青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つとめ つとめ~ つねに~ ~つまらない つまらない~ つまらぬ~ つまり~ つめ~ ~つもり つもり~
つり~
つる~ ~つれ つれ~ づ~ ~づか づか~ づく~ ~づけ づけ~ づつ~

「つり~」 1000, 10ppm, 11051位

▼ つり~ (111, 11.1%)

5 黙り込んで 2 また家路さし, 云つた, 切れて, 口を, 日の, 消えて, 私たちは, 絶えて, 落ちて

1 [88件] あまりものを, あらぬほう, いう, お琴, したその, したま, した元, した無表情, した表情, した鬚, し中園, それは, た, たった一人, ちがうぞ, でも, ぶったぎれて, むずかしい顔, やすやすいう, やんでしまつた, 一つ浮いた, 一緒に, 一輪, 下を, 不機嫌さうに坐つ, 云ひ切つた, 入りまして, 出なくなった, 出なくなつ, 出入りを, 切ったファニー, 切りくるくる, 切り取つて龍馬, 切り離, 切れそれで, 口も, 口許を, 坐って, 坐つて, 大地へ, 姿を, 嵌まり, 幾たびも, 待って, 心を, 忘れ去つて, 思うまいと, 思えば, 思ひと, 思ひ切つて清さん, 思ひ諦めたやう, 息を, 意味深, 愛嬌氣の, 手ご, 手強くアテテ屏息, 打つかった, 折れて, 押し黙つて, 揮毫を, 数珠を, 机の, 根もとから, 武者ず, 歩いて, 歯を, 永久に, 浮気は, 潰れて, 烏帽子の, 無言で, 煙草ばかり, 猟を, 結ばれた唇, 縁が, 聞えて, 苦が, 落ちた, 言いきった, 途絶えて, 酌げとも, 音が, 頭に, 顔を, 首も, 馬の, 黙りこんだ真弓, 鼠の

▼ つり~ (69, 6.9%)

8 と申立 6 と申 2 と云, と答, 何卒格別, 依て

1 [47件] が幼, ては御, ても出, て金子, とて己, と一伍一什, と態と, と文右衞門, と然, と申せ, と申上, と申演, と申述, と言, と言葉巧み, と越前守殿, と返事, と頻りに, と願書, なりと元, なり其實, に今朝一人, に付, に付先達て, に付私, に同人娘儀江戸下谷山崎町油屋五兵衞悴五郎藏, へども先刻私, へども幼少, へども晝夜安心, へども當年廿五歳, へども萬一荒立, へば不審, へ共, へ共一品, へ共御, 全く九, 御聞屆無, 御預り, 故據ころ, 然る, 然るに只今六右衞門久八兩人, 然るに彼, 然れ, 然程, 猶委細, 程のこと, 程の孝心

▼ つり~ (49, 4.9%)

4 てゐた, てゐる 3 ていた 2 は我某省

1 [36件] が傳吉これ, て, ている, てベル, て來, て居た, て居る, て底, て手, て手早く, て碌々挨拶, て虫, て黙り込ん, と云, と吉兵衞, と申, と申上し, と申事外聞, と申立, と翌朝九郎兵衞夫婦訴, と詳らか, と雖, ながら彼等, なり其譯, なり大岡殿其方, なり昨夜鈴ヶ森, に, に右百兩, に相違これ, のみか盜賊, より江戸表, を何方, を其節, 所全く, 所意旨之, 所此儀他

▼ つり~ (40, 4.0%)

2 して, してる男, 無二膏

1 [34件] あげますよ, おいて, くれ, くれませんもしもし, くんな, さし上げますわ, させられ二ノ俣, してる, してるん, たれて, つづけて, とったの, はじめると, もらうの, もらふと, やめて, 下さい, 俗間語原説から, 出さなければ, 出して, 出すさかいにな, 勘定させる, 勘定する, 取って, 取っても, 取るヨユウ, 差上げましやう, 差上げましょう, 持って, 渡したの, 終えた, 貰うの, 貰つてゐた, 非常に

▼ つり~ (31, 3.1%)

