青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つもり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つと~ ~つとめ つとめ~ つねに~ ~つまらない つまらない~ つまらぬ~ つまり~ つめ~ ~つもり
つもり~
つり~ つる~ ~つれ つれ~ づ~ ~づか づか~ づく~ ~づけ づけ~

「つもり~」 12816, 123ppm, 857位

▼ つもり~ (5574, 43.5%)

123 あつた 78 いた, いる 77 はない 72 いたの 71 いるの 67 はなかっ 44 いたが, いて 38 いるん 29 はなく 27 います, 来たの 26 せう 25 ゐた 22 ゐたの 20 いました, おります, もない, 読んで 19 いたところ, いるが 18 いても 17 はなかつた, 私は 16 いると 15 来たん 14 いたのに, こんなこと, はある, やって, 出て, 来て 13 ね, もなかっ, ゐる, 書いたの, 聞いて 12 居ります, 自分の 11 あつたの, そんなこと, やつて, ゐたが, ゐて, 持って, 書いて, 聴いて 10 おりました, はありません, ゐるが 9 いたから, いるよう, ゐても, ゐるん, 家を, 言ったの 8 あんなこと, それを, ゐるの, 勉強し

7 [13件] いましたが, ござります, はあった, はあるまい, もなく, やつた, ゐながら, 外へ, 待って, 行って, 見て, 言ったん, 言って

6 [16件] いながら, いること, いるらしい, お聴きください, これを, 云ったん, 仕度を, 來た, 出かけたが, 出かけて, 居るん, 帰って, 彼は, 得意に, 話を, 買って

5 [32件] いたこと, いたので, いたもの, いったの, いなさい, いらっしゃい, おる, ここへ, ござりました, はいる, はないでしょう, もある, もあるまい, もそれ, もつい, もなけれ, も人, ゐたので, 云ったの, 働いて, 居りました, 居る, 居るの, 手を, 歩いて, 準備し, 眼を, 私の, 考えて, 自分が, 言った, 返事を

4 [44件] あらう, あらうか, いたところが, いたんだ, いた私, いって, いますが, いやがる, いるから, いるという, いるらしかった, いれば, いろ, おりましたが, おりますが, お前は, お聞き下さい, かかって, はいた, はこの, はございません, もあろう, やって来たの, やって来たん, ゐると, 云った, 云つた, 例の, 声を, 家へ, 寝て, 居たの, 居て, 居りますが, 支度を, 書いたもの, 机の, 生きて, 目を, 私が, 私も, 筆を, 自分で, 話して

3 [59件] あつたらしい, あらうが, いたらしかったが, いたんです, いなければ, いるのに, おいで, おるの, お聞きください, か, ここに, そう言った, そつと, ともかくも, はおります, はこれ, はございます, は少し, は決して, は無い, ひそかに, もその, もやっぱり, も世間, も実は, やったこと, わざ, ゐたのに, ゐたもの, ゐたん, ゐます, ゐるのに, ゐる人, ペンを, ホテルに, 一生懸命に, 下へ, 二階へ, 先刻から, 出掛けて, 喜んで, 国を, 女を, 少しばかり, 居りましたが, 廊下を, 机に, 東京へ, 死骸の, 気を, 用意した, 私に, 結婚した, 胸を, 行った, 言つ, 連れて, 金を, 骨を

2 [285件] あつて, あとから, あとは, あらうと, いい気, いうと, いうん, いたに, いたのよ, いたほう, いたらしいの, いたわたくし, いたん, いたんだから, いたんだが, いった, いては, いないと, いなくちゃ, いなくっちゃ, いましても, いらしたの, いらして, いるか, いるところ, いるのよ, いるほう, いるよ, いるらしいと, いる自分, いろいろな, いろいろの, うかうかと, うちの, おつ, おりましたのに, おりましても, おりますから, おるのに, おれば, お内儀さん, お前に, お呼びした, お筆, お長屋, かえって哨兵, かかったのに, ここまで, ここを, こちらへ, この山奥, この文章, この書き手, これからの, これは, これ等の, こんなひと, こんなもの, こんな事, こんな穢い, ござりまする, さ, すぐに, せうか, そこまで, そのこと, そのため, そのま, そのままに, その形見, その晩, その案内欄, その用意, それに, そればかり, つきあって, どんどん上流, なんでも, は, はあつ, はあります, はい, はございませんでした, はなかろう, は毛頭ない, は無かっ, へエ, ほかの, また眼, まだ朝, もあり, もこう, もどこ, もなん, もはた, もまだ, ももう, も何, も何時の間にか, も兎, も商品的, も案外, も自分, も見る, やりました, やるに, よく味, よく面倒, わたしは, ゐたといふ, ゐたところ, ゐたン, ゐました, ゐましたが, ゐるかも, ゐるから, ゐるので, ゐるもの, ゐるやう, ゐる者, ゐれば, ゐろ, ゐろと, ツイこんな, フラリと, ポオを, 一と, 一人の, 一緒に, 上京し, 上海へ, 乞食に, 二階の, 云って, 今の, 今日に, 今日は, 今晩は, 仕事が, 他の, 仲人まで, 仲間を, 何か, 何でも, 何も, 何を, 來たんだ, 來たんだらう, 俺の, 僕の, 僕は, 兄の, 先に, 先生の, 入れて, 入院する, 再び廿日市, 出かけたの, 出した手紙, 出掛けたの, 刀を, 劇薬を, 十二人の, 半礼装, 即ち今日, 参りました, 友人の, 口に, 口を, 右手を, 味う, 塚本は, 増屋の, 大急ぎで, 大阪に, 奉公に, 奥へ, 嫁入りする, 宅へ, 宇田川町を, 実は大分, 寝床の, 寺の, 小諸から, 少しずつ, 少女の, 居た, 居ます, 居るやう, 山を, 山木邸に, 床の, 彼が, 彼に, 彼らに, 彼を, 彼女を, 後を, 御神籤, 御輿を, 急に, 悦ばせて, 我慢し, 手に, 手の, 手紙を, 扱って, 折から, 探して, 支度まで, 斬りかけたの, 旅に, 書きました, 書き流し読者, 最初に, 本郷に, 材料を, 来い, 来たが, 来たと, 来たのに, 来たものの, 来たン, 東京に, 格子戸を, 梅吉を, 歩きだしたが, 歩くの, 残して, 母を, 汽車に, 注意し, 深川の, 澄まして, 炬燵を, 煮え湯の, 熊吉を, 玄関の, 王君の, 用心しろ, 用心ぶ, 申したの, 病院の, 真面目に, 睡眠は, 石ころや, 私を, 穴へ, 納戸へ, 腹を, 船に, 花を, 行くと, 行けば, 行ったので, 行ったん, 行っても, 西へ, 覚悟を, 親類から, 観て, 言ってるん, 言つた, 言ふ, 計画を, 設計を, 話しに, 買つて置いた, 足の, 身を, 辛抱し, 近づいて, 追いまわして, 進んで, 遊んで, 道を, 遠慮なく愉快, 鍋の, 門の, 附いて, 障子を, 預けて, 顔を, 飛出して, 首を

