青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「なか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ない~ ~ないだろう ないだろう~ ないで~ ~ないでしょう ~ないです ~なお なお~ なおも~ ~なか
なか~
~なかっ なかっ~ ~なかった なかった~ なかったら~ ~なかつた なかつた~ ~なかなか なかなか~ ~なから

「なか~」 24940, 240ppm, 409位

▼ なか~ (8676, 34.8%)

40 入れて, 立って 39 入って 37 あって 31 生きて 26 ある 24 坐って, 沈んで 23 あるの, いて 22 あった, あつた, 何か, 身を 21 一人の 20 出て 19 あつて, 一つの 18 いるの, 彼は, 消えて, 私の 17 姿を 16 住んで, 私は 15 寝て, 自分の 14 彼の, 隠れて 13 残って 12 いた, 棲んで, 顔を 11 あるもの, して, ゐて, 二つの, 女の, 手を, 横たわって, 眼を, 這入って 10 いる, いれて, のせて, はいった, 一種の, 倒れて, 含まれて, 彼女の 9 あると, かくれて, 乗って, 動いて, 包まれて, 於て, 浮んで, 立つて

8 [12件] あったの, かくして, くっきりと, それを, まじって, ゐる, 僕は, 入った, 持って, 落ちて, 起きて, 首を

7 [17件] あること, あるやう, すわって, どこか, なると, もぐって, ゐた, 人の, 人間が, 入れられて, 彼女を, 描いて, 次の, 死んで, 浸って, 紛れ込んで, 隠して

6 [14件] あっても, ありて, すがた, たった一つ, とびこんで, はいりました, もって, 交じって, 交って, 包んで, 根を, 目の, 自分を, 頭を

5 [45件] あったもの, あっては, あるよう, おちて, こほろぎ啼ける, これを, しまって, しゃがんで, じっとし, すべての, それらの, た, つぎの, つつまれて, でて, とけこんで, なかった, ひそんで, ほのかな, ぼんやりと, 一人で, 人間の, 伸子は, 入つて, 入れた, 咲いて, 埋めて, 巣を, 急に, 或る, 書いて, 水を, 浮いて, 浮かんで, 浸つて, 甦って, 私が, 突っ立っ, 立った, 置いて, 見えた, 静かに, 飛びこんだ, 飛び込んで, 飛込んで

4 [57件] あなたの, あります, いたの, かくれました, くつきりと, こもって, こもつて, さしこんで, しずんで, しょって, それらを, たくさんの, ただひとり, とびこみました, なって, はいりこんで, はさんで, はっきりと, ひとりの, ほの, まるで細か, われわれは, ゐるの, カムパネルラが, 一本の, 両手を, 人影が, 何が, 俯伏し, 俺は, 先生の, 入ると, 出ると, 在って, 坐つて, 埋まって, 埋もれて, 埋れて, 影を, 描かれて, 書かれて, 桜の, 母の, 汎濫し, 消えた, 混って, 渦巻いて, 潜んで, 火が, 無数の, 生れて, 目に, 置き忘れて, 育って, 落ちこんで, 見て, 足を

3 [121件] あってさえも, あなたが, ありました, あるから, あるので, ある封建的, ある物, いても, いなければ, いまは, いるよう, いるん, いろいろの, うかんで, うずまって, おさまって, かくされて, かくれた, かすかに, きこえた, さへ, さまざまな, すわりこんで, その言葉, それに, ただ一つ, たつた一人, つかって, とじこめられて, とらえられて, どこから, なにが, のっかって, はいろうと, はびこって, ひとつの, ふたりの, ふと眼, ぽつりと, わたしは, われわれの, 一き, 一条の, 不幸な, 不思議な, 乗せて, 伊那丸の, 休んで, 体を, 何の, 働いて, 僕の, 全身を, 出た, 含めて, 吸いこまれて, 埋って, 多くの, 太田は, 存在する, 家の, 家を, 寺の, 小さくなっ, 座を, 建てられて, 彼が, 彼女は, 微かに, 感じた, 投げ込んだ, 押し込まれて, 押し込んで, 放して, 文学の, 春の, 暮して, 暮らして, 本当の, 枕を, 梅の, 残して, 永遠の, 求めなければ, 流れて, 流れ込んで, 浮き出して, 消え失せて, 溶けて, 溶け込んで, 無限の, 現われて, 生えて, 生かして, 生を, 畳み込んで, 発見した, 目が, 真実を, 眠って, 眠つてゐる, 紛れこんで, 紛れて, 肩を, 腕を, 自分も, 自己を, 若い娘, 落ち込んで, 蘇って, 見えて, 見え隠れし, 見た, 誰が, 赤い血, 降りて, 隠されて, 雑って, 風の, 飛びこんで, 鮮やかに

2 [511件 抜粋] あたしの, あったよう, あったん, あなたを, あり, ありし金魚緋鯉なんど, ありながら, あり彼, あるうち, あるか, あるはず, ある三つ, ある不, ある僕, ある弱点, ある気持, ある種の, ある遠い, いくつかの, いたこと, いたので, いつまでも, いと高く, いました, います, いること, いると, いるとき, いるはず, いるほう, いる人間, いる感じ, いる自分, いれそれ, いれられて, いろいろな, うごいて, おかれて, おさめて, おしこめられて, おちたの, おはいり, おぼれて, お前の, お前は, お増, お島, お石, お角, かくしました, かすかな, かれの, きたないところ, きて, こういうこと, こめられて, これは, これまでの, ころがされて, こんなこと, こんなの, こんなもの, こんな言葉, さすらって, さっきの, さらしクシザシ, しまいました, しみじみと, しょった長い, ずるずると, そういうす, そしてその, その人, その内廊, その家, その少女, それが, それぞれの, それだけが, それと, たおれて, ただひとつ, たって, たつた一人機嫌, たつて, たてかけて, ちやんと, ちらちらし, ちらと, ぢつと, つ, つぎつぎに, つぶやきながら, つめて, つらぬかれて, とけて, とじ籠って, とびこんだ, とびのりました, とらへ, とりわけ神経質, どうかする, どうして女, どうどうと, どうにかし, どんなすぐれた, どんなもの, ながながと, なくては, なくなると, なにかの, なんの, にげこんで, にげ入りつ, のこって, のっかりました, のって, はいりこみました, はいりますと, はいり込んで, はこんで, ばらばらに, ひたって, ふき出した火成岩, ふくまれて, ふしぎな, ふと海豚叢書, ふと目, ふるきり, ふるへて, ふる霧, へんに, ほうりこんで, ほかの, ほろほろと, ほんのりと, ぼくの, ぼんやり睡り込ん, ぽつりぽつりと, ぽんと, まぎれこみ私たち, まぎれこんで, まぎれて, まぎれ込んで, まじつて, またがって, まだ消え失せ, まっくろな, まっ白な, まばゆいばかりの, むかしも, めぐって, もう一つ, もぐつて, もぐりこみました, もぐりこんで, もぐりました, もぐり込んだ, もぐり込んで, ものの, よみがえって, わずかに, わずかの, わたしを, ゐなかつた, ゐながら, ゐるやう, カチッカチッと, キチンと, キラキラと, ギシギシと, チラチラと, ニューッと, パリの, ピカッと, フツと, マキノさんも, ロシアの, 一つだけ, 一人きりで, 一人でも, 一人も, 一切が, 一挙に, 一点の, 一番多く, 一粒の, 一緒に, 三味を, 並べて, 並んで, 乗っかって, 二人か, 二寸ばかり, 云われて, 人が, 人間は, 仄白く, 今まで, 仕切られたる円形, 他の, 仰向けに, 伊作の, 伊勢の, 伏せた, 佇みながら, 佇んで, 低い低いしかし, 低声, 住みながら, 住んでも, 何かの, 何かを, 何も, 何ものかを, 何を, 何処か, 何度と, 作者の, 僅かに, 僕たちが, 僕を, 光の, 入りて, 入るるが, 入れました, 入れられた, 入れると, 再びその, 出して, 分け入って, 初日影花やかに, 刻みつけられて, 割つて, 加へ, 加わって, 動くの, 十分に, 半七, 半身を, 卵を, 吃驚する, 向かい合って, 君が, 吸ひ込まれ, 吸込まれて, 呑みこまれて, 呼吸する, 問題が, 嘆きを, 坊主頭を, 坐して, 埋まりながら, 埋めた, 埋められて, 埋められること, 埋もれながら, 変な, 大きな荷, 大ぜ, 大の, 大切な, 大小の, 太閤様の, 奇妙な, 奥深くおちいり, 婦人の, 子供の, 完全に, 客観的な, 宿して, 寝たり, 封じこんで, 尊き像, 小さな皺, 小用に, 少しずつ, 展開される, 巻きこまれて, 巻き込まれて, 帰って, 幸福を, 幽かに, 幾人かの, 庸三は, 引きずり込んで, 強みの, 当人の, 形づくられて, 彼と, 彼らの, 彼女が, 徒らに, 心を, 忍んで, 感じて, 手足を, 投げこまれて, 投り込ん, 投り込んでしまつた, 拡げて, 挟んで, 振り落されて, 捲き込まれて, 揉まれて, 揺らぐ破片, 摂取し, 数しれず, 数へ, 数本の, 日本の, 日毎に, 日蔭や, 書いた, 最も痛ましい, 朦朧と, 村井は, 東北の, 根本的な, 桐の, 棲息し, 横に, 横倒れ, 樹木や, 死にわめく人間, 残されて, 残っては, 殘つてゐる, 母と, 汗は, 江戸の, 泊めて, 流れ神経, 浮きあがって, 浮んだ, 浮動し, 浸み, 消え去ると, 涙が, 深々と, 深く根, 清元の, 渦を, 湯の, 溶けこみ彼, 溶けこんで, 溺れて, 滑り墜ちるもの, 漂って, 漂は, 潜り込んで, 澱んだ水かげ, 火見, 灼きつけられて, 焔が, 無造作に, 父や, 爺さんは, 物の, 犬が, 犬の, 独自の, 現はれ, 現実を, 生い立って, 生きたその, 生き残りの, 産れた, 用意し, 異様な, 異樣, 発見するであろう, 白い粉, 白地の, 白百合の, 目を, 真実が, 眼鏡を, 瞳を, 知性を, 祀られて, 私たちの, 秘められて, 積んで, 突き出て, 突つ立つ, 突立っ, 立ち, 立ちあがって, 立ちつくして, 立ち交じって, 立ち交って, 立つ岩, 立去つて, 立川一郎は, 箸を, 簾し, 納まって, 納まつ, 純一無雑に, 紛れ失せて, 素足で, 組立てはじめた, 絶えず淡, 緑と, 織りこまれて, 置かれて, 置き忘れられたやう, 育つて, 臥て, 自分が, 自分たちの, 自分で, 自分と, 自分自身を, 自動車を, 自然と, 芝居土用やすみの, 芭蕉翁は, 花の, 苦しむこと, 茶人ほど, 菌も, 落ちるの, 薄白く, 蝋燭を, 融けこんで, 蠢いて, 裁縫などを, 西洋館の, 見える, 見え始めた故国日本, 見たの, 見るの, 見わけた途端, 見出された, 見出されるもの, 見出した, 解消し, 記されて, 許して, 詰めて, 語られて, 誰ひとり声を, 赤く錆びた, 起きあがって, 起されると, 踊り子の, 身体を, 転げ落ちた, 転げ落ちて, 輝いて, 追いこんで, 送って, 逃げこんで, 透かして, 透明に, 途方に, 這入つて, 這入つて行, 這入りこんで, 道を, 野性の, 金の, 金色の, 銀河の, 門を, 閃いて, 閃く永遠, 閉じこもって, 閉じ籠って, 閉ぢこもつ, 開かれたもの, 陀羅尼を, 隠れむとす, 隠れる, 隱し, 隱れ, 非常に, 靴を, 音を, 響いて, 頬張ること, 顫え, 風呂へ, 飛びこむこと, 飛んで, 飛躍も, 飾られて, 養って, 首まで, 馬が, 馬を, 駿介は, 鳴りひびいて, 鹿が, 黒, 黒い影, 黙って, 龍頭が

1 [5586件 抜粋] あいつが, あざやかに, あったべつ, あつたとい, あの旧司令官, あらはれ木立, ありそして, あるいはそれ, あるでは, あるわ, ある不思議, ある古めかしい, ある宮廷人, ある情景, ある月, ある種, ある言葉, ある風, いい女らしさ, いくつか, いたけれども, いた少女, いっしょにすんでいっしょにすすむ人人, いつの間にか鱗, いぶかしきもの, いらしたに, いるからじゃ, いるより, いる子供たち, いれたまま, うかぶよう, うしろむきに, うっすらと, うつつて, うろついて, おくという, おしこんだ, おっこちそう, おのずから出来る, おられましたか, お喜乃, お澄しな, かえって深い, かくした独逸女, かけこんで, かなりはっきりと, かれはかれのいた遠い, ききながら, きょうもはや, くくりつけたの, くるまされて, こういう話, ことぎれて, この光景, この店, この神変夢想流, この間うちの, こめられた指頭花, ころが, こんなにビマン, ごちや, さきいでる, さっきわたしの, さらされるの, しかも鐸鈴, しだれ込まれなければ, しのびこみ箱, しみこんで, しら玉ひびきし, じっと無心, すぐには, すつかり, すべりこんで, ずんずんはいっ, そこだけ, そのいみ, その主張, その少年たち, その本, その研究, その革命思想, そんな怪事, たしかに大, ただよって, たちはだかる月下香, たとへ, たれか, だね, ちゃんとしまっ, ちらば, つきて, つたわり一方, つと声, つめられて, ですか, ところどころに, とびあがること, とりかこまれたよう, どうしてこんな, どこからとも, どれだけの, どんな小さな事柄, ないん, なぜあ, なにかキラッ, なんか頭, ねかした, のせました, はいったばかり, はいりこみそれ, はいり歌いつつ, はこびこませて, はっきり浮出し, はらまれて, ひしめく人, ひっこんで, ひとりぐらい, ひとり坐つ, ひとり頭目と, ひらく, ふかくつきこみ, ふた声三声, ふみしだかれた雪みち, ぶらさがって, ほと, ぼつぼつと, ぽつねんと水漬い, まぎれこんだつもり, またこういう, まだ残つて, まどろめば, まれに, みなぎった, むしろ却つて文化運動, めざめつよい, もう一通同封, もぐりこんだり, もっと暗い, もはやとりこ, やがてグウグウ, ゆうれい, よくわかった, よろぼひに, わずかには, ゐたさ, ゐるもの, ゐる遣瀬, ウマヅラハギという, カトリーナ・ヴァン・タッセルという, クマの, ゴロリと, ジャックでは, セルマ・ラゲルレフ夫人さえ, デコレイシヨンケーキが, ヌッと, ピカツと, ブウジイを, ホテルについて, マンドリンの, ライオンや, 一きわ背も, 一ノ関さまの, 一人とり, 一人年ちゃんという, 一切を, 一度ふとした, 一片の, 一葉の, 一際優美, 三びき大, 三津子さんの, 下賤, 不知不, 中国が, 主人と, 乗せるが, 乱れとんだ, 二人だけが, 二行に, 五宗の, 京なまりの, 人形の, 人間として, 今より, 仏印に, 他家から, 伏せてさえ, 伸子の, 住ひする, 住むもの, 佐倉炭の, 何とたのし, 何事か, 作り出し場合, 例の, 俯伏した, 倒れた, 偶然写真ながら, 優美な, 先刻の, 光り, 入つた, 入りながら, 入ること, 入れたこと, 入れるべき真, 全精力, 共通に, 内殿の, 冷たい体, 凝視むる小さな, 出るとき, 分けて, 別に, 前に, 加えたの, 動かない人間, 匂つ, 化粧を, 十分活かされ, 半分毀れかかった, 原形質, 反映させ, 収われ, 取入れて, 古い寺, 可能を, 吊橋を, 向い合って, 含まれると, 吸引し, 呑みこまれる, 呼吸し, 咲きいでるま, 唯った, 啼く声, 嘘が, 四十あまりの, 固まつて, 在るので, 坐ったまま, 埋まるよう, 堀盛という, 墨絵で, 多くなる, 大きい一つ, 大きな星, 大声で, 大騒ぎさ, 太宰の, 奇しい, 女中や, 妙に, 娘らしい憧れ, 孕みだして, 安ん, 定さんは, 室生犀星が, 寄生虫が, 寝そべッ, 寢床を, 封じ込められて, 小さい白い影, 小さな頭, 小菊が, 少年の, 居たら面白い, 山や, 峙立った, 巣くつて, 差し向いに, 常に和解, 年造が, 幾つかの, 広津和郎が, 廊下を, 引きいれて, 引っこむ, 張りつめて, 当然ゴーリキイ, 彼方に, 往来を, 御身の, 心ち, 忍び込んで, 怖かつ, 思ひうかべて, 恋情の, 息を, 悲しい諦らめ, 愉しくひそみつ, 感じても, 慥か, 成長しはじめ, 或もの, 戻ると, 投げこまれあるいは, 投り出し, 抱くよう, 押しこめ見おろそうと, 押込んで, 持ち運び障子, 捜して, 捲き込まれたまま, 掬って, 描き出された, 握りしめられて, 支那人の, 政治的社会的な, 数えられる日, 敵の, 文展で, 新しい桶, 新富座の, 於ても, 日ごろから, 昌幸は, 昔下宿を, 昨日の, 時間の, 暗い思想, 曲りなりにも, 書き生かされて, 最大の, 朝顔が, 未だ二十三四, 杉村は, 東大寺の, 某という, 桜島がたふれ, 棲んでるもの, 様々の, 横たわり大衆, 欠けたものの, 止まりました, 歩みかつ, 死んだやう, 残つ, 母親は, 氣ままに, 求めて, 決意めいた, 沈めて, 没したと, 没入させる, 泛び出ず, 泳ぎ迷って, 流されて, 流布し, 浮かび出たの, 浮びあがって, 浮ぶ美しい, 浸す, 浸んだ水, 消え去つてしまつて, 淋しく沈んだ, 深い足跡, 混沌の, 温ためよう, 満々たる, 溜息が, 溶け音, 滲み出て, 漬かって, 澄んで, 炎の, 無味乾操な, 無限地獄という, 煙筒を, 煮売屋, 燈火が, 片ひざ, 特に俳句, 狂的な, 猿や, 珠数が, 理解が, 生かそうと, 生き残つた男, 生まれました, 生命を, 甦えるの, 男ものの, 畳み入るべく, 病気の, 発見されない, 白い枯草, 白く浮い, 白鳥も, 目ざましい働き, 眇めるやう, 眠った, 眼覚むる様な, 知也の, 砂金捜し, 磨きたてた黄金, 神に, 私生活の, 移植されたる, 穴あるごとく, 突き上げるなんて, 突然ゲエテ, 窪川という, 立ちまじるも, 立つ, 立てこもること, 立止っ, 笑みかは, 籠って, 糸屑の, 紛れ込ませて, 素速く, 組む者, 絶えず我が, 縊られ, 織り込んでといふ, 置きわすれられて, 美しく黄ばんだ, 羽を, 聞いたこと, 聳えたる峰, 育つたので, 腰を, 自づと, 自分という, 自由に, 舟を, 芝居の, 若々しい丸顔, 苦しむ神, 茶色の, 華々しく復活, 落ちたの, 落付く, 蓄積され, 薄葉を, 蘇る, 蝋の, 蟠る闇, 行われたの, 裾を, 見えかくれし, 見える井戸, 見た刹那, 見るもの, 見出される古い, 見出す幸福, 親しみぶかい, 解けこんで, 記入し, 詩人批評家ジャーナリストの, 誘った, 誰とも, 警句と, 貧乏な, 赤く光る, 走りこんだ, 起つたこと, 趣きが, 踏みこむこと, 蹲踞んで, 車一台の, 載せない棚, 近づいて, 追いながら, 逆様に, 這入らう, 通学し, 運び入れた人, 遠い幕末, 遺骨が, 采配を, 金で, 金髪の, 鋭い光, 鏡の, 門人茂質と, 閉じ籠らねば, 開いて, 降ろした, 隅の, 隠れたかと, 隠れ雨, 雌雄並ん, 雨雲が, 青い火, 静江の, 音耀けり, 頼りない, 飛び込みは, 食ひ込ませ, 香の, 駒を, 高居した, 魂まで, 鳴いて, 麥藁帽子をか, 黄金の, 黒い頭, 黒輝石の

