青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

それほど~ ~それら それら~ それ程~ そろそろ~ そん~ そんな~ ~そんなに そんなに~ ~た
た~
~たい たい~ たいした~ たいそう~ たいてい~ ~たいへん たいへん~ たえず~ たか~ たかった~

「た~」 1977056, 18988ppm, 1位

▼ た~ (307975, 15.6%)

42141 である 29188 です 229859267 であった 8392 では 65555184 だが 4356 だった 4242 であるが 4093 ですが 3935 でした 3678 であります 3431 だと 2991 であろう 2891 だろう 2861 だから 2680 でしょう 19611811 でございます 1609 ですか 1590 はその 15881397 ですから 1363 かも知れない 1354 はこの 1147 であったが 1129 だよ 1097 だそう 1094 であるから 1087 かい 987 ですよ 947 であろうか 836 でしょうか 829 でも 806 だろうか 782 じゃ 729 を見 721 はそれ 660 かもしれない 652 だらう 649 だという 643 だろうと 633 を見る 598 も無理 581 だつた 569 ですね 538 でありました 535 は私 498 もその 481 はお 469 かね 468 は誰 458 かな 457 はもう 453 かしら 425 かも知れません 400 であろうと 399 であって 398 もこの 396 を見た 373 と同じ 372 だな 364 だったが 361 だね 347 じゃない 342 がこの 335 は当然, は彼 334 であると 331 は何 319 だけれど, はこれ 317 かそれとも 316 でありますが 311 でしたが 277 はあの 273 を覚え 268266 は自分 255 であろうが 253 は事実 252 でございましょう 248 かそれ, は今 247 ぢや 243 かその 242 かも知れぬ 227 で御座います 221 ですもの 217 だけれども 214213 もある 211 でございますが 210 がある 206 かえ, だろうが 201 は全く 199 が今 195 だか 189 かと思う 188 ですけれど, は実に 183 はまだ 182 はそれから 177 かと思っ, はやはり, を私 174 がその 172 であるか 168 でございました 163 でしょうが 162 かもしれません 157 はいう 154 だし, だらうと 151 かどう, でございますよ 149 はただ, は無理 147 はどういう 143 を知っ 142 でしょうね, を幸い 137 を感じた 136 ですからね 135 はあなた 134 ですって, はどう 133 はお前 129 か私 128 はちょうど, はつい, もまた 122 は勿論, は彼女 119 だとも 118 かと思った 117 ならば, は確か 115 はいい 114 であったから 113 は例 112 は僕, は決して 110 だらうか 105 は初めて 104 をお 103 かあるいは, でございますか 102 は残念 101 か自分, だもの 100 は一つ, は夜 98 でありましょう 97 もそれ 96 か知らない 95 がお, はいつ 93 が不思議 92 も彼 91 だろうという, はたしか 90 だわ 89 でございますから, もやはり, を知った 88 だつたが, だとは 86 らしい 85 ですわ, は女 84 だい, はたしかに, もあの 83 はあれ 82 でござる, は大, も 81 ですけれども, は丁度, は君, は実は 80 は前 79 だといふ, を思い出した 78 でないこと, はほんの, は少し, は恐らく 77 はここ, を機会, を知る 76 が悪かっ, はもちろん, は俺 75 であること, は多分, を持っ 73 かもしれぬ, は不思議, は他, も当然 72 だからね, だなと, は八五郎 71 は此, を今 70 は第, も同じ, んで 69 かわからない, はわたし, を記憶 68 が運, でありますから, でなければ, はまことに, んです 67 か知ら, が私, はほか, は一人, も一つ, も実は, を彼, を聞い 66 はつまり 65 か彼, が彼, ですと, はそういう, は去年, も道理 64 があの, ですな, は後, は意外 63 にちがいありません, はまったく, を思い出し 62 は何故 61 かまた, がそれ, ですがね, は云う 60 はかの, はそこ 59 か何, ださうである, は同じ 58 か急, はなぜ, は二人, も私 57 が原因, はさすが, はたった, は若い, も事実 56 か分らない, はそんな, は翌, もあった, もこれ 55 かなあ, かも知れなかった, がいけなかった, だろうかと, ですけど, は主人, は外 54 が多い, が急, ださうだ, であるという, はだれ, もあり, を自分 53 か知らん, がもう, はこういう, はむしろ, は御, は父, を幸 52 が残念, は単に, は無論, をその 51 じゃな, はおそらく, を聞いた 50 かしらん, がそもそも, だからな, も知らず, をこの 49 か或は, だぞ, でありまして, でございましょうか, は今日 48 が何, じゃありません, だえ, はまさに, は偶然, は大きな, もつまり, をそのまま 47 かこの, かそこ, かということ, があった, が後, が悪い, であったろう, はやっぱり 46 が今日, は日本 45 だろうね, であったと, はなん, を誰 44 はどうも, はどこ, は主として, は何時, もお, も不思議, を見れ

43 [11件] かよく, が間違い, だとか, であろうという, でございませう, はおれ, はかれこれ, は何より, は何ん, は自然, を喜ん

42 かとにかく, だがね, と同様, ははじめて, は朝, は本当, も全く, を後悔

41 かもう, か今, だからと, だらうが, はすでに, は昔, も今

40 [16件] かと思ふ, かねえ, か僕, がもと, が大, が縁, が自分, であるけれども, ですし, とその, はある, はなんと, はよい, は人間, は次, を発見

39 ともう, はそう, はよく, は男, も決して, をみる, をよく

38 [11件] かもしれなかった, か誰, がここ, はずっと, はどんな, はまさしく, は僅か, は年, は昨日, も自分, や

37 かまたは, ださうです, はこんな, は面白い

36 がこれ, がちょうど, でない, も何, を感じ

35 はいかにも, はいったい, はむろん, は其の, は午後, は母, は遺憾, をおぼえ

34 かも知れん, が最後, だそれ, であったか, であるけれど, はほんとう, はやがて, はガラッ, はガラツ八, は生れ

33 [15件] かそう, か少し, が今度, が最初, が目, には驚いた, に驚いた, はそれだけ, は一, は是非, は申す, は番頭, は言うまでもない, もあれ, をまた

32 かと思われる, かまるで, が見えた, だその, でございますね, はわずか, は人, は先生, は昨夜

31 [20件] かお, がかえって, が事実, が始まりで, が第, でありましたが, でなくて, はあたし, はわたくし, は今度, は嘘, は小, は新, は誠に, も偶然, も皆, を僕, を憶え, を見すまし, んは

30 [17件] かと思い, がすなわち, がつい, でしたから, です私, で御座いますが, はいつも, はさ, はよほど, は下女, は即ち, は始め, は間違い, もそこ, もそんな, を後, んか

29 [20件] かという, かまだ, があります, がいま, が何より, が例, が即ち, だこの, でしたね, と, はまた, はよかっ, はわし, は一体, は何者, は必ずしも, も自然, を忘れ, を知つて, 驚かないの

28 [14件] かと私, があっ, が御, が気, じゃあるまい, であるし, であろうかと, はごく, は三人, は實, をさいわい, を思い出す, を残念, 驚かねえの

27 [18件] かと, かと思ったら, か知りません, が一人, が次第に, じゃア, でございますもの, でしょうと, と同時, は今年, は伝六, は夕方, は当時, は非常, を何, を喜んだ, を見つけ, を見ます

26 [18件] かさっぱり, かそんな, かわからなかった, がまだ, が一つ, が失敗, でございまする, でございますわ, に驚い, はいずれ, はいま, はお前さん, はぜひ, は十一時, は日, は有名, もあります, を着

25 [20件] かと思, がまた, だそして, ですそれ, でないかと, はいつごろ, はたぶん, は一時, は何と, は何時頃, は別, は娘, は惜しい, は翌日, もここ, も彼女, やら, をみ, を見ました, を認めた

24 [21件] か彼女, がよく, じゃあない, でありませう, であれば, と一つ, はあと, はすなわち, はその後, は先刻, は平次, は彼ら, は彼等, は或, は明治, は昨年, もつい, を喜ぶ, を思ひ出した, を見つけた, んに

23 [30件] かいきなり, かいずれ, かとお, かと思いました, かと思つて, か判らない, か姿, があつ, がいけない, が一番, が因, が眼, じゃよ, でありまする, であるかも, ですってね, でないと, は兄, は夏, は家, は幸い, は本当に, は果して, は極めて, は紛れ, は誤り, ももっとも, も亦, を今度, サ

22 [27件] かこれ, かネ, か知れない, がだんだん, が二人, が少し, だぜ, だろうな, であったろうか, で御座いました, はかえって, はかなり, はこう, はどの, はもとより, は八月, は十時, は右, は有難い, は母親, は水, は私一人, は結構, もそういう, も此, を不思議, を聞く

21 [22件] かどうして, かわたし, が意外, だったろう, だなどと, だろうから, ですの, とほとんど, と一緒, はかれ, はじつに, はぼく, は中, は当り前, は彼自身, は最初, は流石, は皆, は眼, は誰だい, も忘れ, を知らず

20 [35件] かと不思議, かも知れねえ, か不思議, が元, が惡, じゃが, じや, だ相, でありそして, であるらしい, とおなじ, に気づいた, はあながち, はいかなる, はおかしい, はもっとも, は別に, は古い, は可, は変, は既に, は本, は正しく, は知っ, は確, は金, も同様, も尤も, をお前, をきっかけ, を御存じ, を思う, を手, を知り, を覺

19 [46件] かそのまま, かわかりません, か或いは, がこんな, がそう, がどう, が前, が癪, じゃないでしょう, だけれ, だったか, だったから, だとの, だ私, であったかも, とお, どす, ならその, はおまえ, はしかし, はせめて, は主, は余, は如何にも, は妙, は妹, は子供, は村, は気の毒, は珍, は甚だ, は當然, もほんの, もまったく, もみんな, も実に, も畢竟, をいい, をふと, をやっと, を彼女, を機, を気, を知らない, を見とどけ, んが

18 [59件] かお前, かと聞く, かと訊く, かひどく, かふと, かもわからない, かもわかりません, かも知れなかつた, か二人, か知らぬ, があり, がいつの間にか, がきっかけ, がふしぎ, が丁度, が初, が多かっ, だからなあ, だ何, でしょうな, でもあった, で御座いますよ, に気づい, はあるいは, はいよいよ, はいわゆる, はうれしい, はこれから, はそもそも, はどうやら, はまず, はもっと, はわれわれ, は二, は五月, は亥刻, は六月, は妻, は嬉しい, は山, は恐ろしい, は悪い, は感心, は白い, は近頃, は長い, は黒い, もあながち, もお前, もそう, もむりではない, も同然, をこれ, を出し, を忘れた, を思ひ出し, を持つ, を知, を耳

17 [62件] かちょっと, かとその, かと彼, かどちら, かはっきり, かわけ, か見当, がいい, がいつ, がおかしい, がせめて, がやはり, が始め, が此, が非常, じゃねえ, だって, だろうよ, でありその, であるまいか, でございましたが, でないから, と全く, と少し, ならそれ, には何, には理由, にもかかわらず, はかく, はこちら, はこっち, はさっき, はちょっと, はどなた, はひとえに, はわが, は事實, は五時, は今朝, は夫人, は左, は幸, は戌刻, は春, は昼, は案外, は正に, は気, は畢竟, は秀吉, は秋, は美しい, は老, は言, は長, もあろう, もやっぱり, ような, を御, を御覧, を知らなかった, を見届け

16 [43件] かあの, かちっとも, かとも思われる, かと云う, かどっち, が実は, ださ, だつて, ですその, で御座いましょう, と同時に, はあまり, はきみ, はこうした, はそうした, はなに, はやや, はようやく, はフランス, は三月, は九時, は何処, は冬, は十二時, は十月, は大方, は天, は子, は支那, は最近, は月, は極, は珍しい, は理由, は疑い, は自分一人, は随分, もあつ, もむりはない, も束の間, を拾っ, を母, んや

15 [47件] かとも思った, か又は, か影, があれ, がいかにも, がこっち, がこんど, が多く, が見える, が誤り, だあの, だッ, でありますけれども, であるそれ, でございますの, でしょうけれど, に比べ, はけだし, はた, はない, はみんな, は一寸, は九月, は以前, は元, は唯, は夫, は女房, は宵, は寧ろ, は店, は未だ, は次郎, は正午, は町内, は相手, は頭, もありました, も其の, も覚え, をつい, をもう, をわたくし, を入れ, を憶, を無理, を見たら

14 [57件] かそれら, かなぜ, かなア, かも分らない, かも知れませぬ, か一人, か全く, か判りません, がやがて, がわかった, がわるかっ, が事, が始まり, が誰, じゃから, だこれ, だったと, だろ, であったの, でありまた, でございましょうが, ですかと, でないか, とそれから, とは違っ, と違っ, にかかわらず, はあたりまえ, はありがたい, はい, はけっして, はこれら, はまだしも, は一月, は一枚, は二十二三, は仕方, は十二月, は夢, は大した, は好い, は姉, は小さい, は尤も, は悪かっ, は愉快, は我々, は斯, は明らか, は東京, は死んだ, は近所, は飛んだ, もむりはありません, をそれ, を心, を早く

13 [86件] かだれ, かと思はれる, かよ, かッ, か分らなかった, か突然, か解らない, がありました, がそんなに, がやっと, が出, が却って, が又, が夜, が嬉しかっ, が当時, が本当, が病みつき, が間違, だけど, ださうな, であったならば, でありましょうか, であるかと, ですかい, ですぞ, でないという, とはまるで, どうした, なら, なり, にはさすが, はあたかも, はきっと, はすぐ, はずいぶん, はたつた, はひとり, はまるで, はもはや, はやっと, は一昨年, は一本, は一種, は七月, は三日目, は三時, は二十五六, は二月, は二階, は京都, は今夜, は何時ごろ, は先, は半, は四十五六, は四時, は実際, は少々, は当の, は旦那, は最も, は特に, は生まれ, は目, は若, は言うまでもなく, は貴様, は雪, も其頃, も多分, も知らない, も要するに, をあの, をしお, をよい, をよろこん, を人, を合図, を思いだした, を感じる, を我慢, を根, を皆, を目撃, を非常

12 [97件] かいま, かそして, かどうしても, かどこ, かもしれん, かも知れず, か又, か気, か頭, がはじまりで, が何と, が俄, が初め, が動機, が十一時, が口惜しい, が四時, が因果, が嬉しく, が怪しい, が本, が面白い, だらうかと, だろうその, だ自分, であったに, でありそれ, であるそして, であるといふ, であるのに, である事, でござるが, ですかね, ですからな, とは違う, と反対, なんのって, には, にも拘らず, に対して, はあ, はいささか, はいわば, はうれし, はえらい, はこいつ, はじつは, はそれら, はなるほど, は一度, は三十前後, は上, は二時, は伸子, は何人, は何日, は信長, は十日, は単なる, は大抵, は大正, は天罰, は妾, は忘れ, は我, は時, は更に, は最早, は此時, は江戸, は海, は町, は貴方, は近代, は返す返す, は運, は隣, もあなた, もその頃, もただ, も丁度, も女, も或は, やろ, をいま, をすぐ, を一, を二人, を倖, を大, を少し, を思ひ出す, を急, を感じました, を見届ける, を認める, を読んだ

11 [118件] かときく, かともかく, かと考え, かどんな, かぼく, か判らなかった, か否, か女, か手, がお前, がかれこれ, がそのまま, がどこ, がまちがい, が一枚, が不覚, が九時, が他, が僕, が先, が去年, が嬉しい, が日本, じゃないだろう, ださうだが, だったよ, だとばかり, だろうけれど, であるこの, であるそう, であるの, であろうから, でございまして, でございますな, でござろう, でしたよ, でしょ, でしょうかね, ですからねえ, ですわね, とこの, とちょうど, と同, には私, はご, はどうして, はよくよく, はわけ, はわれ, は三年前, は下, は九時半, は九時頃, は云, は何刻, は余程, は作者, は十七八, は又, は可笑しい, は四人, は固, は大分, は大変, は失敗, は女中, は嬉しかっ, は学校, は己, は想像, は戌刻半, は手代, は手前, は敵, は新しい, は日本人, は止む, は此処, は殺された, は矢, は神, は竜, は米友, は翌年, は老人, は背, は要するに, は親分, は言う, は遠い, は間, もみな, も一, も少し, も御, も思え, も止む, も知らなかった, やが, やまた, よう, をある, をここ, をはじめ, をみんな, をわたし, を思い出しました, を思い出します, を父, を見すます, を見とどける, を覚えた, を認め, を読ん, ん, 何の, 何のって, 何のと

10 [129件] かさ, かし, かしばらく, かと訊い, かどうも, か人, か判然, か君, か夢, か死んだ, か父, か聞えない, がたちまち, がない, がふと, がようやく, がわずか, がわたし, が一, が初めて, が右, が同じ, が如何にも, が小, が後に, が段々, が氣, が致命傷, が見え, が身, が近頃, じゃございません, じゃなく, じゃろう, だしかし, だつたか, だろうそれ, であったそう, であるからと, であろうお, であろう彼, でございましょうよ, でござんす, でしょうそれ, ですお, で御座いませう, とそっくり, とちがっ, とほぼ, とまた, と同一, なら何, にはびっくり, による, はあっし, はありません, はありゃ, はあんた, はいくら, はきのう, はこ, はすべて, はそれからまた, はたいへん, はほとんど, はま, はもと, はアメリカ, は一年, は一方, は一面, は下男, は仕合せ, は前後, は十一月, は十七, は十八, は博士, は古, は周知, は四月, は土地, は小僧, は弟, は心, は思い, は手, は明治二十三年, は普通, は此人, は武士, は比較的, は深い, は父親, は相, は相当, は翌朝, は自業自得, は良い, は色, は見た, は貴女, は賢明, は赤い, は鎌倉, は間もなく, は風, もあっ, もおそらく, も俺, も僕, も先生, も知っ, をあと, をだれ, をみた, を一度, を今日, を利用, を前, を取っ, を始め, を怒っ, を悲しむ, を手始め, を最後, を肩, を買っ, を遺憾

9 [168件] かいつ, かそいつ, かとびっくり, かと云, かと尋ねた, かと心配, かと思え, かと聞きました, かと訊いた, かなかなか, かは知らない, かも解りません, か一向, か但し, か俺, か後, か忘れ, か知れません, か覚え, があと, があなた, がいけなかつた, がいる, がたしか, がつまり, がむしろ, がコロムビア, がフシギ, が可, が変, が手, が昨日, が朝, が案外, が機縁, じゃなくっ, だおれ, だお前, だだが, だったかも, だどう, だのに, だろうお, だろうけれども, だろうなどと, だネ, だ僕, であったけれども, であっても, でありましょうが, であるその, であるとも, でございましょうね, でござるか, でござるよ, でしょうよ, ですそして, とそれ, とは異, と似, と寸分, と殆ど, ならこの, ならなぜ, なれど, なん, なんのと, に答え, に驚く, はあまりに, はかう, はさいぜん, はその間, ははたして, はまあ, はまぎれ, はまさか, はまちがい, はむりもない, はもうかれこれ, はもしや, はよかつ, はドイツ, はホン, は一個, は三年, は三輪, は久しい, は之, は事件, は二十七八, は二十四五, は二年, は五十, は今宵, は何とも, は何故か, は偏に, は其, は医者, は十時頃, は半分, は古く, は名, は吾, は四時頃, は多く, は多少, は夜中, は大学, は嫁, は家康, は小さな, は小判, は帆村, は悪う, は悪魔, は或は, は拙者, は故, は曲者, は束の間, は正直, は此家, は此方, は滑稽, は皮肉, は真, は真夜中, は矢張り, は私達, は窓, は立派, は笑止, は罪, は船, は蓋し, は足, は運命, は頗る, もそうした, も仕方, も君, も多い, も少く, も怪しむ, も恐らく, も本当, も気, も理由, をやめ, をようやく, を不審, を今更, を他, を俺, を取り, を口惜し, を君, を喜び, を妙, を平次, を思え, を悔いた, を意識, を片手, を知りました, を聞き

8 [199件] かいつも, かいや, かおれ, かこんな, かしらと思っ, かす, かただ, かっ, かというよう, かとうとう, かと思います, かと思われた, かまったく, か一向に, か不意, か分りません, か半, か口, か声, か大きな, か知らねえ, か足, か部屋, がいや, がうれしかっ, がこちら, がすっかり, がまだしも, がビクター, が一層, が三人, が三時, が二つ, が人間, が今朝, が十二時, が名, が子供, が実に, が幸い, が更に, が最も, が気の毒, が災難, が現在, が聞えた, け, だだから, だっ, だったけれど, だつけ, だとかいう, だとさえ, だとしか, だろうとも, だナ, だ今, であったこと, であったのに, でありこの, であるしかし, であるとの, であるに, である彼, であろ, であろう私, でしたわ, でしょうお, でしょうから, ですあなた, ですかな, ですすると, ですぜ, ですつて, ですのに, です今, でないの, とは全く, と同じく, にし, に似, に始まる, はあんまり, はいや, はおよそ, はお松, はかえすがえす, はきょう, はさき, はせいぜい, はちやう, はとにかく, はね, はほんとに, はイギリス, はカント, はムリ, は一年前, は一時半, は一時頃, は三日前, は三時頃, は不, は事, は以上, は余りに, は八時, は初め, は十九, は十六, は十年前, は半蔵, は却って, は同, は唐, は四年前, は大人, は如何, は家族, は容易, は宿, は少なくとも, は少年, は恭一, は意味, は憎い, は支配人, は時代, は暗く, は机, は横浜, は正月, は殆, は氣, は満, は漸く, は火, は物, は石原, は私ぢ, は葉子, は血, は裏, は身, は近世, は近年, は過去, は道庵先生, は道理, は食糧, は高等学校, もいる, もおかしい, もけっして, もそれから, ももと, もよく, も事實, も勿論, も単に, も大, も当時, も此時, も第, も見える, も面白い, ように, らしかった, をあなた, をおれ, をすっかり, をつけ, をどう, をはっきり, をひどく, をまだ, をもっ, を一つ, を一人, を初め, を又, を取り出し, を名人, を夢, を夫人, を女, を嬉しく, を思いだし, を思ふ, を思出, を怨ん, を或, を承知, を母親, を直ぐ, を相手, を確か, 方へ, 覚えて

7 [272件] かあと, かいと, かかげ, かしらない, かそれともまた, かといっ, かと思ひ, かと矢代, かと考えた, かと自分, かどれ, かふしぎ, か不明, か今度, か今朝, か俄, か兎, か其, か夫, か娘, か家, か知っ, か記憶, か訳, か顔, があ, がこのごろ, がすでに, がそこ, がそも, がなお, がひどく, がほか, がやっぱり, がわかる, がわし, がわるい, が一ツ, が一生, が七時, が七月, が不幸, が不服, が不運, が何だか, が何ん, が何時の間にか, が入っ, が全く, が八時, が其の, が分つた, が午後, が半, が口惜しく, が夢, が大きな, が女, が好き, が始, が山, が年, が当然, が彼女, が惜しい, が手ぬかり, が早かっ, が昨夜, が有名, が残っ, が江戸, が皆, が置い, が耳, しみを, じゃなかった, だお, だがと, だずおん, だっけ, だったけれども, だったね, だといった, だとさ, だとしても, だねえ, だろう位, だ其の, だ彼, だ誰, であったらしい, であったろうと, であり従って, である私, であろうけれど, であろうけれども, であろうその, であろうも, でございますけれど, でしょうその, でしょう私, ですあの, ですそれで, ですねえ, でもあったろう, で御座いますか, とのため, とは別, とまったく, なぞは, ならこれ, ならまだ, には少から, に乗じ, に拘らず, に驚き, はあつし, はあり, はいけない, はかかる, はかつて, はきわめて, はこの間, はしばらく, はすこし, はせっかく, はそのまま, はそれで, はたった今, はどうしても, はなお, はなかなか, はなにか, はふたり, はやつ, はゆうべ, はわるかっ, は一座, は一昨日, は七兵衛, は三十, は三十二三, は不幸, は不幸中, は世にも, は世界, は中年, は二度目, は二時頃, は五, は五年前, は亭主, は人形, は他人, は余人, は偽, は僅, は兄さん, は先ず, は先月, は兎, は全然, は初夏, は十一時半, は十一時頃, は十五, は十八世紀, は十八九, は只, は名高い, は向う, は君たち, は大いに, は大勢, は大正八年, は大阪, は天皇, は始めて, は婆さん, は婦人, は子供たち, は小さく, は平安朝, は幾度, は形, は従来, は恰度, は悉く, は成, は戦争, は支那人, は敢, は早く, は明, は昨, は是, は正確, は死骸, は水戸, は江戸時代, は注目, は浅草, は猪, は玄徳, は現代, は現在, は病気, は結局, は考え, は腰, は興味, は表面, は見る, は諸君, は遠く, は間違っ, は間違ひも, は雨, は青い, は顔, は養子, は餘, は驚いた, もあんた, もいわば, もおまえ, もきっと, もこういう, もさ, もじつは, もぜひ, もつかの間, もなにか, もふしぎ, ももちろん, もわし, もわずか, も今年, も元, も原因, も又, も夢, も彼ら, も故, も是非, も気づかず, をありがたく, をいつも, をうれしく, をせめて, をちゃんと, をちょうど, をどんなに, をやがて, を一本, を主人, を傍, を兄, を助け, を売っ, を忘れない, を悔い, を慌て, を整理, を源氏, を皆んな, を直し, を知らせ, を考える, んと, 何か, 何んの

6 [404件] え, かあるいはまた, かここ, かさも, かしきりに, かしれない, かそういう, かといえ, かとたずねた, かとも思う, かとも考えられる, かと不審, かと今, かと初めて, かと彼女, かと聞い, かどうか, かなに, かほとんど, かもしれねえ, かも知らぬ, かわれ, かハッキリ, か一つ, か一寸, か下, か両, か今日, か其の, か夜, か妙, か少年, か平次, か本当に, か遂に, がいきなり, がいくつ, がいつしか, がいつのまにか, がいわゆる, がうまく, がうれしく, がおれ, がかれ, がくやしい, がこれから, がじつは, がそんな, がたいへん, がとうとう, がどういう, がどうも, がどうやら, がどんなに, がなぜ, がにわかに, がはじめ, がほとんど, がよかっ, が一時, が不意, が主人, が今夜, が今年, が出る, が判った, が夕方, が外, が大きく, が大変, が妙, が嬉し, が実際, が忽ち, が或, が抑, が最近, が殘念, が水, が漸く, が特に, が癖, が破滅, が突然, が米友, が腹, が自然, が西洋, が起り, が逆, けえ, さえある, じゃありますまい, じゃなかろう, たゆた, だあれ, だがな, だそこで, だそれで, だそんな, だったろうか, だなあ, だなんて, だらうから, だろうかという, だろうし, だろうに, だろうねえ, だろう彼, だろう私, であったかと, であったけれど, であったという, であり, でありながら, でありません, であるぞ, であろうそれ, であろうとも, でございますと, でしょうねえ, ですしかし, ですネ, です何, とは反対, とは違った, とは違つて, とまるで, と云う, と似た, と何, と殆, と比較, と自分, と違つて, どすけど, ならどうして, なれば, におどろいた, にくらべ, にはちょっと, には驚きました, によるの, に依る, に気づく, はああ, はあいつ, はあらゆる, はいつか, はおまえさん, はおもしろい, はお茶, はさらに, はだいぶ, はてっきり, はとても, ははじめ, ははなはだ, はひどい, はふしぎ, はべつ, はほんと, はみな, はむしろ当然, はもうずっと, はもう余程, はやむを得ない, はれい, はわざと, はフシギ, はベルリン, は一ぴき, は一週間, は七時, は三日, は上野, は不覚, は世間, は九時過ぎ, は争えない, は争われない, は二つ, は二三日前, は二十一, は二十三日, は二度, は五人, は仕事, は仕合わせ, は件, は伯爵, は体, は何だか, は何事, は何年, は何處, は余り, は八時ごろ, は六十, は六時, は其方, は内, は出, は分っ, は前年, は前述, は匕首, は十三歳, は十九世紀, は十二時近く, は十二時過ぎ, は十六七, は十六日, は十四歳, は十年, は十時すぎ, は午前二時, は午後三時, は午後四時, は口, は同じく, は問題, は四十二三, は四十前後, は坊主, は城介, は声, は夜半, は大正十一年, は大正十三年, は大正十年, は奇蹟, は奥, は奥まった, は奧, は女軽業, は如何なる, は嬉し, は寧ろ当然, は専ら, は将, は小林君, は少く, は少しく, は居, は岡, は師匠, は幸福, は幸運, は幾人, は庭, は強, は思いがけない, は怪しから, は恐く, は恰も, は惜しかっ, は惡, は感謝, は戦後, は手落ち, は旅, は早, は明智探偵, は明治三十二年, は明治時代, は昭和十三年, は曹操, は最後, は未, は某, は正, は洵, は清松, は源三郎, は無, は熊, は猶, は當, は疑はれぬ, は病人, は白衣, は真に, は瞬間, は確実, は社会, は神田, は私たち, は空, は約, は紙, は素子, は細工, は結婚, は胴, は自分たち, は自分自身, は舞台, は船長, は若旦那, は見, は見覚え, は覚え, は親, は言葉, は變ぢ, は貴, は貴公, は賢い, は迂, は遠, は部屋, は銭形, は間違, は額, は首, は馬田, ばかりで, もあるいは, もおもしろい, もかかる, もこう, もこうした, もすべて, もそして, もまだ, もわたくし, もムリ, も一瞬, も主として, も久しい, も今日, も別に, も変, も実, も実際, も尤, も悉く, も日本, も無論, も父, も結局, も胸, も自己, も誰, やがな, や若い, らしいが, をかえって, をき, をきい, をこちら, をごらん, をそう, をそこ, をはじめて, をひそか, をぼんやり, をむしろ, をわし, を下女, を中, を二, を人々, を今さら, を兵馬, を其の, を取出し, を口実, を右, を喜こ, を嬉し, を嬉しい, を子供, を学校, を己, を後に, を恨ん, を悔ん, を悲しん, を押え, を拾った, を眺め, を知ってる, を知らせる, を竜, を聽, を肴, を見せ, を見つける, を見て取っ, を見ない, を見付けた, を見出した, を責める, を送っ, を途中, を遺恨, を面白く, んかも, 一体, 父御, 私は, 腫れたの

5 [584件 抜粋] い, かあ, かあたし, かあれ, かいお, かかの, かこと, かこのごろ, かしない, かすぐ, かちゃんと, かでなければ, かといいます, かという意味, かとおもう, かとちょっと, かとつくづく, かとつぜん, かとんと, かと僕, かと尋ねる, かと急, かと想像, かと案じ, かと申します, かと聞いた, かと胸, かと驚く, かひとり, かびっくり, かもしれず, かもとより, かも分りません, かナ, か二つ, か人間, か例, か分らぬ, か前, か唇, か子供, か彼自身, か忽ち, か恐らく, か或, か此, か母, か珍, か理解, か目, か相手, か知らなかった, か知れぬ, か窓, か翌日, か聞えなかった, か馬, がいちばん, がいつか, がかの, がこう, がさ, がし, がただ, がちょっと, がどうして, がなに, がなんとなく, がはっきり, がぼく, がまず, がまるで, が一時半, が下, が不快, が不足, が中, が主, が二, が二時, が人, が偶然, が兄, が其, が出来た, が分った, が力, が原, が口惜し, が古い, が可笑しい, が可笑しかっ, が同時, が失策, が始まりである, が子, が家, が寧ろ, が居る, が悪, が悪く, が悲しい, が愉快, が我々, が戦争, が暫らく, が果して, が機会, が次, が此処, が此方, が無, が無理, が無駄, が父, が物, が現代, が自慢, が花, が若い, が落ち, が藤原, が評判, が途中, が遂に, が遅かっ, が雨, が顔, こうしたの, ことを, さその, さそれ, さね, じゃあねえ, じゃその, じゃろ, それが, だあい, だそうですね, だったのに, だなぞと, だなど, だなどという, だの, だのう, だらうけれど, だろうとは, だろうまた, だ此, ぢゃ, であり又, であるかは, であろうし, であろうそして, であろう彼女, でございますからな, でしたろう, でしょうけれども, ですだから, です僕, です先生, です夫, でない事, でなくむしろ, で御座いましたが, とある, といっしょ, とがほとんど, とはちがっ, とはまた, と云っ, と今年, と私, と違う, ならそう, ならどんなに, なら今, なら俺, なら格別, なら私, なら自分, には全く, にひきかえ, にも拘わらず, に因る, に引きかえ, に懲り, に気づかなかった, はあえて, はあさましく, はいけなかった, はいつぞや, はいろいろ, はお前ぢ, はお蔦, はお雪ちゃん, はかねて, はき, はことごとく, はことし, はこの世, はす, はすっかり, はそして, はそれ以後, はそんなに, はだが, はつぎ, はとり, はどうせ, はどれ, はひ, はひと目, はひどく, はまさに当然, はもし, はもともと, はよっぽど, はウソ, はツイ今しがた, はナゼ, はベートーヴェン, はボランティア, はヨーロッパ, は一日, は一時過ぎ, は一時間, は一緒, は一通, は七, は万吉, は万太郎, は三, は三時半, は下手人, は不運, は世, は九州, は事務長, は二十四, は二年前, は五つ, は五十嵐, は五年, は五時頃, は人々, は今戸, は今晩, は伜, は伸子たち, は何かと, は何物, は倅, は僥倖, は先日, は光栄, は八年, は六つ, は冗談, は別人, は前回, は助, は北, は十一時すぎ, は十一時過ぎ, は十五六, は十八歳, は十時過ぎ, は千浪, は午, は午後一時, は午後五時, は半年, は印度人, は同情, は君尾, は呉, は哀れ, は唯一目, は噂, は四つ, は四日目, は土, は大体, は大工, は大正三年, は大正六年, は天狗, は女の子, は姉娘, は子分, は孫, は宋, は宮廷, は家主, は将軍, は小学校, は小間使, は少女, は屋根, は岡田, は巨大, は巳刻, は巳刻半, は幕府, は平凡, は年上, は幾松, は広, は広い, は彼一人, は徳川時代, は必ず, は忠三, は思う, は思ひ, は怪しむ, は怪我, は悲しい, は愚か, は慥, は或いは, は手拭, は掛り人, は故意, は新聞, は新聞記者, は日ごろ, は旧, は明治三十年, は明治二十年, は明白, は昼間, は時計, は晝, は晩, は暁方, は机竜, は東北, は桔梗様, は桜, は梅本, は森, は殊に, は氏, は民弥, は汝, は池, は汽車, は注意, は清澄, は熱, は犬, は犯人, は玄女, は甥, は甲府, は真赤, は着, は着物, は知らない, は突然, は竹, は竹童, は紐, は総監, は胸, は自身, は至当, は至極, は船頭, は良人, は芥川, は薄暗く, は虎, は蛙, は蛾次郎, は表, は話, は誰か, は貴下, は身体, は軍部, は近く, は酒, は重々, は銀之助, は銀座, は銅兵衛, は銭形平次, は顔見知り, は駕籠, は驚くべき, は鼻, へ, むねを, もおそらくは, もお前さん, もかえって, もきみ, もこ, もこいつ, もしばらく, もつかのま, もどうやら, もはじめて, もまあ, もまことに, ももう, もゐる, もをかしい, も之, も人間, も兄, も古い, も嘘, も天, も天罰, も娘, も彼自身, も昔, も是, も最近, も気がつかず, も満更, も珍, も矢張り, も考え, も至極, も見た, も長い, やけど, やら少し, らしいと, らしかつ, をいつ, をうっかり, をかぶっ, をきつ, をごまかす, をじっと, をたいへん, をちら, をちらりと, をよろこぶ, をわざと, を一寸, を下, を両手, を今朝, を入れる, を再び, を初めて, を喜びました, を土地, を多少, を大層, を好い, を娘, を子供心, を宮, を小, を山, を師匠, を心から, を快く, を思いだす, を思っ, を恨んだ, を悔いる, を悟った, を惜, を感ずる, を感謝, を掛け, を有難く, を気の毒, を水, を沢山, を渡し, を男, を目, を知ってるだろう, を知らなけれ, を知れ, を自慢, を見かけました, を見眺める, を見計らっ, を視, を読む, を貰っ, を返し, を追, を集め, んですやろ, んを, 兄さん, 怒らないの, 惚れたの

4 [910件 抜粋] あむしられ, お母さん, かいくら, かいこの, かおそらく, かこいつ, かさすが, かさつ, かしいんと, かしらと思い, かその後, かそれから, かそれにしても, かといふ, かといふこと, かとふしぎ, かと人々, かと後悔, かと気がつく, かと瞻, かと考える, かと言う, かなにか, かの, かは分らない, かふい, かもしれませぬ, かやはり, から考える, かわからなくなった, かわかる, かわたくし, か中, か些, か他, か何となく, か先, か分らず, か姉, か小, か小僧, か帰る, か床, か忘れた, か昨夜, か毒酒, か理由, か病気, か皆, か確か, か老人, か船, か解らなかった, か解らぬ, か調べ, か途中, か馬鹿らしい, か黙っ, がい, がいくら, がいよいよ, がきょう, がございます, がせいぜい, がたった, がどうしても, がなんと, がはじめて, がほんとう, がもし, がよけい, がわる, が一回, が一本, が一緒, が七兵衛, が三つ, が両, が九月, が二時半, が五月, が仕合せ, が俺, が先月, が六時半, が別, が十九日, が十年, が基, が彼等, が後世, が恥ずかしかっ, が恥ずかしく, が我が, が手落ち, が新, が早, が春, が普通, が本当に, が本物, が此年, が気がかり, が沢山, が漸次, が無上, が珍, が目的, が神, が翌日, が見られた, が証拠, が足, が長い, が門, が雪, さア, しみは, じゃあある, じゃがなもし, じゃそう, すか, それは, だおまえ, だこんな, だすると, だそういう, だぞと, だつまり, だなん, だらうそして, だらうといふ, だらうよ, だろうもう, だ一体, だ己, てある, であったし, でありこれ, であり私, であるさ, であるゆえ, である故に, であろうかという, であろう二人, であろう自分, でございましょうな, でございますけど, でございますこの, でございませうか, でしたそれ, でしょうかしら, でしょうし, でしょうそう, でしょうに, ですえ, ですがな, ですのよ, です御, です所, です貴方, でなくては, でなく彼, で御座いますから, で御座いますね, とがまじり, とは反, とも一つ, と二つ, と云い, と人, と出鱈目, と同然, と娘, と正反対, と言, と言う, ならあの, ならもう少し, なら僕, なら話, なら誰, にはわけ, には実に, には弱った, には相違, には訳, には違い, にもまた, にも驚いた, に出, に気づきました, に由る, はあい, はあたしたち, はいったいどう, はいつのまに, はおなじ, はおり, はお昼, はかへ, はこうして, はこのごろぼく, はこんど, はさも, はすこぶる, はそち, はそれ以来, はだ, はだいたい, はとう, はとんだ, はなかっ, はなんとも, はふと, はまつたく, はめずらしい, はもしか, はもっぱら, はもの, はやさしい, はわたしたち, はキリスト教, はプラット, はマルクス, はムク, は一九一三年, は一彦, は一条, は一瞬, は一頭, は七年前, は丈, は三十五六, は不意, は丸善, は久しく, は久しぶり, は九時ごろ, は予, は二三年前, は二十二, は二十五, は二十年, は二十歳前後, は五六年前, は亦, は仔細, は伊那丸, は何刻頃, は作家, は使者, は入口, は八ツ, は八時頃, は六人, は六時頃, は兵部, は其日, は其頃, は写真, は制服, は前代未聞, は前記, は剣, は十, は十五日, は十時半, は午後六時, は印度, は取り, は只今, は右門, は吾輩, は味方, は唇, は嘉永六年, は四, は四十七八, は四日, は国, は城, は外国人, は夜中過ぎ, は大きい, は太陽, は奇怪, は奇観, は奥さん, は好かつた, は姫, は婆, は孔子, は宗助, は実, は小児, は小生, は已む, は幕末, は幽霊, は弘, は当日, は彼方, は後で, は後日, は必, は怪む, は恥, は情けない, は惜し, は慥か, は手紙, は折, は数年, は数年前, は斑, は明く, は明治三十六年, は明治二十五年, は明治十七年, は明治十三年, は明治四十年, は時々, は晩年, は暗い, は木, は本人, は根岸, は極めて当然, は正午頃, は武力, は武家, は死, は死人, は殊勝, は気持, は河原, は油断, は波, は洋服, は浮木, は火事, は灰, は無い, は牛, は狭い, は珍しく, は現に, は生, は生活, は申, は町人風, は盗賊, は省吾, は看護婦, は石, は祖母, は祭, は秋山, は科学, は筆, は米国, は紅葉, は純, は紫, は総髪, は耳, は背後, は自分ひとり, は良く, は薄, は藤, は蘭軒, は蛇, は裏木戸, は詩人, は諸, は賊, は越後屋, は近来, は逃げる, は途中, は道, は金五郎, は鉛, は長屋, は限り, は院長, は隠居, は雑司ヶ谷, は雲, は頬髯, は顏, は駒井能登守, は魔, は鳶, は黄昏時, は鼠, むねの, もいう, もかうした, もかれ, もございます, もじつに, もたしか, もひとつ, もほとんど, もむろん, も不審, も世, も二, も人, も何となく, も其, も可, も夏, も大方, も妹, も平次, も彼等, も忘れた, も月, も構わず, も母, も當然, も知らぬ, も空, も若い, も門, やと, やない, やらまるで, をいう, をこんど, をしかし, をそんな, をはい, をはつきり, をぼく, をみれ, をわざわざ, を一冊, を上, を中将, を久慈, を例, を先生, を却って, を叔母, を右門, を多勢, を女王, を寧ろ, を帝, を強いて, を怪, を恥, を悔, を想い出し, を意外, を懸け, を押入, を拾, を指, を提げ, を救, を村, を横, を注意, を父親, を特に, を理由, を盆, を確かめ, を素早く, を置い, を老人, を聞け, を背中, を若い, を見かける, を見つけました, を見付, を見定める, を見送り, を調べ, を買った, を踏ん, を軽く, を運ん, を霧, を首, んでしょう, 上に, 何だ, 岸へ, 方が, 美くし, 身に, 転んだの

3 [1845件 抜粋] あなたは, お父上, かあたり, かいそい, かいな, かおとなしく, かが不思議, かさつき, かしらと思われる, かじつに, かそれとも又, かつかつか, かでは, かといまさら, かとふと, かとも考え, かと声, かと尋ねました, かと思われます, かと此, かと考へ, かと訊いたら, かどの, かは不明, かまあ, かもしくは, かも知りません, から想像, かわかった, かを考え, かツカツカ, か一匹, か二度, か其辺, か分りませんでした, か別段, か土地, か外, か川, か思い出せない, か明瞭, か最初, か武蔵, か深い, か白い, か知る, か第, か耳, か能, か自然, か見えなかった, か詳, か車, か障子, があたし, がありません, がいつも, がうち, がお昼, がこ, がご, がその後, がちやう, がとても, がのち, がひ, がやう, がよい, がわかります, がドイツ, が一方, が七時半, が不可, が主として, が二十一, が五時, が今さら, が仲間, が余程, が僅か, が八時頃, が分りました, が十一時すぎ, が十時十分, が却, が古代, が同, が喧嘩, が因縁, が大いに, が好い, が導火線, が左, が平安朝, が店, が彼ら, が心外, が忘れ, が思い出される, が恥ずかしい, が所謂, が早く, が是, が月, が本人, が案, が此の世, が決して, が無い, が現実, が白い, が真相, が私達, が綺麗, が翌, が肉, が衣, が転々, が返, が遺憾, が面目, が飛ん, さあ謝罪, しからず, じゃある, じゃないです, じゃわい, たの, だあゝ, だかも, だけは覚え, だこと, ださうですが, だそれから, だったに, だったら私, だつたらあなた, だまた, だらうとも, だろうくらいに, だろうこの, だろう他, だろう大きな, だわね, だ人, だ勿論, だ早く, だ若し, であっただろうか, でありしかも, でありますと, であり殊に, であるそれから, である今, である第, であろうぞ, であろう一人, でございましょうそれ, でございますわね, でしたけど, でしょうわたし, ですかしら, ですここ, ですそう, ですどうか, です彼, でない證據, でなく, とあの, とが同時, とこれ, とちっとも, とはほとんど, とは同時, とよく, と両方, と全然, と宜, と意味, と父, と若い, どすえ, ならこんな, ならもう, なら何故, におどろい, にせよ, にはすっかり, には他, には無論, には面, にも係わらず, に基く, に対して私, に心付く, に気付いた, に連れ, はあたり前, はあなた方, はあわれ, はうそ, はおかしな, はおとうさん, はお客, はお父さん, はかれこれもう, はさては, はずつと後, はそも, はそれから又, はたくさん, はだれならぬ, はです, はな, はにせもの, はひょっと, はまるっきり, はもっけの幸い, はガスコン兵, はジャーナリズム, はツイ一, はパイ軍曹, はフリーダ, はマユミさん, はルミ子, は一ノ関, は一九二〇年, は一刻, は一式小一郎, は一番, は一體誰, は七時ごろ, は七歳, は三十年, は上海, は不注意, は与吉, は中世, は主人公, は九十郎, は乞食, は二三人, は二十三四, は二十四歳, は二日, は五分, は五日目, は五月五日, は亥刻半, は今回, は伊集院, は何しろ, は何れ, は供, は信者たち, は先代, は先頃, は八十吉, は兵馬, は再び, は凧, は初対面, は利三郎, は前夜, は勝頼, は北海道, は十三四, は十八年前, は十軒店, は升田, は午前六時, は午後三時頃, は半月, は去, は反, は古本屋, は吉原, は名前, は君江, は周囲, は啻に, は四十がらみ, は団十郎, は国家, は地獄, は夏目先生, は夜目, は大月玄蕃, は大河, は天佑, は夫婦, は女史, は妙齢, は子規居士, は宋江, は定太郎, は宵の口, は将軍家, は小柄, は小鳥, は山の手, は岸, は巡査, は帰っ, は幸せ, は幼い, は廊下, は当座, は後に, は徳川万太郎, は怖い, は思慮, は恐るべき, は惜, は愛, は成功, は所謂, は投げられた, は教授, は斎田惟成氏, は方便, は日没, は早足, は明治三十七年, は明治二十一年, は明治十八年, は春木座, は昭和十九年, は昭和十八年, は最, は木曾, は本当は, は李, は林, は柴田, は森啓之助, は正しい, は此年, は此辺, は氏郷, は河童, は洋装, は深川, は湖, は漱石, は焼, は爰, は王様, は甚太郎, は由来, は異例, は疑ひ, は百姓, は直ぐ, は真夜中過ぎ, は知らなかった, は祖父, は神戸, は稀, は竹山, は紋也, は終戦後, は繼母, は美奈子, は肉, は自由, は若い衆, は荻野八重梅, は蔵, は藍色, は蜘蛛, は街道, は西山, は角海老, は記憶, は警官, は豊後, は豹一, は足利時代, は軍閥, は辰刻半, は道中師, は酉刻, は野村, は金蔵, は鉛色, は錢形, は長崎左源太, は障子, は集五郎, は雲霧, は面白う, は鞍馬, は頬, は館, は駒形, は鮮, は黄昏, もあいつ, もあるだろう, もいま, もかまわず, もご, もそのまま, もたった, もない, もひとえに, もぼく, もやっと, もわる, も一方, も上海, も兼松, も単なる, も可笑しい, も名, も多少, も嬉しい, も少なく, も後, も悪意, も手前, も日, も最も, も本当に, も氣, も特別, も秀吉, も貴方, やら目, をいつか, をおぼえた, をかすか, をぐっと, をさ, をしほ, をぢ, をどうして, をにわかに, をもう一度, をクルクル, を一匹, を一枚, を並べ, を伯父, を何ん, を信じ, を偶然, を其儘, を切っ, を博士, を取り上げ, を合わせ, を因縁, を大変, を家康, を広げ, を当人, を後人, を思ひだす, を怪しん, を想い出した, を拝見, を持ち, を探し出し, を新, を有難い, を案じ, を正直, を江戸, を潮, を現に, を看, を眺める, を知らなかつた, を社, を私達, を細君, を船頭, を袖, を見て取った, を見届けた, を見逃さなかった, を覚ったらしく, を訝し, を誇る, を誰か, を近頃, を隠し, を隣, を驚く, 今日は, 前で, 妙な, 家は, 手の, 次郎ちゃん, 爺や, 私が, 能く

2 [4967件 抜粋] あたしに, お前, かあわて, かいまだ, かうち, かき, かさあ, かしらと思う, かそうそう, かだから, かといぶかしく, かとさすが, かとにわかに, かとギョッ, かと吃驚, かと思うであろう, かと恨めしく, かと気づく, かと見, かと院, かどんより, かなと考え, かはっと, かまことに, かも知れませんでございます, かを父, かカチカチッ, かホー, か上下, か二羽, か仰向け, か何枚, か全然, か判る, か取られた, か夜なか, か女学校, か寄っ, か山科, か当の, か怪しい, か戻っ, か數枚, か時間, か横, か氏, か煙, か疑問, か真岡, か知り, か籠, か聞かなかった, か若し, か見る見る, か財布, か野村君, か間もなく, か頻りに, があるだろう, がうかれ, がかかっ, がこつ, がさて, がだいぶ, がなかなか, がばかばかしい, がまとも, がゐた, がツルゲーネフ, がフト順風耳, が一代, が一組, が三十分, が上野, が中世念佛, が二三枚, が二度, が五年前, が佐吉, が先ず, が冷蔵庫, が利い, が十七日, が十月十七日午前九時半, が半ば, が口惜, が嘉永三年, が図らず, が大勢, が奥, が官兵衛, が尚, が廊下, が必ずしも, が悔, が憎い, が救われた, が明治二十三年, が晩年, が来る, が欲しい, が氷, が満足, が片方, が生涯, が瘤寺, が直に, が確, が祟った, が結構, が耻, が船, が葉, が見つからない, が話, が辛く, が酉刻半頃, が関の山, が騒動, ことは, さすると, さ匕首, じゃからナ, じゃったが, その人, だいまさら, だけはこの, だただ, だったろうが, だとおし, だまえから, だろうあれ, だろうさすが, だろうのう, だろう小さい, だろう脣, だ俺, だ尾頭, だ脱出, であったら彼, でありまするから, であり芸術, であるため, である幸, である自然, であろうなどと, であろう武蔵, でございますけれども, でございませうが, でしたけれど, でしょうあなた, でしょうでも, でしょう少し, ですその後, ですわい, です実は, です米友さん, でないよう, でもねえ, とあまり, とお通夜, とさすが, とでお, とで近所, とは大, と一しょ, と僕, と同一轍, と家, と新橋, と湯, と相, と聞く, と違った, どすやろ, ならあんな, ならなお, なら何時, なら杭, なら議論, にはいろんな, にはびつくり, には別に, には或, には驚ろ, にも気がつかない, に加え, に対して答えた, に答えた, はあさ子, はあるじ, はいわず, はおとつい, はおれ自身, はお母様, はかよう, はこれ位, はさびしい, はそば, はたれです, はてまえ, はどっち, はひよつ, はまずい, はむり, はよろこばしい, はアサヒグラフ, はオーギュスト・コント, はゴルドン, はジャヴェル, はタクシー, はツイ近頃, はパリ, はボーイ, はリュクサンブール, は一九〇二年, は一体どう, は一封, は一番年嵩, は一足, は丁稚, は七月一日, は三十九年, は三吉, は三時ごろ, は三間, は下谷, は与力, は中戸川吉二氏, は久助, は亀沢町, は二人連れ, は二十五日, は二百円, は五月一日, は亡くなる, は仁助, は代官松, は佐々, は何回, は侍従頭, は借着, は僧, は先刻お勝手, は光圀, は八日, は六七年前, は六蔵, は内海, は出雲, は別府, は加助, は勿体ない, は十二, は十分の一秒, は十歳位, は午後一時頃, は半紙一枚, は卯刻, は取, は可笑しかっ, は同君, は周助さ, は品子, は喜三郎, は四十四歳, は四時二十分, は国家意識, は地上, は塀, は夕がた, は夙に, は大名, は大方八時半頃, は天明八年, は太郎丸, は女中部屋, は如水, は子供達, は安, は宗祇, は宮, は寅刻半, は将門, は小林団長, は少い, は山口, は峠宗壽軒, は左側, は市郎右衛門, は平安京, は幽, は座頭, は弁財天, は役割, は御山同心, は心持, は思いき, は恨めしい, は意義, は戸, は手術, は指, は故人, は文化六年, は新聞記者時代, は日清戦争以後, は明くる日, は明治三十六年五代目尾上菊五郎, は明治十五年, は昭和, は時勢, は書籍製造会社, は月子, は木枯, は本気, は村井長庵, は松江, は栄三郎, は検事, は正成, は此影, は歳, は毎日, は汐, は没怪, は洋風, は淋しい, は湯の谷, は瀬戸, は無慙, は熱海, は物資, は猫, は理性, は用人, は甲軍, は畠, は癪, は百舌鳥, は目覚しい, は真に突如, は短兵急, は磁石, は神津家, は程遠から, は笑み, は粗相, は紫玉, は結局混雑, は緑雨, は美津子さん, は老臣ども, は能, は自然主義, は舞二郎, は若松屋, は茶屋, は菊路, は蔵海, は藤沢さん, は衝動, は西鶴, は親方, は読書, は讃, は賀奈女, は軒下, は近代技術, は過失, は遺言状, は野良犬, は鈴子夫人, は銅像, は長女, は関所, は陰暦, は集まった, は霜, は青黒い, は頼朝, は飯炊き, は駿河台, は鬼, は鳥, は黒人, へ佐吉, むぞよ, もいはれ, もお嬢さん, もしかし, もだめ, もなんとなく, もみんなお前, もわたし, もレイモンド嬢, も三千兩, も井, も全然, も其間, も同前, も多勢, も好, も容易, も尾州藩, も必然, も意識, も日印, も有り, も正に, も汝, も無意識, も画餅, も確か, も立憲政治, も艶, も解ります, も變, も長畑さん, やから, やらだれ, やら私, や沢山, よりも微妙, をあわて, をうまく, をお母さん, をきまり, をごまかし, をすでに, をそば, をだまっ, をひょっくり, をまだ少し, をやや, をわび, をバクハツ直後, を一郎, を不快, を主膳, を今に, を作る, を入れた, を切掛け, を即座, を口惜, を同僚, を嘆賞, を壁, を天祐, を姉, を宮様, を尾行, を庭, を御飯, を思わせる, を悦ぶ, を愉快, を我々, を拾つたの, を携え, を日本人, を村上, を横取り, を歩行, を海, を火, を現在, を画いた, を着け, を確め, を笑い, を縮緬, を聊か, を聴きました, を船員, を薄々, を見せられた, を見出す, を親方, を諸方, を貴公, を辰代, を遠慮, を長い, を頗る, を馬鹿, ん三匹や, 一生に, 今日, 剣の, 声で, 岩に, 手を, 木の, 母御を, 病氣な, 綾子さん, 草林の, 金吾さん

1 [33116件 抜粋] あ, あんなにも, おもかげ, かあり, かい親方, かきょろきょろ, かしらいえいえ, かしらシラフ, かそれぢ, かとあきれる, かとおっしゃったら, かとはいっ, かと一同, かと口惜しい, かと小説構成過程, かと怪しみ, かと氣遣, かと聞きましたら, かと談判, かなと思いました, かねかまい, かは全く, かほんとう, かも分らん, から思い付いた, かを知り, かジャングル, かブルブル, か一筆, か中尉, か仏頂寺, か保羅, か出たら, か半ば気, か喊, か大穴, か寄りつき, か帰つて, か徐々に, か慌て, か放送局, か曇り, か案外, か殺した, か海面, か独り言, か白刃, か知名, か純, か胃袋, か落した, か見当らなかった, か貼った, か過ぎし, か雨滴, か鬼火, があるんでし, がうるおい, がきょうあたり, がしおらしく, がそれ以後, がな, がひどく腹立たしかっ, がもうカラカラ, がアーチボルド・マックリーシュ氏, がザシキワラシ等, がハムエッグ, がルノルマン, が一所, が七十二萬九千六百餘棟, が三月中旬, が世界一, が九時ころ, が二尺, が交つて, が以上, が信教絶滅, が入った, が其家, が判ります, が十一時二十四分, が十枚, が友だち, が名工奥村政信, が四年間, が塩引鮭, が大木, が奈良伝授, が安達, が封建思想, が山田一郎右衛門, が平和, が当人, が応え, が情けない, が手前, が政府, が日和, が昨夜以来, が朝陽, が柔, が欧米プリマドンナ生活二十年, が殿様, が河田翁, が済美団, が燃えおちた, が用箪笥, が白眉, が真紅, が祭, が第一ホテル, が維新史, が脇句, が苦痛, が號令, が覗かれる, が貝十郎ゆえ, が輝く, が道具置場, が銀座髷, が障ったらしく, が食べられます, が鴈治郎, こりゃあまあ, さえ異国, さわざわざ, さ誰, じゃあ見当, じゃっ, じゃ打開, そのうち, だいいや, だけは異数, だた, だってあたい, だとうとう, だもしも, だらう別に, だろうかとさえ, だろうふと, だろう借りた金, だろう屍体, だろう白髪, だろう駒形堂, だ予往年南ケンシントン博物館, だ善藏, だ待ち伏せ, だ松岡, だ神田君, だ風邪, であったでしょう, でありしぜん講和, でありコチジロ, であり江戸初期, であるそれでも, である二時間, である庄吉, である瓦斯球, であろうがと, であろうやがて, であろう刃物, であろう心づかぬこと, であろう神経, であろぉか, でございますよねえ, でした或, でしょうなんだか, でしょう学校, でしょう義理, ですせがれ, ですワ, です尤も, です矢張最初, でないならという, でなくもはや, でなく誰, で無い出処, とこっち, とでやめた, とどうしても, とは大層, とを一つ, と久し振り, と六郎兵衛, と同格, と実証的, と戦争, と此邊, と着替え, と葉子, と酔, どこでは, などもさうである, ならそこで, なら一時間, なら多少, なら最もはっきり, なら遂げても, にかまわず, にはおどろいたであります, には一本気, には実は, には見, にも弊害, に出た, に対してヒューム, に対して瀧井氏, に対する反動, に着けえ, の煙, はいぐち, はうす暗く, はお前さん一人, はかりに, はこれ一, はじめてだ, はそもじ, はちかごろ, はどじょう, ははからざりき, はほんとに何より, はみんなおれ, はもうよほど, はゆう, はアイヌ語, はインド洋, はカフエー世界, はクリーム, はサーシャ, はジン, はタヌキ嬢, はトオサン, はハァハァ, はビレラ, はヘーン, はマラッカ, はモルモット, はロアルト・アムンセン, は一九一〇年, は一例, は一台パンク, は一條, は丁寧, は万事, は三千代, は三泣車, は下村さん, は両手, は丸めた, は九五〇年ダマスクス, は事務長クーパー, は二十年以前, は五両, は五百自己, は人形芝居, は今朝町木戸, は伊沢, は佐太郎一人, は作右衛門, は信念, は傲慢, は先年興津, は八官町, は六号画布大, は其晩八時頃, は凡人, は別所, は劉備ひとり, は勤め, は十一時前後, は十何本, は千二, は午前十一時前, は南北朝, は去秋, は古語, は同僚, は呉侯孫権, は商売柄, は四時十五分ごろ, は国訛り, は坊さん, は墓標, は多分後漢, は大化改新, は大東亞戰爭, は大観門前, は天文学, は奄美大島, は妙子さん, は学園, は宏大, は宮沢賢治, は寛政九年十八歳, は尊王方, は小父さん, は展覧会, は岡島, は工夫, は帆村探偵, は平野君, は庄吉, は引き移っ, は当時府内, は後の祭り, は徳川太平, は思いあわされぬ, は恰度大祭, は慶安四年七月二十二日, は戦陣, は折りたたんだ, は掃き清めた, は教法, は文学関係, は新田, は日本精神, は明治三十三四年比, は明治四十五年, は昨年三月, は晩春汁講, は最近スメルジャコフ, は木曾御岳, は朱塗り, は東山時代, は果し状, は根氣, は楠公, は櫛田, は正木一家, は武士以外, は毎日遊び, は水車番, は沈香, は泰親, は浴衣一枚, は済州, は漠然と, は無分別, は父様, は狩谷, は王政維新, は生駒, は町人ども, は痛惜, は百八年目, は盲腸, は真空, は知己, は磯屋五兵衛, は福神信仰, は稷下, は竹造, は精密, は紫縮緬, は網代, は美服, は老臣大久保彦左ヱ門忠教, は胡蝶屋豆八, は臺町, は芦峅, は英人, は菅原道真, は蒙, は藤原時代, は蜂須賀彦右衛門, は褐色, は見世番, は訳本, は講演者, は貧農, は起るべき, は辛うじて, は送つ, は過去二十年間, は郵船, は金ちゃん, は鉄心道人, は鐵槌, は関久米, は隠居さん, は露人, は頭足類, は餅, は高価, は魚勘, は鹿毛, は鼻紙, へ漢字, まで口惜しく, もいさ, もお化け屋敷, もせんじつめれ, もなつかしい, もみんな助手, もウラニウム, も一つ話, も丸太, も仕向けられる, も備前, も前漢以前, も台所, も売れっ子, も婦人, も少なくとも, も庶民, も恋人同志, も推太鼓, も暴, も此ラムネ, も泥棒, も狩尾君, も皆手隙, も祖母さん, も縛られない, も蒲団, も詩子, も過ち, も雪子ちゃん, やけに明るい, やらも解らない, やれ厚木街道, や屋根, や紫ぐんだのや, よりは今朝, らしく丈夫, をいやに, をかどだたず気がつかぬ, をこれしき, をずんずん, をとうから, をはずしません, をまつった, をも覚え, をオコウちやん, をパッ, を一振り, を上手, を二度目, を付け換えたら, を使, を其儘写真版, を劇評家, を又兵衛, を吉屋信子, を喜ぶらしく, を外国, を妙光女, を密告, を島田虎之助, を建て換え, を律義, を思いやり, を悔やまない, を慶長十六年角倉了以, を折り, を捕えさせた, を救い出した, を明治, を本能的, を次ぎ次ぎ, を気違, を湯, を猪, を百枚二百枚三百枚, を知らず知らず, を積んだ, を綺麗, を聞かれたでしょう, を芹沢先生, を衷心遺憾, を見付け出しました, を計らず思い出した, を豊雄, を辛, を郁治, を附合せ, を食べます, んお, サ森と, 一点張りです, 五郎さん, 何とうれしい, 列車と, 可愛らしいでしょう, 墓地の, 姉とやらを, 岩石の, 御奉公, 悲しみも, 敏ちゃん, 村を, 母の, 災難も, 男ならまじ, 石蕗の, 老松に, 草っ, 覚えてらつし, 近くを, 青二

▼ た~ (174725, 8.8%)

2083 それは 1225 私は 1129 それが 1058 これは 864 彼は 861 それも 703 それを 693 その時 658 急に 620 そのうち 565 今は 502 私の 439 彼の 428 これも 388 その中 371 今度は 353 すぐに 318 そのとき 295 自分の 284 彼女は 274 誰も 270 私が 246 どうした 245 やがて 237 さすがに 233 ために 229 この時 224 それに 218 これが 211 今日は 208 それから 207 あれは, 何か 198 僕は 181 今では 180 何の 179 そこには 174 それよりも, 何も 157 その日 156 此の 155 よい 153 それには, 彼女の 150 彼が, 或る 147 何を 146 しかしその 143 そんなこと, 女は 142 やがてその 140 それと 139 しかしそれ 138 この頃 136 心の, 次の 133 どこにも 131 いずれも, 後には 130 二人の, 併し 129 そこに 128 その頃 125 今の 124 そこは, そこへ, 自分は 119 これを 118 いい, その声 116 わたしは 114 例の 113 ここに 111 暫くする 109 あとで, その人 108 女の 106 こんどは, さう 105 他の, 後に, 私には 104 この人 102 為に 100 少しも 98 しばらくする 97 その眼, それにも, 父は 94 その顔, 相手は 92 そのため, なんの, よかろう 91 ここで, 不意に 90 つてゐる 89 二人は 88 やがてそれ, 何と 87 いまは 86 もうその, 男は 85 ともかくも, 何分にも 84 これで 81 私も 80 そのなか, 何う 79 暫くし 78 そこの, 不思議な, 最後に 77 このとき, 中には, 直ぐに 76 そうで, どれも, 家の 75 すると, ひに, 父の, 途中で 74 その間に, 人の, 何でも, 兎に, 相手が 72 その晩, 見ると 71 その代り, それでもまだ, 彼等は, 考えて, 近頃は 70 その男, 相手の 69 母の, 気が 68 二人とも, 先生は, 非常に 67 ふいに, やがてまた, 幸いに 65 そこから, 僕の 64 ある日, しかしこの 63 そのころ, 自分が 62 だれも, 今度の 61 あとは, しまいには, そのあと, その言葉, 母は 60 その夜, 主人の, 今から, 実際は, 返事が 59 それらの, ふと気 58 かれは, しばらくし, それより, 今日の, 娘の 57 その手, 何うし, 夜に, 妙に, 日が 56 どこへ, 今夜は, 彼女が, 顔を 54 いつもの, すぐまた, なぜか, 黙って 53 そのほか, その後は, その結果, わたくしは, 気の 52 しかし私, 娘は, 流石に, 男の 51 きょうは, この男, なにを, ほかの, わたしの, 今も 50 こ, 今年は, 心は 49 いつまで, その瞬間, やがて又, よく見る, 帰って, 彼には, 見れば, 頭の 48 ここでは, その前, それらしい, 仕方が, 右の 47 やがて何, 今に, 子供の, 平次の, 彼も 46 しかし彼, そのこと, 今日では, 何にも, 平次は, 日本の, 眼を 45 いつまでも, この日, た, 出て, 当時の 44 その上, その家, それさえ, 不思議に, 中, 主人は, 俄に, 僕が, 先生の 43 これには, さてその, 一人の, 夜の, 念の, 昔の, 結局は

42 [12件] ある時, おれは, お島, ここの, この方, これでは, その話, ちょうどその, なにも, 別に, 夫人は, 当時は

41 そこにも, そんなもの, どうする, どこか, またすぐ, 私を

40 ここは, そのま, 事実は, 他に, 信長は, 兎も, 最後の, 気を, 自分も, 途端に

39 その実, その方, なか, 今と, 前の

38 それからは, 多くは, 容易に, 手を, 確かに, 老人は

37 あの時, しかしこれ, その他の, その年, どういうもの, どうしても

36 たうとう, だん, やがての, 之は, 今でも, 夜が, 後から, 成程, 相変らず, 肝腎の

35 [13件] かれら, そのあいだ, その内, それで, やつと, 俺は, 前に, 女が, 左の, 彼らは, 手に, 私に, 静かに

34 [13件] かの女, ここへ, こんなこと, すぐその, その時分, そんな事, ふとその, 何かの, 夜は, 大抵は, 思い切って, 眼は, 突然

33 [17件] あとの, あの人, そこまで, そのお, その後で, その後の, それだけ, それらは, よいと, 人が, 今まで, 俄かに, 博士は, 眼の, 自分で, 葉子は, 部屋の

32 このこと, これに, すぐ, その途中, やがて彼, 声が, 根が, 父が

31 [16件] かれの, これらの, そうし, そこを, その女, その辺, ひて, ぼくは, やがて私, 一度も, 下の, 不幸に, 二人が, 何が, 続いて, 胸の

30 [17件] さうし, なにぶんにも, ほかに, もとは, 一人は, 三人の, 中に, 人間の, 今朝は, 何に, 何思った, 家に, 彼を, 来て, 次郎は, 母が, 追

29 [25件] いて, ここでも, この辺, さいご, そうかと, その姿, その折, その音, つた, どこも, なんでも, やがてお, ややあっ, 何んの, 妙な, 妻の, 幸に, 彼らの, 後の, 東京の, 気がついて, 結果は, 見て, 言葉が, 顔は

28 [13件] あれが, それから先, そんな時, わたしが, 中は, 今夜の, 彼等の, 惜しいこと, 是は, 最初の, 村の, 武蔵は, 眼が

27 [15件] あとに, あなたの, ここにも, この, 兄の, 半七, 君は, 声は, 声を, 子供は, 家へ, 意外にも, 朝に, 私と, 船の

26 [24件] あなたは, あまりの, この場合, その途端, それでもその, それでも彼, とう, どちらも, ほんとうに, やがて眼, ハッと, 不思議にも, 元より, 去年の, 口を, 山の, 年を, 朝の, 現在の, 目が, 翌る, 而も, 話が, 風が

25 [22件] いいと, いずれに, こうなる, これからは, その当時, ただ一つ, どうかする, 一つの, 一方の, 中にも, 以前は, 口に, 店の, 斯う, 次には, 渠は, 秀吉は, 私達は, 聞いて, 雨の, 雨は, 馬は

24 [20件] お前の, このごろは, そこでも, その, その様子, それの, もうそれ, ゆき子は, 中から, 人に, 何事も, 余は, 俺の, 実を, 普通の, 考へて, 話の, 近所の, 風は, 首を

23 [34件] あとから, ここには, このよう, この二人, さて何, そこが, そのたび, その一つ, その目, それとは, だしぬけに, どこの, もう遅かっ, やがて自分, よく考え, 何れも, 何処にも, 先に, 其れ, 外に, 妻は, 実際に, 實は, 彼に, 最初は, 月の, 水は, 江戸の, 窓の, 第一, 肝心の, 途中から, 雪の, 頭を

22 [29件] この女, これまた, これまで, しかもその, しまひ, そこで, その一人, その光, ふと, まだその, やがて決心, やはりその, わしは, 丁度その, 不図, 中の, 夕方に, 幸ひ, 庸三は, 持って, 時間が, 眼に, 秀吉の, 私たちは, 竜之, 義雄は, 自分でも, 身を, 間もなくその

21 [35件] あるとき, こいつは, そうする, その下, その際, それから後, それでもやはり, それとても, だめだった, ついには, つてゐた, どこに, ふと見る, ほんとうは, やがて思い切った, やがて気, やっとの, 事件の, 人を, 僕には, 僕も, 兄は, 叔父は, 可い, 夏の, 夫人の, 幸子は, 急いで, 或日, 法水は, 父親の, 犬は, 空は, 立派な, 駄目だった

20 [41件] あれから, いまでは, お前は, お杉, こうなっ, ここも, この事, この家, しかしそんな, そこでは, その先, その拍子, それつ, それでもこの, つづいて, どこかに, また, ものの, やがて静か, やがて顔, 主人が, 今その, 代助, 君の, 夫は, 姉の, 客は, 少年は, 手が, 敵の, 本当の, 武蔵の, 母親は, 気に, 腹の, 腹の中では, 誰にも, 誰の, 足が, 足を, 返事は

19 [45件] ああいう, あれも, あわてて, いつでも, いつに, お君, ここまで, さすがの, しかし彼女, すぐには, そういうこと, そうなる, そのままに, その場, その次, それだけの, ただその, どういうわけ, もう遅い, 一時は, 今度のは, 以前の, 何よりも, 何時まで, 其の頃, 外から, 多くの, 女中の, 寒さ, 年は, 庭の, 弟の, 心が, 我々は, 昨夜の, 此は, 残念な, 氏は, 自分には, 自分を, 誰が, 誰れ, 近頃では, 返事を, 頭が

18 [49件] あのとき, いいぞ, いろいろの, この上, この子, そうでない, そこも, その後に, その朝, ちやうど, ちよつと, ちらと, ふいと, ふと何, もう一つ, わしの, 一方では, 三人とも, 上の, 伸子は, 何んと, 傍に, 其處には, 初めは, 夫れ, 女房の, 孔明は, 家は, 家康は, 思いきって, 思い直して, 早くも, 明日は, 是れ, 死んで, 殆ん, 残念ながら, 水の, 池の, 父親は, 玄徳は, 町の, 目の, 目を, 直ぐまた, 私たちの, 近ごろは, 酒の, 顔が

17 [62件] あの男, お定, お絹, お通, こちらは, こっちは, このたび, この際, そのよう, その後も, その甲斐, その間も, それすら, それでも, それでも私, ためであった, ためである, とうとうその, どうもその, どう考え, なんといっ, ふと眼, やがて口, やがて急, よいぞ, わたくしが, ヒョイと, 一人も, 世間の, 中途で, 今また, 今度も, 今見る, 体が, 何うも, 先生が, 其処には, 其時は, 夜中に, 夫の, 女に, 実際の, 宿の, 富岡は, 左に, 思えば, 日の, 昔は, 本人は, 東京へ, 次郎の, 目に, 翌朝に, 自分に, 色の, 誰か, 足は, 金の, 金を, 頓て, 頭は, 風の

16 [63件] あれを, いづれも, お雪, さあらぬ, さっきの, しかし, するうち, そうは, その度, その翌日, そればかり, それまで, だんだんに, ふしぎな, やがてしずか, やがて一人, やがて手, 一と, 一人で, 一種の, 之を, 事の, 人々は, 人は, 人間は, 今日も, 僕を, 先刻の, 前にも, 同時にまた, 周囲の, 外の, 外は, 妹の, 実はその, 宮は, 強ひ, 後は, 心では, 思うよう, 昨年の, 栄二は, 橋の, 母親の, 海の, 涙は, 無駄だった, 甲斐は, 相手に, 石の, 私としては, 私達が, 終には, 翌日に, 行って, 話は, 起きて, 返事も, 酒は, 酒を, 銀子は, 雪が, 顔の

15 [68件] おかげで, おれの, お前が, きゅうに, これから先, こんどの, さてそれ, しかし今, しかし自分, して, そう云う, その娘, その意味, その手紙, その足, それだけは, それでも時々, それと共に, それなら, ためであろう, つてまた, どういふ, どこを, みんなの, もう一人, もう何, やがて低い, やがて大きな, やがて思い出した, やはりそれ, 一つは, 一緒に, 一言も, 下女の, 事に, 今回は, 今年の, 何んだ, 八五郎の, 医者は, 午後に, 右門は, 吾, 咄嗟に, 大部分, 大阪の, 妙子は, 妹は, 子供が, 少くとも, 平次と, 幸いにも, 当人は, 彼れ, 昼の, 時すでに, 父も, 父親が, 私たちが, 約束の, 細君は, 耳を, 能く, 自分では, 話を, 読んで, 近年は, 間もなくそれ

14 [76件] あの娘, あの頃, ある夜, いくらか, いざと, うつかり, ええ, お今, この話, これこそ, これという, これらは, しかしそう, しかしもう, しかし何, しかもそれ, そうでも, その外, その態度, その時私, その理由, その調子, その部屋, それとともに, それ以上に, それ以上の, だんだんと, ちょうどこの, ちょうどそこ, つひに, どうもそれ, なにかの, ふと気がつい, ふと顔, もうこの, もつと, よいか, 一方に, 之も, 二つの, 二階の, 先方は, 入口の, 其は, 午後は, 口の, 夫が, 奥の, 姉は, 実の, 意外に, 扉は, 敵は, 是も, 暗くて, 最初に, 最後, 案に, 正直の, 此頃は, 氣が, 無事に, 無理に, 物を, 田舎の, 男が, 秋の, 老人の, 葉子が, 言葉を, 豹一は, 遂には, 道は, 金が, 隣の, 顔には

13 [86件] あいつは, あたりは, あの女, いいよ, いまの, いろいろな, お庄, お米, お粂, お綱, お豊, お銀, きょうの, このまま, この年, この言葉, これとても, さうで, しかしお, しかしそこ, しかし右門, そいつが, そいつは, そのかわり, その一方, その子, その次に, それこそ, それでもなお, それでも何, それについて, そんなら, そんな風, たった一つ, ついにその, つて, どうも気, どう云う, どこで, ひそかに, ふと自分, またその, みんなが, みんなは, やはり同じ, やはり私, 一つには, 両手を, 之に, 亭主の, 今更どうする, 今朝に, 仕事が, 何処に, 何時か, 其の時, 其処に, 別に何, 名は, 困ったこと, 声の, 宜い, 実際には, 客が, 思い出したよう, 折から, 折角の, 斯んな, 昨日の, 時々は, 曹操は, 最近は, 朝から, 正造は, 水を, 江戸へ, 然う, 犬の, 立って, 第二, 胸が, 途中の, 遂にその, 門を, 非常な, 驚いたこと

12 [117件] あたりの, あなたが, あれに, あれほど, いいだろう, いいでしょう, いきなり, いつの, いよ, お吉, お菊, お蔭で, お蝶, かうして, けっきょく, こちらの, こっちの, この二つ, この夜, これと, こんな時, しかし僕, しかし結局, じきに, すつかり, すべての, そこらに, その二人, その傍, その刹那, その力, その白い, その笑い, その翌年, その通り, その間にも, それじゃ, それでもお, それによって, それ以上は, ただそれ, でもその, どうしてもその, どうも私, どこでも, のちに, ひの, ふたりは, ほんとうの, ぼくの, また一方, また急, まだ何, もうこれ, やがてこれ, やがて帰っ, ように, よからう, わたくしの, 一つも, 三人が, 三田は, 下手人は, 不幸にも, 不思議と, 今日に, 今晩は, 何とも, 偶, 兄が, 力が, 博士の, 同じよう, 向うの, 声も, 外へ, 夫婦の, 奇妙な, 学校の, 室の, 家が, 少女は, 少年の, 弦之, 彼女も, 徒らに, 思うに, 思ひ直した樣子, 惜しい事, 意外な, 我々の, 扉の, 日は, 明らかに, 時が, 時と, 暫らくする, 木の, 松の, 案の, 正直な, 此方は, 歩いて, 汽車の, 涙が, 王は, 矢代は, 私だけは, 私達の, 結局, 親の, 身に, 身の, 道の, 雨が, 電車の, 霧が

11 [127件] あくる朝, あたりが, いつかその, こういうこと, こんども, さすがは, さてどこ, さて自分, しかしさすが, しかしどこ, じぶん, そこからは, その内容, その口, その彼, その最後, その窓, その金, それからという, それでも自分, それほどの, それまでは, それよりは, ただの, たれも, だまって, ついでに, つてその, つまりは, とっさに, とにかくその, どうしてもそれ, どうにも, どこから, どこが, どの部屋, なんとし, のちには, はじめは, ふと思いつい, もうまにあいません, もと, やがては, やはり駄目, わたしも, フトした, 下に, 事件は, 二度目に, 京都の, 人々の, 仲, 何人も, 何処か, 何処へ, 傍の, 元来が, 先方では, 其中に, 内には, 内心は, 分らなかった, 初めの, 別にこれ, 口は, 同じこと, 同時に, 君が, 四人の, 固より, 土地の, 場所が, 変に, 夕方から, 夢の, 女房は, 娘が, 婆さんは, 子供を, 客の, 家を, 小六, 幕府の, 庸三も, 弟は, 彼女には, 御主人, 心に, 思ひ直して, 戦争が, 手には, 手は, 折よく, 明治の, 時の, 曲者の, 曲者は, 最後まで, 最後もう, 机の, 果して, 母親が, 気の毒な, 然しそれ, 父に, 猫の, 生きて, 病人は, 病気の, 皆な, 目は, 空には, 突然に, 第二版以下, 耳の, 自分たちの, 自分ながら, 落着い, 裏の, 言葉の, 言葉は, 近所に, 長い間, 門の, 静かな, 餘り, 駄目であった

10 [174件] あの晩, いずれは, お八重, お父さんが, お葉, お角, かりそめ, かれが, ぐずぐずし, こちらへ, ことしの, この事件, この娘, この島, この手紙, この時代, この歌, これだけの, これほど, さっきから, しかしあの, しかしまだ, しかし非常, すぐそれ, すぐ眼, そういう時, そうじゃ, そうやっ, そのか, そのくせ, そのとたん, その帰り, その度毎, その時代, その父, その第, その返事, その都度, その頬, その額, そばに, それだけで, それとて, それにしてもこの, それに対して, たいていは, ちょいと, つぎの, でもそれ, とつぜん, どうしよう, どうです, どうもこの, どうもこれ, どうも思う, どうやらそれ, どこからも, ない, ふつと, ふと思いついた, ふと気がついた, ふと私, へて, またし, またそれ, また自分, まだお, もうお, もうおそい, もうどこ, もう間に合わなかった, やうやく, やがてこの, やがて目, やがて頭, やはり何, ようだった, より以上, わずかに, ニールスは, 一方には, 三人は, 上に, 中へ, 中途から, 久慈は, 之が, 事情を, 人々が, 今宵は, 今日まで, 今朝の, 他ならぬ, 以上の, 何かに, 何んで, 僅かに, 元の, 元は, 入って, 別の, 右門の, 君も, 唇の, 夜も, 子の, 官兵衛は, 寝て, 左右の, 年の, 影も, 彼と, 彼女に, 後者は, 思い返して, 息子の, 悲しいこと, 意味は, 我慢し, 手の, 支那の, 放二, 敵が, 旅の, 早や, 昨夜は, 晩年は, 暑さ, 最近に, 本人の, 東京に, 正直に, 此処に, 此度は, 此頃では, 段々と, 水が, 源氏が, 源氏の, 火は, 物の, 現在では, 現在は, 生憎と, 番頭の, 當時の, 相變ら, 秀子は, 私にとっては, 突然その, 細君の, 翁は, 翌年の, 老婆は, 腰を, 自分と, 自分にも, 船が, 良人の, 若者は, 葉子の, 表の, 表面は, 話して, 足の, 近づいて, 返辞が, 遂, 運の, 酔って, 銀子も, 青年は, 額に, 馬の

9 [191件] あとでは, あの辺, い, いくらも, いけません, いや, おかみさん, おしまいに, おばあさんは, おめ, お春, お母さんは, お目, こちらが, この様子, この節, この老人, これにも, こんなふう, さうなる, さてこの, しかしここ, しかし心, すぐと, すぐ戻っ, ぜひなく, そうも, そのまた, その事, その人たち, その以前, その噂, その大, その子供, その席, その底, その本, その点, その為, その私, その美しい, その表情, その顔色, それかと, それでも彼女, それまでの, それらが, それらも, それ以外には, つかつかと, つて居る, どうだ, どうもうまく, どうもそうで, どうも仕方, どこへも, なかなかの, なんという, なんにも, ふしぎに, ふたりの, ふとまた, ふと彼, ふと思い出した, ほかには, まさかこんな, またこの, またも, また同時に, また腰, もしその, やがて女, やがて思い切っ, やがて足, よろしかろう, わからなかった, ガラッ八, グッと, フイと, 一座の, 一行の, 丁度この, 二度目には, 今までの, 今夜も, 今度こそ, 今朝見る, 今迄, 他人の, 体の, 何んにも, 何度も, 其のうち, 内容は, 内心では, 分らない, 去定, 反対に, 叔父の, 口が, 口には, 只今では, 咄嗟の, 場所は, 多少の, 大したこと, 大事な, 大変な, 孔明の, 学校を, 小林君は, 少しの, 巧い, 師匠は, 帰りには, 彼女を, 彼自身は, 後にな, 急を, 怪物の, 我々が, 手紙を, 折あしく, 新吉は, 日本では, 日本に, 昔から, 春の, 是が, 時代の, 時既に, 最初から, 月は, 朝早く, 機を, 母と, 母も, 氏の, 氣の, 汽車が, 涙を, 源氏は, 無言の, 無駄であった, 然し彼, 然し私, 煙草の, 爲めに, 現代の, 現実に, 町内の, 疲れて, 病人の, 直き, 直吉は, 矢張り, 確かな, 竹の, 笑って, 笹村は, 綺麗な, 翌日は, 聞けば, 肩を, 胸は, 腹が, 自然の, 船長は, 芥川は, 花は, 若い娘, 葉之, 蛇の, 血の, 見当が, 覚えて, 身体が, 近頃の, 途中まで, 遂に彼, 遅かった, 道が, 酒が, 金は, 間が, 間もなく, 障子の, 順平は, 食事の, 髪を, 鼻の

8 [284件] あいにくと, あたりを, あのお, あの方, ある年, いいか, いいです, いいね, いいや, いって, いろ, いろいろと, おせい, おれが, お光, お前さんは, お勢, お浜, お父さんは, お父様, お秀, かくの, かすかに, きょうも, くるりと, ここから, こちらに, こっちも, ことによる, このお, このころ, このごろでは, この前, この度, この部屋, この青年, こは, こよい, これぞと, これだけは, これでも, こればかりは, これほどの, これ等の, さていよいよ, さてこれから, さりげなく, しかし彼ら, しばらくは, すぐその後, すぐ又, すぐ気, すべてが, そういうもの, そうでなく, そのあたり, そのせい, その代わり, その以上, その原因, その多く, その次ぎ, その死, その聲, その船, その連中, その間は, その雨, それにしてもあの, ただ一人, たちまちその, ぢき, つたり, とうと, とうとう我慢, とにかくに, とにかく私, どうかし, どうしてもこの, どうでしょう, どう云, なおその, はじめの, はっきりと, ひとりの, ふとこの, ふとそれ, ふと目, また何, まだ, まだそれ, もう彼, もとよりそれ, やがてふい, やがて出, やがて力, やがて大きく, やがて彼女, やがて心, やがて溜息, やがて膝, やがて部屋, やがて首, やって, やっぱりだめ, やはり昔, やめて, ゆうべの, わしが, われに, われわれは, ジャン, 一年ばかり, 一度は, 一日の, 一昨日の, 一本の, 一般の, 一面には, 三郎は, 上野の, 主婦は, 事件が, 二三の, 二三日前から, 二人には, 二度とも, 二度目の, 二月の, 云うまでも, 五人の, 人影は, 人間が, 今この, 今やその, 今度ばかりは, 今考え, 仕事に, 仕事の, 仕舞に, 伊織は, 伯父は, 体は, 何は, 何んとも, 何時でも, 余の, 俊夫君は, 俺が, 俺も, 傍で, 兄さんは, 先の, 先方の, 其が, 其処の, 内部の, 初めから, 努めて, 勇気を, 半分は, 却, 古くは, 台所の, 右手に, 同時に彼, 咽喉が, 唇を, 唐突に, 困つたこと, 地震の, 城の, 場合が, 変な, 夜半に, 大勢の, 天井の, 女と, 女を, 女中が, 女房が, 如くに, 如何し, 妹が, 姿が, 姿は, 姿を, 宗助の, 実はこの, 実は私, 宮の, 家には, 家中の, 家康の, 対手が, 小一郎は, 小僧は, 少しは, 山に, 川の, 巡査は, 己の, 底に, 座敷へ, 強いて, 彼にも, 彼等が, 思い直した様子, 怪物は, 慌てて, 或時, 戦争の, 扉が, 手も, 折も, 敢て, 斯うし, 新十郎, 新子は, 早いか, 明くる, 時間は, 書いて, 最後には, 最近の, 本来は, 次郎が, 此も, 此れ, 死骸の, 残りの, 気分が, 法然は, 海は, 火の, 無智, 煙草を, 爺さんは, 病気に, 病気は, 皆が, 皆は, 相当の, 相手を, 眼には, 着物の, 知って, 私にと, 程経, 空を, 素人の, 素直に, 細君が, 背が, 舌が, 良人は, 若い女, 若い時, 若い者, 行けども, 要領を, 見たところ, 親分の, 誰もが, 身体は, 軈て, 車が, 車の, 近くに, 迚も, 逆に, 途中に, 部屋が, 都の, 鍵が, 隣りの, 雪は, 雪子は, 青年の, 顔色は, 風に, 駄目だつた, 駄目である, 驚いて

7 [352件] あたしは, あたりに, あとが, あとを, あなたも, あまりにも, あんなもの, いいぜ, いいの, いくら待っ, いまでも, いやもう, うまくない, え, おれも, お内儀, お園, お松は, お浦, お神, お艶, お茶を, お袖, お雪ちゃんは, お駒, かえってそれ, からだの, くわしいこと, こいつが, こういう, ここが, この中, この夏, この室, この小説, この計画, この通り, この間に, これだけ, これとて, こんなもの, こんな場合, さつきから, さてどう, しかしいつ, しかしすぐ, しかしふと, しかし二人, しかし今日, しかし決して, しかし相手, しかたが, しずかに, しばらくたつ, しばらくの, すぐ真顔, そういわれ, そうすれ, そうだ, そうまで, そこい, そこまでは, そのすぐ, そのたんび, そのとき彼, その一刹那, その他は, その兄, その写真, その報告, その夢, その大き, その帰途, その後どう, その後また, その後間もなく, その微笑, その心, その数, その時彼, その最初, その機会, その気持, その癖, その穴, その翌, その老人, その途, その鳥, それから急, それすらも, それぢや, それでもすぐ, それでもとうとう, それでも女, それという, それについては, それへ, それらを, それ等の, ただこの, ためだ, だめであった, どこまでも, どんなこと, なお念, なかなか立派, なかには, なるほど, なるほどこれ, なんに, ひ, びっくりした, ふしぎにも, ほんとは, ぼくが, まさかと, またふと, まだ一度, まだ私, まだ誰, まったくその, まったくの, もうおそかっ, もうそこ, もうそんな, もう今, もう仕方, もう影, もう手, もう私, もう自分, もう駄目, もとの, やがて前, やがて声, やがて奥, やがて引っ返し, やがて戻っ, やがて言った, やがて調子, やっとそれ, やっぱり駄目, やはりこの, りっぱな, オレの, クリストフは, セエラは, ハツと, バックは, パッと, メグは, ルミ子は, 一刻も, 一般に, 三年前に, 不幸な, 中で, 中を, 主人も, 主人を, 乃公は, 久しぶりで, 事が, 事は, 二三日する, 亭主は, 人気の, 今が, 今とな, 今やそれ, 今日から, 今日のは, 仔細あっ, 仕方なく, 会って, 何という, 何とかし, 何處にも, 余りの, 使いの, 例によって, 信長の, 俺に, 僕と, 僕に, 八五郎は, 其の中, 其処は, 冬の, 処が, 利家は, 前から, 前夜の, 医者が, 医者に, 医者の, 十九の, 十分に, 半刻, 只今は, 同僚の, 同時にその, 同時に又, 同時に自分, 向うは, 唯一つ, 壁の, 多勢に, 夜更け, 大きな声, 大抵の, 夫でも, 夫人が, 失敗し, 失敗した, 奥さんは, 女中は, 如何に, 妻が, 妻に, 姫君は, 婦人は, 子供たちは, 子供に, 島の, 帰りに, 幸にも, 幼少の, 床の, 店が, 店は, 店を, 座敷の, 庭に, 廊下に, 廊下を, 往来の, 後が, 後ろの, 心には, 必死に, 思いの, 思ひがけ, 成る程, 我慢が, 戸を, 手紙は, 扨て, 折悪しく, 拙者は, 持つて, 数日の, 敵に, 明日の, 明智は, 昨夜も, 昨日は, 昼間の, 時を, 時刻が, 時刻は, 時間の, 普通は, 最後その, 最後どんな, 来ず, 林の, 案外な, 森の, 様子が, 横に, 止めた, 死の, 毎日の, 気味の, 気持は, 注意し, 火を, 為である, 熊城は, 爲に, 王の, 王子は, 生来の, 男も, 皆の, 着物は, 矢っ, 矢つ, 祖母は, 祖父は, 私にも, 突然私, 窓から, 童子は, 米友は, 終りに, 結局それは, 綱は, 義雄の, 翌日も, 老先生, 職人の, 肚の, 胸に, 胸を, 脚が, 腰から, 腰の, 腹を, 自分から, 自然と, 自然に, 芝居が, 花が, 若くて, 藤吉郎は, 藩の, 西の, 見る間, 親方の, 親父は, 計らずも, 訪ねて, 証拠が, 誰あっ, 誰かが, 誰だ, 諸将, 貴方の, 身分の, 辰男は, 迂濶, 近頃にな, 返辞は, 遠くの, 遠慮し, 適当な, 部屋は, 部屋へ, 部屋を, 銀子の, 開けて, 間に合わなかった, 間もなく戻っ, 闇の, 隙を, 雨に, 面を, 頼朝の, 黙つて

6 [501件 抜粋] あきらめて, あの, あの通り, ある晩, ある朝, あれだけ, あれで, あんなの, いいじゃ, いかが, いきなりその, いっしょに, いつと, いつもは, いつもより, いまこの, いまに, いまも, いま見る, いやに, いやはや, うしろから, うまく行かなかった, おけい, おせき, おそらくその, おとうさんは, おとら, おみや, おりから, お互いに, お前も, お国, お富, お小夜, お徳, お敏, お染, お道, お鳥, かねて, かわいそうに, かんじんの, こいつも, こうし, こちらから, この人たち, この作品, この先生, この問題, この土地, この寺, この春, この本, この村, この老, この船, この連中, これさえ, これによって, これより, こんなところ, こんな事, こんな風, さきに, さてこれ, さればと, しかしやはり, しかし不思議, しかし家, しかし直ぐ, しかし考え, すぐ顔, すでにその, すべては, する中, そういう人, そうしたこと, そうと, そう言われ, そこで彼, そしてその, そちの, そつと, そなた, そのことば, そのとき私, そのへん, そのままの, そのまま黙っ, そのようす, その前後, その友人, その名, その唇, その夕方, その婦人, その実は, その室, その實, その店, その後には, その御, その昔, その望み, その死骸, その母, その気配, その犬, その目的, その笑い声, その節, その精神, その者, その間には, その間の, その間を, その面, その頭, その馬, それからそれ, それからも, それさへ, それっきり帰っ, それでもさすが, それでもどうにか, それでもなかなか, それでもやっぱり, それでも二人, それでも心, それでも未だ, それでも猶, それでも素直, それでも酒, それとこれ, それまでに, そんなところ, たちまち, たった一人, ため, ための, ついこの, ついその, つきの, つぎに, つてこの, つてそれは, つては, でもやっぱり, とうとうこんな, とうとうそれ, とうとう決心, となりの, とりわけて, どうもお, どうも自分, どこかで, どこかへ, どこまで, どの人も, どれが, なかなかうまく, なかに, なし, なにしろ相手, なに思った, はっきりした, はつと, ひっそりと, ひは, ひょっとする, ふ, ふたりとも, ふとそこ, ふと思い出し, べつにあやしい, ぼんやりと, まさかそれ, また例, もうこうなったら, もうどうする, もう十年, もう大丈夫, もう間にあわなかった, もしこの, もしそれ, もはやその, やがてあの, やがてこんな, やがてそこ, やがて年, やがて悲し, やがて我, やがて机, やがて気がつい, やがて法水, やがて涙, やっと, やっぱりその, やはり, やや暫くし, ゆっくりと, よく見, わたくしには, わたしには, クリストフの, テーブルの, ポンと, 一つだけ, 一人として, 一同の, 一家の, 一瞬の, 一言の, 一面に, 万吉は, 三つの, 三十分ほど, 三年まえ, 上にも, 下宿の, 不意と, 世の中は, 乞食の, 予は, 予定の, 事實は, 二た, 二番目の, 二階で, 二階へ, 五月の, 亭主が, 人から, 人も, 人目が, 今こうして, 今こそ, 今ぢ, 今までに, 今年も, 今思う, 今日こそ, 今日ほど, 今朝から, 仕事は, 他は, 以前には, 体に, 何かしら, 何ぞ知らん, 何事か, 何処でも, 何処も, 何故か私, 何時の, 何處へ, 余りにも, 信一郎は, 偶然にも, 傷は, 僧は, 先生に, 兎にも, 全くその, 八五郎に, 其の家, 其も, 其内に, 其後は, 其處は, 其間に, 内儀の, 再びその, 出発の, 刀を, 別に気, 別に誰, 前と, 前後の, 効が, 勝負は, 勿論この, 千枝子は, 千種は, 午後から, 半七ら, 博士に, 又すぐ, 又それ, 叔母は, 叔父も, 口へ, 同時にこの, 唇が, 唇は, 問題が, 問題は, 喉が, 地の, 地方の, 城中の, 多の, 多勢の, 夢に, 夢中で, 大事を, 大体の, 大切な, 天皇の, 太陽の, 奥さんが, 奥さんの, 奥様の, 女も, 好い, 好きな, 妙子が, 孫兵衛は, 孰れ, 宗助は, 実はそれ, 実はもう, 宮が, 寺の, 将軍家は, 小判は, 屋敷の, 岩の, 崖の, 工場の, 左う, 帆村は, 帰ると, 帰るとき, 帰る時, 帽子を, 平八は, 平常の, 平常は, 平次に, 平生の, 年が, 年も, 幸か, 張飛は, 彼らも, 彼自身の, 待てしばし, 待てよ, 後ち, 後で聞く, 後者の, 徒労であった, 得意の, 御米, 怎した, 怖ろ, 思ったより, 思わず, 息を, 悪いか, 悪い事, 惜しいかな, 戻って, 所詮は, 手紙の, 提灯の, 放って, 新らしい, 日を, 昨今は, 昼は, 昼間は, 最後この, 最後二度と, 最近では, 月が, 有名な, 朝は, 末の, 本所の, 本當, 机に, 東京で, 松太郎の, 果してその, 果して彼, 案外に, 権之, 次ぎの, 此処は, 此処へ, 此処まで, 此處に, 母に, 母や, 決してそれ, 深夜の, 漸と, 無い, 無言で, 然しその, 熱心に, 父母は, 物に, 独りで, 猿の, 玄関の, 画家は, 相当な, 相当に, 眉を, 真面目な, 眼も, 確に, 祖母の, 私どもの, 秋に, 空の, 突如と, 突然の, 窓には, 笑ひ, 筆を, 答えが, 答えは, 紅葉は, 素知らぬ顔, 綾子は, 美作の, 翁の, 翌日から, 老僧, 考へ, 耳に, 肩の, 背の, 腕は, 自分等の, 自由に, 舟の, 船は, 芥川の, 花の, 若旦那の, 葉子も, 藤吉は, 虫の, 要次郎, 見えない, 見えなかった, 見つからなかった, 見当らない, 親方は, 親父が, 言って, 誰に, 誰一人として, 課長の, 調べて, 警察の, 車は, 近いうち, 近年に, 逢って, 連れて, 連れの, 遂にそれ, 運よく, 遠くから, 遺憾ながら, 部下の, 酒屋の, 金も, 門は, 間もなく彼, 間もなく私, 関羽は, 陽が, 陽子は, 階段の, 雪之, 雲は, 震災の, 霧の, 静に, 頬を, 顏を, 顔に, 風も, 食堂の, 飯を, 首は, 馬が, 駄目, 駄目だ, 駿介は, 髪は, 鳥は

5 [761件 抜粋] あいつも, あいにくに, あくる日, あとにも, あなたに, あのよう, あの人たち, あの日, あべこべに, あるいはその, ある人, あんたは, あんなこと, いいで, いうまでも, いかに言っ, いくばくも, いつとは, いつも私, いま眼の, いやこれ, いやどうも, いよいよそれ, うちの, おしの, おたま, おどろいたこと, お互, お兄様, お増, お孃さん, お客の, お才, お松の, お滝, お玉さんの, お町, お竹, お若い, お蘭, かうな, かくまで, きみの, くしに, こうまで, こうやっ, こちらには, このあたり, このごろに, このほう, このほか, この二三日, この兄, この国, この声, この山, この後, この朝, この機会, この町, この研究, この美しい, この間の, これからが, これに対する, こんなの, こんな物, さつきの, さて誰, しかしこういう, しかしその間, しかしとにかく, しかしどう, しかしどうも, しかしまだまだ, しかし何となく, しまいに, じっと見, すぐ何, すぐ元, すぐ笑顔, すぐ近く, そいつを, そういう中, そうかも, そう云え, そこで私, そこまでの, そのうち不意, そのおかげ, そのついで, そのとき急, そのはずみ, そのまままた, そのわけ, その両手, その事件, その仕事, その以外, その体, その侍, その努力, その効, その古い, その右, その妻, その客, その少し, その席上, その後だんだん, その性質, その時わたし, その母親, その池, その物音, その石, その胸, その蔭, その視線, その鋭い, その隙, その顏, その驚き, その魂, それから半年, それから暫く, それだけでも, それでもあの, それでもこれ, それでもどうやら, それでも今, それでも顔, それにしても, それに対する, そんなとき, たいていの, ただこれ, たちまちに, たつた一人, ためでは, だんだんその, つて彼の, できなかった, とうとう私, とてもその, とにかくそれ, どういう訳, どうしていい, どうしてこの, どうぞお, どうなった, どうもはつきり, どうも巧, どちらかと, どっちも, どの家, どの隅, なお女, なお彼, なかなか出, なにしろこの, なんと思った, にわかにその, はいって, はたしてその, ひよい, ふだんから, ふだんは, ふと彼女, ふッ, ほかは, ほんた, またお, またたく間に, また戻っ, また直ぐ, まだ若い, まるつ, むすめ, もういい, もうひとり, もう一方, もう夜, もう追いつかない, もう間, もしかしたら, もし私, もちろんそんな, もとよりその, やう, やがていった, やがてきっぱりと, やがてどこ, やがてみんな, やがてニヤリと, やがて両手, やがて二人, やがて俄, やがて大, やがて母, やがて火, やっと気, やっぱり, やっぱり自分, やつとの, やはり返事, やめた, よいでしょう, ようやくそれ, ようやくの, よほどの, よろしいでしょう, れいの, わたしたちは, われわれの, クルリと, ジッと, ドアを, ニヤニヤと, フッと, 一つとして, 一人が, 一向その, 一年の, 一方は, 一時に, 一軒の, 一郎は, 三度とも, 三輪の, 上品な, 不安は, 不意の, 世界の, 世間は, 両手で, 両方の, 中身は, 中頃から, 主家の, 久し振りに, 二三年前に, 二人で, 二人を, 二月に, 人生の, 人通りの, 今じゃ, 今にな, 今より, 今後は, 今日でも, 今突然, 今自分, 以前に, 仲間の, 伸子の, 体を, 何だか気, 何となくその, 何者かが, 例に, 供の, 俺には, 元康は, 兄さんが, 先方も, 兎は, 全身の, 兵隊の, 其の後, 其処で, 其頃は, 切符を, 初めての, 別にそれ, 別に怪しい, 割合に, 効果は, 医師の, 十七の, 南の, 厭に, 又その, 又も, 取って, 取り出したの, 吃驚し, 同じやう, 名前を, 向こうの, 君江は, 味方の, 嘘を, 四月に, 土蔵の, 均平も, 塔の, 多鶴子は, 夜おそく, 夜更に, 大した事, 大体に, 大体は, 大體, 天の, 天下の, 天気は, 太子は, 夫人も, 奥へ, 女には, 好かろう, 妙子の, 娘を, 婆さんが, 子供達は, 学校へ, 宜かろう, 実はこれ, 実はそう, 実際その, 家で, 小僧の, 小太郎は, 少しでも, 少女の, 尾張の, 差出人は, 幕府は, 平次が, 平馬は, 年上の, 幾度も, 床に, 店に, 度胸を, 廊下の, 当人の, 役目の, 彼らが, 後を, 御存じの, 御承知, 微かに, 心を, 心臓を, 志を, 忽ち, 忽ち又, 思ひ切つて, 思切って, 恭一の, 息が, 悪いと, 意を, 意識が, 感心な, 或時法然, 戦後の, 指を, 振り向いて, 支倉は, 支配人の, 数年前に, 文字は, 文学の, 新たに, 新聞の, 既にその, 日吉は, 日本人が, 日本人の, 旦那が, 明石の, 是で, 智恵子は, 更にその, 朝鮮の, 杖を, 果してそれ, 格子戸を, 案外にも, 棚の, 検事は, 樽野は, 次第にその, 正月の, 正面に, 此処で, 此處で, 歴史の, 水車の, 江戸に, 決してそんな, 汽車は, 波の, 洋服の, 涙の, 清吉は, 火鉢の, 無口な, 父から, 片手で, 牛は, 特別の, 犯人は, 玄関で, 現実の, 現実は, 生まれて, 甥は, 用が, 田舎に, 留守の, 病後の, 病気が, 痛みは, 癪に, 目的は, 看護婦の, 着物を, 瞳は, 秀之進は, 私から, 私とは, 私共は, 空気は, 突然妙, 第二回, 答は, 簾越しにも, 紳士は, 終いには, 結局何の, 結果が, 絶対に, 縁の, 老婦人, 考えれば, 聴いて, 腑に, 腰が, 自信が, 自動車は, 舞台は, 色白で, 若い時分, 英語の, 茂次は, 落ちついて, 藤吉郎の, 蚊は, 蛇は, 血を, 表へ, 見当らなかった, 親分が, 親爺の, 言葉も, 試みに, 読み終ると, 読者は, 警官が, 警部は, 賊の, 賊は, 車夫は, 近ごろでは, 返辞も, 進んで, 運悪く, 運転手は, 違って, 遽かに, 都合の, 酒場の, 重なる, 重吉は, 長平は, 間の, 間もなく二人, 阿Qは, 階段を, 隼人は, 雀の, 雲が, 電話の, 青木は, 面と, 頼朝は, 顏は, 顔色が, 食事を, 馴れて, 駄目で, 駕籠が, 高氏は, 魚は, 鳥の

4 [1327件 抜粋] ああ云う, あきらめたよう, あちらへ, あの中, ある事情, あれなら, あんまり急い, いきなりそこ, いずくんぞ知らん, いったいどういう, いつの間にかその, いつも彼, いまそれを, うまく行かず, おかあさんは, おしまいには, おそかった, おどろいたものの, おまえは, おやめ, お上の, お作, お前と, お屋敷, お照, お福, お見え, お關, かう云, かつての, からだを, かれも, きれいな, ここを, ことしは, このうえ, この人物, この婦人, この方面, この書, この母, この私, この者, これじゃ, これまでは, こんなとき, さうかと言つて, さっきからの, さつ, さてどうにも, さて何と, さて此, さりとてその, しかしこれら, しかしその他, しかし一方, しかし其の, しかし大, しかし誰, しだいにその, じつの, すぐ出, すぐ自分, すこしは, そういうわけ, そうなっ, そう云っ, そこで急, そして私, そのうち一人, そのお蔭, そのひょう, そのまま彼, その不安, その人物, その以来, その光景, その医者, その場合, その小, その度ごと, その形, その息子, その文句, その新, その時女中, その時間, その枝, その歌, その気色, その瞳, その肉体, その背後, その花, その説, その運び, その風, その黒い, それからといふ, それから何, それから私, それでもよく, それでも大, それでも父, それでも誰, それにしてもどうして, それによ, それ以後は, そんなの, そんな人, たしかにそれ, たと, たま, だめでした, だんだん近く, ちょうど今, ついに, つても, つて私は, とうとう, ところどころに, とにかくそういう, ともかくこの, どうか, どうしたろう, どうじゃ, どうだい, どうにかし, どう考へ, どちらの, どれを, なおこの, なおまだ, なかなかその, なるほどこの, なんとも, はやくも, ひとりは, ひらりと, ふとここ, ふと向う, ふと氣, ふりむいて, ほかにも, ほんの一瞬間, まさかあの, まさか今, またそう, また元, また失敗, まだそこ, まだ女, まだ彼, まだ自分, まもなく気, まわりの, みんなその, むやみに, もうどうしよう, もう取返し, もう此処, もう間にあわない, もしこれ, もとより人, やがてそろそろと, やがてひ, やがてわれ, やがてポン, やがて下, やがて二階, やがて今度, やがて壁, やがて子供, やがて廊下, やがて意, やがて扉, やがて眉, やがて起きあがる, やがて階段, やたらに, やっぱりこの, やはりお, やはり心, ややしばらくの, ゆるゆると, よくは, よく調べ, よろしい, わからないもの, わたしたちの, わたしを, オレは, ジャックは, セエラが, ツイと, ハタと, パーヴェル・パーヴロヴィチは, ホテルの, ルミちゃんは, 一人だけ, 一体何, 一口に, 一時間ほど, 一藩の, 一面の, 七歳の, 丈夫な, 三吉は, 上って, 不二夫君は, 不安と, 世が, 両者は, 両親は, 中江は, 久しぶりに, 九月に, 事実を, 二三日し, 二十年の, 井戸の, 交番の, 人々に, 今しも, 今なお, 今夜に, 今度という, 今思え, 今更どうにも, 仕合せと, 他人に, 伊沢の, 似て, 佐助は, 何しろ自分, 何となく不安, 何と言つて, 何んな, 何時の間にやら, 作者の, 俊亮の, 信吉は, 信玄は, 健康が, 元来私, 先が, 先刻から, 先生から, 先生には, 光秀は, 入口は, 兵馬の, 其他の, 其日は, 内に, 内実は, 内蔵助の, 冴子は, 切支丹の, 初めに, 別れて, 到頭その, 動も, 勿論それ, 医師は, 十三の, 千葉の, 半三郎, 南無三, 厭な, 又一方, 及ばなかった, 友人が, 双方の, 叔母が, 叔父さんは, 右に, 各, 名に, 名題の, 吾輩が, 周囲が, 命は, 唯一の, 單に, 四十面相は, 四辺は, 土地が, 土間の, 坂の, 城太郎の, 増さんは, 夕飯を, 外はいちめんの, 外記は, 多吉は, 大したもの, 大事の, 大変に, 太平は, 太陽は, 奇怪な, 女子の, 奴等は, 姫は, 子供心にも, 孫権は, 宜しいでしょう, 実はまだ, 室には, 家人は, 家出した, 家族の, 察する, 實際は, 尊氏は, 小声で, 小林少年は, 少し都合, 屋根を, 山は, 山崎は, 岸がんは, 己れ, 師匠が, 帰りの, 帽子は, 平生は, 幹は, 幽かな, 床を, 底を, 廓の, 張訓は, 役人は, 彼自身も, 後では, 従来の, 御本人, 御覧に, 復た, 心と, 必死の, 忽ち身, 思いかえしたよう, 思いのほかに, 思い切ったよう, 思へば, 急には, 恋に, 患者の, 惡い, 愛ちやんの, 或ひ, 戸が, 戸口の, 手で, 折柄の, 指の, 支那では, 政府は, 数年の, 斯うい, 新助, 日乗は, 日頃から, 明かに, 時には, 時計が, 晩年の, 曲者が, 最後じゃ, 朝廷では, 木戸は, 杳として, 果さなかった, 柔和な, 栄子の, 森閑として, 様に, 止したよ, 此度の, 此方へ, 此等は, 武蔵が, 死骸は, 殿の, 母には, 気の毒にも, 気分の, 水に, 永遠に, 法水の, 泣きながら, 流石の, 海岸の, 清岡は, 湯の, 溜息を, 為めに, 無論その, 然ら, 照子は, 片方の, 狐の, 狸は, 玉鬘は, 現今の, 生れて, 生憎の, 町へ, 病勢は, 病気と, 白, 皮肉な, 直ぐ, 直ぐ又, 相手も, 真偽の, 真暗な, 矢ツ張り, 知っての, 神の, 秀吉も, 私より, 秋は, 稍とも, 種々な, 突然立ち止っ, 窓を, 笑いも, 笠を, 笹野新三郎は, 箱の, 素子の, 終いに, 結局その, 給仕は, 縁側の, 美和子は, 義貞は, 翌朝は, 老人も, 考えると, 肝腎な, 脈は, 腰元の, 膝を, 自動車が, 舞台に, 舟が, 色は, 若しや, 若旦那も, 英国の, 荷物の, 菊池君は, 蒲団を, 藪が, 血が, 裁判官は, 西洋の, 見る, 見当らないので, 親一人子一人, 言うこと, 読者の, 誰しも, 講義の, 財布の, 貴様は, 趙雲は, 路は, 身體が, 近代の, 近頃ある, 逃げること, 連日の, 道庵の, 酔つ, 金に, 銀子には, 錢形平次の, 鏡の, 間に, 関ヶ原の, 阿母さん, 障子を, 震災で, 青い顔, 青木の, 面倒だ, 音羽の, 頭髪が, 額の, 駒井は, 驚いたの, 鶴さんは, 黄忠は, 黒田の

3 [2610件 抜粋] ああし, あけて, あのひと, あの騒ぎ, あまり面白く, ある所, あれでも, いうこと, いきなり私, いつかな, いつもとは, いやな, うっかりそんな, おかあさんが, おせい様, おっか, おまえも, お二人, お光さん, お勝, お夏, お帰り, お手紙, お梅, お清, お筆, お茶が, お酒, かうなると, かねての, きッ, けさは, こういう場合, ここからは, こっちへ, このま, この人達, この半年, この大, この戦争, この機, この花, これからの, これぢや, こんな処, さいわいに, さても, さらに, さッ, しかしかれ, しかしまあ, しかしわたくし, しかし何故, しかし子, しかし後, しかし私たち, しかるに右門, しょせんは, すぐ大きな, すぐ見えなくなった, ずばりと, そういう場合, そうばかり, そのあくる日, そのお父さん, そのたびごと, そののち, そのまま何, そのまま腰, その下手人, その他に, その作品, その前年, その原稿, その同僚, その奥, その島, その序, その後ち, その後何かの, その恰好, その方向, その時二人, その書物, その期間, その灯, その甥, その空想, その紙片, その色, その言う, その身許, その隣, その顔ぶれ, それからお, それから眼, それでさ, それでもう, それでもそうした, それでもなお彼, それでも三人, それでも勘次, それでも少し, それでも相当, それならそれ, それほどに, そんな中, そんな頭, ただひとり, たぶん悲鳴, だれにも, だんだん時日, つ, つぎには, つまらないので, てる女, とうとうしまいには, とうとう思い切っ, とたんに彼, とにかく東京, どうかその, どうしてもお, どうしても彼, どうして今日, どうもそうらしく, どうも調子, どちらにも, どの辺, なかなかお, なな, なまじそんな, なんとかし, はじめから, ひどくこの, ぴたりと, ふとそんな, ふと思いかえし, ふと振り向く, ふふん, ほとんどその, ぼくと, まさかその, まずこの, またひ, また帰っ, また眼, まだいい, まだ今, まだ庭, まったくそれ, まわりは, めんどうだ, もうずっと前, もう帰っ, もう気, もう足, もちろんその, もの静かに, やがてさ, やがてふところ, やがてキッと, やがてパッと, やがて丁寧, やがて低く, やがて博士, やがて尾, やがて思いきった, やがて熊城, やがて突然に, やがて老人, やがて重々しく, やっと口, やっぱり人, やはり人, やはり彼女, ややあ, よいの, よくよく見れ, よして, われわれを, エミイは, キャラコさんは, ゴーリキイが, ダルメイダは, トンと, ニールスの, フト気が, マダムは, ルイザが, 一二の, 一体その, 一夜の, 一年足らずで, 一日に, 一本も, 一行も, 七年の, 三十分も, 三度目に, 三月に, 上を, 上等の, 下男の, 丑之助は, 両人とも, 中学に, 丸木の, 主君の, 之れ, 乞食は, 事務長は, 二年程, 二階は, 五分ほど, 京に, 人民の, 今それが, 今やっと, 今夜から, 今日お前の, 今朝起き, 今頃は, 他には, 代りに, 伊之助は, 伝六の, 何から, 何しろ私, 何です, 何にかの, 何処まで, 何時迄, 余り長く, 侍が, 信長が, 健三は, 傘を, 元気よく, 兄貴が, 先頭に, 八の, 公園の, 其, 其の男, 其夜は, 具体的な, 内は, 円朝の, 冷い, 出掛に, 初秋の, 別に眼, 到頭我慢, 前を, 剣は, 勇の, 勝家の, 勿論彼, 十五夜の, 十日と, 千人の, 千鶴子と, 半蔵は, 印度人は, 又ハッ, 友人の, 受話器を, 口惜しさ, 可哀想に, 各々の, 同時にあの, 向方の, 呂布は, 周平は, 和歌は, 商用で, 噂は, 四囲の, 四辺が, 困ること, 地面は, 城を, 夕ぐれと, 多計代, 夢は, 大助は, 大尉は, 大町の, 太郎稲荷入谷金杉あたりの, 奥には, 女史は, 好い塩梅, 妙子も, 姉と, 娘も, 嬉しさ, 子供でも, 孝助は, 安心した, 宜いか太郎, 実は彼, 実際私, 宰相中将は, 容貌の, 富岡が, 寺に, 小さい時, 小屋の, 小生は, 少くも, 尼は, 岩に, 巡査に, 左衛門は, 希望の, 常の, 平生から, 年よりは, 幾も, 庄次郎は, 庭は, 弁信の, 強て, 当惑した, 形が, 彼のみは, 彼等も, 後になつ, 御案内, 徳利は, 忠相は, 怖, 思い做しか, 思ひかへ, 性の, 恨みを, 悟空は, 悲しそう, 想像し, 憂鬱な, 我れ, 戦の, 戻つて, 手前が, 折りよく, 挨拶も, 損を, 故あっ, 教室の, 文字春は, 新宿の, 日光の, 日本は, 旦那に, 明の, 春は, 是を, 時計の, 普通には, 暗黒の, 更に, 曾て, 最後彼の, 月に, 朝からの, 木下が, 本人が, 本物の, 村には, 東京では, 林さんは, 根本は, 案内し, 棒は, 樹明君は, 次で, 次郎を, 止めて, 此, 此方も, 此頃にな, 死を, 死者の, 母親と, 氏郷は, 気温が, 江戸で, 決心の, 河野の, 泰軒は, 浅井の, 海賊の, 深雪は, 滝本は, 火が, 炉の, 然しお, 煙管の, 熱は, 父上が, 物語の, 犬も, 率直に, 生徒たちは, 生絹は, 甲斐が, 留吉は, 病で, 白井は, 皆, 盛綱は, 直ぐにまた, 真に人間, 眼と, 矢は, 短命で, 磯五は, 神尾主膳は, 秀吉が, 私などには, 私自身が, 種吉は, 突然それ, 竈の, 竹見は, 第二版, 米や, 納まらないの, 細面の, 結局どう, 続けて, 綺麗で, 緑色の, 繃帯で, 美沢は, 翌年に, 老母は, 聞くところ, 肌の, 背中の, 脚を, 膝の, 自分等は, 舞台で, 良人が, 艶の, 芸の, 若い人たち, 茫然と, 草履を, 萩野は, 蒼い顔, 虎之助の, 蝋燭を, 裏が, 要するに彼, 見たかと, 見事に, 見當, 親爺が, 言葉には, 許嫁の, 説明を, 誰一人この, 諭吉は, 財産を, 買って, 足場は, 路地の, 身体に, 近づくと, 遂になん, 遊びに, 道化師の, 遠方から, 部落の, 醫者の, 野呂は, 針目博士の, 銀の, 鐘巻自, 長男の, 間に合わず, 間もなく平次, 陰謀の, 雑誌に, 雪子が, 電燈の, 露に, 音が, 音声だけは, 頓と, 頸の, 風と, 飯も, 首領の, 駄夫の, 驚きの, 魂は, 麻布に

2 [8678件 抜粋] あ, あすこを, あと二人の, あの折, あひるさんに, あまり馬鹿, ある夏, あんまりだ, いいん, いきなりそれ, いくらやっ, いったいあの, いつもその, いぶかしいの, いや今度, うちは, おかく, おじいさんの, おどろいたよう, おもえば, お三輪, お前にまで, お嬢さんと, お染風, お生命, お薬, かえって, かの狛犬, きかずに, くると, こうしてあなた, こちらで, このお客さん, このパリ, この主張, この十日, この実験, この愛嬌者, この松王さま, この秋, この重大, こめかみを, これよりも, こんな仕掛け, さいしょの, さてどういう, さながら木像, さり気ない, しかしどうやら, しかし一個, しかし依然として, しかし広小路, しかし特殊, しかし豹一, しだいに人, じっと前, すぐまたおとなしく, すぐ後, すこし熱, すると右門, そういうなか, そうなれ, そこでわが家, そのあ, そのお金, そのとき二人, そのまえ, そのまま目, その一年半, その五本, その傘, その刹那同氏, その叫び, その夕刻, その実験, その差, その後ろ, その思い, その批評, その時以來, その暇, その死んだ, その灰色, その用向き, その社, その結び目, その芸術上, その見事, その跫音, その酒, その静けさ, それから両手, それぞと, それでいて妙, それでもまだまだ, それでも余, それでも嬉し, それでも机, それでも病気, それでも足, それにしてもせめて, それらしい住み, そんなようす, そんな物音, たしかにこの, ただ慄, たび重なる, だめです, ちゃんと五時, ついて, つい遅く, つて自分の, でももう, とうとう泣かず, とてもかないません, とまる所, どうか世間, どうしても思ひ出せなかつた, どうせお, どうもいけない, どうも安宅さん, どうやら二年, どっこい, どんな味, なかなかそれ, なぜこんな, なるほどここ, なんとかいう, にわかに足, はっとわれ, ひとりでから, ふっと表情, ふと久慈, ふと心づい, ふと考えついた, へして, ほんのそう, まけては, まず一本, まただんだん, また引き返し, また頭, まだ季節, まだ湯, まだ門, まもなく戸口, みんな御, もうこんな, もう事, もう少しで, もう死んだ, もしもこれ, もとが, やがてあ, やがてさっき, やがてわざと軽い, やがてペン, やがて五日市, やがて動かなくなった, やがて四ツ, やがて娘, やがて彼ら, やがて日数, やがて気の毒, やがて猛然とお蔦, やがて細い, やがて葉子, やがて運転手, やがて飯, やっぱりなに, やはりどこ, やはり普通, やや有っ, ようご, よく受けた, よろこんで, わざと顔, アガッシイの, ウムと, ガマ六の, グレゴール, ショオマレェ司令官は, セレナ夫人は, トオサンは, ネクタイは, ビイルを, フト思い付いた, ボーイが, ミハイルアウエリヤヌヰチは, ラジオの, 一〇が, 一人自分の, 一向に返事, 一寸飜, 一度鏡を, 一時の, 一目見, 一身の, 丁ど, 万三郎の, 三十年の, 三年前の, 三毛の, 上手な, 不可能であった, 不縁に, 世間が, 中宮は, 丸太を, 之と, 予想以上に, 事態が, 二十五歳の, 二度と来る, 二本目三本目に, 五六幅の, 井荻看護婦は, 京都には, 人物の, 今し, 今云った, 今日, 今更引返す, 今迄は, 代匠記, 任を, 会社は, 佐渡の, 何だか人, 何んという, 何分病人, 何日も, 余り可愛, 來る, 信州へ, 倒れて, 傷口と, 兄からの, 先刻見る, 光秀の, 全く調子, 八月は, 兵助は, 其の晩, 其後, 其聲が, 内容の, 冗談でも, 出がけ, 刑務所でない, 別にどこ, 別れた時, 刺青と, 剛情な, 加藤高明の, 勘次の, 北人は, 十七八の, 十四五人の, 千恵造は, 半年前, 単なる直訳, 参木の, 又思い直した, 叔母に, 古寺の, 叱るよう, 吉三郎を, 同室の, 名人は, 君に, 周圍の, 品が, 問題に, 四五日前の, 困ったあげく, 土を, 地獄の, 執念の, 増屋の, 夕方帰っ, 多寡が, 大きくなっ, 大体もう, 大家の, 大沢は, 天候も, 太后が, 奇態な, 女三の, 女達は, 如何だろう, 姉妹の, 婆あ, 子供や, 学校から, 安達の, 宜かん, 実はわたくし, 宮中の, 家来たちには, 富岡からは, 寮の, 小さな声, 小林君には, 小言ほど, 少しばかり, 少女を, 屈んで, 山の手は, 岩は, 巡警, 己は, 師範学校に, 帰途の, 平地は, 年金など, 幹太郎が, 床下にも, 庭には, 弓の, 弾丸が, 当然な, 彼処は, 往来から, 後にその, 御人柄, 御隠居さま, 心持は, 忙しいので, 忽ちポン, 怜悧な, 思ひ切つた, 怪しい者, 恐らくその, 恭一は, 悲しい顔付き, 意味が, 感情の, 我輩は, 戸山少年が, 手先が, 手足の, 折に, 按摩の, 擦れちがう拍子, 故であった, 数名の, 文字の, 断崖の, 新聞は, 旅行の, 日曜には, 早めに, 明暦義党の, 春雨の, 昼間見る, 時勢の, 晴々しい, 暫く無心, 書きかけの, 最後どこまでも, 最後遠い, 朝にな, 木之, 本当でしょう, 本願寺の, 村役人は, 松が, 林平は, 柳ヶ瀬では, 案ずるほどの, 森を, 極めて愚劣, 橋を, 次男の, 止めに, 正直者で, 此時, 武家と, 死にも, 残された私, 母なる, 民弥の, 永井君の, 決心が, 治療が, 泰さんは, 浜子も, 淋しくて, 清子が, 湯崎へ, 滋幹が, 澄姫は, 灰皿が, 無益であった, 然し二人, 焼け跡に, 燒け, 爾も, 物置から, 狂言の, 猫背の, 玄知は, 現代に, 甚五郎は, 生憎主人, 田舎から, 男振りに, 異常な, 病室の, 白い肉, 皆で, 目からは, 直と, 眞の, 眠りは, 矢張りお, 知人が, 硝子戸の, 神経が, 私たちには, 秋が, 空に, 突然母親, 立花家橘之, 笑顔に, 答えるすべ, 精神的に, 純然たる, 終にそれ, 結局ものに, 絵には, 総督は, 罪の, 群馬の, 翌朝此事を, 老翁は, 聲が, 胆の, 腰に, 自分のは, 自身が, 船員の, 芭蕉の, 若い芸者, 苦痛の, 草木が, 落下傘を, 薄目を, 虚無僧は, 蟻の, 衣嚢の, 袋を, 襖子の, 見つからなかったの, 見舞いに, 親切に, 訝しそう, 詳細は, 誰ひとりとして, 謙信は, 豹は, 貴方も, 走りつづけて, 足跡も, 身持が, 軍が, 近いところ, 近頃油, 逃げるよう, 遂いに, 遅いので, 道太は, 遣瀬, 都合よく, 重三郎の, 金兵衛は, 鉈鎌鉞などの, 鑑査員の, 長者の, 間もなくつま, 間もなく故郷, 間違って, 阿宝, 陽は, 隣に, 雨戸の, 露西亜の, 靴を, 頬は, 願わく, 飜って, 養子とは, 馬琴に, 駕籠は, 高等学校に, 鮎は, 鶴子は, 黒い洋服