1 [2878件 抜粋] ああし, あごを, あたしは, あつた法月俊郎君方, あの女, あの砂山, あまり頭, あるひ, あんなにしたく, あんな金田家, いいもの, いうてな, いじめつけたが, いたけれど, いただけその, いたまえ, いたらしいが, いたら長畑さん, いたんですが, いた事は, いた専次, いた鼬, いつの間にか同性, いてて, いなさるよう, いましたよ, いますよ, いやがるん, いられた高貴, いるけれど, いるだろう, いるものの, いるらしいわ, いる不運, いる文士連, いる自負心, いろいろ金, うまくこしらえ, おい平田盃を, おざれ, おって, おとなしくし, おやん, おりましたさぞ, おりますけれど, おります御, お上役向, お出, お前も, お寄り, お念仏, お目にかかったん, お聴き, お読みなさい, お長, かう言, かかってたもの, かきました色, からかふも, か外国文学, きいて, くれたの, こいさんの, こうし, こう云, ここで, こたえました, このお, この人形, この家, この本, この薄紫, この馬鹿野郎, これへ, こんな余計, こんな文句, ござりましょう, さうなくつてさ, さこつこつ, さて振返っ, さらに寺男, しきりに弁駁, しばらく座敷牢, じっとした, すこし休息, すっかり応用, ずっぷりと, せう後ろ, そういうこと, そう云う, そこへ, そのおかげ, その儘別, その実, その岩, その根元, その腰掛, その道筋, そばへ, それでこの, そろそろ仕度, そんな方法, ただの, だが, ちょうど瑠美子, ちょっと詐略, つい斯ん, つけ廻して, ということ, とったの, どうか, どこまでも, なおも抗争, なしに, なるべく広く, ねいつか, のう, はあったろう, はいました, はかりに, はございませぬ, はその, はなけれ, はもつ, はゐる, は一刻, は別, は嫂, は弟, は月, は私達夫婦, は饅頭, ひとりで, ひと通りの, ふと煮立った, ほとんど一言, まあ我慢, まずおと, またやって来ました, まづ, みや古で, めいめいの, もありません, もいつの間に, もうつ, もう移転, もけっ, もさ, もそつ, もどうか, もなかなか, もやはり, も事実, も体, も使う, も出発点, も土, も客観的, も年がら年中, も悪い, も最後, も現在, も立ち上がっ, も試, も遅, やがて黙祷, やった細工, やって来ました, やるが, やる云いより, ゆっくりと, よい新譜, よよい, わざっと, わざとらしく笑った, わざと顔, わざわざ来た, わたしが, ゐたから, ゐたところが, ゐたんぢ, ゐた幼稚園, ゐますが, ゐるか, ゐること, ゐるらしいん, ゐる心理, アタラの, オーライって, クダを, シャッポを, ズックの, ソルボンヌの, ダンスを, デッキから, ハナヤへ, ヒョイと, ポケットに, ワイゲルト中尉の, 一つヤンヤと, 一先ず其家, 一年ばかり, 一日中怒鳴りちらし, 一時こういう, 一杯傾ける, 一生懸命馬力を, 丁寧に, 万太郎, 三年ばかり, 上杉の, 下女に, 下鴨に, 世界中を, 中国経略の, 丸髷に, 乗物を, 九時頃おきたら, 二ツ三ツぶんなぐった, 二人は, 二畳の, 云った事, 云ふと, 五十兩の, 人々は, 人間を, 今囘, 今日私の, 今珍, 仕掛けを, 付き合つ, 伊東祐親の, 会社の, 伴れ出し, 何よりも, 何気なく山沿, 作ったの, 作品に, 例によって, 保留し, 俺あ, 傍に, 働きかけるにも, 兄貴も, 先づ甲州に, 入って, 入れまた, 八宝亭に, 兵馬は, 内々で, 写真を, 出かけましたが, 出かけるの, 出たが, 出処進退つつしみつつしみ, 出直して, 切って, 初七日, 別室へ, 力の, 勇み立ちて, 勉強中の, 包みだけ, 十幾日目で, 印度人に, 原稿用紙に, 参ったので, 及び腰に, 取りかからねば, 口々に, 口笛を, 台湾に, 同じよう, 吹いて, 呼びア, 唯今出, 喧嘩を, 四五十歩あるいた, 国栖の, 地底を, 城山の, 堺屋の, 声の, 多吉の, 大いにやっ, 大いびき, 大元気, 大師講を, 大鉈を, 夫が, 奮発し, 女学生に, 始めたが, 始終起っ, 嬉しがる, 孝行を, 安堵し, 実はこないだ中, 実は住民, 実は自分自身, 家内と, 寄越されましたの, 寒さ, 寝台券まで, 寺入りし, 小供, 小馬車, 少し顔, 居たのに, 居って, 居りましたん, 居り読人, 居る支配人, 山の, 岸本から, 左右から, 己の, 帯を, 幕府が, 平気で, 幸ひ, 序に, 庸三の, 廊下伝いに, 建てるの, 弟子を, 当分飼っ, 彼女は, 待ちかねて, 従いて, 御勤め, 御注意, 心して易, 忍び込んだの, 念を, 思わず横道, 悦んで, 懐から, 或客車, 戸に, 戻って, 手土産の, 承知し, 拵えたの, 持込んだんぢ, 捨身に, 探偵する, 支度させ, 教え込んだの, 文学の, 断乎たる, 新しい芝居ぐらゐはのぞいておくべきだと, 新聞紙上に, 日の, 日記帖の, 早くから単独先行, 明けの, 映画を, 昼寝を, 晴着を, 暗に用意, 書いた, 書いた少, 書きこういう, 書く訳, 最近そこで, 服の, 期日を, 本土の, 本道の, 村を, 来たとは, 来た縫子, 来るには, 松坂屋という, 柿の木以下事実に, 梯子段を, 楽しみです, 横わっ, 樺太へ, 正作に, 此歌を, 歩いた, 歩けば, 殺したり, 毎年吉例の, 毎朝早く, 水底に, 決心し, 沢山言葉, 泊つ, 洋行した, 海へ, 深刻が, 渠は, 湯島の, 潔くある, 炭取りを, 無根の, 煙草入を, 父に, 物いふ, 猫を, 生きること, 田から, 由子は, 申し上げたの, 男だけ, 番の, 白を, 皮を, 盲人の, 相手に, 看護婦や, 真正面から, 矢立と, 石を, 研究する, 禁慾生活を, 私としては, 種を, 突出した, 立寄ったの, 第二期, 算盤を, 米国の, 紙を, 結果は, 総力戦, 繰り返して, 置いて, 美和子の, 考へて, 聞け, 職業を, 肴町の, 腕組みした, 自信たっぷりの, 自分は, 自筆の, 船へ, 花輪を, 若やいだ態度, 苦痛の, 草鞋を, 莫迦な, 蒲団の, 薪の, 虚心に, 行こう, 行ったら皆, 街の, 袂に, 襖を, 見まわすと, 見当を, 覚悟し, 言い出した話, 言ったよう, 言つた私の, 訊いて, 訴人しよう, 話しかけて, 誓ふ, 説明を, 読み終ったが, 読んでは, 讀む, 責任を, 貴さまら兄弟も, 貼り出した, 足ご, 踏みのぼって, 躰を, 軽く御, 迎いに, 送って, 途中手に, 造った, 進んだの, 過ぎたが, 遠い旅, 部下と共に, 部長を, 醤を, 釜山に, 銷沈し, 長崎へ, 間が, 附き合わんきゃいかんというこったい, 隱した, 電話番号の, 靴の, 頭の, 風呂も, 食い物に, 飲む気, 馬を, 駈け出して, 高の, 鳴いて

▼ つもり~ (1121, 8.7%)

168 んだ 112 のだ 104 のか 100 んです 7774 のです 56 のである 48 んだろう 39 のだろう, のでしょう 24 のが 23 んでしょう 21 のであろう 19 のよ 16 んだい 13 んだらう 11 のかい 10 のであった 8 のかと 7 のかしら, のさ, ので, のであらう, んで 6 のだらう, のに 5 のかな, のかも, のね, んでせう 4 のでせう, のを 3 のかね, のでした 2 のうかうか, のかという, のだった, のだつた, のであります, のでございます, のにあなた, のは

1 [62件] ことを, だけよ, のあきれた, のおまえさん, のかは, のかネ, のじゃ, のであろ, のでいつどっち, のでいま, のでここ, のでもう, ので二等車, ので今回, ので今日, ので別に, ので坪内先生, ので従つて時, ので早く, ので松明, ので町, ので行った, ので調子, ので雪子, のと, のなら, のにしかも, のにす, のにそれ, のにそれら, のにどうしてこう突然, のには, のにまるで, のにみんな, のにもう, のにやつぱり, のに上っ, のに人, のに今, のに冥土, のに向, のに彼, のに意志, のに違, のね蔦, のへ, のよお母さん, のよこれから, のよそれ, のネ, の一生部屋住, の何, の深志, の言っ, んかな, んでございます, んでし, んでしよう, んで何しろ, んや, ンだ, ンです

▼ つもり~ (1071, 8.4%)

6452372523 から 16 ということ 13 がその 12 がね 11 つた 10 つたかも, つたのです 9 つたのさ 8 つたに, つたのだ, といっ, と云っ 7 からそれ, つたの, つたのが, という 6 つたのに, と云った, と言った, わ 5 え, がそれ, がどうも, そうだ, つたと, つたのである, と言っ, と言つて 4 からその, がお, がそれでも, が僕, が君, そうです, つたが, つたのだろう, つたので

3 [17件] からどうか, から安心, がしかし, が夫婦, ぜ, ぞ, つたのかな, つたのよ, つたのを, つたらしい, と, といいます, といふ, と答える, と言, ッ, ッた

2 [56件] え師匠, かさ, からこの, からそう, からそれ程, からな, からね, からまた, からもう, からよく, から僕, から君, から心配, から怖, か知らない, があいつ, があるいは, がお前, がさて, がどう, がね何しろこれから, がまず, が俺達二人, が先方, が口惜しい, が声, が実は, が自分, が誰, けど, けどでも, けれど, これさ, そうで, つたのかい, つたのかしら, つたのだらう, つたので御座います, つたのなら, というの, といふ意味, とお, とのこと, と云, と云ったら, と彼, と書い, と書いた, と申し, と答えました, と聞いたら, と聞く, と隼人, なそれ, なッ, もの

