青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だろう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~だめ だめ~ だら~ ~だらう だらう~ だらけ~ だらし~ ~だれ だれ~ ~だろう
だろう~
~だんだん だんだん~ ~ち ち~ ~ちがい ちがい~ ~ちがう ちがう~ ~ちがっ ちがっ~

「だろう~」 25133, 241ppm, 404位

▼ だろう~ (10876, 43.3%)

1290 思って 781 思う 527 思います 402 思った 169 思いました 167 思うが, 思うと 160 思われる 156 私は 142 思うの 140 考えて 111 思うん 95 思ったの 92 思いますが 81 思ったから 78 考えた 77 云って 67 思ったが 65 いって, 思われます 62 思いながら 54 思われた 47 彼は 45 いうので, 思うから 38 言って 35 いう 34 思ったよ 32 思われたのに 31 存じます 30 思ったので 28 思われるの, 想像し 26 考える 24 云われて, 考えたの 22 云った, 信じて, 僕は, 思いまして, 思うよ, 想像する 21 思われるよう, 想像した, 期待し 20 予期し, 思うね, 思うよう, 思ったのに, 思ったん 19 いった, 云うの, 思いましたから, 思われるが 18 云うこと, 云う事, 思ったり, 言った 17 不思議に, 待って, 心配し, 思うこと, 思うわ, 思ってね, 想像される, 考えました 16 いわれて, おもって, 考えると 15 思いましたが, 思いますから, 思いますよ, 見て 14 それを, 云う, 思いますね, 思われるほど, 矢代は 13 考えながら, 考えられる 12 お思い, ひそかに, わたしは, 思うがね, 思うけれど 11 予想し, 思いましたよ, 思えば, 思われて, 思われました, 答えた, 考えます, 考えるの 10 それが, そんなこと, 云うので, 思いの, 思いましたので, 思いましてね, 思われたの, 見当を, 言うと 9 察して, 心の, 思えた, 思ってさ, 推察した, 気に, 覚悟し

8 [12件] そのこと, 云うよう, 信じます, 安心し, 彼女は, 思うて, 思える, 思ったもの, 想像された, 自分は, 言うの, 言われて

7 [17件] いうと, いうんで, ふしぎに, 伸子は, 心待ちに, 思うな, 思うんで, 思ってたが, 思っても, 思わずには, 思われますが, 思われるくらい, 疑って, 自分で, 自分の, 覚悟を, 言う

6 [24件] いうて, おもいました, すれば, そう思う, そんな風, なんだろう, 噂され, 思いつつ, 思いのほかに, 思いますけれど, 思いますと, 思いますの, 思っては, 思ってよ, 思われるのに, 思われるほどの, 教えて, 村の, 楽しみに, 源氏は, 甲斐は, 考えられて, 聞いて, 言われた

5 [35件] おもいます, おもうが, きめて, 予想した, 云う者, 云ったが, 人々は, 判断した, 存じて, 存じまして, 存じますが, 心配した, 思いついた, 思いますので, 思いますわ, 思うし, 思う位, 思ったと, 思て, 思われましたが, 思われるから, 推察し, 書いて, 気がついた, 気を, 確信し, 私も, 簡単に, 考えたから, 考えたが, 自分に, 葉子は, 言うこと, 訝りながら, 鑑定した

4 [66件] おっしゃって, おもう, おもうと, その日, そればかりを, そんな気, たかを, みんなが, むつは, 久慈は, 云うと, 云うん, 云う人, 云ったり, 何だろう, 余は, 俺は, 僕が, 兵馬は, 多寡を, 察しられる, 思い, 思いだした, 思いながらも, 思い出した, 思うくらい, 思うけど, 思うた, 思うという, 思うので, 思うのに, 思えるほど, 思ったからさ, 思ったけれど, 思ったこと, 思ったし, 思ったところ, 思ったのよ, 思ったほど, 思った事, 思ってな, 思つた, 思わざるを, 思わずに, 思われたが, 思われますから, 推測し, 推測した, 気にも, 申して, 私が, 私には, 笑いながら, 答えて, 考えたので, 耳を, 自分ながら, 見込みを, 解釈し, 言うもの, 言うん, 言う者, 説明した, 青木は, 首を, 高を

3 [110件] いいました, いうに, いったが, いったこと, おもった, おれは, こう思っ, すぐに, そう思っ, その事, その時, なんの, ふしぎで, ぼくは, わたくしは, わたくしも, 不審に, 予期した, 予測し, 予言し, 云いながら, 云うが, 云うもの, 云ったこと, 云つた, 人は, 今から, 代助, 何か, 信じる, 信ずる, 勝手な, 半七, 博士は, 同情し, 呆れながら, 噂された, 噂し, 噂した, 妙な, 幹太郎は, 度胸を, 彼の, 後を, 心配する, 思いこんで, 思いましたの, 思いましたわ, 思いますがね, 思いますそれ, 思いますのよ, 思うからさ, 思うけれども, 思うだけ, 思うですが, 思うなり, 思うに, 思うン, 思う事, 思える人, 思ったくらい, 思ったところが, 思ったわ, 思った私, 思ってた, 思ってたの, 思ってたよ, 思ってたん, 思ってるん, 思つ, 思われるかも, 思われること, 思われるこの, 思われるもの, 思われるん, 思われる程, 恐れて, 想像されます, 想像せられる, 感じて, 感じました, 手に, 推定した, 推察する, 推測する, 期待した, 案じて, 構わずに, 気がついて, 注意し, 狙いを, 独りで, 眼を, 考えながらも, 考えますが, 考えるが, 聞くと, 胸に, 色々に, 見られて, 見当が, 言ったの, 訊いて, 話して, 誰も, 諦めて, 謂って, 近所の, 鑑定し, 驚いて

2 [267件] あきらめて, あなたの, あなたは, ある, あるが, あるを, いうから, いうが, いうだけの, いったの, いってね, いっても, いつて, いつでも, いつも思う, いつも考え, いぶかしん, いぶかった, いぶかり合うの, いまさらの, いわれた, いわれへえ, おっしゃる, おもわれます, お君, お噂, お考え, お艶, お高, かんがえて, ここで, しいて思い込もう, して, する, せられて, その方, そればかり, それも, そんなよう, たのしみです, にらんだが, のぞいて, のんきな, ひたすらに, びくびくし, みちゃ, わたしも, オレは, ジョバンニは, タカを, ニールスは, 一寸考え, 一目で, 三人は, 不審を, 世間では, 予想される, 予言した, 二人は, 云うかも, 云う問題, 云う噂, 云う心持, 云ったの, 云われたこと, 云われると, 人々が, 人々の, 人の, 人間の, 人魚は, 余の, 信じた, 信じたから, 信ずるの, 六樹園は, 判断し, 別に気, 勝手に, 勧めて, 医者は, 単純な, 又八は, 取沙汰され, 喜び勇んで, 土地の, 大いに期待, 大きなお世話, 女は, 妙に, 学者たちは, 安心し切っ, 客の, 家の, 宿の, 察した, 察したから, 察しては, 察せられる, 小林君は, 希望を, 弁護する, 彼等は, 待ちかまえて, 待ち構えて, 心を, 心配に, 念を, 怖いもの, 思いこもうと, 思いその, 思いそれ, 思いちがいし, 思いついて, 思いつきました, 思いましたし, 思いましたのに, 思いますがな, 思いますな, 思いますんで, 思い出した程, 思い自分, 思い込んで, 思うかも, 思うそう, 思うそれ, 思うでしょう, 思うとき, 思うとともに, 思うばかり, 思うほどの, 思うもの, 思う例えば, 思う所, 思う時分, 思う程, 思えるほどの, 思えるよう, 思ったお前, 思ったきり, 思ったけれども, 思ったそう, 思っただけ, 思ったもん, 思ったよう, 思ったら大, 思ったら私, 思ったわけ, 思ってたのに, 思っての, 思つたから, 思つて, 思わせられる, 思わせる, 思われたから, 思われたので, 思われますよ, 思われますわ, 思われるけれども, 思われる表情, 思案した, 怪しみました, 恒夫は, 息を, 情なくも, 想像しました, 感じた, 慰めて, 我ながら, 或る, 或人, 振り返って, 推定される, 推定し, 推量し, 推量した, 放二, 敬太郎は, 断言し, 新八は, 早がてん, 早くも, 早合点し, 昨夜の, 期して, 期待された, 期待する, 木之, 栄二は, 栄介は, 構や, 様子を, 正吉は, 此の, 気が, 決めて, 父に, 申しますが, 男が, 疑いながら, 疑った, 癪に, 登は, 直感した, 相手の, 相談する, 真面目に, 眼が, 睨んだが, 睨んで, 私たちは, 私どもも, 空想し, 窓の, 笑って, 第一, 答えました, 米友が, 老人は, 考えたこと, 考えても, 考えなんと, 考えましたから, 考えましたが, 考えますから, 考えられた, 考えられます, 考えること, 考えるし, 考えるよう, 考証した, 聞いた, 聞くから, 胸を, 胸算用を, 腹を, 自分を, 興味を, 舌を, 見に, 見ようと, 見ると, 見廻すと, 見込んで, 親切に, 解して, 解釈しよう, 言い出した, 言うので, 言う氣, 言ったが, 言ったこと, 言われたが, 言われるくらい, 言われれば, 話し合って, 語り合った, 誰かが, 誰でも, 論じ居る, 豹一は, 軽く考え, 遠くの, 電気を, 頼みに, 駒井は, 高柳君は

1 [2715件 抜粋] あきらめたからこそ, あさ, あちこち学生街を, あとで, あまり気, あり, ある人, あわてて, いいきかせて, いいますと, いうかも, いうほどに, いかにも焦れった, いささか驚き, いったという, いったり, いつまで, いつも思った, いぶかしく思っ, いやみ, いろいろ観察, いわれたこと, いわんばかり, うわさを, おかしな気, おたきの顔, おっしゃいますけれど, おっしゃるの, おぬい, おもうから, おもったので, およそに, お前さんという, お察し, お杉, お父さんは, お絹, お雪, かえって真, かまいは, かんがえたから, きけば, ぎんは, けげんに, こういう淡い, こう僕, こう親分, こそばゆくも, ことごとく善意, この時, この話, これまた, こんなお, ごん, さとって, さわいで, した, しびれを, しみじみ思った, しんぱいに, すぐ暗い, すすめたの, すると, そういう処置, そう云う, そう思われる, そこい, そっと足音, そのとき, そのまま聞き流した, その夜, その案, その老衰, その顔, それだけが, そればかりは, そんな考え, たずねて, たれしも, ちょっと思う, つい涙ぐむ, つくづく天道様, つめよるかも, どうしても自分, どこだろう, なおも一心に森, なぜか, なんか, にらんだればこそ, のんきに, はるばる出かけ, ひどく胸, ふっと思う, ふと考えついた, ほかの, まじめに, またゴシップ, まちかまえて, みずから知っ, みんなで, みんな笑っ, めぼしが, もう生きた, もっぱら風聞, やっと思いあたった, ようやく思う, よく妻, よく母, れいの, わしが, わらった, イギリスだろう, ウワサを, クソだろう, ケエロだろう, サト子は, ナミ子は, フランス人は, ベッドを, マヌエラは, モラガスの, ルミ子は, 一人ぎめに, 一度は, 一晩中眉を, 一般に, 丁坊は, 万力は, 三度に, 上って, 下男は, 不安な, 不思議がりました, 与吉の, 世間じゃあ, 中川の, 主張した, 九月一日の, 予想された, 予測された, 二千石だろう, 云いなさるから, 云いまた, 云い決して, 云うその, 云う予感, 云う恐れ, 云う朧げ, 云う皆さん, 云う考, 云う質問, 云う顔色, 云ったのに, 云った自分, 云われそう, 云われるの, 人々に, 人気が, 今に, 今思う, 他に, 仰しゃって, 仰有ったけれど, 仰言, 佐太郎は, 何気ないふう, 作者梅野十伍は, 信じた僕, 信ずるよう, 俺が, 傍に, 元の, 兄貴も, 先生は, 八毛から, 典膳は, 内心喜ん, 冷かすと, 出かけ久しぶり, 刑事さんも, 初めの, 判断される, 別に, 力に, 勘定し, 医師は, 十吉は, 半分夢うつつの, 即断しなけれ, 又見廻した, 取次は, 口先き, 叫んだ, 可笑しくも, 吉村は, 同情に, 同感も, 否それ, 呆れたが, 呟きながらも, 味方ながら, 問いかけたい心持, 喜んだり, 嘆息する, 囁いた, 固く信じられ, 地震に, 報じられて, 変に, 多分考えた, 大きにお世話, 大変心配し, 大笑い, 夫と, 奇異に, 好い加減な, 妹の, 姉さんが, 子供ごころに, 存じました, 存じますけれども, 存じますン, 季和は, 安心は, 実ははじめ, 宮は, 富士男は, 察したの, 察し羽折, 寤った, 尋ねたら魯庵君, 小判に, 小鳥は, 居ても, 差引勘定した, 布目を, 常に思わない, 幾分の, 康子は, 弱って, 当りを, 待ちに, 後で同僚, 御察し, 心づいて, 心待に, 心細いッ, 心配です, 念の, 思いいたわし, 思いかたがた, 思いしかし, 思いたがるもの, 思いついた者, 思いなやんだ同じ, 思いましたがね, 思いましたらやはり, 思いますいや, 思いますけれども, 思いますそのうえ, 思いますのに, 思います此, 思いやすけどね, 思いやられます, 思いわざわざ, 思い主人, 思い付いたの, 思い再び, 思い出しましたから, 思い夫, 思い帰り, 思い御, 思い急いで, 思い押, 思い現に, 思い知りました, 思い落, 思い返して, 思ういずれ, 思うからね, 思うここ, 思うたその, 思うで, 思うところ, 思うのよ, 思うもし, 思うよりも, 思うバダジャッカ, 思う先年東日, 思う子供, 思う時, 思う浅, 思う者, 思う間もなく, 思えること, 思えるのに, 思ったい, 思ったこの, 思ったであろう, 思ったね, 思ったらしいだが, 思ったら偶然, 思ったら目玉, 思ったッ, 思った其, 思った庭先, 思った相, 思った通り, 思ってたと, 思ってる者, 思つて私は, 思わず微笑, 思わせられるもの, 思わないもの, 思われたに, 思われた程, 思われました太古, 思われますものの, 思われるあたり, 思われるそう, 思われるところ, 思われるほどむやみ, 思われるロンドン, 思われる位キレイ, 思われる奇石怪岩, 思われる微笑, 思われる松浦郡, 思われる点, 思われる結果, 思われる鉄, 思ッてさ, 怪しまないでは, 怪しむ事, 怪訝な, 恐れと, 悔いながら, 悪い話, 想う, 想われる, 想像も, 愚にも, 感じられて, 感嘆し, 慰めた安之助, 我とひと, 戸川は, 打ち切った, 投票を, 持って, 探ると, 推察され, 推測されない, 揣摩し, 教授は, 断わって, 断念めながらも, 新聞は, 日本だろう, 早呑込みを, 春隆は, 時々自分, 暗に又の, 曳かれるまま, 最初っ, 期待さえ, 木曜日には, 朱実は, 松の, 林だろう, 森主, 楽しんで, 様子も, 歎息した, 正木では, 殺し兼ねない, 母上が, 毎日眺め, 気がつくの, 気の毒だ, 気楽な, 水の, 沙汰し, 泰然として, 淡い腹立たしさ, 深く思い過し, 漠然とそんな, 火箸を, 無雑作, 片づけるわけ, 犯罪は, 玄徳も, 理解されます, 用心し, 申しましょう, 男は, 疑うに, 疑ぐってしまうから, 発表した, 皆が, 皆冗談を, 益々感服, 直ぐ思った, 相談し, 相談を, 眼光炬の, 睨んだので, 知りたがって, 神さまは, 私に, 空を, 突ッぱねたことがあるとか, 立ち停って, 竹刀を, 笑えます, 答えたので, 米友は, 素人ながら, 絶間なく, 美奈子で, 考えこまずに, 考えそれ, 考えたよう, 考えた人, 考えついに, 考えは, 考えられたが, 考えられる理由, 考える人, 考え出した, 考え母, 考え迷った末, 聞いたらここ, 聞かないうち, 聞合せます, 肝を, 腰を, 自ら慰め, 自分勝手に, 自負し, 船尾へ, 若え, 苦笑いを, 草は, 藤吉は, 表向きだろう, 襖の, 見さかい, 見も, 見物が, 見逃して, 観る者, 解釈する, 言いだしました, 言いますだが, 言い出すもの, 言うみたい, 言う噂, 言おうと, 言ったふう, 言ったら鞘, 言ってたそう, 言われた新式内燃機関, 言われるほど, 訊いたら, 訊ねるの, 訝り第三者, 評判が, 話したこと, 話し合いましたが, 語った, 説かれたの, 読めそう, 誰れ, 諒察した, 謂ったじゃあねえか, 警察が, 買って, 走りながら, 躊躇した, 軽くお, 軽蔑し, 述べたは, 迷つて居る, 進歩党だろう, 道庵が, 遠ざかって, 邦原君も, 都会へ, 野だに, 金庫の, 鑑定を, 長谷川は, 随分楽しみ, 電車の, 青木三左衛門山口達馬青砥伊織の, 頭を, 顫える, 騒いだ, 驚ろく, 鳥渡不審の

▼ だろう~ (2717, 10.8%)

37 それは 30 私は 19 それを 18 何だろう, 僕は 14 併し 12 それも 11 これは, それが, 私の 10 おれは 9 そんな事 8 それに 7 その時, それには, 彼は, 自分の 6 おれの, そのとき, そんなこと, 今は, 女の, 彼の 5 お前の, ここでは, こっちは, そうは, 今の, 僕には, 僕の, 私も, 自分は

4 [12件] あれは, こちと, これが, しかしこの, それなら, それよりも, 一つには, 人間の, 俺の, 日本の, 本当の, 私と

3 [28件] あたしは, おまえは, お前は, ここに, これで, これほど, これも, しかし私, そこが, その実, それじゃ, それまでは, どこの, なんだろう, まあ我慢, 今では, 今日は, 何も, 俺は, 兎に, 念の, 最初の, 自分が, 自分では, 自分には, 見て, 誰だろう, 非常に

2 [120件] あいつは, あとで, あの女, あの火薬庫, いまは, うちの, おれに, おれも, お前が, かまわないらしくふんふん, かれら, こいつは, ここは, ここまで, こっちの, こっちも, このとき, この頃, こらえて, さすがに, しかし, しかしそう, しかし相手, して, すること, そいつが, そいつは, そうすれ, そうでない, そう云う, その, そのうち, そのため, その代り私, その川, その知恵, その若い, それだけ, それで, それと, それにしても少年, それについて, それまでに, それより, そんなもの, ただそれ, とにかく, とにかくそんな, ともかくも, どうした, どこに, どの一, なんといっ, わざとそれ, わしは, われわれは, クララは, 一つは, 一般には, 之に, 事実は, 事実を, 今まで, 今夜の, 今日の, 仕方が, 伸子には, 何うし, 何でも, 何の, 例の, 僕だって, 僕も, 先生は, 同じ事, 吾, 困ったこと, 外の, 多くの, 大事な, 女は, 妙な, 娘の, 子供を, 実際には, 実際は, 家中の, 家計は, 小ツル, 少くとも, 少しの, 少しも, 帰って, 後者には, 思えば, 息を, 慥かに, 或る, 手を, 昔は, 木の, 死んだあと, 死体を, 比較に, 生きて, 生活に, 私が, 私としては, 私に, 立派に, 蝸牛だろう, 行って, 話しべた, 誰かに, 誰が, 誰でも, 途中で, 金は, 顔の, 黙って

1 [2028件 抜粋] ああ想, あっしがよ, あなたに, あのころ叔母, あのま, あの傴僂, あの呼びかけ, あの少女, あの房五郎, あの窓ひとつ, あの高まり, ありゃふたり, あるいは教育学, あれまでの, あんなにせもの, いうところ, いかに私, いくら霊鷲, いっこうだめ, いったい今, いつぞやも, いつも付き合う, いつも言う, いまこれ一本しか, いま一節を, いやしい心持, いること, うっかり話, おおよそ昔話, おつや, おへやさま, おやじに, おれさえ, おれには, お公儀, お前方, お桝さん, お綱, お願いします, かりそめ, がまんし, きっとそういう, きみたち三人が, こいつに, こういう漂泊, こうして友達, こうなる, ここで, ここらじゃあ, こちらでも, このうち, このところ, この一言, この事, この全く, この土地, この孫兵衛, この島々, この文化的意識, この生殖行為, この算術, この茶屋, この際, こまかい草, これからテッド隊, これだって, これには, こんど幕府が, こんなひと, こんな時, こんな風, さっそく井戸ほり組, さに, さりとてそれ, ざまア見やがれ, しかしいま, しかしそれ等, しかしよしんば, しかし九州, しかし俺, しかし十年間一度, しかし新しい, しかし相当, しかし騎西滝人, じつにそれ以外, じつはその, すぐ泥, ずんずん何処, そいつこそは, そういう些細, そういう細かい, そうし, そうじ, そうそう柳, そうばかりとも, そう無理, そこに, そこを, そのかわりいつ, そのままで, その一言一句, その二つ, その人間, その体, その動きそのもの, その妖艶, その実金, その後で, その時ごろ, その時銀造, その癖, その見た, その鈴木茂三郎君, その頃, それからも, それだけに素人, それでいい, それでは根, それでもまだ, それでも擬似氷河, それでトントン拍子, それにしてもあれ, それにしてもマリヤン, それにしても何, それにしても外, それにしても春の, それにつれて, それまでの, それらを, そんなに古い, そんなチョロッカ, そんな妙, そんな微量, そんな気風, そんな靴, たいへん御, ただ捨てる, たとえば饅頭, たぶんまだ松平, だれも, ちょうどいい, ついぞ漢学, つづいて, では一体, ところきらわず, とにかくあの, とにかくその, とにかくアーリヤ的批評, とにかく変り者, とにかく正義派, ともかくこれ, ともかく気, どうかひととおり眼, どうしてそんな, どうだろう, どうもこの, どうも寸法, どうも私, どこかに, どれでも, どんな家庭, なあに外から, なかなか起きる, なにが, なにぶんにも, なまじいお, なるべく笑ってる, なんとし, なんの用が, ばかや, びっくりさせられる, ふと自分, べつに意見, ほとんど区別, ぼくの, まあそういわず, まあもうしばらくゆるし, まあ大学教授位, まあ聞い, まさにこれ, また世間, また津田君, まだこの, まだ気持, まるで踊り, みなリーブル・パンスウルだ, むしろその, むろんここ, もう一度飯田町, もう少し辛棒, もしそうだ, もし売れ, もっと素直, やがて夜, やはりほんとう, ゆうべろう仮面を, よくよく困った, よく嚥, よく考え, よければ, わが石田家, わしの, わたしの, われわれ嘴の, ウィーンへ, ギリギリの, スキイヤアは, ナポレオンは, ヒドい, フォスターの, ホロウェイに, マーメイド, モスクワでは, ローマ時代には, 一つ船へ, 一体この, 一体何, 一刀斎の, 一応警告, 一旦お, 一晩だって, 一番はじめ僕の, 丁度俺, 七百両で, 三角だろう, 上方では, 不文士, 不自由な, 世の, 世を, 世間知らずの, 両親も, 中程の, 主たる目的, 主任は, 久美子には, 乗越えて, 乳母やは, 事を, 事実僕も, 二十日会では, 二百三高地と, 五ひきだろう, 五月, 亜米利加で, 亭主野郎の, 人を, 人間が, 今ごろまで, 今夜が, 今度のは, 今私の, 仕事が, 他人から, 伊豆屋の, 何ういう, 何しろひどい, 何だって, 何に, 何処で, 何卒我慢, 何様な, 余り当地, 使って, 信長を, 値を, 偶然ぼくは, 僕らの, 元の, 元気を, 先日の, 兎より, 八百蔵は, 六本足だろう, 其奴が, 内儀が, 内面的な, 出家姿で, 列べたって, 別に研究家, 刺だろう, 剰すところ, 動いて, 勘弁しねえ, 北欧は, 十四日と, 千万円も, 単に罪人, 卸問屋だ, 厳密な, 及びも, 受刑者は, 古着屋だろう, 台所だろう, 吉田さんは, 同時に全然落第, 名妓だろう, 君には, 吸血鬼でも, 哀れ, 唯それ, 商売冥利に, 四十面相という, 土地の, 地球用の, 堪忍し, 変りは, 外見上で, 多少の, 夜にゃ, 夢中で絞め付ける, 大きさ, 大丈夫だ, 大切な, 大晦日でも, 天下はれ, 奥さんの, 女にも, 如何にそれ, 姉上は, 姫君を, 子だろう, 子供らは, 宇宙に, 宝の, 実はあの, 実はもう, 実は疾く, 実際の, 家の, 容赦は, 小学唱歌集だろう, 小舟町という, 少しね, 少なくとも他郷人, 局員は, 山上より, 山駕とかいう, 島田の, 工場の, 左甚五郎の, 巻十一の, 常陸源氏の, 平次の, 幸いに, 庄吉一世一代の, 廻すほう, 弥十郎は, 当らずと, 当節の, 彼ターネフ首領こそ, 彼等は, 従って世の中, 徳利の, 必ずしも, 忠七と, 恥ずかしい話, 悪人は, 惜しいこと, 愛軍思想, 我々にとっては, 我慢し, 或は避難, 所在不明, 手当り任せ, 抑, 拵えるもの, 政治を, 敵いっこは, 文学乃至, 斯う, 新聞売子だろう, 既に今日嫂, 日本国体という, 日焼し, 早く上がらん, 明日に, 昔から, 春の, 時江いったい, 智真は, 暗号帳の, 書いた事, 有名なる, 朝鮮同然鼠をも, 木地師たちは, 本心宮の, 杉山氏の, 来なければ, 松平家と, 根本的には, 棒などは, 楊志の, 構うもの, 横着者だ, 正月は, 此向日葵の, 武田や, 死ぬに, 死場所を, 残念な, 殿には, 比較的独詠的, 気が, 汝一人は, 決して嫌, 沫雪は, 法律が, 流石は, 港の, 瀬戸物の, 焚きたて, 然うでない, 然し精密, 煩雑を, 熱心だろう, 片山哲の, 特に若い, 玄叔は, 現にある, 現在の, 現実の, 甘茶だろう, 生半可ないじり, 生憎買物, 用, 甲斐には, 町方を, 疾風の, 百々子の, 百圓が, 皆んな駿河守様の, 盗みとか, 目的さえ, 真剣に, 眼鏡の, 石秀君の, 祝砲が, 秀子は, 私には, 私達こそ, 空に, 立合って, 笑って, 粘滑油膩, 精神鑑定は, 紙腔琴だろう, 細君より, 結局人の, 絵を, 習慣的には, 聞いて, 背中が, 腕は, 自分ばかり, 自己の, 船岡は, 若いねえ, 若し駄目, 落ちついて, 蘭麝だろう, 表紙は, 製材所の, 見た通り, 見世物本来の, 親殺しや, 証拠の, 誰に, 謂わば, 豪徳寺ではね, 赤く充血, 蹼の, 軍服だろう, 近江伊香郡古保利村大字柳野中に, 退屈で, 逸作は, 過去に, 道夫には, 避雷針は, 酒が, 醤油の, 金が, 鉄の, 長い刀, 閑が, 随明寺なら, 隣に, 雪踏だろう, 青白い雪明り, 音が, 頓着は, 顔を, 風だろう, 飯島の, 飽きたからって, 馬糞だらけに, 高いな, 髷を, 鱗の, 鸚鵡まで