▼ なか~ (4430, 17.8%)

27 私は 25 彼は 18 呟いた, 自分の 16 思った, 生きて 15 私の 14 何か 13 云った, 彼の, 眼を 12 女の 11 考えて 9 叫んだ 8 伸子は, 或る, 死んで 7 つぶやいた, 一つの, 暮して, 目を 6 あつた, それが, 一人の, 働いて, 呟いて, 彼女は, 彼等は, 私が, 静かに

5 [14件] こんなこと, それを, ひそかに, わたくしは, わたしの, 僕は, 夢を, 彼に, 息を, 母の, 泣いて, 男の, 眠って, 繰り返して

4 [25件] いろいろの, これは, すべての, その女, つぶやいて, なにを, わたしは, 人々は, 僕の, 呟やいた, 女が, 思つた, 次の, 気の, 発見された, 相手を, 笑った, 答えた, 自分が, 自分に, 自分を, 誰か, 身を, 顔を, 首を

3 [69件] あなたが, あなたの, いった, いつまでも, うっとりと, うつらうつらと, お前の, かれは, かれら, この手紙, この男, それは, そんなこと, ただひとり, どれが, ぼくは, もう一人, ゆき子は, コオロギが, 一種の, 一羽の, 不意に, 世界の, 二人は, 云って, 人の, 仕事を, 何かが, 何が, 何を, 俺は, 僕に, 叫びながら, 呟きながら, 命を, 唯ひとり, 多くの, 大声で, 女は, 婦人の, 彼と, 彼を, 彼女が, 彼女の, 思いながら, 感じて, 日本の, 暮らして, 最も有名, 最も深く, 泳いで, 燃えて, 独特な, 独語を, 祈った, 私たちは, 笑いながら, 繰返して, 考へた, 耳を, 聞いて, 聴いて, 腰を, 膝を, 舌打ちした, 著者は, 言った, 誰かの, 金を

2 [256件] あたしと, あたりを, いくつかの, いちばんえらく, いちばんばかで, いちばんよい, いちばん高い, いって, いまやつと書き, うぐいすだの, うなずいた, うめく僕, おまえと, お互いに, かすかに, からだを, かれ一人, がつがつと, きいて, きこえて, きこえる僕, くり返して, ぐるぐると, ここに, この二人, この作品, この家, これを, こんな事, さう思ひました, さけびました, さまざまな, じつにおもしろ, すでに世間的, そういった, そうも, そう叫んだ, そう呟いた, そう思った, そう考えた, そっと呟いた, そのよう, その声, その男, その言葉, それぞれの, そんな話, た, ただ一つ, たったひとり, たれかが, だれが, だれよりも, ちらと, つぶやきながら, ともかくも, どこかの, どのよう, どの隣人, どんなこと, どんな刺繍, なされて, なにより, なりひびく夜, ひいさま, ひとつに, ひやひやし, ほほえんだ, ほんとうに, またもう, もって, やや異色, よかったら, よくは, よく彼, わずかに, わたくしの, わらいました, われわれは, オリヴィエは, グレゴール, ジャンは, マッチを, 一人で, 一番多い, 一番大きな, 一般の, 三人の, 三人は, 下へ, 九鬼が, 亀は, 二つの, 二人の, 二枚の, 人びとは, 人を, 人間の, 何かに, 何かの, 何かを, 何の, 何等かの, 作りあげる, 作者が, 例えば, 例の, 僕を, 先ず栗, 光の, 分裂し, 南側の, 博士の, 叫んで, 叮嚀に, 可なり, 呟くやう, 呪文を, 呻いた, 呼びかけた, 圓太郎は, 変って, 変らずに, 多計代, 夜が, 大石先生は, 大風に, 夫の, 女と, 妻は, 姉の, 娘が, 子どもの, 容易に, 富岡は, 寝る, 寝返りを, 寢る, 尊氏は, 小声で, 小鳥の, 少年は, 席入りの, 座間は, 康子は, 弟を, 彼が, 彼らの, 待って, 得意顔を, 微かに, 忍び音に, 思ひながら, 思わず母, 怪しい娘, 愉しん, 成長させ, 成長し, 戦死し, 戯れて, 手さぐりし, 押つぶされ, 指摘した, 揺れうごいた, 揺れ返る, 文学の, 明晰で, 暮らすこと, 暴れて, 書いて, 最も強い, 最も眼, 最も私, 最後まで, 有名な, 朽ちて, 果物を, 桃湯は, 比べて, 水を, 水銀を, 永遠に, 汗を, 渦に, 演ぜられた, 潮風の, 物を, 犬の, 狐の, 王女は, 甕から, 生活し, 男と, 目立って, 相も, 相手に, 眼が, 破裂した, 私を, 突然に, 立派な, 第一, 精神を, 絶望的に, 綺麗な, 繰り返した, 繰り返し始めたの, 繰返されて, 罵った, 聖母を, 肩あげ, 育って, 自分たちの, 自分は, 自動車の, 自然と, 自然に, 舌打ちを, 色々の, 若々しく興奮, 苦しむもの, 荷物を, 莨を, 薬局生の, 蛙の, 行は, 見ひらいて, 言って, 言つたのである, 計算し, 話して, 語って, 誰が, 誰も, 謡曲でも, 足の, 踊って, 述べた, 追求しました, 遊んで, 過ごした, 道に, 遠く離れた, 遽しいお, 酒を, 鉄瓶や, 銀の, 闘って, 非常に, 頷いたらしかつ, 食べるの, 食事を, 鳴りひびきだす, 鳴りひびく鈴, 鶏が, 黙って

1 [3215件 抜粋] あいつらは, あくどい色, あっとさけんだ, あの, あの快活, あの辺, あるか, あわてたもの, いかなる変化, いざこざしとる, いちばんかしこい, いちばんよかっ, いちばん名誉の, いちばん幸福な, いちばん末の, いちばん肥満し, いちめんに, いつか成人し, いつも微笑, いままでに, いろいろと, うしろから, うつくしい王子, うぬぼれか, うれしさ, おこりつつ, おてい, おまえさんの, おゆう, お互, お定さん, お正月だけは, お絹, かすかな, からくも, がんがんする, きびん, きわ立って, くっきりと, くらすやう, くるくる回りだし, こういう問題, こう呼びかけた, こころ行く, このパイプ, この倫敦発横浜行きNYK, この女, この花つくり, これから四, ころげて, ごく緩やか, さう, さけんだ, さはいで, ざらざら変, しきりに小説, しばらく折竹, じき死ん, じっと透かし, すぐに, すでに冷めたく, すりかえたと, せっせと雪駄, そういう立場, そう云った, そう思ったらしかった, そう顎, そして偶然, そっと囁いた, そのとき, その全裸, その女性, その時, その照明, その訪問客, その頃彼女, それに, ぞっと冷水, ただお, たつた一人, だった, ちゃんと眼, ちょっとした色っぽい, ぢき死んで, つぶやいたらしかった, つらい思, ときどき木の根もと, とくに思惟, とにかく強迫観念, とんび岩は, どうも一緒, どっちも, どんなにざんねんがった, どんなに震盪, どんな深い, なおハイネ, なぜあの, なにか異常, なにやらぶつぶつつぶやき, なんにも音, にょろにょろ這い出され, のび, はさほど, はっきりとは, ばかばかしい事柄, ぱっとぶつかっ, ひときわ目立つ, ひとりいちばん年下の, ひとりでも, ひばりが, ひらめいた, ぴちぴちし, ふつうおこなわれる, ふと思い出した, ふるえました, ぶっ倒れ, ほっそりした, ほんとに歌舞伎, ぼんやり戸惑つて, ぽんと, まず辰子, また啼いた, まだその, まとめあげられたもの, まるで古, みた現代日本文学, むしろ例, もうはずされ, もう遅い, もぐもぐかみ, もっともいや, もっとも堅固, もっとも猛烈, ものすごくわるいこと, やがて眼, やはり, やるよう, よいお, ようやく聞き取れる, よその, より自然発生, わざと激しく, わたしたち女の子は, われわれに, アルカリ元素とか, エセックスは, カナリヤが, ガサガサいう, クリスチャンと, コトエと, シクシク泣い, ジャガイモを, スられて, チェッと, チンチンと, ドロシーダ小母さんの, ネクタイなどの, ビールを, ブツブツいっ, ベートーヴェンと, マヌエラだけを, ユリの, リヴィングストーンと, ロジェル・エ・ギャレは, 一つ一つ確認され, 一ばん年嵩の, 一人ごとを, 一同は, 一心に読ん, 一生懸命に, 一番利口だ, 一番富裕らしく着込んだ, 一番有名な, 一番美し, 一番高尚な, 一羽が, 一部始終を, 丁度と, 三升の, 上代には, 不快に, 与太郎や, 丹後村無宿の, 主張されます, 事を, 云いそれから, 互に助けあひ慰めあひ, 井伊氏と, 人に, 人生への, 人間ばかりが, 今までに, 今日まで, 仔牛や, 以上の, 伊賀の, 伯爵の, 低い声, 何という, 何やら衣, 何年も, 何者かの, 使うため, 俺たちは, 傷ついた獣, 働く個人, 元素の, 先生の, 光秀の, 八六調十四行を, 共に遊ん, 内省へ, 冷やかに, 出会うこと, 出資者たちは, 分量から, 別にひとつ, 前後に, 労働者階級を, 勘定しはじめた, 北浦の, 十八語ばかりの, 千人分の, 卒中でぶッくらけ, 占筮の, 友人藤澤清造の, 反芻し, 口から, 古タオル, 叫ぶ, 合點づいた, 君の, 呟き, 呟やい, 呶鳴っ, 呼びかけながら, 和地の, 唄って, 唯一人しか, 喘いで, 噛みつぶして, 四ツン, 因業な, 土井勘右衛門は, 坊っちゃんの, 塞耳維対土耳其の, 声を, 外出着を, 多勢の, 夢だ, 大きくなりました, 大きな目, 大先生, 大将らしい, 天上を, 夫, 女性の, 妖しい夢幻, 始めて密か, 婦人帽の, 子供を, 学生は, 安心立命を, 実例を, 室生さんは, 寝苦しい体, 将棊倒, 小さくない, 小利口な, 小説的現実と, 少し怪しみ, 屋根を, 山鳩でも, 左膳からっぽの, 市丸太夫という, 常住芝居を, 平等という, 幻覚とも, 幾時間か, 廻転し, 弥兵衛に, 当時三十五歳だった, 彼らは, 往き来し, 得手勝手な, 微笑を, 心持よく, 忘れること, 思いがけない今, 思い描いて, 思ったよ, 思ふさま懊惱呻吟, 性質の, 恋人を, 悠二郎が, 惨澹たる, 感じたん, 慥かに, 懸命に, 或は脱落, 戯曲が, 手の, 手風琴だの, 抵抗が, 拍子を, 持つて, 捧げ持って, 探して, 揉まれほぐされ吟味, 揺れて, 支えられること, 故国からの, 数人の, 文化は, 文章を, 新らしい, 既に, 早くどちら, 明日の, 春を, 時々ば, 時の, 暖かい間, 暫くじっとし, 暮した, 更に一層焦立たしいよう, 書き続けた, 最も光, 最も安全, 最も目, 最も重要, 最後の, 朝野光男の, 本当に日本, 果してどれ, 桃色の, 楽しさ, 横に, 次第に変貌, 正體, 死んだお前, 殉死の, 殺人は, 毒をでも, 気がついたの, 氣持ち, 求められて, 決して過去, 河合屋芸妓の, 法科万能を, 注ぎきられたのと, 活動し, 浮いて, 消えて, 消極的に, 混ぜて, 渓川の, 湯気を, 溶けるよう, 漁師らしい, 火が, 焚いた, 然るべく, 焼け残って, 煮られて, 燃えるよう, 爆雷と, 牝鹿の, 特にレミュ, 特殊なある, 犇めいて, 独りつぶやい, 独善的である, 猪口の, 玉葱を, 現在は, 甘えると, 生きようと, 生れる文学, 甦つて, 甲斐が, 男女同権の, 番號を, 疲れて, 病気に, 発達する, 百も, 益々独裁, 直径三四寸の, 眞面目に, 真珠の, 眠りだすの, 着替へ, 瞬間蟹江は, 知りあい六郎兵衛の, 石炭が, 碁を, 祈つた, 私たちの, 私自身から, 穴山梅雪入道は, 突きとばしたり, 窓の, 竜太郎それ自身まで, 笑った大, 答えて, 糊に, 素子だけ, 組み伏せられた, 結んでから, 絵具が, 網を, 繃帯を, 罵ったとき, 美しく燃え狂っ, 義足をは, 考えた友達, 考えるそういう, 考へました, 聞いたの, 聞こえるもの, 肌の, 育った, 育つた男, 胃部に, 脹れあがった唇, 自分で, 自国を, 自然主義の, 興味ふかく, 色いろ母, 芝居としては, 花子だけは, 芸者の, 若旦那と, 英字新聞を, 草を, 荼毘に, 葛藤し, 薄気味の, 藤田家だけは, 蜜蜂が, 血でも, 行なわれたとでも, 行李三つに, 見えて, 見た桃割, 見られようとは, 見出すの, 視覚を通じての, 解いて, 言うの, 訊いて, 試され鍛えられつつ, 話し声が, 語られる言葉, 読んだ藤村文学読本, 誰よりも, 謝ったり, 讀んだので, 貞吉だけは, 賢者スペンサー翁をと, 赤蛙に, 起ること, 跳ね廻わる, 身分相応の, 軋んだり, 轉輾し, 近頃繰返し, 迷い歩いて, 透かして, 進んで, 遊ぼう, 適当な, 都々逸の, 醜いもの, 重立って, 金持ちの, 鈴虫が, 錠の, 長三郎に, 閃いた, 防材を, 際立って, 雨音かと, 霊体の, 青春という, 面白いの, 鞍の, 頭を, 顔かたちは, 顫へ, 飢えを, 首領は, 高い山, 高等教育もうけ, 鳴いて, 鴉の, 黒い眼, 黒焦げの

▼ なか~ (1888, 7.6%)

30 一人が 9 一つの, 一人は 7 ものは, ものを, 女の, 私の 6 ひとりが, ように, 男は, 自分の, 道を 5 ものが, 一人だった, 一人を, 人物の, 様子を 4 かがんだ人, 一つに, 一人, 一人と, 吊籠, 爽やかな, 物を, 聖母の, 誰かが, 顔は

3 [20件] あるもの, いちばん大きい, ことです, ことは, ことを, すべての, ほかの, 一つが, 一人であった, 一羽が, 一軒の, 事である, 二人の, 人の, 他の, 或る, 楡の, 沼の, 物が, 荷物を

2 [127件] ある人々, ある部分, いたるところ, ことだ, ことで, ことである, すきとおったコブ, ただ一つ, だがだらだら, どこかが, どこかで, どこかに, どの一篇, どれか, ひとたちは, ふたりは, ものと, ものに, やう, ようすが, ようすを, よかった, りっぱな, わかき新芽の, わたしの, クリームを, スタヴローギンの, ヂキタリス, 一つなり, 一つは, 一人である, 一句である, 一室を, 一市民が, 一本は, 一枚の, 一節である, 一羽の, 一首に, 上で, 上の, 不可解な, 不思議な, 二人が, 井部李花君に, 人, 人に, 人物は, 人達を, 低い山, 何といふ, 傑作を, 光景が, 出来事な, 出来事に, 別な, 南に, 単純な, 喬は, 壮年の, 夢, 大路を, 太陽だ, 女は, 妾の, 宝石を, 家へ, 小さな四人, 小みち, 小林君は, 少年な, 岩に, 工合が, 彼女に, 彼女の, 教会堂, 方へ, 暖かさ, 木の, 楓の, 榮え, 様子は, 歌声の, 歯車の, 水田の, 浮草は, 海の, 深き二人, 温泉の, 熱い蒸気, 牡丹の, 物は, 特異な, 男であった, 男の, 目高さへ, 眼を, 石に, 石の, 秘密を, 種を, 空地の, 空気が, 空気を, 第二, 粟が, 紅なる, 素足の, 群衆, 者は, 苦しいもの, 藻掻き, 血が, 誰かと, 誰かに, 誰も, 路に, 路には, 路を, 逍遙に, 金が, 陳列戸棚を, 雀こ欲うし, 雨の, 雲に, 風, 食堂で