1 [74578件 抜粋] МОСПС, あくまでも手段, あなたのは, あの夜, あの著者, あまり丈夫, あらためて主人, ある日文晁, あんな奥, いい卵, いかに訊ね, いくら叫ん, いたずらそうな, いつかも, いつのまにか心, いつも大谷君, いますぐ, いやと, いろいろ考えた, うまくいった, おかあさんだけは, おたがい, おゆるしあれ, お台所, お次に, お調べ, かえ玉, かねて同居, きかない気象, くだくだしくって, けれんも, こうして大海, こっそり土間, このとき室, この乱軍, この反対, この家政婦, この新た, この水, この結果, この醜い, これ, こわがると, こんな筈ぢ, さいわいすぐうしろ, さっと脱い, さて前, さながら外国, さりとて思いとどまる, しかしする, しかしわれ, しかし其他, しかし家政婦, しかし果して, しかし結局最初, しかし風, しだいに僕, しんに, すくなくとも初期, すぐ太陽, すぐ芝居, すっとすれ違おう, すみにおいて, せつな, そういう腕白, そうなったら, そこで実際, そのあいだ一度, そのうち猫, そのすっぽん, そのな, そのまま圭さん, そのイトコ, その上手, その代りキリシタン武士高山右近, その八月, その后, その大兵, その岬, その後一度の, その後私らの, その批評家たち, その時分汽車, その朝今, その永井, その男たち, その稽古場, その肖像画, その裾廻り, その逃れない, その関係上, その骸骨男, それから例, それぎり受話器の, それっ切り, それでもうまく, それでもパタパタ, それでも動かない, それでも弱った, それでも毎年子供たち, それでも要するに, それとても決して, それにしても眞晝, それ以後恐ろしい, そんな不安, そんな金, たしか六月頃, ただ加津美, ただ黒い, たとえそこ, たれが, だんだん来つけ, ちょうど大雪, ちょっと間, ついに失敗, つい未だ御, つて人との, つて菜の花に, てこずった果て, でも大, とうとう人数, とうとう隠し通し, とたんに誰, とても追いつかない, とにかく物質上, ともすれば内心, どうしてもお供, どうしても渡し, どうせ悪人, どうもも, どうも日本画, どうやら此頃, どの舟, なおも希望, なかなかいま, なかなか落ちない, なにか遠く, なに負ける, なんだか夏, にせの, のら息子は, はっと手, ひとたび逃げ足, ひどく真顔, ふじこは, ふと偉丈夫, ふと涙, ふ我, ほしいもの, ぼくを, まごついて, ますます健康, またつけ加えた, また別様, また椅子, まだいくらか残っ, まだ三間, まだ寺, まだ窖酒ッ, まったく申訳, まもなく抜き足さし足, まるめること, みゑ子は, むづと頭を, もうすっかり旅, もう三人, もう少し複雑, もう縄, もし伊井, もっと性質, もとより返事, やがておよそ私, やがてちょっとかすれた上ずった, やがてもはや呼吸, やがてブルジョアジー, やがて伯爵夫人, やがて哀願, やがて巻末, やがて携え, やがて法悦, やがて穏, やがて裾, やがて露店商, やっと徒歩連絡, やっぱり断る, やはりいない, やはり出かけよう, やはり深い, ややややもう来た, よい大事, よく分かった, よらず, わけても本所深川辺り, われわれ二人ぎりである, イタリア人の, オフェリヤの, ガリレオは, ゲーテなんかも, シゴイさんにとっては, ストーヴを, ダルメイダが, デル・エル・パーリの, ヌッと, パチリと, フトその, ヘンな, マイダスの, モスコーを, リヤトニコフの, ワリニャーニと, 一九三二年以後の, 一六七八年七十九歳で, 一向感動, 一年ぐらい, 一方これ, 一時間ばかりと, 一番高い, 一部分は, 七人の侍追っ, 三つ目は, 三回四回と, 三段に, 上方地方でも, 下谷一番と, 不死身の, 両側から, 中村座の, 主計係の, 九州鉄道の, 事実もさう, 二人ぎりになったとき私に, 二女王ともに, 二週間たつ, 五十四の, 亡くなったという, 人夫は, 今さらそんな, 今中川さんへ, 今度願っ, 今更泣い, 仏壇へ, 以後いまもっ, 伊集院切られる, 佃にたいする, 何かと言う, 何だかそれでは, 何となく脇の下, 何一つ明智, 何故か急, 余りに思わしい, 併し聞い, 俄然近頃, 倉三の, 傍觀し, 元來映畫化, 先づ其處の, 光まばゆい, 全く正体, 八十何名の, 六左衛門は, 其の奧, 其処では, 其眼鏡の, 内田さんの, 写真師が, 出し抜けに, 分らないとの, 初日二日あたりに, 別に腹, 到頭入口, 剣術使いの, 効性らしい, 勝頼の, 北条氏から, 十八日には, 千三百米位から, 半僧, 南郡の, 却つて尊氏の, 又もや飛びのい, 友人たちとの, 受けたよう, 古金銀, 号外は, 同じ彼等, 同時に乱歩, 同行者の, 吹き倒されるかと, 咋夕の, 唯予, 喧嘩相手の, 四十九日が, 困らぬよう, 土竈くらゐ, 坑夫には, 場所がらも, 売られた方, 外出する, 夜ねる, 大きな丸い, 大作黙った, 大将元康の, 大津生れの, 天分の, 夫人に対して, 女中と, 如き歴史學方法論, 姉小路卿は, 嫁いだ先, 孤独も, 安成も, 宝永元年に, 実は二十三日, 実施部隊には, 宮川通りから, 宿所を, 寝るまえに, 将軍家には, 小吉は, 小舟の, 少し感, 尤も次の, 山上寂として, 岩波の, 工場監督は, 巾着切りの, 帳場でも, 平民新聞は, 幸い浅瀬, 幾次郎は, 座敷は, 式の, 張立ての, 当年に, 役者に, 律師の, 後期では, 御屋敷, 徳の, 必要の, 忽ちウン, 怒り號ぶ, 思ひ切つて気分, 怪塔王の, 恥の, 悪戯者の, 愉快そうであった, 慕い合って, 成帝の, 戦争前, 扉から, 打ち続く貧困, 折角わし, 持っちゃ, 掠奪に, 支那書に, 故国で, 数日隔て, 文言は, 新吉夫婦に, 旅順とやらの, 日本女の, 早く没, 明智家の, 春琴には, 昼すぎに, 時に一緒, 晴次は, 暴力は, 書院づくりの, 最後なかなか, 最後支出金の, 最早田舍, 服装が, 木沢氏は, 本堂は, 本邸に, 来た時, 松井須磨子の, 果して六里, 柔軟な, 案じて, 梶田さんだけは, 楽しかった, 橋本には, 次第に全欧, 正しくその, 此子成人の, 武技そのものより, 死刑執行官吏は, 段々区別, 毎日伊作の, 気の毒だ, 氷が, 決して三十一文字, 河口は, 泣き出す, 浅井も, 消えるやう, 清らかに, 湯武以來は, 漂流では, 激しい精神, 為政家にとっては, 無関係で, 然るべく, 爛として, 牢名主は, 犠牲者の, 猟館の, 王平軍高翔軍の, 瓦葺の, 生憎大野, 田村氏の, 町なかに, 疎い灯, 痩せても, 白楽天の, 皆川の, 監視員は, 直ぐ書斎, 相談相手と, 眠らずに, 矢張いつまでも, 知らぬま, 砲手たちは, 神さまが, 秀蓮尼は, 程なく三宅周防守, 突かれながら, 突然父, 立止つて不安さうに振返つた, 第十八號, 米国だ, 納屋と, 紺暖簾に, 結局くじ引きと, 結局庭へ, 絶えず娘, 縄が, 美濃と, 翌日しらし, 老神官, 聞こうと, 背イ恰好は, 腰には, 自堕落の, 船客の, 花井は, 若い美くし, 英子が, 莊園に, 葉と, 薄暗い捨小舟, 虎は, 衆が, 表を, 西北方の, 見えないネ, 見当も, 親方には, 訂正する, 詰り悪い, 読売新聞社から, 講演会場が, 貉の, 貼ったほう, 起きずに, 踊り手の, 軈て生徒名簿, 辛い方, 近寄る毎, 追い打ちを, 途中名古屋の, 進の, 遂に立たず, 道化男は, 避病院を, 酔い泣き, 野村と, 釣れないこと, 錆びては, 長すぎる, 開いた扉, 間もなく全, 間もなく疳癪, 閣下の, 陶器や, 隣国の, 雨降る, 露軍の, 面白い挿絵, 頤の, 風で, 食物の, 馬場さんは, 驚かなかった, 髪の毛の, 鴨川の, 黒チックは

▼ たこと~ (83282, 4.2%)

5476 がある 2224 がない 1925 があった 1882 はない 1827 のない 1292 もある 1284 もない 1177 である 1041 のある 827 では 712 があります 703 がなかっ, はなかっ 691 があつ 677 もあった 645 だ, であろう 611 だろう 585 になる 568 でしょう 497 はありません 494427 がありました 423 であった 398 です 312 でも 301 がありません 296 だが 289 でせう 281 を覚え 263 だった 239 だらう 235 なの 234229 もなかっ 226 は確か 224 は事実 214 を思い出した 213 はいう 210 であらう, はなかつた 201 を知っ 199 は一度 198 があり 197 もあつ 196 があっ 188 もなく 186183 もあります 177 もありません 172 がなく 167 を知った 163 だと 158 になっ 155 がなかつた, であるが 152 ですが 149 でした, もあり, を私 145 は言, を意味 141 はある 138 もありました 137 がわかる 134 が無い 131 はこの, を思い出し 129 じゃない 127 になった 126 は前 125 にし 118 を後悔 117 であつ 116 は私 113 なん 112 だから, はその 111 がわかった 104 もなけれ 101 を今, を記憶 99 はございません, を示す, を話した 97 を知る, を示し 96 を言 95 は言う 94 だろうと 93 と思う, になります, はなく 91 はありませんでした, をする 90 は何 89 の無い 87 であります 86 は明らか 84 がございます, は彼 82 が, だらうな, は無い 81 は云う, を思う 80 も事実 7978 をお, を忘れ 77 に気がついた, は今, は疑い, を話し 74 なので, は言うまでもない, をし 73 は勿論, を考え 72 がお, のよう, はたしか 70 をいう 69 を思ひ出した 68 にある 67 であろうか 65 がありませんでした, を思い出す, を思出 63 が分る, で, はこれ, は想像, を感じた 61 があるだろう, であろうと 60 であるから, ですから, は誰, を彼 59 が分った, を言っ 57 だし, のなかっ 56 に氣, もなかつた 55 を感謝 53 がございません, さえある, だつた, であったが, でございます, を告げ 52 がその, と思います, もまた, をした 51 は申す, も無い 50 がねえ, は決して, をおぼえ, を考える 49 はねえ, は既に, を聞い 48 があるでしょう, もございません 47 はまだ, を告げた, を思いだした, を知り 46 でありました, になつ, にはその, はもちろん 45 がわかりました, が今, であろうが, はそれ, を思ひ出し, を言う 43 はあった, はよく, も一度 42 だけは確か, はお, はまことに, は当然, も, を発見 41 じゃ, ね, を思え, を知 40 がよく, が彼, はすでに, は無かっ, をよく, を云, を想像, を知つて 39 は知っ, も忘れ, をその, を聞いた, を記し 38 がございました, が明らか, だったろう, でございました, も聞いた, を思い出しました, を証明 37 が一つ, だろうが, に気づいた, は実に, もその, を思いだし, を知らせ 36 が何, さえあった, でご, になり, は人, を見 35 がこの, が想像, が私, であって, と思われる, もねえ, を覺 34 がご, が幾度, には, のねえ, はあるまい, は自分, を云う, を知らない 33 が分かる, さ, はただ, はもう, は云, をこの, を少し, を書い, を誰 32 が一度, など, になりました, は事實, を報告, を憶え, を非常 31 があろう, だらうが, であると, はかつて, は彼女, は間違い, を思ひ出す, を語っ 30 は一つ, は全く, は後, を告白, を思っ, を自分, を語る

29 [11件] が知れる, だろうか, でございましょう, などもあった, によつて, に就い, に気, に気がつい, は本当, もあっ, をいっ

28 かその, が判明, だったが, でありましょう, に気がつく, は確, は非常, もございます, らしい

27 [14件] がわかっ, が書い, が知られる, が自分, であったろう, でその, でもあった, は確実, も度々, やら, を喜ん, を喜んだ, を残念, を知りました

26 が分っ, じゃねえ, だけはたしか, はあの, は明白, は有名, やその, を白状

25 [14件] があったでしょう, がわかります, が出来た, が判った, にする, は今日, は同じ, をそのまま, をはっきり, を口, を思ひ起した, を憶, を物語っ, を聞く

24 じゃありません, に就, は日本, もなし, も幾度, をすっかり, を話す

23 [22件] が事実, が有る, だらうと, だろうな, でしょうか, ないわ, などを話した, にちがい, に満足, のやう, はあります, は周知, は少し, は忘れ, をふと, をやる, を何, を喜ぶ, を御, を心から, を感ずる, を注意

22 [18件] があるだらう, が判る, が後, が明白, でこれ, で私, となる, に, もあれ, をまた, を彼女, を思ふ, を思わせる, を想, を感じ, を物語る, を言った, を言つて

21 [16件] があったら, がはっきり, がわかり, が察せられる, なんかない, にはならない, に気づい, の一つ, はなし, は覚え, も今, を僕, を御存じ, を忘れない, を話しました, を述べ

20 [21件] ある, が多い, が起った, ですよ, といえ, と存じます, に違い, はあつ, はほとんど, はほんとう, は慥か, は明かである, は疑, もありませんでした, も確か, も覚え, をここ, を信じ, を思, を思い, を書いた

19 [23件] かも知れない, があるらしい, がかえって, が思はれる, であ, でお, といい, とその, にはこの, に相違, に私, に間違い, のあった, は争われない, は僕, は否定, は注目, もあろう, をやっ, を心, を知らせる, を考へる, を語った

18 [20件] がら, が原因, が度々, が彼女, が有りました, が証明, でしょうが, にはそれ, には彼, には私, のため, はどう, はまた, も彼, をいった, をすぐ, を云っ, を思へ, を知らせた, を記した

17 [30件] があったろう, がありまし, がありましょう, があるらしく, が不思議, さえない, だけで, だったの, でしたが, でそれ, と思ふ, にその, に何, に変り, はたしかに, は仕方, は否めない, は大, は幾度, は無, もこの, もたびたび, もよく, も想像, も有った, をやった, をわたし, を云った, を忘れる, を想い出し

16 [21件] かそれ, があれ, が気, だな, であったから, ないの, にもなる, にもよる, はないでしょう, は明, は知らない, も知っ, も知らず, も私, を告げる, を思った, を明らか, を申す, を考えた, を考へ, を認め

15 [17件] がこれ, がしばしば, だけは事実, だよ, などもある, の中, の方, は当時, は皆, は自然, もお, も亦, も無かっ, をひどく, をまだ, を今更, を意識

14 [36件] がそれ, が思い出された, が有, が本当, だね, でありますが, であるか, であろうし, と思っ, と想像, に自分, はあまり, はあまりに, はいま, はまちがい, は上, は他, は初めて, は君, は嘘, は多く, は実際, は殆, は興味, もそれ, もたしか, をくり返し, を吾, を報じ, を忘れた, を感じる, を明, を理解, を知らなかった, を認めた, を述べた

13 [39件] からし, があ, ができた, がわかつた, ぞ, でしょうね, ですか, で彼, と同じ, なかった, なし, などもあつ, にならない, に原因, に気が付いた, に起因, のなかつた, はここ, はさき, はすべて, はやがて, はわかっ, はわたくし, は二人, は何より, は平次, は御, は是, は疑うべく, は誠に, は読者, も何, を否定, を喜び, を想起, を推測, を示した, を言います, を説明

12 [50件] から, があるでせう, があるまい, が何度, が出, が分つた, が後悔, が急, が悪い, が残念, さえなかっ, そのこと, だけれど, だろうし, ですし, ですね, と思われます, にそれ, はあっ, はありました, はございませんでした, はないだろう, はなんと, はまったく, はむろん, はやはり, は争, は伸子, は実は, は容易, は察せられる, は御存じ, は必ず, は極めて, は疑う, もございました, も自分, をいふ, をいま, をどんなに, をみんな, をもう, を不思議, を君, を悔い, を書く, を深く, を知ってる, を知らず, を証する

11 [59件] からその, があるなら, がすぐ, がハッキリ, が二度, が分かった, が判っ, が嬉しい, が明, が有った, が知れ, が考へられる, が見え, じゃあない, であったか, で御, で自分, とそれ, にはならぬ, に不思議, に對, に気づく, に気付いた, に由来, の証拠, はあなた, はございませぬ, はござりませぬ, はどんなに, はみんな, はわからない, はわれわれ, は今更, は別, は意外, は次, は殆ど, は聞い, ばかりで, もあらう, をあなた, をいい, をうれしく, をきい, をむしろ, をもう一度, をよろこん, を一つ, を云つて, を嬉しく, を思はせる, を悔, を悔いた, を指摘, を父, を繰返した, を胸, を自ら, を話します

10 [76件] あるの, かこの, から私, があと, がなん, が今日, が分りました, が好き, が書かれ, が知れた, が頭, すらない, だけれども, だという, だとか, でない, でなければ, で今, と, と思ひます, などあった, にあった, にこの, にしよう, にすれ, になるであろう, に気づき, に間違, の意味, はいふ, はいろいろ, はうそ, はかなり, はすぐ, はちゃんと, はどんな, はなに, ははじめて, はまず, はもとより, は一切, は一通り, は世間, は争えない, は二度, は分っ, は幸い, は度々, は無論, は珍しい, は諸君, もあ, も一つ, も不思議, も有りました, も知らない, も見た, をいつ, をいろいろ, をお前, をしみじみ, をどう, をどうして, を初めて, を又, を思いだす, を思ひ, を想い出した, を母, を申, を申し, を知らし, を確め, を聞き, を言い, を読者

9 [78件] いうまでも, がなけれ, がもう, が実際, が無, が無かっ, が無く, が発覚, が記され, が訣, が載せ, だけは間違い, であるし, でこの, ですわ, で何, というの, なぞを話した, など一度, なんか一度, にお, にした, になつて, によるの, に感謝, に於, に気がつき, に注意, ねえ, のほか, の喜び, はあり, はうれしい, はございますまい, はさすが, はした, はすっかり, はそんな, はだれ, はちょうど, はないです, はなかろう, ははっきり, はまえ, はわたし, は不思議, は偶然, は感謝, は我々, は残念, は生れ, は私たち, もあったろう, も一再, も明らか, も有る, も決して, も無く, をお知らせ, をこれ, をご, をもっ, を人, を人々, を大いに, を思ひだした, を悦んだ, を承認, を暗示, を気, を皆, を神, を立証, を詳しく, を誇り, を語り, を遺憾, 勿論である

8 [98件] がございまし, がござる, ができる, がどんなに, がほぼ, がまるで, が一層, が推定, が明瞭, が殆ど, が知られた, が窺われる, が考えられる, が非常, じゃア, すらある, だけだ, だってある, だつて, でございますが, ないん, などを話し, なんで, にはあの, による, に依っ, に気がつかなかった, のうち, はあと, はお前, はかえって, はそれだけ, はちょっと, はついぞ, はとても, はなん, はほぼ, はめったに, は一, は一遍, は云え, は何と, は別に, は前述, は吾, は嘗て, は夢, は大いに, は察, は改めて, は明瞭, は昔, は来た, は正しい, は注意, は特に, は甚だ, は疑えない, は疑ひない, は知らなかった, は聞いた, は記憶, まで, もあったらしい, もあるまい, もあるらしい, もしばしば, もちゃんと, ももちろん, も事實, も後, も有, も言, や, をおれ, をお話, をくわしく, をちゃんと, をひそか, をまるで, を主張, を俺, を夢, を妻, を思います, を思い出します, を想い起す, を承知, を気の毒, を痛感, を知れ, を耳, を自覚, を覚った, を語, を説い, を謝, を附記

7 [128件] かと思っ, かもしれない, から推し, から考え, から見, か急, か私, がいけない, がうれしく, がすでに, がそもそも, がどうして, がはつきり, がふと, がほんとう, がまた, がまだ, がむしろ, がわかったら, がわからない, がわかれ, が二, が伝えられ, が何より, が全く, が判, が嘘, が多かっ, が大, が屡々, が新聞, が既に, が日記, が次第に, が殆, が理解, が見える, が起っ, この二つ, そしてそれ, だけは記憶, だそう, であったろうか, でしょうよ, で御座いました, で御座います, などある, などもありました, などもその, などを思い出し, なのに, については何, にはそこ, には彼女, にも気, に基因, に彼, に疑い, に誰, に関係, のない新しい, のほう, の結果, はありませぬ, はいえない, はいかにも, はおそらく, はどこ, はみな, はよかっ, は一層, は人々, は何度, は前後, は大変, は少く, は想像以上, は推測, は此, は歴史, は真実, は知つて, は見, は親分, は説明, は間違, もあるだろう, もあッ, もこれ, もすっかり, もやはり, も少く, も御座いません, も書い, も気, も記憶, やそれから, をあと, をお話し, をかえって, をたいへん, をつくづく, をほんとう, をまず, をわれわれ, を一, を伸子, を信ずる, を後, を急, を恥じ, を悔いる, を悟った, を悦ぶ, を感じます, を正直, を知つたの, を確かめ, を確認, を見せ, を見た, を見る, を許し, を詫び, を誇っ, を認める, 聞いたこと, 覚えて

6 [185件] あるか, かと思う, から起った, か今, か彼, があったかい, があっただろう, がこんな, がございましょう, がせめて, がたいへん, がたびたび, がなんと, がひとつ, がまちがっ, がやっと, がやはり, がわかるであろう, が世間, が二つ, が二三度, が云, が出来ました, が出来る, が分らない, が多く, が夢, が大きな, が少し, が心, が心外, が意外, が感じられる, が日本, が決して, が現実, が発見, が真実, が知られ, が確かめられた, が第, が美奈子, が記憶, が誰, が起きた, が起りました, が露顕, さえ知らなかった, だか, だからと, だつたらう, だのに, だわ, でありますから, でありませう, であるの, でございませう, でしたろう, で気, で満足, とこの, と信じ, と思い, と思はれる, と自分, と見える, ない, ないでしょう, などはない, などを思い出す, などを語った, にされ, について, にはなりません, にはほとんど, には自分, によって, によって私, によるもの, に多少, に始まる, に少し, に気がつかない, に気づきました, に腹, のすべて, のなか, の一切, の外, はありますまい, はいちど, はかならず, はかれ, はきっと, はござらぬ, はさっき, はしない, はそのまま, はそれら, はなお, はまるで, はむしろ, はもはや, は一見, は人間, は今さら, は仕合せ, は何ん, は何一つ, は出来ない, は分らない, は半蔵, は否み, は大勢, は子供, は彼ら, は彼自身, は忘れない, は意味, は推察, は新聞, は日記, は明かだ, は最早, は未だ, は正に, は正当, は無理, は疑ふ, は稀, は考え, は考えられる, は近来, は間違っ, ばかりです, もござらぬ, もそして, もどう, もまだ, もわかる, も何度, も日本, も注意, も知つて, やお, やそれ, やまた, や感じた, をさせる, をすべて, をのこらず, をはじめて, をぼんやり, を一言, を云い, を今度, を伝えた, を伝へ, を信用, を光栄, を再び, を報ら, を実行, を平次, を幸福, を忘れず, を思い合わせ, を悦ん, を想っ, を感じました, を推定, を新聞, を書き, を死ぬ, を率直, を祝福, を秘密, を空想, を見逃し, を訊い, を訊く, を証拠, を話し出した, を非難, 感じたこと

5 [276件] ありますか, ありません, かお, かしれない, かどう, かな, かも知れません, からこの, からであった, から始まる, から始め, から当然, から考える, か分らない, があの, があらう, があるだ, がいけなかった, がすっかり, がどんな, がなぜ, がなに, がはじめて, がひどく, がわかつ, が何となく, が充分, が分かりました, が多, が妙, が幾たび, が彼等, が後で, が御, が御座います, が忘れられない, が思われる, が悲しく, が推察, が暴露, が氣, が深く, が皆, が解った, が記録, が起つた, が起る, さえありました, さえあります, すらなかっ, そしてその, そして今, だがね, だけだった, だけである, だけは今, だったので, だとは, だらうよ, でありましたが, であるかも, であれば, であろ, でしょうから, でしょうし, でしょうに, ですけれど, ですもの, でないこと, でもし, でよく, で誰, といったら, と云え, と信ずる, と思った, と私, と関連, などあり, などがわかる, などはなかっ, などを知っ, などを話しました, など忘れ, ならば, なんかありゃしない, におれ, にしろ, について何, について彼, になるだろう, になろう, には少し, には誰, には違, にむしろ, によってその, によって自分, に他, に何ん, に反対, に基づく, に感心, に気が付い, に気付い, に気付く, に注目, に驚い, に驚いた, のあるらしい, の出来る, の幸福, の有る, の記憶, の説明, はあらゆる, はあれ, はいまだかつて, はいよいよ, はかの, はけっして, はこう, はこういう, はじつに, はせめて, はそう, はたびたび, はどうも, はなかなか, はほか, はほんとに, はまさに, はもっとも, はやや, はわかりません, はわかる, は一日, は不幸, は以上, は兄, は充分, は先, は出, は分明, は到底, は単に, は右, は多分, は多勢, は女, は如何, は如何にも, は寧ろ, は御座いません, は惜しい, は或, は支那, は曾, は有りません, は未だかつて, は正しく, は母, は爭, は特筆, は申, は當然, は疑ひ, は知らず, は知る, は第, は若い, は言えない, は記録, は近頃, は返す返す, は道理, は遺憾, は長い, は面白い, は黙っ, もあったであろう, もあったでしょう, もありまし, もいま, もう一つ, もございませんでした, もすべて, もみんな, もわかっ, も一, も人, も偶然, も分っ, も分る, も多い, も実は, も御存じ, も忘れられない, も意味, も本当, も注目, も無理, も珍, も知らぬ, も考えられる, も考へられる, も聞い, も間違い, をきいた, をきく, をご存じ, をさも, をしない, をしよう, をそれ, をそれから, をだれ, をちょっと, をつい, をどこ, をぬかす, をはつきり, をみ, をも忘れ, をも思い出した, をわざと, を一応, を主人, を今さら, を伝え, を十分, を反省, を口走り, を報じた, を後で, を思いだしました, を思い出さね, を思ひ出しました, を悲しむ, を想い出, を感じない, を指す, を更に, を欣, を欣ん, を気づいた, を物語った, を特に, を疑わぬ, を發見, を直ちに, を真実, を知らせました, を確信, を私たち, を綜合, を考えれ, を考へた, を聞かない, を聽, を自白, を自身, を茲, を裏書, を見のがし, を言ってる, を詫びた, を話そう, を語つて, を語りました, を説く, を読んだ, を身, を逐一, を頭, 考えたこと

4 [465件] あり, ありませんの, ありませんわ, あるとき, あるわ, おへん, かい, かこれ, かそれとも, かと思います, かと思った, かは知らない, かまた, からお, からこれ, からそれ, からである, から始まっ, から彼女, から来る, から起る, かわからない, か知れません, があったであろう, があなた, があまりに, がありあり, がありませう, がありませぬ, があるであらう, があるであろう, がいま, がいよいよ, がうかがわれる, がおそらく, がかれ, がございませぬ, がございませんでした, がしみじみ, がそんな, がそんなに, がたくさん, がついに, がです, がとうとう, がとても, がどうも, がどれ, がねえだ, がまざまざ, がまず, がまったく, がやがて, がわたし, がマザ, が一, が一番, が世上, が俺, が分かり, が初めて, が判つて, が判れ, が即ち, が口惜しく, が可, が報告, が大いに, が失敗, が嬉しかっ, が嬉しく, が実現, が少く, が恥ずかしく, が悔いられた, が明かである, が有ります, が此, が注意, が浮ん, が直ぐ, が眼, が確実, が立証, が能, が解り, が記し, が語られ, が起こった, が起り, が軽率, が間もなく, が間違い, が随分, じゃあねえ, じゃないです, すらもない, その時, そんなこと, だけははっきり, だけは疑い, だけは知っ, だけは覚え, だったでしょう, だったん, だつたの, だもの, だらうし, だろうね, だろうよ, であったと, であったに, であったろうと, であの, でありましょうか, でありまた, であろうから, でございますから, でございますよ, でござる, でしかも, でしょうな, ですからね, ですがね, でないと, でないという, でもあっ, で僕, で君, で御座いませう, という, とおも, とすれ, とそして, とそれから, との間, とはいい, と一致, と全く, と思い込ん, と想, と矛盾, と考えられる, と見え, と言い, ないや, ないよ, などがある, などこれ, などはすっかり, などは一度, なども, などもあっ, などを, などを話す, など話し, なり, なんかあり, なんかありません, なんかなかっ, なんてない, についてそれ, にならぬ, になるでしょう, にはこれ, にはもう, には何, には違い, にもなっ, によって今, に不満, に今, に俺, に平次, に彼女, に心, に思ひ, に気が付かなかった, に気づかなかった, に話, に重大, に非常, のできない, のない美し, のない若い, の偶然, の出, の原因, の後悔, の無, の真実, の礼, はありゃしない, はありゃしません, はいかに, はいくら, はいた, はいわゆる, はうれしかっ, はおれ, はきわめて, はしばしば, はそういう, はその後, はそんなに, はたいへん, はつまり, はどうしても, はどうぞ, はねえだ, はほんと, はほんの, はぼく, はま, はむしろ当然, はもと, はわれ, は一時, は丁度, は上述, は不幸中, は世人, は世界, は世間周知, は今や, は何事, は余り, は作者, は例, は俺, は全然, は全部, は出た, は判らなかった, は却って, は古い, は各, は否み得ない, は多少, は大きな, は夫人, は奇蹟, は實, は小説, は少なくとも, は幸, は彼等, は心, は必, は悪い, は我が, は承知, は日本人, は明かで, は明かです, は時代, は普く, は更に, は書いた, は最初, は枚挙, は極, は正しかっ, は深く, は滅多, は無く, は疑ふべく, は皆様, は直ぐ, は相当, は真に, は知, は知らぬ, は知られ, は神, は私達, は結局, は絶対, は著しい, は見た, は親, は言葉, は話, は認め, は論, は近所, は重大, は驚くべき, ばかりだ, ばかり考え, またその, まですっかり, もあなた, もありやしない, もあるであろう, もあるでしょう, もおこりません, もおぼえ, もし, もたしかに, もただ, もな, もない美しい, もほぼ, もほんとう, もまちがい, ももう, もわたし, も二, も二三度, も二度, も全く, も再々, も判った, も前, も勿論, も原因, も又, も同じ, も問題, も多かっ, も多く, も少なく, も屡々, も幾たび, も御存知, も忘, も思い出された, も思い出される, も思ひ出した, も手伝っ, も推測, も残念, も無, も爭, も理解, も知らなかった, も考え, も興味, も言っ, やある, やした, や彼女, や見た, をあった, をあらためて, をありがたく, をいつも, をいまさら, をいまだに, をいや, をいわない, をおも, をお詫び, をかの, をかれ, をかんじた, をこ, をこれから, をさらに, をしきりに, をしなけれ, をしゃべっ, をじ, をすれ, をそこ, をそして, をそれほど, をそんなに, をたいそう, をたしかめ, をちっとも, をついで, をなん, をね, をふしぎ, をぼく, をみずから, をやつ, をやり, をよろこび, をよろこんだ, をわたくし, をハッキリ, を一切, を不仕合せ, を世間, を云ってる, を云わない, を亭主, を今日, を他, を付記, を何とも, を信じない, を傳, を全然, を問題, を多, を多く, を多少, を娘, を實際, を寧ろ, を少から, を微か, を微笑, を必ず, を念頭, を怒っ, を思いあわせ, を思い出しまし, を思い起こそう, を思い起した, を思ひ浮べた, を怨ん, を恥じた, を悟り, を悦び, を愉快, を感じさせ, を憶出, を我々, を教, を断言, を有難く, を歎, を歴史, を決して, を清三, を源氏, を熟知, を物語つて, を特筆, を申した, を申します, を申し上げ, を知ったら, を知らされた, を知らされる, を知るべきである, を簡単, を考えず, を考えます, を聞かぬ, を自分自身, を自慢, を自然, を薫, を覚り, を観察, を言い出す, を言われる, を記す, を記録, を訴え, を証拠立てる, を認めず, を認めない, を調べ, を責め, を責める, を述べる, を附け, 或る

3 [768件 抜粋] あって, あるを, おわかり, かいつも, かそして, かと手, かもしれぬ, かよく, からだ, からも察せられる, から始まった, から彼, から得た, から推測, から端, から見る, か不意, か人, か今日, か伝六, か知れない, があきらか, があったらしく, があまり, がありゃ, があるで, がうれしかっ, がお気, がすべて, がそれほど, がただ, がち, がつくづく, ができまし, がどこ, がほとんど, がもし, がよほど, がわかるでしょう, が一応, が三度, が世の中, が二人, が今や, が何だか, が俄, が僕, が先生, が出来, が出来まし, が分つ, が分ります, が分明, が動機, が又, が問題, が嬉し, が実は, が察しられる, が幸, が強く, が当然, が後に, が思いやられる, が思い出され, が思ひ出され, が恐ろしかっ, が恥しく, が悔まれ, が推測, が最大, が果して, が極めて, が機縁, が母親, が気の毒, が現, が癪, が目, が直ちに, が知れたら, が確, が確め, が窺, が胸, が解, が解っ, が解る, が計らず, が証拠, が証拠立てられた, が起き, が起こる, が間違っ, が馬鹿, さえもない, さえもなかっ, じゃある, じゃろう, じや, すら忘れ, そしていま, だお前, だけであった, だけはたしかに, だけはわかった, だけは事實, だけは明白, だけは確実, だけを覚え, だつたか, だとしても, だろうその, であったし, であったらしい, でありその, でありそれ, であり私, であるに, でおれ, でございまして, でございまする, でしたから, ですこれ, ですでに, でもう, でわかった, でわかる, で二人, で他, で失望, で当時, で有名, で母, で非常, といへ, とここ, とし, とてその, となった, とはいえ, とばかり思っ, とみえ, と云ったら, と今, と対比, と思い合わせ, と思つて, と思われた, と言う, と関係, ないけど, ないね, などいろいろ, などが思い出された, などすっかり, などである, などは, などはついぞ, などはもう, などは忘れ, などは誰, などもあります, などを報告, などを思い出した, などを思い出しました, などを知った, など彼, など思い出し, なら何, なれば, にすぎなかった, にち, になつた, になりましょう, にはじめて, にはすぐ, にはならなかった, にはまだ, には例, には又, には家, には疑い, には窓, には間違い, にひどく, にふと, にほかならない, にまだ, にまるで, によく, によってこの, によっても知れる, によって彼女, に一種, に依つ, に免じ, に同情, に同感, に外, に大, に女, に安心, に対する感謝, に徴, に心づく, に悔い, に戸, に比べれ, に気が付きました, に決め, に無理, に礼, に良心, に責任, に違, に驚かされた, に驚き, のいきさつ, のその, のない美しい, のひとつ, の事実, の内, の内容, の変化, の多い, の感謝, の理由, の確か, の罪, の記念, の証明, はあくまで, はあらためて, はい, はいい, はいずれ, はいまだに, はいわなかった, はかえすがえす, はきみ, はこの間, はこれから, はすこし, はすこしも, はただちに, はたった, はとにかく, はどうか, はどの, はないしょ, はないだらう, はなんとなく, ははきはき, はひと通り, はぼくら, はまだまだ, はまつたく, はみんなほんとう, はめつたに, はよもや, はわかった, はゐた, は一ぺん, は一再, は一種, は一般, は三日, は下, は主人, は之, は今回, は以前, は何となく, は何とも, は先刻, は先生, は八五郎, は出来た, は分りません, は又, は反省, は否まれない, は否む, は喜ばしい, は喜ぶべき, は大きい, は大体, は大抵, は失敗, は始めて, は嬉しい, は安心, は寧ろ当然, は岸本, は幾たび, は店, は後日, は御存知, は忘れた, は忘れられ, は悪かっ, は慥, は或いは, は或は, は敢, は新しい, は早く, は明かであろう, は明かな, は最も, は有, は望外, は未だに, は本当に, は東京, は果して, は極めて当然, は歌, は殘念, は気の毒, は永久, は海, は現代, は現在, は生まれ, は皆さん, は直, は直接, は私自身, は種々, は能, は苦しい, は蔽い, は言うまでもなく, は言えぬ, は言わなかった, は訣, は認めなけれ, は認めね, は近年, は頗る, ばかりであった, ばかりでした, まで覚え, もあの, もありゃしない, もいつも, もうれし, もそこ, もそれから, もよかっ, もわかった, も争われない, も伸子, も分った, も半蔵, も多少, も尠, も当然, も彼女, も意外, も承知, も日記, も有ります, も極めて, も現実, も矢代, も確実, も考へ, も聴いた, も見, も言えない, も記録, も話した, も非常, やこの, やそんな, やない, やらまた, や何, や母, や父, よな, らしかった, をありがたい, をいえ, をおっしゃる, をお母さん, をお許し, をかつて, をかなり, をさとっ, をさとり, をす, をすこし, をそう, をたしかに, をちくちく, をつけ加え, をどんどん, をなぜ, をまことに, をめずらし, をも知った, をも示す, をやれ, をより, を一度, を一生, を不, を不幸, を中途, を事実, を二人, を云われる, を伝える, を何とか, を偶然, を出来る, を利用, を半蔵, を口惜し, を咎める, を嘆い, を回顧, を大きな, を妾, を守つて, を守る, を宮, を左, を弁明, を得意, を徳, を忘れなかった, を思いあわせる, を思つて, を思わしめる, を恥, を恥じる, を悔み, を悟っ, を悟る, を悲しん, を悲しんだ, を感じさせた, を感ぜず, を憤っ, を打ち明ける, を教え, を昨夜, を書きつけ, を書きます, を會得, を未だに, を楯, を死んだ, を氣, を現, を理由, を疑, を痛快, を相手, を知らした, を知らぬ, を知らね, を示唆, を突然, を第, を米友, を経験, を考えね, を聞いたら, を聴い, を腹立たしく, を苦々しく, を行, を裏書き, を要約, を覚えてる, を言い出した, を言葉, を記述, を証言, を話したら, を認めます, を諸君, を謂, を證明, を責めた, を追想, を金助, を難, を頻りに, を駿介, 次には, 申す迄も, 第二

2 [2097件 抜粋] あつて, あるかい, ある由, お豊, かいかに, かここ, かしれませぬ, かたぶん, かと私, かどれ, かもしれません, からついに, からの縁, からみれ, から他, から俺, から思いつい, から懇意, から生じた, から見れ, か今年, か半, か店, か皆, か肝腎, か辻斬, か鞘, がありなさる, がありやす, がいくつ, がいつのまにか, がうなずける, がお前, がここ, がごぜ, がじつに, がそれから, がちっと, がとど, がどうしても, がなお, がなんだか, がはなはだ, がふい, がみえ, がやつ, がバレ, が一眼, が之, が伝へられ, が余りに, が先ず, が出来ちゃった, が判つたの, が十分, が取り, が吾, が執念深い, が奇妙, が如何様, が察せられた, が少なくも, が幸福, が当人, が忘, が思ひ出された, が恥, が悩む, が愉快, が我々, が時々, が本当に, が正当, が母, が滑稽, が犇, が疑, が真, が笑, が聞えなかった, が解つて, が言, が諸家, が起こりました, が遺書, が間違, ぐらいで, ございませぬ, さえ彼, しかしその, じゃあるまい, すら殆ど, そうし, その中, その眼, それだけの, だからな, だけでも大きな, だけはどう, だけは分っ, だけは明らか, だけは解っ, だったか, だってあった, だほんの, だらう匕首, だろう何, だ馬鹿げたこと, であっても, であり何, であるかは, である故, でいっそう, でございましよう, でさ, でしたか, でしょうその, でそうして, でため, でないが, でなかった, ではじめて, でもござりませぬ, で一層, で人間, で六郎, で安心, で弟子, で手, で有ろう, で現, で私自身, で頭, とおもう, とてもそれ, とのよし, とはならない, とは縁, と二人, と今度, と君, と平行, と手代, と考えられます, と非常, ないな, なくまた, などから考える, などがありました, などが書い, などつぶさに, などなかつた, などはとても, などは殆ど, などもお, なども私, などをくわしく, などを夢, などを物語った, などを覚え, などを附け加え, など気, など考える, ならなん, なんかはすっかり, なんか無い, なんてありやしない, にありません, にこだわっ, にしとく, にすぐ, にちがいありません, についてはすでに, についてわたし, について私, になりますでしょう, になるでせう, にはお, にはちっとも, にはまた, には一向, には夫人, には御, には気づかなかった, には無数, には見知り人, にもならない, にもよるであろう, にも気がつい, にも起因, によってもおよそ, によって思い出し得た, にハッキリ, に主人, に兄, に向, に因る, に始, に容易, に対して私, に少々, に得意, に思い当る, に慣れ, に掛引, に気が付き, に深い, に照らし, に異論, に相当, に端, に親分, に運命, ねえもん, のできる, のみである, の云, の全部, の報い, の如何, の恐ろし, の捌き, の次第, の範囲, の裏, の間違い, はあながち, はありませんでございます, はあろう, はいっ, はいわない, はおま, はお預け, はかねがね, はございます, はしかと, はずっと, はそれから, はたくさん, はたまたま, はとうとう, はどういう, はなるほど, はね, はひろく, はまま, はめずらしい, はやりとげる, はわからず, はわし, はオレ, はジャン, はフランス, は一つ屋根, は一般的, は三四度, は不覚, は事, は云った, は亭主, は今度, は会った, は何たる, は何処, は作家, は個人, は兎角, は内密, は凡そ, は出来る, は分らぬ, は別れさせた, は十分, は反, は口, は古史, は同時に, は否めなかった, は單, は夥しい, は天下, は始終, は存在, は実行, は小僧, は尠, は已に, は広島, は当分, は後世, は必然, は忘れろ, は恐ろしい, は恰も, は成功, は教会, は文献, は日本ファッショ化過程, は明かだつた, は時刻, は書紀, は本, は次々, は毫も, は洒落, は父親, は状態, は生活, は申しわけ, は疑い得ない, は疑われぬ, は発表, は直ちに, は知るまい, は私ども, は立派, は維新, は考へ, は肝腎, は興味深い, は行, は見逃し得ない, は解ります, は詳しく, は認める, は誰か, は識者, は近世, は長屋, は雑誌, は首肯, は魂, ばかりなん, ばっかり言っ, またそれ, までちゃんと, までもある, まで手, もあと, もあるで, もおそらく, もきいた, もござりますが, もすでに, もそれら, もない小さい, もはなはだしい, ももはや, も一二度, も之, も他, も僕, も分り, も右, も声, も実に, も将軍, も年, も念頭, も思ひ出される, も意識, も既に, も有ました, も正三, も無けれ, も発見, も真, も知る, も稀, も考えられない, も親分さん, も計らぬ, も起りませんでした, やかわいらしい, やそして, やら知れません, や一家, や内儀, や定吉, や殊に, や良人, ゆえさだめし, より以外, をあい, をある, をいよいよ, をおっしゃいました, をかい, をきっと, をきわめて, をさして, をしあがる, をしでかした, をしるし, をせん, をたぶん, をてみじ, をどの, をなに, をはしたない, をほんとに, をまとめ, をもうちゃんと, をも伝え, をも考え, をやりました, をゆるし, をわし, をわびた, を一々, を一毫, を中心, を予, を云います, を云わん, を他人, を伺った, を偽らず, を先生, を兵馬, を前, を勿怪の幸い, を取消す, を口走っ, を可, を吐かす, を含ん, を咎め, を喜ばず, を嘆, を報ずる, を好ん, を妹, を嬉し, を実際, を察した, を帝, を幾度, を彼自身, を心配, を忘れません, を思い出さず, を思い合せた, を思い起し, を思はし, を思ひだし, を怨む, を恥かしく, を恨ん, を悦ばず, を惜ん, を感, を憤った, を手短, を挙げれ, を教えた, を斥, を早くから, を昨日, を書き添え, を最も, を松太郎, を歌つて, を母親, を洗いざらい一遍, を無上, を現実, を申し上げましょう, を疑う, を目, を知らされ, を知らん, を知識, を示します, を神さま, を竜太郎, を繰返し, を考, を考え出す, を聞きつけ, を自, を苦笑, を見つけた, を見逃せない, を観念, を言わなけれ, を記せ, を話さなけれ, を語りたい, を論じ, を謝罪, を豊後介, を迂, を鋭く, を露, 云うん, 思い出しました, 有りませんよ, 知って, 見たこと

1 [14156件 抜粋] あいての, ありました, あるけど, あ知らねえ, うす桃色, かあまり, かげに少し, かそれ以来, かとも思わぬで, かと思はれる, かと詮議, かは知らぬ, からあいつ, からつぎ, からも多少, から二人, から又, から嬉し, から或, から源十郎, から脊伸び, から遣繰, かドア, か今朝, か却って, か客観的, か感応寺, か止めど, か相手, か蟋蟀, か青山氏, がありましたでしょう, がいけねえ, がおおよそ, がかれこれ, がございますまい, がすべて失敗, がだれ, がなにしろ, がひどく嬉し, がむらむら, がわかるなら, がソックリ, が一体何時, が不, が二十度以上, が会社, が偲ばれる, が出来ます, が到来, が司令, が国家, が夫, が寂寥, が幕府, が心殘, が思ひ起される, が意外千万, が披露, が数学, が春, が本宅, が武蔵, が洩れ, が無益, が異, が知らされた, が禍, が結局石油, が肥後, が蟠り, が解れ, が誰一人, が載っ, が道十郎, が隠しきれなくなっ, が魯問篇, こそ彼, ございませんつて, さえなけれ, さえ姫君, さね兄弟, しか書かない, じゃが次郎, すなわち現代人, すら夢, そうしたこと, そしてまたやさしい, そして浅草橋, そのままの, その年玉, その電話, それから次, ぞときつい, だけがわかった, だけでたくさん, だけに於, だけはなかつた, だけは分りました, だけは淋しい, だけは變, だけを心得, だけ知らせ, だったな, だって二, だのまた, だらうそれから, だろうああ, だわね, だ特に近頃, つまり活字, でありそうして, であり梟帥, であるなか, である武家同志, であろう宗教家, でかつて, でございますと, でしてな, ですぞ, でた, でない自分一身, でなぐさめられる, でむろん, でわかります, で丈部, で今更なんと, で克子, で南支那, で困難, で妾, で年, で恨めしい, で明日, で殿樣, で無意味, で社長, で自活, で赤髯, で間違っ, といっ, とが幼弱, として來, とつながった, とて新政, となります, とは云え, とは言え, とも結びつい, と丁度五時半頃, と其後強健, と女流, と彼ら, と恐, と東京ポスト, と疑うであろう, と肉食, と言わなけれ, どうやら自分, ないばっかりか, ながら然し, なく茂り, なぞは忘却, なぞを言, などおぼえ, などがひっそり, などが朧げ, などすべて明らか, などなく, などはいちど, などは今日, などは書かず, などまるで, なども今, なども本末顛倒, などをうきうき, などをクレブス, などを弟, などを打明け, などを聞い, などガスコ氏, など大抵, など思ひ合せ, など篤, ならいろいろ, なれど, なんか当然, なんぞもある, にいたしまし, にかけては老中, にさえ彼, にたいしては艇長以下一同, についてのほのめかし, についてはわざと, については本当に, についてハスレル, について左, について礼, について黙った, になっとる, にはおかみさん, にはその他, にはね, にはテナルディエ, には二人, には光線, には味方, には家中一般, には悲しまない, には末期, には津島, には皇室, には背負っ, には轢死, には電氣, にまで一々, にもつ, にも十兵衛, にも満足, によっていっそう, によっても分ろう, によって刑罰, によって少し, によって明瞭, によって自由主義論, によつて益益, にハツキリ, に二年經つて志願兵, に僧都, に却つて吃驚, に地, に嬢, に対してはいろいろ, に対して冗談, に対し松浦侯, に対する闘志, に従え, に怪塔, に拠る, に栄二, に気がつきません, に無, に祝詞, に絶えず, に與, に變, に關, ねえべよ, のあらわれ, のごとく, のない恐し, のはなはだ, の一度, の信号, の回顧, の幾回, の恥し, の有れ, の独自さ, の絶大, の謎, はあたりまえ, はいいかげん, はいつか私, はおっしゃいました, はがんりき, はございやせん, はしかし, はすべて一, はそれつきりか, はついに, はどれ位, はひとごと, はみない, はもうす, はよもやすまい, はアリストテレス, はスポーツ, はフランク, はロマン, は一概に, は三百年来, は並み並み, は争う, は京阪地方, は代金, は何モイヤニナッタ, は信じ得べき, は先づ是, は公孫丑上, は冬季登山, は別段, は勘次, は博士, は古墳, は名状, は咄嗟, は国, は墺太利, は大変大変, は女たち, は孔子, は宮, は小林, は岡本個人, は平野氏, は張飛, は従来人, は忘れられない, は急い, は惜しかっ, は我々素人, は掏, は文學史上, は日本思想史上, は是耶非耶, は最近社会, は村長さんはじめ, は格子, は正義, は殆疑, は氷, は活きた, は潔, は片時, は甚だしく, は畏, は百万遍, は眞, は知れわたっ, は私共深沢, は米友, は練吉, は聞いとる, は自分たち, は色々, は葬儀, は要之助, は言うまでもなかっ, は認めます, は貞永式目, は辻馬車, は過去三十年近く日本, は野武士柾木孫平治氏, は陸軍大学在学当時, は頓, は高時, ばかりずっと, ばかり言い, ほど胸, また手, までかぎつけ, までは判っ, までわかりまし, まで無理, みさげはてたること, もあるでせう, もうれしい, もかの, もござりませぬ, もすまい, もどうやら, もなかッ, もま, もやれ, も一人, も不愉快, も云わなけれ, も何物, も分るらしい, も口, も固有, も存じ, も屹度, も御, も思われた, も手筈, も明治二十九年, も木更津, も比類, も無くした, も疑はれない, も知らん顔, も考えあわせ, も若い, も言った, も起っ, も鑑真将来品目録, やかけ, やなかなか, やらもう, やら知れませぬ, や一緒, や初, や大正十二年, や当, や柿の木, や癩菌, や荒っぽく, や間違, ゆえ今度, よりあるき, よりも時に, らしいん, をあやまろう, をいたした, をいわれる, をおと, をお父さん, をきみ, をさ, をしたい, をし得ない, をそ, をだんだん, をとりあげ, をぬかしよる, をぶき, をみんなベラベラ, をもまた, をも思い出し, をも話した, をやりとげないで, をわすれない, をジイド, をヘナン, を一人憤慨, を上代, を二つ三つ, を云われ, を付け加えれ, を伝聞, を作者, を僣上, を冗談, を勝重ら, を原稿, を古い, を呟, を喋舌, を図らず, を大仰, を奥様, を存じませんです, を封じた, を布告, を引き受け, を徳川夢声氏, を忘れん, を思い出したらしく, を思ひたい, を怪, を悔いない, を悲しまない, を意外, を憂え, を打ちあける, を推斷, を文学的意味, を昔, を最近, を果たそう, を歌うた, を残り惜しく, を水戸君, を漢文, を珍しかっ, を申し渡された, を皆んな, を瞭乎, を知り得るであらう, を祝っ, を笑っ, を続け, を考えまわす, を聞き伝へた, を自明, を藤吉, を見ぬい, を覚っ, を言い放っ, を訓示, を話合つて, を語る光り, を警視庁, を農村工業, を遠方, を附け加え, を顧慮, を龍太郎, 但しボーイ, 勿論, 及びスペイン人, 当然である, 悪く思う, 故時間的, 最甚, 然しわかりきらぬ, 等疲れた, 言って

▼ たもの~ (79254, 4.0%)

5765 である 37072259 では 1895 です 1892 ですから 1406 であった 1314 だと 1244 だから 1049 らしい 999 だった 918 だが 830 がある 749 であろう 697 であるが 649 のよう 497 と見え 489 でしたから 487 であつ 484457 と見える 417 でした 412 があった 403 であらう 399 であること 397 でも 380 なの 369 であります 354 だろう 341 であると, に相違 316296 はない 292 ですが 274 と思われる 267250 であるから 248 だという 242239 であって 235 もある 233 だつた 212 だそう 210 に違い 206 でその 205 があります 204 でしょう 203 でなければ 186 とみえ 185 とみえる 179 じゃない 178 であったが 172 でございます 160 が多い 159 と見えます 150 と見 149 の中 146 であろうと 143 かどう 139 ですね 138 と思はれる 136 でそれ 135 であ, は 133 じゃ, だな, だろうと 129 でせう 127 なん 126 にちがい 120 と見る 118 だね 117 だったが 116 があつ, がない, のやう 113 とすれ 109 ですよ 107 でない, は何 106 もあった 104 だよ, と思う 101 であるという 100 であろうか, でこれ 97 はなかっ 95 かその, になっ 92 らしかった 91 でないこと, に過ぎない 90 はその 86 でこの, と思っ 85 かそれとも 84 があっ 83 がありました 78 だろうか 77 であるか, と言, ならば, を見る 76 でございますから 75 から作る, だらう, に外 73 とする 72 がこの, と思われます 69 はこの 67 かも知れない, になる 65 が, と考えられる, はありません 64 でありました, ね 63 かな, もあります, よ 61 が多く 60 でしょうか, を感じた 59 に違 58 に他 57 があり, でご, と思ふ 56 と信じ, のうち 55 なので, もあり 54 であろうが, といっ, と想像 53 でありますが, で私, にし, は一人 52 を持っ 51 もありました 49 がその, で今, と見られる 48 かそれ 47 じゃありません, でしたが, らしいが 46 が今, であったと, ですからね, と考え 44 は誰 43 を見 42 でありますから, である事, は実に 41 とみえます, の方, を感じ 40 が多かっ, だったの 39 であったの, でございましょう, はそれ, は一つ, も少く 38 となる 37 かこの, だつたが, と私, は自分 36 でありまして, に, もない 35 か私, だし, でないと, となっ 34 かと思う, かもしれない, だらうと, と見なけれ, を見た 33 が出, と云, と解せられる, はなく 32 であるといふ, ということ, のこと, もあつ 31 が急 30 かも知れぬ, がなかっ, だか, でありましょう, であるに, ですな, と思はれます, なること, はただ, は彼 29 だろうが, であったこと, であったろう, らしいの 28 でなくては, は無い 27 だとは, で彼, と推定 26 が今日, だろうかと, であったに, であるらしい, ですか, と考へ, は皆, をその, を持つ, を私 25 かお, が何, だからね, という, と思います, と考える, になつ 24 があろう, だとも, でなくて, で今日, と見えまし, はやはり, らしいと, をお

23 [16件] かあるいは, か今, か急, が一つ, が後, でありその, でありながら, であるかを, でお, でございますが, と察せられる, と見れ, の上, の様, は他, を読ん

22 [14件] かまた, かも知れません, が少く, が沢山, ださうだ, とし, と同じ, と考へる, はあるまい, はなかつた, ばかりである, らしかつ, らしく, をまた

21 [17件] がそれ, だなあ, だろうという, であったから, でござる, でしかも, でそこ, でないという, で中, で自分, といえ, と考へられる, と解釈, にすぎない, はこれ, をもっ, を今

20 [11件] か何, か或は, が一人, だとの, で御座います, と仮定, と思いこん, ばかりで, もあれ, も少なく, を自分

19 [17件] がありません, があれ, が私, じゃねえ, だといふ, だとか, でありそれ, であるの, であろうという, といえよう, といえる, と思い, と思った, と見えた, は実は, もあろう, を出し

18 [11件] かと思われる, かと考え, が多, さね, であるかも, であれば, でございますよ, となつ, なり, になった, は私

17 [15件] があるらしい, が即ち, が次第に, であったらしい, であっても, であるし, である以上, でございました, でないから, とばかり思っ, と解し, にする, のなか, も多い, を書く

16 [23件] かそこ, か或いは, がここ, だけれど, だけれども, であるかは, であるのに, でさ, ですねえ, でまた, で其の, となった, と思われた, な, になり, にほかならぬ, に過ぎぬ, はある, は今, は決して, ばかりだ, を着, を集め

15 [13件] か彼, が他, が彼, が無い, であろうとも, で何, とは思われない, と思え, にご, は恐らく, もあっ, をこの, を読む

14 [16件] かこれ, かまたは, かわからない, がそこ, が大, だねえ, だらうか, であの, と思ひます, と解する, なのよ, にほかならない, に過ぎなかった, は仕方, は大抵, をそのまま

13 [28件] かいずれ, かとにかく, かまだ, が最も, じゃな, ださうである, だったから, だわ, であり, でありまた, であるならば, であるよう, であろうかと, でげす, でございましょうか, でね, と, とおもわれる, と信ずる, になつて, に過ぎません, ねえ, はどう, は必ず, は無, もなく, を書い, を書いた

12 [36件] かと思案, がたくさん, がだんだん, が残っ, が自分, であり従って, であるかという, であるかの, であるけれども, であるとの, でここ, でそして, でつまり, でまだ, で人, で少し, で決して, というの, として, と思つて, と考, と見るべきである, にせよ, はあの, はございません, はそこ, はまた, はみんな, は多く, もなかっ, もまた, も多かっ, らしかったが, を感じる, を手, を発見

11 [41件] かそう, かわかりません, か知らん, か自分, が二つ, が少し, が幾つ, が段々, だなと, だの, だのに, であったか, でありませう, であるとは, でございますね, でしょうね, ですからな, ですわ, で後, で日本, といふこと, といわれ, とされ, としたら, となり, とも考えられる, と思い込ん, と思われ, なれば, にしろ, のため, の内, はお, はどんな, はほとんど, はみな, はもう, は勿論, もその, らしくあります, を少し

10 [51件] かしら, かと考えた, かもう, か今日, か分らない, か姿, か平次, か影, か知らない, がただ, がなく, が少なく, が胸, が非常, だからな, だそれ, だったと, であったので, であるだけに, ですなあ, ですなわち, で一つ, で他, で大, で当時, といわなけれ, といわね, とは言, と云う, と判断, と思, と早合点, と考えられます, と見た, と認められ, と認める, なる事, にある, には, には相違, に對, はたしかに, はなん, は例, も沢山, らしくその, らしく思われる, をそう, をただ, をよく, を何

9 [55件] かあの, かね, か女, か少し, か突然, か誰, がこれ, がすなわち, がもう, が人, が作る, が感じられる, じゃア, ださうだが, だろうな, でありそして, でありません, であるとも, でしょうが, でしょうな, ですかね, でただ, で子供, で非常, とした, とみえまする, とも見られる, と云っ, と存じます, と思われまする, と想, と自分, と覚しく, と言う, と言っ, と認められる, なら仕方, にちがいありません, に限る, はありませんでした, はおそらく, はすべて, は人間, は何人, は全く, は全部, は次, は殆ど, は第, らしいから, をいう, をそこ, を一つ, を入れ, を出す

8 [72件] かということ, かにわかに, かまるで, かもしれぬ, がいた, がお, がまた, が二人, が人間, が出来, が実は, が有る, さえある, じゃから, だけで, ださうです, だろうね, であったかも, であるので, である場合, である限り, でいずれ, でさえ, ですがね, ですし, ででも, でないかと, でないの, でやはり, で同, で本来, で此, で現に, で誰, といふ, とお, としか思われない, として私, との間, と云え, と云つて, と云わね, と信じた, と思はれ, と思わなけれ, と思わるる, と断定, と知れた, と考えた, と考えられ, と見るべきであらう, と認め, に見え, のみで, はいずれ, はさ, はほか, はまだ, は今日, は何で, は前, は少く, は意外, は神, ばかりであった, も, もそれ, も多, らしいこと, を再び, を求める, を見れ

7 [127件] かいきなり, かいつ, かつい, かとも思われる, かと云, かと思った, か今度, か判然, か見当, があの, があるらしく, がいつ, がいない, がかなり, がそのまま, がそんな, がつい, がなかつた, がやがて, が一度, が今度, が出来る, が現在, が真, が第, じゃろう, だからと, ださうな, だったろう, だつたの, だとして, だなどと, だらうかと, であったろうか, であったろうと, であっては, でありこの, でありこれ, でありましたから, であるかと, であるそれ, であるところ, であるにも, でおれ, でこんな, でござろう, でそのまま, でそんな, でない事, でよく, で上, で之, で人間, で其, で多く, で多分, で御, で殊に, で特に, という意味, といわれる, とおも, とこう, としか考えられない, としてある, とは思はれない, と傳, と全く, と同, と存ぜられます, と思いました, と思える, と想われる, と感心, と推察, と相, と考えなけれ, と見えました, と見なし, と見ね, と見られ, と解釋, なのに, ならその, にございます, には違, による, に相当, に見える, のない, はあまり, はいなかった, はここ, はそう, はそのまま, はたとい, はどこ, はまるで, はもはや, はわずか, は即ち, は右, は唯, は大, は大きな, は少ない, は極めて, は私自身, は稀, ばかりだった, ばかりです, もありません, も亦, らしいという, らしいので, をこれ, を今日, を今更, を他, を全部, を口, を彼, を感じさせる, を更に, を返し, を選ん, を食べ

6 [155件] かある, かとその, かと思います, かと思っ, かと思ふ, かと考へ, かと迷っ, かと途方, かどうか, かひどく, かもう一度, かも知れなかった, か不思議, か二人, か眼, か間もなく, があるだらう, がいつも, がいる, がどうして, がまだ, が俄, が出た, が外, が好き, が幾ら, が感じられた, が流れ, が現われた, が皆, が真に, が蘇り, じゃあない, ぞ, だがね, だけど, だこれ, だその, だったという, であらね, であるかが, であるそう, であるとか, であると共に, であろうこと, であろうし, であろうとの, でございませう, でござるが, でしか, でしたがって, でしたよ, でして, でそれら, でつい, でな, でないといふ, でなかった, でなかなか, で一方, で主として, で例, で即ち, で同時に, で実に, で実は, で家, で後に, で普通, で次, で無論, で第, で薄, というべきである, というほか, としなけれ, とせられ, とは思えない, とみえまし, とも思われる, と今, と合点, と同様, と察せられた, と察せられます, と少し, と心得, と思ひ, と思へ, と見るべきであろう, と認められた, にあらず, にしよう, にすぎなかった, にすぎぬ, にち, になりました, になります, にはちがい, に見えた, のみである, の他, はいったい, はいつも, はいわゆる, はかの, はきっと, はことごとく, はこんな, はまず, はもちろん, は一度, は代, は何ん, は単に, は君, は多い, は実際, は實, は少し, は必, は必ずしも, は思わず, は急, は悉く, は日本, は永久, は畢竟, は目, は確か, は見, ばかりな, も今, も多く, も少から, やら, らしいん, らしく思われた, をここ, をすっかり, をみんな, を今度, を出版, を取り出し, を大, を意味, を拾っ, を持ち, を指し, を採用, を目, を相手, を見せ, を見ない, を読んだ

5 [214件] かあまり, かいつも, かさっぱり, かしばらく, かそのまま, かそんな, かとそれ, かとんと, かと考へた, かの, かはっきり, かほとんど, かやがて, か伝六, か右, か妹, か気, か父, か知ら, か知らぬ, か足, か迷っ, か顔, があったら, がい, がいい, がいくつ, がいくら, がこんな, がございます, ができる, がどうか, がどこ, がどれ, がなけれ, がはなはだ, がわたし, が一時, が三人, が主, が今や, が再び, が出る, が動い, が又, が幾人, が心, が既に, が時, が来た, が極めて, が決して, が浮び出, が相当, が眼, が落ち, が見える, が身, が遂に, が過ぎた, じゃあるまい, じゃが, じゃございません, じゃて, たること, だこの, だぞ, だったし, だったに, だて, だなど, だらうな, であったかと, であっただろう, であった事, であと, でありましょうが, であるため, であるとして, であれ, でいわば, でいわゆる, でおそらく, でこれから, でございまして, でしょう親分, ですけれど, ですそれ, ですって, ですもの, でどの, でないか, でなく, でなくその, でなくとも, でなし, でもあった, でもし, で丁度, で先生, で前, で単に, で彼女, で従って, で或, で昔, で是, で最も, で最初, で父, で西洋, で長, とある, というよう, ときめ, としか思えなかった, としか思われなかった, としてこの, として感じ, として理解, として見る, として解釈, となるであろう, とのこと, とはいえ, とはどうしても, とはまるで, とは思われぬ, とは違う, とみゆる, とみられる, とも思はれる, とも思われません, とも考へられる, とも解せられる, と寸分, と思い込み, と成っ, と推する, と推測, と推論, と早, と考えられた, と考へられます, と見ゆる, と観, と言わなけれ, と認定, と謂, なら自分, なるが, なんで, に向, に就い, に間違, に非, のほう, はあと, はかえって, はた, はたいてい, はどんなに, は一体, は何一つ, は僕, は再び, は外, は容易, は彼女, は後, は既に, は是非, は更に, は果して, は此, は甚だ, は相当, は社会, は結局, もいる, もこの, もなけれ, やまた, よと思うた, よの, らしいな, らしくそれ, らしく思はれる, をいかに, をそれ, をだんだん, をまだ, をよむ, をよん, をわざわざ, を云う, を俺, を内, を含む, を後, を心, を思い出した, を感ずる, を指す, を探し, を水, を用意, を胸, を覚え, を誰, を讀ん, を買, を買っ, を食

4 [360件] かあわて, かいくら, かここ, かしらん, かすぐ, かそういう, かたちまち, かとうとう, かと思, かと迷った, かどうも, かどこ, かどっち, かなあ, かもしくは, かもわかりません, かやはり, かよく, から見る, か一度, か不明, か他, か何とも, か例, か全く, か八五郎, か博士, か又は, か小, か御, か新聞, か明かでない, か最初, か知りません, か見えなくなった, か近頃, があったであろう, があるだろう, があるなら, がいかに, がいよいよ, がいろいろ, がこう, がご, がし, がすっかり, がたちまち, がついに, ができた, がどう, がはいっ, がふい, がほか, がほとんど, がよく, がわずか, が一番, が之, が二, が住ん, が何で, が先, が入れ, が初めて, が単に, が大勢, が彼女, が後に, が悉く, が或, が手, が有った, が本書, が永久, が活字, が無かっ, が無数, が父, が現, が甚だ, が目, が確か, が突然, が置かれ, が自然, が誰, が逆, が随分, が頭, さう, さえあった, じゃのう, だあの, だそんな, だったかも, だって, だつたらう, だとかいう, だどう, だらうといふ, だろうその, だア, だネ, であったし, であったそう, であったであろう, であったという, であったろうが, であらゆる, でありそうして, でありそこ, でありましたが, でありましたろう, であり又, であり得る, であり而, であり自分, であるこの, であるしかし, であるとしても, であるのみ, であるやう, であろうとは, でいつも, でおよそ, でかなり, でがす, でけっして, でこ, でございますねえ, でござるな, でごぜ, でさあ, でしてね, でしょうそれ, ですけれども, ですっかり, ですでに, でそれから, でそれで, でない限り, でなかったこと, でへ, でもう, でもと, で一人, で一寸, で一種, で且つ, で僕, で全く, で勿論, で古く, で各, で団十郎, で大体, で大倉集古館, で実際, で屋根, で常に, で平次, で庭, で彼ら, で徳川時代, で恐らく, で所謂, で手, で支那, で既に, で時, で有ろう, で江戸, で江戸時代, で畢竟, で神, で立派, で足, で門, で面白い, で馬, というしかない, といつ, とおもう, とかで, とさ, としか思はれない, としか思われません, としてもその, として初めて, として彼, として説明, とするなら, とその, となつて, とのみ思っ, との区別, とはいえない, とは全く, とは思われません, とみ, とみなす, ともいわれ, とも取れる, とも言, とわかっ, とわかりました, と一致, と信じます, と信じ切っ, と分った, と申し, と申します, と看る, と確信, と考えね, と考えます, と考へられ, と見るべきで, と覚しい, と観察, と観念, と解すべきである, と言え, と言われ, と認めね, と説明, と諦め, なあ, なら, ならそれ, にこの, にこれ, にした, にとつ, には違い, にも見える, によつて, に与える, に思われ, に比べ, に眼, に至っ, に過ぎなかつた, に過ぎまい, に間違い, に限られ, の為, はあるいは, はいう, はいかなる, はいつ, はかかる, はかつて, はすなわち, はそういう, はたった, はだんだん, はどうも, はどれ, はないだらう, はねえ, はひとり, はほんの, はまさしく, はまれ, はやっぱり, はアメリカ, は一, は一切, は一種, は之, は云う, は何と, は何時, は作られた, は依然として, は僅か, は先ず, は別, は割合, は却って, は同じ, は味, は土地, は失敗, は常に, は影, は或, は或いは, は手, は新, は昔, は殆, は無かっ, は無数, は自我, は自然, は血, は西洋, は論外, は赤い, は遂に, は金, は非常, は頭, ばかり, もあらう, もかなり, もございます, もずいぶん, やらさっぱり, よりもむしろ, らしいよ, らしく見えた, をいつ, をお前, をさ, をと思う, をどう, をなぜ, をなん, をもう, をもう一度, をもつ, をやっ, をやる, を一, を一々, を一層, を一朝, を中心, を二つ, を作り, を保存, を借り, を僕, を取り, を同封, を含ん, を土台, を土地, を多く, を愛読, を拝見, を描く, を整理, を書かう, を焼い, を用, を用い, を用いる, を着た, を示し, を考え, を見たら, を運ん, を選ぶ, を頭, を食う, を食っ

3 [671件 抜粋] かあと, かあッ, かうん, かこんど, かこんな, かしきりに, かしれない, かすこし, かただ, かただし, かと, かとおもわれる, かともかく, かとも思はれる, かと想像, かと相談, かと私, かと迷, かどんな, かなかなか, かまるっきり, から順々, かパッ, か一, か一人, か一昨日, か一言, か不意, か中, か二, か二つ, か五六人, か人, か以前, か何ん, か兄, か其の, か再び, か又, か否, か固唾, か娘, か存じません, か宿, か彼女, か後, か手, か日本, か昔, か栄三郎, か此, か死ん, か番頭, か相手, か空, か見, か途中, か静か, か頗る, があったろう, があらう, があるであろう, があるでしょう, がいつか, がいつしか, がいわゆる, がかえって, がこみあげ, がございまし, がすぐ, がすこぶる, がすべて, がそれぞれ, がたった, ができ, がはじめて, がふつ, がぶら, がやはり, がよい, が一切, が一般, が不意, が二三人, が今年, が何故, が作られた, が僕, が入っ, が全く, が其, が其の, が其儘, が前, が印刷, が即, が壁, が多少, が大体, が天, が夫, が実に, が家, が尠, が忽ち, が感じられ, が感ぜられた, が時々, が本, が案外, が此, が歩い, が残つて, が浮ん, が消化, が無く, が現れ, が発見, が神, が経験, が胃, が舞台, が起き, が足, が金, ごしの, じゃあねえ, じゃが今, じゃったが, じゃないでしょう, じゃなし, じゃわし, じゃ無い, じや, たるに, だけあ, ださうでその, だぜ, だそして, だったな, だったので, だつたか, だとさ, だらう錢形, だろうかという, だん, だナ, だ何, であったけれども, であったとしても, であったとの, であった場合, であらざる, でありませうが, であり他方, であり現実, であり超越的, であるかに, であるまい, であるらしいこと, である故に, である筈, であろうから, でいま, でかかる, でかく, でことに, でこれら, でございましたが, でございますか, でございますな, でございますなあ, でございませうか, でございませうな, でしかし, でしてな, でしょうかな, ですと, ですなと, ですわね, でそう, でそういう, でその後, でそれ以前, でちょうど, でちょっと, でとても, でどこ, でどんな, でないもの, でなくまた, でなん, でほか, でほんの, でまず, でまるで, でみんな, でもとより, でサ, で一, で下, で不思議, で中学, で二人, で元, で元来, で兄, で古い, で土地, で大抵, で如何にも, で寧ろ, で幼稚, で建物, で形, で御座いましょう, で御座いましょうか, で御座いませう, で必, で必ずしも, で日本人, で有る, で本人, で歌, で無く, で特別, で犬, で相, で確か, で簡単, で結晶, で色, で要するに, で重, で金, で長い, といえなく, といったほう, といふ意味, とされた, としか考えられなかった, としては, として我々, として扱われ, として非難, とせ, とそう, とそれ, との関係, とはいい, とは似, とは又, とは思えなかった, とは異, とは言い, とは言えない, とは違った, とばかり考え, とほか, とみれ, ともいえる, ともとれる, とも思われます, とも想像, とも考えられぬ, とも解釈, と一緒, と不思議, と作る, と信じられ, と信ぜられ, と判った, と噂, と存ずる, と察しられる, と心, と思い込んだ, と思はる, と思ひこん, と思ひ込ん, と思召, と感じ, と感じた, と推し, と推断, と断言, と殆, と比べ, と比較, と睨ん, と知っ, と知られた, と考へた, と聞く, と見られた, と見られない, と見るべき, と解した, と言える, と言わね, と違, と鑑定, などは一人, ならあんな, ならこの, ならすぐ, なら恐らく, なら誰, にございまする, にしなけれ, にそう, にならない, にはお, にはすぐ, にはやはり, にもせよ, によく, に似, に共通, に取っ, に寸分, に心, に思えた, に思われた, に最後, に比べれ, に自分, に限っ, のみであった, の後, はあっ, はいくら, はいない, はいや, はおの, はかく, はきわめて, はけっして, はございませぬ, はさらに, はすぐ, はそんな, はたくさん, はとうてい, はどうしても, はどんどん, はなかなか, はなんと, はひとつ, はみんな自分, はよく, はわたくし, はカント, は世界, は主として, は二度と, は人, は仕様, は伝六, は余り, は例えば, は全然, は又, は古く, は大きく, は少い, は尠, は幾ら, は当時, は彼ら, は御座いません, は忽ち, は急い, は愛, は所謂, は敵, は最も, は最後, は最早, は未だ, は本当, は格別, は正しく, は歴史, は死ぬ, は残らず, は比較的, は江戸, は無く, は父, は特に, は現在, は生れ, は生島屋, は白い, は直に, は石, は精神, は絶対, は美しい, は自身, は記憶, は過去, は食べる, ばかりだつた, ばかりでした, もあったであろう, もあるであろう, もあるらしい, もそのまま, もなかつた, もみんな, もやはり, もゐる, も今日, も全く, も出た, も多数, も幾人, も昔, も自分, も遂に, やらそれ, や或いは, よりほか, より作る, らしくしかも, らしくまた, らしくも, らしく思はれます, らしく眼, をあなた, をいまさら, をいろいろ, をかぶっ, をさいかち, をすぐ, をそっくり, をつけ, をとお, をと今更, をはっきり, をみる, をもと, をわれわれ, を一つ一つ, を両手, を丹念, を云, を人間, を他人, を使用, を出せ, を別, を取, を取る, を受けた, を吐き出した, を多数, を大きな, を大切, を姉, を幾つ, を引っ, を思い出し, を悉く, を意識, を挙げ, を捜す, を探す, を搜, を日本, を書きたい, を次, を残し, を殺し, を渡した, を無理, を父, を発表, を直ぐ, を着せ, を知らない, を破壊, を紹介, を纏め, を纒め, を考へ, を自然, を自由, を見つけた, を見出した, を見出す, を読み返し, を読んだら, を身, を選んだ, を除い, を集めた, 聞いたもの

2 [2030件 抜粋] あり, えらいもの, かいっこう, かかなり, かさて, かすごすご, かその道, かちゃんと, かといふ事, かとも思う, かと不思議, かと少し, かと思い迷った, かと目, かどうしても, かねえ, かは知らない, かほか, かもし, かも知れず, かようやく, から一つ, かわからなかった, かわれ, かコソコソ, か一日二日, か二三人, か何時, か俺, か兎, か判断, か卓子, か吊られた, か四方, か太郎丸氏, か学校, か小林区署, か庭先, か御用, か急い, か或, か既茶, か朝, か検事, か母, か然, か玄関, か盤景, か知れません, か美味く, か腹, か裏口, か親分, か諦めた, か返事, か途方, か遠く, か隣室, か顏, があまり, がありましょう, がいう, がいつのまにか, がいや, がお前, がきょう, がことごとく, がしまいに, がそれほど, がだんだんはっきり, がときどき, がなくなりました, がなんだか, がはっきり, がほぼ, がまじっ, がやっと, がゐる, が一朝, が一等, が不思議, が丸切り, が二箇所, が他日, が例, が出口, が割りきれない, が取り, が地方, が大分, が容易, が少い, が彼方, が必要, が我, が所謂, が文学, が最初, が来世, が欲しく, が流れ込ん, が消え, が漸, が無, が爲恭の, が理由, が田楽, が直観空間, が礼, が置い, が蛇, が見え, が身体, が邪魔, が随筆, が頗る, こそまこと, さえあります, さなあ, じゃあありません, じゃごわせん, じゃないです, すらあつ, それとも何, だからさ, だがなあ, だけである, だけに人間, だここ, ださうでこれ, だったらしい, だつたこと, だでは, だとしても, だよっぽど, だろうから, だわい, だバルザック, だ今日, だ田舎, であったかという, であったとして, であったらしいが, であなた, でありしかるに, でありたい, でありもう, であり人, であり得ず, であり更に, であり神, であり結果, であるであろう, であるまいか, である勿論, である青木, であろうぞ, でいづれも, でおまけ, でこういう, でございますので, でさも, でしたね, ですかなあ, ですけど, ですのに, でそうした, でそれぞれ, でた, でたどたどしい, でついに, でないかとも, でない以上, でなかったの, でなかろうと, でなく却って, でなく自然, でぼく, でもなかつた, でやつ, でわたし, でジャン, で一本, で上方, で並々, で久しい, で今や, で伝説, で便宜上多少, で先ず, で内, で動機, で去年, で只, で同じく, で問題, で土人, で大して, で天下, で娘, で實, で小使, で尤も, で床板, で彼等, で恰好, で我国, で文章, で明, で曲者, で有らう, で松下, で根笹, で此処, で比較的, で無い, で狭い, で男性, で目, で眼, で精密, で絵, で而, で自ら内蔵, で葉書, で親, で謂わば, で近頃, で鑑賞, で雨露, で食事, とあきらめなけれ, というもの, といはね, とおもわれます, とか聞い, とここ, としか思はれなかつた, としか見えぬ, としてこれ, としての即ち, としてむしろ, として取扱, として居る, として感じられる, として眺め, として自身, として誰, とそっくり, となりました, とはし, とは云う, とは反対, とは思えぬ, とは思わなかった, とは自然, とは言われぬ, とばかり思つて, ともいえるであろう, とも思われない, とも見られぬ, とわかった, と一方, と二種類, と今日, と信ぜられる, と判明, と同一, と定められ, と察した, と後, と思つた, と思ひました, と感違い, と断, と決め, と目, と知れ, と等しい, と考えられなけれ, と考へます, と見えない, と見込み, と解したい, と言えよう, と誌, と説く, と酷似, ながら第, などが密生, などもある, ならあれだけ門, ならん, なら殺した野郎, なら鞘, なんかありやしません, にあらざる, にかえって, にされた, にそっと, について, になりかかっ, になれ, にはその, にはなっ, には私, には非常, にもなる, に依る, に変っ, に小さな, に御, に感じ, に於, に比べる, に考えられ, に見えました, に過ぎないだろう, に關, のところ, はあ, はありませぬ, はいくばく, はおなじみ, はかなり, はさっき, はじつは, はぜひ, はそんなに, はたま, はちょうど, はつまり, はないだろう, はなるべく, はまあ, はみな金, はもと, はマルクス主義, は一層, は一般, は世, は主人, は二束, は今や, は他日社会, は何処, は余人, は元来, は全国, は出ない, は千利休, は否, は喜ん, は外国, は大切, は如何, は存外, は寄席, は少, は屹度, は式亭三馬, は従来, は恋愛, は或は, は支那人, は數, は明治, は普通, は有るまい, は枚挙, は概して, は死し, は残っ, は泥, は滅多, は狼, は現金, は生き, は田舎, は百人, は直ぐ, は立派, は粉砕, は老人, は良人, は虚無, は見えなかつた, は言, は賤, は近所, は重い, は青年, は韻律, ばかりでなく, へ好ん, までがその, もあるべきである, もございません, もだから, ももはや, も元, も同じ, も大分, も尠, も数名, も残っ, も皆, も食糧不足, やその, やらその, やら誰, ゆえこの, よりもさらに, よりも遙, らしいそれ, らしいね, らしい目, らしくどこ, らしく三畳間, らしく引き裂いた巻紙, らしく穴, らしく見えるが, らしく頼み少ない, をあなたさま, をあゝ, をこしらえ, をさがす, をすべて, をたとえ, をつくる, をとり出し, をと怪しんだ, をなんと, をのせられ, をふっと, をもち, をやつ, をトースパン, を一瞬, を世間, を主, を乾燥, を互にもっと, を作っ, を使, を假, を兎, を切紙, を勝, を又, を右, を哀願, を塗っ, を失, を尊重, を差出します, を店, を彼女, を後に, を忘れ, を急, を愛し, を感じます, を折, を持った, を捨て, を描い, を数多く, を時々, を暴く, を板, を此, を母親, を洗, を湛え, を無駄, を理解, を發見, を真, を知っ, を考えた, を腰, を血, を製造, を見せられた, を見つけました, を見なかった, を覚える, を試み, を読むべきだ, を負け, を賢い, を載せ, を送っ, を遺品, を食べさせられ, 出て, 少くとも, 故, 第三

1 [15383件 抜粋] あきらめ切れない, あんな馬鹿, かあせれ, かうかつ, かがらがら, かさしうつむい, かそこここ, かちょっと, かとおもいなやん, かともども, かと口, かと思はれる, かと注意, かと見られる, かなかには, かに夜すがら, かは更に, かまもなく, かよ, からま, から孵った, から自分たち, かを見る, かドウ, かマ司令部, か三冊, か二こと三こと, か仏頂寺, か先ず, か判りません, か厳しい, か唐, か夜中, か奴, か小雀一羽, か平兵衛, か御用提灯, か慇懃, か放火, か是, か杳, か歪んだ, か浪花屋, か焼印, か甲板, か目, か神器, か紳士, か肥, か華雲殿, か襟垢, か貝, か逼ら, か関ヶ原, か飼犬, があちらこちら, がいちど, がきわめて, がさうさせ, がそれぞれ手分け, がつけ, がなつかしい, がひとたび, がまたし, がやって来る, がグラグラ, がヒシヒシ, が一めん, が一転化, が下諏訪, が久原, が互に, が今日存在, が何処, が僕等, が六倍, が出来得るであろう, が勞働階級中, が単なる, が右, が問題, が城, が大好き, が女人, が家庭教師, が居ないらしい, が幸三郎, が当り, が忍びやか, が戎衣, が据ゑてあつた, が文学者, が映り, が最もよく, が枯れた, が死な, が泥田, が湧き出, が爆発, が生きた, が發, が真珠, が積み上げ, が絶無, が肌身, が舞台効果, が衆, が見られます, が証拠, が赤い, が逃避, が都会, が隨分, が顕わ, が黒沢口, こそ或, ご迷惑, さこんな, しか持っ, じゃが不器用, じゃ御座いませんでした, すらた, その配色, だあと, だけが真に, だけども, だけに月並, だけを入れる, ださうで封, だったらさぞかし, だともかく, だもしや, だろうとの, だわねえ, だ先生, だ旗本, だ虚無党, であっさり, であったら却って, でありかく, でありますとか, であり一つ, であり其等, であり家, であり時, であり皇祖, であるいづれ吐火羅國, であるとばかり, である中, である外, である私, であろうとに, であろう微か, でいつか, でかつまた, でこれ以上, でございますどう, でござんしょう御, でしょうおじさん何, ですぐさま, ですよろこんで, です貴, でたとえて, でとりわけ, でないにも, でなくいろいろ, でなく二人, でなく建築, でなく祖先以来遺伝, でにやにや, でまつたくウンザリ, でも自然, でアイヌ人, でケ, でトタン, でボタン一つ, で一切, で一般人, で三味線堀, で中でも, で二年, で人生, で以仁王, で侍形気, で八つ折, で内省的, で切口, で効き目, で即座, で同人, で唐末宋初, で土間, で外側, で大阪, で嫉妬心, で定めて, で射入, で岩, で年数, で引取人, で得意先, で思った, で成敗利害, で揚屋, で斯, で昔クリスマス, で最新式, で東寺, で極言, で此鉤, で民船, で洗う, で漢, で燐, で理論的, で発表, で真偽, で神籠石研究上, で立山, で結局, で老, で自活, で英国臣民, で藤波自身, で見えぬ道, で調合台, で踵, で酌源堂, で長生, で露骨, で馬來人, とあきらめよう, といかなる, といわない, とか慰み, とさえなっ, としていかなる, としてのちのち, としてはじめて, としては見出されないであろう, としても舟木くん, として与えられた, として先ず, として受取りたい, として弾, として日本, として現, として紹介, として解し得られる, として重要視, とせん, とでも思, との事, とはおれ, とはまとめ, とは思わず, とは自分, とは餘程違つて, とみえました, とも思いませぬ, とも解せられ, とを食った, と二劉, と似, と別れる, と同席, と定義, と思いなさい, と思われるです, と斷, と比事, と疑った, と等しく, と考へたい, と西洋人, と視られ, と言いつべきだ, と認めよう, と違う, どんな猛火, など, などにうつし, などは血, などを言う, ならいつも, ならなに, なら何時, なら彼等, なら痕跡, なら首くくり, なんか卒業, にお松, にしづか, についての怨み, にところどころ, になりませう, にはちょっと, には一等, には厚い, には恭一, には気高き, には自分たち, にばかり驚い, にめぐりあった, にも穢, によりまする, に丸い, に保存, に包まれ, に変つて, に対してはのんき, に対するいとわし, に引かれ, に感じはじめた, に施す, に気, に眺め, に聞こえ, に親切, に過ぎず, に頼んだ, のみあろう, のみに適用, はあらう, はいぶかし, はき, はさぞ, はすべて対象, はちりぢ, はないさうな, はぶきみな一通, はみんな太宰さん, はやっと, はイスラエル, はシベリア, はピカ一, はロマン派, は一目, は三日間宮中, は丸子揚, は二時間, は仮面, は俳優芸術, は克, は再びけっして, は前夜素足, は千五百万人, は友, は合計二十一名, は唯一軒, は地下足袋, は変える, は大抵一度, は婦女童幼, は家庭的問題, は少数, は希臘, は弁証法, は微, は恐ろしく, は戦勝, は損, は斬る, は明治初年, は最近半年間, は東京府南多摩郡加住村大字宮下, は森鴎外氏, は此鎮護詞, は母親, は洗いたて, は源護, は無造作, は猟銃, は由緒, は白井, は目つき, は破棄, は突然, は紙一枚, は緒方氏, は肉親, は船長, は落ちるべき, は街路, は解脱, は豆, は載せなかった, は通例何, は金吾中納言秀秋, は限り, は須磨子, は骨, ばかりが出来た, ばかりを指す, へである, へ箱書, ぼやけたもの, までが知らせた, まで腐る, もいわゆる, もだまりこん, もよく, も何となく, も同意, も少い, も數篇, も用済み, も見た, も面白く, やらと思われます, やら私, や古道具屋, や繍, ゆえ六角, よりは生活的実感, よりも生活的, より稀薄, らしいに, らしい瀑, らしくかの, らしくイノコヅキ, らしく人気, らしく外側, らしく思われますが, らしく機体, らしく私, らしく見えるふし, らしゅうございまして, をいおう, をおもい当てる, をくらべ, をしかと, をそんなに, をつく, をとの註文, をと自, をはからずも, をふりきっ, をみな嘔, をも使, をろくに, をソース, をマスコット, を一晩, を下げる, を二列, を今人, を低温室, を使つて, を具え, を刷っ, を厚く, を取り落し, を各人, を味おうと, を図らず, を大巻博士, を学士, を小さく, を帯び, を引出した, を後難, を思ひ出しました, を感ずるらしい, を抄写, を拝借, を挙げれ, を採択, を撒き, を文芸, を書きかけてる, を根こそぎ, を此上, を求めたなら, を添え, を片, を生み出す, を皆パンコフ, を着る, を穢れ, を終っ, を翌日, を自然そのもの, を被っ, を見付出した, を詰めさせる, を讀んだ, を踏みこえ踏みこえ, を連れ, を配し, を除き, を食おう, ネ, 再びする, 又は充実, 多く冬, 悪しきもの, 故御免, 無様式, 総延長

▼ たので~ (55881, 2.8%)

2662 あつた 1279 私は 922 あらう 739 せう 710 彼は 494 ござります 428 それを 196 僕は 175 彼女は 169 わたしは 168 私も 166 あらうか 155 それが 138 二人は 131 私の 127 これは 116 あつて, それに 106 すぐに 102 急に 98 彼の 96 自分の 94 自分は 93 あらうと 87 今度は 82 急いで 80 私が 77 それは 76 これを 75 ござりましょう 73 あらうが 69 わたくしは 64 半七 59 あわてて 58 これも, 何か 56 かれは, 私たちは 55 ござりまする, 驚いて 53 非常に 50 せうか, 誰も 49 二人の, 人々は 48 さすがの, 他の, 彼も 47 そこへ, 男は 46 今は, 今日は 45 家の 43 ござりました, その日 42 びっくりし, みんなは 41 その時, 彼が 40 そこに 39 彼女の, 父は, 自分も 38 そのため, その方, 一同は, 彼等は 37 それで, 気が, 眼を 36 右門は 35 さう, それも, 三人は 34 そこから, ふたりは, 余は, 女は, 母は 33 何の 32 こんどは, びっくりした, 自分が 31 ぼくは, 僕も 30 さすがに, 何も, 安心し 29 いそいで, そのままに, 今では, 例の, 先生は, 私達は, 黙って 28 ハッと, 少しも, 彼らは, 村の 27 一人で, 女の, 手を 26 あつたらう, して, そのま, 一緒に, 皆は 25 そのこと, 今まで, 父の 24 わたしも, 宗助は, 彼女が, 見ると 23 これが, どうする, 此の 22 かれら, ここに, その人, その晩, 安心した, 慌てて, 或る, 目を, 話は

21 [11件] そこの, そこを, その頃, みんなが, ホッと, 一時は, 今の, 何を, 彼を, 部屋の, 顔を

20 せうが, それらの, 今でも, 念の, 我々は, 私と

19 あとは, きょうは, せうね, その中, そんなこと, 豹一は, 近所の

18 これで, これに, そのとき, それから, ほかの, ビックリし, 主人は, 思い切って, 次の, 皆が

17 あるならば, しよう, その後は, それからは, 前の, 後に, 御座ります, 気を, 秀吉は, 自然に

16 [13件] この人, その男, ちよつと, 二人とも, 人の, 今も, 吃驚し, 喜んで, 心の, 持って, 日本の, 義雄は, 自分で

15 [13件] ござりまし, しまいには, その場, わしは, 仕方が, 出て, 口を, 右の, 母の, 直ぐに, 私には, 葉子は, 驚いた

14 [23件] いまは, おどろいて, その夜, それには, びつくりし, わたくしも, わたしの, 之を, 仕方なし, 僕の, 先生の, 初めは, 博士は, 富岡は, 御米, 母親は, 流石の, 無理に, 眼が, 聞いて, 行って, 誰が, 途中で

13 [26件] そつと, その家, その話, はござりませぬ, わたしが, クリストフは, 三人の, 不審に, 何事かと, 俺は, 僕が, 多くの, 大喜び, 大急ぎで, 妻は, 娘は, 学校の, 小林君は, 弟の, 彼に, 母も, 気の, 流石に, 渠は, 目が, 静かに

12 [34件] あとから, あとの, いつもの, お蝶, この時, その後の, その点, その通り, その間に, それまで, た, みんなも, 一人の, 一座の, 二人が, 今日の, 仕方なく, 何にも, 即座に, 妙に, 妾は, 家を, 少年は, 帆村は, 幸いに, 店の, 後から, 後には, 有った, 水を, 父も, 私たちの, 頭が, 駿介は

11 [48件] あたしは, あツ, いつでも, おれは, ここへ, この頃, こんなこと, すぐその, すつかり, そのお, それと, だれも, どうした, なかろう, はござりますまいか, びっくりしました, ほんとうに, 一と, 一郎は, 世間の, 久しぶりに, 今から, 今度の, 今日まで, 伝六は, 何事も, 俄に, 傍に, 其処に, 大に, 女中は, 嬉しかった, 家に, 家へ, 容易に, 愛ちやんは, 手に, 東京へ, 止むを, 武蔵は, 王は, 相手の, 窓を, 腹を, 誰にも, 買って, 足が, 頭の

10 [43件] いくらか, いよ, お延, かの女, かれの, この上, この日, ごぜえます, すぐそれ, そのあと, その名, ついその, ともかくも, ほつと, よろこんで, 中, 二人で, 人びとは, 今に, 信長は, 兄の, 咄嗟に, 変な, 多少の, 天皇は, 夫人は, 夫婦は, 当時の, 彼らの, 彼女も, 彼等の, 心配し, 慌て, 手紙を, 折角の, 最後の, 母が, 毎日の, 王子は, 細君は, 足を, 隣の, 馬は

9 [61件] あとで, あなたの, あれは, いずれも, お前の, お前は, ここで, これには, しようね, すべての, そのうち, その事, その女, その顔, とう, どうかし, なんの, ひそかに, ゆき子は, わたしたちは, ニールスは, 一種の, 久し振りに, 人間の, 今までは, 今朝は, 何かの, 何心なく, 俄かに, 初めの, 力を, 助かった, 叔父の, 叔父は, 土地の, 声を, 夜に, 夢中に, 客は, 左の, 己は, 幸子は, 庭の, 庸三は, 強ひ, 彼女を, 敵は, 昔の, 源氏は, 私に, 私を, 耳を, 胸が, 胸を, 自分でも, 逆に, 道を, 長三郎は, 隣りの, 顔は, 魚は

8 [84件] あらうかと, あらうその, ある日, おざる, お銀, お雪, かれも, ここには, こちらも, この辺, これまで, さうし, さしもの, せうよ, そう云う, その上, その噂, その後も, その言葉, その金, その騒ぎ, それへ, それまでは, だまって, なくして, ほっとした, もしやと, やつと, よく見る, われわれは, 一座は, 不思議に, 主人の, 人に, 代助, 伸子は, 何でも, 僕達は, 兎も, 又も, 君の, 城太郎は, 外へ, 夜は, 女が, 女房は, 子供の, 子供は, 宿の, 實は, 平次は, 年の, 彼等が, 後を, 怒って, 息を, 文字春は, 日が, 早速お, 早速その, 明智は, 普通の, 暫くは, 最初の, 有つた, 有名な, 本当の, 次郎は, 気に, 父が, 町の, 皆な, 私たちも, 立って, 素直に, 翁は, 老人は, 船は, 蚊帳の, 蝶子は, 近くの, 関羽は, 頭を, 首を

7 [96件] い, いっしょに, うれしくて, おじいさんは, お光, お君, お定, お母さんは, お綱, お通, お高, がす, ここの, このまま, これ幸い, さてこそ, しかたなく, じぶん, そこには, そのほう, その儘, その声, その年, その足, そばに, それによって, それの, ついでに, つまりは, どうかする, ほかに, よく覚え, わたくしの, ジョウは, セエラは, メグは, 一つの, 一つは, 一度は, 上の, 人々の, 今度も, 仕事を, 体を, 何う, 何が, 僕等は, 先に, 先生に, 其れ, 別の, 前に, 博士の, 吃驚した, 君は, 呂布は, 外の, 夜の, 大いに安心, 大抵の, 始めて, 娘の, 帝は, 弦之, 思いきって, 日の, 最初は, 朝から, 来て, 氣が, 火の, 男の, 皆で, 直吉は, 相手は, 眼の, 着物を, 祖母は, 私達の, 窓から, 腹が, 自然と, 親の, 話が, 話を, 誰か, 誰に, 身を, 返事を, 退屈男は, 連れて, 遂には, 雨の, 顔の, 飯を, 馬の

6 [124件] あたりは, あたりを, あとを, あなたは, あの時, いろいろの, お徳, お筆, お駒ちゃん, こ, このとき, この事, この二人, この点, これからは, これと, これらの, さっきから, さつ, さへ, そこで, そこまで, そこらの, その前, その方面, その筋, それではと, それなら, そんな事, ついには, どこか, どこの, なからう, はござりませぬか, はじめの, ひとりで, ほっとし, やっとの, やっと安心, よかった, よく知っ, アメリカの, クリストフの, ジョバンニは, トルレスは, ホテルの, 一時に, 一般の, 一行は, 丁寧に, 丑松は, 世間では, 両親は, 中に, 中には, 中将は, 主人が, 人を, 今この, 今夜は, 今年は, 他に, 何という, 信長の, 俺も, 兎に, 出かけて, 出来るだけ, 刀を, 前から, 右門も, 困って, 変だ, 大勢の, 大声で, 大騒ぎに, 夫は, 妻の, 子供を, 宗助も, 室の, 家中の, 寄手の, 小次郎は, 帰って, 幾分か, 役人は, 彼れ, 後の, 態, 扉を, 手の, 斯う, 早速この, 明日は, 時間が, 曹操は, 有ります, 朝の, 止めた, 殆ん, 氏は, 気がついて, 汽車の, 涙を, 物に, 相手に, 矢代は, 第一, 米友が, 老人の, 蘭軒は, 見て, 訪ねて, 許宣は, 読んで, 諭吉は, 警部は, 貞之進は, 起きて, 退屈男の, 酒を, 非常な, 飛んで

5 [216件] ああいう, あたりの, あつたら, あなたに, あの人, あらうし, あわて, おかあさんは, おざりまする, おせんは, おつぎ, お八重, お前が, お姉さん, お待ちし, お琴, お目, お粂, お艶, こいつは, こちらの, こっちも, このごろは, このよう, この事件, この前, この機会, この男, この話, これなら, これにも, こんどの, ござらう, しばらくは, すぐにも, せうと, そういうもの, そうと, そこは, そのついで, その代り, その名前, その当時, その意味, その手, その新しい, その旨, その時代, その準備, その結果, その音, そばへ, それからあと, それからという, それこそ, それでその, それについて, そんなもの, そんな所, とうとう私, どこへ, なんでも, はっとして, はっと思っ, びつくりした, ふいと, またその, みんなで, みんなに, もつと, アッと, バックは, ヒョロ子は, マリユスは, ロリー氏は, ローリイは, 一家の, 一知は, 七兵衛は, 三人とも, 下から, 不図, 世の, 両方の, 両親も, 中の, 主人も, 久能は, 乗って, 予は, 事件は, 二人も, 五百は, 京都へ, 亭主は, 人々が, 人々も, 今その, 今日でも, 伊四郎は, 伊織が, 伊織は, 佐助は, 何うにか, 何となく其, 何んだ, 供の, 兄は, 六三郎は, 其処で, 刑事は, 前後の, 半分は, 友人の, 同じよう, 君江は, 吾輩は, 周囲の, 周平は, 周章てて, 喜兵衛は, 変に, 夏の, 夕方の, 夕飯を, 夜が, 夜も, 大へん, 大変な, 大笑, 太郎は, 妹の, 姉は, 婆は, 婦人は, 嬉しくて, 学校に, 家には, 家族の, 小坂部は, 少しは, 少し安心, 少なからず, 岸本は, 巡査は, 己の, 市郎は, 帰りに, 床の, 引返して, 彼と, 彼には, 後は, 従って, 御座りませう, 御座居ます, 心が, 息が, 悦子は, 振り向くと, 振向くと, 敬太郎は, 昌作は, 昨夜は, 昨日の, 時の, 時間は, 月の, 朝早く, 東京に, 東京の, 検事は, 正直に, 残って, 殿の, 母親の, 水の, 江戸の, 池の, 汽車に, 津田は, 渡りに, 父親の, 父親は, 犬の, 猶更, 玄徳は, 王の, 田舎の, 皆の, 目の, 知って, 礼を, 私共は, 竜之, 竹童は, 自分たちの, 自分に, 船の, 若人たちは, 見物人は, 覗いて, 試みに, 詳しいこと, 警官は, 身体が, 辰代は, 近頃は, 遂, 遠くの, 遠慮し, 野村は, 雪の, 顔も, 駅の, 魏の

4 [423件] あつたさうだ, あらうから, あらうそして, あらうとの, あれほど, あッと, いい加減に, いまでは, いよいよその, いろ, いろいろと, いろいろな, うちの, うつかり, うれしかった, うれしさ, おおかみ, おじゃります, おぢ, おばあさんは, おりから, お二人, お利代, お国, お城, お岩, お文, お父様, お米, お糸さん, お芳, お葉, お角, お遊さん, お駒, がすよ, がっかりした, きみは, きんは, げすが, げすな, こういうこと, ここでは, ここでも, こちらは, こっちの, こっちへ, このこと, このほう, この家, この方, この旅行, この間に, これでは, これはと, ご座, さてはと, しかたなし, しかもその, すっかり安心, すっかり面, せうな, せう親分, そいつを, そこが, そしてその, そのあたり, そのころ, そのそば, そのつもり, そのとおり, そのままそこ, そのままその, そのよう, その事件, その二人, その傍, その子, その山, その店, その当座, その後に, その朝, その本, その留守, その罰, その翌日, その自動車, その跡, それから後, それだ, それでなく, それとなくお, それをも, たいへんに, たちまちに, だんだんと, ちょいと, ちょっと驚いた, ついそれ, ついて, ついにその, とうとう思い切っ, どうしよう, どうなる, どこかへ, どこへも, なしに, なにも, はいって, はじめは, はっきりと, はつきりもう, はる子は, ふたりとも, ふたりの, ふと冬, ふと私, ふり返っ, ほんとうの, ぼくの, またも, まわりに, みんなと, もうその, もう何, もう大丈夫, もう私, もしかしたら, やうやく, よほどの, わかりました, わけも, アリョーシャは, カムパネルラが, カムパネルラも, ドアの, ドッと, パッと, パーシウスは, ポケット小僧は, 一本の, 一生懸命に, 丁度いい, 万吉は, 三人で, 三藏は, 上野の, 下の, 下宿の, 下男は, 不思議な, 主婦は, 久しい石城, 久松は, 之に, 事が, 事の, 事を, 事実は, 二階の, 五人の, 人は, 今までの, 今夜の, 今日では, 今日も, 他人の, 代りに, 以前の, 仲国は, 休んで, 会話は, 何うし, 何だか急, 何とかし, 何処かで, 何処へ, 何気なく手, 余も, 余計に, 保は, 健三は, 傘を, 僕と, 先生が, 先生も, 八月に, 其の日, 其処へ, 冬の, 前へ, 助かったと, 助かったの, 助かりました, 助かりましたが, 努めて, 勘次は, 十分に, 千代子は, 千枝太郎は, 千種は, 半蔵は, 厶ります, 去年の, 反射的に, 叔母は, 只さえ, 可哀, 右門の, 名人も, 向うの, 向ふ, 君に, 四人の, 四人は, 国民の, 地方の, 声の, 外から, 外部の, 多くは, 大勢が, 大将は, 大森の, 大概の, 大笑いに, 夫に, 夫人が, 奥さんは, 奥の, 女を, 女中に, 女房の, 女達は, 妹を, 姉と, 姫は, 嬉しさ, 子供に, 子供心に, 学校は, 学生が, 安心しました, 安心を, 実際には, 客の, 室内は, 宵から, 家では, 家は, 小供, 小屋の, 小林君が, 少しの, 少年の, 山の, 川の, 己れ, 市内の, 帰ろうと, 幾度か, 床を, 店を, 座敷は, 建物の, 弟は, 張飛は, 当人も, 彼女に, 往来の, 待ちかねて, 御挨拶, 忠一は, 恥を, 意外に, 愕いた, 我々の, 我ながら, 戸を, 戻って, 抽斎は, 振り返って, 振向いて, 政府は, 教授は, 新吉は, 新太郎君は, 新子は, 新子も, 新聞の, 日本人の, 早々に, 早速私, 明智探偵は, 昔は, 昼間は, 時は, 時を, 時計を, 時間を, 曹操も, 最初に, 最後に, 木の, 木之, 本人は, 本郷の, 机の, 村川は, 東京から, 松の, 柏の, 染吉は, 栄二は, 権之, 歌の, 止して, 正式に, 正確に, 残念ながら, 母と, 母に, 気の毒に, 気持が, 水が, 水は, 海の, 源太郎は, 漸, 火を, 無事に, 玲子は, 現在では, 用意の, 由良は, 疲れて, 病人の, 皆も, 盃を, 真の, 眸を, 石子刑事は, 確かな, 確かに, 磯五は, 祖母の, 祖父は, 秀之進は, 私どもは, 私にも, 稀に, 窓の, 簡単に, 素子は, 結局は, 続いて, 緑の, 老婆は, 考えて, 肝心の, 自分では, 自分ながら, 自分には, 自分より, 良寛さんは, 花柳の, 若い者, 若者は, 茶山は, 草の, 草川巡査は, 藤吉郎は, 藩の, 行く, 表の, 見に, 覚えて, 親戚の, 誰でも, 調べて, 警察では, 警察の, 豚吉は, 貞之助は, 賊は, 走って, 足の, 身の, 身体を, 車の, 車を, 途中から, 遠くから, 部屋に, 酒に, 酒の, 重兵衛, 重吉は, 金を, 金兵衛は, 長吉は, 間に, 附近の, 隣家の, 雨に, 電車で, 靴を, 頭から, 頭に, 顔が, 風呂の, 食事の, 食事を, 餘り, 馬車の, 驚いたの, 驚きました, 驚ろい, 高氏は, 鳥は, 麹町の, 黙つて

3 [752件 抜粋] あたしが, あたりが, あたりに, あつたなら, あつたの, あまりの, あらうそれ, あらうなれど, あらうもう, いい加減な, いきなり, いさ, いささか失望, いつもより, いつもよりは, いやでも, いよいよもっ, うしろを, おかみさん, おたか, おどろいた, おまん, おれが, おれも, お伺い, お勢, お十夜, お嫁さん, お島, お桐, お民, お湯に, お源, お猫さん, お玉は, お経, お蘭, お関, お雪ちゃんが, かくの, かたわらに, がっかりし, がっかりしました, きょうの, ぎょっとし, げすから, ここから, こちらに, こちらへ, この仕事, この名, この夜, この子, この年, この後, この本, この正月, この突然, この老人, これだけでも, これでも, こんな事, こんな時, さぞお, さっそくそれ, しずかに, しようか, すっかり気, せうけれども, ぜひなく, そういう方面, そこらに, そこらを, そのお礼, そのせい, そのわけ, その下, その人達, その光, その友人達, その地, その妻, その姿, その御, その手前, その手紙, その折, その機会, その眼, その石, その礼, その辺, その返事, その際, その馬, それとは, それにも, それや, それよりも, それらは, それ故, そんな風, たいていの, たまりかねて, ちょっとお, つい夫限, てれ隠しに, とっさに, どうすれ, どこかで, どこかに, どこまでも, どこも, どれが, どろぼう, どんなもの, どんな事, なおいっそう, なにを, はつと, はなしに, ふと, ふと目, ほっと安心, ぼくも, まずその, まず安心, まず第, また私, みなが, もうこれ, もうすこしで, もう一人, もう一度私, もう我慢, もしこれ, やめて, やれ嬉し, よく知つて, よけいに, わたくしが, わたしと, われにも, われわれの, イワン, カレンは, クリストフが, グッと, サト子は, ジャックは, ジョバンニも, ダルメイダは, ヒョイと, ファラデーは, ボートを, ポケットから, ルミちゃんは, ロリー氏が, 一寸の, 一応は, 一旦は, 一時間ばかり, 一目散に, 丁度その, 三人が, 三十郎は, 三四郎は, 上着を, 不快に, 不運な, 世間には, 世間は, 両軍, 主に, 主水, 久しぶりで, 予の, 二つの, 二三日し, 二度目には, 云わば, 井上君の, 亭主が, 人目に, 今と, 今後は, 今日その, 今朝の, 今迄の, 仕事の, 仰天した, 伝六が, 何よりも, 何ん, 何事が, 俊夫君は, 俯向い, 俺が, 側に, 傍の, 僧は, 元の, 兄弟は, 先刻から, 全軍, 八は, 其が, 其ま, 其方を, 冗談を, 凡太は, 出かける, 切符を, 初は, 別に, 前々から, 助った, 勇ちゃんは, 医者を, 十一時に, 午後の, 卒業の, 却て, 厭な, 参りました, 又, 又電車, 取敢, 台所に, 吉田の, 名人の, 名人は, 周は, 周瑜は, 味噌汁を, 和尚の, 困ったが, 圭子は, 城下の, 城中の, 堀部君は, 場所は, 外に, 外記も, 大助は, 大助り, 大和の, 大変に, 大悦び, 大王は, 夫が, 夫婦の, 女中が, 女将の, 妙な, 妻と, 妻に, 始は, 娘達は, 婆やは, 嬉しい, 嬉しくも, 嬉しまぎれ, 子は, 子供が, 子供らは, 孔明は, 学校を, 安心する, 実に困りました, 実を, 宮は, 家が, 家中が, 家主の, 家人に, 家内が, 寒さ, 寝て, 尊氏は, 小さく見えた, 小坂部も, 小指を, 少々の, 少しばかり, 少将は, 尤も私, 左に, 左側の, 已むを, 巴里の, 帰りの, 平助は, 平気で, 平素の, 幸次郎は, 庭は, 張の, 張は, 当分は, 当座は, 彦太郎は, 彼奴は, 御機嫌が, 復た, 心を, 忘れて, 怒る, 思わず, 思わず苦笑, 恐ろしさ, 悲しみの, 惣八は, 意味が, 我等の, 戦争に, 戦争の, 手燭を, 折よく, 拙者の, 指の, 挨拶を, 振返ると, 支那の, 故郷の, 散歩の, 敵の, 文吉は, 新らしい, 新田先生は, 新聞は, 旅費を, 旧知の, 早速これ, 早速それ, 早速彼, 星の, 昨日は, 是は, 是非とも, 時間の, 暇を, 暑さ, 書斎の, 曹操の, 最初から, 有う, 有ろう, 有ろうか, 服は, 朝に, 未亡人は, 本を, 林の, 林之助は, 根が, 格別の, 案外に, 梶子は, 楽屋に, 榛軒は, 横ざまに, 横に, 歌を, 止めて, 正枝, 此夜は, 歩いて, 歴代の, 母親が, 気の毒だ, 決して未練, 河内介は, 泥棒は, 浅井の, 湖の, 湯屋の, 滝本は, 無くて, 無意識に, 熱心に, 熱海の, 父子は, 父親に, 物を, 特別に, 犯人は, 狐は, 狼狽へて, 猟師は, 王さまは, 甚兵衛は, 生れて, 甥に, 田端の, 田舎へ, 男も, 町へ, 画家に, 畑の, 番頭と, 病気が, 皆, 皆笑った, 目下の, 直接に, 相手も, 県の, 眼に, 石の, 社会の, 社会的な, 神尾の, 神谷は, 私どもの, 私どもも, 私達も, 秋の, 竹山の, 筆を, 節子は, 簡単な, 約束の, 細君の, 終には, 結局この, 罰が, 群集は, 耳の, 聞えなかった, 胆を, 背後の, 脚を, 腰を, 自信を, 自分から, 自動車が, 自動車で, 自然その, 舞台の, 船頭は, 若くて, 荷物も, 董卓は, 薫は, 薬を, 蛾次郎は, 血は, 見事に, 見物の, 見舞に, 親類の, 訊いて, 記憶に, 詮方なく, 話して, 誰だろう, 諸将, 豆腐を, 買わずに, 趙は, 足に, 踊りの, 身体の, 迎えに, 返事も, 退屈を, 逃げて, 遂にその, 遂に彼, 遊びに, 運よく, 道も, 道子は, 遠泉君, 遠藤は, 金も, 銀座の, 閉口した, 開けて, 降りて, 院長は, 階下の, 階下へ, 障子の, 障子を, 雪は, 電話を, 青年は, 青木は, 靴の, 頭は, 風邪を, 食事も, 駄目に, 駕籠屋は, 高一, 高松さんは, 魯粛は, 鶴見は

2 [2727件 抜粋] ああこれ, あっと思っ, あなたも, あぶないところ, あらうといふ, ある時, いうこと, いくらか気, いつと, いつもは, いよいよまごついた, いわば私, えす, おきて, おじいさんに, おとうさんは, おらく, お京, お力を, お姫さまは, お師匠さん, お母さんに, お照, お竹, お花, お菊, お金は, かけて, かわいそうに, きょう思いきっ, くわしいこと, こういう場合, こっちは, この一件, この事実, この地方, この娘, この数年来, この機, この街, この間の, これより, こわくなっ, こんなキメ手, ごほうび, さうで, さてこそと, されば, しばらく二人, じぶんたち, すぐ労力, すこしし, すた, すっかり面くらっ, せうかね, せう私, そうした人たち, そうなれ, そこでそれ, そっとドア, そのうち飲み, そのへん, そのまま気, その亡骸, その作, その反動, その墓参, その宵, その影, その念, その時分, その未亡人, その気, その災禍, その界隈, その罪, その船, その親達, その説明, その門人, その顛末, それから暫く, それでこんな, それで何, それで神さま, それにお, それに対して, それ故に, たいした怪我, たくさんの, ただもうおそろしく, たちまち評判, ために, ちょっとの, つい, ついそんな, つい度, つい自分, つまり彼, とかく御, とにかく烏, どうにかし, どこから, どんなにびっくり, なかま, なるほど星, なんにも, のどが, はじめてその, はっと気がつい, ひとびと, ひどく二人, ふつと, ふと眼, ほっといき, まさかと, また何, また安心, まだほんの, みなその, みんなすっかり, めんくらって, もうまぶしく, もう日, もしこの, やっと目, やむなく連日, ゆうべは, よくおぼえ, よく知りません, よせば, わざとああ, わずかに, わたし達は, アマは, ウィダーシャイム先生が, オヤッと, ガッカリし, コーヒーは, ジョヴァンニは, ストーヴを, ゾッとし, テツさんの, ハーキュリーズは, ビレラは, ヘエ, ボーイが, ヨシ子ちゃんは, ワザと, 一つも, 一人は, 一同が, 一同大いに, 一寸お知らせ, 一年ほど, 一日その, 一時休息し, 一言申し, 万一にも, 万太郎も, 三吉の, 三疋とも, 上役とは, 下に, 不安を, 丑之助は, 世阿弥は, 中也は, 主水正, 久保田は, 之で, 予定の, 二人し, 二人共三膳とは, 二疋の, 云ひ, 些とも, 人々に, 人目を, 今それを, 今回は, 今度こそは, 今更あんな, 他から, 以前は, 仲間に, 伊東伴作は, 伝六辰は, 住居も, 体に, 何だろう, 何処の, 何處かへ, 作者が, 侍女どもは, 係の, 保田から, 俳優の, 僅かに, 僕としては, 兄が, 兄弟も, 先方は, 光枝は, 八九歳の, 六年生の, 其儘に, 其後其処に, 内でも, 円タクを, 冬子は, 出向いて, 刑部は, 初等の, 別室に, 前を, 劉は, 助かったが, 勇二は, 勝代は, 医者が, 十時を, 千鶴子は, 単純な, 印度洋の, 厭気が, 又次郎は, 友人は, 叔父も, 口が, 可哀相に, 叱りつけた, 司教は, 吉原では, 吉田さんに, 同意した, 名前も, 君枝は, 呉の, 命は, 唯, 善八は, 喧嘩別れした, 嘉ッコは, 固より, 土地には, 地面に, 埃を, 場所を, 壁は, 夏から, 多勢の, 夜寒の, 大あわて, 大きな声, 大佐は, 大勢は, 大島に対する, 大次郎も, 天にも, 天日で, 太陽が, 夫婦で, 奉公人の, 女と, 女帝の, 妙子と, 妾さつきから, 姪は, 婆さんが, 嬉しそう, 子供達は, 季因是は, 孫権も, 安心だ, 定家も, 実際自分, 宴席も, 家具を, 家族も, 寄宿舎の, 寝床の, 尋ねて, 小学校の, 小田さんは, 少からず, 少し訊ね, 少女の, 居合せた人々, 山に, 岡田に, 川口が, 左右太は, 巳之助は, 市長は, 師匠に, 帰りは, 平二は, 平生から, 幸に, 幽霊の, 庄三郎は, 店内の, 庸三も, 弟に, 張訓は, 当然彼, 彼女と, 後世の, 徒歩の, 御座り, 御飯も, 心配だ, 思ったよりも, 思わず眼, 思想を, 怪しみながら, 恐々ながら, 息子の, 悪魔の, 意外の, 憲兵さんたちは, 我に, 戸の, 手も, 手紙は, 折から, 拳で, 振り返る拍子, 探偵小説の, 改めて次, 故郷に, 教師を, 文三は, 文章に, 新たに, 新宿の, 新規に, 日に, 日本人が, 旧来の, 早瀬は, 明くる日に, 明智の, 昨日私は, 晩年の, 智恵子の, 更に, 書肆は, 最早私, 有る, 朝おきる, 木村は, 本堂へ, 本気で, 村から, 杖に, 東洋人の, 林中の, 栄子の, 根も, 棺に, 榻の, 機は, 次郎左衛門も, 正確な, 此上は, 此機会に, 歩きながら, 死骸に, 残余の, 殿様も, 気も, 気早の, 江戸へ, 汽船が, 河と, 法師丸が, 泥の, 洋一は, 洵吉は, 海を, 混雑も, 満場の, 溝口も, 漸くこの, 火に, 無いの, 無言の, 熊川忠範は, 犯人の, 獸醫の, 玉太郎は, 珍しくも, 生の, 由の, 男たちは, 町風呂へ, 異常な, 疑いも, 病院へ, 白井は, 皆から, 皇子は, 直ぐにそれ, 相談は, 看護婦を, 着換へが, 知らないと, 研究の, 祈祷所を, 神に, 神経が, 私や, 私自身は, 秘密の, 穴の, 突嗟に, 突然銀場, 立止っ, 笑顔を, 筋は, 米友も, 紳士は, 綱に, 罰を, 翌年には, 老人も, 耳が, 背中が, 脱いで, 膝を, 自宅へ, 自由に, 船が, 色々と, 芝居の, 芥川氏は, 若しや, 苦も, 茶室を, 荷の, 菊次さんは, 葉子の, 藤吉は, 蜀の, 血痕の, 街へ, 裏の, 西岡は, 要次郎, 見舞を, 親父も, 許宣に, 話す, 読書も, 誰よりも, 談話に, 警固の, 警視庁の, 豹一が, 貧乏な, 賢吉君は, 起き上ると, 躊躇せず, 車は, 辰夫の, 近寄って, 返辞も, 逃げること, 逢いに, 道, 遠慮した, 邪魔に, 部落は, 酒屋の, 重役の, 金五郎は, 釘が, 銃を, 鐚一文も, 長男の, 間もなく息, 阿星さん, 陰気に, 隆夫は, 隣りとは, 集まって, 電灯の, 霜が, 非難の, 順一が, 頼政滅亡の, 風の, 飛込んで, 館の, 馬春堂は, 駭い, 驚きは, 鯉は