2 なって, 来ました

1 [27件] いくとき, いったその, いったついで, お出なすった, でかけたあと, でかけました, なったという, なったところ, なった時, なつた, なりますわ, なるやう, はるか真下の, もらった穴, ゆく一尾, 出かけました, 出たまま, 懸命に, 新しい五銭, 来るという, 行かねえか, 行くと, 行くやう, 行くん, 行く人, 行こうという, 銀貨や

▼ つり~ (30, 3.0%)

5 ねさ, ねそう

1 [20件] あって, ありますか, ありませんよ, あるよ, ある上, えの, くらあ, くるくらい, くるつもり, こようっていう, ねが, 五人ある, 厭に, 手に, 来らあ, 来らア, 来る程, 片手に, 要る人, 頸筋の

▼ つり~ (29, 2.9%)

4

1 [25件] ある五尺そこ, うちから, えさに, お身替り, しるしだって, ため気味の, とし子さんも, ない人, ほうは, ように, スタヂアムだつた, ボタンを, 今日だ, 出る場合, 分かいな, 勘定を, 半という, 半は, 子供など, 実行に, 方は, 盛んな, 私の, 見返る空, 面の

▼ つりした~ (25, 2.5%)

1 [25件] まま二三筆手入れを, ものに, ものを, ブロンズ像の, 口調で, 妙な, 娘タケが, 容貌の, 少女だ, 弟の, 料理番は, 気むづかし屋だつた, 氣が, 状態を, 田舎者言葉は, 秀一は, 笑ひ, 肩や, 舊い, 茶人で, 調子で, 顏つきにな, 顏付で, 風, 風ぼうに

▼ つり~ (16, 1.6%)

2 に宿

1 [14件] と豆粒, に似, に白い, の央, の陰影, はよく, は莎草, やそこ, ろくな草, を外, を折っ, を習, を芝, を青く

▼ つり込まれ~ (15, 1.5%)

2 て, てつい

1 [11件] てしまう, てしまっ, てぼく, てニッコリ, て反抗, て彼, て慷慨, て無邪気, て皆, て私, て駆ける

▼ つり~ (14, 1.4%)

1 [14件] がつい, にかかった, に青虫, の先, は石油缶, や意地っぱり, をうしろ向き, をさがし, をつけ, をのん, を一本, を五百本, を借り, を大きな

▼ つり~ (11, 1.1%)

2 が大切 1 から考え, ぬは, のため, はぬ, ひの, ひは, ふが, ふこと, ふ人

▼ つり~ (10, 1.0%)

1 いいよ, いらねえよ, いらんです, お獅子, とっときたま, どうした, もうけつこう, 不可能である, 要らん, 酒代だ

▼ つり~ (9, 0.9%)

7 がって 1 うだわ, がるとともに

▼ つりさげ~ (9, 0.9%)

1 そして右手, たりする, てあき, てあった, てある, ていっしょう, てそこ, ながら取りよせた, ながら同じ

▼ つり~ (8, 0.8%)

3 ひを 1 つてゐた, ひ, ひが, ひに, ひの

▼ つりとして~ (8, 0.8%)

1 しまつてものを, 不機嫌に, 人の, 仕事にばかり, 居られては, 歩いて, 白日の, 頷いた

▼ つり上った~ (8, 0.8%)

1 いかにも凄, きりに, みたいな, スカートの, 二つの, 四十女の, 真面目な, 眸子と

▼ つり~ (8, 0.8%)

1 から女, にさがっ, につかまらず, にぶらさがっ, にぶらさがりました, の頑丈, へ手, をいじり

▼ つりさげられ~ (7, 0.7%)

4 ている 1 そのした, その下, て来ました

▼ つり~ (7, 0.7%)

1 あつた, たった一つ梨, めったに口, 到底女, 味も, 小児は, 暮らした

▼ つりがね~ (6, 0.6%)

1 にんじん, にんじんと, にんじん雨の, マントの, 虫み, 鳴らむ

▼ つりさげた~ (6, 0.6%)

2 藁苞に 1 いくつもの, のです, のは, 着物へ

▼ つり~ (6, 0.6%)

6 つりと

▼ つり~ (6, 0.6%)

2 高廻り 1 さんであった, で何時, 徒渉を, 徒渉等に

▼ つり上り~ (6, 0.6%)