▼ だろうという~ (1286, 5.1%)

83 ことを 63 ことに 57 ような 54 ことは 34 ことが 28 気が 22 ことです 20 のが, のである, 説が 18 ことだ 17 のだ, のです 16 ことであった, ことである, ことも, 説も 15 ように 11 ことで 10 ことだった 9 ことと, のであった, 事に, 事は, 気も 8 ことでした, のは, んだ 7 意味の, 疑問が, 者も 6 んです, 事を, 人も, 結論に, 考えが, 話であった 5 こと, のだった, ふうに, 工合に, 話です 4 ことだけは, 予感が, 人が, 噂が, 噂で, 話だ, 顔つきを, 風に

3 [18件] ことばかり, のさ, ものも, 事で, 事である, 問題が, 噂です, 噂も, 好奇心が, 心配が, 想像は, 意味が, 意味を, 様な, 気に, 気は, 疑いを, 話だった

2 [54件] こって, ことくらいは, ことその, こととは, ことな, ことなどを, ことについて, ことにも, ことまた, その憧憬, ところから, ところに, ところへ, のでした, ひそかな, ほかに, 予感は, 事が, 噂である, 噂でした, 噂を, 好奇心から, 恐怖を, 想像が, 想像を, 意味だった, 意味も, 意見は, 意見を, 推定が, 望みを, 期待の, 母の, 気さえ, 気の, 深い思慮, 点だ, 点である, 現金な, 疑問の, 確信が, 確信の, 考えを, 者が, 自信が, 自信も, 自信を, 話が, 話で, 話である, 話でした, 説, 鑑定で, 風な

1 [388件] いたわりから, いやどうも, うたな, うわさです, おどろきである, おふれ, きりで, ことからの, ことぐらい, ことさ, ことさあ, ことさえ, ことさらに, ことじゃ, ことそれに, ことそんな, ことだけ, ことだけを, ことつまり先の, ことでございます, ことには, ことはね, ことや, ことよ, こと勤務と, こと市民は, こと武士の, こと表口にも, この願望, ごく呑気, すすめで, そういう不安, そのこと, それだった, つつましい誇り, つもりが, ところを, ところ迄, とたんの, ともかく芸, ので, のであっ, のであり, のを, ひとつの, ひと言が, ふだんなら, ほうに, ほとんど確定的, ぼんやりした, もくろみを, もっぱらの, ものが, ものや, ようなつきつめ, ような詰らん, わけです, わたしたちの, んで, コンタンな, 一つの, 一事だけ, 一句から, 一同の, 一点は, 一般的な, 一説を, 下心から, 不信を, 不審が, 不審も, 中傷が, 了簡である, 予定だ, 予想で, 予想は, 予想も, 予想或は, 予感には, 予感も, 予感を, 予測, 予約に, 予言を, 事, 事さ, 事その, 事だ, 事だけは, 事と, 事どなたかが, 事な, 事にこり, 事も, 事や, 事古来王侯や, 事実であった, 事実である, 事実は, 事実を, 事情の, 五月十四日の, 人多い, 他吉, 代物な, 仮定から, 仮説を, 伝説さえ, 体裁だった, 作者と, 信頼の, 僕の, 兄さんの, 内容である, 判断を, 勧告であった, 勧告を, 医者の, 卑俗ながらも, 単純無比な, 友人の, 句で, 名探偵, 問いさえ, 問題について, 噂さえ, 噂さである, 噂だ, 噂であった, 噂なども, 噂の, 噂は, 場合の, 多少の, 大地主, 大怪我, 女頭巾が, 好奇心だけで, 好奇心に, 妙な, 妥協的な, 委員の, 婦人相談が, 嫌疑が, 安心から, 実業家の, 家は, 宿の, 寂しい心持, 岩蔵の, 峠を, 希望です, 幽霊の, 強い好奇心, 彼の, 徴候さえも, 心の, 心持で, 心持と, 心残りが, 心細いもの, 心臓の, 心配から, 心配だった, 心配は, 心配を, 必然の, 忠告な, 忠告めいた, 思いが, 思いがけない深切, 思いな, 思いも, 思いやりな, 思い付きさ, 思惑から, 怪しい空想, 悔恨の, 想像, 想像で, 想像も, 想像や, 意を, 意味だ, 意味であります, 意味である, 意味です, 意味に, 意味らしかった, 意見が, 意見で, 意見でした, 意見です, 意見に, 愚かしい希望, 感じが, 感じだけで, 感想だった, 感慨です, 憂慮を, 憬れが, 所でございます, 批判を, 挨拶を, 掛念を, 推定を, 推察が, 推察と, 推測である, 推測の, 推量, 描写が, 政治家風の, 料簡が, 料簡である, 料簡でも, 断定をもって, 明かな, 明確な, 暗い予想, 暗示は, 最初この, 望みであった, 期待だけ, 期待で, 期待とで, 期待は, 期待を, 未練や, 梅田氏には, 極めて単純, 極めて瞹昧, 様子を, 横着な, 次第で, 次第です, 殺風景な, 気で, 気にさえ, 気持が, 気持だけでも, 気持だった, 気持と, 気持を, 氣持が, 注意が, 流言で, 浅墓, 淡いのぞみ, 渡りに, 漠然たる頭, 漠然とした, 点から, 点で, 点な, 点にばかり, 点は, 無言の, 牛の, 物々しい話, 状況で, 理由から, 甘ったれた気持, 甚だ思いやり, 疑いから, 疑いが, 疑いに, 疑いも, 疑が, 疑の, 疑問であった, 疑問に, 疑問は, 疑問を, 痩我慢の, 目あてが, 直観だ, 相談なども, 相談を, 矛盾が, 祖父母たちの, 私の, 程度の, 空だ, 空想に, 空想の, 穿った解釈, 立場から, 竹童が, 答案を, 約束で, 細部までを, 結論が, 結論にも, 絵と, 継子の, 考えから, 考えだ, 考えだろう, 考えで, 考えである, 考えです, 考えによって, 考えらしい, 考え方であった, 考え方は, 考が, 耕吉の, 腹は, 臆測な, 臆説も, 自己の, 自惚れでした, 自覚と, 興味が, 興味も, 苦しい世帯話, 衆評だった, 衆議に, 見当は, 見解が, 見込が, 見込で, 見込である, 見込みだった, 見込みで, 見込みを, 見透しで, 見通しを, 規定に, 覚悟は, 親るいの, 親切な, 観測だ, 解答の, 言外の, 言葉が, 計略です, 訳も, 診察を, 診断で, 診断であった, 評だった, 評判, 評判だった, 評判であった, 評判です, 評判を, 評議だ, 詰問状が, 話, 話か, 話さ何, 話でございました, 話に, 話は, 話も, 話を, 話細君の, 説と, 説に, 説を, 説明だった, 説明まで, 誰も, 調子で, 貴方の, 質問を, 賭けの, 趣向であった, 軽侮の, 近所の, 返事が, 返事であった, 返事でありました, 迷信によって, 逆手の, 違いが, 遠慮が, 邪推であっ, 酔興も, 面付, 顔を, 類の, 風評が, 風説が, 風説で, 驚ろきの後から

▼ だろうかと~ (1048, 4.2%)

48 思って 39 思った 27 考えて 24 考えた 20 思う, 思うと 19 思いました 17 私は 13 考えると 10 考えました 9 彼は 8 思ったの, 想像し, 疑った 7 それを, 心配し, 思います 6 云うよう, 心配した 5 云うと, 思ったが, 考えたの 4 そればかり, 思うの, 思ったり, 矢代は, 考えたり, 考える, 訊いた

3 [18件] それが, 不安に, 人々は, 僕は, 反省し, 尋ねた, 待って, 思いながら, 思うん, 思えば, 思わずには, 思われる, 梶は, 気に, 疑って, 考えながら, 言って, 首を

2 [49件] あたりを, おもって, きいた, そのこと, そればかりが, びくびくし, びっくりしました, むつは, 不審を, 不思議でならなかった, 不思議に, 二人は, 云うこと, 云うに, 云うの, 云う事, 云う問題, 作者は, 噂を, 寺田は, 彼の, 彼女は, 心が, 心ひそかに, 心配に, 思いましたが, 思いますと, 思いやった, 思うこと, 思うほど, 思うよう, 思った事, 思った好奇心, 思案し, 急に, 怪しまれるよう, 怪しんだ, 疑いながらも, 疑ったこと, 疑っても, 目を, 考えこみました, 考えるの, 胸を, 言うこと, 言うの, 訊ねた, 青木は, 頭を

1 [550件 抜粋] あたしさんざん, あったが, あのノートブック, あやぶむ者, あらためて知ろう, あわてて, あんなもの, いいました, いうと, いうので, いうほどの, いえば, いくたびとなく後悔, いささか私, いっしょうけんめい, いって, いつもそれ, いつも考え, いぶかった, いまだに分らぬ, いろいろそうだ, いろいろと, いろいろ危険, いろいろ推測, いわれたり, うかがう眼付き, うす気味, うたがう気, うたがって, うたがわなかったかね, うちの, うわさし合っ, おかしくなる, おかね, おかわいそう, おぬい, おぼろげに, おもうと, おもった, おりおり消息, お互い同士疑い合う, お供の, お側の, お宮に, かなしく思われた, かんがえましたらこの, きかないで, ききました, きめかねて, きめる事, きもを, きょろきょろした, くびをかしげたが, こういっ, こうしてここ, こうして庭, このごろひそかに, この亡国連中, この間から, こんどは, さかんに, さすがは, さっそく釣殿, しきりに懸念, しきりに気, しきりに胸, しばしば考えた, しまいには, すぐそういう, すぐ賭, すっかりのんびりし, せつ子の, せつ子も, そういうとき, そう待ちかね, そう思いました, そう思った, そう思われた, そこい, そこらを, そのボリューム, その折, その方, その点, その頃, そらおそろしいよう, それとなくその, そればかりに, そんなにまでも, そんなにも, そんなよう, そんな思い, そんな興味, たいへん気, たがいに, ただその, ただもう, たのしい空想, だまって, だれしも, だんだん怪しく, ちょうは, ちょっとした好奇心, ちょっとは, ちょっと不安, ちょっと疑わしく, ついでに, つらつらその, ときおり急, ときどき気, どちらとも, どの位注意, なおじっと聴き澄まし, ながめて, なげきました, なんだかじ, なんとなく迷惑, はがゆいの, はっとしました, はらはらした, ひそかに, ひとごとでなく眺めた, ひとごとながら, ひとびとの口, ひとりもどかし, ひどく危ぶみはじめた, びっくりした, ふとそんな, ふと心, ふと思いつきました, ふと赤井, へちまの, ぼんやりなっ, まあそんなふうに考え, まあ考え, まず考え, また彼, また考えこまなけれ, まだ父, まどわれましたが, もういちど眼, もう一, もう一度つつい, もちの木坂の, やっぱり深, よくわかりません, よく思います, よく思う, よけいな, よりより協議, わくわくふるえ, わたくしは, わたしが, わたしは, イヤそうで, ガンたちに, ゲーナー少佐を, シサイに, ジョヴァンニは, バックは, マチアが, マントを, 一寸ばかり, 一寸彼, 一度は, 一時疑っ, 三四郎が, 不図懸念, 不安だった, 不安な, 不審に, 久慈は, 了解に, 予は, 二本目の, 云う僕, 云う危惧, 云う好奇心, 云う心持, 云う思いつめた心持, 云う想像, 云う疑問, 云う軽い, 云ったり, 云って, 今さら女性, 伊沢は, 伸子は, 住宅の, 何かもの, 何度も, 余計な, 信一郎は, 俺が, 僕の, 先に, 克子は, 八重子は, 其の顔, 内省する, 勝手な, 北槻中尉は, 千ちゃんは, 千二が, 千穂子は, 半ばの, 半ば頼りない, 危ぶんだ, 危ぶんで, 原っぱを, 反問した, 反省した, 反省を, 受け身の, 吉良は, 周囲の, 周囲を, 味方に, 咄嗟に, 哀れに, 問いたいから, 問い質したげな輝き, 問うた, 問うと, 問われたの, 問題の, 四ツ目屋の, 堀尾君は, 多少の, 夜中ときどき, 夢中で血迷っ, 大に, 奇異な, 好奇心を, 妾は, 婆が, 嫌々ながらも, 子供たちに, 子供達は, 存じて, 存じます, 存じますが, 学者たちは, 宇乃は, 寝ても, 寿子は, 少なからぬ, 山内は, 工夫しなく, 幹太郎は, 幾度も, 広々と, 彼らは, 彼女の, 待ち明かし, 心あたりを, 心から希望, 心を, 心細くなっ, 心配された, 心配しました, 心配し出した, 心配する, 心配せず, 心配そうに, 思いこの, 思いこれ, 思いそう, 思いその, 思いだした, 思いつつ, 思いなやんだ, 思いはじめて, 思いますの, 思いますよ, 思いもちろん, 思い出した, 思い出して, 思い惑う, 思い惑ってる所, 思い散々, 思い返した, 思うかも, 思うだけ, 思うて, 思うね, 思うもの, 思う丈, 思う方, 思ったお, 思ったから, 思ったこと, 思ったらホロリ, 思ったりも, 思った時, 思つたのです, 思て, 思わざるを, 思わずその, 思わせます, 思われた, 思われましたが, 思われます, 思われますけれど, 思われるくらい, 思われるほど賑やか, 思われるほど雪, 思われるよう, 思われる上弦, 思われる節, 思われ勝ち, 思われ高い, 思案いたします, 思案した, 思案する, 怪しまれるくらい, 怪しまれるばかり, 怪しみながら, 怪しみ愕, 怪しむの, 怪しんだが, 恐る恐る二階, 恐れた, 悲しくって, 悲しくなりました, 悲鳴を, 情けない想い, 想像した, 想像しよう, 想像をも, 意外にさえ, 感心した, 感想を, 懇願する, 懸念し, 我ながら, 戸口の, 指を, 振り向いて, 振り返って, 推察し, 推量は, 改めて伺い申す, 放二, 敏ちゃんは, 新八は, 新吉が, 日野は, 日頃は, 昔の, 時々不思議, 時々疑っ, 時々疑った, 時間の, 暗算し, 書いた, 書いたこと, 期待が, 期待を, 朧月夜の, 末吉は, 案じて, 検すよう, 検事が, 楽しみに, 欲を, 歎いた, 正三は, 正造は, 武蔵は, 残念に, 気づかった, 気を, 気味悪くさえ, 江馬夫人は, 消え入るよう, 消息の, 深刻, 清十郎は, 清木先生は, 源一は, 源氏は, 煩って, 物色し, 玉太郎は, 田所さんたちに, 田鍋課長は, 申しましたが, 申すの, 男は, 畏敬の, 疑いたくなる, 疑う人, 疑う心, 疑う気持, 疑えるほど, 疑ったほど, 疑る, 疑わざるを, 疑わしめる, 疑わねば, 登が, 登は, 相談した, 相談しました, 真に心, 真面目に, 眺めて, 眺めるん, 眼の, 眼を, 社員等が, 神様に, 私それが, 空おそろしい, 空恐ろしく想像, 笑いました, 笑うの, 笛を, 終日思い悩み, 結論した, 線路の, 義夫は, 義枝の, 翌日の, 考えずに, 考えそれ, 考えたから, 考えたくらい, 考えたので, 考えたほど, 考えたもの, 考えたん, 考えた時, 考えた末, 考えては, 考えなかったかね, 考えなど, 考えに, 考えます, 考えられる, 考え出して, 考え場合, 考え考え小, 考え込んで, 耳を, 聞いたとき, 聞いて, 聞いても, 聞くと, 聞くん, 聴きに, 職業と, 胸で, 腕が, 自ら質し, 自分で, 自問し, 自問する, 興味を, 色々推定, 血の, 見て, 見と, 見まわした, 角度など, 言いましたね, 言い出したが, 言う, 言うと, 言ったから, 言ったよう, 訊かれて, 訊くので, 訝かしがりながら, 訝った, 診察室へ, 評定し, 話して, 話し合った事, 話し合って, 貴子が, 質ね, 躊躇し, 辛い気持, 近頃心づく, 返事しました, 迷って, 追っかけられて, 道庵は, 遠く離れ, 部屋へ, 銘々心の, 長い間, 長谷川は, 非常に, 顔が, 顔の, 飛んでも, 飽きること

▼ だろう~ (927, 3.7%)

15 どうだろう 14 私は 7 それを 6 それが, それは, そんなこと 5 知ら 4 どうか, どうかを, 私には 3 これは, それともこの, それとも何, それに, どうかと, 人の, 今は, 余は, 僕は, 彼は

2 [31件] ああぼく, え, かなり遠く, このよう, そう思っ, それともそこ, それとも五級, それとも私, とりは, と怖, どうかという, どうかなどと, どうであろう, ッて, 出稼ぎがどこへなにしにいったものかいまでは, 君は, 堀が, 娘の, 少年は, 年ごろは, 悪いこと, 正直な, 生きて, 砂糖を, 私を, 立派な, 細君だろう, 自分が, 自分は, 隣の, 非常に

1 [764件 抜粋] ああした, あいつ, あそこまで, あの人, あの藪, あるいはこの, あるいはこれ, あるいはただフリーダ, あるいはな, あるいは単に, あるいは彼, あるいは毒, あるいは雑種児, あれほど, あれ位で, あんな跛行, いいえ下宿, いきなり車, いったい庄吉, いつかは, いないだろうか, いまは, いやそれ, いやそんな, いや嫌っ, いや性質, いや第, いや血, いると, いろいろと, うしろでは, うつむいて, おそらくそうで, おたき, おやじは, おれが, お母さんなら, お粂, お通, お里が, お高祖頭巾, かなり強く, がたがたと, きみは, きめの, けれども暦, こうし, こうじゃ, ここに, このうえ, このえたい, この事実, この人, この広い, この試験さいちゅうに, この道, これから愛, これで, これも, これを, こんなに盗汗, こんなに苦しむ, さっぱり見当, さまざまに, しかしそれ, しきりに汽笛, すぐそこ, すぐ横, せねば, そういう不安, そういえ, そうしてその, そうであったら, そう云え, そう思う, そこが, そこの, そしてそれ, そしてまた何ん, そしてスープ, そしてノズドゥリョフ自身それ, そして当の, そして心から, そのたより, そのとき, その力, その危ぶみ, その場かぎり, その性格, その生活, その装本, その音, その鳳眼, そばで, それしか, それでなけりゃ, それともあさましい, それともあれ, それともいよいよ, それともこんな, それともそう, それともただ, それともどこ, それともなん, それともまるで, それともみれん, それとももしや, それともウリヤーノフ, それとも九月, それとも人間, それとも他, それとも偽名, それとも先頃約束, それとも北条氏三鱗, それとも単純, それとも奉職, それとも奥さん, それとも市長高屋男爵, それとも意趣, それとも打ち明けず, それとも断罪, それとも未知, それとも本然, それとも次号廻し, それとも正義, それとも死者, それとも法文, それとも津田, それとも甲虫, それとも真実, それとも行かない, それとも行き当りばったり, それとも讃, それとも距離, それとも醜悪, それとも釣場, それに私, それも, そんな好奇心, そんな心持ち, ただしは, ただ一人, たまたま悪い, たやすくたんす, だがそんな, ちがう, ちっともわからなかった, ちょっと考える, ちょっと調べ, つつましい日常, つづいて, とうとうある, とうとうなびい, とこう自分, とても働けまい, ともかく姫, と怪, どうか見たい, どうしたら, どうしても合点, どうすれ, どうも宗紫山, どちらに, どっかへ, どっちの, どんなにたくさん, ないの, なぜあの, なにも, なんだろう, ねえもん, ねえ星宮君, ふたりだろう, ふだんには, ふと引く, ふと眼, ふン, べつになんとも思った, ぼくは, ぼろ洋服に, まあ, またおばあさん, またどう, またはいくら, またはそう, またはただ浅, または中年, または無学, または病気, または除, また四人, また比田, また門弟, まったくあの, まったく見当, まるで十年, まるで姉, むつかしい問題, もう二度と行かず, もう半町, もう東京, もう死んでた, もしかして酒, もしくはまた神, もしそうなら, もしやこの, もし君, もし炎天下, もっとほんとう, もっとも, もとより子供心, もはやそれ, やがて別, やがて葦, よくよりよき, わが輩の, わきの, イギリス人だろう, イヤそうで, カールを, コロロホルムの, チェリーという, ドオデエも, ヒステリックでない, ヒステリーか, ボキッと, レーニンの, 一つには, 一つ占筮を, 一僧が, 一分違っ, 万事を, 三十代は, 下は, 下手を, 下駄を, 不審と, 与えられたい渇望, 世上の, 乞御示教, 二人に, 五十万だろう, 京太の, 人だろう, 人殺しという, 人界に, 人魚の, 今夜は, 今日の, 今朝は, 令嬢達の, 伊太利亜語だろう, 伊織は, 佐田やす子を, 体の, 何かとひとり, 何という, 何の, 何故この, 余りと, 余りに純粋無垢, 併し, 例の, 依怙地で, 俺に, 俺の, 俺より, 僕の, 先に, 先程申しました, 八, 其の, 写真屋の, 冴子には, 凄いほどの, 凶夢だろう, 分って, 前科者の, 半三郎, 半之, 南兵だろう, 単に境論, 却って元気, 原っぱで, 又人間, 又取るべき, 取っても, 右の, 右手の, 同じこと, 同勢だいぶ, 否か, 否彼, 四方八方取り囲まれ, 四月に, 土曜日だけは, 土門に, 地紋様の, 壁を, 外套は, 多鶴子は, 大きな奴, 大きな椎, 大丈夫だろう, 大胆な, 太い欅一本, 夫人の, 夫婦し, 失敗だろう, 失敬な, 女の, 女中の, 如何すれ, 妖怪だろう, 妾だろう, 娘は, 子供ばかり, 学士は, 実はなかなか, 実朝, 家中の, 小さい船, 小説作法の, 少くとも, 居ないであろうと, 山猫博士が, 峠の, 川千鳥だろう, 師匠, 平和である, 年輩の, 当時の, 彼の, 彼女は, 待てよ, 心ある, 忍びきれぬ悲, 怒って, 怒るだろうか, 思えば, 急に, 性格が, 恐ろしくなる, 恐怖だろう, 息子を, 悪いだろう, 悪るい, 悪魔だろう, 態度だけは, 或いは又, 或は同感, 或は普通, 或は非常, 或る, 戦争を, 才が, 拙者には, 持たぬだろうか, 故国園遊の, 敬太郎には, 文学家の, 新時代, 新聞紙から, 日本人だろう, 旨くあの, 明いて, 明と, 星ひとつみえず, 昨夜本丸へ, 時を, 晩方しかも, 暗くなる, 最早此, 本心から, 本月末, 松浦為王という, 果たしておれ, 枝垂桜に, 横着な, 次第にそこ, 此程国語と, 武蔵は, 死の, 母親の, 水の, 水流と, 河な, 沼には, 泰軒の, 洗い髪を, 海を, 海上風波の, 深酒を, 済度し, 濡雑巾の, 火事が, 火箸で, 無念とは, 無論信じない, 物好きな, 物音は, 犯人は, 狂人な, 狡猾な, 独乙語だろう, 生きたいの, 田舎風では, 疑ぐっているのであった, 疑わしく思う, 病気でも, 痩せて, 白いほう, 白鳥の, 皆, 皆な, 相手の, 真だろう, 真ん中に, 真面目にとって, 眩暈を, 知らなかったの, 知らぬが, 知ら気味, 知也と, 砕けないだろうか, 硝子越しに, 秀子は, 私と, 科学の, 窓の, 第一, 紋服を, 絶えず危険, 綱は, 美保子さんは, 習慣な, 老人でも, 考えただけでも, 考えては, 考えると, 耕地も, 職工だろう, 肉の, 胸ばかり, 脱がないだろうか, 自分たちの, 自分には, 自分を, 船長が, 良人の, 芒よりも, 若いほう, 若しそれ, 若し会っ, 若侍たち, 苦しませるもの, 華やかな, 薄く切った, 藤吉郎は, 蚤の, 西へ, 西側の, 見たこと, 見渡したところ, 観念に, 記憶が, 試して, 誠に覚束, 誰か, 請取とか, 谿川が, 豹一は, 負けて, 貴族の, 貸すまい, 起こっても, 起らないだろうかと, 車が, 近年は, 這入ったの, 逞しい躯, 道之進は, 酒を, 重い傷, 金原は, 金星から, 門燈の, 階下が, 随分疑問, 隣近所は, 電話の, 非道徳的, 頑迷と, 頓と, 食わないだろうか, 飼い猫, 驚ろかす, 高価な, 黄金を, 黒い背広

