青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たより~ ~たら たら~ ~たらう ~たらしい たらしい~ たらしく~ ~たる たる~ ~たれ
たれ~
たろう~ たん~ ~だ だ~ ~だい だい~ だいたい~ ~だいぶ だいぶ~ だから~

「たれ~」 6444, 62ppm, 1853位

▼ たれ~ (1641, 25.5%)

153 なり 108 今は 7 余は, 我は 6 これより, 也 5 ここに, これを, なるべし, ソと, 人の, 甲斐なし 4 われは, われも, 之を, 何の, 氏は, 身を

3 [18件] かく, 七つも, 不意の, 五六軒隔てし, 人中に, 今の, 前垂でも, 善き歌, 左に, 後は, 怕い, 暫時も, 此より, 此方の, 火の, 羽織の, 足を, 醜くからず

2 [97件] あたりは, いざや, いそいそと, いまは, いや, かかるもの, かく言, こぎの, ここには, この上, これに, さは, さまざまの, その古き, その翌日, その頃, たと, とって, なりさりながら, なりと, なり又, なり固, なり夫, なり我輩, なり然るに, アウグスツスの, ブラウンシュワイヒの, 一ツおり, 一句も, 上諸侯より, 不思議や, 世間之, 両人肩を, 二百年来諸国にも, 今さらいふべく, 今日も, 内閣と, 則ちた, 動きも, 又宿, 右の, 君も, 唐土の, 売卜者曰く, 多くの, 夜の, 大なる, 天の, 女房は, 如何に, 姉上と, 始めてこ, 容易に, 寒さ身, 少しなれ, 引くは, 当代の, 彼の, 心に, 怪しまで, 意を, 憲法の, 我を, 我今, 戯言とお, 打置き, 掌に, 明日きたらん, 時の, 普人の, 更に白襟, 校長は, 此の, 殘る, 水の, 火浣布ふた, 然ば, 片岡氏も, 皇帝は, 筮者判断し, 紅の, 翅燕花といふ, 腰に, 自働車, 自然の, 船頭も, 茲に, 茶店ある, 虫は, 襟を, 証と, 財産を, 貴き人, 足もと覺束なく, 長者は, 階段を, 餘り

1 [1142件 抜粋] あえて主, あたかも可, あつぱれ功名手がら, あとなる, あまりたくさん, ありあけ, いざゆかん, いちはやく櫨, いつにても, いで我試み, いぶかしさ, いまや汝, いよ, おなじ家, おのれも, おもむろに彼方, お別れ, お夏, お種, お辰樣, かけて, かしこを, かの一萬二千餘里, かの時代, かの煙, きら, この一呪詛, この名, この塚, この日魔法書, この火, この際屹, この頃そ, これからは, これによりて, これも, こんな目, さすがに, さすが隣国, さながらに, さはと, さらに追善供養, しばしおん身, すぐに, すすむるを, すなは, すべて目も, そのこと, そのなほ, そのゑめる, その事, その亡霊, その医師, その名, その夜, その子孫, その尾, その悪口, その村内, その状恰, その當時, その石, その羅曼主義, その色赭, その足, その間大約我が, それとも心づかざれ, それにも, それより, それ学び, ただちに頭, たちまち黄塵万丈, だ, ついにその, つぎは, とある路傍, どう, どうどうどっと風, どんな告げ口, なにとぞこちら, なりとい, なり余, なり太陽, なり物, にや目, はや後には, はるばるこれ, ふと小, ほのかに, まず間違い, まだ喉, みだりに竜, もう狼藉者, もとの, もはや用, やがて雪, やはり打ちつ蹴つし, よいわけ, よく申し伝えまする, よろしく本編, わが目これ, わたくし小平様の, われと, われらは, われ等父を, アイと, ガサンと, スルスルと, ナー, ハイカラなりなど, フェノロサの, ユダヤ人は, 一しほ, 一たび意を, 一とおりの, 一人が, 一人も, 一匹なる, 一同得物を, 一家大, 一族の, 一時暇を, 丁度その, 三五郎は, 三國時代に, 三百余年の, 下に, 下宿屋にても, 下田にて, 不彌, 世間に, 両者は, 久し振, 之よりは, 乗客の, 九州浪人臼杵九十郎と, 事に, 二人は, 二人相見, 二十二日夜八時東京監獄より, 亭主答え, 人また, 人再び, 人通いと, 今これを, 今さら爲術, 今も, 今回の, 今夜は, 今宵こそ, 今後女性の, 今日こそは, 今日より, 今日米国の, 介抱せし, 他の, 仮令今, 住職は, 何かは, 何とぞ家居, 何なにか, 何をか, 何卒お, 何卒大坂, 余が, 余も, 余輩は, 信玄たちまち, 傍に, 僧ら驚き見る, 元来水夫, 先刻ようやく, 先待給へと, 先此所にて, 先生に, 入りきたる, 入院も, 全然之, 兩者の, 六六館の, 其が, 其の色, 其云ふ, 其子の, 其理想する, 其親, 其間の, 内より, 再び栄生せりとい, 再び身, 冬枯の, 出でたり, 切ては, 別人の, 前世の, 加朱夜半に, 勿体なけれど, 包みの, 医者の, 午後より, 博士は, 即ちこ, 即ち渡航, 又助, 友は, 取りかえてよと, 受け取られよ, 古手の, 古郷の, 只で, 可羞, 吉兵衞是に, 同人も, 同地の, 吾が兄備前守, 吾輩は, 和上は, 和訓には, 哀やさし, 唯だ, 單衣に, 四辺は, 因つて世人追剥を, 国王ならびに, 堂側に, 場内には, 塩引ならん, 外より, 夜具の, 大に, 大鞆, 天忠聞て, 契濶を, 女中などは, 女王の, 如何にもし, 妾に, 妾も, 娘お, 媒妁役の, 嬉しや, 子供も, 孝助は, 学者先生も, 定かには, 宝蔵千年の, 室内照り, 家を, 家康が, 家相家が, 寂々たる室の, 富士も, 導者は, 小百兩, 小袖一重と, 小親手首, 少しは, 少年多食の, 尼さんは, 山川の, 山脈青か, 左京は, 己れ, 帰りぬ, 常樂院, 平左衞門様, 幾の, 幾歳と, 広岡の, 店頭蕭条として, 強いて控え, 当人曰く, 当所へ, 彼は, 彼れ, 往々筆者, 徃く, 後漢書, 御前が, 御引見, 御案事, 御覧に, 微力で, 心の, 心を, 心爽に, 必ず惡しき人, 忠兵衞ほ, 忽ち其藩士, 忽ち車軸, 思わず咽, 急ぐべしと, 怪しとも, 恐しくなりぬ, 恐れ入りたる気色, 息籠も, 悪魔は, 悲しき声, 愈鵺, 憂うる心, 懷中より, 我が子, 我が為め, 我が頭, 我に, 我わが, 我勝ち留り, 我思ふ, 或は和解, 戯言て, 扇は, 手に, 手紙を, 打笑い, 承知なら, 拙劣を, 拳の, 捨てんにも, 掻分け, 揮毫し, 擱筆する, 救助船を, 敵を, 斯く思はる, 斯即座に, 新婦と, 日本語と, 旧記に, 早朝起出で, 明日あたりは, 明星は, 明治の, 是は, 是僥倖と, 昼過ぎより, 昼餉食べ, 晩蝉の, 曳船百艘ばかり, 更に気味, 書きたるをも, 最早この世, 最早京, 最早溝, 月は, 木材と, 本より, 本堂の, 村民らは, 来援三日を, 果さず, 果して子, 格別の, 桜花は, 梢は, 欧州人民の, 止むなく拙者首, 此には, 此ひびき, 此天皇の, 此度の, 此方で, 此次には, 此處に, 此金は, 歩くも, 歸る, 死骸は, 残りたる, 残る隈, 殺心, 殿様は, 毎夜筆紙を, 気が, 水にも, 汝の, 汝を, 江戸は, 河原に, 治部大輔義元殿が, 注意あるべし, 流動体の, 浄写す, 海に, 涼風は, 淵に, 清兵衞は, 漁夫は, 漸く吃驚, 無下の, 燦爛たるほど, 爭で, 物の, 物語さへ, 猝に, 猶も物語らん, 猶以, 珍しからねど, 甚だ御, 申し殘, 画工は, 當時九州の, 痛みは, 白しおしなべて, 皆逃げ, 監本中のや, 目黒の, 直ちにこの, 直ちに見付け, 相當, 眼の, 知らであり, 知音の, 短冊を, 石炭欠乏の, 神が, 秋に, 程なく熟睡, 窃み聴か, 立ち帰って, 筆を, 籐筵に, 素より覚悟, 終に行方, 結句厄払ひと, 網の, 羽根は, 翼なく, 聊か, 胸に, 脇の下うつろと, 腑甲斐なく, 臨終の, 自然これにて, 興盡き, 色は, 苦虫と, 草に, 草生えた, 落着後或は, 葡萄酒一杯を, 蘆の, 衆人これを, 衝と, 襟白粉も, 見るからに, 見玉, 親縁, 覺えず, 記念と, 詮方なく, 語ること, 誰も, 謙三郎は, 責殺されん, 貴兄の, 貴女の, 貴樣, 購來れり, 起きて, 越後路へ, 足る, 足るの, 跛者たちまち, 身は, 車に, 車爭ひなくし, 農工商の, 近々御所刑, 近寄りて, 迷ひ, 逃げ出したから, 通仙が, 遊人なし, 遊客は, 遥に, 鄰國富山にて, 酒屋の, 里に, 野外に, 釣は, 門を, 間接の, 陸にては, 雑兵を, 霊魂説も, 静かに, 頂の, 頭白う, 顏が, 顔も, 食し物, 飯時の, 餘す所は, 馳せゆきぬ, 驚きまどう, 高き城市, 鬼王丸めを, 鳥御前は, 麦刈り済みて, 鼠が