1 を想像, 呼吸も, 瞳が, 頬の, 顔は, 鼻す

▼ つり~ (6, 0.6%)

2 にすがっ 1 がつい, で肩, につかまり, は大

▼ つり~ (5, 0.5%)

1 と云, と思ひ, と涙, と然, 尤も私

▼ つり竿~ (5, 0.5%)

1 には針, をうごかし, をうち, をうつ, を何十本

▼ つり~ (5, 0.5%)

2 をたれ 1 が水底, につける, を垂れ

▼ つり道具~ (5, 0.5%)

1 とふか, まんいちの, をやっ, を持っ, を返し

▼ つりです~ (4, 0.4%)

21 か, な

▼ つり~ (4, 0.4%)

1 あはれ, と悦び, 加納將監は, 只今藥研に

▼ つり~ (4, 0.4%)

1 この家, とらないで, なろうと, のこって

▼ つりランプ~ (4, 0.4%)

2 がさがっ 1 もたくさん, をだし

▼ つり上っ~ (4, 0.4%)

2 ている 1 ていた, て口

▼ つり候儀~ (4, 0.4%)

1 と相, に御座候右, を右兩人, 御座ると

▼ つり~ (4, 0.4%)

2 を噤ん 1 をつぐんだ, 噤みながら

▼ つり居り~ (4, 0.4%)

1 候と, 候何卒, 候處據ころなき, 先年の

▼ つり絶え~ (4, 0.4%)

1 ていた, てしまった, てゐる, て了ツ

▼ つり~ (4, 0.4%)

2 の灯 1 がい, が波

▼ つりおろし~ (3, 0.3%)

1 ている, て井, 一す

▼ つり~ (3, 0.3%)

2 えに 1 へぬよ

▼ つりその~ (3, 0.3%)

1 中へ, 中央に, 引きつりが

▼ つりたる~ (3, 0.3%)

2 眦は 1 は江田島

▼ つりとも~ (3, 0.3%)

1 ない, 打ち明けて, 言はずに

▼ つり~ (3, 0.3%)

3 ね草

▼ つりより~ (3, 0.3%)

2 惠比須が 1 恵比須が

▼ つり下げられ~ (3, 0.3%)

1 ている, ている吊, 其のかげ

▼ つり~ (3, 0.3%)

1 に毎日, は早行, 迄の念

▼ つり今日~ (3, 0.3%)

1 はどこ, は何所, を暮し

▼ つり~ (3, 0.3%)

1 じょうがどしんと, じょうをこしらえて, じょうをしかけて

▼ つり~ (3, 0.3%)

1 形見等を, 當地へ, 裝束を

▼ つり忍艸これ~ (3, 0.3%)

3 は正太

▼ つり~ (3, 0.3%)

1 の二隅, を外し, を外しかけた

▼ つり~ (3, 0.3%)

1 して, の敬吉さん, を作っ

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 断ちなさるが, 諦めあそばして

▼ つりがねの~ (2, 0.2%)

1 ひびきを, ような

▼ つりがねを~ (2, 0.2%)

1 つづけざま, みんなおろし

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 なあな, な読み

▼ つりさがっ~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ つりざお~ (2, 0.2%)

1 をもっ, を荷ない

▼ つりたし~ (2, 0.2%)

1 と, と云

▼ つりという~ (2, 0.2%)

1 次第では, 足音が

▼ つりながら~ (2, 0.2%)

1 出て, 躍って

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 つつりふつ, つつり大

▼ つりやの~ (2, 0.2%)

1 ことだ, ジョーが

▼ つりをと~ (2, 0.2%)

1 つてゐた, 彼は

▼ つり一つ~ (2, 0.2%)

1 だけ残つて, ついて

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 がッ, つたきり

▼ つり上つて~ (2, 0.2%)

1 みえた, ゐるの

▼ つり下げた~ (2, 0.2%)

1 ソーセージなどを, テーブルの

▼ つり下げられた~ (2, 0.2%)

1 ように, 一寸法師の

▼ つり下っ~ (2, 0.2%)

1 ている, てやっと

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 からの誘惑, に頼るべき

▼ つり候間~ (2, 0.2%)

1 兎角出, 御吟味願

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 たり下, て来なく

▼ つり剩さ~ (2, 0.2%)

