青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ちの~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ちがい~ ~ちがう ちがう~ ~ちがっ ちがっ~ ちがった~ ちっと~ ~ちっとも ちっとも~ ちと~
ちの~
ちゃん~ ~ちゃんと ちゃんと~ ~ちや ちや~ ちょ~ ちょい~ ~ちょうど ちょうど~ ~ちょっと

「ちの~」 1877, 18ppm, 6334位

▼ ちの~ (157, 8.4%)

5 を見 3 がいい 2 だ, でもどんどん, に顔, へ歩い, へ行きました

1 [139件] からこの, からタグリ, から拒絶, から明き, から来た, から此処, から行つて, から頬ッペタ, が, がありがたい, がいくらか, がうまい, がまごついちまつた, がもっと, がもつ, がよかろ, がよく, がバカバカしく, がムリヤリ, がヨッポド, が人気, が却つて半信半疑, が困, が境, が大きい, が大事, が大分へま, が少し, が強い, が早く, が時日的, が朝, が楽, が正しい, が火事, が生き甲斐, が表, が近く, が道順, が遙, さ祭る, だん, だ秋山, でし, で偸嘴, で待つ, で甚大, で翌日, で顔見知り, とちが, にお, にできました, には小豆, にも之, にも覚悟, に寺錢出來, に引き返し, に引つ張られ, に引張られ, に戀人, に眼, に運ん, のそれ知つて, の仕事, の座敷, の捕虜, の酒樽, はえ, はおま, はそれどころ, はどう, はよう, はガラス, はレンズ, は助からない, は嚴, は悪く, は永久, は物, は相手, は私たち, は血, は誰, は酷, は魚, へ, へご, へそれ, へたんと, へと引張つ, へと遣つた, へどんどん, へもど, へゆがん, へ來ちや生, へ向い, へ向け, へ引戻そう, へ往ッ, へ手, へ投げ, へ押し, へ指, へ来, へ流れ, へ自宅, へ行, へ行った, へ行つた, へ走りました, へ越し, へ転嫁, へ進ん, へ過ぎつ, へ適當, へ隠し, へ駆け, へ駈け, もつひ張りこん, も年, も矢, よ汝, をすかし, をそ, をやつ, を向い, を売つ, を廻つて, を思ひだし, を手傳, を拝ん, を指し, を見なく, を見ました, を見上げた, を選ぶべきだ, を選ぼう, ヘと勤める, 酷く威勢

▼ ちの~ (46, 2.5%)

3 へはいっ

1 [43件] からウシッ, から塔, から小林君, から見知った, では, でも群, で光った, で刀, で白兵戦, で話, で魔人, にすばやく, にはいっ, にはいった, にはバイオリン, には互いに, には黄色い, にもこ, にチラチラ, に一匹, に二つ, に交つて, に入っ, に土手, に姿, に戦ふ, に物, のあかり, の一本, の花, へかけこん, へどうして, へ入れ, へ地球儀, へ駈け込みました, までくま, をよく, を三人, を歩い, を縫つて, を進み始めた, を雨がっぱ, を青く

▼ ちの~ (32, 1.7%)

3 をくぐっ 2 から聞こえ, に刻々, を私

1 [23件] から暮れ, から浅い, から漏れ, から高く, だけで羞, である, ですけれども, にしょんぼり, にすけ, には喧しく, にひらけ, にもそれ, に一つ, に出, に割り込ん, に暖かく, に行なわれ, の細道, を向こう, を吹い, を見つめた, を通して傾斜, を通して恵那山麓

▼ ちの~ (30, 1.6%)

16 とつ

1 [14件] たずねくださるの, ぢいさん, つかさま, ほ空, 仲間入りは, 医者に, 嚊も, 星さんが, 母さな, 母ん, 母アはんに, 母アはんも, 父さ, 父さから

▼ ちのよう~ (21, 1.1%)

2 なこと

1 [19件] であったが, なこんな, なもの, な人間, な兎, な口調, な気, な者, な藁布団, な遣り方, にどろどろ, にひびい, にやっぱり, に戦場ガ原, に振り廻す, に複雑, に見える, に話し, に電話

▼ ちのこと~ (17, 0.9%)

2 です

1 [15件] だわ, でしよう, でもが気, で目, なんて, にいちいち, はしんぺえしねえでおくんなさい, はよく, ばかり無, ばかり話し, をくどくど, をなかなかよく, を言っ, を話し, 何とで

▼ ちのあいだ~ (14, 0.7%)

1 [14件] にちらちら, にものものしい, に絶えま, に黒い, のこと, のわたし, はうす暗く, をあちこち, をくぐっ, をくぐりぬけ, をさびしい, を夜光, を急ぎ足, を探る

▼ ちの~ (14, 0.7%)

41 でどっち, でみんな, でモチ竿, で何, で土牛, で待って, で思へば, で毎日, で食, 餌代まで

▼ ちのけに~ (13, 0.7%)

7 して 1 されて, した儘, しやれ稽古, よく他, 慌てて, 珍しい笑

▼ ちの日本~ (11, 0.6%)

1 [11件] として当然, のすべて, のまじめ, のブルジョア思想家, の世相, の何, の学生, の文学, の文学者, の現実, の社会

▼ ちの~ (10, 0.5%)

2 ふこと, ふことも 1 はう, ひ分, ひ分つて, ふとほり, ふ事, ふ意味

▼ ちの~ (10, 0.5%)