▼ たれ~ (1068, 16.6%)

66 いた 34 いる 16 いました 13 いるの 11 いたが, いると, 立って 9 いて 7 いるところ, しまった, 何か 6 います, ゐた, 泣いて 5 しまったの, ぼんやりと, ゐる, 眼を 4 いること, ける, 居た, 煙草を, 眠って

3 [11件] きた, くるの, しまいました, しまう, それを, みたり, みて, ゐるの, 休んで, 坐って, 居る

2 [60件] いけねえ, いたお, いたの, いたらしいの, いるが, いるよう, いる両, いる姿態, いる様子, うっとりと, うとうとし, うとうとと, こっちを, しずかに, じっと坐っ, とろとろと, ひとり静か, ぼんやりし, わきかねつ, ゐます, ゐること, タバコを, ニヤニヤした, フラフラと, フーセンアメ屋が, 一人の, 下の, 下を, 不思議な, 二人の, 人よりは, 仕事を, 佇んだ, 何かに, 例の, 先刻から, 南無観世音, 四方を, 外を, 夜を, 天井の, 寝て, 平次の, 彼は, 彼を, 心細げ, 揺れて, 死んだ倉松, 死んで, 物思いに, 睡つて, 立ちながら, 答えた, 粉煙草を, 考えこんで, 蒼白き息, 藤木川に, 足を, 酔眼を, 魚の

1 [665件 抜粋] あごが, あごひげも, あったもん, あの大きな二本, あまえてるのよ, ある, あれど, いいもの, いかにも考えあまった, いかめしいひ, いきなり駕, いたかみ, いたから, いたかれら, いたって, いたところ, いたので, いたもん, いたガーネット, いたロイトネル氏, いた信江, いた僕, いた早苗さん, いた社, いた私, いた縄, いた豹, いた首, いた鰹節売, いないだけの, いねむりをしていました, いましたので, いますと, いやがるん, いらっしゃる奥さま, いるかたは, いるかも, いるせい, いるという, いるなども, いるなわば, いるばかり, いるま, いるようす, いるわにぐち, いるん, いるカーテン, いるミイラ, いるロープ, いる三十三四, いる乾版, いる伍一, いる兄六郎, いる光子, いる冴え, いる吉里, いる天国, いる女, いる安楽椅子, いる少年給仕, いる手, いる捲髪, いる東大路, いる男, いる私, いる綱, いる證據, いる躄, いる顎, うしろに, うずくまって, うた, うつくしい, うつむいた, うつらうつらし, おかなくちゃ, おく, おりく, お互いに, お市, お蝶, かえるを, かがんで, かけて, きそう, きたなきも, きて, くやしそう, くる, くるでは, くる汗, ぐっすりねむっ, ぐったりと, ぐにゃりと全く, こ, こたえる, こなごなに, この頃, ささやいて, さっきの, さびしい泣き顏, さめざめと, しきりに口, しきりに瞬き, しくしく泣い, したがいました, しまって, しまつ, しゃがんで, しょんぼりし, じっとそれ, じっと唇, じっと水, じっと頭, すすりなきを, すっかりふさぎ込ん, すなほ, すわって, すッ, ずいぶんムゴタラシク苦悶, そこに, そこらのに, その二十年, その図書館, その火, その虫, そりかえり両, それこそ, それでもまだ, ただ見る, だまっ, だまったもう, ちょっと眼, ぢつと, ついて行った, つめたくなった, でんぐる返し, とうとうその, とるやさ, とろとろやりだした, どうかし, どんよりと, ながめて, なにかヒソヒソと, なんとなく廊下, にきびだらけの, ねがって, ひき出しの, ひざの, ひざまずいて, ひとたまり, ひらひらと, ひれふすより, ふところの, ぶきみ, へんな, ぼんやりきい, ぼんやり往来, ぼんやり物思い, ぼんやり考えこん, ましたぜ, またそれ, まっくら, まるで少女, みりゃ分らア, みる, むつくりと, もう彼, もう心地よ, やった掏摸, やつた, やはりアンチゴーネ, やるから, ゆかう, ゆきまする, ゆつくりと, ようやく立っ, ろう仮面を, ゐたの, ゐたやう, ゐたり, ゐた千久馬, ゐた太吉, ゐて, ゐました, ゐら, ゐるけれど, ゐるぢ, ゐると, ゐるのに, ゐる女, ゐる女ども, ゐる小さな, ゐる芝居, アスピリンで, アラヌ方を, ウツラ, ウトウトと, ガックリと, ギョッと, クリストフは, クルリと, グッタリし, シクシク泣きだす, シグナルや, ズンズン流れ, セカセカし, ツルゲネーフの, ニコニコ笑っ, ニヤリニヤリと, バイヤバスを, フ糊でも, ペッペッと, ボンヤリし, マヌケ面である, ムクムクした, モローゾフ教授の, 一しゅんそこを, 一人で, 一夜を, 一寸ぼ, 一寸見る, 一方の, 一本の, 一番若い, 七つほどの, 上目に, 下に, 下より, 下駄で, 両腕, 並んだ, 中から, 中庭を, 主人の, 乾きゆくなり, 了つた今私は, 争闘に, 二水た, 五色の, 人間の, 今来た, 仕様が, 仮寝を, 休息したい, 似合つてゐた, 佇んで, 何でも, 何もかも忘れ, 何やら茫然, 何んと, 作られたもの, 作る, 俯向い, 先刻の, 先生を, 八ツ手の, 凍えた世界, 切れ目の, 判決を, 千重子が, 半病人, 南瓜の, 参って, 又曰く, 反身に, 右の, 右手の, 右足の, 向かい側に, 向こうむき, 向ふ, 哀を, 唄へる, 唇を, 四十度ぐらゐも傾い, 土下座した, 坐せり, 坐ったなり, 坐つた, 坐り膝, 外の, 夜の, 夢みる如くなりぬ, 夢想に, 大きく息, 大へん, 大胡坐, 天文を, 太平楽を, 失神した, 奔馬の, 女の, 妾お, 妾と, 姫君の, 官省広場の, 定命五十年で, 宿ちかく, 寒さ, 寝に, 小さいながら, 小さなメアリゴウルド, 尻もちつい, 居た検事, 居ると, 居るの, 居心地わるげに, 居眠りでも, 山の, 山田春雄が, 左の, 巨男の, 常に読書, 広い京, 床に, 庭の, 引き下った, 引上げた, 影うすく, 彼女は, 後ろ向に, 後足の, 微笑した, 心に, 思いに, 思わずこう共鳴, 思わずはらはらと, 思わず押えた, 悲嘆に, 悲鳴を, 惑った, 憑かれたよう, 戦闘などには, 戸口の, 振りかえると, 放心し, 数学の, 旅悲し, 既に死に臨む, 日に, 春の, 暖かで, 暮して, 更けぬこの, 更に左, 月江は, 朝を, 本を, 本当にひどい, 来た, 来るの, 東の, 松平忠房が, 桃色の, 森には, 横目で, 欧州婦人の, 歌うところ, 歌を, 歩いて, 歩かなければ, 歯の, 殺されるの, 気絶し, 水の, 池の, 汽車の, 河の, 河面を, 油壺を, 泣いてを, 泣き叫んで, 泣き声を, 洋酒を, 浮かぬ顔, 消え去った彼女, 消え失せるの, 深く考えこん, 港内を, 湖水に, 満洲朝, 溪流に, 漂って, 無作法に, 無性にそれ, 煙草入れから, 爪弾の, 父と, 片手を, 独り蜩の, 甘寧, 畳に, 白い息, 白い襟もと, 白日を, 皆な, 皆の, 皮肉を, 眞白百合, 眠ったか, 眠った僕, 眠るとも, 眠ろうと, 睡って, 矢の, 神, 私は, 立ちこの, 立ち独語, 立ち編み物, 立ったまま, 立つて, 立止りそのままずるずる, 答えなかった, 終って, 終つて堪らない, 縫物を, 羊の, 羞じ, 考えこみました, 考えこんだ, 考えた, 考える, 考え事を, 考え始めた, 考へた, 耳を, 耳朶に, 聞き入りましたが, 聞耳を, 股を, 育つたに, 背なかを, 胸を, 腕組みを, 腰かけたまま, 自分たちの, 自分は, 自失し, 致命の, 花火を, 花見疲れかな, 芽を, 若い女, 茜さんを, 茫然と, 荒涼たる本州北部, 薄き光, 行つた, 街燈が, 西行に, 見たり, 見て, 見るとも, 見るも, 見れば, 見渡して, 言い千種忠顕, 言った, 詩翁は, 詩集ひもとく, 話を, 読み煙草, 講談本を, 赤心を, 足元の, 跣とは, 身は, 身動きも, 辰馬は, 返事を, 逃げるだろうと, 逃げ腰に, 遂にえらい, 部屋じゅうを, 部屋へ, 酒を, 銃口を, 鐘ヶ淵の, 長大息した, 雑誌か, 雨だれを, 雲や, 霧の, 青々と, 靜かな下の, 靴の, 頬杖を, 風の, 風を, 風呂敷包みを, 魂を, 黄葉も, 黒い線, 默つ, 默りこんだ, 黙々とその, 黙して, 鼾を

▼ たれ~ (625, 9.7%)

5 今は 4 さすがに, それも, 早や, 私の

3 [14件] これも, これを, 一念に, 今頃は, 何の, 大道餅買ふてなり, 家の, 本人うわの空に, 母も, 知らぬ事, 私も, 車なら, 道は, 量らぬ人

2 [29件] お糸, かつては, そんなもの, ともかくも, ゆり動かし, われは, 二疋を, 亥之助も, 人の, 人らしき, 何うし, 何か, 其際までも, 別に殊勝, 叫びたれ, 多くは, 是れ, 暑さ, 杖をと, 歸り, 母親の, 氣位たかく, 水晶の, 猶お, 葉広, 赭色に, 身は, 遠慮に, 野堂町の