1 へ和尚, へ私

▼ つり姿~ (2, 0.2%)

1 を消し, 見せしません

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 により不思議, 極々手堅き

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 へこん, へ込ん

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 が見える, のかずも

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 ひたくなくなつたもの, ふ機會

▼ つり遊び~ (2, 0.2%)

1 に来ない, 止めてしもて

▼ つり~ (2, 0.2%)

1 をのむ, を廃め

▼ つり黙り込ん~ (2, 0.2%)

1 で了つた, で煙管

▼1* [285件]

つりあつた感じ, つりあるいは鳥を, つりあれば丞相, つりいかに釣つた, つりえさだ, つりおろされた鉄瓶が, つりかうになつ, つりかわにぶらさがって, つりがへなれば, つりきなことを吐かしゃあがる, つりぐさなり苗葉三稜に似, つりぐらいの蚊帳の, つりこッつりと入りまし, つりち給, つりさげられた長い二本, つりさせられて弱った, つりざおにすすけきった魚籃を片手, つりざおのそばにすわってきらきらかがやく, つりざおへひっかかる女の子がいる, つりざおをかついでは海へ出かけ, つりしかど其節, つりしちまつて, つりしなり助十樣, つりし如く前夜專事惡き, つりそうな拳, つりそこなった若者の, つりそして眼には, つりたての魚, つりたれば御, つりよ, つりだけはやっても, つりだこがある, つりくる, つりでもするさ, つりで御座い升, つりとしてもの言はずけり, つりとは少し違つた氣分, つりなさいますか, つりなされましてはせ, つりなどがあると, つりにでもいこうぜ, つりになつて, つりぬあわれ御従軍御許, つりのとつつきにくい, つりはがき一つもくれなく, つりしご, つりばかりはそれが, つりばりぞそら, つりふつてきた, つりまりました, つりまわりへ蓆, つりむいちやツた, つりむッつり又八はたちまち, つりゆがんで始め, つりよせたことも, つりわたしたハンモックの, つりナルモノハ吾国ニ矢鱈ニ見付カルモノデハナイ現ニ, つり大群落ニ出会タ人ハ誰レカ歎声, つりフトンをひっかぶっ, つり一ツのカヤ中, つり一命にも及ばん, つり上つた眉をもち, つり上つた眼尻から高い, つり上つて妙に凄味, つり上つて頬が見る見る, つり上り唇薄くやや, つり上り気味にふくらむ, つりを向い, つり下がっており, つり下げてそれ, つり下げそれを胸, つり下ったせまい台, つり下つてゐるやう, つり下ろされていました, つり下駄が足先, つり不機嫌は毎度, つり不生不死なる, つり両手は震え, つり乗つて居たの, つり助儀, つり九助は歸宅, つり九郎兵衞は九郎右衞門, つり二人の子供, つり二十七日には栃木町, つりひに, つり交渉が絶え, つりと往来, つり低い呻吟く, つり候お花樣には, つり候ゆゑ私し儀市之丞, つり候事に御座候, つり候仕合に御座候間, つり候併し先年中山出雲守樣, つり候偏に御, つり候儀恐れ入り奉つり候, つり候其後一向に行衞相知, つり候其後夫文右衞門質屋より歸, つり候其節萬澤の脇, つり候只今御受取可, つり候右新藤市之丞, つり候因て右申上候紙屑屋新藤市, つり候大岡參上し以て申上, つり候實は私, つり候忠兵衞と申者頃日, つり候所夜中に至り, つり候明日辰の上刻天一坊樣大岡役宅, つり候樣に相成, つり候段眞平御免, つり候私しに, つり候私事姑女を締殺し候覺, つり候者に候はず, つり候茂之助さんが大金, つり候處全くは, つり候處之を遺恨, つり候處其罪明白に伏し, つり候處居酒商賣の, つり候通り是迄の惡事相違御座, つり候遺恨に存ずる, つり先達て此段上聞に達し, つり兩人の子供, つり其上に昌次郎夫婦, つり其上爪印まで相, つり其中月も出, つり其外小前へ勘定, つり其後京都に出, つり其後四郎右衞門不勝手に相成, つり其後當所美濃國常樂院, つり其砌に天一坊樣, つり其節切腹仕るべき覺悟, つり其金を以て母, つり出されて今度, つり出し候勢もあり, つり出入りをしなくなっ, つり落し鏡, つり切られてしまっ, つり切れて困る, つりて蚊帳, つり刺しとめた, つりち御免, つり千辛萬苦致して, つり半分は御, つり伯父九郎兵衞儀も, つり又は高廻り, つり又八はたちまち, つり敢ず, つり古河の在, つり只今にては往來, つり只今歸宅の處, つり合はず末のほど覺束, つり吉左右申上奉つら, つり人心付候由にて, つり同人方へ遣せし, つり呂律が怪しい, つり嘉川の名跡, つり土間には寒中蔬菜, つり地蜂の穴, つりばかりやっ, つりより入込ませ, つり夜更なれども, つりあめが, つり天子御東, つり女部屋へは来ません, つりも御座, つり子供ら食物を携え, つり安心するところ, つり客いんぎん丁重客粗忽客不得要領客など客さまざま, つり家内も相, つり居しと申立, つり居候機から上新田村, つり居歸宅致せし機其事柄, つりなかなか経済的, つりをつくる, つり布子でこの, つりへ荘山てれ後分五りよ君井熊, つり樂院の, つり帽子を冠, つり平生慈善を心, つり幼少の悴道, つりにも必要, つり度候と申立, つり度儀御座候に付町奉行越前守推參仕まつり候, つり度儀御座候右は先刻申上し寶珠花屋八五郎娘秀離縁, つり度是迄推參候, つり度私しは, つり籠り中家來, つり引き捕へ, つり引つこ拔い, つり弱い申した, つり必ず遊女通ひ, つり忍羽蟻菖蒲湯そういった時令, つり怒つたやうな, つり思い止まろうじゃない, つり思ひ切らうと決心, つり悪事を廃め, つり憑司儀を取, つり手足をもがい, つり押し默つてゐた, つり押し黙ったままで, つり拍車をつけた, つりを固く, つり断ち切って彦兵衛, つり断ち切られている, つり断念仕り候, つり新九郎様を思い切った, つり既に爪印迄, つり早速御受, つりを盜, つり昼はさほどで無けれ, つり替えに, つり本朝武家の祖神, つり村方にても譽, つり棚濡れ縁があり, つり止めますから, つり此御腹に二方, つり此段言上仕り候, つり歪んでいる, つり歸國の節箱根山, つり死骸の儀, つり母諸共梅は離別, つりのうえ, つり江戸より歸國, つり江戸表へ御供, つり沈みがちだった顔いろは, つり消えてなく, つり渋面をした, つり禮の, つり無口をつづけ, つり燭台の黄蝋, つり爺さん馬具屋といふきよろきよろ兄さん, つり片手には鞭, つり産後肥立兼相果られ其後, つり町内にて種々, つり畢んぬ, つり當時は妻, つり皮みたいなもの, つりっつり, つり看板です, つり眠っている, つりかい台十, つり短筒をもち, つり神田明神下にて小川町, つり禁酒しましたからと, つりし札, つりの次第, つりを通して水音, つりへた, つり糸えさはじっさい, つり糸漁具一式スナイドル銃八ちょうピストル一ダース火薬二はこ鉛類若干, つりふと見かけ, つり絶えたきりに, つりまでつかっ, つり至つて別懇に致せし, つり舟櫓を漕げる, つり艱難の體, つり草水引き猫じゃらし山ごぼうの房実, つり草風ぐさなどは私, つり菜食主義を止め, つり蚊帳の裾, つり蜻蛉のまろ, つりをやめ, つり話しに来ない, つり國修行の, つり賭博はしねえで, つり越前へ内意, つり込まれたように, つり込まれるから, つり込まれ引きずられて行く, つり逐一相糺し, つりはなく, つり道具それだけで船, つり金子三百五十兩を盜, つり金子百五十兩を貯, つり金百八十兩貯へ國許, つり針すずのコップ, つり針つり糸えさはじっさい, つり階段は御殿風, つり離別致せし所同村百姓共, つり難し右には, つり青隈の色, つり音楽を聴く, つりで拍手, つり黄泉の露拂, つり黒く八枚の, つり默つて頭を下げた, つり黙りこんできた