青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「であっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

て~ てえ~ てた~ てない~ ~てる てる~ てんで~ ~で で~ ~であっ
であっ~
~であった であった~ ~であったろう ~であり であり~ ~でありまし でありまし~ ~でありました ~でありましょう ~であります

「であっ~」 15261, 147ppm, 721位

▼ であっ~ (13010, 85.2%)

210 みれば 112 それが 95 それは 86 見れば 79 これは 77 それを 64 これを 53 これが 52 他の 39 くれれば, 私は 37 それに 36 日本の 34 そのため, 彼の 33 彼は 30 そこに 29 自分の 25 みると, 私の 24 これに, そこには, 而も 22 しかもその, その中 21 之は, 何も 20 今日の 19 これらの, その点, 普通の 18 真の 17 私が 16 彼が 15 ここに, しかもそれ, それも, それらの, 人間の, 多くの, 自分が 14 その間に, 人の, 当時の 13 いずれも, その上, それには, それ以上の, ほしい, 一般の, 我々の, 或る, 現在の 12 いいの, この点, 之を, 今は, 少しも, 昔の, 欲しいと 11 かような, くれ, すべての, その他の, その逆, それ以外の, 一つの, 之が, 今の, 吾 10 そこから, そのほか, その時, それによって, 今も, 彼女は, 後に 9 その意味, その結果, 彼らの, 本当の, 私も, 自分は

8 [13件] その人, その実, それと, それの, われわれが, 人に, 人は, 人を, 先生の, 実際の, 決してその, 現実の, 自然の

7 [16件] くれるよう, これも, つまりは, またその, われわれの, 之に, 二つの, 人間が, 他に, 何の, 何らの, 個人の, 多くは, 彼等の, 従って, 物の

6 [24件] このこと, この時代, そうすれ, そこでは, その理由, その頃, ただその, ただの, どこの, ほしいと, われわれは, 他は, 他人の, 何等の, 実際に, 実際には, 実際は, 彼女が, 後の, 文学の, 日本人の, 氏の, 現代の, 神の

5 [50件] いいはず, この二つ, この種, この精神, これの, そういう意味, そこの, そのよう, その他は, その前, その大, その大き, それだ, それらは, ただそれ, たまるもの, なにも, ほかの, 一人の, 一種の, 一般に, 両者の, 中には, 二人の, 今でも, 今日では, 何か, 何よりも, 僕は, 前に, 同時にまた, 国民の, 夏の, 彼らが, 彼らは, 彼等は, 我々は, 普通に, 普通には, 次の, 欲しい, 生きて, 直接に, 社会の, 科学の, 第一, 考えて, 自分も, 見ると, 非常に

4 [66件] あとは, いい, このよう, この事, この土地, この意味, この頃, これには, これによって, これに関する, さすがに, しかもこの, すぐに, そうしてその, そうでなけれ, その下, その内, その動機, その第, それ自身が, またそれ, よい, よいの, 世の, 世界の, 云わば, 人類の, 今では, 今まで, 以前は, 例の, 個々の, 初めから, 前者は, 単にそれ, 夫が, 女の, 如何に, 店の, 彼に, 彼女の, 彼等が, 後には, 心の, 抽象的な, 探偵小説の, 政治は, 文化の, 日本は, 明らかに, 昔は, 是は, 最初の, 本来は, 東京の, 歴史の, 決して, 決してそれ, 私たちの, 私には, 第二, 而し, 自分たちの, 色々の, 詩人の, 身を

3 [150件] いいわけ, いずれが, いつまでも, いわゆる, おまけに, かくの, かつては, くれさえ, くれたら, くれたらいい, くれたらと, くれと, くれると, ここで, ここでは, この世に, これある, これと, これなくし, これに対して, さもない, しかもどこ, しかも女, しかも自分, すべてが, そういうもの, そうし, そしてそれ, その, そのうち, そのおかげ, そのかわり, そのなか, その一つ, その中間, その人間, その屋敷, その度毎, その形, その後の, その文字, その最後, その根本, その次, その発生, その研究, その要素, その限り, それに対する, それまで, それまでは, それゆえに, それより, それらを, そんなこと, たいがいの, たいていの, ただ一つ, どこにも, なんでも, ほしかった, ぼくの, まことは, もうその, もしこの, やがては, よかった, わずかに, われらの, アメリカの, カントの, クリストフの, 一つとして, 一個の, 一方の, 一方は, 一般には, 下は, 主人の, 事実は, 事物の, 人が, 人と, 人生の, 人間では, 今後の, 今日に, 他から, 何物をも, 作者が, 偶, 具体的な, 冬の, 初めに, 別に, 北海道の, 博士の, 各種の, 各自の, 同一の, 同時にその, 名を, 呉れれば, 問題は, 国民は, 土の, 土地の, 在来の, 外に, 外の, 天然の, 夫は, 始めから, 孔子の, 小説の, 当時は, 彼を, 後世の, 後者は, 従ってこの, 換言すれ, 敢て, 日本で, 日本では, 昼は, 最初は, 最後の, 止むを, 民俗学の, 民衆の, 父は, 現実に, 現実には, 相手の, 真理の, 知識の, 確かに, 秀吉の, 私達は, 立派な, 絵の, 絶対に, 自然は, 自然的事実では, 芸術家の, 親の, 認識の, 読んで, 誰も, 随って