1 [466件] あとは, あの娘, あ無, いやもう, か, かお君には, かし, かしらねえ, かそれ, かたいがい想像, かな, からあと, からあんた, からいい, からお, からおかしい, からお上, からお前, からきっぱり, からきみ, からここ, からこそ批判, からさ, からさすが, からじ, からじゃ, からそのうちきっと, からそれだけ, からそれでも, からそんな, からだろう, からちやう, からちょうど, からである, からと, からとてただ, からとのこと, からと云え, からと言, からどうかあしからず, からどうぞ, からなるべく, からな又, からねえ, からひとたび, からまあゆっくり, からもし, からわざと, からわたし, から一人, から三十五六, から下手, から今, から今更, から値, から充分, から先生, から八雲町, から内実, から出席, から判然, から十七日, から十円, から困り, から夕方, から天地間, から実際, から少し, から平気, から役場, から思ひ切つ, から折, から明日, から是非, から暇乞, から此処, から殴る蹴る, から毎日, から無言, から相殺, から私, から笑わせる, から繋留索, から自分, から至極, から苟くも探偵事件, から行けない, から見, から見物, から貴公, から鎌倉あたり, から雨, かわからない, かシャンパン, か料簡, か知らねえ, か茶色, か詰問, があべこべ, があまり, があれ, があんた, がいつの間にかだんだん, がいやしくも, がいろいろ, がおまえ, がおれ, がお前さん, がかう, がかく, がかねさ, がが特に, がきゃ, がこういう, がここ, がことに, がこの間, がこんな, がさ, がさあ, がさりとて, がそんな, がそんなに, がただ, がためらっ, がちょい, がつい, がとうとう, がとこの間, がとにかく, がとにかく忽然と, がと自信, がどうしてもまだ, がどこ, がな, がなにしろ, がなまあまあ, がなんと, がなんぼ, がね急, がはつきり, がはて, がばば, がひとり相撲, がまったく, がまア, がもう, がもし, がもしか, がやはり時々, がよそ, がわが, がわし, がわれわれ, がバルトウ氏, が一口, が万一, が下手, が不, が九郎, が事実, が京の, が人, が今, が今夜, が仕事, が何, が何しろ, が何しろすぐ, が信吉自身, が参考, が同輩, が嚥, が坊主, が妬心, が実に, が実際, が少し, が山, が島, が差当り, が平静, が弥生, が強, が彼, が念, が急, が悲しい, が感じた, が或いは, が手, が故郷, が斯, が日蓮, が昂奮, が昔, が更に, が東屋氏, が桂川, が決して, が汽車, が洒, が火鉢, が然し, が物の, が生命, が甲府城下, が皮膚, が相手, が私, が筆, が簡単, が紀久ちゃん, が結局, が腑, が腕力, が良い, が萬一間違, が藤吉郎, が虫, が表題, が見せられた, が訴訟, が証拠, が語気, が證據, が質問, が足, が近く, が通知, が違う, が酒, が酒屋男, が酔, が重い, が鎌倉, が阿, が阿倍野橋, が馬, きっと貸し, けどついで, けどてんで, けど口, けれどい, けれどいづれ, けれどいま, けれどことに, けれどこの, けれどさしあたっ, けれどその, けれどふわりふわり, けれどもそれでも, けれども僕ら, けれども折角, けれども拭い, けれども相手, けれども身体, けれどやつぱり私, けれど万一あまり, けれど事, けれど他目, けれど地方, けれど声, けれど女, けれど小説, けれど東京, けれど発熱, けれど福兄さん, けれど雑踏, ここまで, この春さき, これで, こんなにぐずぐずし, こんなに愚圖, さあ通せ, しかたがた, しかも西欧科学, しこっち, しその, しそれ, しそれで, しばらくあっち, しまた, し南, し又, し又八, し急, し無けれ, し若い, ぜ八, そうで御座います, そうなれ, そう云っ, そしてもし, その女, それが, それに, それは, それまで, そんなふう, ぞッ, ぞ聞い, っけ, っけ例, っけ舟小屋, って, っていうじゃない, ついては大隅氏, つたから, つたといふ, つたのかも, つたのね, つたのほんとに, つた所が, つた明日は, つた腕が, つてことは, つて聞いた, で, で万一, とあたし, とあつ, とある, といい, といいました, というお話, というそれ, というところ, というよう, という事, という意味, という手紙, という自分自身, という評, という評判, という身の上, という返事, といった, といふやう, といふ様, とうち, とおえい, とおっしゃった, とおっしゃる, とかね, とか云う, とか云っ, とか聞い, とか馬鹿, ときかれ, とききます, としまいに, とする, とすれ, とそんな, とにかくこうやっ, との事, とはいかに, とは思わなかった, とは明言, ともいいました, とも云った, とも何, とも秦啓源, と云い出した, と云う, と云つて, と云つて遁げ, と五十, と五郎三郎, と人, と仰言っ, と口頭, と吾家, と告げた, と問うた, と大童, と嬢次様, と宇治, と宣言, と尋ねた, と少し, と幹太郎, と弁解, と彼女, と思う, と思った, と思わぬ獲, と断った, と断言, と気, と清吉, と清次郎, と甲斐, と申し出た, と白木, と私, と答, と答えた, と約束, と聞い, と自信, と言い切る, と言う, と言ったら, と言われました, と訊いた, と話し, と話した, と語った, と調戯, と辯解, どウン世間, なという想念, なと簡単, なと考えざる, なと考えました, なと雲行き, などとそんな, などと云っ, などと書かれ, などと警戒, なんてとても, なんてよくも, なんて云う, なんて神妙, なんて許し, な草香流, ね師匠, の, のが, のにそんな, のにまだ, のに掏摸, のに日本人, まあいい, むしろ来た, もういちど離屋, もうこの, もう一度離屋, もし長, よもう, よトルドリューボフ君, よ五千疋, んべ, ウム奥へ, エ, ッて, ナ, 一たい農業も, 二人で, 何かの, 何しろプログラム, 兄弟, 君が, 島崎君の, 暢びりし, 暫らくの, 機関の, 江戸に, 江戸へも, 私に, 等と, 腕一本で, 船岡も, 通しで

▼ つもりだった~ (781, 6.1%)

53 のです 49 んだ 37 のだ 34 んです 26 のである 25 のが 23 のか, のでしょう 21 のだろう 14 んだろう 1211 がそれ 108 のさ, んでしょう 6 かも知れない, のかい 5 がその, に違い, のかも, のでございます, のよ 4 という, のでその, のを, よ 3 かも知れません, がこの, そうです, に相違, のかしら, のに, んだい, んで

2 [29件] か, かね, かもしれない, かもわかりません, からである, があれ, がこんな, がそう, がどうしても, がなにしろ, がふと, が他, が君, が実は, が思った, が料理, ことを, だけです, ということ, と見え, な, のかね, のその, のであろう, のなら, のにちがい, のについ, のね, のは

1 [292件] あのとき, え, おそのは, かあなた, かとにかく, かどう, かもしれません, かも知れねえ, かも知れん, から, からお前, からかえって, からこれ, からそれで, からそんな, からね, から全然, から手, から招, から死刑, から私反抗, から腹の中, から試験, かを説明, か分らない, か奇怪, か知らない, か話し, か顔, があいにく, があなた, があの, があんな, がいい, がいけ, がいちおう, がいつのまにか, がいま, がいろいろ, がうち, がお, がおそろし, がお仕置, がかえって, がかすか, がここ, がこしらえ, がこれ, がしかし, がじ, がそいつ, がそこ, がそっち, がその後, がそれから, がそんな, がただ, がだめ, がどうやら, がねえ, がひろびろ, がほか, がほんの, がまあ, がまた, がまだ, がまだそのまま, がまるで, がめ組, がもう, がやはり, がわし, がエトナ, がオカマ, がコンナ容態, がボストン, がマックス, がロンドン, が一同, が一寸, が七日, が中, が中途, が二人, が云っちまおう, が亭主, が人, が体, が八百七十両, が共犯関係, が動悸, が医者, が口, が古, が周馬, が四十九日, が声, が多鶴子, が夜具, が大納言, が失敗, が娘, が孔子, が実際, が寒, が少し, が岩田, が川口, が帰っ, が広, が形, が復員祝い, が念, が急, が恐ろしく, が懐中物, が手元, が折角, が抜きさし, が推進機, が敗戦, が日本, が最初, が朝廷, が机, が村田, が案内者, が次に, が煙草, が牡丹桜, が現場, が田中, が画家, が盛綱, が相手, が眼, が短い, が穴倉, が窒息, が端艇, が第, が答えた, が純白, が自信, が自分, が苦しく, が蜘蛛類, が裏木戸, が裸身, が詩神, が赤壁八十馬, が近接, が途, が銅六, が門番, が靄, が顫, が風呂, が風波, が黙っ, けどあまり, けどよす, けど私, けれど, けれどあたし, けれどあんた, けれどこちら, けれどこれ, けれどそんなに, けれどつい, けれどどうして, けれども, けれどもとうとう, けれども前川さん, けれども岡田, けれどよく, けれど今, けれど仕方, けれど喜美ちゃん, けれど床, けれど怪しい, けれど泊れなかった, けれど詰らねえ, ことである, これは, しお前, しかしいま, しかるに余り侮り過ぎ, しこの, しその, しべつに, し前, し少し, し裁判, ぜ, そうしたら, そうである, そこへ, そのよう, たぶん勝算, ってほんと, ってェ, でも考え直しました, といい, というはっきり, という事, といわれる, ところが膨脹, ところを, とついに, とはトーチカ心臓, とは云いかねた, と云います, と云っ, と云った, と審問, と思っ, と答えた, と自供, と見える, と解り, に, には違, には違い, にも係わらず, に違えなかろう, のあなた, のかな, のださうです, ので, のでこれ以上, のでした, のでじ, ので今更, ので口, ので大いにがっかり, ので店員, ので御座います, ので洋灯, ので結いた, ので辰弥, ので食糧, のにあんまり, のにお前, のにそういう, のにそれどころ, のにどう, のにどうも, のにゆうべ, のによう, のによくも, のにスキー, のに何, のに大辻, のに妙, のに家中, のに山, のに平壌, のに急, のに悪く, のに案外, のに理論, のに私, のに逆, のに違い, のに馬鹿, のひどい, のも, もしくは或, ものです, ものも, ようで, ようです, ように, わ, わけ, んぢゃないか, んでしょ, んなら, ジョルジュは, ハンカチで, 仮装中国汽船の, 余五郎は, 俺に, 原田夫人の, 友達も, 本当です, 竹童は, 見知らぬ男, 賞金の, 銭形が, 風です

▼ つもり~ (425, 3.3%)

74 なかった 60 ない 26 ないの 22 ありません 19 ないが 12 ないん 9 ないから 8 なかつたの 7 ないと, ないので, 少しも 6 なかつた 5 毛頭ない, 毛頭なかった, 無かった 4 ないよ, なかつたが 3 ありませんでした, ございません, ないか, ないという, ないに, 無い, 無かつ

2 [15件] ありませんが, ありませんよ, ないかと, ないけれども, ないのに, ない右側, なかつたん, なくっても, 今の, 全然なかっ, 更にない, 毛頭ございません, 毛頭ないが, 毛頭ないの, 毛頭ないので

1 [94件] あらゆる, ありませず肉慾的, ありませんか, ありませんし, ありませんでしたでしょう, ありませんわ, あるよ, あるらしい, いささかも, いつかここへ, これっ, これっぽ, ございませぬ, ございませぬが, ございませんあなた様, ございませんと, さらさらない, さらにない, さらになく, しなかったわ, すこしも, ただ吾同志数人, ちっとも, ちっともし, ちっともねえ, つもりだ, つもりで, どうな, ないからね, ないがな, ないがね, ないけれど, ないけれどね, ないさ, ないし, ないそう, ないそれ, ないそれだけ, ないでしょう, ないでしょうが, ないらしい, ないわ, ないんで, ない今日, ない徳次郎, ない父, ない相手, なかったです, なかったらしい, なかったらしく, なかったろう, なかったろうが, なかつたので, なかろうが, なく, なくあまり, なくいくら, なくこれ, なくた, なくただ, なくとも, なくなん, なくみんなどこ, なくやがて, なく二十六歳, なく塩野, なく心斎橋筋, なく思い, なく援助, なく機会, なく片足, なく芸者屋, なく釣れて, ほんとうに, まったくない, みじんも, もとよりなかっ, 全くなかっ, 全然なく, 千筋なり, 御座いません, 日曜日の, 更にござらね, 毛頭ないん, 滅多に, 無いこれから, 無いて, 無いに, 無いの, 知れないの, 私には, 絶対に, 躍進日本の, 重ツ

