青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「附~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

闇~ 闘争~ ~關 關~ ~關係 關係~ 防ぐ~ ~阿 阿~ ~附
附~
~附い 附い~ 附き~ ~附け 附け~ ~附近 附近~ 降~ ~降っ 降っ~

「附~」 5302, 49ppm, 2354位

▼ 附~ (728, 13.7%)

7 お手紙, 大關, 羽織を 6 女中が, 方へ 4 上に

3 [11件] い, ものが, ものである, カタリを, 中に, 御寝間係, 椅子に, 着物を, 羽織に, 者に, 豊かな

2 [37件] ところから, ほかに, パンを, 下に, 二階家に, 側まで, 処を, 在所を, 大形の, 娘お, 娘だ, 娘で, 娘の, 娘を, 幕を, 座敷とは, 手紙には, 新聞記者は, 方は, 椅子が, 洋燈を, 生生と, 番太の, 皿には, 看護婦が, 立派な, 管理人として, 紐を, 羽織などを, 羽織は, 者どもは, 艇夫交替, 裾が, 配列から, 順序に従って, 駒下駄を, 鳥居忠広は

1 [584件 抜粋] 〆切と, あたりまで, あまり来た, あるホテル, ある小, ある方, ある茶屋, いいところ, いい両, いい婦人, いい福々しい顔, いい胸, いい身体, いい重い尻, うちに, おのづか, お岩さん, お手伝い, お手紙今日, お手紙昨日午後, お経, お龜, かえしが, がたがた箱と, ことが, ことや, ことを, しずかさ, しづかさ, して, そのお方, たぐいは, ために, とおりという, ところに, ところには, ところを, ない本, のめりの, ひきしまつ, ぽっくりみたい, ま, もので, ものと, ものの, ものや, やり直しを, よいどこ, よい横顏, よい横顔, よい若い男女, よい見る, よい頬, ようです, ような, ように, よくない, アメリカンシステムでは, カタリの, カードを, ゲエテが, シングルベッドの, シングルベツドの, セメの, トルストイは, ノメリの, ハガキで, ハガキ今日受取りました, パンが, ピョートルイワーヌイチという, ヘンな, ベッドを, ボオイや, ボンネツトや, ボーイだ, ボーイに, ボーイは, ボーイ陳君です, ランプが, ヴァラを, ヴァラエティー, 一人でも, 一人の, 一人は, 一変化である, 一室また, 一将校として, 一書を, 一条よりも, 一枚や, 一行が, 一進歩である, 一部を, 三十を, 三味線を, 三役に, 三段の, 三輪田女学校出身の, 上で, 上へ, 上り口にも, 下宿人って, 下男の, 不勉強家, 不明な, 中を, 中尉, 中臈に, 中風薬の, 乞食だ, 事實を, 人々も, 人に, 人の, 人形使, 人形操の, 人物たれ, 代物で, 体裁, 体裁の, 体裁は, 体裁を, 作者の, 侍にても, 侍女の, 侍女を, 便所へ, 停留場に, 兄哥が, 兄哥は, 児供を, 入つた文箱, 全文までが, 八畳に, 兵卒である, 兵士たちが, 兵士である, 内容を, 写生画家の, 写真帖で, 処へ, 出前です, 出来ない人, 分とを, 切れっ, 到来したる, 前日に, 前科者が, 前頭から, 前頭の, 前頭何番目かに, 前頭筆頭に, 匂い, 匂うとき, 十倍の, 卒で, 南窓だけ, 卷頭に, 古い組重, 右の, 同役も, 同心が, 名西郡上山村棟附の, 呼鈴巻莨入灰皿額縁などが, 問題で, 国府という, 土手へ, 土鍋は, 在所が, 地位に, 堅い骨, 塗枕枕頭には, 墨の, 士を, 士官などの, 声が, 外へ, 外御, 多い体躯, 多い口元, 多少や, 大きな古びた, 大佐で, 大家斎藤五郎蔵氏に, 大提灯, 大横綱, 大能を, 天窓は, 奥小姓一人を, 女が, 女たち一同は, 女で, 女である, 女どもの, 女の, 女も, 女を, 女中から, 女中だ, 女中で, 女中とか, 