった昇華という現象, なかった明きめくらだったん, なかった明るみが添った, なかった明智がヒョイ, なかった明智勢の気魄, なかった明智小五郎であった, なかった明治二十七年の十月, なかった昔なじみの声優, なかった昔人間の体内, なかった昔気質のしっかり, なかった星霧や星座, なかった春日新九郎だ, なかった昨日の日, なかった昨日今日の咳, なかった昭和十八年七月この, なかったは役所, なかった時お母さんと二人, なかった時これはもう, なかった時にはあんなに, なかった時ブラームスは雄大, なかった時代人民がおも, なかった時代薄墨の美貌, なかった時仲間で連絡, なかった時元秀がその, なかった時分彼女は山手, なかった時叔父はたえ子, なかった時娘の顔, なかった時折薄い霧, なかった時期は文学, なかった時男が淡泊, なかった時病人の唸る, なかった時節である, なかった時連と目配せ, なかった時間感覚の狂った, なかった時間的な緊張, なかった時鳥居強右衛門が万苦, なかった普賢の峻峰, なかった普通の場合, なかった景気でございました, なかった晴れがましい, なかった智的感覚を初めて, なかった暗中模索にだんだん, なかった暗室の中, なかった暗示的な感銘, なかった暗黒な闘士, なかった暫しは苦しい, なかった暮しぶりというもの, なかった曲折の形式, なかったに巨大, なかった書斎の置き場所, なかった書生らしい人, なかった書簡箋を思い, なかった書籍は机, なかった曹操もこんど, なかった替りにそういう, なかった最初組み出した時, なかった最大の原因, なかった最大原因はここ, なかった最新式の自動ピストル, なかった最高の勇武, なかった月光が上衣, なかった月江はおそろしい, なかった月百三十円貰えば, なかった月見草がかわいらしい, なかった有力なる原因, なかった有尾人どもは木, なかった有形無形の問題, なかったのぬれ, なかった望みに未練, なかった朝子を顧み, なかった朝廟の大, なかった朝晩いい面, なかった期間自然に掌上, なかった木々彦はその, なかった木下大佐の昭和遊撃隊, なかった木崎の嫉妬, なかった木村曙の作品, なかった発表の, なかった未成品であるが, なかった未知の眼, なかった未練なお, なかった未見の友, なかった未開時代の多く, なかった未開民族であるなどと, なかったの妹, なかった末子の死, なかったであった, なかった本年の問題, なかった本当にあんなもの, なかった本心を云っ, なかった本能の一つ, なかった本艇の科学, なかった札幌の駅, なかった札所下の宿, なかった杉本さんが出, なかった杉田屋はおっ, なかった村川のこと, なかった村民などさえもたまさか, なかった村田に尋ね, なかった条件が問題, なかった条約も朝廷, なかった東京弁の懐かし, なかった東京風の家, なかった東作を説き落し, なかった東劇へ着く, なかった東方の文化圏, なかった東西を打っ, なかった東野は云った, なかった松尾は県道筋, なかった松山くにというその, なかった松島氏には別人, なかった松枝に対して, なかったのなか, なかった果てのこと, なかった果実はいつか死滅, なかった柔かい緑の, なかった柔かい明るさを, なかった柳盛座へいわゆる, なかった栄三郎が明け, なかった根強い族長で, なかった根本問題が真っ先, なかった根本的な理由, なかった桂川のながれ, なかった案内者の姿, なかった桜会が二十二日, なかった梅野井秀男ての, なかったや電信柱, なかった森源と知り合い, なかった椅子がぜんまい, なかった検討も発展, なかった椿のこと, なかったの落葉, なかった業績を考える, なかったく極, なかった極度の混乱, なかった楽しさ限りなき, なかった楽しい結婚の, なかった様子座蒲団の上, なかった標本のうす, なかった横町は念, なかったの棒, なかったの小さい, なかった樹木が異形, なかった機会を汝, なかった機械人間がこの, なかった欄外記事と結び付け, なかった欠点はなまじっか, なかったしそう, なかった欲望がやっと, なかった欲求がわずか, なかった歓びをも加え, なかった歟納屋衆が突, なかった正直さのため, なかった此処にいる, なかった此家の盛大, なかった此時間の記憶, なかった武器すなわちおのれ, なかった武士今なら中流, なかった武夫は学校, なかった武家政治に頼朝, なかった武将の夢, なかった武田伊那丸またふたり, なかった武蔵は今, なかった歯車が二個, なかった歴史的人格の一人, なかった歴史的制限の外, なかった歴史的状勢はこの, なかった歴史的美談のごとき, なかった歴史社会の問題, なかった死体は見向き, なかった死神めに攪乱, なかった死美人の腐敗像, なかった死躰もわからず, なかった殆ど肉体的な痛み, なかった殊に雪子ちゃんは, なかった残りの五人, なかった残りものをやはり, なかった残り二つの鉤, なかった残念である, なかった残念会にしよう, なかった残虐の数々, なかった残虐行為を行う, なかった殺人者にちがい, なかった殺到に対していかに, なかった殺生者の如き, なかった殿下からもし, なかった母たちは貞助, なかった母体に道庵, なかった母君のジリジリ, なかった母子の身の上, なかった母子供である自分, なかったのこと, なかった毛布の柄, なかった毛色の変わった, なかったと約した, なかった民主的テーマの長篇, なかった民衆がいかに, なかった気の毒な人たち, なかった気性だけは自分, なかった気紛れにぱっぱっと, なかった気質こそ後年キュリー夫人, なかった気違いじみた感情, なかった水上の強豪, なかった水兵の運命, なかった水戸の光圀, なかった水量が空, なかった水音がいちだんと, なかった永い年月は, なかった永遠の漂泊者, なかった江戸人の度量, なかった江戸時代から東京, なかったもにわかに, なかった池田佐久間森などの諸, なかった池谷進吾氏の奥様, なかった決して心配する, なかった汽笛の声, なかった沈痛な経験, なかった沈黙と静寂, なかったの方向, なかった河原者とか夙, なかった河底の岩石, なかった油紙の天井, なかった油絵が正面, なかった沼南は孤高清節, なかった泉原は頻りに, なかった法学的の考え方, なかった法華宗の僧普伝, なかった波止場はすでに, なかった泥棒が人, なかった泰助は依然として, なかった泰造が靴, なかった洋学を子, なかった洋式のもの, なかった洋服の人, なかった洋燈も矢張もと, なかった洒落でしょう, なかった活動のチャップリン, なかった活動写真で低級, なかった活躍を示す, なかった流れ矢一筋から来, なかった流鏑馬がはじまる, なかった浅ましい息ギレが, なかった浅吉の印象, なかった浜子の老母, なかった浪人して, なかった浮浪民なる新, なかった海域へ入った, なかった海底超人をクイーン・メリー号, なかった海軍大佐であった, なかった海部の子孫, なかった海部種族などが逐次, なかった消息がたやすく, なかった淋しい鉢たたきを, なかった淋しい淋しい物語だった, なかった淫婦の亜黎子, なかった深く生い茂った熊笹, なかった深海の魚巣, なかった深良屋敷の肥料小舎, なかった混乱した気持, なかった清子も稽古, なかった清子夫婦にとって姑, なかった清左衛門は腹, なかった温和な共犯者, なかった湖水もわかり, なかった湯槽の中, なかった湯沢医者は最も, なかった溌剌さが熱情, なかった源一はいいかげん, なかった源義朝などという武運, なかった滝沢だけは容疑, なかった滴丁東の澄んだ, なかった漢学者流が当時, なかった漱石氏が連句, なかったっとその, なかった潜在思想を西鶴, なかった潮鳴りが耳膜, なかった激情が平次, なかった激情的なもの, なかった激烈さである, なかったを探り, なかった点皇帝が易々, なかった為なかむずかし, なかった為一寸した阪路, なかった為事だ為事, なかった為作は非常, なかった為大瀧叔父上の博士, なかった為真心からの愛, なかった烈しい御気性, なかった無口の