青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「髷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

高山~ 高橋~ 高等~ ~髪 髪~ ~髪の毛 髪の毛~ 髭~ 髮~ 髯~
髷~
鬚~ 鬢~ ~鬼 鬼~ ~魂 魂~ ~魅力 魅力~ 魏~ 魔~

「髷~」 1326, 13ppm, 8615位

▼ 髷~ (285, 21.5%)

7 女が, 根を 6 女を 5 刷毛先を 4 根が 3 なつかしさ, ような, 下を, 刷毛先の, 形を, 根から, 頭を

2 [23件] ない頭, 上に, 中へ, 先を, 初結, 刷毛先や, 壮い, 女で, 女に, 少女が, 崩れたのに, 形が, 形も, 後から, 恰好から, 情らしい, 方が, 方で, 漆の, 結い方, 若い女, 間から, 鬘を

1 [189件] あたま, あたりを, あるもの, いいの, うえに, うちには, お別れ, かたちが, がつくり, が頷, きりくち, ことを, その振袖, その斑布, たたりで, たわわな, と睦, と銀杏, ない乱れた, におい帯刀の, のつた, は小紋, ふくらみびん, ほつれ毛を, ままなる, もとどり, イチが, カモジや, 一所が, 一方を, 上から, 上の, 上を, 下にも, 不可分の, 中が, 中には, 乱れが, 乱れを, 事, 五十幾つかに, 亭主です, 令嬢が, 俤を, 元結が, 先と, 兼作爺が, 写真は, 刷毛さきを, 刷毛先が, 刷毛先に, 前髪の, 名前ひとつに, 名称ほど, 名称も, 型の, 夢と, 大い, 大年増, 大形なる, 太刀持こそ, 女, 女から, 女とが, 女には, 女は, 女中さんが, 女中と, 女中は, 女中はに, 女主人, 女房が, 女銀杏返, 妹は, 姉さんかぶりで, 姿は, 娘が, 娘さんであった, 娘さんは, 娘とは, 娘の, 婢と, 婢は, 婦が, 婦です, 婦なよやかに, 婦の, 婦人であった, 婦人の, 子の, 子供も, 実際家達, 寫眞鏡式部が, 小土佐, 小性ぶりに, 小間使慇懃に, 少女肥満なる, 山が, 島田の, 帯の, 帰路を, 年増と, 年増の, 形かな, 形した, 形で, 形と, 形などを, 形まで, 形式で, 影の, 影らしい, 後が, 後へ, 後家の, 心理が, 恰好と, 恰好は, 手巾の, 手柄の, 手際を, 持主彼に対しては, 搖いでゐる, 摺合う, 新造で, 旦那も, 時ゃ奥様だ, 時代には, 月代を, 有る時分, 根も, 根締めに, 根頸さへ, 格好は, 横へ, 横前へ, 武士の, 武家いずれも, 浮んだ上, 猿の, 男が, 男と, 盛装した, 真中へ, 競争である, 粋な, 紫の, 結振りから, 総髪であった, 線の, 縁を, 縺れに, 美少年が, 老人大きな, 肉づき, 腰から, 舞台香の, 良い娘, 艶, 艶か, 艶も, 艷櫛の, 若いお, 若衆の, 草ッ葉が, 裸女と, 赤い鹿子, 載った毛, 連中が, 都ぶりに, 重みだけでも, 青い手絡, 頂上の, 頃から, 頭琅, 頭髪に, 顔が, 顔銀杏返, 首が, 首を, 高いの, 高低に, 髪先の, 鬢が, 鬢に, 鬢を, 鬢頬に, 魅力を, 麗人と

▼ 髷~ (284, 21.4%)

9 切って, 結って 6 見せて 5 掴んで 3 切られるの, 見て

2 [22件] かき廻して, して, ちょん切っ, つかんで, つけて, のせて, 乗せて, 切ったの, 切られた噂, 切られた本人, 切られた武家, 切られるん, 切られる番, 切るの, 切るよ, 切る曲者, 左手で, 直して, 結うよう, 結ったり, 結は, 頭に