2 [528件 抜粋] ああそう, あの人, あの時, ある人, いいか, いいという, いいとか, いいん, いずれの, いまさら私, いまでは, いまは, いろいろな, おのおのは, かえってその, かくも, かように, かれら, くれたらよい, くれて, くれること, こういう場合, こういう奇妙, こういう要素, ここだけの, ここでも, この, この上, この事実, この人間, この付近, この作, この各, この場合, この島, この悲惨, この意識, この方法, この日本, この時, この期, この水準, この男, この矛盾, この程度, この苦痛, この道具, この霧, これで, これに対する, こればかりは, これまた, これより, さまざまの, さらにこれ, されば, しかして彼, しかも, しかも同じ, しかも普通, しかも理想, しかも私, すなわち, そういうこと, そういう人間, そうしてこの, そうして自分, そう云う, そこは, そこへ, そこを, そしてこの, そしてこれ, そしてその, そのうえ水, そのこと, そのじ, そのほう, その一, その中央, その主観, その作品, その作用, その作者, その先祖, その内部, その内面, その原因, その古い, その周囲, その問題, その外, その夜, その女, その子供, その差, その底, その当時, その影響, その性質, その批判, その方, その方法, その日, その時代, その最初, その材料, その根元, その歌, その発展, その真理, その瞬間, その絶対, その自然, その花, その言葉, その記事, その間の, それから, それからの, それこそ, それぞれの, それで, それによっては, それに対して, それらが, それ以外に, それ故にこそ, そんなもの, たいがいは, たいていは, ただ, ただこの, ただ注意, だれにも, だれも, ちょうど, ちょうどその, ついには, つまりその, ところどころに, どうかする, どこか, どこへ, どこまでも, どこを, どちら付かず, どれも, ひとりの, ほしいの, ほんとうの, またそういう, また同時に, まだその, まだそれ, みたり, みろ, もしこれ, もしこれら, もしその, もしそれ, もし他人, もとは, もとより作者, やがてこの, やがてその, わたしが, わたしには, われ, われわれには, インドを, キリストの, シナの, ジャン, ピアノの, ファシズムの, プラトンの, 一さいの, 一つに, 一つは, 一人は, 一人寂しく, 一分だに, 一切の, 一名を, 一所に, 一方が, 一朝の, 一言に, 一部の, 三角点の, 上手に, 下から, 不安定な, 世の中には, 世間の, 世間一般の, 両岸, 両眼, 両親も, 中央の, 中身は, 主体では, 主体の, 主観の, 乙の, 事実が, 事実では, 事実に, 事実の, 二人は, 二葉亭の, 人から, 人智の, 人生観では, 人間として, 人間とは, 人類が, 今ここに, 今と, 今までの, 今度の, 今日いう, 今日は, 他人に, 他国の, 仮に之, 仮名の, 何かの, 何と, 何に, 何にも, 何れの, 何れも, 何人も, 余は, 例外の, 俳優は, 個性の, 偉大な, 偉大なる, 偽りの, 僅かの, 僕に, 僕の, 元来, 兄の, 先の, 光の, 光線が, 全体の, 八紘一宇の, 公に, 公平な, 其処に, 内容に, 内容は, 出来るならば, 初めは, 前掲の, 前者を, 前述の, 動物の, 勝手な, 卒業実験として, 単に, 単にその, 単に抽象的, 双方の, 反対の, 反復でない, 古代の, 古代人の, 右に, 右の, 右手に, 各々の, 同じよう, 同情の, 同様に, 吾人の, 呉れ, 周囲の, 唯われわれ, 問題と, 問題解決の, 啓蒙の, 団十郎は, 国の, 国家の, 地方の, 地球が, 場合によっては, 外国人は, 多数の, 大抵の, 大抵は, 天下の, 天皇の, 夫, 夫人の, 如何なる他, 妻を, 媒者が, 孔子が, 季という, 学問の, 学校の, 学者は, 守るに, 宗教の, 宗祇は, 実の, 実際上, 実験の, 宮が, 家へ, 容易に, 専門の, 小民, 小説を, 少くとも, 山と, 幕府を, 幾つもの, 幾何学的には, 広い意味, 当人は, 形は, 役所の, 彼には, 後輩の, 従ってその, 従って事実, 従来の, 心を, 必ずしも, 必ずしも詩, 恋人の, 悟性の, 感覚的な, 我々が, 我が国では, 折が, 支那では, 支那の, 政府の, 政治に, 政治の, 救済を, 文字の, 文学は, 文法的に, 文章に, 料理の, 新たに, 方法的である, 旅行する, 日本における, 日本人固有の, 日本型ファシズムの, 明は, 映画の, 是から, 時には, 時の, 曲りくねった狭い, 月に, 有名な, 木の, 未知の, 本来の, 本格的な, 本質的には, 東京では, 極端な, 様式の, 欧米の, 正当な, 正確に, 此の, 歴史では, 死んで, 殆ん, 氏が, 氏は, 民政党の, 水の, 水晶でも, 氷河の, 永久に, 永遠の, 決して現在, 決して社会以外, 流行の, 浮世の, 海の, 海岸に, 液体の, 無の, 無数の, 無理に, 父の, 物質の, 特別な, 特別に, 特殊な, 特殊の, 犯人は, 独立した, 独自の, 現に私, 現世的な, 現代日本の, 現在では, 現実的に, 現象の, 理想の, 理論の, 生命の, 産業的事実では, 男に, 男の, 疑う余地, 皆さんも, 直接の, 真に受けた, 真物では, 真物に, 着くと, 知識では, 研究に, 確かな, 社会が, 社会を, 神を, 私たちは, 私たち家族とは, 私自身が, 科学に, 科学は, 種々の, 空を, 空間という, 立派に, 竜之, 簡単な, 精, 精神の, 精神は, 精神的の, 純粋に, 経験において, 経験は, 結局は, 美妙は, 自分だけの, 自分で, 自分としても, 自分には, 自己の, 自然と, 自然に, 自然界の, 自然科学の, 自由の, 自身の, 芸術として, 芸術の, 若い女性, 若い方, 蒙古人, 行為の, 衣服や, 言語の, 認識が, 調子も, 謂わば, 越後の, 農民にとって, 近代の, 近年は, 通例は, 運動も, 過ぎし日, 過去の, 道が, 遠き昔, 遠くから, 鋭利な, 開発の, 関東軍が, 雪の, 面上に, 頬の, 頭の, 顔の, 食うため, 食べて, 魚の