内儀, なかった無実の罪, なかった無尽や保険, なかった無届で早, なかった無念の思い, なかった無機物内の微妙, なかった無残無情を眼, なかった無疵のまま, なかった無知から起った, なかった無視するという, なかった無言のやさし, なかった無論飯も, なかった無限の改善, なかった無電装置だ, なかった焦躁不安それだけの, なかったもそれ, なかった然るに山岳会の, なかった煉獄または修養場, なかった煉瓦造りの町, なかったなども立ち昇った, なかった照子を咎める, なかった熊本博士だった, なかった熱い涙が, なかったが口合い, なかった爆撃機や戦闘機, なかった父宮であったから, なかった父弾正の胸, なかった父方の親類, なかった父母の生活, なかったかな暖か, なかった片手落は本, なかった牛肉の一片, なかった物思いの加わった, なかった物理学はこの, なかった物真似は学問, なかった物蔭から一陣, なかった物見のひとり, なかった物質とはここ, なかった物質論は今や, なかった特にこの悲, なかった特別出演のあきれた, なかった特有の機械的, なかった特殊飛行は僕, なかった特種の景色, なかった犬みたいに恥ずかし, なかった犬医者に奉公, なかった犬田博士の頭脳, なかった犯罪史上の実例, なかった狂気じみた我, なかったの穴, なかった独学の苦心, なかった独特の人, なかった独自の美し, なかったを追う, なかった猛虎もこの, なかった猟師に落度, なかった猿どもがこの間, なかった獄窓にある, なかった獣肉をよく, なかった率直な生活意欲, なかった率直大胆な境地, なかった玉太郎たちの安否, なかった玉戎の話, なかった玉突きは終っ, なかった王子が三人, なかった王様が閉めた, なかった珍奇な植物, なかった珠子だった, なかった現代の可能, なかった現在までこうして, なかった現在血をわけた, なかった現実性で理解, なかった現実生活の一面, なかったはかれ, なかったは闇, なかった理学士西芳菲山人の名, なかった理科教育が今日急, なかった琵琶湖を眺め, なかった瓦斯だ, なかった生々しい恐怖が, なかった生命の慾望, なかった生徒たちの心, なかった生活方法というもの, なかった生活的な諸, なかった生活記録として世界的, なかった生涯六十何年間の血, なかった生理の知識, なかったが何さま, なかった用心ぶかさ, なかったにどじょう, なかった田舎の百姓家, なかった田舎医者は維新, なかった田舎者のひがみ, なかった由あとでなく, なかった由人間が一人前, なかった由十二時頃昼けんたいの食事, なかった由来を見つけえぬ, なかった由縁とも考え得る, なかった甲州の一族, なかった甲田伸太郎君の声, なかった男女その間に生れた, なかった男爵はその, なかった男胴太い声, なかった町内の人々, なかったをもう, なかった留守宅の人達, なかった番町の自分, なかった番頭小僧どもは七兵衛, なかった異例である, なかった異常な活力, なかった異様な感じ, なかった異種文明の勢力, なかったいで急, なかった病妻が在り, なかった病気にとりつかれ, なかった病理解剖を黒死館, なかった病間へはいった, なかった痛いという顔, なかった痛みと悪寒, なかった痛苦の物語, なかった療治代は出し, なかった発戸の小学校, なかった発見をした, なかった登山者の前, なかったのむく, なかった白いかたいご飯を, なかった白人は稀, なかった白川侯の睨み, なかった白痴が死, なかった白磁の壺, なかった白豆を袋, なかった白面二十五歳の若武者, なかった白麻の素晴らしい, なかったのこと, なかった百何十人が一人, なかった百姓町人等はさらに一層, なかった百方手を尽し, なかった皮膚の柔らか, なかったを刻ん, なかったは彼, なかった目明しの釘勘, なかった目的を代っ, なかった目的物が今度, なかった盲人に, なかった盲目の人, なかった直ちに突前し, なかった直轄の穀倉地帯, なかった相対性原理をどうにか, なかった相木熊楠が