1 [205件] あつしの, いじめつづけるの, いただく女, いつの間にか崩し, うしろに, うしろへ, おくれ毛の, おさえながら, おしどりに, かくして, かしげて, かしげるよう, がくつかせ, きつて, きる, くずして, ぐいと引っ掴んだ, ぐるりを, この正月, さし寄せて, した時地毛, じっと凝視め, すずしく結っ, するくら, そっと抑え, そのままに, ちょんぎって, ちょんと, ちょん切られた, つかみぽかぽか, つかむと, つやつやと, なでながら, のせたその, はじめ日本の, ば切取っ, ひっぱって, ひっぱるの, ひとつこの, ひッ, ほどき髪, みせて, ゆひ, コワして, ジョキリと, チョン斬っ, ハネた, 両手に, 乗せ一楽, 今の, 付て, 何と少い, 俯向け, 俯向けに, 傾けて, 傾げるやう, 傾げるよう, 元の, 光らせて, 全部犠牲に, 写生させ, 写生した, 写生する, 切ったもの, 切ったよう, 切つたのが, 切つてなき, 切つてゐる, 切つて來ました, 切つて詫ようぢや, 切つて逃げ出した, 切つて青江の, 切らずに, 切らなかった, 切られた, 切られたなどと, 切られたの, 切られたほう, 切られたり, 切られたん, 切られた男, 切られちゃあ, 切られちや, 切られること, 切られることさ, 切られる位, 切りとつ, 切り払って, 切り拂つて, 切り落された由来, 切り落したとき, 切り落す時, 切ること, 切落した, 剃り落して, 劃って, 包んだり, 包んだリボン, 取って, 取り左手, 取払って, 唐輪の, 囓えて, 四日目四日目に, 太く結ん, 如何に, 小さく結つた, 少し乱れ, 少し後ろ, 川風に, 巻き立ててよ, 幾つも, 引っかけて, 形られた, 思いきり下げ, 惜しげも, 惜気も, 戴きて, 手ぬぐいで, 打とうと, 拵へて, 拾ったの, 拾つたのが, 持って, 持つ手, 指さした, 振りこわして, 振りま, 振りみだし, 捨てて, 掻きながら, 揉み崩して, 揺するよう, 揺ぶっ, 摘んで, 撫付くる, 擡げたの, 散らし指貫一つ, 斜向に, 斬り払って, 斬るの, 根元から, 格子に, 残して, 毀せば, 水で, 濡らさないよう, 片潰し, 珍らしがっ, 用いて, 用意し, 町人髷に, 異様に, 直したり, 真向きに, 示して, 細く結った, 結いに, 結い大小, 結い路考茶, 結う, 結うし, 結うて, 結うと, 結うとったから, 結ったらそりゃ, 結った河童, 結った阿爺さん, 結つ, 結つた人物とか, 結つてゐる, 結つて居た, 結つて意氣な, 結なし, 結ひ, 結ひ直し, 結ひ通し, 結びつけた, 結わせたの, 結わせたり, 考案し, 膝に, 藤吉は, 見た, 見つめて, 覚えて, 解いた死骸, 解いて, 賞められた, 起して, 載せた橘屋, 載せた身の丈, 載せた頭, 載せて, 載せ或は, 選んだの, 邪慳に, 離して, 雪に, 頂き大刀, 頂せ, 頂に, 頭から, 飛越し, 鴛鴦の

▼ 髷~ (199, 15.0%)

