青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ちらちら~ ~ぢ ぢ~ ~っ っ~ っきり~ ~った った~ っぽい~ ~つ
つ~
~つい つい~ ~ついた ついた~ ~ついで ついで~ ~ついに ついに~ つかず~ ~つかっ

「つ~」 79945, 768ppm, 111位

▼ つ~ (37837, 47.3%)

1382 ゐる 711 ゐるの 430 来て 397 しまひました 373 下さい 305 居る 274 きて 269 くれ, しまふ 267 みると, ゐると 261 見ると 254251 来る 247 いる 241 きた 227 いた 225 ゐた 200 ゐるやう 180 ゆく 170 しまふの 169 行く 165 みた 151 しまふと 148 居るの 144 いるの 143 ゐるので 142 くれた 138 それを 132 くると 129 ゐること 121 くる 115 来ると 113 しまへば 106 くれと, 来るの 93 ゐるが 90 行くと 89 ゆくの 84 いつた 81 しまつ, 私は 75 私の 74 おいて, みれば, ゐるもの 72 ある, くるの, ゐるん 57 います 56 居ると, 彼の 55 きました, くれるの 54 くれたの, 自分の 53 来た 52 いたの, ゆくと, ゐて, 彼は 51 いると, よい 50 ゐるから 48 きたの 47 それが, みたが, 下さいまし, 何か 46 しまひます, ますよ, みる 45 ます, 行つた 44 くれる 41 それは, ゐるだけ 39 おくが, やつた, ゐる時 37 ゐました 36 いること, いるよう, 何も, 私に 35 しまふこと, 下さいよ, 來た 34 いたが, これを, ゐる事, ゐる間, 行くやう 33 しまふやう, みて 32 くれて, ゐたが, ゐる人, 居るので, 行きました 31 あるの, みよう, ゐたの, ゐるうち, 参りました 30 くれました, やれ, ゐない, ゐるところ, 之を 29 ゐます, ゐるに, 居るから, 来るやう 28 しまふので 27 いつて, みたり, 下さいな, 居るが 26 しまひましたよ, ゐるわけ 25 おります, きたので, くれれば, やりました, よいの, ゐるといふ 24 いきました, いるん, くるやう, 来るので 23 おく, きたが, そこに, みせた, みても, みようと, やらうと, 下さいませんか, 居た 22 いい, いて, しまはうと, 下さいと, 來る, 始めて 21 いるので, ゐなければ, ゐるのに, ゐるばかり, 私が 20 いろ, くれる人, ゆくこと, ゐないの, ゐるその, ゐる筈, ゐる者, 下されば, 僕は, 居ること 19 いるが, しまひさ, みますと, ゐたので, ゐるかの, 居るん

18 [15件] いたと, ください, くれると, しまいました, みるの, やつて, ゐるか, ゐる中, 何を, 彼女の, 手を, 来ること, 行くので, 見る, 飛んで

17 [15件] いるか, くれたま, くれないか, くれること, くれるやう, さうし, やるよ, ゆきました, ゐるし, ゐる女, 僕の, 来るもの, 欲しいと, 死んで, 私を

16 [13件] おつ, くれたが, しまふといふ, しまふん, それに, ますか, ますが, やる, ゐるでは, ゐるとき, 下さいね, 来なかつた, 行かうと

15 いるという, おいで, くれない, くれよ, よいか, ゐないこと, ゐるとは, ゐる私

14 [17件] くれるな, くれるもの, しまはなければ, そのま, それから, みたの, みろ, ゆくやう, ゐるかも, ゐる樣子, ゐる男, 女の, 平次は, 急に, 来ても, 来れば, 笑つた

13 [18件] あなたの, いたので, おりました, くること, くるので, くるもの, くれば, そつと, みたところ, やつと, よからう, ゐるお, ゐるだらう, 何う, 彼が, 彼を, 来るまで, 頂きたい

12 [23件] おいた, くるから, くれるか, しまはう, しまふから, みること, ゐなかつた, ゐるこの, ゐるぢ, ゐるよ, ゐる所, ゐる自分, 下さいましな, 下さるで, 今度は, 何の, 俺は, 居るやう, 我々は, 来ます, 行く時, 見るの, 返しました

11 [33件] あげよう, いなかつた, いる間, おくと, おけば, きつと, さう, さつ, しまう, みせる, みませう, みやう, やつたり, ゐるかと, ゐるさ, ゐるにも, ゐる彼, ゐる様子, 下さる, 僕が, 寝て, 居るもの, 居る時, 来るから, 皆な, 私も, 行かなければ, 行きます, 行けば, 見なければ, 返して, 遊んで, 静かに

10 [38件] あげるから, いない, いる通り, きたと, きます, くれたので, くれたもの, くれつて, くれます, くれるだらう, しまうと, しまひませう, しまふわ, しまふ事, その上, みたくなつ, みたこと, やると, よいで, ゐるのよ, ゐるらしかつ, ゐる人間, ゐる場合, 今の, 出て, 叫んだ, 少しは, 居ります, 居る事, 居る樣子, 彼に, 御覽, 我々の, 来さうな, 来ました, 行くところ, 見て, 見ること

9 [41件] あげませう, あげるよ, あるが, いたこと, いつまでも, いないの, いました, いますが, いる人間, おくの, きたとき, くれません, しまつて, しまひさうな, しまふぞ, しまふに, みようか, みる気, やらう, やり度, ゆくもの, よいと, ゐるけれども, ゐるつもり, ゐるで, ゐる人達, ゐる処, ゐる方, 下さいました, 入つて, 少しも, 居るところ, 居る者, 来なければ, 来るといふ, 来るところ, 来る所, 欲しい, 立つて, 非常に, 顔を

8 [51件] あるだらう, いつたが, いるから, いるところ, いる事, いる所, おいたの, きたやう, くれませんか, くれるので, くれ給, これは, しまふが, そこから, その中, それらの, ちよつと, ほしい, ますから, ますとも, ますわ, みるか, みるが, みるつもり, やうやく, やらうか, ゆくので, よく見る, ゐたもの, ゐるより, ゐるらしい, ゐる樣, ゐる身, 今は, 何でも, 家の, 居るといふ, 平次の, 来い, 来たの, 来な, 来ない, 来る時, 来る様, 見える, 見た, 言つた, 言ひました, 話を, 誰も, 頭を

7 [65件] あるもの, いいの, いけない, いたという, いながら, いらつし, いるうち, いるのに, いる人, おくん, お前の, お呉れ, きたもの, くるといふ, くれないの, くれなかつた, くれなければ, くれますか, こない, こなかつた, しまひ, しまひましたが, しまひますよ, しまふか, しまふであらう, しまふまで, しまふもの, そこへ, それの, た, つけたやう, みないか, やるの, やれよ, ゆくに, よいもの, わたしは, ゐたやう, ゐるね, ゐる連中, 下さいお, 下され, 他の, 何処へ, 参ります, 喜んで, 夜の, 居たの, 居ない, 居る人, 居る所, 彼女を, 来るかも, 来るん, 水を, 無理に, 眼を, 自分が, 行くが, 行くとき, 見えるの, 見ろ, 言ふ, 話して, 返すと

6 [108件] あげると, あげるわ, あなたは, あるよ, あるん, いたわけ, いふん, いよ, いるだけ, いるだろう, いるに, いるもの, いるよ, いるわけ, いれば, おりますが, きては, くるか, くれたん, くれないので, くれないん, くれましたが, くれるかも, くれるで, ことよ, ごらん, しまうの, しまはうか, しまひたかつた, しまひますが, しまひますわ, しまひ私, しまふかも, しまふだらう, しまふには, しまふのに, しまふよ, すぐに, そこの, その金, それと, とう, のけた, ほしいと, ますね, みませうか, みる事, やりませう, やるから, やること, ゆくか, ゆくが, ゆくところ, ゆくにつれて, ゆけば, ゐたから, ゐたこと, ゐたと, ゐないで, ゐないもの, ゐますが, ゐるであらう, ゐるんぢ, ゐる人々, ゐる大きな, ゐる姿, ゐる小さな, ゐる様, ゐる訳, 一と, 丁寧に, 下され私, 両手を, 二人の, 云つた, 今日の, 以来の, 來て, 來ました, 入りました, 完全に, 居なければ, 居るに, 居る女, 居る自分, 居る間, 山の, 彼等の, 心の, 悠々と, 態, 或る, 持つて, 春の, 朝から, 来てから, 来ては, 来ないの, 来るに, 此の, 目を, 空を, 笑ひ, 腹を, 行かうとして, 貴方は, 部屋の, 黙つて

5 [132件] あげますよ, あげる, あるぢ, いいくら, いくの, いたし, いつもの, いますよ, いません, いらしたの, いる時, いる筈, おきます, おきますが, お前が, お前は, お前を, きても, く, くるが, くるで, くるよ, くるわ, くる時, くれたやう, くれた方, くれては, くれても, くれといふ, くれるだらうと, くれるん, くれる筈, くれる者, くれん, こ, こつちへ, これに, これも, しまひたい, しまひたいの, しまひましたの, しまふで, しまふわけ, それで, ぢつと, どうした, どうする, のけると, ますぜ, みたくて, みたところが, みたらどう, みたん, やりたいやう, やりましたよ, ゆくうち, ゆくその, ゆつくり, よこして, よろしい, わるければ, ゐたといふ, ゐても, ゐないので, ゐないやう, ゐられるの, ゐるきり, ゐるけれど, ゐるそれ, ゐるのみ, ゐるらしいが, ゐるんで, ゐる奴, ゐる最中, ゐる有様, ゐる朝, ゐる父, ゐる船, 一緒に, 下さるので, 不思議な, 中を, 今では, 何よりも, 何事も, 俺の, 僕に, 僕を, 其れ, 前の, 却て, 又, 女は, 妙に, 容易に, 居るうち, 居るし, 居るよりは, 居る様, 居る男, 居る筈, 己れ, 平次と, 彼女は, 得た金, 息を, 新聞を, 日本の, 暮して, 来る事, 此方の, 死んだの, 然う, 父の, 私たちは, 私達は, 置け, 自分で, 自分も, 行くうち, 行くから, 行くその, 行くの, 行く様, 見せるの, 見るが, 見るけれど, 見れば, 身を, 頂いて, 頂きたいの, 風が

4 [227件] あげませうよ, あげるの, あなたが, あなたを, あはや, ありました, あるので, いいか, いく, いけねえ, いたから, いたそう, いただきたいと, いたに, いたもの, いたん, いなければ, いますから, いますと, いるし, いるでは, いる私, おいたと, おいた方, おいても, おきませう, おくこと, おくわけ, おく事, おつぎ, お上り, お互, お文, お猫さん, かう言, きたぞ, きたところ, きたり, きた時, きましたので, くるからね, くるし, くるその, くるとき, くれたこと, くれたよ, くれたり, くれとの, くれないぢ, くれないと, くれるかと, くれるから, くれるよう, くれろ, ここに, こないの, ごらうじ, しまうた, しまひそして, しまひたい気, しまひな, しまひ升, しまふし, しまふぢ, しまふな, しまふのよ, しまふほど, しまふ時, しまへ, じつと, そこを, その人, その家, それぞれの, どこか, なか, なりません, なんでも, はじめて, ひそかに, ほつと, ぼんやりと, ましたが, ますがね, ますと, みたくな, みました, みませんか, みようかと, みようかとも, みようといふ, みるので, みる必要, みんなが, やりましたが, やるん, ゆきながら, ゆくといふ, ゆく人, ゆく姿, ゆく彼, よいかと, よい青年, よこした, ゐないが, ゐないといふ, ゐなかつたの, ゐられないの, ゐるかを, ゐるため, ゐるだけに, ゐるとか, ゐるとの, ゐるま, ゐるン, ゐる上, ゐる位, ゐる内, ゐる外, ゐる娘, ゐる小, ゐる彼女, ゐる状態, ゐる老人, ゐる花, ゐる若い, ゐる道, ゐる音, ゐる顔, ゐろ, ハツと, 上から, 下さい私, 下さるお, 久しぶりに, 之に, 二人は, 云ひました, 人間の, 他人の, 何が, 何です, 例の, 公に, 其が, 其處に, 切りに, 別に, 口を, 右の, 向ふ, 君の, 呉れと, 声を, 変な, 多くの, 好い, 妙な, 子供の, 子供を, 宜い, 小説を, 居りました, 居るか, 居るだらう, 居るでは, 居るより, 居る中, 居る家長老額田部子, 居る老婆, 居る育て, 居る自身, 彼女が, 彼女に, 御自分, 明らかに, 時計を, 暫くは, 来たが, 来た時, 来てを, 来るで, 来るなり, 来るよ, 来る者, 東京に, 殆ん, 渡させなかつた, 煙が, 片手を, 相手の, 私には, 窓の, 立派な, 細君は, 腰を, 行かう, 行きますと, 行くで, 行くばかり, 行く彼, 行く後, 行く所, 行け, 見せた, 見せて, 見せる, 見たり, 見ますと, 見るに, 見るやう, 見る氣, 誰にも, 貰ふ, 足の, 返した, 返したの, 返します, 過ぎた, 部屋を, 酒を, 静かな, 非常な, 頭の, 顏を, 飛び出して, 馬上で

3 [478件] あげたのに, あげて, あげます, あつしの, ありやしない, あるいて, あるかしら, あるさ, あるわ, あるわよ, ある所, ある筈, あれを, あんたは, いいだらう, いくども, いたけれども, いただいて, いただきます, いたづら, いたよう, いた所, いた筈, いつしよ, いつても, いないこと, いないと, いなかつたん, いふの, いふんだい, いますか, いや嫉む, いらした, いらしたん, いるけど, いるけれども, いるね, いるらしいの, いる女, いる理由, いる者, いる顔, うとうとし, えば, おいては, おかう, おきました, おくがね, おくに, おけ, おりますから, おれが, おれに, お上げ, お出なされた, お在, お居, お念仏, お歸, お辭儀, お靜, かうして, かしこまつ, きたから, きたこと, きたといふ, きたよ, きた私, きますわ, きやが, くるからと, くるところ, くるに, くるまで, くるや, くる戻つて, くる雪, くる音, くれさうな, くれたし, くれたつて, くれたと, くれたわけ, くれた事, くれた人, くれた時, くれた私, くれないかと, くれないから, くれないもの, くれまいか, くれますが, くれませんでした, くれや, くれりや, くれるお, くれるかね, くれるぞ, くれるとい, くれるなと, くれるに, くれるよ, くれろと, ぐつすり寝た, けば, こつちを, これが, これと, これらの, こんなこと, しまうたやう, しまうて, しまうん, しまえば, しまはれた, しまひましたので, しまひましてね, しまふかと, しまふた, しまふだけの, しまふだらうと, しまふところ, しまふなんて, しまふ人, しまふ程, す, すつかり, そこで, そのため, その下, その人物, その場, その日, そんなこと, たうとう, つけた樣, つけて, どういふ, どうかし, どうかする, どこで, どこまでも, どれほど, のけたが, のけるの, ほかの, ほしいといふ, ましたよ, ますの, まゐります, みせると, みたいと, みたかつた, みたけれど, みたらと, みた事, みなさい, みませうよ, みようかしら, みよと, みるけれど, みるさ, みるといふ, みるわ, みる時, みろと, みんなに, もつと, やつたら, やまない, やらなければ, やりたいと, やりたかつた, やりたくなる, やりながら, やるさ, やるぞ, やるわ, ゆかう, ゆくあの, ゆくとき, ゆくん, ゆく事, ゆく人間, ゆく自分, ゆく船, よいこと, よいといふ, よい程, ゐたさ, ゐたその, ゐたよ, ゐた事, ゐた頃, ゐては, ゐないと, ゐないのに, ゐないん, ゐなくては, ゐられた, ゐられなかつた, ゐられなくなつ, ゐるあ, ゐるあの, ゐるさま, ゐるだけで, ゐるだけの, ゐるとも, ゐるなんて, ゐるもん, ゐる下, ゐる二つ, ゐる二人, ゐる以上, ゐる側, ゐる僕, ゐる兄, ゐる光景, ゐる古, ゐる周三, ゐる夕刊, ゐる大事, ゐる妻, ゐる子供, ゐる家, ゐる山, ゐる店, ゐる形, ゐる心, ゐる房一, ゐる手, ゐる新聞, ゐる時分, ゐる本, ゐる気, ゐる汽車, ゐる為, ゐる物, ゐる犬, ゐる画家, ゐる眼, ゐる程, ゐる窓, ゐる老, ゐる聲, ゐる舟, ゐる茶の間, ゐる薄, ゐる訣, ゐる証拠, ゐる通り, ゐる部屋, ゐる間柄, ゐる限り, ゐる際, ゐる雜誌, ゐる雨, ゐる頃, ゐる風, ゐろと, 一々列擧, 一切を, 一定の, 上げよう, 上に, 下さいます, 下さらずとも, 下されと, 下され何, 下され第, 下すつたもの, 不思議に, 両手で, 乞食を, 云つてました, 云つてる, 京都の, 人生の, 人間が, 今度の, 仕へて, 仰しやつ, 仲間の, 何といふ, 何とも云, 傍に, 僕だ, 僕には, 八五郎は, 八月には, 凝つと, 出る, 出來, 別れられる物, 前に, 前へ, 勘次が, 十分に, 参りませう, 反對, 叫びました, 叫ぶ, 叮嚀に, 君も, 吾, 呉れろと, 唾を, 喜びました, 喜んだ, 塔のやら, 夏の, 外から, 外の, 外へ, 夙くから, 夜も, 女が, 女房の, 如何に, 姉の, 娘の, 娘を, 寄越した, 将に, 居たが, 居て, 居なかつた頃, 居ぬの, 居りますが, 居るかといふ, 居るからと, 居るさ, 居るわけ, 居るんで, 居る八五郎, 居る処, 居る家, 居る父, 居ろ, 左の, 庭に, 引入れられる者, 引出すやう, 彼等は, 彼等を, 徐ろに, 得られるもの, 御出, 御覧, 急いで, 悦んで, 愈, 我々が, 我々に, 我々を, 我らは, 扉の, 手紙を, 斯う, 新らしい, 日も, 書かれて, 最後に, 村は, 来たので, 来たドア, 来ますよ, 来ませう, 来よう, 来るかな, 来るが, 来るその, 来るとは, 来るばかり, 来るまでは, 来るわ, 来る気配, 栽ゑ木草花が, 此を, 歸つた, 歸り, 死んだ, 死んださ, 死んだなら命, 殘る, 母の, 気に, 汽車が, 涙を, 渡して, 漸と, 火の, 物を, 現在の, 町の, 畢つた, 當時の, 目の, 直接に, 眞つ, 私と, 秋の, 空に, 笑つてゐた, 細君の, 続けさま, 置かうかと, 考へ, 考へて, 而も, 耳を, 聞かせた, 聲を, 胸が, 胸に, 膝の, 自分には, 自分を, 自己の, 自然に, 船に, 良い心持, 色々な, 色々の, 茶店の, 蛙の, 行かなくては, 行かねば, 行きながら, 行きましたが, 行くうしろ姿, 行くそれ, 行くといふ, 行くのに, 行くよう, 行く一方, 行く世, 行く中, 行く人々, 行く女衆, 行く彼女, 行く樣子, 行けと, 見える堂伽藍, 見せると, 見ても, 見りや, 見るから, 見るといふ, 見る事, 見る気, 見る者, 親分, 言葉を, 許して, 訴へて, 読んで, 誰に, 誰の, 貴方の, 身動きも, 近所の, 進んで, 遂には, 遊んだこと, 過ぎたと, 過ぎる, 遥かの, 醫者の, 障子の, 雑誌を, 雪の, 頂いた, 頻りと, 食べたり, 首を, 馬鹿に, 馳け

2 [1451件 抜粋] ああいふ, あげなさい, あげませうか, あげろ, あたりの, あとには, あなたに, あの婆さん, あらはれた, あるところ, あるやう, ある部屋, あんたが, いいもの, いい位, いくと, いくやう, いけねえん, いそ, いたかも, いたそれで, いたところ, いたり, いた男, いつたの, いても, いないらしい, いは, いらしつた, いらして, いるかを, いるため, いるだけに, いるとおり, いるのよ, いるもん, いるらしいと, いる二人, いる宮, いる暇, いる男, いる連中, いる隅, うと, おいたから, おいたのに, おいたン, おかねば, おくさ, おくなんて, おく方, おりましたが, おりますわ, お八重, お墓, お目, お貰, お酒, きかないの, きたしかし, きたん, きた芥川, きてたうとう, きまつ, きれいな, くるこれ, くるとか, くるのに, くるわけ, くる木の葉, くる風, くれそれ, くれたら, くれたらどんなに, くれたン, くれた津村信夫, くれてる中村氏, くれとは, くれないかな, くれないやう, くれなくては, くれぬの, くれましたよ, くれまた, くれるかい, くれるだ, くれるといふ, くれる亭主, くれる此女, くれ手, ぐう, ここを, こちと, こちらを, こないわ, こられたもの, こんどは, さうい, しまいましたが, しまうので, しまおうかと, しまはうかな, しまひその後, しまひは, しまひましたわ, しまひイ, しまふそして, しまふとか, しまふなどと, しまふわよ, しまふ母, しまふ酒, じめじめした, せつせ, そしてさ, そのこと, その墓穴, その子, その後に, その玉, それから又, それだけ, それらが, そんな風, ちやんと, つけた様, とりとめの, どこだ, どこへ, どんなに絶叫, なんとか工夫, のは, はじめて客體, はじめて神, ぴたりと, ほめました, まさに最高潮, ますのよ, ます叙情詩, また同じ, まんなかで, みせたが, みせるの, みたくなるの, みたらい, みたろか, みないかと, みなければ, みようという, みりや, みるだけの, みるもの, みろよ, みんなを, ものを, やがて私, やらうむろん, やりたい, やり堅, やるため, やるとは, やる事, やれと, ゆかれたの, ゆき子は, ゆくのに, ゆく方, ゆく気, ゆく男, ゆく葬列, よいくら, よい事, よく故, よこした友達, わたくしの, ゐず, ゐたらいい, ゐた動かずに, ゐないから, ゐないだらう, ゐないんで, ゐましたが, ゐられたやう, ゐられる, ゐるかたち, ゐるがい, ゐるさまざま, ゐるそば, ゐるだらうといふ, ゐるといふだけ, ゐるなあ, ゐるのさ, ゐるほか, ゐるよう, ゐるらしくも, ゐるキリスト, ゐる丈, ゐる事情, ゐる仕事, ゐる信吾, ゐる健, ゐる可, ゐる品子, ゐる場所, ゐる娘さん, ゐる子供達, ゐる庄造, ゐる所有物件, ゐる支那人, ゐる日, ゐる昔, ゐる時間, ゐる杯盤, ゐる母親, ゐる爺さん, ゐる相手, ゐる細い, ゐる膝, ゐる處, ゐる詩人, ゐる里子, ゐる間中, ゐる雪, ゐる青丸, ゐる頬, ゐる點, ガタリと, キラキラと, サア日本が, テーブルの, パンドラの, フラ, ポカンと, ミュッセの, 一から, 一本つけさせる, 上げる方, 上半身を, 下さいつて, 下さい親分, 下さつた, 下さるの, 下すつたが, 不思議が, 並んで, 主人の, 了つた, 了ふと, 云つたぢや, 云ふんだ, 井戸の, 今しも, 今始業式, 今書いた, 仰いで, 仰向けに, 低い声, 何うかし, 何に, 何れも, 何んにも, 何事か, 何処かへ, 何處へ, 保護され, 俺だ, 傍の, 僕達は, 先生は, 入れるの, 八五郎の, 其で, 其処から, 其處から, 冷やかして, 出さずいや, 出ること, 初めて古, 別な, 別を, 加茂川を, 動かない, 動くこと, 卑屈に, 単にそれ, 厭味らしく, 参りましたん, 又し, 口小言を, 右手に, 同情を, 向柳原, 呉れないか, 呼ばれるもの, 唇を, 嚴重に, 坂を, 堪へ難い, 壁に, 夜に, 大いに憤慨, 大きな聲, 大層な, 天を, 天皇の, 夫, 奉答文に, 好いの, 姫の, 存するもの, 宜いので, 家々の, 寄こしたの, 富岡を, 寢て, 小かめ, 少くとも, 居たから, 居ないので, 居よと, 居られました, 居るかも, 居るぞ, 居るのみ, 居る位, 居る太い, 居る戸川課長, 居る本, 居る百姓等, 居る若い, 居合は, 己の, 帰つて来る, 平岡の, 幽かに, 廊下へ, 弟の, 彼と, 彼女とは, 往來を, 後ろから, 得ようと, 得意の, 心が, 必ず追, 性急に, 惚, 慰めて, 或所, 扉を, 手燭に, 投げる様, 折角の, 持たして, 掌に, 故郷の, 敵を, 新たな, 新装を, 明からぬ, 昔の, 時々死んだ, 書いただけを, 月明りとも, 未だ死に, 本當, 村中の, 来たいの, 来たら又, 来ないかと, 来ない事, 来なかつたの, 来ません, 来まつ, 来るくら, 来るだ, 来るとき, 来るほど, 来るらしい影, 来る処, 来る猫, 来る電車, 東の, 東京の, 松川の, 桃太郎の, 次の, 歌の, 歩いて, 死なせたの, 殺す氣, 気の毒な, 江戸の, 沖を, 注いで, 派手な, 浮んで, 渡す, 溝の, 火を, 無事に, 然も, 父を, 物の, 特別の, 狸の, 現はれ, 生きる自由, 男の, 町へ, 疊の, 百姓を, 皆の, 目に, 相手が, 相談を, 眼も, 神と, 私たちの, 突然立上, 窓を, 笠の, 箸を, 精一杯の, 純粹, 紫の, 縁側に, 置かうと, 翌年の, 考へると, 聲も, 背後に, 腕が, 膝までも, 自分ながら, 自轉車, 良かつ, 若晝, 茶を, 荒い白絣, 落さうか, 虚空へ, 行かれるやう, 行きたいと, 行きたいやう, 行きますから, 行くこと, 行くたび, 行くぢやあ, 行くべ, 行く一人, 行く奴, 行く形, 行く後姿, 行く有様, 行く樣, 行く海, 行く紅白粉, 行く途中, 行こうが, 袂に, 裏玄關の, 襟を, 見せるから, 見たいと, 見ない以上, 見るだけでも, 見る必要, 観念の, 言ふんだ, 話した, 話も, 變な, 貴方が, 賺して, 足を, 軍歌を, 辛うじて自分, 返事を, 退ける腕, 連嶺の, 遊んだ, 過ぎて, 遠くから, 郊外に, 金に, 長崎の, 阿波の, 隅の, 隣の, 雨の, 頂いては, 頂きませう, 頬杖を, 頼んで, 風に, 食べた, 馬の, 騒いで, 魂を

1 [13654件 抜粋] あ, あげなよ, あたしには, あなたがたの, あの温泉, あらゆる手当, あり驚いて, あるのよ, ある吊鐘, ある町名札, あわよくば大名, いいくらい, いかにも自分, いくつかの, いけないもの, いたした, いたによる, いた刑事, いつかう構, いつも, いないじや, いふやう, いよいよ効果的, いるかぎり, いるでしよう, いるホール, いる場所, いる最中, いる臟腑, いる顔つき, うぬぼれられないの, おいたら何, おかみさんが, おくべき人, おすがを, おやりなさい, おりますん, お世辭, お前さんの, お園, お床, お琴, お請, かう呟く, からだで, きたかと, きたら老婆, きた子供達, きた百姓達, きてからの, きらひだから, くるうれしく, くるなあ, くる中, くる客間, くる激しい, くる道, くれたお礼, くれたもう, くれた以外, くれた灰色, くれつちつたつて, くれない物, くれましたもの, くれるため, くれるふう, くれる御利益, くれろや, くれ生れ乍ら, こう言, こないそれ, この二三年來, この椿子, この霧, これから飯, こんなもの, ごろりと横, さびしい顔, しかられるかも, しばらく待つ, しまうたんか, しまつてなく, しまはねば, しまひたくて, しまひますと, しまひ号泣, しまひ落葉, しまふでは, しまふ先づ, しまふ無理, すうと, すごい眼付き, す早く, そこはかと, そして激しい, そのと, その以前, その埃, その心, その死, その虚, その飲酒者, それから皆, それでもあなた, それ以来何となく, そんなに私, ただしよう, だから片, ついには, てつの, とても堪らない, どうしてえ, どうもした, どてら姿で, なさい, なみなみと注い, ぬるりと, のちの, はじめて文章, ぱつと薔薇色に, ひとり笑, ふふん, ほつとして, まあだあの, ましたね, またころり, また大して, また砂, まだ廊下, まともに, みえた, みせる表情, みたといふ, みた所, みますれば, みる計, むしや, もう一度あたり, もう小, もう間もなく取られ, もらうよう, やがて川ふち, やはり死にたく, やりたい心持, やるがね, やる前, ゆかない一つ, ゆくことさ, ゆくんぢ, ゆく家庭, ゆく機関車, ゆく程, ゆく路, ゆるして, よかろう, よく響く, よろしいん, わざと伊達, われわれ同胞の, ゐたらしく私, ゐた恋人, ゐた陽, ゐない部分, ゐられた頃, ゐるうちいつか春, ゐるしと, ゐるであらうと, ゐるばかしで, ゐるらしい階下, ゐるプロホル・サヰツチユ, ゐる三疊, ゐる他人, ゐる六郎, ゐる南向き, ゐる圏線, ゐる大変, ゐる孤独, ゐる山奥, ゐる当夜, ゐる我々, ゐる日々, ゐる格子戸, ゐる氷峰, ゐる熊吉, ゐる疊, ゐる種々, ゐる細君, ゐる腹, ゐる蝉, ゐる賑やかさ, ゐる醫者, ゐる雌鳥, ゐる顏付, ゐろ黙つて, カフヱを, グリグリ捩, スイッチを, チエツ意氣地の, ナンセンス, バックは, フランスから, ポン公の, レールに, 一つは, 一向とり, 一層嬉しい, 一心不, 一服つけた, 一生獨身で, 一鞭あてれ, 三十五年の, 三間も, 上手に, 下さいまし人違ひと云, 下さい此處, 下さらないの, 下さる生命, 下駄の, 不知火を, 両方の, 主として後天的, 了う, 二三十里カツ飛ばす, 二度三度, 云ひつけなかつ, 五時まで, 人しれぬ, 今にも吹雪, 今日できる, 仔熊を, 以前に, 仲基は, 伯良の, 何かと世間話, 何とも答, 何ヶ月にも, 何時何分何秒に, 作り上げられたる眞, 信助を, 倒れかかつたの, 僕等が, 充たされた, 入つた, 全世界, 八釜敷く, 其の當時日本, 其処に, 其非なる, 再び後藤氏いつ, 冷やかな, 出されたこと, 出勤までの, 刎ね, 初めて得られる, 別にあつ, 到頭殺し, 創造されたる, 動かして, 勢ひよく私の, 十二年の, 半ば土に, 単独で, 原像を, 參りました, 又咳き出す, 又飮む, 取卷, 古い握飯, 叫んだの, 各国協議の, 名古屋の, 吠えるで, 呉れよと, 呼びかける, 哲學を, 喚び起される精神そのもの, 嘉慶の, 四人が, 土に, 坂井の, 堪へると, 売行, 外洋が, 夢に, 大きな呼吸, 大仏前の, 大師の, 大粒な, 天井を, 失せざりしこそ, 女ばかりが, 如何にも三人, 始められた文化, 嫂へ, 学士は, 定まつた所, 実際を, 家畜の, 寄越す千登世, 寧ろ君, 小さな紙包み, 小石川を, 少し仕送り, 尽きんと, 居ないかつて, 居らない水, 居るいろ, 居るとは, 居る中老人, 居る問題, 居る感じ, 居る死體, 居る瞬間, 居る連中, 屡々人生, 山骨を, 川添ひ, 差支へ, 帰らなければ, 平地に, 幸福を, 底から, 建長寺の, 引立てる, 当分月々四千円の, 彼女も, 往んで, 徒らに, 御参加, 御見附, 心ならずも怖, 忍ばせて, 怒つた, 急ぎ立去りました, 息も, 悲痛追求の, 意見を, 憧れねば, 我と我が, 戻るなり樹明居, 手内職にと, 扱帶かなんかで, 押し寄せるドッ, 振の, 推すと, 擽り殺す, 教化に, 文学論と, 新刊の, 既に理解, 旦那の, 明る日, 昨夜幾松が, 時の, 暁に, 暫く行く, 更に叔父, 書く手紙, 最初の, 服を, 木枯の, 本道から, 来させたりなど, 来たら此方, 来ないこと, 来なさい, 来るそして, 来るまでに, 来る位, 来る役柄, 来る盛子, 来る重病人, 松田を, 柳窪といふ, 棄てさせようと, 極つた用, 横梁を, 次第に, 止むを, 此屏風に, 歩, 死ぬものぢ, 段々に採用, 毎日渚に, 氣の, 永い間, 決して楽ぢ, 油断を, 泣く泣く礼, 洪水の, 海から, 淡水を, 渡つたのだ, 滅茶苦茶に, 漸く文壇, 火鉢の, 無作法に, 然るべきもの, 燈明の, 牛を, 狩谷矩之に, 王が, 甕の, 生徒は, 申し分の, 畢つたのが, 病室の, 白梅屋敷の, 皆寢て, 直ぐに熱い, 直に馳せ参ずる, 眞白な, 眠と, 睨めつけたが, 石川君とは, 示されなければ, 神戸門司を, 私たちを, 科学的な, 空しい渠, 立たうと, 童謠を, 第三層, 精神は, 細かい霧雨, 結局どれも, 続けざまに, 繰返されるもう当然, 置けと, 翌朝濱に, 考へられた時代, 聞かして, 肝心の, 脈々と陰気, 臥せつて, 自分に, 自由でなかつた, 船醉は, 芥川流に, 苦しい位置, 草書に, 落付い, 蔵書を, 虎の, 血涙の, 行かれた, 行き唄, 行くだらうと, 行く一點, 行く太一郎, 行く拙, 行く筆法, 行く道すがら, 行ける間, 街を, 製本した, 見えるところ, 見たいやう, 見なくちや, 見るのに, 見事な, 親分さんの, 言も, 詩に, 誇りであり, 論断せざる, 谷中の, 貰ひ, 質問を, 起された微か, 踏切を, 軽く舌打, 近ごろ猟に, 返せば, 逃げるで, 途を, 進められすこし, 運が, 遠く空際に, 都会育ちの, 野々宮も, 釣錢らしい, 鎖された窓, 長剣の, 開校の, 降伏を, 隨分勝手で, 雪に, 青いやう, 革命の, 頂きました, 頻りに感心, 顧みなかつた, 飛ぶ雁, 飮まされた, 香ばしく焼けた, 駿介にも, 高く持上げ, 鯨飲だ, 麻布十番の

▼ つ~ (4052, 5.1%)

426 やるの 376 やい 176 やつた 140 やる 136 やつて, やるん 132 やいました 89 やいよ 79 やいます 69 やいますか 68 やると 51 やいまし 46 やるので 44 やるから 43 やれば 39 やること 37 やるやう 36 やる方 33 やいますの 31 やいな 30 やるんで 28 やろ 27 やいましたが 26 やらないの, やるか 25 やらない 23 やいませんか, よにな 20 やるぢ, やるわ 19 やらないで 18 やいませ 17 やいませう, やる事 16 やいましたの, やいますから, やいますよ, やつても, やるが, やる通り 15 やる御, やれ 14 やるかも 13 やいましよ, やいますが, やるお 12 やいましたよ, やるでせう 11 やいまして, やいますわ, やるには, やるんぢ 10 やるところ, やる時, よになつ 9 やらずに, やらないと, やらないん, やるさ, やるな, やるに, やるわね 8 やいますね, やつたつ, やつては, やるかと, やるだらうと, やるもん, やる筈 7 やいと, やいね, やいましたね, やつたら, やつてた, やらない方, やりは, やるのに, やるもの, よに 6 やいましたか, やるかしら, やるけど, やるけれど, やるよ

5 [22件] はじめた, やいつて, やいましたので, やいましたもの, やいまし何, やいませうか, やい私, やりませ, やるうち, やるし, やるでは, やるといふ, やるとき, やるとは, やるわけ, やるン, やる処, やる前, やる頃, やればい, やろが, よい

4 [23件] やいましたつけ, やいましな, やいますで, やいますと, やいません, やいませんの, やつてよ, やらないか, やらないやう, やらなかつたの, やらなくては, やりさ, やりながら, やりますか, やりますな, やるあなた, やるつて, やるでせうね, やるなんて, やる樣子, やる間, やろか, ゆつと

3 [37件] つたのです, やいいらつし, やいお, やいの, やいましと, やいますこと, やいますので, やいますわね, やいませうけれど, やいネ, やい入らつし, やい御, やつたさうです, やつたでせう, やらうといふ, やらないよと, やらなかつたから, やらなくつて, やらぬ筈, やりますかと, やるげ, やるだけ, やるとい, やるばかり, やるわよ, やる上, やる何, やる基督様, やる必要, やる所, やる暇, やる様, やる處, やれお, やれと, ゆ, よに街

2 [84件] つて, やいここ, やいそして, やいと彼女が, やいなね, やいましたけれど, やいましたねえ, やいましたらう, やいましたわ, やいましたわね, やいましてネ, やいまし休んで, やいまし私, やいますかしら, やいますな, やいますのね, やいますまい, やいませうが, やいませうねエ, やいませんでしたが, やいませんですか, やいませんので, やいませんよ, やいませんわ, やいツ, やい僕, やつてね, やらう, やらうと, やらうとは, やらないでね, やらないでも, やらないといふ, やらないところ, やらないので, やらないのね, やらないもん, やらない御, やらなかつた, やらなかつたさ, やらなくても, やらなければ, やられて, やられると, やりたいこと, やります, やるあの, やるお方, やるかつて, やるからよ, やるその, やるだ, やるだろうと, やるつてこと, やるですか, やるでせうか, やるでせうよ, やるとか, やるなと, やるならば, やるなり, やるはず, やるほど, やるまで, やるまでも, やるみたい, やるも, やるやうぢ, やるよりは, やる坊ちやん, やる御殿, やる樣, やる癖, やる道, やればよ, やろな, よお, よくた, よにそこ, よにその, よにやつ, よに伴, よに喰, よに行

1 [569件 抜粋] あんじ, いづれの, いり候, がを, これまで, たっていう, たつて, たでせう, たんぢや, つた, つたから, つた方は, つた時に, つづけて, つてた, つても, つてるんぢ, つてわたくしの, つて下す, てかう, のしの, はじめたの, まみゆ, や, やいあなた, やいあんた, やいこちら, やいさ, やいさあ, やいそれだけ, やいだつて, やいつたらさ, やいつてね, やいといつ, やいといひました, やいといふ, やいといふべき, やいといふ返事を, やいとてもよく, やいとまるで, やいと云つ, やいと云はれた, やいと云ひ, やいと云ふ, やいと云ふから貰つて來た, やいと他の, やいと家内の, やいと廊下の, やいと注意を, やいと腹の中から, やいと自分の, やいと花子は, やいと茶の間へ, やいと言つ, やいと言つた, やいと言つても, やいと言ひ, やいと言ひださなかつた, やいと誘つた, やいと附け, やいなと, やいなど, やいましあの, やいましこれから, やいましさ, やいましたお客さま, やいましたがね, やいましたがネ, やいましたけれども, やいましたさうでおのおの, やいましたし, やいましたした, やいましたぜ, やいましたその, やいましたぢ, やいましたといふ, やいましたとき, やいましたな, やいましたならば, やいましたのに, やいましたのね, やいましたやう, やいましたわねエ, やいましたん, やいました方, やいましてね, やいましても, やいましてよ, やいましなね, やいましまだ, やいましアハ, やいまし何卒, やいまし小僧, やいまし毎度, やいまし親分さん, やいますかつて, やいますかと, やいますからネ, やいますけど, やいますけれど, やいますけれども, やいますさ, やいますし, やいますしかも, やいますそれ, やいますでは, やいますなら手, やいますねえ, やいますのでね, やいますのに, やいますのよ, やいますまいかと, やいますまいー, やいますん, やいます今, やいます先, やいます御, やいます通り, やいませうから, やいませうけれども, やいませうとも, やいませうよ, やいませう何と, やいませお, やいませそら, やいませちやん, やいませと, やいませんかしら, やいませんかつて, やいませんこと, やいませんでした, やいませんでしたもの, やいませんでしたわね, やいませんでしよう, やいませんですよ, やいませんで御座いますが, やいませんね, やいませんわね, やいませ何ん, やいませ御, やいも, やいや, やいサア, やいジエィン, やい一升, やい一緒, やい今に, やい位, やい何, やい内, やい判るやう, やい助けられたが, やい動くと, やい城富ハイ夫, やい大庭常子, やい妾, やい彼, やい待つて, やい新, やい月, やい月十五圓, やい死んだもの, やい毎度, やい發心, やい草履, やうあかるく, やうない, やこかねわたち, やたツ, やつたいは, やつたお, やつたでしよう, やつたり, やつたんだに, やつたんでしたつ, やつちやいやだ, やつちやだめよ, やつちや下さいません, やつてながら, やつてらした, やつてるじ, やつと, やて, やらうか, やらうが, やらうぞ, やらうとも, やらずうつむいて, やらずことに, やらずさ, やらずついと, やらずと, やらずやがて, やらないあなた, やらないお, やらないかしら, やらないから, やらないからには, やらないくせ, やらないし, やらないつて, やらないとは, やらないに, やらないには, やらないは, やらないはず, やらないも, やらないよう, やらないんで, やらないン, やらない人, やらない処, やらない前, やらない博士, やらない小さい, やらない筈, やらなかつたこと, やらなかつたで, やらなかつたといふ, やらなかつたとき, やらなかつたので, やらなかつたのね, やらなきや, やらなくつたつて, やらなくな, やらなくなりましたせゐですか, やらなくなるわ, やらなくも, やらなん, やらぬお前様, やらぬこと, やらぬ御, やらぬ教会, やられた, やられたとき, やられても, やらんでも, やらんと, やらんの, やらんやう, やりさうな, やりさうに, やりたい, やりたい御, やりたかつたらいつ, やりまし, やりますへえ, やりまするか, やりませぬから, やりませぬ私, やりやしないかい, やりやしないかと, やり付け, やり奥様, やり方も, やり方を, やり甲斐, やるいらつし, やるお客, やるお客様, やるお家, やるお話, やるかい, やるかた, やるかといふ, やるかね, やるからこそ, やるからには, やるからね, やるくせ, やるけ, やるじや, やるぞや, やるたび毎, やるだけよ, やるだに, やるだよ, やるだらう, やるだらうあんな, やるだア, やるだ旦那, やるつていふお話, やるつてパパ, やるつて云, やるつて良人, やるつて訳, やるてえの, やるでしようが, やるですな, やるでせうあの, やるでせうあや子, やるでせうが, やるでせうけれど, やるでせうさ, やるでせうそれ, やるでせうねえ, やるでせう私, やるでなければ, やるで御座いませう, やるとしても, やるとの, やるなよ, やるならいつそ, やるならいらつし, やるならよろしく, やるなら一本頂戴, やるなら些, やるなら何為立派, やるなら御, やるなら私, やるなら結構, やるなら言いますがね, やるなら言いますけど, やるなら非凡, やるね, やるのりとごと, やるほん, やるほんとう, やるまい, やるまいかと, やるまいから, やるまいがね, やるまいと, やるまでと, やるまでに, やるまでは, やるまま, やるものぢ, やるもんぢ, やるやれ, やるらしい, やるらしいその, やるらしいそんな, やるらしいん, やるわけぢ, やるわと, やるわねえ, やるスクナビコナ樣, やるプレジユデイス, やる主人, やる久野將監樣, やる事業, やる他, やる位置, やる作家諸氏, やる先生, やる入道さま, やる兼松さん, やる内, やる分, やる分別, やる助役さん, やる可愛らし, やる国, やる大場釆女樣, やる大学つて, やる女, やる姿, やる学校, やる寶石, やる小山男爵, やる山路, やる岡さん, やる巡査さん, やる幸福, やる御老, やる慾情, やる我, やる我慢, やる手, やる故, やる方々, やる方以外, やる方角, やる昆虫, やる時分, やる時刻ぢ, やる書生さん, やる最中, やる木下, やる本, やる東京美術學校, やる柄, やる根岸, やる様子, やる機, やる次第, やる気づかひないわ, やる浜, やる深井さん, やる渥美君, やる無地, やる甘藷, やる由, やる男, やる百合子さん, やる目, やる眼, やる石崎丹後樣, やる神樣, やる私, やる程, やる程お金, やる綺麗, やる美しい, やる脚本, やる色々, やる艶, やる若, やる若旦那, やる譯, やる貴, やる路, やる辯護士, やる迄は, やる逗子, やる通りぢ, やる通り哀れ, やる道徳, やる部屋, やる鉢植, やる銀行家, やる間さん, やる顔, やれいなう, やれお嬢様, やれそれ, やれちツ, やれない事, やればねえ, やれます, やれませんか, やれるわ, やれ何, やれ俺, やれ姨捨山, やれ嫁, やれ屹度それ, やれ気分, やれ病, やれ被けるもの, やれ那奴, やろえ, やろがな, やろと, やろねつ, やろ平湯, やろ紫, ゆされた, ゆつ, ゆといふ, ゆの, ゆノ, よだつたん, よだつたエルズワースはじめ, よだつたルリ, よだつた八田義之, よにあの, よにこの, よにそれ, よにそんな, よにまた, よにみんな, よに來, よに便所, よに句作, よに土肌, よに帰庵, よに待宵, よに後, よに戻つ, よに房一, よに散, よに散歩, よに欠伸, よに燒, よに病院, よに笑, よに苦し, よに買つて房州, よに近郊散策, よに遊び, よに露, よに飲もう, よに馬鹿, よに鵠沼, よびれて, よるぐづぐづするな, よわつしよ, よわつしよと, 伝令らしい, 其外に, 初手はな, 可被下候, 始めました, 王と, 王に, 王を, 遂に其の, 鼠小僧なんぞは

▼ つたり~ (3918, 4.9%)

556 して 306 した 102 来たり 72 するの 62 する 53 すると 51 來たり 45 すること 29 しながら 28 したが 27 するやう 26 しました 19 したこと, したの, するので, 下つ, 下りたり 15 するもの, 泣いたり 14 何か 13 しては 12 笑つ, 踊つ 11 照つ, 降つたり, 降りたり 9 晴れたり 8 する事 7 したので, したもの, したり, しても, する時, する間, すれば, 出たり, 肩を 6 します, するが, それを, 曇つ, 歌を, 此方へ, 自分の

5 [11件] きたり, さうかと思ふ, しないで, するさ, 叩いたり, 怒つたり, 或ひ, 手を, 止んだり, 話したり, 跳ねたり

4 [17件] こつちへ, さう, した後, してを, する人, する者, 人の, 叶つ, 吠えたり, 左へ, 急に, 悲しんだり, 書いたり, 消えたり, 買つ, 足を, 顔を

3 [39件] あるひ, こつちに, さが, した時, した気分, しちや, しながらも, しなければ, しや, するだけの, するとき, するに, するには, するばかり, するんで, する度, する所, する樣, する癖, する音, せずに, そんなこと, ぢや, やんだり, 倒れたり, 吃つたり, 唄つ, 夢を, 子供の, 怒つて, 感じたり, 時には, 欠伸を, 歌つ, 町の, 自分で, 見物し, 酒を, 騒いだり

2 [151件] いたします, いろいろと, お前の, お辞儀を, こは, しぐれたり, したけれども, したさ, しただけが, したと, したやう, した事, した歩調, した私, した自分, してね, してるの, しましたが, しますが, し乍ら, するうち, するから, するけれど, するけれども, するさま, するところ, するなどは, するほど, するより, するよりも, するん, する人達, する人間, する仕事, する夜, する姿, する心持, する清明, である, なぞする, なにか, なんどする, ふざけたり, またお爺さん, またその, もつと, ケチに, シヤツを, 一方へ, 不意に, 乾からびた, 人に, 又その, 取つたり, 右へ, 叶つたりだ, 叶つたりです, 吹いたり, 喋舌つ, 喚いたり, 喧嘩し, 固くなつ, 夜に, 夢中に, 妬たんだり, 嫉妬し, 宥めたり, 家を, 寢そべつたり, 左に, 巫山戲たり, 床の, 庭に, 彼の, 彼女の, 往来へ, 後ろから, 御接待, 恐れたり, 恨んだり, 悔んだり, 悪戯を, 憎んだり, 憐んだり, 憤つたり, 或る, 戻つたり, 打つたり, 抱いたり, 捨てたり, 暮しの, 曲げたり, 東京に, 林檎や, 構へて, 横に, 歩いたり, 歪んだり, 殴つたり, 池の, 消へ, 澄んだり, 火を, 爪を, 爲たり, 牛の, 物干, 由緒が, 畳を, 直したり, 眉を, 眠つ, 眼を, 着せたり, 着物を, 私の, 竈の, 立つて, 素敵に, 縫つ, 罪も, 耳を, 腕を, 膝を, 自動車の, 舌を, 荷物を, 薪を, 蘆屋川の, 血を, 裏口へ, 詩を, 議論を, 足が, 蹲んだり, 近所の, 返つたり, 退屈さうな, 退屈を, 逃げ出さうと, 金の, 雨が, 雪が, 靴下を, 頻りに俗受, 風が, 食つ, 首を, 首根つこ, 馬の, 騷い

1 [1688件 抜粋] あげくの, あの商売, あまり自由, あれから, いざといふ, いそいそと, いつかの, いろいろである, いろいろ豊島氏, うたつたり, うまく冷やかし, おいしいもの, おなじ言葉, おむつをかへたり, お世話し, お勝手, お茶を, お金を, がら, くすんだり, ぐれたり, こちらの, こつちの根もと, こんどは, さうかとおも, ささやき交したり, さへも, された上, しかめつ面, しすぎるからの, したあげく, したいやう, したけれど, したため, したのでが, したものの, したら小気味, したニーチエ, した一番年少, した人物, した偉丈夫, した名残, した意味, した揚句, した木, した氣持, した田舍, した経験, した聲, した若い, しちや厭, してから, しとるのに, しないかといふ, しないよう, しはじめたけれど, しますから, しやしないかなど, し易い, するあ, するけど, するだけ, するであらうそして, するなら梅雨, するばかりが, するもん, する下, する二三人連, する何, する凡て, する勇氣, する声, する娘たち, する客, する忙し, する意味, する折, する日, する本当, する殘暑, する理由, する眞, する美人, する處, する趣味, する遊女, する電車, する餘裕, せきを, せるは, そして酒, そつと, その他戰爭の, その男, それから, それから同じ, それから草鞋, それとも一年間位, そんな動作, ただ周章て, ちよろ, つもつた埃, できる部屋, で到頭, で漸く, とかく荒, とにかく大きな, とんだり, どろ, なかなかうまく, なさつたが, なぞし, なにつかした, なんかなすつ, のんびりと, はやしたり, ひとり悶え, ひやかしたり, ひろが, ぶつぶつひとり言, ぼんやりし, まごついたり, またこんな, または入口, また不, また向う側, また嫁入り, また時には, また起き, また風, まるで夢中, もぐつたり, やくざの, よろこんだり, わざわざ日本, イブセンを, オコウちやんを, ガラツ八がい, コソコソと, ジヨバンニの, センチな, チンドン屋の, デザァトの, ナイフを, バンドゥーラを, フッと, ブリュッセルの, ボルドウ液を, ポカ, 一分きざみ, 一時に, 一緒に, 三四日前に, 上品ぶつ, 下へ, 下目を, 且つ蹌踉, 中の, 丸くなつ, 乳色の, 亂暴し, 二月ばかりの, 云ひそびれ, 五萬五千兩に, 人だかりの, 今は, 今晩殺される, 仕たり, 他村, 伊香保へ, 低く沈ん, 何かいた, 何ぞする, 何と何, 何んとか, 何時何處で, 作家と, 侍女が, 俳諧を, 倒れると, 假裝した, 傲慢らしくのけぞ, 儒教又は, 入り乱れたり, 入院生活を, 六ツかしい, 其他親の, 内證話, 冬は, 冷淡だつ, 凡人ならざる, 出張などと, 出版書店の, 刈上げの, 刻々に, 削つたり, 助平たらしい, 勇ましい軍談, 匂ひ, 十字架や, 卑怯な, 危ふく枝に, 参らせられたり, 又は先生, 又は知り, 又パシエンカ, 又出, 又少時, 又意味, 又暫らく銀行, 又無くなつた, 又階段, 取扱つ, 口を, 口説き立てたり, 叫んだり, 台所へ, 各, 同じ処, 同時にいろ, 含ませたり, 呶鳴つ, 品川と, 唯獨, 喋べつたり, 嘘つきが, 四半刻とも, 土に, 地べたへ, 坐つたり, 増えたり, 変てこな, 夕飯に, 夜は, 夜更かし, 夢の, 大事な, 大寒入だ, 大膳坊に, 奪ひ, 女を, 妙な, 姉妹らしい, 娘と, 子供を, 家の, 家財を, 寐たり, 寝転んだり, 尊敬し, 小説にでも, 少々の, 尻を, 居眠りを, 屋敷の, 山へ, 岩魚を, 崩したり, 川をずつと, 左が, 巫山戲たりは, 布團の, 帽子の, 干し場, 年下の, 幾分の, 庄吉を, 庭を, 引ずられたり, 引返して, 強が, 彼が, 往き違つ, 御本尊樣, 心の, 忠実だつ, 怒るの, 思はれたり, 恐ろしくなつ, 恥を, 息を, 悪態を, 悲鳴を, 愉快が, 感覚的断面に, 憂は, 懐疑を, 懸けて, 或は前, 或は然, 或は竹田小幅, 或は賺し, 或松の木, 戸を, 手の, 手拭を, 手荷物を, 技術が, 抱きついたり, 押し曲げたり, 担架に, 拭いたり, 捲いたり, 排除し, 控へ, 撲つたり, 支流を, 政治経済の, 散々の, 散髪を, 斜めに, 新らしい, 方角の, 日本の, 早く佐佐木君, 明るいところ, 昼よりも, 時々室内, 時には小説家, 時計の, 晩餐に, 暑中見舞を, 曉方だつ, 書物にのみ, 月代を, 朝が, 木枯が, 本屋さんから, 来たりしか, 松葉を, 枝が, 柵を, 植付けの, 楽士に, 樹蔭に, 檣の, 歇んだり, 此方の, 歯車の, 死場所を, 段々布, 殺風景な, 毎日, 比較的長い, 気に, 水の上へ, 水泳する, 汚したり, 泣き出しさうな, 泳いだり, 流れたり, 浴衣でし, 消しぬつたり, 温泉へ, 滑り易い, 漸く言葉, 濡れても, 炊いたり, 為るもの, 無意味な, 然し太, 焼焦, 煙草や, 照らしたり, 燃え滓, 父親が, 特別に, 狼狽てたり, 玉蜀黍や, 甚い, 用意し, 田舎の, 畑を, 番傘を, 疑へば, 発句を, 白くぬつ, 皮を, 目まぐるしく活動, 直して, 相談し, 看護婦室へ, 眼瞼を, 睨み合つ, 知らせたり, 石垣を, 砂糖を, 破れた壁, 祖父の, 神經的に, 私なんかは, 稀には, 穴が, 突いたり, 立ち振舞つ, 笊碁を, 笑談を, 筵を, 米を, 粉煙草を, 精神病院の, 紙包の, 終ひ, 絶景を, 縋りついたり, 縮んだり, 置いてきぼりに, 翻つて思へ, 聞え始めて, 職工達が, 肌抜ぎになつたり酒興中と, 肯いたり, 胡麻を, 脅かしたり, 腕の, 腹を, 自分達は, 與らなかつたり, 船底を, 色々であります, 色が, 苛めたり, 苦々しく思, 苺を, 茶を, 草を, 莫迦に, 落胆し, 蕨の, 藏書を, 虫が, 行なつたり, 衝いたり, 被つたりだ, 装甲自, 複雜な, 見ちや, 見るに, 覗いたり, 親爺だけは, 解けたり, 訴へたり, 詩作に, 誇つたり, 誠に混沌, 誰の, 譯書で, 谷合の, 貯金を, 質屋だつ, 赤い帯, 足踏し, 跳たり, 躄の, 身体が, 転げま, 輕蔑し, 返せるだけ, 退屈の, 通り過ぎたり, 連日連夜の, 遊びま, 道に, 遠く出, 適つ, 酔うたり, 重く青く成つ, 金持に, 針箱の, 鈴も, 鐘馗樣の, 鑵詰屋から, 開いたり, 闇市を, 降らなかつたりだが, 隆準, 随分あなた, 雑事に, 離したり, 雨あがり, 雪がつせん, 雪雨風, 露路を, 面倒にも, 鞭を, 頤の, 頭を, 顏を, 風に, 飛び散つた文殼, 食事の, 飲んだり, 饒舌つ, 馬を, 駈けたり, 騎馬の, 體を, 鮨を, 鶏を, 鼻で

▼ つ~ (2337, 2.9%)

125 すると 78 した 25 したやう, なしに 16 して 13 すれば, 立つて 10 させて, する, 自分の 9 私の, 見て 8 それを 7 したの, した氣持 6 したらこの, なくその, なく二人, 目を 5 この面, したらこれ, しました, 何か, 出て

4 [13件] したま, したらその, した気持, なくこの, なくそれ, なく私, なく髻, 彼女を, 眼を, 私が, 私は, 私を, 見ると

3 [38件] あると, いふ, かう言, させた, したと, したらあの, したらもう, した心もち, した気, した表情, した面持, した顔, した顔つき, してるぢ, しと, するならば, するの, そこに, なく閉ぢ, 並んで, 云って, 云ふ, 何かの, 俺の, 戸を, 振られるよ, 氣が, 消えて, 立派な, 耳を, 自分を, 襖が, 見えたの, 許して, 身を, 里方の, 開けて, 首を

2 [120件] あいて, あなたが, あなたを, ある, いえど, いま室の, いらつし, かういふ, かしこくも, さうだらう, さうだわ, したこと, したところ, したまま, したもの, したよ, したよう, したら, したらお, したらそんな, したらと, したら彼, したら彼処, したら此の間, したら神さま, したら神様, したら私, したら間違つて, した事, した感じ, した気分, した氣持ち, した顏, した顔付, してるねんで, してる人間, しましたが, しも, するさ, するので, するもの, するやう, するよ, その前, なくそう, なくた, なくだ, なく互, なく人, なく元, なく彼, なく後妻, なく感得, なく村, なく水量, なく消え, なく睡, なく薫染, なく風, わしが, 下に, 人の, 來て, 來る, 僕は, 友達甲斐が, 名を, 喜ぶだらう, 堪へて, 大人しくし, 娘の, 少年の, 彼に, 往くからね, 心に, 悪魔か, 或る, 手を, 持つて, 握りしめた指さき, 敏捷に, 明りし, 来て, 歩いて, 死んで, 殺されて, 氣でも, 湖水の, 燃え立つ杉, 真実に, 眺めて, 私に, 立つたの, 縛つてやる, 考へ, 考へて, 脱け, 腰に, 自分に, 舟を, 草を, 見えたは, 見つめて, 見れば, 覗き込んだ, 覗き込んで, 覚えて, 覚し襖いくつ, 誰かが, 走り急, 近づいて, 返して, 部屋の, 酸つ, 開いた, 開いて, 青白くな, 靡くと, 頭上の, 驚くこと

1 [1517件 抜粋] あいつの, あたま, あなたに, あのおミサ, あの夏, あの子供, あの立派, あり五郎兵衛柿, あんな顔つき, いい報, いけなかつたの, いつて, いで, いふもの, うつむき聞き居り, うなづく, えらくなる, おとなしくする, おゆう, おれたちの, お嬢様を, お汁, お誹り申し上げるでしよう, かうだ, かんかんに, きれいに, けつ, ここに, こしら, このランプ, この事, この後お前, この面冠つて釣糸, こめら, これを, こんなに日沒, こんな人物, さういふ気, さうし, さうだと, さうだらうと, さう云, さう言, させたもの, させます, させるの, させる鋭い, したうれしい, したかの, したこんな, したつて, したなら昔, したほん, したらあそこ, したらある, したらお前さん, したらさ, したらしい顏つき, したらしく顏, したらといふ, したらへ, したらアメリカ生活あたり, したら一種, したら今後, したら何處, したら全然, したら古い, したら実は, したら岡山さ藺刈り, したら彼村, したら復讐, したら我々, したら此, したら積木, したら若旦那, したら詩, したら駄目, したわけ, した井出康子, した儘, した出来事, した喜光寺, した太い, した容態, した彼女, した心持, した思ひで, した恰好, した憩, した文字, した氣, した深川訛, した疲労, した神様, した聲, した行程八里強, した軽やか, した間違, した黄昏時, しつかりしないかと, してなんか, してるわね, しながら, しまつて, し天, すぐおめでた, すべての, するが, するで, するよりが, する仕打, する氣持ち, する途端, すれあ, そう人々, その嚴正, その橋, その結果, それで, それらの, そんな方, たあ, ぢき, つきあへるよ, つく溜息, つたです, であり実, でて, どうかし, どこかに, なおるの, なくいと, なくお前, なくこつ, なくさび, なくすがた, なくたそがれ, なくひつそり, なくまた, なくもっと, なくグルグル, なく一人一人, なく下り, なく中止, なく互いに, なく人々, なく伝えられ, なく佗助, なく僕, なく其処, なく動悸, なく取り落し, なく嗜好, なく堅い果物, なく変っ, なく大分, なく妖怪変化, なく子供たち, なく家号, なく小さいの, なく山扁, なく帽子, なく引き入れられ, なく忘れられ, なく思想, なく感じさせ, なく懇意, なく推移, なく日, なく昼酌, なく曇っ, なく木立, なく森, なく次々, なく歯, なく殆, なく気持, なく沖, なく消え去る, なく溜った, なく無, なく爛々, なく田舎, なく疎遠, なく皆, なく知らず, なく祖父様, なく突然, なく箱屋, なく純然, なく老子, なく自然自然, なく薄れ, なく覺, なく誘ひ入れられ, なく輪廓, なく遠ざか, なく酒, なく長い秋, なく陽気, なく青木さん夫婦, なく飽き, なく鳴りはじめた, なく黒い幕, なしあれ, なしわかって, なし店, なし日光, なし登場, なし自分, なし足, なにかたいへんな, なりました, のみました, ばらに, ひろ子の, ほうつたら, まだ私たち, まつの, みんなもとへ, めが, よくな, よほどがらがらし, わたくしを, ゐるかつ子, オヤオヤ大, ドストエフスキーの, ベッドや, マントルピースの, 一から, 一人で, 一方に, 一生涯さうに違ひありません, 三ど, 上げ, 上京します, 下りて, 不安な, 串へ, 九度四十度の, 二つ三つは, 二人で, 云いにくい, 云うと, 云ったが, 云ふか, 云われなくは, 五時に, 仄かに, 仕事が, 他の, 以上に, 会社の, 伸びた酸模草, 佇んで, 何かを, 何も, 何人にも, 何程寄せ, 信一郎の, 俺は, 健康な, 元気が, 光つた外光の, 入れて, 共通な, 其のま, 其の美しい, 其毒を, 其詩を, 凝視し, 出すか, 出る留南奇, 別の, 前に, 努力し, 動いた, 勝つて, 勝つん, 午前から, 危険な, 参ります, 叔母さんは, 受居り, 可哀想な, 叱られること, 同じだらう, 吐く, 君を, 吹く, 呑むから, 呶鳴つて大勢の, 唐辛子の, 噛め俯, 土用干しか, 地震の, 堪へ忍んで, 墜ちか, 変るもの, 夕暮近い, 外に, 多少の, 夜半に, 夢の, 大きな蝙蝠, 大口を, 大西の, 夫の, 奥へ, 女の, 妻戸の, 娘を, 子供の, 定跡を, 家の, 寝惚けて, 尋ね出して, 小舎から, 山田を, 帰つて来る, 幸せに, 店の, 廊下に, 引緊めて, 形相を, 彼は, 彼女の, 待ちに, 後ぢ, 後戻りした, 御歌の, 微動だ, 心細くな, 忙は, 怒りは, 思うほど, 思ひな, 思ふわ, 急き込みながら, 恐怖の, 悪いど, 惜まれた, 意味の, 憐れみの, 我々は, 我手で, 扁理に, 手拭で, 抑へ, 抱くやう, 拔け, 持ち揚がるに, 捉ま, 接唇けた, 撒いて, 擴が, 数枚の, 新聞記者に, 明るくな, 景気の, 暴れるといふ, 書けさ, 木の葉を, 来るで, 来るもの, 梅喜さんの, 構は, 横を, 止めて, 此言葉を, 歩きに, 死ぬると, 殺す, 氣に, 永久に, 河村慶助が, 治るだろう, 泣き出した, 注文が, 流れこんで, 浮立つて, 涙を, 深く沈ん, 準備の, 激しい雨, 無言の, 照りか, 熱くほてつ, 燐寸を, 爽やかに, 狂つ, 玄関を, 生つて, 田部の, 申し給いて, 男の, 疾ひでも, 登子の, 直視ゐ, 真似たらい, 眠くなる, 眼に, 睨んだまなざし, 瞼を, 知つて居ります, 知らないなど, 私達の, 移つたずら, 空の, 穿いて, 窓へ, 立ち切れないで, 立つ桶, 立尽した, 笑つたが, 筋の, 約しました, 素晴らしいです, 経験する, 結ひ, 給仕人の, 緻密な, 罰せられるだらう, 考えて, 考へさせて, 考へるやう, 聞きつるが, 聲を, 肩を, 胸の, 脇へ, 腰へ, 膨れ面, 自分との, 自由に, 花婿花嫁の, 苦い顔, 茶色に, 落ちついては, 落下した, 蒼白めた, 蛇が, 蛸の, 行く, 表へ, 裏を, 見える, 見つめたが, 見る人, 見凝め, 見据ゑて, 見送りながら, 覗いて, 覺しきが, 言い渋るやう, 言った素晴らしい, 言辞を, 許される, 話に, 読書しなけれ, 調子の, 謂はんやうに, 豪華な, 貴女の, 起ち上つた, 起る, 足音が, 踏みました, 車夫は, 軽く開いた, 辻斬野郎を, 返すから, 逃げた雑草, 逆上せて, 途中で, 通つた, 通り抜けた, 逢ふ, 遂にや, 過ちを, 遠くの, 邪魔に, 鉄板を, 閉ぢた, 開けた, 間もなく開け, 隠れてでも, 雜司ヶ谷へ, 電燈を, 青い小父さん, 頭を, 顏だけ, 顛覆へ, 風が, 飛び立つて, 飛んで, 馬鹿らしい話, 高くなります, 鳴つて, 齒を

▼ つとも~ (1222, 1.5%)

16 なしに 14 ない 10 ないの 9 知らなかつた, 面白くない 7 ないわ, なくて 6 ないから, なかつた, 変つてゐない, 知らずに, 面白くなかつた 5 ないよ, なく誰, 怖くは, 知らなかつたわ

4 [13件] いらつし, かまは, 不思議は, 変りは, 怖くない, 手を, 気に, 痕は, 考へて, 苦に, 覚えて, 酔は, 面白くは

3 [22件] ありませんよ, そんな風, ないこと, ないぜ, ないぢ, なく私, 出て, 差支ない, 御存じない, 心配は, 構は, 気が, 眠れなかつたの, 知らない, 要領を, 見えなかつた, 訣らぬ, 變らない, 豫期し, 違は, 面白か, 面白くなく