1 [26085件 抜粋] М, あたかも年取った, あてに, あの悪臭, あまり近く, あらう少なからず湿, あらぬ方, ある新聞, あんな顔, いかに昔, いくら猫大将, いたさ, いつかうとうと, いつもカナリヤ籠, いましがた, いよいよもうこの, いよいよ赫々, いわゆる虫, うまくのがれる, えたいの, おしの, おとなしいが, おふじ, おりが, お化粧室, お店, お母さんの, お腹の, お隅, かえって糸間違い, かっとなっ, からだに, きっと今井, くい改めるの, けさほど, こういう間, ここわずか, このうえ, この上廻り, この十一月二十五日, この女優, この折, この熱風, この虫, この點, こればかりは, こんなやにっこい, ごく些細, さがしに, さっそくはしご, さては春日重蔵, さらに云い加える, したたか肩, しまいにゃあ, じらせて, すぐ分った, すぐ自分, すこぶる水練, すっかり私, すべてそういう, ずっと館, せっかくできた, そういう物, そう云い出したら, そこで中, そしてそういう, そっと裏口, そのすき間, そのままムックリ, そのまま止め, そのテーブル, その二匹, その入費, その合圖, その大勇, その尖つ, その後確かめる, その才能, その晩巡査部長, その歴史, その番頭, その第, その臭気, その説, その酒, その餘勢, それから年々, それでお家様, それで一層, それで足高, それほどでも, それ夫に, そんな楽しみ, たいへん感服, ただちに返事, たちまちおとなしく, たとえご, だいぶ賑, ちゃんとここ, ちょっと休む, ついおととし, ついに正蔵, つい氣, つづいて, できなかったの, とうとう催眠剤, とうとう自分, とたんに私, ともかく小林君, どうか遊ばした, どうにもひどい, どっと皆, どんな醉, なかにはどこ, なほの, なんとも, ねこの, はじめてみんな, はっと汗, ぱっと火花, ひと口食っ, ひょいと振り向いた, ふたたび一泊河, ふらふらに, ほとんどここ, ぼくと, まことに不満, まず三津浜, またびつくり, また平地, また這入った, まだ厚咲き, まづい, まんざら悪い, みんなムクムクと, むしろ遠慮, もうかく必要, もうブドリ, もう十一時四十幾分, もう決して殖えなく, もしかすると, もっとも裸体, もんは, やっとた, やつは, やむなく父系, ゆうべから, ようやく気がついた, よく同じ, よほど思い切っ, わき眼にも, わざわざ高い, アイノヤに, イギリスの, エンゼルが, カーテンの, クレルヴァルも, コーンの, シロカネ屋の, スッカリ眼が, タクシイでは, ツイ御見舞の, トレホの, ネリは, バックを, ピカリとも, ブュジョー将軍が, ホウホウという, マイクで, メグの, ラテン文明に, ロタール老人は, 一つゴンと, 一二行うつす, 一同むなしく, 一寸あきれ, 一層勢, 一座に, 一日内庭の, 一本でも, 一瞬間チチコフは, 一週間と, 七時五分に, 三つ四つ膏薬を, 三四百円の, 三浦首を, 上半身を, 下谷の, 不断に, 世界の, 中世歌壇で, 中途に, 乃公は, 乘合自動車の, 乾きようが, 事果てました, 二人一斉に, 二日ばかり, 云う言葉通り, 五年樽の, 京吉には, 人生行路の, 今さらそれら, 今之に対して, 今日どうやら, 今朝起される, 仕様事なし, 以て, 伊勢の, 会うこと, 伸子も, 何かといへ, 何となく不可思議, 何一つ記憶, 何気なく歩き出した, 作文も, 俄然取りしまり, 俺を, 偶然泊り合は, 僧都も, 兄はの, 先方が, 兜の, 全体を, 八月二十九日に, 六樹園の, 其の一部, 其処の, 其機を, 内々周旋屋に, 再び学問, 冴え冴えしさ, 出帆間際まで, 切りに, 初めて知っ, 別に嚇, 到って, 前後十一人の, 力も, 勉強には, 勢い解釈, 医科大学の, 十六日午後から, 千束町の, 半分あまり, 南日君が, 危く水に, 原は, 又し, 又菊田, 反省すべき, 口ききを, 只今見舞人が, 右手ばかりで, 吉松の, 同時に肩, 向うまで, 呉原という, 呼んでも, 唐めいた, 善良である, 嚴肅でも, 四部目録の, 國民の, 地下の, 坐つたま, 堰が, 壁板を, 夕飯の, 多分父, 夜中を, 大いに恐縮, 大きに鬱ぐ, 大分自信が, 大変楽です, 大新聞社, 大笑いし, 大阪蔵屋敷は, 太兵衛は, 奇怪に, 女中を, 好奇な, 姉さんと, 娘ちゃんが, 子供たちが, 学年試験が, 守将の, 官軍は, 実は拾った, 室内から, 家康が, 寅二郎は, 寝心地頼りなく, 対校試合の, 小さなあきない, 小学校も, 小田刑事は, 少しいい, 少し気味が悪かっ, 少年名探偵の, 居眠りを, 山岸中尉の, 岩壁へ, 川下へ, 差し上げたまで, 市長の, 帰京後鈴木梅太郎博士に, 平常着の, 幸三は, 幾分感情, 店先は, 庸三と, 引き取り養女, 弱い月光, 当人よりは, 影も, 往くとも, 後をも, 従兄ユースタスは, 御息所が, 復争わなくなった, 心配そうに, 応接間で, 忽ち溝, 思い思いであった, 思わずそっち, 思わず軽い, 怪訝な, 恨みも, 悪口を, 愈さう, 慙じる, 成城落ちを, 或は近所, 房州へ, 手当の, 技倆を, 拍手喝采大, 振り返ったが, 排気用の, 播磨は, 政子の, 敦子さまの, 文体も, 断念した, 新屋敷という, 旅僧は, 日原川の, 日記は, 早く眼, 早速吾妻橋, 早鞆, 明治時代の, 昨日お移りなさいました, 時々其処, 普段と, 暫く躊躇, 更に集める, 最初私は, 有る余, 朝方に, 未だ暗く, 本文をば, 李子に, 東京麹町までの, 松葉攻めの, 柔順なる, 桂博士, 梯子を, 椿岳も, 様を, 機略縱横終に, 歌に, 正成は, 此宿に, 武一は, 死んだ鶏, 残り少く, 母上と共に, 毒薬が, 気づかれまいと, 水の上には, 汗がから, 決して約束, 治郎吉は, 泥棒なら, 流寓の, 海氷の, 清に, 湖水を, 源蔵は, 漫然と遊び, 濱島の, 炭火の, 無味乾燥な, 焦, 熱烈に, 爾後幾多の, 物心が, 狂喜し, 猶更それ, 王に, 現場は, 生まれた村, 田宮家は, 男と, 番頭さんと, 病室までの, 登美子さんを, 百姓たちは, 皆心得, 盛子の, 直ぐ乗車, 直接一般観客の, 県から, 眼皮と, 知らなん, 石田, 礼かたがた暇乞いに, 神戸新聞の, 私だけ, 秋葉山麓の, 空の, 立ちどまって, 竹は, 筆者が, 米国公使アダムスは, 純正美術派の, 終日起き, 結局私の, 綾子の, 繁代は, 義王, 習慣的に, 耳元で, 肌着のみ, 能登ノ, 臥床へ, 自活した, 自然足が, 舌を, 良人として, 花散, 若い相州さま, 苦痛も, 草履を, 萬世驛の, 蓮香も, 藤田の, 蜀朝は, 行けなかつた, 表紙は, 製陶法は, 見えなかつたが, 見慣れた錦画, 親分さんが, 言うこと, 試しに, 誠に有難う, 課長たちに, 諾々として, 護摩を, 財布の, 買ったよ, 赤ん坊が, 趙雲は, 蹤跡け, 車全体が, 輪講は, 近いうち, 返事が, 逃げそれから, 通り魔の, 遂に何時, 遊人それを, 違算を, 部下に, 酔気ざまし, 野も, 金蓮と, 銀需要の, 長い両国橋, 長谷の, 間もなく帰陣, 附近に, 随分この, 雑穀は, 雪盲に, 青々した, 面晤する, 須山春一の, 頼むにも, 飛びかかって, 飯も, 馬春堂の, 騎士が, 骸骨の, 鬼頭の, 鴎外も, 黒くなっ

▼ たよう~ (55817, 2.8%)

2462 な気 1751 なもの 1196 である 11321109 な顔 10771023 です 637 になっ 546 であった 529 な声 486 に思う 433 なこと 414 だった 399 だが 391 に見える 381 な気持 373 に思った 357 な心持 330 に見えた 298 に思われる 284 でした 280 な感じ 257 ですが 242 にその 239 なわけ 222 な形 212 でしたが 204 に感じた 200 に思われた 197181 に云った 178 にし 157 に記憶 156 に私 151 であるが, でも, に眼 142 な表情 140 に彼 139 で, な様子 135 な眼 134 なところ 132 な事 131 にこの 129 ですね 127 だね 126 になった 124 に顔 121 であったが 120 な次第 119 だったが 118 に覚え 117 なもん, な気持ち 115 な顔つき, に言った 114 な調子, に思います 113 なの 112 に思われ 107 だな, な心地 106 にお 103 に思っ 102 にそれ 100 な人 96 だから 95 なものの 93 な訳 92 に自分 90 な恰好 85 な気分, に見え 83 な音 80 な風 79 な男 78 であります, ですから 77 だと, な女, に目 73 でございます 72 にいった, に口 71 なその 68 ですよ, なお, な心持ち, になり, にまた, に思われます 65 な工合, な思い 64 な色, に感じ 62 な話, に思いました 59 なこの, にこう 57 な有様, に急 56 な目, になる 54 な態度, に思えた, に身 53 に首 52 だし, なふう, に声 51 に頭 50 では, な口調, にぼんやり 49 に静か 48 な姿 47 な眼つき 46 だよ, に今 45 な意味, に黙っ 44 な大きな, にそこ, に立っ 43 な物, に彼女, に見えました 42 な場合, に叫んだ 41 な状態, に思われました, に手 40 な形跡, にじっと 39 じゃ, ね 38 な人間, な記憶, な騒ぎ 37 な言葉 36 な心, に何, に聞い, よ 35 な妙, に二人, に感じました 34 な名, に立, に見せかけ 33 な大, な気もち, な者, にいう, にこれ 32 な具合, な氣, な面, に胸, に足 31 な白い, な結果, に答えた, に腰 30 な始末, な心もち, な顔付, に同じ 29 ですな, な奴, な生活, に大きな, に感じられた, に空, に肩 28 な口, な小さな, な微笑, な美しい, にあの, にすぐ, にそう 27 なあの, にも思われる, に云う, に白く 26 だけれど, でご, なと, な事情, な眼付, に云っ 25 じゃない, す, すで, だぜ, でもあった, な所, な顔色, になりました, に女, に思える 24 でございました, なそんな, な不思議, にあたり, に両手, に呟いた, に思い, に突然, に言っ

23 [11件] なので, な一種, な例, な笑い, にいいました, にほっと, にみえた, に白い, に見えます, に言う, に訊いた

22 な口ぶり, な家, な返事, にいっ, にみえる, にも思う, に微笑, に息, に笑っ, に笑った

21 [12件] な処, な恐ろしい, な笑顔, にしばらく, にわたし, に僕, に又, に後, に書い, に膝, に見せかける, に身体

20 [16件] じゃが, なまた, な自分, にいきなり, にどこ, にはっきり, にも思われた, にも見える, に大, に明るく, に男, に相手, に茫然, に見せかけた, に赤い, に部屋

19 [17件] でその, なとき, な光, な山, な時, な空, な錯覚, な面持, にぞっと, にふらふら, に動かなかった, に少し, に心, に思え, に日本, に考え, に血

18 [12件] だわ, な変, な赤い, な頭, な黒い, にこちら, にこんな, にただ, にハッ, に椅子, に眉, に綺麗

17 [15件] すです, だぞ, なかたち, なようす, な時代, な瞳, な私, な美し, な跡, な雲, にいつ, にうなずいた, に坐っ, に気, に眺め

16 [18件] でありました, でございますが, ですわ, な子供, な淋し, な深い, な目つき, な笑い方, な視線, な覚え, にうしろ, に大きく, に感じる, に水, に消え, に誰, に身動き, に黒く

15 [14件] だけど, な低い, な勢い, な名前, な御, な気味, な静けさ, に一面, に前, に暗い, に母, に窓, に美しい, に赤く

14 [22件] じゃな, なつもり, な印象, な手, な景色, な格好, な気配, な空気, な考え, な趣, な高い, にここ, にそのまま, にはっと, にも思われ, に一度, に今度, に父, に皆, に突っ, に立ち上った, に笑い

13 [39件] な事件, な何, な冷たい, な匂い, な淋しい, な物音, な軽い, な連中, にあわて, におぼえ, にそんな, にちょっと, にね, にひっそり, にまったく, にもう, にやはり, にゾッと, にパッ, に一人, に元気, に全く, に喜ん, に四辺, に固く, に小さい, に急い, に感じられ, に憶え, に立ち上っ, に笑い出した, に美しく, に聞いた, に聞える, に薄, に言いました, に言葉, に面, に風

12 [38件] だっけ, でしたね, ですけれど, ですし, なありさま, な不安, な事実, な力, な口吻, な古い, な叫び声, な娘, な小さい, な彼, な感, な挨拶, な水, な理由, な顏, にいろいろ, にこっち, にしかし, にそして, につぶやきました, にひどく, にまだ, によく, にホッ, に一つ, に人間, に今日, に唇, に御, に扉, に暗く, に立ちどまっ, に見せ, に鼻

11 [45件] ないい, なかっこう, なここち, なそして, なそれ, なわからないよう, なん, な問題, な強い, な性格, な性質, な振り, な日, な模様, な経験, な青い, にある, にいや, におれ, にぐったり, にしん, にも思えた, に一致, に人, に他, に倒れ, に光っ, に再び, に出, に動かない, に叫び, に大声, に夫, に左右, に感じられる, に感ずる, に時々, に横, に畳, に考えられ, に耳, に輝い, に長い, に頷いた, に黒い

10 [45件] じゃありません, であるから, でお, でございますね, でしたから, ないや, ないろいろ, なしかし, ななんとも, な何とも, な夜, な夢, な姿勢, な安心, な寂しい, な彼女, な恐怖, な暗い, な点, な異様, な花, な血, な闇, にうなずい, にご, にすべて, にふと, にぽかんと, にまっ黒, にも思った, に下, に伸子, に体, に力, に喜んだ, に奥, に物, に立ちどまった, に考える, に色, に葉子, に身ぶるい, に返事, に道, に音

9 [88件] すなので, だという, でありますが, でございますよ, でしたよ, でそれ, で私, なありさ, なあんばい, なふり, な中, な人たち, な人物, な先生, な味, な寒, な影, な得ないよう, な手紙, な文句, な昔, な暗, な歩き方, な海, な痛み, な笑い声, な若い, な複雑, な観, な足どり, な長い, な陰気, な響き, な順序, な風情, にあなた, にいま, にかすか, にからだ, にかれ, にきれい, にさえ思われた, にさけびました, にしずか, にな, にびっくり, にシーン, にピタリ, にボンヤリ, に一, に主, に佇ん, に俄, に先生, に全身, に古い, に右手, に君, に妻, に姿, に家, に床, に座, に思わず, に慄, に慌て, に日, に明智, に次, に決して, に涙, に濡れ, に真赤, に私たち, に私達, に笑う, に細い, に美しかっ, に見, に見る, に覚えた, に話, に青年, に頬, に顔色, に飛ん, に驚い, に驚いた

8 [86件] すである, だがね, だったね, でしたわ, ですぜ, なあと, なお話, なこころもち, なそういう, なそれでいて, なふしぎ, なへん, なぼんやり, なやつ, なやり方, な不快, な二つ, な仕事, な優しい, な場所, な奇怪, な字, な容子, な寂し, な小, な建物, な心細, な方, な木, な気イ, な氣持, な沈黙, な涙, な痕, な細い, な絵, な美, な言い方, な語気, な静か, な驚き, な驚愕, にきっと, にする, につぶやく, になつ, になに, には見えない, にぴったり, にぶるぶる, にほとんど, にみえ, にみんな, にもし, にも思います, にも思える, にわたくし, にゾーッ, に世間, に云いました, に半, に変, に嬉しかっ, に存じます, に尋ねた, に当時, に忽ち, に想像, に感ぜられた, に我, に机, に深い, に溜息, に火, に無言, に石, に立ちどまりました, に第, に箸, に老人, に聞えた, に聞きました, に若い, に軽く, に雪, に額

7 [114件] すだ, だけれども, だったと, でございましたが, でございますな, ですけど, でね, で口, で気, で自分, なああ, な一面, な事柄, な人達, な位置, な体, な作品, な光景, な分らないよう, な句, な叫び, な唇, な喜び, な場面, な大きい, な奇妙, な安易, な崖, な幸福, な形勢, な手拭, な歌, な濃い, な特殊, な犬, な町, な眉, な眼付き, な種類, な立場, な胸, な臭い, な艶, な衝撃, な話しぶり, な趣き, な道, な頬, な風景, にいい, にいつも, におとなしく, にがっかり, にきいた, にさっと, にさっぱり, にした, にそっと, にたくさん, につい, にとつぜん, にどっと, になりまし, になります, にぱっと, にひとり, にほんとう, にも感じた, にも考えられる, にも覚え, によろよろ, に上, に不意, に二階, に伝えられ, に叫びました, に叫ぶ, に叫ん, に向う, に囁いた, に外, に大きい, に寝, に小, に平, に得意, に我々, に散っ, に星, に月, に歩い, に沈黙, に海, に無, に現在, に痩せ, に硬く, に立ちすくん, に立ちすくんだ, に考えられる, に聞きかえしました, に聞こえる, に自然科学, に草, に落ち, に見受けられる, に誤解, に誰か, に重く, に静まり返っ, に非常, に飛び上った, に飛び出し, に高く

6 [148件] だったから, だなあ, であつ, でありましたが, でこの, でござる, で実は, で御座います, ないかにも, なことば, なすさまじい, なただ, なほっと, なぽかんと, なみじめ, なも, なわからぬよう, な一人, な不愉快, な傷, な出来事, な切ない, な動作, な噂, な小説, な少女, な岩, な怪しい, な悲鳴, な感情, な感覚, な或, な新しい, な方法, な構造, な汗, な満足, な無, な目付, な相手, な真, な研究, な穴, な立派, な筋, な簡単, な腕, な自由, な色彩, な薄笑い, な衝動, な身ぶり, な関係, な青年, な静寂, な非常, な面相, な響, な髪, な鼻, にああ, にあらゆる, にいかにも, におもわれました, にきょとん, にぎょっと, にくっきり, にけろりと, にこれから, にさも, にしきりに, にすっかり, にため息, につと, につぶやいた, にど, になくなっ, には見えなかった, にぴたり, にまず, にまるで, にも見えた, にやっと, にゆっくり, にわれ, にグッタリ, にニコニコ, にベッド, に一斉, に一時, に二つ, に低い, に先, に光る, に冷たく, に剣, に咲い, に城太郎, に夜, に天井, に夫人, に妙, に姉, に娘, に子供, に山, に岩, に席, に平気, に庭, に廊下, に彼ら, に往来, に愉快, に感ぜられる, に戸口, に手紙, に拍手, に振り向いた, に振り返った, に新, に明るい, に暫く, に木, に枝, に棒立ち, に残っ, に汗, に淋しく, に火鉢, に無数, に熱く, に片手, に狼狽, に白, に砂, に硬, に立ちあがっ, に立ち竦んだ, に絶えず, に美奈子, に腕, に艶, に酒, に雨, に霜, に顫, に髪

5 [235件] すだった, すでした, すでは, だったけれど, だったわ, だとか, であったし, でありながら, でい, でいや, ですがね, ですけれども, でまた, で心, で眼, なあんな, なおそろしい, なかお, なこんな, なご, なし, などこ, なにおい, なのに, なはっきり, なひと, なひどい, なやや, なよう, なショック, な上品, な不快さ, な丸い, な二人, な云い方, な人々, な今, な光沢, な光線, な内容, な同時に, な嘘, な塩梅, な変化, な多く, な大声, な太陽, な失望, な存在, な容貌, な巨大, な底, な悪, な悪い, な悲しみ, な想い, な意識, な態, な手つき, な新, な日々, な日本, な明るい, な晴々, な朝, な本, な様々, な気性, な溜息, な火, な烈しい, な無数, な父, な父親, な狼狽, な現象, な疲れ, な皮膚, な瞬間, な空虚, な笑いかた, な笑い顔, な紅い, な素振り, な緊張, な美人, な老人, な考え方, な肉, な興味, な良人, な苦痛, な葉, な蒼い, な薄, な行動, な見解, な身なり, な運命, な過去, な部屋, な面持ち, な音響, な額, な風采, な黒, におもいました, にがっくり, にきょう, にくるり, にその後, につっ立っ, にどんな, ににこにこ, ににやにや, ににわかに, にほ, にまっ, にもの, にも思われない, にも感じられた, によろめい, にわざと, にカント, にギラギラ, にクタクタ, にヒョイ, にペン, にポケット, に一同, に三人, に不安, に両方, に中, に云い, に他人, に仰向け, に何度, に俳優, に俺, に傍, に元, に兄, に八方, に冷たい, に動い, に博士, に右, に吃驚, に名, に吐息, に吾, に呼びかけた, に咽喉, に哲学, に喜び, に噂, に垂れ, に夢中, に嬉し, に嬉しく, に完全, に実際, に客, に室, に寂しく, に小さく, に小さな, に少年, に帰っ, に幾度, に彼等, に思われない, に悚然, に懐中時計, に振向いた, に本, に枕, に栄二, に武蔵, に溜め息, に煙草, に犬, に現われた, に現実, に瑠璃子, に生え, に甲斐, に疲れ, に真, に真白, に真青, に着物, に瞼, に神, に穴, に空間, に立ちあがった, に立ち上がっ, に立ち上がった, に立ち止った, に竜, に答え, に答えました, に素子, に細く, に縁側, に置い, に聞え, に腹, に自然, に花, に苦笑, に見せる, に見つめ, に見ゆる, に見られた, に見受けられた, に解釈, に言われ, に訊き返した, に訊ねた, に話した, に説明, に走っ, に遠く, に鋭く, に間, に闇, に階段, に青く, に飛, に高い, に鮮, に黙りこん

4 [369件] か, じゃねえ, すだったが, すであった, だったけど, だなどと, だわい, だネ, であるし, でこれ, でございまする, でしかも, でしたし, でそれから, で人, で伸子, で僕, で厭, で御座いますが, で首, ないかがわしい, なうす, なおかしな, なおそろしく, なお方, なお辞儀, なけ, なこえを, なしないよう, なすごい, なそう, なそぶり, なという, なところが, なまっ, なポカン, な予感, な他, な体裁, な作者, な傾向, な全く, な凄い, な凄味, な動揺, な勢, な呻きが, な呻き声, な境遇, な声音, な天気, な女性, な婦人, な嬉し, な安堵, な小僧, な小声, な島, な帽子, な平, な平和, な広い, な店, な当惑, な当時, な形式, な快, な思想, な怪物, な息, な悲し, な想像, な意気込み, な愕, な感銘, な戦慄, な挙動, な文章, な断崖, な星, な月, な月光, な服装, な条件, な森, な機械, な汚い, な激しい, な灯, な灰色, な無気味, な無気味さ, な熱, な物足りない, な特色, な狭い, な理想的, な甘い, な痕跡, な真白, な真黒, な着物, な紙, な素晴らしい, な細かい, な絶壁, な絶望, な綺麗, な腰, な腹立たし, な自信, な自分自身, な色々, な蒼白い, な街, な解らないよう, な言いかた, な言いよう, な記事, な詩, な諸, な赤, な足, な返辞, な遠い, な部分, な重い, な陽気, な雪, な青, な青白い, な静かさ, な顏つき, な顫, な騒動, な黄色い, にいくら, にいそいそ, にいよいよ, にうす, にうっとり, におもう, におもった, にお母さん, にかえって, にがたがた, にきわめて, にぎくりと, にぎょ, にくっつい, にぐっと, にさえ, にさえ見える, にさっさと, にざわざわ, にしかも, にしばし, にしんと, にじ, にす, にすがすがしい, にすこし, にすっと, にするする, にするどく, にずっと, にそっくり, にたちまち, にだんだん, にちょうど, にちら, につくづく, にです, にとかく, にどなった, になってる, にならん, にはげしく, にひどい, にひょいと, にひろ子, にふい, にふたり, にふっと, にふりかえった, にべらべら, にぼう, にまっ白, にみせかけ, にむっくり, にもう一度, にもと, にも思われました, にも思われます, にも見えました, にも記憶, にやさしく, にやっ, にわし, にわっ, にわれわれ, にガックリ, にサッと, にシン, にジッ, にド, にハッキリ, にフッ, にブルブル, にポカン, にワナワナ, に一切, に一座, に一種, に一見, に世界, に並ん, に久慈, に之, に二, に云い出した, に人々, に以前, に低く, に信じ, に俳句, に入口, に円く, に凍りつい, に前後, に動かなくなっ, に半ば, に単に, に印象, に取っ, に取れる, に台所, に右門, に吹聴, に呆然, に呟き, に呟く, に呶, に喉, に嘆息, に四つ, に土, に地, に壁, に多く, に夢, に太陽, に妹, に宙, に寝床, に小次郎, に少しく, に岸本, に帯, に年, に建っ, に当惑, に必死, に快活, に怖, に思えました, に思ってる, に思わせる, に思われだした, に思召, に恐怖, に悄然, に慄然, に成った, に或, に持っ, に指, に挨拶, に振向い, に揺れ, に教室, に方々, に早く, に昔, に時計, に朝, に概念, に機械, に次郎, に欣, に歯, に氷, に沈ん, に泣きだした, に流れ, に消えた, に滑, に激しく, に無口, に無表情, に片, に玄関, に痛む, に癒, に白粉, に直ぐ, に真っ, に真っ白, に真っ直ぐ, に真中, に真黒, に科学, に空中, に空気, に窓硝子, に立ちあがり, に立ち上り, に立ち止まった, に立ち竦ん, に立った, に立派, に笑いました, に紅い, に素直, に絶叫, に続い, に続け, に緊張, に縁, に老, に考えられた, に耳朶, に聞こえた, に背中, に興奮, に船, に蒼く, に薄暗く, に街路, に表面, に装っ, に見えない, に見せた, に見られる, に親, に言, に言い, に言い出した, に話し, に話す, に調子, に賑やか, に起ちあがっ, に車, に輝く, に辺り, に透明, に重い, に金, に長く, に隣り, に青い, に響いた, に頷い, に顎, に飛び上っ, に飛び起き, に駕籠, に黙った

3 [681件 抜粋] すだが, すでそれ, だそれ, だったがね, だったの, だなと, だねえ, だのう, であったから, であったという, でありますけれども, であるそれ, でうれしかっ, でさえ, でしたか, でしたけれど, でしばらく, ですぞ, ですの, でそこ, でただ, でどこ, でどんなに, でなかなか, でよく, でわたし, で何, で妙, で実に, で心細い, で暫く, で顔, なあらゆる, なあるいは, ないうに, なうめきを, なうれし, なかすか, なきたない, なきょとん, なきらびやか, なこえで, なこれ, なさびし, なしかも, なしずけさ, なすばらしい, なするどい, なはげしい, なまことに, なまだ, なまるい, なり, なアンバイ, な一つ, な一団, な一本, な三本, な不, な世間, な人柄, な仕方, な俳優, な個所, な傾き, な凄, な分らぬよう, な危険, な又, な可憐, な呑気, な商売, な困惑, な地形, な地点, な型, な夢幻, な大き, な大げさ, な太い, な夫, な奥深い, な妖しい, な妻, な威勢, な安らか, な室, な容, な少し, な少年, な幻, な庭, な役目, な怖, な急, な怪奇, な恥ずかし, な悔い, な悪寒, な悲哀, な悲壮, な愉快, な愛想, な感動, な憎悪, な指, な文学, な明る, な星空, な景気, な根本的, な極めて, な欠陥, な歓び, な歓喜, な歴史, な母, な気むずかしい, な気安, な気象, な気軽, な決心, な河, な洋服, な浅井, な煙, な珍, な理論, な田舎, な白粉, な白髪, な皮肉, な直線, な真面目, な眼差, な眼色, な石, な笑, な笑声, な笹村, な素, な素朴, な結論, な線, な罪, な美少年, な習慣, な聲, な自, な自然, な臭気, な苦しい, な苦しみ, な茫然, な落着, な落着き, な落葉, な薬, な表現, な解放, な解釈, な言葉づかい, な記号, な証拠, な詩人, な誤解, な説, な論文, な趣味, な足取り, な身動き, な透明, な逞しい, な遊び, な運動, な遣り方, な鈍い, な銀色, な長, な間柄, な闇黒, な青春, な面もち, な面構え, な靴, な顔付き, な顔附, な香り, な駭, な高, な髯, な魚, な鷹揚, な黒雲, な鼻声, にあっ, にあっち, にあつく, にいいます, にいくらか, にいっぱい, にいわゆる, にいわれ, にいわれる, にうつ向い, にうなだれ, にうれし, にうろうろ, におそろしい, にかかる, にかるく, にき, にきっちり, にきびしい, にきらきら, にぎらぎら, にく, にこそこそ, にころがっ, にこんど, にささやいた, にさびしく, にしげしげと, にじりじり, にじろりと, にすわっ, にそういう, にそこら, にそれから, にそれぞれ, にたずねた, にだ, にちっとも, につかつか, につぶやい, につるつる, にとうとう, にとても, にとにかく, にどぎまぎ, にどろり, にながめ, になるべく, になるほど, になん, には思われない, にばったり, にひそまり返っ, にふるまっ, にほんの, にぼうっと, にぽん, にま, にますます, にまわり, にみえました, にみな, にもある, にもない, にも思っ, にも感じ, にも考えられた, にも見えない, によみがえっ, によろこん, にわくわく, にキチン, にキョロキョロ, にキラキラ, にギョッ, にグッ, にスーッ, にドッ, にフラフラ, にボソボソ, にポツン, に一ぺん, に一列, に一方, に一般的, に上気, に不快, に不思議, に世論, に主人, に乾い, に二三歩, に云い放った, に云われた, に五人, に人形, に仆, に仕事, に伝二郎, に伝六, に修辞学, に個性, に光沢, に全然, に円い, に凝, に凝然, に出来, に切り出した, に別, に剥がれ, に動かず, に動かなくなった, に勝平, に叔父, に取れた, に古く, に叫び出した, に同時に, に呻いた, に呼吸, に咳払い, に問い返した, に問題, に四人, に四方八方, に土間, に地球, に地面, に坐り直した, に堅い, に堅く, に報告, に太い, に太く, に奇妙, に婆, に嫂, に存ぜられます, に室内, に寂然, に寝る, に察せられる, に小声, に尻, に屹, に帝, に帽子, に平に, に平伏した, に庄次郎, に座っ, に座敷, に影, に後ろ, に忙, に思, に思いだした, に思われまする, に思われるであろう, に恐ろしい, に息苦しく, に悪い, に愕然, に感じます, に感じられました, に慌しく, に憂鬱, に懐, に戸棚, に技術, に折, に振り, に掌, に揃っ, に描かれ, に散乱, に新しい, に新しく, に新鮮, に早口, に明らか, に明智探偵, に晴れ, に晴れ渡っ, に格子, に森, に楽屋, に欠伸, に止まっ, に正気, に正面, に此方, に歩く, に歪んだ, に死ん, に民主主義, に気味, に気味悪く, に沖, に沢山, に泣い, に浮い, に浮き浮き, に浮ん, に淋しかっ, に温和, に滑らか, に澄まし, に澄ん, に濃い, に点々, に烈しく, に煙管, に独り, に狭く, に猪口, に生々, に生命, に生活, に田代, に申しました, に町, に畑, に病人, に痛い, に白かっ, に皿, に盃, に相, に真暗, に真理, に眠っ, に眸, に眺める, に瞳, に矢代, に知識, に秀吉, に秩序, に種々, に突如, に立ちあがる, に立ち上る, に立ち停まった, に立ち止まっ, に筆, に簡単, に紅, に緑, に置かれ, に群衆, に老け, に肉, に肥え, に背後, に脇, に膨れ, に良人, に色々, に苦しかっ, に苦笑い, に茫, に華やか, に萎れ, に落着き, に落胆, に薄く, に血の気, に裂け, に装置, に見あげる, に見えなかった, に見えなくなった, に見えるであろう, に見られ, に視線, に覚えます, に訊く, に説く, に諸, に谷, に赫, に起っ, に踊り, に軒, に近代, に遠い, に金五郎, に金色, に銚子, に鎮まっ, に長椅子, に開け, に陰気, に陽気, に障子, に電話, に震えた, に静, に静寂, に馬, に馬鹿, に鮮明, に黙りこくっ

2 [1832件 抜粋] じゃったが, じゃわい, すでお, すでキャラコさん, すもないので, だしかし, だったぜ, だて, だほんとに, だ然し, であったの, でありますから, であると, でかえって, でこのごろ, でございますの, でしたけれども, ですか, です私, でちょっと, でなんとなく, でまことに, で二人, で何だか, で台所部屋, で大変, で彼, で息, で日本, で母, で真に, で非常, なあたたか, ないわゆる, なうれしい, なおもしろい, なから, なかんたん, ながっかり, なぐあいに, なさびしい, なさわぎに, なしかめ顔, なじいさん, なすべすべ, なその他もろもろ, なちょっとした, なとんきょう, なは, なひどく, なふし, なほがら, なまなざし, なむずかしい, なやみ, なよろこばし, なわたし, なイギリス, なクラハシ山, なスガスガ, なパリ, なマロニエ, なランプ, な一廓, な一枚岩, な下等, な不確か, な両, な五分月代, な仔細, な以前, な体たらく, な何ん, な作, な侮辱, な偉い, な働き, な全, な円錐形, な冷淡さ, な出家, な切な, な初秋, な前, な動機, な半, な厚い, な反応, な口振り, な可, な同情, な呼吸, な哀れ, な啼き声, な四角い, な土, な塵埃, な壮, な夏, な大股, な奇抜, な女給, な妖艶, な嬉しい, な安, な実際, な宿屋, な小路, な岩山, な巌石, な平静, な広義, な建築, な形迹, な後, な心安, な快感, な思, な恋, な恐ろし, な悲痛, な惨澹, な意見, な憎い, な懐かし, な扱い, な拙い, な放心状態, な方向, な昂奮, な時世, な晴天, な曇り日, な最後, な望遠鏡, な枝, な梢, な楽, な機会, な気の毒, な気振り, な水田, な江戸, な法則, な活気, な深刻, な清浄, な湖, な滝, な火星人, な片手, な狡猾, な現在, な生, な男女, な畳, な痛烈, な白く, な真似, な眠り, な眼玉, な社会, な程度, な空地, な窓, な答案, な紋, な細君, な経路, な結晶, な編笠, な群集, な肉体, な脅迫, な舟, な苦い, な草, な著名, な薄い, な薔薇, な行い, な装, な裾, な親切, な言うに, な詞, な誠に, な谷間, な足音, な身体, な辛辣さ, な金, な鋭い, な際, な雪雲, な電話, な青草, な音色, な題材, な風つき, な飯, な馬, な高慢, な鬱陶しい, な鳥, にあかるく, にあたふた, にあった, にあとずさりし, にありのまま, にあんな, にいずれ, にいったん, にいまや, にうかうか, にうなずき, にうなだれた, におじさん, におとうさん, におばさん, におもむろに, にお客, にかがやい, にかんじ, にきょろきょろ, にぎっしり, にぐらぐら, にことば, にごったくやと, にさえ見えた, にざわめいた, にしか見えない, にしっくり, にしゃんと, にじょうぶ, にすくんだ, にせん, にそっぽ, にぞろぞろ, にたおれ, にたちすくん, にためいき, にだるい, にちゃんと, につけ足した, につやつや, にである, にともかく, にどうして, になにごと, にぬっと, にはじめて, にはね起きた, にひい, にぴたっと, にふっつり, にふるえた, にへなへな, にほくほく, にぽつねんと, にまさに, にまぶしい, にみだれ, にむこう, にめいめい, にもまたは, にも思い, にも思わなかった, にも聞こえた, にも見られる, にやつれ, にゆるやか, にろくすっぽ, にわが子, にわれがち, にイギリス, にウーン, にガラス, にキリッ, にザラザラ, にショパン, にセエラ, にゾッ, にトホン, にハタ, にパタパタ, にパリー, にピアノ, にピン, にプッツリ, にボーッ, にミミ族, にローマ, に一定, に一旦, に一生懸命, に七兵衛, に上げた, に不器用, に与八, に世の中, に中途, に主観的, に乱れた, に二十, に今や, に仰, に伝えられた, に体じゅう, に何時の間にか, に余り, に俺ら, に個人, に元来, に光った, に全体, に内, に冷えた, に凍りついた, に初めて, に動きはじめる, に北方, に半分, に南天, に厚く, に反対, に取り澄まし, に口笛, に古風, に同一, に吹い, に周章て, に咆, に商人, に囁きあった, に国家, に坐り, に塵, に売れる, に夕日, に多少, に大人しく, に大村, に天然, に奥様, に如何にも, に威張り散らし, に孔子, に実在, に容易, に寂し, に寝入っ, に居ずまい, に岡, に工藝, に帰国, に帽, に幼い, に庇, に引き返し, に弾丸, に彼自身, に微笑ん, に心得, に必ずしも, に快い, に思い込ん, に思われないで, に急速, に恐ろしく, に悲嘆, に惶, に愕, に感じたらしい, に感ぜられ, に懐しく, に戻っ, に批評, に振り向い, に振返っ, に掛け, に提灯, に政治, に敷い, に断ち切れた, に旅客, に昂奮, に暗闇, に書類, に有難う, に本人, に朱実, に条, に東京, に林田, に柱, に椎, に横坐り, に橘, に止ん, に歩, に歴然と, に残念, に毛, に永久, に泣, に洋服, に流れ出した, に浅間, に消え去っ, に清十郎, に湿れ, に灯, に無力, に煙, に燈, に爪, に片方, に物音, に玉置, に生れ, に甲源一刀流, に異国, に痙攣, に痛んだ, に白眼, に直線, に真一文字, に真直, に瞬間, に碧, に神尾, に空想, に突立, に立ち上がり, に立ち止まりました, に立上り, に笑み, に箪笥, に細かい, に絵筆, に繰返し, に群集, に老母, に考え込んでる, に聞きかえします, に聞こえました, に脳, に自ら, に舌打, に芝居, に芸術, に苦しく, に莞爾, に蒲団, に蒼白, に薄化粧, に藤吉, に街道, に袖, に裏木戸, に見えなくなり, に見られます, に見入った, に見送っ, に覚えてる, に言いかけた, に言下, に話しかける, に課長, に赤かっ, に起ちあがった, に路地, に蹲っ, に躯, に軽い, に逃げ, に過ぎ去っ, に遠方, に重々しく, に鉄門, に銘々, に錯覚, に閉じ, に降っ, に際限, に雨戸, に電車, に露八, に青白い, に静まりかえった, に頭ごなし, に飛び, に飛び立っ, に駆け, に高, に髭, に鳴く, に黙り込ん, ねえ

1 [10925件 抜粋] あらゆるもの, じゃと, すであります, すでその, すで上半身, すで煙, すで騒ぎだした時分, だからという, だったがなあ, だった変, だほんの, だ少し, であたり, であり後, である金之助, でおじゃります, でこの間, でございます巽口, でしたわね, ですて, です殿さま, でとうてい, ではじめて, でもう一度, でわたくし, で上総, で余程, で北, で多少, で室内, で式部, で感慨無量, で時々クラクラ, で気分, で物腰, で矢代, で而, で虫, で赤児, で音, なあっけ, ないくつ, なうち, なおどけた汐ふき, なお蔦, なきび, なくらやみ, なこじわが, なさわぎで, なしわがれた声, なすっかり, なその後, なだらし, なつッ, ななにげない, なはにかんだよう, なふつう, なほん, なむくむく, なものすごい, なゆるんだ顔, なわが身, なエライお方, なクリミヤ, なサスペンス, なジャーナリズム, なテイクラク, なノッペラ坊, なフォーム, なマカロニ, な一人物, な一瞥, な万年雪, な上, な不作法, な不祥, な中国女, な久保, な二, な京, な人類生活, な他愛, な佃, な作りばなし, な俯目, な傾があるかも, な充血, な共和国, な冴えない煖炉, な凶暴, な初夏, な前途, な動き, な千鶴子, な厚かまし, な取りざた, な可愛らし, な君たち, な咳, な商人, な喬木, な因果関係, な土壌, な城壁, な壺, な外聞, な大勢, な天守閣, な奥庭, な好都合, な嫌気, な安息, な家庭条件, な寛闊さ, な小女一人, な山出し, な嶺, な希望, な年増女, な庄吉, な弊害, な当惑顔, な御利益, な心理的, な怒色, な怪探偵, な悟り, な情けない, な意義, な慰安激励, な我儘もの, な手跡, な拠りどころ, な掛声, な政治, な文学的認識, な新子自身, な旧, な景岡, な曙色, な朝靄, な杏色, な板木, な桃, な楽しい, な樹下石上, な正方形, な段丘, な気どり方, な水菓子, な沼, な流行物, な消極的, な清潔, な滑らかさ, な濃, な無縁墓, な煩悩, な爺さん, な物理的研究, な独創的, な珍客, な生々し, な男らしく, な疑い深, な発作, な百日紅, な相対死, な眼眸, な石器時代, な碁, な禰宜, な空部屋, な筆勢, な紅, な素足, な絶対媒介, な縞, な美夫人, な翳, な肉片, な腫物, な自然観, な色んな, な芸術至上主義, な茅, な落ちついた御, な薄命, な蛇, な衝突, な要領, な親し, な言いあらわしよう, な詩趣, な論鋒, な豪勢, な質, な踏み心地, な軽石だらけ, な近代的無作法, な逢いかた, な遽しい, な醤油色, な金言, な鋭利, な閑静, な陰険そう, な雅致, な震え声, な面会所, な頸長瓶, な風附, な馬車, な高麗縁, な鳴り方, な黒木長者, にあおむけ, にあっけなく, にあんた, にいじけちゃっ, にいま眼, にうっかり, にうろたえ, におち, におもわせ, にかく, にかねて, にがく, にきみ, にくね, にぐわっと, にこずえ, にござる, にさえ見えます, にさむ, にしかた, にしてやったら, にじいんと, にすみきった, にせり, にそらし, にたしかに, にたぶんそろそろ, につぎつぎ, にでなく, にとび退いた, にどっか, になさっ, になれる, にねあなた, にはきはき, にはまだ, には思えませぬ, には覚え, にひき乱れ, にひらめい, にふき子, にふる, にへたばっ, にほっ建っ, にぽたり, にまだきわめて, にみつめ, にめらめら, にもってた, にも思はれる, にも聞きなされた, にやめ, にゆらゆら, によろめき帰った, にわめきつづける, にアリョーシャ, にオウム返し, にカ氏, にキュー, にクリストフ, にコトコト, にジェリー, にスピードアップ, にゾシマ長老, にテロリズム, にドン河, にノソリノソリ枯松葉, にバルコニー, にピチピチ, にフーラー教授, にベルナアルさん, にポスト, にモンテ, にロケット, に一人ぼっち, に一山, に一目, に一隊, に三十何年ぶり, に三角形, に下っ, に不気味, に中国貿易, に久, に事業欲, に云い得べくん, に五本, に人生的, に今時分, に代々, に会社, に佐女牛, に余りに, に俗体, に個人的利害等, に働き, に先入, に全身はく, に兵馬, に冷えきっ, に凹み縮れ, に刈田, に削ぎとられ, に力いっぱい, に動きだした, に勢い込ん, に医者, に千穂子, に危うい, に双, に取り残される, に口唇, に叫び続ける, に合点合点, に吠え立てた, に呟, に和められ, に唸った, に喜びます, に四十余り, に国民全体, に地団太, に城下, に壜, に多大, に大変平静, に大腸小腸, に太平洋, に女史, に媚, に孫三郎, に宗教的観念, に宵, に寛一君, に将軍, に小枝子, に少時, に山門, に川島, に市十郎, に平和, に広がっ, に延び, に引込み思案, に弾き飛ばされ, に彼女たち, に徐ろ, に心持, に怒りだした, に思い慣れ, に思わせぶり, に怪物, に恰当, に悲しみ, に意固地, に感激, に憶, に戦いた, に手伝う, に承, に押しつつん, に指一本, に捲し立てる, に援, に改, に散らばっ, に文字, に断食, に日常茶飯事, に明るかっ, に昨年, に智子, に曇天, に書斎, に朦朧, に朱符, に松谷鶴子, に栗, に棒, に楽茶碗, に次第に, に正しく, に歩き出し, に殺され, に民藝品, に気落, に決心, に泉水, に泣き腫らした, に流し, に浮き立つ, に消極的, に深林, に渋っ, に満面紅潮, に漁夫, に澄んだ, に火柱, に焚火, に煙突, に燕作, に物色, に狭い, に珠子, に生, に甲子太郎, に異常, に痩せおとろえた, に白根, に盆, に直ります, に真っ暗, に眺めた, に矢車草, に石田氏, に祝意, に秋山, に空一面, に立ち停る, に竹内, に筋, に粋, に純粋日本人, に結婚, に緋, に繁っ, に美濃紙, に翻った, に耄けた, に聴いた, に背筋, に腕時計, に自席, に般若, に花弁, に英語, に荘田, に落ち窪ん, に蓊欝, に藤次, に蝉, に街衢, に襟巻, に見えませんでした, に見まわした, に見返り, に観念, に言われた, に詩それ自体, に認識論的, に誰一人, に警察, に貴い, に赤ん坊, に起きました, に足ずり, に跳ねおきる, に身動き一つ, に軽部, に近代的, に逆, に進駐軍向け, に違っ, に酔っぱらっ, に量, に銭勘定, に長持, に閾口, に隅, に雌, に震え上がった, に静止, に頓狂, に顔一面, に飛び起った, に飯籠, に馬鹿馬鹿しく, に駛, に高原, に鬼頭, に鳴りつづけ, に黒檀, に鼻たかだか, わかつた

▼ た~ (55583, 2.8%)

2008 いう 1700 見えて 1549 思うと 1477 すれば 1099 云ふ 952 思う 790 いって 760 みえて 718 思って 584 云って 501 云うの 499 言ふ 479 いうので 474 思います 469 言って 441 思った 391 すると 382 思ふと 376 見える 360 いふ 341 いうが 336 ある 321 云うこと 303 なると 302 いっても 289 聞いて 287 云う 253 思ふ 252 云う事 248 する 229 いうから 220 思うが 207 書いて 198 みえる 187 いうだけ 173 思つた 168 いうだけの 167 言うの 159 同じよう 156 云っても 154 思われる 145 いわれて 141 私は 140 いうよりも 135 あっては, したら 133 言う 130 したらどう 127 いえば 124 思うの 121 思ったの 118 申します 117 いふので 116 思いました, 思えば 113 伝えられて, 見て 112 云った 111 いいます 105 いうじゃ 102 いうに 100 云われて, 思ったが 99 思ひます, 覚えて 97 いうのに 96 いふが 95 いつて, 言っても 94 思いますが, 見ると 91 いうより 90 記憶する 85 云ふこ, 聞くと, 言った 84 したならば 83 信じて, 申して, 言われて 81 したらそれ 80 いうでは 78 云う話 77 見えます 76 いった 75 彼は 74 云うん, 考えて 72 云うよう 70 いうよりは, 見え 69 思ふが 68 なれば, 同様に 67 思はれる 66 したらその, 言うん 65 いうと 64 いえる 62 云うが 61 思つたら, 言つた, 記憶し 59 あれば, いふから, いわれる, 見えまして 58 したらどんな, 云えば 57 きいて, 申すの, 見るの 55 言うこと 54 あるが, 思いながら 53 云うので 50 いうか, 申すこと, 知ると, 言は 49 いうし, いえよう, 云える, 知って, 考えられる 48 云つた, 思う頃, 聞いた時 47 いふよりも, お思い, 思うこと, 思う間もなく 46 いっては, 云つても, 思うん, 見るや, 言えば 45 いうばかり, いうほど, おっしゃるの, 思われます 44 云うから, 聞く 43 云う訳 42 いうて, 答えた 41 云います, 同じこと, 言います, 言ひます 40 仮定し 39 するならば, 称して, 見えるな 38 見ること 37 おもうと, 云は, 告げた, 考えること 36 あって, 思ふの 35 したところ, 伝えられる, 同じ事, 見なければ, 言つても, 言はれ 34 いうまで, して 33 みえ, 思われるの 32 云うもの, 伝えて, 喜んで, 見れば, 記して 31 云われる, 仮定する 30 いうものの, したら私, します, 云はれ, 云わねば 29 いつても, 思うて, 思ったので, 想像する, 申すか, 聴いて, 言われる 28 あるから, 同じに, 思える, 思ったから, 知らせて, 聞いたが 27 いうほどの, したらこの, 同一の, 申しますが, 考へて, 話した

26 [11件] いうだけで, いうの, いふこと, ひ私, 云う風, 云ふも, 思われて, 思われるが, 申す, 申す事, 考えるの

25 いうだけでも, ひそれ, みえるな, 云うわけ, 云わなければ, 聞いたとき, 話して

24 いふに, みえます, 云つてゐる, 同じやう, 後悔し, 思った時, 書いた, 語った

23 するの, 同様の, 思いますと, 思うころ, 思うよう, 思つてゐる, 想像される, 聞いた, 見せかけて, 見られる

22 [13件] いわねば, したら彼, みると, 云う噂, 云えよう, 云ひ, 報告した, 思ううち, 思ったらもう, 思ひますが, 聞いては, 言ったが, 言わなければ

21 僕は, 思い込んで, 想像し, 聽い, 見る間

20 [11件] いうんで, いわれるが, おっしゃって, しよう, 云いますから, 云ったの, 思うわ, 思ったん, 思へば, 申しました, 言うので

19 云うと, 感じた, 見えその, 見えるの, 言うて

18 [18件] あとで, いいました, いったが, いふでは, ほりに, 云うじゃ, 云へる, 仮定すれ, 同様な, 思いますよ, 思っても, 気がついて, 考えた, 考える, 自分で, 言った方, 語って, 誰が

17 [25件] いいますが, いうべきであろう, いふと, おもう, へて, 云うその, 云うて, 云う者, 云っては, 云はれる, 彼女は, 思いましたが, 思うより, 思はれるの, 感じて, 新聞に, 申すもの, 私に, 見えるね, 見せて, 見ても, 見ゆ, 言ひ, 言へば, 述べて

16 [27件] いうでも, いつた, いふの, いへば, ならば, ひその, わかると, 云うだけ, 云う事実, 伝へられて, 出づ, 出て, 存じます, 後に, 後悔した, 思うね, 思ったら, 思つ, 考えても, 見えますね, 見へて, 見る方, 言いました, 言うから, 言うが, 言っては, 言へる

15 [27件] あつて, いいますから, いえるの, いふのに, いわれても, きくと, さへ, したらこれ, したらば, したら何, しますと, 主張し, 主張する, 云へ, 云へば, 信ずる, 同じ様, 同樣, 思いますか, 思え, 思われる頃, 聞きました, 聞きましたが, 聞けば, 言いながら, 言ったの, 言つ

14 [22件] いうからには, いうべきである, いはれて, いわぬばかりに, したらおそらく, 云うよりも, 云った方, 今でも, 同時にその, 嘘を, 思い給え, 思うから, 思ったとき, 思ったのに, 思っては, 思や, 考へるの, 聞いたので, 聞くが, 見えるが, 解せられる, 言える

13 [21件] いうまでの, おもって, したらどんなに, するも, 云う様, 云ったが, 今に, 仮定しよう, 思うよ, 思ったこと, 思ひました, 思われるころ, 考えると, 見えた, 見えましたが, 見られるの, 見る外, 言う事, 言つてゐる, 言わぬばかりに, 謂って

12 [30件] いうだけに, いふよりは, いわなければ, お考え, みえまして, わかって, わたしは, 云うばかり, 云う人, 云つていい, 云て, 云ふんだ, 仮定したら, 傳へられ, 全く同じ, 思うか, 思う時, 思う間, 思われるよう, 申しましょうか, 知った時, 答えると, 考えられて, 胸を, 見るま, 見るより, 解して, 記されて, 記す, 認めて

11 [34件] あり, いいある, いうならば, いえるであろう, おぼえて, です, みて, わかれば, 云いました, 云いますが, 云う記事, 云つてもよ, 告げて, 安心し, 察せられる, 思う時分, 思ひますと, 思ふ頃, 思われるところ, 書かれて, 母は, 氣が, 源氏は, 申しますから, 申しますの, 白状し, 白状した, 矢代は, 見えたの, 見ねば, 見做, 言い伝えられて, 言うもの, 言ふこ

10 [55件] あっちゃ, あらば, あります, いおうか, いわれては, いわれるの, おっしゃるん, みえるの, みゆる, みるや, 一緒に, 云いながら, 云うだけの, 云うに, 云う意味, 云ったね, 云つ, 云つてよい, 云ふで, 人々は, 人に, 伝えられた, 伝へて, 傳へ, 判ると, 同じである, 同じ程度, 思いこんで, 思いますわ, 思うもの, 思ったに, 思つてゐた, 思はる, 思はれて, 思はれます, 思われた, 教えて, 断言する, 申すが, 知ったとき, 知るや, 私が, 笑って, 答へ, 考えては, 考えられます, 考える外, 聞いても, 見るべきである, 解釈する, 言うよう, 言つたな, 言つた方が, 記憶します, 述べた

9 [59件] いうには, いひます, おなじよう, これは, したところが, したの, そんなこと, なって, なつたら, ひ之, ほりの, みえましたが, よろこんで, サ, 云うでは, 云うのに, 云うは, 云う点, 云つては, 云われるの, 仰し, 信じます, 噂され, 後悔する, 思いたまえ, 思うがね, 思うほか, 思うほど, 思ったもの, 思ったらそれ, 思はれるもの, 思ひながら, 思ひ込んで, 思ふうち, 思ふこと, 思われること, 手を, 推定される, 気が, 申すでは, 申すは, 知った, 知らして, 考えられるの, 考えるほか, 聞えては, 見え彼, 見たの, 見るべきであろう, 言うし, 言うじゃ, 言うと, 言う報告, 言えるの, 言ったな, 証言し, 謂は, 謂はれる, 近所の

8 [68件] あるは, いいまたは, いい伝えて, いうかど, いうからね, いうじゃあねえか, いえないこと, いたしましても, いはれる, お聞き, されて, したらあの, したら自分, した所, ひこの, 云ったよう, 云われても, 云ッて, 仮定します, 俺は, 同じ結果, 同じ道, 同時に, 報じて, 心の, 心得て, 思いねえ, 思いましたから, 思いますね, 思い出した, 思うかも, 思うくらい, 思うところ, 思うに, 思うのに, 思うまもなく, 思ったらすぐ, 思はれるやう, 思ふやう, 思ふん, 思われるほど, 想像すれ, 感じたの, 断言し, 申しまする, 申すので, 知る, 答う, 答えて, 考えねば, 考えられないこと, 考へられる, 聞いたこと, 聞くや, 聽いた, 自分では, 見えますな, 解するの, 解釈し, 言いますよ, 言ったよう, 言つたらう, 言はれる, 言ふと, 言へ, 語つた, 説明し, 謂ふ

7 [75件] あった, いうけれど, いうても, いえるかも, お思ひ, このよう, した場合, しの, しますれば, する説, ほりである, 主張した, 云う知らせ, 云う証拠, 云えない, 云つてゐた, 云はる, 云ひます, 云わぬばかりに, 仰しゃるんですか, 仰有るの, 伝えられるが, 信じた, 信じられて, 信ぜられて, 傳へて, 分ると, 同じ理由, 同時にまた, 同様で, 君は, 告白し, 告白した, 後悔しました, 思いなさい, 思うとき, 思うのよ, 思ったとたん, 思ったらその, 思ったらまた, 思った瞬間, 思ってるん, 思つてる, 思ふ時, 思われては, 思われるもの, 思召せ, 急に, 想像すべき, 斯う, 書いたが, 気がついたの, 申しましたが, 申しましても, 確信し, 答えました, 考えたの, 聴いた時, 自白し, 致しますと, 見え何, 見なくては, 見るべきであらう, 言いますが, 言うべきである, 言うよりも, 言うんで, 言えよう, 言ったね, 言わねば, 言われるの, 訊くと, 話すと, 説くの, 載す

6 [113件] あつちや, ありますが, あるからには, いい, いいながら, いいますよ, いいまた, いうぐらいの, いうけれども, いうにも, いうね, いうよりか, いえましょう, いひながら, いわれた, おっしゃる, おもった, お思いなさい, きけば, こういうん, したならどう, したらきっと, したらこんな, したらそして, したらわたし, したら彼ら, したら誰, したら随分, しなければ, しへも, しますね, せえ, なりますと, ひ, ひ世, ひ彼, ほぼ同じ, わかつて, 云う以上, 云う感じ, 云う自覚, 云はれた, 云われては, 云われるが, 仮定した, 仰有, 仰言, 伝へられる, 信じる, 信じること, 分って, 分れば, 判った, 前に, 反対に, 同様である, 同然である, 報告し, 当時の, 心を, 思い, 思いながらも, 思いましたよ, 思いまして, 思いますの, 思うかね, 思うその, 思う人, 思う途端, 思えるの, 思ったか, 思ったらあの, 思ったらしい, 思へ, 思われましたが, 思われるから, 感じるの, 憶えて, 断定する, 日記に, 正直に, 気がつくと, 父は, 甲斐は, 申さるるか, 申されるか, 申しても, 申しますこと, 私の, 考えれば, 考へること, 聞きます, 自覚した, 薫は, 見えこの, 見えたが, 見へ, 見ら, 見られて, 見る事, 見る間もなく, 解せられるの, 言いましたね, 言う人, 言ったそう, 言つてよい, 言つてゐた, 言ふで, 言ふより, 言ふんだ, 認められて, 謂はれ, 騒いで

5 [151件] あるからは, いいますと, いうかも, いうぞ, いうだけじゃ, いうな, いうならそれ, いうべきだろう, いうを, いえ, いったろう, いひますが, いわるるか, いわれます, いわんばかりの, おもうが, おもつ, おれは, お前は, かかれて, きいたとき, こう云う, さとって, したなら, したらそこ, したらわれわれ, したら君, したら当然, したら彼女, したら必ず, したら恐らく, しましょう, するならそれ, そう思っ, なっては, なりの, ひそかに, ひどんな, ひ一時, ひ今, ほくそ笑みを, まことし, みえその, みえるが, みるま, みんなが, 云い出した, 云うじゃあねえか, 云うところ, 云うも, 云うより, 云う女, 云う心持, 云う方, 云う次第, 云う説, 云ったこと, 云つてよく, 云に, 云ふと, 云わざるを, 云わんよりは, 人の, 今も, 仮定せよ, 伝う, 信ずるもの, 判りました, 口々に, 叫んで, 同じく, 同じな, 同じ形, 同前の, 同時にこの, 同様だ, 土地の, 姫が, 安心した, 帰って, 店の, 心に, 思うけれども, 思うた, 思うま, 思う事, 思ったばかり, 思ったら今度, 思つたから, 思つたのは, 思つて, 思つても, 思つてゐます, 思はれても, 思ふ間, 思へた, 思へる, 思わざるを, 思わずに, 思わせるため, 思わなけりや, 思われたが, 感じたとき, 早くも, 本人が, 欣んで, 此れ, 気がついた, 申しまして, 申しますと, 申せましょう, 申立て, 白状する, 知つたら, 知らずに, 知れる, 礼を, 私には, 稱する, 答えるの, 答へる, 考えるよう, 考えるより, 聞いたの, 聴いたが, 自信し, 自分でも, 自白した, 致しましても, 見えそれ, 見える魂, 見た, 見たから, 見ては, 解すること, 言いますぜ, 言うんだい, 言う事実, 言え, 言つたのは, 言つていい, 言つてる, 言ふも, 言わぬばかり, 証言した, 評して, 語ったそう, 語られて, 誰も, 謂ツて, 返事を

4 [302件] あとに, あなたは, ありますね, あるけれども, いうじゃねえか, いうだけは, いうで, いうなどは, いうなども, いうばかりの, いうまでは, いうよ, いえなくも, いえようか, いえるか, いったって, いつたやう, いはんばかりに, いひますよ, いふところ, いふん, いふ事, いふ感が, いふ気, いふ者が, いわざるを, いわないで, いわなくては, いわぬばかり, いわぬばかりの, いわれたこと, いわんばかり, いわんばかりに, おっしゃいましたね, おっしゃったでしょう, おっしゃるので, おなじす, おもいます, おもうころ, おもうの, お礼を, きいた, きいたので, きかれは, きく, きはじめて, こぼして, これも, した, したって, したらあなた, したらそう, したら如何, したら果して, しに, するさ, せば, そうお, その女, その時, それを, ですが, なう, ひいかなる, ひ侯, ひ多少, ひ御, ひ恐らく, ひ死んでも, ひ罪, ひ自分, ひ閣下, ほりだ, ほりを, みえすぐ, みえたが, みえてね, みえますな, みえるね, みせて, みること, よろこんだり, ホッと, 一般であった, 下を, 不思議に, 世間に, 世間の, 二人は, 云いたい, 云いましたが, 云いましたね, 云いますよ, 云い伝えられて, 云うけれども, 云うし, 云うた, 云うでも, 云うのだい, 云うべきだろう, 云うべきであろう, 云うよりは, 云う位, 云う例, 云う処, 云う大, 云う嫌疑, 云う御, 云う感, 云う所, 云う言葉, 云う記憶, 云えないだろうか, 云ったそう, 云つてある, 云ふより, 云ふんです, 云わぬばかりの, 云わんばかりに, 人は, 今では, 今は, 仰しゃいました, 仰しゃるのですか, 仰有って, 伸子は, 何の, 何んで, 信ずべき理由, 假定すれ, 先生は, 全く同様, 六郎兵衛は, 判れば, 口を, 合点し, 同じい, 同じくこの, 同じだ, 同じ位, 同じ心持, 同じ意味, 同時にそれ, 同時に又, 同時に彼, 同然に, 報じられて, 声を, 大喜び, 夫婦に, 妹の, 娘は, 安心する, 宿の, 彼も, 後悔を, 心で, 思いその, 思いなせえ, 思いますがね, 思い又, 思うあたり, 思うがな, 思うたが, 思うたの, 思うだけ, 思うほどの, 思う位, 思う瞬間, 思う者, 思えた, 思ったその, 思ったほど, 思ったよ, 思ったらいきなり, 思ったら急, 思った刹那, 思った頃, 思ってるの, 思つたのに, 思つては, 思はれては, 思はれは, 思はれますが, 思はれる人, 思ひこんで, 思ひねえ, 思ひますよ, 思ひ出した, 思ふま, 思ふわ, 思わずには, 思わせるよう, 思わなければ, 思われました, 思われますか, 思われるあたり, 思われるその, 思われると, 思われるのに, 思われる時分, 思われる節, 急いで, 恨んで, 悟って, 想像できる, 感じた時, 感じられて, 感じると, 感心し, 推定され, 推測せられる, 新聞は, 有仰る, 栄二は, 極めて, 母に, 気づいた, 気づくと, 気の, 沁, 満足し, 父が, 申さねば, 申したの, 申しますので, 申しますよ, 申す位, 申立てた, 疑って, 皆が, 眼を, 知れては, 私たちとは, 私も, 笑いながら, 答える, 答へて, 考えなければ, 考えられなくも, 考えられるが, 考える人, 考ふる, 考へた, 考へる, 聞いただけ, 聞いたなら, 聞いたよう, 聞えて, 聞きましたから, 聞きますが, 聞て, 聽きました, 自分の, 自慢する, 見えますよ, 見えると, 見えるん, 見え二人, 見え少し, 見え急, 見え椅子, 見え横, 見え目, 見え私, 見え血, 見え間もなく, 見せるため, 見られるもの, 見るが, 見るほか, 覚える, 解釈した, 言いましたが, 言い出した, 言うか, 言うだけの, 言うに, 言うのに, 言うより, 言うわけ, 言う話, 言えないこと, 言えるかも, 言おうか, 言ったじゃ, 言つたら, 言つては, 言つて居る, 言はれた, 言ふん, 言われても, 言出した, 記載し, 話しました, 誇って, 語る, 説いて, 謂へる, 述懐し, 院は, 顔を

3 [485件] あったが, あつた, ありましたが, あるより, いいたげに, いいましたね, いい伝えられて, いい得る, いうからにゃ, いうごときは, いうじゃあ, いうぜ, いうだけにも, いうべきもの, いえるし, いえるだろう, いえるでしょうか, いえると, いたしますれば, いったから, いったらいい, いっちゃ, いつた風, いな, いはねば, いふからには, いふでも, いふ者は, いふ者も, いふ訳でも, いわれましたが, いわれるので, いわれるほど, うそを, おっしゃいますか, おっしゃった, おっしゃったが, おっしゃったよう, おっしゃると, おもいました, おもったの, お吉, お思いなさる, お母さんは, きいては, きくが, くりかえして, こういうの, こういうわけ, こう言う, この方, こんなこと, さわいで, したならその, したならと, したらあるいは, したらあんな, したらおれ, したらさだめし, したらせっかく, したらどうして, したらやはり, したら一体, したら俺, したら僕, したら先生, したら夫, したら彼等, したら父, したら確か, したら読者, したら諸君, した時, しへ, しんから, すること, するには, せよ, せられて, そういうこと, そう云っ, それが, それは, そればかり, それも, そんな話, たい, ただそれだけ, だれが, つくづく思う, つたえられて, ですよ, なったらもう, ひあの, ひそこ, ひ一旦, ひ他, ひ以前, ひ僅か, ひ彼等, ひ親, ひ都, へしなり, へること, ほぼ同様, ほめて, ほり, まあそんな, みえますね, みえまする, みえよく, みえ何, みえ顔, みたの, みなければ, みられよう, みられる, みるより, みんなは, もっともらしい, より外, わかっても, わしの, わたくしは, わたしに, フロイスは, 一人の, 一般に, 世間から, 世間では, 主人の, 云いたげに, 云うお話, 云うかも, 云うくらい, 云うくらいの, 云うそれ, 云うぞ, 云うては, 云うほか, 云うものの, 云う丈, 云う不思議, 云う外, 云う始末, 云う廉, 云う意識, 云う旨, 云う様子, 云う気, 云う満足, 云う程, 云う記録, 云う訣, 云う逸話, 云う非難, 云え, 云えましょう, 云えるだろう, 云えるであろう, 云ったけれども, 云ったって, 云ったな, 云ったので, 云ったらそれ, 云った人, 云ってね, 云つた風で, 云つて, 云つてる, 云つて差支へ, 云ひました, 云わなくては, 亭主は, 今の, 今度は, 今日の, 仮定しましょう, 仰せられて, 仰っしゃって, 似て, 信じるの, 信じ切って, 信ずるが, 信ずるの, 假定し, 僕に, 兵馬は, 判断した, 判断する, 勘違いし, 反して, 取って, 取次いで, 同じだけの, 同じであった, 同じ力, 同じ場所, 同じ手段, 同じ方向, 同じ方法, 同じ言葉, 同じ調子, 同一である, 同一量の, 同時に一つ, 同時に一方, 同時に彼女, 同時に心, 同時に文学, 同時に自分, 名乗って, 告げたので, 告げました, 告げられた, 告げる, 告げるの, 問えば, 喜びました, 嘆いて, 噂された, 噂し, 報告が, 報告する, 大笑いしました, 大路に, 女が, 女房は, 妹は, 妻は, 始めて, 子細を, 存じますが, 少しも, 彦太郎は, 彼が, 彼には, 後悔の, 御話しなさいました, 心づいて, 怒って, 思いだして, 思いは, 思いましたの, 思いますから, 思い出して, 思い私, 思い込んだの, 思うくらいに, 思うけれど, 思うこの, 思うし, 思うそれ, 思うだろう, 思うては, 思うでしょう, 思うという, 思うな, 思うならば, 思うので, 思うばかり, 思う中, 思う心, 思う気持, 思ったあの, 思っただけ, 思ったね, 思ったらたちまち, 思ったらやがて, 思ったら彼, 思ったら途端, 思ったわ, 思った途端, 思つたのが, 思つたのです, 思つていい, 思つてゐたら, 思て, 思はなければ, 思はれた, 思はれるが, 思はれるほど, 思はれる程, 思ひましたが, 思ふから, 思ふころ, 思ふだらう, 思ふに, 思ふね, 思ふので, 思ふほどに, 思ふ位, 思ふ間もなく, 思わねば, 思われた時, 思われても, 思われは, 思われますから, 思われますが, 思われるくらい, 思われるふし, 思われるほどの, 思われる人, 思われる処, 思われる大きな, 思われる部分, 思ッて, 思召し, 恨めしげに, 息を, 悔んだ, 悟った, 悲鳴を, 想像しうる, 想像し得る, 想像せられる, 感じたこと, 感じます, 憶える, 成つたなら, 承って, 挨拶し, 推測する, 教へて, 断定し, 斷言し, 明らかに, 明瞭に, 本人は, 此の, 母から, 気が付くと, 気づいたの, 泣いて, 温順しく, 無心の, 猶ぞい, 申さなければ, 申しますし, 申し立てて, 申上げ, 申上げたら, 申立てる, 発表した, 白状は, 皆に, 目を, 眼が, 睨んで, 知ったの, 知っては, 知らされて, 知らる, 知ること, 知る事, 知れた時, 知れると, 知れるの, 私どもは, 称せられて, 積って, 空の, 立派に, 答えたが, 義雄は, 考うべき, 考えなくては, 考えるほう, 考える事, 考える方, 考へられて, 考へられるもの, 聞いたから, 聞いた故, 聞かされて, 聞かされても, 聞きましたので, 聞きましたゆえ, 聽いちや, 腹の中で, 膝を, 臍を, 自分に, 自分は, 自分も, 自分を, 自慢し, 自白する, 自覚し, 自負する, 莞爾として, 見えいきなり, 見えお, 見えてね, 見えましてね, 見えまする, 見えますネ, 見えるもの, 見えるテ, 見え今日, 見え床, 見え彼女, 見え或, 見え自分, 見せかけるため, 見た時, 見た時分, 見て取って, 見へる, 見ゆる, 見られなくては, 見られぬこと, 見られます, 見られるので, 見る, 見るうち, 見るは, 見るべきだが, 見るべきもの, 見るまもなく, 見るよりも, 覚えた, 覚えます, 覚しき頃, 解しても, 解すべきもの, 解する, 解れば, 言いお, 言いふらして, 言いますがね, 言い触らして, 言うかも, 言うだけ, 言うだけに, 言うだろう, 言うても, 言うよ, 言う方, 言う風, 言えるだろう, 言えるであろう, 言ったところ, 言ったので, 言ったろう, 言っちゃ, 言つてお, 言ひました, 言ふしなか, 言へど, 言や, 言わざるを, 言わぬばかりの, 言わるる, 言われた, 言われちゃ, 言われては, 言われると, 言わんばかり, 言わんばかりに, 記録され, 記録し, 記録に, 訴への, 訴へれ, 註して, 詫びて, 話したこと, 誌し, 認めなければ, 語るので, 誤解し, 誹るも, 諦めて, 謂っても, 謂はれた, 豹一は, 賞められ, 足を, 逆に, 陳述した, 非常な, 非常に, 首を, 驚いて

2 [1367件 抜粋] あっちゃあ, あの人, ありました, ありますよ, あるので, いいたいくらいの, いいましても, いいますぜ, いい伝え, いい得られる, いうからな, いうけど, いうだろう, いうでねえか, いうべきだろう硬, いう如き, いえましょうか, いえるが, いたします, いったこと, いったらない, いっちゃあ, いつたが, いはれも, いふけれど, いふならそれ, いふものの, いふんで, いやもう, いわれその, いわれるから, いわれるだろう, いわれるよう, うかがいました, うるに, え, おっしゃいました, おっしゃったの, おっしゃるでは, おなじこと, おもうね, おもったが, おりじゃった, お云いだ, お前が, お常, お父さんに, お言いな, かすかに, きかされて, ききましたゆえ, きつける薬, くる, こう思っ, ございます, される, したなら何, したらあるいはまた, したらいま, したらかれは, したらずいぶん, したらたとえ, したらなるほど, したらまあ, したらろくに, したら二人, したら今度, したら何処, したら全, したら其処, したら午後, したら娘, したら植物, したら絵画, したら金之助, しなくては, し又, すぐ後悔, するそう, するなら今, するね, する思想, せられる, そう岸本, そう言った, そなた, その名, そんな気, つたへ, でしょう, どうして保証, なすの, なりに, なる, ぬかす, ひあなた, ひこ, ひどの, ひわれ才, ひ乙姫さま, ひ仇, ひ何, ひ其, ひ妹, ひ宮, ひ小松原次官一個, ひ影, ひ我が, ひ我等, ひ星除名論, ひ河野自身, ひ漢語, ひ然, ひ現, ひ男, ひ直に, ひ自由進歩, ひ長期, へよう, ほか思えない, ほりであります, ぼくは, みえそこ, みえどうやら, みえるのう, みえ唸り声, みえ大きな, みえ百万遍, みた刹那, みるべきであらう, もうします, より思われない, わかりましたよ, われながら, ッても, メンシコフは, 一郎は, 七十郎は, 万吉は, 下女が, 世間へ, 丹造は, 主張しました, 云いその, 云いますので, 云い得る, 云うかど, 云うじゃあ, 云うたより, 云うだけでも, 云うには, 云うほど, 云うよ, 云う一点, 云う他, 云う前例, 云う場所, 云う奴, 云う形, 云う手紙, 云う挨拶, 云う時, 云う滑稽, 云う端書, 云う結論, 云う評判, 云う車夫, 云う野村, 云う隣家, 云う風情, 云おうと, 云ったところ, 云ったよ, 云ったり, 云つたら, 云つてそれを, 云つてゐました, 云つて差支ない, 云つて遠い, 云ふからである, 云ふところでも, 云ふべきだ, 云ふんだい, 云へるであらう, 云われちゃ, 云われる程, 人々に, 人が, 今さら後悔, 今更後悔, 仰しゃって, 仰しゃるのは, 仰っしゃるのか, 仰有るか, 伝えます, 伝えられるほど, 伝え聞いて, 何か, 何度も, 佯り, 俚俗に, 信じたから, 信すべき, 信ずるならば, 信二は, 俺に, 傍に, 兄さんは, 公言し, 出で, 判って, 勘六は, 友田は, 反対の, 叔父に, 叫んだ, 同じく今, 同じだった, 同じわけ, 同じ感情, 同じ晩, 同じ順序, 同時にこれ, 同時に何, 同時に力, 同時に子供, 同時に私, 同様な慈しみ, 否とに, 告白する, 周囲の, 唱えて, 喜びながら, 喜んだ, 嘆息し, 嘗て私, 土曜日毎に, 報ぜられて, 大よろこびでした, 大将は, 夫人が, 女中が, 妙な, 威張って, 婆さんが, 嬉しそう, 安堵した, 安心を, 宣言し, 家内の, 対う, 尋ねるの, 市川新, 平気で, 庄造ばかり, 彼女の, 後でお母様, 後の, 後世に, 後悔も, 思いかえして, 思いこれから, 思いでも, 思いますけれど, 思い三たび声, 思い確定後五年間, 思い込む人間, 思うくらいの, 思うた時, 思うても, 思うなり, 思うまい, 思う処, 思う嬉し, 思う男, 思う苦痛, 思えたので, 思えども, 思えます, 思えるよう, 思たら, 思ったけれども, 思ったであろうか, 思ったらこんど, 思ったらじき, 思ったらとたんに, 思ったらまあ, 思ったら坑夫, 思ったら眼, 思った次, 思った私, 思っちゃ, 思ってね, 思つたのも, 思つてるだらう, 思つてを, 思つて滿足した, 思はれたが, 思はれること, 思はれるふし, 思はれる部分, 思ひつ, 思ひ違, 思ふのさ, 思ふより, 思ふ時分, 思へるもの, 思わっしゃりまし, 思わないわけ, 思われたの, 思われぬでも, 思われるばかり, 思われる例, 思われる程, 思われる絵, 思召す, 思案に, 悔いて, 悔やんで, 悦んで, 想はれる, 想像するなら, 意識する, 感じました, 感ちがいする, 感謝したぎり, 成つては, 批評する, 承わりましたが, 拙者の, 推定し得る, 推断する, 断定した, 断言し得る, 新八は, 斷言する, 明かに, 明言する, 時雄は, 書いたもの, 書く方, 有る, 本気に, 枕に, 次第にこの, 殆ん, 毎日同じ, 気づいた彼, 気づいて, 気軽に, 注意し, 涙を, 父に, 申が, 申しあげて, 申しましたね, 申しますな, 申し上げたじゃ, 申し伝えて, 申すくらい, 申すべきでありましょう, 申す事ぢ, 申せます, 申立る, 番傘に, 白状しました, 真しや, 知ったので, 知つた, 知らせました, 知れたら, 知れて, 確言し, 称されて, 称すること, 称する人, 稱せらるる, 答えたと, 答えた事, 紀昌は, 結論し, 考えたい, 考えたに, 考えられるから, 考えるから, 考える他, 考へ, 考へられます, 考へる人, 聞いたとたん, 聞いたのに, 聞いた日, 聞いちゃあ, 聞えたから, 聞かされたとき, 聞かぬと, 聞かれて, 聞きそれ, 聞き私, 聞くさえ, 聞くも, 聴くと, 肚の, 腹の, 自分が, 自称し, 致しましたらこの, 若い身空, 落ちて, 虚偽の, 褒めた, 見えいつも, 見えそう, 見えたもの, 見えても, 見えまだ, 見えるその, 見えるや, 見える今日, 見える彼女ら, 見えベリ, 見え主人, 見え僕等, 見え其の, 見え大きな, 見え字体, 見え彼等, 見え此, 見え突然, 見せかける, 見たか, 見た方, 見られる場合, 見るべき, 見るべきであろうか, 見るべきなの, 見る人, 見極めて, 覚しく, 覚ゆる, 覚悟を, 観ること, 覺えた, 解したの, 解せられて, 解つたら, 解釈出来る, 言いたい, 言いたいの, 言いなさるん, 言いますか, 言い伝えて, 言い出したもの, 言い自分, 言い足した, 言うてたさかい, 言うほう, 言う事件, 言う説, 言えましょう, 言ったとき, 言った人, 言つたさうだ, 言つた癖に, 言つて居た, 言つて居ります, 言つて生れ, 言はれました, 言ひ出した, 言ふからには, 言ふべき, 言ふんです, 言わない, 言われちゃあ, 言われるくらい, 言われるほど深刻, 言わんと, 訊いて, 記憶す, 記録せられ, 評するもの, 話したそう, 話しますと, 話を, 認められたの, 語った人, 誤認した, 説明した, 誰か, 誰にも, 謂う, 謂つてよい, 豪語し, 載せ, 述懐された, 運転手に, 闇の, 非難される, 顏の, 風の

1 [11388件 抜粋] ああいのち, あなたから, ありしを, あるそう, いいいま, いいつつ, いいますので, いい出す, いい得るでは, いい漢高祖, いうがの, いうでございましょう, いうなら早速, いうべきです, いえその後, いえるつもり, いくたび, いったのでな, いったら読者, いつたふう, いつに, いはれるの, いひ十一歳, いふなら話しに, いへるほどの, いろいろ感慨, いわれたと, いわれようと, いわれる三遊亭圓馬, いわれる樹, いわれ本堂, うべからずである, おこしたの, おっしゃるから, おなかが, おぼしきとき, おもうたは, おもわないわけ, お仰し, お姫さまは, お浪, お袋が, お雪ちゃんが, かたづけて, きいたときそれ, ききました, きまるならば, ぐっとお, こうするだ, こちらへ, この塀, こぼしたそう, さうせね, される牢, しそこ, したなら家, したらいったいどう, したらこれ位, したらそれ等, したらなにか, したらソモソモ, したら三日目頃薬液, したら伊之助, したら別, したら夢, したら小名木川, したら成, したら正に, したら現に, したら結果, したら言葉, したら陽, しましたなら彼, しょげて, し日本, すては, するそれでも, するわけ, する空駕籠, せねば, そうおっしゃっ, そう耳, その同じ心, その柔らか, それからそれ, たずねた, ちょうど同値, つづけた, どうして云, なかなか気休め, なったら最後, なりゃむだ, ぬかしたが, はっきりは, ひいのち, ひとり得意, ひデカダンス, ひ一部, ひ人道的感激, ひ其動機, ひ印刷業關係者, ひ国庁, ひ始めは, ひ幽か, ひ想像, ひ文字, ひ未来, ひ水戸齊昭, ひ生活, ひ細か, ひ色, ひ詐僞師, ひ間接, ひ黨首, へさういふ構想, ほか思われません, ほりた, ほり壓伏階級, ほり綺麗に, まあちやん, また後悔, みえいちばん最後, みえただ, みえふみきる跫音, みえるなあ, みえ両手, みえ劉玄徳以下, みえ好, みえ建興十二年, みえ月光, みえ牛, みえ笑い声ひとつ, みえ足早, みずから名乗っ, みないった, みる眼, もっぱらのうわさでござりました, ゆめ見, より他, わかつても, わめき声, カブラルは, スミス博士は, ハッキリ証言, マクドナルドは, 一つが, 一所にな, 一般の, 上人が, 世間には, 久慈が, 二十七日, 云いながらも, 云い両方, 云い得るの, 云い酒気, 云うためし, 云うなら正に, 云うんだいホームズ, 云う世にも, 云う光景, 云う喜, 云う妙, 云う彼, 云う所作, 云う武士, 云う現象, 云う紙片, 云う蝋燭, 云う轆轤首, 云えって, 云っただけ, 云ったわね, 云ってな, 云つた位最新の, 云つてみ, 云つて子供の, 云つて新刊書を, 云つて腹を, 云はんばかりに, 云ふが如き, 云わないばかりの, 云われるから, 云われる所, 云廉が, 人々の, 今さら悔まれ, 今朝知った, 仰いましたな, 仰せられました内膳めもさよう, 仰云った由, 伝うる, 伝えられること, 伝えられ後者, 伝へる深見某, 似よりの, 何気なく話, 信じこまされて, 信じられ実は, 信ずるとき, 俺たちに, 僻んで, 先達樣の, 共ずみも, 冷やかして, 分った, 初めて悟り, 判り疑えば, 加藤さんが, 千八百九十六年一月發行の, 厭らしく云う, 取り次がれたので, 口惜しくなった, 叫びしまでは, 史に, 同じあり, 同じく原始的, 同じく自己, 同じ事柄, 同じ型, 同じ或は, 同じ気, 同じ胸, 同じ道普請, 同方向, 同時にもう一つ, 同時に二人, 同時に各, 同時に導電体, 同時に時には, 同時に無二, 同時に第, 同時に雪華, 同様彼女の, 名乗りでた者, 吹聴された, 告げられるもの, 呼びかけた男, 問い質す風, 喚びかける, 嗤われぬ, 噂を, 地駄太踏む, 報せて, 夜中に, 大声を, 大自慢, 奥さんが, 女王様に, 婆とは, 存八は, 宙に, 家主が, 察せられます, 小さい棺, 少し怪しい, 岩見は, 幕府老中へ, 幾次郎と, 引きあげて, 当惑し, 後々潤一郎が, 後で私ら, 後悔し始めた, 御意じゃよ, 心から悪かっ, 心臓が, 怒る山法師ら, 思いこみ荒れ狂って, 思いつめすっかり, 思いましたけ, 思いますけれども, 思いみるみる, 思い出さないこと, 思い始め養父, 思い片, 思い込みいつも, 思うころ急, 思うた位やつ, 思うと共に, 思うらしかった, 思う子, 思う時刻, 思う紅蓮, 思えそこ, 思えるとき泰三, 思ったあいだ, 思ったという, 思ったらさては, 思ったらどんな, 思ったらポ, 思ったら先方, 思ったら小鳥, 思ったら炭酸瓦斯, 思ったら長い, 思った二度目, 思った憤りと, 思った白刃, 思った鼻, 思ってる時, 思つた所に, 思つてそれなりに, 思つて大, 思つて神樂坂へ, 思はるる, 思はれるリユクサンブル絵画館, 思はれる日記風, 思はれる詔旨, 思ひましたから, 思ひ前々, 思ふこ, 思ふ元, 思ふ迄は, 思わせたかったの, 思わぬうち, 思われたで, 思われなくて, 思われるばかりに, 思われる共同租界内, 思われる左翼, 思われる死体, 思われる空虚, 思われる雑多, 怨まれちゃあ, 恩給を, 悔を, 悪縁を, 想像さるる, 愚痴でも, 感じられたの, 感ずるより, 感謝する, 憶った, 手紙に, 承知する, 拾う, 推察が, 改めて思い直す, 文子は, 断言出来ない, 日本紀に, 昨日言伝けたのを, 暗然として, 書き添えて, 有れば, 本多は, 松造が, 椿岳が, 歎いた, 歩みつつ, 母や, 気がついても, 気づいた瞬間, 水夫長が, 沖永良部島では, 浦島子伝の, 源十郎に対する, 無邪氣, 狂喜し, 理屈こねる, 申か, 申したなら何時, 申しますぞ, 申し上げます, 申すつれ, 申す形体, 申事是は, 異って, 白木の, 皿を, 相手の, 睨み捨てに, 知ったらただ, 知った覆面, 知らされても, 知りあわてて, 知るならば, 知ッて, 祖母が, 私共, 称するも, 称せられるが, 立ちあがりそう, 笑出したら, 答えますゆえ, 粥河圖書感涙を, 結論した, 繰返し申しても, 考えかかる, 考えますか, 考えられる人, 考えるべきである, 考へこれ, 考へられるにおいてを, 聞いたせつな, 聞いたら世間様, 聞いた早耳, 聞えるだけでも, 聞きいま, 聞き信雄, 聞き若し, 聞く七人, 聞ぬ, 背中に, 自ら言っ, 自慢を, 致しましたら折角, 若林博士が, 落物を, 蟹江は, 見えあらわ, 見えさして, 見えたちまち, 見えなるほど, 見えますなあ, 見えるか, 見える一行, 見える成, 見える青年, 見えフト目, 見え上役, 見え人々, 見え公私各種, 見え卒倒, 見え囈言, 見え奥, 見え少年, 見え座敷, 見え愛想, 見え日に日に, 見え板の間に, 見え毎朝, 見え物珍し, 見え禪宗, 見え芭蕉, 見え辞職願, 見え雁, 見え鬼頭, 見せたけれど, 見たほう, 見て取ると, 見ゆるな, 見るならば, 見るよりは, 見立てるが, 覚しき個所, 覚ると共に, 観察します, 解する事, 解釈された, 言いうる, 言いつづけた, 言いますと, 言い出すの, 言い張るの, 言い觸ら, 言うだけで, 言うまでは, 言う出たらめ, 言う新聞記事, 言う記録, 言えると, 言ったとて, 言ったら鳴ったん, 言っといたぞ, 言つた迄さ, 言つてわざ, 言つて夜半前には, 言つて腹を, 言ひまし, 言ふ如き, 言わるる筑波組, 言われるし, 言われる糖尿病患者, 訂正し, 記し將軍義晴, 訴え出た時, 評判し, 話されたから, 話し合, 認めても, 認めるより, 語り伝えて, 説かんが, 誹られるに, 謂い得ると, 謂わッ, 谷村は, 赧く, 転落する, 述べすみやか, 逆説し, 道誉は, 里人に, 門附け, 陶酔し, 静かに, 頼まれて, 首肯かせます, 騒ぐん

▼ た~ (42976, 2.2%)

87915524 です 1926 だよ 1576 ですよ 1525 ですか 1453 だが 1442 だろう 1344 ですが 1323 だから 1083 だね 864 でしょう 817 じゃない 593 だな, ですもの 540 ですね 431 だと 421 ですから 363 だそう 348 だらう 330 ですって 301 では 283 だもの 274 だけれど 266 ですの 256 だぜ 243 ですけれど 220 ですがね 206 だわ 194 だがね 170 だけど 169 だからね 166 じゃありません 158 だか 151 ですけど 132 ですわ 128 じゃ, だろうと 126120 でしょうね 117 じゃねえ, ですつて 116 だぞ 114 だって 108 か, ですからね 99 だからな, でしょうか 93 だろうね 87 でございます 80 ですかい 75 だろ 70 ですな 67 じゃあるまい, だつて 63 だろうか, でございますよ 60 だえ 59 ですぜ 57 だろうな 56 ですけれども 55 だけれども 52 じゃア 50 だからなあ 49 だという 48 だし 47 だねえ 46 だろうが 42 じゃないでしょう, だなと 40 だとさ, である, ですってね 39 ですのよ 38 だってね 37 でしょうが, ですかね, ですとさ 35 かい 34 じや 32 でも 31 じゃあない, です親分 30 だがなあ 28 さ, だがな, でござんす 27 じゃなかった 26 じゃないです, だそれ, だッ 25 だらうと, だろうよ, でございますか 24 ださうです, だなあ, でしょうねえ, やが 23 かね, だあ, でしょうよ, ですと 22 でしょ 21 じゃが, だその, だナ, でしょうな, ですッ, やろ 20 じゃなく, だからねえ, だとか, だとよ, ですのに 19 だお, だろうねえ, でございましょう, でございますが 18 だっけ, だ相, ですからな, ですからねえ 17 ださうで, だろうという, だネ, ですえ, ですお, ですわね, やけど, やな 16 だあの 15 だお前 14 じゃなかろう, だのに, やない 13 だそんな, だ君, でしょうと, ですその 12 じゃないだろう, じゃよ, だらうね, だろうから, だろうって, だろうなあ, でした, ですねえ

11 [11件] じゃあねえ, じゃあねえか, じゃございません, じゃござんせん, だおれ, だもん, だよう, だらうな, だア, だ俺, ですネ

10 [13件] じゃある, だからと, だけどね, だこの, だこんな, ださうですよ, だ八, でございますから, でしょうかね, ですかと, ですけどね, でなければ, やわ

9 [18件] かな, じゃな, だけれどね, だこれ, だつけ, だどう, だなんて, だわね, だん, だワ, でございますね, でしょうけれど, ですかねえ, ですがねえ, ですこの, やさかい, やそう, やもん

8 [13件] じゃなくっ, じゃね, だとね, だとは, だべ, だ何, だ誰, でしょうネ, ですってさ, ですツ, です私, で御座います, やろか

7 [11件] じゃ無い, だああ, だからネ, だがねえ, ださうだ, だっていう, だらうが, ですがな, ですつてさ, ですなあ, べえ

6 [16件] がある, じゃねえや, ださ, だしかも, だもう, だろうさ, て落づるずおん, でありますが, でございましょうね, でございますの, ですこれ, ですし, ですってねえ, ですってよ, なこと, べ

5 [46件] じゃああるまい, じゃござんすまい, だいったい, だおまえ, だけれ, だしかし, だす, だそして, だっ, だっけね, だったね, だってよ, だて, だところが, だとばかり, だとも, だらうか, だろうけれど, だろうに, だエ, だヨ, だ一体, だ今日, だ僕, だ話して, であります, でございますがね, でございますけれど, でござんすか, でしたが, でしょう親分, ですかな, ですかよ, ですそれ, ですそれで, ですそんな, ですのね, ですわねえ, です何, でない, でなくて, どす, どっせ, な食事, やがな, やで

4 [57件] かいや, かけたか, かもしれない, じゃあないでしょう, じゃありますまい, じゃあるめえし, じゃけど, たるもの, だけれどもね, だこいつ, だここ, だこっち, ださあ, だっけな, だった, だってさ, だってネ, だといった, だろうあの, だろうがね, だろうし, だろうなどと, だ大, だ己, だ私, だ自分, であろうか, でしたかね, でしたっけ, でしやう, でしょうがね, でしょうけど, でしょうけれども, でしょうなあ, でしょう私, ですお嬢さん, ですけども, ですけれどね, ですけれどもね, ですだから, ですワ, です一体, です先生, です貴女, でなきや, でやす, で御座いますか, で御座いますよ, なもの, ならいい, に説明, べい, やあれ, やぞ, やと, やろな, よ

3 [113件] かッ, がったん, じゃあこの, じゃから, じゃごわせん, じゃと, じゃもう, じゃもん, じゃろう, じゃろな, じゃァない, じゃァないだろう, じゃ折角, じゃ有りません, ずら, たるけしき, だいい, だいと, だいま, だいや, だからの, だきみ, だこう, ださうですの, ださうな, だすると, だそうですね, だそれだけ, だそれで, だだが, だっておっしゃる, だってそれ, だってな, だって云う, だつたね, だつて言, だで, だといふ, だどうして, だなどと, だなにか, だねえか, だばか, だひどく, だまさか, だらうよ, だろうこの, だろうじゃ, だろうそう, だろうそれ, だろうなんて, だろうネ, だろう私, だ人, だ今, だ何しろ, だ俺ら, だ八五郎, だ助けて, だ勘弁, だ可哀想, だ夢, だ大きな, だ早く, だ親分, だ言わないか, だ詳しく, だ騷, でありますか, でございましょうか, でございますねえ, でござんしょう, でござんしょうか, でござんすよ, でしたね, でしょうあの, でしょうかねえ, でしょうから, でしょうそれ, でしょうに, でしょうもう, ですあなた, ですいや, ですかしら, ですかなあ, ですからなあ, ですがと, ですけどねえ, ですけどもね, ですすると, ですそれから, ですて, ですとも, ですどうして, です今, です叔母さん, です旦那, でないか, でないと, でねえか, とこの, ど, なの, なやつ, ならもう, ならもう少し, な返事, に, にいえ, にその, に書い, のよう, やぜ

2 [282件] え, かと順平, かどう, か知らん, があ, けえ, さ子供騙し, さ我身, し, じゃあ, じゃあおれ, じゃあっし, じゃあどうせ, じゃあなく, じゃあやりきれねえ, じゃい, じゃお, じゃがそれ, じゃけ, じゃこっち, じゃござん, じゃし, じゃで, じゃなし, じゃねえだろう, じゃもの, じゃァありません, じゃァねえ, じゃァねえか, じゃ何, じゃ僕, じゃ可, じゃ問題, じゃ実際, じゃ少し, じゃ無かった, じゃ私, じゃ誰, じゃ迚, じゃ駄目, た, だあいつ, だあれ, だあんな, だいつぞや, だおいら, だおら, だお前さん, だお常, だからのう, だがの, だけども, だけれどもな, だこれから, ださうだが, ださうだがね, ださうですが, ださうでそれで, ださっき, だすな, だそいつ, だそしたら, だそれなのに, だだから, だったか, だったが, だってえ, だってねえ, だって言っ, だつてさ, だつて云, だでなあ, だとしか, だとにかく, だどこ, だども, だない, だなっ, だなってよ, だなに, だなん, だに, だねエ, だひと口, だへ, だほんと, だぼく, だまあ, だまだ, だみんな, だもう少し, だもちろん, だやましい, だらうあんな, だらうつて, だらうなどと, だらう何, だろうえ, だろうお, だろうかと, だろうがな, だろうここ, だろうそこ, だろうそんな, だろうどんな, だろうッ, だろう今日, だろう何, だろう可哀想, だろう気, だろう自分, だわと, だわよ, だを, だアネ, だツ, だ一本一本, だ三輪, だ三郎, だ二人, だ今頃, だ何だ, だ僕たち, だ冗談, だ出鱈目, だ勝, だ友造, だ喧嘩, だ多分, だ大変, だ奉書, だ妙, だ実際, だ平次, だ急, だ所, だ昨夜, だ本当, だ本当に, だ武蔵野, だ死, だ洲崎, だ男, だ畜生, だ腹, だ船, だ覚悟, だ言うもん, だ貴様, だ足, だ金富町, だ順序, だ騒々しい, であった, であるが, であること, であるの, であるまいか, でございま, でございまして, でございましょうねえ, でございますからね, でございますがねえ, でございますって, でございますのに, でございますもの, でございませう, でしょうお, でしょうかな, でしょうからね, でしょうこんな, でしょうし, でしょうその, でしょうなにしろまだ, でしょうなんだか, でしょうねぇ, でしょうわたし, でしょう二月, でしょう町役場, でしょう誰, でしょう電信柱, でしょそう, でしょ取調べ, でしょ古い, でしょ荷物, ですあたし, ですあの, ですいい, ですええ, ですお母さん, ですお父さん, ですからネ, ですかネ, ですがネ, ですこっち, ですこんな, ですそこ, ですそして, ですってねえって, ですでも, ですところが, ですどう, ですどうか, ですなん, ですばか, ですぼく, ですもう, ですものネエ, ですもん, ですわたくし, ですわたし, ですエ, ですナ, です三年, です八さん, です姉さん, です本当に, です然, です貴方, でないこと, でない事, でなきゃア, でやしょう, でやすか, で御座いましょうね, で御座いますって, という音, とちがう, と違う, なあ, ならあんなに, ならこっち, ならさ, ならどう, ならなぜ, なら医者, なア, な少年, な手品, な文句, な肴, にいう, にいかない, にいった, にこたえた, にすんだ, にそれ, につくれる, にできる, になっ, にはいかない, には行かない, にもドア, にやります, に契約, に彼ら, に教え, に申します, に答えた, ね, ねんに用意, のわく, のん, の戸, の手, の服, ばったん, ふてきな, べいか, べいと, べが, やあらへん, やけれど, やしイ, やそれ, やて, やなあ, やなし, やね, やのうて, やよ, やろかいな

1 [2035件 抜粋] えという, かいとある, かしら, かっおい, かと肩, かなあおばさん, かもしれぬ, かも少し, か一体, か相談, が十時, が惡, くたん, けエ, さかいそれ, じゃあありません, じゃあいつ, じゃあなあの, じゃあねえかね, じゃあねえ疲れた, じゃあほんとう, じゃありますめえか, じゃあんた, じゃあ僕, じゃあ国民, じゃあ後, じゃあ結局, じゃあ辛抱, じゃいや, じゃお客様, じゃがうまい, じゃがサテ, じゃけん, じゃこれア見世, じゃざま, じゃたまるまい, じゃちっとも, じゃとても, じゃと皆, じゃないのでござりまするか, じゃねい, じゃひょっとしたら, じゃみなさま, じゃろ, じゃわからねえ, じゃアあんめ, じゃア身, じゃハッキリ, じゃミソ, じゃ一生, じゃ人間, じゃ会わねえ, じゃ先方, じゃ全く, じゃ六分, じゃ又, じゃ命, じゃ大, じゃ学問, じゃ幾ら君, じゃ後々, じゃ手遅れ, じゃ是非, じゃ此方, じゃ江戸一統, じゃ生き, じゃ罰, じゃ興ざめだ, じゃ西本先生, じゃ言わねえ, じゃ読み, じゃ賊, じゃ間にあわねえ, じゃ面白く, じゃ鳧, ぜ, ぞ, ぞッ, たる住居, たる言葉, だあさましい, だあっち, だあんまり, だいくら, だいつの間にか, だうまく, だおけいちゃんと, だおまえたち, だおれ達, だお寺, だお釈迦様, だかも, だからなと, だがさ, だがネ, だぐずぐず, だけれどねえ, だこないじゃ, だこんど, ださうだから, ださうですから, ださうで値段, ださうで毎晩物, ださき, ださん, だしたん, だすがな, だずいぶん, だそれから, だそれにしても, だちぐさ, だちょっと, だったかなあ, だったっけ, だったらじゃ, だったらどう, だったら今ごろ, だっちふこと, だっていや, だってこんな, だってじゃあ, だってとみな, だってね君, だってネエ, だって云っ, だって佃, だって夢, だって怪物, だって泣いた, だって聞かされ, だって若い, だって言った, だつ, だつたか, だつたの, だつっ立って, だつて矢張座興, だでな, だとな, だど, だどうも, だなあと, だながい, だなという, だなむ, だなァと, だねと, だの悪い, だべつに, だほんとう, だまア御, だや, だやつぱり, だよと, だらうお前, だらうこんな, だらうぢ, だらうなんだか, だらうまあ, だらうチユウ, だらう信平, だらう可哀想, だらう疑を, だらう離縁状, だれば, だろうあまり, だろういきなり, だろういない, だろうおれ, だろうかねえ, だろうけど, だろうごまかしても, だろうじいさん, だろうせいぜい, だろうそろそろ, だろうとは, だろうどうして, だろうには, だろうまさか, だろうわかってるよ, だろうザマ, だろう一体, だろう仕様, だろう八木君, だろう可哀そう, だろう大助, だろう始終, だろう己, だろう急, だろう新七, だろう暢気, だろう此, だろう甚吾, だろう皇帝, だろう社長, だろう臆病者, だろう行っても, だろう誰, だろう部屋, だろか, だろ会って, だわい, だわって, だアナ, だオモチャ, だゾ, だドコ, だネエ, だホラ, だン, だ一目顔, だ七時頃, だ下ごしらえ, だ九死一生, だ事情, だ五合, だ今に, だ今日上市, だ仲間, だ何だか, だ併, だ停電, だ先方, だ全身, だ其様, だ出るの, だ分りませんか, だ勝見, だ去年, だ可哀そう, だ吉, だ唯, だ国, だ堪忍, だ夜中, だ女, だ宇乃さん, だ家内, だ寝惚, だ帝はや, だ平手, だ店, だ御, だ忠臣蔵, だ恩, だ悪気, だ慥, だ払いますよそ, だ故障, だ明けたん, だ是, だ暗がり, だ来月, だ梅子さん, だ權八, だ此畜生金, だ水戸, だ洋服, だ清さん, だ熊谷, だ獅焼糞, だ生家, だ番頭さん, だ皆, だ相手, だ眠り人形, だ確乎, だ紫色, だ聴いて, だ色, だ荷物, だ蜀黍, だ見っともねえ, だ親方, だ読本, だ賃銭, だ近所, だ途端, だ酔ってさえ, だ鎌宝蔵院, だ間拔, だ随分, だ面白, だ靴, だ食われたん, だ駿河, だ魂, だ麓, だ4七, であって, であるという, であろ速射砲弾, でございましょうお父さん, でございましょうな, でございましょう世, でございますえ, でございますからなあ, でございますそこ, でございますな, でございますわ, でございます打, でござろう, でござんしょうとにかく, でござんすから, でござんすのに, でしたから, でしたの, でした一通り, でしょうおおかた, でしょうかしらん, でしょうきっといつも, でしょうこんど, でしょうそれで, でしょうですから, でしょうなぜ, でしょうのに, でしょうまあ, でしょうネそう, でしょう三人, でしょう人間, でしょう先生, でしょう博士, でしょう太夫様, でしょう寅刻, でしょう帰り, でしょう揺られて, でしょう白犬, でしょう腹, でしょう辞世, でしょおちぶれた恰好, でしょねえ, ですあんまり, ですいつまた, ですからだ, ですく, ですここ, ですさかえ, ですすっと, ですそら, ですたくさん仕事, ですですから, ですなと, ですのさ, ですまあ, ですもう少し, ですもの先生, ですよと, ですア, ですダーネー君, ですルミさん, です一発, です与吉, です二度, です今ごろ, です何ん, です兄さん大層, です出口, です向う, です塩田大尉, です太田さん, です女房, です実に, です少い人, です屹, です彼様乱暴, です御飯, です息, です或, です旦那えい処, です景色, です本気, です此, です毎日地球, です湯島学校, です猿ヶ馬場, です癪, です立派, です耳, です薬, です記念, です鎧櫃, です雨, です鬩, でないかい, でない清正幼名虎之助, でなきゃ下手人, でなくっちゃあ, でなけりゃあ, でねえかね, でねえツ, でもねい, でやしょうか, でやすが, で御座んせう, とお, とは貸せない, と古びた, と言う, どいや, どすか, どツ, なうまい, なため, なら, ならいたよう, ならお前, ならすぐ, ならだね, ならべつ, なら二人, なら何故, なら出て, なら大丈夫, なら怪しい, なら本当に, なら男, なら結果, なら見て, なをばさん, なポケット小僧, な仕事, な堂, な宴会, な技術, な方法, な李伯将軍, な機械的, な結論, な葬式, な言葉, な話, にいいきれる, にうしろ, にかれ, にきめられ, にくだける, にしたためます, にすませ, についても京丸, にできるでしょう, になりまし, にねえさん, にはお, には侵入, には欺, にひらく, にも語りきれない, にやりとげる, にわれ, に一個, に何回, に前夜, に失明, に座談會, に成功, に振り向きました, に敏感, に木, に次, に片づけ, に禮, に答える, に英国, に行け, に言, に話し, に送り出す, に頂い, ねんには読みました, のだかだだ, のよだいた, の花生, はあんた, は三月十五日頃, は失望, ばこの, へえ, べかな, べ此ら, も同然, やこんな, やすまん, やったら向う, やてなあ, やなァ, やも知れん, やら分らない, やろと, やろ無言, やテ, や問うた, ようまげなかざが, をなめ, を含ん, を見た云う, 一応の, 本ヲ調ベニユク, 知ってるな, 見てから, 逃げられないと

▼ たから~ (35365, 1.8%)

4304 である 1601 です 1200680 であった 288 だった 287 私は 235 であります 227 であろう 217 では 204192 だと 190 でした 154 なの 147 それを 143 でも 127 であつ 106 でしょう 83 でございます 80 私も 79 右門は 76 だを 66 今度は, 僕は 63 これは 60 彼は 57 今日は 53 これを, だろう 52 だが, であらう, ですよ, 私が 49 して, 私の 48 だよ, なんだ 45 それが, であるが 43 すぐに 41 よかった 39 じゃ 38 それは 37 何か 36 それに 35 それで, だつた 34 であると 32 でありました 31 これで, 何も, 自分の 30 ここに, なんです 29 これも, わたしは, 安心し 28 であろうか, 仕方が, 彼の 27 だという, 誰も 26 持って 25 たまらない, 今は, 急に 24 いいよう, であろうと, 急いで, 自分は 23 見て 22 ここで, でその, 此の 21 今夜は, 御安心, 黙って 20 こんどは, その時, であって, 源氏は, 直ぐに 19 ついでに, ッて, 何を, 右門の, 明日は 18 あとは, これからは, だそう, だの, 二人は, 兵馬は 17 そこへ, でありましょう, ですわ, でそれ, 俺は, 自分も, 見に 16 その人, そんなこと, だらう, わたくしは, 乃公は, 二人の, 何の, 知って, 自分で, 驚いて 15 たまりません, だろうと, であろうが, でご, でせう, 一緒に, 今の, 他の, 僕も, 右門も 14 お銀様, こ, そのつもり, 人々は

13 [14件] ここには, そこに, であったろう, であること, ですが, で御座います, なので, 伝六が, 例の, 堪らない, 手を, 米友は, 自然に, 非常に

12 [18件] おれは, お松は, お絹, お角, きょうは, ここでは, さう, その方, だは, よくは, 今年は, 今日の, 大丈夫だ, 家の, 帰って, 彼らは, 行って, 見ると

11 [14件] さすがに, そこを, そのこと, それらの, であったが, どうかし, ほかの, もう大丈夫, わたしも, 今では, 伝六は, 僕の, 喜んで, 彼女の

10 [23件] お君, お目, この人, こんなこと, さすがの, すは, その日, だで, であ, でございましょう, どうした, ほんとうに, 之を, 今度の, 右門が, 女の, 当時の, 彼が, 念の, 手に, 村の, 無理も, 腹が

9 [28件] い, いつでも, ここへ, そこは, それも, だろうか, ちょいと, でござる, どうぞ, 不思議な, 今まで, 伝六の, 何う, 何でも, 出て, 名人の, 堪りません, 太郎は, 彼女は, 早くも, 早速その, 最初は, 来て, 気に, 聞いて, 自然と, 買って, 途中で

8 [44件] あれを, お前に, この次, この辺, これらの, すぐ来, そこの, そのとき, その点, それじゃ, だったが, でこの, でしょうか, で私, よく知っ, 一同は, 人が, 人の, 今から, 何にも, 余は, 俺が, 先生は, 兵馬も, 前に, 大急ぎで, 女は, 家へ, 少しは, 序に, 斯う, 日本の, 昔の, 気が, 気を, 父の, 町の, 米友が, 自分が, 茲に, 読んで, 誰にも, 金の, 顔は

7 [47件] あなたの, あなたは, あわてて, お雪, きつと, こいつは, こっちも, この上, この方, この日, この頃, そこから, そのままに, だとも, だなどと, だわ, であるし, でまた, なんだろう, もう何, ハッと, 一人で, 一生懸命に, 今も, 今後は, 今頃は, 仕方なし, 僕が, 先に, 出して, 声を, 変な, 外の, 大丈夫, 容易に, 慌て, 新吉は, 明日の, 普通の, 殆ん, 母は, 能く, 見物は, 誰でも, 近所の, 院は, 顔を

6 [66件] ああいう, あなたに, あの時, いい, いいが, いつまでも, いろいろな, おれも, お前は, お前も, これでは, これには, すが, そのあと, そのお, その辺, それには, だし, だな, だまって, だらうと, であらうと, でありましょうか, であるかも, で彼ら, どうぞ御, なにも, なんじょう右門の, なんの, らしい, わしは, サ, ツて, 三人は, 下の, 二人で, 今でも, 仕事は, 伝六も, 先生の, 取って, 可い, 名人が, 君の, 君も, 堪忍し, 夜に, 夜は, 安心しろ, 家に, 少しも, 店の, 彼も, 我々は, 手紙を, 持つて, 最初の, 来たん, 東京へ, 正直に, 水の, 目を, 私たちは, 竜之, 見物の, 話が

5 [115件] あたしは, あなたが, あの女, いけないの, おれの, お前が, お暇, お梅, お礼に, お酒, きっとその, ここらで, こっちの, こっちへ, ことによる, この, この二人, この分, この名, この場合, この後, これに, ご安心, すべての, そいつを, そのよう, その中, その通り, その頃, それと, それへ, だとか, だれも, ちよつと, であらうか, でこれ, でございますよ, でしょうが, でもし, で今, ともかくも, なんでも, に過ぎない, まあよかっ, もう安心, もう帰る, もしやと, やめに, よく覚え, わたしが, オレは, 一人の, 一刻も, 一度は, 一般の, 不思議であった, 不思議に, 久しぶりで, 事に, 人を, 今に, 今度も, 何が, 俺も, 元の, 兎に, 出來, 別の, 助かつ, 参りました, 可笑しい, 右の, 吾, 外へ, 大丈夫です, 娘の, 学校の, 宜い, 山の, 当然の, 待って, 後の, 怒って, 恟りし, 敵の, 斯んな, 是で, 机の, 止むを, 此方も, 母の, 海の, 皆の, 眼を, 私に, 私にも, 私を, 私達は, 米友も, 罰が, 腰を, 自分でも, 船の, 落ちついたので, 訊いて, 話を, 誰が, 豹一は, 足を, 進んで, 道庵が, 間違いは, 馬は, 駒井は, 驚いたの

4 [184件] あちらへ, あっちへ, あとの, あなたを, あの人, いいじゃ, いいの, いかな, いけないん, いつもの, いまに, いやだ, おれが, お医者さん, お吉, お店, お繼, かたきを, きょうの, ここでも, このへん, このまま, このよう, この問題, この機会, これが, これへ, こんな事, こんな場合, さつ, しかたが, そういうこと, そういうの, そこらは, そちらへ, その上, その場, その当時, その心算, その父, その男, その罪, その話, その隙, それから, それであの, それについて, それまで, そんな事, ただもう, だったの, だとは, だね, ちょっとお, ぢや, ついそのままに, つれて, でありそして, であり彼, であるか, であるという, でしたが, でして, ですね, ですの, で彼, とてもみんな, どこかへ, どこに, ふたりの, ぼくが, まだよかっ, みんなは, もうお, もうこれ, もう心配, もしかする, よいが, よいけれど, よいよう, わたくしも, わたしの, ビックリし, 一同が, 一日も, 世間の, 中には, 中の, 主人は, 二階の, 云ふ, 人間が, 今この, 今日では, 今晩は, 何うし, 何かに, 何とかし, 何処へ, 俺の, 先生に, 兎も, 分らない, 初めから, 前の, 割合に, 取りに, 吃驚し, 君が, 君は, 多くの, 多少の, 夢も, 天下の, 夫で, 夫を, 奥の, 妙だ, 妹の, 娘は, 子供の, 子供らは, 安心した, 定めて, 宮は, 家を, 家族は, 寄って, 小三郎は, 己が, 彼に, 彼には, 御心配, 心配し, 思いきって, 思い切って, 悦んで, 悪いん, 或る, 拾って, 提灯が, 新しいの, 新しくな, 是から, 是は, 是れ, 時の, 時を, 本来なら, 来たの, 東京に, 次の, 止めて, 正直な, 此に, 此処には, 母が, 水を, 法然は, 流石の, 源氏の, 父が, 犯人は, 独りで, 相手は, 私と, 私には, 簡単な, 自分を, 艶子は, 花は, 許して, 試みに, 誰か, 起きて, 追いかけて, 退屈男の, 遊びに, 金を, 雪が, 静かに, 非常な, 頓と, 飛んで

3 [367件] あそこへ, あたしが, あっけに, あとで, あとに, あなたから, あなたも, あの方, あの男, あれから, いそいで, いっその, いよいよ私, う, うが, うちへ, え, お前の, お前を, お帰り, お心, お母さんは, お父さんの, お父様, お雪ちゃんも, お顔, かように, かれら, きれいな, こういうこと, こうなる, ここまで, こちらの, こちらは, こちらへ, こちらも, このこと, このたび, この手紙, この時, この歌, この点, この町, この話, この騒ぎ, これだけ, これでも, これなら, これより, こんなところ, ごぞんじ, さてこそ, しぜん, しまいには, じきに, すぐその, すこしは, すると, ぜひなく, そういっ, そう云う, そこで, そのころ, そのため, そのついで, そのま, その下, その事, その人たち, その夜, その御, その心, その晩, その木, その気, その船, その費用, その関係, それからは, それこそ, それだけでも, それでこの, それで米友, それらを, そんなら, たいていの, ただ一人, たとへ, だから, だけれども, だつたの, だん, ちょっと遊び, つい, であったろうか, でありまして, でありますが, でありまた, でございますの, でございませう, でさ, でしょうよ, ですか, でそれで, でつまり, ででも, でほか, でもちろん, で母, で決して, どうかと, どうか御, どうする, どうだ, どう見, どこへ, のぞいて, はてなと, びっくりし, びっくりした, ほんのお, ぼくの, ぼくは, まごまごし, まア, みんなから, むろんの, もうこの, もうだいじょうぶ, もう帰ろう, もう私, ものの, もみの, よけいに, わたくしには, わたくしの, わたしたちは, オレの, ジョバンニは, 一寸, 一時は, 丁寧に, 七兵衛は, 万事は, 三郎は, 上の, 下に, 下駄を, 不意に, 与吉は, 之は, 二人が, 京都の, 人と, 人に, 人間は, 今日こそ, 今日に, 今日まで, 今日も, 今朝の, 仕方ありません, 仕様が, 他にも, 伴れ, 伴藏は, 何かの, 何んな, 何事かと, 余計に, 兄の, 先の, 先へ, 其を, 冬に, 凡ての, 初めは, 別に, 助けて, 十日も, 南の, 即座に, 参考の, 取らして, 受け取って, 口の, 只た, 可なり, 同じ境遇, 向うの, 君に, 否応なく, 吾輩が, 変だ, 夏の, 外に, 多分この, 多分その, 多少は, 大てい, 大丈夫と, 大勢の, 大変な, 大将の, 大抵の, 大殿様, 大臣は, 天下を, 夫人の, 夫婦の, 女房が, 女房を, 好かった, 如何に, 妻に, 妻の, 妾は, 子供が, 子供心にも, 孝助は, 学校が, 安心だ, 安心を, 宜かった, 家には, 宿の, 少年は, 山へ, 巧く, 已むを, 市民は, 師匠の, 帰りに, 帰ると, 平気で, 年を, 序を, 弥之助は, 彼女が, 彼女に, 彼奴は, 彼等は, 待つて, 後から, 後は, 後へ, 後を, 御恩返し, 御膳の, 心配は, 忘れて, 怒ったの, 悪い, 慄え, 憎まれて, 我輩は, 手も, 手前は, 扨は, 捨てて, 支度を, 故郷の, 敢て, 敵も, 日に, 日の, 早速お, 明日から, 昔は, 是非とも, 是非も, 晩に, 普通なら, 有名な, 村方の, 来た, 東京の, 椿岳の, 横に, 此度は, 歩くの, 死んだの, 母に, 母屋の, 母親は, 気も, 泊めて, 火は, 為方, 無理な, 然う, 父に, 父や, 特別に, 狐は, 現実の, 生きて, 用意の, 申します, 男は, 病気に, 皆な, 目が, 相当に, 相手が, 真面目に, 眼の, 着物を, 矢代も, 知らせる, 秀吉の, 秀吉は, 私たちの, 笑って, 答えて, 紀代子も, 絶対に, 老人は, 耐らない, 聴きに, 肉を, 自分から, 自殺する, 船が, 船を, 花の, 茲には, 茶碗を, 荷物を, 表へ, 裏の, 親分の, 親父の, 話は, 詳しいこと, 誰あっ, 誰かに, 誰れ, 諦めて, 謀反の, 貸して, 起ったこと, 起ったの, 起つた事, 身を, 返して, 送る, 逃げたの, 遅くなりました, 道庵も, 遺憾ながら, 部屋の, 部屋へ, 酒も, 里へ, 金が, 間違ひ, 院の, 離れて, 雨の, 面白い, 頭の, 頼んで, 顔も, 駄目だ, 鳴り屋の, 黙つて

2 [1360件 抜粋] ああなったの, あたくし, あちらこちらの, あのお, あの子ども, あるいはその, ある時, あんなこと, いいこと, いいのよ, いきなりその, いけなかった, いって, いつまで, いまでは, いよ, いらっしゃい, いろいろに, うっかり信用, うろたえて, おそらく自分, おぼえて, おれに, お互に, お住居, お嫁さん, お小遣, お断わり, お父さんに, お竹, お話し, お雪ちゃんが, かうして, かに, かわいそうに, きっとお, きみに, くじ, こうなっ, ここを, こっちから, このごろは, この中, この勝負, この家, この度, この機, この種, この邊, この金, これからお, これから往, これだけは, これをも, こんなに, こんなふう, こんな偉い, ご恩, さあ馬鹿, さがして, さっそくに, さア, じっと眼, じゃ済まん, すぐ浅間山麓, すつかり疲れ, ず, せめては, そうした, そこで私, そしてその, そっとそこ, そのかわり, そのわけ, その名, その家, その影響, その後は, その悪, その旨, その歌, その生長, その積り, その色, その言葉, その身, その金, それからの, それぞれの, それである, それでこんな, それで以, それなら, それへの, それより, それらは, そろそろと, そんな細工, たいしたもの, たがいに, たまらないわ, ために, だこの, だだ, だです, だとの, だも, だろう彼, ちっとは, ちょうどあの, ちょっと来, ついその, つい一度, つけ加えて, であったかも, であったと, であの, であり, であるけれど, であるに, であろうも, できたこと, でございまする, でしょうと, ですけれども, でそこで, でない, でもしも, で有ります, で自分, とある松原, とうとう伝六, どうかこの, どうぞお, どうぞよろしく, どうなる, どこか, どっちが, どの位, なぜ早く, なのでは, なんでせう, なン, ねり粉, はっきりした, ひそかに, ひよつと, ほかに, ほんとうは, まああれ, まさかその, まず最初, またあなた, まだこの, みて, むすめ, もうあなた, もうこっち, もう一人, もう我慢, もう用, もし私, もって, もともとその, やつて, やめて, よいの, ようございます, よく知ってるだ, よその, よろしく願います, わけを, わしが, わっし, イヤだ, ガラスの, グラウンドを, ジャックは, タクシーに, ハッ, ホッと, リヽーの, ヲンナは, 一も, 一刀の, 一家の, 一度に, 一所懸命に, 一時間と, 一杯呑んだ, 一等許り, 一遍に, 丁度いい, 七兵衛も, 三条の, 下りて, 不意を, 世間に対しても, 両親は, 中, 中途で, 主人を, 久しぶりに, 乗って, 事の, 二つの, 二葉亭の, 些とは, 京へ, 人々が, 人気は, 今その, 今少し, 今年も, 今日にも, 仏教の, 他に, 他人には, 仲の, 休ませて, 会って, 伸子は, 何かは, 何よりです, 何事も, 作中人物を, 來た, 便所へ, 倒れて, 側に, 傍に, 傷口を, 先刻話した, 先生も, 光りに, 兜を, 公式主義に, 兵力は, 兵部の, 其ま, 其処へ, 其晩だけ, 其處を, 冬の, 出来たの, 出来るとは, 分りましたが, 別れるって, 助かったん, 勉強の, 勿論だ, 南部藩と, 印象が, 参詣人が, 叔母から, 口惜しいが, 古風な, 各人の, 吉田署長さんの, 同じもの, 同業者, 向こうへ, 吾輩は, 呼び留めて, 哲学者の, 喃, 四五日は, 固より, 土地の, 堪まり, 声の, 夏は, 多くは, 夜の, 夢中に, 大きい弓なり, 大なまくら, 大丈夫それで, 大安心, 大抵大丈夫, 大衆の, 大阪へ, 天性の, 夫と, 夫人は, 失礼し, 女学校の, 女房に, 女房は, 好きといふ, 妙な, 妻は, 姫は, 子が, 学問の, 安心せよ, 宗助は, 実際生活, 宮の, 家ごとに, 家康も, 寺田の, 将軍は, 小僧は, 小説を, 少年たちは, 尻を, 山之, 岩に, 嵯峨の, 左へよけて, 帝は, 帰るという, 幕府の, 年下の, 幸ひ, 床の, 庭に, 弁信が, 引受けて, 役人たちも, 彼方へ, 待たずに, 得た名, 御老体, 御記憶, 徹底的に, 心の, 必死の, 思いついて, 悔ひ, 惡い, 愛吉は, 慥かに, 成は, 我慢が, 戦争の, 手桶の, 打附け, 押して, 拙者は, 指先に, 探すの, 揚げ屋, 政府の, 故意に, 敵わ, 斯うし, 新たに, 新蔵は, 日本でも, 旦那様の, 早くお, 早く帰っ, 早御飯, 早速行っ, 明日持つ, 昔よりは, 是非共過去の, 昼飯を, 時刻は, 暇な, 暫くの, 曲者は, 最初に, 月に, 朝晩下女が, 朦朧たる, 未然に, 本望だ, 本能寺の, 来年は, 松吉と, 梯子の, 様子が, 止めました, 此処で, 此方から, 此處へ, 死ぬと, 段々聞い, 殿様の, 母には, 母親を, 毎日の, 気の, 気丈夫に, 汝も, 江戸へ, 汽車へ, 治ったの, 泡を, 泣いたのよ, 泥棒は, 海賊なんぞ, 淡島屋の, 渠は, 溝の, 為朝が, 無事であった, 然うし, 爪の, 父も, 物に, 特別な, 犯人が, 狸寝入, 王は, 生かして, 生れも, 田舎に, 男の, 番頭は, 疲れを, 癪に, 皆が, 皇太后が, 目黒の, 直接その, 省略する, 眼が, 矢橋さんという, 知るまいが, 礼を, 祖父が, 秀吉から, 私としては, 私なども, 秋の, 空気が, 立派に, 笑ひ, 米友の, 約束を, 結局この, 罪は, 翁の, 聞くや, 胆を, 腕の, 自害に, 自然この, 自身で, 船で, 色の, 若しや, 茶屋の, 萩原様の, 薫の, 虐待され, 行った, 表面は, 要も, 見る影, 見物に, 見透かす如く日, 親たちも, 角右衞門は, 訂正し, 詳しい事, 諭吉の, 諸払, 豹一の, 負傷の, 賢明に, 起こったこと, 身内の, 近いところ, 追, 退屈男は, 逃げて, 途, 連れ立って, 運が, 道庵の, 遠慮を, 郷里へ, 都見物の, 重ねて, 金は, 金杉の, 鍵を, 長老の, 間違いも, 隅の, 集まって, 雲や, 面白いと, 預かって, 領事館に, 額と, 風が, 風は, 食事を, 馬に, 馬車に, 駒井甚三郎は, 騒ぎが, 骨休めが, 魔が