1 [504件 抜粋] あすは, あまりおも, あるいはさ, いかなる故, いたく曇り, いづれ心づくし, おきなに, おもい直して, お前さまといふ, お誂, かかる男, かくまでに, かく相, かしこにては, きけば, こ, こういわれし, ここも, こたび, このあたり, このまま, この事, この日, この書, この男, この義理, この老母, この頃, これさへ, これは, これらは, これをば, これ妾一人の, さあらぬ, さかべ, さきに, さして面白き, さしも顕さ, さすがの, さぞ叔父様, さのみはとて, さまで, さらに声, さりとて別に, しかもそ, じっとこら, すでに一度自ら, すべては, すべて夫が, そこにも, そこのみは, そこは, そのあと, そのこ, その吉野, その声, その実, その師貞徳, その影, その濫觴, その父中将, その跡, その間に, その頃, その餘勢, そは, それすらも, それでは小, それは, それよりも, それらしく思はる, それを, そんなお方, た, ただ報恩, ただ父, ついにその, ついに影, どうした, どうせそのままには, どうやら種, どこやらに, どっちも, どれも, なおこれ, なお五六人, なお家, なお寒, なお心, なお清らか, なお田崎, なか, なかなか火, なし, なにも, なほこれと, なほも, なほ五六十の, なほ家ある, なほ心の, なほ悪, なまじ車, はしる馬, はや眠りたる, ひま, ほとんどなすべき, まさしく貴, また一種, また伝染, まづ, めまいの, もとよりかかる, もとより起き上がる, ものすごき疾風, やがて棄子, やや牽強附会, わが幸福, わが眼, わが箭, わざと明闇相半, わずかに, われいかで, トントンピーピの, マアどう, モルガンは, ヱズヰオの, 一生の, 一間半の, 三年ばかりに, 上にも, 上りて, 下婢は, 不幸に, 不思議に, 不遜をもって, 丘下は, 並々の, 中には, 中味は, 主の, 之れ思へ, 予は, 予頑として, 亦行かず, 人に, 人品が, 今では, 今の, 今もかの, 今宵は, 今年は, 今荊棘, 仕種は, 何となく心, 何となく気, 何となく氣, 何やら性, 何よりも, 何を, 何人も, 余が, 余は, 余りのどか, 個は, 健康は, 元より, 兇行の, 先方の, 先生は, 光りの, 兎に, 全体の, 兩者全く, 其人に, 其実は, 其後の, 其美くし, 其身分其職業などは, 内に, 内には, 再び考, 冬は, 別に咎むる様子, 前にも, 剣菱を, 力なき声なりし, 加茂桂よりは, 動く様子, 勿, 半ば蓮に, 厭世観の, 厭世觀の, 去年より, 又少し, 受流して, 句作は, 只一向にも, 只今承れ, 名は, 吠えず, 吾が身辺, 吾儕は, 唯, 問わるるまま, 啓かざりけれ, 善き歌, 喰ひ, 嘔吐を, 土地に, 坐る気, 堪え, 声高に, 夏侯淵には, 外にも, 外国人に, 外聞を, 夜の, 夜もすがら苦し, 夜中にて, 夜雨孤灯の, 大方休業中の, 大空の, 天雲霽れ, 夫の, 女は, 女王國の, 如何にや, 妍姿傷ねず問う, 妖婦の, 妙齢の, 妾巧みに, 姿を, 学文は, 学資に, 定業は, 実は我, 実際その, 宮居を, 家内の, 家康には, 寐て, 寒さ, 寛文年間の, 寺の, 専ら旧, 小屋らしき, 少しも, 山木が, 山波の, 岸低く, 左し, 己れ, 市中にのみ, 希臘神話は, 帰りには, 平生丈夫なれ, 幽宮, 庄太郎の, 延引し, 当座の, 彦兵衞に, 彼は, 彼れ, 彼方此方に, 御眼, 心おくれたる, 心と, 心に, 心の, 心は, 心を, 心持の, 忽まちに, 思はしきもの, 思ひめぐらすに, 思ひ合, 恐らくそれ, 恩顧の, 悠々たる, 悪びれたる所, 悪魔も, 惡ひ, 想ふ, 意に, 愧づべきはかなたにありてこなた, 慾を, 我が主人, 我に, 我は, 我も, 我子が, 或は姫, 戯れに, 所為無く, 手剛けれ, 授業中なり, 支那人が, 文字は, 文読む, 文讀む, 断縛の, 新の, 新三郎は, 新居家具整理の, 既に無形, 日の, 日は, 早世し, 早草臥殊, 昨日も, 昨日よりの, 是非に, 時折には, 景色を, 晴天の, 曉を, 更に似合わしからず, 書卸し, 書肆皆, 最早吟味, 月なき, 月ばかりこそ, 月影さやけく, 朝おそく, 朝の, 朝寒し, 木の間木の間よりも, 未だその, 未だ寸功, 未だ往生, 未だ海, 未だ老, 末の, 東照宮を, 松之助に, 案に, 桶皮胴の, 極暑, 横へ, 歌は, 正の, 此国に, 此後の, 此所に, 此方にては, 此方は, 此處にても, 残暑かな, 母は, 毎朝髪の毛の, 気位たかく, 氣の, 水上にて, 汝には, 江戸表には, 汽車の, 波な, 波に, 泥に, 泰助は, 流れ来りし者, 流れ緩, 流石に, 浪費者も, 深くも, 混雑の, 渡り鳥にも, 満枝は, 満枝も, 漸くそ, 潮風に, 火を, 無事十二時四十分発にて, 無智, 無雙, 焼芋, 熊谷より, 父は, 猶かな, 猶これ, 猶し, 猶ほ, 猶一片, 猶世の中, 猶清らか, 珍しければ, 生來頑, 用心し, 男女の, 留まらでたふた, 留まらでと, 疲弊せる, 癒れ得な, 白居易の, 皆縁語または, 真実の, 真柄物, 矢張り寿命が, 神の, 神経質の, 祠官に, 祠殿は, 秀子は, 稚なきもの, 究が, 空は, 筆とる, 答うる, 箇樣, 納れず, 紛うべくも, 紛ひもなき, 終にその, 終にトテンチンツトン, 終に堪へきれずし, 終に捕ふる, 終に死し, 終りには, 美人らしき, 美目の, 義弘は, 老人な, 老樹に, 耳にも, 聞かれずやむを得ず, 聞き入れぬから, 膠の, 自らいくばく, 興味来らず, 良い刀, 花なほ枝に, 苦労が, 茲が, 菊之助の, 葉廣柏に, 蒲田は, 蠅が, 血気の, 表門には, 見えず, 見当たらぬも, 見当らねば, 親の, 言葉は, 言葉足らざれ, 許されず遺骸, 許されねば, 詮なし, 読擬う, 誰一人かえりみる, 謹厳などと, 警察署は, 購うべき余裕, 赤子に, 路あまりに, 身を, 車なれ, 辛ひ, 迚も, 遂に不可能, 遂ひ, 遠野の, 郁次郎が, 部屋の, 部長殿は, 醜の, 醜汚の, 重き身体, 重兵衛, 金や, 針は, 鋸に, 阿園, 阿胡根, 険なりとも, 雜沓せざる, 雨意猶, 雨猶, 露ほども, 露従う, 露顕し, 面は, 頭おもく, 顔のみは, 顧みだに, 風吹き, 風威に, 食慾のみは, 首は, 馬車を, 馬鹿げ加減, 馴れこし世, 騷しき所は, 驛前に, 高慢を, 髪際の, 魂は, 鹿は, 黒檜山の, 龍馬の

▼ たれども~ (421, 6.5%)

5 是れ 4 後には 3 その実は, 今は

2 [22件] これが, すべての, 不尽の, 不識これ, 余より, 公は, 其の一旦, 其の閣員, 夫は, 姑記し, 孟浪に, 宵闇なれ, 實は, 少しも, 当時の, 才徳年齢双璧を, 新首領, 此れ, 濁流滔々として, 胸中無量の, 資財を, 遂に一たび

