青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「とたん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ときどき~ ~とく とく~ ~とこ とこ~ ~ところ ところ~ ところが~ ところで~ ところどころ~
とたん~
とたんに~ ~とっ とっ~ ~とった とった~ ~とつ とつ~ とつぜん~ ~とても とても~

「とたん~」 1095, 11ppm, 10226位

▼ とたん~ (667, 60.9%)

12 私は 9 彼は 5 彼の 4 かれの 3 かれは, 二人の, 今度は, 俺は

2 [37件] あなたの, おれは, こちらの, こんな業病, その母親, アメリア嬢が, ガラリと, 今日は, 何か, 何を, 例の, 声が, 女の, 女は, 女中が, 宿屋の, 少年の, 心が, 憎むべき行者, 殆ん, 気が, 江戸中の, 涙が, 玄関で, 玄関の, 男は, 窓から, 竹童は, 紫の, 胸へ, 蛾次郎は, 足が, 追って来た, 雨が, 頭の, 魚刺を, 鹹水に

1 [551件 抜粋] ああこれ, ああまた, あたかも旋風, あっと叫ん, あとの, あの白髪首, あの親, あるもの, いきなりナオミ, いきなり突っ, いまの, ううんと, うまくスクラム, うれしくってね, おたま, おどりかかって, おどろいたねえ, おなかの, おもてから, おるいさん, おろおろと, お医者, お医者さま, お妃さま, お嬢さんが, かつ子の, かなたの, かねて予期, かの書生, かんしゃく玉の, がぜん大, がらがらがらと, がらりと, きゅー, ぐわあん, けろりとなおる, げっと, こう二人, こう独り, こちらを, この手もと, これだ, これは, こんどは, ごう, ごろごろひどい, さけびたて, さすがに, さすよう, さっとうごく, さてはいつぞや鵜, さらに意外, さんば, ざあっとまた大浪が, すぐ張飛, すぐ脇, すべての, せっかくに, ぜひとも御, そう思い込ん, そのかたまり, そのちっぽけ, その中, その中間, その大, その手, その満足感, その男, その衝動, その隣, それがしも, そんな風, たいてい腑抜け, ただの, たちまち五六人, だれにも, ちょっとあわてる, ちりんと, つい爆発, つい骨肉, つかまる, とつぜんカワウソ, どうした, どかン, どこかの, どこへとも, どっこいボーイ, どぶ, なにかまるい黒い, なにものかに, なにを, なれば, なんだかけたたましい, のぼせて, はっと息, はっと気がついた, はやくも, ばかばかしくなつ, ばけもの, ぱつと何か, ひっくりかえって, ひょいと座, びっくりし, ぴかりと電光, ぴったり盃, ふっとその, ふっと思い出した, ふといい, ふところの, ふと気, ふと赤ん坊, ぷーっと, ぷーんと嫌, ぼくは, ぼくも, ぽかんと拳固, ぽんと, まき納めて, またし, また一本, また別, また彼, また新しい, まだ母体, まぶしい光, みんなは, みんな抜刀し, みんな揃っ, むかしの, めまいは, もういけません, もう一生涯, もう君枝, もう大頭将軍, もう始まっ, もう滑り, もつて, やあと, やってきた電車, やはりあの, よけいな, わかつたわい, わしは, わっと, わらわらと, われ知らずに, インテリ風の, オパール色の, カラスの, キリキリと, コップが, コップを, シートから, ズドンッ, ズルスケは, ツネ子と, トム公の, ドアが, ドサリという, ドンと, ニッコリ立ち止っ, ニールスが, ノドキリ氏の, ハネ起き, パタリと, パッと, パンと, ヒヤリと, ヒュッと, ヒョイと, ビックリした, ピシリと, ヘンな, ボイインと, ボートは, ポルトガル人が, ポーンと, ランプの, リイケが, ワッと, 