女中とく, 女中に, 女中は, 女中まで, 女中みな集り四方山の, 女中フランス人の, 女中三人添の, 女中岩と, 女中達も, 女優医者将校, 女子衆も, 女房であろう, 女曾能, 好い女, 好い生生, 好意なら, 如きは, 娘か, 娘であった, 娘である, 娘とは, 娘なる, 娘は, 婢は, 婦人とは, 婿を, 子が, 安料理屋, 官吏が, 客間, 宮坂市五郎に, 家を, 家来に, 家来の, 家臣も, 宿舎を, 寝台や, 寝室が, 寝衣, 寫し并び, 将校が, 小さな家, 小僧だって, 小土器, 小姓に, 小結どころに, 小袖その, 小間使春で御座います, 山かい, 山だの, 山中は, 山野を, 帷子で, 帷子白博多の, 平屋建で, 平野氏が, 年老の, 広告が, 廃石利用明治六年に, 弁護士だ, 弁護士で, 張出大, 彫刻的に, 役に, 役人が, 役人として, 役人や, 役儀でも, 役目を, 彼女の, 従者も, 御家来, 御家老, 御本, 御用人, 御能, 急劇, 性格を, 怪物, 悪いの, 悪いもの, 悪い楽屋, 意味も, 憂鬱な, 所に, 所へ, 手伝いにとて, 手紙, 手紙たしかに, 手紙を, 折革鞄慾張っ, 抽籤券を以て, 捨てどころが, 搜し, 支配人の, 数字が, 數字に, 文書である, 文琳の, 文箱を, 新聞だった, 新聞記者も, 新聞記者殆ん, 方々へ, 方から, 方が, 旅券が, 旧式な, 早い男, 星は, 時に, 曳舟が, 書で, 書附が, 書附を, 有名な, 木城安太郎といふ, 木棉の, 材料は, 東西の, 板絵が, 果敢い, 柵の, 格子戸を, 様子では, 模様及び, 樣に, 権威を, 横綱だ, 横綱三役然, 武蔵書簡に, 武装ガン人たちが, 民各々万を以て, 水茶屋奥の, 河野鐵平といふ, 泊りで, 洋装の, 流行唄が, 浅野宮内省属山田写真師槇君及私の, 海浜乱舞の, 海野三右衛門と, 海野三右衛門にも, 済む頃, 湯に, 漢師長を, 点取, 為に, 焙烙を, 焼物に, 煙草盆を, 煮染皿を, 牙彫, 牧師ハアヂング博士なら, 物に, 狂言作者に, 狂言作者の, 狂言作者らが, 猪口の, 玉露の, 珈琲店の, 甥だけに, 用人伊吹大作の, 用紙を, 田中の, 男が, 男は, 男物ずくめであります, 當時には, 白髪の, 目附から, 看護婦は, 短刀, 神奈川版を, 私宅なら, 私宛の, 端書拝見, 符号は, 米國プリンストン大學に, 紙を, 紙切れが, 紙片一枚さへ, 紛失が, 紛失だけに, 細君は, 絆纏を, 絵の, 絵を, 絵馬などは, 綻びを, 緒口に, 締つた細やかな, 縁談が, 縮毛には, 縮緬の, 缶詰係だった, 美くし, 美容師と, 義務が, 羽振, 羽織で, 羽織にでも, 羽織袴で, 羽織袴を, 老婆, 者からの, 者が, 者だ, 者にも, 者は, 者も, 者共が, 肩越に, 胸へ, 腰元として, 腰元には, 自邸へ, 與力に, 與力兩人を, 良い丸顏, 芸人が, 芸者が, 若いトルストイヤン, 若い助手, 若ざむらい五, 若者が, 茶屋で, 茶屋は, 茶屋三河屋で, 茶屋三河屋力蔵に, 茶碗古, 莫連者で, 處でも, 蝦夷なり, 蝦夷に, 衆から, 衆が, 行といふ, 行方を, 行方相わかりました, 行方相解つたで, 衣紋が, 衣類上下等を, 衣類諸, 衰えた今日, 袂から, 袂の, 袴黒縮緬の, 袷の, 裏は, 裾模様の, 親友であった, 親類小前の, 記事として, 詰所で, 誤ないこと, 豐かな, 象限儀円盤といった, 贄の, 足りない僕, 車で, 車という, 転任は, 返事が, 返簡, 通る間雅樂頭殿, 違った何通り, 遺恨問題あり, 部屋で, 部屋に, 郵便が, 郵便切手を, 酒のみに, 醫者と, 野間眞綱宛の, 金をば, 金解禁の, 金解禁を, 鍵を, 鐘が, 長い裾, 長持と, 長持を, 門に, 門まで, 閑役に, 障子を, 離れ物, 電報には, 頃月の, 順に平次, 順序に従い, 類で, 類であろう, 風呂へ, 食事を, 駒下駄で, 高膳, 黒の, 黒羽二重の