1 [1403件 抜粋] あかりは, あの刺す, あらゆる事象, あらゆる木, ある他, ある波長, いい友だち, いかにも寒々, いくらか, いちいちの, いちばんよい, いちばん離れた, いろんなこと, うぐいすと, うれしさ, おのずからなる, お光, お年よりの, お茶の水わきを, お通, お高祖頭巾, かの, かれを, きたない虫, くもの, けしきが, ことであった, ことな, ことなどは, ことの, ことよりも, この場所, この豪雨, こほろぎは, これこれの, さまざまな, しかけと, しづけさ, しろい花ざかり, すこしばかりの, すべてです, そういうもの, そのまた, その子供, その空想, そよ風に, ただ一人が, たつた, ちょうど兵隊, つまった花瓶, できごと, と比べ, どっちに, どの範疇, どれ一つも, どんな名誉, なにかの, にくしみ, ねじを, はほんとう, ひときわ大きな, ひとつだ, ひとり, ひとりぽ, ひなた, ぴかぴかする, ふっくらした, ほとんど何, ぽたりぽたりと, まっかなく, むなしいもの, めぐし子, もっとも大, ものすべてが, もの寂しい, も消え, やさしい目, よいこと, よい生徒たち, ようでし, ような褪せた, よくなった, より大きな, わずかに, アリサは, ウォタアルウの, エゴイズムの, オブロンスキーが, カンバスを, ガンダーラの, キリーロフの, グレートヘンが, コブの, ジノーヴィー・ボリースィチは, ジュウル・ロマンは, チロルの, ドリュック夫人, ヒュッテの, ページが, マッチまで, ライムを, ワタを, 一つ, 一つである, 一ばんおもしろい, 一ぽん, 一三二号, 一人か, 一人として, 一人の, 一件と, 一例に, 一冊を, 一匹が, 一句を, 一寸した, 一情景か, 一時か, 一時二時と, 一束を, 一滴の, 一点景人物として, 一番出来の, 一種だ, 一篇, 一軒から, 一軒家, 一軒家だ, 一部でしか, 一隻が, 万年筆が, 三人ほどを, 三名を, 三軒の, 不具者とも, 不安について, 不感症的存在よりは, 世間に, 主人が, 九十何人という, 乾雲を, 事でございました, 事なれ, 事務組織の, 二つが, 二三は, 二人は, 二十面相の, 二時か, 二時だった, 二時頃に, 五十円, 人々の, 人いきれが, 人たちも, 人人は, 人物だった, 人間たる, 人間を, 什器類にとり, 仔猿の, 仕事の, 仕事場で, 仕掛けは, 代表的の, 伎楽の, 低いコンクリート塀, 住居に, 何か, 何処に, 作家としての, 例の, 俳優か, 僅かばかりを, 光は, 入れぐあいなどを僕, 八ツ, 兵たちは, 内部燃焼を, 凡ての, 出来事は, 切れ長の, 別館を, 制動の, 動きであり, 動揺には, 匂いが, 北斗七星の, 十二時ごろやっと, 十二時頃から, 千人か, 千吉が, 半意識, 卑近な, 卷紙も, 友情を, 口に, 古い書籍, 古塚, 可いお, 吉奈温泉から, 呟きの, 品物が, 哲造の, 問題の, 喧嘩は, 噂に, 四番めに, 土耳古, 地図が, 城で, 塀の, 塵に, 墓から, 声, 夏の, 多くの, 夢の, 大きな, 大人の, 大昇降機, 大火鉢, 天母人の, 太子が, 夾竹桃は, 女でも, 女も, 女主人公ひろ子, 女性に, 妹の, 姿なり, 娑婆での, 婦女を, 子規舊蘆之, 孤独な, 学問の, 宇治川の, 宝物を, 客たちは, 害物か, 家の, 寂しい路, 寒風に, 寺院の, 小さい女, 小さい鰻, 小さな二つ, 小さな島, 小さな沼, 小信, 小幡民部や, 小径に, 小房主にも, 小球状水銀, 小道を, 少女の, 少年が, 屍体の, 屑じゃ, 岩から, 岩組みに, 島なる, 嶋にも, 巨大な, 常磐木に, 平野に, 年長者から, 幻とでも, 幾人かが, 広告の, 広間が, 床几に, 建物の, 引っこんだ, 彼に, 彼らめいめいの, 彼岸に, 後ろめたさ, 微風, 恰好の, 悪趣味, 悲運な, 想像に, 愚人, 愛の, 憧憬が, 或レストオラン, 或時ライオン, 所どころに, 抽出は, 掃除だけ, 支隊から, 数人の, 数項目が, 數葉の, 文化部で, 料理屋で, 新しい考, 方へと, 旅行案内所の, 日の, 昌平は, 明暗を, 昔の, 映像で, 景色に, 暗いの, 暗にも, 書類に, 最初の, 月の, 有名な, 木を, 木立も, 本当の, 村, 村の, 東京は, 松方は, 林檎を, 柔和な, 栄三郎を, 案内者グレート, 梅次姐さんよ, 極点と, 様子に, 横道には, 檢温器それから, 歌が, 此処も, 歩みを, 死の, 殘り, 母と, 比較的真面目, 気ッ風という, 気紛れは, 水と, 水びたしの, 水気を, 水面をも, 氷柱の, 沈黙, 油揚, 洞窟な, 浮彫を, 海藻にも, 液體を, 混乱を, 湊という, 源三那須辰造氏の, 漂流物の, 濡れ場に, 火焔の, 灯にも, 炭団を, 無数の, 焼きぼっ, 煙突, 熊笹を, 父を, 牧場でも, 物とともに, 犬どもが, 状態は, 狭い横町, 猿を, 獨逸話の, 王座を, 現実で, 甘い抱擁, 生きものが, 生来の, 男が, 町へ, 畑路で, 異端者として, 病院に, 白昼公然たる, 白珠に, 百科事典の, 眞は, 瞳, 知織, 石を, 砂道を, 磯屋の, 神すらも, 神田とも, 私が, 私達まで, 秩序も, 穗高嶽をのみ, 空地などに, 空地へ, 空気は, 第一, 簗の, 米を, 粗末な, 紅百合としもの, 紙片に, 細い樹, 絵が, 線が, 繊い, 美しいもの, 老父に, 者にも, 肉を, 背骨の, 膜嚢が, 自分にだけは, 自殺の, 船の, 良きもの, 芝草の, 花と, 花を, 花柳地だった, 若い将校, 若い衆に, 苦痛を, 茶屋に, 草舎で, 荒れ方, 荷車道の, 萱の, 落着く, 蓮の, 薄暗い煤けた, 薪の, 藪島, 虚栄心が, 虫を, 蜘蛛類を, 蝗の, 血は, 街道を, 被衣また, 西の, 見たいという, 親友として, 言ひ, 評判に, 誰かは, 誰と, 谷あいで, 豪雨を, 貨車の, 赤いシグナル, 赤に, 赤子赤井赤子って, 路は, 身体が, 退屈な, 造作畳建具に, 道に, 道具や, 部落へ, 酸に, 重大な, 野の, 金は, 鉄の, 銀杏並木の, 銚子が, 錦であった, 長き月日, 闇を, 隅々や, 隠居所ふうに, 隨所に, 雄, 雑踏であった, 雪みたいに, 雲と, 雲を, 電燈は, 霧が, 青年の, 静けさは, 音を, 頭株の, 風みたいです, 飄虫を, 飯が, 饅頭塚の, 馬鹿な, 驚くべき星, 高いりっぱ, 魔法の, 魚の, 鮎は, 鳥が, 鳥居とが, 鷄や, 黒人は, 黒脈である, 鼠も

▼ なか~ (1807, 7.2%)

42 歩いて 17 覗いて 15 のぞいて, 通って 9 歩きまわって 8 突抜けて, 見て, 見まわした, 走って 7 彼は, 覗くと 6 見廻した, 調べて

5 [11件] あちこちと, くぐって, のぞいた, 円くし, 出て, 帰って, 探して, 掻きわけて, 私は, 見まわしながら, 走った

4 [24件] あるいて, ぐるぐると, すかして, のぞきながら, のぞきました, のぞくと, ふらふら歩い, 一人の, 何か, 急いで, 手さぐりで, 抜けて, 散歩し, 歩きながら, 歩き廻って, 歩き廻つて, 汽車は, 流れて, 行く, 見せて, 見まわして, 覗き込んで, 進んで, 飛んで

3 [37件] うろうろし, きれいに, く, くぐりぬけて, くまなく, さすって, さまよ, ぬけて, のぞきこんで, のぞき込んで, ぶらついて, ぶらぶら歩い, めがけて, 向けて, 夢の, 抜け出して, 探るよう, 掻き分けて, 方々案内し, 横切って, 横切つて, 歩きだした, 歩きま, 歩きまわりながら, 泳いで, 物色した, 縫って, 行きつ戻りつし, 見つめて, 見ま, 見まわしました, 見廻して, 覗いた, 通りぬけ, 過ぎて, 静かに, 駈けて

2 [104件] あらためると, うろつき歩いてばかり, おたま, かがめて, かきまわして, くぐりて, くちばしで, ぐるぐるかけ巡る, さがして, さまよって, じっと見つめ, たたいて, ついて, つかまれて, つけて, とおって, ながれ, のぞき, はてしなく, ひそかに, びしょ濡れに, ぶら, ぶらぶらし, ぶらぶら散歩, まつすぐ, みて, よく見, 一散に, 三人ほど, 僕は, 兎を, 出かけて, 分けて, 嗅いで, 四人は, 固い靴底, 大声で, 大股に, 奈良坂へ, 子供を, 引きずり廻, 彷徨し, 彷徨する, 御案内, 急いだ, 指さした, 掠めて, 掻きま, 掻きまわして, 揉まれながら, 散歩した, 整理し, 案内し, 次第に高く, 歩いた, 歩きだす, 歩きはじめた, 歩きまわった, 歩き廻る, 歩みつつ, 比叡へ, 泳ぐやう, 淋しそう, 潜って, 無暗に, 獅子は, 疾駆する, 白いエプロン, 白い被衣, 知って, 突切って, 縦横に, 縦横無尽に, 自分の, 自動車自転車人力車荷車が, 落ちて, 行く処, 見た, 見たこと, 見つめました, 見まわすと, 見ると, 見廻すと, 見渡した, 覗きこむと, 覗きこんで, 覗き込んだ, 覗く, 貫いて, 走つて, 逃げのびて, 透かして, 透して, 透明に, 通り抜けて, 雑嚢を, 風の, 飛び交して, 馬で, 馬の, 馳け, 駈けめぐる言葉, 黒い影, 鼻孔を

1 [1181件 抜粋] ああやっ, あけると, あちこちはい, あちこち動い, あちこち歩きはじめた, あっちこっちと, あっちこっち覗き歩い, あなた方の, あばれて, あふれ流れて, あらためてズボン, あるき, あるきまはり頭, あれや, いくこと, いくと, いくらさがし, いそいで, いった, いっぱいに, いとも小さな, うか, うそ寒い日光, うねって, うれしがっ, うろうろ歩きまわった, うろついたわけ, うろつきました, うろつき始めた, おずおずと, おどりまわりました, お島, お祭りでも, お詣り, かがめはうよう, かけだして, かけまわって, かけめぐった, かすめ過ぎた, がた, きみわるくてらしました, きよろきよろし, きりの, くぐりぬけ商家町, くぐり抜けなければ, くろくかがめる, ぐるぐる何, ぐるぐる歩き, ぐるりと, けんたうを, こうして麹町くん, こごんで, この哀れ, こむる光明, さがしまわったすると, さすごとき明察, さっきから, さつきから, さまよい歩いて, さまよい歩きました, さらに奥, さ迷, しきり, して, しばらくぼんやりと, しらべて, じっとのぞきこん, じろじろ見まわす, すすんだ鳥, すたすた歩い, すっくり, せっせとかたず, せばめたぐらゐがおちだつたぢやないか, そそと漫歩, そっとうかがいました, そのほう, そんな風, たくみに, たたいたり, たどつて, だまって, ちやうど, ぢつと, つういと, つきぬけて, つついて, つんざけば, てらしても, とびちがいました, とびまわりました, とろとろ降り, どうにかかう, どことも, どんなにうまく, なお暗く, ながして, ながめて, ななめに, なにか見え, なんの, にらんで, ぬれながら, のこらず見せ, のそのそあるい, のぞいたの, のぞきこまれると, のぞきこみました, のぞきこんだ, のぞきこんだとき, のぞきますと, のぞき込み地, のぞく, のっしのっしと, のぼり底, のんびりと, はだしで, ひきずりまわしたよう, ひたぶるに, ひとすぢ, ひとまわり, ひとまわり散歩する, ひとりふらふら歩き廻った, ひとわたり, ひどく急い, ひゅうひゅう, びしょびしょ濡れ, ぶちまけたらいい, ぶらぶら歩いた, ぶんぶんぶんぶん飛び, ぼくについて, まごまごし, また急いだ, まひあがる, まるで光, みたした, みつめて, みまわした, むけました, めぐつてゐる, もぐもぐさせ, やがて出発, やって来た松岡ら, ゆき一, ゆくこと, ゆくとき, ゆく汽車, ゆつくり歩き, ゆらゆら泳い, よぎる飛魚, よく外, よく知っ, よほど遠く, よろよろと, わけるよう, われの, アルトと, ウロウロした, ガサガサガサ追って追って, キラキラ光る, クネクネさせ, シュミーズ一枚にな, スッとん, バアバリイに, ヒタ走りに, ブーシャール嬢は, ポリモスは, ランタンの, 一々つれ, 一まわりした, 一人で, 一巡し, 一心に見, 一日中掻きまわした, 一生懸命くちばしで, 一瞬の, 一羽の, 一路駈け上っ, 一里ほど, 三島の, 下山した, 丘通りの, 丹三郎は, 乗りまわして, 乱雑に, 二人の, 二度三度廻る, 五六間ばかり, 人も, 人形町の, 仁木三十郎は, 伝わって, 伸子は, 何んと, 何処へ, 何度も, 供もつれず, 俥の, 停車場の, 僕に, 先生も, 先陣の, 八マイルも, 公園の, 再び停車場, 処々横断し, 出せば, 分けながら, 分署の, 前もってのぞい, 割るやう, 動かした, 勢よく, 北の方へ, 医者の, 千余名の, 半七, 即かず離れず, 去来した, 又あるき出した, 取りかたづけはじめたが, 叩き, 右に, 右手鎧の, 吟味したく, 吹き浄め, 啼くが, 嘉治隆一氏が, 四つ這い, 均しながら, 夜ふけに, 夢遊病的に, 大きな蓑, 大海の, 太田ミサコは, 嫉く, 孔をも, 安閑と, 家路に, 寂しそう, 小さい汽車, 小学校の, 小石川へ, 小野田について, 小魚, 少し見せ, 山へ, 岡寺の, 川の, 左褄を, 市中は, 帰った, 庭さきへ, 廻った, 引き返して, 引っかき廻して, 引つかき, 弾丸の, 影の, 彷徨いはじめた, 彷徨って, 彼方此方に, 彼等は, 往きつ戻りつ足ば, 御用提灯に, 御遊歩, 心呆けて, 快速力で, 急ぎました, 急込ん, 怨んで, 恐れるはず, 息繼げり, 想像した, 懐中電気の, 我もの, 手さぐりに, 手探りで, 打ち破るよう, 抜けつ潜りつそこら, 押して, 押分けて, 持ちま, 指した, 挨拶を, 捜して, 捜し廻る訳, 掠めたとき, 探しま, 探し回って, 探って, 探りまわると, 掻き, 掻き廻しながら, 揉みしぼられて, 握りトロイア, 擽るやう, 改めてみた, 救助に, 敢然子, 数知れぬ, 新宿の, 既に神さま, 早々に, 明るく照らす, 映画用微笑とともに, 昼間は, 時々つま, 暑苦しい洋服, 暮れて, 朝餉前の, 本陣が, 東支倶楽部へ, 染めて, 根岸の, 棒でどし, 検めさせると, 槍あげ, 横眼で, 正造は, 歩いた時, 歩き, 歩きつづけましたが, 歩きまわったん, 歩きまわり千曲川, 歩きも, 歩き出して, 歩き回った, 歩き廻った挙句, 歩く, 歩く人間, 歩こうとは, 死んで, 殆ど手さぐり, 母の, 氏の, 水は, 沈んだ色, 泰忠が, 泳ぎま, 泳ぎ廻つた末, 泳ぎ廻りました, 洋服の, 洗滌した, 洞窟の, 流れの, 流れるよう, 浜へ, 海の, 淋しい行列, 渡りわし, 湯島まで, 湿れて, 漁りまわる, 潜っては, 潜り抜けて, 濳らせれ, 無事に, 無心に, 照すこと, 熱心に, 爪さき上がりに, 片づけ出した, 物騒に, 犬猫病院へ, 狙う, 猟犬を, 玄関へ, 用事で, 男と, 疾走させた, 瘠せた小犬, 白くし, 白紙の, 皆んな急い, 目の, 眺むれ, 眺めて, 着膨れした老人, 禰衡は, 私一人で, 突っぱしったのである, 突ッつきちらした, 突然やって来, 窓を, 窺うよう, 竜泉寺町から, 粛々として, 素足で, 絶えず黒い, 縁先から, 美しい魚, 考えながら, 耳を, 脱け, 自分と, 自在に, 舞いながら, 花と, 英国の, 荒潮は, 薄暗くし, 蛇の, 行きつも, 行きながら, 行くの, 衝いて, 表へ, 見あるいて, 見せた, 見せても, 見たが, 見つめあった, 見ても, 見ないで, 見ぬかれて, 見ますと, 見ること, 見わたすん, 見回した時, 見届けて, 見廻し手荷物, 見廻は, 見抜くこと, 見物しました, 見透かしたよう, 見透したよう, 覗いた事, 覗かれること, 覗きこむもの, 覗きこんだが, 覗き込む, 覗くごとく朕, 親たちと, 討ちて, 訳も, 詮議しろ, 調べた, 貫き流れて, 賑やかに, 赤きもの, 走りすぎた, 走り去る, 足早やに, 跳ね廻ったり, 踏みわけて, 踏み分け踏み分け行かねば, 転げま, 転んだり, 農業試験場の, 近よりて, 近所の, 追って, 退却し, 送りましょうと, 逃げて, 逃げ廻った, 逍は, 這いながら, 這い廻ること, 這ひまはる, 通りすぎて, 通り拔ける, 通ると, 通過し, 連れ立って, 遊んで, 過ぎようと, 道に, 道化た, 遠州灘めがけ, 遠近と, 郵便局まで, 重吉は, 金色の, 鉄道馬車で, 鍬を, 閃光の, 雄, 雨を, 霧に, 青山墓地へ, 韜晦し, 風が, 飛び去ったので, 食うじゃ, 首領から, 馬酔木の, 馴染みであった, 駆けるつもり, 駆け去り, 駈けぬけて, 駈けめぐって, 駈け抜けたいな, 駕籠で, 高時, 鶏は, 黄塗りの, 黒岩万五は, 默つて歩いてる, 黙りこくった八丁堀合点長屋

