青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つかず~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つ つ~ ~つい つい~ ~ついた ついた~ ~ついで ついで~ ~ついに ついに~
つかず~
~つかっ つかっ~ ~つかない つかない~ ~つかなかった ~つかぬ つかぬ~ つかまえ~ ~つかり つかり~

「つかず~」 1073, 10ppm, 10401位

▼ つかず~ (360, 33.6%)

5 いた, いたが 4 居た 3 いたの, いると, いるの

2 [23件] いたこと, いること, いるところ, こう言いました, こんな事, して, それを, ゐられなかつた, ゐると, 云いながら, 入り込み人, 出て, 吹いて, 大いそぎ, 居ました夫, 書いた, 目を, 言った, 言ったこと, 言って, 走りとおしたそう, 走り下りた, 飲んだ

1 [291件] あつちの女の子, あなたを, ありのままを, いそげいそげ, いたいもの, いたいろいろ, いたけれど, いたこの, いたという, いたところ, いたもの, いたらば, いたら飛んだ大ごと, いたわけ, いたん, いた叔父, いた書斎, いた自分, いった, いって, いましたそれでも, います, いらっしゃいましたところ, いられぬこと, いる, いるなんて, いるもの, いるよう, いるわけ, いる不義, いる中, うす暗くぼんやり, うちへ, うとうとと, うろうろし, おずおずし, おられるの, お八代さん, お綱, かう云つた私, ぎょッ, こう云いました, こう煮え切らない, ここまで, この不思議, この世の中, この映画, これが, こんなこと, さう, しきりにそれ, しきりに口角, しまった, しまったが, しまったの, しまつたか, しまふの, すぎて, すむ, すんだ, そのゲダンケ, その話, それに, そんなこと, ただとんちんかん, ただ揉め, ただ知らない, ぢや, ついそのままの, どうして長く, どこまでも, どなって, なったら困りゃしないかしら, なって, なにか云い続ける, はいられませんでした, ひき始めた, ぴょんぴょん草, ぶらぶら歩い, ぺろぺろと, ぼくの, まあわし, まいったが, ますます熱烈さ, まだ若い, もう一度読んだ, やがて姿, やっと手, よく実りました, よこして, よんで, ゐた, ゐたから, ゐたが, ゐたこと, ゐたそんな, ゐたといふ, ゐた樣子, ゐられないの, ゐる, ゐること, ゐるでは, ゐるもの, ゐるやう, ゐる永井獨特, ウマを, ギェラップ船舶相や, テエブルの, ニヤニヤし, バルナバスの, パイを, ヒョックリヒョックリと, ボンヤリと, 一ぺんで, 一呼吸に, 一息に, 一日を, 一旦好い, 一緒に, 一頭の, 三分ばかり, 上の, 下りた, 予備少尉に, 云った, 云つた, 仄めかされて, 今日まで, 体の, 使って, 依然として背中, 傍目も, 傾けて, 僕の, 共同椅子に, 其儘に, 凝然として, 出たが, 初め一度通り過ぎた, 刺したの, 力で, 半マイル, 双方を, 命脈を, 咽せ返る, 喋り續, 囁いて, 困ってるという, 夜まで, 夢の, 太平楽な, 太田成子専一に, 夫をも, 宅から, 宗一君の, 宙に, 客間へ, 宵子を, 寝て, 小出しに, 居たの, 居たん, 居りました, 居るで, 居る中, 居る筈, 帰った, 幾口か, 廊下の, 引っぱって, 引張り込まれたなぞ, 弟の, 彼らは, 急いで, 愚圖, 戦火の, 戸迷っ, 持って, 攻めた, 攻め立てたので, 放って, 放っといたならすでに, 新し橋, 既に大声, 日が, 暮らすつもり, 暮れて, 曖昧な, 最初の, 月日は, 月見橋を, 朝から, 来たこと, 来た人馬, 来て, 来る二日前, 柳橋を, 次第, 歩いた, 残されて, 残余の, 深いところ, 済みました, 済んだもの, 漂つてゐる, 濟みます, 煩い出した, 犇, 狂いかけて, 独りで, 生きること, 生きんが, 申しますと, 登った, 眞直ぐ, 眺めて, 秘密の, 立ちながら, 立ち上り前, 立った治郎吉, 立って, 第三, 籠って, 糸を, 素通り, 終って, 続けて, 続け様に, 義理の, 考え込んで, 膝を, 自分の, 舞台を, 行きすぎようと, 行ったもの, 衝っ立った, 見まもって, 見守つて, 見逃して, 言ったまま, 詫びた, 話しました, 語りつ, 語りつづけた, 読み通しました, 論じたてて, 豊田へ, 買って, 賞めちぎっ, 走って, 走りこんだ, 走りそこ, 走りつづけた, 走りながら, 足を, 跣足で, 跳びあがると, 踊って, 踏むと, 迷惑がらせる, 追い詰めて, 退院した, 通り越して, 通り過ぎようと, 通り過し, 連れ歩いて, 連体形から, 過ぎたが, 過ごした, 過ごして, 過して, 酒を, 長い間, 静まり返って, 頭の, 頭蓋骨が, 飛び込んで, 食って, 食べる, 飮むとああうまいといつた, 飮んだ, 飲みほした当の, 飲み下して, 飲み干して, 飲んで, 馬を, 駅馬車に, 駈けあがって, 駈けつけたよう, 駈けて, 駿河台まで