1 [8573件 抜粋] из, あたかも物差し, あのみじめ, あの町, あらゆる組合, ある意味, あわてて, いい遁, いくぶんそれ, いちばん末の, いつもかよう, いましたので, いやしくも人間, いわば, いわゆる三願転入, うれしい玩具品, おとなが, お前が, お通, かくいう, かつ劇通, かなり経験, かりにただ, くれた, くれよ, けっして外, こういう親しい, こう黙っ, ことにその, このお歌一つ, このバー, この人, この利害関係, この国民, この学校, この形, この星, この気持, この生活, この絵図面, この要約諸点, この連盟, これからの, これにのみ, これ当時の, ご亭主さん, さらに一つ, しかもしだいに, しかも中国, しかも前述, しかも平板, しかも根蔕, しかも皇室中心主義, しかも選ばれたる, したがって先人, しばし恐るべき, すでに, すなわち光, すべて世の, そういうふう, そういう気絶, そうしてむしろ, そうでなく, そこにこそ, そして学問, そのいかなる点, そのはげしい, その一つ以前, その下画, その交換価値, その伴奏, その傾斜, その刻印, その反対, その回復, その大勢, その室, その弟, その後道路が, その或る, その時十四歳, その東, その歯先, その火花, その町, その程度, その統一, その背後, その蜘蛛, その議題, その遣り, その限り哲学自身, その顔つき, それから石油洋燈, それだけ必然さ, それなし, それほど大きく, それ以外では, そんな島, ただすべて, ただ守り袋, ただ気, たった一つ, たとえば外国, たまたま派手, ちょうど庚申, つまり一つ一つ読書術, ですね, とうとう生え, とても近, どうしてものがす, どうも一向厳粛, どっちを, どんなに安い, なおかつ光, なかんずく愛欲, なるもの, はじめから, ひとり今度, ほかに, ほとんどその, ほんとは, まさか私, またある, また前言, また最終, また飽くまで, まだ必ずしも啓蒙自身, まだ露店, みな前々から, むしろ彼等, むろん興福寺その他, もしかする, もし二人, もし第, もっとも侵略的, もとより大正六年, もらいたいもの, やはり同じ, ゆがめられて, よからぬ, より理論的, わたくしの, アッという, イスラエルの, エリパズの, キリスト教を, コタツは, シムトン会長の, スザで, タネは, トルストイなどの, ハスの, ヒルガオでは, フランスの, ベン隧道の, マルクス主義の, ヨブは, ロシア帝国の, 一つも, 一人のみが, 一八三一年に, 一向小説家, 一度は, 一日には, 一生懸命に, 一般的で, 一首ずつの, 万国共通の, 三年あまり長崎へ, 上代人の, 下屋敷の, 不断は, 世の中に, 世界観でなく, 両者とも, 中学校さえ, 主人としての, 主食作物の, 乱暴を, 事実そのものには, 二つとも, 二町二段は, 互に長短, 亡国人の, 人としては, 人民プロレタリアートの, 人間としての, 人類と, 今主人, 今日一通りの, 今甘んじ, 仕事にたいして, 他府県へも, 仮に一般的, 会の, 住民が, 何より困る, 何故に, 作品と, 例えば, 例えば蚕糸関係統制法案, 俊才自身が, 俳体詩という, 倒錯した, 偶然非常に, 優劣の, 元来文学, 先年物故した, 光背までも, 全く民藝, 全米の, 八百膳などでも, 六十年来持ち来った, 其の先生, 其発堀せる, 内容も, 再試の, 処士の, 分捕物, 初めて実感, 別に大騒ぎ, 別段道, 到底欧米人, 前もってあらゆる, 剣道で, 加十が, 動かないという, 勿論批判, 医療の, 十年度の, 卒業を, 単なる感覚的, 単に内容上, 単に眼, 即ち京風, 