▼ なかには~ (1656, 6.6%)

63 いって 19 いつて 14 何か 9 いると 6 いろいろな, 私の, 自分の 5 たくさんの, 何が, 僕の, 彼の, 涙が, 誰も 4 あつた, 一つの, 一種の, 伸子の, 女の, 少しも 3 あなたの, いろいろの, それを, 一人の, 人の, 人間の, 何の

2 [83件] あのよう, あの日, いつも自分, いるの, かうして, この男, これを, こんなこと, すぐその, すでに戦死, すべての, その花, それが, ただの, つきり, どうした, どんなもの, ない, なにが, ひつて, また風穴, もう何, もう灯, わたくしの, われわれの, ドアも, 一ぴきの, 一匹の, 一本の, 不思議な, 主人公を, 九鬼の, 予め羹, 二つの, 二人の, 二尺を, 例の, 傾きかかったまま, 切実な, 右の, 同じく多望, 大きな石, 大きな風穴, 大勢の, 奇妙な, 奇怪な, 女も, 子供を, 宇宙に, 小林団長と, 帽子を, 幾人かの, 彼女が, 往々に, 後に, 必ずこの, 怖ろ, 恋の, 感じられなかったの, 明かに, 明らかに, 春の, 普通の, 書き捨ての, 横着な, 次の, 武蔵野以来の, 死んだお前, 気を, 湯具ばかり, 火が, 火の, 相当に, 眼に, 眼を, 肝腎の, 自分に, 色々な, 講師が, 赤だの, 遊芸稽古所などという, 非常に, 願望が

1 [1292件 抜粋] ああし, あたま, あっさりおとなし, あなたさまにとって, あのひと, あの言葉, あらい白い毛皮, あり得る出来事, あるの, あわてて, あんないい, あんまり泣い, いかがわしい者, いくつかの, いくぶん悪意, いっそそれ, いってるだろう, いつまでも, いつも將校, いない, いびきを, いやいやながらキッス, いること, いるなり, いろいろと, いろんな動物, いろんな鳥, えぐい味の, おそらくは酒, おのれ自身の, おれの, お初ほ, お手前の, かういつた過ち, かがやきまばゆい, かけ詰め, かなりな, かなり大きな, かやうに人を, きっとすこやか, きっと俺, きょう味方に, けばけばしい友染模様, こういうこと, こういう悩み, こういう立腹屋, ここの, この, この事実, この創始時代, この時期, この老婆, この髪の毛, これほど, こんな文字, こんな田舎, さう, ささやかな, さっきの, さつき澄江の, さまつて, しきりに残留, すくない, すこぶる頻繁, すでにかんなくず, すでに酔いつぶれ, すべて世の中の, ずっと小さい, そういうよう, そういう欲求, そこを, そっちこっちに, そのふたり, その人, その兄, その単純, その困難, その理論体系, その米屋, その辺, それぞれひいきの, それだけで, そんなこと, そんな登勢, たしかに友, たしかに誰, ただひとつ, ただ友人, たったひとり, たのしそう, たぶん骨質組織, だいぶ変り種, ちゃんとした, ちょっぴり三角, つまらない事, てっきりあの, とても大きい, どうしても, どう捌け, どこにでも, どこの, どっさりの, どんな専務, どんな智慧, ないので, なかった, なぜか, なにか心, なるほど若い, なんにもありやしない, なんら解決, はなはだ簡単, ひそかに, ひとの, ひどくおこりだし, ひどくぜいたく, ひらないと, ひると, ふたたび緊張, ふといやつ, ぷちぷち鳴る, ほんた, ぼうっとなった, まえまえから, まごいと, またいろんな, また蓮花, まだいくらか古着, まだひと, まだ一舟, まだ夜来, まだ直し, まだ菊千代, まだ電灯, まったくそんな, みそ萩の, むかしは, もう一つ, もう既に, もう春, もう震, もっとはっきりした, もっと高価, もつと, ものさし, もはや二度, やっぱり, よくきれい, よく親, わざとらしい遊戯的, わざわざ調達局, わたくしにも, アルジェリイか, イギリスの, オリーブ色細かい, キューピー見たい, コペンハーゲン生まれでない, シャツ一枚の, スカラ座に, テーブルを, トレミイ・ヒィフェスチョンといふ, ネオン横丁の, パーヴェル・パーヴロヴィチが, フェアリイ・ランドの, ブルジョア用語を, プロレタリア作家と, ヘットの, ポケツト論語と, ライターも, ロンドン塔の, ヴェロナの, 一つ家の, 一と, 一人も, 一個ひとつなにやら, 一年に, 一生こ, 一番年下の, 丁度わたし, 三々五々磯, 三人の, 三太が, 三河屋の, 上を, 下を, 不審そうな, 不気味さうに自分の, 不遜さも, 主題と, 乾したサナダムシ, 二つ持っ, 二十坪ほどの, 二百人からの, 五トンの, 五十円の, 京橋の, 人が, 人命を, 人間に対する, 人類の, 今まで, 今度は, 今日私たちが, 他の, 他生の, 以前にも, 仲, 伸子が, 伸子と, 何かしら, 何かしら怖, 何かの, 何台と, 何百という, 例外も, 俘虜の, 信長を, 俺の, 倚掛りと, 偶には, 働けそう, 僕に, 優性と, 先ず今日, 入らなかった記録, 入り込む, 全然色気, 共犯者であっ, 其処等の, 冷やかな, 出て, 初蝉, 別の, 利休が, 前, 前から, 前代未聞の, 前夜の, 動いて, 動力所の, 北海道とか, 十分たくさんの, 十回も, 半封建的, 単なる人間, 原士千石と, 厭人的傾向を, 参議の, 友だちの, 口で, 古ぼけた蚊帳, 可成り, 同じよう, 名人が, 名士富豪に, 否定と, 呂宋兵衛を, 味覚も, 商売のみ, 喧しい騒音, 囚人の, 四倍五倍という, 団長の, 地位と, 埃塗れ, 場末の, 売女と, 夕暮れの, 多い, 夢みがち, 大きなゾウ, 大きな人性, 大した人, 大奸, 大方バッカス, 大阪から, 夫の, 女仲間で, 好きな, 始終湿っぽく, 子分の, 存在しない, 孤独な, 宋公明が, 実際不思議, 客分格の, 家財を, 将軍の, 小さな家, 少くとも, 少年の, 山を, 島が, 巨人の, 市井庶民の, 帰りの, 平田門人らが, 幻の, 幾世紀もの, 度し難いの, 廻船問屋時代の, 弱いスタンド, 彌次の, 役所から, 彼女に対する, 後悔した, 心底惡い, 必ず足, 忘れられない, 怒りの, 思い切った露骨, 怠慢と, 急に, 恐怖の, 悪口いう, 意地づく, 愕い, 愛は, 憤怒の, 成信の, 戦争の, 房州三崎浦賀或は, 手を, 指先の, 撫順の, 政治家と, 敬愛の, 数通の, 斬って, 新しい感覚主義, 新婚した, 新聞紙を, 旗を, 既にさっき, 日本人ならではと, 早く青い空, 早苗の, 星の, 昨日釣った, 時は, 暴風の, 書きためた詩, 書類なんか, 最初から, 朝廷への, 木下順二の, 未亡人の, 杉野の, 村民の, 東京風の, 松葉を, 柚が, 桜の, 椎の木と, 欧洲航路に, 歌といつては, 正雄に, 此の, 死に思い, 母も, 比較的親しく, 氏の, 気の, 水が, 水晶の, 氷罅も, 江戸の, 沢山の, 沼津の, 泣きだすもの, 浮いて, 涼しい風, 深い実践的, 渾沌と, 漆を, 潮の, 火の気も, 災難から, 無視し, 無論憲法学者, 焼きすてたほう, 煙草の, 父母の, 片肌ぬぎ, 物を, 特攻隊へ, 狡さ, 狼狽の, 玉が, 珍らしい, 理外の, 瓦斯燈に, 生れてから, 甥が, 男に, 画かと, 異性に, 発見されない, 白パンの, 百も, 皮肉な, 目立って, 相手が, 眞赤な, 真面目な, 矢来に, 知者にとって, 石の, 石油の, 石膏に, 確な, 磨り減らした墨, 神を, 私に, 私達を, 稚児を, 空くじも, 空高く, 立って, 第一, 筏に, 築地座以来一緒に, 米の, 紋切形の, 素早く客, 紫の, 組織工場や, 綾絹が, 繁華な, 美しい砂, 美しく装った, 美人の, 美禰子のみ, 聞えが, 肉親にたいする, 背廣の, 腐った奴, 膚の, 臨時の, 自分と, 自分を, 舞台に, 船の, 色っぽい空気, 芋虫の, 芥川氏に, 花よめ, 若い夫婦, 蒲団が, 薄笑ひ, 蛇を, 蠅取, 表面運動に, 裸足で, 西郷が, 見かけに, 見出せないもの, 親しい仲間, 角毒蛇が, 言葉の, 誰が, 講談を, 警部らしい, 責任の, 赤ちゃんの, 車が, 軍の, 迷いの, 透明な, 道鏡と, 遠くから, 都合が, 酒好きが, 酷いの, 重傷で, 重職も, 金モールの, 釜や, 鏡餅や, 長芋の, 闊葉細葉が, 随分だらし, 雨の, 震えながら, 青木は, 青赤エンピツだの, 革命に, 鞍の, 頭の, 顔の, 飛んだ感違い, 馬が, 駒平を, 髪結の, 鳥の, 黄ぎく白ぎくが, 黄色の, 黄金メダルの, 黒ねこを, 鼓膜が

▼ なか~ (1575, 6.3%)

71 はいって 41 入って 29 入れて 23 消えて 16 出て, 姿を 13 身を, 飛び込んで 11 手を 9 はいった 8 はいりました, 這入って 7 とびこんで, 入つて, 落ちて 6 ほうりこんで, 入つて行, 投げ込んで, 足を, 這入つて 5 でて, はいると, 入れた, 沈んで

4 [11件] ほうり込んで, 入った, 吸いこまれて, 吸い込まれて, 投げこむこと, 私を, 自分の, 連れて, 頭を, 顔を, 駈け入って

3 [15件] とけこんで, まっしぐらに, もぐり込んだ, 割って, 割り込んで, 戻って, 投げ込みました, 押込んで, 片手を, 現われて, 落ちた, 踏み込んで, 這入る, 金を, 飛び込んだ

2 [78件] おし入り大, おはいり, かけこんだ, かなぐり捨てた, からだを, さし込んで, さら, つき出した, つれて, はいりますと, はいる, はいること, はいるの, はいろうと, ひとりの, もぐり込んだの, ポーンと, 一種神秘な, 丁寧に, 下りて, 仰向けに, 入りました, 入ると, 入れたとき, 入れても, 入れようと, 出ること, 収めた, 埋めて, 埋沒, 完全に, 崩れ墜ちること, 引張り込み丁寧, 心が, 投げこんだ, 投げて, 投げ込んだ, 投ずる, 抛り込んで, 押し込んで, 持ち出して, 指を, 放して, 斬って, 木の, 案内し, 案内しました, 水を, 永久に, 没して, 消えた, 消え失せた, 消え失せて, 混入した, 溶けこんで, 潜って, 無理に, 私たちを, 突き落し, 突き落した, 突っこんだ, 絹子の, 腰を, 自分を, 落した, 落して, 落下する, 踏み込んだ, 身も, 迷い込んで, 逃げこんだ, 逃げ込んだ, 這入った, 隠れて, 顏を, 駈けこんで, 駈け込んで, 黄金の

1 [1001件 抜粋] あまくだった, あれを, あんな品物, いきなりほうりこん, いきなり馬, いつぽん, いまや希望, いれきげん, いれて, いれられようもの, うしろ向きに, うづく, うまく流れこまなかった, おいやったの, おくの, おしこまうと, おずおず入っ, おちました, おっこちました, おつ抛りこんだだ, おどりこんだ, おはいりください, おひいれられ, おりたったの, お島, かえって一場, かくしました, かくれたの, かけつけた, かつぎこまれて, かの材木, かれら, きつく顔, ぎつしりと密閉された, くづれて, ぐんぐん入っ, この儘, これと, ころがり落ちて, ころげこんだ, ころころと, さまよい出した, ざんぶと飛び込んだ, しずめようと, したたらした, しのびこんだが, しまいスナップ, しまい込もうかについて, しまおうと, しまひ, しょって, すいこまれるよう, すくいあげてから, すべりこんだとき, すぼみこんで, するん, ずり落ちて, そこには, それぞれ眼を, それとなく素早い, それを, たおれこむよう, たたきつけると, だんだん入っ, ぢり, つきこまれるの, つないで, つめられるだけ, づかづかと, とけこむよう, とどまって, とびこみました, とびこんだ穴, とびだして, とび込みました, とろけ出して, どうしたら, どかんと, どなった, ながれこんで, なげこみました, なげこんだの, なぞ行っ, なんの, ねかせて, のこされた, のびて, のめりこんだが, はいったからには, はいったもん, はいったら袋, はいったりも, はいった竹童, はいられるおつもり, はいり狭い, はいり身体, はいり込んだこと, はいるわけ, はいる気, はいろうという, はたき落す, はねあがったので, はらはらと, ぱアと, ひきこまれた, ひき入れようという, ひき込まれながらも, ひたらせるなら, ひとり取り残され, ひよつくりと, ぶちこもうっていう, ぶらんと宙吊り, ほうりこみそのまま, ほうりこむよう, ほうり出したあの, ほうり込んだ, ぼくの, まかり出るべき様子, まぎれ込んで, まじり込む, まぜるの, まっすぐに, まつすぐ, まよいこみました, まるで悶絶, むこうから, めちゃめちゃに, めりこんで, もう一つ, もぐり込むよう, もぐり込んだが, もちこむ素子, もどった, もまれだして, やっと届く, ゆっくりと, よろけこんで, わたしは, ガサガサと, スッポリと, スーッと, ゾロゾロはいる, ニーナが, バラックを, パッと, フンダンに, ボオディエの, ポンと, ランプを, 一つひとつていねいに, 一ぴき手に, 一歩ずつ, 一緒に, 三つ四つ手づかみに, 三日間の, 下ろした, 両足つっこん, 乱暴に, 二葉亭四迷は, 五分珠の, 交って, 人形を, 今こう, 伸ばして, 佐々伸子の, 体当りに, 何か, 作家は, 俯っ伏した, 先に, 入ったの, 入った瞬間, 入っちゃう, 入つて往, 入らないでも, 入りこんだこと, 入りこんだよう, 入りて, 入り給え, 入り込ませずには, 入り込んだらどんな, 入ること, 入る用事, 入れそして, 入れたいほどに, 入れたに, 入れないで, 入れば, 入れませなん, 入れられそれ, 入れられて, 入れられるの, 入れるか, 入れること, 入れるわ, 入ろうと, 全く沈ん, 具合よく, 写実の, 出さなければ, 出たら急, 出ても, 出る, 出張って, 分け入, 切なく込上げ, 刻み込み共に, 割つては, 力まかせに, 助けあげて, 包み去った, 匿し, 半分ほどは, 原稿を, 厳重に, 反射的に, 取り入れて, 取り残されるという, 叫んで, 吊るし入れた, 同封し, 吐く, 吸いこまれた, 吸い込まれたよう, 吹きとばされなかったただ, 吹き込んで, 呶鳴る, 呼び込んでは, 噴き出て, 四つンばいに, 土を, 地下の, 埋めしくしく, 塗りこめて, 墜落した, 変装し, 夢想を, 天魔軍の, 奏で得る限り, 姿が, 子供たちは, 完全と, 家僕の, 寝て, 対手を, 封じ込めて, 射込ませる, 導き入れるといつて, 小さい手, 小さな魚, 川瀬勇が, 己れ, 巻き込まれて, 帰つた, 帰ろうにも, 帽子を, 床板の, 引いて, 引きずりこむよう, 引きずり込まれて, 引き上げると, 引き入れられて, 引き込まれて, 引き返したと, 引っぱりこみこの, 引っ張り込まれる, 引っ込んで, 引摺り込みました, 影を, 彼は, 彼女を, 心ならずも逃げこん, 忍びこんだ三つ, 忍び込んで, 忽ち一変, 感じるやう, 慕い寄って, 戻った, 投げこまれたと, 投げこむ, 投げこもうかとも, 投げこんだの, 投げこんだもの, 投げだされ御, 投げ捨てて, 投げ落して, 投げ落として, 投げ込むという, 投げ込んだらそして, 抛りこんだ, 抱えた, 押しこもうと, 押しこんで, 押しつけそうして, 押し出した, 押し落して, 押し込むやう, 押し込んでも, 拡げるの, 拾い取った, 持ち込んだの, 持つて, 捕りおとされて, 据ゑつける, 捲き込んだの, 掬ひだしてやらう, 支度しはじめた, 放した, 放りこむと, 放りこんで, 放り込んだ, 放射線を, 斬りこまれよ, 斬りこもうと, 新らしい, 映る自分, 普及し, 曳きずりこんでしまつたとさ, 来たら礼儀作法, 来ると, 枇杷の, 案内した, 棄てたり, 植つては, 横だきに, 歩くもの, 歩み入ると, 死骸の, 毒液を, 気味の, 水時計の, 氷を, 沁み渡るのみ, 沈みこんで, 沈みその, 沈む, 沈められて, 没入し, 波明りに, 注ぎ込んで, 流れこみ山襞, 流れこんで, 流れ出したらしく平作, 流れ込んだ, 浦和署長等が, 浸したもの, 浸つて, 消えようという, 消え去ったの, 消え失せる, 消え込んでしまつた, 深くはいり込ん, 混同させ, 溶けいる思い, 溶け込んで, 溺れ込んで, 滑り落ちるの, 漂わせて, 漕ぎ入った船, 潜りこむか, 潜りこんで, 潜り込みぴしやりと扉, 潜り込むやう, 潜り込んで, 濁水を, 炭団を, 煙を, 片っ端から, 狂うよう, 猛然として, 現わし, 現われはじめた, 生きて, 生け埋めに, 申すも, 病気を, 痰を, 監禁し, 矢を, 示すだん, 私と, 移させたり, 移して, 突き上げそれから, 突き出されて, 突き通しあらん限り, 突っこみながら, 突っ込まれること, 突っ込んで, 突撃だっ, 突立った, 立ちまじつて, 立てた俄作り, 筆を, 粕を, 納められた隠居, 織り込まれて, 置いて, 置き忘れて, 老公の, 肉体を, 腕を, 腦髓を, 自分に, 色々な, 芋がらの, 若者は, 落しその他, 落したん, 落ちこまない, 落ちこむの, 落ちこんだ高い, 落ちたか, 落ちました, 落ち込むまで, 落ち込んで, 落とされたと, 蓄へる, 薬物学を, 蜘蛛の, 行けば, 行火を, 裾の, 見苦しく潜り込む, 角を, 誘いこんだ, 貰ふ, 走りました, 越後兵が, 跳びこもうと, 跳び下りて, 踊って, 踏みこもうと, 踏み入ること, 踏ンご, 蹲んだその, 躍り込み敵, 躍るやう, 身投げを, 転げこんだ, 転げ落ちて, 近代人としての, 迷いこむより, 追いこみなお, 追い込むの, 追って出る, 送り出されること, 逃げこんだが, 逃げこんだ血まみれ, 逃げて, 逃げ込むの, 逃げ込んだお, 逃げ込んでしまつた, 逐いあげられたという, 這ひこむ, 這入つた時, 這入つて行つて, 這入ると, 這入るやう, 通り隅, 連れ込まれて, 連れ込んだ, 逸走した, 運に, 運び込まれた, 運び込んでからは, 道の, 適宜に, 醪を, 金髪が, 鉄砲を, 閉じこもった, 閉ぢこめたま, 降りて, 隠して, 隠れた, 集積として, 雪崩れ込み, 静かに, 響いて, 頬を, 風に, 飛びこんだ, 飛びこんで, 飛びこんでしまふのぢや, 飛び出したの, 飛び込むん, 飛び込んだので, 飛んで, 飛込んで, 首の, 馬首を, 駈け入, 駈け入ったまま, 駈け入り功, 駈け込むと, 駕籠は, 鮮やかな, 麺麭を, 黒い点