▼ だろうから~ (607, 2.4%)

2522 である 4 その時, それを, 私は 3 これを, そうしたら, そのとき, それも, 今の, 私も

2 [18件] お前さんが, お前は, こんどは, して, その点, それは, それまで, そんなこと, であります, 今日は, 何も, 僕が, 君は, 吾, 彼の, 待って, 日本の, 私が

1 [494件] ああいう, ああ云い, あいつ死んじゃった, あげて, あちらに, あちらへ, あっちの, あっちへ, あなた自身で, あの二畳, あの作者, あの場合, あの子僧, あの成行き, あの鬼瓦, あり次第それ, あれに, あんまり気, あんまり無理, いいかげんに, いいと, いいの, いいよう, いくばくか, いくら不幸, いっそ二人, いったん切り上げる, いったん東京, いって, いまの, いやでなかったらあげる, いろいろと, うすうすさとっ, うちから, うらやましいの, おえんま, おじゃまを, おすえも, おそくなる, おそらくはブルジョア, おれが, おれ達も, お前の, お前御苦労でも, お客を, お帰り, お相手, お眠い, お粗末, かってに, ききたいと, きっとこれからなおす, きっとなおし, くどいこと, くよくよ案じる, こういう云い, こういう場合, ここで, ここは, ここへ, こちらの, こちらへ, こっちで, このこと, このへん, この有閑マダム, この機, この金, これからずっと近江路, こんなこと, こんな事, ごく大ざっぱ, さあどうぞ, さっき言った, さっさと書かない, しかたが, しかもそう, しばらくここ, じたばたせず, じゃこいつをおめえに半分, すこしは, すべての, せいぜいもがく, せっかくの, せめて五十両, ぜひ配慮, そういう変, そういう研究, そういう面, そうしたらその, そうしたら後, そうしたら晩飯, そうしたら本船, そうすると気, そうだ, そうなさったら, そう云っ, そう急ぐ, そこで, そこでやっと, そこに, そこの, そこは, そこへ, そこを, そしたらお前, そしたらやっぱし, そしたら平和, そしたら漕ぎ抜い, そして三年目, そちらの, そのころ, そのすき, そのつもり, そのへん, その上, その人, その低い, その反動, その地点, その川, その火, その片, その猴め, その結論, その話, その費用, その間休暇を, その首, それからこれ, それじゃ, それだけにこれら, それで, それでお前, それで好い, それで機嫌, それにヤン, それより, それよりは, それ程高価, そんなに気, そんなら, そんなツマランこと, そんな人, そんな時, そんな狭い, たとい何, たとえ英雄, たまには, だが, だれに, つかまえて, とこう云う, とてもつかまるまい, とてもの, とても一時, とにかく先, とにかく当分, ともかくも, とりあえず親分, どうかあなた, どうかし, どうか一身, どうか半金, どうか諸君, どうにか都合, どうも逃げ果せる, どこか, どこかへ, どこまでが, どんなおさまり, なにも, なるべくいたわっ, なるべく人, はいって, はたして京城, ひとつこの, ひとりで, ぼくが, まあいつ, まあそれ, まあやめ, まあ忰, まず第, また明日, また来, まア縛っ, ま来, むしろいきなりとびつい, もうすぐ路, もうすこし様子, もう一, もう一度彼, もう二度とわたし, もう少しルネ・クレール, もう帰ったら, もう明日, もし然う, もっと彼ら, やがて行, やはりそうかな, やめて, ゆっくりやすんだら, ゆっくり一眠り, よく劬, よく注意, よし有った, よろしい, わたしは, イヤデブ, ガス管を, サア早く, ザンギリの, セエラが, ドウぞ, ノンダクレの, ヒルネに, ママの, 一つ切符で, 一つ寝入った, 一つ懲しめの, 一人乃至, 一度統一, 一度見, 一枝折らせ, 一概には, 一概に女, 一般的に, 三船君君が, 下へ, 下人には, 不快に, 世界観の, 中, 中へ, 久しぶりに, 之は, 乳が, 事務の, 二つは, 二三日居, 二月や, 二百五十フランに, 云々と, 云い換えれば, 云えと, 人間に, 今お手打, 今から, 今さら私, 今では, 今までの, 今夜は, 今少し, 今日じゅうに, 今晩は, 今更あなた, 今見, 介添は, 仕方が, 代りに, 仰しゃらんなら私, 伝あにいいつも, 何う, 何かの, 何が, 何でも, 何とか分ろう, 何もかも話し, 何を, 何事も, 何処かを, 何処へか, 余分な, 俺の, 借りて, 偶然そうして, 僕たち二人で, 僕は, 出せ金, 出て, 出るとき, 出来るだけは, 出発前に, 分ったら君, 初七日, 別れようじゃ, 十五人の, 十時半ごろまで, 単に観念的, 又こんど, 取上げるなよ, 口を, 台所は, 同公使, 同業の, 同様に, 君に, 君の, 吹きさらしの, 品物を, 問うて, 営星とは, 器械の, 困るの, 土着の, 圭角が, 多分もし私, 夜に, 夜業仕事に, 大戸を, 夫婦別れを, 失礼の, 奇賊を, 女を, 好きと, 実に心細い, 実は今夜, 実親, 家の, 寄せ手は, 寝床を, 小使の, 少し力, 少し此処, 届けて, 左様心得ろ, 帰ったら橋, 帰っても, 帰るよと, 帰国しよう, 弁護士の, 当家へ, 当時既に, 彼らだって, 待せ, 後のも, 後一週間, 後学の, 従弟の, 御三, 心を, 心配し, 心配しなく, 心配する, 忘れては, 思い出すまま, 思い切った御, 急いで, 恐らく学生層, 恐竜島でも, 惚れた愛したこう, 我々は, 所番地は, 手がかりを, 手数を, 手間を, 才蔵も, 折角始め, 抜いて, 振って, 掘り返すだけでも, 探して, 教えて, 散歩かたがたホテルまで, 新しく買った, 日名さんあんた行っ, 日暮までに, 旨くソレ, 早くこの, 早く戻っ, 早く敷き, 早く火燵, 早く知らせ, 早く私, 早速持主, 明日にでもという, 明日の, 明朝早く, 春さん食べさし, 是も, 昼間の, 書かせて, 月へ, 月給十円の, 本月下旬, 本船へ, 来たら土蔵, 来るよう, 来年は, 東大の, 果して生き, 様子を, 横梁と, 次には, 止めに, 此の, 此処じゃ, 此処には, 此処は, 死んでも, 殆ん, 殊に終, 毎年百万円ずつ, 気に, 気を, 永久の, 油断が, 津波も, 浅井家の, 深く立ち入っ, 済んだあと, 渡せ渡せ, 温くしよう, 熱燗で, 父も, 牛肉とでも, 特にスター, 特にフランス文学, 特殊と, 用心する, 用心を, 用意し, 町まで, 白菜みたいな, 百何年間に, 皆一生懸命だ, 盆と, 直ちに改造, 知らない人, 知らない方, 社会人類の, 私にも, 私の, 穴から, 立派に, 笹屋へ, 築地へも, 純粋に, 終いには, 結局罪を, 聞いて, 脱出も, 自分に, 自分の, 自分ひとりが, 花やかな, 若ものに, 茶いろ, 荒立てては, 蒲団を, 藤子と, 行って, 襲撃の, 見て, 見ない方, 見合わしたらどう, 親分が, 言わない方, 話して, 話ばかりが, 読む自分, 読んで, 誰が, 警戒する, 貴女に, 資本主義的ジャーナリズムや, 越後の, 身体を, 辛抱おし, 逆に, 逢ったらその, 遠くの, 適当に, 遺言状を, 邪魔したくない, 邪魔に, 郊外を, 部屋へ, 銀子は, 間もなく俺, 間違いだ, 隠さず云え, 雇婆さんでも, 電話を, 静養を, 顔が, 顔だけは, 風邪を, 食べて, 食べ物は, 驚異と, 魚たちには, 黙ッ

▼ だろう~ (560, 2.2%)

7 それに 5 それを 3 そのこと, そのため, それは, 僕も, 私の, 第一, 自分の

2 [23件] いつかは, ことによれ, そうなれ, そのうち, その男, それが, またこの, また自分, 他の, 又そう, 又自身, 君が, 場合によっては, 女の, 帰って, 彼も, 父は, 生活も, 私も, 自分は, 自分も, 誰も, 道楽も

1 [481件] あきらかに, あたかもここ, あとの, あの奥さん, あぶらあか, あまりに愉快, あまり有頂天, あるいは入口, あれから, いかなる雄図, いつでも, いつの間にか忘れ, いつ射撃, いつ親たち, いわんや六波羅殿, うまい言葉, おそらくは, おそらくは同じ, おそらくは相当, おそらく二人, おちぶれた郷士, おとなに対しても, おばけにも, おまえたちが, およその, おれにとっても, おれも, お安, お小遣, お父様, お菓子なんて, お許, かえってこれ, かたがた愛国的情熱の, かの女, かれら, きっと好い, こうして無駄口, こうして諸君, ここでは, こちらも, こっちにとっては, ことによったら, ことに仏頂寺, ことに患者, こないつもり, このおれ, この点, この際, この飽き, これが, これは, こんどこう, こんないい, こんな顔, さあこれからすぐ, さきに, さだめしほか, さてそう, しおらしいなどとは, しかるべき曲, したがってあんな, すぐ手数, すっきりした, すんなりと, ずいぶん考えました, そういう人柄, そういう細工, そういう金, そうしたら, そうしてひどい, そうしてモンテ・カアロ, そうすれ, そうだ, そうなった, そうならない, そう急, そう言え, そこで愛惜, そこの, そしてそれ, そしてまたその, そして今時分, そして市民, そして花輪, そのうえ君, そのとき, そのときこちら, そのままに, そのよう, その先代春團治, その声, その方, その是非, その朝非常線, その期待, その身の上判断, その進級生全部, その電気, その非難, それから, それから自分, それだけ, それではとても, それにこっち, それにつれて, それにまたこれから, それに対して, それも, それ以後は, たいへんな, ただ自分, たぶんお, だいいち京吉, だが何とか, だれだって, ちょっと嫉ましい, つとめたい, つまらんこと, できないはず, とにかく問題, どうした, どうして居る, どうするだろう, どうせそう, どうで, どうも私, どこへ, どっちみちだめ, どんなに厳重, なすべきこと, なにより, なア坊や, ひそかに, ひどく破損, ふだんこういう, ぼくたちの, ぼくなら, まあ仕方, まずとら, またおそるべき, またこれ等, またそう, またその, またそのどの, またそんな, またどんな, またもし, またもしもっと, またわれわれ, また万一, また両方, また中年, また主人, また亡くなった, また人間, また他, また南端, また小, また小説, また島, また彼, また後, また徹底的専門主義, また必ずしも, また息子, また接触点, また故人, また沢山, また沼地, また法水, また無論, また町, また罹災, また美術家, また若い, また謙遜, まだその, まだ河鹿, もう一つ, もう会計主任, もう長く, もしクラム, もし屍体, もはや会戦, やがては, やがて作者, やはり今, よく悪い, よしんば敵軍, よしんば焼け残っ, わかりゃ手数, わかれば, わがままな, わけを, わたくしには, わたしは, アマンドさんだって, イヤ両手, エジプトへ, オブリアン司令官は, キャバレーの, スカートを, スリの, ナオミは, パリへだって, ファンティーヌの, フェノロサ氏は, フリーダが, ベルゲンの, ページ数を, ホッテントットにとっては, マア坊の, メカケにも, モロー彗星と, ヤマガラは, ライオンだって, レーニに, 一方男, 一生懸命に, 一生涯を, 下郎の, 不行儀は, 世は, 世界が, 世界の, 事実変った, 事業に, 二人の, 二分間ばかりを, 二十代は, 二千両ありゃ, 五人の, 人を, 人足どもは, 人間の, 今では, 今より, 今日の, 仙台の, 代用食と, 令嬢は, 低能でなくなれ, 体が, 体も, 体面を, 何か, 何よりは, 作者自身も, 例えば入学試験, 侮辱を, 修繕費は, 僕は, 僧侶に, 優れた教授, 元気にも, 兄さんが, 光は, 其他いろいろ, 冒険小説である, 処々に, 分らない人, 初めての, 前後の, 勉の, 千浪は, 半年ばかり, 南京路の, 危険な, 又, 又その, 又それ, 又それほど, 又は人間, 又今日, 又仮に, 又仮にそう, 又前例, 又唯物論者, 又基本的, 又常識, 又征服, 又必然的, 又悲観, 又英雄的, 又行かね, 反動的な, 反対に, 収監以後彼の, 口惜しいこと, 右翼の, 吉野が, 同じくわかり, 同じよう, 同時に列強, 君の, 吾, 命を, 固定した, 国分寺の, 場合に, 塾生たちが, 壇ノ浦では, 売色という, 夏は, 外務大臣の, 多かれ少なかれ持っ, 多くの, 多少は, 多少文章, 多計代, 失業の, 奥さんに, 女も, 女房に, 姉妹にも, 姓名の, 娘も, 子供の, 子供達も, 家も, 小っぽ, 少なくともそれ, 少数の, 居眠りを, 山も, 岡っ, 川木の, 工場も, 布団も, 帰りの, 床上げの, 役所の, 彼の, 彼は, 彼女自身少し, 後の, 徒らに, 得石蝶太夫香屋の, 御重態, 快楽そのものより, 息せき切って, 悪いもの, 悪心の, 意地わるく, 愛には, 戦争の, 手具脛ひい, 手紙にも, 手軽な, 打明けないまでも, 持つはず, 捕えられたら捕えられたで殺されるなり, 政府も, 教え込めば, 文壇人, 文学は, 文学美術に関する, 日の, 昨夜の, 時には批評家, 時計職なら, 時間が, 時間も, 更にまた, 書いてるぼく, 書く私, 書けそう, 最も初, 木々も, 木版を, 未決へ, 果ては地球, 栄ちゃんは, 桐の, 極り悪い, 極端にまで, 権威ある, 横浜で, 歌舞伎座幹部連も, 殺したお, 汁で, 沈黙は, 漁夫らの, 漁業の, 演劇の, 演繹や, 無益もしくは, 熊に, 父として, 犯人に, 現在の, 現在和一郎が, 現在積って, 生家の, 生憎だった, 痛くも, 療治も, 癪に, 直ぐ知らせなけれ, 眼に, 眼を, 神田草分けと, 秀吉の, 私たちも, 私には, 私は, 秘密を, 空気は, 突っついて, 第一伸子, 第一洋服店, 紀行として, 素子は, 結局どうも, 結局は, 繊細な, 罠だ, 老母も, 而も, 職能の, 能く, 自分たちの, 自分だって, 自分で, 自然科学は, 舞台に, 色んなもの, 色彩は, 若し又, 苦しみの, 苦しみも, 薬も, 蘇州は, 虎之助は, 見届けたいため, 親が, 記念碑も, 訪ねて, 訪問客は, 話したくも, 読者が, 誰とでも, 誰にも, 調べて, 谷村さんは, 負って, 貴女だって, 貴方も, 資本制の, 踊って, 身体も, 身分の, 身寄りや, 転向を, 軽蔑し切っ, 迷信だ, 追い出しの, 追風の, 逆に, 連中に, 酒井侯には, 重大な, 鉄の, 鏡に, 長いあいだ人, 長くも, 長兵衛の, 長唄を, 阿母さん, 陰口も, 隠すにも, 隠れ場所も, 雑音も, 雲の上へも, 青年たちも, 顔も, 風が, 駅路の, 騒いだって, 高麗村では

▼ だろうとは~ (205, 0.8%)

20 思って 19 思ったが 13 思うが 4 思いますが 3 思うけれど, 思うん

2 [12件] お察し, よく聞く, 察して, 少しも, 思いながらも, 思いましたが, 思うものの, 思ったけれど, 思わなかった, 思われない, 想像しなかった, 誰も

1 [119件] いって, うすうす察し, おれも, しょっ中, すでに見きわめ, だれにも, ちょっとだれ, どうしてお, にわかに私, ほぼ中りいる, よく彼, わたしも, わたし思わなくっ, セシル父子の, 九分どおり信じ, 予想されます, 予想し, 予想できる, 予期し, 予期出来る, 二人共思っ, 代助, 信じて, 信じられなかった, 到底彼, 到底考えられない, 医学上の, 半蔵の, 受取れる, 君に, 図星故, 堅く信じ, 夢にも, 夢にも予期, 夢にも思いませんでした, 夢にも思っ, 始めから, 存じましたが, 存じますが, 実際思い, 察した, 察しながらも, 察しられたが, 察しるが, 察せられるが, 平生思っ, 当初世人一般の, 当時夢にも, 彼が, 彼も, 彼女は, 思いがけないいかにも, 思いつかなかったと, 思いつつも, 思いながら, 思いました, 思います, 思いも, 思う, 思うがね, 思うがネ, 思うけれども, 思うけれ共, 思うの, 思えない, 思えなかったが, 思ったがね, 思ったけれどね, 思ったけれども, 思ったけれ共, 思ってたの, 思っても, 思ってるん, 思わない, 思わないの, 思われましたが, 思われます, 思われますが, 想像された, 想像した, 想像できる, 感じて, 感づいて, 感付い, 承知し, 推察した, 推量した, 数世紀前から, 文公の, 書記や, 期待し, 樫尾大尉も, 気が, 気も, 気遣った, 片付けられない問題, 知って, 知りつつ, 神の, 私には, 考えて, 考えも, 考えられない事, 考えられなかった, 考えられませんでした, 考えるの, 自他ともに, 自分の, 行者の, 覚悟し, 言いませんが, 証人たちも, 誰が, 誰しも, 誰でも, 誰もが, 近々この, 途, 露ほども

▼ だろうかという~ (193, 0.8%)

15 ことを 11 ような 6 ことである, ことです, ことに, 気が 5 ことが, のである 4 ことについて, のが, 事を, 疑問が 3 ことも, 問題に, 点である, 疑いが, 疑いを

2 [11件] ことだ, ことだった, ことであった, ように, 問題が, 問題です, 問題は, 好奇心が, 心配が, 疑問を, 考えが

1 [80件] かすかな, ことだけ, ことと, ことな, ことにも, ことは, こと仲間の, ときに, ところまで, ところまでは, のだった, ふうに, わけさ, わけで, 一層根本, 一節を, 不安から, 不安が, 不安な, 不安は, 不安を, 不審さえ, 予期は, 事が, 事だ, 事や, 伸子の, 処まで, 危惧は, 反省から, 問いが, 問題であった, 問題である, 問題については, 変な, 好奇心に, 好奇心を, 後悔さえ, 御相談, 心痛だった, 心配だった, 心配先生への, 恐れは, 想像ぐらいは, 愁いが, 意味だ, 意味の, 意見を, 感慨を, 懸念が, 懸念さえ, 懸念であった, 所に, 期待も, 本能的な, 案が, 疑いであった, 疑が, 疑も, 疑問さえ, 疑問であった, 疑問は, 疑問をも, 疑念さえ, 疑念は, 相談に, 研究な, 考えを, 興味も, 見出しで, 見当を, 観点から, 試験を, 話であった, 話に, 質問が, 質問を, 頭の, 頼みであった, 風な

▼ だろうじゃ~ (192, 0.8%)

112 ないか 35 ねえか 18 ありませんか 6 ありませんの 5 アない 4 アねえか 2 ないかね 1 ありませんかね, ありませんわ, この仕事, ございませんか, ないですか, アありません, ア何うだ, 有りませんか, 無いか, 無えか

▼ だろうけれど~ (146, 0.6%)

3 私は 2 ばかばかしいまるで, 私には, 見て

1 [137件] あいにくそんな, あたしそんな, あたしは, あたしゃこれで, あの女, あの腕, いかつい新品, いぎりす製, いつも野良犬, いまこれだけしか, いやん, おっかない爺, おまえだけは, お互, お前おとなしく, お前ぐらいの, お前達の, お雪さんの, お鶴, がんりきと, こう寒く, ここの, このまま, この方, この景色, これは, しかし一遍, しかし中学校, ずいぶん気, そういっ, そこが, そこは, そのうちどうかした, その瞬間, その間船室で, それで, それにしてもまあ, それにしても生真面目, それにも, それは, それも, ただ此処, たった一羽, だれが, だれも, つくづくお父つぁん, でも相当, でも私, どうしても爺さん, どうして軽蔑, どうもこの, なあに先方の, なるべくなら, はてな一体, ひょっとしたら気付かれず, まあこっち, まだそれほど年月, もしも私, もし来, やっぱりおなか, やっぱりよかっ, わからぬもの, わが國, わたしお金の, わたしの, わたしは, カラリッと, ゼスチュアが, パン屋さんにも, 一葉の, 世の中だって, 両国の, 主任さんの, 二人で, 二人の, 人に, 人を, 人生の, 今ここを, 今日の, 仕方が, 伊達が, 何処へなと, 余は, 作者は, 侯爵令嬢じゃ, 俺は, 僕から, 僕には, 僕は, 元来把手, 君にだって, 和一郎の, 大した間違, 実は私一人, 家では, 当分辛抱しなさい, 御免ね, 御婦人がた, 恐竜などという, 悪く云え, 悲しい哉, 我々は, 我慢し, 授業は, 明日も, 昨日も, 時として店, 普通に, 木村が, 本當, 歌舞伎では, 此処から, 汚れないうち, 油断は, 然し一個, 父さんは, 爾とは, 男名でも, 私と, 私を, 米友には, 花さんは, 芸人が, 芸人は, 若さまは, 若しも婚礼, 茲に, 要するに最高, 親戚の, 言わないで, 誰も, 豚にも, 途中で, 運命は, 遣えないお金, 酒手を

▼ だろう~ (140, 0.6%)

214 あーと, アと 32 あの女, あれは, きっと, 御主人

1 [100件] あの気象, あの面魂, あの音楽, いったいこの世, うそを, おいお染坊, おいねちゃん, お照さん, お父ちゃん, お猿, お米, お芳, お角さん, がんりき, きっとあんまり欣, きょうくりあげ, こいつあ, こういう具合, このあん, この病気, この騒ぎ, せがれ, そこに, そこへ, そこまで, そのおまえ, そのくらいの, その調子, それで昨夜, それを, では教え, どんな顔, なぞと, ばんくん, ひどいめ, ほかに, みんなは, もう一つ, もう食べ, わしも, われ等の, アこの, アレクセイ, ア一匹売り, ア君その, ア皆が, ア義公も, ア萩乃さん, ウィルフレッド, ウチュウジンて, シルヴァー, ジム, セン, ゾッとする, ムクを, 一方から, 人の, 人声が, 何に, 何を, 俺も, 兄弟, 八兄哥, 其処へ, 力は, 十二月だ, 大きな声, 子供って, 家に, 小出さんの, 小太, 岩五郎の, 師匠, 彦兄イ, 思いあたらない, 支那料理っ, 早く帰っ, 早瀬の, 染めたわけ, 楠木方に, 気の毒だ, 汝は, 洋服について, 爺や, 牢破りの, 男の, 番頭さん, 監視が, 目に, 知ってりゃ偉い, 知らないとは, 知りも, 穴倉の, 腓返しでも, 西瓜なんぞ, 豪い学者, 農民の, 酔いすぎたかな, 金には, 鬼婆め

▼ だろう~ (134, 0.5%)