却って意識, 原稿が, 又遠望, 取りかえしの, 古人の, 可逆的で, 各藩毎, 同じ姓, 同時にそれ, 同時に彼女, 同業者, 名誉教授に対する, 周囲から, 和泉流は, 哲学的考察が, 商工業勃興の, 嘗て北白川宮殿下, 回顧すれ, 国土を, 園子の, 地主たる, 坊間伝うる, 塀の, 壮年の, 外国では, 多いこと, 夜分は, 大それた, 大変包括力が, 大抵操觚, 大衆は, 天使が, 太平洋の, 失敗なる, 女も, 好奇心を, 妻の, 娯楽は, 子供が, 学びつつ, 宇宙が, 宗教は, 実に已む, 実は克明, 実は自然科学, 実質上無医村に, 客観から, 宮の, 容易で, 寒地農業の, 封建時代の, 小アジ, 小藤教授, 少なくとも明治十年頃, 尻尾が, 山塊の, 島田の, 左大将などは, 己が, 帝国を, 常にその, 幕府封建制に, 年中行事, 幼年から, 広場の, 廃物だ, 引き続きその, 当初は, 当面の, 彼としては, 彼女自身は, 往来の, 後者から, 従って作中, 従って最も, 得意も, 徳川末期に, 必しも, 必ずしも家主, 必ずしも階級, 快い媚惑的, 思想とは, 怪奇物語冒険探険小説等々を, 恨まれは, 悪口を, 意味が, 愛情が, 慣れない私, 我々に, 戒律と, 所詮政治, 手軽に, 技術院と, 拉薩の, 探し求めて, 描きかけたら一時間, 改めてわざわざ決定, 政治家あるいは, 教学という, 数千年来の, 数年前まで, 文化生活の, 文学的表現, 文芸乃至, 新しい建設, 新聞の, 既に十分, 日常生活は, 日本国の, 旧い約束事, 明智を, 昔のは, 是正せん, 時代も, 晩年余りに, 景色の, 曲目は, 最もリンカーン, 最古の, 有史以前は, 朝臣とか, 本の, 本当は誰, 本質的な, 来年あたりは, 東洋固有の, 枝沢では, 格別の, 植物学を, 極楽往生を, 権臣であっ, 欲しい一日, 正常の, 武士でなかった, 歴史においては, 死人の, 殺すつもり, 毎年白馬, 氏ほど, 民衆との, 水底に, 汀に, 決してその他, 決してヴェルレーヌ, 決して個体, 決して子, 決して文芸, 決して由謂れ, 決して製作, 決定論が, 法律に, 洲崎は, 海まで, 淫蕩の, 渋滞せず, 源松の, 漢字を, 火勢が, 無料で, 無闇に, 熱情や, 版画の, 物的証拠が, 特に治水工事, 特別仕立てでは, 独善的な, 玉琴の, 現に帝国, 現在製菓会社の, 理不尽なる, 理論や, 生きんと, 生物学なる, 由来いわゆる, 男子も, 畢竟するに友, 異本の, 発明者たる, 百匁に, 盗み去られたん, 直ちにのみ込まれ, 相当に, 真に純白, 真理を, 知らず識ら, 砂浜では, 社会ファシストの, 神では, 祷れば, 私にとっては, 科学では, 稀少な, 究極的には, 竈や, 第三者に, 管轄ちがいの, 粗末な, 系統は, 紙上に, 細い鉛筆書き, 経済学の, 結局老年に, 絶えずこういう, 編纂者によって, 美に対して, 義兄や, 考える自己, 肉感的な, 脇棚には, 自らを, 自己は, 自然的価値に, 自身をも, 良寛の, 芸術上大切な, 若くある, 英語には, 荘園第, 蒼白い顔色, 藩中では, 行文の, 表面上は, 西の, 要するに後者, 見ゆる時空, 視力の, 観念を, 言わせて, 言論は, 試しに, 詳しく説け, 読者の, 調査マンの, 諸先生, 議会を, 販売せられた, 賀歌として, 贅沢な, 足跡を, 転じては, 農村匡救の, 近年の, 通俗小説でも, 遂に日本, 道具の, 道路も, 酩酊者自身にとっては, 野菜や, 釣り方, 長い間ボール紙工場, 間もなく三月十日, 降り棟, 隅田通治高橋宗康この, 集まる者, 雲に, 青い尻尾, 面の, 頂上に, 頼朝の, 飛騨山脈で, 馬場みたいに, 高低の, 鯛の, 麦は