▼ つもりです~ (387, 3.0%)

5937 が, よ 22 から 11106 からね, ね 4 がそれ, がね, が何 3 かえ, からあなた, って

2 [13件] かい, かね, から御, がそれでも, がまあ, が猿轡, が私, けれど, けれどもこれ, といっ, のに, もの, 僕は

1 [152件] あまり多く, お許し下さいませ, かさっぱり, かそれとも, かと人間, かと尋ねたら, かと訊いた, かどちら, かな, かなひどい, からおそらく, からかえって, からしたがって, からぜひぜひ, からその, からどう, からどうか, からな, からまた, からもう少し, からよく, から三角, から以後, から女, から安心, から悪い, から新五郎, から是非, から最早, から来週, から民さん, から田山さん, から皆さん, から蟹, から誰, から返答ぶり, か一体, か君, があいつ, があなた, があれ, がこの, がこれ, がさ, がすでに, がそもそも, がそれら, がただ, がちょっと, がつい, がどうも, がなお, がなにせ, がねえ, がひと, がまず, がまだ, がまだまだ, がもし, がもっと, がやがて, がよく, がネ, がハダカ, が一ぺん, が一人, が今夜, が今度, が今日, が仏様, が仕事, が何だかどうにも, が佛樣, が十四号, が坑夫, が好い, が實, が屑鉄, が御, が敗, が日本, が来年, が東京中, が東風君, が汚れた, が決して, が現代, が皆さん, が簡略, が結婚, が腹藏, が蟻, が誰, が賢二君, が身体, が都合, が野原, が鶴, けどね, けどまだまだ, けどトミ子さん, けどナ, けれどいつ, けれどお, けれどそれ, けれどそれとも, けれどねいいえ, けれどもついに, けれどもわたし, けれども挨拶, けれども書い, けれど天才, し, しまた, し夜なか, し旦那, ぜ, そしてうしろ, そのうえずいぶんお世話, それは, ぞ, つまりきょう一日, といいました, という表現, とか何とか, とさ, とつまらぬ, と云う, と云った, と書い, どうかなに, どうか私, どうぞ涌谷さま, どだいあなた, どんな作品, また他国, わたしは, わたしを, わよ, 事よ, 人間は, 今宵の, 何が, 信乃さん, 性質から, 文学上の, 机その他本棚も, 決して悪い, 神さまに, 自分では, 長くなります, 面白い

▼ つもり~ (290, 2.3%)

6 ようです 4 ところへ, ないこと, ものが, 声が 3 ように

2 [24件] お篠, お静, ことが, ところを, やうに, やつが, ようだ, をつい, を町内, ケチくさい, 仕事が, 冗談と, 処を, 婦人は, 平次祝言の, 彼は, 彼女は, 由, 私は, 細工さ, 自分が, 自分の, 言葉の, 順一は

1 [217件] あの大切, ある短篇小説, おげん, お藤姐, お角, お言葉, お話を, お鈴, があまり勢ひよく, がその, がつい, ができない, がツイ居眠り, が実は佛前, が機会, が機會, この言葉, その無限, その男, その賭け, その金, ちいさな鏡, とき音は, ところおなかすかし, ところがいつか主屋, ところが大分, ところが馬車, ところさっき落付い, ところその, ところだ, ところどう, ところに, ところひどい, ところやっぱりなかなか, ところわたくしが, ところベンジンを, ところ僕に, ところ加藤という, ところ午前十一時まで, ところ叱られなかつた, ところ旅情童心とかく, ところ暇乞が, ところ真直慶応へ, ところ眠りすぎ, ところ豪雨, ところ買いものを, ない女, なかった, なぐり書きで, まんまで, もので, ものと, ものとては, ものに, ものの, やうで, やうです, ようであった, ようでした, よし, わけで, わたくしには, わたくしまで, アンリーは, ガラッ八, ガラツ八が, コーヒー茶碗が, サンマの, ヒーローに, ヤリ口も, ラジオ屋に, 三名にも, 中で, 丸山勇仙までが, 事を, 事実が, 五フランきりだった, 人は, 人影は, 仮りである, 伊織は, 余にも, 作家に, 借金が, 僕の, 八五郎, 八五郎と, 凄味が, 処代る, 処負けまい, 出動でない, 力を, 助言は, 化の, 口もとには, 吾妻屋の, 咄し, 和太郎さんが, 声で, 夢にも, 夢は, 大声を, 大阪ッ子が, 奴が, 如来衛門と, 子供が, 字や, 安宅先生説得の, 封建性の, 小柄な, 小説を, 山際は, 峰の, 平次です, 庸三には, 弟も, 弱点でも, 彼や, 彼らは, 御恩人, 復一の, 心上の, 心地に, 忰や, 恋愛論を, 悪口が, 感情が, 所が, 手紙が, 拡張や, 推理が, 放言だろう, 放送局占領が, 文学に, 新しいもの, 方尖, 旅に, 旅行者が, 春蚕が, 書店の, 書籍を, 梶の, 椅子へ, 植木屋の, 毫もなかっ, 気休めだ, 決心を, 汽車には, 無能は, 父母兄弟や, 父親敬蔵は, 物らしく, 物語の, 用意も, 田舎訛りで, 由です, 由にて, 男の, 盗賊が, 目算が, 相手から, 相手の, 眼で, 眼の, 眼を, 私が, 私みずからが, 算術が, 米友自身すらも, 細工だ, 義務心は, 老人の, 考え, 腕を, 腹具合を, 自分たち女性が, 自分にも, 自然の, 船員が, 若い女人, 蒲の, 蔵中には, 薪を, 表情が, 親爺から, 言葉は, 計画が, 計画だ, 計画も, 記者も, 詩を, 話しを, 貝の, 足が, 足も, 足柄に, 踊り舞臺に, 身体です, 身体初手から, 追つて, 道の, 道庵は, 道心頭を, 金だった, 金だろう, 金である, 金ゆえす, 金を, 間柄に, 青年が, 青竹獄門も, 面々を, 顔が, 食味すら, 馬の, 馬を, 鸚鵡の

▼ つもり~ (289, 2.3%)

54 なって 42 して 15 なれば 11 なつた 7 違いない 6 ちがいない 5 なるの 4 ちがいありません, なった, なろう 3 ござります, した, なったり, なつて, ならなければ, なる, 相違ない, 違いなかった 2 ちがいなかった, なったこと, なったの, 候, 御座候, 料簡を

1 [101件] あらざれば, あんまり早く, いたしました, おなりに, おりまする, したけれども, したの, したので, したもの, した御馳走, しても, してるん, しとけ, しました, しましょう, しろ負けたら今度戦, しろ食べもの漁り, すぎないん, すりゃあ, する, するが, するばかりの, ちげえねえ, ちげえねえです, つもって, つもれる, なったが, なっただけでも, なったって, なったのよ, なったばかりに, なったもの, なったらしくうむと, なったらしくクッション, なったわけ, なったん, なった由吉, なっても, なってると, なつたり, なつたりなんか, ならすぐ, ならない, ならぬとも, なりこれ, なりなさい, なりましょうよ, なりますかな, なりますわ, なりゃあ, なり三枝, なり大, なり彼, なり白衣, なるお話, なるが, なること, なるさ, なるため, なるでしょう, なると, なるところ, なるよう暗示, なるわ, なるん, なる事, なる張合, なれっていう, なれとは, なれ父, なろうと, なろうという, ほかなりません, ウッチャらかしだらう, 仕向けた心構え, 候おもむき申し聞け, 候へども, 候わしかど, 候中央に, 候故, 出兵の, 取りなして, 吹聴し, 型を, 相異, 相違ありません, 相違ございません, 相違なかっ, 相違なく, 相違御座いません, 私は, 腹の中で, 致しませう最早, 見えた, 見て, 覺悟し, 違いありません, 違ない, 違ひない, 非る, 願ひたい

▼ つもりであった~ (287, 2.2%)

15 のだ 11 のが 8 のです 7 がその, のである 6 かも知れない, のか, のを 54 のだろう 3 か, がしかし

2 [13件] か忘れた, がいざ, がこれ, がさりとて, がそれ, がそれでも, がどう, がやはり, が彼, が間もなく, に違い, のかも, のであろう

1 [180件] あの子供, いま大学という, かこっち, かその, かとも思われる, かどう, かのよう, かはわかりません, から, からこちら, からその, からで, からであります, から何, から先祖伝来, から初日, から旧, から肩, かを吾人, か官憲, があの, があまりに, がいつごろ, がいつの間にか, がお蔭, がきゅう, がくすぐったい, がこの, がこのごろ知人, がさて, がしまいに, がその後冬, がだが, がとても, がどこ, がなぜ, がひきつけた, がふと, がむしろ, がもうこう, がやがて, がやっぱり, がゆう, がわれ, がシュトルツ氏, がモウ船, がルービンシュタイン, がワガママ, が一度, が京都, が今朝, が伊織, が何, が余, が例, が僅か, が入籍, が内匠頭, が冷静, が出版所, が十日, が卒業, が友達, が受話器, が喉, が園部, が大谷, が女, が娘, が嫂, が孔明, が家康, が少し, が幸子, が弟子, が彼女, が急, が手前, が政府部内, が旅行, が日, が暗黒, が書, が果さなかった, が案, が正造, が死に, が母, が江戸, が汽車, が流石, が源平両家, が片, が牧, が犯した, が生憎, が病人, が相手, が眼, が突然, が窓, が端, が群衆, が血, が言っ, が訪ね, が車, が返事, が途中, が逢っ, が遠藤氏, が野淵, が隅田川, が青木, が頻繁, が額, が駅, けれどとうとう, けれども何となく, けれども山田, けれども思いとどまった, けれども自分, けれど幸い, ことお, ことと, ことは, ことばも, ことを, し, しその, しそれ, しまた, そうで, そうでございます, そうです, ということ, というの, という事実上, という多少, ところが, ところを, ところ当初の, としても動物, とでも言うらしい, とは博士, とみえ, と云う, と云わせた, と式部, と見え, と言った, と話した, と語った, と豪語, に相違, の, のでしょう, ので今さら, ので少し, のに, のにこういう, のにしかし, のにとうとう, のになんで, のにまったく, のに故郷, のに皆, のに私, ものです, ものらしい, ようです, んです, シューマンは, 二人にとって, 先生の, 師範と, 松永久秀も, 石神祭りの, 詞の, 警官隊でありました