1 おひとつ, で, とでもいう, とも言, とも言えまい, と饒舌家型, に限つて, の魂魄無明, は京町, 措いて

▼ ちの~ (10, 0.5%)

1 からもこちら, でも財産, なんぞぢ, の内, の縁側, は普段, へこうして, へ住みこんだ, へ引越した, を探す

▼ ちの~ (10, 0.5%)

1 がのびのび, が二重, にまで重重しく, にもない, の動く, の推量, の裏側, をもて, を推量, 寂しい折

▼ ちの方角~ (10, 0.5%)

2 からどう 1 から迫撃砲, に行く, に見, に違い, へ, へつい, へ歩, へ行きゃあがった

▼ ちの船大工~ (10, 0.5%)

2 から青, に頼め, の工場, の跡, はつぶれた

▼ ちのもの~ (9, 0.5%)

32 だと 1 が無, だぜ, にさ, は損

▼ ちの向こう~ (9, 0.5%)

1 におすわり, にころがっ, にどっかり, にひとり, に二台, に古稀, の正座, へ消え, 二歩の

▼ ちの~ (9, 0.5%)

1 からで, で, なりと, にこだま, のなか, の中, の自然薯, へお, へ沈む

▼ ちの気持~ (9, 0.5%)

1 がわかる, が安らい, でよる, で黙り込ん, とは違います, まで重苦しく, をとら, をみすかされたら, を母

▼ ちの~ (9, 0.5%)

2 はそれ 1 が答, とわかりました, の影, の木, は拳, は石川淳, を泊内

▼ ちの~ (9, 0.5%)

1 からかたづけ, さえ纏まれ, にし, にまぎれ, に気, はこれ, はもうす, をきこう, を聞く

▼ ちの~ (9, 0.5%)

1 がかすか, が夢, が起った, が都, そういう物音, などもいたしました, も威勢, やかんな, を遠く

▼ ちの~ (8, 0.4%)

1 で優し, で目, に, にある, にも多く, の男, へとん, へ置いた

▼ ちの世界~ (8, 0.4%)

1 でどこ, で最も, で語られ, とこつちの世界, になっ, にほんとう, に共通, はこの

▼ ちの田甫~ (8, 0.4%)

4 へ, も

▼ ちの部屋~ (8, 0.4%)

2 から門 1 にも何, に寝台, はスチーム, へくれ, へ月, も開い

▼ ちの~ (8, 0.4%)

4 でも或は 1 にかくれた, にたたずみ, にちゃんと, にぴたり

▼ ちのかげ~ (7, 0.4%)

1 から母, にわら, に同じ, に立ちどまっ, に隠れた, へ, へでもほうり出し

▼ ちの~ (7, 0.4%)

1 で命, には落葉, にフォーシュルヴァン, のへん, も暗く, を吹き払う, を散歩

▼ ちの~ (7, 0.4%)

1 しか言, です, でそんな, で泣く, で苦しめる, は忘れた, も残らず

▼ ちの言葉~ (7, 0.4%)

3 でいえ 1 が先方, だつて, で申せ, に耳

▼ ちの~ (7, 0.4%)

1 が赤く, に切迫, に如何, も立つ, をかき, を注目, を潰しやがる

▼ ちのあと~ (6, 0.3%)

1 がだんだん, が残っ, で松葉, に生え, のこと, をかすか

▼ ちの勝手~ (6, 0.3%)

2 じや 1 だ, だといふ, と腹, にさし

▼ ちの~ (6, 0.3%)

1 だったが, でした, にもさぞ, に通った, の児, の唇

▼ ちの~ (6, 0.3%)

1 ぐらいある, のくら, のくらい残しました, をたべあきた, をひと, を三つ

▼ ちの~ (6, 0.3%)

1 で営まれ, で聴い, で行, にはあった, へ往き来, へ橋

▼ ちの生活~ (6, 0.3%)

1 からくみとられた, から導きだされ, とはこういう, と孤児たち, に比較, は然し

▼ ちの~ (6, 0.3%)

1 じゃア, じゃア仕様, で, にできた, に人, は窪地

▼ ちの~ (6, 0.3%)

1 じゃない, だ, には全く, の玉, は由平, は痛く

▼ ちの若い~ (6, 0.3%)

1 ひとの, ガスボデイン, 主婦の, 心が, 日本の, 頃に

▼ ちの~ (6, 0.3%)

2 をど 1 がごく, がろ, を帰れ, を行つて

▼ ちのある~ (5, 0.3%)

1 おもしろい鳥, ことあれ, ことよ, 土曜日の, 日の

▼ ちのところ~ (5, 0.3%)

1 ではまだ, では世界, へ万事控, へ手, をとおる

▼ ちのひと~ (5, 0.3%)

1 と話, なの, は日本, へだ, をたづ

▼ ちのやつ~ (5, 0.3%)

1 がいまごろ, がひどく, も自分, をみつけた, を盗んだ

▼ ちの人間~ (5, 0.3%)

1 がみた, なん, にし, のよう, を見ましょう

▼ ちの~ (5, 0.3%)

1 がじゅうぶん, で出来ますなら, で造られた, は鱸, よ

▼ ちの姿~ (5, 0.3%)

1 とまったく, になつて, はみるみる, も見, を嘆賞

▼ ちの~ (5, 0.3%)

1 があ, に取調べられる, に移れ, に這入っ, へはいらなけれ

▼ ちの様子~ (5, 0.3%)