一つの, 一ぴきの, 一年前の, 一組の, 一陣の, 万三郎は, 丈助の, 三頭とも, 上の, 不可解至極な, 不完全に, 不思議と, 両手を, 中の, 中天の, 主人は, 九女八づき, 乱離微塵, 事務長から, 二人は, 井戸の, 人かげが, 人形は, 人間の, 仁木の, 仇敵の, 今松, 今迄, 他の, 代り合って, 仲間の, 佐代子も, 何だか寒く, 何と, 何と思, 何者かが, 余りにも, 俄かに, 信雄が, 停電, 偶然出た, 僕が, 僕の, 僕は, 兄の, 先廻りし, 先生の, 先輩や, 光を, 光子は, 全山, 八ヵ月と, 八五郎の, 六疊の, 六郎兵衛は, 六郷の, 兵十が, 内地へ, 切り込んで, 切れた, 切れた髻, 力一ぱい首を, 勘太は, 化の, 十兵衛は, 半助, 博士は, 卜斎の, 卯木も, 危険も, 口を, 古ぼけて, 右馬介宛てに, 吉之助様が, 向うの, 君の, 君は, 呟いた言葉, 咲耶子は, 唇を, 嗚咽し, 器用に, 四高弟は, 国臣様によって, 土を, 地上は, 坪井は, 城中の, 堪えがたい憂愁, 声を, 夢から, 夢が, 大きなあくび, 大きなくも, 大勢が, 大勢の, 大海人, 大鷲の, 天地が, 太刀の, 太郎は, 夫の, 失神した, 奥さまが, 女房が, 女房たちの, 女馬子, 如来が, 妾も, 娘は, 安井同心は, 宗休は, 実は藪, 家に, 家風と, 封が, 小さな焔, 小人は, 少々間, 少女の, 少年は, 屋台店の, 山影宗三郎と, 山椒の, 山頂との, 岩に, 己は, 帯が, 床の, 廂の, 廊下の, 建物から, 弥太郎の, 弦之, 当然両方, 彼が, 彼女と, 心臓が, 心臓の, 快弁の, 怒鳴られて, 思いついた, 思ひも, 思わずぎょっとし, 思わず二人, 思わず刀, 性来の, 恋人が, 恐ろしく重い, 意地にも, 戸の, 払い捨てられたので, 振り返った, 提げて, 支柱が, 断崖を, 昼間の, 暗い顔, 書記に, 木の, 朱柄の, 李小, 杭か, 東の, 松兵衛の, 松浦民弥は, 板が, 板塀に, 林檎を, 柱へ, 栄三郎は, 梅軒の, 槍の, 檻を, 死にましたね, 死ぬなんて, 死んじゃ, 死座から, 汁椀を, 汽艇は, 汽車は, 治郎吉の, 波越八弥は, 泣き虫の, 浮き腰に, 海が, 海の, 消えちまつて, 涙を, 源十郎には, 源太は, 源空は, 溶けて, 激しい咳, 激しい夕立, 火星生物は, 火薬が, 灯は, 燕尾服の, 爺は, 爽快な, 牛は, 物の, 物凄い音, 独楽の, 猩々の, 猩々卯, 玄蕃も, 瓶子が, 男の, 異様な, 癩病院に, 発見者の, 発車, 白髪の, 白髮の, 目が, 目を, 真上の, 眩いが, 眼から, 眼が, 眼の, 着物を, 睫毛に, 睫毛を, 石段を, 秀吉は, 私の, 穿いて, 突きのめされて, 突然彼, 突然社會數, 竹崎の, 竹童が, 笹の, 筋が, 篝火が, 紳士は, 終りだってさ, 経済界の, 絶対だ, 縁の, 羅門は, 羊羹色の, 義経は, 老婆は, 肩口から, 胆を, 背後から, 脾腹を, 腰が, 腰を, 腰骨を, 腹が, 自づと気分, 自分から, 自動車は, 自己から, 自然と, 舟は, 舟辰は, 艇内の, 若い女, 草履の, 落ちて, 董承, 蝮と, 血の, 行われた事件, 襖が, 親からは, 親方が, 解消の, 訴えられそこで, 読本の, 誰やらが, 誰よりも, 警部モロの, 谿底から, 赤犬が, 足もとの, 身ぶるいが, 軽蔑と, 迎いに, 迦羅奢, 退治られる, 逃げおったが, 逆上し, 逮捕され, 道は, 道路に, 違い棚の, 遠く離れた, 郁次郎は, 部屋ぜんたいが, 金貨が, 門の, 間道から, 隙が, 隣室の, 青い空, 非常な, 鞭打ち教的, 頭が, 頭を, 風の, 飛び起き冬次郎, 飛び込んで, 飛鳥の, 首を, 高い所, 高い鍔, 高い鼻, 髪を, 鬨の声が, 鳥は, 鳥右さんは, 黄巾賊の, 黒い鸞