1 [362件] あるいは家, いまだ極めざる, いわゆる洒落放胆, うら若き血, おつと, お水, か, かつて譏, かねがねこの, かの生産機関, けっして字, けっして然ら, こ, ことの, この自力, この釣狐, こは, こほろぎ鳴かぬ, これに, これを, さて今後幾日, さのみはとて, さまで悪, さらに実験, さらに感ぜざりき, さり難き, しかも事実, し言, すでに一日一金, そのこれ, そのとぐろ, その人, その卑屈不信, その夢幻的, その大, その専制抑圧, その帰, その後継者, その得色, その所論, その挿絵, その目的, その苦労, その言, その記實, その首魁たる者二, そは, そりゃあれ, それにも, それも, ただ事実, ただ茫然, たやすくは, だんだんその, ついに同年七月三十日, ついに窮, つぎ, なおいまだ, なおこれ, なおも一個私立, なお三千, なお名家, なお太陽, なほ天下無類の, の仔細, ふと思い付き, まさしく刀, また一つ山, また彼, また退い, まだ一人, もしもこれ, やがて棄子, ゆめゆめさる, わが生身, わが邦, わざわざ起き, われらは, アヌンチヤタを, スチブンソン氏は, スピノザは, フランスは, ポーランドの, 一八四八年に, 一流の, 一物を, 一生の, 一身の, 万古不変は, 上陸せず, 下男の, 不仕合, 不盡, 不足の, 与五郎科や, 世人の, 丸太棒めら, 之に, 乙部は, 予が, 二十年三十年前に, 人々は, 人民いまだ, 人民ただ政府の, 人民には, 人生発達の, 今に何, 今の, 今はか, 今や他, 今一歩を, 今宵一夜が, 今年の, 今日に, 今更立戻るべき, 今朝船に, 仏人は, 仕舞の, 他人の, 他人を, 仙女の, 伊賀亮程の, 何に, 何れの, 何分にも, 何分父, 何分知れず, 何故に, 余は, 余りに層, 余按ずる, 作者みづか, 作者叙事の, 健かに, 偶う, 僧院は, 兄善郷専ら, 先の, 先刻左右の, 光陰矢の, 兎角人請惡, 八重咲かず, 公儀にて, 其これを, 其の事, 其の破, 其の破壊, 其の體式, 其内主と, 其味のみを, 其妹を, 其実帝国党は, 其實今晩村の, 其實帝國黨は, 其後今日迄も, 其歸途吾等は, 其相談は, 其眞實に, 其節父銀五郎病中にて, 分析的科学の, 切るの, 別なりと, 別に我等, 刻限は, 前には, 動も, 又見得, 叔父の, 叔父は, 右の, 同人は, 吾人は, 命に, 商売の, 單に, 国芳は, 土地故郷の, 地泥を, 地球は, 報ぜられず, 報国致死は, 売行, 売行きはなはだ, 外人なれ, 外聞も, 夜通し狼, 大いに勇気, 大化年中には, 大金を, 天下後世これより, 如何せんその, 如何にも宅番嚴敷, 如是因如是縁今また, 妾のみは, 威風堂々, 学問は, 実は少し, 実は自己, 宵の, 富士河の, 小山夫婦が, 尚其の, 山県侯が, 山縣侯が, 山谷堀入口の, 工匠の, 左り, 常式の, 幕府の, 平安の, 当時いたっ, 彦兵衞は, 彼が, 彼の, 彼等の, 後世の, 後室これを, 得動ざりき, 從ひ, 心を, 心中に, 必ずこれ, 思いきりて, 思う敵, 恩義を, 惜しや, 惣右衞門は, 愚妻を, 我は, 我邦にて, 或年三月節句前金二十兩不足, 戦争中国内の, 戲曲に, 打ち払わず, 扨帰国の, 承知せず, 折々は, 拘引せられず, 支那の, 改革の, 政治社会の, 教育も, 敵を, 文は, 文明の, 斯う, 斯繁昌の, 新中納言, 是なる, 是又, 暴風の, 更に知れ申さず, 書生の, 月さす, 朝夕の, 未だこれ, 未だ如何なる, 未だ持參金道具類, 未だ曾, 未だ淀川, 本つ, 本を, 本人は, 本願他力の, 村岡良弼氏の, 東蝦夷に, 枯林なにかしら, 此の, 此宣告果して, 此方の, 此程の, 此記の, 此頃日本に, 歳は, 殆ど困窮に, 気の毒なる, 気分いまだ, 水の, 水路縱横烟霞縹渺白帆相望み漁歌相答へ, 涼しい風, 渠の, 漸, 火移らず, 烟草は, 然までの, 然ら, 燃え立つ炎, 父子二代の, 特に男子, 猶お, 猶紫藤花下, 王朝淫靡の, 理髪師の, 生ある, 生徒の, 用ひられず, 男女家に, 畫の, 當時にて, 癡重なる, 発見と, 相手方命に, 眉秀いで, 眼に, 着替る事さ, 社会圧制の, 私の, 穴を, 第三世ナポレオン, 筆を, 米将その, 素より殺す, 終には, 結局の, 老生の, 老聾, 考へ, 而も, 聴かれざりしかば, 能, 腰の, 自動車の, 自国の, 舁ぎ人の, 花壇より, 落すすべ, 薄くすべき, 薩摩の, 血の, 要するに予, 規模用材等悉く, 親の, 註釋者多くは, 謹愼なる, 謹慎なる, 議論の, 賤から, 足腰弱り, 路, 近く対座し, 近世においては, 退く潮, 遂にその, 遠くロスアンゼルス, 酔うて, 鉄も, 鑰は, 長八は, 開明の, 間もなく取立てられぬ, 限なき, 陸軍は, 難あれ, 雨は, 雲霞の, 鞆と, 頭の, 風潮の, 飜つて魏略の, 首は, 馭者は, 高が

▼ たれ~ (328, 5.1%)

21 かれも 8 知って 7 それを 5 彼も 4 いない 3 つらくは, 出て, 相手に

2 [17件] いないの, かれの, これを, その声, それが, ない, はいって, 人の, 思って, 来ぬよう, 気がつかなかった, 気の, 渡らぬわし, 知らない, 知る通り, 見て, 返事を

1 [240件] あっぱれ貴人なりと, あとから, あの女, あの赤いくつ, あひ, あまり知らない, あんまり相手, いう, いずただお日さま, いず刀, いっしょに, いって, いないと, いないのに, いないはず, いなかった, いなくなった, いるわけ, いわなかった, うわおいぐつを取り, おかしいとは, おっかけて, おなじ相に, おもふであらう, おらんおらん, おらんの, お城, お妃, お姫さまの, かしこくしあわせ, かなわない, かもが, かような, かれに, かれもが, ききも, きれいに, くるもの, こっちの, このもみ, この琵琶, これに, こんどの, こんな所, さびしと, しかる事, しって, しりませんでした, すぐ感じた, する, せずあんな, そこで歌っ, そのうた, その不合理, その中, その得意, その話, それから, それへ, それ程な, そろそろ会場, そんな予想, そんな違反, ちか頃, とうから耳, どこにも, ないよう, なお疑い, ねえよ, ねじを, ねどこに, はいれない魔法, はっきり返辞, ばかものだ, ひいさま, ひとに, ふしぎがらず, ふみ見し, まだ帰ろう, まだ老公, みたもの, みつかりませんでした, みな, みなそう忖度, みなまず, みな二重生活を, みな多分な, みな知っ, みな自分より, みな震い恐れる, みんな愕く, むちゅうになってあそんでいるとそこへ, もう戦争, やはりそうおもいました, よくするでしょう, わかわかしくうつくしくみえました, わすれて, ゐは, カイは, 一時の, 万歳を, 予測し, 二見の, 人には, 今更それ, 仰ぐ者, 余り熱心, 保証できなかった, 信じて, 信ずるもの, 入るな, 入れない木立, 出仕し, 出来ようと, 別に怪, 取りに, 口を, 否定する, 変りは, 外国に, 大きなかなしみ, 天子を, 女とのみ, 好かないの, 好きで, 好くところ, 好まない, 威権を, 寄りつかない, 寄りつけなかったの, 寝つかれなかった, 小男と, 居合せなかったので, 山路の, 左様に, 幾日も, 弁えおりません, 当らずさわらずの, 彼の, 彼もが, 彼を, 御霊屋に, 心に, 心の, 心配する, 忘れて, 思いも, 思わずに, 思わなかった, 急には, 怪しまないのに, 怪しんで, 恐れを, 恨み申さずこの, 感心し, 感心する, 手が, 手つだって, 手に, 提灯も, 教えたの, 断を, 春秋を, 暗誦じ, 来て, 来ないの, 来るなと, 来る様子, 止めては, 止めないので, 正しからん, 気が, 気がつくもの, 気づかないうち, 気づかぬこと, 気づまりな者は, 沈黙し, 泣いては, 注意する, 深くする, 無言, 王女さまに, 異論は, 異議が, 疑わなかった, 皆近づい, 目に, 真にうける, 眼を, 知つてゐる, 知らないちっぽけ, 知らないどこぞ, 知らないはず, 知らない間, 知らない闘志, 知らぬもの, 知らぬ密事, 知らん顔を, 知るとおり, 知るところ, 知るまいと, 知るもの, 知るよう, 知る天皇, 知る甘糟近江守, 知る綱吉, 知る者, 秀吉とは, 秀吉対信雄とは, 穴を, 答えて, 經驗する, 聖地に, 聞いてるもの, 臣の, 自分に, 花和尚に, 茶碗を, 落伍は, 行かないひるまの, 襟を, 見えない, 見る者, 見分けるもの, 見抜いて, 解けなかった, 言ひ, 訊かない, 評して, 責任の, 身に, 逃げて, 逆らう気, 通って, 進んで, 酔ったよう, 陶酔した, 陽気に, 食べてが, 黙って

▼ たればこそ~ (306, 4.7%)

5 だ, 今日の 4 あのよう, ここに 3 それを, である

2 [14件] ああいう, かくは, こうやっ, このよう, じゃ, 世にもいでたれ, 二人は, 今日まで, 叔父が, 大概な, 安居し, 彼は, 汝の, 節季が

