青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~たらしい たらしい~ たらしく~ ~たる たる~ ~たれ たれ~ たろう~ たん~ ~だ
だ~
~だい だい~ だいたい~ ~だいぶ だいぶ~ だから~ だが~ だけど~ ~だし だし~

「だ~」 378819, 3638ppm, 18位

▼ だ~ (72357, 19.1%)

3552 思って 1696 思う 1427 思った 1348 いって 1252 いう 1081 いふこと 1030 云ふ 1020 思います 933 云って 828 すれば 738 言って 713 私は 709 思うと 678 すると 671 思ふ 664 思つた 482 いうので 463 思いました 418 言ふ 372 信じて 350 思ひます 336 考えて 330 思ったの 324 思うの 315 彼は 311 云うこと 291 いうのに 281 いふ 280 聞いて 272 いふの 265 云うの 263 思つてゐる 235 云った 232 云う, 思ふと 230 いつて 219 思うん 205 云う事, 思うが 200 思ったが 198 いうが 192 いふ事, 言った 191 見えて 181 僕は 177 いわれて 175 いっても 171 思つてゐた 165 思いながら 161 いった 158 考えた 157 いうから 156 思えば 154 云つた 150 言う 143 考へて 142 思われる 137 ある, 思ったから 133 いふので, 云っても 129 思ふの 117 思いこんで 115 お思い, 言つた 113 言うの 110 申して 108 思ったので 107 いうと 105 思いますが, 見て 102 答えた 99 思われて 97 いえば, 知って 93 して 90 申します 87 云われて 85 思うよ 84 思ふが 83 言われて 82 思い込んで, 思つ, 書いて, 考える 80 思われます 79 心得て 77 思うよう 76 見える 75 云うので, 彼女は 74 思つたら 72 思うから, 思うわ 71 いつた, 教えて 70 思われた 69 思ひました 68 聞くと 67 いふのに 66 言はれ 65 存じます 64 思うね 63 みえて, 云えば 62 云わねば 61 なると, 思うこと, 自分で 60 されて, 思ふん, 知ると 59 いうだけ 58 きめて, 思はれる 57 云うと, 云ふこ, 思うて, 言っても 56 おもって, 云うん, 考えられる, 言うん 55 主張する, 云うよう 53 思っても, 思ってるん 52 いいます, きいて, わかると, 考えられて 51 いいました, いふが, いふ気, 云つても, 称して 50 思われるの 49 思ったん 48 おっしゃるの, 答へ 47 いうに, するの, 云ったが, 思いましたが, 思ったこと, 説明した 46 いわねば, 云はれ, 思いますよ, 感心した 45 いふから, 考へた 44 わかった, わかって, 思ひながら 43 あきらめて, いうじゃ, わたしは, 云うから, 云つてゐる, 言うこと 42 云ったの, 俺は, 説明し 41 する, 云は, 分った, 思へば 40 いうだけの, 主張し, 思ったよ, 感じて, 矢代は, 言います 39 信じます, 思いますわ, 思つて居る, 言えば 38 いうて, 心の, 思わずには, 考えたの, 聞いた 37 感じた, 気がついた, 見ると, 言は 36 あって, おもつ, 思うもの, 思つてる, 言いました 35 いわなければ, した, 思いますね, 思ふから, 申しました, 申すの, 答えると, 訊くと 34 云うのに, 言つてゐる, 話して 33 おもふ, 云つてゐた, 甲斐は, 言ったが 32 いふん, 思ってるの, 思ひますが, 考えるの, 自分でも 31 いったが, いふと, 云ひ, 思いましたから, 思いますか, 思う人, 思はれた, 確信し 30 いうし, いつても, いへば, いわれる, お考え, さへ, 思ひ込んで, 決めて, 申すこと, 諦めて 29 したら, 云うが, 分って, 思いまして, 聞かされて, 言ひ 28 いふに, 思うな, 思つたから, 思はれて, 私の

27 [11件] いえる, おもう, 云います, 人は, 伝えられて, 私が, 私も, 答えて, 考えること, 聞いたが, 言ひます

26 [14件] おっしゃって, ひそかに, みえる, 主張した, 云える, 君は, 思うか, 思ったもの, 思っては, 考えるよう, 考へる, 覚えて, 言うと, 話した

25 [11件] 云いながら, 云へ, 分ると, 思えた, 思つて, 想像し, 気がつくと, 私に, 自分に, 解して, 言ったの

24 [12件] するならば, 云いました, 富岡は, 思いますから, 思うかも, 思ってや, 気がついて, 氣が, 考えます, 自分を, 解釈し, 言つても

23 いうより, それを, 云つ, 心に, 思える, 思ったり, 感心し, 斯う, 解釈した, 言うて

22 おれは, 考えると, 解釈する, 言つてゐた, 言へ

21 [20件] いいますが, いうでは, いはれて, お思ひ, する説, 云て, 云ひます, 人々は, 伸子は, 喜んで, 思いましたよ, 思うほか, 思え, 思つてゐました, 睨んで, 聞きました, 自分は, 言はれた, 言ふこ, 言へば

20 [18件] きくと, そんなこと, 云う人, 人に, 信じた, 告げた, 思うがね, 思わずに, 思わなければ, 教へ, 栄二は, 気が, 申しますが, 考えました, 聽い, 見なして, 言つたら, 認めて

19 [11件] いいん, いうかも, いうんで, いふもの, わかりました, 云へば, 仰言, 叫んで, 思つたのである, 思つて居た, 知つた

18 [22件] あとで, いうけれど, いふわけ, いわぬばかりに, さう, サ, 云う様, 云う風, 人が, 仰し, 信じ切って, 判断した, 思い, 思うけれど, 思ってる, 思ふこと, 思われるが, 思われるよう, 感じたの, 答えました, 考えたから, 言うから

17 [20件] いいながら, いうよりも, おもいました, すぐに, それが, みんなが, 信じられて, 八, 判ると, 思つては, 思つても, 思つてゐます, 思ひこんで, 思ふわ, 思召し, 考へるの, 聞く, 見れば, 言うが, 誰が

16 [20件] おもった, したらどう, ゆき子は, 云うに, 仰有るの, 口を, 思いましたので, 思うので, 思わないわけ, 思われたの, 急に, 感心する, 承知し, 笑って, 答へる, 見られて, 言いながら, 言われる, 言われるの, 誰も

15 [29件] いいますから, いわれた, おっしゃるん, したらそれ, ぼくは, わかったとき, ッ, 云えない, 云ったそう, 彼等は, 思いながらも, 思うかね, 思えばこそ, 思つたのです, 思つたのは, 思ふやう, 思へた, 思われること, 教へて, 断定し, 母は, 知りました, 聞いた時, 聞いては, 自称し, 言う事, 言つ, 記憶し, 説明する

14 [20件] あるが, しますと, 云いますが, 云う者, 云わなければ, 云わぬばかりに, 思うだろう, 思うのよ, 思えて, 思つてを, 思ひますわ, 感じました, 断定する, 知った, 答える, 考へられて, 聞けば, 言うので, 訊いて, 説いて

13 [42件] おっしゃいました, これは, さ, そう思っ, その時, 云うて, 云う噂, 云ったな, 云ったり, 云ふと, 仮定し, 仰有, 判った, 半七, 存じて, 思いその, 思いますがね, 思うに, 思うのに, 思うほど, 思ったけれど, 思ったに, 思ったわ, 思った事, 思つたが, 思ひながらも, 悟った, 想像した, 新八は, 村の, 気づいた, 申しても, 申しますから, 登は, 皆が, 考へ, 聴いて, 自分の, 葉子は, 言うもの, 言はれる, 言わねば

12 [49件] いえよう, したらその, なれば, わかったの, 云うかも, 云うその, 云ったって, 云っては, 云つては, 云はれた, 云われた, 云われても, 信じきって, 分る, 卓一は, 叫んだ, 思いますと, 思うし, 思う事, 思ったと, 思ったら, 思て, 思はれるの, 思ふので, 思ふよ, 思ふ人, 悟って, 断定した, 断言し, 断言した, 断言する, 気の, 父は, 男は, 知ったの, 知らせて, 簡単に, 考えたり, 胸を, 見えるね, 覚悟を, 言ひました, 言へる, 言わなければ, 評して, 話すと, 誤解し, 谷村は, 述べて

11 [50件] あなたは, あれば, いったり, いふ説が, いわれても, え, おつ, おもいます, したの, 云うじゃ, 云うわけ, 云う気, 云つたら, 云ひました, 云ふも, 云へる, 云われる, 伝えて, 何か, 信じたの, 信ずる, 名乗って, 呼んで, 存じますが, 思うだけ, 思うでしょう, 思ったのに, 思ってね, 思つてた, 思つてゐ, 思ひますよ, 思わない, 思われました, 思われるから, 想像する, 意識し, 感じる, 手を, 義雄は, 考えては, 考えながら, 聞くが, 自分では, 見えるな, 見るの, 見做, 言うじゃ, 言つてる, 言つてゐました, 豹一は

10 [61件] い, いうか, いうけれども, いうならば, いうよりは, いえるの, いってるん, おもうと, すること, なって, わかつて, わかる, わしは, 云うし, 云うもの, 云う感じ, 云う話, 云ったよう, 云つてある, 云われるの, 人から, 仮定する, 余は, 信じるの, 嘘を, 声を, 女は, 安心し, 察して, 彼らは, 心を, 思いましてね, 思いますの, 思うけれども, 思ったそう, 思ったほど, 思ったらしい, 思った時, 思つてゐたら, 思つて見, 思ひましたよ, 思ひますね, 思ふね, 思わざるを, 或る, 気が付いた, 気を, 沁, 申しまして, 知りながら, 私には, 私を, 考えられるの, 考へたの, 聞いたから, 褒めて, 見ること, 言う者, 言ったね, 言つたな, 賞める

9 [82件] いいの, いうじゃあねえか, いうほど, いえましょう, いふけれど, いふ説も, いわんばかり, いわんばかりに, いわんばかりの, お言い, これも, したら自分, せば, つく, つくづく思った, つくづく感心, にらんで, ほめて, みて, わかれば, わたくしは, 久慈は, 云う心持, 云つて居る, 云はれる, 云ふかも, 云ふんだ, 云わざるを, 仰しゃる, 例の, 俺が, 分りました, 勝手に, 呟いて, 威張って, 思うた, 思うばかり, 思ったかも, 思っただけ, 思ってたの, 思はずには, 思はれます, 思ひましたが, 思ひまして, 思わないか, 思わないで, 思われては, 思われても, 思ッて, 感じたこと, 教えた, 昔から, 書かれて, 申す事, 直感した, 知れた, 考えても, 考えられた, 考へます, 聞いたとき, 聞きましたが, 聽いた, 自分から, 自分ながら, 見えます, 観念し, 解つた, 言うかも, 言うに, 言う人, 言える, 言ったそう, 言つては, 言ひ出した, 言わぬばかりに, 言われた, 訊いた, 評した, 語って, 誰かが, 首を, 騒いで

8 [92件] あの人, いいまた, いうだけで, いうばかり, いえないこと, いったな, いっては, いってるじゃ, おぼしめして, お前は, きいた, このよう, こぼして, さとりました, したらこれ, したらどんな, それは, つくづく思う, わかつた, われながら, 云いたい, 云う意味, 云えるだろう, 云つて, 云ふんです, 云われたの, 今では, 今の, 仰しゃって, 仰しやつ, 偽って, 先生は, 分れば, 噂した, 土地の, 女が, 存じました, 宣言した, 左門は, 彼に, 彼には, 後に, 心で, 思いそれ, 思いつつ, 思いませんか, 思うがな, 思うならば, 思う心, 思ったし, 思ったね, 思ったのよ, 思ったもん, 思ったよう, 思つたらしい, 思つてゐるらしい, 思つて居りました, 思わせて, 思われたこと, 思われるかも, 思われるもの, 想像される, 感服した, 教えられて, 早合点し, 母が, 申しましたが, 真面目に, 知った時, 知れて, 確信した, 答えるの, 紹介した, 考えられるから, 聞いたので, 聞いても, 自惚れて, 自称してる, 自覚し, 見たの, 見る人, 言いますから, 言い張って, 言うのに, 言うよう, 言っては, 言つていい, 言われると, 言われれば, 説明され, 謂って, 頭を

7 [115件] あっては, あるから, いいある, いうくらいの, いうじゃあ, いうの, いはれる, いふところ, いわれるの, おもうが, おもうの, おもったの, お叱り, お考, かれは, ここで, せられて, わかるの, 世間から, 主人が, 云い出した, 云う説, 云ったこと, 云った方, 云つてる, 云や, 今でも, 信じました, 信じる, 信ぜられて, 僕の, 公言し, 分つて, 医者が, 医者は, 単純に, 博士は, 合点し, 呟きながら, 固く信じ, 妙な, 妙に, 存じまして, 平気で, 念を, 思いがち, 思いだした, 思いねえ, 思ううち, 思うだろうか, 思うより, 思う者, 思えと, 思えるの, 思った人, 思つてその, 思はずに, 思ふだらう, 思ふて, 思ふで, 思ふな, 思ふもの, 思へ, 思や, 思われるほど, 思召す, 感じます, 感づいて, 承りました, 放二, 教えられた, 断って, 昔の, 此の, 氏は, 気がつきました, 気がつく, 然う, 率直に, 申されて, 申したの, 申しますこと, 畜生, 白状し, 皆は, 直覚した, 眼を, 考えたこと, 考えなければ, 考える人, 考えれば, 考へられる, 考へるやう, 聞かされた, 聞かれて, 自分自身に, 自慢し, 自負し, 舌を, 見せて, 見当を, 覚悟し, 解ると, 言い出した, 言ったこと, 言ったって, 言ったり, 言ったん, 言った人, 言ってるん, 言わんばかりに, 話しました, 謂ふ, 軽蔑し, 駿介は

6 [167件] あるの, いいけれど, いいますと, いうだろう, いうても, いうまで, いおうか, いつたやう, いひながら, いふけれども, いへる, いわざるを, いわなくては, いわぬばかり, いわれるかも, おっしゃった, おっしゃる, おぼえて, お母さんが, かねて, かんがえて, きめこんで, きめてか, したところ, したら私, します, する人, そう思う, そこは, その人, たかを, たずねると, ふと思った, ほんとうに, みんなは, よく人, わかったので, わかりましたので, わたしも, オレは, 一途に, 云うばかり, 云う訳, 云ったと, 云ったん, 云つてゐました, 云ふけれ, 云われた時, 云われるが, 云われると, 仮定すれ, 仰有って, 仰有る, 伝へて, 伝へられて, 信じたから, 信じること, 俺に, 僕には, 僕も, 先生が, 兵馬は, 初めて気がついた, 判って, 判断し, 反省し, 口々に, 口の, 同じよう, 吹聴し, 呟いた, 多寡を, 夫人は, 察した, 尋ねた, 強情を, 彼が, 思いついた, 思いましたの, 思いますので, 思い出した, 思い出すと, 思うがなあ, 思うけど, 思うては, 思うとき, 思うところ, 思う方, 思ったか, 思ったであろう, 思ったとき, 思ったばかり, 思ったろう, 思ってよ, 思つたのが, 思つたわ, 思はない, 思はないわけ, 思ひますから, 思ひます親分, 思ふかも, 思ふだけ, 思ふ事, 思へる, 思わねば, 思われたから, 思われますが, 思われる点, 悟ったの, 想像され, 感じられた, 感じられる, 早合点を, 栄蔵は, 正直に, 気がついたの, 気づいて, 決心し, 源氏は, 独りで, 甲斐が, 申すでは, 知ったので, 知つてゐる, 知らされた, 知れると, 確信する, 私たちは, 笑ひ, 答えたそう, 答えたの, 考えたが, 考えたので, 考えるに, 考へると, 考へる人, 聞かされた時, 肚を, 腹の中で, 自称する, 良寛さんは, 見えますね, 見ても, 観念した, 言えるかも, 言ったじゃ, 言ったな, 言ってるじゃ, 言つてよい, 言ふけれ, 言われても, 記して, 許り, 証言した, 誤解した, 説明しました, 誰しも, 誰でも, 誰れ, 賞めて, 近所の, 野村は, 隼人は, 非常に, 頷いた, 驚いて, 高を

5 [207件] あたしは, ある人, いいたいの, いうこと, いうよ, いうよう, いったって, いったと, いったので, いってね, いつたが, いつたの, いつでも, いはれてを, いひます, いふことさ, いふし, いふよりも, いふんで, いふ点, いわれたこと, いわれたの, うぬぼれて, おもったから, おれも, お前が, お察し, お角さん, かって, きいた時, こう思っ, この時, これを, さうい, さとった, しなければ, しよう, すぐ気がついた, するには, そう云う, そう考え, そう言っ, よう, よろこんで, 二人は, 云うけれど, 云うけれども, 云うだけの, 云ったじゃ, 云ったそれ, 云ったね, 云ったろう, 云つたつ, 云つたのである, 云つたのは, 云つてその, 云わぬばかりの, 人の, 人も, 他の, 仰しゃいました, 何も, 信ずるが, 信ずること, 信ずるの, 傳へられ, 出づ, 出て, 初めは, 判じた, 判つた, 判断する, 前に, 力んで, 参木は, 合点した, 君の, 問うた, 噂され, 子供の, 家の, 寺田は, 尤らしい, 幼い耳, 弁解した, 彼の, 彼も, 御思い, 心配し, 思いましたね, 思いまた, 思い始めた, 思い直して, 思い詰めて, 思い返して, 思うかい, 思うた瞬間, 思うだろうが, 思う位, 思う気持ち, 思ったという, 思ったらそれ, 思ったら大, 思った途端, 思っちゃ, 思ってたん, 思ってな, 思つたのだ, 思つてし, 思つてや, 思つて馬鹿に, 思はざるを, 思ひましたの, 思ひますけれども, 思ひますの, 思ひ乍ら, 思ふか, 思ふけど, 思ふに, 思わないの, 思われないこと, 思われるくらい, 悟つた, 意識した, 感心しました, 我ながら, 批評し, 批評する, 抗議を, 折紙を, 推定する, 教へる, 断定は, 書いたの, 本気で, 栄介は, 梶は, 極めて, 母の, 気附いた, 理解し, 申しましたの, 申しますね, 申すに, 男の, 白雲が, 皮肉を, 知ったとき, 知りつつ, 砂馬は, 確信を, 神尾が, 笑いながら, 笑はれる, 答えたが, 答えたので, 答えられた, 答へて, 考えたもの, 考えられます, 考えられるかも, 考え直して, 考へても, 考へれば, 聞いたよう, 聞いてから, 聞きますと, 聽く, 胸の, 自信し, 自分も, 苦笑し, 見えた, 見せかけて, 見た, 見たから, 見て取った, 見ねば, 見られる, 覚った, 観察し, 言い張った, 言うだろう, 言おうと, 言ったところ, 言つて居る, 言ふも, 言われたの, 言われた時, 訊ねて, 話を, 認めたの, 認められて, 語った, 説いた, 説明された, 謂つても, 謂はれる, 賞讃した, 身に, 身を, 返事を, 逆に, 野々宮は, 非難する, 頭から, 駄々を

4 [391件] あきらめた, あきれて, あった, あつて, あります, いい, いいその, いいましたが, いい伝えて, いい伝えられて, いい私, いうかの, いうくらい, いうじゃねえか, いうそう, いうだけじゃ, いうだけでも, いうては, いうでしょう, いうほどの, いえます, いえるだろう, いえるであろう, いったから, いったよ, いったら, いつた風, いはなければ, いはねば, いばって, いふだらう, いふならば, いふ以外, いわれたが, いわれます, いわれるが, いわれるだろう, いわれるよう, いわれれば, おっしゃったの, おっしゃるので, おもいながら, おもうわ, お前も, きいても, きまると, こういうこと, ことわって, この人, これが, これまで, こんなこと, こんな風, さすがに, したって, したらあなた, したらこの, したらなぜ, したら何, しみじみと, じぶん, するよう, する事, そうは, そう云っ, そう思った, その場, その頃, そんな風, つくづくと, つくづく思いました, はっきりと, みえますね, もんは, よく知っ, わかったから, わかった時, わたくしが, われわれは, ォ, クリストフは, 一人で, 一口に, 一生懸命に, 一目で, 一般に, 下の, 不平を, 世間で, 世間の, 二人とも, 云いましたが, 云いますから, 云い伝えられて, 云い張って, 云うだけ, 云うだろう, 云うは, 云うんで, 云う代り, 云う報知, 云う感, 云う所, 云う考え, 云う電報, 云う騒ぎ, 云た, 云った風, 云ってね, 云つてゐ, 云つてゐます, 云ひたい, 云ひ得る, 云ふなら, 云ふべきであらう, 云われること, 云ッて, 人々が, 人々に, 今までの, 今も, 今度の, 代助, 仰しゃったが, 仰しゃるんです, 仰っしゃって, 仰有るか, 仰有るん, 仰言って, 伺いました, 伺いましたが, 何かに, 何でも, 何度も, 信じこんで, 信じ切つて, 信じ込んで, 信吉は, 俺も, 僕が, 僕に, 兵馬が, 分ったから, 分ったので, 分った時, 分つた, 初めから, 判明した, 前から, 前の, 勘違いし, 勝手な, 医者に, 卑下し, 叔父が, 口癖の, 叫びながら, 号し, 合点が, 同じ道, 名乗った, 名乘, 名告, 吹聴する, 告げて, 告白し, 喜んだ, 嘆いて, 噂を, 報告した, 多くの, 大きな声, 天下中の, 夫は, 女に, 女王は, 妻は, 始めから, 宣告した, 己惚れて, 帆村は, 平二郎は, 庄兵衞は, 弁明した, 弁解し, 心づいた, 心配した, 思いたかった, 思いたまえ, 思いましたわ, 思いますけれど, 思いません, 思い初め, 思い直した, 思い込むの, 思い込んだ, 思うしかし, 思うであろう, 思うならこれ, 思うなら行って, 思うもん, 思う外, 思う時, 思う気, 思う男, 思う間もなく, 思おうと, 思た, 思ったお, 思ったけれども, 思ったその, 思ったでしょう, 思ったらこの, 思ったらしく, 思った彼, 思った私, 思ってたのに, 思つたで, 思つたに, 思つたのだらう, 思つたほど, 思つていらつ, 思つてこの, 思つて居ります, 思つて私は, 思つて見る, 思はせるやう, 思はないか, 思はなければ, 思はれたが, 思はれたの, 思はれては, 思はれるやう, 思ひ, 思ひは, 思ひましたから, 思ひますか, 思ひませんか, 思ふけれども, 思ふほど, 思ふ心, 思ふ頃, 思へばこそ, 思わせた, 思わせました, 思わないかね, 思わないでは, 思われたかも, 思われたので, 思われるだけ, 思われるところ, 思われるのに, 思込ん, 感じたから, 感じながら, 感じること, 感ぜざるを, 感ぜずには, 批評した, 承つて, 指を, 指摘する, 推定した, 推察し, 推察した, 揚言し, 撲られた, 教える, 新聞に, 日頃から, 春三郎は, 書いた, 最初は, 木下は, 木村重吉は, 極めた, 次郎左衛門は, 母親は, 気がついたとき, 気がついたので, 気がついた時, 気が付いて, 気づいたの, 池上は, 涙を, 無理に, 父が, 由良は, 申しましても, 申しますと, 申しますとか, 申しますの, 申すか, 申ます, 痛感した, 白状した, 白状する, 白雲は, 直ぐに, 直吉は, 相場が, 相手に, 睨んだ, 知つたら, 知つてゐた, 知らねば, 知りつ, 知れば, 知れ其上, 確かに, 私達は, 笑うかも, 答う, 答えたん, 米友は, 紹介し, 繰返して, 罵った, 考えついた, 考えるもの, 考える方, 考へたので, 考へた時, 考へられた, 考へること, 聞くから, 聞ました, 聲を, 聴くと, 胸が, 腹を, 自分には, 自慢した, 自慢する, 自身に, 見え, 見えまして, 見て取ると, 見なければ, 見なした, 見ゆ, 見るよう, 見る方, 見当が, 解せられて, 解った, 言いきって, 言いながらも, 言いふらして, 言いましたが, 言いますよ, 言うけれど, 言うし, 言うても, 言う気, 言えよう, 言えるの, 言つて, 言つてを, 言つて居ました, 言つて苑の, 言つて誰が, 言はれたら, 言ふだらう, 言ふと, 言ふんだ, 言われたが, 言われては, 言われましたが, 言われよう, 言われるが, 記憶する, 許り考へ, 証明し, 認める, 認定する, 説いたの, 説くの, 説明せられ, 誰に, 論じた, 論じて, 謂はれ, 賞めた, 速断する, 重ねて, 銭形の, 錯覚し, 長平は, 非常な, 頭の

3 [716件 抜粋] ああいう, あたしにも, あとの, あなたに, あるに, あれほど, いいたいところ, いいたかったの, いいと, いいましたね, いいましょうか, いいますね, いいわね, いうくらいに, いうぜ, いうた, いうなら, いうならそれ, いうべきである, いうんでね, いえると, いおうと, いきまいて, いけないから, いたしますと, いったの, いったのに, いつか雑誌で, いつたこと, いつわって, いひました, いひますが, いふでは, いふよ, いふ時, いふ者も, いへよう, いわないばかり, いわぬばかりの, いわれました, うなずいた, おっしゃいましたが, おっしゃいますか, おっしゃっても, おっしゃるかも, おまえは, おもえば, おもったが, おもったらうか, おれが, お互, お互に, お光, お定, お思, お思いなさる, お思ひなさる, お杉, お松は, お母さんは, お聞き, お角, お言いな, お高, かんさんは, ききました, こいつは, こういうの, ここの, こちらが, ことしは, された, しあるいは, したらどうして, したら問題, しなくては, するに, する方, する考え方, すればね, そういう風, そういっ, そこまでは, それから, それこそ, そんなよう, た, つくづく思, つても, つぶやいて, どこから, どこで, なった, はじめて気がついた, ふじこが, ふだんから, へんな, まじめに, また一人, みれば, みんなに, やつと, より思えなかった, わかったが, わかっても, わかつたの, わかりましたが, わたしに, オ, ガラッ八, タカを, 一も, 一ト言振, 一同は, 一図に, 一時は, 一種の, 一郎は, 七兵衛は, 下を, 下駄を, 不思議な, 不意に, 世間では, 主人は, 之は, 予想し, 云いたげな, 云いだした, 云い自分, 云うじゃねえか, 云うつもり, 云うであろう, 云うでは, 云うならば, 云う声, 云う答, 云う考, 云う評判, 云う返事, 云えよう, 云ったでしょう, 云ったので, 云った時, 云ってる, 云ってるん, 云つたさうである, 云つたのを, 云つた方が, 云つてさ, 云つてを, 云はれたら, 云ふお, 云ふんぢや, 云わぬばかり, 云われたが, 云われたもの, 云われるん, 云われれば, 云わんばかりの, 五郎は, 人見は, 今から, 今になっ, 今度は, 今日も, 仰しゃるの, 仰しゃるのですか, 仰しゃるんですか, 仰せに, 仰っしゃるのか, 仰つて, 仰るの, 伝えられる, 伯父は, 伺って, 何が, 何の, 俄かに, 保証し, 信じながら, 信ずるよう, 信如の, 信如困り切る, 信長は, 側に, 傳へて, 先生に, 先生の, 兼て, 冗談を, 分ったが, 分ったとき, 分つたとき, 判断しました, 力説した, 匙を, 千世子は, 友人に, 取って, 叫ぶ, 右の, 吉田は, 名のって, 君が, 吾輩は, 呆れて, 告げたいと, 告白した, 告白する, 咄嗟に, 唱えて, 問うと, 善意に, 嘆くの, 困ると, 地の, 報じて, 声が, 夢を, 夢中に, 大きく父親, 大変だ, 大急ぎで, 大真面目, 太鼓判を, 妻に, 妾は, 姉が, 存じましたの, 学校の, 安心する, 定めて, 宣言する, 宿の, 小僧, 小声で, 小沢は, 少しは, 少しも, 幹太郎が, 幹太郎は, 強ひ, 形容し, 彼らに, 後から, 後で聞いた, 御自分, 心ひそかに, 怒って, 思いこむの, 思いこんだ, 思いちがいを, 思いなさい, 思いなさるん, 思いの, 思いはじめました, 思いますがな, 思いますのよ, 思い何, 思い切って, 思い自分, 思い込もうと, 思うそして, 思うそれ, 思うなあ, 思うなら私, 思うよりも, 思う他, 思う内, 思う気持, 思う頃, 思し召して, 思ったがね, 思ったくらい, 思ったです, 思ったところ, 思ったら今度, 思ったわけ, 思った主人, 思っちゃあ, 思っちょ, 思ってたが, 思っての, 思ってるのね, 思ってるもの, 思ってるんだい, 思っとるの, 思つたです, 思つたので, 思つたらう, 思つていました, 思つてお, 思つてわざと, 思つてゐやがる, 思つてゐるだらう, 思つて我慢を, 思つて考へ, 思はないかね, 思はないの, 思はれますが, 思はれるもの, 思ひその, 思ひな, 思ひましたので, 思ひも, 思ひ出したやう, 思ふけれど, 思ふし, 思ふだらうが, 思ふなら遠慮なく, 思ふのに, 思ふ君子, 思ふ方, 思ふ横町, 思ふ長吉, 思へばい, 思へるの, 思やんせ, 思わせるよう, 思わないこと, 思わなかった, 思わなくては, 思われたん, 思われない, 思われは, 思われますね, 思われると, 思われるん, 思われる位, 思召すかも, 思召すなら, 急いで, 悦んで, 悲観し, 意識する, 愛想を, 感じたと, 感じたので, 感じないでは, 感じるの, 感ずる, 感ちがいし, 感づきました, 慷堂は, 憎くらし, 我々は, 手紙に, 批評された, 教わった, 文次といふ, 断わって, 日頃は, 旦那が, 明言した, 最初から, 朝から, 来て, 母から, 母に, 気づいたとき, 気づきながら, 気づくと, 気付いた, 気付いたの, 決定した, 決心した, 泣いた, 注意された, 流石に, 渠は, 満足し, 澄江は, 熟, 猪之は, 由子は, 申さずには, 申しましたから, 申しましょうか, 申すので, 申せば, 申上げた, 申上げる, 申分ない, 町内に, 疑つて, 痛感する, 発表した, 相手が, 眺めて, 知ってからは, 知らして, 知らぬ友, 知れました, 秀吉は, 称するもの, 稱し, 突然に, 笑うの, 笑った, 約束し, 素直に, 紹介する, 結論し, 署長は, 罵って, 考えざるを, 考えたがる, 考えたという, 考えた事, 考えなおした, 考えられるが, 考えられる点, 考えるほか, 考える外, 考える必要, 考え出した, 考へたこと, 考へなければ, 考へるがね, 聞いたこと, 聞かされたとき, 聞かされても, 聞かれた, 聞きましたから, 聞くこと, 聞くの, 聞て, 腰を, 腹に, 自任し, 自信する, 舌打し, 蔭で, 蔭口を, 蝶太夫は, 見えたの, 見たが, 見て取って, 見なしがち, 見へて, 見るや, 見抜いて, 見極めを, 親類の, 解する, 解釈され, 解釋し, 言いたいくらい, 言いたいところ, 言いたそう, 言いましたね, 言いましたよ, 言いまた, 言いもし, 言い張りました, 言い触らした, 言うた, 言うであろう, 言う意味, 言う説, 言えそう, 言えます, 言ったあの, 言ったという, 言ったよう, 言った方, 言つたつ, 言つたのは, 言はれれ, 言ひかけ, 言ひたい, 言ふんです, 言へるだらう, 言わぬばかりの, 言われたり, 言われるかも, 言われること, 言ッて, 訊ねると, 訣つて居, 評したの, 評判され, 詰問した, 話が, 誤認し, 説く, 説くもの, 説明される, 読者は, 諦めた, 謂わねば, 述べた, 邪推し, 錢形の, 非難した, 面と, 頑張って, 頓馬を, 驚くほど

2 [1940件 抜粋] あきらめました, あたしも, あなたが, いいそして, いいましたぜ, いいますぜ, いい合います, いうからには, いうけど, いうなら夫, いうのになあ, いうまでは, いえり, いえるでしょうか, いっそまた, いったんで, いつかいった, いつてた者, いつもの, いはぬばかりに, いはれるの, いひますね, いふならそれ, いふ説である, いまは, いわるる, いわれたん, うちの, うまいこと, え狼, おきき, おじいさんは, おたずね, おっしゃったこと, おっしゃれば, おもいましたから, おもふと, おれに, お互い元気を, お婆, お思ひなさいます, お篠, お言いなさる, かいつて, かねがね思っ, かんねん, きいたとき, きき彼, きめるの, けなして, こう仰有る, こっちは, この間も, これほど, ご自分, さうでも, ささやいた, されてる男, しきりにそんな, したならそれ, したらああ, したらごめんなさい, したらわざわざ, したら僕, したら彼女, しまして, しみじみ感じます, すぐわかりました, すすめて, すりや, するなら自分, する外, する観念, そうヴェーバー, そう考える, そのじ, その席, その晩, そればかり, そんな気持, たずねますと, たんかを, ちょっと不思議, つくづく慨歎, つて貴君今日お, てこの, どうしても思えない, どこまで, どのくらい, なぜだ, なる, のんきに, はっきり書い, びっくりする, ほくそ笑む, ほんとの, ぼくらは, また何, みせて, みられて, みんなも, もういちど, やがて判った, よく兄, よく私, わかってから, わかります, わたしが, エ, サト子は, ヌエが, ヘルンが, マリユスが, 一々教, 一応見, 一見し, 三人は, 上の, 下手糞な, 与吉は, 世間は, 丹念に, 久助君は, 予言し, 云いその, 云い切って, 云い張るん, 云うこの, 云うても, 云うひと, 云うほど, 云う事実, 云う其の, 云う女優, 云う批評, 云う程, 云う若い, 云えましょう, 云から, 云ったっけね, 云ったらそれ, 云った人, 云った考え, 云ってたよ, 云つた職工長の, 云つてゐられる, 云つて承知しなかつた, 云はう, 云ひきれない, 云ふだらう, 云わるれば, 云われては, 云われるもの, 人には, 今日から, 今迄の, 他吉, 仰しやる夫, 仰って, 仰有るわけ, 伊沢は, 佐野君は, 何だか心細い, 作中の, 信じがち, 信じたい, 信じた人, 信じようと, 信じれば, 信頼し, 傍の, 兄とは, 先生から, 公が, 内の, 冷かされても, 出来ること, 分った嬉し, 分るかも, 判ったとき, 判りました, 判断された, 別に疫病, 勘ちがいし, 勝平は, 半三郎, 即断する, 反問し, 反駁し, 取次いで, 口ぐせの, 口へ, 只今まで, 叱られた, 司令部の, 同じ事, 同情する, 名のった, 否定し, 告げた時, 呶鳴っ, 呼号し, 問うて, 喝破し, 嘲って, 噂された, 困るね, 報じた, 外へ, 大さわぎし, 大満足, 大騒ぎを, 女, 女子衆の, 好いな, 妄信し, 妾も, 娘は, 存じましたので, 孝次郎は, 安心が, 定める, 客に対して, 宿屋の, 察した様子, 将来を, 小僧お前は, 小生は, 尚い, 山崎屋という, 市中で, 常に思っ, 幽かに, 庖丁さばきも, 強いて考え, 彼女が, 待ち伏せて, 後悔します, 得石は, 御自慢, 心が, 心着い, 思いあきらめて, 思いが, 思いこれ, 思いついたの, 思いつつも, 思いましたがね, 思いますかね, 思い一同, 思い当ること, 思い私, 思い違いし, 思うがネ, 思うころ, 思うその, 思うつがもねえ, 思うならいま, 思うなら見るが, 思うまで, 思う一方, 思う拍子, 思う理由, 思えること, 思えるよう, 思ったせい, 思ったものの, 思ったらこれ, 思ったらその, 思ったら妙, 思ったら腹, 思った方, 思っちゃった, 思ってるだが, 思つたのに, 思つてな, 思つてよく, 思つて下さる, 思つて内々, 思つて安心し, 思つて彼は, 思つて振り返つ, 思つて精一杯可愛, 思つとるだ, 思はれない, 思はれるのに, 思ひがち, 思ひましてね, 思ひますのに, 思ひ秀吉, 思ひ込んだ, 思ふかね, 思ふと共に, 思ふ一方, 思ふ樣, 思ふ遠慮, 思やあ, 思わないかい, 思われそう, 思われたのに, 思われましょう, 思われるくらいに, 思われる場合, 思われる表現, 思惟する, 怪塔王は, 悟ったから, 悪口を, 想って, 想定し, 愚にも, 感じずに, 感じはじめて, 感じるよう, 感ずる余裕, 感嘆した, 感心は, 感歎し, 感謝を, 憤慨し, 成績の, 手まねで, 承ります, 指して, 推定し, 推測する, 推諒した, 支度を, 政江は, 教えられたの, 教えるよう, 断ずるの, 断言できる, 方向を, 早合點, 昔彼は, 書いたこと, 書き添えて, 期待した, 本當, 杢之, 柚木は, 楢雄は, 権右衛門は, 欣, 正吉は, 歩けんから, 気がついたから, 気がついても, 気が付いたから, 氣づい, 決めこんで, 決意し, 治六は, 浅吉は, 溜息と共に, 激しい真実, 熱を, 父親は, 甚兵衛は, 甲の, 申したが, 申しますからと, 申し上げましたのに, 申すのに, 申すん, 疑えるよう, 疑わなかった, 痛感しました, 百姓は, 目が, 直感された, 眉を, 睨まれて, 矢代には, 知つ, 知らなかったもん, 知るの, 知れては, 神尾は, 福子は, 私よりも, 秦は, 種々な, 窃に, 笑う, 答えます, 答る, 組合の, 結論する, 縞だの, 罵つた, 罵倒した, 老婆は, 考えたん, 考えなくては, 考えも, 考えられること, 考えられるよう, 考えるが, 考えるよ, 考え出すと, 考へたね, 考へられたらしくさ, 考へる事, 考へる系統, 聞いたらお, 聞かれも, 聞き知って, 聽きました, 自ら信じ, 自惚れては, 自認し, 自讃, 船長は, 苦笑した, 菊次さんは, 表現し, 要心の, 見えるもの, 見くびって, 見せられないこと, 見なされて, 見る, 見る事, 見分けが, 見物の, 覚悟した, 観察した, 覺悟し, 解したい, 解する者, 解ったので, 解釈される, 言い, 言いたいの, 言いはるもの, 言いますと, 言い張ります, 言い聞かした, 言うそれ, 言うより, 言う所, 言えない事, 言おう, 言ったっけ, 言ったら, 言った時, 言ってたん, 言つたさうだ, 言つた方が, 言つてよ, 言つて堅く, 言つて教へて, 言ひきかせ, 言ひ伝へ, 言ふから今に, 言わないばかりに, 言われたと, 言われる方, 言明する, 訊きますと, 記す, 許り信じ, 註釈を, 評するの, 評判を, 話したこと, 認めた, 認めると, 語りながら, 誤認する, 説いても, 誰かの, 論じある, 諦らめて, 謂うこと, 謂つてよい, 警告する, 豹一にも, 貴女は, 買物を, 赤井が, 躍起に, 軽く考え, 述べたが, 途方も, 道子は, 遠くで, 開いて, 阿魔, 難じ, 青くなる, 非難された, 頭へ, 願って, 駅前の, 騒ぐの, 高尚な, 鵜呑みに

1 [15579件 抜粋] 〆切の, あざ笑って, あとは, あぶないところ, あるごとくすでに, あわれげ, いいきれる, いいなさるの, いいナイアガラ瀑布, いい否, いい抵抗, いい聞かせなかったならば, いうだろうし, いうなら云え, いうらしいあの, いえるし, いくぶん固く, いたしますなら死後, いったらお笑い, いったろう, いつかこの, いつた年配四十五六, いつも婆さん, いはんばかりに, いふからには, いふもん, いままで, いろいろ感じました, いわれたに, いわれるかれと, いツ, うっとり見上げる, うんこの, おえいが, おそわって, おっしゃるそのうつくしいむすめも, おほめ, おもうて, おもわれて, お前さんも, お島, お父さんが, お袋に, かいえるさる, かえって折竹, かてえこと, かんがえる者, きかれれば, きまってるぶ厚, きめられること, けげんさうにお, こう一本, こたえるの, このとおり, この打算力, この際一寸問題, こんなふう, さう言つて, さてこそ, された時代, しかしお母さん達, したと, したらしよう, したらフリント池, したら容易, したら綜合開発, しながら, しみじみ申し, し羅針盤, すぐ判つて, すたすた闇, するとは, する人々, する高い, せめたてたの, そう一応云っ, そこで李如松, その効果, その情, その老人, それだけは, そんなふうに想像, たしかめたとき, たとえば, ちっともあと, ちりぢり, つくづく思い知らされた, つまり男, ときどきは, どうしてもつ, どなりつけて, なす説が, なりゃ若旦那, ぬかすん, はじめて悟った, はっきり肯定, ひいさま, ひどくびく, ふっと人, ほかで, ほめマーチおばさん, ますますこんな, また行きつけ, まもなくぱっとひろまっ, みえないばかりに, みえ相手, みた時, みんな申し合せた, もう一ぺん, もしか九年, やがて彼等, よいの, よく思い思いした, より思はれなかつた, わかったらその, わかりましたでも, わけも, わめくもの, ウッカリ答え, キビダンゴみたいな, サービスぶりを, チェーホフは, ニンゲルに, パパが, ベシーに, モノを, ヱ良さんに, 一俵半くらいに, 一層覚悟, 一概に断言, 一言仰し, 三十五円だ, 下らないところ, 不断から, 世間樣に, 主張された, 亀田先生は, 二人が, 云いきる, 云いつけて, 云いますよ, 云い合える天地, 云い斜め, 云い魯粛, 云うとき, 云うハッキリ, 云う叔父, 云う思い, 云う牛乳配達, 云う許, 云えないだろうか, 云ったため, 云ったら亭主, 云った由, 云つたとしても, 云つていい加減なこし, 云つて一人で, 云つて同情し, 云つて居ました, 云つて此の, 云つて納得させた, 云つて賞める, 云ひたい心で, 云ふから驚か, 云わせた, 云われた詞, 云われヒダ, 五本の, 人殺し女, 今ふり, 今松は, 付け加える, 仰しゃった娘, 仰せなされますか, 仰っしゃるものならぜひもない, 仰有ると, 会う人ごと, 伝説じみ, 何です, 何日か, 供出を, 信じさせる, 信じないわけ, 信じ且つ, 信ぜられます, 側面の, 僕自身驚く, 先生としても, 公言してる, 兼ねて, 冗談の, 分かった時, 分つたから, 切り取つて, 判つた時, 判然り, 力まかせに, 勘十郎は, 北槻中尉らは, 千代子が, 博勞が, 厳しくとめられた, 反問は, 受け取れても, 古事記に, 可いんです, 合田氏の, 同僚たちが, 名のり法の, 名曲堂の, 吹いて, 告げたなどと, 呪わるるばかり, 和らかい, 問うたが, 喚く声, 嗤われよう, 嘲笑された, 困るぜ, 坂田の, 墓場の, 多分バチ, 大いに張りきっ, 大上段に, 大層そういう, 大騒ぎやっ, 女たちは, 好きな, 始めて悟る, 婆やは, 存じましたもの, 宇治の, 実に微細, 宣言し, 富士が, 寺僧が, 小さいおとうさん, 小生痛感し, 少なくとも著者, 山根の, 己惚た, 常々思つてゐる, 平然と云う, 幾分か, 弁じたと, 弥之助は, 弾いて, 彼一人拒否した, 後には, 御宅, 心から思った, 心得きって, 忌々しながら, 怒ると, 思いいい加減, 思いこませて, 思いこんな, 思いだしたの, 思いなすったん, 思いました了簡, 思いますます, 思いやがるん, 思い不安, 思い咒語, 思い思い何度, 思い朝, 思い眼, 思い込ましといたからな, 思い込んだボーイ, 思うええ, 思うだけでも, 思うならこれから, 思うなら嶺, 思うなら試験, 思うわね, 思う子, 思う火中, 思う間, 思えやす実に, 思し召せ, 思ったなら猶, 思ったらしかった, 思ったらはやく, 思ったら四五日前, 思ったら横っ腹, 思ったら身, 思った友人, 思った案内人, 思ってたら矢張り大変, 思ってる内, 思つたのも, 思つた時私の, 思つてこの間も, 思つてまるで, 思つて人の, 思つて國へ, 思つて幾久く受け, 思つて手に, 思つて沈香か, 思つて聞かなく, 思つて輕ん, 思はずその, 思はなかつたで, 思はれました, 思はれ文学, 思ひながらに, 思ひますもつと, 思ひ少年, 思ひ込み士気, 思ふぞ, 思ふなら内儀さん, 思ふ伊達, 思ふ癖, 思わしめたが, 思わせること, 思わなかったのみ, 思われたくなかったらきっと, 思われないでは, 思われるだろう, 思われる山の上, 思ッてる, 怪ん, 恨むの, 悟られるほどの, 悪推量, 想へる, 愕いた, 感じた時, 感じるだろう, 感ずるならば, 感動を, 感違いしてる, 憤然と, 戯れに, 才蔵は, 承わりお前, 抵抗面は, 指摘し, 掏られ, 推量し, 教えたとて, 教団を, 斜酣は, 断定し得る, 斯る, 旅費も, 旦那様と, 明治十何年か, 是だけを, 暗に客, 書かれたそう, 月の, 期待緊張それが, 朱に, 東助も, 柘植氏は, 梶が, 楽な, 歌って, 此拔作め口の, 母などは, 気がついたね, 気が付いたので, 気づき涙, 気障つ, 決して使, 河岸の, 洒落て, 涙すら, 清浄に, 滝三め, 無事に, 煎じつめて, 片づけて, 特筆し, 獨りで悦に入つ, 甚だ以, 申されました, 申しましたら毎, 申し上げたじゃ, 申すんで, 男爵は, 疑つて居, 発信人の, 百円送つた, 盗みたい, 直されて, 省察する, 着こなしが, 知ったらどんなに, 知つたのも, 知らせに, 知る, 砂糖が, 祖母が, 私らにも, 称しては, 称讃される, 突き留めたもの, 立証し得る, 笑う顔, 笑われたらそれ, 答えたよう, 答えるべきだが, 糺弾したい, 組頭も, 編輯者ばかり, 罵りたくなるくらい, 翁の, 考えずに, 考えた袋探偵, 考えますので, 考えるならば, 考え他, 考え直しました, 考へたり, 考へるから, 考証され, 聞いたら油画, 聞かされながら, 聞きやした, 聞れ, 肯くであらうし, 膨らんだ懐中, 自信あり, 自慢してる, 自首し, 色々思案, 苦心サンタン松虫を, 落して, 蛇を, 褒めた, 見えなかなか, 見え北辰新報, 見たら亂暴, 見なし密接, 見られる樣, 見受けました, 見込まれるん, 覚悟しなけれ, 観念すべきで, 解しよう, 解らない事, 言いきったと, 言いなすったかね, 言いやたら, 言い切った, 言い張る, 言い英国人, 言うた経信白川院, 言う中年, 言う蒼々, 言ったその, 言ったら一鞍, 言った監視人, 言つたのである, 言つてしよ, 言つて出た, 言つて怒つ, 言つて老年にな, 言ひきつて差支へ, 言ふからしようが, 言わっしゃるものだで, 言われた圭吉, 言われるまでも, 言明した, 訊き直そうとして, 訳を, 詑びた, 評せられて, 話しても, 認むべ, 認める心, 語根風に, 説きつける, 誰いう, 論断しよう, 諸事言いなりに, 識った, 豁然大悟し, 貴公に, 贅を, 車夫は, 農家の, 迷惑を, 道へ, 郡誌には, 重宝がられ, 銑さんの, 開き直って, 陰口たたい, 雉を, 露見した, 面白く思います, 頷き自分, 飛び起きたもの, 駄夫は, 驚いては, 高田が, 鶯を

▼ だ~ (50939, 13.4%)

639 それは 485 それが 472 私は 392 これは 283 それを 259 彼は 234 併し 224 今は 175 それも 167 私の 164 僕は 135 これが 125 彼の 104 その時 103 あれは 102 今日は 99 これも, それに 87 それにも 86 何か, 私が 85 君は 83 お前は, そんなこと 81 さう 79 今の 73 今では 72 これを, 俺は 71 之は 69 今度は 68 自分の 67 おれは 66 彼女は 64 どうした 60 僕の 57 誰も 55 それには 53 今日の 52 仕方が, 君の 51 それと, どうだ 48 お前の, そこに, わたしは, 此の 47 私には 46 この時 45 そのとき 44 それよりも, 何う 43 その中 42 そこは, 他の 40 さすがに, そこには, 自分は 39 何も, 処が 38 この頃 37 ここに, 今夜は 36 こいつは 35 これで, しかしそれ, 実際は, 彼が 34 ここで, すぐに, その頃, 事実は 33 兎に, 女は, 或る, 私も 32 いまは, 今度の 31 俺の, 急に 30 おめ, そこが, そこへ 29 ここでは, そのうち, 何の, 何を 28 しかしこの, それから, それらの 27 ここの, この男, それだけ, それより, そんなもの, 彼女の 26 こんどは, その日, 日本の, 考えて 25 こ, しかしその, そのため, その前, 人の, 何うし, 僕には, 問題は, 自分が 24 あなたは, おれの, これには, どうだろう, 人間の, 何と, 彼等は 23 いずれに, きょうは, どこか, 中には, 之を, 例の 22 これらの, そいつは, その人, 不思議な, 二人の, 女の, 相手は 21 お前も, この, そうで, そんな事, 中, 人間は, 誰が, 非常に 20 その代り, ぼくは, 今に, 今まで, 多くの, 昔の, 昔は

19 [12件] あの男, いずれも, この場合, そこの, それだ, それで, ほかの, 今年は, 実を, 待てよ, 気が, 現在の

18 [12件] あなたの, あの人, ここは, この家, さてその, そうかと, わたしの, 何が, 出て, 彼等の, 普通の, 見て

17 [14件] ここには, これに, わしは, 不幸に, 不思議に, 之が, 今日では, 君が, 少くとも, 少しも, 当時は, 相手が, 私に, 近頃は

16 [21件] あの時, あれで, あれを, おまえは, おれが, お前さんは, この人, そうは, その方, それらは, どこに, なんでも, 主人の, 二人は, 今から, 今でも, 右の, 君も, 当時の, 惜しいこと, 自分で

15 [21件] あの女, お前が, きみは, こうなっ, このごろは, この辺, これでも, その声, その夜, その晩, その男, それなら, それの, た, なんの, 以前は, 何かの, 僕が, 子供の, 誰か, 返事が

14 [21件] ここへ, して, そいつが, そうすれ, そうでない, その実, それから先, ちょいと, どうかする, どこへ, 今と, 今も, 今夜の, 何でも, 何分にも, 外に, 夫は, 妙に, 彼も, 後に, 途中で

13 [21件] ここでも, これからは, これでは, そうし, そうだ, そこまで, そのほか, その年, その時分, その結果, その間に, ともかくも, どこかに, なか, 一緒に, 幸いに, 彼らは, 日本では, 父は, 男の, 私たちは

12 [30件] いつまでも, いまの, こちらは, こっちは, しかし私, しびれたよう, すると, そうする, そうなる, そこから, そこを, その上, ちよいと, どういうもの, どういふ, どうだい, どうです, もつと, もとは, 人は, 人を, 他に, 俺には, 夜に, 実際に, 彼には, 念の, 斯う, 根が, 第一

11 [30件] あれも, お前さんの, こいつが, こうなる, この女, この方, しかしこれ, しかし彼, どこから, もう一つ, 一つには, 人に, 今年の, 何んと, 余は, 俺が, 先生は, 前の, 女が, 妙な, 容易に, 彼女が, 手を, 村の, 母の, 確かに, 而も, 親の, 酒は, 金が

10 [38件] あなたが, お前に, この日, こればかりは, しかし, しかたが, その, そのこと, そのころ, そのなか, そのよう, その女, それだけの, ただ一つ, ために, なぜか, わしの, われわれは, 一つの, 二人とも, 仕事の, 前にも, 大切な, 夫が, 娘は, 実際の, 彼を, 心の, 惜しい事, 我々は, 東京の, 残念ながら, 母は, 気の, 流石に, 聞いて, 行って, 頭の

9 [51件] あいつは, あとで, あとの, あとは, あれが, あんたは, いい, お前には, ここを, この二人, この点, この際, こんなこと, すくんで, その眼, それにしてもこの, それまで, とにかくその, どういうわけ, どうにも, どうも仕方, どこで, ふるえて, ほかに, ぼくの, まだその, やって, われわれの, 人が, 人間が, 前に, 娘の, 宙に, 実はその, 己は, 彼らの, 彼女には, 後には, 後の, 成程, 日本には, 此は, 父が, 目を, 直ぐに, 眼の, 結局は, 能く, 自分には, 話が, 金は

8 [82件] あつしは, あなたも, あの中, あんたの, いまその, お内儀さん, お前さんも, かれは, きょうの, ここから, こっちの, このこと, このよう, この上, これだけの, これとても, さてこれ, しかしこんな, しかしだ, しかし君, しびれて, そのお, そのかわり, その他の, その外, その後は, その瞬間, その話, それさえ, それでもまだ, それについて, ついでに, つまりは, どうする, どうだらう, どうもこの, どこの, なんに, ほんとうに, ほんとうは, まあそれ, もうその, よい, よかろう, アメリカの, ナア, 一人の, 下の, 何に, 僕も, 内容は, 君に, 君には, 外の, 家は, 實は, 山の, 年を, 忘れて, 思えば, 我々の, 持って, 日に, 昔から, 最後に, 本当の, 本當, 次の, 水の, 渠は, 物を, 男は, 町の, 相手の, 秀吉の, 立派な, 考へて, 血が, 酒を, 顔の, 顔を, 風が

7 [87件] ああし, ある日, いつもの, いまでは, おまえの, おらあ, お君, お高, この事件, この先, この私, これだけ, これだけは, これほど, しかしあの, しかしそんな, すべての, そこでは, その点, それじゃ, それすら, そればかり, だれも, どうかした, どうかね, まだこの, よく考え, わしも, わたしが, 一度も, 一時は, 一種の, 世間は, 中に, 之に, 之も, 今この, 今じゃ, 今度も, 今晩は, 今朝は, 伸子は, 何にも, 俺も, 先方は, 別に, 博士は, 君と, 問題の, 大事な, 大体に, 妻は, 実際その, 実際には, 客の, 家の, 島の, 店の, 戦争が, 日が, 日本は, 明日の, 是は, 死んで, 残念な, 汝の, 現代の, 知って, 石の, 私と, 私としては, 肝心の, 自分も, 自然に, 自由に, 西洋の, 見ると, 話の, 足が, 近所の, 近頃では, 酒の, 金の, 金を, 雨は, 震えて, 風の

6 [144件] ああいう, あの娘, あの家, あれから, あんなの, あんなもの, いったいどこ, いつまで, いやに, いよ, いろ, おぬ, おまえが, おれには, お角さん, かくの, かの女, こちらの, このお, このとき, この歌, この町, これと, これにも, これまで, こんなところ, さうし, さてそれ, さて何, しまいには, そいつを, そういうこと, そういうもの, そうでなく, そう思う, そこまでは, そしてその, そのたび, その手, その言葉, その足, その金, それからは, それだけは, それだって, それでもその, それはとに, そんな風, たまには, だん, ちよつと, どうか, どうしたら, どうもその, なにも, なにを, へんに, ほんとは, みんなが, もうこの, もしそれ, やがて気, よく見る, スーッと, 一人で, 一人は, 一般に, 丁度その, 下手人は, 不幸な, 不思議にも, 世間には, 二人で, 今ぢ, 今日まで, 今日も, 仔細に, 仕事は, 以前の, 何うも, 何という, 何よりも, 何んな, 僕のは, 其が, 其は, 名は, 吾, 困ったこと, 土地の, 声が, 変な, 夏の, 多くは, 大きいので, 天下の, 女に, 如何に, 娘が, 子供が, 子供は, 実はそう, 家に, 帰って, 弟の, 弱いの, 弱くて, 彼と, 後から, 心は, 手の, 支那の, 文学は, 日本人の, 明らかに, 明日は, 昨日の, 月は, 本人が, 本人は, 来て, 正直に, 氏は, 気を, 父の, 生憎な, 疲れて, 真の, 私共は, 聞けば, 肝腎の, 腹が, 自分を, 色の, 芥川の, 若い娘, 見たところ, 見れば, 證據が, 足の, 足は, 身を, 道に, 馬の

5 [197件] あの, あの子, あの頃, ある時, い, おせい, お前にも, お吉, お鳥, かれら, こうなれ, ここにも, ここまで, ここも, ことしの, ことによる, このあたり, このまま, この地方, この子, この節, これからまた, これまた, これらは, こんどの, さうかといつ, さもない, しかしそういう, しかし人間, しかもその, しばらくし, しばらくする, しばらくの, すぐまた, そういう中, そういっ, そうと, そう云う, そこにも, そなた, そのあいだ, そのあと, そのくせ, そのま, その一つ, その下, その二つ, その他に, その子供, その当時, その後の, その辺, その途中, その通り, その音, その顔, それでもお, それとて, それとても, それまでは, それ以前に, そんなところ, そんなの, そんな時, ただの, ちょッと, とんでもない, どうし, どうしても思い出せない, どうじゃ, どうでしょう, どうもあの, どこまで, どちらかと, どれも, どんなもの, なるほど, なんという, ひょっとする, ぼくが, またすぐ, まだ見える, まづ, むやみに, もしその, やがてその, 一と, 一年に, 一応は, 一般の, 世間では, 世間の, 中にも, 事実だ, 事実である, 二人が, 人間を, 今だに, 今までの, 今云った, 今夜も, 今近々と, 仕方がねえ, 他人の, 仲, 体の, 何うだろう, 何だ, 何です, 何んだ, 何処か, 僕だって, 兄の, 其れ, 其頃は, 初めの, 前後の, 又, 口の, 口を, 古くは, 名前は, 君達の, 場合によ, 変だ, 変に, 夜の, 夜は, 大きくて, 大の, 大丈夫かい, 大抵は, 天日に, 奥の, 実は私, 実際問題, 客が, 宿の, 寒さ, 己が, 幸か, 弱いので, 徳利を, 心配する, 思い切って, 急いで, 息子の, 悲しいこと, 惜しい哉, 手に, 折角の, 斯うし, 斯んな, 日本人は, 旦那は, 是が, 時と, 暗くて, 最初の, 最初は, 最近に, 朝の, 本当か, 果してその, 横に, 此も, 殆ん, 母が, 氏の, 汝は, 江戸の, 決してそんな, 犬は, 犯人は, 生きて, 生活が, 相変らず, 眼が, 確かな, 私どもは, 私にとっては, 私のは, 私達は, 自分としては, 自然科学に, 自然科学の, 訊いて, 詩の, 話を, 誰の, 諸君は, 道が, 部屋の, 重くて, 長い訓練, 顔は, 馬鹿な

4 [349件] あいにくその, あっしの, あっしは, あとから, あなたに, あなたには, あの先生, あの方, あの日, あの朝, ある場合, あれの, あれほど, あんな女, いずれの, いつでも, いやはや, いろいろの, おいらは, お上の, お互, お前さんに, お前たちは, お前と, お前を, お宅, お母さんが, お父さんは, お神さん, お絹, お蔭で, お駒, かうして, きみの, こいつを, こういうとき, こうまで, このうち, このごろでは, このほう, この中, この事実, この二つ, この分, この土地, この手紙, この文句, この村, この言葉, この話, この道, この邊, この間から, これじゃ, これなどは, これなら, これ等の, こんなの, こんな事, さつ, さぶ, しかしよほど, すべてが, そいつも, そういえ, そうである, そうも, そうやっ, そう云っ, その人達, その僕, その内容, その問題, その家, その意味, その折, その目的, その訳, その間の, その際, それからそれ, それから後, それこそ, それさへ, それだけが, それぢや, それでもやはり, それでも人, それと共に, それにしてもその, それによって, それらしい, それ以上に, それ故に, そんなふう, そんな物, たいていの, とう, ともかくその, どうしてまた, どうしよう, どうもいけない, どうもうまく, どうもこれ, どうもそれ, どうもね, どうも一つ事, どうも私, どうやらこれ, どうやらそれ, どこかの, どこが, どこにも, どちらも, どんなこと, どんな人, なぜだ, なんだ, ふだんは, ふとその, ふるえた, ほんたう, またその, みんなは, もうお, もう一度行っ, もう遅かっ, もと, やつぱりをと, ゆうべは, よくない, わたくしは, わっし, われ, われわれが, 一つは, 一つも, 一体これ, 一体何, 一方では, 一方は, 上の, 下つ, 下は, 下手人の, 不幸にも, 不思議と, 世話に, 中は, 中身は, 主人に, 之等の, 事に, 二つに, 云うまでも, 云って, 些とも, 京都の, 人間には, 今その, 今とな, 今回の, 今宵は, 今度こそ, 今度だけは, 今日から, 今日に, 仕事に, 他人が, 代助, 仮りに, 伸子の, 体は, 何かね, 何よりは, 何れも, 何んで, 何事も, 何處に, 余りの, 依然として太古, 俺を, 俺達の, 傷は, 兄貴の, 先方の, 先生の, 其に, 其の時, 其後が, 冬は, 初めは, 勝は, 勿論それ, 医者は, 十ばかり, 去年の, 反省の, 同様に, 君だけは, 周囲の, 味方の, 命の, 命は, 因果な, 国民の, 夕方から, 多数の, 大変な, 大體, 天の, 失礼ながら, 如何し, 妻の, 姉の, 姫にと, 嫁に, 実の, 実は, 実はこれ, 実はそれ, 実際上, 客は, 小さくて, 小説の, 山の端などでも, 己の, 年の, 幸に, 広い意味, 底に, 弱いから, 弱って, 形は, 彼にとっては, 彼れ, 待ちたまえ, 待って, 御主人, 御承知, 心當り, 思ひの, 悪くなっ, 悲しいかな, 惜しいかな, 我慢し, 手が, 手前は, 手紙の, 折も, 料理は, 日本で, 明治の, 昨夜は, 時間が, 暫くする, 最初から, 最後の, 最近は, 朝から, 本人の, 本心は, 本来は, 来年の, 此とても, 此れ, 此処では, 此処に, 此方は, 此頃は, 歩いて, 母親は, 気の毒だ, 気の毒な, 氣の, 水は, 水を, 涙が, 然し私, 焼けて, 特別の, 猫の, 現在は, 理由は, 田舎の, 男が, 男も, 病弱で, 白痴の, 皆が, 皆の, 目下の, 真実の, 眼は, 碁を, 秀吉は, 私から, 私を, 空襲の, 精, 素子が, 素子は, 結婚の, 結果は, 義雄は, 老人は, 考えれば, 腕が, 自分では, 舞台の, 舞台へ, 船を, 若い女, 若い者, 親方の, 言葉の, 話して, 読者は, 誰かに, 誰でも, 誰に, 誰にも, 豹一は, 足を, 身の, 身体が, 身分が, 軽くなった, 軽くなり, 近ごろは, 近頃に, 運よく, 道は, 違うか, 酒が, 酒も, 里の, 金に, 錢形の, 附近の, 隣の, 雨で, 飯を, 餘り, 首を, 香奠の, 駄目だ, 鬼の, 鼻の

3 [761件 抜粋] あいつに, あいつも, あたしは, あのお, あの御, あの晩, あの村, あの通り, あの青年, ありや, あるの, あれだって, あれでも, あゝいふ, いいか, いうこと, いかがです, いっしょに, いったいどうした, いって, いつから, いまに, いやその, いろいろな, うちの, うっかりする, おかしなこと, おかみさん, おそらくそれ, おつか, おまえに, おれたちは, お前さんが, お前さんには, お前もしや, お弱い, お米, お藤, お銀様, お隣り, がたがたふるえ, きいて, きつと, くたくたに, けっきょく, こうやっ, こちと, このおれ, このほか, この他, この作, この場, この夏, この川, この年, この御, この推量, この父, この県, この老人, この長, この関係, この青年, これから先, これこそ, これについては, これほどの, こんな風, さうい, さうなる, さっきは, さてこの, さて実際, しかしあまり, しかしそこ, しかしまだ, しかし誰, しかし金, しまひ, じぶん, すぐには, すつかり, そういうところ, そういう時, そうでも, そうまで, そう思っ, そう考える, そこで, そのとたん, その一方, その人たち, その先, その夕方, その姿, その子, その孫, その小, その度毎, その形, その後間もなく, その時私, その様子, その次に, その死んだ, その経験, その翌日, その視線, その説明, その返事, その間は, その髯, そばに, それかと, それつ, それでは, それでもこの, それでもやっぱり, それでも私, それにしても, それについては, それほどの, それまでの, それらが, それ故にこそ, それ等の, そんなとき, そんなら, そんな者, そんな話, たうとう, ただその, だるくて, ちっとばかり, ぢや, ついその, でもその, でも彼女, とうとうその, ときに, とにかくに, どういう理由, どういう訳, どうしてあの, どうしてそんな, どうで, どうもこいつ, どうも思い出せねえ, どうも腑, どう思う, どう考え, どこへか, どこを, どっちが, どっちも, どんなもん, なおその, なぜあんな, なにが, なア, はじめの, ひとつには, ふと眼, へたに, ほかには, ほんた, ぼくには, ぽくり, まあその, まさかその, またそう, またそれ, まだ一度, まだ御, まだ親, まだ誰, むかしの, もうあと, もう一度あの, もう遅い, もしあの, もしかする, やがてそれ, やはりこれ, やはりその, ゆうべの, ゆらゆらと, よくあの, よくやっ, わたしには, キリスト教の, ピンと, フッと, ラジオが, レコードは, 一体あの, 一体どうした, 一定の, 一方から, 一日に, 一日二日と, 丁度いい, 万一の, 丈夫に, 三人とも, 下へ, 不安に, 世が, 世上の, 世間が, 中央の, 中学の, 丸万の, 主人は, 之こそ, 之によって, 事は, 事件の, 事實は, 事情を, 二三日は, 云うこと, 人々が, 人々の, 人間と, 人間も, 今ここに, 今までは, 今日という, 仕事を, 他にも, 仮にも, 会って, 何ういう, 何うだ, 何うにか, 何かに, 何せい, 何とかし, 何んか, 何んにも, 何処で, 何処にも, 何処を, 何處へ, 作者は, 例えば, 信仰の, 俳優の, 俺だ, 個人の, 借金を, 僕に, 僕らの, 元来が, 兄が, 兄は, 先ず第, 先刻から, 先方では, 兎も, 入って, 全くそれ, 全くの, 全体の, 八, 其処が, 其処に, 内は, 内実は, 冬の, 凡てを, 初めから, 前には, 前を, 勝手に, 半分は, 南に, 単にそれ, 友人の, 友人は, 叔父は, 取って, 古風な, 可哀そうな, 同じよう, 同時にそれ, 名も, 名前を, 向うは, 向うへ, 君から, 君にも, 君を, 命だけは, 唯一つ, 噂に, 団子の, 国に, 国の, 声を, 変って, 外国に, 大きいから, 大抵の, 大旦那, 天気が, 天皇の, 女という, 女中が, 妹は, 妻が, 姪の, 娘と, 子供も, 子路は, 学者の, 実はあの, 実は一種, 実は俺, 実際そんな, 客を, 家へ, 實に, 實際は, 将棋の, 小さいので, 少くも, 少しお, 少しは, 少し話し, 左手の, 己にゃ, 帰りに, 帰りは, 底の, 店へ, 弱かった, 強いて, 当人が, 当人の, 当時としては, 彼女に, 彼等が, 後者は, 御用が, 心に, 心当りは, 思うよう, 思へば, 悪いと, 悪かった, 悪党の, 悲しい哉, 惜しいもの, 惡い, 意外な, 愚かな, 我々が, 或日, 所在を, 所謂, 敵なれ, 敵の, 断わって, 旅館の, 日中は, 明かに, 明日に, 是を, 昼の, 時としては, 時は, 曲者は, 書きだすと, 最後まで, 最近の, 有名な, 朝は, 本当かね, 本当な, 材料に, 東の, 東京では, 東北の, 栄二は, 案外これ, 案外に, 橋の, 機嫌の, 歌の, 正さん誰, 正直の, 此処の, 此處へ, 此違ひ, 歩きながら, 死ぬの, 殺人の, 気持は, 水が, 汝が, 河豚は, 油断は, 津軽の, 海岸は, 湯の, 満洲, 火の, 火を, 然様は, 父親の, 爺さんは, 狸も, 珍らしい, 生きること, 生れは, 用が, 畳の, 病院の, 白地の, 目に, 目の, 相手に, 相手も, 石に, 確かめて, 祖母の, 神の, 私にも, 空気は, 笑ひ, 素人の, 素直に, 結果が, 絶対に, 美奈子の, 耳の, 肉体の, 背に, 胸の, 脚が, 腰を, 腹の, 腹を, 自分のは, 自然の, 船が, 良い男, 色が, 芥川は, 花は, 虫の, 血は, 見せて, 見覚えが, 覚えて, 親父の, 親爺は, 許して, 話に, 読んで, 誰しも, 誰だって, 誰と, 豪勢な, 貧乏な, 貴様も, 足に, 身体は, 軽部の, 農村の, 農民の, 近頃の, 返事を, 追, 逆に, 運の, 道の, 道庵に, 酔って, 重いの, 銭形の, 鎌倉の, 開けて, 間違ひ, 雨の, 雨戸を, 雪之, 雲は, 静かに, 非常な, 面白くも, 順序として, 顏の, 風は, 食事は, 飲んで, 魚の, 黙って

2 [2553件 抜粋] ああまで, あいつを, あすこの, あっしじゃ, あと咽喉へ, あのなか, あの人形, あの大, あの牙, あの顏, あら怎, ある年, ある種, あれでは, あんなに無愛想, いいかい, いいよ, いかんせんその, いったいお前, いつかそれが, いつの, いまこうして, いままでの, うちでは, うまかった, おそらく, おまえと, おれに, お俊, お前さんから, お前にだけ, お君さん, お屋敷, お瀧, お経, お茶でも, かえってそれ, かつての, きみのは, くるくると, こういう時, ここが, こちらも, このあいだ, この一文, この俺, この型, この夫人, この小説, この応募者, この界隈, この肉, この調子, この間に, これあ, これこれの, これぢや, これまでは, こんなに早く, こんな日, さして必要, さてあの, さて本当に, しかしあなた, しかしこうした, しかしそれだけ, しかしなるべく, しかし一つ, しかし今更, しかし支那, しかし豹一, すぐ平常, すること, ずっと若く, ぜひも, そういう人達, そうした, そこでと, そこで親分, そちが, そちらは, そのくらいの, そのときおら, そのまえ, そのアパート, その一枚, その人間, その俺, その十七号, その場, その少女, その建物, その後で, その心, その方法, その時期, その死骸, その特徴, その病気, その答, その落ちつき, その親戚, その返辞, その鍋, その隙間, それから長岡, それである, それではかえって, それでもう, それでもカラカラ, それでも壁, それでも矢張り家族, それならなぜ, それにしてもこんな, それにしても変, それをも, そんでも, そんなよう, そんな姿, そんな筈, たずねて, たといそれ, だから今, ちゃんと脚, ちょっと見, つひぞいちど, でもがつがつ, とうとうこの, とにかくああし, とにかく今, とりとめの, どうしてこの, どうしてもその, どうもそうで, どうも僕, どうも斯, どう考へ, どっちかと, どの程度, なおこの, ながれて, なるたけ相手, なんしろ, なんらの, はじめから, はてな, ひらめから, ふと何, ふと練兵場, ほんとうか, まあさう, まあ君, まことは, また, また例, まだ, まだ婿, まだ手, まるで直ぐの, みんなに, もういけません, もうこんな, もう取り返し, もう眼, もしほん, もし土蔵, やがて彼, やつと, やはり悪, よからう, よく思い出せない, よければ, らさ, わが子の, わざ, われらの, ウォールデンの, コイツは, ソヴェト同盟の, ドウダイ, フランス人は, マアそれは, ロクな, 一人, 一口には, 一寸お, 一度は, 一方で, 一朝乾雲, 一番花嫁に, 一言も, 七八名一団と, 万一にも, 三の, 三日も, 上って, 下りの, 下着まで, 不思議である, 不自由に, 丘の, 主人殺しは, 之ほど, 事実この, 二三日前に, 二度目の, 五六遍も, 京の, 人も, 人物の, 今いう, 今なら, 今一つは, 今度という, 今日までの, 今更それ, 今私は, 他から, 以前旅先の, 会社の, 佐渡の, 何しろあんまり金高, 何だろう, 何らの, 何故かそれ, 作品の, 例へば今, 俺から, 停年が, 備前少将は, 僕という, 僕達も, 元来正直, 兄哥の, 先に, 先方でも, 先頭が, 全く事実, 八五郎に, 共産党は, 其を, 内に, 凡そそれ, 刀は, 初犯以来は, 別れて, 前から, 力も, 勘太郎を, 勝負は, 十九の, 千番に, 半分とけた, 単にそれ丈, 原稿に, 又一つ, 取り返しも, 口惜しいこと, 可哀さうに, 右に, 吉田は, 同君の, 向うから, 君たちの, 君もう, 君達は, 周りに, 命を, 品物は, 商人は, 嘘を, 四人の, 団栗の, 国を, 土蔵の, 地方によっては, 坊主が, 塗っちまっただよ, 声は, 夏近く, 多く日常の, 夢の, 大きな樅, 大人も, 大口の, 大層な, 大變, 太田は, 夫婦は, 女も, 女房が, 女房を, 妹の, 始末の, 嫌に, 子供を, 孫は, 定善義十三觀, 実はあれ, 実は日本, 実際彼, 家中の, 寄席の, 實際さう, 将門は, 小唄と, 小説家の, 少しの, 少し我が, 少し足りない, 屋敷と, 山は, 左様な, 希望は, 帰ってから, 幕府の, 平次は, 年齢は, 幻想は, 床に, 座頭の, 式も, 弱くなっ, 当り前の, 形の, 彼だけは, 彼女らの, 彼奴は, 後ち, 後悔だけは, 御屋敷, 御用聞の, 徳川氏の, 心配な, 忠相の, 思想の, 恋を, 悦子の, 悪気の, 意外にも, 感心な, 戦争で, 所詮俺, 手間を, 技術家の, 押借の, 挙兵以来の, 描きにくく, 放つて, 故ら, 文学に, 文部省は, 断って, 新しい小説, 新聞へでも, 日々用いられる, 日本へ, 日盛の, 旦那のは, 昔からの, 春めぐり, 昨夜君と, 是などは, 時々は, 時間は, 晴の, 暖かに, 更に家康, 月の, 未だに根気, 本名は, 村, 来年は, 東宝の, 果物屋固有の, 校長先生の, 格子が, 桶を, 模糊と, 機械の, 正一は, 此が, 此方から, 此間からの, 歴史の, 死んでも, 殘念ながら, 母親に, 毒を, 気づいて, 気違いは, 江戸といふ, 決して深い, 汽車の, 治って, 泥棒は, 流れて, 海の, 清水屋には, 源十郎は, 漁師の, 無事に, 然し, 然し父, 照吉は, 父と, 物持ちの, 特別な, 犬の, 玄徳の, 現在に, 瓶の, 生れて, 生憎唯人, 甲府城下では, 番所まで, 疾風の, 病身で, 皆んなに, 目だけは, 相応に, 看視人, 眼鏡を, 矢張り, 知人の, 社長の, 神経の, 私なんかには, 秋の, 空は, 笑いの, 箒を, 米友は, 細いテノル, 結局これで, 結局彼の, 縄が, 美しい, 考えると, 職人の, 肚の, 背中が, 脱けだす, 自分たちの, 自分より, 自然科学, 舌が, 良人の, 芭蕉の, 若い男, 若旦那の, 英国では, 荷物が, 葬式の, 虚無僧は, 蜘蛛が, 行けるだらうかねえ, 表から, 褒美を, 見ること, 親分の, 親爺さん床柱を, 評判は, 認識は, 誰ひとり, 警官の, 貞之進は, 責任の, 貴方は, 賈, 足だけは, 身體の, 軽快に, 農村は, 近來, 逃げたり, 造つた樣に, 運転手の, 道場の, 都合で, 重三さん, 金五郎は, 銀座の, 鎖を, 門の, 間抜けな, 際どいところ, 雑草の, 電車の, 青べかは, 面倒でも, 頭は, 顔が, 食事が, 養魚池は, 首斬りを, 馴れると, 驚いたこと, 鮭の, 黒の

1 [26653件 抜粋] МХАТの, あえて口, あっしが, あのひと, あの夫人, あの暁, あの貧弱, あまりはつきり, あやまるの, ある人, あわびの, あんまり, いいとおも, いかにも金, いくら眼, いずれ負け, いったいどの, いつのまにかそれ, いつも詰らない, いまマヌエラが, いや寒い, いわゆる動物性, うぶす, おいしいもの, おそいこと, おなじ隊, おやそ, お互い胸の, お前わしを, お大尽, お忙しいで, お盆の, お豆腐ぎらいのために母, かうした状態, かすかに, からだの, きのうまで, くに子の, けれども邦夷, こういう社会, こうして艇長フォン, ここらでは, こないだも, このなか, このリーキ, この人気, この十分間, この塾生, この山中, この押絵, この次に, この男元来, この絃, この評論, この間初江が, こみあげるばかり, これこれでと, こんどはじぶんの, こんな山, ご主君官兵衛様, さすがには, さてそうして開いた, さて幸福, さらに上泉伊勢守, しかしこのごろ, しかしまた心配, しかし何しろ, しかし市ノ瀬牧人, しかし最初, しかし章三, しかもまだ, しばらく芸術品, じつは最も憎悪, すぐ声, すっかり手, すると彼ら, せめて獣医さん, そういう思想, そうさせる, そうでなけれ, そこで初めて, そして最初二三ヶ月, そのうち又, そのときハンス, そのまま通り拔, その一台, その人物, その傍, その十八時間前, その土, その宇乃, その広場, その後影, その所領, その時チョビ安, その東尾根, その洗たく場, その男女, その祖父, その考え, その行き当り, その距離, その際彼女, その魂, それから余程, それだけに今, それでいま, それでまた相手, それでもぼんやり, それでも地面, それでも父親, それで毎々, それにしてもアカデミー, それにしても面白い, それ程までに, そんな人間, そんな芸当, たしかに盆踊り, ただ幾分, たった一本, たぶん風呂番, だから若し, だんだん薬品, ちゃんと文章, ちょっと俺, ついにその, つねに賄賂, つれて, でも先, ときどき大きな, とてもむずかしく, とにかく主人, ともかくそこ, とんだむだ, どうしてどうしてオバー, どうして優秀, どうだい帳附, どうもすぐ忘れる, どうも分らない, どうも百円, どこだった, どれひとつとして, なあに今日は, なかで, なかに, なつに, なにしろ小, なほ忍ぶべし, なんだか見た, ぬぎながら, はたから, ぱちぱちと, ひとりの, ひよつこり障子, ふと変, べつに急いだ, ほんとにそんな, まあもう少しおれ, まことに人心, まずもっ, またひそか, また意外, まださい, まだ他, まだ水門, まったくこれ, まるでおいら, まア錢形, みんな影だけ, めったに客, もうチャアリイ, もう制御, もう断じてやらない, もしお前, もし少年, もっと側, もと桶屋, やがて浮き上つて, やっぱりどうも目付, やはりずるずるとして, やはり東北, やり様, よくよく気, よほど腹, わが禅学, わたしなんかには, アッサリと, イヤモウ一生懸命に, オカマには, カンが, クリティシズムという, ゴミの, シュナーベルを, ズボンが, チラと, ドイツ文学を, ノートを, パパが, フラフラする, ヘタな, マストよりは, モン・ブランや, ルピック夫人が, 一が, 一まず, 一体そんな, 一向どうにも, 一寸相手の, 一斉に, 一昨日の, 一番効果が, 一躰何の, 七兵衛の, 丈高く, 三年前セネガルへ, 上は, 下司なりに, 不届きな, 世俗の, 中だけに, 中澤さん情調を, 久しいあ, 九州あたりでは, 事務員し, 二三人ずつ, 二十面相とも, 云ったもの, 五月二十三日には, 人によって, 人間として, 今そこが, 今六十だ, 今度訃報が, 今日絶て無くし, 今若, 仕止, 以前から, 伊沢さんの, 伯林で, 体温と, 何しろ手まね足真似, 何だったら, 何と書かう, 何処に, 何故二川, 何食わぬ, 余程澁川流, 例えば池, 保本が, 俺だけは, 停車場に, 僕たち高校生としては, 元の, 兇状持揃いの, 先祖の, 入用の, 全然文学, 公園を, 兵馬も, 其一日の, 其時分は, 内容を, 冷して, 出られない, 分れば, 判らなかつた, 別館に, 前夜斥候上の, 加多の, 勘三に, 匕首じゃ, 十九世紀前半の, 十時に, 半町も, 博賭徒を, 原稿註文の, 又博士, 反対にも, 口にこそ, 古本屋さんが, 可笑しい話, 同じく申, 同時にお, 名題の, 君奈何だらう, 周囲は, 品位は, 啣え, 噂と, 四辺が, 國の, 地堺の, 堂々と, 壺を, 外気あたたかく, 多言は, 大きく舟, 大丈夫助かる, 大変お, 大東の, 大阪の, 天網恢, 奇想天外な, 女ばかりの, 奴らが, 妙てこに, 娘には, 子供たちには, 学房に, 安価な, 実にヌッ, 実はオザ, 実は死体, 実社会に, 実際見える, 家までが, 寂しい癖, 寝ると, 将軍が, 小伝次の, 小樽からの, 小間紙を, 少し薄汚く, 尤も今に, 屋根葺き, 岩切で, 川村さんは, 己等の, 帰途探り得た, 平常の, 幸い客人, 幾月も, 座を, 引き上げられた三人, 弱ったな, 当人には, 役に立たないこと, 彼岸という, 律儀らしい, 従って弁証法そのもの, 御相談, 心動が, 忍術だって, 思いあわせれば, 思わずその, 恋人が, 恰も自分, 悪夢だ, 惣右衞門様を, 感謝せよ, 成る程, 或はそうした, 戸倉老人は, 手前身体を, 扨こー話しかけ, 抱かれて, 挙国一致, 描かれたものの, 政治家が, 数の, 文学については, 斯うなりゃ, 新聞社の, 日吉は, 日米戦争は, 早晩自分で, 昔を, 昨日しらべまし, 時々曇, 晋作一家が, 暗いので, 更に答, 最も驚いた, 最近守吉に, 期待し, 未来の, 本当に酔う, 杉の, 東へ, 松本農学博士に, 果てはコツプ, 根つ, 桶は, 業よりも, 様子を, 欄間の, 歌舞妓の, 此の間の, 此秋あたりには, 死する前, 殊に参考, 母と, 比較的路, 気永な, 求められた題, 決して判り切った, 河床の, 注目すべき, 浜子の, 涙ばかりが, 渉猟した, 満更無, 漸くこうして, 灰色の, 無論人身売買, 然し意識的, 熔解した, 片切, 物騒な, 狂ったか, 猪口に, 玻璃瓶が, 理窟でばかり, 生れつきちっと, 生温に, 田舎風の, 画という, 異端の, 病院から, 登子の, 百聞一見に, 監獄に, 直義対師直の, 真にいわゆる, 眼付だけは, 矢萩大蔵が, 石川又四郎にとっては, 磯五が, 神功皇后の, 秀郷が, 科学や, 空かないやう, 突然飛び, 競争と, 筋肉リューマチスは, 精神は, 紛失する, 組織の, 結局文体は, 綱吉将軍も, 織江に, 美人観には, 翌日ホテルの, 耒陽県の, 職人は, 背中へ, 腹一杯で, 自宅の, 致しかた, 良吏は, 花御所と, 若え, 英商船の, 荷車が, 葉子という, 薔薇の, 虚言では, 行かれないこと, 袋町といふ, 襲い来った山上, 要点を, 見事に, 親を, 解釈にも, 許しが, 誇張的の, 調印式が, 警察医を, 負けたら一文, 買った当人, 赤の飯に, 跡取, 車庫に, 農夫爺の, 近親相姦禁忌の, 追撃を, 通り一ぺんの, 遂に果す, 道會議員として, 選りに, 酒席と, 野上彰君が, 金谷坂あたりで, 銭を, 長い方, 長谷川好みの, 間違いが, 附き合つて, 随筆の, 雨上りの, 露台から, 革帯の, 頭を, 顫えた, 食事ち, 香気が, 駿三ら若, 高嶺に, 魯鈍らしい, 黄紫青等の

▼ だから~ (46900, 12.4%)

926 である 485 仕方が 291201 それを 200 私は 189 です 152 これは 99 それは 95 僕は 89 私の 85 何か 82 私が 81 それが 73 自分の 72 これを, 何も 69 私も 66 して 65 そのつもり 64 それに 57 そんなこと 54 であった 53 しかたが 52 今の 50 何を, 誰も 48 今日は 46 それで, 僕の 44 安心し, 無理も 43 一緒に, 気を 42 ここで, では, 困る 41 たまらない 40 これも, 面白い 39 彼の, 間違いは 38 少しは, 日本の, 黙って 37 こいつは, だと, 此の 36 すぐに, 何でも 35 これで, 今度は, 仕様が, 君の, 始末が 33 さう, 大したもの 32 い, そんな事, であろう, わたしは, 人の, 彼は 31 他の, 自分で 30 その点, 女の, 文句は 29 そこに, 何の, 僕も, 気が, 自分は, 見て 28 お前は 27 それも, でしょう, 助けて, 大丈夫だ 26 お前も, 堪らない, 止むを 25 これが, であります, どうした, 俺は, 大事に, 行って 24 あなたの, おれは, お前の, だよ, 今夜は, 手を 23 お前が, これに, その時, なの, 人間の, 君も, 誰にも 22 あなたが, あの人, いいよう, しようがない, その辺, 之は, 家の, 持って, 自分が 21 あなたは, ほかの, 仕方ない, 出て, 堪忍し 20 おれが, これほど, こんなこと, ですよ, でも, 僕が, 君が, 手の, 誰が, 驚く 19 一人で, 何う, 君は, 始末に, 少しも

18 [12件] あなたも, いけない, こ, そこを, なにも, わたしが, 人が, 人に, 仕方なし, 然う, 話が, 間違ひ

17 そのうち, その方, どうでも, どんなこと, 世話は, 今でも, 今日の, 俺の, 心配は

16 [12件] いいじゃ, お前さんの, だった, なんでも, 妙な, 是非も, 気に, 気の, 直ぐに, 私には, 致し方が, 駄目だ

15 [21件] あとは, いつでも, きつと, ここへ, このまま, こんどは, そこへ, やって, わしは, 二人の, 人を, 今に, 他人の, 何にも, 可い, 大したこと, 彼女は, 急に, 恐ろしい, 我慢し, 私に

14 [20件] お前に, ここには, ここは, さすがに, ちよつと, ついでに, でございます, どこか, わたしも, 世間の, 何とかし, 余は, 心配する, 本当の, 私を, 自分も, 自然と, 話に, 話は, 話を

13 [24件] いいが, おかしい, この上, そう思っ, そのこと, その人, その意味, その間に, だろう, で, どうする, どうだ, どこへ, 今度の, 仕方がねえ, 何が, 君に, 困るの, 大に, 大丈夫です, 大抵の, 特別に, 途中で, 非常に

12 [27件] いっしょに, いつまで, いやだ, このくらいの, この辺, これには, そこは, つい, ほんとうに, よかった, 乃公は, 之を, 今は, 今まで, 俺が, 厭だ, 可笑しい, 容易に, 帰って, 心細い, 急いで, 手が, 昔の, 普通の, 知って, 聞いて, 自然に

11 [37件] あっちへ, あとで, あれで, いつまでも, いつもの, おれの, おれも, ここでは, ここに, これからは, しまいには, そこの, そのよう, その中, その日, それと, そんなもの, た, なんだ, 不思議だ, 事に, 兎も, 出来るだけ, 変な, 己が, 平気で, 彼が, 彼等の, 思い切って, 敵わ, 申しますが, 男の, 碌な, 言うが, 誰か, 誰に, 連れて

10 [56件] あとの, いいけれど, いいでしょう, いけないの, ここの, こんなところ, こんな事, そういうこと, そのため, その前, だろうと, ちょいと, どんな事, なア, みんなが, むやみに, もうこの, やりきれない, わしも, わたしの, 一と, 下の, 二人は, 人間は, 今年は, 他に, 余計な, 例の, 兎に, 勘弁し, 問題は, 嘘ぢや, 変だ, 外に, 大切に, 女を, 娘の, 子供の, 宜い, 家に, 待って, 忘れて, 念の, 我々は, 最初の, 来て, 東京へ, 次の, 正直に, 油断が, 滅多に, 為方, 相当な, 相当に, 相当の, 訳は

9 [62件] ああし, あれを, いって, いやに, おもしろい, かうして, こっちも, ことによる, この人, この場合, この際, これだけの, そう云う, そっちへ, そのとき, それだけは, たまりません, つまりは, どうか, どうも仕方, どこに, なんとかし, ひょっとする, ぼくは, もうこれ, よく考え, ッて, 不思議である, 中, 主人の, 何かの, 先に, 先生は, 取って, 喜んで, 困るよ, 外の, 多少の, 大急ぎで, 己の, 平気な, 心配しない, 怖ろ, 教えて, 明日の, 相手が, 矢っ, 立派な, 考えて, 耐らない, 覚えて, 言って, 言ふ, 許して, 誰しも, 誰でも, 近所の, 酒の, 酒を, 金を, 馬鹿に, 驚いて

8 [81件] あたしは, あなたを, あれは, いい, いうが, いやな, ここを, こちらの, この点, これだけ, さすがの, じぶん, そうなる, そうは, そこから, それくらいの, それまで, そんな話, たいしたもの, たまには, だまって, だれも, であらう, でした, ともかくも, どうかし, どうしよう, なんの, びっくりし, みんなに, やめに, よくは, よく知っ, 一日も, 今から, 今では, 出して, 出來, 初めから, 勝手に, 厭に, 君を, 吾, 吾輩は, 嘘じゃ, 外へ, 大変だ, 女は, 安心だ, 少しでも, 少しの, 山の, 帰りに, 彼女の, 後に, 放って, 斯う, 旦那が, 明日は, 書いて, 汽車の, 海の, 無理は, 猶更, 生きて, 目を, 眼が, 確かに, 私と, 罪を, 能く, 腹が, 見せて, 親分の, 話して, 足が, 都合が, 金は, 静かに, 顔を, 骨が

7 [92件] あたしの, あの女, あの子, いいけれども, いくらでも, いっその, いやん, おめ, お前さんは, お金を, かなわない, きょうは, こっちの, これからも, これから先, しようがねえ, そう思う, そこには, そのほう, それだけでも, それだけの, それまでに, それ位の, たいていの, ちよいと, であつ, であると, どこかへ, どれが, なか, ねえ, みんなで, もつと, わたしを, ツて, 一つの, 一応は, 世の中は, 云ふ, 人間が, 今も, 今夜の, 今度も, 仕方ありません, 何うし, 何だ, 何と, 何事も, 何時まで, 先生の, 分らない, 反対に, 口を, 困ります, 困るん, 堪まり, 多くの, 夜が, 大目に, 妾は, 定めて, 家を, 当然の, 彼等が, 心配だ, 手に, 敢て, 斯様な, 早い, 村の, 東京の, 楽な, 構わない, 氣を, 水が, 水を, 相手の, 眼を, 私にも, 笑わせる, 第一, 米友は, 自分に, 自分にも, 話すが, 貴方の, 迚も, 遠慮を, 金の, 間違は, 面白いぢ, 面白いで

6 [130件] ああやっ, あたしも, あれが, いいと, いよいよ以, いろいろと, おまえは, およしなさい, お前さんが, お前を, お気の毒, お角, お酒, きっとその, こうやっ, こう云う, ここから, ここまで, この子, この家, この方, この機会, この話, この頃, これより, こんな時, そいつを, そうな, そのくらい, そのへん, そのま, その内, その積り, その頃, そんなところ, そんなら, だめだ, だろうか, ちょうどいい, であろうか, どこの, なにを, はじめから, ひどい, ふしぎは, ふつうの, まだいい, もう一つ, やむをえない, やり切れない, よかろう, よく覚え, わざ, 一度は, 一時に, 丁度いい, 万一の, 下手な, 主人が, 久し振りで, 事が, 二人で, 今日も, 他は, 何うせ, 兄の, 先へ, 先方も, 先生も, 初めは, 助からない, 厄介だ, 同じよう, 堪りません, 声を, 夜は, 大きな声, 大丈夫よ, 大抵は, 夫婦に, 女が, 子供が, 安心する, 家へ, 容易には, 尋ねて, 当分は, 彼を, 心配しなく, 心配を, 我々が, 文句を, 日が, 日本人の, 早くお, 昔は, 是が, 此処で, 殺して, 母は, 池の, 爲方が, 牛に, 物を, 犯人の, 現在の, 皆が, 皆で, 目が, 相手に, 確に, 私だって, 簡単に, 結構だ, 絶対に, 罪は, 腹を, 自分でも, 自由に, 色が, 誰かが, 誰の, 返して, 送って, 間違いない, 関は, 阿母さん, 顔は, 駄目です, 駄目よ

5 [217件] あいつは, あてには, あのよう, あの男, ある時, いいかげんに, いいの, いいよ, いいわ, いけないと, いけないん, いざと, いずれも, いつどんな, いまの, いままで, いやさ, いや本, うつかり, おとなしくし, おまえの, おまえも, おれに, お前と, お母さんも, お父さんは, お礼を, かまは, きっとどこ, きみは, こういうこと, こういう時, こうなっ, こっちは, こっちへ, この, このくらい, この位, この次, この男, これでは, さうし, しやう, すると, そいつは, そうだ, そう思え, そう早く, そこい, その, そのままに, その位, その子, その当時, その結果, それこそ, それだけで, それでもう, そんな心配, そんな物, そんな風, ただの, たと, だいじょうぶだ, つまらない, ですか, どうにも仕方, どこから, はじめは, ひとりで, めったな, もうお, ゆつくり, よく気, よほどの, わけは, わしが, わしの, われわれは, ウッカリした, 一つは, 一人の, 一切の, 一日でも, 一生懸命に, 一目で, 一通りの, 下手を, 下手人は, 不思議は, 世間は, 中には, 事の, 云うが, 云うの, 云って, 些とも, 京都の, 人は, 今じゃ, 今までの, 仕方なく, 何んで, 何んとか, 俺も, 僕たちの, 僕に, 僕には, 僕を, 元の, 先刻から, 先生に, 別に, 前の, 博士の, 参考の, 口の, 右の, 君にも, 困って, 変に, 外から, 夜に, 夜の, 大した事, 大丈夫な, 大概の, 女房に, 妻の, 嫌に, 子供に, 容易な, 察して, 己は, 幾度も, 序に, 店の, 当然な, 彼らの, 彼等は, 往って, 待つて, 後から, 後は, 悪いこと, 情けない, 手も, 手紙を, 放して, 文句の, 日本は, 早く帰っ, 時々は, 最初から, 構や, 次には, 此処に, 此方も, 母も, 江戸に, 泊って, 滅多な, 無理に, 無論その, 現代の, 生活の, 目に, 相手は, 真の, 着て, 確かな, 神の, 種々な, 窓から, 立って, 結局は, 罪が, 聞かして, 腹の, 自分ながら, 自然の, 苦も, 訊いて, 試しに, 話の, 誰だって, 諦めて, 變ぢや, 貰って, 貴公の, 買って, 賄賂の, 起きて, 身を, 身体が, 遊びに, 遊んで, 遠慮は, 遣り切れない, 酒でも, 金が, 錢形の, 隣の, 非常な, 面白いの, 面白くない, 音が, 頭の, 頭は, 頼りない, 馬が, 馬鹿な, 駄目な, 驚きます, 驚くぢ, 驚くで, 驚くでしょう

4 [351件] あいつが, あたしを, あてに, あとに, あなたから, あなたに, あなたには, あの時, あれから, あんたも, あんなこと, いいん, いい加減に, いうこと, いかん, いずれは, いつその, いづれは, いまに, いま小さい, いや, いやでも, いろいろの, うちの, うっかりした, おおよその, おまえを, お互いに, お前さきに, お医者, お察し, お手, お止しなさい, お殿様, お母さんの, お絹, お願いだ, がまんし, きみの, きょうの, こうし, こうなる, ここらで, こっちから, こっちで, このうち, このこと, この二人, この分, この女, この手紙, これこそ, これらの, こんな目, こんな話, こんな風, しっかりし, しょうがない, じゃア, すぐその, すぐにも, せめては, そういうの, そうと, そこが, その事, その名, その数, その方面, その男, その秘密, その通り, それでああ, それでいい, それでお, それには, それにも, それによって, それまでは, それや, それ以上の, そんなの, だそう, だらうか, ちやんと, ちょっとお, ついその, ついて, であるが, でございますよ, でしょうか, ですわ, とうとうこんな, どうかその, どうしてもそれ, どうにかし, どうにも仕様, どこでも, どこにも, どこへでも, どこまで, どんなにか, なさけない, なんにも, ばかな, ひょっとし, ぼくが, まあいい, まあこの, もういい, もう少しは, もう帰っ, もう心配, もしもの, やがては, よいと, よいの, よくわからない, よけいに, よして, よせ, よろこんで, よろしく頼む, ろくなこと, わからないが, オレの, オレは, カンベンし, サ, ナア, 一しょに, 一刻も, 一向し, 一寸でも, 一日に, 一種の, 一般の, 上の, 下から, 下手だ, 下手に, 不思議な, 世の, 世の中に, 世の中の, 世話を, 世間を, 久しぶりで, 二人が, 二人とも, 二人を, 二階の, 云々と, 云わば, 些と, 人々は, 人から, 人によっては, 今と, 今後は, 今日から, 今晩は, 今月は, 仕事は, 仕方も, 仕樣, 他人が, 代助, 仮りに, 仲間に, 会社の, 似て, 何かという, 何処の, 何処へ, 何度も, 余計に, 作者は, 信用し, 借りて, 僕と, 兄さんは, 先を, 先生が, 光るん, 其とは, 其れ, 其儘に, 出来たの, 割合に, 勘辨し, 勝手な, 危い, 危険は, 友達が, 可哀そうに, 吃驚した, 向うの, 君たちは, 吾輩の, 呆れる, 呑気な, 周囲の, 嘘では, 嘘も, 嘘を, 困りもの, 固より, 堪らないの, 夜中に, 大そう, 大丈夫である, 大体の, 大変です, 大変な, 夫は, 女に, 女や, 好きだ, 妙だ, 嬉しい, 嬉しくて, 学校の, 実を, 実際は, 家も, 寝て, 小さいの, 小説の, 平気だ, 弟の, 当時の, 彼に, 彼らは, 後悔しない, 後生だ, 従って, 心の, 心を, 心配に, 我々の, 我慢が, 打明けて, 捨てて, 教へて, 敵を, 文学の, 斯うし, 新聞の, 日に, 昨日も, 是も, 時間が, 暇を, 更に, 月に, 朝から, 本當, 来いと, 横に, 止して, 此処へ, 残念だ, 残念ながら, 殺しは, 母が, 氏の, 気分が, 氣の, 水の, 水へ, 汗を, 決して心配, 油断は, 油断を, 無事に, 無理が, 無駄な, 特別な, 犯人が, 犯人は, 生徒の, 用心し, 申上げる, 男女の, 町の, 癪に, 目の, 相手を, 真偽の, 眼に, 眼の, 知らない人, 秀吉の, 私などは, 私にとっては, 私達は, 笑はせる, 米友が, 米友も, 素人は, 置いて, 義理にも, 義雄は, 考えれば, 腹も, 自分より, 自分を, 致方が, 若い者, 行かなければ, 見ると, 親分に, 訪ねて, 読者も, 誰にでも, 警察の, 警察へ, 貸して, 贅沢の, 身に, 身体に, 身体の, 身分の, 車の, 辛抱し, 近いうち, 逃がして, 逆に, 速いぞ, 道庵が, 邪魔に, 酒と, 酒は, 野茨の, 間違いっ, 随分と, 離れて, 雨の, 電話を, 面白いじゃ, 頭が, 頭を, 頼む, 食べて, 馬は, 馬鹿だ, 驚いた, 驚きました, 黙つて, 鼻の

3 [707件 抜粋] ああいう, ああ云う, あしたの, あたりまえの, あのひと, あの家, あの方, あれも, あんな事, いいだろう, いいぢ, いいね, いいやう, いい加減, いうの, いかんと, いそいで, いたしかた, いまは, いよいよもっ, うちあけて, うっかりする, おかしいや, おせい様, おとなしくしなけれ, おのづか, おもて, およし, おれと, おッ母さん, お互, お分り, お友だち, お台所, お嫁, お役人, お母さんは, お父さんの, お話に, お金が, お飯, かう言, かくの, かまわないという, かわいそうに, かんべんし, きっと何, きみが, こいつが, こいつの, ここが, こちらから, こつちも, ことによったら, このお, このよう, この一件, この戦争, この時, この村, この近所, この通り, こりゃア, これでも, これと, これァ, こんで, こんなとき, さうだ, さア, しかたない, しまつ, じっとし, ずゐぶん, せめてその, せめてそれ, ぜひも, そういう意味, そうし, そう急, そう簡単, そつと, そのあと, そのお, そのほか, その上, その代り, その子孫, その後は, その生活, その荷物, その話, そら松染情史秋七草, それからそれ, それから先, それくらゐ, それじゃ, それだ, それについて, それほどの, それまでの, それらは, それ以上に, そんな気, たいていは, たうとう, たまったもの, たまらぬ, だぞ, だつた, だれかに, だん, ちっとばかり, ちょっと寄っ, ちょっと待っ, ぢや, ついあんな, つい油断, であ, であって, でその, で御座います, どうかする, どうか御, どうぞお, どうだって, どうだろう, どうとも, どうにも, どうにもこうにも, どうも仕様, どう間違っ, どこまでも, どつ, どのよう, なう, なおさらの, のぞいて, はたの, ひとつその, ふいと, ぶらぶら歩い, ほんた, ほんとうの, ぼくも, ぼくらは, まあ我慢, まず第, まともに, もうここ, もうその, もしお, もしそれ, もしやと, やたらに, やつて, やはりさう, やむをえないの, やむを得ない, やりきれないよ, やるの, ゆるして, よいが, よく, よく御, よけいな, わからない, わずかに, アッと, オレが, タマラない, ホテルの, ホンの, ワザと, 一人が, 一人や, 丁度い, 丁度好い, 万事に, 三人の, 三枚裏に, 上品な, 不思議です, 並大抵の, 中に, 事は, 事情が, 二三日置い, 云える, 井戸の, 交番へ, 亭主を, 人々の, 人間を, 今ここに, 今少し, 今更その, 仔細ない, 仔細は, 仕やう, 仕事を, 仕方は, 他人は, 以前の, 以前は, 会って, 会社へ, 体を, 何うかし, 何うにも, 何なら, 何ん, 何処かへ, 何處まで, 併し, 使って, 保証は, 俺あ, 俺に, 俺れ, 傍から, 傍へ, 僕だって, 元より, 充分に, 先方から, 兎ても, 兵馬は, 兵馬も, 其所に, 其時は, 内心は, 分って, 判然した, 別の, 別れるの, 力が, 力に, 動きが, 勝手が, 勢ひ, 医者の, 十に, 印象が, 危険な, 厭な, 取りに, 口では, 可なり, 可哀想に, 向うへ, 否でも, 吾輩が, 哲学の, 商人の, 問題には, 問題の, 喧嘩に, 器用に, 困ったもの, 困ると, 困るな, 国の, 土地の, 地球の, 壁へ, 変って, 多忙な, 夢の, 大きなこと, 大丈夫, 大丈夫さ, 大人は, 大勢の, 大概な, 天下の, 夫の, 女中の, 女房の, 女房を, 好い, 好い加減に, 好きに, 如何とも, 妹の, 妻は, 委しいこと, 婦人の, 婿も, 子供は, 子供を, 子細は, 安いもの, 安心した, 完全な, 完全に, 実際に, 実際には, 実際の, 家で, 家は, 宿の, 宿を, 寄って, 将来の, 尋常の, 少くとも, 少しおかしい, 少し位, 少し気, 尚更の, 己に, 己も, 年に, 幸福だ, 店を, 当には, 当人の, 役人の, 御免蒙る, 御安心, 御身分の, 御飯を, 心細いもの, 心配し, 怒るの, 思いきって, 思えば, 急ぐこと, 恐れいる, 息が, 悪い事, 悪く思っ, 愉快な, 意味は, 慌て, 成程, 或る, 戦争が, 戴いて, 折角の, 持つて, 損を, 支那の, 文句なし, 文芸の, 斯うい, 新十郎, 日の, 日本でも, 早くし, 早くその, 早く死ん, 早目に, 明日にも, 昨日の, 是れ, 是非とも, 昼の, 時と, 晩かれ, 晩には, 暖い, 最後の, 朝早く, 木村の, 本当を, 本来なら, 本統の, 梃でも, 構わずに, 欲しければ, 止めて, 正確には, 此方から, 此方は, 此頃は, 歯が, 残って, 毎日の, 気の毒だ, 水に, 江戸の, 沢山の, 泊めて, 海へ, 深刻だ, 湯の, 無理にも, 無理の, 無理を, 無限に, 煎餅やの, 父と, 父の, 片月見, 物の, 物は, 狂人に, 独りで, 甘んじて, 生活が, 用心の, 男が, 男と, 男も, 町へ, 疑ひは, 白状します, 百姓は, 皆な, 省いて, 眼も, 確かだ, 確かで, 礼を, 社へ, 神妙に, 秀子が, 私から, 私たちは, 私たちも, 私まで, 科学の, 空気が, 立聞きを, 竜之, 答えて, 精, 紙を, 結婚し, 結婚する, 縁が, 罰が, 肉体の, 肝心な, 自分だけ, 自分では, 自分と, 船が, 船の, 色々の, 花の, 若い女, 若旦那の, 若旦那を, 苦労する, 草を, 荷物の, 落着い, 血を, 袋の, 西洋の, 見ても, 親の, 記憶し, 話すん, 話も, 読者は, 誰かに, 誰だ, 諸君は, 議論は, 財産を, 貧乏は, 貴方に, 貴様の, 赦して, 足を, 跡を, 辛いこと, 辛棒し, 近づいて, 逃げて, 進んで, 過去の, 道に, 道を, 遠慮し, 部屋の, 鍵を, 阿父さん, 離して, 難有, 雲は, 面白いと, 面白いもの, 頓と, 顔が, 風が, 飛んでも, 飯を, 養子に, 馬の, 駒井の, 駕籠を, 駿介は, 骨も, 髪を, 鼠の

2 [2554件 抜粋] ああな, あさっての, あそこの, あちらでも, あつしが, あなたお, あの娘, あまりの, ありがたい, あれの, あんたが, あんな風, いいますが, いかな, いくらも, いけねえ, いずれの, いっぺんに天床, いつもは, いまから, いろいろな, うちは, うんと, おいらは, おそろしい, おまえが, おもしろいもの, お上でも, お前さんにも, お前達も, お土産, お嬢さんが, お帰り, お母さまの, お目, お秀, お訊ねする, お通さん, お願いする, かまわない, がんりきも, きっとそういう, きツ, こいつも, こういう云い, こうだ, ここでも, こちらへ, このからだ, このところ, この儘, この地方, この役, この本, この肉体, こまかいこと, これぐらいの, こればかりは, これ位たよりない, こんな家, さぞお, しばらく待っ, しようがないです, すぐお, すぐ身体, すつかり, ずぶの, ぜひその, そういう人, そういっ, そうじゃ, そうでなく, そうやすやすと, そう遠い, そこで僕, そして外光, そのなか, その代理, その困難, その思想, その智能, その犯人, その翌日, その都度, そばに, それからは, それでその, それで好い, それなら, それへの, それ等を, そんなに窮屈, そんな名, そんな弱い, たいがいの, たしかだ, ただ自分, たまつたもんぢ, ためして, だね, だれの, ちっとは, ちょっくら, ちよい, つい亦, つい気, つてお, つまり貴方, でかけて, でせう, ときに, とてもそれ, どういうわけ, どうしてもこの, どうせお, どうせ十一時近く, どうなと, どう見た, どちらも, どの程度, どんな風, なおさら不思議, なにぶんよろしく頼む, なるべく早く, なんとし, ねって, ひとつ頼む, ひどく疲れる, ふたりの, ほんとな, ぼつ, まあ堪忍, まごまごし, まざまざと, まじめに, まだ, まだ誰, まぼろし, まア宜, むしろ, むろんじ, もうこれからは, もうひと, もう今, もう少しこっち, もう疑う, もしこの, もはや明るい, やつた, やむを得ないに, よい, よくいく, よくよくの, よく当る, よもや迷, わが家の, わざと騒い, わっし, われわれも, ウッカリし, クマの, ダメです, トテも, パンも, ホールの, マア一緒に, 一つ考え, 一人ずつ, 一体何, 一定の, 一度に, 一方は, 一言でも, 万一にも, 三人が, 三四郎は, 三軒も, 上には, 上野の, 不思議じゃ, 不規則な, 世話に, 世間に, 丹誠を, 之で, 乱暴を, 事実として, 二人も, 云々という, 云は, 五段目左端は, 亭主は, 人情に, 人生は, 今その, 今夜も, 今度に, 今更に, 介意ない, 他には, 仲, 伜が, 住込む, 何とでも, 何にでも, 何んな, 何時でも, 余つ, 余一人を, 作家は, 供養の, 信じて, 俯向い, 倅の, 側へ, 傾聴する, 僕だけは, 僕等の, 先刻の, 先生にも, 兎角村人, 全くの, 八州の, 其のま, 其処を, 其處へ, 内職と, 冬は, 処女は, 出来合いの, 分らないと, 別な, 刹那的な, 割が, 勉強し, 勿論庄造, 半年も, 却って有望, 又何, 双方とも, 口から, 古人が, 可怪しい, 叶わない, 同じ三四年, 同名の, 名前を, 向うに, 君と, 否応は, 呑気に, 品川の, 喃, 喬之, 嘘は, 図に, 土地を, 坊主は, 堪りませんや, 壁も, 変でしょう, 外国の, 多分その, 多分多少とも, 大きい, 大へん, 大丈夫ね, 大地震, 大学を, 大方の, 大難が, 太え, 夫に, 奥さんの, 女の子にまで, 好いでしょう, 好きさ, 妙さ, 始めより, 娘は, 嫌でも, 子が, 子供だけに, 学問は, 學校も, 安心し給え, 定窯, 実に不思議, 客の, 家が, 容易じゃ, 寝るの, 寺尾の, 小さな子どもら, 小言も, 少しずつ, 少し自分, 少年の, 屋の, 山は, 島の, 左で, 已むを, 帰りには, 平岡も, 年の, 幸福の, 庄造としては, 座敷に, 建物の, 弱る, 強ひ, 当人も, 当然である, 形は, 彼らと, 彼奴俺を, 後の, 從ツて, 御分り, 御挨拶しな, 御馳走は, 心持の, 心配せず, 必ず悪く, 怒って, 思うよう, 性質が, 恐れ入るよ, 悠々と, 情事とは, 愉快で, 我慢してる, 戦闘は, 手前なれ, 手紙の, 打明けるが, 承知し, 拝んで, 拾って, 描いたの, 故郷を, 敵の, 文字に, 断って, 新しいの, 方角は, 日本にも, 旦那の, 早くお前さん, 早く引, 早速ここ, 明りを, 明治四十一二年の, 春の, 昨日は, 是非ともそれ, 昼は, 時代物が, 暇が, 暮しの, 書くにも, 最後まで, 有頂天に, 本人の, 本来の, 来れば, 松太郎は, 根を, 梯子にも, 業を, 構わないだろう, 横浜へ, 欲求する, 止めに, 此も, 此度なんかも, 武家方の, 死んだ方, 死骸は, 残りの, 母様が, 毎日船が, 気の毒だった, 気持の, 汝も, 決して悪い, 沢山いろんな, 法に, 海に, 消して, 深夜の, 滑稽じゃ, 火の見櫓から, 火難除け, 無意味な, 無碍に, 無駄足を, 燒いた, 爾だ, 特にこの, 狐の, 現場の, 生優しい, 甥の, 用心を, 甲板の, 申上げます, 画を, 疑いは, 病人が, 痛快である, 皆, 直ぐわかる, 相手には, 真面目に, 矢張りお返しした, 知らないの, 社会に, 福子に, 私だけが, 私達が, 窓を, 筋書は, 精神病院へ, 素人の, 終局に, 絵の, 綺麗な, 縄を, 美しさ, 考へると, 聞いた事, 肉眼で, 肩で, 脇差へ, 腰掛の, 自信が, 自分等の, 自然そこに, 致方なく, 色は, 若い時, 苦労は, 荷物が, 蔭で, 血気の, 行くの, 行つて見よう, 袴を, 西日が, 見る人, 見物の, 親分も, 言いますが, 言わなかったの, 評判の, 詰まらないこと, 詳しいこと, 誰をも, 謝って, 象の, 責任が, 買いたいと, 赤裸々な, 踊って, 軍部が, 迂闊な, 這入って, 連名に, 運動が, 道庵の, 遣って, 邪慳な, 酒が, 野郎村の, 銀行の, 鎌倉へ, 長いの, 門の, 間を, 間違ひありません, 陽の, 隠しても, 雛形に, 電車の, 面倒な, 順々に, 頭下げ, 額に, 風呂へ, 食後の, 首を, 馴れて, 駈けつけて, 驚かない, 高いには, 鬼が, 魚の, 黙止し

1 [25059件 抜粋] МОСПС, あきれるでは, あたしゃ黙っ, あながち創作, あの原っぱ, あの近く, あまり悪あがき, ありのままそれ, あわれですね, あんまり云われる, いい幸い, いかに鶴子, いくら侍従, いけないまったく, いそぐこたあねえさ, いっそ下手, いつでもは, いつ誰が, いま少し, いよいよ困った, いろんな噂, うっかり口, うれしくて, おいそれと帰り, おくれよ, おそらく重, おどろきだなあ, おめおめミミ族, おんなじこった, お前さんたちが, お前降り, お察しもの, お母ちゃんと, お祖父さんなら, お見外れ申す, お雪ちゃんなんぞ, かえって狎れ, かならずしんぱい, からだだけでも, きっとかわった, きっと成功, きわだった挨拶, けっして疎略, こういえ, こう云っ, ことしの, このみじめさ, この今夜, この夏休み, この息子, この池, この籠, この道場, こりゃいつ, これから暗記もの, これ以上事件の, こんなもの, こんな研究, ご番所, さぞ喜ぶだろう, さまでむつかしい, したがってこれ以上, しまつがい, じゃろ, すぐ御召, すこしでも, すっかり足腰, ずいぶん浅草中, せめて国内喧嘩, ぜひ行く, そういう深い, そうして置き, そう大して鳴らない, そここ, そしてこれ, そのいかに, そのままあげる, その下検分, その切な, その夜, その後往来で, その旦那, その漁船, その肉, その足音, そもそも芸, それぞれ当日の, それでまあ, それで無電連絡, それに対して, そろそろこんな, そんなに寒く, そんな大, そんな酷い, たくさんめめず, ただ照顕さま, たといその, たぶん第, だいじに, だめな, ちっとも奥床し, ちょうど土用さなか, ちょっと寄った, ついおそく, つい二の腕, つい私, つてだまつては, つまりおじさん, てっきり文, できるだけ大切, ではと, とうとうあの, ところどころに, とても競爭, とりあへずその, どうか心置き, どうしても亡命, どうせ, どうぞ勘弁, どうもこの, どう解決, どやされずに, どんなに間違つて, どんな顔つき, なお振ってる, なかなか捜す, なにもかもきっとよくなっ, なるべく倹約, なんとかせね, にすぎない, はあ後, はやくしなけれ, ひとつあこがれの, ひと回り見物しよう, びっくりする, へまを, ほんとにいい, まあともかく脚本, まあ普通, まさかこうなっ, ますます不思議, まず聞く, また年, まだちょっと間, まだ明るい, まったくの, まるで天国, まア可えわ, みんな居ずまい, むずかしい歴史, もうあきらめた, もうそんなに大きな, もう一度演藝, もう其時分, もう少し給料, もう眠る, もしも大原君, もちろん厠, もっと正確, やがて顔, やっぱり本来ケンカ, やはり自分, やめろと, ゆっくり休らう, よかれあしかれ内面, よく殺され, よす方, よもや己, わが太陽系, わしや, んでなかったら, イクラ話し, ウンザリし, カタキシお話しに, キンチャンカマルよ, コンナに, シャツ一枚で, スパンベルグ來訪以來五十年の, ダメで, テも, ナアニと, ハイゼンベルクの, パリーは, フラ, ホントに, ムシャクシャし, ヨタくられ, ヲイお, 一つ思ひ切つ, 一人うっちゃっ, 一向に年, 一寸行つて, 一度やっ, 一日三十円という, 一枚くれ, 一番身許の, 一身の, 丁度都合, 万年床を, 三十分あまりも, 三畳で, 下らない文章, 不安に, 不都合を, 両後見, 中納言様と, 久々に, 九百九十九兩三分三朱くらゐ, 二つを, 二十ばかり, 二本目は, 云ったらお前, 五時半を, 京都に, 人界の, 今すぐ, 今十年も, 今必要, 今更変更, 仕よう, 仙台の, 仲良く団結, 会心の, 住民の, 何だえ何処, 何とか相談, 何もかも話す, 何卒くれぐれもひねくれた, 何等か, 余程暗い, 使命さえ, 俗語の, 俳句を, 値も, 働く婦人, 優等に, 先ず二枚, 先生ひとすじに, 入湯と, 全く面, 八時ちょっと, 六時すぎ, 其ん, 其都度お茶を, 再び出, 凍えやしない, 出そう, 出来るなら解放, 分りきった事, 初入部, 別に正しい, 到底天声人語所, 剣豪も, 労働に対して, 勝久さんは, 勿論芝居, 十三と, 十年近い, 半兵衛重治殿について, 単に経済上, 却っていい, 厭さ, 又更に, 取つて, 口惜しいじゃ, 召上って, 可笑しいよ, 吉野紙を, 同類の, 君こそ, 吾輩ウッカリ乗せられ, 呼び返して, 唯もう爪先, 喜劇という, 四五日は, 団体の, 国家なり, 地形と, 基督教信者でも, 塚や, 変へ, 外様諸侯には, 多少が, 夜逃げという, 大きにそれ, 大丈夫だた, 大吉は, 大層工合, 大洋航路が, 天に, 太子の, 奇麗な, 女優として, 好い智慧, 妹一家が, 姙娠し, 嫌いで, 子分の, 學問は, 安易である, 宜しく某, 実は下等, 実際海人, 家中三蓋總出だらう, 寄れたら根岸, 寧そ初めから, 尊敬だの, 小屋で, 少々口惜しかっ, 少し寝かし, 少なからず驚いた, 尾世川は, 山ッ気の, 屹度迎への, 工場へでも, 已を, 帰りを, 平安であり, 幸ひ, 広間へ, 延喜式に, 引汐なら, 強羅の, 当日の, 役者不足の, 往かれまいと, 後日その, 御伴, 御無沙汰廻りを, 徳を, 心配ありません, 必ず非常, 快活と, 思いがけぬ所, 思想表現による, 恋愛に, 恐ろしいだろう, 悉皆と, 悪縁だ, 惣兵衛ちやんが, 愚痴イいうだ, 慶喜様の, 成る程それ, 或いはそれ, 戸棚では, 手取早く, 打っ棄, 折角ひっくくっ, 拠ない, 捕まったらおしまい, 控へ, 支配を, 救援隊は, 敵勢の, 料理番や, 新人などに, 方法も, 日曜が, 旧式な, 早く出なくなります, 早く行きましょう, 明り點け, 昔風の, 是非とも打破, 昼間探し, 時代の, 暗夜に, 書く手元, 最早どうせ其の, 朝勘定でも, 未だ宵の口, 本当に小林, 杉野の, 東の, 果し合いの, 案内者は, 検めるには, 構わないん, 次から, 止めよう, 正面は, 此方に, 歩いてる道, 死ぬ程, 残り物でも, 母公の, 比較的涼しい, 気丈な, 氣焔と, 汝等こた遣りやし, 決して我, 河縁とも, 泥棒が, 流されるだろうとても, 海坊主を, 深川重吉という, 湯灌に, 演習とは, 火足は, 無條件, 無論良家, 熊の, 片仮名も, 物足りなかった, 犯罪それから, 猫ッかむりな, 珍しい, 甘いお, 生命が, 田沢さんと, 男性と, 番屋の, 疑心暗, 癪じゃ, 百倍かネ, 皆相応, 目下の, 直截に, 看病料理を, 眼には, 知ってる限り即答, 知識階級や, 確実だ, 神信心を, 私あまた, 私共から, 種々不同, 突飛な, 笑ひもならない, 篤り, 約束どおりおじょうさんを, 細面の, 結局落付い, 綱宗侯は, 繁盛する, 美味いという, 老婆にも, 聞きに, 肌が, 脇差を, 自分などが, 自然や, 至る所, 船賃は, 芝居にも, 若い男, 苦悶の, 荏苒と, 落ちる者, 薄暗い中, 虚実は, 行かねえ前, 衣服の, 製作方を, 見え張った, 見上げたもん, 視察には, 親類などに, 言うこと, 計算した, 証拠物件として, 誅殺した, 読まないわけ, 調子だけで, 謝礼とか, 谷間へ, 貢が, 貴方つて変つたわ, 質の, 足弱の, 身体も, 軍隊が, 辻で, 返へさなくつちや, 送り狼に, 途方に, 進化した, 道具を, 遠慮なく気, 還らして, 酒だけで, 野心に, 金魚の, 鎌倉を, 門前では, 間違えるという, 降られない中, 随分迂闊, 雑用は, 雪駄直しに, 非公式に, 革命の, 頭脳の, 風景などを, 食べ過ぎると, 養生所へ, 駄目でも, 驚きますな, 魂は, 鹿笛じゃ

▼ だ~ (13402, 3.5%)

1014 である 584 です 536344 では 293 であった 139135 であるが 131 だった 128 だが 103 であります 101 でした 93 だと 88 というもの 83 だから 82 であろう 7770 だろう, を見 69 でしょう 67 ですが 65 はその 55 はこの 52 と云う 51 かも知れない 50 ですから 45 も無理 42 はそれ 41 ですか 40 であるから 38 かい, であったが 36 ということ 35 でございます 32 でありました 30 を見る 29 だろうと, と云 27 だそう, と, というの, といっ 26 だったが, だよ, でも 25 ですよ, は誰 22 がある, というよう, を 21 とそんな, を見た 20 じゃ, だらう 19 じゃない, だつた, だという, であろうか, を持っ 18 が, ぢや, でしょうか, は今, もその 17 かしら, かね, かも知れません, という言葉, といふもの, はお 16 かその, であろうと, でしたが, と一緒, と同じ, なん, は何 15 かそれ, かもしれない, がその, ですね, という, と言っ, はあの 14 がこの, と云っ, はこれ, は私 13 かな, だな, って, であって, はどう, はもう, は全く, は彼 12 もある, を私 11 かえ, が私, だね, はお前, は自分, を眺め 10 があった, と色々, はちょうど, もこの, をお, を出し, を幸い

9 [12件] かそれとも, があっ, だろうという, であると, であろうが, と勝手, と言, はそれから, はまだ, は僕, は当然, もそれ

8 [15件] が運, だか, だらうと, という名, といつ, といふこと, といろいろ, と言う, は事実, は確か, も, もまた, もやはり, を売っ, を持つ

7 [12件] かあるいは, かもしれません, かも知れぬ, が出, だろうか, でありましょう, と申す, ならば, のこと, はいい, はやっぱり, をし

6 [21件] いうもの, か判らない, か生き, か私, があの, が一面, が置い, が間違い, ですけれど, という人, と自分, の中, の話, はあなた, はどんな, は大, も当然, も束の間, をきっかけ, を書いた, を知つて

5 [54件] うちに, かと思う, かと思っ, かと思った, かわからない, か今, か自分, か誰, がいくら, がもと, が沢山, が見える, だとは, だらうか, ってそんな, でしょうが, という連中, といったよう, といふやう, といろんな, には常々くすり, のよう, の事, はいう, はいつ, はこんな, はそこ, はただ, はどこ, はほんの, はむしろ, は丁度, は主人, は何ん, は女, は子供, は本当, は無理, もそこ, も見え出した, も道理, らしい, をもっ, を感じた, を撫で, を書い, を気, を相手, を自分, を見すまし, を見せ, を覚え, を記憶, 疲れとが

4 [72件] いふもの, かわかりません, か何, がいけなかった, がまた, が何, が彼, が雑然と, じゃありません, だからな, だがね, だけれど, だけれども, だといふ, だろうが, でありますが, ですけれども, でなければ, で御座います, という字, という小, といっしょ, といったもの, といふの, とこの, とさんざん, とそれ, と云つて, と区別, と同時, と呼ばれる, と悪口, の間, はある, はすなわち, はつい, はどういう, はどうも, はまぎれ, は一つ, は三年前, は二人, は云う, は今度, は他, は偶然, は初めて, は勿論, は君, は天罰, は実に, は第, ばかりで, もあの, も嘘, も私, をいろいろ, をぶら下げ, をみ, をよく, を入れ, を取り出し, を少し, を後悔, を手, を直し, を知っ, を知った, を知らず, を知らない, んで, んに

3 [168件] いうよう, かそう, かだ, かと聞く, かどう, かなあ, かまるで, かも知れねえ, か人, か知ら, か知らない, があります, がいつ, がいる, がごたごた, がし, がぞろぞろ, がたくさん, がよく, が一つ, が一列, が並べ, が去年, が因果, が失敗, が悪い, が日本, が目, が落ち, が見え, が風, こうだ, さへ, じゃあるまい, だい, ださうである, だろうかと, っていうの, ってこと, って云う, でありましたが, である事, でございますよ, でござる, でしょうね, ですからね, ですし, ですって, ですつて, でないかと, でないこと, というやつ, という事, という心, という者, という語, という面, といったいろんな, といった連中, といつた, といわれ, と一しょ, と云われる, と人, と名, と名づけ, と呼ぶ, と呼ん, と方々, と書い, と来, と笑つてお前, と聞く, と言われ, と面倒, と頗る, ならまだ, なんの, になっ, ぬくみ, のある, のいろんな, の上, の並んだ, の姿, の方, の看板, の稽古, の色, はあれ, はおまえ, はかの, はた, はたしか, はだれ, はなぜ, はなん, はほか, はむろん, はやはり, はよく, はわたくし, は一昨日, は三人, は不幸中, は今日, は何より, は何時, は兄, は六人, は半年前, は去年, は唯事ぢ, は噂, は大黒屋, は妻, は娘, は少し, は尤も, は当時, は彼女, は必, は恐らく, は慧眼, は日本人, は昨夜, は本人, は父親, は窓, は美しい, は翌, は若い, は貴公, もあつ, もあり, もあろう, もいる, もお, も偶然, も僕, も全く, も実は, も彼, も決して, も知らず, をこの, をさも, をやたら, を今, を入れた, を取り寄せ, を取出し, を思い出す, を感じ, を抱え, を残し, を深く, を目撃, を知る, を聞い, を見廻した, を認めた, を読ん, を買, を買った, んです, 喜ばないの, 様に