両手, なかった眉毛が眼, なかった看病疲れが出た, なかった真宗の人々, なかった真珠ですから, なかった真理の新しい, なかった真理内容が一定, なかった真空管と電池, なかった瞋恚の火むら, なかったである, なかった知人に偶然銀座, なかった知性から大人気, なかった知識人の高級, なかった石楠花の甘ずっぱい, なかった石橋氏の遺志, なかった砂ガラス粉などについて更に, なかった研究の秘密, なかった研究上の材料, なかった研究所が落成, なかった砲兵はこれ, なかった破産をし, なかった硬直発作を起し, なかった確実な歩調, なかった礼拝をする, なかった社中でも奨励, なかった社会生活の複雑, なかった社会的な危機, なかった社会的必要があった, なかった社会的風習からも来, なかった社会部面について書く, なかった社会関係そこから生じる, なかった祖先が青山監物以前, なかった祖父の昔, なかったよと云っ, なかった神々しくも艶, なかった神戸の義姉, なかった神楽坂署の佐藤司法主任石子刑事, なかった神秘的な光景, なかった神経衰弱も果し, なかった神谷がある, なかったかも知れぬ, なかった祭祀関係の遺跡, なかった福岡の淑女令夫人達, なかった福徳の神, なかった福村が気の毒, なかった秀吉の, なかった秀抜な作家, なかった私らは目, なかった私而かもまだ, なかった私自身の心, なかった私風情の人間, なかった程想像に駆られたです, なかった程新鮮無比健康にし, なかったは永久, なかった種々様々の海草共, なかった稼業ですが, なかった穀物は一切, なかった積りだ, なかった空想などは未だかつて, なかった空虚にはっと, なかったを開い, なかった窓ガラスには影絵, なかった窓際の机, なかった窪川夫妻などの執筆場面, なかった立派な世界, なかった立身出世の夢, なかった笑顔さえ作り得なかった, なかったを六体, なかった一の, なかった第三者がここ, なかったをおい, なかった筋道は相当, なかったです, なかった箇所はわかる, なかった箇条の多々, なかった算哲生存説にほぼ, なかった箱根の方, なかった箴銘の言葉, なかった米友の心持, なかった米屋のアンニャ, なかった粘液感を伴う, なかった粛然とした, なかった精神の生長, なかった精神現象の新しい, なかった精神病その他に関する心霊界, なかった精神科学方面の研究, なかった精神解剖学精神生理学精神病理学精神遺伝学なぞというもの, なかった精鋭である, なかった糟谷もにわかに, なかった糧米金銀織布, なかったな感情, なかった純性に燃えた, なかった素人風の地味, なかった素晴らしい数点の, なかった素足のままふところ手, なかった細かい素子の, なかった細川三之助がたとえ, なかった細木家というもの, なかった細民たちの無数, なかった組織的な捜査網, なかった経営者に対してたとえ, なかった結婚前の時, なかった結婚談がしかも, なかった結末に絶大, なかった結果当時の周囲, なかった結果自然会戦前兵力集結主義, なかった結果豊臣の天下, なかった結核の存在, なかった結論に到達, なかった絶代の佳人, なかった絶叫であった, なかった絶好のチャンス, なかった絶頂がまだ, なかった緊束衣もつけず, なかった兵衛でした, なかった総理大臣は細君, なかった線描の手法, なかった編輯長に豹一, なかった練習の効果, なかった繁代がこの, なかった繁栄を示した, なかった繁盛である, なかった罪ほろぼしという気持, なかった罪悪がお, なかった罪業に関する私, なかった罪滅ぼしにおれ, なかった美人もいま, なかった美奈子の身体, なかった美挙を聞き, なかった美術学校の助教授, なかった群書の渉猟, なかった群衆がまだ, なかった義兄は帰っ, なかった老人らにとってはこの, なかった老公は湯浴, なかった老翁の心, なかった者どもがこの, なかった者同志がそんな, なかった者生活の外, なかった耶蘇の教え, なかった耶馬台の国, なかった聖なる時刻の, なかった聴衆にはナンセンス, なかった職業に用いられるであろう, なかった職業自分の敢, なかったの味, なかった肉体の愛, なかったで毎晩, なかった肥後の熊本, なかったばかり凝っ, なかった胃袋というもの, なかった胡地の風俗, なかった胡弓の門, なかった胴体から意外, なかった胴巻が蹴られた, なかったの火, なかった胸像もよく, なかった能力を自分, なかった能登にとってはただ, なかった脆く美しい聰明に, なかった脚本もヤマ, なかった脳髄の不可思議, なかったに落ちない, なかった腑甲斐無しであるから, なかったが鳴り, なかったの刀, なかった腹の中が軽く, なかった腹癒せにこんな, なかった腹違いの弟, なかった臆病が露顕, なかった臨終にもだ, なかった自信のある, なかった自分自分の予期, なかった自分自身の, なかった自動車道が昨年, なかった自己の真, なかった自暴で背水, なかった自然さではた, なかった自然主義以来の作家たち, なかった自然主義的重農主義的見方, なかった自然的方法で自分, なかった自然科学者はその, なかった自由さを喜んだ, なかった自由民権時代の婦人, なかった自白を綺麗, なかった至幸至福な境遇, なかったをたどり, なかった興味が野原, なかった興録もさすが, なかった舎人がいま涌谷, なかった舞妓達がダンスホール, なかったの支度, なかったがある, なかった船中に杖, なかった船員や漁夫, なかった船員たちは動く, なかった良平いつも信乃, なかっただったかとも, なかった芋銭の, なかった芝居がある, なかった芝居好きの江戸侍藤崎, なかった芥川龍之介の三十六歳, なかった芭蕉の, なかった散里, なかった花壇の花, なかった花屋の薔薇, なかった花房一郎も十次郎, なかった花柳気分からだんだん, なかった花見客もドッ, なかった芸当をし, なかった芸能に対して自分たち自身, なかった芸術性というもの, なかった苛細冷酷な偏屈者, なかった若々しい三浦環さんが, なかった若々しく激しいものだった, なかった若き恋人同士を, なかった若くは顧みられなかった, なかった若干がある, なかった若紫のほう, なかった若者は返す返す, なかった若者たちがヨーロッパ大戦後急激, なかったりかえって, なかった苦しい圧迫などについて, なかった苦しまぎれに麓, なかった苦心の甲斐, なかった苦悩のため, なかった苦渋をにじませた, なかった苦痛を嘗めさせられた, なかった英学を幾分, なかった英語自慢の勝代, なかった茉莉の昨日今日, なかったのいくばく, なかった茶の間のたたみ, なかったや木, なかった草丈が人, なかった草稿をその, なかった草色の半纏, なかった草花が一めん, なかった草鞋も解かない, なかった草餅までも馳走, なかった菅季治氏の悲劇, なかった菊池勢のため, なかった菰だれの向う, なかったの実, なかった落伍者たる人々, なかった落合の勝重, なかった落着きにつつまれた, なかった落胆したよう, なかった落語家という世界, なかった著作上の仕事, なかったの紋, なかった蒋門神のがらがら声, なかった蒙昧時代の男, なかった蓋し死は, なかっただそう, なかった薬師岳の稜, なかった藤吉郎も鳴海, なかった藤次郎は池, なかったはたしかに, なかったのあたり, なかった藻塩やく煙, なかった蘇峰はこの間, なかった虚堂禅師の墨蹟, なかった虚栄心利己心傲慢心の三者, なかったのよう, なかった蛾次郎アッと, なかった蝙蝠だけ扉, なかった蝶吉の気, なかったの唸り, なかった蠑螺堂は修理, なかった血みどろになっ, なかった血液流通法を試みよう, なかった行動は尽く, なかった衝立が立っ, なかった衣川柳太郎は親しい, なかった表情で, なかった衷心の希望, なかったから今, なかった袋入りの物, なかった支配者らとは, なかった裁判官はどこ, なかった装飾棚などホール, なかった裏手の墳墓, なかった裏面の真相, なかったには何, なかった裸体をひどく, なかった製作的良心の盛ん, なかった製本屋も本式, なかった製造財貨の全量, なかった裾模様の着物, なかった複雑微妙な堕落, なかった西京人形と小さな, なかった西洋小間物屋西洋菓子屋西洋料理屋西洋文具店雑誌店の類, なかった西行法師をここ, なかったはただ, なかった要素です, なかった覇気闘志がみなぎっ, なかった覚王院の義観, なかった親しい者に, なかった親どもだけで, なかった親子の間, なかった親戚があっ, なかった親父もそこ, なかった親類とてほか, なかった親類たちが寄り集まっ, なかった親鸞の気持, なかった親鸞上人の人格, なかった観世音の御堂, なかった観衆はまずまず, なかった角刈頭の隈井運平, なかった言文一致体のしかも, なかった言葉尻であると, なかった計画はその, なかった記事は古い, なかった記念碑を惜しむまい, なかったではない, なかった訪問着が夜具, なかった訪問者がなかっ, なかったりでなく長大, なかった許りか予期以上の景観, なかった許りか鏡にうつし, なかった訳文の目, なかった訶和郎の妹, なかった証左ともなる, なかった証挙だと, なかった試みを加えよう, なかった試験問題の解, なかった詩人もいまだ, なかった詫びが先ず, なかった詫び心にあと, なかった語句を示す, なかった誠実を糧, なかった誤謬や欠陥, なかった課題であること, なかった諷刺の対象, なかった諸戸道雄が何故か, なかった諸流の提携, なかった諸点をその, なかった謀事がずんずん, なかった謝罪も兼ね, なかった警官が私, なかった警察庁を詰問, なかった警視総監らしい, なかった議論が当面, なかった譲吉の目, なかった讃詠を失神直前, なかった谷地温泉や蔦温泉附近, なかった豊志賀が僅か, なかった豊麗な肌, なかった豹一もいま, なかった貞丈まず逝き, なかった財産がなくなっ, なかった貧乏は彼女, なかった貧乏国ドイツに対しナチス政権確立後僅, なかった貧富の堰, なかった貨物を新た, なかったがある, なかった責めを母, なかった貴方がお, なかった貴族階級の女性, なかった貴重な肢体, なかった買収費もつい, なかった資質の価値, なかったが暁, なかったさを, なかった質的特有性を引き出せるだろう, なかった赤ん坊はますます, なかった赤児は眼, なかった赤城が山, なかった赤樫満枝, なかった赤銅色の売手, なかった越度はある, なかった越後は信濃, なかった越後家の大獄, なかった足利の中葉以後, なかっただ, なかったみ躙, なかった車中の疲れ, なかった車輪が凍てた, なかった軍人の一人, なかったはたしかに, なかった軽い親しみあるいは, なかった軽快な燕, なかった軽輩あがりや, なかった輝かしい希望に対して, なかったの寝返り, なかった輸入の知慧, なかった辛抱を今ここ, なかった辛抱づよく暇さえあれ, なかったしさ, なかった農村へ行っ, なかった農民文学のグループ, なかった農民文学会の系統, なかった近代的軍隊も一つ, なかった近接した羞, なかった近衛関白日記の全部, なかった近頃の私, なかった返事を渋った, なかった送り状とか二日前, なかった透明人間にはすっかり, なかった通り下女にも卒直, なかった通商の自由, なかった通路に強い, なかった連歌を突破, なかった進歩主義者で軍, なかった逸楽のあと, なかった遊びだが, なかった遊星があった, なかった運動も別, なかった運動競技とか音楽, なかった過渡期には背負い, なかった道具のあり, なかった道徳の太陽, なかった道徳的抑制という妨げ, なかった道理である, なかった道綱がようやく, なかったかな黄泉, なかった遠い遠い所に, なかった選手が逃げきっ, なかった遺憾さである, なかった遺物の処理, なかった遺産を残す, なかった還幸の急, なかった郎女だけれど, なかったでは私, なかった部分品や修繕, なかった部落はエタ, なかった部落民は今日, なかった郷土の産物, なかった郷里もとに二年ぶり, なかった都市であるから, なかった里人であった, なかった重大の理由, なかった重苦しいものからの, なかった重要な変化, なかった野上彌生子は一九四六年後, なかった野蛮人がたちまち, なかった金庫の中, なかった金雀枝が今度, なかったを運び, なかった鉄則に屈する, なかった鉄扉がすこし, なかった鉱毒問題もあるいは, なかった銭占屋が, なかった鋭い強い光が, なかった錯誤である, なかったがさびた, なかった鎌倉護送となっ, なかったや具足, なかったの所, なかった長い間千世子は, なかった長い長いあいだの, なかった長兄がとうとう, なかった門内に異常, なかった間お父さんが外道奴, なかった間ここに残った, なかった間ドミトリーはインガ, なかった間違いからすでに, なかった関係的いきさつが不快, なかった関子は法律上, なかった闊達な文学的雰囲気, なかった防護団員を皆殺し, なかった阿部一族の悲劇, なかった附近の犬, なかった限り一切の被, なかった限り彼は邸内, なかった限り従来の体制, なかった限り懐疑論者としては消極的, なかった陣刀や半弓, なかった陣場夫人から手紙, なかった陰影が山々, なかった陶工の名人, なかった陶製の秘本, なかった陶酔はかれ, なかった隅々が多い, なかった階級の文化, なかった隠し田のあり, なかった隣室でお, なかった隣家の娘, なかった雀斑が心, なかった雁江はそれ, なかった集団同士の間, なかった雑多な思想, なかった雑夫が二日前, なかった雑誌社がいくつ, なかった難問題である, なかった難関であった, なかった雨脚が急, なかった雨音がまた, なかった雪国の春, なかった雪子の様子, なかった雪駄の跡, なかった雰囲気をつや子, なかった雲南府も不安, なかった電磁気論はワイル, なかった電話はしまいに, なかった電車道には本郷, なかったの結晶, なかったが夕方, なかった露台の影絵, なかった露西亜の大, なかった青年たちはある, なかった青年同志のよう, なかった青年将校の行動, なかった青服の若い, なかった青花模様の上酒甕, なかった青葉の方, なかった静岡湾を始め伊勢湾あたり, なかった静穏の天国, なかった静謐を持っ, なかった人間な, なかった非力な私自身, なかったも穿い, なかった鞠子の婢, なかった音楽を人, なかった頃わたくしは此, なかった頃一人でそこ, なかった頃姫の若い, なかった頃徒歩して, なかった頃曹操という白面, なかった頃沖で魚網, なかった頃港の裏山, なかった頃率先して, なかった頃起居した, なかった頑固な心, なかった頭髪のもの, なかった頻りに牧二郎を, なかった頼朝の大声, なかった頼母しい信頼, なかったの大きな, なかった顛末だけは一応, なかった食べものまでまるでもう, なかった食事からいう, なかった食卓の潤い, なかった食堂を兼ねた, なかった養母なんで, なかったで狐狸, なかった馬どもは皆, なかった馬丁の黒助, なかった馬場信房はその, なかった馬市などに出かけ, なかった駒井の殿様, なかった駒井甚三郎の苦衷, なかった駒井能登守をこっそり, なかった駕籠の周囲, なかった騒ぎに思わず, なかった驚きが次々, なかった驚天動地の大, なかった髀肉は疼き, なかったさに, なかった高取は苦笑, なかった高地の家, なかった高山右近の心情, なかった高島が福岡, なかった高度文化の国, なかった高橋もこのごろ, なかった高麗村の次, なかった高麗王朝はやがて, なかったは今私, なかった髪飾りや帯, なかったが一面, なかった鬱憤も加え, なかった鬼仏洞の番人隊, なかった鬼気をはらんだ, なかったの積極的攻勢, なかった魔力のカフスボタン, なかった魔法の呪, なかったの倉庫業, なかったが獲れなかった, なかったがいつの間にかすぐ, なかった鳶の者と言え, なかった鶴さんがある, なかった鷹籠の網, なかった鹿島槍を再び, なかった鹿礪石のざら, なかった麗人は鳥, なかったの樹, なかった黒い喪章を, なかった黒皮革の飾紐, なかった黒船であります, なかった鼈甲緑の眼鏡, なかったがまったく, なかったAKの最大