1 [14707件 抜粋] ああうつくしい, あげようかと, あたしを, あなたしゃべる, あの岩, あまりにも, あるいはまったく, あんたが, いいあんばい, いかでその, いきなり頬げた, いけねえの, いちばん大きい, いつのまにか眠り, いはば, いややめ, いよいよ気狂い, いわゆる疑心暗鬼, うまく喋れなかった, おいおい平野屋, おくれは, おたがいに幸い, おまえから, おりから, お先に寝さし, お前達も, お奉行, お役人方, お歸, お眼, お蔦さんの, お部屋附, かえったらお送り, かかる邪剣, かにアプロヂ, かりに海尊, きっとあれ, きみたちと, ぐしゃッ, こういうほりだし, こうして寝かされ, こちらからの, こないだの, この一国, この使者, この妹, この意外, この猫, この荒々しい, この遺留品, これから, これから本当に死ん, これはと, こんなに垣根越し, こんな氣焔, ご当代家光公, さしまねいて, さっそく戸口, さほどにも, しいて情人, しばしば衝突, しらべて, じゃア, すぐにも, すぐ車, すっかり見えた, すべて広告を, ずるずると共に, ぜひ一度ごらん, そういう横柄, そうッ, そう遅く, そこで石, そして計量, そっと行っ, そのたび, そのまま置い, その人々, その再起, その名残, その子, その思い違い, その敵, その柄, その煩労, その立派, その草稿, その財産, その間は, そもなん, それだけまた, それでちよい, それで只今, それで満, それなりに, それ位の, そんなに悪い, そんな犠牲心, たしかあの, ただむやみ, たっぷりある, たぶん空耳, だあたし, だつきの, だれからも, だんだんから, ちやうど, ちょっとご免, ちょっと飲ませ, ついでにその, つい迷い, つて些とも, つまりこの, であらう最も, であり窮乏, である東郷, でいかにも, でござんす, ですでも, でその後, でやはり, で仙台, で学校, で有名, で芸道, とうとうみんな, とてもそれ, ともかく落着き, どうか捜し, どうぞご, どうも声, どっさりあっ, どんなに私, なおさら驚きました, ながいあ, なにやら恥しい, なるべく自分, にやにやと, のみこみは, はね起きざま, ひとっ走り駒形河岸, ひょいと目, ふと不審, ほ, ほんの役塞ぎ, まあ当今あれ, まさか忘れた, まず好し, またまた諸方, また母性, まだまだ万事, まちがいは, まる五十年ぶり, みょうに躁, むずかしい宗論, もういろんな, もうしめた, もうよかろ, もう人間, もう少し池, もう村, もう看護婦, もう部屋, もしや本当に富田氏, もともと美しい, やかましい小言, やって来たよ, やはり宮様, ややしばらくは, ようやくがてん, よく売れる, よしんばそこ, よんどころなしに, わざ, わざわざ知らし, われわれ三人は, イワン, カインの, クッションの, サア抜け, スウッと, ソヴェトの, ツたつ, トン子ちやんでも, ハテナと, ビックリした, プレンパレーに, マダ学生の, モチイヒすなわち, リン病に, 一つどっかへ, 一ツ御, 一同甲板に, 一寸二十銭借し, 一度その, 一方が, 一服すすめた, 一筆速達いたします, 一雄が, 万歳も, 三日休ん, 三陸沖鯰は, 下りよう, 不審に, 不規則な, 世間は, 中宮などに対しても, 主婦とも, 九十に, 事実な, 二三本の, 二十日には, 二重でございます, 互に鉄砲同士, 井戸の, 人一倍カッと, 人違いなどは, 今で, 今兵隊, 今度参ったら, 今日までに, 今更別に, 仏文の, 他聞を, 仰向, 休養中にも, 伺うん, 何か年より, 何とか申し, 何らの, 何寺や, 余りに見えすい, 作者が, 価値は, 信徒として, 俺等母子の, 傘借り, 儲からなかった, 先ずこの, 先生大, 入学志望者は, 全部売り切れ, 公使らは, 兵野は, 其事を, 其處の, 再び北京, 凌雲閣より, 出るん, 出鼻を, 刑吏について, 別に心配, 利休七哲として, 前桐油, 助かったよう, 勝ったと, 北村四海ばかりを, 十二年に, 十本の, 半額だけといふ, 危なくツルツル, 卵を, 又とっ, 双方あっけに, 取りました, 口惜しくて, 可かつ, 右門もぞ, 同じ死ぬなら, 名づけたらしい, 君とは, 味方に, 哀れにも, 問題外に, 嘸痛むであろう, 四月に, 固い人ゆえ中, 土地などは, 坊主坊主と, 堪りません其の, 壊れたからとて, 夕霧の, 多分あるだろう, 多分浪打際, 夜などは, 大きくなっ, 大体それに, 大変便利です, 大抵震火, 大町人, 天和元年には, 太輪に, 奉職した, 女官たちの, 好い天気, 妙である, 始末に, 婦人に, 字の, 孫権よりは, 安物の, 宜しく頼む, 実業界に, 家じゅう愉快に, 宿に, 寝ずに, 対抗上そう, 尋ねよう, 小松清が, 小鳥たちや, 少し休ん, 少し造りました, 尻端折を, 屏風その, 山田村である, 崖から, 差上げましょう, 布佐から, 帰へる, 常識的には, 平生も, 幹太郎は, 床屋は, 廚裡へも, 引外し, 強大な, 当時一流の, 役人の, 往かなかったよ, 後世の, 得意な, 御承知, 御覧なさい, 復讐的に, 心持ちが, 必然お, 忽ちだ, 思い当るわけ, 急速に, 恐縮です, 悪くする, 惟光は, 感覚で, 懸念は, 我慢し, 戦時研究関係の, 手伝いに, 打つ杖, 抜かしたん, 拾遺として, 授業は, 支倉を, 政府を, 数寄屋橋で, 文章論では, 新五郎は, 方棟は, 日本が, 旧主の, 早く戻る, 早速三浦, 早速裏山, 明治座が, 昨晩あれから, 時々口実, 普通人程に, 暫らく休ん, 書く気, 最早ここ, 有りゃしない, 朝晩に, 末は, 本来の, 村尾さんは, 来庵, 杵太郎さんの, 柄に, 桂女と, 梟も, 極りが, 樹木の, 欺かれて, 正味寝た, 此処まで, 此頭に, 死ぬん, 残す, 殿さまに対して, 毒を, 気に入らなかったそう, 水色に, 決してこんな, 河野さんの, 泣く騒ぎ, 流れの, 海綿で, 清潔だった, 源侍従は, 漸う這出し, 灰は, 無理は, 煎じ薬に, 父兄という, 物の, 犬に, 猟師が, 率直に, 琴曲の, 生徒も, 甲が, 畑中を, 疑えば, 痛んで, 白葡萄酒を, 皆人, 監獄へ, 直ぐ目に, 直義が, 看護婦は, 着實, 知つ, 知識と, 碌なごとし, 祖母や, 秀吉が, 私少し, 稲子さんが, 突然まいった, 立教の, 筆紙を, 米藏という, 素知らぬ顔, 経験的直観と, 絵でも, 縄張違いだ, 美しい御髪, 羽根を, 耕一は, 肌の, 脈搏の, 臨終に, 自意識の, 自然相手の, 致し方も, 良かった, 花散, 若し本当にその, 英語の, 荷に, 董承, 藤吉郎の, 蝦姑に, 行こうじゃ, 袋くらいに, 西洋史なども, 見たらなお, 見物が, 親に, 触れない, 記されなかつたまで, 試しに, 話も, 読者諸君も, 諦めの, 警視庁でも, 象山先生の, 貫一さんへ, 買いましょうが, 赤いアネモネ, 越して, 身上が, 軽率で, 近々決定, 迷亭に, 送つて, 這入って, 連日の, 運勢が, 遠くの, 部屋は, 醜く衰えた, 金剛智三藏が, 銀座を, 長いくちばし, 門から, 間違いない, 院が, 障子を, 雛も, 電流が, 静勝軒からは, 頑として承諾, 顔だけは, 食いに, 飴細工の, 馬大尽様どう, 驚いたもの, 高官たちも, 魔物を, 鶴子夫人も

▼ た~ (25130, 1.3%)

514 のこと 317 はもう 295 のよう 289 である 233 にはもう 198195 の事 181 であった 179 と同じ 164 にその 156 に私 132 だった 119 には私 105 のやう 100 にはその 90 に彼 83 でした 76 の話 73 だ, には 6967 です, には彼 65 にお 60 にこの, は私 57 の私, はお 55 であつ 53 はまだ 48 はその 47 の心持 45 にはそれ 42 の様子 41 に自分 40 にそれ 38 の彼 37 だつた, にはすでに 34 には既に, の感じ, はさすが 3130 なので, にはお, に何, はどう 29 にはこの, のあの, は何, 代助 28 から私, に初めて, のまま, の光景, の歌, は彼, は既に 27 にはさすが, には何, の作, の気持, はすでに 26 には自分, の印象, の方, はこの 25 お延, にあの, のお, の喜び, の様 24 にこれ, の通り 23 に僕, の自分 22 からもう, であったが, にはじめて, にふと, に彼女, の姿, はちょうど, 始めて 21 からこの, には僕, に女, のその, は丁度 20 から, であったから, の記憶, は全く 19 と同様, と少し, の彼女, の心, の用意, 御米

18 [11件] からその, なの, にあなた, にすぐ, にはまだ, に先生, に御, の顔, はそれ, は自分, も私

17 だから, には流石, にまた, にも私, は実に

16 その時, にちょうど, になっ, には彼女, には思わず, にも, にもう, にもその, の嬉し, もそう

15 ですら, にはこれ, にはそこ, にわたし, の用心, もその

14 すぐに, にそこ, は夜, は少し

13 から見る, だと, にそう, には女, に直ぐ, は僕, は手, もある

12 [18件] その中, にはあの, にはまるで, には二人, には今, には必ず, には誰, にもこの, に人, に君, に此, に母, に見た, の心地, は二人, は思わず, は誰, も

11 [13件] からすでに, であります, でなければ, とはまるで, にかれ, には何だか, には全く, に今, のま, の如き, の有様, の驚き, はあの

10 [22件] さ, だったので, にする, にはただ, にはどこ, には最早, には皆, にもやはり, にゃあ, に始め, に突然, に起る, の句, の癖, の言葉, はどんな, は大変, は家, は日, は最早, もまた, もやはり

9 [31件] から俺, その人, で, であるから, ですから, とおなじ, とは違っ, どうした, には急, によく, にわたくし, に主人, に言った, に誰, に限る, のそれ, の如く, の態度, の気分, の眼, はいつ, はただ, はまた, はまるで, はもうすっかり, は今, は何だか, は大, は御, は必ず, もまだ

8 [39件] かの女, からし, この男, だつて, であ, であるが, とは全く, と同じく, にこんな, にした, にすでに, にどう, にはどう, にはまた, にはわたし, には彼ら, には日, には本当に, には葉子, には馬, に一人, に二人, に妾, に彼等, に急, に或, に比べる, に父, に竜, に限っ, の感想, はいつも, はそんな, は思はず, は流石, も同じ, も彼, よ, 或る

7 [47件] からあの, からで, からであった, から今日, から何, から彼, でございます, でもあった, とは別人, と全く, にさ, にちょっと, にはいつ, にはもはや, にはやはり, にはわし, には君, には彼等, には母, にわし, に丁度, に下, に不意, に中, に俺, に向う, に天皇, に少し, に感じた, に見る, のほか, の姿勢, の樣, の樣子, はこれ, はこんな, はどこ, は何となく, は余, は先生, は父, は雨, は顔, もあった, もあの, もお, も少し

6 [75件] からずっと, からそう, からだ, から既に, かれは, があった, その男, その話, だが, であろう, でさ, とその, なぜか, にあ, にはかれ, にはしかし, にはすぐ, にはすっかり, にはちょうど, にはどんな, にはどんなに, にはまったく, には俺, には夜, には実際, には少し, には次郎, にもそれ, にもまだ, にも彼, にも自分, に一つ, に今度, に余, に例, に偶然, に兵馬, に同じ, に大, に大きな, に娘, に思わず, に感ずる, に既に, に最初, に米友, のうれし, のよろこび, の僕, の先生, の外, の容子, の御, の感情, の状態, の返事, の道, の顔色, はたしかに, はちょっと, はどんなに, はわたし, は丑松, は勿論, は君, は娘, は彼女, は未だ, は母, は若い, ふとこの, も自分, よりもずっと, よりも一層, 出て

5 [108件] あの下, お品, お島, からそれ, からである, から何となく, から妙, がありました, がある, さすがに, だったの, であって, でありました, でしたが, でその, でも私, との間, と今, と所, にある, にいっそう, にお前, にくらべる, にこう, にそんな, にどこ, にはあたり, にはいささか, にはいろいろ, にはきっと, にはこれら, にはこんな, にはたしかに, にはだれ, にはよく, には一人, には不思議, には乃公, には他, には前, には同じ, には娘, には実に, には暫らく, には父, には窕子, にも彼女, にわれわれ, に一方, に三人, に不思議, に人々, に女房, に始めて, に後ろ, に忽ち, に思い, に手, に日本, に比べ, に皆, に神尾主膳, に第, に縁, のこの, の事情, の位置, の写真, の声, の大, の御歌, の心もち, の景色, の気持ち, の経験, の興奮, の表情, の記事, の記念, はすっかり, はない, はもはや, はよく, は他, は何もかも, は俺, は半蔵, は多く, は女, は実際, は岸本, は平次, は恰も, は死骸, は目, は秋, は非常, ふとその, ふと気, もこの, も前, よりももっと, を想像, を見, 思い切って, 突如と, 突然彼, 隣りの

4 [210件] あの人, あの時, お千代, お妙, お定, お葉, お雪, お鳥, か, からあなた, からある, からお, からこれ, からすぐ, からです, からわたし, から人, から今, から死ぬ, から自分, この家, その, そのままの, その事, その子, その方, その船, だったと, でございました, でしょう, ですよ, でなくては, でもあつ, でもお, でもその, と, とそっくり, とは反対, と違っ, など私, にあらわれた, にいつ, にいつも, にうしろ, におれ, にお雪ちゃん, にかえって, にここ, にさすが, にそういう, にちら, につい, にどうも, になぜ, にね, にはあれ, にはおれ, にはかの, にはここ, にはちょっと, にはどうして, にはほとんど, にはみんな, にはもうすっかり, には一層, には丁度, には人, には仕方, には全, には吾, には大変, には夫, には妾, には嬉しい, には小さな, には御, には手, には敵, には町, には眼, には確か, には腹, には船, には表, には道, には陽, には雪, には非常, にまだ, にもお, にやはり, に三四郎, に今日, に会った, に何となく, に何故, に作った, に先方, に出来た, に前, に友人, に困る, に夫人, に姫君, に宮, に小, に居士, に廊下, に彼ら, に後, に心, に恐らく, に於, に最も, に有名, に氏, に気がつい, に水, に涙, に用, に男, に船, に起った, に道, に静か, のお話, のごとく, のもの, の人, の人々, の作物, の出来事, の勢い, の名, の妻, の年齢, の心持ち, の快感, の思い出, の恐怖, の悲しみ, の情景, の旅, の曲線, の最初, の模様, の母, の淋し, の父, の第, の苦痛, の血, の足跡, の面影, はあれ, はいよいよ, はお前, はかなり, はじめて, はすぐ, はなう, はまことに, はやはり, はわたくし, は一寸, は三人, は二階, は何時, は何處, は余り, は先, は別に, は即ち, は同じ, は妙, は小, は少なから, は平岡, は床, は急, は我, は新吉, は早, は本当に, は此, は死ぬ, は無論, は空, は窓, は美しい, は裳, は雨戸, ふいに, またその, もそれ, も何, よりは褻, よりもさらに, よりも後, を求め, パッと, 不図, 初めて自分, 少しは, 持って, 生きて, 突然, 突然私, 第一, 聞いて

3 [444件] ああこれ, ある文士, ある日, いつもの, お増, お夏, お富, お庄, お清, お秀, お銀, かそれとも, からこいつ, からだった, からどうも, からどこ, からの習慣, から一つ, から一層, から僕, から妾, から始まる, から彼女, から拙者, から源氏, から男, から目, から知っ, から絶えず, から見, がさうだ, がすでに, がちょうど, がもう, この子, さすがの, じゃ, すぐその, そのお, その上, その家, その金, だけで, だけの話, だったが, だつたの, だね, だよ, ちょうどその, であったと, であらう, であろうと, でさえ自分, でせう, でないと, ではなかっ, でも, でもこの, でもこれ, でもそれ, でもまだ, でも床, で私, とおんなじ, とちがっ, とはすっかり, とは全然, とは別, とは大, とは打っ, とは見違える, とは違い, とは違つて, とほとんど, とほぼ, と同, と同一, と変っ, と変らない, と寸分, と後, と違つて, どうする, どうなる, などは, などはお, などはよく, などは非常, なん, なんざ, にああ, にうっかり, にかの, にがんりき, にこちら, にこっち, にそいつ, にたまたま, にどの, にどんな, にどんなに, になる, になん, にはあ, にはああ, にはいくら, にはいつも, にはいや, にはうれしかっ, にはおそらく, にはお前, にはお可, にはかなり, にはこう, にはさき, にはすこし, にはすべて, にはそんな, にはた, にはっきり, にはっと, にはとても, にははや, にはほっと, にはほんとに, にはぼく, にはもうこ, にはもっと, にはや, にはわたくし, にはセエラ, には一寸, には一種, には人々, には今度, には何となく, には何とも, には何時も, には元気, には先生, には全然, には出来る, には切っ, には勿論, には口, には四辺, には外, には多少, には大, には大いに, には大分, には太陽, には妻, には家, には實, には左, には已に, には徹頭徹尾, には日本, には早く, には昨日, には普通, には最初, には未だ, には村, には汽車, には涙, には火, には男, には真赤, には石, には突然, には胸, には自然, には若い, には話, には身体, には随分, には頭, には風, には髪の毛, にふい, にもあの, にもおれ, にもし, にもすぐ, にも何, にも別に, にも同じ, にゃ, にゃもう, にやっと, にようやく, にムク, にヤット, にロリー氏, に一所, に一番, に不, に与八, に云う, に何と, に先ず, に再び, に出, に出た, に出る, に却って, に叱った, に右, に吾, に外, に夜, に夫婦, に如何, に姉, に始, に存外, に実隆, に少年, に山, に弟, に当, に彼自身, に必ず, に思った, に挨拶, に新, に新聞, に更に, に書い, に書かれた, に机, に村, に果して, に死んだ, に気, に海, に満場, に源氏, に玄関, に生, に生じる, に用いた, に當つて, に白い, に直, に眼, に祖父, に私たち, に聞いた, に胸, に自分達, に色々, に芥川, に若い, に表, に見, に長三郎, に門, に院, に隣, に雨, に青年, に非常, に面, に顔, に飲まされた, に駒井, ね, のあなた, のごとき, のし, のため, のはなし, のほう, のまんま, の伯父, の作者, の俺, の儘, の兄, の勇気, の勢力, の喜, の夢, の大きな, の嬉しかっ, の子供, の寒, の形, の微笑, の心理状態, の怖, の思い, の恥, の愉快, の感激, の態, の挙動, の母親, の比, の気, の流れ, の準備, の産物, の痛かっ, の笑い, の緊張, の習慣, の苦し, の苦しみ, の見物, の調査, の路, の遺風, はあたかも, はあたり, はいい, はいかに, はいや, はかえって, はかの, はここ, はさ, はさぞ, はすなわち, はずん, はそこ, はそのまま, はそれでも, はそんなに, はちゃんと, はづれの, はとても, はどういう, はどちら, はどっち, はなかっ, ははっと, はひどく, はほとんど, はほんとう, はぼんやり, はまず, はむしろ, はもうこ, はもうすでに, はようやく, はわし, は一層, は三吉, は不思議, は両人, は九時, は二度, は今夜, は何とも, は何ん, は僅, は其, は別, は前, は夕方, は外, は多少, は大勢, は天, は如何, は嬉し, は嬉しかっ, は嬉しく, は子供, は実は, は小樽, は少々, は彼ら, は後の祭り, は日本, は日頃, は次第に, は水, は決して, は生憎, は皆, は直ぐ, は相当, は真, は石, は立派, は第, は義雄, は腕車, は腹, は茫然, は言, は身, は途中, は雪, は馬鹿, は鬼, ばかりで, ぴたりと, ふいと, ふと, ふと気がつい, ふと気がついた, ふと私, ふと耳, ほつと, ほど人間, ぼんやり幾つ, また, また私, まで彼, まで私, もうそこ, もう窓, もそれから, もただ, もちょっと, も僕, も同様, も多く, よりずっと, よりはずっと, よりは却つて店, よりも余程, よりも更に, よりも遥, よりも遥か, より一層, 初めて, 半七, 向ふ, 図らずも, 宜道, 思わず, 早くも, 泣いて, 突然妙, 落したん, 見ると, 買って

2 [1290件 抜粋] ああいう, あの傍, あの闇, ある人, ある者, いづれも, うまうま, お光, お加代, お吉, お文, お柳, お珊, お関, かでなく, からあった, からきっと, からこんな, からさ, からであろう, からなんとなく, からの事, からはじまった, からひそか, から一時間, から人間, から何だか, から出, から分っ, から君, から夫, から始終, から持たぬ, から数えれ, から気, から牛乳, から知つて, から胸, から途中松風, があつ, がいい, がき, が一家, が最も, こういった, こそ彼, この人, この女, この騒動, さすが強情, すでに, そう云った, そう言っ, そのお方, その光, その場, その多く, その小, その日, その編輯者, その親戚, その部屋, そんなお, たった一つ, だけ, だけです, だけは妙, だったから, だって親分, だろう, であり同時に, であるか, でございましょうか, でしたわ, ではない, でもある, でも今日, でよろしい, で二本, というもの, とこの, とすっかり, とはちがっ, とはもう, とは正反対, と二度, と大して, と殆ど, と空間, と變, と違った, どうも買う, どう云う, なぞは, など, などこの, などはその, などは実際, など彼, なにげなく世間話, にあちら, にあまり, にあれ, にいう, にいっしょ, におとなしく, にお前さん, にかねて, にきっと, にこういう, にし, にすべて, にその道, にだ, にちらりと, にです, にどういう, になんとなく, にな庄屋敷村, にのみ私, にはあなた, にはあらゆる, にはいっそ, にはお玉さん, にはくろ, にはさ, にはす, にはそうした, にはそんなに, にはたして, にはためらわず, にはどういう, にはなに, にはなるほど, にはなんと, にはなんとも, にははるか, にはま, にはもうだいぶ, にはもうコトコト, にはもちろん, にはやれやれ, には一同, には三人, には主人, には予, には人生, には以前, には余, には依然として, には兎, には出, には列車, には又, には可哀そう, には各, には吾人, には堀口, には夏, には夢, には太田, には女房, には子供, には実, には実隆, には少女, には常, には庸三, には彼是, には徳さん, には恐ろしい, には戸惑, には日本人, には春, には月, には李, には歯車, には殆ど, には氏, には水筒, には海, には生, には疲れ, には病気, には百合子, には直ちに, には矢張, には秀吉, には自分一人, には蔵海, には見す, には親父, には車, には長吉, には雨, には驚いた, には魂, には黙っ, にふたたび, にまず, にもあ, にもお話, にもそこ, にもはや, にもらす, にも全然, にも同様, にも御, にも気がついた, にも猶, にも親子, にも長井, にやあ, によい, にイザ, にチラ, にハッ, にペルシア, に一層, に一行, に之, に二升, に互に, に五月, に人肉, に仏陀, に伊勢, に余り, に使った, に側, に先刻, に内, に出す, に卯平, に取っ, に口, に周章て, に土井夫人, に夕霧, に太子, に始まる, に学校, に家, に小坂部, に帝, に幕府, に強い, に当時, に復興, に思ひ, に恐ろしい, に愛ちやん, に感心, に戸外, に故郷, に敬太郎, に文学, に書いた, に根こぎ, に權六, に死ぬ, に気がついた, に源十郎, に炎熱地獄, に生じた, に病人, に痛感, に相談, に着, に石, に神, に神様, に笑い, に紐, に老人, に腕, に良人, に若し, に落とした, に裏, に読ん, に貴方, に身体, に近江, に途中, に道庵先生, に鍋, に門口, に雪, に頭, に駿介, に鶴見, に鼻, のいつも, のさま, のつつまし, のやや, のわたし, の一生懸命, の上層, の事實, の仕業, の何とも, の俸給, の元気, の勝平, の口惜し, の同じ, の味, の呼吸, の夫, の失望, の孔子, の寂し, の常, の形見, の彼自身, の心配, の思ひ, の悦び, の想像, の感, の感触, の手應, の掌, の晴々, の有峰杉, の校長先生, の檄文, の氣持, の汽車, の物語, の用人, の白い, の目付それ, の眼つき, の研究室, の秋, の笹村, の約束, の素, の義男, の良人, の落胆, の見聞, の詩, の跡, の返り, の銀ちゃん, の長持, の音, の駭, の驚異, はああ, はあまり, はあんな, はうれし, はおれ, はお腹, はきっと, はしかし, はじめて彼, はずんぐり, はたった, はちよ, はてっきり, はともかく, はなかなか, はなんとなく, はひそり, はほんとに, はみんな気絶, はもう少し, はもの, はッ, は一日, は一緒, は三十一歳, は世間, は主人, は主筆, は二十五, は人, は仕事, は何と, は何様, は先刻散歩, は全体, は冬, は勘次, は十時, は合宿, は唐六如, は土地, は夢中, は大きな, は大日坂, は天地, は如何にも, は始め, は寒, は岩良, は平常, は広い, は庭, は彼自身, は後で, は恋人, は悲し, は文三, は新しい, は早く, は暇潰し, は最も, は朝, は格別, は殆, は気の毒, は汗, は洋燈, は漸く, は然し, は男, は相手, は私達, は笠, は節子, は細い, は絵, は聞い, は背中, は自分自身, は苦し, は藁人形, は衣服, は見, は逃げ行く, は遠, は邪気, は関羽, は難産, は頭巾, は首, は驚ろ, ばかりである, ふと彼, ほどにはもう, ほど情ない, ぽうと, またし, むこうの, もあります, もうその, もその後二三ヶ月, もた, もツルゲーネフ, も之, も先生, も別段, も彼女, も御前演奏, も戸, も武蔵, も義雄, も藤十郎, も頭, やはりこの, よく飛沫, よりは幾分, よりもいっそう, よりも好い, よりも爽, より面白い, わざと眼, を待っ, を最期, チラチラさせました, 丁度私, 何だか自分, 何故とも, 又平岡, 困った時, 太十, 始めて主人, 実はもう, 少々芸者買, 広太郎, 御奉行様, 悠然と腰, 持つて, 既にこの, 最早水, 特に敵情, 眠りながら, 突然に, 突然格子戸, 若い尼, 見たこと, 見苦しくない, 計らずも

1 [11141件 抜粋] ああこんなに, あのお前, あの気, ある人々, ある貧しい, いかにも事々しい, いきなり頭, いつもとろとろと, いよいよ闇穴道, おずおずと, おりんも二人, お小夜, お絹さん, お駒, かなり一緒, からいっそう, からこと, からつねに, からの冐險談, からは, からわかってる, から一目, から二三年後, から使っ, から勘定, から地下, から姙, から左様, から徳次, から成功, から文学, から殆ど, から生け垣, から肚, から解っ, から間, か大切, がそもそも, が一番頭, が十七八, が摺半鐘, が見た目, くらいの表情, こう云っ, こっそり自分, この児, この娘, この明るい, この系統, この鼠崇拝, さえただ, さらに眉, しばらくは, すぐわかった, すげなく硝子戸, すでに挨拶, すッ, そこで泊り, そのおじいさん, その一員, その余り, その堂々たる体躯, その小説, その悲惨, その最後, その犬, その米三君, その藝者, その途中, その頃三年, それとなし, ただちにそれ, たまたま, だけでした, だけは流石, だけ湧い, だってあ, だんだん危, ちょうど例, ちょっと男, つと木陰, であった一人, であり意外, である木戸, でさえそれ, でさえ親爺, ですわい, でもあく, でも他人, でも或, でも葉子, で亜米利加, で彼, で絶版, とうとう捕えられ, とかわたし, とてわし, とはよく, とは更に更に, とも云, と僕, と妹, と殆ど同時に, と違い, どうしても他, どの家, どんな時, なぞに横田, なぞ血相, などには実際, などの焦燥, などはラム・ダス, などは日本服, などは袈裟, なども製造場その他いっさい, など恋人, ならぬ虹, なんかによく, なんぞは休日, にあくる, にいかなる, においてはこれら, にお宮, にきっと一応, にこそ地上, にしか認めない, にせう, にただ, につける, にともすれば, にねどうも, にのみ重大問題, にはいつも陰ながら, にはかすか, にはこのごろ, にはせめてもうちょっぴり, にはたまらない, にはどきどき, にはぶん殴りてえ, にはもういつの間にか, にはものたりなかっ, にはアンジェリカ, にはコロンブス, にはティップ, にはマリユス, には一体, には一番諦らめ, には三種, には乗客, には二朱銀, には他人, には何方, には僕等, には其部屋, には別人, には十一時, には厚い, には呉葉, には国民, には夕焼, には天候, には孝次郎, には實際, には山上, には平吉, には彼女自身, には怒気満々, には悪魔, には或は, には数馬, には旧慣古制, には最う, には東, には楽屋, には殊に屡々, には江木欣々女史, には清水, には然し, には玄機, には界隈, には盲, には硬直, には稍元, には紙片, には緑, には能, には若者, には薄馬鹿, には見る見る, には豪雄, には辻川, には選手一同, には陣十郎, には領主, には飲み, には麓, にまざまざ, にもうすっかり, にもどうしても, にもマドリッド, にも先生, にも和尚, にも将軍家, にも數學, にも点け直そう, にも精しい, にも起居注, にゃおっ, にゃ滝, にや煙管, にアインシュタイン, にクララ, にスケッチ, にニキタ, にボックス, にワアァ, に一派, に丈夫, に下磯部, に中村, に亀吉, に五郎治, に仲, に何とか語, に依, に傑作, に先輩, に其狂人, に出来, に剥げ落ちたであろう, に十三絃, に厚く, に叫んだ, に吾輩, に唐茄子, に土地, に変わり, に大湊, に奏する, に婆, に実, に対する真, に尚, に嵯峨, に帰る, に座主, に役に立つ, に心覚え, に思ひついた, に慢心和尚, に投げました, に捨てよう, に散らばした, に於ける, に春の風, に木, に来た, に桐壺, に次郎左衛門, に残った, に気がつけ, に池, に浴槽, に湯川さん, に無口, に牡丹桜, に現われた, に町, に皆んな燒, に真先, に磔柱, に秘密, に米国, に絶望, に聞, に至る, に茶屋, に藤原村, に街路, に見せよう, に訊ねる, に警察署長, に資本, に車, に迥, に逢う, に郷里, に釣瓶, に阿, に雇つた妾, に青味, に食う, に高い, のあたし, のお祖母さん, のさびしさ, のなにか, のむかし話, のケロリ, のマタ・アリ, の不様, の五人, の体験談, の先代, の列國, の印象記, の可笑しかっ, の固い, の夫婦, の季節, の小竹, の年頃, の役者連中, の恐ろし, の感激的, の手附, の旦那, の朝御飯, の横顔, の決心, の準之助氏, の片, の由之, の相手, の神妙, の素早かっ, の聞書, の落ち付, の記念写真, の豪快, の速度, の隊長ら, の食卓, はあたし, はうちの人, はお河童, はさう, はじめて山窩達, はせめてもう一度, はたとえ, はっと足, はなにしろ, はぶら下げ, はもうもう, はよろけ加減, はサンプル, はフイ, は一升, は一歩先, は万事, は下宿屋, は主従, は二十四, は人力車, は何しろ, は値, は八方猛火, は初め, は十二時, は厳めし, は同じその, は喜び, は国, は変った, は大工さん, は姉, は実, は小宮山, は崖崩れ, は平家方, は当て, は怒, は慌てた, は打ちすえる, は文字通り, は明方, は曲者, は本郷元町あたり, は棒縞, は正確, は汚れた, は淺黄, は無惨, は生れ變, は百二三十戸, は真実, は福松, は素晴, は老人, は舟崎, は葬式その他万端特別, は見る, は豆粟, は迷亭君, は酔ってた, は長安, は電話口, は香ひも, は黄金二百五十萬兩, ひとりこの, ふっと彼女, ふと彼女, ふと蓼科山, ほっと一息, ほど将棋, ほんの三寸, またうめいた, また何, また聞こえた, まだ新しい, まではたしかに, まで樅, もありません, もう一度美しい, もう少く, もおきれいだ, もしもし西洋, もちろん私, もやはりそのまま, も一ト肩, も体格検査, も占部さん, も女房, も常例, も手前, も曹長, も法然, も着る, も落ちつく, も都筑四郎, やその, やはり一方, や二階, ようやく兄, よりい, よりは慥, よりもっ, よりも会つて話, よりも後で, よりも私, より以上, より赤く, わざわざお, を回復, を楽しみ, アッと, 一寸不思議, 一旦は, 上るべきはず, 乃至死んだ, 但さ, 何となく苛立った, 何故自分, 先ず第, 其の村方, 出かけ本, 初めて思い当った, 別れて, 即ち稻刈, 取り散らしてあつ, 同会, 嗅いだもの, 大きい葉巻, 如何にも適称, 始めて諸君, 寄って, 小高い丘, 已にもう失, 引っ捉え, 御一所, 忽ち兵営, 思わずギクリと, 恐ろしくなる, 憶えもござりましょうが, 捕えれば, 新しく考える, 既に西, 時にまた, 最も父, 果たされるの, 毎々不服, 深い底, 烈しく怒りつけ, 現われたの, 直ぐ別れたら, 知らずに, 突然はるか, 突然新, 突然部屋, 第二, 老博士, 若い先生, 著しい激変, 見る見る諸戸, 計らず赤前垂, 貰った時, 近づきに, 遣りたいなどと, 険しい氷, 飾ったお雛様

▼ たという~ (24220, 1.2%)

1209 ことは 1027 のは 809 ことを 741 ような 740 ことが 648 ことである 529 のである 441 のだ 407 ことに 368 ことです, のです 357 ことだ 332 ことも 307 のも 256 ことで 243 のが 217 話を 199 わけで 192 のか 182 ことであった, 話が 181 んだ 174 んです 161 ように 152 ので 143 話も 132 風に 122 わけです 115 のだろう 110 のでしょう, 事を 103 事は 98 ことだった 95 わけだ 92 わけな 91 こと 89 ことであります 84 話は 83 ものだ, 事が 80 噂が 79 ことの 74 話である 73 事実を 69 のであった 67 気が 64 ことでした, ふうに, 事実は, 話だ 63 事実が 62 のを 60 ことには 59 ものさ, 事である, 話 58 のであります, 噂を 53 方が 49 ことと, のであろう 43 ことだけ, 者が, 訳で 42 わけさ, 点に, 記事が 41 ことな, ことや 39 ことだけは, 点で, 風で 38 事も 37 んだろう, 感じが, 者も 36 人が, 噂も 35 ことじゃ, 事に 34 ことから, 説も 33 ところに 31 わけである 30 わけ, 例は, 理由で 29 伝説が, 証拠が 28 のじゃ, 様な, 知らせが, 話です 27 ふうで, ものです 26 ことでございます, ものが, ものは, 事実である, 証拠には 25 噂は, 訳です 24 事です, 事件が, 意味で, 証拠は, 話であった 23 のかい, もの, わけか, 点である 22 のと, 話の, 顔を 21 人も, 説が 20 ことにも, 事で, 意味の, 話だった, 類の 19 のかね, のだった, もので, 人の, 次第です, 点を, 話で 18 ものも, 事実に, 点が, 知らせを 17 うわさが, ことその, のでした, ものである, 事だ, 例が, 記録が, 訳だ 16 事実の, 報告が, 気も, 話な, 話に, 説は, 顔つきで 15 わけじゃ, わけだった, 者は, 顔で, 風な 14 ことについて, ところから, のなら, 人は, 次第な, 点は, 説を, 調子で

13 [13件] ことさえ, そのこと, のさ, ほかは, わけは, んじゃ, んだい, 事情も, 報告を, 意味に, 評判が, 話であります, 顔付で

12 [14件] ことをも, もんだ, わけだろう, わけであった, んでしょう, 事実も, 例も, 噂だ, 場合も, 意味では, 意識が, 感じを, 結論に, 記憶が

11 [13件] うわさを, ことそして, ところを, のには, ほうが, 事であった, 伝説の, 女の, 感じだった, 点も, 男の, 程度の, 訳じゃ

10 [13件] ことなど, ことについては, ことによって, のでございます, ふうな, 一つの, 例の, 処に, 有名な, 点において, 自覚が, 表情で, 言葉を

9 [22件] ことだけが, ことでありました, ことでしょう, のよ, 以外に, 伝説も, 噂であった, 報知が, 形で, 村の, 様子で, 次第, 点から, 程の, 結果に, 記事を, 訳さ, 訳な, 証拠を, 話でした, 通知が, 風にも

8 [32件] ことだけで, ことだけを, ことであり, ことまた, ことまで, こと以外に, ところが, ところだ, ものじゃ, ものを, ようすで, わけでした, わけに, 事件である, 事実だ, 伝説は, 噂です, 報を, 形に, 意味である, 感じである, 手紙を, 様子を, 父の, 理由も, 者の, 証拠に, 話じゃ, 話なども, 話や, 風であった, 風説が

7 [32件] ことだけでも, ことであっ, こととは, ことなどを, それだけの, ところ, ところまで, のとは, ふうであった, ものか, ものであろう, 一種の, 事な, 事の, 以上に, 以外には, 伝説を, 噂の, 意味だ, 意味です, 意味な, 意外な, 感じは, 昔の, 時に, 理由から, 理由は, 男は, 罪で, 若い女, 記憶は, 話だろう

6 [43件] ことだろう, ことであろう, ことでござる, ことよりも, それが, ところで, の, のかしら, ほかには, ものの, わけでしょう, ンです, 不思議な, 事から, 事だけは, 事でした, 事や, 事件は, 事実から, 事実だけは, 事情が, 二つの, 口碑が, 報らせ, 報告は, 廉で, 心持が, 情報が, 意味が, 意味は, 意味を, 感じで, 新聞記事を, 気持が, 現象は, 知らせであった, 私の, 言葉が, 言葉に, 記事も, 証拠の, 証拠も, 風聞が

5 [65件] うわさも, お話でした, ことしかも, ことなどが, ことなども, ことばかり, ことらしい, ことをね, その時, ためしは, ときに, ところも, のでありました, のであれ, のでなく, ほかに, ものだろう, 一事である, 事, 事だけを, 事だった, 例を, 偶然の, 先生の, 処から, 印象を, 噂である, 噂な, 報せが, 報せを, 報知を, 場合は, 奇怪な, 奴が, 実例が, 形, 形であった, 形である, 彼の, 想像は, 感じであった, 感じの, 所に, 条が, 気持で, 点です, 点な, 物語は, 特殊な, 男である, 知らせに, 程で, 程度であった, 表情を, 言葉は, 記事に, 記事は, 記録は, 訳か, 証人が, 評判で, 評判の, 話さえ, 関係から, 顔つきを

4 [108件] いい伝え, ことすら, ことそれから, ことそれが, ことそれは, ことなどは, ことに対して, ことまでは, これは, それは, たしかな, ところだった, ところは, のに, のにも, のや, ひとが, もんです, ようにも, わけの, ニュースが, 一事に, 一事を, 不幸な, 事と, 事実さえ, 事実だけ, 事実だけが, 事実によって, 事実に対して, 事情に, 人々の, 位で, 体で, 単純な, 噂だった, 報告に, 報告も, 声が, 外は, 夢を, 女は, 始末な, 実例も, 小説を, 形だった, 形です, 形跡も, 彼女の, 後悔の, 心の, 思いが, 恰好で, 意味であろう, 意味での, 感が, 感じだ, 所から, 手紙の, 挿話も, 新富座はじめて, 新聞の, 昔話が, 様子も, 次第だ, 次第で, 次第である, 次第でございます, 武蔵の, 歴史の, 歴史を, 気に, 気持に, 気持を, 消息を, 点だ, 特別な, 理由が, 男が, 疑いを, 知らせである, 確かな, 確信を, 確証は, 程な, 答えでした, 経験を, 結果を, 考えに, 聖書の, 自信を, 自分の, 自覚を, 証拠にも, 評判だ, 評判だった, 評判であった, 評判は, 話には, 談が, 逸話が, 面持で, 顔付に, 風でした, 風の, 風を, 騒ぎ, 騒ぎだ

3 [192件] あの話, お話が, お話です, ことこの, ことさ, ことだけしか, ことでありましょう, ことでございまし, ことでございました, ことでござんす, こととを, ことなどから, ことにさえ, ことに対する, ことへの, ことよ, ことより, しらせが, そのとき, その不思議, その人, その家, その言葉, その話, その青年, たいへんな, ただそれだけ, ために, ところである, ところです, ところへ, のかな, のから, のかネ, はなしを, ものかな, ものかも, もんじゃ, もんで, ようすだった, よろこびに, わけかな, わけでございました, わけね, んだろ, んなら, 一事で, 一人の, 一節が, 一言に, 丈で, 不利な, 世間の, 事じゃ, 事については, 事件です, 事件の, 事実, 事実と, 事実な, 事実には, 事情から, 事情は, 二人の, 二枚の, 云いかた, 人, 人に, 人物である, 他の, 以上は, 件は, 位, 位の, 作者の, 便りを, 偉大な, 偶然が, 偶然は, 出来事が, 反対の, 口上で, 古い伝説, 喜びに, 喜びの, 喜びは, 嘘の, 噂で, 因縁の, 報が, 報道が, 報道を, 場合が, 場合には, 場所へ, 外に, 女が, 妙な, 姉の, 始末, 娘の, 嫌疑で, 安心も, 安心を, 実例は, 実感は, 実際の, 家を, 寸法な, 履歴を, 工合です, 弱味が, 当時の, 形を, 心持は, 思いを, 性質の, 怪談も, 情報も, 情報を, 想いが, 意味において, 意味らしい, 感じ, 感じと, 感じも, 推測も, 旨を, 有様であった, 次第じゃ, 次第であります, 次第でござる, 段取りに, 気の, 気もちが, 気分が, 気持から, 沙汰が, 満足の, 点であった, 点であろう, 点には, 現実が, 理由には, 理由の, 男に, 男を, 知らせで, 知らせの, 科で, 程度に, 種類の, 細君の, 経験が, 罪に, 考えは, 者を, 自信の, 自覚は, 観念が, 解釈が, 言葉の, 記憶も, 記載が, 記録を, 訳であります, 訳は, 訴えが, 証跡を, 評判を, 話などは, 話なら, 誇りを, 説, 説明を, 責任を, 近所の, 返事であった, 返事でした, 返事に, 通知を, 逸事が, 逸話も, 金の, 金色の, 電報を, 顔つきである, 顔色, 風だった, 風には, 風聞も, 鬼の

2 [495件] あたりは, あのこと, あの晩, あの珍, あれの, いわゆる, うちに, うわさだ, うわさです, お噂, お手紙, お柳, お滝, お社, お秀, お話, お話でございます, お話で御座いました, お話を, かたちだ, かたちである, かわりに, こった, ことかも, ことぐらい, ことこそ, ことじゃが, ことそんな, ことだけの, ことでも, ことで御座います, ことなし, ことなどで, ことにこそ, ことにでも, ことに対し, ことばかりを, ことほど, こともね, こと以外は, こと従って, こと第, こと自身が, この一点, この事実, この老人, そういうこと, そういう伝説, そうだ, そうである, そうです, その事, その事実, その女, その日, その狐, その相手, その老人, その部屋, た, たびに, ためでなく, つもりで, ときには, ところだろう, ところであろう, ところにも, ところの, ところまでは, どころで, のかも, のだけは, のでありましたろう, のでありましょう, のでも, のならわかる, のに対して, のはね, のやら, のよく, はっきりした, はなしは, はなしも, ふうである, ふうにも, ものでござる, ものに, ものよ, もんでしょう, ような信じ, よろこびと, わけかね, わけかも, わけじゃあ, わけであります, わけであろう, わけでございます, わけでしたろう, わけでない, わけでなく, わけには, わけよ, んか, んじゃあ, んで, トリックは, ニュース, ニュースを, ハガキが, フランス語に対する, ラジオの, 一つ話が, 一の, 一事が, 一事だけでも, 一事だけは, 一事であった, 一事は, 一二の, 一例を, 一片の, 丈け, 三千代の, 下女の, 不愉快よりも, 中でも, 事だけ, 事だけでも, 事であり, 事でありまし, 事でございます, 事など, 事には, 事まで, 事より, 事よりも, 事件であった, 事件に, 事件も, 事実すら, 事実だけでも, 事実については, 事情の, 事蹟は, 事蹟を, 云い方, 人だった, 人である, 人には, 人物は, 人間が, 人間の, 今の, 他吉, 仙台の, 代りに, 仮定には, 伝説的な, 位だ, 供述の, 僕の, 光景は, 具合に, 前例が, 前後の, 動機は, 勝利感から, 友人たちの, 取沙汰が, 口ぶりで, 古い言い伝え, 古い記録, 史実が, 史実を, 司令部の, 合図に, 合図を, 名前の, 名目で, 喜びが, 喜悦の, 噂, 噂と, 噂に, 因縁が, 土地の, 地方も, 堀の, 報告の, 報知は, 報道だ, 場合に, 塔の, 声も, 声を, 外には, 多くの, 夢の, 大きい石碑, 大変な, 夫の, 奇談が, 奇蹟を, 女で, 女中の, 奴, 奴は, 妻の, 始末です, 姿だ, 婦人作家は, 子は, 子供の, 字を, 孟子の, 学者も, 安堵の, 安心で, 安心の, 安心は, 定説は, 実証を, 客の, 家, 家が, 家の, 家は, 家も, 宿屋も, 専らの, 届け出も, 工合だ, 工合で, 左注が, 年の, 幼年及び, 広告は, 店の, 店は, 廉によって, 形の, 形跡が, 後であった, 後悔が, 御様子, 心持ちが, 心持で, 心持を, 思い出が, 思い出は, 急報が, 恰好だ, 恰好です, 悔いを, 悔恨は, 悲劇を, 悲報を, 想像が, 想像を, 愉快な, 意, 意である, 意味か, 意味かと, 意味であります, 意味でしょう, 意味とは, 意味には, 意味にも, 意味も, 意志の, 意識だけが, 意識だけで, 意識に, 感じさえ, 感じだけが, 感じでありました, 感は, 感を, 感情が, 或る, 手紙が, 故を, 故事は, 新富座桟敷五人詰一間の, 新聞記事が, 方の, 旅の, 日本の, 早馬が, 昔話などは, 昔話に, 昔話の, 時から, 時の, 晩に, 曰く付きの, 書付を, 有様, 有様である, 有様です, 有様な, 有様を, 木下の, 東方の, 根岸の, 根本的な, 根本精神は, 様に, 次第さ, 次第であった, 次第であろう, 次第でした, 次第では, 次第でも, 此の, 歴史が, 歴史である, 歴史は, 母親の, 気には, 気持だ, 気持ちに, 気持です, 気持の, 気持は, 気持も, 気振, 気配も, 油絵の, 注進を, 消息が, 清水が, 満足が, 満足と, 満足は, 滑稽な, 濡衣を, 点だけ, 点だけでも, 点だけを, 点などから, 無言の, 父を, 片輪車, 牒報が, 物的証拠が, 物語, 物語が, 状態に, 現実の, 現象が, 現象の, 現象を, 理由だけ, 理由を, 理窟に, 甚だ不景気, 生の, 由緒の, 男, 画家の, 疑いが, 痕跡は, 発見が, 目的は, 眼付を, 知らせだ, 知らせは, 知らせも, 石の, 確信が, 確信は, 確証が, 程である, 程に, 程度で, 程度にしか, 空の, 空壕まで, 空想は, 笑い話, 第一, 筋が, 筋である, 答である, 節の, 範囲の, 精神的な, 素振りを, 経歴の, 結果が, 結論が, 縁故が, 縁故も, 罪の, 罪を, 翌朝自分は, 老人が, 老女の, 考えが, 背中が, 自信が, 自覚, 自覚に, 興味と, 船の, 色を, 芝居じみた, 著しい事実, 見証, 規定を, 覚えが, 覚えも, 解釈, 解釈この, 解釈第, 言い伝えが, 言い伝えは, 言い分は, 言葉, 言葉にも, 言訳を, 記事の, 記憶の, 記録も, 訳, 訳じゃあ, 訳でしょう, 訳も, 訴えの, 証人も, 証拠でしょう, 証拠でも, 証明にも, 証明は, 証言の, 証言を, 評が, 評判です, 評判よ, 話から, 話さ, 話さえも, 話しが, 話しである, 話しも, 話しを, 話その, 話だけは, 話でございます, 話では, 話と, 話など, 話などから, 話などが, 話ばかり, 語が, 説など, 説にも, 警報が, 責を, 跡も, 返事が, 返事だった, 通信が, 通報が, 通知に, 逸話は, 逸話を, 道の, 部屋の, 部屋へ, 門前町の, 閲歴を, 限りの, 隣の, 電報が, 青年が, 非難が, 順序です, 順序な, 顔し, 顔に, 顔も, 顔付を, 風が, 風だ, 風である, 風情で, 騒ぎが, 騒ぎである, 騒ぎです, 騒ぎな, 騒ぎの

1 [4621件 抜粋] あいさつも, あたりを, あのホフマンふう, あの太古, あの時, あの粉雪, あの金売吉次, ある知人, いかさま女子には, いでたち, いわば中間, うちにも, うわさであった, えらい恋仲, おとなしい子供, お伽話の, お増, お松の, お芽出度, お豊, かたちで, かよの, くだりを, げんじゅうさです, ことあなたには, ことさえを, ことそれも, ことだけについて, ことでしょ, ことに対しても, ことばは, ことをさえ, こと丈けは, こと出し抜かれ, こと或は, こと私は, こと迄, このしるし, この力学的社会学, この敏感, この男, この鼓, こッた, さまを, しかるにツエッペリン, しらせに, すがた, せいばかり, そういう特殊, そうな, そのたった, その二つ, その出先, その塔, その小石, その情婦, その最も, その玉露, その秘密, その貴重, それである, そんな人, ためでも, ちょっと有名, ではいったい, とき将軍は, ところが近江, ところ何だか, どよめきが, のけえ, のならゆるしてやる, の君に対して, はなはだとり, ふうが, ほうを, ぼんやりした, また利太郎, みじめな, もう一名, ものさえ, ものと, もの妾の, やがて忘れられ, ゆうべの, ようであった, より広い, らんも, わけでござる, わたくしの, んでしょ, アメリカの, エピソードをね, カクテールの, クルイロフの, シュプールが, ストオリイなぞ, チャンスによって, ドゥモン要塞への, ニュースも, ハンカチの, ピカピカする, ブーシバルを, マリエージ・リングを, モンペの, リュック姿の, ワケであります, 一事だけを, 一人も, 一伍仔什を, 一家の, 一月二十五日の, 一構想に, 一紙の, 一言の, 万一の, 三田谷商会の, 下婢と, 不始末, 不思議さをも, 不運の, 中世紀, 主張は, 九月二十二日の, 事かね, 事だけで, 事にも, 事件なぞも, 事実だけを, 事実とを, 事実まで, 事実死骸には, 事情を, 事蹟から, 二十円余二月足らずの, 云いつたえも, 交換嬢の, 人たちばかり, 人などに, 人柄の, 人間は, 今度も, 仏画師良秀の, 以上これは, 仮定が, 件も, 伝えも, 伝説である, 伴れ, 佐田やす子は, 何侯爵の, 作物を, 例である, 俗伝が, 信仰は, 倒れ方, 傍系的な, 優しい哀れ, 先夫人の, 光景を, 八畳の, 兵も, 其処の, 内股の, 凄い美しい不思議, 出来ごとが, 初春の, 利口な, 剛の者と, 加藤の, 動かし難い, 勝重が, 十七八の, 千谷先生, 博識だろう, 危険は, 友の, 叔父さんと, 取沙汰も, 口振で, 古い寺, 古伝が, 古釜, 台辞は, 号外や, 同情は, 名品と, 名誉の, 君が, 周防の, 咎により, 唐詩選の, 喜ばしさ, 喜望峰を, 噂だけ, 噂なら信じられる, 四ツの, 因縁からも, 国ゆずり, 土地が, 地所は, 城に, 報あり, 報告であった, 場合, 場所は, 境涯で, 壺の, 外ない, 外面的な, 夢である, 大きな悔, 大事に, 大変事, 大柄の, 大足跡, 天下者の, 夫婦の, 奇怪さ, 奇蹟の, 女どもの, 女伴れ, 好意に, 姿だった, 娘とを, 嫁は, 嬉しさ, 季節の, 安堵に, 官吏抗拒罪や, 実に案外, 実感つまり, 実験が, 家へ, 宿命の, 寸法か, 対地侍策の, 小さな借家, 小染, 小説じみた, 少女という, 屈辱の, 山伏殿こそ, 岡それぎり彼女を, 崖の, 工合では, 差出人無名の, 常世国が, 平凡な, 年輩の, 幻覚は, 広津君に, 庶民らしい, 弁解も, 強い自覚, 当日の, 形跡の, 彼ら水戸浪士は, 後です, 後悔は, 御坂の, 御話, 心地である, 心持ばかりが, 快い感じ, 思いで, 思想が, 怨恨の, 怪事件から, 恐しい, 恐慌は, 恰好の, 悪賢い悪漢, 悲しむべき事実, 悽愴な, 情緒にも, 想いのみが, 意味かい, 意味でなくっ, 意外性を, 意見は, 愛吉の, 感じにも, 感情で, 感慨も, 態度である, 憤怒を, 戦報の, 所までは, 手付を, 手箱の, 批評を, 拙い感じ, 挿話に, 推測をすら, 支配権力に対する, 故殺未遂犯が, 数条だけ, 文句は, 文法の, 断末魔に, 新吉の, 新聞記事は, 方も, 日だ, 日記の, 早業に, 昔ゆかしい, 時で, 時刻が, 時間を, 景色の, 暗黒面は, 書きもの, 書記官の, 最中に, 有明荘の, 木で, 未開民が, 札付きの, 条も, 東都怪異譚の, 柄じゃ, 柿を, 根気の, 梶原源太景季の, 業腹が, 概略の, 権之, 欠点である, 欣し, 正吉の, 武人, 武蔵塚が, 死すべきさだめ, 段は, 比丘尼の, 気分も, 気持ちの, 気楽人であった, 永瀬画伯が, 沙汰じゃった, 注進だ, 浅貝, 海底の, 深い深い傷つけられた, 渡君に, 満潮の, 滑稽話が, 激しい気持, 点これも, 点にも, 無名氏の, 煽情的な, 片頬笑み, 物語を, 特色を, 状態な, 猛獣の, 王子で, 現場と, 現象であります, 理な, 甚五郎の, 生活の, 由を, 甲府筋の, 男でも, 町家の, 異相の, 疲れた蒼い, 痛快な, 発見に, 白馬が, 盛衰記や, 相変らず, 真相だけを, 瞬間は, 知覚が, 石田帯刀様で, 礼を, 社長室の, 神保光太郎君と, 神話も, 秋山図は, 秘密を, 程も, 程度ね, 積極的な, 突飛千万な, 章句を, 笑い話が, 第, 筋などは, 箭の, 篆刻は, 精神科学的の, 紛糾に, 紳士, 経験は, 結果だけが, 絵で, 縁起が, 罰の, 羞恥心から, 羽黒村を, 老侯夫妻の, 老父の, 考えばかりに, 者さえ, 聞きこみが, 肥前五島の, 膳の, 自己憤懣の, 自慢話を, 自覚も, 臼井なにがしは, 良家の, 芝居を, 若い綺麗, 苦い感じ, 茶の, 莫迦莫迦しい, 落度で, 葬式の, 藤衣などは, 蝉丸道士の, 術を, 表面上の, 裏門の, 要素が, 見得で塗り, 覚えは, 観察も, 解釈に, 言い伝えの, 言葉以上の, 記事であった, 記憶すら, 記録品の, 訳に, 証人その, 証拠な, 証書に, 評判でございました, 詠歎で, 話しだ, 話だって, 話まで, 誇りが, 誠に華美, 説に対し, 誰が, 諸葛孔明, 譚の, 豚だろう, 豹子頭林冲とは, 貴き由来, 質的レコードは, 超神童的, 跡が, 身振りを, 近くの, 返事です, 返辞だった, 逐一な, 連中だ, 運転手を, 道理が, 遺憾の, 都合ばかり, 重さ, 金五郎が, 金貨を, 鉱山事業は, 長い物, 長編を, 間違いだった, 関係者自身からの, 陰徳の, 雄蝶, 雪子姉さんの, 電話を, 静かなうるおい, 面ぶれ, 面長で, 頃には, 頑固な, 顔つきであった, 顔付だ, 風にな, 風聞だ, 風説白魚の, 香いの, 馬鹿らしい事, 騒ぎであった, 驚くべきうわさ, 高さ三尺, 髪の, 鮎と, 麻縄は

▼ たところ~ (20473, 1.0%)

323 がある 321260 による 256 である 255 を見る 216 です 211 であった, のもの 184 でそれ 178 だった 162136 にある 122 でその 120 で何 109 なん 99 なの, のある 95 でした 92 もある 74 でこの 72 があった 67 がない 66 だと 65 があっ 63 をみる 62 でどう 61 であつ, で仕方, なので, はない 54 で私 52 だが 51 があります 47 の, のない 46 があり, だから, によれ 42 もない 41 で大した 39 さ, で自分 38 でお 37 であるが, で今 36 だつた, でなん 35 が, を見 34 があつ, ですから, でそんな, で彼, で誰, を 33 でこれ 32 だよ, にあった 3130 ですよ, でどうにも 29 がなく 28 じゃ, でまた 27 にこの 26 だったので, で少し, に 25 でございます, ですが, でどうせ, で僕 24 だったが, に立っ 23 でとても, ではこの, でもう, を見た 22 であの, によります, は, はなかっ, もあった, を見れ 21 で何ん, に依る 20 で所詮 19 であります, で別に, で決して 18 だったの, でそこ, で人, で無駄 17 がなかっ, でここ, でご, で仕様, で彼女, へお, よ 16 だったから, でそう, では, にその, に大きな, へこの, もあり 15 が何, ですぐ, で始まらない, で相手, をお, をもっ 14 から, だつたので, だという, であったが, で人間, で女, にあり, のあの, もなく, らしい 13 がありました, でお前, でこんな, で二人, で君, で結局, にあっ, はその, をその

12 [13件] からその, から見る, がその, がなかつた, でさ, でどこ, ではその, で不思議, と見え, のその, はありません, へまた, を後ろ

11 でただ, ではあの, でふと, でまだ, にあつ, の彼, はなく

10 [14件] が多い, であって, でしたから, ではお, ではそれ, で他, で俺, で到底, で小, なのよ, のこの, はこの, はどこ, をやられた

9 [19件] であるから, であろう, でしょせん, でたいした, でもある, でやっぱり, でやはり, で同じ, で急, で知れた, で若い, にいる, にまた, はなかつた, へ不意, もあっ, もあります, もなかっ, を私

8 [23件] から生じた, から起った, がこの, だし, であなた, でそれで, では御, で一人, で世の中, で全然, で平次, で男, に小さな, はお, はただ, は少し, へあの, へ折, へ行っ, もあつ, を持っ, を綜合, を誰

7 [34件] からし, が少し, が面白い, だつたの, であったので, であれ, でこう, でしかた, でどれ, でなに, では何, でまさか, で今度, で仕, で何処, で其, で大して, で己, で御, で手, で死んだ, で無益, で眼, で金, にあの, に依れ, に彼, に日本, の真, はちょうど, へちょうど, もありません, をよく, を見せ

6 [58件] からそれ, から考える, から見, が出来, が私, でいつ, でうまく, でおいそれと, でおれ, でございますよ, ですと, ですの, でそれだけ, でたかが, でどうも, ではじまらない, ではじめて, ではそんな, ではない, では彼, でほんの, でもし, でやがて, でよく, でわれわれ, で一向, で三人, で主人, で今さら, で別段, で又, で実際, で家, で彼等, で後, で親分, には, に人, に出, に私, に腰, に落ち, の人, の例, の思想, の方, はどう, は実に, へ何, へ彼, へ急, へ来, へ来た, をまた, を上, を手, を見計らっ, を通っ

5 [100件] からお, からこの, から外, から来た, から考え, から自分, があるなら, があるらしい, がお, が到底, が有る, が見え, が非常, その人, だったと, だったん, でありました, でいずれ, でおそらく, でお前さん, できく, でけっして, でこ, でございました, でござる, でさて, でしたよ, でしょう, でしようが, でせいぜい, でたいして, でだれ, でつまらない, でど, でどうして, でどんな, ではどこ, で中, で却って, で夜, で妻, で月, で果して, で結果, で腹, で致し方, で見る, で道, で郎女, で頭, といい, にありました, にあります, にい, に今, に在る, に大, に建っ, に意味, に新しい, に白い, のいわゆる, のこと, のすべて, のそれ, の一つ, の不思議, はありませんでした, はある, はいう, はいかにも, はさすが, はたしかに, はまるで, は何, は意外, は私, へその, へ出, へ君, へ突然, へ行く, へ電報, へ頭, もあろう, も無い, をお前, をこの, をつかまえ, を三輪, を二人, を以て見れ, を彼, を指, を歩い, を発見, を約言, を見すまし, を見せる, を逆

4 [145件] か, からで, からまた, から出発, から来, から私, がありまし, がありません, があるでしょう, ができ, がどう, がよく, が多く, が見えた, が見える, この辺, その日, そんな風, ちょうどその, であ, であると, でいい, でいくら, でいっこう, でいつも, でいま, でかの, できっと, でしたが, でそして, でそれから, でそんなに, でちょうど, でちょっと, でとうてい, では今, でほか, でまるで, でむこう, でもう一度, でタカ, で一度, で二階, で今日, で他人, で何一つ, で僅か, で元々, で其の, で其処, で出, で初ま, で単に, で右, で大, で大きな, で夫, で始まらぬ, で娘, で実は, で容易, で左, で当時, で役, で後で, で手柄, で日本, で最初, で無理, で現在, で生活, で確か, で私たち, で私達, で第, で肝心, で肝腎, で要するに, で見, で親, で証拠, で追, で面白く, で高, と一致, なんで, にあなた, にそれ, にちょうど, になる, にもう, に一人, に何, に依っ, に古い, に同じ, に山越し像, に拠る, に立つ, に赤い, のいかなる, のそして, の多く, の夢, の大, の左側, の御, の意識, の男, の種々, はいわず, はこれ, はなかなか, はまず, はもう, はやはり, は一つ, は何となく, は山, へ丁度, へ來, へ先生, へ女中, へ私, へ腰, まで来, まで行っ, もあれ, もなかつた, も今, も有った, も無く, らしかった, をいきなり, をそのまま, をみます, を八五郎, を少し, を左, を彼女, を捕えられた, を早く, を見つけ, 或る, 果せるかな

3 [282件] あには, ある日, かも知れない, からある, からいつ, からこれ, からそこ, から人, から出, から出た, から察, から左手, から彼, から想像, から発足, から見れ, があったら, があろう, がそこ, がそれ, がどうせ, がなかなか, がなけれ, が一向, が今, が出, が大, が大いに, が少く, が眼, その男, だけで, だったよ, だとか, だとは, だな, だろう, でありそれ, であるいは, であろうが, であんな, でいきなり, でいざ, でいわゆる, でかれ, でこれから, でこれら, でこれ以上, でございますが, でさあ, でしかも, でしたね, でしよう, ですでに, ですね, ですわ, でそういう, でそこで, でそれら, でたかだか, でちっとも, でどうにか, でなかなか, でね, ではあなた, ではある, ではどうも, では何ん, では全く, では彼女, では彼等, では昔, でべつに, でほぼ, でほんとう, でみんな, でもとより, でようやく, でわずか, でわたし, で一, で一つ, で一方, で一種, で下手人, で世間, で今更, で何うに, で何もの, で何ら, で余り, で元, で先生, で前, で勝敗, で去年, で向う, で喧嘩, で埒, で変り, で大事, で始まらねえ, で家内, で屋根, で山, で川, で店, で徒ら, で御座います, で心, で心配, で怪しい, で文句, で日, で明日, で晩酌, で最も, で最後, で本人, で本当に, で東京, で果たして, で格別, で次, で此處, で氣, で永い, で滅多, で生き, で真面目, で突然, で自慢, で自由, で船, で芸術, で葉子, で蠅, で車, で逃げ, で野暮, で面白, で顔, で馬, で馬鹿, というわけ, とその, と全く, と同じ, と寸分, どうした, なのに, なン, にあ, にお, にかかっ, には人間, には美しい, にまだ, にやはり, によつて, により, にゐる, に一つ, に一種, に二人, に今日, に住む, に住ん, に例, に価値, に多少, に存する, に実に, に小さい, に岩, に建て, に彼等, に待っ, に成功, に新, に漸く, に特色, に美, に興味, に長い, に隠れ, に面白味, に黒い, のお, のかの, のよう, のツァ・ルンバ, の一切, の一種, の他, の勢力, の多い, の幸福, の明暦義党, の杖, の無い, の物, の珍, の理由, の由, の神, の私, の私自身, はあまり, はここ, はございません, はさながら, はすっかり, はそこ, はた, はよかっ, はわずか, は不思議, は今, は大きな, は如何にも, は流石, は無い, は見えない, は見えなかった, へかの, へこちら, へこんど, へこんな, へそれ, へひょっくり, へもう, へ今日, へ他, へ例, へ兄, へ出た, へ出る, へ女, へ娘, へ平次, へ思い, へ思いがけない, へ江戸, へ着いた, へ私たち, へ自分, までは上出来, まで行く, もありました, もまた, をあの, をお話, をすぐ, をそっと, をたしかに, をねらっ, をみ, を下, を不意, を何者, を例, を全部, を子供, を平次, を後, を御, を急, を想像, を描い, を横, を毛利, を水, を狙っ, を狙つて, を聞く, を見せない, を見はからっ, を見届け, を路地, 少しも, 計らずも

2 [940件 抜粋] あり, かちょっと, からさ, からなるべく, からもう, からよく, から一, から事, から今, から判断, から始まる, から小説, から岩鯛, から庭, から推し, から新ら, から父, から考へ, から自分自身, から誕生, かれら, があるらしく, がいくら, がいつの間にか, がしようが, がどんな, がはじまらない, がまた, がよい, が中, が今更, が俺, が別段, が又, が多かっ, が宜, が山, が感じられる, が折れ, が欠け, が気, が留守, が直ぐ, ことごとく思量, このよう, さう, さえあった, じゃない, そうか, そのよう, その主人, その晩, その者, だからね, だそう, だっけ, だったそう, だったもん, だまあ, だろうが, つとめて虚飾, であそこ, であったから, であったと, であべこべ, であらう, でありまして, であるか, であるの, であんまり, でいくらか, でいちいち, でいったん, でいろいろ, でおよそ, でお雪ちゃん, でかえって, できょう, でこっち, でござんす, でごぜ, でさびしい, でし, でしたちょうど, でしてな, でしょうが, ですすみません, ですっかり, です文学者, でそっと, でそりゃ, でたった, でだしぬけ, でつまり, でとりわけ, でどの, でな, でなんと, ではあり, ではこれ, ではそれら, ではたして, ではどうしても, ではなん, ではまるで, ではマルセル・プルウスト, では三十二歳, では他, では呼吸器, では彼ら, では最初, では決して, では眼, では絵かき, では若い, でぱったり, でびく, でへえ, でほんとに, でまんまと, でもあつ, でもあり, でやっと, でわし, でガラッ, でスキー, で一たん, で一向に, で一文, で一疋, で一笑, で一軒, で三兩, で三島屋, で不意, で世間様, で二十年, で五十歩百歩, で人情, で仏様, で伸子, で何人, で作品, で俗, で停っ, で先, で先方, で兩親, で其處, で刀, で前々, で剛直, で功徳, で十三丁目, で十分, で南, で危険, で反, で口, で各自, で向, で呼び生けられる, で四人, で四半刻, で墨田川, で変わった, で多く, で多寡, で大概, で天地, で始まりますまい, で始めて, で娘二人, で婢, で安い, で寺, で対手, で小僧, で山中, で岩, で左側, で帽子, で幸子, で当の, で役に立たねえ, で従来, で得る, で徳さん, で必ず, で恐らく, で恥, で悪い, で意味, で成, で戻る, で手ブラ, で手前, で承知, で掛る, で敵, で新聞, で普通, で最早, で本気, で来, で東照宮, で根, で横浜, で正義, で母親, で水, で浦島さん, で浪人者, で湯, で漸, で無意味, で物笑い, で狂人, で現場, で甘い, で生涯, で申します, で當時, で皆, で相, で私共, で立, で終っ, で綱渡り, で罪, で老人, で聞え, で自分達, で自然, で花見船, で苦しい, で草, で虎, で行く, で表, で見える, で解り, で言, で詮, で誰一人, で貴様, で賊, で路, で身, で近江屋, で追い付きません, で途中, で遠方, で都合, で銀子, で銀座, で長い, で隣り, で面白い, で食, で駄目, で黙っ, といっ, とか陶器, とよく, と云え, と重複, なかった, など, ならば, なんかまるで, にあらゆる, にいい, にいつも, にこんもり, にすぐ, にはじめて, にはもはや, には大きな, にひとり, にまるで, によりまする, にわたし, に一致, に交番, に他, に何とも, に依ります, に便所, に偶然, に入口, に君, に大きい, に太い, に女, に存在, に学校, に宿, に小説, に岸本, に心, に折葉さん, に敗因, に新聞雑誌, に有名, に本当, に樫, に海, に現代, に生れた, に真, に突然, に立派, に第, に腰かけ, に自己, に艶め, に若い, に落着, に誰, に道, に雪, に高い, のこれらすべて, のベルリン, の三段論法, の世代, の事, の人形, の人間, の仕事, の先, の入口, の動物, の南山, の媒介, の富, の左手, の巨大, の廊下, の彼女, の悟性, の文化, の明晰, の机, の林, の樅, の沖縄婦人, の特異, の狭い, の病人, の第, の絵, の老人, の自ら, の若者達, の薪, の詩, の話, の通行券, の道, の非常, の高貴, はあくまでも, はあの, はい, はいつも, はかなり, はご, はせいぜい, はそれほど, はたいした, はなかったろう, はなる, はなんとも, はま, はまさに, はまったく, は一ツ, は上, は主として, は人格, は伝六, は何処, は全, は別に, は単に, は地球, は大きかっ, は奇観, は小さい, は川, は幾つ, は弱々しい, は日本, は曲者, は次, は殆ど, は甚だ, は目, は竹, は解らなかった, は遠慮なく, へあんな, へかえって, へくる, へそんな, へつながった, へどこ, へまるで, へやっと, へ一方, へ主人, へ今, へ僅か, へ十人, へ口, へ囮鮎, へ妙, へ射た, へ後, へ急用, へ我慢, へ手紙, へ新聞, へ時計, へ来る, へ海外, へ父, へ現れた, へ眼, へ船頭, へ金, へ飛込んだ, まで, までき, までは実に, まで来た, まで来る, まで進め, もあったろう, もそれ, も一部分, も怯んだ, も見える, をいざ, をかく, をかれ, をここ, をしきりに, をのぞき, をばっさり, をもう一度, をようやく, を丁度, を主人, を今, を修繕, を兄, を又, を右, を回顧, を夢, を大きな, を妖かし, を実行, を少々, を帆村, を思いがけなく, を折, を拭き, を指し, を曲者, を月, を沓脱, を無理, を狙った, を皆さん, を相手, を知らない, を穴, を聞かせ, を脇差, を補い, を見せた, を見つけられ, を見られる, を親分, を親父, を話し, を買っ, を起し, を選び, を青草, 同じよう, 御手紙, 御病中, 怪しい人影, 見知らぬ人, 驚いたこと

1 [8664件 抜粋] ああちゃん, あの辺, ある人, いかにも正直そう, いさし, いろいろと, お丈夫さ, お館, かまた, からかうした, からしずか, からついつい, からの事, からは将門, からみます, からジリジリ, から不調法, から人生, から公正, から却つてあと, から土地, から始まり, から山, から従って, から戻っ, から日昼数百人, から株券, から浦島, から田宮課長, から真直, から縁, から萠芽, から記録, から近, から鎧, から騒がしい, があっと, がいくつ, がございません, がつ, がふらふら, がインターラーケン, が一つ二つ, が世間, が他, が六畳ひと間っきり, が別, が図, が嫂, が峠, が感じられた, が本家, が氣, が父さま, が直ぐおいそれと, が約, が薪, が認められん, が銭儲け, ききすぎて, この亭主, この美人, ご危難, さだしぬけ, じゃあお前さん, じゃ有りません, そういうこと, そのままに, その友達, その店員, その源女, その言渡, それほど大切, たいていは, たちまち一山, だがね, だけに視点, だけを改革, ださあ, だってあたし, だのにと, だ父上, ちょうど昨晩ルーアン, であえて, であの大きな, であり海岸, であろうと, でいは, でうん, でおれたち, でかねて, でくそ, でごく, でごらん, でした今日, ですご, でそ, でそろりと, でちょい, でと思はずいひたく, でなく反対側, ではありませんでした, ではさほど, ではちょうど, ではひどく, ではウェーブ, では一年, では中毒, では人柄, では全, では南, では奈何, では年, では放蕩山人, では村岡櫟斎翁, では民主革命, では烏啼, では白, では精神病, では荒田さん, では躾, では頭, でふい, でまだまだ, でもうどう, でも大使館, でやむにやまれぬ, でアメリカ, でクロクロ島, でタクシー, でバケツ, でボロ二三枚, で一丈五尺一円二三十銭, で一晩, で丁坊, で三つ目, で上体, で世高, で乘込, で二軒, で人相, で今更どう, で伊志井寛, で何ひとつ, で佳作, で偶然娘さん, で先頭, で六七人伴, で出世, で判官, で加十, で十五, で半, で叔母さん, で合図, で味方同士, で商, で国府津, で場内, で大伴家持, で大隅理学士, で奇妙, で姉娘, で子ども, で実物, で寄せ鍋, で對抗覺束, で山脇玄内, で席, で幹事, で建築, で強い, で彼奴, で復籍, で思いがけなく, で恐ろしく, で懸け, で手一ぱいのくらしであつただらう, で拳銃, で支えられた, で数人, で新ら, で明かな, で時としてなかなか, で曾根, で本部, で果物籃, で森本, で止まる, で殺す, で水茶屋, で泥だらけ, で混雑, で火災, で煉瓦亭, で物の数, で王夫婦, で産腹, で番頭, で百貨店, で目貫, で矢代, で神, で空鳴り, で筋, で素子, で綾子, で羽織一枚, で職人, で舌鼓, で芸者, で莫迦莫迦, で蟇, で襄江, で視界, で許多, で調査, で赤い, で身上話, で追いついた, で通行人, で遠い, で釘, で門番, で陣十郎, で電燈, で頬白, で養父, で高雅, ということ, とがなんとなく, とても相談, とは反対側, ともの, と到らぬ, と法王, と読ん, どうしても明治四十年式, どう考え, なぞはオースタリヤあたり, などはあっぱれ豪気, などは殊, など何と, なにか変った, なんかも映つた, なんぼか, にいた, にかくれ, にこぢんまり, にじめじめ, にだいたい, にどかどか, にはかならず, にはよく, には喇叭, には母, には継ぎ, にひねくれ, にもその, にも見え, によって充分, にわかにドイツ皇后, にゴロリ, にニュートン, に一台, に丘田さん, に人形遣, に修業, に其處, に十分以上, に名高い, に在, に外丸, に始まります, に富士, に居酒屋, に庄吉, に御両人, に所謂行宮, に敷きのべた, に是, に村ソヴェト, に柱, に正, に水道せん, に浮き, に炭焼小屋, に現代的特徴, に留めたぎり, に目立たない, に秋風蕭殺, に童子, に縁, に脊広, に草原, に裾野, に謎, に逆上, に金茶金十郎, に青塚, に鳥, のあやめ, のそう, のひとつ, のエドムント・フッサール, のドメスチック, のホーム, の一見, の世界海圖, の五百羅漢, の会社, の兇暴, の前代未聞, の厩, の唯一問題, の國民性, の多数, の奴隷, の宇宙, の實驗, の屏風, の幹, の役割, の恩賞, の憑き物, の操縦室, の日記, の有らゆる, の柄杓, の構図, の殆ど, の法律, の溝, の物體, の生活, の省線電車, の神経, の紀州, の線, の自己, の萩丸君, の説話, の超, の道灌山, の鍵, の青空, の馬鹿共, はあちらこちら, はいまし, はからずも近頃, はさらに, はそのまま, はどんな, はひどく, はみな, はインチキ, はブランク, は七十, は九番, は佐久, は八丁堀, は半ば, は土手町, は大体輪, は孫太郎虫, は屋敷町, は広い, は恰, は新船松町, は書棚, は検事, は永代読経, は火事場, は甲, は矢野名曲堂, は第, は自分, は街燈, は認める, は遠い, は静か, ばかりの屋上制限, へあんた, へおろした, へきょう主人, へさいころ, へちょうどまた, へはじめて, へひょっこり, へようこそ, へスキー, へルミちゃん, へ両君, へ今宵, へ偶然本郷末子, へ出よう, へ右馬允貞盛, へ埋め, へ宇治山田, へ少年倶楽部, へ建てよう, へ思わざる, へ指, へ新手, へ木戸, へ歯ぎしり, へ滔々, へ町内, へ石灯籠, へ第, へ能登守, へ落ちる, へ親方, へ逃げず, へ醤油, へ額, まかせといった, まだ四十四, までたどった, までは何人, まで数ヤード, まで話, むりやりに, もう二月, もその, もルソオ, も大, も東京, も美しい, やうわさ, やはりさに, や八五郎, や身, よしんばどんな, よりも遙, らしく先生たち, をあなた, をうしろ, をけたたましく, をしがらき, をそれ, をつまり, をぬけ, をまじまじ, をやめ, をグイッ, をピリリ, を一網打盡, を両方, を人間, を伺ッ, を写し, を判断, を去, を吟味, を境, を子房, を布團, を往来, を感じない, を拙者, を捕まった, を握った, を旦那, を樹, を流れた, を特に, を田園監守, を看守, を空, を素早く, を聞きます, を蟲, を見つける, を見届ける, を誤またず, を足袋, を通つて行, を銃声, を頭, 一向そんな, 何ともなく, 元来経済難, 別に變つた樣子, 古くから, 変わったようす, 如何にも見すぼらしい, 平然と肉片, 御垢付, 思いがけない御子, 或頃, 有った有った凄い, 果たしてその, 極めて簡単明瞭, 漸く安心, 目立った美人, 第一学期, 見かけるところ以前, 貴官, 遂に兄

▼ た~ (18111, 0.9%)

551 どうか 274 それは 265224 どうかは 204 それを 157 知らないが 156 知れない 120 して, わからない, 私は 98 知らぬが 97 わかりません 84 それが, 知れません 82 急に 77 知ら 75 しれません 74 しれない 69 どうかを 67 分らない 62 とおも 56 どうだ 55 忘れたが, 覚えて 49 ッ, 知れぬ 44 否かは 42 それも 40 どうかも, 知らない 39 忘れて 37 わからないが, 知りませんが 35 知って, 知れなかった, 知れなかつた, 自分でも 34 何う, 知らん 33 知れないの 32 なかった 31 どうかという, 八, 影も, 知れないが 30 そんなこと, どうかと, 少しも, 知らねえが, 私には, 私の 28 これは, 否か, 誰も 27 わかりませんが, 分りません 26 彼は 24 解らない 22 その理由, わからないの, 分らないが, 否かを, 知れやしない 21 今は 20 れは, 姿を 19 僕は, 分らなかった, 平次は 18 わからなかった, 判らない, 彼の, 知らんが 17 その辺, 知れませぬ 16 そのこと, わたしは, ッて, 知りません, 誰が 15 しれなかった, 知らぬ, 私が, 覚えが 14 これが, つての, である, 不意に, 何を, 兎に, 姿が, 知れたもの, 私も 13 しれないの, そこに, そこまでは, そのわけ, 今では, 存じませんが, 容易に, 知れませんが, 自分の, 話して 12 いずれに, おぼえて, その原因, それらの, そんな事, どうかが, どうかといふ, 地から, 知れないと, 記憶が

11 [12件] これを, そいつを, はっきりしない, 一人も, 判らないが, 判りません, 気が, 知れないわ, 聞いて, 自分は, 見て, 解りません

10 [14件] これも, それさえ, ないん, またその, わからなくなって, 今の, 分からない, 分らないの, 分らなかつた, 分らぬ, 君は, 無かった, 親分, 訊いて

9 [18件] しれないが, そこの, その時, それとも, またそれ, ッた, 人に, 今度は, 何か, 何かの, 分りませぬ, 否かの, 或る, 知れませんでした, 聞いたか, 見當, 解りませんが, 調べて

8 [21件] お前は, しらぬが, その日, その訳, それに, ふいに, わからぬ, 今でも, 俺は, 否やは, 姿も, 想像に, 教えて, 死んだか, 知らんと, 知れないよ, 知れませんよ, 自分にも, 見当が, 覚えは, 記憶しない

7 [30件] あなたは, おれは, しないか, そこには, その点, ただしは, ともかくも, どうかわかりません, はっきり覚え, よく覚え, わかりませんでした, アない, ガラッ八, 二人の, 何でも, 何の, 何も, 兎も, 判らなかった, 判りませんが, 否かも, 地に, 姿は, 平次, 此の, 殆ん, 知る由, 考えて, 見えなくなって, 見当も

6 [53件] あない, あれは, あわてて, えりに, この点, さう, したの, しれないと, しれやしない, そうでなけれ, そしてその, どうか知りません, ない, ないよ, ないわ, はたまた, よくは, わかったもの, わかりませんよ, ア, 三輪の, 不明である, 今に, 全く記憶, 右の, 声を, 女の, 子供が, 存じません, 左へ, 忘れましたが, 念入りに, 想像が, 想像する, 想像も, 憶えて, 知つてる, 知らと, 知らないけれど, 知らなかった, 知れないん, 知れぬが, 知れぬの, 知れは, 知れん, 自分が, 自分で, 自分も, 行方が, 親分さん, 記憶し, 誰にも, 頓と

5 [73件] あ, あなたに, いた, いって, いまだに, さすがの, しれん, そこは, そしてどんなに, そして今, その女, それすら, それだけは, それとも彼, たずねて, だれも, どうかし, どうじゃ, なかつたか, なんでも, はっきりした, ひこねの, ひこの, ぶりを, へりに, またどんな, また自分, まつて, りき, わかって, わからないくらい, わからないと, アメリカの, ツた, ハッキリしない, 不思議に, 今日の, 位の, 何に, 僕には, 八五郎は, 其処までは, 分って, 分りませんが, 君の, 否かに, 彼が, 彼には, 彼女は, 後の, 御存じです, 忘れた, 振を, 斯う, 日本の, 旦那, 昔の, 来ないか, 知つてゐる, 知らずに, 知らぬけれど, 知れなかったの, 知れぬと, 知れねえが, 知れやしねえ, 私と, 私に, 自分には, 行方知れず, 見えない, 覺えて, 記憶は, 訣らぬ

4 [120件] あねえ, あるいはその, あるひ, お察し, かれは, くるりと, ここに, これで, ご存じです, したに, したもの, そのとき, そのへん, その人, その仔細, その名, それから, それさへ, それともこの, それともその, それともまだ, それとも他, そればかりは, だ, どういふ, どうかさえ, どうした, どうでした, どうです, どこを, どちらか, どれだけの, ないか, なにが, ねえや, ねえん, はりに, ふいと, またこの, またどういう, またどれ, よくおぼえ, よく分らない, わからないし, わからないそして, わからないのに, わからぬが, わからねえが, わからん, わかりませぬ, わかるかね, わかるもの, わしの, わたくしは, わたしも, ナア, 一人で, 一人の, 二つに, 二人は, 些とも, 今から, 今と, 他の, 但しは, 何かで, 何様か, 何様だ, 俄かに, 先生は, 入道へいがの, 八五郎の, 其解き棄て, 出て, 分らなかったが, 判らぬが, 判るまい, 合点が, 名を, 女だつた, 如何か, 如何に, 妙な, 存ぜぬか, 小戻り, 思い出せない, 此意味ならで, 水の, 父は, 眼を, 知つ, 知らないけれども, 知らないの, 知らんか, 知りませぬが, 知りませんか, 知ること, 知れないので, 知れなかったが, 知れやしません, 確かな, 突然, 等の, 縁側から, 能く, 自分では, 見えなかった, 見えなくな, 見えなくなった, 見えません, 見ようと, 覚えないが, 覚えも, 言って, 訳が, 誰であった, 足を, 非常に, 顔を, 首を

3 [253件] あとは, あなたの, あの人, あの方, ありません, あるいは, いうまでも, いずれか, いつに, いないか, いまは, えりの, おらあ, お分り, お前には, お半, ここへ, この春, これでは, ご存じ, ご存知, さうし, しらべて, しれないよ, しれないん, しれなかつた, しれぬ, しれませんが, しれませんでした, しれませんよ, しれませんわ, しれやしねえ, すっかり忘れ, そいつが, そいつは, そうでなかった, そうな, そう思う, そこから, そこで, そこらの, そのいきさつ, そのいずれ, そのどちら, そのほう, そのま, その事, その事情, その内容, その夜, その姿, その影, その方, その邊, その間の, それだけの, それで, それと, それとも人, それとも別に, それとも外, それとも親故, それについては, それには, そればかり, とにかくその, とんでもない, どうかすら, どうかについては, どうかの, どうだった, どうで, どうも, どこから, どこに, どこへ, どっちか, どれよこせ, どんなこと, ないけれど, ないの, ならないかの, なれど, にっこり笑っ, はしらないが, はっきりと, はっきり記憶, ひどく弱, ひもなく, ほかの, またどうして, また何故, まるで知らなかった, まるで見, まるで覚え, もう忘れた, よう, よく知っ, よく記憶, りけり, れが, れだった, れである, ろうでは, わからないという, わからないやう, わからないん, わからなかったが, わからなかつた, わかりますか, わかりませんか, わかるの, わけが, わしも, わたしには, アねえ, エ, ツ, ドウか, ハッキリ覚え, ライフヴイが, 一つも, 一と, 一昨日だつた, 一枚の, 一言も, 不思議な, 乃至は, 之を, 二尺ばかりの, 人の, 人間の, 今私は, 仔細を, 件の, 伝六が, 何うだ, 何が, 何んな, 何処へ, 何故に, 俄に, 俺の, 俺を, 僕の, 僕も, 先に, 先の, 先生が, 其處までは, 出ないかは, 分からないが, 分からなかった, 分ったか, 分らないと, 分らないという, 分らないん, 分らなくなって, 分らなくなつ, 分らぬよう, 分りや, 分明でない, 判らないと, 判らないん, 判らなくなって, 判然しない, 判然せぬ, 半七, 又その, 又それ, 又頭痛, 名前は, 君にも, 呂布は, 大地に, 大旦那, 天から, 夫さえ, 存じませぬが, 家の, 察する, 少しは, 左から, 帽子を, 平次の, 引き返して, 影さえ, 彼女には, 彼女の, 後から, 後に, 御免なさんせ, 忘れたけれど, 忘れました, 想像し, 想像を, 愚な話し, 或ひ, 手に, 手を, 打たぬか, 捜して, 教へて, 新九郎は, 日が, 昨夜の, 書いて, 曹操は, 来なかったか, 来ねえか, 東京の, 死んで, 母が, 父が, 父の, 理由は, 田中屋の, 病み上りの, 皆目分らなかった, 目を, 直ぐに, 知ってるか, 知らないか, 知らなかつた, 知らんけど, 知らツ, 知れすか, 知れないけれど, 知れないぢ, 知れや, 知れやあ, 知れんが, 祟りでも, 膝を, 自分ながら, 自分に, 自然に, 花の, 若くは, 若旦那はと, 藤枝は, 見ないか, 覚えぬが, 解ったか, 解らないが, 解らないと, 解らん, 警官の, 身を, 近所の, 遽かに, 金杉の, 頭が

2 [920件 抜粋] ああいう, あとで, あなたが, あなたにも, あねえや, あの日, あまり口を, あるいはなんにも, あるいは単に, あるいは足首, ある人, ある日, あれ見た, いえ九月, いかに自分, いきなり身, いくら口を, いちどお目にかかりました, いないかは, いまだに行方, いやまだ, えお神さん, えそう, えりな, え死げ, え野村君, おせんちゃんおまえには, おつきで, おまえの, おまえは, おれの, お前が, お前にも, お加減, お孃さん, お幾, お怪我, お母さんの, お由良婆さま, お神楽, お絹, お聞き, お調べ, お雪, お鶴, かれの, きいたか, きいて, きゆ, げが, こいつは, こっちは, この時, この辺, この間は, これだけの, これらの, さあ陽気, さっきから, さっぱり分らない, さっぱり見当, さぶ, さらにまた, したらしい, しないかの, しらぬ, しれないのに, しれなかつたの, しれやしないよ, じぶん, すっかり忘れました, すべてが, すれば, そいつも, そういう点, そうしてその, そこへ, そしてそれ, そして何故, そして現在, そのままに, その前, その子, その後の, その意味, その次第, その目的, その筋道, その証拠, その詮議, その鈴, その風聞, それから流れ出した, それそこに, それつ, それともこれ, それともどこ, それとも一尾, それとも別, それとも向島, それとも最初, それとも空気圧搾式, それなら, そんなもの, そんなら, たちまちこの, だしぬけに, だれか, ちょうどその, つかうが, つかつかと, であるが, であろう, できるだけ詳しく, でなければ左手, とてもお, とにかく, とにかく四谷, どうかについて, どうしても思い出せない, どうであった, どうにも私, どうもそこ, どう云う, どっちに, どれほど, どんな事, どんな顔, ないが, なだめても, なり大きな, はたの, はつきりと, ひそかに, ひどく心得, ひの, ふいッ, ぶつた, ぶとを, ぶりの, ほとんど記憶, ほを, ぼくは, まずその, または他人, また今, また如何なる, また山, まだその, まるっきり見当, まるで見当, みんなに, むっくりと, もうその, もうそろそろ処女崇拝, もう忘れ, もう見えなかった, もう黄色い, もとより, や, やれやれと, よいところ, よくわからなかった, よくわかる, よく訊い, よしよし, ろうに, わからず死んだ兄, わからないので, わからないまま, わからないわ, わからなかつたが, わからなかつたの, わからなくなるという, わからねえの, わかりませんな, わかりゃしません, わかる, わかるまい, わかるもん, わしが, わしは, わたしにも, んべ, アメリカに, ウム然, ガバと, ゴクリと, サツと, セルバンテスの, ハッと, ハッキリとは, 一人だった, 一匹の, 一度は, 一昨日だった, 一生懸命に, 一目散に, 三つぶんで, 上京し, 不審に, 不思議だ, 両人で, 丸で, 丹下左膳, 主人の, 二つの, 二人だった, 二階の, 云って, 京都の, 今のを, 今も, 今朝お, 他に, 伊勢の, 伴れ, 位は, 何せ相手, 何事も, 何人も, 何時間経った, 何様かは, 何處を, 併し, 俺に, 僕自身にも, 充分に, 入らないか, 全く夢中, 全然心, 八戸締りに, 其は, 其処には, 其菊池が, 出ないかの, 刀を, 分かりません, 分ったよ, 分らないほど, 分らない位気, 分らぬが, 分らぬと, 分りませんの, 分りませんわ, 分るだろう, 判ったもの, 判らないの, 判らぬ, 判らねえが, 判りませんよ, 判れば, 判然と, 制令を, 前後の, 匕首なんか, 匕首を, 千々村が, 半分は, 博士は, 又お, 又た, 又首皇子, 口惜しい世界, 右へ, 各, 吉野が, 吐いたなら大丈夫, 君, 君に, 否かには, 吾, 呂宋兵衛が, 喃お, 噂は, 土地の, 坊やの, 増上寺の, 変な, 多分その, 夢中だった, 大番頭, 失ったか, 女を, 女房は, 如何かという, 如何に又, 嬉しいや, 孔雀は, 孰方か, 定かには, 実は私, 宥めたか, 密と, 寿衛子が, 小六は, 居なかった, 屋根の, 山之, 左手を, 市街鉄道は, 平次と, 年を, 庇を, 店の, 弦之, 彼らは, 彼女と, 彼方の, 彼自身も, 往復の, 後ろから, 御主人, 御存じ, 御府内の, 御浪人, 御病気, 心当りは, 忘れたので, 怎も, 思ひ出して, 恋よ, 悪いこと, 想像の, 或はどう, 或は何等, 或は時流, 戦争といふ, 手紙を, 投出した, 持込んだ時, 推測する, 支那の, 数えられないほど, 数しれない, 数へ, 敵は, 文七と, 新太郎と, 日は, 日本人が, 旦那あれです, 明らかで, 昼の, 暗い中, 曲者が, 更に分らぬ, 最初は, 木下は, 本を, 杉の, 村の, 東京へ, 栄二は, 櫂を, 歌わぬか, 正しく把握, 正確な, 此家に, 歩いて, 歯を, 死体の, 残念源太男が, 母の, 母屋に, 気味の, 氣が, 決してそれ, 洒落た料理屋, 消えて, 源吉は, 火でも, 火の, 無かつ, 無論お, 然し旅人, 焼けたか, 父と, 犬に, 犬の, 独りで, 猫の, 珊五郎, 生れて, 町役人が, 留さんの, 畠や, 疑問である, 皆で, 皆暮わからねえ, 盗まれたか, 目に, 直助, 真赤に, 矢張り, 知ってるかね, 知つてるだらう, 知ない, 知らないかい, 知らないで, 知らないん, 知らぬか, 知りたいと, 知りたくは, 知りは, 知りませんけれども, 知りませんでしたが, 知る者, 知れないし, 知れないよう, 知れない程, 知れねえのに, 知れませんから, 知れませんと, 知れませんので, 知れんね, 知んねえけんど, 石権も, 硝子箱の, 秀吉は, 私にも, 私達の, 程なくその, 突き止めて, 突然彼, 筆者は, 等々の, 米国の, 素肌の, 素速く, 經たない, 翌る, 耳にも, 聞きたいもの, 聴いて, 聽い, 胸で, 腑に, 自分と, 自殺した, 舌も, 芥川が, 菅笠が, 藁屑や, 蛇は, 蟋蟀が, 行かないか, 行ったか, 表口の, 西行は, 見えなくなりました, 見たか, 見に, 見事に, 見付かりません, 見当らなかった, 見當くら, 覚えなかった, 覺え, 解けきらない顔, 解ったもの, 解らないよう, 解らぬが, 解るもの, 言ひ, 言葉に, 言葉を, 訊かなかつたの, 訊きたいん, 訣らない, 詳しく小川さん, 説明は, 読者たる, 誰か, 誰だ, 誰れ, 負けたか, 赤いし, 跡かたも, 路地へ, 身軽に, 輪鍵だけ, 返事を, 逃すな, 違った音, 部屋に, 酒を, 重ねて, 銀の, 長谷倉甚六郎の, 関羽は, 降って, 隣りの, 露西亜が, 順序を, 風が, 飛んでも, 馬鹿だ, 駒を, 鳥が

1 [8319件 抜粋] ああありがとうござりまする, あきらかに, あたしには, あとの, あの世界, あの楠, あべこべに, あるいはそのまま, あるいは乱後, あるいは妻, あるいは父, あるいは苦悩, あるいは障害, ある朝玄関, あんな離れ, いかなる生活, いきなり両手, いすに, いっしょに, いつもお, いなかったかさえ, いまどうしても, いや土曜劇場, いゑ其やう, うん, えもう, え冥土, え駒さんよう, おじいさんが, おなじ山手, おまえらは, おれを, お前さんなら, お待ち申し, お母さんは, お紺, お解りでしょう, お里だった, かえって紀貫之, かんがえも, きっと飛びついた, くたばったか, ぐらゐの話を, けろりと元, こいつら爺様までが, ここも, ことばも, このよう, この友人, この犬, この頃, これ以上棟梁の, ごぞんじです, さ, さしもの, さなく, されないか, しかとした, したん, しなかったかと, しれないけど, しれぬじゃ, じあ, すぐまた, すっかり見て取っ, すり疵に, せめてそうでも, そうして全, そう云った, そこまで, そしてまたどういう, そして結局, そのせんさく, そのまま見送っ, その二将, その前後, その大砲, その後両, その日興奮, その来歴, その目撃者, その翌日, その詳しい, その間は, そりゃわからぬ, それから話, それで手前腹, それともただ呼ん, それともみじめ, それとも事実, それとも全く, それとも女, それとも恐ろしい, それとも永い, それとも第三者, それとも謎そのもの, それとも金, それについて, そんだらおら裁判所さ, そんな考え, たしかそれ, ただ肩, たぶん最初, だね, ちっとも頭, ちょっと忘れた, ついと出, つかないの, つまりその, であろうチュッ, ではあくまでも, とつぜんつかつかと, とにかく万福, とにかく空襲, ともかく遺命, どういうわけ, どうかだ, どうし, どうして伝六, どうして金, どうも確か, どこにおいて, どれが, どんなもの, どんな髷, ないもの, なかなか狆, なぜ相良, ならない年ごろ, なんと云う, ねえからな, はためく草, はつきりしない, ばか者めと, ひとりは, ひょろ松, ふとこちら, ふふと, へり四五人, ほも, まあ断然知らない, またあなた, またどう, またはむし, または冬子, または私欲, またも最初, また同じ, また愛される, また西郷薬局, まだ兄さん, まだ泣い, まったく菊千代, まるで忘れ, みな出た, むらともをの, もうとっくに感づい, もう一度突っ込ん, もう新ら, もう通訳, もしくは瑞典, もと通りに, やがてはた, やっぱりこんなに大きく, やはり羽根さ, よかれあしかれてんで, よく判りませぬ, よく覚えてない, らんぐんのちまたのことゝて生死の, ろくに見, わからないかさえ, わからないコスモス, わからなかったかれは, わからぬので, わかりません第, わが寺門前, わたしたちも, アい, エルジンという, ガラツ八も, ゲッソリと, ジャックは, ゾロリと, テ刺青いうたら, ニースの, バッグという, フイと, ヘンに, マアその, モウ忘れ, ルリは, 一々説明, 一円札です, 一室に, 一山の, 一所懸命枕だい, 一端の, 七つ八つぐらいの, 三十五頭の, 三津子は, 下げないか, 下等な, 不幸に, 不破や, 世界第, 中らないか, 主ともに, 久らくする, 乳人の, 二つ蜻蛉が, 二度であった, 五体に, 些と, 人事不省中に, 人間だった, 今や何, 今怪しい, 今考え, 代理の, 伊豆から, 伝説の, 何しろ仕事, 何ともはや恐入りました, 何刻たった, 何日経った, 余も, 使い損なった, 俊夫君は, 俺れ, 傍へ, 兄さん, 先達は, 全きり記憶, 全く自分, 八五郎に, 公判の, 其の意味, 其声は, 其談を, 内陣の, 出かけの, 出刃庖丁を, 分からないとまで, 分つたらそれで, 分らないらしく黙って, 分らなかつたの, 分らん, 分りませんでしたそう, 分るよう, 判つた, 判らなくなつ, 判ろう筈, 別の, 前髪の, 勘定し, 区々として, 十歳の, 午後に, 南極越冬中の, 原田仙台六十二万石は, 又は入った, 又は根性曲り, 又其の, 又河内介, 反身に, 口びるが, 叫び声を, 合わないか, 同地に, 君なんか, 否と, 周平は, 咲かないか, 問うても, 嘉訓は, 四粒だった, 土で, 坂の, 場合は, 夕方からの, 夜っぴて捜し, 夢を, 大きな樹, 大地を, 大掃除, 大道へは, 太刀を, 奇怪にも, 女の子の, 女隱居は, 如何なる食物, 始めて筑後二川, 婚礼の, 子分共は, 安かった, 定基に, 宮本村の, 宿には, 寝ないか, 射たれた女, 小伝馬船, 小屋に, 小説家にな, 少し受大刀, 尻を, 居らんか, 山上に, 崖から, 左様な, 布で, 平中の, 幹太郎には, 床の, 弘法大師などが, 当て, 彼も, 後であった, 得なかったか, 御存じアンナ・グリゴーリエヴナ, 復も, 心持顏色が, 忘れたよう, 忽ち構え, 思い出せず残念, 思へば, 怪むべきである, 恐れ入って, 悟らせて, 惚れんかで, 意外だ, 慾の, 我が家一つの, 或いは三人, 或いは百十年前, 或は他, 或は恐らく, 或は直接犯人, 戦場が, 扉を, 打ち割つた竹片, 折れんよう, 持って, 捕らえられたか, 探検隊が, 摺ったか, 救われないか, 数珠を, 斎部とは, 新聞記者が, 日暮に, 旦那様の, 明かでなく伝, 明白で, 昨年十一月二十一日東京芝浦自動車ホテルで, 時介の, 暗いのに, 更に日本, 月を, 朝から, 未來に, 朱実大勢の, 来なくッちや, 松本の, 柄に, 栽えた, 植物園だった, 横向きでは, 次郎作が, 正月であった, 此方は, 歯が, 殆ど予は, 残念や, 母に, 気がついたら屋台, 気取ったか, 汝懲りず, 汽車は, 泣いて, 流れに, 海の, 深い恋愛, 湯殿口に, 滝蔵だった, 火焔は, 無論城下, 熟しない, 爾来星移ろい歳変り三十三年, 物盗り, 猪でも, 現にそば, 甚だ疑わしい, 生憎手控, 甲州一万五千の, 画かきは, 疑わしい点, 痛々しい傷, 白状しろ, 皆んなに, 盛り場で, 直ぐ判っ, 県会だつた, 眼いっぱいの, 矢に, 知つて貰へ, 知らせ得るまで, 知らぬけれども, 知らよし, 知らん私, 知りたかったの, 知るまいか, 知れたもん, 知れないね, 知れない脅, 知れなん, 知れませんでしたわ, 知れやしないわ, 知ンねえけん, 確か要る, 神戸で, 私たち一家が, 秋月が, 空でも, 突然椅子, 立上って, 笑ったの, 答えないに, 紀伊守が, 細い小さな, 終頃で, 総帥の, 美を, 翌日自殺し, 考へて, 聞いと, 聞き取れない, 職人は, 胡麻鹽頭を, 腹蔵なく, 自殺を, 船頭が, 花簪の, 若しや, 茶店の, 菊千代には, 葬儀の, 薄情な, 藤吉は, 蝋で, 行ったこと, 表紙の, 西京達磨の, 見えなくなったなどと, 見つかりませんでした, 見付からない, 見届けようもの, 覚えた番地, 覚え無し, 解かれねえ位, 解らなくなって, 触らない中, 言われたかも, 訊こうじゃ, 許されて, 詳か, 説いて, 誰と, 謎を, 谷中を, 貯金は, 買出に, 赤鬼青鬼の, 足音が, 軒, 近くも, 追わるるお, 途中の, 逼塞を, 道代は, 遠目にも, 酌を, 野獣を, 金瞳黒羽の, 銅で, 長い時間, 門附の, 関東などでは, 陸遜, 隱した, 雨龍に, 青簾は, 面白いねと, 頭巾の, 風の音に, 食事の, 馬蹄の, 騒ぐの, 髣髴と, 鯉が, 黒い毛

▼ た~ (14697, 0.7%)

1071 がある 492 がない 365 のない 363 があつ 328 はない 299 があった 234 もある 206 もない 192 である 156 もあった 147 があります 137 のある 126 では 96 が無い 9387 になる, はありません 85 がなかっ 72 はなかっ 70 でも 69 がありました 63 は無い 61 であろう 58 もあつ 56 です 54 であらう 53 であった 51 でしょう 49 は一度 44 を覚え 43 の無い 41 なの 40 がありません, も無い, を言 38 だが, もありました 37 か, だろう 36 は, を示し 35 をし, を記憶 34 はある 33 だと 32 だから, ですが, でせう, はなかつた 31 だった, を 30 であつ 28 がなかつた, じゃない, なん, もなく 27 はございません 26 があっ, は事実, もありません, をする, を思い出し 25 に就い, もあります, を知った 24 がございます, さえある, であるが, と思う, もなかっ 23 でございます, でした, を思い出した, を知っ 22 は今, は言 21 ですから 20 は私, もあり, を見せ 19 もなけれ 18 は確か, もございました, を云う, を言う 17 がございました, が有る, になった, はありませんでした, はこの, はねえ, は前, は無, よ, を思い出す 16 が知れる, はこれ, を後悔, を私, を話した 15 が分る, で, と思はれる, なので, になっ, は誰, を思ひ出した, を思出, を示す 14 があり, さえあった, だらう, と思ふ, にし, に就

13 [13件] に気がついた, のよう, はあるまい, はその, は云う, は何, は無かっ, も忘れ, も聞いた, をした, を云, を云っ, を忘れ

12 がお, がなく, が無かっ, が考へられる, だろうと, でございましょう, と存じます, を思ひ出し, を話し

11 じゃ, は言う, を意味, を聞い

10 [16件] が, がねえ, がわかる, が一度, が今, が何度, が起った, になつ, のやう, は実に, は既に, は有りません, は決して, は疑い, を今, を知

9 [15件] がございません, が訣, に違い, はいちど, は一つ, もございます, もございません, もなし, も一度, をお, を感謝, を知り, を知る, を考へ, を言っ

8 [25件] がありませんでした, が出来た, が判明, が幾度, が度々, が書い, が無, だけは事実, であります, であるから, にはその, はなく, はまだ, はよく, は申す, もあろう, もなかつた, も度々, も無かっ, も考へられる, をいう, を御, を考え, を聞いた, を非常

7 [37件] があったら, がわかった, が多い, が想像, が明らか, が無く, が知られる, であったが, であったろう, でその, と思います, なれば, になります, に氣, はあった, はあつ, はいう, は勿論, は幾度, は想像, は明らか, は無く, は確, は自分, は言うまでもない, もまた, を心から, を忘れた, を思, を思ふ, を想, を発見, を知らせ, を考える, を考へる, を聞く, を覺

6 [41件] あり, かその, かもしれない, があ, がありまし, がどうして, が事実, が有った, が有ります, であ, であって, であろうと, でこの, で今, で私, ならば, に気, はほとんど, はまるで, は余り, は全く, は出来ない, は彼, は未だ, は無論, は知っ, も幾度, も有る, も無く, も覚え, をその, をそのまま, を喜ぶ, を彼女, を思う, を思え, を憶え, を知らせる, を自覚, を見た, を証明

5 [71件] か私, があるだらう, があるだろう, があろう, が分った, が察せられる, が彼, が急, が有, が気, が自分, さ, さえありました, さえない, じゃありません, じゃねえ, だか, だってある, だつた, でありました, でこれ, でございますから, でございますが, でございませう, でないから, で御座いましょう, で御座います, と, にある, に気がつい, に相違, のあった, のない憂, のなかっ, のなかつた, の中, の様, の無かっ, はあります, はお, はございませんでした, はたしか, はないだろう, はもう, は後, は御座いません, は忘れ, は滅多, は疑, は疑ひ, は考へられる, も, もあ, もあっ, もあらう, もあるまい, も事実, も事實, も知っ, をおぼえ, をこ, をやる, を少し, を彼, を書いた, を残念, を知つて, を知らない, を自白, を見, を述べた

4 [91件] ある, があるなら, があるらしく, がしばしば, がその, が一つ, が二三度, が云, が今日, が何, が少し, が彼等, が後, が悪い, が知れた, が解る, じゃア, だつて, だらうと, だろうが, でありますが, であると, であろうか, でご, でございました, でございまして, でなければ, でもあった, で御座いました, とその, となる, と信ずる, と心得, と思っ, なしと, などを思い出し, なら仕様, にちがい, にはこの, には彼, に気が付いた, に気附, の一つ, の有る, はそれ, はどう, はやがて, は云, は仕方, は他, は何度, は嘘, は御, は考へ, は覚え, は非常, ばかりで, もない美しい, も亦, も少なく, も有ります, も無, も無き, も知らない, も確か, も私, や, や或, をいまだに, をお知らせ, をここ, をやった, を云った, を信じ, を又, を実行, を心, を忘れる, を悔, を憶, を教, を暗示, を書い, を深く, を申す, を示した, を自分, を記し, を記した, を話す, を認めた

3 [199件] いふては, かとくやしく, かと思っ, かもしれぬ, かも知れない, からし, からである, から生じた, か急, があったでしょう, がありましょう, があるです, があれ, がござる, ができた, がまだ, がゆき子, がわかります, が二度, が何となく, が何より, が出, が出来る, が判る, が可, が御, が御座いました, が御座います, が思はれる, が新聞, が時々, が有っ, が本当, が決して, が知れ, が私, が窺, が見え, が見える, が起っ, が非常, が頭, すらない, だけである, だけは訣, だけれ, だけれども, だそう, だとは, だツ, だ信さん, でありましょうか, でさ, ですか, で之, で又, としては書き, とする, とそれ, とはまるで, とまた, と云, と云ったら, と惟, ない, なく傍, なく廓内, なく自慢, なく途中, などもある, なんかある, なんで, にする, にはそれ, にはまるで, には今, によつて, に気が付きました, に自分, に間違, ね, のうち, のため, のねえ, の出来る, の外, の如き, はあ, はあっ, はあまり, はあり, はいふ, はすぐ, はたしかに, はただ, はどうしても, はなかったろう, はなくっ, ははっきり, はほぼ, はまず, はまた, はみんな, は一, は一生, は上, は云われない, は今日, は余, は先生, は分らない, は判りません, は夢にも, は定めし, は察せられる, は度々, は必ず, は承知, は明白, は此, は殆ど, は生れ, は生涯, は皆, は色々, ばかり言っ, もありませんでした, もあるらしい, もその, も一つ, も再三, も少し, も御座んせぬ, も思い出した, も想像, も明らか, も有, も珍, やら, よと例, らしい, をいっ, をいふ, をきい, をしない, をすぐ, をすっかり, をそして, をつくづく, をまざまざ, をまだ, をもう, をやっ, をよく, をわたくし, を中途, を主張, を云つて, を今に, を伝へ, を何, を何度, を何故, を君, を告げた, を喜ん, を喜んだ, を報じ, を報告, を夢, を妙, を思ひ出す, を思へ, を想像, を感じ, を我, を断言, を申し, を申しおる, を男, を知らず, を知りました, を祝福, を立証, を聞かない, を聞き, を聞きました, を自ら, を裏書, を言った, を言つたの, を言つて, を証拠立て, を話しました, を認め, を貴女, を難, 無いわ, 聞かずとも

2 [544件 抜粋] あつて, ありと, おまへん, かい, かえ, かこれから, かと日, かと案じ, かね, かや, からそれ, から先代, から見, から見れ, か何, か冷たい, か更に, か無い, があらう, がありま, があるまい, があるらしい, がいかにも, がいちど, がいよ, がお上, がお気, がかえって, がこういう, がさ, がすっかり, がそう, がその後, がそれ, がそんなに, がつい, がどうしても, がなかつたら, がひどく, がほんとう, がわからない, がセンチメンタル, が一二, が一二度, が一夜, が一見, が三度, が主, が二, が全く, が出来, が判った, が却って, が又, が嘘, が地図, が奉行所, が好き, が如何, が始め, が嫌, が実現, が実証, が屡々, が後で, が想, が持ち, が推定, が明, が明白, が有りました, が極めて, が正しい, が此, が皆, が第, が翌日, が考へられます, が胸, が解, が解った, が言, が言つて, が証明, が起る, が長く, さえあります, さえなかっ, さえも淋しく, じゃ無い, そしてその, それからそれ, それで左, だけは本当, だけは爭, だけは確, だけは確か, だけは記憶, だけを記憶, だけ話し, だし, だぞ, だったが, だったと, だったの, だとばかり, だのに, だよ, だ丸屋, だ平次, だ理, っちゃあ, てえの, であったか, であったの, でありましょう, であり夫人, であるに, であろ, であろうから, でお, でして, でしょう親分, ですがね, ですし, ですな, ですわ, でない, でないが, でなくては, でもう, で彼, で御座いましょうか, で御座いませう, で明, で決して, で無ければ, で父親, といい, というの, とか, とこの, として茲, とモース先生, と今, と何, と合せ考え, と同じ, と啓明会, と察せられる, と想う, と私, と自分, と見えます, と金色, ないわ, なし, などありました, などがある, などが原因, などが怎, などには何, などは忘れ, などは皆自分, などもあった, なども思ひ出された, なども書い, などを思つて, などを思ひ出し, など思い出し, なら甚, なんか一度, については既に, についてひきうど, について少から, にならない, になり, になるで, にはならない, にはなる, には一つ, には例, には僕, には同情, には氣, には相違, には誰, にまちがい, に對, に就きまし, に気づい, に気づいた, に気づかぬ, に気付いた, に誇り, に起因, に違, に邪魔, に間違い, のない恐ろしい, のない美しい, のない良い, のなりゆき, の凡て, の出, の反証, の報, の序で, の影響, の意味, の意義, の方, の極めて, の次第, の結果, の行, の証拠, の責, の起り, の逆, はあなた方, はありますまい, はありゃしません, はあるだろう, はいささか, はいつ, はいまだに, はいわなかった, はお話し, はかつて, はしない, はすっかり, はすでに, はたびたび, はどうも, はどの, はないだらう, はないです, はなし, はまことに, はみな, はもちろん, はやはり, はゆき子, はよい, はわからない, はわからなかつた, はわからん, は一ツ, は一回, は一通り, は一遍, は三度, は不思議, は之, は云え, は云わない, は云わなかった, は人, は何時, は何遍, は余輩, は例, は元, は其の, は其室玉瀾, は分る, は別項, は前記, は半, は又, は口, は女, は少々, は少し, は屡々, は島人, は彼女, は後で, は忘れません, は悉く, は慥, は或, は日本, は更に, は書いてない, は最早, は有, は有った, は有名, は本当, は極めて, は殿中, は決め, は深く, は滅多に, は無し, は申しません, は疑はれぬ, は疑われぬ, は皆様, は直ぐ, は知らぬ, は私たち, は私ども, は秘密, は絶対, は考へなく, は考へられます, は聞い, は聞いた, は見た, は言うまでもなかろ, は言えぬ, は読者, は誰一人, は諸君, は貴方, は近頃, は間違い, ばかりだ, ばかりである, ばっかりは今, までも既, もあったけれ, もあったであろう, もありませぬ, もあるです, もあれ, もきん, もこの, もしばしば, もすっかり, もた, もたしか, もない白い, もねえ, もまだ, も一, も一二度, も二度, も今日, も以前, も何, も何度, も初めて, も勿論, も多, も大, も少く, も当然, も役者, も彼, も忘れた, も悲しかっ, も既に, も有った, も有り, も未だ, も本, も毎度, も漏らさず, も無けれ, も牛肉屋, も特筆, も皆, も知つて, も知らず, も考へ, も考へね, も見た, も読者, やお, やその, やその後, やら話した, や嬉しかっ, や月, や独創的, や裸, らしく曲者, をあなた, をあの, をある, をいつも, をいま, をお前, をさも, をしさう, をしたら, をしでかす, をせめて, をなさいました, をまた, をむしろ, をもう一度, をも忘れ, をやつ, をわざわざ, をスケッチ, をハッキリ, を一つ, を一人, を一度, を云い出し, を云おう, を云わず, を今日, を今更, を他, を保証, を光榮, を全然, を其の, を初めて, を同じく心から, を告げる, を告白, を喜びます, を嘉する, を囘想, を報じた, を変, を夫, を妻, を容易, を己, を復習, を忘れぬ, を忘却, を思いだした, を思い出させる, を思い出します, を思っ, を思ひ, を恥じる, を悔い, を悔いた, を悲しん, を想い出した, を想い廻らし, を意識, を感ずる, を懸命, を懺悔, を指し, を新聞, を書き記し, を未だに, を正直, を死ぬ, を殘念, を毎年, を満足, を無理, を物語っ, を率直, を申し上げる, を申せ, を痛快, を皆さん, を知ってる, を知らせた, を知らぬ, を確かめる, を確め, を祝し, を私達, を考, を考えた, を考へた, を聽, を興, を苦, を行, を裏書き, を覚りました, を言いました, を言います, を言い出す, を言つた, を証する, を証言, を話したら, を話せる, を語り, を語る, を誰, を謝, を責める, を述べ, を述べる, を追想, を雅俗折衷, を面白, を黙っ, 少しも, 第二, 翌る, 聞いた事

1 [3684件 抜粋] あたかも昔時, あらゆる困難, あるから, あ無えんだ, お夏, かからり, かたつた, かとよく, かと己惚, かと消息, かどうも, かは知らぬ, からあの, からづき, からみます, から一層, から偶然, から南左衞門, から始まり, から怨む, から来, から白石屋半兵衛, から聽, から起った, かピタリ, か今年, か夏目さん, か山, か敵前, か知らん, か胸, か話, があったらしい, があるでせう, がいまさら, がおそろしく, がご, がすでに, がつけ加え, がねえで, がばれた, がます, がやはり, がわかりました, がホント, が一時, が不幸, が今に, が何と, が余輩, が全体, が分っ, が初めて, が古, が問題, が圭介, が大きい, が妬ましく, が実は, が少ない, が強く, が御座いません, が思え, が悔いられる, が折々, が救, が明治以来事実, が有るなら, が機縁, が段々, が決戦戦争, が父, が現在藤田さん, が知られ, が神語, が美人屋敷, が自然, が袴野, が誰, が起つた, が追, が長々, が随分, が頼朝, ぐらいでな, さあ此衣, さえござん, さえ一度, さえ忘れ果て, さ彼我, じゃあない, じゃございません, じゃよ, すらも多く, そして先妻, その中, その著, それから夫, たびたびであった, だけがあざやか, だけでも幸福, だけの説明, だけは万葉集, だけは平岡君, だけは有る, だけは神様, だけを, だけを略した, だったらどんなに, だとか, だのいろいろ, だの師匠, だろうな, だ忠義, ちょうど欧州諸国, であったし, でありそして, であり肯定, であるため, である迚, でいずれ, でございましょうが, でござらうぞ, でしょうな, ですぐ, ですべて, でそれ, でない用, でなさそう, でも云っ, でわずか, で云わない事, で保さん, で大阪, で実に, で後の, で恐縮, で昔, で有ろう, で此, で火の粉, で結構, で通っ, という, とが言, として不倫, とその後, とてはございませんでした, とて初め, とで考, とはいい, とは存外, とは言え, とばかり思ひ込ん, とを靜觀, と云つて, と又, と坂井, と察せられます, と思うた, と怪しみ, と歌舞伎座, と甞, と積極的, と見, と関係, どんなにか, なお京都祇園, なくおだやか, なけれど, なぞがおぼろ, なぞはとうに, なぞもあった, なぞ物語った, などが今, などが有, などには気が付きません, などのない, などは全く, などは有名, などは話, などもきい, なども有った, などをかめ, などを思, などを晩年, などを聞きかじっ, などを述べ居る, など彼, など聞かされた, なら再び, なら素より, なんか, なんかまだ, なんか実際, なんぞなかっ, なア, にあり付ける, にかけちや, にそれ程, についてはいろいろ, については幕府, についても次, について在郷軍人分会, につきましては呉, になつたの, にはいつのまにか, にはそういう, にはクリスマス, には井筒屋, には嘘, には彼女自身, には斯, には気が付きません, には矢庭, には鑑定, にまで気が付い, にも反抗, にも興味, によって人間, により自分, に不, に使う, に充分満足, に多少, に対しては返答, に対して妙, に対する精神異状者特有, に幾度, に心づいた, に権威, に気がつく, に気付き始めた, に直吉, に見え, に返事, に關係, のあつ, のすべて, のない苦しい, のみ語る, の予想, の出来, の多かっ, の後, の新聞記事, の殘酷, の物まね, の知らせ, の輪廓, はあなた, はあり余る, はいえません, はいづれ, はいわゆる, はお前腹, はきかさなかった, はございます, はさだめし, はすべて本当, はたつた, はとうとう, はどんな, はなん, はまったく, はもどかしい, はわからぬ, はカキツバタ, はミネルヴア, は一日, は万葉集, は世界, は予, は事變, は云った, は今更別, は何もかも, は何時も, は信ずべき, は先, は公, は再々, は出来た, は判らない, は動かない, は単に, は台記, は否めなかった, は嘗て, は夢, は大勢, は天地, は女官, は安井彦右衛門, は宮廷, は寺院側, は巡遊伶人, は平安朝中期, は当然, は微か, は忽ち, は恐縮, は或いは, は推古紀, は文獻上考察出來, は旅順, は日露戦争, は明かな, は暗殺, は有り, は本所, は様々, は殆, は気, は無から, は物, は現に, は申譯, は疑ひ得ない, は皆本心かいな, は着いた, は確実, は種々, は美術学校, は考へね, は自己, は行きなすった, は見えません, は言われない, は詳細, は誠に, は豫, は述べ, は道理, は里, は關羽張飛, は面白い, は首肯, ばかりは永久, ばかり聞かされた, また同じ, までは推量, までわかりました, まで委しく, まで残り, まで話し, もありませう, もいかに, もかつて, もございませ, もし, もたびたび, もなかつたらう, ももうけろりと, もわかっ, も不思議, も云っ, も伝聞, も分ります, も反古, も周知, も察せられた, も当人, も忠通, も思ひ出す, も折々, も明かです, も極めて, も生まない, も矢張り, も答えられた, も薦めた, も記憶, も諍, も非常, やない, やらよく, やら分らない, やら繼い, や今朝, や唐黍, や家庭消費, や日清, や毎日活動, や病気, や若し, よあった, より嬉し, をあかるみ, をあんなに, をいつた, をうっちゃっ, をおまえ, をかの, をくどくど, をこれから, をしなけりゃ, をす, をせんだって, をただ, をつまらない, をどうしても, をなす, をはつきり意識, をふ, をみんな一学, をも忘れ果て, をも見せ, をやらう, をわし始め, をセルギウス, を一体, を一部始終談, を不思議, を予, を云い切らんじゃった, を互によく, を今私, を仕遂げた, を企らん, を何で, を信じない, を僕たち, を其話, を函館, を別, を医師, を又もや, を口走り, を否定, を告げたら, を問われ, を喜ばなけれ, を夕, を天地, を嬉しく, を察した, を平, を役所, を忘れなさっ, を思いつきやがった, を思い嘆く, を思ひつ, を思ひ合せ, を恥, を悟った, を想い出, を感じました, を手, を批評, を捉, を支倉, を新しく, を昔, を書かなけれ, を果さず, を武士, を決して, を滅多, を物語るであろう, を申しまする, を病気, を皆知つて, を看過, を知つて小母さん, を知らないらしかった, を神様以外, を素直, を繰り返し, を考え合わす, を聞いたら, を聞きます, を肯, を良人, を薄々, を裏切る, を見る, を言い, を言上, を記す, を詫びる, を話せ, を認めます, を説ききかせ, を變替, を軽い, を述べよ, を長つた, を電話, を顔中, を黙許, 凍れるビール, 多きは, 尚又, 悲しかった, 死んだ日, 現に, 聞いた事一切, 覚えてかと, 辛かった

▼ たやう~ (14005, 0.7%)

472 なもの 408 な気 338 である 333287276 な氣 213 です 151 に思ふ 143 であつ, な顏 129 になつ 126 な顔 121 な心持 114 だが 11395 に思 94 なこと 93 ですが 8382 な気持, に思はれる 77 な感じ, に見えた, に見える 69 に思はれた 68 なところ, にし 61 な形 59 に言 55 に云 54 でした 52 な声, にその 51 でも, なわけ, な事 49 でございます 47 に私 45 な聲 44 な表情 42 な氣持 41 な風 40 な調子, に感じた 35 だな, に彼 33 に思つて, に記憶 32 であるが, ですね, なの 31 であります, に思ひます, に眼 30 な男 29 だね, に覚え 28 な眼, にさ 26 な次第, な訳 25 に見え, に頭 23 だと, な心地, に顔 22 だから, な音, に思はれ, に覺, に首 20 ですよ, な人, な態度, に感じ 19 な心, な話, にお, にこの, に笑 18 でしたが, な様子, な気分, に思ひました, に自分 17 にまた, に思へた 16 ですから, な女, な恰好, な物, な笑, に彼女 15 なその, な思ひが, な顔つき, にいつた, にそれ, になる, に口 14 なお, なもん, な樣子, な眼つき, な譯, な顔付, に思ひ, に立つ 13 でございました, で御座います, なものぢ, な口調, な色, な言葉, にかう, に今, に又 12 でありますが, な場合, な工合, に何, に手, に靜, に顏 11 な御, な心もち, な所, な顏つき, になり, に感じる, に成つて, に胸 10 だし, では, な一種, な口, な大きな, な姿, な意味, な美しい, に目, に答