▼ つもり~ (281, 2.2%)

8 何かで 7 え, 知らん, 自分でも 6 それを, どうか 5 知らないが 3 それは, ッ 2 なにかで, エ, テキパキと, 何か, 岡田は, 知らないけれど, 知らぬが

1 [215件] あなたの, あの黒い, あらためて幸子, あるいは他, あるいは豪傑, あんたは, いかに狼狽, いつも本, うちへ, おいそこ, おかしいこと, お俊, お前は, お君, お徳, お絹, くるりと, けっして多く, こう云った, こう云つて伊達, この狂人, さあどうぞ, さては近頃工面がい, しきりにその, しきりに源三郎, しきりに皆, そうでなけれ, そのこと, そのままその, そのソバカス, その人形, その挙動, その方寸, その見当, その辺, それから八五郎, それともあれ, それともその, それとももう, それとも主人, それとも何, それとも大師, それとも本当に, それとも武田さん, それとも深夜, それとも腕, それとも貴様, それとも顔, それに, それも, それらについては, そんなこと, ちゃんと分っ, ちやんと, ちょっとその, ちょっと頷く, ちょっと飛び上がっ, でなければ身ひとつ, とても命, とにかく何事, ともかくも, とろろ汁に, どうする, どうだ, どちらかな, どちらに, なんかしれやしない, のびられるだけ, または加集, また底, また独語, やはり料理人, よく熟れ, わかって, ァッ, ウヌよくも, クロクロ島の, ツ, ママ薯が, メリケン粉を, 一心不乱に, 一方の, 一生懸命に, 一途に, 上半身を, 下へ, 中には, 乗り出して, 互いに座席, 井深君の, 今まで, 何だか知らない, 例の, 俺に, 傘を, 冬亭は, 出鱈目の, 分らん, 判ったもの, 又はおそれ, 古い洋燈, 叫んだり, 右の, 吐かして, 向うの, 周子は, 喧嘩なら持っ, 四つ足を, 地下室の, 売子宿の, 夏の, 外郎を, 多くの, 大へん, 大股に, 大逆無道者, 太子は, 夫の, 女に, 完全な, 小テーブル, 屍体の, 巳之助に, 帯の, 床の, 強いては, 彼の, 彼は, 後ろから, 後世之を, 心中か, 思いやられますぜ, 急に, 恐らく彼自身, 意味も, 或いはなお身辺, 或いは天下, 或は雪洞, 手を, 拍手を, 拙者が, 持って, 推し測ろうと, 揃って, 明日の, 昨夜二人が, 昨日も, 本気で, 林田も, 死ぬつもり, 気が, 河原乞食の, 浴衣姿に, 添削した, 片手を, 片方の, 片野さんは, 犬を, 男の, 番屋の, 番頭には, 皺めた顔, 盗人根性を, 知らと, 知らといふ, 知らないけど, 知らねえが, 知らんが, 知らんと, 知らん同時に, 知りません, 知りませんが, 知りませんがね, 秀吉は, 突然ゲラ, 笑い捨て, 米友を, 給与の, 編笠を, 練吉は, 聞いて, 聞かして, 聞かせて, 腰に, 自ら電話機の, 自分に, 自分にも, 舶来の, 色が, 若夫婦, 苦笑し, 血飛沫の, 見当が, 見當, 親分の, 計器の, 調理場の, 諸方の, 貴様には, 足駄ば, 途方も, 通信用の, 道誉は, 金網の, 鑿と, 雨の, 頭を, 顔を, 飛んでも, 食べようと, 食品の, 鯨油を, 鶴の, 黄昏れ, 鼈甲縁の

▼ つもりである~ (193, 1.5%)

5 から 4 がこの, がしかし 3 か, がこれ, がその, がただ, こと

2 [18件] かと尋ね, から今, か自分, が, がここ, がそう, がとにかく, が今, が何, が僕, が未, が私, が老人, が進ん, ことが, ことは, ことを, ということ

1 [129件] かさっぱり, かとか支那, かのやう, かのよう, かもしれない, かも知れず, かも知れない, かも知れぬ, からあまり, からおまえ, からその, からといっ, から一夜じゅうそこ, から余, から併せ, から同氏, から嫌, から御, から心配, から時として, から木枯, から東京側, から殺される, から洋服, から茲, から荷, から親, から読者, か知れない, か老婢, があべこべ, がいかなる, がいま, がいよいよ, がかく, がかならずしも, がさて, がしたがって, がそれ, がそれでも, がそれにしても, がなろう, がまあ, がもとより, がテクニツク, が一週間, が世界, が主人, が主膳, が交番, が今や, が他, が何分, が何度, が出来る, が別に, が勿論, が土地, が地点, が多少, が学者, が宗, が実行力, が実際, が小さい, が彼, が彼女, が心, が恐らく, が悲しい, が新劇, が日向, が最近, が然し, が病人, が私自身, が結局, が表面, が裏, が要するに, が読者, が銀座, が青年時代, けれども, ことそれで, ことに, ことみのを, こと経済的には, しかしその, し十年, し起信論, と, という事, という妙, といった, とつけ加えた, との答え, との話, と云う, と云っ, と付け加, と付記, と僕たち, と公言, と思う, と断言, と明石, と書い, と答えた, と聞い, と言った, な, などああ, などと遠い, のか, のでそこ, のにそれ, のに主人, のに前髪, のに矢張一往, ほんとに使う, 一家の, 事そこに, 云々, 今まで, 敵の, 旨いろいろ, 殊に八年前, 自分は

▼ つもりなら~ (157, 1.2%)

3 いつでも, それは 2 こ, ここで, どちらの, どんな夜更, なにも, ばわれわれ, 何か, 駐在所まで

1 [135件] あいつとは, あたしを, あなたの, いいけれど, いきなりひっさらっ, いくが, いっそ二日, いま云われた, おおよそそれ, おおれ, お骨, きっとおまえ, きっと一人, こういう男たち, こちらでも, こちらは, こちらも, こっちで, この辺, この際, この顔, これからが, これも, こんどこそ, こんなごたごた, さう, さうし, しっかり勉強, そして名前, そのよう, その児, それで, それでよい, それに, とうに止め, とっくに芸者, どんなどこさ, どんな解釈, なぜその, なぜもっと極東, はっきりお断り, ばこの, ばその, ばそれ, ばまず, ば一応, ば人, ば今, ば今日, ば住所, ば元村なぞ, ば兄さん, ば当の, ば拙者, ば新, ば浅井, ば長谷, ほかに, ぼくバスに, もっといい, もっと事態, やはりはた, やはり孫, わざわざ麻布下り, わたしは, オレに, キングだけじゃァ, ペーピーが, ルロンの, ワザワザこんな, 一刻も, 一足と, 万事それで, 世話を, 今こそ, 今の, 伊豆の, 体当りする, 何でこの, 何も, 僕が, 僕は, 僕も, 先づ親を, 処刑までに, 勝手に, 匕首を, 君何か, 商売の, 問題は, 四の, 在來, 大丈夫だ, 如何に, 少しぐらいは, 少し位, 山師の, 彼に, 御自分, 必ずある, 戦地に, 指一本ささせる, 早いところ, 最初から, 機会は, 此処から, 決して困難, 白晝の, 目的を, 相手に, 相談に, 矢張り一応, 矢野君の, 神田の, 私だって, 私は, 穀種など, 結局審美眼さえ, 羞汚も, 肝心の, 自分は, 自分も, 英仏独だけは, 荷を, 融通無碍だ, 街なかでも, 褥を, 貰ひ, 部屋の, 間違いだ, 難しくも, 面白い話, 鞘は, 鞘を, 飛行機に

▼ つもりでした~ (150, 1.2%)

843 か, がその

2 [16件] から, がこれ, がこんど, がつい, が島原, が強か者, が想像, が次第に, が翌, が裏口, が骨董屋, けれど, けれどもこうして, ことで, のに, んじゃ

1 [100件] からにこり, からゆう, から余計, から黙っ, があなた, があなた自身, があわて, がおかあさん, がこいつ, がここ, がそうして, がその後, がそれ, がそれでも, がたいした, がたちまち, がたった, がつひ, がなにしろ, がね, がふと, がまだ, がまんじりと, がもう, がもっと, がフト, がブルックさん, が一応, が一應親分, が中, が今, が今度, が今日, が今朝, が俄, が借金, が八五郎親分, が印度紳士, が古, が四十分, が女, が子供たち, が実際, が寸法, が少し, が工事, が帰った, が平次, が店, が彼, が御, が必要, が思いどおり城, が惜しい, が所詮, が昨日, が書い, が未だに, が此處, が歸つた時, が気がつい, が浅野, が温, が炭, が無理, が然し, が福代, が紅茶, が結局二時, が絞殺, が話, くして, けれどもいま, けれどもどうしても, けれども船, けれども途中, けれど好事魔, けれど折角, けれど早く, けれど駒井甚三郎, ことだ, ことな, ことも, しやはり, たかに, ぢや, と言い, のが, ので, のにお, のにねき, のよ, のドリアン, のヨ, よ, よ実際, わ, 今宵は, 四人だけ, 病人が

▼ つもりだろう~ (128, 1.0%)