1 が知りたい, も見, を眺め, を見, を見定めた

▼ ちの歴史~ (5, 0.3%)

1 ではより, の下, の中, の局面, の現実

▼ ちの現実~ (5, 0.3%)

2 の中 1 にプラス, の性格, を解明

▼ ちの~ (5, 0.3%)

1 が春, でじっと, にそう, には天宮, を逸らさせた

▼ ちの~ (5, 0.3%)

1 がすこしも, が村, だ荷車, で, などた

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 はさも, はしじゅう, はみごと, をなぐさめた

▼ ちのなか~ (4, 0.2%)

1 で休み, にところどころ, には夕暮れ, に古い

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 する, どうする, ほひは, 云つて見ろ

▼ ちのほう~ (4, 0.2%)

1 から流れ寄っ, にはその, ばかりが見えた, へ走っ

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 のちち, もとを, ーづは, ーづはに

▼ ちのもん~ (4, 0.2%)

31 だわ

▼ ちの仲間~ (4, 0.2%)

1 のある, の所, は今, へ入れ

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 があまり, がやがやと, の低い, も威力

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 が立っ, だ, であつ, の一人

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 やまた, をさがし, を持っ, を生みよる

▼ ちの寂し~ (4, 0.2%)

3 さを 1 さに

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 から笑い返す, と向う, に星, の方

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 とも思われる, に身, をたわめ, 深い客人

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 でわたし, に達する, まで降り, を描きました

▼ ちの整った~ (4, 0.2%)

1 その少年, なかなかの, 色の, 顔が

▼ ちの方面~ (4, 0.2%)

1 からなにか, です, ならいつ, へ行

▼ ちの社会~ (4, 0.2%)

2 と文学 1 で理性, のもっ

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 に, の姿さ, の許, をかわいがっ

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 には関係, は砲丸, を終日, を鑄直

▼ ちの都合~ (4, 0.2%)

1 で何時, で官僚, で護国寺, もある

▼ ちの~ (4, 0.2%)

1 にかたまっ, にくっつい, にコチン, の大

▼ ちの~ (4, 0.2%)

4 に習うた

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 たつたの, たつたわけ, ひだで

▼ ちのいい~ (3, 0.2%)

1 もので, カモばかり, 樹蔭を

▼ ちのいかさま師~ (3, 0.2%)

1 がいねえ, が使う, と思われる

▼ ちのこの~ (3, 0.2%)

2 よき母 1 きまり大外刈の

▼ ちのすき間~ (3, 0.2%)

1 からひと筋, に張られ, に油井

▼ ちのため~ (3, 0.2%)

1 なん, には不愉快, には別に

▼ ちのついた~ (3, 0.2%)

1 すこぶる奇抜, のと, 大黒帽の

▼ ちのはっきり~ (3, 0.2%)

1 した六兵衛, しないつるりと, しないまるっきり

▼ ちの~ (3, 0.2%)

2 して 1 されるぞ

▼ ちの事情~ (3, 0.2%)

1 が要求, の中, の方

▼ ちの似た~ (3, 0.2%)

1 他所の, 男です, 男を

▼ ちの~ (3, 0.2%)

21 の山

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 一座, 時計を, 變は

▼ ちの大きな~ (3, 0.2%)

2 岩の 1 川や

▼ ちの女の子~ (3, 0.2%)

1 に目尻, の手, をハダカ

▼ ちの子供~ (3, 0.2%)

1 のじ, のとき, の常

▼ ちの~ (3, 0.2%)

3 のけしき

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 で買, へ色目, をのぞき

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 した骸, もかはらざりけり, も往き

▼ ちの文学~ (3, 0.2%)

1 の上, の問題, の現象

▼ ちの新しい~ (3, 0.2%)

2 発明 1 発明が

▼ ちの構え~ (3, 0.2%)

1 が崩れ, して, は技芸

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 は甘い, は辛い, ァあまい

▼ ちの~ (3, 0.2%)

21 のすぐ

▼ ちの~ (3, 0.2%)

2 の濡れ 1 なの

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 い男, はしき, はそれ

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 からこの, ではありません, ではない

▼ ちの背後~ (3, 0.2%)

2 で声 1 から覗い

▼ ちの英語~ (3, 0.2%)

1 で答, の効能書, ほど覚束

▼ ちの~ (3, 0.2%)

3 でいえ

▼ ちの警察~ (3, 0.2%)

1 からも最近, でもいろいろ, に照会

▼ ちの身の上~ (3, 0.2%)

1 では百両, に同情, を思う

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 しか貰わない, で想像, を持つ

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 にある, のとい, も眼

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 が見える, も睨める, を空氣

▼ ちの~ (3, 0.2%)

1 がうなずいたら, が落ち, を見る

▼ ちの馬車~ (3, 0.2%)

1 から, から夜, がやってきました

▼ ちのあたり~ (2, 0.1%)

1 に春蝉, まで来た

▼ ちのいう~ (2, 0.1%)

1 ことを, 事を

▼ ちのいとし~ (2, 0.1%)

2 ごに

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 へ, へを

▼ ちのおかあさん~ (2, 0.1%)

1 とふたりきり, も喜ん

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 心底の, 酷く變

▼ ちのけの~ (2, 0.1%)

1 大怠惰, 賑ひでした

▼ ちのこちら~ (2, 0.1%)

1 に見え, へおお

▼ ちのしじま~ (2, 0.1%)

1 や, をとりかこみ

▼ ちのする~ (2, 0.1%)

1 ことも, 色の

▼ ちのせい~ (2, 0.1%)

1 か口許, もある

▼ ちのせゐ~ (2, 0.1%)

1 ではない, ばかりぢ

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 しいま, とり五黄

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 相対的です, 金色ね

▼ ちのぱらりと~ (2, 0.1%)

1 した笑窪, した顔

▼ ちのふた~ (2, 0.1%)

1 へ肱, をあけ

▼ ちのむこう~ (2, 0.1%)

1 に天守閣, に池

▼ ちのめす~ (2, 0.1%)

1 だけの事, んです

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 ものにも, 最近旦那が

▼ ちのよい~ (2, 0.1%)

1 尼女房の, 自動車が

▼ ちのよく~ (2, 0.1%)

1 ないため, 笑うひと

▼ ちのわたしたち~ (2, 0.1%)

1 からみる, の活動

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 すっきり, はりあなかしこ

▼ ちのホテル~ (2, 0.1%)

1 こつちの旅館, だのこつ

▼ ちの一万二千三百七十五号~ (2, 0.1%)

1 さう, といふたつた

▼ ちの三ちゃん~ (2, 0.1%)

2 が井戸

▼ ちの世の中~ (2, 0.1%)

1 だから, に黒

▼ ちの世界文学~ (2, 0.1%)

1 の状況, をおどろかせ

▼ ちの人たち~ (2, 0.1%)

1 とは中継係, は疾うに

▼ ちの人家~ (2, 0.1%)

1 からはうすい, ばかりとが水

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 からあんなに, に似合わず

▼ ちの何處~ (2, 0.1%)

2 やらが水子

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 で口, の夕

▼ ちの加勢~ (2, 0.1%)

1 に行く, を頼み

▼ ちの助太刀~ (2, 0.1%)

1 なんぞはとても, をする

▼ ちの努力~ (2, 0.1%)

1 とそれ, は水泡

▼ ちの動物~ (2, 0.1%)

1 がその, は必ず

▼ ちの向う~ (2, 0.1%)

1 で起きた, に寺

▼ ちの喧嘩~ (2, 0.1%)

1 で大騒ぎ, になろう

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 が真実, をする

▼ ちの地面~ (2, 0.1%)

2 に耳

▼ ちの大名~ (2, 0.1%)

1 になった, になつ

▼ ちの大男~ (2, 0.1%)

1 が憎々し, ももう

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 にある, まで隈

▼ ちの姉さん~ (2, 0.1%)

1 の持っ, も大変

▼ ちの娘さん~ (2, 0.1%)

2

▼ ちの嫁はん~ (2, 0.1%)

1 にしよう, は十一二ぐらゐのとこかなア

▼ ちの学生時代~ (2, 0.1%)

1 からたった, は自分等

▼ ちの學校~ (2, 0.1%)

1 に居た, の免状式

▼ ちの家並み~ (2, 0.1%)

2 も一軒

▼ ちの小さな~ (2, 0.1%)

1 みなし兒, 体躯を

▼ ちの小竹~ (2, 0.1%)

2 のむら笹

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 から峰

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 で正, の暮し

▼ ちの市区~ (2, 0.1%)

1 でも, でもこつ

▼ ちの市區~ (2, 0.1%)

1 でも, でもこつ

▼ ちの広い~ (2, 0.1%)

1 湯槽に, 甲板へ

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 だったとき

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 から持っ, が姉

▼ ちの弱味~ (2, 0.1%)

1 につけ込ん, を見せるべき

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 をし, を心から

▼ ちの思ひ~ (2, 0.1%)

1 どほり, 通りに

▼ ちの意味~ (2, 0.1%)

1 なの, をもつ

▼ ちの意志~ (2, 0.1%)

1 だけで, に関係

▼ ちの所為~ (2, 0.1%)

2 じゃない

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 から出, がきしみ

▼ ちの方向~ (2, 0.1%)

1 に進まう, へである

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 というもの, を二年

▼ ちの明るい~ (2, 0.1%)

1 方に, 方へ

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 こそ見所, の光り

▼ ちの望み~ (2, 0.1%)

1 に添う, をかなえ

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 にぶらさがつ, の間

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 といふの, の

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 となり

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 をうたっ, を聞い

▼ ちの殿様~ (2, 0.1%)

1 が歌, にお

▼ ちの気分~ (2, 0.1%)

1 が再び, は

▼ ちの水揚~ (2, 0.1%)

1 はわた, は誰

▼ ちの洗い~ (2, 0.1%)

1 などは充分, も二

▼ ちの準備~ (2, 0.1%)

1 ができたら, に伴大次郎

▼ ちの濃霧~ (2, 0.1%)

2 のなびき

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 やが何ん, やとはずい分仲

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 か見た, なら家

▼ ちの特徴~ (2, 0.1%)

1 にはなる, はそういう

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 がすむ, は濟ん

▼ ちの男一匹~ (2, 0.1%)

1 は文化, は長兵衛

▼ ちの病気~ (2, 0.1%)

2 にした

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 に傲慢気, に袴

▼ ちの目的~ (2, 0.1%)

1 だな, にはまる

▼ ちの知っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て居る

▼ ちの知った~ (2, 0.1%)

1 ことでない, 事じゃ

▼ ちの社会的現実~ (2, 0.1%)