9 [15件] なそんな, な不安, な処, な容子, な文句, な目, にいふ, にな, にぼんやり, に出, に同じ, に思へる, に日本, に綺麗, に身

8 [26件] だった, であ, でございますが, なまた, な具合, な大, な始末, な家, な彼, な状態, な者, な胸, におも, になりました, にホツ, に云つて, に僕, に少し, に感じられた, に慌て, に時々, に真, に美しい, に見, に言つて, に静か

7 [38件] だよ, なこの, なそれ, なものの, な人達, な変, な妙, な娘, な子供, な安堵, な寂し, な小, な小さな, な有様, な深い, な白い, な空, な美し, な記憶, な赤い, な返事, にあらゆる, にある, におぼえ, にこんな, にしつ, にぢ, にはつきり, にも見える, に光つて, に坐つ, に思はれました, に明るく, に白い, に笑つて, に聞い, に聽, に足

6 [25件] だつた, なので, な夢, な山, な頭, な驚き, にいつ, にいつも, にこれ, にそして, にそつ, になっ, にもう, に二階, に叫んだ, に大きな, に感じました, に新, に椅子, に流れ, に皆, に笑つた, に考へられる, に血, に黙

5 [72件] だぜ, だぞ, でその, なさ, な不思議, な人間, な作, な作品, な凄い, な勢, な安心, な寂寥, な微笑, な感, な手紙, な日, な昔, な時, な朝, な気さ, な気持ち, な氣分, な無, な物凄い, な理由, な目つき, な眼付, な考, な自分, な身, な青い, な顏色, な騷ぎ, にあなた, にあの, にすぐ, にほ, にほつ, にゾツ, に人, に人間, に今日, に体, に八五郎, に吃驚, に大, に子, に思はれます, に思へ, に急, に想像, に成つた, に斯, に晴れ, に物, に狼狽, に瑠璃子, に白く, に眺め, に空, に立ち上つた, に美奈子, に考へられ, に見えました, に見えます, に見せかけ, に身体, に返事, に青年, に飛び, に黒く, よ

4 [97件] だとでも, でせう, でそれ, なあんな, なそして, なと, な不自然, な事情, な事柄, な二つ, な何, な光, な又, な名, な奴, な姿勢, な小説, な彼女, な思ひも, な性質, な手, な本, な歌, な氣持ち, な点, な父, な生活, な瞳, な興奮, な良秀, な芝居, な詞, な變, な軽い, な鋭い, な長い, にあたり, にあわて, にきよ, にこちら, にさつ, にす, にそこ, にそんな, にはつ, にひつそり, にびつくり, にぽかんと, にも思ひます, にホッ, に不, に世間, に主人, に二人, に低く, に倒れ, に其の, に動かなかつた, に坐, に声, に外, に妙, に小, に岩窟, に席, に平次, に思つた, に思つたの, に思ひ出された, に感ぜられた, に或, に朧ろ, に枝, に此世, に此方, に氣, に水, に激しく, に玄関, に現, に生々, に男, に瞳, に私たち, に窓, に立ち, に立ち上つて, に筆, に考へ, に聞えた, に肩, に膝, に虚しい, に見せかけた, に言葉, に赤く, に飛びあがつた

3 [211件] かね, だけれど, だその, だに見すてられち, だわ, であると, ですし, でそれから, でま, でわけ, で大きな, で心細い, で氣, で氣味, で私, なあの, ない, ないや, なつもり, なひどく, なふう, なぼんやり, なまるで, なん, な中, な事件, な人々, な佗, な例, な光景, な凄まじい, な匂, な単純, な印象, な口惜し, な叫び, な唇, な問題, な噂, な土, な型, な夜, な嬉しい, な寒, な小さい, な建物, な思ひを, な恐ろしい, な手拭, な振り, な時代, な暗い, な有, な殺風景, な気味, な気配, な氣さ, な淋し, な激しい, な物言, な白, な皮肉, な目付, な目的, な眞面目, な真似, な空氣, な立派, な笑顔, な素, な細い, な結果, な經驗, な興味, な良い, な苦笑, な蒼白い, な視線, な親しみ, な観, な言, な貌, な賑やか, な連中, な部屋, な間, な電燈, な静寂, な靜, な非凡, な頬, な顏付, な首筋, な騷ぎだ, な高い, な魔, にいかにも, にうなづいた, にかすか, にくるり, にけろりと, にさう, にした, にその後, にそれでも, にた, にただ, にち, にちよ, にどんな, になく, には見えなかつた, にぱつと, にひ, にひどく, にふらふら, にぼう, にも思はれた, にも思はれる, にも思ふ, にも思へた, にも考へられ, にわたくし, にわれわれ, に一, に一度, に一方, に一郎, に並ん, に二つ, に俯向, に元気, に入口, に其処, に其辺, に再び, に冴え, に力ちや, に勝平, に君, に咽喉, に噂, に四辺, に変, に多く, に夢中, に大層らしい, に奥, に娘, に嬉し, に子供, に実際, に寂, に小さく, に山, に川, に彼等, に後, に感じられる, に感ずる, に戸, に扉, に方々, に明らか, に暖かい, に暗, に暗い, に暫く, に書いた, に根, に横, に横目, に次, に歌, に此, に残つて, に泣, に清, に濡れた, に父, に男の子, に畳, に白, に相, に眉, に眞, に真赤, に縁側, に美しく, に考, に考へた, に考へられます, に聞える, に聲, に肉, に腰, に腹, に自然, に茫, に華やか, に袂, に見せかける, に見せる, に見られた, に訊いた, に車, に長い, に顫, に飛び込ん, に鮮やか, ね

2 [588件 抜粋] すで, すでしたが, たが, であるから, でございましたが, でございますね, ですけれど, ですそれ, ですな, ですわ, でへ, でまご, でまだ, で中, で可笑し, で微か, で果敢なく, で甚だ, で聲, で面白い, ないろ, なから, なが, なきつ, なきらびやか, なぎごち, なけれども, なごく, なしかし, なしな, なすすき, なすばらしい, なちよ, なて, なとき, なところが, などす黒い, なのに, なのんき, なは, なひどい, なふし, なふり, なもつとも, なわけぢ, なホテル, なロマンチツク, な一瞥, な一群, な不, な不平, な不快, な世界, な世間, な事実, な云, な人人, な仕事, な他愛, な代物, な体裁, な何処, な作家, な侮辱, な傾き, な兄, な入, な冷, な凄, な分らないやう, な切ない, な勢ひで, な反省, な古, な古風, な叫び聲, な可, な堅い, な堪らぬ冷汗, な場所, な境遇, な大きい, な天候, な奇妙, な女性, な女神, な字, な安易さ, な室内, な寂しい, な少女, な屋根, な平凡, な平次, な強い, な形跡, な後悔, な心境, な心持さ, な心持ち, な快活, な思, な思ひで, な思ひに, な性格, な恐怖, な恰好ぢ, な悲し, な悲嘆, な悲痛, な悲鳴, な愚, な愛嬌, な感情, な感覚, な或, な戯曲, な抜きさし, な指, な挨拶, な文章, な文體, な日本, な時間, な晴々, な晴れやか, な月, な木の葉, な村, な格構, な楽しい, な歴史, な気合, な気性, な水, な水彩画, な汗, な沈默, な海, な淋しい, な澁, な焔, な熱, な物音, な状, な珍, な甘い, な甚, な生, な田舍, な町, な痕跡, な痛, な痛々しい, な痛み, な百姓家, な皮膚, な眞面目さ, な真, な瞬間, な石, な神, な種類, な空々しい, な窓, な竹, な筋, な紅味, な絵, な綺麗, な緩やか, な繪, な罪, な美女, な背, な腹, な自問自答, な自覚, な舌, な芭蕉, な若い, な苦み, な茫, な著書, な薄, な薄笑, な虚誕, な行, な行爲, な街, な袋, な見解, な覺, な解らないやう, な詞つき, な詩, な詩人, な語, な貧しい, な貧乏, な賢女, な跡, な運水車, な過去, な道具, な部分, な錯覚, な錯覺, な陰鬱, な雨, な青年, な青白い, な静か, な静けさ, な靜けさ, な面, な響き, な領域, な顏ぢ, な風景, な騒ぎ, な鷺, な黒い, な鼻髭, にあ, にあゝ, にいくら, にう, におとなしく, におなり, にかつ, にからだ, にからん, にかん, にく, にぐいと, にご, にじいんと, にすべて, にぞろぞろ, にだんだん, にちら, につと, につる, にとはじめ, にとまつ, にとりとめ, にどこ, になった, になるらしうございます, ににこ, ににつこり, ににやりと, にはげまし, にはた, にばら, にひと, にひとり, にふ, にほん, にほんの, にぽ, にぽか, にぽつねんと, にま, にみえ, にみえる, にもの, にもはや, にも思, にも思へる, にも見うけました, にも見えた, にも見えなかつた, にやはり, にゆがん, にわし, にわれわれ日本人, にガタ, にキヤン, にキラリ, にゴンチヤロフ, にニコ, にハタ, にハツ, にパツ, にピカ, にベッド, にボンヤリ, に一つ, に一人, に一寸, に一所, に一時, に一面, に下, に不快, に乗り着け, に事件, に仕事, に他, に低い, に何となく, に何時の間にか, に侮蔑, に俄, に側, に傍, に僅, に元, に光, に其處, に冷, に出る, に初めて, に初瀬, に前, に勢, に只, に叫び, に叫びました, に叫ん, に合槌, に吻, に呟いた, に咲い, に哄笑, に唾, に喜んだ, に嘆息, に四圍, に四方, に四邊, に固まつ, に土地, に地上, に壁, に夏, に大きい, に天井, に夫, に夫人, に女, に女中, に始, に姿勢, に存じ, に宙, に室内, に富岡, に小判, に小首, に岸, に巡査, に帯, に帶, に帽子, に庭, に建て増し, に強く, に得意, に微笑, に心, に心中, に忘れ, に快活, に忽ち, に思つた時, に思はれない, に思はれませんでした, に思はれ出した, に思ひ出す, に思ひ込ん, に息, に悲し, に感じられ, に感ぜられる, に慌しく, に或は, に戯曲, に房一, に手拭, に拵, に持つ, に故, に救, に散, に数, に敷居, に文化, に昌造, に明るい, に時代, に暑く, に暗く, に書い, に月光, に森, に止ん, に正確, に歩い, に死骸, に気, に決して, に泣い, に泣く, に海, に淋しく, に深い, に源吉, に溜息, に澄ん, に火, に点頭いた, に片手, に申す, に畑, に疊, に直ぐ, に直吉, に眞赤, に眞黒, に石, に砂, に空虚, に突然, に窕子, に立ちすくん, に立上つて, に第, に紅く, に絲卷, に続い, に繊細, に考へます, に耳, に聞いた, に聞く, に背, に膨れ, に自己, に船, に花, に苦痛, に苦笑, に莞爾, に蒲団, に見うけました, に見えたらう, に見せた, に見ゆる, に見上げました, に見受けました, に見受けられ, に見受けられた, に觀測所, に訊ねた, に話, に誤解, に誰, に調子, に謂ツ, に谷, に赤い, に起ち, に足跡, に路地, に軽く, に輝い, に逆, に遥, に重, に鏡, に間十間, に阪急, に雨戸, に雪, に震, に靄, に青く, に静まり返, に面, に響く, に頬, に頷い, に頷いた, に顔中, に飛, に食べる, に餘計, に首肯い, に駈け出さう, に驚ろ, に驚嘆, に體, に高安氏, に鮮, に鳴く, に黛, に鼻

1 [3772件 抜粋] お由, だあるならもうすこし, だけど, だつけ, だとか, だハコ, だ店中, だ見たやう, であと, であるけれど, である早く, でございますけれど, でしたがね, ですか, です坊ちやん, でその間, でとんと, でふつ, でクリームスープ, で事實, で休み, で全く, で口, で大騒ぎ, で容易, で強い, で思想風, で戦争中, で昨日陰, で此處, で気, で番頭, で硝子洋卓, で草やぶ, で見やう, で長, で黒い, なあまり, なある考, なう, なおかみ, なお人好し, なかの, なぐあひでした, なこま, なさびし, なしなやか, なそれぞれ, なちひさ, なとは, などんより, なね, なひけ目, なほんとう, なみ, なもたもた, なやつ, なれど, なアビト, なキヨトン, なシヨボシヨボ雨, なネボケ顔, なベトベト, なリルケ, な一種動物性, な一茶, な三田公, な下等, な不自由さ, な中年者, な乱雑, な二人, な五十男, な人なつかしい, な今一つ, な体中, な作者, な偽り, な光りを, な六疊, な冊子, な冷笑, な切れ切れ, な判らねえ話, な割合, な勢ひで歸つて來, な半分気味, な原始, な取なし, な口真似, な句, な同じ, な呑氣, な品, な喜悦, な四十五六, な圓, な場景, な変つた風, な夥しい, な大河, な夫婦, な奔放, な如何にも, な婆, な子供ら, な學生達, な宿場町, な寢室, な小粒, な尖の, な岩, な席, な平和主義, な幼稚, な強がりや, な従来, な心得て, な快感, な怪しい, な患者, な情緒, な意地, な感じさ, な憂鬱, な戸, な手応え, な投書欄, な掛声, な政治家的人相, な文化団体, な方法, な早合点, な晩年, な更紗型の, な月見, な木ぎれ, な札束, な果肉, な柳条, な桐, な業物, な構図, な樹下石上, な正義派, な気むづかしい顔, な気軽, な氣違, な汚れた花, な河床, な泣き声, な活き返つた喜び, な涙ぐまし, な淺草, な渾然, な滋味, な濁つた言, な火光, な無表情, な燃える眼, な片瀬, な猛, な現実精神, な生き, な生返事, な異様, な痛痒, な登子, な百合, な目附, な眞赤, な知らぬやう, な碧空, な秘か, な穴, な空虚感, な笑顏, な粗, な純粋, な結婚, な縞, な群青, な老女, な肉, な胸苦し, な自由さ, な舟, な色若衆, な若葉, な英雄, な荒々しい, な葉, な薄皮, な虚無, な血痕, な表現技巧, な西, な見地, な角笛, な訳サ, な語句しか使, な論法, な豪族, な賤, な足音, な身辺些事, な輝き, な透明, な道, な都市, な醫者, な金具, な銃身, な閃光, な階段, な雪明り, な青白き, な面持ち, な額, な風流, な首, な駁論, な驢馬, な魅力, な黒, な鼓, にあせりあせり, にあら, にいく, にいやしい, にうろ, にお出で, にか, にかな, にがばと, にぎくりと, にぐつたりと茶の間, にこつち, にごまかし, にざわ, にしたなら, にしん, にすでに, にそ, にそれから, にぞつくり, にたなびい, にだぶり, につい, につまり, にとし子, にどぎまぎ, になつたま, ににつこりしました, にのそり, にはねる, にぱくん, にひつ, にぴしりと, にふらつい, にぶら, にまごつき, にまる, にむやみ, にも又, にも考へた, にも見えない, にやあ, にゆうべ, によけい, にわななきう, にをさ, にエクラン, にガラン, にギラギラ, にコト, にザワ, にスーツ, にテイブル, にハラ, にピカピカ, にブラウエンベルグ老人, にヘーゲル主義, にボンヤリ闇, にミス, にランプ, に一々, に一口, に一生懸命, に一間, に万事遠慮我慢, に上品, に世の中, に中年, に主知主義的, に事, に云つた後, に今さ, に以為つて, に伯父, に佐渡, に何度, に作品, に俳小屋, に健康, に元禄二年, に光り, に全身, に其儘立留つて, に内, に冷めたく, に凹んだ, に刻々, に劃然, に勝太郎以外, に千恵, に卯平, に去つ, に取り残された, に口走つた, に叫び続けた, に吉原, に吾が, に呼吸, に唐突, に喋り, に喰, に四十, に国民, に坐つてる, に基督教信者, に壇, に多勢, に夥しく, に天, に太平, に妹, に嬉しい, に孤立, に実家, に容易く, に察せられます, に封建時代, に小屋, に小磯扇次, に尾鰭, に展望, に嵩, に市川, に平ら, に幽, に床, に庭石, に引き返し, に弱々しく, に從, に心もち, に快く, に思つて顏, に思ひまし, に思へます, に怯えた, に息苦しい, に悪く, に惘然, に愛し, に感じます, に懐中, に我々, に戸惑, に手ばしこく, に承知, に抽象的, に指先, に捕方, に掻き消え, に撃つ, に政治, に敬君来庵, に文学, に方便, に日本版畫, に星, に時松, に更に一段と, に最初, に朝日, に机, に東京, に枯木, に梓川, に極り, に機織, に正体, に死ん, に母娘二人, に民族固有, に水口, に沈着, に泣いてる, に泣き止ん, に洗, に浮かない, に消え, に深く, に清作, に溺れる, に漾, に濡, に炬燵, に焦, に熱, に父親, に特に, に猿楽能, に甘えたがる, に生易しい, に申します, に畫家, に疲れた, に痛く, に白粉, に皿, に直に, に真中, に真黒, に眼鏡, に矢庭, に研究室, に祝言, に空二, に窪ん, に立ちどまった, に立どまつた, に笑つて許, に簡單, に紅葉樹, に細い, に終に, に線香, に置き捨て, に翌日, に考えられ, に聡明, に脚本, に自信, に舳, に色白, に花子, に若人たち, に茫として, に草臥れ, に落ち, に薄れ, に藥箱持, に蟻, に衝, に裂かれ, に褪めた, に見えるでありませう, に見上げた, に解せられた, に言語, に詞, に話し続けた, に講談, に貞女, に赤, に足早, に踊り出した, に身動き, に轉室, に追, に途方, に過ぎ, に遠く, に配列, に重くるしい, に釜, に銭, に鎭まり, に門口, に閑古鳥, に隣り, に雑木林, に電燈, に霞むでゐた, に非常時, に頷かれました, に類, に飛び上がりました, に飛ん, に食事中自分, に馬鹿, に騒ぎ立てる, に高く, に鮮明, に黄金, に默りこくつ, やく東京

▼ た~ (11786, 0.6%)

1707 違いない 1595 相違ない 1095 ちがいない 1037 しても 428 違ひない 226 過ぎない 165 違いありません 149 相違ありません 124 過ぎないの 115 過ぎなかった 105 ちが 98 すぎない 91 ちがいありません 80 したところ 72 違いなかった 62 相違なかっ 61 違ない 52 相違なく 51 過ぎぬ 50 ちがいなかった 47 しては 45 違ひありません 44 すぎないの, すぎなかった, 相違あるまい 39 きまって 38 違ひあるまい 36 違いあるまい 32 反して, 過ぎなかつた 30 相違なかつた 29 過ぎません, 違えねえ 28 相違ねえ 24 過ぎなかったの 23 違ひなかつた 21 ちがいあるまい, 相違ございません 20 せよその, 相違無い 19 違い無い 18 したところが, ない, 相違は, 違いなく 17 ちげえねえ, 過ぎないと 16 しろその, せよそれ, 違いは 15 ちがいなく, 過ぎないが, 過ぎないので, 違げえ 14 すぎなかったの, 就いては, 無理は, 立って, 違いなかろ 13 して, しろ, ちげえ 12 した所, してからが, ほかならぬ, 就いて, 過ぎぬが 11 すぎなかつた, 過ぎないという, 過ぎなかったが, 違いございません, 違いねえ 10 かかわらずその, しろそれ, すぎないと, なって, 出て, 過ぎないもの 9 すぎないこと, すぎぬ, 決って, 相違ご, 相違なかろ, 過ぎぬと 8 しましても, すぎないもの, 坐って, 疑無い, 過ぎなかつたの, 過ぎぬの, 違いありませぬ, 違無い 7 しろこの, 不拘, 就ては, 相違ございませぬ, 過ぎないから, 過ぎないこと, 違なかっ, 違ひ, 違ひ無い

6 [12件] かかわらずこの, しろ彼, すぎません, せよ, そういない, とどまる, 不思議は, 他ならない, 拘らずその, 相違なし, 過ぎないよう, 違げえねえ

5 [16件] いて, かかわらず今日, した処, すぎないが, せよこの, ちげえねえです, つけても, 付いて, 依って, 極っ, 決まって, 異ひない, 相違ござらぬ, 過ぎないん, 過ぎませんが, 違えねえと

4 [37件] ある, お前が, したかて, したって, しちゃ, しどの, しろお, しろそんな, しろもう, すぎないので, すぎなかったが, せよ僕, ちがいありませんが, ちがいは, ちがい無い, つけて, とどまった, 他ならぬ, 倒れて, 因って, 因る, 外ならない, 外ならぬ, 對し, 相違ありますまい, 相違御座いません, 立つて, 置いて, 腰を, 過ぎないで, 過ぎないでは, 過ぎまい, 過ぎませんでした, 違いが, 間違いは, 関らず, 集まって

3 [67件] かかわらず, きまつて, し, しろおれ, しろそう, しろとにかく, しろ何, しろ自分, すぎないよう, すぎないん, すわって, せよ人, せよ彼, せよ私, せよ自分, たくさんの, ちがいありませぬ, ちがいないであろう, ちがいなかろ, とどまって, なかつた, なつて, ほひが, ゐない, 不思議が, 仕事やの, 他ならなかった, 付けて, 何の, 出発する, 叱かられて, 叶は, 向きて, 向ひ, 太吉は, 就て, 御存じない, 我は, 拘らず, 止った, 比較し, 汝は, 異ならぬ, 疑いは, 疑ない, 相異, 相違ありませぬ, 相違が, 相違ござらん, 相違ね, 相違有るまい, 等しかった, 続いた寛ぎの, 過ぎないかも, 過ぎない所, 過ぎなかったから, 過ぎなかったという, 過ぎなかつたが, 過ぎませぬ, 過ない, 違いないであろう, 違いないです, 違いなかったであろう, 違い無く, 違えねえん, 違ひなく, 間違ひありません

2 [209件] あって, あるもの, いるの, うちつつ, えという, お作樣, かかわらずいざ, かかわらずこれ, かかわらずついに, かかわらず主として, かかわらず何, かかわらず何人, かかわらず彼, かかわらず彼女, かかわらず彼等, かかわらず自分, かげの, きまってる, きまってるさ, くちづけし, こしを, されて, した先生, した處, しや, しろあの, しろここ, しろそこ, しろまた, しろまたは, しろまだ, しろやっぱり, しろやはり, しろ人, しろ他, しろ伸子, しろ何らかの, しろ俺, しろ君, しろ女, しろ容易, しろ忽ち, しろ或は, しろ書いたという, しろ相手, しろ私, しろ自然, しろ途上, しろ魂, し一座, すぎないという, すぎぬこと, すぎぬほど, すぎぬもの, すぎませんでした, せの, せよすでに, せよそのままそっと, せよとにかく, せよ又, せよ報道, せよ彼女, せよ恐らく, せよ或いは, せよ確か, それが, たゆたひ, ちがいありませんよ, ちがいございません, ついちや, つみ重ねて, とどまるが, ないが, ないこと, ないと, ないの, なつた, なに不足, ならんで, なりして, なり凧, ねむるべし, ひとしい, ほかならない, ほかならぬから, ほかならぬの, まの, むかって, もちが, んぎょう, テエブルと, 一人の, 一寸一分歪みも, 不思議はねエ, 乗じて, 二人の, 人に, 今は, 今我が, 今日休ん, 他處, 付け込んで, 代って, 似て, 何う, 何が, 使は, 依るもの, 出して, 反し後者, 取って, 向けて, 咲いて, 商ふ, 坐せりとぞ, 坐らす像, 坐わ, 基づく, 堪えがたく智識, 外ならん, 外出する, 妹も, 寄れば, 対応し, 己の, 心を, 思いを, 恐懼し, 惜しい事, 手を, 拘らず不思議, 拘らず崇高, 拘らず彼, 拘らず氏, 拘らず辛くも, 拘らず遂に, 拘わらずこれ, 拘わらずその, 拘わらず彼, 文字の, 新内閣, 望みが, 来ません, 枯れた無花果, 極って, 極て, 止って, 止まつて, 止まる, 決つてゐる, 決められて, 漂へれ, 無い, 生きて, 生ひ立ち, 由つて, 異ならず, 疑い無い, 相違ございますまい, 移る風向, 突っ立っ, 立ちどまって, 立ち薄日, 罪が, 自分の, 至って, 茂る何やら, 落ちて, 見て, 討ちしかも, 誇り高ぶり, 足を, 身を, 近い, 近いが, 近づいて, 連れて, 遊び足り, 過ぎず特に, 過ぎないけれど, 過ぎないけれども, 過ぎないだろう, 過ぎないであろう, 過ぎないとさえ, 過ぎない女, 過ぎなかつたですよ, 過ぎぬかも, 過ぎぬので, 過ぎぬゆえ, 過ぎぬよう, 違いありますまい, 違いありませんでした, 違いございませぬ, 違いないでしょう, 違いなかったろう, 違い有りません, 違えねえが, 違えねえそれ, 違えねえって, 違ひございませぬ, 違ひございません, 違ひないらしい, 違ひなから, 間違ひ, 間違ひあるまい, 関はらず, 降りて, 音する, 顔を

1 [2160件 抜粋] あいつの, あったとは, あなたの, あらず, ありや, あるという, ある大, ある貴婦人, いきなり駈けこん, いたっては, いつのまにこの, いまは, いま飲ませ, いるおま, うぎ, おいた一升徳利, おくるの, およぶもの幾人, お前さんを, お構いも, かいあげ象, かかはらず二三, かかわらずあなた, かかわらずいずれ, かかわらずこん, かかわらずそれでいて, かかわらずとにかく, かかわらずどっち, かかわらずほとんど, かかわらずわれわれ, かかわらずバベ, かかわらずヘーゲル主義者, かかわらず一フィート, かかわらず下郎, かかわらず人間ベルリオーズ, かかわらず以前, かかわらず入って, かかわらず前後, かかわらず右, かかわらず国体, かかわらず宮崎氏, かかわらず幸い, かかわらず彼ら, かかわらず支那, かかわらず月, かかわらず概して, かかわらず殆ど, かかわらず犯行後, かかわらず目, かかわらず約束, かかわらず英船, かかわらず被告人, かかわらず近来, かかわらず青年, かかわらず黄, かくれてるの, かしこまって, きまってらあな, きまつてると, くむべき犯人, こうして邂逅, この弁当, こぼれないで, こんな内証ごと, ご馳走に, させれば, さよう, しいて, したとこ, しの, しゃがみこんで, しろあれ, しろいつも, しろかねて, しろすぐ, しろそして又, しろたか, しろだえら, しろどうして, しろどんな, しろぼく, しろやかましい, しろろくに, しろわるがしこい, しろシムボル, しろレーニングラード, しろ一週間, しろ下山氏, しろ中途, しろ二人, しろ今, しろ仕事そのもの, しろ健在, しろ内的, しろ十年前, しろ向う, しろ大, しろ大胆, しろ安心, しろ尚, しろ常に, しろ底, しろ後, しろ急ごしらえ, しろ或いは, しろ政治的動物, しろ文学活動, しろ暴風雨警報, しろ極めて, しろ殺されたの, しろ気味悪, しろ湖, しろ父親, しろ異存, しろ社長, しろ自殺, しろ芋, しろ足, しろ頻繁, し昼, すぎずあと, すぎず内容, すぎないその, すぎないなどと, すぎない女, すぎない行宮, すぎなかつたから, すぎぬの, すぎん, すつかり戸障子, すれすれの, すゝみ, せよあまり, せよいよいよ, せよかご, せよしかもなお, せよそこ, せよそれ以上, せよちょっと, せよどこ, せよまたあるいは, せよやがて, せよわりに, せよ一, せよ一足, せよ世間並, せよ今日, せよ何とか, せよ余りに, せよ光代, せよ前後, せよ半分, せよ右, せよ失敗, せよ寂心, せよ崇高, せよ後, せよ恋, せよ支那, せよ文壇全体, せよ日本, せよ毎日, せよ物質文明, せよ皇室, せよ眼鏡, せよ自分一個, せよ藤原時代, せよ貞盛, せよ金魚, せ明智, そういございません, そのままにな, その日, その表現, それを, たたずんで, ただ小さく, ちかづくに, ちがいありませんそこ, ちがいありません何せよほど, ちがいないでしょう, ちゃんとある, つい本町, つけ込んで, つなぐ節, でもよく, とどまつ, とばんで二人, と腹に, ないもの, ない人間, ない聡明, ながれこむ, なぜ軽, なった写真, なってる何, なりて, なり堅い, のしおという, はたと忘れ, ひきかへて, ひとしい大, ひどい事, ふさふさと, ほうり出されて, ほかならぬ吾人相互, ほひ乳の, まあよかっ, また来おった, まひろき, みて, むくみて, むらがり戦う鉄甲, もう穴, もって, やけ男, ゅうに, よう来た, よく首尾, わたくしは, われから, インテリゲンチャ虫といふ, ナラダこれを, 一つしか, 一里半の, 上つたのが, 下穿, 並んだ, 乘りこんで, 二十年来隠し, 交じって, 人を, 今ここで, 今夜は, 今日の, 仔細は, 付けても, 任せて, 会わせたい者, 似ずあんぐり, 似ず書物, 似た姿, 似合わず性分, 何で黙っ, 何事じゃ, 余程顛動, 來り, 依り早速, 依るだろう, 係らずその, 係らず父, 信念を, 借家し, 先へ, 其うつくしき, 凍る女, 出た, 出ない, 分らぬ男, 別れるこの, 割当てられこの, 助けられた覚え, 動かざり梢, 動くもの, 匹敵する, 却つて乗り手が, 原稿料を, 反しイタリア, 反し彼等, 反し相手方, 反し高, 取り残されて, 口を, 同じ, 吐いたこと, 向かい来たりぬ, 向つて走り來, 告口を, 咲く花, 喫驚した, 四十雀は, 因みしそれ, 図らずこ, 坐りこんで, 垂り, 基づくこと, 外ならなかった, 夜の, 大きじゃぃ, 大勢の, 天井は, 女子の, 始まったよう, 始る, 子なし, 定ってる, 寄せくる一隻, 寝て, 導けば, 小判の, 尖を, 就き僕等, 屯させ, 島の, 座布団を, 引き替え日本選手, 張られ日附, 彼が, 往来しない, 御用を, 徹えた, 思わざりき久能山上, 恨みは, 惜しいこと, 愛想尽し, 憬れて, 或は地震, 手前だけ, 投げ出したまま, 折よく, 拘はらずその, 拘はらず何方, 拘はらず相当, 拘らずこの, 拘らずそれでも, 拘らずなに, 拘らずわたし, 拘らず不審, 拘らず代議士, 拘らず何時, 拘らず入院後, 拘らず初代, 拘らず大して, 拘らず尚, 拘らず彼等, 拘らず悪い, 拘らず日出雄少年, 拘らず次の間, 拘らず直接, 拘らず道庵, 拘わらず主人, 拘わらず内地人, 拘わらず日本, 招いて, 持ちあげられたとき, 捉えるどころか, 掴み出した, 搆は, 故郷も, 敬遠し, 敷島の, 新聞雜誌ネクタイ薔薇パイプなどの, 星あら, 更に異状, 最う叶, 望むは, 本づくであらう, 来たとき, 林檎の, 梅喜さんの, 極つて, 止った人口原理, 止まったよう, 止まり將來, 止まるもの, 止る, 歩を, 殆ど原稿紙, 殺されるなら殺されても, 比して, 毬栗などが, 水, 汝筑紫権六だ, 決つて居ます, 沁みとおるよう, 沢山群れ, 泥鰌を, 涙を, 湖隔つ, 潜って, 火急の, 無いご, 無花果の, 熟練の, 猿滑りと, 現はれた, 生えて, 甦生した, 由るの, 申訳ない, 留まらず推古時代, 異ひなかつた, 疑ひないが, 發見を, 相手は, 相違ある, 相違な, 相違ない血なまぐさい, 相違御座んせん, 真菰は, 知らせて, 砕ける波, 祖母や, 突きとばしたあの, 立ち止つた馬車, 笑くぼ, 等しいこと, 等しい弥生, 紙の, 続いた広い, 縁有っ, 老人の, 聞かましもの, 肝油を, 腰かけたまま, 至つては, 致せ弾, 茂つた草の, 葉之, 虹の, 行って, 裂いて, 見えます, 見せなば, 見られない風呂敷, 角ある, 話したいこと, 読めない, 謝罪らう, 買った新聞, 起因し, 跳ぬる, 蹲ま, 車が, 轉らせり, 近い方, 返して, 逆立ちさせる, 通らない願はく, 逢いたいという, 逢ふこ, 進めり, 運びまた, 過ぎずそれ, 過ぎずギリシャ, 過ぎず孔子, 過ぎず若し, 過ぎないすなわち, 過ぎないといふ, 過ぎないのに, 過ぎないらしい, 過ぎない予等, 過ぎない労働手段, 過ぎない団十郎, 過ぎない様, 過ぎない観, 過ぎなかったこと, 過ぎなかったであろうから, 過ぎなかったのに, 過ぎなかった火, 過ぎなかつたで, 過ぎなくなったとも, 過ぎぬけれども, 過ぎぬのに, 過ぎぬ現象, 過ぎまい不日, 過ぎませんのぢや, 過なかっ, 違あるまい, 違いなかん, 違い有ますまい, 違えごぜ, 違えねえそんな, 違えねえなんて, 違えねえや, 違えねえ今朝塀, 違なかつた, 違ひありませぬ, 違ひねえ, 違わんと, 部屋を, 野菊を, 錫杖を, 間違いありません, 間違ない, 関わらず秀吉, 附加ふべき, 限らず実, 隣でも, 集まりました, 靜かな, 靡けと, 頼まむ, 顔形には, 飛び, 食込んで, 香貫の, 駒つながせ, 驚き梅鉢, 麥畑あり

▼ たとき~ (11032, 0.6%)

281 のこと 144 のよう 111 はもう 109 である 103 にはもう 70 だった 68 です, にその 6664 と同じ 5147 に私 44 のあの 36 にはその 34 にこの 33 に彼, はその 32 の話 31 でした, には私 29 であった, にそれ 2824 のやう 23 はすでに 22 には 21 にお, にはすでに, に自分 20 のまま 18 だつた 17 にはこの, の気持 16 お島, にはそれ, にはまだ, には彼, に彼女 15 かれは 14 の事, はこの 13 の彼, の私, はまだ

12 [12件] すぐに, そのとき, にそこ, にはじめて, にも, にわたし, の光景, の印象, の心持, はさすが, はどう, は彼

11 にもう, に僕, はお

10 [16件] かの女, から, からこの, から私, にはお, にもその, に初めて, の, のため, の姿, の彼女, の様子, の驚き, はそれ, は何, ふいに

9 [13件] からもう, と同様, にかれ, にこれ, にはこれ, にはすっかり, には既に, に先生, の感じ, は夜, は私, は自分, 御米

8 [14件] から彼, でありました, どうした, になぜ, になっ, にはさすが, には二人, には僕, にふと, に二人, に感じた, のその, は俺, 多計代

7 [19件] かれら, であつ, にちょうど, にはあたり, にはそこ, にはたしかに, にはまるで, には思わず, には自分, にも私, に母, に突然, の用心, の自分, はすぐ, はすっかり, もあった, もこの, 去定

6 [28件] からずっと, からその, からそれ, から見る, その顔, とはまるで, と同じく, なので, にあなた, にここ, にする, にはどう, の匂い, の方, の用意, の癖, はあたり, はあんなに, はいつも, はそう, はちょうど, はもうすっかり, はもはや, はやはり, も私, よりももっと, 代助, 着て

5 [43件] さすがに, その中, その人, その男, なん, にあの, にある, にすでに, にどういう, にどうして, にどんな, にはそんな, にはちゃんと, にはもはや, にはわたし, には何, には全く, には博士, には必ず, にやっと, に不意, に何, に半, に男, に見た, のお, のほう, のほか, の喜び, の恐怖, の表情, の顔, の駭, はこれ, はほんとに, はまず, は夕方, は美しい, は誰, は非常, もその, 或る, 見ると

4 [106件] いきなりひるま, おしの, お光, お庄, お日さま, からすでに, からそう, からだ, からみる, から心, から既に, この, その女, その時, だから, だったので, であります, でなければ, とおなじ, とは違っ, と違っ, なの, にいいました, にいつも, にこんな, にさ, にすぐ, にそういう, にどこ, にどんなに, にはあの, にはかなり, にはきっと, にはね, にはぼく, にはまったく, には君, には実に, には彼女, には村, には気, には相手, には空, には誰, にまだ, にもこの, にもまた, にもやはり, にも母, によく, に人, に女, に彼ら, に父, に芥川, に誰, に青年, に頭, のうれし, の事情, の場面, の声, の嬉し, の子, の容子, の御, の恰好, の感動, の服装, の第, の経験, の芥川, の道, はあの, はいつ, はきっと, はじめて, はただ, はどこ, はどの, はどんなに, はなかっ, ははや, はほんとう, は今, は何ん, は大, は嬉しかっ, は家, は手, は既に, は東京, は目, は胸, もそう, もそれ, もまだ, も同じ, も彼, も自分, よりもずっと, ハッと, パッと, 始めて, 少しの, 買って

3 [160件] あのとき, あの人, ある朝, あわてて, いつもの, おくみ, お増, からお, からし, から二人, から今, から今日, から何, から急, から死, から気, かれの, があった, すぐその, その上, その人たち, その瞬間, その話, その部屋, だけだった, だしぬけに, ちらと, で, であったから, でで, とちがっ, とは違う, どやどやと, など彼, ならもう, なんという, にあれ, にいきなり, にいった, にお姫さま, にお母さん, にお父さん, にちょっと, にであった, にとつぜん, になんだか, にはいかに, にはいつ, にはこんな, にはそう, にはできるだけ, にはどうしても, にはほとんど, にはまた, にはよく, には人, には傍, には前, には大きい, には女, には家, には彼ら, には恐ろしく, には手, には日, には母, には肝, には足, にまた, にみんな, にもただ, にも彼女, にも父, にわたくし, にわれら, に一人, に主人, に今, に他, に何処, に偶然, に僧, に兄, に出, に博士, に君, に困る, に大きい, に大きな, に始め, に急, に或, に早く, に死んだ, に父親, に眼, に老人, に聞いた, に花, に限る, のうれしかっ, のこの, のとおり, のま, の何, の傷, の元気, の先生, の写真, の句, の形, の思ひ, の悦び, の模様, の母親, の気, の深い, の父, の習慣, の記録, の驚愕, はあれ, はかねて, はこんな, はじめてその, はそんな, はっきりと, はどんな, はなん, はほっと, はまた, はわたし, は丁度, は二人, は人, は先, は別, は夢, は天皇, は実は, は実際, は彼女, は時間, は父, は父親, は随分, は霧, ふとその, まず第, もあの, もうその, も伸子, よりも, 出て, 初めてそれ, 半三郎, 大きな声, 早くも, 突然その, 見て

2 [560件 抜粋] ああこれ, あの子, あの方, あの駅, いきなりその, いろいろお話し, おおぜ, おさい, おのぶ, おめ, おゆみ, お別れ, お茂登, からのこと, からの私, からひそか, からわかっ, からわたし, からゴーリキイ, から伸子, から変, から慢性, から気づい, から身, このこと, この世の中, この作者, この娘, この方, この時, この辺, これから既に僕, さう, さうし, じつにふしぎ, すぐそば, すぐそれ, すぐには, すでにこの, すでにその, すでに人々, すでに病人, そうし, そしてそれ, そのうち, そのひと, その一人, その事, その前, その場, その子供たち, その家, その店, その手, その推想, その男女, その相談, その肝煎り, その言葉, その読者, その貴い, その通り, その頃, そんなこと, たうとう, たしかわたし, たった一度, たぶんその, だけ, だけであった, だけである, だったが, だよ, ちょうどお, ちょうどそこ, ちょうどその, ちょうどそれ, ちょっと云い, であったか, であったが, でうち, でさ, でしたから, でしたね, ですが, ですよ, ですら, でそれ, でも無論, とおなじく, とか, ときょう, とそっくりそのまま, とちがい, とちっとも, とった蕈, とは別人, とは反対, とは違い, と同, と寸分, どうして急, どうして逃げた, どうしよう, どうすれ, どんな気持, どんな気持ち, どんな異常, などは寂しい, など私, なるほどこれ, にあちら, にいた, におきぬ, におこる, におそらく, におばあさん, におれ, にきまっ, にこう, にこんど, にちゃんと, にちらりと, についた, につくった, にできた, にできる, にです, にどう, にどの, にはあなた, にはあれ, にはあんなに, にはいつも, にはいや, にはお母さん, にはこう, にはこんなに, にはそういう, にはそして, にはそば, にはたくさん, にはちょうど, にはちょっと, にはっと, にはつい, にはなんだか, にはみんな, にはむろん, にはもうすっかり, にはもうほとんど, にはもっと, にはや, にはやはり, にはわし, にはニールス, にはハッ, には一合買い, には三方, には人間, には今度, には何だか, には何とも, には吉田, には同時に, には夜, には大きな, には大将, には夫, には妻, には姉, には完全, には室内, には宿, には少し, には山, には年, には怪人, には悪い, には慌て, には本当に, には松吉, には正面, には水道, には決して, には浦粕, には海, には涙, には皆, には目, には窓, には結局, には縁側, には胸, には腰, には草花, には部屋, には長, には防衛力, には霧, には非常, には高野山上, には黒い, にひとり, にびっくり, にほか, にほら, にほんとう, にまったく, にもう既に, にもまだ, にもよく, にもらす, にも同じ, にも貴女, にも長い, にやつ, にわかった, にわたしたち, にガタリガタリ, にドア, にロチスター氏, に一同, に丁度, に三人, に二つ, に人々, に仏, に休む, に何となく, に作った, に例, に俄, に信一郎, に先, に内部, に再び, に出る, に労働, に十分, に友だち, に向う, に呼鈴, に外, に多く, に夫, に妙, に宗麟, に室内, に己, に師匠, に弄ばれ, に役に立つ, に往来, に得た, に思いがけない, に惹き起される, に感じる, に持ち出せ, に既に, に日本人, に早速, に最初, に此, に比べる, に気, に水面, に生, に生ずる, に生れ, に発生, に目, に私たち, に突如, に竿先, に笏, に笑っ, に紳士, に美奈子, に考えた, に荘田, に行者, に見える, に見せる, に見物, に親, に言った, に誰か, に豪雨, に起った, に起る, に身, に車窓, に連れ, に鏡, に限っ, ね, ね私, のあり, のある, のいや, のいろいろ, のおどろき, のお話, のかれ, のさわぎ, のすがすがしく, のただ, のもの, のようす, の二人, の仕草, の出来事, の勢い, の呆然, の女, の女王さま, の寂し, の後姿, の微か, の心, の思い出, の恐ろし, の悲しい, の悲しかっ, の情景, の感情, の感想, の感激, の或, の最初, の歌, の歓び, の氣持, の沖田刑事, の津村君, の男, の異様, の私たち, の自分自身, の苦痛, の言葉, の記憶, の詔, の貴方, の躰臭, の重, の青, の青年, の顔つき, はあたりまえ, はある, はかれ, はここ, はこんど, はさびし, はしきりに, はじっと, はじめて咽喉, はそれでも, はぞっと, はたしか, はたしかに, はどうして, はない, はなんとも, はひどい, はふたたび, はほとんど, はほんの, はまことに, はみんな, はもうどう, はもうよほど, はもう既に, はフィラメント, はホッ, は一つ, は一人, は主人, は二十五歳, は何時, は僕, は全身, は兼松, は内閣, は助け, は十分, は君, は呉, は四十一度, は土曜, は大いに, は太陽, は夫人, は夫婦, は如何, は始めて, は子供, は学校, は実に, は屋敷, は彼等, は彼自身, は心, は息, は戦場, は折れた, は机, は柱, は案, は殊に, は法律, は町, は相当, は眼鏡, は矢代, は肝, は葛子, は薄, は血, は遅かっ, は遠く, は部屋, は雪, は音楽会, は頭, は風, は飛行機, ふとあの, ふと傍, ふと彼等, ふと気, ふと自分, ほどの元気, まず私, またし, またそれ, まだお母さん, まだ廃屋, むんずと組みついた, も, もいつも, もいや, もう二度とこの, もう土神, もう舌, もかくべつ, もこう, もここ, もこれ, もちょうど, もまた, もやはり, もギッシリアキビン, も彼女, も美しき, や, やっとの, やはり父, やはり自分, やるせない魂, や彼, よりはずっと, よりもはるか, よりも彼, よりも激しい, わずかに, を云う, 一度あの, 一頻り賑, 云って, 低い声, 何気なくノート, 俄然として, 先ず彼, 初めてこの, 初めてこれ, 初めてその, 初めて彼女, 又三郎, 少しも, 引き裂いて, 思い切って, 悲しいよう, 持って, 旨く掛けられた, 明るい光, 死んで, 決して誰, 泣いて, 深喜, 現れたの, 生あたたかい液体, 直ぐその, 突如と, 聞いて, 訪ねて, 隣りの, 黒きもの

1 [6018件 抜粋] ああいい, あざけられたとき, あのイギリス名画集, あの日, あの近在, あるいはその, ある家, あゝといふ, いかほど金, いきなり私, いち早くくり, いつもよりは, いろいろ気, うわぎ, おすぎ, おなつ, おりつ, お嫁さん, お琴, お金持ち, かかり合いに, かなり久しい, かへり, からいちど, からきっと, からしきり, からただ, からどんなに, からの大和魂, からひと言, からキミ, から久木会社, から全く, から口, から女, から守り, から彼女, から早川閑次郎, から母上, から番所, から考えつづけ, から震え, か知りません, がいちばん念仏, がらり格子, が十四挺, きげん, くらい恰好, こういう考え, こしらえた大, このおやじ, この一句, この大勢, この弟, この浦上, この細君一人, この電話, こんなに軟, さえそう, さむらい, しかし彼方, じっと夢想, すぐごらんにいれなければいけなかったのですけれど, すぐ歳太郎, すっかりげっそりし, すでにそこ, すでに良人, ずっと大事, そういう診断, そこでふと, そして若い, そのころ, そのまま右, その下, その俺, その初め, その妻, その尖端, その心理, その斑, その楽譜, その濡れた, その疼痛, その社員, その翌日, その親, その重い, その食糧, そんなとき, たいへん気分, ただ自分たち, たまたまそれ, だが導き入れた, だけにかぎる, だけ楽器, だったわけ, だつて, ちゃんとこの, ちょうど一人, ちょうど親方, ついに身, つぎつぎに, でありその, でございました, でさえ何もの, ではなかっ, でもふと, でも彼, で店, とうとう卒中, とか病気, とたんにお松, とつぜんガサガサ, とつぜん音楽, とのあいだ, とは少し, とほう, と一度, と寸分違つて, と気力共, と雖, どうして兵隊, どうも似た, どんとぶつ, どんなに自分, なおマン, なぜ返事, などにはよい, などは匂い, などむろん, など中学生, なにかみょう, なんかでも夜中, なんといっ, にあたかも, にいっ, におじさん, にかぎる, にきっと, にこの小さな, にさらに, にすれ, にたとい, にち, にできる折れ, にど, にのみ可能, にはあやうく, にはうしろ姿, にはかぞえ, にはこんど, にはすばやく, にはたる, にはどうも, にはなんだかイライラ, にははるか下, にはまさに, にはもうなんにも, にはよほどよく, にはオルガ姫, にはトルレス, にはペペ山, にはロボット先生, には三根夫, には之, には二百人, には伸子, には例年, には全部忘却, には別人, には叫び, には唇, には困った, には多く病人, には天下, には姿, には家々, には常に, には当時東大, には思わずゾッと, には我々, には接吻, には日本, には書物, には本堂, には楽屋, には残酷, には洋々, には烏, には猫, には直接, には私たち, には絶体絶命, には肉体, には艇, には蒼ざめた微笑, には見違える, には足もと, には遠い, には附近, には頭蓋骨, には黄, にぶらりと, にまだぴかぴか, にもこうして, にもだれ, にもむろん, にも人, にも基経, にも手帖, にも老父, にも返した, にやっ, にわが, にキリスト, にダビ所, にフランス, にレール, に一番母胎, に上, に主, に云われた, に会った, に作り, に元, に出かける, に劣らず, に印袢纏, に口語体, に吾, に善吉, に夕飯, に大隅理学士, に如何なる, に学者, に富山, に小袋明神, に帰る, に幾分, に彗星, に心, に思わず, に懐中電灯, に承知, に振り落とし, に政治上, に於, に春部, に朦朧, に東洋, に森, に死刑, に水, に浩, に火事, に牧野信一, に理科, に画家, に直木氏, に着た, に確か, に突倒, に細胞権, に考え, に腰, に茶の間, に藤四郎, に覚えた, に話した, に買っ, に農民, に遣戸, に阿, に雪, に音, に髪の毛, ぬって, のいつも, のきちんと, のさわやか, のどっしり, のまま直次, のわたし, のナンセンス, のルミ, の上代人, の五郎, の体, の儘, の写生肖像絵, の勇気, の合の手, の嘆き, の多少, の如き, の宗麟, の屈辱, の平家文化, の役, の悪たれ口, の憂, の招宴, の景色, の次第, の水, の温度, の無邪気, の用心がち, の眺望, の稀少性, の素子, の考慮, の色濃い, の薄い, の見, の記念, の豊か, の返事, の野, の雛妓, の鳥類, はあれこれ, はいつも必ず, はおぼえ, はかえって, はけっきょ, はさしも, はしろうと, はじめて彼, はじめて父, はぜひ, はたくさん伴侶, はっとわれ, はなるほど, はふるい, はまとまった, はも少し, はわが家, はジャン, はベルゾン博士, は一ノ関, は一箇, は三千人, は乞食, は五千, は体, は元, は六寸, は別にそう大して, は午後七時十五分, は口先, は商品勘定, は地上, は大体独りっきり, は奇麗, は子分, は尊氏関係, は工事, は弱りました, は徹夜, は恥ずかしくっ, は描く, は新発田藩, は春, は末尼教, は格別, は檻, は民政部内, は波, は温泉, は無関係, は甘酸っぱい, は疲れきっ, は真暗, は笑顔一つ, は能登, は虹, は親心, は貴方, は遂に, は酔中, は隨分, は驚いた, ぱったり聞こえなくなっ, ひどく昂奮, ひらひらと, ふっとアリョーシャ, ふとコンパス, ふと手, ふと立ちどまりました, ふッ, ほど三軍, ほんとにそうだ, まず地下室, または野心, また千鶴子, まだバラ, まだ見え, までには半時間, まるっきり気, むっとした, もうじき, もう一つ上, もう彼, もう目付, もきっと, もしも虎造, もっぱらその, もひき揚げ, もアリョーシャ, も一度, も何, も半, も土台, も孔融, も幕府, も日本, も母, も矢代, も落ちつい, も財布, も銀角大王, も顔見知り, やっとおばあさん, やっと時計, やはりその, やめて, ゆっくり話す, よく変化, よりいっそう, よりはるか, よりもこの, よりも二尺, よりも思い出す, よりも顔, より幾分, よろずやの, わざわざ横浜, アッと, ワーッと, 万一あれ, 云ったじゃ, 会ったひと, 何となく孔子, 何時の間にか自分, 僅か三年後, 共に赤橋家, 切に味方, 初めて師匠, 初めて長柄隊, 半狂, 去害, 受けたすべて, 同じ小姓, 吹きこむ粉雪, 喜んで, 夢見るよう, 大きな電気ショベル, 太い赤鉛筆, 嬉しさ, 寝衣, 少しく冷静, 已に菊人形, 待ちかまえて, 御隱殿裏, 思いがけなくドカン, 思ったの, 思わずも, 恐ろしい異変, 感じた驚き, 抑えがたい, 新しいつれ, 既に君, 時たまは, 書くこと, 本当に知らない, 某先輩, 死ぬマネ, 泣いたこと, 漸くの, 燃え喘いだ, 畢竟地方分権, 盗んで, 真白い月, 突如実に突如と, 突然上, 突然春, 突然銭石山, 第一着手, 美しかった, 聞いたの, 若し忽然とし, 見せて, 見守って, 計らずも, 起って, 通った間数, 長槍, 青白い仮装団, 驚いたこと

▼ た~ (10728, 0.5%)

331 である 319 のよう 269 がある 118 があった 107 もある 10197 です 95 であった 79 の話 78 だと 67 はない 64 もあった 63 のやう 60 なの 59 だから, であるが 49 のこと 47 だが 43 があつ, であつ, の姿 40 があります, の顔, は 39 の中 38 があっ, であります, は誰 37 がありました, でなければ 35 だった, はその 33 がない, なん 32 でした, の名, の心 31 であるから 29 ですが 27 がいる, ですから 24 であると, ではない, はなかっ, もあります 23 が多い 22 の一人 21 が, だよ 20 であったが, の様, もあつ, もあり 19 が多かっ, であったから, はありません 18 が一人, が自分, の方, はそれ, は一人 17 だという, というの, ならば, は皆, もありました, を見る 16 でその, なので, のため, はこの 15 であろう, でこの, の事, の声, もない

14 [11件] がこの, がその, が出, だそう, だつた, だね, で, であること, の家, の数, もあろう

13 に違い, のある, の言葉

12 は無い

11 が幾人, ですよ, ではある, ではなかっ, になっ, も多い

10 [12件] がい, ですもの, でないと, で今, ね, のあった, の子, の手, の頭, も少なく, よ, を見た

9 [12件] であ, であって, に, のもの, の名前, の眼, の群, はいない, はみんな, は何, もいた, らしい

8 [22件] がいた, がそれ, がもう, が急, じゃない, であったと, でありました, でありますが, というもの, とは思われない, と同じ, のうち, のなか, の上, の前, の口, の好, の影, の心持, の目, はなかつた, もありません

7 [36件] か, かも知れない, があったら, があり, がもし, が今日, が多く, が沢山, が私, だし, だったから, だろうと, でなくては, といえ, と人, に相違, のところ, の如く, の娘, の説, の面影, はそこ, はだれ, はないだろう, はほとんど, はまだ, はよく, は実に, は少ない, は必ず, は手, は殆ど, ばかりで, もあれ, もまた, も少く

6 [36件] がすぐ, がそう, がそこ, がなかっ, がゐる, が三人, が二人, が今, さえある, だけあっ, だったと, だったの, だな, であったこと, であらう, でありますから, でお, ですね, でそれ, で私, とその, と見え, にし, によく, の所, の気配, の足音, はあの, はある, はこれ, は彼, は日本, は私, は非常, もなかっ, もなく

5 [47件] あり, があるらしい, があれ, がお, がどうして, が他, が何, が居る, が有る, が来, が来る, が死ぬ, が誰, であったの, であるという, でございます, でしたが, でしょう, ではありません, でまた, でもある, なのよ, なら誰, にはこの, に特有, に違, のほう, のほか, のよ, の俳句, の為, の由, はあるまい, はどんな, はほか, はもう, は他, は多く, は大抵, は恐らく, は殆, は決して, ばかりはない, もありましょう, もその, を, を見

4 [76件] から聞いた, があったなら, がありまし, があるだろう, がこれ, がこんな, がたくさん, がどこ, がまだ, がみんな, が世の中, が多, が好き, が尠, が来た, が案外, じゃありません, その人, だったが, だもの, であるの, であれば, であろうかと, でそして, でで, でもあり, で日本, で此, という, といえよう, とも疑, にちがい, に会った, に出, に出しました, に向っ, に自分, に見えた, ねえ, のいい, のいう, の体, の作, の噂, の場合, の好意, の存在, の悲しみ, の樣, の死, の気, の誰, の身, の身の上, はあっ, はいくら, はどこ, はどんなに, はなかなか, は多い, は少い, は少く, は幾ら, は知っ, は自分, は随分, も, もあっ, もいる, もなかつた, もなけれ, もみんな, も多かっ, も沢山, も無い, や

3 [185件] かと思っ, かのよう, がああ, があなた, がいます, がかえって, がかつて, がここ, がこの世, がずいぶん, がだんだん, がどう, がはだ, がほか, がやっぱり, がようやく, がジョバンニ, が二, が人, が坐つ, が大きな, が少い, が或, が時々, が村, が死ん, が死んだ, が気の毒, が皆, が盗んだ, が相, が相当, が立っ, さ, さえあった, だけがそれ, だけれど, だちは, だのに, であり私, であるだけに, であれ, であろうと, でしたから, ですか, ですって, でせう, でない限り, ではなかつた, でもあった, でもあつ, でもこの, で今日, で同じ, で子供, で当時, で彼, で有名, で現に, と, ということ, というよう, といふこと, となっ, とはどうしても, とは別人, とは見えなかった, と云う, と同様, と思う, と結婚, と聞い, と話し, と馬, にあう, にある, になる, にはその, に会う, に御, に恥, に頼ん, に顔, の, のあと, のいない, のいる, のする, のもつ, のよい, の上っ, の世, の世話, の伝記, の外, の多い, の多く, の多数, の子供, の後ろ姿, の心理, の息子, の悪口, の態度, の横顔, の歌, の生活, の生涯, の直話, の真, の真似, の筆, の罪, の苦痛, の血, の親, の親切, の運命, の顏, の首, の魂, はああ, はあらう, はありませんでした, はあれ, はいつ, はおそらく, はここ, はすぐ, はすぱすぱ, はそう, はそんな, はたいてい, はたくさん, はどう, はどうも, はなく, はまた, は今, は他人, は前, は勿論, は外, は多かっ, は夜, は女帝, は子, は少し, は少なく, は尠, は幾人, は旅, は早く, は極めて, は沢山, は稀, は色々, は英語, は過去, もあ, もあったろう, もあるまい, もあるらしい, もこの, もそこ, もたくさん, もちらっと, もまれ, もやがて, も今, も多, も多く, も居りました, も幾人, も有る, も相当, も随分, や盲人, らしいが, らしいこと, をつかまえ, を二人, を探す, を殺した, を私

2 [503件 抜粋] かと思ふ, かもしれない, から見る, から見れ, か知らない, があ, があったろう, があの, があるだらう, があるなら, があわて, がいい, がいっそう, がいない, がいなくなっ, がいよいよ, がき, がげっそり, がさっと, がする, がすわっ, がそういう, がそんな, がちらほら, がつい, がどうも, がどっさり, がどんなに, がにわかに, がはいっ, がふとした, がまず, がまとも, がまるで, がむしろ, がもと, がやはり, がよく, がわたくし, がわたし, がゐた, がテニス, が云いました, が五六人, が京都, が今度, が仲裁, が何人, が何故, が來, が先ず, が先生, が入っ, が入る, が前, が勝ち, が又, が四人, が声, が外, が大勢, が少く, が少し, が少ない, が少なかっ, が少なく, が居た, が帰っ, が幸運, が庭, が彼ら, が後, が必ずしも, が成長, が手, が数人, が時ちゃん, が書いた, が最後, が有利, が格子, が欲しい, が歩い, が歩ける, が澤山, が無い, が犬猫, が現われた, が現在, が生き, が申しました, が男, が病気, が発見, が相手, が破産, が神, が若し, が行く, が見た, が言った, が訪ね, が話した, が這入っ, が通った, が通る, が遠く, が鉄砲, が門, が随分, が非常, さえあるで, しかけられた, だか, だからね, だけが何, だけで, だけにお, だけにさすが, だけに突然, だけれども, だけ其説, ださうです, だったけれど, だったのに, だったのにと, だったろう, だって, だつたが, だつて, だとは, だとも, だろう, だろうかと, だ何, であったし, であったので, であったらしい, でありその, でありながら, でありましたが, でありまして, でありますけれども, であるけれども, であるし, であるだけ, であるとか, である以上, でいま, でございますが, でさ, でして, ですがね, ですの, ですら, でそれだけにまた, でないといふ, ではあった, でもこれ, でもそれ, でもない, でもなかっ, でも容易, で一度, で一緒, で何, で僕, で元来, で全く, で古い, で名前, で幸福, で後, で御, で明治, で有, で無いと, で特に, で頭, で顔, という意味, といふだけに品, として, としてはそして, としてはデカルト, として知られ, としなかった, となつ, となる, とはいえ, とは思えない, とは思われぬ, と一緒, と云, と云っ, と云つて, と交っ, と彼, と申します, と私, と見, と見えた, と見える, と見られ, と見られた, と言う, と言え, なさうだが, などは一人, なども後, ならこの, なら成仏, なんかありません, にあり, にききました, にこの, にすべて, にたべさせる, にち, については一皮剥いた, にとつて, にどうして, になった, になつ, にはあまり, にはとても, にはまた, にはもはや, には決して, には近, にまた, にもよく, によつて, による, にミレン, に不, に今日, に会いました, に同情, に向き合う, に対しては別, に対する罪悪感, に對, に復讐, に思い及ぶ, に敬意, に烈しく, に聞いた, に見える, に見せつけず, に迎え, に逢っ, に限られ, のい, のうしろ姿, のお, のけはい, のこころもち, のこの, のご, のしん, のす, のすべて, のその, のない, のむれ, の不幸, の中二人, の住ん, の作品, の供養, の傍, の働き, の像, の出, の印象, の友達, の叫び, の名だか, の命, の噂話, の塊, の境遇, の墓, の多かっ, の女, の好い, の如才, の妻君, の常, の幸福, の形, の往き来, の往来, の後家, の微笑, の心臓, の思い出, の性格, の悲劇, の意見, の感覚, の手紙, の文章, の旅, の書, の書いた, の来る, の死体, の気勢, の気持, の決心, の淋し, の滅多, の無い, の症状, の筈, の紀行, の耳, の肉, の腰, の自由, の見方, の言, の評, の誠実, の譫言, の足跡, の身体, の身元, の車, の院長, の霊, の面, の頬, の顔面, はあった, はあったろう, はあと, はあなた, はあらゆる, はあります, はいいました, はいくらでも, はいません, はお, はかならず, はかなり, はきわめて, はこんな, はさて, はしばしば, はすべて, はそういう, はそこで, はたちまち, はだれです, はだんだん, はどういう, はないでしょう, はひとり, はまあ, はみな, はみな承知, はみんなびっくり, はもちろん, はやはり, はようやく, はよほど, はわたし, はヘーゲル, は世間, は中, は二つ, は二人, は何人, は何処, は何時, は何處, は余り, は俗人, は偉い, は全く, は再び, は別, は別に, は別室, は即ち, は又, は可, は名, は地主, は大, は大きな, は大事, は女, は実によく, は彼女, は心, は思わず, は或は, は日本人, は昔, は昨夜, は最も, は有名, は未だ, は果して, は格別, は死ん, は死んだ, は気, は水, は無, は珍しい, は男, は画面, は相当, は臍, は自分自身, は葛城, は蔭, は見た, は赤い, は金, ばかりだ, ばかりである, ばかりでございます, ばかりでした, ばかりでなく, またはそれ, もあったであろう, もあったでしょう, もあったです, もあったらしい, もあるだらう, もかなり, もすくなく, もできた, もどう, もまだ, もやはり, も一人, も三人, も人, も住ん, も何人, も元, も全然, も出, も受けた, も声, も多から, も彼, も掘出し, も昔, も有った, も殺された, も決して, も無, も無かっ, も無論, も知らない, も紹介, や山, らしいと, らしいな, らしく見える, をこんな, をさ, をさがし, をし, をしかし, をわけ, を先, を彼, を思い出す, を急, を探し, を搜, を標準, を殺す, を皆んな, を知っ, を聞かない, を自分, を葬る, を西洋料理, を西鶴, を見かけた, を見ました, を見れ, を見受ける, を訊い, を訪問, を迎え, を迎える, を馬鹿, 何と青白き, 尽くしつ

1 [3950件 抜粋] ああその, あるを, お俊, かである, かと思われる, かひょっと, からき, からまず, から伝吉, から時計, から自分, から魚, か想い出, があったでしょう, がありませぬ, がある日外, がいたら, がいつの間にか, がいるらしい, がおもい出され, がかく, がぐうぜん, がございました, がしょんぼり, がたいた, がちゃんと, がどういう, がどれほど, がね笹, がひどく, がほとんど, がもっ, がやるべき, がわれわれ, がグシヤッところ, がナポリ, がポケット, が一番エライん, が三四人, が世界, が二十五疋, が亡くなっ, が他人, が何プロセント, が余計, が停車場, が兄, が公平, が刃物三昧, が努力, が十年振り, が友染モスリン, が右往左往, が唯, が在った, が変った, が大山大将, が奧さん, が定, が寄り, が尾鰭, が左近, が庭さき, が待っ, が思いがけない, が悪く, が感じる, が投身自殺, が捨て, が文相, が早く, が有, が朱子学, が桂子さま, が次, が歿, が永い, が源氏, が父, が現実, が目, が真面目, が種族, が笑っ, が続々, が義家, が肩, が良人, が見せ, が言ってる, が誠心誠意仕事, が買い, が身, が追っかけ, が通, が選り, が長, が集っ, が青野季吉, が食物, こそぐっすり, こそ真, さえあります, さわがせの, じゃ変, ずら, その外詩歌, だからな, だけがああ, だけが契約, だけど, だけに余計, だけに相応, だけに非常, ださうでその, だったかね, だったのねえ, だってどれ, だつたらうか, だとの, だまア, だア, だ皿, づき合いの, であったばかり, であった又, でありしかし, であり一, であり姪, であり親族, であるため, であるのみ, である国香, であろう余, でおのれ, でここ, でございますから, でさえも話し込ん, でしょうが, ですけれども, でそれだけ, でないこと, でなきゃ命, ではありませぬ, ではなくっ, でほか, でもあるまい, でもすぐ, でもスノードン, でも帰り, でも等しく, でよく, でヴォルテール, で下手人, で享和二年, で何事, で其, で医, で同氏, で変り物, で奥村藤兵衛さん, で寧ろ, で常人, で当代, で怪しい, で抜刀田宮一流, で新興日本, で楽器, で滅多, で父君弘綱さん, で畢竟, で神そのもの, で而, で葺屋町, で言, で贈, で金曜日, で題, とあなた様, という者, といふ概念, とか自動車, とこの, としての燃える, として伝へられ, として描かれ, として法律上, として街頭, とでなけれ, との現実, とはいえない, とは別, とは祖父母, とみえまし, とも思われぬ, とも認識, と一人, と云え, と共に真向, と又, と年長店員たち, と思われる, と未だ一向に, と申せましょう, と縁組み, と見る, と謂, と面, なぞにはよく, などが, などにここ, などは余り, などは米, なのに, ならそれ, なら一層, なら数えること, なら花, なること, なんぞもどうやら, にあっ, にいひました, にお礼, にこっち, にさらわれ, にそむく, にだって持つ, にとってこんな, にとっては一枚, になつて, にのみ判る, にはお礼, にはしばしば, にはとうてい, にはやっぱり, には二枚, には余り感心, には勿論, には多く, には怨み, には此, には生前, には相違, には話す, には鼻, にまで辛く, にもちやん, にも分からなかったであろう, にも老後, により判断, に一応, に中, に会いませんでした, に何ん, に出逢い, に參政權, に吩咐, に大きな, に対しては余り, に対し毀謗, に尋ねる, に彫塑, に恥辱, に払わなく, に教えられた, に會, に涙, に由っ, に聞かね, に脅迫, に蜆子和尚, に親切, に詩文集, に跡, に連れられ, に金参百円, に青木堂, のあぶら, のうみ, のこじつけ, のさびしさ, のちよ, のふきげん, のみが麗しい, のむしゃくしゃ, の一家, の不遇, の亡き, の会話, の作つた, の内, の力, の化成, の名刺, の呼吸, の報告, の大切, の妹, の孤影, の家族, の少ない, の幼稚, の往き, の思つた, の息抜き, の感ずる, の憶出, の扮装, の料理番, の暮し, の来た, の横ッ面, の死骸, の氣, の清純, の爲め, の疵口, の眼付, の礼金, の程度, の細君, の総べて, の考, の胸像, の腹立たし, の色彩, の行動, の裾, の言い草, の許, の議論, の足元, の身許, の道, の遺言書, の間, の雜言, の顔色, の馬鹿, の高雅, はあるでせう, はいちいち, はうす, はかの, はこう, はこんど, はしきりに, はすなわち, はそれだけ, はたとえば, はともかく, はなぜ, ははたと, はほんとう, はみあたりませんでした, はむかし, はよっぽど, はゐない, はシナ人, はチエホフ, はハクチョウ, はポズニャク, は一体どう, は一致, は上手, は中條, は二代目林屋正蔵, は今後, は佐藤, は作家, は兄弟, は其困難, は出品, は到る, は十中九人, は受, は君くら, は善良, は在, は多かろ, は大口三郎, は大概, は女子, は子供, は小橋, は尼, は屹度災難, は平家方, は幸福, は待つ, は忘れ, は悪, は懐し, は手入れ, は改めて, は断じて, は晨星寥々, は本, は楠緒さん, は死なぬ, は求めない, は渋々, は炭俵, は煖炉, は率然, は生涯, は痛ましい, は目白, は知る, は神田孝平さん, は竿, は素より, は翌年, は自然, は芸術家, は蒲生泰軒, は見知らない, は警察, は身心とも, は這, は郵便箱, は長生き, は頗る, は魚, ばかりそれ, ばかりもいない, への情け, へ日光, ほど陸地, までがちょっと, もあの, もいく, もおどろいた, もすべてそれ, もただ, もねえ, ももちろん, も一時代前, も会っ, も分らぬ, も変った, も大声, も寢靜まつ, も帰り, も数多く, も本当, も無く, も病院, も聞い, も見破れない, も鏑木さん等々一二, も黄海, やない, や何處, や架空, や甲, や衣冠束帯, よりもかへつて長生き, よりも直接, らしいのね, らしく, らしく思われた, をうんと, をこう, をしのばせる, をそっと, をともかく, をのこし, をみんな, をよく, を一度, を仰い, を其家, を君子, を外, を寝させた, を度たび, を必要, を思ふ, を慰め, を招いた, を探すなら, を斬れやしません, を欺く, を犬, を眩惑驚倒, を示す, を縫っ, を葬むるのに, を見ない, を語る, を追いかけました, を頭, 並びに其伝言者, 即ち自己, 又通っ, 後義満, 或は金ピカ自慢, 浚いの, 知れぬ労苦

▼ たまま~ (9460, 0.5%)

248 になっ 122 黙って 107 だった 105 である 101 であった 83 でいる 77 にし 7269 でいた 51 でした, 立って 46 だ, です 45 じっとし 44 動かなかった 32 云った 31 しばらくは, で云った, 死んで 29 の姿 28 でその, 出て, 眠って 23 なの, 帰って 22 動かない, 考えて 20 答えた 18 暫くは 16 だし, のもの, 坐って, 忘れて, 身じろぎも 15 の姿勢 14 なので, の顔, 見て 13 その場, 動かなくなって, 動こうとも, 泣いて, 置いて 12 だまって, になつ, 言った 11 でお, で何, になつて, 倒れて, 動かなくなった, 歩いて, 落ちて 10 だったが, でい, でしばらく, でまだ, で黙っ, のお, の手, 残って, 聞いて 9 のよう, 急いで

8 [11件] うなだれて, しばらく考え, じりじりと, でじっと, でまた, の, 寝て, 少しも, 悠々と, 持って, 消えて

7 [17件] いつもの, ぐったりと, その手, であつ, で下, で人, で暫く, で答えた, なん, のこと, のその, の形, の窓, 両腕, 動かずに, 放って, 突っ立っ

6 [22件] いそいで, うっとりと, たおれて, だが, であるが, でいい, でいました, でこの, でしたから, ですから, で姿, で私, で立っ, で自分, の状態, の私, よろよろと, 佇んで, 固くなっ, 答えなかった, 見送って, 黙つて

5 [41件] いった, うつむいて, かれは, ぐるりと, しばしは, しばらくの, じっと息, すぐに, その顔, だつた, でしたが, ですよ, でなお, でゐる, で今, で少し, で彼, で残っ, で言った, で顔, になった, に放置, の人間, の恰好, の扉, の障子, びくとも, まだ帰っ, もじもじし, ゆっくりと, スーッと, 低い声, 動けなくなった, 去って, 叫んだ, 待って, 暫くの, 枯れて, 立ちすくんで, 苦しそう, 逃げて

4 [80件] うとうとし, うなずいた, お叩頭, かなり長い, きょとんと, くるりと, しばらく言葉, しばらく黙っ, じっとそれ, じっと立っ, じつと, じゃ, その上, その前, だと, だまりこんで, だらりと, であったが, であったの, であること, でいった, でさながら, ですし, でそっと, でそれ, でただ, でやはり, で両手, で今日, で再び, で出, で別に, で女, で家, で寝, で微か, で息, で行く, で誰, で長い, で頭, にこりとも, のところ, のドア, の二つ, の位置, の戸口, の手紙, の着物, の部屋, ひっそりと, ぼんやりと, まじまじと, まだ帰らない, ゆらゆらと, よろめいた, ジリジリと, ジロジロと, 休んで, 入って, 冷たくなっ, 動きません, 動けなくなって, 動こうとは, 呟いた, 大きな声, 戻って, 捨てて, 暫く黙っ, 横たわって, 生きて, 睨み合って, 置かれて, 考え込んだ, 考え込んで, 行って, 通りすぎて, 震えて, 頷いた, 飛んで

3 [143件] ある, いずこと, うつらうつらと, お互, か, かう云, こと切れて, こんなこと, こんなところ, さすがに, しばらく口, しばらく立っ, しゃがんで, じっと動かない, じっと考え, じろじろと, すやすやと, その姿, その扉, その方, その日, その男, だったし, だという, ちょっとの, ついて, つかつかと, つっ立って, でいます, でここ, でこちら, でこれ, ですが, でそう, でそのまま, でどこ, ではある, でもう, で中, で二人, で倒れ, で僕, で動けない, で口, で右, で堅く, で声, で居た, で左, で帰らない, で幾日, で彼女, で挨拶, で未だ, で死ん, で水, で深い, で目, で眼, で肩, で言いました, で身動き, で車, で返事, で酒, どうしていい, どうする, ながめて, なり, に, にその, にである, になり, にやにやし, に書い, のそり, のろのろと, の両, の右手, の大, の女, の家, の彼, の新聞, の服装, の眼, の荷物, はッ, ふらふらと, ふるえて, ぽかんとし, まだ一度, むっとした, ゆうゆうと, ゆったりと, を率直, グングンと, スラスラと, 上って, 並んで, 乾いて, 伸びて, 出来るだけ, 動かなかつた, 動けなかった, 動こうと, 同じよう, 呻いて, 喘いで, 居睡りを, 後ずさりに, 忘れるとも, 怒って, 思った, 悲しげ, 感じたまま, 慌てて, 抜かずに, 振り向きも, 振返った, 暫く顔, 書いて, 来て, 泳いで, 相変らず, 睡って, 硬ばっ, 立ちすくんだ, 立ち止まって, 笑った, 考えこんで, 血走った眼, 見つめて, 見向きも, 訊ねた, 読んで, 走って, 起きようとも, 近づいて, 運ばれて, 飛び出して, 黙々として, 黙りこくって

2 [484件] あった, あわてて, いいました, いう, いきなり, いくら呼ん, いっそう高ごえ, いつた, いつとは, いつの間にか眠っ, いましがた, いまだに帰っ, いろいろの, うごかなかった, うつぶせに, うとうとと, うなずきました, おいおい泣い, おかれて, おしおは, おなじよう, おもて, おりて, お別れ, お台所, お君, お妻, お帰り, お清, お雪, かえってこない, かけて, かしこまって, かなり永い, からだ, から身, がっくりと, がっくり首, ぎょろ, ぐっすり眠っ, こう云う, こう云った, こそこそと, この矛盾, この部屋, ころがって, こんな事, さめざめと, しきりにげっぷ, しくしくと, しばらく二人, しばらく僕, しばらく母, しばらく玄関, しばらく長椅子, しばらく頭, しょんぼりと, じっとお, じっとこちら, じっとこらえ, じっとそこ, じっとその, じっと二人, じっと何, じっと俯向, じっと彼, じっと相手, じっと眼, じっと私, じっと考えこん, じっと耳, じっと聴い, じっと見, じっと闇, すぐには, すぐ二階, すこしも動きません, すなお, するすると, ずるずると, ずんずん先, そういっ, そう云う, そう云った, そう思い, そう言いました, そこそこに, そっと頷いた, そのあと, そのうしろ姿, そのまえ, そのまわり, その周囲, その度, その座敷, その手帳, その眼, その空家, その紙, その肱, その辺, その騒ぎ, たずねた, たずねました, ただぼんやり, だったそう, だったの, だったので, だとの, だまり込んで, つくねんとし, つまらなそう, つまり腹, であったこと, であったので, であって, である駒下駄, でいきなり, でいたい, でいっ, でいつ, でいなけれ, でいまだに, でいろ, でうなずきました, でうん, でおりました, でからだ, できいた, できょう, でこう, でご, でしずか, ですぐ, でずっと, でそこ, でちょっと, でどう, でひた走った, でぼんやり, でまばたき, でやがて, でやっつける, でゐ, でゐた, でベッド, で一人, で一家, で一心不乱, で上, で中堀, で二階, で住む, で何処, で依然として, で元, で光っ, で兵児帯, で内, で凍え死ん, で前, で力, で動かない, で動かなかった, で同じ, で呟いた, で地, で垂, で堂の前, で外, で夜, で失礼, で娘, で婆, で室, で容易, で寝台, で寝床, で居る, で山, で岸, で帰っ, で懐中, で我, で扉, で手, で指, で敷居, で槍, で横, で火, で無, で焼け残っ, で片手, で甲斐, で町内, で破れた, で突っ, で突然, で筆, で置い, で考え込んだ, で聞い, で薄笑い, で蚊帳, で行こう, で行っ, で街, で見, で話, で話し, で足, で足早, で軽く, で進ん, で鈴江, で雪, で静まっ, で食べ, で食卓, ときには半年, となり, とんで, どうした, どうにも, なかなか出, ながいこと, ながながと, なぜか, にこにこ笑っ, にされ, にした, にそこ, になってる, になる, にまた, に干上がっ, に暮れ, に書く, に残し, に溜っ, に自分, のくぐり, のっそりと, の上, の両手, の事実, の兵, の写真, の十七, の土, の場所, の大きな, の帽子, の幼い, の手帳, の拳, の新, の方向, の明智探偵, の書物, の本, の机, の束髪, の格子, の棟木, の様子, の煙草, の生, の男, の箪笥, の美しい, の脇差, の膝, の自分, の自然発生的, の茶, の表現, の語, の身体, の道, の道芝, の鉄砲, の長い, の電車, はいっ, はいつ, はいる, はっはっと, はなれません, ばったりと, ひそりと, ひらりと, ふといつかペン・ネエム, ふんふんと, ぶらぶらし, ぶるぶると, へたへたと, へどもどし, ぼんやり何, ぼんやり庭, ぼんやり部屋, ぽろぽろ涙, またききました, また書斎, まだお, まだ封, まだ息, まだ金蔓, まっくら, まばたきも, まぶしそう, もうおれ, もうその, もう一人, もう一度前, もう一度往来, もう一方, もどって, もの憂げ, やって来た, やって来て, やはり答え, やや暫く黙っ, わずかに, をお話し, をここ, をそっくり, をその, を云った, を書く, を生, を直接, グッと, グルグル巻き, ズルズルと, ニコニコし, ニヤリと, ポロポロと, 丁度細かい, 下唇, 両肱, 両膝, 並べて, 乾いた石灰粉, 云う, 互いに眼, 今にもその, 他吉, 代助, 仰向きに, 佇んだ, 何やら本, 働いて, 其の場, 再び動き出し, 凍ッ, 凝っと, 凝と, 凡そ退屈, 到頭宿坊, 動かないの, 動かなくなりました, 動く気, 口惜しそう, 同じ二階, 同じ処, 向い合って, 向うから, 呟くよう, 大きい碾茶, 大きな鼾, 嬉しそう, 寒そう, 寝ちゃ, 小藤次, 少しずつ, 少しユラユラ揺り, 居眠って, 巻いて, 巻きこんで, 帰らないと, 思い切って, 怯えたよう, 恐ろしい目, 恨めしそう, 悲しそう, 憑かれたもの, 或る, 或ホテル, 投げるよう, 投げ出されて, 投げ出して, 抜いて, 抱えて, 押したり, 振り返った, 振返って, 握りしめた両, 揺られて, 放さなかった, 早くも, 暗くなる, 暫くじっとし, 暫く彼, 暮れて, 棄てられて, 極めて無造作, 歩いた, 歩きました, 死んだよう, 残して, 殺されて, 泣きべそ, 流れて, 浮いて, 浮んで, 深々と, 深い溜息, 点頭いた, 烈しい頭痛, 白いショール, 白け渡る, 眠つちまつ, 眠りこんで, 眠る, 眠るの, 眺めて, 着て, 睨んで, 積み重ねた本, 立ちあがった, 立ちつづけて, 立ち上がった, 立ち上がって, 立ち上った, 立ち上って, 立ち去った, 立ち竦んで, 竦んで, 笑いこけながら, 笑って, 答えない, 答える, 考えた, 考へて, 聞いた, 聞いたまま, 聴いて, 腰かけて, 舞いもどります, 苦しげ, 荒い息, 荒れて, 薄眼, 見あげて, 見るとも, 訊いた, 訪ねる人, 話しだした, 話して, 話しを, 語ったが, 走りだした, 走り出した, 身じろぎ一つ, 転がって, 軽くうなずいた, 軽く頭, 迷って, 送りとどけられて, 逃げるよう, 逃げ出して, 通りすぎようと, 通り過ぎた, 遂にその, 開いた口, 開いて, 降りて, 面白そう, 飛び出した, 飲んで, 驚いて, 黙り込んで

1 [5143件 抜粋] ああし, あがって, あとずさりに, あの若旦那様, あらゆること, あわい電灯, いかにも寒, いきなり訊く, いずく, いつぱし, いまだに行方, いる伸子, うごくの, うっとりし, うなずいたが, うれし涙, うんと茶碗, おお声, おたずねする, おどる, およそ大勢, お吉, お庭, お眼玉, お葉, お静, かくして伊兵衛, かつぎこまれて, かわいらしいガラス, が報告, きょろきょろよそ見, くねくねと, ぐっしょりと, ぐんぐんスピード, こうしてたおれ, こう高らか, このすごい速, この前, この方丈, この花, これから始めよう, こわごわもう一度新聞, ご挨拶, さすがの, さっそうと駈け去った, さもうま, さんざんうろつき廻った, しかし何やら, しきりに器, しずしずと, しばしの, しばらくが, しばらくだれ, しばらく両手, しばらく妹, しばらく様子, しばらく秋蘭, しばらく身動き, しゅっしゅっと, じっとこの, じっと両手, じっと多, じっと揺れず, じっと灰色, じっと空中, じっと見おろし, じっと鴨居, じりじり前後, すぐたべ, すぐ駒, すこし腰, すたすた歩き出し, すつぽ, すらりと, ずうっと, ずでん, せなか, そう思った, そして身動き, そっと垣根, そっと自分, そのまっ, その一双, その光, その場限り, その工場, その時分情人, その渓流, その穴, その脊骨, その足, その音, それでもまだどうにかこう, そんなこと, たたずんで, ただにやにや, ただ白い, たちまち死ん, だぞ, だとも, だんだん寝台, だー, ちょうど黒い, ちょっと微笑, ちらと, ついと立っ, ついに白峯, つい話しこみかけ, つづけさま, つめたい眼, であったけれど, であり人々, であるところ, でいう, でいちど, でいま警察, でうす, でおけ, でかぶり, でこいつ, でさ, でしたか, ですう, でそちら, でそろそろ, でつかつか, でどんどん, でにこやか, ではあった, ではできなくなった, では歩けません, では追付きません, でべつに, でむにゃむにゃ, でもよう, でも飲み食い, でよかろ, でアグネス, でドシドシ, でホテル, で一度, で万端, で二匹, で亡くなっ, で休憩, で何ごと, で俺, で入れ, で写した, で別れ, で動こう, で又, で台所, で咲い, で囁やく, で売られ, で天, で嫣然, で寝る, で小屋, で巧妙, で平然, で引き揚げた, で心置, で思った, で慇懃, で手足, で握っ, で新しい, で暗号解読器, で朝, で林, で正月, で死骸, で江, で泥底, で深い冷たい, で漁師, で燃え, で生活, で病死, で真面目, で知合い, で私達, で立ち上がろう, で答えはじめた, で終ったでしょう, で羅陵王, で肱枕, で自ら, で若い, で落し主, で衣物, で覗い, で話した, で貯え, で身体, で逃げよう, で遂に, で鋭い, で開け放した, で露台, で頷いた, で駕籠ぐるみ, とうとうこなくなっ, ときどき私, となっ, とろうと, どうしてこう陸地, どうなる, どしんと, どんどん延び揚っ, なおも気違い, なかなか帰っ, ながらなお, なにかしばらく考え, なやましい目, なんとも言葉, にあの, にこり, にたずねる, にはなっ, にやりと笑つて, に一本, に写生, に受け取られる, に小, に投げ棄てられた, に時, に消, に石, に立見, に言い放った, に開い, ぬれた雨上り, のあるじ, のがあった, のねぼけた, のやつ, のシャンデリヤ, のワク, の丸太, の人気, の僕, の前髪, の原稿, の右腕, の土足抜刀, の天地, の実相, の小糸, の山陰, の弛緩, の感覚, の改まった, の木戸, の梁, の歴史, の濡手拭, の甥, の百姓, の瞼, の籠, の素直, の羽柴家, の自然, の草双紙, の蟻, の規律, の赭, の部分, の闇, の革包, の骨だらけ, の黒髪, はたり, ばったり倒れ, ひしとばかりに, ひどく悄気, ひょろり, ぴったりと, ふさがないで, ふと伊織, ふりむいて, ふん反った, ぶるぶる手, ほそびき, ほとんど誰, ぼんやりその, ぼんやり時代, ぼんやり考える, ぽつんとそんな, またきちんと, またひらり, また一言, また啜り泣き始めた, また暫く, また眼, また首, まだ一歩, まだ帰らぬ, まだ洞窟, まだ開い, まるで二本, まるで死人, みむきも, むしろ妖相, もういちど, もう一つ, もう二ヶ月以上, もう物, もぐり込める穴, やがてこれ, やっぱりずんずんと, やはり夢, ややしばらくなに, やや暫く無言, ゆっくり周囲, よくも閉めず, よろめきよろめき二三歩, わざと神妙, をお伝え, を三十一字, を口, を日, を治安判事, を續けた, を辿っ, んなっ, ガックリ首, グルグル胸, スルスルと, ニヤリニヤリと, ピタリと, ボロ布, 一向出, 一方の, 下がって, 両袖, 乗り出した, 云うべき言葉, 亡き父, 仰いで, 低い乾いた, 何とも僕, 何故か堅く, 依然として笑い, 倒れては, 先ず水, 全心, 再びクランク, 再び戻っ, 再び飛ぶ, 凄じい唸り声, 凝って, 出ようと, 別れたくらい, 割れるよう, 動かずほとんど, 動かなくなったので, 動きだすようす, 動けず, 危う気, 又腰, 受け取った, 吃って, 向い合った, 吾が子, 呻くやう, 唯グッタリ, 啜る手, 噎びあげて, 坐ったなり, 堅くなっ, 夜通し起き, 大きくユックリ, 大きな眼, 大音, 始終爛れ, 寄って, 寝た者, 尋ねに, 小さい鼾, 小さな日本, 少しこごみ, 少し及び腰, 少し身動き, 居合せた大勢, 帰さなかったこと, 帰ります, 広いロッビイ, 引きさ, 引く事, 強う首, 微睡, 忘れてしも, 怒鳴る, 思わず往来, 怪しい姿, 恨めしさうに幾度, 悪い事, 慎んで, 或大きい, 打捨てて, 抛り置かれて, 押し潰されるほど, 持ち帰ったの, 振向いた, 掛って, 擦って, 散らばって, 早速にも, 時々口笛, 晴れなかった, 暗い顔, 暫く分銅, 暫く物, 暫く足, 更にきびしい, 未だ帰宅, 枯れたら枯れたまま, 次第に歪ん, 歩きまわったり, 死にそう, 死んだの, 殺されるよう, 決して水, 泣きだして, 流されて, 消えなくなったの, 消そうとしても, 深い竪穴, 湧きたつ胸, 澄みきった暗い, 無理やり階段, 熟れ柿みたい, 片膝, 珍しい馬車, 生き抜くこと, 白い唇, 白くたっ, 真っ直, 眠ってでも, 眩い彼女, 短いチャイコフスキー, 空しく過ぎ去る, 突然彼女, 立ちすくんでしまつた, 立ち上ると, 立てない, 答えようとは, 細かく震え, 続けた, 置き放しに, 翌る, 考え深, 聞くも, 腐つた嘴, 若い男, 落ちた家, 蒼くなっ, 薄濁り, 見すてても, 見上げも, 見霞むばかりの, 言いました, 詫びるとは, 読む方, 赤い帯, 走りだしたの, 起きあがれなかった, 起き上った, 起つ力, 踏み止まりの, 転げ落ちて, 軽く目礼, 近よった, 追いすがるよう, 逃げたの, 逃げ走ろうと, 通り越して, 運んで, 遠ざかり行く馬車, 重い体, 長々と, 長い橇, 長くなっ, 長羅, 降りしきる雪, 離れない, 震える声, 青白い街燈, 頷きも, 飛びこんだと, 飛ぶよう, 飲み歩いたり, 高々と, 魅せられたよう, 黒ずんだ憂鬱, 黙念

▼ た~ (9351, 0.5%)

195 それに 36 またその, 私は 33 私の 32 私も 29 それを 27 その上, 自分の 26 第一 25 彼の, 彼は 20 まする 19 また私 18 おまけに, ます 16 それが, またこの 15 また彼, 今でも 12 また自分, 彼も, 自分も 11 これからも, ほかの, 他の, 或る 10 またそれ, 彼が, 自分でも 9 それは, またあの, 今も, 何か, 僕の, 僕は, 僕も, 家の, 彼女の, 父の 8 これで, また, 一人は, 女の, 私が, 自分が

7 [12件] そうかと, そのほか, それから, ますと, また今, 今日も, 彼女は, 彼女も, 母は, 母も, 男の, 自分は

6 [12件] そのこと, またそんな, また僕, わたしの, わたしも, 二人の, 人に, 多くの, 年も, 彼に, 日本の, 東京の

5 [29件] いろいろと, こんどの, そのとき, その他の, それにこの, それに私, それも, またある, またお, また何, また実際, まだどれ, もう一人, 候, 又その, 又京, 又私, 口を, 君は, 夫人の, 弟の, 母の, 気分も, 父は, 父も, 目出た, 誰も, 近所の, 雪も

4 [60件] あたしは, あとは, あの人, いちばんうしろの, いつまでも, いまでも, お前も, きんは, ここへ, さう, するので, そのあと, そのため, その外, それかと, それからも, それで, それと, それらの, ぼくは, またそういう, また今後, また他, また彼女, また決して, みんなも, もう一つ, 一つは, 世間の, 人の, 今は, 今夜は, 今日に, 他に, 何も, 何よりも, 兄も, 命は, 夜も, 女も, 娘の, 子供の, 子供も, 彼を, 彼女が, 昨夜は, 村の, 次の, 此の, 水は, 現在でも, 田舎の, 男は, 私と, 興味も, 葉子も, 街燈は, 話しも, 金は, 顔も

3 [128件] あなたは, あなたも, あるもの, いまでは, いろいろな, お前の, お菜も, かれは, かれら, こちらも, このとき, これからは, これを, こんどは, すべての, するから, そうでなく, そこに, そのう, そのよう, その声, その年々, その晩, その眼, その表情, その頃, それかって, それにその, それに二人, それに僕, それよりも, そんなこと, だれにも, どうかする, どこの, ほかに, ませうか, またかれ, またこれ, またこれら, まただれ, また二人, また別, また或, また東京, まだその, まりの, まわりの, みんなで, もう何, もしかする, もつと, よかった, カムパネルラは, 一度などは, 一度は, 一度も, 一方は, 中には, 事実また, 人々の, 今では, 今また, 今度は, 今後の, 今後も, 何にも, 何の, 例の, 兄が, 兄の, 先方でも, 先生の, 先生も, 兼ねます, 医者の, 又さ, 又それ, 君の, 外にも, 夜の, 夫人も, 妻は, 婦人の, 家も, 小太郎の, 常の, 弟は, 彼等の, 彼自身も, 後の, 心の, 態度にも, 教室の, 最近では, 最近の, 本も, 東京に, 次には, 殊に私, 気に, 水の, 熱も, 燈台看守も, 現にその, 申す, 皮膚の, 私にも, 私自身も, 空も, 紺屋の, 続いて, 考えて, 膝が, 良人が, 苦労も, 読者も, 足の, 身体も, 部屋の, 酒も, 隣りの, 雨の, 雨も, 頭の, 顔を, 顔色も, 馬が

2 [546件 抜粋] ああいう, ああし, あたしたちと, あとから, あとの, あなたに, あの荒々しい若, ある人, ある者, あんなきれ, いきなり暗黒, いまさら汐田, いまは, いろいろの, うしろの, おれの, お勢, お夏さん, お早ウ, お民, お経, お越, かきも, かねる, かぶも, からだも, きれいな, くろうと以上の, こちらの, こっちへ, ことにその, ことにクリストフ, この, このまま, このよう, この上, この仕事, この家, この後, この辺, これから先, これから私, これまで, これまでに, ごったくや, ごとを, さぶ, しかもその, したくも, しまいには, すぐに, すべてが, すべては, するもん, そうする, そうでない, そうと, そこへ, そして, そしてこの, そして最後, そのうち, その中, その人, その人柄, その他にも, その内容, その前, その前日, その勤めぶり, その場, その度, その後の, その後も, その方, その日, その時, その時分, その次, その間一年あまり洋裁修業の, その関係, その顔, それこそ, それにここ, それにそんな, それによって, それに何, それに大, それに彼, それに彼女, それに彼等, それに私たち, それほどの, それ以上に, そんな莫大, たまに, で下りるだろうから, とう存じます, とにかく相当以上, どうやら熱, どこかへ, どっちへ, どんなに太い, なかなか流紋玻璃, なんの, ひとつは, ひとは, ほ, ぼくと, ぼくの, まえよりも, まして, ますが, ませう, またいろいろ, またおそらく, またきわめて, またさ, またそこ, またそれら, またちっとも, またどの, またほか, またシェフィールド, またトゥーサン, また一人, また一方, また以前, また先日, また出来ない, また同じ, また堺, また家族, また彼等, また折角, また時々, また沢山, また漱石, また現前, また現在, また生活, また町, また真, また知ろう, また確か, また若い, まだ他, みんなの, めでたし, もう一方, ものの, ものを, ももも, やがては, やくざ者の, やっぱりはじめ, ゅろの, ゆん間, カフェエなどでも, クリストフの, ジャックリーヌは, ストアの, セイロンという, ツイ先刻は, ビク, ピンと, プランタンと, モオパスサンは, モスク, 一つの, 一人前の, 一合を, 一緒に, 三本松も, 上等の, 世の中は, 世間から, 世間でも, 中の, 丸窓から, 久しぶりで, 事務室へも, 二三日前も, 二度目は, 二階の, 云わば, 人々は, 人から, 人が, 今から, 今こそ, 今度の, 今日の, 今日まで, 今朝の, 仕事の, 以前から, 伊勢の, 伊勢大神宮参拝の, 休之, 伯爵は, 住居は, 何でも, 何度やっ, 作者の, 便所も, 俺は, 俺も, 健康を, 元気も, 先生は, 入口の, 六人の, 出勤の, 初めから, 別に話, 前には, 前の, 前借りが, 加けに, 勝家も, 勝手元の, 半分は, 博士は, 原稿は, 去定, 又, 又いろいろ, 又お, 又この, 又そんな, 又今, 又今日, 又何, 又現に, 又直ぐ, 又自分, 友人たちも, 友達も, 口の, 各, 同時にその, 名も, 名古屋の, 向うに, 周囲の, 周章てた, 呼吸が, 呼吸の, 命を, 唇が, 唐櫃の, 問題の, 喧嘩なども, 喰べ, 嘉ッコは, 地面は, 場所も, 墓石も, 増さんも, 声も, 夏の, 外の, 多少の, 多少私, 夜には, 夜は, 大通りの, 天の川も, 天候も, 奇人の, 奥さんの, 奥の, 女と, 女中は, 女中も, 女房の, 妙に, 妾も, 妾今年は, 嫂の, 子どもらは, 子供は, 子種の, 学校から, 学校へ, 学校を, 実朝, 実際に, 客間で, 家は, 家を, 家人の, 家庭の, 宿の, 対岸の, 寿の, 封筒も, 尊敬も, 小使の, 小僧と, 小説の, 小説家と, 少しでも, 山の, 川の, 川魚も, 帰って, 帰りには, 年の, 店の, 康子は, 弁護士の, 弟達も, 張りきつて, 当時の, 彼としては, 彼には, 彼にも, 後に, 後には, 從來の, 御大身, 御自分, 御自身, 心も, 応接間は, 怖れ, 思ひの, 急ぐ品, 悪童どもも, 懐中も, 手も, 手代の, 手拭と, 手紙も, 手足も, 手頃な, 掃除を, 掘る手, 教員の, 文化の, 新聞の, 日が, 日も, 日本で, 日本人の, 旦那が, 明治二十四年に, 時と, 時には, 時も, 暑かった, 暗夜に, 有名な, 服も, 木賀底倉に, 本を, 本家の, 材木を, 来た明くる日, 柳井津で, 栄介も, 校長は, 案内し, 森さんが, 楕円形の, 橋の, 歌を, 正三は, 死の, 残った一人, 残って, 母親は, 気を, 沈黙を, 洋食部の, 活溌に, 海が, 海を, 湯が, 澄んだ魂, 然し又すぐ, 父が, 父親の, 片方に, 犬は, 現にある, 現在も, 甘いもの, 生涯の, 用事以外には, 田舍の, 甲斐は, 申し候, 留さんは, 病気を, 盛場の, 目に, 目出たし, 直次郎どんは, 相手が, 相手は, 眉毛も, 眼は, 眼を, 着て, 着物は, 着物姿で, 知ろうとも, 社会の, 私には, 私への, 秋の, 秋屋船長も, 稽古所で, 空は, 窓も, 第一回, 第三, 第二, 米は, 米吉さんは, 約束を, 細君以外の, 終戦の, 経を, 絶望も, 線香を, 縁側は, 老婆は, 考えも, 而も, 肉鍋には, 脅えた市民, 自分から, 自分たちの, 自分に, 自分を, 自分達の, 自然その, 船頭も, 芝居も, 花は, 芸に, 草木とともに, 蟹を, 街の, 視覚も, 言えも, 言葉も, 言葉を, 誇りが, 誰が, 誰に, 誰ひとり, 課長樣が, 警固の, 貝の, 賊の, 赤札が, 足も, 躯も, 輪鍵も, 返り血, 通りか, 道で, 遠慮ばかり, 遺言状は, 酒を, 酔うと, 野原の, 野菜を, 鉄さんも, 長ずぼん, 長も, 閑散だった, 陽の, 雨乞には, 雨戸は, 雪が, 雪子が, 雲も, 電車の, 面白かった, 面白くも, 鞍掛宇八郎にも, 頬の, 頭上を, 頻々と, 顔の, 顔は, 風の, 食い物も, 馬は, 駐在所の, 髪の毛の, 魚も, 鯉も, 鼻の

1 [6458件 抜粋] 〆切も, あたりは, あなたという, あの会社, あの男, あまり昼, あるじの, あわただしくも, いいの, いくらかお腹, いちばん気ごころも, いつもお, いまあ, いやに, いわば彼, うまい物, おくみ, おそろしく迅, おひま, おれが, お前さん方は, お孃さん, お清, お米, お話も, お頭, かつてバーナアド・ショウ, かねると, きげん, ぎふにはどなたもいらっしゃいませんしなんと, げに彼, ここの, ことに秋草, この丸本, この室, この晩, この際, これから読者, こんど同じ, こんな暑, さしてぬきんでた, さらに朝廷, しかもキシさん, しつっこく, し翼, すっかり売り出し, ずいぶん久しい, ずゐぶん, そういう人種, そうした茶番, そう手っとり早く, そこの, そしてまた常に, そちらに, そのうえクリストフ, そのころ, そのポケット, その上結婚地, その他肥料屋の, その円材, その命ずる, その奇妙, その小屋, その後結婚し, その技術, その楽しみ, その目, その精神, その若, その貪婪性, その香料, それからまた心配, それから幕末維新, それだけにまたいっそう, それにこっち, それにまたなん, それに対して, それへ, それ以上一般の, そんな事, たえず夢, ただ出迎える, たとえこの, だいいちそんな, だんだん訳, ちょっとご, つぽ, てんで開かれ, で紐, ときには懸, とにかく自分, どうせ狐, どこぞ, どんなに収入, なおよく, なお読みたい, なぜここ, なにより, なんとなく胸苦しい, のを, ばらばらに, ひどく背, ふと己, ほかでも, ぼくにも, まさあね, ましてシネマ, ますます過ぎ去っ, またあわてた, またこう, またしみじみ, またたいへん, またとくに, またねたましく, またみんな, またアンドレ, またデストゥパーゴ, また一家, また上代文化, また人々, また何時も, また共に, また南国型, また名高い, また多少, また好ん, また容易, また川ふち, また後世人, また意識, また拾, また暗闇, また次, また深く, また田舎, また石見, また立川, また聞きたい, また葛西善蔵, また誰, また遊ぶ, また隣室, また高等学校時代, まったく気, まア俺たち, むしろ, めでたしです, もう先, もう重, もちろんこれ, もと妙徳山, やがて平さん, ややおくれ, ゆか板も, ようこだ, よしまた, よそへ, わがままを, わざと起き, わたしは, アメリカに, イタリア人が, エロスは, カン, クリストフには, ゴーリキイ展は, シロタや, ストックホルムにも, タクシーの, テーマを, ナースチャの, バルナバスという, ファゼーロは, プラーグの, ホテルの, マドリッド闘牛場の, ムソリーニも, ヤニングス僕オセロより, ラツール氏に, ヴェスーヴの, 一人でも, 一合の, 一度徃訪, 一方法水, 一民の, 一般の, 丁度煙草, 万吉は, 三味線の, 三月新, 下女や, 不安は, 且つ又, 世間的に, 中学へ, 丹絵は, 乗客も, 事実労資の, 二三日前役所からは, 二宮も, 二百年前でさえも, 五厘ある, 亭主も, 人物も, 人間寿命が, 今ほど, 今年も, 今晩は, 他人が, 代馬, 伊勢万作は, 伝手も, 佐吉と, 何しろ數かぎり, 何を, 余りに熱情的, 使ひ, 保子は, 修行の, 候ま, 値段も, 傳語し, 償うわけ, 兄に, 先住民族の, 入札は, 八十以上の, 六条院にも, 其上もっと, 内々の, 冬の, 出て, 分りも, 初めは, 別に愛情, 前髪を, 力寿にも, 勉強らしい, 勲章を, 医師にも, 十八日の, 千葉や, 半年の, 南露には, 厚いジャケツ, 去年の, 又ぶんなぐられた, 又八は, 又哲学, 又必ず, 又水藩史料, 又第, 又遠く, 友達なども, 受けても, 古畑も, 可哀相じゃ, 右近も, 同じよう, 同時にそれ, 名所旧跡も, 君だって, 味わうべきもの, 唇さえ, 啓蒙思想の, 四十を, 困ったな, 国男の, 地位や, 城中で, 塀の, 売り払ったり, 外に, 多分山水畫, 夢も, 大体以上の, 大学を, 大怪我, 大蔵は, 大雷鳴, 天気も, 夫人にも, 奥さんだって, 女の子が, 女王も, 妙見様へ, 委員にも, 嫌いでない, 子供達までが, 学校のか, 守一は, 宝冠も, 実際それ, 室は, 宮様も, 家持苦心の, 寄越すはず, 寢卷の, 寿一人のこし, 小さい鼻, 小屋へ, 小説や, 少しませすぎ, 尚甚しき, 履物も, 山道は, 島さんは, 工場と, 市木さんが, 帯だって, 平手さんも, 年子ねえさんは, 幸福でも, 広庭, 序戦まず, 庸太郎は, 引越してからの, 強いもの, 当局でも, 役部屋も, 彼女とも, 彼自身は, 後藤男の, 御前の, 御門は, 心で, 必死でも, 怒ったとき, 思慮の, 恋人の, 悲しいとも, 愚痴も, 感違いの, 我も, 戦時的男女関係は, 所領も, 手段の, 折から, 指ヶ谷町の, 探偵という, 政府の, 敬礼の, 文学では, 斎藤道三に, 新カント派, 新聞にも, 旗本は, 日本側からも, 早熟な, 明治に, 春子の, 時々御, 時には泣きたい, 晩年には, 曖昧にしか, 書いて, 最初の, 服なども, 木下杢太郎君は, 未亡人だった, 本場所は, 朱同の, 来たようす, 東京は, 松平出雲守の, 柄でも, 格別の, 森本薫は, 樽野としても, 歌うこころもち, 正面に, 武芸の, 歴史的弁証法の, 殆ど碌, 殊に着物, 殿軍とても, 母親や, 気にかけも, 水の上は, 永井君の, 池田良斎では, 油断を, 泰軒も, 流行っても, 消印も, 清和源氏の, 満座も, 漁法も, 激発を, 無下には, 無関心, 熟したもの, 父を, 物も, 特に起き, 猪口で, 王妃は, 現に近頃神田, 現金に, 甚三郎に, 生活が, 田地も, 申さるる, 画も, 畳の, 病床で, 白いの, 皆さんも, 目出たしか, 眉毛の, 眠るま, 着物の, 知事閣下に, 砦は, 社殿の, 神前結婚を以て, 秀吉が, 私など, 秋作氏の, 積極的に, 立派な, 第一みんな臨時, 答える言葉, 簡単には, 約三十間, 紫の, 結婚という, 絶望的な, 練兵場も, 罪悪と, 美代子の, 羽左衛門の, 老母の, 聖歌隊が, 肉体的関係を, 背が, 腕力も, 自分としては, 自然科学者の, 舌が, 良寛には, 芳太郎の, 若いの, 若者の, 荷馬車が, 落ち着かぬ所, 蓬髪から, 藍子は, 虫干しを, 血染の, 行雄が, 裁判の, 裸の, 見たものの, 親父には, 計器盤を, 詔勅も, 話は, 誤ってること, 誰でも, 諸門, 議事堂の, 財務に, 費用は, 赤土の, 起しにも, 足駄を, 転寝には, 近くに, 近頃圭子, 逃げても, 連れて, 過去に, 違い棚や, 那箇に, 都踊も, 酔わない酒, 重かった, 金も, 鈴を, 錠の, 長崎の, 間には, 降りたの, 隙間だらけだつた, 隧道に, 雑誌も, 雰囲気も, 露台を, 面倒臭くなつたら, 領主の, 頼朝の, 顔立に, 飄々などという, 食物の, 館林侯から, 馴れぬ夜道, 高等学校を, 鯨や, 黒川さんとの

▼ たかと~ (8450, 0.4%)

2633 思うと 445 思ふと 272 いうと 203 おもうと 202 思う 137 いうに 112 思って 97 いえば 94 思われる 67 思えば 64 云ふ 63 見ると 61 思ふ 59 いふと 50 思うが 47 云うこと, 云うと 46 思われるよう 43 云えば 42 思った 40 申しますと 36 思うよう 34 思いますと 32 思います, 思うほど 30 思われた 29 いへば, 見るま 28 私は 26 思われるほど 25 思はれる 23 思へば 22 いふに, 思う頃, 訊くと 21 いいますと, 思うの 20 云う事 19 いふこと, 考えて, 言えば, 訊いた 18 云ふと, 思ったが 16 思ふやう, 聞いて, 聞くと 15 思ううち, 思うま 14 思いますが, 思うころ, 思う間もなく, 見えたが, 見えるや 13 尋ねた, 記憶する 12 いって, 云ふこ, 心配し, 思つた, 思はれるやう, 思われましたが, 思われるの, 考えると, 見えましたが, 言ふ 11 云うに, 思うばかり, 思ったの, 思われます, 思われるや, 見れば, 覚えて, 言うと, 訊いて 10 尋ねると, 思いました, 申すと

9 [13件] みるま, 存じます, 彼は, 思うくらい, 思うて, 思ふが, 思ふほど, 思われたが, 思われる頃, 案じて, 言うこと, 言ふと, 訊ねた

8 おっしゃるの, きくと, 思われるが, 考へて, 見えた

7 いうのに, 云へば, 問うと, 思いながら, 思うその, 思うや, 思われる程, 想像される, 聞いた, 見る間

6 [20件] いう, おもって, きいて, 問うた, 存じて, 尋ねて, 思いましたが, 思うとき, 思うまもなく, 思う時分, 思ふうち, 思ふ程, 思われて, 思われるほどの, 想像する, 申しますに, 言うの, 言う事, 記憶し, 豹一は

5 [23件] たずねた, たずねました, みると, 云いますと, 今も, 仰っしゃるか, 問うて, 思うほどの, 思うん, 思ったくらい, 思ったほど, 思ってね, 思はる, 思はれます, 思ひます, 思ふ位, 思や, 思われるくらい, 思われるばかり, 申しますると, 聞けば, 言いますに, 驚くほどに

4 [40件] いふ事, おもわれる, お思い, それを, なると, みえたが, 一時は, 不思議に, 云う, 云うの, 云うのに, 云う点, 云って, 今でも, 問われて, 声を, 思うのに, 思う時, 思う途端, 思う間, 思ったよ, 思つてゐる, 思ひますが, 思ふの, 思われたの, 推測する, 聞かれると, 聞くの, 自分の, 見えた刹那, 見えました, 見て, 見るうち, 言いますと, 言うに, 言って, 訊く, 訊ねて, 訊ねると, 驚いて

3 [66件] あとで, いうとね, いうので, おもう, おもうほど, おもえば, きいた, ぎょっとした, それが, それも, たずねて, ひそかに, びっくりした, 云う問題, 今に, 仰しゃるのですか, 仰しゃるんですか, 呼べば, 問うに, 問えば, 問ふ, 問へば, 存じますが, 存ぜられます, 彼女は, 後悔した, 思いましたよ, 思いまして, 思いますね, 思いますよ, 思ったから, 思ったり, 思はれる頃, 思ふ樣, 思ふ途端, 思わせた, 思わせる, 思われたほど, 思われました, 思われること, 思われるこの, 思われるころ, 怪しんで, 気が, 申すこと, 疑った, 疑はれて, 疑われる, 私には, 私の, 考えられる, 聞かれて, 自分ながら, 良人に, 見えた時, 見えた途端, 見えて, 見えるの, 見えるほど, 言つた, 言わんばかりの, 訊いたが, 訊かれると, 訊くの, 詮議する, 驚いた

2 [147件] あたりを, いつたやう, いつて, いひますと, いふ, いわぬばかり, おっしゃるか, おどろいた, おどろいて, おもいながら, おもうころ, おもわれた, おもわれるが, お問, お噂, お考え, からかわれたので, ききました, これも, さへ, その時, たずねましたが, なれば, みるや, みれば, やはり感慨, われながら, ハッと, 一語に, 不審に, 二三日過ぎ, 云いました, 云うとね, 云うよう, 云うん, 云う様, 云った, 人々は, 余は, 僕は, 問われた時, 喜んで, 奥さんに, 妙な, 嬲れば, 存じますと, 尋ねさした, 尋ねたが, 帝は, 彼の, 後悔し, 心に, 心配した, 心配する, 思いましてね, 思いやった, 思い洗い場, 思うけれど, 思うこと, 思うだろう, 思う様, 思う程, 思う間もなくたちまち, 思える, 思ったので, 思ったのに, 思ったら, 思ったらそれ, 思ったらまた, 思ったん, 思った刹那, 思った瞬間, 思った途端, 思っても, 思つたのだらう, 思つたのに, 思つてな, 思はせるやう, 思はれるの, 思はれるふし, 思はれるほど, 思はれる位, 思ふ中, 思ふ間もなく, 思ふ頃, 思わせるよう, 思わる, 思われまして, 思われるだけ, 思われるばかりに, 思われるほどに, 思われるもの, 思われる位, 想われる, 想像された, 想像せられる, 慌てて, 我れ, 推する, 推察し, 教師に, 残念そうに, 気づくと, 気に, 気を, 氣が, 申すに, 申すの, 申す事, 申せば, 疑って, 疑はる, 疑われるほど, 矢代は, 私に, 笑ふ, 考うる, 考えられるの, 考へられる, 耳を, 聞いたら, 聞かれた, 聞かれたので, 聞きに, 聞きました, 聞く, 自分を, 見えたとき, 見えたほど, 見える, 見えると, 見る中, 見る間もなく, 観念した, 解して, 言うん, 言った, 言へば, 言われて, 許り, 詰問する, 調べて, 質問した, 近江屋の, 院は, 顔を, 驚いたの

1 [1525件 抜粋] ああよかっ, あっしは, あの人, あやしんだ, いいとうなる, いいますのに, いうごときこと, いおうと, いたわるよう, いつた, いつも心, いふとね, いふのに, いろいろ想像, いわれて, うたがわれたの, うなずいたわけ, うらやましく思いました, うわさの, おせい, おっしゃるん, おどろきを, おのずと涙, おもうくらいに, おもったとき, おもわせる, おもわれました, お嘆き, お尋ね申上げた, お思いなさいましょう, お気づきに, お粂, お訊き, かえって嬉し, かわいくお, きいたと, きいた時, きかれたら俺, きくので, きまり悪く, くれぐれも感心, ぐるぐる見まわし, こっちから, この部屋, こんがらが出て, こんがらを, さらに驚かれた, しばらく観察, じつは御, すぐ見, ずいぶん心配, せめてもの, そう手軽, そつと, その後では, それぎり二人は, そればかり, たずね, たずねたので, たずねられりゃ見たと, たずねるの, たんねんに, ちょっと思うた, どこまでも, なら他, はっきりした, はるかな, ひとり苦笑せざる, びっくり, ふと錯覚, ぼくが, まあ想像, また訊かれた, まづ, みえるから, みな泣き沈んだ, みる間, めづらしく思ひ, やはり見下し, よろこんだの, わしが, わたしなどは, オリヴィエから, ジーツと, トラックの, 一々尋ね廻る, 一夜じゅう心配で, 一層不便, 一緒に, 一言云ったら, 不審し, 不思議がっ, 不思議でも, 世人の, 予感を, 云うほどに, 云うんでさ, 云う側, 云う声, 云う感, 云う気, 云う者, 云ってるん, 云つて後しゆん, 云ふから自分は, 云や, 云われて, 云われるには, 云わんばかりに, 人が, 人間の, 今思う, 今更に, 今更思う, 仔細を, 仰っしゃいますので, 仰ッ, 仰有るん, 伺われる威厳, 何やら自分, 余計な, 俄に, 信ずる事, 側臣に, 僕等も, 全軍, 其音の, 内心気に, 分って, 初めて疑い, 力を, 十郎左衛門などは, 参列者は, 友人に, 反問するでしょう, 取り返したいくらいに, 叱りました, 吃驚し, 吃驚しました, 合点し, 呟きながら, 咎めるよう, 問いあわせ中, 問いかけた, 問いまするに, 問うから, 問うた帳場, 問うの, 問は, 問はれ, 問ひつめ, 問わるれば, 問われても, 善に, 喜びながら, 噂を, 困つた風情, 城下の, 塾生に, 多年の, 大笑いし, 夫人に, 女中に, 存じましたしかし, 守人は, 安心が, 宋諜報部長に, 実は心配, 家来どもが, 察せられるの, 尋ねたそう, 尋ねたり, 尋ねましたので, 尋ねますから, 尋ねられたから, 尋ねる, 尋ねるだろう, 尋ね顔, 小草, 少からず, 少し驚き, 局は, 左馬介が, 平生から, 度を, 弟は, 当惑し, 往来の, 後悔された, 後手を, 微笑を, 心づいて, 心を, 心得まして, 心配してた, 必ず訊かれる, 思い, 思いかえして, 思いの外, 思いましたて, 思いました不意, 思いますけれども, 思いみながら, 思いわるく, 思い合せいま, 思い始めたの, 思い直して, 思うかね, 思うこれ, 思うた, 思うたとき, 思うたら目, 思うとさ, 思うと共に, 思うね, 思うもの, 思うより, 思うイジワル, 思う中, 思う事実, 思う位, 思う千駄, 思う土曜日, 思う場所, 思う川越芋, 思う心持, 思う時刻, 思う様子, 思う濡れたよう, 思う痕跡, 思う私, 思う腰, 思う追, 思う静かさ, 思う顔, 思う鼻, 思えるし, 思える広い, 思える頃, 思ったか, 思ったぞ, 思ったところ, 思ったね, 思ったらしいが, 思ったらもう, 思ったら君, 思ったら川村秀治, 思ったら結果, 思ったわけ, 思ったカラス, 思った弦, 思った道, 思った頃, 思ってな, 思つたのは, 思つたら, 思つてちよつと, 思つても, 思つてギクリ, 思つて案じ, 思つて見た, 思はせる, 思はれたと, 思はれた表情, 思はれますけれども, 思はれるし, 思はれるよう, 思はれる彼方, 思はれる標札屋, 思はれる程日毎, 思はれる色沢, 思ひましたが, 思ひますけど, 思ひやられる, 思ひ返して, 思ふから, 思ふて, 思ふとは, 思ふのに, 思ふん, 思ふ大柳, 思ふ時, 思ふ様, 思ふ涼し, 思ふ許, 思へた, 思へるほどの, 思わず瞼, 思わせるの, 思わるるばかりに, 思わるる幾つ, 思わるる頃, 思われさえも, 思われたくらい, 思われた時, 思われた男, 思われては, 思われまするの, 思われるぐらいの, 思われるし, 思われると, 思われるのに, 思われるふし, 思われるほど華やか, 思われるまもなく, 思われるニルヤ, 思われる一種異様, 思われる優秀品, 思われる別, 思われる唇, 思われる屯田船頭, 思われる強情, 思われる恥, 思われる時分, 思われる梅干, 思われる気配, 思われる眼光, 思われる節, 思われる蜥蜴, 思われる道ばた, 思われる音響, 思われ個々, 思われ気, 急いで, 怪しまれるの, 怪しみながら, 怪ま, 恐くなった, 恐れてた所, 恐ろしく感ぜられた, 恰もこの, 悔まれた, 悔やんだが, 悪態されたで, 悲しみと, 情なく感じた, 惜しまれたが, 想うと, 想つて見た, 想わせる, 想像され, 想像した, 愈々勢, 感じた, 感じたよう, 感じる程, 感謝したい, 憂えられる例, 戸惑いを, 押し返して, 推せられる, 推量される, 改めてズボン, 散々に, 早や, 旭山胸撫でおろし, 昔の, 昨日来の, 暫らく唸っ, 書きました, 朦朧として, 李逵を, 栄二が, 楠は, 次郎左衛門も, 此処に, 残念であった, 殘念な, 母に, 気がついたので, 気が付くと, 気味の, 氣遣ひ, 法皇は, 深い溜息, 烈しく反省, 無闇に, 猜する, 生絹は, 申しまするならば, 申に, 疑いながら, 疑うばかりに, 疑えるほど, 疑つて, 疑はれる程, 疑るムキ, 疑われた, 疑われるそれ, 疑われる鮮紅色, 痛嘆する, 白石は, 目が, 省みられる節, 真赤で, 知ったらこんど, 砂に, 社が, 私も, 笑止, 粘り強く研究, 給仕に, 縁先から, 義貞は, 考えさせられた, 考えた時, 考えましたから, 考えられまた, 考えるとき, 考える時, 考へます, 考へる, 考へるの, 聞いたら彼, 聞いたら飲ましても, 聞いても, 聞かれたら, 聞かれた事, 聞きましたが, 聞きますと, 聞き返したらゴーリキイ, 聞くから, 聞くので, 聞く世の中, 聴けば, 胸は, 腋の下から, 自ら思う, 自分も, 花房探偵に, 苦心し, 落胆する, 蒼白た, 虎之助は, 見えたところ, 見えた時ゴーッ, 見えます, 見えるが, 見えるばかりに, 見える一塊, 見える司馬道場, 見える死骸, 見おろしましたが, 見た途端, 見まわすと, 見るがい, 見るや, 見廻すと, 覚ゆ, 観たり, 言うから, 言う左様, 言う氣, 言ったそう, 言ったよう, 言はれる, 言ひます, 言わない代り, 言われたの, 言われると, 言葉を, 訊いたので, 訊いても, 訊かれたので, 訊かれれば, 訊きただすと, 訊くん, 訊ねたん, 訊ねられても, 訊ねる眼目, 訊問する, 訝りながら, 詮議した, 詰問した, 語らせ給, 読者は, 調べられたらお前, 諸方から, 谷村は, 質すと, 足が, 跡もどりする, 輝いたの, 迷いましたが, 追求する, 途中の, 達雄は, 醤買石は, 野村は, 長大息する, 雀が, 青といふ, 非常に, 顔の, 驚いたという, 驚かれる, 驚き今日, 驚くばかり, 驚歎は, 鮮麗に

▼ たわけ~ (8229, 0.4%)

1699 では 945 である 652 です 566 でも 549237 だが 201 なの 157 じゃない 131 なん 107 ですが 99 であるが 84 であった, でした 83 だった 81 であります 76 だね 69 ですね 6255 か, だな 5449 でしょう 39 じゃねえ 37 だから 33 じゃありません 29 でございます 28 じゃ, だろう, であつ 26 ですか, ですから, になる 25 じゃア, ですよ 2322 だったが, だと 21 だよ, のもの 18 でご 17 じゃあるまい, だか, であろう 16 でありますが 15 じゃなし, ですな 14 であるから, は 13 じゃございません, でこの, でござる 12 かその, がある, じゃある, でもなかつた 11 であったが, でそれ, でないから 10 がわかった, じゃあない, だつた, であらう, でない, なので, よ 9 かこの, でありました, でございまする, でして, でその 8 か私, がわかりました, じゃあねえ, であろうか, でこれ, でございますが, でしたが, でせう, なのね, もわかる 7 じゃなかった, だったの, でしょうか, で私, はその, を話し 6 だろうか, でございました, でさ, なのよ, なんで 5 か彼, じゃが, じゃな, じゃないでしょう, じゃ無い, じや, でないこと, で御座います

4 [15件] かそこ, がこれ, がよく, じゃありますまい, じゃなかろう, であって, であるか, でお, のわからない, はこれ, はそれ, はない, もこれ, を聞い, を説明

3 [29件] かい, かこれ, かね, か急, か涙, があっ, がわかる, じゃござん, じゃなく, だけど, だし, だったん, だの, だらう, だろうが, でいわば, でこんな, でさすが, ですからね, でつまり, でなくただ, ではござりませぬ, でまた, で彼, で従って, はこの, は他, もよく, を話した

2 [92件] かこのごろ, かたま, かと思っ, かな, か二人, か二階, か今, か僕, か全く, か妙, か少し, か釣れ, か魚, が, がそれで, がよ, が分らなくなる, じゃあありますまい, じゃあありません, じゃあございません, じゃあるめえし, じゃござんすまい, じゃないです, だがね, だけれど, だけれども, だつたが, だろうさ, だろうと, だわ, であの, であること, であるその, であると, でごく, でござるが, でしかし, でしたから, でしてな, でしょうね, でしょう私, ですえ, ですかね, ですかねえ, ですし, ですもの, ですわ, でそんな, でないが, でなかった, でなくいよ, でなくその, でなくどこ, でぼく, でまことに, でもう, でもねえ, で之, で今, で何処, で全く, で別に, で君, で幾代, で敵, で日本, で死刑, で私たち, で科学, で緑, で興味, なのに, なんだい, になります, ねえ, の一つ, はあの, はいま, はただ, はどうも, は何, は彼, は私, は親分, は近頃, は金属球, もある, らしい, をお, を手短, を聞かなきゃ, を話しました