1 [254件] あの人, あの手紙, あの火, あんたも, あんなに智恵, いまだ若僧, いやな, おかげで, おほ, おまんま, お君, お尋ねする, お引受け, お打ち明け申した, お母様は, お気を, お沙汰, お浦, お父様, お角, お銀様, かかる旅舎, かかる苦策, かかる誤認, かくいう, かくて, かく夫婦, かく容易, かれ等, こういう仕返し, こういう運命, こうしてお, こうしてわざわざ, こうして忍ん, こうして手前, こうして早く, こうして筆, ここへ, この会社, この字, この敬四郎, この時間, この書, この江戸舶来, この男, この複雑, これが, これまで, こんなてん, こんな仕儀, こんな名, こんな手, しいて, せっかくな, そうした寺, その, その一心, その以前, その番附, その霊魂, それでこう, たとい最期, だが, だった, だろう, だんなが, だ尾張藩, ついにかかる, つい心, であります, であるその後, であろうが, でいつも, でかように, でこの, でご, です, では, で却, で解除, で随分, なるほどそれで, にござります, もう占めた, もつと, やっと少しずつ, やんちゃも, わざとこうして, わしが, わたくしは, わたしも, われは, ボース氏も, ラシイヌ探偵の, 一ノ宮の, 三カ月に, 上杉謙信を, 主家の, 主水, 主體, 二十余年の, 京の, 人にも, 人を, 人民は, 人知らめ, 今は, 今までは, 今日までの, 今晩こうして, 仏国に, 仏日は, 仏日爾く, 仕事を, 佐竹樣危き命を, 何を, 余の, 余は, 佛教が, 佛法も, 信用を, 傾いた広, 僅四十餘年で, 元祖同様に, 其より, 其を, 其王の, 出來上つた商, 出所進退を, 刑の, 刑罰を, 初めて印度, 初めて見出される, 力ある, 北辰一刀流は, 十字架の, 千蔵は, 博士は, 却って無事, 古羅馬, 可う, 君の, 君は, 君らの, 喜んで, 嘗ては, 嚴重催促を, 土佐の, 地球の, 型に, 夕暮みたいな, 夙に山門, 大和武尊には, 女王様も, 始めて, 始めて出来た, 孟子荀子等が, 安全に, 宥免状を, 家といふ, 家の, 尊氏も, 居られたもの, 師直の, 平気で, 幼時この, 座頭の, 当時の, 彼の, 彼を, 御先祖, 徳川時代の, 心の, 必要に, 急ぎ通る, 恥の, 恥も, 悔い得るの, 成り立つこと, 成熟期に, 我々同, 我生き居るなれ, 戦争熱の, 拙者は, 探りに, 支那革命が, 故殿様, 敏腕な, 敗北も, 数十里の, 敵も, 日本の, 是の, 書きたてればこそ, 有効である, 木曜會が, 松葉屋半, 校長は, 歌舞伎座でも, 正成の, 此始末と, 武器を, 武蔵は, 死罪にも, 殘る, 民主主義の, 満洲事変, 無事に, 然樣, 現に彼, 生かして, 田楽狭間の, 畜犬が, 番兵だ, 発生した, 皇叔にも, 目色を, 直に流れこん, 真の, 私どもは, 私の, 筑前も, 箆を, 管まきに, 築き込んだので, 経済組織の, 維新の, 緒が, 美しかった, 考えこんでも, 耶蘇教も, 自ら役人に, 自分の, 葉居升が, 衆生の, 見合まで, 親や, 言ふなれ, 試食も, 起したの, 足軽奉公に, 身を, 追手も, 進んで, 運よく, 道十郎が, 金が, 長崎くんだりまで, 離れたの, 非業の, 鞘当て, 頭を, 馬鹿らしいほどの, 魅入られたの

▼ たれ~ (254, 3.9%)

12 しる 6 来た 4 人が 3 助けて

2 [11件] あれを, かくの, ほかに, ッ, 人の, 人間が, 客が, 密告した, 思おう, 来て, 聞いて

1 [207件] あげつらふ, あすこの, あては, あの鎖鎧, あはれと, ある, あるいはわたくし, あるだろう, あるべき, いう, いずくんぞ知らん, いたずらに, いって, いないか, いふ鴨跖草の, いるよう, うつ, おもて, お姿, かつて行ける, くるの, こいこい螢, ここに, このい, この少女ら, この村, この母衣, この清き, この烏合, これを, しかるべき豪, しるらん花, すぐわかりました, そこで聞い, そこに, そこを, そのよう, その子パン, その蔭, それさえ, それも, そんな所, とどめし, どこかで, どこから, はなしの, はまが, はやく, はやく若, ひとつここの, ひとは, ひなもる, ふいに, ほかの, ほんとうに, ぼくの, またあるは, よくこの, よく宙天, よく彼, よく思い及びましょう, われわれに, われを, われ先に, コーヒーを, テこない, 一名門を, 一座の, 一生懸命に, 三角や, 上がって, 上関迄, 不審な, 予に, 五十銭一つ貸し, 京ニ御, 他の, 代りを, 以前の, 余の, 余人が, 使いの, 信ずべきや, 先に, 先陣に, 出て, 助けに, 労して, 勝吉に, 半兵衛に, 取って, 向う見ずな, 咎めん, 囲って, 坪の, 奥に, 好んで, 妙覚寺の, 宇宙に, 宮路の, 家内で, 富士川の, 射る, 将門の, 尋ねん, 小窓, 岩松の, 年上の, 店の, 弁舌の, 引き取り手が, 彼の, 彼を, 後ろの, 後世の, 心ききたる, 心に, 心の, 思いわずらいて, 思ひおこせん, 思想を, 愛と, 憎まざるもの, 憐れと, 戸を, 手招きし, 斬られたらしい凄い, 旅館の, 日本人から, 早くあれ, 早く階下, 早足の, 昔の, 書いて, 朕を, 望を, 来いっ, 来たの, 来たよう, 来たらしいぞ, 来てけ, 来る, 来るっ, 来ると, 来るの, 案内しろ, 水でも, 永久の, 泣いたよう, 洟を, 添乳せん, 火輪を, 焚火へ, 無名の, 猪熊の, 王平の, 王者の, 用の, 男の, 番屋の, 痛みの, 百頭の, 眼の, 知って, 知らないが, 知らんしかも, 知らん異, 知ろうこの, 知人でも, 秀吉に, 立入った者, 童ゃど知らない, 童や, 笑った, 聞くらむ暮, 聞くらむ朝, 聞くらん暮, 聞くらん朝, 肉身を, 自分で, 舞え舞わぬか, 草葉の, 荊州から, 行って, 見えたの, 見ざらむ, 見つけぬ人影, 見知らない者, 親切な, 言う, 話の, 貴人を, 足の, 近づいて, 進んで, 遠くで, 酒屋の, 金持の, 長崎の, 長庵, 門で, 門に, 門を, 門口へ, 開封し, 頼まん, 馳け

▼ たれ~ (170, 2.6%)

2 [11件] あわれと, かしこくたれ, しは, そこに, そのよう, 予想したろう, 何を, 彼女の, 見ても, 賢くない, 連れて

1 [148件] あなたを, あのよう, あれまでの, いうたか, いけないの, いたいこと, いちばんしあわせ, いったそんな, いつしよ, いつの, いつ仮面, いるの, おちて, おどしに, おぬ, おぬし, おまえ達を, おまへの, お前に, お知らせ申し上げた, くん, くんが, ぐっとよくなった, この大業, この子, この馬, こんなに大事そう, ざま見い, したいたずら, したとも, しろ, すすめたか, せがんでも, そうでない, そちに, そちの, そちへ, その統業, その誠実, そんなあるまじき, そんなこと, そんなややこしい, そんな罠, たれが, たれやら, です, どういっ, どう嗅ぎつけ, なんといっ, ぱらりと下りた, ふえたの, ふざけて, ふたたび坊主, まあ手, まずやってくる, まず先陣, みても, みのみ, ゆるした, よい, よいか, よく肉, よく腸, わざわざこんな, わしに, ホントに, 一体こんな, 一体その, 上がる, 主役に, 乗ろう, 今どきありがたがろう, 仕組んだ仕事, 何な, 作って, 保証できる, 信長ごとき, 借りて, 億劫だ, 入れたの, 出て, 利用の, 右馬介の, 向くか, 君らを, 唱える主義, 報らせ, 外から, 大坂城, 夫婦の, 好まないでも, 始めたもの, 威張ってなど, 官兵衛に, 将来にも, 引止めるもの, 彼の, 彼らに, 心から詑びたか, 必死の, 憐と, 戯れに, 手に, 持って, 捨身に, 教えずとも, 散所民, 方便家か, 昔なじみの, 書いたもの, 曹彰の, 朝鮮から, 本氣, 此土の, 歯牙に, 死んだの, 気がつくもの, 汝ごとき, 泣いて, 滴り始めた頃, 火つけの, 火を, 点てるの, 的なく, 盆栽を, 目に, 眼にも, 知つ, 織田家に, 罪として, 罰を, 考えたって, 聞いて, 脱ぎ捨てた物, 自分から, 自分の, 花の, 苦行し, 葭の, 薄情婆の, 見えて, 見ましょう, 許す, 貰うもん, 返事なんか, 選ばれるか, 防ぎに, 齎したもの

▼ たれ~ (157, 2.4%)

6 目にも 4 ために, 手に 3 眼にも, 胸にも, 頭にも, 顔も 2 いいつけ, ことで, ことを, ものと, やうな, 上手しかも, 中にも, 子か, 手にも, 耳にも

1 [111件] ある布張椅子, あわいから, おかげか, おさ, おもても, お使い, かかげられた隙, かたきを, ことだろう, こッて, したこと, せいとも, ため彼の, とも知れない, どんなのぞみ, ひさしも, みさほ様も, むすめ, ように, よさ, 一番大切な, 上命, 中に, 仕業か, 仕業ぞ, 伯母が, 兄と, 兄弟という, 入つた壜, 入混, 具足にも, 力が, 力ぞ, 匂いの, 口にも, 呼吸も, 命松丸も, 咎なら, 場合も, 場所へ, 声よりも, 妻を, 姿よりは, 娘か, 子, 子しらくも, 子たれ, 子とも, 小心ものの, 巻き添えに, 心, 心にでも, 心の, 心も, 恩だ, 恩を, 悪いこと, 悪戯か, 情けか, 情けだ, 意志でも, 所以を, 手から, 手だった, 手勢は, 手紙を, 指図によって, 推挙に, 旅に, 旗か, 日本人なら, 業か, 気転か, 潜在意識にも, 物に, 申すところ, 目からも, 目も, 眉にも, 眉をも, 眼に, 眼も, 碑で, 碑やら, 童兄の, 答えも, 経済生活をも, 考案に, 肌着か, 胤かを, 脳裡にも, 腹から, 落度でも, 表情で, 袖だった, 言も, 許しを, 豚の, 賞讃より, 返辞も, 道学者先生は, 酔つ, 長姿, 領とも, 頭にでも, 顔よりも, 顔を, 餓鬼らめに, 館でも, 館な, 首を

▼ たれにも~ (86, 1.3%)