1 が頽廃的, は複雑

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 から刈りはじめた, にある

▼ ちの繁み~ (2, 0.1%)

1 から矢, の間

▼ ちの美少年~ (2, 0.1%)

1 でした, の顔

▼ ちの義侠心~ (2, 0.1%)

1 も思わない, を踏みにじる

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 をグッ, を一杯

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 が混, の白い

▼ ちの落度~ (2, 0.1%)

1 さ, だったの

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 がまた, をもん

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 をあけ, をとっ

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 が勝つ, も弱

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 ひ分

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 がつまずいた, がどうやら

▼ ちの足もと~ (2, 0.1%)

2 暗しせまりあふ

▼ ちの返事~ (2, 0.1%)

1 がおくれる, も待たず

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 にははぢ, の邊

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 に近い

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 も吹きつ

▼ ちの金かん~ (2, 0.1%)

1 ざしだったので, ざしである

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 からながめ, を見

▼ ちの雄鷹~ (2, 0.1%)

2 をば呼び返す

▼ ちの集り~ (2, 0.1%)

1 でもある, のなか

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 とびわ, を見ぬ

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 は落葉

▼ ちの~ (2, 0.1%)

2 や赤

▼ ちの青年~ (2, 0.1%)

1 および一般, は中野君

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 がまた, を見つけ

▼ ちの鬼瓦~ (2, 0.1%)

2 は火

▼ ちの~ (2, 0.1%)

1 かがど, よりいくぶん

▼1* [756件]