2 [74件] ありません, おっしゃいませんでした, お変りに, それを, ないがな, ないつて, ないので, ないやう, ないわけ, ない女, ない話, なくこの, なくその, なくない, なく忘れ, よくない, よくは, 不満は, 云はれしまへん, 休みなし, 似て, 何も, 使うて, 偉くは, 六かしい, 分らないと, 分らなかつた, 変へ, 変りが, 姿を, 嬉しくない, 存じませんわ, 寒か, 寝られへ, 差支へ, 差支へは, 怒つて, 怖か, 恐いこと, 恥かしか, 悪くない, 持つて, 構ひません, 構や, 氣が, 氣づかず, 洗濯せ, 無い女, 無かつ, 煙が, 男の, 目瞬きを, 相手に, 知つてゐない, 知らなかつたよ, 私を, 笑は, 美しくは, 聞えない, 聞えやしないぢ, 聞なかつた, 良いこと, 落ちついて, 見えない, 見當, 解りません, 讀んで, 身に, 重大な, 開けて, 面白いことあれ, 音を, 風の, 食べんとおい

1 [834件 抜粋] あくが, あなたにからか, あまりに深く, いいところ, いいものぢ, いい名, いじけてなんか, いやでなく嗅い, いやな, いらしつて, うかんでは, うつとも, うまくない, うるほさなかつた, うれしくなかつた, おかまいしないわ, おそれませんでした, おちつきませんの, おどろいてなんか, おむづかりにならないので, おめでたい氣持, お困り, お客の, お床, お見かけ, お遊び, お金が, かまひません, けばけばしく見せぬたしなみ, こちらの, こら離ん, こわくは, ございませんで, ご心配, さし支, しないの, しらず全く, しらず虚脱, しらないでゐました, しれずこの, しれず庇, すすまないし, せずに, そちの, そのこと, その真相, それに, そんなこと, そんな暇, だよ, ちつともよ, ぢも, つと悲しん, である, ないお, ないからと, ないからな, ないさかい, ないし, ないぞ, ないと, ないな, ないのに, ない一ツ拵, ない何ん, ない可, ない娘, ない真似, ない程, ない言葉, ない風, なえ, なからう, なく, なくずんと, なくたまっ, なくなるにつれて, なくなるんで, なくまた, なく世田ヶ谷, なく低い処, なく其, なく別れた, なく古式, なく夕闇, なく奇, なく客僧, なく心置き, なく感じとって, なく木食仙人, なく極めて, なく水, なく沈み, なく洋行, なく消え, なく涼しくな, なく疎遠, なく相手, なく相槌, なく禰宜様宮田, なく緩められ, なく胸中, なく自分, なく薄, なく見馴れぬ, なく話, なく避妊具, なく黒川, なしネジ, なほ吹き, なるほどと, なんでも, ねえから, ねえこと, ねえつて, ねむくない, ねむれなかつた朝月, はかり知れません, びくびくし, ふるくなんかお, ほんたう, ぽつ, まあ惜しく, むだを, ものを, もはや年, ゆれなかつたのよ, よくありません, わからない, わからないじや, わからなかつたけれども, わからねエ, わからん, わかりません, わかりやせん, わかれせん, わるい感化, ダリヤを, チャームが, ノドは, ハイカラでも, ヘンでは, 上らんでは, 不似合, 不健康な, 不安でありません, 不思議がらず, 不思議で, 不自然でない, 不自由は, 与り知らぬこと, 云つた, 人の, 人を, 今更らしく, 仕合せでない, 他の, 他人の, 似てないの, 似ないわ, 似合ひ, 作為は, 來なかつた, 信用し, 俺の, 偉くない, 働かずひたすら, 僕の, 兄らしくなかつた, 六ヶ敷いもの, 出なかつた, 出來, 分からない, 分つて, 分らうとも, 分らない, 分らないの, 分らなかつたの, 分らぬ, 分りません誠に, 分んねえから, 判らなかつた伯父, 利用しなかつた, 前後の, 効かないで, 勉強すすまない, 動かうと, 動かず反対, 動かないでは, 動かないの, 動きません, 動く樣, 區別が, 厭な, 反響も, 取入れられて, 召上りません, 可愛が, 可笑しいと, 叱られずに, 君が, 君方には, 哀しくも, 喋らないぢ, 嚥み込めない, 困らず今, 坊主臭く, 坐を, 境遇の, 変つた所は, 変つて居る, 変らないあの, 変らないところ, 変らないのね, 変らなかつたの, 変らぬ程度, 変らぬ親しみ, 変りの, 変りませんね, 変ること, 大袈裟に, 女の, 女性の, 好いこと, 好い匂ひなん, 好かれてないのよ, 威張らない, 嫉い, 嫉妬を, 嬉しい気持, 存じませぬ, 存じません, 存じませんでしたから, 存じませんので, 宗吾の, 実際に, 家へ, 寂しくは, 寒くねえ, 小父さん, 居ねえなあ, 屬し, 差支へが, 廉か, 廻して, 彼の, 彼等に, 復習など, 心が, 心に, 心細いこと, 心配しなく, 忙しい事, 怒りやしなくつて, 怖いと, 怖いとは, 怖ろ, 思ふやう, 急いで, 恐いとは, 恐くない, 恐ろしい事, 恥ぢるには, 悔いの, 悪い気持, 悪びれるところ, 悲しくなんて, 悲観しやしない, 惜しくは, 意氣が, 愛してなんぞ, 愛情を, 感情を, 慌てなかつた, 憶する, 成つちよらん, 戦況が, 戸外に, 手むかひせず, 打解けないので, 折れてなんか, 拜みやはれへん, 持たなかつたの, 持合せが, 捗らないその, 揃は, 支度を, 斟酌しない, 断れ間, 早か, 明るくない, 易へ, 時候の, 暗くなく, 暗く見えない, 書いて, 書いてないん, 書かないやう, 書けも, 有名でありません, 有頂天ぢや, 本氣, 来て, 来ないから, 来ないやう, 東京へ, 果されて, 梅雨らしくない, 楽々と, 楽しくは, 様子を, 欲しくは, 歌は, 止らないで, 此んで, 此邊ぢやあ, 母見まもれり, 気がつかないん, 気がつかなかつたけれど, 気は, 気味なんて, 氣に, 水と, 油断が, 泡立つて, 洩らしは, 浮かないの, 消えない, 減じないどころか, 減りは, 減りません, 測り難い, 滑稽でない, 滯り, 濡れなかつたよ, 無いぢ, 無いの, 無くて, 煩悶苦惱を, 熊野へなんぞ, 狸は, 珍らし, 珍らしくない, 現はれ, 生命が, 町を, 異らない, 當てに, 疑念を, 疲れない随分, 痛いこと, 痛くないで, 痛くは, 痛んで, 痛痒は, 皮肉な, 目じ, 目を, 真相を, 眠れないし, 眠れなかつたわ, 着古して, 睡らないで, 睡れない夜通し, 知つては, 知らず乗せられて, 知らず庄三郎, 知らず睡りこんで, 知らないな, 知らないの, 知らないん, 知らない自分, 知らなかつたぜ, 知らなかつたのよ, 知らなかつたやう, 知らに, 知らんが, 知りませんでした, 知りませんわ, 知れずこんな, 知れず人情, 知れないから, 知れないその, 知れない時, 知れぬと, 知れぬ再会, 知れぬ次, 確実さを, 神経を, 私には, 私退屈しません, 積極的で, 立派な, 笑ひ, 箸を, 紙も, 綺麗ぢや, 缺けん, 美味しいとは, 美味しいものぢ, 考えて, 考へませんでした, 考を, 聞えないのに, 聞えは, 聞かずただ, 聞かないわね, 聞かんかな, 肥らないのね, 腥くない, 自信を, 自分の, 自分を, 自慢する, 興がらず先生, 興味が, 興味は, 船に, 良うは, 落着か, 藝術品に, 行かうと, 行きま, 行衛が, 見えないその, 見えなかった, 見えんじやつ, 見せて, 見ないの, 見映え, 見物に, 覚えてないわ, 親しくならなかつた, 覺えられませんでした, 解つてゐなかつた, 解らないかういふこと, 解らないな, 解んない, 觸れ, 言は, 言葉を, 記憶し, 話がは, 誤算とは, 讀まないで, 讀まなかつた, 變つてゐない, 變りません, 豫期しなかつた, 貴方以外に, 起らなかつた, 躊躇せず, 身の上話らしくない, 辛味が, 農家らしくない, 近づいて, 迷は, 通じません, 進まない, 進んで, 進歩し, 運ばないぢ, 運転手さんを, 違うて, 違つては, 違つて居ない, 違はずに, 遲疑しないでありませう, 邪魔には, 醉は, 重荷ぢや, 釣れない, 釣れないやう, 長くない, 関係ない, 関係は, 降らない梅雨季, 陽気ぢや, 難かしい, 雲が, 青年に, 非難すべき, 面白いところ, 面白くありません, 面白く思はないなら, 音が, 頑張らないで, 顏の, 顔色を, 食欲が, 食気が, 飲まないので, 騷が, 驚かない, 驚かなかつた, 驚異に, 高いとも, 魅力が, 鳴きません, 鳴りませんでした

▼ つ~ (962, 1.2%)

42 りと 16 になつ 14 だつた 11 になつて, り出して 10 かつた 9 さが 8 けな, さを, にし 7 さ, だ, になる 6 けな象 5 こを, さと, である, と, どどうかし, ど馬鹿, り出されて, り被 4 さで, どうれし, どまし, ど長い, のかご, は

3 [18件] けで, さは, さや, です, どひどい, ど快, ど気, ど退屈, ど運, ど遠い, ど遠く, のま, の千兩箱, の方, の頭, りとか, をふり, を向い

2 [55件] けなお, けな僕, こだ, さから, さです, さといふ, さの, さ火が, で, ですから, どいい, どえらい, どよく, ど上機嫌, ど不思議, ど人情, ど剽輕もの, ど口惜しい, ど大きな, ど好き, ど子供, ど安易, ど氣, ど注意, ど無邪気, ど用心, ど私, ど變つた人, ど辛い, なもの, にした, になつた, の, のところ, のやう, の大きな, の家, の手袋, の教父, の椅子, の樽, の箱, の胃袋, の草, の葛籠, はよろこん, ふに, や, りかぶつ, りぬるる, りは, り出した, り頭, を持つ, を見よう

1 [570件 抜粋] うに用ひた, うろくだが, お倉, かせば, がまるで, がやせた, がよろこん, が燃えだした, が落ち, が長い, が餘計, けた殺人者の, けだ, けです, けなケチ, けなチヨン, けなピストル, けな一例, けな乞食娘, けな人間, けな伊東家, けな俳優, けな停車場, けな僅十三歳, けな党派的野心, けな内省癖, けな國, けな奴, けな奴だい, けな子供, けな存在, けな宿, けな宿屋, けな工場, けな帆前, けな希望, けな店, けな御, けな意志, けな暮し, けな樣, けな檻, けな汽船, けな烟草, けな牛, けな白木, けな県社, けな素人, けな花, けな薄, けな袋, けな週刊新聞, けな部屋, けな金柑, けな雀, けな馬車, けに, けにみえるだらう, こ, この相手, こりの, こ助手さ, こ官吏だ, こ役人てえ, こ役人で, こ役人と, こ詩人である, こ詩人などが, こ頭巾を, さからは, さだ, さでも, さとが, さとして, さとは, さにな, さも, さ薄暗, さ透き通る, しかなかつた, しかも戦蹟, しないうち, じつて, すぎるほど, その邊, それを, たちの, だけでした, だけはいた, だけれど, だけ見えます, だし一と, だぜ, だつたの, だつて, だと, だよ, ちそれ, ちだから, ちだが, ちだの, ちでそして, ちな, ちなる悪者, ちのさう, ちの事で, ちの小さな, ちの小花より, ちの男の, ちの癖に, ちの金を, ちやなどは, ちやの, つ, つくなり, つち, つちか, つちのもの, つと, つと大粒, つと町, つぽ, であつ, であるかも, であるといふ, でお, でさつき, でした, ですが, ですぜ, ですよ, でその, でふは, でも大切, でカラリ, で何ん, で御座いました, で晝, で本人, で痩せて, で考, で誰, で足袋, で身體, で部屋, で金, といつ, とないた, となけ, となる, とゆげ, と湯気, と火, と燃える, と空中, と立つ, と解れ, ど, どあほらしい, どあまやかされる, どあれ, どおもしろい, どおわび, どお前さん達, どお断り, どお暇, どお考え, どお金持, どこ, どころかお, どさびしうする, どしつかりしなくちや, どじ, どすば, どその, どその道, どとほい, どどうか, どなれた, どぬく, どの大, どの氣まぐれ, どの爺さん, どもてあましてるらし, どもん, どやり込め, どりつぱな宴会, どりは, どわるい, どケンメイ, どロマネスク, ど上手, ど事情, ど似合, ど何, ど偉い, ど優し, ど出来, ど出直さう, ど制服, ど剽軽もの, ど助, ど卑怯, ど古い, ど困, ど圖, ど変, ど夢想家, ど大きく, ど大よそゆき, ど大事, ど太い, ど失禮ぢ, ど好い, ど好く, ど妙, ど嬉し, ど孝行, ど実, ど実行力, ど家内, ど實, ど将棋, ど小説, ど年季, ど幸福, ど庄さん, ど引返さう, ど弟子, ど強い, ど得, ど御愉快, ど心掛, ど忙しい, ど思ひ, ど思案, ど怨まれた, ど恥, ど悲痛, ど情熱, ど愉快, ど憎ん, ど懲りた, ど摘まれた, ど更けた, ど来学期, ど楽し, ど横, ど機嫌, ど正直, ど歩かなけれ, ど死神, ど気持, ど気楽, ど水, ど沈黙家, ど沢山, ど洒落, ど海, ど清々, ど減つて, ど焼けた, ど熱, ど熱い, ど熱海, ど熱燗, ど生き生き, ど田沢, ど疑り, ど癇, ど盜, ど確か, ど立去らう, ど笑, ど箝, ど經, ど罰當, ど自分, ど自然, ど色, ど色氣, ど草臥れ, ど親切, ど買つて, ど速く, ど遅れてた, ど違, ど重たく, ど長く, ど電話, ど面白い, ど面白く, ど頭, ど駆け, ど骨, ど高い, なぞふつて, なので, ならここ, なり, なん, なんか, なんか餘計, なんだ, な田, な男, な美男, な聲, な部屋, な頭, に, にいちばん力, にからだ, にくらべれ, にする, にだけはみんな, になつた彼女, になつた杯, にならない, になりまし, になりました, になるでせう, には子供, には懐中時計, にわたしました, に括り付け, に狩袴, に聞きました, に言, に韮, のあと, のあんばい, のお, のお伽噺, のこと, のしらない, のちよん, のつ, のはう, のはじ, のガラス製, のチユーリツプ, のトロツコ, のバス, のポケツト, の三方, の丘, の妖怪, の子, の子守唄, の小屋, の床の間, の徳利, の忘れられた, の手, の押入, の時, の時計, の暑, の樣, の毛, の煙草入, の牧場, の甕, の畑, の白足袋, の皿, の盃, の私, の穴, の筈, の肩, の臺, の臼頭奴, の舞臺, の袂, の袷, の貝殻, の財布, の部屋, の音, の飯桶, の鷲, はかう, はこちら, はこれ, はこんな, はせん, はそれ, はそれから, はない, はにこ, ははじめて, はまい, はまた, はガラス戸, は二人, ふい, ふきれえ, ふけえ, ふ不思議, ふ冷えるぢ, ふ寒い, ふ讀めぬ力, もそれ, もちやん, もひれ, も同, も同然, やとおつし, らしい風体, りか, りかぶせ無我夢中, りかぶつて, りかむつて, りした温み, りだして, りぬれる或は, りもぐりこんで, り冠つて, り出さないで, り出された自分, り出されりや, り出し, り塊つて, り夜着, り子供, り掛けながら, り放しに, り消えて, り濡れて, り濡通つて, り炬燵櫓, り着た巡査, り肩, り脱いで, り蒲団, り被せかけられた外套, り被せられたやう, り載いて, り隠れて, り飲むだけは, ろっと, を, をあげ, をお, をお返し, をごらん, をしよつ, をたしかに, をはさみ, をひと口, をぴりぴり, をふつ, をむい, を卷い, を垂れ, を巻い, を彼女, を抜い, を振つた, を握り, を見せよう, を見つけ, を踊つて, キヤツといふ, 仏蘭西語の, 仕事も, 出来ないほど, 剃らないから, 勉強は, 口も, 口を, 啼いても, 啼くから, 大膳坊の, 寒々と, 彌太, 御飯も, 挨拶ひとつしやがらない, 挨拶も, 榎, 無くなつ, 畠だ, 紙幣入りの, 経文を, 臍の, 見も, 言葉らしい, 診ようとも, 讀みも, 豚の, 返事も, 過ぎる新しい, 野の, 鐚錢一つ入, 顧りみ, 飛ぶ, 飛んでしまつた, 飲めず乾枯びた大根

▼ つきり~ (842, 1.1%)

20 とした 19 見當 18 して 12 のこと 11 で, ですよ, とその 8 になつ, 忘れて 7 です, 覚えて 6 したこと, でございます, にし 5 しないが, だつた, ですか, なん, の話 4 させて, させなければ, だ, である, なしの, になる, のもの, 憶えて

3 [25件] か, させねば, した, したところ, した姿, だと, であつ, でした, ですが, と残つて, と眼, と私, と覺, なしに, なの, になつて, 思ひ出せさ, 春めいて, 浮んで, 涼しくな, 現れて, 知らなかつた, 立つて, 考へても, 見えて

2 [28件] かえ, したお, した形, した感じ, しない, であるが, で介抱, と, とこの, と冴えた, と力, と左, と知り, と覗けた, と言, になり, の事, はしない, わからない, わかるの, わかる時, 分つて, 判らない, 少くなる, 折れて, 見えた, 見付かりません, 黙つて

1 [504件 抜粋] あの家, いくら待つ, いたづら, いつて, いはないこと, うちだして, おぼえて, おぼえません, お北, お宅, お濱, お目, かう申, かお, かといふ, かとも思つて, かと相, か一向, か八, が出席, が地上, きいたろう, ききたいの, くちやくちや, この中, この寝起き, させる必要, させる爲め, しかない, しか覺, したある, したと, したの, したもの, した三つ, した事, した人, した体, した全体, した処, した分つた云, した即答, した女学校, した意識, した才気, した方, した木, した気持, した氣持, した漁船, した無駄, した目, した目標, した眼もと, した瞬間, した知覚, した短篇, した紅葉, した綺麗, した自, した自覚, した詳しい, した貴婦人, した黄ろ, してを, しないかも, しないもの, しない低音, しない音聲, しなかつたが, しなかつたん, しやんと, する, するだろう, するやう, する眼, せぬ以上, せぬ間, そしてそこ, そのお, その娘, その日, たしかめたい, だから, だけど, だつたな, だとは, だな, だね, だよ, だらう女出入り, だア, つかんで, であと, であと木彫, であらう, でしたが, でしよ, ですわ, です親分, でせう, でその後, ではない, ではなく, ではゐられない, では困り, では平次, でふたたび, でまるで, でもう, でも捌けよう, でも縛れる, でゐたい, でゐます, でゐられない, でゐる, でストライキ, で二度と, で会, で住んでる, で何ん, で先刻, で六十日, で出掛ける, で向う, で子供, で安く, で尾久, で居る, で市, で帰, で平, で後, で急き立て, で或, で書き上げた, で止, で永久, で消え, で濟ん, で用, で白梅, で看病, で終る, で置い, で話, で話す, で身體, といふ氣持, といふ貧しい, とお前, としてよし, として広い, として青い, としなく, とする, とそれ, となつ, とはなさるまい, とふくらみ, とぼく, とよく, とわたし, とわづかである, とスロオモオション, と二人, と五體, と人通り, と今日, と伝はつ, と俺, と光, と其の, と写つて, と出た, と分ち, と分れ, と分れた, と判る, と呉娑娑宇山, と噴火山, と垢, と宛, と對立, と山田, と崇高, と彼女, と御, と想, と成長, と或, と手, と拔, と指, と描い, と数, と明, と明い, と明るく, と映り出した, と晴れ, と晴れた, と曲げ, と棒, と死, と浮き, と浮き出, と浮彫, と減つて, と濁り, と父親, と爽やか, と現, と申, と白かつ, と知つたの, と知りすぎ, と秋, と立, と筑前博多, と答, と素直, と蒼, と蒼空, と覗, と言つた, と評判, と調子, と豫知, と起きあがつ, と跡, と通らない, と隆起, と階級的差別, と露, と顏容, ないの, ない手紙, ない自動車, ない譴責, なくこぼれ, なく上る, なく人, なく出かけられた, なく去来, なく歎, なく浴びる, なく通りすぎた, なく音, なし云, なつた, なのよ, ならあつし, ならお代, ならよい, なら大した, なら木戸, なりを鎭め, なんて見つ, に, にしたく無い, にしなく, にする, になつてしまつて, になつてたん, になつて世間, になりたい, になりました, になります, には違, に寝つく, に寢, に封じられ, に成つて, に打, のところ, のひと, のまるで, のもん, のヌケ殻, の人間, の仕事, の兄妹, の大, の奴ぢ, の実, の山だし, の愚か者, の撮影所, の方, の東京育ち, の根, の沈默, の生活, の病人, の編輯者, の話さ, の銅貨, の馬鹿, はし, は判つて, は心細い, は誰, ふえたやう, ほんの一寸, まねたため, もう何, もう前, もう青い, もつたの, もなし, よくなり, より居ない, わからず四日五日, わからず村雨, わからないこと, わからないもの, わからない場台, わからなかつたの, わからぬ, わからぬ絵, わかり専門家, をし, 云えば, 付いて, 付きませんよ, 仰しやらなかつたん, 伸ばした, 伸びて, 似て, 何ともいつ, 何とも言, 何と名, 信じて, 全く忘れ, 出さない以上, 出て, 出ると, 分かつて, 分かる, 分つた, 分つたの, 分らず八月, 分らない, 分りませぬが, 分りやしないが, 分るたび, 判らないらしかつ, 判らなかつたが, 判らなくなるかも, 判りかねるが, 判りません, 判ると, 判るやう, 別れたと, 別れました, 刻みつけたの, 割れたり, 取あ, 叫んだわけ, 吹けば, 呑みこめたこと, 噛み折つて吸, 増し白毛, 夏めいた, 夏めいて, 大人びた弟, 好くな, 好く解る, 寒うな, 寒くな, 寒くなつた, 寒さ, 少くな, 少くなり, 少くなりました, 少なくなつ, 少なくなつた, 引返して, 弱くなつた, 弱り込んで, 思ひ出さなければ, 思ひ出されて, 思ひ出されると共に, 思ひ出したい, 思ひ出したよ, 思ひ出す, 思ひ出すこと, 思ひ出す子供, 思ひ出せないこと, 思ひ起した, 悲しい境遇, 愛し度, 感じた, 戻らなかつたの, 戻りません, 戻りませんが, 打ちたてたらどう, 打切られると, 承りたい, 折りた, 折れた, 持つて, 指さ, 掴む事, 描き出させる好機会, 放り出して, 断つたらい, 新しいやう, 映らずには, 暑うな, 暑くなつた, 曲げる技術, 書いて, 書き過ぎて, 書く術, 殖えて, 気づいて, 決まるの, 泣きわめくのぢ, 浮いて, 浮び出すの, 消えて, 涼しくなつた, 減らして, 減り道, 濃くな, 無いので, 無いんで, 焼きつけられて, 現すこと, 現れてるやう, 生えてでも, 申すこと, 異つた眼, 痩せても, 白くな, 目立つて, 眺めつ, 知らされた, 知らされた気, 知らずに, 知らない一般的, 知らなくなつたん, 知りながら, 知れずか, 示すこと, 秋めいた風, 秋めくだらう, 端然と構, 紅いもの, 縛られてるん, 老けた, 老けて, 老けられましたな, 聞いたあの, 聞いたの, 聞いて, 聞えたの, 聞えだした, 聞えないこと, 聞えるばかり, 聞える雷様, 聞きとれぬ程, 聞きとれるもの, 聞き取られるほど静か, 聴き取ること, 肌寒さ, 致しました, 蒸暑い晩, 衰え秋, 見えたり, 見えないの, 見えなかつた, 見えなかつた前, 見えませんの, 見える, 見せて, 見つとも, 見て, 見定めて, 見定めること, 見極めること, 覚えてるの, 覚さうでは, 解らない, 解らないと, 解る部分, 言い娘, 言えるよう, 記して, 讀めると, 踏み潰したらさぞかし, 述べた筈, 述べて, 逃げて, 途絶えて, 遊ばないん, 閉されるの, 高い枯草

▼ つちや~ (794, 1.0%)

28 いけませんよ 26 いけません 25 いけない 15 ない 13 いけないよ, ならねえ 10 いけねえ 9 ゐない 8 つたな, つたわ, ねえ 7 あいけない, いやよ, どうだ, どうです, 可かん 6 ならねえよ 5 あいけません, つたよ, ないか, ならん, 困るよ, 居ない 4 あ, いけないと, ならない, なん, ゐません, 困る, 居ません

3 [18件] ありませんよ, いかんよ, いけないわ, いや, つたなあ, まは, ゐないが, ゐないん, ゐまい, ゐませんよ, んあなた, 仕やう, 困ります, 困るぢ, 居ませんよ, 居られません, 居られませんよ, 見つとも

2 [51件] あいけ, あから, ありません, あゐない, あ不可, いけないぜ, いけないの, いけません私, からし, く, くちやに, こんな珈琲, しやうあんめえな, つたんでさ, といふ, と思ふ, どうだい, なあ, ないあの, ないぞ, ないて, ないよ, ないわ, なこと, ならないから, ならないやう, ならないん, ならね, ならんぞ, ならんぞと, なりますめ, なりません, ねえさ, りと, ゐないから, ゐないの, ゐないよ, ゐませんから, ゐられない, ゐられなえ, をらん, んきん, んそれだけ, んで, 可哀, 居ないだらう, 居られない, 居られないよ, 成らねえん, 放つても, 生きて

1 [376件] ああすこ, あかんぞ, あくよくよ, あだから, あつしの, あつしも, あなら, あならねえ, あなりませんつ, あのも, あぶないよ, あよ, ありましねえが, ありませんこの, ありやしない, あるめ, あゐねえ, あんだつちけが, あアノ笑顔, あ一番腕ツコキ, あ下さらない, あ二進, あ何, あ便所, あ僕の, あ其足, あ厭, あ困る, あ気, あ田舎もの, あ立つ, あ船蟲, いかないん, いかねえつちけぞ, いかんぜ, いかんな, いけないあの, いけないこと, いけないぢ, いけないつて, いけないつてお母様, いけないつて云, いけないな, いけないのに, いけないのね, いけないわよ, いけない出る奴, いけない戦争, いけない皆んな間違, いけない行, いけませんあつし, いけませんか, いけませんどうも, いけませんね, いけませんまだ, いけません坊ちやん, いけません御新造, いけません板橋, いけません神業, いないし, いました, いやいや, いんだな, い可愛いい, い坊や, い小, い門燈, え, えかね, えかねえよ, えらいこつ, おとつ, おまへん, おめ, おらんぜ, お互, お互に, お大変, お嫂さま, お關さん, お駒, かうは, かなうもん, かなわんのう, からお, が捷, くれた尼, くれた秋風, くれた顔, くれない, くれないし, くれないもの, くれないん, くれの, くれますめ, くれません, くれませんか, くれろと, けてく, こけんに, この中, この興行, こんな張合, しくじるもん, すまないよ, すみませんな, それでもよ, ぞ, たいへんだ, つたえ, つたないや, つたなお, つたなそれから, つたなつまん, つたなどうせ, つたなア, つたな今, つたな其の, つたな奇態, つたな酒, つたらどう, つたら又, つたわね悪, つたわよ, つまり閑潰, という宿, とそれ, とてもああ, とても立, とても診, とても辛抱, とみな, と云, と口々, と存じまし, と思う, と自身, どう, どうしても海軍少佐, どうに, どうも, なあわしら, なあ此, ないお母さん, ないさ, ないぜ, ないぞよ, ないといふ, ないとか, ないば, ないわね, ないん, ない土地, ない広告, ない神田, ない親分, ならないか, ならないと, ならないのに, ならないわ, ならないんでね, ならない時, ならない樣, ならない訳, ならなくなつたかな, ならなくなる, ならぬと, ならねえと, ならねえん, ならねエ, ならねエよ, ならんぢ, ならんよ, ならん譯, なら無え, なりあんすめえか, なりましねえからの, なりましねえの, なりませんから, なりませんよ, なるまい, なるまいが, なるまいて, なバラック建て, な卵, な孔, な本屋, な男の子, な真空, な鉢, な鍵, に考へられ, ね, ねあ, ねえが, ねえ默つて, ねエ, ねエ現に, ね一昨年, のひ, の二階, ひさうに, ひませう, ふぞ, ふぢ, ふわね, ふわア, ふんだな, へと云つて, へばよい, まいつお見え, まが, まずいかな, まだいけない, まづい, までヂョーヂさ, まの, まを, ま奥さま, ま末, も高い, やくに, やり切れるもん, よお, よし惡, り, りとしてこそ, わからないから, わざわざ東京, わるいが, わるいん, ゐたん, ゐないさ, ゐないぜ, ゐないだろ, ゐないといふ, ゐないわ, ゐないわけ, ゐないんで, ゐないン, ゐなかつた, ゐなかつたが, ゐねえ, ゐねえだらう, ゐねえん, ゐまいし, ゐられないから, ゐられませんからね, ゐられません二人, ゐられるものぢ, ゐるが, ゐるな, ゐるのよ, をか, をら, をりました, ん, んお, んじみ, んちよい, んどう, んひとつ, んまあよく, ん一寸, ん弟, ん然, ん育ち, ん臭い, ん話ツ, ァこんな, ァ不可, 上げないよ, 下屋根越し, 仕やうねえや, 仕樣, 何とかならない, 入れないよ, 全く妙, 其の手, 凌げない, 出来る筈, 分らないわ, 分んねえし, 分んねえな, 助けられないぢ, 勿体ないけど, 勿体ないこつ, 勿論ない, 可かんぢ, 可厭, 可笑しいよ, 呉んねえぞ, 啼いた, 困まる, 困りますね, 困りますよ, 困りますわ, 困るつて, 困るでせう, 困るな, 困るわ, 堪らないよ, 夢見たやう, 大へんぢ, 大變, 少しばかり, 少しも, 居たが, 居ても, 居ないか, 居ないだらうな, 居ないの, 居ないよ, 居ない今, 居なかつたで, 居なかつたんで, 居なくつて, 居なさらないよ, 居なさるめ, 居ねえぞ, 居ねえん, 居ねえツ, 居ませんか, 居ませんし, 居ませんぜ, 居ませんでした, 居られねえ, 居られねえよ, 居られんよ, 居らんので, 居りません, 居んだから, 居んだが, 居んで, 引つ込み, 役に立つなあ, 悪い, 悪いから, 悪いけど, 悪いわね, 成らねえの, 成りやすめえし, 成んねえか, 拙いから, 掛け替へは, 放つて, 有りは, 本当に愛する, 本當, 止めたが, 気に入らないかしら, 泣く児, 済まないが, 済まないけれど, 減りやしないよ, 為らないで, 無いん, 無い今度, 無えだ, 甘く行かねえ, 生きてる内, 疎末, 直しやう, 相當タッシャ, 穫れるもんぢ, 育たなかつたかも, 行けない, 解け, 解けた, 解らないわ, 越せめ, 逆旋毛, 過だから, 遣れねえから, 酷いぜ, 飛出しお祭

▼ つとして~ (644, 0.8%)

40 ゐた 29 ゐると 21 ゐる 15 ゐるの 14 ゐて 10 ゐること, 居る 8 ゐられなくなつ 7 立つて 6 ゐました, ゐるに, 居ると 5 ゐたが, ゐても, ゐるやう, 待つて 4 ゐます, ゐら, ゐられなくな, 私は, 自分の, 見て

3 [13件] ゐられないので, ゐられないやう, ゐられなかつた, ゐるが, ゐれば, 坐つて, 居て, 居ませぬげな, 居ること, 居るの, 据わつて, 物思ひ, 聞いて

2 [33件] いらつし, さう, しまつ, そこに, そんなこと, ゐたの, ゐない, ゐないと, ゐなくては, ゐなければ, ゐられないといふ, ゐられないの, ゐられないわ, ゐられない位, ゐられない氣持, ゐられなくなりました, ゐられるもの, ゐるうち, ゐるのさ, ゐるのに, ゐるより, ゐる事, 云つた, 体を, 動かない, 居たが, 居ないで, 居られないやう, 居られない程, 居るには, 時間を, 眼を, 立ちどまつて

1 [323件] あを, あゝと, い, おいであんばいが, おけエ, お寺の, お末, お袋を, こ, この友人, この靜寂, これは, さっぱりし, さつきから, さへ, しまつた親爺には, しや, すわつて, そのま, その好意, その時, その柱, その老人, その飲ませる, それが, それぞれ家へ, それにしても何, それを, そんな言葉, ため息を, たんぽ, ちびりちびりと, どうしたら, につこりする, ねぎの, ふとその, ふるへた, まとまらない気永日永, もうすつぽん, もう砂, ものも, られるか, ゐさ, ゐさせて, ゐたい, ゐたいと, ゐたいの, ゐたこと, ゐたところが, ゐたらあゝ, ゐたら能, ゐたら見附, ゐたら間違ひも, ゐたり, ゐた姿, ゐた彼女, ゐた方, ゐた終るとき, ゐた鵞鳥, ゐては, ゐないから, ゐないしまひ, ゐないで, ゐないね, ゐない子, ゐなかつた, ゐなさるだらうなあ, ゐねえか, ゐねえよ, ゐますと, ゐますので, ゐません, ゐませんでしたそれ, ゐませんな, ゐようさ, ゐよかも, ゐられさ, ゐられず何, ゐられず女中, ゐられない, ゐられないから, ゐられないと, ゐられないほど, ゐられないもの, ゐられない不思議, ゐられない世の中, ゐられない性分, ゐられない気持ち, ゐられない私, ゐられない程, ゐられない衝動, ゐられない風, ゐられなかつたが, ゐられなくて, ゐられなくなり, ゐられなくなり物, ゐられなくなり農学校, ゐられなくなる, ゐられなくなるそして, ゐられますの, ゐられません, ゐられやしない, ゐられるだけの, ゐられる内, ゐられ無いで外, ゐるかしら, ゐるせゐも, ゐるつらい, ゐるですな, ゐるでは, ゐるところ, ゐるには, ゐるので, ゐるばかり, ゐるふう, ゐるほどの, ゐるよりは, ゐるらしいからい, ゐるわけ, ゐるん, ゐる人間, ゐる場合, ゐる外, ゐる女衆, ゐる姿, ゐる小さい, ゐる方, ゐる時, ゐる時ズボン, ゐる此, ゐる殼, ゐる気色, ゐる氣色, ゐる肖像畫みたい, ゐる船, ゐる蟲, ゐる身心, ゐる間, ゐる飼犬, ゐ昼食後ちよ, んのよ, ラムプを, 一ぺんに, 一心に眼, 一息つく, 一時に, 両眼, 九時すぎ料理場で, 何か, 何かに, 何だか考へ, 何にも, 何時までも, 余生を, 來た, 働き蜂が, 先生の, 入らつし, 出きたる, 出て, 加部錬, 動かずと, 動かず二人, 動かないで, 動かない様, 動かなかつた善哉善哉, 動かぬ, 動きません, 又た, 呟いた, 回れ右, 壁に, 天地の, 太鼓に, 女の, 安心した, 定かで, 寝て, 寢て, 寢とる, 小声で, 小説家が, 少しばかり, 居た, 居たもの, 居たら凍え死んで, 居ないか, 居ないため, 居なかつた, 居なければ, 居ました, 居ますから, 居ませぬな, 居らず時, 居られない, 居られないの, 居られないので, 居られないもの, 居られない位, 居られない男, 居られなかつた, 居られなくなつ, 居られぬほどに, 居られぬやう, 居られぬ心配, 居られませんで, 居られよう, 居られんの, 居らんねえ, 居りました, 居るだらうか, 居るに対して, 居るん, 居る一種, 居る事, 居る外, 居る萱, 居る間, 居れない風, 居れなかつた, 居れなくて, 左に, 廻って, 廿日鼠みたいに, 彼の, 彼は, 待ちませう待つ心, 待つてを, 忽ちの, 思はず衾, 思ひ惑, 思わず相手, 急いで, 急に, 怪我でも, 恐怖に, 息を, 息子の, 悶絶すれ, 惡寒とは, 意地悪く, 愛嬌が, 慌て, 戻らうと, 打ち殺さうとして, 提灯を, 故ら, 日の, 明けは, 暖かい春, 更に弁当, 机に, 来た, 松葉や, 柔かくしん, 柔らかで, 栄螺の, 梨枝子の, 椅子に, 横を, 橋をわ, 止まつて, 此方を, 母の, 気持が, 水を, 汗ばみながら, 満里子の, 濡れた首, 然し未練, 独りでは, 生きぬいて, 生き返るかも, 留つてゐる, 畢つて居る, 異様に, 病みわ, 白い大きな, 目も, 石の, 社会といふ, 神を, 私としては, 立ちあがつた, 立去る, 笑顔を, 答へ, 管の, 考へて, 考へに, 背も, 背骨を, 腰が, 腰を, 腰掛に, 自分ひとりが, 著たま, 藤枝に, 裏山で, 読んで, 読書, 読書し, 誰とも, 諸君の, 豆畑の, 足の, 足もとを, 足を, 身ゆるぎ, 身を, 逆に, 途方に, 雨を, 雲の, 頤を, 顏を, 顔を, 顫へた, 風に, 飛んで, 體を, 鳥を, 默つてゐる

▼ つぽい~ (638, 0.8%)

15 ところが 10 やうな 6 ことを, ところの, ものが 5 風が 4 のは, 事を, 匂ひ, 声で, 眼を, 色を, 調子で, 顔を 3 ところを, のが, のや, 亢奮の, 人ね, 樣子を, 眼で, 着物を, 話ぢや

2 [34件] ところは, と來, な, ね, の, のです, もので, ものと, ものも, ものを, よそれ, んだ, 中婆さん, 事の, 光に, 夜更けの, 女で, 家に, 扱ひ, 新らし, 春の, 男で, 男である, 病氣の, 癖に, 絵を, 縞の, 羽織を, 葉の, 袷の, 触感を, 調子に, 運動が, 道の

1 [463件] あひるさんが, あひるさんだつた, あんまり優良, お半坊, お此, お調子屋, かたくなな, からで, からと言つて, からもう, から主人, から何處, から直に, が, がそれ, が何ん, が冷酷, が忠朝, が綺麗さ, が蟒の, くりくりした, けちな, けれどへた, けろりとした, ことに, ことは, ことばかり, ことも, ごはご, さうである, し, しぐさを, しつと, しよぼけた身體, し赤い, ぜ三人揃つて手拭, そしてチミツ, そして黴, ぞといふやう, たちの, ぢや, ですぞ, といふ反, とか, とかそんな, ときてる, とこの, ところがあ, としてもそれ, とは言, とも見える, と思はれる, と思ふ, と言つて, どよめきが, なかで, ながらも整つて, な少し, にも拘らず, にも驚く, のか, のかも, のだ, のだらう, のであたし, のでした, ので少し, ので煖爐, ので男の子等, ので聞えた, のね, のも, の兄, はしきりに, はな, はまた, ばかりのもの, ほどいい, みたいに, むせか, ものだ, ものだつた, ものである, ものでございませう, ものに, ものにな, ものの, ものは, もの深刻な, もの許, もんだ, やうだ, やうに, やうには, よごれた手帳, よれよれの, よろこびが, んで氣味, アンダーラインが, エプロンを, カンバスに, グリンの, コローム版と, ジヤムパアを, スーツに, タチだ, ドロドロの, ポマードを, レコードだの, レストランの, 一室を, 一色に, 一面が, 三和土の, 上に, 不器用さを, 両肩, 中に, 丸善の, 事にかけては, 事にかけても, 五体が, 人かと, 人困らせ, 人殺しの, 人足を, 人間だ, 人駄目です, 仕事位に, 仕業に, 仕草で, 会話の, 位で, 作爲的なし, 傾倒を, 兄の, 光りの, 六郎に, 六郎叔父さんが, 内儀さんが, 円卓子ひとつ買つた験も, 冗談を, 出来心から, 制服に, 勇氣が, 勸進帳で, 化粧を, 南国の, 南画の, 単衣, 厭に, 反抗に, 反抗を, 口許で, 口調で, 名古屋帯といふ, 吐息と, 吸物を, 味が, 味氣ない, 和服を, 哭くやう, 唄だつた, 唇も, 唇や, 唐桟の, 唐紙で, 唾気を, 喪服を, 單衣を, 嘔吐を, 土からは, 地味な, 地面において, 坊さんの, 場所が, 声あどけない, 夏羽織を, 夏蕎麥は, 夕弱妻幼児親戚の, 外光の, 外套を, 夜風に, 大きな歡樂, 大きな物, 大年増, 女が, 女でした, 女です, 女もちの, 奴が, 奴らの, 奴を, 妾とも, 姿で, 姿です, 姿の, 娘が, 娘も, 室にばかり, 家で, 家には, 宿な, 寢室では, 實驗の, 尊大な, 小説と, 少年で, 屋根や, 岩山ばかり, 工場町を, 帶などを, 帽子を, 年増で, 年増の, 年増も, 幻が, 床所在の, 店で, 店の, 引かれ者でも, 弟子達の, 役者には, 往還に, 後家と, 後家の, 心持に, 心理的開展を, 志望溢れる, 応接室, 悪あがきは, 悪戯だ, 悲慘な, 意見だ, 感じが, 感じで, 感じです, 感じな, 感じの, 感嘆を, 感情の, 感覺が, 態度を, 憧れの, 戯曲を, 所で, 所に, 所へ, 所作を, 手は, 手垢ですつかり, 料理は, 新造の, 方だ, 方で御座います, 日ざし, 日の目は, 日本の, 時計の, 晦暝と, 景色を, 暮しを, 書きかたが, 服装に, 服裝が, 朝風が, 木の, 木造で, 机も, 林の, 柔らかな, 根から, 梅雨が, 椽側に, 様子を, 樣子で, 樣子も, 横に, 機嫌買ひ, 母性觀が, 毛糸の, 気も, 気持ちに, 氣持で, 汚物に, 江戸の, 汽笛が, 油絵を, 洗濯物が, 派手な, 浪人, 浴着が, 海風が, 深緑の, 淺草の, 温気を, 湖辺で, 滑稽な, 濕つた外を, 焼魚の, 熱帯の, 爪先に, 父の, 爺さんである, 爺さんに, 牡鷄です, 物は, 玩具の, 田舍の, 男です, 男に, 男の, 男ものの, 男や, 畠を, 痴愚が, 白けた温気, 皿に, 目つきに, 目禮を, 真夏の, 眼が, 眼つきで, 眼つきは, 眼つき彼女の, 眼である, 眼は, 眼多い, 着物の, 睡りから, 石の, 石英安山岩の, 砂礫を, 硝子の, 硝煙が, 碌でも, 磯の, 秋や, 程ばたん, 種類の, 空想の, 空気が, 空気を, 空氣の, 空氣は, 笑い方を, 粗目の, 細雨が, 結び文押し開ける, 絣の, 緑を, 線を, 繪具で, 繪双紙を, 繰言, 美里間切を, 考へ, 耳鳴りの, 聲の, 聲を, 肌が, 背広を, 胸毛を, 脣から, 腐れか, 自分を, 臭みの, 船の, 色に, 花が, 花や, 花模樣の, 芽を, 若者等には, 茂みが, 草の, 草原の, 葡萄いろだ, 葱の, 蒲団から, 蒼ざめた花を, 薄墨の, 藁布團の, 藍色の, 藥である, 處を, 蛾が, 街を, 衣裳の, 袴忍ぶ, 袷を, 袷切髮が, 袷少し, 袷暗い, 褐色の, 褪め易い, 観察が, 言ひまは, 言葉で, 言葉の, 言葉を, 話が, 話し方に, 話でなく, 話には, 調子が, 談話を, 豊滿な, 赤の, 路の, 踊りで, 身の上話を, 輕蔑した, 輪郭を, 迷ひ, 通りに, 道である, 道と, 道ばたで, 道ばたに, 道具が, 道路の, 遣り方, 部屋である, 部屋です, 野原の, 金切聲を, 金髪で, 長外套, 間を, 阿波縮の, 雄鷄です, 雜草の, 雨具を, 霧だけ, 露店が, 青が, 青とは, 青年だつた, 青年達が, 静かな, 面上には, 音の, 頬の, 頭で, 頭を, 頭腦に, 顏とが, 顏には, 顏を, 顔に, 顔や, 顔付を, 風の, 首巻を, 香水などを, 馬鈴薯の, 髪だつた, 髪の毛は, 髪の毛や, 鳩が, 鳩笛が, 鴈治郎の

▼ つ~ (581, 0.7%)

38 である 13 ところは 10 では, ぱあ 7 であった 6 大格闘 5 だと, であるから 4 だ, でなければ, ッて, 眼を, 部屋の 3 だから, であったから, ものを, 中へ, 字崎の, 民の, 腕を

2 [35件] あること, か, かくし, こ, ことだ, つて宜, であったが, でありました, であるか, であるが, ところそれは, ところ彼は, はいわゆる, は下, は器, ものの, ものは, ような, を待つ, 一言ぞ, 上に, 名に, 場所に, 声, 御手, 手, 手は, 手を, 日か, 概念の, 民は, 眼が, 通路が, 間に, 関係で

1 [376件] あげくしから, あさ十時ごろ乾燥所, あらそいを, いとしさ, いり口, うえでは, おさなだ, おしボタンでも, おじさんちょっと, お尋ねで, かくし戸, かたいゆか, かたちで, かもしれない, が好き, が非常, くに鵜殿の, げんのしょうこを, こそまだ, ことかと, ことじゃ, ことです, こもったこと, こもった口ぶり, さきなる, しぼりとか, じゃ, すみで, そして表面漠, たすけを, たよりに, だろうと, ぢや, つたす, つたのだ, つたらうと, つてあるいた, つていつた, つてゐる, つて七月の, つて來て, つて來る, つて俺の, つて来, つて行く, つて言わば, つて野原の, でありその, であり従って, であり悪く, であると, であるのに, でしょうか, です, ですが, ですがね, ですね, でないと, でない限り, ところあなたの, ところこの, ところだれ, ところどうしてあんなに, ところどちらへも, ところぼくも, ところよく, ところわしには, ところわたしの, ところヴェリチャーニノフも, ところ実収高は, ところ少々, ところ彼女に, ところ申上げる, ところ私すら, ところ私は, ところ私も, ところ結局は, ところ落胆は, と人, なかごろの, ならば, ぬけ道, のある, はこの, はじめで, はその, はそれら, はただ, はるばると, はニュートン, は二百部, は修行, は分福, は単に, は同じ, は善い, は埼玉県, は専門科学教育, は彫刻上, は教授手段, は既に, は相, は自然, は至極当然, は難しい, は面倒くさい, ばかり待つ, ふしぎ也, ぶらさがって, へやに, へやへ, ほかは, ほそいりん, ほそい腕, まどろみの, ままみなの, まま狡智の, まみを, ものが, も忘れ, やうに, やら, や秋田, や象, をさげた, をはやし, をもっ, を出し, を可能, を常, を待つた, を忘れ, を忘れし, を忘れた, ッた, ドアが, ビルディングは, ボタンが, マンホールでした, モーターボートの, ラジオと, ランチが, ランチに, 七五郎が, 三段餘り, 下の, 世までも, 丘陵は, 中で, 中では, 中の, 中を, 乳房が, 争いと, 争いを, 人形の, 人形舞は, 人間として, 仕事だろう, 仕儀と, 他は, 仲じゃ, 仲だ, 住居, 体, 信仰の, 修羅を, 修羅図であった, 偉さ, 兄さんが, 兄さんだ, 兄以上に, 入り口を, 兵が, 凄腕に, 出入り口が, 出入り口な, 出入口は, 分派の, 利器を, 十日に, 協同生活で, 印象を, 厚い本, 原書を, 口が, 右手に, 右門流だった, 合戦だった, 名古屋通を, 呑み込み加減によって, 問題では, 善い功徳, 喉首へ, 国が, 国と, 園花とは, 地下道へ, 垣は, 垣ほ, 境地が, 外に, 外は, 夢では, 大挌闘, 大格闘中, 奇蹟の, 好敵手は, 娘である, 子も, 專條なく, 小べ, 小男として, 小窓, 小鼻が, 少女小説の, 尻を, 差金だ, 已むなきに至った, 常日頃, 年の, 座敷の, 庵に, 弟北条左近大夫泰家は, 形で, 御妹, 心を, 応対を, 息喘ぎ, 戸が, 房が, 所女苦労など, 所道誉だけは, 所高氏は, 手で, 手に, 手によ, 手帳が, 手足だって, 持ち物だ, 振袖を, 掌が, 掌に, 政策に, 数は, 方法で, 晩に, 暮らしなんぞには, 書生である, 本も, 本を, 格闘に, 格闘は, 様は, 樹, 樹は, 歯風の, 母子でない, 母子では, 母親を, 民, 水車様の, 活劇を, 活躍と, 派の, 流転そのまま, 浦なる, 海, 滴る風情, 激戦を, 灯が, 燭台の, 父は, 父を, 父御, 父親に, 物語を, 状に, 生活の, 生活を, 用向きであった, 男の子と, 畑が, 発展を, 白兵戦と, 白刃戦も, 白眼ばかりの, 白粉焼の, 皇太子が, 目の玉の, 眼には, 眼の, 眼は, 瞳が, 矜持と, 砲撃戦が, 神と, 秘密を, 笛が, 笛の, 籬を, 絡み付く身体, 絵を, 緑茶を, 美術館を, 翼を, 者ともに, 肉塊すでに, 肉闘や, 肝の, 肩を, 背筋を, 腕前だった, 腹が, 膝の, 膠着万遍といった, 舞, 芽や, 苦患を, 落花狼藉, 蝶, 融合した, 袂に, 袂を, 袖で, 袖を, 覚悟なく, 言だ, 言葉か, 言葉は, 話は, 誂え向き, 説明には, 警告, 豆の, 象まさに, 足と, 蹴るの, 身体は, 身振, 辻駕籠が, 逆証, 通路から, 遊女化せぬ, 道が, 道の, 道具を, 道念を, 部屋が, 部屋に, 部屋には, 金だ, 鋏に, 鋏を, 間にも, 間を, 間柄に, 関係でありました, 関係に, 関係を, 陵の, 音が, 音に, 頃より, 顔を, 類が, 飛ぶに, 食卓の, 首が, 首だ, 首だけが, 首は, 首や, 馬である, 高峰, 鰭とが

▼ つまでも~ (544, 0.7%)

9 いつまでも 8 残って 4 眺めて, 立って, 見つめて

3 [12件] そこに, 居残って, 彼の, 待って, 御恩, 昔の, 残った, 泣いて, 私の, 私を, 続いて, 考えて

2 [17件] いて, いられるもの, ぐずぐずし, そのぶ, それを, 出會, 坐って, 生きて, 眼を, 立ちつくして, 紀久ちゃんを, 見送った, 返事し, 遊んで, 顔を, 魯鈍で, 黙って

1 [445件] あ, ああで, あかしが, あたし達の, あちこちに, あとを, あなたが, あの女, あやまって, あるか, いたいと, いたくなかった, いなくては, いなさいもう, いやな, いること, いるつもり, いると, いるわけ, いれば, うつくしく, おいでなさる, おきて, おけいちゃ, おとなしく, お丈夫, お側にだけは, お変わり, お客は, お引き, お目にかかって, お艶, かかわりあって, かじりついて, からみついて, がんこな, きらきらと, くっついて, くっついてる伯母, ぐづ, ぐるぐる歩き廻っ, こうし, ここに, このまま, このよう, この土地, この明るく, この無人島, この私, この重い, こびりついてるの, こびり付いてるん, これじゃあ, こんなにぐずぐずし, こんな裏長屋, さけびつづけました, さも楽し, しまって, じっと一つ所, じっと佇ん, じっと坐っ, じっと空, じっと立っ, すわり込み自分, そうし, そうしたまま, そっちに, その下げた, その国, その夢, その景色, その矢, その禍, その話, その頁, そばについて, それは, そんなこと, たよりなく, だくっだくっだくっ, だな, ぢつと, ついて, ついてまわって, つきまとって, つづいた, つづきました, つづきませんでした, つづき歩哨, つづくの, つづけて, とけこんで, とどまっては, とどまるだろうそして, とまって, どこかに, ない, ないて, なって, にらみつけた, ねて, のこって, のこつて, のこる女, ひたって, ぼんやりし, まじまじともの, ま心, みどりの, もぐもぐやっ, やりましょう, ゆるがす, よく残っ, よそよそしさ, わびとか, ガタンガタンと, ジイと, ジッと, トグロ巻い, ハッキリと, 一つの, 一つ所で, 一人で, 下手な, 不快な, 中好く, 中途半端な, 丹念に, 人の, 人生を, 人間の, 今松, 付いて, 佇んで, 低回し, 住んで, 住んでるなんて, 何かしら話した, 何かを, 例の, 係り合って, 保たせること, 倒れて, 倚つかかる, 働いて, 僕を, 先生の, 光った, 入れられて, 凝視めて, 分らないはず, 動かず椅子, 動かなかった, 去りかねた様, 去りやらず睨んで, 取りついて, 取り縋つて, 同じクラ闇, 同じ礼拝, 吸いつけられて, 呆れるほど, 呼んで, 呼吸し, 咲きつづけた綺麗, 咲きつづけようと, 喰つつい, 固有名詞のみを, 地均しの, 坐つて, 坐り込んで, 執念ぶ, 声涙を, 変らないで, 夜の, 大きな顔, 天皇の, 奉公し, 妻を, 妻子を, 姉妹の, 始めから, 姫さまの, 娘で, 子供の, 守つてゐる, 守人は, 宿して, 寂しく続い, 寝そべって, 寝つかれずに, 寝ないで, 實在する, 尊くありがたく涙ぐましく仰がれる, 小侍従, 小舟は, 小首を, 居たい事, 居たら飢え渇き寒暑, 居られるん, 居ると, 居るもん, 居るわけ, 居候じゃ, 居据ら, 山の上に, 崇拝されるだろう, 川に, 帰って, 幸福らしい, 床の, 店を, 廣い, 廻るの, 彼は, 彼らの, 彼女が, 彼女の, 彼女は, 彼奴の, 往っ, 待つと, 後生大事に, 従いて, 御前と, 微笑し, 心の, 心を, 心持が, 心置きなく, 忍んで, 忍耐し, 忘られない, 忠実であっ, 恐ろしく, 息を, 悪態を, 愛します, 愛し愛さなければ, 慕って, 憎んで, 成長した, 手を, 抱かれて, 持続する, 揺れた, 搖れ動いて, 摺りへらされずに, 撫でまわして, 擽ぐる, 放って, 故人を, 日本に, 明るいお, 明るい空, 明るかつ, 暗い影, 暮らさる, 未練を, 未解決, 本気で, 束縛され, 果てなき, 根が, 根に, 根気よく, 森の, 椅子の, 楽しくくらしました, 楽しく面白く華美一ぱい, 檻の, 歌だの, 歌って, 止まって, 止まぬ活動, 止まる限り, 此巣窟から, 残されたの, 残り身もだえ, 残り銀造, 母が, 母の, 気を, 永くお, 永遠性に, 沈黙し, 泊まって, 泣きくずれたの, 泣き伏して, 泣き止まなかった, 泣き続けて, 流れまして, 流れるの, 流離し, 流離しなけれ, 海を, 浸り込んで, 消えない怒り, 消えなかつたの, 涙ぐむこと, 涙を, 淋しい涕, 清浄に, 渦巻きます, 温泉宿に, 湯の, 漂って, 無心に, 無情い, 無駄話を, 燃えつづけました, 片袖, 牛が, 牛肉屋の, 独りじゃ, 独りで, 独身で, 玩んで, 甘へ, 甲斐ない, 甲高な, 男を, 男二人は, 発見されない, 白い輪, 目に, 目を, 盲目の, 相撲ば, 眼瞼の, 硝子扉の, 硫黄のに, 私が, 私達に, 穴の, 穴を, 立ちすくんだよう, 立ちつくす, 立ち止まつたまま, 立停っ, 童男童女たちの, 端坐してる, 竹の, 笑いに, 答えない, 素人の, 続いた, 続き上州, 続き何度アンコール, 続くの, 続けて, 綺麗に, 繋が, 織屋, 繰り返して, 繰返して, 續い, 置いては, 置いとくわけ, 置けるもの, 義理立てし, 考えつづけました, 考えに, 耳に, 耳の, 耳を, 聞えて, 聞こえて, 聞こえる, 肱を, 胸に, 脈を, 腰を, 膝を, 自分に, 自分の, 興味を, 苦いもの, 苦労しなけれ, 茫然と, 葉子の, 薄暗の, 見おくつて, 見つめる癖, 見て, 見とれて, 見入った, 見入るの, 見守つて, 見詰めて, 覗きこんで, 話しこんで, 誰も, 誰れ, 谷にのみ, 責められます, 責め立てられます, 貼いて, 赦されると, 赫い, 走りまわり第, 起きて, 起き上って, 起って, 足を, 踏み止まって, 躊躇って, 身を, 転々し, 軽く撫で, 輝き多く, 辛棒強く, 辺りへ, 追って来られる, 透かし覗い, 通じないらしいので, 遺つて, 都の, 酒を, 酔って, 醜い小犬, 鋭く残された, 間歇熱の, 関り合っ, 附纏っ, 降るに, 陽が, 隠れて, 離れようと, 雨もりで汚れた, 震えながら, 響いて, 頑固な, 頑張って, 頭を, 飽かずに, 香気を, 馬車に, 馬鹿扱いだ, 鰥夫で, 黒く突, 黙っちゃ, 黙らせて, 黙りこくって, 黙然として, 鼓を

▼ つても~ (518, 0.6%)

154 よい, よろしい 3 いい, これは, そこには, よからう, 彼は, 私は, 自分の, 過言では

2 [22件] あせつても, いいかも, いい位, こ, そこに, その人, それは, つひに, なか, 一と, 二人の, 今の, 何も, 其の策略, 宜しいと, 差支ない, 差支へ, 津村君の, 濟むべき, 第一, 米と, 返辭

1 [427件] あなたは, あの, あまりい, あやふやな, ありつたけ, あれだけの, あれは, あれを, あんなに死亡率, いいくらい, いいじ, いいの, いいやう, いいコポオ, いい人, いい涙ぐましいほどの, いつも親しくなつかしい, いまの, いろいろに, うがつ, うれしい, うんうんとよく, え, おお, おもしろくも, およそ軽蔑, およろしい, お兄さま, お孃樣方, お年が, お次には, お留守居, お礼さへ, かういふ面倒, かういふ風, かのセクショナリズム, かよわい女, からすの, きく病人, きれいな, この広い, この集り, これまで, ごく稀, さう, じつに時代, すぐれた人, すぐれた技巧, すでに不可能, そのあと, そのため, そのスマート, その住ん, その句, その名称, その後の, その猛烈, その質, それが, それでは北京, それほどまでは, そんなに生物学界, そんなに生物學界, そんな筈, たツ, ぢも, とても下げ, ともかくあれ, どうぞ恐ろし, どつて來, どんなを, どんな人間, なあんだと, なかなかおろせない, なかなかなくならない, なかなかねつかれなかつた, なにも, なにより, はじめから, はつきり云ふ, はつきり違ふ, はなはだ効果的, へえへえいつ, まさか泥棒, まず第, また人間, また同, まだまだ明治時代, まだ写実, まだ十三, まだ米, まゐつた, もうだれ, もう虎髯, もとの, もとより確實, やつぱり僕は, やまない, よいかと, よいこの, よいほど, よいほどの, よい程, よくきつく結んだ, よくこの, よろしくない, わかり易い, わたしは, ジャック, ジョーは, タイピストの, ダグラスが, ヂョウジアァナと, ピヨトル大帝以來の, フランス製品には, ポケツトには, ヨーロッパにおいて, 一つの, 一切構はずに, 一国の, 一度, 一日乃至, 一日黒けて, 一枚も, 一番いけなかつた, 万両の, 万事に, 世の中で, 中, 中國, 中学の, 中途半端で, 主に, 二つの, 二年この, 二日か, 二科展では, 人の, 人間は, 人間的親し, 今では, 今と, 今上の, 今以上の, 今石塔, 仏蘭西風の, 仕方は, 伊達は, 住心地の, 何の, 余りに芸術的低調, 例の, 俳優の, 個人としては, 健康第, 僕は, 僕を, 優に地理學者, 兄さんの, 先づ門口へ, 先に, 先方は, 先生の, 兎に, 入浴ほど, 八十歳なら, 六十八歳である, 其の少, 其れ, 其鏡は, 出版の, 判ること, 別に, 別段用事, 前の, 劣悪醜, 勘次は, 匡救事業は, 十一世紀から, 十代の, 千金に, 午後の, 半四郎と, 半年や, 単なる伯父, 原稿紙一枚以上の, 又私たち, 及び難い, 口で, 古い事, 可い, 可嫌, 各事件毎, 各時代, 名前は, 君たちだ, 君は, 呉れないのよ, 嘘だ, 困るん, 土田氏の, 垣ひとへ, 堂々たる名前, 変則だ, 多いの, 多くの, 夜の, 夜は, 大きな間違, 大切な, 大劇場向き, 大学の, 大年増, 大潮の, 天子に, 天草である, 奉公中の, 女が, 女は, 好い, 好いなら, 好いやう, 好い老女, 好きだ, 如何に, 妻といふ, 妾の, 始終膝, 子や, 子供だ, 安子は, 安眠第, 宜い, 宜いのです, 宜いんだ, 実人生, 客が, 家柄が, 實に, 寳, 將た, 專ら東洋で, 小作人は, 少年は, 山は, 山を, 山田の, 屹度噛み殺され, 嵌らぬ, 巣鴨と, 差別が, 差支なく, 干物の, 年は, 年代が, 年若い, 度々見舞, 廣大な, 当の相手, 当時人気の, 彼を, 後に, 快く返事, 悪くなかつた, 悪口を, 情熱である, 惚れる自由, 惜しい, 意識は, 戦争は, 所謂畠水練で, 手を, 承和, 招かれざる客, 接触した, 敗けない, 新しいと, 新しい時代, 新夫, 方返しが, 日暮れ方から, 日本が, 日本の, 明らかに, 明治二十六年の, 明治十三年生れである, 春は, 昨夜は, 是を, 晩年熊本に, 書籍の, 朝晩は, 朝酒は, 木活字は, 本た, 本家分家の, 東海道ほどに, 枕としては, 桂月氏の, 樹明兄の, 機械的で, 正義という, 此処が, 武田軍二萬に, 死ねば, 殆ど東京の, 民政との, 氣持ちの, 水が, 江戸時代から, 決して人, 決して贅沢, 沢山の, 洒落た人, 浪漫主義的で, 海岸に, 淋しいこと, 済むべき筈, 源の, 源助と, 滿點では, 無理な, 無理に, 無關係, 無駄よ, 照りつける日, 熊本は, 現在に, 現在の, 現在身を, 甚だ漠然とした, 生活程度が, 生涯の, 用字法から, 申上げた, 癪に, 皮肉な, 直ちに天皇暗殺, 相應, 相手に, 眠りません, 眠れなかつた, 矢つ, 矢張り俳諧師でござる, 砧手である, 私が, 秋の, 種々考へた, 突き留める, 窶れた卯平, 竭きない, 竹刀に, 第二册目あたり, 箱根だけ, 素晴しい, 細君一人が, 結局覗つてゐる, 結構であります, 總ての, 美しくて, 義理が, 翻案の, 老人同志の, 考へなければ, 考へると, 肯き入れません, 自分よりは, 自殺の, 自然に関する, 自由でございました, 舅姑の, 舊い, 良いほどに, 芥川さんは, 若い女, 若かつたの, 苦しまぎれの, 英国首相ロイド・ジヨウジ氏を, 菖蒲が, 落ちついて, 落着く, 葡萄畑の, 藤崎専造より, 藤村君の, 表面は, 製鉄所の, 親の, 親は, 親戚間の, 親達に, 観察からい, 解き方の, 解ります, 言はせ, 言はれます, 言ひす, 言ひ過ぎで, 誤りでは, 誰か, 誰かが, 講壇上の, 返事を, 迚も, 送ると, 過言でない, 道路が, 違ふも, 部屋の, 郷土風の, 酒が, 酒は, 金は, 間違ひ, 雨らしい, 雲鶴手三島手の, 霜で, 露骨に, 頑として受け付けない, 食料品として, 養子の, 駄目だ, 駄目です, 體が, 髪床や, 鮎釣りが, 鳥右さんは, 齢は

▼ つぱい~ (422, 0.5%)

108 になり 7 に受け 6 の人出 5 でした, になる, 飲んで 4 です, 咲いて, 溜めて 3 である, でございます, に吸, のもの, の仕事, の日かげ, の笑顔, 食べて, 飲んだ

2 [26件] だと, になりました, に呑ん, に噴きだし, に射し, に射しこん, に引きあけ, に感じ, に振舞, に横, に流れ, に浴び, に溢れた, に漂, に照る, に生き, に自分, に飾つて, の努力, の情熱, の表情, 入れて, 射しこんで, 湧いて, 溢れて, 飲むこと

1 [285件] ありがたう, ある大きな, うまい, うれしいこと, おいしいおつ, おつ, が少し, が飛行機, しこたま詰めこまず, すがすがしい匂, そして疲れき, その林, だよ, でしたが, でしたので, ですから, で押される, で眠られる, と弱る, ならば, にある, にいたずら, におみ足, にした, について赤, になります, にほとんど, にツチ, にヒヤシンス, にラケツト, に交錯, に今, に仕上げ, に伸び, に例, に俳句, に働かす, に働き, に充たし, に入れた, に八月, に出さう, に列, に動い, に匐, に叫ん, に叫んだ, に吠, に吹き込みました, に咲い, に咲き充ちた, に喚びおこす, に四谷, に埋まり来る, に場所, に奥, に密雲, に岩, に広がる, に弓, に張り, に張りつめ, に張りひろげ, に彩る, に快い, に思ひだされた, に愛し, に憎ん, に懸け並べ, に投げつけた, に抱き, に押しつぶす, に拡がつた, に擴大, に散ら, に散らばつ, に敷きつめた, に昇る, に明け放す, に映つ, に書い, に書類, に朝日, に枝, に椿, に楽しい, に注ぎ, に流れました, に流れ出した, に渦, に渦まい, に湧きました, に湯, に溜, に溢れ, に滴る, に潜み, に燃, に現, に生え, に白い, に百雷, に相違, に眞, に眺め, に眼白籠, に瞠つて, に積ん, に立ちこもつた, に立ち匂う, に笑, に笑つて, に籠つて, に粘土色, に紅, に繁つたポプラ, に罫, に脱ぎ, に腕, に膨らまし, に膿, に花子, に若葉, に蒲団, に見えた, に見せ, に詰り, に貴方, に赤い, に足, に蹴あげた, に輝い, に透, に銅羅, に開い, に開いた, に開け, に雲, に電灯, に頑張つ, に飛び廻る, に鼻汁, のお世話, のお爺さんお婆さん達, のお願い, のこと, のこの, のところ, のやう, の両手, の人だかり, の光, の動作, の口, の塵, の大き, の崖, の帆, の廣さ, の心臓, の怪物, の息, の日向ぼつ, の春, の春江, の月, の朝日, の朝日影, の楯, の樂しみ, の氣持, の水, の涙, の液体, の無色, の物, の生き方, の皎, の瞳, の空, の空想, の笑, の羽根, の背のび, の胸, の藤棚, の言葉, の詩集, の誇張, の謝意, の輝き, の辛抱, の返事, の金歯, の金色, の閑, の靜, の馬, の魂, の鮮血, の麦飯, はりさけるやう, はりつめる, は手元, は釣れる, より良く, を伊豆西海岸, を飲ん, バタバタふつ, 並んで, 出て, 出てを, 出来て, 分けて, 動かすと, 叩いた, 叫んで, 呑まして, 咲いてるし, 坐つて, 塗りたくつて, 大きな声, 孕んだ朱船, 実つて, 居るし, 干菜, 平茸, 引きしぼると, 引つかけた態, 彫り込まれて, 微笑みながら, 思ひ出, 愛してを, 或物, 投げつけた, 投げ込んで, 抱きしめる, 持つて, 振りながら, 掬んで, 放り投げた, 散らかつて, 書く役, 泣きだしました, 浴びた死者, 浴びて, 浴びながら, 溜めた眼, 溢れたとき, 生きて, 盛られて, 積んだ荷車, 積んで, 立ちこめそして, 立ちこめその, 立ちこめて, 立ち塞がつて, 立並んで, 経たないと, 見える, 見せて, 詰めこんだらす, 詰めこんで, 詰め込んだ, 赤い小さな, 走りだして, 踏んばれ巌, 載せて, 開けて, 附いて, 集めた, 青い絨氈, 食べさせて, 食べたいと, 食べたそしてまた, 食べても, 飲みたいなあ, 飲み小声, 飲むうまい, 飲んだこと, 飲んだこんなに, 飲んだそれ, 飲んだ水, 飲んだ蒲団, 黒い烏