2 [565件 抜粋] いふ言葉, いろ, おくへと, かいや, かこんなに, かしらそれとも, かそいつ, かということ, かと怪しく, かと聞きます, かの, かはっきり, かまた, かもう, かもしれん, かもわかりません, かよ, から, か何びと, か判りません, か或いは, か知らぬ, か知らん, か確か, か背中, か覚え, か解らぬ, か馬車, があちこち, があつ, がいけない, がかえって, がそのまま, がそれ, がただ, がつい, がどうしても, がどれ, がまだ, がみんな半面, がもう, がウジャウジャ, が一杯, が一目, が三人, が下, が不思議, が並ん, が中絶, が九時, が二つ, が二三人, が何より, が來, が充填, が先刻, が入っ, が加わっ, が原因, が台, が声, が変, が多く, が大和由松, が大変, が始まり, が小母様, が急, が悪かっ, が打撃, が描い, が数限り, が最初, が有る, が本当, が次, が残念, が法壇, が泥だらけ, が浮ん, が混雑, が積まれ, が細い, が縁, が置かれ, が美しく, が自分, が蝋石, が袂, が見つかった, が誤, が誤り, が軒なみ, が転がっ, が載, が近頃, が部屋, が間違ひだ, が集っ, が集まっ, きらいだ, じゃありますまい, じゃけれど, じゃア, だぜ, だその, だぞ, だったらどう, だって, だとか, だなと, だねえ, だるくなる, だわ, だバカ, ってある, ってもの, って区別, って苦しい, て, であったから, であったならば, であったろうと, でありそこ, でありその, であるか, であるけれども, であろうに, であろう一人, でこぼこが, でございましょう, でございますか, でございますが, ですがね, ですネ, といい, というあらゆる, といううるさい, というこの, というその, というところ, というひと, というむずかしい, という動物, という区別, という句, という文字, という特別, という生温い, という訳, といふ言葉, といふ難解, といろ, とお, とおっしゃる, とおなじ名, とこれら, とさ, とし, とそういった, とそっくり, とちっとも, とな, とは全く, とは違っ, とまるで, とやかましく, とよく, とろくな, と一, と下らぬ, と不足, と云い, と云った, と交際, と人間, と仰し, と余計, と侍, と口, と同様, と呼ばれ, と喚い, と噂, と大, と布衍, と年中コッピドク, と幾度, と心得, と歯, と殆ど, と汚らしい, と狭い, と生きた, と畜生, と目, と看板, と称し, と種々, と紅生姜, と聞い, と言います, と言つて, と評し出した, と軽蔑, と連帯責任, と違っ, と違つて, と金, と陰, と頻りに, と騒い, どの部分, なら口, なら松五郎, なら死骸, なら金高, にし, になった, には一同, に乗る, に出, に反し, に向っ, に就い, に気がついた, に行った, のい, の二人三人, の具合, の出, の名, の多い, の女, の如き, の家具, の影, の感じ, の文字, の珍奇, の用事, の肌, の花, の装飾, の見本, の見知らぬ, の観念, の音, はあるいは, はいずれ, はおまえら, はおれ, はかかる, はきみ, はこうして, はご, はさ, はさすが, はしかし, はそういう, はそんな, はたしかに, はたつた, はちょっと, はどっち, はない, はほとんど, はほんとに, はま, はまことに, はまさに, はまさに当然, はまた, はまったく, はもっとも, はもつ, はもとより, はよかっ, はよくよく, はよほど, はれい, はガラッ, はクルクル, は一八五四年, は一度, は万吉, は三十人, は下女, は不時, は中学, は九月, は五月, は仏様, は伝六, は佐太郎, は何でも, は何處, は元, は先代, は八五郎, は其の, は内儀, は凄く, は別に, は半紙半枚, は南北戦争, は単に, は原田, は右京, は同じ, は吸物椀, は咄嗟, は四十三四, は外, は夢, は大いに, は大きな, は大した, は大正十四年頃, は失敗, は女の子, は女房, は好い, は妹, は実際, は富江さん許, は小, は平常, は平次, は底, は急病, は怪塔王, は悲しい, は戌刻半, は手前, は既に, は日本, は明るい, は昨年, は最早, は東海坊, は板場, は植物, は殊勝, は母親, は気, は水, は決して, は災難, は猾, は町中, は病死, は皆さん, は相, は知っ, は砂利, は確, は細君, は蟒, は見上げた, は言, は貧困, は足袋, は辰男, は近代, は遠い, は間, は間違い, は間違ひも, は風, は食わなく, は馥郁, は駒井, は骨董, へんな, へ目, へ聞き, めであつ, もありました, もいた, もお前, もちょうど, もみんな, も中学, も二人, も亦, も人, も今, も同じ, も恐らく, も暫時, も江戸御府内, も皆, も自分, も自身, やら, よりも人間, をあなた, をいく, をう, をうる, をおぼえ, をかけ, をした, をそのまま, をそば, をたくさん, をつれ, をとる, をどう, をどしどし, をひやかした, をみつけた, をみる, を一々, を一つ一つ, を一髪, を与え, を並べた, を乗せ, を二人, を互に, を切つて了つて, を加, を受け, を君, を問題, を左右, を平次, を平気, を幸, を建て, を引, を彼女, を後に, を御, を思い出し, を思い出した, を感じる, を懐中, を所嫌はず, を手当り次第, を承知, を拾つて, を指し, を探ろう, を掲げた, を最後, を枝, を機, を求め, を洗っ, を渡した, を照らし, を生やし, を用意, を番傘, を発見, を知, を知つたの, を福, を笑い, を締め, を考へ, を耳, を聞く, を良い, を見たら, を見とどけ, を見ませんでした, を見れ, を見出した, を見定め, を話し, を認め, を誰, を調戯, を買い, を買う, を賑やか, を起し, を通っ, を運ぶ, を運んだ, を重荷, を除, を隣り, を頂戴, を風呂敷, を飲む, を鯔, 中に, 中心を, 工合が, 工合は, 弱かった, 揚句に, 菜園を, 調子が, 調子を

1 [4649件 抜粋] あげく, いうの, いふお, おっしゃって, かいまた, かがん, かすぐ, かちっとも, かと円形, かと思ふ, かと見, かなどといふこと, かは覚えない, かも分らない, からは大きな, かわからなかつた, かハッキリ, か主意, か先, か動物, か多く, か小判, か忘れた, か次第に, か皆不思議, か窓, か薬, か進まなかった, か音沙汰, がいう, がうじゃうじゃ, がお前の, がきちんと, がこびりつい, がしかし, がすなわち, がたった, がつみかさねられ, がどう, がにぶく, がばらみの, がぶんぶん, がみな軍部, がよろしかろ, がカアキ色, がソモソモ, が一々, が一種, が三斎屋敷, が乃木希典, が互にぬるぬる, が今度少尉, が何となく, が元, が八時二十分, が写真機, が初めて, が十一時半, が午後十一時五十五分, が取り入れ, が同じ, が四時二十分, が外, が大勢, が奇麗, が寝巻, が居る, が帯, が当主鉄胤, が微か, が思ひ, が慶應, が持ち込まれ, が散らばっ, が時, が机, が棍棒, が次第に, が段々, が河, が海洋, が灰, が珍しくっ, が痛い, が皮切り, が着い, が算, が緋, が聞える, が自然, が草鞋, が見, が走りまわっ, が辛うじて, が過, が間違ひで, が露, が飾つて, ぐあいとで疲れ, さえ不思議, じゃあなにしろ, じゃなかった, じゃ無い, そちの, だお, ださ, だったかも, だつて, だなどと, だるいの, だろう和学, だエ, だ天下, ちょうだいちょうだいだの, っていう料理, ってこれ, ってでたらめ, ってむやみ, って何方, って大変, って新しい, って置いた, って貴, てえもの, でありそうして, であるかという, であるのに, である義理, であろうその, であろう艶, でございますそして, でしょうかね, ですかと, です何故, です長州俊姫様, でなく勝頼, で御座いましょうが, とある, というおかしい, というつけ黒子, というコチ, という事柄, という便利, という労働者たち, という名望, という声, という奴, という幸吉, という手合い, という映画, という気性, という画史, という符徴, という苗字, という言い, という農具, という長官, といかにも, といったら, といはれる, といふ人々, といふ国名, といふ惡いも, といふ肩書, といわない, とお歴々, ときれい, とさも, としら, とそれら, とつけ加えました, とどこ, とは丸, とは違ってる, とほとんど同時に, ともう一度, とわけ, とツマラヌ話, と一応, と不景気, と云い募る, と仰っし, と俗世, と分った, と印度風, と同一, と唸つ, と多少, と天災, と妙, と山里, と彦太, と思い返し, と悟り顏, と我意, と持ち上げる, と文体, と最大敬語, と殊勝, と汁の, と犬, と画題, と短刀, と簡単, と署名, と聞きたく, と若干, と言いはやす, と言葉, と読売, と通, と野菜, と電話, と馬春堂, どす, などいう, ならお, なら何ん, なら罪, なんていふ, にかくれ, にたいして伊藤, について話し, にはよく, には赤インク, にもいっしょ, にも理由, に倦ませず, に寄っ, に対して皆川社長, に拘らず, に気づき, に留ってない, に読みふけりました, に驚いたらしかった, のさまざま, ののっかっ, のややこしい, の下, の住宅, の刺繍, の名高い, の堆, の奇怪, の市民, の役目, の月賦販売者, の残虐, の物語, の疲れた, の種類, の色刷絵, の行き過ぎる, の警蹕, の道具類, の頁, はあたりまえ, はいつの間にか, はうれしかっ, はお仙, はかねて, はここ, はすぐ, はそも, はだれです, はと云, はなに, はひどい, はまるで, はむりもないことでした, はやがて, はわし, はエライ, はシナ人, はツイ隣, はパリー, はメッタ, はロテイ, は一五三二年十一月十五日, は一寸法師, は一枝, は七つ, は三度, は不幸, は中平, は主婦, は九郎, は二十, は五尺, は人目, は仕事師, は佐川春水氏, は何者, は依田氏, は僅少, は先生金右衛門, は六如, は内藤氏, は切支丹, は加島欽哉, は医師千斎, は十五日, は十間余り, は南部樣下屋敷左隣, は叔母, は各地, は周作, は囈言, は困つた, は夏休み, は大体, は大石内蔵助作, は天津飛行士, は妙, は子路, は実感, は寺号, は小谷, は岩根, は帆村荘六, は幸運, は弁信法師, は後で, は心霊問題, は恋慕, は悪かっ, は惡, は戦場, は捨てた, は敵, は日本左衛門, は早稲, は明治三十二年余, は春日藤左衛門, は昼, は有, は本, は東京, は極, は欧洲大戦以前, は此世, は武田典厩, は氏, は永久ガス, は浪華, は瀕死, は特に, は珍, は田舎者, は當, は皆, は眞夜半, は知嘉姫, は禎輔等, は秦野屋, は筋骨, は紀元前四年, は織田, は腹膜炎, は船上, は芸子達, は菓子, は表, は見る, は言うまでもなく, は谷崎潤一郎, は賽銭, は遅くとも, は酔興, は釜吉, は長年, は陽子, は集五郎, は面會, は馬鹿, は鳴海屋, ばかりかも知れない, ひきしまつた, へレモン, へ寄っ, へ行つて來, ぼってりと, もあっ, もかう, もこの間, もはじめ, ももちろん, もアンドレイエフ, も丁度, も仕, も剥製人形ども, も喜ばしい, も孤芳, も忰, も抛, も植甚, も混, も異様, も破壊, も終戦直後, も見だ, も隣り, やせ型, やらそれ, やれここ, や薄汚ない, よりもっと, をあつめ, をいっ, をうんと, をかなしん, をご, をじろりと, をたちまち, をちゃんぽん, をともに, をのみ, をふくらし, をみました, をもらひたさ, をガラツ八, をサトウハチロー君, をフト, を一ぱい, を一緒, を与へる, を二枚, を作つて, を先日, を出迎え, を利用, を印しつけ, を合せ, を商い, を四杯, を失っ, を嬉しく, を巧, を幸子, を引っぱり出し, を当時七, を心から, を悉く, を慾張り, を抑え, を持ってる, を捉え, を掴まえ, を摘みはじめた, を教え, を暫く, を材料, を棺, を歩き, を治郎吉, を湯屋, を爺様, を甦らせる, を發, を直之進, を眼, を磯吉, を窓, を組合せ, を義元味方, を聞いた, を腹ばい, を薬味, を見て取る, を見逃さなかった, を話す, を読みました, を買い集めさせ, を輪, を道傍, を金色, を隠し, を頼まれ, を飮食, を鳴らし, オ, 下は, 云う事, 何を, 出来具合から, 回転が, 大きい妻, 安息を, 小風呂敷, 思い上がって, 所謂名人が, 日を, 植わって, 温まるやう, 熱に, 筑紫へ, 能ふ, 薬でございます, 覚えてるわ, 部屋では

▼ だという~ (13078, 3.5%)

1497 ことを 946 ことが 669 ことは 566 ことに 463 ような 336 のである 209 のは 191 ことである 189 ことだ 177 ことも 169 ことです 155 気が 152 のだ 133 事を 125 のです 123 のが 119 ことであった 115 ように 106 んだ 90 事が 85 のか 83 んです, 風に 82 ことで 68 ふうに 65 ので 61 ことだった 59 ことでした, 事に 54 のも 48 のであった 47 わけで, 話を 45 ことの 40 こと 39 事は, 説も 38 ことだけは 36 ことには, のを, 事実を, 人も 35 ことと, 点に 34 噂が, 考えが 32 人が 31 感じが 29 事も 28 意味の 27 のだろう, 話だ 26 ことな, わけだ, 説が 24 ことであります, ことや 23 ものも, 点を 22 印象を, 話であった, 顔を 20 気に 19 者も 18 ことから, ことにも, のだった, 事であった, 事である, 気も, 気持が, 点で, 評判が 17 のであります, 処に, 噂も, 噂を, 結論に, 話が 16 ところから, ものが, 意味を, 感じを, 訳で, 話である 15 ところに, のかね, 点である, 考えを, 話です 14 ことをも, のさ, わけである, 理由で 13 ことだけ, のと, 意味では, 説を 12 のなら, わけです, 事だ, 事です, 証拠を, 話も, 説は 11 観念が, 証拠は 10 ことさえ, ことだけが, ことについて, んじゃ, 声が, 彼の, 意味が, 様な, 結論を, 評判の 9 ことまで, のに, んだろう, 人の, 意味に, 考えに, 考えは, 考え方が, 話で

8 [16件] ことじゃ, ところを, のでした, わけな, 一つの, 意識が, 知らせを, 確信を, 者が, 自信が, 自覚が, 自覚を, 評判です, 話じゃ, 話は, 説明を

7 [26件] うわさが, ことさ, ことだけを, ことでございます, ことなどを, のかい, のであっ, ほかは, もので, わけには, 事で, 事実が, 事実は, 人は, 妙な, 意味で, 気持に, 気持は, 点が, 知らせが, 証拠が, 評判だ, 評判は, 評判も, 話だった, 風にも

6 [22件] ことについては, のじゃ, のであろう, のよ, ものは, ものを, わけさ, わけは, んなら, 事実に, 信念を, 噂です, 方が, 点だ, 確信が, 結果に, 考え方も, 表情を, 言葉は, 言葉を, 風で, 風な

5 [38件] ことぐらい, ことでありました, ところまで, のであり, ものさ, ものだ, ものです, もんだ, わけ, 一種の, 世間の, 事や, 信念が, 噂だ, 奇怪な, 心持が, 意味な, 意味は, 意見が, 感が, 感じの, 感情を, 時に, 気持だった, 気持で, 気持も, 気持を, 点は, 疑いが, 考えも, 自信を, 解釈が, 評判を, 話であります, 説と, 議論も, 顔つきで, 顔で

4 [63件] あなたの, うわさも, きりで, ことであり, ことであろう, ことなど, ことばかり, ことまでは, たしかな, の, のでございます, ふうを, わけだった, んでしょう, 主張は, 事だけは, 事の, 事実の, 人に, 処から, 単純な, 噂で, 噂は, 報らせ, 声も, 女の, 心持に, 心配が, 思いが, 意味から, 意味だ, 意味です, 意味でも, 意味も, 意識を, 感じは, 感を, 様子を, 気持ちが, 点から, 男が, 眼つきで, 確証は, 種類の, 考えな, 者と, 腹が, 表情で, 見解は, 観念を, 解釈も, 言葉が, 証拠に, 証拠には, 証明は, 評判で, 話でした, 説に, 説明も, 調子で, 返事だった, 面を, 風説が

3 [108件] ことか, ことからの, ことぐらいは, ことじゃの, ことすらも, ことそして, ことそれから, ことそれは, ことだけでも, ことでしょう, こととは, ことなどは, ことをさ, しるしに, そうです, ところも, のでしょう, のとは, ふうな, もの, わけでしょう, わけに, んだい, んで, 不思議な, 主張を, 事だけ, 事だけが, 事と, 事をも, 事実から, 事実である, 事実も, 以上に, 仮定が, 伝説が, 位の, 例が, 原則を, 噂, 噂の, 場合が, 場合に, 学説が, 安心が, 当然の, 心の, 意味だった, 意味である, 意味にも, 意味らしかった, 意見を, 意識から, 意識に, 感じだけは, 感じである, 感じに, 所で, 日の, 有名な, 概念を, 気で, 気の, 気は, 気を, 流言が, 理由から, 理由が, 理由には, 理由は, 理窟は, 目印で, 真理を, 私の, 程度の, 結論が, 絶望が, 編輯長の, 考えから, 考えで, 者は, 自信も, 自分の, 自覚は, 見地から, 見当が, 見方も, 観念は, 触れ込みの, 言葉の, 訳だ, 訳です, 証拠の, 評判じゃ, 話, 話から, 説である, 説明が, 説明であった, 議論が, 讃岐国某, 返事であった, 返事を, 電報が, 電報を, 顔付で, 風だった, 風評が

2 [255件] うちに, うわさだ, うわさの, こって, ことくらいは, ことさえも, ことすら, ことその, ことだけしか, ことだろう, ことであっ, ことでございました, ことなどが, ことにさえ, ことについての, ことまた, ことより, ことらしい, ことをね, この点, これは, これも, しっかりした, しらせが, そのこと, ところで, ところは, のかも, のであれ, のでない, のでなく, のにも, はっきりした, ふうだった, ふうには, ほかに, ほかには, ほこりが, ものであろう, ようにも, わけか, わけじゃ, わけであった, わけでした, わけね, わけを, んか, んだろ, ギリギリの, ゴシップも, スローガンが, ンだ, 一事である, 一句が, 一点に, 一般的な, 三つの, 中年の, 丸味が, 主張が, 事だった, 事など, 事まで, 事実だ, 事実では, 事実について, 事実には, 人, 人で, 人と, 人間の, 今日の, 他は, 仮定の, 伝えは, 伝説に, 伝説も, 位に, 例の, 信仰を, 信念で, 冷やかな, 判断が, 判断は, 勝負の, 反省が, 反省は, 取沙汰が, 口実で, 同情的な, 名目で, 噂でした, 噂まで, 土地も, 報告が, 場合さえ, 場合には, 変な, 外には, 外は, 多計代, 大きな窪み, 大事な, 大義名分だの, 太, 奇妙な, 女も, 好きな, 娘の, 嫌疑を, 安心を, 実感が, 客の, 宣伝に, 宿屋へ, 専らの, 希望を, 建前に, 形で, 形に, 彼女の, 彼等の, 御意見, 心が, 心を, 心持を, 思想が, 思想は, 想いが, 想像を, 想定に, 意である, 意味じゃ, 意味だろう, 意味であろう, 意見だった, 意見である, 意見に, 意識の, 愛の, 感じだ, 感じだった, 感じで, 感じも, 感情が, 感覚が, 感謝の, 態度で, 手紙が, 手紙を, 批評も, 批評を, 推測も, 推理を, 文句が, 料簡が, 方を, 日に, 日頃の, 明白な, 昔話も, 最後の, 有様でも, 条件を, 格言が, 様に, 様子だ, 気さえ, 氣が, 浅間しき事を, 点です, 点とで, 状態で, 理由だけ, 理由を, 理窟を, 理解が, 生活を, 男の, 男は, 異様な, 疑いは, 疑いを, 目付で, 直観が, 眇目な, 真相は, 眼で, 立派な, 答であった, 約束な, 結果が, 結論にも, 結論も, 考えだった, 考えである, 考えの, 考え方は, 考から, 自覚から, 若い男, 表現とで, 見当は, 見方が, 見解を, 親しみも, 解釈を, 触込みで, 言葉には, 記事が, 記録は, 訳から, 訳じゃ, 証拠だ, 証明には, 証明を, 評は, 評判, 評判であった, 評判でした, 話しだ, 話な, 話に, 話よ, 誇りが, 誇りを, 認識の, 説だ, 説には, 説の, 説明の, 説明は, 論拠に, 論理に, 警戒の, 資格から, 返事が, 返事である, 返事です, 迷信が, 通念が, 通念について, 運命を, 錯覚に, 錯覚を, 非難も, 項の, 顔つきである, 顔つきを, 顔に, 顔も, 顔付を, 風説も, 騒ぎです, 魂胆を

1 [2225件 抜粋] あいずでした, あぐらを, あのせまい, あの嫌味, あの武士, あの言葉, あんな美しい, いきさつを, いろんな奴, うたがいで, うわさな, おかみの, おとずれが, お上の, お医者, お心持ち, お考え, お話でした, お迎えで, かたちだ, かなり年老った, くせであります, ここへ, ことある, ことかね, ことがのみ, ことこの, ことしか, ことそれが, ことただ, ことだの, ことでござんす, こととも, ことにおいては, ことにまで, ことのみを, ことまでが, ことゆえ, ことをさえ, ことマラッカ海峡の, こと何だか, こと山形屋の, こと眼が, こと私は, こと謙遜で, この一語, この新聞記事, この現在, この関係, ごく当り前, しみったれた根性, せいも, そういう基礎観念, そうした, そのきびしい, その仕事, その哀しみ, その場, その山奥, その意気地, その横町, その渠等, その襖, その黒瀬, それでは廃品更生, それを, そんな凄惨, たびに, つい昨日, つまりそういう, つもりな, とき, ときには, ところだったろう, ところなど, どこからとも, なんの, のでありましょう, のに対する, の頻りに, はなはだ手取り早, ひけめが, ふうにさえ, ふうも, ほかない, まことにご, みなりお, もっとあッ, ものでござる, ものに, やつで, ゆえんであります, ようすを, ようにしか, わけかな, わけであろう, われながら, アイクチの, アラビヤくんだりまでだって, インバネスの, オドロキを, クナアク先生の, シニズムにも, チマ子の, デマが, ドイツ語の, ニュースを, ノーマ号が, ブルとは, ベレ帽を, モスク, ルパンの, ワケでは, 一人は, 一句, 一点から, 一神論に, 一言に, 一語で, 一部の, 七言絶句を, 三たびは, 三吉狐が, 不変の, 不逞な, 世間学が, 中古の, 主張であった, 主義を, 予報を, 争う余地, 事こそ, 事すら, 事でした, 事のみ, 事実これは, 事実であった, 事実更に, 事情を, 二木準, 二階家で, 井上清虎という, 交肴の, 人さえ, 人を, 人達は, 仏陀寺へ, 以上余程, 以外の, 仮説が, 伏姫の, 伝説を, 位で, 何か, 作家の, 例も, 俄造りの, 保本が, 信仰が, 信念を以て, 値打ちを, 偏屈な, 元気の, 先入見, 全体主義である, 公園へ, 具体観に, 内省には, 冷静な, 分りきったこと, 判断を, 刻印を, 前身が, 動かすべからざる意見, 勘定に, 勤労者の, 区別は, 十八九の, 卑しい夜郎自大, 印象が, 厄介な, 反対の, 取捨の, 叙述を, 口吻でも, 口碑を, 古典調は, 叫びと共に, 合図の, 吉田実連の, 同郷ブルタニュの, 名目は, 向う見ずな, 命令を, 和歌に, 唐突な, 問題が, 喩え通りの, 嘲笑の, 噂であります, 噂に, 四十四五の, 団扇太鼓の, 土人の, 地方も, 堅いおこし, 報告を, 報道が, 場合も, 境橋を, 売卜者が, 変痴奇論に, 多数の, 大きな気持, 大尽客の, 大蔵を, 天の, 奈良坂法師原の, 女から, 女性を, 奴は, 妻の, 婆さんが, 嫂の, 存在が, 学説な, 安心から, 定まった場所, 定説に, 実例が, 実物は, 実質精神, 宮本金作であった, 家も, 密報が, 寺は, 小さい逸話, 小乗的の, 小言を, 尤もらしい, 展望の, 岩三郎まで, 川に, 巨大な, 希望と, 師父ターネフと, 常識は, 平凡な, 幻想が, 広告で, 座席の, 弁信の, 弱味が, 当然な, 形とも, 彼は, 往来中に, 御幣を, 復古主義の, 心もちが, 心得のみ, 心持ちが, 心持は, 快感が, 思いがけない知らせ, 思いばかりが, 思が, 思想的論理的な, 怪しい生物, 恐怖の, 恵まれた条件, 悪い判定, 悪法を, 悲痛な, 惧れで, 想定は, 意が, 意味かね, 意味しか, 意味らしい, 意地の, 意志は, 意見であった, 意見は, 意識も, 感じ, 感じ空気まで, 感動をも, 感情にまで, 感銘を, 憂色が, 懸念や, 所が, 所以である, 手取者の, 批評は, 抑え所も, 押し出し主張を, 掘当てるところ, 推測以外に, 掲示が, 放埓, 救世軍の, 教育学上の, 文句を, 断定が, 新しい現実, 新しさ, 新聞の, 方に, 日本からの, 旧説, 昔の, 時代が, 時或, 晩家中の, 書物は, 朧気な, 本は, 条件では, 松浦からの, 某書記官, 根拠と, 桂子の, 極意の, 様子である, 模型を, 横着は, 次第, 次第では, 歌である, 正覚坊の, 歴史を, 殺人事件だって, 母親のぶざまと共に, 気には, 気休めで, 気分は, 気持からの, 気持でした, 気持ばかりが, 気配は, 汝如き, 法則が, 流しに, 浅薄な, 深い先入観, 満足から, 瀬戸ぎわに, 点こそ, 点だけを, 点において, 点にまで, 点もっとはっきり, 無分別から, 然も, 熱血漢だ, 物見の, 特質を, 状況を, 珍談も, 現場だ, 理屈も, 理由だった, 理知は, 理窟も, 甘い口, 生島屋呉服店の, 産婆が, 申し訳で, 畏怖が, 異教徒の, 疑惑を, 発見こそ, 皆の, 直証法, 看板を, 真面目な, 眼を以て, 知らせさえ, 知らせの, 石原博士の, 確信に, 確実さでは, 祖父の, 神尾の, 私, 科学者及び, 稍鋭い, 稲葉山城の, 穿ったよう, 竹の, 筈も, 答えきりだった, 答弁を, 精神は, 紙包を, 細民の, 結果からの, 結論と, 絵, 綿入れの, 罪名によって, 美津子さんの, 習慣を, 考えかたである, 考えしか, 考えと, 考え方から, 考え方観察の, 考も, 者の, 肉づき, 脱柵常習者, 自信によって, 自分自身の, 自己破壊的な, 自然で, 自覚に, 自責の, 至極単純な, 芸術品だけでも, 若い連中, 荒ッポイ返事で, 落付いた, 藍鼠の, 血の, 表情に, 被告の, 要領だけ, 見事な, 見当も, 見極めを, 見込みを, 規範理想が, 観念すら, 解決を, 解釈第, 言いつたえが, 言い方も, 言葉に, 記憶が, 訳かね, 訳に, 証だけに, 証拠である, 証拠もねえ, 証書を, 評判だった, 評言を, 話さだめし, 話でさ, 話など, 話ばかり, 認識であった, 誤った測定, 説とが, 説遺骨を, 調子だ, 論拠な, 論理は, 諦めも, 諺は, 謂であろう, 議論だった, 議論は, 負け目の, 賞讃と, 越中方面に, 身の上を, 車夫の, 軽い自己軽蔑, 近ごろの, 返答を, 迷信に対して, 通は, 通説が, 運命的な, 遠い見透し, 邸から, 里の, 金持の, 釣り師にとっては, 錦小路, 関ヶ原の, 関係を, 陽気な, 雪国の, 霊感の, 青麟に, 面持で, 頭から, 顎の, 類の, 風にね, 風も, 風評を, 駒井の, 騒ぎに, 黒い斑点

▼ だ~ (9364, 2.5%)

202 知らないが 116 わからない 114 分らない 99 どうだ 65 わからないが 61 知らねえが 57 分らないが 53 それを 51 それは 48 私には 46 知りませんが 45 何だ 43 わかりません, 見当が 42 私は 40 知って 39 知れない 34 少しも 32 それが 31 知らないけれど 30 分らなかった, 女だ 27 わからなかった, 知れません 26 知らない, 知らぬが, 自分にも 25 どうか, 分りません 23 解らない 21 判らない 20 そんなこと, わからないよう, 自分の 18 わけが, 知れやしない, 見て 17 わからないの, 何だか知らない, 分らないの 16 それも, わからなくなって, 訳が 15 しれない, わかりませんが, 分らないよう, 判らないが, 判りません, 知れないが, 知れないと, 解らなかった 14 しれません, よくわからない, よく分らない, 判然しない, 自分でも 13 わけの, 本当だ, 知らないけれども, 知りません 12 何んだ, 僕は, 分って, 分りゃしない, 判らなかった, 忘れたが, 急に, 知れたもの, 私の, 誰にも 11 どうかは, 僕には, 分からない, 私にも 10 その辺, なんだか知らない, 知らんが, 知れなかった, 見当も, 誰も

9 [17件] それさえ, よくは, 云って, 何だか分らない, 何を, 分らないん, 分らなかったが, 分りませんが, 彼には, 忘れて, 生きて, 知らないの, 知んねえが, 自分には, 覚えて, 言って, 話して

8 [13件] え, して, わからないん, 人の, 何だか知らねえ, 分らないと, 教えて, 殆ん, 気が, 知ってるか, 知ってるかい, 知らないと, 知れませんよ

7 [27件] これは, そんな事, そんな気, はっきりしない, よくわからなかった, わかったもの, わからないほど, わからぬが, わかりませんでした, わかりゃしない, わたしは, 人間だ, 分らないもの, 分らなかつた, 分りませんでした, 分るもん, 生きたか, 知らないけど, 知りませんけれど, 知れなかつた, 知れは, 私も, 聞いて, 見当の, 訳の, 足だ, 馬に

6 [25件] いやな, その理由, その見当, どうかを, よく分らなかった, わからないけれども, わからなかったが, わしは, 人に, 何が, 俺は, 僕にも, 分からなかった, 分ったもの, 分らなくなって, 分りや, 判りませんが, 君は, 変に, 妹だ, 悪いん, 武兵衛は, 知らなかった, 知れや, 解らぬが

5 [45件] さっぱりわからない, さっぱり分らない, さっぱり見当, そのこと, だ, ちっともわからない, ちょっと見当, どこだ, まるで分らない, よくわかりません, わかって, わからずに, わからないと, わからないので, わからなかつた, わからぬ, わからねえが, わたしには, ハッキリしない, 今の, 何だかわからない, 偶然だ, 分らなくな, 分らぬよう, 分りませんよ, 分りも, 判ったもの, 判らないよう, 嘘だ, 存じませんが, 彼の, 昼だ, 未だ, 死んで, 獣だ, 真面目だ, 知れないの, 私が, 私に, 自分も, 見分けが, 解らないが, 解りませんが, 解りゃしない, 誰だ

4 [93件] あなたの, あなたは, お分り, お気の毒, これも, さっぱり分りません, さっぱり判らない, さつ, そいつは, そこの, そこまでは, そこん, その技師, その時, それすらも, ないん, ほかの, ぼくには, まだ分らない, よく分りません, よく知っ, よく知りません, わからないし, わからないもの, わからぬよう, わからねえん, わかりは, わかる, わかるかね, わかるもの, わたくしには, わたしにも, 一向わからない, 不思議な, 些とも, 人間の, 今は, 何う, 何だか判らない, 何の, 俺にも, 僕の, 兎に, 分かって, 分からないが, 分からないやう, 分からないよう, 分らずに, 分らないけれど, 分らないので, 分らないほど, 分らないやう, 分らなかったから, 分らん, 判らないという, 判らなかったが, 区別が, 夢の, 妾には, 存じません, 安心が, 容易に, 左だ, 当てて, 御存知です, 木の, 涙が, 猫だ, 知ってる, 知つ, 知らずに, 知らないわ, 知らないん, 知らない人, 知らん, 知るもの, 知れませんが, 知れんが, 確かな, 絵だ, 考えて, 能く, 自分ながら, 表だ, 要領を, 見せて, 解りません, 解りませんけれども, 訊いて, 頓と, 馬だ, 馬鹿な, 鳥だ

3 [166件] あたしに, あてて, あなたに, あなたには, あやしいもの, いないの, えたいの, おわかり, お前に, お前は, きいて, しれやしません, すぐに, すこしも, そいつが, それこそ, それすら, それに, だれも, ちっともわかりません, ちょいと, ちょっとわからない, ちょッと, どこかの, どこに, どこへ, どちらだ, ないの, なんだかわからない, なんだか知らねえ, はっきりと, ほんとうに, まるで夢, まるで見当, よくわからなかつた, よく判らない, よく知らなかった, よく考え, らちつ, わからないけれど, わからないこと, わからないで, わからないほどに, わからないまま, わからないやう, わからないよ, わからない七兵衛おやじ, わからない人間, わからなかったの, わかりたくて, わかりますか, わかりませんでしたが, わかりませんね, わかりませんわ, わかりも, わかりゃあ, わかるか, わかるもん, イギリスだ, ハッキリと, 一向にわからない, 不幸だ, 二人とも, 五円だ, 人だ, 今に, 今も, 今度は, 他の, 他人の, 何だか知れた, 何だった, 其様な, 冗談だ, 分らないから, 分らないくらい, 分らないのよ, 分らないよ, 分らないわ, 分らない様, 分らぬが, 分らぬけれど, 分らねえ, 分りゃしません, 分る, 分るもの, 判ったもん, 判らないの, 判らないので, 判らないほど, 判らないもの, 判らなくなって, 判らぬ, 判らねえの, 判りませんよ, 名前を, 土の, 変だ, 夜だ, 寝て, 尻尾だ, 居候だ, 差別が, 彼は, 得体の, 御存じです, 御存じない, 悪いの, 悪い事, 悲しいの, 想像が, 想像も, 文学だ, 杉だ, 来て, 東だ, 林だ, 模様だ, 武兵衛が, 武兵衛に, 気を, 氣が, 無いん, 牛の, 直ぐに, 知つてる, 知つてゐる, 知らないよ, 知らなかったの, 知らぬ, 知らぬけれど, 知りたいという, 知れないよ, 知れねえが, 石だ, 確かには, 空だ, 自分が, 自分で, 自分に, 虱だ, 見たこと, 見も, 見わけ, 見分けの, 見当は, 見當, 解ったもの, 解って, 解つたもの, 解らないやう, 解らなかつた, 解らなくなつ, 解らねえ, 解るもの, 誰が, 身に, 身体が, 遊びに, 部屋だ, 雲だ, 面を, 首を, 馬鹿でねえ, 馬鹿に, 鬼だ

2 [487件] あたしには, あなたが, あんまり要領, いくらだ, いっこうに, いつだ, いやだ, えひん, おれには, おわかりです, お一人, お互に, お前さんに, お前さんには, お前の, お師匠さん, お店もの, お葉, けんとう, この俺, この子, この私, これが, これでは, ごたごたした, さっぱりわからなかった, さっぱりわからねえ, さっぱりわかりません, さっぱりわかりゃしない, さっぱりわけ, しらべて, しりませんが, しれないの, すっかり忘れ, すべては, そいつあ, そこへ, そのへん, その区別, その原因, その名, その夜, その実, その宿, その日, その気, その点, その葉, その言葉, その訳, その隣り, それについて, それまでを, そわそわし, そんなこ, そんな風, たしかめて, ちっともわかりませんでした, ちっとも分らなかった, ちつとも, ちょっと判断, ちょっと試験, ちよいと, であった, とおも, とても見当, とにかくこの, とにかく新しい, ともかくそこ, ともかく最高幹部, どうか分りません, どうも, どちらに, どっちか, どれが, なにを, なんだかわかりませんでした, なんだか存じません, なんだか知らん, なんだか知りません, なんでも, はっきりした, はっきりわからなかった, はつきりした, ばかに, ばくち, ひとつ見, ひどく滑稽, ふきだして, ふざけて, ほっとした, ほんとに, まあ伺っ, まえて, まだわからない, まだ判らない, まったくわからない, まるっきりわからない, みずからわからなかった, みて, もう分らない, もう私, やがてその, やつと, やね, よくのみこめなかった, よくわかりませんでした, よく分る, よく判らなかった, よく判りません, よく知らない, よく解らなかった, りの, わかったの, わからないから, わからないくらい, わからないくらいに, わからないけど, わからないじゃ, わからないという, わからないところ, わからないね, わからないのに, わからないのよ, わからない位, わからない黒い, わからなかつたが, わからなくな, わからなくなった, わからなくなりました, わからなくなりましたね, わからなくなりましたよ, わからなくなる, わからなくなるの, わからぬと, わからぬ汚い, わからぬ蝙蝠, わからねえ, わからねえだおら, わからんね, わからんの, わかりませぬけれども, わかりやしない, わかるから, わかるだろう, わかるん, わたしに, わたしの, われわれには, ゐないの, オモチャだ, サッパり分らない, サツパリわからない, ハッキリとは, ワケが, 一つ見, 一人の, 一向わからなかった, 一向見当, 一寸出し, 一寸淋し, 一年だ, 一昨日だ, 一見見当も, 七人だ, 七日だ, 三助にも, 下手だ, 不明である, 不満足を, 不縁に, 世の中が, 中国人の, 九時だ, 九鬼が, 二人の, 云へ, 井上だ, 今だに, 今では, 今夜の, 今夜は, 今日は, 今考え, 仏語だ, 仕合せに, 代助, 令嬢だ, 休んで, 伺って, 何うだ, 何か, 何かの, 何かを, 何だかわかりません, 何だかわけ, 何だか分りません, 何だか彼, 何だか解らない, 何も, 何処のだ, 何千人だ, 何日か, 何時頃だ, 余り歓迎しない, 俳優だ, 俳諧師だ, 俺には, 俺の, 健三には, 僕あ, 僕が, 僕だ, 全く分らなかった, 全く見当, 其は, 処は, 分からずに, 分からず怪訝, 分からないの, 分からない位, 分からなくなった, 分かりませんが, 分ったもん, 分ったん, 分らずそれ, 分らないうち, 分らないからな, 分らないけれども, 分らないし, 分らないただ, 分らないといふ, 分らないね, 分らないわね, 分らないんで, 分らない中, 分らない人, 分らない位, 分らない女, 分らない男, 分らない真黒, 分らない程, 分らない間, 分らなかつたが, 分らなくなる, 分らぬ, 分らぬと, 分らぬやう, 分らねえよう, 分らんので, 分りは, 分りますか, 分りますまい, 分りませぬ, 分りませんと, 分りませんね, 分りませんの, 分りゃしないよ, 分りゃア, 分別が, 判って, 判らないとの, 判らないわ, 判るもの, 判るもん, 判断が, 判明しない, 前に, 勘定の, 区別の, 十五年だ, 千疋屋だ, 午だ, 又巨大, 叔父は, 取りすがるべき何もの, 口笛だ, 合点が, 名を, 君が, 否か, 味方だ, 哲学だ, 唐紙を, 商売だ, 嗅いで, 四五人の, 固より, 国学者の, 土塊だ, 執拗に, 夏だ, 夜の, 大きな筒, 大体の, 大名だ, 夫婦には, 女の, 女房だ, 妙に, 妾見, 婦の, 嫂は, 嫌いだ, 嬉しいの, 子だ, 存じませんけど, 家の, 尋ねた, 少しは, 山男だ, 岸に, 己の, 幽霊水の, 底が, 店中の, 強がりだか, 強く否定, 彼れ, 彼女には, 彼自身にも, 後ろだ, 得體の, 御自分, 心の, 忘れた, 忠告だ, 念を, 思い出せない, 悧口だ, 悪いこと, 悪い人, 悪だ, 悪魔だ, 悲しいん, 悲しさ, 手の, 手も, 手拭だ, 掌を, 教へて, 数が, 新しいモラル, 日の, 日本の, 日本人には, 旦那の, 昼間だ, 時間が, 晩方だ, 暗くって, 木に, 森の, 様子は, 様子を, 樟だ, 橋を, 正確な, 此の, 武兵衛, 武兵衛と, 残酷だ, 気づいてるだか, 気に, 気の, 気も, 気味が悪くなった, 沈香だ, 泣いてでも, 泣きたくなった, 涎だ, 深川だ, 滅多に, 災難だ, 烏だ, 煙草だ, 熱が, 片足に, 物理学が, 物置だ, 物足らない, 狐狸が, 獅子だ, 珍らしく, 田村だ, 甲斐は, 男だ, 疑わしい, 病院だ, 癇癪だ, 百歳だ, 皆目分らない, 目を, 知つてゐ, 知つてゐます, 知らないから, 知らないね, 知らなかつたの, 知らねいが, 知らねえ, 知らねえか, 知らねえよ, 知らねえわけ, 知りたいと, 知りたかった, 知りたくて, 知りませんか, 知れたもん, 知れたもんぢ, 知れないけれども, 知れないのよ, 知れないよう, 知れなかったの, 知れぬ, 知れませんわ, 知れも, 知れやしないのに, 知れやしねえ, 知れやしません, 短いの, 禿山の, 稲荷様だ, 突き留める, 突然私, 立って, 笑ひ, 米友には, 紫だ, 総務局長だ, 聞かせて, 肩を, 自信の, 自分から, 自棄まじり, 自殺だ, 芝居だ, 蚊だ, 蛇だ, 蝋に, 蝋燭の, 見に, 見分けること, 親分の, 解らないけれど, 解らないけれども, 解らないぢ, 解らないと, 解らないの, 解らねえすか, 解らん, 解りませんでした, 解りゃしねえ, 解るか, 訊くと, 訳を, 語学が, 誰かに, 誰の, 譯が, 谷だ, 責められてるん, 起して, 跳ねたか, 躊躇を, 身の, 身を, 鉦を, 銀だ, 陸の, 雀だ, 雁だ, 雄だ, 雨乞だ, 雪けむりだ, 電気だ, 電球が, 霧だ, 青だ, 非常に, 頭が, 頭の, 風だ, 飲まされたか, 馬方だ, 鬼退治に, 黒眼鏡を, 鼻唄を

1 [4473件 抜粋] ああいう, あたしたち三次元生物には, あっしゃアそいつ, あなた方が, あのオートバイ, あの森, あまり消極的, あるいはこの, あんたが, いかにも興味深く, いささか神秘的, いっさい分らなかった, いつも大概, いま考え, いや男, うつとりだ, おいらは, おしりだ, おぬい自身, おみきには, おトンちゃん, お前なんぞに, お孝, お査, お茶飲みだ, かなしいの, きいたらよく, ぎよつとした, くも儚き, こいつあ, こう気味が悪く, こっちの, このユウモラス, この手紙, この遊戯, これから例, こわがって, ごろつきだ, さしせまった恐るべき, さっぱりわからなくなりました, さっぱり判らなくなっ, さて極, さを, したところ, しばらくの, しれないと, しれん, すぐわかった, すこぶる明暸, すっぱぬいても, ずるくて, そうしてその, そう信ぜられ, そして何, そのえら, その人別, その夜這星, その意図, その本体, その真, その要領, その頃私は, それから先, それともこういう, それとも又, それとも更, それとも行倒れ, それらしい, そんなさびしい, ぞっとした, たとえば地盤, だだ, だ男, ちっとも意味, ちゃんと黒幕, ちょっと分り兼ねた, ちょっと赤ん坊, つまんなさそう, でしたので, とうとう涙, とても分からない, とにかく先生, ともかく二人, どういうこと, どうか分りませぬ, どうだつ, どこか, どっかで, どてらだ, どんな人, なぜきみ, なでだか, なんだかわからぬ, なんだか撲っ殺し, ぬうと, はいさうだと, はっきり分らず, はっきり見えませんでした, はなはだ疑わしい, ひとつ下り, ひどくいそい, ひどく渋々応じた, ふざけてるの, へえ, ほとんど三四郎, ぼくが, まあ今日, ますます騒々しい, またどこ, または金, また怪しく, まだきまらない, まだハッキリとは, まだ参られぬ, まだ質し, まつて, まるっきり知らなけれ, まるで他所, まるで生み, みずからいぶかった, みんなの, もうさっぱりわからず, もう一つ序, もう取引済み, もう覚え, もったいなくなっ, やっぱりロシア, ようく, よく分らず, よく嚥, よく知らねえ, よく訊い, らちッとや, わかったかい, わからずけんとうちがい, わからないからねえ, わからないつまり, わからないもん, わからない声, わからない暗澹, わからない連中たち, わからなくしたもの, わからなくなるくら, わからぬ処, わからねえじゃ, わからん, わかりかねたやう, わかりますかね, わかりませんでしたけれども, わかりゃしねえ, わかりやしねえ, わかるだろうこの, わかんな, わく, わるいん, アルメニア人かが, オヤジの, ガヤガヤと, グルーミーな, サッパリ腑に, ジョンドレット, チッチャポッポが, ツクダニだ, トント解らない, ネズミだ, ハムレットは, フウは, ペテンでない, マントで, ワッと, 一体何, 一向にわかりません, 一向判然, 一向譯, 一層会, 一本の, 一行だ, 七人の, 三ヵ所受けた, 三太夫だ, 三組だ, 下女などの, 不得心, 不釣り, 世間なみな, 丹の, 久しく決して, 了解できません, 二十分だ, 二百両だ, 云え, 五年だ, 亭主そこで, 人垣に, 人間に, 今まで, 今度も, 他人には, 会費納める, 低利だ, 何うです, 何だかお, 何だかほとんど一口, 何だかコロンコロン, 何だか判った, 何だか植ゑるつて話, 何だか飛ん, 何処で, 何日だ, 使い方を, 信用出来ない, 側らに, 僕ひとり落第した, 兄さんは, 先生御存じ, 全くご存じ, 全然まだ考え, 八白だ, 兵馬には, 其人が, 内聞と, 冷汗を, 出立の, 分からないと, 分からぬかも, 分ったかネ, 分らずとも, 分らないかも, 分らないじゃあ, 分らないな, 分らない上, 分らない坑, 分らない川島武夫, 分らない気持, 分らない調子, 分らなくても, 分らぬところ, 分らぬ様子, 分らねわ, 分りそう, 分りゃあ, 分り様筈が, 分るまいが, 分んねえし, 列座の, 判らず, 判らないじゃ, 判らないまま, 判らなかつたかい, 判らぬ人間, 判りますまいね, 判りゃしない, 判別し, 判然と, 力だ, 勇敢だ, 勿論聞き分ける, 北京とか, 十八だ, 半分ぐらいしか, 原田十吉だ, 反物だ, 受けて, 口惜しいん, 司祭に, 同衾は, 向ふ, 吾妻山だ, 周子だ, 呼んで, 商会主が, 四へんだ, 困つた事, 土地の, 坂口の, 境遇の, 夏川はくは, 夜は, 大人だ, 大抵わかり, 天竺だ, 奇石だ, 女のだ, 奴は, 妖怪変化悪魔の, 妾にも, 姪だ, 嫌だ, 子供らの, 宛も, 実は僕, 客気だ, 家鴨だ, 寝つかれないで, 封を, 小さな, 小屋の, 少々怪しから, 少将だ, 居ないの, 山水だ, 川だ, 巧く丸められ, 常も, 平然として, 幽霊だ, 序論だ, 廻って, 弟に, 当には, 彷彿として, 彼女に, 後学の, 御覧なすっ, 心持がよ, 心配です, 念の, 思い出せないの, 思ひ出せないん, 恋患いだ, 恐ろしくなった, 息子の, 悪く云われてる, 惚気だ, 意味有り, 感想録だ, 懐剣だ, 或は助, 戸台さんが, 手を, 拙者には, 捕えられなかった, 推定出来ない, 改進党と, 教科書だ, 整理し出した, 料簡が, 新聞だ, 日は, 早くフロウレンス, 早速着, 明智が, 春とは, 是非一度見たい, 暑いの, 曝しだか, 書画帖だ, 月夜な, 木見さんの, 本人にも, 本科だ, 来たけ, 松本の, 柳に, 梨地高蒔繪に, 極りの, 次々に, 正気だ, 此處を, 武兵衛殿を, 死ねませんでした, 死躰も, 段の, 母親に, 気の毒で, 気象が, 水品陣十郎, 決して解らない, 波江に, 洋犬の, 浅間しくなる, 海軍だ, 深遠な, 済まんよう, 漠然とサン・ドゥニ街, 灯が, 無我夢中に, 煮えないン, 牝だ, 犯人に, 独りで, 獣物の, 現だ, 理解する, 生れつきお家に, 男が, 畠あるいは, 疑は, 発散級数の, 白金の, 皆目わからない, 監視だ, 相手の, 眞面目で, 眩ら, 知ってたもの, 知ってる者, 知ら, 知らないで, 知らない位, 知らない野原, 知らぬ向, 知らんぜ, 知りたかつたんで, 知りませんだが, 知りやしないん, 知れないという, 知れないん, 知れない裸, 知れねえだが, 知れませんでしたよ, 知れるかい, 知んねえけんど, 石塔も, 祓い出されたの, 私こ, 私や, 私影から, 秘書だ, 空の, 童子は, 第一, 簡潔に, 精細には, 素人の, 紳士的な, 絶えず脅迫観念, 線も, 美人が, 考えるの, 聖人だ, 聞き取ろうと, 職工だ, 背だ, 能く解らない, 自ら知らなかった, 自動車が, 興奮し, 色が, 芸術論だ, 苦々しいの, 茶人だ, 荒々しく割れる, 葉だ, 薄気味悪い, 薩摩だ, 虚無僧だ, 蝋燭が, 行きつけねえだか, 裁判所だ, 見ただけ, 見るが, 見境が, 見物し, 覚えねえ, 観音様の, 解らずに, 解らないん, 解らない極めて, 解らぬ, 解りませぬ, 解りゃしません, 解釈に, 言つ, 訊かなければ, 試に, 認める事, 誰だった, 謡の, 谷将軍は, 貴方に, 買ったん, 贋物だ, 起きてたん, 路だ, 軍人的だ, 迷うくらい, 這ってるん, 連日城門を, 遠い見知らない, 酒だ, 醜い醜い, 金吾さんうつぶせ, 銀座の, 鑑定の, 開けた胸, 随分古く, 離すまいという, 露西亜の, 面白がっ, 頬の, 頻りに冷たく, 飛び出した, 飲まないかという, 馬方め馬鹿に, 驚惑と, 鬼み, 鱧だ, 鶯が, 黒塚だ

▼ だそう~ (7031, 1.9%)

14181353 です 763 である 318 だが 273 ですが 230147 ですよ 145 でございます 131107 だから 77 であるが 75 ですから 70 ですね 65 だった 64 だよ 49 だね 37 であった 32 だな 31 でその 26 であります 25 だけれど 20 じゃない, だと, ですけれど, でそれ 19 でした 18 ですな 17 だけれども, でございますが, ですがね 16 でこの 15 して, だろう, で御座います 14 でご, では 13 でございまして, 思って 11 すれば, だそれ, でお, でこれ, でございますよ 10 ですからね, なが 9 だがね 8 じゃありません, だし, だぜ, だその, だという, ですと, で私, なん 7 じゃないです, ですけど, ですの, で今 6 だけど, だそう, でありますが, でございますから, でございますね, でしたが, よ 5 すると, でございますな, でして, ですぜ, でね, 云えば, 云って, 言って

4 [15件] じゃ, だあの, だこの, であって, であるから, でしかも, ですけれども, ですそれ, ですわ, でつまり, でどこ, で五日, で年, とした, ながね

3 [35件] いえば, しなければ, しよう, じゃございません, じゃア, だからね, だけれ共, だここ, だったの, だで, だ自分, であの, でげすが, でございましてね, でござる, ですねえ, ですもの, でそう, でそこ, でそんな, でだから, でなければ, でも, でもちろん, でよく, で僕, で山, で彼, なの, にござります, に違い, やって, 思うと, 思わないか, 私は

2 [82件] いって, か, かと言っ, かなあ, かもしれない, さ, さする, じゃねえ, だあ, だお, だおれ, だお前, だからな, だそれから, だそれで, だとか, だとも, だのに, だネ, だ今日, だ私, だ誰, でいかにも, でいずれ, でがす, でがすよ, でございますそれ, でござんす, でしてね, でしょう, ですええ, ですからな, ですぐ, ですし, ですのよ, ですネ, でそれから, でちょうど, でどうも, でな, でないと, でなかなか, でなくったって, でなくって, でなん, でへえ, でもっとも, でもねえ, でタクシー, で一人, で丁度, で主人, で二週間, で人, で以下, で名, で土地, で夜, で大変, で女, で実に, で岸がん, で当時, で御, で御座いますから, で御座いますが, で御座いますよ, で米原, で胸, で話, で長, で頭, とも, なくては, なという, なれば, は思わん, 思わないかね, 気を, 考えて, 考えると, 言えば

1 [725件 抜粋] あがって, あっても, ありそう, あるはず, お堅く, お笑いに, かこんな, かしらバタバタ, かといっ, かなるほど, かも知れない, きめて, こなくっちゃあ, したいと, したらこれ, したら畳, してから, してやれ, しないと, しようお前たち, しようね, じゃあない, じゃからあんた, じゃが父, じゃなかった, じゃの, すること, せまいか, たやすく心変り, たやすく端緒, だあれ, だい, だいつ, だうっかり, だうっとり, だおいら, だおびきよせて, だからなあ, だからねえ, だからの, だからよ, だがな, だけえ, だこのごろ, だじゃ, だす, だぜひ, だそういう, だそんな, だだから, だったが, だったよ, だったわと, だって村, だつた, だでなあ, だときよき, だどちら, だども, だなにしろ, だなんずと, だねえ, だねと, だの, だひょっと, だほんとう, だもう, だやれ, だよい, だよく, だろ, だろうが, だろう毛唐本来, だわたし, だイ, だゾ, だッ, だネと, だマチア, だ一風宗匠, だ三人, だ下郎, だ人, だ伴さん, だ僕, だ全国的, だ利助, だ力まかせ, だ名, だ吏員, だ向う, だ土佐, だ大佐, だ天井, だ太宰春台, だ女, だ安, だ己, だ帰ったら早速, だ府, だ引, だ思い出すほど, だ惜しい, だ我われ, だ日, だ早く, だ明朝, だ昨夜, だ最高点, だ松島, だ果樹園, だ柳, だ死にかけて, だ牛丸君, だ琢磨, だ甲州, だ畸人伝, だ確, だ羨ましい, だ肩, だ若王寺, だ薩摩, だ賛成, だ遠慮なく, だ鏡山, だ雪, だ馬鹿囃子, だ驚く, であたし, であったが, であと, でありましたが, でありまして, でありまする, でありまするその, であり従って, であるからと, であるし, であるそして, である同氏, である等身, であれ, でいつ, でいつも, でいま, でいま此, でいや, でいわば, でおざりまするでどうぞ, でおぼろげ, でおまえ, でお前さん, でお父さん, でからだ, でが, でげすナ, でここ, でございましたが, でございましょうかな, でございますし, でございますそうして, でございますその, でございますなあ, でございますねぇ, でございまする, でございますわね, でございます丸山, でございます双, でございます遁げ, でござんしてな, でござんすよ, でしかし, でしたけれども, でした勿論, でしてよ, ですあの, ですお蔭, ですからなどと, ですからねえ, ですけどね, ですけども, ですけれどね, ですしね, ですすると, ですっかり, ですつい, ですはるまろ, ですよと, ですタレーラン, ですナ, ですビタミン, です両方, です人的資源, です体格良, です何, です南江堂, です名刺, です姉, です彼, です急, です数, です暫らく私, です聞きますか, です聞きまするに, です薬, です達ちゃん伍長, でそうして, でそうすると, でそちら, でその後, でそれで, でたしか, でただ, でちゃんと, ででも, でとある, でところどころ, でどやどや, でどんなに, でなかった日, でなくっても, でなくて, でのみならずそのまま, でひと頃, でぼくたち, でまことに, でまず, でまた, でまるで, でみなれない娘, でもせん, でもと, でやしてね, でやっぱり, でやはり, でわざ, でわし, でわたし, でアイヌ熊, でイヤ, でウチ, でオーストラリヤ, でソックリ, でチンチクリン, でファッショ紀元十五年度, でプロ, で一升四円, で一時廃車, で一種, で一致団結, で万力, で三十年, で三寸, で上げ板, で上帝, で不思議, で世帯, で中, で中野, で二三日, で二三日うち, で二十二, で二百六十年, で二階, で亡くなられた時, で人間, で今夜, で今宮さん, で今日, で仕事, で以前, で伊東, で会ったの, で何だか, で何でも, で例, で信濃, で修理, で傾いた茅, で先生, で八重洲河岸, で兵庫, で処, で剣道三段, で医者, で十一, で十六日, で午前十時, で又, で反対, で古風, で只, で只今, で各階, で吉田, で同時に, で名前, で咲枝さん, で品, で商売, で営まなかったが, で四五日内, で四十五, で四十日, で国家, で国男, で土産もの, で声, で夕方, で夜具布団, で大学生, で大概, で夫婦, で女中, で女主人公, で奴, で妹, で姪, で嫁, で学校, で学習院教授, で実際, で家内, で富士山, で封金, で専門家, で少し, で尤も, で島原, で崇祖, で帝国衛生株式会社, で常に, で平清, で年増, で床の間, で店請, で座敷, で引き籠って, で当人, で後日返事, で従って, で御苦労様, で急, で恐らく, で息, で掛り人, で新宿, で新田, で日本婦人, で旦那様, で昨日あたり, で時間, で普通, で暮, で書斎, で朝昼晩, で木曾, で本屋, で本殿, で東条さん, で松島座, で松平雲州邸, で栄二, で案内者, で楽譜, で槍ヶ岳, で死体, で死骸, で殿さま, で母, で氏, で江戸, で池, で沖縄, で沢渡, で泰道さん, で洗いざらし, で浜田, で海老塚さん, で湯治客, で源吉, で激痛, で炭勘, で無限精力, で熱, で父, で玄一郎, で玄米食, で由緒, で男, で畑, で番屋, で痩せ始めてからは, で皆吉, で皮下, で石灰, で私朝倉屋, で稲羽, で竜宮, で第, で簡単, で米商い, で結構, で絵, で而, で育ち, で脹れて, で腕, で膳箱, で臨床家, で良平, で花, で葱, で薬, で行って, で襲撃目標, で見物, で誠に, で誠にどうも, で講義, で警察, で身, で軸性, で近所, で速力, で遊びたい盛り, で部屋中, で酒, で銛, で銭形, で隠元, で雅号, で雷, で颱風, で飛んだところ, で馬市, で騒いで, で高等学校, で鬼婆ア, で鳥居, で麓, といたしました, としました, とする, ともあいつアとんま, ともよ, と何, と考え, なさい, なそして, なそれから, なと眺め, ならそう, なると, なるん, な相手, な都会, にする, にちがいありません, はいくめ, はさせぬ, は云え, は入らん, は思っ, ひどく使う, も小さい, も知れまい, よねい, れ, れよく, 云う境界, 云おうと, 云ったとたん, 云われて, 人を, 山形に, 彼は, 怖い面, 思いつつ, 思うくらい, 思うだけでも, 思うより, 思ったから, 思ったからこそ, 思った時, 思ってか, 思わないという, 思わぬか, 悟ると, 気づくの, 無茶な, 繰返し自分に, 聞けば, 自ら云っ, 自分を, 解釈すれ, 言い切ったの, 言っちゃ, 長くは, 駆けなくとも

▼ だ~ (5139, 1.4%)

128 それに 23 私は 20 するから 13 第一 12 それは, 自分の 11 おまけに, 私の 10 そうかと, それが 9 それを, 私も 8 これは, またそれ, 他の, 君は 7 その上, 僕は, 彼の, 私が, 自分も

6 [12件] あなたの, これからも, さう, それらの, またその, わたしは, 一方は, 人の, 今日は, 何も, 彼は, 自分でも

5 [13件] するので, そこへ, それから, それも, ほかに, 人間の, 何か, 何の, 僕も, 其から, 家の, 或る, 相手は

4 [19件] あなたは, あれが, いやに, お前の, かれら, こんなこと今, そのほか, そんなこと, ほかの, 下女の, 二人の, 何でも, 俺は, 向うは, 夜も, 子供の, 私だって, 第二, 自分は

3 [67件] あたしも, あなたも, あの家, お杉, こ, ここの, こちらは, これまで, こんどこそ, して, そうすれ, そこに, そのため, それで, それによって, それに何, それに私, どうせそれ, どこへ, ぼくは, ぼくも, もう一人, わしが, 一時は, 下手人の, 人に, 今でも, 今も, 仕事は, 仕方が, 何れお, 僕が, 僕の, 兄さんは, 先生の, 兎に, 又之, 又実際, 君の, 困って, 地方の, 夜に, 夜は, 女の, 女の子の, 女は, 娘は, 子供も, 家に, 山の, 彼が, 息を, 文句も, 此の, 母の, 気の, 生きて, 知って, 私に, 考えて, 腹も, 自分が, 逆に, 頭も, 顔は, 顔も, 髪は

2 [262件] あとの, あとは, あなたが, あの人, あの毛唐, あれほど, あれを, あんたの, あんたも, いずれは, いまの, うちの, おなじく, おまえが, おれは, お前も, お勇さん, お小夜, お母さんは, お涌, お父様, お袋さんが, かの女, かわいそうな, くだりの, く紀昌, ここで, こちらから, こちらでも, こちらを, こっちは, こつちは, この手紙, さぞお, しかもその, するの, せがれと, そうかって, そうでない, そのうち, その中, その声, その娘, その手, その時, それかと, それからまだ, それだ, それと, それに君, それに蛸市, それらしい, そんな場合, たいへんな, ただ, ちやんと, つい三日前, つまらないこと, つらくても, てるだから, どこも, どんなこと, なにかの, ひだるさ, ひょっとする, また, またそんな, またつい, またどんな, また何, また喧嘩, また女, また福運, また第, まだ若い, まだ薄寒い, みなしご, みんなに, もう一つ, もう女, もしか船, もし憑きもの, やうが, やがては, ゆっくり考え, わしの, わたしが, わたしの, アルキメデス水の, 一こと彼が, 一その, 一日も, 不便な, 不起訴, 両隣は, 中の, 中国の, 事件の, 二人で, 人を, 人物も, 人目にも, 今日行った, 仕事も, 仕事を, 他に, 伴れ, 何ひとつ惜しいとお, 便利でい, 借金の, 僕には, 僕を, 先は, 先方は, 八つ手の, 八兵衛などを, 剃刀は, 前の, 加うる, 加けに, 動きでした, 動く動く, 勝も, 勝太郎さんは, 化粧も, 北は, 十位で, 又必竟, 又生長, 古道具屋の, 可哀, 君が, 君たちに, 君と, 土地も, 外から, 外には, 多少性慾, 大丈夫だ, 大勢の, 大勢死んだ, 夫婦に, 女も, 女一人は, 女房の, 女房も, 如何し, 妹の, 妹は, 姿も, 学問の, 学校で, 実際に, 客は, 實は, 寧そ贋物で, 将来も, 小田原へ, 少くとも, 少しは, 少し角, 平岡君に対しても, 年も, 幾人もの, 店二階に, 廿五六七八九日まで, 弟の, 弾きなれないピアノ, 当人も, 彼としては, 彼を, 彼女の, 後の, 御嬢さん, 忍び返しが, 怎せ, 思考し, 急だ, 性質も, 息が, 悔みの, 手の甲と, 手を, 手代の, 捨さんは, 敵の, 日本の, 明日玉の輿に, 昨日の, 是非入り度い, 時々これ, 暗くは, 本を, 村中からの, 村越の, 格子は, 椰子も, 橋の, 次の, 殊に三面, 母様は, 毛唐も, 汽車や, 沖へも, 深喜, 滑稽だ, 火気さむれ, 片方は, 男と, 男に, 町の, 留守番に, 畦道は, 番頭の, 畳は, 相手の, 眉の, 眉を, 着て, 石原の, 祖父の, 私にとっては, 私にも, 空は, 窓は, 第一それ, 絵も, 而も, 肉付きも, 胸の, 自分から, 自分たちに, 自分としても, 自分に, 色こそ, 色の, 葉は, 虚無僧の, 血が, 見て, 親猫, 計算の, 話して, 誰も, 諄く, 身体の, 近くに, 近所の, 酒は, 酒も, 酒を, 銀公, 長の, 門の, 雨は, 頬白が, 頭は, 顔の, 顔色も, 風貌だ, 髪も, 魚の

1 [3866件 抜粋] ああいう, あたいには, あっても, あのよう, あの子, あの練吉, あぶりだしの, あれだけの, あんた方あ, あんまり遅, いいひいき筋, いくつかの, いずれ親類方, いつそこつ, いつも唇, いま一人は, いろいろの, い人, うっかり云い出した, うまくやりとげる, おかみさんより, おそらく右, おなかも, おみつ, お二人さん, お別れ, お前方, お嬢さんの, お師匠様, お母さんも, お粂, お菜は, お金なんぞは, かえりに, かつまた身長, かれが, きっと故郷, くそ面白く, くれさえ, こういうこと, こう覗き込んでる, こっちだって, ことに主家, このお, このよう, この庭そのもの, この男, この辺り, こりゃもう, これが, これも, こんなにまで, ごろつきや, さらにまた, しかも宿所, しっかりやっ, しょげた手紙, すぐれた作者, すこし深く, すべてに, ずっと簡単, そうしたら私, そうでなく, そうも, そこから, そしてべつに, そして胴, そのうえに何万年, そのたのしみ, そのほか顔良, その上活溌, その他師弟が, その友人, その多く, その幻, その方, その殿様, その男, その経験, その近眼者, それからその, それから又外国, それだけ, それで決定的, それにあの, それになお組織, それにもう, それに彼奴, それよりか, そろそろこの, そんな乱暴, たいそう痩せた, たさうです, たとえすこしくらい, たれでも, だからその, ちまえ, ちょうどよい, ついそのままに, つぎに, てっちゃ, ところへ, ともかくその, どうしたら, どうせ嫁, どうもありがとう, どこを, どんな境遇, なおその他, なかなか自由, なにやら気, なんといっ, なん年経っ, はじめが, ひがみでないと, ひとりで, ひら, ぶらぶら遊ん, ほとんど忘れ, まあお前, まあ大抵, まさか呼び, ましてやこんな, まして自分, またおきぬ, またこれら巨大, またなにしろ, またもう二度と, またボク, また主君謙信, また余りに, また単に, また大江橋, また家中, また常に, また文章, また欠席, また田舎, また肌, また見たい, また釘勘, まだ眞, まつ毛の, みんなきみが, むしろカン, めくらに, もう下男, もう少しの, もう薄暗く, もし仮り, もちろん傷口, ものいえば, やはり情, ゆるんだ唇, よしんばきよ子, より人間らしい, わしは, アフリカの, イラストレーションも, オイデプスなども, グランテールは, シーボルトや, スタンダールも, ダンスでも, テーブルの, ドテラ, ハンターは, ピーピーながらも, ヘーゲルに, マアいい, ミソ汁は, ランプの, ロシヤ語も, 一々気持, 一ツも, 一切の, 一寸手の, 一度會つて挨拶, 一方与里, 一生の, 一門は, 万一と, 三千子とても, 下流の, 不満だった, 世の中で, 世間に関する, 中を, 丹念に, 乗るの, 予定より, 二三十円で, 二日は, 二百円の, 云へ, 京都から, 人ぐらいは, 人民の, 今あせる, 今さら親分, 今まで, 今度出, 今更親達, 仕事の, 他国者が, 以来こちらにも, 伊東七十郎が, 伝教以来の, 伸子は, 住民もずつと, 何うせ, 何し, 何と云つて, 何れ高森の, 何彼に, 作ると, 価額も, 俺に, 借も, 健康な, 僅かばかり, 僕にも, 兄は, 先も, 先生という, 全く癈人同様, 八千五百円あれ, 兵部卿の, 具足着では, 冥土へでも, 出世第, 刃先が, 初めは, 別れ話を, 前は, 劉, 勉強も, 勝家が, 北陸の, 十銭よけいに, 半次郎は, 単に気, 印章にも, 去定, 又それ, 又もし, 又之等巨大, 又八は, 又工業技術, 又恐らく, 又独り女, 又自分, 友達は, 取残した, 古くからの, 右近は, 同じ位, 向うに, 君だって, 吟味役人から, 周囲も, 品物に, 商店や, 喧嘩友達も, 四十を, 国じゅうに, 土方でも, 型など, 塀なんぞも, 壁造りを, 夏や, 外の, 多分に, 大いにあり, 大事を, 大切な, 大抵の, 天気も, 夫は, 奉公人といふ, 女学校も, 好評です, 妻は, 威風は, 嫁入りの, 学問が, 宅送, 宗教一般に対する, 実用語学は, 客觀的な, 害虫毒蛇に, 容は, 富永さんの, 対比し, 将門の, 小坊さん, 小母さんが, 少し不便, 尾の, 山東河南の, 川口一郎は, 己の, 常に左右, 平気で, 幸い主人, 幽霊に, 床, 庭に, 廻りは, 引撲かれ, 彌太郎の, 当然です, 彼に対する, 彼等と, 後醍醐も, 御不自由, 御用聞が, 心外でも, 必要な, 思いも, 思索は, 恐らく私, 悪く考えれ, 意地ッぱりだし秘密を, 態度も, 懸物, 或はもつ, 房, 手も, 打掛, 拝殿の, 指を, 描写の, 放って, 教室へ, 整備で, 文武百官から, 斯うし, 新田方の, 旅を, 日増しによくなっ, 日記なども, 早く離せ, 明日に, 映画説明なんて, 昨晩の, 晝間だけ, 智惠も, 更に北, 書生として, 最も辛辣, 有機体では, 木に, 本人として, 机忙は, 村山知義さんも, 東海道筋にも, 松竹が, 栄養失調も, 案外うまく, 極く, 横浜には, 機関室の, 歌が, 正宗に, 武者出入りも, 歯を, 死んだ西村さん, 殊に周, 殊更に, 母は, 民政党のは, 気持ちの, 水産物も, 江戸の, 汽車賃は, 泊って, 泰子が, 洛邑では, 浮びあがって, 消えたの, 渡辺は, 満足してる, 瀧川の, 災難を, 無気味な, 焼け跡の, 熱海湯河原は, 片目は, 物音は, 狙って, 獨り, 王累や, 現金払いなら, 生きようとして, 生活の, 田舎にばかり, 男も, 畑だけ, 疱瘡の, 発見したい, 皆揃っ, 盜られた, 直接には, 眉根は, 眠れないし, 矢張り沼津を, 石炭の, 磯谷とは, 祖先から, 神経質でない, 私など, 秋が, 科学的精神の, 積極と, 立つの, 笑い声も, 第一わし, 第一鼠, 築城術にも, 約束した, 細君の, 結局は, 絶食は, 縁側や, 美味くも, 翠葉は, 耳も, 聴く者, 肩の, 胃袋には, 胸や, 膝の, 自分なら, 自然です, 與へられ, 船中の, 芝浦の, 芸術の, 若い時, 若干金か, 茣蓙へ, 莚の, 董承, 蜂谷にとっても, 行くからには, 街路の, 袁術は, 複業に, 見るもの, 見知って, 親父さんも, 言い開きも, 訪問に, 話も, 語感も, 読者からは, 誰一人訪ね, 警察が, 貞夫が, 貴公の, 貸す風, 質屋の, 起ち居, 身なりも, 車も, 辰の, 近眼鏡の, 途中楠木殿との, 進駐軍専門の, 運動場で, 道子は, 邸は, 都は, 里の, 金が, 金剛の, 鉛活字に, 鍋井という, 鑑定家だ, 長与の, 門番も, 関まで, 陽も, 随分おそく, 雑踏する, 雨に, 電話では, 青酸加里だ, 面白い句, 領地から, 頼まずとも, 顔を, 飛行島建設に, 食物は, 館員も, 馴れては, 高山も, 鳥の, 黄いろい葉

▼ だ~ (4672, 1.2%)

574423 お前は 22 僕は 21 きっと 20 そうだ, 君は 19 これは, ォ 1716 俺は 15 親分 14 おめ, そんなこと 12 あれは, この人, それは 11 それが, 先生, 私は 10 お前が, お前さんは, それに 9 おれは, お前, まったく, 誰が, 錢形の 8 ッ, 今日は 7 お前の, ここだ, どうした, 私が

6 [17件] あの人, いいかい, お前さん, お前さんの, それだ, そんな事, だ, ふ, ほら, 一体, 何を, 僕だ, 僕の, 君が, 君の, 平次, 銭形の

5 [16件] あの子, おれの, きつと, きみ, それで, だめだ, ほんとに, ぼくだ, 今は, 何も, 僕が, 兄さん, 本當, 私の, 第一, 誰にも

4 [34件] い, いいん, うっ, おまえは, おらの, おらは, お前さんが, お前も, お父さんは, この頃, これが, そうさ, それも, ちょいと, ほんとうに, わたしは, ゥ, ジム, ツ, 人の, 今夜は, 他の, 俺が, 全く, 前と, 君も, 小父さん, 彼の, 日が, 本当の, 番頭さん, 私も, 自分の, 酒を

3 [67件] あの女, いまの, うん, え, おい, おまえ, おれが, おれだ, お前と, お婆さん, こ, ここに, こっちの, この前, そうな, それより, それを, そんなもの, どこの, なにも, なア, まあ, わしが, わしの, わしは, ウっ, オ, オイ, ジャーク, ーオ, 人が, 今の, 今度は, 何か, 何にも, 何処へ, 併し, 兄弟, 冗談だ, 嘘だ, 坊や, 変な, 夢を, 大丈夫だ, 大事に, 女の, 子供の, 安心し, 家の, 己れだ, 彼奴は, 待って, 御浪人, 最初に, 本当に, 来て, 正雄だ, 此の, 畜生ッ, 発破だ, 見て, 親なし, 話して, 誰か, 誰に, 誰も, 駄目だ

2 [290件] ああいう, ああれ, あいつは, あたしは, あの一寸法師, あの時, あの男, あれで, あれに, あんないい, あゝもう, いいえうっちゃっとい, いいか, いいかえ, いいかね, いいね, いよ, うちの, うまいよ, おじさん, おすえちゃん, おっ母ア, おとつ, おまえさんどこを, おまえの, おチビさん, お互, お侍さん, お信さん, お前とは, お前に, お前を, お前御, お勇さん, お品さん, お婆さんを, お次の, お母さん, お綱さん, お菊さん, お豊さん, かまどの, かわいそうに, きのこの, ぐず倉, ここから, ここを, こっちへ, ことによる, このひょっとこ, このま, この土地, この子, この家, この山, この山犬, この男, この船, この通り, この部屋, これからは, これだ, これでも, これに, これも, これを, こんなこと, こんなの, ごめんだ, ごめんね, さっきから, さア一, さ驚いち, しずかに, そいつが, そいつは, そいつを, そううめえっ, そうと, そうに, そこから, そっちへ, そのうち, そのお, その中, その人, その足袋, それじゃ, それや, それよりは, そんだから, そんなの, そんな処, そんな話, ただの, ただ悪い, だからもう, だから明るい, だがおら, だれか, どこから, どこに, どのよう, なにを, なんだ, なんだって, ねえちゃん, ねえ君, はなから, ばか踊り, ひとりで, ぶこちゃん, ほんとだ, まあし, まさかお, まつたく, もう, もうあの, もうそんな, もうつぶれちまっただ, もう何時, わかるか, わしだ, わしも, わたしが, われわれが, アッタスン, ウフ, クレエルや, ゴップタララ, ジョン, ソレア, ドレゴ君, ハネる, ハハハハハハ, ムクが, 三つ股の, 三河屋の, 三輪の, 世間で, 中には, 亭主だ, 人間って, 今夜だけ, 仙太公, 代り番こだ, 何う, 何うし, 何うも, 何が, 何でも, 何んと, 何時までも, 信ちやん, 俺だ, 俺と, 俺にも, 俺の, 僕たちは, 僕と, 僕はね, 僕を, 僕達は, 元三大師, 兄が, 兄哥, 兄哥矢は, 先月越し, 先生そんな, 全たく, 八五郎親分, 八兄イ, 八兄哥, 八守り刀の, 八町内の, 八表を, 其樣な, 判るかい, 勇太郎が, 勘弁し, 可い, 可哀そうに, 君たち, 君に, 君のは, 君白い, 吠える犬, 和尚さんは, 喜八兄哥, 喜八郎は, 土かつぎ, 売るため, 多く飲まない, 夢だ, 大切な, 大抵は, 夫婦約束まで, 奥様の, 女という, 女房は, 姉さんは, 威勢よく, 婆さま, 婆さん, 字が, 実際, 家は, 小器用な, 屹度, 岡浪之進の, 川波氏に, 己が, 帰って, 平常から, 弁天島の, 彦兄イ, 彼は, 彼奴を, 心だ, 心得の, 心配する, 急いで, 急に, 悲しくは, 憎らしい, 抱きついても, 掛けられるぜ, 教祖の, 斯う, 斯んな, 日本へ, 早く云え, 明日から, 明智だ, 昔から, 昨晩少し, 是非先生に, 普通の, 暫らく待て, 朝日屋で, 東京で, 東京の, 此所から, 此方へ, 武家が, 毛唐の, 気の, 気を, 氣を, 水船の, 水鉢の, 流行り歌, 海事裁判法, 海水浴場へ, 海鼠の, 清公, 爺さん驚かなく, 狸が, 現代の, 用心棒に, 男から, 男の, 目黒へ, 矢だ, 石の, 石垣な, 石石と, 神様が, 私や, 私達が, 素人だ, 緩くり, 罰当り, 腹が, 自分で, 良い兄さん, 花の, 草履だ, 蜜柑でも, 見ろ八, 親も, 親分箱から, 話しちゃおうか, 道を, 重三親分, 鎌い, 降らすん, 額が, 飛ばすん, 髯を

1 [3064件 抜粋] ああいふ, ああ留置場, あかりだ, あたしが, あっうっ, あなた, あのこと, あの位, あの山, あの気分, あの純情, あはははは, ありったけの, あれだ, あんたが, あんたわしも, あんなもの作つたの, あゝ俺ら, いいの, いい面, いけすかないったらありゃしない, いったい, いづれあの, いま電話の, いやな, いや頭, うしろだ, うまくなかった, うるさい, ええ加減, ぉ, おいらが, おい知らない, おきの, おじさんは, おせんちゃんもう少し, おつうげ, おふざけでない, おまえたちは, おまえ兄弟子な, おやまさんに, おらも, おれと, おー, お伽噺の, お初穂を, お前さまも, お前さん頭から, お前はな, お前相良さんは, お医者さん, お嬢さま, お寺へ, お放し, お武家様, お母様鷹を, お父さんたちの, お玉の, お臀, お蘭, お隣の, かつ子誰だ, からかわれてるん, きっとこれ, きっとわたし, きみに, くらの, けれども俺ら, こういう生活, ここが, こたへて, ことだ, このひと, この上病気, この先生, この数, この真喜, この辺, こらえるだ, これっ, これ以上何を, こんなぐあいにフラフラ, こんな家, ご覧ルミいい, さあ一緒, さうだ, さっさとおし, さもない, しかしあの, しかし圓太郎, しっかり褌, しらばっくれ, じれったい, すぐだ, すこし位, すると自然, ぜんたい, そういう話, そうすれ, そう云う, そう考え, そこに, そしてぼくら, そして波, そのつもり, その事, その小説, その板, その眼, その通り, そら僕, そりゃ素敵, それからもつ, それつ, それでねえ, それで世の中, それで金之助どん, そればかり, それ卯平等駄目だ, そんだ, そんなうまい, そんなに滅多, そんな奴, そんな阿呆ぐち, たいへん, ただある, ただ別々, たとえいま, たべたけりゃべつに, だからあの, だからそれでいい, だから何, だから先生, だから標本, だが植物, だけれどもねえ, だまされるの, ちやんと, ちょぼ一風は, つきあう方, つてゐよう, つて進む, つまりでたらめ, つまり君, でなかつたらこの, とうとう諦め, とっさん, とてもわたし, とりあえずこれ, どうしてそんなに気, どうして王様, どうにか始末, どうも殺られたろう, どっちへ, なかなか得がたく, なにか不審, なるほど今どき, なんな, ねえおふささん, ねえほんとに, ねえ坊ちゃん, ばあさんたまらなく, ひつくり返る, ひろめ屋, ふ板小舟, へんちっとも, ほらあれ, ほんとにただ, ほんまに, ぼっちゃんたち, まあ椎の木, または余計, また裾, まだ出征, まっかな, まつたくだよ, まア何, みんなおまえを, みんな知っ, もうあんな, もうしょっちゅう, もう一つ搜, もう少しいい, もう東京, もう話, もし君ちゃん, もっとも別, ものが, やっぱし片倉君, やり直せ, よかつ, よく港口, よしと, よそへ, わかっても, わたしと, わは, アハー, アレクセイ・アンドロウィッチ, ウソだ, エベネザア, オチャッピイだ, キミ小林は, クラムの, コゼット, シテ見れ, ジェル何とか, ジョンの, ソフイー, チチコフが, ッ私ゃ, ツ釦を, トニオ, ト独りつぶやき, ハイロ君, ハンズ君, パッション失わぬ, フョードル・パーヴロヴィッチ様なら, ベアトリーチェ, ホンとに, ポル・エヴァンの, マニラ市内には, ムクは, レオナルド・ダ・ヴィンチは, ワトソン君非常に, 一人で, 一寸い, 一番はじめの, 一転びの, 三両包ん, 三枝は, 上帯に, 下足番が, 世の中という, 丸めて, 之で, 事を, 二十貫も, 二日も, 五両が, 井師を, 人工の, 人間が, 今だって, 今に役人, 今夜から, 今年高等学校を, 今日お前が, 今晩は, 今直ぐ, 仕様が, 伊之, 伏見だ, 伯母さんが, 佐々刑事だ, 何しろ公方様, 何だか怖い, 何でも彼, 何処まで, 何方へ, 例ひ, 信じて, 俺, 俺なら, 俺らそんな, 俺ら十五日下痢つて癒つたが, 倉橋君, 傷の, 僕に, 僕ア女の, 兄だ, 兄貴は, 先生が, 先生わかった, 全くの, 全く無知, 八五郎親分錢形の, 八御, 其おかげで, 其所の, 再び言う, 冷は, 出て, 分ってるよ, 初めつ, 前が, 勇助さんは, 北山辺りにも, 十だ, 十八文だ, 千円と, 協会に, 印度と, 厭だ, 友造だ, 取り巻いて, 古代猶, 可哀そうにね, 叱るん, 同じ天下, 向う脛が, 君それを, 君よりも, 君行け, 呪いの, 唾位吐い, 喉が, 嘘と, 国にしがには, 土藏の, 坊やの, 塔と, 多分, 多舌, 大きい樹, 大したもの, 大名旗本呼び来れ, 大急ぎで, 大概声でも, 天下の, 夫も, 奧さん, 女中たちは, 女給は, 妓どもは, 妾達のね, 娘っ子が, 嫌だ, 学校の, 安心しねえ, 宜いかえ, 実業界で, 家を, 寸暇を, 小母さん, 少しばかり, 少し音, 尤も左半面, 山崎譲だ, 岡つ, 工業学校からの, 巻軸を, 師匠俺は, 年よりの, 幾度言っ, 座敷が, 引合せて, 張合ひ, 彦ちゃん, 彼処まで, 往来から, 後の, 御前さん好い, 御苦労, 必要以上に, 怒ると, 性来不死身だ, 恐れること, 息子や, 悪魔だ, 感想を, 憎らしいねえ, 我々両人あんな, 手を, 手紙一本が, 折角ローラさん, 持ち物に, 捉えたって, 掘つて, 政府の, 斎藤一だ, 斯の, 新田君, 日本だけの, 旦那岸田右内でございます, 早く名古屋, 早く来, 早速お隣, 明神ヶ岳とか, 春なら, 是から, 時節を, 暴虎馮河の, 月が, 朝から, 木戸君の, 本当かな, 本願寺では, 村井は, 東京だ, 松竹は, 柴田彈右衞門だ, 校長さんに, 桝屋の, 楠公は, 止すが, 正月が, 正規軍に, 此世の, 此奴が, 武松, 死んだお, 段々書く, 毎日役所の, 比重でなく, 気違いの, 永い間東京, 江戸へ, 決して出, 沢庵さん, 波線螺線渦線皆曲線より, 活動寫眞で, 海浜院として, 深い事情, 添って, 源太さん, 火絮が, 無邪気で, 爪先に, 爺様, 猫ちゃん何か, 現在は, 甚助か, 男の子だ, 當分兩國橋の, 瘠せても, 百姓なんて, 皆で, 盃を, 直ぐお出で, 相手が, 眞珠太夫も, 真面目だ, 着るもの, 知らんかい, 破れたって, 祖先は, 私そんな, 私よりか, 種々な, 笹野樣の, 紋だ, 素質だ, 網受けの, 美しいよ, 考えたって, 聟殿が, 脛が, 自分自身の, 船は, 芳さんは, 若草は, 草だ, 落ちついて, 薛公, 藝術は, 蟹を, 行こう, 補祭君, 見得, 親分ああ, 親分自分の, 親父に, 解つてらあ, 証拠は, 詳しく話さう, 誰だ, 諦めろ, 警視庁の, 財布は, 貴方ヨ待ちな, 赤ちゃんを, 足が, 身体へね, 近畿地方をな, 退きな, 途中で, 遊びな, 違うよ, 配偶に, 酷い目, 金之助どんでも, 金魚が, 鍛冶倉を, 長次はんを, 間違いだ, 阿母さんぢ, 階下と, 雪だ, 青髪山の, 頑ばって, 顔色が, 食べるもの, 香月先生は, 馬鹿は, 騷ぐな八, 高さ, 鰌は, 鷭だ, 黒旋風にも

▼ だもの~ (4042, 1.1%)

250 である 149133 ですから 120 だから 81 です 70 のよう 55 では, ね 53 だと 45 であった 44 がある 40 だが 35 だった 33 らしい 2827 ねえ 26 であろう 24 と見える 2321 と思っ 19 であるが 18 に違い 16 であつ, に相違 15 があった, でした 13 か, があります, でなければ, でも, と見え, の中 12 だろう, であらう 11 さ, でしょう, なあ, なの, よ 10 だろうと, であります, とすれ, とみえる, はない, を出し 9 だという, だな, だよ, と思う 8 だそう, だつた, だね, で, ですね, でその 7 がありました, であって, と思われる, のやう, は仕方, をその

6 [18件] があつ, じゃ, だったが, であ, であるから, であること, でございます, でしたが, ですが, と思はれる, と見えます, なア, にちがい, のこと, は, もある, らしかった, を持っ

5 [13件] かどう, かも知れない, だらう, だらうと, でございますから, とばかり思っ, と自分, と見る, になっ, のうち, の一つ, の血, を取り出し

4 [24件] がない, が多い, だか, だろうか, でありました, であるか, であると, であろうが, であろうと, でしたから, でせう, とみえ, と信じ, と分りました, と思った, にし, のある, のため, の上, は誰, もあった, を活かし, を見た, ヲ

3 [45件] う, かその, かそれ, が, があり, がこの, が多, すらだに, そんなこと, でこれ, でしょうか, ですからね, でないこと, でないと, で今, とあきらめ, となっ, と人間, と思い込ん, と恨める, と私, と諦め, なん, に, にする, に外, に過ぎない, の咆哮, の様, の足跡, はその, はただ, はまず, はまだ, はもう, は何, らしいと, をもう, を取出し, を早く, を書く, を自分, 喜んで, 憎くらしからうで, 猶の

2 [145件] ああやっ, いいじゃ, かあるいは, かいきなり, かさして, かさちよ, かそれとも, かまた, か三日, か但し, か後ろ, か或いは, か手, か野次馬, がいた, がで, が一つ, が多かっ, が御座います, が生き, が高い, じゃない, じゃねえ, そして三角形, その中, ださうだ, だったの, ちつとは, であったと, であるの, である事, であろうか, であろうという, でご, でございますよ, でどうしても, でもいい, でもはや, で到底, で専務, で射込んだと, で彼, で日本, で早速, で決して, という, といえましょう, といえよう, といふ考, とお, としか思われません, とする, とはどうしても, とみえます, と云, と云う, と同じ, と察せられる, と思い込み, と思え, と思ふ, と思われました, と推察, と考えられる, と考える, と考へる, と見えまし, と見なけれ, と観, と解釈, と言, と認められない, と顏, どうしよう, どうせ沈む, なこと, なので, ならあんな, なら落ちる音, についてのゴーリキイ, になる, には, にはそんな, に他, に違, のくせ, のくま, のろくでなし, の吠える, の数, の眼, の遠吠え, の餌食, はあまり, はあるまい, はお, はこの, はすべて, は一人, は大, は天下, は実は, は実地, は幾人, は彼, は必ず, は必ずしも, は終生, は金盥, ばかりで, もあつ, もありました, もあります, もいる, もう大丈夫さ, やらそれ, やり切れないよ, よもや池, らしくその, をお, をこの, をそつ, をどこ, をもと, を人, を他, を入れ, を出した, を出しました, を半, を取出した, を女中, を差し出し, を掻き立て, を提げ, を特に, を相手, を私, を見, を見おろし, を鼻, 動かぬと, 口惜しさ, 可哀, 若い男

1 [1594件 抜粋] ああいう, あの勘, あぶないからね, あれば, あゝいや, いいわねえ, いくら心配, いっては, いよいよ腕, うすき, うん憎らしい, おきぬさん, おもしろい, お好き, お役人様, お悔み, かいつ, かこれ, かそうして, かともかく, かと云う, かと思い出した, かと思われる, かどっち, かは今, かまたは, かも知れぬ, から眼, から順次, かわい子, かをいい当てる, かヨロヨロ, か一通, か何れ, か其, か即座, か子爵様, か審, か左膳チャン, か或は, か泣き, か當惑, か見当, か赤星重右, か邦通, がありませんでした, があんな, がいくら, がいわゆる, がお前, がここ, がさじ, がそれで, がだらし, がなかっ, がはいっ, がひとり, がもと, がカツラ, がゾーッ, が七銭, が下野, が伝わっ, が元美正美, が出, が十数篇, が天位, が少なく, が帰っ, が往々, が恐るべき, が損ね, が案外, が歩い, が沢山, が然, が生きかえれやせん, が突如, が細かく, が蘇生, が誰, が身, が鏡, が飛び込ん, が馬鹿, きっとうつった, きっと殺される, くさいの, このくらい, このへん, この儘, この番附, こんないい, こんな内職, さうさ, さぞおかゆ, さ残念, しかし咲い, じきに初午, じゃねえです, すでにオモチャ, せめて三三九度, そうして人, そうでなくっ, そこで心, そして到頭, その表現, それからガラパコ, それで今朝, そんなにしず, そんなに甘味, そんな余裕, そんな返討, たとい今日, たまに大雪, だからね, だから鰻男, だけが太陽, だけにむごたらし, ださうな, だったり, だつたが, だつたわけ, だとしか, だらうか, だろうが, だッ, だ刀山, だ私, ちょいと, つまらないよ, であったが, であったとしても, であったらしい, でありますから, であり一部分, であるけれども, であるだけに, であるらしい, であれば, であろう縁さき, でうまく, できたらそう, でこっち, でございますが, でございまする, でござろう, でしかも, でしょうが, ですからな, でそいつ, でたとえ, でないかも, でないの, でなかったので, でなくては, でまとまっ, でもと, でも巻きつけ, でわが, で一軒, で上手, で中, で会費, で作者, で出よう出ようと, で合わさっ, で四人, で少々, で広く, で当時随一, で後, で技師キンドル, で日本研究, で最も, で棒, で武家時代, で水, で特に, で真暗, で祭礼, で翌日さ, で臼, で袞竜, で誰, で鎌子夫人, で面白かっ, で黄帝, とあきらめる, といふこと, とおもわれました, とか兄嫁, とがある, とごまかし, とし, としか言い様, としてこの, としては婦人速記, としてひびく, として下宿, として土牛自身, として恐れ, として次, として無責任, として至極, とすでに, とだ, とついさ, とても一緒, とても遅れ, となし得べくん, との差, とは全く, とは思へません, とは映らない, とは違つた人間, とみ, ともかく日本一, とも取れる, とわかっ, と一つ, と云われ, と信じず, と信ぜられ, と内々, と即興, と君, と察し, と察せられた, と思, と思い切っ, と思ったらしく, と思わなけれ, と思われます, と想像, と断念め, と極, と生きた, と申し立てた, と睨み, と紫蘇, と考え, と見, と見られる, と親戚, と解する, と言っ, と認められ, と諦めた, と酒, どうした, どうして渡る, どうなった, どころか現象, どんなこと, どんなにすぐれた, どんな偶然, なあなんて言われる, なこいつ, などの報告, なども, などをかご, などを立てる, なのに, ならそれ, なら一番, なら死んだと, なら盆, なら首, なんていなかったです, なんぼ有, にすぎない, についてのメモ, にでもさかな, になりさがっ, には乗れない, には先づ伊沢信平さん, には理屈, にひとしい, にほかならぬ, によつて補, に不思議, に充分, に含まれ, に対する感じ, に樹林, に渋, に背骨, に見え, に逢, に遥か, に防腐剤, に馬鹿, ねあんた, ねえ君, ねえ沢ちや, ねお前, ねそれ, のあった, のうち陶器, のからだ, のごとき, のほか, のまね, のわかった, の一, の仕事, の内, の叫び声, の墓, の大, の幾分, の心あたり, の憩う, の方, の梗概, の理解, の相好, の答え, の罠, の脂, の足あと, の運命, はあの, はありません, はいつ, はおれ, はございます, はすぐ, はたとえ, はつまらない, はなに, はねえ, はびっくり, はみな人, はみんな盲目結び, はエライ, はピエール・クロポトキン, は一種, は世に, は二度と, は何年, は僅, は助, は回教徒, は大抵, は安国寺さん, は容易, は少く, は強奪, は彼女自身, は恐らく, は我国, は故主, は時代, は果たして, は死, は死体, は水守亀之助, は生涯, は知つて, は稼いだ, は綴, は脱ぎ, は見えぬ, は遥か, は饑, ばかりである, ひどいよ, へ打粉, ほど大脳, ほんとにさ, ほんとに情なく, まさかお前, まして赤穂, まったくです, まで入れる, もあっ, もありえた, もあれ, もうしかた, もう買わなく, もそれから, もどれ, もはなはだ, も二, も少なく, も稀, やぞ, やっぱり同じ, やらいっこうに, やら鳥かご, や化けた, や朝鮮, や鳥達, よりももっと, より落ちた, らしいですな, らしかったが, らしくそう, らしく二人, らしく国道沿い, らしく殊, らしく胴体, らしく雪, わざわざ泥, をいくら, をここ, をそのまま, をだいじ, をつかまされます, をと口惜, をひっさげ, をまるで, をみんな, をもったいない, をわたした, をソックリ身, をベッド, を一輪車, を今, を伯父, を使い, を入れた, を利用, を友人, を取り出した, を口移し, を向う, を多く, を大切そう, を始末, を家, を差し出した, を引出しました, を思わせた, を慕う, を抜い, を探りあてる, を断り離, を書きたい, を枯らし, を水, を活かす, を渡した, を狩り, を生きかえらせ, を直ぐ, を研究, を突, を自然, を衣紋竿, を見つけたい, を見る, を許さない, を警視庁, を貴方披, を逃がし, を阿, を雪, を食べさせまい, グズグズ言う, ヲお前さん, 仕やう, 仲良くやれん, 但し校川さん, 作らずとも, 出代り時, 判らないよ, 同じ一銭, 呆れました, 多舌, 好かれもし, 実に私, 少くとも, 少し余計, 当のカテリーナ・イワーノヴナ, 怖なく, 恥ずかしいだの, 惚れこまずには, 拝めば, 掴んだもの, 教えられたこと, 最う其の, 本当にこわい, 来たけりゃ一人, 殺したって, 無くしたもの, 痛くて, 窘められてばかり, 考えると, 若し下, 行く用, 見やしねえけれど, 謂わば, 踊れないと, 送るともさ, 遊ばなくっちゃ, 釣れやしないの, 驚いて

▼ だとか~ (3650, 1.0%)

46 云って 39 いって 38 云ふ 35 言って 25 何だ 22 そんなこと 15 さう, そんなもの 11 なんだ, 云う事, 聞いて 9 何とか云っ, 申して 8 云うこと 7 いろいろの, 申します 6 いろいろな, こうだ, 云うの, 何んとか, 聞きました 5 いわれて, そういうもの, そんな事, 云うもの, 人間の, 家の, 言つた, 言ふ

4 [27件] これは, そういうこと, そうでない, そこの, そのほか, それに, それは, そんな話, どこの, 主張だ, 云うよう, 云ふも, 人生観だ, 何とか, 何とかいう, 何とか云, 何とか云う, 内部だ, 彼だ, 愛だ, 毒婦だ, 申しました, 申しまして, 聞きましたが, 自分は, 言ふて, 誰の

3 [44件] あの人, あるいは, あるひ, あれは, いうて, いったよう, お前の, お芝居, かんだとか, そういう大, そういう風, その人, それから, それも, そんな風, なんとかいっ, なんとか言っ, ぶりを, 中には, 云った, 云ったそう, 云つた, 云はれ, 他の, 何かの, 何とかいっ, 名を, 大底, 女の, 嫌ひだとか, 新聞の, 木皿だ, 柔術だ, 父から, 片口だ, 物の, 申しますが, 申すこと, 男爵だ, 自分の, 色々の, 言つて出, 靴の, 馬を

2 [229件] あなたが, あの人の, あらゆる悪名, あらん限り, あんまりはっきりしない, いっしょに, いったもの, いはれたが, いろ, いろいろに, いろんな事, いわれるが, おっしゃって, お茶屋だ, きょうは, この男, そういう事柄, そういう現実, そこに, そこへ, そのへん, そのよう, その他の, その街, それが, そんな人, そんな考え, そんな言葉, だが, ですね, で今, で俄, どこから, なんとか云, ふるい西洋, まことの, やれ何とか, アメリカだ, イスだ, エレガントだ, ジーズドラだ, ツギハギの, パステルだ, フランスの, 一年の, 一流の, 不幸だ, 丸に, 云う, 云う物, 云う話, 云えば, 云つてゐた, 云つてゐる, 云われて, 云われるの, 五月の, 人は, 人を, 人間だ, 今の, 他人の, 伝えられて, 何か, 何とかそんな, 何とかよく新聞, 何とか叱られた, 何とか言, 何とか言つて, 何れも, 何所とかに, 何故坊さん, 例の, 俺の, 俺は, 個人の, 偉大だ, 僕が, 僕の, 其他の, 冗談だ, 写真だ, 凌辱めだ, 勝手な, 博士に, 又は悲痛, 可哀想だ, 可愛いとか, 号し, 名乗って, 吝嗇とか, 地文学だ, 外部だ, 大抵説明, 大根の, 大隈伯だ, 女だ, 女優だ, 好からぬ, 妙な, 娼婦だ, 子供が, 子供の, 学者だ, 家だ, 家内も, 家賃の, 宿直だ, 寒だ, 山雀だ, 廿九日だ, 弄ぶため, 役人だ, 彼の, 待合だ, 御父さん, 思想だ, 怪しからん, 悪い人, 慈姑だ, 憎みだとかいう, 拙い面, 損失だ, 擂鉢だ, 斯うだ, 日本魂だ, 昔の, 暖い, 木だ, 松茸だ, 柔だ, 格闘だ, 桃だ, 様々な, 正義だ, 武士の, 死んだとか, 死んだ日, 毛唐だ, 毛虫だ, 気味の, 決闘は, 法事だ, 無節操だ, 特別に, 狐だ, 狼だ, 猿だ, 琉球だ, 甕だ, 生きたとか, 申しましても, 申す事, 男を, 男性が, 町人だ, 畑に, 疼痛だ, 瘋癲病院だ, 白痴だ, 私の, 私は, 科学は, 種々な, 立派な, 竹だ, 簡単な, 粋だ, 純粋さは, 細民部落だ, 結局再び, 継母だ, 罪悪だ, 署長の, 美人だ, 聞いた, 聞いたが, 聞き及びました, 職工が, 肩が, 胸かざり, 胸騒ぎだ, 能動精神だ, 興奮する, 色々聞い, 芝居の, 芸妓だ, 芸術派だ, 苦しいとか, 苦痛や, 草だ, 草ツ原で, 菜園の, 華族の, 蒟蒻だ, 薄情だ, 薔薇だ, 薪が, 藤村文学の, 蛆だ, 行動主義だ, 親類だ, 言いましたが, 言いますが, 言った, 言ったっけな, 言ったな, 言つてた, 言われるよう, 言ッて, 話して, 論理だ, 謂ツて, 貝だ, 賤しめた, 身分だ, 野心だ, 金持だ, 銀の, 雑誌に, 鞍だ, 頬白だ, 飯に, 養老金だ, 騒いで, 鮟鱇だ, 鯖だ, 鳥だ, 鹿だ

1 [2574件 抜粋] ああし, あちらの, あの, あの娘, あぶないのに, あるいはその, あるいはペンキ書き, あるいは学問, あるいは置いた, ある概念, あんな実用, いううわさ, いくら教え, いったこと, いった田舎町, いってね, いは, いやしくも物, いや何, いろいろなし, いろいろ訳本, いろんなもの, いわゆる倫理, ういつて, おさんどんだ, おっしゃいましたね, おれでも, お化けなんと, お弟子, お気さく, お蕎麦, かいて, かじきは, くさくさする, こういう字, こっちの, この一つ, この聯落, これほど, こんにゃくだ, さうい, さばけて, しめぢだ, すごい様, すべて特色の, そいから, そういう台所道具, そういう無意義, そういったよう, そういった感じ, そうかと, そう唱え, そのす, そのほか様々, その他, その位, その娘たち, その方面, その骨, それから又見物, それに何, そんなむつかしい, そんな名称, そんな簡単, そんな謂わ, たんぽぽの, ちゃんと知る, つけ髭だ, であ, でね, とても立派, とりとめの, どこか, どの報告, どんな苦労, なかには現在我国, ならいの, なんでも, なんとかかん, なんの, はかり巾着類, はなはだしきは, ひどい人, へんな, まあさう, まして悪い, またはその, または小屋, または蓋物, また古来, まだい, まるで話, みょうな, むらだつ毒気, もうすこし他, もしくは洒脱, やれ何だ, よい旦那, りっぱな, わしも, アフリカの, アメリカの, イクラカだ, ウイットとか, エレクトロンだ, カステーラだ, キセル簪などに, コッホだ, ゴーゴリだ, シェストーフ的な, シュウビンの, スピノザなどの, タマで, チヨークの, テストウ夫人だ, トルストイなぞを, ニエの, ハサミだ, バイロンの, パンだ, フザけたことに, ブツセイ, ベル, ホフマンだ, ボール紙などを, ミカンや, ヤレ撰科だ, リルケだ, レヴュだ, ワカメの, 一つ家の, 一文菓子だ, 一緒に, 丁寧だ, 三十文だ, 三杯目には, 三角印だ, 上手だ, 下へ, 下谷の, 不安こそ, 不意気, 不覚悟, 世界観の, 丘を, 中村君に, 乃至は, 乱暴な, 二十五年目だ, 云い出して, 云うものの, 云う字, 云う愚, 云う立派, 云ってられたよう, 云つた物がね, 云つてわざ, 云つて僕が, 云つて腕にかけて, 云ひあてる, 云ふこ, 云われまた, 五箇月だ, 人と, 人形を, 人気だ, 人間同士の, 人麻呂が, 今日でも, 他人を, 仰った, 伝えて, 伝統だ, 低くしげっ, 何さんだ, 何とかい, 何とかかとか, 何とかどうでも, 何とか云い, 何とか何だ, 何とか悪く, 何とか自分, 何とか遺言書, 何を, 何回でも, 余程穿った, 供米だ, 俗論だ, 信濃の, 借金で, 備中の, 傾向だ, 優れた自然科学者, 兇行の, 児童喜戯の, 八方塞りだ, 公然の, 兵匪の, 其角だ, 再軍備, 処世上だ, 刑事上りよ, 別嬪だ, 前皇后, 劍だ, 勉強だ, 勝気だ, 化粧部屋は, 北部だ, 十一だ, 午だ, 卑怯だ, 単調だ, 危険でない, 原子だ, 厭世だ, 又はもつ, 又は深い, 収容所に, 口調が, 只徳義, 史的考証が, 同じくお, 同情心が, 君枝は, 呪ひ殺し, 呼び彼等, 商売とか, 営養不良だ, 嘘の, 四輪馬車だ, 困るとか, 国民に, 土侯を, 坐って, 塀だ, 壺と, 変幻出没自在だ, 多分藤村氏, 夜中老婆の, 大きな紋, 大倉男の, 大威張りで, 大層褒められる, 大袈裟に, 天体などに, 天才の, 女でない, 女工だ, 奴も, 好みは, 妻君だ, 娘さんだ, 嫉妬だ, 学問だ, 宅の, 定紋だ, 室の, 家出を, 家老に, 富川だ, 将軍様だ, 小判で, 小憎らしいと, 小説でない, 少し口元, 尾の, 山窩などが, 嶄新奇抜だ, 左様云う, 希望とか, 帽子だ, 年より, 広沢だ, 廃嫡だ, 弓張月とかの, 弛まないとか, 形の, 彼ん, 徒らな, 御家人の, 心の, 心臟だ, 念頭に, 思う人, 思われること, 性慾だ, 恋に対して, 恥づべき事, 悪いこと, 悪声を, 情婦だ, 愚にも, 慈善だ, 或いは, 或いは藤太はか, 或はまた眞珠, 或は又一寸, 或は技巧, 或は貰い, 或る, 戸の, 手つきだ, 手提だ, 批評し, 承わりました, 抽象的だ, 捕方だ, 政治家に関する, 教授だ, 数理には, 文学は, 斎だ, 新しい日本, 新富座は, 施行小屋だ, 日日だ, 日本屈指の, 日蓮宗に, 旭とか, 昔から, 春陽堂から, 時による, 晴雨兼用の, 暦の, 更にもっとちんぷんかんぷん, 書くだらう, 書翰の, 月見茸という, 有罪だ, 木蔭の, 本当は腹, 村道の, 東京名所の, 松の, 架空な, 栄達を, 梨枝子だ, 椿の, 権利だ, 機場所へ, 次郎吉の, 此度は, 歴代天皇の, 死に対する, 殆ん, 毛むしあるいは, 気でなかった, 水呑百姓だ, 汚れて, 汽車汽船電車飛行機の, 法律だ, 洗い洗濯だ, 活動写真を, 浅草の, 淡雪だ, 清潔だ, 湿度計だ, 澄江に, 火事に, 無口な, 無辜を, 煙管筒だ, 煽てられて, 父が, 牛乳兎鶏馬肉魚類など, 物だ, 犬が, 独で, 猪だ, 玉菜の, 理想主義的な, 甘いとかいふ, 生字引だ, 田中は, 申しましたからな, 申訳ない, 留学生だ, 異端だ, 痴情など, 發育の, 百万長者だ, 皇族の, 盛り場の, 直觀自覺, 相撲を, 真黒学校の, 着弾距離だ, 短刀の, 石膏で, 破れたところ, 社会の, 社会的の, 神妙にとか, 祭文, 秋に, 秘中の, 稚拙だ, 積極説だ, 窓だ, 競争心だ, 第三シンフォニー, 等々を, 築山や, 精神的教育だ, 紋附だ, 素馨だ, 結婚という, 經學の, 縁側だ, 織り物だ, 美しいもよう, 美少年録だ, 義侠心とは, 義経の, 考えるの, 聞きまする, 肉体だ, 肥後の, 背中当とか, 胸を, 腐りかけた鰯, 膽が, 自然が, 舶来の, 色々と, 色々申します, 芝居通だ, 芸者風だ, 若人の, 茶臼塚とか, 莢隠元の, 落し紙の, 葬式の, 薄気味の, 藁沓だ, 虫同士を, 蛋白質でない, 蟒だ, 行幸という, 裁判に, 複雑な, 西洋は, 規則に, 親の, 角だ, 言いましたな, 言うそう, 言う紙面, 言っては, 言つてゐました, 言つて雙方に, 言ひます, 言われて, 許婚だ, 認識だけ, 読み出して, 誰と, 談論風発を, 謎だ, 警視庁や, 豆腐の, 豹だ, 費いこみだ, 贅沢は, 趣味だ, 身分が, 軍隊に, 辰巳だ, 迫持の, 通りがかりの, 過酸化水素クリームなどは, 道明の, 那樣事は, 郡だ, 酔払の, 野暮臭い奴, 金の, 鉄の, 銅だ, 鎧の, 長春の, 附近の, 隣宿の, 雨だ, 電動機だ, 露天商人など, 非常に, 須崎だ, 額縁の, 風俗を, 飛行機の, 香と, 馬琴の, 駒井の, 高坏だ, 鬼謀家とか, 鮭の, 麦畑で, 黒船を

▼ だけれど~ (3535, 0.9%)

42 私は 25 それは 23 それが 16 僕は 14 そんなこと 13 あの人, それも 12 今日は 11 それを 10 これは 8 お前は, 今の, 今は, 僕の, 此の, 私の 7 あれを, これも, 仕方が 6 あれは, いまは, この人, そこが, その時, 何か, 何も, 彼の, 私が 5 あなたは, この頃, た, どうした, よく其人, 今では, 何の, 彼は, 男の

4 [14件] あたしの, あの子, きょうは, これが, その前, だれも, どうしても, 俺は, 君と, 私には, 私も, 考えて, 要するに努力感, 親切な

3 [48件] あたしは, あとは, あなたが, あなたの, いつまでも, おじさんは, おっ母, お君, お父さんは, お老婆さん, これを, こんどは, さう, そうする, そうでない, そのほか, その中, その実, その手, それに, どうだろう, なぜか, ほんとうは, まあ, 不思議な, 今度の, 今度は, 何うし, 何なら, 余は, 十二の, 君の, 君は, 実を, 実際は, 家の, 少しも, 彼が, 彼女は, 彼奴ばかりは, 心は, 持って, 流石に, 町の, 相手が, 私たちが, 美登利さん堪忍し, 酒と

2 [173件] あとに, あの人たち, あの日, あの時分, あまりうまく, あれから, あれが, あれも, あんたが, いって, いまこんな, いやに, うちの, おかみさん, おれは, お互に, お兄さん, お前が, お前の, お前一人が, お喜多さん, お母さんだ, お母さんは, お父さま, お礼の, お米, お銀様, お雪さんの, きっと凋ん, ここは, この方, この私, この節, これから心中, こんな話, さすがに, しかしまあ, しかも5, そいつが, そういうの, そうじゃ, そこに, そこへ, そのお, そのこと, その子, その方, その頃, そらこれ, それあ, それじゃ, それでもその, それでもまあ, それでも普通, それとて, それとても, それにしてもあの, それよりか, そんなひと, そんな事, だれが, ちょいと, ちょうど一〇〇, つまりは, でもね, とても私, どうもあの, どこか, どつち, どんなもの, なまじそんな, なんとなくいちばん, ほかの, ほんとうに, ぼくは, ぼつぼつと, まるで魂, みんなが, もうその, もうない, わたしは, われわれは, モウ腹が, 一つの, 一向その, 一度も, 世間の, 主人殺しの, 人が, 人を, 人工心臓を, 人間は, 今から, 今しがたも, 今にな, 今も, 今日の, 今更仕方, 何時に, 保険も, 僕に, 僕も, 兄さんは, 先生は, 兎に, 動くには, 勘弁し, 半日留守番を, 博士の, 句とう, 命を, 困ったこと, 声は, 外に, 妙に, 姉妹分の, 子供が, 実はその, 少しの, 年を, 度が, 強ての, 彼等は, 心の, 心置かれぬ, 愉快な, 憎めない人間, 戸外に, 日本の, 旦那方の, 早くから両親, 昔の, 昔は, 最初の, 本当の, 正さん今夜, 残念な, 気に, 江戸へ, 渡るもの, 猿の, 田舎の, 男は, 目が, 相手は, 眼の, 福子さんが, 私たちには, 私たちは, 紋の, 結局藤子と, 考えると, 聞かれないよと, 自分の, 自分も, 落ちて, 衆が, 行って, 親の, 親父に, 読んで, 誰が, 誰も, 貧乏人の, 貴方は, 足もとも, 身の, 途中で, 郵便局へ, 鉄道が, 離れてるから, 頭が, 顔の

1 [2642件 抜粋] あああせつ, あいきょうものの, あいにく風邪, あそこで, あたしきっと, あたし義太夫と, あっちへ, あとの, あなた待っ, あの人の, あの帥, あの時, あの百助, あの良い, あの青い, あまりよい, ありがたい事, あんたと, あんた怒る, あんなもぎ, あんまりほめる, あんまり話, いい人, いくらぬすむ, いずれとも, いっぽうでは, いつの間に帰った, いづれまた, いまの, いよ, いろいろ打ち解け, うしろの, おいらにゃ, おさらい, おじさんの, おどろいちゃ, おまえさんみたいな, おもしろかろう, おれたちの, お先へ, お前さんを, お前も, お召の, お姉さま, お客の, お情け, お松さんと, お気の毒様, お祖母様, お芳さん, お邸つき合い, お高はじぶん, かれは, きっと釣銭, きりりとし, けれどもその, こういう行き, こうして果汁, ここなら, こちらの, こつちは, このこと, このピオニー, この五, この前, この大切, この子, この幅, この本, この癇癪, この箱, この長五郎, この黒衣婦人, これぐらい, これと, これまた, こんないれ, こんなに大人, こんな窮屈, さあさしなさい, さっぱり分らない, さて其誰, さびしいの, さりとて青, しかしだからといって全部, しかし政治, しかし自分, しみじみこんな, じつによくも歩いた, すぐ親類, すっかりお話, すつかり醒まし, せめて乞食根性, そういうこと, そういう点, そうでも, そう御, そこは, そして野尻, そのおし, そのたび, その一方, その五円, その以前, その君, その姿, その小, その心持, その日, その水準, その瞬間, その荒れ果てた, その賢, その顔, それかと, それだ, それで, それでは解答, それでもさし, それでもやはり, それでも彼等, それでも苦労, それとももうそのまま, それにしてもこういう, それについて, それらの, そんなの, そんな時, ただひとつ, ただ時たま, たつた一人大変親切, たびたびの, だからと, だつて, だんだん調べ, ちやんが, ちょっと柄, ぢや, つい怠け, てんで見向き, でもきっと, でもわたし, でも四国, でも灰色, とうとう帰っ, とても変人, とにかく後でゆっくり相談, どういうもの, どうしていらっしゃる, どうしてもそれ, どうしても我慢, どうして都, どうなすった, どうにも身, どうもしよう, どうも中, どうも怪しく, どうも貫一さん, どう云っ, どこのか, どっさりお, どれも, なかなかその, なにしろさっき, なに不自由は, なんだかぎくしゃくし, なんという, なんの, はいって, はっきり聞えない, ひとが, ふしぎに, ふわりふわりと, ほんとな, ほんのわたしたち, まあここ, まあ他, まさか, またむじゃきだから, また見よう, まだその, まだ不安, まだ宿題, まとめて, まるで流刑囚, まアこの, みるひと, みんな逃げ, もうあげる, もうそんな, もうもう別れ, もう一度手紙, もう冬, もう寝, もう忘れ, もさういふこと, もし実際に, もとより例, やがて日本全国, やっとね, やっぱり嫌, やつぱり私は, やはり心, やはり見付からなかった, ゆっくり善後策, よくお前さん, よく似合う, よほど思いつめ, わかって, わけが, わたしお, わっし, イヤなら, オッカサンには, コンクリートの, シヤツの, ダブリュ商会なんて, ナカ, ハトロン紙を, フョードル・パーヴロヴィッチは, ポーズなし, レールなどが, 一つ注意しなく, 一体どんな, 一匹ね, 一寸間違った, 一年三両の, 一時は, 一粒ずつ, 一銭も, 三句とも, 上へ, 下着は, 不幸に, 与八さんさしあたり, 世間人としては, 主人の, 九条にも, 事件の, 二ツ違いの, 二人の, 二年前に, 五十年の, 些と, 人数が, 今お前が, 今ちょっと, 今ぼんやり, 今夜は, 今度ゆつくり, 今日ばかりは, 今言, 他から, 仲, 会社が, 何う, 何しろ五百両, 何しろ少し遠い, 何だか今, 何だか涙, 何でも, 何とかできる, 何となく心細く, 何んな, 何実の, 何遍やっ, 作家が, 俄めくら, 俺だ, 健ちゃんこのごろ少し, 僕にとっては, 僕アくやしくっ, 儲かって, 兄さんの, 先きで, 先方の, 先頃婦人工場監督官谷野せつ氏が, 全くの, 兵馬は, 其も, 其説は, 冬に, 凡夫壮に, 出て, 分らない気, 初代さんの, 剃髪料の, 割合色々, 動けそう, 十一月の, 午後も, 却って邪魔, 又一方考へれ, 叔父さんが, 口を, 召し上, 可愛い児, 吉之助さんどう, 向うが, 君たちは, 君には, 君達が, 和一郎は, 唄を, 問題が, 圓朝二十四歳の, 坊やは, 執念深い男, 場代さえ, 壺に, 夕方の, 多分まだ来, 夢の, 大に, 大分感じが, 大汗, 天才である, 夫婦であっ, 女には, 女優と, 好個の, 妾には, 姉だ, 娘らしく, 子供ずき, 学校で, 安全な, 実の, 実は屋根, 実地には, 宮地芝居緞帳で, 家では, 容易に, 対手が, 小児が, 小屋へ, 小説だつ, 少し睡りたい, 屁の, 山内様は, 岡田な, 島田髷の, 差当り親父が, 市場まで, 平素私を, 年齡の, 幾ら飼つても, 廣告が, 強いなあ, 当時の, 彼女の, 後から, 御免なさい, 御祝儀, 心配な, 忘れも, 思召し, 怪美人は, 恐ろしく目, 悪くも, 意味が, 感心に, 應募した, 戯れて, 手形を, 打つと, 招待した, 掠ったん, 支那人の, 数の, 文章は, 新聞記事の, 日は, 旦那さまが, 昌吉はわ, 春さんは, 是は, 時々酒, 晝日中は, 暑いから, 最後に, 木島が, 末へ, 本当はそうじゃ, 村全体が, 東京から, 松浦さんには, 果實は, 根が, 梶山さんにも, 極った, 横田の, 次には, 正ちゃんが, 此儘帰れたら, 武藤さんの, 死んだ良人, 残念だった, 母様は, 毎月いま少し, 気の, 気軽に, 水の, 決して世間, 泣いてる声, 活きてるよ, 浩二に, 深い意味, 温和しい, 澄し返っ, 点数だけは, 無理な, 煙突が, 父や, 牟岐へ, 特に悪い, 猶行人, 現今の, 理詰めで, 生憎これ, 産, 町公町公と, 病という, 発育不良で, 皆で, 皆博奕に, 目はしが, 直径一尺から, 県知事の, 真正に, 眼にまつわる, 矢張り超越し, 確かに, 社長さんは, 神経が, 私たちん, 私を, 移転の, 空を, 立派に, 第三者の, 納得した, 終ひ, 結局人間の, 絶対的に, 縁あっ, 美に対しては, 耳は, 肉付きの, 能く, 腹の, 自分で, 自動車の, 色の, 若い女, 若旦那並に, 英語は, 荒木田様が, 菜種の, 蓋し敢, 螺旋の, 行きも, 表向きに, 西洋人は, 見まわしたところ, 視覺, 親類の, 詩人の, 話半分としても, 誰かが, 貧乏したら, 貴女の, 貴様に, 起きて, 足の, 身体の, 近頃姫路, 追求の, 遅くなつたら, 道は, 遠慮を, 酔っぱらって, 野菜も, 鉄道の, 銭が, 関さんは, 陰鬱に, 隔ては, 離れろと, 震災の, 青木さんから, 靴もろとも, 頭の, 飛び出して, 食品口という, 饑饉年の, 駅で, 髪結道具に, 鵞鳥の, 黒吉は

▼ だ~ (3036, 0.8%)

63737 アと 353331 お前は 16 君は 13 これは 12 アお, アそんな 11 どうした 10 それは, ンて 7 え, ツす 6 ぃ, お前の, こいつは, 何か, 俺の, 僕は, 貴様は 5 あれは, それを, アまだ, 俺は, 俺も, 先生は

4 [22件] お前が, きさま, きっと, この水, これを, すると, そう思い, それが, それも, てめえは, アお前が, アこの, アという, ア俺は, 今の, 今日は, 何を, 兎も, 女の, 平次, 畜生, 私は

3 [20件] あーと, うん, おれの, おれは, がずら, こっちが, これが, そんぢや, われわれは, アあの, アそんなに, ア人の, ア君は, ア親分, 一人で, 全く, 君の, 手前は, 此の, 番頭さん

2 [148件] ああいう, あいつは, あははは, あれが, いい子, いまの, うんそう, おい, おとつ, おまえは, おめ, お前, お前なら, お前に, お前も, お孃さん, お定さん, がめに, こいつ, ここで, ここは, ここを, この中, この人, この女, こりゃあ, こんどは, こんなにも長く, しかし, そいつは, そいつを, そうか, そうしよう, そうだろう, その, そのとき頭, その気, それから, それでわかつた, それに, それや, そんな事, であった, どうも, どれ, なおその, なんでも, ひどく, まあいい, まいきだ, まいだ, また真珠, まだ堅く, まったく, まるで, もう, やあい, やっぱり, よし, わしが, アあんな, アえ, アおい, アお前の, アお前も, アこれは, アさ, アそこで, アそれは, アつまり, アどう, アもう, アよし, アー, ア七平の, ア三つ股の, ア今頃眉に, ア伏見屋が, ア八丁堀まで, ア女から, ア女に, ア手拭は, ア相手は, オイ圓朝って, ジョン, チンバ茶の湯の, ニキタ, ハツハツハ, フーム, プール, ンぞ, 三輪の, 五六年も, 人が, 今まで, 今日の, 何が, 俺が, 俺れ, 俺を, 僕の, 兄さんは, 先日本所の, 八あんな, 八五郎兄哥, 八手前にも, 其様な, 其樣な, 可い, 吉和蘭カルタが, 君が, 天気は, 家の, 小さな舗, 弟子は, 彼女が, 心では, 思い切っては, 成程, 手前の, 春, 月に, 本人の, 本所の, 本物の, 松太郎, 気の, 気分は, 犬が, 申合せを, 相變ら, 私が, 種々秘密, 聞いて, 自分の, 若え, 親方, 親爺には, 誰だいその, 貴公は, 貴女が, 貴様たちは, 足を, 銭形の, 長え, 雪見に, 頼んだ仕事, 馬鹿に