▼ とたん~ (14, 1.3%)

5 老は, 老人は 3 老人が 1 老人の

▼ とたん~ (12, 1.1%)

4 メタル 1 ことであった, どっちからとも, やうに, 出来ごとでありました, 出来事だった, 呼吸ひとつで, 夫婦の, 貴さまの

▼ とたん~ (7, 0.6%)

1 の理性, の胸, は, はなにもかも, はなんとなく, は全身, は卒然

▼ とたんから~ (6, 0.5%)

1 まるで思いがけない, まるで思ひ, 六波羅御門は, 寢る, 紙が, 駄夫は

▼ とたんその~ (5, 0.5%)

1 座蒲団に, 杉の, 牛が, 相手の, 聲が

▼ とたん彼女~ (5, 0.5%)

1 の顔, はわれ, は怒り, は眼, は苦痛

▼ とたんいきなり~ (4, 0.4%)

1 とびあがって, 強い力, 振向いて, 敵愾心が

▼ とたんには~ (4, 0.4%)

1 右馬介も, 意味なく, 武者声を, 残る味方同士

▼ とたんまた~ (4, 0.4%)

1 くに子の, ひとしきりの, ふと浮き, 涙が

▼ とたんまるで~ (4, 0.4%)

2 私が 1 映画の, 顔から

▼ とたん~ (4, 0.4%)

1 はきゅう, は心, は思わず, は日本郵船

▼ とたんもう~ (3, 0.3%)

1 かえるでは, このうえなく, 道頓堀の

▼ とたん二人~ (3, 0.3%)

1 とも笑い, の捕り, の間

▼ とたん大きな~ (3, 0.3%)

1 おさかな, 声が, 黒ネコが

▼ とたん~ (3, 0.3%)

1 の死体, はヒョイ, は何事

▼ とたん屋根~ (3, 0.3%)

1 の上, の大洋, や洗濯物

▼ とたん張り~ (3, 0.3%)

1 か何, の上, の家根

▼ とたん~ (3, 0.3%)

1 の一人, はちょっと, はばりばりどすんと

▼ とたん~ (2, 0.2%)

1 たくしは, たまは

▼ とたんいい~ (2, 0.2%)

1 ことを, ようの

▼ とたん~ (2, 0.2%)

1 もての, 光は

▼ とたんきゃあ~ (2, 0.2%)

1 っと悲鳴, とたかい

▼ とたんぞっと~ (2, 0.2%)

1 したね, するよう

▼ とたんだった~ (2, 0.2%)

1 とよく, 何だか分らない

▼ とたんどき~ (2, 0.2%)

1 っと胸, ッと

▼ とたんなぜ~ (2, 0.2%)

1 か僕, か眼

▼ とたんなに~ (2, 0.2%)

1 もかも, を誤解

▼ とたんにも~ (2, 0.2%)

1 ういやんなって, 真っ先に

▼ とたんまたも~ (2, 0.2%)

1 五人ほどの, 激しくドーン

▼ とたんもの~ (2, 0.2%)

1 もいわず, をいわず

▼ とたんグラグラ~ (2, 0.2%)

1 と眼, と石畳

▼ とたん上空~ (2, 0.2%)

2 に小さな

▼ とたん~ (2, 0.2%)

1 はあっと, は細目

▼ とたん先生~ (2, 0.2%)

1 がかがんだ, の目

▼ とたん初めて~ (2, 0.2%)

1 休之, 自分が

▼ とたん待っ~ (2, 0.2%)

1 ていました, てくれ

▼ とたん思いがけない~ (2, 0.2%)

1 泰軒の, 考えが

▼ とたん~ (2, 0.2%)

1 の蔭, を排し

▼ とたん~ (2, 0.2%)

1 のピストル, を振っ

▼ とたん春木少年~ (2, 0.2%)

1 は思わず, は思わずあっと

▼ とたん背筋~ (2, 0.2%)

1 がず, に真青

▼ とたん自分~ (2, 0.2%)

1 の信頼, の胸

▼ とたん~ (2, 0.2%)

2 の躯

▼ とたん~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ とたん飛行機~ (2, 0.2%)

1 の下, の黒い大きい

▼1* [284件]

とたんあいつの声, とたんあえなくなったもの, とたんあのひとの, とたんうしろから伝九郎, とたんおととしとちがう, とたんお姫さまはあまりの, とたんかすかにそれ, とたんかねがね連中の, とたんかの女が, とたんかれは横っとび, とたんかを切ったとの, とたんーんと, とたんがらんとした, とたんきゅうになんにも, とたんぎゅッと魔法つかい, とたんくらくらとなった, とたんくるりと横, とたんぐっと舌が, とたんこぼして服, とたんこらえている, とたんこんどは洗面台, とたんさあっと音が, とたんさっと夕風が, とたんさつと腕が, とたんすぐうしろで, とたんしんと何, とたんそこにね, とたんそれはほんの, とたんたちまち根が, とたんとかさっき君, とたんだけが底寒く, とたんだれよりもさき, とたんちょうど毒が, とたんちょっと上を, とたんちらりと鋭く右門, とたんつい平生の, とたんつごうのわるい, とたんつむはいきなり, とたんつめたい汗が, とたんたべと, とたんというところだ, とたんといったほうが, とたんとなりのへや, とたんどっと鬨の声が, とたんんの, とたんなにか白装束の, とたんにぞーっと, とたんにどつと挙, とたんになわが切れ, とたんぬっと戸口を, とたんねんに新聞紙を, とたんのれんを分け, とたんはくちょうはうつくしい, とたんはっと思う間もなく, とたんはつとして立, とたんばあさんはこえ, とたんばたばたと足音, とたんょろ松は, とたんひっくりかえるというやり方, とたんひどく狼狽した, とたんひらりと身, とたんびっくりして, とたんぴゅうと空中高くまいあがりました, とたんふしぎな光, とたんふたたび彼の, とたんふっと鬼の, とたんふつつりとそれ, とたんほっぺたをいや, とたんまたもや鎧櫃の, とたんまつたくお腹, とたんややあかっぽい, とたんゆく手を, とたんりゅうのやつ, とたんれいのどこ, とたんわれ知らず言葉が口, とたんわんといっ, とたん見すましつまり, とたんアセチレンの火, とたんアッと喜ん, とたんアハハハハハという高笑い, とたんオーレ・ルゲイエは小さな, とたんカッと眼, とたんカヤノの鼻, とたんグルリ身を返した, とたんコップがとん, とたんコン吉はビックリ箱, とたんズラリと高座, とたんゾッとするよう, とたんダン艇長は艇, とたんドカーンとものすごい, とたんド・エスコバアルは急, とたんドーッと受けさせる, とたんニールスはあらん, とたんハッと気づいた, とたんパチンと, とたんパッと背中, とたんヒラヒラと五枚, とたんフローラは激しい, とたんブスッと怒りッ面, とたんベッドがひとりでに, とたんボーとなっ, とたんヨハンネスは目, とたん一二秒でワー, とたん一同の視線, とたん一塊の石炭, とたん丁坊は大きな, とたん七軒町から駈け付け, とたん三郎の身体, とたん不思議や四人, とたん不意に立ちどまった, とたん世の中はにやにや, とたんにあたって鬨の声, とたん中学生は何だ, とたん水正を, とたん主人はすぐ, とたん二つの人影, とたん二月二十六日の朝, とたん交流した精神錯乱, とたん亭主はびっくり, とたんの