▼ つとは~ (421, 0.5%)

204 なしに 5 無しに 3 精を, 誠も 2 いつて, なくこの, なくその, なく口, なく私, なし伸子, みとめて, 云えない, 蕪木の

1 [188件] ありさ, いえしかも, いえ一心堅塁, いかなる出来事, いったいどんな, いふ事聞いた, おつきあ, およろしい, お前おらの, お氣, ここへ, して, ぢらさなき, できるかと, どうだ, なく, なくある, なくそう, なくそこ, なくそれ, なくそれら, なくだんだん, なくひとり, なくふたり, なくほとんど, なくぽ, なくまぶた, なくやきが, なくわが子, なくわたくし, なくパンスケ, なく両国, なく二人, なく人々, なく何, なく全く, なく又, なく奉行所, なく宵明り, なく少年探偵団員たち, なく屋内, なく引きつけられて, なく彼, なく徃時, なく忘れ去られて, なく愉快, なく意識, なく持って, なく日, なく根, なく次第, なく比べて, なく気づき訝かしく, なく泰西, なく津軽海峡, なく父, なく物心, なく特に, なく眉, なく社会, なく突き当った私, なく米飯, なく紙屑, なく考え込ん, なく草鞋, なく藩邸, なく血縁, なく行宮, なく観察的, なく話, なく諸, なく諸方, なく踏みならした, なく輪, なく農山村, なく遠のいて, なく集り住みて, なく非常, なく頼朝, なしくっきり, なししみこんだ, なしその, なしの, なしはじまっ, なしひろがっ, なしみんな, なし今, なし作用, なし半, なし即, なし吹きわける, なし均平, なし女, なし導き込ん, なし崩れ, なし影響, なし悟った, なし文学, なし日々, なし時, なし淡い懐かしみ, なし甘く見られる, なし米沢, なし腐っ, なし自己, なし自然, なし若い竹内, なし衰弱, なし話, なし鈍らされ, なし音信, なれて, のう思い, ましに, もう少し何とかな, ものの, やつて, 世間に, 人並に, 何な, 俺とも, 僕の, 僕等に, 利き目, 効き目が, 動きを, 取持役, 可愛くなるでせう, 吃れよ, 吹けるだらうが, 大きいかなと, 大眼, 己惚も, 思出に, 性根が, 恥しいの, 愚痴でも, 我慢を, 書画骨董の, 有名な, 期待出来ないであろう, 樂に, 此方へ, 気も, 気を, 決めないから, 無し破り, 独り人間同志の, 理窟も, 申しながら, 痛いよ, 痛みは, 目前の, 睨みの, 知らず在天, 知らず深き, 知らず若い, 知らない間, 知りあへ, 知れずその, 知れず再び, 知れず割れ落ちて, 知れず心魂, 私の, 稼げるし, 笑顔を, 羽根でも, 考えられない, 考えられないの, 自分で, 蓮を, 見物も, 語られるの, 識れず, 負けン気が, 足でも, 路が, 身に, 身のほどを, 辛抱し, 辛棒も, 遠慮し, 遠慮しろ, 間違ひもあるだらう, 限らない, 限らないし, 面の, 驚いても

▼ つ~ (420, 0.5%)

10 を二三人 9 の一人 6 を五六人 5 に任せ 4 に見張らせ, のくせ, の家, の平次, の辰, を狩り出し

3 [13件] が三人, が二三人, が二人, が來, が飛ん, だ, に取, の身, をつれ, をやつ, を一人づつ, を動員, を走らせ

2 [24件] が二, が持つ, が鵜, だから, でその, では身分, で八五郎, と一緒, にし, に言, のたしなみ, のところ, の報告, の女房, の子分, の宗吉, の癖, の竹, や手先, を二三人狩り, を何人, を呼び付ける, を存分, を集め

1 [279件] がいろ, がお, がそんな, がウロウロ, がヨチヨチ, が一人, が一生懸命, が二千五百石, が五六十人, が五日がかり, が入, が八五郎, が動員, が十手, が厭, が口, が嗅ぎつけ, が固め, が外, が大きな, が大事, が少し, が平次, が待つ, が思ひ, が教, が明神下, が束, が武士, が歸つて來, が泥棒, が町役人, が知らせ, が神田中, が聞い, が脇差, が腕, が腹, が蚯蚓, が血眼, が袖の下, が野次馬, が陣, が飛出す, させぬ嚴, させぬ膝, だからと, だが, だつた, だつて鬼, だな, だらう此處, だ遠慮, でい, でした, ですから, ですよ, でまだ, でもお前, でも目明し, で化粧, で澤山, といふもの, としての平次, として異常, とはあまりに, とは縁, とも見えぬ, とゲジゲジ, と三人, と八五郎, と力, と手, と水茶屋, と瞳, と知つて, と聞く, と聽, と鐵心道人, なぞで, などが檢屍, などといふ人種, などにお, などに取, などに用事, などに縛られる, などの中, などはまるつ, などをからかひたがる, ならずアタフタ, ならぬ大事, ならぬ窮境, なら殺して, なんかし, なんかにし, なんかやめつち, なんか手, なんてもの, にこ, にしたい, にしてやらう, にしなき, にする, につれられ, には勿體, には十手, には岡, には斯, には相違, には過ぎた, には違げ, にもお前, に六助, に包圍, に叩き起され, に商法, に對, に引拔, に後, に恥, に捕へられ, に擧げられた, に案内, に死骸, に泊られる, に猪, に用, に番所, に癪, に睨まれ, に睨まれた, に絡ん, に縛られ, に縛られる, に繩張り, に脅かされ, に見, に見張り, に訊く, に調べさせる, に護られた, に負け, に送らせ, に逢, に預け, に預けた, に頼ん, のこ, のたしなみだ, のダミ聲, のマゴマゴ, の人力, の仲間, の仲間入り, の傳授書, の八五郎, の前, の勘助, の勝, の又, の口, の名人, の問答, の地, の大, の居ない, の差圖, の市助, の建前, の忠吉, の忠告, の手, の手綱, の方, の智惠, の本性, の機嫌, の湯島, の生活, の皆吉, の眼, の私, の習慣, の耳, の見る, の觸, の變裝, の辰三, の遠慮, の配偶, の鑄掛勝, の頭, の顏, はし, はそれ, はたしなみ, はない, はもつ, は一團, は休み, は何百人, は八五郎, は和泉屋, は四つ, は嫌ひで, は思ひ, は救, は斯, は日本橋, は本, は止め, は用事, は砧右之助, は精一杯, は罪, は自惚れ, は苦手, は道, は醜男, は重三郎, は錢形, へ來, へ附け, まで江戸, もこれ, も何ん, も兵法, も誘ふ, や坊主, や町役人, よりあの, よりは家主, より易者, より武者修行, をし, を三人, を三四人, を三四人使つて, を三四人狩り, を下, を二, を二三人やつ, を二三人使つて, を二三人動員, を二人, を五六人驅, を使つて, を使つて一日, を六七人, を出し, を呼びよせ, を呼ん, を四五人, を怖がる, を手傳, を指圖, を案内, を止し, を狩り集め, を番人, を監視, を相手, を督勵, を稼業, を精一杯, を總動員, を見送つ, を見送る, を走らせました, を走らせる, を迎, を配置, を集める, を頼めとで, 任せで, 取らなくては, 組んだり, 考へて, 驚いたらう

▼ つそり~ (419, 0.5%)

11 して 6 とした, 入つて 4 した女優, のつ, 出て

3 [11件] と, と來, と出, と大きな, と現, と衰, はいつ, はひつ, 忍ばせて, 忍んで, 歩いて

2 [26件] した肩, しますよ, するよ, としてゐる, とその, とはいつ, と一人, と入, と塔, と夜, と室, と寂しく, と戸口, と痩せ, と痩せた, と眼, と立つ, と落ち, と行, と首, に半, の憎, 呼び出して, 痩せて, 降りて, 黙つて

1 [299件] あるいて, お城, お招き, かくれて, がひとし, が嫌ひだ, が来し, が目, きかずに, した, した卯平, した天使, した女, した娘ぢ, した小僧, した小女, した小娘, した影法師, した彼女, した後ろ姿, した態度, した白い, した肉付, した脚もと, した脛, した膝, した若い, した親密, した身, した身體, した雄, した顔, しては, してはを, しのんで, しやつれて, する, するまで, するもの, するやう, だけで済し, だ馬鹿, でかけました, でもそれ, でもよい, でも恥辱, で悠長, で浮世, で馬鹿, とあの大きな, とあるい, とあわて, といつた, といふ忌, といろんな, とお, とかうい, とからだ, とこけ, とし, としてをります, として家, として悠長, として眩しい, として箸, として草, として草履, とそこ, とそのほんの, とつい, とつて, とで, となほ, となりやつれるべからず, となる, とはひつ, とは来る, とひそか, とまた, とまだ, とみ, とみんな, ともつ, とやつ, とやつれと, とわけ, とサン, とトイレット, と三番, と三畳台目, と上つて, と上流, と下り, と乞食, と元, と其の, と再び, と出掛け, と力, と匙型, と十分, と半, と呟きつ, と咲い, と囁い, と四方, と女, と始末, と姫, と姿, と娘, と家, と家僕, と寒う, と小, と小さく, と巣, と帰つて, と帰つて行, と年, と店, と弱り, と彼, と彼女, と往生, と待ちかま, と思ひ切, と懶, と手, と手紙, と拂, と掴み, と攫ん, と暗示, と會, と村境, と来, と横切り, と泉, と泣いた, と泣き, と泥だらけ, と泥棒, と海岸, と深志, と減つた心持, と減つて畢, と減る, と湖水, と潜つて, と濃い, と無作法, と無遠慮, と父親, と玄関, と現れた, と生気, と稔つて, と突, と突立つて, と窶れた, と立ち, と立ちあがつ, と立ち上つて, と立ち上る, と立つた, と算, と聳え立つ, と肉, と肩, と腰, と腹, と臺所, と芝居, と草葉, と落ちた, と藻, と螺旋形, と見, と見た, と覗かせ, と言, と診察所, と誰, と赧, と起き, と身, と車, と這, と這入, と通りかかる, と遊び, と避け, と部屋, と酷い, と間, と階段, と隠れた, と霧, と青く, と顔, と風, と飯臺, と魔, と麻痺, と黒い, なら損, にやり, に似, に同化, に命けら, に大切, に謝罪ら, の噂, の癖, の領地, の頭, はいる, はひ出す, は何処, は憎い, は気, ひそんで, ふかして, まねて, もまた, も喜悦, やつて, やつて來, やつれて, を軽しめたる, を驀向, ハッと, 下りて, 乗り入れて, 亡くなつて, 伺ふと, 住んだか, 出かけました, 出掛けたの, 分らぬやう, 削け, 又新しい, 呟いて, 呼んで, 咲いて, 囁いたといふ, 大女, 尋ねた, 少しづつ喫, 少しも, 少し怒つ, 届けて, 弄べも, 御ところ, 御申入れ, 忍び寄るから, 忍び込み, 忍び込んで, 懸けて, 打ち明けたの, 抜けだして, 押しこんだだよ, 持ち込む道, 捕つとる癖, 暮させて, 来て, 来ては, 枯れた, 甘い汁, 生かして, 痩せたせゐか, 痩せたと, 痩せたよう, 痩せ細つて, 盗んでしまつたん, 空いた腹, 立ちあがつて, 立ち上つた, 立ち去る志村, 羨しが, 老けたと, 考へて, 聞いて, 若い者, 落ちて, 見て, 計つて, 訪ねて, 貯めて, 起きて, 起き上つて, 近寄つて, 送つて, 逃げ出して, 過ぎてしまつた, 附けて, 離れて, 食べて

▼ つ~ (352, 0.4%)

15 のこと 7 お帰り 6 から始まった, の事 5 から, ですか

3 [11件] か, からある, からここ, からこの, からこんな, からそんな, からだ, から来, だったの, 帰るの, 書かれしもの

2 [22件] お求め, からお, からか, からか道鏡, からその, からどうして, から出来た, から初, から始めた, から江戸, だか, だつたか, でしたろうか, です, なん, になる, の作, までいる, まで滞在, 帰って, 帰りますか, 訪ねて

1 [231件] あくので, いかなる人, いったら彼, いらっしゃいますの, おかえりに, お亡くなり, お出来, お帰宅, お手, かしらと思つて, かとなお, かねそれ, かはつ, からあった, からあの, からあれ, からあんな, からおから, からかしきりに, からかそれ, からかという, からかといふやう, からかはよく, からかまた, からかよく, からか人前, からか兄, からか分らない, からか小宅, からか彼, からか後学, からか私, からか薬餌, からこうして, からそういう, からそこ, からだったろう, からである, からでしょう, からのお, からのこと, からの事, からの創始, からの山づとかは, からの建物, からの約束, からの風俗, からはじまった, からはじまつた, からわるい, から世の中, から住ん, から出, から出た, から君, から周助, から太閤, から宝蔵院, から廃れた, から弄ばれ, から当家, から悪く, から惡, から我国, から文学, から来てる, から水戸, から泊まった, から流行, から無くなった, から然, から當寺, から疊替, から発達, から眠れなく, から眠れなくなった, から私, から置きなすった, から行かなく, から行われ, から見えぬ, から親しく, から起った, から転じ, から通っ, から闇, から雨, か一人, か一本, か不明, か北国, か夕刻, か忘れた, か知らぬ, がほんとう, このお寺, この像, この辺, ご出府, ご帰館, じゃ, じゃったっけな, すむかしら, その里, だ, だいと, だそれ, だったか, だったかいな, だったかも, だったけ, だったろう十時半頃, だな, だらうと, だろうか, だろうねえ, だろう実際, っから, であったか, であったかは, であったの, であつ, できたん, でございました, でございましたか, でございますな, でした, でしたか, でしょう, ですかな, でせう, とまでその道, ともしれない, と思う, と思っ, どういうふう, どのよう, なくなったん, なくなりけん形見, なの, にこの, になったら帰る, になつ, になれ, にや, にヴァイオリン, に出, に帰国, に投げ, のお客さん, のことだい, のもの, の今しがた, の作やつ, の本, の知識, の開墾, はじまったいつ頃誰, は共に, ふと己, また出かけられるだろう, まで, まであっち, までうち, までにその, までに出来上がる, までは院, までは鳩, まで信州, まで存, まで市場, まで持つ, まで残っ, まで生き, まで石器時代, まで雪, まわるか, もどるか, やる, よりの事, より開かれたる, を背景, 亡くなりなすったので, 亡び去ったか, 伺って, 出るでしょう, 出來, 出来たの, 出来たもの, 出来た言葉, 出来ましょうか, 出来上るつもり, 参ったらよう, 咲いたかしら, 始まって, 帰ったの, 帰られるやら, 帰るか, 帰るかといふ, 建てたもん, 御亡くなり, 御入用, 御出張, 御参府, 御帰り, 来た, 来たの, 来て, 来られた, 来られます, 死ぬの, 殺されたん, 殺されるん, 済むだらうか, 渡らせられますか, 登って, 着くだろう, 終ったか, 行くん, 行ったらよい, 行われたか, 見えるの, 覚めたろう覚めた後, 起こったの, 起されまた, 起ったか, 起ったかと, 送って, 這入ったやら, 食べられます, 飲んだの

▼ つ~ (314, 0.4%)

38 いよこの 10 りと 7 とお, と先 6 と行つて 5 と, と家, と歸, と行, やつこら 4 うとして, とその, と二階, と奥, と廊下, と自分, 行きましよ 3 いその, と上, と部屋

2 [20件] えつさつ, つとお, つと出, とこの, ともと, と其処, と坂, と学校, と室, と山, と手, と東京, と林, と海, と茶の間, と蒲団, と風, ゆつ, 押せ, 行きませう

1 [144件] いい, いいは, いかけないよう, いさうである, いすて, いね, いまのび, う, うごけば, うと, うとしてか, うはつきり意識, うみぢん, うも, う小鳥, う心細, う苦痛, が美し, さつ, すすきの, つさと, つとおとし, つとした, つと上手, つと占領, つと意慾, つと樺太, つと歩き, つと空, つと空氣, つと立つ, つと縱横, つと行過ぎぬ, つと銀, つ水, とあるきました, とおいで, とおつもり, とお勝手, とお家, とかへつ, とそこ, とそれ, とどこ, とひつ, とひとり, とびん, とガラス戸, とバス, とブチ, とリュック, と一圓五十錢, と一杯御馳走, と上つて行, と上手, と事務室, と人々, と他, と伊庭, と何処, と作者, と來, と元, と先生, と入, と切つてしま, と千本家, と卓子, と友達, と口, と向, と唐鍬, と嗽ひで, と地獄, と埒外, と埼子, と夕飯, と外, と大, と大股, と大阪劇場, と奧, と子供, と小, と山谷, と左, と市ヶ谷, と帰り仕度, と庭, と引, と御, と御殿, と応接間, と戯曲, と戸外, と手前, と本, と柴, と横, と次, と歸えり, と歸つて了, と歸つて行, と水しぶき, と沓脱, と湯, と湯殿, と湯気, と源八さん, と猫, と玄関, と町, と畑, と着物, と石, と神田, と秋川邸, と箸, と脇目, と自動車, と臺所, と蒲團, と行つて了, と行つて畢, と被, と言つて, と軍門, と金剛座, と階段, と頭巾, と風呂, と飯, と駅, のき, まねけば, ゆさ引振ふと, よや, らし, りえ, りこ, アん, ツさアと, 何んで, 押せ押せと

▼ つから~ (293, 0.4%)

6 である 3 いつまで, お便りを, ここに, 宜い, 私は, 面白いとも

2 [16件] あんたを, ここへ, こんな, しなところ, しの, そこに, であると, 今みたいな, 俺は, 先に, 君に, 少し氣, 延びる事, 来て, 氣にも, 考へ直して

1 [237件] ああし, あんさんに, あんなしゃれた, あんなになった, あんなに飲み助, いいまして, いたん, いないの, いはう思, うせやが, うまくいく, え, おめ, おれだ, お声がかり, お宅, お聲, お聲がかり, お見え, お越, かつちや, かん, かんだから, かんで, かんに, かんにな, こ, こちらに, この世に, この京都, この仕事, この庭, この立場, した悪人, した所, しであること, しでは, しといふ, しなやう, しなんだん, しな風, しにな, しは, そういう噂, そうなった, そう見える, そして又, そなた, その治療, そら此處, それまで, そんな信念, そんな物知り, ためたるか, だ, つて仕事畢つ, でございますよ, ですか, どうしてこの, どうしてそんな, どうせ利男, どつち, のが, のは, はじまつたもの, はじめられた, はなれなかった, またいかなる, みせに, みつし, みても, もし適当, ものを, やだ, やって, やり直しだ, わしが, わたしを, アルコールが, ブツつり引つこ, 一緒に, 一言も, 三里も, 上つたの, 下らない男, 下手人を, 世間の, 之を, 乗換えたか, 二三軒男の子の, 二人にや, 人騷がせを, 仕やう, 休んでは, 伸びる事, 何も, 作って, 作つてゐました, 來た, 來て, 係蹄にか, 俺れ, 先だつて, 入って, 入場し, 八さんが, 其処に, 其方へ, 其處は, 出して, 出て, 出払って, 分類せられ, 初めたの, 初めや, 別にどうしよう, 勢いとして, 千住へ, 参るの, 又どこ, 味噌は, 喉笛へ, 大ヨタ, 奉公し, 奉公にでも, 奉行の, 始まったこと, 始まりますか, 始まりますかと, 始まるはず, 始まるん, 始めたか, 始めたの, 始めるつもりだい, 學校も, 家が, 家へ, 家業に, 寝なすったん, 小作の, 少し気, 尽きようとは, 居たの, 居るの, 岡持が, 川岸の, 帰つて来なかつた, 待って, 待つて, 御奉仕, 御移り, 御飯を, 悪いこと, 惚れてか, 成り立つ見込, 我を, 手を, 手品師に, 承知で, 承知の, 持って, 持つとりやせん, 斯様に, 日本に, 旦那と, 是を, 書物に, 来てるの, 次第, 此の, 此処に, 此方へ, 歸る, 気にも, 泥んこに, 深ん坊ぢ, 渡って, 父君義母君を, 現場を, 生活に, 生魚を, 町奉行の, 畚擔いで, 疑つて, 痛い, 皆が, 知つた, 知り合いか, 石が, 石塊に, 社會との, 禁止に, 私を, 私困る, 移るの, 稽古し出した, 積んで, 空に, 窯数から, 笠に, 約束なんて, 考えると, 聞いたがなあと, 腫れたの, 膨れたの, 臭って, 芝居でも, 茶碗買つてそれさ, 蕎麥を, 行かねえつたつて, 行くよ, 行くん, 行る, 見えないつて騷い, 見えないん, 見てるから, 見ないか, 見ぬいて, 見ろ, 見ろうあれ隣, 見張つて, 言へば, 詰め切つて, 誰も, 調べ疲れ, 貰ひなさる, 起きてるの, 足が, 農會の, 遊びの, 間に, 附けて, 雇われて, 風が, 食べないの, 鹽の, 黄金佛に

▼ つぽく~ (290, 0.4%)

26 なつて 5 乾いて 4 なつた 3 さへ, て, なるの, はある, 見えた

2 [13件] して, する道理, てそして, て人, て愛嬌, なつてしまつて, 眼に, 色の, 襟の, 見えて, 見えます, 見える, 頭を

1 [214件] いふならば, うつるかも, おし上げ, おなりに, お守を, かう言, からかはれ, くすみ紺碧, くもつて, こびりつくもの, さ, させて, したの, しめつぽく, たえず明日, だらしなく, ていかぬ, ていかん, てがさつ, てこの, てしつ, てね, てま, て一切り, て上品, て不規則, て会, て何事, て兎角, て受け, て口, て可愛らしい, て困つた, て埃, て堪りません, て容貌自慢, て弱い, て慾, て手, て殊更, て気, て氣, て水, て物事, て甘, て申し分, て眼, て素顏, て綺麗, て老, て脂切つて, て華美, て薄, て調子, て身, て鐵火, て附き, て飛上がり, て馬鹿, て駄目, とざされて, ないため, ない男, ない白, なきや, なつたぢ, なつた五銭, なつた水色, なつて客, ならうが, ならうと, ならぬ程度, なりお, なりながら, なりました, なりましたが, なりましたよ, なります, なり彼女, なり涙, なり道具方, なるその, なるだらうから, なると, なるので, なるん, なるン, なんかなりやしない, はあるだらう, はない, はなつてを, は感じる, ほぐれて, ぼやけた茶色, また皮肉, みえた, みえる亭主, むくんで, もあつ, もあり, もあります, もある, もう幾十日, も何とも, も見えた, やけて, よく空, カーツとして, ゴミゴミし, ツて, ドアを, ベラベラと, 一人, 一日の, 不快に, 不衛生である, 且闇くし, 乾いた刈株, 乾いた土, 二分したら, 二杯, 云ふも, 云へば, 仇つ, 佛の, 光るところ, 光る羽織, 出來, 出来て, 卓の, 口の, 口ひげが, 口を, 口走つた, 古ぼけて, 吉原の, 吹き込むもの, 呟くの, 品を, 唯だ, 四折に, 坐つて, 夏の, 姿には, 巧く, 廣く, 引き籠つて, 引つぱつて, 彼の, 心が, 心の, 感じたのに, 懷かしい, 成つたかと, 持つて, 振舞つた甘い, 振舞つても, 數へれ, 暮れて, 書き列べた, 格子戸を, 極めて質素, 歩行き出した, 死ぬなン, 死骸の, 氣を, 淀んで, 滑稽に, 澱んで, 煙つて見える, 煮て, 父までが, 男の, 疲れて, 痛が, 砂に, 空氣は, 笑つてわからない, 笑つてポリポリ, 第二義的に, 絡み付いたと, 綿々と, 聞えますが, 聞えるの, 自分たちの, 色あせて, 艶めかしい, 苦笑し, 落着い, 虎之助君が, 褪めかけて, 見える女, 見える肌, 觀たく, 言いモトム, 訴へ, 話し續, 語つてゐる, 語りつ, 貧弱に, 返事を, 透けて, 道行く人, 遮ぎられた, 銹びてゐる, 陰つてゐる, 響きました, 響くの, 風が, 飲んで, 首に, 黄ろい, 黙りこんで, 黴くさ

▼ つ~ (289, 0.4%)

16 えは 6 アの 5 つたのは, ない 4 ぬげな, ハし, 経たぬに, 經たぬ 3 えが, え無い, つては, りこ, ッつ, 有たない

2 [23件] えの, え云った, しき風情あり, つたなん, ないやう, ないよう, ないん, ない感じ, ねえや, ひだ, ひにも, りくたぶれ, りくつつい, アが, アさい, アしゃ, アは, 否か, 直したりなんぞ, 経たないかに, 經た, 胡麻化したら, 階下だつ

1 [177件] あ馬鹿, いめ, え, えそれ, えとなる, えも, え読む, おしらべだつ, くじぶんで, この堅き, これに, さまとは, さまに, さまにも, さまの, しき雄の, そこらの, それが, それを, そんなこと, たたないうち, たより病気にて, ちさうに待つ, ちのどんこは, ちのグレゴリイと, ちの一寸法師見たい, ちの万燈の, ちの勇士で, ちの子供の, ちの政宗公が, ちの早のみ, ちの殿様が, ちの殿様に, ちの涎くりです, ちの顔を, つた, つたと, つたの, つたのでした, つたほつ, つた三人で, つた君を, つた机上を, つた様である, つても, つてを, である, でたらめな, とおさ, ときまつ, ないあんまり, ないうち, ないだけ, ないで, ないとは, ないの, ないのでね, ないばかりか, ないばかりに, ないもの, ないピンぼけ, ない不安, ない女中, ない家, ない思ひ, ない所, ない批評家, ない推断, ない甘醉, ない美, ない遠く, なくて, なくなり中学, なぐない, なぜそれら, ならいで, ならいです, なる洋紙, なんだ, なんちあれたつ, はし, ひして, ひだつてえ, ひだなんて, ひて, ひで心配する, ひとは, ひと言ひたいが, ひにかけ, ひもあり, ひも見た, ひ候, ひ好き, ひ様, ふの, ふまつるべし迷, ふまつるやう, ふること, ふる事, ふる御世, ふ者, へりを, へり弊私的里, へるの, まくみ, まくみかえりたるわが, まへちま, むよふいゝちらしそのものらが, むろぎかむろみのみこともちてすめみ, りかぶとを, りきまつたわけ, りきまつて, りく, りくた, りくつけた, りこぢれ, りこはくな, りすみきつて底まで, りつかまへて, り病氣の, るこつちやありません, ろらかに, わかんねのに, わたしも, アお, アさった, アに, ア腹が, ア腹ア減つた腹ア減つた, カスカス生活の, ッた, ッたら, ッたれ, ッつで, ッて, ハされ, ハね, ワザワザこんな, 三田さん, 下手な, 乾坤一擲の, 二つである, 今彼等を, 他へも, 何うだ, 俺らも, 分んねえから, 北だつ, 即ち又, 又は有, 又は著しく, 友達の, 口でも, 否かは, 否かを, 喜劇の, 夢中で, 妙な, 婆が, 小えび等, 己れ, 或いは寧ろ, 或いは少なくとも, 批評を, 撰り, 相ふれ, 穴では, 答えを, 経たないうち, 経たないのに, 経たない中, 経たぬうち, 経たぬ間, 綺麗に, 臆病な, 鬱として, 鹿に

▼ つ~ (271, 0.3%)

20 のやう 4 だ, のよう 3 だよ, ぢや, である, の手 2 が何, こねた, だと, のお, の口, ひとりゐない, 一人通らない

1 [217件] うつちやつた, か何, があそび戯れ, がお茶, がそんな, がね昨夜さ, がぱちんこ, がふり, が一人, が人垣, が喞筒, が多い, が大, が引取つて行, が更紗, が橇, が物, が皆んな八五郎びいき, が赤く, が陰口, が顏, が首, せえな, だぞ, だつた, だといふ, だもの, だらう, だ一反分, ちゆうつ腹, で, であの, であるよりも, でございました, でしたけれども, ですよ, でつねに, では無, でもこんにちは, でもなく, でやつ, で一昨年淺草, で三十近く, で下手, で大, で或, で手, で東京, で眼, で稚い, で貧乏, で近頃, といふ言葉, とが互, とは如何なる, とは違う, と上方者, と云, なくつて助, なの, なもの, ならあたい, なるもの, なんてものはみなえせ, にい, におれ, にされ, にでもする, になんとか, にはそつ, にはない, には淋しい, にも遠慮, にや, に下, に吩, に塩, に惱, に教, に現, に生れ, に相違, に聽, に育てられ, に見せびらかす, に見せられる, に譬, に違, に附物, に馬鹿, ねそんなに, の, のあげる, のこと, のひそひそ, のよく, の一人位, の中, の久七, の作家, の傍, の八五郎, の六歳, の卵, の友達, の反感, の名, の啖呵, の国民学校一年生, の坊, の声, の娘, の家, の尻, の岡さん, の常, の恥, の我儘, の我儘育ち, の拍手喝采, の渇仰者, の物好き, の物見高い, の生れ損, の画家, の略語, の着古し, の立場, の群れ, の翼, の腹, の膽, の自分, の英雄, の萬吉, の見え, の見る, の通りもの, の遠く, の關心, の青木さん, の風上, の驚愕, はあの, はお, はおれ, はこんな, はただ, は事情, は何ぞ, は女, は形無し, は思ひ, は敏捷つて, は梯子, は江戸, は舌, ばかりで, ひとり居ない, ひとり居なかつた, ひとり山には, ひとり見えない, ひとり通つてゐない, ひとり通らない, までこれ, までちやん, も及ばねえだ, も直, や, やがな, や新造, や新造たち, らしい傾向, らしい十四, らしい揶揄, らしい良い, らしく左, を一二年, を二十銭, を口説い, を口説き, を叱り飛ばす, を幾人, を張つて, を投じ, を真直, ん處, 一人, 一人そこらに, 一人それを, 一人ゐず, 一人ゐない, 一人居やしません, 一人影も, 一人歩い, 一人登つて來ない, 一人目に, 一人通つて居ません, 一人通りません, 一流の, 一統が, 一統の, 女郎に, 奴一人で, 奴等ひ, 持つちや心配, 振りを, 樣の, 氣質は, 見たいな, 見た樣, 親妹までの, 詩人ならではの, 調子と, 調子を, 起してたん, 非常に

▼ つこと~ (240, 0.3%)

32 が出来る 17 が出来ない 10 になる 7 が出 6 の出来る 4 が出来るであろう 3 がある, ができる, が出来, が出来ず, であろう, なしに, になり

2 [12件] が出来るだろう, が必要, でございます, となる, と器, なしにも, になるであろう, によって初めて, の出来た, の出来ない, をその, を忘れ

1 [119件] あり, か, ができず, ができない, ができよう, がとり, が出来た, が出来たであろう, が出来ないだろう, が出来ないなら, が出来なかつたら, が出来なくなる, が出来なくなるでせう, が出来ぬ, が出来ます, が出来ません, が出来よう, が務め, が如何, が已に, が必然, が明らか, が最も, が望ましい, が現実性, が理想主義, が理論, が発見, が薄い, が許される, が説明, すでに八十里, だ, だった, でありここ, でありそれ自身一個, である, として先ず, とにある, と分, なあそれ, なくん, なく山, なく弁証法的運動, なく数年, などを意味, なり, にあらず, にし, にした, にする, にするだ, になつ, になりました, になろう, にはならない, にもはや, にも疲れ, によってもはや単に, によって一定, によって一応, によって哲学体系, によって産まれる, によって自分自身, に外, に由っ, のできた, のない, の出, の出来なかった, の方, の良し悪し, の速, はせず, はできぬ, はできません, はめったに, は不可能, は云う, は出来なかつた, は奇, は無情, は確定, は神, は言, は雲泥, もあれ, もできない, も忘れなかった, より少い, をそれ, を云い表わす, を十分, を合法的, を宣, を恐れ裏切らせる, を惡む, を慰み, を拒ん, を欲, を止められぬ, を目的, を知っ, を知った, を示し, を示した, を自, を要求, を見逃し, を言明, を許されない, を話し, を認められる, を述べた, を述べる, 久しこれ, 久し何ぞ, 大なり, 無く然して

▼ つ~ (233, 0.3%)

25 こんで 15 かけて 11 立って 9 つッ 4 ついて, 伏して 3 こみました, と, 切って, 突いた, 立ったまま, 走って

2 [17件] かけながら, かけ草履, けんどん, けんどんな, こく, こみギュウギュウ腕, こんだまま, たって, ついた, ついたが, つきました, ていた, と出た, 放して, 立った, 立つと, 込んで

1 [113件] かいぼう, かい棒, かえ, かえした, かえた, かかって, かかるよう, かけしどろもどろ, かけた, かけたまま半蔵ら, かけると, かけ穿, かって, かへされ, からそんな, きって, くるめたうえ, こい, こいから, こいし口取, こいと, こいので, こいのね, こい不幸, こい口調, こい執着, こい所作, こい根気, こい玉菜, こい私, こい縄目, こい顔, こくしたらしい, こくって, こくてさ, こく二度, こく問, こく念, こく手, こく手足, こく烈しい力, こく田代, こく顎, こまれた, こまれるよう, こみながら, こみますと, こみやがってね, こみ開港場成金, こみ鷲, こむの, こむばかり, ころばしという, こんだ, こんだかと, こんだって, こんだま, こんだり, こんでからに, た, たかと, た別, た顔, ついたの, ついても, つきあい大いに, つきます, つきゃしないかしら, つくの, つこうとして, つと行っ, つと邸内, て, てい, ている, てそりゃ, とあと, と中, と入る, と冷いも, と出, と出し, と射る, と差寄り, と振返っ, と早足, と櫟林, と此方, と物音, と立っ, と立った, と行く, と起て, と軸, と這入らう, 張った, 張った連中, 張って, 放すと, 突いたの, 突こうと, 立ったり, 立った廉平, 立つた烟柱, 立つて, 走しって, 走った, 走つて銀行, 込まれると, 込みぬるい, 込み近海もの, 込む, 込むよう

▼ つ~ (219, 0.3%)

10 さんは 6 さんが 5 さんの, さんを 4 事を 3 さんに, 引鞠なげ

2 [11件] さんよりも, でございます, やって, 手で, 日は, 生活を, 真似を, 自身に, 話は, 蹴るな, 麻の

1 [161件] あのかよ, あら奇怪, いい加減な, おもいつきなの, お客である, かぎが, かくれみの, がめに, が風雪, ぎたかあねえんだとな, ぎつゞけたものだつた, ぎでもつけてくんなせえ, ぎにこんぐらがり太く細く, こまかな, ごわごわした, さま, さまを, さんになんて, さんにも, さんによ, さんも, しかも典雅, せりふの, そうだ, そうに, たてもの, つくりでは, であった, であろうか, です, では, で引かれ, なつとう, なら決して, のいどころ, はかまどの, はつんとして, ひきみたい, ひっぱると, ふしぎに, まえそこ, まにあわせ物, まねし, やつらだ, やり方を, ゆかいなこと, わしの, わなを, イスが, ドアの, モンペから, 七つ八つの, 人だ, 人の, 人別帳じゃ, 仕事の, 体格で, 例も, 六疊, 利益を, 勢いで, 友人に, 口あ, 口調で, 右の, 名の, 呪禁が, 味覚的要素である, 品です, 品物であっ, 噂話の, 場所へ, 境内の, 変装姿であった, 大きなアパート, 大風呂敷, 子どもだ, 宗どの, 宝石は, 家です, 寸法だ, 寸法でが, 寸法でなくなりだした, 小料理屋で, 少女でした, 嵐に, 帯を, 年は, 引の, 役に, 役目であった, 御しゅうぎのばあいとはいえ, 心理の, 忍術つかいだ, 思いつきでしょう, 性格が, 戦後的商品性を, 手かけ曳く, 手土産を, 手織木綿の, 扮装を, 敵意を, 文句は, 旗亭が, 日本剃刀で, 日本髪の, 木です, 木の, 木島かよ和泉屋の, 板輿は, 案内が, 楽み, 権之, 機銃の, 機関室の, 歩き方, 民話が, 無力に, 焼残り, 狩屋建の, 生きて, 田作じゃ, 白い毛皮, 目まぜ, 硝子戸を, 科白が, 竹や, 簡略な, 籠に, 籠手脛当, 美術品でも, 義務も, 羽織その, 考えな, 考えに, 耳一目で, 聲で, 腰の物伝六は, 自分の, 自身が, 色を, 葺き方, 親指と, 言い落とし, 詮議かも, 調子で, 諜者から, 踊りを, 道中で, 道行きと, 部分である, 隠居所らしく, 雪の, 頭巾を, 顔いちめんかっと, 顔つきの, 食事でした, 食物よりも, 食糧と, 飲料水として, 麦わらの

▼ つてる~ (196, 0.2%)

36 のよ 26 でせう 17 のかい 13 に違 7 のぢ 43 だ, やうだつ

2 [11件] からだ, からな, が可, だあ, だかね, だよ, に, にす, にち, のさ, のだい

1 [65件] おべべばつちくなつ, お酒, お鮒さん, お鳥, から仕方, がどう, がまあ, が何故, が無論, が腹の中, しつかりやり給, たまり水, だね, といふこと, といふ始末, といふ法, といふ謂, といふ點, とか, とかあまり, とか必ず, とか算木, とか言, と言, と言つたぐあひに, な, なと義雄, にちげ, には違, に水菓子屋, に過ぎない, ね, のあて, のあと五年, のあれ, のお前達, のかつて, のどう, のね, のはね, のひとり, のよツ, のよ尤も, のよ屹度, のよ眞個, のをかしい, の何, の君, の本, の知, はおかしい, はなに, ぽつり立つた, まあ言葉, もン, も何, やない, よりもよく, よりも神祕, より外, 微笑むで, 愛し合, 白いうす赤い卵, 見たいだな, 辷つて

▼ つ~ (191, 0.2%)

28 いうと 14 いえば 9 云うと 6 言うと 5 申せば 4 心得て, 覚えて 3 とめが, 出して, 教えて 2 いふと, みせて, よくのみこん, よく心得, 三枚も, 抜かして, 申すと

1 [98件] あばくの, いいますと, いうとね, いったもの, いへば, いやが, いわなければ, いわれると, がらがらいわせ, ぐるぐるまわった, こねません, さげたお, さげて, さげ右手, さな, して, しられること, しりたくて, ぜひ早く, そう言った, そばに, たたいて, だれも, ちゃんとしっ, ちゃんと知っ, つけかねる, つけるという, とくのに, とって, どうしてつかむ, ぬかして, ねらって, のみこみなされます, はげむの誠心, ひきずって, ひっさげて, ほめたらよ, みごとに, もらしました, もらった若い, やって, りから, りを, アトロポスと, イ, 一つ一つありあり, 一箇一杯, 云うとね, 云へば, 会得させる, 会得し, 会得せられ, 作って, 口の, 合せた様, 吉村家の, 呑みこんで, 呼ぶと, 好く呑, 嫁と, 巧くつかん, 彼は, 心得過ぎるほど, 悠々と, 手から, 打ったの, 抑へ, 拡げて, 捉ま, 提げて, 教えられた言葉, 料理って, 會得せられ, 比べて, 申さねば, 申しあげますが, 申しますと, 申し上げます, 申そう, 目的と, 相手に, 知って, 祭文を, 福田くんに, 縛り上げその, 見たもの, 見て, 覚えき, 覚えぬけ遊び, 言えば, 訴え始めたが, 話して, 話すと, 買うと, 身に, 辛くも抱き止め, 連れて, 駐め

▼ つしり~ (190, 0.2%)

20 とした 19 して 5 した肩 3 した, と立つ

2 [17件] したところ, したもの, した体, した身體, した重み, した鉄, した體格, と, としかも, と受けとめ, と坐つ, と坐つた, と壓, と尻, と暗, と腰, と重み

1 [106件] か, したちん, したとりわけ, したもつと, したダマスク, した中, した体つき, した体格, した作品, した其の, した力, した半白, した古, した四角, した地歩, した大きい, した女, した女房, した姿, した威厳, した娘, した密度, した寢臺, した布地, した店藏, した態度, した構, した檜, した活動家, した片手, した猟小屋風, した生活, した異常, した白い, した石, した石造, した紬縞, した絢爛, した美し, した肉體, した背景, した胸, した色, した芸風, した若者, した葭簀張, した語, した足音, した身體つき, した造り, した重味, した門, した青年, した革表紙, した顎, した食卓, した飾棚, した骨格, すわる, とおちついた, とからだ, としてはゐる, としてゐた, としてをれ, として眼前, として見える, とす, とその, とはし, とはめた, と人並, と出来上つた頭脳, と四方, と坐らせ, と大きな, と峙, と廣, と恰幅, と或, と抑, と挾ん, と据つて, と据ゑぬ, と据ゑられ, と數千尺, と枝, と歩き出した, と現, と真白く, と突き出, と置かれた, と肥つた, と肥つて, と胡坐, と腰掛け, と臥, と見る, と車, と重い, と重味, と顔, と馬, はめて, 落ちつく様, 落ち着いて, 踏みしめて

▼ つ~ (190, 0.2%)

4 變です 3 仲が, 膽の

2 [12件] どうかし, の力, の腕, の響, タチの, 學問が, 怖いよ, 氣に, 氣を, 深い瞑想, 良い男, 親分に

1 [156件] あけつぱなしの進化論者, あの娘, ありあんさね, あわてたと, えらいよ, お照, お轉婆, してから, すんだつぺな, それが, とれべ, どうかした, どうかしなけれ, なつて, にまで働いた, に成りあん, のワケ, の上手, の不, の名人, の大事, の年齡, の御, の怨, の惡黨, の手利, の手際, の洒落男, の箆棒, の覚悟, の身分, はでな, ひどいよ, ひどく打たれた, ひどく涎, へず, やきもきし, マセた, 不意に, 主人を, 人間が, 仔細が, 何うかし, 円満な, 凌ぎい, 出來, 前から, 前に, 北の方で, 半弓が, 古い懷中, 可かつ, 呆れるよ, 命が, 営養分が, 執念深い借金取, 堅くな, 堅固な, 増しだ, 夢中に, 大きいね, 奧行が, 妙です, 嫌えだと, 安い冥加金, 宜しい, 寒くなら, 小説が, 巧んだ仕事, 延び出して, 引つ立てようかと, 弱い尻, 待ち遠しかつ, 待つて, 得だ, 得意な, 心得たもの, 心掛の, 念入りだ, 思ひ詰めて, 急いで, 急ぎの, 怨が, 怨みが, 怪しいと, 悪い夢, 惡い, 惡智惠の, 惡賢こい, 意氣な, 慣れた奴, 扁桃腺を, 手つ, 手古摺つた樣子, 手間取つた, 持つて, 敏捷い, 旋毛曲りだ, 早いんで, 明るかつ, 晝飯に, 景氣が, 智惠が, 智惠の, 智慧が, 染吉と, 樂にな, 歩がい, 気楽な, 氣が, 氣の, 氣味が, 氣性の, 氣樂な, 深いわけ, 減らず口が, 焚物が, 無理です, 無精ね, 疲れたの, 痛いところ, 相手に, 眠つたらう, 眤懇の, 眼は, 知つ, 穩や, 經つてから, 線香に, 考へなければ, 腹に, 腹の, 臭いこと, 若い女, 蝉が, 蟲の, 變かも, 變だ, 費用も, 身輕な, 近所の, 近所附き, 運が, 過ぎて, 違つ, 重い方, 重さ, 重大だ, 錢のね, 鍛へた者に, 階下から, 面白い, 面白くその, 頬げたの, 驚いたらしくまだ, 驚かされた樣子

▼ つぱり~ (181, 0.2%)

8 判らなかつた 7 分らない 6 見當 4 判らない, 解らない 3 に成つて御膳, 判らなくな, 忘れて 2 判らなかつたので, 可笑しくも, 嬉しくは, 眠れないやう, 知らない, 解らないよ, 解らなかつた, 面白くない, 面白くも

1 [125件] きちんとな, したこと, その前, とさせた, としてあまりに, として却, として居た, として軽, と任せる, と別れる, と棄てなけれ, と秋子さん, と言い当てられました, と諦らめ, ないの, に丁度, に時計, の横, の老婆, は死ぬ, ばかりの腹, ぴんと来なかつた, わかりませんでした, を着, 下りて, 似てなんか, 出すこと, 出すと, 出て, 出来て, 出来ない子, 分らずに, 分らず些, 分らないから, 分らないこと, 分らないといふ, 分らないわ, 分らない口數, 分らなかつた, 分らなくなるので, 分らぬ, 分らぬまま, 分らねえ, 分りしが, 分りません, 分りやしない, 切り落したらさだめし, 判らないな, 判らないの, 判らない小さな, 判らなかつたが, 判らぬそこで, 判らん, 判らんぞう, 判りませぬ, 別れて, 別れること, 剃り落して, 動かうとも, 動かさない, 動く気色, 動じない自分, 受けつけませんのでな, 呑まなくな, 呑み込めないで, 売れないさ, 嬉しいとも, 寂しくは, 役に立たなかつた人, 役に立たぬこと, 役立たぬの, 怖しくも, 怖ろ, 思ひあきらめました身の程, 思ひきること, 思ひ切つて, 思ひ切り, 思ひ切れ, 思ひ当る節, 思ひ浮ばなかつた, 思ひ當つて, 恋しくは, 悲しくなんて, 悲しくも, 慣れないよ, 憶えちや, 持てない, 捗らない, 暑くない, 暖まらないや, 有り難くなかつた, 止めて, 消え失せて, 無いの, 無かつ, 眠らなかつたせゐか, 知らないもつと, 知らないん, 知らなかつた, 聞けな, 脱いだらどう, 脱いで, 致しました, 致そう筈, 落したやう, 見えないし, 見受けられませんでした, 覚えが, 解せないこつて, 解らないのよ, 解らないやう, 解らない混沌, 解らなかつたが, 解らなくな, 解らなん, 解らねエ, 解りません, 読めなかつた, 通じぬ模様, 離れて, 面白い諺ぢ, 面白くありません, 面白くなかつた, 面白くなく, 鳴らないぢ

▼ つもの~ (179, 0.2%)

25 では 13 である 8 でも 4 と仮定, と考えられる 3 だという, でありそして, であること

2 [14件] がある, が多い, だ, だと, だろう, であると, でなければ, とされ, と考え, と考えられ, なの, なり, は, は当然

1 [88件] いまだ乏し, かということ, があっ, があった, があつ, がおぼろげ, がほとんど, が仮に, が優れた, が多々, が多く, が少なく, が甚だ, こそこの, だが, だけである, だったが, だったの, だつて, であり, でありますから, でありまた, であるかを, であるが, であるという, であろう, でしょう, でないこと, で一冊, とし, としてそれ, としてでは, として把握, として推論式的一般者, として現われる, として現われ得た, として理解, とは思われません, とは考え得ない, と思へる, と思われ, と断言, と考える, と見る, なれば, に, に似た, に古く, に外, に対して乙, に脱化, に過ぎない, のこと, のみが真に, の他, の欠乏, はあるまい, はお前さま, はこれ, はそうした, はほとんど, はもはや, はジード, は世界, は例えば, は勿論, は天, は少く, は尤も, は幸, は必ず, は恐らく, は感性, は文学そのもの, は春秋, は東洋, は民藝, は生物学, は矢張り歌, は社会, は金, ほど美し, もなし, をこの, をば負, を云う, を失, を改めて

▼ つさと~ (177, 0.2%)

10 出て 5 帰つ, 歩き出した 4 歩いて 3 消えて, 駈けて

2 [16件] いつて, 仕事に, 伐る, 先を, 向けて, 引きあげて, 歩き出しました, 立つて, 自分で, 行き過ぎて, 行く, 行つ, 通りぬける制服制帽, 通り過ぎて, 電話を, 食事を

1 [115件] あつち, うちに, ぎくと, この室, した足どり, せんかい, た, できて, はいり込んで, やりなさいと, ゆく, 一人で, 三人は, 云つて手に, 仕事を, 他の, 休んで, 住み替へ, 作つた, 出かけて, 出かけるん, 出掛けて, 切上げて, 別れて, 勘定すまし, 勘定を, 占められたの, 又行きすぎ, 取行, 失せろ, 実行すべき, 実行する, 寝かせて, 寝て, 寫しと, 居間から, 山門をは, 帰つておし, 帰つてし, 帰つて了はれた, 帰つて往つた, 帰つて来た, 帰つて来る, 帰つて行きました, 帰つて行く, 帰つて行つたら, 帰へらう, 帰らうと, 帰りかけた, 廻転しろ, 引きあげた, 引き上げて, 引き出させるの, 引揚げに, 往き過ぎて, 戻つた, 投げこまれた寢床, 投げ与へ, 放り捨てて, 晩飯を, 暗い方, 暮れて, 書いて, 書き上げる随筆, 本館の, 歩きだした, 歩きだして, 歩きながらも, 歩きなよ, 歩きはじめた, 歩き出しました福鼠, 歩く, 歩くの, 泳いで, 片づけ始めた, 男から, 町から, 癒る, 直ぐ立ち退い, 立ち退け, 立派な, 筆を, 葬り去つて, 蒲団を, 行かつし, 行きかける, 行き掛けた, 行き過ぎる二匹, 行つてし, 行つてしまつたのである, 試掘し, 起きて, 足を, 足早に, 身じたくを, 身仕度を, 身支度を, 転業も, 返すがい, 返盃する, 退場, 退席し, 逃げだして, 這入つて行つて仕舞, 通りすぎて, 通り過ぎた, 通り過ぎたり, 連れ出すの, 進んで, 避けて, 邪魔に, 随筆を, 雪に, 食べて, 馬を

▼ つ~ (170, 0.2%)

9 して 3 しても, するな, 気どって 2 なって, 至って, 過ぎないであろう

1 [146件] あむさむ, あらざれば, あらずその, あります, いたりたり, うたったり, おさめました, おちこみました, きまって, したが, したこと, した言, しないで, しなはんな, しのびこんだ小林, しましょうかね, しらせて, すぎぬ, すばしこい南国, すました人弁, すまして, するから, すると, するの, せねば, その一人分, だれひとりにも, ちよつと, つれて, でて, でんわを, とじこもって, とりあつかうの, なった, なったらほんとう, なったら首尾, なっても, なりして, なりまして, なるもん, はおつですが, はか雨めぐり, ひねったイカ物食い, ひねつて, ふり返った, みつけられお, ゆかしさ限り, よく懐い, よしは, ホンの, 一杯の, 乗せて, 互いに一脈, 付された, 伴れ, 似たり, 何んの, 健斎道庵の, 分けて, 分れた両方, 分れて, 分れまして, 割って, 勿体振, 十日ばかり, 占ひ, 参与する, 及ばぬもの, 及びて, 及ぶまい, 及んだという, 反して, 取っては, 取り扱って, 取扱ふ, 咳払ひし, 喰わせる家, 器量でも, 堪へざるもの, 変ったこと, 大学出, 大時代な, 小林は, 岐れ, 嵌ったその, 從つて段々, 從つて義雄の, 從つて輸入超過の, 從ひ, 御目, 必ず自分, 思ったろうが, 悟られると, 悟られる気遣い, 意見を, 折れて, 抱へ, 於いては, 早いもの, 早けれども, 来て, 権力の, 気どつた, 気どつて, 気どりながら, 気取つて, 水を, 沢山入れる, 泳ぎまわって, 混じて, 混淆した, 澄まし込んで, 生活が, 目耀ひ, 相違なし, 示した, 私を, 素より署長, 聞きながら, 至った, 至ったと, 至ったもの, 至った時以来, 至った有力, 至つたのだらう, 至るもの, 興味を, 蘇生える, 見せたって, 言って, 足れり, 近づいて, 追いこんでは, 逢うと, 遇えば, 過ぎずそして, 過ぎないか, 過ぎないかの, 過ぎぬよう, 違いない, 邂逅い, 金ばっかり, 雨の, 非ず, 非れ, 頼まれて

▼ つ~ (169, 0.2%)

8 云った 4 ある, ひが, ひの 2 あらわれて, あるの, へると, わかって, 故に初めて, 故に却って

1 [137件] あって, あつた様, あつて, あること, あると, あるのに, あるよう, あるらしい, あるわけ, あるん, いちおう慥かめた, いちばん歩が, いったい, いったいあんな, うち返す, おどって, おれの, おれを, お前さんを, お壕, お絹, かえって迷惑, かくされて, ここへ, これも, こんなかわいらしい, こんなこと, ごと, ごとくちら, されるため, ざくらは, しれたので, じょうずだ, すきで, すぎひのき, せずに, せぬ二, そっと茂次, その頃, それである, たいへんち, ためいつも, ついて, つが, つ三度, できないほど, とびだして, どうしてこんな, ないで, なければ, なにを, ぬっと皺だらけ, のろい参りの, はっきりわからなけれ, ひ, ひかたりつ, ひたる一矢, ひで啼きいそしむ, ひで洒落れてる, ひとの, ひのきがや, ひのきに, ひは, ひを, ひ十四円, ひ鳥, ふあしく, ふが, ふとなり, ふの, ふよくだし, ふるえながら, へて, また家, む, やったの, りやで, れるの, わからないから, わかりすぎて, わかりましてな, わかり自分, カタカタおどっ, カタカタと, ハッキリわかっ, 一向眼鼻, 下手人な, 云って, 今日こ, 仕事を, 何んとも, 何処からか, 停ったかと, 僕を, 出来て, 分って, 分りましたが, 勝った, 十六の, 古からの, 古典の, 吃りながら, 呼ぶの, 囁いた, 如く天地宇宙, 対象一般としては, 少し変, 少年たんていだんの, 彼の, 必要です, 急に, 恐らく鈴木君, 手前を, 手斧ふりあげ打つごとし有るべき, 故に例えば実在, 故に又, 故に対象, 故に爲す事, 故に選択, 来たって, 梢の, 死んだ, 煽動者だ, 盗ったの, 盗みやがったん, 直にぽ, 真っ先に, 眼で, 眼を, 立って, 第一, 答えた, 見分けたという, 言や, 話すから, 車輛と, 食物の

▼ つとり~ (158, 0.2%)

21 とした 8 と濡れ 4 と暖かく 3 と夜露, と心, と額 2 かはし, としてゐ, として静, として靜, と朝露, と苔, と落, と落着, と重み, と静

1 [96件] しめり, とあたり, とあの, とうるんだ, とさびしいい, としたる, とした曇り, として居, として折々何とも, として暖かい, として落ちつけられた, としない, としぶい, としめつた, とたつた, とたまりました, とついてる, ととりかこみ, となる, ともう, と乾いた, と人, と人肌, と今, と先, と光つて, と其の, と冷たく, と匂つて, と包ん, と化粧, と厚味, と夜気, と居着く, と影, と手, と押, と拍子, と拡がつ, と日, と朝, と木の間木の間, と来, と松, と枝, と構内一面, と水, と水け, と水気, と水氣, と汗, と汗ばみ, と汗ばん, と汗ばんだ, と沈ん, と浸み出, と湿つ, と湿気, と漂つて, と潤, と濃い, と濕, と濕つた悲嘆, と濡らし, と濡れた, と盛, と素肌, と縺れ, と置い, と考へます, と肌, と草, と萎, と落ちつい, と落ちついた, と落ちつきました, と著心地, と藍, と赤, と降りそそぐ, と降りだし, と雨, と霑つて, と露, と青い, と青藍, と香油, 早い, 早いと, 早い随筆, 早くいへ, 早くしない, 早く云, 早く具体的, 早く現金稼ぎ, 青い露

▼ つ直ぐ~ (156, 0.2%)

4 に申, に白状, に突, に立つ 3 に歸

2 [14件] だ, にお, にし, に乘, に來, に入, に押, に水, に自分, に行く, に言, に通つて, に飛ん, に驅

1 [109件] お桃, か, か下向き, か曲つて, でなくて, な位置, な手短, な町, にいはない, にお勝手, にシヤン, にブチ, に下, に世, に丸山町, に久保町, に二階, に今, に伸びた, に何ん, に佛壇, に元吉, に入れ, に兩國, に八丁堀, に刀, に切れ, に刺し, に動物園, に南側, に名, に向う, に吹きつける, に唐紙, に喜の字屋, に娘, に家, に崩れる, に巣, に差し伸す, に常, に店, に座敷牢, に庭, に引, に手拭, に拔, に指しました, に擧げ, に故郷, に明神下, に普賢菩薩, に木戸, に東海道, に枕橋, に案内しな, に歩け, に歸つたの, に歸つて來, に段, に物置, に申し上げろ, に白状しな, に目, に目白, に眼, に神田, に突い, に突き立つ, に突き立つた, に突つきつて, に突立つて, に立つた, に總泉寺, に續, に置いた, に花嫁, に若, に落ち, に行きました, に行け, に行つて, に見ない, に見詰め, に誇り, に起し, に越前屋, に踏出しました, に轉, に通り, に通りました, に鎧, に鑄掛屋, に長崎屋, に闇, に降り, に雜司ヶ谷庵室, に雪五郎, に飛び出した, に飯田町, に馭者台, に高く, の方角, 向くと, 急行列車, 手を, 歸つただから, 白状し, 突つ立つた

▼ つなは~ (153, 0.2%)

8 黙って 5 冷やかに 4 眼を 2 こう云っ, どこに, 唇を, 殆ん, 耳も, 誘拐された, 足を, 顔を

1 [120件] ああと, あがろうとは, あとを, あなたを, いそいそと, いちど躊躇した, いつも彼, おちづ, かなり痩せ, きっぱりと, きらきらと, くるっと, この部屋, さっと顔色, しっかりした, しんけ, すばやく登った, するどく相手, そこに, そっちを, そっと口, そっと呟いた, そっぽを, その家, その笑い, その顔, それに, それを, ちょっと首, なにか云おう, なにも, のりうち, のりくるとき, はねつけるよう, ふと立, ぼっと赤く, まったく石, めざとくみつけ, もういちど, もう先, もう土間, もう立ちかけ, もう起き, ゆっくりと, 一日おきくらいに, 万三郎を, 二十一歳で, 二階に, 今も, 今年の, 何時もの, 冷たい眼, 冷やかな, 冷淡で, 冷笑する, 冷静な, 切り口上で, 切れないと, 口の, 口惜しさ, 口早に, 古木邸の, 吃驚した, 呆れたよう, 呻いた, 咎めるよう, 唇で, 大丈夫だ, 失笑した, 奪い取るよう, 姉の, 平然と, 彼を, 怒って, 思わず口, 思わず失笑, 恐れるけしき, 拒んだ, 拒んだが, 料理茶屋の, 朝から, 本所へ, 榊原主膳という, 毎日古木邸の, 気を, 激しい調子, 火急の, 疑われたまま, 皮肉に, 眼が, 短刀を, 立って, 立停った, 端然と坐っ, 笹藪から, 答えなかった, 答えを, 納戸を, 緊張した, 縁先から, 縁先に, 縁先まで, 繰り返し自分, 自分が, 自分に, 自分の, 荷駄の, 蒼い顔, 行列との, 賢い娘, 身ぶるいを, 軽侮の, 返辞を, 迷った, 追われて, 道を, 雑木林の, 静かだった, 静かに, 駆けだそうとして

▼ つ~ (152, 0.2%)

4 もの, ものは, 云った 2 お誘いくだす, ひりする子ら, まことに手

1 [134件] あっさり云った, あやつりにんぎょ, いけない己, いつまでも, うまいなあ, おろおろした, からかうよう, ぎゅっと身, く, くだくだしいが, こくり, ごくり, さっと色, さらに赤く, して, し棒, すこぶる迂, そう思う, そう直覚, そう話し続け, そこまで, そっと心, そのなか, その人, その机, たいそうな, たばこの, だいなだ, ちっとむずかしかろ, ちょっと絶句, つて居る, つばの, どうして繰り返す, どんなに自分, なおから, なく出でて, なにもかもすっかりわかっ, はこだて, ひとり琢, また啜り泣いた, まだくらやみ, めまいの, ものに, ものの, ものの誉, ものも, らにも, ろばろと, わかりませんが, わかりませんでした, われ知らず, ッつ, 一大氷山なり, 一方すてる, 下谷の, 乾く唇, 云い返した, 云ったが, 些か身, 人相書照合一応, 今でも, 仕方が, 俯向い, 俯向きながら, 前掛, 半狂乱, 却ってこの, 友吉で, 吉村の, 同じです, 同根で, 喉を, 噎ぶよう, 国の, 園花と, 坐っても, 堪りかねて, 声も, 夢中の, 大体分っ, 妖艶で, 妙, 少しばかり, 尤である, 弁えて, 心も, 心臓が, 必らずしも, 忘れて, 思うよう, 思った, 怪むらん, 恐らく呪詞, 恟と, 感動し, 慄然と, 戦国の, 手刀で, 明かさなかったと, 最後の, 未だ将来, 楠木の, 気が, 海部の, 煽つである, 狼狽し, 画稿を, 畏怖した, 皆互に, 眩しそう, 眼を, 笠の, 答えた, 縁側から, 老婦人, 自分を, 船どまり場だ, 色紙の, 芳年に, 芳年の, 茂次に, 茂次を, 覚えられるという, 諸天, 買物の, 身が, 震えて, 震える手, 面を, 面白い, 領格の, 頷いた, 頷き前, 首を

▼ つちか~ (145, 0.2%)

25 と云 13 と言 10 といふ, といへ 64 である 2 が思ひ, だと, であらう, であると, といえ, に決めなけれ, に違, ふ土, 一人は

1 [59件] ある, が, がヒゲ, が下手人, が作る, が参つて, が支那人, が敗けた, が斷然, が相手, が真空, が降参, が5, さなぞと, だよ, であらね, であること, ということ, と云え, と僕, どつ, な, にきまる, にきめ, にした, にしなけれ, にはつ, に今度, に使, に偏, に偏つた方, に傾, に制限, に扶助, に決つて, に決めざる, に決めなけやならなくなりました, に片, に狹ばめ, に食, ね, のやう, の出来心, の場合, の街角, ひはぐくみし, ひ彈, ふと, へ加担, へ漸近的, へ話, をえらべ, をマント, を撰ばせず, を果して, 一方が, 出ないん, 分らん, 引けば

▼ つかつ~ (141, 0.2%)

336 たこと, たと, たので 4 たが, たといふ, た時 3 たもの 2 たの, たやう, たらどう, たらどんなに, たんだ, てるん

1 [63件] たあげく, たかと, たかね, たから, たさうだ, たため, たちふだか, たであらう鶴子さん, たとて, たとも, たなら人知れず, たなら川, たもん, たよ, たら, たらう, たらうか, たらしいそれ, たらしく上品, たらそこ, たらその, たらひどい, たらもう, たらキット, たら両方共, たら住みついても, たら俺, たら吸物, たら寢呆け, たら引つぱたいてやるんだが, たら弱るね, たら慶喜さん, たら最後, たら着ること, たら自分, たら返事, たりし, たりした, たわけぢ, たんだらう, たんぢや, たんです, た事, た女, た子供, た小さい, た庭, た役目, た後, た愉快, た毒藥, た関係, だし閏月生れで, ちやつた, ている, てしまふ, てるからに, てるみたい, てる人間, てる茶々碗, で骨骼, に御覧, は誦しつ

▼ つぁん~ (128, 0.2%)

2 の前, の訪問, は与えられる, は勃凸, は呑んだくれ

1 [118件] あんまり灰, いやだっしゃろなあんた, おっつぁんと皆, お妻, からの用事, から殿様, から聞いた, が, が九州, が再び, が出, が助け, が危険, が吹き出し, が好き, が尋ねた, が慕, が時々, が来, が来た, が生れる, が藤公, が許さないだろう, が跟, が途方, しっかりし, だから, だって酔っ, だと, ちょっと来, です, という植木屋さん, とろつとしてよ, と呼ばれる, どうした, どうしても十姉妹, どう見た, どんなお, に云う, に叱られる, に怒鳴りつけられる, に感謝, に扮, に殺される, に訊い, に貸す, に頼んだ, に首ったけ, のブリキ屋, の上, の不思議, の予期, の女房, の好き, の娘, の娘さん, の嫁さん, の小, の心持, の心配, の旦那, の様, の気持, の父無し子, の生れ, の生活, の眼, の腕金, の言葉, の部屋, の酔眼, の銭, はっきりあたし, はっきりし, はバケツ, は上げ潮, は嚇かし, は大変, は天中軒, は始終, は左, は枯れ, は毛嫌, は沈みこみ, は田さ真っすぐ, は真, は真剣, は稼ぎ, は立派, は細君, は肩息, は藤公, は親切, は部屋, も何, も勃凸, も寛右衛門さん, も長原, を一つ二, を便り, を婆さん, を思ひ出す, を流動体, を見守, を親身, を追, を通じて彼, を黒表, 主水さん, 今松, 何だい, 寒いの, 熱いのに, 直ぐに, 覆して, 阿母さん, 騒げうつ, 黙って

▼ つたらしく~ (125, 0.2%)

2 て舌, 家の, 思はれる

1 [119件] いつた, おずおずし, きゆ, こう, この歌, こらへ, さつきなかつた, さへ, しきりに視線, すぐに, すつかり, そのとき, そのま, その消息さ, その肉付き, それから南北朝時代, ちよつと, て曲者, どうやら私, に生温く, ぱちぱちと, まだ生々しい, みんなが, もあつ, も恥しい, やはり懺悔, やや上気, わざと宥める, アイルランドは, アハハハハと, アラとも, ハツと, ハンドプレスに, ピヨンピヨンと, フッと, フリツツは, マヂマヂと, ワツワツと, 一人で, 一寸嘲笑, 人の, 人肌の, 何よりこの, 何處へでも, 例の, 傍から, 傷口が, 入りまじつたものの, 八五郎に, 八五郎を, 其巡査から, 北の, 反対する, 史書經書は, 塀越しに, 大した血, 大へん, 大神宮樣の, 奴は, 妹子の, 娘だ, 子猿ども, 安定の, 寒食と, 少々馴, 尾崎の, 屋根が, 常に家庭教師, 彈みきつて家の, 心持極り惡氣に, 心持極悪気に, 思はれます, 思はれる女, 思ふと, 急所の, 恐らく聲, 抜身の, 振り切つて, 改めて一座, 時々, 最早命, 最近白水社から, 柏軒も, 柿の, 構内へ, 歸京後にも, 殊勝にも, 気を, 猿が, 癒つた, 皆で, 眼鼻立も, 矛盾と, 確かに, 立ちあがつて奥, 竹下が, 紐の, 結び目が, 綱の, 羽織つたマントの, 膝を, 苦笑した, 薬の, 見えました, 見える, 見えるもの, 話しはじめた, 迎へる, 部屋には, 重恩の, 開き直, 間もなく手頃, 離れた小さな, 頤を, 頭を, 頸窩を, 顔を, 麻繩が, 黙つて俯