ちのあさからやんで, ちのあなた方から議論, ちのあの野郎が, ちのあらゆる農村から, ちのいかさま師くろうと筋のみが使用, ちのいかにもお嬢さんと, ちのいかりをあ, ちのいっぱいはいっているおへやへお寝かせ, ちのいったことをも, ちのいつに変わらぬ, ちのいつたとほり, ちのいふことが, ちのいまになっ, ちのいやおはつ, ちのいんちき師がある, ちのうすぎたない娯楽性, ちのうなりが遠い, ちのにし, ちのおかしそうな, ちのおとうさんはいつも, ちのおとずれもその, ちのおとなしそうな, ちのおふくろから聞い, ちのおやじも, ちのおんつあの, ちのお客だから, ちのお客様かえ, ちのお方はちょっと, ちのお袋だつて, ちのお金しかない, ちの又ぞよ, ちのかおりを胸, ちのかかりうど衆じゃある, ちのかすんだ中に, ちのかなたうち震う丘, ちのかみさんと西門慶, ちのかみほとけに, ちのから紙に, ちのかわきはいやまし, ちのかんにお, ちのがにして, ちのがにや房州砂交つてんだ, ちのがも別に, ちのきがこんなつまらない, ちのききかたも何となく, ちのきたことを, ちのきりっとした顔, ちのぎくの匂い, ちのくせによく, ちのくまぐまに刻まれ, ちのけとなりて, ちのは槍, ちのこころもちで暮し, ちのこそとめて, ちのこっていました, ちのこっち側には集団牧場, ちのことぢやない, ちのことに眼が, ちのことばかりゃいなせ, ちのこと太陽の見えない, ちのごとくとどろきわたっている, ちのごとく群がりたり, ちのご用が多い, ちのう強, ちのさえをおどろき呂昇, ちのさげすむような, ちのさばき音というもの, ちのさびしさを思った, ちのしげり栄えてしかも, ちのした時分に, ちのしなけア, ちのがたとともに, ちのすぐ向いに, ちのすべての良心, ちのそこへはいっ, ちのそばを離れ, ちのそばかすでも鼻, ちのそんな声が, ちのたちではない, ちのちの相州さまの事, ちのちょっとした幻想では, ちのちよツぽり, ちのちんまりとした, ちのつきあひで外泊, ちのときの雨宿り, ちのとくに日本で, ちのとこへ来ら, ちのとの大駅土, ちのどこに誤魔化し, ちのどんこは餌, ちのどんよりとくもった, ちのあの山, ちのない小さい空地が, ちのなお見える間, ちのなくつまった聴衆, ちのなくなるまで, ちのになあおとつ, ちのねた洗いがあんなに, ちのはうだけは片づいた, ちのはつきりした鼻, ちのはらはらするほど, ちのぱちっとしたおもな, ちのひきだしをあけ, ちのひとここへお, ちのひとつが, ちのぶかっこうな丸太, ちのいの, ちのほとりに来た, ちのぼりすなはちく, ちのへに生じた, ちのまじめな文化人, ちのまともな気持, ちのまもりぶくろ, ちのみごの夜びえする, ちのみつが買える, ちのみな同じ恰好, ちのみんなもびくつと, ちのめぐみを, ちのめされた猫みたいに, ちのめそうかと思った, ちのもとでに消え, ちのやうな氣, ちのゥ, ちのよこしたのか, ちのよごれ見まくと深田, ちのよってきたる根本, ちのよるは寄せ手, ちのよろこびはいかにも, ちのりっぱな邸宅, ちのわが鳩よ, ちのわたしとしてはもう, ちのわなにしかけ, ちのアララギ歌人すべての課題, ちのアロハシャツ的封建性への効果, ちのイキな人, ちのウチぢや酒, ちのグレゴリイと馬車, ちのケースには更に, ちのゲジゲジの野郎, ちのサラリーなん, ちのジャーナリズムの有様, ちのソヴェト作家としてシーモノフ, ちのソヴェト同盟の存在, ちのソヴェト社会の建設, ちのチユウリツプなん, ちのツイデも考え, ちのテントや小屋, ちのニナール姫が淋しい, ちのバラバラは大, ちのパンパンにあたろう, ちのヒューマニティーの欲求, ちのフランスには存在, ちのフランス語をあぶ, ちのブイノス・アイレスに相手, ちのミヽヅクぢやない, ちのヨーロッパの経済, ちの一つ石と笑み, ちの一万二千三百七十五号何だかい, ちの一件を知っ, ちの一味がどんな, ちの一員になつて, ちの一寸法師見たいな, ちの一軒家で売り物, ちの万燈のさき, ちの三人の姉弟, ちの三好は神経質, ちの三府四十三県ぜんぶにわたって一つ, ちの三百円私にち, ちの三頭とを合併, ちの下蔭にぽ, ちの了見者は, ちの不幸な娘, ちのへ來, ちの世界人民の実行, ちの世話には相成ら無, ちの世話人のよう, ちの中身を隠した, ちの主人の木ぐつ, ちの主観からだけでなく, ちの乗越切符だけを示し, ちの九千円はタイコモチ, ちの乱読を恣, ちの亀井勝一郎のジャーナリズム, ちの事なき也かたきの, ちの事件には素知らぬ, ちの事業があやしく, ちのか処, ちの二丁目に日輪寺, ちの二人はすぐ, ちの二十五座に神楽師, ちの二十四五歳の青年, ちの二舍に入る, ちの五疋がはねあ, ちの人々にとってはむしろ当然, ちの人数じゃ無理, ちの人民の共和国, ちのがたきだ, ちの仕事は遊び半分, ちの仕度が終つて, ちの代わりに安価, ちの代表的のもの, ちの仲間みたいになつ, ちの会合もまったく, ちの低みにひびい, ちの住宅と殆ど, ちの何処やらが水子, ちの作っている, ちの作者と読者, ちのたの, ちのが前後, ちのな御, ちの値打もねえ, ちの倫敦にたった, ちの健康も衰, ちのに位置, ちの華族という, ちのに接近, ちの光景が勝重, ちの公平な判断, ちの見を, ちの出方にある, ちの出方ひとつで彼等, ちの出来ぬ生れあわせです, ちの出来るのを, ちの出樣によつて, ちのだけ行つたの, ちの初めの時, ちの判断の立場, ちの利益になる, ちの制度ではほとんど, ちの前兆なの, ちの労働者と階級, ちの勇士でたつた, ちの動詞化の様, ちの勝ち抜