▼ なかから~ (1248, 5.0%)

20 出て 9 何か 7 とびだして 6 一つの 5 一人の, 自分の, 飛び出して 4 でて, ヌッと, 四方を, 彼の, 抜け出して, 飛びだして

3 [13件] それを, とび出して, 不意に, 声が, 女の, 心の, 手を, 生まれて, 生れて, 聞えて, 若い女, 見て, 顔を

2 [64件] あらわれて, ここへ, これは, だ, つきだして, どんぐりどもが, ふと向う, ふと声, また一つ, やつと, よみがえって, 一本の, 一枚の, 一歩も, 一種異彩の, 一羽の, 三人の, 亀が, 僕の, 出された, 劈くよう, 坂田の, 声を, 変な, 変りはてた少女, 多くの, 大工道具の, 大熱, 妙な, 姿を, 引き出して, 彼は, 手紙の, 拾いあげて, 数人の, 杯形の, 気の, 水へ, 浮き出て, 湧きだすと, 現れたの, 現われたの, 現われて, 発見された, 目の, 相談相手として, 眼を, 私の, 突然爽やか, 紅い切, 紺絣の, 群衆の, 脱け, 脱脂綿なんか, 自然に, 落っこちて, 見つけ出した半, 覗いて, 解剖用の, 迷って, 金を, 雪童子は, 頭の, 黄金の

1 [1000件 抜粋] あいた, あけられて, あても, あなた自身と, あのとき大洋丸, あまたの, あらはれたとの, あらわれ出た, あれか, いいかげんな, いくつかの, いくらかずつ, いっさんに, いろいろ探し出したい, うつそり顔, えりすぐって, おこなわれて, おしや, おのれを, おもいも, おもだった者, おりて, お八重, お生れ, お銀, かすかな, かれら, かんかん響い, がやがや言う, きらきら光り, こうどなった, こじきの, こっそり披露, この問題, この筒拔けた樣, こびとの, これが, これだけの, これらの, ごろごろと, さういふ少年, さしあたり相当, さっと, さらに今日, さわやかな, しだいに大きな, しどけない姿, しらがの, すこしばかり, すっ裸に, すみれや, そう呼びかけるこえ, そう言った, そのやう, その一対, その唯一, その娘, その急, その筋, それぞれの, そんな事件, そんな立派, たしかにこちら, たすけだして, ただ一二の, たちの, たつた一つ, だしぬけに, ちぎって, ちよつと, ついに頭, つぎつぎと, つぎの, つねに玉, てふてふひらひら, とうとうデストゥパーゴ, とくに火事, とったり, とびおりました, とめども, どうしても消し, どうして送る, どっと若い, なおさらに, なくなる私, なにか丸い, なんだか小さな, にょろにょろわき出, ぬッ, のがれること, のこのこやってこよう, はいあがって, はなはだご, はみ出して, ばらばらと, ひときわ高い, ひとつひとつ出, ひどい路, ひょっこり顔, ひらりと, ぴいちくちぴいちくちさえずっていました, ふんあこ, へんじの, ほしを, ほりだしそれ, ぽっかり黄色い, ぽつぽつと, まじろぎも, また一枚, また声, また産婦, まは, みょうな, むっとくさい, もう一度大勢, ものすごい犬, もれて, やさしく佐伯氏, よろめき出した, りんごの, わざ, われわれの, アトミックボオンも, ウサギを, ガラッと, ギラギラと, ズッと, ソクラテスと, チューブが, ドイツ語に, ニヤニヤと, パッと, ヒキガエルが, ピカピカ光った, ピョコンと, プラットの, ホロタイタネリの, ポカリと, マグレガーの, ミカンを, ヤンを, ロスタンの, 一人だけ, 一冊の, 一匹の, 一番うつくしい, 一等待合室へ, 一通を, 一頭なり, 七八枚の, 三太は, 上つて來た, 不審気に, 不服を, 主張する, 乗車割引券を, 二つだけを, 二三病中の, 二包の, 五人が, 五六本づつ取り出し, 五年十年後に, 人が, 人間の, 今生れた, 代表的な, 伸子は, 何かしらある, 何やら古い, 何を, 何者かが, 佗助椿を, 作柄の, 例を, 俺に, 偶然の, 働いて, 充分な, 光つてゐる, 八つの, 八冊ばかりの, 内緒で, 冨勇の, 凝血を, 出して, 出た, 出た人, 出るという, 出発し, 初めてそこ, 削り取ること, 割いて, 勇ましい心持ち, 勝手に, 十五名を, 十円紙幣一枚だし, 半ダース譲つてあげた, 印象的など, 又もや影, 取って, 取り出した, 取り出して, 口笛が, 古典の, 叫ぶ声, 可愛い末, 同種類, 含み声の, 吸収する, 呟くやう, 呼びに, 和らげられた苦楽, 哀訴しむせび泣く, 唄の, 唇を, 唸り声や, 嘲弄の, 四五枚の, 土で, 土間路地へ, 垂れ下って, 報告した, 声ばかり, 外に, 外部に, 夜明けまでの, 大きな声, 大きな鼻, 大人の, 大学も, 大小の, 大陽, 天に, 太郎左衛門が, 奇妙な, 奥村さんの, 女が, 女怪の, 妹たちに, 婆の, 子供の, 宗七へ, 寄せぎれ細工の, 寝ぼけた顔, 小さい紙包, 小さな壺, 小さな蟹, 小判の, 小林君の, 小浜の, 小豆少量奮発めされ, 少しづつ, 山瀬が, 嵐に, 川について, 差し上げるよう, 布団と, 帳場へ, 幸子を, 幾つかの, 幾万匹の, 店を, 引き裂いた日記, 引出して, 彩光に関する, 彼女に, 彼自身の, 微かな, 微妙な, 忽然おとうさんが, 思いがけない御, 思いも, 恐ろしい魔物, 悲声を, 感知し, 懸けたん, 或はその, 戯場の, 手あたり次第に, 手が, 手前へ, 手当り次第に, 手袋を, 択り分けた, 拾い上げた瓦, 拾つたものである, 持って, 挑むよう, 捜して, 掘り出して, 探し出して, 探り出しぬ, 提灯が, 搾りだされる, 撞木杖に, 擢んでられて, 支払わなければ, 救い出した, 救い出すこと, 散らし髪の, 数編を, 新しいホープ, 新しい夢, 新しい法則, 新びいどろ学士, 新日本文学会, 日の丸の, 明けました, 昔の, 時鳥の, 曲った針, 更生し得る, 書く, 書類が, 最も適当, 最初は, 朝霞が, 本を, 本当によい, 机の, 来て, 柴を, 根コソギに, 棒きれ, 樂しく聞いた, 横文字の, 櫂と, 死を, 民主革命の, 気息奄々たる, 水を, 沁み出たやう, 泥土を, 洩れて, 流れて, 流儀流派の, 浮かび出て, 浮き上がるが, 浮び上るよう, 海岸の, 消えて, 温とまら, 湧きいでた女性, 湧き上って, 湧き出て, 滲みだすよう, 激声を, 火が, 火熱で, 無理やりに, 焼干し, 煙の, 熱などの, 父の, 牡牛が, 物色し, 物語を, 犬を, 猛烈な, 玲瓏と, 現われたヴィーナス, 甘い匂わしい, 甘さうなの, 生えたつとき, 生まれたもの, 生れたのよ, 生れたよう, 生れても, 生れ出, 産毛だらけの, 男の, 男を, 画材を, 番鴨を, 発せられました, 発見した, 白い分厚な, 白い歯, 白い色, 白の, 白粉を, 皮の, 益々さう, 目を, 目標を, 直ぐみなさん, 直接に, 真打の, 真相を, 眺め泥, 石段が, 砂糖切符の, 礼服なども, 私は, 突如一人, 突然キヤーツ, 窓を, 立つて, 立現, 箱に, 糸子を, 紡錘形や, 組織する, 総じて世上, 線路の, 繰り出して, 美しい女, 耀いて, 聞こえる, 肉親の, 背の, 脚本料に, 腕ききを, 自分たちの, 自分に, 自分を, 自由に, 自身の, 與太さんが, 花びらを, 若い主君, 若い娘, 苦笑を, 茶入の, 茶碗へと, 荒々しく揺り起された, 落葉と, 蓬の, 蔡, 薄黒い, 藤吉の, 蜂矢探偵が, 蝕んだ古い, 見いだされなかった, 見おろすと, 見るつもり, 見れば, 見出すの, 覚心坊が, 言う, 言葉が, 話す声, 誰かが, 諦めよう, 講談雑誌を, 豆腐屋を, 貧しい漁師達, 貯金を, 買つて乾燥室において, 質問する, 走りでた, 起る, 跳ね上がる, 跳り出, 躍りだしたの, 転がり出したの, 転がるやう, 轟然たる, 返事が, 追い出して, 追はれ, 通草蔓の, 逸物を, 適當な, 選み出された, 選み出したら, 醋を, 重きが, 金の, 金貨が, 銀の, 鋭い眼玉, 鏝を, 鐘が, 長い木材, 開けられて, 陽電気を, 零れ落ちたの, 青線の, 靴音が, 響いて, 響くどよめき, 頭を, 飛つい, 飛びついて, 飛び出した二人, 飛んで, 食べさして, 首を, 駈け抜けた, 髯の, 魚の, 鵲の, 黄色い福寿草, 黒いけ, 黒い大きな, 黒い藤蔓, 鼈甲櫛の, 鼠色の, 鼾の

▼ なかでは~ (444, 1.8%)

4 それが, 自分の 3 あるが, すべてが, 彼は, 私かに

2 [17件] あったが, あなたが, いろいろな, さう, その持主等, なによりも, まったくべつ, もはや解決, われわれは, 一番の, 二人の, 何もかもが, 例の, 僕の, 女と, 女の, 現れて

1 [390件] あきらめて, あらましに, あらゆる率直, あり大変, いうな, いかに長い, いちばん上等な, いちばん下手でした, いちばん先に, いちばん好きな, いちばん年嵩らしい, いちばん美味い, いって, いっとき道に, いつか行方不明に, いつでも, いつの間にか本源的, いつもその, いるいる, いろんな善い, うんざりし, おいらが, おしげを, おたがいにだまし, お慕い申し, かうも, かすかに, ことに目立つ, この両方, この人, この圧力, この女, この暗い, この潜水艦, この錦, これは, これらの, こわいもの知らず, こんな旅愁, ごみごみした, さうし, さすが行われず, しかしほとんど, しかしもし, しょせん魅力, しんみりと, すこしも問題, すつかり, すでに安井, すでに欧米, すべての, ずしんと, ずっと違った, せきは, せみや, そういう場面, そうし, そのよう, その人, その人たち, その顫動, それでも一抹, それとも, それまで, それより, それらの, そんなふうに無, そんな刃, そんな物音, たいていかぶれ, ただこの, たった一つ, ためにも, たやすくいろいろ, たれひとり, たれも, だいぶ私, つきつめる自己探究, つまらないつまらないと, できごと, とても出, とても出来, どうしてくれよう, どうしてもその, どうして大した, どうにも, どうも都合, どこか, どれも, どんなこと, どんな用事, どんな町, なく, なくうすぐらい, なにか細胞, なんだ, はっきり, はつきり意識し, ひとの, ひとり置かれた, ひどくはっきり, ひどくはつきり, へんあいつらに, ほかの, ほんたう, ほんとうの, ほんとうは, ぼろを, まさしくクラム, まだ大丈夫, まだ筆者自身, まったくへ, みたされない, みんな恥かし, むりよ, めいめいの, もうほど, もう決して足ぶみ, もしかそれ, もしか俺, もはや姉さん, もはや絶望, やっぱり歴然と絶対, やはり婦人, よくこの, よくこれ, よくは, わたしは, イノシシが, エレベーターに, グレゴール, ゲッといった, コヽアを, トド松の, パン・オイロープという, ブロンドの, ペンの, ヨーロッパの, ラ・ベートと, レディ・ダフ・ゴルドンが, ロォヌの, ロシヤに関する, 一し, 一つの, 一人一人の, 一人全席の, 一入に, 一刻も, 一度ならず, 一番に, 一番僕を, 一番出, 一番大きく, 一種特別の, 一粒の, 一際目だっ, 不幸な, 世に流伝, 主人公マルコフが, 主従関係の, 予想或は, 二人に, 二匹の, 二月の, 交尾する, 人が, 人に, 人の, 人は, 人物の, 人間が, 人間として, 人間も, 今しきりに, 今日これから, 他の, 何が, 何だかその, 何でも, 何も, 何んと, 何時でも, 余ほど, 使いにくい, 使丁が, 俄かに, 儒教や, 先刻虫干で, 全く例, 全く暗く, 全真, 内閣員の, 凌ぎよい, 別人の, 割合現象的, 割合発見し, 勝手が, 博士が, 参考品としての, 口が, 口の, 古参だ, 否定説, 呂宋兵衛を, 呆れながら, 呟いて, 啄木だけが, 喋るよりも, 団長を, 図を, 堪らなく悲しい, 売りさばきに, 変に, 変りものの, 夜だった, 大きな榾, 大久保が, 大次郎が, 女である, 女王や, 好ましい絵, 妙に, 威張つて, 子路が, 孟子が, 学問と, 孰方からも, 安並の, 安眠する, 宗教が, 実に意味, 家も, 容態の, 富岡の, 寝ても, 専門家にしか, 小鳥の, 小麦稈, 少年の, 尾崎一雄のが, 屡々知識欲, 嵩ばった着物を, 常に夕立雲, 平気で, 幸福で, 幾度か, 庄吉の, 座席の, 建具職の, 形なし, 彼が, 彼らの, 彼を, 彼女の, 往々人間, 微々たる存在, 微妙な, 必死に, 忠相が, 快い匂い, 思いがけない御馳走, 思つてゐる, 思考する, 恐らく思想, 悲しかつ, 想像できない, 愛の, 慥かに, 手を, 拵えごとに, 指導的な, 描こうと, 文学の, 既に安井, 早すぎる, 春も, 暗か, 暗くなる, 最も惨め, 最も期待, 最も犠牲, 最も親しい, 最も重い, 最も高尚, 最年長者, 朗かな, 朝から, 朝餉の, 本当の, 格別の, 梅田が, 棄てられた人, 樹下美人風の, 欲しいん, 歌わないし, 比較的成績, 気の毒な, 氣に, 水浴びを, 氷の, 泣き声が, 泰軒が, 海邊が, 渋々した, 溪間からは, 滅多に, 濡れなく出来て, 燈火を, 片鱗でも, 特別この, 特別な, 特別に, 猟犬フハンと, 猫の, 王さまが, 現に成年, 男だけは, 男として, 男女の, 男爵や, 疲れた男囚たち, 疾風怒, 皆が, 相当にらみ, 相手が, 着々と, 石の, 祖父江出羽守室外で, 私が, 私の, 私は, 私一人が, 秋の, 突き合う, 竹童と, 精神に, 紀貫之や, 経験が, 美と, 老人が, 老婆の, 考えて, 考へて, 考慮しなけれ, 聖書は, 聞えた世間, 聞こえなくなり夜更け, 肥えふとった馬, 膝を, 自分で, 自由で, 自身創立された, 至る処, 若いジェネレーション, 英之助は, 荒馬の, 薬師寺金堂の, 藷を, 蝦蟆仙人が, 記憶の, 証人を, 誰よりも, 貧しさ, 貴族的な, 足利殿に, 跼いて, 軽ん, 軽蔑し, 辣薤畑の, 通りがかりの, 運転手の, 遠い山々, 遠雷の, 酒が, 重要な, 鉦や, 長いこと話, 長者の, 闊達自在の, 雁の, 雷の, 電車の, 霍亂を, 青年の, 音の, 顔が, 食べものも, 驚きという, 高橋さん以外の, 鬼の

▼ なか~ (406, 1.6%)

6 急に 3 しんとして, 真暗だった, 薄暗かった

2 [19件] うす暗かった, しーん, ひっくりかえるよう, ひっそりと, まだ新しく, まっ暗です, まッ, もう薄暗く, 人の, 信州味噌を, 危いと, 墓場の, 思いの, 浅黄いろ, 涼しかった, 混雑し, 眞暗, 綺麗に, 闇に