1 [1649件 抜粋] ああ, ああにん, あすこだけ, あちらへ, あなたの, あの人, あの厄介, あの女, あの憑かれた, あの男, あの若, あの電気網, あらたまって, あるお寺, あれに, あんたがたに, あんたは, あんなに沢山飛び出す, あんまりつめ, あゝもう, あーあもう, いい眼, いくつ持っ, いずれ大物, いったいどこ, いつぞや大量, いやそう, いや賊, いわゆる逢坂, うまくやってる, うんあの, うん原田, えおいそう, え東京, おいお梅一寸, おいらあ, おかしくも, おさえるという, おてん, おまえたちの, おまえらは, おやじの, お前がね, お前たちの, お前また, お噺, お嬢さん, お松さんそう, お父さま, お蘭, お金が, かなり大きな, がお, がズラッ, が岡, きっとなん, きり, くらゐ, けれどただ, こいつの, こいつを, こうまっすぐに, ここから, ここらへ, こっちから, こつちのもの, このばか, このまま, この人民, この傷, この手土産, この暗示, この納屋, この野郎, この離れ, これからすぐに, これから北, これで, こんだけ, こんなえれ, こんなに心配, こんな処, こんな悪い, こんな若い, さあそんなに, さうお, さっきあの, さっさと飛ん, さては擔, さア, ざあけだし, しかし勝負, したっぱの, じゃあ, じゃ二千十八番, すくなくとも津村さん, すつかり, するとやつぱり大声, せっかく鎮静, そいつが, そういう人, そういう都合, そうしてすんなり, そうだ, そうと, そう僕, そこまで, そしてもうすぐ, そのあいだあにい, そのお, その声, その氣, そもわれわれ, それからお前, それから次, それだけは, それで, それで俺ぁ今日, それとも兜, それなら誰, それ以外の, そんだ, そんなに自分, そんな修業, そんな危ッ, そんな者, たしか, たしかにそんな, ただならぬ生死, ただ抜い, だいぶご, だまって, ちやんと, ぢや, つい忘れ, つまらなく弱い奴, つまり一例, てっきりそうだ, ではそう, では失礼, で外国語, とこう思いまし, ところでゆく, とんか, どうか, どうか私, どうして若く, どうせ知れる, どうもおれ, どうも盛ん, どこが, どちらに, どれ様子を, どんな鹽梅, なあに覚悟さえ, なぜ俺, なにを, なんだ, なんだろう, なんの, のです, はかどって, はんに, ひとつ見とどけ, ひょろ松, ふんと, ほそうい声, ほらアリョーシャ, ほんとにパパ, ぼくらを, まあだ此間, まいだと, まずいなんて, まだ, まだ抜い, まづは安心上, まんなかの, まア宜, ま温かい, みんなグルだ, もういい, もうつくづく生き, もう務め, もう立派, もっとよく方々, もんか, やっと分ったろう, やはり旅, ようしそんぢ, よく納得, より紙, わしの, われわれが, アうん, アおらアも, アお父さんは, アこれや, アしかし, アそれつ, アって, アともかく, アどこにも, アまさか, アわしアまだ, アタイタイ大, アレゴリーと, アー何んだ, ア中に, ア丸橋忠彌, ア九円あります, ア仕方がねえ, ア体格が, ア何と, ア僕は, ア全力を, ア千鶴子さん夕御飯に, ア埼ちやんだ, ア娘と, ア小平ハア, ア己ッちの身の上では, ア振り向く, ア明日行く, ア本統にと, ア染めた, ア此方の, ア汝余り, ア滅法, ア煤煙防止が, ア畜生誰も, ア私は, ア苦労を, ア都会の, ア酔っ, ア鉄釘の, イヤさ, イヽヤ名主だ, オレも, グルだ, コリャ名古屋から, シといふ, ゼムリヤ号の, ダンチョンこれだけの, ッす, ツラ当て, ナニここは, ハツハツハツ, バベ, ヘンゼル指を, ホラ唐津出来の, ボートでも, ムダな, ルパンだ, 一つ貰おう, 一体彼女, 一度の, 一杯つけよう, 一體何處から, 万一にも, 三藏が, 下が, 不思議だ, 中の, 丸菊主人藤兵衛藤井の, 主水, 二人づれだとお祖母さんにも, 二人一緒か, 二階の, 五合位へ, 亭主, 人助けに, 人生を, 人間の, 今ああ, 今のみ, 今宵お, 今怒鳴られ, 今時分から, 仕合わせに, 他に, 代議士さんの, 仲間割れの, 伽羅大尽の, 何かきさまこそ, 何だ, 何とかし, 何分かの, 余りな, 例のは, 信徒の, 俺でさえ, 俺らまた, 倫理的な, 僕が, 僕も, 先の, 先刻荷物を, 先生ん, 八の, 八素人だ, 六平お前の, 其の時, 冗談じゃあねえ, 切って, 刈られちまうん, 加柴も, 化物屋敷か, 十五日で, 十左衛門私だ, 千種君, 卑怯千万, 原田, 又帰り, 叔父さんだって, 口環を, 右の, 同じ事, 名は, 君, 君らの, 君江には, 周五郎きみなんぞ, 唖の, 喧嘩と, 嚇して, 困って, 土が, 場末の, 変だ, 夕飯で, 夢でも, 大きな癖, 大和口には, 大大吉, 大晦日も, 天文という, 夫だけ, 奥さん, 女手は, 始終もらつ, 婆さん笑える, 嬰児を, 実に愉快, 宵の, 寝汗の, 小屋者の, 小篠は, 少し晝寢, 尤も呼出し, 山の, 屹度, 川手貴様は, 己ア江戸の, 平之丞は, 幹部派なる, 幾分まあ紳士, 座敷へ, 弟, 形と, 待ちャア, 御主翁, 徳川の, 応答を, 性分らしく, 悧巧で, 悪党そんな, 意味も, 感傷的な, 我々が, 扇折の, 手前これへ, 折の, 持って, 挫けては, 探しても, 放って, 敷居が, 斬りたけりゃ斬られて, 斯う, 新庄さんは, 日々一文づつ貰ひ居, 日本の, 早くいえ, 早朝から, 昔から, 昨夜飛行甲板の, 時折舞台が, 曲者の, 有りも, 木に, 本當, 村川は, 松平という, 柔術でも, 柿崎, 案ずるに, 業, 権力なり, 權次この, 正しく平和的, 此処へ, 此畜生作藏, 武家奉公を, 歴史に, 残らず見まわした, 殿様の, 気の毒な, 氣は, 汝エは, 江戸へは, 治助くん, 泣いたり, 泰三だろう, 海の, 清次郎の, 湯の, 澄子の, 無念無想, 無暗に, 然し僕, 熊ッ子て, 爺つ, 犢鼻褌と, 狭い土地, 猿を, 甘相, 男にも, 畜生彼方へ, 疲れて, 白樺を, 皆な, 目白が, 相い, 相手の, 眉毛を, 睡くは, 知つてれ, 石が, 石童丸か, 社会主義の, 禅坊主の, 私には, 空笑いを, 笑いおった, 第一, 粂吉さん, 結構な, 罰当りな, 羨望に, 耳に, 腹の, 自分たちが, 自暴と, 芥川君は, 花魁なんか, 若い分別, 茂太郎歌い出した, 落した銭, 蕪湖と, 虎痴の, 蟻町の, 行って, 衣物は, 見て, 覗いちやアいかん, 親孝行な, 詩は, 誰が, 誰だろう, 調べ上げ, 貴島は, 貴様も, 足の, 蹴とばされるやう, 身内の, 逃げて, 連中で, 道で, 道理で, 遙, 酒と, 金が, 金吾君私を, 錢形の, 間借り人を, 間違いも, 阿州屋敷, 隼人は, 雷雨が, 青鱚釣りは, 音楽も, 頸飾りを, 風変りの, 飼って, 香の物の, 馬鹿らしいほど, 騒ぐなよ, 鮎でも, 鰹でも, 鳩の, 麥も

▼ だこと~ (3032, 0.8%)

253 がある 86 がない 84 のある 80 があった 68 のない 55 はない 52 もある 45 があります 43 もない 38 でしょう 33 でせう 32 になる 30 になっ 28 であろう 26 があつ, だろう, もあった 21 である 20 がなかっ 19 になった 18 か, を覚え 17 だらう, でしたね, は言 16 だ, をし, をした 15 がありました, にし, になりました 14 でも, はなかっ 13 がなく, で, です, はありません 11 を知っ 10 だつたね 9 があっ, だから, は, もあつ, を言 8 はいう, もありません, もなく, を聞い, を記憶 7 があるだろう, が無い, になりまし, は言う, を

6 [14件] があり, になつ, になり, はある, はございません, は事実, は彼, は確か, もあり, もありました, もあります, よ, を思い出した, を知

5 [18件] がありません, がございません, でございました, なん, にする, になります, ね, ははじめて, は仕方, は私, は誰, もなけれ, も忘れ, を喜ん, を後悔, を知った, を考え, を訊く

4 [22件] がなかつた, が分った, さ, さえあった, だが, だったね, だと, だな, であった, であらう, でお, では, と思う, はまだ, は済んだ, をお, を思う, を申, を知つて, を聞いた, を訊きました, を記し

3 [34件] が, がねえ, がわかり, が私, さえある, だろうと, でご, でございましたな, でした, でしょうが, ですもの, に, にされ, にはならない, によつて, のなかっ, の方, はかつて, はついぞ, はなく, は前, は勿論, は周知, は決して, は知っ, は自分, も幾度, をいたしました, をする, を思いだした, を知らせ, を知る, を訊ねます, を証明

2 [139件] ありません, かな, から見, か平次, か私, か血嘔吐, があったでしょう, があったろう, がありませぬ, がありませんでした, がお, がわかった, がわかる, が何だか, が分かる, が判, が察せられる, が彼女自身, が有ります, が有る, が知れ, が第, が起りまし, じゃ, じゃありません, じゃない, だけで, だし, だったろう, だつた, だつたな, だらうが, だらうと, だわ, であつ, でございましょう, でございます, でしたな, でしたろう, ですから, ですが, ですね, ですわ, でな, で御座いました, と二つ, と思っ, などを覚え, などを話した, にしときなさい, について何, にでもすれ, になってた, になるであろう, に気がついた, ねえ, の, のいや, のやれ, の書き込み, の無い, はあるまい, はいい, はお, はこの, はございませぬ, はすぐ, はすでに, はすんだ, はたしか, はただ, はどう, はなかつた, はなかろう, はなん, はねえ, はもう, は一度, は云う, は何, は分っ, は御, は既に, は有名, は火, は無い, は申, まだ忘れ, まで言, もあれ, もなかっ, もなかつた, も事実, も無い, も知つて, も鉄砲, よりも明神下, らしい, をいたし, をおっしゃいます, をおぼえ, をお話, をすぐ, をたいそう, をみずから, を二人, を云った, を云ひなさん, を今更, を何, を僕, を告げ, を告げた, を報告, を彼, を忘れ, を念入り, を思い出しました, を思ひ出し, を思ひ出した, を思出, を想起, を感じた, を感謝, を書い, を最も, を知らない, を知りました, を示す, を考える, を聞く, を聞け, を致しました, を見, を言っ, を訊ねました, を誇り, を誰, を責めました

1 [924件 抜粋] あったに, あなかろ, あの鳥, あります, ありますか, あるか, あるよ, あんな方, いったらイグナート・イグナートウィッチ, お元, お兼, かしれない, かばかばかしい, かも知れない, からこの, からの聯想, から事件, から人形, から放送局, から此, から物, から私, か何, か聞いた, があたった, があったです, があってん, がありえたらう, があるでしょう, がある云う, があれ, がお前, がこの, がございました, がじき, がはたして, がもろもろ, がら, がわかりました, がわかれ, が一つ, が不思議, が今, が今さら, が信ぜられない, が出来した, が出来ました, が分り, が判った, が十度, が原因, が多かっ, が幾度, が思い浮かべられ, が恰も, が新聞, が明瞭, が最も, が本当, が無駄, が現に, が真済, が知れる, が素地, が解った, が記され, が誰, が遠く, が限り, が顕, こう妻, こんないい, さえあります, さえ長い, さァ, すらなかっ, すら自, そいから, そしていくら, そしてまた, そのころ, そんだから, だけがたしか, だけが変った, だけはおぼえ, だけはどうぞ, だけは告げた, だけは疑う, だけは確かめられた, だけは言い, だけを知っ, だぞ, だったが, だってもう, だとか, だね, だの勝海舟, だらうな, だらうよ, だろうか, だろうそれでも, だ氷山, ちょっとお, つちや俺ら覺, でありました, であります, であろうが, であろうと, でお世話, でございましたね, でございましょうし, でございませう, でござんしたねえ, でさらり, でしょうよ, ですのに, でないにも, でほんとう, でゲルステッカー, で今日, で充分, で十分得意, で却って, で実に, で御座いましょう, で御座いませう, で知った, で聊か, とお, とか孤独, としてこの, とそれから, とでしょう, となり, とはちがっ, とは思われます, とほめる, と和尚さん, と思います, と思はれる, と次女, と祖母さん, と言, と言つて, どんなに丈夫, ないけ, ないこんな, ないです, ないわ, ないん, なくても, なぜもっと早く, なぞはどう, なぞを思い出した, なった六角だこ, なって, などある, などがなにか, などが書い, などどうしても, などはかれ, などは打, などは無い, などもありました, なども思い出す, などを, などをおりおり考える, などを記し, などを記憶, など戦国数奇, なのに, なら仕方, なりを基礎, なんか書き立てられる, なんぞ一度, なんぞ無い, にある, にきまっ, にきめない, についていろいろ, についてである, については医学者間, についてまた, について説明, について述べた, になっちまった, になつて, にならう, にならなかった, になり兼ねない, になるで, になろう, には, にはなっ, には愕, には探偵小説好, には軽く, にもうなずかれる, にも叔母, にも賛成, によって今, によって新た, によって野, によるの, に云い, に作っ, に係り合った, に困った, に妙, に対抗, に少年, に届け, に成ります, に気がつい, に気がつく, に決まっ, に狂い, に相違, に腹, に自身, に話, に誤り, に間違い, に驚いた, ねえ太郎さん妾, ねそう, のお祝い, のと, のとめ, のと古来, のない尊い, のなか, のほう, のやれ植えつけだ, のよう, の一度, の外, の是非, の正し, の理解, の罰, の膃肭臍, の養蚕, はあつ, はあなた, はあり, はいりません, はいろいろ, はえ, はかの, はございませんでした, はしごく, はせめて, はその, はそば, はたった, はっきり分ってる, はどこ, はどんなに, はなにか, はなんと, はぼく, はまえ, はみんなほん, はめったに, はもっけの幸い, はやらし, はよく, はわかっ, はアメリカ, は一ぺん, は一家, は一生身, は一週間, は争う, は今, は以前, は何一つ, は俊子, は僕, は先刻, は八五郎, は医者, は即座, は只, は君, は夢, は大丈夫人, は如才, は始め, は実に, は将来, は少し, は屡, は平次, は庸三, は彼女, は恰も, は我人共, は捜査上非常, は数, は断じて, は日本, は明かである, は明白, は是, は是等一聯, は曾, は本書, は松平伊豆, は極めて, は次, は歴史, は死んだ, は無え, は無駄, は片, は独自, は田口卯吉著, は疑う, は皆様, は知ってるだろう, は知らなかった, は羊飼, は考え, は聽, は蘭軒, は解っ, は言うまでもなく, は認めた, は跳んだ, は近年類, は連れ, は遠い, は間違, は馬鹿げた, ぶたれるかと, まであり余る, までも知っ, まで知りぬい, まで考えた, も, もあったらしい, もありませぬ, もあるでせう, もあるらしい, もあろう, もこの, もさして, もしなにかあったら, もだんだん, もな, もないでしょう, もまた, もめずらしく, も一ツ二ツ, も事實, も再三, も劇, も勿論, も夢, も少し, も当然, も忘れよう, も思い出す, も断念, も既に, も明白, も有, も本当, も浮気, も異常, も知る, も聞かし, も記憶, も鋭敏, やって, やら, やらわからない, や其の, や平中, や父母, や自分, ゆえまっすぐ, よりほか, をあの, をいう, をいつか感, をいま, をうちあけた, をおし, をおわび, をお願い, をきちんと, をご存じ, をさとらせ, をしでかした, をしまし, をす, をすっかり, をそのまま, をたわいなく, をときどき, をどう, をなんにも, をはっきり, をやった, をやりやがった, をノート, を一度, を不審, を不思議, を世間, を予期, を云い出し, を云つた, を仕, を他人, を以つて, を伺ひます, を信じ, を口惜しく, を右大将, を告白, を喜んだ, を国外, を大, を学校, を小躍り, を年老, を引受けた, を後で, を忘れた, を忘れる, を思い, を思い出さず, を思い出す, を思い合せた, を思い起こすだろう, を思え, を恥ずかしく, を悔い, を悔やん, を惜し, を感, を懐しく, を承認, を指摘, を新聞紙上, を明白, を書いた, を朧気, を格, を残念, を気, を漠然と, を特記, を申した, を申しました, を申すであろう, を白状, を目撃, を看守, を知ってる, を知つた, を知らし, を知らせる, を示し, を粕谷, を経験者, を考えます, を考へ, を聞き, を聽, を臨終, を自己批判, を葉子, を見た, を見抜いた, を覚, を覺, を言う, を言はる, を訊かれる, を記録, を証拠立てる, を話した, を語った, を説明, を謂つたの, を述べ, を電報, 到頭, 忘れないでね, 思い出します, 恰も延暦寺, 既に云った如くだ, 更にまた, 第二, 踏まないよう

▼ だとは~ (2758, 0.7%)

107 思って 65 思ったが 45 思わなかった 36 思わない 30 思いながら 27 思われない 24 云へ 22 云えない 21 知らなかった 20 思はない 19 いえない, 思いましたが 18 思つた 17 思うが, 知って 16 思えない, 思えなかった, 気が, 言へ 14 私は 13 いへ, 思いながらも, 誰も, 限らない 12 信じて, 思いますが, 思つてゐない, 思ふが, 思わないが 11 思はなかつた, 思はれない, 思へなかつた, 思わないか, 知らずに 10 云は, 思いませんか, 思ひながら, 思われなかった, 知りながら, 考えて 9 思いません, 思いも, 思つてゐなかつた, 考へて, 聞いて 8 いうものの, どうしても思えない, 思えません, 思はないか, 思わないかね, 思われぬ 7 夢にも, 少しも, 思わないの, 思わぬ

6 [11件] いわない, どうしても思えなかった, 何だ, 僕は, 夢にも思わなかった, 思つ, 思わなかったが, 氣が, 言えない, 言って, 言わなかった

5 [17件] いっても, 云はれない, 思いませんでした, 思えないの, 思っても, 思はないで, 思ひますが, 思ひません, 思わずに, 思わなかったの, 思われません, 承知し, 申しませんが, 知らないで, 自分でも, 言えなかった, 言は

4 [26件] いうが, いうもの, お思い, だれも, 云えないだろう, 云えなかっ, 云えまい, 云ひ, 云わない, 信じられない, 思いました, 思うけれど, 思った, 思はないの, 思ひながらも, 思ひましたが, 思ひませんでした, 思われないが, 想像も, 気がつかなかった, 気づかなかった, 知らない, 知りませんでした, 私も, 聞いたが, 認めて

3 [51件] いいながら, いいません, いえなかった, お考え, この時, さすがに, ちょっと思えない, どうしても信じられない, どうしても思へない, どうしても思われない, どうしても考えられなかった, わかつて, 云い切れない, 云い難い, 云うこと, 云ひません, 云わなかった, 云われない, 今まで, 伸子に, 分って, 夢にも思っ, 彼にも, 思うの, 思うまい, 思うまいね, 思えないね, 思えないよう, 思ったけれど, 思つたが, 思つてゐる, 思はずに, 思はないが, 思ひませんか, 思わないで, 思わなかったか, 思わなかったし, 断言出来ない, 申されません, 知らないから, 知らなかったので, 知りながらも, 私には, 考えなかった, 考えられなかった, 考へつか, 考へられない, 言いながら, 言いません, 言はれない, 言わないが

2 [170件] いいませんが, いうけれど, いうまい, いえどうして, いえないであろう, いえないの, いえないわけ, いえぬ, いえまい, いえません, いえませんでした, いえもう, いえ一時, いったが, いつて, いわないが, おもうが, おもって, お思ひ, きまって, きまらない, しなかった, その意味, その時, だれにも, どういうこと, どうしても信じられなかった, どうしても合点, どんな味, なんだ, のちに, まさか思っ, まだ女, まるで気, ゆめにも, わかって, わかりましたが, サッパリ読めない, 三千代の, 云えその, 云えなく, 云えません, 云っても, 云はれる, 云ふ, 云へる, 云われましょう, 云われません, 今の, 今はじめて, 今日の, 代助, 何うし, 何の, 何事だ, 何人も, 信じない, 信じないの, 信じません, 入つて, 全く気, 全然思っ, 分つて, 判って, 実際に, 容易に, 小六から, 必ずしもいえない, 思いたくなかった, 思いましたけれど, 思いましたよ, 思います, 思う, 思うけれども, 思うて, 思うものの, 思うん, 思えないわ, 思えなかったが, 思えなかったし, 思えなくなって, 思ったけれども, 思ったの, 思っては, 思ってや, 思つては, 思つてゐた, 思はないかね, 思はないわ, 思はないん, 思はなかつたか, 思はなかつたが, 思はぬ, 思はれなかつた, 思はれませんでした, 思はれるが, 思ひたくなかつた, 思ひませんが, 思ひませんでしたが, 思ひ乍ら, 思ふ, 思へない, 思へないが, 思へないん, 思わないからね, 思わないよ, 思わなかったから, 思わなかったので, 思わなかったん, 思わなくって, 思わぬか, 思われて, 思われないの, 思われないよう, 思われませんでした, 思わんか, 思わんかね, 思わんの, 想像し, 感じなかった, 感付かなかった, 断言する, 断言できない, 断言できぬ, 断言出来なかった, 昔から, 気がついて, 気がつかない, 気がつかなかったもの, 気がつかなかつたの, 決して思いません, 決して思わない, 決して思わなかった, 申されますまいか, 百も, 直ぐ知れた, 直ぐ解つた, 知つてゐ, 知らずにかけて, 知らなかったの, 知らなかったん, 知らねえもん, 知る由, 考えも, 考えられない, 考えられないが, 自分も, 見えなかった, 見て, 解して, 解しては, 言いませんが, 言いやしない, 言うまいな, 言えないし, 言えないもの, 言えまい, 言えるであろう, 言ったが, 言はれまい, 言ひません, 言ふまい, 言わない, 言わなかったが, 言われない, 言われません, 誰の, 阿呆らしい, 限りません, 順平にも

1 [1097件 抜粋] あたし思えない, あるひ, いいかねた, いいたくなかった, いいますまい, いい兼, いい切れなかった, いい得ましょう, いうまいから, いえあまりに, いえこんなに, いえその, いえないけれど, いえないだろう, いえないん, いえなかろ, いえはじめて, いえまさか, いえまだ, いえるだろう, いえ五万枚, いえ格別, いえ無論, いえ葉子, いえ邪推, いかが, いかなる自惚れ, いかに呑気, いくら何, いって, いはない, いふもの, いへなかつた, いへぬ期待, いへ内侍所, いへ密閉, いよいよもっ, いわないだろう, いわぬ, いわれまいと, おいらに, おそらく考え, おっしゃいませんでしょうね, おどろいたもん, おもいますまい, おもえないくらい, おもえません, おもは, おもわなかった, お時自身, お綱, お認め, お銀様, かぎらぬが, かねがね誰, かねて知っ, きいたこと, きっとお, きまっておらん, きめられぬの, けっして信じないだろう, けっして考え, こっちで, この際, これ実に, さきほどから, して, すぐには, すぐわからない, ずっと後, その子, そりゃ聞えませぬ, たしかにワケ, だれの, ちっとも思いません, ちょっと誰, つきり, つきり云, つきり氣, てめえこそ, とても信じられなかった, とても信じ得まい, どうしてもいえない, どうしても嘘, どうしても思えません, どうしても思へず, どうしても思われなく, どうしても考え, どうしても考えられません, どうしても考え得ない, どうしても言えん, どこまでも, どんな場合, なかなか信じられなかった, ならないが, なんたる, なんという, はじめから, はつきり考へ, ほとんど公然の, ほれたという, まさか, まさかに言う, またいかにも, まだどうしても思えなかった, まだ云, まったくどうも意外, まったく此, まるっきり気, まるで他, みえない, むろん考え, やっと後, よく云, よく知つて, よもや考えられ, わからなかった, わしは, わたくし共思いません, われながら, ウソの, ブルジョアジー自身決して, 一向古書, 一度も, 一蓮託生で, 上田敏先生の, 下野も, 不幸年少の, 世に是, 主張しない, 予期しなかった, 云いづらかっ, 云いにくく, 云いませんでも, 云い兼ねる, 云うつもり, 云うものの, 云えず, 云えないだろうと, 云えなくなる筈, 云えませんから, 云えませんよ, 云えやはり極めて, 云えん, 云え何処, 云え小便, 云え淋しい, 云ったが, 云って, 云つてる, 云はれぬ, 云はん, 云ひ得ない, 云れず, 云わないさ, 云わなかったが, 云わぬ者, 云われないが, 云われない筈, 云われなかったその, 云われまいか, 云わ無, 今が, 今は, 今夜歩い, 他人でない, 何かの, 何たる気の毒, 何と, 何んという, 何人でも, 余程えらい, 保證しかねる, 信じたくありません, 信じたくなかったの, 信じは, 信じます, 信じられなかった, 信じられませんでした, 信じられんの, 信じ切れないの, 信じ得なかった, 俺には, 俺ら夢にも, 偽りであった, 僕も, 元より, 先生自身が, 全く聖人, 分ったが, 分ってたので, 分つたが, 分りましたが, 初めて聞く, 到底気, 前から, 勿論思ひません, 医者からも, 十分お, 十分知り, 千代乃は, 反対に, 受け取らなかった, 受け取りにくい, 受け取れなかったの, 受け取れませんでした, 口を, 告げなかつたの, 周信さんから, 問うまでも, 固より, 地方からも, 多少噂, 夢にも当り, 夢にも思えない, 夢にも思ふ, 夢にも想い至らなかった, 夢にも知りましねえ, 大袈裟な, 失敬極まる, 始めて聴く, 子供心ながらに, 存じましたが, 存じますけれど, 学生時代から, 実に不思議, 実は誰, 少しくうがちすぎた, 岸本が, 己も, 平素家族の, 弱ったネ, 当意即妙の, 彼は, 彼女の, 後から, 後に, 微塵も, 心で, 心苦しく思い, 思いあわされなかった, 思いきれなかったからかも, 思いたくなかったの, 思いつかなかった, 思いませんかったまた, 思いませんでしたから, 思いませんね, 思いません先刻, 思い得なかったが, 思うけれ共, 思うらしい, 思えないかい, 思えないがね, 思えないこの, 思えないだろう, 思えないでしょうか, 思えないほど, 思えないん, 思えなくなった, 思えまい, 思えませんけれど, 思えんしね, 思ってなかった, 思つたもの, 思つてい, 思つてや, 思つて下さる, 思つて居ない, 思つて居る, 思つと, 思はないだらうし, 思はないよ, 思はなかった, 思はなかつたから, 思はなかつたつて, 思はぬかも, 思はれたが, 思はれないお前, 思はれないぢ, 思はれない位, 思はれぬ, 思はれ無い, 思ひがけ, 思ひましたけれど, 思ひましても, 思ひませんけれども, 思ひませんでしたし, 思ひも, 思ひ込むこと, 思ふけども, 思ふこと, 思ふん, 思へないこと, 思へないの, 思へないやう, 思へなくな, 思へぬ位, 思へませんでした, 思わずまた, 思わず反対, 思わず自分, 思わないから, 思わないだろう, 思わないなあ, 思わないね, 思わないのに, 思わないよう, 思わない三人, 思わない女, 思わなかったおれ, 思わなかったでしょう, 思わなかったなんだか, 思わなかったわけ, 思わなかった自分, 思わぬよう, 思われずどこ, 思われず邦語, 思われたくは, 思われないと, 思われないね, 思われないほど, 思われないわ, 思われない加, 思われなかったの, 思われぬよう, 思われませんから, 思われませんな, 思われる, 思わんもん, 思召さぬ, 恐らく番台, 悟らなかったの, 想像し得ない, 想像出来ません, 意外千万であった, 感じた, 感じない, 感じないと, 感じながらも, 感じません, 感ぜずに, 感づきましたが, 我ながら, 承わっ, 支那では, 教えられて, 敵味方なく, 断われなかったの, 断定できない, 日ごろ親, 明かされなかった, 明言しなかった, 昔話に, 時間の, 書いて, 最初から, 松千代にも, 案外千万, 楽長自身も, 殆ど信じる, 気がつかなかったであろう, 気がつかなかったん, 気がつかなかつた, 気が付かないくらい, 気づかずに, 気づかない季節的, 気づかなかつたの, 気づく由, 気の毒千万な, 氣づかなかつた, 決, 決していえぬ, 決して云え, 決して思いませんでした, 決して思ひませんでした, 決して思われ, 決められないの, 海女は, 無論云われない, 物の, 申さぬ, 申しても, 申しますまい, 申しませんよ, 申せないかも, 申得られ, 疑いながらも, 登子は, 皆思うらしい, 直ぐ想像, 矢代に, 矢代も, 知ってるけれども, 知つてゐました, 知つてゐる, 知らないつれ, 知らないので, 知らなかったこと, 知らなかったみ直したよ, 知らなかつた, 知らなかつたん, 知らぬ人, 知られたくない, 知りますまい, 知り抜きながら, 知るまいな, 確かに, 私から, 私にも, 称って, 笠井さんも, 結局思えなかった, 結論しない, 義雄も, 考えずあくまでも, 考えたくなかったらしい, 考えついて, 考えつきませんでした, 考えないって, 考えないん, 考えませんじゃったよ, 考えられて, 考えられないだろうか, 考えられないの, 考えられなかったので, 考えられぬの, 考えられんの, 考へても, 考へないがね, 考へられても, 考へられないと, 聞きながされなかった, 聞くもの, 聽か, 自ら気づき, 自信し得なかつた, 自分に対して, 自分自身にさえ, 自覚し, 船長なかなか, 薄々感づき, 見えなくなるまでに, 見たくないの, 見なして, 見わけられないでしょうよ, 覚れなかった, 解って, 言いかねた, 言いがたい, 言いにくい, 言い兼ねるけれど, 言い切って, 言うこと, 言えないかも, 言えないけれど, 言えないの, 言えないわけ, 言えなかったくらい, 言えなかったし, 言えますまい, 言えよく, 言えん, 言っちゃ, 言っても, 言つても, 言つてを, 言はずどこまでも, 言ひきれぬ, 言ひ得ないです, 言ふもん, 言わず, 言わせられないん, 言わないでしょう, 言わぬ, 言わぬはず, 言われないつもり, 言われる, 認めかねた, 認めきって, 認めても, 認めないで, 認めなかったが, 誰しも, 誰に, 誰もが, 諦め切れないの, 貴方の, 迂遠に, 遺憾ながら, 銀座へ, 長と, 閣竜英の, 限らず某, 限らないという, 限らぬが, 限りませんよ, 限るまい, 露知らずに, 馬越も, 驚いても

▼ だ~ (2512, 0.7%)

72 親分 36 君は 20 それは 16 これは 14 僕は 13 お前は, 君の 10 僕の 9 お前さんは 7 あれは, この人, どうも, 今夜は 6 え, お前さん, お前の, きみは, それが, 私は

5 [12件] ここは, これで, どうした, 今日は, 何う, 何か, 俺は, 俺も, 僕が, 君も, 私が, 私の

4 い, きっと, ここに, それを, 何も, 八, 君, 君が, 番頭さん

3 [26件] あなたは, あの人, あれを, あんたは, おまえ, お父さん, お父様, この子, そこに, そこへ, ぢや, つまり, わかったかね, ハハハハ, 人を, 今の, 今朝も, 何を, 何事も, 俺が, 大丈夫かね, 女の, 昨夜は, 此の, 親方, 誰れだ

2 [151件] あたしたち男運が, あの娘, あの男, あんた, あんたが, いろいろな, うんほんと, えから, えこの, えで, えと手, えの, え君, え母様, おじさん, おまけに, おや狐, お互に, お前が, お前さんそんなに, お母さんの, お神さん, お首領, きつと, きみの, ここいらで, このひと, このまえ, この家, この辺, この通り, これから裏, これに, さうし, して, そいつは, そうか, そうする, そうだ, そうだろう, その中, それから, それで, それも, そんなもの, そんな事, だ, ちよいと, ついて, ですから, どうだ, どこへ, なにし, はあ応挙, へえ, まあ西洞, みぞれ, もう, もうわかった, もう一辺, もう少し詳しく, やんなっちゃうこんな, わしが, わしの, わしは, われわれは, キナくさい, ジエィン, セン, バイロンは, フフフ, 一つやっ, 一昨年の, 一杯, 世並が, 世間は, 主人は, 今は, 今度は, 今日の, 佐吉は, 何でも, 何故こんなに強情, 例の, 俺なんか, 借金が, 僕には, 先刻から, 先生, 先生も, 八兄哥, 判ったかね, 十手が, 厭な, 参拝する, 君を, 国は, 夜が, 大将, 夫なら, 失礼だ, 奥さん, 女は, 女一人の, 女房も, 子供の, 宗太郎さん, 宗教家だけは, 小林君, 小柳町は, 小父様家, 少くとも, 少し, 山の, 帆村君, 彦兄イ, 彼の, 忠志君の, 急に, 手前の, 持っても, 日本で, 明日まで, 景気は, 材木屋の, 此樣な, 殺した上, 水の, 浪さん, 然う, 玄妙観へ, 珍らしい, 番頭さんいや, 眼が, 確かに, 紬を, 腹でも, 若い人, 虫が, 行つて見よう, 表から, 親分あれを, 親分さすが, 親分は, 親分聞い, 誰が, 誰に, 諸君, 近頃は, 金之丞さん, 錢形の

1 [1769件 抜粋] ああいう, ああもっとも, ああ済まない, あたいにも, あったかい手, あとが, あなた何時も, あのコルシカ人, あの事件, あの太夫さん, あの川, あの時計屋敷, あの花魁, あの音, あぶないです, あまり贅沢, あれこそ, あれに対して, あんな無用, あゝこれ, いいかい, いいな, いかに御, いくらかに, いずれは, いったいこれからどこ, いつも速記者, いまさら一大事, いやその, いや大, いわゆる食通, うつかりし, うまく出た, えあに, えおせんちゃん, えが, えと俺, えやう, え一体, え殿様, おいしいかね, おかみさん, おとう, おばさんぼんと, おまえが, おまえは, おれと, おれ達は, お前, お前さんが, お前さんには, お前さん方は, お前といふ, お前変ぢや, お前笑ひ, お前那, お君, お奉行樣, お早う, お爺さん, お綱, お角さん, かう云, きっとあら, きみに, きれいだ, くるみか, こいつで, こういうもの, こう云う, ここじゃ, ここも, こっちじゃあ, こないだ小田と, このむかむか, この世の中, この入舟, この夜更け, この意見, この様子, この浮世, この発見, この間も, この首, こは, こりゃおつだよ, これからやって来る, これが, これまで, こわいの, こんなとこ, こんなに疲れ, こんな小さなもの, こんな遅く, ご馳走さま, さあさあ皆さん, さっきちょっと, さつき聞いた, しかしそりゃ昔, しかもこれ, しゃらくさい, じゃない, じゃ九時, すこしは, すると, ずゐぶん不便, せわしい身体, そいで, そういう人, そうしてやつ, そうぞうしい, そう云う, そこが, そして大勢兄弟, そっちが, そのうち, そのほか, その上, その他先方から, その命令, その大将, その家来, その形, その方, その異様, その辺, そりゃア, そりや, それくらゐあれ, それでまだ, それで江戸, それなら, それにしても彼所, それ狼って, そろそろ始める, そんなにまで, そんな心配, そんな汚, そ言った, たしかに壮, ただ可愛いい, たとい玉, だからといってあなた, だから好き, だがなるべく, だぜ, ちかごろ, ちっと, ちょいと, ちょっと俳句, つき染め木, つて発つ, てめえらが, でなけりや, ではね, でも貰う, で縹緻, とこう言え, とてもこわい, とにかく無数, どういう風, どうせ一度, どうなすった, どうも此路地, どうやら怪物, どの辺, なあに平凡な, なにかい, なにしろ昔, なら断念め, なんか用, にいさん, はつは, ばかに, ひと肌ぬい, びっくりした, ふられて, ぶしつけだが, ほんとうかい, ほんとだ, ほんとに好い, ぼくたちより, まあ, まあ嘘, まさか眠り病, まず小指一本, またなんて, まだ, まだ十一時, まだ細君, まア, まア此, みっともない, みんなぽ, むっつり右門, もうじき, もうすっかりいいかえ, もう東京, もしあなた, もっとも泥棒, やって, やっぱり田舎, やはりその道, ゆうべホテルの, よくまア, よく来た, わがヤクーツク造船所, わたしが, わたしゃ蛇は, アウレリウス, アレクセイおまえが, イザと, エベネザー君よ, カルモチンて, ギネ, クレーの, ケン, ゴーッて, シベリアも, ジョウ, ゼイタクだ, ダーネー君, ドカン, ハツハツハ, パイ軍曹に, フレッドさん, ヘイ何うも, ホガらか, ホームズ君, マスターは, メチルで, ヤロスラフ君, リオの, ロゴスだの, 一たい何を, 一つやつて, 一ゲエム, 一体それ, 一切を, 一大事を, 一寸遊ん, 一燻べあたつ, 一石行かう, 丁寧に, 万人が, 三十一文字かい, 三日も, 三輪ちゃん, 不思議な, 世間の, 中座のは, 丹下の, 乃公に, 事が, 二人の, 二号を, 五分も, 五點, 人に, 人事係の, 人聞きが, 人間の, 今までに, 今夜と, 今度のは, 今日, 今晩寄席にでも, 仕事場としては, 以前の, 佐田君が, 何かも, 何だか過ぎ去った, 何なら, 何の, 何んな, 何時から, 何處に, 作りあげたと, 併し, 信濃屋さんまた, 俺ァ, 健康第, 僕だ, 僕もずつと, 僕ン許のを, 僕等に, 兄さん, 兄弟, 先生その, 兎に, 全くあやまりだ, 其の代り田舎育ち, 其處に, 冗談だ, 凡てを, 出雲の, 刀は, 初めから, 別に急ぎ, 割合軽い, 勉強しない, 北川さんは, 十七姫御, 千鶴さん, 原状回復費の, 厭かい, 又一時間, 又麻雀, 取押えて, 可いね, 吃驚しちゃった, 同じ来るなら, 名吟が, 君だつ, 君君が, 君気は, 君豆腐屋が, 品が, 問題に, 喧嘩を, 困りますね, 国中へ, 坊やは, 売卜者だ, 外に, 夜光人間の, 大きくなった, 大事な, 大分左右に, 大島君, 大臣が, 失敗だ, 女でも, 女房は, 好い加減に, 妹さんにか, 妾の, 姉の, 威勢と, 婦二人は, 学校なども, 宅に, 宗匠, 実行できれ, 実際君, 家には, 容貌は, 寧ろ, 小串の, 小松の, 小母さん, 小野さん僕の, 少し派手, 尤も金, 山林を, 己の, 師匠の, 帰つたらさう, 平手さん, 序に, 弘われわれも, 彼女が, 待って, 御主人, 御用は, 志だ, 思い切りの, 悪いこと, 意久地も, 愛宕の, 憂き世, 我輩なぞの, 手型を, 打棄, 持ち次第, 搗き染め木, 支倉君これで, 教室へ, 文楽お, 斯んな, 新情婦, 早くそれ, 早く言いたまえ, 明日内部を, 昔の, 昨夜主人に, 時々そんな, 時刻が, 暫く御無沙汰, 書き直すん, 月夜の, 木元君は, 本当にしょうが, 本当に怖い, 杉田の, 東京の, 松永君は, 業さ, 様子の, 次郎, 此れ, 此頃は, 歯は, 殊に親, 母上は, 気に入ったろう先生, 気持よく, 決して不自由, 泉ちゃんお, 洒落に, 海水浴も, 清治さんの, 潔く外, 灯りも, 熱は, 燧が, 父さんも, 牝鶏さん, 王子が, 現実暴露幻滅, 生活の, 田川さんお上がんなさい, 男の, 病人の, 病院から, 癩者が, 白髪の, 皆さん, 目が, 相変らず考え込んでる, 相變ら, 眠らして, 石滝で, 神島に, 私たちの, 私にゃ, 穴ぐらの, 競爭を, 等と, 築地小田原町で, 紙入が, 結局の, 羊の, 習慣という, 聞いたよ, 肝煎だ, 能く, 腹を, 自分より, 舟が, 良人の, 芸のね, 若くて, 荒れて, 落とし穴の, 虚子に, 行きたけりゃあ, 袂を, 要するに, 見得坊, 親分の, 触らないでよ, 許して, 試して, 誠にはやなんとも謂われねえ, 読方かね, 誰一人も, 諸君この, 豊子さんに対する, 貴方の, 賣り上げ, 足許が, 身勝手な, 近いうち, 返事を, 道を, 道樂は, 遠方ッて, 那女に, 酒が, 金が, 金や, 釣堀だ, 鋤って, 長壽も, 間違いが, 関取外の, 随分だらし, 隨分彼奴を, 雪国の, 面を, 面白くも, 顔立や, 首尾はと, 馬鹿だ, 騒々しい, 鬼魅が, 鳶が, 鷺太郎君, 黙りか

▼ だつた~ (2504, 0.7%)

124 と思ふ 104 でせう 95 かも知れない 67 に違 56 らしい 54 といふ 49 と思ひます 47 と云 45 といふこと 44 からである 42 と言 41 から 39 かも知れません 32 であらう, に相違 27 が, と見え 24 からです 19 とすれ 16 にち 15 とおも 14 かもわかりません, と記憶 13 といふの, といふ事 12 かもしれない, のかい 11 かも知れぬ, からだ, としたら, にし 8 からこの, からな, からね, らしいの 7 では, とする, と思, と覚え, ならば, らしいが 6 から私, と, という, といふやう, といふ話, と云つて, と私, と見える, と言つて 5 かも知れなかつた, からであらう, からなあ, から僕, といふぢ, と思はれる, など言, ね

4 [17件] からかも知れない, からさ, からで, から直ぐ, から鴨, がその, がな, がね, さつ, といひます, といふ意味, と信じ, と覺, にしろ, にもせよ, のぢ, らしいこと

3 [31件] あね, うれしかつ, かもしれぬ, からあなた, からその, からでせう, からとても, から誰, が彼, が私, といふ人, とみえ, と名, と後悔, と思う, と思つて, と思召, と気, と申します, と考へ, と考へる, と聞く, と聽, と言ふから, に, にか, にせよ, に違げ, のかね, のだい, らしいから

2 [88件] うまい酒, うら, かも知れませぬ, からいづれ, からこれ, からすぐ, からそれ, からそれで, からそんな, からだらう, からのこと, からまた, からもう, からネ, から仕方, から別段, から女, から彼, から朝, から樽野, から独り, から砂, から自分, から芝居, から近所, から道具, から酒, がある, がこの, がそれでも, が今, が伯母さん, が何, が祖父, さう, さうなが, じや, そしてよい, そして私, その中, たとへ, でねえか, でも更け, とある, といはれる, といふ感じ, といふ記憶, といふ證據, とか云, とその, とのこと, とも言, とやう, と共にやはり, と存じます, と彼女, と心, と思います, と思つて幽か, と思はない, と思はれます, と思へる, と母, と氣, と申すで, と答, と考へられる, と聞い, と見, と見えます, と規定, と言う, と話, なら, には相違, にもか, にもしろ, に過ぎない, に違い, もうどんな, らしいと, らしいん, らしい樹明君, らしく福子, 吹く風, 小桜, 小櫻, 少くとも

1 [878件 抜粋] あたま, あの熊岡さん, あの美しい, あの若い, あの黒人, あぶないこと, ありがたい雨, ありがたしありがたし, あんな人, あゝ, あゝ三人, あゝ生れた, いかにもうま, いひか, いよいよ俺達, いろ, うまい鮒, うれしい酒, おちつける日, おとなしくこ, おとなしく十時ごろ帰つて熟睡, おとなしく解散, おテイちや, お勢, お喜代, お小夜, お朝, お直, お豐, お辻, かういふ一日, かういふ宿, かえ, かとすぐ, かなり冷, かなり年増, かの女, かもある, かも判りません, かも忘れた, かも知れず, からあれ, からいくら, からいつも, からいろいろ罪, からお前, からかう, からかんかん, からきつ, からこんな, からした, からた, からたいした, からだつた, からつい, からつて, からでした, からと此方, からどうやら, からなか, からねえ, からばかりで, からもしか, からもはや, からゆめ, からトッ, から一向に, から一笑, から七郎丸, から両側, から今, から今二十五才, から今晩, から仔細, から会話, から何, から何処, から作り阿呆, から俺, から健康, から僕ら, から光秀, から八郎, から其の, から別に, から別れ, から勉強, から医者, から単行本, から卷い, から友達, から周子, から四谷, から坐つ, から堪り, から多量, から大して, から大丈夫, から太, から女敵討, から好かつた, から妄り, から姦通事件, から安心, から官, から定吉, から家, から寒い, から小説, から少々, から左, から幕府, から御殿, から念, から恰度丑, から探し, から早い, から早速, から更に, から止める, から武藏, から母親, から決して, から洋刀, から混沌, から演説, から無, から然, から父, から猶, から現に, から白く, から直ちに, から相手, から真実さ, から祭り, から秋, から竹包, から笹, から腹合せ, から與吉, から苦心, から行き詰り, から西洋料理, から規律, から諸方, から讀む, から遠く, から避難所, から錢形, から雨, から飯, から鴨ロオス, か今朝, か名, がおんつ, がすぐ, がそれから, がため, がと今日, がと思ふ, がどうして, がどこ, がねどうも, がねむれない, がふと, がもし, がよく, がヴァンデラー夫人, が人事, が何れ, が全く, が口前, が家持, が幸, が幾つ, が後, が愉快, が指先, が揃ひも揃つて字余り, が昨年十畳一室, が更に又, が東京, が母, が滝尾, が突然, が芥川, が蒔, が話, が賭博, が遊び半分, が間もなく, が香り, きつと, ことに折, ことに深い, この涙, この離座敷, これからは, こんなで, ごとく姐, さうし, さうなの, さしみ, さびしいな, しかしああなれ, しかしその, しかしそれ, しかし脱線, しかし酔, しよう, し要求, すぐその, すこし頭, そこでおの, そしていろんな, そしてさびしいかなしい, そしてその後彼, そしてバラツク式長屋, そして友人, そして嬉しい, そして手, そして樹明君, そして炭, そして翌朝, そして酒, そのくせ, その人, その夫, その日僕達, その通り, それから水, それだけ嬉しく, それでも彼, それほどうまい, それほど良, ぞ, ぞ貴様, たしかに私, だ, だいたい友, だから冬ちやん, だけに一寸, だけに大, だけに彼, だけに滅多, だけの関係, だのリディナ, だらうか, で, でしよ, ですが, でまだえらく, でも話し, とあの, といいました, というの, というよう, という安ど, といつた, といふおま, といふお隣, といふさすが, といふぜ女, といふだけのこと, といふのぢ, といふもの, といふわけ, といふ下女, といふ事實, といふ印象, といふ平原, といふ所伝, といふ木場, といふ條件, といふ母親, といふ気休め, といふ浪人北田淺五郎, といふ牧師さんだつ, といふ甚だ, といふ老女, といふ自覚, といふ近所, といふ風, とおぼえ, とかいふそんな, とかいふ話, とかそれ, とかつて, とかで, とか世話, とか伝聞, とか臍, とか言, とか階段, ところが娘, ところが花泥棒, としては少し, としてもその, としても俺たち, としても単純, としても婚約者, としても家康, としみじみ, とするなら, とそんな, とつくづく, とでもいはう, とにかく事こ, との事, とはあんなに, とはいへ, とは思, とは思はれません, とは思へる, とは想像, とは教, とは殆ど, とは皮肉, とみな, とも, とも云, とも伝へられ, とも思はない, とも知れた, とやらで, とよ, とスタンダール, と三ちやん, と云つたの, と云はん, と云ふから何れ, と云ふつ, と亡き, と今日明らか, と今頃, と仰, と伝えられ, と先生, と共に, と共に彼等, と共に藝術作品, と判じ, と判つて, と口惜し, と呉昌碩, と嫂, と察, と後で, と忘れ, と思つた時, と思つて想, と思はれ, と思ひ, と思ひ込ん, と思ひ込んだ, と想像, と憤り出し, と扇, と推理, と木村重吉, と気がついた, と気づきます, と気づく, と片づけ, と瑠璃子, と申す, と知, と秘か, と繁夫, と聞いたら, と聞かれる, と艶子, と見なけれ, と見るべきである, と見れ, と解り, と言つて來, と言ふよ, と認め, と語, と謂, と車夫同士語り, と駿介, と驚かれました, どうぞ彼, なさけない事實, などといふ説, などと例, などと話し, ならそれ, なら其の, なら奇異, なら徳利, なら間食, なんて安直, なんて断り書き, にすぎない, にと云つたの, には違, にもしろだ, にも関ら, に対して一人, に繋らず, に過ぎぬ, ぬくたらしいほど, のだから, の葉, はだ, ばかりでなく, ぶらりと釣竿, ほどよく飲ん, ほんに年, まことにおだやか, まことに意外, またの, またよい, まだ沸い, めでたくも, めでたしめでたしめでたし, もつともその, もつとも熊本, ものでこの, もので谷村さん, もの返せやしない, や, よ, よいよいよいとなあ, よい道づれもあつた, よい酒, よすぎる, らしいけれども, らしい四畳半, らしい四疊半, らしい石段, らしくお, らしくその, らしくなほ江戸氏, らしく主取り, らしく今, らしく大きな, らしく妙, らしく延寶四年, らしく滅多, んださうだ, 中學時代, 何と手間取, 何故と, 出來, 初世, 勧められるま, 大氣, 女生徒, 嬉しい事, 小さいお嬢さん, 小さい発動機船, 待つもの, 御家来たち, 御足, 思ひます, 我といふ, 折角一室一燈一人, 故に諸君, 早くから床, 早く牡丹餅, 時々ちよい, 暗い心, 書かずには, 未だ親父, 某先輩, 某博士, 殊に一室一人, 涙ぐましい酒, 無論赤毛布, 生きてを, 疑り深い, 皆三, 知らず識ら, 短い一生, 程それ程, 約一年間滯在, 縮れつ毛, 美しい太陽, 若いだけ, 若い友人, 若い藝者, 若くて, 落ちつけた, 裁く自己, 諸重臣, 貸端艇, 超現實主義, 追うても, 這入りながら, 遠い昔, 重いもの, 阿母, 飲みすぎたので, 飲みたいとも, 鳴く鳴く歩く歩く

▼ だ~ (2387, 0.6%)

150105 だん 90 です 63 だを 53 だらの 44 だよ 42 ですか 3735 だろう 34 べい 33 だから 32 じゃない, べえ 30 をし 27 ですよ 22 だね, だら染め 21 ごを, だらぞ 20 がならない 19 だが, だ踏んで 17 でしょう, な 15 だらに, ですが, になる 14 ね, をしない 13 が, ご, ですから 12 ごに 11 では, を見すまし 10 ごの, だぜ, ですって, のならない, はならない 9 じや, だそう, だら模様, だら縞, ですね, ぶくろ 8 がな, じゃありません, だと 7 ができない, して, じゃあるまい, だな, だらう, ですもの, の下, はできない, はできません, をする 6 いんの, ごは, だけれど, だら染, なあ, のない, のならぬ, の上, べか 5 ですがね, ですけど, ですぜ, ですってよ, どりを, はなりません, をした, ネ

4 [17件] からおっ, がならぬ, がなりません, ごだ, じゃねえ, す, だって, だふん, だもの, だら幕, だ踏んだ, ですからね, ねん, の実, の木, べが, べな

3 [27件] か, がつい, ごが, ご屋, しました, じゃ, じゃあない, じゃないでしょう, だからね, だからねえ, だぞ, だという, だろうと, だ踏みながら, でしょうか, のよう, ぶつ, べぢ, べなえ, べエ, や, やな, をおり, をのぼっ, を仰っし, を降り, 高くなっ

2 [80件] いんと, かへ, があった, がある, がない, がならねえ, ごである, ごです, ごでも, じゃなく, じゃよ, じゃ無え, するん, だあ, だおれ, だからな, だがね, だけど, ださうだ, だし, だそれ, だとよ, だなあ, だら団兵衛, だわ, だ相, だ落着, だ踏んだが, ちょうとユウ子ちゃん, であります, でござんす, でしょうが, ですかね, ですけれど, ですつて, ですとさ, でも, なあゆ, なお, なが, なきよう, なさま, なば, なもの, なら何, になっ, になつて, になれ, に減っ, に登っ, に話し合っ, に速め, に遠ざかっ, に開け, ねそ, ね猫, のうえ, のうとる, の気, の花, べいか, べいと, べいよ, べえと, べえな, べー, もできない, やろ, をあがっ, をおりる, をきい, をさせ, をしました, をつけ, をみすまし, を上がっ, を見, を言, を言い合っ, 高いところ

1 [655件 抜粋] あそばしますな, あのマーシェンカ, いんが, いんに, いんは, いん五, いん六人, かいう, かえ, かの, からじつに, から相当, があっ, があり, がありました, がいしてきた, がう, がご, がたちどころに, がつく, ができなかった, ができませんでした, がと, がなかっ, がなく, がはれつ, がまとまらない, がよかっ, がんがんがん, がナと云った, がナと言った, が出来ない, が提灯, が本統, が罰せられない, きすの, ごうらし, ごか, ごだろう, ごなど, ごにし, ごふかし, ごみたい, ごや, ごやらない, ごやる, ごやァる, ご五味, ご召し上がっ, ご夕飯, ご小, ご汁, ご茶屋, し, したが, した方, しとったん, しよう, しようじゃ, じけん, じゃあねえや, じゃあるめえし, じゃが, じゃが谷元, じゃございません, じゃなかろう, じゃねえです, じゃア, じゃ前方, じゃ小火, じゃ折角, じゃ無い, じゃ隠居, じょう, じょう原, じ候所ハ, すが立って, すぐれて, すする馬, すその, すとしての, すなども, すに, すること, す幾箇, ずつのぼっ, ずつ階段, そういう事, その時代, たかい将台, たかい身分, たかい部屋, たかく金めっき, たん, だある, だいうまでも, だおうぎゃあ, だか, だがなあ, ださ, ださうです, だして, だただ, だだだー, だだの, だったかな, だったね, だっぺがな, だっぺけ, だつて, だつて言, だといふ, だとかいう, だとばっか, だど, だに, だにんじん, だねえ, だふむやら, だふむよう, だふんだ, だらうと, だらが, だらじま, だらだった, だらで飴, だらま, だらも, だらジャケツ, だら下り, だら坂, だら怪人, だら日, だら染等, だら棒, だら模樣, だら浴衣, だら渦巻, だら織ですから, だら雲, だら青年, だろうか, だろうどうして, だろうね, だろう気の毒, だわね, だわよ, だんだん, だんだんだ, だん後, だん熱心, だ僻んでから, だ冗談, だ出来星, だ跛, だ踏まぬばかり, だ踏み足ずり, だ踏んだこと, だ踏んでも, だ踏ン, ちょうとだ, ちょうとポケット小ぞう, ちょうと木村くん, であったかも, であったの, でございます, でございますか, でございますわ, でござんしょうな, でしょ, でしょうね, でしょうめッ, でしょう僕, でしょう雌, ですからねえ, ですがねえ, ですそうすると, ですぞ, ですってね, ですと, ですのに, ですわ, でなきゃどこ, で御座いますのに, ということ, という木, とおんなじ, とこの, とこんど, とすごい, とずうっ, とにぎやか, とまた, ともつかぬ, とものすご味, とゆうべ, と仰向けざま, と力, と地ひびき, と好かろ, と好みませう, と山下, と弾み, と忝, と振うだろう, と昂, と明け, と禁じられる, と美しく, と複雑, と見もの, と青く, どりが, どりじゃ, どりで二人, どりよく, どんどんどんどんと, なあ何, ないの, なかい, なごめん, なさるまいぞ, なさんざ, なだんな, なったらだんな, なってたらちょっと, なと, なとき, なとやらがこの, なと賞賛, ならしくもねえこっち, なら拝んでも, なんとも恐懼, なア, にあそび, にいちいち, にいつた, にかけ, にこれ, にし, にしたがっ, にすれ, にせきた, にせり下げ, になった, になったら, になり, になります, にはなん, にぶらさがりました, にもなった, にやつ, にわかっ, にパッ, に低く弱く, に体, に何, に分かりかけ, に口, に各区, に吹きおろし, に回復, に圧迫, に大きく, に寄せ, に専門, に少し, に広がりはじめた, に広まっ, に廃れ, に快方, に手繰っ, に拡がる, に数, に普遍的, に東京, に気, に流行らなくなっ, に浸す, に消え, に深み, に混濁, に温度, に王, に現在, に生まれた, に痩せおとろえ, に発育, に私, に粗い, に糸, に細く, に綾瀬, に緑, に花, に落ちつい, に衰え, に衰微, に裏町, に解っ, に言える, に言つたの, に進化, に遠く, に遠ざかつ, に醗酵, に集まっ, に離れ, に音楽, に騒ぎ出し, ねと云っ, ねはつけよ, ねんした, ねんどう, ね先生, のえ, のかべにおそろしい, のききかた, のぎしき, のけっか, のすき, のできない, のできぬ, のとち, のならねえ, のほう, のぼりました, のまわり, のや, のやう, のよふな, の中途, の仇, の信用, の化け, の変り, の実は, の實, の強味, の急務, の憎しみ, の敏捷, の枝, の樹, の水音, の白い, の考究, の衝動, の跫音, の途中, の風致, はし, はすこしも, はする, はなりませぬ, は三七どの, は五万クラウン, は同じ, は大, は太政官, は幾重にも, は折り合う, は申し上げた, は禁物, ばかりし, ばかりでなく, ばかり直, ぶくああ, ぶつ座敷牢, べいが, べいなす, べいめ, べいや, べお, べかとまあ, べかと思つて, べから汝そつ, べけまあ, べさ, べそんな, べなあ, べなまた, べなんて, べね腹立たせん, べのさ, べのに, べや, べよ, べ一口, べ俺ら可, べ兼さん, べ兼さん等自分, べ寄せん, べ爺, べ直ぐ, ほどすべり落ちた, ほめ, まずいと, まつて, まであがっ, めかしたわび, めさるなよ, もある, もぐつてしまひました, もこんなにふと, もなく, もなくはりきっ, もなさらない, ものぼる, も咲かう, も戦後, も承り, やけど, やさかい, やし, やつて, やで, やない, やらうが, やろお父さん, や灌木, よ, らしいの, を, をいたしません, をうけた, をお, をおしえ, をおりた, をおりれ, をかけあがっ, をきめる, をくれ, をころがる, をさせよう, をさせる, をしたら, をしたらしい, をすれ, をせり上げ, をそのまま, をとびおり, をなさいます, をなさらない, をはなちました, をまた, をもっ, を上, を上っ, を下る, を二百ポンド, を云っ, を創る, を去っ, を彼女, を往来, を御, を植え, を申した, を申しました, を聞い, を聞いたら, を見よう, を試み, を通っ, を開い, を降りる, 低いところ, 低い土間, 低く, 出来なくなって, 取が, 受けついだと, 大きくなる, 大した値打, 寒く雪, 小高いところ, 少なくなり, 強し, 快くな, 思い出して, 澄みわたる, 片なぞ, 立ちまさって, 美しくホホ, 腫れたり, 踏むと, 近づいて, 退げ, 違う世帯, 遠い彼方, 遠ざかって, 頑張るであろう, 高い優れた, 高い座, 高い框, 高い神界, 高くなった, 高くなり, 高く尊敬

▼ だつて~ (2301, 0.6%)

964337 さう 16 そんなこと 14 いいぢ, もつと, 同じこと 13 いふこと, 考へて 11 そんな事, 好いぢ 9 さうだ, やがる 8 あの人, いふぢ, さうなん, ちつとも, ねえ, 何だつて, 本當 7 おめ, さうぢ, そんなもの, ネ, 驚くで 6 あの時, ありは, いいん, こんなこと, さうで, その方, だつて, なん, ば, よ 5 さうです, た, もう, 同じ事, 持つて, 見て, 阿母

4 [17件] あの方, あの男, いい, いいの, いふん, おつ, さうだよ, しやう, ゐるの, 出て, 同じだ, 或る, 生きて, 若い時, 見たこと, 驚きますよ, 黙つて

3 [31件] あの女, あると, あんなもの, いいさ, いいで, いいのよ, いいよう, えぢ, この頃, こんなところ, こんな事, さうである, さうよ, そうで, そのため, その人, その位, ないの, なかつた, やらうと, をかしい, 何だつて関, 別にそれ, 動きはじめた, 同じやう, 大きく成る, 好いわよ, 少しも, 怪しくない, 覚えて, 訊いてるん

2 [115件] あたくし, あのお方, あのひと, あの中, あの家, ありません, ありや, あんなところ, あんな奴, あんな男, いいから, いいが, いいとまで, いいやう, いふと, いふやう, いふ気, いふ証拠, えの, おとつ, おまい, お宅ぢ, お居間, お遍路さん, かうし, かうして, かうな, このひと, この女, こんだ, さうい, さうだに, さうだらう, さうですよ, さうですわ, さう云, したこと, して, そのこと, その事, その場, その言葉, そんな風, つれて, どうかする, どうしてなかなか立派, どうせ誰, どうなる, どんな事, ないだらう, ないとは, なかつたとは, はつきり, も, もうぢ, もう十五日, も來, も最少, も綺麗, やれない事, わかりますよ, ゐた, ゐないん, ゐやしない, ゐるあの, ゐるに, ゐるもの, ゐるやう, をばさん, 今ぢ, 出られないん, 出来ない事, 出来るだけの, 出来るわよ, 口惜しいぢ, 同じぢ, 吹いて, 困るぢ, 垂れるであらうそんな, 大したもの, 大ちやん, 小さい時, 小父さん, 平氣, 弱い心, 怒りますわねえ, 怖いん, 悪い気持, 惚れて, 慣れぬといふ, 書いて, 有りやしないん, 歩くの, 殺して, 無エ, 知らない筈, 知りは, 考えたこと, 聞いた, 自惚, 要らん筈, 見當, 詰らないぢ, 話して, 認めて, 負けるもの, 進んで, 遅くは, 阿母さん, 降るだらうさ, 面白いこと, 面白くない, 驚くだらう, 驚くもん, 驚くよ

1 [1424件 抜粋] ああいふ, あきらめては, あつしと, あつしを, あながち女, あのね, あの仁王樣, あの光景, あの子, あの日, あの時僕, あの病院横町, あの納屋, あの芸者, あの通り喧嘩, あの際, あの風習, あの鬼, あらうが, ありさうな, あります, ありますわ, あり得るの, あるかさ, あるから, あるん, あんないし, あんなで, あんなに云つて, あんなに見つ, あんなスヰート・メロンみたい, あんな女の子, あんな怖, あんな氣, あんな綺麗, あんな解つた人, あんな鳥, あんまりお, あんまり上手, あんまり馬鹿, あゝも, あゝ速く, いいね, いい事, いい訳, いうけれど, いくらよんだ, いくら当人, いつもそれ, いはれるぜ, いひました, いひやす, いふぜ, いふ事, いふ評判, いまどきそんな, いやがるの, いろ, うつちや, うろつくの, えこんだ, え意気, おかしいじ, おせいち, おとなしいお, おなじことぢ, おもしろいもの, おんなじこつた, おんなじ事, お兄さま, お内儀さん自分, お午, お喜び, お姉さま, お幾ら位, お昼間, お母ちや, お氣, お玄關, お肚, お見舞, お門, かういふこと, かういふ話, かうと, かこの, かまわないわ, きかねえん, きびしいレーダ網, くだらないでし, こげたので, このやう, この丘, この土地, この子, この男, この節, この花瓶, この連中, この題目, こりや, こんだよ, こんなお話, こんな下らん, こんな人達, こんな古風, こんな好い, こんな念入り, こんな時分, こんな池, こんな若い, こんな裁判, こんな變, こんな陰気, ございませんわ, さういふ場合, さういふ理由, さうさ, さうだけれど, さうだはじめて, さうだ悄気, さうでございます, さうでなけれ, さうなれ, さうむつかし, さう思ふだらう, さう悄気, さう答, さう言つて, さしたり, さつき申しあげた, さもその道, しますわ, しよつちう自分以上, すこしは, すて, するわ, する気持, ずつと前, せいぜい二三種, そうしない, そう己惚れてる, そのうち一人, そのやう, その仲間, その口笛, その巣, その時間, その気, その犠牲者, その要領, その辺, その餌, それから髪, それつきり, それとこれ, そんなことぐらゐ, そんなに人情, そんなに燒, そんなに長い, そんな不思議, そんな事言つて, そんな例, そんな呑気, そんな少年達, そんな戦き, そんな無法, そんな真似, そんな置き, そんな話, そんな鞘当筋, そんな馬鹿, たいしてありやしない, たしかに危険, たださう感じて, たつたいま, たまりやしねえからな, だから俺, ちつと, つかないぢ, つまらないと, つまらなくなる, つまりさ, できましよう, できやしないん, とてもいま, とても可愛く, とどきさうに, と殆ど同時にもう, どうしてそれ, どうする, どうせ変, どうぞシラバツクレ, どうにもなり, どんなこと, どんな事情, なあ, ない, ないぢ, ないとしい, ないわけ, ない決して, なかなかの, なまい, なりたいもの, なれて, なれるだらうね, なんとなくかう, なんにも云, ねいま, ねえ昨夜, ねほんとに, ね兩國, ね吐いた, ね太, ね生憎, ね親父, ね隱, のうのう寝られやしない, はしたない大人, は日, ばそんなに, ひどいの, ふうんと, ほ, ほんと, ほんとに愛してる, まあ厄介, まさかソクラテス, まさか君, まさか自分, またその, まだいくら, まだその, まだ一度, まだ奪, まだ死にたい, まだ誰, まるでけ, もうい, もうけた例, もうそろそろ欠乏, もうとうに, もう七ツ, もう今日あたり, もう十一時すぎ, もう寝, もう暫くお, もう狐, もう知らない, もう釣瓶, もお, もさう思ふ, もしほんとう, もその, もつてつ, もねそんな, もまあ, もネ梅子さん, も事実, も何, も其御仲間ぢ, も勿論, も大きく, も學校時代, も左様, も昔, も来, も狙つた穴, も矢張左様, も私口惜貴女, も聞かなき, も道徳, やはり同じ, やはり神様, やりも, やれる自信, よく洗つて, よく調べ, よそんな, わかつ, わかりやしないのよ, わかるには, わざと遠く千本濱, わるいとは, ゐない, ゐは, ゐやしないさ, ゐるだらういくら, をかしいんだ, ネ罰, 一杯やる, 亡くなつたしね, 人間らしくない, 今払, 仕入, 仕樣, 仰有, 似たやう, 何しろ避難民, 何だか牛, 何だつて毅然, 何時も掛け, 信ぜられませんはねえ, 働いて, 元來, 入れること, 其の位知つてら, 凄いわねえ, 出かけたやう, 出せは, 出ないとも, 出られるぢ, 出来たのに, 出来ますもの, 出来る, 出来ると, 出来るわ, 分かるでせう, 分りやしません, 初めん時, 別に惡, 別れたくない, 効くめ, 動かねえ, 化けて, 反つて賑やか, 取る權利, 口惜しいと, 可愛らしい娘, 同じもの, 同じ様, 同樣, 吝まず, 呉れ, 呑む氣, 噛みつき相, 困つて身動き, 困るし, 困るなあ, 固まりかけて, 在れば, 堪るもの, 外れツ, 多少は, 大きな聲, 大したこと, 大した差異, 大そう, 大箆棒, 好いから, 好いのに, 好いもの, 好い心持, 好い話, 好く知つて, 好んで, 威張つて, 嬉しくも, 定まつ, 実はちつ, 寄せつけは, 察して, 小さい殼, 少し讀める, 居ります, 居る, 左様ぢ, 広げられるわけ, 弱いけれど, 後で叔母, 御友達, 御客, 御老中, 心から私, 忘れませんよ, 怒るぢ, 怒るわけ, 怖いので, 怖しい, 怖れる, 思はない, 思ひますよ, 思ふわ, 怪しからう, 恐いもん, 悪いこと, 悪い気分, 悪く云, 悲しくなつ, 惜しいのよ, 感じられるし, 憎い繼娘, 成りますか, 或考, 打てば, 折角戴いた, 持ちあ, 掴みますとも, 描いて, 撃てるよ, 斬られ手, 早く寝, 暗い森, 書けやしないぢ, 書けると, 有りは, 有り得るわけ, 望んで, 来た事, 案外話せる, 止まらなければ, 歩けたものぢ, 死ななくては, 死ねる, 残しやしませんよ, 気づかれるやう, 気強い事, 決して寛仁大度, 沢山ある, 泣きますわ, 泣く筈, 泳いで, 済まねえ, 湧きも, 点頭き合, 無いや, 無數, 然し今, 片付く訳, 甘いもの, 生えて, 生きた己, 生き殘つて, 留められるよ, 盗まれた事, 眠くなる, 着たこと, 知らない, 知らないで, 知らなかつた, 知れずには, 稼ごうと, 第一条件, 細かしい仕事, 縛らなかつたん, 美しいので, 羨ましく思はない, 考へだつて, 聞いたから, 聞いたら八匹, 聞えまさア, 聞える日中, 聞くの, 臭くつて窮屈, 良くも, 色々の, 若い時分, 若しか, 苦しいん, 落ちついて, 行かずに, 行くわ, 行けるぢ, 褒めて, 見あたらないこれから, 見す, 見つけしだい, 見やう, 見付けるに, 見當位, 覚えてや, 解るがね, 言うわね, 訝しいわ, 話した事, 誇が, 読んでも, 讀めますよ, 貴樣, 起き上つて戦, 踏み込めない母さま, 送れるも, 逃しやしませんよ, 通るわけ, 遣つて, 避けたいの, 重くも, 長くゐたく, 開ける事, 附き合, 青い壁, 面白くないだらう, 頼まれでも, 飛んで, 食べないん, 食べるの, 飲めるの, 驚きますぜ, 高々十五ノット

▼ だつたの~ (2285, 0.6%)

679 です 256 である 2479883 でせう 34 だらう 32 だが 312725 かも知れない, に違 24 だと 21 であらう 19 では 18 だから 17 ですが 14 かも知れません, であるが, ね 1312 だらうか 11 だらうと 9 ですか 8 かしら, でございます, を私 7 かな, であります 6 かもしれない, ださうである 4 かい, かと思ふ, ださうだ, だよ, でございませう, でした, で御座います, にもう, に相違, ねえ

3 [16件] かそれとも, か知ら, が, があと, が次第に, だけれど, だし, だな, だなう, だらうね, だろう, だろうか, でございますね, ならば, には違, は僕

2 [31件] かいつも, からし, か明瞭, がその, がまた, が不和, が今, が段々, が無理, だけれども, だその, だなす, だらうが, でございますから, でございますが, でございませうか, ですから, ですけれども, ですと, ですね, ですもの, ですわね, で先生, に惜しい, に気がつい, はこの, はその, は河童, は言, は誰, を幸

1 [362件] かいや, かえ驚いたな, かお, かかう, かくたばり, かしきりに, かしらわたし, かしら久しく恋し, かしら前, かしら惡魔, かすまない, かすらてんで, かそいつ, かそれ, かそれさ, かということ, かといふ, かといふ考, かとその, かとたか子, かとふう, かとほつ, かともゆき子, かともん, かと二ツ三ツ年, かと云, かと兼, かと孝次郎, かと富岡, かと小説家, かと彼, かと彼女, かと思はせられる, かと思ひはじめ, かと思ひ出した, かと急, かと正視, かと無量, かと獨, かと考へ, かと聞いた, かと言, かと隆吉, かと驚いた, かどう, かどこ, かなあ, かなんとも, かね, かねえ, かふと, かまだ, かもしれません, かもわかりません, かも知れず, かも知れなかつた, かも知れぬ, かわからなく, か何處, か兎, か又, か思ひ出せなかつた, か手數の, か珊五郎, か現, か畜生ツ, か知れない, か私, か精確, か自分, か解らない, か誰, か道理, がいつの間にか, がつき, がなにか, がひどく, がもう, がら, がシットリ, がペン, が一段と, が不, が何, が俄, が其場, が出ない, が分つた, が卒業間際, が却, が去年, が反撥的, が天井裏, が夫, が実感, が寫眞, が帰り路, が幸福, が幾つ, が後, が怎, が恥しい, が或, が明治, が暇, が本数, が案, が此, が永, が江戸, が淺田屋, が用途, が當時, が紫田彈右衞門, が落, が複雜, が變化, が離れ, じや, その時, だお, ださ, ださうです, だそこ, だつた, だといふ, だところが, だとも, だなと, だね, だらうから, だらうけれど, だらうその, だらうなどと, だらうに, だらう兄, だらう四十年前, だらう握つて, だらう銀, だろうあれ, だろうと, だ信じます, だ山頭火, だ己, だ広い, だ最初, だ眼, だ私, でありました, でありますが, であり又, であるそして, でお婆さん, でかう尋ねず, でございましたのに, でございませう一向に, ですお, ですかい, ですかと, ですからね, ですけど, ですちようど病後, ですの, ですのね, ですよ, ですエアさん, です殊に, でそれで, でたうとう, でなく後, でね, でも, でよく, でタクシイ, で一つ話, で久しぶり, で何事, で其, で向, で吻, で夫, で左, で左手, で後, で御, で御座いました, で御座いませう, で御簾, で愕, で書記室, で楽屋, で樽野, で殿様, で気, で海原, で滝, で爲事, で球江, で町役人, で知られ, で穴, で自分, で落ちつき拂つて, で蓼, で行きたい, で郵便局, で隅, で顔, で黒猫みたい, となるべく, と宜, と朝, と違つて, と頭, なら自分, にあなた, にあゝ, にいつ, にいつの間にか, にお前, にす, にその後, にち, にと云, にどうして, にどうも, になぜ, にね, には愈, にひき, にみんな七・八合, にもよるだらう, にも関ら, にやはり, によ, に一勢, に三学期, に云, に今夜, に今度, に今度帰つて, に今日, に何, に俺, に加, に努め, に反し, に外, に少し, に引き, に彼, に後, に忽ち, に捨て, に明らか, に曇, に比べる, に気, に気がついた, に氣, に海防, に私, に秋, に自分, に苦勞, に身心不調, に較べ, に集ま, に雌鶏, に雨, に駭, ねあたし, ねほんとに, ねエ, ねラツパ, は, はあなた, はお, はかく, はこれ, はやはり, はアメリカ, はネロ大帝, はピヤノ, は万兩息子, は不幸中, は不思議, は伊達正男, は何, は何ん, は偉い, は全, は医者, は去年, は名高い, は吹聴, は周圍, は夙く, は平生雇, は年, は幸ひだ, は悦ばしく, は昔, は環境, は磯屋, は紀伊, は萬一筋違, は表, は要するに, は透き, は遺憾, は重役, は震災後, は露西亜, は鮮, ほんとに, もかうし, もその, も血, も谷, よあたし, よひとり, よ屹度, よ澄さん, をあの, をこらへ, をさ, をそれ, をチョット, を一夜, を不, を何故, を傍, を反省, を国技館, を少し, を彼, を心配, を忘れ, を忘れられない, を思ひます, を思ひ出した, を思ふ, を悔, を感じた, を憶え, を文學士, を更に, を此方, を死ねなかつた, を田島屋, を発見, を知, を知つて, を翌, を見染め, を覚え, を親分さん, を覺, を途中, を養子, 呆れたわね

▼ だのに~ (2236, 0.6%)

46 私は 18 あなたは, お前は 17 彼は 16 それが, 私の 13 君は 12 違いない 11 自分は 10 それを 9 今は 8 相違ない 7 それに, どうした, 彼女は, 自分の 6 誰が 5 あの人, おまえは, お前の, その人, 今夜は, 何か, 俺は, 女は, 実際は 4 あの方, これは, ちがいない, なんだって, 今日は, 彼の, 日本の, 私が

3 [35件] いつまでも, おれは, お前が, この人, この子, この頃, これを, その日, それだ, そんな事, だのに, どうだ, なぜか, わたしは, 不思議な, 世間の, 人が, 人の, 今に, 今日の, 今朝は, 伸子の, 何うし, 何の, 何も, 僕は, 叔父は, 右門は, 小説を, 彼らは, 心外な, 此の, 素子は, 自分が, 違ひなかつた

2 [106件] あとから, あなたの, あのお, あの恩知らず, あの男, あんたは, いつまで, いまは, おいが, お母さまは, かれら, この男, この美しい, この食堂, これから何, そいつが, そこに, その上, そんな不釣合, ちッ, ついこんなに遅く, どういうわけ, どうしてそれ, どうして私, どうだろう, どの家, なぜあの, なぜあんな, なぜこの, なぜこんな, なぜ君, なぜ自分, なんだ, なんという, ひろ子は, まだその, わしが, われわれの, ピクリとも, 二人の, 人々は, 人口僅か十六人の, 人間の, 今では, 今でも, 今の, 今度は, 今日に, 今迄の, 何が, 何でこんな, 何とも云つて, 何と云う, 何故この, 何故その, 何故私, 何故這, 僅かしか, 僕が, 先生は, 初さんは, 千早先生に, 千鶴子の, 又昔, 夕方に, 夫は, 始終そうでも, 娘は, 寝て, 己の, 彼には, 彼女が, 彼女に, 彼等は, 御米, 怎した, 思ひがけ, 急に, 我々は, 扉が, 村の, 歯牙にも, 氏の, 気が, 汨董だの, 汽車は, 没頭し, 無暗, 現実は, 知らなかつたなんて, 私に, 私を, 老人は, 自分を, 自動車や, 袷の, 親爺は, 誰に, 誰も, 貴方は, 貴様は, 貴郎, 過ぎない, 違いないでしょう, 麻油は, 黙って

1 [1614件 抜粋] ああ, ああ情ない, あくる日は, あたし退屈し, あつし一人腹, あなたが, あなたパリイに, あの, あの伊達男, あの子, あの悪党野郎, あの留吉, あひるさんは, あまり打たぬ, あれが, あんたが, あんなに成る, あんな自分, あんまり心持ち, いかに素早く, いそいそなんて, いつか女乞食は, いつの間に着, いつも惡戲, いまに, いま私の, うちったら, おおぜ, おかしいわねえ, おなかが, おれたちは, おれの, お二, お前さんのは, お前さんまでが, お前とんでもない, お前格別, お千世, お嫁, お母さんは, お父さんに, お給金, かえって末起, からりと, きびしく責められ, きょうは, くり, こういう場合, こうこうだ, ここで, ここまでに, ことし三十八に, このおでこ, このものうい, この不思議, この人たち, この古, この地方, この女, この客観性, この巨大, この弁慶, この方, この村, この瑠璃, この福島屋, この電車, これから先, これんばかりしか, こんなお, こんなにお客様, こんなに肩さき, こんな些細, こんな美しい, ご主人姉小路卿, さして, さつきさきほどは, さも心地よ, しかしそれにしてもわざわざ, しばらく仕事, すぎない, すぐ追い出す, すつかり, せめて心持, そうかと, そうで, そう云う, そう身体, そこだけ, そこへ, そなた, そのお前, そのロシア人, その不, その中, その代り, その力, その問題, その娘, その容易, その山の手, その恐ろしい, その新しい, その熱い, その言下, その酒, その静, それから十歩, それでも陳腐, それとは, それに対して, それほどうまい, そんなに明るく, そんなワイワイワイワイ, そんな話, ぞくぞく生え, たったあれ, たとえばローザ, だれを, ちっとも気が付きません, ついぞあの, つまらぬ関係, でもあの, ときの, どういうん, どうこうな, どうしてお, どうしてこんなにヌルリ, どうしてだったろう, どうしても, どうしてよそ, どうして世界中, どうして同宿, どうして学校, どうして戦争, どうして時には私, どうして法廷, どうして自分, どうして葡萄酒, どうも彼女, どこも, ないないには, なおわたしたち, なぜあんなに空, なぜおれ, なぜぐずぐずせず, なぜこんなに執拗, なぜそんなに早く, なぜ三日, なぜ今, なぜ古来, なぜ待たない, なぜ犬, なぜ躊躇, なぜ高い, なほ物思ひ, なんだかまだうそ, なんで火焙り, なんの, ばか野郎ら, びっくりした, ふと真空, ぷすり前, ほしの, まあ, まあ何ん, まして叔父, ますます深まっ, またどう, また憶, また胸, まだちっぽけ, まだ一台, まだ声音, まだ疑っ, まだ電気, まるで桃色, みんなに, むしろ喜ん, もうかなり入場者, もうたまらなく, もう七月, もう半年, もう白地, もう飲みたくなった, もはや先生, やっぱり夫婦喧嘩, やつは, やはり今日, よくもお前, りっぱな, わざわざ田舎者, わしは, わたくしは, わたしを, イワンさんは, ケプラーは, ジャガいもは, ストーヴの, ゾロゾロと, チーフは, テストの, ドシドシ手伝わされ, ニューラは, ノコノコ今日, バカ大竜, バレーの, フリードリヒは, プウルの, マアマア旦那様は, ママが, ルミは, ワッと, 一人の, 一体どうして著, 一向それ, 一味に, 一度も, 一方には, 一旦周囲, 一月経っ, 丁度縮毛, 三馬の, 下らない見得, 不幸に, 世の中は, 両人は, 中の, 中学校へ, 九日間かかず, 事件でも, 二人は, 二十四人しきゃいねえ, 五日に, 亡くなつた八雲氏, 人に, 人事かの, 人猿と, 人骨が, 今ごろに, 今まで, 今二人の, 今夜という, 今実際, 今日また, 今日世界の, 今朝の, 今此, 今自分, 代弁させる, 伊田は, 伝九郎の, 伸子が, 住居に, 何, 何ぜとも, 何だつて不足, 何という, 何とも腹, 何ゆえに, 何んで, 何処を, 何故か彼, 何故こんなに少ない, 何故世間, 何故寺, 何故物取り主義, 何故私たち, 何故返辞, 何者かが, 信吉は, 個性の, 健康帯という, 傚へば, 僕を, 光井さんは, 全身は, 兵衛の, 其の硝子蓋, 冬に, 出来したとも, 初夏の, 別れ際の, 勇吉は, 匂ふ, 千恵は, 博士は, 又し, 収穫の, 口実を, 只あの, 右大将なども, 右近や, 同じ雪, 向う側の, 君この, 周さんたちは, 和文英訳を, 唇が, 四升で, 困った作者, 変だ, 夏秋の, 外方を, 夜が, 大な, 大厦, 夫婦揃っ, 女の, 女達は, 妙子や, 妾は, 姐ご, 娘を, 子どもに, 子供の, 孝ちゃんだって, 宇津木と, 実際の, 室へ, 家と, 家中どこを, 宿命は, 寒風の, 小さいとき, 小判と, 小殿は, 尚も張教仁, 届けるところ, 山の手の, 峠を, 差入, 師匠は, 常盤津の, 年がら年じゅう花が, 引いても, 役人が, 彼らの, 彼方では, 後の, 徹底させなかった, 心臓が, 思いは, 怪しいそのさる, 恰度あの, 悪魔どもが, 意外や, 慄え, 我々の, 戦争は, 手で, 手前に, 手痛い打撲, 拠なく, 捨てられたの, 掻巻を, 政府は, 文芸についての, 新聞広告で, 既に十八時間, 日本は, 旦那さまの, 早く出さねえ, 早合点し, 昔気質に, 昨夜の, 是は, 時には, 時計は, 晩秋の, 暑い, 更にその, 最も粗悪, 朝に, 木地師という, 未だ来ない, 本当にどうしてね, 本館の, 東京で, 林町の, 根岸来り, 案外若々しい, 梅雪入道は, 椅子が, 様子の, 次郎と, 正成が, 此うなっ, 此頃は, 死人が, 殆ど町中, 残暑の, 殺されなければ, 母が, 母親の, 比すれば, 比較すれ, 氣が, 江戸は, 沢山かけられ, 法水は, 洋裁学院で, 浅草から, 海螢が, 淵辺は, 湯殿でも, 為したという, 無情の, 無理な, 焼け跡に, 熱中し, 父ほど, 爺つ, 物価は, 物質的援助を, 現にヨオロッパ, 現實, 瑪瑙の, 用事といふ, 番頭が, 病める光, 白髪だらけで, 目が, 目も, 相手の, 眼の, 短かく, 祖父の, 秀子が, 私たちには, 私みた, 私共は, 突如と, 窓枠は, 笑うと, 答えが, 米友さんお前さんの, 紙帳の, 細君は, 結局きのふといふ, 結果は, 織部正は, 美和子は, 老先生, 聯合艦隊の, 能くわ, 臆病な, 自分たちは, 自分自身死にそこなっ, 舞踏病患者と, 船長は, 若い人たち, 若い者, 若しそんな, 莫迦に, 萌黄の, 葉ざし, 藉口し, 蝶の, 行けば, 補助椅子出切り, 見る者, 親分にも, 諸君は, 警視庁の, 豆や, 負けたと, 貫一が, 貴様らは, 賭金を, 赤穂義士に, 足形付けず, 輝くよう, 近ごろは, 逆手に, 過ぎないという, 道が, 違いなかった, 遠くなり, 遽に, 部屋の, 酒が, 酔いの, 野郎とても, 金は, 銀杏が, 門人の, 関係が, 降るよう, 隱れ, 雨まじり, 雲の, 霜や, 靜かに, 頑として蚊帳, 顔を, 食堂で, 首が, 高知へ, 鳥の

▼ だけれども~ (2224, 0.6%)

28 私は 26 それは 16 私の 14 それが 12 それを, 自分の 10 僕は 8 これは, 今日は 7 それも 6 これも, これを, 今の, 実際は, 誰も 5 いまは, そこに, その時, た, わたしは, 事に, 僕の, 彼女は 4 きんは, さう, 今は, 今度は, 仕方が, 何も, 何を, 彼の, 彼は, 日本の

3 [21件] あれは, こ, この娘, この頃, そう云う, その人, その実, それには, 人の, 今まで, 今夜は, 今日の, 何か, 俺は, 子供の, 年を, 此の, 歴史の, 相手が, 私たちは, 自分が

2 [146件] あなたの, あなたは, あの人, ある朝, あんなに老衰, いつまでも, お体, お前が, お母さまは, お照さん, きょうは, こうし, こうなっ, こうなる, ここでは, ここの, ここ暫く, この, この前, この時, これが, これと, こればかりは, これまた, こんなに汚され, しかしリヽー, しかたが, そうでなく, そこから, そこには, そこの, その正体, その音, それでは, それについて, それに私, それらしい, それらの, そんなこと, そんな事, だん, どうも此, なぜか, ほかの, ぼくは, まだ庄造, みんなは, もうその, もう鐚一文, やつぱり今も, りよは, わかって, マダムが, モウ二十歳を, リヽーは, 一人で, 不思議に, 世間では, 今年は, 他の, 他人無, 何う, 何うし, 何だか汽車, 何処にも, 余は, 僕が, 先生は, 先生も, 兎に, 八っ, 共産党に, 再びかうして一緒, 却, 友だちに, 君は, 四隣は, 因果な, 土が, 地方の, 夜に, 夜の, 女房と, 妙子の, 嫂の, 学校が, 実の, 実は当時, 平岡の, 座敷の, 彼が, 彼女と, 彼女には, 徒然草の, 御米, 心の, 惜しいこと, 我々は, 押入の, 教室でだって, 文章は, 書いて, 本当は公式的, 本来は, 東京の, 止せと, 此方の, 母は, 母や, 気が, 気がついて, 海の, 渠等は, 滑川に, 然し小林, 然し料理, 独身の, 王様だ, 現在の, 瑠璃子の, 田部の, 目の, 相手の, 相手は, 神経衰弱は, 私たちの, 私に, 私には, 私も, 第一, 筆力非凡将来の, 終戦後引揚げ, 結局は, 而も, 自分から, 自分で, 芸術に, 蒼い葉, 話して, 話題の, 返事が, 酒が, 雨が, 非常に, 風雨の, 高さ

1 [1618件 抜粋] あいきょうものの, あいにく何, あいにく暑い, あすの, あたしも, あだし女子, あなたに, あの夜以來, あの尻尾, あの男, あの際, あまりむやみ, あると, ある点, あわてかた, いうが, いくら追求, いっしょに, いったん生, いつとは, いつも相談, いまが, いよいよと, おえんま, おなかに, おまえたちの, おれが, おれは, お勢, お婆さんの, お客に, お念仏, お母様に, お絹, お袋の, お頼み, かえってそれ, かねがね地方, からだは, きまりが, ぐずぐずし, こいさんの, こういうとき, こうして衣服一つ, こう云っ, ここには, こちらは, ことにこの, このこと, この世に, この人, この写真, この土地, この女, この春, この業, この珍客, この祖母, この街, この間見た, こりゃ本当, これきり当分舞う, これだけの, これとても, これ以上適切に, こんなの, こんな風, さして気, さてとなる, さまざまの, しかし, しかしこの, しかしそう, しかし夫人, しかし秋川家, して, じっさい華族, すこしでも, すべての, せめて古人, そういうもの, そういう謂わ, そうず, そこは, そしてなにか, そのことごとく, そのため, そのもたらす, その一つ, その仕事, その先, その勤労, その大将, その実体, その帝, その心, その感受性, その戸, その方法, その権幕, その白, その相貌, その神, その翌日あたり, その行く先, その貫禄, その酔い, その顔, それぞれの, それだけで, それだけ実際商品, それでもまだ, それでもドイツ, それでも大月花宵, それでも独り, それでも首, それに, それ以上には, それ等の, そんな嫌, たかだかグリーン, たった一人, たぶん暴行, だからといって他, だんだん時間的, ちっとも気, ちょいと, ちょっと見, ついにお目にかかる, つい意外, てれ隠しに, でもやっぱりもう一層, とき子の, とにかくお金, とにかく詩人, ともかく力いっぱい生き, どうしてもとにかくロシア, どうしても合わない, どうしても見せ, どうせもう駄目, どうもお, どうも可哀想, どうも諸君, どことなく生新, どこも, どんなにそれ, なかなか退屈, なにか彼等, なんだ, なんにもなく, ひくわけ, ひょっとしたら私, ほんとうに, ほんのその夜, まあ誰, まさか缺擂鉢, まだいけない, まだなん, まだ歴々, まったく当時, まるで一年, みどりの, もうかた, もうちょっとさぐっ, もう一歩, もう五十, もう少し云いたい, もしやと, もとより我国, やっぱりいない, やっぱり当世, やっぱり親, やはりそこ, やはり実際の, やむをえないから, よくわからんです, よく疲れられない, よどんなに, わたくしの, わたしにとっては, アステアに, アマーリアは, イギリスの, ウォロンスキーは, キリが, シカシ我慢し, ソレイランは, ト書に, バルザックが, ベートーヴェンの, マアそういう, ラジオには, レース開始の, ロンドンの, 一つしか, 一ど, 一体内は, 一処に, 一家を, 一寸呼ん, 一心不乱と, 一應別に, 一昨年の, 一緒に, 一行の, 一週間も, 七十三いや, 万五は, 上着を, 下手な, 不破の, 両側の, 中へ, 中條百合子で, 久しく仕えた, 乱れない, 事実最初に, 二つの, 二人は, 云わない事, 五十年の, 人々が, 人を, 人間が, 人間は, 今だに, 今も, 今度こそは, 今日, 今日文化の, 今迄, 他に, 仲, 伝言の, 住み馴れた大阪, 何かが, 何しろ取, 何だか自分勝手, 何となく信一, 何となく気, 何処と, 何卒くれぐれもあたし等, 何百年の, 余り艷, 作家には, 併し, 俊成が, 信仰の, 俺その, 傷口さえ, 僕と, 兄が, 兄ほど, 先生の, 全く中国地, 全身に, 公務員規定という, 其処へ, 凶暴な, 刀小刀出刃庖丁刃物と, 初めから, 到来物の, 前半は, 剣道の, 労働賃銀が, 北京で, 十両持っ, 千穂子の, 卒業前から, 危険いの, 又一方, 又縁, 取柄を, 口許に, 可怪, 右の, 同時にきみ, 吐く原理, 味が, 品質改良向上という, 善ちゃんは, 嗚呼やはり, 四人とも, 図太く冷酷, 地図だけ, 増上寺では, 声帯に, 外出する, 外国時代の, 多計代, 大きいもの, 大して気, 大体そんな, 大原君の, 大変殿様の, 大概御用が, 大阪に, 天命いたし方が, 夫人は, 奥の, 女って, 女房に, 好い塩梅, 始めの, 娘の, 子供が, 学問の, 宅が, 完成した, 宝塚行を, 実はお母さん, 実は亭主, 実は彼ら, 実地には, 実際の, 家でも, 家賃も, 寒いもん, 實は, 小僧には, 小萩は, 少し地味, 少なくとも月, 居眠りでも, 島田や, 師走の, 帽子だけは, 幸いな, 幾ら旦那が, 建てつけ, 弱々しい, 当時の, 彫りの, 彼女らの, 後にな, 徐福が, 御前くらいの, 御涙, 心理的には, 怒ったろう皆, 急に, 性質は, 恐らく噂, 悦子は, 悪ごすく, 悲しいという, 愛人が, 感銘が, 憩うにも, 我々の, 或る, 戦場から, 所帯を, 手廣く, 手踊りが, 技師の, 折が, 拝まれると, 持って, 政府と, 敢て, 新聞社では, 日々の, 日本を, 日本紙だ, 日比谷内に, 昂奮と, 星野さんが, 是れ, 時平がその, 暑い, 書付が, 月の, 有りてい, 朝だ, 木村さんにも, 本人の, 本来転ん, 本田さんなら, 東京に, 栗山は, 業平の, 様子から, 横に, 正しい方法, 正直試験と, 此本に, 歯を, 段々よくなるでしょう, 母上に, 毎月子供の, 氣の, 水泳家の, 永久の, 江戸間である, 油断が, 法政大学新聞は, 洪水話に, 流石に, 深翠, 渡瀬にとっては, 潜水夫という, 火野葦平の, 無理が, 然う, 爲る, 父は, 牌の, 犬の, 猫の, 理想派必ずしも, 生まれて, 生活と, 田代さんは, 男女の, 疼痛疼痛, 病気は, 白眼の, 皇太子殿下は, 直治は, 眞上に, 眼許に, 社会の, 神田辺で, 私そんな, 私らが, 秋葉の, 種々の, 窕子は, 笑いの, 第二, 筆耕が, 籬に, 系図の, 素人写真家として, 結果として, 給料は, 線路が, 纔ばかり, 美しい男, 考えて, 肉が, 肥っては, 胸が, 脊は, 膏が, 自分では, 自分のは, 自己が, 舞台を, 芥川は, 芳浜へは, 若い時分, 茂之助を, 落ちついたいい, 著者として, 虫の, 行って, 裏手廂合が, 褌を, 見て, 規模も, 親父も, 証文と, 話しかけた事, 読み直して, 調べが, 諾と, 貴下に, 貸した金, 趙州の, 蹈迷う, 身許など, 近来日本の, 逃げれば, 通例は, 遁げる, 遊び仲間で, 運営委員会としては, 道春は, 遠慮なく云え, 部屋へ, 都会人らしい, 酒ますまい, 重吉には, 金を, 長唄の, 間違いの, 防ぎ切れない, 難儀な, 面白いもの, 頭が, 顔だけは, 飯を, 馬上の, 高潔な, 髪結が, 鯛でも, 鷹揚な, 黙って

▼ だよう~ (2003, 0.5%)

149 になっ 63 な気 62 なもの 43 な顔 222120 な声 17 である 16 に静か 15 だった, になった 14 であった, な感じ 13 です, なこと, な気持, にし, に見えた 11 だが, でしたが 10 なところ, な心持, に見える 9 な形, な眼 8 だから, な調子, に動かない, に思った, に思われた, に思われる 7 なの, な様子, な色, な表情, な音, に眼, に見えました, に黙っ 6 だったが, な事, な恰好, に寝, に思う, に白く, に眠っ, に見え

5 [11件] い, であったが, ですから, ですよ, なもん, な光, な状態, にじっと, にその, になり, に成っ

4 [20件] であるが, ですが, でも, な, なお, な微笑, な有様, な深い, な瞳, な美しい, な頬, にぐったり, にひっそり, に彼, に思っ, に感じた, に横たわっ, に深く, に突っ, に胸

3 [25件] だね, でした, なその, な工合, な形跡, な心地, な心持ち, な春, な気持ち, な沈黙, な目, な風, になる, にぼんやり, に云った, に倒れ, に動かなくなっ, に動かなくなった, に横, に眠った, に見せかけ, に覚え, に言った, に赤い, に首

2 [101件] だけれど, であります, でございます, で御座います, で浴衣, で私, なあの, なかっこう, なけ, ななんとも, なので, なまなざし, なようす, なわけ, な人間, な体, な口, な口ぶり, な唇, な大, な大きな, な姿勢, な小さい, な山, な巨大, な平和, な影, な彼, な思い, な態度, な気分, な水音, な物, な男女, な痕, な皺, な笑いかた, な細い, な緊張, な自然, な話, な輪郭, な鉛色, な鋭い, な静か, な静寂, な顔つき, な顔付, な驚き, な高い, な鯉, にいう, にきれい, にぐたりと, にしか思われなかった, にしずまりかえっ, にする, にそ, にちょっと, になあよ, になりました, になん, にふさい, にぶっ, にまっ青, にまぶしく, にみえた, によく, にグッタリ, に並べられ, に今, に体, に凝っ, に力, に口, に固く, に奇麗, に寂然, に思いました, に思います, に思え, に思われ, に暗い, に書い, に気味悪く, に水, に澄ん, に物, に疲れ, に目, に私, に立っ, に笑った, に聞えた, に薄く, に見せかけた, に見せかけよう, に身, に身動き, に静まりかえっ, に風

1 [833件 抜粋] おつぎ, お父様, きつと, この子, こんなにぐづ, こんな兵隊, じゃから, すである, すでかれの, すもないのに, だきっと, だけど, だじゃ, だぞ, だったと, だな, であ, でありのまま, であり踵, でうれしかっ, でご, でございましょう, でござんす, でしょう, でその間, でなくて, でなんとなく, でも大きい, で動く, で口, で外, で心配, で日, で浮出して, で生々, で砕け散った, で芬, で身体, で透かして, とじん, と舵, なあたり, なあと, ないわゆる, なうしろ姿, なお話, ながったり, なきれい, なこの, なさ, なしずか, なしずけさ, なしゃくッ, なすこし, なそうして, なただならぬ, なな, なぬかるみ, なのに, なひきつれが, なへん, なほほえみを, なまじめさ, なまっしろ, なやみ, なダブル, なバー, なミズミズ, なメロディ, な一本, な一枚, な一生, な一角, な上乾き, な上州名物, な不気味, な人, な人たち, な人膚, な位置, な体裁, な侍, な保羅, な傷, な元通り, な写真, な冷, な凄, な切れ長, な初対面, な力, な半ば軽蔑, な反射, な口元, な口附, な可愛い, な吐息, な含んだよう, な呻きを, な土地, な堅い, な場合, な墨色, な大使, な天満宮, な好色, な姿, な嬉し, な宴, な家並, な寒, な寝顔, な小, な小包, な少し, な峰, な平次, な幻想的, な強い, な形勝, な微, な心もち, な心地よい, な恩, な愛想笑い, な感想, な態, な戦慄, な所, な手, な手紙, な手荒, な振り, な散文, な文化, な新築, な映画, な時, な暑苦しい, な暮し, な暮しかた, な月, な朧ろ, な木, な柔かい, な格好, な桔梗, な橋, な歓声, な歯, な歳月, な気味, な水, な江戸系, な波, な泣き出しそう, な洗いざらし, な浅い, な海棠, な清らか, な濁り, な灰色, な無表情, な物音, な状況, な玲瓏, な男, な異様, な疼痛, な白, な白羽二重, な目色, な眉間, な眼つき, な眼差, な石段, な碧, な秘密的, な空間, な笑い, な笑方, な米友, な紅い, な素振り, な緩慢さ, な縁, な考え込んで, な耳, な脣, な腕, な船, な船頭, な芝居がかり, な花, な若い, な苦い, な落, な蒼い, な薄暗, な薄闇, な行燈, な裸, な観, な言いかた, な言葉, な記憶, な詑び心地, な讃辞, な赤い, な赤ん坊, な趣, な跡, な軟かい, な造化, な醜い, な重い, な釣瓶, な長閑, な門燈, な隔て, な雨, な雪, な電気, な青, な青み, な静けさ, な静夜, な面, な音色, な顔色, な風情, な駿河台, な鹿爪, な黄昏, な黝, にあと, にある, にいずれ, にいった, にいはず, にいろいろ, にうごかない, にうたがわれ, にお, におきれいでした, におさまっ, におぼえ, におもいました, にかちり, にからっぽ, にかれ, にきらり, にくず, にぐたりとなれば, にぐんにゃりとなっていた, にこまい, にころがっ, にさえざえと, にさえ見える, にさけんだ, にさっぱり, にしずか, にしずまりかえった, にした, にしばしぱっと, にしょんぼり, にすぐ, にせいせい, にそう, にそれ, にたおれ, にたちまち, にだらり, にちく, につけた, につめたい, にとまっ, にどう, になかなか, になったら, になみなみと, にのしかかっ, にはその, にはっきり, には思わなかった, には見せたくなかった, には見られまい, にばったり, にひたと, にへッ, にぽろぽろ, にまわり, にみえ, にみえる, にもてなし, にもできた, にも思います, にも思える, にも思われた, にも見えた, によそおった, によろめいた, にわたし, にグッ, にシャチコバッテ, にチヤホヤ, にテーブル, にドロドロ, にヒシ, にフラ, にヘンテコリン, にペン, に一夜, に一景気, に一瞬間室内, に上, に下, に不気味, に主膳, に之, に二つ, に二寸, に云う, に亭主, に佇みました, に佇んだ, に何とも, に俄, に俊吉, に俺, に元気, に全く, に再び, に冷や, に凝然, に切ない, に前途, に力足, に動かなくなりました, に動き, に勝平, に匕首, に卑俗, に友染, に吃, に呟いた, に唇, に四辺, に埋まっ, に堂, に壁, に女房, に寂しい, に寂れた, に寝入る, に寝込む, に射し, に小さく, に小波ひとつ, に崩れ, に工場, に巻い, に庄次郎, に当て, に影, に微笑, に快い, に怒り, に思えた, に思わせた, に思われない, に思われます, に恐怖, に息, に意識, に感じ, に感じられた, に感ずる, に憂欝, に戦い, に手, に抱き合っ, に拡がっ, に捧げ, に揺がなかった, に断崖絶壁, に暗かっ, に枯れ, に柄手, に棒立ち, に横たわり, に機嫌, に正確, に気, に氷柱, に沈黙, に浮ん, に浮藻, に消えうせ, に満々, に溜息, に激昂, に熄ん, に熟睡, に爛々, に狂瀾怒濤, に狼狽, に猪武者, に生々, に生気, に疲れ切っ, に痩せ, に白い, に皆, に目瞬き, に相当, に真っ赤, に真白く硬, に真黒, に眠りこけ, に短い, に矮, に秀次, に突, に突然, に立ち竦ん, に竦ん, に竹, に笑いかかった, に絶食, に綺麗, に線, に美事, に群衆, に考えこん, に聞いた, に聞える, に聞きなされた, に肩, に背骨, に腐った, に腰, に自分, に花びら, に落ちる, に葉, に蜿蜒, に行く, に表面, に見せ, に見せかけられ, に見せかける, に見ゆる, に見上げる, に言いました, に話した, に貴女, に貼りつい, に超然と, に足先, に身体, に輪郭, に返事, に進める, に部屋, に酔っ払っ, に酔っ払った, に重かっ, に重苦しく, に銀色, に鎮まっ, に長く, に門, に開いた, に間もなく, に集, に震え, に青, に青い, に青白く, に静, に静まりかえった, に静まり返る, に靜, に音, に頗る, に頷きました, に顔, に颯と, に駕籠, に鬱い, に鮮, に黒く, に黒ずんだ, に黙りこくっ, ね, やっと訪ね, よきは, 死ぬまでもなんて, 焼けおったなあ

▼ だからと~ (1708, 0.5%)

302 いって 148 云って 84 言って 49 いうので 42 いつて 40 思って 22 いうの 20 言ふ 16 いうこと, いふので, 云ふ 12 いっても 11 いうて 10 申して 9 いうわけ, 云うので 8 いうだけ 6 思うと, 言っても 5 いうよりも, 云う 4 いった, おっしゃって, 云うて, 云うの, 云っても, 彼は, 書いて, 言うて, 言った

3 [17件] いいました, いったって, いふの, その時, 云う事, 云つ, 云て, 仰しやつ, 仰言って, 安心し, 彼女は, 打し, 申しまして, 私が, 言いました, 言つて慰め, 言ひ

2 [61件] いうだけの, いうと, いうもの, いうよりは, いうんで, いう点, いう訳, いったとて, いふこと, いふやう, たのんで, つて嫌や, 云うこと, 云うと, 云うよう, 云う挨拶, 云えば, 云った, 云ったという, 云つた, 云つてお, 云つてゐる, 云つて彼は, 云つて自分には, 云われて, 今日の, 伯父は, 剣も, 嫌がる大黒屋, 安心しきっ, 念入りに, 思う, 思えば, 思つて老, 思わずに, 急に, 慰めて, 断った, 断って, 油断し, 無理に, 特別の, 申しました, 私を, 筆まめに, 素子は, 肩を, 自分で, 親父の, 言い得るであろう, 言うので, 言つ, 言つて, 言つてお, 言つてその, 言つても, 言つて一生立つ, 話し兵事係, 説きふせられて, 説明し, 説明した

1 [663件 抜粋] あきらめたが, あけて, あつかましく構, あの人, あの氣性者, あんなに口, いいますが, いい真理子, いうからとの, いうが, いうぐらいの, いうため, いうだけで, いうだけを, いうより, いう事, いう以上, いう時, いう気, いう者, いえよう, いえ詩, いそいで, いちおうは, いったんで, いつたらあなた, いつもの, いつも思はない, いはれる, いはれるでも, いふだけの, いふて, いふでは, いふより, いふわけぢ, いふ以上, いふ説と, いふ説も, いふ風で, いわれて, いわれるでも, うち明けかの, おだやかに, おっしゃったの, おてつ, お前は, お国, お思いなさる, お町, お雪, お顔, かれらしい大雑把, けちを, けんめいな, こそこそいう, ことわって, ことわられました, この男, この間仰云った, これから二人, こんな意味, さう, さう思つた, しきりにいう, しきりに庇っ, しずかに, じぶん, すぐにも, すぐ考えつい, すっかりあたし, すましては, するて, せい子はじつ, そういう考え, そう云っ, そう云ったでしょう, そう思い思いつい延び延び, そう決心, そう考え, そこで貴婦人, そちらの, そのお, そのま, その友だち, それじゃ, そんなふう, ただ一言答える, つい僕, つて厭がる, つと, つとと, とどろく胸, とめたが, どこでも, なぜ一こと, ひとに, ぼくに, またし, またそれ, まだ, もうだいぶ前, もらした, よくいいきかせた, よく話したら, わかる話, わざ, アリスを, キンちゃんに, サービスの, ボタンの, モードこしらえ, ヤットの, 一人が, 一応の, 一概に片づけ, 一言に, 下宿の, 丑松は, 世俗にも, 主人が, 之を, 事情を, 云いましただって, 云い慣わして, 云い聞かせて, 云うかも, 云うきまり, 云うそんな, 云うつまり, 云うならば, 云うのみで, 云うばかりじゃ, 云うん, 云うんで, 云う口実, 云う妙, 云う意味, 云う理由, 云う至極, 云う苦しい苦い, 云う返事, 云えないでしょうか, 云た, 云ったその, 云ったと, 云ったの, 云ったり, 云ったん, 云っては, 云つたら, 云つてここへ, 云つてすます, 云つてそれが, 云つてほかの, 云つてもちろん, 云つてゲーテは, 云つて中等学校卒業者が, 云つて云つ, 云つて伽藍の, 云つて何も, 云つて例のとか, 云つて信子の, 云つて切に, 云つて力は, 云つて同性の, 云つて好い加減な, 云つて學校を, 云つて居る, 云つて彼等の, 云つて悪るけれ, 云つて意識し, 云つて晝間起き, 云つて横着を, 云つて泣きだす, 云つて生を, 云つて田舎には, 云つて病院へ, 云つて石の, 云つて腰を, 云つて若い, 云つて誰も, 云つて面を, 云つて髪を, 云ました, 云わねば, 云われた, 云わんばかり, 五銭なり, 人が, 今度は, 仙吉夫婦は, 仰しゃいまして, 仰しゃるのに, 仰しゃるんでしょうが, 仰しや, 仰云, 仰云ったこと, 仰言ったので, 休之, 伯母の, 伸子に, 何か, 何樓かの, 余心中ひそかに, 信頼を, 修吉だけ, 倉島君が, 倉皇として, 兄の, 先に, 先生については, 入智慧, 公人として, 内ぶところ, 出がけ, 分校の, 初手から, 前掛, 劇団内部の, 劬り, 十時半ごろに, 半ば嚇す, 却ってそれとなくいろいろ気, 取りなし顔, 口に, 口説いて, 叱りつけること, 同じこと, 同情を, 否定に, 呼んだもの, 和服に, 嘲つて, 嚇しつけたもの, 地位から, 堰の, 変に, 外からの, 大変苦しかっ, 大急ぎで, 大河内君が, 奥の, 女たちは, 女の子の, 奴めハリキッ, 如何にも自身, 妹まで, 姉さんの, 姫君は, 威張るの, 娘たちへ, 子どもみたいに, 宇乃は, 安心する, 室鳩巣が, 宥めに, 宥めるよう, 家財道具をも, 宿に, 富豪は, 寿江子も, 小声で, 小母さんが, 少しも, 尚お, 尻ごみし, 岡部は, 巡礼染みた, 左官も, 年号を, 庖丁を, 延び延びに, 弁解し, 弁護する, 引取っ, 強いて独り, 彼の, 彼女に, 後は, 御説得, 御隠居奥様, 思いついて, 思いましてね, 思います, 思い国男, 思い直しても, 思い直す, 思っただけさ, 思った時, 思ってね, 思つてあとで, 思つてまあ, 思つてゐた, 思つて今度は, 思つて安心してたら, 思つて居た, 思つて聽い, 思つて露宿を, 思ひました, 思ひ朝, 思ひ返した, 思ふと, 思ふ度毎, 恩給を, 息子に, 恰も自分, 感じも, 懺悔し, 手の, 折りたたまれた心, 折れる度量, 抱き合ったり, 捨吉お, 捨吉は, 放任し, 教へて, 文代さんの, 文学的なる, 断つて, 断られると, 断りますと, 断ると, 断るよう, 断わりなかば, 新井白石の, 新太郎君も, 方丈様が, 既に観世物, 日本語で, 早々に, 春日の, 春木和助と, 昨年の, 昭和十二年の, 時々は, 時々冷かされる, 書かせる, 最後には, 有助を, 栄二は, 案内される, 棧を, 植木屋の, 止めたん, 此の, 此方が, 母校の, 母親は, 毎日毎日楽屋へ, 気を, 気持を, 水を, 泰造夫婦の, 済ましては, 湯水を, 漫然と思っ, 灸好きの, 父は, 片手を, 独語でも, 甘やかすこと, 申してね, 申しましたとて, 申します, 申し伝えて, 申すので, 申渡す, 発展させられるべきです, 白い御飯, 白銅一つあとから, 目指して, 目黒へ, 眞顏で, 矢代は, 知って, 知らせて, 石筆を, 私の, 私は, 秋の, 秘密に, 称して, 稽古を, 答えた, 答えたが, 答えたもの, 答える, 筮竹と, 粗悪な, 素朴に, 素気なく, 素直な, 絶えず自分, 緩くり, 緩くり構え, 翌日の, 老人は, 考えた, 考える, 考へたの, 考へて, 聞えよがしに, 聞かせること, 股引氏は, 腕力出し, 臥て, 自ら慰め, 自分だけが, 自分の, 自分は, 芸術上の, 荷物を, 行つ, 裏長屋へ, 見限って, 親許へ, 解釈する, 言いかけて, 言いながら, 言い切って, 言い張って, 言い逃れて, 言うと, 言ったが, 言っただけ, 言ったり, 言った話, 言つてあとへ, 言つてこれは, 言つてそこには, 言つてそれで, 言つてどうか, 言つてふたたび, 言つてやたら, 言つてわざと, 言つて一應斷つたさうです, 言つて一生經つても, 言つて三つに, 言つて二人の, 言つて今更, 言つて仕舞などを, 言つて其を, 言つて別段, 言つて刻むでゐた, 言つて外の, 言つて夜中に, 言つて女房に, 言つて帳場へ, 言つて平安朝で, 言つて押込隱居を, 言つて文學者としての, 言つて止める, 言つて満々たる, 言つて申譯を, 言つて異, 言つて皮の, 言つて私は, 言つて給金も, 言つて萩原君の, 言つて踏付けられる, 言つて蹈付けられる, 言つて鳥や, 言ふん, 言われて, 言われても, 言われると, 言わんこと, 言葉を, 話して, 認めるいうの, 誘い合って, 説明せられ, 諦めて, 謂って, 謂ツて, 謝り私, 貞之助が, 貞固, 買って, 買わせて, 賢夫人が, 軽蔑の, 返答を, 通用する, 銀座の, 鎌倉と, 鏡子は, 雨に, 電話を, 露払いを, 非難を, 頑固党は, 頻りに虚勢, 頼むよう, 頼んだが, 飲んで, 駄々児の, 高熱を, 鬼の, 龍子が

▼ だとも~ (1529, 0.4%)

32 思った 31 思って 30 いえる 26 いう 20 云える 14 いうし, いわれて, 云へ, 言ふ 13 いって, 言へ 12 言える, 言って 11 言へる 10 いえるの, 思う 9 そうだ, 思いました, 思われた, 考えた, 考えられる 8 云う, 云へる, 聞いて 7 いえよう, 云うし, 云った, 思つた, 思わない, 思われない, 思われる, 見られる 6 いふ, そうでない, 云って, 云ふ, 思ふ, 言った 5 いうが, つぶれたとも, 云えよう, 云われて, 思えた, 思はれる, 思わなかった, 言えるの, 言ひ

4 [18件] いうこと, いえば, いわれる, 云えない, 云えるだろう, 云ひ, 云われる, 何とも, 思うの, 思えない, 思えます, 思ったが, 思ひました, 潰れたとも, 考えました, 言えよう, 言はれ, 言われる

3 [32件] いえましょう, いった, いふが, いへる, もう駄目, 云えるであろう, 云はれ, 伝えられて, 信じて, 取れる, 思うが, 思える, 思つてゐる, 思はなかつた, 思はぬ目, 思はれない, 思ふが, 教えて, 書いて, 私に, 私は, 考えられて, 考えられない, 考へられる, 考へる, 蛇だ, 言う, 言うし, 言えないこと, 言はれた, 言われて, 謂へ

2 [92件] ある, いいあるいは, いいました, いいまた, いい又, いう噂, いう話, いえないこと, いえないし, いえない事, いえます, いえるが, いえるけれども, いえるでありましょう, いえるであろう, いえるでしょう, いえるよう, いえるん, いつた, いつて, いふし, いへよう, いへるし, いわれた, いわれない, お前, きいたが, そうで無い, なんとも思っ, 云いその, 云うこと, 云うの, 云えた, 云えなく, 云えば, 云ったそう, 云つた, 云は, 云ひ得る, 云われよう, 五人の, 何とも思つて, 何なら, 俺は, 可哀相だ, 彼は, 思いません, 思えるが, 思えるの, 思ったこと, 思ったの, 思っちゃ, 思っては, 思ってや, 思つてゐた, 思はれません, 思へない, 思や, 思わないし, 思わないで, 思わないの, 思わぬ, 思われなかったの, 思われるの, 思案外史が, 想像出来る, 本当だ, 消息を, 無礼だ, 申します, 知らずに, 知れぬよう, 考えたくなかった, 考えない, 考えられたの, 考えられねば, 考えられます, 考えられるの, 考えること, 考へた, 考へて, 考へられるの, 見える, 言いある, 言えない, 言えまい, 言えます, 言えるが, 言ひました, 言われは, 話した, 謂は

1 [695件 抜粋] あたりまえだ, あと二ヶ所だ, いいかねる性質, いいきれない, いいにくい, いいます, いいますまい, いいよう, いい体, いい得るであろう, いい得る決して, いい或は, いうて, いうところ, いうね, いうのに, いうべき母乳, いう人, いう古, いう石, いえないから, いえないでは, いえまいじゃ, いえめ, いえようが, いえるし, いえるだろう, いえるところ, いえるな, いえるね, いったそう, いつか力説し, いつどこであった, いはれたが, いはれて, いはれ持前, いひ宣伝, いひ旅人, いへ, いへば, いへるの, いへ或はまた, いまに, いわれたが, いわれぬ, いわれます, いわれまた, いわれまたあるいは, いわれるしかし, いわれるじゃ, いわれるでしょう, いわれ莫蓮女, いわれ身体, うっかり手, う餓鬼, えどうか, おっ母さん, おつ, おもって, おもわない, おもわれ極めて, お初お, お前あの, お思ひ, きいた, きつと, ここから, このごろ考へだした, この目, こんど宣撫班に, こんな姿, しかし, じいさん, すこし違っ, その人, その辺, それだ, それでおまえ, そんなか, そんなめ, ただ鉤, だから人, だから痴, だがそういちいち, つかないその, つかぬが, つと何, でなかつたら, とれぬこと, とれるし, とれるわ, ないお茶, なく至極, なく遠く遠く, なる, なんとも思いません, なんとも感じた, なんとも聞い, ねえ義母さん, は謂, ふざけたこと, ほとんど思えなかった, またいえよう, またいやさる, または尚, または甥, またもと, また人格者, また偉い, また賤, まだわからぬ, まだ思へない, もうそんなに待たせ, もう思へませんでした, もちろんその, やっぱりお, よばれたほど, わからない, わたしには, イキだ, サ, ッたら, デニー先生は, リーザつまり, 一応思っ, 一枚づつ, 一説では, 万引の, 下等だ, 不仕合, 不真面目, 不都合だ, 世の, 両方で, 乃至面白く, 二十一だ, 云いある, 云いきれないこと, 云いましたし, 云います, 云いますよ, 云いまたは, 云いよう, 云い一説, 云い何, 云い切る訳, 云い又, 云い得る者, 云うが, 云うと, 云うどこ, 云えずとても, 云えなかっ, 云えます, 云ったこと, 云つては, 云はれ得る, 云ひだした, 云ふべき, 云わず知らないとも, 云わない, 云わないのに, 云わないわねえ, 云われいやいや, 云われた, 云われるそういった, 云われるでしょうが, 云われるよう, 云得る, 亦ハッキリ云, 人は, 今に何, 今更白状, 今梅よりも, 仰言, 伝えて, 伝えられた, 伝えられたし, 伝えられまた, 伺って, 住君の, 何ともきまった, 何ともハッキリ見とどけねえ, 何とも思いません, 何とも思わなかった, 何とも自分, 例へば二三日前, 信じたくは, 信じなかった, 信じましたので, 俺が, 健ちゃんも, 僕は, 充分いつてら, 全くさ, 全く運, 共犯者だ, 出來心, 分かって, 分らなかった, 分らぬうち, 別らぬ, 卑怯だ, 博士は, 又は床, 取れた, 取れなかつたらしかつ, 取れますね, 取れ出した, 受けとられた, 受けとれるが, 名誉だ, 哀れに, 嘘だ, 噂された, 声を, 大きな下駄, 大仰に, 大儀だ, 女だ, 子供が, 孔雀を, 安達は, 実業家だ, 実際, 宮将軍の, 察しられるの, 少しで, 少しも, 居辛い, 帆村荘六の, 幽霊だ, 広子ちゃんを, 役者崩れだ, 快よいとも, 思いかえした, 思いこうして, 思いそれ, 思いましたけれど, 思います, 思いませんが, 思いませんでしたが, 思いやった, 思い医術, 思い又, 思い思いした, 思い旅, 思うし, 思うだろうけれど, 思うところ, 思うん, 思う事, 思う筈, 思えないそれ, 思えなかった, 思えなくなった, 思えませんし, 思えるかも, 思ったので, 思ったらしい, 思ったり, 思った羊, 思ってるかも, 思つたで, 思つてやすまい, 思つてゐない, 思はず嘗めずる, 思はない, 思はないが, 思はないで, 思はないでも, 思はない目, 思はなかつたが, 思はなかつたけれども, 思はれた, 思はれたが, 思はれない長崎, 思ひます, 思ひますわ, 思ふて, 思へた, 思へないぢ, 思へないの, 思へなかつた, 思へる, 思へるし, 思わずもし, 思わず十分, 思わず吉公, 思わないが, 思わないけど, 思わないでは, 思わない代り, 思わなかったが, 思わなかった日, 思わなければ, 思わぬから, 思わぬ目, 思われたが, 思われないし, 思われないな, 思われなかった議論, 思われました, 思われます, 思われるとともに, 思われるほどの, 思召したでしょう, 急性肺炎だった, 恐ろしいとも, 恥かしい, 恥しい事, 悪いこと, 想って, 想像され, 想像する, 意識する, 愚図愚図し, 感じて, 感じなかった, 感じなくそのまま, 感心した, 感心な, 或いは獣類, 或ひ, 手に, 才能豊富だ, 打消した, 振動だ, 教えたもの, 文面では, 断定できない, 断定できません, 旗本八万騎が, 昔の, 昨夜ラジオに, 書いてないじゃ, 最上の, 未亡人は, 本當, 正当だ, 此の, 武松兄哥の, 気ちげえ, 気づかれぬ程, 気の毒だ, 済まないとも, 灰だらけ娘の, 無内容, 無論の, 無論認められない, 理解しなかった, 生きて, 生れは, 申して, 申しましょうか, 申しますが, 皆んな可哀そうだ, 皆因縁ごとだ, 盗賊の, 盲だ, 相沢の, 知って, 知っては, 知らないで, 知れない上, 知れぬ痩せた野良犬, 神だ, 秋だ, 笑った, 筆の, 答えて, 答へる, 簡単には, 純粋だ, 美しいとも, 義の, 考えたり, 考えて, 考えないし, 考えなかった, 考えられさ, 考えられただろう, 考えられた物質, 考えられないこと, 考えられなかった, 考えられぬ, 考えられぬの, 考えられるであろう, 考えられるらしい, 考えられる特殊事情, 考えられる理由, 考えられ而, 考える余地, 考える折, 考へ, 考へたが, 考へても, 考へられないから, 考へられなかつた, 考へられ又, 考へ直して, 聞いた, 聞えるし, 聞きました, 聞き流せねえふし, 聞き覚えたとも, 聞く, 脱出した, 自慢し得る, 虐げられて, 衛門督には, 褒めて, 見えます, 見たから, 見ちがえるほど, 見ようとも, 見られぬ事情, 見定めの, 見立て得べくそれ, 覚えぬに, 解せられるの, 解らなかつた, 解釈されない, 解釈し, 解釈し得る, 解釋され, 言いうるだろうし, 言いかねるもの, 言いたい, 言いは, 言いますし, 言いまたは, 言い伝えて, 言い切れない, 言い得るの, 言い房州通い, 言い揣摩臆測, 言うが, 言うた, 言うて, 言うもの, 言うん, 言えずまた, 言えなかった, 言えなかったの, 言えますし, 言えますでしょう, 言えますね, 言えませんね, 言えるさ, 言えるだろう, 言えるでしょう, 言えるね, 言える印象, 言ったと, 言つた, 言つてゐる, 言つて見る, 言はれよう, 言はれる, 言ひたいほど, 言ひ兼ね, 言や, 言わないいや, 言わないのに, 言わなくなった, 言われたほどに, 言われないこと, 言われるが, 言われるでしょう, 言われる名題, 言伝へ, 言得られる, 訊かずよし, 評されやう, 評した, 話しえなかったけれど, 話して, 話せば, 認めて, 認めないらしい, 語られて, 語り伝えて, 説く, 説明した, 説明し得る, 諸書に, 謂えよう, 謂える, 議論は, 賀川市長は, 賢いとも, 退屈だ, 運命だ, 錢でも, 限らないわ, 限らなかったと, 風説した, 馬鈴薯が, 魔が

▼ だなと~ (1518, 0.4%)

111 思って 99 思った 51 思つた 42 思いました 41 思いながら 36 私は 31 思うと 26 思う 20 彼は 17 思ったの 14 思ふ 13 俺は 12 いうこと, 栄二は 9 思ったが 8 思ふと, 感じた 7 云った, 僕は, 思ひながら, 気がついた, 見て 6 いふこと

5 [12件] いうよう, おれは, わたしは, 心の, 思いましたから, 思ったので, 思つたら, 気がついて, 登は, 考えた, 考えて, 首を

4 [13件] 云って, 思いましたが, 思うこと, 思ったから, 思った時, 思つてぢつと, 思ひました, 悟った, 気が付いて, 甲斐は, 直感した, 米友が, 義雄は

3 [19件] いう気, おもいました, おもって, すぐに, わかった, 兵馬は, 分つた, 合点する, 思いましたよ, 思ったこと, 思ったり, 思つて見る, 悟りました, 感心し, 気が, 氣が, 直覚した, 考える, 見知りの

2 [78件] いうより, いってるん, いふと, いふ気, おもった, かれは, さとりました, すぐ思った, すぐ感じた, そのとき, その時, にらみが, にらんだもの, ひそかに, べつの, ようやく気がついた, わかると, わたくしは, センイチは, 云うと, 云ふ, 今更ながら, 余は, 俺も, 初めてわかった, 初めて合点, 判つた, 合点が, 合点した, 周平は, 壁の, 子は, 弟子は, 心づいた, 思いましたからね, 思うて, 思うの, 思う心, 思えば, 思っただけ, 思ったん, 思った瞬間, 思っても, 思つ, 思つてお, 思つてその, 思つてゐる, 思つて傍を, 思つて居る, 思つて私は, 思ふの, 思わせられる, 感じたぎり明治四十年, 感じました, 感ずるだけ, 感づきました, 感心した, 感心しました, 早くも, 栄蔵は, 正三は, 気がつく, 気がつけば, 気が付いたん, 矢代は, 知ると, 私が, 私の, 考えながら, 耳を, 自分で, 良一は, 見当が, 言った, 言って, 言ひ, 野尻氏は, 頭の