1 [774件 抜粋] え侍, かある, かあんなに, かうしろ, かうす, かえ, かお, かかたり, かきょう, かこいつ, かこちら, かさ, かしくしく, かしばらく, かすぐ, かすこしも, かその後, かそり, かたいへん, かただ, かてつ, かといろいろ, かとしきりに, かとんと, かと不思議, かと二人, かと云, かと思, かと聞きました, かなかなか, かなと初めて, かのど, かばか, かひとり, かびく, かふと, かぷーんと, かへん, かまぐれあたり, かまっ白, かみょうに, かもう, かや, かやれやれ, からし, かわからない, かわかりません, かグズグズ, かハルク, かヘビ, かポオ助教授, かヨシ子ちゃん, かヴェリチャーニノフ, か一向に, か一度, か上, か中途, か二, か今度, か今日, か先方, か其の, か別, か卒業, か博士, か唇, か喜助, か夜中二階, か大いに, か嫂, か子, か定子, か室内, か小川, か少年, か山, か店, か強気, か恋愛, か扉, か旅客機, か明智, か昨日, か時々, か木曾少年, か柴垣, か棒, か機関銃, か次第に, か民衆, か水色, か湖水, か無責任, か爆撃, か猫, か男賊, か白銅, か皮膚, か知りたい, か私たち, か第, か結婚, か老, か胸, か自分, か行方不明, か西洋人夫婦, か進路, か邸, か門, か雨傘, か音, か頭, か魏, か鳥, があるだろう, がいよいよはっきり, がうがつた, がそろっ, がどうやら, がはっきり, がまざまざ, がやっと少し, がわかったろう, がわからなくなる, がわからん, がわかるだろう, がわかるでしょう, が今, が分った, が分らなかった, が分りました, が分ります, が判った, が判らなかつた, が彼, が解, が解った, が首, さそれ, さ面白く, ざっとこんな, しり苦労, じゃあありますめえ, じゃああるまい, じゃあないでしょう, じゃあねえここ, じゃあるまいしなんだい, じゃあ無かっ, じゃがこれ, じゃがその, じゃご, じゃないだろう, じゃなくっ, じゃねえや, じゃの違うまい, じゃよ, じア, その一, それからウードレー紳士, だからな, だからね, だけを了解, だそう, だそれだけ, だったかも, だったので, だったン, だつたな, だつたのさ, だつたん, だなと, だねえ, だらうその, だろうけれども, だろうし, だろうとりあえず, だん, だネ, だ儀八, だ時に, だ本当は, だ私, だ金, であそこ, であっし, であったろう, であつし, でありあなた, でありしたがってまた, でありすくなくとも, でありその, でありまして, でありますけれど, でありますどうか, でありまするが, であります市営建造物, でありませんけ, であり一連, であり二人, であり銚子, であるあの, であるけれども, であるこの, であるとも, であるなど, であるの, であるやがて, であろうが, でいい, でいそがしい, でいろいろ, でおまけ, でかねがね, でかれの, でぐっと, でこうして, でことさら, でこれら, でこれ以上解き方, でございまして, でございましょうけれど, でございますね, でございます親分, でござった, でござるか, でござんすいったい, でさて, でしかも, でしたの, でしょうが, でしょうひとりでに, でしょうナ, ですええ, ですお蔭, ですがね, ですけど, ですこの, ですこれ, ですその, ですっかり, ですでも, ですところが, ですどう, ですなわち, ですねえ, ですのね, ですもう, ですリザベタさん, です一緒, です昭和十四年十月十四日, でそこ, でそれだけ, でそれに, でそれほど, でたとい, でだから, でどうかもう一度, でどうも, でどっち, でな, でないけれども, でないので, でないのに, でない彼, でない旨, でなかったが, でなかつた, でなくいずれ, でなくいわば, でなくそう, でなくたいてい, でなくまた, でなくドコ, でなく一般的, でなく亡くなった内儀さん, でなく亡くなつた内儀さん, でなく他, でなく半, でなく同役, でなく唯, でなく川中島, でなく私, でなく裁判所, でなん, でなんか, でね, ではい, ではござりませな, ではたち, でへとへと, でべつに, でまったく, でもござりますまい, でもちろん, でやがて, でゆがみ, でイートン, でグウテンベルグ, でビルマ, でペンペン草, でヴェリチャーニノフ, で一瞬轉, で下品, で事件, で二月二十四日, で人相, で仕事, で休み, で伝七, で何しろ, で何百何十分, で僕, で先達, で光りを, で双方, で双方目的, で吉原, で和尚, で喬木のぶ, で囚人, で外, で多分, で天気, で始めて, で娘, で実にどうも, で実際, で山, で山門三千, で平和克服, で幽霊船, で廿代, で当時, で御座, で怖, で思へば, で恐らく, で悪い, で我, で教祖, で料理場, で日支事変中, で明治末期, で更に, で最前, で条件, で東京, で津田, で渡り初め, で燃, で父親, で生前, で画法, で發掘, で矢飛白, で禁止, で第, で等しく, で結局あなた, で統制経済, で自分, で自然, で茂兵衛, で茂助, で要するに, で誰それ, で貴公, で過去帳, で道ばたなぞ, で間, で階段, で風貌, で高桑中尉, というの, とおっしゃいます, とびつきも, と云うべき, と思う, と罵られ, なぞで, などとやかましく, なら相手, なり, なんでさ, にございまする, になった, になつ, になり, には実は, に違, のこと, のものぢ, のもん, の外出, の座長, の有り, の青, はあなた, はいくらか, はいちめん, はきかない, はけれども, はここ, はこないだ, はございません, はすべて僕, はつまり, はないでしょう, はなん, はね珍しく, はほら, はもう, はもちろん, はよっぽどたって, はわからない, はわれわれ, はウララ夫人, はキタナイ, はシェクスピア, はヌリノミ, は世の中, は両親はじめ親類中, は二年, は云いたくない, は今日, は会衆, は佐々, は単に, は原文, は合点, は君, は地球, は夜, は如何なる, は実によく, は息子, は持久戦, は母, は清洲, は父, は知っ, は石長姫, は自分, は解けた, は解るでせう, は課長さん, は逃げ路, へだて, へ今度, もありません, もお, もこ, もそこ, もわからない, もパパ, も主膳, も伸子, も判っ, も柳生流, も此, も目的地, も知っ, も説明, も読めた, やが, やらう, や日本, よあなた, よの, をいわない, をお話し, をそっくり, をそれ, を三人, を主婦, を告げ, を告げた, を家中, を察した, を思い出した, を曖昧, を次, を申す, を男, を知った, を知らず, を考え, を考える, を色々, を訊い, を訊ねました, を話し出す, を話す, を誌, を語った, を述べた, を述べる, 又, 揃いじゃ

▼ たそう~ (8215, 0.4%)

1435 です 1304 である 980475 だが 457 ですが 311224183 ですよ 167 でございます 142 ですね 134 であるが 87 じゃない 86 だね 84 だな 71 ですから 69 だから 66 だよ 58 であります 37 でその, では 34 であった 32 にし 30 だし 28 でご 26 じゃ 24 でございますが, な顔 22 して, だった 21 にご 20 でそれ 19 じゃが 18 でした 16 ですがね 15 ですけれど, ですな 14 であるから 13 であったが, ですの, な様子, よ 12 だけれど, でありますが, でお, ですからね, で御座います 11 だがね, だの, でこれ 10 じゃありません, で私 9 すると, でございますよ, でしたが, にした 8 だったが, だと, でこの, でございますね, ですけれども, でね 7 だけれども, でまことに, なの, にする, に唇 6 じゃな, だぜ, であの, ですし, ですわ, に見えた 5 だからね, でまた, で御座いますが, なが, に, に厶, に口

4 [20件] じゃございませんか, じゃないです, じゃの, だという, でございますから, でございますな, でござる, でしたね, ですけど, ですけどね, ですぞ, ですねえ, で今, で実に, なので, なん, な表情, にもじもじ, に腰, 言って

3 [24件] だけど, だしかし, だそれ, だなどと, だろう, であるし, であると, でおめでとう, でさ, でそうして, でそこ, でその後, でやっぱり, でヘエ, で何, で何より, で厶, で子供, で本当に, で母, な声, な眼つき, に笑っ, や

2 [86件] いえば, じゃから, じゃねえか, じや, すること, すれば, せずには, だけれ, だす, だで, だなど, だねえ, だのに, だろうと, だネ, だ始終, であって, であと, でいつ, でいつも, でいま, でいろいろ, でがす, でここ, でございまして, でございますの, でしょう, ですお母さん, ですそして, ですそれ, ですっかり, ですってね, ですと, ですねと, ですのよ, ですもの, ですネ, でそう, でそういう, でそれから, でそれなら, でただ, でつい, でとうとう, でどうも, でどんな, でな, でまだ, でもう, でもちろん, でやす, で二階, で刈田, で勿論, で又, で土地, で外国, で彼女, で御, で指, で早速, で父, で申訳, で結構, で随分, で顔, なくては, なその, なそれ, なのう, なよう, な口付, な容子, な目, な顔付, にいう, にお, にございます, にござる, にまた, に空, に肩, やな, よそれでも, 云えば, 思って

1 [749件 抜粋] いいましたね, いい張って, いたして, いっても, かとおれ, かと存じました, かの, か男, ごん, さその, したいと, したらあにい, しなければ, しまする, じゃあありません, じゃあねえか, じゃが歌枕, じゃってのう, じゃねえ, じゃ無いか, する必要, だお, だからねえ, だこの間, だそいつ, だそう, だぞ, だちぐささん, だったな, だったの, だって, だつた, だなと, だなどという, だなんと, だへび, だまさか, だまずい, だもう, だもの, だろうな, だわ, だッ, だテ, だハハハハ, だミマツ曲馬団, だ主人, だ伊集院さん, だ何しろちゃんと, だ冗談, だ同じ, だ少し, だ折々, だ早く, だ本心, だ某, だ生き身, だ白峰, だ私, だ約, だ茂七さん, だ親父, だ陸奥守, でああ, であった旅, であなた, であらん限り, でありがたく, でありました, でありまして, であり平野屋, であるこの, であるそれから, である事, である松村信也氏, である現に, である若君, であれ, でいざ, でいったい, でいま藤沢, でいよいよ, でいわば, でおっかさん, でおもしろかっ, でお嬢さん, でお母様, でお礼, でかの, でがすよ, でことに, でございました, でございましてな, でございますお, でございますそう, でございますそして, でございますそれに, でございますところが, でございますなあ, でございますのに, でございますわね, でござるが, でござんす, でごぜ, でさあ, でさかん, でさぞ, でしかし, でしたのに, でして, でしばらく, でしょ, でしょと, ですお, ですからと, ですがな, ですけ, ですけれどもね, ですぜ, ですその, ですって, ですでに, ですねって, ですので, ですまた, ですもっとも, ですヘッドライト, です上意, です僕, です可哀そう, です席, です服装一切会社, です玖珂, です甲斐め, でずっと, でそいつ, でそのうえ, でその後幾度, でそれでは, でそれでも, でそんな, でた, でたった今, でたぶん, でだからこうして, でって, ででかでか, でところが, でどう, でどうか, でないと, でなくてさえ, でなし, でなにさま, でなんだか, でなんと, でねて, でのう, でほんとう, でほんの, でまあ, でまずまず, でみんな, でみんなぐしょぐしょ, でもう少し, でやさし, でやすね, でやはり, でよっぽど, でよほど, でわし, でんな, でイスパニア, でカヨさん, でシゴイさん, でジミ, でステキ, でストーブのれん瓦, でバクハツ, でブロークン, で一インチ位, で一体, で一巻, で一度, で三十年来, で三十歳頃, で三輪, で上って, で下女一人, で不具, で世の中, で両, で中, で中旬, で主知派, で事実, で五十年輩, で亥刻半, で今一手, で今回節句, で仕方, で他, で以来, で何時, で傷, で僕, で兎, で全く, で其の, で再版, で凄い, で分量, で十句, で十四歳, で去年, で友達, で古家, で可哀そう, で同じ, で味の素, で土用, で埋立, で外, で外伝, で大, で大井川, で大変親切, で夫人, で姙娠, で婆さん, で安心, で安静, で実際, で宵, で家臣, で小, で少将さん, で就中中条流, で左様, で常住土蔵, で平六, で年, で床の間, で廊下, で弁慶, で弱ったこと, で当人, で彼, で後で, で従って, で御座, で御座いまして, で御座いますよ, で思いがけない, で恐れ入りました, で悪人, で成人, で房州鋸山, で手當, で捜すの, で改めて, で敵将, で斜, で日常, で日露戦争後, で早瀬, で明治, で昨夜, で昭和十八年, で時間中, で暗, で有難う, で本人, で本邸, で村民, で東洋銀行, で松平家, で栄子さん, で株屋, で森林, で楠, で残念, で殿さま, で毎度, で民子, で決して, で津田玄蕃, で渡し守, で源次郎氏, で然し, で燃, で現に, で生, で男っぷり, で男の子, で畳, で痩せた身体, で皆元気, で盗られた金, で眠って, で私たち, で穂吉, で窓, で細引, で維新後, で綾子様, で義経, で老人, で老婆, で背後, で自然生活, で舌, で舟木, で船長, で良人, で若い, で苦しまぎれ, で茶代, で菊五郎, で蘿月, で襖, で西野博士, で見かけ以上, で計らず見付けた女中, で誰, で趣味, で跛足, で返り血, で迷惑, で道化, で部屋, で門八爺, で間もなく, で面目次第, で面紗, で首, で馬鹿, で黴, となれ, とも, ともそうとも, と八方, と存じました, と思った, なあんばい, なお, ながな, なくちゃあ, なご, なして, なす, なせめて, なと, なところ, なところが, なと云われる, などれご馳走, なほんとに, なまア, なり, なりゃアお互い相棒, なると, なる眼, なナア, なネ, な事, な人, な何, な冷たい, な口吻, な口調, な城太郎, な夜着, な女, な姿, な影, な感じ, な手, な手つき, な梶女, な構え, な気持ち, な水, な白い, な眸, な眼付き, な眼色, な程, な精力的, な素振り, な緊張, な脛, な自分, な話, な責任, な鉄鎚, な長持, な靴, な顔つき, にあたり, にいっ, にうつむいた, にうなずい, にきどった, にぐずぐず, にしばらく, にしました, にすり寄っ, にたしなめる, にちらり, につかつか, になる, にぴったり, にも見えなかった, にも見える, にアリョーシャ, にギョロギョロ, にハンケチ, にポンポン, に下塗, に云う, に云った, に体, に八田塾生, に半分口, に四つンばい, に封, に少し, に左, に店番, に廊下, に微笑, に思い思い, に怯, に情けな, に我, に手, に投出し, に挿頭, に月光, に桔梗様, に此方, に武蔵, に灰色, に熱心, に甲斐, に畳んだ, に眉根, に眺め, に細め, に聞い, に聞く, に背, に膝, に自分, に薄笑い, に袖, に見え, に見える, に親達, に言い切った, に話しかけた, に話しかけない, に赤い, に軋ん, に階段, に露八, に頽然, に顔中, に首, に黒須, ほどにお, も云えます, やから, やさかい, やに, やのん, よ戸口, らあれを, イェルザレムは, ダイスか, 云ういろ, 云うもの, 云う性格, 云う手前, 云って, 云われて, 仰言ってるん, 国にも, 思うと, 思えば, 思ったから, 想像が, 感激の, 早合点を, 気づいて, 注いじゃ, 言うの, 言える苦痛, 訊かずには

▼ た~ (7847, 0.4%)

591 がある 253 があった 136 はない 86 があります 78 もある 75 がない 64 もあった 63 では 62 のよう, は一人 59 である, はなかっ 53 は誰 46 でも 4542 もない 41 があつ 36 があっ, です, はありません 35 はその 33 でなければ 3129 であった 24 がありました 23 が一人, だと 21 がいる, がなかっ, の中 20 ですが 19 がいた, がその 18 が多い, のある, の一人, は皆, もなく 17 が, だが, はいない, はなかつた 16 は無い 15 が多かっ, だった, でご, でございます, のやう, もありません 14 だから, もあつ, もなかっ, も多かっ 13 が二人, が無い, であるが, と見え, の話, もあり 12 が多く, じゃ, で, はなく, も少なく 11 は必ず, もいる

10 [12件] がこの, が幾人, であります, であるから, でございますが, ですから, なの, のうち, の方, はそれ, はほとんど, は決して

9 [12件] があり, があろう, に相違, の名, の眼, はある, はあるまい, はこの, はございません, はだれ, はみな, を見る

8 [17件] があるだろう, があれ, がございます, がそれ, でござる, でないと, なので, ならば, のない, の仕業, の口, はお, はまだ, は何, は幾人, もありました, もいた

7 [19件] か, があったら, が三人, が自分, さえある, であって, であること, であると, と見える, の子孫, の心, の間, の顔, はおそらく, はねえ, はひとり, は他, は自分, もあろう

6 [22件] があるらしい, がここ, が急, さえあった, だという, といえ, にご, にとつて, のこと, のなか, の如く, はこれ, はどんな, はみんな, は無, は無かっ, は私, ばかりだ, もあります, も多い, も少く, も尠

5 [29件] がまた, が今, が今日, が勝ち, が居る, が手, が有る, が私, が説明, でござるが, にその, のあった, の大和, の姿, の手, の数, の様, の言, はかつて, はないだろう, は今, は何人, は併, は彼, もあっ, もあるまい, もあれ, もそれ, も多く

4 [53件] がありません, があるでしょう, がこれ, がたくさん, がなかつた, がなく, がみんな, がよく, が他, が尠, が彼, が皆, が誰, じゃない, だし, であったが, であろうか, となっ, となる, なら誰, に, には, に違い, に限る, のする, のため, の上, の前, の声, の外, の妻, の娘, の目, はこれぞ, はすぐ, はどう, はもう, はやはり, は勿論, は大抵, は容易, は年, は恐らく, は手, は殆, は爾, ばかりであった, もあらう, も出た, も幾人, も無い, をどこ, を見た

3 [107件] あり, があったなら, があったろう, がありまし, がありませんでした, があるだらう, があるなら, があるらしく, がい, がいった, がいつ, がいない, がそんな, がどれ, がねえ, がもう, が入っ, が出, が大, が大勢, が少なく, が悪い, が有っ, が此, が無かっ, じゃア, すらない, であ, であっても, であらう, である事, であろう, でお, でそれ, でない事, でなくては, で何, という, とお, と言, なれば, にお, にちがい, になっ, には必ず, には望み次第, には褒美, に對, の, のほう, の喜び, の子, の指, の死骸, の注意, の無い, の言葉, の身, はあった, はあまり, はありませんでした, はいずれ, はいつ, はいなかった, はおりません, はきっと, はここ, はただ, はたちまち, はどこ, はほか, はまた, はもちろん, はよく, は一つ, は一生, は上方, は仕方, は伝六, は何者, は余人, は多い, は多分, は家中, は居ない, は当然, は彼女, は御, は数, は早く, は死, は死ぬ, は男, は直ぐ, は直ちに, は誰一人, は遠く, ばかりで, ばかりである, もすくなく, もなけれ, も多, も大分, らしい, をお, をこの, を詮議

2 [372件] ありて, あると, があったでしょう, があと, がいきなり, がいくら, がいなかった, がいるだろう, がうしろ, がおり, がご, がございまし, がすくなく, がすでに, がそつ, がそのまま, がどうして, がどこ, がどんな, がなき, がなきゃ, がなけりゃ, がひょいと, がほか, がまだ, がやがて, がやはり, がようやく, が一度, が一番, が三四人, が上役人, が不意, が乗っ, が二三人, が二十歳, が五人, が今度, が何, が何で, が何人, が俄, が入, が出る, が勝者, が叟, が同じ, が同時に, が君主, が喋る, が四五人, が四人, が声, が夕方, が女, が害, が家, が少く, が帰っ, が平凡, が平和, が幾ら, が庭石, が後, が後に, が意外, が捕縛, が数人, が敵, が既に, が有, が横たわっ, が次, が此レール, が気がつい, が水, が沢山, が測らず, が眼, が突然, が続出, が自ら, が見ます, が負け, が飛込んだ, さえもあった, じゃが, だけれど, だそう, だその, だとは, だよ, だらう, だろう, だ此, であるといふ, であるにも, である故, であろうと, でここ, でこれ, でございまして, でございますから, でごぜ, でさえ, ですと, ですよ, でその, でなくちゃ, でもあった, で人, で今, で其の, で御座いますが, で男一, で私, とあれ, というもの, といっ, とし, とのこと, とみえ, と一見, と殺された, と相談, と知り, と締めた, なら, ならだれ, においてその, にこの, にし, にすぎない, にそれ, にとってはその, になる, にはこの, にはどうしても, には冷遇, には極刑, には誰, にも似合わぬ, にエナコ, に不意, に与える, に代っ, に伝票, に同情, に向かっ, に向っ, に特有, に逢う, に違, のうめき, のそれ, のひとり, のほか, のほとんど, のみである, の例, の側, の其の, の半数, の命, の多く, の女, の子供, の家, の家族, の屍体, の常, の後, の心情, の心持, の悲しみ, の感じ, の感情, の持つ, の最後, の末, の様子, の歩む, の死体, の気持ち, の求める, の経験, の義務, の胸, の行動, の記念, の記憶, の詮索, の誓, の誤り, の誰, の責任, の身体, の運命, の靈, の頭, の魂, はありませぬ, はあッ, はいかに, はいかにも, はいくら, はかえって, はかならず, はかなり, はかの, はこんな, はござりませぬ, はそういう, はそこ, はそれだけ, はただに, はたった, はたとい, はたとえ, はなあんだ, はないだらう, はまぎれ, はまたたき, はまったく, はみなこれ, はもう二度と, はもと, はややもすれば, はわずか, はウマ, は一々, は一個, は三人, は主, は予め, は二, は二三人, は二度, は人, は体, は何とも, は僅か, は全く, は全部八丁堀, は出, は別に, は到底, は北, は半数, は卒直, は協議, は又, は君, は唯, は多く, は大地, は天下, は奴隷, は寄手, は少い, は少し, は少ない, は少なかっ, は尚, は尠, は帰っ, は幸福, は当時, は彼等, は悉く, は成女戒, は我, は更に, は最初, は朝, は村, は次, は死ん, は死刑, は殺人罪, は江戸, は沢山, は浪人, は無事, は無数, は現場, は甚だ, は男性, は町内, は病気, は皆文壇的, は真に, は秀吉, は約, は運, は重い, は随分, は頑鉄, は驚い, ばかり, ばかりだった, ばかりです, ばかり一番, も, もあ, もあったであろう, もありませんでした, もいちどきに, もいま, もおり, もおりません, もこの, もこれ, もございます, もずいぶん, もその, もたくさん, もないだろう, もひとり, もまた, もみな, もみんな, ももう, もゐた, もバケツ, も一人, も三人, も亦, も入, も共に, も同じ, も同様, も在った, も多かろ, も怨ん, も有り, も永手, も決して, も沢山, も皆, も絶無, も聞いた, も若き, も負けた, も魚, よりしんじつ, わずかに, を, をいふ, をただ, をついに, をもう, をもっ, をも驚かした, を一ぺん, を一人, を任じた, を再び, を叱する, を慰むる, を捜す, を採用, を殺す, を見, を見ない, を見れ, を連れ, を選ん, を雇う, 又は或, 少なからず, 殊に手足

1 [3074件 抜粋] あったに, ありとは, および一家, かと思える, かも知れない, からヤセ, から得た, から知力, から訴え出た, か分らない, か解らない, があらかた, があるらしかった, がいなくなった, がお, がおりました, がかえって, がことごとく, がしきりに, がすべて二条派, がその頃三名, がたと, がなにゆえ, がふびん, がみだりに, がやめられ, がゐなかつた, がバッサリ, が一巻, が一般, が三十人, が不幸, が九十八人, が五ヶ年間, が人出入り, が今更, が代る, が住むだら, が信長, が僕, が八人位, が其空船, が分らないで黙っ, が加勢, が十人, が協力, が取る, が只今, が呆れた, が土地, が外, が大いに, が妻, が家持ち, が少なから, が居村, が川端, が幾日, が役所, が御座いませんでした, が思いがけなく, が我が, が持ち去る, が政府, が新宿, が昔, が曹操, が木, が枕付, が検事局, が武者所, が母親, が汚い, が深い, が無きゃ, が独立, が生, が田舎, が目, が知らない, が稲虫, が素性, が罪, が脚台, が若い衆, が血判, が見えなくなった, が親分, が話し, が輔佐, が這入っ, が避, が隣人, が青空, が食物, が鬼, こそすなわち, こそ幸福, この了海, さえあります, さえ弱肉強食, じゃがここ, じゃと伝え, すなわちそれ, そうかと, それに誰, だけがよく, だけが時々, だけで, だけに二人, だけは明治四年, だったそう, だって変り, だろうが, だシテ, だ尊門, だ癒すの, であったけれど, であったの, でありました, であり又, であるかも, であるので, である早く, でいくばく, でこんど, でござると, でしたが, ですけんど, ででも, でなお, でみんなしょんぼり, で三峰, で他, で勿論, で史上有名, で大概, で家来, で御利益, で日雇, で根ッ, で決して, で無く全く, で礼, で茶の湯, で非常, という難, といわれ, とかろや, とこう, としか鑑定, としてはまことに, としても初めて, として婦人達, として民族的, として賤, とせん, とてはござりませぬ, とて斬り棄て, との区別, との間, とはその, とは何, とは思えませんでした, とも思はれなかつた, とわかっ, と主観客観, と交代, と初め, と同, と少なく, と思わね, と極度, と等しく, と裡問, と見る, と話, と髪, なきに, なぞ色々, などが交じっ, などと較べ, などはまた, なども往来, なのに, なら一目, なれかつて, なんか一人, にいたっ, にきっと転, にしかその, にそんな, にとってちっとも, にとっては死, にとって誰, になるでしょう, にはこれ, にはたいそう, にはみな懷疑的, には一切皆空, には三条実望, には会わない, には堅く, には実に, には後悔, には接吻, には武器, には無理, には知らぬ, には肌ざわりが, には薬, には酒杯, には顔, にみんな, にも気味悪い暗, によって活動, に一人一人, に与え, に人, に何, に出逢う, に半分, に取られ, に多かっ, に宗教上, に対してだけ少し, に対しても慎重, に対する礼儀, に幸せ, に接しなく, に最後, に比すれ, に無法, に目礼, に考, に英人リーチ, に賞, に酒, に限り, のあらゆる, のうめき声, のございます, のすべて, のはなし, のみが七八名, のみが戦争, のみでなく, のやや, の一覧表, の世界, の人格, の仲間, の作物, の内部, の利口, の十中, の収容, の問題, の塗った, の奴婢, の実感以上, の帰った, の当推量, の御難, の思った, の意識, の慌ただしい悲し, の承諾, の最初, の桟敷, の死屍, の浪人, の為事, の父親, の目的, の種類, の美, の肩, の臂, の處置, の裔, の詮議, の談, の赧, の遺産處分法, の雄弁, の順, の駈, はあの, はあろう, はいつか, はいろんな, はおどろく, はお前, はきつ, はごく, はさかな屋, はじつは, はすべてそれきり, はそ, はそれなり, はたしかに, はともかく, はどやどや, はなに, はひざまずい, はほとんど全く, はまず, はみな名うて, はみんなそれ, はみんな河原, はやがて, はわれ, はギリシア, はトランプ, はフロイド, はリヴァプール, は一人殘ら, は一層, は一杯, は一角, は三年以内, は不正者, は主人夫妻, は二度と再び, は井戸側, は今更, は伊兵衛, は例, は偽証罪, は先夜, は全治, は再び, は出頭, は到る, は動かなかった, は十人, は厳罰, は受けべきで有る, は召捕り, は同志, は周君, は固, は坐っ, は変, は大きく, は大族, は奉行, は嫡子及二男三男等, は宗祇, は客僧, は寂しい, は尊氏, は小田原, は屋内, は岸, は平民, は廿一人, は彼奴以外, は従前, は必ずしも, は思い出し, は悪い, は憧憬, は手早く, は掻き上らう, は散っ, は断じて, は日本国民, は是非, は有るまい, は松山, は案の定, は次々, は此世, は殆ど, は江戸中, は泣顔, は消息不明, は火傷, は熱病, は狂人, は生き, は甲冑, は疑わず, は皆あなた, は皆悲鳴, は目, は矢, は祖先伝来, は私たち船室, は窯場, は素より, は絶無, は美しい, は聞く, は自ら省察, は自然都会, は草, は藤田伝五, は裕福, は言うまでもなく, は調理場, は賭ける, は足利義政以後, は辛うじて, は通りすがり, は重軽傷, は閹人, は順, は馬, は鴫澤主水, ばかりあの, ばかりひとくち, へのこの, への褒美, へも女, へ犬神, ほどさう, または叛臣, までがその, までが起き直っ, まで立っ, もあるであろう, もいくらか, もお爺さん, もござりますけれども, もすく, もだんだんに, もぼつぼつ, もバラモン族, も二三人, も些少, も信孝, も出さない, も否応なしに, も多分, も実に, も少し, も居眠り, も往々, も情け容赦, も数, も楽しみ, も沈み込ん, も無言, も皆声, も神棚, も聴いた, も言葉, も退けられた, やあまりに, やで, や仮, や子たち, や戦国, や起訴留保, よりもむしろ, より外, らしく初め, をいたわっ, をきつ, をじっと, をひき戻した, をみんな伴, をよそ, をブタ, を不正, を使い, を入れ, を励まし, を呼び戻し, を多数, を帰国, を得た, を憎む, を投げた, を捜しだした, を探した, を教育, を更生, を殪, を済度, を犬死, を皆んな, を祀った, を縄打ち, を至急, を見つけた, を見付け, を調べ, を迎える, を閻魔王, 共にあっけ, 又は本来土地, 多くジュボア, 御座ろうか, 故可笑しい, 無し, 等しく断罪

▼ たその~ (6963, 0.4%)

93 時の 57 日の 51 人の 49 男は 46 頃の 41 日から 38 人は 31 日に 30 男の, 顔は 27 ときの, 時から, 時に 25 人が 23 ために, 女の 20 年の 19 ことが, 夜の, 時は 18 ような, 家の 17 上に 15 ころの, 声が, 晩の, 顔が, 顔を 14 男が, 足で 13 当時の, 男を, 瞬間に 12 声は, 女は 11 手を, 時代の, 言葉が 10 あとで, 中で, 土地の, 女が, 時には, 眼は, 言葉を 9 人を, 姿は, 姿を, 子は, 家は, 言葉の, 途端に, 部屋の

8 [14件] うちに, ことを, 中に, 中の, 人に, 夜は, 子が, 子の, 晩に, 最初の, 目が, 自分の, 言葉は, 顔には

7 [11件] 上で, 場の, 姿が, 山の, 手が, 手は, 折の, 晩から, 目の, 眼が, 顔の

6 [13件] 一つの, 上へ, 二つの, 声の, 娘が, 家を, 手に, 日その, 男に, 眼の, 若者は, 道の, 顔に

5 [43件] ことは, たびに, ときに, 下に, 中には, 人である, 人と, 先は, 場で, 声に, 夫人の, 姿に, 娘は, 子供の, 子供は, 家に, 少女の, 建物の, 態度は, 手で, 手の, 拍子に, 日, 日は, 時私は, 最後の, 月の, 村の, 次の, 眼に, 瞬間から, 瞬間の, 結果が, 結果は, 翌年の, 老人の, 老人は, 者の, 船は, 花の, 頃に, 頃は, 顔

4 [47件] あとに, あとの, きれいな, とき, ときは, ひとの, ま, ままで, ソモソモの, 一つは, 下で, 中から, 中へ, 中を, 主人は, 事実を, 人も, 人物が, 刹那, 刹那に, 国の, 地方の, 声を, 夜に, 夢の, 室の, 心の, 怪物の, 手紙の, 時, 時にも, 時分の, 様子を, 為に, 男も, 町の, 目に, 美しさ, 翌朝の, 胸の, 若侍, 話は, 部屋は, 頃あやまち, 頃には, 髪の, 鼻の

3 [128件] あげくに, うちの, おかげで, おりから, ことの, そばに, ときから, ときはじめて, とたん, とたんです, なかで, ように, ハガキを, 一人が, 一人の, 上の, 下から, 下には, 両眼, 事が, 事の, 事を, 二人の, 人影は, 人間の, 代り, 伝六が, 光の, 光を, 出会いが, 前の, 前後の, 口が, 唯一の, 問題を, 場所から, 場所で, 場所に, 場所へ, 場所も, 夜, 夜から, 夜も, 夢は, 女と, 姿の, 娘さんは, 娘の, 婦人は, 子を, 室は, 家から, 家も, 店の, 当時は, 後姿が, 心を, 意味に, 手紙を, 方の, 方を, 日が, 日まで, 日も, 時であった, 時である, 時代に, 時分に, 時分は, 時刻に, 晩は, 本は, 様子が, 様子は, 歌は, 歌を, 母の, 気持が, 気持を, 海の, 火星人は, 物音を, 理由を, 生活を, 男である, 當時の, 皿を, 目は, 直後に, 相手の, 眼で, 眼には, 石の, 秋の, 紙を, 結果として, 結果を, 線の, 美しい顔, 翌る, 翌日から, 腕が, 腕は, 葉が, 葉の, 言葉に, 記憶が, 調子が, 調子は, 足を, 踊り子は, 身の, 辺の, 辺は, 返事が, 運命を, 部屋に, 金が, 金で, 門を, 隙に, 隙を, 頭が, 頭は, 頭を, 額の, 顔へ, 首は

2 [346件] あいだに, あくる日の, あたりの, あたりを, あとは, あとへ, うしろの, うちでも, うれしさ, おりおりの, お声, お嬢さま, お顔, くせどこか, くせに, ことすらも, ことで, ことと, ことに, ことについて, ことばに, すがた, すきに, せいだろう, せいであろう, そも, そもそもの, とき旦那が, とき私が, とき突然, ところに, とたんに, ひとが, ほかには, ほかにも, ままに, ままを, やうに, わかもの, わけは, サナトリウムの, ドアの, ベンチの, ボール函の, レンコオトを, 一つ, 一つに, 一人は, 一団の, 一章を, 一言が, 一言を, 一語を, 上は, 上を, 不安が, 不思議な, 中でも, 中年の, 事に, 事は, 二本の, 二階の, 五重の塔を, 人, 人たちの, 人で, 人とは, 人間が, 人間を, 代りに, 令嬢に, 以前の, 仮面を, 伯母さんが, 位置である, 位置に, 何かは, 作品を, 作家が, 使者が, 価格が, 偉大な, 僕の, 兄の, 先の, 光が, 光景は, 光景を, 児の, 内容に, 写真を, 出来事が, 刹那ある, 刹那の, 力で, 力に, 力の, 勇気と, 医院の, 卵がけえっ, 口を, 名刺を, 哀れな, 唇を, 噂は, 囚徒は, 国民の, 土地を, 土蔵の, 地方で, 地点に, 場所は, 場限りの, 塀の, 墓石の, 壁の, 大學生, 奇怪な, 奔入, 女である, 女に, 女中が, 子供が, 実が, 実験の, 客は, 室に, 家庭は, 宿の, 宿へ, 富豪の, 寝入りばなを, 小村の, 小説の, 少女が, 島の, 巨き, 巨きい顔の, 師匠が, 帰り途に, 年から, 幹の, 広間の, 店には, 廊下の, 弟と, 当座は, 御像, 心には, 心持に, 心持を, 快感に, 急坂を, 恋が, 恐ろしい問い, 情景の, 意味, 感じを, 態度と, 態度の, 扉に, 手と, 手法を, 折々の, 持主の, 指で, 支部長が, 故も, 敵の, 新聞を, 新調の, 方が, 方向を, 方角の, 方角へ, 旅の, 日には, 日以後も, 日曜が, 日眼鏡が, 日私たちは, 明るい表情, 昔の, 時々の, 時からの, 時だ, 時だった, 時でした, 時も, 時よりも, 時を, 時代である, 時代を, 時何と, 時作った, 時初めて, 時急に, 時計を, 時間の, 晩には, 晩も, 書翰の, 書面を, 最初から, 有様が, 朝で, 朝の, 本人が, 机の, 村を, 枝を, 桜の, 梢の, 椅子に, 様子に, 様式, 横顔は, 樹の, 樹は, 橋の, 橋までに, 次には, 次第は, 死人の, 残りの, 母親らしい, 気味の, 気持, 水の, 汁に, 海べの, 灯が, 点から, 父に, 特殊な, 犬の, 玄関の, 王冠の, 理由は, 生涯の, 田の, 男, 男こそは, 留守中の, 疲れが, 痛さ, 白いかすか, 白い顔, 白粉の, 皮膚は, 眸に, 眼を, 着物を, 瞬間, 瞬間であった, 瞬間自分たちの, 矢を, 碧潭, 神主の, 神田の, 秘密の, 種の, 穴の, 空家の, 窓から, 窓の, 童貞の, 笑いは, 笑いを, 第一回, 第一日, 筋の, 箱の, 節は, 簡単な, 約束が, 紙包を, 細君と, 細君らしい, 結婚の, 結果必然的に, 絶望の, 絶望を, 翌年に, 翌日だった, 翌日には, 翌日の, 翌日また, 翌日も, 耳まで, 肉体は, 肩の, 肩も, 胸を, 腕に, 腕を, 自分が, 舌の, 舟の, 船板の, 色は, 花が, 花は, 若い女, 若主人, 表情は, 裏長屋の, 襟の, 角の, 記事を, 訪問客が, 話を, 調子で, 賢明な, 赤い色, 足の, 身は, 車の, 農家の, 辺に, 途端急に, 通りの, 過程を, 部屋で, 酒が, 門の, 階段には, 隣りの, 青年の, 音が, 音は, 頃から, 頬は, 頭の, 顏を, 顔も, 風の, 馬の, 髪は, 髪を, 鬚だらけの, 鳥の, 黒い眸, 黒髪の, 鼻先へ

1 [4128件 抜粋] あいきょう者が, あげく河の, あとが, あなた様を, いい訳, うしろを, うまかった, おしまいの, おりんが, お君さん, お届, お方の, お目見得の, お秀, お蘭, かげから, からだを, きっかけを, くせ物の, けはい, ことでございます, ことばとともに, ころでも, ころ彼は, さきや, しなやかな, すぐ翌日, せいか, そよとも, ためである, ちょうど四日目, つらさ, ときお, ときちょうど, ときふと, とき丁度上京し, とき図らず, とき父は, とき階上の, とたん艫の, なかに, はじめわずか, ひとつびとつの生々し, ひょうし, ほか三四の, まっ黒な, むつましさ, ようすを, アメリカ人は, カブトムシの, スフィンクスの, トラックの, バックに, ブラウズは, ボルシェヴィクの, リュックを, 一つぶの, 一人である, 一区域こそ, 一声を, 一度は, 一日も, 一真寺の, 一組に, 一言は, 一郭です, 七人の, 三人組の, 上その後長く, 上原稔の, 上段に, 上面食いだ, 下絵には, 不幸は, 世界を, 両手が, 中堅だ, 乗合自動車に, 事だけでも, 事実が, 二の腕の, 二品を, 二軒も, 五匹の, 亭主の, 人だった, 人との, 人らしい, 人形を, 人込みの, 介抱が, 仕返しに, 代用としては, 仲直り, 会話が, 位置で, 佐月の, 何でも, 余恵である, 作物の, 侍は, 俊才の, 俳優は, 倉庫に, 傳記が, 僅な, 償いに, 先生の, 光景が, 全部は, 六番目の, 内藤駿河守の, 冷い, 出口から, 刃であった, 切なげ, 初時雨, 刹那だ, 刹那俄に, 刹那解散の, 前を, 前進的な, 力にも, 効果とは, 動作の, 勘定書に, 化けの皮が, 十帖は, 半分きりさね, 卑怯さは, 厚い船側, 原因を, 友人の, 反対が, 反駁によってよりも, 口, 口惜しさ, 古びた建物, 古蹟の, 右の, 同一人, 名作たるを, 名誉の, 君の, 味わいと, 品物が, 商売も, 噂で, 四畳半, 図の, 土地が, 地図を, 地獄に, 垣根から, 培ひ, 報告を, 場合から, 場面に, 壁辰が, 変ったこと, 夕方から, 外面的な, 夜である, 夜千三は, 夜激しい, 夢中さ加減が, 大人形は, 大揺れ, 大穴は, 大辻二等水兵だった, 天頂から, 夫は, 契約の, 奥遙かに, 女の子は, 女名前が, 女竹に, 妹の, 姉さんらしい, 姿である, 威容の, 娘夫婦も, 媚を, 子七歳に, 学資は, 定子が, 実宗貞の, 客も, 宮女の, 家へ, 家族の, 容貌は, 寂寥たる, 寝顔は, 寺では, 尊敬すべき, 小作品, 小林博士との, 小説は, 少しまえ, 尖頭, 屋台店の, 山寺の, 岩角の, 川の, 巨大な, 布告には, 帯の, 帰り路池袋停車場へ, 幅の, 年にあたり, 年大, 幾層倍の, 店では, 座敷の, 建物は, 弟の, 当夜一瞥し, 当時に, 形と, 影な, 彼女には, 後半は, 御ついしょう, 御奉公, 御靴, 徳の, 心もちの, 心持ちに, 心組みさえ, 怖しい, 思惑が, 怨みを, 恋しさ, 恐ろしいもの, 恨みで, 恰好から, 悪魔の, 情婦仇吉を, 意匠右の, 意見は, 愛について, 感覚の, 態度空気は, 懶惰な, 戲曲的方面しか, 扇子を, 手へ, 手巾を, 手紙は, 才能を以て, 折にも, 拵えは, 挙動魔の, 捕吏の, 掻いた汗, 擾乱それからは, 政元が, 数が, 数行を, 文体それらの, 文字へ, 斑が, 新進作家で, 方へ, 方面から, 旅館の, 日では, 日一日だけ, 日彼は, 日西と, 明くる日, 昔から, 春に, 時きり夢中な, 時であります, 時までの, 時キット極まるべき, 時代から, 時八歳の, 時吐息の, 時懐中に, 時東京市長であった, 時突然, 時鶯は, 晩以来お, 暑さ, 暗黒の, 書面は, 月から, 服装と, 朝突然, 木の葉である, 末が, 本体は, 材料の, 杯に, 板屋根からは, 枝川が, 株から, 格子に, 森さ, 業績や, 標語, 横に, 横顔が, 機に, 機械的な, 次に來, 正しさ, 武士も, 死ぬ時, 残りを, 殺気が, 母親の, 気ちがいの, 気持も, 水夫等が, 永代橋へ, 決議文の, 河岸を, 波を, 洗面所の, 海上であろう, 深い沈黙, 添状橘屋のは, 湯屋の, 潔い婦人, 点に, 無雑作加減, 熊は, 父は, 片手を, 物が, 物凄さ, 犬である, 狭い廂合わい, 獲物だ, 現象は, 生え際が, 生活が, 用を, 男こそ, 町に, 界隈は, 留守番の, 當時は, 病気は, 癖口許の, 白い灌木の間, 白眼が, 皇帝は, 監視に, 目新しさ, 相手は, 真ん中の, 真摯な, 眼から, 眼付きに, 眼鼻立ち, 瞬間か, 瞬間におけるのみ, 瞬間老人の, 矛先は, 知識と, 石橋の, 礼であった, 社会性人民性に対する, 神棚を, 秋に, 移動演劇は, 穴から, 空気を, 窪地の, 笑いの, 第一着手, 箱ぐるみ一個の, 簪は, 精神を, 紙には, 素振りから, 細い道, 紳士は, 結婚も, 結果では, 結果私は, 絵本を, 綴方を, 縁は, 罪すべてそれらの, 罰が, 美しい人, 美人が, 羽風にも, 翌日, 翌日不破の, 翌朝である, 老人しばらく, 老翁が, 者が, 耳にも, 肉体と, 肌に, 背丈の, 背景の, 脚下には, 腰掛けの, 膝に, 自然の, 舞台生活は, 船夫の, 色男は, 花と, 芽を, 若い婦人, 若い芽生え, 茨は, 荘重な, 萌芽が, 葉や, 蒼白い光り, 薄い命, 虎が, 蝿は, 血で, 術を, 表情と, 袈裟太郎は, 補給の, 西洋人は, 規則という, 親船は, 言葉しか, 言葉も, 記念として, 記者は, 訴えを, 詩の, 話とは, 読み方が, 論文は, 議論の, 豊富な, 貨幣では, 貴族は, 赤い咽喉首, 赭ら顔が, 足もとの, 足音が, 路には, 身体に, 躯幹の, 軍艦が, 輪郭だけが, 辺を, 返事を, 途中かの, 通りだ, 逞しい眉, 運転手台へ, 道すがらいく, 道端に, 遺跡は, 部分の, 部屋には, 酒を, 重い物体, 金と, 金高は, 銅貨ほど, 鑵詰屋の, 長女は, 関係も, 隙間から, 隠れ際に, 雑誌に, 雪枝さんは, 電車に, 青い街燈, 青玉の, 面つきと, 靴を, 音自身が, 頃が, 頃大体近代の, 頬に, 頸を, 顏に, 顔と, 顔色は, 風情, 飛騨の, 首が, 馬を, 骨で, 髪の毛は, 魂の, 鰡八が, 黄一色に, 黒い覆面

▼ た~ (6878, 0.3%)

1073 がいい 373 がよい 190 がい 117 が好い 102 がよかろ 79 がよかっ 72 が宜 69 がまし 66 がよろしい 59 がよく 5749 がよ 40 が可 38 がええ, がよう, が適当 37 がお 36 です 34 がどんなに 33 が無事 28 がよかつ, が良い 27 が安全, が宜しい, では, を見る 26 がかえって, がよっぽど 25 が得, が早い 24 がまだ 22 が便利 20 である 19 がよから, が正しい, が適切 17 が楽, だ, を見た 16 がどれ, がまだしも, が多い, が都合, だと, でも 15 が好く, が御, ですから, の男, は 14 がどの, が幸福, が得策, が面白い, だから, なの 13 で, へ眼 12 がえ, がこの, がはるか, でございます, ですが 11 がある, がずっと, が却って, が好かろ, が当っ, が気, ですよ, の手, もある 10 がふさわしい, がよろし, が早わかり, が早道, が私, が遙, でした 9 があります, がむしろ, が一番, が勝, が好から, が気楽, が自分, が良, が遥か, だが

8 [12件] がどれほど, がもっと, がよご, が一層, が余程, が勝ち, が増し, が好かっ, が安心, が賢明, ね, へ引き返し

7 がお前, がよろしかろ, が無難, が身, ですね, の, の側

6 [18件] があなた, がよかない, がよほど, がより, がよろしゅう, がマシ, が何, が穏当, が貴方, が賢い, が面白, であるが, ですか, とは反対, のお, はない, へ引返し, もあろう

5 [27件] がいくら, がたしかに, が万事, が利益, が味, が好, が宜いと, が早く, が本当, が立派, が結句, が結局, が自然, が話, が負け, が間違い, であったが, でしたが, ですもの, のもの, のよう, の人, の女, はありません, へ引っ返した, へ飛ん, よ

4 [53件] があった, がさっぱり, がその, がよかん, がよろしく, がわかり易い, が人, が仕合せ, が優し, が割, が功徳, が効果, が効果的, が勝手, が合理的, が君, が好かつた, が好都合, が家, が彼女, が後, が慈悲, が或は, が手, が早, が早かっ, が有利, が気持, が皆, が近い, が適當, ですわ, なん, のこと, の一人, の口, の山, の御, の眼, の者, の資人, の道, はございません, はすぐ, は御, は私, へ向い, へ帰っ, へ引き返した, へ歩い, もございます, を窓, を見

3 [84件] から, があっ, があと, がうれしい, がおもしろい, がこっち, がずつとい, がそれ, がどうして, がもっとも, がよささう, がよささうだ, が上策, が世話, が中っ, が事, が仕合, が僕, が勝つ, が反, が国家, が妥当, が安い, が宜しゅう, が当, が彼等, が怜悧, が急, が望ましい, が正直, が沢山, が清潔, が確か, が第, が結構, が至当, が読者, が近道, が道, が遥, が餘, じゃない, だし, だったが, だつた, だね, だろう, であったから, であつ, であらう, であるから, でご, でしょう, でせう, なのに, ならば, にお, にし, に眼, のうち, のため, の奴, の窓, の車, の青年, はこの, はもう, は大, へ, へじっと, への義理, へ一散, へ向いた, へ向っ, へ往, へ歩き出した, へ歩き出しました, へ行っ, へ走り去っ, をお, をふり返る, を口, を屹, を知っ

2 [265件] か, かね, から切り出す, があたし, があの, がありました, がいっそ, がいらっしゃいました, がいる, がおいしい, がお前さん, がお嬢様, がかへつて, がご, がございました, がございます, がさ, がすき, がすべて, がず, がずつと利益, がそして, がとく, がどうも, がどこ, がなんとなく, がなんぼ, がね, がはっきり, がひどく, がほんとう, がまた, がもう少し, がやや, がやり, がよかあ, がよがった, がよけれ, がよござん, がよつ, がよッ, がわかり易く, がわれわれ, がハッキリ, がマチガイ, が一寸, が一番無難, が不思議, が世の中, が人助け, が仕合わせ, が似つかわしい, が体, が何だか, が余, が余っ, が余ツ, が俺, が倖, が健全, が先代, が具合, が出, が切腹, が利口, が助かる, が参考, が双方, が吾, が善く, が国民, が増, が多かっ, が大丈夫, が天下, が女, が好え, が好き, が如何, が嬉しい, が子供, が宜いか, が宜しから, が宜しかろ, が家康, が将来, が少く, が居り, が幸い, が幾ら, が幾らか, が幾ら氣樂, が弁済, が当たっ, が後味, が徳, が心, が快い, が快適, が悪い, が愈, が有効, が有意義, が有難い, が楽しい, が正当, が正確, が無理, が物事, が當, が目, が目的, が相当, が相応しい, が確, が答えました, が簡単, が紳士, が経済, が結果, が胸, が著者, が行き届い, が行末, が解し, が言葉, が説明, が讀者, が身体, が通り, が適任, が都合がい, が長持, が阿, が雜誌, が静か, が面白から, が面白かろ, が馬鹿, さ, だからね, だけれど, だそれに, だった, だもの, だよ, だわ, であった, でありました, であると, でお, でございました江戸生れ, でございまして, でございますね, でございますよ, ですからね, ですのね, でその, でないと, でなかつた, でね, で一時, で今に, で少し, で決して, なので, なんで, に, には娘, に傾い, に幸福, に怨まれ, に歩き出しました, に理, に足, のある, のお客, のほう, のマルクス, の一枚, の二階, の人間, の入る, の妹, の妻, の家, の少し, の形見, の或, の手拭, の新しい, の東隣, の田, の空, の端, の肩, の襖, の説, の路, の身, の連中, の雨戸, の面, の顔, はあれ, はお前, はきっと, はご, はそこで, はそれ, はどうぞ, はどなた, はなかなか, はもはや, は兄, は六尺, は手, は明らか, は誰, は貴君, は飛んだ, ばかりです, へ出れ, へ向け, へ引っ返す, へ引っ返そう, へ引返す, へ引返そう, へ急い, へ戻る, へ指, へ消え, へ行く, へ視線, へ走っ, へ足, へ近づいた, へ連れ, へ遁げ, へ馳, もあった, もあつ, もあり, もあるでしょう, も案外, も買った, らしいから, らしいじゃ, をきっと, をふり, を向い, を指し, を振り向い, を振返っ, を改めて, を泥, を眺めやった, を眺める, を私, を見せました, を見ました, を見返っ, を見送っ, を見送り, を顧みた

1 [1856件 抜粋] あいい, ありませんよ, かが他人, かもしれん, からの見方, からも聲, から取ろうっ, から掛念, から聲, から足らない, から鉄砲, があっさり, があつし, があまりに, があるでしょう, がいくらか, がいっそう, がいらっしゃれ, がえらい, がおそらく, がおもしろく, がお互い, がかえってよく, がかへつて世話, がきく, がくれぐれも, がこんど, がございましょう, がさっきテレビ電話, がしずか, がしめやか, がずっとよく, がずつと嬉しい, がそういう, がたいした, がたった, がちり骨灰, がづっと, がといふやう, がとは満更, がと家, がと折節, がどっち, がなあ, がなにか, がのう, がひき立つ, がふさわしく, がほんの, がまだ実際, がもらふ, がやはり, がよかありません, がよかり, がよござんすね, がよっぽどよう, がわかる, がエライ, がコソコソ, がシアワセ, がドノ, がピタリ, がメチャメチャ, が一そう便利, が一家, が一番安心, が一般, が上司, が両得, が之, が事業上, が云った, が些, が人まかせ, が今度, が今更, が似合うであろう, が体躯, が余情, が信じ, が健康, が儲かります, が先方, が入らつ, が内容, が切られる, が別れる, が力, が効きます, が勿体, が印象, が双, が口説, が各人, が同情, が善かろ, が喜ばしい, が地理, が夐, が多く, が大きかっ, が大層, が大騒ぎ, が奇麗, が好かなく, が妙味, が姐さん, が孝次郎, が安全さ, が宗教, が宮, が寒く, が寧不思議, が小説, が居心地, が巧み, が幸せ, が幾人, が序, が張合い, が当る, が役に立つだろう, が後世, が御家長久, が徳用, が心残り, が恥, が悪人, が情味, が愚, が我々, が戦争, が手前, が打つ, が推摩居士, が文学, が日頃, が早かろ, が明るい, が暴れ出した, が有意味, が未練, が本義, が柄, が桂華, が楽しく, が歡迎, が正鵠, が歩く, が民心, が気分, が水道尻, が泰平無事, が混雑, が為, が父, が牧野さん, が猶よく, が現在, が理屈, が生硬, が疑い, が痛切, が百円, が相応しかっ, が相槌, が眼, が石油機関, が社会, が私等, が端的, が簡單, が経済上非常, が結局後, が罪, が聞け, が肩, が良かっ, が芸術, が苦労, が薄暗く, が複雑, が視野, が観客, が試験, が説, が讀まる, が賢く, が軍人, が近所, が途中, が道ちゃん, が適するだろう, が邪魔, が野郎, が間違, が面白く, が響き, が頼んだ, が餘ッ, が馬術家, が黄金, さつん向け, じゃったが, じゃ一夜, だけあっ, だけに飛んだ, だけ瓦, だったけれど, だったん, だとは, だもん, だ座, であったでありましょう, でありまして, であるけれども, であるのに, であんた, でいらっしゃいます, できれい, でございましょう皇, でしかも, でしょうあれ, ですけれど, ですねと, でそれ, でなくって, でねえ病気, でめでたく, でクヨ, で二十五, で今度, で何彼と, で全く, で其の, で冷泉院, で吉さん, で娘時代, で後, で御座います, で拍子, で朝, で池, で申し続きましたお, で石田帶刀樣, で私たち, で色白, で身体つき, で随, で高瀬, とお話, として決して, とに対して等しく, とは逆, と下, と何方, と同じ, と違い, にあやまる, におじさん, にこの, にたいし, にどう, になる, にはここ, にはたとえ, には二つ, には凌霄, には富豪, には海面, には用, には見当らなく, にもその他, にも処どころ空地, にも少し, にも相当, に住み, に勢力, に向ける, に家督, に對, に引張った, に心, に惜しん, に技倆, に目, に罪, に葭簀張り, に贊成, に近く奉公, に逢います, に面, に駈けだし, のおられる, のからだ, のが直ぐ, のつまり, のとう, のはアンマリ成功, のまっ, のピオニェールカ, のベンチ, のロシア型娘, の三層, の事, の人道, の会社員, の偽物, の兩親, の博士, の土地, の大理石, の姉娘, の子, の客間, の小, の山の口, の左手, の廊, の役人, の怒る, の手縁, の抹香鯨, の森, の正, の水銀柱, の点, の物, の由, の白い, の真, の神経, の空魔艦, の純粋直観, の美しかっ, の胸, の腿, の茶瓶, の被害者, の西洋人, の言い分, の足, の運転士, の部分, の鐘, の雪, の題簽, の馭者, の鳥居, はあなた, はあろう, はいつも, はいわゆる, はおりません, はございませんでした, はすでに, はその, はだんだん, はどうしても, はびっくり, はみじめ, はもとより, はウマ, は一七二番アンドリュウス方, は一時気, は世間普通, は今, は例, は其敵, は初手, は割合, は可, は品, は夕方, は天皇側, は密生, は少し, は床, は彫物師, は急峻, は愚僧, は振り, は早かれ遅かれ, は東京, は次々, は決して, は活きた, は片すみ, は甘, は皆さん立派, は眞珠色, は真直, は確か, は精, は羽目板, は自然品格, は苦り切っ, は衣兜, は誰人, は身動き, は逃げる, は開業以来一人, は雜木, は馬籠宿内, ばかりに吹きよせられた, へある, へいっちまえ, へさえ引返せ, へすたすた, へつれ, へと引き返した, へと飛ん, へなびき, へはお前, へは行かなかった, へひとり朧ろげ, へむかっ, へカラコロ, へドンドン, へ下りかけた, へ作者, へ出かけました, へ半分, へ同時に, へ味方, へ寄らない, へ小走り, へ幽, へ引返した, へ彼, へ我, へ振向い, へ曲らない, へ歩いた, へ歸つて行, へ祖母, へ素ッ, へ胸, へ茨, へ行けれ, へ話題, へ走り, へ走り出す, へ返し, へ逃げ, へ逃げ出しました, へ逃げ帰った, へ遠ざかっ, へ醍醐弦四郎, へ駆け出し, へ駈け去っ, まで栃尾, もあなたさま, もありませう, もいずれ, もござりませんが, もそれ, もにこにこ, もアラカタ見当, も何, も多い, も心配, も決して, も白い, も行く, も身, ゆえ長く, らしいくせ, をあの, をさして, をすかし見た, をながめ, をまだ, をもちました, を三代, を低い, を出し, を向く, を喜ぶらしい, を小涌谷, を延ばし, を御覧, を指さし, を振りかえる, を振り向く, を振り返へる, を捜し, を是, を梁山泊, を民弥, を片, を着こみ, を考える, を見上げ, を見返, を親子, を送っ, を隙, 互に相手, 振武

▼ たけれど~ (6603, 0.3%)

84 それは 77 私は 39 彼は 26 それが 24 今は, 僕は 23 それも 22 これは, 彼の 21 私の 19 その時, 彼女は 18 それを 16 わたしは, 私には, 誰も 15 今度は 13 自分の 12 何か, 何の, 私が 11 そんなこと, どこにも, 女の 10 すぐに, そこには, だれも, 今では, 今の, 家の, 彼女の 9 あれは, それよりも, どうする, 何も, 心の 8 この頃, こんどは, 今日は, 他の, 気が 7 あの人, いまは, お銀様, これが, どうした, もんは, 何を, 女は

6 [17件] あとで, あなたの, おれは, このこと, これも, これを, そこに, そのうち, それに, なんの, 二人は, 少しも, 幸いに, 彼が, 私も, 米友は, 自分が

5 [24件] あたしは, あなたは, あの子, お絹, かれは, これからは, さう, さすがに, そこへ, その人, それらしい, そんな事, どれも, もうこの, 二人の, 仕方が, 光りは, 兎も, 女房は, 容易に, 急に, 母は, 私を, 肝腎の

4 [43件] おじいさんは, ここに, ここは, このごろは, そうも, そこは, そのかわり, そのため, そのとき, そのよう, その代り, その日, たうとう, ともかくも, ほんとうに, わたくしは, わたしが, 一人の, 人の, 今じゃ, 今と, 何でも, 何にも, 余は, 併し, 僕の, 兄の, 先生は, 其の時, 娘は, 彼には, 悲しや, 或る, 母親は, 父の, 父は, 男の, 男は, 確かに, 私たちの, 私達は, 考えて, 自分は

3 [107件] あとから, あの娘, あの男, あんたが, いつまで, いつまでも, おれが, お前は, お松の, お豊, かうして, きょうは, こうなっ, ここで, ここへ, こちらは, この前, これでは, これという, これほどの, さうし, さてそれ, しかしその, しかしそれ, しかし決して, しまいには, そのあと, その後の, その方, その時分, その頃, その顔色, それから, それから後, それだ, それでもこの, それでもやはり, それでも私, それと, それにも, そればかり, それらの, そんな話, た, たいていは, ただその, ちつとも, でも, どういうもの, どうにも, どこの, どこへ, なにも, ほかに, まだその, もとの, わたしの, 一つには, 不幸に, 中途お客は, 人間という, 今でも, 今度の, 今日の, 他に, 例の, 僕が, 兎に, 全くは, 出て, 前の, 命が, 声が, 夫人の, 契りし詞, 妙に, 姿が, 幸内は, 弟の, 彼に, 彼等の, 後から, 念の, 我慢を, 抱いて, 本當, 気の, 火の, 相手の, 矢っ, 第一, 老人に, 耳は, 聞いて, 自分には, 自分を, 若い女, 茂太郎の, 華魁衆とて, 見て, 足が, 足の, 返事が, 雨は, 非常に, 頭の, 顔は

2 [290件] あたしには, あたりが, あとでは, あなたが, あのお, あの方, あの時, あまりにも, あれに, あんなこと, い, いつかは, いづれも, いまでは, いよいよ死ん, おじさまを, おまえが, お君, お松としては, お浦, お米, お辞儀を, からすは, がまんし, きいて, けっきょく, こ, こうしてお, こうして林, ここから, ここだけは, ここまで, こちらの, こね廻すだけで, このとき, このまま何, この人, この美しい, この際, これから先, これにも, これほど, これより, これらの, さすがの, しかし考へ, しかたが, じきに, じっとし, すぐ又, そういえ, そうはいっ, そのほか, その一つ, その下, その光, その実は, その家, その後, その次に, その父, その辺, その間に, その音, それすら, それだけは, それでいてこの, それでもなお, それでももう, それでも何, それとともに, それには, それらは, それ丈けに, そんな心配, ただひとつ, だれひとりとして, ちょうどいい, ついにその, つい面倒くさい, では小生, でもそれ, でも私, とうとう立っ, どうかする, どうしたら, どうしても, どうしてもそれ, どうもその, どうも名前, どこかへ, なかった, なぜか, なほよく, なんでも, なんに, ほかの, ほんとうは, ほんとは, まぎれも, まさか亭主, またその, まだそこ, むりに, もうこれからは, もうそれ, もうどこ, もう一つ, もう一人, もう暗く, もう目, やっぱり駄目, やはりお, やはり同じ, よくは, よくよく考え, よく考え, よく見れ, わが子までも, わたしも, アレは, 一人で, 一方は, 一睡の, 丁度その, 不思議な, 不思議の, 丑之助を, 中には, 中の, 中は, 主人の, 主人は, 二階に, 二階へ, 京子の, 人々は, 人を, 人間の, 今に, 今夜の, 今宵の, 今度自分が, 以前から, 仲間の, 伊津子は, 何が, 何処も, 何誰かと, 余の, 余りの, 借りたボオト, 僅かに, 元の, 先生だ, 兎角卑屈, 兵馬の, 出して, 出逢頭, 別に, 前からの, 前に, 勇吉は, 勿論それ, 博士の, 台所の, 名に, 向側の, 君の, 周次は, 四辺は, 変に, 外に, 外へ, 大変な, 大抵の, 天気に, 夫は, 夫人は, 奥の, 女として, 妾が, 妾は, 娘の, 子供の, 学校で, 実はこの, 実際に, 室の, 家人の, 宿の, 實は, 小屋の, 小野は, 少しの, 少し短い, 山の, 当時の, 彼女に, 往来には, 待って, 後に, 後の, 思いきって, 思い切って, 悠然と落着, 感情が, 手を, 手足を, 探せば, 明智は, 昔の, 昔は, 時間は, 書状の, 最初の, 最後の, 本当の, 東京に, 根戸川亭へ, 森に, 正則の, 死んで, 民子の, 民子は, 気は, 気分が, 水の, 水中の, 沖の, 浅草の, 海ン中だの, 然し今, 燕尾服を, 父が, 狐の, 生きて, 番傘は, 病人で, 百篇に, 目が, 目を, 直接の, 相手は, 真実の, 真逆, 眼が, 眼の, 神の, 神尾の, 秀子は, 私としては, 私どうしても, 竜之, 米友だけは, 翼の, 肝腎な, 胸が, 胸に, 胸は, 能登守は, 腰が, 腹の, 自分でも, 荘田は, 萬燈を, 葉が, 葉之, 薄ぼんやり, 親方は, 親父の, 許して, 話が, 読み得るだけの, 談一度野村の, 貴女の, 近所の, 近頃は, 遅かった, 酒の, 間に合わなかった, 間も, 雪が, 雲の, 静かな, 顔の, 風が, 駄目でした, 駒井は, 黙って

1 [4534件 抜粋] ああいうじ, あきらめて, あたいは, あたしはずかしく, あて面白く, あなたを, あの中, あの晩, あの魔物, あまり服装, ある場合, あれと, あんなはずかしい, あんまり遅い, いくらか, いずれを, いっこうからす, いったい事実上, いつの, いつも大抵留守, いつ役人, いま生き, いらっしゃらない, うしろ姿で, うまくゆかない, おかあさんを, おじいさんからは, おそらく無意識, おとよ, おまわりさんとて, お光さん, お前言種に, お師匠さん, お母さんは, お紺, お通, お雪, かえって住み, かたくて, かまはずどんどん, きっとその, くるはず, こうし, こう後, こちら様で, このごろでは, この三人, この会合, この小さな動物, この未來, この璽光教, この翁, この遊輔, これから日に日にその, これなら, こんど事情が, こんなに持っ, ごうごうたる音響, さうで, さだ子にすら, さて元, さりとてその, しかしそれでも危険区域, しかし不断, しかし日頃, しかし零落, しばらく心臓, じっとこらえ, すぐあと, すぐ妖艶, ずいぶん長い, そういう人間, そうしっかと極められ, そうだ, そう思っ, そしてまた彼, そっと微笑, そのうち日本語, そのため伯爵, そのまま寂然, その一かたまり, その他は, その内容, その名, その多少, その小鳥, その彼, その後俗事が, その意志, その抜かした, その旗印, その本, その犯人, その目, その糸口, その血, その軍隊, その頃美和子, それからの, それから急, それでは何, それでもその, それでもまあ, それでも僕, それでも彼ら, それでも矢つぎ早, それでも首, それにしてもあれ, それほどとは, そんなにぬれず, そんな大事, そんな莫大, たいてい二時間, たしか改造社, ただぼんやり, たとえ生, だまって, だんだん我知らず, ちゃんと知っ, ぢつ, ついにわかりません, ついに赤い, つひぞ話しても, では, でもなんとなく, でも全体, とうてい二人, とうとう心身共, とき, とてもお, とにかくまたやって来た, とにかく相棒, どうかした, どうしても動きませんでした, どうしても食べる, どうせ大, どうもいけない, どうも兄貴, どうも逢れん僕, どこつて別に, どのひと, どんなに情なかっ, なお近い, なかなか思う, なにかに, なに死ぬなら死ぬ, なんとなく若, はげ落ち色あせたなりに, ばらには, ひどい困窮, ふいに, ふみ江は, べつに虐待, ほろ, まあこういういろんな, まさかこんなになろう, まさしくそれ, またこんな, またもやよそ, また別, また押返され, まだこれ, まだわずかに, まだ同じ, まだ早い, まだ私等, まだ黙っ, まもなく長く, まア今日, みんなは, むろん野次馬, もうかんべん, もうできない, もうやがて春, もう何, もう少し休ん, もう春影, もう熱, もう読めた, もう遅かっ, もし団員, もっと強く, もとより証拠, やがて五月雨, やって, やっぱりつかまった, やっぱり観, やつぱり彼女は, やはりそれ, やはり充分, やはり自分, やむをえずかえしました, ゆつくりし, よく考えれ, よりによって生れる, わが日本太郎, わたくしには, アア已に, ウルリーケの, コルセットの, スケートの, チップは, ハイロは, ピッケルが, ペットを, ミーチャと, リーズは, 一たび其人の, 一万二千ルーブル出す, 一向それ, 一向手答え, 一度二度, 一旦彼, 一言でも, 七八つ時分から, 三人まで, 三郎兵衛の, 下司や, 不愉快だ, 世の中に, 両手で, 中軸で, 久しぶりの, 乱暴人の, 事を, 二ツ三ツ重, 二人っきりなら構わない, 二度目は, 五少年には, 京千代と, 人殺しまで, 今から, 今のを, 今回實地を, 今度のは, 今日山崩を, 今朝は, 仏頂寺は, 令嬢は, 伊那丸の, 伯母さんは, 佐野には, 何う, 何しろ赤ちゃん, 何だか帰りたく, 何といつ, 何とも言えない, 何故か彼, 何時頃にと, 使いも, 俺は, 偶然にも, 僕にとっては, 兄が, 先を, 先生も, 入浴し, 八雲は, 兵馬は, 其の蹙め, 其以上の, 其時は, 内心大いに, 刀が, 初めは, 別に何者, 別に足痕, 別段私, 刺は, 副島の, 助かると, 勝敗は, 北鳴, 十分世間の, 午後から, 半紙の, 厳しく母上, 又簿記, 友達が, 取合って, 古ぼけたハンチング, 号外売り, 同一その, 名義ばかりの, 君とは, 吾家は, 和尚は, 唯今お湯へ, 噂に, 四囲は, 困るから, 地面が, 堪忍し, 声を, 多四郎は, 夜更けに, 大きな子供, 大切な, 大工の, 大蔵の, 天滿宮の, 夫れ, 奮發し, 女子の, 如何せんその, 姉のみ, 威厳の, 嬉しさうに, 存外度胸, 学者たちは, 宗匠の, 実はこう, 実は其中庵裡無一物, 実際君, 家へ, 寄る年波, 将来の, 小劍, 小腋, 少しばかり, 尚我等, 局部の, 岡郷介は, 巡査に, 左の, 布引照子の, 帰らうにも, 常次, 年ちゃんだけは, 幸ひ, 幾らかまだ跛足, 店の, 引かれて, 当人に, 影に, 彼等は, 後れたもの, 御用聞の, 心を, 忍耐し, 思いあきらめ, 思い直して, 怪人物の, 恐らく糞, 悩んだだけ, 情景そのものよりも, 愚劣な, 慣れるに従って, 我家へ, 戸口に, 手の, 折れる前, 拍子抜けの, 挨拶が, 放蕩を, 敵らしい, 断つて, 新子さんの, 旅に, 日本でも, 早く来, 明日は, 昨夜といふ, 昼過ぎに, 晝は, 暖簾なんて, 曲者は, 最う斯, 月の, 朝の, 期待する, 本を, 本当ね, 本社が, 村尾さんは, 来るべき日, 松尾の, 柬埔寨風に, 格太郎は, 梅の, 極温和, 樹君も, 止まらない, 此儘で, 此芝居社会の, 死ぬなどとは, 殘った, 殿村の, 毎年三月に, 気に, 氣味が, 江戸を, 決して美しく, 河野さんが, 法水は, 洞窟の, 海からは, 深いなさけ, 清ちゃんに, 源一には, 漬物を, 火星兵団の, 無暗に, 然し父, 牛の, 物心が, 猥らしい, 球江が, 生憎誰, 田代には, 男に対して, 畳は, 痛い位, 百二つで, 皆目分らない, 目の, 直ぐに, 相手が, 真っ昼間から, 眸は, 矢張こちらが, 矢張笑つてゐる, 知也さまと, 神仏二道の, 私と, 私実は, 秋に, 空には, 窮屈な, 笑い声が, 第二, 糸が, 紙入れを, 結婚出来る, 結局勝った, 絶えず動揺去来, 緑色の, 美しいよい物, 美妙斎との, 翼は, 考えの, 聞捨てに, 胃腸の, 腐敗し, 自分に, 興奮する, 良人に, 花は, 若い人たち, 若し深く, 英国人の, 菊太郎君に, 葉の, 處, 蝮酒屋の, 行く処, 表面の, 製品は, 西洋髪に, 見えなかつた, 見るからに, 見當ら, 親孝行には, 記すには, 誕生が, 誰でもが, 諸種の, 象さんが, 貨車は, 賊の, 起きて, 足利尊氏が, 身体も, 近く山を, 退屈で, 逢いたくッ, 遂に遣っ, 道子は, 適当に, 酒が, 野口君の, 金沢の, 鏡の, 長居は, 開いて, 関門風景が, 隊長に, 障子を, 雨の, 電話の, 青木さんと, 面白くも, 頭丈け, 風態の, 飲み過ぎの, 首を, 駒井にとっては, 高島田さここの, 鳥は, 黒は

▼ たのに~ (6517, 0.3%)

225 違いない 171 気が 132 ちがいない 99 相違ない 59 違ひない 52 今は 44 違いなかった 41 それが 37 反して, 違いありません 33 それを, どうした 32 私は, 過ぎないの 30 今度は 28 何の 26 急に 25 氣が 23 不思議は 22 今日は 20 今では, 過ぎない 19 對し 17 これは, 違ひなかつた 15 ちが 14 何も 13 少しも, 彼は, 無理は, 相違ありません 12 惜しいこと, 比べると, 私の 11 いまは, それに, それも, 彼女は, 相違なかっ 10 すぎない, 今に, 今の 9 あなたは, この頃, ちがいありません, 過ぎなかった, 驚かされた 8 その時, 相違あるまい, 眼を, 自分の, 過ぎなかつた

7 [11件] あなたが, あの人, これを, こんなこと, すぎないの, びっくりし, 比して, 目を, 相違ございません, 私が, 自分は

6 [12件] ここへ, ちがいなかった, なんの, 不思議な, 今夜は, 何うし, 力を, 心を, 相違なかつた, 腹を, 過ぎません, 違ひありません

5 [26件] あの子, お前が, ここで, このよう, こんどは, その日, それから, なにが, びっくりした, 不意に, 人の, 今年は, 他ならない, 何か, 僕が, 君は, 安心し, 彼が, 彼の, 意外にも, 手を, 気を, 端を, 自分が, 誰も, 過ぎないが

4 [29件] あんたは, お前は, きょうは, この時, これでは, すぎなかった, すぐに, そうで, その夜, その晩, それは, 今夜の, 何んの, 妙に, 家の, 彼等は, 惜しい事, 意外に, 案に, 残念だ, 気の, 気も, 満足し, 男は, 目馴れた, 答へて, 途中で, 違いあるまい, 非常に

3 [81件] ああいう, あなたの, あれから, うっかりし, お豊, ここでは, ここに, これじゃ, これで, さうし, すぎなかったの, そのため, そのとき, その恩, そんなこと, ちかごろは, ちがいあるまい, つまらない事, どうしてこんな, どうしてそれ, どう云う, どこへ, なぜか, ひきかへ, ほんとうに, まだこの, ハッと, 二人とも, 今こうして, 今じゃ, 今と, 今まで, 今度の, 今日まで, 今日も, 何を, 先生は, 加奈子は, 博士は, 吃驚し, 吃驚した, 同情し, 女は, 妙な, 子供が, 少しの, 帰って, 庭に, 忘れて, 意外な, 或る, 是非来い, 机に, 案外にも, 次の, 此の, 母は, 気がついて, 気附いた, 氣付いた, 生きて, 生憎留守, 目の, 相違なく, 祖母は, 私一人が, 答へ, 肝心の, 腰を, 自分で, 落胆し, 貴女は, 近いもの, 返事も, 逆に, 過ぎませんが, 違いなく, 違ひなく, 違ひ無い, 遭遇した, 黙って

2 [325件] あてが, あとで, あのよう, あの女, あの家, あれきり一度も, あれだけの, あんないた, いくら待っ, いざと, いつの間にか形勢, いつまで, いつまでも, いつもながら, おいが, おそいので, おまえは, おまけに, おれは, お京, お兄様, お前さんだけは, お叱り, お帰り, お悦, お目, かえって私, かんじんな, かんじんの, きさま, きて, きみは, こ, ここには, こちらが, こちらは, こっちは, こっちへ, このごろでは, このごろは, このまま, この人, この先生, この年, この男, これが, これに, こんなふう, こんな事, こんな風, さう, さて電燈, しかし名人, すぎません, そういない, そうじゃ, そこには, そこへ, そこを, そのお, そのおかみさん, その上, その上リヽー, その人, その夕方, その室, その期待, その機会, その辺, その返事, その間に, それさえ, それだ, それでもその, それでも不幸, それよりも, それらは, それ等は, そんな返事, たうとう, たった一人, ちげえ, つい筆, つれて, とう, とうとうお, とんでもない, どうしてあの, どうしておれ, どうしてそこ, どうでしょう, どこから, どこを, なぜそれ, なにし, なにも, なんという, ばったりと, ひっかかったの, びっくりさせられた, ほかにも, ほんまに, まことに残念, またし, またその, また子供たち, まだお, まだ何ん, まだ帰らない, もうその, もうひとり, もう大分, もう火, やつと, よくまあ早く, よく似, よく見る, わしは, わたくしは, わたしは, われながら, ゐないので, ギョッとして, コンニャクそばでは, ツマラヌ連想から, フシギは, ヘーゲルは, モースが, 一つには, 一枚も, 一種の, 丁度家には, 三人は, 不在で, 不思議にも, 世間の, 中へ, 之を, 予期に, 二人で, 二人は, 亭主らしい, 人が, 今この, 今その, 今までは, 今夜も, 今年だけ, 今日の, 今朝は, 今頃まで, 仔が, 他の, 伸子は, 何う, 何かの, 何だって, 何という, 何にも, 何らの, 何んだ, 何人も, 何処を, 例の, 俄かに, 俄に, 信吾が, 僕だけは, 僕は, 兄は, 先手を, 先方は, 先生に, 出て, 割が, 加藤の, 十年間の, 厚司の, 原因し, 又子供達, 反しその, 反し読み物, 反対し, 反對, 叔父の, 可哀そうに, 向うから, 君が, 四辺は, 図らずも, 坊主は, 垢染みた, 夕方に, 外ならぬ, 外は, 夜の, 夢の, 夫人は, 奇蹟的に, 妻の, 姉だけ, 娘の, 婆あ, 子供の, 安心した, 室の, 家へ, 家庭の, 寢て, 対応し, 山の, 己が, 幸彼女が, 弁士は, 引きかへて, 引き換へて, 当人の, 当惑し, 徴し, 心の, 思ひも, 恋愛の, 恩を, 息子が, 意外や, 戦争で, 戸締りが, 手前も, 教育の, 斯ん, 日が, 昌作は, 明治時代そのものを, 智子は, 最近に, 朝から, 本ばかり, 来て, 業を, 極めて快活, 此処では, 武蔵は, 気の毒だった, 気附い, 氣づく, 油断し, 清之介君は, 清水越の, 滿足したらしく, 無理も, 犬が, 狩尾博士は, 王さまに, 留守を, 異ひない, 疲れが, 病気に, 目に, 相手は, 相異し, 相違ございますまい, 相違ねえ, 相違無い, 眉を, 礼を, 社から, 私に, 私も, 私一人だけ, 秋の, 突然そう呼びかけられた, 竜之, 米友は, 結果は, 義雄は, 肝腎の, 自分には, 茶も, 薄く陽炎, 蘭軒は, 見るの, 言うこと, 説教は, 誰れ, 足を, 踊らぬ奴, 迎えに, 近ごろは, 近頃お, 近頃は, 返事が, 逢って, 遂に画家, 運命が, 過ぎないと, 過ぎないという, 過ぎぬ, 過ぎぬの, 過ぎませんでした, 違いございません, 違い無い, 違えねえ, 違ひございませぬ, 遠島を, 遠慮し, 醤油を, 金を, 銀座裏の, 間違いない, 間違ひ, 阿呆んだら, 隣りの, 雨が, 雪の, 青木さんは, 頑として船, 風の, 首を, 驚かされずには, 驚かされて, 驚かされました, 驚きの, 驚ろかされた, 鴎は, 麻油一人は

1 [3668件 抜粋] ああした, あいつ等が, あきれた男, あっしは, あと二週間も, あの何, あの狸め, あべこべに, ある朝, あんなてれ隠し, あんな淋しい, いうこと, いきなり槍玉, いけませんでしたね, いざ発表, いったいこれ, いつかその, いつのまにかこっそりと, いつのまにこんな, いつの間にどこ, いつ出, いまきみに, いままた, いま急に, いやに, いろいろな, うちもはよ, うんともす, おかしいな, おとなしい中, おやという, お会いさせ, お君, お待たせし, お母さんもつれず, お浦, お祝いも, お調子づい, かえって不, かくと, かの女, がっかりし, きばを, くそっ, こういう銘酒, こう云う, ここの, ことにお, このこと, このとき, この一二年, この二, この北邊, この山地, この方法, この淋しい, この舊, この辺, この風, これから腹, これまで, こんどの, こんなものものしい, こんな話し, さすがは, さてはやはりあった, さらにその, しかしわれら, しかたが, しっくりします, じゃあ是非これから, すぎなくて, すぐもうこんなことができたではございませんか, すこしも気, すっかり膨れ, ずいぶん積極的, そういうもの, そうして姫君, そう思っ, そしてその, そして従順, そっくりの, そのうち引越さなきゃならない, そのほか, そのやにさがり, その人前, その反対, その女, その少年, その後引続き, その教, その梨丸, その海後さん, その目的, その考え, その行先, その車夫, そもいったいどう, それきりまた, それでは横町, それでも見えぬ, それにお, それより, そんなにもう翌, そんな小さな子, たいそう腹, ただ一つ大切, たった伸子, だがまもなく, だんだんと, ちげえねえ, ちょっと似, ついうっかり, つい今, つい注文, つひに, でもお, とうとう殺し, とことんの, となりの, どういうもん, どうしていっしょ, どうしてこわがりましょう, どうしてまた, どうしても会わない, どうして三村屋, どうして家, どうして最後, どうして私, どうぞないしょ, どうやら大勢, どこまで, どんなに頑丈, なお遠く若王子, なぜおれ, なぜまだ二人, なぜ出かけた, なぜ早く, なにげなく抛った, なんじまだ, なんて云う, なんとなくその, なア, のこのこと, はじめて気がついた, ばかに, ひとりの, ひねくれたよう, びっくりしました, ふと一疋, べつにいさかい, ほらこんなに, ぽつかり, まあどんなにそいつ, まして彼女, またお, またまたしゃくい, また引返し, また此処, まだきれい, まだねむっ, まだ何處, まだ川, まだ私, まだ車, まだ駒沢, まつたくあべこべ, まるで東京, まアどう, みんな断わった, むなしく帰らなけれ, もううち, もうひっこんじまった, もう九十, もう午, もう決して二度とその, もう見えませな, もっと別, やっと出来た, やっぱり松茸, やはりダネック, やや気, ゆっくり名残, よくもひと, よっぽど慌てやがった, わかい藤井先生, わざわざ上方, わずか数年, わたしを, アノ通りだ, イヤひでえ, エスキルという, カラリとも, キッパリ断った, コタツでは, ジジを, ゾッと寒気, テエゲルには, ドンと, バスで, ピイプザアムは, フランス革命以後, ホツと, ママが, ミルキ閣下は, ヨゴレタ男に, レオナルドが, 一ぺんも, 一人で走つ, 一体どっち, 一向涼しく, 一寸拍子, 一年待ち, 一時その, 一言も, 丁度こちら, 三両貸せ, 三四年振りで, 三目置い, 下げた頭, 不二男, 不思議も, 丑松は, 中堀さんは, 主税も, 乱暴にも, 予想も, 二の丸三の丸の, 二人並ぶ, 二十年ほど, 二時間以上たく, 五三の, 亡くなつたお父さま, 人々は, 今ごろお出で, 今で, 今もっ, 今や僕, 今夕飯終り九時五分前, 今宵は, 今度悪く, 今日に, 今晩に, 今朝に, 今眼, 仕事にとりか, 付け上っ, 仰天し, 休まずといふ, 伴れ, 体も, 何だつて歸, 何とも思わない, 何んで, 何故あっ, 何故外, 何時の間にか剥製, 余り勉強ばかり, 信用し, 倣つてその, 偶然まだ, 働いて, 兄さんの, 先に, 光秀様に, 全くやめ, 八端の, 其ではと, 其主に, 其郵便が, 冥府は, 出る時, 分らずやの, 初夏に, 利章一人は, 則つた, 助けられ救い上げられて, 勉強しない, 北原が, 十月, 午頃から, 博士が, 原田は, 又し, 又五郎が, 反し, 反しルネサンス, 反し新劇俳優, 取って, 古見の, 右門が, 同一の, 名和殿は, 吝嗇な, 和し, 唾液の, 噂が, 四度とも, 国ポケント突立っ, 地震の, 基因いたします, 壁布は, 夏の, 外へ, 多賀ちゃんを, 大きな御, 大奥にも, 大蛇位な, 太宰は, 失礼ね, 奥様だけは, 如何いふ, 妻は, 婆さんの, 子供には, 安心でも, 実が, 実際に, 家に, 密雲の, 対した官家, 小さな男, 小栗は, 少しコミッション, 少なからず, 尾行し, 山奥へ, 崩れた山, 左翼と, 市長及び, 帰るに, 平安朝に, 年数も, 幾本も, 庭と, 弔書を, 引代へて, 当の桑山隊, 彼のみが, 彼等が, 後の, 從ひ, 御思案, 御苦勞, 心づく者, 心着く, 忠誠の, 思いがけなくこの, 思いも, 思慮が, 恁く, 恥ずかしくて, 悪く取った, 意外だつた, 愛しさえ, 慊ぬ, 或日青石横町, 手前の, 手紙を, 折あしく, 拇指で, 握り得たもの, 数名の, 敵性国人の, 新しい恋愛, 既に九時, 旦那さまを, 早や, 明日でなけれ, 昨夜という, 是非願ひな, 普通労働は, 更え, 最初は, 有為無常の, 木下助, 未だ眼, 本多鋼鉄は, 本業を, 来ましたので, 東清に, 松江は, 栖鳳先生は, 案内する, 案外平凡, 極つて, 横櫛で, 歌だけは, 正直に, 此奴が, 武士は, 歸つて來た, 殉死しなかった, 殿さまと, 比すると, 気がついた, 気の毒な, 氣づい, 水に, 汝は, 沙汰やみに, 泥を, 洋燈を, 浅吉さんは, 淡々として, 渡し舟までで, 満足したらしい, 滑稽な, 火鉢の, 無盡, 父が, 牛に, 特色ある, 独語教授と, 猶驚い, 現今の, 生命の, 用向きも, 留守で, 疑いな, 病気してる, 皆に, 目鼻を, 相変らずふくれ, 相違なから, 眠ること, 着かなかったの, 矢張り近い, 知名の, 碌な, 神ダナへ, 私だけ, 私自身いわれ, 穂積純太郎未だ, 突然わたし, 突然雲, 競走場へ, 管理を, 紀代子に, 紛らして, 経済雑誌社本の, 綺麗さっぱり, 繻子の, 羽衣町の, 聊か驚いた, 背こそ, 脱走し, 自分だけ, 自然に, 舌は, 船影さえ, 芸者を, 苦労しぬい, 莨吸ひ, 薄情な, 虱の, 血の池に, 街中の, 覆面子とか, 親も, 記して, 話を, 譬た, 豐吉といふ, 貴方何う, 赤松の, 踏切の, 軽い失望, 迎いさあ, 近頃思いがけない, 追い返すの, 通ってないので, 遅刻した, 過ぎないつまり, 過ぎなかつたが, 道草を, 違げえ, 違ひません, 部屋が, 里に, 金襴の, 長女を, 間に, 関らず, 陀羅尼の, 集りが, 雨戸は, 電報うっ, 青年の, 面喰い, 須臾に, 頭巾は, 顔や, 香を, 馬鹿なさわぎ, 騙されて, 驚かされたさうだ, 驚ろい, 髻を, 鷹司殿に

▼ たかも~ (5932, 0.3%)

1416 知れない 589 しれない 428 知れません 357 知れぬ 314 知れないが 138 知れませんが 133 しれないが 131 しれません, 知れないの 126 知れぬが 95 しれぬ 82 知れないと 67 知れなかった 56 しれないの 53 しれなかった 40 しれぬが, わからない 35 知れないよ 33 しれないと 32 知れぬと 29 しれませんが, わかりません, 知れなかつた 28 知れん 26 知れませんね, 知れませんよ 21 しれぬと, 知れぬの 18 しれないよ, 知らぬが 17 しれないという, 知れないけれど, 知れないね, 知れませぬ 16 知れんが 15 知れないという, 知れないな, 知れなかったの 14 分らない, 知れないし, 知れねえ 13 しれませんね 12 知れないのに, 知れないわ, 知れなかったが 11 しれないけれど, しれないん 10 しれませぬ, しれん, 知れないがね, 知れないぜ, 知れないぞ 9 しれねえ, 知れないから 8 しれないし, しれないね, 知らぬ, 知れないけれども, 知れませぬが 7 しれなかったの, しれませんよ, わかりませんが, 分りません, 忘れて, 知れないとも, 知れねえが, 覚えて 6 しれないぜ, しれないわ, しれんが, 判らない, 知れないじゃ, 知れないよう, 知れないん, 知れぬぞ, 知れませんな, 知れんな

5 [15件] しれないから, しれないけれども, しれないぞ, しれないのに, しれなかったが, しれねえが, しれんという, それは, 知れないけど, 知れないといふ, 知れないもの, 知れぬて, 知れませんがね, 知れませんけれど, 知れませんわ

4 [13件] しれないしかし, しれないわね, 判らないと, 判りません, 知らないが, 知らないで, 知れないその, 知れないぢ, 知れないでは, 知れなかつたが, 知れぬという, 知れませんから, 知れませんでした

3 [27件] しれずまた, しれませんぜ, しれませんわ, しれんと, わかる, 分らぬ, 判らないよ, 判りませんよ, 彼は, 知れないこと, 知れないところ, 知れないなどと, 知れないに, 知れないやう, 知れないわね, 知れなかつたの, 知れぬから, 知れぬけれど, 知れぬし, 知れぬな, 知れませんけれども, 知れんて, 知れんと, 知れ不, 知んねえが, 解りません, 解りませんが

2 [73件] しれしませんなァ, しれないじゃ, しれないだが, しれないでも, しれないとも, しれないなどと, しれぬぞ, しれぬの, しれねえから, しれねえな, しれねえん, しれませんからね, しれませんけど, しれませんけれど, しれませんねえ, しれんぞ, しれんな, しれんよ, じさ, ないもの, ないもん, わからない程, わからぬ, わからねえ, わかるの, 分らないの, 分りませぬ, 分れしません, 判らないの, 明らかでない, 知らない, 知らないん, 知れずあの, 知れずまた, 知れず又, 知れたもの, 知れないあるいは, 知れないからね, 知れないこの, 知れないさ, 知れないそれ, 知れないです, 知れないとは, 知れないほど, 知れないわねエ, 知れない二人, 知れない位, 知れない僕, 知れない男, 知れない程, 知れない言葉, 知れなかったん, 知れなかつたから, 知れなかつたのに, 知れぬいや, 知れぬ之, 知れねえな, 知れねえの, 知れねえんで, 知れは, 知れますまい, 知れませぬけれども, 知れませんぜ, 知れやしない, 知れんぜ, 知れんぞ, 知れんなあ, 知れんね, 知れんよ, 考えて, 覚えが, 解らない, 記憶が

1 [571件 抜粋] あんたには, うすうすながら, うろ覚えで, うろ覚えである, この二人, これから例, これで, ご本人, したらしい, しちめんちょう, しらぬ, しらん, しらんが, しれず, しれずあなた方自身, しれずあるいは, しれずかたがた, しれずそう, しれずと, しれずもし, しれずもしか, しれず事, しれず変動, しれず必然, しれず私たち, しれないおれ, しれないかなり, しれないからね, しれないがね, しれないく, しれないくらい, しれないけれ共, しれないこと, しれないこんな, しれないさ, しれないそして, しれないその, しれないただ, しれないたぶん, しれないですね, しれないといふ, しれないとか, しれないとにかくたちまち, しれないとは, しれないどう, しれないどちら, しれないなどという, しれないなんらかの, しれないねえ, しれないので, しれないのにさ, しれないのにと, しれないのね, しれないほどの, しれないもの, しれないよう, しれないわけ, しれないキリッ, しれない三人, しれない事, しれない交際, しれない以上, しれない全快, しれない問題, しれない地上唯一, しれない坂本八郎左, しれない堀端, しれない害悪, しれない心理, しれない忍耐, しれない或は, しれない智慧才覚, しれない未, しれない泥坊, しれない男らしい, しれない疑惑, しれない眼, しれない稚く美しく, しれない笛, しれない考えるだけでも, しれない自分, しれない読者, しれない顔, しれない風味, しれなかったからでも, しれなかったでしょう, しれなかったという, しれなかった者, しれなかつた, しれなかつたが, しれぬから, しれぬこと, しれぬすきとおるくらい, しれぬそうした, しれぬでは, しれぬという, しれぬとまで, しれぬなお, しれぬなどと, しれぬのう, しれぬもう, しれぬ二百五十万, しれぬ今日, しれぬ歌, しれぬ立場, しれぬ計画, しれねえさ, しれねえぞ, しれねえと, しれねえのに, しれますまい, しれませぬが, しれませんがね, しれませんきっと, しれませんし, しれませんそう, しれませんつまり, しれませんでしたが, しれませんでしたね, しれませんな, しれませんの, しれませんのに, しれませんわね, しれや, しれんからね, しれんけれども, しれんさ, しれんちょっと, しれんて, しれんですが, しれんね, しんない, しんねえ, じ, じを, すこし後で川上貞奴, すべてたしかには, その勢力, それで, ぞんじませんわ, なにも, またどういう, まだはっきりわからなかった, まるきし見当, まるでけんとう, まるで覚え, もう忘れ, よくわかります, よく思い出せない, よく知っ, よく知られ, よく覚えなかった, よく解つて, わかって, わからずじまい, わからずその, わからずどう, わからずに, わからず入棺, わからないくらい, わからないけど, わからないと, わからないという, わからないのに, わからないひどく, わからないよう, わからない気がついたとき, わからない癖, わからなかったこんな, わからなかったほど, わからなかつた, わからなくなるでしょう, わからぬこと, わからんしかし, わかりませぬ, わかりませんけど, わかりませんの, わかるまいが, わかんないし, アラカタ見当が, 不明だ, 不明で, 不明な, 丸切り見当が, 主人の, 了解する, 亦不明, 今日では, 何かへ, 何を, 余り珍しく, 俊三が, 全くこの, 全く知られなくなっ, 分からないの, 分からないのに, 分ったし, 分って, 分らず翌朝, 分らないこの, 分らないのに, 分らない位, 分らない池大雅, 分らない間, 分らなかった, 分らなかつた, 分らぬが, 分らぬの, 分らねえ, 分らん, 分らんぞ, 分らんな, 分りませんもの, 分るの, 分るもの, 分れしませんの, 分れしまへん, 初めて安心, 判らないいや, 判らないこの, 判らないし, 判らないわ, 判らない何とか, 判らなかった, 判らぬ巨木, 判然と, 刻々掠り傷, 十円か, 十分知った, 問題に, 図られない, 図り難い, 夢中で, 夢中でわからない, 天降った, 存じて, 存ぜずそれ, 存ぜぬが, 実はきめられない, 寄せて, 寝た相手, 察知できる, 少し恋歌, 居合せなかったので, 彼には, 忘れた, 思います, 思い出さない, 思い出せませぬ, 思い遣ること, 思うても, 思わず膝, 想像される, 手分けに, 推測できた, 料られぬを, 日日新聞から, 明かには, 気づかないで, 気づかないほど, 測られぬので, 測り知れぬでは, 無えもん, 無論題位, 甚だ疑問, 皆忘れ, 知って, 知ってるだろうな, 知つ, 知らずいわば, 知らずおれ, 知らずに, 知らず今朝佐久間町, 知らず議会, 知らないし, 知らないただ, 知らない位, 知らなかった, 知らぬそれ, 知らぬふう, 知らぬやう, 知りませぬ, 知れず, 知れずあるいは, 知れずお, 知れずそして, 知れずそれ, 知れず一概に, 知れず三人三様, 知れず三人三樣, 知れず何, 知れず優しい, 知れず別して, 知れず家, 知れず殘, 知れず満更, 知れず見ないかも, 知れて, 知れないあすこ, 知れないおかげ, 知れないお前, 知れないからな, 知れないがなあ, 知れないくらいの, 知れないこうした, 知れないこうして, 知れないしね, 知れないじや, 知れないそして, 知れないそれとも, 知れないそんな, 知れないだが, 知れないだろう, 知れないって, 知れないですよ, 知れないでも, 知れないとさえ, 知れないとしても, 知れないどうも, 知れないどこ, 知れないなどとは, 知れないへた, 知れないほどに, 知れないほどの, 知れないほんとに, 知れないや, 知れないらしい, 知れないわネ, 知れないハツ, 知れないワ, 知れない之, 知れない今, 知れない位彼, 知れない何, 知れない何しろもう, 知れない信者たち, 知れない俺, 知れない僻地, 知れない儀礼, 知れない八方, 知れない共産主義, 知れない其娘, 知れない又, 知れない商, 知れない喧嘩刀, 知れない土竈, 知れない多く, 知れない太古, 知れない女, 知れない小唄組, 知れない幻影, 知れない彼, 知れない志村のぶ子, 知れない我国, 知れない手代, 知れない末期, 知れない気, 知れない水落, 知れない状態, 知れない田舎大工, 知れない甲記者, 知れない當時日本, 知れない私, 知れない訳, 知れない貞奴自身, 知れない金銭上, 知れない駝鳥ボア, 知れなかったから, 知れなかったですよ, 知れなかったと, 知れなかった店, 知れなかった自分, 知れなかつたこと, 知れなかつたし, 知れなかつたのね, 知れなかつたやう, 知れなかつたわ, 知れなかつた者, 知れなかろう, 知れなくてよ, 知れなん, 知れぬあるいは, 知れぬかな, 知れぬけど, 知れぬこの, 知れぬしかしながら, 知れぬずっと, 知れぬであろう, 知れぬでは, 知れぬといふ, 知れぬとお, 知れぬとだけ, 知れぬどうか, 知れぬに, 知れぬので, 知れぬほど, 知れぬほどの, 知れぬまた, 知れぬよろしく, 知れぬわい, 知れぬ併, 知れぬ墨子, 知れぬ夫, 知れぬ店主, 知れぬ念, 知れぬ或いは, 知れぬ斯, 知れぬ暗雲, 知れぬ末期, 知れぬ死処, 知れぬ猶予, 知れぬ着物, 知れぬ諸君, 知れねえけれど, 知れねえけれども, 知れねえだが, 知れねえてば, 知れねえよ, 知れねえ割りそう, 知れへん, 知れましねえ, 知れませぬすること, 知れませぬねえ, 知れませぬので, 知れませぬゆえ, 知れませんあなた, 知れませんあの, 知れませんおじいさん, 知れませんからね, 知れませんけど, 知れませんし, 知れませんぞ, 知れませんでしたが, 知れませんでしたがね, 知れませんなあ, 知れませんなど, 知れませんなどと, 知れませんなにしろ, 知れませんの, 知れませんふいに, 知れませんや, 知れませんアハヽヽヽ, 知れません何しろ, 知れません八五郎親分, 知れません包み兼, 知れません多分, 知れません小学校, 知れません或は又, 知れません消防, 知れません白く, 知れません藻西太郎, 知れません陳腐, 知れやしないこと, 知れやせんぜ, 知れんお, 知れんけど, 知れんけれど, 知れんけんど, 知れんしかし, 知れんじゃ, 知れんてな, 知れんでございます, 知れんという, 知れんねえ, 知れんの, 知れんのさ, 知れんよっぽど, 知れんわ, 知れんテヤ, 知れ申さぬ, 知んね, 知んねえ, 知んねえけど, 知んねえし, 知んねえぞ, 知んねえ江戸者, 精確に, 聞き忘れた, 自から, 自分では, 自分ながら, 見て, 見ること, 覚えちゃあ, 覚えの, 覚えは, 解らないぢ, 解らないですが, 解らないと, 解らなかったの, 言わなかった, 計られないから, 計られないの, 計られぬ, 計り知れないの, 話したので, 貴方には, 連れずに, 関係が, 随分おそかっ

▼ た~ (5910, 0.3%)

72 延は 40 島は 39 銀様は 38 雪は 34 延の 27 君は 26 君の, 島の 24 絹は 23 銀様の 22 艶の 20 蝶の, 角は 19 粂の, 銀は 18 増は, 絹の, 雪の 17 品は, 米の, 銀様が 16 秀は, 米は, 銀の, 雪が 15 艶が 14 かみさんは, 関は 13 吉は, 父様の, 絹が, 綱の, 艶は, 蝶は 12 米が, 綱は, 駒は 11 めえ, 世辞を, 久美さんは, 妙は, 手紙を, 秀の, 菊の, 藤は, 駒が

10 [15件] くみは, 今の, 光の, 君が, 城の, 増の, 屋敷の, 庄の, 杉の, 蓮様は, 角が, 角の, 通の, 静は, 靜は

9 吉の, 延が, 春は, 町の, 粂が, 蓮は, 蘭の, 言葉が, 顔を

8 [14件] 八重は, 六の, 姉さんは, 庇で, 時は, 染の, 浜の, 神さんが, 種は, 葉は, 袖が, 雪を, 高の, 高は

7 [26件] かみさんも, 今が, 今は, 千代は, 吉が, 夏は, 姿が, 手紙が, 手紙は, 民の, 浜は, 浦は, 皿を, 秀が, 竹は, 粂は, 糸の, 糸は, 菊は, 藤, 藤が, 銀が, 面を, 駒の, 高が, 鶴の

6 [45件] かみさんと, せいの, ぢいさん, みやは, 久美さんの, 人形は, 光は, 利代の, 勢が, 品が, 品の, 園の, 妙の, 姿を, 孃さん, 孃さんの, 定は, 庄は, 文は, 杉は, 染は, 柳の, 柳は, 梶は, 浦が, 浦の, 父様が, 石は, 神さんは, 神樂の, 粥の, 紋は, 絹という, 芋を, 菊が, 葉の, 藤の, 藤姐御, 蘭は, 蝶が, 豊の, 豊は, 通は, 高だ, 高を

5 [52件] かっぱの, くさん, さよが, さよは, つぎは, ほくに, 久は, 人が, 人には, 侍が, 勢の, 勢は, 十夜が, 千は, 友達の, 君さんの, 姿, 嬢さまの, 富は, 島が, 徳は, 手紙の, 才が, 才の, 料理の, 村の, 柳が, 梅は, 武家が, 民は, 浜が, 狩場の, 皆の, 神籤を, 絹, 絹も, 綱と, 艶を, 芳の, 蓮様の, 言葉を, 貞さんの, 近は, 道は, 酒を, 露は, 靜の, 顔で, 高祖頭巾の, 魚を, 鳥の, 鳥は

4 [94件] あてがいの, さむらい, つぎの, とうさま, もて, もなる, らくは, 七の, 三輪と, 久が, 久の, 久美さんが, 京の, 人だ, 人で, 人の, 人や, 人形を, 作の, 使いの, 俊は, 八重の, 内儀さんが, 内儀さんの, 内儀さんは, 冬は, 刀を, 勘坊の, 十夜は, 千世が, 友達が, 吉と, 君さんは, 咲が, 咲は, 国は, 土産は, 夏の, 姉さんが, 嫁さんは, 嬢さまが, 富の, 尻の, 岩の, 島と, 常が, 常は, 庇に, 店の, 延には, 影で, 役人が, 役人は, 志保の, 政は, 敏の, 文櫃は, 春が, 月様を, 桃を, 民が, 浦を, 照の, 熊の, 燕の, 父様, 神楽の, 種の, 紋の, 縫は, 美代は, 艶, 花が, 菊さんは, 葉が, 蓮さまの, 蓮様, 蓮様が, 角さんは, 角も, 言葉に, 言葉も, 越の, 通が, 酒が, 関の, 静です, 静の, 靜です, 顔も, 饅頭を, 駒ちゃんが, 駒ちゃんの, 魚の

3 [160件] えいは, かたで, かたに, きえさんが, げんの, ことばを, せいが, つねが, ぬいさんは, 一人, 久美は, 二人に, 二人の, 互の, 人じゃ, 人形の, 仲は, 作が, 信さんの, 倉の, 倉は, 傘を, 光を, 六が, 冬の, 利代は, 勘は, 勢を, 化粧を, 北という, 医者に, 千世の, 半は, 友だちの, 友達, 取かへには, 口を, 吉に, 君には, 品です, 品を, 喜美が, 園が, 園は, 土産の, 地蔵様は, 堂の, 天気に, 妙が, 妻が, 婆あ, 孝が, 宅では, 安の, 富が, 富と, 小姓とんぼ組の, 島に, 市の, 師匠さんの, 常の, 幸の, 庇にゃ, 延という, 役目が, 御籤の, 心から, 心は, 心持に, 悦の, 房という, 房は, 手, 手紙, 手紙で, 政が, 文が, 料理で, 新は, 方様が, 春の, 春も, 時に, 時を, 月, 月様の, 杉隠居は, 村は, 染が, 梅が, 椀の, 椀を, 楽を, 此は, 殿様が, 清の, 滝は, 照が, 照は, 熊さんの, 熊は, 父様に, 父様を, 獅子の, 珊は, 甲は, 町と, 留が, 白粉の, 皆は, 直は, 神さん, 神さんに, 神さんの, 禮に, 稲の, 篠の, 篠は, 米で, 米も, 粂を, 粗末な, 納戸の, 絃が, 組屋敷の, 経を, 綱が, 美代も, 美夜ちゃんが, 美夜ちゃんの, 美野の, 膳を, 艶であった, 花の, 花は, 芳が, 若は, 茶漬を, 菊だ, 菰の, 藤と, 藤を, 角さんが, 言葉の, 賤は, 返事が, 邸の, 酒の, 鈴は, 關の, 關は, 雛の, 雪と, 面です, 顔が, 顔の, 駒も, 駒を, 鳥に, 鶴は

2 [426件] あしを, いちは, おかみは, かっちゃ, かっぱで, かねを, かめの, きえさんの, きみの, くみが, けいちゃんが, けいの, げんは, ことば, ことばの, このは, さよの, さよ婆さんを, すしの, すずは, せい様が, せい様と, せきの, それを, たかは, たがい, たまの, ちかは, つぎが, つさん, つみを, つやさんの, つやさんは, つゆの, てつの, ときが, にの姿, ぬいさんが, のぶサンの, はなしを, ひげ, ひまの, ひら様, ふみの, ほきな, ほげ, まきが, みつを, もちやの, もちやを, もて水, もて黄, もんは, やめの, りつが, ヒナ様の, 三根が, 三輪が, 三輪の, 上り物を, 世辞は, 中元の, 互ひ, 亡くなりに, 京, 京が, 京では, 京は, 人, 人よし, 人形が, 仲間体の, 住は, 住居の, 余乃の, 使いを, 使い姫の, 侍さんが, 侍と, 俊さんまでが, 俊の, 俊を, 信が, 信の, 信乃である, 倉でございます, 兄さん, 兄さんの, 兄様が, 兄様は, 八代さんは, 八重という, 八重に, 六, 六と, 六という, 六平次の, 六飛んだ, 内儀が, 内儀さんも, 利代が, 勇が, 勝に, 勝の, 勢, 勢どう, 化粧で, 北さん, 医者さまが, 医者さんが, 医者さんだ, 医者さんで, 医者さんの, 十夜と, 十夜の, 千が, 千の, 千世は, 千代の, 千代後家の, 千勢の, 千勢よりは, 千絵が, 千絵の, 半の, 半を, 友達で, 友達に, 取り扱いを, 吉さんの, 吉じゃ, 吉を, 名で, 后は, 君, 君ちゃんや, 君を, 咲と, 咲の, 品と, 品に, 品には, 喜代が, 喜多は, 喜美と, 囃子の, 国の, 國の, 園より, 園を, 地蔵さまの, 坊さんが, 坊さんの, 坊さんは, 墓が, 増が, 声が, 声を, 声音に, 夏さんの, 夏さんは, 夏と, 多喜が, 夢の, 大事に, 天気でございます, 天気の, 女中が, 妙出る, 姉さんの, 姿だに, 姿に, 姿は, 嫁さんに, 嫁さんの, 嫁さんを, 嬢さまと, 孝の, 孝は, 安です, 定の, 定り, 富との, 小夜の, 小遣の, 小遣ひ, 尻を, 岩は, 島婆さんの, 崎の, 巡査さんが, 巡査さんに, 師匠, 師匠さまが, 帰りに, 幾の, 店に, 庭を, 延に, 弁当も, 弁当を, 弓の, 弟子の, 役人に, 役人や, 役所の, 得意の, 徳が, 徳と, 徳も, 心が, 心を, 心持は, 惣菜を, 房と, 手紙うれしく, 才と, 政の, 敏は, 文の, 文櫃の, 料理が, 料理は, 料理を, 日さまの, 春と, 時が, 時の, 月様が, 末の, 末は, 杉さんが, 杉その, 杉と, 栄の, 桃の, 梅という, 梶が, 椀に, 槇は, 此の, 武家の, 武家様が, 民と, 民には, 民を, 気の毒な, 水を, 浦, 浦という, 浦も, 涌を, 清に, 源は, 滝が, 澄の, 濠端の, 濱が, 父さまが, 父上の, 父様は, 珊少し, 由の, 由は, 由利は, 由良に, 由良の, 由良は, 申婆も, 町は, 留に, 留の, 留は, 疲れ直しの, 百合さんは, 百姓は, 皆と, 皆を, 皿が, 目に, 石が, 祖母様の, 祖母様は, 祝に, 神籤は, 祭りを, 種が, 種には, 立派な, 竹が, 竹の, 竹も, 筆の, 篠が, 米, 米さんに, 米でした, 米を, 粂さんに, 粂です, 粂という, 粥を, 糸さんを, 糸とは, 約束を, 紺, 紺の, 組に, 経の, 絹それは, 絹に, 綱, 綱という, 縫も, 繁に, 美乃は, 美代の, 美夜ちゃん, 考えです, 胸の, 臀の, 艶だった, 艶では, 艶に, 艶も, 芋の, 芝居の, 芝居を, 若の, 茂与, 茂世の, 茶碗を, 菊さんと, 菊さんの, 菊も, 菊を, 蓮の, 蓮様と, 蓮様を, 薬だ, 薬は, 薯食べません, 藤といふ, 藤との, 蘭が, 蘭しごき, 蘭を, 蝶も, 血筋は, 袖だ, 袖は, 角さん, 角という, 言葉でございます, 言葉は, 谷婆さんを, 豊さんは, 貞が, 賽銭を, 越, 越が, 越次の, 身が, 辭儀を, 辰が, 返事を, 通も, 通を, 連れの, 道が, 道さんの, 道だけに, 道の, 道具を, 邪魔を, 邸宅ばかし, 酌の, 金持ちの, 金持らしい, 釜帽子の, 釜帽子を, 鈴が, 鈴と, 鈴の, 鉄の, 銀さんは, 銀様, 銀様にとっては, 銀様には, 銀様も, 銚子を, 錦の, 長屋の, 関が, 關が, 附合の, 隣りの, 隣家の, 霜さんお前さんは, 霜の, 露と, 静, 静からは, 静それを, 静を, 面の, 頭を, 頼は, 顔に, 風呂に, 餅は, 馴染の, 駒さんです, 駒さんは, 駒に, 高に, 高祖づき, 高祖頭巾を, 髪を, 鯉は, 鳥が, 鳥を, 鳥目を, 鶴が, 鶴坊が, 鶴歯を

1 [2273件 抜粋] あんという, いち, ういお雪, おかみに, かいどりの, かたさまの, かたには, かっぱでした, かなの, かみさんや, かみさん額が, かよは, きみが, きんと, くにとうにもう, くみに, こころ, ことばと, さかなでない, さげや, さよ, さよだった, さよ婆さんであった, しずの, しるこや, すゑの, せいに対する, せい様から, せきが, それに, たから, たけは, たみとの, ちかづきに, つきあいは, つぎに, つとり, つな, つりを, つると, とぎばなし, とらと, なおさんを, なつは, ぬいさんにも, ねえさま, のぼりさん, はぐろとんぼが, はちのやつ, はんさんの, ひい様, ひつを, ひるまでの, ふささんには, へやさまの, ほき, ほやまもりを, まきの, みちを, みのが, めえと, もたげな, もて口, もて眼, もろを, やつちやん, ゆうであった, ゆうを, ゆるし, ようは, よねは, りくさんが, わかりでございますか, ケシも, ツネさんは, トコつけましょう, マキを, 一人と, 万殿の, 三宝の, 上手な, 世辞かとも, 世辞笑いを, 両人の, 久という, 久美である, 乗物を, 二人が, 二人づれの, 互にどんなに憎み, 亡くなりなすった今, 京も, 人あれは, 人たちぞ, 人でありましょう, 人も, 人形さんです, 人形やら, 仁である, 仕事の, 仲の, 仲間の, 会い申したい, 住居は, 体を, 作さんは, 使いなら, 使者は, 侍であろう, 侍様あれから, 供物の, 信さんその, 倉を, 優が, 兄い様か, 兄様でした, 光さんの, 光とが, 光も, 八代は, 公卿さまが, 六寢卷姿に, 兼さんも, 兼を, 内儀さんたちの, 内儀さん風の, 内輪のみ, 凸額さんだ, 刺身と, 前方を, 勘定書を, 勢ちゃんが, 勢に, 化の, 北さんと, 北自慢の, 医者さまどす, 医者さん体の, 医者様二人にも, 十夜孫兵衛いきなり, 千との, 千代でした, 千代婆さんの, 千絵様, 千絵様芒の, 千鶴は, 印に, 厩組の, 友達という, 友達を, 受け申し, 台場ちかく, 吉さんという, 吉婆さんまでも, 名残りである, 君っていう, 君に, 吟を, 味方が, 咎めを, 咲を, 品にとって, 喋舌り, 喜代に, 団子から, 国へ, 園と, 土産として, 土産袋を, 坊さまと, 坊主が, 垂髪の, 城下へ, 堂が, 塩, 増に, 声であった, 夏さんを, 外套を, 大名では, 天守の, 天気は, 天氣模樣で, 奉行さまの, 奉行様も, 女郎ぐもをはなした, 好み焼の, 妃, 妙ちゃんを, 妹ご, 妻それが, 妻は, 妾で, 妾ふうの, 姉さんを, 姫さんを, 姿である, 姿なり, 婿さんが, 媼さんが, 媽さんまた, 嬢さまあんた何うし, 嬢さままでが, 孃さんに, 子かいな, 子供小姓を, 孫達も, 安が慶長小判の, 宗さんは, 定さんは, 家族づれの, 寄りに, 寝間着の, 小人の, 小夜であった, 小姓の, 小遣いを, 尻だけが, 居間へ, 屋敷勤めの, 岸は, 峰や, 島たちを, 巡査さんは, 市御料人を, 師匠さんが, 師匠様の, 帰りなさいませ, 常には, 幸に, 庄が, 庄屋様の, 序で, 庭が, 庭へ, 廊下などが, 延であった, 延への, 弁当料理の, 弟子たちを, 弟子には, 役人だ, 役僧が, 待申し, 得意に対しても, 心あたりでも, 心も, 心持ちには, 志じゃ, 念仏を, 恨みも, 悦が, 情け深いお, 愛は, 愛想笑ひもし, 慶は, 房の, 手の, 手伝いの, 手柄じゃった, 手紙ありがとう, 手紙どうやら, 手紙や, 手紙珍しく早く, 手際では, 才に, 振袖を, 政には, 敏に, 敬ちゃんは, 文という, 料理なら, 新を, 方様に, 日さまが, 早熟も, 春とは, 時でさえ, 時間でしょう, 書付が, 曾與も, 月夜, 月樣を, 末には, 杉婆にも, 杯と, 柳に対する, 梅さんが, 梅の, 梶の, 椀だの, 楽が, 榧さん, 槙に, 止め流の, 武家さまから, 武家二人を, 歳暮が, 母上の, 民から, 民や, 気持な, 江戸の, 泊り宿の, 浜も, 浦と, 浦ままごと狂女を, 浪に, 浪人どうして, 清を, 湯殿へ, 滝です, 澄という, 瀧が, 瀧は, 照と, 熊さんは, 燈明などに, 父さま, 父さまは, 父様と, 爺ちゃんの, 物好きからか, 犬小屋一件が, 猫さん, 猿は, 琴だ, 琴を, 生命です, 由良じゃ, 甲に, 町めが, 留守へ, 疑いは, 登世さんという, 百合さんとは, 百姓たちの, 皆が, 盃には, 目が, 直という, 相手だ, 眼です, 睦までが, 石の, 社でした, 祖父ちゃんに, 祝が, 祝ひ品が, 神さんを, 神矢の, 祭りの, 禄が, 禮も, 秀に対する, 秋思わず, 稚児の, 稲には, 積りな, 竹さんが, 箸から, 篠, 籠を, 米さんに対して, 米には, 米素足の, 粂と, 粒が, 粥や, 糸で, 糸には, 約束の, 紋だ, 累が, 紺婆が, 経だ, 経に, 絲と, 絹さんが, 絹宗三郎, 綱さんが, 綱とは, 綺麗な, 綾殿は, 繁さんに, 美しさ, 美夜ちゃんに, 美夜ちゃんまた, 美野が, 考えが, 聞かせ下さい, 肚でも, 胸前の, 腕前御, 腰元風の, 臀だけを, 舟といふ, 船を, 艶いっそ, 艶ちゃんだって, 艶とは, 艶数丁さきで, 艶泰軒の, 芝居だった, 花さんに, 花と, 芳には, 若い男, 茂與, 茶わんが, 茶人または, 茶漬天茶という, 荷物が, 菊と, 菰が, 萱は, 葉に, 蓮さま何を, 蓮様だった, 薬が, 薬の, 藤さまが, 藤そっぽを, 藤ちらちら, 藤や, 藤坤竜に, 蘭さんが, 蘭どのは, 蝶だ, 蝶よりも, 袖ぐらいの, 袖に, 装で, 見舞に, 角さんだけが, 角であります, 角にとっては, 角開場と共に, 言葉であります, 言葉と, 言葉通りの, 詑びをさせたら家出を, 誓の, 説教で, 講中な, 豊である, 豊髪を, 貞さんに, 贔屓さんへ, 身なりだ, 車の, 輿に, 辰という, 近いうち, 通, 遇ひ, 遍路さんは, 道楽だ, 邸だ, 部屋, 部屋様を, 酒でございます, 酒に, 重の, 金子で, 鈴を, 鉄を, 銀や, 銀様を, 錦という, 関に, 関も, 關を, 隅さん私は, 雑煮は, 雛樣だ, 露が, 静それが, 靜を, 須磨さんは, 頼みでございましょう, 顏が, 顔つきで, 顔には, 顔色を, 風呂屋が, 飼場下飼人の, 館や, 首を, 馬だけは, 駒ちゃんに, 駒と, 骨の, 高祖頭巾といった, 魚です, 鮒を, 鳥目は, 鶴さんといふ, 鶴に, 鼻が

▼ たって~ (5728, 0.3%)

106 仕方が 70 仕様が 67 いうん 54 いいじゃ 43 駄目だ 37 しようがない 32 それは 29 ものさ 22 何の 21 何に 20 しょうがない, んだ, 何にも, 同じこと 19 だめだ 18 いいん, しかたが, それが, 誰も 17 どうにも, 何も, 構や, 私は 16 いうの, どうなる 14 いい, 云うの, 云うん, 構うもの 13 いうこと, いうわけ 12 かまや, 私の 11 いいだろう, ことは, 何が, 誰が 10 かまわない, そうだ, なんの, のは, 僕は, 私が, 自分の, 言うん, 駄目です 9 いいでしょう, いいの, これは, そんなこと, わけだ, 同じ事, 構わない, 無駄だ, 言って 8 ことが, しようがねえ, それを, はじまらない 7 いいわけ, いうが, すぐに, なにも, わけか, 俺は, 可い, 大丈夫だ, 構うもん

6 [14件] いいよ, これが, だめよ, よさそう, わけさ, 仕方がねえ, 何か, 何でも, 俺の, 君の, 始まらない, 少しも, 話だ, 駄目な

5 [25件] あの人, いいわ, えじゃ, えの, かまいません, こうした, ことに, ことを, しようが, わけです, わけな, んだろう, 云うこと, 人の, 仕様がねえ, 出て, 同じだ, 命に, 外に, 大丈夫です, 平気だ, 目の, 私には, 話は, 駄目よ

4 [44件] あなたの, いいさ, いいと, いいはず, いいや, いうから, いうじゃ, いうと, いうのに, いうんで, いつかは, おめ, おんなじ事, お前, そうは, それで, そんなもの, たかが二千年, ただの, だめです, だめな, だれも, つまらないじゃ, もうだめ, んだい, んです, 云って, 今の, 同じこった, 女は, 好いじゃ, 役には, 惜しくは, 本当の, 構わないじゃ, 次第でも, 死んだって, 知って, 知れたもの, 言いますぜ, 言うから, 言うじゃ, 言うの, 話です

3 [85件] あなたを, あるもの, いいから, いいのに, いいのよ, いうんだい, いやよ, えわけ, おれは, かまいは, かまうもの, かまわないじゃ, かまわないという, かまわねえ, こっちの, こっちは, ことさ, ことよ, この人, この私, しかたない, しょうがねえ, そうじゃ, その手, それや, そんな事, たいしたこと, ただそれ, どうした, どうにもなる, なんでも, なんにもなりゃしない, ほかに, ぼくは, むだだ, もうその, もう駄目, わからない, わかりは, わかるじゃ, わかるでしょう, わけでも, わたしに, ビクとも, ムダな, 云うじゃ, 人に, 今と, 今日の, 他に, 何んの, 僕が, 僕の, 別に, 別に不思議, 喜んで, 噂が, 大したこと, 女の, 始まらないから, 始まらないじゃ, 心の, 怖くは, 急に, 想像も, 手に, 文句は, 構わないが, 気が, 為方が, 無駄です, 無駄な, 知らないよ, 私に, 立派に, 罪は, 良かろう, 見えや, 訳だ, 話が, 話を, 金が, 馬鹿に, 駄目, 鼻血も