1 [134件] ああよく, ああ云う, あの二人, あの人形, あの先生, あんなに生き, あんな男, い, いくらお, いつも命, いま時分, うす鬼魅, ええそう, え光, え君, え無尽, え猿若, お仙さん小, お前さん, お前さんは, お前は, お前を, お察し, お島, お母さんの, きみ, けど擽ったく, けれどお前, こ, こう立て切っ, ここの, ここは, この妙, この茶だんす, こんな所, さっぱり足, そいつは, そうたやすく, そうでしょう, そしてそいつ, そのいわれ, そのから, それは, たとえば天皇, たんば, つまり今, どこも, ねえセリョージャ, のぼせ上つて, ぶこちゃん, ぼくも, まア繁昌, もうずいぶん長い, わかるよ, わしの, カピ, ケン, ケンプ, コーヒーは, ジョー, ダビット, ナタリイ, ハアリイ僕は, ハドソン, フレッド, ホーテンス, ポーデル博士は, ヨハンネス, リゼット, リューバ, 丁坊, 乞食の, 人夫達が, 今に, 今のは, 今日の, 今解い, 伊予の, 何な, 何は, 何も, 健坊は, 僕が, 僕という, 内匠, 凱旋し, 厠で, 口の, 可哀相に, 吉左衛門さんの, 君, 君には, 君の, 君は, 商売という, 土左衛門の, 太郎が, 奥さんは, 妾に, 姉さん, 小さな男爵夫人アンナ, 履物は, 当てて, 彼の, 御主人, 御姉弟, 心細いが, 持って, 時計見, 晩に, 朝鮮て, 棟梁, 正夫君, 海だ, 濛気をね, 犬の, 犬山さん, 男は, 町内じゃあ, 番頭さん, 県へは, 私も, 精, 給仕, 緋の, 肥桶の, 蟹江君, 親分, 越智さんが, 車掌さん, 長兄さんも, 隠しても, 頭の, 飛騨の

▼ だろうそれ~ (126, 0.5%)

3 が, は 2 というの, に違い, も, をお前

1 [112件] からはいつも, がお, がおれ, がきみ能率増進, がこころ残り, がため, がな, がなん, がヒトラー, が一つ, が事実, が今日, が出来なかったら, が医者, が商売, が夫婦, が当世, が役立っ, が心配, が最早すっかり, が火事, が知りたかった, が私, が証拠, が近ごろ, さ彼奴, だのにさ, だもん, でいい, では堪らん, で話, とすれ, と云う, と同じ, と対抗, と引き違い, どうだ, に, にちがい, に下り, に寿子, に此の間香水, に無断, に番号, に答え, に続い, に船, に較べ, に酔っぱらってる, のこちら側, のみ心から, はある, はそれ, はたぶん, はよく, はわたし, はインガ, はマダム丘子, は一応, は主観, は何, は何処, は単に, は定石, は民法, は琴, は血, は道, は飲み込ん, へ入れ, までじっと, まではおなか, もいま此処, もその, も何, も利き, も忘れ, も筋書通り, よりもこんなに, をうまい, をおまえ, をお前さん, をかっこむ, をきみ, をここ, をこの, をどうして, をはっきり, をもいただい, を南, を向う, を吾, を平気, を待っ, を思い出す, を思う, を所, を押えつける, を気, を盛ん, を知ってる, を考え, を考えだし, を訊かれる, を訳, を訴人, を詳らか, を通りかかっ, を食っ, を馬, 故アビシニア的範疇, 見ろ

▼ だろうなどと~ (120, 0.5%)

7 考えて 5 思って 3 いって, 考えるの 2 いった, 云って, 噂し, 私たちは, 考えました, 言って

1 [90件] いいかたみに, いくらあたし, いったと, いやに, いろいろと, いろいろ取沙汰, いわれるかも, おっしゃって, お前が, お思い, お考え, かりそめ, ごく簡単, そんなこと, そんな悪口, そんな日頃, たよりの, どこから, ひそかな, ひそかに, よけいな, ニヤニヤし, ペトローヴィッチの, 一種の, 上まで, 乱暴な, 予想する, 云うこと, 云う事, 云う妥協, 云ったという, 人の, 人は, 何事も, 入らざる事, 冷かすに, 半ば恐い, 却ってあなた, 君は, 大袈裟な, 太田は, 寝苦しいまま, 彼は, 心配し, 心配した, 思った, 思つ, 思わず私, 思われた, 思われも, 悪口を, 想像した, 想像する, 想像を, 意地を, 書いて, 林之助も, 毒舌を, 気の, 江戸が, 甚しい, 生意気な, 田舎者が, 申しました, 痛くも, 祖母が, 私かに, 私の, 笑いあったが, 考えたの, 考えたり, 考えます, 考えるが, 考えること, 考えると, 考えるはず, 考える必要, 考え心, 考え続けて, 言い出した, 言うかも, 言った, 言つてとにかく, 言われそう, 詰らない事, 語り合いやがて, 誰が, 諸所を, 野暮な, 駒井が

▼ だろうその~ (110, 0.4%)

5 時は

1 [105件] あたりから, あたりは, うちに, うちには, おふくろが, お使番, お品, くらいは, ために, たんびに, つもりなら, ときに, ときには, ときは, とき涌谷さまが, とたんに, なかで, はしに, はずさと, ほかに, ま, わけを, クラブへは, 七人の, 三味線の, 上に, 上を, 人が, 人は, 仕事は, 代り伯母さんの, 代り考も, 仮装は, 傷や, 内容は, 写真版だけが, 前ここで, 前に, 呑み屋の, 啼声と, 場かぎりの, 場合どちらへ, 声に, 声は, 大事な, 妻君の, 威厳に, 娘が, 子も, 宮様に, 寝場所, 巻き奉書を, 得意らしい, 意味に, 意義いかんと, 意見の, 方から, 日かせぎ, 日下城し, 日本左衛門の, 早瀬も, 時この, 時の, 時までは, 時一人の, 時分に, 時手伝っ, 晩の, 暁には, 本拠へ, 武家を, 点は, 無心そうな, 煉り方, 理由が, 男女二人を, 碁盤の, 端が, 美しい母子風景, 羽織を, 聟が, 自信は, 花札を, 薩摩守の, 藪の, 言い草を, 証拠には, 身の, 身許から, 軍人や, 辺は, 途中, 遠藤君の, 重荷が, 野原に, 金を, 間道を, 陰影が, 雑誌が, 音が, 音に, 領分の, 顔が, 黒門の, 黒髪と

▼ だろうけれども~ (102, 0.4%)

3 それは 2 おれは, わたしは, 私の

1 [93件] ああいう, あいつに, あの方自身, あんな差配, いないの, お互いほかの, お前にも, お父ちゃんには, こうし, この上, この会社, この祖母, これは, これを, さばさばした, しかし前述, そうじゃ, そこは, そのあと, その発展, それだけにそう, それでもどうも, たださえ, どうか皆, どうしてこんな, なんとなく違う, はっきり僕, まあ皇帝陛下, まアお年, むかし花見に, よく分りません, わざわざここ, 一方学問, 一時にも, 一葉の, 人間にとって, 人間の, 今は, 代助, 以前の, 伸子の, 何か, 何となく気味が悪い, 何よりあれこれ, 何卒私, 作者の, 僕には, 先ず正直, 内側で, 刀剣類に関しては, 列の, 劇は, 去年の, 君だけは, 君だって, 大体森木, 大部分, 実は僕ア道楽, 心の, 性来怜悧の, 我輩は, 数学, 文化映画の, 日本に, 昔恋し, 時による, 時間が, 本人が, 松村子爵は, 此も, 此方も, 武者さんは, 殿様は, 水が, 無いから, 犯罪事実の, 現実は, 由利は, 相手が, 私と, 私は, 絶対に, 自分が, 葉子にとっては, 蒼空の, 見た目には, 見て, 親馬鹿とは, 触覚という, 赤インクの, 辻川博士の, 道玄坂には, 音楽文学の

▼ だろうそう~ (97, 0.4%)

8 思って 5 して, なれば 4 すれば, だと, だろう 3 彼は 2 じゃない, なると

1 [60件] お思い, したらこう, したらその, したら何, したら取り上げられるばかり, したら私達, じゃ, すると, だいえあの, だおれ, だろう併, だろう私しゃお前, だろそう, だ自分, であればこそ, でしょう, でなくて, でなければ, では, でも, とは知らぬ, なくっちゃ, に違い, はいかねえや, は思っ, は思わない, は思わねえ, も伯爵, わさわさする, ジャン, 云おうと, 信じて, 僕は, 喚いて, 思いながら, 思いながらも, 思いました, 思います, 思うと, 思えないか, 思った, 思ったから, 思ったので, 思ったのね, 思わないか, 思われるよう, 悪い人たち, 意地張る, 来なくちゃ, 来なくっては, 残念でも, 気づいたので, 泥を, 渡瀬が, 無暗に, 空想し, 考えて, 考えると, 語りながら, 選り好みを

▼ だろうとも~ (96, 0.4%)

7 思って 6 思った, 思われる, 考えた 4 思う 3 考えて 2 ぜんたいどんな, 思います, 思ったが, 考えられる

1 [56件] あり余ったの, いいました, いいます, いうし, いった, さあお出なさい, そうだろう, たまに天気, だから俺, だれが, てめえでも, ともかく彼ら, ねえ, よい年増, 一応考えられる, 事実は, 云い又, 云れず, 云われて, 云われる, 俺も, 僕自身にだって, 嘉門めに, 思いました, 思いましたが, 思いますが, 思うが, 思えますが, 思える, 思ったり, 思わない代り, 思われた, 思われますけれど, 思われるけれど, 想像される, 想像し, 感じましたが, 戯れに, 推察された, 推察される, 日比谷公園へ, 気が, 無理も, 然うだろう, 男の, 結論出来ない, 考えさせられました, 考えられて, 考えられないこと, 考えられます, 考えられますし, 見なくて, 言うの, 説かれて, 逃げも, 降魔の

▼ だろうこと~ (90, 0.4%)

4 を予想 3 を知っ, を私 2 などいろいろ, は, は想像, を信じ, を覚悟

1 [70件] から証明, がはっきり, がわかっ, が分っ, が容易, が想像, が誰, そんな話, で彼, などを話した, など口, に就い, に思い到る, に望, のこれ, はそう, はわかっ, は今, は伸子, は作者, は充分, は分っ, は単に, は地球, は天文学者, は察, は当然, は彼, は明々白々, は明らか, は歩い, は演ら, は疑わない, は確実, は神聖科学者組合, は考え, もいよいよ, もわかっ, も彼, も承知, も毫も, を, をあの, をおまえ, をこの, をば, をひいては, をぼく, をも恐れた, を予言, を今, を伝えよう, を喜び, を夢み, を女房, を彼, を彼女, を忘れ, を思え, を思った, を思わせる, を恐れた, を想像, を想見, を深く, を考え, を自分, を見た, を見落さぬ, を軍国

▼ だろうこの~ (90, 0.4%)

2 フォークが, 人ったら, 子が, 次は, 野郎

1 [80件] あいだの, あいだ誰かさんが, あくび, おりつ, くらい暢気, においは, ひとたちには, ひとは, まえよりも, ままの, まま天下泰平に, ガンジョウな, ゴロゴロした, 一個の, 下に, 不覚, 事実性は, 二人の, 人々の, 人から, 人は, 人兄さんの, 伯父の, 作り人は, 像を, 先という, 光景は, 児は, 味は, 問題は, 国の, 堂の, 報告を, 声この, 夏の, 大身代, 奥様は, 定に, 家は, 山あいには, 心理だ, 恩は, 悪戯者は, 手は, 手を, 明るい中, 明るく新鮮, 時代には, 森の, 橋は, 河岸という, 浮世の, 海は, 生活が, 男は, 界隈で, 白ちゃ, 白鳥の, 眠りざまであろう, 石化は, 石垣の, 私こそ, 脚絆なんぞも, 腰で, 表情は, 訳書を, 話を, 赤い鼻, 輩も, 途中でも, 連中は, 部屋は, 銀貨銅貨取り交ぜ, 間下壇の, 面は, 面傷だ, 音曲師, 頃の, 食い潰し野郎めッ, 鶫を

▼ だろうって~ (88, 0.4%)

3 ことは 2 見当つけ

1 [83件] あたしいつも, あたしずいぶん, あなたの, いうん, いって, いつかお, いつも栄ちゃん, いわれてるんで, うちじゃあ, うるさく僕, え評判, おっしゃるから, おっしゃるん, おとうさんが, お前さんの, お母さまが, お母さんお, お母さんが, お父さんはじめみんなで, ことだけは, ことです, こぶ, こんなに下さいました, じれじれして, そう吐かしやがる, そう申し, それじゃ, それで私, たいそうな, だからそんな, どじょう汁も, びっくりし, みんなも, よくそう仰し, んだ, んです, ナオミさんは, 云うもん, 云うん, 云うんで, 云う訳, 云った人, 云って, 云われたなんかって, 仰しゃっていらしたわ, 仰しゃるし, 仰云ったの, 仰云って, 仰有ったわ, 先生心配なすってた, 冗談云っ, 冗談言っ, 勧められて, 南條さんは, 又御, 取り合わなかったくらい, 噂し, 図星だ, 安が, 居酒屋の, 御重職, 思ってたところが, 楽屋の, 気が, 私に, 私の, 笑うん, 考えて, 考えてるの, 自分でも, 良人でも, 言います, 言いますが, 言うん, 言う事, 言ってたの, 言や, 評判です, 話さ, 話しだったよ, 話して, 話です, 邸の

▼ だろう~ (81, 0.3%)

2 ナア, 亭主は

1 [77件] あのまあ, あの時, いくら金田君, いつまでも, おいそれとこの, おしいこと, おちぶれても, この筑前, こんなに長い, こんな夜道, さぞ頼み甲斐, して, すぐこんな, そこらの, その肝心, それの, ただ一片, つまらない意地, とにかく石地蔵, どれも, なぜか, なぜかこ, なんとか小さい, ねえ, はやく子供, ほんとにばか, わたしは, わらじ野袴編笠という, トそう, ナアとか, 不幸に, 人間の, 人間は, 今の, 今湯を, 何が, 何だって, 何という, 何とかこの, 何故に, 先生もう, 助任川, 化け物屋敷を, 台所などで, 困った, 変化し, 大学令の, 嬉しそう, 子供にも, 年増の, 彼の, 彼は, 彼女は, 御苦労様だ, 思いも, 思わず, 悪いこと, 敵も, 朝から, 殊に心細い, 母親の, 江戸って, 泳ぐなんて, 溺れた女, 盗られた奴, 私を, 立会人の, 腕組でも, 自信は, 莫迦な, 診察の, 身うごき, 近ごろ我慾に, 送って, 金歯を, 門内に, 階下では

▼ だろうあの~ (76, 0.3%)

3 人は, 音は 2 人が, 女は, 犬は, 男なら

1 [62件] お蔦に, かわいい坊や, ころ稚児髷だった, とき以来なにも, なかに, ひとそういう, ひとの, ように, シュウシュウいう, ジープの, ネクタイ, 下の, 不良娘め, 二人は, 人を, 人相書は, 人達がね, 仁念寺という, 位で, 位な, 侍は, 先生は, 六部は, 和尚様の, 図々しい案梅, 声は, 女あるじは, 女の, 女を, 女性は, 好色な, 娘の, 子, 子と, 子の, 子は, 小説家の, 少年は, 崖の, 時お前幕府の, 時は, 本は, 武蔵に, 歩調を, 火は, 無遠慮な, 爺さん, 狂死せる, 男に, 男は, 眼つきが, 空を, 腹は, 藍玉屋の, 蘚苔の, 足音が, 路は, 踏切り内, 通り姿も, 頃は, 風来坊は, 騒ぎは

▼ だろうとの~ (73, 0.3%)

8 ことです 5 ことである 4 ことでした 3 こと, ことだ 2 事である, 案であった, 案も

1 [44件] うわさで, お言葉, ことだった, ことであった, ことでありました, ことであります, ことでございます, はかない望み, もっぱらの, 不安とが, 予後判定だった, 予想が, 事だ, 事だった, 事であった, 二人の, 信念の, 希望的観測が, 御懸念, 心配は, 念が, 想像は, 意味で, 意味である, 懸念が, 推定の, 暗示で, 期待を, 杞憂は, 疑いだ, 相談を, 知らせに, 考えから, 至極明快な, 見当は, 見込だった, 診断であった, 診立て, 評判は, 説が, 説明が, 返事が, 返辞だった, 配慮が

▼ だろう~ (68, 0.3%)

3 の心, はあの 2 には判らない, のまだ, は, は彼, も初めて

1 [52件] が, が何, が彼, が恐縮, が最後, が生きた, じゃなけれ, だってその, だよ, って自分, などにはおよそ, なの, にはとんと, に何, に出来る, に対しても, に見, に言葉, のおとうさん, の先生, の怨も晴れる, の拍子木, の肩, の言っ, の関心, の霊魂, の願い, はあらゆる, はこのごろ人様, はこんな, はそう, はそれ, はそんな, はどう, はどうしてこう, はどこ, はゆめ, は何, は心配, は恐れた, は昨日, は時計, は此, は結婚, は翌, は英語, は誓紙, は黙っ, も一緒, も絵, を女, を痛めつける

▼ だろうとか~ (62, 0.2%)

4 そんなこと

1 [58件] あの色, あるいは太陽, あるいは少なくとも, いいあいいったい, いうが, いややき, いや確か, いや警察, うるさく探り, お前の, こういう紙, こちらの, この前, この宿屋, そういうよう, そういう作者, そう云った, それについては, なんとかさっき啖呵, ひと晩で, またはピオ, わけても小癪, モスクワには, 下宿にも, 不徳な, 世間見ず, 主人の, 云う話, 人浚い, 仰しゃっているのが, 何とかいっ, 何とかそんな, 何とか云う, 何とか嚇し文句, 何故旧い, 兎に, 出かけて, 可愛がっ, 夢は, 大変愉快そうな, 宗教家だろう, 少くとも, 愚痴を, 明日は, 普通おそらく, 殿様も, 毎日言い合った, 気分の, 法王からは, 煽て上げ, 白足袋を, 種々な, 種々の, 細かいこと, 細ま, 自分たちは, 親類に, 頭の

▼ だろうあれ~ (53, 0.2%)

172 はお

1 [34件] からながめた, がな次, が与一兵衛はん, が伊勢, が千両, が吾輩, が手習師匠, が押し, が至急手, が西日, さ, じゃない, だ, だけ無造作, だけ違う, だと, だね, でなければ, と同じ, の器量, の耳, はいつも, はお前, はかがみ, はすなわち, はなん, は何, は十二支組, は唐, は点々, は頭, もおまえ, を見た, 木を

▼ だろう~ (52, 0.2%)

5 めえ

1 [47件] いちどのは, かみさんは, くにが, くにさんは, けいの, すえちゃんの, せいさん, なつは, みやは, もんちゃんを, よねさん, 久米は, 互にこれから先, 互に二十, 仲, 内儀さん, 前借りに, 医者なんて, 千代ちゃんに, 君さんの, 品さんにも, 園を, 城の, 墓の, 夏は, 奉行に, 安い御用みたい, 富とは, 帰りお, 春坊を, 気の毒さまだ, 浦の, 淋しくも, 父様の, 石, 竜ちゃんの, 糸さんは, 紺自身は, 綱さん, 綱さんは, 繁は, 艶ちゃん, 花ちゃん, 菊の, 蓮様は, 酒を, 隅さん本当なら

▼ だろう~ (51, 0.2%)

1 [51件] あすの, あまりクヨクヨ, あれは, あれほど, あんなもの, おおかた, おれは, お前の, お秋, きっと, くよくよしない, この陰険, ざっと下地研, じゃ困ります, そして何処, だがもう, ちょいと, ねえそう, ほんとうに, まア諦め, ジム, ッて, ホーキンズ, 不足を, 五年くらいの, 人間が, 今夜あたりお, 似合いの, 何しろ自分, 併し, 信玄や, 備前屋へ, 君等は, 大事に, 奴には, 富士見の, 念の, 怖いこと, 擦り切れ一つ, 新情人, 朝が, 森啓之助様を, 石の, 老人は, 自由に, 衣裳箱やら, 見て, 覚悟は, 親分, 運だ, 銭形の

▼ だろう~ (46, 0.2%)

3 の様 2 もなかっ

1 [41件] かお菜, かの, かの手掛かり, かの用, か会社, か御用, か恐ろしい, か質問, か適法, がおかしい, が今, が望み, さ恐く, しても, だってこんな, だろう, だろうと, でも一つ, でも心任せ, という何, といえ, と云っ, と言っ, にも書いてない, にも訳, に田舎, のため, の町, の臭気, の話さ, の譬喩, の雑念, の魅力, べん, もござらぬ, も不思議, も只, をする, をグズグズ, を一体, を痴

▼ だろうなと~ (40, 0.2%)

3 思う, 思った 2 思って, 長い髪の毛

1 [30件] いうこと, いった, こんなにいう, その度, にらみつけたそう, はじめて気, よく見よう, 云った, 共感を, 平野名人も, 念を, 思いながら, 思いました, 思うと, 思うの, 思ったほど, 憂い顔, 松の木が, 橋本に, 珍しくそうした, 私は, 私も, 考えた, 耳うちした, 聞くと, 自分が, 西山は, 言う, 言え, 言ったら友人

▼ だろうこれ~ (35, 0.1%)

6

1 [29件] がすこし, がわからない, が例, が画, だけの仕事, でも喰え, で一杯, で十銭, ならば, には何, に比べ, に違い, はしまった, はその, はどんな, はねここ, は上海, は何だえ, は四天王, は大切, は相談, は鋸, までどおり, までの事, もはっと, やるから, をもらっ, を一番, を帯

▼ だろうねえ~ (35, 0.1%)

2

1 [33件] あの人, あんまりあとさき, あんまり世間, お前, お前ほどの, お松さん, けれども苦しい, これらの, しかし今年中, そうなく, その女, その弥生さん, どう思う, ほんとにしよう, ほんに困り, オイ八重ちゃんリャンコの, セリョージェチカ, 上総房州の, 千ちゃん, 大層な, 大阪の, 数枝だって, 是から, 杉や, 独仙君, 私の, 私は, 調べて, 車掌, 金吾さん, 金貸しの, 電話は, 飽き飽きしちまった

▼ だろうしかし~ (34, 0.1%)

3 それは

1 [31件] いつか現われ, おれたちは, きみたちの, これだけ, これはと, これも, それが, まだ海, やくざの, よく聞け, 一方では, 万三郎は, 伊達六十万石は, 会には, 何と, 何という, 余る一足, 侍の, 君は, 大和守は, 愛すること, 斎藤は, 来年また, 某大劇場, 正直にさえ, 突然どき, 節子は, 蜜の, 達弥おれは, 采女は, 雅楽頭が

▼ だろうそして~ (33, 0.1%)

1 [33件] あのころ, あれは, いい奥さん, ここへ, このまま永遠, この事実性, この青磁, しまいには, その規模, それに, それは, それを, とにかく落とし主, どんな人, なんの, みんなが, よく生れた, ガラス鉢の, クラムが, テナルディエの, 之こそが, 何を, 僕は, 又この, 又その, 吾, 妹たちも, 子供も, 来る秋あき, 痙攣と, 盃の, 神さまの, 自動車の

▼ だろうぐらいに~ (32, 0.1%)

9 思って 8 考えて

1 [15件] 二人とも, 多寡を, 心得て, 思いました, 思いまして, 思い流して, 思ってるん, 批評家先生などは, 推察し, 橋本と, 考えた, 考えた竹田某, 聞き流して, 見て, 解釈し

▼ だろうおれ~ (31, 0.1%)

2 とし, はそう

1 [27件] がいま酒井侯, が巣鴨, が心, にはまだそれほど, のこと, のこの, のため, の睨んだ, の神算, の置き, の落魄, はいや, はおまえ, はすぐ, はそこ, はそれ, はへん, はまえ, は仕止め, は先代, は断じて, は盗み, は諦めた, は長崎, も本当, を店, を忘れ

▼ だろう~ (31, 0.1%)

2 は眼

1 [29件] がながく, と藤田, にもわからない, のいった, の人, の呼吸, の屋敷, の崇拝者, の差配, の心臓, の机, の様子, はあやしんだ, はこれ, はすっかり, はそういう, はそれ渡邊, はふと, はまた, はド, は信乃, は天然理心流, は少年時代, は御用商人, は更に, は由利江, は疾く, は聞き, は腰掛

▼ だろう自分~ (30, 0.1%)

2 で自分, はまったく, は不信心者

1 [24件] があの, がどんなに, がまだ, でやって来, で思ってる, にし, のため, のどういう, の不運, の兄弟, の名, の妻, の姿, の弾いた, の心, の芸術, の蒔いた, の行動, の食べ残し, はここ, はそれ, はまるで, は宇野氏, は新参

▼ だろうけど~ (29, 0.1%)

1 [29件] あたしゃおまんまがなきゃ飢死にを, あのウチ, あの七月十日, いくら日本, いざ子供, いちど好きな, いったいどんな, この患者特有, これは, その彼女, その後始末が, そんなこと子ども, でももう少し, でも君, みっともない楽屋, トコトンさん, 僕なんかに, 具体的に, 四月一日であっ, 外に, 女は, 小悪党, 山口さんじゃ, 手まわりの, 横濱の, 殺って, 私は, 自殺は, 菜物なんか

▼ だろうそんな~ (29, 0.1%)

3 ことは, ことを

1 [23件] こったろうと, こっちゃ, ことが, ことなら黙っ, ことまでが, ものは, ものを, 事を, 人だ, 処分では, 子供は, 年で, 忠告を, 方の, 望を, 為なく, 無為に, 疑りが, 眼を, 話で, 風だ, 風な, 馬鹿な

▼ だろうだが~ (29, 0.1%)

1 [29件] あれの, いとま, いまは, おれには, おれの, おれは, そういうオリジナル, そうじゃ, そのこと, そのため, その田地, それは, それより, それを, できるだけ早く, どうしよう, どろぼう, ネ私, 不思議な, 大阪では, 奥さんが, 宗教の, 文学的真理, 暴力を, 決して刃向かっ, 火急の, 相変らず, 真物の, 自然科学の

▼ だろうここ~ (28, 0.1%)