1 [353件] あちらこちらに, いいかげんに, いうまでも, いくら見, いたって, いっぱいである, いつか賑やかな, いつも大, いつも薫風瑞雲, いつも蜘蛛, いやに, いよいよ押し合う, いらしい妖女, うっとりする, おちついて, おもしろくない, お千代, お茶で, お菓子や, かき別けねば, からっぽで, からっぽでした, からっぽです, がらんと, がらんとして, がんがんする, きれいに, くさくって, ぐるりの, こんなにたのしい, ごった返して, さつぱりと片, ざわついて, ざわめいて, しいんとし, しかしからっぽ, しずかだった, しずまりかえって, しんと静まっ, しんぱいした, じいさんの, じめじめし, じめじめとして, じめついて, すが, すっかりくらい, すっかり洋風, すっかり薄暗く, すつかり, すももと, ずいぶんよかっ, そいつは, そこに, そのこと, その間にすら, それこそ, それで, たいていこんな, ただでさえ, たちまち大, だが, だめだ, ちひさ, ちよつと, ところまだ, ともかく一足, どうか知らぬ, どこから, どこも, どの部屋, どれほど, どんなだったでしょう, なおさら暗い, なかなか暖まらず, なんてえらい, にえくりかえるよう, はっきり見えなかった, ひっそりし, ひつそりし, ひつそりと, ひつそりとして, ひつそり閑として, ひとしきり騒がしく, ひどく汚い, ひねもの, ひめの, ふしぎな, ほこりだらけ, ほつかりと, ほとんど何, ほの, ぼー, まあ二人, まかり間違えば, まことに不思議, またぱつと, まだ一向片付い, まだ人けが, まだ残暑, まだ鳴っ, まだ鳴つ, まっかに, まっくら, まっ暗だ, まっ暗でした, まっ暗に, まっ暗やみ, まっ暗闇, まるでお宮さん, まるで春, まるで見えなかった, ま昼, みんなの, もうすっかり薄暗く, もうとっぷり暮れ, やはりそれきり, やりきれねえ, よく見えた, よく見えない, よろこびの, アカシヤと, ウス暗く, カッカと, ガソリン臭く, グリン色の, コトリとも, シンとして, シーンと, パッと, プーンと, ホルシュタイン風の, 一ぱい, 一体どうなる, 一刻も, 一尺ばかりの, 一方の, 一様に, 一瞥し, 三尊の, 三月なかばの, 三疊位の, 不自然に, 主賓の, 乱暴に, 乱暴狼藉あやしい, 乱脈である, 二つに, 二十冊ぶんちゃんと, 二坪ほどの, 云い知れない恐怖, 人が, 人を, 人混みで, 仄くらく, 今この, 今朝に, 今朝ものを, 伸子を, 住みよい, 何となくかき乱され, 何とも云えず, 何千という, 先刻の, 児童で, 八方に, 六曲一双の, 六畳に, 其処らじゅう水だらけに, 内輪あつかい, 再びがらん, 冬に, 冷酷の, 別に取り散らした, 刺すやう, 勿論外, 千變萬化の, 卵ばつかりつまりける, 去年から, 可なりに, 同輩の, 咽せ返る, 喧囂たる, 四天王の, 壺に, 夏です, 夕方の, 夜だ, 大きく揺れだし, 大地震, 大抵想像, 大騒ぎに, 妙に, 安定した, 宝石や, 実に賑やか, 宿老たちよりは, 寂然として, 寒いの, 寒くて, 小次郎にでも, 少しも, 少し暗く, 帆汽船合計船舶総トン数にたいする, 平凡だ, 平和と, 平和な, 広大だ, 床で, 廃墟の, 引っくり, 彼にとって, 彼女の, 往けぬよ, 往来じゃ, 待って, 心得きって, 心配で, 忌に, 思ったよう, 思ったより, 恐ろしい修羅場, 悲しくわびしく父母, 惡かつ, 戦場の, 手の, 押合う, 散らかし放題, 敵の, 旅の, 既に名状, 明るく暖かい様子, 昼でも, 昼よりも, 昼間で, 暑いん, 暑くるしいから, 暗い, 暗いの, 暗か, 暗くて, 暗澹どこを, 暗闇である, 月夜の, 案じたる眩暈, 案外からっぽ, 森閑として, 様子が, 死の, 殆ど手に, 残暑, 殿様かと, 氣忙しい, 水が, 水底の, 汗が, 汗で, 沢地の, 洞に, 活気が, 海底の, 涼しい風, 淋しいもの, 淡いけむり, 混乱の, 温かで, 濃い褐色, 火が, 火の, 火の車だ, 火を, 灼けるよう, 焦るので, 焼けるよう, 煙に, 煮えるやう, 熱し切つて, 燃えあがる焚火, 燃えるよう, 物悲しいほどに, 玩具箱の, 生簀の, 疎々しかった, 疼くやう, 疼くよう, 白く見える, 眞暗闇では, 眞赤な, 真の, 真ッ, 真暗で, 真暗であった, 真暗に, 真空に, 石が, 石ころを, 砂が, 神様だって, 私に, 空だ, 空っぽであった, 空つ, 空に, 空気が, 空洞にな, 空缶の, 立読みなどを, 竹だらけに, 絶え間なし, 繭で, 肴である, 臭氣芬芬だつたさうだ, 若い灌木, 若鮎の, 茶色で, 荒れて, 荒れ放題, 荒野と, 蒸し上るばかりの, 蒸し暑いし, 蒸し暑くなった, 蒸暑くおまけ, 薄明るく, 薄暗かつ, 薄闇い, 血だらけな, 豊富で, 赤褐色で, 足利幕府の, 追い出された中学校, 逆に, 透きとおった清潔, 遥か正面, 酔った客, 重くろ, 金だ, 鎮まったけれども, 長いあいだ太平無事, 随分忙し, 随分蒸し暑かっ, 雅味で, 雜然たる, 雷の, 青い光, 青く, 静かで, 静まり返って, 面白いねエ, 面白かろう, 頭と, 養老の, 馴れると, 鰊の, 鳥や

▼ なかでも~ (369, 1.5%)

3 彼の, 気の

2 [13件] いちばん下の, それを, ベッドシーンの, 一番の, 一種特別な, 厚ぽつたい, 多くの, 彼は, 指折りの, 特別な, 私の, 美人中の, 重要な

1 [337件] あいめぐり会うが, あたりの, あつかましいの, あのくらい, あの染吉, あの錦, あるの, ある種, いい, いいから, いちばんおくびょうもの, いちばんから, いちばんきりょうよしの人形でした, いちばんだいじな, いちばんに, いちばん上等の, いちばん大きく, いちばん大事な, いちばん心を, いちばん怖し, いちばん無慈悲な, いちばん軽い, いちばん長い, いっぺんも, いなせを, いま御, おさえが, おなじ姿勢, おのずから別, おまえは, おれは, お八重, お杉, お石, かなりな, きっと同じ, くりかえし云われて, ぐもぐやつてかねを, こ, こういう機会, こうな, ここに, ことに議論好き, このさつき, このジェスイット派, この一角, この人, この寺以外, この座頭, この病気, この通り, これだけは, こんな人, こんな女, ごくあつい, しきりにその, じつにめずらしい, すぐ捲ける, すぐ裏, ずうっと, その, そのあり, その人違い, その後膨れ, その狂訓, その苦しい, それだけが, それに, たった一度, たれおよぶもの, ちっとも変化, ちょっと微笑, ついぞ顔, つづいて, できるかぎり多く, できるよう, とくに共産主義者, とくに印象, とくに恐ろし, とくに摺鉢山, とりわけ早熟, とりわけ私, どうしても評判, どこからか, ない地面, のほほんとし, はっきりと, ひとり最も高い, ふつう産児室, まことに際だった, まだそれ程に, まわりそう, むかふの, もっとみんな, もっとも, もっとも低い, もっとも卑し, もっとも怪奇, もっとも恐ろしい, もつとも身分, やああれ, やはり好き, よく知られ, よほどはしこい, わかって, わたしが, わたしは, アホウドリは, ストランドは, テーブルに, トキエは, トマス・ボドレイは, ピカピカ光る, 一ばんぐづで一ばん馬鹿で, 一旦或, 一本の, 一段と濃い, 一片の, 一番いやな, 一番けがらわしい, 一番しつかりした, 一番よく, 一番出, 一番印象ぶかかった, 一番厳重に, 一番好い, 一番悪い, 一番明るい, 一番有名に, 一番美人で, 一種目だった, 一等うつくしい, 一等愉しい, 一等陰氣くさい, 一粒よりの, 三年五年の, 三河屋の, 上品に, 上坐, 上手だ, 下の, 不治と, 両国の, 中どころだろう, 中国との, 中学校長は, 中野武二谷口喬一今村信吉なんぞ, 主だった, 乳母車は, 人が, 人に, 他人の, 伊勢屋という, 伝五郎の, 何時までも, 佛蘭西の, 例の, 信連の, 俳優は, 偽の, 兄いが, 兄弟以上にも, 光ってるぜ, 典型的な, 内乱前の, 分布学つていふ, 初心で, 初瀬は, 別の, 前進する, 剛力を, 剽軽な, 勝次郎という, 十人二十人とは, 千寿王どのの, 博士の, 古いこの, 古い方, 叩くの, 吉原の, 同じお, 名は, 名高いの, 咲いて, 変って, 大分まえ, 大変ご, 大抵の, 失われること, 始終いらいら, 室生さんは, 寛永六年, 寧ろ一風変つた姐, 小休み, 小身者が, 少し薄, 尤も尖鋭的, 屈指の, 屋内から, 師範役の, 平吉が, 年少の, 幸民は, 幼少の, 広汎な, 彼女はや, 徳川どのは, 心ある, 心の, 必ずしも跡, 急患が, 怪談物を, 息が, 想像された, 慌て, 成るべく風変わり, 指針と, 探偵小説評論を, 斜酣の, 新次郎という, 昼飯だけは, 時折見た, 智慧たらず, 曇り硝子, 更にお, 最もひどかっ, 最も勇敢, 最も古い, 最も多数, 最も好評, 最も完成, 最も微妙, 最も性質, 最も熱烈, 最も純, 最も美しく情深く, 最も輝かしい, 最上級の, 最大の, 最高の, 有力の, 朝から, 木が, 末起は, 本当にわたし達, 東山堂という, 柳原伯松方侯井上侯柳沢伯小笠原伯大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは, 様々な, 権勢の, 正月の, 此, 歩いて, 歴々の, 歴史的に, 殊さら樹木の, 殊に気, 殊に遺伝学, 毎日の, 気が, 水面上と, 泣きつづけて, 涙を, 特に不審, 特に丹色, 特に小説的, 特に山川, 特に教育方法, 特に日本, 特に深く, 犬に, 独りで, 独楽は, 猿は, 現に今年, 甚だしく下, 生えること, 異彩を, 白い, 白く光る, 盗賊の, 目立たない勘定方, 目立って, 相当な, 相馬御風君などは, 眼が, 眼の, 知らぬ人, 知識に, 石黒少佐の, 確かに, 福井が, 秀才であり, 立ち優れた旗本, 筆頭の, 經濟的に, 美しいものの, 群を, 自分の, 自分は, 良心を, 花々しく世, 花鳥と, 若い侍たち, 荒い奴, 衿ひとつ寛げず, 袋蜘蛛が, 褒め者に, 見当が, 親は, 評判が, 評判に, 話して, 誇りえた文子, 警官たちが, 豐けさにおいて, 貧しげ, 貴重な, 超然として, 路上でも, 近ごろ筑紫から, 重い地位, 金目に, 鍛えられる, 鐵火と, 隠密の, 集会が, 雛たちが, 離散した, 雪の, 霜は, 青リボンと, 青年たちの, 食事の, 飲んだので, 駆けあるいて, 駒形の, 高潔な

▼ なかにも~ (357, 1.4%)

4 ある 3 何か

2 [25件] あった, あること, かすかな, すぐ死, それが, それと, それは, それを, どこか, はっきりと, ふと断末魔, ぼんやりと, 一本の, 一種の, 会社の, 光って, 溢れて, 眼に, 私は, 胸に, 自分の, 蚤が, 降るの, 露店が, 黙って

1 [300件] ああいう, あった若い, あの病気, あらゆる複雜, あります, ありますが, あるごとく神, あるロシア民衆, ある程度まで, ある筈, あれあの八百屋お七, あんな強, いうべきこと, いかさまばくちの, いかに多く, いつの代にか, いないしかも, いなかった, いられなかった, いろいろと, いろいろな, いろいろの, いろいろ役所関係, うつって, おかん, おのずから輪廓, おみち, お日さま, ぐりこんでしまつて, こ, こいつは, こうした閑寂地, こうして一つ, このくらい, この美酒, これが, こんなお, こんな卑劣者, さし当っ, じっと堪え忍ん, すぐ描かれた, すこし恥し, すっきりと, ずいぶん辛い, ずしんと, せまい個人, せめて一人, そういうよう, そういう数学的, そういったもの, そこい, そこここに, そのこと, その二, その兩方, その子, その眼, その返還, そんな人物, たくさん入り全身は, たぶんいろいろ, ちょうは, ときには魔法, なお失われない, なお必勝, なお私, なかなか強い, なつかしいエロサービス, なにかある, なにかそれ, なにやら解せぬ, なにより, なほ古今を, なほ恥ぢる, なんとなまず, はっきり示した, ひそやかに, ひとしお苦痛, ひとりか, ふと白い, ほしい, ほの, ほのぼのと, ほのめいて, まぎれこんで, またふたり, また特に, また独特, まだかすか, まだまだ無, まだ私, みえて, みよの, みられるの, もう既にそれだけの, もはや古典, よくわかる, よほど手重い, りんと, わかき英雄クウフリン, わけていわゆる, わずかな, わたしと, イタリア人の, コスモの, バッジが, 一つだけ, 一つの, 一二の, 一人ゴテの, 一度は, 一本あった, 一縷の, 一脈の, 三日の, 三枝のと, 不思議に, 不適者の, 二三かなりに, 二三十人ほどは, 二人が, 二十歳未満の, 亦現在, 人間の, 人間性の, 似たる人, 何かが, 何だか心強い, 何人も, 光る歌, 其の白い, 出身や, 動揺が, 勿論時にはお, 十六歳の, 十分に, 十分窺われる, 卑俗な, 南葵文庫の, 厳然として, 取入れられた, 叩いて, 同様な, 呆れけ, 和尚は, 喘いで, 四角の, 圖まで, 在るという, 在る微妙, 地に, 地の, 培われなければ, 多少は, 大抵は, 女の, 女優が, 女王ば, 好感を, 学術的研究の, 安住でき, 安心を, 実に芸術的, 実は守り神, 実在の, 実業に, 實に, 小さい温泉場, 小幡民部は, 小舟が, 少しく意, 少数の, 屈せず倒れずに, 常に中心, 平之丞は, 年ごとに, 幸福な, 幽寂は, 彼としては, 彼の, 彼は, 彼を, 彼女の, 往来にも, 微かながら, 心が, 心の, 忍剣は, 忍耐し, 忙しい時, 思ひ遣りの, 怪我人が, 悪いやつら, 愛嬌の, 感じた, 感じられたの, 憔慮が, 折竹の, 捨てないで, 文子の, 新しいタイプ, 新子の, 既にし, 既にそれ, 昔の, 時々こんな, 普通の, 暇さえ, 曲輪が, 書いたごとく他人, 書いて, 書き漏らされて, 曼珠沙華赤し, 本人は, 根を, 桃源境が, 案外たいへんうまい, 毅然として, 氏には, 民主的委員を, 気を, 氷海嘯の, 永年いた, 江戸へ, 流れて, 涙が, 淋しい恐ろしい孤獨, 混つて来る, 清々しく樂, 滿洲移民の, 火が, 無智, 無精の, 燐光の, 物売りの, 物悲しさ, 狭い通路, 現れた, 現れて, 現われて, 生きられる, 生活の, 田舎へ, 男は, 町をと, 痛切に, 発見できない, 登って, 目じる, 直接影響せず, 相が, 真に, 着飾った競馬馬, 知らぬ顏, 知識の, 石橋湛山氏松村謙三氏の, 確に, 私が, 私の, 程度の, 積まれめいめい, 笑める君, 絶対的戦争反対論者が, 美しいところ, 羽二重なり, 胸の, 自分を, 芥川の, 芸術の, 芽を, 若い女, 草の, 葉子に, 葛城の, 薄白く, 蘭の, 蝋燭の, 袴を, 見いだすこと, 見えなかったが, 見出しうること, 見出し得ないといふ, 見当らない, 見物席に, 訪れて, 読みとられる反映, 赤い火, 起こった, 起って, 起伏し, 輝く美, 造形美術の, 道は, 都會では, 重軽, 閃めいた, 際立つて, 静かな, 響いて, 鯰蒲鉾の

▼ なか~ (150, 0.6%)

3 ぱっと白く明るく, 急に 2 あんまり暖, なべて年, ゾーッと, 改まるわけ, 暗くな

1 [134件] あらはれ黒い, いいお, いいの, いそがしくて, いちばんひどく, いっぱいに, いぶりくさく, おぼろ氣に, おもくるしくて, かゆくくすぐったいという, からからに, からっぽ, からっぽに, きゅうに, ぐるぐると, しゅんとなった, じめじめし, すっかりかわっ, すっかり静か, ずっと豊か, その中, ぞっとした, ぞっと寒く, つまって, つまらないん, つめたくなりました, どうかする, どうにかし, どれほど, どんなふう, どんな様子, ぬくぬくと, はっきりし, ぱつと明るく, ぱつと白く明るく, ひっくりかえるほど, ひろびろし, まっ暗に, まぶしいほど, まるで炭火, まわりの, みだれて, もとは, やきの, やきを, よい騒音, よくって, よくなっ, よくみえた, よく見えます, わからなくなる, ウザウザし, グーッと, シィンとして, シーソーの, ヘビが, 一ぱいに, 一層寂しく, 一時に, 万事ちゃんと, 乾いたよう, 今日は, 何となくごたつい, 何となく荒れ, 何もかもうまく, 例外なく, 光と, 入って, 割かれて, 動いて, 可い, 味気なくなっ, 変に, 夢の, 好いか, 始終引っ, 寂しくなっ, 小綺麗に, 少しも, 少し明く, 巧く行かない, 廻って, 文明に, 明るくなった, 明るくなりました, 明るくみえ, 春風の, 景気づい, 暖くなる, 暗い上, 暗くなっ, 木の, 段々暗く, 泉の, 波の, 浮きたつよう, 涼しくなる, 深い洞穴, 清々しい匂い, 清潔に, 澄んで, 焼けて, 煙硝で, 煮えくり返って, 熱くなった, 熱くなり, 熱くなる, 爽やかな, 片づくと, 甘ったるくなり, 痒ゆくなった, 痛くなる, 痛むと, 白けて, 相手の, 真暗に, 空虚に, 紫に, 美味しくなっ, 自分の, 華やぐよう, 薄暗くなつた, 見えた, 見えて, 見える, 見える時, 軽くなる, 酢っぱくなっ, 醗酵した, 重くなった, 錯亂し, 閙が, 靜まりかへ, 馬鹿に