25 結って 5 して, 結うて 4 結ひ 3 取り上げて, 手を, 結ったお 2 なった, ゆって, ゆふべく, 白い粉, 結ってるもの, 花笄を

1 [139件] あげて, いつも結っ, かけた銀糸, さ, さされし縫針, さした花簪, さした髪, さして, さんらんと, した, したそれ, した坊ちゃん, した月代, した細君, しても, じや, す, そのタボ, ちょっと手, ゆったりする, マリヤの, 似た縦, 低声, 刺さって, 友染の, 取上げた躯幹, 取揚げられた内儀さん, 変えた, 変って, 変つてゐる, 大形の, 大振り袖, 射あてたら今, 島田か, 平打が, 平打を, 床の, 引っかかる, 戴いて, 振り袖の, 振袖の, 挿されて, 日は, 曙染の, 束ねた頭, 染奴が, 桔梗色の, 櫛の, 水を, 熨斗目の, 燭台の, 爪を, 珊瑚の, 白丈長を, 直して, 突掛って, 笹色の, 紋付振袖の, 紙切れを, 結いしゃれた浴衣, 結いたくなったん, 結いたる十筋右衛門, 結いなおして, 結い上げて, 結い上げる様子, 結い代えて, 結い直し薄化粧, 結い裃, 結い路考茶, 結うた伴, 結うた女の子, 結うた婦の, 結うと, 結うなど, 結うの, 結うもん, 結えと, 結ったその, 結った三十そこら, 結った乳母, 結った二人, 結った仲居, 結った受持, 結った女中, 結った姉, 結った娑婆気, 結った娘, 結った婦人, 結った媛, 結った方, 結った時, 結った母, 結った私, 結った老婆, 結った老爺, 結った腫れぼったい, 結った色男, 結った若い, 結った顔, 結った髪, 結っても, 結つたのが, 結つたや, 結つた老媼の, 結つてあなたや, 結つてゐた, 結つて古風な, 結つて大きい, 結つて居た, 結つて物を, 結つて筒袖を, 結て, 結ひたる, 結ひ直す, 結べば, 結わせた, 結わせ箱入り, 結われたそう, 結んで, 縫われまた, 美しい振袖, 美相は, 羽織袴は, 艶, 花びらが, 花簪の, 薄か, 薄化粧, 薄化粧まで, 蝋燭を, 裲襠という, 返って, 違いありません, 違ひありません, 金の, 附着い, 頬冠り, 鼈甲の, 鼈甲脚の

▼ 髷~ (89, 6.7%)

2 ない, ポロリと, 無かった, 重そう, 頬冠り

1 [79件] ありました, あります男, あり女房, あり蝦蟇仙人, ある, いつに, おどって, きらりと, こん度は, すきで, そんなに雑作, そッくり返っ, たつた一人, できたところ, とれて, なかった, なく総髪, ひどくこ, ぽっと映っ, ゆがみ鬢, ゆるみ鬢, ガックリ前, ガツクリ前へ, 乗っかって, 乱れかかって, 今にも脱, 元禄だった, 先生の, 入口に, 古い柱, 地面に, 埃で, 多いの, 夢中で駈け, 大きいといふ, 大きかつ, 大へん綺麗, 天井裏の, 実に美しく, 小さく後向き, 居たん, 崩れた, 崩れ傾, 押被さっ, 捩れて, 有りました, 来たらどう, 枕元に, 残って, 殘つてゐる, 殺げて, 泥に, 流れる, 流行り七, 滑りそう, 無い, 無いため, 現われる, 生れたの, 白っと, 目に, 空ざまに, 紅花みたいに, 縁側を, 腹筋を, 自分の, 落ちて, 見えた, 見えたん, 見える, 見えるが, 触りそう, 載って, 重苦しく根本, 飛ばされるの, 飛んで, 鶺鴒の, 麗々しく高札場, 黒かった

▼ 髷~ (87, 6.6%)

11 を先 4 の中, へ手

2 [17件] から肩, から髻, が少し, が高く, で拍子, に埃, に眼, のあたり, は切られ, は埃だらけ, は横町, ばかり障子, をきつ, を切られる, を叩い, を押, を掻きました

1 [34件] から網, が朝, でのの字, でも切る, で格子戸, で梶, で調子, に引っ掛る, に引つ掛る, に手, に触っ, に觸つて, は俺, へ必死, へ桜, へ縛つて, へ赤蜻蛉, まで泥, を, をかすめ, をつかんだ, をテカテカ, を切っ, を切つてお詫び, を取られない, を叩いたら, を払い, を拂, を揃, を無闇, を直し, を確, を薬罐頭, を赤蜻蛉

▼ 髷~ (59, 4.4%)