▼ つていう~ (125, 0.2%)

9 んだ 7 のは 6 ことは 5 ことが 4 ものを, もんが, ような 3 のが, んです 2 ことに, ことを, のか, もんだ, もんは, 意味で, 話だ

1 [66件] おつもりかも, お嬢さんは, こと, ことかしら, ことだ, ことだつた, ことちよつと, ことでございます, ことね, ご相談, だ, とこ, ところは, のあんたそんな, のには, のよ, のを, ひとなら, ひとの, やつが, やつの, やつはにが, わけ, わけさ, わけな, わけにも, わけね, んじ, んで, フランス語の, 事も, 人が, 仕事が, 前触れで, 口か, 名前を, 女が, 女中を, 女流作家が, 学生から, 学生なら, 家に, 希望が, 希望を, 強味も, 意味では, 手は, 文学者なら, 方は, 有様だ, 条件で, 気が, 気も, 油絵の, 点じや, 程度でなく, 腹が, 自信が, 芸者に, 証拠は, 話だつた, 話です, 顔よ, 願いが, 風が, 駐在の

▼ つこの~ (124, 0.2%)

11 方に 4 村へ 3 ような, 方へ 2 やうな, 夜さり玻璃戸に, 方が, 方を

1 [95件] あたり隠元豆の, えらいひと, おばば, お城, お通夜な, からと上方, さう, ところへ, ない原始的, ねえ, まことに滑稽, をど, カフェー, 一つに, 一人が, 一番小さい, 三助私の, 両種, 中に, 二ヶ所は, 二人の, 井に, 体を, 僕も, 優しい女, 兄や, 光る大事, 六疊が, 写真を, 出來, 卜斎が, 国は, 土の, 土地へ, 地へは, 地を, 夜の, 大事な, 大坂城, 大阪へ, 天下の, 太いので, 家へ, 富を, 山の, 島へ, 川辺の, 年正月いらい, 弟が, 後より, 得点及び, 悩みから, 方から, 方で, 方には, 木の, 木ぶり枝ぶりを, 本邸の, 東海の, 林の, 棒が, 椅子に, 椅子を, 次にお, 武州へ, 水門尻の, 犬さん, 理解の, 生活が, 男と, 町が, 疊に, 癖に, 百万ポンドの, 百姓は, 目的こそ, 私が, 秩序の, 精進村に, 缶詰を, 群れを, 臍へ, 藁椅子に, 行動に, 西にまで, 論文の, 道を, 部屋へ, 鐘太鼓が, 間者牢へ, 雨戸は, 青く透いた, 音韻の, 飛騨の, 馬は

▼ つその~ (119, 0.1%)

3 ような 2 ことそうつと, ことそんな, 事に, 石夜毎に, 秀の

1 [106件] うるは, こと, ことあの, ことあや子を, ことあんな, ことすて, ことその, ことそンな, ことみんなの, こともう, こともつ, ことわたしの, こと厭な, こと女房も, こと年末の, こと彼の, こと思ひ切つ, こと早く, こと是は, こと此處に, こと此處へ, こと活動の, こと澄江が, こと自分で, こと路傍の, こと郷里へ, こと鳥羽に, ときが, スペースが, 事この, 事さつ, 事博士に, 事崖へ, 事此家に, 事賀蘭山の, 交情日と共に, 助言を, 勢いを, 味は, 器械を, 地に, 場その, 大きさ, 大事を, 失業群につき, 女に, 姿が, 娘を, 安全を, 実を, 家と, 家は, 寺院に, 小さきを, 小僧さんの, 島へ, 帰途に, 底に, 弁は, 心を, 戸口を, 手腕の, 日が, 日と, 映画には, 最も重んじ, 根本的手術を, 楽しみに, 構えは, 機会を, 櫛が, 気に, 泡さく時の, 牢屋から, 猛烈さ加減は, 猫に, 瞬間が, 秘密が, 範囲および, 籔睨の, 精草の, 約束した, 缶の, 背中を, 脱衣場へ, 腐れ奮鬪, 腐れ縮緬着物で, 腐れ逃げやう, 船の, 茅蜩を, 蒼く白き烟, 辺を, 逆の, 通りだ, 道具立ては, 遠いところ, 醒むるを, 長いの, 限界に, 音を, 頂上に, 颱風路を, 馬を, 髪を, 黒髮, 鼓を

▼ つかつて~ (116, 0.1%)

8 ゐた 7 ゐる 4 ゐるの 2 ゐたので, ゐるん, 居た

1 [91件] あの怖, ある, いつた, いやだ, きたん, くるの, こぽり, ごらんひどい, したの, した事, しまつたの, しまつたので, その痕, ぢつと, できた波, ない, の歸, もつと, ゆくこと, ゆく勇氣, ゐたあの同じ, ゐたぜ, ゐたの, ゐた九谷, ゐた小さい, ゐた酒, ゐました, ゐます, ゐるかの, ゐること, ゐるに, ゐるやう, ゐる三切許, ゐる刀, ゐる小さな, ゐる床, ゐる死体, ゐる波, ゐる逞しい, ゐる頭, ゐる顔, ゐれば, チップに, ハツと, 一ぺんに, 一人が, 了ひ, 了ひました, 了ふ, 二時間も, 人間は, 何を, 來て, 停学処分を, 停學處分, 全長六五メートルの, 其処に, 叱られたかと, 呉れた方, 困りました, 坊さんを, 堪るもの, 娘は, 学校が, 小田原山中アゲハを, 居ましたよ, 居るやう, 帰つて, 御覧よ, 急坂を, 息を, 悲惨な, 散々打たれ, 死んだかと, 母に, 滝の, 烈しく罵倒, 甘つたれ, 船が, 落ちて, 行きたい, 行く気持, 行けばい, 行つたといふ, 見てから, 見ねえこいつ, 見ようと, 詰問される, 逃げだす, 銀杏の, ,人の

▼ つ~ (116, 0.1%)

10 な中 6 だ, で何 4 だつた, です 3 な家, な晩, な道, な部屋 2 だし, だと, ですが, でせう, で何ん, なんです, な上, な夜, な心持, な路地

1 [54件] いつも飛ん, え梯子, さは, だが, ぢや, で, であつ, である, でございます, でしたが, でしたよ, ですこと, ですね, でなくては, でなんにも, でもう, で夜分, で家, で手, で早春, で暑, で柳原土手, で町, で硝子, で縁側, で髮, なとき, なのでど, なブタ箱, な二階, な井戸端, な夜道, な天井裏, な宵闇, な師走, な底, な径, な恐ろしい, な息, な時分, な森, な物, な町, な穴, な空, な胸, な藏, な路, な迷, な通り, な部室, な顔, な顔付, 平次と

▼ つさん~ (114, 0.1%)

3 が助け 2 がいくら, とお, のいふ事, の機嫌, の言う, を助け

1 [99件] いつぱい飮, えらうご, がい, がむずかしい, がやります, が助かれ, が又, が口説い, が呼ん, が居る, が應, が手荒, が此家, が毎晩, が洗面器, が確り, が見, が間拔, が顏, が饂飩屋, だの料理番, ていふ人, ですか, でね, とひとつ鍋, とわし, と一緒, と呼ばれ, と堅い, と挌鬪, と相談, どうぞお, どうやらう, なの, にし, にたづ, にも外, にも顏, に助けられた, に口説かれ, に差した, に聞い, に苦勞, に親しい, に迄話, に附い, のおっしゃる, のは言い出す, のやう, のよう, のろれつ, の事, の外, の大事, の姿, の家, の思し召し, の手, の方, の本, の案内, の気に入り, の演ずる, の話, はあ, はあの, はあれこれ, はいふ, はし, はす, はその, はにたにた, は一人, は何處, は功名話, は好物, は待兼, は御酒, は手持無沙汰, は折角, は無理, は盃, は相手, は突然, は聲, は舌, は長, べろべろに, も, もお, もつと, も今度, も驚いた, よりはまし, よりも強, をいつ, を見つけた, 早いな, 若い女

▼ つまた~ (114, 0.1%)

5 お目 3 人を 2 それが, 人間に

1 [102件] あはれる, あれが, いかなる変, いっしょに, おじいさんと, お会いできます, お会い出来る, お煩い, お眼, お見え, お逢いする, こけまろびつ, この前, この灯, それに, そんな人, そんな哲学, だれによって, どこから, どこへ, どんな境遇, どんな弾み, みんなが, みんなに, めぐり会われるかも, も響く, わしらは, わたしが, ドイツ機の, フランスへ, ルパンを, 一つを, 一ツには, 一号艇の, 世に, 乞食に, 二人は, 二条三条, 五重塔の, 他の, 会う日, 会えるか, 会えるでしょうかしら, 会えるの, 伴れ, 何を, 便を, 共に味, 再来する, 冷いものが, 出かけて, 出て, 出来心が, 前の, 危険に, 合戦が, 吉川勢が, 呼ぶかも, 坊ちゃんの, 坊に, 変わるかも, 天に, 女中が, 始めるかも, 張飛が, 彼の, 彼女を, 忽然と物騒, 思いも, 急ぎゆけり, 意外な, 昂奮し, 暴れだして, 暴れ出さないとも, 月蝕の, 来られるか, 東京へ, 枕に, 歌が, 気が, 活動を, 特急原爆の, 発狂前にも, 睡る, 知事が, 祖父江出羽守に, 私たちは, 絡みついて, 絵筆を, 行けるか, 襲来する, 説きつなだめも, 誰が, 諸君と, 逢へる, 逢る, 連れに, 離ればなれに, 頭の, 飽きが, 首実験を, 黒い壁

▼ つ~ (113, 0.1%)

22 の御子 4 の寿詞 3 の子

2 [13件] であられる, と這, のお, のみこ, の命, の命令, の御子天, の御子幸, の災, の領土, を祭り, 我が大君, 追ひ挑む

1 [58件] から授けられた, がしばしば, が大風, が屡, である, であるといふ, という, といわれ, とか言, としてに過ぎない, として此世, となる, とは別, とを分つ, と大, と申し, と考へ, と言, と記し, なり, なる火, にも天子様, に敬, のまたし, のみ子, の中, の代り, の代理者, の呪言, の命以, の場合, の子孫, の宰, の御所, の御言, の所属, の新, の犯す, の神意, の考, の観念, の言葉, の詔命, の詞, の賜, の鋒, は地上, は決して, よねがわくは, をお, を以て妻, を喚び降す依, を崇敬, を招ぎ, を標山, を祭られ, 並びに天子, 或は梯立

▼ つどんな~ (112, 0.1%)

12 ことが 11 事が 6 ことで 4 ことに, 目に, 風に 3 変化が 2 ことを, ときにも, ものが, 場合にも, 時に, 物を, 病気に

1 [54件] お咎め, お客が, ところから, ところででも, はずみで, ばあい, へまを, もんだい, もんやい, キッカケで, 不心得を, 事で, 事に, 事情で, 人間に, 助けに, 勘違いを, 危険が, 向こう見ずな, 嘘を, 噂を, 場合でも, 場所で, 変が, 変動が, 夕立が, 女を, 御用の, 怪我を, 悲しいこと, 所からでも, 所にでも, 手段で, 時でも, 時代に, 時代にも, 時首が, 最後の, 本で, 梟雄が, 注文が, 災難を, 用事が, 病に, 症状が, 祟り, 者に, 聲を, 船が, 苦い経験, 触込みで, 逆変, 隙に, 騷動が

▼ つたりと~ (107, 0.1%)

3 した落ちつき, 棲むこと 2 したお話ぶり, した余裕, した態度, した気分, した足どり, ふほふく, 細い声, 腰を

1 [85件] お坐り, したあし, したところ, したゆたか, した少年, した心, した樫, した気持, した気持ち, した気構, した氣もち, した筆致, した絹張り, した肉附, した肥つた, した落ちついた温か, つかれました, ふほくを, まつたり, やつて, ゆたかな, アカシヤの, テーブルに, 云は, 云ふ, 云を, 人間を, 今宵一夜を, 凭せ, 反身に, 句作する, 坐つて作法, 坐りたれど, 大きな波動, 大きな血塊, 大きな躰, 天を, 安心した, 寛いだ式, 尾を, 床几に, 底力の, 徐かに, 思ひあまれば, 思ひ其平さん, 息づきながら, 懷に, 春めいた山, 朝の, 楽にな, 正覚坊ぞ, 歩いて, 歩みいで, 歩み麥, 氣が, 沈着かせ, 波を, 流れ淀んだ, 浮んで, 清楚な, 湛へて, 牛が, 石に, 空間を, 縁側近く端居し, 耕地防風林の, 聞きて, 背を, 胡坐を, 自動車の, 落ちついた気分, 落ちついて, 落ち付ける機會, 落ち着いた氣持, 落着かれた, 蒲団の, 蝋塗の, 視張つて, 言ふ, 記して, 運び來, 雲の, 電光石火の, 飛違ひ, 食堂には

▼ つ~ (106, 0.1%)

6 死んで 2 今斯, 思ひきつて東京, 歩いて, 殺して, 腐つてどろどろ

1 [90件] あそびとおもつてしまへば, あたくし, あの女, あの日, あの時, あの障子, あんな奴, おた, かうい, このま, このままハノイ, このまま帰つてしま, この十日前後, この田圃道, この職業, これから銚子, こんな佗, さつ, せつない, そのお, そのま, そのやう, その無言, その電話通り, それではお, そんな時, といひ, と彼女はさ, と言, どうだい, なたを, はかなく情, ばたばたと, また堪へ, また官吏, また輕井澤, もつと, もの日, わかればなし, 下りて, 今帰つて, 再び僧籍, 出して, 分らない方, 反つて無器用, 古ければ, 可笑しくも, 墜ちて, 大きなところ, 大聲, 威張つてるん, 寝るの, 引つこぬいて, 思ひきつ, 思ひきりデカダン, 思ひ切つて, 思ひ切つて伴, 情なく浅間, 或はお, 打明け話さうか, 描かない事, 放りつぱなしにしてゐる, 早い時機, 早く行つて了, 更に小, 書くならばと, 最少し, 未だ照子, 本当に会はず, 来て, 止して, 止めて, 死んだらずゐぶんせいせい, 死んだ方, 死んでしまつたなら, 泣き出した方, 深くと, 潔く死んだ, 濁つて, 無くな, 焼けて, 絞め殺させて, 自烈, 諦めて, 超然と相手, 遣らうと, 離れるなら少なくも, 難有, 飛び込め, 食べてる

▼ つどこ~ (106, 0.1%)

105 でどんな 3 でどの, で何 2 から出, でどうして, でも何人, へ行っ

1 [77件] からいつのまに, からくま, からだれ, からでも十分観賞, からともなく, からどう, からわい, から切られる, から持っ, から現れ, から現れる, から飛ん, であつ, でいかに, でこの, でこれ, でそういう, でそれ, でそんな, でだ, でだれ, ででも主張, ででも死ねます, でということ, でと云っ, でどう, でぴかっと, でもできる, でも出来る, でも自分, で伊達家, で会った, で何国人, で使われた, で別れた, で宇宙怪人, で寝こむ, で手, で拾った, で捉えた, で掏, で敵, で最後, で殺された, で決心, で犯した, で秋水, で紛れ, で結婚, で聞いたろう, で見かける, で誰, で起こった, で道, で雪崩, で飛び出した, にいくら, においても地代, の路, へお年, へです, へでも出向い, へでも飛び出せる, へでも飛ん, へどう, へ仕舞, へ姿, へ幾ら, へ持っ, へ泊る, へ立つ, へ落した, へ落ちる, へ行つて, へ配達, へ飛ばなきゃならない, をどうして

▼ つちよ~ (105, 0.1%)

13 の女 12 の下女 114 いよつちよい, よすいつ 3 の女中 2 の悪魔, よなぜ, る

1 [52件] かぶり, からちよい, から野呂, から飛び出した, がき, がきてない, がゐるくもり, が啼く, が彼, が月, さうなので, だつた, つたので, つと待つ, でうす黒い, で少しヨチヨチ, で鼻, にかぶつ, になつてカラッチ, には素, に冠, に冠つて, に帽子, に撥ねて, に結, に茶, に葱, に駕籠, のお, のめかし, のシャツ一つ, のパツューク, の下女の, の中年女, の乳, の体, の内儀さん, の別嬪, の口ひげ, の喜代次, の心, の癖, の肩, の豚, の飯, はなぜ, も寒, る光景, る烱眼ぢ, れねえうち, 来たか, 死ぬまで

▼ つ切り~ (100, 0.1%)

265 ですよ, 見當 43 です, の若紫 2 でございます, ですか, で介抱, で死ん, になつて

1 [44件] かい, かはひどい, か金持, だが, だつた日, だね, で, であつ, でしたが, でへエ, で坂田, で大黒屋, で好き, で御座いました, といふ豪勢さ, なんで, なんでさ, にし, には違, に成つ, のねんねぢ, の事, の企, の徳利, の犯罪, の話, の話ぢ, わかりません, 仕たい放題, 付きません, 再び手, 出て, 分らない, 別れました, 動かない現, 帰りませんでした, 引下がりました, 戻つて, 沈んで, 熱くし, 行詰りました, 見當ら, 解らない, 黙つて

▼ つ~ (99, 0.1%)

18 ひの 8 ひは 4 ひが 3 ひに, ふこと, ふの 2 がよく, つた, つたな, つて, ひ, ひました, ひ共, ひ達

1 [44件] つたか, つたせゐかと, つたやう, つたら三人, はし, はれたから, はれた村井, はれるより, ひである伴, ひにからか, ひらしい意地悪, ひらしくそんな, ひを, ひ厭, ひ厭味, ひ学校, ひ店, ひ振り, ひ新聞, ひ深夜, ひ見たいだ, ひ見たいな, ふさうだ, ふといくら, ふといつも生殖器, ふとこ, ふとこの, ふとま, ふとハダカ, ふと大, ふと客, ふと必ずこ, ふと必ず誰, ふと急, ふと怪力, ふと相, ふと自分, ふと親, ふと誰, ふ為, ふ男, ふ闘, ふ頃, へば女房

▼ つちり~ (97, 0.1%)

7 して 5 と目 4 とした, と莟 3 と白く 2 と, と雪, と點, を食

1 [66件] お寝みなさる, しか分け前, しか召, しか持つ, しか蝋燭, しか見えない, したもの, した俸給, した大きい, した好え, した娘子軍, した存在, した村長, した極めて, した犬, した男, した胸元, した脚, した骨骼, だね, であらう, です, では御, でも味, でも草, とさ, として, として元, として荘麗, とでも目, とひきしめ, とほし, ともなかつた, とゆく, とランプ, と一つ目, と下ろされ, と体, と其俤, と出来, と咲い, と地, と寂しく, と微か, と水, と獅, と結んだ, と脚, と臀, と花, と落ち, と落ちた, と落ちつい, と蒼, と見え, と赤い, と開きました, と音, ばかりの小銭, 咲いて, 居直るもの, 嵌め込むの, 引き締めて, 消えて, 築き上げられて, 赤く

▼ つてあつ~ (97, 0.1%)

368 たの 4 たが 3 たので 2 たん, てその, て頭

1 [40件] たかと, たから, たと, たりした, たりする, たり建築物, た二階, た八角形, た差押, た文字, た梨, た洗つて, た白紙, た筈, た精靈, た紙片, た緋, た通り, た鼻紙, てこれ, てすこし, てそこで, てびく, てもう, てズーツ, て下手, て中, て六尺, て六部, て其の, て室, て寢臺, て方言, て枝, て海水, て甘い, て盂蘭盆, て竹, て銅製, て障子

▼ つては~ (94, 0.1%)

2 ならない此お方, ツと, 困る, 此の

1 [86件] あかへんぜ, あれこれと, いかん, いかん早く, いかん早く早く, いけない, いけない兩國提携, いよいよ夜靄, いる必要, お母さんが, お辻, かつゑた, こまるがね, これ一枚きりない, そこで, てんでに習, ならないこの, ならないぞ, ならないよ, ならぬ, なりませんよ, ふり落ちる涙, よく揶揄, ゐない, ゐないが, ゐないさ, ゐら, ゐられない, ゐられないの, ゐるが, ツは, ピヨンと, 一つも, 一向出入り, 一年に, 上の, 不可ぬ, 不都合な, 二言三言彼等に, 今更何處, 仰向いて, 何一つ出, 僕の, 先づ校正書位の, 到底安心, 到底車外, 勉強家といふ, 可か, 各々の, 困ります, 困りますよ, 困ると, 困るよ, 夢中に, 大きい掌ぐらゐのものであらうか, 妾困ります, 容易に, 少しばかりの, 尚更の, 居られない焦燥, 居られまいといふ, 座を, 引き留めたがるが, 彼に, 心弱く諂, 或は蒙, 拜殿の, 政府を, 横に, 殆ん, 氏の, 気の毒だ, 泣いてるん, 申譯が, 畏入る, 竊に, 笑ひ, 興味が, 言葉が, 話に, 謹厳自ら持し, 通つてゐる, 銭を, 限りも, 陰で, 雉子などを

▼ つ~ (93, 0.1%)

9 を押 5 を立て 3 が痛く, のお松, を立てた 2 に力, に毛, の気味, をゑぐられて

1 [62件] から苺, がちくちく, がキリキリ, が立ちました, が胸一杯, たてだしたの, でした, ではいつの間にか, で人, で働き者, で奉公人, で町子, といへ, と変つて, なこと, なところ, などを突き飛ばす, なはつきり, なんぞに二三発お見舞, な良い, にうんと, にこつ, にひかへ, にぽ, にアルコール, に哄笑, に団子, に小石川, に風穴, のあたり, の人, の恰好, の毛, の痛く, の立つ, の筋, の貴族, の辺, へズブリ, へ槍, へ當, へ風穴, をいらだ, をその, をつい, をつき出した, をわざ, をゑぐられて血, を一, を刳, を小突かれ, を小突きました, を掻き廻す, を撫で, を突い, を突いた, を突き出し, を突き飛ばす, を突飛ばされた, を立てたらしく, を立てる, を蹴破る

▼ つたんぢ~ (91, 0.1%)

40 やない 9 やありません 7 やあるまい 6 やねえ 42 やア

1 [23件] やおそく, やと, やな, やなから, やなく, やねえか, やねえかなんて, やのう, やもの, やらう, やァ, や世間, や変, や尚, や有りません, や無, や無い, や畢ねつ, や腹, や自分, や話, や身, や面白く

▼ つ~ (90, 0.1%)

5 の上 3 の中 2 である, と同じ, にある, の方, の獄門, へ出る

1 [70件] から来た, から田圃, があり, がある, が現れた, が私, が騷, で揚げる, になり, に今, に出, に子供, に建てられた, に来, に狐, に生えてる, に畠, に直吉, に笑, に笑つて, に見られる, に通じ, に食べ飽きた, のお金, の下, の匂, の口, の向, の天, の女優, の専門, の帽子, の搖れる, の羅馬治下, の芒, の茎, の裂けた, の詩, の連衆, の隅, の頭領, はとら, はもう, は更に, は白, は虎, は雨降り, は頭, へ, へ出た, へ御, へ行かう, へ遊び, も何, をほどきのばし, を僕, を助ける, を取りのけ, を吹き, を囲ん, を散歩, を羨む, を自由, を虎, を通り越し, 低い山, 又ら, 唯この, 蓋し斯くの, 詰まると

▼ つ~ (90, 0.1%)

3 から調べ, しから 2 から口, なら誰, や蝋燭

1 [78件] から, からお, からおれ, からそれ, からたずねあるきまわりました, からたずねよう, からポンポン, から一とわ, から入れはじめました, から刈りとられる, から双, から取つ, から叩き壞, から呼吸, から品物, から尋ね歩く, から慘, から手紙, から押, から押しかけ, から拍子, から拘引, から拘束, から擧げ, から整理, から文字, から書類, から殺し, から殺した, から殺しました, から洗つて, から無駄, から當つて, から當つて見てくれ, から盜, から窒息, から考へ, から自分, から落したら, から訊かせる, から訊ね, から記憶, から誤, から調べる, から讀ん, から鎌, から開け, から集める, から雇人, から食べ, から骨, が居, しだ, しで, で浪人者, とも思, とも思はない, にお, にでもぶつつかる, に眼鏡, に苔, のくせ, の上, の女形, の御用聞, の草, は主人, は皆んな夢中, は顫, へ一人づつつ, へ出掛け, まで行つて, まで集め, や餘分, を下, を出しや, を残された, を種

▼ つ~ (89, 0.1%)

17 をし 9 はない 8 はありません 7 になつて, はねえ 6 になつ 5 をした 4 をする 2 つと, はねエ, は無い

1 [20件] が大, が得手, つと時計, つと杖, つと耳, つと遠く, つと重い, でせう, なんかし, なんかした, にお, になりました, になるであらう, にはなつ, に為てる, はありやしない, はなかつた, やつの, やの軽い, を

▼ つかは~ (86, 0.1%)

5 しくない 4 されませ, しに 3 して 2 しい, しい景色, しく思はれた, しける, した, すこと, のと

1 [56件] さい, さいそれが, さる兩人, さる別当, ざる所なれ, し, しいまでに, しいもの, しいやう, しい不, しい場所, しい声, しい稀, しい聲, しい自然, しい調和, しい風采物腰, しからず類せずなむ, しからぬ恐ろしき, しかるべし, しき, しき中なる, しき色を, しくさ, しくもない, しく何事, しく思はれる, しく愉し, しく舟, しさ, したる事, した吾, しなれば, しにな, しました上, しめと, しめとも, しめなる猿, し何, し申すべし若し, し遣さる, すべき由申, すべく候, すらしき, せに, であるから, ない教養, ない蒼白い蒼白い光りで, ぬもの, ぬやう, ぬ言葉, もう武蔵, われが, 学問に, 幾らも, 後を

▼ つかへ~ (84, 0.1%)

4 ない, 手を 3 引つかへ, 行つ 2 候よ, 隠れて

1 [66件] いつちや, お世話を, けし飛んでしまつたやう, させて, し, した, したり, しは, しを, するじれつ, だ, てる様, ないか, ないかも, ないため, ないだらう, ないと, ないなら, ないの, ないので, ないもの, ない様, ない種類, なかつたの, なからう, なからうで, なきもの, なし, なしと, にげて, ば水も, ふつ飛ん, む, 上陸したつ, 今すぐ, 住み替へ, 住み込みで, 兒子の, 出掛けようか, 升とも, 忘れてでも, 投げられたやう, 死につか, 氣が, 無けれア彼, 紛れたん, 置き忘れて, 肉が, 落して, 落つこ, 行きてえよ, 行きませう, 行くの, 行くんぢ, 行つてしまつ, 行つてようか, 行つて了ふよ, 行つて居ない, 行つて死ん, 走つて行つて, 隠まつて, 隱し, 飛び出して, 飛んでしまつて, 養生に, 高氏の

▼ つ~ (84, 0.1%)

5 になつて 4 な男 3 なの, になつ 2 なもの, な穴, な肩, な雄, な頭, な顏, にし, になつた顔

1 [53件] けになつて, けや, だあれ, だつた, です, で少し, で横, で牝牛, なら畳, なカーテン, な中, な井戸, な人間, な土, な塊, な壺, な家, な小, な岩, な影法師, な手拭, な指, な木綿, な板, な毛, な水, な泥, な洋服, な溝, な眠り, な空, な色, な蒸汽氣罐, な蝋燭, な裝束, な雲, な頭髪, な髷, な齒, になす, になつたくら, になつてしまつて, になつて撥, に塗り潰す, に変つて, に更け, に書きつぶす, に流れ, に消える, に焦げ, に焼い, に立つた, よ

▼ つという~ (82, 0.1%)

10 ことが, ことは 6 ことである 5 ことに 3 ことを 2 ことなく, ことも, 事は, 音を

1 [40件] こと, ことその, ことだ, ことであり, ことです, ことによって, ことの, こと即ち, のか, のは, ものが, ものです, ものを, ような, ような云い表わし, りっぱな, 事が, 事実な, 利益によって, 同級生の, 因縁の, 女髪結の, 娘は, 工合に, 意味での, 所謂自由主義の, 方の, 時そこに, 時も, 時世界は, 条件だった, 歴史的身体的形成から, 気持も, 球音が, 理由によって, 程この, 結果に, 言葉が, 諺が, 風で

▼ つちやん~ (76, 0.1%)

4 が死ん 2 が, が死んだ, が生き, だつて, です, を殺した

1 [60件] がえい, がその, がそれ, が亡くなる, が危, が寒い, が居ない, が昨夜身うけ, が昨日くしやみ, が来, が歸つたの, が殺られた, が見えない, が遊び, が遊ん, だ, だつて云つたの, だと, ですよ, とがお櫃, とほか, と一緒, と云つた其, と呼ん, と父親, に, にあ, におん, に嫌, に洗, に過ぎなかつた, に附い, のお家, の二七日, の処, の喜太郎, の守袋, の履い, の様子, の腰, の迎, の遊び, の顏, の鼻つまみ, は下手人, は人, は俺, は日本橋, は田螺, は荒, は誰, は高等学校, も, もこちら, もどうか, らしい處, を, をさらつて, を誰, を邪魔

▼ つあん~ (75, 0.1%)

3 の代り 2 がおっかさん, が見たら, の, の場合, の子, の意見

1 [60件] からはまだ, から便, があやまつ, がそんな, がたずねた, がどれ, がね, が叱る, が大切, が嫁はん貰, が帰っ, が戻, が昨晩, が楽しみ, が死にかけ, が死ん, が生き, が答, が苦しんでる, が行かなくたつ, が迎い, には兄さん, のこと, のやう, のやり, の了見, の云, の伊之助親方, の借金, の出た, の前, の友人ぢ, の女狂, の嫁はん, の家ぢ, の後, の気持, の留守, の病氣, の神經痛, の考, の胸, の腕次第, の自由党, の薬さ, の足, の鎚, の頃, の顏, の顔, の顔色, やおま, や兄さん, よりは捌け, より清さん, をりっぱ, を喜ばさう, を引つ, を手傳ふから, を病院

▼ つからとも~ (75, 0.1%)

3 なく 2 なくどこ, なくみんな, なく私

1 [66件] ない仕来り, なくあの, なくおじさん, なくきらわれ, なくけ, なくここ, なくこの, なくさ, なくそこ, なくそれ, なくにぎやか, なくひまわり, なくほか, なくませた, なくカナリヤ, なく一つ, なく一度, なく三方子川, なく不思議, なく乞食, なく二十人, なく亡くなられました, なく他人, なく向う, なく命, なく奇妙, なく家, なく屋根裏, なく強盗, なく彼女, なく懷疑, なく晩, なく松原, なく枯れそめし, なく柏屋, なく棄てられた, なく民間, なく気, なく気がついた, なく江戸, なく決まって, なく津々浦々, なく消えうせ, なく物思い, なく相場, なく磯五, なく空, なく絹, なく繁くなった, なく背中, なく自分勝手, なく衣かけ, なく表紙, なく近眼, なく遁世, なく鉄心道人, なく鐘, なく離ればなれ, なく音信不通, なく鼠, なしに, のうダラダラ, わかりませんが, 無くつまらなくイヤ, 知らず耳遠く, 知れず謡い伝えられたこの

▼ つ~ (75, 0.1%)

13 になつ 11 にし 5 になつて 4 にした 3 な僞物 2 な嘘, な痣, な顔, になりました, に染め

1 [29件] さ, だ, ないろ, なキバ, な客, な斑, な朝日, な汚点, な炎, な舌, な色, な蟹, な袖章, な顏, になつた彼, になつて差し, になつて釣床, になつて顫, になつて馬, になるで, にふつくり, にゆだつ, に擦りむい, に焼けただれた, に燃える, に興奮, に逆上せ, よ, よもう

▼ つとしては~ (74, 0.1%)

8 ゐられなかつた 6 居られなかつた 5 ゐられないので 4 ゐられないやう 3 いられなかつた 2 ゐないの, ゐられない, ゐられないから, ゐられません, 居られなくなつ, 居られぬ何

1 [36件] いないん, いられなくなる, ゐないこの, ゐられずに, ゐられず新宿あたり, ゐられないうら, ゐられないぢ, ゐられないの, ゐられないよう, ゐられない九時半, ゐられない宮崎, ゐられない性急, ゐられない気, ゐられない私, ゐられなかつたん, ゐられなくなりさ, ゐられぬ, 僅かに, 坐つて, 居ず治つて, 居られず慌て, 居られない, 居られないから, 居られないだけ, 居られないで, 居られないの, 居られないわけ, 居られない心持, 居られない気持, 居られない氣持, 居られない陽気, 居られなかつたから, 居られなかつたの, 居られなくな, 居られぬので, 居れず大

▼ つたか~ (73, 0.1%)

20 と云 10 と言 6 と問 4 と思, と思つて 2 とお

1 [27件] から聞いた, がその, がもう, が判然, が想像, が窺, だよ, て, ておま, て困る, て起き, で幼, で自分, と, と御, と思つたの, と思つた位, と思つて呆気, と思つて能, と思つて頭, と想, と氣, と考, なんてい, の書い, へお父さん, やア

▼ つまで~ (73, 0.1%)

4 もじっと 3 たっても 2 いたって, 大阪に, 幕府の, 経っても

1 [58件] ああじゃ, いても, かうして, かかってるよう, かかり合って, ぐづ, こんなやく, しない, そんなつんつん, たったって, だろうかと, つ, つン, ぷかりぷかり煙草ばかり, もじっとして, もじッ, もつ, もとつとき, もと席, もみがれて, ゴロゴロし, 人の, 停って, 働けるもん, 児供と, 化かされて, 女形で, 安閑と, 家に, 寝るや, 居ること, 居る訳, 嵐ふきの, 引留めて, 心を, 怖ろ, 恋ある, 捨てては, 捫著し, 旧の, 昔の, 普門院に, 正直に, 殘る, 沈んで, 浪人を, 無事か, 立たせて, 続くもの, 緑林の, 老いさらばえて, 自分の, 血なまぐさい辻斬り稼ぎ, 衝突合ふ, 語つても, 返事を, 開けちや, 駅夫を

▼ つ母さん~ (73, 0.1%)

2 おつ, と云, はお家

1 [67件] お早うございます, がある, がお, がかう, がない, がなく, がやつぱり惡, が側, が出, が喜ぶ, が現, が言, が言つてお出で, そんな心配, だよ, でなくつて, とにこれ, と俺ら, と呼んだ, なんぞがしきりに, なんて言つて貰, に代, に叱られました, に孝行, に店, に御馳走, に泣き込まれ, に蚊帳, のお腹, のこと, のところ, の世話, の冷刻, の喘息, の手傳, の行方, の言, の顔, の鶉, は, はお, はた, はちつ, はどこ, はメァリーさまそつくり, は云, は何, は俺, は嬉し, は眼, は言葉, もああ, も仏壇, も吃驚, も朝晩, よりはお祖父さんぢ, よりも一層, を亭主, を引つ, を慰め, を慰めましたら, を慰める, を手傳, を泣かせ, 似で, 大變, 好く中ります

▼ つさい~ (71, 0.1%)

6 がつ 32 のもの, を盡

1 [58件] あつさ, ありが, ありがたいもの, いろ, うれたトマト, えらい, おもひだ, お互, ごに, しないこと, しないで, すつぽん, たのしく働い, だ, だと, なの, にゐ, にゐる, に人間, に入, に叛, に君, に哀しみ, に峯, に房一, に目のあたり, に研究, に罪, に蔵せり, のこと, の信仰, の批判, の生存競爭場裡, の生成, の縁, の職務, の行きがかり, の陰謀, の點, はそこ, は空, ふらふらと, をかし, を含め, を越え, 任して, 奪われました, 好いの, 寒くな, 役に立ちます, 御眼中, 投げだして, 甚だいやしい, 知らないから, 絶ちきりたいの, 芽生えて, 避けなければ, 飲み食

▼ つ~ (71, 0.1%)

13 きに 3 に立つ 2 にお, に立つた, に飛込んだ

1 [49件] から柄, きでぴよんぴよんと踊, に, にこの, にその, にでもとまらう, になりつ, にひとり, にアレース, に之, に入, に入れる, に勇將デーイオピテース, に向, に大人げ, に居た, に屋外, に席, に廊下, に應, に押し立てた, に擧げられました, に棺, に橋, に沢山, に浮び出る, に疑ひがか, に立ち上つ, に肩先, に自分, に船, に莫大, に見つけた, に親分ところ, に語るであらう, に走り出す, に金, に隠匿, に顔, に飛び付いた, に飛び出した, に飛ん, に飛出し, に駈け, の宿, をマカロフ, を堪忍, を突き廻し, を駆け

▼ つ振り~ (71, 0.1%)

6 の好い, は好い 5 が好い 4 の良い 3 が良い 2 がよく, が好く, が良, です

1 [39件] がどう, が代, が何より, が氣, だ, だが, だけが好い若い, だけで, だつて滿更ぢ, でせう, ではありません, でもなし, で色, と口車, なんか見てる, にも異状, に心, に氣, のい, の鑑定, はい, はよかつ, は一人前, は大した, は巫山戯, は平次, は無抵抗, は良い, も大した, も申し分, も相, も臺, も評判, も辯口, を拜見, を眺め, を知, を誇示, を餌

▼ つ~ (69, 0.1%)

11 立つて 3 かけて, こんで 2 か, こく, 立つた, 立つたまま, 込んで

1 [42件] かい棒, かかつて, かれぬうち, こく子供, こく質問, こませた, こみそれ, こむと, こんだ儘, こんでしまつたもの, た, たかと, たの, たひらたい, た顏, ついた, ついて, つくの, つく針, つく鴉どん, つちツ, てお, とした, とする, と入る, と宙外君, と思ひ出しました, と消える, と立寄, ぽの, 伏して, 立たしめる, 立ち, 立つ, 立つた煙りは, 立てた, 走らうと, 込まれた時, 込んでる盲者等, 返へ, 飛ばされるやう, 飛ばすやう

▼ つぱし~ (68, 0.1%)

3 の芸術家 2 からこの, の茶の湯好き

1 [61件] からいわば, からひとつひとつ, からもみ消した, から一向に, から一生懸命, から不良少女, から伐つ, から伐り倒し, から口説き, から尋ね, から崩され, から平げ, から引きずり出す, から彼, から忘れ, から掘り出し, から搜, から機械的, から歩いてるらしい, から残らず, から狂, から狐, から相手, から窓ガラス, から縁談, から行つて横, から覗き, から言ひまくつ, から読ん, から讀ん, から谷, から追, から風呂敷, から飲み干し, が結びつけ, にも驚くべき, に唾, に書い, のインテリゲンチヤ, の上, の主婦, の優男, の劇作家, の努力, の口利, の専門家, の強い, の書家気取り, の画家, の藝人, の見解, の長い, は案外, をどこここ, を拾, を持つ, を頭, 偉い飛行家, 大きな顔, 生き生きと, 良い思案

▼ つちの方~ (65, 0.1%)

4 を見 3 がいい 2 だ, に顔

1 [54件] からこの, から拒絶, から来た, から行つて, が, がありがたい, がうまい, がまごついちまつた, がよかろ, がよく, がムリヤリ, が人気, が却つて半信半疑, が困, が大事, が大分へま, が少し, が強い, が早く, が楽, が正しい, が表, が遙, だん, だ秋山, でもどんどん, で翌日, とちが, にお, に寺錢出來, に引き返し, はえ, はそれどころ, はよう, はガラス, はレンズ, は嚴, は悪く, は物, は血, は誰, へ來ちや生, へ向い, へ向け, へ来, へ流れ, へ越し, へ進ん, へ適當, へ駈け, もつひ張りこん, を廻つて, を選ぶべきだ, 酷く威勢

▼ つぽん~ (64, 0.1%)

3 亀の 2 たいまいなどの, ていこく, で, めぐんで, を食

1 [51件] かかつて, があわて, がゐる, が岸, が放し, が火燵, が船, だ, だつた, でなくて, でも龜の子, といふ声, といへ, とはそんなにすぐ, と深い, と聞け, なら食, に云, に拜まれ, ぬいて, の人間, の子, の樹, の汁, の燈台, の生血, の血, の道, の鋏, の鑵詰, の首, は喰, は彼, は親代々, へ向, も有名, をのぼりつくだ, を喰, ハよほど, ムスメの, 共は, 動かさなかつた, 圖, 塚を, 屋が, 探検隊月世界倉庫第, 料理の, 致し候時ニあたり, 薙ぎ倒した, 辺まで, 道

▼ つたけ~ (60, 0.1%)

8 の力 3 で仕事 2 の信頼, の声, の智慧

1 [43件] あるん, かよ, だもの, でせう, で買ふつ, なん, な體力, に, にさせる, になる, に今日, のお金, のぜにで, のふと, のもの皆, のセリイヌ, のビール, の中間半次, の二人, の元気, の御馳走, の徳性, の思ひ, の悪魔, の批難, の提灯, の決斷力, の灯, の熱, の熱心さ, の當字, の蛭, の蝋燭, の襤褸, の鍬, の鬱憤, は彌, や, をした, を五体, を尽し, を言, 惚れこむたち

▼ つこい~ (59, 0.1%)

2 のが, のは, 頭の

1 [53件] おつぎ, くせに, こと此の, ところが, なりで, のか, ので誰, はだ, ものよ, もんぢやつた, 亭主に, 光つた化粧を, 処に, 博士の, 大通りを, 奥さんだった, 女だつた, 娘は, 子な, 実を, 尋問に, 尻を, 岩が, 手紙でも, 果の, 毛脛で, 毛臑で, 気持の, 気持よく, 水が, 河石, 焼石を, 物で, 球を, 皮膚では, 皮膚を, 目に, 眼が, 眼を, 笑顔を, 範囲である, 繊麗な, 罵言, 肉の, 背に, 葉幹を, 虻が, 足取で急い, 電燈の, 頂上に, 頭を, 飯なぞ食つてゐ, 首筋を

▼ つ~ (59, 0.1%)

4 はれる, ひの 3 つた, つて, ふわけ 2 はれて, ひぢ, ひに, ふやう

1 [34件] いては, かうと, き, つたか, つたが, つたこと, つたり, つた筈ぢ, つてるの, はう, はない, はなき, はれた一度, はれた四十男, はれます, ひ, ひあの, ひか何, ひが, ひと云, ひましたが, ひます, ひや, ひ厭味, ひ醉, ふかして, ふこと, ふことなどは, ふで, ふのに, ふ中, ふ術, ふ間, へよう

▼ ついかなる~ (58, 0.1%)

4 場合でも, 場合にも, 時代でも 2 場合に, 場合も, 場所で, 時でも, 時にも

1 [36件] ときであろう, 世界においても, 事が, 事で, 人をも, 傷害を, 処でも, 問題が, 土地なりと, 場合とまでは, 場合なりとも, 場合にでも, 場所に, 場所にでも, 場所へ, 変で, 形で, 思いも, 戦場でも, 所に, 手を, 手順で, 時の, 時代が, 時代と, 時代に, 時驟雨沛然として, 機会から, 状態に, 社会にも, 社会の, 程度の, 経験が, 者から, 謀計を, 運命に

▼ つそく~ (58, 0.1%)

6 出かけて 2 焼いて, 聞きとがめ

1 [48件] あけて, お悔, お祝ひ, かけつけました, この由, こんな返事, ご相談, そのたかい, その手紙, その日, その着物, その米, その芋, たのみます, には返せる, にも引きあげる, に思慮, に飲む, また出かける, まとまつた金, よび出して, 出かけるそして, 出かける上郷駅, 剥いだ, 取り返すつて, 大好物, 引き揚げようと, 引越して, 書いた, 書いて, 来て, 活けて, 炊いて, 煮たり, 煮て, 短い煙草, 見に, 許して, 読み初めた, 読む, 附きすぎる句, 飛びに, 飲む下物, 飲む食べるそして, 飲む食べる話す, 飲んだ, 飲んで, 駈落することに

▼ つちの~ (58, 0.1%)

16 おとつ 2 いとしご

1 [40件] いつたと, いふこと, うへを, えに, おつかさ, お星さん, お母さ, お父, お父さ, かみほとけに, がも別, が心底, せゐでは, せゐばかり, ととり, に, にする, になあお, に云つて, はうだけは, はらはらする, は相対的, は金色, みーづ, わが鳩, 勝つた方, 大きな岩, 寂しさ, 小さなみなし, 広い湯槽, 思ひど, 思ひ通り, 思ふ壺, 明るい方, 暗い方, 欲しいもの, 考へ方, 言うこと, 訊くこと, 訊ねる急所

▼ つ~ (58, 0.1%)

11 のない 2 がない, が無い, の無い, もない, も何

1 [37件] がある, がコミ, だけは少し, で暮し, で白髯, と好奇心, と色氣, ない癖, ない調子, ない返, なくあしら, なくて, なくら, なく云, なく云つた, なく單調, なしの, なし紅, にとられ, になつ, に充ち溢れ, のない初々し, のない柔かい, のない青い, のねえ, の出さう, の強い, の足りない, はありません, は何人, は拔, もありません, も可愛, も無い, を出し, を捨てない, を揉機

▼ つかと~ (57, 0.1%)

1 [57件] いうて, お圧, からみついたな, しない, すわつたその, たんのうする, つかまなければ, つかまへて, つかまりながら, つかんで, のせ, 分らない人間, 卷き付いて, 取る男誰, 古賀を, 土に, 圧へ, 小さなルシヤ, 岩角に, 建て空中, 引寄せた, 待ちし秋, 後ろから, 思うころ, 思ひながらも, 把持する, 抑えて, 抱いて, 抱きしめて, 抱きついて, 抱く, 押えました, 押へる, 捉へ, 捕へ, 掌に, 掴んだの, 掴んで, 握つて, 握りしめた澄江, 握る水薬, 根を, 照らし見て, 着けぬ吹雪きを, 笠を, 組み伏せようと, 結びつけられ地, 結びつけるの, 縛つて内, 胸の, 自分, 自分の, 蓋を, 革帶を, 音高く, 馬の, 驚き入る次第

▼ つそう~ (57, 0.1%)

2 とした, なるか

1 [53件] あはれで, くつろいだ樣子, くろいし, たまつてゐた, たるもの, たる若, でない, として洋装, とはこん, なったでしょうか, なったとも, なふう, な樫, にあっちころ, にひとり, に包みました, に膝, むごく残され, 不具に, 不憫でござる, 傷けられた, 傷つけられた, 勉強し, 厳しく留守, 合理的だ, 大きくなつた, 強く刻まれ, 強く夜歩行, 悲しくさせる, 散りぎはがいい, 暗いみじめ, 暮しにくく, 有力な, 深くなり, 激しくなつた, 激しくなり, 熱心に, 白白しい心地, 目立たせて, 目立つて, 私を, 簡潔に, 腹が, 苦しいの, 評判が, 跳つた, 遊びに, 陰惨な, 隔ての, 静かな, 頼りなく, 魅惑的に, 鮮やかに

▼ つたらしい~ (57, 0.1%)

4 木の 2 名前を, 顔を

1 [49件] あとの, お徳, ふつ, むすこの, ミトローニク氏は, ランプです, 人であります, 傷は, 光が, 内儀の, 大鑿, 女學生, 姿態に, 姿態に対して, 子供等は, 寢床が, 小学校の, 小形の, 小袖の, 小説で, 形勢で, 悦びを, 手頃の, 散薬を, 柔順な, 桂庵を, 様子です, 様子も, 様子を, 歌も, 氣は, 氣色を, 珍談が, 男が, 石と, 箒が, 粗末な, 絹紬の, 色が, 芝居気たつ, 若侍, 西洋烟草の, 見事な, 足取りで, 跡が, 跡形も, 軸の, 道を, 首を

▼ つ~ (57, 0.1%)

8 に噛 6 へ噛 3 に噛りつ, へ繩

1 [37件] が太く, だ, にかじりつい, にかじりつき, にぶら下がつ, にギユツ, にブラ下, に卷いた, に噛りつくん, に抱きつく, に犇, に繩, ね鐚錢, のあたり, のあつ, の太い, の小さい, の小さな, の持主, の掛け替, はない, は嘘, は大した, は竹松, へおもし, へかじりつい, へしつかりしがみつい, へでも噛りつ, へぴよいと馬乗り, へやの字, へ噛りつ, へ投げ, へ縋り付くでねえ, へ飛び乗, もないだらう, より自分, をひやす

▼ つ~ (57, 0.1%)

3 のやう 2 なもの, みぢん

1 [50件] かなんか, か何, か何ん, が必要, が転げ落ちた, だわね, で縫, とを交換, と土塊, と豆, なぞを何, な彼女, な物腰物, にふと, にもまた, に手, に火, に石, の, のこと, のパチパチ, の寐, の小さい, の屑, の枝, の浸, の漬, の笹原, は小さけれ, ももうよく, や何, や干からびた, や稈心, や芋, や豆, らしい調子, をうまく, をかき分け, をかぶつ, をよぢ, を一束, を地面, を巣, を捜し, を摘むで, を摘ん, を燻べ, を縫, を鼠, 臭くな

▼ つ~ (57, 0.1%)

10 をし 3 をした 2 やの病人たち, を張り飛ばし

1 [40件] がやつ, が出来上る, だけしか知らない, だけの注意, だと, でも張り倒し, になつ, にならなかつたら, に一撃, に就い, のため, のの, の事実, の唯物論者奴, の大, の新, の方, の理由, の穢い, の軍人, の迷, は一見, は互に, は怒る, へ叩きつけ, へ叩きつけた, を, をしてやる, をなぐられた, をはり飛ばされた, を厭, を張り倒し, を撲られ, を毆, を気, を眺めた, を脹らした, を見せます, を辷つ, を食

▼ つかい~ (56, 0.1%)

3 な注文, をし 2 だと, だわ, なこと

1 [44件] からする, から小菅, がひとりひとり, が過ぎら, する身分, だ, だからな, だが, です, でないの, では, で意地, で臆病, と云, な忠告ぢ, な性格, な愚痴, な老婆たち, な行動, な負, な辯, にももつ, にも次, に苛立つ思ひ, の男, の老婢, はし, はない, はやめ, は止し, もある, やがて世捨人夫婦, をしたい, をしてる, をするない, をせきたて, を言つて, 奴が, 奴な, 好きな, 手が, 程小うるさい, 程度の, 足跡が

▼ つたらし~ (56, 0.1%)

53 かつた 1 かつたん, の町内, まひにや

▼ つ張り~ (56, 0.1%)

2 だから, の強い, を着

1 [50件] お孃樣, お瀧, お見え, が誰, ずつと彼時, で, でなかつたら多分, でなか子, では一歩, でもある, でもする, で因業, で見栄坊, どうしても見ないで, な総裁, な自分, のため, の朝寢坊, の紐, の結晶, の荒い, ばかり強く, もう一ヶ月, も持ちこたへ, を手探り, を指す, を着た, を著, を見た, 出なければ, 別れなければ, 助からなかつた, 古い国, 呼び留めてよ, 唯面白い, 大變, 幽靈, 忘れたね, 思ひたくない妄想, 明るい燈火, 暑いね, 本當, 消えて, 淋しいや, 良い御用聞, 詰らなさうな, 負けなかつた今年, 貴郎, 赤くな, 青い眼玉

▼ つ~ (54, 0.1%)

2 んです

1 [52件] あっしが, あの町奴め, おいらも, おれの, おれは, お上の, お歴々な, がりつ胡蝶, きょうも, きょう昼の, こうしてお, こうな, ここん, この一座, せっかく連れ, そいつに, そのち, それを, ちょいと, ついこの間じゅう, ね, は六貫, は言つた, ひ舞, ふみ大河な, ふみ大河流るる, ふみ浜名の, ふみ浜名のみ, われなる, 一張羅をね, 三国ヶ嶽で, 京弥さまから, 今まで, 今朝から, 仮病を, 余の, 六七年まえ, 史の, 寝言な, 常木様の, 敬だんなの, 昨晩管営さまと, 朝飯も, 来春俺が, 楠木家からも, 牢城の, 自分たち放免組が, 裏手に, 親分が, 近いうち, 開封の, 首を

▼ つなを~ (53, 0.1%)

2 ほどいて, 切って, 持って, 救い出したあと, 見た

1 [43件] うるさがらせたの, きりはなすと, きると, たぐるよう, たらして, つかまえて, つけて, といて, にぎろうと, のぼって, ひきました, むすびつけつなの, よく識, 下から, 伴れ, 作りました, 先に, 出し軽く, 助けて, 助けるなどという, 叱りつけた, 囮に, 圧倒した, 娶っても, 嫁に, 嫉妬し, 左右から, 庇うよう, 引いて, 引きながら, 引っ張りましたが, 捕えたので, 援け, 救い出したこと, 牛の, 脱出させた, 見ながら, 見ると, 見るなり, 誘拐した, 貰っても, 追って, 馬の

▼ つちと~ (52, 0.1%)

4 らは 3 も云 2 いふもの, もつかず

1 [41件] いうこと, いきほひよく, いふ合図, きたら一, この島山, ちナドヽ云ツテアル, で相, なり, のみをとっ, のみを持っ, の事, は, はあとれねえ, ひととを, もいへる, もつかない, もわし, も分らない, も判断, も向き, も言, らも, 人中を, 倒旋毛お, 借り歩いては, 光の, 合つて来た, 同じやう, 向ふと, 啼いた, 掃き寄せられるやう, 探が, 歩いて, 歩き廻つて最後, 泳ぎながら, 空な, 視線の, 言ふ, 訪ねては, 追ひまくつ, 酷く怒んです

▼ つなの~ (51, 0.1%)

3 はしを 2 ことは, ことを, 所在を, 眼に

1 [40件] あとから, あとを, ことばかり, ことも, はじを, ほうへ, 世話を, 中を, 事を, 人柄の, 助かったの, 名を, 声に, 声は, 姉の, 姿は, 左の, 心は, 怒りを, 感情を, 成熟した, 手を, 手紙に, 昂奮は, 決断と, 消息が, 眼は, 眼を, 稀に, 給仕で, 聲である, 行方を, 見込んだ以上, 言葉尻の, 話が, 身が, 運動が, 預けた, 顔は, 顔色が

▼ つ~ (51, 0.1%)

6 を向い 3 を向いた 2 から珈琲皿, が, だけぐつとひきしめて, の手

1 [34件] から別に, があり, だ, だけ自分, づけたすくない, で進め, にお雪ちゃん, にな入りた, にも何, に懸つてる, に視線, のあ, のスリツパ, の事, の人差指, の御, の毛臑, の美男子, の耳, の耳朶, の腕, の袂, の頬, はお, は青く, へ逸れ, までわれ, も亦, も安心, も片, より夕, より漸く, を向いたさうです, を向かれ

▼ つ何時~ (50, 0.1%)

2 でも自分, 死ぬかも

1 [46件] あらわれて, いかなる事変, お嫁, からという約束, くつがえって, この車, これこれこういう, たおれるかも, たりとも, だつて, でも, でもすぐ, でも世間, でも入院, でも奥様, でも応戦, でも応援, でも手, でも時間, でも暇, でも朝廷方, でも湖, でも煙, でも用意, でも神, でも老人, でも裁判所, でも身, でも辛い, でも通れる, でも鞘走る, とお触れ, どういうこと, どういう御用, どんなところ, どんな事, どんな変, どんな窓, どんな誘惑, まいるかと, また神妙, 如何なる災難, 如何なる難儀, 御世話, 描く気, 来るかも

▼ つ祝詞~ (49, 0.1%)

3 といふ言葉 2 の, の太のりと詞, を唱

1 [40件] があつ, がある, が数个所, が祝詞, が秘伝, であつ, であるとお, ではなく, と唱, と太祝詞, と度々, と書い, と称した, と称する, などは恐らく, など言, なの, にさ, にそうした, にも色々, に入る, の叙事詩化, の名, の太のりと言, の太祝詞ごと, の文章, の神, の美称, の部分, の類, は主上, は伝授, は大体, は省い, は神聖, は高天原, を以て申す, を含ん, を書き出し, 又は中

▼ つぺた~ (48, 0.1%)

2 に接吻, を見

1 [44件] から血, が妙, が日焼け, が落ち, にツバ, に吹きつける, に書い, の赤い, の非常, へ吹き附けます, へ投げ返へす, へ自分, へ頗る, をぴしやりと, をグワン, を人差指, を凹ませ, を出し, を刺された, を力一杯, を匕首, を喰ひつ, を嘗めさし, を嘗められた, を嘗められる, を嘗める, を抓つ, を持つ, を指, を捻つ, を掻い, を撫で, を殴られたら, を殴られたらしい, を殴りつける, を流れる, を素直, を繃帯, を脹, を膨らせやしない, を膨らませ, を膨らませる, を舐めた, 迄引端打

▼ つ迄も~ (48, 0.1%)

2 いつ迄も, きら, 泣く, 空巣狙ひ

1 [40件] ああやっ, あっては, おちつかずその, おぼえて, お互いに, ぐずぐずかかっ, こっそりと, そうしたまんま, そこら中の, その前, その手, つづいた, なかろう江戸時代, ながく立つ, なく殺害, ジーッと, タンクを, 働き度, 動かず見えて, 坐り込んで, 子供と, 寒そう, 居さして, 工合わるく, 御家の, 悲しみ嘆き泣きじゃくり合っては, 死ぬるまで, 母の, 永く伝えられる, 泣いて, 片目に, 笑いだした, 細い路次, 繰り返した, 繰り返して, 聞こえて, 苦しんでるの, 視詰めて, 調法する, 闇の

▼ つころ~ (46, 0.1%)

13 のやう

1 [33件] お国, から, からかシナ思想, からか知らぬ, から初めた, か瓦, がし, だろうあんな, であったか, でしょうか, ですか, となく, に躓いた, のお, のよう, の悪魔, の樣, の死骸, はじめてたい, ほどにも思はぬ, までは鳩, も手掛り, をからかふ, をみんな俺, をも碎く, を投げこみ, を詰めた, を起し, を蹴飛ばした, を載せ, 人知れずに, 投げに, 行けばい

▼ つ~ (46, 0.1%)

11 のない 3 にとられた 2 がついた, もない

1 [28件] かもしれない, がかわっ, がない, がなくなる, が変わっ, が少く, が静まった, で心棒, ともの, と一つ, ないとか, ない調子, なかつた, なかつたの, なく, なく云, なく書かう, なく言, にとられました, にならぬ, のぬけた, の多い, の無い, の薄い, はむくむく, をぬいた, を出し, を装つた眼つき

▼ つ~ (46, 0.1%)

4 な花 3 になつ 2 な花穂, になつて

1 [35件] だが, だし, だつた, なの, なタクシイ, な下腹部, な乘馬服, な兎, な兩方, な卓布, な娘, な富士, な小, な屋根, な布, な房, な斜面, な死, な病室, な美女, な腐肉, な薄い, な表, な診察室, な運動服, な雲, な頬, な頭, な鵲, にし, になりました, に塗りつけた, の羽, の胸紐, よ

▼ つ~ (45, 0.1%)

3 にも告げ 2 が少い

1 [40件] がない, が居た, が至って, せえ, だ, ださうで, だつたら小盗, である, であろう, で學究者, といつた, とを一つ扱, と言, にせ, にのみ理解, にはもはや, にも告げん, にやなりたく, に憐, に知られ, のこと, のする, の一人, の上, の努力, の家, の尻押し, の死, の母, の筒, の肩, の附目, は何人, は少かろ, は当惑, も稀, よりや小盗, らしい物, らしきもの, をかしく

▼ つ~ (45, 0.1%)

6 になつて 4 のま 32 かになる, で姿態, の股

1 [26件] かの私, だ渓流, でこの, でたつた, で井戸端, で出, で地上, で屋根, で暮し, で池, で赤ン坊, で跣足, で途方, なる夫婦, になつ, になつて日光浴, になり, になる, のまま, のまま一閑張, の俄作り, の儘胡床, の四つ, の感覚, の柿の木, を井戸

▼ つちから~ (44, 0.1%)

10 ともなく

1 [34件] でなくむかうから, でもい, でも変, でも押し, でも覗い, の合圖, の手紙, の方, の電報, はまだ何とも, は何ひとつ, は紺, は行く, は見える, は見えん, は遠慮, もすねた, もひどい, もぶるるる, もまた, もよく, も一日仕事, も人, も口, も川, も悶死者, も洩れ聞えた, も獻盃, も直接, も行, も見えた, も鐘, も電話, も響く

▼ つてる人~ (44, 0.1%)

2 だ, の聲, は無し, もあつ, も私

1 [34件] かいきたない, かと思つた, が今, が多い, が沢山, だつた, だの夜もすがら, である, でさ, です, でせう, で母様, によく, によつて, に見られる, に逢つて, に違, に酷く, ね呆, の名, の噂, の目指す, はない, はゐない, は神様, は神樣, ばかしだ, ばかりでなく, までもさら, もあらう, もある, もない, も居るだ, を誰

▼ つ~ (44, 0.1%)

32 はその

1 [39件] がその, がそれ, が完全, でありますから, でしかも, といひつ, とより思えない, においてはかかる, においてはこの, においては商工業主義, においては商業人口, においては立法者, において生ずる, における外国穀物, については先史考古学者, には常に, に伝わり, に御, に据ゑ, に関する万人共通, に関する恋慕, のとも訓, の価格競争, の利益, の形, の為事, の言い伝え, の輸出, はおおせ, はおまえ, は必ずや, へくだします, べに, までいちめん, までも晒す, をこ, を支配, 清い霊魂, 知らさむ

▼ つ~ (43, 0.1%)

4 ものが, ものだ, ものの 3 ものと, ものどもの 2 もの, ものどもが, 蟲

1 [19件] が抱ける, つた, つてらつ, つらひつ, てら, ものであります, ものでした, ものとの, ものとは, ものに, ものには, ものは, ものばかり, ものも, ものらしく, ものを, もの一方は, 蕗や, 飲むわ

▼ つたとい~ (42, 0.1%)

14 つても 3 へる 2 はれて, へよう

1 [21件] つた, つたあり, つた形だつた, つた感じだつた, つてその, つては, つてや, つてゐた, つてゐる, つて勘次に, つて宜しい, つて居る, つて歸つて神妙に, つて汗を, つて金を, はる, ふんぢ, ふんで, ふ報らせ, へるだらうね, へると

▼ つ~ (41, 0.1%)

8 の光 32 に増し, は照る

1 [26件] かな, が四月, が暮れる, だよ, とて秤, に事あら, のいろ, のめぐみ, の光り, の友, の如き, の御座ただ照り滿, の日つぎ, の豐榮, の雲, はいま谷底, はひかり, は今, は暗く, は詩人, も多く, を, を受け, を次に, を重ね行く, 賣の

▼ つかの~ (40, 0.1%)

43 ように 2 ま母, 男から

1 [29件] まか, まの, まも, ま彫刻的, ま悲みの日, ま水, もとと, ものです, やうな, ヨタが, 中に, 人が, 剣遂に, 問題だけが, 奧さんが, 婆が, 山に, 島へ, 役人か, 悪口を, 情景が, 文学を, 料理屋みたいな, 溝へでも, 濡れて, 若旦那でも, 金の, 鬼婆の, 黒ずんだチェンバーズ百科辞典

▼ つなみ~ (39, 0.0%)

9 のよう 3 をあげ 2 が起っ, でも押しよせ, のやう, の折

1 [19件] がいく, が起った, だ, だの洪水, でも来た, で林町, とかで大水, などで八世紀前, におそわれ, にさらわれ, に国ぜんたい, に家, に部落数十, のくる, の如く, の押す, はよせつかえしつ, は起こるであろう, をかぶり

▼ つ~ (39, 0.0%)

4 どりつ 2 たれつして, たれつという, 細引を

1 [29件] あり蒙古, あれば, すっかりとける, たれつだからね, たれつとは, たれつの, つても, づぶ濡れの, なかなか呑みこん, まれつ, やりかねないといった, よいでしょう, よくなった, 似ざりけり, 其動詞化した, 出る時, 大反対, 夫の, 姉ちゃんに, 寝てるなんテ, 心得又, 石を, 硝子の, 立って, 縁先へ, 蛇棲む, 離れ心, 面白いもの, 頒た

▼ つ~ (39, 0.0%)

13 と言 2 の起原

1 [24件] あるもの, がほんとう, が何で, が此神, である, であると, といふ並立, となつ, となる, とはすさの, とは違, と言つて, と関係, の中, の事, の祓, の行, の詞章, は割合, は天上, を中心, を行うた, を見, 及び祓

▼ つよう~ (38, 0.0%)

2 なもの, な気, に見える

1 [32件] なうそ寒いおぞまし, なうっすり, な不自然さ, な事, な哀しみ, な夫, な心持, な思い, な愛好, な態度, な旗, な欣び, な気持, な火, な畏し, な自信, に, におぼえた, にさえなつ, にまた, に俺, に内在的, に固定的, に思われ, に思われる, に空想, に罫紙, に聞える, に自棄, に見えた, に見えるだろう, に訊いた

▼ つ~ (37, 0.0%)

8 になつ 6 になつて 5 な顏 4 です 2 になつて顫

1 [12件] なのに, な顔, に, になつてガタガタ, になつて思案, になつて突, になつて表情筋, になつて身, になり, になりました, に變, に變つて

▼ つ~ (36, 0.0%)

7 の強い 3 の強 2 が強い, の人一倍

1 [22件] が弱い, が強く, が怖い, だけは確か, です, には自信, に満足, に物, の勁, の太い, の強い素晴らしい, の良い, はずつと太い, は勁さうに, は弱, は強, もお, も出, も智惠, も男, も相, を恐れない

▼ つぱい顏~ (35, 0.0%)

14 をし 13 をする 3 をしました, をします 1 で正直, を大きい

▼ つそんな~ (34, 0.0%)

6 ことを 5 ものを 2 ところに

1 [21件] いたずらを, からだに, ぐあいにその, ことが, ことに, こと云いました, ふうに, 事を, 人が, 人殺しの, 刺青を, 口を, 同意を, 嘘を, 孫が, 様を, 殺されるよう, 目に, 社会に, 約束した, 考えが

▼ つぴき~ (34, 0.0%)

2 ならない, ならぬもの, ならぬ生

1 [28件] ならず, ならず翌, ならないところ, ならないもの, ならない入費, ならない力, ならない暗, ならない気持, ならない用, ならない金, ならなかつたあの, ならなくなつて, ならなくなるん, ならぬ事, ならぬ事情, ならぬ交渉, ならぬ国民的意識, ならぬ妙, ならぬ放心, ならぬ期限, ならぬ氣特, ならぬ精神, ならぬ絶望, ならぬ老, ならぬ近代的ヒューマニズム, ならぬ退屈, ならぬ運命, 引いて

▼ つ~ (34, 0.0%)

4 神の 2 空の

1 [28件] しょうがいでござります, 上京で, 主人を, 催しが, 出陣でございます, 卒業です, 國に, 城下に, 宣の, 帰り, 帰館なされます, 恩返しが, 業, 生れに, 祖の, 神と, 神も, 空に, 立ちか, 粧した, 統の, 虚空豐秋津根別, 虚空豐秋津根別と, 買いに, 都合いい, 量もち, 饗, 饗とは

▼ つながら~ (33, 0.0%)

2 奇絶, 極端に

1 [29件] いよいよ多き, これを, その意図, それぞれ歴と, エレボスの, 一偏を, 何気ない短篇, 兼ね具, 出来なかった, 別に共同, 参酌し, 同一の, 大なる, 存せず, 岩屋の, 是, 暴雨の, 有つて, 正しきもの, 滅した, 生けるは, 碌な, 私の, 等しくその, 聽衆の, 蛇毒を, 見えて, 非, 非の

▼ つはり~ (33, 0.0%)

1 [33件] がある, が人一倍, しもその, だつて, でかためた, で寝, で寢ん, と此の世, なき御, なくやみ, なく傳, なく立, なく紙上, に, には有らで, のたくみ, のねえ, のよそ, の姉, の歌, の第, の衣, はお前さま, はない, は重い, も案外, を, をなし, を言, 来て, 記すこと能はず, 誤魔化すこと, 附いて

▼ つ~ (31, 0.0%)