声, とたん人買共がドヤドヤ, とたん人間たれしも, とたん今度は目, とたん以前の失業, とたん伊那丸はドン, とたん伸子はほんと, とたん佐久の車塚, とたん何とも申さうやう, とたん何者か傍ら, とたん侍姿の右門, とたんも綺麗, とたん倒れながらの早業, とたん全身の力, とたん其奴の姿, とたん其辺の畳雪だらけ, とたんりと, とたんてきた, とたん北東へかしい, とたん十一人のうち, とたん十二人のにいさんたち, とたん之助, とたん反対側の部屋, とたん口笛のよう, とたんの方, とたん吃驚して, とたん向こうから来た, とたん吸管の炎, とたん四角に染み出し, とたん四馬剣尺は脚, とたん土間に降りた, とたん城主の冠, とたんが崩れ落ち, とたんの入口, とたん喀血を, とたん大柄な殿様, とたん太股をつかれ, とたんから老人, とたん奥がたはあっ, とたん女客はとびあがる, とたん好機到来とばかりよろしく, とたんの多津, とたん家根を雀, とたん寄りきってしまう, とたんていた, とたん少年は毬, とたん居士がひょいと, とたん山伏の杖, とたんの頬肉, とたん引裂くような, とたん弦音高く切っ, とたん御殿じゅう火事のよう, とたん御鷹はそれ, とたん思いがけなくぱったり紀代子, とたん思わず母親の, とたん思わずあっと声を, とたんにおびただしい, とたん悲鳴をあげ, とたん戸棚からがらがら, とたん扉口に影, とたんより洩れ, とたん教室の床板, とたんの体形ユラリ, とたんや其人, とたん早くもお, とたん明らかに当惑, とたん昭夫の目, とたん最初に思い出した, とたんはぐらぐら, とたん木立の蔭, とたん本心をみやぶられた, とたんの中, とたん横井源太郎の手, とたん機関長シリンは急, とたんが出た, とたん正三君は, とたん武徳会師範は備付け, とたん死に瀕した, とたん死んだ魚や, とたん死体は綱, とたん死神がどこ, とたんんど, とたん気がついたように, とたん気持のわるい, とたんの上, とたん法水の手が差し伸べられ, とたん津留はわれ, とたん喜の, とたん深い海の, とたん温かいものが, とたん火事は諸君, とたん無数の星, とたん熊吉は叫ぶ, とたん牛乳が水, とたん牛車のすぐ, とたん牝山羊は, とたんをつん裂く, とたん犠牲者の全身, とたんはジョリクール, とたん生憎お鳥, とたん異様な室内, とたんを得た, とたん登勢はさすが, とたん百畳敷の大広間, とたんに見えない, とたん盲人の手, とたん真名古は猛烈, とたんが異様, とたん私たちは殆, とたん私達は同時に, とたん秋津栄三はがつくり, とたん空気を断ち切る, とたん突如ぷっと口の, とたんのそ, とたん二弾が, とたん素子はそう, とたん細君は情婦, とたんはど, とたん羽根ぶとんの山, とたん肉体は忽然と, とたんをのぞん, とたん脇息を蹴たおし, とたんの底, とたん舷側の欄干, とたんがふたつ, とたんの方, とたん花田は何故かぎょっと, とたん蓉子のね, とたん虚脱された晩秋, とたん蛾次郎はその, とたん行手の林, とたん補充兵としての召集, とたんかのまま浴室, とたん裾風でだろう, とたんの蔭, とたん親子狐が三匹, とたんの火, とたん貧乏神の姿, とたん赤い広場から, とたん赤面した, とたん赤黒い血が, とたん身体が自由, とたん轟然たる音響, とたん近づいた床下の, とたんの行手, とたん部屋のすみ, とたん重三郎はそいつ, とたんを潜った, とたん陶器師は立ち上がった, とたん隼人はつよく, とたんの上, とたん雪洞の光闇, とたん電話の向う, とたん青銅の鶴, とたん静かにうなだれ, とたん頂上から噴きあげた, とたん頭巾の奥, とたんのよう, とたん飛行靴の胴, とたん首筋の御, とたん馬もろとも張苞, とたん駕籠の中, とたんに迫る, とたん鬱結して, とたんはすごい