3

1 [25件] が眼目, でおれ, でもない, でも文句, でようやく, で僕, で行われる, に, に今, に倒れ, に押籠め, に殿様, に階級的民主的文学, の主, の女中, の家, の気候, は一番, は山国, は昔, へ持っ, へ来, へ通し, まで出, を通った

▼ だろうなんて~ (28, 0.1%)

2 思って, 言って

1 [24件] あんまりたあい, いうかも, いうの, いって, いやな, ことは, そう言った, その頃, そんなうわさ, そんなこと, どうも軽率, ひやかして, ノコノコ銀行, 兄弟子たちが, 冗談を, 失礼な, 思ってるの, 減らず口を, 生意気にも, 町の, 皆さんが, 空想し, 言い出す始末, 軽薄な

▼ だろう~ (27, 0.1%)

9 に思っ 2 に考え, に考えた

1 [14件] におもっ, にかんがえ, にしか考え, にしか考えられない, に云い合っ, に京子, に僕, に多寡, に思い出した, に皆, に聞いた, の事, の所, は云わね

▼ だろうお前~ (26, 0.1%)

2 だって

1 [24件] がそこ, が十五, が嚊, が小さい, だってなにか, と別れるだろう, にはそんな, の保護者, の友達, の手, の言う, の頭, は人, は体, は切支丹屋敷, は国, は小, は殿様, は知らない, は精一杯, もう一度よっく云っ, もきっと, もそう, も可愛

▼ だろうかなどと~ (26, 0.1%)

3 考えて

1 [23件] いろいろな, さまざまに, 云いだした, 博士は, 吉岡は, 夕食の, 当時の, 心細そう, 心配した, 心配も, 思いながら, 思いに, 思うと, 思ったり, 思って, 想像し, 感歎とも, 考えた, 考えたり, 考えながら, 考えるの, 考え込んだ, 見当ちがいする

▼ だろうのに~ (26, 0.1%)

1 [26件] あれじゃ, お濠, そうも, それを, どうしてやっ, はじめて咲いた, はたの, むこうの, わざわざ人, キョトンと, 今晩の, 伸子も, 何も, 元湯, 反撥が, 咎めだてされなけれ, 山々の, 救いの, 文学者は, 未に, 武装なんて, 気の, 眉を, 空間が, 農民は, 馬までが

▼ だろう~ (26, 0.1%)

1 [26件] じゃ旦那, すぐ聞い, となっ, に直るだろう, に見ろ, のうち, のこれ, のところ自信, のなんぞも百姓, のはと, の中, の伯父, の君, の島田, の我々, は昔, までのよう, まで僕, まで私, もそこ, もちょっと, 吐剤を, 松さんてば, 松の, 直ぐ広, 飛び去った雌鴨

▼ だろう~ (25, 0.1%)

5

1 [20件] ていかにも, てお, てお母さん, てくれ, てそして, てひどく, て一しきり, て云う, て俺, て家, て待っ, て惚, て浦和, て浪, て涙, て言った, て話, て誰, て貴, て阿

▼ だろうといった~ (24, 0.1%)

3 ふうに 2 そうである, そうです, ふうな

1 [15件] そうで, その推断, そんな事, でしょう, ような, 人が, 医者も, 場合それの, 声で, 意味の, 文学者が, 時に, 調子で, 順序で, 顔です

▼ だろうどう~ (24, 0.1%)

2 したの, したん, だ, だね

1 [16件] か一緒, しただろう, したら助けて, しようかと, するつもり, すれば, だいこれを, だい思いきっ, だどう, だろうと, だろうを, だ早く, ですね, 使ったらその, 考えたって, 考えても

▼ だろうにと~ (24, 0.1%)

4 思う 2 私は

1 [18件] いった, いって, いつでも, 云う小言, 仏は, 思いかえしながら, 思うくらい, 思ったり, 思われたの, 思われるの, 思われるのに, 惜しまれた, 惜んで, 男にも, 空想した, 考えそれ, 間接ながら, 頗る歯痒く

▼ だろうもう~ (23, 0.1%)

1 [23件] おめ, ひとつは, わかったよ, わかって, 一ツくんな, 一人最前から, 今晩は, 僕は, 冷たくなっ, 帰るだろうと, 座敷へ, 慣っ子に, 日は, 時刻も, 来そう, 来ないの, 永久に, 泣く涙, 継げないだろうか, 聴いてるよ, 言わなくても, 話し声は, 門附け

▼ だろう~ (23, 0.1%)

3 でもそう 2 がこんな

1 [18件] か此方面, がわった, が船, が見よう, だっけかなあ, だって泣か, だろうッ, でもということ, とても知っ, に断わっ, のおかげ, の腕, は何科, も悪く, も知る, も貧乏, を待った, を縛った

▼ だろうからと~ (22, 0.1%)

2 いうので, いって

1 [18件] いいました, いうため, いうわけ, いう気, いつも言い言いし, そういい出した, るす, ナミ子は, 云う心持, 云って, 印紙を, 存じて, 存じましたから, 意識した, 母親の, 留めたけれど, 署長さんが, 考えつきました

▼ だろうかとも~ (21, 0.1%)

2 思いました, 思いやった

1 [17件] そんな話, どかしがりながら, 思いながら, 思います, 思い発疹, 思うし, 思うん, 思った, 思ったり, 思われた, 悲しまれるの, 江戸詰めの, 考えたの, 考えたり, 考えて, 考えなかった, 考えるよう

▼ だろう~ (21, 0.1%)

2

1 [19件] いままできみ, が俺, くよくよした, けれども始め, この誤解, しかし米谷, すれば, それは, だがその, ともかくおれ, なぜと, ぶお, ぶが, わたしの, アお前の, ア申訳が, 併し, 手紙にも, 運上を

▼ だろうまた~ (21, 0.1%)

1 [21件] あわてて, お手紙, このおばさん, この人, 一層もっともらしき, 今日と, 何か, 何の, 何等の, 例の, 偶然に, 可愛がっ, 土が, 奇態な, 始まったかと, 実際何とか彼, 来るよう, 無断で, 父や, 疑って, 質屋の

▼ だろう~ (21, 0.1%)

3

1 [18件] があの, が取っ, が帰った, が機敏, が発見, が見た, にだって君以上, にはこの, にはわからない, の妻, はいくら, はその, はまだ, は何度, は余程, は幸, もはじめ, も連れ

▼ だろうがね~ (20, 0.1%)

1 [20件] あの洲崎, ええ, これも, しかしそれだけ, そのくらいに, それじゃ, それにしてもなんとか, それは, でもありゃ, とたんば, なんぼこの, シドニー, ダーネー君, 何しろ今度, 僕は, 口で, 名刺という, 最も尊敬, 細君や, 若旦那

▼ だろうなあ~ (20, 0.1%)

1 [20件] おまえどうか, この塩梅, そいつは, そういう連中, そう思う, ちょっと手, めずらしいもの, もういちど, 何でも, 全く世の中, 古田氏, 君, 心霊学会だけに, 政府は, 早く見たい, 朝に, 本隊では, 第四斥候隊, 若い時, 貝谷

▼ だろう少し~ (20, 0.1%)

2 あったかいと

1 [18件] あがっては, かすれた力, ずつでも聞きたい, つごうして, はお, は眠った, は眠つたやう, は覚え, ばかりの古い, も気がつかなかった, も訳, 切って, 古いが, 待って, 意見を, 歩くと, 濁って, 精神に

▼ だろうかを~ (19, 0.1%)

1 [19件] たとえ不可能, われわれに, 不審に, 介は, 周瑜の, 強いて見させられる, 想像し, 想像した, 感じた, 憂えた, 注意せず, 疑った, 発見しよう, 確めた, 考えさせられること, 考えた, 考えながら, 考えるとき, 討究し

▼ だろうだから~ (19, 0.1%)

1 [19件] あんなに無作法, おれは, お前今ここで, ここで, その馬, それについて, やはり美人薄命, オットセイが, 乱暴を, 僕の, 冷淡に, 前は, 時としては, 気づかって, 物を, 羞かしい, 考えて, 英語が, 駄目だ

▼ だろうどこ~ (19, 0.1%)

4 にいる

1 [15件] かいい, かで不敵, かで子供, かの大名, からもそれ, から生み出し, か違っ, ときまった, にもいる, へでもおいで, へも廻りゃしますまい, へやった, へ行った, やら面, をそう

▼ だろうかとか~ (18, 0.1%)

2 そんなこと

1 [16件] あるいは悪い, いかにすれ, いつ頃朝鮮, いろんなこと, きっと寝しな, こいつは, すべてが, それが, まあそんな, 今日の, 其様な, 凡そそんな, 又は, 正木や, 牛乳屋だろう, 考えた

▼ だろうとさえ~ (18, 0.1%)

2 思われる

1 [16件] いわれて, いわれる, 主張した, 予期しなかった, 云う者, 思った, 思ったくらい, 思って, 思わせた, 思われた, 思われるの, 思われるほど, 書いて, 源氏は, 見えて, 邪推する

▼ だろうよう~ (18, 0.1%)

1 [18件] な, なものすごいつら, な一徹さ, な不安, な儀式, な刺激, な場合, な性格, な村内, な苦労, な言葉, な認識主観, にあの, にさしあたり, に二千年前, に広大, に色々, に見える

▼ だろうくらいに~ (17, 0.1%)

3 考えて 2 軽く考え

1 [12件] して, その時, ぼんやり考え, 信じて, 将門は, 心得て, 思い懐手, 思って, 想像した, 簡単に, 考え防空訓練, 言うだけ

▼ だろうこう~ (17, 0.1%)

3 思って

1 [14件] いいいい, して, すれば, なると, 云う趣向, 云って, 云ってるの, 寂しそう, 思いきった, 思いながら, 書いて, 答えた, 訊いたの, 訊ねた

▼ だろうこんな~ (16, 0.1%)

2 小穢い

1 [14件] いたずらを, いやな, ことを, でどう, の海老で, はずじゃァ, わるさ, 僅かの, 実の, 気の, 生き物を, 真実心という, 美婦の, 貯蔵所が

▼ だろうそこ~ (16, 0.1%)

1 [16件] がどうも, が莫迦, では私, にあった, にはけばけばしい, には奇妙, の申す, はあの, は拙者, は貧乏人, へしらず, へみんな, へ入れ, へ行く, を取りえ, を目掛け

▼ だろう~ (16, 0.1%)

1 [16件] にそんな, のかいた, のよう, の主意, の事, の云う, の兄さん, はたった, はどっち, は北園竜子, は関東もん, は面白く, は風流, んとこ, 吸取紙, 知らんかね

▼ だろうがと~ (15, 0.1%)

2 思いながら

1 [13件] いって, つけ加えて, 云う訳, 云って, 台湾から, 思って, 断わりそれから, 書いて, 条件つきに, 次郎に, 甲斐は, 言って, 言われて

▼ だろういや~ (14, 0.1%)

1 [14件] お前はよう, かけるの, ことによる, それは, まあ聞い, もっと悪い, 密偵の, 必ずある, 慥かに, 捨てては, 炭焼窯が, 確かに, 聴いて, 門前市を

▼ だろう~ (14, 0.1%)

1 [14件] と云っ, と何かと, と無法, と理窟, どうのこうの, は目, また五家為伝, 上に, 尻尾の, 攫わしたろうの, 朝起きる, 漫然たる予算, 語意と, 長州だろう

▼ だろう~ (14, 0.1%)

2 し夫

1 [12件] しおせい, しそう, しそれ, し世の中, し余, し信仰, し其の, し啓蒙, し未だ, し歴史自身, し然, し知識

▼ だろうなぞと~ (13, 0.1%)

2 考えて

1 [11件] いって, 云った, 余計な, 口さがない悪たれ言, 噂を, 気味の, 理性の, 考えたり, 言う, 語り合ったり, 講談本に

▼ だろう~ (13, 0.1%)

1 [13件] が夢, が大勢, にこう, に知れない, の一念, の困る, の姿, の枕許, の気, の見る, まで害め, もさぞ, を馬鹿

▼ だろう~ (13, 0.1%)

1 [13件] が蜀, が酔興, が閂, だろうと, にはわからない, に似合うだろう, の力, の叔母, は, はハラハラ, もそう, を信ずる, んとこ

▼ だろうああ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いい物, いう柴草, して, そうか, そうする, それが, もう二十日, もしたら, 云ったら叱られるだろうと, 人ごこちが, 本当に自分, 欲しいああ

▼ だろう~ (12, 0.0%)

1 [12件] が唯, に打ち明けれ, の主義, はお, はグウ, は何, は又, は息, は斯, は時介, は電信局, も叔父

▼ だろう~ (12, 0.0%)

1 [12件] が二人, だてらに, であるため, なんか来た, にはハリアイ, の方, の臀, は, は八十, ばかりがいた, をあさる, を殺した

▼ だろうあんな~ (11, 0.0%)

2 ものを, 変な 1 あわれ, すごいの, ところで, のも, のを, 林が, 老木に

▼ だろうじゃあ~ (11, 0.0%)

8 ないか 1 はいって, 無いか, 無えか

▼ だろう~ (11, 0.0%)

2 えこと 1 えんだ, えんで, おおかただろう, ことさ, ことだ, はだしの, また帽子, ンだ, 主人の

▼ だろうなぜ~ (11, 0.0%)

1 [11件] おれを, お前今時分ひとりで, かなら, だろうと, ならその, なら死, なら神, 彼に, 早く来, 親と, 訪ねて

▼ だろうなどという~ (11, 0.0%)

2 ことは 1 ことばかり, ことを, 内々の, 心配でした, 期待は, 疑いも, 考えに, 者も, 途上の

▼ だろうねと~ (11, 0.0%)

1 [11件] あね, きた歯, また聞き返した, 云ったので, 別れを, 念を, 恨みごとを, 聞いて, 言いました, 言ったら出前, 話して

▼ だろうみんな~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの桶, あの異常, があんな, が化物, にも, の顔, 云って, 寝しずまって, 悪い事, 揃って, 覚えて

▼ だろうもし~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの父, おまえが, これによって, そのとき君, それが, な御, また世の中, 役人なんぞに, 必要なら, 種に, 蘇生する

▼ だろういい~ (10, 0.0%)

1 かでも, から先, だろうで, ともいま, のだ, よこの, わいい, 機嫌で, 気持そうに, 花だろう

▼ だろうおまえ~ (10, 0.0%)

1 が強情, たいへんな, にはそれ, にも, のふた親, は, はそれ, は家禄没収, は背, を待ち焦がれ

▼ だろうぐらいの~ (10, 0.0%)

2 ことで 1 不慥, 度胸でも, 気もちで, 空想を, 考えが, 考に, 腹は, 話を

▼ だろう~ (10, 0.0%)

1 に寄る, は予想, は十分, は感じ取らね, は自分, を予言, を前, を思う, を思ふ, を豫期

▼ だろう~ (10, 0.0%)

21 のそして, のもの, の体系, の否, の時事解説, の普遍的, の武雄さん, の神秘主義

▼ だろう~ (10, 0.0%)

1 一お前の, 一この, 一もう, 一ムクが, 一京都の, 一板前の, 一此の, 一色が, 三日曜だ, 九句に

▼ だろういったい~ (9, 0.0%)

2 この女 1 あの音, おしの, この力, この問答, その建物, だれだろう, 永生の

▼ だろうそれとも~ (9, 0.0%)

1 もうおさまった, 何か, 何時もの, 修業したら, 少しは, 忘れてるん, 母親なら, 百姓は, 親に

▼ だろうところ~ (9, 0.0%)

2 の一つ, の自分 1 のタイクン政府通訳官福沢諭吉氏, の南原女史, の柱時計, の角, の謎みたい

▼ だろうとばかり~ (9, 0.0%)

5 思って 1 そこへ, 信じて, 考えて, 顔を

▼ だろうどんな~ (9, 0.0%)

1 ことが, ふうに, 人たちの, 人と, 心配だろう, 文明を, 獣だろう, 面を, 顔つきを

▼ だろうまるで~ (9, 0.0%)

1 シャートフの, 女の, 小鳥の, 手品師が, 正二郎さまそっくり, 煙に, 眠って, 赤坊の, 踏んつぶしたがんもどき

▼ だろう今日~ (9, 0.0%)

41 の委員, は二人, は幸い, は日曜日, も向う

▼ だろう~ (9, 0.0%)

1 が一年, の一語, の中, の家, の帯, の時, の様, の笠, の餓鬼

▼ だろうかって~ (8, 0.0%)

1 いま話し, お父さんは, ことも, ことを, しきりに心配, んです, 心配し, 気に

▼ だろうきっと~ (8, 0.0%)

1 この中, そうだろう, な, ほかに, 化性の, 左様だ, 死ぬ, 魚が

▼ だろうことに~ (8, 0.0%)

3 よると 1 おれは, よったら山, 一家とか, 日記に, 近頃は

▼ だろうそういう~ (8, 0.0%)

2 ことは 1 なかへ, 例は, 信仰家という, 感懐を, 自分たちが, 自問は

▼ だろうそれで~ (8, 0.0%)

1 おっかながっ, つい他, まあひとまずお前, よくわかった, 一切の, 万事を, 四半刻ばかり, 床板を

▼ だろうとて~ (8, 0.0%)

1 主人は, 六個條を, 噂を, 女郎に, 妖巫の, 甚く, 荷物を, 薬を

▼ だろうなど~ (8, 0.0%)

1 いろいろ考え, 云いきゃあ, 他の, 奥の, 思いますと, 申して, 考えて, 話し合いましたが

▼ だろうまあ~ (8, 0.0%)

1 あの女, あの興味, この堅い, この場, それまでは, だらしの, 山上の, 話せと

▼ だろうもの~ (8, 0.0%)

21 だ, としての日本型人民戦線, とすでに, どもと, はためし, を信じ

▼ だろうよく~ (8, 0.0%)

1 お見, 天道様の, 考えて, 聞け, 見ると, 覚えて, 辛抱した, 関門まで

▼ だろう~ (8, 0.0%)

1 これを, やがて経験, リョーマチかしら, 仮りに, 六は, 変な, 知って, 経験し

▼ だろう彼女~ (8, 0.0%)

1 が僕, と私, の衰えた, はお, は依然として, は田舎, は白い, をひき取っ

▼ だろう~ (8, 0.0%)

1 からネ其様時, が毎, だけで余, ほどの宝, まで分, も後で, も怪美人, れは

▼ だろういま~ (7, 0.0%)

1 ではなん, におれ, のうち, のほう, は三月中旬, は東方川, は舞いしきる

▼ だろうかとの~ (7, 0.0%)

1 その疑い, 問いに, 問題ばかり, 好奇心を, 想像が, 疑問であります, 疑問に

▼ だろうかな~ (7, 0.0%)

41 あー, 家鶏の, 無惨に

▼ だろうからという~ (7, 0.0%)

2 のである 1 云いまわし, 伯母の, 意で, 意味だけを, 見越しで

▼ だろうすぐ~ (7, 0.0%)

1 そこの, にはあと, に此処, に酒, に顎, ピーターに, 帰らなくては

▼ だろうただ~ (7, 0.0%)

1 の人間, の吝, 何にも, 取次ぎゃいい, 暗闇の, 空しい時間, 顔を

▼ だろうとしか~ (7, 0.0%)

2 思われない 1 云えない, 思わなかった, 思われなかった, 想像が, 考えられない

▼ だろうとでも~ (7, 0.0%)

2 云いたげに, 思って 1 いうよう, いうん, 考えたん

▼ だろうなあと~ (7, 0.0%)

1 いう, つい小説, ヨハンネスは, 仰言った修治さん, 嘆息まじり, 思って, 思っても

▼ だろうなん~ (7, 0.0%)

1 だそんな, だって気まぐれ, でもよほどの金高, にした, にせよ, に使う, の物音

▼ だろうのにと~ (7, 0.0%)

2 思った 1 大笑いです, 察しも, 思えた, 思った心持, 祖母にも

▼ だろうわし~ (7, 0.0%)

1 にあの, には解らぬ, の子, の養子, はそれ, もせっかく, も吉岡清十郎

▼ だろうわたし~ (7, 0.0%)

1 という女, にだって見えやしない, のステッキ, の三味線, の身の上, はその, もあなた

▼ だろう人間~ (7, 0.0%)

1 ってもの, としてのこと, にし, の間, はそう, はみな大, はめし

▼ だろう~ (7, 0.0%)

1 があり, こそ裂け, じゃいいかげん, で人, のまわり, も利けず, をモグ

▼ だろう~ (7, 0.0%)

1 だな, で仕様, なこと, なもの, な女, な心持, な顔

▼ だろう~ (7, 0.0%)

1 から飛び出した, のさびしく, のまわり, の庭, は二, へ持っ, を出れ

▼ だろう~ (7, 0.0%)

1 なんぞが飛込ん, に克つ, はどうせ, は貴様達, も乗り掛った, も新三郎, も残念

▼ だろう~ (7, 0.0%)

2 をさます 1 など真赤, にいっぱい, のまわり, はとろん, をパチ

▼ だろう~ (7, 0.0%)

2 を洗っ 1 が赤く, が赭, にウレシイ, も赤かっ, を見る

▼ だろうあいつ~ (6, 0.0%)

1 なら, は学校, は私, は酒, も小力, も賊

▼ だろうかしらと~ (6, 0.0%)

1 全然いま, 女中は, 思う地点, 思った, 想像した, 覗いた時

▼ だろうかとは~ (6, 0.0%)

1 これまた, それを, 時々刻々彼ら, 浅井君の, 考えたばかりでも, 考慮され

▼ だろうからな~ (6, 0.0%)

1 あいつの, しかしそれでも一人, 俺の, 孝さんに, 早速近辺, 物を

▼ だろうしと~ (6, 0.0%)

3 いって 1 しきりに寝床, まあ自惚れ, 思って

▼ だろうそいつ~ (6, 0.0%)

1 は, はお, はやめた, はわからない, は今, をちょい

▼ だろう~ (6, 0.0%)

2 済んで 1 すすらせるほう, すませて, とうとうみんな, 出て

▼ だろうどうか~ (6, 0.0%)

3 して 1 なるだろうが, わき道へ, 楽に

▼ だろうどうして~ (6, 0.0%)

1 おらの, この客, ご飯を, その日, 仲が, 死んで

▼ だろうどうも~ (6, 0.0%)

1 お前さんは, お前の, がいた, 一昨日行った, 仕方が, 僕らは

▼ だろうなに~ (6, 0.0%)

1 かをじっと, もあたい, も次郎君ひとり, を云いたかった, を感じ, 知らねえこと

▼ だろうぼく~ (6, 0.0%)

1 のポインター, の所, はきみ, はすっかり, はへた, はまた

▼ だろう何ん~ (6, 0.0%)

1 だか, でも, な顔, にも知らされなかった, にも知らない, のこと

▼ だろう~ (6, 0.0%)

1 だから, だと, だろう, をいえ, をつく, をつけ

▼ だろう~ (6, 0.0%)

2 蝶丸も 1 三郎の, 地震か, 恐龍, 詐欺師の

▼ だろう大きな~ (6, 0.0%)

1 図体を, 声で, 声を, 渦巻が, 溜息を, 犬だ

▼ だろう子供~ (6, 0.0%)

1 が出来た, だってあるで, はじいたんじいたん, らしい空想, を抱い, を誘拐

▼ だろう早く~ (6, 0.0%)

1 もくだ, 丈夫に, 告げなければ, 帰れ, 気がついて, 顔を

▼ だろう明日~ (6, 0.0%)

1 でも, の午後二時頃, の海上, は為事, また誰, まではそうして

▼ だろう~ (6, 0.0%)

1 と外国, の思い, の病気, はかすか, は何もかも, や妹

▼ だろう甲斐~ (6, 0.0%)

1 が立ちあがる, が静か, は気づかない, は言葉, は起きあがっ, は黙っ

▼ だろうあそこ~ (5, 0.0%)

1 だ, にある, にころがっ, に白い, の釣瓶鮨屋

▼ だろうくらいの~ (5, 0.0%)

1 ところを, 様子でした, 疳癪が, 目算は, 見当は

▼ だろうさあ~ (5, 0.0%)

1 さ早く, もう一番, 分らなくなっちゃった, 喰べ, 言って

▼ だろうそれに~ (5, 0.0%)

2 あの女 1 お前医者の, 小口径, 飛騨の

▼ だろうちょっと~ (5, 0.0%)

1 あたらせてね, 往って, 恥ずかしそう, 眼を, 見渡したところ

▼ だろうでも~ (5, 0.0%)

1 うそも, お前に, てんでそんな, もしも自由, 年に

▼ だろうなどとも~ (5, 0.0%)

1 いう, おもった, 云った, 思う, 考えた

▼ だろうなにか~ (5, 0.0%)

1 い富五郎, うまい知恵, 参考に, 叫びながら, 留守に

▼ だろうなにしろ~ (5, 0.0%)

1 千住の, 墨丸だ, 後家ばあさん大いに, 牛などという, 饅頭から

▼ だろうまさか~ (5, 0.0%)

1 一緒に, 己に, 彼では, 消えて, 野釣でも

▼ だろうまだ~ (5, 0.0%)

1 どこからも, 暗いの, 結び目も, 調べ中だ, 追いかけて

▼ だろうやがて~ (5, 0.0%)

1 その訪問, グッタリその, 戻って, 投獄される, 自分でも

▼ だろうよと~ (5, 0.0%)

1 いいました, 云ったもの, 書いて, 答えた, 言った

▼ だろう一人~ (5, 0.0%)

1 だけ日本, でぼんやり, で這入れる所, の年, 残らず佐倉宗五郎

▼ だろう二人~ (5, 0.0%)