226 と思った 4 がその, な, ね 3 がそれ, と思っ, よ 2 があの, がそう, が慥か, さ, と考えた

1 [69件] いいか, おせんは, かいつか, かこの, かと考えた, かどう, から, から今, から自分, か先, か家中, か故郷, がいった, がいま伊達家中, がお前, がこの, がこのごろ, がこんな, がそれでは, がそんな, がそんなに, がとっくに, がまるで, が人柱, が商人, が外目, が天, が所詮, が木, が猿, が途中, が長い, が黙っ, ことによる, すぐに, そうは, それが, ということ, という気, という疑い, といつも, とこっち, とこれ, ところどころに, とさちよ, とその, とは察しられた, と判断, と察した, と推量, と暗に, と案じ, と考える, と興味, と言う, どうしてご飯, どんなこと, などと私, ひとつ会っ, 一方には, 一番そいつの, 両者の, 余計な, 姿を, 彼は, 秀之進は, 自分の, 銀流しみ, 髪を

▼ つもり~ (115, 0.9%)

7 なかった 4 あって 3 あったの, あつた, ない, なしに 2 あったが, あつて, ないの, ないのに, なく彼, なく覗いた, なく遊び, 何も, 無かった

1 [74件] あった, あったらしい, あったらしいの, あったらしく黒鞘, あったり, あったろうし, あったん, あへず, ありません, ありませんけれど, ありませんでしたが, ありませんでしてな, ありませんよ, ありまた, ある, あるから, あるん, ございません, さらさらない, それとは, ないがね, ないけれど, ないこと, ないし, ないと, ないらしく, ない討手, なかったらしい, なかつた, なかつたの, なかつたので, なかつたん, なかつた世評, なくあけ, なくお雪ちゃん, なくこの世, なくこんな, なくそれ, なくつて, なくて, なくまた, なく一切, なく云, なく云った, なく兄, なく半蔵, なく古市, なく唯, なく壬生, なく多寡, なく岸本, なく彼女, なく従つて, なく抑留, なく捉えよう, なく熱い火箸, なく眠っ, なく自然, なく驚くべき, ねえが, のうて, もう矢代, 一分より, 出て, 含まれて, 唇の, 少しは, 御念が, 無い, 無い接吻なぞ, 無く紙, 片便りでは, 相手の, 辛かった

▼ つもりだつた~ (113, 0.9%)

9 んだ 4 がそれ, んだらう, んです 3 が, がお 2 が今, けれど, んで, んでせう

1 [78件] かそれ, かそれとも, かといふ, か徳大寺, があの, がい, がいけ, がからだ, がこれ, がさては, がし, がすこし, がどう, がどうも, がのぶ, がはて, がはなし, がやつぱり, がポスト, が七日, が三時, が今日, が仕事, が他, が伊賀山君, が何だか, が何となく, が何やかや, が俺, が傳三, が先日, が口, が夕方, が天候, が宿, が彼, が後で, が急, が恐ろしく, が拒絶, が早く, が是非自分, が機會, が母, が汽車, が熱, が福, が結局ぎやッ, が絲, が途中, が遊べる, が酒, が金之助, が雨, が頭, が風邪気味, が默つて, けどやつぱり, けれどそれどころぢ, けれどめんどうくさく, けれども, けれど何だか, けれど十時頃, けれど宿, けれど気分, けれど汽船, けれど緑平, しダラット, し樹明君, ところ想は, のでむしろ, ので武一, ので自分, もののともすれば, やうである, よ, んですつ, ンで

▼ つもりじゃ~ (105, 0.8%)

16 なかったん 10 ないの, ないん 6 なかったの 3 あるまいね, ない, ないかしら, なかった 2 ありませんがね, ありませんよ, な, ないよ, なかったが, ねえの, ねえん, よ

1 [35件] ありません, ありませんでした, ありませんのよ, ありませんわ, あるまい, あるまいし, から監禁, けん友田さん, ございません, ございませんお, てそう, ないおまえ, ないか, ないかと, ないからな, ないだろうと, ないだろうな, ないだろうね, ないでしょうか, ないでしょうね, ないです, なかったのよ, なかろうか, なかろうかと, なくってよ, なと身, ねえので, アなかっ, 全く新規, 全然ありません, 勝は, 土地の, 宿の, 毛頭なかった, 話が

▼ つもり~ (88, 0.7%)

5 なかった 3 あれば 2 あったと, ある, ないこと, なければ, 逆に

1 [70件] あった, あったよう, あったらそれ, あった訳, あつた, あつたなら, あつて, ありまさ, ありゃいっそ, あるいはかえって, あるかと, あるが, あるさかい, あるという, あるならお玉ヶ池, あるなら自分, あるの, あるので, いつか夜明けの, いろいろの, うまくゆかなく, ぐらぐらと, ついうかうかと, つい二タ晩, ないの, なかつた, なくして, なくて, なくツ, なく白骨, にわかに気, ひとつは, ぶる, まだ血迷っ, まんまと重要書類, みんなに, むざんやいつも, ツイ長く, 一つか, 一寸揉め, 一時間近くも, 二本に, 今日まで, 今日鎌倉へ, 何時の間にか私, 僕って, 全くの, 八時半に, 処々どころでない, 十時に, 半分ゆかない, 又生駒, 好くない, 少々覚束, 彼女には, 徳山, 意外に, 日劇に, 明日あり, 正反対に, 疾つく, 癪に, 眼が, 見える, 途中で, 運悪く, 間違ひ, 雲助を, 首を, 鼻に

▼ つもりかも~ (70, 0.5%)

18 知れない 10 知れないが 6 しれない 4 しれません 3 知れません 2 しれないが, 知れぬが

1 [25件] しれないけれど, しれないし, しれないね, しれないん, しれなかった, しれぬ, しれへん, しれませんよ, 判らないぞと, 知らないけれど, 知らんが, 知れないから, 知れないそう, 知れないぞ, 知れないと, 知れないね, 知れないの, 知れないまさか, 知れないよ, 知れぬ, 知れませんが, 知れん, 知れんが, 知れんけど, 見たく思い家

▼ つもりらしい~ (58, 0.5%)

5 のです 3 ね, のだ 2 ぞ, という, んだ, んです

1 [39件] から結構, があいにく, がからだ, がこの, がその, がなあに今, がふだん, がぼく, がよく, がズボン, がプール, が体力, が実, が我々, が武蔵, が殺生, が短歌, ことが, しようの, そこで妥協, そのまえ, そのゆきがけ, それである, と本人, のう, のであった, のでございます, のも, のを, よ, わね, 埃で, 小さい躯, 投込だ, 様子でした, 樣子でした, 粗暴な, 身振りや, 頭上立っ

▼ つもり~ (49, 0.4%)

8 見えて, 見える 5 みえる 2 みえます, 見えます, 見えるが

1 [22件] いふ顔色, さ, みえて, みえ家事, みゆる, よめた, 了り, 分った, 勘違いを, 合点し, 心得ます, 思わねば, 抜け目, 気色立った, 眠くつて, 睨んだから, 見えた, 見えました, 見えスーツケース, 見做, 階下の, 齒科醫院での

▼ つもりかと~ (48, 0.4%)

5 思って 2 云った, 尋ねました, 聞いた, 詰問する

1 [35件] きいた, きかれたので, ききに, たずねられても, たずねると, なじった, びっくりし, 云いました, 云う権幕, 何度も, 呼吸を, 問うと, 尋ねた, 尋ねたこと, 尋ねたら神戸, 尋ねる人, 彼は, 思いもしそう, 思えば, 思ったが, 思つてゐたら, 思われた, 思われたほど, 思われるほどの, 曠野に, 書き出し東京, 甲斐は, 考えると, 聞いても, 聞くと, 見て, 言い逆らったが, 訊いた, 訊きたい気持, 訊き返すので

▼ つもりでございます~ (41, 0.3%)

6 が, よ 2 か, からどうぞ, がその, がそれ

1 [21件] かねての, から, からあなた様, からその, からそれ, から御, か江戸, がいま一, がただ, がなにしろ少し, がね今夜, がやはり, が何分, が死にました, けれどふつつか者, とね, に, の, またわたくし, ヨ, 皆様に

▼ つもりであろう~ (38, 0.3%)

102 と一心斎

1 [26件] か下駄, か相, がなんと, がまだ, が僕自身, が声, が察し, けれどもおその, けれどもその, けれども米友, しまた, という意味, とお, とかれ, と察した, と思われました, と思われます, と由良, などとは夢にも, 土瓶に, 弥吉と, 新郎新婦が, 灰色の, 片手が, 遠慮の, 鋭い白眼

▼ つもりらしく~ (32, 0.2%)

1 [32件] いっしんに話しつづけ, このまま歸, しかも伯父, すでにもう所司代付き, そして繰り返しいった, その園芸学校時代, それを, たまたま僕, てきまり, へんな, もある, も思われる, ツンと, ヤタラに, 上体を, 何か, 口を, 唇に, 売り手の, 婦人は, 川島の, 平気で, 店の, 彼を, 愉快不愉快を, 手拭などを, 早速かつい, 突然そんな, 質問を, 長座した, 馬車を, 鯉口を

▼ つもり~ (31, 0.2%)

7 やなかつた 6 やありません 53 やない 2 やから, や御座いません 1 やございません, やその, やな, やろ, や勝, や来た

▼ つもりでしょう~ (27, 0.2%)

753

1 [12件] が, がそういう, がそれ, が気品, が私, が馬春堂, けどお, しそういう, し猫, そうなれ, 平次は, 拳固を

▼ つもりであります~ (25, 0.2%)

2 がこれ

1 [23件] から, からしばらく, からそれ, からひま, から今日, から唯物論者, が, があなた, がこの, がさて, がそして, がその, がそもそも, が今, が本, が私, が貧, けれどもそれでも, けれども前線, とはっきり, と云っ, と言い切っ, ほんとうに

▼ つもりだらう~ (21, 0.2%)

42

1 [15件] から今, がさ, が一向, が墨, が夜, が思ひ, が素朴, が默つて, そしてその, とさちよ, と云, と團十郎, と思, と考へた, 慾張り爺さんが

▼ つもり~ (20, 0.2%)