2 うまいが, ガックリと, ポロリと, 切られも, 曲者が, 無事か, 無事です, 針打に, 髱の

1 [41件] こうして出来た, こわれました, とんと廃っ, ないの, なんだか見とどけませんでした, はなはだ奇観, ほぐれて, まったく根, むごたらしくかきむしられ, むらさきの, もう幾日櫛, 一番日本の, 不可い, 丸髷の, 乱れて, 人知れず三輪, 前髪や, 剪つ, 北方のとは, 右へ, 四十近で, 大きく横, 大方附髷, 幾つか, 幾つかずつ, 数日にわたって, 東京のとは, 根元を, 毛を, 無事じゃ, 無事ぢや, 男より, 相撲の, 短く詰め, 蝶々が, 見えな, 見違えるよう, 踊の, 野郎頭で, 頭の, 鬘かの

▼ 髷~ (37, 2.8%)

3 鬢も 2 女優巻でなく, 結んで, 衣服大小の, 見えない

1 [26件] あろうし, いちじるしい変化, いびつに, すこし直しましょう, 乱して, 今は, 出た, 出たお, 切れはらはら, 女優卷でなく, 姿も, 安油, 小さく血, 少しとけかかり, 島田に, 思いの外見事です, 思ひの, 有りますが, 根から頽, 清々しく正しく, 白髪も, 笄も, 見えないよう, 見えませんが, 重そう, 附添った

▼ 髷~ (27, 2.0%)

2 仕合せで, 名前を

1 [23件] おいででございました, ここの, この影, じみづくり, そんな重い, チョコマカし, 一人が, 子供を, 山賊か, 島田に, 年紀は, 惱ませた, 手には, 打って出たの, 紫仕立の, 脛も, 袴を, 誰にも, 釣るところ, 頸脚が, 顕れる, 鬢が, 黄八丈の

▼ 髷切り~ (24, 1.8%)

8 の曲者 2 がまだ, の一件, の噂, はよく, は姿 1 の悪戯, の惡戯, を挙げる, を擧げる, を放っ, を放つ

▼ 髷~ (21, 1.6%)

5 銀杏返

1 [16件] いうに, そして少し, そばに, なると, ひさし髪と, わかると, 云うの, 來る, 同様である, 固い頭, 島田の, 手拭の, 男の, 肩と, 額を, 髯との

▼ 髷~ (13, 1.0%)

1 [13件] こげ茶, さむら, すっかり頭, て昔馴染, まっ白に, 下町風の, 帯の, 帽の, 言葉つきまで, 鉄扇は, 鬘全く, 鬢の, 鬢を

▼ 髷~ (9, 0.7%)

3 ぷしを, 節を 1 ぷしが, ぷしは七兵衛の, ぷしをおのおののふところの中に

▼ 髷~ (7, 0.5%)

2 に疊 1 が出来かかっ, と髢, などを皆, に畳みこみたる, をゆすっ

▼ 髷~ (6, 0.5%)

1 が中年, けれども花簪, つたと, と言っ, なんて皆, よ

▼ 髷では~ (6, 0.5%)

2 ありませんか 1 うつりが, なかった, 無からう, 遣切れない

▼ 髷という~ (6, 0.5%)

1 ことなし, のについて, のは, ものに, 洋髪を, 男の

▼ 髷には~ (6, 0.5%)

1 ありそう, 人の, 東京の, 油が, 白いもの, 赤トンボが

▼ 髷から~ (5, 0.4%)

2 肩へ 1 はずさっせえまし, はずした手拭, 安油

▼ 髷などを~ (5, 0.4%)

1 切って, 切つて見, 切られる人間, 切られる人間ぢ, 賭けると

▼ 髷~ (5, 0.4%)

1 ぶら下った, ピラピラの, 当って, 手を, 結い込んで

▼ 髷~ (5, 0.4%)

1 が散らばっ, だけを鮮やか, で春風, を払った, を散らし

▼ 髷おもた~ (3, 0.2%)

3 げの

▼ 髷さえ~ (3, 0.2%)

1 ありました, 崩れて, 艶

▼ 髷なし~ (3, 0.2%)

1 の束髪, の髪, をセルロイド

▼ 髷なんか~ (3, 0.2%)