2 [278件] あたしが, あたしには, あつまって, あなたが, ありません, い, いいけど, いいけれど, いいで, いいという, いいますぜ, いいやね, いい都合, いうぜ, いうな, いうわ, いう事, いくらにも, いつでも, いつまで, うれしいでしょう, えこと, おかしいよ, おそいや, おとよ, おれの, おれを, おッ, お前さんの, お前たちに, お前を, お母, お通さん, かまうこた, かまうこと, かまうもん, かまわないが, かまわないさ, かまわないわ, かまわぬ, かまわねえん, きっと君, きりが, こういうん, こうまで, ここは, ここまで, ことだ, ことな, ことなんだい, このまま, この子, この家, この頃, これだけ, これで, こんなに待ちこがれ, こんなもの, じっとしてたら, すぐそれ, そううまく, そうさ, そうでしょう, そうです, そりゃ駄目, それじゃ, それだけの, そんな手, たすからないの, だめじゃ, だんなの, つまらない, つまらないと, つまりは, どうし, どうしよう, どうならず, どうにもなり, どうにもなりません, どうにもなりやしない, どこが, どんなこと, ない, なにを, なんに, なんにも, なんにもなりません, はじまらねえ, はじまらん, へんな, ぼくが, ぼくの, ものだ, ものに, やつさ, ようございます, ようござんす, ろくなこと, ろくな事, わからないん, わからねえ, わからねえじゃ, わからんよ, わかりっこない, わかりゃしないよ, わかりゃしないわ, わかるもん, わけじゃ, わけで, わけね, わたくしは, わたしには, わめいたって, タカが, ダメだ, ダメです, ムリだ, 一文にも, 不思議は, 事を, 事実を, 云いますよ, 云うでしょこんど, 云うのよ, 云うもの, 云うんだい, 云うんで, 云う話, 云ってたよ, 人から, 人が, 人を, 人生は, 人間が, 人間と, 人間に, 人間の, 人間は, 今度は, 今更どうなる, 仔細は, 仕方ない, 他人の, 以前の, 何う, 何だって, 何とも, 何を, 余計な, 僕に, 僕には, 元の, 兄さんに, 分ること, 分るもの, 判るもの, 別の, 別条ない, 別条なかん, 厚顔しく, 及ぶもの, 可いんだ, 同じさ, 同じよ, 問題に, 喚いたって, 喰べ, 困りも, 変な, 大きなお世話, 大丈夫よ, 大人の, 大変よ, 大水が, 女という, 女房に, 好い心持, 好さそう, 始まらぬ, 始まりや, 始末書を, 子供の, 安心にも, 宜い, 宜かん, 容易に, 居なくたって, 己は, 帰ること, 幕府は, 平気さ, 平気じゃ, 平気で, 平気です, 平気な, 彼に, 必ずしも一緒, 思いも, 恐ろしいこと, 我慢が, 手の, 手を, 押しも, 損だ, 損は, 日が, 日本が, 日本に, 旦那の, 東京へ, 構いません, 構わないと, 構わん, 構わんさ, 欧羅巴の, 死ぬ, 気に, 気の毒な, 気は, 気持が, 消すこと, 無いもの, 無理じゃ, 無理だ, 無理です, 猫に, 王さまに, 生きて, 男と, 男の, 番た, 病気は, 百姓を, 目を, 相手が, 相手に, 知らん顔を, 知りませんぜ, 碌な, 種が, 空の, 結局は, 絶対に, 考えられなかった, 耳を, 腹の, 自分が, 自分で, 自分は, 自分を, 致し方が, 虫が, 見て, 言います, 言うが, 言うんだい, 言うんで, 言う話, 言ったの, 訳さ, 詰らない, 話, 話して, 話に, 誰にも, 買って, 足が, 足りやしねえから, 追っかけて, 邪魔に, 面白いこと, 面白くあるまい, 面白くない, 面白くも, 頭を, 食べて, 驚くもの, 魚は

1 [3364件 抜粋] ああし, あいつほど, あしたじゅうに, あたしは, あながち不自然, あなた方が, あのやつら, あの御面相, あの連中, ありは, あるまいと, あれと, あんなうつくしい, あんなもの, あんな大きな物, あんまり感心, いいこと, いいです, いいやな, いうからな, いう気, いくらが, いちいち嫁さん, いったな, いつも同じ, いまの, いやだって, うそを, うまくゆく, えぞ, おいらは, おそらく青年将校, おとうさんと, おぼつかないわよ, およいだりも, おッ母さん, お入れしません, お前さんには, お前の, お化けに, お客が, お引留め申す, お父さんは, お藤姐さん, お関, かっちゃ, かまいやしない, かまわないと, かまわぬだろう, かまわんじゃ, きいたもん, きっと, きっと行き合わした, けっこう商売, こいつ怪談です, ここから, ここを, こっちで, ことだけは, こと云い忘れた, このさま, この世の中, この広い, この氷原, この赤いくつ, これからだ, これより, こわくなります, こんなに暢気, こんな奴, こんな所, ごまかせないん, さっきね, しかし, しなくたって, しょうが無, しようがねえや, すぐにも, すこしも驚き, ずっといい, そいつは, そうきびきびとは, そうと, そう云ってる, そう毎年, そこまでは, そのほう, その光, その影, その段々, その蔭, そりゃア駄目, それあ, それでどう, それに, それをと, そんななさけない, そんなテロリズム, そんな物語, そんな莫迦, たいして悪く, ただ一言, たとえ彼女, だまって, だんなほど, ちっとも偉い, ちっとも恥じ, ちっとも起こり, ちゃんと経済, ついうっかり自分たち, つけこむひま, つまらないまた, つまらんで, できないの, とてもできる, とても駄目, とれやしねえ, どうする, どうせ世間, どうとも, どうにもならん, どう仕様, どこにも, どの面, どんな名門, なかなかわかる, なぜみんな, なんとか組, なんにもなら, ぬい目, のも, はじまらないという, はじまらねえっていう, はてし, ひとに, ひらくかも, ふしあわせ, ぶっ衝, べつにふしぎ, ほんとうに, ぼた餅なんか, まず喜惣以上, また出かけ, まだ年, まともな, みんなうたねえ, むだです, もう, もうこの, もうどうしても死なね, もうモノ, もう危なく, もう手, もう見つかりっこない, もしもここ, もんだ, やっぱり全身, やつよ, ゆきさきの, よく仰, れんを, わかってること, わかりそう, わかりゃしませんわ, わかるぞう, わが身程, わしらには, わめきたち, アフリカに, ウワことである, キャラメルを, シズカ夫人に, スミ子は, チブスなんかにゃ, ドコの, ハムレット以上の, フキの, ヘイチャラじゃ, マルクスなんぞの, ムリの, 一々返事, 一人っきりよりは, 一匹でも, 一寸考えつかない, 一方の, 一旦辷り出した, 一歩も, 一緒に, 七面鳥の, 三十円, 三日も, 下さりっこありません, 下手人を, 不可能じゃ, 不景気が, 世の中の, 世間並から, 中途半端に, 乃公は, 事です, 事実が, 二三町先から, 二十前の, 二月三月は, 云う, 云うでしょう, 云う気遣い, 云ってた, 五万円出した, 五寸に, 人だ, 人泣かせだ, 人間だれしも, 今さら追いつき, 今年なんか, 今更しようが, 今頃下る, 仕方なし, 仕甲斐, 仮令夜鷹, 会うもの, 伯母さんが, 低い声, 何だ, 何とも思いなさりゃしますまい, 何んで, 作業時間中は, 保さんの, 俺たちの, 俺癪に, 倦きなかったでしょう, 僕なんて, 元々値段, 先は, 入れて, 八十以上の, 六十に, 内容に, 冬子は, 処女じゃ, 出やしないん, 出来は, 分らないもの, 分りは, 分りようは, 分るはず, 初まら, 判断すれ, 別に損する, 別人とは, 到底理解, 助かるもの, 動かすこと, 勝ったって, 勤まりっこありゃしないからね, 十五分よ, 半刻, 危険は, 参籠を, 取り返しの, 口は, 可いん, 叶わないや, 同じく出家, 同じよ宇之さん, 名妓には, 君に, 否だ, 咽喉に, 喧嘩も, 噂を, 困るの, 国家から, 坊を, 堅気と, 壁が, 変です, 夜だけ, 大きな力, 大した金額, 大勢入込みな, 大抵の, 大路小路は, 夫からは, 女が, 女形は, 好いさ, 好くなりっこ無い, 妾お, 始まらないが, 始まらないよ, 始まらんので, 始末に, 媚態を, 子供も, 宅助の, 宙を, 実戦において, 害は, 容易にゃ, 対手は, 小屋の, 小説に, 尽きませんもの, 居なくったって, 屹度添い遂げます, 差し支えは, 差支え無い, 席は, 平気でなんか, 庇いあうの, 式を, 弱い者いじめ, 役に, 彼の, 彼等には, 後年私の, 御主人, 御覧, 心得が, 必要な, 怒らない, 思いださぬわけ, 思われないに, 怪我を, 恥かしくは, 恨みっこなし, 悪いという, 情けねえ, 愉快な, 感動せず, 憤慨し, 我々を, 戸外の, 手品使いじ, 承合助かる, 抜けないで, 持って, 捨てるよう, 損の, 政宗は, 文化の, 料理の, 斯様な, 日の, 日本人の, 明後日来た, 易介が, 春子は, 時間が, 暴力って, 最う駄目, 有難くねえや, 未亡人では, 本当な, 本当に打ち解け, 来たかと, 来なくたって, 来る時, 果して誰, 根柢には, 植つけに, 構い付けなければ, 構わないし, 構わないわけ, 構わぬどうせ, 橘家圓太郎は, 正や, 此の世に, 歯が, 死ぬわねえ, 死体に, 殺すばかりさ, 毫も驚く, 気違い扱いな, 永く生きられる, 決してあれ, 決して此那こと, 油断は, 泣いては, 泥棒じゃ, 浅草公園ほど, 涙を, 済まないよ, 湯気を, 源氏と, 濡れてたもの, 無いこと位, 無意味じゃ, 無益だ, 無駄である, 煙草を, 爆発など, 物を, 犯さなくったって, 猿が, 王様に, 現象的ディテールを, 生まれた川, 用は, 男子の, 疑って, 病院の, 癒りっ, 白羽二重の, 皆な知らぬ, 直ぐそれ, 直出かけられる, 真の, 真黒けな, 眼尻に, 知らない婦人, 知れたもん, 社会では, 福島の, 私として, 私達三人の, 立ち行かないん, 笑いも, 筋だろう, 粉ひきご, 純潔てえ, 結局いたずらに, 結論は, 繭の, 置き兼ねる付色, 義理を, 聞える気, 胡麻で, 腰掛から, 自分たちトロ族の, 自慢には, 良かった, 花は, 若衆に, 茄子に, 落ちやしないよ, 蔭弁慶だ, 蜻, 行くこと, 西河岸の, 見えないじゃ, 見つかるはず, 見物が, 親父が, 解りっこないだろうと, 解決が, 言いますのさ, 言うぜ, 言ったね, 記者の, 訳で, 詫まったら, 詰らねえじゃ, 話しゃあしねえけれど, 誘われがち, 誰だって, 諦められないの, 譫言を, 負けである, 貰う物, 貴方の, 資本主義の, 足もとに, 身には, 近く近世に, 返事一つし, 追い付きません, 追っ付かない, 追ッつき, 逃げた先, 逃げること, 通るもの, 連れだ, 運ぶまでさ, 遣り方, 酔わないん, 野郎の, 金魚屋さんなんかに, 錬達, 長すぎやしない, 間が, 間者牢の, 関や, 陸尺ひとりぐらいを, 隠し切れるもの, 雪舟だって, 露いささか, 面白おかしく, 音楽の, 顎を, 飛び上ったって, 食べるもの, 馬で, 駄目だい, 駄目駄目, 騙されて, 驚きゃしませんよ, 驚く兄さん, 鳴りは

▼ た~ (5633, 0.3%)

137 である 11298 がある 6865 があった 62 であった, です 48 だった, の顔 41 が一人, だが 38 の声 35 の姿 34 だと 31 や女 29 があつ, は 28 であつ 27 と女 26 のこと 25 が二人 24 でした, なの 22 だから 21 というの, の人 20 のよう, の手, の方 19 が出, が立っ 18 であるが, なん, の児 16 がいる 15 がその, ですが, はその 14 の話, を見る 13 がいた, だつた, で 12 の一人, の影, はこの 11 ではない, はそれ 10 がありました, であること, でございます, ですよ, の事, の心, を見た 9 じゃない, でその, なので, の腕

8 [11件] がまた, が云った, だったが, だな, に, に違い, の名, の眼, は何, は誰, もある

7 [12件] があっ, がい, が彼, が手, だったの, だという, だよ, であったが, であります, はもう, は自分, もあった

6 [18件] がいきなり, がお, がひとり, が来, が自分, さ, だろう, であったから, の, のうち, のやう, の中, の体, の前, の名前, はすぐ, はまた, は私

5 [26件] か, があります, がこの, がそれ, が今, が女, が言った, だそう, であるから, であると, でこの, ではありません, で今, で自分, と, に憑, に相違, のところ, のほう, の数, の言葉, はない, は又, まさりの, よ, を見

4 [39件] がいった, がここ, がどこ, がなかっ, がはいっ, がひょいと, が三人, が不意, が何, が居る, が来た, が来る, が歩い, が私, が腰, が長い, が顔, じゃ, だつたが, でしたが, ですぜ, ではある, というもの, といえ, と云う, のひと, の客, の死骸, の目, の足, の頭, の顏, はそこ, はどう, はどこ, は何人, は急, もその, を連れ

3 [86件] があの, がうしろ, がこちら, がこっち, がこんな, がすぐ, がない, がふと, がまるで, が乗っ, が云う, が入っ, が大きな, が家, が小さい, が少し, が急, が或, が日本, が最後, が林, が泣く, が犯人, が現れた, が白い, が眼, が突然, が立つ, が行く, が近づい, だおれ, だか, だぞ, であって, でございますが, ですから, で何, で僕, という, といふの, とそれ, とは少し, とみえ, と別れ, なのに, に似, に別, に言った, ね, のあった, のある, のす, のため, の人たち, の人相, の兒, の友達, の口, の女房, の態度, の所, の耳, の胸, の身, の頬, はいま, はお, はおそらく, はこう, はそう, はやがて, は体, は何者, は僕, は前, は少し, は手, は目, は神, は笑い, も, もいた, もやはり, を先, を指さし, を捨て

2 [333件] あり, かね, から来た, から東京行, があ, があらわれた, があるだろう, がいちばん, がいつ, がいつも, がいました, がいるでしょう, がうまく, がきまり, がこう, がございます, がしょんぼり, がじ, がそう, がそこ, がそのまま, がそれとなく, がたずね, がたった, がつい, ができる, がどなった, がの, がひょっこり, がまだ, がむっくり, がもう, がやっ, がやっと, がやつ, がやはり, がわずか, がゐ, がゐた, がゐる, がニヤリ, がノソリ, がパイプ, がピストル, がフラフラ, が一人ぼんやり外, が一人何, が一人僕等, が一人最新化学応用, が上, が下, が不思議, が二三人, が人待ち顔, が今にも, が他, が何者, が僕, が入口, が出入, が判りました, が叫びました, が台州, が右, が向う, が四, が四五人, が坐っ, が大, が子供, が安, が客, が小走り, が己, が帳場, が幕, が幾人, が庭掃除, が影, が御, が怪しい, が手足, が抜刀, が昔, が来たなら, が果して, が梯子, が死ん, が気, が火傷, が父親, が発狂, が皆, が目, が直ぐ, が相手, が破, が窓, が立ち上った, が細い, が細め, が背中, が自動車, が自転車, が船, が若い, が荒々しく, が見つけ, が話し, が談, が足, が通っ, が酒, が金, が鏡, が附い, が降り, が頻りに, が飛ん, が首, が黒い, この人相, こんな人間, じゃあるまい, その男, だったそう, だつたの, だね, だの, だもの, だろうと, であらう, であり, であるか, であるらしい, であろう, でお, でこんな, でございますか, でしたがね, でそれ一人, ではなかっ, でひどく, でもあっ, でもあった, でもその, で一人, で三河町, で二十七, で寒, で年, で弟, で当時, で当時人心, で放浪者みたい, で気, で灰色, で物, で肩, で貧乏, で身長, で顔, で黒, ということ, といっ, といふもの, といふ男, とその, とでも肩, との幾月, とは別, と一緒, と三十代, と同, と同じ, と結婚, と見え, と話し, と警察, にその, にどんな, になっ, になった, にはすべて, に妻, に未練, に渡す, に衝き合せず, に訊いた, に颯, のあと, のいちだんと, のその, のそば, のそれ, のゐる, のバリゾウゴン, のポケット, の下駄, の乞食, の事務員, の二本, の云う, の人形, の仕業, の体臭, の像, の写真, の右手, の同志, の娘, の子供, の小指, の屍体, の屍骸, の後, の心持ち, の思い出, の悲痛, の戀, の所有品, の断末魔, の死体, の演説, の生徒, の粗末, の肩, の肩先, の脛, の腸, の膝, の血, の行動, の見える, の足跡, の跡, の身の上, の身許, の面魂, の靴, の顔色, の首, の黒い, の鼻, はあった, はあれ, はいいました, はいきなり, はいったい, はいつ, はいつも, はかう, はきまって, はこれ, はすでに, はたしかに, はたった, はたぶん, はだれ, はと見る, はなかっ, はなんと, ははじめて, はまるで, はみんな貧乏, はやはり, はよろめき, はわたし, は一体, は一寸, は不思議, は主人, は二階, は仲間, は其処, は勿論, は半, は口, は吃驚, は女房殺し, は如何にも, は小, は彼女, は必ず, は息, は悠然と, は指, は既に, は晴着, は無言, は狂気, は生, は直ぐ, は相手, は真青, は確か, は立っ, は紙莨, は腰, は膝, は血, は赤い, は身体, は追, は逃げる, は随分, は非常, は額, は顔, は飛ん, への私, もあれ, もいる, もすく, も共に, も同じ, も女, も次, も眼, や執念深く, や銀杏返し, わけても妹娘, を, を取りまい, を尾行, を指し, を探し出し, を犯人, を知っ, を私, を紹介, を見れ, を頼っ

1 [2503件 抜粋] あります, おマン, かさもなければ, かまたは, からおれ, から二百八十円, から月給, かスミス, があかい, があっただろう, があらう, があるだらう, があろう, がいそい, がいます, がうしろむき, がおじけた, がかかる, がき, がけさ, がご, がしばしば, がじたばた, がすばやく, がそういう, がその後釜, がたくさん, がちら, がつまり, がと自分, がどうも, がなにか, がのそのそ, がはひつ, がひとり弁当, がひょろりと, がふたり通り, がぶるぶる, がまいりました, がむらむら, がもは力, がようやく, がわたしたち, がアムパイア, がグランド, がスペイン, がニコニコ, がヒョイ, がポケット, がレール, が一人荷物, が一時間, が七八人, が三枚, が不, が両手, が乙女, が二階, が五年, が今朝, が仰, が佇ん, が何時の間にか, が偶然雪かき, が公園, が出入り, が刻々, が化物, が千七百九十二年三月十二日, が反駁, が同じく, が向側, が喚き, が四人, が土, が多かっ, が夜店, が大変, が妙, が密夫, が小豆色, が屡, が希望, が平中, が張, が御酒, が思いがけぬ, が息巻く, が悲鳴, が戸口, が挑発者, が擦れちがい, が数名, が旅, が映っ, が暴力, が来かかっ, が案内兼世話役, が槍持, が此方, が比, が水筒, が沢山, が消えた, が滑稽, が炬燵, が煙草, が犇, が猟犬, が現われる, が生肉, が登っ, が直立, が真先, が矢庭, が磐石, が空気銃, が立ち上る, が笑われ, が答える, が綺麗, が群集, が聞き咎めた, が脚, が臓腑, が舟乗り, が草, が藁しべ, が行っ, が襟首, が見る, が言, が詰襟, が貸, が起ち, が身代り, が退屈, が通りがかり, が道鏡, が金持, が鍵, が長靴, が集会, が音楽家, が飛び上る, が馭者台, が鳥打帽子, こんな挨拶, しかもそれ, じゃよいよい, その加害者, だからとて, だけにかえって, だけに世間, だけに勅使, だけはいくら, だけを深く, だったし, だってそらあの, だとも, だの畑, だ其様, って, であったと, であまり, であり奪われた今, であるかの, であるとも, であるわし, でいかにも, でお互い, でさえその, でしまいに, ですぞ, でずうずうし, でそしてまた, でて, でなか, ではごんせぬ, でまた, でもある, でもそれほど, でもみ手, でも帰っ, でも無かっ, でインチキ野郎, でポルジイ, で上京, で亡き人, で何だか, で其句, で原稿紙, で多少, で女, で専売局工場, で山荘, で彼女, で手, で時々, で此處, で洗いざらし, で病院, で笛, で腕ッぷし, で茶屋開始者五郎兵衞老人, で調子, で退屈, で鉛色, で青年, で髪, で黙っ, という意味, といま一人, とが主, とが真正面, とこの, としての刺戟, として押し出され, とそして, とでもいう, との縁組み, とはかなり, とは受け取れぬ, とは比較, とまだ, とやらで, とバカ, と世帶, と何, と共に出来た, と初めて, と同体, と多少, と娘, と巡査, と怪武士, と格闘, と生死, と睨む, と羽織袴, と行方不明, と言った, と誰, と酒, と鼠, ながらも今, などがいた, などとは思われない, などは朝風呂, ならあばた, ならん, なんかもあれ, にあの世, にうまい, にくれ, にしきりに, にそれ, にだしぬけ, についても頭, にとっては耐え難い, にね細君, にはな, には得, には読者, にぶつかった, にめずらしい, にも逢う, によつて自由, に不満, に付きもの, に全, に出来る, に勝手, に名前, に売った, に家, に対する様子, に届けられた, に復讐, に手綱, に書き送っ, に深い, に生れたろう, に縋り付いた, に行きあった, に見られる, に詐欺同様, に辛うじて, に適しい, に頼んだ, のうしろ, のお話, のこえ, のたま, のでもいい, のまえ, のわざ, のプロマイド, の一部分, の不躾, の人気, の体験, の兒兄弟, の出, の力, の友情, の名前やあ, の四五人連れ, の墓, の太股, の嫁, の家, の左, の幼児, の彼, の心持, の思慮, の恐い, の患者, の惡業, の感覚, の投げ飛ばした, の推進, の敵意, の最初, の様子, の歌う, の毛, の江戸屋, の無念, の片腕, の異常, の瞳, の笠, の群, の背, の自動車, の蛇, の表情, の言, の訪問, の赤ん坊, の躯, の遺骸, の鋭敏, の頸すじ, の骸骨, はああ, はいつのまにか, はいろ, はうろ, はこんりんざい, はじ, はせわしく, はそれでも, はちゃんと, はとがった, はどうして, はなん, ははかな, はふたり, はほんの, はまったく, はめずらしく, はものすごい, はよく, はわらいました, はサイラス, はソノ子, はナタン夫人, はハッ, はミドリちゃん, は一, は一応, は一目算, は下谷大門町, は中年, は二十三, は人類, は何とか, は使わない, は傍, は六尺ぢ, は冷静, は劇場, は即ち, は右手, は呼びかけた, は喘ぎ, は報告, は夜光, は大嫌い, は失望, は如心形, は安堵, は少い相, は川越, は年, は役人生活, は怒る, は感心, は手綱, は捨て, は敷板, は日野有三九, は昨日, は服装, は朱貴, は栄二, は槍, は武山清吉, は水夫, は汽車, は浅川監督, は煙草, は物理, は王者, は田付, は目明し万吉, は硝子戸, は空腹, は答えた, は終生, は縄ばしご, は腹だち, は芋虫みたい, は落第, は蜘蛛, は言った, は警視庁, は貴女, は起き上がった, は車屋, は迂散, は連れ, は長い, は間合, は雨龍太郎, は青い, は顧盻つて較, は驚き, ばかりです, へ, へ眼, まさり朝, もあと, もいいました, もこの, もたんと, もみね打, もボート, も上膊骨, も余り, も大, も手巾, も点頭いた, も背, も買つた男, や, やゼフィリーン夫人, や嫁, や男装, や老婆, や金ボタン, よりも女, をいきなり, をうさんくさい, をすて, をそんな, をとりかこみ, をふとした, をめがけ, をよく, を上げ, を二三人, を介抱, を使, を半, を外, を引っ張り行く, を思い浮べました, を憎ん, を指した, を捜し歩いた, を放し, を横目, を殺した, を特に, を私達, を職長, を見くびっ, を見守つた, を覚え, を軽蔑, を逮捕, を首, 大きらい, 惚れの, 段々隣保館, 見つけられた男

▼ たけれども~ (5421, 0.3%)

92 それは 53 私は 33 彼は 32 それが 26 これは, それを, 私の 24 誰も 17 その時, 彼の, 自分の 16 それも 13 今は 11 彼女の, 彼女は 10 そこは, 返事が 9 仕方が 8 あれは, これも, 何も, 僕は, 彼が, 心の, 私には 7 これが, さう, さすがに, その中, 兎に, 少しも, 自分は 6 この頃, それには, ジョバンニは, 二人の, 今度は, 何か, 葉子は

5 [21件] かれは, ここで, そこに, そこには, その代り, その声, それらしい, 主膳は, 二人は, 人間の, 今の, 他の, 何の, 何を, 例の, 容易に, 当時の, 急に, 此の, 男は, 自分が

4 [37件] あとは, あの時, お銀様, きんは, こうなっ, ここに, これを, さあぜんたいどこ, すぐに, そのあたり, その人, その話, それとても, た, どういうもの, もうその, もう遅い, やはりその, 中, 人の, 今日は, 何と, 何分にも, 子供の, 幸いに, 是れ, 普通の, 東京へ, 男の, 私が, 私に, 私も, 竜之, 米友の, 米友は, 考えて, 誰れ

3 [76件] いつもの, おれは, かの女, この人, この場合, この家, この男, これからは, これまた, しかもその, しかもそれ, そのうち, そのころ, そのため, そのほか, その意味, その手, その男, その眼, その頃, その顔, それでもそこ, それでもその, それと, それに, それはた, それよりも, そんなこと, ともかくも, どうしても, どう処置, どこにも, どこの, ほかの, ほんとうに, もう此, もつと, やっぱりジョバンニたち, わたくしは, わたしの, わたしは, 一方では, 事実は, 今では, 今と, 今に, 何うし, 何にも, 兄と, 其処には, 別にこれ, 前の, 声は, 多くの, 天皇の, 夫は, 妙に, 家に, 影も, 彼らの, 彼等は, 日に, 日本人の, 昔から, 根が, 母の, 母は, 気が, 気の, 父の, 父は, 確かに, 結局その, 続いて, 遅れて, 金五郎は

2 [319件] あすこは, あたりは, あなたは, あの時分, あの灰色, あの頃, あれに, あんな蟹, いざと, いずれも, いつでも, いつまでも, いまは, いや, およそ見当, お婆さんは, お松は, お母さんが, お母様は, お雪, お頭, かうして, かれが, くもは, こ, こうなる, こうまで, ここは, この二人, この儘, この方, この時, この結末, この老人, この辺, この連中, これから先, これらの, さし向, さてそれ, しかしさ, しかしその, しかしそれ, しかし彼, しかし自分, しかもこの, しかもさ, しかも今日, しかも尚, そう云う, そう言われ, そこへ, そこまで, そのとき, その一葉, その内容, その場, その外, その夜中, その実, その実は, その年, その後は, その後も, その心, その日, その時分, その晩, その理由, その相手, その結果, その言葉, それから, それから後, それだけは, それでもなお, それでもまだ, それでも昔, それの, それより, たしかに精一杯威, ついにそれ, つい気分, つひに, でもその, どうした, どうしてもそれ, どうする, どう處置, どこかで, どれも, なおその, なにを, ひとつも, ひょっとしたら勝っ, ひよろ, ぼくは, まぎれも, まともに, もう今, もう仕方, もんは, やがて彼, やがて御, やつと, やつぱりあきらめきれないらしく, やはり気, やはり眠, ゆき子は, よく喰込ん, わたしが, われわれは, クリストフは, マンも, ムク犬の, ムク犬は, リヽーは, 一つだけ, 一人の, 一瞬間何も, 一般の, 一言も, 丁度その, 三人の, 下の, 下駄も, 与平が, 中には, 二つの, 二人とも, 互の, 五十歩百歩だ, 京野等志は, 人に, 人間が, 人間を, 今とは, 今にな, 今宵の, 今年は, 今日からは, 今日では, 今朝は, 今頃こんな, 仕方なし, 他に, 他人の, 以前は, 伯爵の, 何う, 何かが, 何だか気まり, 何でも, 何分雪, 何時でも, 余りの, 併し, 信一郎の, 倉地は, 僅かに, 僕には, 先に, 兵馬の, 其は, 内心では, 内部から, 出発点に, 力あり, 友兄いなる, 友達は, 口を, 名前は, 君は, 地方の, 坪十五銭の, 夏の, 多勢に, 多少の, 夢の, 大きい穴, 大体に, 大部分, 天皇は, 夫の, 奈何にも, 女は, 妾青木さんから, 子供を, 学校の, 定次郎は, 実は小林, 実務家として, 実際に, 家族政府の, 少年は, 尚ほ, 山の, 幸に, 幸子は, 幾らか自分, 彼も, 彼らは, 彼女が, 後は, 御互, 御承知, 微笑には, 心中事件は, 心持は, 心配は, 快よき, 念の, 怯びれた, 恋を, 恐らく彼, 悦子が, 悪魔に, 悲しい哉, 慶助は, 手に, 手桶らしい, 技巧に, 按吉は, 敢て, 斯う, 既にその, 日本の, 明治の, 明治以後は, 昔の, 昨夜の, 昨日は, 時には, 月の, 有耶無耶の, 本来は, 杉江は, 板谷は, 梓は, 検事は, 次の, 此処で, 母と, 母様と, 母親の, 母親は, 汐田には, 沖の, 津世子は, 添へて, 温泉は, 為政家が, 父爺が, 犬は, 犯人の, 生きて, 生憎近頃, 疲労も, 白い粉薬, 目を, 目的の, 相手が, 真暗で, 眼が, 眼は, 石の, 神は, 神尾は, 神様の, 私たちは, 秋の, 窓を, 窕子に, 窕子は, 第一, 米山は, 素子は, 素質が, 美奈子は, 義男の, 老人は, 聞えたの, 自分には, 船に, 良人を, 花は, 葉子の, 行かず, 表面は, 被害は, 袴は, 見えない, 見つからない, 親切そうな, 詩の, 読んで, 誰が, 誰一人として, 講義の, 講者は, 貞之助が, 足の, 身丈は, 身分は, 追いつかなかった, 追ひつ, 遂, 道は, 道庵先生の, 重要な, 関節の, 雪が, 青年には, 青年は, 非常に, 頭の, 食事中だ, 駒井は, 黙って

1 [3712件 抜粋] ああいう, あいにくの, あそこには, あなたの, あの勢い, あの粗野, あまり政治, ある男, あんなにつかれ, あんまり有難, い, いくらそこ, いっこうに効果, いつもおなじ, いまだまとめ, いま落ちつい, いよいよ立っ, いろんな事, うら若いを, おそらく今日, おばあさんが, お互いが, お内儀さん, お咲さん, お帰り, お母ちゃんは, お目にかかれば, お遊さん, かういふ本末顛倒, かならず吉報, からだは, く, けっして一遍, こうした彼, こうして静か, ここばかりは, ことにそれ, このお, このまま, この仮感, この分, この娘, この提灯持, この機能, この脇差, この野原, この麓, これだけで, これには, これより, こんどは, こんな晴れ, さし当りどちらへ, さっぱり判らない, さて技倆, さらに一例, しかしせめて, しかしまた一面, しかし実は幽か, しかし物, しかもかれ, しかも多喜子, しかも窕子, しばらく御, じじむさい顎, すぐ目, すっかり息, ずっとその, そういう事, そうしたら, そうも, そこが, そして夫, そっと気, そのお客, そのたびごと, そのままで, その一端, その争議, その以前, その凄, その功過, その名称, その夕方彼, その學問, その尾行車, その延期, その後夷族再び, その性質, その日仕事, その様子, その気配, その物, その白い, その穏やか, その罪, その自由, その裏, その言伝, その足音, その道義心, その間妻と, そばに, それから以後, それさえ, それで, それでもじ, それでもなお相互暗示, それでも何, それでも実に, それでも有力, それでも秋播小麦, それでも郵便貯金, それにしても世の中, そればかり, それ以上どうしようも, そんなに義理人情, そんな気持, たかがオメカケ, ただこんな, ただ恐るべき, たった今いまいましい, たぶんそれ, ちゃんとその, ついあなた, ついに何らの, ついに自分, つもって, とう, とうとう奪, ときどき私, とにかくなんとかなる, とにかく其寺, とにかく肌, ともかくねらひ, どうかしら, どうしてもわかりません, どうしても悲観, どうしてよい, どうにも暇, どうも呪文, どうも腑, どこへ, なお, なお明治, なかでも北原さん, なかなか聞き入れ, なぜ廃業, なりあがり者, なんとなく惜しく, のちに, はるかに, ふだん家族の, ほとんど正体, ほんとにこれ, まことにツマラナイ放送, まさか鶴石, またしばしば, また同時に, また眠っ, まだ, まだどこ, まだ乘, まだ大事, まだ海, まったく不思議, まるで大人, みんなは, むろん我, もうそれ, もう一匹, もう口, もう彼処, もう此邊, もし歩行, もともと悪気, ものの, ももんがあでは, やがて荷物, やっぱり中, やっぱり無事, やはり, やはり何となくセカセカ, やはり錠前, よくもち堪える, らんち, わざと同じ, わたし自分の, イギリスから, オペラを, クワルティーラ五八という, ストリップ・ショオという, ソレも, トルストイと, バラックを, ビクとも, ボートは, メネルーの, ヨーロッパの, ロンドンの, 一九二八年以来馬には, 一円二十銭で, 一座の, 一日だって, 一時この, 一生片, 一面で, 万葉の, 三十分の後には, 三隅の, 下屋敷を, 不義理な, 世間も, 両駒ヶ岳, 中を, 丹前も, 乗りおくれない, 二三た, 二十ヤードほども, 二百五十年に, 五左衛門が, 人は, 人情本の, 今さら尾行, 今になお, 今回第, 今度のは, 今日の, 今更隠す, 今考え, 仕様が, 以前よりは, 仲間でない, 会頭の, 何うも, 何しろ二の句, 何だか少しずつ, 何となく永久, 何より二つ, 何分下僕, 何時頃薬師堂へ, 余り道が, 保子さんと, 個人的には, 僅に, 先を, 光ちやんからも, 入庵, 全然雲, 其の人物, 其數も, 其隣の, 内部は, 冬の, 出入を, 刑事部屋での, 別にお, 別に門, 制度の, 前後左右の, 助けたいが, 勿体なくて, 十七世紀に, 十数回の, 南京虫は, 印度は, 去年井谷に, 又明日あたり, 反対に, 受取りませんでした, 古市で, 右大将定国式部大輔菅根など, 同時にいつたい, 同時に繋縛, 君が, 和女の, 唐代を通じては, 善ちゃんだけは, 四人目と, 国家とか, 土蔵の, 坐して, 場合が, 変更すべき, 多年の, 大いにこの, 大体から, 大原さんは, 大方狸穴の, 天気は, 太田へ, 夫婦間の, 女では, 女主人の, 如何し, 妹の, 始終何等, 婆さんの, 嫂の, 学問と, 學問が, 安煙草入, 定子は, 実に無, 実は世間, 実は悦子, 実行する, 家には, 家屋敷は, 寄らないの, 察するところ, 将軍家はちよつと, 小児でも, 小山君の, 小次郎にとっては, 少しの, 少なくともそれ, 居眠りも, 山嵐の, 峠までは, 巨大な, 布団の, 帰りは, 平和に, 年紀も, 広い廊下, 座中には, 引揚げの, 当りまえ, 当時私の, 彼らが, 彼等を, 後を, 従来の, 御後室さま, 微々たる平民, 心は, 必ず他日, 忠公と, 思ひきつて, 性質は, 恵心僧都が, 情況も, 愛ちやんは, 慌てた事, 我われが, 戦争中は, 所詮その, 手後れに, 承知の, 折入っ, 接吻の, 政治的には, 文官の, 斯うい, 新撰組では, 既に彼女, 日本教員組合は, 早速お, 明日出かけ, 是まで, 時々き, 時の, 普通は, 暗い中, 更にこれら, 最う萎れ, 最近の, 服装によって, 木部には, 本式の, 本来より, 机の, 来たの, 板の, 案じるよりは, 楽隊は, 次々に, 次第に谷, 此一節を, 此頃から, 死体解剖の, 殺害の, 母親さんには, 気も, 気骨の, 水車小屋での, 池袋や, 決して尊敬, 決心を, 治らない, 法然は, 浅吉は, 淺草と, 港の, 漸く大体, 火焔太鼓の, 無名の, 然し勿論, 熟く, 父御, 物忌が, 犬を, 珊瑚は, 現在の, 理財の, 生憎の, 田舎そだち, 男らしい生涯, 畦道を, 病人は, 登子の, 皆知りませんでした, 直ちに外債, 看護婦の, 真帆子は, 眠ったよう, 眼前の, 矢張りいけない, 矢張貴方に, 研究所の, 神尾の, 私から, 私にとっては, 種々其所, 空気の, 立派な, 筆算の, 節を, 紅灯緑酒の, 細かに, 終戰に, 結局そのまま, 結果を, 網には, 縛りあげた群臣, 羽生村では, 老後の, 聞こえて, 肱鉄を, 腑に, 臆断は, 自分ながら, 致し方が, 良いところ, 花子が, 若党共が, 荒く興奮, 蓄電池自動車の, 蘭燈の, 行列が, 袖切坂の, 西先生には, 要点を, 見よこの, 見物から, 親しく見る, 観光客としての, 言葉の, 証文が, 誠実だけは, 誰の, 警告を, 豪気な, 貧窮組に, 赤ちゃんは, 越後は, 身の丈は, 軍艦の, 辞退すべき, 近づくに, 返事とては, 送らるべき知己, 遂に効果, 遅いその, 道夫を, 選出する, 酒の, 野良仕事を, 金五郎の, 銅像みたいな, 鍬を, 長浜へ, 間もなく戻っ, 陣小屋が, 随分心温か, 隣室の, 難易の, 電報を, 青空の, 須原と, 頼めば, 飛山君は, 飯島の, 首尾よく, 駄目であった, 騒立つらしい, 髪の毛が, 鶴の, 黒猫は

▼ た~ (5418, 0.3%)

104 のこと 785344 でなければ, のよう 40 であった 36 なので 32 である 28 に彼 27 で彼 26 だから, になっ 25 のやう 24 にその 23 だった, の事 20 で私 17 であつ, でその 16 でした, でまた, で自分 15 でお 12 で彼女 11 ですぐ, で言った, にそれ, にはその 10 であるから, ですから, の彼, もなお 9 なの, にこの, に於, のもの, は 8 にお, にまた, に再び, に自分 7 だったから, だったので, でこの, で僕, と見え, にもなお, に初めて, に私

6 [15件] だったの, です, でそこ, では, でもまだ, でようやく, で誰, にやっと, に改めて, に更に, に漸く, のお, の自分, は又, も私

5 [20件] しばらくは, だ, だと, であったので, であの, でこう, でないと, で云った, で急, で父, に出, に半, に女, に残る, に至っ, のある, のこの, も, もこの, もまだ

4 [35件] だつた, だつたので, でどう, でまだ, でもう, で二人, で代, で又, で御, で見る, というもの, にいよいよ, にここ, には, には後者, にようやく, に僕, に彼女, に我々, に江戸, に突然, に起る, の家, の心持, の或, の方, の状態, の私, の部屋, はこの, はその, はただ, は暫らく, もその, 思い切って

3 [90件] から彼, くるりと, すぐに, その日, その男, だし, だつたの, であるが, でいつも, でお母さん, できっと, ですが, でどうして, ではきっと, ではそれ, でふと, でもしばらく, でも彼, でも私, で三吉, で今度, で何, で叔父, で外, で岸本, で平次, で店, で復, で必ず, で有った, で此, で気, で番頭, で罌粟, と同じ, なら, ならば, にこう, にこれ, にさらに, にする, にどんな, になお, になつて, にはこの, にはもはや, には何, には彼, には必ず, には自分, にやつ, に云った, に今度, に何, に右, に川, に彼ら, に急, に故郷, に来た, に残っ, に母, に結局, に自然, に言った, に誰, に黙っ, の, のでき, のまた, の二人, の出来事, の地上, の彼女, の日, の様, の生活, の顔, はお, はそれ, はどう, はまた, は家, は当然, は心持, もお, も彼, をうけ, 半七, 暫くは

2 [287件] お夏, お菊, お蓮, か, かそう, かその, からまた, か先, がザワザワ, こう云う, この国, しばらくし, その眼, その邸宅, だからね, だったと, だもの, だろうか, ちに, ちは, ちも, であ, でありました, であるか, であるので, であれ, でいきなり, でいずれ, でお前, でお父さん, でかう, でこういう, でこっそり, でこんな, でしみじみ, でそこら, でそっと, でそつ, でそれ, でただ, でとうとう, でどの, でなくては, でなけなし, でにやりと, ではあった, ではいつ, ではお, ではこうして, ではない, ではもう, では何, では深淵, でふい, でもお, でもこの, でもしきりに, でもその, でもそれ, でもなお, でもなんだか, でもやはり, でも別に, でも決して, でガラッ, で一つ, で一人, で三人, で世間, で二三分, で仔細, で他, で何となく, で偶然, で傍, で先生, で医者, で半, で取り返し, で大, で大して, で女, で婆さん, で実に, で家, で家中, で少し, で支配人, で本書, で母, で気がついた, で氣, で生れた, で田口, で町, で目, で直ぐ, で罵倒, で脇差, で舌打ち, で若し, で貴君, で近日, で野村, で非常, で顔, で魚, で黒木長者, といへ, とうとうあきらめ, とではそれ, とみえ, と雖, にあ, にあの, にあれ, にいった, にうけた, にうす, においてその, においては存在, においても健康, にかう, にこういう, にこっそり, にすべて, にだんだんに, にでも生命, にどう, にはこれ, にはじめて, には奨励金, には私, には英国, にふところ, にもここ, にもその, にもまだ, にも依然として, にも太田, にも山間, にやがて, により, にわたくし, にダルメイダ, に一つ, に一人, に主人, に今, に各, に同一, に土地, に太田, に夫, に少く, に帝劇, に得られる, に思う, に抽斎, に括弧, に於い, に書かれた, に来る, に松島さん, に次, に気がついた, に父, に生れた, に羊, に茶屋, に見た, に貴君, に起こる, に銘々自分, のその, のゆるんだ, の人, の健三, の傷口, の力抜け, の半期, の名, の呉一郎, の四十九錠, の姿, の孤独, の安らかさ, の室内, の山河, の形, の心, の快い, の意識, の手, の明り取り, の時代, の時間, の最後, の朝, の模様, の気, の気分, の気持, の気持ち, の氣持ち, の漱石氏, の物, の生涯, の町, の痛快, の眠り, の空地, の空虚, の第, の紛々, の結果, の自白, の話, の車, の静けさ, の養生, はいつも, はもう, はもはや, はやはり, はケロリ, は一人, は一層, は今, は休息期, は何だか, は何時しか, は全く, は声, は失神, は学校, は心, は故山, は暫く, は気持, は皆, は自然, は落着, は読書, へ行っ, へ身扮, へ逢引, また元, までその, までもその, までもなお, までもまだ, まで永く, まで熊本市外, まるで煤掃き, もじっと, もそこ, もちょっと, も幸, も彼等, も急, も或, も瑠璃子, も男, も私たち, も美しき, も自分, も貧困, やはり丁寧, をその, をどう, を嗅いだ, を承け, を振り, を見る, パッと, 云った, 再び駆け出し, 初めて行, 忘れて, 或る, 持ち出すつもり, 振向いて, 暫くし, 漸やく, 直に彼女, 黙って

1 [3265件 抜粋] あえてこの, あまねく探し求める, あらゆる部門, ある歯医者, いっそう多く, おくこと, およそ人, お種, かなり遅く, からお, からで, から一人, から児玉少佐, から従い, から番僧たち, から言語, から郭, がたいへん, が大変, けふ見, こう家康, この位, この男, この魂, ご威風, さすがに, さて用意, さらに江戸, しばらくあっ, しみじみ生活的宦官, すぐひろ子, すら個々, そう云った, そのままに, その上, その十平太, その奥, その廃墟, その答え, その足, その面, ただちに八丁堀親分, たった今寝床, だけにこの, だったが, だつたらどんな, だんだんあせりはじめました, ちまでも, ちょっと真面目, ち其役目, ち暫時, ついだ盃, つくづくと, であたし, であったの, であるいは, でいつ, でお呼び, できよ, でご, でさえまだ全く, でさすが, ですまない, でそのままフッ, でだれ, でです, でどうも, でなくて, でなんかそんな, での落ちつき拂つた態度, ではいよいよ, ではその, ではほんの, では中学校, では南部氏, では岸本, では手許, では湿った, では私, では途上, でふっと, でまさか, でも, でもし, でもなほ, でも下駄, でも嘆息, でも愛, でも母, でも秋山図, でも起き起きし, でやはり, でわずか, でガラツ八, でパリー, でホテル, で一寸, で一言, で主人, で云っ, で人前, で以, で佐代子, で何より, で使, で側, で入口, で内海, で判事, で卒業, で原っぱ, で吉兵衛, で周り, で堪らない, で多く, で天文台, で女中, で娘, で安い, で室, で屋内, で帆村, で廊下, で役人同士, で心もとなく, で思ひ切つた, で手拭, で提琴手, で斯ん, で昔, で朋輩, で李陵, で検視, で欽吾, で武蔵, で毎日午後, で決然, で海, で火繩, で猿, で申し上げる, で発した, で盗賊, で私たち五人, で立ち上り, で細々, で縁先, で耄碌, で腹立ち, で苦笑い, で蔵六, で袈裟, で評定, で足, で逢えなかった, で野呂, で長く, で隆吉, で飛脚, で高木, という, とうとうその, とうとう高等師範, とでは小刀, とはその, と同じく, と見られる, どうして暮し, どう邸, なお高木, などにこの, なまなましい土饅頭, なら大抵, なんで, にあわや, においてこんな, においてもその, において生じた, におりん, にがんりき, にこそ誠に, にし, にそら, にただちに, にて直ぐ, にでようござん, になつ, にのみ決定, にはこれ以上, にはただ, にはもう, には一つ, には今, には共に, には威神力, には幻術師, には森, には気まずい, には直ちに, には総督, には非常, にふたたび, にまだ, にもおのずから, にもそんな, にも互, にも山陰道筋, にも歸, にも社会的生命, にやう, にゆっくり, にわれわれ, にジョリー, にバツタリ, にフリント池, にロンドン, に一時, に上陸, に主, に乱刀, に井田さん, に人生, に仲直り, に何事, に健脚, に入り込んだ, に其顔, に出来た, に初めて真に, に労働運動無効論, に取り, に吉五郎, に唯ゆくりなく, に困難, に地獄, に大塔中堂, に天主教, に奥御殿, に嬰児, に家, に小, に山木, に左枝, に引導, に役目, に必然, に思, に悪夢, に成っ, に手紙, に救い, に斉, に春秋社及神田家, に書いてる, に村, に果して, に次に, に残された, に殺した, に気づき, に消滅, に演奏不能, に父親, に率, に現存, に生活維持, に疲れ, に目, に砕けた, に穀物, に結局空気, に署長, に脳, に自ら, に自由活版所, に葉子, に被衣, に言い添えた, に誠実, に足, に返答, に道人, に酒卓, に鉱山, に附与, に雨, に顧み, に骨, に龍之介, のあわれ, のさっぱり, のだる, のむす, のチョコレート, のロシア, の万事, の世, の事務室, の仲直り, の作家, の兄嫁, の凄まじい, の勇士, の台, の和談, の四十年間, の壮大, の外, の大袈裟, の妻, の字, の宿, の屋根, の市庁舎, の底疲れ, の彼女ら, の心理, の感謝塔, の我々, の手当, の数日, の日光, の春, の月光, の木立ちの背後, の森, の歌物語, の残光, の水たより, の沢山, の海, の清々し, の無表情, の狭細し, の田, の疲れた, の真知子, の穴, の笠森仙太郎, の緑, の聲, の自己, の草叢, の襟, の註解, の贄, の輕, の道庵先生, の重い, の長い長い, の雑木林, の音韻, の骨枠, の黒い, はある, はいよいよ, はこの世, はしばらく, はそれら, はどっち, ははなはだ, はぽかんと, はもうびく, はよく, はボリシェヴィキ, は一点, は世界, は仏師, は何様, は全, は初め, は単に, は善恵房, は夜, は女給勤め, は家康, は嶮, は徳川末期, は所謂里心, は春先, は有髪, は残骸, は水入らず, は海, は父, は甚不興気, は白山山中瑠璃ヶ岳, は祭禮, は箱根山麓, は草木, は賃機織つて一人, は銀座裏, は風, ひきとられて, へ, へついた, へガラッ, へ入れ, へ小宮, へ旅川周馬, へ貴女, またいった, また中途, また椅子, また馬, まづ問題, までまるで, までもとき, までも一人, までも彼, までも時に, までも胸騒ぎ, までも飛ば, まで妻, まで彼女, まで種々, みすぼらしい敷物, もう一度あの, もう村, もしばしば, もただ, もなかなか, もやはり, も一九三一年六月十九日, も三人, も乳人, も会議, も依然として, も初夏, も半さん, も喪心, も始め, も少し, も年上, も敦盛, も暫らく, も極めて, も毎日, も百年近く, も色恋, も記憶, も長い, も鞄, やがてここ, やがて彼, やっと出, やっと正気, やはり格別急ぎ, ゆっくりした, ようやくの, よくその, らしく入って, わずかまだ一ヵ月, をす, をよく, を元成, を従け, を探ね, を続い, を調査, フラフラ表, 丁度初夏, 今や運命, 何で貴様, 全然さういふ, 再びメキシコ, 再び山国谷, 再び此, 初めて予備隊, 即ち三年, 取りあへず手近, 同時に包囲攻撃, 大きな部屋, 始まったの, 実は奥座敷, 屠者二人, 広い扇状地, 徐に最後, 忽ちピン, 恐らく白峰山脈, 悠々と, 或人, 改めて政権, 時々微行, 書き留めて, 来弔, 比較的早く, 準士官室, 澄みわたった空, 猶二掴三掴, 直に身, 突然それ, 章に, 第二, 若い未亡人, 諦めて, 迄も承け, 遂に斎藤氏, 長い間, 間もなく老

▼ ただけ~ (5195, 0.3%)

517 では 296 である 283 であった 229 だった 198163 です 135 なん 98 なの 89 でした 78 でその 56 ませんか 49 あって 45 だが 44 だったが 42 であるが 40 でもう 39 でそれ 38 でまた 35 ですぐ 34 であと, ですよ 33 だよ, で, であったが 32 だつた 28 だと, でこの 27 ですから 25 ですが 24 でございます, で何 22 で私 19 だから 17 であって, なので 15 でこれ, で彼, なのに, ませんでしょうか 14 あつて, で別に, で自分 12 であ, でその後 11 であります, でそのまま, でまだ, で他 10 だったの, でなん, で彼女, で後 9 でお, でしたが, ですわ, でよく

8 [11件] だという, ぢや, でさえ, でしょう, でほか, で平次, で誰, で返事, なのよ, ならば, ましょうか

7 であの, であるから, でそれ以上, でやはり

6 じゃ, でありました, でさ, ですもの

5 [12件] だろう, でいい, でそこ, でね, で僕, で口, で外, で実は, で少し, で涙, で直ぐ, ません

4 [32件] だったから, だつたが, だわ, であったろう, であると, でこう, でこんなに, でしか, でしかも, ですけれど, でただ, でなくその, でやがて, で二人, で人, で人間, で何とも, で別段, で前, で大した, で手, で殆, で気, で無事, で相, で相手, で胸, で言葉, で遂に, で顔, ならいい, なんで

3 [58件] あとは, それだけ, それだけその, だし, だそう, だったので, であったし, であること, であるのに, であろう, でございますが, ですか, ですっかり, ですの, でそう, でそれっきり, でそれでも, でそんな, でた, でちっとも, でとても, でどんな, ではや, でほとんど, で中, で二階, で今, で今日, で何ん, で余, で元, で再び, で別, で十分, で又, で同じく, で子供, で実行, で小説, で帰って, で御座います, で心, で急, で怪我, で意味, で或, で昂奮, で本, で本当に, で横, で決して, で無, で突然, で答えなかった, で話, で間もなく, ましょう, 憐んで

2 [155件] あると, その代り見事, その悲歎, その響, それだけこの, それだけ失望, それだけ熱心, だい, だおら, だからね, だけどさ, だけれど, だけれども, だったでしょう, だったと, だったよ, だったん, だつたの, だで, だな, だのに, だろうか, でああ, であったと, であったという, であったのに, であなた, であらゆる, でありこんなに, でありそれ, でありまして, であるし, であるの, でいくら, でいわば, でうち, できょう, でここ, でこんな, でございますから, でさして, でさっさと, でさっぱり, でしたけど, でしたけれど, でしたけれども, でしょうあれ, でじっと, でじつは, ですけど, ですけれども, ですでに, ですのよ, ですべて, でその間, でそれから, でそれで, でそれ以後, でぞっと, でたいした, でだまって, でどう, でどうして, でどこ, でどっち, でなく自分, でなに, でなんにも, でなんら, でひと, でべつに, でほんとう, でもうことごとく, でやして, でやっぱり, でよい, でチラ, で主人, で事, で伸子, で俺, で先生, で内容, で刺す力, で即座, で名, で品物, で四人目, で声, で夏, で大きな, で大して, で大方, で女, で完全, で実際, で密, で幸い, で彼ら, で彼等, で心張棒, で恋愛, で恐らく, で持病, で政治, で新しい, で新聞, で日頃二三人, で最早, で本当は, で村, で気前, で活字, で満天, で満足, で火, で父, で犬, で生命, で生菓子, で男, で直に, で直吉, で社会, で私たち, で素子, で翌々日, で胆, で膝, で至極, で舟, で蒸気, で詳しい, で近々と, で金, で風, で首, ならよい, べつの, ますまいか, ませぬ, ませんかしら, ませんかね, や, やと, らしい, 三輪の, 女房と, 彼の, 御酒を, 無駄を, 私の, 私は, 罪は, 聞き徳

1 [1233件 抜粋] あさはかな醜態, あちらでは, あります, あるぜ, いまこの, おあい, お前の, お話いたしましょう, かえ, きっと幸福, くれて, こっちも, こんどは, じあ, そしてその, そっくり自分, その乱脈, その自我, その閉された, それだけにその, それだけ余, それだけ屁, それだけ或, それだけ美しい, それで家, それ丈上手でした, たろうと, だお, ださうです, だそれ, だただ, だったからね, だったけれども, だったそれ, だったに, だったよう, だったろうか, だって, だとは, だもん, だろうと, だわよ, だ俺, だ君, だ放って, ぢやつた, づゝ呑んでしまつ, であきらめた, であったかも, であったそう, であった右掌, であつし, であまり, であり他方, であり心, であり足, であるけれど, であるため, であるとも, であるゆえ, である洪水, であれは, であんな, でいき過ぎて, でいつのまにか, でうんざり, でおかしく, でおじけて, でお互い, でお喋り坊主, でお座敷, でお金, でかくべつ, でかつ, でかの, でかわいく, でがまん, でくるり, でげ, でこちら, でこれら, でございますどうか, でございますわ, でさしも, でさっと, でさらに, でしかと, でしたから, でしたという, でしたもの, でしばらく, でしょうでも, でじたばた, ですああ, ですこしも, ですじゃ, ですでも, ですました関係, でそ, でそそくさ, でその大きな, でそば, でそれぞれ奥, でそれ以上何, でそれ以上気, でそんなに, でたちまち, でため, でちつとも, でっせ, でついに, でつまり, でてめえ, でどういう, でどうにも, でどの, でなあ, でなかなか, でなくあらぬ罪, でなくしたたか, でなくそれに, でなくのち, でなくファラデー, でなく三, でなく世人すべて, でなく何, でなく借りもの, でなく初老, でなく同時に, でなく彼自身, でなく暗然, でなく田沼氏, でなく韓滔, でなぜ, でなんとなく, でのこされて, ではかなく, ではっきり, でば, でひどく, でびっくり, でぶるぶるぶるぶる, でぷっ, でほとんどはっきり, でまあ, でまたぞろ, でまたもや, でまだほとんど, でまるで, でもううんざり, でもうすっかり, でもうどう, でもう何もかも, でもっとも, でもとより, でもはや, でやす, でよかっ, でわかるよう, でわけ, でわたし, でわる, でアト, でアンジェリカ, でイワン, でキッパリ, でコレ, でショック, でジュウル・ロマン, でソミン札, でテッキリ人間レコード, でニールス, でハイカラ, でピョイ, でプラス, でマーガレット嬢, でヤミ屋, でロク, で一丈青, で一八一四年八月二十一日, で一挙, で一日, で一種異様, で一言, で七年, で三人, で三年, で三郎, で不徳義漢, で不承知, で世間, で中平, で中絶, で久秀自身, で乳房, で二三町, で五分間, で人生, で人騒がせ, で今年, で仏像自体, で会った人, で会場, で但馬, で住所, で何事, で何処, で何時も, で余程, で作者, で保羅, で個々, で像, で兄貴, で先方, で全身, で公, で公案, で具体的, で再拝, で出迎, で初代, で力尽きて, で助かった, で勇気百倍, で勤め向き, で午後, で印象, で去つたが, で反対, で取り合わなかった, で各々, で君, で味, で命, で商会, で喫煙, で土, で坂本, で坐って, で壊れた竹垣, で多く, で夢中, で大いに, で大阪, で天子, で好き, で妻, で存八, で孫伍長, で安土, で宗庵, で宝, で客, で家内, で寝ないでも, で専門技術家, で小生, で尤も, で山道, で岸, で市野, で帷幕, で年かっこう, で幸, で幾滴, で建物, で引きつづき永, で強いて, で当人, で役, で彼等さ, で徒歩, で得るところ, で必ずしも, で応援, で怜悧, で思わず, で恋しなつかし, で恋人, で息, で惣七, で我が国, で所持品, で手口, で批議, で拍子木, で持前, で振向き, で支えること, で数日後, で文化, で新た, で新聞記事, で方角, で旅行客, で日吉, で日本人, で昆虫, で明らか, で昼, で暫く, で書記室, で最後, で本屋, で松川, で格別七夕, で梅, で権力, で次郎, で歩み, で歸, で死んで, で殺されるところ, で民間識者, で泥棒, で海, で深く, で清野さん, で灯, で無性に, で焼きすてたあと, で煙草, で父上, で片, で特に, で独力, で猫, で理平, で璽, で田端, で番人たち, で病, で病院, で皆様, で盆過ぎ, で直ちに, で看守, で真直, で眸, で瞬時, で破ったり, で確か, で突然ぴたり, で立ったまま, で笑い顔一つ, で答え, で米友, で精妙, で糸, で紹介者, で結構, で絶望, で繋ぎ, で義母, で羽毛, で聴衆, で胎龍, で腕力, で臆病者, で自動車, で自我, で船, で艇内, で苦笑, で茶, で葉, で葬式, で藤夜叉, で血の道, で裏, で見と, で親分, で討手, で詰らないもの, で説明, で警官, で負けるもの, で貴方, で赤く, で起きようと, で跡, で身, で身震い, で軽業見物, で近年日本, で這, で通読, で酔, で醜い, で野猪, で金鵄勲章, で銃殺, で鍵屋, で鑑賞, で長崎市, で閾, で阿波, で陣内, で離れ難い, で雪, で電話, で青白く, で頸, で顔色一つ, で飛びたつよう, で餘計, で駒井能登守, で鳩, で鴻山, で黒猫, とくべつに, なお怒った, ならあんなに, ならどうして, ならばい, なら何, なら兎, なり, なんだって, のが, のも, ばい, びっくりするでしょう, ますます当惑, ますれば, ませんかと, ませんこと, ませんでございましょうか, ませんね, ませんので, みんな持っ, もの分かり, らしいの, らしい文麿公夫人, わたし届け, トドハンタアが, 一そう層たまらなく, 一層彼女, 一旦自白, 丈夫に, 下落した, 互選の, 人間の, 今日正午電報為替で, 仕合せだった, 何より有難かっ, 余計に, 作家らしい, 傾かねば, 先生との, 其だけ, 初対面の, 助かるといった, 却っていけない, 又首, 反對, 受取ろうとも, 同門婦人の, 多く広く深く日々新た, 大した御用, 失望も, 始末し, 子供の, 家へ, 少しも僕, 年を, 彼等を, 徳だ, 懐しい片原, 損した, 損に, 斯様な, 時にはなお, 有りて, 木精蓮は, 気が, 無駄と, 生活を, 生活費を, 盞の, 眩ゆい, 破壊後の, 窮屈が, 義雄は, 膝行り寄っ, 自分でも, 船に, 莫迦を, 蟹は, 製造出来る, 記憶する, 買って, 遅々として, 違う, 閏月を, 障碍が, 頭を, 餘り, 馬鹿であった

▼ たため~ (5020, 0.3%)

141 である 82 にその 57 であろう 5452 にこの 46 だと, であった 38 しがない 37 ではない 36 にかえって 33 です, に私 30 だろう, にそれ, に彼 27 だ, だった 26 であらう 22 なの 20 でもあろう, に今, に自分 19 であつ 18 かもしれない 17 ではなく 16 でしょう 15 でもある 14 か, にお, にこんな 13 かも知れない, しがないの 12 かそれとも, だろうか, もある 11 かその, しがなかった, であると, であろうか, にこれ, に二人, に却って, に生じた, ばかりで 10 であります, であるが 9 しもない, だという, であって, でせう, にあの, についに 8 かと思う, であろうと, でもあった, にそう, にそういう, にとうとう, にまた, に自然

7 [12件] でしょうか, ではなかっ, にすっかり, にその後, にもう, に一層, に人, に僕, に大, に後, に特に, に遂に

6 [17件] かと思われる, でございます, でした, でもあらう, という, なん, にそこ, にそんな, につい, に多く, に女, に彼女, に日本, に父, に相手, に身, もあろう

5 [20件] かあるいは, か私, でその, ではあるまい, でもあつ, にいろいろ, にこういう, にせっかく, にそんなに, にひどく, に一時, に一種, に人間, に今日, に各, に思わぬ, に急, に死んだ, に気, に起った

4 [39件] かも知れぬ, しがないので, しがないん, だか, だったの, だろうと, であったかも, であったろう, であること, と思われる, にいつ, にここ, にこれら, にできた, にどれ, にどんな, にどんなに, になった, にやや, にわたし, にわれわれ, に今に, に他, に何, に先生, に却つて, に又, に宮, に家, に彼ら, に心, に時々, に氷, に記憶, に諸, に過ぎない, に馬, ばかりでなく, らしい

3 [81件] かこの, かそれ, か何ん, しもある, しもなく, だそう, だったが, だらう, だらうか, で, であったが, でありましょう, であるかも, であるの, であるらしい, であろうが, でしたが, でつまり, ではある, ではなかろう, でもあります, にあなた, にあまり, にあるいは, にあんな, にいよいよ, にお前, にかく, にかれ, にこうした, にこうして, にこんなに, にすぐ, にずいぶん, にそれら, にたちまち, にだんだん, にちがい, にどう, にまだ, にみんな, によく, に一つ, に不幸, に出, に前, に助かった, に大きな, に夫人, に子供, に学校, に小説, に少し, に山, に恐ろしい, に更に, に木, に本来, に次第に, に歴史, に母, に水, に現在, に現場, に生き, に生ずる, に破産, に突然, に精神, に胃袋, に著しく, に起こる, に足, に身体, に院, に非常, に顔, に風邪, のよう, もあっ, もあります

2 [259件] あまり負傷, かあまり, かお, かそう, かだんだん, かとも思われる, かと想像, かと言, かどう, かまたは, かもしれません, かも知れません, か他, か作る, か妙, か気, か父, か背, か頭, さしもの, させた, しがないじゃ, しがないという, しがないといふ, しがなく切符, しがなく学校, しがなく鑑賞, しもなかっ, しもなかつた, しも無い, じゃ, じゃない, そのあと, その晩, たもの, だが, だったと, だとも, だろうが, であったと, であったの, であるか, であるかは, であるから, であるという, でお, ではありません, ではなかつた, でもあり, でもありましょう, でもあるまい, で女, で是, といわれ, としか思われない, とはもとより, とまた, と思う, と思われた, と見る, と言う, なんかじゃない, にあたら, にあまりに, にあれ, にあわて, にあわてふためい, にいささか, にいっそう, にいったん, にいつも, にいま, におのずから, にさ, にすべて, にたいへん, にたおれた, にただ, にとくに, になり, ににわかに, にひどい, にひょっと, にほかならぬ, にまったく, にまるで, にもし, にもと, にやって来た, にやっと, によけい, にスッカリ, にナポレオン, に一人, に一家, に一度, に一時失業, に一部, に一頭, に下, に中, に中宮, に乱れ, に事, に京, に京都, に人々, に今更, に以前, に何となく, に何もかも, に何時の間にか, に依る, に偶然, に兄, に兄夫婦, に全, に全く, に兵部卿, に内部, に再び, に凡て, に出入り, に出来た, に出血, に切れた, に初めて, に判然, に力, に単に, に危うく, に危険, に古い, に古く, に右, に名前, に名田, に向う, に吾, に呉一郎, に問題, に土人, に壁, に変, に外, に多少, に夜, に大いに, に天皇, に奥さん, に妊娠, に妙, に妻, に娘, に子供たち, に実感, に宮廷, に寺, に帰り, に帰宅, に幕府, に平次, に幸い, に幸運, に幾度, に引入れた, に弱っ, に強められた, に当然, に彗星二号艇, に彼自身, に後世, に忽ち, に怒っ, に怖, に思い, に感度, に手, に手紙, に折れた, に折角, に故郷, に文殊, に新, に新しい, に最初, に歴史的, に死体, に残った, に殺された, に永, に江戸, に河水, に消え, に無残, に焦, に父親, に特別, に狐, に現代, に生, に甲板, に男, に疲れ, に百姓一揆, に目, に石, に神経衰弱, に私たち, に翌日尾崎士郎, に自ら, に自動車, に自身, に船宿, に色々, に菊五郎, に落ち, に落第, に薄れ, に蜘蛛, に表面, に裁判所, に見苦しい, に誰, に諸国, に貴女, に起こった, に逆, に途中, に通行人, に過去, に違, に都, に長い, に雨水, に鮎, に鹿, のみで, の不覚, の反感, の大きい, の物音, の頭痛, またし, もあり, らしかった, 丁度その, 会えなかったという, 危うい命, 又, 急いで, 或る, 改めて新作, 残る二つ, 禿げた大野, 終ると, 終わると, 遂に破壊, 青白き大佐

1 [2484件 抜粋] ああした華やか, あの重囲, あるいはむしろ, いかにも気, いつもひどい, いまや大, いろ, おそくなり, かいきなり, かえっていく, かえって成金, かえって裏切られた, かかる用, かし, かすっかり, かそれきり姿, かっきり大, かとうとう, かと存じます, かなりこんだ, かの警官はつ, かぼんやり, かもしれぬ, かようやく, かれは, かリンカーン, か万事, か今年, か何となく, か先生, か出雲, か十数年振り, か土, か姑, か屋根, か平生, か廻り道, か恥ずかしかっ, か折角, か新聞, か柱廊, か正坐, か民居耕田, か涙, か父男爵, か目, か硝子戸, か竹縁, か背筋, か若手, か誰, か辷り, か酒, か願い, くたびれて, こうしてまちがっ, この句, この方, この男, この象面, ご殿, させそち, さらに生々, しがないというくらい, しがない女, しがなくダゲナ・アッタサウナ, しなく愛し, しまったと, しもなかつたせゐ, じゃありません, すぐ後, すっかり我々, すやすやと, そうして其眼, そのままに, その備え, その困難さ, その家, その方, その機会, その疑惑, その虫, その酔い, それから伏見, そんなこと, たちまち堤防, たるは, だったそう, だったろうみんな, だつたの, だの, だろうしも, だろう少し, だろう言葉, ついうかうか, ついぞ露わし, ついに人, ついに母, つい食べ過ぎた, てまえ, であったよう, でありリッケルト教授, であるこの, であるに, であろうという, であろう襖一重, でご, でしょうが, でてまえ, ではあった, ではなから, でまず, でもあるでしょう, でもし, で他, で同じ, で外, で必ずしも, で明治以後, で笹枝一家, で農家, といえるでありましょう, とうとうこんな, とうとう大変参考, とこの, とみに正次, とも思われる, と世上, と思っ, と考えられます, と解せられる, どうして決闘, なかなかこの, ながら当時三十三歳, なそう, なんとなく他所行き, にあらゆる, にいきなり, にいっ, にいつの間にか, にうる, におしまい, におれ, にお金, にかかる, にからく, にきゅう, にこちらはか, にこれら民族, にさしも, にし, にしなえ, にす, にずっと, にそして, にそれだけ, にただ訳, にだ, についうっかり, にである, にとろけない, にどうやら, になおさら, になにさま, にはじめて, には片方, にふと, にほとんど, にまず, にみじめ, にむしろ死, にもしや, にもろもろ, にやたら, によくよく, にわかに体, にわからない, にわれ, にアリバイ, にイザナミ, にカニ, にクロ, にコンナ, にシャア, にスピッツ, にトオサン, にハリ・ドレゴ, にヒトラー, にペルシア, にムツ, にリスト, に一〇〇磅, に一五〇八年, に一倍, に一日, に一生, に一般人, に七つの海, に三人, に三晩, に下側, に不慮, に不測, に世に, に世間, に中学, に主人, に乱れた, に事実, に二人相, に二軒小屋, に亡夫, に人魚, に今回, に今日チベット, に仮名, に伸子, に何ぞ, に何事, に何百年, に使われなくなっ, に依然として, に俄, に信子, に個人的思想, に債, に儒教, に先日, に全体, に八月, に共産党大佐, に其の, に内地人, に冥土, に出かけた, に出席, に刀, に列挙, に刻限, に割拠, に勅勘, に勤王, に十萬兩, に南部家, に危く, に原作者, に取返し, に古河氏, に可哀そう, に同, に同行, に君, に呼吸中枢, に商家, に喜悦, に困っ, に園長, に地, に地質学者ら, に堤防, に士林, に夙く名詞, に夢子, に大概, に大衆的, に天空, に失敗, に女房, に妖怪沙汰, に姫君, に婦人, に子規居士, に宇宙進化, に客嫌い, に家元, に富山, に将門, に小林君, に少なから, に居士, に岩, に工合, に已むなく井沢判事, に帰ろう, に平気, に幸せ, に広い, に座敷便所, に引付け, に弱った, に当の, に彼等, に後世領主, に従来頻繁, に御沙汰, に心ならずも, に忘れ, に応答, に急遽, に息, に悲鳴, に愛, に我々, に戦, に手入れ, に批判, に拠るべき, に捕らえられ, に採用, に揃, に改作, に政治, に文壇, に斧, に新聞, に日本精神, に旧来, に昔, に時に, に暗い, に曲輪, に最も, に木の葉, に本当に, に束縛, に枯れ, に梁, に楽員達, に樹木, に次に, に正しく, に歩行困難, に死に, に死人, に残る, に母親, に毒杯, に民衆, に水の泡, に永劫, に決して, に泣声, に流行, に深い, に減少, に滅び, に激論, に烏瓜, に無口, に無軌道, に父吉左衛門, に物思い, に独逸, に玉太郎, に理知, に生け捕り, に生活資料, に男子人口, に病床, に發, に百年百五十年, に目標, に県当局その他, に眼, に知らない, に社会, に神経緊張, に私達, に稽古, に空軍, に笑つたの, に精, に約, に紙幅, に絞首, に罪業, に羚羊, に習い覚える, に老婆, に職, に胸, に脳味噌, に膿み, に自ら危ん, に自我, に舌, に芸事, に若年寄, に英語, に菊一, に著しい, に蒼渓, に藻, に行く, に表層岩石, に補助翼, に見えなくなった, に見様見真似, に記念碑, に説明, に諸方, に豹一, に貧民, に起ち, に躓いた, に車夫, に辛うじて, に迫害, に送金, に逆賊, に通貨, に遅く, に適度, に都合, に醜く, に野良犬, に金閣寺, に鋼鉄, に長唄, に間に合いませんでした, に陰気, に随分, に難, に静められた, に頑冥, に頭, に飛び出した, に首, に高, に鮮明, に鶯宿梅, に鼻, のお蔭, の一つ, の事実上, の善後策, の失敗, の寛厚さ, の息切れ, の慾, の日課, の気持, の私, の苦しみ, の迎え, はすみました, ばかりに起っ, ひどい汗, ほとんど死, また, また彼, まだ気, みすみす長蛇, もういちど, もう背中, もはや真偽立証, やむなくその, よい鑑, よりもやつぱり最初, わが第, 一向に世間, 一方へ, 久しく物置, 例えば保田与重郎氏, 再び実家, 出来た傷口, 到底一朝一夕, 助七, 反って, 各学年, 多少パ行音, 大不敬罪, 大騷ぎ, 実に著しい, 少しも, 待ち設けなかった御来光, 御林軍, 思い切って, 思わずみんな一個所, 思わぬ烈剣, 悠々あの, 我が君, 断ったの, 暫く病舎, 正しい目的, 流されて, 焼けて, 物寂しくさえも, 生綿, 目下この, 禿げて, 終れば, 総攻撃, 若い人, 謂わば, 踏抜きを, 送ったの, 遂に先生, 遂に退却, 間に合わなかったと

▼ た~ (4879, 0.2%)

766 をし 104 をした 8278 して 51 になっ 49 を見る 35 を見 32 をあげ 28 である 26 を上げ 24 であった, になった 23 を上げた 22 をする 21 だった 19 を見た 16 の上, の色 15 だ, になり, をあげた 14 だと, です, の中, をしました 13 を持っ 12 に微笑, のまま 11 を挙げ 10 もせず, を出し 9 がある, を撫で 8 があった, で私, になる, を眺め

7 [11件] いろを, が眼, でいった, でその, で云った, に眼, のよう, をじっと, を出した, を見せた, を見合せ

6 [17件] が, が急, だから, で帰っ, の表情, は, はもう, もある, もしない, をあげる, をその, をみる, を並べ, を俯, を挙げました, を見せる, を見合わせ

5 [12件] だが, だったが, に目, のなか, をあげました, をうつむけ, を向けた, を少し, を急, を持つ, を揃え, を発見

4 [34件] がまるで, が見え, だちの, でいる, でそう, で彼女, で立っ, というもの, とその, に涙, のこの, の前, の眼, はし, ばかりで, もし, を, をきっと, をこちら, をこっち, をしてる, をひょいと, をみ, を上げる, を伏せ, を又, を私, を突き出し, を窓, を見あわせる, を見せ, を見せなかった, を見つめた, を見合わせた

3 [88件] いろで, いろである, いろに, があらわれた, が今, が多い, が彼, が彼女, が浮ん, が現れた, が現われた, が目, が蒼く, が見えた, が見られる, が覗い, した, したが, だつた, であったが, でお, でこちら, でそこ, でちょっと, でなにか, ではありません, ではある, ではない, ではなかっ, でやって来た, で何, で再び, で彼, で眼, で笑っ, で言, で迎え, で部屋, というの, と声, なの, に両, に唇, に淋しい, に白粉, に見えた, の下, の半面, の男, の筋, の赤い, の道具, の遣り場, の額, はあの, はまだ, は一つ, は見る, や手, をしかめた, をしない, をただ, をながめ, をのぞく, をふりむけ, をふり向け, をぼんやり, をまた, をもたげ, をもっ, をゆがめ, をわざと, を一層, を上, を上げました, を不思議そう, を初めて, を彼, を想像, を拭い, を振り上げ, を振向け, を枕, を洗い, を洗った, を見たら, を見つめ, を見ます

2 [227件] いろの, うして, からは血の気, がいっそう, がうしろ, がうた, がうつっ, がその, がのぞい, がサッと, が出, が半分, が大きく, が寒, が引き, が浮かん, が涙, が現われ, が私, が貴方, が赤く, だちであった, だったので, だな, だもの, だよ, であ, であたし, であたり, であと, でいう, でこれ, でしかし, でした, でしょう, でそれ, でだまりこん, でひろ子, でまた, でもどっ, でもない, でもみせる, でゐた, でチャン, で一座, で乾いた, で二人, で二階, で云う, で伸子, で口, で吃りがち, で名, で妹, で家, で心配そう, で悪, で戻っ, で歩い, で母親, で百姓, で笑い, で答えた, で答えました, で聞い, で見廻し, で見送る, で返事, で首, といったら, とはまるで, と口, と同じ, と姿, と顔, なのに, に, におくれ毛, になつ, になつて, になにか, になりました, になんとも, には得意, に二つ, に地方, に戻っ, に朱, に汗, に泛, に白い, に細い, に覚悟, に賢, のどこ, のまんま, の半分, の地肌, の大きな, の奥, の娘, の持ち主, の持主, の渦巻い, の皮, の皮膚, の皺, の相好, の筋肉, の美し, の蒼白い, の輪廓, の輪郭, の造作, の面, の鼻, はお, はかなり, はすぐ, はすっかり, はどこ, はない, はなかっ, はなかなか, はまた, はキョトン, は一種, は何時, は変, は女教師たち, は男, は目, は目鼻, は若々しい, は血, は誰, は非常, まっ赤, もあった, もしなかった, もぶし, も少ない, も尠, や手足, をかくす, をかしげ, をかすか, をがっくり, をここ, をさも, をさらに, をそのまま, をそむけ, をそむけた, をそろえ, をつく, をつくった, をながめた, をなさらなく, をなさる, をならべ, をにこにこ, をぬっと, をのせ, をのぞかせ, をひきつらせ, をひと, をふり向けた, をまとも, をみた, をもつ, をゆるめ, をニコニコ, を一度, を両手, を二人, を今, を仰向け, を何度, を入口, を再び, を出しました, を出す, を向け, を妙, を庄吉, を強, を思ひ出し, を憶, を手, を抱え, を持ち上げる, を挙げた, を挙げます, を挙げる, を横, を泣き, を洗う, を洗っ, を照, を照らし, を真直ぐ, を突き出す, を緊張, を考え, を自然, を苦し, を蒼く, を袖, を見あわせ, を見せず, を見せたら, を見つめました, を見よ, を見れ, を見上げ, を見上げる, を見合せた, を見合せました, を見合った, を見詰めました, を覗かせ, を覗かせた, を覗き, を隠し, を顧みました, を養女

1 [2151件 抜粋] ああその, いろだった, いろと, おや, からうとましい, からポトポト, から夢みる, から流れ, から眼, から鼾, があたり, があらわれました, がいつ, がお, がぐらぐら, がさらに, がしかめられ, がずらりと, がそれ, がちらついた, がない, がにわかに, がふだん, がほてる, がまた, がみんな, がやっぱり, がサツ, がペソス, が一人, が一杯, が下, が何だか, が健康そう, が凄, が勢いよく, が咽喉, が壁, が大口, が寒気立ち, が少ない, が幾つ, が忽ち, が招いた, が斜め, が殖え, が江戸娘, が浪, が清太郎, が異様, が白っぽく, が真っ青, が自分, が行列, が見えません, が車窓, が遠く, が重く, が電燈の, が額, が黒すぎ, こそ真に, してやがる, しとった, じゃない, その熱狂ぶり, だけの皮, だぜ, だちであるが, だちなので, だちの金髪娘, だち小さな, だつたが, だのみすぼらしい, だ知らん行燈, て支度, であったろう, であらわれた, であッ, でいつ, でうなずいた, でおれ, でかき口説き始めた, でこう, でこっち, でしたが, でじっと, ですけれど, でせっかち, でそんな, でたばこ, でつい, でときどき, でなに, でにやにや, ではずんだ, でひきとめた, でふだん, でぼんやり, でみなりつぱな, でもと, でやって来, でわき, でゐる, でクマ, でフィルム切取り異変, でメルチセデク, で七十郎, で下草, で乗, で今, で伸子たち, で僕, で入口, で写生, で別に, で口髯, で呵々, で固めた, で坐り, で大股, で好い, で客席, で対馬守, で小さく, で帰る, で広島, で店員, で怪我人, で悠然と, で慷堂, で振り, で政枝, で時間, で曲った, で椅子, で沈ん, で洋傘, で湯気, で無視, で牀, で相手, で石, で私たち親子, で突っ, で立上, で笑つて, で箸, で群, で聞きかえした, で膝, で菓子, で袂, で見返した, で言葉, で走っ, で車夫, で道端, で長身, で集っ, で食堂, で黙っ, とか花王石けん, とが冴えた, とくらべ, とさっき, とともに水腫れ, との比較, とまた, とをくらべ, とを等分, と中年女, と何, と少し, と旅人, と服装, と清, と白, と腕, と赤い, と雪白, なぞ記憶, などまことに, など観光地, なり物, にありあり, にいちめん雀斑, にうかんだ, にかえたくなるでしょう, にかかる, にくぼんだ, にさしつけ, にすぎない, にだしぬけ, につつまし, になつちや, ににこにこ, にはいたましい, にはさしたる, にはただ, にはもと, には会心, には娘, には微か, には最早, には活動, には痴呆性, には縊れた, には見覚え, には額, にふり, にへばりつき, にぽろぽろ, にまぶしく, にみるみる, にもいい, にもなんとなく, にも初めて, にも氣品, にも見えた, にわざと, にチュウブ, に一々, に一寸眼, に交際い, に会わない, に信頼, に出会った, に剃刀, に可愛く, に喫驚, に変化, に子供, に対して天, に引きつった, に忠誠, に思い遣り, に戻る, に接し, に日射病, に最初, に注ぐ, に滝, に無邪気, に生気, に真上, に稲妻, に答え, に美しく, に興奮, に落ち, に薄化粧, に行きあたる, に話しかけた, に逢う, に電球, に青筋, に髭, に黒川, のいかつい, のお爺さん, のごとき, のため, のとりすました, ののこり, のまつ, のクローズアップ, の一人, の両, の人足, の儘, の凄, の力, の口, の大き, の奴ども, の対照, の小鴨, の形, の恐ろし, の栄蔵, の横っちょうに, の火照り, の痕, の目, の真赤, の細君, の船, の艶, の蝋燭, の赭, の部分, の隠れる, の額越し, はああ, はいつか真剣, はいろいろ, はかすか, はしわだらけ, はせず, はとても, はにっこり, はまっさお, はゆるみ, は一ツ一ツ急, は一度, は三十七, は中国, は今, は何となく, は其時, は口, は土色, は如才, は小田, は庭, は忘れ, は想像, は撓まず, は普通, は更に, は案外, は死, は淡い, は猫, は痣, は白蝋, は硬, は私, は縦, は蒼く, は蒼白かっ, は見せない, は見知, は選挙, は電車, は颯と, は魚, ばかりだ, ばかりを見る, へお, へにやっと, へコンパクト, へ弾もう, へ振り向きました, へ突きだされた, へ落ちた, まさに冥府, もあげなかった, もしません, もだんだん, もハッキリ, も仰向いた, も姿, も持っ, も肩, も見せず, も覚え, やきれい, やその, やスラリ, や声, や思わせぶり, や聞いた, や腕, や躯, よりも悪い, をあたかも, をいたしまし, をうごかし, をうなだれ, をおれ, をお節, をかれ, をくもらしました, をぐるり, をごしごし, をさし出し, をしっかり, をしとやか, をしばらく, をしわくちゃ, をすごい, をそこで, をそらし, をちょっとした, をつきあわせる, をつるりと, をとくと, をなし, をぬけぬけ, をはっきり, をひたり, をひろっ, をふせ, をふりむける, をほてらせ, をまっ白, をまわし, をみせる, をもち, をやわらげ, をわき, をグイ, をジッ, をツルリ, をハンカチ, をボッ, を一つ右手, を一目, を上下, を不審, を久しぶり, を仕立屋, を仰向けた, を作っ, を傍ら, を元, を全く, を凝視め, を剃り, を動かさなかった, を十吉, を卓上, を反らせ, を合せました, を吹きつけた, を土, を外, を大きな, を奥様, を姐さん, を小さい, を差しのぞきました, を平次, を幾度, を彼女, を心地よく, を忽ちに, を思い出した, を思った, を恥ずかしい, を懶, を手拭, を押しつけ, を持たない, を挙げず, を振り仰がせました, を振り立て, を揃えた, を揚げ, を撫で廻し, を日, を映し, を更に, を杉子, を権, を武蔵, を汚れた, を洗わせ, を深沢, を火照らし, を照す, を熟, を狷介, を皆, を真面目, を眼, を硬め, を突き延した, を笑い, を紺, を胸, を致しまし, を蓼斎, を袋, を見かけた, を見たら痩せ, を見ぬ, を見やる, を見下した, を見出した, を見廻し, を見詰めた, を覗き見る, を認め, を蹙め, を近づけました, を追う, を酔, を門口, を雲八, を面目, を顰め, を馬, 付して, 威張った顔, 殊にその, 禿げ上がって, 重々しく太った

▼ たといふ~ (4772, 0.2%)

211 ことは 153 ことが, のは 149 ことを 146 やうな 127 ことである 114 ことだ 112 のだ 101 ことで 75 のか 74 ことに 73 のである, のです 60 やうに 58 ことも 55 ことです, 話を 52 事だ 51 のも 48 風に 46 のが 38 ぢや 34 わけで, 事を 29 事は 28 ので, んだ 27 話が 26 事が 20 話も 19 事である, 風で 17 気が 16 こと, ことだつた, ことでした, のだらう, 方が, 話は 15 ことの, 事に 14 話で 13 噂が 12 ことであります, 事実は, 噂を, 感じが, 話である 11 ことにな, わけだ 10 のを, わけぢや, んです, 事で, 事も, 様な 9 ことと, ことにも, ものだ, 事実を, 人が, 話 8 のに, ものが, ものは, 噂は, 樣な, 樣に, 話だ, 話です 7 ことだけ, のだつた, のでした, わけさ, わけである, 噂の, 噂も, 話な, 譯では, 風な 6 ところに, わけです, 事実に, 意味で, 点で, 理由で

5 [25件] くらゐだ, ことだけは, ことによ, のなら, わけか, わけな, んだらう, んで, 事だつた, 事にな, 事實を, 位の, 感じである, 手紙を, 氣が, 確かな, 程だ, 程の, 言ひ, 記事を, 話だらう, 話や, 説が, 説も, 點に

4 [22件] ことから, ことだけでも, ことよりも, のさ, 下女の, 事であります, 事と, 事実が, 傳説が, 場合に, 外には, 廉で, 形が, 意味の, 感じで, 感じの, 感じは, 態で, 程では, 記録が, 話ぢや, 證據は

3 [46件] ことであり, ことな, ことなどは, ことについては, ことには, ことや, これは, ところから, のには, ものです, 一事である, 事だけは, 事です, 事なども, 事の, 事件が, 事実の, 事實は, 二人は, 人の, 人は, 人も, 今の, 例は, 嘘を, 噂だ, 噂に, 報告が, 形に, 意味である, 感じを, 気持が, 自覚を, 言葉は, 言葉を, 訳だ, 訳で, 証拠は, 話だつた, 話でした, 話の, 證據が, 部屋を, 風でした, 風を, 鹽梅で

2 [168件] あたりには, お話を, くらゐ, ことさ, ことすら, ことそして, ことそれから, ことそれが, ことそれは, ことぢや, ことなぞが, ことなど, ことについて, さう, し, しとにかく, しるしは, しんなりと, それは, ためしは, つまり順序, ところが, ところの, ところまで, のであります, ふうに, ほかに, もので, もんだ, わけだらう, わけであります, んだい, んぢや, んなら, 一事に, 一事を, 一伍一什の, 一節が, 三千代の, 不思議な, 主人の, 主筆と, 事から, 事だけでも, 事や, 事件も, 事実である, 事実にも, 事実も, 事實が, 事情に, 人, 人を, 人達の, 人間に, 以外には, 位です, 何う, 何に, 例が, 例の, 例も, 便りを, 傳説に, 傳説の, 先入感に, 印象を, 原因で, 古瀬戸の, 土藏へ, 報知が, 報道が, 場合は, 外に, 夢の, 夫れ, 女の, 家は, 寺が, 川鱒を, 平次の, 店の, 形で, 形を, 思ひが, 思ひも, 思ひ入れ, 思ひ出, 悔では, 意味が, 意味では, 意識に, 所に, 新聞の, 日下部編輯長とが, 昔の, 時には, 月報社名を, 有名な, 有様で, 有樣, 様に, 次第で, 次第である, 次第な, 歌が, 気は, 気持は, 江戸の, 消息を, 源助と, 滑稽な, 灘の, 点に, 点も, 点を, 父の, 物の, 状で, 現象を, 理由による, 生證人, 男が, 番頭の, 知らせが, 知らせを, 私は, 程あつ, 程です, 程でも, 立派な, 笑話が, 答である, 結果を, 考へ方, 者と, 而し, 荒ら, 表情を, 言葉に, 記憶を, 記録は, 記録を, 証拠には, 評判だ, 話なら, 説と, 説は, 證據も, 譯さ, 譯である, 通知が, 逸話は, 門前町の, 非難を, 顔つきを, 顔を, 顔付で, 風にな, 風にも, 飛報が, 騷ぎだから, 騷ぎの, 高妻山を, 鬱金の, 鹽梅に, 點で, 點は

1 [1261件 抜粋] あたりを, あの言傳, あの軽薄, あり樣, いかにも樹明, いはれの, うちに, おまじ, お前の, お客にも, お歌であります, お菊殺し, お話で, かたち, かたちで, からずゐぶん, ぐあいのもの古来傑作の, けれと, ことさへ, ことその, ことそれにも, ことだの, ことつまり, ことでございます, ことで御座います, こととは, ことなぞも, ことなどで, ことなんぢ, ことにでも, ことに対する, ことはね, ことまた, ことをば, こと丈け, こと以外には, こと夫れ, こと平生主家に, こと聞きました, こと自分は, この家, この村, この老人, この際, こツちやさかいな, しその, しるしも, し塀, し神社, すこし奔走, そこで私独特, そして酒屋, その一頃, その人達, その大木, その宮殿, その富, その涙, その罪, その返事, それだけしか, そんな子供, たいした理窟, たつた一つ, ために, でもなし, ところで, ところにも, ところも, に過ぎなかツ, のださうです, のでなく, のとは, はがき, ひとである, ふうで, ほんの一寸, まア感心, もの, ものか, ものだらう, もんだらう, やうすの, やうな悲しむべき, やうにも, ような, よし私, よりほか, より他, より唯馴れ, より急, より此人, より痙攣, わけだつた, わけであり, わけに, わけの, わけ管, んだい白状の, アカシであり, イギリスの, ガスマントルの, ゴルゴンの, ジヤングルに, ソーセージを, ニユースを, バツの, フランスの, ヤミ屋は, 一事でした, 一人に, 一插話も, 一点だけ, 一珍談が, 一羽の, 一軒の, 丈け, 丈でも, 三人の, 三間ばかりの, 下著を, 不快は, 世界無比の, 主人官兵衞の, 事, 事だけで, 事であり, 事とは, 事はまへにも, 事をね, 事件でした, 事件而もがや, 事実だけが, 事実であります, 事実に対して, 事実ほど, 事実自体は, 事實に, 事實古い, 事情も, 事柄によ, 二筋の, 五月人形を, 亡くなつた主人, 交互相照の, 人には, 人物である, 今までの, 代者で, 以外に, 伊三郎が, 伝へが, 伝説だ, 位である, 佐渡ヶ島は, 何等の, 例など, 保険会社の, 修行を, 傳の, 傾向は, 僻遠の, 充実感は, 光景を, 兒です, 六尺餘り, 其中庵は, 其荷鞍の, 兼好法師は, 凄まじい細引, 出雲の, 別の, 劇的場面は, 勝負は, 十一号の, 半元服, 印を, 印象の, 原義が, 取沙汰で, 古いお雛様, 古い歌, 史実の, 同君の, 名譽, 和時計, 哀話も, 品です, 唐衣に, 喜びとも, 喜びは, 噂さが, 噂でした, 噂話を, 四疊半から, 因縁で, 因縁も, 図抜けた非, 地主の, 報に, 報道でありました, 場所に, 塚田の, 声が, 変り種だ, 夜着の, 大きな男, 大変な, 大變, 天才の, 奉答の, 奥州, 女を, 奴が, 奴よ, 好い男, 妹の, 始末で, 娘は, 嫌な, 学生をも, 安心も, 客の, 家庭も, 寄生木の, 實際の, 対象との, 専らの, 小判に, 小染, 小蒸汽船, 小間づかひ, 屋敷や, 山を, 山道これは, 岡本の, 岩石が, 川ばた, 川路らが, 工合で, 帝釈天の, 平凡な, 幻色の, 廉を以て, 建築で, 当時一般の, 形だつた, 形も, 形跡も, 彼の, 彼らの, 後です, 後味の, 後悔も, 從兄の, 御歴々, 心に, 心持が, 心持に, 心構えには, 忙しい, 快さ, 怪しげな, 恐ろしく氣, 恰好だ, 恰好の, 悦びは, 悪魔の, 悲しむべき事実, 情報が, 想像は, 愉快な, 意味です, 意味には, 意味は, 意見が, 意識は, 感じです, 感じまだしも, 感じ方, 感動は, 感情の, 感銘しかも, 憐憫の, 懷中鏡は, 或る, 戯曲本来の, 手紙で, 手紙は, 投げ節, 投書は, 提灯を, 故事を, 文句が, 文句は, 断り状だつた, 新聞を, 方から, 日を, 日本一の, 昌造の, 昔漢籍を, 昼食を, 時でも, 時にそのまま失望, 時の, 時代の, 時代を, 時間の, 曙染の, 月ボンクラの, 有様である, 期間は, 本例へば, 村の, 東海道の, 校長の, 案内を, 條その, 梯子も, 極めてエキゾチツク, 様子で, 樣子が, 樣子を, 此お, 武家の, 歴史は, 歴史的價値以外には, 殆ん, 母親の, 気の, 気持も, 気込みが, 氣に, 氣も, 氣象の, 江戸開府以來の, 汽車かも, 法は, 海の, 消極的の, 満足が, 激怒で, 点ああ, 点美妙斎が, 煙草入が, 父これぐらゐハッキリ, 爺さんが, 物語なども, 物語り或は, 状態で, 状態に, 獣達は, 現象に対して, 理由だけ, 理由の, 甘味の, 生一本の, 田上達に, 申立てに対して, 男に, 男を, 畑の, 畫家の, 當然な, 疑を, 痕跡が, 發見は, 白居, 白馬の, 盧舎那仏の, 相當, 眼で, 知らせで, 知らせな, 知覚, 短氣, 確證が, 祖父が, 秀吉の, 私自身の, 程度で, 程度でなく, 種類の, 穏か, 窓は, 窶れは, 筋が, 紀念日が, 素朴な, 経緯は, 経験も, 結論に, 經驗は, 縮緬の, 罪悪感は, 美しい女, 美事な, 羽賀寺縁起の, 老人が, 考へなの, 考を, 聊かつま, 自信さへ, 自動車の, 自白の, 與七の, 船だ, 色白の, 若旦那の, 草鞋を, 落噺も, 葉書み, 薄刄, 衒気の, 表向きの, 裏二階の, 西依, 見るからに, 見方も, 見込みで, 観者の, 覺え, 觸れ, 言葉で, 記事と, 記念に, 記録な, 記録も, 訣な, 許りで, 訳さ, 訴へが, 証拠の, 評判が, 評判である, 評多し, 話しだった, 話でございます, 話と, 話なども, 話には, 語が, 説の, 説明の, 調子な, 謂ゆる, 證據で, 證據を, 譚で, 譯でも, 豪傑沖本常吉は, 贋金事件第, 越後屋の, 趣の, 軍部の, 近隣の, 述懐で, 追悔, 通知である, 逸事も, 運の, 道筋を, 遭難事件も, 部屋は, 酸味の, 錺富といふ, 鑿を, 閑談二時間あまり後日を, 関係も, 關係は, 隱した, 雄鷄, 難有, 雪隱を, 電話が, 青山の, 面持で, 韓非子に, 順序で, 顏付で, 顔付, 類ひ, 風でも, 風も, 風聞が, 風説を, 飲みすぎ脱線, 馬の, 馬顔の, 馬鹿馬鹿しい話, 騒ぎだ, 騷ぎです, 騷ぎ一二日は, 驚くべき彼, 骨つきの, 魂胆は, 鹽梅は, 點から, 點でのみ

▼ た~ (4747, 0.2%)

105 の人 93 の声 69 の顔 6152 の姿 47 のひと 46 であった 43 である 42 のこと 41 があった 39 のよう 34 がある 28 だと 27 が一人, です 21 が, の眼 20 だった, の児, の手, は 18 でした, なの, の方 17 の心 16 の名 15 がいる, が出, の影 14 の話, もある 13 だから, ではない, の体, はその 12 があつ 11 が二人, であつ, であります, なん, の頭 10 ですから, というもの, の一人, の事, の死骸, の髪 9 がその, が自分, だが, だったが, だつた, というの, と一緒, のやう, の人たち, はこの 8 か, が私, であらう, であろうと, ですが, の中, の言葉

7 [11件] があります, がこの, だとは, ですよ, になっ, の唇, の様, は私, をつれ, を見, を見る

6 [16件] が坐っ, だという, だよ, と結婚, なので, になった, の兒, の帯, の後姿, の生涯, の腕, の身, の身の上, の首, はどこ, よ

5 [27件] がい, がいた, がそれ, が来, が突然, であるが, であること, でございます, でその, などが何, に, のため, の手紙, の様子, の着物, の身体, の頬, の顏, はお, はもう, は其, は急, もいた, も一人, や男, を見た, を連れ

4 [42件] がふと, が今, が何, が子供, が男, が通る, さ, じゃない, だったの, であったが, であって, でありました, ですからね, ではなく, とその, と別れ, と思はれ, になる, に相違, の家, の幽霊, の心臓, の態度, の数, の死体, の気持, の生首, の白い, の肉体, の肩, の胸, の行方, の足, の野遊び, の面, の面影, はまた, はやはり, は一人, は何, は彼, を妻

3 [85件] かも知れない, がありました, がいました, がこちら, がすわっ, が云った, が彼, が急, が殖え, が立っ, だし, だそう, だな, だらうと, であったから, でありながら, であるから, であるとも, であろう, でなければ, ではありません, ではある, ではなかっ, でもある, でわたし, で御, で私, といふの, といふもの, と云, と云う, と子供, と男, ならば, なり, にし, に未練, に違い, のある, のいる, のお, のひとたち, のもの, の一生, の人達, の仕事, の友達, の多く, の屍体, の悲鳴, の横顔, の歌, の目, の瞼, の立ち姿, の素姓, の聲, の自我, の詞, の返事, の運命, の頭髪, の額, はそれ, はとうとう, はどう, はない, はふと, はまさしく, はませな, はやがて, は小声, は少し, は次, は男, は自分, は花, は誰, や子供, や子供たち, や眼, を横取り, を眺め, を自分, を頭

2 [275件] かな, からは要求, か知れない, があの, があるだろう, がいった, がお前, がここ, がこんな, がそう, がそんな, がたった, がど, がどんな, がなん, がはいっ, がもう, がゐる, が三人, が両手, が他, が住ん, が何人, が入っ, が兵馬, が出来, が口, が古く, が堀割, が大きな, が夫, が妻, が姿, が小さい, が憎く, が手, が有, が来た, が横, が欲しい, が死に際, が泣き, が現れ, が現われ, が素, が腰, が自転車, が見える, が赤い, が足, が部屋, が顔, じゃありません, その女, だけあ, だったと, だったのに, だといふ, だとも, だなと, だの, だろうと, だ分, で, であったと, であっても, でありその他, であり私, であるか, であると, であるに, であるの, でお, でございますから, でしょう, ですからねエ, ですがね, ですね, ですもの, でないこと, でなくし, ではなかつた, ではなくし, でもない, でも得物, でも感情上中途半端, で一人, で年, で流行り, で淫奔名題, で男, で良い, で色, で髪, と, という女, という言葉, といふ, とが大きな, としての悪, とすれち, とちがっ, と一所, と三人きり, と同じ, と同棲, と平生通り, と素人屋, などがそ, などが門口, なら, にこんな, にそっくり, にそんな, にちがい, になれる, には因果, に何, に別れる, に多い, に手, に抱きついた, に溺れ, に礼, に貴方, に逢, ね時計屋さん, のいう, のお化け, のからだ, のし, のする, のその, のそば, のそれ, のところ, のなか, のひとり, のほう, のアパート, の下駄, の世界, の両, の乞食, の乳, の人形, の今, の俤, の側, の傍, の先生, の写真, の処, の動作, の半襟, の単, の友, の口, の叫び, の召使, の名前, の周囲, の噂, の外, の夢, の姿勢, の学校, の守り刀, の安, の客, の容姿, の容貌, の寝, の尻, の居所, の帶, の底, の形, の心理, の志, の悲し, の愛, の感情, の旦那, の櫛, の母, の母親, の泣き声, の画家, の眼つき, の着衣, の瞳, の笑, の箔, の美し, の美しい, の群れ, の胴体, の膝, の草履, の血, の行商人, の衣裳, の衣類, の装束, の視線, の記憶, の調子, の足音, の身元, の身許, の身體, の霊, の靈, の髪の毛, の黒髪, はありゃ, はいう, はいきなり, はいつ, はこちら, はこんな, はすぐ, はそこ, はその後, はただ, はだ, はなんと, はみんな, は一体, は再び, は右手, は好き, は幼い, は当然, は手紙, は暫く, は梅子, は此処, は母親, は灯影, は神秘, は美しい, は親子, もあった, もあり, もこいつ, もその, もない, もなか, もゐた, も佇ん, も泣く, も見た, やこどもら, やに摩れ, よりさき, を, をそのまま, をまた, をむざむざ, を二人, を伴, を何, を俺, を如何, を後, を描い, を発見, を相手, を知っ, を私たち, を突き出せ, を見捨て, 突然貴方

1 [2105件 抜粋] あらいや, およそ問題, かと思う, からだんだん, からよこした, から半襟, から賞讃, か矢張彼女, があっ, があるだらう, がいぎたなく, がいつ, がいま盛ん, がうろ, がおれ, がきいきい声, がくる, がごろん, がしかも, がすんなり, がそれでは, がたちまち, がちょうし, がてんで, がどう, がない, がね, がびっくり, がぽかんと, がみな美人, がやって来ない, がよもや, がわずか, がジーニバルト, がパラソル, が一人俄, が一列, が一緒, が上っ, が両脚, が丸山, が二十歳, が交つて, が人影, が以前関係, が何うし, が傍, が入浴, が其火, が出る, が初めて, が十九, が取次ぎ, が可哀想, が君たち, が商人コート, が堅気, が堺屋, が多かっ, が大勢, が奥, が如何, が宅助様, が宮本百合子, が寝ませう, が小屋, が居た, が岸, が布, が平岡, が度, が彼女, が心から, が急い, が或は, が捲, が文身, が昔, が書い, が案外, が歩い, が気に入つた, が沢山, が洗つて竿, が清元延津弥, が無意味, が煉瓦, が特別, が現存, が甲板, が白い, が盛ん, が着いた, が突, が笑ひも, が素早く, が縛り付けられ, が聞き咎め, が自然, が花衣, が落ち, が藁, が裏, が言いました, が赤ん坊, が踊ってる, が轢き殺され, が通っ, が通り過ぎた, が錦紗, が阿修羅, が雅子, が靴, が頼母, が高, ごだ, さえない, じゃねえ, そっくりであった, だか, だけがこんな, だけども, だけに自分, だったか, だったでしょうか, だつたが, だとか, だね, だの碓氷, だろう, だ浅ましい, ってなあこの, であけすけ, であの, であり自分, であるこのごろ鏡, である而, でいっぱい, でこの, でございますが, ですか, ですねえ, です牢, でで, でないと, でなく女性自身, でほか, でもあるまい, でもなく, でも手放す, でやはり, で一應, で亭主, で元, で前, で壮, で夫婦, で常に, で手, で末造, で猪, で直に, で素姓, で蝦蟆, で長く, という, といえ, とが相, とこの, としての一生, としての感情, としての生活, としてぼく, として幸, とでも一時間以上, とのなか, との醜, とはみんな, とは変っ, とほか, とも別れ, とよろしく, と一しょ, と世帶, と云われる, と向きあっ, と壇, と寝る, と思えない, と挙動不振, と最も, と死別, と狩衣, と竹, と自負, と見える, と認め, と逢, と馳落, ながらもと, などがそれ, などが手, などである, などの間, などは全く, などもあつ, などを置い, ならそう, ならとにかく, なら夢中, なら校長先生, なんかだ, なんて一人, にかかり合っ, にすぎない, にそうした, にだけなっ, につながっ, にどんな, になろう, にはぜひ, にはむしろ, には目, にめぐり, にも出あわない, にも消極的, にようやく, に云った, に先ず, に出会った, に化け, に堀田原, に対して終に, に彼, に思わず, に接し, に歌心, に生れかわる, に発見, に籠絡, に聞いた, に言いかけた, に返る, に酌, の, のあと, のうち, のお話, のかつら, のごとく, のすて, のそういう, のだらけた, のひとつ, のまわり, のカラ姫, のスリッパー, の一人娘, の一途さ, の上半身, の乳房, の亡骸, の人一人, の仇, の仲直り, の像, の公民権, の凄惨い, の切ない, の前, の労働者, の化粧, の半身, の厭わしい, の右半面, の吹く, の哀しみ, の図, の坐り具合, の大きい, の如く, の嬌態, の子供たち, の宿帳, の寢息, の小, の居処, の巡礼, の幻影, の彫像, の御, の心持, の怨み, の悪阻, の情感, の感じ, の憤り, の所作, の手玉, の打ち, の技巧さ, の抱えられ, の捏造, の支配者, の旅姿, の智慧, の服, の格子, の機微, の正, の死, の殺された, の気持ち, の洋服, の為, の爲め, の理想, の痩腕, の相, の真白, の神主, の種類, の素, の組, の耳朶, の股, の胸つき, の腰帯, の膚, の臭い, の蒼, の蝙蝠傘, の衰, の被衣, の裸像, の親, の語気, の貌, の足許, の身元不明, の過っ, の銀杏返し, の雲, の靴音, の顫, の骨, の高慢ちき, の髮毛, の魔物, はああ, はあの, はあわてた, はいったい, はいま控所, はおとなしく, はきず, はここ, はさっき, はしばらく, はそう, はそれら, はちゃんと, はちらりと, はどうもまあ, はなし, はほか, はまだ全く, はみんなそう, はめった, はもはや, はコンパクト, はチョコレート色, はハッ, はペケペケ, はローソク, は一方, は万引, は下, は二三間馳, は井戸, は今, は他, は体, は何者, は八つ口, は別人, は南部, は友人, は叫んだ, は商, は壺, は大勢, は天国, は安, は宵, は寝, は少年, は平凡, は後, は思ひ切っ, は悪魔, は戸口, は早く, は欄干, は此種, は油, は派手, は無い, は猥せつ, は生涯, は皆無政府主義者, は矢作治部太夫, は秋刀魚船, は笹村, は結婚, は職業, は臨月, は芸者, は華美, は藤沢在, は襟, は語る, は贋物, は身, は追っ, は酒屋, は野々宮, は顫, は鼻, ばかりになります, ばかり探した, へは或, へ私, ほど貴き, までが先, もあるせえ, もかすみ, もつつましく, もキミ, も人, も別れる言う, も寝, も思い出された, も無かっ, も葵, も騙され, やらの記憶, や毛ぎらいばかりしている厭, や紺地, や酔どれ, よりも反っ, をあご, をあれ, をかえす, をさがし, をその, をつくり, をのせ, をみつけ, をよせ, を一, を一目, を乘, を仮, を出す, を十年, を呼んだ, を囮, を威喝, を客, を弄ぶ, を御覧, を思い出した, を恋し, を愛し, を手, を排斥, を描く, を新, を栄介, を殊に, を求め, を清水屋, を独占, を病的, を眺めたかった, を突き飛ばし, を自分丈, を見すえました, を觀察, を買っ, を追いかけ, を連れ出し, を露, をNAN, 思われたのみ, 故間違, 殺された女, 生かしては, 言うまでもなくそれ

▼ たばかり~ (4297, 0.2%)

336 では 154 である 147130 であった 108 です 100 だった 92 でも 83 なの 75 なのに 69 だから 5247 なので 46 だと 44 でなくその, でまだ 42 であつ 38 なんだ 37 でした 34 ですが 32 だが 26 でその 25 ですから, ですよ 24 であるが, なん 21 だつた, だという, だのに 20 でもう 18 だし, でなくまた 16 で何 15 でございます 14 でなくそれ 13 であったが, でない, でなく 12 であるから, ですぐ, ですもの, でなく自分 11 だもの, ぢや, でなく彼 10 じゃ, だよ, でご, でそれ, で別に 9 でこの, でなく私 8 であるのに, でなくこの, で私 7 だったが, であって, であります, でなく何, でなし, でまた, のを 6 だそう, だったの, でございますから, ですのに, で彼, で誰, なんで

5 [15件] だけれど, であると, でこれ, でしたが, でしょう, でなくあの, でなくそんな, でなく娘, でなく更に, で他, で何とも, で外, で手, で未だ, なのよ

4 [23件] だったので, であの, でお, でここ, でしたから, ですし, でなくいろいろ, でなくお, でなくさらに, でなくむしろ, でなくフランス, でなく人間, でなく女, でなく実際, でなく当時, でなく彼女, で二人, で今, で彼女, で御, で知合, で自分, らしかった

3 [55件] それも, それを, だからと, だからね, だけれども, だったから, だつたので, だといふ, だとの, であったから, であったの, でありました, でしかも, ですからねえ, ですけれど, ですけれども, でそう, でそこ, でそんな, でないか, でなくある, でなくこれ, でなくこんど, でなくそこ, でなくその後, でなくて, でなくどうか, でなくもつと, でなくやはり, でなくシューマン, でなく今, でなく今日, でなく他, でなく却って, でなく子供, でなく母, でなく父, でなく目, でなく血, でなく非常, でね, でやがて, でよく, で今日, で何ん, で又, で心, で次, で無く, で胸, で道, で頭, のが, 何にも, 私は

2 [138件] あの蔀, お倉, お母さんが, そして美しい, だからな, だぜ, だったという, だったん, だつたが, だなア八, だね, であ, であったこと, であっても, であと, でありまして, であるし, であるという, であるので, であれ, でいきなり, でございました, でございますの, でござる, でしばらく, ですからね, ですと, ですの, ですわ, でそのまま, でそれに, でとても, でどういう, でどこ, でな, でなかった, でなくかの, でなくこんな, でなくさんざん, でなくずっと, でなくそういう, でなくたいへん, でなくとき, でなくなお, でなくみんな, でなくわたしたち, でなく一人, でなく一般, でなく世間, でなく人, でなく今度, でなく他人, でなく元, でなく別に, でなく前, でなく又, でなく右, でなく同時に, でなく品子, でなく国道沿線, でなく塚本, でなく実は, でなく宿, でなく幸, でなく幾多, でなく彼自身, でなく情実, でなく日本, でなく日本人, でなく水, でなく生来, でなく着物, でなく第, でなく自ら, でなく自分たち, でなく親たち, でなく警察, でなく贋造貨幣犯人, でなく身体, でなく音楽, でなん, でひどく, でみんな, でもの, で一向に, で丘, で人, で人々, で何だか, で何百里, で其の, で別段, で半, で取るにも, で同じ, で大層, で天使, で姉, で家, で宿, で年, で後, で早く, で木, で東京, で格別, で櫛, で気持ち, で火鉢, で父, で直ぐ, で相手, で眼, で空しく, で空気, で腰, で若い, で葉子, で途方, で道路, で金, で長く, で顔, なこと, なにも, ならいい, のだだ, らしい, らしい暖炉, 事なく, 二十歳と, 宿六の, 後は, 援兵を, 痩せて, 白布を, 若くて, 菊次郎の

1 [1388件 抜粋] いささかも, お嬢さんも, お秋, かごほうびをさえ, このへん, さすがこれ, せめてキトウス山見, そしてレール, その口, それが, だあと, だからとは, だからの, だご, だったか, だったと, だったゴーリキイ, だった宏子, だった鷺太郎, だつて, だといった, だとかいう, だもの一分, だッ, ちょいと, ぢやけん, であきず, であたり, であったのに, であったラジウム研究所, であった伸子, であなた, でありこの, でありウェリントン, であり岩石ヶ城, であるしかし, であるらしい蠅, である二年兵, である豊吉, であろうとか, であわてて, でいそがし, でいま一台, でいろいろ, でおとうさん, でおまけ, でお嬢様, でお客さま, でかくべつ, でかれの, でけれど, でこう, でこちら, でこんなに, でございますが, でござろう, でござんす, でさすが, でしたがって, でしたわね, でしょたあ, ですからな, ですっと, ですね, でせっかく, でそういう, でその間, でそれ以上, でたしかに, でたとえ, でだいたいそのまま, でちょい, でつまり, でと, でどうか, でどうせ, でどちら, でないの, でない自分, でなく○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○、滝人, でなくあわせて, でなくいま, でなくおじさん, でなくおっか, でなくお里, でなくかねて, でなくきょうここ, でなくこころ, でなくこれから, でなくさも, でなくじつに, でなくすでに, でなくせっかく, でなくその後今日, でなくそれから, でなくたうとう, でなくたちまち, でなくちょうど, でなくとう, でなくなんと, でなくふやしたもの, でなくほとんど, でなくむこうの, でなくもっともっと, でなくわたくし, でなくアマーリア, でなくウクライナ出身, でなくカゼ, でなくジッ, でなくゾッと, でなくナオミ自身, でなくブルジョア・インテリゲンツィア作家たち, でなくマサチューセッツ, でなくメチャメチャ, でなくラジオ, でなく一つ, でなく一個, でなく一夜, でなく一旦, でなく一波, でなく一種嫌悪, でなく三十, でなく下, でなく世界, でなく主役ハムレット, でなく予審判事, でなく事実, でなく二百石あまり, でなく云つて, でなく井上嘉門, でなく人民文化委員会芸術部, でなく今夜, でなく代官, でなく伊太利珊瑚, でなく伯父さん, でなく何やら, でなく何年目, でなく使われる方, でなく倫理, でなく兄, でなく党, でなく全身, でなく兵部, でなく利潤, でなく助けて, でなく動詞, でなく千代, でなく卒業後, でなく却つて一種, でなく友達, でなく口, でなく各所, でなく向後何年, でなく哲学一般, でなく国境い, でなく地域, でなく外国, でなく大きな, でなく大方, でなく大石家, でなく太一, でなく女性, でなく婆さん, でなく婦人問題, でなく学校, でなく学者, でなく宗教音楽史上, でなく宵祭り, でなく家持自身, でなく將來, でなく小萩, でなく屋内, でなく山右衛門, でなく左様, でなく帆船時代, でなく常に, でなく年賀状, でなく庭石, でなく弟, でなく当日, でなく彼奴, でなく彼等自身, でなく後年由井正雪一味, でなく従来会津, でなく心あたり, でなく思い, でなく思ひ出したやう, でなく恐らく, でなく成績, でなく戦争煽動, でなく押えたハズミ, でなく摂河, でなく政治的方面, でなく教場, でなく数百両, でなく文化, でなく新しい, でなく既に, でなく日頃父, でなく明るい, でなく春夏秋冬, でなく時に, でなく朕, でなく木刀, でなく本, でなく東, でなく校庭, でなく検事, でなく正造, でなく武蔵, でなく毎日コクメイ, でなく気, でなく氣質, でなく江戸城内, でなく泣いたこと, でなく海, でなく漠然, でなく漸く, でなく特に, でなく珍しく, でなく生れ付き頭, でなく生理的, でなく町, でなく病中二度, でなく看護, でなく石井, でなく祖母さん, でなく立たされた, でなく筋肉質, でなく紛れ, でなく紹介状, でなく経済, でなく維新以来, でなく考えたくないいろんな, でなく肋骨, でなく脂粉, でなく自ら執筆, でなく自己, でなく自身, でなく舞台, でなく若し, でなく荒々しく, でなく菩提薩, でなく薄手, でなく蛸類中, でなく親しみ, でなく話したこと, でなく谷中, でなく足, でなく車中, でなく近代音楽全体, でなく通俗, でなく過去, でなく道徳, でなく遠く九州, でなく部下, でなく鎌足, でなく長崎, でなく障子硝子, でなく青春, でなく風采, でなく驢馬事件, でなく鳥獣昆虫その他すべて, でなんだか, でのう, でひと, でほか, でほんと, でまあ, でまだろくろく, でみんな一文無し, でもうもう, でもと, でわたくし, でわれわれ, でインク, でガラリト宛, でテーブル, でハタ, でヒュラス, でプラットフォオム, でポカポカ, でワイシャツ, で一文, で一樓中, で一言, で三十郎, で上, で下, で不思議, で世間知らず, で主婦代り, で二三頁, で五時, で京都方, で人道的, で今朝わたし, で仕着けも, で仲人, で伝蔵, で体, で何事, で何故, で信じられないくらい, で僕, で八坂, で兵, で其様, で分らないし, で別れて, で力, で勤めた文部省, で十月, で却つて帰洛, で厶い, で取り乱れて, で可愛, で名前, で咲き立て, で土饅頭, で境内, で大, で大凡, で夫人, で奥, で女中共, で妻, で威壓, で婢, で学士, で宗右衛門, で実に, で寝室, で寺, で小さな, で少々, で岸本, で平気, で幾分, で式場, で後家, で御座いますよ, で徳富蘇峰氏, で恰度神戸, で意気地, で成就, で戰爭, で手紙, で押して, で敗血症, で文さん, で斜め, で方針, で日本, で明日辺り, で時には, で書くこと, で朝, で本当, で案内, で楊枝, で様子, で死んだ活きたの, で母, で水浅黄色, で決り, で海中, で湯具, で澄し, で火, で烟, で無い其の, で爆発, で特急列車, で狭い, で瓦一枚, で田畑, で留守, で疲れ切って, で皆, で相, で短冊, で破すだれ越, で碩寿翁, で祖父, で種々, で立旦, で笑つて答, で箸, で粥, で経験, で縁, で翡翠, で聞, で腹, で自身, で舞台以外, で船岡, で荷物, で蒼, で薩摩, で虫, で街, で西, で見事, で解らないの, で誰々, で起って, で身体, で辞書, で逃げ出して, で遊び半分, で野路, で金目, で鋏, で陽気, で隣町, で電車, で青年, で顏, で飯, で首, で骨, で髪, で鶴谷様御用, とんと口, なところ, なもの, ならまだ, なら彼, なんじゃァねえか, な女, な草雲, につこりすると, のである, のより, まさかあれ, またその間, まだどっち, まだ火, まだ甚だ幼稚, もし再発, らしいから, らしいアカハラ, らしい一通, らしい多い, らしい姿, らしい木片, らしい蛾, らしい血色, らしかつ, らしくまだ, らしく生徒, らしく鼻面, ガラッ八, 一人の, 一度か, 不愛想, 世界は, 人らしい, 今日の, 修業最中の, 其精神と, 別に何, 十五と, 呼吸し, 団十郎は, 増屋の, 外樣の, 女の, 妾は, 嫗の, 子守を, 屋根は, 年を, 当時は, 御老体, 惜しい事, 故らし, 日本橋業平と, 暗い一室, 某大学, 水に, 涙を, 犬の, 田圃では, 盃を, 碧玉の, 空地には, 立ちすくんで, 編んで, 群衆は, 色白の, 蛇は, 言葉を, 身は, 長い外套, 青々と, 頃の, 髪は

▼ た~ (4261, 0.2%)

96 はその 65 の心 4737 はこの 36 の眼 35 の顔 26 はそれ 25 の姿 24 の父 23 はもう 21 の耳 19 の家, の方 18 の頭 16 の胸, は彼 15 の手, の母 14 は今, は自分 12 の目, は私 11 の, の友人, の言葉, はまた, は何, は思わず 10 にとつて, の身体, はこれ, はそこ 9 がどうして, だが, である, の妻, の神経, はすぐ, は又 8 にはそれ, に取っ, の前, はただ 7 であった, にはその, のため, の弟, の生活, はとうとう, はまだ, は今度, は全く, は少し

6 [15件] が, がその, だった, のその, のところ, のほう, のよう, の罪, の魂, はつい, は再び, は彼女, は彼等, は母, を見

5 [32件] がお, が何, だつた, であつ, です, ですが, に, に向, に向っ, の仕事, の兄, の心持, の手紙, の期待, の肉体, の肩, の腕, の記憶, の足, はあなた, はあわて, はここ, はやっと, はよく, は心, は急, は或, は更に, は私自身, は非常, もこの, を見る

4 [35件] だ, だから, でございます, なれば, にはそんな, にはよく, のやう, の子供, の少年時代, の思想, の感情, の様子, の経験, はある, はいつも, はお, はしばらく, はそう, はそこで, はそのまま, はその後, はどう, は今更, は何と, は別に, は大いに, は子供, は学校, は当然, は時々, は突然, は自然, は長い, は頭, を連れ

3 [94件] がこうして, がこの, がそんな, が今, が他, が悪い, が惡, だったが, ですから, ではなかつた, と彼女, にとってこの, になん, には, にはとても, には何, には寧ろ, のお, のこと, の上, の体, の作品, の唇, の喜び, の声, の姉, の子, の室, の幼い, の態度, の故郷, の文章, の昔, の最初, の最後, の気分, の父母, の父親, の物, の男, の着物, の考, の脚, の計画, の詩, の話, の身體, の車, の部屋, の長男, の驚き, の鼻, はいきなり, はいつ, はいや, はこう, はこれから, はしかし, はすっかり, はそうした, はそんな, はぢ, はどうか, はどこ, はふと, はまるで, はやがて, は一, は一つ, は久しぶり, は仕方, は其処, は喜び, は子供心, は室, は当, は忽ち, は慌て, は手巾, は暫く, は此, は気, は決して, は生き, は直ぐ, は苦笑, は裏, は誰, は驚い, もその, もまだ, も今, をお, を彼

2 [288件] があなた, がお茶, がこれ, がこんな, がそれ, がつい, がどんなに, がまた, がやがて, が其處, が内幸町, が妻, が姿, が当時, が彼, が急, が急い, が悪, が時計, が遽, が魂, だったの, だ素より, でございますが, でさえ, でしたが, ではある, というもの, とお, とし, としては, としてはマー私, と一緒, と入れちがい, と子分, と彼, なの, なのに, にお, にこの, にさ, にし, にその, にちょっと, にとつ, にどうして, にはまるで, にはもう, には人間, には全く, には折, には殊に, には母, には特に, には私, に取, に哲学, に多少, に聞かし, に見せる, のあと, のいちばん上, のうち, のお母様, のこの, のふりむき, のま, の下痢, の両手, の事, の人物評, の今, の伯母, の作, の全身, の内心, の創作, の力, の原稿, の友達, の叔父, の右手, の名, の場合, の夫, の女, の好き, の如き, の妹, の小説, の少年, の店, の影, の後, の従兄弟, の心境, の心理, の心臓, の情, の情けない, の意見, の愚かさ, の感じ, の懐中時計, の所, の手の甲, の拳, の智能, の書斎, の村, の歓喜, の歯, の気もち, の気持ち, の氣持, の甥, の病気, の眼前, の瞳, の確信, の祖先, の祖母, の空想, の窓, の第, の純情, の舌, の荷物, の袖, の裏, の許, の証明, の諸, の趣味, の身の上, の運命, の過去, の配偶, の銀杏返し, の長兄, の靴, の頭脳, の食慾, はあの, はいま, はいろいろ, はおまえ, はお前, はお母様, はお茶, はかう, はかなり, はこうして, はこんな, はご, はさ, はさて, はすでに, はそのうち, はそれから, はそれら, はそんなに, はた, はたしかに, はちょっと, はついに, はときどき, はところが, はどんなに, はなるべく, はなん, ははっと, はひとり, はふい, はほ, はもうこれから, はもう一度, はもっと, はもらわれ, はやう, はやつぱり, はよろこん, はクルリ, はジリジリ, はニッケル, はハッ, はヤッツケ, は一人, は一体, は一寸どう, は三好達治, は不意, は不覚, は之, は二人, は人, は人間, は今夜, は何となく, は何処, は偶然, は元, は兄, は全然, は其の, は初めて, は危険, は叫んだ, は吾, は喜ん, は喬介, は土地, は大, は大きく, は大きな, は大阪, は天, は夫人, は如何, は妙, は姉, は嬉しい, は常に, は平気, は広い, は床, は我, は新聞, は既にもう, は日本人, は早速, は昨日, は時ちゃん, は最後, は東京, は東郷君, は柿, は桔梗色, は概念, は歴史, は殆, は汚れた, は演出, は灯, は特に, は生れ, は町, は病人, は皆, は盗人, は目, は眼, は矢庭, は石ころ, は神, は窓, は第, は耳, は膝, は血, は表, は貴方, は近頃, は部屋, は間もなく, は随分, は霊岸島, は食器, までもの, もある, も今日, も妹, も彼, も御, も町人, も直ぐ, も縁端, や仙, をとらえ, をどんなに, をはじめ, をまことに, を介抱, を御覧, を愛し, を窒息, を訪ね, を迎え