▼ つかず~ (57, 5.3%)

3 返事を 2 文体が, 極めてつまらない

1 [50件] ことに, すこし悲し, ままいさせた, ものが, ものに, やうな, ようすで, オランダの, ボンヤリした, 不幸な, 中ぶらりん, 中間に, 人をも, 人間が, 人間に, 低い鼻, 処から, 割合が, 哀れな, 境遇に, 変に, 奴が, 屋根へ, 御不幸, 御座形で, 循環論に, 心で, 心持で, 思慮深い, 態度を, 挨拶を, 日本が, 曖昧さも, 曖昧な, 有様が, 気持であった, 氣持で, 消極的な, 物に, 物を, 状態が, 生れ半着で, 目立たない場所, 立場を, 継子扱いを, 辺に, 通俗味に, 連中が, 連中の, 鵺語と

▼ つかずただ~ (17, 1.6%)

1 [17件] おそろしくその, おろおろと, この上, ぶるぶる胴震い, 一つの, 一応だけの, 何となくズルズルと, 国論に, 妙に, 彼の, 患者の, 明暗の, 案内された, 管理部長に, 胃が, 茫然と, 魔法を

▼ つかずには~ (16, 1.5%)

1 [16件] いって, いないでしょ, いませなん, いられない, いられなかった, いられぬ色, おかぬはず, ゐない筈, 居ません, 居られないほどの, 居られない場合, 居られなかった凡そ, 居れないよう, 濟みません, 生きて, 聴いて

▼ つかずまた~ (16, 1.5%)

1 [16件] あの三斎隠居, こんどの, そういうもの, そんなこと, ちょっと出しかけ, どんな大, カフェーとも, 吹雪が, 商売を, 御常, 悪いこと, 数歩先に, 昼とも, 自分の, 自分ひとりの, 避けた

▼ つかずその~ (15, 1.4%)

1 [15件] うちに, ま, コップを, 上一旦, 中間に, 御主人, 日その, 為めに, 男は, 穴の, 精髄に, 胸算用を, 頃の, 顔を, 顔色にも

▼ つかずこの~ (6, 0.6%)

1 上ヒラメの, 二三年厄介に, 先百合子を, 家へ, 方法も, 道場を

▼ つかずそう~ (6, 0.6%)

2 かといっ, かと云っ 1 かと言っ, 言い捨てると

▼ つかず~ (6, 0.6%)

1 いうて, うとうと鳴りわたっ, 知るべし, 神社滅亡を, 見えたところ, 言つて普通の

▼ つかず~ (5, 0.5%)

1 ひ, もひ, 妾さんとも, 弟子とも, 靜からの

▼ つかずこれ~ (4, 0.4%)

1 だけの命, ならという, はヨタモノ, まで以上

▼ つかずそれ~ (4, 0.4%)

1 に身心とも, をヘンゼル, を自分, を読んだ

▼ つかず~ (4, 0.4%)

2 なれず付纏 1 なれずといふ, 服部の

▼ つかず~ (4, 0.4%)

2 をそねまず 1 のかお, の脂

▼ つかず~ (4, 0.4%)

1 が遠慮, のほう, の置鈎, も格別気

▼ つかず自分~ (4, 0.4%)

1 と分る, のこと, の頭, へともつかず

▼ つかずあの~ (3, 0.3%)

1 やうに, 人の, 大グモ

▼ つかずいつも~ (3, 0.3%)

2 のよう 1 自分が

▼ つかずそのまま~ (3, 0.3%)

1 ゴカイを, 半年その, 愚図愚図と

▼ つかず~ (3, 0.3%)

1 あいまいな, あまりに茫漠, 声を

▼ つかず~ (3, 0.3%)

1 かといえ, か考え, の獣

▼ つかず~ (3, 0.3%)

1 をあけた, を動かし, を押え

▼ つかず~ (3, 0.3%)

1 も出さうな, を放ちあった, を継い

▼ つかず~ (3, 0.3%)

2 にも飛ばず 1 に下る

▼ つかず~ (3, 0.3%)

1 一三千両を, 一三千兩を, 三と

▼ つかずいたずらに~ (2, 0.2%)

1 国費を, 納屋で

▼ つかずうち~ (2, 0.2%)

1 ながめて, の前庭

▼ つかずこんな~ (2, 0.2%)

1 問答が, 工合では

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 う云つて, 九州へ

▼ つかずさりとて~ (2, 0.2%)

1 中途で, 自嘲でも

▼ つかずしかも~ (2, 0.2%)

1 蔵合の, 領内に

▼ つかずじっと~ (2, 0.2%)

1 主従の, 読んで

▼ つかずそこ~ (2, 0.2%)

1 に陳列, へはいっ

▼ つかずそして~ (2, 0.2%)

1 晴やかに, 村で

▼ つかずそんな~ (2, 0.2%)

1 ことから, ことを

▼ つかずつい~ (2, 0.2%)

1 さがし忘れたところ, そこで同僚

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 煩悶し, 物足りない気

▼ つかずという~ (2, 0.2%)

1 のは, 古来の

▼ つかずとも~ (2, 0.2%)

1 せめて方角, 徳川時代までも

▼ つかずなお~ (2, 0.2%)

1 その先, 猛攻を

▼ つかずにやにや~ (2, 0.2%)

1 しながら, 笑って

▼ つかずぼんやり~ (2, 0.2%)

1 立って, 立つて

▼ つかずまして~ (2, 0.2%)

1 あの日, 世の

▼ つかずまるで~ (2, 0.2%)

1 彼女を, 矢の

▼ つかずまるで突然~ (2, 0.2%)

1 火星国へ, 火星國へ

▼ つかずよく~ (2, 0.2%)

1 この人, 実って

▼ つかず一樣~ (2, 0.2%)

1 に武者修業, に露けく

▼ つかず亭主~ (2, 0.2%)

2 に知られぬ

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 ともつかぬ, になっ

▼ つかず~ (2, 0.2%)

2 れて

▼ つかず何となく~ (2, 0.2%)

1 あたりが, 心細い気持

▼ つかず何度~ (2, 0.2%)

1 も日, 行っても

▼ つかず内弟子~ (2, 0.2%)

2 ともつかず

▼ つかず出稼ぎ~ (2, 0.2%)

2 から帰る

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 そのま, 吃驚し

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 もあらわれない, も覚えられない

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 もろくに, も昼

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 ときまった, のなか

▼ つかず小舟~ (2, 0.2%)

2 は西

▼ つかず~ (2, 0.2%)

2 廊下を

▼ つかず感心~ (2, 0.2%)

2 した

▼ つかず暫く~ (2, 0.2%)

2 町角に

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 ともつかない鄙びた, へ帰れ

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 は呆然, へ尋ねます

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 にもか, は揉める

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 ともつかぬ, のあつ

▼ つかず~ (2, 0.2%)