1 [602件 抜粋] あきらめたこと, あざ笑うと, あとで, いう, いうところ, いうので, いったよう, いったらその, いって, いつたやう, いつて, いふ, いふの, いふ人情, いふ感じ, いろいろ考へてる, いわぬばかりに, いわんばかりの, うなずかずには, おかしくなった, おっしゃったって, おっしゃって, おっしゃるでしょうね, おもいべそ, おもいましたが, おもうころ, お前は, かんづきました, ぎょっとし, こう思い, こう目星, こころの, こんなこと, さう, さう直, ささやく乗客, さつきから, さとったん, さとるよう, さぶは, しげ, すぐわかる, すぐ思, すぐ思ふ, すぐ悟った, すぐ気, すぐ演, すぐ覚る, そうです, そう思う, そう思っ, そう思った, そう直覚, そう知った, そっとそれ, そのとき彼, そのわけ, その時思つた事, そばで, それだけが, それにはじめて, それらの, ただちにだいたい, たちまち考え, ちょっと悟り, つく, つくづく思いました, つくづく考えた, つくづく舌, どうやら様子, どっかで, なつた, にらんだからの, にらんだので, にわかに感じた, はいつ, はじめて正規兵, はじめて釈然, はっとその, ひと目で, ふじこが, ふと思った, ふと思ふ, ふと懐かしい, ふと気がつい, ほくそ笑みながら, ぼくは, ぼんやりそんな, ぼんやり怡, ぼんやり気づいた, またしばらく, また思ふ, また感慨, まるで自分, まアそう, むかいあった壁, もんは, やって, やっとうれしく, やっと私, ゆき子の, よく云っ, よく森川礼二郎, わかってから, わかりましたから, わが舌, エキモスは, カシワの, トニオ・クレエゲルは, ニールスは, パーシウスは, フとも, ファン・デル・クワアレンは, ヤソの, 一人で, 一番感心し, 万三郎は, 万太郎は, 下らぬ事, 不思議な, 不死人, 九兵衛も, 亀田先生は, 予は, 事情を, 云いたそう, 云うこと, 云うの, 云う感じ, 云う考え, 云つてゐた, 云に, 云ふと, 云わんばかりの, 人を, 今気, 仰しゃいましたっけね, 佐伯は, 佐野君は, 例の, 信じこむよう, 信ぜざるを, 僕も, 六兵衛は, 其の前, 内心に, 内部的に, 冷やかして, 出所を, 分った, 分ったら, 分つたが, 分ると, 初めてわかり, 初めて余, 初めて氣, 判った, 加野は, 助七, 助五郎は, 十郎兵衛は, 半三郎, 印象を, 即座に, 厭な, 友人達は, 叡山の, 叫んだその, 同情しました, 君は, 呟いた, 呟き呟き行くと, 呼びかけたよう, 咄嗟に, 喞つ, 堪らない憎悪, 多吉は, 多田不二君が, 夢現の, 大安心, 大巻先生は, 天草次郎は, 夫人は, 女は, 嬉しい様, 嬉しく思ッ, 嬢は, 子供心に, 存じましたが, 安心し, 安心す, 安心する, 定めし御, 実状が, 察して, 察しました, 尊氏は, 少々得意, 少からず, 常連達は, 幸吉は, 幼な, 床わきの, 彼が, 後から, 後に, 得意な, 心づいたと, 心に, 心中ひそかに, 心付いたから, 心付いた時, 心附いた, 忍んで, 忽ちに合点, 思いかえすよう, 思いがたがた, 思いこんで, 思いしが, 思いそれ, 思いだした, 思いつかせること, 思いつつ, 思いなおもじっと, 思いなん, 思いましたけれど, 思いましたので, 思いましたら私, 思いますと, 思いやしたから, 思いやしたんで, 思い且つ, 思い他, 思い出され私, 思い出した, 思い出したよう, 思い又市, 思い及び腰, 思い思いさらに風, 思い愉快, 思い朝, 思い死ぬほど, 思い目, 思い込んで, 思い進むの, 思い道, 思うごと, 思うすると, 思うたの, 思うだけ, 思うとき, 思うのに, 思うほど, 思うよう, 思うん, 思う時, 思う物, 思う途端, 思う間もなく, 思えた, 思えて, 思ったけれど, 思ったすると, 思ったとき, 思ったに, 思ったのよ, 思ったもの, 思ったゆえ, 思ったらいま, 思ったら貴様, 思った事, 思った彫刻, 思った途端何, 思ってる中, 思つたことに, 思つたです, 思つたに, 思つたほか別に, 思つた房一は, 思つた時には, 思つた時何となく, 思つた様子だつた, 思つてあたり, 思つてつかつか, 思つてつくづく, 思つてはつと, 思つてひ, 思つてゐました, 思つて少し, 思つて居りました, 思つて幸坊は, 思つて彼が, 思つて立ちどまつ, 思つて苦笑する, 思つて身をかは, 思ながら, 思はざるを, 思はれた, 思はれる, 思はれる日, 思ひあたると, 思ひこんでしまつて, 思ひましたので, 思ひます, 思ひやる, 思ひ乍ら, 思ひ出し私, 思ふこと, 思ふとたん, 思ふン, 思ふ瞬間, 思へて, 思わざるを, 思わずに, 思わずには, 思わず振り返って, 思わず気づかないよう, 思わず立ちどまる, 思わせること, 思わせる話, 思われたほど, 思われるあおい顔, 思われる男, 思われ自然, 思ッて, 急に, 悟った七兵衛, 悟った彼, 悟って, 悟る, 悟る位, 悪魔の, 想像した, 意識した, 愕い, 感じさせるやう, 感じたの, 感じたばかり, 感じたもの, 感じて, 感じる感じるどころぢ, 感ずる, 感ずるという, 感づいたので, 感づいた頃, 感づいて, 感服し, 感疑り, 慶作は, 戸へ, 房一は, 承知する, 推察した, 推測する, 改めてまた, 文次は, 斯う思いました, 新吉は, 日吉は, 昌作は, 星野は, 暁って, 暁つた, 木之, 松木は, 林檎むいてる, 柿江は, 栄二が, 棹を, 此の, 歯咬み, 気がついたけれども, 気がついたとき, 気がついたの, 気がついたので, 気がついたら素知らぬ, 気がついた時, 気がつきました, 気がつきましたので, 気がつきますと, 気が付いた, 気が付きました, 気が付く中, 気づいた, 気づいたの, 気づいた警官, 気づいて, 気づかれなければ, 気づかれるの, 気づきました, 気の, 気附いた, 気附きました, 氣の, 沢庵は, 浸, 深い心, 深くも, 源氏は, 漠然と感じ, 片方が, 独り言の, 甘く見る, 男の, 町子は, 疳づいた, 皆の, 直ぐ気づかれた, 直勘づくだろう, 直吉は, 直覚し, 相島は, 相手の, 眼を, 睨み取るほどの, 瞬間思つた, 知りました, 知ること, 知るでしょう, 確信は, 私たちは, 私には, 私にも, 私も, 突然拳骨, 笑うと, 笑った, 笑って, 笑ふと, 箸を, 簡単に, 米粒と, 素直に, 続いて, 考えさせられる, 考えさせるところ, 考えざるを, 考えたが, 考えました, 考えるうち, 考えるの, 考えれば, 考え惣領, 考へた, 考へました, 考へる, 考着く, 聞き流しながら, 聞耳を, 肯くこと, 肯くところ, 胸が, 胸の, 能く, 自分自身に, 舌打ちする, 苦笑し, 苦笑する, 苦笑でも, 荘公が, 莊公が, 藤吉は, 虫が, 蜂谷が, 見て取って, 見るとも, 見るま, 見分けが, 見当を, 見送る, 覚った, 覚ったらしくやや, 覚った時, 覚りました, 覚悟が, 覚悟を, 覺つた, 言ひあ, 言ふと, 話しながら, 認識する, 認識は, 誰でも, 責任も, 質問した, 逆上する, 途端に, 這入る時, 酔って, 重吉は, 金吾も, 鉢前の, 隆夫は, 音を, 順造は, 頷かれた, 頷くの, 馬鹿馬鹿しい話, 駿介は, 高廉は

▼ だといふ~ (1431, 0.4%)

121 やうな 58 風に 33 やうに 26 話を 12 ことは 11 噂も, 意味の, 氣が, 結論に 10 噂が, 意味で, 風な 9 樣な, 考へ方, 話だ, 話で 8 感じが, 話である 7 ことが, ぢや, のは, 事も, 考へは, 話, 話が, 顔を 6 事実を, 人が, 信念を, 噂を, 話だつた, 風にも 5 ことに, ふうに, 意味では, 意識が, 感じを, 自覚が, 話も 4 ことです, ことを, さう, 意味である, 意味を, 意見を, 気持が, 理由で, 私の, 説明を

3 [27件] あどけないの, ことも, のである, のも, 一種の, 世間の, 人は, 僕の, 印象を, 嘘を, 実感が, 心持ちが, 意味は, 様な, 考が, 考へ, 自信が, 自信も, 観念が, 評判が, 評判だつた, 評判です, 話ぢや, 話でした, 話です, 説を, 電報を

2 [64件] お神さん, が肚, ぐらゐの区別は, ことで, ことでございます, ことにな, これは, のか, わけか, ハイカラな, 一事である, 不思議な, 予感が, 事, 事だ, 事実が, 二十四五の, 人も, 位の, 噂で, 噂である, 場合も, 希望を, 彼の, 思ひが, 意味な, 意味に, 意見も, 梟の, 様に, 気さへ, 気も, 気持に, 気持を, 氣の, 漠然たる恐怖唯一つ, 漠然とした, 生半可な, 男が, 知らせに, 確信が, 確信を, 結論を, 考から, 考へが, 考へを, 脅迫めいた, 見当が, 覚悟を, 親に, 観念を, 言葉と, 言葉は, 計算は, 評判ぢや, 評判を, 話など, 説も, 論理を, 諺が, 長篇の, 顔付で, 風な考へ, 風の

1 [679件 抜粋] あの, あのお, あの女, あの話, うんと飲ん, おのづか, おフレ, お婆さんは, お役目御苦労, お文伯母, お話, お話しです, お話で, お話を, かたちで, があの, が遺言, くだんの, くらゐ, ぐらゐのところで双方満足し, ぐらゐはまあ, ことだ, ことだけ, ことだけでも, ことである, ことなぞ, ことまで, ことよりも, この世から, この噂さ話, この女, この島, これが, こんなべ, さうし, さわぎ類焼, しかし無, せゐも, そのこと, そのつい, その文章, その話, それで言, そんなせつぱつまつた気持, たか, ただその, ただそれ, ところへ, どこの, のだらう, ので, のであります, はじめから, はなしぢや, はればれしい, ひどく大袈裟, ひよろひよろと, ふうで, ほかは, ほこりを, ほのかな, もう鬚, ものが, やうないひ, よりなげこんだ, よりひとり, わけ合の, んで, んです, アランの, イリユージヨン, エミリアンの, グードモーニングヂヤリットルジョンの, ゴシップも, ショーオー, スタイル上の, チユーリツプの, フロイドの, ミイラが, 一つの, 一天雲なし, 一対の, 一巻の, 一派とが, 一般認識に, 一言に, 三稜鏡を, 上等の, 不平が, 不気味な, 世界第, 了見を, 事だい, 事だけが, 事以外に, 事以外には, 事位百も, 事実よりも, 事實から, 事實を, 事情は, 事情を, 二三日前の, 二人が, 二十三四の, 人に, 人の, 人物は, 仁助は, 今までの, 今年の, 今日一般に, 今日此頃の, 代りに, 仲間だ, 会ひたく, 伝へも, 伝説が, 伝説も, 位に, 位ひどい, 何を, 作品の, 例が, 例の, 俗説だけしか, 信仰を以て, 信仰的な, 信念が, 信念に, 偽報, 傳説が, 傳説は, 傷ましい形見, 僕等の, 先入主の, 先方の, 先生の, 八丁池に, 六文の, 冬子の, 冬至の, 分別の, 判定を, 到来の, 前提を, 割に, 動かすべからざる鐵案, 勘定が, 勘定に, 區別は, 十六娘を, 半面が, 印象しか, 危険を, 反省が, 取沙汰が, 取沙汰で, 古くさいドイツ, 右の, 合図で, 合点が, 同時に特権, 咄だ, 和やかな, 咳払ひ, 哄笑で, 問題が, 善意の, 噂さも, 噂だ, 噂ぢや, 噂の, 噂は, 噺でした, 国民としての, 堅牢さだ, 場合は, 場所に, 塚田が, 境遇を, 外に, 外には, 大きな事實, 大したもの, 大事な, 大朝東朝の, 大變, 大體, 天滿宮の, 天鳳五年まで, 夫の, 女です, 女なら, 女に, 女川湾の, 奴が, 奴等の, 如水の, 妙信と, 始末である, 姿は, 嫌疑から, 子連れの, 学生口だけは, 学者は, 宇宙觀を, 安らかさを, 安心が, 安心も, 安心感が, 実感すら, 容子を, 寛度で, 寫生を, 尊兄の, 尊敬の, 小豆澤小六郎の, 屆け, 屆出だ, 左門の, 希望が, 幕は, 幸ひな一例を, 幻術的な, 建前で, 建物や, 弱い心, 形が, 形に, 形容から, 彼は, 彼も, 彼女の, 御深慮, 微妙な, 心から, 心の, 心地に, 心掛は, 心構えで, 心構えは, 心理が, 忙しい時分, 快よい潔い, 思が, 思ひだから, 思ひの, 思想は, 恐らく今さら迷惑, 恐怖感が, 恨みが, 悔恨に, 悟道に, 悠長な考へ, 悦びやうではないにしても村人たちは, 悲しい母, 悲しみを以て, 悲むべ, 惟敬の, 惡評を, 意味だ, 意味にだけと, 意味も, 意気込みで, 意見に, 意識に, 意識は, 意識も, 愚かしさ, 感じさ, 感じにも, 感動が, 感覚これは, 態で, 態度から, 態度を, 懸念に, 所見を, 手紙と, 手順だけ, 批評は, 批評も, 批評を, 批評的立前から, 承服の, 推定だ, 操の, 故事に, 断案を, 新帰朝者, 斷定が, 日の, 明かな, 春だ, 時に母親, 時分で, 時間さへ, 曇りを, 有様である, 有難い秘佛, 東京の, 東京家元制度の, 某氏だ, 根性が, 極めて当然な, 標準が, 模擬の, 樣に, 橋番喜之助の, 次第で, 歴史を, 段取である, 母だの, 母娘に, 気の毒は, 気もちばかり, 気を, 氣に, 氣持も, 江戸暴富傳中の, 決意が, 決論に, 泥坊を, 浅はかな, 海が, 深い竹藪, 満洲, 満足の, 源は, 澁柿の, 火の手が, 烏賊を, 無慙な, 燈火節の, 爲めに, 爺さんが, 物珍しい気持, 特殊の, 狂気の, 理窟な, 理窟には, 理窟も, 男, 男に, 疑問については, 疑惑を, 皮肉な, 真理を, 眼つきを, 眼に, 眼附を, 矜の, 知らせが, 知らせな, 知らせによ, 知らせは, 破壊された, 確信相手は, 神経的な, 秀吉の, 程には, 種類だらう, 空想が, 突き放された決意, 笑ひ, 筒井や, 答で, 答へで, 篤學の, 簡單な, 粉本の, 精神が, 紅裏の, 紙谷町一町の, 素晴しい, 統一原理が, 絶望が, 罪の, 翌る, 翌日の, 翌朝でも, 老人夫婦の, 考である, 考の, 考への, 考へも, 考を, 胡麻鹽頭の, 腹が, 自信の, 自信を, 自分の, 自己過信とが, 自覺, 自負心が, 花敷温泉に, 若い医者, 若い現役兵, 英人の, 茶番の, 莫大な, 蓬の, 處から, 蟒といふ, 血液を, 表情が, 複雑さね, 西洋風の, 見当から, 見方は, 見方を, 見栄も, 見覺, 見解に, 覚悟この, 親の, 観念に, 解き方を, 解釈の, 解釈を, 言ひ, 言葉を, 記憶が, 訣で, 訣點が, 証拠である, 証拠に, 証拠を, 評さへ, 評ほど, 評判だ, 評判でした, 評判など, 評言は, 話だけは, 話だらう, 話であり, 話でさ, 話な, 話に, 話は, 話よ, 話私は, 話迄, 誇りが, 認識を, 説明に, 説明も, 論理に, 論理は, 論証に, 諦めは, 證據と, 譯でありませぬ, 議論は, 變り, 負け目も, 質問実に実に, 身に, 軍師の, 輕侮の, 辨慶縞の, 農民たちの, 返事だつた, 返事で, 返事わたしは, 返事を, 返辭, 迷信が, 逆説が, 通念も, 通知が, 達婆提多の, 部分が, 酒の, 酒は, 鑑定で, 閑吉の, 關ヶ原の, 非難は, 音吉でした, 頭から, 頭を, 顏を, 顔つきを, 顔に, 顔附で, 風にだけ, 風には, 風にばかり, 風評が, 風評さへ, 風評も, 騷ぎだ, 驛で, 高慢さが, 高野斑山博士の, 鯉といふ, 點では

▼ だので~ (1194, 0.3%)

88 あつた 32 あらう 27 せう 24 私は 16 彼は 8 それを 7 せうか 6 ござります 5 ござりました, それが, わたしは, 二人は, 私の 4 あらうか, あらうと, 私たちは 3 あつて, あとは, 僕は, 右の, 急いで, 有った, 目が, 私も, 落ちつけると, 頭が

2 [51件] あつたらう, あとから, あらうが, ことし十七の, この真相, これは, ごあん, さしもの, せうね, その中, その方, その日, その時, それは, どうも呆気ない, なんとかいう, びっくりし, ほつと, わたしの, グッスリ, ヤなかつた, 二人共目を, 人々は, 半七, 口元を, 吉次郎は, 同病相憐れむ, 坦かな, 大分に, 家の, 山を, 巧みに, 彼の, 彼女が, 彼女は, 後は, 御米, 慌て, 故意に, 此の, 母は, 無理に, 眼を, 私が, 私には, 腹が, 自分も, 見ると, 親は, 越前屋の, 阿宝

1 [817件 抜粋] ああこの, あげますから, あなたが, あぶなく倒れよう, あらうといふ, あらうまた, あらう笛, あらふ, あるとき敬業, あわてながら, いかに近代, いずれも, いまさら彼, いまさら越前, いままでの, おきえさん, おきたの, おさく師匠, おじいさんは, おぢ, おれあ, お内儀, お幸, お知らせが, お糸, お里は, お雪, かういふ女, かかる弓術, かけあいは, かなり人目, かねて用意, かの有名, からめ手から, かれは, かわいたアスファルト, がすがね, きっと羊たち, ぎょうさんと, こういう女, ここに, ここへは, こっちは, このなよやか, このスター・ヴァリュウ, この事, この利口, この城, この時, この諺, これから先, これを, こんなにねむりこん, ござりまし, ござりましょう, さかのぼるの, さっきから, さっそく癒, しかるに手ぬかり, しばったの, すぐさまおとなしく, すっかり安心, すっかり忘れ, すると婆様, せうし, せう國松, せつかく, そういう専門, そのあと片付け, そのほか二行三行, そのままに, そのゐ, その下, その二七日, その収入, その声, その外人, その後任, その慥さ, その日死体, その男爵, その目的, その翌晩, その間玄関は, その頃, それからしばらく, それでもう, それで国, それほど姉さん, それまで, たいへんお, たったひとり, たった一人, だいぶ臨時費, ちょっとくらくら倒れ, ついその, ついにはからずも闘争, ついに山田, ついに退却, つづいたと, ともかくも, どうしても一寸よって, どこまでも, なに心なく, にわかに東京, はじめて少年, はっきりした, はるばる玄徳, ひどく酔った, びっくりした, ほかには, ほかほかと, まずほっとし, まだフラ, まったくひとりぽ, まもなく酔い, みると, みんなうつした, みんな怠け, むうつと人臭い, もう堪, もござりましょうなん, もし丞相, もし疲れ, もはや出張, もはや少年, やっとこっち, やつらが, やはり滑稽駄洒落, よく眠れず, よく知っ, よごれ放題, わけも, わしは, アカデミックな, アマジーの, ウェストファリアの, キャンプの, ケンブリッジでは, スパイは, タツたちも, ツル, パリー警察の, フェルナンデスが, フォームは, ホッと, ママに, ミンチン女史に, ヤレ嬉し, リップの, 一八四八年六月は, 一問出る, 一家の, 一寸歩き, 一層私, 一杯である, 一行が, 一首の, 丁坊たちは, 三人の, 三左衛門は, 三河侍の, 不自由だ, 世人は, 世話が, 両掛, 中までは, 中津へ, 久保も, 久松は, 九人に, 亀の, 二三べ, 二三日仕事に, 二人とも, 二人も, 二神争闘今に, 京都へ, 人の, 人通りが, 今では, 今の, 今まで, 今井は, 今年は, 今思い出せない, 今日まで, 今更我身, 今朝は, 今朝早く, 仏目蓮を, 仕方が, 他人が, 他人の, 仮りに, 伊吹屋は, 会衆一同は, 伸子は, 何だ, 何の, 余の, 余り臨機, 例の, 信者が, 修繕し, 値増しを, 僅か半日, 僧正は, 兄たちに, 先ず近辺, 光一の, 八風斎の, 共同便所ソックリの, 其中おのずから, 其処までで, 其日夕飯を, 其縁で, 具合わるい, 再び春琴, 出しなに, 分った, 初めてはっと気がついた, 初めの, 別の, 刺青の, 助手で, 労働の, 勘次も, 半分は, 半日の, 卓子に, 南玉は, 印が, 却て, 厶る, 又も, 又四五人, 又太郎, 叡山の, 古くは, 只さえ, 吃驚し, 合図を, 同じくまね, 向かい合って, 吟味所あたりを, 和尚さんは, 啓之助, 善鬼は, 喜多村御大以下来てる, 困つて, 国吉は, 在洛, 埋めて, 堯の, 声も, 声を, 夕飯の, 外側から, 多くの, 多遅比, 大きに迷惑, 大分腕が, 大変凄く, 大変得意で, 大多忙, 大川筋から, 大急ぎで, 大河内子が, 大阪の, 太平洋の, 奥穂高岳の, 女だけ, 女は, 女帝は, 好んで若く, 姓が, 娘は, 娘を, 子碧山, 孤芳は, 孫兵衛は, 安心し, 安心しました, 宗円は, 実に大層, 実弾が, 家を, 家康の, 宿酔だ, 察する, 實に, 将校は, 小六は, 小坂部は, 小男の, 少し赤く, 少なからず, 居を, 岸に, 巣鴨から, 己が, 己は, 帯である, 常磐も, 平民社の, 幾らか元, 庄三郎は, 庄太に, 床屋の, 店を, 座敷に, 引傾いた, 弦之, 当分間に, 彫刻が, 影が, 彼も, 彼れ, 彼女も, 彼等は, 後に, 後任者を, 徐は, 御座います, 心臓から, 忘れちま, 忘れないで, 思わず赧, 急に, 息が, 惨憺たる, 慎吾も, 懇意な, 戸山の, 抽斎も, 拠なく, 放ける三, 教唆した, 数年前これを, 斬り損なった飛, 新しく映画, 新子は, 新手を, 日初と, 早く云え, 早く人情, 昔ほどの, 時と, 時に自ら, 暮れきらうち, 書写山と, 最も苦しめられた, 有ろうが, 有ろう若し, 木沢氏が, 本名は, 本邦に, 村岡は, 東京の, 東寿どのの, 林の, 栄二は, 栄蔵はを, 根津の, 格別かわった, 検察局からは, 楽翁さまを, 榛軒一策を, 此莊園こそ, 歯は, 死に切れたとも, 死骸を, 残の, 殘つた方も, 母屋の, 毎夜死んだ, 気分のんびりし, 水が, 水の, 氷室検事の, 法然が, 泰平郷の, 浜の, 海草は, 港町は, 満船, 漱石先生は, 無ければ, 父親母親は, 牛は, 狐は, 狭くな, 獄門女房の, 甲を, 申しわけの, 異な, 瘠せたか, 発見されたら, 白いの, 皆が, 皆川氏は, 皇太子に, 直ぐ借りる, 直義は, 眠つたのか, 着せる着せないで, 石川島からは, 祐筆が, 禄は, 私を, 秋田, 穆さん兄弟や, 窓に, 立ち並んだ検察隊, 竿を, 糞尿を, 素子は, 細君, 紳士は, 終に回復, 続いて, 美妙が, 美沢は, 羽ばたきを, 老同行, 老職自身に, 考へて, 考を, 肩を, 胸の, 脚気衝心を, 膝の, 自ら日本飯を, 自分が, 自分を, 自分等は, 良左衛門は, 花環をといふ, 芳一は, 茶を, 莨入を, 葉子は, 蒙古人, 蒟蒻の, 蔵人たちとの, 衆人綽号し, 行在所は, 術者は, 見るま, 見知らぬ人達, 親方が, 角蔵は, 解いて, 訪ねて, 設計用の, 評判が, 誰も, 諸国の, 豪面目を, 負けること, 財産は, 買うとでも, 賊共は, 質を, 越前屋という, 足らなくしたよう, 路傍へ, 身を, 車を, 近くの, 迚も, 退却を, 逃げて, 途中で, 這入って, 道庵が, 道臣は, 遠藤どのも, 酋長も, 重大な, 金五郎の, 釣れない時, 長崎料理を, 防ぎ得ず左膳, 隅へ, 隣家の, 雅衛の, 青木は, 静な, 順送りに, 頭の, 顔が, 飾った天人, 飾って, 馬が, 馬鹿ふざけ, 驚いて, 鶴三は, 黙ったまま私たち

▼ だ~ (1093, 0.3%)

28 のよう 16 にはもう, のこと 13 の作 10 である 98 に彼 7 であった, に, のやう, の事 6 にその, には, はもう 5 にはその 4 だ, であつ, にはたしかに, にはまた, に私, の光景, の嬉し, はまだ

3 [12件] でした, と同じ, にあの, にはこの, にふと, に自分, のあの, のその, の心持, の通り, はすでに, は自分

2 [66件] あたかも二尾, お舟, からその, から俺, その高等科, だった, だったの, だつた, でございます, です, と国, と外出, にお, にこの, にこれら, にそれ, にはいつ, にはかなり, にはそりゃ, にはそれ, にはそんな, には彼等, には思わず, には私, には笹, には自分, には色, には血, には転出, にも私, に感じた, に非常, に頭, の信吾自身, の儀式, の儘, の内閣, の姿, の彼女, の心地, の神秘的, の絵, の自分, はお, はこれ, はその, は一面, は僕, は十八, は午刻, は取返し, は夜, は平次, は手足, は既七人許, は板前, は泰道, は誰, は鶯谷宗匠, まさしくこれ, もそう, も出, も菅沼, よりも一段, 爪立ちを, 粗い縞

1 [742件 抜粋] ああと, ああ福島慶子さん, あの五十銭銀貨, ある酋長, いずれ近い, うつれば, え, おぬいさん, お春, お鳥, かなんかのやう, からいつも, からすでに, からそう, からもう, からわたくし, から三吉, から二人, から何となく, から僕, から分っ, から叫声, から彼, から心, から残され, から清く, から私, から私たち, から舳先, から身じろぎ, から顔, かれは, か何, か病気, があった, がそう, がもう, が恐い, が恰度, くずおれて, こう云った, この交驩, この凧, この本, これから世の中, さながら天国, さらに当夜, じつに突拍子, すぐに, すなわち余, そこで翼, そのほとんど, そのままの, その女, その宮廷, その峯, その時, たしかにその, ただ何, だけようやく, だつたの, ちょっと立ち止まっ, であったいざ, でありました, であり次に, でさ, でなくて, ではない, でもそれ, でものこった, でも泣かなきゃ, でも父, という覚悟, とお, として, とそつくり, とその後, とつぜん明智, とは又, とは受け方, とまる, とわずか, と三回, と今, と同様, と指し示す, と昔愛人, と暇, と調子, と違っ, どうした, どうしてこの, どどどどどどどどと, どんなに変てこ, どんなに外, などとは生れ変った, などには先生, などに女王, などは大勢, などは賀川市長, などもいわゆる, など私, なの, にああ, にあまりに, にいろいろ, にうれしく, におのずからそう, にかう考へた, にきまっ, にさぞ, にそれほど, にたすけ起す, にちよ, につい, にという方, になっ, になる, になんと, にはあんまり, にはえ, にはこっち, にはこれ, にはしみじみ, にはすでに, にはすなわち, にはせめて, にはちっと, にはつない, にはどちら, にははつきり, にはほや, にはまだ, にはもうすつかり, にはセエラ, にはツク, には一山, には一抹, には人々, には仕事, には何だか, には修作, には兵庫たち, には別に, には十九歳, には半, には嘉門, には場所がら, には夜半, には大二郎, には子分, には宮崎, には左, には左門, には必ず, には愈, には折角, には数間, には数馬, には村, には来なかった, には森, には気抜, には湖水, には猪, には甚太郎, には相手, には礼譲, には立派, には箕島, には組紐, には股間, には自分自身, には船, には西園寺家, には諸般, には重い, には長, には面白い, には馬琴, には駿介, にふたたび, にみな, にもってのほか, にもやっと, にも僕, にも優し, にも涙一つ, にも笑っ, にも肉霊, にも間, にも馬, にゃア, にゃ何しろ, にやる, にようやく, にズボン, にネエ, に一寸々, に一度, に一番先, に一面べつ, に不動岩, に不意, に世界中, に予期, に人, に今, に会った, に佐渡, に何故, に使った, に依, に俺, に児島, に再び, に初めて, に到頭, に北, に受けた, に向う, に唯, に地蜂, に墓, に大, に大変感心, に女の子, に実, に小, に屋, に帰っ, に廣岡, に当時, に得られる, に思はず, に悩まし, に意, に懐, に我々, に手前, に掛かった, に明け方, に最もよく, に最高頂, に望見前面, に汝, に深良一知青年, に源氏方, に火打石, に現代, に理解, に生き残った, に皆, に直ぐ, に石子刑事, に破れ, に神社, に秀吉, に私共, に空, に笑い出した, に第, に米友, に経験, に綱, に緋縮緬, に考えついた, に聞いた, に能登守, に臂, に蝋燭, に見せた, に見る, に読み上げる, に透谷君, に連れ, に遠い, に金椎, に頻りに, に顔, に駒平が遠慮がち, に駿三, に黒田, のかつて, のきらびやか, のごぼう, のせつな, のぴりつとする味, のほこり, のまんま片方庭土, のみじめさ, の一度, の云, の人麿, の仰天さ, の僕自身, の出来事, の勢力, の北村君, の取扱い, の句, の君, の君たち, の外, の夢心地, の如く, の婆さん, の彼, の後ろ姿, の心, の心得, の悲し, の悲哀, の感じ, の支度, の有様, の次郎, の歌, の気持ちよ, の海, の溜息, の為, の状態, の状況, の用意, の癖, の私, の立派さ, の考え, の苦しみ, の苦心, の苦悩, の覚え, の言葉, の記念, の記憶, の詩巻, の諸, の通知, の通知先名簿, の酒場, の面白, の驚き, はああ, はあたかも, はあゝ, はい, はいずれ, はうれしく, はかえって, はかなり, はこなれ, はさすが, はじめて赤い, はそう, はそれ, はそんな, はただ, はちやん, はなん, はな実に, はまた, はまだ決して, はわからなかった, はをかしく, は一方, は一重, は主人公, は事情, は二十歳, は二時, は今更, は何故, は作者, は信長, は勢いよく, は半死半生, は単純さ, は同時に, は四方, は変った, は嬉し, は少し, は尾, は微か, は徳川家, は必ず, は思わず, は手前, は技巧的, は早, は明日雨, は本当に, は棒, は武蔵, は死, は気象台, は泣いた, は甚だ, は生あたたかい, は私, は親, は読終, は足, は近衛竜山公, は遺骨, は鈴鹿, は錦, は鍵, は陰気, は雨, は鼻, ばかりに見せる, ひょっとかし, ふくらんだ乳房, ふと水の上, ほどうまく, ほど未亡人, ほど残念, ほど泥酔, ほど美し, まず女, または元気, また誰か, まだ二十, までの君枝, まで寝返り, まんいちを, も, もあつ, もあり, もう堪えられなくなった, もう方針, もおのおの, もかれ, もこれ, もこんなにも, もはや雛鳥, ももたれる, もわざと, も俊助, も場所, も彼, も思い出さなかった, も父, も私, も顏, や失恋, よくある, よりは強く, よりもずつと面白く, よりも二十年, よりも烈しく, より数層倍, をたがえ, をも知っ, キャッと, コロコロと, フワリと, 不図, 云った, 今更ながら, 何故知らせなかった, 余程以前, 全く驚かされた, 出して, 初めて作品, 単なる遊び, 大きな模様, 大咯血, 始めて自分, 実際苦笑, 専ら種々, 已に恐し, 度々親しみ, 心細さ, 必ずの, 忽ち白, 思はず笑, 思わず笑って, 悲しい中, 折々何者, 抱えて, 最う老爺, 果して如何なる, 汚れた身體, 消魂, 無智, 特にかう思はず, 申す事, 程人間, 突然横手, 突然私, 見えない中央アルプス, 譲られたもの, 輝いて, 送って, 降り積もった雪, 驚いた, 黙って

▼ だけど~ (1050, 0.3%)

9 私は 6 僕は 5 これで 4 あれは, いい虫, その時, それが, それは, それよりも, 今は, 自分の

3 [11件] あたしだって, あたしの, あなたの, あの人, あんたの, そんなこと, どうした, ぼくの, 今日は, 女の, 途中で

2 [51件] あいつは, あなたに, あなたは, あのひと, いい気, いい蟲, いつでも, お蔭さまで, こうしてしょぼん, ここへ, これが, これも, こんどの, その人, その前, その芝居, その過去, それにしても二十, それも, それや, それを, だが, てんで通じない, でもまあ, でも僕, とても玉葱, とりあえずよん, どうかしら, どうにも, どうやったら, どこへ, まるっきり絵, もう年, 今じ, 今夜は, 伊作と, 何分ここ, 僕の, 半礼装, 君が, 君に, 君の, 君は, 小父さんの, 構図が, 私の, 誰も, 警察では, 貴方は, 近所の, 頭の

1 [863件 抜粋] ああいう, あさっての, あしたの, あたしが, あたしたちに, あたしは, あたしまだ, あたしも, あたし一生あなたの, あとで, あなたがたの, あなただって, あなたには, あなた僕の, あなた古, あなた県庁の, あのお, あのひとたち, あの子たち, あの程度, あまり人の, あまり早くから慾, あんたいや, あんたも, あんた家を, あんなにいい, あんな立派, あんまり, あんまりそれ, あんまり静か, いいあけ, いいでしょう, いいなずけが, いけないかしら, いじめられるだろう, いつか道で, いつもおとうさん, いつ頃, いまの, いま急にって, いやに加奈子, いらないって, いろいろ用事, いろんな事, うなろうと, うまくあいてる, うまく何, うれしい事, えらくなりたい, おいでよ, おかしいなあ, おじさんと, おとうさんは, おどろいたな, おまわり, おれは, お仙ちゃんの, お会いできなかった, お前なんだ, お安が言ふん, お幾つ, お店, お母さんは, お気に, お父, お父さんも, お誘いし, お金も, お金持特有, かえって親切, がまんしよう, きっときかない, きょうの, くさくさし, けがあして, けさ, こいつは, こうして同居, ここの, ここは, こないだ一寸女ん, このごろは, このへん, このま, このマスター, この半年, この時, この足, この際, これからの, これつ, これには, これを, こわいところ, こんなこと, こんなよたよた, こんな際, こんな雪溶け, ごめん蒙る, さあたのし, さうさ, さうなの, しかしあの, しかしねえ, しかし彼, しかし自殺, しばらくここ, じゃ一体, じりじりなま, すこしファンタスチック, せいぜい二十日位, そいつは, そういう技術, そうな, そこい, そこで此, そこへ, そこまでは, そこん所は, そのあと, そのお, そのため, そのとき妾達, そのひと, そのポッテリ, その亭主, その人たち, その実, その幕, その硝子窓, その舟, そりや, それから, それじゃ, それだけなら, それでも足, それにしてもまたお母さん, それによって, それまで, そろそろ始めましょう, そんなよう, そんな事, そんな必要, そんな話, ただ云ひだ, ただ性で, たった四匹, だけどそれだけ, だけど姉さん, だんだん気, ちっとちがっ, ちやうど, ちょうど赤ちゃん, ちょッと, ついでに, つかないん, つてネ, てんで信用, ですよ, でもあたし, でもあの, でもおかあさん, でもこう, でもそれ, でもない, でも中学校, でも君, でも塩野さん, でも木村, でも田, でも矢代さん, でも私, とうとう行けなかった, とてもお金, とても空いちやつ, とにかく僕, とにかく芸者, どういう訳, どうかなすった, どうしても入れない, どうしても百万, どうしても音, どうせ死ぬ, どうで, どうな, どうなつ, どうにも話, どうもそうでも, どうも不機嫌, どこか, どちらも, どんなかしら, どんなきりょうよしでも, なって, なにしろ仲仕, なんだ, なんだかその, なんにもし, ねえ, ねえ双葉ちゃん, ねむれやしないよ, はなはだ失敬, ひとつぺんぺんを, ひとりでも, ひどい熱, ひもじいなあ, ふきだしたくなるくらい, ふつと, へんよ, べつに怪しい, ほかに, ほんた, ほんとうに, ほんとにちっ, ほんとに愛し, まあこの, まあ同じ, まさかこんな, まさかそれ, またこれ, まだきまつ, まだどこ, まだなん, まだまつ赤, まだ二つ, まだ年, まだ跡, まってるから, まるでお, まるで果実, みなあの, みんなが, みんな生きの, むずかしいって, もういちど, もうこの世, もうすっかりなくなっ, もう一人, もう全くハルピン, もう本式, もう良く, もしかして矢代さん, もっと高い, もともとがら, やっぱりくたぶれたに違い, やつぱりたうとどうもあれだものだから, やりだすと, ゆうれい, よくこんなに上手, わざと譲治さん, わたしに, われわれお, イ, カフェーに, キミ海へ, ジェミイは, ジエィン・エアは, チョット燒, チョット腹, ナアとか, パパは, ビールの, ピゲエで, ボクと, リャク屋としては, ロボさんのは, 一人の, 一寸かぶれ, 一寸云っ, 一年だけ, 一度だ, 一晩くらい, 一晩ぐらい, 一流の, 一等に, 一郎さんと, 丁度旅費, 三十号は, 下には, 世の中に, 世話し, 丸万が, 之は, 乗ってるうち, 乞食になんて, 二三日置い, 二度目は, 云って, 井戸の, 今さらそんな, 今すぐ, 今ぢ, 今では, 今ルンペン, 今夜二人だけで, 今日からは, 今頃どう, 以前は, 似合つて, 何うし, 何が, 何しろ意地, 何だかかうしなけれ, 何に, 何れ捕まれ, 何を, 例の, 信次郎つていふ, 修治さんあなたが, 俺にや, 偶然の, 僕それが, 僕には, 元を, 元日の, 兄さんあたし, 兄さんが, 兄ちゃんと, 兄貴が, 先約が, 八雲まで, 内の, 出すひと, 出来なかつたわ, 分ってしも, 判然り, 利口な, 割りつけや, 医者と, 十二の, 卒業する, 危なっかしいから, 原毛を, 双六なんか, 双葉さんなんか, 吉田さんは, 君たちも, 君綿貫君を, 品が, 商売の, 四人の, 土堤はね, 地獄へ, 埼ちやんが, 塩子の, 壁土が, 夕方から, 外国製は, 大阪では, 大阪まで, 奉加帳で, 女つてものは, 如何とも, 妙な, 姉さんたちだけで, 子供は, 学校は, 宝石よりも, 実はそんな, 実際チャッカリ, 宮本武蔵じゃという, 家にゃ, 寿美子さんの, 小さいの, 小さい時, 小説は, 己を, 帰つて来ない, 店に, 弟達と, 彼奴一人ぢや, 征野の, 御裁可, 志貴子どんな, 急ぐ話, 急に, 恰度おばあさま, 悲願な, 愛一郎って, 感じは, 我慢を, 房州の, 所有権は, 投げると, 持って, 探しても, 敏ちゃんこの, 断つて, 新吉さんに, 旅客機で, 旦那が, 明日子は, 星が, 昨日不意に, 時代が, 暴力団で, 最後の, 木村は, 末梢神経が, 本当はやさしい, 本当は一人子供, 来て, 来なかつた, 東京を, 松八で, 染子さんは, 根は, 桶屋なんて, 楽しかった, 正しいプロレタリア的, 正直言っ, 此の, 此間川治温泉で, 殺されたら殺された時思, 母さんが, 母さんは, 毎日だ, 気に, 気持の, 泳げば, 浦和でも, 海岸通りの, 海軍が, 満寿子さんと, 無かった, 焼けてね, 燒け, 牧さんから, 狭いしね, 玉屋の, 生むこと, 生徒と, 男が, 男と, 男の, 町はずれの, 痩せて, 皆家の, 相手の, 相撲の, 省三君君は, 矢代さんも, 知らねえかな, 神様の, 私が, 私つて変りものな, 私のは, 私逃げ, 立派な, 結局南條さんくらい, 美しい方, 老来益々色ッ, 耳男の, 職工さんかしら, 自分一人勝手の, 自殺し, 自由なんて, 良い奴, 若いうち好男子, 若しかし, 若菜さんは, 萬葉の, 葬式に, 藝の, 蜂須賀村の, 行かねば, 行きたくないん, 衣食住が, 覚えて, 親御さんたちともさうです, 言いだせないもん, 話を, 買ったの, 買物に, 迚も, 逃げちゃって, 這入って, 通じなきゃ仕方, 遠いかい, 遠くへ, 遠慮し, 酒場の, 金子先生は, 針だけが, 鉄の, 閉口した, 陰気な, 雨男は, 電話では, 霧の, 面白くない, 面白そう, 音楽を, 食事どう, 飼は, 飽きちやつたのよ, 馬鹿に, 驚いたでしょうね, 鳩の, 黒いの

▼ だなんて~ (1014, 0.3%)

18 言って 14 いって 12 ことは 11 そんなこと 10 云って 9 とんでもない 7 ことが 6 そんな馬鹿 5 そんな, 云うん, 人を, 思って, 思や, 誰が 4 いばって, そんなもの, そんな事, 思ってや, 思わないで, 自分の, 言ったって

3 [16件] それは, ひどいこと, 云う人, 云つたら, 何を, 冗談を, 威張りおる正太郎, 悪口を, 書くと, 申して, 縁起でも, 考へてや, 言うん, 言う人, 言や, 飛んでも

2 [62件] あたしはじめて, いい加減, いう, いうから, いうが, いったって, いったの, いわれちゃ, いわれると, えこと, お父さんが, かっちゃ, それも, そんなの, そんなはず, そんなチャチ, だれが, なんという, ぬかしゃあがって, のは, ばかに, ひでえ, ほんとうに, まあどんなに立派, よくもまあその, バカも, 云いながら, 云うと, 云うの, 云つてゐた, 云ふ, 人に, 仰っしゃっても, 壜に, 変な, 大したこと, 大法螺, 失礼な, 威張って, 少しも, 思えないほど, 思つてや, 思わないわ, 恰好つけた, 惡口を, 教へ, 皆な, 聞いても, 言いながら, 言うもの, 言ったの, 言っちゃ, 言ってるが, 言つて垂涎し, 言ふ, 誤解し, 誰から, 陳腐な, 顔は, 馬鹿な, 馬鹿も, 騒いで

1 [697件 抜粋] ああ汚れた, あきらめて, あたくし信じません, あたしこれっぽ, あなたこそ, あなたは, あなた好きとは, あの人, あの雪やけ, あらそんな, あられも, ありうること, あり得ないこと, あれは, あんな面倒臭い, あんな顔, あんまりじゃ, あんまり人, あんまり意外, あんまり無法, いいましたの, いいましてね, いい気, いうからさ, いうこと, いったいどういう, いったい誰, いったもの, いったらユウ, いっててよ, いってや, いってるが, いつた奴, いつて, いつては, いふに, いふん, いふ意識, いふ規格, いふ評判, いやだ, いやな, いわせは, いわないね, いわれたの, いわれた御面相, いわれた者, いわれるか, うそだ, うそつい, うぬぼれて, えらい事, え噂, おおどかし, おかしいじゃ, おかしなこと, おだを, おっしゃったくせ, おっしゃったん, おっしゃりは, おっしゃるかも, おとつ, おとなしくあきらめ, おもしろくねえ, お世辞, お前そいつあ, お前なぞが, お前の, お追従, かっぽれ, きみ子ちゃんにも, くだらん懸念, こたあ, ことない, ことに, ことになる, ことを, この辺, こんなもの, ごたいそう, さかんに, さっぱりわけ, しまいまで, すこしも, ずいぶん悲惨, ずいぶん高尚, そういう人たち, そう仰言った, そなな, その人, そりゃ勇一, それで遠まわし, そろうつと, そんなこと私, そんなそんな, そんなでたらめ, そんなひどい, そんなもったいない, そんなもんぢ, そんなバカ, そんな事云, そんな固苦しい, そんな大したもの, そんな子供, そんな当り, そんな悪い, そんな気, そんな浮, そんな遠く, そんな間違った, そんな馬鹿げた, たかが人間, だれだって, ちつと, つまらねえお, つまらん芝居, でも本当は, とても信じられません, とても見わけられません, どうしても考えられない, どうしてわかります, どうして信じられよう, どうして信じられる, どうして判りっ, どうして猫, どうして言えます, どう考えた, どこにも, なにごとです, なんといふ, ぬかしゃがって, ぬかすもん, ぬかすん, のも, はじめッから, はっはっは, ばかばかしいこと, ばからしい, ひどいじゃ, ひどい事, ひどく驚かせました, ほんとうかしら, ほんとにおかしな, ほんとに呆れる, ますます事, まだ, まちが, まったく思い, まるで夢, まるで良種, まるで見当, まア噂, みっともない名, みんなよく, もう世, もったいない, もっぱら評判, やったもん, やれるならやって, よくそう言い言いした, よくも図々しく, よく云えた, よく分らない, よく吾家, よけいな, よっぽど変人, わけには, わたしには, わたしは, アッハッハッハあーくるしい, ウソおっしゃい, ウソみたいな, ウチの, ウマイ事云いやがっ, ソそんな, ナンセンスの, ムチャな, 一たい貴様何だ, 下らない綽名, 中, 中学校の, 主義者みた, 事に, 事の, 事は, 云いふらさせて, 云いふらしやがったん, 云い出したもん, 云い出すの, 云い始めたん, 云うから, 云うだろうと, 云う奴, 云う議論, 云えたもの, 云ったか, 云ったけれども, 云ったって, 云ったらぶんなぐっても, 云っちゃあ, 云ってたん, 云ってながら, 云つた, 云つたのだらう, 云つたらう, 云つては, 云つてました, 云つてや, 云つてる, 云つてゐられる, 云つて来られる, 云つて眼を, 云はれ, 云わずに, 云わないで, 云われた者, 云われちゃ, 云われて, 云われるの, 云われるまで, 人違いで, 人間の, 今だに, 仰々しい事, 仰しゃれたもの, 仰っしゃるんですか, 仰って, 仰るん, 仰有りは, 仰言, 仰言ら, 仲, 伊村君も, 何だか一向弾まない, 何て, 作り話ぢや, 信じて, 俺あ, 俺達百姓の, 偉さうなこと, 僕の, 僕は, 僕を, 僭越も, 先生そんな, 先生よく, 免状が, 全体何てえ, 其様な, 其樣な, 出掛けて, 分るもん, 加減にも, 勿体ない口, 危ないこと, 口では, 可哀さうに私, 可哀想ねえ, 可笑しいじゃ, 可笑しくつて, 同病相あはれむのたとへ私たちも, 名乘, 吐かしたって, 吐かしやが, 吐かすの, 吐し, 呑気そうな, 呑気な, 呼びは, 呼ぶもん, 呼んだん, 啖呵を, 嗤う, 嘘だろう, 嘘です, 嘘吐い, 困った性分, 図々しくほら, 国辱だ, 声も, 夢にも, 夢を, 大きなこと, 大きな面, 大きな顔, 大げさな, 大それた, 大ウソ, 大人に, 大廻りを, 大造, 大騷, 失敬な呼び, 失敬千万な, 奥様と, 女中たちの, 妾は, 威かしたには, 威張らなければ, 嫌味な, 子供が, 容子を, 尤もらしく書きます, 岸本さんには, 平助さんなぞは, 平気で, 広告する, 強請れんで, 当に, 彼奴に, 彼奴の, 心にも, 心臓の, 心配しない, 思いだしたくないですよ, 思いちがいしない, 思いませんよ, 思いませんわ, 思いも, 思うの, 思う人, 思う奴, 思えなくなって, 思えやしないわ, 思ったら大, 思ったら大きな, 思ったら随分, 思っても, 思つてゐやがる, 思つてゐる, 思はれると, 思はれるの, 思ひませんでしたの, 思ひやしない, 思わせて, 思わせるよう, 思わねえが, 急ぎだしてごらんなさい, 怪しいぢ, 怪しからん, 恐れ多いこと, 恐ろしいやつ, 悪罵した, 悲しい, 惡罵した, 想像も, 愚図り出して, 憤慨した, 我儘な, 押し歩いて, 持ち上げて, 捨台辞を, 搾取国の, 教えたから, 教へて, 新聞に, 新聞は, 昔の, 時々寒月さん, 時代遅れだ, 書いて, 書いては, 最初の, 本当かなあと, 本当にこの, 村で, 東洋へ, 極める訳, 死んだ者, 気づかなかったそう, 決していいやしない, 油断し, 津田君に, 派手に, 浅間しい, 爺さまへ, 爺さんは, 独り言いっ, 独り言いつ, 献金の, 生意気を, 申しましたからね, 申しましてね, 申しません, 申すん, 皆なし, 皆嘘, 目を, 真実に, 真物の, 知つ, 知つてる, 知つてんが, 神様じゃ, 私あ, 私は, 私はよ, 私を, 種々様々, 突然現われ, 笑ひます, 笑わせるじゃ, 笑われましょうが, 綽名を, 罪を, 考えたん, 考えて, 考えてるん, 考えるわけ, 考へただけでも, 聖書に, 聽いた, 胡魔化し, 自分で, 自分に, 自称し, 良い加減, 若し耳, 薄っぺらな, 被害者に, 見えすいて, 見るの, 見方は, 親切らしい, 触れ込みで, 言いがかりを, 言いは, 言いはじめる, 言いましたい, 言いましたっけ, 言いましてね, 言いますが, 言いますけれど, 言いやがるん, 言い出されると, 言い出して, 言うかい, 言うから, 言うと, 言うな, 言うなよ, 言えるもの, 言ったからさ, 言ってと, 言っては, 言ってや, 言ってるから, 言ってるけど, 言ってる人, 言つたつ, 言つてね, 言つてる, 言つてゐた, 言つて騷いで, 言ひ, 言ひはやす, 言ひ出さない, 言ふから何んな, 言ふんだ, 言わないでさ, 言わなかったの, 言われたん, 言われちゃあ, 言われて, 言われるからさ, 言われると, 言われるん, 言葉は, 言葉を, 訊くん, 許して, 話合っ, 誤解される, 誰の, 誰一人き, 講釈する, 豊世と, 豊世なぞも, 貞子が, 賣りに, 贅沢を, 連れだして, 過ぎてしまつたぢやないの, 遠い処, 邪魔つけ, 野郎, 鑑識が, 間違つても, 闇から, 随分君, 顏かたちに, 顔に, 飛双六じゃ, 飼って, 馬鹿, 馬鹿げたこと, 馬鹿馬鹿しいにも, 騒ぎ出す始末, 默つてれ, 鼻の

▼ だその~ (955, 0.3%)

8 時の 7 うちに, ために, 通りだ 6 とおりだ, 人の 5 ざまは, 上に, 時は, 点は, 男の 4 ように, 人を, 前に, 女は, 方が, 男は, 証拠には, 足で

3 [19件] お方が, ことだ, たびに, ためには, ほうが, 上お, 声が, 女の, 子が, 子に, 少女は, 態は, 方は, 日の, 晩に, 点で, 目の, 酒の, 顔色は

2 [63件] あれだ, うちには, くれえの, ことは, こと自体の, とおりだろう, ときは, とき私は, とき長男は, ほうは, ほかには, やること, ような, 一つは, 一刹那に, 事か, 事実だけに, 人が, 人に, 他人の, 先き, 刀を, 場所は, 声を, 女に, 娘が, 子の, 左の, 意気だ, 手は, 敵役は, 方の, 日から, 日その, 日は, 日やっぱり, 日を, 昔の, 時には, 時まで, 時計の, 曲者は, 最後の, 武家に, 気に, 気持を, 理由は, 男だ, 男という, 目は, 眼は, 竿を, 第三期, 純粋な, 結果が, 者は, 親を, 趣向は, 辺で, 辺は, 障子を, 顔が, 顔の

1 [674件 抜粋] あいさつは, あいだ月に, あたりの, あとから, あやまりが, いい方, いづれも, うちから, おかげで, おれが, おれに, お前だ, お印, お嬢ッちゃん, お方の, お米, お酌, かば, かわり感心に, きたない犬, くせ一生独り身で, くせ恐ろしく, くらいにし, くらいのこと, くらいの気転, ことか, ことさ, ことで, こもを, ころの, さわぎに, じぶん, せゐか, ためおまえには, ための, ため三千八百の, だらしの, ちよいと, つつましい光, つもりで, つらは, とおり, ときこの, ときサービス君が, とき三つに, とき父堅く, とき田舎からの, とたんに, なかを, なんだ, ぬれぎぬ, ぶっくらわした, へんで, ほうどの, ほおに, ほかに, ほかの, ほか人間と, ま, むさくるしい人間, むすめさんたち, もとは, よく果実, よな, わからなくな, アタマの, アパート, カバンを, ギリシャ人くさい, コルトンだ, ザマは, バコト, ビールだけで, フン反り返, ホームストレッチな, ボロを, ムリを, 一事が, 一切れ一切れが, 一句を, 一銭を, 七名を, 三番牢で, 上から, 上で, 上アンテナを, 上今日も, 上佛の, 上煙草が, 上衣は, 上金の, 不思議な, 不運な, 中で, 中心の, 中田屋杉之, 主任の, 乙女の, 事よ, 事件が, 二は, 二人が, 二人は, 京野つ, 人ある, 人と, 人なら, 人は, 人間の, 仕事を, 付近と, 代りしっかり, 代り今夜は, 代り今度の, 代り確り, 代金が, 仮定という, 佐倉宗五郎が, 何は, 余音が, 使用が, 例を, 候補者として, 僧は, 優劣は, 先生が, 先生に, 光の, 光景は, 公式の, 六尺の, 内的必然に, 冥利を, 出所が, 切ない叫び, 判るという, 別荘に, 刹那に, 刹那程近い, 前の, 勝敗を, 十億キロの, 半刻, 原っぱで, 又八に, 収入が, 口は, 古典の, 右の, 吉日は, 名が, 名前を, 呻きと, 命名に, 喜びはさもしいぬか喜びに, 喜びを, 嘲笑され, 四国町の, 土耳古, 坊主は, 報いだ, 場所を, 塙江漢様な, 壁の, 声の, 声は, 壺が, 夏が, 夕方は, 夜を, 夜鷹に, 大手柄で, 太い力強い皺線, 太夫という, 夫は, 夫婦は, 奇蹟の, 奥さんは, 女だ, 女なら, 女一人を, 女子だ, 奴さんは, 妻子の, 姪だ, 姿, 姿は, 姿も, 娘ご, 婦人は, 嫉妬が, 嬉しさッ, 子供という, 子供を, 家が, 家は, 家へ, 富士の, 対比を, 対象物なし, 小柄を, 小説が, 屋敷は, 屍体を, 山が, 山と, 川村だ, 州も, 布に, 常闇を, 年の, 幸福といふ, 幼児は, 幽霊や, 序でに, 建物を, 弟など, 弟子が, 弟富田治部右衛門を, 強い感情, 形を, 形式も, 影だけを, 役廻りに, 後列の, 御酒が, 心理遺伝の, 心算は, 心臓部眼蒐けて, 怒気に, 性の, 怨みは, 恩義を, 息は, 悲しみなぞと, 意外な, 意志だ, 慈悲だ, 手つきは, 手であった, 手を, 手入れは, 手段を, 扱帶が, 折の, 抜萃の, 指の, 掏摸も, 教へる, 新作の, 方たちは, 方に, 方を, 方角は, 日, 日へんな, 日比谷公園の, 早業, 昔故郷を, 星の, 時, 時その, 時ちらりと, 時ふと, 時までは, 時一婦人坐し, 時分から, 時刻な, 時刻に, 時彼は, 時期を, 時死から, 時海女は, 時私独りで, 時絶え絶えな, 時膝節を, 時誰だ, 時間には, 普通の, 暗室の, 書だって, 最後まで, 朝の, 木乃伊の, 本人な, 本尊様の, 札だ, 材料と, 果ては, 棒を, 森林は, 植物なら, 次は, 欲求を, 歌よりも, 正面に, 死に方, 死体を, 殺人罪が, 殺害者が, 母が, 気力だ, 気合を以て, 水筒の, 汚ない不器用, 汚れを, 汽車から, 沖に, 油屋という, 浪人者の, 深編笠の, 溝は, 点から, 点だけで, 点伊藤継郎氏は, 為だろう, 為に, 無心の, 父母も, 片われ, 牝牛と, 状蛇や, 狭い世界, 玻璃窓に, 現象を, 理由と, 瑰偉珍奇なる, 甚次公の, 生涯の, 生物を, 男といふ, 男に, 界隈で, 異なるところ, 癖その, 癖皆んな途中で, 癖相変らず, 白さったら, 白足袋が, 皮肉な, 盗人が, 目的を, 目許も, 相手といふ, 相棒の, 看板を, 真中に, 眼ざし, 眼それには, 眼を, 眼鏡なぞ, 着て, 瞬間にも, 瞬間実に, 瞳, 矢を, 石だ, 石巻の, 砂の, 碁を, 神話の, 種の, 空家には, 突出され, 端に, 端書は, 笑う馬, 笑止なる, 筈だ, 筋の, 約束よ, 紅っ, 紅波白浪の, 紙を, 紙包が, 細君が, 組み立ては, 絆纏を, 結果首尾よく, 結社の, 結綿と, 綱を, 総身の毛, 線は, 繃帯は, 繊細な, 罎の, 罰で, 美しい流, 翌年蔵前の, 老人に, 老人の, 考えが, 考えは, 者たちに, 聞きそこねか, 背骨を, 胎児を, 腕を, 臍胡麻てえ, 自分の, 臭気の, 舌は, 舟で, 船に, 船体を, 船室の, 花を, 花輪には, 若い細君, 苦痛に, 茶屋の, 落葉樹が, 葬式に, 葬式の, 蒲団を, 薄情男は, 薩摩を, 虚実は, 血に, 血相は, 表情を, 表札には, 袂流は, 補充として, 製法呪法は, 裾の, 見込まれたという, 角力取りは, 言葉が, 言葉使いは, 訳と, 証人たちは, 証拠を, 試みの, 話は, 説教を, 説明を, 読みかけて, 調子, 調子だ, 謎が, 責任者を, 貴様の, 赤い顔, 赤ん坊の, 足とを, 辺から, 辺に, 辺へ, 辺一面栗鼠だらけに, 通りだろう, 通りふだん着の, 連れが, 道理が, 遺物だ, 郊外は, 部分だけ, 部屋には, 部屋住の, 重んずるところ, 重蔵様から, 金は, 金力と, 金高は, 鋳掛松の, 錺屋に, 闇の, 限りに, 限り内容も, 陰だ, 階段を, 障子の, 隠し子は, 雄白鵞鳥が, 雙眸は, 青いひやっこそう, 青年は, 面あ, 面を, 面桶の, 音に, 韻は, 頃には, 頃は, 頃同じ, 頭部の, 額を, 顏の, 顔がよ, 風俗と, 風変りの, 風景の, 駕籠を, 驚きは, 魂胆を, 魔物の, 鶏を, 鼓は, 鼻先へ

▼ だそれ~ (884, 0.2%)

5520 だ, に違い 10 だのに 7 がどう, に相違 5 が, がいい, だから, にちがい, や 4 があの, が人間, に違, を聞いた

3 [13件] がお, が何, でよろしい, に, にもかかわらず, に就い, に限る, は何, より他, より外, を, をお前, を貴様

2 [49件] か, から, がこの, がさ活きた, がため, がまた, が今, が何年め, が最後, が本当, が男, くらいのこと, じゃア何, だそれ, ならば, なん, にお前, にはこの, にもやっぱり, に空谷老人, はその, はそれ, は事実, は僕, は君, は彼女, は成る, は本当, は私, は第, は誰, ばかりでなく, みたこと, も上手, よりほか, をおれ, をなんで, をまた, を云っ, を君, を思う, を教え, を無理, を知っ, を考え, を聞く, を自分, を頭割り, 占めた清吉ッ

1 [587件 抜粋] あ, いらい家, かも知れぬ, からさ, からずつと向う, からでない, からもう, から三日目, から三番目, から五六日, から五年, から少し, から思う, から早く, から若い, から間もなく, から黙っ, があいつら, がある, がいちばん, がいちばん肝心, がいまそいつ, がいわゆる, がお互い, がお前さん, がかなえられる, がし, がしっかり, がずんぐり, がそう, がそれ, がたちまち, がたまる, ができる, がなぜ, がなんで, がなんとも, がまあ, がもはや, がよかろ, がわかった, がセンブリ, がソーンフィールド, がホントウ, が一人前, が一合, が一番, が一番不思議, が一通, が不当, が世の中, が主人, が人, が人生, が何で, が先, が先祖, が冷淡, が出, が出来たら, が出来ない, が唯, が宜, が小野, が山小屋, が幾らか, が当り前, が待合, が志保, が忘れられぬ, が急務, が恐ろしい, が慥か, が手前, が抜けねえ, が揃い, が教区, が映る, が本意, が権八, が正しい, が治, が泥棒, が海岸, が特別, が留守, が當, が癖, が相当, が石, が空, が肝心, が肝腎かなめ, が胃病患者, が裸足, が親子, が訳, が証拠, が辛い, が近頃, が金, が銭形平次, が魔, くらいの違い, ぐらいはし, ぐらい君, こそ, こそむし歯, こそわたし, こそ客席, こそ年じゅう裸, こそ猛烈, こそ血, じゃあ, じゃあたった今, じゃあ今, じゃあ六人, じゃいくら, じゃお, じゃお前, じゃとても, じゃどっち, じゃア, じゃア大丈夫, じゃ容易, じゃ済むまいというわけでもあるまいが, だお前, だお気に入り, だけが見込, だけだった, だけだって許し, だけでごぜ, だけです, だけでも悚, だけで相良, だけで終, だそいつ, だそこ, だつたの, だと, だどこ, だよ, だ多年, だ大いに, だ拙者, つ切り, でいい, でなくて, でなくても, でもでかける, でやるらしい, でよい, でよく, で人間, で分った, で取りこん, で呼びとめた, で安心, で居, で済ん, で相場, で相当, で見, で解けた, とは知らねえで, と並ん, と同じ, と同じく, と同時に, と日本画, なぐれそれ, ならばと, なりけり, なんで, にあんな, にお, にきまってる, にこの, にさえ乃公, にだまされ, にち, についてお前, についてなに, についての僕たち, については若狭, について伊緒, について新, になるべく, にのめ, にはこれ, にはそ, にはニューヨーク, にはランプ, には漫遊, には町名, には重量, には青年, にまだ, にも拘らず, によっておそらく, にフォン, に今, に今度, に今日, に今頃, に付け, に元, に勧進帳, に可愛い, に堅苦しい, に姉さん, に子供, に孔家, に定まった, に対して学校, に対して抵抗邀撃, に座敷, に庭, に形態, に手袋, に投手, に新しい, に東両国, に柳, に比較, に氣, に海女, に火, に腕力, に自分, に自分たち, に茶, に薪, に覚え, に都会, に願掛, のみだ, のみならず, の予測, はあんまり, はいい, はいけねえ, はうまい, はおそらく, はお前達, はこちら許, はさっき, はそう, はたしか, はできない, はどうやら, はどこ, はどんな, はほか, はまあ, はまさしく, はまだ, はまちがっ, はまつたく, はむずかしい, はもう少し, はもはや, はわかっ, はわし, はアルコール, はバツハ, はビタミン, はフロック型, はヱチール, は一つ, は一切, は一層, は中っ, は云う, は人間そのもの, は佐久間象山先生, は佐内町, は何より, は何故, は俺, は兄, は分る, は判らぬ, は単なる, は単に, は名前, は夢, は大変, は失敬, は婦人連, は孝之助自身, は宇野久美子自身, は工場法, は年長組, は店頭, は彼, は御門, は必ずや, は志保, は思いすごし, は恐し, は恐ろしい, は文士, は日本橋通三丁目, は松江, は止した, は洒落れた, は照子, は男, は画室, は画面, は百姓ども, は瞳, は確か, は私自身, は自分, は自然人生, は花田徹, は芸妓, は覚悟, は買った, は返した, は部屋, は酒井侯, は雷, は頼む, は額縁, は食通, は髪, ばかりかきっともう, ばかりじゃあない, ばかりでない, へ引つ掛る, へ直れ, までそこ, まではしない, までは小屋, も, もあの, もかなり, もきまってあまりに, もこっそり, もこんな, もせず, もそう, もできるだけ, もみんな, もガラッ, も二度, も人, も介添役, も偶然, も内容, も好い, も戦争, も本, も正々堂々, も正直, も武芸者, も殆, も決して, も無理, も畢竟, も聞怯, も草, やお, やこれ, よかお使い立て, よりお前, よりかおいら, よりこの, よりは得心, よりは早速, よりほんの, よりも, よりももっともっと, よりもよっぽど, よりも小さい, よりも文学, よりも普通並, よりや早く, より安く, より少し, より江戸, より私, より道場, らしい痕, をあの, をいや, をお前こっち, をきい, をきかない, をきく, をきみ, をこうして, をこそ書きたい, をこっそり, をこの, をこらへ, をそう, をどこ, をなぜ, をなん, をぬけ, をひとつ我々, をひとつ見物, をむしる, をむしろ, をやっつけ, をわざと, をエセックスたち, をキャッチ, をバカめ錯覚, を一人, を一番, を下郎, を乗取れ, を件, を伝える, を何, を何ぞ, を何処, を作り出さん, を内, を冷蔵庫, を助かった, を勝手, を危, を却って, を名目, を否定, を呑んだ, を塩, を壊し, を婆さん, を嫁, を少し, を忘れ, を忰, を思い悩む, を承知, を折っ, を抱え, を持つ, を持主, を捨て, を探し, を掻きわけ, を搜, を撮ったら, を改めれ, を旦那, を書き忘れ, を正しく, を残し, を毎日, を汝たち, を潜っ, を無, を無礼, を無闇, を犬, を疑う, を盗られた, を盜, を知つて, を知らない, を知らぬ, を知り, を称揚, を突き抜け, を笑, を絵, を義民, を考へ, を聞いたら, を聞こう, を聽, を背く, を脱, を融和, を見た, を言, を言いたい, を言え, を言わなきゃ, を読ん, を讀んだら, を赤瀬氏, を追いかける, を逃げ, を逆襲, を隱, を青木, ァ嫌, 担げ, 故今日, 早く漕げ, 見ろ何事, 見給えブラッシ

▼ だ~ (845, 0.2%)

37 めえ 20 邪魔を 11 手數を 6 騷がせを 4 半, 品さん, 春は, 浦は, 父つ, 百合さんは, 邪魔で, 騒がせを, 騷が 3 ぬしは, 人の, 叱言, 民, 気の毒だ, 父様の, 老婆さんは, 通りだ

2 [83件] いちは, かまの, かみさんは, たがい, つたの, とつ, ぬし, はるの, ばば, ばんが, ばんの, みやが, めえさん, 京は, 京様だ, 仲の, 兄さんを, 六さん, 六じゃ, 六ぢや, 兼さんの, 内儀の, 加代か, 勢, 北さん, 千代, 半の, 吉の, 吉は, 君から, 君の, 君は, 品が, 品の, 園さんも, 土産を, 声で, 夏だ, 夏の, 夢の, 夢は, 定さん急がねえ, 小夜だ, 小夜の, 師匠様だ, 手數で, 手間を, 文は, 時, 気の毒な, 浦, 浦の, 焔魔樣への, 父つあん, 狩場の, 珊お前と, 町は, 神さん, 笑ひ, 篠さんお前は, 篠さん贔屓さ, 粂が, 粂の, 絹を, 綱の, 舟さんは, 花たちを, 菊の, 蓮様は, 藤, 身は, 通は, 酒の, 長屋の, 静の, 静坊も, 顔を, 駒, 駒と, 駒の, 骨折で, 高は, 高祖頭巾の

1 [545件 抜粋] あいにくさま, いくやめ, いち, えらい学者, かあさんに, かあさんの, かたは手ぶらの, かた様が, かっぱの, かねの, かまひ, かみさんでも, かやの, かやは, かや今こそ, くつを, くにも, くみおまえ酌, さきどんがの, さよが, さよの, すえちゃんいつかお, すし強飯なぞを, すゑの長い, せいとともに, せいに, せいの, せいへ, せい様の, せきさんぢや, そまきながら, たねゆきの, たのしみを, たみである, たみにも, ちいさいキリストさま, ぢイさんから, ぢイさんが, つかなくでも, つたといふ, つたまげてる, つちやんへん, つとりした目つき, つ母さん, つ母ア, てつの, ともだちお, ぬしこそ, のしと, のぶちゃんは, はつという, ばば尾い, ばば捕まえろっ, ひねりを, ふさは, ふみさんです, へやさまって, ほいなる, ほ空, まい, ますさんたら, まんまをな, もては, もてへ, やおやと, ゆうさまのね, ゆるし下さい, よねさんは, りうさんという, りつの, コンコンの, ッ母さんは, 一人さん, 七の, 万に, 三輪は, 三重の, 上がりあれ, 下げ象牙ま, 世辭者です, 主は, 久美を, 久美様の, 乳の, 二人とも, 互えさまさ, 互にこ, 互に喧嘩, 互に堅い, 互に情, 互に熊本, 人お, 人に, 人には, 人形が, 仕事に, 代官とか, 休みお, 会いしたらまるで, 侍さんだ, 侍さんは, 供物狒々に, 俊を, 信の, 信乃の, 借り申して, 傳といふ, 光さんか, 八代さんが, 八重さんは, 八重はやく, 公卿さんに, 六に, 内儀さん, 内儀さんの, 内儀さんは, 冬は, 前方は, 剰けに, 勢の, 北が, 北の, 医者さんか, 医者に, 十夜だ, 十夜も, 千代後家の, 千賀どのの, 午まで, 厩の, 友達は, 叔父ちゃんが, 吉でなかった, 吉を, 后の, 君さん兄さんに, 君に, 吟は, 吟ひとりに, 咲の, 品さんが, 品さんは, 品さん大舟町だの, 品さん橋の, 品に, 品は, 唇もとは, 喜代の, 囃子方だ, 国柄である, 國さんか, 園退い, 土産で, 地蔵は, 地蔵様が, 地蔵様である, 坊さんに, 坊さんの, 坊さん殻威張りで, 城だ, 堂の, 墨附が, 大事に, 大切に, 大切の, 大名方の, 天気に, 夷さまの, 奉行さまがね, 好み焼で, 妙さん達者か, 妙ちゃんの, 妙の, 姉様が, 姉様だ, 姿で, 婿さんを, 嫁さんが, 嫁さんの, 嫁さんをも, 嫁に, 孃さん, 孃さんと, 孃さんは, 子供さんは, 孝, 宅に, 宅の, 安くしときます, 安は, 定書その, 客分扱いに, 寄りな, 富, 富の, 察しものです, 小夜が, 小夜は, 小夜坊やっつけ, 小姓紙, 小手だ, 尻の, 尻を, 屋敷ぢや, 岩は, 島, 島は, 巡査さんの, 師匠さまあ, 師匠様の, 帰りだ, 帰りなさい, 常の, 幾は, 庄が, 庄さん行く, 庄さん行っ, 店の, 延, 延は, 延まだ, 弟子でございます, 張番だ, 役に立たないとも, 役に立ちましたわねエ, 役所へ, 役替えという, 待たせ申しました, 心も, 忘れに, 忘れものよ, 思食は, 怪我はやく, 恨みを, 恵みぶかい, 慈悲ぶ, 慈悲を, 房さんを, 房の, 手柔らかに, 手紙な, 才が, 扱いがね, 拾い物だ, 持ちなせえ, 捨婆さんじゃ, 揃ひ, 政の, 政は, 政殺しに, 敬お, 日さまそんな, 易い事, 昼飯だ, 時が, 景物を, 暇乞いの, 月見だ, 望みなら据え, 朝は, 末馬鹿野郎そんな, 杉が, 杉さん歌え, 杉って, 杉の, 杉は, 杉も, 染音次郎が, 柳が, 桐が, 桐の, 桑さ, 梅さんは, 武家さんが, 武家そだちらしい, 母あに, 母が, 母アお前も, 母樣では, 民の, 民結つても, 気の毒の, 気持も, 汝ら, 洲美さんあなたが, 浅と, 浦という, 浦ひどく寂しい, 淺と, 清さんは, 滝と, 瀧を, 災難でござった, 焔魔様への, 照さんは, 父さま, 父さまなあ, 父っ, 父はんが, 父様が, 父様に, 父様を, 爺つ, 犬小屋は, 狂言師の, 獅子が, 珠, 由利さんと, 町の, 留, 疲れか, 癪が, 登和嬢の, 百合か, 百姓さんほど, 皆に, 皆に対する, 盥結びで, 目が, 目に, 目にか, 目違い, 直から, 直さんは, 直の, 相伴で, 知り合いでした, 石は, 祖母さまは, 祝物は, 禮を, 秀の, 秋さんは, 種は, 稲さんの, 立派な, 竹や, 竹大日如来が, 笑いぐさが, 笑いぐさとしか, 笑い種に, 笑い草で, 笑い草は, 笑い草よ, 筆さん, 米が, 米だ, 米を, 米坊, 粂さん, 精霊さまが, 糸さん皆んな待つ, 糸と, 糸といふ, 累さんも, 絃自分の, 組の, 経に, 経の, 経文を, 綱, 縄を, 縫の, 繩を, 聞かせなね, 胴だ, 膳と, 艶さんは, 艶に対する, 艶は, 艶を, 艶前を, 芋で, 若さんという, 英さんの, 茶番で, 茶番でした, 茶番崩れ, 荷物の, 菊が, 菊さんま, 菰さんだろう, 萬に, 葉だ, 蓮, 薪山か, 薬だいははは, 藤じゃ, 藤は, 藤や, 藤思いきりよく, 蘭さんの, 蘭さんも, 蘭という, 蘭の, 蘭様という, 蝶さん, 蝶とか, 蝶を, 袖さんが, 袖な, 袖の, 見それ, 見と, 見知り置い, 見知り置きなせ, 角が, 角さんの, 角さんは, 角の, 言の, 詣りや, 誂え通り, 豊, 豊さんの, 豊との, 豊の, 豊を, 豊御身も, 豊殿様は, 豊気分は, 買いなさいと, 賤が, 賤さんの, 賤さんは, 賤の, 身の, 軽だ, 辻さへ, 迎ひ, 退きなさい, 通が, 通さんそなた, 通さんに, 通さんにも, 通さんは, 通と, 通の, 通よりも, 通阿, 逢いしたいもの, 道は, 遣りなさい, 邪魔, 邪魔いたしました, 邪魔し, 邪魔しました, 邪魔に, 邪魔致しまし, 部屋だって, 酌だ, 酒が, 酒を, 里も, 釜の, 銀そそういう, 銀の, 銀様の, 銀様は, 錦は, 長屋門が, 門ちがいでした, 間違いを, 関所も, 關の, 關は, 隅は, 雛さまが, 露スルリと, 静, 静お前の, 静さんが, 静さんを, 静殿は, 静狙われた, 靜お前の, 靜さんが, 靜さんを, 靜狙はれた, 靜行つた, 面に対して, 願が, 願だ, 飯と, 館が, 香あの, 馨さんは, 駒か, 駒ちゃんが, 駒ッ, 騒がせ致しまして, 骨折だ, 高さんと, 高の, 鮒を, 鳥さんにも, 鳥殿その, 鶴は, 鶴を, 鹿の

▼ だ~ (756, 0.2%)

23 のよう 15 がある 14 である 12 もある 10 のこと 87 だと 5 であった, の事, の心, の話, はその 4 であつ, でした, のため, のやう, の顔, の魂, は知っ, は誰, を見, を馬鹿

3 [12件] がありました, がいる, だから, でござんすつまり, です, でその, ではない, の名, の命, の数, はみんな, もあつ

2 [43件] が, があった, がいま, が何, が判る, が沢山, が自分, であるが, でなければ, で到る, と同様, と顔, ならば, なんか殺せる, の前, の口, の娘, の惡口, の方, の気, の足音, の身, はこの, はたしか, はまだ, は一人, は何人, は助けられた, は命, は必ず, は決して, は皆, は相当, もあろう, もいる, をさんざん, をばか, を智, を棺, を殺す, を知っ, を背負う, を連れ

1 [480件] う面白く, かもしくは, から, からいろいろ, から喜捨, から手紙, から色々, があつ, があまり, があります, があるなら, がいくら, がいた, がいねえ, がお, がこしらえ残し, がこの, がこれ, がそう, がそこ, がその, がたくさん, がただ三百行, がつまり, がどうして, がなけれ, がはいっ, がはちまき, がふらふら, がまた, がまだなんとも, がまれ, がみやす, が不幸, が乗っ, が二三人, が二度と, が人, が他, が仲間, が何処, が何千万人, が僞善者, が分れ, が北, が可, が困り, が土岐善麿君, が好い, が少なく, が居ります, が居る, が幸福, が幾度, が役, が忽ち, が惡いよ, が新規, が早く, が書く, が曾, が来, が来る, が柱, が次々, が死ぬ, が活動, が浮かばれない, が渡った, が生き, が生きかえった, が生きた, が皆, が真実, が知っ, が私, が至当, が落ちた, が蘇っ, が衆, が見られ, が解決, が酒, が電話口, が頭, が鶯, きほへる夜の森かげ, さえ助けた, さえ甚だ, さえ誰一人, そっくりと, その儘, だが, だけあっ, だけしか乗せぬ, だけにやはり, だけに潤い, だけに祖母さん, だった, だって尊い, だよ, つけ汝等, で, であります, であり身寄り, であるから, であると, であるに, であれば, であろうが, でかつて, でさ, でして, でしょ, ですから, ですからねえ, ですが, ですけど, でそれ, でそんな, でないと, でない限り, でなくては, でねちねち, でもあつ, でもない, でもなかっ, でものち, でもマールブランシュ, でも一歩海, で五月丸, で六家, で博物学者, で彼, で慶, で既に, で本国, で耳, で聡明, で頭, というの, ときく, として描き, となるであろう, との区別, とは思われない, とふたりきり, と喧嘩, と回復, と変わらぬ, と思う, と思はざる, と聞い, と言え, ない, など切れる, なので, なら私, なら誰, なれば, にあんな, にお, にかわっ, にその, にそれ, にたいする礼儀, にだけは想像, にでも仕事, にとっても原子爆弾, になる, にのみ自由, にはおそらく, にはもう, には三助, には中, には人, には気の毒, には直, によって違う, に会, に似, に前沢誠助, に向っ, に変える, に対してそんな, に対しては別に, に対しても社会, に対しても至って, に対して愛情, に対して残っ, に對, に心配, に気づかれない, に相違, に育てあげよう, に逢う, に違い, に遣らなく, に飛んだ, に飯, のある, のいい, のいふ, のうち, のうわさ, のお, のごとく, のし, のせい, のため人, のところ, のふところ, のみ人, のゐる, の世界, の世話, の乳, の二子, の云う, の仕業, の作品, の供養, の信仰, の兄, の力, の名刺, の塚, の声, の外套, の多い, の大事, の妻, の姿, の宿所, の寵, の屋敷, の屍体, の店, の後姿, の心臓, の心配, の思い出, の思ひ, の怨も, の情, の惡, の意味, の意見, の戒名, の所, の所業, の指紋, の斜後ろ, の最期, の末, の来ない, の枕元, の歓び, の死に, の死骸, の母, の気づかない, の気に入ろう, の氣, の汗, の為, の無, の焼け死ぬる, の片割れ, の物, の生涯, の眼, の神経的, の筆, の群, の考えた, の肌, の肖像, の胸, の脈, の腸, の膝, の血, の行く, の親友, の言葉, の記録, の訪れ, の話声, の誰, の談話, の財布, の買, の足, の身ぶり顔ツキ, の近親者, の迷惑, の邸宅, の酒, の長子, の閲歴譚, の閲歴譚抔, の霊, の頭, の額, の骸骨, は, はある, はいかに, はいつ, はいま市場区, はおそらく, はおのずと, はきょう, はさっさと, はそのまま, はそれ, はそれだけ, はたしかに, はだれ, はとにかく, はどう, はなかッ, はなんにも, ははなはだ, はひとり, はみないました, はみな呉音, はみんな中, はもう, はよく, はジョン・ダッドレー, はストリンドベリイ, はディオゴ・カン, はファシズム, はプルウスト, は一様, は丁度, は三度, は不思議, は丹生津媛, は主人公ラスコルニコフ, は二度, は五十五, は人間同志, は作者, は先ず, は八丈島, は口, は向き向き, は四人, は多少, は大変器用, は大学生, は小船, は彼, は思わず, は或, は指, は是非, は来る, は概して, は此處, は死ん, は殆, は泥醉, は浅間, は無い, は物, は物徂徠, は生きかえらせる, は生きかえりません, は生命, は皆富, は確か, は稀, は米国, は羨ましい, は翁, は老人, は自分, は自然そちら, は良い, は見た, は記憶, は足利義政, は踊りませんでした, は陰惨, ばかり, ばかりが待つ, への供養, への操, へ供養, へ最大, または本庄栄治郎著, もあった, もあなた, もあらう, もありました, もいない, もいるだろう, もうらやむ, もこの, もこの世, もすっかり, もそこ, もたくさん, もだます, もゐた, も一二, も世の中, も交っ, も僧侶, も多い, も多かろ, も少なく, も彼, も忘れる, も死なれた, も神, も見, も途中, も雅びな人, やまたは, よりももつ, よりも生き, をあの, をあやめれ, をいきなり, をお, をおどし, をきの, をご存知, をそっと, をつけ, をどう, をなぐるべき, をも再び, をやつ, をツケ, を一時間, を今, を以て埋めたる, を偲ぶ, を入れた, を制め, を呪, を呼ぼう, を呼捨て, を弔う, を忘れ, を悪く, を悲しむ, を悼ん, を惜しむ, を愛し, を愛する, を救う, を斬っ, を斬らね, を斬る, を替え, を欺, を殺さん, を殺し, を生れ, を目当て, を精神病者, を舐めやがっ, を見たら, を覚え, を詛, を集めた, を食った, を飽くまで, を首, を魚腹, 払えの, 殺だと, 殺も

▼ だところ~ (748, 0.2%)

16 のもの 1310 がある, で何 9 でそれ 7 であった 6 があっ, です, にある, を見る 5 があります, である, でその, をお 4 でお, ですから, でムダ, で俺, で容易, のある, をみる, を見た

3 [12件] があった, が到底, だよ, で, でこの, でした, で仕方, で何うに, なの, による, もない, を背後

2 [41件] から見る, が, がない, がなく, そっくりであった, だが, だと, ではあの, でもう, で娘, で弱い, で彼, で御, で承知, で決して, で無駄, で良い, で親分, で詩人, なん, に作者, に我々, に手拭, の大いなる, の感情, の糟みたい, はどう, は大した, へはいり込ん, へ俺, へ出ました, へ突然, へ良助さん, へ黒い, もあつ, もありました, らしい, を, を橋, を示す, を脇差

1 [489件] いつの間にか逃げ失せ, いや案内, お万, お萬, かえって病気, からいはれた, からいろ, からほんの, から出立, から十間, から始めて, から宗教, から射す, から秀頼, から空, から立ちあがらなかった, から考える, から見始め, から遂に, から金色, から高い, があつ, がありあり, があるらしく, がここ, がどういう, がなくなっ, がまずく, がよく, が一つ, が一枚, が住居, が作者, が全く, が出, が分っ, が分ってる, が宿, が幸い, が早速, が杖, が港, が瘢痕組織, が簡治, が細か, が肯い, が見え, が見えましょう, が連日, このまま二人, このボス, この電話機, さっそく叔父さん, すぐ掛かった, その女, だけでかい, だった, だったから, だったの, だったので, だつた, だのに, だろうが, つき当り, であったが, であつ, であと組, であなた, であの, であらう, でありその, であるから, でいま, でえらんだ, でおいそれと, でおよばぬ, でおれ, でお前, でお寺, でお礼, でかえって, でございますの, でさ, でざわめき立った, でしばらく, ですがね, ですぐ, ですね, でつぎ, でつまらない, でど, でどう, でどうせ, でどうにも, でどうも, でないと, でなかなか, ではこれ, ではそう, ではとんと, ではまず, ではわざと, では主人, では博士, では天上界, では天蓋, では志丈, では武郎君, では生き馬, では結局, では色彩, では鈎, では関東, でまさか, でみんな, でめッ, でやっと, でトチメンボー, でフルハタ, でメッタ, で一喝, で一緒, で上, で下らぬ, で不注意, で世の中, で事実, で些細, で京都弁, で人, で人生, で人間, で今更, で仰向き, で何ん, で依怙地, で偶像, で僣越, で元豊, で先方, で分らぬ, で切れ, で別, で別にもう, で別段役, で助かる, で助け, で動い, で勝目, で医者, で同宿人, で土師, で墓一つ, で大した, で女房, で妻, で寝覚め, で将軍, で将軍家, で少し, で居る, で座, で康子, で建て, で当然, で彼女, で忌, で思い, で思わぬ, で怪我, で慌てる, で戻っ, で所詮, で手軽, で打つ, で捕まえろ, で掴まっ, で摩擦, で政治的権力, で数ヶ月, で敵, で旧悪, で昔, で時節, で暗い, で村名, で桐, で気, で水, で水中, で清三, で無益, で物, で犯人, で王さま, で玩具, で現実, で田口, で直ぐ, で社会一般, で私, で立っ, で聞いてる, で膝小僧, で自分, で自然, で落第, で襖, で見つけた, で覚明殿, で親切, で言った, で詮, で誰一人助け, で調布あたり, で身, で身ぎれい, で述懐, で追, で追い付かない, で追っつかない, で追っ付く, で酔い, で酔余, で野州塩原, で金輪際, で長い, で長続き, で門, で雪, で靴先, で馬場美濃守以来, とのこと, との中間, と云い, と見え, なくて, などいつも, などはガラッ, などは何樣, などを択んだ, など一方, なので, に, にあった, にあつ, にいろいろ, にいわゆる, にたまっ, について考え, にはもう, にまだ, にまっ黒, によれ, にグリーナウ作, に傷口, に冬子, に前進基地, に味, に奥座敷, に寒川, に席, に情調, に感心, に木, に極め手, に止った, に残雪, に水煙, に洋装, に活溌, に灌木, に猟師, に痩せた, に皇帝, に目だたなく, に相違, に禍い, に糠, に腫れ出る, に調餌室, に足跡, に閑寂, のあの, のお, のした, のしたがって, のその, のない, のなく, のまん中, のウイチグス呪法典, のフィラデルフィア, の一, の一流, の一間, の人口, の写真, の即ち, の原, の参宮, の哲学, の外界, の大胆さ, の情報, の拙, の文芸, の条, の某, の然し, の眞, の祖先, の薔薇, の過程, の雲林院村, は, はあります, はお, はかわや, はそれでも, はちよ, はどこ, はなかっ, はなかつた, はまるで, はもちろん, はもっと, はグリーン, は全然, は八丁堀, は壮観, は大きい, は奇抜, は如何にも, は実に, は少い, は少し, は尨大, は意外, は日本, は日清豆粕会社, は春木君, は水, は池, は流れ, は稲束, は立派, は紫色, は絵, は見た, は見た目, は調理室, は高い, へどう, へにわかに, へひよう, へふす, へほこり, へもつ, へも現われる, へやってきました, へチチコフ, へハイ, へ七十許, へ出た, へ前, へ勘右衛門, へ外れ, へ帰った来た, へ座, へ引っかかった, へ引っ越し, へ引張り込まれ, へ当の, へ御膳, へ放送局, へ日, へ曲がっ, へ来た, へ来合せた, へ来合わせた, へ案内, へ気, へ氣, へ水, へ秋庭氏来, へ突如, へ竹中十兵衞, へ脱線, へ行き合わせ, へ行く, へ行っ, へ訪ね, へ豊子さん, へ足, へ路用, へ踏み入っ, へ邪間, へ郵便配達夫, へ駈け戻っ, まことに濃, までな, まではっきり, まで似, まで口, まで実は, まで行っ, もあった, もありし, もある, もなかなか, もなけれ, もみえなく, もやはり, も有, も無い, も直し, も見せなかった, も見せなかつた, やがて熟れ, やりそく, や刃文, や床, よりはちょっと, らしく遙, をいきなり, をおれ, をお父さん, をかきました, をぐっと, をすかさず, をつかまつた, をつくっ, をどうしても, をのしかかっ, をみ, をもう一度, をキンタマ, を一度, を丁度, を上, を亀, を二階, を人見, を今, を何, を充分研究, を叩き起され, を大, を家嶋さん, を射殺, を底, を後, を後ろ, を悦子, を感じる, を拝見, を指す, を探っ, を撮らせよう, を有っ, を正しく, を歩い, を無理, を熱心, を父, を牛, を生き, を皆さん, を目がけ, を眺め, を瞰, を老人, を著者, を見, を見せ, を見つ, を見つけられ, を見られちゃっ, を見れ, を見届け, を誰, を論評, を通る, を露八, 容易く一万円, 本街道筋, 来ずわたし, 迄は上出来

▼ だ~ (746, 0.2%)

532318 え, ツ 13 いいか 11 う, オ 7 これは, や, 神妙に 5 なし, 八 4 い, うっ, 忘れるな 3 お, どうだ, ウ, ォ, 俺は, 畜生, 発破だ, 貴様の

2 [39件] あれは, おまえは, おめ, おれは, お前が, お富, お通坊, きさま, これあ, さあ喰, さうし, しっかりしろ, するとその, それは, ばかに, やい, わかったな, わしが, ウと, サアどう, 中堀の, 主殺し, 今の, 俺あ, 先生, 押すな, 日暮れだ, 早く来い, 是非見, 柳斎, 桃太郎だけが, 民五郎, 気を, 留守中に, 白状せい, 草この, 貴様は, 青ざめた水, 顔は

1 [454件] あと二十五年は, あのあん, あのおべっか野郎, あのドンチャン, あの艦, あの親爺, あははなんて, ありゃ, ありやあ, いいから, いい加減に, いおも, いきなり跳びつい, いちに, いっこう上り, いぬだ, いまいましい奴め, いやな, い俺, い蚕豆, ううい, うさもねえ, うっヘゲタレめ, うまく行っ, うんとおなか, ええ, ええか, えこれ, えそういつもぶらぶら, えんやら, え本家, え親, え誰, おいお前, おいしい, おいレザール, おつ, おつか, おまけに, おらなんざあ, おれが, おれの, お前はよ, お前等も, お前達に, お嬢さ, お家の, お小遣, お師匠様, お帰り, お役人様, お父さんは, お膝もと, お通り, お鳥, かしわ汁を, かね私, かの子や, きっと, きっと警察, きみさあ, きょうだ, きょうは, くれぐれも, ぐらゐな居候, こいつは, こうだ, こうやっ, こう云っ, こっちへ, こっちも, ことん, このこじきどもめ, このひ, このわし, この人, この家, この屋敷, この指紋, この朝鮮人しょうが, この死骸, この痛み, この街, この鬼婆ア, この鼠, こら, こらえて, こりや, これからわれわれ, これさえ, これゃ, こんでも, こんどの, こんな茶番芝居, こんな鼻, こん畜生め, ごまかしては, さあいい加減, さあお召, さあこの, さあさあさあと, さあ持っ, さいわい聞きゃ, さっきからね, さもなければき, さアきょう, しかと頼む, しかもこんなに, しっかりする, しっかり吹かない, しめたしめた, しようの, じょうぶ, すぐに, すぐ戻っ, そいつは, そういっ, そうだろう, そう思え, そこで魚, そして確り, そなた, その口, そもそもだ, それから善, それが, それこれを, それじゃ, それその, それでもお前, それにしてもこんな大きな, それを, そんで, そんなこと, そんな真似, そんな馬鹿, たしかにクサイ, たっしゃでくらせよ, だからこの, だから今, だから俺, だけんども, ちゃんともう死後, つ, つて, てめえは, てんぷらを, とどなりだした, ともちゃんは, どこひょっと, ど何処, なあぶ, なにを, なほ果敢な, なんの, はあ, はてこれ, ばかッ, ひとつ押え, ひとりでも, びいびい泣く, ぴいとひとつ呼笛を, ふたりいっしょに, べらんめえ, ほんとうに, ぼくらは, まかり間違, まじめに, まだぐず, まだ一度, まっかな, まっすぐに, まったく畜生, まるでめくら, みんなで, みんなの, もうあと半みち, もう一足早, もう二度と死ぬ, もう今度, もう本式, もう此処, もしやイワン, もし大阪, やいこの, やって, やれ, よいか, よう, よく考え, よし, よせよせ, よっ, よろしくよろしくってな, ろ, わかったか, わかったろうな, わが婿, わざわざ事務所, わしの, わしは, われわれの, アレクセイさんこの, ィ, ウッ, ウヌどう, エ, オっていう, オオオ, オダ上げる, オレは, オ催涙瓦斯だ, コココ蝙蝠傘は, ジャン, ソンキ, ダーチー腕を, ッおまえの, ッて, ッ信玄の, ッ返せ, ッ野郎ッ, ツ野郎ツ, フロイトの, ロスケに, ーお, ーっと, 一, 一イ, 一体それ, 一体どうする, 七, 七十郎おまえが, 万一またも, 万一轆轤首, 三吉も, 上, 上へ, 世話を, 世間へ, 中へは, 二時には, 亡命者だ, 人殺し兇状だ, 人間には, 人間はな, 人間五十年どころか, 今ぢ, 今一層, 今夜の, 今日は, 今月の, 仏頂寺弥助と, 仙衛ムて, 佐幕派だ, 何も, 何人か, 來い, 例の, 俘虜には, 俺, 俺らが, 俺らそんだ, 俺らは, 停めろ聴, 傍に, 僕は, 充分心して行えよ, 入り口を, 公道の, 其の客, 内証だ, 出て, 出ろよ, 出航用意だ, 出雲, 判ったか, 別荘の, 勘は, 十五の, 十六や, 危ねえ, 原田甲斐, 可恐い, 名を, 名声や, 君, 君ちゃんは, 君は, 呼ばって, 命が, 器用に, 圧搾器め, 変だ, 夜なかを, 夜は, 夜も, 大いに恨んだ, 大事に, 大変な, 大次郎の, 大津と, 奴等の, 妙だ, 妾の, 娘の, 婆さんお前の, 学校から, 宗輔まだ, 将門, 小僧, 小室さんを, 少しえ, 尚だ, 山門だ, 左だ, 左京, 幕府の, 張飛返せ返せっ, 彌十, 彦左, 彼は, 彼奴を, 復讐は, 徹底的に, 思えば, 恐ろしい罪, 恥だ, 戸棚へでも, 戻りだ, 手前の, 手負いだ, 手負ひだと, 抜けば, 捻くれた見かた, 放さねえか, 放して, 教務所長だ, 数右衛門, 敵は, 新八みろ, 於福, 明るくなっ, 明日は, 智を, 曲者だ, 木村, 木質は, 来いッ, 枕も, 林冲を, 林助, 柄では, 楢夫, 此の, 此処が, 此処で, 此処は, 汝うまかん, 汝等に, 決しておまえ, 泥炭が, 活きとるぞ, 淵を, 清二, 無気力だ, 無禮, 焦るまいと, 煩悩を, 熊ン蜂だ, 生れは, 生意気いふない, 生意気で, 用意しろ, 甲斐わかる, 留吉は, 畜生いったい, 疑う余地, 疲労れた, 病気を, 痛快痛快と, 皆の, 盗賊の, 直ぐ行っ, 相手に, 相手は, 真に国家万代, 眼鏡なんて, 碌な, 社長から, 私あ, 私は, 罪の, 老婆心ながら, 聖堂で, 聚楽風だ, 聞いて, 背中を, 胸を, 脇目を, 脈もし, 脳味噌を, 芸者なんて, 若し無礼, 蛾次郎, 蜂だ, 蜻蛉の, 血統證まで, 行く先は, 諸君, 諸君は, 謀反だ, 豪傑に, 貴様が, 貴様はははは, 賣人, 赤穂の, 越前福井で, 足もとの, 迎えが, 連歸れ, 逼塞に, 違えねえぜ, 遠州, 遠眼鏡を, 部屋が, 酒が, 酒を, 野中, 野郎, 野郎ども好え, 野郎ツ, 野郎御, 金だ, 長こんな, 門之, 間男は, 随分好き, 霧の, 青空の, 面白い話, 靴下も, 食糧を, 飯を, 首の, 馬鹿どもが, 馬鹿なんと, 馬鹿に, 馬鹿ア, 馬鹿俺の, 馬鹿野郎め汝様な, 高田屋, 鯛だ, 黄の, 黙って

▼ だこの~ (741, 0.2%)

8 人は, 野郎 7 男は 6 頃は 5 ように 4 ような, 人の 3 変わり者, 女の, 家の, 家は, 手は, 男を, 調子で, 顔を

2 [41件] うえは, うちで, おれの, ために, ぶっくれ, ままに, 不景気に, 事実は, 人が, 人間の, 俺が, 俺を, 剃刀を, 劃時代的な, 夜更けに, 女は, 家だ, 文句を, 日の, 期に, 校長一人丈け, 櫛は, 歌に, 気の, 父親は, 町の, 町内に, 眼で, 私が, 私の, 私は, 腹は, 花は, 裏には, 辺で, 辺は, 部屋は, 野郎が, 頁岩の, 顔は, 鳥の

1 [593件 抜粋] あいだから, あいださる, あいだに, あたりには, あたりの, あまつ兒め, ありさま, ぉすばらしさは, おいらと, おれに, おれを, お屋敷, かわいそうな, くそ婆, くらゐ, ことが, ことなど, ことなどが, ことは, さいに, さびれ様は, さむれえだ, さわぎにたばこをのむことすらわすれていたねえ, ざまは, ざんぐりしたしぼの上から, つぎまで, できた飯盛り, できて, とおり固い, どじ侍, ばった, ひとたちが, ひとは, ぶざま, へんで, まっ白で, ままいれ, ままじゃあ, まますぐ, ままで, ままでは, まま出奔しよう, やかましさ, ゆが, わしを, アパートの, インスタント時代には, カラスたちの, ザマは, センチを, ハエは, ヒョウロクダマ, フランシスコ・ザヴィエルという, プリンセスの, ヘーゲル学徒は, マッチは, リンドウを, 一刹那の, 一本の, 一点へ, 一角な, 三つが, 上なし, 上に, 上の, 上も, 上君の, 上如何なる, 上愚痴を, 下女に対して, 下痢という, 不可思議な, 不孝者村の, 世の中に, 世の中は, 中に, 中の, 中性女の, 乗物は, 乞食姿を, 乱脈さだ, 事は, 事件が, 事件なんか, 事実が, 事檀家の, 二三ヵ月鼓賊の, 二三日前の, 二人が, 二人は, 二婆さんの, 二条城を, 五十枚の, 交渉は, 京都は, 人たちが, 人たちは, 人に, 人も, 人数を, 仏を, 他豺狼地獄, 伊坂権内左利きの, 伊坂權内左利きの, 伯父の, 位牌の, 体を, 係の, 俺だ, 倉矢や, 働いて, 僕の, 先は, 児は, 入墨者を, 公判の, 処へ, 出来たシタタカ者, 出来た数十年来, 刀は, 刹那は, 助六の, 勢だ, 包み方, 千本松原に, 南京ねずみの, 博士の, 原書はと, 原理を, 友からの, 双六も, 叔父共が, 口は, 古狸め, 叫びが, 可厭, 名は, 呪われた小刀, 唇が, 問題は, 啜り泣くよう, 善良な, 器械の, 因業な, 国では, 国の, 国は, 土地じゃあ, 土地へ, 土地も, 坂を, 坊さんは, 埃は, 城を, 堤防工事については, 場に, 場合おいらの, 場合の, 場合捕える捕えない, 壁を, 声だ, 声の, 変装は, 夏は, 外にも, 夜ふけに, 夜中に, 夥しい蠅群, 大事な, 大劇作家, 大旱りだ, 大波を, 大筒で, 大風は, 天職とに, 太陽, 女だ, 女と, 女なら, 女を, 女商売柄に, 女軽業の, 姿お, 娑婆に, 娑婆ふさげ, 娘が, 娘を, 婆, 嬢さんは, 子が, 子どもの, 子には, 子は, 子供は, 字は, 学生と, 宇宙線レンズの, 家か, 家が, 家に, 家を, 家中は, 宿の, 寒いに, 寒いのに, 寒空に, 寝顔の, 寮の, 対峙を, 封筒だ, 小フリイデマン氏, 小僧は, 小娘も, 少年と, 少童, 屑竹は, 山だ, 山は, 山田という, 島から, 島には, 嵐の, 左大臣は, 席へ, 年で, 年に, 年甲斐も, 広間なら, 建物アたしかに, 弟は, 弱いうろたえた, 当たって, 後の, 後家を, 復命を, 心が, 心の, 忙しいとき, 忙しい世の中, 快味, 思いつきは, 思い上がりが, 恐ろしいばけ, 恐ろしい青江, 恥は, 悲しい心持, 悶えの, 情味には, 意地つ, 意気が, 我等現実の, 戸を, 手が, 手を, 手紙は, 手紙を, 拇趾も, 挙動は, 掛ぶとん, 提灯を, 搖れる海, 敷物は, 文句で, 文章を, 料理人は, 方が, 方は, 日を, 日光など, 旦那さえ, 旱り, 映画は, 時だ, 時に, 時には, 時轟然たる, 景色は, 暗いの, 暴風雨の, 書に, 書面で, 有様は, 朝日の, 村だった, 松どもは, 松明き, 林を, 枝を, 柿の, 桟敷は, 森の, 森を, 森林を, 棲み家, 椿の, 業つくばりめばかげてる, 楽しみに, 様子で, 模型だ, 機械なども, 次の, 正体も, 武器も, 殺伐な, 母にも, 比こそ, 気持が, 気象では, 気違いを, 気高くて, 江戸を, 江戸中の, 河童野郎どう, 洞穴は, 流行児に, 溢るるごとき, 滅茶苦茶は, 演奏会が, 濁つた空気, 濃い黒闇, 点については, 点また, 無終極性, 熊は, 燈籠ぢや, 爺さんと, 犬が, 獅子の, 玉だ, 王道とは, 瓶の, 生活が, 由です, 由御, 甲府を, 男か, 男この間会社へ, 男の, 男らしくて, 畜生め, 疑問が, 病める姿, 病的な, 病院独特の, 痩形の, 百姓等が, 皿は, 真似は, 眠れない何時間, 眼から, 眼の, 眼は, 眼力に, 神尾の, 神薬現れる, 私な, 秣槽は, 種あかしを, 窓は, 窮屈な, 竜神村一帯に, 章は, 童あ, 笑ふ, 第一岬要塞, 第一編隊, 算術は, 箱は, 節の, 絵馬には, 絶好の, 絹だ, 絹を, 綱へ, 縁談が, 罪を, 習性は, 老いぼれたばか, 老人は, 考えに, 者達の, 耳これも, 耳で, 聲の, 肴は, 腹痛は, 自然その, 臼を, 舟へ, 船で, 船に, 良心と, 色は, 芝居の, 花を, 花粉すなわち, 若い頃, 苦悶から, 苦痛な, 草履は, 菅糸だ, 薄暗いバア, 薬を, 藤田重右衛門が, 藤田重右衛門を, 藩地を, 蚊の, 血気の, 街の, 見える細い, 見解は, 覚悟が, 計りごとは, 計算は, 訓へも, 試合は, 話しで, 話は, 謎は, 財布の, 賤術のみ, 質的な, 贅沢な, 足さえ, 足場へ, 身なりは, 辺が, 辺だ, 近所では, 追分に, 途方も, 通りにな, 通り死骸の, 連中に, 連中人形の, 道から, 道は, 道場へは, 道場を, 邊で, 郡の, 部屋には, 酌で, 酷薄無残な, 重傷は, 重罪人の, 野郎と, 野郎は, 野郎ひとを, 野郎少し, 金だ, 金はと, 金を, 金属的が, 針を, 銚子にも, 錐な, 鏡に, 長屋という, 長浜の, 隙に, 際これが, 際ど, 際一気に, 際正直に, 隠遁所が, 雑種は, 雑誌は, 雙六も, 難行も, 雨が, 電線を, 青二才が, 青年の, 青木雄麗の, 青焼きを, 面の, 音に, 頃では, 頃の, 頃みんなが, 頃も, 頃風呂も, 頭が, 頭の, 顔が, 顔も, 饅頭形の, 首に, 馬で, 馬春堂, 馬鹿野郎, 駅という, 騒ぎは, 驚くべき才能, 高さ, 高度に, 高麗や, 魚屋の, 鮹まさに

▼ だなどと~ (723, 0.2%)

27 いって 25 云って 13 言って 7 云うの, 考えて 5 云う事, 申すもの, 考えては, 考えるの 4 云ふ, 思って, 思っては, 申して, 相槌を, 私は, 言うの, 誰が

3 [13件] いっては, いわれて, 云っては, 云つた, 嘘を, 思う, 思うと, 思うの, 書いて, 考えること, 言ふ, 話して, 説明する

2 [42件] いうと, いふと, いふ者も, 云い出す, 云う, 云う者, 云えば, 云った, 云っても, 人に, 冗談を, 勝手な, 大それた, 大言を, 思いながら, 思い浦粕, 思うこと, 悪口する, 批評した, 書かれて, 気焔を, 清三は, 源氏は, 申しましょう, 申しますが, 申す評判, 疑られも, 皮肉を, 立証できる, 考えると, 考える者, 考へてを, 言う人, 言った, 言つた, 言つても, 言つてゐた, 言われて, 誠し, 論じた事, 軽蔑する, 露骨に

1 [469件] あえて自称, あげつらわれたの, あなたさえ, あられも, ありも, いいつつも, いいはじめたの, いいふらして, いい出して, いい加減な, いい気分, いい氣分, いう, いうて, いうに, いうので, いきごんで, いくらうまく, いずれも, いちいち大げさ, いっしょじゃ, いったらあと, いつては, いつわって, いばったところ, いひ先々金満紳士, いふが, いまさら事新しゅう言うまでもない, いよいよその, いわぬだろう, いわれたこと, いわれます, いわれるの, いわれ冬中あちこち, うがった批評, おかしげに, おそれ多い, おだてるから, おっしゃられては, おっしゃること, おつ, おぼつかなげ, おまえ方は, おめ, お世辞, お茶を, からかって, きくと, くだらぬこと, くよくよ思っ, けなしたがる, こちらも, これを, しきりに御, すぐ言う, すこぶる所感, すっかり無邪気, すつかり内幕, そういう風, そう簡単, そのよう, そやされたひには, そんなうるさい, そんなこと, そんな想像, そんな馬鹿馬鹿しい, たかを, だいぶ冗談交, ちゃらっぽこに, ちょっと聴く, つまらないこと, つまらないよう, てんからきめられた, でたらめを, とりとめも, とんでもない, どうして信じる, どこへでも, どなたが, なにかに, なると, なんの, ぬかしやがるから, のぼせあがって, はなはだおめでたい, ばかな, ひそかに, ぶつぶついい, ほざけるの, ほめたて, ぼんやりと, ぼんやり考えた, まくしたてた, まことし, まことにどうも何人, まことにわれ, まことに興, まさかに最う, まじめに, まちがったしゃれを, まるでエデン, まるで浅ましく, みとめるの, みょうな, もったいながってる, よく伯父達, よく悪口, よしや私, よもやおっしゃり, わいわい言っ, わたしたちが, インテリさんは, ウソを, ウヌボレられ, エタという, スコット夫人に, セリ市場の, ツマラヌことを, デタラメな, ヌエは, 一々掌, 一人で, 一概に差別, 下品な, 下手な, 不謹慎に, 世間を, 中将は, 主張する, 乱暴な, 云いながら, 云いますからねえ, 云い出したか, 云い出すに, 云い初, 云い合って, 云い触らす者, 云うほど, 云う人, 云う学者めいた事, 云う無礼, 云う言葉, 云う道路, 云う風評, 云おうもの, 云つても, 云つてゐる, 云つて我が, 云つて来られ, 云つて疑る, 云つて紹介した, 云は, 云ひました, 云ひます, 云ふうだらう, 云ふこ, 云ふと, 云へば, 云わせたり, 云われたさ, 云われたもの, 云われちゃ, 云われて, 云われては, 云われると, 人は, 他の, 他人は, 仰しゃるのは, 仰しゃるもんだから, 仰っしゃったが, 仰っしゃられては, 仰有らずに, 何を, 余計な, 信じ切って, 信じ過して, 先日かつがれた, 先達の, 入江向うの, 公言する, 冗談にも, 冗談の, 冗談まじり, 出鱈目な, 判り切ったこと, 前から, 力めば, 千々子さまに, 危篤昏酔の, 却って自慢, 厭な, 又し, 取りざたする, 取沙汰され, 取沙汰しける, 口ぐちに, 口を, 口癖の, 口走しる様子, 口走り気, 叫ぶの, 台所の, 叱られたら詰まらないねえ, 名前から, 吐した, 君に, 否定し, 吹き込んだので, 吹聴した, 吾儘を, 呼ばれて, 品評を, 喋って, 喜んで, 嘲ること, 噂され, 噂された, 噂した, 困りながらも, 報らせ, 夏又, 外国人は, 大いに働きかけた, 大いに聞かされちまった, 大きなこと, 好んで思いたく, 妙な, 始終話し, 威張ったところ, 威張ってる人間, 威張つて, 威張りながら, 宣伝される, 宣伝せん, 小生意気を, 居直らざるを, 己惚れて, 平気な, 広言を, 弁解し始める, 当人は, 彼女は, 後に, 忘恩的な, 念の, 思いたがるこんな, 思いつめても, 思いふくれた顔, 思いも, 思いを, 思い出されること, 思うな, 思うもの, 思うもん, 思えよう, 思ったいったいそれほど, 思ったこと, 思ったの, 思ったもの, 思ったら大, 思ったり, 思った早計, 思つた, 思つたのは, 思つてゐる, 思ひながら, 思ふ, 思ふの, 思ふもの, 思ふ程神経的, 思わせないよう, 思われたくないため, 思われて, 思召さない, 恐れも, 恨みは, 悪罵された, 意張る, 感心する, 感違いする, 慰めた, 戯れたの, 戯謔つて居りました, 探偵きどり, 支考は, 放言し, 放言する, 敬って, 敬意を, 敵党の, 文学者は, 断るまでも, 断定した, 新八, 日夜この, 旦那の, 早飲込, 昔から, 智慧の, 朋輩の, 本家は, 本家を, 歓迎した, 殿は, 毛頭考え, 気がるに, 気取つた奴, 気負った想像, 決してけなし, 決めて, 泥酔し, 済まして, 溜息を, 無知な, 無闇に, 熱に, 片づけて, 狂って, 独言を, 獨極めを, 理窟を, 甘い感慨, 申した事, 申しても, 申してを, 申し左様, 申す噂, 申す輩, 白々しく, 省作は, 看板の, 真実考えに, 真面目に, 知恵の, 碌でも, 社会の, 私の, 称して, 称する, 称び慣れ, 穿鑿する, 突っ張るの, 笑いさえ, 笑うけれども, 笑うもの, 笑えない魚釣り, 笑ったこと, 笑って, 笑わせるな, 結論する, 絶讃し, 続いて, 罵った, 罵つたり, 考えがち, 考えずに, 考えたり, 考えても, 考えてるの, 考えながら, 考えも, 考えやしないかと, 考える事, 考える徒輩, 考へて, 考へられも, 考へると, 耳から, 聴くと, 肌着の, 脅迫めいた, 自分にも, 自分は, 自惚れたり, 自惚れて, 自慢し, 自慢を, 自負する, 蔭で, 蔭では, 虚栄の, 虫の, 見とれて, 見ること, 解するの, 言いながら, 言い伝えて, 言い出すいんちき人物, 言い言いし, 言う, 言うこと, 言うでは, 言う區別, 言う必要, 言う風, 言えば, 言えるよう, 言ったり, 言った人たち, 言ってる, 言ってるわけ, 言つて私の, 言つて般若湯で, 言は, 言はず研究室の, 言はれ, 言はれた, 言ひ, 言ふくらゐなら, 言われては, 言われる, 言われると, 訊いて, 評して, 評しては, 評するの, 評判は, 評判を, 話しながら, 話し合いました, 話し合つて, 話すとき, 話は, 誇張した, 語るので, 誤解し, 誤解しない, 説くもの, 説明し, 誰かが, 誰やら, 謂う説, 謂った人, 謂つて居た, 謳われた義賊, 警戒の, 豪語し, 負けず我慢, 負惜, 責めつけて, 貶すの, 買被っ, 贅沢な, 贔屓の, 身を, 途中で, 途方も, 速断したがらぬ, 遠慮なし, 醜い口争い, 重吉に, 長々しい, 間ぬるい, 雲を, 非難した, 非難する, 頭から, 頭の, 頷かれた, 飛んでも, 馬鹿馬鹿しい事, 騒いで, 騒がないよう, 騒ぐが, 高慢ちきな, 高言し, 高飛車に, 麗々しく書いた

▼ だ~ (671, 0.2%)

56 がある 22 があつ 19 がない 18 のない 15 もある 14 のある 11 があります 10 はない 9 があった, をした 7 にし, になっ, もあった 6 がありました, になりました 5 だ, になった, になる, を 4 がなかっ, が無い, であらう, は一度

3 [15件] がありません, が有る, で, であった, であろう, になつ, になりまし, はどう, は大, は無い, もない, よ, を云った, を言, を言います

2 [31件] があるだろう, が露見, だった, だつたね, だと, である, であろうと, でした, でしたな, でしたね, です, では, でも, で出來上つて後, というの, になるだろう, の無い, はある, はもう, は仕方, は何, もあつ, もあまり, もあります, も聞知つて, をお, をし, をしました, を人, を思ひ出した, を知っ

1 [312件] ありと, ある云, いつぞや土室沢, いつもより, か, があっ, があり, があるだ, があるでしょう, がございました, ができた, がなく, がねえ行く, がまだ, がよく, がら, がわかる, が事実, が何故か, が出, が出来た, が分り, が取り, が好き, が妙, が後悔, が御, が手, が持ち上らねえ, が明らか, が有るだろう, が森三谿君, が無く, が知れる, が群, が群がっ, が見える, が越し, が露顕, けれども御, さ, さえあった, さえまだ, しかし美人, しや, じゃ, じゃあない, じゃない, じゃ私, すらある, だから, だけはやった, だけはやつ, だけは手, だけを傳, だけを夢, だこの, だったが, だったね, だった私, だって滅多, だつたな, だね, だろう, だ飛んだ事, ったら, って, であつ, であります, であるから, であると, であろうが, でお, でお世話様, でご, でございました, でございます, でございます御, でしか, でしょう, ですね, ですねえ, でと口, でなきゃ半分, でなければ, でもさとり, で出来上って, で出来上つて後, で実に, で御座いましたねえ, で御新造, で旦那道理, で花魁, で貴方, で阿父さん, といふの, とお話中, とか御, との間, とは存じます, と察し, と少し, と思う, と思ふ, と申し, と考証家島田筑波氏, どうしてでしょう, なくし, なく生れ, なしと, なぜお, なぞかま, などがスケッチ, などが印象深, なども屡, などを不思議そう, などを記載, なら何, にお, になつて, になつとつ, になるであろう, には一点, には氣, にも懲, にようやく, による, に不服, に依っ, に依つ, に吻, に定まりました, に対しては寸毫, に就, に当る, に応ぜざる, に掛り, に気づいた, に結びつけ, に腹立たしく, に間違, に間違い, ねえ, のとあの, のとその, のな, のやう, のビイル, の一国者, の二つ, の傳, の是非, の為, の符号, はあります, はありません, はあろう, はいかに, はいちど, はいふ, はいまだかつて, はた, はどんなに, はなかっ, はなかろう, はほんとう, はほんとに, はもちろん, は一, は一通り, は上, は二人, は云う, は何時, は信吉, は僕, は分る, は前, は前後, は実際, は寛, は引き受けさせよう, は昼間自分, は時に, は月足らず, は有る, は死んだ, は毎度, は決して, は無, は無かっ, は甚, は生まれ, は知っ, は私, は自分同様一生, は薩軍, は解, は解った, は言, は言うまでもない, は近来, は飜えさ, ばかり書く, まで教え, まで知つて, まで頼まれ, もあり, もあるまい, もいろいろ, もございました, もございません, もなけれ, もなし, もまるで, も一度, も丸, も事実, も幾度, も度々, も挙げよ, も推察, も有, も有ります, も有る, も有るであろう, も気付い, も無い, も畢竟, も皆, も知ら, も知らず, も聞いた, も聞かず, も苦しんだ, も話し, も郷国, も郷國, も馴れ, や, や母, や須永, より確か, をいたしましたさうで, をいや, をいわなかった, をおっしゃりませ, をお嬢さん, をしちまった, をつぶさに, をなさいました, をははは, をもっ, をやっ, を世界中, を串戯, を云, を云いました, を云い出しました, を今, を何所, を其の, を取り返したく思った, を君, を報じ, を度々, を引受けた, を心ひそか, を忘れた, を思い出し, を思ふ, を思わない, を悟り, を挙げざる, を新聞, を書い, を此, を氣, を洩らし, を深く, を為さる, を申, を申しました, を申します, を申し上げました, を知らし, を私, を聞く, を自分, を致しました, を苦, を覚え, を言っ, を言つて濟, を訊き出す, を詩文, を話し, を話します, を語る, を讃め, を述べた, を順に, 又相手, 呉れた, 壊しに, 多く予在欧, 無え, 知らんのかい, 第三, 話せるじゃ, 詳しく話し, 起ったの

▼ だまま~ (667, 0.2%)

16 になっ 12 しばらくは 9 でした 8 黙って 7 にし 5 だ, で, であった, でいた, です, 出て 4 だった, である, どうする, なの, 動かなかった, 動くこと, 立って 3 その手, だったが, でいる, で少し, まっくら, 置いて

2 [33件] あの小さい, その場, その秀でた, たがいに, ただその, で女給たち, で水, にある, の口, の唇, の形, の恰好, ひどく暢びり, みじろぎも, もう身動き, よろよろと, ズルズルと, 何となく自分, 凝と, 動かなくなった, 各, 坐って, 放り出されたところ, 歩き出した, 消えて, 突けんどん, 立ちすくんで, 考えて, 苦い顔, 見送って, 長い釣竿, 長い間, 青ざめて

1 [473件] あけ放した窓ぎわ, あげて, あったが, あつけ, あとずさりを, あの出来事, あまり確か, あるいは水, あるいは沈ん, いかにも傲然, いかにも僧兵, いくらたつ, いずこと, いっさん, いった, いつも黙っ, いろいろ考, うつむき加減, うつ向いて, うなずいた, おいちょい, おきあがれないもの, おそろしいいきおい, おどろいて, おぼつかなく清逸, おやつ, お磯, お綱, お鏡餅, かそれとも, かなり尋ね, かなり窪地, からくも, かれは, かわいてる刷毛, がよく, きょろきょろあたり, きわめて平気, くわえた煙草, こう答える, この光景, この古い, この唄, この妙, こまかくふるえ, こまった, こんな無駄, ささやいた, さっさと歩いた, さもおもしろ, さッ, しお, しきりに頭, しっかりと, しばしいう, しばしことば, しばしは, しばし二人, しばし呆然と目, しばし面, しばし黙然と蒼白, しばらくあたり, しばらくそこ, しばらくためらっ, しばらく千二少年, しばらく戸口, しばらく矢木, しばらく起ち上がらなかった, しばらく黙っ, しみじみかう思はず, しゃがみ込んで, しんしんと, じっとこっち, じっとし, じっと上原, じっと墓, じっと大鳥氏, じっと嫂, じっと眼, じっと聞い, じっと見つめ, じっと門, じっと顔, じっと黒い, じぶん, すくっと, すぐ大通り, すこしも酔っ, すたすたと, すっかり放心, ずんずん小さく, せっせと葱, せわしく足踏み, そこで焦げ, そっとひとりごと, そっと店, そのさむざむ, その一つ, その上, その光り, その力持ち, その声, その天下, その妙, その朦朧, その男, その脊, その足, その鼻毛, それでどんな, そろそろと, ぞっと身, たしなみの, ただ恍惚, ただ結目, だから, だったと, だったの, だつた, だまって, だまりこんで, ちょいと, ちょいとでも, ちょっとこの, ちょっと立ち止まった, ついグッスリ, つきだしてる手, つづけざま, つまらなさうに, つまらなそう, てごたえ, てのひ, でいった, でいつ, でいや, でぐるり, でこう, でございます, でさっき, でしたたしかに, ですから, でその, でそれ, でどこ, でね, でばか, でまだ, でもろく, でやつ, でやや, でアト, でウロウロ, でジロリ, で一種, で乗っ, で云った, で亡くなっ, で今にも, で傍, で凝, で力まかせ, で動かない, で半死半生, で取出し, で口, で叫んだ, で呶, で声, で実験, で容易, で居なくなった, で崖, で左, で左右, で強く, で彼, で悠々, で押し通した, で撫肩, で断わった, で時々, で東, で柩, で止っ, で歩きつづけた, で池, で流れなかった, で申し合わせた, で直ぐ, で私, で立つ, で終っ, で置い, で肱, で自分, で薄闇, で言った, で誰, で軽く, で長靴, で雨龍太郎, で静か, で驚愕, で黙っ, とうとう姿, ときどきビクリ, とけないこの, とぼとぼと, どうしよう, どうやら材木, どっと押しよせる, どなられても, どんどん自分, どんなこと, なおそれ, なおも家内, なお熱心, なので, な唇, にこれから, にっと笑った, になつて, にコビリ, に勝家秀吉, に唖, に崇信, に年, に捨て, ねぢ, のあの, のが, のそのそ傍, のもの, のハマナシ, の一尺前, の二官, の古い, の大, の姿, の姿勢, の室, の寝台, の小さな, の年, の扇, の掛け, の料理, の新聞紙, の時計, の書物, の死体, の沖縄, の源十郎, の矢, の短刀, の紐, の縁台, の腕, の腕組み, の若, の草地, の血染, の裾短, の轟氏, の重苦しい, はかない幸福, はずかしそう, ひじょうに真剣, ひとごみ, ふと手, ぶじに, ぶらぶら甲板, ぶらりと下がった, へえへ, へたばって, べつに他意, ぺたりと坐り込ん, ほえたける風の音, ほとんどよそ眼, ぼうっとしかけた, ぼんやり空, またがっくり, またたきも, また降りた, まだなかなか起き, まだ呻い, まだ黙っ, まっさ, まつさ, まるで着ない, みしりみしり, もういっそう奥, もう口, もう浅瀬, もう身, もがく男, もし御, もの珍しげに, もはや一歩, やがて川下, やや暫くの, や直立不動合掌, ゆっくり自分, ようようこの, よく晴れた, よけい身, よだれ, わいわいいっ, わからなくなって, をそっと, をその, を遠慮なく, ウトウトと, ガラッ八, コツコツ室内, ゴソゴソやっ, スーッと, ズシンと, ニコニコ今, ハッハッと, ブルブル震え, 一心に新聞, 丸々した, 乏しい虫, 云った, 互に姿, 今にも何事, 今オクサーナ, 仰反って, 何ともその, 何とも答えなかった, 依然として基督, 俯いて, 倒れて, 再び姿, 凍りついて, 凝っとその, 出して, 到頭我慢, 動かずに, 動かない, 動かないの, 動く事, 動けなくなって, 動けなくなりました, 動こうとは, 動こうとも, 去定, 只じっと四辺, 固くいてついた, 変ったふたり, 大きなからだ, 如何にも傲然, 寂しそう, 寝そべって, 寝て, 寝ること, 少しずつ, 少し開い, 尚も花園, 弱いあきん, 待って, 微笑んで, 忘れ果てて, 怒った片, 怒鳴り立てました, 思い切りふくらみます, 急, 恐いよう, 恐ろしい音, 悠々と, 悪く光沢, 感慨深い面もち, 憂暗な, 投げられたの, 投げるよう, 抜けなかった, 持って, 振返って, 捨てて, 撫でて, 改めてまじまじと, 放り込んで, 新しく一方, 明るい所, 暫く身動き, 暮して, 暮すよう, 曝されきった板, 止めきびしい, 歩いた, 歩いても, 死んだよう, 死んだハブ, 死んで, 死んでるん, 残されて, 気づかわしそう, 永いこと, 汚い血潮, 汚れた手拭, 決して姿, 沈んで, 泣き出した, 泣き泣き歩いた, 泣き濡れて, 泳ぐよう, 消えうせたとき, 深い疑惑, 深く頭, 渡されたの, 漠然と天井, 潜って, 激しい音, 無選択, 物凄い冷笑, 生きかえらないの, 登る, 白い手術着, 目立たないよう, 直しても, 直左, 眠ったよう, 眠って, 眠り続け五十日, 睨み付けた, 睨み付けて, 知らして, 程なくふたたび夕闇, 突然誰, 立ちどまつた, 立ち上がった, 立ち上って, 立ち並んで, 竦んで, 笑いながら, 答えた, 絶え入るばかり, 美しい金色, 考えこんだ, 考えた, 聞き惚れて, 腐れかけて, 蒼い顔, 行って, 見つめて, 見る見るうち, 見下して, 見下ろしたが, 言いかわして, 読んだ, 起きてるの, 起つの, 身じろぎも, 転がり落ちた, 転がり込みました, 軽く挨拶, 近い方, 逃げだすこと, 遂に一言, 遊んで, 遠くなっ, 重なり合って, 長いこと, 長い長い年月, 長い間空, 降りて, 離さないので, 青白い汗, 飛び立って, 高い大空, 黙つて, 黙つて庭

▼ だ~ (634, 0.2%)

19 踏んで 12 こねて 7 踏んだ 6 して, 横に, 踏みながら 5 こねました, 起して 4 こぼして, つめたい草, ふいて, ふんで, 休めて, 大事に, 流して 3 かがめて, こねたり, こねるよう, はなれたの, ふんだ, まげて, 伏せて, 起こして

2 [43件] うつす, おみせ, かけて, こねずに, こねた, こねること, こねる時, すりつけて, するの, だいじに, つぎつぎと, ふむよう, ぼろぼろこぼしました, ぽろぽろこぼし, まっすぐに, ゆすぶって, ゆすぶつて, ゆすぶりながら, りんと, 乾かす工夫, 二つに, 兎に, 前に, 前へ, 動かしました, 厭ふて, 引いた, 悪くし, 悪くした, 折って, 持ち扱って, 持って, 捏ねるよう, 捏る, 捻ぢ, 斜に, 洗った, 湿して, 滑り込ませ, 起した, 鍛えて, 震わせて, 養ひ