▼ 附~ (513, 9.7%)

102 して 17 着て 11 した, 見て 7 する, 見ると 5 しながら, 置いて 4 しました 3 もって, 出して, 盜んだ, 見た, 見ながら

2 [21件] いたしましたが, お出し, するの, よこせと, 取出して, 変えること, 手に, 拜見する, 拵へて, 持つて, 搜し, 書いて, 書き直して, 県庁へ, 着た太郎, 着た立派, 着た若い, 示して, 覗いて, 覚えて, 配って

1 [287件] あるもの, うけ取って, おしげは, お返し申上げられる, お退き, かいて, かえして, かなぐり捨てるん, かねた附人たち, くれと, さかさに, させられても, されると, しきりに眺め, しその, したかを, したが, したがる, したとか, したり, した上さん, した女, した母親たち, した男女, した老爺, した青年, した鼻, してからに, してるじゃ, してるところ, しはじめた, しましたっけ, します, しますしねえ, し私, じっと窺った, じろりと見, すませた妻, すること, するため, するとて, する力, する者, する親戚, せぬ吉見, たよりに, だして, ちょっとときめく, つくるの, つとめて, とりに, どんなに調べ, なさったの, なさる, ぬぐ間, ねがって, ねって, ひっかけた背, ひらいて, また念仏, みた, みただけでも, みれば, もうお, もらい最後, やって, やりました, やる, よく見, よく調べ, よこしなよ, よこせ, わたしあなた, 一々讀, 一つ十兩で, 一組づゝ相定めた, 丁寧に, 下さいまして, 下すった, 下人に, 与へて, 丹念に, 二つの, 二つ下さいました, 五箇月間無事に, 伊之助と, 作ったり, 作りお, 作ると, 入れたの, 入れた大事, 入れて, 全部出し, 其手を, 兼ねた, 出さないつて法, 出した, 出したこと, 出したら何, 出しなよ, 出す事, 前へ, 勤めたとか, 勤めた丹後守, 勤めて, 十分記憶に, 半分だけ, 叔母から, 取られた, 取りに, 取り上げて, 取り出して, 取壊して, 取替わして, 受け, 受けそれで, 受けた國, 受けて, 受け取つて, 受取って, 受取つた赤井左門手を, 受取つて來る, 受取に, 受取りて, 受取り一應懷紙, 召したお父さん, 嗅ぎ出すかも, 執って, 変えて, 変に, 多いも, 大急ぎで, 失つては, 好くしよう, 始めた, 始末する, 守って, 守らないの, 安女郎, 定める如き事, 工夫し, 左の, 差出して, 引っ掻きまわしはじめた, 彦作氏に, 彼に, 彼女は, 得がたいので, 御覧, 御覧じ, 御覧下さい, 忘れたり, 忘れましたが, 怪しんで, 恐れたの, 想い浮べる, 想ひ浮べ, 想わせる, 想像する, 感じて, 懐中から, 戴いた者, 所持の, 手伝って, 打ち損ね数万円, 払い受取, 投げ付けられては, 抱いて, 招きて, 拜見に, 拝領ものらしい, 拾出す, 持たして, 持たせて, 持ったもの, 持つた女, 持参する, 挟みて, 捕へんと, 掛員として, 探して, 描きし傍, 換へ, 搜し出し, 放りつけて, 整へ, 文箱に, 施して, 明記せね, 曲り一口阪, 書いた手紙, 書くそれ, 染めるとか, 染め出したの, 検べ, 横に, 氏に, 気に, 汚した上, 汚して, 活, 渡して, 澤山に, 現代の, 発行し, 盗みに, 目的と, 着たなり, 着た和泉屋, 着た姑, 着た室, 着た爺さんふたり, 着た美しい, 着る浅ましい, 着屠蘇, 着流させたり, 着用し, 着結構, 知つた, 確めて, 示すなら日本, 種に, 素直に, 紺小倉の, 終って, 終ると, 終るまでの, 編成しよう, 繰って, 羽織つたでつ, 羽織つて脊の, 聞かして, 聞徳に, 肥くし, 自分の, 致して, 致しましたが, 良く見, 良人の, 落としやがて, 著た, 表わして, 袷に, 裏返しに, 見しに, 見せましたら, 見せ蚊遣, 見たが, 見ただけ, 見ただけでも, 見たら今年, 見たり, 見なよ, 見ましたが, 見ますと, 見るやう, 見破ること, 触れ売りする若い衆, 記して, 読まうと, 調べて, 請ふ, 越すと, 追ってこの, 追って海面, 逆さまに, 進ぜようじゃ, 遣し外, 遣し置, 遺した家, 配らずに, 門の, 隱した, 集めて, 集める始め, 面白が, 頂いたばかりに, 頂いて, 預かつて, 願う, 願うて, 願うには, 願つた時代すらも, 願ひ出る, 饗応する, 高くさしあげ, 麗々しく白衿