1 きるの, 切りさ, 切りそう

▼ 髷もの~ (3, 0.2%)

1 の制作, は全く, は日本

▼ 髷~ (3, 0.2%)

1 へ山高帽, やブッサキ羽織, やブツサキ羽織

▼ 髷~ (2, 0.2%)

1 どうか, 島田か

▼ 髷だった~ (2, 0.2%)

1 からなあ, が何

▼ 髷でも~ (2, 0.2%)

1 同じ事, 用意した

▼ 髷とが~ (2, 0.2%)

1 影絵の, 遠くの

▼ 髷とに~ (2, 0.2%)

1 よりて, 兼太郎は

▼ 髷とは~ (2, 0.2%)

1 気が付かなかった, 氣が

▼ 髷ぶし~ (2, 0.2%)

1 へのぼつ, へ凧

▼ 髷まで~ (2, 0.2%)

1 持って, 直した顏容

▼ 髷~ (2, 0.2%)

2 の曲者

▼ 髷及び~ (2, 0.2%)

2 頭髪に対し

▼ 髷~ (2, 0.2%)

1 の写真, を考案

▼ 髷節なんざ~ (2, 0.2%)

1 腐った茸, 腐つた茸

▼1* [99件]

たまが, 髷いぼじり巻, 髷かけ下し切天神割しのぶ割鹿子唐団扇結綿鹿子天神四ツ目崩し, 髷きりだと, 髷ぐらゐに小さく結ん, 髷こそ鬘下地でござる, 髷これも小児, 髷しかも額に, 髷した果報者が, 髷じゃあ僕は, 髷その櫛その, 髷それに懸けられた, 髷だけで許して, 髷だけを葉子に, 髷っぷりが耐ら, 髷つつましやかに, 髷つぶしにその, 髷であったが今日, 髷であるが関西, 髷でしたからさすが, 髷ですよ, 髷とかいうのを, 髷とにて静に, 髷とも冠とも, 髷とを見ながら, 髷どこから見, 髷ながら笄ながら, 髷なり風采なりが, 髷にこそ結ったが, 髷については画を, 髷にでも結って, 髷にばかり結いたがる母, 髷にも少しの, 髷毛筋も, 髷のみを出す, 髷ばかり端正として, 髷ばかりを古風に, 髷まじり次第に髱, 髷もろとも右, 髷やがて島田銀杏返, 髷やったがにい, 髷やら中指やら, 髷ひ一人, 髷ゆつて段々畑耕してた, 髷より水は, 髷をがくりが, 髷をのつけて, 髷ツ節を先, 髷三ツ輪またつぶし, 髷上半それから徐々に, 髷人時代のロマンチック, 髷付油を以てそれ, 髷何處から見, 髷だッ, 髷八丁堀のお, 髷典型的な番頭, 髷切り騒ぎには内々揉手, 髷切り騷ぎには内々揉手, 髷に頭, 髷前垂がけ床の間の花籠, 髷前髪の添毛, 髷の台詞, 髷同じ冠を, 髷も二官, 髷唐人髷蝶々文金高島田島田崩し投島田奴島田天神ふくら雀おたらい, 髷姿膳を運ぶ, 髷小袖すべて童形のまま, 髷の出し, 髷崩れ装乱れ, 髷きくゆり, 髷形入れ毛と数, 髷割羽織に, 髷括りのやう, 髷振り袖姿だという, 髷揚心流の小太刀, 髷時代の岡, 髷本多文身の背中, 髷束ね鴨脚櫛巻鹿子娘島田町方丸髷賠蝶流形賠蝶丸形竹の節, 髷の垂, 髷涼しげに襷掛, 髷に川, 髷白い項には, 髷着崩れた男装, 髷節ぢや格子, 髷細身の腰刀, 髷やがった, 髷結うた奇妙な, 髷結つた七十以上と見える, 髷結んだ老女が, 髷羽織は長く, 髷高く見ゆる, 髷やかに二三段, 髷芳年の袷, 髷草履を突っ, 髷蒼白の顔, 髷藤紫に薄, 髷にある, 髷銀杏返撫つけ髪, 髷高島田夜会結などいう