1 [2137件 抜粋] あ板戸, からはもう, があべこべ, がいつか罪, がいろんな, がかく, がさしづめ, がそういう, がそれから, がたまらない, がなにか, がほんの, がトンマ, が一たび自己以外, が人知れず, が何がなし, が例, が内心, が前, が參, が吃驚, が困る, が大, が子規庵, が尚かつ, が廊下, が心, が怯え, が慰め, が所在, が故人, が方, が明治三十五年頃, が最初, が村住い, が残ってる, が気まぐれ, が涙, が漸, が父, が玄関, が生命論, が空, が縦, が臭い, が行く, が起きます, が近づいた, が郷里, が金柑, が非常, が馬, こそ, しが, そして今, だちは, だのに, であるから, でご, でさ, でさえも正視, ですのに, ではあった, ではなし, でもやがて, という, といふ人間, としてはま, とつい, との二人, とは夫, と七ツ, と助手, と同様, と弟, と来る, と父, と親しく, と雪枝さん, などの少し, などはこれら, などは事実, などは時々, など羨し, なんぞはこの世, にかくし, にすれ, にだけ出来る, にとってはそれら, にとってもこの, にとって此, にとり, にはありがた, にはかえって, にはことに, にはすべて, にはたわい, にはなんにも, にはもはや, にはガスコン, には不意, には何一つ, には分らなかつた, には品, には大して, には御, には木, には現在息子, には自然, には読めない, には釧路, にふさわしく, にもこれ, にもびつくり, にも勿論, にも見えまし, によく, に主人, に充分, に告げ, に対してそれ, に對, に幾度, に心配, に憇, に最後, に済まない, に神様, に腹, に較べる, のあなた, のお詫び, のくちびる, のした, のその頃, のはかない, のまわり, のもの, のインゴルシュタット, のシカメ顔, の一つ, の一生, の下等, の不徹底, の不運, の二三行, の亡兄丈太郎, の人格全体, の低, の余技, の修行, の傍, の内気, の出版, の初期, の加速度, の十五歳以前, の卒業祝い, の友, の双肩, の古里, の右足, の同級生, の唯心的, の因縁, の多く, の失はれた, の娘, の字, の学生生活, の小屋, の帳面, の幼時, の度重なる, の弟妹ども, の彼氏紹介, の心尽, の怒り, の恋, の悲しみ, の想ひで, の愚さ, の感受性, の懐中, の戦友, の手落, の教育, の日本一, の昨日, の智慧, の月評, の末, の杞憂, の桟敷, の楽観, の欠点, の死, の毎日毎日, の気運, の潜在意識, の無念, の特別, の猟奇趣味, の生家, の町, の癇癪, の目前, の眠り, の瞼, の研究室, の空腹, の答, の紹介, の結論, の習作, の耳元, の肖像, の胃, の胸先, の腹心, の自白, の藝術的法悦, の行李, の見解, の親切, の計略, の詩稿, の読書, の講演, の貧乏, の足もと, の転校, の退院, の遠く, の野口米次郎論, の長女, の隣席, の頬, の願い, の馬鹿, の髪結, はあた, はあまり, はあんまり, はいきなりわいわい, はいさ, はいそいそ, はいつもたった, はいまだに, はうなずく, はおきやがりこぼし, はおりおり, はかうし, はかへつて郷土, はけさ, はこれ等, はさしずめ, はさびしい, はじっと, はすべて, はせめて, はそっと, はそれでも, はそれ以来愚劣, はたまらなく, はちつ, はてっきり, はとかく, はどうして, はどんな, はにこにこ, ははたして, はへん, はほんとう, はまあどう, はまっ, はむらがっ, はもう二度と, はもちろん, はもつ, はやたら, はやむを得ず, はよけい, はアッ, はオヤ, はガタガタ, はコロール, はバッカス, はピョンピョン, はホット安堵, はマールブルク, は一カ月, は一年半, は一時, は一番心配, は一貫目, は万事, は上衣, は不満, は両親, は予審, は事実何, は二十年後捕物小説, は二階, は井戸, は人工心臓, は今一度男, は仏教, は以前, は休ん, は体, は何だか, は何ん, は何気なく, は例, は修業, は停職処分, は偶然川畔, は先ず, は八幡前, は其親切, は再縁, は出, は初め, は到頭, は前夜, は助かりました, は勢い込ん, は十二時頃, は千尋, は半信半疑, は南佛蘭西, は即座, は去, は口惜しくっ, は同じ, は呆気, は唯, は嘘, は図書館法通過, は壁, は外交生活, は夜なか, は大変, は夫, は好き, は嬉し涙, は学校生活, は家, は寄宿舍中, は寝台, は将来, は小説, は尚も, は屠場, は崩, は常盤座, は幼, は幾分, は彼ら, は徹宵, は志免警部, は思はず, は恐らく, は悚然, は悲痛, は意地汚い, は憎む, は我国, は手あたり, は抑え, は括り枕, は探照灯, は文字通り, は新宿行き, は日暮, は早世, は春めき立った, は時刻, は晴れ, は曾, は未だに, は松村, は検死官達, は橋, は次に, は此家, は歩き, は段々, は氣まり, は沢山, は浅薄, は涙, は深見, は火点し頃, は無意識, は然し, は熱鉄, は物心, は狼狽, は理学士, は生返事, は疾く, は白壁, は相手, は眞, は真面目, は瞬間, は破れ靴, は祈り, は私相応, は稲, は空, は立, は立泳ぎ, は籠, は細川和氏, は縁側, は考えれ, は肩上げ, は胸, は自身, は茶堂, は葡萄酒, は薄暗い, は行乞, は要するに, は見知らぬ, は解放, は諸戸, は貴方自身, は起き, は蹴られ, は迷子, は這, は遠く, は酒友十数名, は重態, は銀座, は門口, は障子, は雨上り, は青銅, は顔, は馬琴, は麦藁, ばかりじゃありません, へのかずかずなる, への痛烈, もいつか机, もうれし, もこんなに, もそう, もとう, もねん, もやつ, も一寸お尋ね, も両, も他, も共に, も同様, も夫人, も彼方, も拝見, も昔, も松江, も気の毒, も私, も老いた, も迷い, も逢いとう, やほんとに, よりほんの, より他, をいたわっ, をかるく, をぜひとも, をどうか, をほんとに, をやはり, を一日一, を仕事, を刑事, を助ける, を大きな, を寂しく, を引取, を思つて, を拾年, を柳田家, を無理やり, を相手, を素直, を花婿, を見つけます, を認め, を迷わす, を震撼, 共に其, 故直ぐ

▼ た~ (4227, 0.2%)

79 である 70 がある 52 による 42 を見る 40 にある 39 のもの 35 です 29 だと 2720 であつ, でそれ 18 で, であった 17 がない, でその 15 で何, のある 14 なん, はなかっ, もある 13 だった 12 が, があった, がその, であるが, によれ, の 11 があっ, があつ 10 でした, で私, なの, はない 9 だから, もない 8 があります, なので, に, に立っ 7 が今, が彼, が是, にあった, に依る, に部屋, のその 6 がそれ, が多い, さ, だが, で仕方, で誰, はなく

5 [16件] から, から出, がお, がこの, が有る, でこの, ですから, で其の, で滑らか, によつて, は, はその, へ来, へ来る, もあつ, を見

4 [33件] からこの, から来た, がありました, が先生, が到底, だつたの, だよ, であるから, であると, であろう, でお, ですが, でそんな, でどう, にあっ, にいる, に一つ, に小さな, に拠る, に立つ, のこの, のない, の名, の文化, はどこ, はもう, へ来た, へ連れ, まで行った, もなく, も無い, を持っ, を見れ

3 [58件] から察, から約, から見る, があれ, がなく, が仕方, が更に, が私, じゃ, じゃない, だつた, だという, であって, であの, であります, でしたから, でとても, では, でもある, で後, で恐らく, で我々, で果して, で自分, とは違っ, と同じ, にあり, によります, に出, に出た, に初めて, に在る, に特色, に由る, に自分, の大, の袈裟, は何, は唯, は少し, は無い, へ, へお, へこの, へ二人, へ出, へ出た, へ行った, もあります, もなかっ, を, をいきなり, をまた, を手早く, を私, を綜合, を考へ, を選ん

2 [222件] からお, からすれ, から他, から来る, から東, から直接, から見, から静か, があり, がことに, がございました, がさ, がすぐ, がすなわち, がそう, がそこ, がどうも, がなかっ, がなん, がまるで, が不思議, が二ヶ所, が何, が其処, が出, が卑し, が同, が唯, が多く, が大, が大きい, が好い, が実に, が御, が愈, が成, が所, が既に, が日本, が有ります, が果して, が果して然, が此, が段々, が無く, が男, が皆, が目, が真実, が藩, が見える, が高, じゃア, だそう, だったから, だったが, だったの, だね, だろうと, であ, であるに, でかつて, でここら, でこれ, でさして, でしかも, でしたが, ですぐ, ですよ, でどうせ, でどうにも, ではあの, ではこの, ではだ, ではない, では昨年, では普通, では殆, では自分, でまさか, でまだ, でもう, でやはり, で一向, で上衣, で二人, で別に, で前, で古い, で只, で土, で大師, で容易, で尚, で平岡, で当時, で御, で急, で是, で此方, で火, で無益, で白い, で祖母さん, で詩, で詰らぬ, で足下, で迚, として名, として有名, と全く, と大差, にあつ, にい, にこの, にちゃんと, にはきっと, には今, には別席, には大きな, には長い, にまた, により, に一軒, に丁度, に上つた, に丸太, に五, に住ん, に何, に依ります, に又, に問題, に基づい, に大, に大門, に宿泊, に小さい, に巨大, に彼, に来, に注意, に生活, に腰, に赤い, に蹲んで, に達した, に鬼怒川, のよう, のプラノ・カルピニ, の人, の何らかの, の學問, の彼, の新, の最初, の様, の機械, の沖縄人, の無, の物, の短歌, の種々, の菅茶山, の趣旨, はありませんでした, はあるまい, はこの, はただ, はないでしょう, はまだ, はまるで, は丁度, は仕合谷, は如何にも, は實, は御, は明治時代, は次, は此二室, は燈台, は第, は高い, は黒い, へはいっ, へまた, へ丁度, へ二週間前, へ出る, へ又, へ堀, へ幸ひと二人, へ手, へ校正, へ案内, へ社長, へ維新, へ足, へ重, へ野路, まで来た, もあっ, もあり, も何となく, も少し, らしかった, をそのまま, をも厳重, を以てすれ, を切, を彼方, を想像, を掘り返し, を知っ, を總, を要約, を見つけ, を見られた, を記し, を遠く, を領分, 否渠

1 [2514件 抜粋] あったあった, おぬ, かと怪しまれた, からおこった, からだらだら, からでなく, からは烟, からまだ, からもの, からも来た, からマドレーヌ氏, から上体, から二つ目, から会社, から作用, から六, から分け入り, から向う, から団扇, から妻, から寝, から彼女, から手, から早く, から次, から清冽, から片づけ, から産聲, から白島山平並, から立ち上がった, から聞こえた, から見れ, から起ったらしい, から遠く, から雄, があなた, があるであろう, があろう, がいろいろ, がぎっしり, がすぐそのまま, がちょうど, がどうしてなかなか, がなんと, がみんな, がよかろ, がわからなかった, がアヴレ, がサア今度欧羅巴, がルンミー, が一条, が丁度, が三軒町, が世界中纔, が亜米利加, が今朝, が似, が何時, が兄, が其の, が其答辯, が初, が北條彦五郎, が友人, が善事, が地蔵堂, が多から, が大した, が大阪, が女中, が姉, が存外, が富島町, が尾上河岸, が川口町, が平地, が弥之助, が得る, が意味, が或, が担い, が斯, が時, が有ったで, が来る, が案, が正しく, が死, が毛頭, が海月, が熱, が疾うに, が直ちに, が石川, が私共, が節蔵, が職人, が船上山, が薄い, が蛇腹, が見たいでしょう, が解らなくなっ, が貸す, が追, が釋迦, が開い, が音樂, が顔, こんな楽しい明るい, しかももっとも, じゃ腹膜炎, その巻, だけがひやりと, だけの利潤, だけは腐っ, だけ綜合, だぜ, だつたので, だろう, ついそのままで, であなた, でありました, であり壇上, であるという, である其の, でいよ, でお目にかかりました, でここ, でございますか, でさほど, ですがね, でそうして, でたった, でともに, でない地, でなけれあ, ではいつも, ではこいつ, ではどこ, ではイタクラ, では仮令最も, では僞作, では初め, では双六谷, では多分, では天井, では尾根, では心, では曲折, では板べつこ, では此, では混血児, では確か, では薬専, では距離, では黄豆, でもたとえば, でも半年位, でも闇, でアリスチド, でクルリ, でニャーニャー, でホン, で一両, で一旦, で一體どれ, で三間, で事, で二間半, で今, で仕, で休ん, で何時, で作っ, で充分, で其余地, で初さん, で加増, で又, で唯, で国, で多分, で大した, で大木, で始まらぬ, で安い, で家族, で少し, で己, で広い, で当直, で後で, で悪事, で抗議, で提燈, で日本, で明かである如く, で暮した, で有名, で松島さん, で歌澤, で歴史, で毎月集古会, で決して, で派手, で漸く, で父, で生理的影響, で畫才, で皆さん十分, で矢張り何時, で秀子, で立派, で結局, で繪師風情, で職人, で苦しく, で薬研, で見る, で詩人, で路銀, で追, で野, で電車, で魏, とから見る, とちがっ, とは相違, とをあちらこちら, と云, と同工異曲, と正確, と符合, と見え満員, なく落つい, などはどうしても, などは方角, などもやはり, など通りすがり, にある古ぼけた, にお, にかけた, にさ, にすぐ, にだって萌芽, にとじこめられ, にはあらず, にはただ, には上, には供, には姿, には数限り, には村, には流石, には縦, には駿河灣, にひろがっ, にむかいあっ, にも何, によっても彼女, によつておの, にイタリア軒, にテレグラフ, にレストーラン, に一叢, に一間位, に三年間苦役, に丸木, に人家, に余り, に僅か, に割り込んだ, に半分, に右, に咲いた, に固定, に城, に夕方, に大岩壁, に存ずる, に寝, に少し, に山小屋, に己, に幾ら, に弁当仕出, に御, に怪しい, に戦場, に拠れ, に敵, に於, に月, に朱, に柳, に極めて, に武蔵, に水面, に淋しい, に燃える, に生まれました, に盲目的, に矢筈, に祠, に竹, に素直, に縁, に美しい, に至る, に苔, に薄暗い, に行っ, に設けられ, に誤り, に責任, に軽く, に過ぎない, に重い, に鉱山街, に開い, に雪, に飛ん, のあの, のご, のなお, のクーミー, のバラック, のレーンコート, の一枚, の久米村人, の人口, の低地, の僧正, の写生, の利潤, の医黌, の古代人, の哀れ, の地上, の堂々たる, の夷狄, の奥深い, の学者, の実, の山, の川, の強い, の愛する, の投下資本, の文体, の日本風, の材料, の榛軒詩存, の残っ, の活動, の牢屋, の珍, の目的, の県吏, の神, の空想的仮象, の系圖, の繼承順序, の草, の董其昌, の製造品, の諸, の資本, の進歩的繁栄期, の重明, の關, の高, のPL商会, はいくらでも, はかつて, はございません, はすべて鎌倉街道, はたしかに, はでき得る, ははげしい, はみな, はやつぱりちんちくりんの, はクライスラア, は一字, は丸, は二日許, は令嬢, は何等, は六号活字, は勿論, は単に, は嘆賞, は大, は夫人, は実にどうも, は少々, は岩, は常に, は後世, は想像, は早く, は普通, は木立, は案外, は池一つ, は洋館, は海産物製造会社, は現在可能, は空気, は精, は綱坂, は茗渓, は見えなかった, は豪勢, は赤色, は阿, は靴, ばかり示す, へいった, へこれ, へそういう, へただ, へと申す, へふい, へも行ったらしく, へ上, へ今井, へ元三, へ出された, へ千駄木, へ填め足し, へ弾丸, へ我, へ昇っ, へ来ました, へ横, へ漂うごとく, へ登り, へ突進, へ自分一人きり, へ行き, へ講演, へ道路, ほど余計, までも殘, まで分け, まで持ち上げ, まで続い, まで話す, もありました, もじき, も会下山, も大抵, も有ったらしい, も相当, も駅, や熊笹, よ, よりズット, をあなた, をこ, をその, をつく, をみれ, をペック, を不意, を中途, を以て此, を内, を匿, を取り返し, を失う, を射たれた, を後生大事, を手短, を振り, を探し歩い, を文芸上, を書く, を此方, を歩み離れ, を渡っ, を狙っ, を眺めたら, を童女, を絵, を航行, を見た, を解け崩し, を話しまし, を誰か, を通った, を鏡, を飛ん, 丁度谷間田, 其の手帳, 如何にも天狗倶楽部, 御当家, 毫も翻訳, 第一矢

▼ た~ (4082, 0.2%)

159 のこと 129 である 85 であった 42 にはもう 40 だった 37 であつ 33 の事 28 はまだ 26 の話 24 はもう 22 だつた 20 でした 19 になっ 18 だ, だと 14 から見る, です 13 になる 12 から私, なので, は 11 にはまだ, には私 10 から, であったが, はその 9 であろう, にはお, の, のある, のもの, のよう, はすでに, を見計らっ, 或る 8 ある日, だから, だろう, には彼, の彼, はお, は彼, は日

7 [16件] からこの, から彼, であったろうか, であるから, ですから, でその, にこの, には, にはその, には夜, には日, の作, の私, の自分, は私, を見はからっ

6 からすでに, からその, からである, から父, だが, であったから, であったと, はこの, を見計っ

5 [18件] から姫, だろうか, であったろう, であるが, と同じ, なの, に, になつて, には既に, には自分, に俄, の姿, の容色, の思ひ, は既に, は最早, は自分, を見

4 [31件] からのこと, からの事, から世間, だったが, で, でございます, ですが, どうした, にお, にはすでに, にやっと, に二人, に当る, に比べる, のあの, のお, のお話, のその, の出来事, の彼女, の心持, の思い出, の或, の手紙, の面影, はこれ, はそれ, は僕, は月, を思い出し, 或日

3 [60件] お雪, からであった, からであろう, からもう, からやけ遊び, からよく, から今, から今日, から既に, から日, から時々, から次第に, がその, だったと, だったろうか, だつたが, であって, であらう, でありました, であろうか, でしたが, でしょうか, ですら, でそれ, ではない, で私, とは違っ, にある, にはこの, にはこれら, にはそれ, には二人, には彼女, には母親, には空, によく, に初めて, に彼, に彼女, の先生, の写真, の夜, の方, の日記, の昔, の東京, の生徒, の芥川, の追憶, はここ, は夜, は彼女, は日暮, は最も, は未だ, は汽車, は雨, よ, を見はからい, 来る

2 [204件] ある宴会, お種, お角, か, かと思う, かも知れぬ, からあなた, からあの, からある, からお, からだ, からだんだん, からつい, からで, からです, からの口ぐせ, からまた, からまだ, からケラア先生, から信一郎, から同窓, から少し, から少しうとうと, から嵐, から幾台, から思う, から急, から支那, から母親, から気, から無, から知っ, から舟, から華美, から見れ, から釧路, から雨, から青年期, こそ, この人, この家, この窓, だったので, だつたので, だつて, だのに, だろうと, であ, であったか, であります, であると, でこの, でございました, でございますが, でさすが, でしょう, でそこ, でもあった, でも私, で其等, で別, とて直ちに, とはいえ, とは別人, とは違つて, と今, と思ひます, などは老師, なのに, なら別に, なん, にあたる, にあの, にくらべる, にそこ, にそれ, になつ, にはお玉さん, にはかの, にはまた, にはもうすっかり, にはもはや, にはやはり, には今, には又, には家, には席, には月, には源之助, には父親, には自ら, には船, には門内, には雨, には電車, には風, にもわたし, にも土曜, に先刻, に出, に出来た, に又, に女, に家, に岸本, に帰っ, に既に, に明月, に書い, に漸く, に激しい, に煙草屋, に父, に私, に自動車, に訪ね, に誰, に起つた, のいろいろ, のこの, のひどく, のまずい, のジャン・ヴァルジャン, の人々, の先入主, の卒業生, の博士, の友だち, の名, の名残り, の子供, の家, の居間, の幼い, の御, の感じ, の校友会雑誌, の生活, の経験, の美し, の記念, の記憶, の詩, の貧しい, の身分, の顔, の館, はあんな, はいつ, はさすが, はずいぶん, はただ, はよかっ, はよく, は二人, は先生, は勿論, は向島, は大分, は女, は実に, は實, は小雨, は少し, は山, は年, は新しい, は旦那, は朝, は歌舞妓芝居, は此村, は母, は猪, は目白坂, は空, は裏, は遅かっ, は随分, は雪, は電気, ふと下島, また周丹泉, まではまだ, までは一面, もある, もう朝, もそう, も彼, やはりその, よく母, より, よりはこの, を思い出す, を見澄まし, を計っ, ガラッ八, 一度遊び, 代助, 厚い防空頭巾, 同じよう, 小染, 或人, 突然空, 突然空中

1 [2140件 抜粋] あのうす, あの屋台店, ある和蘭医者, ある女, ある日市俄古, ある時何, ある晩お宅, いきなりバタバタと, いくら絵, うまくだまし, お千代, お席, お茶の湯, かしら, かと覚えまする, からあいにく, からいや, からおれ, からこぢ, からしぼ, からそういう, からたいがい私, からとても, からのわるい, からの伝統, からの同級会, からの幼友達, からの時代, からの直, からの私, からの誼, からはじまる, からは早く, からもうよほど, からわれわれ仲間, からツイ, からモズリモズリ, から一里, から中, から仕え, から何となく, から俄然, から僕, から其池, から再び, から午過ぎ, から又, から可憐, から周圃, から四里, から大少, から女中, から始まる, から娘ふたり, から宴, から巧, から弁太郎, から心安く, から戦争, から教授, から數, から日々, から更に, から楽, から段々, から比べる, から深く, から燈籠, から現代, から白, から知人, から碾茶, から第, から胚胎, から薄い, から親しく, から配所, から鈍, から間もなく, から雲, から風雲, から鳴っ, が, がせめて, が十二時時分, が自分, こう声, この乃信姫, この木下若狭守, この辺一帯, ごあいさつ, さんざ他人, じっと家, じゆんが, すなわち九十七日目, そこらそこら, そのかた, その下宿, その作品, その地下室, その屋敷, その村, その部下, そろそろ話, たまたま散策, だったから, だった今, だつたらう, だの, だわ, ちょうど今日, ちょっと檜山, つまり今, であったよう, でありますから, であろうと, でうっかり知らず, でございましたでしょうか, でしたので, ですね, でそれから, でどこ, ではなかっ, でもあり, でも夏, でも誰, で世話人, で五日, で仙台, で勿論, で大層, で富尾木氏, で彼, で慶應, で晝間, で此事, で石原純博士, で足, で陰鬱, ということ, とお, とさしたる, とて前, とは云, とは此, とは随分, と三回, と修治さん, と大差, と思ふ, と計っ, どういうもの, どんな服装, などをおもい出し, ならそうした, にあつ, にお前, にかれ, にここ, にすぎない, にそろそろ, にでき上った, にどう, にはあさましい, にはおそく, にはお産, にはこれ, にはそろそろ, にはつい, にはどう, にははっきり, にはほとんど, にはまだまだ, にはもうとっぷり, にはわざわざ, にはギンザ, にはダルメイダ, にはフリント君, には一, には一国内, には一座, には三十二歳, には三月十二日, には世, には二百数十枚, には五人, には人数, には但馬さん, には光子さん, には其社殿さ, には冬将軍, には口もと, には国家, には壮太郎, には夢, には天皇制護持, には姿, には学界, には小説家, には山内, には已に, には庵風, には後, には意外, には手習, には文字通り水上, には方八町, には旭日, には時に, には暮れる, には東京, には構内いっぱい西日, には武蔵, には水辺, には浪人組, には父, には琴凌, には町子, には相手, には知り, には祖父, には空想, には縁日, には自家, には薄暗く, には表, には親, には變裝, には足, には近く, には醫者, には陽, には霧, には飢え, には高槻, にばあや, にひょっこり, にむっくと, にもやはり, にも幾度, にも民間, にも騾馬, によう, にゐた, にフイ, にロチスター氏, に三人, に下宿, に久し振り, に今村家, に伜, に先々, に出た, に前列, に同宿, に回教, に墓石, に大村, に奥州街道, に婆さん, に家々, に島原, に帰京, に幾つ, に当ります, に思いがけない, に態, に振り返, に日本, に未亡人, に梢, に比較, に渠ら, に牧野, に用いた, に発明, に真弓, に神田台所町, に納豆売, に自殺, に草野, に薔薇, に被害者, に親子, に赤座兄妹, に返つ, に部屋, に隣り, に髮, のおき, のきびしい, のさわ子, のはた, のアメリカ, のゴンクール, の一ヶ月, の三鷹, の世間, の乳母, の人, の人類, の佐川, の侍僧, の兄, の光景, の列車, の勢力, の叔父, の同志, の味噌摺用人, の噂, の坂田屋, の妹たち三人, の宇宙創成, の富突き, の少年時代, の帝展, の年頃, の彼あばら家, の御歌, の應仁, の手柄噺, の支那, の文壇, の旧友, の春日新九郎, の晦日, の最も, の朋輩, の東京美術学校, の様, の武蔵野, の浴衣, の父親, の生産状態, の皆, の社会部, の童心, の経光, の者, の芸人, の若木, の袖子, の詩集, の豐頬, の逸作, の間, の韃靼, の馴染客, はあの, はいざ, はいわゆる, はじ, はすこしも, はそうした, はそんな, はところどころ, はどんな, はべつに, はまた, はまるで, はもう全く, はるか丸子河, はショパン, はバクチ, はモウ点火, は一火流, は下妻左衛門尉なにがし, は丹後, は久しぶり, は人, は仲間中, は何となく, は余りしなかった, は俺, は全く, は六号活字, は凡そ三十七歳, は北天, は十二時, は叔母ひとり, は同所弁天境内, は噴飯, は夕暮, は大漁, は妻, は安かっ, は家, は小池, は展覧会, は市, は弟, は恰も, は或, は手荷物, は文科, は晩, は未だ互に, は東京, は正しく, は毎日, は水道橋, は灰色, は爽やか, は牛込, は留学中, は直接, は眼, は神保町, は箱根, は能面, は草鞋形, は蘭学, は読み, は貴族院, は起き上がっ, は車中一杯煙草, は逢う, は遊佐, は闇, は電車, は非常, は頭脳, は馬, ひと夏, ふたたび主膳, ぶらりと連れ出し, ぼんやり疲れ, また出直し, また話, まだ近代劇, までの二年間, までは借家, までは魚, まで依然, まで殆ど, も, もうよから, もう夜, もう日暮れ近く空合, もう終り, もすぐ, も今, も少し, も数十人, も稀, やっとどうやら私, やっと息切れ, やはり同じ, ようやく二軒小屋, よくあちこち, よく工場, よく紙, よりは, よりもあざやか, よりも東京, より東京大学, らしい, わざわざ手みやげ, をみすまし, を思い出します, を想像, を知ってる, を見計らい, ノイス, 丁度ビスマルク, 丁度私, 与次, 今ツルゲネーフ, 何やら繼穗, 再び訪ね, 初めて門, 即ち小田原陣前, 即ち終戦, 取ったの, 同じ病院, 同藩, 大いに疑われた, 大絶壁, 始終つけ狙ってる, 寄ると, 幼い弟, 建てた小屋, 忘れも, 悲しげ, 或西洋人, 改めて斯, 既に高田家, 未だ一つ, 死んだ者, 消えたか, 満洲人羅氏, 真闇, 突然玄関, 精一杯英国, 若い娘ら, 表むき, 誘ひ合せて, 迄は, 間もなく転任

▼ た~ (3965, 0.2%)

113 でなければ 6652 でないと 46 のこと 36 でのこと 34 でその 30 でそれ 28 にその 2722 でなくては, でまた 15 に更に 14 で私, に自分, の事 13 にこの, になお, は 11 でお, でこれ, で初めて, で自分, の方 10 でこの, はもう 9 で無ければ, にお 8 にまた 7 で半, で彼, にこんな, に今度, に彼 6 であらためて, でお前, でさて, でさらに, で二人, で更に, の話, はその

5 [19件] でこんな, でどう, での, でもし, で今度, で始めて, で最後, にさらに, にし, に人, に今, に又, に土, に載せ, の仕事, はお, はこの, はまた, 翌る

4 [25件] でなお, でなくちゃ, でなら, ではじめて, でよく, でわたし, で今, で何, で何とか, で僕, で又, で吾, で返事, にこれ, にそれ, に御, に手, に改めて, はもはや, は何, は御, は是非, は自分, へ, をまた

3 [55件] いろ, からは, その晩, であなた, であの, でそれから, でだ, でなけりゃあ, での話, でもう一度, で一人, で之, で二つ, で云, で俺, で兄, で君, で御返事, で我々, で改めて, で是非, で試み, で話, で身, なれば, にあの, にいろいろ, にしなけれ, にしよう, にその後, にもう, にようやく, にポカリ, に俺, に借金, に叱られ, に大, に相手, に私, に酒, に長い, に風, のご, のほう, の思案, の覚悟, はこれ, はすぐ, はそれ, はわし, は少し, は金輪際, へ自分, へ落ちた, 御丁寧

2 [224件] あんな虐, いきなり私, お倉, お喜多, お才さん, お浦, お町さん, お美乃さん, かけら半分, からはこの, から降りなかつた, この半歳, この重傷, これから根岸, こんなに虐, すぐ床, そのため, その乳母, その口, その方, その足, たった一人, である, でいずれ, でいつも, でいよいよ, でうやうやしく, でおれ, でこっち, でご, ですぐ, でする, でそう, でそこ, でで, でともかく, でどうも, でなくっては, でなんとか, での此, での芸当, ではもうこれから, でも, でもっと, でも裂い, でやはり, でゆっくり, で一つ, で三人, で人, で余, で作家, で再び, で出来る, で分析, で力, で又新鳥越, で双方, で口, で問題, で土, で始め, で客, で少し, で平岡, で平次, で御, で恁, で手, で手紙, で技術, で採用, で改, で教育, で日曜日, で最も, で未亡人, で本人, で本当, で此, で死ぬ, で決定, で相当, で神戸, で筒, で結婚, で考え, で菊石, で行動, で親分, で適当, で選択, で顔, ならでは, ならコロリ, にあたし, にあと, にいたそう, にいま, におれ, にかなり, にかの, にここ, にこんど, にご, にしかも, にする, につい, にとうとう, になぜ, にまだ, にまるで, にもまた, にもヒネクレ, にも更に, にやはり, にトランプ, に一つ, に万一, に万事奇麗, に二人, に人殺し, に何, に先刻三鞭酒, に出来る, に別, に勝手, に厚い, に古い, に各, に合掌, に同級, に唐沢家, に喉, に坐, に坐っ, に墨, に大きな, に大学, に大将, に大樹, に女, に小さい, に少し, に後, に心張, に散々, に日, に時々, に最も, に最後, に櫂, に毛皮, に気絶, に水色, に煉瓦, に磨き, に立っ, に紫, に聞く, に色, に蒲団, に西洋, に赤い, に近頃, に醉, に金色, に雨, に雪, に非常, に頭, に額, に首, に馬鹿, に高い, に黒, に黒く, のお話, の利他, の客, の批評, の男の子, の鷹, はあの, はいつか, はいまさら, はこんな, はぜひ, はただ, はどう, はどこ, はよく, は一層, は一応, は一日, は何もかも, は指, は早速, は決して, は父, は私, は細川方, は退い, ひどく足, へまた, へ三日, へ何, へ臥, まあ大丈夫, もう一度目, わざと名, を更に, を無造作, を爪立っ, を男, を馬車, 万一の, 何とか決める, 別に小さい, 口やかましくて, 御親類中, 御赦免, 探して, 痛々しく血

1 [2401件 抜粋] あの抜け, あらためて祝賀, ある方面, いきなり自分, いづれ重ねて, いよいよ自分, うんと儲か, お仕舞い, お役人, お若, かの女自身, からにはいよいよ, からはとりあえず, からは一日, からは再び, からは安, からは永く, からは私ア縄, からは覚えた, からは開い, からドン, から五六間向, から大きな, から手拭, から綿, から鋲, が月, こう血汐, このよう, この守随彦太郎腹, この後, これから飯, こんな野原, さてとかよう, さもこちら, さらに聯絡, した, すでに若旦那, そっと階下, その一本, その因由, その娘, その成否, その熾, その肉塊, その領国, それに囚, たちまち鬼, たと, だ何, ついには, つ面, であと二月, であれ, でいかなる, でうきあがる, でお迎え, でかける, できめる, でここ, でございませんと, でしずか, ですし, でそっと, でそれぞれ本人, でつく, でといふ約束, でとにかく, でと心得, でと思つた, でどうか, でどっち, でなくつて, でなされた, でなんと, でのよう, での一見まとまり, での俗, での協力, での報告, での御, での気紛れ, での相談, での統制, での落筆, での計略, での量的討究, ではカリグラ, では甚, では解決, でふたたび, でほっと, でもう, でもやっぱり, でも元, でやっ, でゆ, でわし, でインネン, でスタンレー, でブツ, でマラソン二十キロ, で一同, で一番, で七月八日, で三日後, で世間, で乘, で二千円, で云う, で今一度右, で仕事, で伯父, で例, で個人, で元, で全面的, で其前, で出す, で出版界, で判断, で加えられた, で北京, で千次, で取らせます, で召し捕りました, で名前, で周囲, で土佐八, で塀, で多少, で大体次, で大阪, で女, で娘, で学校, で室外, で實際家的, で尋常, で山の手, で巧み, で平田, で強盗, で役場, で後, で御座いませぬと, で念, で息の根, で愛されなく, で戦争, で抛り出された, で振舞い, で撥, で散々打擲, で新しい, で早速, で書い, で朝, で東寄り, で極めよう, で次, で正門, で気に入れ, で求め, で泳ぐ, で清さん, で潮時, で無論, で物, で猶且つ, で現今, で生命, で画家, で皆んな顔, で硝子店, で秘か, で立川, で素晴らしい, で結論, で羽織, で考えれ, で能登守, で自分限り, で芥川, で苦しい, で蓮行寺, で西洋, で角蔵, で試運転, で誰, で警察署, で買いなさい, で起きあがっ, で返し, で逃亡, で遠慮, で閃く, で面会, で顔つき, で駿介, で鶴吉, とうとう半ば威圧的, として一先ず, ともかく馬春堂, どうしても我等猫族, どつさり, なお刺戟, なの, にあそこ, にあべこべ, にあんな, にいつも, にうんと, におみやげ, にお金, にきょう, にこてこて, にさ, にしかもただ, にしょうが二, にすべて, にそこら, にだ, につんつるてん, にである, にと出奔, になおも暫く, ににはか, にはなやか, には心ゆく, には素晴らしい, にひとり船長室, にほんとう, にもかけ直し, にもコジラ, にも尚, にも欺, にも疲れ, にも行き届かせ, にやれ, によけい, にわらぐつ, にカーテン, にコソコソ, にソリ, にノブ子, にフーラー博士, に一, に一年幾ら, に丁度, に上り湯, に不当, に世間, に並ん, に事件, に二十三, に五年生全体, に仇, に今後傳道費, に以後, に住む, に何一つ, に保護者, に充分, に入, に八九歳, に内心感服, に出火, に刺繍, に剛, に勤倹質素, に千辛万苦, に占師, に去年, に取引先, に各自, に向き合っ, に四万, に土足, に壁, に多額, に夥しい, に大臣, に奥様, に姿, に宏大, に宮地出雲守, に寓つて, に将来, に小野鵞堂さん, に少なから, に尾上江見蔵, に巡, に巨大, に帽子, に建てられた, に弱い, に当人, に彼自身, に心持, に思死, に悠々, に意気, に我慢, に戸締り, に手形切手, に折れ, に持參金, に掌, に握飯, に故郷, に斬ろう, に日常, に日頃, に時候, に暑い, に月謝, に木練り, に枕, に構, に樽, に武芸者, に殺人者, に永劫悪人, に決して, に泥土, に流刑, に清澄, に溺れた, に熊吉, に物, に玉, に現実, に生命, に留守中明智小五郎, に発狂, に目籠, に眼, に神尾, に積みあげられた, に突っ, に立去った, に筵, に素幡, に経済上, に縁故, に美しい, に肝腎, に腕, に臘虎, に致そう, に船酔い気味, に若狭, に荏油, に萠黄, に葦, に血, に行水, に裸, に見事, に言語挙動, に誰, に費用, に躊躇, に載せた, に追いかける, に遂行, に酔っ, に金箱, に長く, に降り積った, に青ペンキ塗り, に頭巾, に養母, に高名, に鳴物入り, の, のにわか, のアザブタ, の他日, の分類, の報酬, の姉, の対策, の悟人, の挨拶, の概算, の決意, の糞度胸, の考へ, の行動, の返辞, はあと, はいちど呉, はかね, はすっかり, はたとい, はと退出, はどんな, はのう, はやはり, は一匹, は上人, は久しく, は五百兩, は仕事, は余儀ない, は其の, は別れ別れ, は又右衛門, は地上, は天道, は官兵衛, は屈辱, は幽霊, は御免, は必ず, は我, は指図, は敵中, は新, は最う, は来客達, は此, は泣い, は猶, は男, は相当, は立派, は若党, は親類縁者一同寄り, は踏み込み, は近々, は遠藤, は隱居願, は黙っ, へあげ, へその, へぼんやり, へドス, へ乗せ合っ, へ園, へ布, へ折, へ煙, へ翁, へ蓙, へ載せる, へ顏, へ黒衿, またここ, また分別, また床, また死體, やがてその, やっとたべ終る, ゆるりと, をきりきり, をなほ遲, をようやく, を切明け, を掘りかえした, を滴り落ちる, を裝飾, を黒い, 一々それ, 一度去りかけた, 二度と再び御, 人知れず殺し, 借りて, 冷え切って, 初めて一つ, 厚い窓掛, 又床, 同時に別, 大きい目, 大怪我, 始めて雲雨合歓, 崩れたところ, 御文, 御藥園, 恐らくは私, 戻って, 改めてお前たち, 改めて瑞巌寺, 時々その, 更に全文, 更に頬, 果し合, 殺して, 然るべし, 生き返っちゃ, 直ちに上京, 神々しい素木, 縛られた両手, 若黨, 解いて, 迎えの, 遂に死別れ, 長い彼

▼ たもん~ (3708, 0.2%)

616 だから 575432 ですから 121 じゃない, だね 116 です 112 だな 78 だが 61 だと 5950 だよ 40 だろう, ですからね 38 ですね 30 ですよ 29 だからね 25 だなあ 2423 じゃねえ 22 でね 20 じゃありません, じゃけ 17 だらう, ですが 15 じゃ, でも, や 14 だねえ 12 だで 11 だった, ですな, では 10 でさ 9 でしょう, ですなあ, でせう 8 じゃありゃしない, だか, だがね, だん 7 だぜ, だて, だわ, でさあ, なん, やな

6 [14件] じゃあない, じゃあねえ, じゃなあ, じや, だけど, だそう, だろうね, でございますから, でした, ですか, ですねえ, でな, な, やない

5 か, じゃア, だからな, だという, だらうと, だろうと, だろうなあ, だネ, でしょうかね

4 さね, じゃな, じゃないです, じゃなかった, でがす, でしょうなあ, ですからな, ですぜ, でその, やが

3 [31件] かな, かなあ, かね, じゃけなあ, じゃござんせん, じゃなかろう, じゃのう, だえ, だけれども, だこれ, だこんな, だぞ, だらうて, だろか, だナ, でがせう, でご, でございましょう, でごわしょう, でしょうか, でしょうかねえ, ですかね, ですがね, ですわ, でそれ, でない, でゲス, で失礼, なあ, やさかい, よ

2 [59件] かい, かこの, か考げ, じゃあねえや, じゃあるまい, じゃございません, じゃないだろう, じゃねえです, じゃねえや, じゃろか, じゃァねえ, だいま, だおっかねー, だかな, だがな, だそれ, だつたね, だでの, だの, だまるで, だろうな, だろうねえ, だろうのう, だわい, だ俺ら, だ書きますよ, だ然, であたし, である, でございますが, でございますな, でしたよ, ですかな, ですけに, でそう, でそれから, でそれで, でつい, でどこ, でないか, でねえ, でびわ湖, でまだ, でまつさき, で家, で御座いますから, で無え, どすさかい, どない, なア, のその, の自由, やから, やて, やと, やなあ, や思, よなあ, 今日云う

1 [427件] あたしたちの, あの世さ行っ, かいナ, かえらい, かしら, かそいつ, かそうそう, かそれとも, かそんな, かと, かと思いました, かな役場, かの大石さん, か情ない, か意気地, か意氣地, か滅茶滅茶, か見当らない, か身重女, があるちう, がくっ附い, が今年, が何人, が出ち, が返せる, ご講演, さな, さなそんだ, さねえ, さね無論, さのう川, さ全く, さ水, しろて, じゃあありません, じゃあございません, じゃあござんせん, じゃあねえよ, じゃありゃせん, じゃありやしない, じゃえたい, じゃから, じゃが, じゃが今, じゃけん, じゃございますまい, じゃさかい, じゃったが, じゃったがのう, じゃで分っとる, じゃとギヤマン茶碗, じゃないでしょう, じゃなく, じゃねえだ, じゃねえで, じゃろうて, じゃろうなあ, じゃァない, じゃ御座いませんでしょ, じゃ御座ん, じゃ御座んせん, じゃ按摩, じゃ無い, じゃ違うた, だあ, だあそこ, だあの, だあらゆる, だありゃ, だいくら, だお, だおまえ, だお前, だからなあ, だからのう, だからよ, だからわざわざ, だからネ, だがなあ, だがのう, だがネ, だけあ, だけどもな, だけれど, だこ, だこっち, だこと, だこの, だしかし, だす, だすな, だずうっと, だずおん, だたえした葱ぢ, だだが, だちゅうことになるだな, だっけ, だったいつも, だったが, だったけな, だったね, だって本当, だって藤尾さん, だつう, だつたなう, だつて言, だつまらない, だとのう, だとよ, だどう, だどうも, だどもな, だなあと, だなと, だなにしろ, だなんて, だのう, だのし, だの社会, だの面白味, だべ, だべな, だほんと, だまた, だまったくよく, だもう, だもの, だよく, だよねえ, だらうかね, だらうな, だらうね, だらう一人一人生命保険, だろ, だろうか, だろうかね, だろうじゃあ, だろうじゃあねえか, だろうって, だろうつていう, だろうなん, だろう乎, だろう何, だろかい, だわね, だを, だア, だイ, だオカシナ話, だネー, だハア, だポケツト, だヨ, だ一同, だ人間, だ他人, だ何, だ兄貴, だ口惜しい, だ呆れて, だ大, だ大体君, だ婆様ア家, だ己, だ悪い, だ感じ入ったよ, だ昨夜, だ暴風雨, だ東条大将みたい, だ汝其所, だ父ッ戸, だ県庁あたり, だ稲扱休み, だ窪田君, だ紺, だ義理, だ芸妓買, だ若い, だ驚いたもん, ちゅうことは, であつ, であらうかと, であります, であわてて, であんな, でうっかり声, でうどん, でうわあ, でお, でおら, でお客, でお腹, でお蔭, でがしょう, でがんしょうが, でがんすね, でげ, でげす, でこちら, でこの, でございましょうあんまり, でございましょうか, でございます, でございます殿様, でござんすから, でござんすと, でござんせうね, でしたから, でしたがね, でしたけれど, でしたぜ, でしたね, でして, でしてナ, でしまいに, でしまっといて, でしまつ, でしょうあの, でしょうかな, でしょうくらやみ, でしょうという, でしょうな, でしょうね, でしょうねえ, でしょう立派, でしょう親分, ですからねえ, ですけど, ですけれどもね, ですけん, ですさかい, ですし, ですそれ, ですたい, ですだ, ですっかり, ですて, ですという, ですもの, ですやらうなあ, ですよって, ですわい, ですッさ, ですネ, ですネー, です行きますとも, でせっかく, でそこ, でそれ以上追究, でそれ以来, でただ, でちょっと, でついうっかり, でとうとう, でときどき, でと弁解, でどうして, でどうやら, でないし, でないぞ, でないでしょう, でないな, でないん, でなく, でねえいろいろ, でねえか, でねえさ, でねえぞ, でねえつてこと, でねえな, でねがす, でひっぺがすようにして, でひま, でびっくり, でまあ, でまるきり, でまア, でみんな崖下, でもう, でわしょう, でスカート, でダメ, でッ, でツイ, でツイ向う見ず, でネ, でハッ, でムッ, でユリ, で上原さ寄つて, で上田, で下宿, で中, で今, で今度, で今日, で今朝, で仙友, で何, で何かしら他人, で俗, で俺, で僕, で八百屋, で内浦通, で到頭, で助かった, で十二, で受けろッ, で咽喉, で堀, で大変寐坊, で大臣, で太刀打ち, で奴さん褌一つ, で就中, で平気, で床屋, で後, で後架, で御免, で御無沙汰, で忘れ, で思わず, で手, で持っ, で捜した, で捨, で早速, で正確, で清教徒, で湯たんぽ, で湯島, で無く, で王様, で男, で男舞, で目下練習中, で瞬く間, で私共, で素人, で苦しく, で行かれ, で覚えて, で起き出し, で近頃, で金, で鉄, で随分, で頭, で飯盒, で首, で馬鹿金, ということ, としか思われへん, とばっかり思う, とばっかり思うとった, と極めてるいう, と見え, ないんぢ, なの, ならああ, ならそれ, ならそれで, ならそん, ならまた, ならやって, なら下げ緒ぜんたい, なら何様, なら命, なら御, なら意見, なら片, なんか捜し, なン, な母さん, にち, になりすまし, には新鮮, には未練, ね, ねえ, ねえ子, のう, のこれ, のそ, のそい, のそれ, のまた, のもう, の冬, の和服姿, の戻っ, の所書き, の正直夢中, はミーン, は世話, は姉さんみたい, は自分, も丁度, やあの, やあんた, やあんな, やおま, やけに, やけにわけ, やけに沼波, やけに見舞, やったけど, やで, やの, やのん, やらうて, やらしい, やわ, や迚, よそれ, よなあ笑わし, よのう, らしいが, らしいぜ, らしいわ, をまさか, を取り返し, を返し, 出して, 貰うても

▼ たあと~ (3673, 0.2%)

11681 のよう 35 のこと 32 でその 31 でお 29 で私 28 なので 25 だった 22 でした 16 だから 14 であった, ですぐ, のやう 13 でこの, でまた 12 で彼 1110 になっ 9 である, で半, で彼女, のあの 8 だったので, であつ, でこんな, でやっと, で自分, なの 7 だつた, です, でそれ, でようやく, で女 6 があった, がある, だと, であったから, でふと, で何, で僕, で言った, はまた

5 [16件] しばらくは, だったの, でこう, ですから, でついに, ではいつも, でもなお, でゆっくり, で二人, で私たち, で誰, のお, の水, の淋し, の空虚, を見

4 [28件] すぐに, であって, であなた, であの, でいよいよ, でこれ, でさて, でそこ, でそのまま, でだれ, でなければ, でぼく, でわたし, で半蔵, なん, に残る, に自分, の, のある, のもの, の一服, の部屋, はその, はもう, へこの, もありません, をうけ, を見る

3 [66件] からいくら, がない, が残っ, だったが, だよ, であるから, でいろいろ, でここ, でさらに, でしばらく, でそっと, でちょっと, でとある, でとうとう, でね, では, ではきっと, ではこの, では人間, でも, でもお, でもその, でわたくし, で一人, で七兵衛, で今, で今日, で他, で先生, で再び, で又, で外, で大きな, で大臣, で夫人, で必ず, で急, で明日, で森, で母親, で氏, で窓, で竜, に, にその, に残った, に私, のがらん, のさっぱり, のすがすがし, の事, の僕, の土, の始末, の学校, の憂鬱, の気持, の私, の穴, の静か, は, はこの, は私, へ一人, もなお, を示し

2 [192件] からまた, かれは, があり, がつい, がもう, が悶え, しばらくの, すぐその, だが, だし, だそう, だったかも, だったから, だつたので, でいきなり, でいつも, でおれ, でお前, でお母様, でかれ, できっと, できん夫人, でこんど, でこんなふうに, でしずか, ですっかり, でそう, でそれから, でそんな, でただ, でだんだん, でどう, ではお, ではまた, では出版, では同じ, では死ぬ, では気分, では自分, でひとり, でふたり, でまだ, でもあり, でもこの, でもどっ, でも女房子供, でも彼女, でも私, でよ, でわかった, でわざと, でドア, で一向に, で中, で中村警部, で主人, で云った, で今度, で仕事, で初めて, で博士, で口, で吉五郎, で吾輩, で女の子, で始めて, で宮, で家内, で小林君, で小林少年, で少し, で帝, で帰つて, で年, で年下, で御, で怪物, で播磨, で早速, で次, で母, で気, で水, で海, で源氏, で漸, で熱い, で父, で留守, で直ぐ, で眼, で秀吉, で移転先, で空, で立つ, で第, で米友, で細君, で結局, で美禰子, で能登守, で若, で葉子, で薫, で西, で見, で言いました, で部屋, で鏡, で門, で阿, で隣, で飯, とは云, とみえ, なのに, にこの, にすぐ, にはただ, にはもう, には必ず, にもなお, にようやく, に初めて, に生れた, のうつくし, のこの, のすがすがしい, のすすき, のない, のやや, のわたし, のドア, の事務室, の二人, の今, の味気, の安心, の廃棄物, の心, の快感, の感動, の枝, の様, の気分, の氷, の源氏, の病人, の病室, の空間, の突き刺される, の自動車, の若い, の苦痛, の話, の速, の道, の道路, の青々, の顔, はいつ, はいつも, はこれ, はずっと, はつまらない, はどう, はどうもなんだか, はまるで, はもと, は一時, は又, は眼, は自分, は見られなかった, は買った, は野, ひるめし, へもほんのり, へモガル, へ森さん, もこの, もしばらく, ももうすこし, わざとの, をお, を一人, を姫路行, を発見, を考え, を見送っ, を見送り, 急いで

1 [2210件 抜粋] あのはし, あまった一日, いかにも感慨深, いくらか麻川氏, いつの間にか母屋, おせい様, お八重, か, かに潮, からこんな, からだれ, から二人, から例, から宿居, から本然, から突如, から花, から陸尺たち, があっ, がありました, がいたる, がくり, がそのまま, がひどく, がみえた, がグッショリ, が一杯, が偲ばれ, が官兵衛, が急, が白く, が見え, が赤く, きっとお話, この甘っぽい, さえありません, さらにあの, じっと塾生たち, じゃなん, じゃ武男さん, すぐ室, すっかりはやらなくなっ, ずっと弱く, そのこと, その小屋, だからと, だけが秋, だけに気, だったし, だなと, だるいだるいうつむけ, ちらと, であったか, であったの, であり日本全国, であるので, でいくら, でいそい, でいつ, でおっかさん, でおもしろい, でお座敷, でお銭, でかねて, でこうして, でこっち, でございました, でさえこう, でしたがね, でした臨終, でしまっ, ですでに, でそいつ, でたいへん, でたまらなく, でつい, でつけ加えた, でときには, でどこ, でなおも, でなん, でねえ, での沛然, ではあんな, ではいっそう, ではきまって, ではそうした, ではたちまち, ではどす黒く, ではなんだか, ではもう大して, ではわたし, では一分ごと, では世間, では五人, では何ら, では全く, では吐き苦しん, では夢, では岸, では彼女, では念誦, では果して, では特に, では綺麗, では誰か, でひざ, でへや, でぽつぽつ, でみんな, でもいけすかない, でもこちら, でもそう, でもまた, でも先生, でも叔父叔母, でも平, でも感情的, でも源大将, でも苔香園, でやっとこう, でよせ, でわたしたち, でカヨ, でガラン, でコマ神社, でソッ, でトローラー船, でバス, でフト, でブランシュ, でポカリ, でローマ, で一切, で一座, で一種異様, で万吉, で三日, で不意, で主税, で二三日, で五郎, で今の, で代, で伊都丸, で佐吉, で何時も, で信長, で入り口, で全体, で円タク, で出る, で刈り, で勝手, で千枝松, で去った, で双眼鏡, で叱られ, で吉左衛門, で咽喉, で唐末五代, で囁く, で回顧, で国産, で外側, で大きい, で大納言, で太夫元, で奥がた, で女首領, で妻君, で娘さん, で子張, で宗助, で宵, で宿, で寒う, で小倉, で尚侍, で山ノ井, で帝劇, で平気, で広い, で弟子, で待ちわび, で御飯, で思いがけない, で意見, で慶太郎, で我々, で手巻煙草, で挨拶, で政吉, で旅券, で日本橋, で明智達, で是非, で書こう, で朦朧, で来, で松次郎, で栄二, で樫, で正成, で死体, で殺し, で毛布, で気味, で汽船, で浮橋, で深田君, で源氏自身, で灰, で無為, で照彦様, で燈, で独語, で生きた, で甲, で発砲, で白い, で眉, で石村さん, で福村, で種明し, で窓板, で絶交, で羊三, で肉, で自動車, で船員たち, で若松屋惣七, で菓子箪笥, で虚しいひろ, で行燈, で褐色, で見送り, で調子, で警視庁, で貴婦人, で足, で近く, で追憶, で道子, で酔い倒れ, で鈍栗, で鐘撞堂, で隠居, で雨漏り, で須美子, で顔, で飮む一杯, で騒音, で髪, というもの, とうとう負け, となっ, と分つた, と見え, などに見, なもん, にあの, にかわっ, にこばやしくん, にしよう, にだけ感じる, にできる, になる, にはいい, にはお, にはこの, にはひがん, には一層, には人間, には例, には多く, には屋敷, には村, には水入らず, には茶褐色, には足跡, にひとつかみ, にまた, にも自由社, にわかに空, にクリストフ, にモーツァルト, に今, に兵馬, に味, に大穴, に宗教的, に彼, に感ずるであろう, に打水, に新調, に来, に残された, に泥, に物足りな, に生えた, に生絹, に突然, に芥川, に衰亡, に読書, に長く, に頼んだ, のあはれ, のうるんだ, のきつ, のさびしい, のせい, のつまり, のふつう, のやさしい, のテント, の一人暮し, の不安, の乱国時代, の二台, の井戸, の何, の光景, の出た, の利き, の十九年, の印象, の吉野がい, の國, の夏, の夜, の大豆, の子規, の家, の寒々, の小気味よ, の山口, の工合, の座敷, の御, の心地, の思いがけぬ, の扉, の改まった, の文字, の日本晴れ, の有る, の村, の梅, の椅子, の次, の歯齦, の水溜, の波止場, の涼やかさ, の清掻き, の湯, の澄んだ, の無, の物, の留守, の畳, の白, の真青, の祝い, の秋晴, の空ッ, の糸屑, の線路, の脱殻, の舟中, の茶の間, の落葉樹, の蟻の塔, の記代子, の赤坂城, の身, の邸, の長閑さ, の電氣, の非常, の風呂敷包, の魚, はあたり, はおおびら, はきっと, はご, はしんと, はずつと音響, はそのまま, はちょっと, はない, はまださほど, はもちろん, はよく, はエンジン, は一切, は不思議, は何もかも, は入れ, は別に, は半日, は嘸, は妹, は寂しく, は巴里, は当分, は後代, は悲しみ, は星月夜, は本堂, は永久, は独身者, は目, は糞, は考え込ん, は見えた, は超, は風の音, ひとり引っ返し, へあたかも, へなぞ, へまた, へスッスッ, へフロイス, へ信州松代十万石, へ加集泰助, へ大嫌い, へ恒川さん, へ新しい, へ格天井, へ水盤, へ盛塩, へ突如, へ茂子, へ衣紋竹, へ陸稲, ほぼ一刻, また家, また立て直され, まであんまり, までもしっかり, までもボンヤリ, までも忠相, まで大河, まもなくその, もあった, もうその, もなく, もまた, も人, も余韻, も夏子, も心配, も決して, も自分, も見られる, やっと自分, よく自分, らしいと, らしくその, らしく表面, をお客様, をじいー, をたどれ, をなお, をひい, をやさしく, をユスリ, を人, を堤, を尋ね, を彼, を掃除, を望, を消毒, を白い, を睨ん, を草枕, を見せ, を見入っ, を踏襲, を逆, を預かっ, 一層憤り, 何故組合内, 全軍, 反ナチ, 小ツル, 少しでも, 広い若葉, 怒つて, 愈々精神, 暫くの, 死なないたましい, 珍しくも, 立ち上って, 訊ねたところ, 頼んで

▼ たこの~ (3555, 0.2%)

47 家の 19 男の 18 ような 16 二つの, 頃の 14 女の, 男は, 町の, 種の 13 人の 12 国の 11 人は 10 女は, 日の, 部屋の 9 山の 8 二人の, 時代の, 老人は

7 [11件] 不思議な, 事件の, 二人は, 子は, 家に, 家は, 手紙を, 方が, 男を, 私の, 言葉は

6 あたりの, 人が, 土地の, 地方の, 家を, 辺の

5 [17件] 人を, 仕事は, 作家が, 作家の, 作者が, 場の, 娘の, 娘は, 宿の, 少年は, 本は, 村の, 男が, 花の, 言葉を, 重大な, 頃では

4 [21件] たびの, ぼんやりと, 一と, 上も, 不幸な, 夜の, 少年の, 島は, 方は, 日は, 時の, 最後の, 朝の, 本を, 歌の, 私が, 私も, 言葉が, 辺は, 青年の, 頃でも

3 [50件] おれは, からだを, とおりです, 一場の, 上は, 事件は, 人に, 人には, 人間の, 作家は, 作者の, 作者は, 半年の, 商品の, 問題の, 国では, 地方では, 女が, 女と, 姿を, 子の, 家が, 家で, 家へ, 家も, 山は, 幼稚な, 手紙の, 日記の, 時代に, 書は, 有名な, 木が, 機会に, 物語の, 物語も, 犬の, 男に, 研究は, 草の, 話が, 身が, 身の, 道, 邸の, 金を, 際に, 青年が, 青年は, 鳥の

2 [188件] うえも, お伽噺の, お金を, ことは, ときは, ふしぎな, ふたりは, へんの, ままでは, みじめな, み仏, ように, りっぱな, 一人の, 一個の, 一升壜は, 一巻の, 一座が, 一篇の, 一週間の, 七兵衛だ, 三人の, 下女は, 不思議なよろこび, 不思議を, 世界の, 世紀の, 両手が, 事を, 事件とを, 事実は, 人, 人々の, 人々も, 人物は, 仕事を, 作品の, 俺が, 俺だ, 俺は, 俺も, 俺を, 六人は, 出来事を, 前の, 劇場の, 半島の, 南海の, 友人の, 古めかしい山上, 哀れな, 品を, 問題は, 善良な, 国は, 国際的な, 地方で, 壺を, 大作家, 大切な, 太子堂の, 夫婦は, 奇怪な, 女を, 女優が, 女房の, 女詩人は, 威儀は, 娘が, 娘を, 子が, 子も, 子供は, 室の, 室は, 家この, 家にも, 寺の, 小屋, 小説を, 少女は, 屋敷には, 屋敷の, 屋根の, 岬だけ, 島に, 島の, 巨匠の, 市は, 平次は, 広告を, 店の, 度の, 弟は, 後の, 御言葉, 心の, 怪物の, 恋を, 悲劇の, 戯曲ならざる, 手に, 手の, 故郷の, 教育法を, 新らしい, 方法は, 方面の, 時に, 時は, 時ほど, 時期に, 曲の, 書物の, 村から, 村での, 森の, 機会を, 歌に, 水郷の, 流は, 浪人者は, 海岸に, 港は, 点に, 点を, 父の, 物語は, 物語を, 犬が, 現実の, 現象は, 男も, 町を, 画家が, 界隈の, 病院の, 県の, 眼で, 私だ, 私に, 私を, 秋の, 紳士の, 義務を, 老人この, 老人では, 老婦人, 自画像の, 船の, 花は, 花を, 若い詩人, 茶店まで, 著述態度との, 虫は, 街が, 街は, 街特殊の, 街道は, 覆面の, 見解ほど, 言葉に, 話は, 話を, 調子で, 賑やかな, 身は, 辺で, 辺一帯の, 連歌師の, 運動が, 道に, 部屋が, 部屋に, 部屋は, 部落は, 都市は, 重さ, 野郎は, 金は, 階級を, 雄弁家は, 頭の, 風景を, 騒ぎの, 魂を, 默聽忍從は

1 [2476件 抜粋] あいだの, あたりは, ありがち, いちばん上の, うえの, おいらに, おとめの, おれにも, お嬢さんだった, お美しい, お金は, きと, けだ, ことに, じいさんを, たちの, ちひさ, でっぷりした, とき博士は, としよりを, なつかしい巨匠, はたけ, ひとが, ひと幕, へやが, ぼうぼうたる, まに, まま留南奇を, ものは, よい機会, わしだ, わたしを, アカナベだ, アメリカの, カヌズーに, キャッキャッだ, グループの, ジャン・ヴァルジャンは, ソクラテス以前の, テロリストを, ドナテロの, バッハでさえも, ビルからも, フランスの, ポスター戦術は, ヤーロの, ロケット艇は, 一二年こそ, 一冊を, 一句は, 一団には, 一学究の, 一巻を, 一年には, 一文が, 一条の, 一片の, 一種異様な, 一般的な, 一行連の, 一週間あなたは, 一隊に, 三ツ又稲荷の, 三味線の, 三度半という, 上いい, 上方役者の, 下宿の, 不埒な, 不思議きわまる, 世の中から, 世界で, 世相と, 両人胴中を, 中学二年生の, 主人は, 乗越は, 事件についての, 事実こそは, 事情が, 事業も, 二三年以来, 二人返り討ちに, 二大, 二様の, 二篇の, 二陣は, 五月祭に, 亭主で, 人からは, 人と, 人も, 人形を, 人相肌を, 人間生活を, 仏をば, 仕事なかばに, 仕掛の, 仰々しい山門, 会話は, 位気性がさつぱりとしてゐますから, 佐久間町の, 体裁は, 作を, 作品は, 価格は, 修道院の, 借家に, 偶然に, 傲慢な, 兄さんを, 先を, 先輩の, 児も, 入道が, 八畳の, 六神丸は, 写山楼に, 冷たさ, 処置と, 函を, 刃で, 切実な, 判事の, 制服は, 剣を, 力の, 勇ましい姿, 勢いの, 包みは, 医者とも, 十年間の, 半襟を, 印しが, 危急は, 厚い扉, 原始林を, 友と, 友達によって, 叔父と, 口に, 古い遊び, 句碑も, 台風は, 吉左衛門を, 名将の, 呉の, 呪文を, 哀話を, 唐辛子とを, 問答の, 問題も, 噴水の, 四人は, 四月の, 困難な, 国を, 國の, 土地については, 土筆は, 地位は, 地方での, 地蔵さまが, 垣根では, 執摯捨鉢, 場とどめ, 場慣れた, 塾の, 増上寺を, 士族らの, 声量美声表情の, 夏中の, 多感な, 夢幻の, 大勢は, 大奇談, 大曲に, 大自然, 大通りだった, 大鷲が, 天然の, 夫妻の, 奉仕に対して, 女だけを, 女も, 女子を, 女性の, 女礼を, 妖星は, 妾も, 始末な, 娘転がっ, 婚約を, 婿入り先な, 嫌疑を, 子供の, 学校の, 宇宙には, 宏大なる, 客人が, 宮内が, 家です, 家族制度は, 宿屋の, 寛斎が, 尊い人, 小さい武士団, 小僧さんなぞ, 小場面, 小屋敷の, 小期間, 小男の, 小藩, 小路の, 少女を, 少年誘拐事件の, 居留地撤廃以前の, 山で, 山中は, 山小屋を, 山陰地方の, 岩角の, 島さえが, 島山の, 川島家も, 巧妙な, 巻物だ, 布政坊の, 席で, 帳面な, 平吉の, 平治二年であった, 年を, 幸福な, 幼児を, 広大な, 底の, 度びの, 庭に, 廃墟だった, 建物を, 張遼を, 彫刻を, 待ち遠しさ, 御堂の, 御隠居, 心を, 必然性に従って, 怖ろ, 思想を, 怪しの, 怪物を, 恐ろしい樂, 悠長な, 悪鬼の, 愉快な, 愛すべき先覚者, 感動は, 態度を, 憐れな, 戦争の, 戰爭と, 手が, 手拭い種も, 手紙か, 才媛は, 折助席の, 挨拶を, 支持の, 放射線室に, 教会を, 教訓を, 数千里の, 数日生の, 文三みんなあなたが, 文学的潮流に, 文章に, 新しいなぐさみ, 新墓, 新聞にと, 方に, 方程式の, 旅での, 旅行記は, 族制, 日向の, 日本語の, 旧家を, 明治怪盗の, 時から, 時ばかり, 時分, 時西北の, 晩とは, 暑中も, 暴君は, 書の, 書類を, 有様を, 朝だ, 期の, 本船へ, 村では, 村尾健治の, 東北救済振興の, 板の間に, 柿を, 根源の, 棺と, 楽器に, 様に, 樹は, 機械論は, 次の, 歌をば, 武士には, 死のごとき迫害, 母親の, 気さくで働く, 氣附を, 水滴の, 汚泥は, 汽船の, 泉太は, 法悦に, 洋館は, 流派では, 海底要塞の, 深更に, 渡し場は, 測量班を, 湿地帯も, 滑走路の, 演説の, 火を, 災難教育であった, 無可有, 熔巌は, 父親が, 物理的もしくは, 物語には, 特別な, 犯罪は, 狡猾な, 狹間で, 獲物は, 玲瓏たる, 現実に, 理論は, 甚五衛門を, 生れながら, 生産物または, 甥の, 由緒ある, 男, 男への, 男爵の, 町は, 画家の, 異国の, 異樣, 病骨が, 発作の, 白徒が, 百円を, 監督の, 相剋は, 眞率な, 眼が, 矢代家の, 石屋と, 砂地が, 研究室も, 社会についての, 神がかりの, 神秘楽団の, 秋田犬を, 空しさ, 窓框へ, 立体的論理夫は, 竹の, 笠松街道も, 筋までが, 節では, 範疇選択は, 精神は, 納屋は, 紙入れ過分には, 組に, 結果が, 統一関係をば, 絵師の, 綱は, 縦筋を, 置洋燈が, 美しいおきさきだった, 美しい室, 群集, 老いた製粉場主, 老人の, 老大家は, 老押丁, 老父に, 者の, 耳を, 肌が, 背負紐が, 腑抜け者, 自信たっぷり, 自分に対して, 自己が, 自然哲学の, 興味ある, 船を, 芝居では, 芸の, 芸術家は, 若い呉服屋, 若い美僧, 苦渋な, 茶をも, 茶碗を, 荘重な, 葉の, 蒼ざめた老年が, 薄命な, 薬を, 藻も, 虚栄の, 街道を, 袷, 要害を, 規則からの, 親に, 親爺養生も, 言葉, 計画が, 詩人に, 語の, 調子では, 謎の, 谷間の, 貨物の, 質問が, 趣も, 身であった, 身上で, 身死におくれ, 軒端も, 農場を, 辺では, 辺竜宮の, 迷惑を, 通りに, 連中が, 運命の, 道を, 邊では, 部屋だった, 郷の, 都会を, 酒は, 里を, 重病, 野性の, 野面を, 金銭, 鉄道は, 長光の, 長閑な, 閉鎖性も, 間中からの, 附近の, 陽気, 隠居が, 集り全体に, 離れ小島, 雷洋丸は, 電池の, 青い葉, 青年俳優の, 青瓢箪は, 革命を, 頃こういう, 頃は, 頃町で, 頭脳を, 願いどう, 風景のせゐだらう, 飲料が, 馬が, 駿馬は, 高山植物の, 鬣, 魂の, 鯛の, 鶴を, 麻の, 黒い船, 黒船の

▼ た~ (3459, 0.2%)

64 の顔 51 の眼 47 はその 38 の姿, の心 3028 である 25 の頭 21 の女, の手, はすぐ 20 れの 19 はこの, は自分 17 の妻 16 の声, の言葉 14 はもう, は今, は私, れは 12 だった, の前 11 であった, の, の頬 10 の父, はそれ, は突然, を見る 9 の母, の目, の胸, の身体 8 はそこ, はまた, はやがて, は思わず, は急 7 が, の家, の様子, の生活, の腕, の魂, はお, は何

6 [16件] にはそれ, に取っ, のこと, の上, の体, の作品, の影, の方, の気持, の男, の耳, の頭脳, はある, はこれ, はただ, はふと

5 [20件] だつた, なの, には何, のその, の人, の口, の唇, の心持, の態度, の生涯, の顏, の顔色, はまだ, はようやく, は健か, は勿論, は妻, は彼女, を見, を見た

4 [30件] がこの, がその, が自分, だ, だから, であったが, であること, ではある, でもある, に私, の友人, の周囲, の境遇, の気分, の部屋, の青年, はいきなり, はさらに, はすでに, はそう, はまるで, は今や, は今度, は今日, は再び, は家, は手, は時々, は眼, は黙っ

3 [59件] が今, に, にし, にはその, の一生, の両手, の二人, の健康, の哲学, の女房, の思想, の意識, の感情, の手紙, の指, の本質, の眼光, の神経, の経験, の肩, の若い, の表情, の調子, の貧弱, の足, の額, の顔付, はこんど, はさすが, はしばらく, はすっかり, はそこで, はそのまま, はたちまち, はとうとう, はひどく, は例, は俄, は傍, は又, は夢中, は姉, は実際, は年, は彼等, は机, は次第に, は殆, は気, は相手, は耳, は蒼く, は足, は躊躇, は身, は頭, は顔, もその, を

2 [207件] がいま, がそれ, がどうして, が事件, が二階, が出, が急, が時代, が最初, が突然, が自ら, だったが, だつたが, であったかが, であらう, でない彼, ではなかつた, でもあった, とし, にはそんな, にはどうも, には全く, には少し, には活きた, には私, に同情, のお, のからだ, のことば, のす, のひとみ, のほう, のよう, のよろこび, の仕事, の住居, の体質, の側, の傍, の先祖, の努力, の印象, の友だち, の友達, の右手, の名, の名声, の君, の回想記, の境涯, の夢, の大, の大きな, の妹, の存在, の実践, の室, の容子, の容貌, の弟デック, の弟子, の形相, の後, の後半生, の後姿, の心理, の思潮, の性格, の息子, の情熱, の愛すべき, の才能, の掌, の新, の日, の時間, の最後, の服装, の根性, の死骸, の注意, の現実, の理性, の癖, の目的, の眼前, の瞳, の確信, の社会的位置, の神經, の第, の細君, の老, の肢体, の自信, の艶艶, の血, の衣服, の視線, の計画, の誇, の足もと, の過去, の部下, の長女, の霊妙, の頭腦, の顔つき, の風貌, の首, の驚くべき, の髪, の黒, の鼻先, はあたり, はあれ, はいつも, はいよいよ, はここ, はこれら, はこんな, はさ, はじっと, はその後, はそれら, はそんな, はつい, はついに, はどう, はにわかに, ははたして, はひとつ, はほとんど, はまず, はまつたく, はやはり, はわざと, は一時, は中年, は二人, は人々, は何気なく, は余り, は全身, は出来る, は前, は同様, は哀れ, は唇, は夜, は女, は好き, は始めて, は実, は容儀, は容易, は少し, は屡々, は帰り, は彼, は彼自身, は急い, は恍惚, は戸, は既に, は日向葵, は日頃, は早く, は早速, は昨日, は晩年, は晴, は更に, は最後, は村, は桜木町, は椅子, は横着, は汽車, は渡舟, は満足, は漸く, は無論, は父, は瑠璃子, は生き, は目, は縁側, は葉子, は誰, は議論, は非常, また根戸川亭, も, もこの, もまた, もようやく, も今, も俄, も呪った, れが, れには, れ自身, を想像, を眺め, を迎え, を静か

1 [1776件 抜粋] あるいは堂上, から唆, があの, がいま目, がこう, がさ, がした, がちょうど, がなぜ, がふり向いた, がようよう少し, がノート, がリボン, が一変, が三人, が上半身, が世界, が二疋, が低い, が俄, が元, が公生涯, が初代, が十九歳, が受けた, が命, が大声, が実際, が少し, が廓, が微笑, が愛読, が日, が最後, が東洋美術, が正月, が濡れ鼠, が熱心, が痛ましい, が着せられた, が立ち去る, が美しい, が見かけ, が警察, が赤衣, が酔ってるらしい, が非常, が飛び上らう, じゃ, だけにそして, だけの性格, だという, であったろう, でありながら, であるが, ですけれども, ではあつ, ではなかっ, としてはおおびら, としては嫌, とその, とはわずか, ともみえない, と向い合っ, と思った, などは誰, にかく, にたいへん, にとってすぐ, にとってはくるしい, にとっては之, にとっては来る, にとつ, にはこの, にはとかく, にはぴんと, にはアルブケルケ, には初めて, には強, には抵抗力, には杜撰, には無理, には直ぐ, には色彩, には釣り, にもその, にも説明, にロ人雑居, に取, に在, に対しては子供, に対して意地, に対する競争的心理, に彼, に抑制, に湯ぶね, に逢う, のうしろ姿, のがっかり, のごとき, のすぐ, のつよい, のひ, のまた, のやう, のトム, のラヂオ嫌ひも, の一人, の一瞬, の三才, の不思議, の中将姫, の乗馬, の予想, の二, の五十人, の人生, の仕事ぶり, の仲間, の低い, の体験, の信念, の個人的特性, の全身, の写図帖, の刃, の利己的, の剣, の勇名, の動物, の十六, の卒業論文, の原書, の友, の口約, の右, の同郷人, の呼吸, の喉, の噂, の四角, の地位, の執拗, の塩田真氏, の墨蹟, の外出姿, の大兵, の天下三分策, の太い, の女性的, の妄執, の妻クララ, の娘, の嫂, の宿命, の寛大, の射た, の小屋, の小説, の岩, の巴里, の平安, の年輪, の幼年時代, の座談, の強靭, の後影, の従兄, の心事, の心持ち, の忌わしい, の思念, の性質, の恋心, の悟道, の悲惨, の想像, の意志, の愛嬌, の慾情, の戦車, の手慣れた, の手輩, の拳一つ, の掛念, の政治的, の文体, の新しい, の日記, の旧作, の景色, の最大, の栗毛, の横顔, の欲望, の死ぬ, の母親, の気合, の泣く, の浴衣, の湯呑, の火, の焼物, の父宗円, の犯人, の猛烈, の生, の生気, の用意, の病舍, の発心, の白馬, の盜癖, の眉間, の真意, の眸, の眼界, の短, の破, の秘蔵, の立場, の笑い, の筆蹟, の箱, の紅顔, の素志, の紹介, の結婚生活, の缺點, の美人以外, の習慣, の職業, の背, の脚, の脳裡, の自己批判, の舌打ち, の芸術家, の苦しみ, の草履, の荷物, の著, の藁沓, の虐政, の行ない, の衣類, の製作品, の見知らない, の覚醒, の言, の詩, の誰, の諷刺劇, の豊饒, の財産, の趣味, の足音, の身の上話, の農民, の述懐, の運命, の部分, の金入, の鉄鎗, の関羽髯, の階級, の霊, の革財布, の頑強, の顎, の風俗, の驚き, の髪の毛, の鳥巣庵, の鼻, はあやうく, はいい, はいったい, はいや, はうしろ, はうちのめされ, はおし, はお伽噺, はがらり, はこ, はこうして, はこれら顕著, はしだいに, はせっかく, はその後自然, はそれきり眼, はだから, はちょうど, はつひ, はともすると, はどこ, はなかなか, はなほ, はなんとなく, はふい, はほんとにさ, はまもなく, はもの, はやにわに, はよく, はわけ, はアルバイト, はエリザベス, はクロポトキン, はスウィス, はトフツ, はハツ, はホッ, は一つ, は一八九〇年ブサンソン, は一散, は一晩中, は一目散, は万事君, は三年位, は世界, は事ここ, は二十五, は二月, は人混み, は仕官, は以来, は会談, は低い, は何処, は何時, は余りに, は俯き, は兄, は先ず, は八橋, は其服裝, は出獄, は勇躍, は十六首, は半分S子, は単純, は叔母, は右, は同時に, は唖, は土間, は場合, は変, は外見, は多少, は大使館, は天, は好, は妙, は宗麟, は容易い, は富士山, は實際是, は小さく, は尚, は山門, は左, は已に, は幸, は幼少, は床板, は弁当, は当分, は彫像, は待つ, は得, は心持頸, は怒つ, は怠け, は恟, は悠々, は惘れた, は懐中, は我が国, は手紙, は振, は操, は放浪, は敵, は方向, は旅支度, は日記, は昨夜, は時代, は暫く, は最高, は木谷, は東向, は果, は栄二, は樹明君, は次代, は此, は段階説, は民衆, は水筒, は沓脱, は泥かき, は涼し, は火, は炉瓦, は焼, は牛, は狭い, は猟銃, は現, は理想, は由比正雪, は畳, は病気, は盗んだ, は直接, は真事, は眠っ, は矢張り, は石子刑事, は私ども, は秋近, は突, は立上, は笑つて, は粟田口, は素早く, は絶望, は美的, は老, は考えれ, は聴覚, は肩, は脚気, は自ら非常, は自己, は舌打ち, は花子, は荒い, は蒲団, は衣服, は襯衣, は見知らない, は評議, は読む, は貴女, は走り, は辺り, は追い出される, は酒好き, は量, は鉄, は長い, は間, は附添, は雨, は静か, は風雨, は食糧事情, は首, は駒, は黙つた, への, へ話した, もぐら, もそこ, もそれら, もまま, もソヴェト農業, も今更どう, も大いに, も接吻, も独り, も自分, も近ごろ, も頗る, らしい情感, れの著, れ其時分, をぐんぐん, をどういう, をモデル, を不思議相, を凡彼其人, を励まし, を宮殿, を後, を恐れた, を抱え, を現実, を自分, を見つけ出した, を見詰めた, を連れ, キラキラする, 及び彼女, 悠然たる態度, 無名犬

▼ た~ (3285, 0.2%)

129 のこと 51 の光 41 にゃあ, の午後 39 の夕方 36 である 32 であった 31 には 27 の朝 23 の夜 19 の事 17 にはそれ 15 だった, であつ, に 1413 でした, にゃ, にゃア 11 の光り 10 を命日 9 の晩, の翌日 8 にはこの, にはどんな, はなかっ, は一日, もある 7 が続いた, ざしが, と同じ, には際限, にや, にやあ

6 [11件] があつ, です, にはあの, にはとても, にはまた, には大, に彼, に私, のその, のよう, もあった

5 [15件] があった, が来た, だから, なん, にお, にその, にはお, にはその, にはたまらない, にはどこ, には自分, にゃあっし, の早朝, は私, よりな

4 [30件] から, からもう, から今日, がつづいた, がない, が幾日, ざしの, だと, であったが, なので, にこの, にはいつ, にはもう, には何, には大変, には手, には私, には飛んだ, にゃそれ, にゃ取返し, に限っ, の下, の午前, の暁, の空, の記憶, はちょうど, は海, を考へ, を送っ

3 [56件] からすでに, から彼, から私, がある, がつづい, が続い, が続く, だったの, でなければ, ではない, で風, なの, ならば, にあ, にはせっかく, にはたまりません, にはどうして, には一日, には僕, には大事, には彼, には御, には退屈, には限り, にゃお, にゃこの, にゃ俺, にゃ全く, にゃ夜, にゃ大変, にゃ手, にゃ第, にゃ親分, にやあつし, にや江戸中, に海, に見た, の, のまま, の光景, の出来ごと, の出来事, の前, の前日, の午, の夕刻, の夕景, の夕暮, の彼, の様々, の翌々日, の記念, はこの, はその, は丁度, は大抵

2 [186件] からこれ, からその, から一日, から一週間目, から二日目, から五日, から全, から四, から毎日, から瑠璃子, がきた, がつづく, がぬ, が一日, が來, が困る, が多かっ, が来る, が續, さえあった, ざしを, そして幾夜, だったが, だったので, だとか, であ, でありました, であります, でお玉さん, でございます, ですから, でまだ, で久し振り, で大変, で小幡, で戸外, で桑畑, で海, で父, で私, で秋風, ということ, というの, となった, と時刻, など義雄, にぁ, にすぐ, にそれ, になる, にね, にはいくら, にはお前, にはこと, にはことに, にはこれから, にはただ, にはたまるまい, にはだれ, にはどう, にはまるで, にはわたし, には一人, には一年, には七里, には世間, には事, には人間, には何時, には全く, には前例, には午過ぎ, には君, には国, には夜, には大抵, には太陽, には子供, には必ず, には怎, には日本, には日本中, には江戸, には江戸一番, には現在以上, には若い, には衣紋竿, には西洋料理, には親分, には誰, には酢, には重く, には阿茶局, には雪, には鳳凰, にもう, にも何だか, にも珍しい, にゃこ, にゃたまりません, にゃ世の中, にゃ人間, にゃ僕, にゃ十手捕縄返上, にゃ天道様, にゃ手前, にゃ江戸, にやこ, にや世の中, にや僕, にや全く, にや大, にや天道樣, にや怎, にや江戸, にや苦手, にや親分, に僕, に又, に喧嘩, に嬉し, に家, に所用, に焼けた, に限る, ね, のあの, のうち, のこの, のほか, のまだ, のやう, のよく, のハイネ, の中, の前後, の午すぎ, の午後一時頃, の午過ぎ, の夕暮れ, の岸本, の彼女, の後, の心持, の思ひ, の情景, の折節, の日附, の昼休み, の暮れ方, の樣, の正午, の美しい, はあの, は北風, は天気, は日曜日, は明治四十二年, は無い, は空気, は窓, は蓋, は西風, は黒い, ばかりで, までのこと, まはり, も, もあり, もありました, もモウ左, も曇り, や暗い, よ, を, を受け, を忘れる, を思, を思い出す, を思え, を浴び, を考え, を記念, を送った, を送り, 遠く来た

1 [1779件 抜粋] あるだけの, かず, からあんた, からいちど, からかえる, からしみじみ, からずっと, からたつ, からであった, からのこと, からぷつっと母, からまつわりつい, から一世紀, から三日のち, から不意, から二人, から僕, から勉強, から半月目, から四五日, から始まる, から幸内, から思った, から数え, から明, から死, から流行歌, から異常, から祖母, から米軍, から老婢まき, から舌うち, から詩, から遡, から首, があか, がありました, がここいら, がさして, がつ, がなく, がまた, がやがて, が一ダース, が三十日, が二三日續, が先生, が地上, が始, が幸福, が急, が數, が暮れました, が来, が毎日, が知れますれ, が続きました, が豚桶, が遂に, が障子, きわめて自然, この子, さ, ざし, すぐ湖上, そう悟っ, その山, だけが記憶, だけを朝起き, だったから, だったのに, だつた, だろう, づけ時に, であったの, であらう, であるかは, であるならば, であろう, でおさん, でございますからね, でしかも, でした高く, ですでに, ですよ, でその, でも, でもこれ, でも一体, でも正午前後, でも紗, でゆく, でブゥクレ, で余り手入れ, で午後, で客, で店さき, で息づまる, で朝そちら, で橇, で汽車, で渡つて, で町, で秋めいた冷めたい, で裏, で違う, とあの, といふもの, とかちあっ, とさうでない, とてなかった, となっ, とはせられない, と一致, と宗家, と殆, と鮮, なぞにはさすが, などには庭, などはあの, などは左隣, などもある, ならとても, なんかは着, なんか野原, にあたっ, にあの, にいよいよ, におばあさん, にかならず, にさっそく, にした, にそのまま, にとつぜん, にはあっし, にはあなた自身, にはいや, にはお話, にはきり, にはこれ, にはさだめて, にはすこし, にはぜひとも, にはその間, にはたいてい, にはちょっと, にはつぶれ, にはどっち本位, にはひ, にはほんとう, にはまことに, にはまだ, にはみな用心, にはやりきれない, にはろくな, にはゲジゲジ, にはミジメ至極, には一大事, には一軒一軒, には世上, には両親, には二人, には五流, には人相, には仏師, には伏見方, には何もの, には余り, には元, には先祖, には内職, には列, には区役所, には半分以上, には及ぼす, には名府城下, には命, には嘉慶道光, には土地, には堪った, には夜外出, には大概私たち, には女王, には妾, には存外, には実は, には容易, には寝床, には尚, には山蛭, には帝都, には庭いじり, には当, には待て, には後輩, には心外, には忽ち, には意地, には手数, には料理場, には既に, には明智, には景色, には最後, には本家本元, には来客, には森, には此, には死人, には毎日, には氷島, には波田, には災難, には父, には獲物, には生徒, には由比, には男体山, には病人, には盛大, には真面目, には神経, には筑波山, には紀, には締り, には老, には老舗翁屋, には肥, には良心的, には藪蛇, には行く, には見る, には記者, には足, には辰伊勢, には逆賊, には附近, には頭, には馬鹿らしく, には鮮ら, にまし, にみんな, にも伺いかねる, にも当たっ, にゃあこのまま死, にゃある, にゃいくら, にゃいよいよ, にゃお父さん, にゃしつっこい, にゃすっかり, にゃたって, にゃどう, にゃどんな, にゃやにっこい, にゃアこっち, にゃア此, にゃア腕, にゃルパン, にゃ世話, にゃ五つ, にゃ今頃, にゃ何, にゃ八大八寒地獄, にゃ十手捕縄, にゃ命とり, にゃ大, にゃ娘たち, にゃ引込み, にゃ後, にゃ御難, にゃ悪食, にゃ戸, にゃ打破, にゃ斬る, にゃ日本, にゃ木戸, にゃ江戸中, にゃ法返し, にゃ渡世, にゃ灘, にゃ物事, にゃ狂言, にゃ田楽, にゃ町方一統, にゃ米, にゃ苦手, にゃ表替え, にゃ身体, にゃ酒, にゃ面倒, にやあ際涯, にやお, にやけた, にやって来る, にやもう, にやケチ, にや五つ位, にや今頃, にや叔母さん, にや品川沖, にや大変, にや後, にや恰好, にや江戸一番, にや涎, にや煮え切らなく, にや田樂, にや米, にや膽, にや親子, にや顏, にア大変, にベルリン, に一人, に三日許, に不意, に二人, に亡くなり, に何と, に八百屋, に出る, に友達, に埋木, に女御, に始め, に家々, に少し, に岸本, に帰り, に弟, に当地, に彼女, に成立, に折々, に料理, に書いた, に来会, に歸朝, に永田, に燃え, に甚兵衛, に白山, に石町, に福田くん, に競馬, に終わる, に自分, に著しく, に見返り, に訪うた, に較べ, に追, に連れ戻した, に重い, に鏡, に雲間, に頼まれ, に黒絹, のあらゆる, のお笑い, のかげ, のことば, のささ濁り, のすき, のせゐか, のちょうど, のはなやか, のみよい, の一日一日, の両国, の交遊, の傷口, の償い, の午下, の午後三時ごろ, の午後十時, の参木, の四, の夕がた, の多, の太陽, の姿, の富士, の幼かっ, の快, の思い出, の悩まし, の感銘, の数分前, の旅, の日記, の晝, の暮, の暮方夕立, の未だ, の栄光, の模様, の次第, の泥, の海面, の為, の猫, の目立った, の神, の細君, の良寛さん, の苦心, の薄暮雨, の西, の記録, の責め, の透き, の限り, の面, の食事, はあった, はありゃしない, はおそらく, はすくなくも, はち, はなるべく, はやがて, はアジロ通, は一様, は不快, は今日限り, は会, は何事, は俄雨, は先ず, は六月ごろ, は十二月八日, は即ち, は土俵, は大山, は安川, は山, は幾日, は恰度, は早く, は明治二十五年, は暢暢, は曲事ぎらいの生一本, は桜まつり歌謡曲, は気温, は生れた, は病室, は秋, は罕, は芥川, は軽井沢特有, は金刀比羅様, は雲, は風, は麗らか, ほど心持, までにはまだ, までは努力, みたこと, もいよいよ, もございました, もその, もそろ, もはや今後, もようやく, も亡いのち, も内, も張飛, も朝, も気の毒, も緑色, も見, も雨, や和やか, よりかすこし, よりは暑く, より一ヶ月後, より勘定, をあび, をしめし, をなつかしく, を以てした, を十四日, を思い出すらしく, を思わず, を恥じた, を懐し, を最後, を福袋デー, を聞い, を詳, を送る, を間, 取は, 大高名, 帰って, 思わず二升ひとり, 来た限り, 蔽いを

▼ たあの~ (3217, 0.2%)

52 時の 20 女の 17 日の, 男は 16 ときの, 頃の 14 人の, 男の 13 人は, 夜の 11 不思議な 10 人が, 女は, 晩の, 男が 9 娘の 8 有名な 7 女, 女が, 時代の 6 ような, 男に 5 お方の, ころの, 娘が, 時から, 男だ, 言葉を

4 [21件] ぶきみ, 声は, 変な, 奇怪な, 女を, 娘は, 子の, 家の, 年の, 方の, 方を, 日を, 時こそ, 時に, 晩に, 甘しい, 男さ, 異様な, 美しい女, 話か, 謎の

3 [36件] いやな, ひとが, ひとの, へんな, 二人が, 二人の, 人たちの, 人と, 人に, 冷静な, 厚手の, 図より, 壮大な, 声では, 夢の, 女だ, 娘, 子は, 方が, 日も, 日本娘は, 昔の, 春の, 時は, 晩から, 暗灰色, 栗の, 残忍な, 気味の, 獰猛な, 秋の, 綺麗な, 脇差が, 色と, 頃は, 顔

2 [167件] あばたの, お夏, お歌を, お言葉, お返事, かんざし, ことでございます, ことです, ことを, ころには, すばしこい歩きぶり, ときは, ひとは, ふしぎな, ふんいきを, ままの, みいちゃん, やうな, やさしいセロ, りっぱな, をん, イエス, イヤな, 一つ, 一夜から, 一日が, 一本の, 一種特別の, 不可思議な, 不快な, 不気味な, 久吉な, 事件は, 事件を, 五人の, 人, 人も, 人を, 仮面が, 体には, 作品は, 光は, 八五郎の, 写真が, 匂が, 卑怯な, 可恐い, 咄, 唄の, 唇, 善良な, 場面で, 声, 声が, 変装の, 外套を, 多くの, 天使の, 奥さまな, 女たちの, 女であった, 女に, 女も, 女優と, 女学生の, 姿, 姿が, 姿で, 姿は, 娘さんは, 子, 子が, 子を, 子供らしい, 少女が, 少女と, 少女な, 少女は, 山の上の, 山伏な, 山烏を, 当時の, 御様子, 心の, 心持, 恐しい, 悲惨な, 愛想の, 感動の, 戦慄すべき, 手紙は, 方は, 日から, 時だ, 時です, 時と, 時よりも, 時分が, 時分に, 時分の, 時分は, 時期だ, 時計を, 晩は, 朝の, 本の, 松の, 気持ちが, 海添いの, 溝渠の, 熱情を, 特有の, 猫が, 男, 男から, 男です, 男と, 男も, 男を, 病人の, 白い岩, 白い長いや, 白金の, 眼の, 瞬間の, 石橋の, 窓の, 立て札の, 立派な, 美少女の, 翌日から, 老人薬草道人に, 老僧, 老女では, 聲では, 背の, 背景は, 若い女, 若い男, 若者が, 若者の, 落としまゆの, 街は, 袖の, 言葉, 言葉が, 言葉の, 言葉は, 記憶が, 調子で, 赤い巨大, 赤痣の, 辺で, 辺の, 遠山の, 部屋が, 部屋だ, 部屋の, 金の, 鉄の, 青年では, 音を, 頃である, 顏が, 顔が, 鬱勃たる, 黄昏時の

1 [2368件 抜粋] あお黒い彼, あやしいじいさん, いかにも生活的, いたずらから, いまわしい巨人, うす甘い不思議, うつくしい花, おそろしいせい, おそろしい魔女, おどし文句, おみやげの, お六, お店者から, お松という, お母さんを, お竜, お艶, お部屋, お雪さんの, かけ替え, かぼそくやせ衰え, かわいらしい子ども, がんりきという, きょ, くらい使える, けたたましい声, ことな, ことばも, ころも, ごく短い, さきの, ざまが, じだらくお, すし売りを, せりふが, それ, たのもしい若者, ちょび鬚を, でんで, ときと, ときロランは, どろ, なつかしい教会, ばあさんが, ひじかけ, ふところ紙でありました, ま, ままでは, むっつりやの, やさしい娘, よその, わからなさ, アラビア夜話の, ウォール街, カシの, クチナシ国の, クローバでした, コルシカの, ジャガタラ芋あれも, スッと, ズシリと, ツボだ, ドイツスパイ団という, ハイランド兵あの, パリの, ピストルが, プティー・ピクプュスの, ホテルの, マニョンと, モノクルの, ユーグノー派の, ラジウムを, ロケットの, ヴァイオリンを, 一と, 一報も, 一帯あれで, 一本も, 一枚の, 一種異様の, 一見富ん, 一途な, 丈夫な, 三人の, 三月末の, 三角形の, 上手な, 下司の, 不審きわまりない, 世界劇場の, 中世紀の, 中臣志斐媼, 久遠の, 乞食少年です, 争論を, 事件な, 事実を, 二の舞いを, 二人には, 二月革命の, 五位の, 五左衞門が, 人じゃ, 人など, 人情味には, 人殺し稼業, 人物は, 人魚の, 今松だった, 仲間ほんとに, 伝で, 体力の, 作家も, 俺が, 偶像, 像である, 優雅な, 兄の, 先生には, 光輝ある, 八条流の, 六蔵か, 冥想的な, 凄い蒼白さ, 処理の, 出来事を, 別嬪の, 剃刀使い, 剛胆さに, 力である, 力強い歓喜, 勢いで, 化け物の, 医者には, 半三郎, 南窓の, 印象深い汽缶, 厭な, 友達で, 古い策略, 古沼の, 可愛い姿, 合作小説だ, 吉田氏と, 名取川の, 向う見ずな, 告白が, 呼びこだったの, 和やかな, 唇に, 商人は, 喪服だった, 四月六日日付の, 国では, 国道へ, 土俗地理学者との, 地下室です, 地方の, 坂本道と, 報告書な, 場所だ, 塔は, 壮漢だ, 声の, 夕方治療に, 夜あの, 夜を, 夥しい黄金, 大ワグナー, 大使館の, 大原の, 大広間では, 大望の, 大災禍, 大鷲が, 太平洋上で, 奇抜な, 女こじきでした, 女でございます, 女の子が, 女らしい人達, 女性であった, 女文字の, 妖女の, 妙な, 姉さんは, 姿そのまま, 娘では, 娘なら, 婆あ, 嫋婉や, 子ね, 子供は, 存在と, 宇津木兵馬という, 宏壮な, 宣言は, 家で, 寒い夕風, 寛大さと, 寺とは, 小せん, 小坊主が, 小娘じゃ, 小林くんだった, 小紋あれなら, 少年だった, 少年と, 屋根から, 山吹めが, 山百合にも, 岩の, 島へ, 巡洋艦アミラル・コレエルの, 巻き物が, 帝都空襲の, 幕僚将校の, 年少な, 幻影を, 広い空地, 店は, 弁慶縞の, 弦四重奏曲, 張が, 当惑した, 彫刻が, 役侍達二人です, 後家さんの, 御所の, 御新造様大丈夫でございます, 微笑の, 心尽しは, 忠實な, 急坂を, 怪人であった, 怪物です, 怪電も, 恋愛に, 恐ろしいこうもり男, 恐ろしい殺人法, 恐ろしい贈り物, 恥ずかしが, 悠々閑々たる, 悪尉, 悪鬼と, 悲しい母, 悲しむべき暴挙以来, 情夫が, 惨めな, 意味の, 愚かな, 感心な, 慈悲ぶ, 憎悪に, 懐しくおそろしい存在, 手で, 手箱ね, 手紙以来一寸も, 技能である, 拍節の, 拾い屋, 挿絵あれを, 攻軍の, 数多くの, 文字です, 新しい和音, 方と, 旅客は, 日, 日に, 日彼の, 日本一太郎の, 日親という, 旧師も, 昔恐れた, 時々の, 時その, 時わたくしに, 時以来いつも, 時宇治が, 時計な, 晩でした, 晩彼女は, 晴れやかな, 暗い壁龕, 暮田正香の, 暴風雨は, 書物の, 最後の, 月給袋は, 朝と, 木の下を, 未来に対する, 本居翁, 李太白の, 東洋画独味の, 松葉屋の, 柳である, 柿の, 桶を, 棟瓦の, 検事諸君こそ, 楽しい日以来, 横の, 樹の, 機運が, 次郎に, 歌などには, 正義を, 武士は, 殺伐な, 母親も, 気合, 気持の, 氣持が, 水車です, 永遠の, 池であろう, 沙門は, 法隆寺の, 洒, 活劇の, 浅黄木綿で, 浪人者, 海印三昧だ, 涙を, 淺間しい, 温泉町, 漠然とした, 火事の, 炭焼の, 無残な, 無遠慮な, 熱意と, 爆弾の, 牛蒡と, 牧の, 物療室で, 犬が, 狐の, 狭いところ, 猿, 玄蕃允を, 玉枝を, 現象だ, 甘いほのか, 生々しい松, 生垣の, 田舎武士が, 男あなたが, 男に対して, 町は, 画家の, 當時を, 疵は, 病院へ, 痩せぎすの, 白い大きな, 白い顔, 白砂利の, 百成から, 目つきを, 直後に, 真夏の, 眼を, 瞬間だけの, 知らせは, 石かい, 研究所だ, 確率の, 祝儀袋に, 祠堂金を, 禽獣の, 科学国の, 程度とは, 穹窿形の, 空陣屋へ, 竜なんかに, 笑い声だった, 筆太な, 箱の, 米とか, 糸屋が, 紙幣を, 素朴な, 細密な, 紳士泥坊の, 絵そら, 綱です, 編笠の, 罪なき, 美しい人, 美しい娘, 美しい縫子, 美留女姫の, 翌朝からの, 老人が, 老人の, 老母か, 耕地が, 職工頭の, 肖像画を, 胸せまる, 腕だって, 膨大な, 自然の, 舌は, 船乘り, 艶や, 芸妓だって, 若いフランス, 若い旅, 若い野郎, 若月, 若者な, 苦い経験, 草の, 菊の, 萱や, 葡萄の, 薄い小さな, 薄色の, 藜の, 虚無らしい, 蝋燭の, 血が, 衒気も, 袈裟切り太夫じゃ, 西洋悪魔が, 見かけの, 親切な, 触角という, 言質に対する, 許し難き, 詩だけを, 話でございます, 話知ってる, 読書精神が, 論文と, 谷川の, 貧弱な, 貴婦人, 賢一さんだった, 赤い鳥, 足音の, 踏絵から, 躯の, 輝きを, 辺りは, 近所は, 途, 通路の, 遅留兵, 運命的な, 道化師と, 道灌山裏の, 郊外の, 都と, 重苦しい爛酔, 金ぴかの, 金聾の, 針の, 鉄拳を, 銘刀へ, 鐘巻自, 長椅子だ, 関口の, 阿媽港甚内でございます, 陶器でございましょう, 際の, 雄大な, 難破の, 雪を, 露骨な, 青い顔, 青年であった, 青年は, 青眉に, 革命, 音は, 音色, 頃からの, 頃私は, 頬っ, 顔の, 風車だった, 食堂の, 香水だった, 馬車が, 駕籠み, 驚くべき戦闘, 驚愕あの, 骸骨みたいな, 高札が, 鬱蒼たる, 魔法博士でした, 鳥打帽を, 鵠も, 鹿児島の, 黒い柱

▼ たとは~ (3118, 0.2%)

59 云へ 54 いうものの 48 思われない 38 言へ 32 いえない 28 考えられない 24 思えない 22 云えない, 思って 21 思わない, 思われぬ 19 いいながら, いへ 16 言えない, 誰も 15 いえそれ 14 いえません 12 いえないの, 気が, 言いながら 11 いえその, 夢にも, 思われません, 言っても, 言はれない 10 いっても, 何という, 知らなかった 9 云は, 思いも, 考えられません 8 いえこの, 云ふも, 思ったが, 思はれない, 思わなかった, 氣が, 見えない, 言えないの

7 [11件] いえ, いえ彼, いふものの, さすがに, なんという, 信じられない, 信ぜられない, 聞いて, 言は, 言わない, 限らない

6 いえなかった, どうした, 云うものの, 信じて, 反対の, 思いませんでした, 思えなかった, 考えない, 言や

5 [20件] いえあの, このこと, 云ひ, 何が, 何の, 何を, 別の, 少しも, 思いましたが, 思いませんが, 思うが, 思えないが, 思えないの, 思はれません, 思われなかった, 私には, 考へられない, 言うものの, 言って, 誰が

4 [26件] いえぬ, いえまた, いえまだ, いふもの, いわれません, どういうわけ, どうしても思えない, われながら, 云えなかっ, 云っても, 云われない, 今の, 何だ, 後に, 思えないほど, 思つた, 思はない, 思へなかつた, 思われないが, 思われないほど, 申しながら, 知らなかつた, 知る由, 考えられないの, 考えられぬ, 言えなかった

3 [66件] いえこれ, いえどうして, いえないから, いえないであろう, いえないと, いえ彼女, いへその, いわれぬ, さすがの, その時, だれも, どうしても考えられない, なんだ, なんとし, なんとした, 云いながら, 云いません, 云え, 云えません, 云つた, 云わない, 今から, 伸子に, 何と, 何といふ, 初耳である, 受け取れない, 大へん, 大違い, 妙な, 実に意外, 思いながら, 思いません, 思えません, 思っちゃ, 思つ, 思つてゐない, 思はなかつた, 思ひも, 思ふが, 思へない, 思わないが, 思われないの, 想像する, 想像も, 意外です, 書いてない, 決していえない, 申されぬ, 申されません, 知ったが, 知らずに, 知らない, 知りませんでした, 考えて, 考えにくい, 考えられないから, 聞いたが, 聴いて, 見えなかった, 言いながらも, 言えないが, 言え彼, 言われない, 違って, 驚いた

2 [173件] いいがたい, いいきれない, いい条, いえそう, いえないが, いえないん, いえなお, いえもともと, いえよう, いえよく, いえ一つ, いえ全く, いえ前, いえ大, いえ女, いえ昨日, いえ私, いったいどうした, いって, いつの, いひながら, いひ難い, いふこと, いへ尚, いわなかったが, いわれない, いわれなかった, この事, それは, どういうこと, どういう意味, どうしても信じられなかった, どうしても信じる, どうしても信ずる, どうしても思えなかった, どうしても思われない, どうしても思われぬ, どうしても思われません, どうしても考えられなかった, どうしても考えられません, どうして知ろう, なにが, なんという迂, ふしぎだ, ふしぎな, まるで嘘, みえない, やはり兄弟, マリユスも, 一体どういう, 一体何, 不思議でならない, 云えあの, 云えその, 云えそれ, 云えもともと, 云え夫, 云え心, 云え決して, 云え自分, 云って, 云つても, 云はれない, 云ふ, 云わなかった, 云われません, 五六日前聞きました, 今日の, 何う, 何うし, 何うにも, 何んという, 何んの, 何事だ, 何事だい, 何事である, 信じられんよ, 信じ難い, 信ぜない, 僕には, 反対側の, 受取れない, 受取れません, 大した発見, 実にウソ, 彼の, 御家人喜六も, 思いながらも, 思いませんわ, 思うまい, 思えないん, 思えなかったが, 思つてゐる, 思はないが, 思はれないほど, 思はれぬ, 思はれぬの, 思わずに, 思わないよ, 思わなかったの, 思わなかったよ, 思わぬ, 思わぬが, 思われないよう, 思われませんが, 思われん, 思わん, 想像されない, 想像しなかった, 打って, 教えて, 断言し, 断言する, 断言出来ない, 書いて, 書いてなかった, 月鼈雲泥天地の, 本当の, 此の, 残念千万, 気付かず勘定場, 決していえなかった, 申されませぬ, 申しません, 申しませんが, 申上げられない, 異った, 異って, 知って, 知らないで, 知らなかっただ, 知らなかったよ, 知らなん, 知るまい, 知るよし, 確定し, 私は, 称し難い, 端切を, 考えても, 考えないの, 考えること, 聽い, 腑に, 自分でも, 自分の, 見えぬ, 見られない, 解せられない, 言いましたがね, 言いませんが, 言い切れない, 言い難い, 言えないよう, 言えぬ, 言えぬの, 言えません, 言えまだ, 言える, 言えアイスアックス, 言つても, 言はれぬ, 言ひ, 言ひ切れない, 言へる, 言わずに, 言わなかった, 誰しも, 誰の, 限らないわけ, 限りません, 面白い, 驚きました

1 [1559件 抜粋] あってもよ, あのお方, あまり距, あんなに知恵, いいきれまい, いいやすい, いい得ない, いい得られよう, いうし, いえあなた, いえいまだに, いえかりに, いえこう, いえさすが, いえすでに, いえせめて, いえそのまま, いえそれでも, いえそれ自身, いえときどき, いえないかも, いえないそれ, いえない大衆文芸, いえなかったと, いえぬけれど, いえぬの, いえまい, いえませんからね, いえもう, いえもと, いえウヤムヤ, いえロスコー家, いえ一たび外, いえ一方, いえ三本髭, いえ主人, いえ事実, いえ交換問題, いえ今や, いえ会桑, いえ俺, いえ出費, いえ動物, いえ千数百年後, いえ咽喉, いえ堂々たる, いえ大事, いえ女房連, いえ実際, いえ少から, いえ尻切れとんぼ, いえ市井, いえ彼ら, いえ恋, いえ手練, いえ新, いえ日清戦争, いえ朝野, いえ次郎, いえ死, いえ殆ど, いえ江戸, いえ泥酔, いえ理論家, いえ町, いえ相手方, いえ空家, いえ累代, いえ結局, いえ自分, いえ薪木, いえ見せずに, いえ貞奴, いえ追憶, いえ金原君, いえ陽気, いえ馬鹿さ加減, いえ高学年, いかなる事情, いかなる妖魔, いかに家屋, いささか趣, いってや, いつても, いはぬが, いはんが, いふまい, いへしかし, いへとにかく, いへぬが, いへみな醉つて騷ぎ廻つて, いへ今日, いへ布団, いへ潮, いへ義村さま, いへ長い, いやはや, いよいよもっ, いわせませんよ, いわないで, いわぬという, いわれとうない, いわれぬこと, いわれるが, うけ取れない, うれしいね, おかしなこと, おどろきました, おもしろい, おもわれない元気, おろか瓜二つ, お思ひ, お目出度い, お言い, かぎらぬ, かならずしもいえまい, ききずて, きめられない, きょうまで, けっしてけっしていえないであろう, この手紙, この羊歯, これは, ご存じない, さてさてお, して, じつに意外, すばらしいこと, そこに, その場, そりゃま, それや, たとへ, ちがった何, ちといぶかしい, ちょっと考えられません, ついわたくし, つきり悟つた, てんでちがっ, とにかく思われない, どういうん, どういふ, どうしていふ, どうしても信じられない, どうしても思う, どうしても思へない, どうしても考えられず, どうしても考える, どうして云え, どうして言われよう, どうにも考えられない, どうも信じ, どうも思はれない, どうも考, どう失敗, どこだ, どの経文, なおしばらく, なかなか小気味よき, なにか運命的, なんというおどろくべき, にわかに信じられぬ, ふざけやが, ほとんど信じられん, ほとんど自分自身, ほんとか, まことにありがたい, まことに意外, また一種, まだ主従, まだ言い出せなかった, まるで笑い話, まんざら嘘, むしろ呆れ, もう寺田, もっけの幸い, ゆめおもっ, よくよくの, よく言う, よもやお, わからなかった, わけも, われ等には, タハケ者かいな, ドウし, ブラボー, 一体どうした, 一体全体何ごと, 一応尤も, 三吉には, 不埓, 不都合千万, 世間誰も, 事かわっ, 二重の, 云いがたい, 云いませんが, 云い出せなかった, 云い条, 云うもの, 云えいつしか, 云えさっき政枝, 云えすぐ, 云えそこ, 云えないし, 云えぬぞ, 云えもう, 云えん, 云え不幸, 云え何, 云え刀, 云え天保年間, 云え左近, 云え或, 云え標準, 云え法律, 云え畢竟, 云え自分等, 云え若し, 云え要するに, 云つてある, 云や, 云わせねえぞ, 云わないよ, 云われないかも, 云わん, 人間万事塞翁が馬何から, 今日はじめて, 会田安明の, 何か, 何たる不覚, 何たる運命, 何と奥様, 何ぼう哀れなる, 何んといふ, 何事です, 何処にも, 余りに浅薄, 保し難い, 信じがたかっ, 信じませぬ誰, 信じられないから, 信じられぬ, 信じられん, 信じ得ない, 信ぜられずわたし, 信ぜられぬ, 信長の, 僕にも, 僞り, 全くおどろいた, 全く反対, 全く番狂わせ, 全く逆, 全然別, 其所が, 写真で, 初めから, 初耳であった, 到底信じられない, 到底思われない, 到底考えられない, 前に, 十訓抄も, 南方先生の, 印刷歴史家の, 反対に, 受取れぬ雨戸, 古今の, 吉報らしい, 呆れたもの, 呆れ返るな, 回教徒が, 国舅の, 報告出来ない, 夏の, 夢にも思わないであろう, 夢にも想像, 大きな違い, 大変な, 大違ひで, 奇怪な, 奇縁奇縁, 如何だ, 如何にも無惨, 存じて, 存じられぬ, 実にこの上ない, 実に気の毒, 尋常の, 少しく異なった, 少女容姿ふ, 山羊の, 左膳一代の, 平次は, 庁でも, 当時湘南地方一帯に, 彼は, 後でこそ, 徳川も, 心得ない, 思いがけない, 思いたくないな, 思いなされしませんさかい, 思いませぬ, 思いませんがねえ, 思いませんでしたが, 思いません小, 思うめ, 思えないかね, 思えない甘い, 思えぬつやつや, 思えねえ, 思えませんでした, 思ったものの, 思っても, 思はないか, 思はなかつたが, 思はぬ然るに, 思はれないばかり, 思はれない或は, 思はれなかつた, 思はれぬ何, 思はんが, 思へず駿介, 思へないぢ, 思へない彼女, 思へぬの, 思へませんね, 思わずまだ, 思わないかい, 思わないがね, 思わないでしょうか, 思わない人たち, 思わなかったが, 思わなかったもの, 思わぬか, 思わぬわい, 思われず実際かりにそう, 思われないくらいの, 思われないなぞと, 思われないばかり, 思われない悪相, 思われぬから, 思われぬなまなましい, 思われぬ其の, 思われぬ話, 思われませんこの, 思われません杉村さん, 急の, 恐縮, 悪運つよし, 惜しむまい, 想像出来ない, 意外でした, 愚か, 愚か亡くなられし, 感じなかった, 感ずる力, 感心だ, 扨も, 教えないで, 断じ, 断定出来まい, 断言は, 斷言出來ない, 旦那だけは, 書いたが, 最初の, 本当に人ごと, 極められない, 次兵衛が, 正に当世, 武士として, 殆ど想像の, 毛頭考えず, 気がつかず昨夜定遍, 気がつかなかったね, 気が付かなかったので, 気づかれないという, 気の毒話し, 決して云わない, 決して思っ, 決して考えぬ, 決して言, 決して誰, 無鉄砲な, 猶更云, 生れてから, 申されない, 申されませんでしょう, 申しても, 申し上げ難い, 申し難い, 申せそれ, 申せ実は, 申上げません, 町の, 異なつて, 白状できなかった, 眞に, 真赤な, 知らずさき, 知らず己惚れも, 知らないはず, 知らなかったと, 知らなかったん, 知らぬから, 知らぬ蟹, 知りませんが, 知るはず, 祝着至極お, 私たち安寿厨子王の, 称しがたい, 窺える訳, 答えられなかった, 純潔女史の, 縁起が, 義雄も, 考えたくなかった, 考えも, 考えられず国民, 考えられないだろう, 考えられない即ち, 考えられぬし, 考えられませんぜ, 考へない, 考へられないが, 聊か憐れむ, 聞えて, 聞きながらも, 聞捨てに, 肯れません, 腹が, 自分ながら, 莫迦奴, 見あげたお, 見えなかったから, 見えぬの, 見たが, 見る人, 言いきれない近藤, 言いますが, 言い得ないであろう, 言い条この, 言い条町方勤めの, 言うて, 言うまいね, 言えけっして, 言えしかし, 言えどうか, 言えないまでも, 言えなか, 言えなかったであろう, 言えなかろう, 言えねえよ, 言えまいと, 言えませぬけれど, 言えむしろ, 言えジョンドレット, 言え人間, 言え他国人, 言え大いに, 言え必ずしも, 言え柏, 言え瓦斯, 言え砂馬, 言え芸術家, 言え鰹, 言ってや, 言はれまい, 言わさない, 言わせぬ, 言わなかったろう誰, 言わねえだから, 言われないので, 証明できない, 認めて, 誓わないん, 誰にでも, 請合うたものの, 謂へ, 贅沢だ, 赦しがたい, 辛抱甲斐の, 迂闊な, 近頃天, 運命の, 違った風, 都あたりの, 間違え過ぎる, 限らないが, 限らない存在, 随分熟し, 露知らず世間には, 面白いね, 餘り, 驚いたが, 驚いたもの, 驚くべきこと

▼ たものの~ (3012, 0.2%)

19 あること 18 それは 15 一つである 14 ごとくに, 彼は 13 あるの 11 彼の, 自分の 10 さすがに 9 一つで, 一つに, 一つは, 如くである 8 私は, 顔を 7 これは, 僕は, 意味を 6 そうでなかったら, それが, 外に, 多かった, 如く, 姿を, 心の 5 それも, それを, 如くに, 由です, 私の, 話に, 話を

4 [11件] すぐに, その実, ほかに, ほかは, 一つの, 大部分, 子供の, 数を, 眼には, 考えて, 話では

3 [31件] これが, さてその, 一人であった, 一時は, 今度は, 代りに, 何の, 俺は, 名を, 多いの, 如くその, 彼女の, 心に, 心は, 急に, 性質を, 数は, 正体を, 目には, 眼が, 私も, 第一, 美しさ, 考えかた, 胸の, 自分は, 言いかた, 言い方を, 誰も, 間に, 間の

2 [144件] あたりが, あったこと, あったの, あまりの, いざと, いつたいどんな, いつもと, お千代, お高, ここに, ここは, このよう, この頃, これまで, これを, ごときは, さてこの, さてどうして, さて何, さて相手, すべてである, すべては, そのとき, その実は, その日, その時, その頃, それから, それと共に, どうしていい, どれとも, はなはだ多い, まだ十六貫, もう総武鉄道会社, よく考え, 一つだ, 一つだった, 一つです, 一つと, 一人である, 一人は, 一部分を, 上へ, 久慈の, 乾くまで, 二人の, 云ひ, 今の, 今は, 今夜の, 他の, 何か, 何も, 何もかもが, 元より, 入って, 全部を, 内心では, 内心の, 写しを, 出て, 前に, 匂いを, 及落を, 名が, 名は, 名前を, 問題が, 声が, 変な, 多くは, 夜に, 大体は, 女の, 如きは, 如きも, 如くであった, 妙に, 姿が, 姿として, 子である, 存在する, 存在を, 宅は, 実の, 少くとも, 少くなかった, 少しは, 巨き, 形は, 形を, 影に, 後は, 微笑しない, 心持ちは, 性格を, 意味に, 慈悲である, 手に, 手持無沙汰に, 整理に, 日頃から, 早く帰りたく, 明らかに, 最後の, 概念の, 正三君は, 正体が, 武家の, 歩む道, 死骸を, 殆ど僕, 決して戦意, 父は, 生を, 田舎の, 由, 由で, 由である, 男の, 町会では, 直ぐその, 相互に, 相手は, 眼前に, 私が, 私たちは, 称で, 結局私たちは, 美奈子は, 考え直して, 考察に, 船に, 親許へ, 言うこと, 話には, 謂である, 足を, 身に, 逢つて見る, 金が, 額の, 顔も, 魂が

1 [2312件 抜粋] ああした, あたたかく眼頭, あった事, あとは, あのため, あまりと, あまり凄, あらわれわたるの, あるところ, ある感じ, あれは, いいかた, いい気持ち, いかんによって, いざ申し上げる, いつあらた, いつもの, いやとは, いよいよ今日限り, いろ, うしろ姿を, うわさは, おっかなびっくり, およそ小豆, お姫さまは, お礼季節の, お蝶, かくの, かたわらに, がたと, こうして面, こう露骨, こちらも, このおとうさん, このまま何処, この問, この女, この日, この賢俊, こりゃお母さま, これらは, こんなに遅く, ごときも, ごとくがぜん, ごとくじっと, ごとくつい, ごとくなること, ごとくぴくり, ごとく一二歩うしろ, ごとく印綬, ごとく容, ごとく急, ごとく杉弥, ごとく突然にやりと, ごとく表, ごとく転じて, ごとく静か, さう, さすがの, さてかの, さてずらりと, さて今日, さて招, さて考え, さながら唐子, さればと, しかしそのまま, しかしなに, しかし今, しかし山田, しかし藩士, しかし風, じつは女殺し, すぐと, すぐ立つ, すでに犯人, すべてでなく, ずいぶん難, そうして親切, そう小田原, そこにも, そして西, そのかわり, そのとき僕, その上り高, その前線濡須, その声, その女房, その後で, その心懐, その期, その死, その温泉, その百物語, その苦痛, その間には, それからは, それだけに又却って一層, それでもこれ, それでも押え切れない, それと, それにも, それまでに, それ以上老婆に, たいした話, ただの, たとえば, だんだん苛立たし, ちょっと当惑, つい三, つまりは, とうてい彼女, とにかく父, とり方によ, どういう関係, どうしても沢子, どうしよう, どうにも勝ち目, どうやらその後, どこから, どちらからも, なおまたその, なお僕, なかなか手, なにしろあの, なるだけ, なんだか私, なんと儚い, ぬしの, はなばなしさ, ひとたび中軍, ふと炎, ほかの, ほんものの, まさか家, またこう, また実際, まだあの, まだ二十歳, まだ具合, まだ家の子郎党, まだ断定, まだ肩, まるで知恵, むざむざ討たれる, もうすぐ仲直り, もうどうしても耐えかね, もう体, もう沸, もし壊れたら, もちろん人, もとより幼少, やがて三甚, やっぱりみれんはあったのだろう, やはりお, やはり勇気, やはり彼, やはり身動き, ようやく岸, よくも思い切っ, よもやプラスビイユ, わずかばかりの, アナルコ・サンディカリズムの, コントラストの, シャツの, ズルズルと, ネルロの, メソメソ泣かれ, 一つ, 一つであったらしい, 一つでは, 一人ぢや, 一人の, 一刻も, 一家は, 一応千浪, 一方此, 一歩奥を, 一節だ, 一足都會の, 一面が, 万年事務官で, 三分の一だ, 三鷹から, 上気せる, 下降し, 不幸にも, 不漁つづき, 両方で, 中に, 乗員は, 事に, 二三を, 云いかた, 云える, 五郎三郎は, 京へ, 人情として, 人穴城の, 今も, 今後の, 今日我々が, 仕合せったら, 他に, 以後幾たびも, 会わないで, 低い身分, 何が, 何となし, 何んの, 何十倍も, 何者である, 余程懸念, 併し, 供養を, 価値が, 侵入者は, 俺なんかも, 偶然にも, 僕には, 元来伝二郎, 先刻舌鼓を, 先祖伝来の, 兜などは, 全体即ち, 全部では, 兵庫は, 其方の, 内容と, 内心は, 再生でない, 写本時代には, 凡てが, 出る場合, 刄物は, 切符を, 別に悪態, 刺激に, 前身その他の, 力に, 動きを, 勝利の, 勿論藤枝, 北村彦右衛門内心では, 匿ふ, 十手を, 半年見ない, 危険は, 原稿である, 又従弟, 受くる, 口惜まぎれ, 古臭いよう, 吉宗は, 同時に単調, 名であった, 名前に, 名称です, 君達だったら, 周りを, 味方であり, 命令によ, 品種は, 喜びが, 器量と, 土州でも, 在所を, 垂幕の, 場合尚更, 声を, 外の, 外猶, 多く殘つて, 多数が, 大して厭, 大学教授だ, 大砲の, 天上に, 夫れ, 奥の, 如き感じ, 如くすなわち, 如くであつ, 如くまた, 如く三番町, 如く卓上, 如く夜食, 如く思って, 如く書斎, 如く考えたの, 如く苦, 如く言明, 如く雪, 妾としては, 姿だ, 嬉しそう, 子孫で, 孔明に, 宗家の, 実はほんの, 実は内々閉口, 実は治郎吉, 実相も, 実際的, 家は, 家士召使たちは, 寄り合いで, 封筒の, 小平太には, 少くない, 少年時代からずつと, 居ないの, 山わけが, 左の, 常磐は, 年とともに, 幾つかを, 序文に, 度胸の, 弁解が, 弱いわれわれ, 当の義定, 当然受, 形人間の, 影が, 彼には, 彼を, 往くこと, 後裔もしくは, 御衣の, 心から取り除けられぬ, 心には, 心中ギクリ, 心配で, 必然的な, 忽ち衣類, 思い切って, 思わずハッと, 恋の, 息子の, 悲しみを, 惚れとるもん, 意志に, 感じること, 態度と, 慰藉の, 或は絶後, 所業であろう, 扉を, 手元を, 手繰つて, 投影が, 担架の, 持つて, 擽ぐったくもあった, 放二, 敗である, 整理です, 文學との, 新十郎, 既に脚, 日本人たる, 明日も, 時代を, 普通の, 暫しの, 最たるもの, 最初に, 未だ淋疾, 本人は, 本所割下水から, 本郷への, 松吉は, 果して女房, 栄三郎に, 桃, 楠木の, 標識の, 樣に, 機械と, 歓びに, 正行も, 此千載稀れな, 死んだお, 残りが, 殺された倅, 母に, 毎日で, 気味が悪かった, 気魄を, 決して天下人, 泊中を, 流動が, 消え残りの, 深川なる, 湧出する, 濱町といふ, 無自覚の, 焼き冷ましを, 父の, 特権であろう, 猪右衛門は, 珍しい残物, 現実に, 甚だ多い, 生まれ故郷に, 生活万般にわたって, 田舎者は