2 の塊

▼ つかず真面目~ (2, 0.2%)

2 ともつかず

▼ つかず~ (2, 0.2%)

1 は閉じ, を円く

▼ つかず~ (2, 0.2%)

2 もせず

▼ つかず骨牌~ (2, 0.2%)

2 の切札

▼ つかず~ (2, 0.2%)

2 でも無い

▼1* [424件]

つかずあきらめともつかず, つかずあくまで大ぶりで, つかずあたりに目, つかずあちこちと, つかずあれこれと馴染, つかずいい濁して, つかずいかがわしいおもむきを, つかずいつになく古い, つかずいつの間にかもう役所へ, つかずいまだに目的を, つかずいやとも言い出さず, つかずうとうとゆられて, つかずおよそ二十五六間ほど, つかずおろおろして, つかずお上さんともつかない, つかずお互いにどう, つかずお話のならぬ, つかずかえってしたり顔などを, つかずかってに自分, つかずかといつて, つかずかなしげな, つかず大きいだろう, つかずころりと死ん, つかずこんどは敵, つかずもごもと, つかずさうかと言つて評判の, つかずさびしさをも, つかずしたがって兄弟や, つかずしまッたと, つかずじまいであったこと, つかずすべて絶望の状態, つかずすみずみをふく, つかずずんずん筆を, つかずそうすると右手の, つかずそこで米次郎は, つかずそしてそうしてじッ, つかずそれだけ世間が, つかずそれ以来やすみつきり, つかずそわそわして, つかずたって見物し, つかずたまにつけ, つかずために当時, つかずちやかし気分ともつかず, つかずちょいといい, つかずつまり名古屋式か, つかずつよいきれいな, つかずというくらいだ, つかずといふくらゐだ, つかずとうとうこんな棒立小屋, つかずとかく花子にもの, つかずとどのつまり戯曲を, つかずとにかくあまり遠方だ, つかずとんでもないご, つかずどうしたって, つかずどこぞへ彷徨い出した, つかずなおも格子の, つかずなんのため, つかずなんとなく心細い気持, つかずにおいで遊ばされました, つかずにかけあがって, つかずにもゐられない, つかずのどを通る, つかずひとりでこう, つかずひどく出鱈目に, つかずびくびくして, つかずぴーんと来るもの, つかずふたたび奔って, つかずふとその事柄, つかずほとほと講ずる途, つかずまごまごして, つかずまったく完全に, つかずみほ子が心持内輪, つかずみんな広間に集っ, つかずみんな往来へ出, つかずむしろ気恥かしく応待した, つかずもう一歩強がっ, つかずもうもうと四面の, つかずもし秀長秀次の, つかずもどかしいともつかず, つかずもろに倒れそう, つかずいのつそりめ, つかずやつと杜鵑, つかずゆっくりとうなずい, つかずゆらゆらちらちらとその, つかずつぽ, つかずわずかに小屋, つかずわたしが手, つかずわりに気儘な, つかず持った奴, つかずウロウロとし, つかずエッチラオッチラ走る走る, つかずガマは復讐, つかずサヤサヤと私語, つかずジレットの一つ, つかずツイ年の若い, つかずバルナバスの案内, つかずビラの文字, つかずファルスともつかず, つかずフロイスは洗礼, つかずブラブラして, つかずプロピライト道のほう, つかずボンヤリと眺め, つかずマイナス大分大きくなり, つかずミサ子は思わずチラリ, つかずユリが開成山, つかず一つこしらえて, つかず一同勢いこんだ, つかず一様に武者修行, つかず一気に寝所の, つかず一礼すると, つかず一種の生活, つかず一部の将士, つかず丁度電車の, つかず万事万端でたらめの代わり, つかず助夫婦, つかず三方でそれ, つかず三芳屋の店, つかず下宿屋ともつかぬ, つかず下手な鉄物細工, つかず不幸な奴ッちゃ, つかず世の中のあ, つかず両人相対して, つかず中肉中丈の後姿, つかず主