10 して 2 始めるの 1 かなり長く, きかれたって, つけた, 一層具体的, 國会に, 母に, 話した, 酒井が

▼ つもり~ (19, 0.1%)

2 嫩なりし, 淵と, 遠き昔

1 [13件] はれやらぬ, 三人鼎坐し, 人の, 六十, 厚さ三, 裾の, 見よかし何, 言葉の, 負けて, 輝けり, 釣るよしも, 限り知れね, 雪ましろなり

▼ つもりにて~ (18, 0.1%)

1 [18件] あにさん, かくは, その名目, その形, その旨熱海小学校訓導内田氏, イヤ宜し, ゴム引きの, 一日も, 吟ぜし者, 尼に, 居参らせ候えども, 幾金で, 床上筆を, 得々として, 棄て, 知る人, 遊蕩の, 駿河の

▼ つもり~ (17, 0.1%)

2 と北田, ねんやろ

1 [13件] あらへん維康, あんな者, と睨んどる, ないの, なとキラッ, ねん, ねんけど, ねんけどあの, ねン, のうていわな, のうても市会議員, よろしまっし, ろか

▼ つもりらしかった~ (17, 0.1%)

4 のです 2 がそれ

1 [11件] が, があいにく, があに, がそれだけ, が声, が既に, が相手, が矢代, けれども男爵, 塩野の, 序曲は

▼ つもりでなく~ (16, 0.1%)

2 とも少く

1 [14件] ここに, ちゃ, てもそう, てもやれ, ても人, ても必死, ても文学それ自身, ても研究, て落す, また言われる, むしろ良心的, 先方の, 壇ノ浦あたりからと, 私が

▼ つもりだったらしい~ (14, 0.1%)

2 がそれ, のです 1 がだんだん, がどっこい, が彼, が新任, が泳ぎ切れず, が隊長, だがその, な, んです, 細紐とが

▼ つもりでも~ (13, 0.1%)

2 なかつたん

1 [11件] あった, あったか, あったが, あったの, あるの, いるの, さけられないよ, まだ指, 危険が, 味噌汁は, 忘れること

▼ つもりだって~ (12, 0.1%)

2 云ってたそう 1 いうから, いって, おれの, ことも, 云って, 君は, 御姉, 私は, 聞いた, 足が

▼ つもりでを~ (11, 0.1%)

4 ります 1 つたに, つたらえい, りました, りましたけれども, りましたん, りますと, るんぢゃあないかな

▼ つもりなんか~ (11, 0.1%)

3 なかった 2 ちっともなかっ 1 ありませんあなた, すこしもありません, ちっともありませんでした, ないさ, まるッきり, 僕厭だ

▼ つもりにな~ (11, 0.1%)

1 [11件] つたのである, つたのは, つてあんまり, つてし, つてしまつて, つてゐた, つて一時的な, つて來る, つて其處から, つて得々と, つて鼻息が

▼ つもりから~ (10, 0.1%)

1 でしたが, ろくで, 喧嘩に, 彼女ら姉妹を, 斯う, 東北地方を, 立替えた金, 考えて, 腰に, 言ったの

▼ つもりでございました~ (10, 0.1%)

1 か, がお, がここ, がこの, が何しろ, が品川口, が大きに, が星亨君, が私, けれどこれ

▼ つもり~ (9, 0.1%)

7 やない 1 ゃあんめえが, やあ無い

▼ つもりだったら~ (9, 0.1%)

1 あれほど, ほんの一寸, また違った, 二時に, 何にも, 挺身隊に, 日曜日です, 目が, 眠くて

▼ つもりだったろう~ (9, 0.1%)

21 か, かまたは, がその, が水石, この部屋, しかしそれ, ね

▼ つもりつもっ~ (9, 0.1%)

1 て, ている, てしまいに, てついに, てどれ, てゼンマイ, て一軒, て脳, て黄河

▼ つもりつもった~ (9, 0.1%)

1 不安は, 写生の, 利息までが, 心労の, 怒りつもりつもった, 涙で, 結果として, 骸が, 鬱憤が

▼ つもりであったろう~ (9, 0.1%)

31 が私, という, というの, と察せられます, と思う, と思われます

▼ つもりでなけれ~ (9, 0.1%)

1 ばこの, ばちょうど, ばつもり, ばどうせ, ばむしろ, ばもう, ば出せない, ば実行, ば絶壁

▼ つもりなれ~ (9, 0.1%)

2 ど貴書 1 どその, どもあらかじめ, ども其, ども別に, ど儲け物, ばこそ遠方, ば語学

▼ つもりじゃあ~ (8, 0.1%)

3 なかった 1 ありませんかね, ないだろうな, ないだろうねえ, ねえだろうな, ねえ中

▼ つもりじゃった~ (8, 0.1%)

1 か, からです, が, がこれ, けど行け, のか, ばってあんた, んじゃ

▼ つもりであり~ (8, 0.1%)

1 かの待合, ながら, ながら知らず, また私たち兄弟, 彼女自身も, 東山という, 私は, 自分は

▼ つもりでと~ (7, 0.1%)

1 三根夫に, 云つて丸子の, 云われた, 書いて, 言いわたされて, 言ふ, 言われて

▼ つもりでない~ (7, 0.1%)

1 から此處, と, ときでさえ, とする, と出来ません, のなら来, ように

▼ つもりかい~ (6, 0.0%)

2 しょってるよこのしと 1 ああそれなら, お前も, こんなこと, ほんとうに

▼ つもりなどは~ (6, 0.0%)

1 ちっともなく, ない自分, なかった, なくすぐ, 決してない, 無論なかっ

▼ つもりにも~ (6, 0.0%)

1 なり価値, なるけど, わかりそう, わかるべきこと, 拘らず底, 拘らず日頃

▼ つもりたる~ (5, 0.0%)

1 に何となく, をりなりし, 上を, 所平地の, 雪中食に

▼ つもりても~ (5, 0.0%)

3 出入り三年は 1 凝凍こと, 御覽

▼ つもりであっ~ (5, 0.0%)

1 てその, ても専門, ても時に, ても自身, て悪口

▼ つもりでいらっしゃる~ (5, 0.0%)

1 かも知れなくっ, の, んだ, んでしょう, んです

▼ つもりでなかった~ (5, 0.0%)

1 が値段, けれども聞きました, ということ, ので私, 旅行者たちの

▼ つもりで出来る~ (5, 0.0%)

1 だけその, だけまじめ, だけ朝寝, だけ豊か, だけ静か

▼ つもりかなんか~ (4, 0.0%)

1 でいくらか, でしきりに, で畜生, で質物

▼ つもりからか~ (4, 0.0%)

1 くねりと, それとも他, ぷんぷんおこっ, 伝六が

▼ つもりであったらしい~ (4, 0.0%)

1 がまったく, が豈, が金, のを

▼ つもりであったらしく~ (4, 0.0%)

1 その仕事, やがて三つ四つ, 彼の, 留守宅あてに

▼ つもりでありました~ (4, 0.0%)

1 がふと, が他家, が都合, けれどもその

▼ つもりで持つ~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 て來たん, て戻

▼ つもりかという~ (3, 0.0%)

1 問題じゃ, 声も, 意味の

▼ つもりじゃが~ (3, 0.0%)

1 はてどこ, もし都合よう, 若い者

▼ つもりだつたら~ (3, 0.0%)

1 うかと曲者, やつぱり一杯だけは, やつぱり母には

▼ つもりだつたらう~ (3, 0.0%)

1 か, がそれ, が大寺

▼ つもりつつ~ (3, 0.0%)

2 澄む 1 ある時

▼ つもりつもり~ (3, 0.0%)

1 てはれやらぬ, て厚, て雪

▼ つもりでし~ (3, 0.0%)

1 きりに, ている, まりの

▼ つもりででも~ (3, 0.0%)

1 あったの, あるらしい, いるの

▼ つもりでは~ (3, 0.0%)

1 あるが, いけませんきっと, ないわ

▼ つもりではじめた~ (3, 0.0%)

1 ことが, のだった, のに二時間以上

▼ つもりで待つ~ (3, 0.0%)

1 ても待つ, てゐ, て居る

▼ つもりにや~ (3, 0.0%)

2 歌が 1 一人の

▼ つもりのが~ (3, 0.0%)

1 いつのまにか半分足らず, ついこんな, 頼んだこと

▼ つもりやった~ (3, 0.0%)

2 んや 1 んやろ

▼ つもり~ (3, 0.0%)

1 あたしは, いろいろ考え, その証明

▼ つもりらし~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ つもりらしいです~ (3, 0.0%)

1 な, ね, よあなた

▼ つもりかか~ (2, 0.0%)

1 あん, わやへ

▼ つもりかしら~ (2, 0.0%)

1 ないが, 若宮君

▼ つもりかなどと~ (2, 0.0%)

1 だいぶ話, 不安をも

▼ つもりかなんぞの~ (2, 0.0%)

1 ように, 至極気軽

▼ つもりかは~ (2, 0.0%)

1 少しも, 知らぬが

▼ つもり~ (2, 0.0%)

1 あの年, うして

▼ つもりしかし~ (2, 0.0%)

1 おいや, 恩に

▼ つもりじゃろう~ (2, 0.0%)

1 があべこべ, が脂

▼ つもりそこ~ (2, 0.0%)

1 から海草, は手

▼ つもりその~ (2, 0.0%)

1 秩序整然たる, 長櫃を

▼ つもりそれ~ (2, 0.0%)

1 が年寄, で保存

▼ つもりちっとも~ (2, 0.0%)

1 ないわ, なかった

▼ つもりって~ (2, 0.0%)

1 のも, 何も

▼ つもりであがりました~ (2, 0.0%)

1 ところが何人様, の

▼ つもりであるなら~ (2, 0.0%)

1 さかな屋で, 何を

▼ つもりであれ~ (2, 0.0%)

1 ばある, ば身

▼ つもりでいった~ (2, 0.0%)

2 のでない

▼ つもりでき~ (2, 0.0%)

1 てかえって, てわたしたち

▼ つもりできた~ (2, 0.0%)