2 というもの

1 [29件] あまだい太刀魚が, うの獨り占めや, が出だした, さまだ, という一級品, に舌鼓, は海路, は鎌倉小坪, をやかましく, を珍重, 人よ, 仕事は, 会いでした, 伺いできるか, 位な, 八重の, 千絵を, 君が, 城へ, 帰りと, 帰りやら, 恥かしい, 政, 浦を, 生憎さま, 目出た, 糸は, 蝶の, 袖さまが

▼ つてる者~ (31, 0.0%)

3 はない 2 がない, はありません, へ金, もない

1 [20件] があつ, がありませう, がありません, がある, が少く, が少なく, でなきや, といつ, とまでは俺, なら出來, に違, のある, の居る, はあるだらう, はございません, はなくなる, はゐない, は取り, は無い, は神様

▼ つ~ (30, 0.0%)

5 のやう 2 である, にする

1 [21件] が一人衝立つて, が三, が指, が鱚, だから, だけは残ります, だつたさうだ, だと, であつ, で社交性, で自分, として育て上げた, と言, に, の切れ離れ, の感情, の手, はある, はそれ, までがいつ, を盗む

▼ つ払つて~ (30, 0.0%)

3 ゐた 2 しまつて, ねむつて, ゐると

1 [21件] おそろひで, かはり, しまつたん, その頃僕, ねむつ, は馬, もあの, もゐない, よくいろんな, る暇, ゐたわけ, ゐる, ゐるおや, ゐるの, ゐるやう, 別れて, 呉れと, 帰れなくなり深夜, 来たぞう, 来て, 良く気焔

▼ つきりなし~ (29, 0.0%)

2 に投

1 [27件] にお, にこんな, にふりそそぐ, にもの, にパラパラ, に上, に体, に傳つて, に出始める, に吹雪いた, に喫, に彼女, に微細, に戸, に汽船, に流れ, に海底, に激しい, に笑, に耳, に舞, に蚊, に行, に降り, に音, に鳴い, に鳴つ

▼ つぱら~ (29, 0.0%)

2 から何事

1 [27件] からお, からそんな, からヤケ, から一列一体お通夜, から三人, から今一つ, から何ん, から俺, から停車場, から大, から大きな, から大層, から女中, から小便, から惚氣, から持つ, から煙管, から男爵閣下, から癪, から變, から酒, から電車, に成つたら, を飛び, 出掛つちやつて, 見せつけられて, 飛込んで

▼ つ~ (29, 0.0%)

2 の罰, は朕, も朕

1 [23件] あらんや, あれば, があれ, がそこ, が妻, が独占的, が皆, が社会, でない, にとっては有, になれ, に左, の事, の満足, の精神, の集り, は女, は実際, は断然, は皆, は知, よと歌ひつ, をしばしば

▼ つこく~ (28, 0.0%)

3 なつて 2 絡みつくの

1 [23件] あの事, お尋ねしたでしょう, して, ていかん, ていや, てし, てその, て堪らない, て虹, て見, な奴, な風貌, に考へる, は出来, 他愛なく, 化粧した, 縋つて, 肥つてゐる, 脂つ, 見えるその, 言はれた, 言ひ, 身を

▼ つアん~ (28, 0.0%)

2 のお

1 [26件] がこ, が先, が歸つたあと, だつたの, とお, と少し, などはまだ, なの, なんかにア, にも周旋料, はこ, はさ, はその, はそんな, はぢ, はな, はまた, は二人, は受け, は周三, は少し, は後, は無い, へ答, も, も何處サ

▼ つかに~ (27, 0.0%)

4 手を

1 [23件] ありますよ, ありやしないかと, あるもの, いるよう, かけて, しめりを, ぶつかつて, やった自然, 一寸おし, 一銭位おち, 優しいところ, 共通する, 出て, 在る, 幾本の, 心当りは, 承知の, 精神を, 結構な, 置いて, 赤い飾り, 逃げればよ, 隠れて

▼ つどうして~ (27, 0.0%)

1 [27件] あすこへ, きまったとも, このか, この間に, こんないた, どこへ, どんなところ, なしとげられるでしょうね, 其馬車に, 宿の, 帰ったか, 戻つたかは, 斬ったの, 木曾を, 来たの, 死んで, 殺されたか, 殺されたの, 気がついたの, 聞き出したかさえ, 自分の, 葉之, 薬を, 誰が, 都へ, 開いたか, 鯰に

▼ つ~ (27, 0.0%)

2 か自分, をやりだす, を話し

1 [21件] かの関心, が出, が起る, ちふが, といふ素晴らしい, どきでも, どき不意, どき襲って, どき見る目, ならん, によってドコ, の奧樣一, の役に立つ, の時, やらん打, をしでかす, をツベコベ, を申し触らさぬ, を言い出す, を言う, を言つて

▼ つ小僧~ (27, 0.0%)

7 を揃 3 がハミ 2 を隱

1 [15件] が半分ハミ, が喰, が次に, が潜り, で歩く, なんか撫で廻す, にも何ん, の中, はみださせ, ばかり毎日, を包み, を包みました, を抱いた, を氣, を隱しな

▼ つ~ (27, 0.0%)

1 [27件] かに殺される, かもわからず, からだろう, がある, がいひ出した, がした, がしめた, がする, がとなえだした, がどんな, がやった, がわたし, が始, が持っ, が提出, が殺した, が私, が考案, が貼っ, にどこ, にねらわれる, に何処, に陰謀, の仕業, の口, の場合, の種

▼ つ~ (27, 0.0%)

4 けるやう 3 けました 2 けませう, けられるやう

1 [16件] けていや, けてお, けてさ, けてさう, けて二年越江戸中, けて二階, けて來, けて出, けて御, けて漸く, けて行く, けま, けよう, けられたとか, けられて, けるの

▼ つかを~ (26, 0.0%)

3 にぎって 2 掴んで, 握りしめつつ

1 [19件] いじって, いつもの, しかと握, しめして, ずッしり, せめてグサ, つかみかけたが, つかんで, ひしと握りしめた, ぶらぶらし, まいて, 叩いて, 掴んだ, 握って, 握りしめ万一, 明確に, 知らねば, 知られるでしょう, 見しや

▼ つこいし~ (26, 0.0%)

181 よと, よと云つた風, よと担い, よと拾ひま, よと良寛さん, よと荷物, よの, よ山

▼ つぱり見当~ (26, 0.0%)

8 がつかない 4 がつかなかつた 3 のつかない 2 がつきません, が付かん, もつかない 1 がつかね, がつかん, がつきませんでした, もつかなかつた, もつきません

▼ つかく~ (25, 0.0%)

4 れつし

1 [21件] あゝやつ, こ, つれて, て雄, であつ, の光明, の計, まで下物, やらないかね, 何の, 名誉座員に, 存候, 待つて, 態, 拾ひ上げ, 書物が, 東京から, 枕を, 申参候, 登場した, 署名する

▼ つせい~ (25, 0.0%)

2 に田植, に窓

1 [21件] にあげ, にお, にそつ, に並んだ, に動きだし, に吹き出した, に家の子郎黨, に引き揚げ, に棄権, に浴びせかけ, に煙り, に生き返つた, に私, に笑いこけ, に芽吹かう, に解きほぐす, に認め, に身装, に釣り手, よ, 放さつせい

▼ つたりなど~ (25, 0.0%)

7 した 5 して

1 [13件] したこと, したん, した経験さ, した身柄, しないで, しないやう, する, するので, するよりは, する爲め, 決していたしません, 細工し, 致しまして

▼ つちや不可~ (25, 0.0%)

6 ない 4 ません 3 いよ, なくつて 2 ませんよ 1 ないと, ないわねえ, ないん, ねえ狂人, ませんがね, ませんよと, よ

▼ つでも~ (25, 0.0%)

2 い, こいつでも

1 [21件] いいだけの, いい前, いい向う, いがべが, お早い, お相手, ここへ, さぐりだせる, なれたの, にこにこし, やって来い, 先生は, 出て, 出られるわ, 出れるん, 出来る筈, 勝手に, 射ちだせるよう, 己と, 歩く道, 目通りへ

▼ つ~ (25, 0.0%)

4 んよー 32 んよ

1 [16件] あの米屋さん, ちっとばかり, ちょっとお願い, ちょっと変, ついさっき, な土地, ねえ, ひょんな早耳, んこ, んどこサ, んはこ, んエー, ん二階, ん話, ん起き, ん頭

▼ つ拂つて~ (25, 0.0%)

4 居ります 2 ゐるやう

1 [19件] あの小屋, さて娘, その足音, も歸, も頬冠, も頭, やつて來, ゐたの, ゐる中, ゐる多, 住み込み家賃, 威張つて, 居たに, 居て, 居りました, 居りますが, 居るガラツ八, 死んだやう, 置いて

▼ つ~ (25, 0.0%)

2 吹き寄

1 [23件] いたく吹きせ, がう, がその間, がばたん, がほこり, がやけに, が思ひ, が辻, が障つた, だけが吹き荒れ, に吹き寄せられた, に吹き曝され, に吹き送られる, に搖, に頬, に頬ぺたの, のなか, の吹きすさぶ, の吹く, の寒, の精, はそれら, ばかり時に

▼ つかけ~ (24, 0.0%)

2 たりし, を待つ

1 [20件] から今夜, があり, たり屋根, たり追, でもし, でもと言, で喧嘩, になつて人手, に仰ぎ, に大, に平次, に憎, に摺り延ばし, に曲者, に見た, はあのお, をつくり, をつけた, 廻すやう, 死ぬだらう

▼ つからと~ (24, 0.0%)

2 なく私, 云って, 云ふ

1 [18件] いふこと, なくうっすら, なくそういう, なくその, なくついた, なくはっきり, なく一条草, なく妙, なく尻からげ, なく我々, なく描き, なく早く寝, なく石, なく米, なく自分, なく裏, なく野鼠, 云う事

▼ つ~ (24, 0.0%)

3 の人 2 の加牟良

1 [19件] だし, で凄い, で背, にこゆるみ, にブラシ, に入る, の下女, の中空, の人間, の八溝, の古, の宿, の背, の赤城平, の足尾, の青年, は明き, へ碓氷, や赤城

▼ つたま~ (23, 0.0%)

2 までその

1 [21件] つくらな喫茶店, なじりを, へ噛りつ, までいつも, までゐ, までゐる, まで一片, まで両手, まで元, まで凝結, まで動かず, まで暮し, まで燃し, まで置け, まで行, まで袴, まで言, まで身振り, まで返さず, まゆつくり, を抱い

▼ つたりの~ (23, 0.0%)

2 もので

1 [21件] ていたらく, ところである, ものである, メーキアップだ, 事だ, 動作を, 報告を, 場所ばかり, 女が, 女ばかり, 山路です, 強剛, 悪戯者だ, 愚作也, 感情表現は, 插繪が, 瀑也, 特殊語は, 表情までが, 言葉通りの, 顔付を

▼ つちや駄目~ (23, 0.0%)

5 だよ, よ 31 かねと繰り, だぜ, だよと, だわ, だん, ですぜ, ですね, ですよ, なん, よと耳打ち

▼ つなと~ (23, 0.0%)

3 名乗る女 2 いうの

1 [18件] いうその, お召し給わりませ, お越し賜わる, たのんだ伝馬船, ゆき合った, 六七千の, 同様に, 名乗って, 対等で, 年が, 心に, 抜かりなく, 持って, 殺して, 気ままに, 言って, 赤穂へ, 馳せ参ずるが

▼ つ~ (23, 0.0%)

2 がはえる, のやう, の先, の方, の短い, を持つ

1 [11件] が扇, が見える, に椎, の持合せ, も出しつ, をふつ, を垂らした, を持つてる, を振, を掉つて, を生やし

▼ つかで~ (22, 0.0%)

1 [22件] たしかに見た, もぞもぞし, 代りを, 休みませうか, 会つた, 会つたかも, 働いてるの, 喰ひ, 崖が, 殺して, 生きて, 童謡を, 聞いた名前, 苦しんでるだらうと, 蟲に, 見せられてるだらうがね, 見たこと, 見ない事, 途切れて, 逢つた, 逢つてゐる, 金米糖を

▼ つからか~ (22, 0.0%)

1 [22件] いちど水無瀬の, ぼんやり望ん, らんが, 一本の, 住み馴染んで, 合議し, 持って, 文学者とは, 母が, 病死者の, 癖に, 知って, 確信する, 置いて, 聞いて, 自分には, 萌して, 蓬莱和子は, 言おうと, 貴郎, 郊外へ, 館に

▼ つてよ~ (22, 0.0%)

19 かつた 2 人殺しの 1 いいえ文子さん

▼ つなに~ (22, 0.0%)

2 すがって

1 [20件] あこがれて, うでを, がある, しかも冬渓, しか清し, しばりつけさも, すがりついて, すがりつきこゑをあげて哭, すがりて, と渡された, なるの, はかたち, もむしろ, も知っ, をされる, をはじめる, を言, 任せてから, 訊いて, 赤い布

▼ つやう~ (22, 0.0%)

4 な畏し 2 に言

1 [16件] で心苦しい, な態度, な機會, な気, に, にお, にじりじり, にと勧めた, になつ, になる, に募る, に寂しく, に幸福, に感じた, に自分, に自棄

▼ つ~ (22, 0.0%)

2 である

1 [20件] であった, であると, とは何, にひとり, に帰っ, に気長足姫命, のこと恋, の人, の学問, の栄, の栄え, の穂高見, の聖, はこれ, は人, は迎えね, ゆ今のを, よりの大族, を君, を開く

▼ つ最中~ (22, 0.0%)

8 でした 3 です

1 [11件] いきなりドカンと, だ, である, でうつ, でせう, にお, に主人, に冒涜的, に平次, に歸つた, 忘れも

▼ つちやア~ (21, 0.0%)

2 いけないよ

1 [19件] いけない, いけないぢ, いけないと, いけないわ, いけませぬ石, いけませんわ, いけません盲人, きつと, なりませんよ, なア, ゐないから, 困ります, 困りますが, 困りますよ, 困るから, 堪りませぬ, 済まねえと, 行けませんお, 阿母

▼ つとき~ (21, 0.0%)

2

1 [19件] あつち, が二三本, ごそ, じっとし, つこだと, でもがまん出來, でも守一, などは心づい, のお菓子, は折傷, は杖, もぢ, も我慢, や止みます, や自然, グッスリ, 寝るだよ, 流しに, 遊んで

▼ つぱりと~ (21, 0.0%)

2 晴れて

1 [19件] あるきまつた対照, 乾いて, 今云, 別れたこと, 剃り落して, 待つて, 忘れて, 快く切られる, 振られて, 捗らない創作, 敷いて, 死んで, 残らずはたい, 消え去つて, 片づいた部屋, 片づいて, 痛さ, 見好げ, 諦めますわ

▼ つ広い~ (21, 0.0%)

1 [21件] がらん洞には, ガラスの, 中庭の, 住宅かと, 家が, 家では, 屋敷である, 帳場, 店頭を, 座敷の, 日光室の, 河原の, 空地の, 茶の間へ, 邸に, 邸地も, 野原で, 鋪装道路にか, 陰鬱さは, 領分を, 顔が

▼ つ~ (21, 0.0%)

2 に展開, に限っ

1 [17件] から諏訪, が形, が来るであろう, であって, である何故, でなくつちや, にはある, には之, には常に, には農場, に置く, の呼吸, はいつも, は已に, まで有, 却ってその, 耽つて

▼ つてでも~ (20, 0.0%)

6 ゐるやう

1 [14件] あつた, ゐるかの, ゐるだらうか, ゐるので, ゐるらしかつ, 來たら, 來られ, 來るらしく, 居ないと, 居るやう, 捕へ, 来るの, 行かうもの, 過失を

▼ つ~ (20, 0.0%)

2 が甚だ, の併

1 [16件] が多大, なく, の, のもの, のもの甚深甚大, のイデオロギー, の何物, の心, の必然性, の此, の社会的歴史的構造, の科学, の空間, の認識, の近代的商品, の領野

▼ つ~ (20, 0.0%)

2 にき, のお, の栗, を流れ

1 [12件] から煉瓦通り, です, にごろ, に寢轉, に居ます, に建つ, に木, に村, に露, の, の中, の真ん中

▼ つ淡海~ (20, 0.0%)

7 の國 5 の安 3 の蚊野 2 の御上, の志賀 1 に制した

▼ つしや~ (19, 0.0%)

5 いね 3 いましよう 2 いまする 1 あい, いねとか, いませず, いも言は, いよう, その方, るこつたらうて, ツちや因まります, ツて

▼ つそれ~ (19, 0.0%)

1 [19件] が十分, が取りのけられた, が心, が襲つて, が見られる, に成功, は一つ, は亡き, は個々, は現世, より深川家, をごらん, をていねい, を云っ, を五, を実は, を眺め, を見た, を觸

▼ つちん~ (19, 0.0%)

10 だから 31 だか, だら厭, だ此ん, でえ, ですがね, で俺ら働

▼ つてから~ (19, 0.0%)

2 近いうち

1 [17件] おもむろにペン, お断りにな, かつた, かつちや, そこへ, たつた今, 何月何日に, 内地から, 後に, 急に, 東へ, 水へ, 相當, 私に, 第二, 門の, 髮床へ

▼ つところ~ (19, 0.0%)

3 が大きい

1 [16件] あれば, が多, が多い, が多大, が大, が非常, であると, のもの, の不, の先天的, の刀, の湯気, は思はず, へう, 多きもの, 少なきもの

▼ つぴて~ (19, 0.0%)

1 [19件] そのへん, でも待つ, の木枯, 啼いて, 御主人, 悩みあかすので, 打つたさうだね, 浮かれま, 白く窓, 眠らない, 考へても, 苦しさうに寝返り, 見張つたわけぢ, 見張つた者, 見張つて, 調べましたがね, 起きて, 飛んで, 飲ませろだから

▼ つぴり~ (19, 0.0%)

2 青いもの

1 [17件] だ, ですが, の会費, の俳才, 傾いた鷄冠, 入れるといふ, 包んで, 咲いた, 垂らしたもの, 急げ, 抓むで, 撮むだやう, 生やした若い, 生やして, 芽ぶかせて, 買うて, 飲めるだけ

▼ つ~ (19, 0.0%)

4 らしい顔

1 [15件] いと思ひ, うも, かりけり, かりし人, かりし玉, けん彼, らしい口ぶり, らしい端坐, らしい聖賢, らしい顏, らしく, らしく思いのたけ, らしく訊いた事, らしく首, る友

▼ つ~ (19, 0.0%)

2 が出来る

1 [17件] があつ, が出, が出来, が出来ず, が起っ, すこぶる疎略, によったら, に托し, に致しました, のみ眞, はならぬ, は出, は形式的出発, は酒宴, は露惜, も少なく, 古いキリスト教徒

▼ つ~ (19, 0.0%)

4 のやう

1 [15件] が惡戯, には日本人, に取, に打たれた, に限りました, の人別, の恥, の気前, の美, の足音, らしい一瞥, らしい剽輕さ, らしい氣前, らしい黄牡丹インコ, をす

▼ つ~ (19, 0.0%)

2 に遣はせる

1 [17件] とおの, にあらゆる, に我が, に退ら, に逃げ下りき, の名, の形, はいたく, はもはら, は命, は天, も皆, を光らす, を平, を建てぬ, を言向け平しし状, 大八洲

▼ つかな~ (18, 0.0%)

1 [18件] いま, いまづさだわ, げにあたり, げにいた, げに下, げに髯, ことになります, ささうに, そうに, そりやさう, つたかを, びくり, インテリ風の, 人道と, 包み加減, 座敷も, 芸術良心を, 見たところ

▼ つからの~ (18, 0.0%)

3 子供で

1 [15件] ならずもんだ, 不氣味, 屋久島の, 山好きと, 工員達が, 怠け坊主ぢ, 戲作者だ, 日本晴れだ, 武骨者を, 田舍の, 田舎者で, 自由主義者だ, 話しを, 象徴主義者は, 都育ちや

▼ つすぐ~ (18, 0.0%)

2 に降り, 新国道

1 [14件] その足, なの, な線, な道, な郊外, に保つ, に突き貫ける, に続い, に走つた, に起され, に飛び込み, よかさ, 奥へ, 降れば

▼ つぴら~ (18, 0.0%)

2 に言

1 [16件] だ, である, になり, にチュトワイエ, に云, に吹聴, に情夫, に水茶屋, に泊りがけ, に直接, に瞞, に糞, に續, に表白, に響かせ, に顏

▼ つ~ (18, 0.0%)

1 [18件] いたづら, おもしろいね, しばられて, そろそろと, つたり, つて, で言, なところ, なのに, のやう, の僧侶, の師匠, を着, を着た, を脱い, 可哀, 可笑しくて, 持つて

▼ つ~ (18, 0.0%)

4 でした, です 3 さに 1 だつたの, でしたが, ですが, でそして, なもの, な因子, を極めました

▼ つ~ (18, 0.0%)

2 は勉強

1 [16件] が, があなた, が嘘, が威張, が管, が薄情, にやってきた, にやつ, に来, はあの, はおまえ, はその, はただ, は松島海軍大佐, は眺め, は跛

▼ つ苦しい~ (18, 0.0%)

2 空氣の

1 [16件] とで, のは, 代り人目に, 噴煙が, 恐怖の, 旅籠屋に, 気持が, 沈默八五郎は, 空氣が, 空氣を, 絵を, 義務を, 自分の, 裏町の, 金絲で, 面魂に

▼ つだって~ (17, 0.0%)

2 そうな

1 [15件] いいわ, かまや, そういっ, どういう時, ペーチャは, 他人に, 六十五銭より, 同なじ, 多いん, 平気だった, 手紙を, 白状する, 縄を, 金儲けを, 雁来紅は

▼ つには~ (17, 0.0%)

1 [17件] あそばすまい, あつかいませんでした, あの闇, あまりにも, しないから, それぞれの, たらないの, びっくりし, 及ばない, 堅い信念, 所有格を, 手に, 捷った, 新しい感情, 殆ん, 消ゆる, 至って

▼ つぱらつて~ (17, 0.0%)

2 とろんこの

1 [15件] けんくわを, そして戻つ, どんなにしどけない, また泊つて, やがて部屋, 大いにくだ, 帰るなり, 戻つて, 暮して, 暮れて, 来たらしい, 来るん, 歩いて, 転げこんだそして, 追ひかけ

▼ つぷり~ (17, 0.0%)

1 [17件] が上手, が宜いと, が新しい, が温しく, が良き, である一杯二杯三杯, にも接した, の見事さ, はどうも, は好ましい, も捨てられない, を田丸浩平, を見せ, を観, 太つた, 太つた男, 肥りたる五十前後

▼ つ~ (17, 0.0%)

1 [17件] いかにし, た何ん, た姉, ときつ思案, どこから, ふたとせあまり, も一夜, 一ツには, 僕は, 取りて, 夜行太がを, 奥深く進み行き, 彼を, 次にアゲーノール, 逢へる, 阪神で, 降り出すかも

▼ つ~ (17, 0.0%)

2 だ, 御免ねえ

1 [13件] あやまり手, だが, だよ, です, ですよ, という気風, なん, な石, はねえ, 御免だ, 御免蒙ります, 御免蒙る, 馬楽を

▼ つ引き~ (17, 0.0%)

1 [17件] が, が一人, が引つ, が逢ひたい, が鼠一匹, だ, ぢや, で, ではありません, でも何ん, で御, で眼, の研究, よりは餘, を五六人狩り, を出す, 冥利だ

▼ つ~ (17, 0.0%)

2 ではない

1 [15件] あがりに, ありて, が芝居, なく眼前, になっ, に勇氣, に読む, のうねり, の一部分, の部分, は今, は又, り手, を押付け, を顏

▼ つ~ (17, 0.0%)

11 つべしとも 3 つべくも 1 つとも, は二人, は木曾

▼ つ~ (17, 0.0%)

16 樣に 1 かさま

▼ つあの~ (16, 0.0%)

2 事を, 白痴が

1 [12件] あちらの, ような, トラックには, 女たちが, 女は, 御書斎, 星が, 月見橋を, 生徒たちを, 老婆の, 部屋に, 銀色の

▼ つちやつて~ (16, 0.0%)

3

1 [13件] いや理性, おくれよ, なあつ, なそん, ねその, ねなんにも, ねやれ, ね土地, ね無口, まあだ行, も仕, 仕やう, 痛くつて

▼ つちや何~ (16, 0.0%)

6 だが 2 ですが, ですけれど 1 うだ, うで, うです, だけど, の効目, もそんな

▼ つまろびつ~ (16, 0.0%)

2 逃げまわり寸隙

1 [14件] あたかもはなたれた, 上らんとして, 下りて, 向脛, 御門跡, 戻ること, 死に身, 蒼くなり, 走って, 走りつづけたウスノロ, 走る二人, 追った, 逃げて, 這い上るよう

▼ つ~ (16, 0.0%)

2 出して

1 [14件] して, つン, と手ば, と灰吹, と鼻, のばして, のめった, のめって, のめりながら, のめりました, のめるよう, 出て, 抜かれたよう, 抜けるよう

▼ つ~ (16, 0.0%)

1 [16件] からのしか, から一本, から三杯家, から利三郎, から否定, から吹きつけ, から問, から斬, から来た, から梨割り, から當つて, から脅かす, に, にお, に振りかざし, 微塵の

▼ つ~ (16, 0.0%)

32 である

1 [11件] が消え, が無い, が選択, と, と言うた, に来り, に織女星信仰, に釣られ来り, の手, の生活, の織り上げ

▼ つ暗に~ (16, 0.0%)

3 なつた, なつて 2 なるやう 1 する習慣, なつて力, なりその, なりました, なります, なると, 見える, 覚えられ候

▼ つ東京~ (16, 0.0%)

2 から来た, へ帰る

1 [12件] からお出で, から帰った, にたつ, へいっ, へ出, へ出られる, へ着く, へ行かはるやろ, へ行かはるやろう, へ行きます, を, を引

▼ つ~ (16, 0.0%)

42 に, に早, は 1 がもと, に八尺, の伸びない, の様子, の芽, を風

▼ つ~ (16, 0.0%)

3 を聞き 2 が明るい, が風雨, なく頭 1 がきこえました, が市場, が田楽, す, にて候, にも原始的, の絶えたる

▼ つてる間~ (15, 0.0%)

2 に殺した

1 [13件] だけだ, にそつ, にその, にもよく, に出来る, に地方的言語, に大分駄馬, に小, に座が白けちまひ, に思ふ, に結婚, はかうし, 即ち人人

▼ つとか~ (15, 0.0%)

3 うして, なきや 2 はりは 1 したらあの, して, すると, つまり専門的, ぶつて, 千五百円さ, 鼻の

▼ つどの~ (15, 0.0%)

10 ような 2 ように 1 女と, 街角から, 辺から

▼ つ~ (15, 0.0%)

8 りつし 2 りつ零れた 1 りつした, りつする, りつ糸を, りつ見えつ隠れつする, りつ飽きる

▼ つ~ (15, 0.0%)

3 くして, しと 1 からざる, きや, きをも, き何物, き電車さ, く, く彼, く熱心勧告, しとも

▼ つ如何なる~ (15, 0.0%)

2 方法で, 時でも

1 [11件] ことが, 場合でも, 場合と, 場合にも, 変を, 所ででも, 断崖に, 日本の, 時にも, 機会に, 現世に

▼ つ~ (15, 0.0%)

1 [15件] から火ぶた, がどこ, が上陸, が妨害, が飛びかかっ, とまみえ, にとり恐怖, になる, にブスッ, に包囲, に廻る, に逢える, の有り, の襲撃, の魚形潜航艇

▼ つ~ (15, 0.0%)

2 あ小便

1 [13件] あ, あに少し貸し, あ俺, あ俺達, か, がまだ, が生き, が衣裳, だけしかなかつた, との寝物語, は皆, も出た, を養う

▼ つ~ (15, 0.0%)

2 に, の適しい

1 [11件] ぞ青, には桜皮, には網代人, にま, に降り, に齋杙, の流, はいよ, は弱し, は瀬, を彩る

▼ つ直に~ (15, 0.0%)

1 [15件] した, なつて, わたしの, 前を, 天に, 帰つて来る, 往かうと, 往けばい, 横へ, 突つ立ち, 耕作を, 衝つ立つ, 衝立ち, 降る雨, 高知へ

▼ つかへは~ (14, 0.0%)

3 ない, 無けれど 1 ないの, ないは, ないよ, ない樣, なかつた, なからう, 御座いますまいか, 感じなかつたの

▼ つたりは~ (14, 0.0%)

2 しない, 決してしない 1 して, しないから, しないで, しないよ, しますが, しません, しませんわ, なんにもなさらなかつた, 出來, 許されぬの

▼ つちや濟~ (14, 0.0%)

8 まない 5 みませんが 1 まぬ

▼ つてさ~ (14, 0.0%)

3 うして 2 う言 1 あたし達の, これで, はりを, びしうする, シンシンシンシン, 仕ると, 土地を, 娘たちの, 是非とも

▼ つれい~ (14, 0.0%)

3 しました, します 2 でございますが 1 したよ, して, しましょう, しませう, なこと, をもうしあげる

▼ つ~ (14, 0.0%)

2 の姿, をくい 1 が驅落ち, でお初, ですが, で二十二, なる郁子, にお初, には殺せねえ, の亭主, の死, を殺された

▼ つ張つて~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐいと立ち上る, しまふだらうと, しまふで, るわけぢ, ゐた, ゐる十手, 喘いだ, 坐つて, 居る, 居るぢ, 居るの, 居る上, 見えた, 見た

▼ つ~ (14, 0.0%)

2 を身

1 [12件] でそして, と間違つて, な, なもの, な事, な小切手, な雑誌, にしつ, のやう, へそつ, を拾つて來, 微塵さ

▼ つ~ (14, 0.0%)

1 [14件] であった, であつ, である, なの, に帰りけん, の憂き, もまた, をあせりぬ, をのぞん, を以ていずれ, を伸ばしたる, を悶え, を起し, 動かず長き

▼ つあんな~ (13, 0.0%)

3 浮いた了簡 1 ことを, ざあ寝て, どんなに心配, のさ, のよ, んぞ, 小娘を, 淋しかろえ, 約束を, 遺産などを

▼ つあんに~ (13, 0.0%)

1 [13件] いひつけるぞ, しかられるから, そつくりな, よつく, 一ぱい喰った, 代らにや, 使われた川手, 叱られる, 抗ふ, 押し付けて, 知らして, 負けなはる, 足切られ

▼ つきり云~ (13, 0.0%)

4 つて 2 つた, へば 1 はなかつた, ひたいこと, ふもの, へない, へる人間

▼ つここ~ (13, 0.0%)

2 へかえって, へ来た 1 で会おう, と知つてはる, へ入っ, へ帰っ, へ戻っ, まで来た, まで漂い来る, より校舎, を出られる

▼ つたん~ (13, 0.0%)

1 [13件] お孃さん, からだ, その線, や, やさうや, や今日, 出来て, 別れて, 取つつ, 惚れたと, 掴み合, 見せて, 降りた

▼ つちやつた~ (13, 0.0%)

2 から

1 [11件] か, かと思ふ, からまあ, から直し, から醫者樣さ行つて來, か分んなく仕つ, でね, と云つて, など, もの仕, らしいン

▼ つちやつたん~ (13, 0.0%)

43 です 1 だからなあ, だけど, だよ, ですが, ですと, ですもの

▼ つといふ~ (13, 0.0%)

3 笑ひ 1 あたりの, さけび声, 保存の, 前日, 息を, 意味での, 波音らしい, 無氣味, 音が, 音と

▼ つとく~ (13, 0.0%)

2 とい

1 [11件] がね, がよ立花さん, が今日, が何ん, が私, だけでよろしい, ぢや, よ, わけにも, 必要が, 譯には

▼ つわけ~ (13, 0.0%)

5 である 2 であるが 1 であったが, であって, であり従って, でそれ, で初めて, にはいかぬ

▼ つ~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] いと, うと, うー, き, っと泳ぎだし, といえ, と腹, べった, り, りぽつり, ん消え

▼ つ~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, だ, だつた, で動き, で取柄, で飛び廻つた, なの, のお前, のお客, のくせ, ののらくら, は見通し, らしいな

▼ つ意味~ (13, 0.0%)

2 の最も, を理解 1 である, と若し, に於, の一部分, の広, は, をも含め, を一旦, を解釈

▼ つ~ (13, 0.0%)

2 あり, ありし土佐派 1 かあらゆる, がない, が多, のすべて, の基礎, の安固, の役, の得点, の投機

▼ つくろい~ (12, 0.0%)

2 が二品 1 が出来ず, が取揃えられる, が案外, しもの, で買われる, といっ, などし, の小皿, の注文, をそう

▼ つちや厭~ (12, 0.0%)

3 ですよ, よ 1 だつちから, だよ, ですわね, よ斯ん, よ日常, よ道時

▼ つてる様~ (12, 0.0%)

2 な気, に思ふ 1 だがね, だつたので, でした, なん, な小児心, な打切棒, な挙動, に見える

▼ つとこ~ (12, 0.0%)

1 [12件] など, な面, にそつくり, になつ, に追, はその, は一, は関東, や天狗, 被りも, 被りを, 被を

▼ つばかり~ (12, 0.0%)

2 でした, では 1 だ, である, でなく更に, で実地, なり, ハタと, 日出雄少年は, 誰も

▼ つぱりした~ (12, 0.0%)

2 御気性 1 いつも一浴一杯, うす紅いカーテン, さつ, その歯, それから酒, ぬく, のうのうした, よかつ, 小さい家, 死に方

▼ つぽか~ (12, 0.0%)

4 して 2 されて 1 されたこと, された男, されるといふ, されるの, したつて, 貴樣

▼ つ~ (12, 0.0%)

2 青米です 1 かうですぜ, こ, だ, には日本, に河岸, のこと, はき, を歩, 有ること, 默り込ん

▼ つ~ (12, 0.0%)

2 な字 1 だな, だよ, ですが, で何ん, な假名書き, な手紙, な歌, な筆蹟, に書いた, に言

▼ つ自分~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそんな, が言っ, にもほえつく, に好意, に迫る, の位置, の気に入らない, の腕, の身, の頭, は菓子, もその

▼ つ~ (12, 0.0%)

2 たつても 1 こうし, たっても, ついて, でも, 云うて, 入院し, 帰ろうとは, 眺めても, 経っても, 続くか

▼ つ~ (12, 0.0%)

2 になつて, に濡れしづき 1 さ薄れし, だ, で泣き, で静か, な顔, にし, になつ, になつて顫

▼ つある~ (11, 0.0%)

1 [11件] すすたんしや, もの, ものは, んだい, 一日と, 事か, 人々が, 他の, 分量の, 民の, 種の

▼ つこんな~ (11, 0.0%)

4 ところへ 1 いたずらを, ことを, ふうに, 化け物みたいな, 悲劇なんて, 油の, 習慣が

▼ つしん~ (11, 0.0%)

2 ですよ 1 で世, にお祈り, にたべ, に働き, に廻つて, に押し, に研究, に聴い, に雨

▼ つそく街~ (11, 0.0%)

6 へ出かけ 21 へ出, へ出かける, へ局

▼ つちやなん~ (11, 0.0%)

2 ねえ, ねえから, ねえな, ねえん 1 ねえお, ねえのよ, ねえ出す

▼ つてる所~ (11, 0.0%)

2 へ入口, へ夕方, へ家 1 がさう, へお, へ四掛, もありだ, を見ました

▼ つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あらうと, い, いニ, おして行っ, これも, せう, せうか, ゐるので, 持って, 此も, 歩くの

▼ つどう~ (11, 0.0%)

3 なるか 1 いふ形, かわるか, した便宜, やって, 作ろうと, 変るか, 変るかも, 納まるかも

▼ つ~ (11, 0.0%)

3 つへ 1 いそぎました, おつ, おりて, おりるひみつの, つ, つと笑つた相, にげこみおばけ, 知らせるの

▼ つぺい~ (11, 0.0%)

2 の放射線 1 が学校, に入, のこと, の心根, を張る, を鐙, 仕らむ, 張んと, 生意氣

▼ つより~ (11, 0.0%)

4 外は 3 外に 1 他は, 優れた利益, 合わされて, 室津に

▼ つ~ (11, 0.0%)

3 りつし 1 になり, にわざと, に国, に胸甲, に陣取り, の世間, の街上, れるマリヤ

▼ つ~ (11, 0.0%)

2 の反抗表裏 1 には見, の, のおも, の匂香, の夢路, の如何なる, の美, の魂, を夢み

▼ つ~ (11, 0.0%)

2 るか 1 つから, てもいい, ても同じ, ても御, て吉川, る, るかと, るの, る事

▼ つ~ (11, 0.0%)

2 御身 1 に怒, 争いを, 事件を, 坂へ, 女が, 格闘が, 格闘を, 激戦が, 酋長ラウペパが

▼ つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] には小利口, のうけたる, のうしろ, の外套, はいろんな, はさながら, は心, は穏, は膝, は走った, は躊躇う

▼ つ~ (11, 0.0%)

2 の由来 1 でもはねる, と米, に掻乱, をこぼすまい, をまぜ, をやった, を請, 仰ぎてぞ, 飲んで

▼ ついた事~ (10, 0.0%)

4 がある 1 がありません, だった, であつ, であるかとも, に過ぎない, を悦んだ

▼ つきり言~ (10, 0.0%)

4 つた 1 つて, ひは, ひ切れるやう, ふと漠然とした, ふまい, へるやう

▼ つしと~ (10, 0.0%)

1 あり, この森, 前こごみ, 奥の, 思ったの, 旧友安藤正樹が, 歩いて, 歩みを, 歩調も, 腰を

▼ つしの~ (10, 0.0%)

2 所に 1 商賣, 土方家業が, 姑の, 家ぢや, 所でも, 煙管に, 組下にを, 言ふ

▼ つちの云~ (10, 0.0%)

2 ふこと, ふことも 1 はう, ひ分, ひ分つて, ふとほり, ふ事, ふ意味

▼ つちや惡~ (10, 0.0%)

4 いけれど 2 からう 1 いでせうか, いと思, いわね, うございますが

▼ つちよの~ (10, 0.0%)

5 をぢさん 1 あの喜久治, ニヤニヤした, 弱蟲, 短い体, 織匠

▼ つとの~ (10, 0.0%)

3 由は 1 ことで, 仲間と, 報せを, 心配も, 間は, 間亜鉛の, 間私を

▼ つなも~ (10, 0.0%)

1 いそいそし, いっしょか, いろいろある, かよも, そのよう, その意見, ですの, ない, 切れましたこと, 彼の

▼ つぱい涙~ (10, 0.0%)

3 をため 2 を浮かべ, を溜め 1 となつ, をためました, を吸ひとつ

▼ つほう~ (10, 0.0%)

4 つと螢 2 つと, つと蛍 1 が敗れる, つと楊

▼ つ付き~ (10, 0.0%)

1 が按摩, にある, のお, の三疊, の六疊, の四疊半, の部屋, は内儀, は長, 易い絵

▼ つ子達~ (10, 0.0%)

1 がぽ, が急, にやんや, の義憤, の胸, はそれでも, は後, は惜し, は蔭, をどんなに

▼ つ~ (10, 0.0%)

2 に日, の戸口 1 が秋, であると, に生れた, は少い, は指, は朝

▼ つ~ (10, 0.0%)

1 いだけかへ, い中, い人氣, い墓地, い昔, い百姓家, い背中, い雜居房, い顏, く大きな

▼ つ引風情~ (10, 0.0%)

2 の平次 1 が大名, が武士, には許されるべき, に何, に手, に斯, に立入つた, に詫びる

▼ つ~ (10, 0.0%)

2 に違, よ 1 がある, がみな, はしまった, をあけるやり, をたたきました, をみつけました

▼ つ~ (10, 0.0%)

1 とし, として尾, として待っ, として机, として臥, として默祷, と反撥, と坐つ, と腰, れ共

▼ つ白い~ (10, 0.0%)

2 のが 1 三十餘り, 打越金彌, 無数の, 番頭野郎が, 霧に, 面しやが, 面を, 頬桁を

▼ つ~ (10, 0.0%)

2 であったから 1 だと, であ, であった, である, であろう, のもの, はあるまい, はない

▼ つ~ (10, 0.0%)

1 でもやる, でヂストマ, にただ, の秀, は飛び, を叩かれる, を叩きつけた, を叩く, を幾つ, を杖

▼ つ~ (10, 0.0%)

1 しました, すこと, すと, すんだね, はし, はしました, はれるか, ふても, へよう, へるか

▼ つ~ (10, 0.0%)

2 あそぶ田の面, にしあらね 1 と言, の皷翼, の神婚譚, の雨間待ち, の餌, を畜

▼ つうち~ (9, 0.0%)

1 しめて滅し, で象, に, にほん, にやがて, に何日, に何處, に幕末, に私

▼ つきりぢ~ (9, 0.0%)

2 や仕 1 つと考, やありません, やつまんない, やない, や唯, や木戸錢, や證據

▼ つきり姿~ (9, 0.0%)

3 を隱 2 を見せなかつた 1 は見えなくなりました, も見せません, を見せず, を見せませんでした

▼ つくら~ (9, 0.0%)

7 をし 1 をする, を挑んでる

▼ つこっち~ (9, 0.0%)

1 の仕事, の番, へい, へいらした, へお越し, へ帰った, へ来た, へ来ました, を振り向く

▼ つしは~ (9, 0.0%)

1 すぐそこ, どうも一, 一と, 痛かつ, 秋の, 自分位し, 菊次郎つて女形が, 飽まで, 鳥を

▼ つたい~ (9, 0.0%)

3 なん 1 がある, が加茂家, で賑, ほどでした, をいた, を阿寒地帶

▼ つため~ (9, 0.0%)

3 には 1 に, にはそれ, にはギリシア哲学的, には勿論, には明敏, に充分

▼ つたりとして~ (9, 0.0%)

1 しづかな, すな, だぶだぶする, ふりまいて, ゐる, 句切句切に, 心の, 然も, 見ゆる

▼ つたりも~ (9, 0.0%)

3 した 2 する 1 うい, しかねないので, しない, 仕よう

▼ つちく~ (9, 0.0%)

5 たつちく 2 たつちく太右衞門どん, れの

▼ つてる通り~ (9, 0.0%)

21 あのスリッパ, あの戸畑, いろんな新聞雑誌, かの女, この人, の訳, 若い妾

▼ つぷりと~ (9, 0.0%)

2 太て 1 やるせなく悲しさ, 咬み裂いた, 太つた, 肥えた品, 肥えた親仁, 肥えた體格, 肥りて

▼ つ~ (9, 0.0%)

4 をし 2 をする 1 をかかない, をした, をしなく

▼ つ~ (9, 0.0%)

3 んの 2 ん, んは 1 んを, 大工は

▼ つ二人~ (9, 0.0%)

1 があわれよう, だけで逢える, の君, の婚儀, の男女, は森, は鍵, また出つ, をはなれ

▼ つ~ (9, 0.0%)

2 つて 1 つた, つたの, つたり, であるの, なん, の先, 尖が

▼ つ~ (9, 0.0%)

1 が彼, が明ける, になっ, に入り, の形, は燃え出し, を日, を深し, 綯いなき

▼ つ~ (9, 0.0%)

1 いと言つて馬鹿, い單衣, い武家風, い顏, が高い, くは, く囁きます, く氣取つた六疊, く首筋

▼ つ~ (9, 0.0%)

1 がつい, で, でケツ, で行つた, にはいる, に慣れし, の中, は後様, を拍つて

▼ つ爆発~ (9, 0.0%)

3 するか, するかも 2 がある 1 するやら

▼ つ~ (9, 0.0%)

1 いむれて, かぐの木の実, がしばしば, たかくうる, とかぐ, と畑, をこそおも, をのみ望み, 足らずなりなば

▼ つ~ (9, 0.0%)

1 で濯ぎ物, に建てた, に沿つた段々畑, に落ち, に通ずる, の宿屋, は初秋, へ行つて, をぶらぶら

▼ つかへが~ (8, 0.0%)

1 あらう, あるだらう, あれば, とれたやう, ない, ないなら, ないばかりか, なからう

▼ つきり口~ (8, 0.0%)

6 を緘 1 を噤ん, を噤んだ

▼ つこなし~ (8, 0.0%)

3 に願 1 あまり辛気, だ, だぞ, なん, に仲よく

▼ つこれ~ (8, 0.0%)

1 だけの人, と同じく, に肴, の米, も盆地, も親, を一世, を書いた

▼ つしよ~ (8, 0.0%)

3 よいつ, わつ 1 ほらつ, 揉み合つてほか

▼ つたる~ (8, 0.0%)

1 がゲーレス, が中, が如きである, が森, が郎等勝栗, と云, に違, はボーメンズ

▼ つてる位~ (8, 0.0%)

32 だもの 1 でその, なら今, の先

▼ つとしても~ (8, 0.0%)

1 これくらいの, ゐられない, 価格は, 喧嘩腰, 日本一の, 汗が, 穀物は, 錫及び

▼ つどういう~ (8, 0.0%)

1 ことが, ふうに, ハズミで, 事に, 危ない目, 時に, 目に, 風に

▼ つぱり訳~ (8, 0.0%)

2 が解らなかつた 1 がわからない, がわからん, が分らない, が分らなかつた, が分りませんでした, が解らない

▼ つぷち~ (8, 0.0%)

1 で困り, に踞んで, の方, の鶴吉, をフラフラ, を上手, を囘向院, を遡

▼ つぽう~ (8, 0.0%)

1 いはないん, くれえ, なのよ, にいと, にはつ, 打ん, 綺麗な, 見も

▼ つ~ (8, 0.0%)

1 だろう, であるの, というの, という音, といったじゃない, として呆け, ぬけた歌, をやった

▼ つ何処~ (8, 0.0%)

1 から我が, から誰, か体, ででく, でとられた, で作られた, で弾かれる, へ行く

▼ つ~ (8, 0.0%)

2 では 1 があっ, には変り, に於, に譬えた, の連続, は正に

▼ つ~ (8, 0.0%)

4 をさまし 1 を凝らし, を覚ました, を閉ぢ首, 覚めたの

▼ つ~ (8, 0.0%)

2 になつ 1 で, な指先, な痣, な美爪法, にし, に血

▼ つ走り~ (8, 0.0%)

1 して, でもない, な日本劇壇, のガラツ八, の好み, の左孝, の才女肌, もならず喘い

▼ つ辛い~ (8, 0.0%)

1 から人, が勸進元, だらう, だらうと, 一滴を, 人間な, 味だ, 鮭を

▼ つ限り~ (8, 0.0%)

2 に於 1 たといその間, であつ, のもの, の世界, の意識, 一応科学的

▼ つあま~ (7, 0.0%)

1 が今, さの, におれ, に訊い, に追い廻され, の, や

▼ つかしく~ (7, 0.0%)

1 なるの, なるばかり, はない, 下りて, 壊れ壊れに, 寧ろ御, 思ふ

▼ つかも~ (7, 0.0%)

2 知んねえ 1 お前は, 知れない, 知れぬ, 知んねえかんな, 知んねえて

▼ つがも~ (7, 0.0%)

3 ない 1 ないどうして, ない昔人, ねえひとり者, ねえ素浪人

▼ つきたる~ (7, 0.0%)

1 ことなれ, こと二三を, 事を, 所を, 時雨かな, 武男は, 洒落なるべし

▼ つきり私~ (7, 0.0%)

1 が眠つたの, に逢, の傍, の母, の見かけなかつた, は何ん, は牡丹刷毛

▼ つきり行方~ (7, 0.0%)

2 がわかりません 1 がわからず, が判らない, もわからず, 知れず, 知れずに

▼ つそこ~ (7, 0.0%)

1 に, にも竜胆, に建てられた, に映す, の森, へお越し, へゆける

▼ つそりめ~ (7, 0.0%)

1 が対, と三度め, と怒, と折, と頭, に半, もまた

▼ つちのもの~ (7, 0.0%)

31 が無, だぜ, だと, にさ

▼ つちや可~ (7, 0.0%)

6 けません 1 かんて

▼ つてね~ (7, 0.0%)

1 いまの, おいおいそこ, スタンドの, 三月ばかり, 來い, 全然もう熱, 吉原へ

▼ つとて~ (7, 0.0%)

2 人に 1 かぎりない, これという, ゑみは, 咎めらる, 羽根に

▼ つと共に~ (7, 0.0%)

1 これに, それが, 他方に, 双翼に, 感情的生命の, 此事業の, 谷崎潤一郎氏をも

▼ つなお~ (7, 0.0%)

1 ぢいさん, とりあつかいでご, 倒れんと, 別れの, 嫁さんが, 檀家とやら, 直参の

▼ つなん~ (7, 0.0%)

1 だ, だな, だね, だよ, どき, どき来るかも, どき現われるか

▼ つにも~ (7, 0.0%)

2 こいつにも 1 器物を, 拘らずこの, 拘らず実際, 拘らず立場, 直木氏の

▼ つので~ (7, 0.0%)

2 あつた 1 ある人, 一応は, 古くから, 大まかに, 食物の

▼ つぱりして~ (7, 0.0%)

1 しやんとして, 同じ事, 少しの, 居ますが, 往かう, 戻つた, 来るン

▼ つぱり譯~ (7, 0.0%)

2 がわからない 1 がわからなかつた, が分らん, が分りません, のわからない, の分らぬ

▼ つぴどく~ (7, 0.0%)

2 叱りつけて 1 怒られた夢, 打ちやあ, 振り飛ばされたつて言, 捩ぢ, 殴りつけ食料箱

▼ つ~ (7, 0.0%)

3 に惚れた 1 が出た, の良い, をし, を一つ

▼ つぷし~ (7, 0.0%)

2 が強, の強い 1 がバカ, である, の強

▼ つ~ (7, 0.0%)

1 が丈夫, は解い, を引いた, を引き, を悉皆, を掴まぬ, を突

▼ つぺら~ (7, 0.0%)

2 の蒲団 1 が投出し, でないのに, で小さな, になる, に裂け

▼ つ~ (7, 0.0%)

1 ごゑ, つて來る, 姉ちゃんに, 戀ふる, 文学の, 笠屋町で, 黄櫨の

▼ つやら~ (7, 0.0%)

1 うとうとし, ちょっとお話, ひどう煩つた時, アイルランドの, 何かで, 囃すやら, 途中で

▼ つ一つ~ (7, 0.0%)

1 の型, の意味, の深い, の特権, の特色, の生命過程, の登り窯

▼ つ~ (7, 0.0%)

3 ひの 1 したこと, でございます木, ふのに, へる身分

▼ つ~ (7, 0.0%)

2 にはナポレオン 1 のやう, へつれ, へはけつ, へは一人, を歩き

▼ つ場合~ (7, 0.0%)

1 が多い, にはこの, に社会, は事実, は婚姻, もあります, も少く

▼ つ日本~ (7, 0.0%)

1 に渡来, のどこ, へお, へ帰っ, へ来た, へ舞いもどっ, を誇り

▼ つ~ (7, 0.0%)

2 るの 1 られるか, るか, るかとも, るだらうツ, ると

▼ つ母ア~ (7, 0.0%)

1 おつ, お信さん, お菊, だよ, のせゐも, もさぞ, 驚くの

▼ つ~ (7, 0.0%)

1 い, いそし, ぐだつたか下向きにな, ぐになつてゐるのであるがけ, な雨脚, 其足で, 平に

▼ つ組合~ (7, 0.0%)

3 ひを 2 ひが 1 ひの, を始め

▼ つ結婚~ (7, 0.0%)

2 するか, するんだい 1 して, しても, できるか

▼ つ~ (7, 0.0%)

1 けてくる, けて参る, けられて, けられると, ける, け廻さう, け廻し

▼ つ~ (7, 0.0%)

2 までも流れ住ん 1 で二十歳, なので, の先, の落葉, へガン

▼ つかかる~ (6, 0.0%)

2 やうな, ように 1 のだ, やうに

▼ つがもねえ~ (6, 0.0%)

1 こりゃ博多人形, まだ下手人, 何を, 江戸の, 浜で, 知恵の

▼ つきり眼~ (6, 0.0%)

1 がありません, の前, を刳りぬかれ, を廻し, を覚まし, を開い

▼ つきり話~ (6, 0.0%)

1 つけないこと, はきれ, は立消え, をきく, をやめ, を他

▼ つこう~ (6, 0.0%)

1 でと, 云う悲しい, 暮して, 見つしきりと, 見つしながら, 見つ右門

▼ つそく一杯~ (6, 0.0%)

1 そして, また一杯, やつて御馳走, やりましたよ, やる胡瓜, よばれるそれから

▼ つそつ~ (6, 0.0%)

2 して 1 しながら, し出すと, とし, 苦しがる

▼ つそ今~ (6, 0.0%)

3 の中 1 から京城, の中一, 死んだらどう

▼ つたりなんか~ (6, 0.0%)

2 した, して 1 してるん, するん

▼ つちのこと~ (6, 0.0%)

2 です 1 だわ, でもが気, ばかり話し, をなかなかよく

▼ つちの心~ (6, 0.0%)

1 にもない, の動く, の推量, の裏側, をもて, を推量

▼ つちの方角~ (6, 0.0%)

2 からどう 1 から迫撃砲, に行く, へ, へ歩

▼ つちの話~ (6, 0.0%)

1 からかたづけ, にまぎれ, に気, はこれ, はもうす, を聞く

▼ つてか~ (6, 0.0%)

2 ういつて 1 はいさうに, はるが, ばつて, ぼちや飯

▼ つとう~ (6, 0.0%)

2 づくまつ 1 づくまつたま, づくまり, 好いからな, 屋とか

▼ つぱい匂~ (6, 0.0%)

1 ひがむつと, ひさ, ひの, ひは, ひや, を嗅ぐ

▼ つぱい物~ (6, 0.0%)

1 がこの, でも生水, のつかへた, の這入, を嘗めさせられた, を食べ

▼ つぱ卒~ (6, 0.0%)

1 がねす, が酔, の顔, は, は大, は覚悟

▼ つみそら~ (6, 0.0%)

3 を渡る 2 もけぢめ 1 の慕

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 ばき 1 かせる, けて, ばきだ, ぶしょ

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 に或は 1 おほらかに, に, になり, の用語

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 あるもん, だから, で癒, なこた仕方あんめえな, な火傷, ゐ

▼ つ出発~ (6, 0.0%)

2 するの 1 しましょうか, するか, せねば, を触れ出す

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 なる杯, になり, には毎晩, に別れ, の晩, へと歩みます

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 雨降りけぶらふ 1 信が, 女郎に, 酒宴に, 雨降りけ

▼ つ必要~ (6, 0.0%)

2 はない 1 があるであろう, がない, が実際, のない

▼ つ戦争~ (6, 0.0%)

2 が起る, になる 1 が勃発, が終った

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 がのぞい, がのぞき, であつ, でギシギシ, と四角, のすぐ

▼ つ~ (6, 0.0%)

3 賣の 2 賣次に 1 賣に

▼ つ江戸~ (6, 0.0%)

1 から, へお発ち, へまい戻った, へ立たれます, をお, をたった

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 が鼻, も出ない, をすすりこみ, をすすりこん, を撫で上げ, を横

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 の中, や 1 がいっ, が見える

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 と同じ, と同じく, に近く事, を殺し, 次に多良, 次に蝮

▼ つ理由~ (6, 0.0%)

1 がない, が存, には何人, はない, はまだ, を見出さないだろう

▼ つ~ (6, 0.0%)

4 中臣 1 は恰, よりうつ

▼ つ神名~ (6, 0.0%)

1 は井氷鹿, は猿田毘古, は石押分, は贄持, を井光, を珍彦

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 から恐ろしい 1 に, の地, の星, 大き年けさ

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 けにお 1 きて, けにクシヤミ, けに喋舌, けに眼

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 の名張 1 の, の靡きし, は奥深く, を隠さふ

▼ つ酷く~ (6, 0.0%)

1 叱り飛ばされて, 尾崎氏の, 扱き下されるばかりか, 擲りつけ, 攻撃された, 譴られた

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 え明り, たどるが, な坂, な晩, に, になつて

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 がき, がくる, が烈しい, になっ, 之丞, 降りつまばか

▼ つ~ (6, 0.0%)

2 の眼, の風道 1 に世, の濡

▼ つ頓狂~ (6, 0.0%)

3 な聲 1 なところさ, な八五郎, な大声

▼ つ~ (6, 0.0%)

1 がいい, の上, の蠅, も出しつ, を俯, を木

▼ つ黒い~ (6, 0.0%)

1 娘だ, 山蟻といふ, 正面を, 武蔵野の, 男が, 闇に

▼ つうんと~ (5, 0.0%)

1 丸太を, 來る, 澄して, 痛くなる, 辛味を

▼ つお前~ (5, 0.0%)

1 が酔, のもの, の大根, の店, は薩摩様

▼ つかという~ (5, 0.0%)

1 ことは, 問題である, 問題に, 点から, 点に

▼ つかへの~ (5, 0.0%)

2 ないやう 1 ないの, ないもの, よしさてさて

▼ つかま~ (5, 0.0%)

1 へて尻上り, へとつさ, へどころ, へない, へながら答

▼ つからでも~ (5, 0.0%)

2 這入れと 1 家へ, 曳ける丈, 聞くでござんせうが

▼ つきり意識~ (5, 0.0%)

3 して 1 させたの, するには

▼ つきり氣~ (5, 0.0%)

1 が利かなかつた, が弱く, づいた次第, を喪, を喪つて

▼ つきり違~ (5, 0.0%)

1 ひます, ひますの, ふ, ふね, ふんでね

▼ つぎほ~ (5, 0.0%)

1 がない, が無かっ, を失った, を失つて, を見つけ

▼ つしが~ (5, 0.0%)

1 あんた伯樂, ついて, 引き取つて, 引き受けやすから, 引受けましたよ

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 ぐにいらしつたから, つと切り, とかへる, と促音化, ひつしごきあひ

▼ つすらと~ (5, 0.0%)

1 さしてゐる, 化粧まで, 微笑を, 白いもの, 絵具が

▼ つそういう~ (5, 0.0%)

1 ご内談, できごと, 機会が, 決裂が, 淋しいところ

▼ つそく米~ (5, 0.0%)

2 と酒, を買 1 を買う

▼ つたかい~ (5, 0.0%)

21 と呆れ, の息災, や

▼ つたくら~ (5, 0.0%)

4 ゐの 1 ゐだつた

▼ つたつ~ (5, 0.0%)

2 ていうこと 1 ていうの, ていうん, ていう人

▼ つたりなんぞ~ (5, 0.0%)

1 したの, してからか, なさるん, 出来るもの, 致しません

▼ つちい~ (5, 0.0%)

1 お寄んなさい, ものぢ, やあら, 向いて, 見せろよ

▼ つちさ~ (5, 0.0%)

1 えその, へ素直, 倒す, 取る工夫, 頼まれて

▼ つちの気持~ (5, 0.0%)

1 が安らい, まで重苦しく, をとら, をみすかされたら, を母

▼ つちやだめ~ (5, 0.0%)

32

▼ つちやつたの~ (5, 0.0%)

21 せ, ですけれど, よ笑

▼ つちら~ (5, 0.0%)

1 それに, 山畑の, 持ち出して, 歩きま, 重い俥

▼ つって~ (5, 0.0%)

1 ちゃんと及第, まだ一昨日, もう昔, 今日か, 国へ

▼ つてこ~ (5, 0.0%)

1 とはりました, ともね, なひだ, はい, はし

▼ つてつ~ (5, 0.0%)

1 から丈夫, から管, から餓鬼奴等, たら, たん

▼ つてるよ~ (5, 0.0%)

1 あの酒, それで巣鴨, そんなこと, と云, と言つて

▼ つとくと~ (5, 0.0%)

1 勝手な, 可かつ, 此の, 気違ひ, 癖に

▼ つとしてを~ (5, 0.0%)

2 れば 1 らせ, るの, れない日

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 その絵, つてゐた, つて由の, 叔父さんも, 美味しいお

▼ つねつ~ (5, 0.0%)

1 たと, たり, たりする, たりコーリヤ, たり額

▼ つぱいで~ (5, 0.0%)

1 そのまん中, その石, ところどころ運び出した, とても其顏, なんにも云

▼ つぱなしで~ (5, 0.0%)

1 いくら陽, すぐに, 別れて, 濁つた水, 貸つ

▼ つぱらひが~ (5, 0.0%)

1 吐いたヘド, 大聲, 歩いて, 近づいて, 通るさすが

▼ つぱらひの女~ (5, 0.0%)

1 だと, のやう, の顏, は手拭, をみ

▼ つぱり駄目~ (5, 0.0%)

2 な男 1 だらうといふ, ですよ, なん

▼ つほか~ (5, 0.0%)

1 ない, なくその, に僕, に成功, はない

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 こすか, されるとも, つと見, ふなりて, れつ

▼ つわたし~ (5, 0.0%)

2 がそんな 1 がいたずら, はこんな, は知らない

▼ つ世界~ (5, 0.0%)

2 である 1 の人, の個物, は正に

▼ つ二つ~ (5, 0.0%)

1 にぞ切れける, にめり込ん, に切つて御覧, の相, の観念形態

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 ないと, ないという, の法律, の艦艇, へ移動

▼ つ~ (5, 0.0%)

2 が肱 1 が拾, の不名誉, をバカ

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 せるの, せるやう, せる八五郎, りで先代, りで大

▼ つ~ (5, 0.0%)

3 かや雁 1 の葬所光, もはる

▼ つ~ (5, 0.0%)

3 はない 1 は無かっ, より来れる

▼ つ大きな~ (5, 0.0%)

1 弱点は, 根本的な, 水路の, 発火点と, 饅頭を

▼ つ大阪~ (5, 0.0%)

1 から来た, の道路, へ帰っ, へ行かはる, を立つ

▼ つ~ (5, 0.0%)

4 においで 1 の度相

▼ つ寝返り~ (5, 0.0%)

2 を打つ 1 をうつ, を打たない, を打っ

▼ つ~ (5, 0.0%)

2 の上 1 から岩, ねの, ねの極み

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 の, の岨, の桜花盛り, の椎, の白影

▼ つ~ (5, 0.0%)

3 の暮 1 に似合わぬ, 逝きし頃

▼ つ広く~ (5, 0.0%)

1 とつて, なつたところ, 冷めたさと, 大きな穴, 天井の

▼ つ~ (5, 0.0%)

2 には細か 1 の方, ふかき阿, 深き阿

▼ つ引ぢ~ (5, 0.0%)

2 やない 1 やあるまい, やどう, や手

▼ つ性格~ (5, 0.0%)

1 だけを把握, とは別, は要するに, を忘れ, を正当

▼ つ性質~ (5, 0.0%)

1 だけが自然, だと, であり得ない, でなくては, によって指定

▼ つ~ (5, 0.0%)

31 は貧しき, も坐らむそ

▼ つ拍子~ (5, 0.0%)

2 もなく 1 に力まかせ, に足, もない

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 だ, の大きい, 屋敷を, 日本諸学を, 葉の

▼ つ日子~ (5, 0.0%)

4 の王 1 の命

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 のよう, の性, の静, や地宿, 光る

▼ つ昼間~ (5, 0.0%)

1 からぐでん, からもう, にも閉, を瞬き, 大肌

▼ つ時分~ (5, 0.0%)

1 この家, だろう, でも返す, にどこ, になっ

▼ つ更に~ (5, 0.0%)

21 渦卷く, 神に, 鋭利の

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 が紅白とりどり, と申す, のもと, の白い, は思はせ

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 か高らか, とひとり, に恐ろしい, を叩き折られる思ひ, を揺ぶる

▼ つ正面~ (5, 0.0%)

2 から見る 1 から平次, から惠, の大

▼ つ盛り~ (5, 0.0%)

21 だつたが, といふ状態, の櫻

▼ つ祖あめ~ (5, 0.0%)

4 の押雲根命 1 のおしくも

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 と, にたより, に深く, の中, を碎

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 だね, で搗きせ, なのせお, なり, も有ん

▼ つ調子~ (5, 0.0%)

2 に色 1 な事, な氣持, に口

▼ つ込み~ (5, 0.0%)

1 あが, にはひどく, は遠慮, やがらア, をしました

▼ つ~ (5, 0.0%)

2 の臣 1 や往来, を知れ, を通して通わん

▼ つ~ (5, 0.0%)

3 の音 1 の烈しい, の過ぎ

▼ つ頃ここ~ (5, 0.0%)

1 に来た, に来られました, へ来た, へ見えました, を出かけました

▼ つ飛鳥~ (5, 0.0%)

3 の宮 1 と名づけました, に勒

▼ つ~ (5, 0.0%)

1 だらう, も中, を取られつ, を縮め, 折れたん

▼ つ鳥雉~ (5, 0.0%)

3 はとよむ 1 の小, はとよみ

▼ つぁん何~ (4, 0.0%)

1 かあった, ていうの, をおいいだ, んで上らねえ

▼ つあらゆる~ (4, 0.0%)

1 商工業の, 国家にとって, 場合において, 者に

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 らしたの 1 で食わん, らして

▼ ついかに~ (4, 0.0%)

2 して 1 歸る, 造られたり

▼ つきり知つて~ (4, 0.0%)

1 ゐたのに, ゐないやう, ゐるの, ゐるもの

▼ つきり行方不明~ (4, 0.0%)

1 にな, になつ, になり, になりました

▼ つくま~ (4, 0.0%)

1 に走りだしました, の神まつり, の郡, もなかっ

▼ つこちら~ (4, 0.0%)

2 へお 1 にこられた, へ着い

▼ つころ一匹~ (4, 0.0%)

1 出ません, 居ねえ御, 居る樣子, 飛出さないから

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 ーつと, 戦端を, 持参ある, 都合が

▼ つさうな~ (4, 0.0%)

3 こと仰せられます 1 こと私は

▼ つそく御飯~ (4, 0.0%)

2 を炊い 1 をあげる, を炊く

▼ つそく酒~ (4, 0.0%)

1 と豆腐, になる, を買, を買う

▼ つそりそこ~ (4, 0.0%)

1 に忍ん, へはいつ, へ入, を遠ざかつた

▼ つそりリヽー~ (4, 0.0%)

2 に遇, を相手

▼ つそり奴~ (4, 0.0%)

1 に逢ふた, のところ, は如何, を左様

▼ つそ一~ (4, 0.0%)

3 思ひに 1 と思ひ

▼ つそ安心~ (4, 0.0%)

4 だがなあ

▼ つそ私~ (4, 0.0%)

1 のに喰ひつ, はこの, は君, を誘つて手伝つて貰

▼ つそ結婚~ (4, 0.0%)

2 を申込ん 1 して, の話

▼ つそ自分~ (4, 0.0%)

2 がゐない 1 の方, の気持

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 照り合へりける 1 いかにと, 松の木の

▼ つたまに~ (4, 0.0%)

1 ぶらさがつた, 噛りつい, 噛りつくであらう, 獅噛みつい

▼ つたより~ (4, 0.0%)

1 かお前, は欧羅巴, は遥か, もきん

▼ つだれ~ (4, 0.0%)

1 が入っ, が死, にされる, に殺された

▼ つちの田甫~ (4, 0.0%)

2 へ, も

▼ つちの音~ (4, 0.0%)

1 がかすか, が都, などもいたしました, やかんな

▼ つちや叶~ (4, 0.0%)

2 はない 1 はねえ, ひませんよ

▼ つちや嫌~ (4, 0.0%)

1 で御座いますよ, はれますよ, よ本, よ親分

▼ つちや氣~ (4, 0.0%)

4 の毒

▼ つちよから口~ (4, 0.0%)

4 を出した

▼ つちよこちよい~ (4, 0.0%)

1 であまり, で可, の旅, をけしかけた

▼ つてと~ (4, 0.0%)

1 いふよりも, 何かしら, 始めて, 紅葉を

▼ つてな~ (4, 0.0%)

1 さうす, それからひよくら, それで生命, 早う歸つて來

▼ つてるこ~ (4, 0.0%)

21 と結婚, の老

▼ つてる人たち~ (4, 0.0%)