1 [430件] あた, あたためて, あらわに, ありったけの, あるかせて, いう, いうの, いくらか直す, いたして, いっぱいうかべ, いっぱいため, いっぱい目, うかべた, うかべながら, うごかすこと, うずめそこ, うった, うんと延ばし, おかう, おこして, おながし, おふき, かえすなんて, かくしましたので, かけるなんて, くぐるよう, くっつけて, くっつけました, くっつけ合って, くねくねさせ, くねらせながら, くべるだけ, くれた, けす術, こ, こねおり候, こねたので, こねたりも, こねた幼い, こねてから, こねては, こねながら, こねなさるとき, こねはじめました, こねられちゃ, こねられちや, こねるが, こねるし, こねるならいって, こねるん, こねる子供, こねる赤子, こぼした, こぼしながら, こぼしました, こぼすの, これ見よ, こわすばかり, さかれても, さかんに, さす寒風, さそった, されてはと, されるか, されること, したの, した男たち, してやる, しました, しようと, じっとし, すえ咲耶子, すくめて, すけて, すっかり洗っ, すりよせて, すりよせ手, すり寄せました, するよう, する手段, する獣, ずりうごかし, そこで, たくさん積み上げ, ためて, たれ, だ, だきしめて, ちぢめて, ちゃんと緊張, ちょこちょこと, つかったせい, つかんだり, つくづく眺めこんだ, つくづく眺める, つけて, つたいながら, つんつるてんの, てっくら, とめること, ながされかぜ, ながさんばかりに, ながし, ながして, ながしながら, ながしました, ながし帆づなをとり, なげだしました, なでながら, ぬぐって, ねじまげるよう, ねじ向けて, ねじ向ける, のせること, のばしたり, のばして, のばしクルッとうしろむき, のぼって, のんで, はいて, はこんで, はなしたけれども, はね起した, はらって, はりさけそう, ひきながら, ひき緊め, ひと廻り, ひるがえしましたので, ひツ, ふいた, ふきながら, ふく, ふまないばかり, ふまないばかりに, ふまぬばかり, ふみ, ふみたい気持ち, ふむと, ふらふらさせ, ふるわすこと, ふるわせたりは, ふんだらどう, ぶくぶくと, ぶっつけて, ぶらさげて, ほっそりしなやか, まかせると, またうつ伏し, またも叱つ, まのあたり見る, まはす, まん円, みて, むくいるべきおん身, むしってばかり, もって, もつこと, もむよう, やっと蒲団, やつて, やと, ゆすった, ゆすったので, ゆすったり, ゆすつて, ゆすぶった, ゆすぶりゐても, よじって, よじりつづけて, よちよちと, らくになさい, り, りて, りの, わけて, わざと演じ, クッションに, グッタリと, コネても, ブッつけ, ブツつけ, 一まいとっ, 一太刀なりと, 一日休める, 一枚おい, 上げましょうと, 上下に, 下女と, 乗り出して, 乗り出すこと, 人の, 他人に, 休めること, 休めるとい, 休め監察, 休め足下, 会話語として, 伸ばして, 伸ばし眼つき, 使ひすぎる, 保護いたす, 倒して, 冷たいコンクリート, 出した, 出したま, 出して, 出しました, 分けるお, 切ること, 切るやう, 前とは, 動かさない, 動かさないで, 動かさないと, 動かさなくても, 動かしかけたとき, 動かしたので, 動かして, 動かしても, 動かしはじめた, 動かすが, 動かそうと, 動し, 動揺の, 包むの, 包んで, 匿したら, 半ば起し, 南へ, 反らして, 取って, 取りに, 受けて, 口惜く, 叱るよう, 右の, 含んで, 吸へる, 呼んだ, 回転させ, 固くした, 坐わり直して, 垂れた, 報ぜんが, 壊して, 夢の, 大きく左右, 大切に, 好みの, 始めたぜ, 委せきり, 委せること, 宙に, 寄せて, 寄りかからせたらどんな, 寒風が, 寝床に, 寝箱, 小さくし, 小さく固め, 少しく斜, 少しづつ, 少しまげ, 少し下さい, 少し持っ, 左右に, 干して, 幸い貴様, 幾度も, 延ばし, 引いたの, 引き出して, 彼女の, 待ち合せて, 念入りに, 思わずおこした, 悪くする, 慣らしてから, 懸命に, 打って, 投げかけて, 投げ出し両手, 抜くこと, 抱き締めて, 押えつけあらゆる, 拭きながら, 持ちあつかひかねて, 持った眼, 振つた, 振ると, 捏ねたり, 捏ねたん, 捏ねた時, 捏ねて, 捏ねても, 捏ねはじめた, 捏ねるの, 据えたまま, 掴んで, 揺する, 揺つて出, 搬ぶ, 撲って, 支えて, 支へる, 散々に, 早く健康, 晴らさいで, 横た, 横たえた, 横たえて, 横たえると, 横飛に, 橋がかりで, 殆ど全身, 毛皮で, 気の毒らしく思う, 沈めて, 没するくら, 洗いきよめて, 洗いに, 洗い宿, 洗って, 洗は, 流さぬばかり, 流し, 流してや, 流し幾度, 流し苦し, 浄め潔める, 浮かした, 浮かして, 浮かせて, 浮かべて, 浴衣に, 清める, 温めさせる術, 温めに, 湯に, 溜めて, 滑らせて, 滑らせる, 照らしだすの, 照らしました, 猶だ, 玄関傍の, 甞めたる, 生かして, 病気に, 痛めて, 白く光らし, 目出度いと, 眺めました, 石垣へ, 碌, 磨いて, 示して, 禁じ得なかった, 笑ふ, 粗略に, 細くし, 締めつけるという, 縛られて, 繰返して, 落ちつけるところ, 落ち着ける穴, 落水の, 裏山へ, 要求し, 見せて, 見せながら, 見せようという, 見せるよう, 見た, 見たが, 見たの, 見つけて, 見て, 見るため, 言うの, 言っては, 討たなければ, 討つため, 許さなかったため, 許せの, 豊岡まで, 起き返らせるよう, 起こした, 起こしました, 起こしましたが, 起しながら, 起し新賀, 踏まんばかりに, 踏みつつ, 踏みはじめた, 踏み夫, 踏み庄さん, 踏み見張人, 踏み追手, 踏み鳴らしたが, 踏むの, 踏むばかり, 踏む兵, 踏む様, 踏んだもの, 踏んだり, 踏んだ事, 踏んだ釘勘, 蹈んで, 身構えること, 車から, 返さなければ, 連発する, 運びたいと, 運び辛抱強く, 遣られるからという, 郊外電車に, 銀色の, 銜へ, 鍛えること, 長々と, 震わせると, 静かに, 顫はせ, 飛び越えて, 飛白の, 飲みこんだ, 養わなければ, 駕籠に

▼ だ~ (631, 0.2%)

407 そんなこと, ねえ 65 あたし, あなたは, きっと, そうだ 4 あたしが, あの人, たあ, 私 3 そうでしょう, それは, わたしが, 二人とも, 私は

2 [25件] ああいや, あなた, あんたの, あんまりだ, いやだ, うちの人だ, えと, おもんちゃん, お姉さま, お日さま, お父さん斯う云った, こんなこと, そうじゃ, それに, そんなの, どころの, ほんとに, サ, ッて, 何だ, 厭だ, 御内儀, 生きて, 貴女は, 阿難

1 [470件] あ, ああ云う, ああ口惜しい, あお口, あたしお母さんや, あたしたちが, あたしたちに, あたしの, あたし今から, あたし嫌だ, あたし平手さんの, あたし達, あたし達も, あっけないほど, あっちで, あなたから, あなたが, あなたこそ, あなたに, あなたまだ, あのこの金魚, あのカーテン, あのテーブル, あの世という, あの位, あの方, あの砂原, あれで, あれは, あんたには, あんたは, あんたも, あんたを, あんた陰気な, あんなこと, あんなところ, あんな男, あんな道化師, あんまりその, あんまりひどい, あんまり熱心, いいえあたし, いいえ姉さん, いちばん危ない, いっ, いつかこんなに, いつか私が, いつもと, いやな, いろんな人, うちの, うちの人は, うらやましいわ, ええそう, ええびっくり, え今時分, え悲げ, おかあさんから, おかず拵える, おじさまそんなに, おじさまなんか, おじさんあめ屋さんに, おせんちゃん本当なら, おとら, おばさん, おもしろくは, おやりなさい, おれは, お上げ, お会いしたく, お出し, お前さんかんかん, お前さんに, お大事, お婆さんは, お嫁, お宅, お客なし, お母様ったら, お気の毒, お父さんこう, お父さんたら, お父さんは, お父さん斯う, お父様, お祖父さんは, お稽古, お連れ, お金を, かえって好都合, からっぽです, かわいそうに, きっとそうだ, きっとそうよ, きっとと, きっとなに, きっと扁理, きつと, きょうは, ここの, ここは, ここへ, ここまで, このこと, こので, このふたり, この人, この児おしっこ, この歌, この真珠, この調子, この部屋, これ, これからは, これが, これで, これまで, これみなおじさまの, これみんな戴いとく, これ間違つてや, こんなもん, こんなサヽラみたい, こんな生活, こんな躯, さすが修行, さつきより, しい病室, しそう, しよつちうそば, じゃどうぞ, すぐ眠っ, すこし気, そうしてどうか, そうして子供, そうね, そうよ, そう雪子, そしてこの, そしてその, そしてそれ, そしてエクスタセ, そして度胸, そして蓬莱和子, そのさき, そのとき, そのシュレムスカヤ, その妹, そばへ, それじゃあ, それとこれ, それを, それ丈の, そんな, そんなにお, そんなに強迫, そんなに思ふ, そんな事, そんな平気, そんな道化, そンな, た, たが, ためしだ, だいいち後味, だからあたい, だから眼, だから私たち, だから血, だけどどうも, だけど私, だけれど, だんだんわかっ, だんだん好き, ちが, ちがいない, ちっとも兄, ちっとも卑しい, ちゃんと通用, つかいもの, つしの, つちどもの, つちや, つまらない愚痴, づかに, ですから結婚, でつれて, でももう, でも嘘, でも平手さん, でも明夜, で殿様, とても勇ましい, とても動坂, とても可愛い, どうした, どうしてこんな, どうしてもあなた, どうしてもあの, どうしませう, どうせカント, どこから, どれどれ, どれもう, なぜこんなに暑い, なにが, なにしてん, なんだ, なんでしょう, なんとかいっ, なんとかし, ねえあんた, ねえいい, ねえちょっと, ねえダーシェンカ, ねえ何, ねえ勘ちや, はは, ばかな, ひどいわ, へんだ, ほかの, ほらね, ほんとだ, まあこれ, まあひどい, まあ美しい, まえに, まさかと, また同じ, まだ丸めた, まだ何, まるで山, まるで蛭, まア, むろん, もうもうは, もう三十年以上, もう寒く, もしあなた, もしも証拠, もし忘れない, もし紹介者, もちろんわたしの, やい, やっぱりちゃん, よくお父さん, わたしに, わたしもう, わたし今, わるいぢ, イ, イと, ウィリアム第, カーチャ, コップの, ジエィン, ッていたく, デタラメ言つて, トルーソツキイさんが, ニューラに, ネエ, ハハ, バツカスの, パパは, フレッド, ホホホホホホ, ポケットの, マダム, リンドウだ, レコードを, 一人で, 一寸の, 一張羅の, 一枚きりで, 丈吉さんだ, 三の, 不意に, 中にゃ, 九月には, 二人で, 五十銭か, 五百円つていふ, 些か我, 人生は, 人聞きの, 人間がさ, 今こそ, 今まで, 今夜は, 今度は, 休さまなどより, 佃さんにも, 但その, 何だか, 何でせう, 何時か, 余りだ, 保高さん頼ん, 信造さんに, 兄は, 兄弟だ, 先づこれ, 先へ, 其兩耳の, 内縁の, 写真になんか, 初めに, 前の, 十一月です, 半ちゃんは, 半ちゃんよし, 又その, 口入, 可哀さうに, 可愛いの, 同じこと, 同じ事, 同じ客同志, 呼ばれないうち, 命が, 唸るんぢ, 喜びも, 売っちゃ, 変だ, 夏が, 外に, 多分ね, 多津お, 大丈夫な, 大変だ, 大変に, 大掃除, 天罰だ, 天罰覿面だ, 女の, 女ばかりじゃ, 奴隷監督だ, 好き, 妾, 妾が, 妾その, 姐さん半ちゃんと, 子どもたちが, 実際, 実際は, 家の, 山の, 屹度, 岩と, 平穏無事な, 幸さんと, 弱っちゃったまた, 形式じゃ, 彼の, 待て待て, 恥ずかしい, 恥ずかしいと, 恥ずかしがり, 慶庵だ, 懊悩だ, 我の, 政子さん一緒の, 斯うし, 新しい騒々しいの, 新造だ, 旅費も, 早くお, 早くパリ, 早瀬さん, 昔し, 春だ, 暑くて, 有難く心得ろ, 朝鮮なんて, 東助さん, 栄さんが, 栄さんのは, 案じ過しはいらぬ, 此の間もね, 死ぬまで, 母さんは, 母さんヘルツェンシュトゥベの, 毎朝そして, 民雄さんは, 決して嘘, 泰助さんなんか, 浜さんの, 海軍大佐です, 満点よ, 煩悶だ, 狂人だ, 画や, 皆んな金の, 目の, 眞個に, 眼の, 知ってたの, 知らなかったの, 破落戸の, 私このごろでは, 私たちかんかん, 私たちの, 私と, 私なんかが, 私の, 私を, 私今日こそ, 私厭行っ, 私地方へなんぞ, 稻子さんて, 穗の, 糸瓜が, 紫の, 結婚だ, 結局, 綺麗だ, 綺麗な, 締め殺したって, 置いてけ, 罰金ごっこは, 耻ッ晒し, 聞かさなくっちゃ, 肋骨だ, 自分で, 自業自得だ, 自殺を, 自然と, 芸妓に, 苦しくって, 虫が, 蛭だ, 血迷うな, 行きましょう, 行きませう, 行って, 表現の, 見ましょうか, 覚えて, 言を, 誤解だ, 誰か, 誰も, 豊作さんの, 貴方の, 赤ちゃんみたいねえ, 起きなされ, 足の, 足手まといなら返しましょう, 身近に, 辷った転んだと, 返事ひとつしやしない, 違いない, 遠ま, 選りに, 金を, 金口なんか, 間違えられた人, 雀が, 雨の, 青春だ, 順ちゃんの, 顔の, 飛んだわ, 食べるもの, 飯田さんしっかり, 飲んだわ, 飲んでよ, 馬鹿竹だ, 黒川さんの, 黙つて人

▼ だ~ (619, 0.2%)

37 た, て 16 け, たが 11 たの 9 てそう 7 たから, てこと, てね 6 たか, てお 5 たと 4 たよ, たッ, てそんな, て何

3 [14件] か, けね, さ, しゃろ, たかしら, たな, たね, だッ, てあんまり, ていい, てお前, てこの, てもう, てん

2 [33件] たえ, たかと, たのに, てああ, てあの, てあんな, てきた, てさ, てしかた, ての, てまた, てもそう, てよ, てッ, て云う, て人, て人間, て今, て余り, て俺, て同じ, て君, て大丈夫, て実際, て御, て死, て男児, て私, て言う, て貴方, と前, 広いアトリエ, 早駕籠

1 [331件] あの車, あんな曲, うさん臭いッ, うぬ, お帰り, お早く, お袖, けあの, けか何, けそれでは, けと静か, けな, けなア, けねえゆうべ, けね名前, けや, け俺, け斬っ, け顔, こした若, このバカどもめ, この名, さあ手錠, たかという, たからさ, たけれども, たこたァ, たぜ, たその, たって, たてこッ, たところ, たねえ, たので, たはず, たもん, たら, たらどう, たら二の酉, たら家事, たら無罪, たら逗子, たり読書, たろうが, たろうと, たわね, たん, たエ, たヨ, たン, た俺, た女, た自分, た顔, だだだだッ, だッ誰, ちゃア, てあたい, てあなた, てある, ていいましたら, ていいます, ていう, ていうから二人, ていうこと, ていうじゃない, ていうの, ていうん, ていう噂, ていた, ていった, ていってる, ていつも, ています, ていよう, ている, ていろんな, てうじゃうじゃ, てえこと, ておだてあげ, ておばあさん, ておれ, てお互い, てお付, てお前さん, てお前様, てお客様, てかまわねえ, てかッ, てくる, てこう, てこのごろ, てこわい, てこッ, てさあ, てしなきゃならない, てしょっちゅう, てせっかく, てそいつ, てそういった, てそら, てそりゃ, てそれ, てそんなに, てたま, てつまらない, てどうにも, てなあの, てなおらん, てなんだか, てなア, てな字引, てに, てねお, てね今夜, てね余り, てね少し, てはいれた, てば, てばか, てばこの, てひと, てふ, てまだ, てむしろ, てもこの, てもし, てもナニモ, ても事務, ても自分, ても途中, てよ姉, てろくに, てわかり, てんで, てオホホホホ, てオホホホホホ, てムキになっ, て一人者, て一生独身, て一緒, て三菱, て不自由, て中, て事, て仕方, て何ん, て何時, て余り勘弁, て來, て僕, て先生, て前, て化け, て十分間, て千太, て半分, て厭味ッ, て口, て叱られる, て名, て君目, て呆れ返る, て喚いた, て喜び, て困る, て変りゃ, て大きな, て大した, て大変, て夫, て奢らなく, て奥さん, て好き, て姉, て姉さん, て姿, て子供, て宜, て小川, て少し, て山利, て川島, て工場長, て帰る, て常に, て平田さん, て強請騙り, て彼, て後, て忍剣, て怒ってる, て思し召し, て悪い, て抜かり, て敵, て新, て早速, て昨夜, て書い, て未来, て来, て来た, て正直, て此, て死に, て死ぬ, て毒, て気分, て浮気, て涙, て淋しい, て減っ, て漕げる, て父さん, て父様, て父親さん, て牢屋, て現在, て生き, て用, て男女七歳, て男子, て皆, て知っ, て知ん, て私ゃ否, て私ア, て私ア腹, て結構, て縣下一等, て罪, て聞きましたら, て肩, て腹, て自分, て荒療治, て行きがけ, て見, て言, て言います, て言っ, て言った, て言ってた, て言われりゃ, て評判, て話しましたら, て貴君, て貴女, て追, て郁治さん, て金, て長次さん, て門, て開化, て関わん, て非常ベル, て頭, て風, て飲ん, て駄目, て騒い, て鳴いてる, と, というとき, という叫び, とおい, とその, となに, とはげしい, とやる, と一行, と一足, と叫びました, と吐かしゃ, と堂, と墜ちた, と声, と外, と大地, と屋内, と床, と怒鳴った, と思う, と感じた, と掴みかかろう, と正成, と聞い, と言った, と赤い, と走り, と跫音, と踵, と逃げまろん, と逃げる, と音たて棍棒, と飛び込み, と馳, と駈け下り, と駈け出した, ぽい女, ぽい姿, もう勘弁, やんねえ, パチクリ, 出合いなされ, 割らぬと, 危ないッ, 広い, 広いこの, 広いだけ, 広い寒い台所, 広い屋敷, 広い庭, 広い武者溜り, 広い洲, 広い茶, 広い通り, 広い闇, 広い黒い板の間, 広くその, 広くなった, 急いだッ, 来いッ, 退かぬと, 退けや, 逃すな, 騙しゃア, 黙ってるな, 黙れ, 黙れ黙れ

▼ だこれ~ (604, 0.2%)

40295 はおれ, は何 4 だこれ, や 3 が僕, だと, なら安心, なん, は自分, を見

2 [32件] あるが, が一番, が当たり前, が戦乱, が日本一, が見えねえ, さえあれ, だッ, でいい, でなくっちゃ, では, でもまだ, でわかったろう, で胸, に相違, はきっと, はきみ, はてっきり, はどういう, はどうも, はもう, はよく, はわたし, は不思議, は僕, は大, は大変, は必ず, も, も誰か人, を見る, を見ろ

1 [435件] あ, あいけねえわあ, あへえ諍, あ馬鹿ていねい, があつし, があの, がいい, がおれ, がお互い, がお山, がかれ, がそう, がそれ, がどん底, がなに, がほんと, がまず, がみんなピーピー, がもし, がよい, がわざわざ, がわし, がアリョーシャ, がガマ, が一生, が乙下, が人間, が今日, が何, が俺ら方, が先決問題, が半月, が即ち, が厭, が又, が名医, が吾輩, が問題, が因縁, が失策, が子供, が少佐, が巻野, が恋, が情熱, が新派, が日本, が昔, が最初, が本物, が汽車, が澤木君, が猪川, が琵琶湖, が瓦盃, が生れた, が生別, が産, が田宮氏, が石膏, が第一歩, が自分, が解らんの, が証拠, が身, が面白く, が頗る, が馬, ぐらい, ぐらいの道理, こそは吾等, こそは私, こそわが国, こそ人生, こそ実に, こそ日の本, こそ朝鮮, この人, さ, さなぜ, さ何故, じゃ, じゃあとても, じゃあ森林, じゃ何処, じゃ普通, じゃ龍平, すなわち天命, だから, だけでよろしい, だけのもの, だけの出来事, だけの枝ぢ, だけの構え, だけの男, だけの設備, だけは忘れない, だけは誰, だけは間違い, だけを樂, だけ入っ, だけ揉め, だけ私, だけ話せ, だここ, だこの, だどうして, だどこ, だよ, だエライゾ加奈ちゃん, だ俺, だ奥さん, だ宮瀬さん, だ山野君, つぱつち, であの, でいっちょう, でおどし, でお天気, でこの, でしっかり, でその, でのぼせあがらなけれ, ではあべこべ, ではどうにも, ではまるで, ではもう, では成らぬ, では旅, では日光消毒, では花, では行乞相, でひとつ, でもおれ, でもか, でもかというよう, でもねをあげない, でも何, でも分らぬ, でも可哀そう, でも喰ら, でも嘘, でも大工, でも夫婦, でも好い, でも江戸ッ児, でも船大工, でも解らない, でも降参, でようよう, でグッ, で一日, で一生, で三度, で世, で世間, で五貫目玉, で今度, で僕, で全部, で問題, で実証, で年, で敗戦, で文句, で済んだ, で突いたら, で突かれ, で第三者, で結構, で総て君, で脈, で見えるだろう, で見る, で調和, で近藤, で重荷, で金, で釣合い, で隠密落とし, というもみんなため, というもみんな其方, とて不届き千万, と一致, と同じ, と東市正, と結婚, どうだ, ならなし遂ぐべき可能性, ならば, ならばと, なら今後三十年, なら出来るだろう, なら大丈夫, なら安全, なら文句, なら納得, なら面白い, なら顔, にかわる, について教え, にはなにか, には一言, には信玄公, には或いは, には木村, には皆, によってかれ, によって見る, に出場, に対しては国民全体, に対する自ずから, に近づけ, に限る, のこと, のみなりといへ, の定義, の母親, の解釈, はあ, はあいすまん, はあっ, はあまり, はい, はいい, はいかん, はいけない, はいつか, はおかしい, はおまえ, はお父つぁん, はお詫び, はきみ生, はくり返し, はさっき, はすぐ, はその, はたしか, はたしかに, はただ, はただ事, はたまらぬ, はとんだ, はどう, はどうして, はどうしても, はどこ, はどっち, はひとつ, はまことに, はまごまご, はまた, はやはり, はフレッシュ, は一つ, は一刻, は一向, は一方, は一本, は一杯, は一種, は七十郎, は万一, は中国人, は事, は事実, は亡き, は人間, は伊緒どの, は伯父さん, は何ん, は侍, は保存, は俺, は俺達, は兄, は全然, は勇気, は又, は口止め, は古刀, は君, は命令, は四条, は国家, は地名辞典, は大事, は天才, は太鼓塚, は女, は好い, は好く, は嫌, は実に, は富士男君, は市政記者, は幽, は弑逆, は当時民政, は御, は御岳神社, は微塵, は恋, は恐らく, は恐ろしい, は恐入った, は悲しい, は愉快愉快, は或, は揃った, は断じて, は旅, は日本政府, は書置きぢ, は本, は東京, は東市, は求めずし, は江乙, は演劇工場, は百, は確実, は祖五郎, は祖父様, は祟る, は私, は私の, は素敵, は絶対, は綺麗, は老, は耶蘇教, は胃, は臣下ども, は自信, は茶人, は要害, は観念論的, は言わない, は許すべからざる, は誤だ, は貴婦人, は転向, は近頃, は隊長, は雌, は電気鳩, は面白い, ばかりだ, ばかりは不思議, ばかりは喧嘩, ばっかりは誤魔化せねえ, へすすめ, へ自分, へ通せ, ほどのお, ほどの気骨, ほど技, までだって満足, までに, までのいきさつ, までのこと, までひねくれ, まで彼, まで私, まで移した, もあたっ, もいけない, もその, もはっきり, もひとつ, もまた, もやる, もソヴェト同盟, も二階, も俺, も兄者人, も前, も医学, も変, も小柄, も怪しげ, も欲しけりゃ, も港町, も甲斐, も禅家, も行, も造庵, やもう君, やクリスマス, や一つ, や俳句, や神谷ぢ, より外, より生き過ぎ, を, をいっ, をお, をちゃあん, をむざむざ, を一円, を云っ, を云ったら, を云わず, を亡ぼした, を信ぜよ, を出る, を味わい, を売れ, を奢っ, を巻く, を弟, を忘れ, を怪しい, を手繰っ, を持っ, を撓め統べる, を最後, を治すべし, を献上, を知る, を知れねえ, を種子, を立ち直る, を美しく, を育てる, を蓋, を見ねえ, を通り越せ, を音楽沢山, を飲ん, ァ, 見ねえこの, 見ろこの, 近寄っては

▼ だ~ (570, 0.2%)

2016 親分 11 おい 86 それが 54 こいつは, それを, 君は 3 あの女, い, こんなの, 今日はね, 彼奴は, 気を

2 [33件] いいかね, いやだ, おつか, おれが, お前は, お品さん, きかねえや, これあ, これでも, その扮, それは, そんなに見え, ちゃん, ばかな, 全く恐ろしい, 八五郎親分, 八兄哥, 厭や, 君も, 女が, 小坊主は, 小屋の, 手前は, 木挽の, 爺さん, 知ってるかい, 親方, 起きろ, 道, 金を, 銭形の, 錢形の, 髭でも

1 [408件] あいつ, あいつを, あいつ等も, あっしの, あにい, あにいこの, あのう, あの時, あの火, あの芝居, あの赤い, ある事業, あれ, あれが, あれは, あんないい, あんまり気取られる, いいか, いいなあ, いいの, いい若い者, いえさ, いくらお, いずれに, いったい池田, いって, いままでは, いやに, ええオイ, え子, え遥々, え間抜け, おいみろ, おいらの, おいら虫じゃあねえよ, おい八, おい悪, おかしいの, おっこちないよう, おどすなよ, おまけに, おめ, おやじ女アね, おれにだって, おれは, お出入り, お前さん方, お前と, お前も, お夥間だい, お宮さん, お洒落なんか, お滝, お辭儀, お通さん, お静坊, お靜坊, からかうならもう少し, がらくた売つた処が, きっと, きみが, きみを, きょうは, くいもの, こいつ大物と, こうみえ, ことにこれから拙者共, このまま置いてきぼり, この先生, この前, この島, この工場, この火星, この言葉, この辺, この餓鬼, こらどう, こりゃ, こりゃあ, これえ, これが, これだけ, これァ, こんどは, こんな工合, ごていねい, さがし当てると, さつきは, さぶ, さア此奴, しかも文明, しかも暢気, しっかりし, しっかりし給え, すごいぞ, そいつが, そいつを, そうしてその, そうじゃ, そうでなく, そう側, そう思わねえ, そこに, そのくせ, その女, その足どり, その顔, その饒舌, そら持っ, そら薊, そりゃお前, そりや, それじゃあ, それに, そんな口, そんな根性, たいがいまあ, ただ道楽, たっぷり呑ませ, たつた一つあきらめ, だとさ, ちい公, ちと特種料, ちゃんと間隔, ところが貴様, とても力, どうかしやせん, どうしてもおれ, どうせろくな, どこの, どこへ, どこもかも, どんなに消極的, なぜこんな, なんだか, なんにも, なんぼお前, のぶ公は, ばんくん, ほらお爺さん, ほら甲, まず命, また曲られたら, まだ, まつたく, まつたくそり, みっちりやっ, みんなごちゃごちゃ, むりをするなよ, もう, もうそんな, もう一杯お, もう小屋, もう死ぬ, もっそう, やがて, やがては, やまいが, よほど苦しい, わけの, アリョーシャ, オイ弱った, オーそう, カイゼルが, キミ, クソッ, グラスは, ジェリー坊, ジム, ソローピイの, ソヴェト同盟は, タイム・イズ・マネーだ, タバコは, ツルの, トム, ドイツだけ, ドレ, ハッキリと, ハッハッハハハ, ハヽヽヽ, ブイの, ベン, ペンキを, ホーキンズ, メイちやん, 一方ならねえ, 一枝を, 一生ドックの, 三人だ, 下手人の, 世の中の, 丸々と, 九両二分までは, 事も, 二人とも, 二十尋も, 五体揃え, 五十両でも, 人工で, 人手に, 人間豹の, 今夜忍ん, 今度は, 今日だって, 今日は, 今時分逆に, 今時流行らねえ, 今話す, 今迄, 仕様が, 仕樣, 他人の, 休み給へ, 何うしたつ, 何しろ今やシャッター, 何なら, 何もかも, 何を, 何処に, 何故ツ, 余裕が, 信さんおれが, 俺あ, 俺と, 僕と, 僕の, 兄さんじゃ, 兄さんなんて, 兄哥俺が, 兎と, 全体なんだいこり, 全部で, 八五郎兄哥, 八岡っ, 八岡つ, 分って, 割前勘定が, 劇場だって, 力業は, 勿論, 十五に, 取られたからって, 台所充満だ, 吉川は, 名主という, 向う傷な, 向って, 君に, 君みたいな, 君一度, 君会ひたけれ, 君知らない, 命がけの, 和尚様の, 喃姉さん, 善六さんの, 喰べて, 嘘だ, 嚇か, 地所の, 坊さん, 多かれ少なかれ男, 多分内儀, 夢の, 大医博士, 大口を, 大変な, 大方坊主, 失業が, 妻, 婆さんいた, 嬉しか, 安政の, 宜いか, 実は内密, 家も, 寮は, 小倉組の, 小気味が, 山登りには, 山羊先生の, 岸沢蝶太夫とも, 己が, 己に, 巳之は, 市内版の, 師匠, 帰ろう, 年紀は, 店, 店の, 店を, 弱虫や, 当の相手, 彼は, 彼女は, 待て妙法蓮華経如来寿量品, 後から, 御老中差廻し, 御陵衛士隊長と, 御隠居, 忠兵衛の, 恐しく寒い, 恐るべし恐るべし, 悪い喉, 憚ん, 手前と, 探偵さん, 放ったらかして, 日本の, 早く帰つて, 早く逃げ出そう, 明神下まで, 是れで, 昼休みの, 書き役, 月が, 未開国そのもの, 本当だ, 村方総出で, 来なけりゃ来ねえよう, 槍が, 槍は, 橋の, 橋場の, 此は, 此方の, 気取るもの, 汽船が, 況んや, 洒落じゃ, 洒落だ, 津村の, 満十, 滅多な, 滅法窶れやがった, 潰しの, 燿ちゃん, 爺さん嬢さんが, 爺臭い, 物騒な, 犬や, 申し少々, 畜生あ, 百年越の, 皆の, 目刺だ, 真に受ける, 眠り病が, 短刀に, 碁に, 神月なる, 福田くん, 私が, 秋の, 竜田が, 米が, 米の, 素人みたいな, 組合も, 考えて, 職務上手落が, 腹の, 膝っ, 膝ツ小僧に, 自信が, 自分で, 自分の, 自惚れを, 若し探偵, 若旦那の, 葉ちゃんが, 虎の, 蛇が, 見たまえ, 見る人, 覚えが, 親方喜助だって, 親爺の, 解ったか, 詳しい所, 誰か, 誰だって, 誰も, 諦めちゃあ, 諸君ちゃんと, 貴様も, 跡へ, 路地で, 辻斬りを, 遅かつ, 遊びに, 酒を, 重吉は, 金色に, 長い間, 長さ, 阿能, 露助め素的な, 青いうち, 面倒なく, 順序を, 頼まれて, 馬士アイサ此節は, 髪が, 鶴さん, 黒灰へ, 黒船なんか

▼ だ~ (559, 0.1%)

8 のこと 6 でなければ 4 で私, にその 3 でその, で彼, で誰, なので, になっ, のお, の事, はその

2 [45件] おかみさん, から, この家, だった, だんだんこの, であった, であつ, であの, でいくら, でこの, ではこの, では忠助, でまた, でも道具, で三味線, で二人, で口, で当時, で必ず, で旦那, で自首, にである, にも科学, に佇ん, に吉次郎, に彼, に来た, に漸く, に私, のよう, の世界, の入江, の座, の深い, の観楓亭, は何ん, は再び, は自分, は船宿, は誰, までも残る, もはしたない, も判然, も荘田家, を見ました

1 [423件] あはあ何, あらゆる清算, お嫁, お由殺し, かう言, からでも何, からにょろにょろ, から中軍, から現われ, から解った, があるとかない, がいわゆる, が歴然と, が軽い, けれども国籍, こそ愈々, この孤独, この点, この異形, この老, さえ一滴, じゃお, じゃない, すぐまた, すぐ垂井, その腰掛け, その跡, その阿, ただならぬ面持ち, だったから, だったが, だったの, だつた, だつたが, ついにめぐり会おう, ついに汽車, であったか, であり銀子, である, であるから, でいつ, でうまい, でおまえ, でおれ, でお前, でぐつすり寢込, でさえこれ, でしかも, ですつかり恐れ入つたぜ, でそっと, でそれ, でたとい, でつまらない, でないと, でなくては, では, ではどんな, では己, でぺっぺっと唾, でもこれ, でも何, でも妻, でも悪い, でも昂奮, でも書いた, でも朝, でも死んだ, でも母親, でも褒めた, でも順位, でわたし, でガラッ, でガラツ八, でコップ, でソツ, で一度, で一文一銭, で一文一錢, で一盃, で三吉, で三郎兵衛, で三郎兵衞, で下女, で争う, で二十三日, で云い, で云った, で今度, で伊右衛門, で余, で借金, で其處, で刈取られた, で化け, で医師, で又, で反対, で叔父, で同じ, で君, で喰, で多数, で大変, で奥さん, で好かっ, で妻, で将軍, で帳面, で幾千代, で当時ダブリン, で彼ら, で彼女, で復, で戒名, で或, で房州, で捉, で斬つ, で新嘗祭, で新蔵, で是, で書物, で本式, で桑畠, で気, で火焔, で煙草, で煮えこぼれる, で生れた, で眠気, で禅宗, で私達, で窃, で縁, で脳髄, で詩人, で調べ, で諸色, で踊りました, で踏板, で農家, で遺言書, で野, で鈴子, で銭形平次, で錢形平次, で間違, で霧, で鳶頭, といい, としてはむします, とて庭一面, とで人生, とで人生観, どうして居る, なおその, なお幾許, なぞは陸上, などはただ, なの, なら昔, に, にこういう, にこっそり, にこれ, にしばらく, にそれ, にだって何一つ, についてこんな, にどなた, には, にはいだ, にはその, には双頭状, には古本, には必ず, には水, には湿っぽい, には神さま, には警察, には青い青い, にふたり, にまた, にも四, にルクレチウス, に世間, に二つ, に二度添, に亭主, に今日, に余談, に僕, に内々自ら, に出, に出来る, に函, に分立, に勇敢, に吉良家, に同市, に国外, に垣根, に墓, に奥さん, に妻, に姙娠, に宵闇, に家内, に容太郎, に従弟同士, に微小, に徳川氏, に成っ, に手紙, に挙行, に散, に新た, に於, に晒され, に未来, に次兵衛, に此徳利, に死んだ, に残った, に殘つたの, に注文, に独り, に発光, に発見, に立つた, に若狭, に行った, に解放, に読まない, に開かれた, の, のあり, のまた, のむしあつ, のやう, のガラクタ, の事抔心配, の二者, の人気, の今, の代, の佐原屋, の冒険, の出殻, の創作, の勇ましい, の印象, の口, の和やか, の和尚, の夫婦, の女, の家族, の寶屋, の峯, の年, の店, の彼, の彼女, の後妻, の心境, の成り行き, の扉, の方, の月, の極めて, の止め, の永い, の混乱, の渦巻, の漱石氏, の父親, の物, の甘い, の田, の皆, の神様, の祭り, の私, の私達, の秋, の細工場, の肉, の膳具, の自分, の蜜柑畑, の話, の財産, の遺産相続, の酒, の隱居, の雄, の雲, の静けさ, は, はあの, はいつも, はこの, はこれ, はすっかり, はたあい, はどう, はクララ, は主馬, は伜, は使用, は倅, は兄, は全く, は其の, は口, は吉岡, は墓碑, は家, は尚, は後家一人ゆゑ漸, は思ひ, は想像, は曇り, は気, は男, は私一人きり, は簪, は要領, は近頃, は進ん, は運, は野, は静か, は餓鬼, ばかりでなく, ひどく淋しが, へ乗込ませた, へ乘込, へ何, へ言, へ言い交した, へ退く, まだ一つ意外, までそう, までもが女, までもなお, までも不浄, までも以前, までも小生等, までも彼ら, までも御, までも怨恨, までも残存, までも漆, までも猶, までも相当, までも私, までも親類中, までも貴方, までも軽く, まで下積み, まで二人, まで及ぼす, まで多く, まで大, まで延長, まで悪女, まで日記, まで殘, まで長い, も, もあと, もう一ぺん, もう一度大きい, もなお, も半年, も君, も団体, も常に, も引き続い, も彼, も彼ら, も数年, も案じる, も残る, も母, も母性愛, も目, も相場師, も臨済寺, も軽井沢, も通っ, ようやくバンク街, らしく今, をぶる, を奇麗, を寝巻, を掃く, を煙草, を独り, パッと, 今や力漕, 出来たの, 刈り取られたと, 初めて口, 必ず汝, 思ひの, 急勾配, 或る, 放ち去る, 更にそれ, 殺されるわけ, 活かして, 漸く左手, 漸く電車, 燃え立ちきった女, 直に鎮魂祭, 見露, 起き出でて, 辞して, 迄噂, 阿弥陀岩だ

▼ だあの~ (541, 0.1%)

16 女は 8 人は 7 男だ 6 人だ, 時の 5 人が, 女が 4 ときは, 人に, 人の, 女の, 子は, 男を, 詞が 3 娘の, 娘は, 子が, 男が, 男の, 男は, 眼だ, 老人が, 野郎, 馬は

2 [24件] ときの, ひとは, 中へ, 二つの, 二人の, 刹那の, 医者の, 女には, 娘が, 娘てえ, 娘を, 家だ, 小僧は, 山の, 年に, 態度は, 方が, 方は, 無双の, 男に, 重い雲, 金は, 頃は, 饅頭は

1 [382件] あさましい自分, あはれな, うす汚い老爺, うちだ, おばさんだけが, お槍, お池, お浜, お艶坊, お芳ちゃん, お藤さん, お豊さん, お酒, からすめ, きらびやかな, きれいな, けばけばしさ, ことは, ことを, ころそこには, ころの, ころは, さかずきには, ざまは, だん, ちくしょう, ちゃちなおどし, つて毎, とおりどこも, とおり当人は, ときおれたちは, ときこいつは, ときだった, ときである, ときぼくには, ときも, とき以来斬ろう, とき打ち折られた, とき泣き, とき私は, とき話そう, とき風邪を, どんじき屋へでも, ぬくぬくと, ばばあ, ひとさえ, ひよわい一病児, ほれこの間師匠, まあ気だて, まま送っ, ゆき倒れ, よろいあの, りゅうという, アルプの, カフェーの, コッホさん, ザポロージェ人の, シイタケ飯について, ジジイ, トラックかい, ノートに, ハンカチも, バベだ, ファウストの, ブランコで, ペラペラと, マドロスめ, ラツパは, ロツプ倉の, 一つかたまり, 一旒の, 三挺の, 三村といふ, 下賤, 不思議に, 不貞の, 丘の, 中を, 乾板だけは, 事件の, 二人は, 二人右と, 二匹に, 二階の, 人たちが, 人たちは, 人なんか, 人も, 人を, 人形を, 人間だ, 人間は, 人間も, 人魚の, 仁は, 今道鏡は, 令嬢は, 佃島で, 位の, 何とか云った, 例の, 侍が, 俗悪さに, 修法中の, 僕の, 先生りこう, 先生酔っぱらっ, 六十三機の, 兵隊さんの, 円光は, 冷やかな, 初めの, 功は, 勝, 匂は, 匕首は, 十両の, 十曲峠で, 十畳の, 南側に, 厭な, 口笛は, 右近の, 呪文を, 唄は, 唇だった, 嗅煙草入れの, 因業爺奴また, 土蔵の, 坂で, 坊さんに, 坊主あの, 坊主は, 城あの, 声, 声に, 声の, 声は, 夜は, 大将は, 大敗を, 大花瓶, 天下に, 天堂は, 天真爛漫な, 太鼓の, 奉書七八枚の, 女だ, 女にも, 女の子が, 女を, 女堕落の, 女性に, 女軽業の, 奴は, 妖異きわまる, 妻女の, 姿, 娘さんだけには, 娘に, 婚礼菓子を, 婦人は, 子いままで, 子の, 安村省三である, 家には, 家来達だ, 宿屋に, 寝台は, 寡黙な, 寺の, 小僧ッ子の, 小屋は, 小山すみれは, 小山を, 小袖幕の, 少し以前, 少年は, 屋敷を, 山なんか, 岡田は, 峠が, 帯だ, 帽子に, 床屋め, 建具屋の, 引寄せる, 役者は, 後に, 微かな, 怖ろ, 怪人は, 恰好な, 情熱が, 手斧で, 手紙だ, 指輪です, 数行の, 斎木なる, 方さえ, 方でなけれ, 方とは, 方よ, 日なぜ, 日本娘は, 日本軍人が, 日記中の, 昔の, 星は, 昨日の, 昼の, 時, 時あの, 時そう, 時に, 時のも, 時も, 時もう, 時サッサと, 時何か, 時分お, 時分から, 時分の, 時岡本兵部の, 時攫った, 晩あれだけ, 晩からの, 晩にと, 晩の, 晩俺が, 晩私等二人は, 最初の, 最後の, 有名な, 木像が, 柳の, 桔梗様と, 棒が, 棒で, 椿三千麿といふ, 様子では, 横顔いかさま陣十郎に, 樹を, 橋には, 次の, 水の, 水兵を, 永遠の, 汚い八丁堀, 泥棒猫の, 渓の, 火だ, 火星人の, 点は, 無邪気な, 父親をも, 爺を, 牛飼でした, 犬は, 犬ばかり, 甘酸つ, 男こそ, 男たちが, 男な, 畜生の, 畜生打擲れ, 白徒, 相良寛十郎てえ, 眼, 眼球で, 瞬間の, 矢で, 石この, 石を, 石屋の, 石橋の, 程度の, 空, 空を, 窓の, 童子は, 紙は, 素晴らしいからだの, 素晴らしい色彩, 細い胴中, 絵も, 絶壁まで, 継母がと, 縹緻で, 美しい装丁, 老人なら, 老爺だ, 老耄の, 者たちは, 肥大な, 胴だ, 胸くその, 脅迫状に, 脱殻の, 腰つきは, 自分の, 臭い寝床, 色の, 色艶を, 芸が, 若侍, 苦々しい悲しみ, 草っ, 草地の, 菅原の, 華魁人形は, 葉子の, 虚無僧めは, 衣裳屋の, 襤褸の, 親交は, 親密な, 親方は, 親船が, 話か, 誓紙の, 語が, 謎の, 豊かな, 豪気な, 贋金使いと, 赤いの, 赤い実, 赤ん坊を, 赤壁の, 足の, 跛は, 身輕な, 転婆娘か, 軽蔑した, 辺は, 辻堂の, 連中は, 遊山舟で, 道を, 邊から, 部屋です, 都こそ, 酒には, 野衾がね, 野郎なにを, 金さえ, 金で, 針売りなら, 鍵が, 鎖を, 鏡, 鏡には, 閑静な, 阿魔, 院主を, 際あんな, 雲どもは, 霊が, 青年が, 静けさ諧調ある, 音で, 音楽は, 頃も, 頃正中ノ, 頭が, 顔が, 顔色は, 餅を, 香の, 馬を, 馬蹄の, 馬鹿みた, 騒ぎは, 騒で, 高慢ちきな, 高慢ちきの, 高慢狂気の, 高處, 鵞鳥を, 黒い鳥, 黒船が

▼ だ~ (540, 0.1%)

48 がある 24 があった 14 があります, のよう 9 の惡口 5 がありました, の悪口, は一人, もあった 4 でも, のこと, は仕方 3 があつ, でなければ, にし, の姿, はその

2 [27件] かなにか, があっ, が再び, が誰, です, では, とあきらめ, ならば, には何, によく, のため, のやう, の中, の事, の執念, の身体, の魂, は, はそこ, はない, は復活, は概ね, は死んだ, は紛れ, は誰, も少なく, も血

1 [330件] ああんまり, ありしを, ありて, あるを, あ無, お由, か, から見れ, か其お寺, があ, があり, があるだらう, があるであろう, があるらしい, があるらしく, があんなに, がいや, がいる, がおる, がこ, がその, がただ, がとても, がどれ, がどんな, がない, がなかっ, がねえ, がまさに, がまだ, が一人, が一人二人, が一隅, が九十三人, が二三人, が二人, が今, が何人, が何十人, が出, が剥がれ, が勝ち, が向こう, が囲われ, が在るまい, が多, が多い, が妻, が復活, が必ず, が急, が悪い, が數人, が朝ッぱらからのこのこ, が次第に, が生き, が生きかえっ, が生き返る, が相手, が苦しみ, が蘇, が蘇生, が見られた, が週番上等兵, が郷里, が飛込んだ, じゃたとえ, じゃア, だ, だそう, だった喃, だという, だ夫, であ, であったか, であって, であつ, であるが, であること, であると, であろう真, でご, でございますが, ですから, ですよ, でもあっ, でも生, で処, で有, で木, で無く, というの, とお, としての咎め, として何人, として教会, とそれ, と世間, と云, と仮定, と営んだ, と夫婦, と思われ, と気絶, と生きた, と生ける, と見える, と見せ掛け, と鑑定, なら池, なら苦笑, なら遺骸, なるべし浪花, にあと, にかかり合った, についてはなん, についで, にとっても生き, にはこういう, にはさらに, にはその, には一月二月下宿料, には仏像, には何ん, には必ず, には曹丞相, には此處ら, には相, には相当, にほうび, にも, にもう, にもまだ, にも似合わず, に信女, に口, に向っ, に家, に対しては特に, に対して怒っ, に対して永遠, に対して花鳥, に対して負うた, に対する冒涜, に懸り, に智慧, に東照宮様, に耻, に見える, に見込まれました, のうち, のさま, のそば, のたま, のところ, のなんとも, のはなし, のほう, の上, の二度, の仕業ぢ, の他, の仰望, の体, の受ける, の土地, の多く, の如く, の子, の弱音, の心, の思え, の怨み, の態度, の手, の抗, の数はか, の方, の曾孫玄孫, の末, の残した, の永く, の神経, の胸, の苦痛, の親戚, の話, の貯蓄, の身體, の霊, の首, の骨箱, の鬼, はあした朝食後退院, はありました, はありませな, はありません, はある, はいう, はいかに, はいない, はいなかった, はお, はかはいさうだ, はこの世, はそ, はそこで, はそちら, はそれ, はどう, はどうしても, はどんな, はなかつた, はねえ, はひじょうな難解, はほか, はまだ, はみな疫病, はもう, はもとより, はもはや, はや, はやはり, はよほど, はわが, はギーヨーム・ヴァン・キルソム, はコロリ, は一生涯, は一疋, は三田尻, は上古, は不時, は人民, は今さら, は仲間, は何人, は余儀ない, は個人, は右, は右門, は向, は唖然, は地下, は埒外, は多い, は安らか, は少く, は山男山女, は左, は昨夜, は最低, は本, は正吉, は此処, は武田伊那丸, は死刑, は死者, は殿さま, は母, は決して, は爆弾戦, は男子, は監視, は眞, は確か, は私, は秋霜, は稀, は自由, は航海術, は証人, は諸方, は證人, は逃げ, は遺憾, は重く, ばかりだ, ばかり住ん, へパリ本店, へ線香一本, までも生き返らせ, もあったろう, もあつ, もあります, もある, もあるらしく, もあれ, もいた, もいなかった, もかぞえきれない, もかなり, もなかっ, もなぶり斬り, もみな信長, もゐた, も元, も多かろ, も大分, も少く, も忽ち, も恐けれ, も或は, も有りましょう, も決して, も浅かれ深かれ, も皆, も跳び損ねた, も遂に, も隨分, や死にかけてる, より生きた, をせんさく, をだれ, を下, を今, を今さら, を其の, を従え, を悪く, を惡, を指摘, を捨てた, を検, を活かし, を火葬, を生き返らす, を皆, を背負い込ん, 世に幽霊, 成べし浪花

▼ だかも~ (509, 0.1%)

46 知れない 22 しれない 15 知れません 10 知れないが 6 しれないと, しれません, 知れないと, 知れないの 5 知れなかった, 知れませんが, 知れん 4 それが, わかりません, 知れぬ 3 しれないわ, 知れなかったの, 知れなかつた, 知れぬが, 知れませんよ, 自分の

2 [23件] あり男, しれないが, しれないの, しれぬ, しれぬと, わからないの, 伜が, 分らなかった, 彼の, 忘れて, 旧習を, 春の, 生前の, 知って, 知れず淫売, 知れないという, 知れないのに, 知れない役人, 知れなかったが, 知れぬと, 知れねえども, 自然が, 親友に対して

1 [301件] あの岡, あらしに, いつも歳月, いまは, うまく言えない, おせんの, お互, お峯, お調べ, かれら, この世ならぬ, この土蔵付き売屋, この変り者, この寺門, この時大原家, この自分, この隙間, この際, これからの, さっぱり分からず, しょっ中, しれないお, しれないから, しれないからねえ, しれないけれど, しれないそういった, しれないぞ, しれないだが, しれないなんて, しれないねえ, しれないのに, しれないのね, しれないよ, しれない所, しれなかったの, しれませんが, しれませんぜ, しれませんね, しれん, すっかり見せ, すべての, そうで無い, そこに, そこの, そこらの, その人, その明眸, その武装, その煙, その相手, その空, その絵, それらの, それを, そんなもの, そんな風, ちゃんと解っ, つくづく身, つたいない, つとあなた, の足らなく, の足りない, みんな知っ, もう知る, よく解りませんでした, よし, わかちかねる有樣, わからずおまけ, わからず弾いて, わからない, わからないよう, わからなかったから, わからねえ死に方, わからんし, わかりませぬ, わかりやしねえ, わが家の, わが家来, イワン, ウォールデン池が, シカと, タブーを, プラトンが, 一〇立米へらす, 一卷の, 一度私, 一昨年の, 一橋慶喜なぞは, 一種の, 一面の, 三十五年にわたる, 三日続け, 不変の, 世界を, 二百何十年の, 亡くなった人, 享年わずか, 京都と, 人工で, 人間の, 人間歴史の, 今度の, 今日の, 仲, 何も, 先師は, 全国に, 六波羅の, 冷く, 刀槍を, 分からないほどの, 分からないよう, 分って, 分らずに, 分らないしかし, 分らないでしょ, 分らないといふ, 分らねえん, 分らん, 分りませんが, 判らないこと, 判らないぢ, 判らないの, 前年十月に, 前後し, 劇き, 十四代から, 印象派の, 厳島内侍を, 名刀に, 君が, 和尚の, 問題に, 四面鉄桶の, 土の, 地平線を, 堅い地, 夏の, 外国を, 夜である, 夢の, 大きな潮, 大公妃の, 大津伏見を, 女の子だ, 好しこの, 好し畔柳, 如らず, 家々の, 宿入りの, 實の, 岩肌を, 帰りきたる, 幻の, 影日向ある, 彼は, 彼女の, 彼女は, 彼方の, 後方から, 従卒の, 従者に, 徳川将軍の, 徳川将軍家の, 徳川幕府も, 心の, 忘れたよう, 意地の, 感謝の, 成熟した, 我々が, 我名の, 戒厳令の, 戦場の, 手相を, 抜手を, 押し借り強盗にも, 押し寄せて, 料理法で, 旅館の, 日頃の, 明瞭しない, 昔の, 春風に, 昨日の, 暗い中世, 柄の, 極楽の, 樹蔭に, 次第にわかっ, 死んだ若い, 水の, 水星の, 永禄の, 江戸あたりの, 江戸の, 江戸開板の, 法律を, 波によって, 深い, 深い林, 潮時でも, 澄んだ蒼い, 燃ゆるがごとき, 燕が, 父に, 牛の, 独立の, 獄裡に, 甘え泣いて, 生ける魂, 痘苗や, 痳疹流行の, 知ってるくせ, 知らないが, 知らないじゃ, 知らない筈, 知らなかったが, 知らぬかの, 知らねえが, 知らねえん, 知りませんわ, 知れないあの, 知れないさ, 知れないし, 知れないぢ, 知れないでは, 知れないといふ, 知れないどっち, 知れないな, 知れないね, 知れないよ, 知れない不思議, 知れない小過, 知れない長生き, 知れぬの, 知れぬ御, 知れぬ茲, 知れませぬ, 知れませんでした, 知れませんと, 知れませんわ, 知れません彼, 知れも, 知れんさ, 知れんぞ, 知んねえ, 石段際に, 神, 空から, 空際を, 符節を, 絵の, 緑玉を, 繁華な, 羽翼を, 翼や, 老人の, 脅迫状なんか, 自分が, 自分たちは, 自分で, 自家一個の, 自己の, 自然は, 舞台面の, 茶席へでも, 蛇が, 蟷螂の, 血の, 行く人, 袖子の, 裁縫師が, 西から, 見當, 覚えて, 解らなかったし, 解りませんでしたので, 誇りの, 識らない, 象徴し, 農業という, 過ぐる安政, 遠い中世, 鍛ち, 長々しい, 長州の, 長州征伐の, 閃光の, 関ヶ原の, 関羽の, 陰気な, 陽の, 隠れた, 電気に, 首府が, 香気を, 騎乗した, 高く飛ぶ, 高家の, 鶴の

▼ だ~ (491, 0.1%)

119 はこの 7 はその 6 はそれ 5 は今, は私 4 の父, の落度, はこれ, はまだ, は少し, は自分 3 の心, の気持, はそう

2 [24件] にできる, の唇, の妻, の掌, の母, の眼, の知らない, の親, の顔, はあの, はこ, はこう, はしんみり, はそんな, は何, は初めて, は女髪結, は彼, は疲れ, は病気, は突然, は誰, もこんど, をどう

1 [367件] あ, あお嬢さん, あ察, から先, が, がいつも, がお前, がかつて, がこれ, がずん, がそう, がそんな, がまだ, がよく, が一つ, が不安そう, が云いたかった, が人, が借りる, が先, が全, が十年, が取っ, が君, が味噌, が困る, が子供, が存在, が学校時代, が山道, が愛宕山, が有, が此兒, が死ん, が殿様, が水街道, が注意, が洵, が着いた, が石川啄木, が石川家, が祈祷, が突然, が立つ, が紋床, が縁家先, が見, が踏ん, が車, が青年, が顔, さえ怒らさなけれ, し一人委細心得, だけがただ一人, だった, だってお, だって洒落, である, でさえ時々, ですと, ですもの, ではある, としたら, としてはうまい, としては当面, としては彼, としては疚しく, と妻, と演出者, と野口, などはなるたけ, などは窓, なども困る, なども昨年, なども自分, なんぞは首, にあ, にあり, にこんな, にし, にとってはこの, にとっては架空, にとつて, にはいろいろ, にはそれ, にはまったく, にはもう, には仕事, には似合, には靴, にもの, にもまだ, にも出さし, にも意地, に下劣, に千三百両, に對, に忍術, に持っ, に氣, のしっこ, のたいへん, のただ, のふけた, のもそうだ, のやう, のよく, のゐた, のゴッホ, の事業, の今, の作, の例, の兄, の兄弟, の入れ歯, の入口, の全, の其中庵, の出資高, の印象, の友人, の叔父, の坐った, の失策つた, の女房, の妹, の姪, の実, の家, の家内, の思う, の怠惰, の意志, の愛した, の態度, の戦, の手, の批難, の持つ, の指, の文学修行, の方, の旅, の智恵, の本当, の此志, の気持ち, の現在, の生れた, の申出, の病氣, の登山靴, の真実, の知ってる, の祖父母, の笑顔, の義兄, の翼, の考, の考え, の考通り, の肩, の胸, の芸, の荒んだ, の蔭, の視線, の言葉, の講習所, の身体, の身内, の身心, の迷い, の遊学, の過去, の里, の非常識, の面倒, の頭, はあいつ等, はあなたたち, はあの初, はあまり, はあらゆる, はいつ, はいつも, はいや, はいやがった, はかれ, はこういう, はこれからしっかり, はこれら, はこんな, はしばらく, はしん, はすこし, はそこ, はたしかに, はただ金, はたびたび, はちっとも, はどう, はどうして, はどうしても, はどんな, はなお前, はなに, はなるべく, はなんにも, ははだ, はばか, はひとり, はほんと, はまた, はもう二度と再び, はやうやう, はよく, はわざと, はカトリック, はシラジラ, はブラブラ, はヘンリー・ジーキル, はホノルル, は一, は一つ此箱, は一大決心, は三年前, は下駄, は不良少女, は世の中, は人, は他人, は何だか, は何物, は元, は先日慟哭, は前, は力一杯, は労働者, は動物園, は卒然前年, は南方, は占めた, は去年, は又, は友人たち, は反省, は取る, は口惜しい, は只, は右, は君, は否, は呼吸, は商人, は嘗て, は大きな, は天, は奇勝, は好, は家, は少く, は山木様, は帰ろう, は廿九, は強い, は当時, は彼ら, は思わずやん, は急ぐ, は愚鈍, は手早く, は振返つた, は新, は新妻, は早く, は最も, は最後, は本当にひやりと, は檀家, は此, は此処, は此頃八方塞, は武者修行, は段々, は殺される, は油虫, は海, は烽火, は無, は熱, は爪先, は独り肩身, は生き, は生れ, は白状, は百姓, は百日, は百足, は眞物, は矢口, は知ってる, は石, は祖国日本, は神, は義, は腹, は苦笑, は薬指, は裏庭, は西浦賀, は言い訳, は読書人, は負け, は趣味的, は近い, は近頃よく, は迷う, は逃げだす, は運, は銭, は間もなく, は闘い, は關係, は障子, は難破船, は雨傘, は雲, は音楽家, は顔, は飲み出し, は飲めない, は飽くまで, は香泉さん, ばかり悪い, までうれしい, まで泣い, みすみす春さん, もさすが, もそういう, もその, もそば, もなれる, もわるい, も一隅, も今, も今日, も俳人, も其時, も困る, も弟, も怖, も愉快, も敵討, も時々, も此, も死ん, も眠い, も草鞋, を引きずる, を待ってる, を心から, を時ちゃん, を見る, 死んでも, 貴嬢

▼ だやう~ (487, 0.1%)

14 になつ 10 なもの, な気 8 な氣 6 です, な心持, に見えた 5 で, である, な表情, にな, に眠つて, に見える 4 でも, なこと, な形, な顏, になっ, になる, に目, に私, に静か

3 [11件] だ, であつ, ですが, な処, な眼, な顔, に, にし, に寝, に成つて, に眼

2 [32件] だが, でした, ですよ, なこの, なところ, なもん, なわけ, な何とも, な周囲, な唇, な女, な感じ, な深い, な町, な目, な笑, な聲, にただ, にべたりと, に云, に倒れ, に動かない, に思ひました, に感じ, に感じた, に水, に疲れ, に眠, に眠れる, に赤い, に身, に靜

1 [264件] だから, だと, だとは, だねと, だ三八九最初, でありの, であるが, でしたが, ですから, ですわ, で厭, で而, で雪, で風, な, なあの, なお子さん, なかつ, なが, なぐあひになつてるのである, なさ, なしんみり, なじつに, ななめらか, なほつと, なゆき子, な不安, な不思議, な事, な何だか, な假名, な其大, な冷めたいもの, な凄, な勝手違ひな変, な匂, な厳格, な可愛い, な同時に, な唯, な嘴, な地味, な声, な夜気, な大, な大きい, な大人びた子供, な失意, な始末, な家, な富坊, な小, な小さな, な少し, な岩壁, な平次, な建物, な形勝, な後味, な微笑, な心, な恰好, な情熱, な愚痴, な感, な手, な手紙, な掛聲, な教室, な斑點, な日和, な暑い, な暗, な服, な木立, な村, な柔かい, な格子, な森, な樣子, な歯跡, な気さ, な気持, な気配, な永遠, な沈默, な洗ひざ, な温泉, な滑, な熟睡, な片足, な物, な物凄い, な状態, な瑞々しい, な異, な疲れた風情, な痕, な白歯, な皺, な眼附, な眼鼻立ち, な空虚, な美しい, な色, な苦笑, な荒涼, な莊嚴, な薄, な行列, な行燈, な覚え, な言葉, な記憶, な訳, な調子, な赤い, な輕, な遺骸, な醜い, な銀狐, な門燈, な頬, な頭, な顏つき, な顏色, な顔付, な風, な飯場, な駿河臺, な鯉, な鼻, にいや, におぼえ, にかう, にがつくり, にぐつすり寐, にぐつたりしてゐた気持ち, にころ, にさ, にしいんと, にしつかりし, にその, にそれ, にそんな, にぢ, にとられ, になくなります, になり, にねぢ, にの, にひつそり, にひと, にぷんと, にぼう, にぼんやり, にまぶしく, にみえた, にも見え, によろめいた, にわし, にガタガタ, にギヨツ, にグッタリ瞑目, にテエヌ, にテレ, にフラ, にポン, に一部面, に世界, に互, に佇ん, に佐佐木, に信一郎, に光つて, に其処, に冷, に冷た, に凡そ三抱, に凹凸, に出来, に刀, に力, に勝平, に厚母家, に咽喉, に嘆い, に固く, に夜露, に妄, に寝息一つ, に射し, に尋常平凡, に小さな, に少し, に彼, に忽ち, に思, に思はれた, に思ふ, に思へた, に急, に息苦し, に感じない, に慌しく, に成つて默, に成る, に押し込まれ, に捧げ, に捻倒された, に描きたい, に文吾, に暑く, に暗く, に森閑, に歎息, に沈まり返つ, に活気, に浮き, に渦巻い, に潤んだ, に灰色, に煙, に物見高い, に物音一つ, に珍, に白い, に皆, に眞赤, に立つた, に立てた, に細く, に聞いた, に聳えた, に脹れ, に自分, に舌, に苦い, に落着, に行儀, に表面, に見えました, に見せ, に見る, に記憶, に誰, に貴女, に赤子, に跡, に跡部, に輝い, に途切れ, に鄭重, に重い, に鎭, に音, に響, に顎髯, に飛び出し, に高く, に麻酔, に默つて, に黙, やくに

▼ だ~ (467, 0.1%)

12 をし 7 でじっと 6 で私, の中 4 の底, をあげ 3 ざしで, だ, でそれ, で眺め, に微笑, に狂い, のあたり, の前, を挙げ, を開け

2 [36件] からポロポロ, がかすか, が二つ, が光っ, が覗い, が赤く, だけが僕, で, で信一郎, で彼, で良人, で見, にうつった, になった, に涙, のまわり, の光り, の凄, の持主, の色, はいよいよ, をぎょろりと, をくるくる, をぱちぱち, をもっ, を上げた, を今, を伏せ, を光らせ, を大きく, を天井, を挙げる, を異様, を見, を見る, を霑

1 [326件] から流れ出た, から滝, から見れ, があい, があかれない, があった, があつ, がさ, がそして, がだる, がちら, がどこ, がどんより, がひたと, がまだ, がもとどおり, がキラ, が一層, が上目勝ち, が凝, が周平, が小坂部, が少し, が怖, が望ましい, が求められ, が煮染ん, が燒, が牧師, が癒えたら, が美しく, が誠実そのもの, きつい相, さえ見えたら, ざしを, だけが強い, だけが怖い, だけが曾, だけ光らせ, だった, だらうか, だろうか, だ腹, でいつ, でうなずい, でうれし, でお, でおすえ, でおろおろ, でしかも, でその, でだまっ, でまっすぐ, でまばたきし, でギロ, でジリジリ, でマジリマジリ, で一人一人, で今, で他, で信吉, で凝視, で四方, で姑, で娘, で将, で平馬, で彼女, で微笑, で怨ずるよう, で恨めし, で息子, で憤り, で新聞売子, で既, で時々, で本庄, で杓子定規, で次, で母親, で海, で父, で狂太郎, で狙い, で玄白斎, で登, で真弓, で眠つて, で眩し, で眺める, で睥, で睥むようにして彼, で私達, で空, で笑いかけた, で等分, で胸, で菊千代, で見つめた, で見下した, で見廻した, で見詰めた, で視入り, で言いたがった, で隣, で静か, で頷き, とあの, とかたく, とかはいい, とがお, とがこれ, とともに私, と尖った, と強い, と痩けた, と突き出た, と窪んだ, と粗ら, と豊か, と高い, にうっすら, にうつる, にくるい, にはおれ, にはその, にはよく, には余りに, には停車場, には女親, には容易, には憎悪, には次郎, には深い, には狼狽, には石, には私, にばかり心, にふと, にまさに, にもその, にもよく, にも変り, に一丁字, に一時それ, に会せ, に夕刻牛ヶ淵, に少女, に彼等, に意味, に映し, に映った, に物, に狂, に異様, に白眼まれ, に目礼, に直ぐ, に矢島さん, に立直っ, に読まれた, に負けん気, に逢わされる, に違, に間違え, に限り, のうえ, のうち, のするどい, のせい, のつけどころ, のなか, のひどく, のふち, のほとり, の上, の下, の付けどころ, の保養, の光, の凹み, の周囲, の大きい, の奥, の廻り, の怜悧そう, の方, の気品, の法樂, の涼し, の焦点, の珍しい, の皮, の穴, の言語, はいつ, はいつも, はおちつき, はぎらぎら, はただならぬ, はぢ, はどんなに, はアリアン種, はガラッ, はチラリ, は一度, は一種異様, は今にも, は処女頃, は喜び, は大きく, は天, は彼女, は悲しみ, は清, は狂い知らず, は眠っ, は睫毛, は精一杯, は美しく, は薄気味, は蜘蛛, は静か, は首, ばかりが光つて, ばかりが大きく, ばかりです, ばかりを爛々, もまた, も見えない, も静か, やせた頬, や乾い, や口許, や抉った, や歌声, や殺げた, をあけ, をいっこう, をうつむき, をうるまし, をかがやかし, をかれ, をぎろりとさした, をさまし, をさましたら, をした, をしばたたい, をじっと, をすえた, をする, をずる, をそむけた, をつぶっ, をつむった, をとじ, をぬぐう, をぱちくり, をぱちりと, をひからし, をひからせ, をふさい, をぼんやり, をもう, をもう一度, をギロ, をクルクル, をショボショボ, をマジリマジリ, を一どきに, を一パイ, を一寸, を下, を久江, を以てこう, を伏せた, を伏せる, を傍, を光らし, を光らせた, を刮, を剃刀, を向けた, を土, を妖しく, を娘さん, を射る, を嶮, を忘れ, を思はず見あげた, を急, を情慾, を持っ, を持った, を据え, を揃え, を描く, を擦った, を有っ, を有つて, を次に, を深く, を無心, を畳, を真ン円, を瞬い, を窓, を箒, を絶えず, を翻, を考え, を見あげ, を見あわせた, を見れ, を見据え, を見開い, を輝かせました, を返し, を閉ぢ, を開い, を隅, 少し開いた, 尖った頬骨, 突き出た頬骨, 隠が, 高い鼻

▼ だ~ (458, 0.1%)

7 しなかった 5 同然だ, 見ること 4 しない, だと, ないもの 3 なし, 一つの, 同じこと, 同然, 同然で, 同然な

2 [27件] あらず, しては, しない伏像, しなかったこの, しなかつたこと, ない, ないもん, のらの, ン, 備へ, 同じよう, 同様な, 同様の, 同然です, 同然に, 同然の, 如かざるなり, 思って, 思わぬこと, 想像しなかった, 猶しらざる, 純粋の, 触れないで, 觸れ, 負わなかったの, 辞せず, 道理手箱の

1 [357件] あらず有明, ありし越, ありせば, ありません, ありゃッ, あること, あるに, あるもん, いれざること, うかすとり, うちつとは, おしまいに, おなじい, おねだり申し, おめでたい者, およばず, おんこから, かうだも, かつて無かっ, かようの, かんだも, こうだ, こげ茶色, ここへ, こころも, これに, ござる, させずに, されなかった諸流, して, しないという, しないの, しない信念, しない危険, しない女, しない密接, しない楠木正成, しない死そのもの, しなかったこと, しなかったほどの, しなかったイチョウ, しなかった三昧境, しなかった意義, しなかった所, しなかった登山者, しなかつた, しなかつたと, しなかつたに, しなかつたの, しなかつた染付, しなかつた筈, すこし待っ, すさんかい, すること, すること能, するはず, するもの, するを, する能わざるが, する能わざるを, ずっと大きく, せざりし所, せざりし泰西, せざる異風, せず, せずあの, せずじっと, せずぬうっと, せずやや, せず傲然, せず冷静, せず帆船, せず常に, せず心中, せず擲, せず文字, せず畳, せず翌朝, せず良猶予, せでそのまま, せで正座, せで死灰, せぬところ, せぬ木像, そこの, そっち避けい, そなた, その人, その栄華, その脳中, それよ, それ秀子が, だするという, だする心, ちぎれるばかり, ちぎれるやう, ちゃんと真っ直ぐ, つかないこと, つんざくあたわじと, できぬよう, どつて, ないので, ない蒼空一面, なおよく, なお動かすべからざる, なお霊, なき人, なき心地, なくそれ, なくて, なく取りあえず書きっ放し, なしとは, なし得ざりき, なにも, ねえもの, ねえん, のめ, のめひっこめ, のめ化けの皮, ひねくり出すこと, ふしば, ふるひ落さる, ふれど, へちまも, よしあ, われらの, われを, モウ何ンも, ンか, ンだ, ンな, 一つ君が, 一つ憚りだ, 一度山の神, 一歩深く, 不勝姿, 不自由を, 与えないで, 与えなかった, 与へず, 之であろう, 乗らぬ, 交さずぼんやり, 仁王さんだ, 仮さずいよいよ, 何も, 余さざりき, 余は, 作る世, 価しない売国奴, 価せざるべし, 保ち居たり, 値せずと, 傷つかないの, 出ず, 出でず専ら, 出なかったが, 出来ないこと, 出来なかったけれど, 出来なかったもの, 分ン, 刊行された, 力という, 力といふ, 劣る山賊, 動いて, 動かされぬほど, 動かすべからずはた, 動かず乳汁, 動ぜぬ人生, 勝へ, 十八枚飛込ん, 厭かず而, 及ばざら, 及ばざる昔, 及ばず, 及ばない, 及ばないこの, 及ばぬこと, 及ばぬ未知, 及ばぬ生きた, 取ず押戻, 取ず某, 受けずやっと, 同じだ, 同じもの, 同じ事, 同様かも, 同様だ, 同様であった, 同様である, 同然じゃ, 同然だい, 同然であれ, 同然なり, 同然貴方は, 周公を, 啼かない, 嘗めずに, 噛ってる, 堪えざるべし, 堪へざる状, 堪へず朝夕玉趾珠冠, 多く, 夜の, 夢なんと, 太れ, 奇だ, 奇態だ, 好いが, 如かずと, 安んぜず, 実行の, 小さくなる, 小さく無骨, 少しこう云わなく, 少ししっかりした, 少しちいさい, 山だ, 岸本の, 当時改革家の, 彼を, 得る能はず, 御丈夫, 心も, 心苦しけれども, 忌は, 忌わしき外妾同様, 忘れたれああ, 思い出して, 思うこと, 思はざる所, 恥ずる処, 恨みも, 想わざりしこと, 想像し得ない, 想像し得ないであろう, 想像し能わぬ, 感得する, 懼れず, 投ぐる暇な, 拝する事, 持たない身, 掻きあつめ吾, 揺は, 敬慕せし, 施さず茫然, 有るもん, 欠くる, 正確に, 此の, 気が付かずに, 氣が, 汚すべからずと, 汚るれ, 決して抂ぐべきことでないと, 沖縄島から, 治って, 洩さぬよう, 漸く難から, 激すれ, 為し得ざる事柄, 無いもの, 無理ならぬ, 無理は, 爲ず, 猶之, 生ぜざる時, 留めず夢寐, 留めず大気中, 留めたるなき, 疲れて, 発するひま無し, 発せぬ人, 目を, 目出度い縁, 知らざりしが, 知らざる社会, 知らず, 知らずなどと, 知らずに, 知らずよしや, 知らず一八一四年, 知らず全然, 知らぬ此身, 知るは, 知るはず, 知る由, 知んねえ海, 碌, 程ある, 立って, 結ぶ時, 縮まる縁, 置いて, 考えては, 考え得ざる問題, 聞く事能はず, 肥り声, 腰が, 至らざるなり, 苦しみも, 行うこと, 見えざりければ, 見えず, 見えず身, 見ざりしところ, 見ざりし所, 見ざる純潔, 見せないさては, 見せなかった, 見のがすまいとの, 見るべからず, 見受けられずさらに, 見就から, 解するあたわず, 触れず, 觸ず, 言い尽さざりしを, 言えず, 記されてないのっぺらぼう, 記した書物, 許されない怖, 訴えなかったなあ, 評論雑誌に, 認むるを, 認められない, 語りあわないで, 読まないで, 読まないもの, 負はず悠然と, 負わざりき, 負わずして, 贏ち得たなら, 起らない, 足らぬ, 躓いて, 身の毛が, 軽くなり, 送り来たらず, 通しかねて, 進み得ぬなり, 進む余地, 過つこと, 道理その, 達する能, 達せずし, 達せずして, 長からず, 開かなかったというは, 離るる, 頭も, 顧みず, 飛込んだも, 飲んだか, 驚きかつ, 鯛の

▼ だ~ (457, 0.1%)

45 相違ない, 違いない 24 しても 23 ちがいない 14 しない 12 違ひない 8 違ひあるまい 7 して, しては, しなかった, 相違あるまい 6 違いあるまい 5 したところ, しなかつた, ちが, 違いありません 4 なって, 相違なかつた, 相違ねえ, 過ぎなかつた, 違えねえ 3 申分あり, 過ぎない

2 [15件] したこと, しないで, しないもの, しなかったの, せずして, せずば, せぬ, せ物, ちがいなかった, ちげえ, 相違なかっ, 過ぎないもの, 過ぎなかった, 違い無い, 間違ひ

1 [176件] あいました, いやしくも行者, うつりなく, お前は, かかわらず音楽史上, きまって, くっついたくろい, こ, こたえますよ, させずまるで, させないで, させる余裕, されないであろうと, されなかったもの, されなかった大, されなくな, されまい, さわりも, したって, したに, しちゃ, してから, してからが, しないの, しないよう, しない切れ味無二, しない様子, しない鍔, しなかったから, しなかったので, しなかったのでね, しなかったもの, しなかったムク犬, しなかった以前, しなかった兄弟姉妹知友たち, しなかった大, しなかった所, しなかった結晶, しなかった絶好, しなかった驚き, しなかつたの, しなかつた厳格, しなかつた機械, しまいと, しろ, しろその, しろそれ, しろどうせ, しろ何, しろ父, し得なかった大, し得なかった情勢, すぎない, すぎないの, すぎなかろう, すぎぬの, すぎませんが, せざりし我, せざるならん, せざれば, せず, せずいきなり, せずここ, せず世, せず以前, せず凝視め, せず無情, せず鏡, せぬ我, せぬ水面, せぬ浄土荘厳, せぬ陰鬱, せねど, せば, せよあの, せよとにかく, せよ予, たきこめて, だきしめて, ちがいありませぬ, ちがいありません, ちげえねえ, ちょうど合う, ついたら死んで, ついた災い, つくれば, つけて, つけても, なぜよけい, なつた, なんの, ひきかえ角海, ひとしい, まきつけだるまさん, また無断, ピストルを, ホーイホーイ, 丁度合ふ, 不思議は, 不足な, 不足は, 他ならぬ, 付け鮫皮, 入るる余地, 具へて, 合ひ, 合わない, 失わずば, 小舟を, 就いて, 恰度合う, 恰度合ふ, 悪いところ, 悲しや, 成りましたが, 拘わらず未だ, 振りかけて, 掴ませようと, 暇が, 残って, 毒だ, 毒に, 毛が, 浸みる, 申し分の, 留つてゐる, 異状が, 異状を, 相違ありません, 相違ある, 相違ご, 相違ございません, 相違なく, 相違有るまい, 相違無い, 着こんで, 知ること, 知るの, 積つて来る, 等しい八寸玉, 終った竹花中尉, 襲いかかる不可思議, 語り聞かせるほど, 語ること, 軽く羽織つて, 過ぎざる甚だしく, 過ぎないであろうが, 過ぎないので, 過ぎない父, 過ぎなかつたで, 過ぎぬが, 過ぎぬという, 過ぎませんそれにしても, 違いが, 違いなかった, 違いなく, 違いは, 違えねえと, 違えねえ骨, 違え無, 違げえねえ, 違ない, 違なかっ, 違なかつた, 違ひ, 違ひありません, 違ひなかつた, 違ひなく, 違ひ無い, 適しない, 間違いない, 間違ひなく, 関はらず, 関らず, 障りでも, 顔を

▼ だなあ~ (431, 0.1%)

8 お前は 4 あれは, 金太 3 そんなこと, 君は, 君も, 金吾

2 [12件] うむ, おめ, お父ちゃん, お通さん, ここは, まるで, 人の, 今の, 今日で, 相棒, 訴人した, 貴様は

1 [379件] ああいう, ああし, あいつあれで, あいつの, あいつは, あいつ空気みたいに, あたしは, あついでしょう, あのお, あの塀, あの女, あの女一人, あの娘, ありゃおっとと, あれきりだ, あれより, あんなこと, あんなところ, あんなにあばれた, あんなにきれい, あんな女, あゝいう, あゝどう, いうん, いかにもさうだ, いくらなん, いけませんよ, いったいどこ, いやだ, いよいよ家, いろおと, うそを, うまそう, うむ外, うんもっと, ええおい, え唐津, おい, おいそんな, おいらの, おいらも, おおい, おじさんは, おつかさん, おとといの, おぬ, おまえも, おまえ馬を, おれについて, おれは, お前が, お前さんという, お前今この, お悦さん, お染久松, お父さんが, お祖母さんも, お芳, お裾, お豊, お霜そう, お駒ちゃん, が時世時節, が柄, きっと旦那, きまつてるぢ, きみたちは, きみは, こいつ, こうやつ, ここいらで, ここに, こちらは, こっちの, こっちへ, ことのと, このごろあ, この二階, この問題, この女, この小, この尾張中納言, この晒, この贅沢, この連帯性, この間の, この飛行機, こりゃお関所, こりゃ大した, こりゃ駒井氏, これからお袋, これから先, これだけの, こればっかりは, こんなこと, こんなの, こんなひと, こんなふうに, こんな地, さう, さすがは, しかし, しつっこいじゃ, しゃくに, じつに人民, じゃ僕ら, すこしぼく, すごいよう, すると, そういう見方, そう思っ, そこに, その上, その娘, その落着, その話, その足, それじゃあ, それだ, それで芸人, それとこれ, それは, それより, それを, それ手品でしょう, そんなに子供, そんなふう, そんな娘子供, そんな時, そんな真面目, たいしたもの, たしかにここ, たしかにこの, たしかに十両, だからお前, だがお, だがこの, ちっとも眠く, ちと静か, ついでの, つるみながら, でもまあ, とちゅうで, とても助かりつこない, とにかくツヤ君みたい, ともかく九段, どうしよう, どこ人だ, どっちみち後を, なあに鯉の, なにも, なんか, なんでも, なんとかガンバッ, ばかだ, ひばりは, ひやかしちゃ, びんつけを, ふうん, ほつと, ほらそこ, まあ, まあそんな, まあ仕方, まあ見, まいて, まさかと, まずその, またあの, まだそんなに若い, まるでお, まるで四方千里, まるで夢, まるで怪塔王, まるで生きてる, め組, もうこんなに凧, もしかする, やっぱり僕, やつぱり, ゆめじゃ, よく眠れない, よして, よっぽど変っ, よもや忘れ, わたくしは, アブノーマルという, ウンと, ニモツとは, ハシカてえ, ハハハ, ハハハだって, ハハハハ, パリの, フランソア, ブイが, ムム, メツタに, ロシヤと, ワルワーラさん今度こそは, 一人だ, 一匹に, 一日分だけでも, 一番様子を, 三島, 三年目だ, 不思議な, 世の中は, 丹下お, 乳も, 事実乞食に, 二人きりで, 五尺は, 人に, 人間なんて, 今夜の, 今夜は, 今日に, 今日は, 今頃どこを, 休みなし, 会社としては, 何だろう, 何者だろう, 信さんこいつあ, 俺あ, 俺はけえる, 俺も, 俺ら汝等げみじめ見せ, 俺達が, 僕が, 僕らが, 元はと, 兄, 先生は, 八せめて, 其奴等が, 出来たの, 刑事君あの, 別に病気, 力めば, 勘われに, 十日位前からかな, 十郎, 千三その, 博士は, 原稿も, 口に, 可哀そうに, 同じこと, 向ふ, 君, 君あ, 君の, 君ゃ, 吸さしが, 呪いに, 味だ, 喜助, 坊ちゃん, 坊ちやんは, 堪忍し, 売り喧嘩, 多四郎さんの, 大先生, 大島に, 大辻さんは, 大野さんも, 夫婦とも, 姉さんは, 姉さん三十里ぐれえ, 娘の, 婦長さんの, 子供だ, 子供の, 安くし, 安場今度こそは, 実に君, 宮本さんは, 寒くな, 将来の, 小父さん, 居候の, 岩が, 当てて, 待てよ, 従兄弟に, 御見物衆, 恋の, 恐ろしいこと, 悪魔の, 戦する, 戦に, 才子という, 折角誘っ, 支那という, 敵を, 文学なんて, 新婚早々, 日本にも, 日本の, 旦那, 旦那さんの, 旦那様み, 早くこの, 昼の, 暑いや, 曰く伊沢道之曰く山田三造そう, 月夜の, 木で, 松どんは, 柳こいつは, 栄さんたった, 梅八, 檻房の, 止せば, 此の, 武大さんと, 死れ, 死んで, 残って, 母親に, 民弥さんは, 気の毒な, 汝いだ, 波子も, 泣くなよ, 津村君という, 消えて, 淀川は, 無え時に, 父さんは, 牛乳屋の, 物音一つし, 田舎の, 町はずれだ, 病人の, 知らんですねえ, 福, 秀, 私の, 米の, 素晴し, 絵より, 綺麗だ, 罪は, 考えて, 能書だけの, 臭いお爺さん, 英雄豪傑の, 茗荷悪, 菊ちゃんお, 血みどろは, 解除に, 言葉が, 誰が, 誰だった, 誰も, 豚一の, 貴様たちは, 赤い雀, 車に, 軍閥や, 遲かれ, 金という, 金の, 釣針に, 阿媽, 陣幕や, 陰気な, 雨は, 雲平おじい, 電波が, 電車だ, 電車の, 鳥が, 鵝毛とは, 黙って, 鼠ばかり

▼ だもん~ (427, 0.1%)

164 だから 60 ですから 13 だで 10 なあ 97 ですからね 65 で, でございますから 4 だからね, ね 3 さ, だね, だわ, でげす, です 2 か, さのう, だが, だな, でござんすから, でね, でネ, で下, で何, のう

1 [105件] あゝおら, いうよ, おくれて, お嫁, かあんな, か僕, が何で, じゃけん, じゃねえ, そりゃそう, だかね, だけれども, だし, だった, だでね, だと, だの, だろう, だろうかね, であつい, であんた, であんな, であんまり, でいくらどうしても, でいつも, でうち, でこいつ, でこすれて, でこっち, でこれからちょっと, でこんな, でさ, でさえ, でさっき, でしたから, でして, でしょっちゅう, ですか, ですからねえ, ですぐ, ですまして, ですよ, でせう, でその, でそれ, でそれで, でつい, でどうも, でのっそり, でひとつ一人, でへえ, でみつけたな, でめそめそ, でも, でもう, でやつ, でよけい, でわっ, でんぶっ, でドロン, でハ, で京洛中, で今, で今朝, で位置, で余計, で例, で信吉, で信子さん, で医科大学, で合作, で向う, で喋って, で圖, で女, で女商人, で家, で小学校, で後白河法皇, で棒, で永代橋さ, で江戸, で玉井, で着物, で縫針, で罰, で自動車, で舞, で裁判所, で見え, で食事, とれるもん, と定めとりました, と来た, なあそれ, なあ嬉しく, なんで, ねえつまり, みんな吐い, もう顔, やら分量, 少し元気, 忙しいの, 悪くいわれる, 憎らしがっ

▼ だとき~ (422, 0.1%)

7 のこと, はもう 4 である, と同じ, にそれ, にはもう, のよう 3 いて, まつて

2 [27件] だった, でした, です, でもそれ, でも何, でスタンダール, に, にお, にこの, にそう, には, にはこれ, にはまた, にもう, に僕, に左, に彼, に自分, のまま, の感銘, の物, の自分, はこっち, は本当に, も彼, ゆい子, 初めて必要

1 [328件] あけて, あのとき, あのよう, あの人, あらゆる俳優, あわてないで, いたらほっと, いたら嫌, いてから, いよいよにおい, うつくしい王さま, うんわるく, おちかは, おるいさん, お艶, かない, からこの, からすでに, からだ, からです, からのこの, からギンネコ号, から今, から僅か, から大, から始まっ, から子供, かれは, があつ, がある, がったりと, がつき, が六十四歳, この作者, この籠屋, この試合, ころころ轉, こんな楽しみ, こんな詩, こんな風, さう, さすがの, さらに両, すぐあと, すぐに, すこぶる奇異, すでに対手, すばらしい発見, そうした心, そうした終局, そぞろに, そのきら, そのまま芸者稼業, その声, その学園長, その屍, その巨大, その手紙, その絶えま, そんな話, た, たしか恥ずかし, ただ苦笑, だけにはそれ, だけ社会, だと, つと八卦, であつ, であります, でさえも決して, ですら, でもどんなに, とある星座, とつぜんちょこちょこと, とつぜんどこ, とつぜん妾, とつぜん見物席, とはまた, とはまるで, とは一時間, とは又, と今日, と変っ, どういう工合, どういう拍子, どうしても自, どう変る, どんな感じ, なぜこなかった, などかれ, などは僕, なの, なるほど僕, なんとつかず, にあの, にいつも, にいわゆる, にこなかった, にさっきひき, にさっそく, にすこし, にする, にそこ, にその, にでも私たち, にはいつのまにか, にはおかあさん, にはお母さん, にはかな, にはくだらない, にはこの, にはすぐ, にはずいぶん, にはそこ, にはその, にはどう, にはどれ, にはひそか, にはほつ, にはほんとに, にはもうすでに, にはもうちゃんと, にはやっぱり, にはよむ, にはソファ, にはマラリア, には上山さん, には住民, には体中, には何と, には夜, には大山守皇子, には小さく, には弦三, には当然, には恐ろしく, には救い, には汚れた, には深い, には神社, には私共, には自分, には足, には非常, には香爐, にまとつ, にみんな, にもそう, にもやっぱり, にもやはり, にも例えば, にも勘定, にも厳重, にも妹, にも帰りませんでした, にも彼, にも思った, にも矢張り蛇いちご, にも私, にわたし, にカバン, にベートーヴェン, に乾燥, に他人, に先生, に先輩, に共鳴, に午後七時四十五分, に南部, に喜三郎, に大勢, に夫人, に姉, に実に, に強迫観念, に微か, に思わず, に所謂武陵桃源, に既に, に死んだ, に母, に玉太郎, に現われる, に眼, に突如, に突然, に第, に老, に自分たち, に芥川夫人, に若い, に裏板, に見た, に誰, に貰った, に身, に近所, に面白い, の, のことその他, のしかめっ, のその, のわたし, の一種, の三宅島, の二人, の亢奮, の冷え, の名, の壁面, の女二人, の如き, の姿, の心持, の思い, の思ひ, の思出, の感じ, の感激, の昂奮, の激しい, の癖, の白い, の耳鳴り, の胸, の記憶, の赤, の重吉, の靨, の顔つき, は, はあらまし, はうれしかっ, はさすが, はじめてこの, はじめて声, はじめて萎みました, はため, はとっさ, はどう, はどういう, はまた, はまだ, はもうすでに, はやれ, はやれやれ, はや後醍醐, はオレ, は二人分, は全, は全く, は午後一時, は大吉, は妻, は妾, は小屋, は帰り, は後悔, は惨, は斜面, は既に, は棺桶, は百歳, は直ちに, は眼, は瞼, は私, は終始, は老兵童卒, は詮議, は逆上, は金, は銀杏, は隨員, ほどの感興, またびつくり, までしまつ, もここ, もこれ, もその, もちつ, もやつぱり折目, も何と, も同様, も名指し, も娘, も常子, も水, も船岡, よくわからなかった, よびに, よりもこの, よりズーッ, わざとの, をり, を心, ジャラジャラと, ピカピカと, 一層惻々, 下ろした幌, 何だか喫驚, 何となし, 全字宙, 其の卓子掛け, 冷たい額, 又平, 実際聞く, 小劍, 強く感銘, 御隱居樣, 思いがけなくグニャリ, 思いだして, 思はず微苦笑, 断然八条流, 既に手許, 書いて, 最も先, 果してぱっと点灯, 正夫人ふり姫, 泣いて, 若い世代, 見よ世界, 読めなかったところ, 遂に保, 閃くよう, 随分話し, 預って, 飛び起きて

▼ だとの~ (416, 0.1%)

30 ことであった 29 ことである 22 こと, ことで 18 ことでした 14 ことだった, 事である 11 説も 9 事だ 8 ことだ 7 事で 65 説が 4 ことでございます, ことを, 事であった, 事です, 評が 3 ことです, 事が, 噂が, 結論に, 話で, 説は

2 [21件] ことだつた, ことでありました, ことであります, ことな, ことに, 事だった, 事私は, 噂も, 意味である, 意見が, 意見を, 答えだった, 考へ, 自信を, 評判が, 評判だった, 評判である, 評判でした, 話だ, 話も, 説の

1 [141件] いささかの, お叱り, お指図, お疑い, お話で, お説, お返事, ことあとで, こといろいろ, ことうれしく, ことそれに, ことであり, こと前回十回で, こと化粧し, こと北京の, こと私に, こと私は, こと老, こと表沙汰は, こと都に, この伝説, さまの, すきま, つけめも, ほか女は, みいつて, もとの, やうに, ん氣に, ウワサが, エクイリブリウムが, 一言が, 中に, 主張を, 事から, 事それから, 事それも, 事であります, 事でございました, 事でした, 事段々, 事私が, 人の, 今では, 仮定説も, 仰せでした, 仰せも, 仰は, 伝説です, 伝説を, 優しい心づくし, 処世術など, 判断を, 判決を, 口実さえも, 古人の, 吉田さんの, 名目だ, 咎めを, 問いに, 噂だ, 噂でした, 声が, 多数の, 実感を, 尋ねだそう, 差異を, 影口には, 御意に, 思いを, 思想が, 思想を, 悼み言釜貞は, 想像上の, 意, 意を, 意味, 意味でありましょう, 意識が, 意識を, 感じが, 手紙を, 批評が, 批難が, 挨拶である, 推定を, 断定も, 旅先に, 早合点に, 明文が, 母親の, 気持も, 状態が, 理由で, 理由の, 申込みだった, 知らせを, 確乎たる, 種吉の, 空想を, 答えであった, 答えである, 考えであるらしかった, 考えを, 自信が, 自慢に, 自覚を, 自負心を以て, 苦笑を, 見解も, 見解を, 覚悟を, 観察点に, 観念が, 観念を, 触込みで, 評判さ其所で, 評判であった, 評判も, 評判を, 話です, 話なぞが, 話に, 誤解を, 説をも, 説明それでは, 説明は, 説明も, 誹謗や, 譏りをも, 趣旨から, 軽蔑さえ, 返事でした, 迷信が, 迷信以外には, 通知を, 非難は, 願ひからで, 風説が, 飛報が, 首肯から

▼ だ~ (413, 0.1%)

16 して 12 えこと 11 ること 8 た, られて, るもの 6 えから 5 えが, んだ 4 え事, られた 3 あるべき置きね, えの, えんで, え話, すること, すると, するの, です, よき人, られる

2 [19件] えます, しようと, するとは, するにも, するもの, するわけ, せずと, ていた, な事, ます, や, られたの, る, るの, る麥畑, 好ぎだべ, 惡る, 見れば, 頼んだごとぁ

1 [258件] あり, ありという, あるまじ, あれは, い, いから, いたされるか, いたして, いたしました, いたすお, いたすと, いたすもの, うふっ, うる史料, えじゃ, えとメクラ, えと婆ア, えと浪人者, えに, えので, えのに, えば, えました, えます脉, えや, えん, えんだありゃ, えノブちゃん, え手前, え橋本, え覚え, おれも, お前の, お姿, お聞き流し願います, がんね, ぎわは素人とは, こうえんち, ことよ, この点, されて, されながら, されまするほど, されること, しかしこの, しがち, したいとまで, したこと, したため, したって, した烏丸家, しては, しても, しないで, しないばかりか, しながら, しなければ, しなさるか, しや, しやるな, しようという, じゃとおぼしめしますでござりましょうが, するいんねんは, するかっ, するこの, するさ, するせん子, するそちたち, するという, するならこちら, するよりも, するらしいのに, する口ぶり, する小面憎い, する暇, する気, する状態, すれば, ずいぶん尊敬, ずに, せんならんで, そのまんなか, そんな場合, たお方, たく思ったでしょう, たこの, たの, たので, たもの, た同じ, た通り, だか, だった, ったん, ていたお, ています, ておるの, ておるもの, てくれたり, てこれ, てしらべて, てじぶん, てぜひ, てのぼって, てやらなければ, てやりたかった, てやり反対, てゐる, てゐるが, てドア, てベルリン, て主張, て分け安物, て右門, て四年, て土壁, て壁, て客観的, て居るもの, て山, て年代順, て彼, て懸命, て書くほど, て来た, て檢討, て歩いた, て民主ヅラ, て燃え盛って, て物, て考えて, て自分, て蒐集, て見送って, て話して, て説き伏せた, て説明, て調べて, て青龍刀, である, できるでしょう, で窓, どこへ, なお豊, なく遠慮なく甘へも, なければ, なこと, なさること, なさるん, なすなと, なにかその, ならぬと, ならば, なる御, によつて, ぬおも, ねえ, のに, のれんがの, はいらぬお世話, ふ話, へっ, または逃走, まは, やめろ, より底, られたところ, られた活動そのもの, られても, られない, られましょう, られると, られるもの, られるよう, られる事実, られる以上, られる位, られる漫画, るかも, るため, るつもり, ると, るという, るといふ, るどんな, るのに, るのみ, るばかり, るほどの, るまでに, るやう, るよう, る事, る功, る埃, る場合, る旅客, る映画, る殺伐, る物, る画面, る程, れば, ろ, ろかも, エ事よ, ジ, スメルジャコフの, バア, 一ト休み, 一切ならぬ, 一切無用じゃ, 一生懸命に, 万に, 上げて, 下さるな, 云ふ, 仕ずとも, 何に, 侍らん, 俺の, 其間に, 冷たうな, 冷と, 十日と, 宮門に, 廣介の, 御上の, 御尊父, 怒れる形相, 息が, 悪る, 我等が, 戰災に, 手前は, 打物業にては, 来た以上, 毎日学校さ来る, 火事で, 無用じゃ, 瓦ぶき, 申しあげて, 百姓ば, 私に, 秋風ぞ, 競いかかった, 系図, 聞きいると, 脳や, 致したの, 致すと, 致すは, 致す気, 船員の, 菊の, 見て, 親分, 鍋を

▼ だからね~ (407, 0.1%)

4 そのつもり 3 今まで, 赤くは

2 [18件] えっ, それを, どうも不思議, ぼくは, アッハッハと, ハハハ, 一寸わからない, 今夜は, 仕方が, 信用の, 僕は, 八つの, 小田も, 左うなれ, 持って, 早くいっ, 精力主義の, 蛇の

1 [361件] あいつも, あすこは, あそこじゃ, あたしには, あと半, あなたも, あの家, あの晩, あの辺, あぶないから, あぶない仕事, あまり高く, あれが, あれを, あんたこの, あんたは, あんな女, いいかい, いいこと, いいね, いいひと, いい薬, いこうと, いざと, いずれ水金あたり, いっしょに, いつもと, いやだ, いやみな, うかうかと, うっかり手放す, うへえ, うまい具合, うまく出来なかったら, うるさいッちゃ, えちゃんと, えと親指, え暗く, え機関室, え駄賃, おい本家本元, おかあさんは, おっかさん, おっかないったら, おまえの, おれえれ, おれは, お人よし, お前これを, お前さんが, お前さんも, お前さんを, お前たちも, お前の, お前は, お前はん腹を, お客ぐらい, お春, お殿様, お母さんは, お祭り, お聞き, お金を, お願いだ, がっかりしちゃう, きっとお, きっとだ, きのどくだった, きみと, きょうばかり, きょうを, ぎょうぎをよくして人, こ, こいでも, ここへ, この五十銭, この羽織, こりや, これ, これから警察, これが, これで, これ飲ん, こんなとこ, こんな場所がら, こんな本, さあどこ, さう, さうなれ, さぞかしお気, さぞかしめんくらうだろう, さっそくあっし, しかしまあ, して, しようが, じたばたし, すぐ流行, ずいぶんあぶない, ずぶりとささった, せめてうち, ぜいたくだ, そういうきまり, そういうこと, そうそうそうやっ, そうだったろう, そうは, そこい, そのへん, その息子, その晩, その話, その足, その間に, そりゃ恐ろしい, そりや, それあ, それが, それで, それであんな, それにまあ, それに私, それは, それゃあ殺す, そんなにとんとん足音, そんなに気象台, たとえあいつ, たれにも, だからさ, だからみんな, だがそんな, だが君, だんなが, つい君, つい日間, つき合って, つまり相手, てっきりさっき, とうとうとり逃がしちゃった, とうとう見失っ, どうか, どうしてる, どうにも, どこも, どんなこと, どんな容子, なぐろうと, なぞと, なにかくせもの, なにも, なに一つ見覚えが, なに話す, なんだって, なんといふ, なんにもご存じ, はい誠にどうも, はえわたし, はっきりし, はっと思っ, ひっこんで, ひとの, ほうらご覧よ, ほんとうに, ほんとにこれから気, ほんとに癪, ぼくの, まあ年齡とつ, またこんど, まったく, みんなすこし, めしを, もうお, もうこれ, もう少しの, もう直ぐ, もしかお前達, もしこちら, もし死に, ようく, よく覚え, よほど悧巧, よろこぶだろうぜ, わかったね, わたしが, わたしの, アハハハ, イタチに, インチキを, ハ, フフフフ, ホーキンズ君, 一人前の, 一刀流の, 一度上海, 一日だって, 一晩二十圓づつとしたつてそりや, 一秒に, 丁半も, 万事特別にな, 三分間扉を, 不安な, 与八さんに, 事実上, 人さまからも, 人に, 人の, 今すぐ, 今だっても, 今度つていふ, 今度は, 今日も, 今更此方, 仕事はじめさえ, 仕様が, 仕樣, 何う, 何です, 何でも, 何と, 余り人聞き, 余り力を, 余外な, 俺たちあ, 俺達は, 僕の, 先生, 全くこいつ, 全くやりきれや仕ない, 全く警察, 八重ちやんの, 内地に, 冷さん, 分らないん, 労働者の, 勝手に, 同じこと, 君, 君が, 君には, 君一羽位ひつかまへ, 咲ちゃ, 品川の, 喧嘩は, 囚人たちで, 困るん, 声が, 外の, 大ぐし, 大急ぎで, 女将さんが, 女房だけ, 威張っても, 婆やも, 子供と, 安心おし, 実際始末, 寺へ, 尋常一様の, 少しつき, 少しばかり, 少姐, 尤も栄さん, 岡本君は, 岩入に, 島で, 左手一本じゃ, 巴里へ, 年は, 年も, 幸せだ, 幾ら逃げ, 幾ら逃げ廻っ, 式部卿の, 往来の, 御親切, 心配しない, 怖がったり, 恰度, 悪く思います, 悪く思わん, 悲観し, 或る, 折角の, 挨拶にだけ, 数年間も, 敵が, 日本一えれえんだ, 早いうち, 昔から, 是も, 時間を, 景気よく, 暇が, 木を, 木戸が, 本当にたいへんな, 来年また, 様子を, 欺し, 正直と, 母ちゃん舟借りる, 気の毒だ, 江戸五郎自身が, 決して竹, 泣くん, 注意するこった, 浮か, 浴びる程酒, 海を, 済まないが, 無駄な, 猟館や, 玄関払いを, 用が, 用心なさる, 癪に, 皺に, 直ぐ明日, 相当の, 相手は, 相當, 知り合いの, 知恵は, 確証が, 私の, 私は, 精を, 素人が, 結果としては, 考えて, 考へると, 腹を, 自分で, 自分の, 自分一人で, 船は, 色男ははは, 荒物屋を, 西鶴の, 親が, 親の, 読みたかったら此処, 誰が, 謂わば, 警察へ, 豆腐屋を, 貸して, 車に, 道案内を, 遺言状まで, 郷に, 金が, 鑑定家だ, 隠そうにも, 隨分と, 電車汽車発動機発電機, 霞ヶ浦の, 風でさえも, 骨が, 高い所, 鶉の, 黄金怪人に

▼ だがね~ (390, 0.1%)

8 それが 6 あれは, 僕は 5 それは 4 僕の 3 これは, 併し

2 [18件] えっ, こいつを, これが, そいつが, そこへ, その前, ちよつと, どうして六神丸, どうだろう, どんなもん, わしの, 二十里も, 何しろこれから家, 何とか二三日延期, 僕が, 君は, 妙な, 此の

1 [319件] あいつには, あいつ多血質だ, あの, あのとき何, あのひと, あの断崖, あの時ゃ, あの楽, あば, ありゃお前, あるいはその, あれでもとは, あれに, あんまり好い, いきなり花嫁, いざと, いずれは, いやまったく, いよいよお, いろいろお世話, うけて, うちの, おあいにくさま, おいよく, おかげで, おねがいします, おまえが, おまえの, おまえは, おらあ, おらが, おれは, おれや, おツ, お前が, お前さんも, お生憎, お雪, きいて, こいつなかなか, こう, こうして毒, こうずっとあるい, こうと, このところ腎臓, このなん, このコスモス, この土地, この小切手, この戦争, こりゃア, これからは, これで, これも, これを, さう, さうい, さっきから, しかしどうか, じつはもうこれ以上, すると, せんだつてうちから, そいつの, そいつを, そう, そういう点, そうする, そう云われる, そう聞い, そこが, そこでお隣, そこに, そしたら二年分, そちらへ, そのうち, そのお, そのまま御, その中, その勘定, その土手, その妻君, その時, その甲源一刀流, その空気男, その翌, その行先, そや, そら今, そりゃ素晴らしい, それ, それから猫, それで, それであす, それでどう, それに私, それも, そんな処, そんな處, ただまあひょいと, だから一層, だがお前さん, だん, ちやんと, ちょっと惜し, ちょっと来, ちょっと署, ついこないだ, ついこの間, つまりこの, ところがだ, とにかく屋敷, どうしてくれなかったろう, どうしても観る, どうして日本人, どうだ, どうだい, どうです, どうにも仕様, どうもうまく, どうも個人的, どうも先方, どうやらさぶ, どこかに, どっちに, なかなかせわしない, なにしろ暗がり, なるほど確か, なんでも, はからずこの, まあそんな, まあ左様いふ, まあ思ひ立つた, まあ愚老, まずそれ, またそれ, まだ旗, もういい, もう東京, もし生徒, もっともお, やっぱりこの, よく観察, よろしい君, よろしくたのむ, よんどころなくつい, わけが, アガーフィヤ・イワーノヴナと, アッタスン, コミンテルンの, ジーキル, ナタリイそういう, ネズミくん, ハハハ, プール, ラシャは, ロシア人らしい, 一つ考え, 一人の, 一体その, 一度女房, 丁度夏, 三年の, 上方見物の, 中田軍医は, 久馬様は, 事件の, 二時間ばかりは, 仁右衛門よ, 今と, 今に, 今の, 今は, 今も, 今君を, 今夜十時ごろに, 今度で, 今日また, 今私が, 他の, 仲平さんが, 何しろあの, 何しろ七十円, 何しろ普通, 何だか見た, 何だか身, 何里ぐらゐあるんだらう, 余程不, 例えば長田君, 例へば娘, 係りの, 俺は, 俺も, 僕としては, 兄哥どんな, 兎も, 八, 八路軍の, 六七年前の, 六畳の, 六頁に, 其處に, 冬子の, 別に遊女たち, 化粧品の, 十八九で, 千ちゃん一体, 危いと, 同じ葡萄酒, 同一その, 名前は, 君が, 君どうか, 君知らん, 呼び悪い, 唯一つ, 喧嘩の, 場所は, 外ならぬ, 大へん失敬, 女は, 好く利く, 姉さんがね, 姉さん人の, 学者の, 実はあの, 実を, 寂閑として, 實は, 小さい権兵衛さん, 小児を, 小原君ミイたちは, 少しの, 尤も少し, 年を, 年内は, 幸伯父は, 幾島さんも, 弟は, 彼処は, 御覧お前は, 思う通り, 思ったより, 急には, 恋愛沙汰と, 惡女の, 意は, 愚図, 数えて, 新居より, 日本から, 旦那さん, 旦那様が, 旨く云い抜け, 昨日の, 時々母親, 時間の, 来るたんび, 東京地裁に, 株で, 梁山泊へ, 此處まで, 死にそくなつちやア, 母ひとり子ひとりな, 決して怪しい, 活動家の, 然し君, 然し本, 牛込署の, 犬が, 田中としては, 画家としての, 番号が, 疾え, 病気の, 療治代を, 真闇, 矢つ, 知らんの, 私が, 私たちの, 私の, 私は, 私も, 私ゃ, 米国では, 細君の, 終戦後それも, 美人にも, 聞いて, 行先は, 衣を, 表は, 見ると, 親分, 親爺は, 計り知られない, 足が, 足下に, 近頃江戸, 逃げだしたため, 遠くの, 金ぐさり, 金の, 金属の, 金時山は, 金網の, 錢形の, 間違えなし, 閣下は, 隆ちゃんは, 隣の, 雑誌の, 難か, 音羽の, 養老院に, 餘程不, 駿三が, 魔の, 鼻眼鏡を

▼ だかと~ (388, 0.1%)

131 思うと 21 思ふと 6 おもうと, 思えば 5 いうと, 云う事 4 思って, 見えたが 3 云ふ, 思った, 正太は, 見るま

2 [26件] いうとね, いうに, いえば, いって, いふこと, いふと, きくと, たずねました, みるま, 云えば, 哄笑を, 快からず続いた, 思うほど, 思うま, 思ったの, 思ふ, 思ふやう, 思ふ程, 思われた, 思われる, 思われるほど, 考えて, 見ると, 首を, 馬の, 驚かれるが

1 [142件] あのきたなく, いいますと, いう, いうのに, いうより, いっしょに, いっても, いへば, いろいろの, いわれて, うたがう, おもって, きかれるなら私, くどく訊いた, さう, さし上げる, そちに, ときには憶, なって, ならば, なり, なりに, なる, なれば, のぼりました, まさかとは, わたくしは, レクトリウムを, 一緒に, 三四回も, 不思議に, 両腕, 云う, 云うから, 云うこと, 云うと, 云う点, 云ふこ, 仰せでございます, 会心の, 伸びた庭, 伸子たちの, 信じかねた, 危ぶまれましたが, 口笛の, 呟いて, 問うて, 問うと, 問れ, 媚かしい, 嬉しく早速, 学校帽を, 宰八唐突に, 尋ねますると, 尋ねると, 影さし, 待って, 御様子, 心も, 思いながら, 思いました, 思いましたので, 思いましたヘエ, 思いますと, 思い之, 思う, 思うが, 思うころ, 思うじぶん, 思うところ, 思う光るよう, 思う大きな, 思う微笑, 思う深く, 思う蚊帳, 思う間, 思う間もなく, 思う頃, 思えて, 思える鼠, 思ったらまた, 思つた, 思つた時は, 思はれた, 思はれるやう, 思ふ間もなく, 思われるその, 思われるの, 思われるのに, 思われるふし, 思われるやせつな, 思われるよう, 思われる家, 恨みごとが, 想像せられる, 感じられた, 振り向きました, 推測されなく, 曇天に, 朱の, 案じて, 様子を, 気に, 流行語で, 申しますと, 申すと, 疑った位立派, 疑はず, 目に, 私は, 穿鑿し, 笑った, 考へられその, 聞いたら読んだと, 聞いても, 聞くと, 聳えて, 聳やかして, 膨れて, 艦首を, 行きつけの, 衛門督が, 見えた, 見るほどに, 角笛が, 言うこと, 言う事, 言った意味, 言われて, 計らず雪, 訊いた時, 訊いて, 訊く, 訊くから, 訊くと, 足を, 迫つてくる, 遠吠えした, 難じ, 頻りに考えられる, 顔を, 黒繻子の

▼ だ~ (380, 0.1%)

72 がいい 46 がまし 17 がい 14 がよい 10 が好い 7 が優し 6 がよかっ, が増し 4 がよかつ, がよかろ, が楽, が良い, が適当, に悪い 3 が, がよろしい, が増, が宜いと, のお

2 [19件] がいくら, がお, がかえって, がまだ, がまだしも, がよっぽど, がよつ, がよろしく, が優, が得, が早く, が無論, が私, が立派, が結局最後, では, でも, に比, の白丁

1 [125件] から差し出す, があり, がいちばん, がうれしい, がえ, がお互い, がこの, がずっと, がそれ, がたしかに, がとく, がと思った, がと昨日, がどうやら, がどれほど, がどんなに, がふさわしい, がよから, がよかり, がよく, がよけりゃ, がよし, がよほど, がマシ, が上分別, が人間らしい, が何事, が便利, が先だっし, が利き, が利口, が勝ち, が却って, が古く, が可, が善から, が喉, が夐, が多い, が好, が好けれ, が安く, が安心, が安楽, が安直, が宜, が寧そ優, が寧そ勝, が寧ろ, が展, が工合, が幸い, が幸福, が当っ, が後れた, が愈, が或は, が有利, が正しい, が死ぬ, が残る, が為, が無理, が無難, が真実, が神, が粋, が紛わしく, が結局個人, が自分, が良, が解りましょう, が謝, が賣り, が軽薄, が速, が遙, が都合がい, が面白い, だ, だから, だが, だと, で, であったから, できりりとやや, でしたけれども, ですよ, でその, で何樣, で優秀, で奉公人達, にもまた, に味方, に意味, に私, のお話, のが無い, のはもう, のもまだ, の囚徒, の太い, の岩, の手綱, はありません, はいっそ, は万年雪, は五十両, は五十兩, は入, は硝子戸, は貴下, は険呑, へあと, へながれ, へ外れ, へ括れた, へ竜, へ載せ, もありました, もござんした, をすかし, を底, 付かぬ, 憎らしいと

▼ だとて~ (370, 0.1%)

3 上手だ, 人間でござん, 傍へ, 孫なり, 宅では, 私だ, 私等が, 行きたい事, 面白くは

2 [19件] いつまでも, さが, それが, それを, 不滿, 二人を, 人間である, 何が, 何も, 其樣に, 同じこと, 同じ墓, 我が今理屈, 打つ墨縄, 木石では, 此樣な, 汝の, 矢張駄目な, 誰に

1 [305件] あの人, あやつ, ある日圓生, あんなもの, あんな事, いろんな花火, うら若い娘ごころ, お妙さん, お客さまに, お待ちかねで, お目玉を, きっと勝つ, こうなっ, こう粗末, ここ迄, このわし, こんなにどっさり悪い, こんなふう, こんなやつ, こんな処, こんな風, さう, さして馴染, しょせんは, しよつ中, すぐ寝, そうとは, そう自由, そう言う, そこまでは, そのくらい, その天与, その心, その方面, その様, その紙, その通り, それくらゐ, それぞれに, それで, それは, そんなはずかしい, ただそれっきり, だとてよ, だれもが, ぢつ, つとめたとて, つまずいたとて, とてもすぐ逢い, どうして作る, どんなに土地, なくなって, なにほどの, にべも, はよう嫁, ばかに, ぼくが, まさかに人間, またあんな, まだ一般的, まだ貝原, まるで難船, むだに, めったな, もうお, もう遅い, やがては, やっぱり, やはり時代文化, よく知つて, ろくすっぽなし, わが身の, わざわざ舶来品, わしの, コロボックルの, タクシー全く, 一々信用, 一人前の, 一向にかわり, 一年又, 一心一到です, 一手さきが, 一日に, 一概に敵視, 一足飛びに, 万更初心という, 上の, 不平不満が, 不思議に, 不満らしう, 世の中の, 世間大, 並大抵では, 二三日前から, 二分取り出し, 井上さんから, 人から, 人である, 人と, 人の, 人間だ, 人間と, 今どき使わん, 今の, 今日の, 仔細ない, 仕方が, 何うにも, 何で, 何で一本調子, 何と, 何にも, 何事か, 何事にも, 何日まで, 使いなれると, 信ずるには, 俺の, 借りると, 借用も, 僕と, 億両積んだ, 優しさ, 先に, 全智全能の, 冷たい目, 凡夫の, 到頭書斎, 卑しい金, 卑下し, 及ばぬ鯉, 友達を, 取上げぬ故, 受けられるかい, 受け付けず犬, 可愛い子, 可愛さ, 同じぢ, 同じであります, 吐哺握髮し, 吹き飛ばされも, 呪ったとて, 命の, 和紙の, 咽喉の, 営業です, 圓太を, 場合によっては, 外の, 多分多く, 大がかりな, 天は, 天下の, 天使の, 夫婦の, 好んで, 妻子の, 始めて, 始めは, 嫌うと, 子供達は, 安心が, 安心し, 宗教的で, 客を, 寄り重箱, 寄る, 寄ること, 將來どう, 尋常の, 左の, 差閊えない, 帆村は, 希臘人の, 帰化の, 年ごろの, 年効も, 当人も, 往來で, 往来で, 徃來で, 後の祭りじゃ, 徹頭徹尾惡, 必ずしも小さな, 必ずしも春一, 必ずしも皇族, 必ずしも科学, 怒らない, 恥じる節, 恨を, 悪い気もち, 悲んで, 慾望も, 所詮が, 手品師の, 招かれる大辻, 持つた将来, 挨拶に, 斯う, 明日の, 昔蛇に, 時が, 時に癪, 時政公も, 暫時の, 有る丈, 朝鮮人だ, 村の, 来る, 東京では, 柔らかくは, 構はんが, 欲しい気, 死には, 残った者, 気の, 決して囚人特有, 決して婦人, 決して忘れ, 決して柱, 決して解釈, 沢山ありました, 油断が, 洋服を, 活きた人間, 浩は, 漏るわけ, 火を, 無料で, 無論地, 無駄な, 父の, 父親じゃ, 爾それ念, 片目だ, 物を, 物言わぬこと, 犬を, 独身で, 王家を, 王樣を, 現今の, 生やさしい, 病人づら, 病気には, 皆が, 皆そうであります, 目の, 直接は, 相当ぶ, 矢張さうだ, 砂糖が, 社の, 禽語楼の, 私は, 私も, 程が, 種吉が, 空想や, 立派らし, 粽の, 終身の, 老人黄色の, 聖人君子では, 腸詰を, 腹立たしく思わない, 自らその, 自分の, 自分を, 自己の, 良き選び手, 花の, 芸術的価値の, 若い時, 苦しみも, 行かれないこと, 見ましたが, 見れるもん, 見舞に, 許すこと, 評言区々其甚だしき, 豚や, 贅澤の, 身体の, 軽輩に, 追うて, 追われあげく, 違いは, 遠慮は, 還っては, 里で, 金滿家の, 鉛筆を, 間違いが, 防いで, 集め得たはず, 雜巾が, 雨に, 頬を, 顏だけ, 顫え, 飲料が, 驚くほどの, 魅力に, 鳥獣だ

▼ だ~ (370, 0.1%)

8 うして 5 うも, だと, でもない, の為, をし, をする 4 うしても, とし, のため 3 ういう, うかして, う云う, があった, があつ, をやり出す, を云, を云う

2 [20件] うしたなら, うで, お小間使ひと言, か御, か心配事, か起こる, がなし, が大, しに, でも, にする, にも知らない, にも送つ, の音, もそんなに, もない, も然, も知らない, を, をいう

1 [256件] ういう理窟, うかしてと, うしたら, うせ此様, うせ爾, うせ銭, うぞ, うだグウ, うだ誰, うです今夜, うでも, うもまア, うも己, うも彼奴, うも然, うやら, う考え, う逃げる, お小間使ひといふ年, かあった, かあったろう, かある, かあるだろう, かいう, かがなく, かくれる, かこっち, かこの, かごたつこう, かさし, かしたい, かそんな, かちょっとした, かにつき当, かに書い, かの書物, かの無念, かの話, かの足し, かの野菜, かの間違い, かよこせ, かわからぬ, かわけ, かを, か下, か云, か代物, か光明, か其藻西, か喧嘩, か屹度気, か建てる, か御馳走, か悪い, か斯, か最後, か有力, か木製品, か機会, か欲, か此, か汚い, か汝とわ, か珍しい, か甚, か用, か痛み, か看破, か見える, か話し, か買っ, か起った, か間違い, か食う, か食べ, か饒舌, か黄いろ, が, があたしのち, がある, がお気, がなんだか, が上出来, が不足, が何, が何だか, が光線, が入用, が出来る, が分った, が吉屋信子, が大変, が大神君, が山吹, が幸い, が彼那, が恐ろしい, が来た, が病む, が看病, が税金, が美しかろ, が若く, が虚無, が衣裳, が誰, した譯, して, しても, してるん, する者, ぜ名, それ程こみ入った, だ, だってあんな, だってそんな, だってまた, だって汚らわしい, だって突っ込ん, だって覗い, だで, だとて, だな, だよう, だろうか, だろうと, って云う, っ方, てえまあ, てん, て云つて, でもありゃ, でもありゃしない, でもありやしない, でもかまわず, でもその, でも一ヶ年, でも一旦, でも堪忍, でも夫, でも峠, でも得意, でも払わんけれ, でも新橋あたり, でも曰く附, でも濠洲, でも燐燧, でも狐猿, でも癪, でも真っ直ぐ, でも知っ, でも買っ, でも足, でも身, でも身体, でも隠し事, でも頼み, ということ, という便利さ, という訳, といっ, といったかなその, といふん, といふカシマシイ音, といふバス, といふ好もしい, といふ愚劣, といふ醜悪, といふ険悪, とまあ, ともきまらず, とも云われない, とも云われぬ, と云った, と云われ, と言っ, と言った, にかまた話, にし, につけ, にもなかっ, にも動き, にも知らなかった, にも見えない, にも言わ, に為ろ, に致せ, に驚いた, のあの, の上, の不思議, の人間らしい, の六百円, の勘弁, の句作, の商人, の某, の様, の権利, の爲, の狼, の見わき, の見忘れ, の試験, の話, の道, はともあれ, は無く, ぼ何, もありません, もがっかり, も不思議, も出来ない, も周子, も家出, も居りゃ, も彼, も怖い, も悲しんでる, も所得税, も書い, も無い, も爾, も知り, も要らぬ, も見, も調べ, も買わず, も足元, も身, よりもいのち, よりも肌ざわりの秋, をうじ, をしくじった, をしよう, をし得る, をそんなに, をつかまされる, をひとり, を人, を俺, を盗っ, を盜つて行, を知る, を考えてる, を芭蕉, を見, を見る, を言っ, を訴えたい, を逃げる, を間違えてる, んなに大切, 大したこ, 暗いた

▼ だ~ (364, 0.1%)

12 あらう 8 せう 4 あつた

2 [24件] あれは, お前さんの, お前も, お定さん, ござります, せうが, そんなこと, っ, どうかし, どうでも, ア, ア喃, ヤなつす, 乞食が, 今日は, 其奴を, 可え, 国手, 洞窟の, 私も, 行ぐ時ア空馬車曳つ, 身体も, 遂私も, 魔めは

1 [292件] ぁ, あ, ああし, ああやっ, あちこち捜し, あの人たち, あまっ子らも, あらうが, あらうと, あらうとは, あらう代, あらう又, あらう途中, あんなに走り, いうて, いくら安く, いたい, いたいたしく肩, いつちやう, いるの, いれば, うな, うまく行かず, うめえ, うるんで, ええ, ええに, えらい骨, えらからう, えら心, おとなしいの, おまえ様が, お世話に, お前に, お前様たちでは, お見舞, かういふ変則的, かえって大きい, かくしてそこ, かつえやが, がんに, きょうは, ここらへ, こつちで年越し, ことわりいう檀家, この拳一つ, この雨気, こまる, これから一心に御, これについては, これを, こんなもの, こんな処, ごくなじみ, ござりました, ごつごつした, さらん, しめって, すぐ沸く, すっかりけんか, すましては, すらりと, すると, せうがね, せうにねエ, せうね, せう唖娘, そして仕事, そっちの, そのお嬢さん, そのくらいの, その烈々, その礼廻り, それからこんな, それから私, それで, それでもお主, それで私, それは, そんな悪い, ちょっと何, ちょっと見, ぢっと, つい寝ちまっ, つい寢, つい私, とうとう私一人, とおすこと, とても駄目, どうした, どうしたろう, どうしてこんな, どうでござん, どうやら御, どこか, どんな事, なう, なおと, なおのこと気の毒だ, なん, なんち, なんにもなかッぺ, なんにも出来ん, なア, ぬれて, はっきりした, びっこを引き引き向うの, ふうわり空, ふたたび汽車, まさか遊びまわっ, また明朝, まだざつと二時間, まだそれほど悪い, まづどうやら老僕ジョン, まアまアいい, まア一人, まア勘辨, まア当分東京, みんなと, むずとふまえた, もう直き, もつてな, やいの, やって, やっぱり気, よその, わしが, わしや, キーキー声を, サダちゃんと, タンボでも, ノコ, 一向音沙汰, 一寸呼ばれ, 一度行ったら, 一杯に, 一週間ばかりは, 七で, 万一どうしても食, 世間は, 両親は, 二三年したら, 二両の, 今でも, 今年も, 今度は, 今日から, 今茲, 介抱し, 仕方が, 伯母さんが, 何だかわけ, 作れねえもん, 作場へ, 俺が, 倒すの, 全くもっ, 出るなら出るでまた, 出産を, 切迫詰っ, 前の, 努めて, 勘考し, 却つて足手絡ひ, 受取り自分, 叩いても, 可愛い奴, 右から, 右の, 向うまで, 君は, 命がけだ, 商賣, 喞筒なんぞは, 困らんが, 夜が, 大丈夫だ, 始めの, 姫つ, 娘にだって, 嫌疑が, 子供の, 子供等にや, 小さい者, 小さく拵, 小じんまり, 小供等, 小春さんの, 少しでも, 少し加減, 山仕事で, 山奥, 山越しに, 川の, 師匠じゃねえ, 帰るとき田舎, 平日どてらを, 幾たびも, 幾らかお, 店の, 廣い東京に, 彼奴だけには, 彼奴ア好い, 後家の, 御一緒, 御心配, 御挨拶, 御迷惑, 思うよう, 思ふに, 思出し, 恁し, 悪くする, 手紙を, 折角辛苦, 日が, 昔から, 春風, 晩までにや, 景気を, 最う一ツ, 有ろう切, 有ろう毒薬, 有難いこと, 朝など, 村で, 村開闢以来の, 東京へ, 横の, 沢山だ, 沢山遠い, 沸かさねえぢ, 泊めて, 泳げるとか, 洗つて, 洗ひたくなる, 済ましては, 漕ぎ放すべ, 澤山沙魚の, 為体が, 煙草を, 燃えねえ, 父, 用心も, 留置場は, 畜生め此の, 病人が, 病院に, 皆の, 目の, 着が, 着物を, 知れる, 短い足, 私が, 窓の, 紙鳶なんか, 終らなくなったの, 組合長に, 繋がれいる何卒, 美しい奥様, 腐らせること, 膝を, 舵へ, 葬い, 藥だらう, 蜆ずら, 行ったらよく, 見事な, 言って, 訳なく, 赫と, 跡から, 身を, 近所の, 返すよう, 通り抜けるよう, 遂ひ, 道の, 道路は, 里へ, 金を, 鍬で, 随分好き次第, 雑貨店の, 非常に, 順当だ, 食ふ, 餓鬼も, 首を, 香が, 骨は

▼ だ~ (361, 0.1%)

37 それは 7 これは, 八, 錢形の 4 あれは, お前, お前は, そんなこと 3 あの野郎, になっ, の思い, 番頭さん, 變な

2 [20件] いやらしい巫山戯た, お前を, その一, その下手人, に, もう寐, 世話の, 今頃戸を, 何, 先生, 嫁に, 師匠, 急に, 果し眼, 水が, 私は, 腑なんぞに, 若い人, 親分, 越後屋さん

1 [232件] あにい, あの人, あの大事, あらたまって, ありや, いくらわたし, いっそ俺, いまの, いやさ, ええディルバア, えらかろう, おいお爺さん辻駕籠に, おいお爺さん頭巾を, おういくら, お前が, お前さんが, お前その, お前たちは, お前にも, お前の, お前もう一度, お勝手へ, お母様若し, きみに, こう, このお, このおば, この寺, これ程わかり, しやがると, すぐお, すっぱりお前, ずう, そいで, そのドタリグウ, その人, その大, その寶, その小磯扇次, その影法師, その猿回し, その金持, それから私, それへも, そんなところ, そんなにお母さん, そんなに機嫌, そんな妙, そんな所, だからその, ちったあ, です, と聞き, どうして側, どこへ, ながらもその, なそれでいて, なにか用, なに此方だ, なりとの, にいう, にいく, にきこ, にきこえる, にぐったり, にし, にしらあや, にたおれ, についていた, になってる, になど取次ぎ, になり, になる, にふるえあがっ, によこたわっ, に人, に何ごと, に倒れ, に君, に喘ぐ, に夕, に思はれる, に思われる, に明るい, に物がなしき, に秋, に筏, に縫っ, に聞えた, に聞かれる, に船底, に虫, に見られる, に言った, に迫る, に通りすぎ, のなめらかさ, の声, の大, の姿, の思ひ, の息, の橋, の重傷, の音, は瑠璃色, ひどく改ま, まあこの, まさかその, また鹿, まだ年, みんなそろそろ, もう寢, もう戌刻半, もう生まれ, もたけ, をつんざく, ん形の, エ, ヘエケエといふ, ムクが, 一体お前ら, 三年も, 上方か, 井崎さん, 人を, 今夜は, 仙さん, 伊三どん, 何が, 何んとか, 何屋の, 何所に, 何歳に, 先生に, 八五郎なんか, 其処に, 勘ちゃん, 勘ちやん, 化けや, 十二の, 千賀春さん見りゃ, 博勞うまく, 又岡, 君ぢや, 君函館は, 唐突に, 外に, 大層らしく, 夫れ, 姐さん, 姐さん俺達に, 婆さん, 宇津木君, 安どんか, 宗意, 寮とは, 巡礼に, 己は, 己を, 己ア矢切村で, 市ヶ谷の, 師匠急に, 庚申塚の, 後で繩, 心持は, 志賀屋さん, 怖がると, 慥か此所ら, 扇女ソロソロおっこち, 手箱は, 拙者宅へ, 指輪が, 日光唐辛か, 早くブチ, 明けツ放し, 本当か, 松さんか, 楽に, 次郎, 次郎早く, 歌の, 止めや, 此の, 此ら夫婦喧嘩でも, 此処の, 此方へ, 殿様に, 氣に, 汝は, 海道丸, 清さんお前さんは, 清水谷の, 源吉, 無分別の, 爺さん, 物が, 狼は, 甚五郎が, 生意気じゃ, 用事って, 用事といふ, 用事は, 畜生ッ, 畜生ツ, 白粉附けんだ, 相も, 着物だって, 知つてるだらう, 石堂そんな, 行く先は, 親方ちっと, 誰か, 講中といふ, 貴方, 近頃は, 鈴や, 鎌倉町の, 開かないぢ, 間が, 陽氣な, 隠さなくっても, 頓狂な, 顔を, 風呂は, 飛んだ話, 飯だの, 餅の, 馬鹿, 騒々しいねえ, 騷, 魔窟の

▼ だ~ (361, 0.1%)

16 つてゐる 5 いいが, つては 3 つて, つてゐた, つてを, つて居る

2 [15件] そなた, つた気持で, つてや, つてゐ, つてゐない, ッは, ツは, 一年か, 一生懸命に, 何の, 十丈ばかりに, 半分夢で, 宜いが, 情けねえ, 雪空に