1 とも愛し, の言葉, の間, はさがった, を置去り

▼ だろう何しろ~ (5, 0.0%)

1 勤王とか, 天下の, 彼の, 珍しい書籍, 金も

▼ だろう向う~ (5, 0.0%)

1 から丁度, では俺ら, のほう, の格子, は眼

▼ だろう~ (5, 0.0%)

1 だけ聞い, に応じ, の主, は出ず, も懸け

▼ だろう~ (5, 0.0%)

1 の指, や足, をたたくだろう, を伸ばし, を放し

▼ だろう拙者~ (5, 0.0%)

1 にまかせろ, のこの, の声, も心苦しい, も貴公

▼ だろう~ (5, 0.0%)

1 がつく, にする, のつく, をおつけ, 障っちゃ

▼ だろう~ (5, 0.0%)

1 の方, の模様, へでも飛び込んだ, も空, よりは山

▼ だろう~ (5, 0.0%)

2 になるだろう 1 は験, 干の, 干へ

▼ だろう秀子~ (5, 0.0%)

1 が殺した, との間, の考え, は漸く, 若し心

▼ だろう~ (5, 0.0%)

1 と小さい, と思い, と思う, と思っ, と或

▼ だろう~ (5, 0.0%)

1 こそ悪い, の白い, の褪せた, の黒い, をなくした

▼ だろう~ (5, 0.0%)

1 から手足, がわれ, がズキ, にこう, はその

▼ だろうあまり~ (4, 0.0%)

1 商家が, 寒いから, 気を, 深入りを

▼ だろういっそ~ (4, 0.0%)

1 この珈琲, この荒磯, 一億金と, 本所の

▼ だろういつ~ (4, 0.0%)

1 だろうって, までもつづけ, までも覚え, 現れるの

▼ だろうおせん~ (4, 0.0%)

1 はこの, はそう, はますます, は前垂

▼ だろうお前さん~ (4, 0.0%)

1 がその後釜, にその, の口, は

▼ だろうお父さん~ (4, 0.0%)

1 の事, の云っ, の死なれた, やお母さん

▼ だろうかなど~ (4, 0.0%)

1 きき朝, 思われること, 編輯長の, 言い合った

▼ だろうかなんて~ (4, 0.0%)

1 いまも, しきりと自, 云ったもん, 疑って

▼ だろうかの~ (4, 0.0%)

1 一匹の, 問題に, 問題も, 画面に

▼ だろうこういう~ (4, 0.0%)

1 ものの, ものを, 情愛の, 男金吾君

▼ だろうこっち~ (4, 0.0%)

1 からお願い, の岸, の眼, へ振返っ

▼ だろうこんど~ (4, 0.0%)

1 こそ本当に, こそ殺されるだろう, の犠牲, は寮

▼ だろうこんなに~ (4, 0.0%)

1 可愛い人, 可憐な, 急に, 臭いの

▼ だろうさすが~ (4, 0.0%)

1 に出, に次郎吉, のぼく, 防空演習で

▼ だろうしかも~ (4, 0.0%)

1 そうなった, それは, 十万も, 自分にも

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 いくら金の, この舟, ジェリー, 町じゅうに

▼ だろうそうすると~ (4, 0.0%)

2 おめ 1 これが, 兄さん

▼ だろうそこで~ (4, 0.0%)

1 お前だけは, 手術を, 持って, 話は

▼ だろうそれでも~ (4, 0.0%)

1 やっぱりああし, 槍を, 私には, 能く

▼ だろうとにかく~ (4, 0.0%)

1 ここに, この現象, ゆだ, 彼女の

▼ だろうどうしても~ (4, 0.0%)

1 そのくせ, 一緒に, 今夜の, 江州口の

▼ だろうどっち~ (4, 0.0%)

1 がほんとう, でもいい, にした, も生死

▼ だろうどの~ (4, 0.0%)

1 ような, 世界と, 人物とも, 医者を

▼ だろうなどとは~ (4, 0.0%)

1 思わないよう, 私に, 考えず如何, 露知らずあどけない

▼ だろうなんぞと~ (4, 0.0%)

1 そんなもの, 云う, 悪口を, 米友は

▼ だろうばか~ (4, 0.0%)

1 なやつ, な奴ら, な方, 野郎め

▼ だろうほか~ (4, 0.0%)

1 にわる, に約束, の犬, の部屋

▼ だろうもう少し~ (4, 0.0%)

1 おちつくまでは, ようすを, 覇気が, 辛抱し

▼ だろうゆっくり~ (4, 0.0%)

1 やって, やんなよ, 漕げ, 話して

▼ だろう一日~ (4, 0.0%)

2 に六千個 1 の発行部数十数万, 置きに

▼ だろう今に~ (4, 0.0%)

3 良くなるだろう 1 高潮の

▼ だろう~ (4, 0.0%)

2 の二人 1 の人, の石

▼ だろう何とか~ (4, 0.0%)

1 いう三味線, して, なるめ, 云う料理屋

▼ だろう~ (4, 0.0%)

2 に角 1 に角余, も角

▼ だろう全く~ (4, 0.0%)

1 いい犬, ロシア式だろう, 一言も, 偶然その

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 いサ, いサ高山, 厭な, 笑いね

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 のお, の行末, はここ, は毎日静か

▼ だろう師匠~ (4, 0.0%)

1 が倒れた, の上, の手, を見る

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 尊父が, 庇で, 心酔の, 神籤所を

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 のすがすがし, の迷い, をいため, をしずめ

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 に向う, に足, に顔, 直なる

▼ だろう我々~ (4, 0.0%)

2 にとってその 1 が道楽, も子

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 が今度, の情気, の愛妻, の本当

▼ だろう日本~ (4, 0.0%)

1 に生れ, の国, の着物, へも来た

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 からそう, の気力, の高貴, ほどには親しい

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 からハーモニカ, になったら, になる, のねざめもすがすがとして

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 だの草, の怪, の球, の裂ける

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 の顔, はそう, は顔, を斜交い

▼ だろう相手~ (4, 0.0%)

1 がよい, が寒, の盲人, は誰

▼ だろう若い~ (4, 0.0%)

1 ことに多感, のや, 女という, 女の

▼ だろう言葉~ (4, 0.0%)

1 の行き, の語源的, は卑下, も智慧

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 にはなりゃしない, の筋, をし, をする

▼ だろう貴様~ (4, 0.0%)

1 にはな, の恋敵, はッ, を彼処

▼ だろう~ (4, 0.0%)

2 に揺れ動く 1 が出たらしい, が吹く

▼ だろう黒い~ (4, 0.0%)

1 勝鶏が, 大きな眼鏡, 岩が, 雲を

▼ だろう~ (4, 0.0%)

1 が落ち, の先, の大きな, を乗せ

▼ だろうあすこ~ (3, 0.0%)

1 から出, がいい, にその

▼ だろうあるいは~ (3, 0.0%)

1 不治の病を, 僧と, 東の

▼ だろうあんなに~ (3, 0.0%)

1 つれなかった, よろこんで, 浮気な

▼ だろういかにも~ (3, 0.0%)

1 さむざむとうらぶれたけしきにみえた, 憎々しそう, 疲れた蒼い

▼ だろういくら~ (3, 0.0%)

1 うまいよう, 写生文を, 大阪市に

▼ だろういっしょ~ (3, 0.0%)

2 に車 1 にいっ

▼ だろういつも~ (3, 0.0%)

1 その考え, の顔, 集まる時刻

▼ だろういよいよ~ (3, 0.0%)

1 という時, となる, 私の

▼ だろういろいろ~ (3, 0.0%)

1 に形式, やって, 世話に

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 おう菜葉庖丁, そうな, 君

▼ だろうおよそ~ (3, 0.0%)

2 少年という 1 一切の

▼ だろうお母さん~ (3, 0.0%)

1 は兄さん, は自分, もいるだろう

▼ だろうかしら~ (3, 0.0%)

1 ふと君子, 又生き, 時の

▼ だろうかといった~ (3, 0.0%)

1 そうである, 人も, 期待と

▼ だろうかとさえ~ (3, 0.0%)

1 思われて, 極端な, 疑った彼

▼ だろうかなどという~ (3, 0.0%)

1 ことは, 個人を, 問題についても

▼ だろうかも~ (3, 0.0%)

1 一つこれを, 知って, 知れないと

▼ だろうからって~ (3, 0.0%)

1 こっちが, 川井の, 横田が

▼ だろうからね~ (3, 0.0%)

1 全く, 若さんなら, 電報の

▼ だろうがとに~ (3, 0.0%)

1 角そうした, 角之, 角少なく

▼ だろうくらい~ (3, 0.0%)

1 なところ, な推量, な量見

▼ だろうけれどね~ (3, 0.0%)

1 おしの, 例の, 大風は

▼ だろうこいつ~ (3, 0.0%)

21

▼ だろうこれから~ (3, 0.0%)

1 おまえが, 乃公と, 行って

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 一は, 前の, 褒美ものだ

▼ だろうごく~ (3, 0.0%)

1 低い声, 普遍的な, 温和しい

▼ だろうさっき~ (3, 0.0%)

1 から, から見, の鼻

▼ だろうしきりに~ (3, 0.0%)

1 唱歌の, 手紙を, 接待の

▼ だろうしばらく~ (3, 0.0%)

1 そこで, は宇宙塵, は消息

▼ だろうすると~ (3, 0.0%)

1 この流れ, まもなく潮, カルクシャイヤの

▼ だろうずいぶん~ (3, 0.0%)

1 そのくらい, よごれて, 夜も

▼ だろうそうしたら~ (3, 0.0%)

1 かぶとむしよりも, 九日目の, 宿に

▼ だろうたしかに~ (3, 0.0%)

1 その点, 人数だ, 人臭いところ

▼ だろうだれ~ (3, 0.0%)

1 がなんと, の邪魔, よりも

▼ だろうつい~ (3, 0.0%)

1 すると, 思い余った容子, 鼻の

▼ だろうでは~ (3, 0.0%)

1 一貫文は, 快く死ね, 赤ちゃんの

▼ だろうとかいう~ (3, 0.0%)

1 おうわさ, ふうに, 詰問を

▼ だろうとだけ~ (3, 0.0%)

1 いいました, 想像された, 考えた考えかた

▼ だろうとだけは~ (3, 0.0%)

1 思い会って, 思って, 想像が

▼ だろうとても~ (3, 0.0%)

1 まじめにとって, 二人一緒に, 甚いや

▼ だろうとね~ (3, 0.0%)

1 いろいろ考え, 叱られたです, 毎日毎日妹が

▼ だろうとまで~ (3, 0.0%)

1 付け足した, 思った, 考えた

▼ だろうどうせ~ (3, 0.0%)

1 なかま, 二三人の, 見物の

▼ だろうなんかと~ (3, 0.0%)

1 うそか, 思えた, 思った

▼ だろうなんと~ (3, 0.0%)

1 いういや, いう変った人間, 僅かな

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 ちっと驚ろ, 明日です, 酷かろう

▼ だろうひどく~ (3, 0.0%)

1 かすれた大きな, カッカと, 重い体

▼ だろうへた~ (3, 0.0%)

1 なこと, な茶屋女, をする

▼ だろうほど~ (3, 0.0%)

1 おく面, よい処, 単純で

▼ だろうまもなく~ (3, 0.0%)

1 おかめ, おさまるだろうと, おゆう

▼ だろうもっとも~ (3, 0.0%)

2 特徴が 1 その子孫

▼ だろうよほど~ (3, 0.0%)

1 お好き, お嬉しい, 気にいったと

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 なまじ聞かされた, 多分, 真名古君

▼ だろう世間~ (3, 0.0%)

1 の人, の嘲笑, は

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 あまりに我, とかいうよう, とか乃至

▼ だろう今夜~ (3, 0.0%)

1 は, はお, は風呂

▼ だろう今度~ (3, 0.0%)

1 はなん, は升田, は茶色甲冑

▼ だろう今朝~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, の当番, 抜かれて

▼ だろう何と~ (3, 0.0%)

1 云う家族, 云う方, 認めて

▼ だろう何処~ (3, 0.0%)

1 から来る, か行く先, へ溜め

▼ だろう何故~ (3, 0.0%)

1 だろうと, 便りが, 殺して

▼ だろう何者~ (3, 0.0%)

1 か立ち聞き, だろうこの, の手跡

▼ だろう余り~ (3, 0.0%)

1 の事, 智慧の, 遅くならない

▼ だろう俺達~ (3, 0.0%)

2 も仕事 1 は揃い

▼ だろう先生~ (3, 0.0%)

1 だから, は老年, も育たれた

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 に玩具, に言ったろう, よりは益丸

▼ だろう勿論~ (3, 0.0%)

1 余は, 出張は, 職業なんて

▼ だろう叔父~ (3, 0.0%)

1 が斯, の心, は養女

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 うそだろう, もはや事変, 野槌という

▼ だろう多分~ (3, 0.0%)

1 なあこいつ, チビと, ペイトン在の

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 が明けた, が明けたら, になっ

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 から醒めた, じゃない, でなくって

▼ だろう大方~ (3, 0.0%)

1 そう来るだろう, な, は家

▼ だろう夫婦~ (3, 0.0%)

1 でなし, とはどういう, の間

▼ だろう宇乃~ (3, 0.0%)

1 に微笑, は十三歳, も虎之助

▼ だろう実際~ (3, 0.0%)

1 その場, 兇行の, 絶好だった

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 にいる, の白茶けた, へ行く

▼ だろう役所~ (3, 0.0%)

1 でまだ, の岡安さん, へ知れる

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 のつまる, もかよわない, をはずませ

▼ だろう手前~ (3, 0.0%)

1 がよけい, の廻り, は十手捕縄

▼ だろう日本人~ (3, 0.0%)

1 としては日本, ならいま, にも通じ

▼ だろう本当~ (3, 0.0%)

1 なら彼, のところ, の鍛冶屋

▼ だろう正直~ (3, 0.0%)

2 に云っ 1 に云え

▼ だろう無理~ (3, 0.0%)

2 はない 1 もない

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 うか, うじゃ, る処

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 か猫, に吠えられる, のうなり

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 の上, の破れめ, へ突っ

▼ だろう白い~ (3, 0.0%)

1 房, 物を, 衣を

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 が醒めたら, は両方, をまわし

▼ だろう紅い~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 のは

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 がおかしく, で覚えた, に入れ

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 に優しい, の上, をむき出した

▼ だろう~ (3, 0.0%)

2 のほう 1 へはウソみたい

▼ だろう若し~ (3, 0.0%)

1 お前の, や先, 幾分でも

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 が知らせた, が鳴い, のいい話さ

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 が善い, となれ, と子

▼ だろう諸君~ (3, 0.0%)

1 の健全, はかれ, も知っ

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 があっ, が曲った, のある

▼ だろう~ (3, 0.0%)

2 でも間違えた 1 を歩き

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 に困っ, を出し, を持っ

▼ だろう銭形~ (3, 0.0%)

2 の親分 1

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 が悪けれ, に市, を流るる

▼ だろう~ (3, 0.0%)

2 の降る 1 が降っ

▼ だろう青木~ (3, 0.0%)

1 がやって来た, だ青木, はそれ

▼ だろう~ (3, 0.0%)

1 は今, は僕, みたよう

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 われな, 丁度いい

▼ だろうあと~ (2, 0.0%)

1 からつい, は何者

▼ だろうあなた~ (2, 0.0%)

1 あの人声, を信用

▼ だろうある~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ だろうあんた~ (2, 0.0%)

1 には何, の使者

▼ だろううち~ (2, 0.0%)

2 は五色揚

▼ だろううまい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 料理を

▼ だろううまく~ (2, 0.0%)

1 やつた, 行って

▼ だろうおかしい~ (2, 0.0%)

2

▼ だろうおそらく~ (2, 0.0%)

1 外部から, 従容として

▼ だろうおれたち~ (2, 0.0%)

1 だよ, にとっ

▼ だろうかえって~ (2, 0.0%)

1 そっぽを, 苦しくなる

▼ だろうかが~ (2, 0.0%)

1 疑問な, 知りたくなった

▼ だろうかに~ (2, 0.0%)

1 かかって, 気づくべきであった

▼ だろうかね~ (2, 0.0%)

1 もちろんアメリカ, ハイロ君

▼ だろうかま~ (2, 0.0%)

2 やしない

▼ だろうがという~ (2, 0.0%)

1 ところが, 反面に

▼ だろうきみ~ (2, 0.0%)

1 なんかそう, の知っ

▼ だろうきょう~ (2, 0.0%)

1 の寒, はゆっくり

▼ だろうぐらい~ (2, 0.0%)

1 なこと, な用意

▼ だろうぐらいにしか~ (2, 0.0%)

1 考えて, 考えなかった

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 ちとらの, やつ

▼ だろうこちら~ (2, 0.0%)

1 から望ん, も驚い

▼ だろうこりゃ~ (2, 0.0%)

1 なかなか生れつき, ア望の

▼ だろうさと~ (2, 0.0%)

1 思いこんでは, 思うの

▼ だろうさよう~ (2, 0.0%)

1 寒藤清郷先生, 山葵の

▼ だろうしな~ (2, 0.0%)

2 本当にこれ

▼ だろうすこし~ (2, 0.0%)

1 は, 懲りさせたほう

▼ だろうすっかり~ (2, 0.0%)

1 あの女, 壊れて

▼ だろうすべて~ (2, 0.0%)

1 が, の感情

▼ だろうせいぜい~ (2, 0.0%)

1 おだてて, 三千部ばかりの

▼ だろうそうして~ (2, 0.0%)

1 おとうさんからも, まだ年

▼ だろうそしたら~ (2, 0.0%)

1 ねその, 俺と

▼ だろうそしてまた~ (2, 0.0%)

1 どうしていま, 喜ばしいこと

▼ だろうそち~ (2, 0.0%)

1 が逢おう, は人命

▼ だろうそのまま~ (2, 0.0%)

1 うたた寝を, スタスタ踵を

▼ だろうその間~ (2, 0.0%)

1 こうし, に三回目

▼ だろうそれから~ (2, 0.0%)

1 お前国々を, 子供や

▼ だろうそれだけ~ (2, 0.0%)

1 お前さんエーを, はいけない

▼ だろうそれでいて~ (2, 0.0%)

1 あんな真似, 自分で

▼ だろうそれにしても~ (2, 0.0%)

1 あまり遅い, イヤな

▼ だろうそれほど~ (2, 0.0%)

1 大変な, 更けたとも

▼ だろうそれ以外~ (2, 0.0%)

1 にない, の方法

▼ だろうそろそろ~ (2, 0.0%)

1 おれたちも, 用談に

▼ だろうそんなに~ (2, 0.0%)

1 までしなく, 濡れて

▼ だろうだいたい~ (2, 0.0%)

1 だろう, 思ったとおり

▼ だろうちゃんと~ (2, 0.0%)

1 探索が, 電話で

▼ だろうちょい~ (2, 0.0%)

1 と舐め, と行っ

▼ だろうっていう~ (2, 0.0%)

1 ことをさ, 期待です

▼ だろうつまり~ (2, 0.0%)

1 おまえたちにとっては, 要するに

▼ だろうてめえ~ (2, 0.0%)

1 は, は薬研

▼ だろうとかく~ (2, 0.0%)

1 人に, 偏したがる者

▼ だろうときどき~ (2, 0.0%)

1 岸を, 江戸へ

▼ だろうとこう~ (2, 0.0%)

1 思いついたの, 申しますと

▼ だろうところが~ (2, 0.0%)

1 ここは, 頭だけは

▼ だろうとまでは~ (2, 0.0%)

1 考えませんけれども, 言わぬ

▼ だろうと共に~ (2, 0.0%)

1 その作品, 実際又

▼ だろうどうしてこう~ (2, 0.0%)

1 やってるとき, ヤイヤイ言うだろう

▼ だろうどうもそう~ (2, 0.0%)

2 思われて

▼ だろうどうやら~ (2, 0.0%)

1 甲斐を, 静かな

▼ だろうどちら~ (2, 0.0%)

1 かという, から歩い

▼ だろうどんなに~ (2, 0.0%)

1 あの男, 懐かしく

▼ だろうなぞ~ (2, 0.0%)

1 と思い, 都合の

▼ だろうなどといった~ (2, 0.0%)

1 ような, 周馬や

▼ だろうにという~ (2, 0.0%)

1 気さえ, 考えが

▼ だろうになどと~ (2, 0.0%)

1 ひそかに, 思ったこと

▼ だろうには~ (2, 0.0%)

1 ちがいない, 参ったね

▼ だろうによって~ (2, 0.0%)

1 そなた, 時々別

▼ だろうひとつ~ (2, 0.0%)

1 くらべて, 会って

▼ だろうひどい~ (2, 0.0%)

1 もんだ, 嘘つきと

▼ だろうほんとう~ (2, 0.0%)

2

▼ だろうまして~ (2, 0.0%)

1 おまえは, この道中

▼ だろうまっ~ (2, 0.0%)

1 蒼な, 赤な

▼ だろうむつかしい~ (2, 0.0%)

1 相談だろう, 顔を

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 すこし太, 皆空

▼ だろうもうボツボツ~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 引上げた

▼ だろうもう二度と~ (2, 0.0%)

2 来て

▼ だろうやつら~ (2, 0.0%)

1 が暴れだす, には労働者

▼ だろうよい~ (2, 0.0%)

1 値段で, 塩梅だ

▼ だろうよし~ (2, 0.0%)

1 好まないまでも, 給えよ

▼ だろうより~ (2, 0.0%)

1 以上に, 女は

▼ だろうわれわれ~ (2, 0.0%)

1 の展覧会, の言う

▼ だろうイヤ~ (2, 0.0%)

1 そう来なけれ, 昨夜より

▼ だろうテン~ (2, 0.0%)

1 デあべこべ, デアト

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 仔細無, 静坊

▼ だろうボーイ長~ (2, 0.0%)

1 が固い, は自分

▼ だろう一つ~ (2, 0.0%)

1 の棒磁石, はバスティーユ

▼ だろう一握り~ (2, 0.0%)

1 の人数, ばかりの豌豆

▼ だろう一番~ (2, 0.0%)

1 とッつき, 近くて

▼ だろう丁寧~ (2, 0.0%)

1 にお通し, に通す

▼ だろう万事~ (2, 0.0%)

1 が規定どおり, はその

▼ だろう三人~ (2, 0.0%)

1 とも本職, とも赤い

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 本意ながら, 死人

▼ だろう不思議~ (2, 0.0%)

1 だねえ, の光

▼ だろう両手~ (2, 0.0%)

1 を帯, を突いた

▼ だろう主人~ (2, 0.0%)

1 のだけが女結び, の娘

▼ だろう二三日~ (2, 0.0%)

1 休んだほう, 待って

▼ だろう亭主~ (2, 0.0%)

1 がその, は年中家

▼ だろう人々~ (2, 0.0%)

1 にむかっ, に金持

▼ だろう今年~ (2, 0.0%)

1 の夏, の末

▼ だろう今頃~ (2, 0.0%)

1 あの部屋, は

▼ だろう伊平次~ (2, 0.0%)

1 の顔, はちょっと

▼ だろう低く~ (2, 0.0%)

1 かすれたうつろ, なった水面

▼ だろう何だか~ (2, 0.0%)

1 形容の, 物凄い不明

▼ だろう何人~ (2, 0.0%)

1 かおるだろうか, にも云っ

▼ だろう余計~ (2, 0.0%)

1 なこと, な事

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 のそら, の一種

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 のよう, よりは低く

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 へおりた, を一つ

▼ だろう先ず~ (2, 0.0%)

1 御機嫌宜しゅう, 此の

▼ だろう其処~ (2, 0.0%)

1 がいけない, で奇月

▼ だろう冷たい~ (2, 0.0%)

1 だろうと, 噴水の

▼ だろう凄い~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ だろう医師~ (2, 0.0%)

1 の診断, の説

▼ だろう医者~ (2, 0.0%)

1 としての才能, もあろう

▼ だろう十五六足~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 の一突き, 山路が

▼ だろう可哀そう~ (2, 0.0%)

1 な菊さん, に

▼ だろう可哀想~ (2, 0.0%)

2

▼ だろう同じ~ (2, 0.0%)

1 品を, 譜代大名である

▼ だろう地球~ (2, 0.0%)

1 が隕石, の果

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 にほんとに, に書籍

▼ だろう大学~ (2, 0.0%)

1 の方, を出た

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 とも夜, にし

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 で, には誰

▼ だろう女の子~ (2, 0.0%)

1 にし, の紅い

▼ だろう姿~ (2, 0.0%)

1 がありあり, を見れ

▼ だろう婚礼~ (2, 0.0%)

1 なんて少し, は質素

▼ だろう学校~ (2, 0.0%)

1 に用事, の先生

▼ だろう実に~ (2, 0.0%)

1 みな厳粛な, 残酷である

▼ だろう実は~ (2, 0.0%)

1 俺も, 普通の

▼ だろう小さい~ (2, 0.0%)

1 いびきが, 袋を

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 って一体何川, の中

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 のほう, の頬骨

▼ だろう左手~ (2, 0.0%)

1 に三尺, に刀

▼ だろう左様~ (2, 0.0%)

1 すりゃ蜂の巣, なら

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 は殆, へ来

▼ だろう当の~ (2, 0.0%)

1 ものに, 御親類

▼ だろう彼自身~ (2, 0.0%)

1 すらも解らなかった, もそう

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 に残る, を追っかけ

▼ だろう従って~ (2, 0.0%)

1 当分は, 開国が

▼ だろう心配~ (2, 0.0%)