き秘伝書をとっくり, ちの勝つた方が, ちの勝手ぎめでどしどし家, ちの勝手相手は維盛樣, ちのにこれ, ちの北大の学生たち, ちの区役所の用務員さん, ちの十七八の美しい, ちの十二サンチが打出した, ちの十二時と午前二時, ちののこく, ちの午後の討論, ちの半分でも琴, ちの卓子へ持つ, ちの南京虫は, ちのい淵, ちの叔父は全く, ちの美術品展覽會, ちの古風な顔, ちの台所へ雪梨, ちの号外と同じ, ちの合戦が起る, ちの同感を誘う, ちの名人が続いた, ちの名人石をなげ, ちの名水を瓶, ちの名称である, ちのひ合せ, ちの告別式に出かけ, ちの周作はこう, ちの周囲のこと, ちの味方になるでせう, ちのがあぶねえ, ちの命令で踏込む, ちののいい, ちの商業新聞はスクープ, ちの囁きがわいた, ちの囚人運動は矢張りゴッホ, ちのはそこ, ちの困難を発明, ちの国際的な階級闘争, ちの土地の人, ちの地所はどれ, ちの地獄の責苦, ちの坊やから誘い, ちのりぬ, ちのに映し, ちの基地であつ, ちの場合もただ, ちのが石塊, ちのもわかで, ちのがたくさん竝ん, ちのを, ちのとか少し, ちの声虫の音, ちのが配し, ちの変つた眼鏡でウマク, ちの変化に驚い, ちの夕闇は頭, ちのに信心, ちの多い街道を, ちの大将は俺, ちの大岩や砂, ちの大納言公敏北畠具行侍従の公明, ちの天下だと, ちの天才の支那人, ちの太田の胸, ちの夫婦は入間玄斎, ちの奇怪な話, ちの女中にまわされた, ちの女子に対してははなはだ, ちの女達でした, ちの奴等が避け, ちの好きで離縁, ちの妖怪的な遺物, ちの妨害をする, ちのや与太者, ちの姑息ないいくるめや, ちの娑婆の世界, ちの娘どもを駆り集め, ちの婆さんぢやが, ちのが目, ちの存在である私, ちの季候ではこの, ちの学習院の先生, ちの守どのをおかえし, ちの実在を信じきれない, ちの客間の人達, ちのにゐます, ちのに御, ちの家ごとに行渡った, ちの家業を手伝っ, ちの家毎に行渡つた, ちの宿をやっ, ちの宿屋で酔ひ, ちの宿賃ぢや損, ちの寂しい道を, ちのてゐる, ちのであつ, ちの射手は, ちの将軍家を乗っ取ろう, ちの餅を, ちの小さい手によ, ちの小城を攻め取っ, ちの小屋の者, ちの小柄な芸者, ちの小筒で, ちの小花より女, ちの小鳥も, ちの少女である, ちの少年や少女, ちの尖端で, ちのぬぐいに, ちの居間の方, ちの屋根の上, ちの履脱へ立入, ちの山楓の蔭, ちのの下, ちの嶮阻な時代, ちの工場と考え, ちの巧維盛様御夫婦, ちのの刻ごろ, ちの希望を云つて, ちの常習者であったから, ちの常識において最も, ちのの中, ちのをとった, ちのの間, ちの座員ばかり, ちの座敷で小さい, ちの座敷ン中みたいにぞろぞろ, ちの引締つた腕前も相, ちの形勢がまだ, ちの影法師は一緒, ちの役目もやっと, ちのから起こる, ちの後ろに自ら身, ちの婚礼, ちの御山の黒髪, ちの御用は鐘ヶ淵, ちの心もちをも和らげる, ちの心理の隙間, ちの心配を掛けた, ちの応接間へ来, ちの怒号ものものしくも, ちの思ふ壺に, ちの思想である, ちの怠けものの気楽さ, ちの怨みッこもない, ちの怪我で御輿, ちの怪談会はこれ, ちの恐怖が更に更に, ちの恨みが少し, ちの悪い女では, ちの情勢の下, ちの意見を押しつけよう, ちの愛情を余計, ちの感じを起こさせ, ちの感情に拘り, ちの態度によって噛みつかせない, ちのが見えます, ちのれわれ, ちの我身専一を男, ちの戦場の賭け, ちのをあける, ちの所感を申し, ちの手伝をし, ちの手持だけその, ちの手水鉢の側, ちの手立てを立てね, ちの打撃に応じ, ちの批評家は流行以外, ちの抑圧的支配形態の偽, ちの投機事業に手, ちのにも駈け入るまえ, ちの押入を開け, ちの持ち前だ, ちのに出よう, ちの挨拶に答, ちの揚巻さまが大当り, ちのだ, ちの損害はどれくら, ちの攻撃を避けよう, ちの政宗公が夏, ちの政治と文学, ちの教育問題から逃げる, ちのに入っ, ちの数々の事, ちの整うた美男であった, ちの整つた割にぱつとしたところのない, ちの文化の底辺, ちの文化問題であること, ちの文句は逆恨み, ちの文字の二倍, ちのるな, ちの新聞からうけ, ちの新関は撤廃, ちの方図ではやたら, ちの方寸は, ちの方寸どおりに行く, ちの方法を實行, ちの方角さほんとに, ちの方通つたもん, ちの旅客のため, ちの旅館私の家, ちのを思い, ちの日本文学の多く, ちの日本独特のやり方, ちの旦那方がアプレゲール的, ちののみ込み, ちの早変りこれは人形, ちの時代よりもっともっと, ちの時間へ食, ちのさで, ちの暗い方へ, ちの暗がりから, ちの暮鳥よ蠅, ちの曇つた寒い日, ちの最中にふみこまれ, ちの會社に勤める, ちの未練馬鹿を見た, ちのが買えない, ちの本妻に立ち直らう, ちの本当の頭痛, ちのの樹, ちのに八つ, ちの来襲に備, ちの東南アジア諸国の大, ちの東洋風な重, ちのの奧, ちの枝葉を揺すっ, ちの根もとにちら, ちの根元から梢, ちの格闘が起った, ちのの糠, ちのは先方, ちの棟割を見つけ, ちののす, ちのはいたずら, ちの検挙がある, ちの模様があっ, ちの模様耕地の分布, ちのなもの, ちの横顔瞳の濡, ちのの下, ちのではござるまい, ちのを染め, ちの權幕にびつくらしてな, ちの欲しいものを, ちのきは, ちの正しい老人の, ちの武井さんが時には, ちの武士はふっと, ちの歩いてゐた, ちの歳暮の品, ちのどりが, ちの段階でいわれ, ちの毆つた手へべつ, ちの母さんうちの母さん, ちの民主主義文学運動のなか, ちの民主的陣営の一部, ちのを