1 [293件] ああ向う, あだ, あとから, あなた様だ, あのあまり, あの代地河岸, いいけれど, いいの, いいん, いかに丈夫, いつて, いつのまにかまた, いつのまにか疊, いよいよ金色, うつくしく透きとおる, ええとこしたく, おかしいが, おどろくほど, おれの, おろかノドブエだって, お互様, お絹, きめが, きりはたり, けがれたねが, こずえまで, この上, この地方, この時, これで, しき大洋の, すぐ賛成, すこしも, すっかりいい, すっかり消え, すでにそれ, せじ, そちらの, その剰, その十分の一, その親元, その頃, それが, それに, ただ水, たりぬ, だんだんおり, だんだん速度, ちっちゃあ, つたのだ, つた捨て, つた新, つた生活だ, つた考へ, つてけちけち, つてこの, つてた, つてゐられない, つてゐるらしい, つて云ひ過ぎた, つて何か, つて來た, つて却つて不自然な, つて同時に, つて回想出来る, つて居ります, つて来た, つて見る, つて親しい, どういうわけ, どういう了見, どういふ, どうした, どこの, どこまでも, どれだけも, ないでしょう, なに教頭の, にやにやと, はあこの, はげしい霧, ばらの, ふたたびすさまじい, ふにゃふにゃし, ほかでも, ほんとうでなかった, ぽうん, まだ残っ, まっ直ぐ, まぼし, まるで柔らかく, まるまるみんな俺ら, みるみるうち, もう大地, もと古い, よいが, よかった, よく言った, よっぽど仰天, より, ら, らで, らをば, ら一品は, りつづけ, りて, りながら, れるさびしさありて書, わが子生まるる, わくを, ゑゝ吃驚した, オフィーリヤの, サ, スウッと, バラの, 一藩の, 丈夫である, 丈夫でも, 丈夫な, 三の, 三番目の, 世の常の, 主水, 九寸五分それとなく, 二三秒の, 井戸の, 今から, 今も, 今朝から, 仏教弘通の, 他ならぬ, 伊藤一刀斎の, 佐伯に, 体あたり敵もろともに, 何か, 何時にても, 例の, 信心の, 俺では, 停まった, 偶然にもかの, 全くいじけ, 全くすつ, 全體, 八九月ごろ沼津小田原辺から, 八方の, 冷えて, 冷泉華子で, 切ても, 勇婦の, 勢いよく燃え上がっ, 北院御室の, 十三郎の, 十九四の, 十間も, 単なる女, 口走ったが, 可愛いって, 右近丸である, 同じく十二支, 同じこと, 君に, 嘘か, 土塀の, 土蔵の, 地下の, 塀内に, 大いにたたく, 大きいけれど, 大分よく, 大分好よ, 大奥に, 大嫌いだ, 大学では, 太郎丸つづい, 女として, 如何です, 妙な, 子供では, 守り通し, 宗教上の, 宙に, 実に奇特, 実は同, 小さいが, 小さいけれども, 小さく切身, 小一郎で, 小生である, 山の, 山路紋右衛門その他近習の, 帯の, 平常の, 幸いにも, 弁当が, 弱いしね, 弱くおまけ, 弱くて, 弱し何もかも心, 彼の, 御挨拶, 心細い, 必ず行く, 怪からぬ, 恐れ入ったまるで, 恐悦し, 我の, 手長猿の, 支那より, 故意か, 斯うである, 是も, 時々山嵐, 暴君ぶりを, 最初の, 朝雲の, 松平冬次郎で, 松浦民弥, 松浦民弥であった, 案じ過しはいらぬ, 極く, 槍の, 横に, 横綱も, 歳二ツ上の, 残念だ, 残念です, 毛頭無理, 汝了簡が, 活きたは, 浪人組の, 清し雪, 湯に, 激流する, 烏組の, 無数の, 無益ぞ, 牧野兵庫, 狩野下野前, 狼狽の, 猪右衛門で, 玄女である, 珍らしく, 球だ, 生白い昼, 目には, 目の, 県の, 砂地に, 福島である, 私の, 空しく疲れる, 突然真面目, 結末が, 絶景で, 綱を, 織江であった, 翁草の, 臼の, 若侍, 菊か, 萎え頬, 蓮太郎の, 蛇に, 蛙の, 蝴蝶の, 血迷ふ, 衰弱し, 見えな, 誰か十兵衞招びに, 誰で, 誰に, 誰れな, 諸社, 貴方でした, 赤シャツと, 赤痣の, 足を, 軽くなる, 重きもの, 金目垣さながら, 釜の, 鎧でも, 隙を, 隣家の, 雪に, 震えた, 青い桃実, 頓着なく, 顔中黄色に, 驚ろい, 骨や, 黒鴨の

▼ だ~ (354, 0.1%)

65 をし 3 がはじめて, であった, の中, をした, をそっと

2 [22件] いろを, が何で, が少女, が見えた, して, になった, になり, に覚え, の女, の色, はそれ, は憶え, は生活, をあげた, をくっつけ, をのぞかせた, を上げ, を向け, を撫で, を見, を見る, を見合せた

1 [230件] いろが, からくる, からはあえぐ, から血, があった, がしつこく, がたちまち, がちらりと, がてらてら, がのぞい, がのっ, がふと, がベソ, が上, が今, が体育室, が八分通り阿蘇卸ろ, が凄い, が揃, が描き出され, が浮かぶ, が浮く, が現, が現れ, が現れる, が現われ, が痛む, が白い, が白髪, が紫, が都和井, が髪の毛, が鬢, じゃなかった, で, であったから, でこっち, でした, でじっと, ですから, でつめ寄った, でどこ, ではなかっ, でカフェー, でタタキ, で三人, で叱, で品子, で囈言, で大きく, で帰っ, で微笑む, で扉, で斜め, で次の間, で然し, で父, で立った, で笑い出し, で肩息, で茶, で街路樹, で見た, で課長室, で青木, で頁, で髪の毛, とが物凄く, と生きた, などが浮かんだ, などにあて, なんぞ洗わなくっ, にこびりつく, にたれかかり, になっ, になられる, にはならぬ, にはまったく, には些か, には天狗, には感慨無量, には絶望, にひやりと, にぶつかった, にほのか乍ら微笑, にも若い, にニッコリ, にハンカチ, に一々, に人懐こい, に似合わない, に何, に受け, に嗚咽, に回った, に庭, に怒り, に成り, に暗い, に涙, に淋しく, に生気, に眩い, に神経質, に薄化粧, に血走った, に触れる, に関わる, に鳶, のあはれさ, のうち, のしわ, の上, の中年, の人, の仁左衛門さん, の列, の化粧, の可愛らし, の容貌, の左半分, の所在, の方々, の甥たち, の男, の真中, の真佐子, の筋肉, の蒼白い, の表情, はうち側, はし, はそのまま, はやがて, はやや, は一つ, は不安, は体中忠義, は安らかさ, は急, は恐ろしい, は汗, は灯, は真っ, は磁器, は端正, ばかりで, ばかりを見せ, へ傷, へ目, へ襦袢, もあった, も声, も明るく, も美しゅう, や姿, や指先, よりも垣, をあげ, をいっそう, をこっち, をしてる, をしとる, をしなけれ, をすぐ, をする, をそこ, をそむけ, をつきだす, をなげ出し, をならべ, をねじ向けました, をひきしめ, をふりあげ, をもたげた, をジリジリジリ, を一わたり, を上機嫌, を並べ, を人, を俯向け, を光らせ, を入っ, を出し, を右, を呆然, を寄せ, を山巒, を心, を想いだす, を想像, を押しつける, を拭い, を拭いた, を持ち上げた, を持っ, を挙げ, を撫でます, を撫でる, を擡げた, を敷布, を時々, を此方, を気味, を洗う, を深く, を炬燵, を無遠慮, を発見, を直し, を眺めた, を睨みつけました, を睨め上げる, を茫然, を見せ, を見せた, を見たなら, を見つめる, を見合せ, を覗かせ, を認める, を貸せ, を赤らめ, を赧め, を輝かし, を離す, 企みを, 取立てて, 鋭い眼, 青い死神

▼ だねえ~ (347, 0.1%)

5 お前は 4 君は 3 おじさん, お前さんは, どうした, 君

2 [15件] うまいねえ, そうでしょう, それに, それは, まあお前たち, 不快極, 亭主が, 僕の, 取っ替えといで, 早くお, 此様な, 猪の, 穂吉さんは, 苦沙弥君, 親分

1 [296件] ああほんとう, あっぱれみあげたもんだ, あなたは, あのお, あの一羽, あの人, あの件, あの騒ぎ, あんた七福神は, あんた方もな, あんた秋に, あゝ腰, い, いいテノール, いい頭, いかにジタバタ, いつも會, いやええ, いやに, いよいよいや, うん, うんと云おう, え, おいらを, おかあさん, おかしいな, おしっこする, おっか, おや此処, お前が, お前ここは, お前さん, お前さんに, お前さんはなしも, お前の, お前エらお, お前今しがた河岸の, お前大袈裟な, お前此處は, お前私が, お城, お客さんは, お母さん, お父さんは, お父さんよりも, お累さん私イ小, お繼さん私, きみあの, きみがわるいね, きみは, ぎゃア, ぐったりし, こうして掴ん, ここの, この人, この原子爆弾, この子, この際正直, この雑誌, こんなところ, こんなにし, さう, さっぱりする, さア此処, じゃどっか, ずいぶん遠い, ずっとお, せっかくの, せっかく綺麗, そうかも, そうしておくれ, そうしてごらん, そうじゃ, そうなる, その息子, その辺, その騒ぎ, それが, それでは家, それと, そればかりじゃねえ, それを, そんな, そんなとこ, そんなにおどおどし, そんなら, そんな世話, そんな弱虫, だから僕, だから旦那様, だから貴方, だってあんまり, だらしの, ちっとも泣かない, ちゃんいっ, ちょいと, ちょっくら, ついこの間, でも, ところがほんとう, どうか貴方, どうしてあんな, どうしてこんな, どうしてそんなに低い, どうしても夫婦, どうして旦那さま, どうして跛足, どうだ, どうって, どうもあやしい, なるほどねえ, なんにもクヨクヨ, ひとつ聞かし, へえそっち, ほほほ, ほんとに, ほんとに情なし, まあ, まず止めよう, まず雷嫌い, また吃驚, また朝, また死骸, まったく, まづ, まるで見違え, まア何, まア本当に, まア火, みんなが, みんな草っ, もうおつもり, もうこれツ切り, もう大分来た, もう濁水, もしえ, もったいない, よく似てる, オイ少し, ゲジゲジを, ソヴェトの, チビの, ハハハアなんて, パーヴェル・パーヴロヴィチ君には, ホントに, ヤン, ユウの, ワハハ, 一切の, 一合二十八銭も, 一度どんな, 一遍行き, 七人とは, 万一お, 三千夫君, 上玉だ, 不二夫君ぼくは, 与のさん, 丑さんも, 世の中に, 中, 中性子が, 久し振で, 乗って, 二十八や, 五六千圓には, 五百やる, 人に, 人の, 人を, 人柄がい, 今始めた, 今度だけは, 今時分に, 何か, 何しろ捜し, 何だかこう云っ, 何だって, 何て, 何とかならない, 何な, 僕が, 僕たちが, 先の, 先方は, 先生そう, 入っても, 其樣な, 兼ちゃん此の, 内々の, 内田巖の, 冗談だ, 出来たわけ, 加多さん, 升どん, 君たちは, 善藏や, 嘘だ, 困りきって, 困るから, 地球は, 地震という, 報恩が, 多助がい, 大事件, 大困難, 大循環, 大矢さん, 大腸を, 失礼な, 女を, 姐御, 娘に, 嬉しいこと, 寝てばかり, 小さな暴君, 小間使の, 左様でげす, 師匠お願いな, 彼の, 彼れ, 御嶽山の, 恐ろしいわ, 悟ったって, 愕いた, 感心だ, 手なんぞ, 敏ちゃんすこし, 斯様に, 新色, 旋盤の, 旦那, 旦那さん何処へ, 旦那どういう, 春にな, 春頃もう, 昨日は, 昼間から, 本当に, 本当に偉い, 本當, 案じて, 樺太の, 正太さん今日までの, 此の間芳に, 此処らにゃ, 死ぬ前, 死んだもの, 死んだ男, 母様と, 気の毒だ, 気味の, 氷の, 汽車で, 深雪さん, 無いから, 父ちゃん, 百六十五円だ, 確かりしない, 確乎し, 私が, 私たまげやした, 私は, 私も, 私を, 私ア計り炭屋先方は, 空耳かしら, 竹永さん, 自分ながら, 色が, 萬一お, 蠅の, 見たくも, 親父が, 解つたらう, 誠君は, 諸君, 貢さん, 貧乏神の, 貴方の, 迷亭君, 運送屋の, 金がは, 間違いなく, 関取, 阿母さん, 阿魔, 隠密などに, 雛は, 雲なんて, 面白い, 頭を, 駕籠屋さん, 高慢な, 魔除け, 鯛六さん

▼ だあと~ (343, 0.1%)

5 になっ 3 のよう

2 [25件] から夏, がある, すぐその, だから, だった, で, であった, であなた, でその, ではせめて, ではもう, では土, では無数, でもまた, で半, で平気, で遊び, などに折々, のやう, の事, はただ, はもう, は尾沼君, よくせきの, をよく

1 [285件] あたかもがっ, からの彼等, からは兵卒達, からみれ, からウン, から伴, から名人, から忘れ, があった, がさも, がとても, が土, が柔道, この子房, この窓, すぐに, すっかり元気, だ, だが, だったから, だ無用, ちょうど今しがた, であたし, であわて, でいや, でいろいろ, でこどもたち, でこの, でこれ, でございました, でさだ子, でそう, でそれ, でそんな, でただ, でだ, でとうとう, でと思うであろう, での親, ではお前, ではこうして, ではどんなに, ではなおさらそう, ではみんな, ではクジラ, では一丁, では愚圖, では日まし, では琴, では程よく, では紙屑, では袖乞非人, では誰, では静か, でひどく, でまた, でもお, でもという考え, でもといふ考, でもなお, でもまだ, でも先生, でも歩く, でも知友, でやっと, でゆるゆる, でよっぽど, でわたし, でアルゼンチン, でゴム, でトルレス, でヴェルサイユ, で一両日中, で一人, で一家三人, で一碗, で下, で下宿, で世間, で中将, で予等, で二百円, で人, で何, で何事, で価値, で信長, で先生, で出, で分つ, で利彦氏, で十六, で原板, で妾たち四人, で室, で尼君, で床, で彼女, で彼等, で御座いました, で息子, で悔やむ, で手塚君, で手当り次第, で曲者, で書物, で月, で来ない, で林さん, で楽屋, で死体, で残らず, で残り, で段々, で母, で気, で泣き合った, で流石, で漱石氏, で無用, で父, で生き残った, で福引き, で私, で罰せられる, で老人, で耳, で聞いたら, で自分, で自分ひとり, で自分ら, で艇長テッド博士, で若い, で若旦那, で親戚, で詩人, で誰か, で貨車, で貴方, で通い始める, で頬かぶり, で頭, で食べ, で馳走, といふもの, とかで, とではちがう, どんな風, なったら黙あって, などではそれ, なんかちっとも, なんとも言えない, にからだ, にこの世, にこんど, にはいかにも, にはなんにも, にはまた, にはまだ, には尼, には誰, にもせよ, にも好い, によく買, にクリストフ, に大臣平群真鳥, に宿酔, に宿醉, に小娘ども, に来た, に残る, の, のいろいろ, のこと, のこの世, のしばし, のその, のはなし, のもっとも, の三枚, の世話, の九月, の休息, の六人, の十両, の印象, の塔, の大きな, の女房, の家族, の思い出, の憂い, の数日, の数日間, の日本, の晴天, の曇天, の様, の気分, の気持, の気持ち, の淋し, の煙, の煙草, の田, の疲れ, の短く細い, の祭り, の紙, の茶碗, の薬包紙, の身体検査, の遺産, の醜, の金銀財宝そのもの, の面, の頼み, は, はあの, はあまり, はあんたはん, はい, はおまえ, はかわいそう, はくだらぬ, はさすが, はたとえ, はちやん, はどこ, はわし, は上機嫌, は何, は例, は借金, は勝頼, は双方無言, は吐き出さず, は墓, は大抵, は実, は彼女, は心身とも, は急, は捨て, は死骸, は殻, は毎日, は焼けつく, は皆, は皆書つけ, は誰, は音楽会, へお初, へイルマ, へ新しい, までお前, までもそれ, まもなく死んだ, まもなく皇位, もあんな, もいつ, もう一週間, もし口, もどりを, も一時, も長い, ゆるしを, らしい, らしくちゃぶ台, らしくぽうっと, をあがろう, を十四, を残し, を聞かなくっ, を追いかけりゃ, 云う音, 偉れえ, 公然と, 出る水, 叫んだの, 吐き出すよう, 呼ばれた七人, 引っこむ, 暫く休ん, 次には

▼ だ~ (340, 0.1%)

11024215 無え 3 ねえ, ほうの, ナ 2 でヤ, ねか, もの, ハッパだ, 上野公園や, 好きだって, 火事だ

1 [157件] ありや, あん, あんたを, あんまり言う, あん野郎, いいだ, いやだ, うちでは, おたふくめ, おらが, おれが, お茶を, お襁褓だ, からお前, からけみ, からそう, からよう, から又, から驚, がんま, が俺, が近ごろ, きばこの, けちや, けれどうち, けれど梅, これ空を, さうす, しないしない, すかんぽだ, それを, そんなお, そんなとき, そんなもの, ぞ俺, だあ, だあと, だこ, だと, つて寝た, つまらないや, つまりあの, つまり汗だく, つもっても, つや子か, ておら, で縛られない, とハッパ, と怒鳴り, と言いました, どうしてあの, どうも人間業, ねあの, ねえか, ねえかと思う, ねえよう, ねお, ねこれ, ねこんな, ねごがよ, ねそれ, ねです, ねなあお婆さん, ねね何処, ね人違い, ね僕, ね先方, ね八百円, ね打ち, ね納所寺, ね罰当り馬, ね薄, ね誰, は, はは, はははは, ははははこれ, ばよ, ばよ一昨日, ひだに, ぷうだ, へ, もの洗濯物の, やい, よう, よくも働いた, よ俺, よ山, よ見ねえ, れ何方, われな, アあの, アハハハ, アーッ, トラが, ナチョタ, ネ, ネエ旦那ア, ネ厭, ネ面, ハハハ, ボク, ロッペン鳥だ, ワアワアそつくり, ンな, 一升五合賭を, 三十日し, 上燗だ, 九十六文糞くらえだ, 乱暴する, 今ごろそんな, 他所の, 仲間だ, 何だって, 何を, 作る者, 修身だ, 俺だって, 俺らお, 兵隊さんここに, 助けて, 化物でねえ, 国三さんか, 大変だ, 孫八, 少し早すぎら, 意地でも, 捨て, 教育だ, 旦那の, 晩稻は, 桜の, 止めて, 母ちゃんお, 水の, 浪人者の, 海尻の, 海老屋の, 測候所より, 火に, 畜生高井行きだ, 百裏口から, 皮が, 私, 約束を, 紅だ, 肉と, 胸が, 腹痛え, 親身のもなあ, 過多に, 降るの, 青梅街道という, 風邪を, 飛んだ交際, 食へ, 飯を

▼ だとばかり~ (338, 0.1%)

135 思って 21 思つてゐた 10 信じて, 思いこんで 9 考えて 8 思い込んで 5 思つてゐました, 思ひ込んで 4 思った 3 おもって, 思つて居た 2 いって, 信じ切って, 思ったのに, 思ってたのに, 思っては, 思つ, 思つと, 私は

1 [109件] あきらめさせられて, あなどって, おもつ, お思い, お米, お考えなさらない, お雪ちゃんは, かねて用意, さして気, するは, その傍, たちまちそこ, たちまち眼, でくわしい, で取留, で店頭, で未知, で案内者, はいへ, はじめから, まけおしみ, まだ行った, みんなが, やじうまを, わたしは, タカを, 一概に言, 下士官の, 不意を, 世間が, 二十面相は, 云っちゃ, 云つてゐる, 係官はじめ帆村探偵も, 信じてを, 僕は, 到頭私, 力を, 単純に, 女の, 存じて, 定められぬ点, 従来は, 心得て, 思い, 思いました, 思い込んだの, 思うたです, 思うて, 思ったが, 思ったの, 思ったもの, 思ったもん, 思ったらそう, 思っちゃった, 思ってたわ, 思ってたんで, 思つた, 思つたのは, 思つてそれを, 思つてた, 思つてときどき, 思つてました, 思つてゐます, 思つてゐる, 思つて目を, 思て, 思われて, 怨んで, 恨みながらも, 想像し, 慌てふためき泥, 懸命に, 早呑み込み, 智慧を, 極めるわけ, 欲得ずくで, 気軽く千鶴子, 決めて, 涼み直して, 満身の, 漠然と思っ, 爆弾を, 猛烈に, 猟に, 申しますが, 異議は, 皆その, 真に受け, 結城左京を, 罵られる, 考えた, 考えたらしくなお, 考えつけて, 考えると, 考えるよう, 見て, 解釈した, 解釈しなかった, 言いきれぬもの, 言うの, 言えないよ, 言つて了ふ, 言われて, 言合って, 誤解し, 邪慳に, 館の, 黙って

▼ だおれ~ (334, 0.1%)

5 だ, は 4 といっしょ, になっ 3 の顔, はおまえ, はその, はもう

2 [19件] だ張さん, になる, にはおれ, にはそんな, に用, のこの, の女房, の家, の眼, はあいつ, はお, はおれ, はこれ, はこれから, はこんな, はそれ, はまだ, は今日, は自分

1 [266件] あおめえ, あ先週なんざあ, があいつ, がいなくなったら, がこうして, がこの, がすすめた, がその, がちょっと, がどじ, がどんな, がどんなに, がなにか, がなにもの, がスコーネ, が今, が側, が名, が命じ, が問罪, が嘘, が声, が大学, が大留, が好き, が山家, が建てた, が悪い, が悪かっ, が悪戯, が惚れる, が成敗, が承知, が死ん, が浅ましく, が生まれた, が睨んだ, が美, が行っ, が街道, が許し, が貧乏, そのほか, だって, だって苦しい, だよ, だ城門, だ馬, でさえあの, ではなく, とお可, となった, と一しょ, と一緒, と角力, と金太, なんかまだ, な心理, な生活, にあやうく, につい, にできる, にとってはこの, になった, になにか, になろう, にはそれほど, にはちゃんと, にはどう, にはなに, には三十万石分与, には信じられない, には職, には説明, には野心, にぶっ, にぶつかった, にもといっ, に今, に助太刀, に向っ, に断り, に絵, に運用, に陥る, の, のいった, のいとこ, のいろで, のおろかさ, のお父さん, のこと, のため, のどこ, のよう, のアパート, のクロ, の一生仕事, の万年ペン, の云いてえ, の云った, の仲間, の体, の口, の古い, の名前, の声, の天眼鏡, の奥の手, の子, の寸法, の尻, の弟子, の感じ, の方, の最後, の森, の気, の気持, の渇き, の片腕, の申付け, の発心, の言った, の計略, の講演, の道, の鉄砲, の頭, の首, はあの, はいい, はえらい, はおためごかし, はおまえ達, はお前, はきっと, はきみ, はこう, はこうして, はここ, はこの, はそいつ, はそう, はそういう, はそんな, はたしかに, はだめ, はどうして, はなかなか, はなぜ, はなに, はなにか, はなんと, はばか, はまえ, はまさか, はみんな, はめくらでもつ, はよく, はわかれ, は一生涯, は事, は二人, は二晩, は人間らしく, は仄, は今, は今さら, は今年六十九, は仕事, は任せた, は何もかも, は兄, は先, は先生, は先祖以来, は別に, は単純派, は原田, は口べた, は合戦, は君, は問屋, は外藩, は夢, は大学, は妹, は子供, は孤独, は小, は差配, は幕府, は幾つ, は後見役, は徳蔵さん, は惡者, は昔, は是非こう, は暖か, は木綿, は本当, は松山, は栄子殺害, は毒蛇, は決して, は派手, は演説, は生涯, は男, は皆, は盲人, は知っ, は知ってる, は知らねえ, は石, は竹刀, は繰り返し, は能, は自慢, は見なかった, は許さない, は許さぬ, は話, は貴さま, は越前守, は返辞, は追い立てられ, は酒, は随分, は雨, は馬鹿, は高い, もお, もこう, もこんな, もそう, もまた, もよろしく, もわかる, も一つ, も一ツ, も一度, も今, も使い走り, も同, も始め, も安穏, も心配, も最近, も現に, も親方, も飲む, よりもお前, を, をからかっ, をし, をどう, をふみつけ, を哀れ, を撲り, を改めて, を斬る, を温め, を誘惑, 行って

▼ だお前~ (329, 0.1%)

2554 の方, は何 3 が承知, といふ後だて, のその, の店

2 [20件] がそれ, が口説かれ, だらうか, という人, と俺, のいう, のこと, の兄, の手, の母, の目, の話, の面, はおれ, はもう, は俺, は娘さん, も僕, も見, ん

1 [239件] いうこと, いふこと, かお前みたい, かと言いました, からそこ, から尋ねられなく, か変哲, か小次郎, がいなかったら, がここ, がこれこれ, がそんなに, がとりなした, がよ, がセッセ, が倒れた, が僕, が取んなさい, が可哀想, が宇野, が居なかつたら, が急, が持っ, が早く, が最後, が有馬, が死ん, が殺し, が特別面会時間, が現れ, が生存, が笑い出す, が籤, が腕, が自分, が蜀, が行った, が見, が遙, が遠から, こそ甘え, さえ今, さえ妾, じゃない, そんな心, たちゃ, だ, だお前, だったか, だってそう, だ何, だ掛けたもの, でおしまい, でも居れ, という, といふ人間, とお, とこの, とまた, とわし, と一緒, と云う, と浜地, と逢引, どうする, なぜ其の, などの出る, ならもらえると, なんかに, なんかにこんな, なんぞの指図, にあの, にいい, にし, には身分, にもし, にもとんだ, にも結構, にも見せ, にゃ智慧, によい, に出, に別れ, に母さん, に深く, に罪, に聞きたい, に見せたい, に農業, に限る, に頼み度, のあまり, のいる, のおふくろ, のお腹, のお蔭, のこめかみ, のさもしい, のため, のところ, のばか, のやう, のよう, のローズ物, の不安, の云う, の仕事, の似合, の傷め, の僻み根性, の写真, の力, の友達, の外聞, の女房, の妹, の学校, の家, の寝, の崇拝, の心持, の志, の恋人, の恥, の持っ, の教育, の母親, の物, の番さ, の相手, の眼玉, の知, の箔, の考え, の苦しみ, の行きつく, の行く, の見, の見当, の親しい, の言, の言う, の訊ねる, の註文, の調べ, の身, の身体, の霊, の額, の顏, の骨折りで, はあの, はあれ, はいったい, はこれ, はこれから, はこんな, はさう, はそつちの手, はただ, はどうも, はまア, はもう少し, はよく, はガブリエル, はジエィン・エア, はペテン師, はヤカンダニ, は下っ, は両国, は今, は今お前, は俺ら, は僕, は兄弟, は其処, は口, は名高い, は君ちゃん, は外, は大変勉強, は大阪, は嫌ひだ, は小心者, は恋, は悪魔, は戀患ひだつて言, は明日, は是非, は曾呂利本馬, は殊に然, は氣, は決して, は淫奔者, は独り, は真弓, は矢張私, は知ってる, は知つて, は知らない, は私, は純, は腕, は自分, は芝, は若宮, は虎列剌, は話し, は足, は錢形, は顔回, までおれ, まできた, まで影法師, も, もお, も一旦, も一杯, も一緒, も嫌え, も己, も悪戯, も渡り人足, も精一杯手傳, も覚え, も諦めろ, も達者, も附き, よいところ, をびっくり, を一人, を手, を背負っ, 今あすこ, 好いの, 気が付かなかったろうが, 決して御, 泣いてるじゃ, 附いて

▼ だ~ (317, 0.1%)

2511 で言った 10 で云った 8 でいった 5 だった, を出した 4 が聞えた, である, でそう, を出し 3 がきこえた, であった, でこう

2 [17件] がありました, がし, がした, が私, が響い, して, でお, でおっしゃった, でおれ, で云, で叫んだ, で呟いた, で答え, の内, を張っ, を投げた, を聞く

1 [194件] が, がきこえる, がくる, がそこ, がふい, がふたたび, がまだ, がボックス, が云った, が令嬢, が何処, が冷たい, が冷たく, が千鳥ヶ浜, が唇, が家, が小さな, が小歌, が年, が惻々, が手, が挙がった, が挙りました, が更, が樹, が洩れ, が流れ伝わった, が瀬音, が立ちます, が答えた, が群集, が耳, が聞え, が聞える, が聞こえた, が襖, が誰, が遠く, が酔った, が響いた, が響き渡りました, が顫, だ, だけを聞い, であくまで, であつ, であなた, でいい, でいいました, でいくぶん, でいつた, でうたう, でうつむい, でうなずく, でかう, でささやいた, でした, でしたよ, です, でその, でときどき, ではない, でよんだ, でトラヴィアタ, で久保田検事, で二九太, で云います, で云う, で云っ, で何, で勝負, で千世子, で呼びかけ, で呼びかける, で呼んだ, で囁く, で奧さん, で女, で峯子たち, で強く, で彼女, で後ろ, で御, で怒鳴った, で悲し, で慰問, で折竹, で断えず鳴る, で断った, で斯, で旅中, で明確, で時々, で案内, で楽員, で歌う, で流し, で父様, で物語った, で矢代, で笑い, で笑っ, で答えた, で答えられました, で答え乍ら, で繰返し, で船歌, で若い, で言い, で言いだした, で言っ, で言われた下卑た, で訊ねた, で詑びるように二人, で話す, で語られる, で読み続けた, で諄々, で責め詰る, で返事, で駄目, で鳴く, といっしょ, として多く, とにすっかり, とは感じ, とをし, とサラッ, と三絃, と共にもろ手, と少し, と相, なき笑い, なの, におどろかされ, にちがい, につづき, になった, にパデレフスキー, に変っ, に打たれ, に澤, に聞える, のこと, のりりしさ爽やかさ, の下, の主, の出ぬ, の思い出, の物悲しい, の絶え, の調子, はこんな, はびっくり, はまぎれ, はまだ, は半ば, は大蔵, は女, は妙, は水条, ばかり引, もきこえた, もまじり, も夜, も大, も打, も混, も聞えた, も風, や眼, より早く, をあげ, をあげた, をいま, をそろえ, をたてた, をはりあげた, を上げ, を低い, を割っ, を幹太郎, を張り上げ, を発する, を看守, を立て, を立てた, を耳, を聞い, を聞いた, を聞きたく, を聴いたら, を落し, を覚え

▼ だかの~ (309, 0.1%)

25 ように 3 ごとく, すがた, ままで, ような, 勇士は, 女の, 女は, 御両親, 観が

2 [17件] お爺さんにな, お盆の, どっちか, ままの, エッセイを, 三十二歳であった, 人間が, 勇士が, 勇士を, 夫婦の, 月謝で, 木の, 樹は, 死体が, 男が, 舞妓が, 野苺と

1 [223件] うえへ, うちへ, お寺です, お金の, かげでした, からだを, こぼれた汚染, ごとき岩, たくましい男たち, ちいさなおどり, ところへ, どこを, のどに, はねが, はやさ, ひとは, ふたりを, ほそっこいもの, ま, まっこう, ままとびおき, まま脱衣室の, やうな, やうに, ようだ, ようだった, エッセイの, キューピーが, キリスト教の, グラウンドの, ソースや, ヒロシを, メスが, モンターヂュ論だの, ルミちゃんが, 一部が, 上いその, 上から, 上に, 上半身が, 中を, 乙女は, 人, 人たちは, 人間かと, 人間と, 仕事を, 何処かに, 作で, 像を, 先生, 全身を, 全身水を, 六月いきれ, 刑に, 列車が, 制服を, 刺繍に, 勇士, 勇士たちが, 勇士たちは, 勇士と, 区別さえ, 医大には, 十六人は, 千代子も, 半分を, 博覧会にも, 取調べを, 咽喉には, 咽喉を, 唇は, 商人宿といった, 問題に, 問題は, 土人です, 土塀を, 大家が, 大雨が, 奥さんで, 女だ, 女だけ, 女である, 女学生は, 女性感の, 女房が, 女王が, 如き印象, 如くである, 如く厄介視, 如く私, 妻を, 妾の, 姿で, 姿を, 姿古い, 姿木で, 娘が, 娘に, 婦人代議士が, 子供, 子供が, 子供で, 子供を, 学生だつた, 宮村さんといふ, 家に, 家の, 小さい祠, 小さな紋, 小屋の, 少年は, 屍体の, 屑や, 岩と, 岩な, 岩に, 島が, 工事で, 工夫です, 彼一人が, 御坊, 御歌の, 恐竜が, 息子と, 恰好見せ, 感覚から, 憎むべき女, 成績ださうだ, 所へ, 手が, 手の甲に, 折を, 捕物まつりに, 新聞社長で, 旅行先で, 日本で, 星は, 最後でした, 有名な, 木, 本が, 本を, 札所で, 枯木が, 根方に, 海水浴や, 火星人は, 灰色の, 炎の, 煉瓦を, 片影を, 生徒, 甥宗一の, 男の, 瘠せて, 登子は, 白, 皎刀を, 皮の, 真黒な, 石肌が, 砂地や, 神経に, 立退, 竿が, 組との, 組閣に, 絵など, 老僧, 老木に, 職人が, 肉づき, 肌を, 肢體を, 胸に, 胸にまで, 脚が, 脚に, 脚を, 腕は, 船乗が, 船員や, 芯を, 茂った傍, 茂少年が, 落成記念日だ, 落語を, 蒔絵の, 袴を, 裁型それに, 襲撃を, 見境も, 親類の, 觀念は, 訳の, 証人の, 詩の, 話私こないだ泣い, 財産が, 財産と共に, 資本主が, 赤んぼうを, 輝きを, 連中に, 遠い寺, 醤軍と, 金策に, 銀座の, 長汀波上の, 閃光は, 降りて, 雲鶴青磁が, 電燈に, 電球が, 電球の, 霊が, 頭が, 顔さえ, 顔を, 首にかけてても, 高地と, 高田の

▼ だそんな~ (307, 0.1%)

20 ことか 17 ことを 15 ことは 11 事か 8 ことが, 事を 7 ことで 6 ものは 5 ことなら, 事は, 馬鹿な 4 ものが, 所で 3 こと, ところで, ところに, 所へ

2 [17件] あわてた事, ことだ, ことと, こと言ふんだ, ばかな, ような, わけで, 事だった, 事です, 処へ, 噂を, 因業な, 處に, 話か, 連中は, 顔を, 風流な

1 [146件] いくじが, おべっかは, おめ, お体, くれえで, こけおどしな, こた, ことありゃしない, ことかい, ことかと, ことてんで, ことです, ことという, ことな, ことならもつ, ことまで, ことみんなが, ことも, こと言っ, すばらしい番犬, せんさくよりも, つまらない遺言, とお, ところか, のか, のは, のも, はずはねえ, はなしは, ふうに, へんな, ものと, ものに, もの書いた, もんたべたら, やつは, よけいな, ケチな, ピストルで, モヤモヤした, 下級の, 不安は, 中で, 中傷を, 事かい, 事が, 事じゃ, 事ぢや, 事で, 事なら, 事なら止した, 事実は, 些細な, 人, 人は, 人達だった, 人間が, 人間に, 値なら, 偉さうなこと, 先生でない, 冗談めかし, 処に, 出来ねえ相談, 出鱈目な, 分らぬ弁天, 分らねえ奴, 勘違いを, 十八銭ばかし, 卑しいこと, 危ないもの, 口先だけの, 古いこと, 地面になんぞ, 坊主に, 声に, 大きい年, 女かと, 女な, 奴にゃ, 姿で, 姿を, 子供騙しを, 小供, 小胆な, 幸福が, 怒つたやう, 怖い夢, 怪しい渡り者, 悪口を, 悪漢は, 愛嬌の, 感じの, 所ぢや, 所に, 日が, 時には, 暇は, 架空な, 死に方つて, 気が, 気持が, 気持じゃ, 洒落た智恵, 洒落た智惠, 無茶な, 物は, 物を, 物欲しそうな, 狐の, 生っ白い顔, 男は, 石が, 程度の, 空疎な, 筈はねえ, 細い指, 絵, 老武者, 考へは, 者が, 者で, 者は, 蒙昧な, 覚えは, 覺え, 言葉も, 訳だった, 話の, 話外の, 誘いの, 説までが, 講釈を, 貧乏な, 遠い処, 金の, 間抜けな, 頓狂な, 頼りない, 顔で, 風じゃ, 風だ, 風に, 風を, 馬鹿は, 馬鹿馬鹿しい事

▼ だとして~ (303, 0.1%)

16 ある 9 ゐる 4 ゐるが, 見ると 3 あるが, 居るが

2 [12件] あります, あるのに, これを, ゐるの, 一笑に, 併し, 受け入れた印象, 居る, 来て, 紹介され, 置いて, 見れば

1 [240件] あきらめるより, ありこれ, ありますが, あるから, あるもの, ある数学方面, あれば, あんまり生血, いいと, いわゆる八証四節三項, おられます, このひと, このアソ型, この語, これに, さてその, さて東洋, さて次に, さのみ, しからば, しりぞけて, すぐに, すまして, そう云う, そのため, そのブルジョア哲学, その内, その団扇太鼓, その武備, その燠, その結果, その長, それから先, それでは舟橋氏等, それで聽衆, それは, それを, それ以外の, そんな風, ただ信じ, ついに黄家征伐, であるが, では殺す, とがめざるを, ところでその, とどめも, なんの, はたして天国, まえに, まぎらして, めいめい別に, もし甲野, もちよ, よろこんで, わたしが, ゐた, ゐたもの, ゐた従来, ゐる傾き, ゐる考, グツと, ジャックリーヌにたいしてよりも, ジャンナンの, ジル, スパイの, ドイツ帝国にたいする, ニグロの, フランスの, フレルハダレカ・キエノコリタルと, ラジオ開設以来教育され, 一つの, 一も, 一万九百五十日計, 一体それ, 一応彼女, 一方さ, 上原の, 之は, 之を, 了わねば, 予に, 京都までは, 人間を, 今から, 今問題, 今特に, 他所に, 他方認識論の, 以上述べた, 伝へられて, 伝統破壊を, 伯耆から, 何よりも, 使って, 側室の, 元来が, 充分であった, 先へ, 其が, 内々藩主から, 処が, 初江が, 勇躍すぐ, 半蔵なぞも, 合理化そうと, 同じ形式, 否定しよう, 吾, 告げて, 大目に, 好かろう, 嫉みます或, 存在する, 孰方が, 安心し, 容易く両者, 密告した, 密閉された, 小紋の, 小鳥の, 居ります, 居るに, 居住を, 山本代表自身が, 左団次の, 巻首に, 平気で, 幸福をこそ, 弁護しよう, 引きつづき手, 彼の, 彼を, 後の, 後世に, 御魂, 御鶏, 怖れられ, 恥ずかしく思わなかったら, 恥を, 悪徳とは, 悲しみます, 意識せざる, 感じたの, 慶喜を, 憎まれるから, 憐みまいらせる, 押し売りを, 指定された, 捉えて, 捕縛し, 排斥せられる, 攘夷の, 支那の, 敬意を, 斥ける, 新時代, 新聞も, 旁看する, 時々忠告, 晝間も, 書いて, 服部栗陰の, 札幌に, 来たの, 果して法律上過失, 次に技術, 此で, 武蔵の, 殆ん, 沈黙し, 消えて, 渠の, 湯の, 片づけて, 片付ける前, 特に世人, 犯行が, 現在こういう, 現実主義の, 理想を, 生きて, 生存競争が, 用いる人, 疎外せられる, 疑を, 癪に, 直ちに同情, 直ちに江州路, 真名古は, 真犯人が, 知られて, 知られてる男, 祀られたと, 禁止された, 私は, 科学書からの, 立派に, 立腹した, 笑いながら, 笑って, 簡単に, 罪を, 置いても, 置きましょう, 置く, 置くね, 罰する力, 考へれば, 而も, 聞き流すこと, 聴いて, 脅喝的の, 臀を, 自らを, 自分自身に, 自覚する, 著名で, 虚構する, 見せただけの, 見て, 規定され, 解すべきである, 言い進んだ今, 言ったの, 許されると, 誇称せしめる, 認めら, 説明し, 説明する, 読み出したの, 読んだ私ども, 読者の, 議論し, 貶すこと, 赦しては, 進んで, 遽かに, 里人から, 面白がった, 顧みないよう

▼ だって~ (301, 0.1%)

6 仕方が 4 云うん 3 駄目だ

2 [13件] いうの, しかたが, なんにも, なんの, よう, わけさ, 云えなかっ, 何にも, 同じじゃ, 大丈夫だ, 気に, 誰が, 酔や

1 [262件] あたしゃあきらめない, あてはずれよ, あなた食料は, あんな事, あんな人, あんな処, あんな男, い, いいさ, いいじゃ, いいでしょう, いいよ, いい加減な, いい訳, いうこと, いうと, いうん, いじったって, いつでも, いやな, えんだ, え私, え話, おいそれと引受け, おっぱらわれたに, おとうさんは, おなじこと, おもしれいもんで, おれの, おれは, お前さんの, お前たちも, お前助かりゃ, お前達を, お姉様, かすが, かまうまいよ, かまうもん, かまや, かまわない, かまわないじゃ, かよには, きりという, くたばったって, くれ, ぐらつく財産, こういううまい, こうな, ことは, ことを, この不具, この馬, これ迄, こんな横柄, しまいから, しょうがない, しようがない, する野郎, そういうこと, そう言う, そっち向い, そばから, それが, そんなに心配, そんなに精出し, そんな辱め, たいへんお, ただ茶, ために, だめよ, だれも, つまらない, つまらねえ, どうなる, どうもなりやしない, どう進ん, どこへ, はなしませんよ, ひと晩に, まさかに雑煮, また恥ずべき, まっぴらごめん, みんなに, もう出来ない, もと, ものさ, よかろう, わからないからねエ, わかるよう, わけです, わけでも, わたしには, アンマリじゃ, オレ自身の, サンドウィッチを, シュッと, ダメだ, ダメだろう, ハンスは, ビクとも, ブルジョアの, マに, 一人で, 一体何, 一生食う, 三文の, 主人が, 久しぶりで, 之まで, 乗り込んで, 乱暴者だ, 二度とお, 云うて, 云うのよ, 云ったでしょ自分, 云ったろうおれ, 五分と, 今に, 仔猫の, 仕様が, 体一つです, 何でも, 何に, 何も, 何んにも, 何物も, 俺には, 俺は, 倒れたって, 僕と, 僕の, 僕は, 先が, 全部揃っ, 八十篇だ, 其の白骨, 内海じゃ, 到底外, 勿論そりゃあ, 十三度です, 半年の, 危いぞ, 口を, 叫んだって, 同じよう, 同じ事, 哀しくは, 喜んで, 四文も, 国の, 埋葬料は, 埒が, 堕落し切っ, 報せたと, 売って, 売られたって, 売れやしないぜ, 売れやしませんなんて, 外とは, 夜具も, 大したこと, 大した義理, 大丈夫です, 大体大した, 始まらねえ, 嫌な, 宮様に, 家へ, 居るの, 山影さん, 左様云っ, 帳場では, 平気さ, 平気だった, 平気な, 引受けや, 役に立たないと, 彼奴宿に, 御利益の, 御執心, 心さえ, 怨は, 怪我はねえ, 悪事は, 悪党じゃあ, 惜しくない, 惜しくは, 手に, 抜かしやがる, 挨拶なんぞ, 損は, 故郷で, 教えちゃ, 日本が, 旨くも, 明かな悲しき, 時と, 本気に, 本統に, 杉山さんが, 村中の, 来やしないよ, 来るもの, 東京へ, 極楽へは, 構わないわ, 構わないん, 死にゃしません, 死ぬなんて, 死ねるもの, 死んで, 気が, 水は, 海千山千の, 涙一つ零す, 減らぬに, 然うい, 物語だ, 生きかえった時, 百万長者に, 真実に, 礼儀も, 神, 福岡まで, 私はい, 競走の, 管なんか, 純綿だった, 素姓は, 美味くない, 美味くねえ, 腹は, 自分の, 花売なんぞが, 苦いだけ, 行く末わるい, 言いますもん, 言うじゃ, 言うの, 言う間違えだろうよ, 言って, 訳です, 読まなくったって, 誰方か, 貴方の, 蹴ったって, 返事してる, 返事しない, 返事も, 追つかない, 通っちゃ, 邪魔に, 酔いは, 長屋の, 長生きできます, 間に合わぬこと, 間抜けさたったそれだけ, 隅から, 面白いこと, 面白いよう, 面白くない, 駄目です

▼ だ~ (295, 0.1%)

29 うで 21 うぢ 19 うだつた 13 うだから 9 ういふ, うして, ーい 6 いな 5 いませんか 4 うだ 3 いまし, うか, うに御座んす, うに聞ました, つそく, つぱりしたお前

2 [16件] い, いますな, いませうか, いナ, い是, う, うしたら, うすつと, うする, うすれ, うだらう, うなると, う云, う思つて, ぶ, ア

1 [121件] あーい, いっ, いと云, いました, いましたから, いましたけれどもネ, いましたこと, いましたので, いました梅子さん, いまし貴方, います, いますか, いますけれど, いますの, いますわねエ, います通り家, いませうネ, いませんで, い其の, い博士, い外聞, い年齢上, い母, い皆さん, い私, い重々御苦労, ういつ, ういへ, うくどく, うしね, うしよう, うせかれ, うだあの, うだこれ, うださうだ, うだす, うだすると, うだそれ, うだと, うだともと, うだに, うだやはり, うだ山彦, うだ来年, うだ私, うでなくつて, うでなくて, うに承, うに承はりました, う云つて説明, う亞米利加人, う俺, う思っ, う思つたのさ, う思つて頭, う思はう, う思はれる, う思ふ, う考へる, う自分, う言, う言つて, う話, う頑固, えシャン, え大分労, え普通, さ伊助どん, さ蟹, ざりき, その時, つきの, つそく佃煮, つそく奴め, つそく酒, つぱり, つぱりしてよろしい, ぶしっかり, ぶだよ, ぶには, ぶの, ぶはっきり, ような, ように, りょう, るるなど, るる水, れい, ァ, アかんべんできない, アさア私が, アどう, アもう, ア上ん, ア云へ, ア何う, ア何ういう, ア出る, ア名主へ, ア子, ア百両の, ア直に, ア突き出せ, ア突出し, ア胡座をか, ア金を, ア隠すなら, イ, ーいました, 両人とも, 今夜ゆっくり, 何ういう, 力を, 喰った代, 実際僕, 意気地は, 書け, 書け書かんか, 金を, 離して, 青に

▼ だがと~ (291, 0.1%)

12 思って 10 いって 5 思いながら 4 云ふ, 思った, 言って 3 云うと, 思つた, 思ひながら, 私は

2 [19件] いうと, いった, いったが, いつて, いふので, すぐ切り出し, みちゃ, 云って, 大いに妻帯, 彼は, 思いました, 愚痴を, 相談半分細君に, 私を, 腕時計を, 言いながら, 言う, 訊いたの, 追い廻しに

1 [202件] あたりへ, ある仲人, あれあの, あれこれ考へ, いう, いうぐらいの, いうので, いつたが, いひながら, いふ, いふと, いろいろ考えた, いわれなお, いわれました, いわれる, おじいさんは, おのれを, おもったり, お引き留め, くいなところを, ことわりながら, この一些事さ, この間の, これまた, しきりに口惜しく, しの, しを, し坊, そう現われ, そこに, そっと水, その前提, その方法, その有様, それが, そんな可笑しい, だから高田先生, てつも, ない, なおも見まわし, なぞを, にがり切った, ひょっくり考え, ふと気, ふと見る, ふり返る, まつた晩, めずらしく身の上ばなし, ゆき子は, わかっても, わたくしは, わたしは, キミ子の, ッさの, 一同は, 一志の, 一箇月まえ, 一縷の, 不思議に, 二三歩行つ, 二十八歳の, 云う嘆き, 云う意味, 云う感じ, 云う風, 云った, 云ったが, 云っても, 云つてじゆん, 云つて入らつ, 互に言い合った, 今朝渡した, 仔牛は, 併し言い返し, 修一は, 僕は, 先刻の, 先生が, 八五郎は, 内々それ, 出たの, 前おきし, 医者は, 半泣き, 口に, 吉良が, 同時にまた, 同時にカテリーナ・リヴォーヴナ, 名を, 名乘, 君枝に, 吾輩が, 呟いて, 問われた時, 嘆くと, 囁いたが, 四郎は, 多くそういった, 娘の, 実はこの, 富岡は, 将門は, 尋ぬる, 小首を, 岸隊長は, 市ノ瀬牧人は, 弁解する, 彼女は, 御奉行樣, 心が, 心づきすぐ, 心待ちに, 念を, 思いつつ, 思います, 思い出すと, 思い畢竟, 思う, 思うこと, 思うと, 思う事, 思ったこと, 思ったらふっと, 思つてまた, 思つても, 思つてゐたら, 思ひました, 思ふ, 思わずに, 怪訝そうに, 手に, 押っ被せる, 拾い上げようと, 断って, 新聞記者は, 斷言した, 時々腕組, 更めて, 最上清人の, 朝倉は, 本屋の, 来るたんび, 椅子に, 武田先生が, 母や, 氣が, 治兵衛は, 法師は, 注意した, 焦燥り抜いた, 煮えきらない返辞, 煮切らない, 現実には, 町方の, 画商を, 皆が, 直感した, 直感的に, 真鍋の, 知也は, 組合長が, 老人は, 考えた, 考えて, 考え内気, 考へながら, 耳打ちした, 聞いた, 聞かされた時, 聞くと, 自信を, 自分の, 自暴に, 苦々しそう, 葉子は, 薄れた記憶, 薄暗いおでん, 袴野は, 解説した, 言い出したの, 言うけれど, 言うの, 言おうと, 言ひ, 言ふと, 言葉では, 話し合った一月前, 説を, 説明した, 質問した, 赤い薄い鬚, 起って, 躊躇しいしい云う, 身を, 近よって, 道夫は, 遽に, 預けたとは, 頼むと, 頼んで, 顔見合せ, 首を

▼ だとかいう~ (283, 0.1%)

24 ような 11 ものは 8 ことです, ので 7 ことは, ことを 6 のが, ものを 5 のは 4 ことだ, ことで, ことであった, ものが, 話でした 3 ことが, のだ, ように, 話だ

2 [12件] ことに, ことも, ものばかり, 噂が, 噂も, 声が, 意味では, 言葉が, 言葉は, 話が, 話であった, 話も

1 [145件] ありふれた観察, いいかた, いわゆる強, お料理, お方が, お方の, が何, けれどな, こって, こと, ことから, ことである, ことでなく, ことをのみ, そうした多数, そのがんりき, ために, でね, ときには, ところへ, のだった, のでございましょう, のでし, のでなく, のと, のとは, のに, はなしを, ふうに, ものだけが, ものなら, ものに, ものには, ものによって, ものの, ものよりも, ような飛ん, んだ, んです, オランダ人の, ビードロ細工の, リテイナヤ街から, 事が, 事じゃが, 事だ, 事で, 事であった, 事である, 事でした, 事には, 事も, 事を, 事実は, 事実記事や, 五十すぎの, 人は, 人並みな, 以上の, 以外に, 伝えも, 佐々木東洋という, 偉い連中, 写真は, 区別を, 反対も, 口の, 名を, 周囲の, 味が, 問題は, 噂だ, 噂だった, 噂でした, 噂です, 噂に, 器械で, 場合でなけれ, 場合には, 場合にも, 声の, 女中さんを, 婆あ, 字が, 字と, 実証的根拠が, 尽しもん, 市当局の, 平凡な, 平手さんに, 御母さん, 徳性は, 悪名を, 想像は, 意義が, 意識に, 感情は, 感歎詞を, 所には, 手段で, 敵意の, 文字が, 文字を, 断定は, 日に, 時には, 棟梁の, 機械が, 歴史上や, 毒婦にでも, 流行語が, 片輪者, 理由が, 理由です, 男が, 町は, 疑の, 石を, 破落戸の, 神父が, 私には, 程度が, 種類の, 答は, 老人が, 考え方は, 者が, 色の, 若い大工, 親爺の, 言葉を, 訳には, 評言が, 詞を, 話しだが, 話しであった, 話だった, 話な, 話ばかり, 話を, 語り伝えの, 説明は, 論は, 身の程知らずな, 非難が, 面白い雑誌

▼ だからな~ (280, 0.1%)

603 それに

2 [11件] いしの, え, おめ, これから遺骨, これ程確か, それや, どうだい, アあの, 一つどなっ, 売っても, 酒は

1 [195件] ああそう, ああ考え, あいでも, あんて, あんまり暢気, あー, いいか, いいから, いきなりおまえ, いつでも, いなかもの, いまさら人, いやあいつ, うっかり便り, うまく仕遂げ, うるさくなる, おい富士へ, おまえにとっては, おれの, お互に, お前の, お目見得だけにでも, かかや, きっと俺たち, けれどもこういう, けれどもどこ, こう見え, これからずっとそれ, これは, これ位の, こんどこそ, こんなに早, こんなの, こんなもん, こんな町, ご長男様, しかしこちら, しかしどう, しかし待て, しかも二個, しゃべらせても, じゃすぐ, すぐ庭, そいつあ, そいつが, そいつ等は, そう, そうし, そうと, そう思え, そう暇, そこでおれ, そこで父ちゃん, そこに, そこを, そのお, その一例, その名前, その責任, それ, それで此, それは, それも, それより, それを, そんな君, そんな場合, だいじょうぶだ, だれか, ちぇッ, ちゃんとした, ちゃんと払った, ちょっと手荒, ついふらふらと, つらくても, とら, なぐりゃ止さなきゃならないし, ばか野郎, ふだんは, ふ顔, ほんとに気, まえの, まったく, まアゆるし, みんなおまえの, みんなの, むしろ僕, もっとも純, もはや彼女, やせ我慢, ゆうべは, よしか, わかりやしないよ, アあれには, アおいと, アこんな, アって, アどうしても, アカグマ国は, アスケートなんて, アフツフツフお, ア加藤が, ア子分に, ア年を, ア強い, ア練習で, ナメた, フフ, ヲダなんぞへ, 一時でも, 下手あ, 人が, 今すぐ, 仕方を, 何んな, 俺と, 俺は, 俺を, 僕らは, 兄貴の, 出来る丈, 力ばかり, 医者に, 厳重な, 又六, 友達って, 口は, 只で, 可憐しいよ, 君だんだん, 君の, 呼び方, 四人より, 四方の, 困るよ, 国許では, 売卜を, 夢中に, 大いばり, 天性の, 始末が, 子供を, 実に三千円, 実際の, 実際はずかしかっ, 実際金, 宮の森なんちふ, 容易な, 寺入り申しつける, 少しは, 山水を, 引越して, 当分手が, 彼は, 心が, 恥を, 戸籍上の, 所在な, 手数を, 政党には, 早くいっ, 明日まで, 是から, 普通の, 死んだと, 殿に, 毎朝穿かせ, 泳ぎなら, 火星人たちが, 無理だろう, 無理も, 物心を, 特に日本, 猿の, 猿公なんぞ, 用箪笥のは, 男が, 絶えず決闘, 聞くまいとして, 職人の, 自分の, 自慢じゃあね, 自身じゃ, 船長は, 芳ぼうたんに, 蕈こ取りにも, 親切気で, 警察から, 遺言が, 閑山も, 間違えるはず, 隠さずに, 青春といふ, 頑張れよ, 頼むから

▼ だとしても~ (278, 0.1%)

11 それは 3 それが, だ, 彼は 2 あたしが, おそくも, これを, そしてあなた, それを, そんなこと, やがて六人, 不思議は, 何も, 自分の

1 [238件] あいつは, あなたは, あの下座, あの娘, あまり迂, ある時, あんなに噛みひし, いい, いつもの, おまえ自身は, お信さん, お前なんか, お前は, お大師様, かまわんよ, きっとこうしず, きっとしっかり押えつけ, こういう観点, こうまでは, こちらが, このおれ, この地位, この場合結論, この好い, この水, この草案, この迷信, これくらいの, これだけに, これらは, さう, さうし, さっき一緒に, しかしご, しかし彼, せいぜい十九, せめて柏餅, そいつは, そういう錯覚, そうです, そう言う, そのこと, その下, その中, その二つ, その使い方, その便利, その幽霊, その情報, その方法, その無窮, それではいよいよ, それではどうして, それでは説明, それでもあの, それにも, それによって, それほどじゃ, それをへ, そんなに早く, たたみを, ただの, たまたまその, だな, とにかく人間, ともかくも, どうか生命, どう訳すべき, どだい伸子, どっちに, なおその, なお疑問, はじめの, ほかの, ぼくは, まさかその, まさか女, また或, まだ内心胸, まだ演劇, みんなが, もっぱらその, もはや忘れる, やがてこの, やっぱり私, やはり泥, よい, よかろう, よほど高級, よろしい, よろしいでしょう, わたくしほかに, カント自身が, ジーキル博士が, バルナバスが, バルナバスの, プロレタリア作家の, ヘレン, ボオマルシェの, ボクが, マスタアの, ユマニテに, 一カ月の, 一万二千年か, 一方バラツク, 一緒に, 三十年という, 世の中には, 世間には, 主人が, 之は, 之を, 九十九%で, 事実この世の, 事情が, 事情は, 二三か月は, 二三箇月は, 二人は, 五秒そこに, 京都語の, 人間の, 今いった, 今の, 今日の, 今更そんな, 他に, 他方それでは, 以前には, 会社は, 伸子は, 何でそんな, 何の, 何のせゐだ, 俺にと, 俺は, 俺を, 僕の, 僕は, 儂が, 出すまじき金, 十二瓦八ばかり, 十六分の一しか, 単に肉体的, 叛乱軍の, 口惜しいとか, 同じ方法, 同じ道, 君の, 器械は, 地球を, 垂水即ち, 大したこと, 天子を, 奥さんの, 女中でも, 好い, 学校は, 学者が, 安政二年に, 小野龍太郎が, 少くとも, 少くも, 少なくとも山, 山ノ井君は, 幾分か, 康子にと, 彼に, 彼の, 彼自身自分が, 御本家, 心中じゃあねえ, 恐らく母, 恥しくは, 我国の, 或は又, 手紙が, 技術上には, 教育者を, 数多の, 新聞や, 既に短歌, 普通なら, 本当に単なる, 村の, 果してその, 果して彼自身, 校長や, 横田には, 次の, 死ぬる時, 決して模倣, 決して薄情, 決して言いあてる, 法に, 無遠慮すぎる, 猶世界史上, 生來凡庸, 生来凡庸, 疑って, 發光に, 皆つまらん, 相手が, 相手を, 真の, 私参ります, 私自身は, 科学と, 第一, 第五シンフォニー, 耳に, 肝腎の, 脅迫状は, 自分から, 自分が, 自分で, 自分は, 自分を, 自分等の, 自業自得だ, 英文の, 西洋に, 要素の, 見っとも, 親が, 誰も, 貫之和泉式部西行定家伏見院さては, 質が, 赤身の, 逆に, 途中の, 道は, 酒を, 鑑賞の, 長い間, 非常に, 非難される, 頑張れば

▼ だ~ (278, 0.1%)

115 あ, はまだ 4 のところ, は俺 3 と一緒, の姿, はもう, ァ

2 [25件] がやりました, が直す, だ, だつて, と逃げる, にああ, の力, の名, の弟, の留守中何, の言, の金力, の頭, の顔, の魂, はあんな, はお前, はこの, はそう, はその, はそんな, はどこ, はカイン, は東湊町, は腹

1 [187件] あならず, あ驚い, があ, がお, がさした, がなあ一遍宗道, がソロソロ, が一つ, が今, が先, が分からん, が半, が合図, が地上, が子, が実家, が将来, が引受ける, が心血, が手, が死ん, が死んだら, が照子, が生きよう, が行, が行っ, が讀んだ, が邪魔, が金, じゃねえあの, だけが悪い, だよ, だ山県紋也, だ早く, と云, と八五郎親分, と支那, と武蔵, と行動, に, にあやまつた, にし, にだって今に, にとっても一敵国, にはまだはっきり, には判らねえ, には故郷, には敵, には鹿の子, にもどうも, にゃあもうわかってる, に丸万, に少し, に素直, に訊きたい, に酌, のあの, のおふくろ, のもの, のよう, のウチ, のライフ, の上, の世話, の作品, の前, の取引相手, の口上, の声, の女房, の妹, の家, の家内, の小説, の所, の所為, の手提金庫, の気持, の活眼, の犠牲, の病気, の眼, の知識, の職業, の腕, の行動, の見た目, の親爺, の言いたい, の言う, の足, の部下, の面, の頼ん, の風態, の髪の毛, はあわて, はいい加減, はいよいよ, はお, はおしおの家, はおまえたち, はこん, はこんな, はその間, はそれ, はそれ以来一度, はた, はただ, はちと, はちょっと, はとにかく, はもう一度, はもう少し, はもう断じて, はもっともっと, はよく, はシッカリ, は一面, は中, は云, は人殺し, は人間, は何, は依然として, は全て, は出, は十八文, は厭, は商, は国王陛下, は宛, は家, は工, は恋, は愚か, は憤るべきだった, は敬虔, は斯, は明日, は時刻, は死, は死なう, は死ぬ, は残る, は気狂, は泣い, は白痴, は皆川様, は皆川樣, は糠, は自分勝手, は虎船長, は虚無, は裏切り者, は親孝行, は討入, は酒, は鬼, もこいつ, もこんな, もそう, も一度, も不幸せ, も今日, も働かねえ, も君, も汝, も稼げる, も諦めた, も逢, より先, れが, れら, れ卯平, を, をかつい, を宿め, を引っ張る, を怨む, を悩まし, を撲った, を欺い, を訪ね, を釣りあげよう, んとこ, ァいや

▼ だよと~ (277, 0.1%)

7 云って 6 言って 4 いって, 云った, 言つて話した 3 いふに, 少し高く, 教えて, 煽す, 私が, 置きざりに

2 [16件] いつた, 二斗の, 云おうと, 云は, 云われて, 云われても, 口の, 彼は, 念を, 私に, 答えました, 言いました, 言う, 言っても, 言つても, 顏を

1 [202件] あわてて, いいつけました, いいながら, いいました, いい聞かせられるため, いうかも, いうと, いうところ, いうので, いったら宮廷小説, いつたら男, いふ, いふと, おっしゃいました, おっしゃったから, おっしゃってね, おっしゃるでしょうね, おッ, お富さん, きいて, こたえるの, こんなよう, さけびながら, さげすむ, さも物, しきりになだめすかしました, その場, そんなこと, たすけ起し, つけ足した, どうでしょう, はっきり言い切ってない, また酷い, また静か, まだ念, まっ赤, ようやく云い, よく云っ, わざわざ連れ帰っ, ツケツケ申しました, テンから, トゥロットは, 万吉に, 丸万は, 乾分に, 云いながら, 云いました, 云う, 云うと, 云うよう, 云う調子, 云ったから, 云ったが, 云ったこと, 云ったり, 云ったヨシツネさん, 云つ, 云つた, 云つたら, 云つた風な, 云つても, 云つてわざ, 云つてゐる, 云つて何にも, 云つて思ひ, 云はう, 云はれ, 云はんばかりに, 云わぬばかりの, 云われそう, 仰しゃる, 仰有るの, 仰言って, 伯父が, 伸子の, 何度も, 何度やかましく, 俺は, 兄が, 全くなん, 冗談の, 冷静に, 十郎が, 受答へに, 叫びながら, 叱られて, 呟いた, 呶鳴りたくなる, 呻くが, 喜んで, 嘲笑され, 囁いた, 坂口安吾が, 声を, 声高に, 大きい声, 大きな声, 大へん, 大声で, 太郎に, 女に, 女は, 姉御が, 始めは, 威張っても, 威張つて, 宣告され, 小さい時, 幹太郎が, 幼い頃祖母, 度重なる文句, 彼が, 彼を, 微笑し, 心で, 心の, 快活に, 怒鳴った, 怒鳴つた, 怒鳴る, 怖がる者, 思ったであろうか, 悪口を, 慰めて, 懇切ていねい理解させず, 手を, 指さして, 振向いて, 教えるの, 教へ, 教へて, 断った, 断って, 断ると, 智慧の, 木島は, 桐油の, 橋本から, 橋本が, 止めても, 正直を, 母が, 母は, 注意した, 注意する, 津軽言葉で, 澄まして, 父は, 甲斐は, 申しますと, 申し合せたよう, 異を, 目前奇特を, 相長屋, 私にも, 笑いましたが, 笑い消した, 笑った, 笑って, 答えたぎりである, 答えたの, 答えたほどに, 答えなければ, 答えるの, 答へて, 答へる, 米友が, 繰返して, 老人に, 聲を, 聽いた, 肯定する, 背の, 藤堂が, 親切に, 言いながら, 言い捨てたもの, 言い聞かして, 言い言いしたん, 言い足した, 言うの, 言った, 言ったから, 言った言葉, 言ってるまで, 言つた言葉は, 言ひ, 言わぬばかりの, 言われて, 評した, 誇示し得ない, 誰かが, 誰に, 農民作家が, 遠まわしに, 遣りゃあがったんだとよ, 銀ちゃんの, 阿部は, 顎と, 顔を, 髪の毛を, 魚屋の

▼ だ~ (275, 0.1%)

8 の顔 65 の声 4 というもの, の人, の姿, の顏 3 がある, である, のお世話, の手

2 [17件] が絹, であること, ではない, でもある, なん, のくせ, の中, の剛, の左手, の老けた, の腕, の袷, の身, はその, はどんな, や子供, を捨て

1 [194件] いとこの, からの誘ひ, から持ち上った, が, があった, があつ, があんな, がいく, がいます, がくたばる, がどんな, がむかし, がわるい, がベンチ, が一つ, が一人, が一度, が云った, が人間, が他, が出, が切り取っ, が卓, が多く, が己, が恋いし, が死ん, が生き返っ, が真実, が突然, が腰の物一枚, が言った, が転がっ, が鞭, ぐれえに, じゃあない, じゃ食われない, だからね, だって云いました, だつた, だよ, だらうとは, だろうと, だツ, だ女王様, だ男, であ, であった, であったと, であつ, でございます, でさえ単身, で伊三郎, で失策, で年, で有名, で銭, というの, といふの, といふ自分, としては殊に, となる, との二つ, とはこう, と一所, と夫婦, と寝た, と生れ妻, と見え, どす黒く脹れ, なら鋏, なんかに何, なんかに引つ, なんか勝手, なんぞ, なんぞ送りつけやがっ, にかけた, になっ, になつて, には女, には皆ひとつ, に似合, に可愛がられた, に同情, に太宰, に対して知り, に惚れられた, に特有, に自分, に見惚れ, に負ける, に食ひつ, に養われ, のことば, のその, のため, のところ, のひと, のやう, のよう, の一面, の両, の事, の云う, の人たち, の分際, の名前, の墓, の宿命, の帯, の幼馴染, の彼, の後, の心, の悪い, の情, の所天, の操, の梅子, の横顔, の理想, の盛り, の眼, の着もの, の細い, の群, の肉体, の肩袖, の腐った, の色香, の言, の話, の足, の釣り師, の霊, の首, の骨, の髪化粧, は, はあつ, はいかなる, はおれ, はこれ, はこれら, はこんな, はチュデル鬼, は二度, は児島亀江, は女, は好い, は少し, は支那, は日本橋材木町, は死ん, は永久, は男, は膝, は詩, へその, もおかしく, もすべて玉藻, もまた, や中, や骸骨, れんは, をお, をここ, をとりわけ, をのせた, をほめちぎった, を前, を喜ばす, を庇護, を得, を次の間, を焼かない, を知らなかった, を穴, を背負, 主人は, 同志の, 嫌ひ, 学校が, 実業家の, 村民の, 生徒の, 異人は, 草鞋を, 親が, 記者の, 賊童子の, 逃げ込むよう, 邯鄲師の, 鞘當に

▼ だそして~ (268, 0.1%)

5 それが, それは, それを

2 [13件] ここから, その男, 人間が, 今は, 小林には, 幸福だ, 彼の, 暗愚の, 生活に, 私に, 自分は, 自由に, 骨が

1 [227件] ああで, あと, あの相手, あの絵, あの食物, あまり表情, あんたの, いい言葉, いかにも料理がま, いつのまにやら, いつも新, いまケートおばさんが, いま自分は, いもだの, うまく王女, おさかな, おとなしく寝た, おまけに, おれの, おれは, おれや, からおれ, きいた, ぐつすり寝た, こういった, このごろは, この作品, この無関係, この目的, この花満開, これからは, これは, これも, これを, こんなささやか, さう, さらに不治, そういう風景, そうした結果, そうそう逃げ出した, そうなった, そこから, そこには, そのさやさや, そのなか, そのふち, そのよう, その夕方, その条件, その過ち, その静けさ, その顫, その黄色い, それから, それらの, それ以上に, そんな奴, たうとう, つけ加えた, とうとうきみら, とまつ, とんぼや, どうした, なおも東漸, なほ他の, なんだ, はいつも, まあこの, みんなの, むつかしいあぶない峠, もうそれ, もう元気, もし武運, やうやく, やがて自分たち, やっと姉弟, わたくしどの, わたしも, イワン, グルーシェンカだって, プレーシュール街から, ホラ此穴から, ポル・エヴァンの, レルナークの, 一ノ関は, 一人の, 一句拾つた, 一層明白, 一年に, 一度ならず, 一銭を, 万事は, 三十が, 不如意な, 世の中に, 久馬様の, 二人いつしよ, 二人だけの, 五十銭銀貨を, 五年も, 人工心臓は, 人間の, 人間友心といふ, 今その, 今では, 今夜この, 今夜の, 今夜は, 今苦悶に, 仕事に, 他人を, 休暇は, 何かの, 僕が, 六時の, 凄い腕前, 勇気を, 勢好く, 十分の, 又おとなしい, 又新しい, 古風な, 叫んだ, 各々の, 同宿の, 同時に二方面, 君に, 君は, 君成功した, 喜んで, 多くの, 多少か, 大概の, 天井は, 天鵞絨の, 失望した, 奴さんの, 妙に, 妻君に, 妻権が, 子供の, 孝行だ, 室の, 寝て, 小胆な, 小説は, 小説家だ, 少しも, 尠くも家庭内では, 巨大な, 帽子屋は, 幕府が, 幸太が, 幾時な, 影も, 彼女は, 恥づかしく, 憤った, 批評者に対する, 日本の, 時々とぎれ, 更に机, 最悪な, 木村さんの, 柵から, 樹明君を, 歩くこと, 毎晩毎晩この, 泊つた酒は, 活溌だ, 無事に, 煖炉を, 煙草を, 熟練は, 猿達は, 獨りで立つ, 男より, 盲愛には, 睡れないこの, 確かに, 私の, 私達も, 突然顔, 米を, 絶体絶命の, 耳を, 胃の腑へ, 膳を, 自ら言った, 自分の, 自分らの, 自分等の, 若い女王, 苦しかつ, 英生に関する, 草木の, 蒲団の, 蓋が, 血だ, 街まで, 裸の, 計画通り兇行を, 詩と, 誰かが, 誰一人慰め, 謂わば, 責めた, 貴公の, 赦しを, 身体の, 身心に, 輝いた太陽, 近眼と, 返屈, 道は, 酔うて, 重い瞼, 間もなく茂七, 間もなく逝っ, 防波堤だ, 非常に, 食事に, 飲みすぎた当面, 鶴子という, 黄ろい, 黄色の, 鼾を

▼ だ自分~ (258, 0.1%)

4 の顔 3 で自分, の子供, の家, の心, は今, を見出し

2 [23件] が消える, にも覚え, に呉れる, の, のお, のこと, のこの, のもの, の声, の夜具, の娘, の子, の欺い, の生活, の真実, の胸, の足, の身体, の魂, は, はあの, はこの, を知る

1 [190件] および家族, から君, があの, がこの, がこれ, がこれから, がその, がみじめ, がゆけ, がチチコフ, が一生, が一般人, が何度, が健康, が其の, が出現, が分からせ, が又, が呼んだ, が喋っ, が少々, が平常, が悪い, が拾われた, が正しい, が気, が苦しかっ, が詩, が間抜け, さえよけれ, じゃあやれねえ, だって恋人, でいま, ではしかし, ではなん, ではもちろんそう, でも呆れる, でも気がつい, でも知らねえ, で何, で分らぬ, で常に, で心, で持つ, で歩く, で繋ぎ, で門, との結婚以前, と今, ながら思い設けぬ, にとってはそれ, にとっては全く, にとっても真土山, にとって不可抗力, にはわかろう, には前世, にみだら, にポカリ, に云った, に全部, に反対, に対してだけは妙, に自信, に解り, のいのち, のうち, のかく世, のしてる, のすべて, のため, のほう, のやり口, のベッド, の一生, の不覚, の作る, の信念, の兄, の地盤, の夢, の失われなかった, の妻, の姿, の姿さ, の小屋, の念ずる, の思っ, の性, の意志, の愛し, の我儘, の手, の持つ, の横, の死ぬ, の死ぬる, の母親, の気持, の滑稽さ, の熱刻, の父, の生きたい, の生涯, の産んだ, の目, の直覚, の知りたい, の美名, の耳, の肉體, の胤, の腑, の腹, の若, の行先, の行先許, の行状, の視線, の計画そのもの, の資本, の赤目, の身, の選ばなかった, の隠, の面体, の面目, の頭, の顏, の顔色, の麦酒, はいつしか, はいつも, はこういう, はしばらく, はそこ, はまぎれ, はまのあたり, はむしろ, はやっぱり, はわざと, はマスミ, は中, は予て, は人, は人工心臓, は何だか, は前, は即位, は大目附上村良平, は娘, は当り前, は彼, は思わず, は恍惚, は最後, は欺, は犠牲, は獨, は確か, は英雄, は見ず, は酔っ払いだ, は阿呆, は非常, は領地, は食わなく, は餘, は高等学校時代, もいよいよ, もだ, もチョーク, も使われる, も少く, も庄吉, も当る, も後, も當, を, をいつわる, をただ, をば無造作, を人, を信じ, を倖, を可愛がらない, を感じる, を打つ, を生んだ, を見いだす, を見出した

▼ だ人間~ (257, 0.1%)

5 というやつ 4 が人, のよう 3 が人間, になつた, のこと

2 [18件] がある, がそして, じゃない, だと, てやつ, である, であること, でもだから, というもの, なら女一人, になる, の家, の滋養, の身体, の顔, は何, は誰, を自分

1 [199件] かも知れない, が, がいけない, がいる, がこれ以上, がそっと, がそつ, がそれ, がつくる, がへん, が予告, が偶然そこ, が多く, が寝, が恨めしい, が手紙, が敵討, が有れ, が橇, が歩い, が歩きまわっ, が気の毒, が生き, が生きてる, が生き返っ, が生き返った, が白骨, が社会的, が神様, が私, が草葉, が豫告, が転がっ, が酒, が電話, が馬方博徒, くさい魚, ぐれえに, じゃ, じゃあない, じゃあるめえし, だ, だから, だからという, だけが感ずる, だった, だったろう, だって生きてる, だつた, だつて, だという, だとても, だ惡口, だ電線, ってもの, って奴, てえもの, であらね, であるかの, であるからは, です, でせ, ではあった, ではあつ, ではない, では無い, で曳きだされた, とあんた, とかいうの, とこの, として, として生き, との間, とはいえないで, とをくらべ, と並ん, と同じ, と接触, と見たら, と雑草, など, などにかかずらっ, などは一人, なの, なのよ, ならまだしも, なら大人三人位, なら窃盜, なんざ, なんざ甘え, なんてなんと, については全然, にとってのみ価値, にとっては覚醒, になった, になつ, になり, にはふるさと, には性慾食慾その他, には肝腎, に共通, に現われる, のからだ, のたま, のため, のできる, のばか, の一人, の人格, の住居, の使いかた, の勇気, の動勢, の号外, の味, の声, の子供, の屑, の弱点, の心当り, の恐ろし, の手, の染色体, の死がい, の死骸, の無学さ, の狂, の生きた, の生きる, の生首, の白骨, の百分率, の皮, の眼, の私達, の考えた, の肉, の肉体, の脳, の脳髄, の臓腑, の裸身, の親, の解放, の言葉, の身體, の追憶, の運命, の道, の重荷, の頭, の餓鬼, の骨, の高麗鼠, の魂, はい, はいつ, はいま, はいや, はお前さん, はすべて, はどっち, はなるべく, はまだ, はまだ全く, はアルチュウル・ランボオただ一人, は一匹, は二本差, は人形ぢ, は人間, は働く, は元来まっすぐ, は再び, は安全, は昔, は楽しみ, は毎日顔, は決して, は無い, は生き, は節制, は絶えず, は自分, への不信, も同様, やその, らしい, をどう, を勝手, を埋葬, を尊ぶ, を正味二時間, を殺す, を無理, を生かした, を生かす, を生き還らせる, を知らない, 到る処

▼ だ~ (257, 0.1%)

765 だと 4 です 3 があった, である, ではない, に違

2 [22件] があつ, があります, がある, がいた, が一人, が再び, だから, だった, であった, と女, と革砥, なんかみんな, の姿, の手, の死骸, の眼鏡, の話, の遺書, はこんな, は平たい, もあるです, や女

1 [179件] かも知れない, から女, が, がうた, がお, がぎちぎち, がじつは, がすこし, がついに, がとっとと, がとびだしたのをみてびっくりして, がなれなれしく, がね, がはいっ, がもし, がゐた, が二人, が云, が來, が出, が十九年, が屋敷, が死ぬ, が死ん, が殺され, が無遠慮, が町, が私, が窓, が章三, が自分, が行った, が襷がけ, が通る, が運転, が隠密, が隣り, が頭, が鼻, こそ辻ヶ谷少年, だからな, だけにちんちろりん, だつたの, だという, だの手拭, であったから, であつ, であるという, でしきりに, でしたが, ではなかっ, で勇み肌, で小, で比喩, で縮れっ, というの, としての気概, とすれ, とは別, ともう, と一, と一緒, と七人, と呼ばれた, と寸分, と男, と結婚, なんざ, にすら今度, に扮する, に捨てられた, に自分, に過ぎない, のおれ, のからだ, のくせ, のこと, のところ, のひと, のほう, のわし, のパイプ, のポマード, の人, の住所, の体, の借金, の写真, の力, の半身, の口, の噂, の声, の妻君, の家, の巻いた, の年, の幽, の幽霊, の役目先, の怨み, の恥, の息吹き, の恰好, の戸籍, の所, の持物, の掌, の数, の方, の歩き, の瞳, の社員達, の親, の許, の誰, の身体, の身元, の躯, の顔, の風体, の駒下駄, はある, はかえ, はかの, はくぼんだ, はこう, はそつ, はその, はそれ, はつねに, はどこ, はまだ, はやっぱり, はわたし, はフン大尉, は一座, は七之助, は三笠山, は不意, は不運, は北, は大抵, は夫婦もの, は娘, は常に, は年, は必ず, は振り放そう, は敵国, は早, は株主, は灘兵衛, は線路, は翌週, は色白, は車よせ, ばかりの住居, もいた, もいる, もかう, もこう, もをん, も二三人, も斬っ, も畠, を, をよく, をわるい, を何処, を勧誘, を大臣, を忘れかねる, を拒絶けた, を捕, を生きた, を覗く, を観察, 或いは物売り

▼ だ~ (246, 0.1%)

121086 たね, たの, てもう 4 か, け, て然 3 たか, たから, たが, たらう, てあなた, てさ, て今, て可

2 [19件] けね, しやろ, たかね, たのに, てあんな, ていい, てこの, て一日, て云, て何, て何だ, て俺, て其内情, て十二時, て家, て居る, て決して, て解らんぢ, て言

1 [124件] お袖, か助役さん, けねへ, さ, さかい總代さんとこ, しやろちうて, しやろ何處, せ解りま, たかな, たと, たらう忠志君, たらまた, たら何卒, たら此様, たツ, ちこと, ちば, てあいつ, ていけ好かない, ていつ, ていふ, てうるさい, てお, ておれ, てか可愛, てこちら, てこと, てさうです, てさお前, てさしつ, てそんな, てそんなに, てたま, てぢ, てどうせ, てな今日, てば, てもさ, てよ, て一匹, て一度關係, て一月儉約, て二人, て二百圓, て云ふから, て云ふん, て人生, て人間, て仍且, て何卑下, て其樣, て其樣なに非人情, て其樣なに騷ぐんだ, て出會, て別, て到底, て取り返し, て同じ, て同情, て困つ, て大変, て大野さん, て好い, て妾, て娘ぢ, て嬉し, て宇宙, て安らか, て実際, て宿屋, て寫眞, て小犬, て屍體, て心細い, て感じ, て我々, て房雄さん, て持つて, て教, て春, て本人, て本人同志, て東京ぢ, て極, て此様, て此樣なに氣, て氣品, て淋しい, て渠, て現に, て痛, て皆, て直る, て知り, て紳士, て自分, て若し, て茶, て薬違, て要するに, て見られ, て見付ける, て見込み, て見限られ, て言ふから, て言ふん, て話, て誰, て謂, て貴方, て買つて貰, て賣る, て阿, て隨分, て雨, て餘, て鳴いてる, で拵, と何, まツ, 危ないツ, 名乘, 有難うそれで, 退かぬと

▼ だあれ~ (245, 0.1%)

18134 は俺 3 だあれ, だよ, もゐない 2 か, がいかず, が聞えねえだ, だと, はいつか, はどう, はもう, もいない, や

1 [183件] かも知れない, からお前, から何日, から先, から六年, から南, から渡り, か石燈籠, がお前, がお父さん, がきっとそう, がちっとも, がどう, がね, がエライところ, がソレあれ, が中, が俗, が八坂, が容易, が来, が獅子岩, が甲府, が行列, が見えね, が誰, が鉄人, が銀座, が間違い, が鯨, こそ世界じゅう, じゃたとえ, じゃ幾ら一升, だあの, だから, だけの仕事, だけの同行, だけの覚悟, だけひどく, だけ何, だけ吐く, だこの, だねえ, だやっぱり, だイタリア半島, だ六尺豊か, だ右門, だ城ヶ島, だ青い, でなくちゃ, では, でもない, でも呼ん, で不平, で思はず, で結婚, で能, で首尾, ならおれ, ならほんとに, なら一時相当, なら大丈夫, なんで, にあおめ, にかかる, にはさすが, にはわけ, には金, にもすつかり, にもわからない, に仕様, に楯, に逐いつめられ, に違い, のいるべき, の父親, はあれ, はいけない, はおまえ, はじつに, はちよ, はどうも, はなかなか, はなに, はまだ, はみんな, はやりきれない, はガラリア, はファシスト, は一昨年, は七時, は乱暴, は人, は先, は全く, は初秋, は利口, は前触れ, は剽軽, は危険, は君, は嘘, は女中, は就職運動, は岡崎, は当分, は怪力線, は恐い, は感心, は我々, は拾俵, は斯, は月, は李九, は来なかった, は死, は民政党, は炭屋, は無情, は王様, は甲州, は番町方面, は稽古, は罪悪, は義雄, は見覚え, は貴様の, は辻川博士, へちらちら, へゆく, ほどのお方, ほど一ノ関, まで行く, も, もあなた, もあの, もいけない, もいなく, もいや, もお前, もこなくっ, もそんな, もほか, も人, も何, も出なかつた, も君, も天才, も好い, も妾, も居ない, も居なくっ, も想像, も持つてない, も来, も武器, も気, も登っ, も知らない, も知らねえ, も私, も老人, も見えない, も足跡一つ, も騒ぎやしない, や大変, をお前達, をなにか, をやろう, を今晩, を切ん, を抱い, を盗む, を目印, を真面目, を知らぬ, を立合わせろ, を聞かされる, を見, を見い, を見たまえ, を読む, を踏ん

▼ だいや~ (240, 0.1%)

5216 だと 6 だいや 3 だという, だよ 2 さめたの, それよりも, だを, なこと, なん, みんな持っ, わが家以上に, んなっちゃう

1 [144件] あいつらが, いとこ達の, お世話でした, お恥, か, こっちの, この首, こりゃあいかさま, これが, これだ, これも, さ仮り, さ盗つ, さ釘抜, その美しい, その評判, それだ, それにしても唯, それは, だあたし, だあっ, だおっか, だおと, だおとうさん, だこんな, だだれ, だって狂人みたい, だつて, だで, だとおしげ, だとは, だどこ, だなんぞは, だぼく, だよと, だ下っちゃ, だ云うのに, だ人間, だ俺, だ全く, だ叔父さん, だ吉ちゃん嫌い, だ師匠, だ昼行燈みたい, だ死ぬなんて, だ百姓, だ私, だ考えても, つい大, でたらめじゃ, といふほど味, とは言えまい, どうしても適当, どうしても適當, なら仕方, なら退席, な不気味, な噂, にあわて, に改まっ, に黙り込ん, はや, はやなさけない, はや恐ろしい, はや若い, ひょっとしたら怪奇, まあ待て, まだまだ働き, もう売ってる, もっと右, よく老実, よそんな, わし自身とて, んなる, アウトだ, アメリカだ, ダニーさまの, ッて, ノンセンスじ, マニラで, マルキストに, 三つ児か, 京都の, 俳句の, 俺れ, 先生, 十年などと, 反動的だ, 句を, 君枝を, 四大州じゃ, 四天王だ, 土足の, 大して古い, 大尉どのは, 天國に, 奇遇だ, 女だ, 女の, 妄想家だ, 存在難だ, 実際名古屋市, 寺のだ, 帰して, 建設だ, 彼等は, 待て本当に, 必ずなく, 忝なかった, 急病で, 恐ろしい女, 戦争以上の, 捉まっ, 敵は, 料理割烹そのものさえ, 新撰組の, 日本人だ, 是非そんな, 本當, 樗蒲打だ, 此処じゃ, 殺されたと, 消えるに, 火事だ, 甲州生れだ, 眞個の, 笑ふ, 聞分ない, 肌は, 腐らされざるを, 腹アお立ちなさる, 荒立て, 蠅よりも, 西方が, 許容しよう, 貧乏人は, 身体の, 農村だ, 近く区内で, 通るとも, 邪魔に, 面倒くさくなりました, 顔を, 首の

▼ だわけ~ (234, 0.1%)

48 では 20 でも 19 である 1513 です 8 じゃない 7 だが 6 だった, であるが 5 でした, ですが 4 さ, だね, ですね, なの 2 じゃあねえや, じゃある, じゃあるめえし, だから, であります, ですから, でその, なん

1 [50件] か, かもしれない, がある, がさ, がわからねえ, が判らなくなった, が聽, が解, が解ったろう, が読めた, じゃ, じゃあない, じゃありません, じゃあるまい, じゃないでしょう, じゃないです, じゃなし, じゃア, じや, だったが, だったの, だと, だろうな, で, であって, であつ, でさて, ですな, ですよ, でないから, でなく肚, でもし, でもなかつたらう, でもコナ, で官賊, で御座います, で田舎, のない, のもの, のわからない, はこの, は富士, もなく, もなに, も大方, も頷かれる, を聞け, を言ったら, を話してる, 無器量

▼ だ~ (232, 0.1%)

5 の顔 4 の眼 3 だと, の手, は, はそれ, れを 2 の作品, の姿, の節倹, は画家, は私, れが, れの, を政治界, んな

1 [190件] がけが, がそこ, がその, がそんなに, がどう, がどうも, が不断何, が主義, が往, が数年前, が日本, が晩年, が最後, が来, が神, が竜, ぐらい増上慢, だ, だけに自分自身, だけはまあ, だった, だったの, だつた, だつて, だとか, である, です, でなければ, としては恐らく, とそれ, と僕, と句, にはその, にはつら, にはなになに, にはほか, にはややともすると, にも侍, に会っ, に対して神事舞, に憐れみ, に於, の, のこと, のただ, のため, のなか, のよう, のカマキリ, の上, の両, の人, の体, の体臭, の兄, の先生, の全身, の取った, の哀れ, の善良, の姑息, の娘, の学校時代, の家門, の小女, の心, の心遣い, の性格, の態度, の懐ろ, の懐中, の所, の新聞, の日誌, の時, の最期, の有名, の歌, の死, の死骸, の決意, の涯, の煉瓦, の父, の畜生, の目, の空, の答, の美しき, の草履, の菊之助, の薬, の言葉, の詩, の識見, の足, の身体, の釈放, の長, の長髪, の頭, の魔城, はあの, はいつ, はいま, はおれ, はかよ, はきれい, はこの, はこれから, はさ, はしよう, はそう, はそういう, はたしか, はちよ, はついに, はまえ, はまるで, はよく, はセオリー, はネネ, はメイスン自身, は一八四〇年, は一生恩人, は不思議, は世間的, は乱暴, は二足三足蹌踉, は今や, は先, は兵法, は其殺那焔, は再び, は冒険, は剣客, は叔父, は営ん, は土, は塞, は声, は大声, は子供, は対手, は左手, は幸太, は建築家, は弱った, は当局者, は徹骨徹髄, は思っ, は政党, は政黨, は故郷, は旧, は時々, は暇, は木の根, は次, は死んだ, は洋服, は満腔, は独言, は珍しく, は生きてる, は甲斐, は當局者, は目付け, は碎けた, は私達, は習慣, は自分, は自分等, は行く, は親, は頭, は養母, は驚くべし, は鬼, ほどその, もここ, もほんとう, も自ら気, れへ, をかわいそう, を以て殺伐一方, を動かし, を指し, を送る, を鬼

▼ だといった~ (225, 0.1%)

28 ような 15 のは 11 ところで, 方が 6 ふうに 5 顔を 4 そうです, のも, のを, ように 3 そうだ, のです, ほうが, 風に, 風の 2 ことが, ことを, ときに, ものでした, ものも, んです, 彼の, 意味が

1 [102件] あのお寺, あの人, お国柄, かね, きりであった, ぎり応対を, くせに, ことばは, ごとく現存, じゃありません, じゃござんせん, そうである, その心持, その言葉, でしょ, ときかれ, ときの, とき役人たちは, ところが貴様, ところの, のが, のだ, のである, のでした, のと, のには, はずだ, はずである, ふうで, ふうな, まま帰った, ものが, ものだ, ものである, やましさ, ようだ, ような教え, ろ, わけで, カ氏の, コペルニクスの, シュタイン夫人は, 上まだ, 事から, 事が, 人が, 人は, 人も, 南博人氏の, 口にも, 土地で, 場合が, 声も, 変な, 女が, 季節外れの, 室生犀星を, 山野の, 年配四十五六柔和な, 形で, 形に, 待て待てどんな, 後五年し, 御夫婦, 心懸, 思想などは, 恰好で, 悉い, 意味を, 感じであった, 態で, 所で, 明日いよいよ, 時それから, 時胸が, 時西郷は, 槍ひと筋の, 様子であった, 気持で, 環境に, 目付で, 眼を, 程で, 種類の, 突っ放し方, 者も, 茶入を, 表情を, 言葉に, 言葉や, 診断が, 語調で, 調子であった, 議論を, 銀子さんよ, 面持ちで, 顏つきで, 顏を, 顔つきである, 顔で, 顔付きで, 風な

▼ だ~ (224, 0.1%)

1565 はまだ 43 の身

2 [14件] が, が小学校, と僕, にこの, の生活状態, の言う, の詩, の顔, はあの, はそれ, は何, は外, は我輩, もまた

1 [163件] うまく行ったろう, お互に, かそこ, かそれとも, からさき, から見れ, があまりに, があんなに, がいっそう, がいなく, がうまい, がぐずぐず, がさう, がその, がた, がなんにも, がほしい, が大学, が牧草培養, が特別, が知らん, が聞く, が若し, が苦心, が虎, が誼, が責, が遥々, が選, が馬鈴薯党, こそ心, この金, すまないが, そろそろ面白く, だ, だけがおれ, だったね, だって僕, ちっと金, ちつと, でも当分, という男, とは一昨年, と話し, どうかし, どうし, どうぞ一つ充分, なの, なんかから見る, にいう, にこれ, にさ, にし, にだ, にとっても不相応, にとつ, にない, には分らぬ, には恰も, には抜けなかろう, にも似合わない, にも罪, に上げる, に何ん, に対して君, に対する尊敬, に相談, ね一定, のあの, のお父さん, のお誘い, のこの, のそういう, のその, のもの, のやう, のよう, のクラスメート, のスポーツ, の云う, の今, の仕度, の信ぜさせ, の個性, の傷, の先輩, の出征, の前, の名, の国, の場合, の姿, の家, の情婦, の憧れ, の推察通り, の此度, の気持, の理屈, の立合, の絵, の行く, の見る, の識, はあ, はきっと, はこんど, はその, はたれ, はなぜ, はひねくれない, はまだはっきり, はもう, はよけい, はわたし, は一刻, は何時僕, は余程, は信用, は俺, は僕, は力, は医者, は又, は君, は命, は嘘, は女, は始め, は支那人, は日本, は昨夜, は昨年, は昼, は書く, は本気, は村, は正直, は田さん, は目, は秀才, は窓, は自分, は買いだし, は選ばれたる, は食人種, もいっしょ, もそう, も一杯, も悲しい, も画, も観念, も附, やめたらよかろ, より先, らしくも, わかったかい, わが秘密, を見, を調べる, 何卒一つ充分, 行け, 読んだの

▼ だ~ (222, 0.1%)

245 も彼 4 だと, れだと 3 かお, か来, だっ, だ今ごろ, に頼まれた, れであ 2 がこの, がそんな, がやられた, が何, が見, だ俺, にだってよ相手, もいない, もいねえ, れだおいお

1 [147件] かあの, かあんな, かいたずら者め, かが幸, かそば, かにようす, かに聞いた, かに頼まれ, かのよう, かの名前, かの小説, かの牛車, かやり, かを呼ん, か人間, か修行, か俺, か先, か助け, か役所, か捕っ, か早く, か来い, か男, か看病人, か誰, が, があんな, がこれ, がどどうして, が云う, が八重, が居る, が拾った, が拾つた, が持っ, が此, が殺し, が流行らせた, が盗った, が盗りやがった, が盜, が知恵, が突, が落ちた, が蚊帳, が覇権, が言った, が誰, が降参, が隆, が食べる, しも我子, じゃな, だお前, だか, だこっち, だこの, だそいつ, だって厭, だって本心, だつて惡, だという, だね, だア, だッ, だ一体, だ一體, だ仲次郎, だ名, だ手前, だ斬ったの, だ斬られたの, だ水戸行, だ汝, だ裏切り者, だ誰, だ謡, でえ, です, ですあなた, でもが頑張らなけれ, でも知っ, とも余り口, にし, にそんな, にたのまれた, にたよれ, にだって二度, にだって讓, にどんな, になに, にも知られ, にも私, にも見られたくなかった, にも責任, にも頭, によ, に対するどいつ, に対する何奴, に断っ, に断る, に断わっ, に斷, に気がね, に聞かねえっ, に遠慮, のお, のお世話, の作, の弁当, の死に, の物, の番, の者, の著述, の許, は何, もおらぬ, もが好い, もそれ, もま, も争っ, も俺, も僕, も其邊, も出来ん, も呼ん, も居ない, も居ねえ, も居らん, も悩ん, も来る, も歌っ, も知らない, も見, も見られない, も覗い, も親父, よりも近い, れが, れぢ, れでも, れに, を, をも疑う, を掛けてる

▼ だ~ (221, 0.1%)

12 のうち 8 となっ 6 となつて 4 だと

2 [14件] いづこ, だ, だ今, とは別人, になっ, のところ蔀半四郎, の世, の間, は, はすべて, はもう, 十八番の, 帰るところ, 自分の

1 [163件] あの子, いろいろ言ってる, からお, から十五年あと, から考え, から考える, から考へる, から色々, から貴公, が一番, が初日出, が勉強ざかり, が絶好, こうやっ, こそおまえ, こそこの, こそは三唱, こそは使っ, こそは祝, こそ世, こそ斯, こそ昔通り, こそ牢, こそ逃し, この夕日, この際, こんなに幸福, さえこう, じゃあそんな, じゃア十四五人, だけである, だに僕, だ菊池, ついそこ, ではこれ, ではす, では伊豆, では全農戸, では半日, では女, では石巻方面, では資本家地主, では迚, では逆, でもとかく, でも口惜しくっ, でも想像, でも春, でも月, でも茶番, とても, となつ, にし, にみよ, に分る, に奴等, に来たら, に直る, に見る, に警視庁, のあの, のうち尊氏, のう良い, のこと, のその, のそれ, のところ, のよう, のアイヌ語学, の世の中, の勝, の声, の奴, の家, の幸せ, の徳川, の時, の時代, の横綱力士陣幕, の猫, の紙, の自分, の見物, の話, の陸軍大臣スールト元帥, の電話, の音, の馥郁, はあたりまえ, はその, はただ, はちょうど, はどなた様, はなに, はやりの, は一生懸命, は不思議, は亡き, は先祖, は六時半, は十時, は家蔵, は幕間, は故人, は日野俊基, は晋太郎, は機会, は民弥, は江戸, は着た, は胼皹, は自由主義, は進歩的文化人, は道, まじめに, また其の, まであそこ, までおれ, までのまま, まではりっぱ, までは木炭, までも周助, まで人, まで俺, まで小さく, まで手がけた, まで拙者, まで生き, まで私, みる一行, も一斉, も壁, も言った, ゆかぬと, ソンな, 一言云したら, 其の塩梅, 升っ, 土手で, 如何し, 少し僕, 少し芸術的, 帰えった, 往って, 御膳会議で, 思うと, 斬られたの, 旨く煮, 書けないの, 歌ったもの, 此の, 決めるが, 渠が, 生きつつ, 申したの, 直ぐに, 笑ったの, 脇屋が, 腹に, 行ったの, 見せるから, 謂た, 遽に

▼ だ~ (219, 0.1%)

76 はこの 54 はもう 3 の方, の見る, はその, はもっとはっきり, は今, は知っ

2 [11件] の婿入り, の母, の神経, の言葉, はあの, はなりたい, はもつ, は何年間, は僕, は転勤, もこの

1 [157件] あ, があの, がさっき草原, がした, がそれ, がなん, が今朝君, が佐々さん, が働き, が困る, が夜, が恁ん, が悪く, が生れ, が縁, が自分, が苦しん, こそいよいよ, さえ止めた, じゃない, だったら本気, だっていたずら, だつて左, だよ, だ解るかね, なぞは, ならずとも, なんかはとても, なんかは嗜, なんぞにそんな, にとって, にとってはまた, にはそれ, にはとても, にはなん, にははっきり, にはわからん, には僕, には君, には散歩, によこせ, に代っ, に殴られた, に言, に金, のいわん, のこの, のため, のもの, のやう, のわからぬ, のセックス, のテオリー, のデタラメ, の何より, の俊敏, の名, の声, の如き, の如く水, の妻君, の子, の希望, の店, の待っ, の心臓, の思った, の恋人, の愛, の愛情, の手, の書斎, の殴られた, の祖父, の若, の著書中, の親爺, の読んだ, の足, の酒庫, の金, の靴, はあんな, はいい, はお前, はかつて, はここ, はこれ, はこわい, はしばらく, はそれ, はそれ以来寒中, はそんな, はたしかに, はね何時, はまた, はもうこれから, はもっともっとはっきり, はもつともつと, はトルコ人, は一生工夫, は世界, は人, は兄さん, は先輩, は其前, は再婚, は十二, は叔母さん, は君たち, は嘗て, は地獄, は小学教員, は少し, は帰つて, は強く, は憂鬱病, は断る, は書いた, は最初, は次第に, は此, は死ぬ, は汗水, は甘え, は盗賊, は知つて, は神, は稲妻, は聖書, は自殺, は自身, は舌, は若い, は行く, は観測所, は講義, は谷澤成瀬, は豪奢, は負け惜, は遉, は酔, は限り, は鼻, まで本当に, もいっしょ, もつい, もやった, も主人, も人間, も壮年, も非常, より十, を, をそんな, を同行, を散々手玉

▼ だ~ (212, 0.1%)

13 に逢 7 にお, をし 6 でじっと, に逢う 5 を蹙め 4 で私, に逢いました, に逢った, は愈々 32 だ, にあう, にあった, にじっと, に見える, に逢っ, をあげ, をとじ, を光らせ

1 [131件] からは涙, から涙, があつ, がな, がねが, がはあ, がふたつ, がリン, が太刀川, が幽, が翳され, が見えない, が赤味, であった, である, できつ, でせつ子, でぼんやり, でめ, でも見たら, でジッ, で五味, で同意, で幼少, で御堂, で新, で欄干, で見, で見た, で見つめられた, で記録係, で車, で迎え, で遠慮勝ち, とくもった, と同時に, にあ, にあつ, にし, にじろりと, になん, にはこれ, にはっきり, には涙, には逢いとうござらん, にま, にみゆる, に会いなすった, に会う, に会った, に会わされ, に女, に小さい, に映った, に漲らせ, に狂い, に疑い, に表現, に逢い, に逢いなすった, に逢いまし, に逢つた, に逢つたぢ, に逢つて, に逢ふよ, に逢ふん, に逢わなけりゃ, に遇, に遇う, に遙, に遭, に遭う, に遭った, に高く, のまわり, のよう, の保養, の前, の悪い, の所, の涼しい, の眦, の粗い, の色, の荒い, の赤味, の迷い, の醒める, はかわい, はきびしく, は愈, は昼遊び, は殺気, は酒乱, ばかりがぎろりと薄気味, ばかりき, ばかりピカピカ, ばかり光らせ, もきりッ, も眩む, や無邪気, をぐるぐる, をさませ, をした, をたちまち, をまじまじ, をみつめた, をクリクリ, を上げ, を伏せました, を伏せる, を円く, を圓くし, を寓, を少し, を据え, を放つ, を此方, を注ぎ, を瞬き, を細く, を茫乎, を見, を見張っ, を見据え, を見開い, を輝かし, を透し, 輝く頬, 附き意地惡, 驚いてるよう

▼ だもう~ (210, 0.1%)

3 だめだ, 一人の 2 それに, なにも, よせ, 一つの, 二百年も, 夜が, 帰ろうじゃ, 誰にも

1 [188件] あえないの, あの時, あの頃, あやまるから, あるけねえ, あれから, あんな夢, いい, いいか, いい加減に, いい加減年, いけない, いちどいう, いちどやり直す, いちど明日の, いちど離屋へ, いっても, いっぺんぬかし, いっぺん見せろ, いやだ, おかみさん, おしまいだ, おしまひ, おめ, おれたちも, おれに, おれには, かうなれば, きさま, ここまで, これは, これや, これ以上に, こんな家, こんな暢気, じき春です, その辺り, それも, そんなもの, たくさんだ, だいじょうぶ, ちよつと, なげくの, なん年にも, ねえや, のがれるすべ, ひきかえした方, ひとつ腕だ, ひとりの, ひと押し, よさぬか, コゼットにも, ベーリング海峡へ, 一つあの, 一つあゝ, 一つだ, 一つ云え, 一と, 一ぺんは, 一ぺん掃部様が, 一分で, 一声, 一寸の, 一年で, 一息駈けだし, 一時間経っ, 一本してやろう, 一本の, 一泡お, 一肩貸し, 一言いう, 一通それは, 一通の, 三十五で, 三四日たて, 三度めな, 世界中を, 並食を, 九時だ, 五六行, 五日ほど, 些と, 今からは, 今晩で, 仕方が, 以前から, 仮装舞踏会は, 休むが, 何と, 俺達の, 僕の, 僕は, 僕も, 充分だ, 八が, 八十にも, 六カ条を, 六十ぢかいが, 内職なんぞは, 出て, 出る時分, 分つたらう, 刈られて, 判ったろう, 医者にも, 十九日といふ, 十五分すれ, 十日戎が, 半年も, 古いぞ, 古くなっ, 吉岡の, 名残は, 商売なんか, 嘘には, 困るの, 夜半では, 大丈夫だ, 大丈夫と, 大勢かへ, 好い加減に, 学校も, 家に, 寝よう, 帰るの, 帰るべきとき, 帰るほう, 帰ろう, 帰ろうか, 帳面に, 平松町へ, 幻滅だ, 座敷は, 恥かしい, 悲しんだり, 愚図愚図は, 我慢は, 戦争は, 支度は, 日が, 昔の, 昼だって, 時間の, 晝だ, 暗くなった, 来て, 来ないだろうと, 桜が, 此の, 此方の, 歸らう, 死ぬの, 母に, 気が, 済んじゃった, 火の手は, 片方の, 用事も, 疑いの, 癒った, 真夏の, 知つてる, 私の, 私も, 絶望だ, 苦しくは, 行くの, 見るもの, 親族にまで, 許婚の, 話すこと, 踊らなくても, 追つけ完成, 逢うまい, 遁が, 過ぎたこと, 郵便貯金が, 酒には, 雫の, 青葉の, 食事の, 飲みたくないと, 飽き飽きした辛抱, 馬には, 駄目か, 駄目だ, 髮を, 黒

▼ だ~ (206, 0.1%)

3424193 から, とやった, れ 2 から何, ぜ, にまだ, ね自然, よ番頭さん, れも

1 [108件] あつち, あゝ厭, いや俺ぢ, お小浜, お酌, からお, からね, から一, から何ん, から同伴, から子, から少し, から屋敷奉公, から当然, から愍然, から是, から止めろ, から私, から緩く, から考えました, から誠にはや, から貴方, から頭, から食物ア, が己ア別, けど今, けれども子, けれど私, けんども, このおれ, さ, さア, しかも, すナ, だが余り, って, で, でとあん, で内々, と, というの, とどんな, とばかり大声, と云っ, と俺ら, と叫ぶ, と小さな, と思いやした, と思っ, と我ア, と聞覚え, と言, と鑑定, なあ, ない, なア, な何, な同病相憐むというんじゃねいか, な彼, な此方, な此様, な此間, な突然, に, に此様, ねあんな, ねえ, ねえどうか, ねお前, ねそれから, ねそろ, ねなるほどお, ねエ早く, ね人, ね今, ね今日, ね俺, ね其の, ね坐っ, ね大きな, ね小春, ね己, ね悪く, ね旨く, ね犬神, ね私共, のう, はア, へえ, もの, もの累, よッ, よ何処, よ己ア家, よ若草, れが, れに, 其の大事, 勿体なくする, 宜く, 寄って, 然う, 直ぐに, 第一流, 総おどり, 買っといて, 逃げろ, 面倒臭いや

▼ だ~ (203, 0.1%)

30 である 2522 です 1814 ですが 9 ですよ 8 變らず 6 だが 3 だね, な 2 だな, でお, でございます, でその, で今

1 [55件] じゃ笑っ, だから, だがね, だその, だそれから, だもう, だ代議士, だ忽ち, だ跡, ぢや, でありますこれ, であるが, でこれ, ですから, ですからね, ですな, ですね, ですねと, です何, でその間, でよくも, で三十年, で何時, で其内, で土用干, で嫁, で尤も, で御座いますよ, で持參金, で本, で本妻, で椿三千麿, で深川生れ, で無類, で片付け, で現に, で白梅屋敷, で私, で膽, で葬ひも濟, で身體, で躾, で錢形, で鐵磨き, で飛んだ, で飮む, 助じゃ, 助の, 変らずの, 変らず御, 変らず頑健, 変らず騒々しい, 済みません, 變らずあわてた, 顧みて

▼ だからこそ~ (202, 0.1%)

2 [12件] そこに, そんなこと, だった, である, 夫に, 彼は, 念入りに, 或る, 松蔦の, 白状する, 私は, 自分に

1 [178件] あいつらの, あそこを, あたしが, あなたは, あなたを, あんなにも, いまこの, いやな, いわれるの, うれしさ, お気の毒, お邪魔, かえって軽視, かえって飽きない, かくも, からだを, こうしたこと, こうした美しい, こうして支持, こうして神妙, こうやっ, ここが, ここで, ここまで, このあと, この一家族, この娘, これに, しょっぱなから, じぶん, そういうもの, そうな, その文化統制, だ, だとばかり, ちょっと君, ついつまずい, ですわ, なの, なを私は, またそれ, また世界, また後, みんなは, もったという, やって, やっと, われわれの, われわれは, カウや, ザフレービニン家の, マルクス主義哲学は, マルクス主義文学が, モラトリアムは, 一人の, 一層なつかし, 一層尻込み, 一層鶴雄, 一度でも, 一方では, 一日一日の, 一管の, 上への, 不思議な, 世界に, 主人の, 事実の, 二十世紀の, 云うの, 人民は, 人間では, 人間の, 今でも, 今度の, 今日の, 他方では, 俺には, 僕も, 出る鋭さ, 創作, 劇的効果は, 勇士と, 可けれ, 可能な, 同道し, 君の, 君は, 哀苦も, 商売に, 国際的な, 堪えて, 夏子の, 大きかった, 大きな顔, 大事件, 女は, 存在する, 存在の, 存在を, 学生の, 安心し, 宮廷への, 家の, 小さなもの, 広場は, 弟子たちも, 彼の, 彼れ, 彼女は, 後で笑った, 心や, 急いで, 恐ろしく頭, 慾でなく, 戸倉老人も, 扶持が, 批判も, 抽象と, 捨てるも, 政事の, 敢て, 文章を, 斯うし, 日本の, 旦那も, 映画女優を, 時々彼女, 歴史的認識は, 死んだあと, 民藝を, 決定的に, 深くひかれ, 無実の, 特に学問的, 猶更, 現象の, 白状します, 皆が, 益々いい, 益々若い, 監督は, 監視人は, 直筆だろう, 真にそれ, 社会労働の, 秀歌が, 私たちの, 私も, 私達は, 笑つて自白する, 結婚も, 結婚出来る, 絶対媒介では, 美は, 自分たちで, 自分は, 自殺した, 花瓶の, 芸術的価値に, 芸術的価値も, 若い人たち, 若年寄連判の, 言いますがね, 言って, 訴訟に, 誹謗に, 諸侯の, 諸大名, 赤ン坊で, 足代だ, 踏み堪える事, 遊んで, 重吉も, 金目と, 阿蘭陀部屋の, 陰から, 面白いので, 颱風が

▼ だだけ~ (201, 0.1%)

37 では 1612 であった 8 だが, である 5 だった 4 でこの, です 3 でその

2 [13件] あって, だつた, だと, であと, でした, でまた, でベッド, で垣, で後, で手前, で詳しい, で錠, なん

1 [78件] あとは, ある, あると, お山の, お秋, だけれども, だったし, だったので, ぢや, で, であったが, であったならそれ, であの, であります, でありますが, であるが, であるけれども, でおもしろから, でこれ, でございますもの, でしいんと, でしたが, ですから, ですが, ですぐ, ですよ, でそこ, でそんなに, でちゃんともう, でつまらなく, ででは, でなくいろいろ, でなくですね, でほとんど, でまだ, でもう, でわざと, でフランス, で一九三二年, で一向, で一寸, で三四郎, で二日, で何, で何ら, で作者全部, で元, で具体的, で原本, で外, で小さな, で平気, で強く, で持参, で方々, で春情鳩, で焼けても, で直ちに, で相談, で眩暈, で羨し, で自分, で静か, で馬, で黙って, なのに, なら二三度通じ, なら盗んだこと, わたくしの, 一層に, 人様に対して, 生ぬるいほど, 眞つ, 真剣な, 米でも, 自分の, 酔っては, 銭がか

▼ だとでも~ (199, 0.1%)

24 いうの 20 思って 14 いうよう 10 思ったの 5 云うの 4 おっしゃるの, 申しませうか, 言うの 3 いうん, 思ってるの, 思つてゐる, 申しましょうか

2 [13件] いうかの, いうふう, いおうか, いふの, 云いたげな顔つき, 云うん, 云う他, 云おうか, 何とでも, 思つてゐた, 考えたの, 見るかと, 言ふ

1 [76件] いいたいよう, いいたげな顔つき, いうか, いうつもり, いうならば, いう事, いう仲, いう脆弱い, いったら君, いった様子, いふこと, いふやう, いわれるの, ぬかしゃあがったら鬼, ふざけて, 云いたい目, 云いたい程適中, 云いたそう, 云うかも, 云うよう, 云え, 云ったよう, 云ったらどう, 云つて置いたら, 云ふかな, 云わざるを, 云わなくっちゃあ, 仰しゃるのですか, 仰せられるの, 侍従だ, 信じて, 別人に, 名付けるより, 国賊だ, 妻帯者だ, 察したの, 思いこんで, 思いたいだけ, 思いましたかね, 思いますの, 思いも, 思い込んで, 思うか, 思うかい, 思うの, 思ったと, 思ったとき, 思ったもの, 思ったらあの, 思ったらしくいろいろ, 思つ, 思つてお出でせう, 思つてや, 思つてる, 思やが, 感違いを, 書くより, 申して, 結論したであろう, 考える仁, 考へてけ, 聞こうもの, 脚気が, 言うであろうか, 言うよう, 言うん, 言おうもの, 言つて歸せ, 言ひ, 言ふであらう, 言ふなら, 言ふんです, 言へる, 評して, 説明する, 金持だ

▼ だかに~ (191, 0.1%)

32 なって 11 して 4 されて 3 なれ, 負まし, 足には

2 [11件] お秀さん, されなければ, なった, なりました, なれば, 入れて, 勤めて, 国外退去を, 推されたとき後輩, 書いて, 赤旗かつぐ

1 [113件] ああいう, あうと, いえば, こういった, こう答えた, この家族, されたときそれ, されたよう, された彼女達, された樹, されること, し, しそれから, したの, した男, した赤坊, しようかと, せうと, そこの, そんな紋, ちょっとここ, つかまったので, どなりつけたが, なったって, なったところ, なったら, なったり, なった時, なってしも, なってたかて, なってるの, なつた, なにか云いあっ, なられますので, なりかつ, なりますが, なりやがって, なり寝所, なるお母さん, なるさ, なると, なるの, なるはず, なる前, なる勇気, なれると, のぶ公が, はげしい小言, はじめられた, まだあつ, チョイ, メリー松原と, 一せいに, 云いつのった, 云いながら, 云い諍, 人が, 今いう, 会社の, 似たよう, 何者かという, 半天だけ, 半纒, 叱られた, 吹き荒したるところ, 呶鳴りかへ, 喚き散らす小, 大町を, 実に恥しい, 就いては, 居たこと, 差した人品, 帯を, 当るわけ, 彼女にも, 後ろ手に, 教えるの, 斯んな, 日本へ, 暴風に, 書かれたこと, 杖術の, 桜の, 比較した, 毛を, 沼津の, 注目し, 漂って, 漸く其処, 病院が, 着た子, 知らないウチ, 私の, 私は, 童貞処女の, 笑いだす者, 笑ふ, 終る, 結って, 聞こえた, 荒々しく蹴倒され, 行くに, 衝当る, 見えた, 見えます, 見えるの, 見なれて, 言い放った, 詰問し, 話し合って, 部屋が, 鐸の, 電話を

▼ だ~ (190, 0.1%)

3 だと, もいる 2 があった, だ, である, であると, のひとり, の年, より可愛い, を伊之助

1 [168件] が, があっ, がいた, がまるっきり, がよく, がをかしく, がアメノフユギヌ, がウマシマヂ, がオシクロ, がオホタムサカ, がオミヅヌ, がサホ彦, がスガノモロヲ, がフカブチノミヅヤレハナ, がホトタタライススキ姫, が三人, が不良, が再生, が可哀そう, が器量, が大國主, が大道, が女, が平均二十歳二十五歳, が父, が生き返りで, が産声, が相続人, が葛城, が虎, が誰, さ, だえ, だから, だけは無事, だぞ, だって本当に, だ世間, っていうの, であつ, であります, です, でその, でない男の子, ではなく, でも毛, でも無い, で保, で女, で性質, で育て, とあなた, との区別, とも裔, と三腹, と二人, なので, ならば, にかかる, にきまってる, にはその, には弘化二年十一月二十六日生, にまさった, に俺, に十三, に娶, に於, に相違, のかたき, のこと, のない, のやう, の一人, の三男袁尚, の中, の代わり, の傍, の冷たい, の可愛い, の名, の子, の心, の様, の玄正, の男女, の行動, の許, の通夜, の運命, の養育, はほんとう, はよそ, はアヂスキタカヒコネ, はアメノヒバラオホシナドミ, はウマシウチ, はオキツ彦, はオシクロ, はオホカグヤマトミ, はオホクニミタマ, はオホトシ, はオホナガタ, はオホマタ, はカグロ姫, はクシミカタ, はクニオシトミ, はコトシロヌシ, はスメイロオホナカツ彦, はタケシウチ, はタヂマモロスク, はタヒリキシマミ, はツラミカノタケサハヤヂヌミ, はトホツヤマザキタラシ, はトリナルミ, はナカツ彦, はヌノオシトミトリナルミ, はヒバス姫, はフハノモヂクヌスヌ, はミカヌシ彦, はミロナミ, はワカヤマクヒ, は丹波ノヒコタタスミチノウシ, は今, は八人, は南蛮寺, は商人, は大, は山代, は己, は幼く, は男, は男子, もある, もちの, も成長, を, をみんな, をエクタ, を一人負つて, を二人, を人質, を他, を多少, を岐都禰, を己, を悲しん, を悲しんだ, を悼ん, を愛し, を我が身, を抱いてる, を持ち帰っ, を捨て, を有, を木, を甘やかす, を産む, を當時土生蕃客, を突きとばした, を行く, を褒め, を親, を高氏, 刻, 刻前に, 烏の, 狗に, 飼の, 飼ひ

▼ だ~ (188, 0.0%)

17 迷惑を 9 災難で 8 厄介に 6 苦勞樣で 4 厄介を, 手數で, 邪魔を 3 手數を, 災難でした, 無理を, 無礼を, 苦勞だ, 苦勞だつた, 苦勞で 2 世話に, 主人, 主人これで, 心境は, 手数で, 苦勞樣でございます, 褒賞を, 迷惑で, 迷惑です

1 [97件] なくなりに, 世話で, 世辞の, 串戯もんです, 主人の, 主人は, 互に気, 人で, 令孃な, 供物を, 兩人, 初穂を, 厄介さまで, 厄介です, 厄介様で, 取次衆と, 召換だ, 名前を, 城二カ所を, 墨附を, 声でもの, 大事に, 大家と, 奉公に, 姿は, 娯の, 守殿風の, 客さんだ, 家来さんの, 家来に, 家老を, 屋敷な, 廻状が, 弱年にて, 得意の, 心配です, 心配なさる, 心配を, 念誦堂開きとして, 愛嬌である, 所望と, 手数を, 支配が, 政道にも, 散財で, 料簡違いでございましょう, 新造, 時世とは, 本尊が, 林の, 案内を, 様子で, 機嫌が, 機嫌は, 歯が, 母さんは, 深切な, 湯を, 災難, 災難であった, 無事かね, 無礼, 牢内は, 用人, 用心御, 用金三千両は, 用金三千兩は, 町内の, 目的は, 相伴に, 真実なお, 眼, 眼力お, 空に, 空腹と, 紋付きの, 経の, 經より, 老体少し, 舎弟様の, 苦勞でござる, 詫を, 話を, 贔屓に対して, 辺の, 迷惑お, 迷惑さまで, 迷惑でした, 迷惑まで, 迷惑様で, 造作に, 邸内から, 隠居の, 雑作を, 難儀お腰など, 難病で, 領主様と

▼ だかは~ (179, 0.0%)

8 知らないが 7 つきり 4 分らないが 2 がっかりし, 分からないが, 彼にも, 彼も, 彼自身にも, 疑問である, 知らない, 私には, 自分にも, 誰も

1 [140件] あの美しい, あまりよく解らない, ある意味, いさうに, いまに, いまは, おじぎを, おそらくまだ皆さん, きょうまで, ぐらぐらする, ここに, この書, この次, これを, さっぱりわかりません, さっぱり分らなかった, さっぱり見当, じっと目, すぐそれ, すぐわかる, すこしも, すずしいひとり, その火, そらへ, それを, だか, だれにも, だれも, ちょっと疑問, つきり判然, つきり記, どうかし, どこまでも, のぼって, はたで, はっきりしなかった, はっきりまなこ, はねが, ひらりと, ほんとうは, またあらためて, まだ結果, まっすぐに, まったくわかりません, まるで見当, まるで雲, まるで鷲, むねが, もうおしまい, もうすっかり力, やがて判明, わからない, わからないそういう, わからなかった, わからなかったの, わかりませんが, わたの, ア困つた, ッと, 一つの, 一八七六年板ギルの, 不明でした, 主膳も, 二の次に, 人間の, 今でも, 今に, 今も, 今日迄, 今更繰返す, 俄かに, 僕にも, 先刻御, 全く即断, 分って, 分らないで, 分らないと, 分らないながら, 分らないに, 分らぬが, 分りませんが, 別問題, 劇神仙の, 口を, 唯實踐, 問題でなく, 外的な, 大声を, 女王様の, 実にみにくい, 実際に, 実際やっ, 察しられた, 尋ねた彼, 尋ねないで, 巣から, 当時の, 彼女にも, 後として, 御察し, 忘れて, 想像が, 想像し, 想像する, 想像に, 想像出来るであろう, 我々には, 我等の, 持って, 日本書紀にも, 殆ど忘れ, 殆ど知らぬ, 泣きそう, 泣きながら, 皆目わからない, 眼を, 知らず, 知らないけれど, 知らないし, 知らなかった, 知らぬが, 知ること, 知れないが, 知んねえが, 私が, 糞では, 紛れて, 羽虫を, 考えないで, 落ちて, 解らなかつたけれども, 説明する, 読者諸君にも, 誰にも, 諸君の, 長井さんも, 長蔵さんの, 電車にも, 電車の, 高くきしきしきし

▼ だ~ (179, 0.0%)

4 を率川, を解い 3 もなく, をし, を緩め, 數を

2 [13件] かも知れず, が怒, が手, が顔, に力, の先, の指, は片面, や足, を出し, を口, を挙げ, を離し

1 [133件] から蜘蛛, がある, がうつった, がつけられない, がつけられねえ, がわなわな, がソロリソロリ, が利い, が徐々に, が緩みます, が緩む, が緩んだ, くばりは, くびに二十数カ所, だの膝, だ断じて, ぢや, でお, でその, で先刻拱廊, で握りしめ, で栄二, で濡雑巾, で濡雜巾, で火打ち, で直に, で相手, で竿, で綱, で肉, で肉切ぼうちょう, で草鞋, で荷物, で衣裳, で鍵, で頻, とだけはぼんやり, にしつかり, にはほそい, にぶら提げ, に合, に夜鷹蕎麦, に息, に懐, に渡し, に自分, に閃, のあと, のうえ, のしない, のつけられない, のよう, の上, の中, の混んだ, の玉, の置き場所, の蔭, の込んだ, はそのまま, はどんな, は下さない, は二本共, は娘さん, は自分, は離さなかった, へ無造作, も冷たい, も震えた, や脚, をかんだ, をくだそう, をごろりと, をそつ, をそのまま, をひきぬく, をもう一度, をものう, をゆるめた, をゆるめる, をゆるゆる, をギュウ, をゴーリキイ, をブルブル, を佐保川, を俺, を初めて, を前, を十徳, を右, を容易, を少し, を少女, を差出し, を引き合う, を引き込めよう, を引く, を思い出し, を息, を懐, を打つ, を抜い, を振りもぎる, を振切る, を捻じ上げ, を握り合う, を時々, を暖炉, を曳く, を洗, を洗っ, を洗った, を洗わせ, を無理, を眼, を私, を綺麗, を胸, を苦しまぎれ, を裏返し, を見せ, を見入る, を貸し, を貸せ, を離した, を額, 指の, 數だ, 數仆れ, 橇が, 焙りが, 荷車が, 頸だけが

▼ だ~ (177, 0.0%)

4 の血 3 の神経

2 [11件] からは新聞紙包み, に人, に唯, に壺, に細く短い, に被った, はうそ寒く, へ入れろ, を主人, を見せ, 燃されて

1 [148件] いたるところ, うれしさ, からつめたい, からふるい出し, から一面, から二分金, から人, から何とも, から冷いもの, から友吉おやじ, から大輪, から毛, から汗, から發散, から脂, から赤, がぞくぞく, がほり物だらけ, が一面, が冷たく, が熱く, が燃える, が瘠せ, が見たかつたら, が金, すうっと, ぞくっ, でいい, でうめき叫んだ, でそれ, でただ, でたった, でたつた, でひ, でぴよぴよと, でも最も, でわたし, で一番, で丁度, で僕, で彼, で笑います, とても血, にあっ, にあるらしかった, にいちばん目, にいつも, にうねうね, にこめた, にたしか, にでも生き, にどこ, にはいっ, には浮薄, には自分, にひで, にぴんぴん, にふ, にへばりつく, にみなぎつた, にみなぎつてゐたのであつて, にみなぎる, にもオラン, にも実例, にも父親, にも礼儀, にわけ, にキビキビ, に一めん, に一双虎, に一足紫紺, に不幸, に交っ, に交つて, に住ん, に其喜, に円く, に化粧, に子供, に家中, に巻きつけ, に悠々, に押し込められ, に拡がっ, に斜め, に春家, に晃, に水煙管, に江戸, に沸かし立てた, に渡つて, に生え, に白い, に花の木, に花粉, に薄, に襯衣, に西洋人, に隙, に顫, に風氣, に黄螺, のはね, のほう, のもの, のシャボン, の一人, の一番末, の二人, の力, の品, の毛, の脂肪, の血液, の血潮, の離れ島, の骨, へ, へはいりかね, へシャボン, へ梯子, をがた, をとぼとぼ, をのぞき, をのたうっ, をほ, をめぐっている, をガク, をタクシー帰宅, を嘗めまわされ, を小さい, を常磐樹, を抜け, を殉教者, を洗つてやつ, を真黒, を見ない, を見る, を這い, を鎖, キラキラ陽, チクチクチクチク出, バラバラの, 凍ったやう, 恋して, 浮いて, 結えも, 黒い長い髪の毛

▼ だこんな~ (176, 0.0%)

9 ところに 4 ことは, ところで, ものは 3 ところへ, 処に, 所で, 筈は

2 [19件] ことで, ことを, もの, ものか, ものと, ものなら, 事で, 事なら, 夜ふけなど, 天使の, 天気の, 女ぐらい, 山の, 所に, 所へ, 時に, 汚いところ, 砂っ, 青二才が

1 [105件] いい話, からだなら, きたないなりを, きたならしいもの, こっちゃ, こって, こつて生計が, こといってる, ことか, ことが, ことぐらいで, ことだったら, ことに, ことには, ことまで, こと云ひ, こと位ひで震へて, つまらないちょう, つまらないところ, つまらねえ話, ときにこそ, とこに, ところは, ところまで, とこを, なまぬるいこと, に大きい, のが, のらくらした, はなれ島, ものかと, もので, ものといった, もんか, もんかぜの, もんだ, やまがへ, やりば, ように, アパートに, ウソを, ガラクタと, トマトなどに, ブラブラ歩き, 不文不明な分らぬ, 乱暴な, 事が, 事じゃ, 京都, 処へ, 可愛い坊, 名も, 問題は, 女を, 奴, 奴が, 奴は, 奴等にでも, 好い室, 嬉しいこと, 家の, 家業は, 山ん中の, 後悔も, 悩ましさ, 惡黨は, 所にまで, 折を, 政府の, 日は, 旨い鮒, 時には, 時ズバリ, 時世に, 時計は, 暑さ, 毛唐まがいの, 毛糸の, 汚ない, 片耳の, 物とは, 物どこかへ, 物は, 物も, 物を, 狂暴な, 狂言ばかり, 画が, 病院の, 相手を, 管, 箱は, 縁を, 花かと, 若い女, 薄情者に, 薄汚ねえ, 見事な, 軽薄な, 迷惑な, 遠隔の, 鈍才の, 関取みたいな, 面白い本, 風に