▼ なか~ (138, 0.6%)

3 にはいっ

2 [17件] と同様, と特に, と申し, ど, どの樹, なかま, なの, にくわわりました, にし, になれ, にはひとり, にむかっ, に來, に入れ, に溶け込ん, の一人, の隠れ遊び

1 [101件] うちである, うちでは, うちの, か, からぬきんで, から構われ, から金, がある, がいま, がかくれ, がばけ, がふたり, がまぎれこん, がホンコン, が二十余人味方, が変装, が残っ, が面会, たちにまで, だったの, とみえ決して, とみせかけ, とれんらく, と博奕, と知れたら, と船, と連絡, どし, どたかね, どといふ藪, どと接骨木, どと申し, どの枝, どの紅, どの葉, どは紅葉, どや枇杷, ならかっこう, にいた, にいれ, にお, にだれ, になっ, になに, にならない, になる, にはいった, にはいつ, にはいらない, には中国陣開戦以来, には入れ, にまじっ, にエリーザ, に入り, に入れる, に北条時政, に擁せられ, のうち, のこと, のしるし, のしわざだ, のそば, のたれ, のもの, のわかい, のチンピラ隊, の兵太郎君, の内, の海賊たち, の猟師, の端, はいいました, はいつ, はくらい森, はこの, はその, はたいて, はともかく, は住ん, は木, は金もち, ばかりが私, へはいる, へ帰った, もいっしょ, もき, もみんな, も殆, も自分, らしく人間, をここ, をつれ, を一人, を呪い, を手まねき, を見せ, を見下し, 一同が, 入りしよう, 入りを, 同志で

▼ なか~ (91, 0.4%)

2715 たの 9 たが 7 たか 2 たから, たけれども, たこと, たと, たもん, たろう

1 [21件] たかいおいらたち, たかしら, たかしらん, たかと, たかも, たそのまま, たそれ, たという, たとか, たので, たほどで, たもの, たらそれ, たん, た一昨日, た昇, た書物, た罰, た者, て, てよ

▼ なかまで~ (90, 0.4%)

3 はいって 2 そこらを

1 [85件] あった, あったの, あつまります, あぶらを, ありとあらゆる出鱈目, あり友だち, ある, あるが, いちばんのせいた, うろうろし, ここらに, した, したが, じゃりじゃりだ, す, すからね, そのイシカリ川, それは, とんで, なけり, なけりゃ支那人, はいり込んだな, はいり込んだろう, ひでちゃんって, ひろがらず例外, もぐり込んで, やってきたかい, よう活躍しよった, ブレーメンの, 一ぱいに, 三人は, 三十三町一本道で, 上野の, 世話を, 休み無しに, 似て, 何となく満ちたりた, 侵入し, 入って, 別宴を, 勝手な, 吃驚する, 吹きこませた, 四五人も, 埋めて, 夕焼の, 夢中に, 小唄なんか, 小林君を, 少女は, 年輩も, 待たずに, 忍び込んだ, 戦慄させよう, 押しよせる, 押込んで, 持ち込んだの, 持ち込んで, 新内節が, 新聞種の, 暇さえ, 最も若く, 月かげの, 流れ込んで, 涼みます, 湿り込み夏, 滲み込んで, 煙だらけに, 狩人たちを, 監房の, 秩父の, 素子の, 聞えたから, 見透した, 見通そうと, 覗くよう, 詮索ご, 起きて, 足を, 送り込むと, 鉱夫の, 閃いて, 降りて, 青嵐に, 飛んで

▼ なか~ (64, 0.3%)

414 たが 3 たの, たので 2 たから, た様, た樣 1 たからね, たといふ, たばかりか, たよ, たらしい, たら子爵家, たん

▼ なかでの~ (52, 0.2%)

5 やうに 3 ように

1 [44件] いちばん中心の, おかみさん, きまりの, きわだった人物, ことと, こととして, このさそいかけ, まあ幹部, ものである, やうな, やや大きな, わたしの, ジャンの, チャチな, ハイカラな, 一つの, 一應の, 一流派では, 一般生活の, 交渉, 人気ものに, 位置によって, 共産主義者たちの, 出会は, 問答な, 奇怪な, 女である, 娘としての, 帝国主義の, 徳永自身の, 掛樋の, 最も有力, 最も現実, 温泉好きで, 生きる心持, 生活だけに, 経験者, 芸術的味いに, 若手で, 苦痛を, 話は, 話題は, 貴婦人である, 食事の

▼ なか~ (51, 0.2%)

2 たの, 尖った帽子

1 [47件] ありけど, いたって, いつもお, くだけよとばかり, ご覧に, さわがしいという, しみじみと, じめじめし, ただ白かっ, たなの, とがった帽子, なくて, ひっそりと, ひとつのこらず, ふだらに, また湖畔, やっぱりそうでした, やはり暗, よう乾く, 丸見えであった, 主の, 乾きあがって, 冷えて, 医者の, 埃だらけに, 少しづつ, 尖つた帽子, 広い, 広くない, 意識し, 暗く時雨ん, 朦朧と, 案外いい, 汗で, 活き活きと, 淋しかった, 父だけが, 物音が, 破ったよう, 空気そのものも, 綺麗に, 薄暗いの, 見えて, 見とおして, 調べた, 離反せず, 革まって

▼ なかへは~ (45, 0.2%)

11 いつて 9 ひつて 2 入って

1 [23件] いこんで, いるまいと, とんで, はいって, はいらなかった, はいれない女, ひりますね, ひり景気, ひる, ひるん, ふり込んで, まだ入られない, もぐりこまずに, 入らなかつた, 入れて, 入れませんよ, 墓の, 悲しみも, 感じが, 溪の, 私達の, 色々の, 隠れ得ないし

▼ なか~ (42, 0.2%)

2 の有難

1 [40件] がいくら, がたべられる, がない, がはみ出し, がカード, が軽く, が違っ, が鉄砲, として, に気, はただ, はちゃんと, はなんだか, はまるで, はクリーム色, はナンセンス, は可愛い好い, は比較的どう, は泰造, は獄中, は石, は赤門前, への愛, もおのずから, も会社, をすっかり, をすりかえ, をぬかれた, をほとばしらせた, をまた, をチラリ, を割っ, を吐き出した, を振り落した, を書く, を机, を茶碗, を語ろう, 次第で, 潟と

▼ なか~ (39, 0.2%)

2 焼跡の, 眼に

1 [35件] あしを, あるいはけぶる, おなかの, さかい濡れん, ついには, という兄, ともう一人島田髷, はしづやよりも早く, まわりを, もしづや, もっと薄い, 中の, 他家の, 原に, 口の, 古井戸, 山峡や, 感想文などでは, 掃除の, 教師の, 明け暮れて, 昔から, 森の, 水溜りの, 海岸を, 玄関などには, 田圃や, 石ころの, 穂を, 空たかく, 胸に, 腕が, 草の, 街路や, 野の

▼ なかほどに~ (33, 0.1%)

2 あつた, 小さな穴

1 [29件] あると, ある伊助, いたので, かかって, しいて, すすんだ時, ついて, つばきの大きな, つゆく, まるい舞台, ゆわえつけて, ゆわえつけ二人, チラチラと, 一隻の, 佇んで, 古い木箱, 大きな川, 年よりの, 待って, 怪人が, 横たわりし新聞綴込, 機関車が, 毒針の, 浮いて, 白い雲, 紅と, 落ちて, 踏みかけて, 109という

▼ なか~ (32, 0.1%)

4 ねえ 2 という

1 [26件] え, か, かうま, かな鼻, かまぶた, からだいいち, からなに, から人, から見失った, から警官たち, から電車, か草, が, がと考へ, ぞとこっち, ぞ夜なか, という点, といふ, とお, とおもっ, と空気, なあ, ものつまらない, よ, るみな, 無辜の

▼ なか~ (32, 0.1%)

3 し, しか可笑し 2 けむか人, けむか土, しが, しも擬古

1 [18件] けむ我が, しおのれ, しが幸, しささやき, しつかれた, しといえ, しとぞ, しなら, しもありつ, しももし, しも亦, しも我, しも畢竟, しも貴族, しを, し柴田め, 我は, 胸を

▼ なかからは~ (31, 0.1%)

2 あちらからも

1 [29件] あったか, しめやかな, なくされて, なんの, ひとりの, ほんた, また一本, まるごとに, ルーダオの, 何の, 何も, 内証話や, 出ず腹ばい, 出とらん, 映畫, 時々高い, 柿は, 様々な, 決して生れない, 煮物の, 生れないやう, 聖書に, 肺臓と, 芳烈な, 誰も, 身の, 金子と, 鐘の, 黄熟した

▼ なかなる~ (24, 0.1%)

2 しら玉の, ものの, 余は

1 [18件] このドロウ, まッ先, ものとして, 人の, 伊那丸の, 別の, 孔雀の, 宴会は, 影は, 欝金草は, 火の, 物の, 肉体氏は, 花野を, 荼毘壇に, 蝙蝠は, 赤ん坊が, 金色の

▼ なか~ (23, 0.1%)

2 です

1 [21件] いい殊に, おぼしい時分, きまって, じゃろか, たい, ちがって, つばさを, なれば, はおも, 夜あけとの, 少し話しする, 申してな, 知って, 祓, 胸に, 胸打などを, 西の, 見たが, 言うてな, 言われて, 離縁する

▼ なかにこそ~ (20, 0.1%)

2 あのなか

1 [18件] もとめるべきもの, われわれは, 万遍なく, 人間の, 何か, 多くの, 希望が, 彼の, 情熱を, 我等が, 特殊な, 生命を, 秀吉は, 自由な, 蒼白な, 豊かな, 道の, 隣人の

▼ なかより~ (20, 0.1%)

2 一口の, 羽音たかく, 見えぬ

1 [14件] 一人の, 割れて, 取り出したの, 大根の, 杖つき, 来り炉, 生れてかの, 私らが, 紅の, 萌え出で, 見送りぬ忙しき, 起すが, 那智の, 麓の

▼ なかない~ (17, 0.1%)

32 か, よ 1 いじっぱり, かんにんし, けど, けど見, さ, じゃない, と思います, のだ, ニヤンと, 蠅で

▼ なかにまで~ (17, 0.1%)

2 響いて

1 [15件] かかる關係, かよって, くぐって, しみこんで, しみ込んで, そのま, その人柄, はいって, もち運ん, 世界反, 彼等を, 浸み入るの, 現はれた, 踏み込まないでよ, 飛び込んで

▼ なかにでも~ (15, 0.1%)

2 いるよう, ゐるやう

1 [11件] いそう, ひそんで, まごついて, やはりとりあげられる, 入っちょ, 円め込ん, 坐つて, 寝て, 棲む事, 浸って, 飛んだの

▼ なかりき~ (15, 0.1%)

2 といふ

1 [13件] うつくしの, かかること, されど彼, しかして二論派, たまたま外, と, という, といふ説, と聞きつ, の君, またわれ答, また汝, 多人數

▼ なか~ (14, 0.1%)

2 のだ, ほりを 1 のだらう, のだろう, のであった, のでしょう, のです, ので気分, ので陽氣, のに, のにもう, 大きいので

▼ なかにおいて~ (14, 0.1%)

1 [14件] ある, さへ, でさえ, です, 伸子は, 再生した, 単なる論理, 占める地位, 或る, 旅行に, 時に左顧右眄, 見たとき, 見ながら, 馬上より

▼ なかたち~ (13, 0.1%)

1 [13件] さえ消え去った, でこっち, で残つて, で淡く, で現す, になつ, になつて, にならう, のもの, の人造人間, や色彩, をした, をする

▼ なかへも~ (13, 0.1%)

2 入って

1 [11件] ぐずり込んで, ぐつてゆく, ぐりこんでゆくとねうしろから, はいって, 入り込む蚊帳, 入れたいほど, 延びて, 書いたが, 決して飛び立とう, 雷獣が, 顔を

▼ なかほどの~ (13, 0.1%)

3 ところに 2 ところを 1 ところだった, ところで, ところまで, 地面に, 客車の, 空で, 空中に, 釣鐘草の

▼ なかりせ~ (13, 0.1%)

51 ばこうして, ばトロイア軍, ば人, ば千代, ば斯く, ば犬ねこ馬, ば衆, ば鋭

▼ なか一日~ (12, 0.0%)

5 おいて 2 置いて 1 おいた日, か二日, の余裕, をおい, 置いた四日

▼ なかからも~ (11, 0.0%)

1 [11件] いろいろな, さらには, その芸術主義, ぷすぷす硫黄くさい, 原料が, 彼女は, 来るの, 注目すべき, 湧いて, 私は, 聞き分けられた

▼ なかごろ~ (11, 0.0%)

1 [11件] から倉持, から暗い, から発行, にドイツ, に大きな, に大和田建樹さん, に龍太郎, の右側, の定期, までいそいだ, まで作家

▼ なかじゃ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あんまり話ししない, いい姐, そんなとんでも, ない, ないか, なっか, なんといっ, なッ, ひとを, ろか, 充分熟れ切っ

▼ なかにて~ (11, 0.0%)

1 [11件] かの幸, なかんなど, ほほづき, 上訴を, 勘太郎が, 哄笑する, 御不承, 物言ふ, 玉虫の, 鎭めぬ, 雑言した

▼ なかにと~ (11, 0.0%)

2 ぢこもつ 1 ぢこめられた, ぢこめられました, ぢこめられる, びこんでくるやうになつてゐたがまた, ほうも, もつて, 云うよりも, 云ふ, 降りて

▼ なかへでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] ころがって, もぐりこむこと, 入ったよう, 入れさせて, 入れたいよう, 埋めたかな, 差しこむこと, 滑り込んだら大変, 片づけて, 転がし込んだの, 這入った心持

▼ なかほどまで~ (11, 0.0%)

2 下りて 1 いって, きたとき, くだって, ついて, のぼって, のぼりますと, 下降し, 押し襲, 行つて僕の

▼ なかでさえ~ (10, 0.0%)

1 この半分, この大, そう叫びつづけた, その男, ひときわ際立っ, よかったら, 人間の, 私の, 自分の, 風が

▼ なかなどに~ (10, 0.0%)

2 彼は 1 そんなレクヰエム, つい叫びだし, ときおり郡司, 何かを, 保存する, 凝と, 残った夜, 菜穂子が

▼ なかへと~ (10, 0.0%)

1 あるきだした, びこんでみてはじめてわかるんだ, めりこんで, 出て, 小走りに, 流れて, 索めに, 足を, 運命の, 飛びこんで

▼ なか~ (9, 0.0%)

1 がすぎた, がスーッ, が身, はたしかに, はまた, は立ちどまりました, をくらく, をションボリ, 開き頬

▼ なかまでは~ (9, 0.0%)

1 ありません, どうにも自由, なくて, なさそう, みんなが, もう九時間, 慥か勝あにい, 書記役の, 追跡の

▼ なか~ (9, 0.0%)

3 世に 2 可き, 可し 1 となり, とも相

▼ なか~ (8, 0.0%)

4 らに 1 らには, らの, らを, ら高き

▼ なかなれ~ (8, 0.0%)

32 ば用心 1 ばいらずありき, ば假令癲癇, ば大

▼ なかにさえ~ (8, 0.0%)

1 あらわれて, ある古, その作, やすやすと, 出て, 慰安を, 男の, 私を

▼ なかりけり~ (8, 0.0%)

1 か, この世に, さまで汝等秘密, の鳧, 今日は, 名所多くは, 弓はを, 高知ほとりの

▼ なか~ (7, 0.0%)

2 あが 1 その近間, はりを, わからねえが, 城の, 寒い月

▼ なか~ (7, 0.0%)

2 入れて 1 なりをアーク燈, はいらんならん, まく, 入つていかん, 籠めて

▼ なかだけ~ (7, 0.0%)

1 でなく野原, でほんとう, で恋情, で本, で自分, 回って, 翔んで

▼ なかである~ (7, 0.0%)

2 一つの 1 からあまり, から自由, ことが, のに胴の間, 場合にだけ

▼ なかです~ (7, 0.0%)

1 か, からお, からきっと, がな, が地上, や, 臘燭を

▼ なかにだって~ (7, 0.0%)

1 こんな種, そんな小, ちいさなかけ, ほんとに肩, 一人や, 案外そういう, 石川五右衛門の

▼ なかばかり~ (7, 0.0%)

1 だと, である, でなくその, でなく船中, で見馴れて, 走ってる, 選りつつ

▼ なかぶし~ (7, 0.0%)

2 汝が 1 つつ, 我には, 獨し, 白かが, 鹿毛の

▼ なかまでも~ (7, 0.0%)

1 いちばんいけない, そうよぶ, はいって, 一々あらためさせ, 指折りの, 野に, 霧が

▼ なからし~ (7, 0.0%)

2 むるためには百姓を, めんと 1 むるを, めん, めんことを

▼ なかるべき~ (7, 0.0%)

1 ことは, ところに, などかちり, は当然, 懺悔の, 芸術の, 金勝寺の

▼ なかだって~ (6, 0.0%)

1 ことでした, そんな変, やはりいい, 人生は, 叩き起さないとは, 君の

▼ なかででも~ (6, 0.0%)

1 ある日曜日, こんなに面白く, で, 死んだらえらい, 言つてゐるらしい, 重大な

▼ なかなどで~ (6, 0.0%)

1 ひとわたり見廻す, 人々が, 割合に, 口を, 売り出したの, 描いて

▼ なかほど~ (6, 0.0%)

1 でおわるの, でまた, で剣環, で彼女, のを, 礼儀を

▼ なかまだ~ (6, 0.0%)