2 いうなよ, それは, わかって, 黙って

1 [78件] ある, いいこそ, いわないでよ, いわれた, おなじよう, おもえなかったから, お洩らしできぬ, けっしてこの, こえて, この意味, すぐわかりました, すぐわかる, それと, それのみは, そんな臭気, のぞかせぬ秘密, ましてこの, ましてもて囃された, まだ隠し, まねの, よういに, よくおぼえる, わからない, わからないの, わからない風, わからぬ, 一応は, 一癖は, 予測できる, 会いたくない, 分って, 分らぬ, 分るまい, 劣らぬほど, 劣らぬ一人前, 口は, 口外できない, 増して, 失望させたくなかった, 平等な, 思いいたらぬ解釈, 想像が, 感じさせるの, 感心され, 描かれ盡, 断言できる, 旅な, 明らかだった, 気に, 気受けが, 澱んで, 異議は, 知らされて, 知らせたくなかったからよ, 知られず巨, 秘して, 耳殻を, 臆測の, 行く先を, 見え, 見えそう, 見とがめられずに, 見られないで, 見られないよう, 見通しも, 解せないもの, 解せなかった, 解ること, 言わないと, 評判が, 話さない, 負けない風, 遠慮は, 避けられぬこと, 阻める力, 頼らず自活, 顔の, 魔心は

▼ たれ~ (68, 1.1%)

3 したって 2 問は, 市の, 断わって

1 [59件] あって, いうでも, いうとも, いわせても, うち明ける, えんりょをすることがあろう, かたらむ, かたるべき, かつげむ, きいた, せよ彼, せよ虚無, その使命, それを, どこへ, なって, なる兵部卿, ひと筆雁のって, やるの, 一枚の, 予測しえたろう, 劣らん色, 厄介を, 向かいて, 向って, 命じられたの, 問うても, 問えとか, 妨げられること, 学び画系, 尽すつもり, 引かれて, 打明けん相手, 抱かれて, 断って, 死に水を, 気がねも, 浸しそれ, 申しわけが, 相談を, 科して, 糺しても, 習わずとも, 聞いた, 聞いたか, 聞いたぞ, 聞いたの, 聞いた話, 聞き合わすれば, 聞くでも, 行くの, 行く拙者, 言うとも, 訊いた, 訴えるところ, 話すとも, 遠慮も, 限って, 頼まれて

▼ たればとて~ (55, 0.9%)

2 これを

1 [53件] いまだ人, この費物, すべて在る, その働き得る, その効能, それが, それと反, それ眼立つべき, なおこれ, はたなん, ばた, もって, わしとて, われにおいて, 一人俑を, 一名二百石に, 三森翁發起し, 世に事々しき, 世の常の, 主人は, 今すぐ, 今も, 今直に, 他人様にまで, 何も, 余の, 其好みを以て, 其方様には, 其神を, 命にまでは, 夕月の, 大事の, 女中共へ, 実の, 必ずしも政党其物, 必ずしも政黨其物, 急転直下の, 怪しむに, 日本の, 模倣といふ, 此方も, 無した金, 相手の, 絶望せん, 苦桃太郎, 蔑むなど, 詮方なし, 誰か, 進潮は, 鍋ごと盛んに, 鍬を, 顏恥かしく大道を, 驕らざるべししかれども

▼ たれかが~ (51, 0.8%)

3 一生けんめいはたらい 2 いう

1 [46件] あなたの, いい出した, いった, いま人間性の, おそろしいこと, おなじこと, きいた, こういい出した, こたえました, そのそば, たれかの, ばかに, ぴっちゃりぴっちゃり大理石の, ぼくの, また構成, やさしいつつましい心, グイとうしろから, メグを, 上がって, 中へは, 創案した, 勝手な, 受信し, 叫んだので, 右の, 号令を, 呟いたしおに, 呼んで, 大きな声, 弁護する, 慌てて, 歌った, 歌つてゐる, 演出させた, 熱いコーヒー, 私どもの, 親父を, 言いました, 言ったこと, 言ひました, 訓へて, 訳も, 説明し, 途中で, 通ったよう, 風呂敷などと

▼ たれ~ (50, 0.8%)

2 あげながら, しまかむ

1 [46件] あげて, いうの, うらむこと, うらむべきすじ, おろすと, かきまいらせながら, かも待乳の, さしての, して, つくるには, つけて, とがめも, はねあげて, はねのけながら, はばからんや, ばたつかせたまま, やる, グウの, 上げて, 付けて, 借りうけて, 刎ね, 刺さうの, 北風に, 嗤う, 地に, 大将と, 待伏せし, 恋うさる, 恋ふる, 恨みたれを, 恨もう, 打込んで, 殺しても, 注ぎ熱酒, 添えて, 甘くしない, 相手に, 着し, 着て, 罰すべきか, 負かす者, 起死回生の, 追いかけたわけ, 選ぶな, 風に

▼ たれ~ (50, 0.8%)

11 にする 6 をする 5 をし 2 でもし, にもせず

1 [24件] か, しようと, だけまぬかれる, という終り, にさせた, にした, にしたら, にしよう, にするよりゃ, にでもし, にでもする, に導い, の道, はしたくない, はしない, もしない, も同然, をさせる, をした, をしたら, をしてやろう, をしない, をするだろう, を覚悟

▼ たれながら~ (47, 0.7%)

2 その理想, 彼は

1 [43件] うつらうつらと, うつらうつら睡っ, からだを, こちらが, しきりに絵本, しばらく考へた, じっとし, その話, それを, なにか絶叫, また, ゆっくりと, ゆっくり味わおう, 前進的な, 向こう座敷, 困憊の, 夢の, 大黒の, 失神した, 小倉に, 崩れる砂, 時には, 月を, 次に来る, 煙草を, 熟しきった痴話, 物捜す, 狹く限られた, 百拝し, 石の, 答えた, 紙屑を, 耳を, 花世について, 見えない眼, 言った, 話しだした, 話して, 起き直ろうと, 軽い小, 長柄の, 露八の, 高く右手

▼ たれよりも~ (46, 0.7%)

4 よく知っ

1 [42件] おかあ, かれよりも, きりょうよしでは, その心情, ひときわじょうず, ふかくこの, まこと, まずじ, まずカレン, むこうみずな, ゆるして, よい御, よくこの, よくわかっ, よく察し, 一世の, 一番心配し, 上手だつた, 二三年下で, 兇暴な, 先に, 力と, 北陸一円の, 好きだ, 存じて, 平静でいた, 強い執着, 愛して, 最も多く, 気を, 深くこの, 深く考え, 濃く持っ, 百戦の, 知って, 義貞と, 老公自身が, 自分が, 茶々が, 親しい仲, 身に, 頼みに

▼ たれでも~ (42, 0.7%)

2 知って

1 [40件] いいと, お国自慢, お城, お姫さまに, かまわないという, こまって, すぐ, その町, それは, ぞっと身ぶるい, ためすだけは, つかまえた人, ですよ, ない, ないかれ, ないこの, ないその道誉, ない和殿, ない彼自身, はからずに, ひと切れずつ, みんなき, やりたいこと, よい, よいが, よいぞ, よいと, マホガニ色に, 世間では, 人は, 代人つ, 年暮と, 庭に, 建てられるよう, 役人に, 我々は, 書ける程度, 横ッ腹を, 知ってるよ, 糸車に

▼ たれ~ (41, 0.6%)

2 要求する

1 [39件] ある弘仁元年, いっしょに, いふうち, いふこと, おのずから私, すすめるもの, 万弩一発驚破, 云いたいし, 云うの, 云った主人, 云って, 云ふ, 仲間を, 侵して, 冀し, 命ぜられた, 命令する, 妾は, 待ち構, 後悔なし, 心から僕, 思いましたか, 手ぐすねひい, 手招きせり, 折しもかかる, 望む批評家, 構えた姿, 気持が, 決心し, 脂肪とが, 見るまでも, 覚悟は, 言いて, 言った, 記すの, 試合を, 語りよう, 願うほどに, 願ふ

▼ たれもが~ (25, 0.4%)

2 耳を

1 [23件] おなじ思い, そう思った, なんとも一言, みなそうで, みな同じ, 一抹の, 一様に, 一瞬その, 内々燃やし, 塔の, 妾宅だ, 待ち望む一つ, 得意と, 意外とした, 歴史や, 深く意, 清盛を, 申して, 知らないであろう, 自己の, 菊池氏を, 蔑む, 驚いて

▼ たれたり~ (22, 0.3%)

1 [22件] お濠, しかすがにその, した, して, すると, するところ, する光景, ずいぶん水気, その他様々な, またしばしば, ユメ油断が, 場所の, 大きな杯, 大変な, 思切つてもとの, 憎まれたり, 石を, 膝に, 貝の口が, 障子や, 飛び散ったり, 首つ

▼ たれひとり~ (19, 0.3%)

2 出て

1 [17件] いなかった, おもしろ半分, およぶもの, この都, だってやさしい, としてほんもの, として喉, とどめる者, はよ, まに, もう木, やっては, 疑って, 疑わなかった, 知る者, 見つかりません, 近づこうとは

▼ たれかと~ (17, 0.3%)

2 いえば, 見ると, 見れば

1 [11件] みれば, 同じ病気, 思いますと, 思うたら覚一, 思うと, 思えば, 思ったら, 思ったらむかし八丁堀, 思って, 思つたら, 訊ね

▼ たれ一人~ (16, 0.2%)

1 [16件] おりませぬ, としてその, として彼女, として知る, として聞い, とてまだ, とて罪, なかった, なかつた, にもあ, にも知られ, を考え, 悲しんでや, 疑わない方法, 知らずただ, 遊んで

▼ たれかの~ (15, 0.2%)

1 [15件] いたずらかも, いたずらだろう, うわさを, そんな歌, 図案であろう, 変名では, 女は, 広庭, 手で, 持物に, 新, 男振, 紹介状でも, 背景と, 表現が

▼ たれより~ (15, 0.2%)

4 先に

1 [11件] つよい主戦論, 厚かった, 執心な, 意外としなかった, 意見が, 早く敏感, 早く洛内突入, 晩く, 歓喜した, 生一本な, 身近な

▼ たれかに~ (14, 0.2%)