▼ だぞと~ (175, 0.0%)

5 云って, 云ふ 4 彼は, 自分を 3 平常の, 心の, 思った, 思って, 私は, 言って

2 [11件] とみちゃん, 圖分, 威張って, 威張つて, 広告し, 彼が, 心に, 思いながら, 思うと, 思つた, 鉄路の

1 [117件] あの色, あらかじめ脅され, いい聞かせるの, いうところ, いった, いったの, いって, いはれたこと, いはれたり, いひたくなる清算, いふところ, いふ者が, いわないばかりの, いわぬばかりに, いわれたとおり以後二ヵ月昼夜, いわんばかり, いわんばかりに, かう思ふか, くりかえして, こっちも, さも継母, そういうこと, そこを, そっと耳うち, ただそれだけ, どなって, ひとりごとを, ひどいこと, むつは, よく云つて, われわれを, ハッキリと, 一人が, 一生懸命に, 三造は, 亀の, 云いながら, 云いやんしたから, 云うらしい顔つき, 云った, 云つた, 云つて可笑しい, 云は, 云ひ, 云ひたく, 云ひたげな, 云わぬばかりに, 云中お節も, 今は, 俺に, 兄貴が, 兩人左仲が, 冗談半分に, 凄んだ声, 凡ゆる, 分別の, 励ましその, 勘づくと, 反り返る, 取繕つて, 叫びたくなること, 叫ぼうと, 啓之, 啖呵を, 囁くもの, 囁くやう, 図分, 大ぴら, 大人が, 大人の, 委員云ひ, 威嚇する, 実地の, 家内を, 小沢は, 心配した, 思い詰めるやはり, 思い込まして, 思うらしくふと, 思ったこと, 思ふ, 恩を, 意識する, 押しつづけたところ注目, 教えると, 日頃教わっ, 歯を, 毎日毎夜古風な, 気がついた, 気の, 気付いた時, 浅草は, 申さる, 登は, 睨めつくれば, 知って, 知つてゐる, 私に, 答えたの, 繰返し繰返し, 考えました, 自分に, 色を, 薄気味が, 見せて, 覚悟し, 言い聞かすべしと, 言い聞かせて, 言うた, 言ったので, 言っても, 言つてゐた, 言ひ, 豹一は, 責めたてて, 酒の, 酒興の

▼ だ~ (172, 0.0%)

4 だ, をだせ 3 がある, を懐中

2 [14件] があっ, が三千百八十三両二分, さえあれ, なら馬, のこと, の罪科, は窮民, や品, をお, を入口, を出し, を戸締り, を持っ, を溜め

1 [130件] から教わった, があす, がきらきら, がない, がねえ, がほしい, がほとんど, が三万円, が不足, が余分, が出来ない, が千兩, が女房子, が子, が必要, が欲しい, が死んだ, が溜っ, が無く, が積り積, が素晴らしく, が要る, じゃない, だけでも大きな, だけに糸目, だって銀, だつて言, だらい, だ金, でその, でどこ, ではるばる, でもお金, でも駄目, で買い集め, で足りる, で遥, で魚, としてこれ, とピストル, なんか直ぐ, には淫せず, に変りかかっ, のかかる, のたか, のなか, の一割, の一部, の上, の両替, の事, の値打, の入れ物, の力, の多く, の大, の寵愛, の手もと, の最も, の矩形, の鎖, はいくら使つて, はこっち, はつぎこんだ, はできない, はどう, はみんな, はキレイ, は三両, は三兩, は三百両余り, は三百兩餘, は乙所, は何, は名, は市太郎, は無い, は番頭さん, は確か, は貧民, は貧民窟, もある, もございます, もなくなった, もらひだ, も充分, も生かさなけれ, や右, や品物, や掏, や銀, を, をすぐ, をそっくり, をそつくり, をとり出し, をどうしても, をみんな人, をわたし, を一厘, を借りた, を借りる, を出した, を出せ, を十兩, を呉れ, を弁護士, を恵まれた, を惠まれ, を拂ふから荷物, を持つ, を持出さう, を持出そう, を捨てる, を松田さん, を正直, を殘, を湯水, を私, を置い, を腹巻, を自分, を見た, を財布, を身, を返し, を隠した, を隱, 放れの, 重え

▼ だ~ (171, 0.0%)

1510 の中 6 のよう 3 が流れ, の底, の色, の音, を湛え 2 だと, でぬれ, に浸っ, のなか, の様, の面, はすぐ, は電燈, を睨む

1 [107件] いろに, かいお, から急, から飛び上った, がありました, がうたかた, がうねり, がかなり, がそこ, がはげしく, がまだ, がやっと, が三方, が下, が四方, が岸本, が急, が揺ぎ流れる, が沸き立っ, が流れ出, が湛え, が溜まっ, が畑, が繊毛, が置い, が身体, が鉛色, が雲母, が電車, が非常, が音, が高温, くさいこと, さえが火, そのあたりいちめん, だけは飲まう, だこの, だで, だみんな, だ皆手, だ空っ風, でなければ, でも湛えた, で食後, と木々, にした, にはいっ, には大丈夫, には火かげ, には白い, にまばら, に円い, に映, に映っ, に溺れた, に細かい, に透い, に雜魚, のせい, のにおい, のやう, の傍, の全部, の匂い, の圧力, の多い, の懸垂体, の洪水, の湿度, の給与, の表面, は, はさらに, はとても, は上流, は塩, は氷雪, は淺, は皆涙, は神聖視, は私達, は隧道, は青黒い, は音, ばかりだ, まけた, ももらない, よりは色, をあげよう, をごらん, をたたえた, をはきだす, をはき出す, をよ, を何とか, を吹かけ, を吹きつけた, を思わず, を日陰, を背景, を越し, を透し, を飮, を飮むなら, を飲ませ, を飲みたがり, を飲む

▼ だため~ (170, 0.0%)

5 である 43 であって, に

2 [13件] かさっき, か生れつき, しがない, しがないが, であろう, ではなく, にその, に咳, に少し, に彼, に蛇, に遂に, 余りに夢中

1 [129件] あの心地好い, いよいよこの, かあるいは, かと思う, かの時限爆弾, からだ, か佐柄木, か内大臣, か真赤, か自分, さんざんな, しがないお, すでに分封, その息子, だったか, だろうという, だろう下, だろう去定, ついした, つい彼, であったという, であらう, であるか, であろうが, であろうそのまま, であろう頭, でございます, でしょう, です, ですから, ですぐ, でもありましょう, と判, と思っ, なにかそれ, なの, にあの, にあれ, にいくら, にかえって, にこの世, にすっかり, にそのまま, にそれ, についに, になお, になった, にまだ, によんどころなく, にヒトラー政府, にロシヤ・ロマン派, に一つ, に一同, に三造, に乗客, に今, に他室, に伝, に借財, に前, に勢い, に在校生, に変っ, に夢, に大火, に失敗, に妻, に宮, に家, に少なくも, に幸福, に後世幾億, に急, に息, に憲兵隊, に懺悔滅罪抜苦功徳, に手当て, に捕えられました, に掴みつぶし, に敵, に是, に村長さん, に柔道, に検事, に機械, に此, に町内, に病気, に白髪, に眠く, に知っ, に短い, に禍, に私, に羅馬, に良い, に花茎, に著しく, に虎口, に蟇口自身, に裸体, に西鶴, に貴様, に賤ヶ岳, に起こった, に逆上, に関西, に雨, に音次郎, の下痢, の天罰, の失敗, の汗, の癇癪, の苦痛, の過失, の静けさ, の食い違い, ばかりで, もある, らしく, 両腕, 俄然縹緻, 到頭ひどく, 当然爲, 捲取機, 早めた容子, 苦しいもの, 見つかりませんでした

▼ だ~ (168, 0.0%)

5 のこと 3 に鈍い

2 [13件] でその, でなければ, で今晩, で早桶, で私, にこの, にまた, に灰, に眼, はお, はよく, は吉三郎さん, は生き

1 [134件] いろいろ小細工, いろいろ考え迷った, うまく手筈, からは縁, から下された, から投, から荒菰, から黒水引き, さっさと奥, その父親, その美しい, で, でいざ, でここ, でそれから, でとこの, でと考え, でないと, での仕業, での嘲笑, での感想, での誤解, でまた, でまとまった, でも再び, でも果して, でも遅く, でやむなく, でより, でエミリー, でプロレタリア文学, で今, で何, で又, で帆村, で徐々改正, で感情, で手, で撃剣術, で標本, で次回, で沢山, で眠る, で超脱, で迎え, で酒宴, とゆうべ, にあんなに, にかねて, にさらに, にその, にたくさん, にねなけれ, にはさまざま, には兄貴, には大鷲, には野, にも慎まれた, にも敬しま, にも虔まね, に不思議, に両国, に主人, に人, に六尺柄皆朱, に十分名殘, に坐っ, に塗り笠, に姿, に威張る, に忘年会, に戸, に持っ, に文字, に日曜, に汗, に照れ隠し, に照れ隱, に物々しく, に白い, に眠り, に突伏, に笠, に紐, に腰, に長く, に雨, に飛び込め, のほう, の事, の役人たち, の貞操, は三百両, は三百兩, は下, は仕方, は変り, は大丈夫, は帰した, は捨て, は梃, は相当, は要らない, は転じ, は飛天夜叉, ぷんぷん怒り, へのぼった, へまた, へボート, へ人, へ便箋, へ引き, へ折々, へ桃色, へ硝子, へ跨がっ, またぼつ, まで歩かれる, ようやく出陣, わざわざそれ, をまた, をバイエルン, を一気に, を晩方, を水, を油紙, を誠に, 出来る丈, 出直してから, 小さい声, 御老人方, 直ぐその, 直ちに東京, 連れて

▼ だなん~ (163, 0.0%)

424 だと, ていうこと, ていうん, のため 2 だこれ, だ何, ていうの, ていう人, ていう気, のこと, の変哲, もかん

1 [89件] かって言う, かって馬鹿げきった, かと云っ, たる因果, だありゃま, だあんな, だいあの, だここ, だこの, だそうぞうしい, だって, だってこんな, だってまた, だって夜っぴて, だてめえら, だとうとう, だど, だどう, だなぜ, だね, だよ, だろう狐, だラウラ, だ一向, だ不届き千万, だ今ごろ, だ今さら, だ喧嘩, だ昔, だ有色人種, だ男, だ私, だ竹, だ葬式, だ金, だ面白く, だ飛んでも, ちな, ちふ性, ちゅう事, ち味噌一樽買, ていうつまり, ていうもの, ていう事, ていう人間, ていう勢, ていう取り沙汰, ていう口実, ていう向き, ていう奴, ていう少し, ていう権利, ていう法, ていう点, ていう理屈, ていう習慣, ていう考え, ていう言葉, ていう証拠, ていう話, でもありゃしない, でもい, でもお, でもおれ, でもきょうあたり, でもない, でもみんな, でも今, でも今度, でも山, でも殺人容疑者, でも気, でも煙管, でも見える, でも金蓄め, なりと, にし, のかの, のってあの, のっていざ, のってそんな, のはなつ, のわけ, の不思議, の嬲る, の権利, の歌, の秀麿, まん

▼ だばかり~ (163, 0.0%)

12 では 6 だから 4 だ, だった, です, でまだ, なんだ 3 であった, である, ですから, なので 2 だと, だよ, ですが, で二階, で何, ふとっても, まだ若旦那, 何となく落着, 吾妻屋から, 秋の

1 [93件] いって, げっそり肩, これから向, それでも愛想, だが, だつた, だで, だのに, ぢや, つい同じ, で, であったが, であったけれども, であったのに, であったら画, であつ, であるから, でおくび, でお金, でぐらぐら, でした, でしたが, でしばらく, ですけれども, ですぜ, ですよ, でそれ, でなくその, でなくやがて, でなくジョウ, でなくフラウ, でなく埋葬, でなく得意, でなく恐らく, でなく曲, でなく曳網, でなく本義, でなく此, でなく永く, でなく白内障, でなく長年, でも, でゆるゆる, で一生忘, で今日, で伸子, で低い, で先, で入棺, で勿論, で又, で哀願者, で尉, で小さな, で干瓢, で揺, で新しい, で日光, で早く, で死體, で洗, で洗い, で海風, で深い, で滅茶苦茶, で癒え鬼, で発行日, で箸, で米友, で罪せられて, で草臥れて, で葉, で言葉, で走り続けた, で軈て, で釘, で雲間, で食べようとも, で食道, なのに, なのよ, まだ部屋, ゴツタ返し, バスケツト一つ持たない, 入棺の, 役人は, 朝の, 死体は, 爽やかな, 着のみ着のままで, 立派に, 茂助と, 長火鉢の

▼ だどう~ (155, 0.0%)

1513 したん 11 したの 4 したらいい 3 だね 2 あっても, したもの, したら好い, したろうと, すること, するん, すれば, だいい, 考えても

1 [91件] いふもん, いふ人物, いふ嚴肅貞實, いふ訳も, か勘弁, か山登り, か御, したか, したこと, したそれから, したって, したつて, したという, したなら人, したら, したらえい, した方, した間違い, してる, しなければ, しましょうほほ, しようも, する, するつもり, するという, するの, する分別, だい, だいあの, だいそうして, だい俺の, だい帰った, だい此字が, だい貞藏, だえ, だお, だこれ, だと, だという, だどっち, だな, だひとつ, だア, だアー, だウン, だステキ, だ一言, だ仏頂寺, だ六助, だ名古屋, だ富士甚内, だ幸臣星, だ当ったろう, だ昌平, だ有難い, だ理由, だ盗み星, だ聖者星, だ聞きたかろう, だ蛾次, だ鐚, だ鬼怒川温泉, でえ, でしょう俺, ですここ, ですこの, です和尚さん, でもいい, でもこう, でもし, でも勝手, でも十七字, で盲目縞, なすったろう, なすったん, なだめても, なったかしらん, なること, なるもの, にでもなる, にでも好き, にとなり, メリヤスを, 危険である, 変化し, 思ったって, 異うね, 考へても, 転んだとて, 辱しめた, 防ぎを

▼ だ~ (155, 0.0%)

13 がある 3 があった, が一人

2 [14件] がいる, が判れ, が投, が花束, だ, と, とか歴史, と呑まない, のこと, の仕業, は三日, は魂, を今一度他, を撰

1 [108件] あ随分, から綿入れ, が, があるらし, があるらしく, がきよ, がそんなに, がどうして, がない, がばか, がみんな逆, がむこう, がゐる, が一番, が丈夫, が三万円, が不思議, が人間ぢ, が元, が出, が判っ, が勝, が十四五人, が同じ, が土中, が地獄, が梁山泊, が死に, が無い, が舞込んだ, が葬られ, が車, が這入こんだ, が金, が飛ん, さ, だが, だと, だな, だ一枚, だ手前, っ, であります, ですもの, とどちら, と想像, と鰒, なぞは一人, などを入れ, なん, にこんな, にひとつ, にやられた, に出逢った, に反感, に引っ掛かった, に想い, に相違, に罪, に見込まれた, に邪魔, に頼んだ, に魅, の, の出額, の咽喉, の形, の御, の方, の次ぎ, の言う, の詮議, は, はあれ, はいなかった, はきっと, はこうした, はどこ, はなかっ, はもう, は五圓, は今, は仕合せさ, は備前屋, は先客, は己, は当時想像, は昨晩, は槍先, は生き, は自分, は誰, は馬鹿, ほど始末, もあります, もあれ, もさう, も同じ, も死骸, も番頭, も雲霧, らしかった, らしく片手, をも一度, をゼヒゼヒ, をヴェリチャーニノフ, を中毒, を松ヤニ

▼ だ~ (153, 0.0%)

176 だと 5 だ酒 4 のため

2 [12件] だよ, のにおい, の中, の殘, の気, の荷, の酔, の酔い, は酒, もまだ, も身, も醒め

1 [97件] うけないの, がきい, がけし飛んだ, がここ, がさめた, がじき, がどれ, がなくっ, がなけりゃ, がぬるい, がまだ, がもう, がグツ, がスッカリ, がツーン, が十分, が呑み, が喉, が変, が好き, が心地好く, が悪い, が欲しい, が気もち, が滴, が醒めた, が醒め切れず, が顔, だすべて, だやろうおい, だ御馳走, だ早く, である, でも味噌, でも這入っ, で高く, とが喉, と差引い, と花代, と豆腐, と違っ, なる物, にいい加減, にむせた, にも酔え, にやや, に激しく, に肥った, に酔いつぶれた, に酔った, に飲まれる, のあと二三時間, のさかな, のみましょう, の俄, の光る, の勘定, の名ごり, の瓶, の疲れ, の醉, の量, の香, はうまい, はつまらぬ, はよかつ, は一時, は三合, は屋内, は苦い, は飲む, へ蝋燭, まで附い, もむだ, も一時, も旅, も苦, も金吾, も飲む, や弁当, より外, をあおった, をぐっと, をたくさん, をまいらなけれ, を何, を呉れ, を呷り, を早く, を曹操, を樽, を見た, を解く, を飲む, を飲め, を飲もう, を飲ん

▼ だいい~ (152, 0.0%)

1512 ことが 9 んだ 4 子だ, 茶だ 3 ものが, 心持だ 2 かい, かいこの, かたを, ともおら, な, ほうで, 歌が, 気味だ, 音が

1 [84件] いちもう, お子さんだ, かいそして, かいアレクセイ, かそら, かなおい, かなにごと, かぼくら, かまあさ, かもしも, からさがっ, からそう, から縛ん, から黙っ, かりっぱ, か今日, か八, か即刻, か安場, か生きる, か聴けよ, か胸, か誰, か諸君, が例, きみだ, ことを, ざまさ, じゃない, ですか, ところで, においだ, のだ, ものには, もんです, やらしい, ようすで, ように, 値で, 具合だろう, 加減の, 口だ, 名だろう, 唄で, 声だ, 奴が, 嫁が, 子に, 家だ, 工夫が, 幸いで, 廻しで, 弟子を, 御亭主, 心持で, 恰好だろう, 感じだろう, 所と, 旦那を, 景色だろう, 景色の, 木偶人形だ, 条件だろう, 段取だろう, 目の, 眼を, 着物を, 知人を, 考だろう, 耳だろう, 色彩を, 裁判長だろう, 言葉であります, 話さえ, 話でした, 身分に, 道連れを, 違えを, 遠足だろう, 酒だ, 音色の, 頭を, 香いだ, 麺麭の

▼ だ~ (152, 0.0%)

3 がある

2 [11件] から無理, がこの, がその, が此, が玩具, が私, だが, である, です, ですよ, へ来た

1 [127件] え津田三郎氏, からうけ, から入, から取り出し, から囚人, から来た, から遠く, か自ら代助, があるであろう, がたくさん, がもう, が之, が事務員, が何, が先方, が出来上る, が取次, が場所, が姫, が平ら, が我が, が沢山, が筒先, が自分等, が警部, だけはこぼれ種, だと, であろう此, でその, ではない, では幕末, では立派, では誰, で仕方, で代々, で光線, で出くわした, で到底, で又, で向い, で妾, で岩, で徳さん, で立ち止り, で見る, とか竪穴, として有名, と云, なく出, などはしょっちゅう, にあった, にある, にあるでありませう, にお, にその, にちょうど, には僧侶, には汚れた, による, に不断, に二疋, に五郎山, に人間, に化粧室, に名手, に在る, に手, に死体, に水溜り, に無事, に絵画, に脇, に階段, のある, の伝記, の大, の密語, の最大, の爺猫, の爻辭, の男子, の穀物, の第, はちょうどこんもり, はやつ, は一々, は上松宿, は中庭, は何かしら, は俚俗, は夜ごと, は大きく, は尚, は新劇, は昔, は町, は蝮, は風下, は鼠色, へ人, へ今朝, へ來, へ前, へ唾, へ水, へ泊った, へ火の手, へ這入った, まで知っ, もあった, もあり, もある, もその, もない, も無けれ, や両国, らしい, らしく今, をこしらえた, を以て読まない, を捨てる, を歩い, を突き留, を見れ, を通りました, を鏡, を離れ

▼ だ~ (151, 0.0%)

5 のこと, の光

2 [11件] か前, が浅い, ざしを, だとか, で街, には井戸替え屋, にゃあ, のある, のちょうど, もあった, を見る

1 [119件] からだ, からちょうど, からはめっきり, から二日目, から己, から改元, から日記, から煙草, かれは, か翌日, があつ, がかがやい, がはっきり, が亡き, が何, が十三日, が映っ, が暮れたら, が暮れたらやっ, が暮れら, が暮れる, が浜, が短い, が私, が続い, が落ちる, が高い, ざしの, だ, だから, だった, だったね, だってそう, だと, であった, である, であるから, であれば, です, でないと, ではない, で丁度一年前, で大島先生, とて所, と其死, と男女, ならば, にお, にその, にである, には, にはその, にはどうも, にはまた, には一方, には世間, には二人, には免, には四十五分間, には岩魚, には涅槃像, には目, には船脚, には藪蛇, には誰, には馬鹿, にゃ犬猫, にゃ迷惑, に例, に偶然, に千頭家, に猶々, に穢い, に見た, に酒樽, のあの, の仕草, の光りで, の午後, の反射, の夕食後, の夜, の子, の宵, の感慨, の晩, の暖, の暮, の暮れない, の朝, の清純, の照, の登る, の翌日, はよけい, は一度, は屹度後, は幽か, は東大興福, は水, は疾く, は闘牛, ほど心持, もう一人, もまだ, も恐らく, も母, も海, も猿沢, や刻限, や月, よりもつて産, よ昨日, を待ち, を思い出した, を悪日, を限り, 到頭投げる, 小さい鯉

▼ だ調子~ (150, 0.0%)

228 で言った 4 になっ 3 でいった, でお, です, で云った, になり

2 [11件] だった, でこう, でその, で世話人, で云い出した, で或, で男, で答えた, になります, のある, の声

1 [79件] があった, があつ, が反っ, が感じられた, が見える, であった, であつ, である, である家, でいいました, でおせん, でこたえ, でこたえた, でそれ, でち, ででも, でどちら, ではつきり, でほんとう, でジョーン, でポツリポツリ, で云, で云う, で云つた, で分る, で口, で同じく, で囁いた, で婆さん, で弁, で彼女, で怯, で物, で現場, で番頭, で相談, で答える, で続けました, で繰り返した, で自分, で言, で言っ, で言葉, で訊いた, で話, で話され, で鉄火箸, で龍子, とはまるで, と消極的, ながらに昔, などが明らか, にかはる, になった, になつて, に倭文子, に八重, に変り, に微笑, のするど, のため, のもの, の中, の低い, の文章, の間, の静か, の高い, は争うべく, は爭, をやっ, を出し, を帯び, を忘れ, を憲庵, を持っ, を爽やか, を鉄心道人, を鐵心道人

▼ だねと~ (148, 0.0%)

6 お京, 云って 3 三十女の, 歎息する, 眉を, 筆やの

2 [11件] いって, いわれると, おっしゃるに, 云いながら, 云った, 左門は, 是れ, 笑いながら, 聞くと, 言ったの, 言って

1 [102件] あいつが, あたしは, いかにも不服そう, いった, いったでしょう, いつた青々軒, いふ人が, いわぬばかりに, いわれたこと, うっかり笑っ, おっしゃること, おっしゃるの, お思い, がっかりし, これは, さもさも憐れむ, さわ子を, なりやすい, またくり, ダネックが, 一息に, 下地を, 云い出したの, 云うだけ, 云えば, 云ったの, 云ってた十二の, 云つた, 云つた風に, 云つてさんで, 云つてゐる, 云つて嫂と, 云つて考へた, 云ふ, 云われた時, 云われに, 云われること, 云われると, 云われれば, 仰有って, 佐八が, 何気なく機関助士, 余は, 冗談とも, 冗談を, 冷く, 励まして, 呆れ返るもの, 大に, 尋ねて, 小声で, 忠告し, 念を, 感心し, 感心する, 懐しそう, 文学者は, 旦那が, 早合点の, 普通の, 暗に皮肉, 曖昧に, 書いて, 案内の, 浴せかけたひとり, 炭を, 玄關に, 申しましたら総領, 神様みたいな, 私が, 私の, 立って, 笑った, 笑って, 笑つたものださうだ, 聞かれたとき, 聞く, 興醒めたまじめ, 芝田さんも, 苦笑し, 苦笑せざる, 言いかけて, 言いながら, 言えば, 言った, 言った事, 言つた, 言つたのが, 言つたのです, 言はれ, 言ひかけ, 言ふ, 言ふと, 言われるそこ, 言われれば, 訊いて, 談話半分で, 赤シャツが, 逃げた, 青々軒, 首肯し, 高が

▼ だ~ (148, 0.0%)

28 になっ 7 をつけ 5 がする 4 がつかない 3 がした, をつけろ 2 がしません, になった, になる, のきいた, のせい, をつけない

1 [86件] がおちつかなかった, がし, がしない, がつい, がつかず, がつかなかったろう, がつかなかつた, がつかぬ, がノン, が付い, が付いた, が利いてる, が利いてるだろう, が変, が小さい, が捌け, が晴れぬ, が楽, が狂ってる, が着きませんでした, が若い, が詰っ, が逆上, が遠く, が附い, が餒, だけ立て, で, でい, でも違い, でも違った, でゐた, でアルフオンゾ様, でフラフラ, で働こう, で出す, で家, で探させるが, で数年, で洒亜, で生き, で逃げ廻っ, で頭, なり, にいった, にかかる, にかけない, にくわん, にし, にする, になったら, になっちまう, になつて, になら, になりかねる, になれ, に入らねえ, に喰わない, に障, のお, のしない, のする, の中, の付いた, の伝二郎, の利いた, の弱い, の狂い, の落ち着かぬ, の迷い, はいに, はせず, はほんの, は外, は確か, ばかりあせっ, も入らず, も軽く, をお, をつけなさい, を付け, を引きたて, を引締め, を着け, 重い沈黙, 障な

▼ だしかし~ (146, 0.0%)

8 私は 6 それは 5 これは 2 お前さんの, これで, どうしてもそうしなけれ, 服装は

1 [119件] ああ落ちついてる, あれだけ, あれは, いくら高い, いつまで, いまその, いまの, いまは, おまえあいつに, おまえが, お側御, お前の, お悦さん, かういふ場合, かえってお前, かなり甘い, かわいい顔, こう喉, ここで, ここに, こちらは, この十日, これからは, これが, これとても, こんなこと, そうだ, その事実, その二人, その他の, その刀, その力, その後に, その時, その関係, それが, それきりの, それと, それを, そんなこと, そんな大きな夢, どうした, どうして増六, どう考へ, どこか, なにも, ねばっこさ, ひと休みする, まあよい, まだ島, もう開幕間際, もう齢, もしこれ, やたらに, やはりすべて, よほど以前, よろしいあんた, バックは, 一枚や, 七十郎は, 下から, 世には, 主水殿, 予ほどに, 二十年位は, 人物が, 人間という, 今川の, 今日こそ, 体を, 何という, 俺は, 利息という, 名称は, 君を, 咫尺の, 問題が, 善良な, 嗅ぎだされた以上, 宗忠も, 小生としては, 尻尾を, 岸田國士氏が, 彼には, 彼は, 待て考えて, 微笑んで, 心配しない, 志保は, 思ひあまつた調子, 悪い宿, 我々の, 我々は, 支那の, 文明だ, 斬合いを, 旦那が, 時宗や, 殺さなければ, 気を, 永久に, 活気が, 涌谷の, 激しい語調, 物体の, 結婚, 織田君は, 胸中の, 脅迫状は, 藤尾さんより, 表情は, 誰だろう, 誰も, 返答の, 道程も, 鋭い調子, 雨の, 面白い, 食器まで

▼ だとしか~ (146, 0.0%)

13 思えない 9 思われなかった 8 思へない 7 思われない 4 私には, 見えない 3 思えなかった, 思へなかつた, 思われないの, 考えられない, 考へられなかつた 2 思えません, 思えませんよ, 思はれなかつた, 思はれなくな, 思われないこと, 思われません, 思われませんでした, 書いて, 考えられなかった

1 [68件] お前達には, とし子には, とれませんが, みえなかつたとつさ, 信じられなかつた, 信じられません, 僕には, 取れなかった, 受取れなかった, 彼には, 思いませんでした, 思えずしどろもどろ, 思えずその, 思えないでは, 思えなくなる, 思えなん, 思えやしない, 思つてない, 思つては, 思はない, 思はないね, 思はなかつた, 思はれない, 思はれない樣子, 思はれませんでした, 思ふこと, 思へないので, 思へないやう, 思へない実際, 思へない氣, 思へなかつたので, 思へなくなりました, 思へは, 思へませんよ, 思わない, 思わなかった, 思われて, 思われないから, 思われない様子, 思われない自分, 思われない言葉, 思われない質問, 思われない雑多, 思われねえん, 思われん, 想像できない, 理解できなかった, 百々子には, 知らなかったせい, 考えて, 考えなかった, 考えぬであろう, 考えられないが, 考えられないの, 考えられなかったの, 考え得なかった, 考へない自分, 考へ得なかつた, 聞かないし, 聞かれなかったから, 聞けないから, 自分には, 見ない態度, 見ない者, 見られないの, 解釈出来ない, 言えないよ, 逸子には

▼ だ様子~ (145, 0.0%)

10 です 6 をし 4 だ, だった, であった, である, でした 3 でどこ, もない, もなく, を見る 2 で笑い, もありません, もなかっ, も見せず

1 [89件] がある, がない, が何となく, が分ります, が如何にも, が妬ましく, が宛然野, が日頃, が現れ, じゃない, じゃ下手人, だあの, だが, だけれど, だったが, だねえ, だのに, ったら無かっ, で, であたり, でかき集め, ですぐ, でそして, でその, でふと, でわざわざ, でパイプ, で仕事机, で使い, で偵察, で前, で南米, で同じ, で同夜八時頃, で向う, で小声, で懐中, で曽孫, で最後, で母, で自家, で菜園, で解る, で言う, で話し, で雑談, で音楽, で顔, で鼻, というもの, どうやら素人, なども読む, などよほど, なので, になっ, になつて, に不審, に気, に見えた, に見えました, に釘勘, の首尾, は, はありません, はまだ, は大井, は少し, は岸本, は彼女, は無い, も無い, も見えない, やたった今, をしばらく, をする, をみ, を出来る, を想わせた, を示した, を自分, を見, を見せ, を見せなかった, を見せる, を見た, を隆吉, を面, 今朝方, 忌々しい畜生

▼ だとさえ~ (144, 0.0%)

15 思って 8 云って 7 考えて 4 いえる, 云える, 思った 3 云わねば, 噂され, 言われて

2 [17件] いわれて, ややもすれば観念, 云う, 云われて, 信じて, 思います, 思う, 思うよう, 思ったこと, 思ったの, 思った位, 思われて, 感じた, 考えた, 考えられて, 言えるの, 言って

1 [59件] いうこと, いえないの, いえば, いえるだろう, いえるであろう, いえるの, いえるほど, いって, いわれまして, おもうの, おもえるの, おもわれる, ぼくには, わたしは, 云えそう, 云えた, 云えよう, 云えるだろう, 云えるであろう, 云った, 云っても, 分れば, 吹聴し, 彼には, 思いたくなる, 思いできるだけ, 思いました, 思えた, 思えて, 思ったが, 思ったしかし, 思わせる, 思わせるよう, 思わない, 思わないわけ, 思われた, 思われたが, 思われました, 思われる, 思われること, 思われるだろう, 思われる程, 感じられないくらい, 気がついた程, 気がつかずに, 甚兵衛は, 知らずに, 私には, 習慣によって, 考えました, 考えられも, 考えるよう, 考える事, 考える折, 見えないでも, 言えるほど, 言われた, 言われなくは, 語って

▼ だ~ (140, 0.0%)

5 を出し 4 を持っ 3 の中 2 が腹, である, では, のよう, の訊き, を三尺, を渡し, を片づけ, を言

1 [110件] か, がある, があるなら見せろ, がかなり, がこれ, が出, が出来た, が堆高く, が横, が積ん, が違わ, さびしい家, じゃあない, であった, でありましょう, であるので, でたとへ, でないから, で塞がっ, で明治四年頃和歌山市, で滿腹くし, とすれ, とちいさな, とを懐中, とを贈物, と判る, と知り, などではありません, なる幸若, なんざ, になっ, に賦, に違, のまず, のやう, の乳, の事, の名, の祟り, の考へ, の虎, の言い, の言い方, はどれ, は宙ぶらりん, は必ず, は清浄, は馬琴, ばかりで, も多い, も膝, や義伝公, らしい, をいふ, をおせん, をおなか, をおまさ, をくれた, をそこ, をそっと, をたたん, をとりのぞいた, をどう, をどこ, をぶらさげ, をぼく, を上り端, を僕, を兄さん, を包ん, を取出し, を台所, を各, を外, を娘たち, を家, を寝床, を小脇, を少年, を差出した, を感じた, を手, を打ちました, を掛け, を提げ, を求めた, を注文主, を片, を置く, を聞覩, を脇, を自分, を良人, を見せつけられ, を見る, を貰っ, を返さぬ, を造つた者, を順繰り, を食わぬ, を饗庭, 及び自分, 同樣, 學ぶこと, 容れの, 干の, 干棹, 御姉樣, 置き見たよう, 興り得ない物

▼ だ~ (139, 0.0%)

4 變だ 3 泥棒が 2 主人が, 主人と, 先生, 学士の, 溝は, 納戸の, 規模の, 變な

1 [116件] しくじりを, そう立派, っ嫌い, づなは, にし, に憾むべき, に話さう, の男, の眼, へんだ, べら棒で, チェリストパウ・カサルスの, トラは, ナマクラの, 三郎の, 与太だ, 主人重, 主人重兵衞も, 之進と, 事件だ, 仕掛な, 作家は, 先生が, 先生なら, 先生は, 劇場を, 勉強だ, 勲位が, 卓子の, 受は, 古物生れ, 哲学者の, 問題に, 噐氏に, 国主や, 地震より, 変事だ, 多数の, 太鼓を, 失敗だ, 奇蹟だ, 威張し, 嫌だ, 嫌ひ, 宰相の, 岩石の, 廊下が, 廊下を, 建築だ, 建築である, 建築を, 弥太は, 彫刻家トルヴァゼンに, 循環だ, 恩の, 戸棚の, 掃除ねエ, 推理が, 数学者の, 施太子は, 旦那の, 旦那様の, 木の間に, 槍を, 次は, 毒だ, 氣な, 氣の, 泥棒の, 洪水, 海人の, 潜水艦, 濡場だ, 火事, 火柱が, 煙突の, 爬虫遺骸の, 玄関の, 王様, 疊針の, 盃みたいな, 盃を, 盆を, 砲塔の, 祝いの, 窓と, 笑ひ, 籠が, 紅蓮な, 缶の, 脇差が, 膳が, 艀が, 花瓶を, 芸術家の, 菩薩連嶺等は, 行李の, 衝立が, 詐欺師のな, 議論を, 變あわて, 變が, 金庫は, 鎌の, 間違いという, 雪渓の, 饗宴が, 馬鹿三太郎だっ, 馬鹿者, 馬鹿野郎, 騷ぎをしてその死骸を, 骨折さ, 體こんな, 高め四十六と, 魚に, 魯鈍だ

▼ だここ~ (137, 0.0%)

53 にある, にいる 2 か, で, にい, の主人, の勘定, はお

1 [114件] かとあらためて, から, からすぐ, からすっかり, から上り, から見, から見る, がのっそり, が地獄, が殺人容疑者, が甘酒茶屋, が見せ場, が辛抱, じゃない, ぞ万全, だ, だったなと, だよ, であの, でいっそ, でつかまる, ではない, では岡安さん, でひとつ拙者, でもみんごと, でも戦ごっこ, で一ト, で一番, で二, で云います, で井上清虎, で剛毅心, で喧嘩, で夜, で宝物, で後, で御免, で沢山, で白状, で禁じられ, で酒屋, で金, で錆び, で霓博士, で食事, ならお父さん, に, にいた, にいら, においてかこ, にかくれ, にはたくさん道, には菌, にみな, にもう暫く, にも一人自分, に不審, に不逞, に将来, に必然, に意気, に捕縛, に祖先, のよう, の名物, の奉行所, の奴等, の家, の店, の思案, の船宿, の那須野, はおれ, はきっと, はカムチャッカ, はツ, は一体, は一番眼, は仕, は俗, は吉岡, は大丈夫, は宝隆寺, は宿屋, は手前, は暫く, は東京, は深い, は腹, へ, へいらつ, へさがっ, へ出, へ引合い, へ来, へ送られ, へ通す, までは一切, まで五日, まで俺, まで息, まで捗, まで来, まで来る, まで漕ぎつける, まで追詰められ, も恐ろしい, や花房, より外, をあけろ, をブチ, を見ろ, を通っ, を過

▼ だからとて~ (135, 0.0%)

3 針を 2 それは, 彼の, 無論之, 背ける顏, 軽薄を

1 [122件] ああまで, あきらめては, あの通り物, いちいち戦場, いろいろと, お前は, こっそり泪, さう, すぐ血, そうした波子, そうそう正直, そうまで, その子, その想像, その日運動会, その理由, その責任, それだけの, それと, それを, そんなにまで, そんなに私, ただ単に, ちゃんとした, ついに問題, どうなる, どうにも, なにも, のぞくこと, へんに, みずからを, やはりあちこち, クリストフに, 一番まん中に, 一纏めに, 一葉を, 三好ゆきと, 世間に, 主體的, 之を, 五杯十杯も, 人を, 人間生活全部を, 今と, 他の, 休業する, 何の, 余計な, 例外な, 信州の, 公然と, 冤罪の, 別に罪, 別段この, 別段義太夫, 力の, 勉強せなく, 勤務時間に, 十年生き延びた, 半杯という, 家に, 容赦は, 小林方へ, 帰化人だ, 帰国する, 庫裏の, 得意の, 必ずしも直ちに達する, 快く贈り物, 恋が, 惜しんで, 憎まねば, 我々は, 我子の, 我慢も, 所謂, 斉彬が, 旅へ, 日本の, 次長の, 死と, 死なないとは, 死なぬ先, 永久に, 決してマイナス, 決して卑しい, 決して立派, 決闘し, 火や, 点火すべき, 無理に, 無論賤民, 無電なし, 狼狽する, 甘えて, 申すの, 病気の, 百人が, 目, 私は, 笑っては, 素知らん顔し, 結構な, 美味いもの, 美味い豆腐, 背ける顔, 能率万能の, 自分が, 舅御, 花なんか, 視ざる聴かざる言, 許しても, 誤魔化されは, 責任を, 買わない, 賤しむ, 追い出すからには, 遊んで, 陶器のみに, 項梁に, 題は, 驚くこと

▼ だ~ (133, 0.0%)

4 もある 3 だから, のもの, へ来た 2 である, でその, に在る

1 [114件] からまだ, が, があしらつて, があり, がお, がこれ, が何ん, が味噌, が年, が怪美人, が描かれ, が枕, が脚下, その鶏, だったから, だと, ちょうどその, で, であった, であつ, であるから, でこれから, でそれ, でそれから, でね, でまあ, でマヰナス, で不意, で人, で今, で今に, で仕方, で何程, で博士, で大人物, で怪我, で所詮, で斯, で段々, で渋茶, で玄人, で相当, で自分, で誰一人そう, で長櫃, で馬場, とは知らず, と人, なくて, などを択んだ, にかかり, にて蠅, にはどろどろ, には村, に不思議, に力身込, に厚い, に土橋, に城, に木, に来る, に溝板, に野営, に長, に黄昏, のある, のその, のより, の女たち, は, はきっと, はやす, はよかつ, はロスコー家正面, は一個所, は一番, は今しがた大根畑, は大, は少し, は情ない, は福浦, は私, は雛壇, は面白い, へ, へお, へ卓上電話, へ引合い, へ手前, へ横, へ溜っ, へ男女念仏衆, へ私, へ縁付い, へ軽はずみ, へ鐘, へ飛, まで受け, もございます, も工合, を二合, を今, を伽和羅, を再び, を右, を少く, を押え, を見せる, を見る, を見渡す, を諸君, を通っ, を頭, 即ち大曲

▼ だなあと~ (128, 0.0%)

12 思って 10 思った 7 思いながら 6 思いました 3 彼は, 思つた 2 云って, 思う, 思うこと, 思ったり, 思ひながら, 空想し

1 [75件] いいそう, いうの, いうよう, いう気, いささか呆れ, いよいよ感心, おもいながら, おもう, おもうの, おもった葛の葉, くりかえした, さへ, しきりに感心, しみじみ思われる, た, たいへん気の毒, つくづく思った, つくづく自分, よろこんで, ジーッと, 不審ぶっ, 主人は, 云うだけで, 云う感, 云った, 云ったそう, 云つた, 云ひ触らし, 云わないばかりの, 低い声, 先生が, 哀れな, 少し鼻, 彼の, 思いトラック小屋, 思い自分, 思うこころ, 思う時, 思ったよ, 思ってな, 思ひました, 思ふ, 思わないわけ, 思われる味, 恐れ入らざるを, 想って, 感じたところ, 感じたの, 感じた時, 感じ始めました, 感ぜずに, 感ぜられた, 感心する, 感服する, 栄蔵は, 気が付き易い, 涎が, 独りで, 眼の, 私は, 考えて, 考えながら, 背を, 腹の中に, 舌を, 舟の, 親爺は, 言つた, 言つたさうだ, 話された, 話し合い年寄りすぎ, 趣味ある, 首を, 驚いた, 驚きかつ

▼ だからって~ (127, 0.0%)

2 なにも, 云って, 云われて, 名前を, 言うん, 隊では

1 [115件] あきれただんな, あきれたよう, あっしの, あの方, あまりそば, あれが, あれじゃ, あんなに休ん, あんまりあばた, あんまり人, いくらあれ, いたわって, いろいろな, おせじを, おらあ, お前さん方に, お前は, お断りした, お菓子と, これじゃ, これだけの, これに, そうそうたわいなく, そう手数, その金, その養子, それが, それくらいの, それで, それでピッタリ, それで譲っ, そんな, そんなに慄, そんな云い, ちっとも偉い, ちっとも珍しい, ちょいちょい縄, ついちょいと, とうとう徹夜, にべない, ばかに, ひどい目, ものの, よく言っ, よもうち, わたしに, カタログを, ブルジョア国の, 一向安心, 一応断りました, 一概には, 一生懸命に, 三十七人もの, 主人を, 云うん, 井戸まで, 今日は, 伴れ, 体が, 何か, 何だ, 何にも, 信者だって, 俺が, 傍で, 兄さんほどの, 先へ, 別に腹, 商売道具のな, 問題は, 女ばかりが, 嫂さんが, 寄越すめ, 市長さんを, 平等という, 後へ, 御自分, 必ずしも仲人, 怪しい人間, 恥じては, 懐手を, 挨拶が, 日本や, 朝寝を, 毒を, 汗水たらし, 江戸へ, 油断も, 深い淵, 満足する, 無計画, 無闇に, 男の, 畳の, 真面目な, 矢野さんが, 私たちほど, 程度が, 縁起を, 自己に, 芝居へ, 若い者, 茶屋女風情が, 蔦が, 親一人子ひとり, 観る側, 言訳が, 譫言を, 起きて, 遊んで, 道路を, 随分ひどい, 随分変, 随分遅く, 風邪

▼ だ~ (125, 0.0%)

6 のこと 4 のお 3 である, の顏, の顔 2 が幸, でした, の声, の形見, の来る, の死骸, の赤い

1 [92件] が, がある, がいる, がそう, ができた, がどう, がひとり, がラグラン袖, が一人, が好き, が帰っ, が悲鳴, が手紙, が男, が隱, だ, だった, だったオオ, だよ, だ兄, であっても, であつ, ですから, ですが, というの, といっ, といふの, とは繼, と一緒, と主人, には亭主, には草鞋銭, に似, に岡惚れ, に王, に着せる, に違, のあった, のいじらし, のいふ, のうち, のことぢ, のため, ののこした, のやう, の事, の右, の名, の外, の寢, の床, の後, の心, の思は, の恋人, の懐ろ鏡, の懷ろ鏡, の手, の持ち, の敵, の棺, の次兄, の母親, の浜路, の父親, の非業, の魂, は, はあれ, はきれい, はこの, はこんな, はしばらく, はそれ, は或, は早朝, は泣い, は深い, は表, は親方, もああ, もよく, も本当, も生き, や彼, より私, をのせた, を呼び戻す, を売っ, を憎む, を旅, を返せ

▼ だ~ (121, 0.0%)

5 はない 4 の中 3 である

2 [12件] がこの, が丁度, というの, にみんな, のかたち, の二階, の前, の外, の屋根, の戸口, は濁川, へ帰

1 [85件] があつ, がありました, がある, がいっぱい, がその, がどこ, が二階建て, が即ち, が囲ん, が地名, が多い, が潰れない, が田舎, だ, だと, であ, でお, でございます, でその, ではあるまい, ではない, では菰冠, で日あたり, で着物, といふの, とだ, とて何所, とはべつ, と家, なの, にい, にいた, には必ず, に住み, に居ました, に来, に植える, に生まれた, のこと, のところ, のなか, のひと, のよう, の古い, の名聞, の女, の女主人, の嬢, の建替え, の由緒, の相続, の空気, の裏側, の裏口, の角, の間, の額, はそうした, はどこだい, は一寸見富, は勿論, は懐石, は木曽流, は段々, は無数, は知, は芝居, は遠い, は隣字, へは帰れない, へゆく, へ入れる, へ帰つて俺, へ昼日なか, へ飛ん, まで, もあった, もある, も洗禮, も貧しい, を売る, を失い, を藁屋, 又は夫, 続だから

▼ だ~ (119, 0.0%)

4 に, になっ 3 なもの, に皺

2 [11件] であった, である, な声, な岩山, な部屋, にし, になった, に暈された, に身動き, の画像, を図

1 [83件] だった, だ爾, で, でした, ですから, ですねえ, で己, なけったるい声, な久能, な光線, な又, な妙, な寂寞, な寧ろ, な崖, な形, な心持, な感じ, な時刻, な暖かい, な木の葉, な気, な気持, な氷屋, な沈黙, な深い, な理屈, な眼, な穴, な笑声, な筆致, な色, な花, な訳, な話, な静寂, な静止, な香, におし黙っ, にかたまる, にこんな, にさえすんだ, にじっと, にそ, にそれでは, にほんのり, にまたたい, にわし, に下, に二人, に云った, に低頭, に力, に動かず, に動かない, に動かなくなった, に友之助, に夫人, に寝, に小さな, に少し, に彼, に感じた, に母, に涙ぐん, に深く, に王, に真黒, に眠つて, に突伏, に立つ, に粧い, に肩, に薄, に見える, に赤く, に青ざめ, に静まり返っ, のお側, のま, は丸, をいひ, を片目

▼ だだから~ (116, 0.0%)

3 僕は 2 彼からも

1 [111件] ああし, あらゆる陋劣, あんなこと, いけない, いっとるの, いつでも, おいらにとって, おかしいと, おせんちゃん薄情な, おめ, おらあ, おらも, おれが, おれは, お前は, お正さん, きみ蒲焼は, ここで, ここに, こちらから, こんなひにくな, こんなハイカラ, さだから, すぐ行方不明, その実否, その望み, その興行, それを, ですよ, とても精神, と思つて初め, どうかヘンリー, どうした, なお寝られなくなる, ぼくは, ぼくらも, もう少し低く, もし自由, よう, わしが, われわれだけの, ゴフジョーさ, プロレタリアートの, 一時の, 之を, 云わないこと, 人獣相楽しむ, 人間には, 今ごろに, 今の, 今も, 今度は, 今晩あたり焼討ち, 何となく懐しい, 何も, 何を, 僕だち, 元気を, 先の, 凝らない方, 剣法に, 叔母さんは, 命は, 困ったの, 困るの, 夏を, 多聞よ, 天誅じゃねえ, 女の, 如何し, 姉やだって, 完全に, 宵も, 富三を, 対等の, 少しでも, 己が, 帰郷したくない, 廿分間で, 当分ほとぼりの, 当然それ, 彼子は, 彼等は, 悪い子供, 手付の, 按摩が, 最初から, 正直に, 求めても, 泥棒や, 無暗, 無暗に, 焼酎を, 物足りないもの, 現実把握も, 社会科学では, 私には, 私ア違えねえ, 私達は, 粂吉を, 自分の, 言ひ, 言わないこ, 言わないこと, 誰に, 貧窮組が, 貴公たちも, 貸して, 通例の, 酒を, 魚は

▼ だ~ (115, 0.0%)

6 の下 4 の色, を見た 3 に昼, の中 2 と同じ, にポッカリ, に晝, 白い三日月

1 [87件] からさす, から差す, がはれ, がひろがっ, が焼ける, が生み, が蒼々, が高く, だけがその間, だった, だつた, だという, である, とその, と一所, と松, と青い, に, にあの, にあらわれ, にかかり, にと行, になつ, にはまっ白, には一めん, には何, には少し, には神, には美しい, にコーン, に五色, に出, に早く, に星, に正, に火, に点点, に窓, に第, に葉照り, に透け, に鎌倉山, に雲, のそのまま, のひかり, の一角, の一隅, の前, の只中, の向う, の壮大, の月, の氣持ち, の淋しい, の箱, の表, の裾, の高い, はそれ, はもう, は一日まし, は一面, は冴え, は嵩, は息吹, は晴れわたり, は曇つて, は黄色, へ抜ける, へ消えこん, へ眼, よりも地, を仰ぎ, を仰ぐ, を切, を列車, を幾つ, を後, を景色, を眺めた, を窓, を背景, を見あげ, を見上げ, を負っ, 飛ぶ鳥, 高く雲

▼ だ~ (115, 0.0%)

11 をし 3 を見せ 2 の淺, の紅

1 [97件] あひ, かとも眺められた, があらはれ, がまじっ, が動いた, が十二月, が黒い, こそ着い, ざしに, だから, だこと, だった, つぽい, であった, である, でそれ, で塗った, とそうして, と欲, と融けあっ, ながら鎧, にしろ, にすこし, になっ, になった, になる, に在り, に変色, に大きな, に染まり, に溺れぬ, に苔, に蔽われ, に見え, に見えた, に見え出す, に變, に變つて, に輝い, のついた, のない, のなか, のウール, のセル, のネクタイ, のビルデイング, の上, の中, の低い, の半纏姿, の取持ち, の土器, の壁紙, の変つた, の幹, の広間, の建物, の悪い, の感覚, の手頃, の樫, の浜縮緬, の町, の白い, の着物, の絨毯, の罎, の膚, の陶器, の黄, の黒い, はどんな, は一層, は大, は太古, は東京, は柱, ばかりが佳い, ばかりつかう, も見えるだらう, や目, や線, よりは慾, らし, をあたえる, をした, をすぐ, をた, を帯びた, を思, を持った, を映し, を残し, を湛え, を現, を見せた, を見ろ

▼ だがな~ (114, 0.0%)

4432 その鼠, アと

1 [63件] あれあおめ, あんたは, いけないかな, いけない事情, いつまでも, うちの, え, おいらあ, おじさん, おせんちゃんも, おばば, おめ, おらあ, こう夜, この間それ満, これから一時, こんど蹴球部に, じゃひとつ, そいつが, そういう人, そこに, その人, それを, ちっとわれ, とりあえずここ, なにもう, はてな違った, まあまあ当分, まじめに, アあいつが, アいや, アなどと, アなんて, ア奥さん, ア犯人が, ナニその, ハハハハハ, 一緒に, 丹三郎酒だ, 今度自分で, 何でも敏子さま, 先刻も, 兎も, 南も, 大のし, 太郎, 女房が, 従兵一小隊を, 惜しい事, 断わっちまう明日, 棺桶は, 残刻と, 泊り歩く, 片身に, 眼に, 綿屋さんは, 芝居も, 譬へば軍用金, 車の, 運搬だ, 銅六, 隣の, 面を

▼ だそこ~ (113, 0.0%)

12 にいる 4 にゐる 3 いら, をよく 2 だ, にいた, に居る, へゆく, へ来た, へ行く

1 [79件] からお前, から凡て, から本, から穏, から第, が, がこの, が嫌味, が見せる, けと近づい, こそはおれたち, だその, だと, だなるほど, だア, でもこ, で坐った, にある, にその道, にはうそ, にはそんなに, にはスペイン人, には広大, には横穴, には禅, には船, には誰, には野禽, にも部落, に三本, に句, に坐れ, に徳川家, に抜目, に撰まれ, に日本, に爭鬪, に考えなけれ, に芸術家, に青嵐, に驚くべき, の壁, の家, の岩礁, の腰掛, の軒桁, の雨樋筒, の雲行き, は, はいわく, はやっぱり, は店, は怪塔王, は私, へおい, へお前, へからん, へひとつ馬, へ余輩, へ早, へ来る, へ現れた, へ若, へ顔, までは人形, までゆかなけれ, まで歩い, まで辿っ, も身, をうごくこた, をどい, を動く, を打っ壊せ, を見た, を覚えとい, を閉, 放しや, 迄ゆかなく, 退けそこ

▼ だかを~ (112, 0.0%)

2 つかまえた, よく心得, 知って, 見て, 見ると

1 [102件] いう義務, おそらく識ら, お八重さん, お芳, お話し, こわがる筈, しるして, すること, ちびりちびりやった, ならべたやう, はっきり知る, まったく知らなかった, むける, もっとよく考え, やつて, よく使う, よく分った, よく推察, よく知っ, スポリと, 一足くれ, 下ろして, 中て, 例を, 偶然或, 兎の, 出し掛けて, 刺しました, 合点する, 営んだ, 察すること, 小さく切っ, 少しは, 忘れて, 思ひ出さうとして, 怪しんだ, 悟った, 想いみねば, 想描する, 投出して, 捻る片手間, 探り出す手がかり, 探偵しよう, 掬つてゐる, 教えて, 書いたの, 書いた事, 最も好く, 朗誦し, 朧気ながら, 毎日ききに, 毎日しらべられる, 深く知った, 演って, 漱石に, 理解する, 申し上げましょう, 的確に, 直感させた, 省みて, 知つたなら, 知つておきたい, 知らうと, 知らないうち, 知らなかった, 知らむことを, 知られるであろう, 知りたい一心, 知ること, 研究し, 確かめようと, 確めて, 確め度い, 私たちは, 私に, 突っこまれた, 考えずに, 考えて, 考へるより, 聞いて, 胸に, 色鉛筆で, 見たといふ, 見とどけなければ, 見ること, 見るため, 見極めるいとまもなく, 覚えぬが, 訊かうと, 訊くん, 記憶せぬ, 試験し, 話しました, 語るでしょう, 語る旗, 読もうと, 読んで, 調べること, 豫め思ひ, 買えなかったほど, 貸した時の, 駭然として

▼ だ~ (112, 0.0%)

4 の顔 3 のこと, の眼 2 が何, だと, とは異, と私, なる人, に似, の事, の写真, の向側, の命日

1 [82件] が天, が彼, が死んだ, が独り, が生き返っ, が神山, が遺し, じゃ, だ, だから, だけは今, だったが, という人, とはいえ, とは誰, と叔父, と殆, と見た, と話, などにも何かと, などもきま, なる性, にはつらかっ, に似た, に別れ, に告げ, に嫉妬, に関係, の, のなんとなく, のまして, のむく, のやう, のよう, の乳汁, の力, の匂い, の半生, の古い, の名, の國, の声音, の姉, の姿, の実家, の影像, の悪口, の懇願, の懐, の様子, の無, の無実, の若い, の許, の顏, はまれ, はウマズメ, は今どこ, は僕, は兩手, は坐つ, は私, は色, は苦労, は薄笑, は誰, は運搬車, へ及ばぬ, もおり, もかつて, もその, もそれ, も三拝九拝, も曾, も死ん, や姉たち, や父, をホント, を呼ぼう, を思う, を殺した, を父

▼ だ今日~ (110, 0.0%)

65 はその 2 でも何不足, に於, は九分, もその, 未だ伯

1 [89件] からこの, からは, から三十銭増, から大学, から臭く, から順序, が命日, が帳合, が恰度葬式, だ, だけどっか具合, ではいかなる, で十日, という今日, という日, とてもなさけない, にする, に及ん, に迫った, のこと, の万葉集, の京都, の商売, の夕日, の廃刊, の感想, の旅, の日, の演奏, の漢書藝文志, の空, の記, の門出, はいけない, はおしおの母, はお前, はこっち, はこの, はこれから, はた, はただ, はつれ, はどうか, はねあの, はひつくり, はひとつ, はぼんやり, はやめ, はわし, はウイスキイ, はマチネー, はモデル, はユンカース機, は一つ, は一体, は一度, は一本, は仙八, は六月, は剃刀, は四月馬鹿, は已め, は徳永, は探し, は握り飯二つ, は日曜日, は来ない, は柔かい, は気, は水曜, は為事, は盃, は罷業, は脳病院, は訪ね, までの振舞, までやってこられた, もつい, もとび出す, も三輪, も無理, も飲んだ, も鶴子, を, 出来ないこと, 未だ科学的, 猶従来, 生きながら, 集まった人々

▼ だ大きな~ (110, 0.0%)

4 眼を 3 音を 2 ものを, トランクの, 仕事かも, 声を, 徳利を, 掌が, 眼ほ, 笊が, 荷物を

1 [85件] えびだ, ずう体, ばくち, ふたつの, グローヴを, 丼鉢の, 仏像の, 包みと, 双の, 口元又は, 問題だ, 土手の, 地震が, 地震だ, 夜具包が, 家に, 家屋裏から, 尻尾を, 山から, 川が, 幣束を, 建物の, 建物も, 弦月形の, 手が, 握り飯は, 方だ, 旃檀の, 曳船を, 書棚や, 月が, 木造の, 杉の, 枕の, 柳の, 栃の木が, 汚点が, 泥亀を, 深い笠, 湖水であるだろう, 焼鳥の, 牝蝦蟇の, 町には, 疑問の, 白い物体丈けがクッキリ, 皺を, 皿が, 盥を, 目が, 目で, 目は, 眼, 眼で, 瞳, 石が, 石塔が, 箱を, 籠が, 籠に, 籠を, 紙, 腕が, 船に, 船の, 船も, 花束を, 荷物が, 荷車ほど, 荷車を, 荷馬車が, 藻の, 袋が, 都會では, 金袋を, 鉄橋は, 鋸が, 鏡が, 露の, 面して, 顔を, 風呂敷包の, 魚入, 鳥だ, 鳥打帽の, 黒い渦

▼ だ子供~ (107, 0.0%)

4 だと, の時分 3 のこと, のよう, の声 2 か, でも猿公, のとき, の物

1 [82件] がもう一度, がイタリアピサ, が三人, が出来た, が多く, が怪談, が早く, が永久, が生れたら, が走り, じゃない, だけのこと, だとばかり, だもの, であるという, でさえ多勢, でなけりゃあ, ではありませんでした, ではない, で二三年前, で誰一人, というもの, といふ物, と彼, と言, なの, にだってわかるだろう, になれ, にパパ, に代, に対, に対しつれなかっ, に対する執着, に対する心掛, に對, に手, に済まない, に逢ひたい時, のうち, の上, の側, の取扱い, の墓, の姿, の手習, の拒否, の拳固, の数, の時, の時苦労, の死骸, の母, の胸元, の身体, の過去, の顔, の魂, の麦稈帽子, は, はさつき, はじろじろ, はどこ, は女児, は正直, は生きてる, は私生子, は空葬, まで彼女, も, もうるさい, や大供, や流産, を, をいじめる, をいたわる, をきみ, をその, を一人, を思う, を生き返らし, を神さま, を背負う

▼ だ~ (107, 0.0%)

215 である 4 だと, です 3 の北海丸 2 だが, だった, であつ, であるが, でございますが, なのに, なんで, のその, の小, の本

1 [50件] がなく, だがと, だけれど, だし, だぜ, だな, だよ, だッ, だ一人暮し, である其の, でござる, でした, でしたが, ですが, の, のない, の一僧侶たる, の主人, の人, の僕, の利助, の千之助, の友人, の吉丸, の坑夫, の夫, の妻, の娘, の嬌名一代, の小森安吉, の峯吉, の彼, の恋人, の書記, の末, の机, の梅子, の横川, の機関大尉, の浅川監督, の照子さん, の痩せ青ざめた, の稚, の組合, の義眼, の語序変化, の赤沢医師, はない, はなく, ひきわたせとやら

▼ だ~ (106, 0.0%)

4 がある, だが, をし 3 です, をした, をする, を聞い 2 だもの, であるが, のしかた, まで

1 [74件] あり, いたしましたろう, かわし, が, があった, が伴う, が出, が出来ない, が出来る, が寝返り, が展開, が聞える, が面白い, さえつきゃ, じゃありません, じゃア, だ, だえ, だから, だけでありました, だぜ, だった, であった, ですね, ですもの, ではない, などは, にこんな, にソツ, に尾鰭, に持っ, に花, に類す, のところ, のなか, のよう, の中, の声, の由来, の筋, は, はし, はしない, はしませんでした, はそれつ, はともすると, はまだ, はやめ, は少し, は後で, は数多, は穏, は聞い, は聞いた, は違う, も, もあります, もそこ, も少なから, も聞いた, やついに, やまたは, を, をきい, をしました, をしませんでした, をすっかり, をつけ加え, をドレゴ, を伊澤, を吉原, を泣く泣く, を聴かせろ, を風

▼ だまり~ (105, 0.0%)

4 の中 3 にし, の月影 2 には一人, のところ, の草, をつくっ

1 [87件] から人力車, から立ちあがる, から頓狂, があった, があつ, があり, がある, がうるさく, ができ, ができた, がなけれ, がやがて, が作っ, が出来, が出来た, が土蔵, だ, で埋め, で膝, で舟, としてそれから, となった, となる, にいた, にこれ, にしか過ぎず, にじっと, になる, にはわざと, にもなる, にボンヤリ, に冬, に寄つて, に手, に投げ込まれる, に放りこまれた, に立つ, に草履, に蕗の薹, に足, に集まっ, に霜, のある, のすぐ, のない, のなか, のやう, のベンチ, の一つ, の丘, の侍, の前, の口, の周囲, の城, の小, の広場, の方, の穴, の端, の縁側, の羽目板, の者, の藪かげ, の香ばしい, はせっかく, へふれわたされ, へよろけ, へ味方, へ左, へ移し, へ集まる, や水たまり, をいだき, をなく, をなくし, をよけながら美沢, を廻っ, を得, を拭, を持つ, を添え, を睨んだ, を虫, を見, を見出す, を見詰め

▼ だ~ (103, 0.0%)

13 である 74 がある 2 だが, だと, であります, といふもの, の中, の文句, をお

1 [65件] ありて, があり, があります, が一册, が会津八一博士, が併せ記し, が多い, が大半, が沢山, だか, だけがこの世, だった, だとか, だらうと, であった, であつ, であるが, であろう, でそれ, ではない, で十字架, で長歌, といふ, として歌集, として解釈, とならん, と見た, などを不, などを第, なの, にしろ, にその, にちがい, にはなかなか, に簡単, に雁一双, ね, のある, のそうそう, の一つ, の如き, の無数, の順路, はウンザリ, は幾つ, ばかりで, ほど今人, もちょっと, も妻, をいわゆる, をよこされた, を一册, を作っ, を作る, を唄う, を教え, を旅人, を書い, を歌, を歌う, を此處, を洗いおとし, を覚える, を記した, を読む

▼ だ~ (103, 0.0%)

5 の上 4 の家, の様 3 の人, の野郎 2 に止ら, の一事, の一点, の一點, の二, の推定, の見解, の辺, の阿

1 [66件] う力, でもか, に辯, のま, のまア御, のマア大, の一挙, の一擧, の中, の二人, の人々, の単純, の向き, の單純, の四句, の墓地, の大切, の失策, の奥, の女, の婦, の宿, の庵室, の惣吉殿, の戸棚, の所, の手, の提灯, の早, の早稲田大学, の時, の村, の歯車, の死骸, の沢庵漬, の泉水, の温泉, の物語, の狸め, の狸按摩汝, の男, の病人, の目科, の短冊, の美, の美人, の者, の者ども, の聖書, の興行, の苦痛, の調子, の身, の通り手, の鎌, の露路, の馬鹿者め, の高い, は云, は吾輩, も震災前年ころ, れが, れだけは, れまあ, ん畜生め親父, 暗い家庭

▼ だ~ (103, 0.0%)

2 が思出, だ, だった, になっ, のある, のこの, を見, を見はからっ, を見計らっ

1 [85件] あの仁, あの将校, い今, から, からいつ, からのじっこん, からますます, から世, から入谷, から十五六, から後, から空, から自覚, から見れ, から遊所, この肉, その時代, だけがあざやか, だったらしい, だつた, だとも, ちょっと登っ, であった, であつ, であろう, でした, ですその, で一時小説, と同じ, に, にこの, にすなわち, にそっと, になつて, になります, にはなんと, にはもう, には例, には忽ち, には森田家, には珍, には空, にもう一度, にや, に半, に塔, の事, の俊成, の出来ごと, の夜更け, の大久保, の失敗談, の定家, の少女, の思ひ, の思出, の父, の父上, の物語, の記憶, は, はうまい, はしきりに, はその, はまだ, はピアノ, は丁度, は五十歳位, は圖畫, は川魚, は文学, は既に, は浅草, は界隈, は陛下, は雨, ふと彼, またもや嵐, まだ火事, もう四辺, やっと下, より今日, より父親, 上りかける太陽, 突然この

▼ だ二人~ (100, 0.0%)

3 とも, の女 2 でいっしん, とも呑まれちゃうだ, の前, の影, は戸

1 [84件] がかうし, がレコード, が苦しみ出し, が銀座, しかいや, だぜ, だったけれど, であった, でこの, でつい, で一緒, で仲, で出, で旅, で腕, で行っ, で飮, ともいねえ, とも同じ, とも帰し, とも知ってる, とも野良猫, にその, に見えた, のあいだ, のさけび, のほか, の人足, の人間, の仕丁, の博士, の哥薩克, の唇, の喧嘩, の姉さん, の姿, の子供, の家来, の少女, の息子, の旅人, の武士, の法師, の為, の無言, の王子, の生活, の男女, の画家, の眼, の眼前, の科学者, の窃盜犯, の聖者, の職人, の芸者, の若者, の計画, の賊, の遺族, の鼻, はいくら物, はおれ, はさぞ, はそれ, はそんなに, はどんな, はふと, は今し方, は他人同志, は多分, は室内, は必死, は満員, は真っ直ぐ, は私, は藤田みね子, は行った, ばかりだ, ばかりの人間, や三人, を一方, を袈裟, 並んで

▼ だ~ (99, 0.0%)

3 になっ 2 と処女, にも主, に霑, のさみしい, の中, の何, の底, をほぐし, を見る

1 [78件] ありて, から親しん, があった, があつ, がわたし, が全く, が急, が望み, が私, が読め, が黒く, こそリリシズム, だ, でそれら, ではいられなかった, ではゐられなかつた, で一生, で仰ぎ見た, で向, で夢, で宿, で居た, といふ, とを持て余し, と人間, なくッ, にくい作品, になる, にはさ, にもない, に懸け, に掛け, に落ちる, に関係, のうか, のすみ, のなか, のま, のゆるみ, の企む, の働き, の前, の境地, の外, の張り, の形, の状態, の知れない, の窗, の証, ははずむ, は何, は急, は悲しみ, ぼそく, も, も植えつけ, も靜, よむかし, をまざまざ, をも幾分, をゆすぶつた, を休め, を又, を大事, を悲ん, を感ずる, を慰める, を持つた, を改めて, を明るく, を私, を美しい, を表わさなけれ, を証明, 得がたきは, 消, 美しい姉達

▼ だ早く~ (99, 0.0%)

2 いえば, いって, お頭, 云え, 射ろ, 来て, 行って, 開けろ

1 [83件] あがるが, あがれと, いえ, おし, お前の, かたづけて, ここを, こっちへ, この事, さっぱりし, しろ, しろ水戸, せい一刻, そうした方, その人, その者, だぞ, つけて, でかけるが, なせえ, ぶっ払え, まとまった噺, まはつ, も下手人, アルコール揚棄の, 一刻も, 上つて来ない, 世間へ, 乗りたまえ, 二階へ, 何とか言え, 先生へ, 入らないか, 出て, 出る, 医者を, 善公を, 場所と, 夜が, 女房でも, 家の, 家内を, 屑屋に, 帰るが, 往きねえ, 戸を, 持って, 捕らえて, 捜し出して, 掘って, 撃て, 救い出す方法, 来い, 来いっ, 来なさい, 東京へ, 正直に, 此アカシヤが, 此方の, 此方へ, 死にたいと, 死ねば, 灯火を, 癒して, 知らせねば, 箱を, 細君でも, 總仕舞に, 船へ, 船を, 薬瓶を, 行こう, 行つて見る, 衣笠さんに, 見て, 言え, 言えば, 謝らないか, 連れて, 酒と, 酒を, 金を, 顔を

▼ だめし~ (98, 0.0%)

8 をし 65 をする 4 の会 3 の当番 2 だから, で鱠, にし, をした, をなされたい

1 [62件] か, がし, が始, さぞ小さく, だと, だよ, ってどんな, です, でもしよう, で実力, という危険, ともいえる, と云っ, と云つて, などした, ならば, なんかありません, におれ, にお銭入, にこわがらせ, にさせい, にしちまう, にしなけれ, にする, にそこで, にはつごう, にはもってこい, にチクリチクリ, に一奮発, に出かけました, に剣, に大きな, に彫っ, に往来, に殺される, に父, に破壊, に精神的, に逢っ, のつもり, のやう, の一日, の代用, の無残, の試合, の遊び, はこの, は土釜, は地獄, は返り, もその, も同様, ゆるすぞ, を, をいいつける, をさせ, をしてやろう, をやっ, をやった, をやろう, を見せましょう, 逆磔刑

▼ だ~ (98, 0.0%)

8 のこと 4 の顔, もさ 3 の最後 2 だの母, の位牌, の影響, の莫逆, は和助, も六年前

1 [67件] からも色いろ, から云, がだれ, がどういう, が大, が常に, が御, が日記, が漢学者, が犯人, が白扇, が見つかる, だけを人間, だったけれども, というもの, とは関係, と俺ら, と母, と連れ, には自分, に代っ, に対して改, に愛され, に最初, の, のそうした, のめい, のもの, のアウレル皇帝, の事, の喪, の夢, の子供, の愛娘, の時政, の末子, の白髪, の眞, の臨終, の良, の言葉, の話, の遺物, の遺言, の霊, はいつ, はそういう, はやはり, はロイス河, は奈樣, は嬉し, は散歩代り, は曇つた秋, は死ぬ, は自身, もそうした, もやはり, も度々, も母, も遠く, や母, よ, をダンナ, を取り, を見付けよう, を訴えた, を語る

▼ だよく~ (97, 0.0%)

8 見て 7 覚えて 5 考えて 3 聞いて, 見ろ 2 可怖く, 知って, 見るが, 訊いて

1 [63件] ある筋, いうて, いねむりをしたっけ, お聞き, きく肉体, きのこが, ここまで, こちらの, こんな軽率, その気, それで, そんな今, ぞ日本, ないやう, ねえ料簡, のみ込むであろうから, は分らない, は覚え, やった, やった褒めて, マークを, 云った, 似た姉弟, 似て, 光るぢ, 光る茶, 出来た, 分別し, 化けたと, 呉服屋の, 己を, 彼女に, 思い出して, 戻つて, 整理すれ, 来て, 気を, 焼かれて, 狼に, 生きて, 睨んだ, 知ってる, 罰が, 考へて, 考へてから, 落ち着いて, 行いすました, 見えるだらう, 見よう, 見りゃア虚盲, 見ると, 見屆, 見通しの, 解って, 解つ, 言って, 話したそして, 調べて, 防いだ二度, 阿片中毒者, 面を, 飲んだよく, 飲んで

▼ だかで~ (95, 0.0%)

2 とんぼが, テーブルの, 立って, 踊って

1 [87件] あつた, いきなりばたばた横町, いよう, いられるもの, いるより, いる絵, おおわれて, おも長, かけまわって, かやの, がたんがたん騒, くらすこと, くらすの, くらせる間, けらいが, ここへ, たべるヤツコ, だまつて, でかけたの, とび出しました, なんとも断定, ねること, ひよい, ふたたび雪, また物の本, やると, やるならゆるすおれ, ゆけば, ゐる絵, ジョホールに, チエホフを, 上衣も, 世間を, 両手を, 保健婦, 出て, 分配する, 千日手に, 名を, 呉清源とは, 和歌山の, 大きな荷, 始まるの, 寝て, 寝るん, 居るの, 居るよう, 居る絵, 彩つた船である, 御入浴, 御飯を, 手の, 拠り所の, 捨子公認所を, 暮すの, 暮らしても, 暮らすの, 横に, 此の, 水を, 泳いだり, 泳ぎまくるの, 浮浪者の, 海水浴を, 漕ぎつけては, 潰れて, 熱い畳, 現われたっていうじゃ, 真正面むい, 知合間の, 筍ほき, 納めるの, 腰に, 草とる, 菜園の, 蝉よ, 解放され, 話がは, 買物を, 走りその, 鍬を, 雑草の, 飛びこんで, 飛んで, 馬糞を, 麻布から, 鼻を

▼ だなどという~ (95, 0.0%)

15 ことは 10 のは 8 ことを 2 わけである, 人が, 噂も, 噂を, 話さえ

1 [52件] あかるい方面, いいわけで, うちに, ことで, ことに, ことには, そういっ, のが, ので, のです, のに, ひょうばんも, もんです, んじゃ, 事だった, 事も, 人も, 仮説は, 俗説が, 十日間も, 口は, 噂さえ, 土地も, 場合に, 変な, 多くの, 失礼な, 奥様方や, 妄想を, 実際的, 強い意味, 影口さえ, 怪しいもの, 方が, 旅の, 景気では, 相互関係が, 系図だけを, 考えは, 者の, 見方は, 解釈も, 解釈を, 言葉を, 記事は, 評語であったろう, 話も, 話を, 誤解は, 議論も, 風に, 馬鹿な

▼ だほう~ (95, 0.0%)

32 がいい 16 がまし 5 がよい 3 がお気, が幸福 2 がこの, がはるか, が増し, が高く

1 [28件] があなた, がい, がおき, がそれ, がどの, がなんぼ, がめんどう, がよ, がよう, がよかっ, がよかろ, がよく, が利巧, が好かっ, が始末, が安直, が恐縮, が望ましい, が楽, が気, が適当, せきば, の切り口, の者, の裳, の話, も頼まれた, れトロッコ

▼ だ姿~ (95, 0.0%)

4 を見 3 を見る 2 がうつった, だつたの, である, を見せた

1 [80件] がありがたい, がいっそう, が家, が庭, が怪しい, が目, が表, が見える, が通る, だ, だけが妙, だけが闇, だったの, であった, でい, でした, で余念, で出, で呼ばれた, で季節はずれ, で安らか, で宰相, で来, で相対, で芳年, で迎える, と, という穏やか, と心, になっ, に妙, に小さい, のまま, のみがポツン, のよう, の拵え, の顕れる, はあたかも, はどんなに, はホテル, は好もしい, は美しくも, は羽衣, は自分, は見えぬ, は非常, まったく錦絵, も同じ, も心持, や声, よりもこの, を, をあら, をあらわした, をいつ, をお, をし, をした, をどす黒く, をよく, を下, を仔細, を前, を励まし, を執, を変え, を思い浮かべ, を想像, を持つた, を松崎, を機械的, を残そう, を男女, を装飾, を見た, を見受ける, を視た, を變, を運ん, を遍照寺山

▼ だ一人~ (94, 0.0%)

7 の男 4 である 2 なる友, の女, の武士, は武徳会, 居ると

1 [73件] あの若い, ある日, が, がおれ, が出, が叫んだ, が皆, だそう, だった, だと, であった, であり実は, であるなにぶん, である自殺, では, でやっ, で地下, で寂しく, で左, で旅, で湖, で物干し台, で自棄酒, で観る, で越す, と一人, なるが, にはちがい, には背くなり, のうしろ向き, のお爺さん, のこらずだ, のロダン翁, の人間, の侍, の偉大, の兇漢, の娘, の子, の子供, の客, の息子, の方, の書生, の朝鮮人, の猟師, の田園詩人, の由緒, の異様, の美女, の老, の老人, の若い, の貴婦人, の車掌, の酔, の青年名探偵, の青年紳士, の麗人, は, はつと, はな, は三十前後, は女, は黙, もいない, も出入り, や二人, を苦, 呼んで, 小さい角燈, 残されて, 残るの

▼ だ~ (94, 0.0%)

5 が吹い 3 の中 2 に見えた, は逃れ口

1 [82件] が, がうっとり, がさっと, がじゃ, がなく, がはげしく, がふい, がふきこん, がサッと, が其中, が其処, が冷, が出た, が吹きつけ, が吹きやまず, が吹きわたっ, が大, が天井, が山蔭, が峰, が強い, が息気, が時々, が木, が次, が段々, が沿道, が涼しく, が渡る, が漸次, が濡れた, が爽やか, が羽根, が草, が踊ッ子, して, だった, だつたが, だと, だといつてぢ, だ空, で, であったが, である, でその, で体, で焔, で群集, で見, と, とともに破れ, ともひとつ, と一緒, なくて, にあたる, にかむり, にし, に一寸, に取りつくろった, に吹きつけられる, に懸っ, に歩い, に訊い, に飛ばされ, の如く, の感触, の無い, の爽, の跡, はすこし, はそよそよ, はなかっ, は急, は裾前, は見えない, も出, も雨, を切っ, を切つてピシリ, を喰っ, を罰する, を装う

▼ だからという~ (93, 0.0%)

8 理由で 6 のである 4 ような 3 口実で, 顔を 2 意味よりも, 気持ちで

1 [65件] ことが, ことで, ことを, ご主意, たてまえ, つらあて, ところから, ところここは, ところも, のが, のだ, ので, ひけめを, ものを, キツイ御, 伯母と, 何の, 侮辱の, 僻みも, 判定による, 単なる理由, 単純な, 博士の, 口実の, 型女の, 声の, 好意で, 定義が, 差別的な, 心配が, 思いやりであった, 意味から, 意味だった, 意味の, 態度で, 挨拶だった, 気が, 気持も, 父の, 理由から, 理由だけ, 理由だけで, 理由に, 理由による, 理由ばかり, 理由も, 理由を, 理論を, 登勢の, 社会の, 科白は, 簡単な, 考えかたに, 考えが, 考えで, 考えです, 解釈が, 言葉の, 話に, 説と, 論が, 諦めも, 諦らめの, 議論を, 逃避の

▼ だどこ~ (91, 0.0%)

1342 かこの, か湯治, だと, へ行っ

1 [66件] かけが, かに手落, かの中小僧, かの男, かの裏口, かの雑誌社, かへ伴, かへ割り込ましてやれ, かへ引っかかっ, かへ着けろ, からかひょっと, からかジヤズ, からか三味, からも通信, から出た, から持っ, から流れ, か人, か妙, か語気, か足りない, だげっ, ださあ, だってしきりに, だどこ, だむむ, だろう, だッ, だ火事, でもいい, でもよい, でも構わない訊い, で死のう, で習つたの, ときまった, にあった, にありました, にいやア, にも行く, に欠点, に行ったら, に見える, に誰, に隠し, のお, のどういう, のもん, の原産, の流尻, の海, の童武者, の藪, の誰, へどう, へどんな, へも行っ, へ出かけよう, へ往く, へ往くだろう, へ行く, もかしこ, やら呑気, をどっち, をほっついた, を尋ね, 続いだ

▼ だ~ (91, 0.0%)

5 のこと, の中 4 當に 2 をすぐ, を読み返し, 當の

1 [71件] いろいろ深い, からは私, が, があるなら, がつまらなく, が何, が十冊, が自由, さえあれ, すじの, そのものは, だ, だから, であった, であっても, でありませんが, である, でさえ近ごろ, で今, で自然, で読んだ, というの, といえ, といへ, についてお話, にばかり噛, によって調子, に刑務所, のうち, のかげ, のほか, の一節, の十分の一, の印象, の各, の名, の名前, の名目, の噺, の小口, の来る, の間, の頁数, は, はついに, はつひ, はポオ, は二度と, は十年前, は抱い, もあった, もとう, ももっ, も入れ, も大方, や見た, をこれから, を回想, を思い出し, を手, を繰り返し, を読みきれない, を読ん, 党の, 居宣長が, 座と, 座へ, 枝和解などは, 檻を, 雨の, 黨の

▼ だ空気~ (91, 0.0%)

16 の中 5 のなか 2 が漂つて, のこと, の下, の不安

1 [62件] があの, があり, がすぐ, がその, がはなはだしく, が一杯, が上空, が何となく, が呼吸, が彼, が思いがけず, が残らず停, が流れ, が温められる, が煙草, が発酵, が真直ぐ, が飄々, が鳥, さえ漂っ, さえ皆目, それからすっかり, だけが絶対美, だった, ですね, でほとほと, とがあった, と温度, と簡易, に, になり, にもの, に包まれ, に堪え切れなく, に映じ, に響き, に飽き飽きし, のため, の内, の底, の間, はいよいよ, は三人, は対岸, は窓, は腐っ, は身体, へ沖, をつんざき, を乱した, を先ず, を市中, を彩つて, を思う, を振, を漂わせた, を自由, を送っ, を隔て, を顫わし, を顫わせ, 抜けじゃ

▼ だだが~ (90, 0.0%)

4 それは 3 私は 2 災難は

1 [81件] あの話, いまあの, いまの, お前は, かれは, きみの, ぎりぎりまで, こういった, この人, この土地, こんどは, さ, さらに大, そういうこと, そうしなけれ, そうすりゃ, そのうち, そのおかし, その一杯, その声, それが, それだけの, それと共に, それまで, それらの, それを, たとへ, どうだい, どうぢ, なおも自分, ほんとに犯人, ぼくは, まだいけない, まだ断定, まるでようす, みんなが, もう返し, もしも, もはや彼, わしにだけば, トポグラフイ, 一人の, 一體遊びだ, 三百年来の, 之を, 仕込まれた武芸, 他に, 他を, 依存される, 僕は, 卑怯者では, 博士は, 危ないもの, 問題は, 好い声, 小心だ, 小方二人あてを, 山は, 当人の, 彼等は, 戸惑いにも, 日本人は, 旦那さまそんな, 時として小説中, 柄の, 模型は, 樵夫や, 独りぼ, 相性が, 秀ちゃんの, 私にも, 竹山の, 自分は, 袴野は, 誰にも, 追いつくこと, 運不運という, 道具屋を, 金だけで, 門が, 黒田玄四郎

▼ だなどとは~ (89, 0.0%)

2 一度も, 夢にも思はれない, 思いませんでした, 思わなかった, 言って, 言わぬ

1 [77件] いいません, いえた義理, うたがってさえ, けっしていえなかった, これも, すこしも知りません, それこそ, たれも, だれも, とても信じられなかった, とても言えた, とんでもない, どうした, どうしても思ええない, どうしても思えない, どうしても思えなかっただろう, どうしても思われない, どうしても見えなかった, どうにも考えられない, どうにも考えられません, どこを, どんな文壇愛好者, ほとんど信じられぬ, まさかおっし, まさか思えない, まるで嘘, インチキで, マッカな偽り, 不埓云樣, 世評の, 云えない, 云えなくなる, 云えなくなるわけ, 云はんが, 云へ, 云わないから, 云われないでしょう, 今日まで, 仮定出来ない, 仰言ら, 口が, 夢にも思っ, 夢にも思つて, 夢にも思わず, 夢にも思わぬ, 夢にも考えた, 夢にも考えない, 彼らが, 思いも, 思うまい, 思えぬの, 思っちゃ, 思って, 思はない, 思はなかつた, 思ひも, 思ふまい, 思へないの, 思わないで, 拙者は, 気づかなかった, 決して思っ, 決して思わぬ, 無論思ひ, 申しませんでございますが, 疑いさえも, 考えずして, 考えも, 考へて, 言いません, 言へ, 言わなかった, 言わぬはず, 誰にも, 誰も, 露い, 頭が

▼ だ其の~ (88, 0.0%)

2 [15件] うちに, 伊藤内閣を, 位地を, 信ずる所, 名望の, 如何にも, 存立の, 方が, 板垣伯と, 様な, 款心を, 無能無力なる, 無謀無, 社交に, 組織の

1 [58件] うち一ヶ所は, うち第, くらいな, とき既に, のち何う, ほか物を, まま余は, 上いろはの, 主人を, 事が, 人は, 人らの, 代りお, 代り己は, 内に, 分けた金, 周囲を, 周圍を, 声は, 娘で, 孫だ, 客人は, 室は, 平気な, 心底を, 心配を, 忍び出る, 志が, 思い違いをば, 悪詩, 押入れの, 方に, 方の, 方は, 時は, 時秀子は, 晩に, 柿を, 權六という, 気なら, 済むまで, 物凄い事, 瓢箪が, 疑いを, 疑問を, 目が, 目的は, 相棒が, 秀子が, 箱は, 荷を, 言ツ振, 赤や, 跡を, 身に, 金を, 額を, 魏と

▼ だ~ (88, 0.0%)

6 のあたり 4 の端 2 の間, はこの, はワナワナ, は金輪際, を堅く

1 [68件] からたらたら, からは殆ど, からは水, からは糸, からは絲, からほのか, からガラッ, からガラツ八, から低い, から何, から抜けた, から白い, がわななきかけた, が何かしら妙, が明, が磯巾着, が稍安心, が解け, が軽く, だらう, であった, でうすく, とおだやか, とが兜, とその, とは見る, なぞを眺め, にため, にはお, にはキセル, にまで恐ろしく, にヒステレック, に接吻, に揶揄, に皮肉, に穏やかさ, の, のいろ, のうち, の厚い, の厚ぼつ, の奥, の微笑, の辺, は何, は朱, は石, は絶大, ぶしょう髭, もうそれ, もなんとなく, をおくれ毛, をきっと, をほどい, をブル, を動かした, を半ば, を寄せ, を少し, を差し出される, を幾たび, を曲げ, を濡らし, を痙攣, 怒れる鼻, 裂けて, 赤く細面, 開かんとしては

▼ だかという~ (86, 0.0%)

25 ことを 14 ことは 8 ことが 4 事を 2 ことと, ことに, ことについては, ことも, ような

1 [25件] おそらく万人, ことさえ, ことをも, こと一番明白な, のだ, のは, のよ, 事, 事が, 事さえ, 事に, 事については, 事も, 問題は, 境目が, 尋ね方, 感動すべき, 様子で, 点だった, 点です, 点も, 疑いだった, 疑問が, 見当も, 顔付で

▼ だ人々~ (86, 0.0%)

4 の間 3 の中 2 であつ, のうち, の供養

1 [73件] があつ, がいや, がこの世, がやがて, が之, が坂, が自分ら二人, だった, である, であること, とたえず, と意見, と我と, などのほとんど, にはかかる, には誹諧, にふと, によっておこされ, に同情, に対してはだれ, に微笑, に歌, に身, のうちマリユス, のこと, のなか, の事, の作さ, の価値, の健気, の名, の影, の心持, の思ひ, の怨霊, の手, の環, の生活, の目, の眠, の群れ, の親, の顔, の骨, の魂, はあながち, はか, はこの, はこれ, はそれ, はそれぞれ, はようやく, は一層, は仁者, は変った, は小林秀雄, は火, は燈火管制下, は生き, は皆それそれ, は認めよう, は誠之, は誰, は逮捕, は頭, は驚い, へ対し, ほど彼, もあった, もほとんど, も決して, も遂に, を若く美しい

▼ だつけ~ (85, 0.0%)

164 かな, と思ふ 3 がな, のさ 2 が, が何しろ, す, なお前, なそんぢ, ね

1 [43件] かあと, かなア, かはつ, かナア, か冬, があつ, がお, がかさ, がこんなに, がそん, がどう, がなあに病氣, がなよ, が勘次さん, が好きぢ, が明日, が煙草入, が落つた, その響, それでは返事, ぞ, とあらためて, とよ, と思はれます, なあ, なあそら, なさ, なまあ, なまあだ, な俺ら, な少, な本, な爺, な荷車, な靴, ね乃公, の, べな, まあ俗, よ, よ仕事, オーさん, 飛んでも

▼ だつもり~ (85, 0.0%)

6 でいた 4 だが, だったが, でいる 3 だ, だつたが, です, では 2 であったが, であつ, である, でした, でも, でゐる, なの, になっ, になる

1 [37件] だから, だったので, だったのに, だったのよ, だつた, だよ, であ, であった, であるが, でい, でかえって, でございますが, ですのに, でなら, でやつ, でネ, で一日十両, で云つた, で前, で地獄, で安心, で廊下伝い, で横ちょ, で深刻, で生き, で祖国日本, で納まっ, で顔, なので, なのに, にウッチャらかし, のが頼んだ, の吾妻屋, の大阪ッ子, の安宅先生説得, の相手, の自分

▼ だ~ (85, 0.0%)

754 えさ, す 3 えが

2 [14件] いな, えありゃあおめ, えか, えさちょっと, えさなせ, えさ軍医も, えって, えな, え執権, お内儀さん, が嫁, ここがよ, せア, アすか

1 [34件] ぁんす, あの女, あれア, えからな, えし, えせ, えせえ自分, えなあ, え頼母, おんという, お前の, からいから, がと, が正当防衛, こ, こっちで, さだ, そうじゃ, そだ, ちゃ, つて一生懸命働いてる, でや, なんす, なア, まあそげ, まだ足りない, んだ, サ, 何ん, 俺まだ, 俺ら, 可哀相に, 持って, 石さ云つた

▼ だなの~ (84, 0.0%)

8 中に 6 上に 4 中の 3 なかに, 上の, 中には, 前に, 本の 2 すみに, すみの, ような, 下の, 中から, 中は

1 [39件] あちこちに, いちばん上に, いちばん下の, うしろの, うしろを, うちの, かげから, しかけを, そばに, そばによって, でたうとう, ところへ, ひきだしから, もとまた, ように, ガラス戸を, レコード売った, 一部が, 一部分が, 下に, 下へ, 中じゅうが, 中へ, 前には, 四つの, 奥に, 戸が, 戸に, 戸の, 戸を, 本を, 根もとへ, 火を, 竹を, 緑で, 花ば, 門を, 隅から, 風が

▼ だ~ (83, 0.0%)

6 になる 32 が噴, だった, であった, である, であるから, です, になった

1 [60件] から元, が, があった, がある, がなく, がなんとなく, が今, が大, が忘, が早, が椅子, が見分けられた, が転じ, こそ見本通り, だと, であつ, であらう, でした, でだまりこくっ, でないこと, でほとほと, でチョコン, で今更, で反対側, で古, で坐っ, で差, で弘一君, で成長, で死ん, で溝端, として, にすぎない, にする, になっ, になつたの, になつて, にも幾ら, に作らせた, に出来, に突きさし, に置き, に迫っ, のもの, の問題, の崩れた, の細み, は, は可, は魔物, ばかりの山小屋, をし, をした, をそこ, をとつ, をとる, を似せる, を抜い, を未来, 似が

▼ だまた~ (82, 0.0%)

1 [82件] あした, あっしを, ある者, あれに, いつかこんな, いつもの, おまえは, おれの, おんぶを, かえってきた, かとその, きいの, この伊丹城, この危険, これが, これは, しても, そうする, そこらじゅう空も, その兄, その変, そんな恰好, そんな暇, どこの, ひとつ君の, コスモスへ, 一時こいつを, 五本足の, 人心だ, 人間の, 会おう, 何か, 俗に, 優美で, 先生だ, 出直して, 刺痛だ, 反対に, 台所から, 善い補助者, 喚き立てるん, 嘉陵江側に, 嘘を, 噺込ん, 夢を, 大変かい, 失敗だ, 始めたの, 宇内幾人の, 市場で, 店は, 廻りくねっ, 弁護士などという, 強いて尋ね, 後々の, 念の, 捕まっても, 改めて頼み, 汝が, 父の, 特殊な, 百姓は, 石川藤左衞門さまを, 私が, 空つ, 老人を, 胃袋は, 自分の, 虎は, 行ったところ, 裏町に, 要だ, 身の, 近路, 逃がした, 金も, 隙を, 雨, 雪国の, 顔が, 飛返る, 食糧その他一切は

▼ だあんな~ (80, 0.0%)

4 のが 3 ものは, 女は 2 ものを, よばか, 女, 奴は, 立派な

1 [60件] おばあちゃん, こと, ことつまらねえ, ことは, ことを, しおらしい女の子, のあんな, のは, のも, ひやっこい様子, もの, ものどこが, もの一つぐらい, やつ, ミヽヅクの, 事さえ, 事に, 人たちに, 侍でも, 剣術の, 卑怯な, 図々しい女, 坊主を, 女と, 女という, 女にゃ, 女の, 女を, 奴, 奴と, 奴に, 奴にく, 奴らを, 奴を, 家に, 小ざかしい利いた, 小勢か, 形を, 性格の, 悪いこと, 情無し女の, 戦争な, 所に, 所へ, 昔の, 映画が, 木偶に, 本は, 泥棒は, 男に, 男を, 町の, 約束は, 詰まらないもの, 近藤勇が, 邪僧に, 野郎の, 風に, 餌に, 鶴の

▼ だこっち~ (80, 0.0%)

175 だこっち 4 へ来い 2 で頼んだ, の道, はちっとも

1 [48件] い出て, からこっち, からとびこん, がはかられた, が先, が王様, が盗まれる, が見た, が降参, だって感情, だと, だはははは, で云い, とあっち, にこう, にも言いたい, に来ない, に来なせ, のほう, の一件, の下心, の人間, の喋った, の差した, の為, の留守番, の面, は, はい, は一人, は凱歌, は別れ話, は和蘭陀語, は小, は座敷, は弾薬, は拙者, は栄ちゃん, は気, へ, へよこせ, へ寄っ, へ現われた, もそんな, もどしどし, も要領, を洗え, を見る

▼ だけども~ (79, 0.0%)

2 家の

1 [77件] あたしとても, あたしには, あの人, あの先生, いずれナオミさん, お代さん駄目だ, お前昨夜ッから, お友だち, お大尽, かっとなる, これは, こんなに大勢, こんなに息, しかし結論, そうして妾, その日, そりゃあ乱暴だ, それだけの, それは, それも, そんな問題, とても及び, どうしてもきかない, なぜよ, ねえ銀さん, まだどこ, まだ頭, みのるの, みんなが, もつと, よくもない, 一人で, 一度も, 一応は, 与八さんまあよく, 中心を, 丸で, 京都へ, 人間は, 今にどうなるでしょう, 仕事の, 何か, 何だか, 何よ, 例へば人物, 借りた本人, 借金は, 其他の, 又すぐ, 可い気味, 可笑しいでねえ, 坊さんは, 大丈夫だ, 大原さんは, 好く上がっ, 妾の, 実に妙, 実はそれ, 實際に, 少しつき合っ, 幇間の, 度々見, 後で気, 後に, 徴兵で, 次郎坊なんか, 欲しければ, 此の, 毒舌家の, 海軍少佐としては, 爺や, 発見を, 私は, 脚は, 遣り方, 風精を, 養子では

▼ だ一つ~ (79, 0.0%)

2 にしたる, のうら悲しい, の理由, の願

1 [71件] お買いなさい, お食べ, がその, が資本, が障子, きりさ, この男, この電子, しかない, しかなく, たこと, だけ必ず, でも足らな, と云, に, にかへつた, には江戸っ子, に纒め, の, ののび, の世界観, の事実, の可能性, の四阿屋, の国民生活, の地形, の場合, の大きな, の實事, の形式主義, の怪しい, の意味, の拳, の挿話, の斑点, の新しい, の方法, の楽しみ, の活, の物, の犯罪物語, の王国, の理想, の真実, の真実創造, の破片, の芝居, の芸術形式, の見事, の記事, の過程, の道, の雰囲気, は友人, は帰農, は自殺, まいろう, やって, やるから, 信ずる力, 吊りさげられて, 吊るされた丸型, 困つたこと, 持ち出せば, 残れる最後, 行く, 話して, 買わないかね, 遣わそう寄れ, 附いて, 食べて

▼ だ気持~ (79, 0.0%)

9 になっ 6 になった 3 であった 2 で呟いた

1 [59件] がいい, がいっぺんに, がし, が君, が尾, が恥ずかしく, が無意識, が私, が響い, が頭, だよ, である, であれこれ案, でいた, でこの, でして, です, で一貫, で下宿, で床, で彼, で思う, で眺め, で空, で過した, で郊外, で陰, と悪く, と気持, などを少し, なの, なんか起りつこ無い, になつ, になら, になり, になります, になる, になれ, になれない, になれなかった, のクーレンカンプ, の中, はその, はたまらなくよかっ, はのっぴき, はもう, はわかります, は何もかも, は彼, は消え, は現われない, まで呼び起す, もある, もまた, もわかる, をちょっと, をひきだされた, を持っ, を次第に

▼ だっけ~ (78, 0.0%)

6 だが 2 かねまる, だ, だいや, だおらそれ, 然う

1 [62件] ぁ, あの時分, あの男, あんたア宜, え, おれが, お前が, がそれ, がそんな, がどこ, がね, がン, が一枚, が七月盆過ぎ, ご免なさい, さっき興津から, そいから, その中, その季節, それが, それじゃあ, それでは返事, ちょうど月, でも見た, とんでもねえ, どうして今, なお前, なんかこんな, なんでも, やれやれよかっ, ウン金森さ, ッて, ハッハッハハ, 久し振りで, 二尺九寸五分あった, 今だ, 今日は, 何しろ大勢, 何を, 例の, 僕に, 僕の, 参観に, 君が, 安保箭五郎直行さ, 小僧の, 強気と, 忘れちまった何方, 忘れて, 憎らしい, 昔の, 昔は, 晩トンビなんて, 晩方旦那の, 本当によ, 狡いよと, 緑青は, 舟小屋なんて, 辰公が, 随筆の, 飛鳥山の, 駒馬さは

▼ だ小さな~ (78, 0.0%)

4 青じろい三角標 2 ものを, 動物を, 包みきりだった, 声で, 山, 平べつ, 弟と, 渦巻が, 物を, 老人で

1 [54件] かなり長い, しかし中, ふくれ上ったもの, ギリシャ型の, 一本マストの, 三棟の, 事で, 亭見た, 低い家, 兄の, 冷笑と, 動物が, 卵形の, 名刺を, 四角な, 坐布団みたい, 墓を, 家々には, 小鳥, 幣束が, 影の, 手に, 才であれ, 斷崖と, 流の, 湾に, 町でした, 目を, 眼が, 眼小鼻が, 眼真直な, 石橋を, 硯が, 禿頭が, 箱の, 箱を, 茶店や, 蟇口が, 袋である, 貸家の, 造花の, 部落が, 鋼鉄の, 錫の, 鐘楼で, 長方形の, 雪の, 音樂隊が, 顎鬚や, 顔を, 骨折りだという, 魂を, 鳥居が, 鳥居の

▼ だ言葉~ (78, 0.0%)

43 がある, である 2 だった, などが何時, はなんで, を自惚れ

1 [60件] がしつっこく, がまだ, が生き, だつた, であった, であると, であるの, であろうと, ではなかっ, でやはり, で云え, で掻き消された, で書かれた, というの, としては, と云, と全く, と明るい, になります, に意味, のあつ, のため, の中, の内容, の半ば, の意味, の解釈一点, の調子, はあの, はこの, はそれ, はない, はなほ, は忘れる, もございます, もつけ, もない, も実物, も振舞, も振舞い, も見られた, やその他特殊, や彼, や心像, をそのまま, をたった, をば使つて, を云わせる, を使つて, を僕, を判断, を吐, を思い出さざる, を思い起こす, を手繰, を手繰っ, を精いっぱい, を聞く, を逆, を飾っ

▼ だおまえ~ (77, 0.0%)

7

1 [70件] がわるい, が大きく, が抗弁, が盗んだ, が逃げる, この妹, だったの, とって, どう思う, なしには, ならもらって, なんか, なんぞは隅田川, にだけ, にはお, にはそれ, には少し, に苦労, のこと, のほか, のまいっ, の家, の痛み, の親切, の靴, はあの, はあまりに, はおまえ, はおれ, はきっと, はこれから, はとう, はどう, はなに, はひどい, はまだ, はよく, はよもや, はわし, はッ, は信じ, は先祖, は女, は底, は明日, は暫く, は本, は本当に, は気, は盗人, は眼, は知らない, は自分, は良源院, は試験場, は酒, は頭, まだいた, もこんな, も下手人, も今年, も柿崎さん, よりほか, をあの, をここ, を元通り, を起こした, を養女, んとこ, 気にいったぞ

▼ だはず~ (77, 0.0%)

137 だが 4 である 3 だと 2 じゃない, であるが, のお, の老儒者, はない

1 [40件] だぜ, だったがね, だった父, だつたね, だな, であると, です, ですよ, では, と聞い, なの, なん, のおまえ, のエ・ツーカ・シュー, のレンスキイ, の主人孫右衛門, の二人, の五郎, の伊賀, の勘兵衛, の千之助, の宇津木, の小林昌二青年, の怪物, の恒藤権右衛門, の手, の村, の楠木兵, の汝, の湯, の源三郎, の為さん, の竜, の赤格子, の運転士イバンス, の阿, の馬面, の高坂三伝, はありません, はなく

▼ だ~ (77, 0.0%)

15 しに 4 うだつた, おろそかには, だ, ないか 3 おろそかな 2 おろそかで, 海蔵さ

1 [39件] あんよが, い, いっ, い変, おろかの, おろそかにゃ, おろそかの, かじきという, これ糟くそ, そいつを, それでもいくらか, それを, だや, だら, だ俺ら, つれも, では, はらかういだかれて, びと, びとと問答の, まのむ, まアどうか, ろかと, ッつけましょう, ッつける, ヨチ子, 久は, 人が, 人と, 人を, 人運河, 今の, 今頃, 何か, 何かも, 岩などを, 旦那らは, 花が, 飛んだこッ

▼ だわね~ (77, 0.0%)

2 あなたが, 私を

1 [73件] あたいだち, あたしも, あなたは, あの時, あの波, あんたには, あんた須永さん, いろいろその, うなって, え, えおせんちゃん, えと心, え地震, え幸坊, おも, お小遣, お腹に, この人, この土地, この節, こわいこと, こんど幾つ, こんなにお客, こんなに皆, そこでどうか, そら, そりゃあんまり, それではお, それほど花魁, だんだん風, ちいつ, どうかはいらない, なんだかその, ねえお母さん, ほらまた, また考え, わざと遅く, オーライ, フランス語な, ホッホッホ, 三つ並んだ, 不都合だ, 之なら, 二十年も, 何処の, 半ちゃん, 厭アね, 口惜いね明い, 向うから, 外套を, 大きな樹, 姉さんから, 布団を, 年じゅう泥んこの, 御自慢, 愛吉お前の, 明日の, 本当にきれい, 用が, 男らしくない, 畳は, 疾の, 私お金少し, 私が, 私だ, 私達や, 話がさ, 貴方これ迄, 面会人まで, 順ちゃんは, 髪を, 鶴村さん, 鼓の

▼ だ~ (77, 0.0%)

2 あれから, 君

1 [73件] いざといって, おまへが, お仙三吉叔父さんに, お前さんも, お前さん生き物は, お前さん生物は, お前は, お墓, お近さん, お金の, この両方, この娘, これは, これを, こんな朝っぱら, さア, しかしだ, じっさい労働者, じゃあるまい, そういうもの, そこが, そんなまじめ, そんな論理学的, だがこれ, ちようどぐらゐだけどもう, どうだ, どこの, どんな心地, もうお, キチガイに, ジュリアさん, モウ罷した, 一日ピンピン, 一片の, 何うも, 何んで, 何處の, 倅が, 働いて, 僕の, 兄さん, 兄さんわたしは, 其のお嬢さん, 勇そうじゃ, 君の, 君は, 君達, 器用で, 山城君, 帆村君, 彼は, 彼女は, 悪魔と, 新どん, 旅の, 暑いの, 東京の, 栄ちやんの, 此處が, 池谷与之助てえ, 深山君, 知らないよ, 結局文体は, 繁ちゃんを, 義王その後何か, 職業は, 膝は, 苦味ば, 裁判医の, 配達する, 金地に, 難有, 養母さんお前は

▼ だそういう~ (76, 0.0%)

3 ことは 2 ことも, ことを, ような, わけで, 空家が, 風に

1 [61件] うちから, お嬢さんたちに, お方が, ことが, ことで, ことに, ことには, ことの, ことまで, ときは, ふうに, まじめは, わけだ, 世の中に, 中へ, 事象が, 云い方, 人が, 人間こそ, 人間の, 兵法には, 利で, 力は, 印象を, 危険な, 境遇が, 声の, 大憤怒, 奴が, 奴らの, 学力が, 実感の, 己に, 思いで, 感じこそ, 態度を, 政治運動を, 文字が, 時世での, 時代でも, 条件に, 気分に, 気持でし, 汝の, 状態が, 畜生の, 社会の, 神さんは, 神話的安定度を, 約束を, 考えに, 者から, 訳なら, 話は, 話も, 話を, 調子は, 警察の, 軽侮の, 運命に, 閑静な

▼ だとかいふ~ (75, 0.0%)

10 やうな 4 ことを, のは, 話だ 3 ことで, 考へで 2 ものが, 人物は, 言葉を

1 [41件] けれどな, ことでした, ことに, ことには, ことも, すべてを, つまり観劇, のが, はなしを, ものに, ものを, より何やらしみじみした, アーメン臭い, 事が, 事なれ, 事を, 作爲的藝能に, 俳句の, 噂が, 外に, 奥まつた, 意味では, 文字なんかに, 本能的な, 様な, 模倣臭俗気臭の, 歴史物も, 洋画傾向の, 神泉は, 種類の, 筆匠が, 美しい感情, 者が, 者は, 草花が, 観念が, 話が, 話で, 連中の, 高級な, 黝い

▼ だきり~ (74, 0.0%)

8 だった 2 だ, であった, であつ, なかなか出

1 [58件] あまり向島, いくらカーテン, うつむいて, お由羅, しばらくは, ただ黙々と, だったり, だと, ついどこ, で, であった手紙, である, であるという, でいた, でお, でした, です, ですが, でその, ではいない, では恐らく, でふい, でほか, でやがて, で出さず, で同じ, で容易, で急い, で投げ出し, で死んだ, で稀, で答えなかつた, で翌日, で自分, で警部, で麦焦し, という信条, とうとうそこ, なかなか抜けなくなり, なかなか私, なので, なら淋しい, にし, になっ, になつ, のフュウメ決死隊, また口, 一向遊ぼう, 上って, 全然何, 出よう, 又筵, 呼んでも, 死んだという, 死んだといふ, 答えなかった, 起き上りませんでした, 黙って

▼ だまだ~ (74, 0.0%)

2 だ, 子供っぽい, 追っかけて

1 [68件] あるの, あんなこと, おれの, お二歳, お前には, お給金, この外, これを, こんなところ, そのあと, その片目, そんなこと, そんなもの, だ俺, ちつとも, と思っ, なの, へえる, まっ暗らじゃ, やって, ピリオドが, ミチミを, 一つおれでなくっ, 乗物が, 九つや, 何か, 修復も, 出かけねえと, 出合茶屋も, 博士は, 夢を, 大丈夫だ, 天から, 子供では, 害毒の, 寒い時, 寝ずに, 弓勢に, 息を, 抵抗する, 捉ま, 晩く, 暑いの, 暗いの, 朝早い, 木村を, 枯木と, 正式に, 此の, 歩けるか, 死にたいか, 殻が, 油は, 神仏に, 私が, 空襲の, 若いものたち, 貴様に, 買わないの, 赤いじゃ, 迷って, 酒瓶の, 金を, 針に, 鋏を, 隠すか, 頑張ってる, 黒田様あ

▼ だばかりの~ (73, 0.0%)

3 ところで 2 井戸側の, 内儀の

1 [66件] ことを, ところだった, ところな, ところへ, ところらしい, ところを, ように, ウイスキーが, コートを, ザラザラの, 一冊を, 万兵衛, 二階へ, 処, 出ばなにおいて, 剃刀を, 勢いに, 卵は, 古風な, 国民服に, 太陽が, 奇矯な, 奥から, 女の子に, 寒風も, 小豌豆, 庖丁を, 庭木を, 愛しい, 新しい支柱, 新兵どもに, 新嫁, 新智識, 早朝で, 時, 時から, 桃の, 桑の, 毒液に, 沢は, 炉を, 焼きたての, 熱っぽい藍, 猫二つの, 白河内岳の, 皮を, 私が, 私の, 私生児を, 空車にも, 籬の, 緑色に, 腹へ, 花で, 茶を, 草鞋を, 萬兵衞の, 藤蔓を, 處女らしい, 財産を, 赤ちゃんには, 逞ましい, 酒の, 金でございます, 鎌の, 黄金豹は

▼ だ~ (73, 0.0%)

3 供の, 父さん 2 冊子を, 染の, 桶を, 母さん, 艶の, 艶も, 褥に

1 [53件] いさ, いためだ, がらの, しめだの, っこい, っぽけ, ひさ, ぽけな, 二哥い, 亭の, 伝馬が, 伝馬は, 供に, 供等の, 六, 六家政大谷平, 函と, 劍の, 十郎が, 學校の, 尼公の, 尼公のみ, 市民層の, 庭が, 庭には, 徑で, 徑を, 手車が, 按摩の, 文治どのか, 文治の, 桝を, 棚を, 法師が, 波瀾の, 洋燈の, 父さんは, 猿よりも, 疊を, 笊なんぞ, 笊の, 箱, 粋な, 紫にも, 紫の, 舸の, 虎は, 試験は, 車を, 酒宴と, 風呂敷を, 魚の, 魚を

▼ だ~ (73, 0.0%)

6 れは 2 が人間, はな

1 [63件] がいう, がこうして, がこしらえる, がちやあん, がもう, が仲人, が保證, が兄弟分, が十五, が半分, が命令, が媒妁, が座敷, が形, が是, が案内, が横ッ腹ア, が留守, が直, が草, が身体, が迷惑, が附いてる, だってポカリ, だって実, だって見ず知らず, と一緒, と口, にお, にはちゃんと, のいう, のじゃ, のよう, の云う, の娘, の弟子, の真似, の耻, はあの, はお前, はこの, はほんとに, は一ツ非常, は名跡, は最う, は木卸, は桑名川村, は梨子, は真に, は遊ん, も今, も余り, も安田, も怖かっ, も横曾根, も此の間, も腹一杯, も足, れの, れ往, を飜弄, ん処, 淋しくねえ

▼ だ~ (73, 0.0%)

20 よむかし 3 のよう 2 が咲いた, のやう, よ

1 [44件] からも秋, がさうだ, がだらり, がちぎれ, がついた, がみえる, が咲い, が咲かう, が隠れ, たば, だ, だから, だなんて, だ雪, であると, とは違っ, と満開, に唇, のあいだ, のとれぬ, の中, の友染, の名, の皺, の群れ, の香り, は到る, も實, をつけ, をぶらさげ, を三束, を下げた, を付けた, を作っ, を其袋, を売っ, を夜毎, を必ず, を持たせ, を持たせられた, を貰いました, を鋏, を飾, 売りが

▼ だ~ (72, 0.0%)

42 しめたこれ

1 [66件] あばよ, あれ, いったいなん, いつも電車, いまで, うちの, おれから, おれの, お前は, こいつは, ここで, この眼下, これで, これなら飛び出せる, さっき電話を, すこし経っ, その後は, それから復, それも, でなければ実業家, なんだって, ひッ, ふん, まつたく偶然, まるで遺言, もっと大きな, やはり死ぬ, ァどう, オルガンの, ソレ此の, ボルだの, 三島には, 人を, 僕は, 先生は, 其れで, 君等の, 喧嘩を, 地べた発見の, 奸夫が, 少し善けれ, 山木の, 帰れ, 当家にとっては, 彼は, 徒らに, 感心だ, 成程, 手前だって, 手前殺した, 手当を, 抔と, 未だ年齢, 此ん, 残りの, 汝は, 熊本あたりの, 畜生, 竿さえ, 誰だ, 貴様は, 遠国へでも, 金を, 面白い昔乘宗, 頭は, 魔の

▼ だ~ (72, 0.0%)

6 がある 3 があり 2 には唯, のよう, の越前屋

1 [57件] から三冊, が, がなく, がよく, が可愛らしく, が段, だからねえ, だと, だとか, だろうか, でいつか, でうまい, でこの, では, では倅, でも依然として, でやっと, でゐざり, で一秒時間, で余計, で嚢, で奉天攻撃, で子爵, で少し, で此方, で見たら, で飛石, と聞く, などに連れ, には道綱, にも残つて, に病気, のある, の大杉, の歴々, の水, はお, はしばらく, はなかっ, はやっぱり, は坊主頭, は無い, は見えなかった, へ揺, へ跡, まで残っ, まで殘つて, もなけれ, も苔, も見えない, も見られる, も通っ, らしいもの, を弔っ, を曵いた, を貸し, を通っ

▼ だ~ (71, 0.0%)

2412 だと 2 だそんな, だ俺

1 [31件] か, から出た, じゃあねえほんとにそうとしかみえねえんだよ, じゃあるまい, だいい, だお前, だそれ, だなんて, だみんな嘘, だもっと, だイ, だッ, だツ, だ人殺し, だ何ん, だ勢子, だ繰り返したくない, だ虫, っパチ, です何, でもねえとは, と想うなら, なの, にもしろ, は云わぬ, は小説, は泥坊, もろくに, をいふ, をお, を上手

▼ だ女房~ (71, 0.0%)

4 のお 3 のこと, の妹 2 が夜業, が私, だ, の供養, の姿, の床, の弟, の後釜, の親爺, の追善

1 [41件] お梅, が, が夢, が嫁, が衣裳, でござるよ, とさし, なども冗談, にゃあ, に一ばん因縁, に一分, に稼がせる, に踏みつけられ, のやう, の中将, の可愛い, の夢, の実家, の幽霊, の心, の新, の新しい, の死顔, の生家, の甥, の笑い声, の聞く, の遠縁, の遺言, の顔, はお, は一風呂, は一風呂入ろう, は恐らく, は汚, は狡猾, もあれ, もどの, をだまくらかし, を持った, 古井戸

▼ だつて言~ (69, 0.0%)

14 ふぢ 5 ふの 3 ひました, ひますが 2 つて, はれたの, ひますし, ひますよ, ふぜ, ふに, ふのよ, ふんだ, やがる

1 [26件] つたら, つたらよして, つたら君, つたん, つてる, つてるが, つてること, つてるじや, はない, はぬ, はれて, ひましたね, ひますから, ひますぜ, ひやんす, ふけれど, ふこたあ, ふのに, ふのにね, ふン, ふ事, ふ者, へばそれ, へばなる, へる筈, やあがるん

▼ だなに~ (69, 0.0%)

5 なって 2 も知らない, 送られて

1 [60件] いって, おまつり, お燈明, かきかれたら, かくれること, かの折, かぶせて, があった, がきた, がけじめ, がし, がたいへん, がだめ, がもと, がをかしい, が一番, が上手, が始まる, が書い, が神秘, して, しまって, その日, のって, はいりきらない大きな, はぎっしり, はともあれ, はキラキラ, は教科書, ぽっと神あかし, むずかしい本, もう大丈夫, もお, もおいしい, もおいら, もお前, もかも, もだて, も修身, も心配, も持ってない, も桶屋さん, も知っ, も解らない, よ, を, をした, をそんなに, を仰し, を愚図, を感心, を見た, を許せ, 上げて, 入れた, 待つぶん, 構うべ, 見てらつし, 近づいて, 飾られだしたもの

▼ だはり~ (69, 0.0%)

10 もなく 7 のない 3 のな 2 がある, なしに, もありません

1 [43件] があつ, ができる, がなく, が何, が急, が無い, たまふ, なくす, なく口, なく安里, なく私, なく話, なく遊ぶ, なしにとり, に馴れず, のない若々しい, のやう, の微塵, の無い, の片鱗, の跡形, はここいら, はまた, はまだまだ, は少し, もない, もなく早く, も思ひ捨て, も感じさせなかつた, も消えた, も無く, やア, を感じなかつたらしい, を感じるで, を感ずる, を拵, を持たなかつた, を持たぬ, を生じ, を腹, を除い, を駿介, 何故だ

▼ だ~ (69, 0.0%)

4 だが, に思つて, に考へ, のこと 2 でした, ですから, に思っ, の情ない

1 [45件] から言っ, しきゃ思い出せません, じゃどうにも, だ, だつた, だん, だ私, であった其処, であつ, ですまない, でその他, ではとても, でやっ, で別に, で済み, な事, にしかわたし, にしか思つて, にしか考えませんでした, には思っ, には考へ, に思つたの, に考え, に覚え, に軽蔑, に過ぎない, の事, の判斷, の噂, の心もち, の薄い, はお前, は分らない, は分らないで, は判り, は心得, は承知, は聞き, ひの, もう分っ, ゐだつた, ゐで, 倒れで, 思って, 離れた海

▼ だ少し~ (69, 0.0%)

2 でも泳げ, は素直, は身, 休んで, 手剛い, 落着い, 顎の

1 [55件] あせり始めたの, お前に, お邪魔, かがんで, くらいの血, くらゐ, さすらせて, でも早く, でも有難い, の間, の間己, はこたえる, はたしなめ, はやるが, は宜しい, は当り, は悪, は楽, は氣, は熊谷, は窮屈, は解った, は面目, ばかりの仕事, ばかり請求, も早, も早く, も疑う, も真, やらんか, シヤンと, 休息させなさい, 位なら, 位の, 位は, 前の, 又万葉, 味噌齒の, 大袈裟に, 寒いが, 察して, 待て, 心ある, 怪しいなどと, 憂欝に, 手伝って, 日本が, 暇に, 気晴しに, 解くと, 計算が, 造りが, 間違えば, 頭が, 風が

▼ だ彼女~ (68, 0.0%)

32 の眼

1 [63件] が医師, が好き, が宗藤家, こそ今, とは逆, なの, についてよもや, にはそれ, に遇いたい, に違い, のかわりよう, のこと, のしなやか, のところ, の七色, の円ら, の只, の周囲, の壺, の夫, の姿体, の心, の恋人, の愛情, の懐中, の手, の正, の母, の為め, の父親, の眉間, の瞳, の碧, の肉体, の肩, の腕, の術策, の裾, の足, の過去, の頭, はいきなり, はそれ, はそれでも, はどこ, は小鳥, は当惑, は折, は汽車, は目, は立っ, は自分, は莨, は行っ, は言った, への復讐, への愛慕, も婦人倶楽部, も死んだ, をしめつけ, を思ふ, を抱きしめ, を私

▼ だ白い~ (68, 0.0%)

3 ものが 2 手で, 明るみが, 明るみだった, 明るみを, 雲が, 頬に

1 [53件] かな, がらんと, きれが, でぶ, カバーを, シヤツポ, テーブルを, パンツだ, ビルディングビルディングビルディング, ベッドの, 人工の, 先も, 光を, 十字架や, 卓布に, 壁の, 大都市が, 女の, 姿ばかりに, 布で, 布を, 常夏の, 弁に, 微笑を, 手の, 手を, 手紙の, 方が, 服, 海だ, 灰が, 白痴の, 眠りの, 石であった, 種子を, 粉を, 紙を, 綿の, 肌で, 脂肪が, 脚が, 脚は, 腰巻の, 蕾が, 蛾が, 象の, 足を, 酌器を, 野茨を, 釣鐘草の, 靴を, 飛白を, 齒が

▼ だわし~ (67, 0.0%)

2 の塾, はお前

1 [63件] から先, があの, がお前, がたんせい, が不承知, が出ました, が物申す, が病ん, だけの考え, だよ, で掃除, とここ, とした, とても神, などはな, など愚痴, にこわく, にし, にも見えない, にゃどう, に任せ, に必要, のいう, の不覚, の刀, の力, の助手, の励行, の國, の姿, の家, の席, の村, の求め, の立ち寄る, の財産, の身, の顔, はどうして, はな佐賀町, はわし, はアリョーシャ, は一肌, は今, は今日, は悪い, は感激, は武士, は気, は準備, は生徒共, は話したい, は警察署長, は賢い, は鐚一文, もあれ, も役替え, も手伝おう, も時々, も町, も芸事, より先, をお父さん

▼ だ災難~ (67, 0.0%)

5 でした, でしたね 3 だね 2 で, であったが, でお, です, で気の毒, に逢っ

1 [42件] が起りました, が降り, じゃア, だ, だが, だったね, だったのう, だったよ, だつた, だつたけれど, だつたな, だつたね, だつたネ, だつた相, であ, であなた方, でございました, でしたな, でなんとも, で何, で大, で御座いましたな, で死んだ, で私ども, で訳, と思った, なの, にあったらしい, にあわぬ, にかかった, に会うた, に出逢った, に罹つた, に逢う, に逢った, に遭わぬ, に遭遇, に類する, の原因, の基, を受けた, を受けまし

▼ だただ~ (66, 0.0%)

2 じつと, それだけの, 一つの, 砂だってだけ

1 [58件] あなたは, あの武士, いまの, うっかり饒舌, お前が, かんたん, けがらわしい罪, しだそんな, その旧知, それだけ, それだけな, それ丈けの, ちょっと引金, てんやわんやの, で掛けられる, の切り取り強盗, の友達, の四人, の土, の白紙, の鹿, は帰るまい, もう喜び, もので, わが子を, イエスだ, カントの, 一つ口惜しい, 一人で, 一度で, 一息に, 事変下において, 僅な, 力ずくで, 問題が, 因縁によって, 天に, 女の, 好きな, 小僧じ, 徳川家の, 惧れる, 愛し方, 憎いから, 戻って, 日本人は, 暗いの, 最後の, 消え入りたい気持ち, 無くなって, 父が, 科学小説とは, 聞こえるもの, 自分など, 費やしては, 迫って, 釣瓶の, 霊験アラタカの

▼ だ若い~ (66, 0.0%)

2 侍が, 女が, 女の, 女を, 娘と, 男女の

1 [54件] うちにはな, うちは, ころの, じぶんまだ, ぞ, ということ, のだ, 事務家が, 人々の, 人々よ, 人たちは, 人達の, 仲間の, 僧の, 兩親は, 医師は, 大工さんの, 女だ, 女と, 女に, 女の子の, 女は, 女中に, 女房などは, 奴らは, 妓の, 妻の, 娘が, 娘たちや, 娘だ, 婦人の, 師匠と, 教師に, 方は, 旅人が, 時が, 時に, 時分は, 杉村順吉一人きりだつた, 校友達の, 棋士が, 男が, 男の, 男も, 男女が, 美人の, 者が, 者と, 者は, 芸子が, 藝子が, 闘牛者こそ, 顏を, 飛行将校よ

▼ だしかも~ (65, 0.0%)

2 それが, それは, 何が, 相手は

1 [57件] おれが, このわたし, この幕, これが, これは, その道は, その養子, そんな恥ずかしい, たまらぬ由緒, つきつめて, できるだけ早く, どうしよう, どうやら御, のびやかな, はっきり決める, まだほとんど闇夜, もったいない御, ムチヤクチヤには, 一二度しか, 三人の, 事業好きの, 二人は, 今日お前さんと, 他の, 借りもの, 八月極, 半面鮮血淋漓ゾツとして, 同時に平凡, 君たちが, 場所がらに, 変に, 多くの, 夜半おまけに, 大い, 大魚, 天上の, 好きで, 守勢を, 安くて, 彼等は, 悪い盗み, 手さぐりを, 敵に, 日本橋の, 明日, 時刻は, 暗闇だけが, 江戸ッ児だ, 私は, 老臣どもの, 藤枝より, 裸体で, 西欧科学と, 鋭い声, 随分乱暴, 隨分亂暴な, 高度は

▼ だ主人~ (65, 0.0%)

3 の弟, の金 2 が一人, が留守, と兄弟, の徳次郎, の音次郎

1 [49件] がお, がやかましく, が勤め, が尼, が戻った, が自作, じゃある, というの, といふの, としての態度, とは三十近く, と娘, にお伴, によく, に対してすまない, のこと, の一粒種, の世話, の善兵衞, の太, の孫右衛門, の寝, の寝室, の寢入, の後, の後添, の手箱, の法要, の甥, の由兵衛, の病氣, の短刀, の評判, の遺言状, の隠した, の隱, の馳走, はお, はかく, はもと深川冬木町, は妙, は折, は論外, もさぞ, も私, らしいの, を出せ, を守る, を思わん

▼ だ~ (65, 0.0%)

43 の中 2 が篠咲, が通った, のなか, の者, を見

1 [48件] がある, があれ, が一艘発見, が一艘發見, が下田, が二つ三つ, が二艘, が六ぱいあれば, が幾艘, が引くり返る, が引っ, が往来, が棹さし, が無数, が藤堂伯, が誇張, が通っ, が通りかかった, が酒樽, だお, だと, というもの, なの, なんかすぐ, にとどまる, には関宿河役人, に爽, に酔う, のよう, の伝馬, の形, の食堂, は, はかの, はついに, はキット, は何艘, は彼, は敵視, は赤道, やあなた, をば如何, を引, を真珠島, を知り, を蘇生, を覆えし, を踏みつける

▼ だじゃ~ (64, 0.0%)

20 ないか 4 ありませんか, ないの 32 ないかね, アねえか

1 [29件] あたし全部を, ありません, ありませんよ, ありません貴方, いの, ございませんか, でお, どうあっ, ないぜ, ないですか, ねえか, ねえやてえ, ほほありません, れとも, アな, アない, アね, アまア, ア有りません, モスク, 何かに, 坊やたち元気で, 失敬しましょう, 心細い, 無いか, 生涯縁が, 葉ちゃんは, 行けよ, 起して

▼ だなぞと~ (64, 0.0%)

4 云って 2 思って, 考えて

1 [56件] あなたの, いうが, いって, いつた時, いふけれど, お前は, きらわれるよう, くさすが, ここが, だれが, つぶやいて, とかく魔, 上州縮の, 云いながら, 云うが, 云うと, 云うの, 云う人間, 云う者, 云ったもの, 云っても, 云われて, 仰しゃって, 冷笑し, 噂された, 大盤ぶるまい, 妙な, 尾鰭を, 思うこと, 思うの, 思ったらそりゃ, 思ふから, 思われては, 感傷的に, 批評する, 早呑込みを, 決してそんな, 法医学者にも, 激しく言い出す, 無礼者奴が, 申しますが, 罵りあって, 考えた, 考えること, 考へて, 考へること, 聞かれよう, 褒めさせられるよ, 言うもの, 言っては, 言わずに, 話し合って, 誇称し, 賞めそやす, 身一つを, 軽卒に

▼ だなど~ (64, 0.0%)

5 いって 4 言ふ 3 云ふ 2 いうこと, いふ噂, 云います, 苦笑し

1 [44件] いう, いう事, いう特徴, いう者, いう評判, いう説, いふこと, いふ伝説, いふ言, すらすら喋り立てた, その他あらゆる, とめっそう, なかなかこんな, ぶつぶつ小言, 云うて, 云って, 云つてゐる, 伝うると, 伝称せられ, 似た事, 僕は, 噂に, 大音, 少し情ない, 師匠は, 思って, 思ふの, 日常も, 特書し, 珍らしくたずね, 疑う人, 聞くと, 自分は, 自分も, 言いまして, 言い触らすもの, 言うて, 言うの, 言うもの, 言ひ, 評されも, 話しました, 話し合って, 讒誣される