飲み込み, ちの気持人間の気持, ちの氣勢のする, ちの氣持だけを傳, ちの氣風もある, ちの水溜りでもこちら, ちの水際から底, ちの永代橋は明治三十年, ちのをながす, ちの決戦の日, ちの泉石のほとり, ちのを教, ちの法廷はその, ちのの來, ちのを洗, ちの活躍する以前, ちの流儀を知らぬ, ちの流行詞でいえ, ちの浜辺を水軍, ちの浪曲劇に等しく, ちのでタネガキ自体, ちの海草のなか, ちの浸しものわけぎのぬたも蒔絵の中, ちの涎くりですぜ, ちの涼しさを, ちの淋しさにおいて, ちの深いこの部屋, ちの清水だからな, ちの満足をかち得よう, ちの演出どほり, ちの演劇の講義, ちの演説會に行つた, ちのや谷, ちの激しくものを, ちの濁りにあさる, ちの火じろに水っぱな, ちのですか, ちの無疵のと變, ちの無精髭をはやした, ちの焼鍋の方, ちののなびき, ちの燃えのまにまに, ちの燃え立つ階級間の, ちの爛酔の客, ちの片方の羽, ちの牛車や絲毛車, ちの物淋しい感じや, ちの状態にて進行, ちの状況に最近三年, ちの狭い坂だった, ちの獅子鼻じゃ, ちの玄米でつく, ちの現場を歩き, ちの理由を明らか, ちのも金色, ちのは人間, ちの生い茂っている, ちの生活内容は日本, ちの用意は何, ちの男猫が他, ちの畢生かけば, ちの疵何でもない, ちの病人の所, ちのをのこし, ちの痛憤の情, ちの白葡萄酒の評判, ちの百姓の女, ちの盆ゴザを拵え始める, ちの盗人であったが, ちの盛花があっ, ちの目白の女子大学, ちの相州さまの事, ちの相談もきまっ, ちの真似や穴一, ちの真昼を迎, ちの眠っている, ちの眼前で皎, ちの眼附次第でどう, ちのを逆しま, ちのつたこと, ちの知らせを隙, ちの知識人の常識, ちの短きに戀, ちの石段から上りなさい, ちの砲兵がすぐ, ちの砲弾はこの, ちの破滅を招いた, ちの社会情勢について国際情勢, ちの社会現象のあれこれ, ちの社会生活のあらゆる, ちのでさえ恋人, ちの神経に絡む, ちの私たちにとって一つ, ちの科学はイギリス, ちの秘密もはっきり, ちの称呼らしい, ちの種明かしをやっ, ちの種類に屬, ちのを刈る, ちの稼ぎを横取り, ちのからファインダア, ちの空虚であって, ちのをその, ちの窓外をみる, ちの窮乏した農民, ちのこんだ中, ちの立番でもしよう, ちの範圍内に立ち入らせた, ちの精神です, ちの系図でもただ, ちの紙入を二つ, ちの素姓が分らない, ちのの虹, ちの終わり軒並みの, ちの経済がゆるさない, ちの給料でこんな, ちのに対してさえも厳しい, ちの綿よりほか, ちのとその, ちの繩張りだ誰, ちの美しい築山や, ちの美しい賢い娘だった, ちの美人が非常, ちの群れで, ちの群衆の上, ちの羽音がし, ちの老人はまず, ちのへ一つ, ちの考へ方が, ちの聞き手もなるほど, ちのを支, ちの背中に各種, ちの能力に餘, ちの腰弁当の細長い, ちの自分を支え, ちの自由であるが, ちの自転車だろう, ちの臭いが入口, ちの舞踏会のある, ちのに気がついた, ちのがぶつからう, ちのだらうか, ちのは水雷艇, ちの色男の真, ちのをみ, ちの花叢藜に茅萱, ちの花字の通り, ちのその二, ちの新造でした, ちの若松屋惣七として前垂れ, ちの茂みへはいっ, ちの落ち着きといったよう, ちの落合ふ川, ちの葬式に出かけ, ちのから人間, ちの薄い所で, ちの薄暗いところに, ちのを積む, ちの行程は, ちのには何, ちの裁きを待っ, ちの裸体を風呂屋, ちの襤褸も出る, ちの西洋悪魔がかなう, ちの見える方へ, ちの見物人に分る, ちの言い値をその, ちの言うことなんぞ, ちの言葉使をきめ, ちの計略と見えた, ちの訊くことには, ちの訊ねる急所と, ちの記憶はまだ, ちの記録をとっ, ちの詮議にぐあいが, ちの語自身が和人, ちの誠意は十分, ちの誤解でした, ちの読者にはふり仮名, ちの問題が, ちの警察本署である, ちの財産を当て, ちの貧乏どうしてくれる, ちの貫七爺は済まし返っ, ちの責任は僕, ちの貸元みたいに小柄, ちのい残り, ちの資本主義国内でどの, ちの贔屓をする, ちの赤い蹴出しや, ちの赤坊に死なれ, ちの路地から聞え, ちの踊りにはどう, ちの身一つも危く, ちの身内に江戸ッ子一人, ちの身命を完, ちの身構えを立て直せ, ちの身體をしびれさせ, ちのよねえ, ちの輪廓だけで評した, ちの近所であった, ちの返辞なんか待つ, ちの迷惑を掛ける, ちの途上でわかり, ちの連中が集まり, ちの遊びにならない, ちの運動のこと, ちの運命を占, ちのを通つて, ちの道具ですよ, ちの選擧事務員中のある, ちのの文献, ちの部隊はそこ, ちの部類か, ちのの公園, ちの配達がまちどおしい, ちの醤油を数滴, ちの野郎はね, ちの金髪娘で白い, ちの錯雑して, ちのの前, ちの開帳場にちげ, ちの間違いもない, ちの間遠な瓦斯燈, ちの関係で入った, ちのに鳴きはぜ, ちの闘病者たちには信じられない, ちの降り立ちたまうか楊柳観世音, ちの陰影へはいった, ちの陸穂もやつ, ちの階級社会の紛乱, ちの障子に當, ちのだよ, ちの雑誌社で無理算段, ちのはぱさ, ちの震える頃星を, ちの青葉が悩ましく, ちのをつぶす, ちの面影を, ちの面目丸つぶしです, ちの面長の男, ちのを撫で, ちの顔つきだった, ちの願出によって警察, ちのがをさ, ちの風俗を調べ, ちの飛行場には, ちのなん, ちのといっ, ちの香水撰択の情景, ちの騎兵も一ト, ちの騒ぐ音が, ちの枯れて, ちの高い屋根の, ちの高柳君は呼びかけた, ちのの眼, ちのが石塊, ちのもなんだか, ちの鮮かな女の姿, ちのをお, ちのがそれ