1 [14件] いったの, たのんで, やらせたところ, 与へたハガキ, 会うと, 取り出されて, 命じおいたもの, 奉仕したがっ, 抄出され, 抱きおこされて, 抱くか, 示したもの, 縁の, 誇り笑い

▼ たれしも~ (13, 0.2%)

1 [13件] これが, そう変った, ウヌボレは, 一寸ごまかされます, 信長の, 夢思わぬ, 思い浮かぶの, 思うところ, 断り切れなくって, 油断しまさあ, 深く感ずる, 知って, 蘇生する

▼ たれとも~ (13, 0.2%)

1 [13件] なくこう, なく沈痛, わからない声, 久しぶりよ, 判別し, 得しれぬ年上, 握手を, 明記は, 知らずわっ, 知れず赤地, 知れないほど, 知れぬ者, 結婚しない

▼ たれ~ (13, 0.2%)

1 [13件] がもう, 何の, 又, 手振, 新藤と, 既に其方, 更に, 最早此暮, 此上にも, 相知申さず, 足縮て, 那駕籠屋は, 餘り

▼ たれそう~ (12, 0.2%)

1 [12件] なお年, なかんぴょうの帯, なの, なみどり色, なもの, な三つ栗, な代物, な唇, な眼, な顔ツキ, にした, にまっ

▼ たれだって~ (12, 0.2%)

1 [12件] いったん, いやでも, おもわなかったでしょう, こんな物ア, そう言っ, それを, ちょいと, びっくりし, やりますわ, よけい注意, 小さい時, 疑えば

▼ たれ小僧~ (12, 0.2%)

1 [12件] が天才, だった, と呼ばれ, に負け, のうち, のぼく, の手, の時, の泣き声, の耳朶, をつらまえ, 少々ぐらい

▼ たれ~ (11, 0.2%)

1 [11件] あの敵将, あの洞白, あの醜し, しかるべき仁, や, よい師, 夢占を, 捕まえて, 見て, 重役どもを, 馬印を

▼ たれかは~ (9, 0.1%)

3 知らむ敗亡 2 秋に 1 きっと御寝, 夜目にも, 知らぬが, 知らん月

▼ たれ~ (9, 0.1%)

1 あの山鼻, あらかじめちゃんと調合, ありませんぜ, いくらか強い, いて, この驚異, ちっと甘口, 果して存在, 止めて

▼ たれびと~ (9, 0.1%)

3 の発明 1 であるかも, であろう, も必ず, も有する, も知らざる, も知る

▼ たれじゃ~ (8, 0.1%)

2 何者じゃ 1 そこへ, そなた, それへ, まだ灯, ッ, 何奴じゃ

▼ たれにでも~ (8, 0.1%)

2 あるもの 1 すぐ考えつく, わかって, わかるが, 分りが, 味方を, 自由である

▼ たれから~ (7, 0.1%)

1 そんな事, もむげに, もらえるの, 培われたもの, 聞いた, 聞いたの, 見ても

▼ たれ~ (7, 0.1%)

3 うな, がつて 1 がつた頬

▼ たればと~ (7, 0.1%)

2 いって 1 いひき, 云ッて, 少年は, 暇を, 特に一郎

▼ たればにや~ (7, 0.1%)

2 心の 1 あるいは思う, 古事記往々, 彼は, 甲田の, 評論家ここかしこに

▼ たれ~ (7, 0.1%)

1 が長く, のしどけな, のだらし, の婀娜めく, の感覚, はなお, を我

▼ たれかを~ (6, 0.1%)

2 疑って 1 呼びはじめたので, 呼び求めつつ, 太鼓橋の, 従者に

▼ たれその~ (6, 0.1%)

1 上たいへん, 堅忍な老いた, 極を, 樹は, 発祥の, 趣意は

▼ たれという~ (6, 0.1%)

1 ことである, ことを, ので, のも, 事を, 清純な

▼ たれ~ (6, 0.1%)

2 知る 1 あんな奴, さんに, それの, たれ

▼ たれやら~ (6, 0.1%)

1 それに, 分からぬうち, 呼びし心地, 後醍醐の, 殺し候よし, 舞を

▼ たれからとも~ (5, 0.1%)

3 なく 1 なくふたり三人五人, なく語られ

▼ たれても~ (5, 0.1%)

1 いいであろう, これを, やろうかと, 痛くねえ, 間に合うもの

▼ たれとか~ (5, 0.1%)

1 いろいろの, 寝む, 次から, 略靴分配する, 目マルの

▼ たれやらが~ (5, 0.1%)

3 交番への 1 いやな, 口吟み

▼ たれ~ (5, 0.1%)

1 おまへ, と存候, どふし, ならぬ事, 又のり

▼ たれ~ (5, 0.1%)

1 ではなかっ, になっ, の髻, をかがめ, を俯

▼ たれかお~ (4, 0.1%)

4 もはむ

▼ たれそれ~ (4, 0.1%)

1 が材木, と名, の生活, はどう

▼ たれたま~ (4, 0.1%)

4

▼ たれつつ~ (4, 0.1%)

1 みどり児の, 出で, 十年の, 死に

▼ たれ~ (4, 0.1%)

1 あらうと, おざる, お話に, やるの

▼ たれへとも~ (4, 0.1%)

1 なくつぶやいた, なく吐きちらし, なく唇, なく罵ッ

▼ たれへも~ (4, 0.1%)

1 おすすめは, そう平等, 会わなかった, 平等に

▼ たれ~ (4, 0.1%)

1 ちて, つた, つてゐる, に置いてる

▼ たれ~ (4, 0.1%)

1 眼の, 眼を, 腕で, 腕を

▼ たれ~ (4, 0.1%)

1 じろ, のさめる, を白く, を閉じ

▼ たれからも~ (3, 0.0%)

1 嫉視の, 明確な, 白眼視され

▼ たれ~ (3, 0.0%)

1 ご面相で, 借りよう, 處だ

▼ たれにか~ (3, 0.0%)

1 見せむ梅, 見せんなき, 語らん

▼ たればこそで~ (3, 0.0%)

2 あらうけれども 1 はござりませぬか

▼ たればこその~ (3, 0.0%)

1 たのしみであったという, はなしだ, 御取持ち

▼ たればの~ (3, 0.0%)

1 ことで, 事, 意

▼ たれ~ (3, 0.0%)

21 といった調子

▼ たれよりは~ (3, 0.0%)

1 注視を, 清盛塚の, 雲居の

▼ たれをかも~ (3, 0.0%)

2 怨むべき 1 知る人

▼ たれ~ (3, 0.0%)

1 かの手, からも自分, も否むあたわざるの事実

▼ たれ~ (3, 0.0%)

1 が聞える, で, で駄々

▼ たれ形骸~ (3, 0.0%)

1 はなお, はなほ, は猶

▼ たれいち~ (2, 0.0%)

2 にん

▼ たれおなじ~ (2, 0.0%)

1 紅絞, 背かっこうの

▼ たれおまけ~ (2, 0.0%)

1 に口, に大病

▼ たれかという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 間題が

▼ たれこよなく~ (2, 0.0%)

2 悦に入ると

▼ たれしもが~ (2, 0.0%)

1 当然下総常陸, 認めぬわけ

▼ たれぞと~ (2, 0.0%)

1 問うと, 思えば

▼ たれては~ (2, 0.0%)

1 いましたが, 全く敵

▼ たれでもが~ (2, 0.0%)

1 やる技術, 経験する

▼ たれどこ~ (2, 0.0%)

1 の頃, もまた

▼ たれども事~ (2, 0.0%)

2 に紛

▼ たれはげしき~ (2, 0.0%)

1 勇を, 苦鬪心せよ

▼ たればこそと~ (2, 0.0%)

1 先刻の, 思いあたるわけ

▼ たれひとり口~ (2, 0.0%)

1 をきく, をさしはさむ

▼ たれひとり彼~ (2, 0.0%)

1 の前, の死

▼ たれびとにてもこれを~ (2, 0.0%)

1 許す, 試みんと

▼ たれまた~ (2, 0.0%)

1 四つん這いに, 足を

▼ たれやらの~ (2, 0.0%)

1 詩に, 詩句が

▼ たれをか~ (2, 0.0%)

1 待合わせ, 恨み誰

▼ たれ一人頭~ (2, 0.0%)

1 のあがる, をあげる

▼ たれ一個人~ (2, 0.0%)

2 としての伊藤侯

▼ たれ中庭~ (2, 0.0%)

1 の舗石, をのぞき込み

▼ たれ井底~ (2, 0.0%)

2 深く二つ三つ

▼ たれ依然~ (2, 0.0%)

2 たる快活

▼ たれ保証~ (2, 0.0%)

2 大したこと

▼ たれ列柱~ (2, 0.0%)

2 を震い動かさん

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 冥護せよ, 古くから

▼ たれ~ (2, 0.0%)

2 にのせたる

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 をそっくり, を噛み

▼ たれ~ (2, 0.0%)

2 の住居

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 供等が, 足で

▼ たれ小さな~ (2, 0.0%)

1 座敷には, 膝を

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 がどんな, の工場

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 座敷の, 心安く

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 に從, は婆

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 にしてる, を釘

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 うるもの, ふるもの

▼ たれ日の出~ (2, 0.0%)

2 疾くサイレン

▼ たれ~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 にぬれた, をぼろぼろ

▼ たれ籠め~ (2, 0.0%)

1 た水鳥亭, ていった

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 ふべしと, ふ咎

▼ たれ~ (2, 0.0%)

2 つりたる

▼ たれ醤油~ (2, 0.0%)

1 の味いも元, の塩梅

▼ たれ青馬~ (2, 0.0%)

2 と名

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 は前, 甚だダル

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 で覗い, に真正面

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 のしどけな, を掻かぬ

▼ たれ~ (2, 0.0%)

1 のフロックコート, ぶちの

▼1* [397件]