人兵部少輔, つかず主従でもなし, つかず主戦ともつかず, つかず久しいこと口に, つかずを腰部, つかず九太は一人, つかず二人ともつかず, つかず二時間も捜し, つかずひますと, つかず五年も六年, つかず享楽本位に気持, つかず人品を見る, つかず人家の群, つかず人生にちゃんと, つかず今年も虚しく, つかず今日までよく, つかず仕方が無い, つかず伸子はぼんやり, つかず住まい便利は非常, つかず何やら笑ひさ, つかず何等の変化, つかず余裕綽々たるもの, つかずともつかず, つかず俳諧師ともつかぬ, つかず假初にも三十日, つかずへ寄つ, つかず僅かに小屋, つかず元気なし, つかずにともつかず, つかず兄妹ともつかず, つかずあゆむ妻, つかず先方へ見せた, つかず全体があたかも, つかず八品詞のうち, つかず公平な態度, つかず公津の義民, つかず其の胸算用を, つかず冗談ともつかず, つかずが近づく, つかず出家遁世して, つかず殊の, つかず前途は茫漠, つかず努力して, つかず動詞ともつかず, つかず医学生の手習草紙, つかず医者ともつかぬ, つかず危うくお延, つかず却つて数々の奇蹟, つかず去年の春不縁, つかず口上ともつかぬ, つかず古風な行燈, つかず可笑しくもなった, つかず合戦を開始, つかず同じ一群の, つかず呆然としてその, つかず和親ともつかず, つかずおちつかない心持, つかず商いの手伝い, つかず喜びや悲しみ, つかず喫茶店やカフエ, つかず嘲笑するとも, つかず四十万の軍馬, つかずへも出ませんでした, つかず塗料の剥げた, つかずともつかず, つかずな眼つき, つかず変幻奇怪でおぼつかない, つかず夕闇の中, つかず外見大人になっ, つかず與里は, つかず多勢の家族, つかず夢中で手, つかず大勢の家族, つかず大黒ともつかず, つかず奇形に見えた, つかず奉公人ともつかず, つかず奥方が酌, つかずはこう, つかず女中ともつかぬ, つかず女房何も言わず, つかず女遊びをする, つかずにグラグラ, つかずも人身御供, つかず姉さんともつかない, つかず始終苛ら立っ, つかずでなく年増, つかずを捨てろ, つかず学生ともつかぬ, つかず実に可笑しな, つかず家産はある, つかず宿駅ともつかず, つかず小隊長と二人, つかず工面が附きかかつた, つかずう云つて夫人, つかず平次もさすが, つかず年中おさらい, つかず幽かにフリュウト, つかず座敷ともつかぬ, つかずに出, つかず弁解ともつかぬ, つかず引っこみもつかず, つかず影以外に何ら, つかずのこと, つかず彼女がすっかり, つかず往来に腰, つかず後ろともつかず, つかず従者ともつかず, つかず得意の表情, つかず心身を労, つかず快き日の, つかず思出多き心地, つかず恐しいともつかず, つかず恐ろしく茫然と, つかずをつめました, つかず悩ましさとも, つかず妻の, つかず悪気もなくっ, つかず悲しさとも, つかず感想文ともつかない, つかずひ起しぬ, つかず懊惱して, つかずる時, つかずの込ん, つかず手術を怠ける, つかず手足のこなし, つかず折角の思いつき, つかずいて, つかず挨拶をし, つかず掴みどころがない, つかず搬んで行けた, つかず支那ともつかず, つかず敏速に起ち上がれない, つかず散歩したくなったから, つかず新語の粗製濫造, つかず既に相當, つかず日本の軍律, つかず早い話が, つかず昨日訪ずねて, つかずともつかず, つかず時雨ともつかない, つかず曲そのものに気, つかず曹操も苦戦, つかず本当ともつかない, つかずともつかず, つかず柳吉の樣子, つかず根気もなくなり, つかず之進様, つかず検断所の手勢, つかず業務にはみな非常, つかず楽天態度ともつかない, つかず横泳ぎともつかず, つかず次々に枯れ, つかず正気ともキチガイ, つかず此方が気まり, つかず此處をよく, つかず殆ど住むところ, つかず殊に一番不便な, つかず残念をいたしました, つかず毎日そわそわ仙台, つかず毎日らんの前, つかず永劫の呪縛, つかず江戸ともつかずで, つかずの揺れる, つかず波子の結婚, つかず注意も払わない, つかず注目ともつかない, つかず泰平の世, つかずからず増さず減らず, つかずの女, つかず淋しがって, つかず深い沈黙の, つかず渾然と同化, つかずの音, つかず漫然と聞返した, つかず濃紺ともつかず, つかず無垢な十六, つかず物事が手荒, つかず独り言ともつかず呟い, つかず独白ともつかない, つかず独立した個々, つかず独語ともつかず, つかずともつかぬ, つかず玄人ともつかず, つかず玩具のよう, つかずの花, つかず生活にも追いつめられ, つかずともつかない, つかず田園ともつかず, つかず田舎紳士ともつかない, つかずを見れ, つかずで始末, つかずこむ調子, つかずもなく, つかず白痴のよう, つかず白筋のはいった, つかず白筋のはひつ, つかずくさる, つかず皮肉ともつかない, つかず眩しくとうとう, つかず目笊を持った, つかず盲目的にやわらかい, つかず變らず, つかず看過して, つかず真暗だった, つかず眠くなると, つかず着物も血, つかず硝子よりもっと, つかず突伏して, つかず突然君江は, つかず之助, つかず竜神まで追いかけ, つかず笑い捨てた, つかず精神状態は平衡, つかず紋切型のドラマツルギイ, つかず素人ともつかない, つかず終止連体に続く, つかず結局大庭六郎を連れ, つかず絶叫ともつかぬ, つかず絶望的な不快, つかず総括的に一揆衆, つかずりとも, つかず縁故も見出せぬ, つかず美和子はペコリ, つかず翌日にわたって攻め立てた, つかずを忘れた, つかず背中を丸め, つかずときめかすあやしい, つかず臆病神がとっつき, つかず自己釈明ともつかず言いました, つかず自身わざわざ見, つかず舞台に見入り, つかずも散り散り, つかず花明りともつかない, つかず若旦那樣方のお, つかず茶屋ともつかず, つかず茶臼山に現れた, つかずは牡丹, つかず蜚語雑言を猥, つかず血相変えて, つかず表現自体としての芸術的価値, つかず製紙機械や薬, つかず西洋ともつかない, つかず親不孝を売り歩い, つかずひ出された言葉, つかずともつかない, つかず詫言を言った, つかず調所だけ死ぬ, つかず請求されて, つかず資格審査の申請, つかず賞めるとも, つかず足もとの危ない, つかず躑躅ヶ崎の客分, つかずを動かす, つかず身体を動かす, つかず身動きひとつしませんでした, つかず辣腕を揮いつくした, つかず返事をし, つかず返答に苦しん, つかず迷宮のよう, つかず途中に行つて, つかず進退に統一, つかず遂に会社を, つかず遊芸の師匠, つかずもろくに, つかず道づれともつかぬ, つかず遥か離れた左手, つかず部屋へころがり込んだ, つかず重く河原の, つかず金十郎が用人並, つかず金属ともつかず, つかず長い戦争の, つかず開国ともつかず, つかず開業もせず, つかず間もなく零落し, つかず関係してるだけ, つかず障子に映る, つかず雑木林のうち, つかず雑誌を読ん, つかずともつかぬ, つかず電話でメツセージ, つかずともつかぬ, つかず非人ともつかぬ, つかずやボール箱, つかず頼みもせぬ, つかず顔色もない, つかず飜訳の方, つかず食事もしなけれ, つかず養女ともつかず, つかずをくくらなけれ, つかず馬超も張飛, つかず馬蹄のため, つかず駄菓子だの柿, つかずの者, つかず高橋はそんな, つかずともつかぬ, つかずや鯰, つかず鳥羽が幾, つかずともつかぬ, つかず黒い布で, つかず默つてゐた僕, つかずともつかぬ