▼ であっても~ (1440, 9.4%)

30 それは 12 それが 11 なくても 10 それを 8 彼は, 自分の 6 これを, よい, 私の 5 その人, 他の, 私は 4 いい, いいの, これは, それに, 僕は, 心の, 或る

3 [16件] いいから, その実, それには, そんな事, ならない, よいが, 一つは, 人の, 人間の, 今の, 何か, 信仰の, 夫が, 彼の, 絶対に, 自分は

2 [56件] い, いいと, いいよう, いけない, かまわない, かまわぬの, すぐその, そうでない, そこに, そこは, その中, その人格, その内, その時代, その砂, それだけ, そんなこと, ちっとも差しつかえない, どこか, ふぐに, またその, もしその, やがては, やはり一つ, よかろう, よさそう, わずかに, わたくしを, フシギでは, 一つの, 事実は, 何であっ, 何でも, 内容は, 別の, 原始的な, 君は, 哲学の, 喜んで, 多少の, 子供を, 学者であっ, 実際には, 将来の, 差支ない, 彼が, 悲しいこと, 所詮は, 打っちゃっては, 時を, 未来の, 構わないの, 此の, 江戸お, 男の, 阿難

1 [1140件 抜粋] あくまでも悪しき, あたしは, あなたを, あの世間, あの人たち, あの恋しい, あの空気, あるいはむしろそう, あるいは童詞, あんな人間, いいでしょう, いいわけ, いい誰, いきなり人, いくら思い通りの, いざ泣き出し, いっこうさしつかえない, いつか人生の, いつも何等, いと事もなげ, いわゆるカラハシ, いわゆる里帰り, うれしいもの, おぬ, お家の, お雪, かかる荷, かまいません, かまわぬという, きっとあの, きっと何一つ決行, けっして見つかりません, こうした縁, こうまでは, こちらより, こと一度哲学, この一郭, この世の中, この分裂, この半分, この困難, この幻想, この港, この煙, この現在, こやつ, これだけは, これに対して, これほどの, これも, これ丈の, こんなあつかましい, こんな際, さまで賞め, しかしそれ, しっかり修治さん, すくなくともその, すでに何年, すでに魂, すべての, ずっと寒気, せめて学者, そうしたこと, そう一々わかる, そう考える, そこなえまいと, そこの, そこを, そのうち, そのつもり, その中心, その人間, その体, その全体, その力, その十万両, その博覧癖, その子弟, その容貌, その底, その後社会事情が, その思想, その性生活, その情意, その時, その根本, その正体, その流れ, その生態, その用い, その男, その組織, その背後, その自覚感情, その虚子, その裏, その鈍重, その革新, それで, それと, それによって, それのみ, それらしい, それ以上の, そんなに卑劣, そんなふうに覗き, そんな騒ぎ, たかだかその, ただちに本当, たちまち御, たとえこじき, たぶん世話, だいたい家臣同様, ちょっといい, つとに除, である, です, とうてい日本武士, とにかく安定面, とにかく自己, ともかく現世, どこかに, どちらでも, どれであろう, なお且つ, なお人間, なし得ない辛抱, ならないの, ならない愛, ならぬ, はぶいて, びくとも, ふとん, ほかに, ぽうッ, まず原則, または一五〇クヲタア, またもちろん, また世界, また強いられた, また静枝, まだ充分, まだ息, まるで煉瓦, むだでござろう, もしあなた方, もしも入場, もし震源地, もと非人部落, やっぱりほか, やはり人食人間, やはり景色, やはり絶対, やはり規律, やらなければ, よいこの, よかった, よくミツワ石鹸, より多く策師的, わずか二代, わたしは, われわれは, エタには, クリストフの, ソファの, パンと, ベルネの, モーラリストでなけれ, ロクな, 一七〇クヲタアであっ, 一人一人が, 一六〇クヲタアであっ, 一口に, 一向に見栄え, 一年あまりなめる, 一度故郷, 一応しらべなけれ, 一日彼が, 一歩外海へ, 一考を, 一言か, 三時で, 不可能事では, 不思議に, 不賛成である, 世間の, 中には, 之を, 事実上は, 