1 としたら, と思う, なっ, なッ, よ, 食えないこと

▼ なかみの~ (6, 0.0%)

1 あるビン類すべて, たのしさ, ないこと, ない気位, わからない籠, 赤い種

▼ なかりける~ (6, 0.0%)

2 かな 1 夜革堂へ, 子ら遊びに, 扨又此與兵衞は, 次第なり

▼ なかけら~ (5, 0.0%)

1 が互に, の一つ, もあっ, をだし, を素早く

▼ なかでし~ (5, 0.0%)

1 きりに, ていた, てその, てゐた, でみる

▼ なかという~ (5, 0.0%)

1 のが, ものな, わけは, 価値も, 感じだった

▼ なかにおける~ (5, 0.0%)

1 一つの, 個人の, 専制的な, 物象の, 運命と

▼ なかにだけ~ (5, 0.0%)

1 あって, あるなどと, あるの, 現実が, 生活し

▼ なかにばかり~ (5, 0.0%)

1 ひっこんで, ゐたの, ゐるの, 住んで, 幸福は

▼ なかへの~ (5, 0.0%)

1 つそり, やうに, ナイル地方の, 何の, 突然の

▼ なかをと~ (5, 0.0%)

1 つくに, ほつて, ほりぬけ二階, ぼろと, 見かう見して

▼ なかをも~ (5, 0.0%)

1 出沒, 平気で, 辞せぬこ, 通つた, 顧みずしばらく

▼ なか~ (4, 0.0%)

1 いい眼, ねえ, ねえだよ, はせ

▼ なかうど~ (4, 0.0%)

1 しましたか, として立合, はきつね, らしいこと

▼ なかその~ (4, 0.0%)

1 中央に, 声が, 範囲では, 障子に

▼ なか~ (4, 0.0%)

1 やない, やア, や泊り, ゆうを

▼ なかにか~ (4, 0.0%)

1 あいらしい子供, あん, ぽッ, 室の

▼ なかほどへ~ (4, 0.0%)

1 すすめて, でたとき, 来て, 足を

▼ なかをば~ (4, 0.0%)

2 のがれつ 1 往きか, 猶更いそぎ足

▼ なか二日~ (4, 0.0%)

2 おいて 1 おいた朝, おいての

▼ なか近く~ (4, 0.0%)

1 なってから, なつた時, になった, になろう

▼ なか過ぎ~ (4, 0.0%)

1 か, だわね, にけり, には霧

▼ なかありません~ (3, 0.0%)

21

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 いふ心持, いふ風に, やつて

▼ なかくし場所~ (3, 0.0%)

1 だ, でしょう, なん

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 ことで, わを使っ, わ者が

▼ なかだけで~ (3, 0.0%)

1 思ひ込んで, 発見し得る, 笑った

▼ なかだけに~ (3, 0.0%)

1 あるもの, しろこの, まといつけ蚊脛

▼ なかって~ (3, 0.0%)

1 こんなもの, まっくら, 以来どうも

▼ なかつえ~ (3, 0.0%)

1 に, の, は

▼ なかつかう~ (3, 0.0%)

1 で煙草, にきれい, をし

▼ なかでこそ~ (3, 0.0%)

1 僕は, 幸運の, 私の

▼ なかでなく~ (3, 0.0%)

1 ては出, ては私, 戸外においては

▼ なかでのみ~ (3, 0.0%)

1 健全に, 存在を, 起ること

▼ なかなら~ (3, 0.0%)

1 どこにかけても, どこへ, 仕事も

▼ なかにおいては~ (3, 0.0%)

2 ただ言教 1 緊要な

▼ なかにさえも~ (3, 0.0%)

1 まだ昔, デニキンという, 多くの

▼ なかにしか~ (3, 0.0%)

2 ない 1 いっしょに

▼ なかについて~ (3, 0.0%)

1 お島, 居た葉, 藤吉郎どのはば

▼ なかにの~ (3, 0.0%)

1 つそり, やうに, ん気に

▼ なかにゃ~ (3, 0.0%)

1 ああ見え, あまだ, 黒玉の

▼ なかはさ~ (3, 0.0%)

2 のみに混雑 1 のみ混雑

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 にチユウチユウ, のまだ, の角

▼ なかへまで~ (3, 0.0%)

1 射しこむ, 緑っぽい, 跳びこむこと

▼ なかほどから~ (3, 0.0%)

1 ピョイと, 布片を, 見おろすと

▼ なかむら~ (3, 0.0%)

1 ぎしやう, ぎしよう, けいぶ

▼ なかやが~ (3, 0.0%)

1 きて, そばから, 迎えに

▼ なかりき七月十六日~ (3, 0.0%)

3 の夜

▼ なかりき歳~ (3, 0.0%)

3 は十五

▼ なかりけれ~ (3, 0.0%)

1 ばお, ばなり, ば老

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 べえ, ぺうを, 中で

▼ なか一ぱい~ (3, 0.0%)

1 にうすら寒く, にそれら, に射しこんだ

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 には, へ, を帳場

▼ なか~ (3, 0.0%)

2 のなか 1 の中

▼ なか~ (3, 0.0%)

2 に揚雲雀 1 に吹く

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 につき, の音, の音す

▼ なか~ (3, 0.0%)

1 ありて, だ, のなか

▼ なかあいらしい~ (2, 0.0%)

1 日に, 蜂雀です

▼ なかいつのまにか~ (2, 0.0%)

2 纏り

▼ なかおして~ (2, 0.0%)

1 やめる, 聞いて

▼ なかおり~ (2, 0.0%)

1 をたしなみ, をはなち

▼ なかからのみ~ (2, 0.0%)

1 真の, 閃めき出る

▼ なかこの~ (2, 0.0%)

1 同勢で, 宿屋まで

▼ なかじゃあ~ (2, 0.0%)

1 どうにもなら, 僕が

▼ なかじゅう~ (2, 0.0%)

1 くつろぐ空気, そうして旅行

▼ なかすぎ~ (2, 0.0%)

1 になる, までぶとう

▼ なかそれから~ (2, 0.0%)

1 生垣に, 生籬に

▼ なかだけが~ (2, 0.0%)

1 まるで亀, 輝かしい光

▼ なかだけの~ (2, 0.0%)

1 空想が, 考えごとに

▼ なかだった~ (2, 0.0%)

1 にもかかわらず, わね

▼ なかだつた~ (2, 0.0%)

1 かに自分, が役目

▼ なかだの~ (2, 0.0%)

1 何だ, 処か

▼ なかだろう~ (2, 0.0%)

1 ともちろん, と氷

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 ばらひと言う, みじめな

▼ なかであっ~ (2, 0.0%)

1 てさえ死刑囚, ても我慢

▼ なかであり~ (2, 0.0%)

1 その時, ながら見

▼ なかでう~ (2, 0.0%)

1 と, やむや

▼ なかでき~ (2, 0.0%)

1 ゃっと声を, やつき

▼ なかでさえも~ (2, 0.0%)

1 右や, 読まねば

▼ なかでした~ (2, 0.0%)

1 から, から千恵

▼ なかでだけ~ (2, 0.0%)

1 実在し, 彼は

▼ なかといふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, わけは

▼ なかとは~ (2, 0.0%)

1 いえ過激, まつたく別

▼ なかどうして~ (2, 0.0%)

1 世話な, 地球的に

▼ なかなど~ (2, 0.0%)

1 整理し, 時々自分

▼ なかなどを~ (2, 0.0%)

1 しばらく誰, ぶらぶらする

▼ なかなんか~ (2, 0.0%)

1 で赤襷, で高い

▼ なかにおいてさえ~ (2, 0.0%)

1 独りで, 瞑想に

▼ なかにこそと~ (2, 0.0%)

2 わたしは

▼ なかにつき~ (2, 0.0%)

1 のこり, 進んで

▼ なかにとり~ (2, 0.0%)

1 残されて, 残されるの

▼ なかにのみ~ (2, 0.0%)

1 棲みすぎたよう, 育てられるもの

▼ なかにもの~ (2, 0.0%)

1 あさる, の化の

▼ なかにや~ (2, 0.0%)

1 はらかく首, むにやまれぬ欲望冷血動物的な

▼ なかにを~ (2, 0.0%)

1 さめられて, る癖

▼ なかのけ~ (2, 0.0%)

1 はいを, 高い優しい脣

▼ なかのりさん~ (2, 0.0%)

1 で名高い, の木曾踊

▼ なかへす~ (2, 0.0%)

2 がたを

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 いになあ, では

▼ なかほし~ (2, 0.0%)

1 て一, て涙

▼ なかまいり~ (2, 0.0%)

1 をしてる, をしよう

▼ なかまじ~ (2, 0.0%)

1 ゃあねえぞ日本人の, やあねえぞ

▼ なかむれ~ (2, 0.0%)

1 は入日, は紅葉

▼ なかもん~ (2, 0.0%)

1 じゃ, なァ

▼ なかやの~ (2, 0.0%)

1 膝の, 返事は

▼ なかやを~ (2, 0.0%)

2 相手に

▼ なからん~ (2, 0.0%)

1 には主人, やいで

▼ なかりきさる~ (2, 0.0%)

1 ほどに此, をことし

▼ なかりき夫~ (2, 0.0%)

2 れも

▼ なかりき是~ (2, 0.0%)

1 れ単に, れ單

▼ なかりしか~ (2, 0.0%)

1 ば公子, ば虎

▼ なか七軒~ (2, 0.0%)

2 はさんで

▼ なか三日~ (2, 0.0%)

1 ばかりおいた, ほどおい

▼ なか以外~ (2, 0.0%)

1 に一目瞭然, に何

▼ なか~ (2, 0.0%)

2 の習癖

▼ なか全体~ (2, 0.0%)

1 が曇り, で揺すぶる

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 のデリカ, はからつ

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 ならば, をみる

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 といふ宿, の水

▼ なか川旅館~ (2, 0.0%)

1 の朝めし, へ宿

▼ なか廊下~ (2, 0.0%)

1 へもち, を玄関

▼ なか洋燈~ (2, 0.0%)

2 をつける

▼ なか深く~ (2, 0.0%)

1 入って, 顔を

▼ なか申し~ (2, 0.0%)

1 て, ておりまし

▼ なか程まで~ (2, 0.0%)

1 来ると, 這い上ったが

▼ なか~ (2, 0.0%)

2 の女中相手

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 の先頭, ま男

▼ なか~ (2, 0.0%)

1 から国内, に地蔵さま

▼ なか~ (2, 0.0%)

2 のうりざね顔

▼1* [332件]

なかあいそうに, なかあかつきもこの, なかあの秀吉に, なかあの大きな体と, なかありといふ通り, なかあわせにくッ, なかいちめんに砂, なかいっぱい荷物を, なかいっぱい鳥や獣, なかいのせなかに, なかうい鹽梅ぢや, なかうもりがこ, なかうろつきまはる, なかえるは田, なかえんがまるで, なかおちついて雪, なかおとしたものを, なかおどおどと, なかおのれを心得, なかおばせを, なかお出ましにならなくたっ, なかかも知れんと, なかからさえ性ばかり, なかからでもちよい, なかからでも人材を, なかからにはかにあかく, なかからの聲が, なかからべんとうを, なかからより出して, なかがにはかに, なかがよよごれるや, なかぐらいの大さ, なかこうして呼びつけるなんて, なかここんとこ, なかこそよけれ, なかこもった空気の, なかたる, なかごろのは演説, なかごろ呂昇は咽喉, なかごろ大本をあやまったる, なかごろ父の民部, なかごろ私はちょうど, なかさえ朗か, なかささやかな溪流, なかさしのぞく, なかさては頭の, なかさながらの奇異, なかざがするがい, なかざる里も, なかしょっちゅう道を, なかじいさんが恐ろしい, なかすでに蛍の, なかすり傷をつけ, なかそこへせい, なかそんな幻が, なかそんなに度々そして永い, なかたちこれが果たして, なかたで檳榔樹とか, なかたべるものが, なかだけででも考えて, なかだけでもかなり大きな, なかだけにしかない, なかだけを全部徒歩で, なかちひめずつと下, なかちやんと云, なかであった茫々と, なかであり死ぬ時彼に, なかであれば互, なかであろうともなかろう, なかでかういひ据ゑた, なかでくすっと笑っ, なかでしか推理しない, なかでじつとしてゐます, なかでたはむれ, なかでだけの解決に, なかでだってこれと, なかででもちよ, なかでともつて, なかでない静かな, なかでなくなったので, なかでなければ仲, なかでねむりたいなんていうのですものお, なかではからさわぎを, なかでばかり私は, なかでもがいて, なかでよりも学校とか, なかでわづかに, なかでをかしく青く, なかとか設備が, なかとが実はちぐはぐ, なかときのぐんやぶれきてはらきりたりときけばかなしも, なかときぐんやぶれきてはらきりたりときけばかなしもと言つて, なかとで息を, なかともなれば, なか地面が, なかどうかしらと云っ, なかどの上へ頼り, なかども目に見え, なかどんなのかしら, なかなかよき効果然し, なかながら時たま蝶蝶, なかなくうまく出来て, なかなくってそんな, なかなぐしを二つ, なかなぞに迚も, なかなぞへ隠れて, なかなぞを雑巾が, なかなったのは, なかなどが最初そんな, なかなどにはなかなか身分, なかなどばかりをよく一人, なかならぬ本当の, なかなら知らずわざわざこんな, なかなんかに閉じこめて, なかなんぞに自殺した, なかなんてに落ついて, なかにあたるこの上, なかにおいてのみその全, なかにかけてぐるぐると, なかにかぞへて, なかにかの魚を, なかにかへつて陶醉し, なかにがくりと, なかにくびをひっこめました, なかにすら休むこと, なかにぞ住いける, なかにつれ出されなければ, なかにつれて大階段, なかにては望みの, なかにとって貰いたがるでしょう, なかにはかへつてみごとな, なかにはから紅の, なかにはぞつとする, なかにはと云つても, なかにはねまはる羽, なかにはもの好きに, なかにはわづかに, なかによこたける, なかにより高次の, なかによりもむしろ無名, なかに対する不平不満が, なかぬき出して姑, なかのきゆうくつな, なかのけだものよ, なかのけもののよう, なかのみのむしぶらり, なかのよかつた, なかのりさん木曽の御嶽さん, なかはいちめんに装飾, なかはの人間ばかりの, なかばってんが今にどうか, なかばってん俺とお, なかひつそりと靜まり, なかひとすぢ, なかふくらみの紅い, なかふつと火, なかぶとの中, なかぶりもの, なかへかへつてゆく, なかへだけはどうしても, なかへだってぐつぐつと, なかへでものこ, なかへなど忍んで, なかへははひらず外, なかへまでは新しく創られた, なかほとんど服を, なかほどが欠けたよう, なかほどで燃えきつて, なかほどにはいって, なかほどより折れて, なかほどをみつめて, なかぼくは盛ん, なかまたちと一中節, なかまたは流れくだる瀬, なかまでが期限です, なかまとお酒も, なかまなんだな, なかみたいな風情, なかみと同じに, なかみの箱が現れる, なかみの造作のそれぞれ, なかむつまじくくらしました, なかむなにして秋行かむとす, なかめいとめつらしきよし, なかもの行かぬ, なかもをしや, なかやと一緒に, なかやぶのなか, なかやぶきやねの家, なかゆゑかうも, なかよしこよしであそんでる, なかよりもずっと雪, なからん乎この期, なからん時は, なかりきこれもお, なかりきそはその, なかりき今はジリジリ, なかりき彼これに心, なかりき法事をせず, なかりき鑑真和尚のこの, なかりけり縺れたる文字の, なかりけり霞むこの昼, なかる見ゆ, なかろう者なら益々, なかわいた霧を, なかわの宝石箱を, なかわんにもっ, なかをかへるとて, なかをかへつて明るい, なかをでもながめ入って, なかをねんいりに, なかをのそりと, なかをはしつて, なかをめぐっているよう, なかをわぁんわぁんとゆりうごかしていましたがやがて, なかをんなには, なかありませんや, なかソリの上, なかッたんだから, なかッ階下のおじさん, なかドサリドサリ伸びて, なかパチリパチリやっては, なかホテルの前, なかべ, なか一回一年だけ書記長, なか一度見てないもの, なか一日休養して, なか一晩林町へとまらせる, なか一杯風を受け, なか世上の聞え, なか両手をコウ, なか二三日おいて, なか二人の黒き, なかて一々, なか休みの一日, なか侍茶店にあぐら, なか優雅なもの, なか全速力で闇, なか出れば月, なか列車はいま関ガ原, なか十二時すぎまでぶとう, なか召し捕りますことは, なか叮嚀親切な応揚, なかも知られぬ, なか咲いてむらさき, なか噴水のほとり, なか垣根のもと, なかもあり, なか声もろともに無く, なか多少人前という, なかそれた強い, なか女中や書生, なか安穏なれ仏法, なかのなか, なか家ぢゆう逃げ, なかとし, なか少し凹みたる上, なかが見えない, なかいこと, なか帰って行く, なか庇い立てすると, なか座間の研究所, なかには春, なか得難い穏厚実直な, なかる男, なかの, なかにとり, なか碎く, なかとの間, なか掻探して, なかのなか, なか時静かな若葉, なか暗夜ともし, なか曼珠沙華のしづか, なか東方が白む, なか栄光のなか, なかもしょう様, なか死んだ勝頼を, なかや夫たち, なか水面から僅か, なか波折光ると, なか海峡を渡り, なか滿たし, なか漕げる舟見ゆ, なか無くつて, なか物心のある, なかにつままれた, なか産声のたか, なかであると, なかのなか, なか畳そと板敷, なかを覚まし, なかはだ, なかのした, なか突兀たる岩山, なか突通す無慘, なかもらひに, なか絵画的な描写, なかが早い, なかのそば, なか至難な許, なか舟宿へくる, なかは港, なかの色, なか蔦ヶ岳をこえ, なかのなか, なか蠧まれた祈祷, なか行くように, なか行けか去れだ, なか話すのあ, なか読書に疲れ, なか誰かがそれ, なかな女, なか負けていない, なかへるだけの, なか赤坂見附迄拝覧, なか踊りををど, なか速いことを, なか進み入る高き天, なかぎになつて營舍へ, なか過ぎ私一人が起き, なかか下方, なか酔うて寝, なかのつつみ, なか野糞する草, なか関君につれられ, なか防空演習でおきる, なかが鳴っ, なかもなく, なかの売れ, なか高声あげて, なかなる鈴菜