1 すること, するな

▼ だろう必ず~ (2, 0.0%)

1 そういう時期, 家名は

▼ だろう恐らく~ (2, 0.0%)

1 それは, アルカンから

▼ だろう恐らくは~ (2, 0.0%)

1 為合せな, 為合わせ

▼ だろう恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 のは, 力だ

▼ だろう悪い~ (2, 0.0%)

1 ことを, ところへ

▼ だろう愈々~ (2, 0.0%)

1 為事だ, 罪に

▼ だろう~ (2, 0.0%)

2 あ見やがれ

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 の十手, へ入れ

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 る女, る綺麗

▼ だろう或いは~ (2, 0.0%)

1 何か, 秀子が

▼ だろう数日~ (2, 0.0%)

2 にわたって海

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 である, の流れ

▼ だろう時々~ (2, 0.0%)

1 その珠, 厭に

▼ だろう時間~ (2, 0.0%)

1 が来たら, の節約

▼ だろう曲者~ (2, 0.0%)

1 は俺, は里見十左衛門

▼ だろう未知~ (2, 0.0%)

1 の人, の人々

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 がぶっ, は道

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 が遊び, くらべだ

▼ だろう此処~ (2, 0.0%)

1 で今五千円, で少

▼ だろう此方~ (2, 0.0%)

1 へお, へ向け

▼ だろう武家~ (2, 0.0%)

1 には相違, の娘

▼ だろう武蔵~ (2, 0.0%)

1 はもう, は背

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 がみ, が立つまい

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 が二人, の夜明け

▼ だろう殿様~ (2, 0.0%)

1 だよ, の頭

▼ だろう母親~ (2, 0.0%)

1 のやつれた, の方

▼ だろう気の毒~ (2, 0.0%)

1 では, な

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 がありすぎ, ぐらいかかっ

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 が求め, の来意

▼ だろう江戸~ (2, 0.0%)

1 で岩沼, にいれ

▼ だろう決して~ (2, 0.0%)

1 僅かな, 竹垣の

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 いまえ, 礼者め

▼ だろう然し~ (2, 0.0%)

1 一つの, 紀州だって

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 の姿, は今

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 だろう, だろうか

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 の仕業, はもう

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 から先, が工藝

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 ができた, だけに目

▼ だろう男女~ (2, 0.0%)

2 と子供

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 のやつ, の楽隊

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 に興味, のあちこち

▼ だろう直ぐ~ (2, 0.0%)

1 出発が, 寝る

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 に念仏, をどけれ

▼ だろう~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ だろう~ (2, 0.0%)

2 ばった顔で

▼ だろう社会~ (2, 0.0%)

2 の歴史的認識

▼ だろう私一人~ (2, 0.0%)

1 で宜しい, の意志

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 せきこんで, の大

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 には月, に近い

▼ だろう突然~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 麻痺を

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 から首, の障子

▼ だろう立派~ (2, 0.0%)

1 な大理石, な素性

▼ だろう絶えず~ (2, 0.0%)

1 よろめきながら, 側に

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 の略章, もすっと

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 がどうしてこんなに, を引きつらせ

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 からの車挽, を切る

▼ だろう若旦那~ (2, 0.0%)

2 も鉄砲

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 沙弥君, 沙弥君論文脱稿前に

▼ だろう茂次~ (2, 0.0%)

1 は, はお

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 を塗っ, 臭い空気

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 は浮き立つ, をつい

▼ だろう見当~ (2, 0.0%)

1 くらいは付かない, は付かない

▼ だろう親分~ (2, 0.0%)

1 でも蜂, は大概目星

▼ だろう誰か~ (2, 0.0%)

2 がやって来るだろう

▼ だろう谷中~ (2, 0.0%)

1 の下, の屋敷

▼ だろう近所~ (2, 0.0%)

1 にいる, は戸

▼ だろう近頃~ (2, 0.0%)

1 大行山の, 江戸の

▼ だろう遠い~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ようで

▼ だろう部屋~ (2, 0.0%)

1 の隅, はどこ

▼ だろう酒井~ (2, 0.0%)

2 は我々

▼ だろう野中~ (2, 0.0%)

1 というその, は監視役

▼ だろう長い~ (2, 0.0%)

1 ので二年, 旅でも

▼ だろう長屋~ (2, 0.0%)

1 のかみさんたち, の人たち

▼ だろう雨戸~ (2, 0.0%)

1 をあけ, をしめ

▼ だろう電燈~ (2, 0.0%)

1 がつい, は結構

▼ だろう静か~ (2, 0.0%)

1 ないい, な人柄

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 が少し, 膨らました萬朝

▼ だろう頭痛~ (2, 0.0%)

1 がし, のする

▼ だろう馬鹿~ (2, 0.0%)

1 と云わなけれ, な子

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 のかかり, を廂

▼ だろう~ (2, 0.0%)

1 なら捕らん事, の尾

▼1* [1702件]