事足りる, 二十二年の, 二度三度と, 人でない, 人は, 人足が, 人間とともに, 今と, 今少し, 仕方が, 以前あの, 仮りにも, 仲間に, 住めるよう, 何かしらそれ以上に, 何だかそこ, 何となくうま, 余ほど, 作者が, 例えばいつも, 例えば位置解析学, 依然として小説, 俳句に, 俺が, 個人としての, 偶, 傷口の, 僕たちは, 充分の, 光秀は, 全くその, 全く異, 全体としては, 全然フシギ, 公共の, 兵隊に対する, 其のガチ, 其を, 其得意と, 具体的な, 再び私情, 冬に, 出来ないこと, 出生の, 別に不都合, 制作という, 前に, 前記の, 勅命と, 動因が, 化学の, 十人が, 千歳には, 単純でなく, 厳密に, 去らねば, 又同, 又歴史上, 可能である, 同じこと, 同国人同士の, 同時に単純, 同様に, 名の, 名誉である, 吹聴しなけれ, 哲学的即ち, 唯物史観に, 商用外出や, 嗜好に, 困らないで, 固くつながっ, 国法の, 地方により, 堪えがたいほどに, 夕方また, 外見上の, 多くは, 夜は, 大した違い, 大人君子の, 大別一系列の, 大弓では, 大目に, 天地山川の, 夫婦としての, 女であれ, 女は, 好いこと, 好いという, 好さそう, 如法修行の, 委細かまわず, 娘という, 嬰児としては, 孤児の, 実はその, 実力を, 実験手段だけで, 室の, 害は, 容易に, 宿を, 寺へ, 専門の, 尊いお, 小説として, 少しばかり, 尚お, 展化する, 山の手の, 工人は, 差しつか, 差閊え, 常にそれ自身, 常に何, 常陸守さんの, 広義の, 度を, 廉価と, 弱いもの, 当人だけが, 当時の, 影響の, 彼らから, 彼らは, 彼等が, 後悔という, 得意の, 徳川家の, 心強い感じ, 心臓が, 必ずしもそれ, 必ずしも悪く, 必ず何かしら, 必ず組成的, 必然的に, 思う存分に, 性欲を, 恋の, 恐らくは自分, 悟りの, 悲しむか, 情熱の, 意と, 意識的である, 感心しない, 成り上り, 我慢する, 扱い方によっては, 批評の, 拵えた痕迹, 採る, 撓まぬ人間, 攻者国軍の, 政治的意見に, 散歩では, 数分間という, 文学は, 断乎として, 旅には, 既に多, 日本に, 日本資本主義の, 明日は, 明治以来の, 昔の, 時に心掛け, 普通人には, 書きだしの, 最初に, 朝廷内で, 本能の, 村, 東北などの, 枳殻であっ, 格別目だつ, 極めて脆い, 構わない, 構わないまァ, 構わぬと, 権衡が, 機関銃には, 次第にそこ, 正しいこと, 武芸においては, 歴史に対して, 殺人を, 民会の, 気持の, 水は, 水質や, 決してそれ以下, 決して出鱈目, 決して心配, 決して直接, 法を, 洩らすところ, 海の, 渡って, 満足の, 炭屋の, 無くっても, 無私無欲な, 無邪気な, 父が, 物理学は, 特許なし, 狼狽すべき, 猶不死, 玄関でない, 珠盤と, 現実的運命は, 生かして, 生娘だ, 生活の, 男が, 発音は, 白く塵, 白手袋でさえ, 皇都でない, 目に, 直接に, 相応の, 真の, 瞑想に, 矢張白皙の, 研究態度としての, 確かに, 社会主義が, 私, 私などが, 私にも, 科学主義工業である, 科学者が, 空想だけ, 空間を, 空飛ぶ, 笑はれ, 第三, 粗悪で, 精神的に, 純機械的, 純真な, 経済的には, 絵の, 絵画としては, 総監にだけは, 縦に, 罪だ, 罪ふかい, 美を, 而も, 肝心な, 背に, 腕の, 自ら裁物を, 自分に, 自己が, 自然に, 自然科学の, 自由な, 自身に, 至高の, 良いもの, 色彩の, 芸術家の, 芸道は, 若し泥棒, 苦情は, 草鞋の, 葉子は, 著る, 蜜蝋が, 表向, 裁判所の, 要するに新聞社組織, 要するに野蛮時代, 見当を, 覚え名前, 親の, 角閃石に, 記して, 許されない恋, 詰まらない, 誤謬を, 読者の, 議論の, 資本の, 趙太爺が, 身に, 身代を, 遅滞させる, 運命には, 遺失物に対して, 都合よく, 酔ってさえ, 野菜であっ, 金持ち性と, 鋼鉄の, 開業医では, 陽の, 集団的に, 霜雪時に従って, 面白かろう, 飛道具に, 飢渇は, 馬鹿げたこと, 馬鹿に, 驚かないでは, 鳰鳥などという