1 が気の毒, を喜ばし, を私たち, を運ん

▼ つてる家~ (4, 0.0%)

1 がある, と味岡さん, なんぞ一軒, を皆んな

▼ つてんてん~ (4, 0.0%)

1 なのよ, になつ, になつたの, に燒

▼ つとこ面~ (4, 0.0%)

1 をかむ, をつく, を被, を被る

▼ つにつれて~ (4, 0.0%)

1 曉方の, 正しい方, 氣が, 雀にも

▼ つのに~ (4, 0.0%)

1 その目印, 心を, 東京の, 茶祖の

▼ つはつ~ (4, 0.0%)

21 てきた, はつと

▼ つぱいになつて~ (4, 0.0%)

1 いつそ船, た, 参りました, 思わず後

▼ つぱい飮~ (4, 0.0%)

2 みたま 1 まうか, みましよか

▼ つぱかしも~ (4, 0.0%)

1 分らねえ奴, 居やしない, 絞りだすこと, 載つて

▼ つぱち~ (4, 0.0%)

1 だ, に伐り倒し, の出鱈目, の危険

▼ つぱつて~ (4, 0.0%)

1 来たと, 来ながら, 現れた, 行く道

▼ つぱのまん中~ (4, 0.0%)

1 です, で森, にある, に立て

▼ つぱのやうな~ (4, 0.0%)

2 大きな掌 1 大きい手, 大きい掌

▼ つぱりと垣~ (4, 0.0%)

2 をとり, をとり廻し

▼ つぱりと言~ (4, 0.0%)

2 つた, ひはなし

▼ つぱりわけが~ (4, 0.0%)

2 分りませんでした 1 判らぬ, 解りや

▼ つぱり手~ (4, 0.0%)

1 につかなかつた, のつかない, を切, を切つて兼次

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 の城壁, の方, の満ち伺ふ, の魔力

▼ つぴらいた平野~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ つぴり腰~ (4, 0.0%)

2 をし 1 でガタガタ顫, も面白く

▼ つぶろ~ (4, 0.0%)

1 のようン, の様, の角, 見たいに

▼ つぺらな~ (4, 0.0%)

1 古雜誌, 小さい小, 小冊子, 無教養

▼ つぺらな本~ (4, 0.0%)

1 の雜つて, もいま, を受け取つた, を手

▼ つほど~ (4, 0.0%)

1 嫌ひで通つてゐなかつた, 矛盾撞著した, 薄気味悪くて, 非科学的

▼ つほどの~ (4, 0.0%)

2 こと此人此身に 1 働きもので, 美人でした

▼ つめい~ (4, 0.0%)

1 してやりますと, してやると, しました, で応対

▼ つりこつり~ (4, 0.0%)

1 という足音, と歩い, と聞え, と落ち

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 がや, くろ廻せる, の, ひしこと

▼ つわが~ (4, 0.0%)

1 おもふ, 宿に, 来し方に, 歩む溪間

▼ つわもの~ (4, 0.0%)

1 ばらの, バニスタアが, 共も, 輩が

▼ つ下手~ (4, 0.0%)

1 だ相, ですがね, ですね, で勝負事

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 ひなさいと, ひますわ, ふぞ, へ

▼ つ人形~ (4, 0.0%)

1 であつ, の略語, は左, は手

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 な江戸ツ子達, をした, を出さず, を出す

▼ つ何者~ (4, 0.0%)

1 が盗んだ, であろう, にぬすまれた, を射殺すか

▼ つ個人~ (4, 0.0%)

1 の消費, の精神, はたちどころに, を除去

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 に濡れかがやく, に照らされ, に身, はゆたか

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 の二つ, の源泉, は, を極めて

▼ つ卒業~ (4, 0.0%)

2 です 1 したかと, するか

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 をし 1 の裡, より入り見る

▼ つ問題~ (4, 0.0%)

1 にされる, に於, をより, を取り上げる

▼ つ土地~ (4, 0.0%)

1 からまた, の地代, は人口, は高い

▼ つ垂れ~ (4, 0.0%)

1 だから, で人, で女, の傴僂

▼ つ子供~ (4, 0.0%)

1 が産まれた, の多い, をひねり殺す, 持った覚

▼ つ学校~ (4, 0.0%)

1 が良い, の方, へ移っ, へ行く

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 がご, が来なくなる, とどこ, を乗せる

▼ つ帰つて~ (4, 0.0%)

2 来られるか 1 来るか, 来るの

▼ つ幾日~ (4, 0.0%)

1 かにせ, と答えました, にはその, に何斗何升

▼ つ引二三人~ (4, 0.0%)

1 が勝誇つた, と共に嚴重, は念入り, を狩り出し

▼ つ引本能~ (4, 0.0%)

1 がヂツ, に操られる, を働かせ, を鼓舞

▼ つ張り私~ (4, 0.0%)

1 のもの, の間違ひで, は芸術家, も共々

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 というの 1 とはかかる, をいう

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 にてハッ, に雷霆, トアス賊に, 果して燕王

▼ つ思案~ (4, 0.0%)

2 して 1 にふけっ, にもつる

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 るもの, る特定, る理由, 物を

▼ つ所以~ (4, 0.0%)

1 だ, である, はここ, もある

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 り出した, り出したま, り出して, り込んだ

▼ つ拂つたの~ (4, 0.0%)

1 か, が充分, だね, を見すまし

▼ つ掛け~ (4, 0.0%)

1 が來, に殆, は一日, は成るべく

▼ つ故郷~ (4, 0.0%)

1 の, へ歸, へ立発ん, を

▼ つ日高~ (4, 0.0%)

1 なり, の対句, の御子, の御子虚空

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 の上臈 1 の父, は網

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 の日, の日永, の雨, はのどかさ

▼ つ時に~ (4, 0.0%)

1 ね松原君, やこつ, や人間, 竜子母に

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 るべしとも 1 らしい娘, るの

▼ つ暗い~ (4, 0.0%)

1 やうな, 夜である, 屋内へ, 所に

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 した 1 すので, はした

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 りつす 1 たん, りつする

▼ つ~ (4, 0.0%)

21 かなんかのやう, のねき

▼ つ正直~ (4, 0.0%)

1 なそれなり, な素朴, に自分, らしさ

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 のよう, の太刀, の科学, の飛騨

▼ つ毛野~ (4, 0.0%)

2 いかほ 1 に蟠る, の君等

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 がよか事, が骨折った, に縛られた, を呼んだ

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 えつし 1 えつした, えつする

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 つに, つの, でぼうちょう, も完全

▼ つ父さん~ (4, 0.0%)

1 が訊く, に会つた, に話さない, や母さん

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 るん 1 るか, るかしら

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 は魔王, 抱きて, 討に, 闘ひし

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 の個物, の動脈, の絹, 椿

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 たばさみ, たばさみ立ち向, のよう, の来し方

▼ つ約束~ (4, 0.0%)

2 を破る 1 のもと, の金

▼ つ組み合~ (4, 0.0%)

1 でもし, ひを, ふことに, を始める

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 は例へば 1 にし, への官能

▼ つ美し~ (4, 0.0%)

1 さが, さな, さにも, さを

▼ つ臭い~ (4, 0.0%)

1 ことを, にほひ, 人達だ, 臭ひ

▼ つ菟上~ (4, 0.0%)

4 の國

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 形式と, 時代を, 結果については, 結果や

▼ つ~ (4, 0.0%)

2 がし 1 がされ, がされた

▼ つ退院~ (4, 0.0%)

1 しても, できるですかね, できるもの, 出来るか

▼ つ遂に~ (4, 0.0%)

1 はやがて, は自分, 引かへ, 警察署へ

▼ つ部屋~ (4, 0.0%)

2 の主 1 の隅, をあける

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 うこと, つ數刻酌, つ飮合いが其, へつ

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 おり居, かも, かも束の間, には今日逢

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 に徳藏稻荷, に片足, に飛込む, 掛るを

▼ つ~ (4, 0.0%)

1 あらふ, の嘶く, の脊, の草床

▼ つぁんお前~ (3, 0.0%)

1 なんぞの出る, も下っぱ, をよんだ

▼ つぁんの店~ (3, 0.0%)

1 に入り, の仕事, は根太板

▼ つぁんも勃凸~ (3, 0.0%)

1 もほか, も仕事, も他愛

▼ つあなた~ (3, 0.0%)

1 とお話し, はお立ち, は部屋

▼ つあはれ門~ (3, 0.0%)

3 なる柳

▼ つあるいは~ (3, 0.0%)

1 どうしてという, パッと, 高くあるいは

▼ ついち~ (3, 0.0%)

1 やお, やお気毒, やゐられない

▼ つおもしろく~ (3, 0.0%)

3 陶器師は

▼ つおれたち~ (3, 0.0%)

1 のどの, のやう, のよう

▼ つかから~ (3, 0.0%)

1 そいつを, 戸板を, 貰ひ

▼ つきり会~ (3, 0.0%)

2 へない 1 はない

▼ つきり何ん~ (3, 0.0%)

1 にも言, の合圖, の發展

▼ つきり何處~ (3, 0.0%)

2 へ行 1 かの農家

▼ つきり冬~ (3, 0.0%)

2 らしくなつ 1 らしい寒

▼ つきり家~ (3, 0.0%)

1 がふえ, の中, を建てよう

▼ つきり寢~ (3, 0.0%)

1 てしまつたの, て居る, 付かれない何處

▼ つきり歸ら~ (3, 0.0%)

1 ず今朝, ず氣, なかつた

▼ つきり相手~ (3, 0.0%)

1 にしません, にもしません, に悟れる

▼ つきり行方不知~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 になつて

▼ つきり言つて~ (3, 0.0%)

1 はゐません, もよい, ゐる

▼ つきり説明~ (3, 0.0%)

1 する術, は出, を聴い

▼ つきり誰~ (3, 0.0%)

1 にも顏, の仕業, も手

▼ つきり違つて~ (3, 0.0%)

1 ゐるどう, 居た, 居るので

▼ つきり頭~ (3, 0.0%)

1 に浮ばなかつた, に白髪, の中

▼ つくき~ (3, 0.0%)

2 僧徒の 1 蝦蟇めが

▼ つくるくる~ (3, 0.0%)

2 くると 1 と紙

▼ つこいつ~ (3, 0.0%)

2 の容赦 1 もう男

▼ つこういう~ (3, 0.0%)

1 偶然が, 力が, 過失を

▼ つこそ~ (3, 0.0%)

1 かなしけれ, また国, 恨なり

▼ つこちた~ (3, 0.0%)

1 のだ, 位で, 者は

▼ つこら~ (3, 0.0%)

1 へつ, 腰を, 高いところ

▼ つごと~ (3, 0.0%)

1 に細紋, に美しい, に鉄

▼ つさか~ (3, 0.0%)

3 さまに

▼ つさも~ (3, 0.0%)

1 審かしげ, 楽しげ, 面白そう

▼ つそさ~ (3, 0.0%)

1 うして, うもしたらばと, つぱりと

▼ つそひと~ (3, 0.0%)

3 思ひに

▼ つそり十兵衞~ (3, 0.0%)

1 が辛苦経営, と口惜, は死ん

▼ つそり家~ (3, 0.0%)

1 のなか, を出た, を抜け

▼ つそり後~ (3, 0.0%)

1 からつい, について来た, へ引き返した

▼ つそり私~ (3, 0.0%)

1 にたべさせた, の床, の耳

▼ つそり隱~ (3, 0.0%)

1 される毀損品, しそして, れて

▼ つそ何~ (3, 0.0%)

2 も聞かない 1 も彼

▼ つそ俺~ (3, 0.0%)

1 あ嬉しい, は思ひ切つ, をシン

▼ つそ家~ (3, 0.0%)

1 にと, にをる, へ歸つて了

▼ つそ東京~ (3, 0.0%)

1 にでも行, に帰つて了, へ行つた方

▼ つぞと~ (3, 0.0%)

1 しのび花, はよう知れぬ, 云は

▼ つただ~ (3, 0.0%)

1 から, に行き行く, んべ

▼ つたちまち~ (3, 0.0%)

1 をおのれ, 卓を, 大小二つの

▼ つだけの~ (3, 0.0%)

1 ことである, ことに, 時間を

▼ つちの勝手~ (3, 0.0%)

1 だといふ, と腹, にさし

▼ つちの家~ (3, 0.0%)

1 なんぞぢ, は普段, を探す

▼ つちの岸~ (3, 0.0%)

1 と向う, に星, の方

▼ つちの路~ (3, 0.0%)

2 をど 1 がろ

▼ つちの頃~ (3, 0.0%)

3 に習うた

▼ つちの顏~ (3, 0.0%)

1 が見える, も睨める, を空氣

▼ つちやうん~ (3, 0.0%)

2 です 1 だもの

▼ つちやつたン~ (3, 0.0%)

1 だつて, ですけど, でせう

▼ つちやダメ~ (3, 0.0%)

1 だつて, ですよ, よみんな手癖

▼ つちや可哀想~ (3, 0.0%)

1 だが, です, ねえ

▼ つちや嘘~ (3, 0.0%)

1 だと, だよ, になる

▼ つちや失敬~ (3, 0.0%)

1 だが, だがね, だな

▼ つちや濟まね~ (3, 0.0%)

3 えが

▼ つちや畢~ (3, 0.0%)

3 へねえ

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 う, つと争, やねえ

▼ つつつ~ (3, 0.0%)

1 たま, ひに, ッ

▼ つてずつと~ (3, 0.0%)

2 引きました 1 旅まわりを

▼ つてのみ~ (3, 0.0%)

1 到達し得る, 眞正に, 行はれ得る

▼ つてる内~ (3, 0.0%)

1 から雪, にもう, に勘辨

▼ つてる店~ (3, 0.0%)

1 があります, の品物, を発見

▼ つてる通り筆屋~ (3, 0.0%)

3 の店

▼ つとくの~ (3, 0.0%)

1 は今, は誰, もよから

▼ つとな~ (3, 0.0%)

1 つて畳に, つて答へた, つて脊骨を

▼ つともを~ (3, 0.0%)

2 かしくない 1 かしくなかつた

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 つと波打ちます, ひてや, ひ煙草

▼ つなから~ (3, 0.0%)

1 だ, 来た報告, 沙汰が

▼ つに対する~ (3, 0.0%)

1 すつが, のと, 再語根

▼ つはず~ (3, 0.0%)

2 である 1 のもの

▼ つはるこ~ (3, 0.0%)

1 との出來, とは出, と知りぬ

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 き, き外方向, くちを

▼ つぱいだ~ (3, 0.0%)

1 さて私, もう一時間位, わづか

▼ つぱいと~ (3, 0.0%)

2 思はれる背 1 申しました

▼ つぱいの力~ (3, 0.0%)

1 だ, で調子, をこめ

▼ つぱい心~ (3, 0.0%)

1 いつぱいになつた, いつぱいになつて, に溜め

▼ つぱい手~ (3, 0.0%)

1 で一, をあけ, を振

▼ つぱい気持~ (3, 0.0%)

1 がこみあげ, でもう, の中

▼ つぱい花~ (3, 0.0%)

1 をつけ, をひらきました, を抱

▼ つぱい蜜柑~ (3, 0.0%)

1 の袋, を我むし, を瞞

▼ つぱが~ (3, 0.0%)

1 うすく緑, くくくたびれ, どんな気まぐれ

▼ つぱだかで~ (3, 0.0%)

3 出て

▼ つぱなしにして~ (3, 0.0%)

1 来たけれど, 置いた季節, 置く室

▼ つぱに~ (3, 0.0%)

1 はそんな, は青葉, もある

▼ つぱりしたお前~ (3, 0.0%)

3 が承知

▼ つぱり云~ (3, 0.0%)

1 ひたいの, ひ放つたことば, ひ放つて

▼ つぱり信用~ (3, 0.0%)

2 がなかつた 1 がならんです

▼ つぱり理由~ (3, 0.0%)

2 がわからなかつた 1 のわからぬ

▼ つぱん~ (3, 0.0%)

1 に弁舌, に暴力, の育児法

▼ つひで~ (3, 0.0%)

1 に山王様, に弟, に第

▼ つぴて碁~ (3, 0.0%)

2 を打つ 1 だつたさうだね

▼ つぴりと~ (3, 0.0%)

1 下さい, 膨れて, 青いもの

▼ つべつ~ (3, 0.0%)

1 たくても, べした代物, べして

▼ つべに~ (3, 0.0%)

2 日の 1 味むら騒ぎ

▼ つぽい切ない~ (3, 0.0%)

2 声に 1 やうな

▼ つぽき~ (3, 0.0%)

1 に如かず, 外套の, 姿と

▼ つぽぽ~ (3, 0.0%)

2 つぽ 1 つぽぽ

▼ つまでか~ (3, 0.0%)

1 浜に, 紅きこの, 西行芭蕉の

▼ つやがて~ (3, 0.0%)

1 おのれの, 一時間ばかりを, 又脚

▼ つやつ~ (3, 0.0%)

3 て来る

▼ つよく~ (3, 0.0%)

1 からみつく香, それと, 握るなり

▼ つらん~ (3, 0.0%)

1 が中, に, 去ぬる春

▼ つんで~ (3, 0.0%)

1 すこし谷, モスク, 置いたよう

▼ つーぼん~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, だなん

▼ つーん~ (3, 0.0%)

1 とあ, としてい, と彼

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 けで満足, けの力, の眼

▼ つ上京~ (3, 0.0%)

1 したの, する, なされた

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 箇の, 腕が, 軍

▼ つ久米~ (3, 0.0%)

2 の命 1 の命二人

▼ つ人間~ (3, 0.0%)

1 ではござりませぬ, の利慾, の身の上

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 にあの, はせむすべなく, は其身

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 が地, の頸, も先住

▼ つ付け~ (3, 0.0%)

2 なせえ 1 戻りませう

▼ つ何日~ (3, 0.0%)

1 に死ぬ, の何時, の船

▼ つ価値~ (3, 0.0%)

1 となる, にある, への正しい

▼ つ~ (3, 0.0%)

3 して

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 が屁理窟, が許さない, を殺す

▼ つ先生~ (3, 0.0%)

1 が銭, と再会, のお世話

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 といふ人物, とでも言, は何ん

▼ つ内心~ (3, 0.0%)

1 ではなるほど, では可愛, の文化意識

▼ つ再会~ (3, 0.0%)

2 が期し得られよう 1 の日

▼ つ~ (3, 0.0%)

2 の曝 1 にはいっ

▼ つ出帆~ (3, 0.0%)

1 するか, するの, するん

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 が噂, は折れ, を避け

▼ つ切つて~ (3, 0.0%)

1 お吉, からのこと, しまつ

▼ つ切り姿~ (3, 0.0%)

1 を見せず, を見せない, を見せません

▼ つ切り引~ (3, 0.0%)

1 揚げて, 揚げました, 揚げ二三日

▼ つ到着~ (3, 0.0%)

1 しても, するという, するの

▼ つ勝負~ (3, 0.0%)

2 がつく 1 の日

▼ つ即ち~ (3, 0.0%)

1 それに, 歴史的身体的である, 物において

▼ つ~ (3, 0.0%)

3 とし

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 つ背中, りつ尾花の, ッつ

▼ つ召集~ (3, 0.0%)

2 されるかも 1 がある

▼ つ合戦~ (3, 0.0%)

1 が起こる, が起る, の巷

▼ つ同じ~ (3, 0.0%)

1 やうに, 女の, 運命に

▼ つ命令~ (3, 0.0%)

1 がくだる, をうけました, を受ける

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 が出た, に返し送り, を

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 い輩, しと, な三下野郎

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 あられ, の雲, は迫る

▼ つ夫婦~ (3, 0.0%)

1 して, に小, の固め

▼ つ存在~ (3, 0.0%)

1 がそれ, でなければ, となる

▼ つ家内~ (3, 0.0%)

1 の容子, は鳴り, を覗きつ

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 つ其場所がら, へ翔り, より見つ

▼ つ引二人~ (3, 0.0%)

1 に引張られ, をつれ, を何やら

▼ つ引仲間~ (3, 0.0%)

1 から馬鹿, には笑, の神經

▼ つ張り下手人~ (3, 0.0%)

1 だつたん, はあの, は勝太郎

▼ つ張り年~ (3, 0.0%)

2 を老 1 の所爲

▼ つ張り親分~ (3, 0.0%)

1 だつて癪, の勝, の眼

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 の大き, 見しか, 見るもと

▼ つ思い~ (3, 0.0%)

1 がした, がする, です

▼ つ意識~ (3, 0.0%)

1 であるが, の概念, は吾

▼ つ愛情~ (3, 0.0%)

2 がうつる 1 とは全く

▼ つ~ (3, 0.0%)

3 へつ

▼ つ拂ひも~ (3, 0.0%)

1 ありません, ないせゐ, ならずその

▼ つ掛つて~ (3, 0.0%)

1 ゐた, 来た相手, 来る

▼ つ~ (3, 0.0%)

2 へて曰く 1 に因り

▼ つ新聞~ (3, 0.0%)

1 に現れ, は来た, や雜誌等

▼ つ旅行~ (3, 0.0%)

1 からお, から帰っ, するの

▼ つ日繼~ (3, 0.0%)

1 知らしめき, 知らしめさむ, 知らしめさむとせし時

▼ つ日高日子番~ (3, 0.0%)

3 の邇邇藝

▼ つ~ (3, 0.0%)

2 れを 1 れ最後

▼ つ最後~ (3, 0.0%)

1 でした, の息, の時

▼ つ~ (3, 0.0%)

2 の光 1 の行く

▼ つ概念~ (3, 0.0%)

1 である, でなければ, なの

▼ つ母様~ (3, 0.0%)

1 である, はお, はもう

▼ つ汽車~ (3, 0.0%)

2 で通つて 1 を待つ

▼ つ漸く~ (3, 0.0%)

1 にし, 本坊, 東海道の

▼ つ濃い~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 乳の

▼ つ狹霧~ (3, 0.0%)

1 の奥, はおり沈め, を吐き落す

▼ つ生活~ (3, 0.0%)

1 であつ, に触れなかった, に触れなかつた

▼ つ用意~ (3, 0.0%)

1 したかと, して, の短刀

▼ つ病気~ (3, 0.0%)

1 で頓死, になった, を罹る

▼ つ眺め~ (3, 0.0%)

1 だった, 入って, 渡した

▼ つ石根~ (3, 0.0%)

2 に宮柱 1 に燒

▼ つ磐群~ (3, 0.0%)

1 に苔むさず, に苔むす, は苔むす

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 と称せられ, の神, をお

▼ つ程力~ (3, 0.0%)

3 のある

▼ つ突き~ (3, 0.0%)

2 合ふ 1 落されるか

▼ つ~ (3, 0.0%)

2 騒ぐ声 1 られるまで

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 一の, 二第, 百七十七回の

▼ つ筆屋~ (3, 0.0%)

3 の店

▼ つ組み~ (3, 0.0%)

1 あつて, さうな恐しい, ぬ水ぎはにとてもあざやけき朝花たんぽぽ

▼ つ結つた~ (3, 0.0%)

3 の今朝

▼ つ縮みつ~ (3, 0.0%)

2 して 1 する

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 えちや厭, かねえ, けの地藏

▼ つ~ (3, 0.0%)

2 を掻く 1 を掻い

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 がたつ, がたつた, が立つ

▼ つ艇長~ (3, 0.0%)

1 がこっち, にめぐりあった, のようす

▼ つ芳年~ (3, 0.0%)

1 がそれ, が一, の腕

▼ つ葉一つ~ (3, 0.0%)

2 でも他家 1 がさつか無え

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 は滅茶, ぶさつて, をさ

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 の興, はうるさい, をし

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 にてその, の和ぎ, 永く塞

▼ つ踊りつ~ (3, 0.0%)

1 して, しました, の大

▼ つ逢つて~ (3, 0.0%)

1 もかはらない, も笑つて, 見ても

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 かつ鳴る, にい行き, に宜

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 で見る, を見たく, 合わせて

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 に吾輩渇死, に銀さん, は彼

▼ つ関係~ (3, 0.0%)

1 は略, を求めれ, を脱却

▼ つ隱れつ~ (3, 0.0%)

2 して 1 するイト面白ろ

▼ つ離縁~ (3, 0.0%)

2 されても 1 になる

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 が鳴っ, にやられる, のこと

▼ つ青年~ (3, 0.0%)

1 として大いなる, の耳たて, もある

▼ つ頃どこ~ (3, 0.0%)

1 で作られた, で獲れた, へ行つて

▼ つ頃誰~ (3, 0.0%)

1 が植えた, によって称え, の手

▼ つ食物~ (3, 0.0%)

2 及び必要品 1 や衣服

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 の氷, を剃った, を剃りなすった

▼ つ鳥鶏~ (3, 0.0%)

2 も鳴く 1 も鳴き

▼ つ~ (3, 0.0%)

1 が飛出す, でせう, の口

▼ つぁんおいら~ (2, 0.0%)

1 あもう, はあの

▼ つぁんの家~ (2, 0.0%)

1 で泊まっ, へ上がりこん

▼ つぁんの顔~ (2, 0.0%)

1 が歪んだ, には油汗

▼ つぁんはぐあい悪げ~ (2, 0.0%)

2 に眼

▼ つぁんは沈黙~ (2, 0.0%)

2 って煙草

▼ つぁんも助~ (2, 0.0%)

2 なあこの

▼ つぁんや~ (2, 0.0%)

1 に手間, 阿母さん

▼ つぁん凸勃~ (2, 0.0%)

1 が来た, に沈没

▼ つぁン~ (2, 0.0%)

1 じゃ, なかなか老人

▼ つあいつ~ (2, 0.0%)

1 がひもじい, を殺した

▼ つあやめ~ (2, 0.0%)

1 は席, を隔て

▼ つあんが~ (2, 0.0%)

1 こりゃ, ときどき帰っ

▼ つうい~ (2, 0.0%)

1 と泳い, と飛ん

▼ つおいで~ (2, 0.0%)

1 なので, になっ

▼ つおのれ~ (2, 0.0%)

1 は次子, 又等しく

▼ つおれ~ (2, 0.0%)

1 はただ, をうらん

▼ つお発ち~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ つかいと~ (2, 0.0%)

1 聞えるかも, 解つた

▼ つかが~ (2, 0.0%)

1 しらと, 明らかである

▼ つかしら~ (2, 0.0%)

1 いやな, その女

▼ つかた~ (2, 0.0%)

2 に生

▼ つかなしみ~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ つかにも~ (2, 0.0%)

1 見なくに, 飛びついて

▼ つからとは~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ つからは~ (2, 0.0%)

1 何かは, 灰に

▼ つがた~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ つがの~ (2, 0.0%)

1 木の, 鳥を

▼ つきだつた~ (2, 0.0%)

1 でせう, な

▼ つきりあと~ (2, 0.0%)

1 は何, は何ん

▼ つきり人氣~ (2, 0.0%)

1 がなく, を失つて

▼ つきり今~ (2, 0.0%)

1 でも眼, 迄と違つた顔付

▼ つきり何~ (2, 0.0%)

1 の智能, も言

▼ つきり八五郎~ (2, 0.0%)

1 は來, は歸つて來

▼ つきり別~ (2, 0.0%)

1 のこと, の家

▼ つきり反対~ (2, 0.0%)

1 のことさ, の思ひ

▼ つきり国民~ (2, 0.0%)

1 に云, の文化的能力

▼ つきり大人~ (2, 0.0%)

1 になつて, 振つた樣

▼ つきり引~ (2, 0.0%)

1 揚げたの, 揚げるより

▼ つきり息~ (2, 0.0%)

1 をお, を引取

▼ つきり手~ (2, 0.0%)

1 のつけられない, や足

▼ つきり手紙~ (2, 0.0%)

1 のこと, をかきません

▼ つきり歳~ (2, 0.0%)

2 を取り出し

▼ つきり残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるにもか, 居ての

▼ つきり減~ (2, 0.0%)

1 つた, つて

▼ つきり無口~ (2, 0.0%)

1 にな, になつ

▼ つきり當~ (2, 0.0%)

2 が無い

▼ つきり種族~ (2, 0.0%)

2 が違つて

▼ つきり答~ (2, 0.0%)

2 へられる

▼ つきり老衰~ (2, 0.0%)

1 したこと, を覚える

▼ つきり耳~ (2, 0.0%)

1 にきき, についてきた

▼ つきり肉~ (2, 0.0%)

1 づいた幅, づきを

▼ つきり肚~ (2, 0.0%)

1 がきまつた, をきめ

▼ つきり胸~ (2, 0.0%)

1 に来る, も裂け

▼ つきり自決~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ つきり衰~ (2, 0.0%)

1 へてきた, へて来た

▼ つきり見当~ (2, 0.0%)

1 がつかなかつた, もつかなかつた

▼ つきり解~ (2, 0.0%)

1 つた, つて

▼ つきり解つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 来るの

▼ つきり顏~ (2, 0.0%)

1 を合し, を畫

▼ つきり默りこくつ~ (2, 0.0%)

1 て四半刻, て城廓

▼ つぎねふ山背女~ (2, 0.0%)

2

▼ つくるしい~ (2, 0.0%)

1 から, 煙りが

▼ つけい~ (2, 0.0%)

1 に似, は何

▼ つけど~ (2, 0.0%)

2 今一つ聴いとく

▼ つけども~ (2, 0.0%)

1 とりが, 直様治り

▼ つけむ~ (2, 0.0%)

2 月待ちが

▼ つこと一年~ (2, 0.0%)

1 に森枳園, の作

▼ つこと五日~ (2, 0.0%)

1 に慊堂, に裁

▼ つこと四十五日~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ つこのある~ (2, 0.0%)

1 のを, 筈が

▼ つさいこん~ (2, 0.0%)

1 なこと, な始末

▼ つさいそれ~ (2, 0.0%)

1 には血, に応ずる

▼ つさい意地~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が惡

▼ つさえ~ (2, 0.0%)

1 わかれば, 自分を

▼ つささ~ (2, 0.0%)

1 れつし, れつした

▼ つさて~ (2, 0.0%)

1 二人は, 黄金丸には

▼ つさとは~ (2, 0.0%)

2 ひつて

▼ つさながら~ (2, 0.0%)

1 妹の, 神の

▼ つさま~ (2, 0.0%)

1 であるが, とはきっと

▼ つさまざま~ (2, 0.0%)

1 に問, のこと彼

▼ つさら~ (2, 0.0%)

2 むさら

▼ つしも~ (2, 0.0%)

1 時々あゝ, 此奴にや

▼ つしやら~ (2, 0.0%)

1 あ, あ恐しい

▼ つじゃ~ (2, 0.0%)

1 ございやせんがね, アありません

▼ つそくさかもり~ (2, 0.0%)

1 がはじまる, が初まる

▼ つそくポスト~ (2, 0.0%)

2

▼ つそく一杯ひつ~ (2, 0.0%)

1 かけるほんに, かける買物

▼ つそく佃煮~ (2, 0.0%)

1 にしよう, にする

▼ つそく払~ (2, 0.0%)

1 ふ買, へるだけ

▼ つそく泥~ (2, 0.0%)

2 をこね

▼ つそく湯田~ (2, 0.0%)

1 の温泉, へ行く

▼ つそく私~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を訪ね

▼ つそく返事~ (2, 0.0%)

1 が出来ず, をあげなけれ

▼ つそこつ~ (2, 0.0%)

1 ちから, ちも

▼ つそこれ~ (2, 0.0%)

1 はわたくし, を全滅

▼ つそそれ~ (2, 0.0%)

1 よりも本当, をいい

▼ つそち~ (2, 0.0%)

1 が左様, に向っ

▼ つそつ床~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つそどこ~ (2, 0.0%)

1 かの神様, かへ遁走

▼ つその間~ (2, 0.0%)

1 に一人, に小鳥

▼ つそら~ (2, 0.0%)

1 に今日, に飛び

▼ つそり例~ (2, 0.0%)

1 の六階, の地下室

▼ つそり家来~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ つそり歸つて來~ (2, 0.0%)

1 た, たりある

▼ つそり突~ (2, 0.0%)

1 つ立つた玄関, つ立つて

▼ つそり笑つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 眺めて

▼ つそり自分~ (2, 0.0%)

1 の志, の皿

▼ つそり裏~ (2, 0.0%)

1 の畑, の草場

▼ つそり部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, へ帰つて柱

▼ つそり頬~ (2, 0.0%)

2 のこけた

▼ つそり顔~ (2, 0.0%)

1 へ塗る, を出した

▼ つそんなに~ (2, 0.0%)

1 お世辞, 小さくなった

▼ つそ一人~ (2, 0.0%)

1 でどこ, で大

▼ つそ僕~ (2, 0.0%)

1 の許, はもう

▼ つそ妾~ (2, 0.0%)

1 にならう, は家

▼ つそ手紙~ (2, 0.0%)

2 を書く

▼ つそ斯~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ つそ明日~ (2, 0.0%)

1 の予行練習, の朝来

▼ つそ極端~ (2, 0.0%)

2 な不自由

▼ つそ此処~ (2, 0.0%)

1 で泊らう, で続けよう

▼ つそ此處~ (2, 0.0%)

1 からでも引返さう, まで來

▼ つそ死~ (2, 0.0%)

2 にてえ

▼ つそ汽車~ (2, 0.0%)

1 へでも乗せ, をよし

▼ つそ浦島さん~ (2, 0.0%)

2 を小笠原

▼ つそ男泣き~ (2, 0.0%)

2 に泣い

▼ つそ船~ (2, 0.0%)

1 の出, もろとも

▼ つそ身~ (2, 0.0%)

1 を下げ, を海中

▼ つぞは~ (2, 0.0%)

1 仇する女, 用に

▼ つたかう~ (2, 0.0%)

1 いふ種類の, した土地

▼ つたこ~ (2, 0.0%)

1 だはり, としてしまつたの

▼ つたた~ (2, 0.0%)

1 ぐひであらう, はむれ

▼ つたち~ (2, 0.0%)

1 ふこつちや, ふもんでどんな

▼ つたつちん~ (2, 0.0%)

1 だから, ですから

▼ つたゆ~ (2, 0.0%)

1 ゑ, ゑ昨日からの

▼ つたら買~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ つたりかと~ (2, 0.0%)

1 云つて変に, 思うと

▼ つたりにな~ (2, 0.0%)

2 つて毎月の

▼ つたりを~ (2, 0.0%)

1 するやう, 繰り返して

▼ つたんそこ~ (2, 0.0%)

1 まで行, を辭

▼ つだけ~ (2, 0.0%)

1 であるよう, では

▼ つだけに~ (2, 0.0%)

1 日本に, 江戸錦様の

▼ つちかの~ (2, 0.0%)

1 勝つた合図, 置いて

▼ つちか一つ~ (2, 0.0%)

1 しか無い, だつたらもつと

▼ つちのひと~ (2, 0.0%)

1 と話, をたづ

▼ つちのもん~ (2, 0.0%)

1 だ, だわ

▼ つちの世界~ (2, 0.0%)

1 にほんとう, に共通

▼ つちの噂~ (2, 0.0%)

1 が真実, をする

▼ つちの地面~ (2, 0.0%)

2 に耳

▼ つちの學校~ (2, 0.0%)

1 に居た, の免状式

▼ つちの弱味~ (2, 0.0%)

1 につけ込ん, を見せるべき

▼ つちの方向~ (2, 0.0%)

1 に進まう, へである

▼ つちの方面~ (2, 0.0%)

1 です, へ行

▼ つちの村~ (2, 0.0%)

1 へ往き来, へ橋

▼ つちの様子~ (2, 0.0%)

1 を見, を見定めた

▼ つちの男~ (2, 0.0%)

1 が答, はそれ

▼ つちの蟻~ (2, 0.0%)

1 が勝つ, も弱

▼ つちの言~ (2, 0.0%)

2 ひ分

▼ つちの言葉~ (2, 0.0%)

1 が先方, だつて

▼ つちの身~ (2, 0.0%)

1 には関係, を鑄直

▼ つちの頭~ (2, 0.0%)

1 にある, も眼

▼ つちの顔~ (2, 0.0%)

1 が赤く, も立つ

▼ つちの馬~ (2, 0.0%)

1 がまた, を見つけ

▼ つちの鬼瓦~ (2, 0.0%)

2 は火

▼ つちの鶏~ (2, 0.0%)

1 かがど, よりいくぶん

▼ つちやあなん~ (2, 0.0%)

1 だが, ですが

▼ つちやあん~ (2, 0.0%)

1 だ, ですからね

▼ つちやい~ (2, 0.0%)

2

▼ つちやう~ (2, 0.0%)

1 のかね, のよ

▼ つちやうぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ つちやつたつけ~ (2, 0.0%)

1 ぞ, なあ俺ら

▼ つちやつたもん~ (2, 0.0%)

1 だから, でさ

▼ つちやなんぼ~ (2, 0.0%)

1 にも身體, もしねえ

▼ つちや冥利~ (2, 0.0%)

2 が惡い

▼ つちや出來~ (2, 0.0%)

1 ね商, ません

▼ つちや如何~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ つちや居~ (2, 0.0%)

1 ねえ, 無え

▼ つちや惡いが~ (2, 0.0%)

1 ほんの煙草錢, 親旦那

▼ つちや此~ (2, 0.0%)

1 れまでの, んで心持ぢ

▼ つちや誰~ (2, 0.0%)

1 が腹, だつて歯

▼ つちや際限~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ つちや駄~ (2, 0.0%)

1 目だつちから, 目だつて

▼ つちよい~ (2, 0.0%)

2 と擔ぎ

▼ つちらつと~ (2, 0.0%)

1 絶望した, 金色を

▼ つつまり~ (2, 0.0%)

2 ぼぼぼくら

▼ つつゆ~ (2, 0.0%)

1 かむ春, ふぐれ

▼ つつり一つ~ (2, 0.0%)

1 だけ残つて, ついて

▼ つてからか~ (2, 0.0%)

1 ひ半分, ふ様

▼ つてぞ~ (2, 0.0%)

2

▼ つてや~ (2, 0.0%)

1 しない, はらかな

▼ つてるよつて金~ (2, 0.0%)

2 送れと

▼ つてるよ確乎~ (2, 0.0%)

2 と解

▼ つてる兵~ (2, 0.0%)

1 であつ, を見た

▼ つてる子~ (2, 0.0%)

1 だ, の手

▼ つてる所爲~ (2, 0.0%)

1 か何, か夫

▼ つてる訳~ (2, 0.0%)

1 でもあるまい, でもない

▼ つてれ~ (2, 0.0%)

1 やそれ, や気

▼ つてれヤ可~ (2, 0.0%)

2 いわ

▼ つとかの~ (2, 0.0%)

1 女に, 女の

▼ つとき默つて~ (2, 0.0%)

2 ゐた

▼ つとこそ~ (2, 0.0%)

1 いとやさしく, 思ひま

▼ つとしてはを~ (2, 0.0%)

1 れないはち切れさうな若々し, れないほどの

▼ つとつ~ (2, 0.0%)

1 おいつ思索, たこと

▼ つとど~ (2, 0.0%)

1 つか中有, や

▼ つとばかりに~ (2, 0.0%)

2 開いたる

▼ つとばかりの~ (2, 0.0%)

2 二文字だに

▼ つともか~ (2, 0.0%)

1 はらずに, はらずまるで

▼ つともかは~ (2, 0.0%)

1 いらしいと, つてや

▼ つともこ~ (2, 0.0%)

1 だはらなかつた, だはり

▼ つともこはく~ (2, 0.0%)

1 なんかなく, はない

▼ つとも使~ (2, 0.0%)

1 はない, はれず

▼ つとん~ (2, 0.0%)

1 こつとん, 水揚げを

▼ つどころ~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, では

▼ つどちら~ (2, 0.0%)

1 でどんな, へ流し

▼ つなか~ (2, 0.0%)

1 やぶきやねの, りけり

▼ つなかくし場所~ (2, 0.0%)

1 でしょう, なん

▼ つなという~ (2, 0.0%)

1 刀鍛冶は, 娘は

▼ つなど~ (2, 0.0%)

1 小声に, 言はれた

▼ つなどと~ (2, 0.0%)

1 古く洒落れ, 言い切れないもの

▼ つなどの~ (2, 0.0%)

1 ごとくわがまま, 如くわがまま

▼ つなどは~ (2, 0.0%)

1 これと, どう説明

▼ つななりを~ (2, 0.0%)

2 した少年

▼ つなんと~ (2, 0.0%)

1 いう趣, やら

▼ つなんめ~ (2, 0.0%)

1 り, り元治元年

▼ つによりて~ (2, 0.0%)

1 はじめて存す, 減ずること

▼ つに対して~ (2, 0.0%)

1 お礼を, 感性的直観は

▼ つねと~ (2, 0.0%)

1 す, 申しまして

▼ つねん~ (2, 0.0%)

1 なれば, 坐して

▼ つのう~ (2, 0.0%)

2 ございましょう

▼ つのみ~ (2, 0.0%)

1 である, で暫し

▼ つはっ~ (2, 0.0%)

1 つだ, つに

▼ つはつはつ~ (2, 0.0%)

1 はわ, はホツホウ

▼ つはて~ (2, 0.0%)

1 しが, しなければ

▼ つはる~ (2, 0.0%)

1 とはさて, より推し

▼ つはん~ (2, 0.0%)

1 かう物, はもう

▼ つぱいこと~ (2, 0.0%)

1 すつぱいこと, 泣きたいやう

▼ つぱいにして~ (2, 0.0%)

1 素早く身, 訊いた

▼ つぱいに光つて~ (2, 0.0%)

1 居る, 過ぎて

▼ つぱいの~ (2, 0.0%)

1 その単純, 美しい水

▼ つぱいの声~ (2, 0.0%)

1 で, でうたう

▼ つぱいはまりこんで~ (2, 0.0%)

2 長く伸びた

▼ つぱいやうな顔~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ つぱい娘さん~ (2, 0.0%)

2 の厚ぼつ

▼ つぱい機嫌~ (2, 0.0%)

1 だつた, で小説家

▼ つぱい残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, ゐる時

▼ つぱい水~ (2, 0.0%)

1 を飲ん, 飲んで

▼ つぱい汁~ (2, 0.0%)

1 が滲みだし, をチユウ

▼ つぱい皮肉~ (2, 0.0%)

1 とである, を言つたつもり

▼ つぱい腹~ (2, 0.0%)

2 に力

▼ つぱい色気~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ つぱい食~ (2, 0.0%)

1 つたかな, ふなと

▼ つぱい香り~ (2, 0.0%)

1 が鼻, に似た

▼ つぱかりも不要~ (2, 0.0%)

2 な心

▼ つぱしい掌面~ (2, 0.0%)

1 にそれ, を鼻先

▼ つぱし物~ (2, 0.0%)

1 の言, 持ちらしい顔

▼ つぱつまつて~ (2, 0.0%)

1 思ひ悩んだ揚句, 見るが

▼ つぱなしになつて~ (2, 0.0%)

1 居たの, 居り小母さん

▼ つぱぬいて~ (2, 0.0%)

1 冷やかして, 罵つて

▼ つぱのお金~ (2, 0.0%)

1 であげ買うた, で酒

▼ つぱらつた~ (2, 0.0%)

1 そして朝酒, 若い女

▼ つぱらつたが~ (2, 0.0%)

1 おとなしく戻, 戻つて

▼ つぱらつた首~ (2, 0.0%)

2 が毎夜

▼ つぱらつてさ~ (2, 0.0%)

2 ふらふらと

▼ つぱらつてさひよろひよろ~ (2, 0.0%)

2

▼ つぱらつてしまひそれ~ (2, 0.0%)

2 はたあい

▼ つぱらねえでヤ腹減つて斃死~ (2, 0.0%)

2 るだあ

▼ つぱりこのへんに姿~ (2, 0.0%)

2 を見せん

▼ つぱりしたと~ (2, 0.0%)

1 同時に何となくさびしく, 呟きながら

▼ つぱりした女~ (2, 0.0%)

1 だよ, のやう

▼ つぱりした物~ (2, 0.0%)

1 で全然, を食べる

▼ つぱりした雨上り~ (2, 0.0%)

2 です

▼ つぱりしてゐて~ (2, 0.0%)

1 おちつける宿, 見上げたもの

▼ つぱりしてゐるし男~ (2, 0.0%)

2 つぷりは

▼ つぱりとした~ (2, 0.0%)

1 むしろ颯爽, 美しさ

▼ つぱりと抛棄~ (2, 0.0%)

2 されねば

▼ つぱりと拭~ (2, 0.0%)

1 ひ去つたあと, ひ去ること

▼ つぱり元気~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ つぱり尻~ (2, 0.0%)

2 が落ち着かない

▼ つぱり意味~ (2, 0.0%)

1 が解らず, が解らない

▼ つぱり様子~ (2, 0.0%)

2 分れしまへんさかいにな

▼ つぱり洗~ (2, 0.0%)

1 はれた立春, ひあげて

▼ つぱり私~ (2, 0.0%)

1 には記憶, に御

▼ つぱり要領~ (2, 0.0%)

1 を得ない, 得ないもの

▼ つぱり親切氣~ (2, 0.0%)

2 のなき

▼ つぱり言~ (2, 0.0%)

1 つた, ふの

▼ つぱり誰~ (2, 0.0%)

1 の歌, も御返事

▼ つぱ一つ~ (2, 0.0%)

1 なく大樹, 動かないやう

▼ つひたすら~ (2, 0.0%)

1 に其日, に頼み

▼ つひのや~ (2, 0.0%)

2 どりは

▼ つぴて眼~ (2, 0.0%)

2 を覺

▼ つぴどい目~ (2, 0.0%)

1 に合, に逢

▼ つぴり鹽~ (2, 0.0%)

1 からかつ, をきかせ

▼ つぷう~ (2, 0.0%)

2 ぽつ

▼ つぷちで~ (2, 0.0%)

1 正に身, 開け放した窓

▼ つぷりした男~ (2, 0.0%)

1 が, が掛け

▼ つぷりは~ (2, 0.0%)

2 佳しと

▼ つぷりんが~ (2, 0.0%)

2 高い屋根

▼ つぷりんが尻餅~ (2, 0.0%)

2 をついた

▼ つぷ酒~ (2, 0.0%)

1 をひつ, を睨め

▼ つへき~ (2, 0.0%)

2 の石ども

▼ つへの~ (2, 0.0%)

1 いり口, おとしあな

▼ つべの~ (2, 0.0%)

2 山は

▼ つぺえ~ (2, 0.0%)

1 には困つち, ゐて

▼ つぺたをがりツ~ (2, 0.0%)

2 と行かれた

▼ つぺら坊~ (2, 0.0%)

1 ができます, になられ

▼ つぺりして~ (2, 0.0%)

2 居りますが

▼ つぺん~ (2, 0.0%)

1 から煙草, から目

▼ つぼう~ (2, 0.0%)

1 して, をまねきました

▼ つぼく~ (2, 0.0%)

1 がかえ, のこと

▼ つぼけ~ (2, 0.0%)

1 な, を負

▼ つぽい暗~ (2, 0.0%)

1 が残, さを

▼ つぽい薄暗~ (2, 0.0%)

1 が一体, さは

▼ つぽく甘~ (2, 0.0%)

1 たるくて, つたる気

▼ つぽさうな~ (2, 0.0%)

1 紙入れを, 頭を

▼ つまたは~ (2, 0.0%)

1 想高き, 糧米櫃すなわち

▼ つまでの~ (2, 0.0%)

1 うかれ心, ことであろう

▼ つまね~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ つまろびつ逃~ (2, 0.0%)

2 まど

▼ つむう~ (2, 0.0%)

1 な, なな

▼ つ~ (2, 0.0%)

2

▼ つものの~ (2, 0.0%)

1 単なる符号, 如く考えて

▼ つもん~ (2, 0.0%)

1 する, は一切合切軍部軍部

▼ つやおら~ (2, 0.0%)

1 歩を, 立上りたり

▼ つゆっくり~ (2, 0.0%)

1 と鷺, 話される

▼ つるり~ (2, 0.0%)

2 やつんつる

▼ つるる~ (2, 0.0%)

1 は, 唱歌の

▼ つろう~ (2, 0.0%)

1 が, にまだ

▼ つわれ~ (2, 0.0%)

1 ながら胆, を顧み

▼ つをの~ (2, 0.0%)

1 うまいこと, 頂に

▼ つオレ~ (2, 0.0%)

1 の頭上, を殺す

▼ つシャク~ (2, 0.0%)

2 に自己

▼ つチョ~ (2, 0.0%)

1 の名人, を向いた

▼ つッつき~ (2, 0.0%)

1 ながらいろいろ, まぜ返して

▼ つッ伏~ (2, 0.0%)

1 したま, した姿

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 マキに

▼ つパチ~ (2, 0.0%)

1 い, な見栄坊

▼ つビール~ (2, 0.0%)

1 の空瓶, を飮

▼ つブラ~ (2, 0.0%)

1 下げた棒, 下げられるだらう

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 い二, と雷鳴

▼ つ一片~ (2, 0.0%)

2 の灰

▼ つ一緒~ (2, 0.0%)

1 になれる, に死ん

▼ つ三つ~ (2, 0.0%)

1 になつて, の性格

▼ つ三月~ (2, 0.0%)

2 にあまる

▼ つ上陸~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 信者らに, 圖見返り

▼ つ不具者~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ つ世に~ (2, 0.0%)

1 かよりかく, 捨てられて

▼ つ主人~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, のもの

▼ つ乙女~ (2, 0.0%)

1 の嫣然, の軍勢

▼ つ互いに~ (2, 0.0%)

1 よらにゃ, 手捕り

▼ つ人波~ (2, 0.0%)

1 のあいま, のなか

▼ つ人種~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ つ今日~ (2, 0.0%)

1 もひねもす, よりや繁き

▼ つ付き合つて~ (2, 0.0%)

1 一旦消え, 同じ事

▼ つ代り~ (2, 0.0%)

1 にその, に遠隔地

▼ つ以上~ (2, 0.0%)

1 は先ず, もう一度舞臺

▼ つ伏せ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に仆

▼ つ会社~ (2, 0.0%)

1 の都合, を退出

▼ つ伸子~ (2, 0.0%)

1 が書いた, が通っ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 な笑, をとどめ

▼ つ何で~ (2, 0.0%)

1 喧嘩を, 豐臣秀次が

▼ つ何ん~ (2, 0.0%)

1 でもする, といふ口

▼ つ何事~ (2, 0.0%)

1 か起らぬで, が起る

▼ つ何時どこ~ (2, 0.0%)

1 で佐助, で取った

▼ つ作者~ (2, 0.0%)

2 のその後

▼ つ侵入~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つ俺ら~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, が身投げ

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 まに

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 に此頃, の土手

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 から同行, へよっ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 に一年, に三年

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 がある, です

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 どおりに, の双眼鏡

▼ つ先方~ (2, 0.0%)

1 から襲撃, の知れる

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 が実現, も手さぐり

▼ つ其方~ (2, 0.0%)

2 を見向ける

▼ つ内容~ (2, 0.0%)

1 はあった, も実は

▼ つ再び~ (2, 0.0%)

1 小舎に, 弾丸が

▼ つ処女~ (2, 0.0%)

1 の伝説, の縁故

▼ つ切り口~ (2, 0.0%)

1 を噤みました, を噤ん

▼ つ切り歸ら~ (2, 0.0%)

1 ないから, なかつたの

▼ つ切り江戸~ (2, 0.0%)

1 つ子, に姿

▼ つ切り相手~ (2, 0.0%)

1 にしません, になりません

▼ つ切り行方~ (2, 0.0%)

1 知れずに, 知れず石原

▼ つ切り行方不明~ (2, 0.0%)

1 で次第に, になつ

▼ つ切り行方不知~ (2, 0.0%)

1 になつ, になつて

▼ つ切れ~ (2, 0.0%)

1 に眼, を殘ら

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 ねられたといふ, 越え飛び交い八面

▼ つ判断~ (2, 0.0%)

1 ではない, を煩わす

▼ つ利益~ (2, 0.0%)

1 は決して, を併有

▼ つ制限~ (2, 0.0%)

1 に就い, は第

▼ つ前後~ (2, 0.0%)

1 も知ら, 正體

▼ つ勝手~ (2, 0.0%)

1 にさせる, に認定

▼ つ博士~ (2, 0.0%)

1 になる, はこんな

▼ つ危険~ (2, 0.0%)

1 が来る, が逼

▼ つ友達~ (2, 0.0%)

1 になった, の女たち

▼ つ只中~ (2, 0.0%)

1 にぐさり, に飛込ん

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 から左, の腕

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 である外, ではなくし

▼ つ名古屋~ (2, 0.0%)

1 へやって来た, をお立ち

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 はのし上げた, は鎌倉

▼ つ味方~ (2, 0.0%)

1 が味方, の咆哮

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 が終る, に糸目

▼ つ哲学~ (2, 0.0%)

1 となる, よりも文学主義的

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 自己の

▼ つ唯一~ (2, 0.0%)

1 の労働生産物, の新劇上演機関

▼ つ唯中~ (2, 0.0%)

1 に飛び込ん, を貫い

▼ つ商品~ (2, 0.0%)

2 を生産

▼ つ喧嘩~ (2, 0.0%)

1 して, はせん

▼ つ固定資本~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を使用

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 を一, を見つめた

▼ つ地球~ (2, 0.0%)

1 へとつぜん, へ向け

▼ つ坐り~ (2, 0.0%)

2 になつて

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 ならむと

▼ つ墓地わき~ (2, 0.0%)

1 を影, を影はずみ來

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 を下り, を下りた

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の夜, の終り

▼ つ外れ~ (2, 0.0%)

1 だが, な聲

▼ つ夜襲~ (2, 0.0%)

1 して, の主命

▼ つ大森~ (2, 0.0%)

1 がベル, に行く

▼ つ太き~ (2, 0.0%)

2

▼ つ失敗~ (2, 0.0%)

2 するか

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 がった

▼ つ如何~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 お勢, だけあ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 じゃと一言, を迎えた

▼ つ姿~ (2, 0.0%)

2 は器

▼ つ子掘り~ (2, 0.0%)

1 だつて, の約束

▼ つ存在性~ (2, 0.0%)

2 の事態

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 がなる

▼ つ実験~ (2, 0.0%)

1 もナンセンス, も物質

▼ つ宿~ (2, 0.0%)

1 へつくん, 変えするの

▼ つ富裕~ (2, 0.0%)

2 な屋敷

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 という玉, といひ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の建物, の門

▼ つ小さき~ (2, 0.0%)

1 はわずか, 飛ぶ虫追

▼ つ小さな~ (2, 0.0%)

2 国は

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 には豆腐造り, や細工屋

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の木, まだ明

▼ つ岡月明~ (2, 0.0%)

2 うして

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の紅葉, へ流し

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 というの, に乱人

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 を翡翠

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の性命, れの

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 えって, には寝惚けたる

▼ つ帰国~ (2, 0.0%)

1 されますか, できるかという

▼ つ平和~ (2, 0.0%)

1 の保護, をもたらす

▼ つ幾たび~ (2, 0.0%)

2 か門

▼ つ幾度~ (2, 0.0%)

1 かやり直し, となく

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 にある如く, を立たん

▼ つ座敷~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, の外

▼ つ廊下~ (2, 0.0%)

1 を走った, を通っ

▼ つ引達~ (2, 0.0%)

1 が冒涜的, に家中

▼ つ引野郎~ (2, 0.0%)

1 が來, に勝手

▼ つ張りそれ~ (2, 0.0%)

1 が高橋, は私

▼ つ張り人間~ (2, 0.0%)

1 なの, の化けた

▼ つ張り切支丹~ (2, 0.0%)

1 にち, の仕業

▼ つ張り自分~ (2, 0.0%)

1 が心配, だと

▼ つ張り若旦那~ (2, 0.0%)

1 が下手人, は運

▼ つ張り駄目~ (2, 0.0%)

1 なん, よ

▼ つ弾丸~ (2, 0.0%)

1 がとびだす, の餌食

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 つちよ, な仕事

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 が一部, とおと

▼ つ彼女~ (2, 0.0%)

1 は良人, またわれら

▼ つ彼等~ (2, 0.0%)

1 が上野, が鞏固

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 に立ち

▼ つ復りつ~ (2, 0.0%)

1 して, せし揚句

▼ つ復員~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ つ心配~ (2, 0.0%)

1 して, し其儘長谷川町

▼ つ思索~ (2, 0.0%)

1 に耽っ, の人

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 にありあり, にどんな

▼ つ恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 人間の, 武者嵐に

▼ つ恢復~ (2, 0.0%)

1 するの, する見込

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 でも引き取る, のつづく

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 むべかり

▼ つ慳貪~ (2, 0.0%)

1 な叱聲, な態度

▼ つ手紙~ (2, 0.0%)

1 かいて, に付す

▼ つ払ひで~ (2, 0.0%)

1 もしなかつたら, も私

▼ つ払ひと~ (2, 0.0%)

2 いふもの

▼ つ拂つた~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, だけのことぢ

▼ つ拙者~ (2, 0.0%)

1 が不人情, が人

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 で口やかましく, で道行

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 へてあの, まるか

▼ つ掻口説~ (2, 0.0%)

1 けど先刻, を市之丞夫婦

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の, へ煙管

▼ つ攻撃~ (2, 0.0%)

1 するの, を受ける

▼ つ教導性~ (2, 0.0%)

1 は学問, は言葉

▼ つ散歩~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つ文化~ (2, 0.0%)

1 が土台, の第

▼ つ日々~ (2, 0.0%)

2 を送った

▼ つ日高日子波限建鵜葺草葺合~ (2, 0.0%)

2 へず

▼ つ日高日子穗穗出~ (2, 0.0%)

2 見の

▼ つ時々~ (2, 0.0%)

1 鉄棒を, 顔を

▼ つ時それ~ (2, 0.0%)

1 が科学, によって得られた

▼ つ晝間~ (2, 0.0%)

1 で軸, の屋根

▼ つ暗闇~ (2, 0.0%)

1 で大層, の中

▼ つ更科~ (2, 0.0%)

1 や, や姨捨山

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 が来, に泣きし

▼ つ本当に~ (2, 0.0%)

1 出来るか, 着物なんか

▼ つ本性~ (2, 0.0%)

1 の美, をあらわす

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 は手, を取出し

▼ つ来る~ (2, 0.0%)

1 のか, のかと

▼ つ果つる~ (2, 0.0%)

1 とも覚えません, なし心

▼ つ枯野~ (2, 0.0%)

2 とはしつ

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ つ格闘~ (2, 0.0%)

1 して, の稽古

▼ つ榛樹~ (2, 0.0%)

2

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 になつ, に言つて

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 からポカリ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 を握, を握ん

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 のご, の問題

▼ つ歎げ~ (2, 0.0%)

2 きけるが

▼ つ此方~ (2, 0.0%)

2 ながめつ遊ぶ子供

▼ つ歸つて~ (2, 0.0%)

1 いらしつて, 入らつし

▼ つ歸つて來~ (2, 0.0%)

1 たの, るか

▼ つ殿戸~ (2, 0.0%)

2 にま

▼ つ母さん僕~ (2, 0.0%)

1 つれて, をつれ

▼ つ母ア歸ら~ (2, 0.0%)

2 うよ

▼ つ毛野下~ (2, 0.0%)

2 つ毛野

▼ つ江戸表~ (2, 0.0%)

1 へお, へ着く

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の汐ざゐ, より帰る

▼ つ没落~ (2, 0.0%)

2 するかも

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 も随分, を犯した

▼ つ泡沫~ (2, 0.0%)

1 その胸, と血

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 に鳥

▼ つ浪辺~ (2, 0.0%)

2 に寄

▼ つ海皇孫領ら~ (2, 0.0%)

2

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 に潤む, を流す

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 に船, に鳴くなる

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の奔流, は大利根百里

▼ つ火の手~ (2, 0.0%)

2 があがる

▼ つ火事~ (2, 0.0%)

1 を出す, を起す

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 に吐く, をとりもち

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の情, は小川

▼ つ炸裂~ (2, 0.0%)

2 するか

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 て責め苛む, に

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の力, の塊

▼ つ無数~ (2, 0.0%)

1 に踊り乱れ, の雑器

▼ つ熟視~ (2, 0.0%)

2 し手

▼ つ爆弾~ (2, 0.0%)

1 が上, にやられる

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 ひ居たしかば, へり此

▼ つ父親~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の手

▼ つ物教~ (2, 0.0%)

2 へをり

▼ つ特別~ (2, 0.0%)

1 な性質, の制度

▼ つ特有~ (2, 0.0%)

1 な社会的地位, の美

▼ つ特殊~ (2, 0.0%)

1 な制限, な味

▼ つ特色~ (2, 0.0%)

1 である, を明らか

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 をえがき出した, をした

▼ つ猪口~ (2, 0.0%)

2 を返し

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の上, の浪鎧

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 が, にたのん

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の南側, や村

▼ つ留守~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ つ畜生~ (2, 0.0%)

1 つ, の一人め

▼ つ番頭~ (2, 0.0%)

1 に誘惑, も怒り出し

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 心を

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 な男, に話し

▼ つ発見~ (2, 0.0%)

1 されるかも, したん

▼ つ白く~ (2, 0.0%)

1 て力, て平次

▼ つ白骨~ (2, 0.0%)

1 からおいで, の音

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の前, をみはり

▼ つ真に~ (2, 0.0%)

1 正しい有, 歴史的な

▼ つ矛盾~ (2, 0.0%)

1 の性, を指摘

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の下, の形相

▼ つ社会科学~ (2, 0.0%)

1 はマルクス主義的史的唯物論, は即ち

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の社, また山の神海河

▼ つ祖ども~ (2, 0.0%)

1 が刻苦, の苦心

▼ つ神地~ (2, 0.0%)

2 つ祇

▼ つ神我大君~ (2, 0.0%)

1 の, のいでまし

▼ つ神神ゆゑ~ (2, 0.0%)

2 に雲の上

▼ つ私つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる大二郎, 来たぜ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 のいろ, の水

▼ つ秋風~ (2, 0.0%)

1 に乱れ, 吹けば

▼ つ程使~ (2, 0.0%)

1 へたさうだ, へる人間

▼ つ程苦労~ (2, 0.0%)

1 だよ, でもし

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ つ立て~ (2, 0.0%)

1 の合掌式, の餅

▼ つ立小屋~ (2, 0.0%)

1 なの, のやう

▼ つ笑い~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ つ笑ひつ~ (2, 0.0%)

2 し乍ら踊

▼ つ笑ひつ何處~ (2, 0.0%)

2 やらの人

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 へえ, 出して

▼ つ組み合ひと~ (2, 0.0%)

1 かでありまし, して

▼ つ美的百姓~ (2, 0.0%)

2 でも夏秋

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の眼, 婦人を

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 にし, に入れ

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ つ背後~ (2, 0.0%)

1 から怪光線, から組みつい

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 けつ, けつくぐりつ

▼ つ自ら~ (2, 0.0%)

1 は, は其爛

▼ つ自分たち~ (2, 0.0%)

1 が生んだ, の眼

▼ つ自動車~ (2, 0.0%)

1 が通れる, の奴め

▼ つ自身~ (2, 0.0%)

1 にも, の仕へる

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の上, よるべ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の美し, も柔らか

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の寺, を咲かせる

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 夫れ, 松屋へ

▼ つ苦しく~ (2, 0.0%)

1 たまつ, 更けて

▼ つ葉微塵~ (2, 0.0%)

1 に崖下, の有

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 になる, のごとく

▼ つ規定~ (2, 0.0%)

1 にまで限定, ばかりで

▼ つ覚悟~ (2, 0.0%)

1 ができ, を極め

▼ つ親分なん~ (2, 0.0%)

2 のあの

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 は無く, ふの

▼ つ言葉~ (2, 0.0%)

1 だが, の力

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の金, も口

▼ つ認識~ (2, 0.0%)

1 と思想, は即ち

▼ つ論理的~ (2, 0.0%)

1 とを同一視, な意味

▼ つ貴方~ (2, 0.0%)

2 に背きました

▼ つ資本~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を鋳

▼ つ赤い~ (2, 0.0%)

1 帽子を, 薔薇の

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 を踏みしめ, 馴らしして

▼ つ辛く~ (2, 0.0%)

1 なきア, なりました

▼ つ返し~ (2, 0.0%)

1 が瞬く, は別に

▼ つ返事~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ つ退校組~ (2, 0.0%)

2 のこ

▼ つ逃ゆき~ (2, 0.0%)

2 しや

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 ひにな

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 かりつ, のめづら

▼ つ遠い~ (2, 0.0%)

1 外地から, 昔の

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 されつ, されつは

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 の香り, を酌みつ

▼ つ重要性~ (2, 0.0%)

1 は十分, は極めて

▼ つ鎌倉~ (2, 0.0%)

1 からお, から指揮

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 より逃れ, を出

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 としてもの

▼ つ闇夜~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ つ限り之~ (2, 0.0%)

2 を記述

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 がね, 射るは

▼ つ雌蟾蜍~ (2, 0.0%)

2 の謂

▼ つ非常~ (2, 0.0%)

1 なる混雑, にきびしく

▼ つ面ぶん~ (2, 0.0%)

1 撲つて, 撲るの

▼ つ頃こちら~ (2, 0.0%)

1 へお, へ雇われ

▼ つ頃当地~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ つ頃私~ (2, 0.0%)

1 しが, のところ

▼ つ頓死~ (2, 0.0%)

1 するか, をしねえ

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 はした, ふとるお前

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 に乗り揚げ, の折れる

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 そよがせた般若, 乱れるよう

▼ つ魂げ~ (2, 0.0%)

1 るだらう, るやう

▼ つ鳥雉子~ (2, 0.0%)

1 とよめりこもらふらし, は專ら砂

▼ つ~ (2, 0.0%)

2 の毛

▼ つ~ (2, 0.0%)

1 のごとく飛ぶ, のよう

▼1* [5177件]