▼ だ人たち~ (64, 0.0%)

14 の嘆き 4 のこと 2 である, の中

1 [42件] があった, がそこここ, が叫んだ, が大, が戸障子, が磨石, すなわち国民, だ, だと, だ私, であったから, であるが, です, とこの, と押合い, には自明, にもなる, のうらみ, の上, の冥福, の動き, の名, の子孫, の想い出話, の最期, の次, の熱心, はあの, はこう, はその後, は感心, は案外, は正直, は皆, は知っ, ばかりで, もあろう, もたいてい, も多, も多く, も形, をなぐさめます

▼ だ~ (64, 0.0%)

5 がある 2 が沢山, しの, の如く, もある

1 [51件] あるやは, から類推, がない, がなかっ, が多い, が有る, さえ記されある, しがない, によってこれ, に同じく, のない, のふろしき, のスープ, のセミオン船渠, のナイフ, のマンガン鉱山, のロシア, の多く, の奴, の武士, の用務員, の男, の白衣, の眼, の絵巻物, の絵馬, の茶壺, の鐘, の高札場, は, はある, はいくら, はない, はねえ, は一つ, は二度, は前, は古来, は少く, は従来, は応神天皇, は日本, は沢山, もあり, ももとより, も古い, も少なく, をみない, を挙げん, を示した, を聞かぬ

▼ だ~ (64, 0.0%)

9 では 6 でも 54 です 3 だね, である, なの 2 だが, でありました, であるが, でした

1 [23件] があっ, があり, さえわかれ, じゃありません, だつた, だナ, で, であった, であったが, でありましたが, であります, である貨幣, でございます, ですね, でもなかつた, になりました, になる, に成った, もあろう, も全く, も知らず, やねえ, を述べある

▼ だ~ (63, 0.0%)

3 にし 2 のため, れ然, れ輪廓, を知らず

1 [52件] から団子, から見れ, がまったく, が不意, が左, が生き返る, が豪かっ, だから, だからこそ, だけなら, だけの目的, では停車場, で実は, との中, と云, と暮し, にすみません, に代っ, に又, に殉ずる, のし, のまわり, の一週忌, の仕事, の側, の兄弟, の幻影, の心, の正, の残した, の気持, の留守, の米吉, の罪, の血, の記憶, の話, の貧しい, は, は近視, も唯一, れでも, れ人間, れ又, れ日常思惟, れ春, れ老, を医学士, を哀しむ, を検める, を知らせる, を言われ

▼ だかが~ (62, 0.0%)

2 あった, 自分には

1 [58件] あって, あれだけの, あれの, いるって, うっすらと, これは, その石印, ついて, つまって, とりつけられ更に, どうしてわかる, はつきりわかる, ぶら下って, またはらみ, わかるなんて, わかるの, 一定し, 一面に, 互にぶつかり合う, 五色の, 何かに, 何の, 例の, 入れか, 分かり瑣末, 分かる, 分らない程, 分ります, 多すぎやしない, 夜更けに, 始終相手, 家を, 寒いなら, 幼少の, 思い切って, 悪口を, 想像さる, 明, 本で, 本当によく分ります, 校門から, 死に際に, 油絵の, 無造作に, 現われて, 直ったと, 眼を, 破裂した, 積もって, 腫物か, 行われつつ, 見たいだけ, 見たい希, 解るので, 言って, 言つた, 飛び出して, 黄色く光っ

▼ だもし~ (62, 0.0%)

2 ぼくらが, 僕が, 御亭主

1 [56件] あいつです, あの, おおかみ, おれが, お前が, お婆さんが, お望み, ここに, この上, この世が, この根本, これで, そのよう, その事, その盟約, それ相当の, できたらぞっと, ひょっとし, やさうし, わたしが, コルマック・コンリナスほど, 一ヶ月分の, 今度そんな, 何か, 僕に, 博士一行が, 向うに, 嘘だ, 女が, 姉さんお前何う, 子供が, 少年が, 彼の, 得ざりし驚くべき物質的文明, 得ない驚嘆, 忘れなんぞ, 望むなら里, 番士に, 相当の, 神妙という, 私が, 私等御同, 縁の, 縁縫いを, 自分が, 自分に, 蓬と, 虎徹でない, 裏に, 誤って, 誰れ, 諸君が, 貴国において, 足利党の, 長え, 馬を

▼ だものの~ (61, 0.0%)

2 たましい, 多かった

1 [57件] あさましさ, いつ出帆, ぎっしりと, くまじゃやらわかりませぬゆえ, ここで, これから先, ごとくに, ごとく島袋源七君, ごとく思われる, さて富山, すでに別れ去った, その甘美, たしかにお多福, とうてい泳ぐ, とても舞台, なき声です, まだこいつ, もう遅い, やがて瞳, よくよく考え, ジャックの, 云いかた, 云いよう, 今では, 今度は, 他人の, 兄の, 兄弟では, 努めと, 園絵は, 如くその, 如く静か, 如く髣髴, 実はイカサマ, 平次も, 彼の, 後から, 心の, 手繰って, 手繰つて, 文字の, 明朝に, 気が, 流石に, 玄関でも, 生きたがった心持, 相当に, 相手は, 粂太郎め俺には, 純粋無垢なる, 話しくら, 誰れ, 贖罪の, 身を, 闇黒で, 陸謙は, 飛びかかって

▼ だ表情~ (61, 0.0%)

6 をした 4 をし 3 で, になっ, は 2 があった

1 [40件] がうかびました, が浮んだ, が見え, であつ, であり無表情, でこの, で夫人, で巌, で帰っ, で明智, で母, で繰り返し, で視線, とを見せ, と微笑み, ながら落ちつい, なの, にかわっ, にのみチャーム, に変った, に変つて, のなか, の彼女, の彼等, はきれい, はどの, はまことに, はまつたく, は復讐, をさせ, をたたえ, をつづけ, を交互, を呈し, を浮かべ, を眼, を見た, を見る, を隠しえなかった, を隠そう

▼ だこれから~ (60, 0.0%)

2 はすこし, チョクチョク遊びに, 出かけて, 行って

1 [52件] いっしょに, おいらんところへ, お袋の, か, だつて, どんな任務, なつの新しい, の大役, の子供, の深林, はひとつ親類づきあい, はもう, は何, は成るべく盗まれない, は気, は滅多, は金, は鳥うち, ぼくと, も身, キシさんに, 一っ, 一つあっちの, 一つあつ, 一人か, 中直り, 二人で, 会ひ, 何年か, 先どの, 先の, 先苦しん, 切通しへ, 向うに, 国元へ, 塒へ, 夜を, 大津へ, 御新造を, 復た, 時候は, 流儀は, 浅草へ, 火防の, 直ぐに, 聞かして, 蝋燭屋へ, 西の, 調べて, 起きて, 食堂へ, 馴染が

▼ だところが~ (60, 0.0%)

2 すこぶるかん単

1 [58件] あいつは, あしたの, あなたの, あの娘, いくぶんか, おらと, きわどい時, このごろに, この先生, この通り幕内, この隣屋敷, すっかり感心, その中, その人, その切手, その細井, たくさんあっ, ちょうど廟所, ちょうど海, どうだ, やがては, よし清国, チベット人は, 一八一四年頃牧師コインビャーが, 一抱も, 一本の, 不思議に, 今宵碁敵の, 今日ひっぱたいた, 今日まで, 何や, 僕あ, 入院しなくっ, 全く厭, 其中に, 出し抜かれたん, 出刃打ちの, 右の, 君この, 君の, 夕刊の, 夜に, 弁信さんと, 当日房吉は, 彼は, 政府の, 文阿, 死の, 毛唐の, 無住な, 犬の, 約束ばかり, 総円さん, 総葺替え, 菊は, 蓋を, 遊輔は, 酒宴の

▼ だ~ (60, 0.0%)

2 [12件] からそんな, と一緒, などは夫人, のこと, の佐太郎, の嗜好, の娘, の子, の手記中, の菊次郎, は俺, は自分

1 [36件] が可哀そう, が本当に, が論文, きそいつ, きたち, では, でも助け, とそっくり, との会見, とは大学, とよう, と云, に似, に対しても申し訳, に引き摺られ, のため, のほか, の児, の前, の唐棧, の息子たち, の情誼, の直覚, の追福, の遺言状, の顔, はお, はどんな, はなんと, は盲目, も兄, も尊敬, よりも他家, よりも仲, 御の, 思ひで

▼ だ~ (60, 0.0%)

2 にもやり手, をきいた, を私, を開いた

1 [52件] いかにもおんな好き, から考え考え, そしてそれ全体, だが, で云う, で言, で言わなく, で追った, で食べる, と一杯, と同じ, なしだ, なん, にさ, に出される, に合わない, に標示杭, に煙管, のぴくぴく, のまわり, の下辺, の兩端, の利き, の大, の大きい, の尋常, の左右, の端, の辺, はなかなか, は眼, へ入れる, ほどもない, まできく, をお, をきかれる, をこれから, をとじた, をひらい, をまた, を出し, を利い, を利く, を寄せた, を引裂ける, を思はず, を思ひ, を抑える, を押しひろげる, を長く, を閉める, 重々しい意地悪げ

▼ だ農奴~ (60, 0.0%)

2 というの, と知事, のほん, をすっかり

1 [52件] がほんとう, が一体, が御, が欲しい, だけ売っ, だったらどう, だって, だなんて, ってどういう, って今どの, でしかし, でまた, でまだ, でも持っ, で一体, とは果して, などという話, などとは決して, などは商取引, など買いこむ, など買わなけれ, なんか買う, なんか買っ, なんていう, なんていったい, なんてどだい, なんて売った, について知事, にどんな, のこと, の名簿, の売買登記, の相場, の買い占め云々, は所詮, ばかりかおまけ, ばかりはからっきし, もみんな一緒, をあの, をありったけ君, をどうか, をなるべく, を値切り倒しやがった, を商ってる, を売っ, を残らずです, を買いこんだ, を買い取った, を買い込んだ, を買う, を賭ける, を重要視

▼ ださあ~ (59, 0.0%)

2 ここは, もう兄さんたち, 来い, 言って, 銀来

1 [49件] いいかえ兵馬さん, お代りお代り, こい, こちらへ, これでも, ございござい, その人, それが, それを, そんなら, どうする, どこに, ゆこう, よく嗅い, 一杯と, 二人で, 云えだなんて, 五貫, 仙公いつ俺が, 俺の, 出かけよう, 坐んなよ, 尋常に, 小僧覚悟しろ, 帰ろう帰ろう, 後陣が, 急ぐん, 手を, 持って, 掘れ, 早く修理道具, 早く行こう, 書きや, 来や, 此方へ, 殺さば, 殺して, 泳ごう, 準備だ, 素直に, 覚悟しろ, 討ち取れ切り込んで, 返事を, 通して, 通せ道, 遠慮なく取っ, 野郎こう, 野郎文句は, 飲んで

▼ だそれから~ (59, 0.0%)

2 椅子に

1 [57件] う, お役人, きっと図画, この股引, こんどは, とうとうおれ, へえそれから, もう十二年, ゲエテも, ゴカイ類には, ノミや, パリイの, プリ銃砲店に, 一番先に, 丁度一年経つた, 今夜は, 侍は, 俺ら今ぢや, 俺達は, 先き, 先に, 先生が, 兎狸狐猪熊, 刀を, 劬り, 君の, 君は, 大野田の, 妹たちの, 密通の, 年長者は, 彼は, 彼女は, 忰が, 急に, 手懸りが, 次を, 水で, 汝だ, 無事に, 焼き豆腐を, 煎餅を, 玄関を, 甲府にも, 目黒の, 私は, 窓の, 細うい唸り声, 考えて, 聞かして, 聞きたいが, 腕力だって, 臆病そうな, 自分が, 自分等の, 重さんの, 釣絲を

▼ だ~ (59, 0.0%)

169 だと 5 だ厭

1 [29件] かな, だここ, だそんな, だつまらぬくだらぬ馬鹿馬鹿しい, だみせて, だもし, だよう, だ人, だ何, だ何ん, だ別れるなんて, だ別れるの, だ助けて, だ堪らない, だ女, だ父子, だ私, だ葬るなんて, だ虫部屋, だ身, でたまらない, なこと, なばば, なん, な犬, になつ, ばかりで, らしいねえ, らしく小次郎

▼ だ~ (59, 0.0%)

6 である 2 でそれ, になっ, を一散, を帰っ

1 [45件] があった, があら, がどんなに, が悪く, が私以外, だとばかり, でありながら, とにしき絵, ならぬ恋, なる石, に押, に最も, に終っ, に針葉樹, の上, の片側, の見透し, はあれ, はかなり, はその, は俗, は履歴書, は崖, は彼女自身, は歩, は消え, へこの, もなに, もまた, も史家, をその, をたどっ, をたのしく, を一念, を先, を勇敢, を正当, を歩む, を船, を行こう, を街道, を辿る, を進め, を選びたい, を避ける

▼ だこいつ~ (58, 0.0%)

82 だ, には参った, は転ぶ

1 [44件] あ, あおもしろい, あ大変, が, がいた, がこいつ, が夢, してやられたよと, だこいつ, だこの, でやらかそう, で片付け, に違えねえ, のよう, の面, はおもしろい, はたまらねえ, はてっきり, はな, はむつかしい, は一番, は俺, は味, は国辱, は江戸開府以来, は火鉢, は無礼, は自慢, ばかりは自分, も, をおさえる, をひとつ神尾様あたり, を二重, を利用, を忘れる, を持っ, を桶, を潮, を生かし, を金, ァ一寸専門家, ァ妙, ァ頂ける, 必ず何

▼ だ仕事~ (58, 0.0%)

52 だから, だよ, で井上友一郎, と見え, の方, をし, をする

1 [39件] か悪人, がなくなっ, がまた, が今, が有ったら, が第, じゃある, だったもの, だという, だといふ, であった, である, であるの, です, ではなかっ, では容易, でほんとう, でもちろん, で矢島, とする, なの, なら早い, なら早く, にかかる, になるだろう, に外れ, に相違, に訣別, の仕, の内容, はこれ, はまだこれから, も遂に, をした, をしよう, をやりとげれ, を少なくとも, を放っ, を果した

▼ だ~ (58, 0.0%)

3 で見る, れは 2 れ一個主我的意思

1 [50件] から何, から帰, から観音さま, がお, がオサシミ, が主人, が出れ, が手, が聴診器, が虚言, が貞女烈女, が非, さえあれ, じゃア, だ, だ是, だ穴, だ鐘鳴り, で最う, にては他, には秀子, は幾ら, は松魚節箱, は決して, は結ん, は聊か, は落字, は貴, は貴公様, は高輪田, ほど立派, ほど結構, まで出家, も話, も駅夫, より他, れ, れによつて, れまで, れも, れより, れ一場, れ一大苑囿, れ君, れ地理上, れ屍, れ東海, れ言語, れ議会, れ議會

▼ だ~ (58, 0.0%)

9 をし 2 がはじめて

1 [47件] から來, が不平, が死, が紫, が鏡, その物, だちで皮膚, だつたこと, だつたの, であつ, でお, で居る, には日頃, にニツコリ, に嗚咽, に強, に浮ぶ, に眩い, に關, の眞中, の紐, は不安, は恐ろしい, は月, は涙, は灯, は田舍, は眞, は稼業柄平次, もあつ, も手足, も聲, や筋張つた首筋, や首, をしげしげと, をせず, をそつ, をながめる, をみる, を上げ, を人, を持つ, を晴々, を見た, を見る, を見渡しました, 飛出しさ

▼ だとかを~ (57, 0.0%)

3 焼きます 2 巧みに

1 [52件] あとから, いちいち手, かきました, かたえ, して, せびって, そこに, そっくり置い, つくづく見, はっきり意識, ほんのぽっちり, もつて, よりどころ, ヒネくっ, 五百羅漢の, 付け添えて, 何枚と, 作るよい, 信じない人, 信じなかったの, 入れなかなか, 刻みます, 動かして, 引き入れて, 思い浮べるらしい, 意味し, 担って, 持つて, 掻つ, 描いたもん, 暗殺者は, 書いて, 氣にかけて, 特許に, 狩りして, 発見し, 直ちに自身, 研究する, 私の, 私は, 稽古する, 縫つ, 繰返して, 翫味する, 考へ出したの, 自分の, 自在に, 舞台に, 要約したがります, 話して, 買い集め長い, 軽蔑する

▼ だ平次~ (56, 0.0%)

2 [17件] か何, だ, とガラッ, と八五郎, の慧眼, の手柄, の言葉, の鑑定, は, は同じ, は横, は煙管, は猛烈, を前, を大, を自分, 話して

1 [22件] お筆, しばらく闇, とガラツ八, と金六, に八五郎, の掌, の方, の疑問, の馬鹿野郎, はその, はとりあえず, はハッ, はハツ, は取, は思はず振り返, は物柔, も一, も今度, も自分, を助, 好い塩梅, 解ったか

▼ だ覚え~ (56, 0.0%)

16 はない 12 がある 3 もない 2 があります, のある, は殆

1 [19件] があった, があつ, がない, がなかっ, がなかつた, が急, すらない, の, の腕, はありません, はあるまい, はお, はなかっ, はねえ, は一度, は勿論, は露さら, もあり, もある

▼ だそれで~ (55, 0.0%)

2 いいん, おれが, お前の

1 [49件] あいつから, あとに, いいの, おいら小, おまえは, お前さんに, お前は, こうやっ, この通り, さきほどの, たくさんだ, ひどく骨, ほかの, ゆうべ着いた, ようござん, ようやくみんなそこ, よし, スッカリ柔術が, 不平は, 二の句の, 五合の, 今日は, 何もかもが, 何もかも解るであろう, 俺は, 俺らは, 八幡様の, 向う三軒両隣が, 君の, 嘆くなんて, 婆さんを, 宜いか, 宜かろう, 小遣ひ, 弥生軒の, 後は, 心持が, 手掛りも, 正成は, 海の, 甲府の, 義理が, 肉が, 裸体を, 謎は, 途方に, 遊山かたがた久しぶりで, 間に, 間違いあるまい

▼ だつて云~ (55, 0.0%)

3 ふの, ふのに 2 つたわ, つて, はれて, ふが, ふに, ふんだ, ふン, ふ事

1 [33件] つたこと, つたどよ, つたよ, つたらどう, つたらなあ, つたん, つてるよ, つてる位, はなかつた, はれちやしかた, はれますぜ, はれますのよ, はれると, ひたいこと, ひましたよ, ひます, ひますがね, ひ出してね, ひ出す段, ふだ, ふぢ, ふと, ふのよ, ふや, ふんだぞ, ふんで, ふンぢ, ふ人, ふ癖, へない, へばあ, へるんぢ, や年齢

▼ だ~ (55, 0.0%)

3 のこと 2 が嫂, の心

1 [48件] がどうして, がなかなか, が憔悴, が熊, が自殺, が髪の毛, たった二部屋, だったので, だ友達, であった, で品子姐さん, というもの, とは単なる, にすまなく思う, にそっくり, にたいする父, にも姑, にも済まぬ, にも生き, に似た, に対して抗弁, に聞かせたくなる, の事, の亡霊, の傍, の功績, の奈保子, の妹, の崔氏, の性格, の手前, の死後, の眼, の着物, の瞳, の足元, の顔, はお, はきれい, はこんなに, は母, も今, や義父, よりも生き残った, を可哀そう, を持ち, を棄て, を脅す

▼ だ相手~ (55, 0.0%)

52 というの, の女, はおれ, はどんな

1 [42件] がある, がいる, がやくざ者, がニヒリスト, が人間, が判る, が寄宿學校, が惡い, が懷中, が笠, とその, にする, には九十郎, の人, の大小, の気, の激しい, の美, の腕, の詮索, の頭, の魂, はあくまで, はどこ, はどっち, はわからない, はわかりません, はわれわれ, はッ, は一名, は何と, は何處, は判る, は役人, は正面, は武家ぢ, は死んでしまつた, は米, は薙刀, は銀座, をたたきふせる, を云え

▼ だ駄目~ (55, 0.0%)

297 だと

1 [19件] かも知れない, じゃない, だすっかり, だという, だひどい, だよ, だん, だ人, だ仏頂寺, だ公方様, だ到底, だ前歯, だ死んで, だ触っちゃ, だ逃げようたって, だ駄目, ですこれ, な男, よ

▼ だくみ~ (54, 0.0%)

6 をし 3 がある

1 [45件] からのがれました, があろう, がずっと, がばれ, じゃ, だけに頭, だこいつ, だったん, であの, です, でもあった, でもする, で山, で火, で自分, などでこうした, にあきれ, にはめられ, に小林君, に相違, に耽つた, のあり, のある, のたね, の危険, の奴ら, の深, の深い, の百日, はもうすっかり, ばっかりしよる, もありき, をいだく, をおれ自身, をお知らせ, をかくし, をしおっ, をした, をする, をするでしょう, を持つた, を持つてる, を発見, を考えだした, を見やぶった

▼ だそいつ~ (53, 0.0%)

142 あ, がある, は皆んなお前, は誰だい

1 [31件] か, がわからねえ, が残り, が殺られた, が自分, が解らねえ, が駕籠, だ居所攻め, で毆, に違い, の槍, はありがたい, はいけ, はしらべ, はどう, はどうか, は曲者, は解らない, は銭形, は錢形, も仕方, も落首, をこっち, をはた, を呑ん, を担い, を持っ, を明かし, を現場, を着, を聞く

▼ だどんな~ (53, 0.0%)

3 事が 2 ことだ, ことで, ことを

1 [44件] かくれ場, ことが, ことにでも, ものを, カラクリが, 事を, 些細な, 人とでも, 偉い奴, 友達の, 双生児だって, 国どんな, 場合にも, 大切な, 女を, 奴が, 奴にも, 家だって, 小幅だって, 山男よりも, 急用が, 憂き目を, 成敗を, 方法でも, 方法を, 暮しを, 無法な, 無理を, 物を, 理由が, 用事か, 用意が, 祟りが, 素晴しい, 育ち方, 苦い御, 苦しいこと, 苦しい辛いおもいも, 薬を, 証拠だって, 身軽な, 身輕な, 辛さ, 鬼謀を

▼ だ~ (53, 0.0%)

3 になる 2 になれ, のこと, の明ける, の空気

1 [42件] から気に入った, が明けたら, が明けたら出直し, が来れ, が白む, が真暗, だ, だし, だつた, だよ, だ夜, であった, である, と高原, などに時々, になっ, に一つ, に命婦, に建安, に湖水, ね彼, の, のうち, のふける, の事, の修行, の帰りがけ, の幾時, の海, の絵, の行動, の進む, はあんまり, はたしか, は寒い, は私, もあつ, も昼, を透し, 思い切りあの, 日ごろは, 流し専門

▼ だ樣子~ (53, 0.0%)

18 です 4 でした, もありません 3 はありません, もなく, をし 2 だ, である, はない, もない 1 だが, で, で二, で鼻唄, は, はなく, は少し, は無い, を義雄, を見せなかつた

▼ だ~ (53, 0.0%)

3 の上 2 のあたり, をし

1 [46件] いつの間にか老人, から頤, がぴくっとひきつった, がまだ, が白い, が私, っぺた, っぺたには, っぺたをぼりぼり, でニタニタ, とうすく, とぼろぼろ, と四角, と尖った, にともしい, にはその, にほんのり, にやさしい, にキス, に圧しあげられ, に太い, に彫りこん, に灰色, に白粉, に軽く, に頤紐, のげっそり, の曲線, の皮, の肉, の肉附, はなお, はひきつけた, は一目, へかけ, へ大粒, やその, を両手, を何度, を削っ, を固く, を小, を愈, を眼, を硬, を見る

▼ だ~ (53, 0.0%)

3 を拭き 2 の皺, を光らせ, を拭こう

1 [44件] から帽子, などを拭い, にあたる風, にはいつも, には一日一日, にサッと, にハンカチ, に八, に咲く, に皺, に砂挨, に軽く, に険しい, に風, のしずく, のまわり, の上, の下, の十, の広い, の廣, はたぶん, へかけ, へ掌面, も拭いた, やしっかり, や首すじ, や首筋, をあげない, をすりむぎ, をまじり, を仰向け, を夜空, を思う, を手拭, を抑えた, を掌面, を撫でた, を撫で上げ, を濡れ, を私, を見あげ, を見た, 青黒い群集

▼ だああ~ (52, 0.0%)

5 だと 4 して 2 いいとも

1 [41件] あの絵, いう人間, いう優しい, いう小, いう易, いう木偶の坊, いう者, いふレニン, いふ人間, いやだ, おせんおれは, おまえだけ, おれの, ここで, ここにな, ここは, これから愈々, しなけりゃならん, ぶりき屋, ほんとに早く, もう少しだ, やって, 不潔だ, 俺は, 僕は, 光った乱れた, 厭な, 大な, 天日光茫を, 嫌らしい, 富山じゃあ, 怖い怖いと, 情ない, 歌えああ, 痛え, 私が, 立派な, 緑だ, 言って, 貴様は, 遂

▼ だせい~ (52, 0.0%)

2 かこの, かまるで, かわたし, か足, か馬鹿, では, で私, もあり

1 [36件] おい, かからだ, かその, かそれとも, かたま, かはやちと, かめし, かツウさん, かドス, か体, か内宮, か内攻, か喉, か変, か張紙幕, か恥, か支那風, か赫, か遂に, か風邪気味, じゃ, じゃろう, だが, だったそう, だという, だろうか, だろうと, である, であろうか, でしょうかしら, もあった, もあったろう, もありましょう, もある, もあるでしょう, もあろう

▼ だ~ (52, 0.0%)

4 の中 3 を見, を見た, を見ました 2 か, だ, だ夢, とのみ訳

1 [31件] かと思う, かと言った, かびっくり, じゃあない, だからね, だったの, だってあんた, だの一節, だよ, だ長い, であった, でな, ではない, でもみた, とも現, なの, にみた, に見, のよう, の話, は意識, ばかり見た, もさめ, ももう, や熱, を大きな, を持つ, を捕え, を見ちまった, を見ない, を見る

▼ だ~ (52, 0.0%)

2 が置い, の上, の中, を曳い

1 [44件] があった, がある, がいそがしく, がまた, がガラガラ, が健康, が先, が坂, が晴れた, が村, が来る, が行, が行く, が通り, が頻, だろう, で最後, と一緒, などはフランス軍, にかける, にのっ, にはますます, に火, のうへには車力, のやや, のよう, の前びき, の幌, の後, の軸, の雑踏, の音, はその, はますます, も通った, やあらゆる, をひい, を前, を囲み, を引い, を牛, を犬, を見ます, を道ばた

▼ だ~ (52, 0.0%)

2 が行く, だ, と馬子, の側, の肉, の顔, を曳い

1 [38件] あ燒, がその道, がとうとうと, がパカッ, が一つ, が何, が侠客, が喘ぎ, が四五匹, が屋敷, が山, が布一反, が馬士, で一足, の, のところ, のよう, の列, の始末, の沓, の群, の肉ぢ, は, はどこ, は命, は左肩, は胴, ばかり引いてる, も牛, やら馬車, や山, をかつい, をくっ, をひい, を見, を鑑賞, を食べた, 之助

▼ だほど~ (51, 0.0%)

9 である 8 であった 6 だった 3 でした 2 だつた, であるが, です, 茶事は

1 [17件] お小遣, その存在, それは, だ, だから, であつ, であるから, でござった, で至るところ好感, で野人, 一生懸命に, 九女八の, 小説らしく, 教頭は, 時代おくれ, 看板が, 驚くべきもの

▼ だやつ~ (51, 0.0%)

42 は死んだ

1 [45件] あねえじゃ, かもしれない, があります, がいくら, がまた, が七十, が濡れた, が生まれ, が舌, が負う, が転がる, だとは, て来, て行ける, て見やう, て見よう, て見る, でなく店, とあり, とお, と五歳, と分つた, なん, につけ直しちゃった, にゃ用, の後釜, はうち首, はべつに, はみんなへん, はわかってる, はビニール, は一体, は中でも, は鉄人, は長らく, は間抜け, もあの, をおっかけ, をこれ, をすばやく, を持っ, を正直, を生かし, を衣紋竹, を踵

▼ だ美しい~ (51, 0.0%)

43 声で, 眼を 2 女の, 想の, 水などが, 眼で

1 [33件] しずくが, それ等の, と云っ, ハンドバックが, 像に, 光りを, 力作で, 声である, 夢が, 夫人の, 奥様だ, 女優の, 子だ, 帯を, 帶を, 帽子を, 役者が, 想像は, 曲者, 木の, 染め糸なぞを, 母の, 水が, 眸を, 肌浄く, 色の, 茶褐色を, 血だ, 話だ, 音色は, 頭やわらか, 顔が, 髭の

▼ だいま~ (50, 0.0%)

3 のうち 2 抱いて

1 [45件] あおす, あ其, から一人, から云っ, から驚い, こそ処士, こそ誰, でも好き, となっ, にきっと, にざま, にし, になっ, に天下, に道筋, のあの, のおれ, の客, の時代, の機関銃, の蜻蛉, の角力, の話し, の豊後, は, はかえって, はなんにも, は不利, は流行, までの私, までより道幅, やってること, わかったの, 云わなくちゃ, 別れて, 参る, 坐って, 富み栄えて, 撫でるところ, 死んじまっちゃあ, 泣いたらウソ, 生きて, 立てたの, 見る空, 言ったよう

▼ だこう~ (50, 0.0%)

3 思って 2 しようと, だと, 思いながら, 考えて

1 [39件] ありたいもの, あるの, いったらいい, うるさくては, しちゃいられねえ, してやる, するが, するより, すれば, だお前, だタキ, と知ったら, なすって, なった以上ナオミさん, なって, なりゃう, なりゃ肉, なりゃ首, なる運, なれば, もありたい, やって, やると, 予が, 云うて, 云った方, 云っては, 云われたそう, 口癖の, 思いつつ, 思うと, 思う骨折りさ, 改って, 決ったもの, 決心した, 真正面に, 突くと, 見えても, 言つてやろう

▼ だとかで~ (50, 0.0%)

2 戦争中は

1 [48件] あれや, いけないから, お光, ぎらぎらした, このさき, この人, これは, さんざん競映, そこから, その日, つけられた名前, ともかくも, ゴタゴタしてる, 一切が, 一度も, 久江は, 二三度あった, 仙吉が, 例によって, 僕は, 夏らしい, 天井に, 奧の, 子供も, 季節の, 家中物分りが, 寝てしも, 小母さんは, 平井さんが, 延岡は, 挨拶を, 本人は, 氣分の, 河岸に, 洋服も, 済したろうと, 父の, 眉目秀麗で, 短気な, 繭や, 脅して, 蟲の, 覗いて, 車で, 造つた品物であります, 部屋が, 頗る大きい, 飽きも

▼ だみんな~ (50, 0.0%)

2 が証人, そうやっ, も見ねえ

1 [44件] ああし, うれしそう, おりろ, がはやしたてる, が癩病, この童, すぐ部署, で呼び起こした, で引っ担い, とはもの, と一緒, にそれ, にどれ, には隠してる, に一杯, の人, の力, の合作, の話, はだ, ぶら下げるのよ, みろよ, もう部屋, もそう, やっつけちまえどのみち, やるか, 云いたいこと, 同じこと, 唄いながら, 寂しき人々, 打っちゃっちまうん, 持って, 斬って, 来てたの, 死ぬまで, 滅ぼして, 知ってるん, 知らないの, 知らないん, 聞いて, 見に, 逃げろ, 違って, 驚いたか

▼ だ不思議~ (50, 0.0%)

16 だと 72 な国, な女らしい

1 [23件] だきたいだといった, だって大, だという, だと絶, だ何ん, だ奇怪, とは何, なこと, な事, な人間, な國, な地図, な影, な棒, な気, な病症, な着物, な矛盾, な細工, な船, な花, な話, は無い

▼ だつた私~ (49, 0.0%)

2 にとつて, は

1 [45件] が, がロータス, が家, が尿, が早速, が次第に, が犬, だけには, としては満点, に飴, のやう, の姉, の恋人, の枕もと, の生活, の胸, の自棄的身心, の身心, の部屋, の開墾, の額, はあて, はしづか, はぢ, はひとり, はひどい, はやう, はよく, はバカ, は内心, は単に, は原作, は失恋, は女難, は所謂, は村, は異常, は若気, は草, は薔薇, は誰, もさみしい, も少々, も雪, を騙した

▼ だぼく~ (49, 0.0%)

2 のおっかさん, の軍隊, はぼく, は自分, は連盟, もそれ

1 [37件] があたろう, がきみ, がはじめ, が引きうけ, が美しい, にうちあけ, に悪い, のいいなずけ, のお, の予見, の小説的空想, の影法師, の母, はあまりに, はいまドノバン君, はこれ, はこんな, はぜひ, はその, はなんにも, はひとり, はみな, はゆかなきゃならん, はニュージーランド, は一生きみ, は三キロ, は人情的, は仮に, は噂, は念, は悪い, は死ん, は青木, もあらし, も愛子, も知っ, 少しうたっ

▼ だまるで~ (49, 0.0%)

2 作が, 増さんじゃねえみてえだぜってよ

1 [45件] おれの, きのう考えた, ここが, こりゃ木戸銭, ねられず入浴, ぺてんじゃ, まっ赤, 下女下男み, 予期した, 五臓六腑が, 人買ひ, 今とは, 兜の, 別人さね, 口まねにな, 夢でも, 大變, 奴らは, 戦だ, 搾木, 昔の, 春の, 歯が, 汝の, 泥坊同志が, 深淵に, 焼鳥です, 画であった, 畜生だ, 病んだよう, 病人の, 白い鰻, 白粉っけの, 章魚坊主の, 素人じゃ, 老いぼれたやもめ男, 自分の, 芸人の, 落葉の, 藝人の, 西洋人の, 頭が, 骸骨の, 魔法の, 黒い風

▼ だナと~ (49, 0.0%)

5 思って 2 不吉極まる, 思った, 考へて

1 [38件] うけとれる, ひそかに, グズ弁は, ビリッときました, ピンと私, 云って, 俊基は, 怖い物, 思いきって, 思いながら, 思いました, 思い権大納言, 思う, 思うけれども, 思ったの, 思ったり, 思ったん, 思つ, 思つてまた, 思つてゐる, 思わず欄干, 悟ったから, 感心し, 是だけは, 李逵も, 横目で, 独りで, 現実の, 直ぐ思ひついた, 直覚した, 立留っ, 立留つて視る, 納得の, 考えると, 胸が, 話し合いながら, 釣り上げる前, 鬼六は

▼ だ~ (49, 0.0%)

5 の立ち姿 3 の中, や河

1 [38件] あり田, から山, が広く, が見えた, が顔, だと, である, と空, にこもっ, には黄葉, に入, に山, の姿, の家, の宿, の峡, の斜面, の祖神, の空, の空気, の緑, の脚近く, の輪廓, の陽ざし, の青葉, の頂上, の顰, は紅葉, ばかり屏風, へ山, へ来, へ登る, へ逃げ込め, へ逃げ込んだ, も水, を左, を背景, 全體

▼ だ日本~ (49, 0.0%)

2 では, の俳優

1 [45件] が, が勝つ, が有っ, だ, だっておまえテーンエージャ, ではそんな, でもポツ, で婦人, で最初, で買った, に, になく, には今, には神, にも一種, に其の, に帰ったなら, に西鶴型, のうら若い, のテング, のファシズム, のロ, の侠客, の剣工, の商人, の国内, の国家, の地, の少女, の政治的組織, の文人, の新劇作家, の民主化, の民族, の民草, の水兵, の海岸, の生活, の百千, の船, の足袋, の農民たち, はまた, も生き, を

▼ だ~ (49, 0.0%)

2 のなか, をし

1 [45件] おとなしそう, からは涙, がじっと, がはじめて, がぽっかり, が時々ちらっと, が決意, が生, それから額, と心持ち微笑, に, にかぎり, には何等, には屈託, には若いたましい, に映る, に深夜, に益, に瞬間灯, に笑, に霞, に青い, のやや, の奥, の底, はどう, は物成, へ考, やふつ, を, をきょとん, をくるくる, をしば, をそのまま, をぢ, をもつ, をギラギラ, を一パイ, を上げ, を上げた, を据え, を蜘蛛, を見つめ, を見つめあっ, を隙間

▼ だのち~ (48, 0.0%)

2 その年, におなじ, にこれ, に彼, も追慕

1 [38件] からが抜け, その良人, たうとう, ついてはあれ, どうして命, なら与えても, にあばき立てる, にはかならず, にはわれわれ, には決断, に子どもたち, に引き, に死ん, に物部守屋, に真, に立ち去る, に踏む, の彼, の日, の空, の評, はいかに, はたと思いついた, はまるで, はもう, ぶらりと通りすぎ, また東京, までこの, までも東, ももちろん, も忘れない, も長く, 云った, 出かければ, 戻って, 言った, 詳しく素性, 間もなく私達

▼ だ今夜~ (48, 0.0%)

2 は, は成功

1 [44件] あ又, からこの, が婚礼, きっと会いましょう, こそ思うさま, これからわし, だ, だ今夜, でも見たら呼べ, には限らない, にも宵啼, にも知らせ, に限り, のうち, のこと, のねがい, の俺, の送別会, の酒, はお, はおれん, はぎゃくに, はこの, はさっき, はどうしても, はどこ, はねない, は一つそこら, は一つ君達美人, は一晩, は向う, は宵節句, は払っ, は故障, は日比谷公園, は熱く, は皆, もくらがりで考へる, もヅウ, も亦, も葉, を入れ, 居られるかね, 行こうじゃ

▼ だ~ (48, 0.0%)

4 は此 2 は之

1 [42件] が之, が大, が滿, だ, だけが滝, っぽど, には彼, に書斎的, の一存, の力, の叔父, の好き, の妻, の思い, は, はさ, は一段, は久しく, は人, は他日何, は何と, は全く, は全身, は其の, は厳重, は呆れ, は唯, は我知らず笑顔, は明治, は是, は熟, は猶も, は秀子, は自分, は若し, は親切, は警官等, は遽, は雀躍, も事, も続い, よりも彼

▼ だ~ (48, 0.0%)

3 であつ, である 2 の頃, をとった

1 [38件] い十八, からすでに, から九年後, が詰っ, だつた, だ哩, であらう, でそれから, には八〇〇頭, に二十一歳, に就い, に当る, に生れた, に発行, に關, の, のいかん, のころ, の二月二十二日, の四月, の小作米, の翌年, の翌年チャーチ博士, の若い, はちょっと, は一年, は二十五六, は十八, は老, も十七, や場所, よりの声, よりの男, を取った, を取つた, を老, 即ち明治四十三年, 長けたる娘

▼ だ母親~ (48, 0.0%)

5 のこと 3 も父親 2 に似た, の顔

1 [36件] がその, がナースチャ, が下手人, が哀れ, が生前, であった, でさえ持てあます, との生活, と夫婦, と庄谷, などが女, にそっくり, になつ, に聞かせたい, のいる, の事, の位牌, の叔母, の嫁入り道具, の形見, の懐, の懷, の所, の膝, の言葉, はその, は女, は暇, は男, は醫者, もかねがね, をなつかしく, をも怨ん, を呼ん, を恋しく, を求め

▼ だ理由~ (48, 0.0%)

2 は実に

1 [46件] がその, がはっきり, がよく, が分った, が訣ら, だ, である, です, でもあつ, といえる, と何れ, なき理由, なんか, については一言, の一つ, の察せられる, はいづれ, はいろいろ, はさまざま, はそこ, はたしかに, はやはり, はわからない, は一つ, は中国船, は伯父, は前, は大体見当, は容易, は改めて, は決して, は略想像, は第, は言わぬ, は重点主義, もいろいろ, もよく, を云わっし, を問われ, を明, を正確, を湯, を覚った, を話し, を調べたかった, を釈明

▼ だ~ (48, 0.0%)

4 の上 32 がまた, の中, の渦

1 [35件] がきらきら, がその, が日, が足, ぞら, だと, と偃松, と降る, なんぞは降っ, に南天, に惡戲, のうえ, のお, のかたまり, のとけない, のない, の姑娘, の山, の断裂面, の次ぎ, の素足, の腕, はまた, は降りしきっ, よまあ, をかぶっ, をかみ, を嘗め, を掻きのけ, を摘まんで, を枝, を落とし, を踏み, を道, 之丞

▼ だ~ (48, 0.0%)

4 のよう 3 の眼 2 などが彼, のそれ, のやう, の姿, の死骸, の煮た, を女串

1 [27件] がこの, が光る, が發光, が身, じゃない, などには無, などに無, にくいつかれた, のうるんだ, の国, の様, の網膜, の腹, の飴, の鰭, はたくさん, は白い, は釣れなく, ばかりでない, や貝類, をうんと, をこれ, をその, をはき出させ, を持たず, を泄, を空二

▼ だつた事~ (47, 0.0%)

2 に在る, に氣, は云, は言, を思出, を示す

1 [35件] がある, がわかる, が意外, が知れる, が窺, とも思はれます, と思はれる, と思ひます, など, になる, には文字通り骨, はイタリア, は事実, は前, は名高い, は疑, は知らぬ, は誰, もき, もまた, もよく, も争, も云, や医者自身, をはつきり, をはなした, をみんな, を先方, を悔い, を正直, を知つた, を知り, を見れ, を記憶, を證

▼ だつて君~ (47, 0.0%)

4 左様ぢ, 考へて 3 だつて, はさ

1 [33件] あまり感化, いづれ何, かういふこと, から相談, がさう, が思, が愚劣, それほどの, つたらどうして, と離れ, なら抱, なんにもこれ, にいく, にはあの, に話し, のやう, のよう, の一生涯, の外套, の苦しみ, の領分, はあんな, はた, は吾家, は工科大学生ぢ, は酒, は非常, は體, をダシ, を助ける, 多少気に入つてる, 左様釈, 若しか

▼ だ先生~ (47, 0.0%)

1 [47件] から自分, が, がおれ, がそう, がカン, が地球, が少なく, が書いた, が荐, たいへんです, だ, だという, だ私, にわかれ, のそば, のよう, のボディーガード, の令嬢, の心臓, の方, の言葉, の議論, の顔, はお, はこんな, はその, はだまっ, はぼく, は二度, は寄っ, は歩調, は猶, は福島中佐, は箱, は色, もいらっしゃる, もおっしゃってた, も偉い, も喜ん, も如彼, も最後, ようやく目, を引っぱっ, を怒らしちまった, を敬慕, を殺す, 恐れ入ったか

▼ だ貴様~ (47, 0.0%)

14

1 [33件] あ, か, がうつ, がおれ, がメルジイ夫人, が何, だったの, だってこれから, と喧嘩, にでも聞いたら, にやる, のため, ののさばる, の可愛, の職業, の親父, はお袋, はさいぜん, はもう少し, はよく, は一体, は主君, は偉, は吉原町, は嘘, は悉く, は教育界, は蝶, も好く, も少々, も行かない, も西浦賀, 留めるの

▼ だわたし~ (46, 0.0%)

2 なんかあり, の母

1 [42件] かに, からそれとなく, がそこで, がその, が行き合っ, だってだんだん, にはあの, にはこの, に後, のいとこ, のお父さん, のところ, のムク犬, の兩眼, の家, の小説, の方, の眼, の記憶, の話, の風體, は, はそこ, はそれ, はそんな, はほんとに, はやはり, はジェノア, は今, は半, は大菩薩峠, は女王, は意地, は江戸, は直ぐ, もほんの, も中, も小さい, も訝しい, をただ, を可哀そう, を呼び還す

▼ だ今度~ (46, 0.0%)

2 は, はお前さんたち

1 [42件] からはこ, こそかた, こそごねる, こそは逃しつこ, こそロス, の, のざまア, の事, の事件, の会, の大阪行き, の感傷的, の旅, の日露, の柳枝, の樺太, はあつし, はこれ, はしっかり, はちつた, は七万ミル, は乾いた, は人, は侍, は全く, は切る, は取り, は君, は命, は地震, は御, は文句, は新派, は本当に, は留守番, は直次郎, は自分たち, は自害, は許さん, も必死, ァ, 逢ったら宜しく

▼ だ~ (46, 0.0%)

6 の日 2 の洋食屋

1 [38件] からこっち, からその, から少し, とおもっ, と後, にどっしり, にはさ, に云う, に出る, に勅使, に夜中, に期待, に棒, に死んだ, の人, の列車, の大, の妻, の方, の浜, の細君, の道, はいけない, は川, は魚屋, へ平気, へ来, へ進み出, よりも一層, をあちこち, を掃こう, を歩く, を通っ, 掛が, 歩を, 皇太子の, 置が, 首相の

▼ だ~ (46, 0.0%)

4 の上 3 の底 2 まで流されるだ, を十日

1 [35件] が三角形, が干潮, が見え, が鼠色, じゃ, だと, である, ではない, で古, のむせた, のもの, の中, の中層, の女王, の怪物, の気配, の波, の涯, の緑, の色, の鈍い, の青い, の面, は小波, は岩, は穏, は蒼青色, へ, ぼたる, や沼, をへだて, をわたる, を眺め, を見下し, を飛びかふ海猫

▼ だ~ (46, 0.0%)

3 の中, の毛 2 から顔, がつかれる, をもっ, を少し, を持っ

1 [30件] からガミガミ, がざんばらの栗, が割れる, が弓なり, が見え, だ, だうおうおっうおうおっ, だと, と眞黒, と真黒, に帽子, に深い, に薄い, のほう, のよい, の上, の火事見舞, の禿げた, はいくら, はきみごまかし, ははっきり, はほとんど, はチヨン, をした, をはげしく, をアレギザンドル橋, を下げる, を手, を持った, 振を

▼ だなんと~ (45, 0.0%)

2 いうこと, いふ卑怯, 思って

1 [39件] いうあやふや, いうば, いうもの, いうサード侯爵たち, いう取返し, いう奴, いう幸い, いう心, いう気, いう無礼, いう青, いって, いっても, いはぬから, いふかなしみ, いふ愚劣, いふ理窟, おどかしたり, かいい知恵, かしましょう, しても, 云うて, 云うと, 云ったから, 云ったもの, 云って, 云や, 人間関係という, 仰しゃいますと, 何時私が, 威すの, 山三郎の, 思た, 思ったか, 思ふと, 素晴らしくも, 言おうもん, 言われるからね, 賺しても

▼ だのう~ (45, 0.0%)

2 むごかのう

1 [43件] おめ, お前, お通さん, こないだも, これから宇都宮, こんなに差し吊, さうだ, しかしだ, しろから兄弟ぶん, しろに, ぜんかづらが, そうだ, その中, それからお前, それじゃ, とてもかなわぬ, どうもサ師匠, なんと番頭感心, まだおれ, もう, らに, 一番目は, 久しゅう歌わねえ, 兄き, 其の日, 出來助どん, 半治, 和平どん, 和平どん見なさい, 大きにお世話, 妙な, 宜かろう, 幼年の, 忠義の, 悪い事, 百姓の, 知れないか, 色には, 親の, 貞藏, 貫一さん今日は, 頭を, 骨が

▼ だ何ん~ (45, 0.0%)

65 でも 2 か面白い

1 [32件] か思ひ出す, か斯, か理由, か言った, だお仙ちゃん, だってあの, だどう, だ五両, だ何, だ大変, だ物, だ誰, だ驚天動地, ですも, でも切れる, ということ, という下等, という出鱈目, とかお前, とか云い, とか云っ, とか取返し, としても駄目, ともいえない, ともいえぬ, と出た, と巧妙, と思う, にもなりあしない, にも怖い, にも片付けられ, の村

▼ だ~ (45, 0.0%)

2 が森, が熊笹, だ, の中, は山, を帯びた

1 [33件] があった, がふっと, がぼつ, がサッと, が円, が冬木, が初めて, が室内, が沈ん, が漂っ, が閃, さえ湛え, だ反射, で取り巻かれ, で輝い, とどす, と愛, と紺泥, になつて, に染めだされた, は, は室, もて被, をひそませた, をもっ, を含ん, を投げ, を投げかけさせ, を湛え, を眼いっぱい, を蔵, を閃かし, を零し

▼ だ場所~ (45, 0.0%)

2 がこんな, は

1 [41件] からはどちら側, から二, から少し, から見, がそこ, がちら, がわかれ, が出来, が判る, が自分, だった, だと, であった, である, であろう, で泊め, と住んだ, などはない, にいわゆる, にかけ, にはどこ, に入り, に出る, に放置, に通行人, はにわか雨, は一の橋, は何處, は肥後城東, へ八五郎, へ出現, へ案内, へ着いた, へ立っ, もなく, や水面, をしらべる, をやや, をチットモ記憶, を搜, を離れたくない

▼ だ時代~ (45, 0.0%)

2 であったが, である, ではない, を非

1 [37件] からぼんやり, があった, があつ, がある, が我々, が来る, であるが, であると, で殊に, といえよう, とそつくり, と大学, にも格別, にやう, に不自由, に遡っ, に関して正当, のこと, のアメリカ, の末頃, の歌集, の気持, の物, の犠牲, の解らぬ, の風, はあと帰り, はたいてい, は再び, は北条中期, は未だ, まで保存, もあった, もまた, も有りました, よりもこう, 或は其以前

▼ だ~ (45, 0.0%)

2 がした, を, をきき, を立て

1 [37件] がおじいさん, がし, がしだした, がする, がひびきだす, が同じ, が夢中, が聞えた, が聞える, が聴, が送り出される, が長, が響き, だ, だった, だ銀, でうち, ではなく, でヒノキ, で僕達, で血, で青空, とが聞こえる, とともに小判, におれ, にかれ, に耳, に驚い, の, の後, はする, はせず, も聴きわける, をし, を出す, を耳, を聞い

▼ だあいつ~ (44, 0.0%)

532 がおれ

1 [34件] あ, があの, があやしい, がお, がどう, が万清楼, が文子, この比, だよ, と喧嘩, には降参, に違えねえ, に頼ん, のため, の別荘, の口前, の叫び声, の姿, の首級, の髯, はお, はここ, はなかなか, はなぜ, はアリョーシカ, は一人, は光っ, は始め帽子, は新, は遊芸人, は頼もし, も帳附, も知っとった, 見たいに

▼ だつまり~ (44, 0.0%)

2 客を

1 [42件] あなたがたの, あなたとしては, お関所, この愛し, これからこれ, さうし, そこの, そんな具合, と云いかける, は, わしの, われ, ペンダコと, 之を, 亡者だ, 人間の, 他の, 働くため, 全宇宙, 千葉県人の, 好きな, 子供の, 寝るのに, 封建の, 感情的に, 更生の, 来年は, 根性が, 根氣で, 橘姫様の, 殺人技巧の, 法医学的な, 為すべき事, 特別に, 王道に, 男の, 祝一族の, 私たちなどが, 酒井様の, 隅田川に, 馬鹿だ, 魂に

▼ だ~ (44, 0.0%)

2 のこと, の地球上, の役者, の者

1 [36件] からもすでに, から余儀なく, が積極的, と比較, にない, にはない, には病気, にほしい, にも大石, に代, に何, に出来ない, に別, に意見, に方法, のすぐれた, の世話, の事, の何人, の国, の多く, の奴, の峯峯, の文学論, の班, の生徒, の生徒達, の画家, の百姓, の船, の若い, の高僧達, 合も, 吉が, 所行のです, 易いこと

▼ だ全体~ (44, 0.0%)

1 [44件] あの餅, から力, がしびれる, がだるく, がふるえ, がわなわな, がわるい, がアメ色, が一つ, が何となく, が得意, が爽やか, が菊千代, が重い冷たい, が青, が青銅, きさま, こんないえ, つめたい石, でいやいや, でひかね, で拍子, で書い, で照れ, で物, に力, に重々しい, のこと, のどこ, の光沢, の姿, の感触, の毛穴, の重量, はいれるもの, をうかせ, をち, をやや, を凜, を分類, を動かし, を太っ, を麻縄, 変ったのよ

▼ だ~ (44, 0.0%)

3 だから 2 を捌いた, を翌, を返し, を返せ

1 [33件] がある, がころがり出た, がね, が品, が更に, が箪笥長持, だけを問題, だつたの, であろうと, できれ, ではあるまい, で切れ味, で気長, と知っ, のうち, の好い, は皆んな仲間, は買い戻し, も主として, をこれ, をそつくり, をどこ, をガラッ, をガラツ八, を何処, を何處, を売, を江戸, を獄卒, を皆んな, を盗み返し, を盗み返す, を膝

▼ だ場合~ (44, 0.0%)

2 を想像

1 [42件] が, が多い, その肉親, たいていこの, でその, では神, でも遠慮なく, とは違っ, と同一, と性質, にどんな, にはおどろく, にはたいてい, にはわたし, にはジェイムズ・ミリガン氏, には三年以下, には前, には剥製用, には大概, には忽ちに, には飽くまでも, には馭者, にもやはり, にも私, によっては助けよう, に余り, に掛ける, に見, に魂, のうち, の極量, はすぐ, はたとえ, は三年, は又, は家禄没取, は画家, は翌日太陽, もあったであろう, もある, やあるいは, よりも恋愛

▼ だ火事~ (44, 0.0%)

15 だと 122

1 [15件] だあ, だって呶, だという, だみんな, だア, だッ, だ何処, だ山火事, だ火事, だ空襲, です, としても小さから, にあっ, のところ, は盛ん

▼ だ父親~ (44, 0.0%)

2 が彼, とこの, の少し, の縁故, も浮び切れません

1 [34件] からさんざん, が夢枕, が好き, が愚か, が望ん, が果すべき, が野良仕事, だってまた, である, でもまた, と母親, のあの, のこと, のエフィーム・ステパーノフ, のマクシム, の一生, の元, の写真, の形見, の忠実, の悪事, の棺, の罪悪, の話, の通夜, の遺命, は実は, は指物師, は気, や母親, を引きずっ, を思ひだした, を苦しめ, 重兵衛

▼ だ~ (44, 0.0%)

2 だと, だという, の上, を沓脱

1 [36件] かえ, がガラガラ, がグラッ, が崩れる, だけで, でかま, でも木, でも縛つて投, で出, で築かれ, になっ, には筆太, のお, の側面, の像, の刻み, の台, の地藏樣, の壁, の女, の崖, の搗臼, の水垢, の獅子, の箱, の色, の辻堂, はいつぞや, をふりまわす, を一年, を二度, を取払い, を吊られた, を崩す, を笑わせる, を衡

▼ だ記憶~ (44, 0.0%)

13 がある 3 のある, は思ひ 2 があった, はない, もある

1 [19件] があつ, がありました, がいま, が一分一厘, が不, が残っ, すべき日, とともにいく, のみ, の好い, の無い, はあまり, はある, は思い起し, は恐らく, もない, を呼び返し, を秘蔵, を辿

▼ だわと~ (43, 0.0%)

2 云い縁側

1 [41件] いうところ, とりまく娘, また膝, むか, ゆき子は, シミジミ云っ, ジャンヌの, ニキビだらけの, 云いながら, 云うの, 云う表現, 云った, 云ったこと, 云って, 光枝は, 共感し, 又膝, 叫んで, 呟やい, 思ったこと, 思ふくら, 教えられて, 正直に, 民子は, 気が, 波子は, 男の, 白い歯, 私は, 窓から, 若い者, 苦笑し, 言おうとして, 言った, 言ったの, 言ったので, 言って, 谷村を, 道子は, 野放図も, 青江が

▼ だ失礼~ (43, 0.0%)

9 を致しました 6 をしました 4 を, をし 3 を申 2 だが, をいたしました, を申し上げまし

1 [11件] ただいま御手水, でございまするが, どうぞご, な事, な真似, になる, をつかまつった, を申しまし, を申しました, を致しまし, 致したぢ

▼ だ手紙~ (43, 0.0%)

2 を出し, を持たせ, を書い, を書いた

1 [35件] が一つ, が一つ枕, が入っ, が入れ, が握られ, だおとうさん, だのその, である, といふの, と同じ, のこと, のやう, のよう, の中, の往復, の文意, の末尾, は元, も一緒, を, をくれた, をさし出した, をまた, をレーリー, を一本, を卷き納め, を取出し, を受取つた事, を堂, を差出す, を巻き納め, を拾っ, を見れ, を送られた, 及び嵐子

▼ だ結果~ (43, 0.0%)

2 であると, になりました, は約

1 [37件] が得られる, が思慮, こう拗ねくれた, だった, だったか, ついに認められ, であって, であらう, であります, である, であるが, であろうという, でなかったと, ではなく, で当人, で英国, として私, として自然彼ら, とっつかまえた代物, なので, になっ, になる, に外, に相違, の巧緻, はどう, は如何, は如何なる, は期せ, ほとんど一昼夜, 共に手傷, 好んで, 生き生きと, 解けた, 起ったナンセンス悲劇, 蹴ったり, 遂に厳罰派

▼ だ馬鹿~ (43, 0.0%)

32 だ, だと, だなどといふ, だ白痴漢

1 [32件] お豊, がまた, その眼, だなあ, だ突飛, っ正直, でもい, と名人, と馬鹿, なこと, なと, なら馬鹿, な奴, な奴め, な奴等, な掛け合, な目, な郷介, にされた, にし, にした, にしてる, にしんみり, にする, にするない, になる, に小才, の罰, をいう, を見る, 何と云, 帰れっ

▼ だ~ (42, 0.0%)

2 いふわけ, ぬあ, はんて, 酒の

1 [34件] いふ筋の, うむあれ, ぐがはいつてゐました, ぐと革の, ぐも, ぐをしまつてすご, ぐを買つてもらつ, しろから, すら冷, すら冷たい, するお前, すること, でんぜん, になる, ぬ, ぬが, ぬは, ぬらは, ぬ狼藉, はべの, もそれほど, もち, もとんだ悪相, も与太者ぢ, も事実, も奇妙, も恐入ります, ッふ, ツふ, 一つ二つひらく, 目すべき貴い, 睨んでも, 考へても, 見ても

▼ だつて私~ (42, 0.0%)

2 だつて, のやう, はあなた

1 [36件] が, があれ, が主人, が咳, が考へた, が聲, が遣繰, たちさ, とおんなじ, どうしてもか, にどう, には, にはジプシイ, には何, には義理, の姿, の娘, の心, の生活, の耳, はお, はどんなに, ははぢめ笑つたの, はもう, はもぬけ, は一度, は何, は暑, は空, は若旦那, は責任, は貴方, を六十七十, を訪ねる, 困つて了つたん, 怖いん

▼ だとまで~ (42, 0.0%)

2 主張し, 凌辱されました, 思った, 絶叫した

1 [34件] あって, いった, いわれるくらい, いわれ哀れまれたの, おもうよう, 主張した, 云つて, 云つて居る, 云はれ, 云はれた, 云われて, 云われるよう, 余を, 信ぜられたもの, 呉では, 噂され, 形容し, 心が, 思いやすよ, 思ってるん, 思つて居なさる, 思われる憎憎し, 断言した, 書いた, 極端に, 白状し, 脱線した, 見なしたの, 見られて, 解して, 言うよう, 言った, 進みうるもの, 酷評される

▼ だ大変~ (42, 0.0%)

202 な騒ぎ

1 [20件] が, が迷児, だあッ, だかえって, だと, だな, だを, だ変, だ師匠, だ旦那, だ早く, だ材木, だ松谷鶴子嬢, だ王様, だ皆, て, とばかりで, なこと, な事, な提灯

▼ だ~ (42, 0.0%)

2 なもの, な心持, な斷崖, な氣, な雲, に, に皺, のお側, を圖

1 [24件] で, である, であるし, な岩山, な崖, な廣, な返事, にうす暗い, にかくして, になつ, に丸く, に仰, に力, に動かない, に只, に土, に小さな, に磨り減らした, に突伏, に肩, に見せかけ, に記憶, のお, をお尋ね

▼ だ気分~ (42, 0.0%)

32 でも悪い, にとらわれた, の氛囲気

1 [33件] から, からそっと, から始めね, がよい, が出, が家中, が流れ, でおおわれ, でしたが, です, でなるたけ, で云った, で大変大変, で山, で挨拶, で読書, としてそんな, にさせた, にとらわれ, になっ, になつ, になり, になれるだろう, に幾らか, に誰, のあらわれ, のうち, の悪い, はいつぞや, は又, も寝, を与, を抑えつけ

▼ だ部屋~ (42, 0.0%)

5 の中 2 のなか, の一つ, の片隅, の隣

1 [29件] から大きな, から見た, がある, が宛て, が私達, だという, だよ, であった, である, でございます, で皆んな氣味, などを見, に住まわせた, に何時間, のある, のよう, の前, の壁, の扉, の炉端, の鏡, の隅, の黄色い, は一区画, は主として, は賤, へ上っ, へ伸子, へ帰っ

▼ だあなた~ (41, 0.0%)

2

1 [39件] か, がゴミ箱, がストゥペンヂエフ, がユダヤ人, が来たら, が沼波, が無理, が着, そうでしょう, だったじゃ, だつて奧さん, ってかたは, となれ, と云う, などは御, なの, のお父さんみたい, のこ, のその, のなか, のよう, の三百六十五倍, の御, の悪い, の或, の素性, の言った, はお, はこうした, はまだ, は私, は葉, は鎖, も亦, も反, も奥さん, も相当, よりもさき, を掴まへたい

▼ だ~ (41, 0.0%)

4 んだ 2 た, 災難でございました, 縁ね, 迷惑を

1 [29件] あいさつし, あいさつだ, だいたしました, ったらみっしり, ったら医者さ, とうしろを, めいわくを, めんだ, もっともな, んの, 亭主じゃ, 厄介を, 婦人がたの, 子息の, 当家たり, 恩を, 挨拶です, 新政だ, 災難, 災難で, 災難です, 無事に, 無礼に, 無礼を, 無礼平に, 被官に, 近親からな, 迷惑でございます, 逆鱗だ

▼ だそうして~ (41, 0.0%)

1 [41件] いつこんな, いままた, この箱, この象, この鏡, この音楽, これからどこ, そのままという, その一人, その上, その乗物, その堕落, その思想, まず弟, まだまだこの, もはや自分, アルコール分を, バルブレンの, ヒラヒラと, 二人で, 人々は, 人の, 今わしゃ, 千三の, 同時に鹿爪, 大家に, 小さい谷川, 当人は, 後生だ, 愈々彼, 斯様に, 次の, 決闘へ, 溶けた部分, 灯を, 熊野参詣の, 田村麿将軍の, 田沼方の, 田舎芝居の, 自分に, 連日の

▼ だちの~ (41, 0.0%)

2 はっきりしない, ぱらりとした, 似た男

1 [35件] いかにもお嬢さん, うへ, お仲間入り, きりっとした, ことに眼, このきまり大外刈, すがた, すること, そんな声, ちょっとした幻想, ね, はっきりした, ももの, よい尼女房, よく笑う, 出来ぬ生れ, 出来るの, 寝て, 小さい手, 小餅, 悪い女, 整うた美男, 整ったその, 整ったなかなか, 整った色, 整った顔, 正しい老人, 歩いて, 涼しさ, 激しくもの, 眠って, 知って, 美しい賢い娘, 若い心, 赤い蹴出し

▼ だとよ~ (41, 0.0%)

2 ウ, 何の, 迷子の

1 [35件] いい事, うっ, うふっ利いた, おっ母, お前が, この野郎, さあいそごう, その間俺の, それに, そんなところ, どうだ, みなさん方に, もよおしてや, わけても柔術, オ, ヘン自分の, 亭主は, 今の, 向うでは, 地獄へ, 大け, 夫から, 待って, 手筋が, 持参付の, 持參付の, 捕まりっこ, 新聞に, 本當, 皆んな顏を, 皆んな顔を, 直き, 薬罐めえ, 豪いな, 食って

▼ だどうして~ (41, 0.0%)

2 ここへ, こんなところ, そんなこと, だ, 斯様な

1 [31件] あの主人公, くれよう, この男, こんな弁明, こんな見え透いた, そこに, だって, だと, だなにかそう, だ館主, なんだい, も知らなく, やろうか, わしらは, われら凡人が, ポーランドで, 一人でも, 伜の, 刀が, 十兵衛に, 幕府から, 惡く, 死なねば, 清子という, 狙ひ, 知って, 笑わないん, 自由に, 著者エルンスト・オッペルト氏を, 賊が, 踵を

▼ だなんぞと~ (41, 0.0%)

3 云って 2 いって, よけいな

1 [34件] いえば, いったら, いつも相, お笑いに, まるで見当違い, 云うなよ, 云ってたん, 云ひさうだ, 云ふ, 云ふこ, 云や, 人様が, 仰つし, 余計な, 利いた風, 口走るもの, 囁き合って, 大きな面ア, 思って, 思つてや, 思わねえから, 村では, 来て, 正体を, 洒落飛ばしなさる, 無駄な, 申し触れるもの, 考えて, 考えながら, 言いながら, 言う人, 言えば, 言れる, 言われて

▼ だんで~ (41, 0.0%)

6 せう 5 さあ 2 せうか, 売って

1 [26件] あの人, あらうと, うると, え, お売り, お由, げしょう, ここに, これからお, こんなこと, ごぜえます, ごわす, せうね, せうよ, それを, っか, へえへえへえ, 一万枚以上も, 今度は, 作は, 十万円でした, 売れるもの, 柴野と, 根が, 社の, 頂上という

▼ だ二つ~ (41, 0.0%)

3 の眼 2 の墓, の言葉, の車室

1 [32件] ある天主教的結婚, のベッド, の不在証明, の乳房, の人形, の体, の作家群, の冒険事業, の刺戟, の四角, の大きな, の寝台, の山, の岬, の弧, の手, の手桶, の手紙, の本, の枕, の無, の燭台, の目, の直線, の眸, の立像, の羽軸, の脚, の臥床, の見舞い, は別, 聞いたと

▼ だ明日~ (41, 0.0%)

2 の朝

1 [39件] からは本気, から下り坂, から今, から又, がどう, だ, だと, でないと, ならよかっ, なん, にした, になったら, になつて, のこと, の事, の午后, の女性, の晩十二時, の晩己, の暗い, の正午十二時, はお客さま, はここ, はぜひ, はどう, は今, は国元, は大根, は山中, また使, まで, まで預かっ, もさうだらう, もまた, も時雨, やり損つた日, をも知れぬ, 挙げられるか, 断らうと

▼ だ~ (41, 0.0%)

6 一の 3 一に 2 二の

1 [30件] 一, 一あれほどの, 一この, 一それらの, 一は, 一人に, 一他人の, 一印象で, 一意志の, 一日が, 一次的の, 一皇子が, 一竜は, 一美人照りなんて, 一義理が, 一誰が, 一都會の, 一関節の, 一項は, 三冊が, 三条にゃ, 二, 二に, 二パリ講和条約, 二主題は, 二号目さ, 二知ったかぶりを, 二第, 二街と, 四に

▼ だ~ (41, 0.0%)

3 で言 2 で, です

1 [34件] が平次, が聞え, が聞えました, が遠く, が響い, が響いた, して, だつた, であった, である, でいつ, でいつた, でヴェリチャーニノフ, で云, で仰つ, で極めて, で答, で自分, で船歌, で言つて, で訊いた, で話す, で鳴く, とはし, の乾いた, は再び, も打, も聞え, を, をさ, をし, を出し, を立て, を聞きたく

▼ だ~ (41, 0.0%)

102 だ血, も涙

1 [27件] あり肉, があんなに, がにじみ出た, がぽたぽた, が半, が染んでる, が滾, が豊か, が顔, だと, だッ, だ殺戮, であり母, でまっ, でアスファルト, で辷っ, とに妖しい, と思い, と肉, のなか, のよう, の塊, の滲んだ, は綺麗, をにじませ, を吹い, を拭かう

▼ だがの~ (40, 0.0%)

42 狐み

1 [34件] あの後, おかめさん, お前など, お前様の, お通, ここに, こんどは, やがて足利殿, やむを得ねえちうわけ, わし等も, ィ, イ, ハハハハ, 一角もうこの, 五郎左, 今夜一ト晩ぐらいは, 今聞い, 入口の, 内なぞ, 別段未練, 卿もっと, 女が, 孫兵衛もう少し, 棗屋さんよ, 正行, 汝え, 百合あ, 直義, 菊酔っ, 華魁, 葬式の, 見かけよりや, 面を, 高氏どの

▼ だだれ~ (40, 0.0%)

63 が, だっ, だッ, に 2 がなんと, だだれ

1 [18件] かいねえ, かほか, か助け, か山家, があんな, がおれ, がちょうぜんと, がやった, が何ン, が怒っ, だお辞儀, だきみ, でエ, のため, もそれ, ももう, も心, も気

▼ だ以上~ (40, 0.0%)

2 のこと, は明日

1 [36件] ちっとも恐しく, どうして死んだ, なの, に成功, に精神的, に長く, の結果, は, はあまり, はいくら, はここ, はこの, はさっさと, はせめて, はそう, はである, はでき, はできるだけ, はどうしても, は上バ, は何, は勢い, は君, は大, は実は, は屋敷ん中, は手, は文句, は最早, は無事, は町, は絶え, は親, は鮪, 決してかれこれは, 述べたところ

▼ だ同じ~ (40, 0.0%)

3 ような 2 やうに, 風に

1 [33件] ことで, ことの, にせ者, やうな, やつが, ゆくにも, 事ばかり, 人足でも, 凝るにも, 土地に, 地つづきの, 型の, 女房を, 家へ, 店じゃ, 必然が, 我々同胞の, 所を, 水飴でも, 満洲, 激しい声, 物より, 着物を, 絵ばかり, 胸で, 色の, 藪でも, 詩でも, 貨幣で, 道を, 長屋に, 面が, 顔同じ

▼ だ~ (40, 0.0%)

4 の人 2 っから, も今

1 [32件] からあんな, からの村落, から今, から好き, から日本人, から色男, この庭, と今, と照, なら仕方, に較べる, のとおり, のはなし, のまま, のよしみ, の人々, の吾家, の希臘人, の慣習, の旅人, の日本, の栄公, の江戸, の生活, の習慣, の聖僧, の自分, の親友, はあんな, はいづれ, はその, は柳

▼ だ時分~ (40, 0.0%)

2 であった

1 [38件] からと言, からと言い直すべき, から一年以上, から私, その杉, だけ土葬, だのに, にいろいろ, にちょっと, になる, にはそこら, にはそれに, にはもうそん, にはもう余程, にはよく, には三人, には到底, には囲い, には誰, には退潮, にやつ, に与八, に僕, に嘘, に大工, に富永屋, に寝所, に巴里, に徳大寺様, に液, に茶の間, に馬, のあたし, の観客, の話, は固, へかけ, もうこれ

▼ だきみ~ (39, 0.0%)

5

1 [34件] があやまる, がいなかった, がその, が買っ, が金魚屋, ちょっとここ, なんぞは, に言っ, のこと, のところ, の一日, の力, の涙, の知恵, の突拍子, の精神, の血, の言い分, はいつ, はずうっ, はその, はだれ, はなに, はパチンコ, は一々, は一人, は何処, は呑む, は家, は廊下, は苛性加里, は近藤勇, も学生, も相当

▼ だそこで~ (39, 0.0%)

2 なにを, 彼も

1 [35件] いつまでも, おいらが, ぐっと斬り込ん, これを, すっかりすり切れた, それを, まあ一杯いこう, わざとこういう, アラを, バックは, 一旦身, 一杯やろう, 三年間の, 二人で, 今度は, 仏頂寺と, 倹約がい, 全く絶縁, 再び眼, 勿論私, 君が, 塾中で, 夢を, 大久保邸の, 奴さんは, 案内社へ, 民さんと, 沈むとき, 沢田は, 版を, 申上げ, 目出度い序で, 立聞きを, 西洋では, 転句に

▼ だつてこと~ (39, 0.0%)

2 がわかつた, は知, をさ, を知らない

1 [31件] がちやん, が分つ, が分つた, が生々しい, が直, が解つて, だから, だが, だよ, だらう, ですよ, とおんなじ, によるとそ, の種, はご, はたしか, はまつたく, はわかりました, は御存じ, は想像, は我々, は皆, は私, は誰, もある, を, をたつた, を教, を知, を知らせ, を青町

▼ だ小説~ (39, 0.0%)

6 の中 2 か母もの映画, のこと, の女, や戯曲, や戲曲

1 [23件] かなにか, が甚だ, が竹田敏彦, だけれど, だと, であるけれど, では, で阿部知二氏, にはやはり, のうち, の文章, の話なぞ, はない, は赤本, もない, も或は, や新聞種, や詩, をいまわたしたち, をかかなけれ, を思い出し, を話しっこし, を買っ

▼ だ手拭~ (39, 0.0%)

3 で額, ひを, を出し 2 が一, だ, に掛ります, をほぐす

1 [22件] がお, が五枚, でき, でちょい, で汗, で目, で腮, で鉢卷, で顔, なんざあ, の中, の乾, の行方, は岡, も赤い, をさげ, をばさげ, を出しました, を抜き取っ, を捕る, を置いた, を載せ

▼ だ曲者~ (39, 0.0%)

2 だ, もさすが, も定吉

1 [33件] があり, がこの, がその, が僅か, が其邊, が判, が判った, が喰い, が狙った, でござる, でなくとも, に刺され, に矢, に違, の十人, の影, の手, の顏, の顔, は, はその, はちょうど, は丁度, は何, は何處, は言, は誰, は鞘, もわかる, を突き飛ばせ, を縛つて貰, を縛る, を逃す

▼ だ~ (39, 0.0%)

6 の光 2 のよう

1 [31件] があった, がショボショボ, が出, が出た, が又, が山野, が思はず, が描い, が溶け, が登つたツけが, が花, が雪, だ月, でも見, にかがやく, に不思議, に指, に百両, の俤, の光りで, の湯, の表面, はちがっ, は矢張り月, は隣家, ばかり, を, をつぶさに, を入れ, を眺め, を釣る

▼ だ老人~ (39, 0.0%)

2 だと, というの, の姿

1 [33件] があつ, がいつわっ, がお嬢様, が余, が横たわっ, が腰, だという, って奴, とはまるきり, なの, には竹, に相違, の, のつまらない, のよう, の不恰好, の侵入, の声, の小さな, の影, の末弟, の皺, の言った, は, はぎくりと, はここ, はまさに, は巨多, は棒, は腰, を殺し, を甦らせる, 紅い手

▼ だたみ~ (38, 0.0%)

7 にし

1 [31件] がある, がつき, がまだ, が嵐, が目, という, と空, と謂う, なので, にした, になっ, にもせず, に石地蔵, に見る, に身, のところ, のまま, の中, の前, の廊下, の方, の泥助, の真ん中, へ抛り投げ, も紅く, をだらし, をぼんやり, を敷いた, を踊り越え, 目がけて, 老いんと

▼ だちと~ (38, 0.0%)

3 一緒に 2 みに, 云ひ

1 [31件] あとに, いうので, いって, いつた顏, いふもの, か愛くるしい, きまりが, しては, しめやかに, でも, なされて, なり喚いて, なるもの, の間, はか, もつかぬ, を持っ, 一緒にな, 人間美の, 医者とに, 印度の, 学殖を, 懲らしめの, 暗い額, 行つた, 言ふ, 貴公子らしい, 趣向を, 雨の, 震える青年, 顔つきとは

▼ だ~ (38, 0.0%)

7 やない 5 やい 3 ゆうが 2 やあ, やありません, よ

1 [17件] あ, いつと, ぞ, つとして, と始終, な, や, やあと, やあアンカウ, やあスズキ, や俺, ゆうに, ゆうに感じ, ゆうは, ゆうを, ゆう汗びつしよりだ, ゆう骨離れ

▼ だつてそれ~ (38, 0.0%)

1 [38件] あある, あ仕方, あ確か, がどう, が世の中, が普通, じや, つぽ, つ位, と同じ, ね可笑しく, の出來, は, はそれ, はない, はわかつ, は分る, は君無理, は家, は承知, は無理, は皆, は總てのもの, は頼山陽, も向う, も君, も望ましい, やほんと, やわ, やア書き, や兄さま, よりほか, より激しい, をきい, をやらなけれ, をやられ, を縛らなかつた, を見

▼ だのみ~ (38, 0.0%)

2 だった, だという, であつ, でした, でなく同時に, ならず却つて

1 [26件] うまい, かなしく頬, するよりは, だ, だと, で, であった, である, である此眞宗, でないかも, では, で一物, で北組, で益々, ならず, ならず何かと, ならず其成効, ならず内宴その他, ならず凡て, ならず別に, ならず後, ならず折々, ならず教育家, ならず生死, 出かけようと, 私も

▼ だ~ (38, 0.0%)

3 さらだ 2 あるども, しで, 先生の, 淋しだ

1 [27件] あいお姫さま, あたしこの, あたしは, いえあたし, ええね, かっ, ここの, さいなら, さまだ, しのごと, それで, つかりに, オレを, ッかり, ッかりおっしゃる, ナギナタできる, ンナは, 一斗あずけた, 云ったです, 今日はじめて, 化ける頃, 教へ, 為方が, 爲方が, 皆も, 謂は, 謂はば

▼ だまあ~ (38, 0.0%)

2 そこへ

1 [36件] あがって, いいから, おどかしなさんない, お伽噺だ, お前さんも, お珍しい, お聞きなさいまし, お重ねなさい, かけ給え, こうして家事, ここへ, こっちへ, この紐, そのうち, そんなこと, そんな下らない, つて入, よせよ, 一つと, 五十日は, 呆れたと, 大事に, 待ち給え拙者, 待って, 怪我が, 怪我を, 気を, 深く考えない, 聞いて, 聞けよおれ, 自分と, 諦めて, 足許の, 降りかかった災難, 飲みたまえ, 黙って

▼ だ全く~ (38, 0.0%)

2 それだ, リヽーは

1 [34件] こっちの, すべてが, その通り, だ, だア, のこッ, の所秀子, をかしいです, モー何の, ロシアは, 不思議だった, 今に, 以て, 伝らざるに, 何も, 何等の, 僕の, 冬日は, 単純過ぎる, 埒も, 嫌ん, 忘れて, 恐れ入ったね, 恐れ入ったよ, 恐れ入つたよ, 手前は, 死んで, 消失せない, 溺れて, 燃えて, 生きるの, 空想だ, 胴ぶる, 面目次第も

▼ だ~ (38, 0.0%)

92 は馬, 大層あわて, 相變ら

1 [23件] あの男, お澪, かうなると, かもう, か今日あたり, こうなる, この絵解き, この繪解, この通り, その刄, でつかい, にし, の修業, の手紙, またお客様, またお客樣, もう一つ, 全くお前, 御町内, 聴いて, 見當, 騒々しいじゃ, 驚いたらう

▼ だ~ (38, 0.0%)

2 と同じ, の体, の宗次, の足跡

1 [30件] がだしぬけ, が返るで, だねえ, にあなた, には自分, に家督, のこと, のよう, の事, の仇打, の保, の奴, の嫁, の心, の書斎, の次, の死, の行った, の顔, はわあわあ, はイキナリ私, は四カ月, は私, への懺悔, やらいぜん, よりも間, を忘れ, を思へ, を持っ, を連れ

▼ だ~ (38, 0.0%)

4 いつぱい 3 を立てる 2 の底

1 [29件] が, がこちら, がすいてる, がどっしり, がむくむく, が減, が減った, が痛い, が立っ, が立つ, だけはどこ, だ尻尾, ではくそ, とちがっ, など痛く, には草, に一物, に溜らねえ, に緊, のぐうぐう, の上, の工合, の真ん中, の空, も立たう, をした, をそのまま, を突き出し, を見

▼ だ~ (38, 0.0%)

4 の敵 2 から遺された

1 [32件] から生みづけられ, が, がある, が卵, が女郎, が知れない, さえあった, じは, たる自然科学, ぢや, ぢやと, にでも逢った, には親不孝, の, の名誉, の声, の情, の罰, の顔, は, は何ん, は意中, は種豚に, らしい事, を尋ね, を慕う, を棄て, 同胞を, 姉の, 猿は, 舟それを, 雀の

▼ だ親父~ (38, 0.0%)

2 の志

1 [36件] から聞きやがった, がそう, がド, が彼女, が死ん, が死んだ, が知, が道樂, というの, と俺ん, にとっては真実, にも申訳, に済まない, に金, の位牌, の借金, の口癖, の妾, の市次, の引き合わせ, の形見, の後継ぎ, の浩平, の無, の遺言, の遺言通り, はおれ, はなん, はもう, もお袋, もこいつ, もこう, もそれ, も赤い, を持ち出す, 抱いて

▼ だ青年~ (38, 0.0%)

3 の父 2 に対して特殊, に対する哀悼, に対する責任感, の妹, の学友, の手記, の葬儀, の許し, の顔

1 [17件] がある, がそれ, がそんな, がケース, が現われ, が背負っ, のぐるり, の中, の事, の彼, の理想, の面貌, の頭, は立ち止まっ, は背中, は銀盆, を政治

▼ だいと~ (37, 0.0%)

2 きくと, 反身に, 思ひながら, 聞いて

1 [29件] いふの, いやに, くるの, で前方大約七十噸, なると, 一人の, 下女に, 云ひ, 云ふ, 來た, 俺がやに, 俺は, 其児に, 半分は, 呶鳴つたら, 呶鳴つてやれ, 大きな声, 威張って, 小さな声, 御米, 真面目に, 聞き女房, 聞く, 聞くから, 聞くと, 聞くん, 訊くと, 車の, 馬耳東風軽蔑される

▼ だかい~ (37, 0.0%)

3 ないの 2 ぢらしく, よいよ

1 [30件] おやおや女, かにもマアお正月, こえが, ことを, この本, こを, ってごらん, ってみ, ても立っ, とつッこむ, な, の, のよ, ばんざい, もなかっ, やあな気持, やー, 京の, 叫びごえ, 呶鳴り声が, 咎め立ての, 女の, 巴里の, 日本人の, 男の, 群集が, 落葉朽葉の, 諸所方々, 連中が, 遺族の

▼ だやっぱり~ (37, 0.0%)

3 こいつは 2 馬鹿は

1 [32件] からだ, このまま, この土地, ね, やまなしだよ, やられたの, わからねえ紙張, わしの, イリドスミンや, 世の中は, 中古の, 仲, 僕としては, 千鶴子とは, 南蛮式であった, 又八の, 受ける, 堀木にさえ, 外国の, 天堂一角だ, 奥様と, 女だった, 彼等の, 待って, 思わしくない, 日本の, 此う, 男らしいところ, 竹じゃ, 紫錦さんか, 評判だけの, 釜の

▼ だ感じ~ (37, 0.0%)

4 である 2 で逃げる, のする

1 [29件] が濃い, だ, だが, だけでなく, で, であ, でおちつけない, でした, でにべ, では例えば, で万象, で立っ, で顔, にも間色, のいい, のきれい, のみは今, の店, の有る, の皮膚, の顔, はする, は今, は私, もばらばら, を彼, を持っ, を更に, を覚

▼ だ~ (37, 0.0%)

2 がすぐ, の裏

1 [33件] が, がそう, が今, が切れ, が急, が早い, で勿論, に覚え, のため, のやう, のわらじ, の上, の下, の処, の太い, の指先, の早い, の痕, は止まる, ばかり私, もならさなく, を, をつか, をひき摺っ, を引き, を引き摺っ, を引き摺り, を思うさま, を折る, を斬られた, を洗っ, を炬燵, 取で出て

▼ だおら~ (36, 0.0%)

2 あ勘づいてる, あ旦那, お蘭さ嫁, がこの, なんにもしねえ, もこんな

1 [24件] あ, あおと, あこの, あこぶの, あこれ, あそ, あそれだけ, あただ, あもう, あ一言, あ口, あ帰るっ, あ賭け, あ鐚, がおせ, がの内, が誰, が附い, の伜, は村, は正太, も玩弄物, 御城内, 水臭え

▼ だからねえ~ (36, 0.0%)

2 このひと, そんなに一概, 私あ

1 [30件] あいつは, あれは, お内儀, お前一生懸命で, これで, これを, そうすれ, とんだ失礼, どうかあしからず, まるで怒, もしすき, やがてお嬢様, やられた方ぢ, 何だって, 倉川も, 僕は, 全くシゴイみたい, 其の剣難, 君ここで, 富さん今夜は, 後の, 時々忘年, 本当に可哀想, 此の, 私は, 秋ちやんには, 話にも, 誰か, 赤ちゃんの, 頼んだ人

▼ だだけで~ (36, 0.0%)

2 あつた, 何故か憂鬱

1 [32件] おしまいまで, この小説, すまない, そういうこと, ちょっと話, どうなる, まとまっては, もうじゅうぶんである, もう少し酔い, もう食べた, チャント見当が, プイと, 仁清が, 何の, 助かった, 千二百マイルも, 吠えられるつまり, 嘔吐す, 妻に, 帰って, 役所へ, 息絶えた, 悲報は, 止めて, 直ぐ岸, 相手を, 眠る, 素知らぬ顔, 素通りし, 考えないと, 舞台が, 飛行具が

▼ だ~ (36, 0.0%)

2 の場所

1 [34件] が逃よう, きである, だ, で苦労, には大きい, にやどうして, に只野内膳, に牛乳配達, に着, に踏み込ん, の下宿, の人達, の大高家, の家筋, の氷, の謎, の農家, の階段, は, はこの, は官吏, は山谷, は真夏, は裏道, へは行けない, へゆかない, へ早う, までの憎しみ, もあつ, も寺, をやり給え, を譲っ, 女が, 犬で

▼ だ微笑~ (36, 0.0%)

3 を浮かべ 2 がうかんだ, であった

1 [29件] が上った, が嘲ける, が浮かん, した, したばかり, して, するのみ, だった, でそれ, で加野, と光る, に口, のみで, の影, の様子, の表情, は太子, をうかべ, をし, をすら口元, をたたえ, をたたえた, をもらした, を口, を投げかける, を洩らした, を浮かべた, を浮べる, を細根大根

▼ だ書物~ (36, 0.0%)

8 の中

1 [28件] からは知識, であった, でその, としては単に, なら滅多, について吟味, のうち, のこと, のリスト, の上, の名, の向う, の数, の権威, の耳学問, の背, の言葉, の間, はいろんな, はこの, は大抵, は数, を二度読み, を取り上げた, を御, を裝飾, を見る, を読む

▼ だ~ (36, 0.0%)

6 之助

1 [30件] から水烟, がいくらか, がみえる, が二つ三つ, が少し, が蒼い, だ, に待つ, に被われ, に隠れた, に鬱蒼, のある, のしん, の下, の垂れ, の数, の見える, の間, は小屋, は河上, をつけ, をつけた, をまばら, をゆすっ, を以て掩, を出しなさい, を片側, を眼, を落とし, を落としはじめる

▼ だかつて~ (35, 0.0%)

4 ゐた 2 ゐる紳士, 坊主出ろ出ろと

1 [27件] したが, ゐたそして, ゐた一疋, ゐた源, ゐて, ゐるが, ゐるその, ゐるやう, ゐる綺麗, 乳母さんらしい, 事が, 僕を, 六十歳の, 其処の, 夢路を, 大きな聲, 居る, 居るの, 彼を, 来た, 武蔵が, 滅茶, 画室の, 聞いたん, 艶や, 見えるの, 顏を

▼ だつた彼~ (35, 0.0%)

2 であつ, の伯母, の父

1 [29件] が卒業, が彼, が茶屋, に反し, に幸福, に海拔二千尺, のまくら, の今度, の名前, の最後, の眼, の鼾, はその, は一度, は世間師同志, は二年後, は女房, は彼等, は怜悧, は持病, は礼, は私, は電車, も, もここ, もまた, も途方, をお, を同じ

▼ だどうも~ (35, 0.0%)

1 [35件] あの子, こたえられねえ, この辺, しやしねえ, それが, ねえ, 不幸な, 二本差は, 今晩の, 仕様が, 変だ, 外の, 大きな家, 大きな物, 好い景色, 妙な, 実印を, 彼の, 恐しい, 悪に, 敵を, 最初来た, 有難う, 気おくれ, 気乗りせず, 疑わしい点, 眼つきが, 米友にも, 背中の, 致し方は, 親仁の, 解らねえ, 追ッ, 頭の, 驚く

▼ だども~ (35, 0.0%)

2 今から

1 [33件] あんまり安かっ, いい加減に, うちの, おっかさんあの, おやぢ, この辺, こんなとこ, さ, しおしめ, しこれ, そいつは, それが, なしあの, ならんども, なんとし, へえ兵隊, へへ, まだ下, ま阿部さん, 三百円ぱっちじゃまず, 不憫で, 今度, 今更そんな, 何ん, 俺ずるい, 俺は, 勿体ねい, 嘘じゃ, 少しな考える, 山へ, 普門院の, 無駄な, 考えて

▼ だなぞ~ (35, 0.0%)

4 と云 2 と蔭口, と譏る

1 [27件] いうの, が出りゃがった, といつわっ, といわれず, とおろか, とお釈迦様, とひそひそ話, とも云, と世本, と云う, と云つて, と人々, と嘘, と大, と大口, と太鼓判, と学校, と思つて, と愚, と濡れ衣, と無, と申します, と祖母, と言, と首, 云つては, 申して

▼ だらい~ (35, 0.0%)

3 に水 2 の中, の水, を持っ

1 [26件] がべぢゃぃ, たたいて, などをすえつけ, にたたえられた, に止まっ, に浸し, のなか, の下, の中央, の場合, の手拭, の湯, の縁, の規則正しい, はこなごな, はどけ, はめちゃめちゃ, へ穴, までががんがん, をさげ, をそこ, を一時, を出し, を立体走査, を載せた, を電気的方法

▼ だ~ (35, 0.0%)

8 れが 6 れも 3

1 [18件] あの娘ッ子, あんなばか, けのォ, この一件, って, って受取った, ての, て使, と証言, な, なァ, な畜生, よゥ, れ, 九一金と, 何にも, 小松が, 驚くもん

▼ だ~ (35, 0.0%)

532 だだだン, だみせえま, だ本当に, とはげしい, ね, べ, べか

1 [13件] がな, じゃある, だけど, だすやろ, だだだだン, だねえ, だらう, だらうて, で俺, にイ, ね子爵家, べが, よ

▼ だ~ (35, 0.0%)

32 である, は何

1 [28件] が多い, が書い, が誰, ぐらいは知っ, だけ洒落てる, だと, であった, であって, であること, であると, なの, にもにず, のせまい, は帯刀, は忘れた, もない, も宴会袋, も求めず, も知らぬ, をいい, をみすみす, を名乗れ, を揚げる, を聞く, を言っ, 乘つて正面から, 稱である, 調子語助の

▼ だ~ (35, 0.0%)

4 の外 2 には汚点だらけ, のこと, の一つ一つ, の傍, は枯芝, は雪

1 [19件] から下, から顏, が三つ, が真四角, だッ, だ窓, であって, によってぽか, の一つ, の二つ, の前, の左手, の所, は少し, は智恵子, へよじ登っ, もある, をあけろ, を一杯

▼ だある~ (34, 0.0%)

2 めえ, ものは, 場所で

1 [28件] はしっこい女, ひは, めえな俺ンとこ, ものと, 一派の, 人から, 人に, 人物が, 偉大なる, 全くズブ, 場所では, 夜眼を, 室に, 小説を, 年の, 恐ろしいもの, 新聞の, 日の, 日獅の, 有力者の, 歌を, 死刑囚の, 滑稽な, 犧牲的な, 秘密な, 重大な, 雑誌から, 麗かな

▼ だおし~ (34, 0.0%)

14 になっ 3 になった 2 になり

1 [15件] さ, です, なの, にころがし, にし, にたおれました, になげだされ, になりました, になる, にやぶれた, に後方, に頽, のあなた, の安物, やべり

▼ だかしら~ (34, 0.0%)

10 ないが 4 んが 3 いやア

1 [17件] あたしも, だ文句, ない, ないけど, ないけれど, まだ恐い, わくわくし, 何もかも解決, 具合が, 分った, 嬉しかった, 怖いわ, 恐いと, 最近目だっ, 気が, 済まない様, 青く見える

▼ だどうか~ (34, 0.0%)

6 して 5 すると 2 しなければ, 明君賢相が

1 [19件] あんな奴, おれの, お天気, こちらへ, しなくては, その霊薬, ぽつくり, われわれが, マア旨く, 不憫な, 事を, 弱い弟, 怒りを, 此の, 汝と, 祖国の, 私を, 行って, 通して

▼ だ~ (34, 0.0%)

8 だ, だと 3 だ嫌 2 だ何, な奴め, な心持 1 か, だって言い張る, だとは, だどう, だ痛い, なこと, なばかり, も好き, やだ

▼ だ最初~ (34, 0.0%)

2 のもの, の人, の大

1 [28件] から胡散, である, には最初, にま, に大きな, に自分, のチャンピオン, の一つ, の一問一答, の一手ぐらゐで, の一歩, の一碗, の事件, の仏師, の小説, の探偵小説家, の文字, の民党合同, の民黨合同, の症候, の発見者, の立派, の船, の言葉, の読本, の配偶, の題目, は酒

▼ だ~ (34, 0.0%)

3 を見た 2 を双方

1 [29件] があつ, が中, が入れ, が巻き付け, が散らばっ, が残, が真赤, であった, でそれ, には, に包ん, に南無阿弥陀仏, のやう, の上, の中, の取り, の取り残された, の層, の色, へ黒い, をとり出し, をテーブル, を出し, を投げ, を投げさせ, を拡げ, を揉み砕く, を揉み碎く, を貼った

▼ だ~ (34, 0.0%)

5 を作る 3 なこと 2 を作った, を娘

1 [22件] あの四人, ぐらいは存じ, だ, だ罰, であるが, と過ち, な悪戯, の子, の対語, はどうか, はやっぱり, は免れません, ばかりで, も作つて, をつくっ, をつくった, をつくる, を作っ, を作つた, を作つて, を犯した, を被せられ

▼ だお前さん~ (33, 0.0%)

3 は邪鬼 2 は, はおっかない

1 [26件] か早く, がすんなり, が腹, が見たら判るだらう, が見たら判るだろう, この柳原, じろりとよりか, に引渡す, に拾っ, の伜, の倅, の名, の名刺, の行末, の親切心, は何処, は國松ぢ, は知る, は私, もうやがて初冬, も我慢, も捕まえなけれ, も江戸, 仕つけ糸, 知ってるの, 知るめ

▼ だぜと~ (33, 0.0%)

4 云った 3 例の 2 念を

1 [24件] いった, いつたやう, いふと, いふので, お里を, こいつにも, こっそり得意, こっちも, 云いながら, 云って, 云ふ, 喋るよう, 囁かれたとき, 声を, 山嵐に, 庄吉は, 教えたと, 教えて, 教へて, 猪之は, 言って, 言つていました, 説得され, 通りがかりの

▼ だだけの~ (33, 0.0%)

3 ことだ, ことで 2 ことは, 事を

1 [23件] こころ, ことさ, ことであった, ことよ, ことを, ものでした, ような, 事であった, 元きた道, 名が, 姿で, 岩穴で, 損であった, 書物は, 本と, 極く, 歌です, 相違であった, 範囲で, 範圍で, 蝋燭へ, 詩に, 議題が

▼ だのにと~ (33, 0.0%)

3 思って 2 思うと

1 [28件] えらくむずかり出しまし, すぐ変, のちのちまで, わたしは, 云われると, 仰っしゃって, 命婦は, 思いました, 思います, 思いまア, 思うその, 思う点, 思ったけれども, 思ってね, 思ひましたら私, 思ふ, 思ふと, 思われるの, 惟光は, 敬太郎は, 私は, 窘なめる, 考えて, 葉子は, 言うの, 言つて泣かれた, 軍国主義という, 飛んだおせつかい

▼ だ~ (33, 0.0%)

3 し僕, し此 2 し其の, し是

1 [23件] しいつまで, しこの, しこれ, しそれ, し今, し余, し又, し叔父, し君, し学生, し学生生活, し幾等, し当るも, し後, し未だ, し然, し神, し立直れるだろう, し素人, し谷間田, し貴様, し酷い, ながら百二十萬圓掛け

▼ だ八五郎~ (33, 0.0%)

32 でした, のあまり, の鼻, ばかりが失策

1 [22件] が, がそれ, が吉弥, が吉彌, が自分, が間違ひで, と危ふく鉢合, に取, に取っ, に頼ん, の顏, は下男圓三郎, は四方構, は居候並み, は引っ込み, は引つ, は船具, は袂, は障子, もツイ気, もツイ氣, を使つて

▼ だ~ (33, 0.0%)

1 [33件] かといつた, かの國, こ, この, して, その方, の動機, ひきこまうと, も一つ, 三郎だ, 今度は, 來年の, 六ぢや, 叔父が, 問題が, 善い補助者, 大變, 引潮の, 彼女には, 必ずしも今年, 忘れてや, 思うと, 拙者は, 新宗派, 本意でも, 淺嘉町で, 男の, 者を, 蜘蛛が, 行つ, 誰かが, 髮切りでも, 黒板博士の

▼ だ~ (33, 0.0%)

6 の水 2 の景色

1 [25件] がながれ, では江戸名物, で釣る, といふ川, ととうきょうこうのさかい目, には不思議, に初秋, に添い, に添う, のほう, の中, の向う, の流れ, の濁流, の篇中, は自由気まま, は静夜, へ出ます, へ向け, へ流せ, みぎはのみこそぬれまさりけれ, わがおも, を前, を抜手, 之序

▼ だ心持~ (33, 0.0%)

3 になっ 2 をお

1 [28件] があらわれ, が私, が述べ, で書きはじめる, で林町, で耳, で自分, で言う, など書く, にこの, になった, に体, に移っ, に胸, の上, の可, の微妙, の自然, はよく, は何人, は少し, は恐らく, は私, よし, を僕, を歌, を毛筆, を色

▼ だ~ (33, 0.0%)

2 のため, は殺す

1 [29件] があります, だ, だと, だ此, ではない, と一緒, ながらなかなか, なの, に涙, の, のなか, のふところ, の一騎, の声, の奴ばら, の左腕, の影, の数, の死命, の真っ向, の間諜, の黄祖, は何, は切った, は土俵, ふまいと, も魂消る, をこしらえ, を知り

▼ だ着物~ (33, 0.0%)

2 のすそ, の外

1 [29件] がどれ, がはで, じゃない, だけが僅か, とおんなじ, に染め, のこと, の着替, の間, は高価, もトンビ, も何, をいくらか, をうちかえしうちかえし, をかたづけよう, をきちんと, をさっさと, をしぼっ, をそのまま, をまた, を一寸, を上, を再び, を出し, を着, を着た, を着る, を素早く, を足

▼ だ~ (33, 0.0%)

4 の中 2 があい, であること, を覗きます

1 [23件] から脱出, があいた, がある, が悪い, が開く, であった, でせう, になつて, にはまる, に何寸, のなか, の上, の内側, の奥, の奧, の底, の方, へ眼, も元, をさがす, を掘っ, を見つけられる, 掘機械

▼ だ~ (33, 0.0%)

2 が鳴る, をほどきます, を解き

1 [27件] から取上げ, がよけい, がビクッ, が冴えれ, づくだ, でぐんぐん, でないと, でなければ, と度胸, と据えた, には隆々, に覚え, のもろく, のやう, の中, はなか, はなかなか, はひとり, はマテイス, もねえ, も砕け, をとき, をもっ, をゆすぶられ, をダラリ, を持つ, を解こう

▼ だ~ (33, 0.0%)

2 なん

1 [31件] から出た, から離しません, が持てなかった, が買えなけりゃ, ぞ, だという, であつ, となった, と思い極め, なげだ, にあと, にただ, につける, には途, に染み, に覚え, のこなし, のま, の一命, の仇, の動作, の将来これ, はなさず持っ, ぶるひする程いや, を以て男子, を切る, を寄せた, を捨て, を立てる, を草むら, 離さず所持

▼ だ通り~ (33, 0.0%)

2 だ, に電気

1 [29件] いづれも, が大丸新道, じゃない, じゃッ, だった, だよ, で僕, にこの, にしてやらなけれ, によく, に結ん, のこと, の午前七時, の句, の啖呵, の手続き, の橋, の自己監禁, の関係, は片, へ出る, をぬけ, をもなお, を六年余り実行, を暗誦, を繰り返す, を言, を長い, 断わったそう

▼ だ~ (33, 0.0%)

2 に原爆, を彼

1 [29件] からし, があっ, があり, がのっ, ざしで, すらも天平, だと, にのみ限定, には丹, には紅, にもかかわらず, に塗られた, に注がれる, に額, のさむ, の皮, の眉毛, の竜, の附, をし, をふせ, をもつた, を上げ, を拭う, を支えよう, を横, を洗っ, を無遠慮, を背

▼ だからなあ~ (32, 0.0%)

1 [32件] あとの, あの浅草, あんたも, いやになる, いやはや, お婆さんお前を, この役, この森, さう, それ世間でも, ぬけ道, もう一度洞庭, もしまじめ, イワンおまえは, シルヴァー, 事だ, 今にな, 今解雇, 何が, 俺たち友人の, 卯平此ツ等も, 政, 昌作さんは, 権兵衛さんでかい, 気休めだ, 潮湯治っていう, 父だって, 犬は, 田崎君, 芹も, 見るもの, 金太

▼ だことに~ (32, 0.0%)

10 よると

1 [22件] おまえとは, この枝ぶり, こんどの, こんな小さな子供, よったらおいら, よったらこと, ティトレリは, 今日は, 先年やって来た, 家内は, 左の, 憲政の, 手先や, 文章を, 旅費が, 昨日の, 神宮の, 禅宗坊主に, 私は, 船長は, 近頃の, 酔うと

▼ だんろ~ (32, 0.0%)

4 のそば, の中 3 の火 2 がつい, では火, に薪, のなか, の前

1 [11件] があります, その上, に目, のうしろ, のお, のぼっちを, の上, の下, の煙突, へと目, を見つめ

▼ だ~ (32, 0.0%)

2 から長持, ぶくれの, 唇を

1 [26件] からはいったい, から此処, だ, には少壮時代, に大きい, に眼, に重りあっ, に高利貸, のあ, の桟, の棧, の武士たち, ばかり向く, へ下りた, へ泥坊, らん話ばかり, を向い, 交の, 凍むかや, 唇に, 瞼を, 葉と, 蔭で, 読も一字一句小歌, 賤の, 顎を

▼ だ世間~ (32, 0.0%)

2 ではみんな

1 [30件] から押しよせ, がどんな, が不, てえもの, では俺, では汝, では私, で定義, といふもの, にためし, には浮気, には男子, には肝, に執着, に好く, のやつら, の中, の人々, の人たち, の口, の噂, の神仏, の金持, の飾り, はふたたび, は不景気, への気兼ね, へもれ, や人, を知らない

▼ だ何処~ (32, 0.0%)

2 へ行っ

1 [30件] かで郭公, かへ行かう, から昇る, から這入り, か東京, か蒼みの, だ, だか, だと, だッ, だ行って, ですそれ, でですいったい, でも好い, で何様, で酒, ともなく, にお, にもまいり, に今ごろ, に行った, の国, の誰, の門, へなくした, へ行く, までも恋, までも隠し, やら人, よりも嫌ひだ

▼ だ小さい~ (32, 0.0%)

2 杯を

1 [30件] じぶん, ときには, はこ, ものを, ビンを, 二階家の, 例証も, 入江が, 包を, 品物でした, 子どもです, 家から, 家の, 小窓, 廃寺の, 廢寺の, 指が, 横木の, 洋紙の, 物だ, 物を, 町並みの, 癖に, 眼の, 眼は, 碑が, 羽虫と, 腰が, 顏は, 風呂敷包とを

▼ だ~ (32, 0.0%)

5 を掻く 3 をかく 2 を忍ん, を知れ

1 [20件] かしい, かしいこと, かしがるにも, といふもの, と口惜し, の上塗り, の骨頂, をか, をかいたさう, を忍べ, を掻い, を掻いた, を掻かせ, を掻かせた, を掻かせられ, を掻かなき, を掻き, を晒します, を曝ら, を申し上げなけれ

▼ だ~ (32, 0.0%)

2 に, の言葉, 或る

1 [26件] いっそ人, が亭主, が湖岸, この船, さんざんに, とうとうこの, にかの, にこの, にはただ, に中, に二十町, に使, に僕, に十八, に可愛い, に君子, に天啓顕真術会本部, に学問, に彼, に敢, に最後, に梅吉, もしさっき, 恐しい, 生易しい兵法, 終に母

▼ だ生活~ (32, 0.0%)

5 をし 2 の中

1 [25件] からは荒んだ, が, したいの, でありサンティーム, である, とある, と気持, と氣持, にはああ, に対する羨望, に身, のなげる, の問題, の嬉し, の様式, の經驗者, の苦しみ, の記憶, の部分, へ連れ出し, ほど生々, をしなけれ, をやつ, を感じ, を繰返す

▼ だ~ (32, 0.0%)

4 の坂 2 には風, のよう, の家並

1 [22件] が色々, であり彼, でちょうど, で昼間, となりました, ながらこの, ながら暁, にも何, に続き, の人々, の広場, の旅籠, の真中, の空, の空気, の若い衆, の謀叛, をあちら, を折れ曲っ, を歩い, を歩く, を離れ

▼ だいくら~ (31, 0.0%)

1 [31件] あの方, おちぶれたって, お前が, きみでも, でも動く, でも持っ, で泊める, 下手だって, 仲が, 借りたん, 剃っても, 叩いたつて, 好きだ, 威張っても, 官軍の, 富有な, 弁解し, 悪事を, 愚図愚図云った, 撒いても, 昨日の, 老人に, 自分が, 行っても, 賢いよう, 足が, 追ったって, 逆か, 選び捨てると, 頭を, 顕微鏡なんかを

▼ だうち~ (31, 0.0%)

2 だって貧乏世帯, のばし, の親分, は慥か

1 [23件] から能勢, がいない, では一番しあわせ, でも一番, で一番効め, で働い, で湯, なが, にはいつ, にも何となく, に何となく, に大きく, のねこ, の一人, の地内, の坊や, の女房, の師匠, の餓鬼, へ数えられた, へ来, へ来ない, 常にヘーラ

▼ だお母さん~ (31, 0.0%)

1 [31件] からもらった, があった, が住ん, さえあれ, つまり先生, と云いそやされました, にお, にもこんな, にも冷たい, に生き, のお, のこと, の來, の子供, の影, の気持, の眼, の知り合い, の聲, は, はその, は仲之町, は柳橋, は毎日お前, は私, は自分, もお, もよろこぶだろう, を思い出し, 死んだ, 死んだお母さん

▼ だからさ~ (31, 0.0%)

1 [31件] あんたは, いい加減に, ういふ, ういふ訳, うして, う思ふ, う薄情, う言つたの, おじさん, ごし, そこから, そらこの, そんじゃ, ちょっと届け, でないときみ, どこを, どの位, もう私ゃ, ようちょい, 今夜だけ, 大きな声, 大したこと, 大概の, 始まる前, 少しの, 早く退き, 渇水期の, 用心の, 町代の, 祖父ちゃんいつかみた, 米や

▼ だきっと~ (31, 0.0%)

2

1 [29件] あいつらが, あの写真, あの院長, いつか来, いまに, お前そい, お父さんが, お繁さん, ここまで, このあと, これが, これは, そんなもの, な, やって来や, ホテルは, 一疋や, 中に, 仕合せに, 出世します, 台所へ, 小人が, 待ってるぜ, 成功しない, 磋磯之, 英官辺からの, 読んで, 貴様らみんなを, 貸して

▼ だ~ (31, 0.0%)

132 るから

1 [16件] が, だ, つとこぼれる, つとそれでも, つとも, つと今, つと少う, つと少しばかり, なぞ, なでお, へなん, よか, るさかいなあ, るわ, を, ナ

▼ だとかが~ (31, 0.0%)

1 [31件] あなたの, あります, ありますから, いったいどうして出来る, それほど彼, ちがいます, どんなに邪悪, めいめいの, よく出, ゴチャゴチャと, ゴロゴロと, 仄見える, 仲裁会の, 住んで, 何物よりも, 出て, 同じ葛籠, 君を, 喋舌る, 嘗つて彼に, 大変綺麗に, 好いの, 現われ出した頃, 甲高く響い, 硝子窓の, 私が, 紛失した, 結合する, 自分の, 陶器の, 非常に

▼ だ~ (31, 0.0%)

3 つち道 2 まあ, ウ此乞食ア

1 [24件] いつもこいつ, うかして, おもうよ, つしり, つちが, どうすれ, どおん, ぶ板, ほくそ笑みを, みっしさ, りや, ろぼうくらいは, ウン世間が, ッこい, ッど, 倒れて, 可愛いから, 思ったへば, 思ったらしかった, 思つて行つて見だ, 愚図って, 明日にも, 本當, 百姓嫌に

▼ だやら~ (31, 0.0%)

7 何が

1 [24件] えいゆう, こう気, これが, その方角, その縁, それも, ただ一面真っ白, で私, どこの, 一つも, 不幸だ, 何も, 分からず警察, 分からぬから, 呼ばる声さ, 小川だ, 御弔, 惡だ, 挨拶にも, 港だ, 眼が, 訳が, 道だ, 非眞理

▼ だよい~ (31, 0.0%)

5 日に 42 んだ, 酒だ

1 [18件] あんばいだ, お茶な, かこれ, かなお前達, か文字, 処か, 処へ, 友は, 名だ, 小説の, 思案だ, 所へ, 方だ, 水を, 行きがけの, 見せしめじゃ, 音いろ, 香気だ

▼ だ~ (31, 0.0%)

1 [31件] こくりこくり, ごし, さう, しきりに何, じつと, すたすたと, そのこと, その場, だつた, である, であるの, でいた, で外, で居た, で彼, で有る, で默つて, になっ, のお, の縊死, ふとよろけ, やや躊躇, 大跨, 嬉しそう, 少し俯向き加減, 思い起して, 懶さ, 白いどろり, 言った, 詰るやう, 迂散らしく相手

▼ だ~ (31, 0.0%)

15 だと

1 [16件] だどうしても, だよ, だ取殺される幽霊, ですね, なもの, な入道, な女, な奴, な宿, な洋服, な目, な笑い, な筈, な顔, に, に鋭い

▼ だ~ (31, 0.0%)

2 が気の毒, の面影

1 [27件] えこれ, からもよく, から持越し, がなお, がやがて, というの, などは殊に, にそっくり, に恩, のこと, のところ, の傍, の子, の形見, の晴れ着, の末, の聟, の身の上, の身代り, はお, はよく, もただ, やちっと, や分ったい, よくもの, をお, をはさん

▼ だ心配~ (31, 0.0%)

6 するな 4 すること 2 だ, をした

1 [17件] いたすな, したもう, しなくても, しなさんな, すな, するなって, するなと, するほどの, せねえでも, だからのう, だと, ない心配, に及ばん, はない, をさした, をさせちゃった, をし

▼ だ手前~ (31, 0.0%)

32 の眼光

1 [26件] いいかい, から剪, から剪つて, が嫉妬, が殺さなけりゃ, が門前払い, ぐらいな年頃, にこの, のお蔭, の世話, の処, の勝手, の心, の方, の眼カスベ, の言う, の身, の身体, は何, は無筆, は衣, は訳, も大名高家, も長く, を貰わなけれ, 全く改心

▼ だ拍子~ (31, 0.0%)

1 [31件] にこんなに, にその, にどう, にどんと, にのめった, にぷんと, によろよろ, にわたし, にノート, にポケット, に一番下, に両手, に二人, に何かしらスバラシイ思付き, に娘, に巌, に床, に杉田, に椅子, に欄間, に火傷, に片方, に突然, に肩, に自分, に蘆, に褞袍, に見る, に足, に隣り, に飛び出し

▼ だ時私~ (31, 0.0%)

2 は全く, は思わず, も死ん

1 [25件] と火, の小説, の頭, は, はおかしく, はこれら, はすぐ, はずつと以前, はどきんと, はふと, はようやく, はアッ, は何となく, は何とも, は又, は幻滅, は廿一, は思はず, は悪い, は或, は暖簾, は生, は自分, は遠く, も夢中

▼ だ然し~ (31, 0.0%)

2 ともかく生きよう, 外に

1 [27件] おれには, こんな急, そのひと皿, その時, どう知らせ, まるで聞分け, もう僕, よく話, カアライルの, 二人とも, 僕は, 冷えきつ, 受けるかも, 叱ったり, 同じもの, 君の, 張を, 強い口調, 我輩に, 永遠の, 演出は, 熱心な, 福田宗吉乗気でないらしい, 私だつ, 私自身も, 結婚も, 金三郎の

▼ だ良い~ (31, 0.0%)

3 娘です, 男さ 2 土産話に, 娘だ, 娘ぢや, 智惠が, 男です

1 [15件] 修業だ, 匂いが, 女で, 娘が, 娘で, 子だ, 心持であろう, 料理であった, 気持だ, 物が, 犬でございます, 男だ, 男で, 胤を, 話が

▼ だ~ (31, 0.0%)

2 があて, だ, のかたまり, のやう, の下

1 [21件] があ, が吹き払われ, が地平線, が定, が時々, が流れ, が近づい, だ雲, と雲間, に閉され, のない, の峰, の海, の白っぽい明る, の蔭, の表, はさ, はみっしり, は気, もそれ, を見

▼ だ面白い~ (31, 0.0%)

2 ことかも, ことを, だろう, 仕事かも, 娘で

1 [21件] かね, から毎月, じゃない, だらう, では, といやあ, とさえ思っ, のは, ものであります, もんだ, よなかなか, んだ, 事も, 人が, 嘸ぞ, 様な, 牛も, 留守番でございました, 話だ, 話では, 話に

▼ だころ~ (30, 0.0%)

2 のこと, を見はからっ

1 [26件] おぬいさん, からいくらか, から京丸, から仕事, さたぶん, たった二畳敷, とおじいさん, と思っ, にはもってのほか, にはエフィム・ペトローヴィッチ, にはマルセーユ, には芳太郎, にやっと, に渦巻, に目, の事, の何れ, の話, はそれ, は十六代, は同じ, は旧暦九月, もまだ, やっと青々と, を見さだめ, 会って

▼ だすぐ~ (30, 0.0%)

1 [30件] あと父の, おじさんに, それだ, と恐れ入りやした, なほるよ, にお立ち, にも先生, にも百姓, にわかるだろう, に五躰, に忘れる, に本署, に浅田, に遣ろう, やって, 向ふ, 宮の, 後だ, 御輿を, 手当を, 来い, 来て, 枯れる稲, 次の, 眼の, 立て, 行くと, 見破ッ, 飲めるよう, 高飛びし

▼ だつてあなた~ (30, 0.0%)

2 のお, は何

1 [26件] お留守居, があんまり, がさ, がたやすく, が二階, が今, だつて, に御, に良く, のこと, の頭, はあの, はいつも, はかまつた, はその, はたつた, はわたし, は天才, は未來, は青瓜さん, よりは力, よりもつともつと, より安い, をしつかりうらん, を殺しかけ, を輕蔑

▼ だとかと~ (30, 0.0%)

3 云ふ 2 憤つて

1 [25件] こっそりと, これまでの, こんな言草, しかし思想家, そんな無稽, わたしは, 一々取り上げ, 云う, 云うの, 云うポーランド, 云う書物, 云う話, 云って, 云つた風の, 云つてちやほや, 云はれます, 何か, 力んで, 呟いで, 呟きながら, 噂も, 推論し, 然し思想家, 考えられるの, 那麼言草は

▼ だなぜ~ (30, 0.0%)

2 それを, そんなこと, ってそれ, といっ

1 [22件] お連れ, かといえ, こんな所, その日, だと, といえ, とめる, ならあるの, ならば, なら始終, 云わない, 何時までも, 博士は, 囲いの, 大望など, 帰らないの, 彼等は, 斬らないん, 来たんだい, 止める, 私の, 自分は

▼ だによって~ (30, 0.0%)

2 家康が

1 [28件] あの女, おん貸し申す, お構いも, このたび, この五升五合, この際, これまでも, そのつもり, ときどき召しよせ, どんな小さな家, のちの, わしが, われわれの, 余人に, 労力の, 只今勘当する, 吾輩が, 大分気を, 少し負う, 捨てろと, 母に, 永の, 滅多に, 相扶, 縁先で, 脚が, 行る, 閣内は

▼ だひと~ (30, 0.0%)

2 のこと

1 [28件] う馬鹿, が呼ん, が尠, が手紙, さわぎやらかしましょう, にすまない, にとっても生き, にはかな, には其, のこ, の事, の六十パアセント, の成功, の肉筆, の追憶, は, はきわめて, は同書, は姉, もじ, も多く, よ, をあんまり, を死なせ, 働きして, 共に, 身を, 骨おっ

▼ だ~ (30, 0.0%)

4 眼を 2 の眼, 岸の, 眼は, 頬の

1 [18件] という値, の前, の拳, 三年お, 三日夏らしい, 主人公の, 伯は, 刳りの, 名が, 名ジルベールと, 後見から, 眼が, 眼と, 眼も, 脛へ, 腕の, 袖を, 集団であります

▼ だ~ (30, 0.0%)

4 である 2 が二つ亡妻

1 [24件] からもつと, があつ, がある, が散見, が特色, でさえなけれ, でしょうが, で結ん, なの, については前, になっ, には湖水, にもある, のよう, の味, の多く, の姿, の点綴, の美, はまだ, は二三, は比較的, を味, を離れ

▼ だ~ (30, 0.0%)

6 の上 2 をどうして

1 [22件] から麦, があらはれ, が凍る, が出, であるあの, といふやつ, にはかすか, に大きい, に縁, のなごやかな, の強大, の見える, の道, は東, は足駄, へしつかり, や蒼々, をのけ, を元, を刎, を水, 煙りの

▼ だ~ (30, 0.0%)

2 と政談, は寒, も二階

1 [24件] があっし, があつし, がある, がさし向い, がじき, じゃ, ではなく, というの, と差向い, につとめ, に宝塚行き一枚三円, の中, の人いきれ, の好む, の隙間, は六十, は家, は座敷, は彼等, もあっ, も早く, を二階, を留め好ん, を當

▼ だ~ (30, 0.0%)

4 ういう 3 ういふ, うして 2 うや, う云, う云う

1 [14件] ういふお, うした, うだちが, うだちがい, うだなんて, うやっ, う思う, う思って, う成った, う申し, う紋, う習慣, かる混沌時代, して

▼ だ~ (30, 0.0%)

2 と言う, に

1 [26件] かも知れない, だった, だと, だ兄, であった, である, であるが, であろう, でしょう, とは思はなかつた, にいつしか, にうた, に三箇月, に五百両, に今日, に可, に同じ, に札幌, に東京, に秩序, に船べり, に起った, に道, に餓死, みやすみ, らしくそれ

▼ だ~ (30, 0.0%)

3 のあたり

1 [27件] がすっと, がどきどき, だ, に人, に私, に融け込ん, に骨, のうち, のへん, の上, の幅, の扇, の鼓動, は膨らんだ, へくっつけてる, へひしと, も四肢, や腹, をくるん, をし, をじんわり, をグッ, を伸し, を切め, を反らし, を圧, を膨ら

▼ だでも~ (29, 0.0%)

2 あろうか, あろうし, 悪いの

1 [23件] あまり太り過ぎ, あろう, あろうけれども, いいせめて, おそらくわたしたち一家, おぢさん, お悪い, さう, ないの, なくまったく, なく勅命, まさか博士自身, 一つどうか, 何でも, 博多, 強くなったら, 彼女の, 待って, 悪くなり, 日に, 用心の, 追いついて, 逢いに

▼ だるる~ (29, 0.0%)

3 よ, よみだ 2 花群は

1 [21件] うしほ, かげを, なだら坂, みだる, も国, やなんぞわが, を見, 下枝の, 北国の, 夜の, 恋慕の, 愛慕の, 春の, 時の間を, 楽の, 眼ひらき, 露に, 面ざし, 髮の, 髮は, 黒髪の

▼ だわいと~ (29, 0.0%)

1 [29件] いいだすかも, お察し, こういいました, ついわらいださず, べつな, ほくそえんで, 存じまして, 彼は, 思いながら, 思いました, 思い込もうと, 思うた, 思った様子, 思って, 思つた樣子でした, 思つて初めて, 感づいたけれど, 感心し, 振り返るまでの, 次に少し感心, 気取りました, 猪之, 瞼を, 神尾が, 腹の中では, 見破りおって, 言って, 青嵐も, 首を

▼ だ~ (29, 0.0%)

2 に變, へ出, へ出よう

1 [23件] で神様, には連れ, にわけ, に何, に兄弟, に湯せんべい, に盜, に馴染, のもの, の事, の者, の麦酒つて, は戦争中, は殆ど, は静か, へ出たい, へ出る, へ出る気遣え, へ出れ, へ放り出せ, を守る, を見, 小さな鋼鉄砲二門

▼ だ~ (29, 0.0%)

5 のこと 2 の声, へ紅

1 [20件] が主, が肺病, に云, に似, の, のおとし, のおも, のため, の二人, の名前, の娘, の嫁ぎ, の明子さん, の爲, の言葉, はやはり, は兄, もわたし, を, を思い出します

▼ だ~ (29, 0.0%)

3 の手 2 ういふ, うで, の方, の眼, の足, へ左

1 [14件] うであります, じゃねえ, すれは, だの争い, の半面, の数行, の數句, の目, の腕, は牢獄, へよけた, へよけて身体, ればとて, 程の物

▼ だ悪い~ (29, 0.0%)

3 ことを 2 ことでも, ことは, 奴だ

1 [20件] こととは, ことなんか, ことに, と云え, と思ったら, のア, 了簡を, 事ぁするがその, 亭主を, 奉公人が, 奴が, 奴の, 奴らだ, 奴を, 時に, 気でなく, 渡世の, 物である, 野郎だ, 顧問官達や

▼ だ~ (29, 0.0%)

3 の空気 2 からあの, だ, つぱらから, の空氣

1 [18件] から夜中, から晩, だか, だと, っから, の, の大気, の汽車, の眼ざま, はいつ, は声, までだ, もかしわ, も酒, 早くから郭公, 早くさ, 早くさえ, 起きて

▼ だ~ (29, 0.0%)

2 は此

1 [27件] え此処, え知っ, が, が改心, が疾, が言, が頭痛, なんざ無学, にそれ, に歓喜, の主人尊氏, の手, の方, は, はお, はこの, はそんな, は一匹夫, は何, は切る, は永禪和尚, は知る, は誰, まぶ, も是, も骨, 漕げ脚気

▼ だ迷惑~ (29, 0.0%)

5 をする 2 をしました, を人

1 [20件] いたして, だぜ, だって, だろう, だネ, で困りました, なこと, など, な所, や騒動, をかけ, をかけちまった, をさせ, をし, を人々, を及ぼします, を受けない, を蒙, を蒙る, 思えば

▼ だこういう~ (28, 0.0%)

1 [28件] うちこわし, がきはたちが, ことが, ことは, のだ, ふうに, ものは, ものを, 事は, 人間は, 哀れな, 問題の, 基礎観念が, 場合は, 御商売柄, 悲惨事の, 意味さ, 折こそ, 折は, 時だ, 時の, 死んだ農奴, 深山へ, 犬を, 職業に, 青年は, 非国民が, 驚異の

▼ ださる~ (28, 0.0%)

2 ことに, でせう, んです

1 [22件] からその, からとのお話, ことはかな, でございましょうよ, とは甚だ, と申, ならば, なら何卒, な恋, のだ, ので, のは, べきもの, べし, もんです, 事は, 伯爵夫人が, 余に, 平生の, 御思召, 様必ず, 義を

▼ だたしかに~ (28, 0.0%)

2 あの女

1 [26件] あの時, あの男, ここは, この座敷, この手, これは, しまつてた, そうかも, そこが, それに, というよう, やつて, ギンネコ号だ, 一種の, 七つだった, 今と, 体の, 兵馬さんは, 処女性の, 大阪だ, 彼の, 怪人であった, 松の木の, 知って, 舟を, 預けたじゃ

▼ だつたな~ (28, 0.0%)

74 お神さん

1 [17件] いづれ良い, お孃さん, こんなこと, その代り, と思う, と思つて, と私, と駿介, なア, アと, 八, 昔は, 気の毒に, 猪之, 番頭さん, 錢形の, 青野の

▼ だとかの~ (28, 0.0%)

2 存在する

1 [26件] かけ小屋が, ことで, ちっとも面白く, ような, アイマイな, 伝を, 包み紙の, 名称の, 品が, 場合には, 女は, 年月は, 形を, 後に, 描写は, 晩だ, 歌に, 注文を, 片輪者, 獸類を, 破損し, 習慣を, 舊蹟を, 説を, 遠方までも, 馬具を

▼ だなという~ (28, 0.0%)

1 [28件] ことが, ことは, ことまで, のは, ような, 予感が, 予感だけが, 予感を, 人間感が, 単純な, 命に, 好奇の, 当然な, 思いと, 思いを, 想念が, 感じが, 感じは, 感じを, 感想よりも, 淋しさ, 結論に, 考えも, 考えを, 表情が, 観念を, 軽蔑や, 顔を

▼ だなり~ (28, 0.0%)

2 しわが

1 [26件] があまりに, こう起つ, じっと忍び泣き, その机, で坂, で川, で打ち遣って, で無二無三, で片, で物, で金歯, まるめて, よって, コーヒーを, ダラリと, 倒れました, 出て, 動かないの, 呑口を, 戸棚に, 暗夜の, 月姫よ, 立ちどまって, 耳を, 自分の, 魂が

▼ だばか~ (28, 0.0%)

3 なこと 2 だ, にし, にする, やつらいいき, やろう

1 [15件] だと, な, なやつ, なッ, な話, にすなっ, にするない, にぼんやり, に偉さうな, に嬉し, に悄げ, ばかしいっ, みたいな, ッ, 野郎め

▼ だ実に~ (28, 0.0%)

1 [28件] い, いい顔, うまい, きれいだ, つめたい, ばかばかしい話, クダらんものだ, 不幸な, 不思議だ, 余は, 分らない事, 堪らんな, 失敬ナ, 奇妙だ, 幕府の, 年は, 怪しからん, 愉快だ, 感服, 感服君の, 有り難い不幸, 有難てえや, 残念に, 気の毒で, 物堅い屋敷, 素晴らしい, 静かだ, 驚いたと

▼ だ此処~ (28, 0.0%)

2 だと, にいる

1 [24件] からは大, から転がりこむ, がカノマツバラ, が全滅, だ, だつたな, だ千種君, では死ねない, でゆっくり, で一つ二十両, なら命, にある, にも亦, にも俺, に人家, に居る, に百両, のユクタテ, の家, の屋根, は, は海豹島, も戦争時分, 迄来れ

▼ だ立派~ (28, 0.0%)

3 なもん 2 なもの, な武士, な芸術品

1 [19件] だろうウム, なお, な人間, な切明け, な士人, な子孫, な峰, な御, な悪党, な火の玉, な病院, な罪, な腕, な虫籠, な講義, に両親, に死ぬ, に現実的基礎, よ

▼ だ~ (28, 0.0%)

2 から湯屋, は寂, へ冷笑

1 [22件] から何だか, から自分, が抜けてる, では目, にえらい, にこれ, に並ん, に子供, に幾つ, に彼, に派出, に点在, に犬, に行き尽す,