▼ であったり~ (368, 2.4%)

17 して 14 する 13 した 12 すること 7 するの 6 しては, するので 4 したこと, すると, する場合 3 するが, するもの, するよう

2 [14件] したが, しても, しながら, するあの, するため, すれば, そうかと, どうかする, ヱレヴェーターボーイであっ, 会社員であっ, 図案家であっ, 夫かと, 満足な, 霊魂が

1 [244件] あくまで組織的, あるいは, あるいはやっと, あるいはオヒラサマ, あるいは夜明け, あるいは失業, あるいは強く, あるいは明白, あるいは有害, あるいは無意味, あるいは距離, あるいは辛うじて, あるもの, いやに, うつつであっ, ここには, さらずば, しそう, したから, したせい, したの, したので, したら全く, したら大変, した上, した因縁, した時, しちゃあ, してね, しなくて, しなければ, します, しますが, するかも, するから, するきり, するけれども, するさまざま, するその, するといった, するなど, するのに, するらしい, する事, する人, する時, する様々, する状態, する著しい, せざるを, そうでなく, そのヒント, その借り, その由っ, その花, それで恨み, それよりも, てんぼうであっ, であって, どんどろ大師の, なんの, はからざる大, ばばア様であっ, またごく, またはそう, またはそこ, またはと, または余りハッキリ, または名前, または腕, または踊る, またわざわざ, また世間, また土地, また滑稽もの, また自前, また鉛筆, わざとらしい愛国心, アワレであっ, オヒナサマであっ, カルメの, チップであっ, チャーハンと, チョイと, チョットした, チームが, テレ臭い, デカメロンであっ, ナンセンスであっ, フランス風の, 一つ一つ逃げる, 一という, 一心二体であっ, 一様で, 一般世間の, 三五十九である, 三彩であっ, 上の, 下劣であっ, 不滅であっ, 不用であっ, 不確かであっ, 不自由であっ, 不足し, 両眼すず, 主観的に, 乙の, 二里半を, 五七の, 京浜地方へ, 人の, 人民とは, 仕事に, 仕切りなし, 他に, 他の, 何か, 何だ, 個人的であっ, 偽であっ, 初学者の, 別の, 前途の, 動物的であっ, 十数人の, 単純に, 又あまりに, 又は不, 又は虚偽, 又イデオロギッシュ, 又不自由, 又巡礼, 又歴史社会学, 又社会科学以外, 反対であっ, 反歯, 同盟通信を, 同義語が, 名詩, 周囲の, 唖者であっ, 喰べ, 四角であっ, 国宝であっ, 地面に, 変名や, 外国には, 大体そういった, 姉であっ, 姿が, 嫉妬しあっ, 実は新しく, 対立し, 尾崎士郎の, 常に口, 平凡に, 幻燈の, 広野が, 座敷に, 当人は, 役者であっ, 従姉妹であっ, 従者であっ, 御家人の, 徳川期の, 悪賢こかったり, 情けなさ, 成立出来なかっ, 我儘であっ, 或いは又, 或いは画家, 或は独断的詩論, 或る, 所詮われわれ, 折れたり, 捉えて, 明治末の, 時には, 時には富士見町, 木口の, 本当に純粋, 林という, 武者修行に, 歴史科学の, 済まなかったり, 満員電車の, 火野葦平の, 無かったり, 無念であっ, 然ら, 片側で, 片足であっ, 物好きの, 特におでん燗酒, 犬張子であっ, 独りよがりの, 独り合点に, 獅子鼻であっ, 珍であっ, 現にそれ, 甚だ非凡, 生れない方, 産まないが, 男どもには, 男の, 盲目であっ, 知人友人の, 短篇である, 科学界の, 米屋が, 結論が, 罪ない, 美女で, 老先, 聾者であっ, 肉と, 自分の, 自己破滅的であっ, 色々の, 芸者の, 茶碗酒の, 茶飯であっ, 落語家であっ, 虫も, 蛇が, 蛾であったり, 衝突し, 要するに値段, 講談の, 買物であっ, 足りなかったり, 農民であっ, 迷信であっ, 運動全体に, 遠慮であっ, 配偶者の, 酒呑みで, 銃を, 隣の, 青や, 青年の, 順序を, 黄であっ, 鼻もちが