たれああ窓に, たれあえて三国伝来し, たれあごを彼女, たれあなたを苦しみ, たれあるいは網を, たれいしは食べない, たれいちめんに雪, たれいろいろに咲きみだれた, たれうつらうつらと駕, たれ胸の, たれお寺のアネサ, たれかいひけんこまつとは, たれかくて両性, たれかご来客のよう, たれかさんの御, たれかし飽ける男, たれかしらみようと, たれかし勇猛の意氣, たれかし慶福の, たれかっぱとって, たれかつて不信は, たれかまた心を知り, たれかまた花橘に思ひ, たれかよわい女気の, たれからでも引くが, たれからの状だ, たれがともない流言, たれきちんとボタンを, たれけれど障子一重を, たれこの家には, たれこれをほか, たれさうな薄汚ないぢ, たれさうにゑんだの, たれさえすれば, たれさまのご, たれさんらんたれ, たれしくしくと泣い, たれしもの心の, たれしわくちゃの顔, たれよとの風, たれそこで止まっ, たれそこらいっぱいに咲き乱れた, たれそして我が家の, たれそっちゃへどけどけ, たれそつねならむ, たれそめにけり, たれぞにもう三百, たれために白髯サマ, たれだいおめ, たれだいおまえは, たれだけであつた, たれだったの, たれちゃ目明しという, たれやねえ, たれって一寸は, たれっぱなしにさせ, たれてからちょうど一年, たれてくらい海を, たれてながむ, たれてのいねむりが, たれといった気持に, たれといふ自戒を, たれとしても所謂芸術映画だけを以て, たれとはなくすすり泣いた, たれとばかり心身すがすがしく, たれともに捜せよ見よ, たれとも話はできませんでした, たれどうらは, たれどおりあしく得逢わず, たれどころのわからねえ, たれどしどしやれそういう, たれどな催促にも, たれどの感傷的な, たれどもと申すよう, たれどもなんぞ恐るるに, たれどもの心の, たれども二時間に三十里, たれども余は寧ろ, たれども外の溜り, たれども差當り未だ, たれども師に対して礼, たれども後にはオイシク, たれども所謂師として之, たれども百兩不足に受取, たれども目にはいま, たれながく擧ぐるを, たれなぞと云つて, たれなどと武者ぶる, たれなにやつのし, たれなほ捨てず, たれにかは喜バるべき, たれにても二個人間の, たれには恐らくその, たれにより世を, たれのさしずか, たれのどをふくらまし, たれはな刺むすび日, たればいでや時, たればかやうに, たればか何のはずみ, たればか耶蘇の会合, たればか非常にませし, たればこそに相違ない, たればね膝まで水, たればばあと, たればやとかくに, たればやと附入りて, たればわびしうぞおぼすらむ, たれば声も鋭く, たれば声曲家は皆色, たれひとりあとにつづく, たれひとりおれのさき, たれひとりけがひとつしたもの, たれひとりそこにはいません, たれひとり一枝の花, たれひとり不安に覚えた, たれひとり不平や怯み, たれひとり人生を完, たれひとり信長公の処置, たれひとり宮に殉じよう, たれひとり家康の顔, たれひとり尊氏の言, たれひとり生色はない, たれひとり異存はない, たれひとり磯野靈山に追, たれひとり自らこの一戦, たれひとり苦笑も示す, たれひとり道誉の戦功, たれひとり高氏のおそるべき, たれびとであるかをいちいち左右, たれびともその心中にひとたび, たれびともみな想像し得るところ, たれぶるぶるつと身体を, たれたいしての, たれぽかんとしたよう, たれまさによくこれを, たれまでが一人前に, たれまゆも口ひげ, たれむしろをする, たれむろ咲きのにほひ, たれめ何吐してけ, たれもかへる家, たれもしたがりました, たれものを按ずる, たれもよけて過ぎ行く, たれも本にすまい, たれやがてはこの, たれやすわりて, たれやみやみとまだ, たれやらにもそんなはなし, たれゆるやかに足, たれどこが, たれようとして人, たれわがその時の, たれわらが数本, たれをも好いたが, たれを通してぶつりと, たれ違いますそう, たれアンジョーラから酩酊, たれクソもたれながして, たれジイドは突兀, たれジュンジュンと説き来り説き, たれジョンドレットが, たれストリップの要領, たれていう事, たれドア越しに往来, たれニコニコ笑いながら, たれハッハッハッと大息, たれハハ今ハたつき, たれバゆへなく, たれバ元より不敬, たれバ敵口々に上意, たれバ此御船をし, たれバ薩州小松帯刀申人が出しくれ, たれボンヤリと考えごと, たれぼの, たれ一人そこに近づく, たれ一人保が生きられる, たれ一人口をきく, たれ一人味方になっ, たれ一人執権の御意, たれ一人宋江の日頃, たれ一人拙者を追っ, たれ一人相手にする, たれ一人自分に手, たれ一心に本を, たれ下つた小瓢箪, たれ不夜城のにぎわし, たれ両脚を組んだ, たれ並立の山, たれ主題は一つ, たれ二階へ上がろう, たれ京畿に生れたら, たれの雑言, たれ今やっと, たれ今日は吾が, たれ今日あきらかに, たれは木, たれ以後は仰せ, たれうる者, たれ伸子はいろいろ, たれかに掛けたい, たれ何と思おうが, たれ何方にもあれ, たれに其後樺太, たれ兄弟虚無なる人生, たれ充分の褒美, たれたれ, たれ共人の云事故實正, たれ共元來知る, たれ共勝手にし, たれ共名に負, たれ共外に水死, たれ別れたてまつりし時, たれ到底凡人の, たれにもいった如く, たれたれ, たれ加減に狭い, たれ南蛮織のきらびやか, たれをききました, たれのキルケ, たれといふ, たれ合つて二人は暫く, たれ合つて眞直ぐに立ちのぼる, たれ一日に, たれも知らぬ, たれ向日葵の大き, たれ周馬は徳利, たれ呼はりするの, たれ四肢は冷たく, たれて此金子, たれ団扇を膝, たれ坂下驛を過る, たれの残った, たれである, たれ夕風に髪, たれに戀, たれ大地並に宏大, たれ大根も引く, たれ大海襲いきたらば, たれ天国の剣, たれ女房に為様, たれ奴バクチで小倉監獄, たれ妙齡のブリセーイス, たれ姿のよう, たれと誰, たれ婦人といえ, たれがい寝, たれ子供にほめられ, たれ子等は自分たち, たれ安坐して, たれは蜘蛛, たれ宿り木の蔭, たれ寄りながら云った, たれ小僧どもがわいわい, たれ少しやぶにらみに, たれの長き, たれ工場主は今度, たれ左眼の下, たれの真下, たれ常にかわらぬヒョロ, たれ帽章は火薬, たれに怪しき, たれを離れ, たれは猶, たれを見, たれ弘法菜の花をもつ, たれ之丞, たれ当時妾は実に, たれ彼らは太陽, たれ從つて根源的意義における將來, たれ御殿場の真上, たれはその, たれに冷, たれ恍惚から来た, たれ恭敬三昧の嬉, たれ悠々たれ, たれ惨めであるな, たれなる羊, たれ愛嬌の露, たれ慌ただしゅう京都へ, たれれむべ, たれふとなく, たれ突出しの, たれ折々尻尾で, たれ指さきに力, たれを揉み, たれ掛つて来る, たれ斜向いで二人, たれ既に之を, たれのあたり, たれ明け方までいろいろ, たれ易く興行止まり, たれを聯, たれ時代から今日, たれの木の根堀, たれ村童たちがそれ, たれたれ来たれともに, たれをおろし, たれの御, たれ樹木も月, たれに倚, たれ次にはるか舞台天井の, たれ欧洲人の一部, たれの児, たれ此惣右衞門御兄弟, たれ死私はほんとに, たれの名, たれ母上の慈悲, たれ毛布をしい, たれ気分もみえる, たれ気管支は弱く, たれく鴨, たれ淡々たれ悠々, たれからぬ, たれ熱い額を, たれで掻, たれあぐらを, たれ物語して, たれ生涯に始め, たれは何処, たれ痛ましい激昂した, たれと見え, たれ百合の花, たれ百姓男は牛, たれも無き, たれ眉目やさしく口元柔和, たれが近い, たれを抑え, たれ短い帯は, たれも点頭く, たれ石油一般に用, たれ神代には支那, たれ秀吉がここ, たれ立ちのけうと, たれには余り, たれの尖, たれ純白の行衣, たれ素子はまた, たれの紐, たれ紺碧の海, たれ総身に智恵, たれ罪人のよう, たれ肋骨の浮き出した, たれ肢體は土, たれは震え, たれ自動車がすすむ, たれ自己に真実, たれ蒼し, たれ艷やかな湯あがり, たれをしくなり, たれ花田少年の肩, たれ苦しいため息を, たれ荒匂い斬り手, たれ荒波の, たれ落ち顎に流れ, たれの目, たれ衝撃のため, たれくびから手, たれ言語ふさがり沈黙, たれ記乎汝と言われ, たれ許嫁の縁, たれ読書に耽る, たれ諸方に鏡, たれ識らぬと, たれ貝塚なんか掘りたく, たれ質素なひだ飾り, たれ赤い珊瑚玉の, たれには先, たれ反りて, たれをか, たれ郡の, たれ通しで肉, たれ遂にはホッ, たれ道庵の頭, たれ道服に似た, たれ遮二無二遮虜, たれべにし, たれ野郎だと, たれ銃隊の足軽, たれや糸かけ, たれ煙管を, たれ長いあいだ愁然と, たれ陸奧の, たれ障害の上, たれのゆき, たれ頑固どもは, たれを胸, たれがたるみ, たれ顔色が青ざめ, たれ風雲のゆ, たれ飛行機は何百回, たれ香油の, たれ鬼我ひめ歌, たれ黒い星一ツ遥か彼方の, たれ黒人たる莫, たれ黝ずみ