ぁお殿様こういう訳, つぁね例の女の子, つぁらしのとこへ筵をしい, つぁんあしたはお湯, つぁんあたしにすりつけられた, つぁんいるかな右衛門だが, つぁんおっ母さんいま帰りました, つぁんおめえ知ってるの, つぁんお前武右衛門の死, つぁんがいれば抛りだして, つぁんがぐうんと藤公の胸, つぁんがその女をたしなめる, つぁんがたうとう出て, つぁんがときどき陽気に景気づけよう, つぁんがまた弾き出したよ, つぁんがゐねえばもう俺は滅茶苦茶さ, つぁんが一人で苦労, つぁんが姐御という, つぁんが杯にかじりついた, つぁんここは滅多, つぁんこんな早くッ, つぁんそいつァいけ, つぁんそれじゃ俺, つぁんではない生若い青年, つぁんと差しつ押えつ, つぁんというお妾さんだよ, つぁんというのはその真実の親, つぁんというのもおよそ見当, つぁんといっしょにあのあま, つぁんときたらいつだって汚い, つぁんとこさ行つたらおん, つぁんとこの良っ, つぁんとても心配してるん, つぁんとは似合いってもの, つぁんと一杯飲ろうと思ってな, つぁんと一緒にいる, つぁんと何かいひ, つぁんと六つになる, つぁんと勃凸とが神楽坂辺, つぁんと皆から呼ばれる, つぁんどこへ行く, つぁんなんかもう二人, つぁんにあげてもらったんじゃないか初つぁんもじか足袋, つぁんにそんな風に物, つぁんには手前と他人, つぁんに会ひに, つぁんのおつかねえ顔つたら俺今, つぁんのことなら俺何んでもする, つぁんのとこさ行くと, つぁんのとこに捜しに, つぁんのとこを出たが, つぁんのほうが一年はよう試験, つぁんの作つて, つぁんはいつものやうに凄惨な美声, つぁんはいつものやうに笑つて勃凸と話した, つぁんはいつも不機嫌そうね, つぁんはぐつたりして客車の天井, つぁんはさすがに何処か緊張, つぁんはすぐそれだと見て取つた, つぁんはそれで自分の好き, つぁんはそんなことをいひながら二本の指, つぁんはそんな男じゃあねえ, つぁんはたうとう勃凸をまい, つぁんはほろりとかう答へた, つぁんはやうやく窓に近い, つぁんはやがて何処から金, つぁんは家へ帰っ, つぁんばかりじゃあねえあのおと, つぁんひとつ仲間仁義は守っ, つぁんぼっちやんならあの男, つぁんまでがそんなじゃあ困っちまうじゃ, つぁんもうどこまで行つたらう, つぁんもじか足袋のまま, つぁんもとうから知っての, つぁんやがうちも今日, つぁん一つお前にいい, つぁん世の中なんて変, つぁん信の事, つぁん俺この方, つぁん俺らこと連れて, つぁん嘉門の爺, つぁん姐御この, つぁん子供をこさえる, つぁん学校に行ってる, つぁん山王のお, つぁん指に力, つぁん春にはなんと, つぁん熊さんが粋, つぁん爺つぁん嘉門, つぁん百両だ, つぁん着物は皺だらけ, つぁん耄碌しっこなし, つぁん自身だつた, つぁん静かにし, つああして, つあお耳に, つあくる程なき, つあたかも影の, つあたしがあなた, つあたしたちがへや, つあっちからかえって, つあつたらう, つあとをつけ, つあといくとせのうつつ, つあなた様にお目にかかりましょう, つあやしのこと, つあらむ, つあらあらしい空気が, つあらたな武器, つありのままな性質, つあれを見る, つあんがつむじ曲りになつたの, つあんがなによりの楽しみ, つあんが一人で年, つあんが十七から煙草, つあんが酒をよし, つあんこうして, つあんたがたをいじめ, つあんどうかしやしめ, つあんなに動きだしたん, つあんによほど喧しう, つあん等自分の子, つあん船を出し, つあゝ掻ん, ついくら借りたん, ついく日にはそれ, ついた方, ついたかれ等の, ついちまつたの, ついちまひ未だハッキリと, ついっかの何時, ついっかオペラをやります, ついつかの何時, ついつしかに, ついつものよう, ついまだ灯さず, ついや明日にでも, つうき世の, つうす墨の, つうす暗き家に, つうそッ鉢だが, つうだつの上る, つうち二人共なくなり私, つうち凋る, つうれしき報酬とは, つうんッ, つぉうの方, つおいか, つおかえりになった, つおかげで奈良, つおして待ってるから, つおじさんはけいこ, つおのよいもの, つおの味噌漬けの美味, つおまえなんぞに買われる, つおもむろに歩を, つおんみの心の臓, つお前さんのやう, つお前等に蹴込まれる, つお立ちんなる, つかいな人に思ひ知らせ, つかいな顔をし, つかきは大, つかって来ましたんで, つかつてぼんやり木兎の, つかつて心からあつため, つかとうさまの入, つかにはひつて, つかねてより人類, つかはしかつたのは, つかはと店を, つかへて机の, つかへで同行せられなかつた, つかへも無けれど, つかやアがって, つからくばかりなる, つからには他人の, つかりになつて, つかわいらしい少年だった, つかをも通れと, つがいいやがったん, つがだのすべて若葉の, つがという鳥が, つがねそのこつ, つがは青いザラメ, つがんと, つきしが身, つきだつたのだ, つきのふたりのあと, つきみは五つ, つきりあたしの方, つきりうちの中, つきりうつつた母, つきりうるささうな, つきりこの世へは戻つ, つきりそこに立つ, つきりたけと逢つて, つきりつて訳には行かない, つきりどこへ行, つきりもとの懷中, つきりウヤムヤになつ, つきりフツツリと黙る, つきり一つの足跡, つきり一文もなかつた, つきり丈高い草, つきり三田は靴屋, つきり上達したこと, つきり下手人が判りませんでした, つきり主人が安泰, つきり予告して, つきり事件を忘れ, つきり事情を知ろう, つきり二人は神妙, つきり二十年餘も世, つきり二度とは云, つきり二階へは歸ら, つきり云つたのだから, つきり云つてゐる, つきり云はずに, つきり人影の見えない, つきり人相が變つて, つきり仕事にか, つきり会得が出来, つきり伯母が親指, つきり何時まで經つて, つきり何處さか行, つきり例の問題, つきり値はねえ, つきり健康の損, つきり其が出, つきり其場の景色, つきり写つた, つきり冷つきますから, つきり冷却した, つきり出席されなかつた, つきり判然せぬこれ, つきり別物なん, つきり區別して, つきり十年も故郷, つきり千恵がゐる, つきり反の合, つきり取り合ひません, つきり向う見ずでお, つきり命に別條, つきり商人らしいへ, つきり商売が違, つきり嘘なん, つきり四國屋から引, つきり固着したやう, つきり型の違, つきり変つたやう, つきり変つた相になるだらう, つきり夜なかの一時, つきり夢中なん, つきり大店の女, つきり大根ふとつた, つきり女房を傍ら, つきり好き者の勘兵衞, つきり妹には子供, つきり嫁御の無事, つきり宣言する, つきり家中の者, つきり寒気が加はり, つきり小僧を逃し, つきり小学校の教科書, つきり少年は奥村さん, つきり差出口を控え, つきり帰つて来ないこと, つきり床着いてよ, つきり当が無い, つきり彼の行方, つきり悪魔のいた, つきり感情を表, つきり懷中の空, つきり戀愛小説に縁, つきり手掛りの絲, つきり挨拶にも行かず, つきり探検者だね, つきり断絶だ, つきり斷はりました, つきり斷つて居ります, つきり斷定は下し得ない, つきり方面ちが, つきり明神下へ引, つきり明言するもの, つきり暇なんで, つきり暇植木の世話, つきり書生ですから, つきり會へぬ, つきり朝まで一, つきり柳屋へ來, つきり根つ切り葉, つきり梨のつぶ, つきり構はない, つきり正体もなく, つきり此女の考, つきり此部屋の箪笥, つきり歸るん, つきり死骸も上がらなかつた, つきり殘つてゐた, つきり氣力を失つた顏, つきり江戸につき, つきり沙汰やみ天王寺, つきり泣寢入し, つきり消息もない, つきり涙を流し, つきり淋れて, つきり減つてしまつ, つきり滅茶苦茶になつ, つきり炭を次がなかつた, つきり無知なん, つきり狂氣のやう, つきり生徒が一年, つきり田螺のやう, つきり申上げて, つきり男ぶりのい, つきり痩衰へて白髮, つきり白だか, つきり白髪がふえ, つきり盜られた物, つきり目標を見定めた, つきり目鏡のこと, つきり知つた時自分の豫想, つきり砂糖のやう, つきり研屋の暖簾, つきり種も仕掛, つきり突き立つて, つきり竹になつて, つきり箸を置い, つきり納得させるの, つきり純潔無垢なるものの, つきり素人で戀, つきり結びにした, つきり縁側へ出, つきり纏まつて, つきり罪も恨も, つきり聽き取れたの, つきり肯うた自分の言葉, つきり脊丈が伸び, つきり脚を高く, つきり腕を上げた, つきり自分の部屋, つきり自己流だからな, つきり色艶をなし, つきり芝居もどきさ, つきり花が少く, つきり葉つきり僕, つきり葉つきりこれつきりで, つきり蚊が少く, つきり行つたこと, つきり衰弱して, つきり見ず知らずで御, つきり見習士官ゴロロボフが死ん, つきり見覚えのない, つきり視線が合, つきり言つたのである, つきり言ふんです, つきり言上いたしましても, つきり言明せられて, つきり言葉を濁しました, つきり記すること, つきり記憶して, つきり認識し万難, つきり變つて居たといふ, つきり豫想と違つて, つきり質問を繰り返した, つきり贋せもの, つきり身體に出, つきり躯を惡, つきり車の中, つきり迷宮入になつて, つきり迷宮入りになつて, つきり逆に心から, つきり通つてしまつ, つきり通用しねえ, つきり速力だつて, つきり遂ひぞ酒場, つきり過去一切の幻影, つきり違つたタイプの男, つきり違つた効果を出す, つきり違つた国でした, つきり違つた效果が生れる, つきり違つて來る, つきり違ひまさあね, つきり醉はされ, つきり鈍つて来たぞ, つきり錢形平次のところ, つきり陰がつく, つきり陽の光, つきり陽気は春ぢ, つきり霓博士が襲来, つきり靴形つけて, つきり音沙汰がなく, つきり額をうちつけ, つきり顔を見せなくなる, つきり食慾は無, つきり飲込めた, つきり馬で乘, つきり駄目になつちやつたの, つきり高等学校を中途, つぎあるものときめよと差いでた, つぎあわされていないせっこうはこの三つ, つぎからつぎとはしらがどんどんやつて来ます, つぎからつぎへとおつくりになるのを見て, つぎがあわたゞしく呼びに, つぎこたあ出しても, つぎたるさまいとをかしかりければ思はず知らずふ, つぎたるほどこそよけれたかひくの路, つぎぢやあんめえか大層え, つぎとおつさんと珍しくも, つぎにおたずねしたいことは右と関係, つぎになつたのにといつ, つぎにふとんをためらうことなくはね返し身体をまっすぐ, つぎにゐらつしやるのは醉月の娘はん, つぎぬとよみ響けり, つぎのえだへととび回って, つぎのおはちはとうじ老中第一, つぎのまがりかどにまたこの, つぎのやうにいつてゐるのでも分ると, つぎはこつそり叱つた, つぎはこつそりと覗くやう, つぎはすつかり調子づいて, つぎはそつちこつちへ單衣を弄つて, つぎはゆつたりと坐つたま, つぎばやとものをおっしゃらずにしばらく待っ, つぎばやに三杯までかさねさせ, つぎばやに列挙して, つぎばやに放送される臨時ニュース, つぎばやに酒を体, つぎばやに金をさいそくされた, つぎぶみ後にはよ, つぎほがなくてひかえて, つぎほがなくてお互になに, つぎほがわるくまたなさけなかっ, つぎほなく閑けき, つくい壁は, つくくまざさ, つくどいので不馴れ, つくやしかったらばけて, つくらいだから, つくらしせつせと, つくらやみの空, つくら其様なこと, つくら玄関へ来た, つくら頭を出した, つくるしさうに森閑として, つくるしくして, つくんずしてチエンホール, つぐこゑきけば蛙も月, つぐとこゑととのひぬ二日三日して, つぐなはねばならぬものがあるとすればそれは口舌, つぐなはれたる皆その頃八重, つぐなひは十分あるやう, つぐのいをはたしておらぬ私の霊魂, つぐらいは這入るよ, つぐらといって赤ん坊を入れ, つぐるに日仏間平和, つけしは宛然, つけちやいけない, つけちめえ, つけぶみを, つけむと思ひながら, つけれども万人にとって, つこいくどさを, つこいし皮膚の組織, つこい白い足は, つこく少くとも積雪, つこく毒々しい体臭を, つここらの地形, つこつこつである, つことろつこ, つこと一年文化二年に水戸家, つこと一年文政十二年に水戸家, つこと三百声を励まし, つこと二カ月足らずである, つこと二ヶ月許り以前, つこと二十五年にし, つこと二十余里空しく魏船, つこと二十年文化丙子に京水, つこと二十里隆中という一村落, つこと二年であつ, つこと二日に始, つこと八年である, つこと六箇月である, つこと十一年にし, つこと十五日である, つこと四十二日にし, つこと数年思軒の友高橋太華, つこと百里の前, つこどもの仲間, つこの世を終わる, つこの小さな畑で, つこぼれひかるまで, つこめ墓場の中, つころくらゐにしか, つころりといっ, つころ一匹側へ寄つた足跡, つこッつと時, つごうもありそれ, つごまめを喰った, つごらんになる, つごろその夫人, つご用に立てます, つさあつと水, つさいごめんなの, つさいすべてが目下, つさいどこまででも行きます, つさいみんないつしよに, つさいりんしん, つさいわたくしの責任, つさいブランクで, つさいボーナスに手, つさい万事その者, つさい万端お前が指揮, つさい上に長持ち, つさい何もした, つさい何んだか, つさい原型のま, つさい口にしない, つさい合点が行かぬ, つさい和尚さんは台, つさい岩のやう, つさい干渉しないよ, つさい廃止されるに, つさい役にたちません, つさい彼には病的, つさい彼女は眼, つさい愛想のない, つさい放下せよ, つさい暴君だ, つさい橋がお, つさい此家には鼠, つさい母などはどんなに, つさい水が飲めなく, つさい演劇に於ける, つさい無頓着にて腮, つさい牧谿猿のあの, つさい生意気さうに見えるあんなに, つさい生意氣さうに見えるあんなに, つさい田舎者であり東京, つさい省略して, つさい真の, つさい私は憤慨, つさい秋になつ, つさい肱や膝, つさい胸の病気, つさい腹の立つ, つさい行ツちやア悪ひと, つさい親戚づきあいはしない, つさい誰の眼, つさい議論はぬき, つさい近頃は飲みすぎ, つさい関係がない, つさしすてしか, つさして行手は, つさすがに和子, つさてはかくわれから, つさといんで貰ひま, つさとけづかれ, つさとこやつを縛つてしま, つさともぎとつて鍋で, つさははじめの, つさまあなたにもそういう, つさらさらさと, つさらつても, つさるな, つされどもヂュウス, つさんあんた此の樣, つさんお前の亭主, つさんだつか, つさんわたしの身, つさんタンクを新調, つさんモヤ一本頼む, つさん一人だけです, つさん今晩は旦那, つさん娘はんお米, つさん杉本さん等々額を集め, つさん田原蟒おみつ, つさん私弁護士になろ, つさん隅に置けねえ, つしあわせなりと, つしかありませんから, つしかも仇ならず, つしそうになりました, つしたら私あなたの, つしだつて他に正直, つしとのし廻つた, つしどろもどろに逃げ惑っ, つしばの落葉, つしばらく流れて, つしぶきの中, つしまゐら, つしゅうね, つしょにかけつけ, つしよといふ声も, つしらがマスト, つしら村の人, つしら浪辺に寄る, つしり構へてゐる, つしり發達して, つしり落付いた鋼, つしる御浪人, つしろき秋の, つしんふらんにみつめ, つじいこつこつこつじ, つじっと注がれるか, つじゃといわぬばかりの, つすでにこの世の, つすべての性情, つすらした靄, つすりと酔ひ, つずつ買いました, つずつしかなくぜんぶ, つせい廃さつせい, つせい彼の助, つせい私は御殿場, つせみの妹, つせんなどをし, つつ, つそあざやかなオノボリさん, つそあしたでも直ぐ, つそあたしの子供, つそあれは遣, つそういやであつ, つそう身の味気, つそくいた, つそくお母さんに爪切鋏, つそくそれを受け, つそくだれかにくれ, つそくどこかに犬, つそくなかをのぞく, つそくやつてき, つそくゆうべの穴, つそくインバネスと小豆, つそくオルゴールを見せ, つそくカルモチンを二百瓦, つそくパツュークが呼び, つそくビール代や新聞代, つそく一升ビンに詰, つそく一句贈つた, つそく一本を焚く, つそく一本頂戴した酔心地, つそく一杯二杯三杯とよばれ, つそく一浴して, つそく一浴一杯ぶら, つそく三郎さんの家, つそく乗つて, つそく今見た話, つそく仏前にそ, つそく会見にでかけませう, つそく入浴して, つそく出來ると, つそく半弓をもの音, つそく参候而一夕御はなしども, つそく吉野村へ電話, つそく名刺をたより, つそく咳払いをし, つそく嗄がれた, つそく四方八方へ手, つそく在中の五十銭銀貨二枚, つそく壺に, つそく夜陰に窓, つそく大山君に送, つそく大工さんと契約, つそく奴めしくじりを, つそく婚礼の支度, つそく学校の畜舎部屋, つそく宗義調に命じ, つそく家を祓, つそく宿を探し, つそく富岡はゆき子, つそく小田原へ飛ん, つそく小舟にのつて, つそく山小屋に留守居, つそく帰つてもらつて, つそく帽子を掴ん, つそく店まで出かけ, つそく庭の隅, つそく弔詞だけ送つた, つそく後を追う, つそく御免とおつし, つそく御馳走になる, つそく手当をし, つそく手続きをし, つそく投函した健, つそく折つて戻つて, つそく文藝春秋社へ出向い, つそく料理して, つそく新聞紙ををりた, つそく昨夜の酒, つそく昼寝を始め, つそく昼食はそれ, つそく服用する, つそく朝廷に申, つそく様子を見, つそく樹明君を訪問, つそく次の勝負, つそく気転をきかし, つそく水をくみ, つそく汁の実, つそく洗濯をする, つそく漬物で一杯, つそく火燵に火, つそく灰を与, つそく煙草錢が欲しい, つそく片方の眼玉, つそく牧句人へ手紙, つそく王さまのところ, つそく町の方, つそく留置郵便をうけとる, つそく病院に送る, つそく直談判強要して, つそく神戸と下関, つそく神父に紹介, つそく移つてくること, つそく綿入をぬいだ, つそく緑平老からの来信, つそく背中からおろします, つそく自家用自動車で乗りつけ, つそく茄子を漬ける, つそく草をわけ, つそく草庵建立の志, つそく蚊帳の中, つそく行乞をはじめる, つそく袷に着, つそく裏では父信長, つそく見舞に行つた, つそく評議はまとまりました, つそく豆田炭坑の湯, つそく買つたまづしい田園味, つそく買物をする, つそく賞味した, つそく越後新報社へ電話, つそく近所のお, つそく返信そして寝る, つそく速達で東京, つそく酒一杯ひつかける煙草, つそく酒壺洞君を連れ, つそく銀貨を投げだす, つそく雑談の原稿, つそく頂戴するこれ, つそく風呂を頂戴, つそく驚ろくべき熱い強, つそく麦と煙草, つそく鼻のした, つそけつこんしようか, つそここで酒, つそこらを頻りに, つそさうして了, つそしてどこで, つそつ夜明を待ち, つその或るもの, つそはじめからさ, つそひとつ石井漠にでも弟子, つそほんとに貝, つそりうちを抜け出し, つそりおれのうしろ, つそりお忍びで市街, つそりかんと歩い, つそりそばへよつて, つそりそれを食べた, つそりどこぞに貢い, つそりひそかに喜ん, つそりまちへ出, つそりめのつそりめ, つそりめ他の情, つそりめ彼奴は火, つそりものかげに呼ん, つそりイタリイ行きの汽船, つそりニコラエウスクの側, つそりフランス語の自習, つそり一しよに, つそり一尺ほど外, つそり下車した, つそり中にはいつ, つそり事の始末, つそり京都へやつ, つそり人のやうす, つそり人目を忍び, つそり人間が潜入, つそり仕事をし, つそり何かを耳うち, つそり僕の臀, つそり内証で耳打ち, つそり列車のなか, つそり劇的場面をすべり出, つそり匍匐つてゐる, つそり十七人目の後添, つそり十兵衞皆の仕事, つそり卓子の抽斗, つそり台所へ這, つそり向き直つて言, つそり和尚さんを見, つそり喫つて居ると, つそり大塩の屋敷, つそり夫婦が様子, つそり奈良に入, つそり女将あてに電報, つそり女舎に貢い, つそり奴一体ならば, つそり姉さまの跡, つそり姿を現, つそり嫌ひで余り彼, つそり子供を隠し, つそり客車に入, つそり室のまん中, つそり寄つてつていきなり弁当, つそり尾沼栄蔵のもと, つそり川崎造船所の門, つそり左様とは気, つそり庭伝ひには, つそり廊下の小, つそり弱つて耳も少し, つそり後方をふり向い, つそり忍びこむ者, つそり忍び入りながらキキ, つそり恋でもし, つそり息を引取, つそり悪所通ひを, つそり惡企みを, つそり懐中の中, つそり戸外へ出た, つそり戸棚から皿, つそり手習ひを, つそり拜借して, つそり拾つたり, つそり探検して, つそり教へて貰ひたい, つそり新潟へ戻つ, つそり明るみへ這, つそり椅子に歸, つそり様子をみてたら, つそり横道へ這入つ, つそり樹蔭から現場, つそり次の室, つそり歩を進め, つそり歩みよつて, つそり水の中, つそり汝為て見ろ, つそり江戸へ潜り込み, つそり涙を流し, つそり潛在して, つそり煙草を吸, つそり片手をうしろ, つそり片腕の用, つそり片隅に生かし, つそり特異なニユアンス, つそり玄関へ出, つそり登り登りした林檎, つそり盗みとつた盗賊, つそり相州さまのお, つそり相手に争つて, つそり知つてゐたから, つそり砂糖黍を折つて, つそり神様に隠れ, つそり窓の外, つそり窓ぎはの席, つそり立聴きして, つそり立ち上がつた, つそり策を授け, つそり箪笥の中, つそり簇がらせて, つそり紅茶をさがし出し, つそり細工すること二年, つそり繁昌して, つそり羊の心, つそり耳打をする, つそり耳打ちしたの, つそり脱出して, つそり膝の左側, つそり自動車に乗り込む, つそり芽を吹い, つそり茶の間へはひつ, つそり落ち額はやつれ, つそり蒲團の下, つそり裏階段の方, つそり言つた, つそり買つて来て, つそり走り寄つて塚の前, つそり蹤いて, つそり這ひ出して, つそり通り拔け次, つそり道具屋の真似, つそり金太郎を見送, つそり金春家から取, つそり鉄砲打ちをやる, つそり門からはいつ, つそり面倒を見, つそり風呂敷包を抱, つそり食つたに違, つそり食事に降り, つそり飯ツブを入れ, つそり飯茶碗で飲んだ, つそり馬鹿な真似, つそり高橋氏を陳列所, つそり鶴が教, つそれっきりになった, つそれ程大な, つそわけをお話, つそわたしは思ひ切つ, つそコーヒーでも置いたら, つそサバサバしたが, つそシュルリアリスト的方向に進む, つそッつたっての, つそドイツ語でも教, つそピストルにし, つそベドゥインの村, つそマル公のこと, つそルリの書置, つそワッカナイまでのすか, つそ一家をあげ, つそ一思いに事実, つそ一緒に行く, つそ七百円か八百円, つそ世界ぢゆうの文学者, つそ世間並に北山, つそ事情を打明け, つそ二人が今夜眠つた, つそ二階の講堂, つそ京都の警察, つそ今夜の火事, つそ今年は泊ろ, つそ今日から書, つそ他へ移らう, つそ代りの人, つそ伊奈まで行きませう, つそ何処かへ行つて, つそ信州へ参ります, つそ光悦や探, つそ全てを自分一存, つそ兩方の目, つそ切腹して, つそ初めから倉田山, つそ別冊にし, つそ匂といつた, つそ十手捕繩, つそ千種にでもこの, つそ午前に一寸行つて, つそ却つて家内の頓馬, つそ叔父の勧める, つそ口が見つからなかつたら, つそ君のところ, つそ否応なくお, つそ周りへなんにも, つそ外国人と結婚, つそ外家へ行, つそ多摩川べりまで範囲, つそ大声で叫ん, つそ大水でもと私, つそ大胆になつ, つそ天井に張つて, つそ失礼だの生意気, つそ嬰児時代のこと, つそ学校の先生, つそ実家へ返さう, つそ寛闊な様式, つそ寿美子さんを断, つそ山の中, つそ山仕事の方, つそ幸福な御, つそ廃めたらどんな, つそ当分しばらくこ, つそ彼家を出, つそ御前様の手籠, つそ心の底, つそ怨恨の涙, つそ息拔きに, つそ悪魔と接吻, つそ愁しい方, つそ感傷的になつ, つそ慶長桃山足利期あたりの放, つそ懐古趣味を発揮, つそ捜索願を出し, つそ揉上を短く, つそ換へるなら私, つそ放蕩息子となつ, つそ文法の時間, つそ料理屋へでも呼びだし, つそ日本の姿, つそ旦那さまのお, つそ旧式に女書生, つそ昨日と同じ, つそ是は丑松, つそ月の方, つそ有の儘, つそ木兎の図とり, つそ本堂の方, つそ東洋主義に轉向, つそ松江の人, つそ正月をこ, つそ正直に一部始終, つそ此の娘, つそ此の際前衞侯, つそ此人の奥さん, つそ此儘この沼津, つそ此足で神楽坂, つそ歩行不随意, つそ死のかと楽し, つそ気軽になにか, つそ氣樂でいい, つそ氣輕である, つそ氣輕げに海, つそ沼の中, つそ流れに托し, つそ淳朴な面白味, つそ滅茶苦茶に引ずり回し, つそ滑稽感に誘はれ, つそ火葬にし, つそ熱海か箱根, つそ牛めし屋の方, つそ独りで朝, つそ生命も盡, つそ田原まで行, つそ田舎に, つそ番頭の徳三郎, つそ異様な位, つそ皆な買, つそ監獄に囚, つそ目の前, つそ直ぐにも出かけ, つそ真実のこと, つそ眼の前, つそ石屋の主人, つそ社長のハゲアタマ, つそ穴鑿りで引使, つそ筵に巻い, つそ築地の兄弟分, つそ簡素な田舎ぐらし, つそ細君を呼ん, つそ結婚媒介所へでも行つてマネキン, つそ美奈子は此, つそ翻案にしたら, つそ自害致候てなり, つそ色をば増しませう, つそ花の散つた, つそ英吉利の俳優, つそ裸で笛, つそ裸体の全身像, つそ親子心中でもしよう, つそ診察も断らう, つそ誰か子ども, つそ赤倉へでも行, つそ身投げにし, つそ輕井澤まで出掛け, つそ辻が現, つそ連書でなり, つそ運動場へ行つて練習, つそ道具方が腰, つそ邸内に踏み込ん, つそ郷里で小, つそ都をはなれ, つそ醜女にし, つそ里子とは別れ, つそ重役にし, つそ金茶に, つそ金藏を殺さう, つそ鉢叩きにでもなります, つそ雨を止め, つそ雲はない, つそ靜岡まで伸し, つそ飛こんだ方, つそ首でも絞つた, つそ髪だけ結つて, つそ鰈になつて, つそ默つてゐた方, つたあいはその, つたいこの相州さま, つたいした彼の, つたいじぶんがどこ, つたいひ廻しでいつた, つたい話である, つたかいよい氣もちを, つたかかれはその小さな, つたかねが出, つたかみがたの方言, つたかみさんが大きな, つたかりだから, つたけ上等の金魚, つたけ使つて, つたこみちをかみ, つただに彼を, つただ中に, つただ者ではない, つたちゆて添はず, つたった十九の, つたってのお苦み, つたつ位遁げつちや, つたてな事, つたのせわしやお, つたまことの考, つためらへり, つたより外は無い, つたらしい懐しさを, つたらしい赤い毛布はずれ落ち, つたらしき微笑を, つたらしくよい機嫌で, つたらしく寂しさう, つたらしく美しい娘は, つたらしく赤い顔を, つたりかはりやすい, つたりで暮らせる位, つたりといふ図は, つたりとは思へども, つたりとも空に, つたりなどはせず全身濡れ鼠, つたりなどもして, つたりなんぞのケチツ臭え, つたりのみと云つ, つたりをどつたり, つたりネ自暴にな, つたる余は益々, つたる所の而, つたわいのもう, つたんかうと, つたんこれに小説, つたん世間の黙殺, つたん二人は山梨縣, つたん他の人, つたん佐渡まで泳ぎ, つたん作品ができあ, つたん使者は立帰り, つたん儀礼の世界, つたん南端の進発基地, つたん収容されてから, つたん執心を掛けた, つたん女優が靜止, つたん家へ帰つた, つたん寢どこに入, つたん工しようのさつき, つたん帰郷し当分父, つたん復讐を決心, つたん心が閃いた, つたん意識して, つたん拔いたら人, つたん敵味方に分れ, つたん晋の世界, つたん有馬へ退い, つたん横濱の港外, つたん浜に出, つたん渾名をつけられた, つたん煙突から飛び出し, つたん物を言いはじめ, つたん異国へ逃れ, つたん目が覺め, つたん眼を伏せた, つたん精神病院の患者, つたん興に乗る, つたん藝術に惚れこん, つたん追放されて, つたん道がひらかれた, つたん郷里の実家, つたん長平の部屋, つたん顔を出した, つだい何の用だい, つだけが乗物を, つだの柳が, つだんだん人里遠く, つちいことを言う, つちいちよいとお, つちいもんぢやねえか, つちかつていへば, つちかつていふと婦人, つちかつて云へば気, つちかの側について闘え, つちかの村へ下りた, つちかひとりが原作者, つちかへまゐりませうか, つちからいつても早く, つちからちよつと, つちから三百ルウブル出しても, つちから交際を求めたら, つちから他界に行く, つちから再婚を勸め, つちから手つけて, つちから拒絶を食, つちから目の前, つちから顔を出さず, つちか側から一方, つちか優越の意識, つちか先に口, つちか出やしない, つちか違へば片, つちがいいか判り, つちげな, つちさ寄りまあせ, つちのおんつあの, つちのかわきはいやまし, つちのこは槍, つちのためなん, つちのどこに誤魔化し, つちのひとつが, つちのまともな気持, つちのみんなもびくつと, つちのやつがひどく, つちのケースには更に, つちのニナール姫が淋しい, つちのフランス語をあぶ, つちの一つ石と笑み, つちの不幸な娘, つちの世へ來, つちの中に戦ふ, つちの主観からだけでなく, つちの乗越切符だけを示し, つちの事しか言, つちの事情が要求, つちの二舍に入る, つちの五疋がはねあ, つちの仲間の所, つちの出方にある, つちの出方ひとつで彼等, つちの出樣によつて, つちの初めの時, つちの利益になる, つちの前兆なの, つちの力よ, つちの勝手相手は維盛樣, つちの十二サンチが打出した, つちの叔父は全く, つちの名水を瓶, つちの告別式に出かけ, つちの味方になるでせう, つちの命令で踏込む, つちの国の山, つちの土地の人, つちの垂りぬ, つちの場合もただ, つちの境もわかで, つちの声があまり, つちの大将は俺, つちの大岩や砂, つちの天下だと, つちの太田の胸, つちの女の唇, つちの女の子の手, つちの妾や与太者, つちの娑婆の世界, つちの娘どもを駆り集め, つちの子供のじ, つちの宿屋で酔ひ, つちの宿賃ぢや損, つちの射手は, つちの小鳥も, つちの屋根の上, つちの山で, つちの市区でも, つちの市區でも, つちの希望を云つて, つちの幕の中, つちの店で買, つちの庭が姉, つちの形した骸, つちの心理の隙間, つちの意味なの, つちの意志だけで, つちの意見を押しつけよう, つちの愛情を余計, つちの感情に拘り, つちの戸をあける, つちの手持だけその, つちの手水鉢の側, つちの批評家は流行以外, つちの挨拶に答, つちの損害はどれくら, つちの文字の二倍, つちの斯るな, つちの方角さほんとに, つちの方通つたもん, つちの旅を二年, つちの旅館私の家, つちの早変りこれは人形, つちの暗がりから, つちの會社に勤める, つちの未練馬鹿を見た, つちの杉の樹, つちの林の奧, つちの根もとにちら, つちの桶の糠, つちの樹の下, つちの權幕にびつくらしてな, つちの武井さんが時には, つちの段どりが, つちの毆つた手へべつ, つちの氣持だけを傳, つちの流儀を知らぬ, つちの浜辺を水軍, つちの海草のなか, つちの満足をかち得よう, つちの準備ができたら, つちの演出どほり, つちの演説會に行つた, つちの灯ですか, つちの現場を歩き, つちの瓦も金色, つちの瓶は人間, つちの生活は然し, つちの町と, つちの病人の所, つちの白葡萄酒の評判, つちの百姓の女, つちの目的にはまる, つちの眼附次第でどう, つちの知つたこと, つちの砲兵がすぐ, つちの砲弾はこの, つちの神経に絡む, つちの私に, つちの種類に屬, つちの穴からファインダア, つちの空を見, つちの窓をその, つちの端から刈りはじめた, つちの精神です, つちの経済がゆるさない, つちの美はしき, つちの考へ一つ, つちの能力に餘, つちの自由であるが, つちの舳がぶつからう, つちの船だらうか, つちの英語ほど覚束, つちの落度さ, つちの言い値をその, つちの言葉使をきめ, つちの語自身が和人, つちの誠意は十分, つちの誤解でした, つちの警察からも最近, つちの財産を当て, つちの贔屓をする, つちの赤坊に死なれ, つちの足がどうやら, つちの身の上に同情, つちの身構えを立て直せ, つちの身體をしびれさせ, つちの躯よねえ, つちの返事も待たず, つちの返辞なんか待つ, つちの迷惑を掛ける, つちの途にははぢ, つちの遊びにならない, つちの選擧事務員中のある, つちの部屋にも何, つちの部隊はそこ, つちの部類か, つちの都の公園, つちの隅にコチン, つちの隙を見, つちの雑誌社で無理算段, つちの面目丸つぶしです, つちの飛行場には, つちの馬車から, つちの鬼の眼, つちの鷄がそれ, つちゃ妾なんか, つちゃんと毒の, つちやあごぜえ, つちやいかんと云, つちやいかん事になつ, つちやいやなの, つちやう買ひに, つちやおれん, つちやおん出されるし, つちやお上に對, つちやお化けを縛る, つちやきりがありません, つちやくつたつて, つちやぐあいの悪いこと, つちやけた裸で不審さうに彼ら, つちやこつちの方, つちやこれも将棋, つちやご免だよ, つちやさうえもんぢやあんめ, つちやたび風邪には新薬ノムトナオル, つちやたんだ, つちやつたのさみんな澄さんの爲, つちやつたものさね, つちやつたやうですね, つちやつたわけで結局條虫, つちやつた人もいるんじ, つちやつた何でも力落し, つちやつた姉も行かなくつ, つちやつた山の方, つちやつた鎌だから, つちやつておらあもう, つちやつてらあ, つちやつてんだな, つちやつてマッカになつちやつたん, つちやつて兎に角, つちやつて可怖え, つちやつて大声で旦那, つちやつて妾いまあんたを見, つちやつて構あねえ, つちやつて此れが, つちやつて馬鹿な目, つちやなほいけねえ, つちやなんねえやなあお, つちやの鳴いて, つちやひでえな逃げて, つちやふから思ひ出せないの, つちやふんです, つちやらお伽の国境, つちやろ大凶と出た, つちやア側から忘れち, つちやア僕も萬事, つちやア客が一人, つちやア神罰たちどころに及ぶ, つちやア自然御疎遠, つちやイクサはできねえ, つちやグラン・タムールの条件つてやつ, つちやヂツとしてゐる, つちやツた, つちやンだらう, つちや一とたまり, つちや一代のほ, つちや一合位引つ掛けて, つちや一杯に引つ, つちや一生忘られない仇敵, つちや一粒も取れやし, つちや世間や親類方, つちや乘出さないもの, つちや事實上打ち切つた, つちや二人ともどつち, つちや五百人からの仲仕, つちや人の口, つちや人間の甲斐, つちや仕事が出, つちや仕方が無い, つちや他人の處, つちや仙太兄哥に惡, つちや何んにもならない, つちや何一ツ出来やうじ, つちや何時どんな事, つちや來ません, つちや保存がえ, つちや俺は何, つちや俺ら覺えてから, つちや僕だけでせう, つちや兄さんを取り, つちや兄哥に濟, つちや先生で言, つちや八五郎なんどは何ん, つちや具合が惡, つちや刀の汚れ, つちや割に合はん, つちや力拔けて仕, つちや勿體ない, つちや十人と登らない, つちや半年たあ, つちや取返しがつかなくなります, つちや名誉にならない, つちや商人は駄目, つちや喰つたこと, つちや図を引かない, つちや土方でもさ, つちや変だけど, つちや外は路, つちや夜になります, つちや大分怪しい天気, つちや大変です何, つちや大層なもんぢ, つちや夫婦になつ, つちや失禮だが, つちや女の方, つちや子奴等仕やう, つちや家族の者こと, つちや寢つかれさ, つちや寺田ン家の源次, つちや居めえよかつ, つちや山下にわるい, つちや岡つ引, つちや引き合はん, つちや張り店みたいな役に立つて, つちや彼方へ行かない, つちや後夜が鷄, つちや御用聞は腕, つちや惡いかも知れねえ, つちや惡いが後口のよく, つちや惡いが町内の綺麗, つちや惡いが自分のあまり, つちや惡いが萬三郎があの, つちや惡いが鍛冶町のお袋, つちや感じが出まい, つちや成程お前, つちや我慾の樣, つちや戰が出, つちや戸の割れる, つちや承知しないん, つちや收穫んねえもの, つちや敵ひません, つちや斯うして, つちや日が暮れる, つちや旦那の御, つちや桑にや惡かん, つちや樣子がわからない, つちや此方がてれちや, つちや毎日あたしの方, つちや滅多に書物, つちや濟まんがあの福島嘉平太, つちや災難だ, つちや熨斗をつけない, つちや爲様が無い, つちや物になりません, つちや物持なんて輩, つちや癒りが, つちや百姓にもたえした起き, つちや皿は上らない, つちや目うつりして, つちや盲目だから, つちや相談相手にならねえ, つちや真面目な仕事, つちや知つたひとがをらん, つちや神樣の惡戯, つちや神聖の労力, つちや私がきまり, つちや等多量生産のある, つちや罪だぜ, つちや耐らないねえ, つちや脱け出し, つちや自分でも見当, つちや萬一の時, つちや葉書もよこさせやし, つちや蒸汽なんか焚きやしません, つちや藩閥政府ぶつ倒せの, つちや血なりやこそ, つちや行れるもんぢ, つちや行つて來たの, つちや衣はだい, つちや言ひたいと思, つちや變ですが, つちや財布も膨れねえ, つちや賃金半額にしろ, つちや迚も気に入らない, つちや退屈で仕方, つちや道樂息子や身投げ女, つちや遠くの者, つちや酒と茶, つちや酷えかんな, つちや里ぢやぼや, つちや金を持つ, つちや銀座通りを歩い, つちや間尺に合, つちや間違ひの, つちや闇だよ, つちや陸稻も作れる, つちや頼み憎いん, つちや食はない, つちや馬が怒る, つちや骨身に徹, つちや鳥渡出来ない仕事, つちよこちよい共にうんと, つちよつて遣んべ, つちよつて來ておく, つちよつよ触つた, つちよのあたりでやつ, つちよの快活無比の奥さん, つちよの村の掲示場, つちよ脚も飛びすすむ, つちらちらと雪, つちりほくろがあ, つちり屋に見え, つちり廿四時間で地球, つちり握手せよ, つちり日の丸ふつてゐる, つちり締らなくなつ, つちり考へ込んだ, つちり血を流した, つちり附添つて歩いて, つちり風の中, つぢつまの合, つっけ秋もを, つっていう娘を, つついでだ酒屋, つつう人は究理家, つつづみの与吉だな, つつて日を限つて, つつみのえ, つつもりです, つつり乗つて居たの, つつゐにけり暗き, つづつたごとく見える作品, つづつておいていい年齢にもなつて, つづつておかうと思つてゐます, つづまやかであるためそれが一つ, つづみの与吉, つづみあやに囃せば, つづみがおひき受けしましたうえ, つづみとかってちったあ知られた顔, つていは, つていうかも知れませんわね, つてからの船を, つてきびしく區別され, つてこしらへた, つてこそ役柄は, つてこつたへらんところ, つてこつてね, つてこはくないきつと, つてこようがなに, つてこらへてゐる, つてつつつと小走り, つてつ處さわし等も洪水, つてで共同金の, つてどつと堰, つてなどと考へても, つてにはかに, つてにはとりさんと, つてのう抑も, つてばしゐるけどなあ, つてばかりゐるもの, つてひどい目に, つてへツへ, つてほどなくなほります, つてめえは, つてもさびしいおもひは消えない, つてやすらかに目を, つてよかつた, つてるおれも知, つてるさまはまことに, つてるようで困つちまう, つてるよちやんと心得てる, つてるよちよいと好い, つてるよ名人だ相, つてるよ綺麗なの, つてるカナエのプール, つてるフン処世の秘訣, つてるフン處世の秘訣, つてる一片だつて亭主, つてる一緒に飮ん, つてる下からぺこん, つてる之れは, つてる事つてすが日本人, つてる例の化物連中, つてる分にはさ, つてる名は嘘, つてる地方新聞の名, つてる声が聞える, つてる子熊をひしがない, つてる林の中, つてる沢山の話, つてる淺草公園のベンチ, つてる独逸人の紹介, つてる町の通り, つてる畫像二十年以上も相, つてる目をし, つてる相だ, つてる知つてる, つてる節もあり, つてる米の幽霊, つてる組もある, つてる自分も思はず出, つてる船と行き, つてる草ン中に倒れ, つてる莫迦な奴, つてる話ぢやない, つてる迦陵頻伽と云, つてる通りあんで居, つてる通りぢやから, つてる通りエジプト煙草を喫, つてる通り人の留守番, つてる通り僕は國學院出, つてる通り孫の花嫁, つてる通り武家のイザコザ, つてる通り父さんも母さん, つてる通り蓮華寺とは彼様いふ訳, つてる通り路地の突き當, つてる通り餘裕のある, つてる道が月, つてる間根気よく小布施, つてる間義雄ははしご, つてる高の五分の一, つてをんどり, つてんでせう, つてんのさあんたの, つといったことも, つとうとう金杉水道町の, つとおさへ, つとかは驚かすべきあけぬ夜, つとかも刈りて, つとききよとん, つときたまへ, つときだしを取る, つときんの眼, つとき僕が見ます, つとき女の眼, つとき巴屋へ押し, つとき會社勤めをし, つとき横にお, つとき波止場で船, つとき給へ, つとき表情を硬, つとき躊つてたうとう, つとき道ばたに立ちすくんだ, つとくとだんだん澄んで, つとこくりからもん, つとこそよよめ, つところけつして, つところそこに尊い, つところ財宝衣服飲食種々の物, つとこ冠りに, つとこ口をにゆ, つとこ将軍などの矮人連, つとこ狐天狗将軍達が面, つとこ翁鬚武者狐しほふき等々, つとこ踊でよく, つとこ野郎だけです, つとこ面派手な友禅模様, つとこ顔を突出, つとしかくれねえ, つとしてよとろつと, つとぞ散つたり, つとっくみあいそのまま, つとても痩せゆくが, つととまつたか, つとともに藁束の, つとはかはいさうだと, つともなつては, つともに骨折って, つともねえそんなもの, つともの哀れに, つともはづまない人数, つともよベシー, つともよかないわ, つともをかしかない, つとやら申すむすめ, つとよつておくれよ, つとらにやならん, つとら犬ぢやね, つとりこつとり歩きながら, つとり手を寄せ, つとんこつとんと鈍, つとんと登りにか, つどうしてなんと思って, つどうどうとしこ, つどうやら過ぎて, つどっちの方, つどれをどれ, つなからの手紙だ, つなさけあるひと, つなぜそうなったか, つなぞへの枯萱, つなぞと古く洒落れ, つなぞとはいうも, つなでつるした長い, つなどという暇は, つなどをうたい女, つなにごとが起こる, つなにひとつとして思いうかばない, つなに人間がぶらさがっ, つなに嗤われないよう, つなに嫉妬して, つなに対してか自分, つなに案内されたの, つなに油を絞られ, つなははだか, つなみ玄徳を囲む, つなやかよが, つなよりも昂奮し, つならびにしよう, つなり改めておいで, つなりにけむ, つなるほど荷主さんあっ, つなわたりのような, つなをもっていられる限り, つなんぞはまるっきり知らない, つなんてどうかし, つなんとか楊雄を, つなんどきとも, つなん刻でも逃げられない, つなん時でもこの, つなん時香線の様, つにあたりこれを, つにおいてもどこにおいても, つについて興味ある, つにつれ冷たい夜風, つにて後は, つにでも乗り黒鴨, つによって見うしなわれて, つにん蝶就中, つぬきに了知, つぬき川と詠まれ, つねたかはほんとう, つねとは違真面目な, つねんと煙草を, つのちわきにち, つのっそりの頭, つのみの有望なる, つはかなくかぐわしい夢に, つはさなき身, つはた魘されつ, つはの花, つはめまぜを, つはもの彼ら, つはや企圖ぬ, つはりぢやない, つはり事を知り, つばい刷り込んだ五寸平方, つばい漾うてゐた, つばかしの物を, つぱいあたゝかい視線を送つた, つぱいあるやうな気がし, つぱいある森で掘, つぱいある草双紙をぶちまけ, つぱいあれもこれも話しが, つぱいいたゞいたもう桜, つぱいいんきな界隈だつた, つぱいうろつき廻つてゐるでは, つぱいお愛嬌がある, つぱいお正月の御馳走, つぱいお茶づけでも, つぱいかゝつてゐて方々にいろんな, つぱいがおてん, つぱいくつついてる犬じらみ, つぱいことといつたら顫ひあがるやう, つぱいすれすれに部落の軒, つぱいせつせと, つぱいその珍しい果物, つぱいその腕をふりはらおう, つぱいそれから栄山公園, つぱいたまつてきらきらと光つてゐる, つぱいためて来ない奴, つぱいためて自動車の窓越, つぱいたゝかひますみんなみんなあなたのお, つぱいだつたので植木屋の云, つぱいだといふ風な人物, つぱいだと云ひ共同菜園, つぱいだわどこもかしこ, つぱいだ売家が二つ三つ, つぱいだ港の風景, つぱいだ花と酒, つぱいちからいつぱい叫んだとき, つぱいつけた名も知らない, つぱいつまつてまだ外, つぱいつまつてゐるやうな工合になつて, つぱいつまつてゐるやうな気がした, つぱいつめてあるがそのうち, つぱいであつたことが苦しくて, つぱいであつたのがこんどは頭自身, つぱいであつた事に旅人, つぱいであつた筈だ, つぱいであの家を引き, つぱいで丁度人から稱讃, つぱいで何にも食べたくありませんでした, つぱいで危ふく涙ぐんで, つぱいで寝返りを打つ, つぱいで月々雑誌にのる, つぱいで東京都の露店, つぱいで河が見えませんでした, つぱいで目ぼしい原料, つぱいで空気中のエーテル, つぱいで車の中, つぱいで鶴石の熱い, つぱいといふのは夫れは, つぱいといふのは道理だ, つぱいといふ始末のわるい, つぱいといふ風に満腹感, つぱいなので裏の隠宅, つぱいなのと例のうす暗い, つぱいなのは敢て私一人, つぱいなのをみて市ノ瀬は現役将校, つぱいならべてあつてどれにもみんな金, つぱいならもつと上の方, つぱいなんぢやないか知ら, つぱいなんですが思ひつき, つぱいなンでせう, つぱいな志望と愉悦, つぱいな野はらも, つぱいにあたる冬なり, つぱいにあふれ落ちるであらうか, つぱいにあふれてゐるやうなそんな便りにしたい, つぱいにうけて真赤になり, つぱいにして一息に飮ん, つぱいにして帰つて来る, つぱいにたてこめかくれて, つぱいにためていた涙をはらはら, つぱいにたゞよふまつたく幸福, つぱいにちらばつた時の面目, つぱいにつめ込むの, つぱいにつめこみ二つの手さげ袋, つぱいにつめた袋みたいなもの, つぱいになつたしかも酔, つぱいになつたけれど御飯を食べない, つぱいになつたこれ以上は貪る, つぱいになつたところを今度はお向, つぱいになつたやうな悦びをかんずる, つぱいになつた事などの思ひ, つぱいになつた感慨無量で胸, つぱいになつた松ぼつくりと心, つぱいになつてた胸がからり, つぱいになつてゐたしまた講演, つぱいになつてゐるやうな近代娘が都会, つぱいになつて來ます, つぱいになつて巣をかけ, つぱいになつて蚊帳も吊らない, つぱいになつて財布がからつ, つぱいになつて頬の上, つぱいにならうとするころみよは私, つぱいになりながらも自分の躯, つぱいになるといふところで日も暮れ, つぱいになるやうな感じである, つぱいになる気持を知つて, つぱいには歸れまいから, つぱいにひろがつたのを認めた筈, つぱいにひろがつてそのま, つぱいにひろがつてゐる軍艦に, つぱいにひろがり部屋いつぱい, つぱいにふりかけてそれから例, つぱいにふるまつて来ました, つぱいにぶらさがつた首くくりの姿, つぱいにぶら下つた着物の幕, つぱいにぶら下つてゐる, つぱいにむれ飛んで, つぱいにらつきようが盛つてある, つぱいにゑがかれて群青剥げし独立ち, つぱいに二度も三度, つぱいに差込む日脚, つぱいに日をこぼし居り, つぱいに目を見ひらい, つぱいに舞ひおりて, つぱいに虫の音, つぱいに風をいれました, つぱいに骨を折, つぱいのお米はお, つぱいのかなしみに似た新, つぱいのことができませんしそれではまた先, つぱいのところへ急にまた, つぱいのひかり寝るには, つぱいのやうなあまの川, つぱいのやうにまつ白に光つて波, つぱいのをせがんでは, つぱいの人で見た, つぱいの愉快に仕事, つぱいの水しか出ない, つぱいはげしく胸をうつ, つぱいひたしかぶと, つぱいひつかけようと思いたち電話, つぱいひろがり蝋燭の火, つぱいふりため青草を敷い, つぱいぶら下げて, つぱいみなぎらせところで中井さんと朝酒, つぱいもつてるのを半分よこしたから, つぱいものをクーといつ, つぱいものを酸つぱいといふのは夫, つぱいやうな痛痒いやう, つぱいやうな匂ひが, つぱいやうな匂ひがしてくる, つぱいやうな口許が馬鹿, つぱいやうな気がしました, つぱいよばれて戻つた, つぱいゐてそのうち, つぱいオムレツの上, つぱいサイレンならしつ, つぱいトランプをい, つぱいノートに滿, つぱいペダルを踏む, つぱいランプをさげ, つぱいリンタクのペダル, つぱいンだもの, つぱい一人だもの, つぱい一皮が間, つぱい上から竹樋, つぱい両方の角, つぱい乗つてゐた乗客たち, つぱい事を考へた, つぱい人を乘, つぱい人だかりがしました, つぱい仕事に向ける, つぱい使ひきつて考へこむんぢやないかと私, つぱい俥を列べ, つぱい儘に嚥, つぱい充滿して, つぱい光つて, つぱい光つてゐるの, つぱい勘次の側, つぱい匂ひまでが, つぱい反りあがると, つぱい反芻の動作, つぱい口笛を吹け, つぱい可能な範圍, つぱい吸ひこんだ身心, つぱい吸つた坑夫達は, つぱい味が口ぢ, つぱい哀愁だ, つぱい唾がたま, つぱい喉から漸く, つぱい喝采をおく, つぱい喰ふこと, つぱい喰べたからと云つて, つぱい夫の顔, つぱい女どもの愛, つぱい嫁入のうつくし, つぱい子供を主として, つぱい屋のこと, つぱい彼の手, つぱい御坊は御坊, つぱい御馳走になつた, つぱい慾がつかへ, つぱい戰つてゐる姿, つぱい戸障子ながら岡田村, つぱい扉をひきました, つぱい抱へて痩犬, つぱい持つてをられる, つぱい新らしい力, つぱい旋律が流れ出し, つぱい日光を吸つた金剛石, つぱい書きちらしてあつ, つぱい本のある, つぱい本気で殴つ, つぱい林檎は今, つぱい水兵さん大持てである, つぱい水気沢山なもの, つぱい汗をため, つぱい沈澱して, つぱい浮世の花, つぱい液體になる, つぱい溜つた, つぱい溜つたからポンプ, つぱい溜つてた涙, つぱい滴を拂, つぱい灯の点, つぱい炊きたての御飯, つぱい無数の小坊主, つぱい煙草を吸, つぱい犬じらみ, つぱい率直であらう, つぱい畳へ叩き付けた, つぱい白飯をいた, つぱい百ぢかくあつ, つぱい皮の何處, つぱい盛つてくれたくれやう, つぱい盛つて布巾を添, つぱい盛りでキレイ, つぱい砂がはい, つぱい秋の夢, つぱい稻の穗, つぱい空気を吸, つぱい立て混みレコード, つぱい笊の中, つぱい繁つてゐて, つぱい者にし, つぱい聲大變, つぱい胸にため, つぱい自分の力, つぱい茂つてどこを曲, つぱい葡萄式の哀しい, つぱい蒲圃を敷きちらし, つぱい處が取れ切らない, つぱい蛙のやう, つぱい血をお, つぱい詰つてゐるだけで, つぱい辨当行李には御飯, つぱい這ひくねらせて, つぱい道の上, つぱい鍬を入れる, つぱい雌を呼ん, つぱい頂戴した, つぱい頭につめ込んだ, つぱい顔して, つぱい風はひつきりなし, つぱい飛行機の姿, つぱい食つて二フラン七十五サンチームであがる, つぱい飮むあてが飮む, つぱい飮むあんたがいつ, つぱい首を長く, つぱい香水の匂ひがし, つぱい麦酒のやう, つぱい麦飯を食べた, つぱう妹は飛鳥, つぱかよかろう, つぱかしお取りになつ, つぱかしぢやない筈だ, つぱかしの怪し気な観察, つぱかしの暇もない, つぱかしの遊びがなん, つぱかしも厭な顔, つぱかしも嘘ではない, つぱかしも残つてはゐませんでした, つぱからはじまつてやつぱり此の道, つぱかりで宜しうございます, つぱかりなまるで爪の先, つぱかりのことで休んで, つぱかりの僅かの間, つぱかりの悪意も示し, つぱかりの月給ぢや仕方, つぱかりの穴を明け, つぱかりもないやうな生活を続け, つぱかりも歌なんぞ唱つたためし, つぱかり秤にかけ, つぱがひらひらと飛んで, つぱが向き合ひ頭, つぱぐれに逢つたあの時, つぱぐれるし落伍して, つぱげてボーボーするもの, つぱここらには熟, つぱさうな頭をしました, つぱさうな顏を見る, つぱしい針金のやう, つぱしからこはし次々と, つぱしからたたき落した, つぱしからただの鹿かなんぞのよう, つぱしからめいで行くの, つぱしから口へ入れ, つぱしから手をつけ, つぱしさうな踵でそつ, つぱしだと悟つた, つぱしだの妙な恰好, つぱしのお歌人になり澄まし, つぱしのつよいドイツ貴族は亡命十一年間, つぱしのど偉い人間, つぱしのやうなものの挾まつて, つぱしのやくざに見えます, つぱしのようで犬がむりやり, つぱしの苦勞人だと, つぱしばかりでいざとなつたらからきしの弱蟲野郎, つぱしもなしに暮せるもの, つぱしや埃のやう, つぱしよりで下をはしやぎ廻つた, つぱしよりで何処かへ駈け, つぱしフランスの新しい, つぱしフランス人気取りで日本側, つぱし一人歩きをし, つぱし世間に通用, つぱし人生を生き, つぱし伊達で通, つぱし土地に慣れた, つぱし女事業家を気取つ, つぱし慈善家になり, つぱし画家の積り, つぱし登山家気取りでまた, つぱし碁打の専門家, つぱし肩を怒らし, つぱし自らの情意, つぱし自分の軌道, つぱし見舞顔に燕尾服, つぱじきと呼ばれる黒い, つぱじまる始末なの, つぱじめたかと思はれるやう, つぱじめて銭をばら, つぱじめることに努めて, つぱじめるなんてこたあなからう, つぱたの砂, つぱたちは饑, つぱだかである, つぱだかで町の中, つぱだかにして後手に縛つてなぶり殺し, つぱだかの聖者の路, つぱちか出ないん, つぱちかしらと呟やいた, つぱちか駄法螺を吹い, つぱちなところとか妙に諦め, つぱちな感動を言, つぱちな放言でもない, つぱちな科学の話, つぱちな笑いがまじる, つぱちになつてやがて墮落, つぱちのところがあるのはこの悲しい, つぱちもないといふやうなお面をいや, つぱつたり舌, つぱつた角の小, つぱつち驚くこと, つぱつちのために初ちやん, つぱつちの水しかはいつ, つぱつてそれを止めた, つぱつてゐた敷石につま, つぱつてゐる子供の一群, つぱつて一日中ハイキングをやつてればいいん, つぱつて椅子の上, つぱつて行つた, つぱつまつた苦しい勉強, つぱつまつたわななきが二人のゆがめられた, つぱつまつた嘆声が瘴気, つぱつまつた果に伯父, つぱつまつた現世でもやはり, つぱつまつてぐるりつと向きなおつた, つぱつ大砲をうちました, つぱづかしい公会堂を建てる, つぱづれて厭といふほど僕, つぱづれと言つたつて, つぱづれに言つた, つぱづれの塩辛声をそろへ, つぱてる上へ手, つぱでこれは冬菜, つぱでベエスボオルの練習, つぱで三人とも目, つぱで用に足りる, つぱで踊つたらしいのよ, つぱで近所の子供達, つぱで面皰だらけの女, つぱとそしてその, つぱといひすりと言, つぱといふ事にならう, つぱとかで紛らされて, つぱと小鳥の黄色い, つぱと水ばかりで, つぱと空ばかりがあつ, つぱと落入り乗出す膝頭, つぱと言はれた, つぱどの桐, つぱどもは一体何, つぱなした広い土間, つぱなした家ではこ, つぱなしだから助からない, つぱなしだといふ議論である, つぱなしてゐたものか真夜中ごろには故障, つぱなしてビールでも飲み, つぱなしで三人の男達, つぱなしで下の押入れ, つぱなしで手を握りた, つぱなしで消息はない, つぱなしで窓外に青々, つぱなしで粗末な卓, つぱなしで美松へ茶, つぱなしで金も払, つぱなしと云ふ人間, つぱなしと言ふ風, つぱなしなンです, つぱなしに話しも, つぱなしにさせたのは駿太郎の消失, つぱなしにされた形で何時, つぱなしにされてゐてそこから星空, つぱなしにしたやうな気楽さもない, つぱなしにしておいた熬し入れ, つぱなしにしてゐてもちよつとお, つぱなしにしてをつて朝夕荒々しい茶わん, つぱなしにして仕事場にはいつ, つぱなしにして出やがつたな, つぱなしにしドアをしめさせ, つぱなしになつているが一向ベル, つぱなしになつてゐたので私は見る, つぱなしになつてゐた涙を拭い, つぱなしになつてゐる薄く細長い浅黄, つぱなしになつてゐるしそのう, つぱなしのまま人気が無く, つぱなしのやうで混亂して, つぱなしのようになつているピヤノをいつ, つぱなしのわたし如きにと, つぱなしの四つ手網の上, つぱなしの寢床はた, つぱなしの小舎がある, つぱなしの進化論者のやう, つぱなしみたいでその実, つぱなし床には服, つぱなすやうに声を弾ませる, つぱなんか見たつて面白, つぱなカシの木, つぱな弓矢をもつ, つぱにあそんだり小鳥の家, つぱにおりて行きました, つぱにつつんだ乱暴な菓子, つぱになつてゐてもうその, つぱになつて片方には鳩舎, つぱにぴかぴか光る朝露, つぱにやまあだ自由にされねえ, つぱぬかれて始めての, つぱぬきさへが好意をこめた, つぱぬくのを女は別, つぱねたのではないことを示して, つぱねての沈默ではなし, つぱねて自分は寝返り, つぱねましたがそんでも, つぱねられたそれだけでもう, つぱねられるといふ豫測が父親, つぱねるそれだけからは, つぱねることに充分な強, つぱねるにはどうすればよいか殆ど當, つぱねるもの冷然と聞き流し, つぱねるやうに言つてそれからペツ, つぱねるように言うと, つぱねる語調はただごと, つぱのある事は夢にも, つぱのどこかのかげで啼いて, つぱのひとつびとつに沁み徹らせて, つぱのまんなかに剥き出しに突, つぱのやうなものだと言ふこと, つぱのやうなものも靴の中, つぱのやうな左の掌, つぱのやうな手の平を自分, つぱのやうな掌を叩き, つぱのやうな物になつ, つぱのやうな詩集を出す, つぱの汁の為め, つぱの目かくし取つ, つぱは安住の地, つぱは廻つてゐた, つぱは日が照り, つぱは風吹きや, つぱばかりで満たされた胃袋, つぱひに押寄せ, つぱふに芝居, つぱふ力のつよい, つぱへでも廻つて青いもの, つぱもあり荒すこと専門, つぱもあることだらうから奥さんのお, つぱも丘の邊, つぱやコスモスの植つて, つぱゆさに唇が曲り, つぱらいおきまり, つぱらいが乗りました, つぱらいの無作法よりもその, つぱらい達を相手, つぱらうて仙酔楼居へ自, つぱらうと氣がでかく, つぱらからその旅館に出掛け, つぱらからの訪問だつた, つぱらからひとり引籠つて靴下の修繕, つぱらが踏台かなどのやう, つぱらしてそして毛絲, つぱらつたさまをするのに巧な者, つぱらつたときの口癖であ, つぱらつたところ此處は杜甫, つぱらつたまつすぐに, つぱらつたものの足どりで家, つぱらつたやうな恰好で珍妙, つぱらつたような氣持です, つぱらつた三人は必然的, つぱらつた中年の百姓, つぱらつた人間もみじめ, つぱらつた夢を見た, つぱらつた威勢で立ち, つぱらつた学生が伸び, つぱらつた気持もわるく, つぱらつた男女が, つぱらつた者を後ろ, つぱらつた腹がいつ, つぱらつていちにち, つぱらつておしやべり, つぱらつておしやべり寿さんが黙々, つぱらつてぐつすり眠つ, つぱらつてころげこんだ寝せてを, つぱらつてしまつたがちやんと戻, つぱらつてしまつたことだとか畑から帰る, つぱらつてしまつた新酒一合銅貨九銭の追加, つぱらつてとどまり臥して, つぱらつては仕様がねエぜ, つぱらつては大道に寝転び, つぱらつてみたくなつてゐる感情の始末, つぱらつてもどうせ何処までも行きやしない, つぱらつてよろめいてゐるらしいが醒めて, つぱらつてゐたからお酒, つぱらつてゐたがそれでも俊和尚, つぱらつてゐたくらゐのことで女子供に一刀, つぱらつてゐたつてあの人たち, つぱらつてゐた気味で荷風論, つぱらつてゐて町までの近, つぱらつてゐることが誠実なの, つぱらつてゐるのか下駄の音, つぱらつてんだから構はねえで, つぱらつてグウタラ山頭火にも触れ, つぱらつてツから判りません, つぱらつて了つた私は千代子, つぱらつて來るん, つぱらつて停車場のひろば, つぱらつて前後不覚カルモチンよりアルコール, つぱらつて勃凸の例, つぱらつて千代子にあした, つぱらつて厭らしいこと, つぱらつて口々に何かしら, つぱらつて吉原へき, つぱらつて呶鳴り合つてゐるまことに, つぱらつて和尚さんから少々, つぱらつて堀ばたを, つぱらつて寝言をいつ, つぱらつて幾度も彼女, つぱらつて来訪すぐ出, つぱらつて比古居, つぱらつて浅草から帰りかけた, つぱらつて浮き上り酒, つぱらつて湯をぶつ, つぱらつて父に喧嘩, つぱらつて町をあるい, つぱらつて私は無意識裡, つぱらつて腰が立たなく, つぱらつて自他平等前後不覚になつちやつた, つぱらつて薄雲太夫の側, つぱらつて詩吟か何, つぱらつて路傍に寝, つぱらつて踊つたり, つぱらつて踊つてだだつ子, つぱらつて闖入ま夜中, つぱらつて電車道に寢込ん, つぱらにあるやうなわたしの家にも冬, つぱらにぽつぽつ小屋が立つ, つぱらはうとした時に僕, つぱらはうとする資本家なん, つぱらはないなごやかな樹明を見せ, つぱらはなければこの現身, つぱらはれたりする気の毒な境涯, つぱらはれた人事ぢやない, つぱらひわが現身, つぱらひが交番の入口, つぱらひが數を殖やし, つぱらひが木へ登つて花, つぱらひだなんぞと高をく, つぱらひだの幾日も幾日, つぱらひであつたと知れると, つぱらひであるやうな氣特になつて, つぱらひで不信心な大, つぱらひと口争ひを, つぱらひにか, つぱらひにかじりつく女等もゐた, つぱらひにとつて必然だと, つぱらひには遠く行く, つぱらひに會はない, つぱらひの猶太人, つぱらひのお客に揶揄, つぱらひのその捨白がその, つぱらひのつぶやいた句に, つぱらひのやうな言を云つて, つぱらひのやうに大口をあい, つぱらひのカレーニクはまだ, つぱらひのカレーニクぢやねえか, つぱらひの亭主でも生き, つぱらひの傍に小さく, つぱらひの化粧のはげた, つぱらひの君が歌, つぱらひの役もよかつ, つぱらひの村長さんが大きい, つぱらひの粉屋の大将, つぱらひの老人が二人, つぱらひの郵便屋が鈴, つぱらひの頭から血, つぱらひはそんな事を言, つぱらひはへし潰れたやう, つぱらひはよろけながらぴつたりとその娘さんの傍, つぱらひは直ぐにまた, つぱらひやらいやはや, つぱらひや泥坊の絶えま, つぱらひらしい者の出ない, つぱらひらしくあらい息をし, つぱらひらしく言葉尻にからまつた, つぱらひを致し候, つぱらひをやり過して, つぱらひを靴で蹶り飛ばした, つぱらひ一座の面々, つぱらひ口調に變, つぱらひ婆さんがさ, つぱらひ相手の会話, つぱらひ終ひに, つぱらひ部落だ, つぱらひ高級車あらゆる逸樂, つぱらふでも, つぱらふと家にぢ, つぱらふ役目に私たち, つぱらふ時のやう, つぱらをたつた一匹で歩い, つぱら凉しい内, つぱりあかへんなお母ン, つぱりうかんでこぬうちに昭和十六年は過ぎ去り, つぱりうなりが胸のすく, つぱりお忘れなさいよ, つぱりお月さまの中, つぱりお母さんにはわけ, つぱりお舟が出る, つぱりお顔をこし, つぱりかうした譯だらう位, つぱりこないだから知れないん, つぱりさういふことはみられなくなつた理由について一体どう, つぱりさせて貰ふ, つぱりしたいい人よ, つぱりしたいい娘さんですね, つぱりしたお方のやう, つぱりしたお気持とこの, つぱりしたしづかに読書, つぱりしたそれで居, つぱりしたといふ意味ならば, つぱりしたと云ふ意味, つぱりしたふたりが縁側, つぱりしたみなりをして薬草の書物, つぱりしたものに少しも, つぱりしたものは一枚もなかつた, つぱりしたものを喜ぶん, つぱりしたもんなんです一時の迷ひとさ, つぱりしたやうな気がし, つぱりしたる家ありと, つぱりしたる旅店あり, つぱりした一室を欲しい, つぱりした人は見た, つぱりした人物だと, つぱりした仕事のやう, つぱりした処置も取り兼ねる, つぱりした味がこの, つぱりした坊主にはやつぱり坊主頭, つぱりした夜具の中, つぱりした常着の少女, つぱりした店である, つぱりした性質を殘ら, つぱりした慘酷らしさ, つぱりした木綿物でもある, つぱりした樣子をし, つぱりした死に際も少い, つぱりした気持になつ, つぱりした氣象のお, つぱりした氣質なの, つぱりした洋服がスカート, つぱりした浴衣を引つ掛け, つぱりした清潔な, つぱりした無一文はちと, つぱりした白麻の詰襟服, つぱりした着物をお召, つぱりした私自身も驚く, つぱりした縞木綿の蒲団, つぱりした者はない, つぱりした腹のすわつた, つぱりした調子であの, つぱりした長閑さが彼等, つぱりした雪のひと, つぱりした青空にはめづらし, つぱりした風であつ, つぱりした黎明の蒼天, つぱりしていゝと云ふやう, つぱりしてくれて嬉しいよ, つぱりしてしまつた筈ぢやない, つぱりしてしまふつもりでゐてかうして, つぱりしても翌る, つぱりしてゐてお前が好き, つぱりしてゐてこれこそほん, つぱりしてゐて實に好い, つぱりしてゐらつしやるから好うござんすわ, つぱりしてゐるやうでゐておそろしく人, つぱりしてゐる今日は昨日, つぱりしてゐる筈だのに, つぱりして先日来の欝屈, つぱりして君を迎, つぱりして夜食は白粥, つぱりして帰つて来ると, つぱりして柱にもたれる, つぱりして酒を飲まう, つぱりしないところを頬かぶりで通つて, つぱりしないものが後に残る, つぱりしようと思つたからな, つぱりするあかるくなる, つぱりするために風呂に入りたい, つぱりするだらうとせか, つぱりするだらうと思つた, つぱりその誠実の在り, つぱりそんなことに無頓着な大衆, つぱりだぜえと呟い, つぱりだらうが俺はまた, つぱりつかみどころのない変物であるが, つぱりで強いくせ, つぱりでそれには立原, つぱりではないやうに思ひます, つぱりで我儘だつた, つぱりとあきらめて落ちこめる人, つぱりといたしてをりなんの気兼, つぱりといつさいの憂愁をなげだし, つぱりとお流れになり, つぱりとかう出て, つぱりとこの仕事を放擲, つぱりとしたほんたうに厭味, つぱりとしたものにてわづか, つぱりとした昔話は少く, つぱりとした気持で何, つぱりとした氣持であつ, つぱりとした氣持ちになつて, つぱりとした浴衣に着, つぱりとした筒袖姿のおす, つぱりとした調子で, つぱりとした身體へ復, つぱりとしていざござ起らず至極, つぱりとしてしまつてどうかする, つぱりとなり寫眞師の殘, つぱりとはなりやしないがその洗, つぱりとやめやうと思つてゐた, つぱりとれないのにチャラピタはさう, つぱりと一刀兩斷に切り, つぱりと七十錢の風呂, つぱりと世の中を見捨てられなかつた, つぱりと何んな形, つぱりと化粧をと, つぱりと嘘だけは言, つぱりと役済みのこの, つぱりと整理せられる筈, つぱりと昨日までの事, つぱりと朝の化粧, つぱりと洗ひ落して, つぱりと洗濯したよそゆき, つぱりと爲したきもの, つぱりと片附いて, つぱりと物事を言つて, つぱりと皮帯のきり, つぱりと私を解放, つぱりと空想力が働い, つぱりと答へた, つぱりと籍を戻し, つぱりと結ひ替へて, つぱりと自由な方向, つぱりと行つてしまつ, つぱりと話題を轉, つぱりと身心が軽い, つぱりと過去から脱却, つぱりと静まつて, つぱりと頭を包んだ, つぱりと髪を結つて, つぱりながら雪の上, つぱりなすつたやうにそちらのはし, つぱりなれば我ながら嬉し, つぱりにし度いやう, つぱりまるで希臘語をお話し, つぱりみとめてくれないから僕だつて, つぱりわからず助けるにも, つぱりわからないが讀んで, つぱりわからないで面喰つたという有様, つぱりわからないのはこつちのこと, つぱりわからないやうなのんびりした, つぱりわからないんですがそれはそれ, つぱりわからぬといふ文学者がその, つぱりわからねえよ何處かの赤い, つぱりわたしは正直ものである, つぱりモダンではなく, つぱり一目して, つぱり丈夫ぢやありません, つぱり乞食にも来なく, つぱり事実上の結果, つぱり云つてあるん, つぱり人間の真実, つぱり今度のはなし, つぱり仕事がはかどらない, つぱり何でもない, つぱり何事も存じませぬ, つぱり來る, つぱり俺は病人, つぱり値打ちがなく, つぱり兄らしいこと, つぱり凉を得られない, つぱり切つた石を建て, つぱり判然らなくな, つぱり厭な気, つぱり口を利かなかつた, つぱり合点がいかぬ, つぱり品物が殖えた, つぱり埒があかない, つぱり大家など, つぱり姿を見せない, つぱり心に何, つぱり憂鬱らしくも, つぱり据らないで, つぱり斷つた, つぱり日本語を操, つぱり旦那と手, つぱり時間に就い, つぱり森の政治, つぱり樣子のわからない, つぱり気勢が挙らない, つぱり水に流さう, つぱり消息が絶えた, つぱり瀬戸物を砕いた, つぱり無我夢中だなんて, つぱり煙草を召し上らない, つぱり父の姿, つぱり理解出来なかつたの, つぱり病人に違, つぱり知らずにゐた, つぱり箸をださない, つぱり耳にしなく, つぱり興奮して, つぱり舌が回らなかつた, つぱり芳さまのこと, つぱり落着かない, つぱり行方が知れなかつた, つぱり裸体になつ, つぱり見えねいで, つぱり見ばえのしない, つぱり親切気のなき, つぱり角力を見た, つぱり解がわからん, つぱり訪問に出かけない, つぱり話の相手, つぱり談合の膝, つぱり諦らめようとした, つぱり謝絶つた, つぱり辻褄のあ, つぱり道がわからない, つぱり針の穴, つぱり食へん, つぱり験が現れぬ, つぱり驚きもしなかつた, つぱを無いもの, つぱをかじるのに余念がない, つぱをかじる事のみにあくせく, つぱをくれるんだからいづれ場末, つぱをつききつて青い空, つぱをひとりで歩いて, つぱガ地面ヲ離レナイノハ余リ鬼気迫ルコトダ, つぱッと刻まれ, つぱツと刻まれ, つぱーハ菓子ト同ジデナイ, つぱ一本落ちては, つぱ何日でも酒, つぱ味もあつ, つぱ山伏なり何と, つぱ拔くの, つぱ汁とずるずる, つぱ草の花, つぱ詰つた幸福ですけれども, つぱ詰つて書いた作, つひえが負担, つひえいくそばくぞ, つひかりの手, つひさつき娘に話し, つひそかに座, つひつひ, つひど辛いみそ汁を, つひばりの聲響き一葉, つひまだ申しませんでしたが, つひょっくり出くわすか, つひらひらと立, つびここに塚ありと, つびっくりするよう, つびつくりするぢ, つびとはほどと同じく, つびは日の本, つびょう造りつけた親仁, つびょうリボンかけたる笄, つぴいだが, つぴしやげの馬鹿の仮面, つぴたりなのよ, つぴてかゝつて自分だちが, つぴてこの女を離さなかつた, つぴてだつて君たちと騒ぎ, つぴてでもかうしてゐたいと思ふ, つぴてとぐろを卷いて, つぴてやりますが一と晩, つぴて一緒にゐた, つぴて上掛の下, つぴて人通りは絶えなかつた, つぴて介抱して, つぴて仕事をする, つぴて商ひを, つぴて嚴重に見, つぴて夜とほし, つぴて夢を見た, つぴて家の廻り, つぴて寢ねえつ, つぴて平次を待つ, つぴて後を跟, つぴて我鳴り通しなん, つぴて戦勝の祝賀会, つぴて枕もとの池, つぴて枕元で張番, つぴて歌をうたつた, つぴて歸つて來なくても, つぴて濃い茶を呑ん, つぴて看病し夜, つぴて積つたとなる, つぴて算盤の音, つぴて網を張つたん, つぴて耳について寝られなかつた, つぴて藥壜と共に並べて, つぴて雨が洗, つぴて飮まう, つぴどくどやしつけられ再び, つぴどくはね飛ばされた口, つぴどくやつつけてゐながら自分の顏, つぴどくやつゝけたことが記されて, つぴどくやつゝけてゐる男がゐた, つぴどくやられたことを思ひ出したので, つぴどく取扱はれたもの, つぴどく叩き毀して, つぴどく批難したこと, つぴどく父に呶, つぴどく行んなく, つぴどく譯者をやつ, つぴどく野郎を擲, つぴどく鉢合せをし, つぴどく面当を言, つぴやう子もなく, つぴらいた胸がう, つぴらにお天道樣の顏, つぴらにげらげら笑つて小菅の鼻, つぴらにしろ今や蔑視, つぴらにそれが世間に知れ, つぴらになつて見ると, つぴらにはやりにくいところが身上といふもの, つぴらには言はれないが, つぴらにやりにくいところが身上といふもの, つぴらにやる代り他, つぴらに兵具をととの, つぴらに話を持ち出した, つぴりしたように思う, つぴりした口髯を捻り上げ, つぴりした知行取だつたの, つぴりした髭をつけ, つぴりづゝかじりはじめました, つぴりとした有るか, つぴりと接吻したばかり, つぴりと薄赤味のさした, つぴりねがひますといはれ即座にこの, つぴりロマンスめいた許嫁, つぴり冬の襟巻, つぴり塩梅を見ました, つぴり幸福を見つけ, つぴり性慾を撮み込んだ, つぴり恨み事を云, つぴり意見を吐く, つぴり手柄話を交, つぴり折つて早速口, つぴり教へて頂いたら, つぴり残つてゐた, つぴり水面に出した, つぴり注意を加, つぴり海の切れ端, つぴり稀には女房, つぴり臭はせた, つぴり舌の先, つぴり苦笑の色, つぴり記念の髯, つぴり頭が出, つぴり髯を生やした, つぴり鼻の尖つた, つぴろい大きな屋根, つぴろい誰もゐない, つぴろげた性格であつ, つぴろげた方法なの, つぴろげた暮しをし, つぴろげのやうであるが実は最後, つぴ催促に行き, つふうどうおい, つふたりとも引きぬき, つふと碁の, つふりに入らず, つぶつたままでお, つぷうがおせいに似て, つぷうが直吉には気に入つた, つぷう變つて, つぷう變つた物語をし, つぷう變つた雰圍氣もこの, つぷう變つてゐると, つぷくらせてゐる憎たらしい面つき, つぷくれの情熱的な顏, つぷしたまんま斯う答えた, つぷして聲をあげ, つぷし頸動脈を見事, つぷすりと継ぎ目がぬける, つぷちで拾つた土栗といふ星形, つぷちにちらばつてゐるその側らの切石, つぷとか云つた家の軒, つぷものに拘はらない, つぷりがいいと言つて喝采を送る, つぷりした御恰幅, つぷりした上体ごと村長の前, つぷりした人品の悪く, つぷりした女で簡単服, つぷりした恰幅で大, つぷりした愛嬌のある, つぷりした猪首が間もなく, つぷりした立派な体, つぷりした血色のいい, つぷりした赤ら顏の旦那, つぷりした赤ら顔に一種独特, つぷりした體が横, つぷりしてすこし蒼白め, つぷりたつぷりの作品がまことに, つぷりとした徳利を傾け, つぷりとした男が立ちあがつ, つぷりとつかつてくたびれた足を楽楽, つぷりとに合せて, つぷりと喰ひ切つて, つぷりと水浸しにあ, つぷりと肥つた大きい頭, つぷりと肥つた男が実印, つぷりと肥つた運転手が急がず慌てず, つぷりと肥つて体重は二十貫目以上, つぷりと肥満つた背丈の堂々たる, つぷりなのが禍ひして, つぷり丈や, つぷり湯につかつ, つぷり紳士で胸, つぷり肥つたロシヤ人と組み, つぷり肥つた大阪弁の男, つぷり肥つた夫人と中學, つぷり肥つた店の主人, つぷり肥つた恰幅などどう, つぷり肥つた洋服姿の人, つぷり肥つた渡し守は古往今来隅田川, つぷり肥つた男が人々, つぷり肥つた紳士は教授, つぷり肥つた脂ぎつた男金も智慧, つぷり肥つた赤ら顔を出し, つぷり肥つた體のこなし, つぷり肥つてゐるから, つぷり肥つて木綿縞の袷, つぷり肥つて貫祿も充分, つへと言ふ, つへを設けの, つぺいがきていよいよその時刻になつ, つぺいがなにかのことで仲間はづれ, つぺいとも口をききたくなかつた, つぺいはそこに待ちかまへてゐ, つぺいはただひとりのちかづきになつたがこちらではなるべく, つぺいはどやどやと出て, つぺい張くらをする, つぺい張競を仕, つぺい返しです, つぺえとでもいつたのが岸田にたちまち, つぺかしたての時分よ親父, つぺけぽうの, つぺしゃんこになる, つぺしよつて來ませうよ, つぺしよつて結跏したため, つぺしよられて今死にそう, つぺしよられると思はなきア, つぺしッて焼い, つぺたがふくれ過ぎて, つぺたでも好いと, つぺたにとまつた藪蚊を叩く, つぺたにぴつたりとつけビロードのやう, つぺたにも粥がべたべたとく, つぺたのやうな色の実, つぺたはまつ赤ですよ, つぺたや額にいくつ, つぺたをお父さんの胸, つぺたをこすりながらひどく深刻, つぺたをして帰つて来ました, つぺたをぢかに畳におしつけ, つぺたをつねつたり少しは, つぺたをつねるか或ひ, つぺたをぴしやりと叩く癖, つぺつちけな可怖, つぺなおとつ, つぺなあ私の病氣, つぺなまあおめ, つぺは一厘錢を三寸, つぺらいもの安全剃刀の刃, つぺらさが無い, つぺらでもない又其印刷, つぺらでも今日の本, つぺらで氣輕で尻輕, つぺらで男のくせ, つぺらと出鱈目と棄鉢, つぺらなのが段々嫌, つぺらなのを出し入れするの, つぺらなものでまだ卸し, つぺらなものとは全く異, つぺらなるを知るべし, つぺらなる巨巖なるが, つぺらなトタン葺だつた, つぺらなヨタリズムがまじつて, つぺらなヱゴイストだ, つぺらな一斷面が太平洋, つぺらな奴だらう, つぺらな字といふ感じ, つぺらな座蒲団を二枚, つぺらな影絵となつ, つぺらな感じのする, つぺらな月並雑誌の悪い, つぺらな犬儒主義だけは殘, つぺらな石炭袋へ石炭, つぺらな硝子戸に隔てられ, つぺらな紙の上, つぺらな美術雑誌を発行, つぺらな而かも強, つぺらな胸を騷, つぺらな色紙や短冊, つぺらな詩集を出版, つぺらな調子でベラベラ, つぺらな逆説をもてあそびもつ, つぺらになつてしまう言葉である, つぺらぱうか目一つか汝, つぺらぼうな皮を剥ぎ, つぺらぼうな顏かたちにしか浮ん, つぺらぼうの玄関先で銀貨, つぺらぽんのすつぺらぽんすつぺらぽんののつぺらぽんの, つぺら坊主になつて, つぺら棒だ, つぺりとして締り, つぺりしただだつ廣, つぺりしたる山の如く, つぺりした感じであつ, つぺりした日本風の好男子, つぺりした真黒な細君, つぺりした綺麗な所謂美男子, つぺりした野郎だ, つぺりした顔が眼, つぺりした顔ぢやもんな, つぺりして杉本友之助そつくりだと, つぺりとくくりがないので一体瓢箪だらうか, つぺりとしたる細長き体躯, つぺりとした理論を吐く, つぺりと鯰抜けして, つぺり男とは妾宅伝来, つほとり潜然と, つほどに増加され得よう, つほほつほと, つほんのわずかの, つぼやいろいろな彫刻, つぼや花びんなどがおさめ, つぼや革とじの, つぽいまるいきのことは, つぽい冷たい空氣が, つぽい厚いすぎごけの, つぽい怖ろし, つぽい明るさがた, つぽい暗い色さへ, つぽい白い砂土の, つぽい著物の, つぽい青い海草北の, つぽう安い着物である, つぽう荒いのが, つぽからあらつて, つぽくうれしくなつて, つぽくきびしいものが, つぽくやさしくまたは誰, つぽく悲しい空氣で, つぽく情なくなつた, つぽく明るい部屋, つぽく泥臭い風が, つぽく薄ら寒い朝で, つぽく薄暗くなつて, つぽこ大學生, つぽして汗びつしよりなの, つぽちかしらと, つぽにくつついて, つぽんちかくと, つまことにお浦山吹き, つますます光り, つまたいやそういっ, つまたたく間かど, つまちなく, つまでに怖れしめ, つまでには至って, つまでもという風に, つまでもやつてを, つまめなる時, つまろびつあと追うて, つまろびつがむしゃらに逃れ, つまろびつこちらへ向っ, つまろびつしつつも結局は行動性, つまろびつして走って, つまろびつしている弁信の胸, つまろびつしながら向うのまん丸, つまろびつそれを後ろ, つまろびつつづいたが先が馬, つまろびつ人礫かと, つまろびつ佐吉の伏, つまろびつ体をわるく, つまろびつ八幡山を下り, つまろびつ小屋がけの方, つまろびつ川下の方, つまろびつ悲鳴をあげ, つまろびつ歸つて來られます, つまろびつ河内屋の隠居, つまろびつ血にすべり, つみなこの家, つなな, つむかしの汚染, つむっていらしったがそのままで, つむってううむと唸って, つむってておくんなさいよあけちゃ, つむってのぞいていただければとあり合わせ, つむにかずつきず待つと, つむりてやはらかき天つ光, つむりにはかめくらとなりて聴くガラス, つむわづかな荷物の内容, つむをたたきなさいましたところをみますると知恵で白状, つめったに家に, つもう御用はと, つもしくはその他いろいろな, つものなほ廣葉圓葉のさ, つもの季遅れたり, つもの季遲れたり, つもの平目のごとくなり, つもの豆の葉, つやいなやしつかりと, つやうやうに, つやう腰の麻袋, つやしろのあらむ限り, つやしろ国つやしろ, つやっと元の, つやと一緒に, つやまとの國, つやみを見せた, つやや人心地に, つやらな金さんの, つやれやれと云う, つやをら身を起し, つよいわよい, つよほどの時, つよりは福を, つよろしき炭また, つらん今日まで知らで, つらん心地せらるるなりけり, つらん浪子は目, つらん者ども諸所に火, つりくへ, つりこつり首で拍手, つろう性質のもの, つろう種類のもの, つろう輩であった, つろーろとやっ, つわいわいとうち, つわしが不養生, つわと男の, つわなわなと戦慄い, つわれら腕結びゆく, つゑをかたくにぎつて立ちとまりました, つんと誰かが, つアこんどおらあ役人, つアわしの寝酒, つアカイアの軍勢, つアキリュウスに榮, つアナーキスティックな本質, つアルゴの目, つアルフレットさんが着くだろう, つアレワイサノサとか何とか, つアンテーノール生みいでし, つアーニイ・パイルのネオン, つア盆茣蓙のまちがい, つイうたた寝をし, つイタリアを解放, つインテリ・リベラーレンの嗜好, つイ可哀そうになっ, つけエ, つウ指図がましい, つカイちゃんはやってきた, つカキの殻, つカンシヤクがバクハツ, つガチリ錠を解き, つガンベに小, つクラウデがロシア, つクリスチャンになった, つをはき, つゴセック建築の伽藍, つサンヂカリズムなどいう, つジャックとぼく, つジャンボーになる, つステッキをふっ, つスパイクを買っ, つスパイ団にとりもどされる, つスリ替えられたの, つスローガンにすりかえる, つソローハの阿, つタマセセともう, つターヘルアナトミアを取り出し, つチムコウスキは諸, つチュウデーデース槍あげて, つッくりと立った, つッくるみだ, つッころがした, つッたて馬をあおっ, つッぱなしてしまうし被告のため, つッぱりかえっていてそれこそまぶたひとつ, つッぱることの出来ぬ身体, つッぱると思うほど, つッぷしたなりに啼き悲しんで, つッぷして啼きだした, つッぷしていたがそれっきり老人の声, つッ刎ねて, つッ支棒にし, つッ突き当りやがっ, つッ立ッてい, つツていふとお前, つツ伏した, つデッキを通ろう, つ思う耳, つトランクの男, つトレーイクスの族中, つトロイアの, つドイツへ一人, つドウいう風, つドンナ処から自分, つナイフをひろいました, つナチ哲学が出来上るだろう, つネマキに着替えた, つハミルトン氏は帰る, つハレツするか, つのみこみ, つバッタを入れ, つバルコニーから頭上, つパアと出, つヒマをとっても, つピタリ座に, つファイロ・ヴァンスになった, つフランスへ来た, つブラジルに行ける, つブローカーになった, つペチャクチャ詰らん事, つペラな唇, つホームを散歩, つポリがふみ込む, つマゼラン海峡に出れ, つムクがいねえ, つヤヲら車に乗り移りし, つヤングが消え, つヨオロッパからの財貨, つリアリティーと勿論, つローラーのいち, つンけつンけだ, つンざきが家のどこ, つンざく呼子笛の音, つーほうでー, つーッと一本, つ一フランだって下さい, つ一人で帰れる, つ一切の人, つ一匹こちらに注意, つ一升を入れ, つ一向に東上の, つ一塵を立, つ一学期も終った, つ一定の主張, つ一家を支え, つ一川はいう, つ一応の優越, つ一方は心, つ一日休息ということ, つ一時間ばかりの奮闘, つ一時間あまりもたつた, つ一時間以上も笑, つ一束の現象, つ一枝手折りて, つ一番鶏二番鶏が啼いた, つ一礼して, つ一種の諧調, つ一般性と他, つ一語も無く, つ一進一退を繰り返す, つ一面である, つ七時過中禅寺湖畔, つ万年筆と記念芳名録, つ丈けがこみ上げて, つ丈五郎が土蔵, つ三人が遠慮, つ三伝が来る, つ三度音たてて, つ三日にごうしゅう木之本, つ三日蓐を蹴, つ三階へあげます, つ上使を受け, つ上昇がやむ, つ下宿の女房, つ下手ちよいと男, つ下町の女たち二, つ下野へ火の粉, つ不利益の一つ, つ不吉なる雅味, つ不孝という名目, つ不思議な酒宴, つ不意打に出, つ不潔なこと, つ不良になった, つ不覚な最期, つ不足で, つ不通になる, つ世界形象が如何なる, つ世界知識の名, つ世界観というよう, つにすら住ん, つ両親は寝, つ中あそこから出入り, つ中お話して, つ中そこへ出入り, つ中国の飛行機, つ中断されるかも, つ中毒するか, つ個が, つ主義も自分, つ主義者だッ, つを傷, つ九日にはもはや, つ九日前なりき, つ乞食みたいにお金, つをのむべき, つ乳房を噛み付かれる, つ争ふところに竿釣り, つ事件を知った, つ事実上の階級意識, つ事態性を忘れ, つ事旬月なれば, つ事物としてその, つ事白雲万里だ, つ二三日前の晩, つ二十七日のあけ, つ二十三年の春, つ二十余階の建物, つ二十面相の変装姿, つ二国の中, つ二條の筋, つ二股坂で苛まれる, つ二郎が欄干, つ互に具足の, つ五千円下さるの, つ五月になる, つ井桁の口, つりを, つ交尾しいつ穴, つ交渉を始める, つ人々にはこの, つ人勇ある者, つ人吉野のくに, つ人妻とわれと, つ人工でどんな, つ人影に突き衝, つ人物が援, つ人見なば, つ仇討ときまった, つ今夜はどう, つ仕事は自分, つ仕事仕舞いをした, つ仕官が協, つ他人から人違い, つず盆正月, つ付けワルキに来るだらう, つ代々木は岸本, つ代表権を容認, つ代表者は木米, つ以前の偶人劇, つ以後を誡め, つ以来日本もいい, つ仮面をぬぎ, つ任命されたもの, つ任意の特殊, つ伊藤侯爵と相対, つてゐる, つ休業するか, つ伝承時代の聞き, つ伝染しないとも, つ伝説そのもののよう, つ伸子さんはお立ち, つの来る, つ体系なるもの, つ体躯に異常, つ何とも言はず上目遣ひ, つ何びとによってこの, つ何刻でも此方, つ何故斯かる, つ何日どこで, つ何時あなたの所, つ何時うちなんぞもどんな, つ何時お客があっ, つ何時これがこの世, つ何時ほかのお客, つ何時プイと死ん, つ何時今の家, つ何時他の止宿人, つ何時何事が起つ, つ何時危険を齎らすか, つ何時吉良家上杉家のお, つ何時変化がある, つ何時変心せぬと, つ何時大蛇が参る, つ何時妹の秘密, つ何時対岸から弾丸, つ何時御部屋様などへも危害, つ何時心が魔道, つ何時意外な現象, つ何時捕吏の手, つ何時撥をもつ, つ何時敷居にふらっと, つ何時機械の間, つ何時気候の劇変, つ何時自分が火, つ何時隣の肺病患者, つ何時頃どこへ行く, つ何時頭蓋骨が破裂, つ何時髪剃が, つ何時鼻唄を唄い出さぬ, つ何気なく前庭に, つを引連れ, つ余所の男, つ作品の上, つ作用に続い, つ使いみちもあろう, つ使命がいかに, つ使用しても, つ使者が臨ん, つ來さしやつた, つされるとも, つ供給されつした結果, つ依然として今日の, つ価格よりもいささか, つ便所から帰つて, つ俊亮が次, つ修理という侍, つ修羅の巷, つ俺達にばかり働かせや, つ倒樣に大川, つ値段の高下, つ健児大助を従え, つ健康な美, つ偶然のチヤンス, つ偶然性ではなくし, つ傾聴すれば, つ僕らの健康状態, つ優に膝の, つ優越性を否定, つ元気次第に消耗せり, つ先地主どんの音頭, つ免状をお, つ児かたぎの意地, つ児斎藤緑雨は右, つ児画家も少く, つ兒達は花, つ入れを出し, つ人間生活にとって, つ全身を, つ全身生不動のよう, つ兩人は道, つ兩勢は喊聲, つ八五郎に脅かされる, つ公共性の一つ, つ六尺棒が襲いかかる, つ六歳を數, つ共に將たるは, つ共通な美, つ共通性とを結びつけた, つ兵火の災, つ兵燹に船, つ其の實を, つ其儘持行きて, つ其場所がらを見, つ其得たるところ, つ其方達は上洛, つ其禍にアカイア, つ其許へ寧子, つ其那ところへ芽, つ其部下の農民, つ具足を脱い, つに私, つ内地へ帰れる, つ内文なし漢, つ内通して, つ内部的連関を明らか, つ内面的価値に触れる, つ円く崩れ出さないとも, つ再現されるかも, つ再発するか, つ冠りか腹の底, つ冠毛は鮮血, つ冷気は一層, つ凄まじい格闘を, つ凡そ一年ばかりも経つ, つ処分されても, つ出動命令がかかる, つ出張しないとも, つ出版物が著しく, つ出発命令が出, つ出羽め菊の間詰め, つ出航ですか, つ出船するか, つであるその, つ切つたのには始めて, つ切つてお茶の水の崖, つ切つてどこかの病院, つ切つて二階の主人, つ切つて來た, つ切つて垣を飛び越える, つ切つて途中家と言, つ切つて離れの入口, つ切に成つたん, つ切りあべこべだ, つ切りぢやありません, つ切りつして, つ切りもとの押入, つ切りガラツ八は歸ら, つ切り一刻待つても, つ切り下へ降り, つ切り下手人の見, つ切り不漁だ, つ切り中富坂の家, つ切り二人は逃げ出し, つ切り別れ話になる, つ切り十日ばかりろくに, つ切り反抗しようとも, つ切り問題にはならない, つ切り啖呵を切, つ切り外へ出ました, つ切り子供扱ひに, つ切り引下がつたの, つ切り影法師も捕ませなかつた, つ切り後ろも見ず, つ切り急ぎの仕事, つ切り息を引取つたの, つ切り手を引きました, つ切り手拭を返し, つ切り本所を引, つ切り枕も上らぬ, つ切り植てみたい, つ切り歸つて來ません, つ切り死骸さへも現, つ切り水の上へは出なかつた, つ切り消息を絶つ, つ切り漁がなかつた, つ切り葉つ切りそれつ切り, つ切り話が違, つ切り足踏みをし, つ切り逢つたこと, つ切り違ひます, つ切り違つた品で金蒔繪, つ切り顏を見せず, つ切り默つて了ひました, つ切り默つて老爺の後, つ切り齒が立たなかつた, つ切一つなく半枚, つ切人に行合はず, つ切符が出来る, つ切聲が, つ切迫したこと, つ切通してならぬ, つ切音信が分りません, つ初めたが, つ初めてジョージ, つ初日なの, つれつし, つ別にお百度, つ到来するかも, つ到頭金杉水道町の, つ刷物である, つ刹那の私, つ刺客の兇刃, つ前倉吉から見えた, つ前髪ばらりとこぼれたる, つに自分, つ剣以上の鋭い, つ剪刀の響, つ創作ができよう, つ剽掠を蒙る, つ劍呑でした, つ加十はギョッ, つ加納副部長, つ労働者の全, つを頼み, つ勇ちゃんの叔父さん, つ勉強したか, つ動悸とふたつ, つ動揺するさま, つ動機に従っ, つ勢いよく燃え上がるを, つれ, つ北条の寝刃, つ十五大省を包含, つ十吉に見染められる, つ十手捕縄が飛ん, つ十数年の間, つ千尋の底, つ千態万状を尽し, つ千緒万端思考したれども, つ千鳥よ, つへ生き出よう, つ単身で乱入, つ印度の洋, つ危急を聞きつけ, つ危険性がある, つ危険状態に陥る, つきつしつ, つ厄介な話, つ厚手の紙, つ原因は主として, つ原稿用紙が払底, つるの, つ又は呆れて, つ友田の若い衆, つ親に, つ反乱が起るだらう, つ反落線を彷徨, つ収拾すべからざる大, つ取りを目論んだ, つ受取つたん, つ受渡しを, つ口説つする様, つ口銭稼ぎに夢中, つ刀剣曲玉管玉古, つ古来政治学は哲学, つ古門村もただ, つある切株, つ只今の状態, つ只管馬を急, つ叫喚と宵, つ可愛がる, つ可笑しく面白く物が, つ右門のからだ, つ司令塔上一令忽ち高く, つ合歓の逢魔, つ合理性と少なくとも, つ合目的性は自然, つ一金属の, つ同君の仕事, つ名文と言, つ名次山角の松原いつか, つ吹雪にあう, つは, つ呉王を覘, つ周囲に人影, つを設け, つ呻吟流汗すでにやむ, つ哲学的意味を近代, つ唄ひつ笑ひつ心をたのしませ, つを結べる, つ唇さし寄せて, つ唯中家の内, つ賣するひとり, つ商人の妻達, つ商品それは, つしました, つ問題そのものを把握, つ啓示と雖, つ啓蒙との連関, つを刺される, つを発する, つ営業する真面目, つり無ければ, つ心外に, つりツ, つ器楽や強烈, つ噴火するか, つはれの, つ四たびまで立ち入り, つ四つの目, つ四五日前にも, つ四角な顏, つ四辺のしらむ, つ回復するとも, つ団子屋が臼, つ固定したもの, つ固有な性質, つ固有法則性は生命, つ国冬がれし山, つ国土に関する民族一列, つ国悉に闇, つ国民生活安定費に該当, つ国王に行き会う, つ国皇孫領らす, つ國悉に闇, つ國民が有, つ國皇孫領らす, つ國風けがさじと, つ園内の公園, つ土手に沿う, つ土産物だけが乗っ, つ地下室の壁, つ地方的風俗の中, つ地方議員やなお, つ地獄の淵, つ地盤を検討, つ地金で作られた, つ地震があっ, つだから, つの外, つ基金はおそらく, つ堅き兜に, つ場面がこの世, つを越える, つ塀ぎわに低徊せり, つの上, つの道, つ墓地の露路, つ壮厳さと権威との美, つの重味, つ変化が来まい, つ夏のをはり, つ夕日がくわつ, つ外出しようと, つ多くの星, つ多数の労働者, つ夜中に俄然, つ夜半の雲, つ夜明が来る, つ夜討を掛けられる, つ夢中であそこ, つ大した景気だ, つ大仏の瓦葺, つ大同に着く, つ大和屋にとどめ, つ大声あげて, つ大将が巣鴨, つ大尉に会える, つ大戦が果てる, つ大水を起し, つ大神と申し上げます, つ大納言ちうもの, つ大衆の生命, つ大黒絵を眺め, つ天子をす, つ天柱岩がある, つ天機はある, つ太史慈と孫策, つ太夫のひろめ, つ太子の手, つが帰っ, つ奇護言と称する, つ奥さんを御, つ奥州へ行, つ奨励はアメリカ, つひし美, つ奪略されるか, つ女御さんの所, つ奴わし達の居る, つ好もしい香りに, つ妙鶴の, つが云, つを尾行, つ姉川の水, つまつたか, つ始めなけり, つ始め二つの盃, つ始元の弁証法, つ委員によって管理, つ姫君を御, つ威嚇したか, つ娑婆へで, つ娘下女夜鷹とその, つ婚礼をした, つ婦人の操, つ婦人たちをよん, つに去られる, つから兄, つ嫂さんに詫, つ嫉妬に駆られ, つ子たちもさ, つ子めが, つ子め何かまご, つ子伯母親友先生の奥さん, つ子等と一緒, つあるの, つ存在論的構造に於, つ学問概念はこの, つ学者が娘, つ孫屋の縁先, つ學問も學問, つ宇宙怪人がやってくる, つ守りで高く, つ安否の気, つ安定するか, つ完成するとも, つ実現されること, つ実行しますかな, つ実践が自然, つ客観的意義を強調, つ宣戰布告がある, つ宮事もちて, つ宮居の, つ宮辺に立ち渡り, つ家康の足もと, つ家族のもの, つ家老の口, つ容姿さながら神, つ容子もなく, つ寂しい暮秋の, つ密議したか, つについて考えない, つ富籤から黄金, つさと, つ寝首を掻かれる, つ寢よなので, つ寢食も忘, つ寤めつするの, つにあわ, つ寧樂につけ, つ寶藏岳は自分, つ対局の機会, つ対象は例外, つ寿詞を申し, つ射撃を再び, つさを, つ尊い熱情である, つ尊敬する, つ小児を携, つ小半町ほど鎖駕籠, つ小屋を葺く, つ小山の陰, つ小樽へお, つ小説が書ける, つ小間使いが持て来し, つ少女の相舞, つその一片, つ尻嫁では布團, つ尾さへぶら下げ, つ尾三に竈, つを一つ喰, つ居催促だと, つ屋根から瓦, つ山夕冷早しくろぐろ, つ山腹に猛る, つ山腹鳴り凄しみ, つ山鳴りしづみつつ火, つ岩村に, つ岩根の上, つ岸辺の栂, つに椎, つ峰づたいに行く道, つ峰上の月, つ島やまとの國, つ島榜ぎ回む舟は釣, つ島流しにされる, つ島荒磯の玉藻潮干, つ島辺の花ひとつ, つの森, つを翡翠, つ嶋わの潜, つ嶋荒磯の鴎こゑ, つ巖中より滴り出, つ川端氏のところ, つ巡査に見つかる, つ工場主が気づくだろう, つ工藝の内面的意義, つ左近少将になった, つ巧みに平均, つ差しのぞいて, つ市井語が現代, つ市長が出来た, つ希望の有無, つ帝都となり, つ席上に現われる, つの間, つ帰りつして, つ帰京するとも, つ帰宅したん, つ帰省なさるの, つにはらい, つどんは, つ平御面蒙る, つ平真つ平, つ年アフリカゆ來し鰐怒り餌, つ年万里小路惟房卿をお, つ年久秀が室町, つ年他が叔父沢蟹, つ年寄り甲斐もない, つのよう, つめる, つ幽界に通, つ幾つかの歌, つ幾億の人類, つ幾日どことかで, つ広く黴臭い自分の, つの上, つを出られるだろう, つ座標であること, つをかへた, つ廃刊になる, つ廃帝を奪還, つ廣湖霞みたる見ゆ, つ建前があった, つはしつする, つ廻つて来ること, つあげて, つ引お前もまだ, つ引さ旗本屋敷の奧, つ引三人に見張らせ, つ引三輪の萬七親分, つ引二人迎へてあんまり, つ引五人に手傳, つ引五六人を狩り出し, つ引交りに, つ引全部を動員, つ引冥利お倉, つ引冥利一遍は見, つ引勘六の家, つ引奴ツ俺達はそんな, つ引奴何を言う, つ引奴俺が向う, つ引奴左吉松は二千五百兩, つ引富坂の勘助, つ引將軍樣の前, つ引御用聞に繩張, つ引志願でもあるまい, つ引手先の口, つ引扱ひに, つ引柳原の國松, つ引根性を無駄, つ引用はまず, つ引相手に吹聽, つ引警察制度の缺陷, つ引越しでも出来る, つ引達町役人まで顏, つ引陣の暴擧, つひぢ, つは観察, つを離れし, つ弱き子の, つ弱点と考えられる, つ張お前の通り, つ張ここで心, つ張つたかのやう, つ張つたのは場違, つ張つた丘の上, つ張つてそれを塚, つ張つて俗にい, つ張つて谷中の不動堂, つ張つて踏台になる, つ張むかしから画, つ張りあなたはよく, つ張りあれにち, つ張りお前がやつ, つ張りこれは錢形, つ張りさうだつたの, つ張りもとは半次郎, つ張りやくざ仲間の出入り事, つ張りやつてきや, つ張りや文字通り梃でも, つ張りわたしよりリイケ, つ張りアデェルの先生, つ張りバヾで可, つ張り一たん繩を打つた, つ張り下にも俺, つ張り不動樣の罰, つ張り不幸なん, つ張り乞食の子, つ張り二人の住居, つ張り二十金か十八金, つ張り二千五百兩の金, つ張り二本足のある, つ張り何か用, つ張り何んにも知らなかつたらしい, つ張り何處までも我々, つ張り佛樣の涙, つ張り來たの, つ張り俺と同じ, つ張り元の通, つ張り八五郎は格子, つ張り冠兵衞の幽, つ張り勇気がある, つ張り化物ぢやない, つ張り叔母さんね, つ張り合つたり, つ張り名ある泥棒, つ張り吾妻屋永左衞門が邪魔, つ張り唯の女, つ張り唯一人の義男, つ張り喜助が下手人, つ張り天狗の仕業, つ張り女よ, つ張り娘の忍ぢ, つ張り左樣か, つ張り心の奥底, つ張り急病でせう, つ張り懷手をし, つ張り成瀬屋の引窓, つ張り手代の伊之助, つ張り掌の上, つ張り明日からの生活, つ張り明日手術がおす, つ張り春だから, つ張り曲者はこの, つ張り最初は二本, つ張り植木を弄つて, つ張り機嫌ようして, つ張り此の山, つ張り此處だ, つ張り此辺から乗, つ張り氣取つてゐるん, つ張り法螺の貝, つ張り犬の死骸, つ張り生きとつて, つ張り生みの親と一緒, つ張り男に捨てられた, つ張り番頭が小用, つ張り當らないね, つ張り病気があつ, つ張り發表された例, つ張り眞珠太夫の人氣, つ張り石炭でしたが, つ張り神經衰弱の所爲, つ張り私一人の道, つ張り秋山家の門前, つ張り稻の穗, つ張り穴は塞い, つ張り竪に伏せ, つ張り義男にこの, つ張り自然にその, つ張り自首した林彦三郎, つ張り茶屋で食, つ張り薄墨と言つた華魁, つ張り蜜柑の食べすぎだ, つ張り血の還り, つ張り行田の手, つ張り要吉の通り, つ張り親だ, つ張り観に行く, つ張り識らず, つ張り資本主と勞働者, つ張り身體に可, つ張り運命だなあ, つ張り過ちだつた, つ張り鎌六ぢやありません, つ張り鎌鼬か何ん, つ張り間違ひが, つ張り阿彌陀樣のお蔭, つ張り障子の外, つ張り風は治らん, つ張り風呂の中, つ張り馬に蹴られ, つ張り髭を生やし, つ張り鴨川の水, つ張り麺麭を食つて, つ張ツつも正義, つ張人間は人間同士, つ張内も本所, つ張去年のこと, つ張夢ぢやなかつた, つ張年は年, つ張果樹園の方, つ張裁判官でも人, つ張雅楽多堂, つ張駄目なんぢ, つ彈丸が飛ん, つ当地に寇する, つ当家へ奉公, つ当面の困難, つ形式は過程, つ形現実の世界, つ形私のいわゆる, つ影響を及ぼし始める, つ役人が押しかけ, つっても人, つ後ろを見せた, つ後ろさまに身, つ従五位になり, つ得意客は待ちあぐみ, つ得点が他方, つ御みくらに, つ御世には甲冑, つ御国を地, つ御所へはいる, つ御来園まち上げます, つ御法のおん宣告, つ御返事願えましょうか, つ御馳走になつ, つ復讐されるか, つ微妙な恍惚, つ微笑せるを, つ徳川の手先, つ徳性です, つ徴集されるか, つ心地す, つ心構えが出来, つ心理的要素を暗示, つ心臓が停っ, つ心臓マヒを起す, つ心臓麻痺が起る, つ必然性によって成り立つ, つ忌々しい首くくり野郎めが, つると, つへつする, つ応召するか, つ応接室を出られた, つ忠兵衛が弱音, つ快くあたりを, つ忽ちに勇士の, つ怖いなんて言いました, つ思想文化を民衆, つ急ぎに急ぎつ, つ怨嗟の流れ, つ怪塔ロケットのあと, つ怪我さえしなかった, つ恋しいお顔, つ恋ひつ泣くを, つ恍然立てる梅子, つなき子, つつ掻口説, つ息気を引き取る, つ悩ましさ逃れ, つ悪いことを, つ悪くなって, つ悪者どもが官庁, つ悪魔のよう, つ悪魔そつくりに顔ぢ, つ悲しそうに, つ悲哀と激昂, つ悲鳴を上げ, つ悶々のたうち返る美人, つ情けは人, つ惑溺するかも, つ惟任ひゅうがのかみのはんぎゃくにくみして安土万五郎, つみは, つ意味内容はおのずから, つ意味相互間の関係, つ意義が著しく, つを演ずべきでない, つ愚かなること, つ感情の嵐, つ態度を強化, つ慘然と, つれたり, つ憑むところは矢一筋なり如何せん, つ憩ひつ幾つかの歌, つ懇願又懇願, つ懸念から生ずる, つ懼れつ売り手の目, つ成仏するか, つ我が丘を, つ我同僚の探偵吏, つ我筆に上りし, つ我等三人は一疋づつその鯛, つ或はなだめつ得意客, つつと, つ戦端を開く, つ戦雲が捲き起らない, つむれかとは, つふ有, つ戸外からはいっ, つ所得を得るであろう, つなどひらめかす, つ手ここに御池, つ手持無沙汰そうに侍, つ手桶の水, つ仰ぎて, つ払いのやう, つ払つた阿父, つ払つたひと組の連中, つ払つたミン平がそんなこと, つ払つた久良の老父, つ払つた夏川が梯子酒, つ払つた女がひとり舞, つ払つた寅さんが私たち, つ払つた年賀でなし, つ払つた彼よりも私, つ払つた悦楽の時間, つ払つた洋服男がわりこん, つ払つた王様はひどく, つ払つた秀一は門柱, つ払つた秀吉に切支丹, つ払つた総理大臣といふもの, つ払つた頃あひ, つ払つておしやべり, つ払つてむやみに威張つ, つ払つてやつてき, つ払つてゴロリとねむる, つ払つて不味が無感覚, つ払つて人目も憚ら, つ払つて円タクの中, つ払つて呪ひを, つ払つて唄つたり, つ払つて外へでる, つ払つて夢中で此処, つ払つて女に狎れない, つ払つて始末がつかない, つ払つて家に帰り, つ払つて帰つてきた, つ払つて帰つて行つた, つ払つて帰途を失つて, つ払つて年始にやつ, つ払つて幸福なもの, つ払つて店へ現れた, つ払つて意識不明のところ, つ払つて我家へ帰り, つ払つて東京行の汽車, つ払つて海辺へ小用, つ払つて田甫道なんかに寝, つ払つて貰つた弟が兄, つ払つて踊つたり, つ払つて軽口沁みた洒落, つ払つて鮪の刺身, つ払はずには居られない, つ払ひよチヨツ誰の為め, つ払ふために空砲, つ払らつて山路にぐうぐう, つ扶持にはなれ, つ批評に就い, つ把握は無から, つへつする盃, つあるごと, つ押収されるか, つ押籠められたか, つ拂つた多之助, つ拂つた幇間なんかに附き, つ拂つた樣にからり, つ拂つた水夫等が氣, つ拂つた眞似なんか, つ拂つて下男部屋へもぐり込んだ, つ拂つて二臺の大八車, つ拂つて井戸へ落ち, つ拂つて人の云, つ拂つて人々が開け, つ拂つて人間が變, つ拂つて八五郎に見張らせた, つ拂つて夜更けに歸, つ拂つて平次はもう一度, つ拂つて手代喜三郎とたつた, つ拂つて日が暮れる, つ拂つて昨夜遲く歸つて來, つ拂つて歸つたところ, つ拂つて歸つて來たこと, つ拂つて燒け死んだ, つ拂つて管を卷い, つ拂つて自火を出し, つ拂つて貰ふわけ, つ拂ひと囃し立てた, つ拂ひも武家も御用聞, つ拝見致される事, つ拝謁しても, つ拳ぢや男, つ拳一つぢや斬り結ぶ, つ拾ひつこの命, つ捕縛されたる廿四名, つ捜査にふみ込まれる, つ掃除したとも, つ授乳と受乳, つ掛つて行つた, つ推薦状をもらっ, つく男女, つ撤廃するか, つ撮影したん, つを破っ, つ攀登らんとあせれ, つ攫つたのは誰, つ放送になる, つ政夫さんに隔て, つ政治家に成り下がった, つ政治性に対応, つ故に理性的である, つ故事に言ひつぎ, つ故障が起る, つ救助を乞, つ教えを受けし, つ敢然と自殺出来る, つをまし, つ敵名乗をし, つ敵国の軍艦, つ敵船をさぐっ, つ數刻酌交せしが, つれるか, つ文ども読む折, つ文学も芸術, つ文芸についてはそう, つ断乎たる語気, つ斯くたまさかに取出る, つ新しい落磐を, つ方みち買はない, つ方ブラ下がつて, つ方一夕出窓の外, つ方三方ヶ原で万千代さま, つ方事は番町, つ方大納言殿の直衣, つ方春とはいへ, つ方浮世は花, つ方灯火美くしき長崎, つに出る, つ旗本と安, つ既に一年有余の, つ日々工事捗取り肩疵, つ日さへも靡き寄る, つ日つぎの御子, つ日一つわが上, つ日向に浮かぶ, つ日嗣は必ず, つ日嗣世々宸極を御し, つ日女の命, つ日常性の特色, つ日本左衛門は息, つ日本語の一つ, つ日除かな, つ日頃の智慮, つ日高日子波限建鵜葦草葺合へず, つやポッポッ, つ早く早くと優しく, つ旭川からかえった, つ昇りつして, つ明けの日, つ明け方までに厠, つ明りつ, つ明日の敵, つ明白感を根拠, つになつ, つ星合のこの, つ春日山もみぢにけら, つさがり陶器師, つ時世とを見, つ時代の僧, つ時代的意義に就い, つ時分帰つて見えますか, つ時分歸つて來るの, つ時汝最も多く, つ時私は範疇, つ時計を買う, つ晒しの細道, つ普請を終る, つ晴勇士と見え, つ暖簾を分け, つ暗黒の領, つ暴動が起る, つ暴行を制せ, つ書斎なる小, つ謹ましげに, つ最中ぢやありません, つ最中といつても東海坊, つ最中下座の賑やか, つ最中昨夜若旦那の福松, つ最中至つて粗末な樣子, つ最中血潮と線香, つ最悪な立場, つ最近の数年, つ會つて見ても, つ月草の移れ, つ樣に, つ有名な歌舞伎座, つ有様となった, つめしあがれな, つ服煙草を喫つて, つ望遠鏡から得られる, つ朝鮮へ行く, つ木村研究所の後援, つ訓練の, つ縄に, つ本流の演芸, つ本質的な特色, つに凭, つの人たち, つ村重どののうわさ, つなげ捨てて, つ束擔ぐんだつてわし等口へ出し, つ束髪に結った, つ条件をそれ自身, つ来襲するの, つのやう, つ東京大阪にない, つ東印度大学がヘイリベリ, つ東洋の学, つの梢, つ松明の火, つ松蔵は大, つ果報を実証, つ果樹園の中, つしで, つ枯山や楡, つ枯草や家畜, つ栄光が展開, つが絶たれ, つ根っこの底, つ根底的に歯, つ根本的な併, つ桂井とかい, つに腰打ち掛け, つ桜皮を正しく, つ梅子の胸, つより落つる滴り, つ棒立ちになっ, つがある, つ椅子を用いる, つ検問を受けない, つ検査官出せ殺して, つを突い, つく少数, つ極悪佞奸の人物, つ楽しみもない, つ楽屋へ這入りました, つ構成されたかは, つ構成原則を使っ, つ標準は何, つに言つて, つ権利のこと, つ横ざまに薙ぎつけ, つつとい, つの銀, つ機能こう進昇コウなどと読み, つ機関では決して, つの蔭, つ欄干の饗宴, つ欝金の掩, つ欠け婆ばかりの出, つ次元である, つ次第次第に狂乱的, つ次第に数を, つ欧風エティケットの表面性, つ欲望の実現, つしつし, つ歇むとも思えぬ, つ歇んだかを, つはしめ, つ止みつす, つ止むとしもあらなくに米ひた惜む冬, つ正しともあやまれり, つ正しい質が, つ正中ノ変みたい, つ正当な理由, つ正義を主張, つ正覚坊ここは正午, つ正道を, つ此包圍を破り, つ此奴の用捨, つ此男例もながら慓輕, つ此處に當午年九十九歳, つ此處閑窓のうち机上, つ此責を免, つ武芸者はなお, つ武蔵が旅籠, つ歩みで常に, つ歴史的意味がどう, つ歸つたのだい, つの床, つ死刑囚として卒業歌, つ死屍は野, つ死闘をくりかえした, つ歿ったの, つんど, つ残らず大事にしもて, つ段々と辷り行く, つ母さんこれで見える, つ母さんさへ承知, つ母さんそつくりに見えた, つ母さんちよつと, つ母さんキスをし, つ母さん今日はもう, つ母さん施療院で死ん, つ母さん晩ごはんがまだ, つ母さん檢温器はどこ, つ母上と会う, つ母樣の不, つ毎日毎日日もすがら繰り返し, つ毒死しても, つ毒殺されるか, つ比例に依存, つ比天皇埴安の堤, つ比良坂の傳説, つ比重が著しく, つ毛利根の水上, つ毛榛名のみ湖雲, つ毫も屈する状無し, つ気味の悪い, つ気持ちの汲みとれる, つ気狂いになった, つ氣無しの健康, つ水底に, つ水影の押, つ氷河がやってくる, つ永遠に噛みつづける, つ汗みずくになっ, つ江陵へ着くだろう, つ池田京水の門, つ汲取りに行っ, つ決心をする, つ汽笛を鳴らしつ, つ汽車汽船が便毎, つ沈默の闇, つ沖合にあらわれる, つ沙汰をし, つを離れた, つ河原でこね合っ, つ治つたともなく, つつ竟, つ法螺の貝, つ法衣の袖, つに似, つ波なに一つ飛沫をあげぬ, つ波来寄る荒巌, つ波間からとび出し, つつ爭さうに番頭久兵衞, つ泥君が現れ, つ泰助に眼, つ洋服など身ぐるみ, つ洋燈もやっと, つ洋行なさるの, つ洗礼をお, つ津賀閑山の気, つ洪水になる, つ流れに添う, つ流氷に舳, つ流行して, つ浅間の山, つはれるかも, つ浚つたと思ふ, つ浚つて行くと, つ浜松へ行っ, つにさらわれる, つ浪きらく気ままに遊ぶ, つ浪千重に隠りぬ, つ浪来寄す浜辺, つ浪浪消す烟, つ海中へ投じられた, つ海千山千なんて吐かし, つ浸水するか, つ淋しがるやう, つ淋しい秋の, つ淑徳の例, つ深い雪が, つ深き流は, つ混乱する, つからぬお, つ清洲からいかなる, つ減退するとも, つ渡來せぬとも, つ渡瀬の板橋, つ温かいぞよ, つ測量に来ただろう, つ渺々の海, つるは, つへつし, つ満山を血しぶき, つ満足なる者, つ満身の力, つ源泉により補給, つ溪間の泉, つ滑りつして, つ滝円石桜の木方面, つ漆葉のごと, つ漫語のやう, ついつ, つ潜りつして, つ潮来には来し, つ潮風が為吉, つ潸然と泣出, つ激しさを, つ濃き髪を, つ濃く取廻すと, つ濺ぎつはてしなき雨と涙, つ瀬川さま私しの, つ瀬遙かにたなびく, つつけて, つ火星人たちに襲われる, つにうもれ, つ灰色のすゑ, つ災難が来, つ炭売車の後, つ為十郎となっ, つ為本性とはぐっと, つ烈しい二つの, つ焉んぞ雄心勃如たら, つ無軌道に駈け廻ります, つ板へ, つ煙草を吸った, つしあふ, つさい, つ煩ろうていつ, つ煽動に消える, つむか大きく, つ燐火は消え, つがこてえられねえ, つ燦爛の甲, つ爆破するか, つ爪先踊りをやっ, つ爭さうに番頭久兵衞は左右, つのそば, つ父上は弟, つ爽旦かねて, つ片手をもぎ取られる, つ片目一人この船, つを生じ, つが途, つ牝狼あり肉, つ牡丹桜の風雨, つ物理学的世界へそれ, つ物理的空間は, つ物畑つ物, つ物質の部分, つ特権といえよう, つ特權である, つ特殊性との関係, つ犬殺しにやられる, つ犯罪者は得て, つ狂ひつどしめくなり, つ狂気のよう, つを追, つ独り笑む掌, つ独特の魅力, つ独立して, つ独自性を常識, つ独逸へおいで, つ狭き梯子ギシつかせ, つ狭心症を起す, つの野郎め, つ献酬がはじまった, つの黠智, つ猶予う色, つ猿轡さえ噛まされ, つ玉ぢやない, つ玉藻をかづく, つ王大殿に火, つ王天皇を取り, つを出し, つ珠鹽乾る珠并, つはれるの, つ現代人は誤った, つ現実に得られる, つ現実社会に対する今日, つ理論の出発点, つ琉球はその, つ生々發展の宇宙, つ生命を失う, つ生産物を産出, つを十町, つ田上山はあや, つ由緒ある小農, つ甲州へ来, つ甲板へ飛び出し, つ男女の者, つに来, つ留さんに惚れた, つ畝りつするの, つ異常な強味, つ疑心は暗鬼, つ病死するかも, つっ, つる見込み, つがある, つ発生しないと, つ発覚するか, つ発足するつもり, つ発送されるか, つ登場するか, つ白い弱さう, つ白い細く揃つた齒が, つ白みつ立ち狂って, つ白刃の下, つ白浪立ちし来らしも, つ白浪高からし, つ白状するかも, つ白面の若, つ百年すでに健全, つ百樹がじかに, つ苦笑し, つ皮のと附屆, つは二個三個, つ盗賊を止めたい, つ盗難を発見, つ監獄にわれ, つ目付かったろう, つ目白遊べり二タ椿, つ目的を加えれ, つ目通りを与える, つ盲目になる, つ直ぐに走つて行, つ直にぐんぐん駛らせる, つ直接的な性的欲望, つ相合傘で通る, つ相州屋を出た, つ相談なし居たる, つ看守が扉, つで昔, つ眞實がある, つ真先なるは, つ真剣を抜くだろう, つ真理形態に外, つ眠りつ今日ぞ一週, つ眠ッたか, つ眼しばだたきて, つ眼鼻がつく, つれよる心, つ瞑想の闇, つ瞬きしたの, つ矛盾的自己同一的世界においては作られた, つ矢那瀬寄居もまた, つ知覚であること, つ矯正出来るか, つ石ぶりをながめ, つ石獣の影, つの音, つ破壊せられるか, つ破綻を来す, つ硫黄の炎, ついたしました, つ礼拝しつ頭, つ社会を考える, つ社会的な重大意義, つ社会的リアリティーは云う, つ社会階級的意義をば私, つ祖サモスなるエピクロス師, つ祖中臣の氏, つ祖先は討ち, つ祝詞以外の文句, つ神主サンが高山, つ神代は, つ神号は脚摩乳, つ神同化の事業, つ神国つ神, つ神大山津見の神, つ神奈川へ出向い, つ神妙に引込ん, つ神様から召され, つ神祖の其の, つ神空にことわる, つ神諸の命以, つは村, つ禧笑する者, つ私ひだね, つ秋蘭の足音, つに対して極めて, つ科学と世界, つ科学的な意義, つ科学的世界の具体的, つ科学的夢幻派の色あい, つ秘密結社やその, つ秘術を尽し, つ程人を馬鹿, つ程四時が怖い, つ程川のかたち, つ程後をつけよう, つ程戸締りを嚴重, つ程物騷ぢやない, つ程筋が宜, つ程緊張して, つ程罪が深い, つ程苦勞性だわ, つ程要心しねえと, つ程遠くから來, つ程間拔けなお, つ種類の厳正さ, つ稲葉太郎荒象園の鬼門, つ稼ぎに骨接, つにまで持つ, つ穀物地よりも少量, つ積りて山, つ積極的な貴族的役割, つ穴倉へ行つて蜜酒, つ空げに事, つ空襲がある, つ空間乃至時間, つ突っ立ったか, つから外, つ窯一個だが, つ立ち乍ら云つた, つ立ち消えになる, つ立ち風を切り, つのごとく, つ極尽, つは土間, つ童男のきよらさ, つ端六尺くらゐも, つ端女優として出演, つ端折をし, つ端旗本や安, つ端詰つた思ひで, つ端詰つて如何にせ, つに見惚れ, つ競売になる, つ笑ひつ何処やらの人, つを傾け, つ此れつきりだ, つ筑前をあざむい, つ節々空を打ち仰ぎ, つ節ぢやない, つ節供の日, つ篁出でむ, つ篠田を一瞥, つ米国辺りではこの, つ粉碎されるかも, つのやう, つ精密の概念, つ精神の性質作用, つを染める, つ糸子が面, つのよう, つ紅いけに泣き脹らした, つ紙屑同然のもの, つ紙幣のこと, つふべくも, つ素人で幸い, つの雲, つ細君も困る, つ細語く程, つ終になるの, つ組み合つて居りました, つ組合ひなんか以ての外, つ経験に反する, つ経験指導の指導範囲, つ結晶を始め, つ結果になる, つ統一への意志, つ絶頂に白雲, つ綜合の美, つはふ, つ綱延ふ, つの黒髪, つ線分に一応, つるかと, つ締めなきア癖, つ縊つて見せるだよ, つ繃帯を取り除け, つ織物に適せ, つ繩海苔来る時, つを巻き, つ罪作りな奴め, つ罪国つ罪, つつ思ひ廻せば, つ羊毛の, つ美しい色彩である, つ美的箇条はその, つかしい言葉, つうら, つかくやく, つ習いおぼえたもの, つ老公が帰られ, つへたでせう, つもその, つ聖いま顕れよ天譴, つつ兩人, つを抑, つえるばかり, つ肉身に死に別れ, つを嘗められ, つ肥前平戸の年, つ肥料を何回, つのめぐり, つ我が筑紫なり声, つ背中を橋, つ能力そのものであって, つ脅迫暗殺の白刄, つ脈音がひびい, つに持つ, つを抜かしました, つ腹黒きおのが, つ即中, つ自ら寐ころびても, つ自分達の傍, つ自国語を純粋, つ自宅に帰った, つ自己もまた, つ自殺して, つ自然のお, つ自由な国, つ自身いつか拙者に申し出た, つ自首して, つ至極尤もな, つ舞台にかけられる, つ船女が, つの四方, つ艦首から縹渺, つ暫し酒宴, つ良人までを道具, つはこんな, つを刈り始める, つ花巻に着ける, つ芳さまはどう, つが出る, つ苔香園との話, つ若い衆の棒押し, つ若子が女, つ苦悩そのものまでも, つ茅萱がむら, つ茅野ばら小笹の類, つ茶けた櫟林や坊主, つ茶けた色になつて, つ草花を採っ, つ荊州の背後, つ荒き壁の, つ荒わしの足, つ荒土と, つ荒布採りの海女一人, つ荒木と出逢っ, つ荒磯の白い, つ荘厳かもしれない, つ莫大なる持參金, つ菅曾を本刈り, つの, つ葉一本でも盜, つ葉娘もあつ, つ葉折つちよつて來, つ葉旗本などが御大層, つ葉服の旗, つ葉武者なの, つ葉汁をたべる, つ葉記者で不遇, つ著しいイデオロギー性, つ葡萄酒の如き, つけろ, つ蒼い苦しさう, つ蒼然たる夕べ, つ蓋然性はなく, つのつや, つの風, つ薄暮に至る, つ薩摩や長州, つの生, つ藪蚊を袖, つ蘭丸にのっそり, つは洞, つ虎蔵は寒い寒い, つ處ぢやどう, つ處らえ, つ處奇態だな, つ處眞に多大, つは飛んだ, つ因って, つ蛙子あそび恍け池, つ蜂起するか, つの姿, つ血戦の場, つ衆人は直に, つへも知れず消え失する, つ行く手は大和, つ行く末は真, つ行年三十六歳といふ小, つに遊ぶ, つ街路を転げ廻っ, つ衝動と共に生, つ表象であったこと, つ表面に現れる, つをつかんだ, つふるき世, つ裏切りをし, つ裸かになつて骨, つ裸ぢやありません, つ踏み乱して, つ襲つて来るか, つ襲撃されても, つ西への道, つ要素体系は云う, つ見納めになっ, つ見習士官の家, つ覚むべくもない奇仙泰軒, つという親, つ親たちの許し, つ親元へ行っ, つ親父様の, つ観念のすべて, つ観念性だけに注意, つ観念的な力, つ覺めつ眠りつ, つ覺束なくも, つに大鹿, つ解散されるの, つ討死を遂げる, つ記憶に基く, つ記録は有力, つふるなり, つ評定役になられた, つ試みに彼, つ試合っても劣った, つ認識論上の機能, つ語りつして, つ説教が終る, つ説明し得たか, つ読書に疲れたる, つ調和がつく, つ調所が声, つ談笑しなければ, つへり, つ請求されるか, つ諏訪縁起に見えたる, つし合したもの, つると, つ警備をし, つ警官が来, つ警官隊がおしかけ, つ議院のため, つ貧しき街の, つ貧乏を誇りました, つ貨幣額で貸, つ責めらる, つ貴島をとらえる, つ貴金属類が貨幣, つ買手がつく, つ費用と同じ, つ資格がお, つがもどっ, つ賊徒誅に伏す, つかしつし, つ購買力について論ずる, つ赤き浮標見居り, つ赤ちゃん産むん, つ赤裸東作は行燈, つになつて俯, つ足ばやに歩きまわった, つ足らずの口調, つ足早に行きたい, つ距離の外, つ踊りつ来懸ったの, つの強き騾馬二頭軛, つ身の上となったであろう, つ身上を渡す, つ身震いするか, つ身顫いする林, つ車力になった, つ車来たりぬ起つとも, つ軍務のため, つ軍勢進む足もと, つ軍医学校まで卒, つ軍艦が出帆, つろばぬ, つ輸出貨物を有, つ轉すかだな, つ轉びつして居る内, つ轉んだの, つ辛くも立ち起がりて, つを申しあげませう, つ辞儀するごと, つ辻斬に逢う, つ辻村さんが歸, つ込み度くないよ, つ込むとしゆうつと一度に收縮, つ迄にはそこでは, つ迄はつぼみかな, つ迎いに来, つ近頃どうか致して, つ返済できるか, つ分宿の, つ追放となる, つ退出したか, つ退職なんていったん, つ逆様に転, つ逆様ドタリと音, つ逆襲して, つん出される, つ途中で敵, つ通しに飛ん, つ通り存在の形式, つ通過しても, つ連中ばかりだ, つ連絡使を送る, つ連続では無論, つ連続的であるに, つて下界, つ遊びたわむれて, つ遊説者を派し, つ運りつこの環, つ過去世もまた, つ過程がある, つ道楽は少, つ道樂は少, つを他人, つ遠方から泊り, つ遠洋航路につく, つ遠近と夜, つ遭つても, つ遺物がそれぞれ一品一品, つ避難命令が出ます, つの中, つ部分を極度, つ部分的な効果, つ都城一たび破る時, つ配給になる, つ酬えつ酒を飲ん, つ酬れつ飮みながらとは, つ酬れつ飮居たりし, つ醉ひつ筆振れば, つ醸造業者は多量, つ里春を殺った, つ里村が出, つ重吉のため, つ重大さに就い, つの, つ野生な激情的, つ野草の匂, つ野鍛冶でありましょう主, つ金山加佐米山雪ふりつめり妹, つ金木を本, つ金沢からもう一度, つ金眸大王に事, つ金網あり, つ釣竿屋が釣竿, つ釣繩のくるしき, つ鉄拳がとぶ, つ鉄瓶はやや, つ銀平の来かかる, つを拂, つの羽, つ鎮静の時, つ長い監獄署の, つ長き年月日は, つ長崎から帰っ, つ長野へ出向い, つ門外に出る, つ門弟はとにかく, つ開通するとも, つ閑枝の目, つ閑談稍久しき後, つ関心が直接, つりとして, つかつて目, つ降りになる, つ降伏致すと, つ陥没しないとも, つへ上がれる, つ陸地にめぐりあう, つ険しい顔を, つ階級は明, つひ来れる油売, つをねらっ, つはその, つ隣人として公平, つ隱れつ天に聳, つ雄たけび交わして, つ雇傭する力, つ雑然とし, つ雑賀屋からお, つ雑魚のよう, つ離りつはた戻りつ, つも滴, つ電話で連絡, つの泉, つ霜夜の鐘, つ露顕するかも, つれ上るかも, つ青い雨上りと, つ青く咲いて, つ青黒い海水を, つ面これは彫つ, つ面ひとつ見せないのよ, つがぬがれた, つ靴下を取得, つ鞍無しに乗る, つ音小鳥の声木立, つ音羽の村, つ頃あちらへ帰られました, つ頃あなたのお, つ頃うちへかえる, つ頃お前は追分, つ頃お気がつかれた, つ頃がんりきの百, つ頃これを慥, つ頃それが感じられ始めるでしょう, つ頃シンガポールへお, つ頃上京して, つ頃世間でもつとも, つ頃乗合馬車がその, つ頃乘合馬車がその, つ頃來て呉れる, つ頃僕はこんな, つ頃出発致候や, つ頃出立するな, つ頃厭になるじゃろう, つ頃如水氏などの連中寄合, つ頃姿を消す, つ頃尾張の頼盛, つ頃帰宅しましたか, つ頃店へ來, つ頃御覧になれる, つ頃御覧済になりましょう, つ頃手帖にかきとめ, つ頃掃除したの, つ頃朝鮮へ着かれるだろう, つ頃歿したかなども, つ頃演らはりまんね, つ頃目白にかえる, つ頃約束済になった, つ頃結婚なさいましたな, つ頃花聟さんの方, つ頃藤村屋新兵衞方にて買わん, つ頃逐電いたしたか, つ領土は結局, つ領域をば他, つ頭脳のよ, つ頭蓋の, つ頭領から籠城, つ頼み入此金子, つばせ, つをいびつ, つ願望は大抵, つ風呂に入った, つ風山吹きおろし息, つ風情があった, つ風暦の上, つ風車となつ, つ風邪を引込む, つ風雲によってどう, つ飛びかふ雲に見, つ飛び火がした, つ飛行機から爆撃, つ食事をし, つ飢ゑたる獅子は勇め, つ飮合いが其好む所, つを食べられる, つ飾磨の家, つをつく, つ餌壺が満, つになる, つの匂, つ馬洗ふ人, つ馬賊に出会す, つ馬車の駈くる, つ駕籠を尾行, つ驅けたが女, つ驅けたやうですが, つ驅けたんですから, つ驅けた時は二人, つ驚ろきも, つ驟雨が来る, つ髑髏を見, つ櫓楼の, つ高氏がいいつけた, つのもと, つを漁つて, つ鳥くだかけも能くすなる, つ鳥さへ, つ鳥来鳴き翔らふ, つ鳥鴨のかしら, つ鳥鷄の匂, つ鴎外から弟子, つ鵜飼邦太郎であって, つや兎, つの響き, つ鷹巣山と峯, つ麻布小ぶすま, つ黒い暗面を, つ黒しながら, つ黒焦げに燒, つい今, つに成つ, つ鼓動の響き, つ鼓賊と玻璃窓, つ龍平を殺しました