▼ であっては~ (360, 2.4%)

69 ならない 35 ならぬ 20 ならないの 15 ならないと 13 なりません 7 いけない 6 ならないという 5 いけないと 4 いけないの, ならないこと, ならないよう 3 ならないそれ, ならないはず, ならない筈, ならぬこと, ならぬぞ, ならぬと, なるまいと 2 いけないという, どうする, ならないし, ならないので, ならないん, ならなかったので, ならぬという, ならぬの, まったくもっ, やがては

1 [137件] ある所, いかに誇る, いかんと, いけず, いけないこと, いけないため, いけないでしょう, いけないわけ, いけない最初, いけなかったの, いけません, いけませんね, いけませんわ, いささかニヤリと, いやな, いるには, うまいもの食い, お互いを, かえって面白く, かくまでの, このまま, これが, これは, そのよう, その事, その作品, その御, その改称, その望む, それが, それ自身が, たまらない, つまらない, つまらないと, つまりません, できないの, ならず寧ろ, ならず現実, ならないか, ならないから, ならないそれ自ら, ならないそれ自身力, ならないでしょう, ならないとの, ならないどんな, ならないなぜ, ならないならば, ならないなら内的目的論, ならないまた, ならない全国一様, ならない哲学, ならない国家, ならない文化, ならない美的百姓, ならない蒼生万民, ならなかったの, ならなかった筈, ならぬが, ならぬそれ, ならぬとかいう, ならぬわけ, ならぬ場合, ならぬ所謂論理主義, ならぬ筈, なりませんね, なるまい, まだ不定, まったく階級的裏切り, イカンの, 一料理人の, 事物の, 人生も, 今しがた導き出した, 他人に, 何と悲しい, 何にも, 初めから, 到底この, 労して, 効果が, 友釣は, 反って, 可哀相だ, 各村, 呉れませんか, 困りますが, 困る, 困る批評, 土台問題, 堪らないと, 堪るまい, 夕食に, 威張って, 客一人船頭一人助手一人といった, 客観性に, 展覧会は, 山田申楽への, 幅が, 後日に, 従来の, 御身辺, 必ず醜い, 思うまま, 急速の, 我々の, 戦争は, 手ぎわよく, 探偵小説は, 文学を, 日毎に, 明日の, 普遍的性質を, 本来どこの, 正月の, 歴史科学の, 殆ど何事, 決して世の中, 無論エンテレヒー, 父として, 生命が, 生産の, 益が, 目前の, 社会的意義は, 結局生活の, 臣子の, 自分という, 自身までも, 致方ない, 見に, 言表や, 道徳では, 都合が, 醜いだろう, 間抜けて, 需要が, 青年の

▼ であってこそ~ (28, 0.2%)

2 真の

1 [26件] その芸術的意図, それが, はじめて新劇運動, はじめて私ども, はじめて風景, よい, よいの, よき実, われわれは, 人間の, 今やカッスル, 個性の, 初めて虚偽, 初めて諸, 君らは, 始めて, 客観する, 彼には, 本当な, 真に学問, 真に強み, 真に徳行, 筋の, 美しさ, 自然である, 道理に

▼ であっ~ (14, 0.1%)

6 叫んだ 3 云った 1 云ったん, 思った, 言った, 言ったもの, 言わせるという

▼ であってさえも~ (9, 0.1%)

1 その手足, その提出, そんな手軽, やはり人生, われわれの, 伸子には, 副業な, 結婚生活の, 長いあいだ

▼ であってさえ~ (5, 0.0%)

1 ある種, この実情, それだけ, 存在を, 死刑囚の

▼ であっしも~ (4, 0.0%)

1 何か, 奇麗サッパリと, 安心しました, 小屋の

▼ であったらしく~ (2, 0.0%)

1 思えるよう, 見える

▼ であっちゃ~ (2, 0.0%)

1 ならない神武, アお

▼ であってか~ (2, 0.0%)

2 ような

▼1* [17件]

であっしゃこう思うん, であっしら一同えらいお, であっためながら家, であったりというような, であったりなどしたらそれ, であったりはしないもの, であっちゃから往きます, であってからだが, であってすら時到らぬ, であってと欠陥が, であっての日田である, であってはと将来が, であってはという懸念から, であってもとに角一応, であってよほどの学者であります, であっという母の, であっあっぷもがいている様子