だろうあいつ変な奴, だろうあさっての声, だろうあさはかなものだ, だろうあたしッてもの, だろうあたりはもう, だろうあっしは岡, だろうあっちへ行く, だろうあながちにさっき, だろうあなた何うして, だろうあぶないものだ, だろうあまり年とったので, だろうあやは躯, だろうあら血が, だろうありゃお前もう, だろうあれみたいなもの, だろうあんぽんたんも昼寝, だろうあんまり遠いところ, だろうあゝ有難い持つべき, だろういかなる山も, だろういかに下落した, だろういかにもきちんと並べられて, だろういきなり社長に, だろういくさは諸国, だろういくつかの示唆, だろういくらか苦みばしった美男, だろういくらでも飲むが, だろういちいち括り上げて, だろういちど懲りるまでは, だろういっそそうしたら, だろういったいどうした因縁, だろういっときのよう, だろういつももう浮いたよう, だろういまいたずらにここ, だろういまここで文子さん, だろういまだに帰って, だろういま上から蒲団, だろういま門人を二人, だろういらっしゃいと云った, だろうぉううぉうと虎の, だろううしろの奴, だろううっかりスリだ, だろううやうやしく立ち上って, だろううれし涙を, だろううれしくて笑う, だろううんこは誰, だろうええちい公, だろうえお吉, だろうえらい勢いで, だろうおい狐が, だろうおいらにはいえない, だろうおい半三郎これでも, だろうおかしな男だ, だろうおかみさんをあんなに, だろうおしのは, だろうおせんちゃんおまえそれまで待っ, だろうおそのも娘, だろうおっ母さんは, だろうおとなのことば, だろうおなかもやがて, だろうおふくろもこれ, だろうおまけに自身, だろうおや庭下駄が, だろうおやじ有難え, だろうおらがこれから, だろうおれ自身これまでやって来た, だろうお七夜を済ませ, だろうお前たちが何者, だろうお前のは平素芝居, だろうお前此間頬を腫らし, だろうお前若宮んとこの, だろうお嬢様か娘, だろうお宝は盗ん, だろうお客様はみんなお前, だろうお玉ヶ池の閑斎坊主, だろうお祖父さんがはっきり, だろうかくて修道院, だろうかくべつ不思議な, だろうかしらんあすこに, だろうかだのそういうこと, だろうかとしか思われません, だろうかとすら考えては, だろうかととほうに, だろうかとばかり思い焦って, だろうかなあそうだろう, だろうかなあと想像し, だろうかなえ夫人が初めて, だろうかなたの猛火, だろうかなというんで, だろうかなどとも考えた, だろうかなり大きく焼け, だろうかなんぞというように, だろうかについて相談しました, だろうかねえ源どん, だろうかねてあの人, だろうかは一々彼, だろうかほどたくみに, だろうかやさんからの手紙, だろうからとか新さんだって, だろうからなと付け加えた, だろうかわいくてたまらな, だろうかわりこんな堪えきれない, だろうがしかしそれは, だろうがっちりと固, だろうがなしかし噂, だろうがなあ太夫望みを, だろうがなと描きながら, だろうがなんぞ知らん天網恢, だろうがの直義, だろうがへいきだ, だろうがネといって, だろうきたないはなしだ, だろうきっときっとあの子, だろうきれいな野菜, だろうぎょろぎょろ光らせる眼だま, だろうぎらっと逆に返った, だろうくどくどという, だろうくらいなおうちゃ, だろうくるりと昌さん, だろうぐずぐず言わば合祀する, だろうぐらいで私も, だろうぐらいにはかねて, だろうぐらいは察して, だろうけさおそかった, だろうけどさ一般の, だろうけれどさ天下を, だろうこいさんも久し, だろうこうした孝助の, だろうこうして主従の, だろうここらあたりから向う, だろうこちら西村山の方, だろうこっそり立ち聴きして, だろうことごとしいといっ, だろうことそれを飲む, だろうことばは違う, だろうこと女の罪, だろうこと母躰に異常, だろうこと永遠につづく, だろうこのごろ江戸の老中, だろうこのごろ胆吹山の上平館, だろうこの同じ心持で, だろうこの間もね先生, だろうこの間ッから, だろうこれからおいおい速力が, だろうこれからゆっくりその話, だろうこれ等暴力団が後日釈放, だろうこんなにも熱心に, だろうこんな小さな栗を, だろうさかりの今日, だろうさきじゃァ, だろうさして美味しくも, だろうさっそく走り使い, だろうさて何ごとで, だろうさもなければ広くも, だろうさらに送って, だろうざまを見, だろうざまあみやがれ, だろうざまアみやがれすっとこどっこい, だろうしかたがない, だろうしぐれと呼ん, だろうしずかに眼, だろうしっしっあっち, だろうしぶしぶながら甲斐, だろうしもぶくれの, だろうしょうがない, だろうしらぱっくれてもこっちには種, だろうしりごみをする, だろうじいさんそうだろう, だろうじっさいにはもう, だろうじつはちょっと相談が, だろうじゃあねえかトントントンさ誰方だ, だろうじゃがあせんか, だろうすでに失格偉い, だろうすなわちフランスの, だろうすべて険岨を通る, だろうすまんがわし, だろうすやすや寐て, だろうずたずたに引き裂きたい, だろうずっと大きくなっ, だろうせかせかしたいね, だろうせめて人心地が, だろうぜひ一度は, だろうぜんたいがひと, だろうそういった女だ, だろうそうがっかりすること, だろうそうなると俺らは, だろうそこでまたぶつぶつ不平, だろうそして又此から, だろうそっと歩くん, だろうそのまま茫として眠り続けた, だろうその他のいくじ, だろうその後の一日, だろうそばまで来る, だろうそもそも最初の, だろうそらあの頂上, だろうそれでは俺も, だろうそれでもなお自分の, だろうそれとなく慰めたり, だろうそれなのに幾年も, だろうそれならなぜ軽蔑, だろうそれにこうして精進し, だろうそれらの運命, だろうそれら死骸の土, だろうそんならなに, だろうたいそう恐縮し, だろうたった一度で, だろうたてつけが悪く, だろうたとえ彼らが, だろうたとえば大使館から, だろうたまに人の, だろうたまらないや, だろうだが実は外ならぬ, だろうだけの覚悟が, だろうだっておまえは, だろうだの工事の, だろうちっとも恥しいという, だろうちゃんよかったら, だろうちょんちょんとまた, だろうってねそいつが, だろうってへッへ, だろうってやがって, だろうついでに東京, だろうついに金襴の, だろうつつましくふた品, だろうつるの代り, だろうてんでね, だろうてネ可愛い息子さん, だろうできるだけ早く, だろうでなければ目高を, だろうでもって馬鹿さが, だろうとある処へ, だろうというくらいにしか思って, だろうというもくさんだったが, だろうといったじゃないか, だろうといふ大地主, だろうとうに一本槍に, だろうとおしのは, だろうときには主の, だろうところどころに据え, だろうとさえもお思い, だろうとしてその日, だろうとすら私は, だろうとつぜんクックックッと, だろうとなま悟り, だろうとのみ思われて, だろうともあれ毎晩毎晩お, だろうともねえ察しるよ, だろうとりあえず泥溝板を, だろうと腹じゃあ慄然, だろうどういう訳だろう, だろうどうしてそんなに悪いだろう, だろうどのみちそれより, だろうどれひとつ瓜に外套, だろうなあにヨーロッパはそれでも, だろうなあに僕には明日, だろうなあに間違やしねえ, だろうなかに三人ばかりは, だろうなければならぬ, だろうなぜそんなに困ッ, だろうなぞという問題に, だろうなということだった, だろうなどの説は, だろうななどと考えて, だろうなにそれは店, だろうなにぶんにもこの, だろうなにもかも新しくやり直す, だろうなにやら喚きながら, だろうなに一人ぐらいの妾, だろうなに事があった, だろうなんかというような, だろうなんぞとはわたくしは, だろうなんとかなるだろうさ, だろうなんにもねえや真っ青だ, だろうにこやかには繕っ, だろうになア, だろうににかわから, だろうにもかかわらず二人, だろうにわかなこと, だろうねえってとても真面目, だろうねえと云うこと, だろうねというような, だろうねエまア焦れったい, だろうのう和平どん, だろうのべつ貧乏の, だろうはげちょろになった, だろうはつはおれ, だろうはやく行って, だろうばかりでは, だろうばばあ, だろうばりばりがたーんという, だろうひっそりと暗く, だろうひとに手渡し, だろうひとつおまけにいれとい, だろうひとつそいつをあばい, だろうひとつ君のため, だろうひとつ美佐の後援会, だろうひとつ違いの二人, だろうひと月あまり呷りつづけた, だろうひと眠りして, だろうひょいと立上った, だろうひろ子がグリーン, だろうぴくりと眉根, だろうぴちぴち跳ねられたら, だろうふかぶかと寝息を, だろうふしぎにも痛み, だろうふじむら小町などと云われる, だろうふっと声が, だろうふと気づいて, だろうふところから出した, だろうふらふらと縁側, だろうへえ宜い, だろうへえお塩を, だろうへそに力, だろうへどもどした, だろうへんなこと, だろうっかっこ, だろうべそをかき, だろうべつの座敷, だろうほうしょは, だろうほどのつぎの, だろうほども数多くでき, だろうほらまだあっち, だろうほらおめえんちのすぐ, だろうほんとにどこまで, だろうぼんのくぼの, だろうぽっかり咲いたの, だろうまああの人は, だろうまああんまり悲しまないほう, だろうまさかいくら易者の, だろうまさしくこれなどは, だろうまだちっとも通らないが, だろうまだぼんやりと見まわし, だろうまちがいでなくば, だろうまったくなんでという, だろうまるっきり馬鹿扱いには, だろうみつからない, だろうみなよお, だろうみんなぼくの子分同様, だろうみんな柿をとっちゃった, だろうみんな静かに聞い, だろうむざむざと人, だろうむずかしい顔を, だろうむろん老臣どもと, だろうもうよっぽど芸が, だろうもしも栄さんが, だろうもしや東京の, だろうもし実際彼女らの, だろうもちろん断わって, だろうもとと同じ, だろうもともと引込み思案な, だろうやおら片手の, だろうやくざならず者などといわれ, だろうやけくそなよう, だろうやたらにいじめつけられ, だろうやっぱり種類を, だろうやはり身体の, だろうややしばらくして, だろうやれやれチンチンチンナアレチヨッタチョッタと, だろうゆるゆる腹を, だろうよきよきよきよきに取り扱え, だろうよけいなおせっかい, だろうよしよし解いて, だろうよねヱお前露は, だろうわがままで癇癖, だろうわが国の現在, だろうわざわざ人の, だろうわしたちにラファエット, だろうわずかの浅水, だろうわたしたちのする, だろうわっと恐ろしい, だろうわれながらむかむか, だろうわれわれ三人で夜あかし, だろうくり返した, だろうアアして, だろうアベックで泊め, だろうアリゾナ名物のカウボウイ, だろうイギリススパナーという暖房用, だろうイスパニア語の手紙, だろうイタリアのマッチオリ, だろうイデオロギーは決してそう, だろうイルコックは壁, だろうイーのよう, だろうエミーラ父様の仕事, だろうオレはオタツ, だろうカアルよ私, だろうカラカラカラカラと音, だろうカヴァーのかかった, だろうガザガザ枯れ葉の音, だろうガバガバガバといきなり, だろうキット様子もいつも, だろうギラリ鞘抜き放って, だろうクリティシズムが韻文精神, だろうクロロフォルムの瓶, だろうケシの花, だろうコロップは柔, だろうゴカイ類の頭, だろうゴミ屑かな木, だろうゴロゴロして, だろうゴーリキイが赤坊, だろうサイは両方, だろうサーちゃんは意味, だろうザマあ見やがれ, だろうシーボルトという奴, だろうズッと近く, だろうソソクサ次の間から走っ, だろうタヌ君もうそろそろ退却, だろうダイヤの指環, だろうダ誰が, だろうッてんで向, だろうトボケた顔, だろうトヤ駕籠を持っ, だろうドサ貫をけしかけた, だろうナと訊く, だろうナゼそんなに怖い, だろうナーニこの里, だろうナーニあいつは獄門もの, だろうネエまあこの, だろうネッドがいっ, だろうハコネですか, だろうハッハッハッこれは, だろうヒューマニズムとはどんな, だろうビフテキの一コース, だろうビラなんぞにこっ, だろうフィリップさん世の中の悪い, だろうフェミニストと云う, だろうフフンざまを見, だろうフリにこっちとら, だろうブンナグッてやりたい, だろうプログラムらしいもの, だろうヘタな人間, だろうヘン好い面, だろうベタベタ全身に, だろうホッとする, だろうホテルはありったけ, だろうホラ唇の紅い, だろうホントに柳子さん, だろうボロ家に, だろうポケットから小さな, だろうマフチャズは今私, だろうムクがお前, だろうモカが一斉, だろうヤーホーじちちゃん, だろうユリは, だろうヨメは夜目, だろうル・リベテエル社の中, だろうワザと遠く, だろうワーナー博士の調査団一行, だろうヴェリチャーニノフはぐいと, だろうヴォー州では最大, だろう一つ彼奴らの万歳, だろう一つ禽獣の書いた, だろう一ぺんも見舞い, だろう一ノ関の要求どおり, だろう一丁附合え, だろう一丈でなくとも, だろう一人一人これへ連れ, だろう一人前九十円ずつということ, だろう一体何が, だろう一同海岸に出, だろう一団のかたまり, だろう一国の独立, だろう一夜に百七両幾ら, だろう一家で死ん, だろう一寸先は暗, だろう一年の五, だろう一文呉れるか, だろう一方にはお代先生, だろう一日中おれのところ, だろう一日松葉と二人天王寺, だろう一昨年の仁和加, だろう一時凌ぎに, だろう一晩ぐらい売っ, だろう一晩中身をうごかし, だろう一本も矢, だろう一杯身に, だろう一番そいつの再, だろう一番先に伝吉, だろう一種の人物, だろう一緒にいかなく, だろう一議論あるべきところ, だろう一通の手紙, だろう一郎の絵, だろう一陣の風, だろう一頭の子鹿, だろう一風変った曲節, だろう七十畳ほどの広い, だろう七升は飲めまい, だろう七時すぎ浅間の宿, だろう七造は土間, だろう万三郎が伝次, だろう万之助も今年二十二, だろう万年ペンはどう, だろう万福寺の下, だろうぶちゃん, だろう三十になっ, だろう三十一にもなり, だろう三十四五になる, だろう三崎の屋敷, だろう三度の食事, だろう三木君の転向, だろう三条河原へ足利, だろう三沢は団扇, だろう三百石の旗本, だろう三途川の水, だろう上陸早々に敵, だろう唇に, だろう下女に手, だろう下手な真似, だろう下諏訪へ退い, だろう下駄を穿き違えた, だろう不快な関係, だろう不断はまるで, だろう不眠も何とも, だろう不破が失踪, だろう与之助の容体, だろう世界中から集った, だろう世界観なるもの, だろう世間なみの金持, だろうはあちこち, だろう後見から, だろう両人だけに勝手, だろう両国の女, だろう両方ともそれぞれ, だろう両者のほぼ, だろう中将は人臣, だろう中川君の家, だろう中庭もかなり, だろう中条と書い, だろう中根はんは可愛, だろう丸の内辺じゃない, だろう丹三郎ながいこと大儀, だろう主任さんに対して起され, だろう乃公が長崎, だろうを日本, だろう乙松はあんな, だろう老, だろう乾藤吉郎が走っ, だろう事件は何, だろう事大主義文化と民衆自発的文化, だろう事実はふれられ, だろう事情を心持, だろう二つに足, だろう二三十円の金, だろう二三日前にも柳橋, だろう二人分は喰, だろう二十七にもなっ, だろう二本松では命, だろう二点の間, だろう二百円足らず入, だろう互いに支えあいながら, だろう濁の, だろう五十に手, だろう五十両ばかり用だっ, だろう五十円貰い損いして, だろう五年見ない間, だろう井下伯もせめて, だろう井戸の底, だろう亡国の菓子, だろう交通関係がここ, だろう人ちがいに相違, だろう人一人殺せるかしら, だろう人名に数行, だろう人形に着物, だろう人形箱がない, だろう人情は誰, だろう人手もある, だろう人数を集め, だろう人格者に無論, だろう人生の目的, だろう人達だ, だろう人間界から天上界, だろう人面白くも, だろう仁藤昂軒の姿, だろう今ごろおみつ, だろう今一人きりで何, だろう今後の諸, だろう今日一日は国枝, だろう今日内は此, だろう今日明日はいけない, だろう今時分何しに, だろう今晩たずねて, だろう今頃警鈴が鳴る, だろうをそまつ, だろう仏体破却, だろう仏説にも利剣頭面, だろう仏頂寺弥助は加茂河原, だろう仕切の向う, だろう仕様がない, だろう仕返しはそれ, だろう他人には相談, だろう以前やっぱり佃, だろう以来厳寒の独演会, だろう仮令火の, だろう仲井はおれ, だろう仲介者さえあれ, だろう仲間にしびれる, だろう任原は聞くやい, だろう与二郎, だろう伊東だよ, だろう伯爵閣下はよろよろ, だろう伯父の風采, だろうれて, だろう伸子が特に, だろう但し例外は, だろう何かとなく神経的, だろう何ぞお手伝, だろう何だ御馳走は, だろう何でお前は, だろう何となく眠気を, だろう何となくそう思われる, だろう何もかもが其処, だろう何らか増し, だろう何年かあと, だろう何時か売れたら返せ, だろう何時も何時も, だろう何様な塩梅, だろう何犯だろうなどと, だろう何理由はない, だろう余程半間さ, だろう余裕と切迫, だろう余輩もまた, だろう作物の象, だろう例えば円錐とか, だろうが剣術, だろう依然として篝火は, だろう依田の父, だろうはそれ, だろう係りの看守, だろう俗眼で見る, だろう保本にとっては遊学, だろう信念のため, だろう修善寺が焼け, だろう俺らが悪者, だろう倉地はしきりに, だろう借主は両国, だろうはその, だろう偶然だろうと, だろう偽りの情, だろう偽善者の本質, だろう傍観者から之, だろうを二本, だろう傷口から流れ出る, だろうに白い, だろう僕なんざ軍さに出なくっ, だろう僕らは今, だろう僕等の所, だろう優しい人だろう, だろう元和このかた, だろう兄嫁のお, だろう兄貴とか夫, だろう先刻駅から北, だろう先生おれとおは, だろう先登の和島, だろう先約なん, だろう光景を考え, だろう全体探偵が此, だろう全体此の場, だろう全部自分のもの, だろう八月の十一日, だろう八木君はおそい, だろう八重梅さん浜路を外, だろう其の人こそは, だろう其奴を持っ, だろう具合でも悪い, だろう内容は要するに, だろう内部は割に, だろう内閣割込み運動のよう, だろう内閣審議会に軍部自身, だろう再びめぐり会うこと, だろう写真機の中, だろう冬枯れの風の音, だろう冷泉華子の懐中, だろうをあげ, だろう出たとこ勝負としよう, だろう出世をすれ, だろう出入をさせなけりゃ, だろう出刃庖丁の事, だろう刃物で劇薬, だろう分析や批判, だろう切株接穂淘汰手入れその株, だろうまりの, だろう初めからその, だろう判官三郎は僕, だろう別にお祭が, だろう別になんとも返事を, だろう利助兄イすまないが, だろう刺子姿でいつも, だろう前垂に据え, だろう前庭に丸太, だろう前後左右へよろめき, だろう前栽の脇, だろう前田利家や浅野長政, だろう剣道の方, だろうで守られた, だろう割合気軽に, だろう劣等でなければ, だろう動作は緩慢, だろう勘定は毎月, だろう勘弁して, だろうだってなん, だろう勝ち目はある, だろう勝手に飲むなら飲ん, だろう勝手口からおき, だろう勝負ごとはしみッ, だろう包みを解い, だろう化け物ではない, だろうへ北, だろう十一二になっ, だろう十三四になる, だろう十中八九まで勝つだろう, だろう十五分とたたない, だろう十五年もともに, だろう十兵衛に訊く, だろう十四五になる, だろう十左衛門これからは, だろう十手が燦然, だろう十樫親子は物置, だろう千久馬は顔, だろう助さんの, だろう半ちゃんは井伊さま, だろう卑しい田舎で, だろう卓一の遺産, だろう南さんはもううとうと, だろう危ないよ, だろう即ち人の, だろう即答を渋る, だろう卿等は, だろう厚い皮下脂肪の, だろうが去る, だろうな野郎, だろう又ただいつと, だろうを待つ, だろう友人たちの忠告, だろう友山本敏男におくる, だろう友江田先生とがピッタリ, だろう友達はどんなに, だろう収穫はこんな, だろう取り返しがつくだろう, だろう口惜い口惜い, だろう口真似をする, だろう口笛を吹い, だろうインド人も, だろう古い竹串の, だろう古くて落ちついた, だろう古賀さんは氣, だろう古風な装い, だろうがある, だろう可愛らしい小ざかなだな, だろう可笑しいでは, だろう台所に泥鰌, だろうの一眼, だろう右大将家が決して, だろう各種の断片的, だろう合理的核心それの空想的, だろう吉原の花魁, だろう同役と一緒, だろう同志たる立場上, だろうこそ違う, だろう名作の物, だろう名前はかくして, だろう向後袖乞に, だろう君ルクサンブールの朝, だろう君僕はその, だろう君筒井筒振分髪と云う, だろう君迷惑をするだろう, だろう吾輩が黙っ, だろう周防どのは総, だろうなんぞは惜し, だろう和学の師, だろう和田がその, だろう咯血でもした, だろう咳ひとつしても, だろう哲学の社会的規定, だろうの合間, だろうの李白, だろうのよう, だろう吾, だろう問題の解決, だろう啓蒙的思想全般へ及ぼす, だろうは急ごう, だろう善かれ悪かれ世評などという, だろう喜代ちゃんそこへ火, だろう喝采するだろう, だろう喧嘩だという, だろう大切に, だろう四万六千日とか彼岸, だろう四五人の農夫たち, だろう四年前の事, だろう四方板壁でかこまれた, だろう四時の音, だろう四月までは八時半始業, だろう四枚格子の意気造り, だろう因業な寒鴉め, だろう固く禁じたのに, だろう国鉄中闘委員会左派十四名免職, だろう太って, だろう圓太に, だろう圓太郎は武家, だろうという字, だろう土下座をしろ, だろう地面を掻く, だろう坂本たち四人を斬った, だろう坊主の一人, だろうのいっぱい, だろうの上, だろうで中, だろう場合ばかりに気, だろう場所と時刻, だろう場面の不愉快さ, だろう境内は血潮, だろう増田長盛めがちゃんと, だろうは砂ずり, だろうとの袂別, だろう外国から, だろう多助さん先へ立っ, だろう多少なり兵法, だろう夜中まで寝られない, だろう夜具蒲団をうず, だろう大きく呼吸を, だろう大した事は, だろう大人というもの, だろう大便が二日, だろう大切な事, だろう大助が秀之進, だろう大勢の歌, だろう大名にすれ, だろう大将かしら大臣, だろう大将いまは江戸, だろう大急ぎだ, だろう大抵もう柔らかな, だろう大方かく申す拙者奴, だろう大聖寺の前田, だろう大衆はなんと, だろう大里様のお, だろう大隈伯がお, だろうから降った, だろう天下のこと, だろう天井のフシアナ, だろう天台の座主比叡山, だろう天床もない, だろう天気はと相談, だろう天涯この好, だろう天満組三人のうち, だろう天蓋のついた, だろう天誅というの, だろう天野さんが賛成, だろうさ二寸あまり長, だろう夫婦約束をした, だろう失業せる婦人, だろう奉公人のくせ, だろう女主人に訊い, だろう女出入はそんな, だろう女将に告げ, だろう女房や子, だろう好意のある, だろうよ, だろうの姿, だろう妻子にも逢いたくなった, だろうに違い, だろう姉御の縹緻, だろう始終あすこで, だろう姿態を想像, だろう娯楽というもの, だろう婦人や少年, だろう婦女はどんな, だろうにいっ, だろうには一言, だろうな顔, だろう子どもばかりかその, だろう子供たちは静か, だろうは同じ, だろう存在は相対的, だろう孝之助はそう, だろう学校時代も有名, だろう学生はけがれ, だろう安芸はこう, だろう宗教家だろう背負って, だろう定家の歌論, だろう宜しい手前は, だろう宝丹でも水, だろうのお母様, だろう実家のほう, だろう実践や実験, だろう客観つまりそれ, だろう客間のほう, だろうは五燭, だろうと藤壺, だろう家内を呼べ, だろう家庭にあっ, だろう家財を運ん, だろう容易に取次ぎ, だろう宿なしだろう, だろう宿内の友, だろう密契をもちだす, だろう富岡先生少し当, だろうたらどう, だろうさで, だろうの鐘, だろう対等で勝ち負け, だろう封印の表, だろう尊敬をこめた, だろう助六は, だろう小一郎が寝, だろう小判を欠い, だろう小夜が心持, だろう小太郎は妹, だろう小姓が二人, だろう小室青岳と聞い, だろう小屋の外, だろう小永井の家, だろう小池君一寸見, だろう小笹の根もと, だろう小者長屋に用, だろう小肥りなくせ, だろう小説の可能性, だろう小謡のさびたこえ, だろう小間使を伴, だろう小鳥が啼かない, だろう少々位は, だろう少しく斜に, だろう少なくともいまの, だろう少女はもはや, だろうも要らない, だろう屋内や木蔭, だろう屋敷を買う, だろう屍体の真下, だろう屏風の横, だろう山岡は静山, だろう山田からず, だろう山開きまえの, だろう山鳩がほろほろ, だろう岡村さえそれを裏切る, だろう岡田はそう, だろうつづきを, だろうにはきびしい, だろう島田へゆかなけれ, だろうの頭, だろう川丘みどりの顔色, だろう工事をし, だろう左右の間隔, だろう己ア逃さねえぞ, だろう己ンとこにも荷物, だろう巴里までの一人旅, だろう巻野主税が泳ぎ, だろうにもナイフ, だろう師匠国芳が酔余, だろうを変える, だろうも一本, だろう帯ひろ裸のお, だろう帯刀は古内源太郎, だろう常々のご, だろう常磐津綱太夫の弟子, だろう常識軽蔑家も, だろうがあの, だろう五は, だろう平安な温かい, だろう平次とやら, だろう平気さあ, だろう平野さんこの図柄, だろう年寄の口, だろう年月をかけ, だろう幸い公爵は, だろう幸太はそう, だろう幸子さんたら, だろう幹太郎は, だろう幼少の教育, だろう幾らかの己惚れ, だろう幾人の同胞, だろう幾日も帰らない, だろう広場で学校友達, だろう広大な勤め, だろう広松前奉行, だろう庄助さん今までのよう, だろう店先へ買物, だろう店頭の雪洞, だろう度胆をぬかれた, だろうの老松, だろう廊下の向う, だろう弁天社の海側, だろうにかけ, だろう弓子は私, だろう弱々しいなかにも, だろう強い魅惑だろう, だろう当分見学するさ, だろう当然のこと, だろう彼らは必ずや, だろう彼処までは登れる, だろう彼奴も誰, だろう彼所で相手, だろう往来がやかましい, だろう往生ぎわをよく観念して, だろう待ちねえあの, だろう後で引上げて, だろう徒手空拳で敵, だろう御前は甲府お勝手, だろう御殿の狂言, だろう御用立てしましょう, だろう御苦労様なやつら, だろう御覧なさいあの, だろう御飯の世話, だろう微妙な音楽, だろう心から青空の, だろう心もとなさ謂わ, だろう心中だろう相手, だろう心理的に見えない, だろう必要によっては拷問, だろう忍剣は, だろう思いもかけない, だろう思いがけないまッ, だろう思いがけなく穴の, だろう急ぎの仕事, だろう急行の発車, だろうの知れた, だろうの男, だろう怪しからんじゃ, だろう恐い魔術だろう, だろうかしいこと, だろう恥ずかしいと私, だろう恩人の愛妾, だろう恩師の影, だろう悔恨を彼等, だろう悟道を共々, だろう悪寒でもする, だろう悪漢共は私, だろう悲しいことだろう, だろうの深, だろう情けないというよう, だろう情け知らずの人間, だろう惜しむらくはお手, だろう惣兵衛のほか, だろう意味の在り, だろう意識の所有者, だろう愚民を惑わし, だろう付いたの, だろう感性から如何, だろう感謝し奮発, だろうにこの, だろうのない, だろう憂愁の源, だろう憎らしいと口惜し, だろうらして, だろう懐剣でその, だろう成層圏を飛行機, だろう成敗を以て事, だろうはなんら, だろう我が物なら, だろう我儘が出来る, だろう我冥司に挙用, だろう我慢が出来ない, だろうの卵, だろう戦争ちゅう親たち, だろうをこわし, だろう戻りには頻りに, だろう所内にある, だろう手ぬぐいは持っ, だろう手代をけしかけ, だろう手元にくる, だろう手出しをし, だろう手前たちがこの, だろう手強い奴と, だろう手拭はお前, だろう手燭か台, だろう手紙では奥様, だろう手綱を回らし, だろう手間は取らせぬ, だろうまけた, だろう批評を知らない, だろう批評家にあんなに, だろう技術なるもの, だろう押して見られるが, だろう押入の中, だろう抽出の一つ一つ, だろう招きに行っ, だろうがちょっと, だろう掘出し物では相当, だろう掛金を外し, だろう探偵商売だから, だろう支那の人, だろう支配は政治, だろう改革が行われた, だろう政党の都合, だろうまえもってその, だろう故郷忘じ難かろ, だろう数十尺の地下, だろう数学に於ける, だろう数時間の後, だろう敵勢小路へ駈け込ん, だろう断然断らるるに, だろうう思う, だろう新七は, だろう新八くつろぐが, だろう新吉の野郎め, だろう新聞屋が学校, だろうの男, だろう旗二郎の太刀, だろうは函根, だろう日本左衛門が死に, だろう旦那が帰ったら, だろう旨く掛合ったら返さないでも, だろう早い話が, だろう早船の斎藤, だろう昌仙そいつアたしかに勝頼, だろう昌吉というの, だろう明らかにいや, だろう明るい空の, だろう明人の心持, だろう明日あたりから仕事, だろうも見えず, だろう星野勘左衛門が京都, だろう映画を観, だろう昨夜から庄吉さん, だろう昨日校長はたしかに, だろう是非逢い度い, だろう時々刻々増す大火熱, だろう時介は直ちに, だろう晩年になっ, だろう普請の申込, だろう普通の人間世界, だろう景気はまったく, だろう暗い道の, だろう暢気らしく午後二時, だろう暫く延ばすほう, だろう暫らくして, だろう更に他の, だろう更に一層母と, だろう書物に書い, だろうて浦原, だろう最も大切な, だろう最初のは震災, だろう最近ではすっかり, だろうの無い, だろう月もろともにいでふ, だろう有体にいっ, だろう服地も白麻, だろう望みはない, だろう朝倉先生の, だろう朝夕相親しみたい, だろう朝飯が済む, だろう朝鮮語でわめいた, だろう木の実のつゆけ, だろう木刀の一撃, だろう木賃宿からはこびこまれた, だろう未だいいだろう, だろうのため, だろう本尊はズット前, だろう本当に撃つ気, だろう本当に爾う思, だろう本来お公卿さん, だろう本気じゃあない, だろうの切りかた, だろういろに, だろうに使う, だろうの方, だろう東京にも明治頃, だろう東京あたりで磁石針, だろう東北農民の貧困, だろう松井くんはジュニアー, だろう松助はそう, だろう松尾は夜, だろう松岡がそう, だろう松柏も古い, だろう林学関係の学者, だろう果して助かって, だろう柳屋のお, だろう栄二に頼ん, だろう根気仕事ならお, だろうの花, だろうの中, だろう梅八がそう, だろうだろうなどと, だろう梯子を二, だろう梵鐘の音, だろうはこの, だろう梶原信太郎のことサ, だろうか何, だろうにある, だろう森本は云っ, だろう森田屋この俺, だろうを下ろせ, だろう植木屋が知ってる, だろうなもの, だろう槇子を抱え, だろうな宗教的感化, だろう権二郎あああの, だろう権助は合戦, だろう権十おれのつら, だろう権田の秀子, だろう横っ飛びに今, だろうの欄干, だろうはそんな, だろう櫺子の外, だろう櫻色とはこの, だろうは千代次郎, だろう次回には分る, だろう次手だもの, だろう次郎ちゃんは来たい, だろう欧米にはある, だろう欲しければ取りに, だろう歌声が聞こえる, だろう正直者には勇士, だろう正篤から自分, だろう正金ならそこ, だろう此日の入りには止むだろう, だろう此時此場此上に好い, だろう此種の横暴, だろう此里はコソコソ, だろう歴史こそ却って, だろう歴史家は同時に, だろう死人も怪我人, だろう死体も病院, だろう死刑になる, だろう死刑囚のそば, だろう死神が加勢, だろう死骸は知れない, だろう残飯食いと云われなく, だろう殿の御, だろう殿下においてはこれ, だろう母さんになる, だろう毎晩ここから身, だろう比留間なんとやら, だろう毛唐はあれ以上, だろう毛唐本来が人間, だろう民弥は思わず, だろう気むずかしいといっ, だろう気温がにわかに, だろう水成岩であること, だろう水面に小鳥, だろう永徳の日本一, だろう江戸ッ児も江戸ッ児, だろう江戸行きはもう少し, だろう決闘の件, だろう汽車を待つ, だろうもはいてる, だろう沙魚の佃煮, だろうの底, だろう河原の花, だろう油断も隙, だろう油虫をもらい, だろう油部屋ではずっと, だろう法事だか, だろう法水君この胡桃形, だろう泡ア喰って, だろう泥棒という言葉, だろう洗面所もある, だろう洞窟の入口, だろう多女, だろう浄瑠璃とか草双紙, だろう浅吉君という色男, だろう浪人として集まった, だろう浮気をし, だろう海竜はわからない, だろう海老は, だろう海老団治の父親, だろう海蛇らはちゃんと, だろうの溜まった, だろう清兵衛さんねがいを, だろう清藏丹誠をし, だろう済まないことを, だろう渡良瀬川の鉱毒, だろう湖畔にそっ, だろうかお, だろう湯呑のほう, だろう源六はふと, だろう源女殿だけがその後, だろう源左は馬鹿, だろう源次郎という男, だろう滝口の武士, だろう演説をきいてる, だろう濡れ手拭を頂い, だろうに熱, だろう火事が起こっ, だろう火鉢は火鉢, だろうはまだ, だろうの断片, だろうに就い, だろうなくて, だろう烏酒でも飲み, だろう無いことは, だろう無念だろうが, だろう無我な仕事ぶり, だろう煩く云って, だろう熊井とはきょう, だろう熱いので顔, だろう燈火もつい, だろう燧台の後ろ, だろう父さんあんな鳥, だろう父上はおれ, だろう父親のいなかった, だろう片仮名で, だろう片手で鋏, だろう牛乳屋に小言, だろう牡丹色の縦線, だろう牧場の番兵さん, だろう物理学の対象, だろう物置に, だろう特に文化運動に, だろう犯人の破獄囚, だろう独りで頷い, だろう独り立ちで起きられ, だろう独眼竜あいつなかなか食えない, だろう狸穴の寄席, だろうのよう, だろう之の提げ, だろう猪之が談判, だろう若少年, だろう獲物とは, だろう玉子焼だ, だろう玉網のこと, だろう珍しく冷える夜, だろう現にその七十郎自身, だろう現在の彼, だろう現実を恐れた, だろう現象の混乱, だろう理不尽に阿, だろう理由はただ, だろうへたった, だろう酔に, だろう甘く行けば, だろう甚吾が口早, だろうでも煮た, だろう生々しく赤くこう書かれ, だろう生き甲斐のある, だろう生徒が裸足, だろう生産技術候補者の就職事情, だろう用人の只野内膳, だろう田山先生は強い, だろう田舎は暢気, だろう由利江はさかしく, だろう由造は, だろう甲州で別れる, だろう甲賀世阿弥はたった今, だろう男一匹が生きる, だろうが解ける, だろう異国の女性, だろう疎外されるだろうと, だろう疎林の小径, だろう病中は和泉図書, だろう病家を求めるだろう, だろう病気の上, だろう病臥でもし, だろう痛々しいほど華車作り, だろう白毫というもの, だろう白滝沢山と云う, だろう白粉などは濃く, だろう白蝋みたいな女, だろう白面のとき, だろう白髪の老人, だろう百人百五十人二百人もいる, だろう緊張した, だろう皇帝は, だろう目付かるまい, だろう盲目のおばあさん, だろう直ちに余を, だろう見互, だろう相沢さんが何, だろう省線にものるだろう, だろう真に泣き出しそう, だろう真名古君これまでに警保局, だろう真赤な大, だろう真逆無断で, だろう着前に言わせる, だろう着崩れた着物, だろう着物が足りなかろう, だろう瞬間の光焔, だろうが紅く, だろう矢張俳優だが, だろう石原の兄哥, だろう石燈籠も大木, だろう石畳の一所, だろう碩寿翁自身が駕籠, だろうとは言えねえ, だろう社会事情の本質, だろう社会的重大性をより一層, だろう社長はわりかた, だろう祖父の恰好, だろう神田相生町の河内屋又兵衛, だろう神道徳次郎火柱夜叉丸鼠小僧外伝いなば, だろう神馬草薙とほとんど, だろう禁裏のそれ, だろう福井はあれ, だろう福相な柔和, だろう秀之進はちょっと, だろう私しゃお前を信じ, だろう私イ斯んなに身体顫, だろう私自身この辺, だろう私達が谿, だろうのつめたい, だろう秋祭かな, だろう秋蝉の声, だろう科学は相対的存在, だろうは十文字, だろう空家になっ, だろう空気はしんと, だろう空襲警報が解除, だろう空車の気前, だろう突然そう呼びかけられたので, だろう窒息して, だろう立て廻した屏風, だろう竪横五メートルほどの大, だろうの支柱, だろう竹造おぶって, だろうわかすなよ, だろう笑いを押えよう, だろう笑みかまけながら, だろう笠井から義母, だろうはお前, だろう篤と面体を, だろう粉チーズはむしろ, だろう精悍そうな顔, だろうのよう, だろう素徒は兎角爾, だろう素質の劣った, だろう細い流れに, だろう細かく春浅い, だろう細長い経木の, だろう紹介しましょうこの, だろう経過豹吉とお, だろう経験を統制, だろう結城紬の袷, だろう結婚されて, だろう結構だ立派, だろう統計的な事実, だろうに見る, だろう絵解きにも及ぶまい, だろう網走へ迎え, だろう綺麗な寝顔, だろう綾子が憐れ, だろう線香の匂い, だろう編笠を目深, だろう縁側の閾際, だろう縦令苦痛が, だろうなお仕置, だろう罪ほろぼしにおれ, だろう罪人の方, だろう罪滅しの意味, だろう置毒の罪, だろうがあたる, だろうが山, だろう羊羹があった, だろう美しさも, だろう美しい思い出の, だろう美和子は, だろう美貌と才気, だろう羨しいこと, だろうる朝, だろう翌年の正月, だろう老人が浄瑠璃, だろう老職からはついに, だろう考えの間違わない, だろう聖母さまが幼子キリストさま, だろう肝腎の手, だろうったま, だろう肥田のこと, だろう背丈の高い, だろう背中がぞくぞく, だろう胡粉を点々, だろうを伸ばし, だろう腰まわりにちょっと, だろう臀部から踵, だろうを出し, だろう自分たちの先輩ども, だろう自殺だろうか, だろう自然にこういう, だろう自然憂鬱な運動, だろう自然智愛と云う, だろう自衛隊がするだろう, だろう興娘が歿, だろう舎人の言葉, だろう舜帝と禹王, だろう舟仙へやって来る, だろう船大工の与兵衛さん, だろう船長はついに, だろう良い心掛けだ, だろう良人はなに, だろう良平は腹, だろう色恋にも名聞, だろうを植, だろう花川戸山の宿, だろう花木の揺れる, だろう芸者の蝶吉, だろう芸術家は本来多情多恨, だろう苟くも仁術を看板, だろう侍の, だろう若い衆や娘, だろう若菜も摘まるる, だろう苦しそうに, だろう苦しいことだろう, だろう苦労ばっかりし, だろうの棘, だろうで殺す, だろう茶道具を持っ, だろう荒々しさくら, だろう荻谷さんのねイ, だろう菊千代はなに, だろう菊枝夫人が入っ, だろう菊様はお, だろう華族の三子弟, だろう華美ずきであちこち, だろうはちゃんと, だろう落葉を集め, だろう蒼い顔で, だろう蓮華草の小, だろう之助, だろう黄色いこの, だろう薄情の証拠, だろう藁布団ぐらいはあそこ, だろう藁床と藺, だろう藤野屋杢左衞門さんを, だろう藥品で黄色く, だろう藻西太郎か藻西太郎, だろう小小, だろう虎井夫人の言った, だろう蚊帳の内側, だろうも交, だろうの要請, だろう蜜柑の皮, だろう蝶子さんも先生, だろう蟇口でも落した, だろうの雨, だろう血相のいい, だろう血統のこと, だろう行燈の火, だろう街道筋の馬子風情, だろう表札が出, だろうを叩き, だろうを二枚, だろう西の方, だろう西郷につづく, だろう要するに理想は, だろう見かけは年, だろう見物人は戦わぬ, だろう規模が違うだろう, だろうわれたもの, だろう覚悟して, だろう親切ごかし, だろう観世縒りの馬, だろう解剖院から窃, だろう証人まである, だろう証拠になりゃ, だろう証文その物, だろう証跡とは他, だろう詐欺だから, だろう評定の席, だろう試験の時, だろう話声一つ聞えて, だろう詳しいことは, だろう認識論は方法論, だろう誘惑と一口, だろう誠に落着い, だろう契機との, だろうにいう, だろう謙作はふと, だろう警官の服, だろう護岸工事が終り, だろう豊伴をせい, だろう豪胆でなければ, だろう豪華に着飾り, だろう豹一に対しても何, だろう貂蝉は今頃, だろう貧しい人たちの, だろう貯金はあに, だろう貴公は, だろう買いもしない, だろう資本は沢山, だろうの筆者, だろう贈賄という風習, だろう赤くなった顔, だろう赤ちゃけた燈火の反射, だろう赤児を思う, だろう赤穂の浪士, だろう赤髯の巣, だろう走り寄って, だろう足音はしなかった, だろう路上で私, だろうの足くせ, だろう身ぐるみ脱いで, だろう身体の工合, だろうを十二台, だろう車掌はこの, だろう軽い登山姿の, だろう軽やかな張合い, だろう轡川が部屋, だろうさが, だろう辛抱くらべだ, だろう農場の人たち, だろう農村精神だけを支配者当局, だろう近々の内水島君, だろう近くの横丁, だろう近年になく, だろう近江屋のはまだ, だろう迷子札は可, だろう退屈したの, だろう逞しい頬の, だろう遂に警視庁に, だろう遅いでは, だろう遅かったなあ, だろう遊びついでにもう少し, だろう運不運というの, だろう道中も洒, だろう道場のほう, だろう道庵も人, だろう道庵先生か知ら, だろう道理で顔, だろう遠乗りの戻り, だろう遠巻きにした, だろう遠慮はいらない, だろう遥か奥から, だろう遺骸の始末, だろう部分である, だろう都合によってはわたし, だろうなんか弱くっ, だろう酒屋男は鼻唄, だろう酔ッ払った聴衆, だろう里虹は君, だろう野々宮さんはあれ, だろう野中さんたちはなんと, だろう金魚にとっては金魚, だろう釣竿と魚籠, だろう釣舟屋を始めたい, だろう釣鐘がボーン, だろう鉄童は下手人, だろうのおり, だろう銀流しみて, だろう銀煙管はおろか, だろうがおりてた, だろう錦華燦然として海, だろうから切, だろう鍛冶の母, だろうを持っ, だろうで絞め殺され, だろう長くても半, だろう長屋じゅうを廻っ, だろう長沼玄叔の件, だろう長老が君, だろう門燈は消え, だろう間もなく正則の, だろう関さんのお, だろう関係は有るらしい, だろう關善の親類, だろう陣十郎とかいう浪人者, だろう陸軍も海軍, だろう陽かげは涼しい, だろう陽気などよめき, だろう隆さんま, だろう階下の部屋, だろうのお, だろう雀斑芸者は講武所, だろうだろう, だろう雑沓押し合いけたたましく交通機関, だろうにはなるまい, だろう雨だれの音, だろう雨傘を持っ, だろう雪崩れだろうかと, だろうにし, だろう雲山煙水相隔つれども一片の至情ここ, だろう電灯に疎い, だろう電話で, だろう露子は最う, だろう青い細い葉柄が, だろう青い細かい地模様と, だろう青味がかった棒縞, だろう青江の官能的, だろう静子よ末子, だろうの輪廓, だろう面倒臭いことだ, だろう面白くもねえ, だろうだけはお, だろう鞘橋の木戸, だろうそういうもの, だろう預言者なら奇蹟, だろうて, だろう題字は颯爽, だろう顔色はしだいに, だろう風呂もわい, だろう風呂敷かえせと, だろう風情を思う, だろう風通の一枚, だろう飛田林覚兵衛も江戸, だろう飯茶碗と尖端, だろう馬騒ぎで血逆上, だろう馬鹿らしいもう他人, だろう馴染みの男, だろう駒井から貰い, だろう駒形堂の傍, だろう骨太でがっちり, だろう高くとまるにもほどが, だろう高島の方, だろう高座から徳川君, だろうのところ, だろう鬼火の姥, だろう鬼髯が徒党, だろう魔物が来, だろう鮫洲大尽と云え, だろう鮮血淋漓一人は吊下っ, だろう鳥渡検めても, だろう鴨猟のとき, だろう麗子さんのお, だろう麻裏草履がない, だろうと白, だろう黒幕にいる, だろう鼠色の斑, だろうかい, だろう龍太郎の首