1 のだ, んで

▼ つもりでござる~ (2, 0.0%)

1 どうか路銀, に

▼ つもりでござんした~ (2, 0.0%)

1 がね益満さん, が掻

▼ つもりでじ~ (2, 0.0%)

1 つと眼, ぶんの

▼ つもりでなかつた~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ つもりでなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ, てもおのずから

▼ つもりでやっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てみる

▼ つもりでよろこん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で持ち帰った

▼ つもりで出~ (2, 0.0%)

1 て行った, 來る

▼ つもりで出し~ (2, 0.0%)

1 ておいた, て置いた

▼ つもりで御座います~ (2, 0.0%)

1 が一先, の

▼ つもりで行っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来ました

▼ つもりで逃げ~ (2, 0.0%)

2 てみた

▼ つもりで遣~ (2, 0.0%)

1 つてゐます, て来た

▼ つもりなら打っ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, てつけ

▼ つもりなら許し~ (2, 0.0%)

2 てやらぬ

▼ つもりなり~ (2, 0.0%)

1 しが, しに

▼ つもりなりし~ (2, 0.0%)

1 が寒風, が病氣

▼ つもりなる~ (2, 0.0%)

1 も大, も酒

▼ つもりなるべけれ~ (2, 0.0%)

1 どこの, どさばかり

▼ つもりなんぞ~ (2, 0.0%)

1 ありゃア, おれには

▼ つもりばかり~ (2, 0.0%)

1 では, で私

▼ つもり全く~ (2, 0.0%)

2 まっくら

▼ つもり~ (2, 0.0%)

1 だけは, の変った

▼ つもり暑き~ (2, 0.0%)

2 日なかを

▼ つもり然し~ (2, 0.0%)

1 恩に, 秀吉は

▼ つもり生き~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼1* [299件]

つもりあって, つもりあとのところ, つもりいづれ順吉とも, つもり耳へ, つもりおっ振って, つもりお礼には改めて, つもりかいと聞くと, つもりかさ可哀そうに, つもりかさなるやつ, つもりかしらとそう思った, つもりかしらなどと珍問も, つもりかって叱られたのに, つもりかとかいろいろしちくどく, つもりかとまで云った, つもりかとも思う, つもりかなと思って, つもりかなんかで誘ったに, つもりかなんぞで娘, つもりかを訊ねた, つもりかネ上っても, つもりがちなほとんど, つもりぐるりの人, つもりけらし今朝, つもりこちらは暗い, つもり返却など, つもりさえもなかった, つもりじゃったろうが, つもりじゃと言ったの, つもりじゃァ皮切りに, つもりすなわちこの道場, つもりする仕事は, つもりずらに, つもりそれでも同じ事, つもりぞと又問, つもりたりおもしろの, つもりだいそりゃ, つもりだけで実, つもりだけの言葉だった, つもりだったでしょうが種, つもりだったですがその, つもりだったらしいですな, つもりだったらしく乳は, つもりだった死んだ弟の, つもりだつたさうで近代僧侶気質として, つもりだつたさうですが新潟, つもりだらうとおつしやつ, つもりだろう黙り込んでしまった, つもりだわかったか, つもりであったならまずそんな, つもりであったれど寺, つもりであったろうだしぬけに, つもりであり急ぐ道でも, つもりであるらしいのであった, つもりであるらしくのこぎりで, つもりでいておくれ, つもりでいいましたがまた, つもりでいそいで衣服, つもりでいようと楽しみ, つもりでいらっしゃればいい, つもりでうっちゃって置いた, つもりでおき上ったのだ, つもりでおっしゃったのです, つもりでおりおりの質疑応答, つもりでかう言つた, つもりでかくしていた, つもりでかしてくれれ, つもりでかすれた口笛を, つもりでかれのところ, つもりでがしょう, つもりできいていただきたい, つもりでこつちもせいぜい, つもりでございまするが, つもりでござったかな, つもりでしきりとお蝶, つもりでしたろうそこに, つもりですいいてえ, つもりですいうのんで, つもりですつかりよろこんでいる, つもりですましています, つもりでたつた今迄, つもりでたのみますね, つもりでだいたんにも, つもりでつしやろ, つもりででもなけれ, つもりでですねいきなり, つもりでとのことで, つもりでないらしいと思いました, つもりでなく断つてゐた, つもりでなく殺すつもり, つもりでなけりゃあ, つもりでなまいきな, つもりでねえのかね, つもりでの頭数三人前, つもりではいってきました, つもりでひっ掻いている, つもりでひようきんに, つもりでまつたく見とれて面白, つもりでむしり取った芝の, つもりでもったいぶっていました, つもりでやって来ましたがイワン, つもりでらしくお政さん, つもりで与えようとする, つもりで与へられたもので, つもりで乗ったつもりで, つもりで云って退けた, つもりで亡くなった父の, つもりで亡くなつた父の, つもりで仕始めたのであろう, つもりで仰有るんでせう, つもりで出かけて行った, つもりで出掛けたんだ, つもりで切り倒したその場, つもりで取つて置いた, つもりで取りかかつたのだ, つもりで取懸つたのでした, つもりで吸取紙で, つもりで吹いている, つもりで呼びにやった, つもりで喘ぎながら口, つもりで喜んでいる, つもりで居るとたい, つもりで差し迫つての, つもりで建てただけな, つもりで待ち受けている, つもりで御座いましたが, つもりで思いきって倹約, つもりで思ったより好い, つもりで恨まれている, つもりで息せききって駈けつけ, つもりで意気込んで机, つもりで慌てて庁, つもりで戻つて来た, つもりで戻つてくる, つもりで戻ればい, つもりで打つたんだ, つもりで抛っておく, つもりで抛つて置くか, つもりで抜かりなくこの, つもりで拵えたもので, つもりで持ち上げようとした, つもりで持ってきた, つもりで掛けようとする, つもりで来てくれる, つもりで来たつもりで, つもりで歩き出すとすぐ, つもりで残しておいた, つもりで殺してから知らぬ顔, つもりで泊る気にな, つもりで疑へ, つもりで発つたのである, つもりで目立たないように, つもりで知らず識らず, つもりで磨いていた, つもりで立ちあがったのである, つもりで立っている, つもりで立つて来た, つもりで笑っていただきたい, つもりで聞いてくれ給え, つもりで聞きたいことが, つもりで行ったんだ, つもりで被て来た, つもりで覗いてやつ, つもりで言いだしてみる, つもりで言ってみた, つもりで誤つて駿三の, つもりで貰ったおつり, つもりで買い求めたもう一つ, つもりで起きて夜具, つもりで起きようとする, つもりで起って本堂, つもりで間違って梅吉, つもりで預つてゐる, つもりで頑張つて居ました, つもりで頼ンます, つもりで頼んだのであった, つもりで馴れない冷酒を, つもりで黙つて内輪喧嘩, つもりという言葉の, つもりとか少しは, つもりとしか見えない, つもりとであつた, つもりとでもいったよう, つもりとのお話です, つもりとはバカな, つもりとばかり期待し, つもりとも見られる, つもりどうか何分よろしく, つもりどころか会いた, つもりどすよって, つもりないしさ, つもりなくして, つもりなぞは少しも, つもりなど無かった, つもりなどとも云いますので, つもりならあやまらしてもいい, つもりならくるだろうしこない, つもりならくれるでしょうし, つもりならされても構わない, つもりならもつとみんな, つもりならやるもいい, つもりならわかるがそれ, つもりなら動かぬ證拠を, つもりなら及ばずながら私, つもりなら帰って僕自身, つもりなら放って置く, つもりなら止めなければならない, つもりなら置いてあげまし, つもりなら許さぬぞ, つもりなら通った通りの, つもりなら遣るのは, つもりなら願い出るがいい, つもりなら黙つて聞い, つもりなりしかば蚊, つもりなりしも涙の, つもりなりや否や, つもりなんだかそれとも隠し了せ, つもりにでもかかって, つもりになどはなれないくらい, つもりになんてなられて, つもり商売だ, つもりまずまあ早くいっ, つもりまた明日の, つもりみたいなもの, つもりみんないい人たち, つもりもう字の, つもりもって今日, つもりやがて根に, つもりやってん, つもりやってんなあ, つもりやろとそれ, つもりゆえ仮令月丸, つもりゆえいつでも訪ね, つもりゆえ格別案じもせね, つもりようの早かっ, つもりよとのダリア嬢の, つもりらしい待たせて済みません, つもりらしくだまって話, つもりらしくつづいて二, つもりらしく見ゆ, つもりらしく見えたので或, つもりアイゼン効かずわかんも, つもりて何, つもりニ候間今夕方, つもり一つは繼母, つもり一足先に多度津, つもり七八十枚のもの, つもり両手を振っ, つもり乃至は軒先, つもりは帰京後, つもり二十三のみづみづしい若衆, つもり二十四の彌, つもり云々と書かれ, つもり今度の事, つもりもしなく, つもり何とぞ貴下御, つもりには見られない, つもり処グランドホテル・ド・ヨコハマに設計, つもりが常に, つもり皆さんが, つもり周防の大島辺, つもり営倉に糺明, つもり土地の奴, つもりの土, つもり夜々ねむらず心, つもり夜明けぬるかも, つもりより再び, つもりの一念, つもり小柄でパッ, つもり尿なんか走り, つもり従ってすべて長官に, つもり対談云々と, つもり御酒をいただきすぎた, つもり拵への, つもり成りしが, つもり放埒な住職, つもり紫の, つもり明日午後は暇, つもり更にその間の, つもり書物は同時に, つもり懷を, つもり本人同士もその, つもりの人間, つもり構わずそこもとは, つもり正面の柱間, つもりの物置小屋, つもりを六枚分拵, つもり神様のつもり, つもりって夫婦, つもりをふさいだ, つもりらくをも, つもり若干を与え, つもりのかうかう, つもり友は, つもり処も, つもり軽井沢沓掛追分などへは二抱え, つもり陶器の破片, つもり隠して抜かり, つもり雪中はかへつて温, つもり高崎辺は一尺四