▼ 附~ (231, 4.4%)

14 ひの 8 した, して, の看護婦, の者 6 の女中 5 のもの, はれて 4 の一人, の婆さん, の男 3 の方, をやつ

2 [11件] として一所, のさむ, の人, の人達, の婆, の婦人, の看守, ひたり, ふ, をし, を連れ

1 [129件] がつい, がつと, が三人, が入る, が坐っ, が慌しく, が目的, が賺し, させて, したもの, その跡, つた, つて, てよこした, てゐなく, でここ, ではなく, では心もとない, でまいりました, で仕合せ, で出, で図書室, で実隆邸, で来, で此處, という, といふ名義, としてまる, として手厚く, として行き, とともに深谷駅, と愛吉, と見え, なしに, などがある, など失業, ならび監督, なり, にし, にした, になっ, になった, になつたの, になつて來, には何かと, に今, に出なけれ, に居た, に從, に来, に行つて, に頼んだ, のうえ, のうえ城下, のお爺さん, のね福崎, のまだ, のミュラー教授, の上, の下, の二人, の井荻看護婦, の大男, の女, の女子, の女房, の小普請組頭末座, の小間使い, の息子, の手, の手代, の数多, の本田さん, の村, の村役人共一統夢, の森三左衛門, の武術, の片柳, の留守居, の番頭, の看護婦さん, の米友, の老女, の者みな質朴, の若い, の衆, の雑仕婦, の騒ぎ, はこっち持ち, はし, はイロハ順, は丁度, は二人とも, は十五日, は嬉し, は息子, は頼んだ, ひあるいて, ひが, ひし侍, ひたる腰元, ひて, ひは, ひを, ひ出づ, ひ十一月朔日江戸表, ひ品川大黒屋, ひ彦三郎, ひ髪, ふて來, ふ侍女, ふ若い, へた, へて置かなけれ, へて都, へ物, もいる, もこの, も置かず, や父兄, や看護婦, らしい御, をつけ, を担当, を置く, を見つける, を頼まれた, を頼む, 来るは

▼ 附~ (178, 3.4%)

13 なって 8 して 4 されたよう 3 せられて, なった, なったの 2 せられた, よると, 出て, 白が, 袴を

1 [134件] あったとも, ある観音堂, かかった, この五留札, されたやう, された様, されて, したがって, しますから, しるされた, しろダミ, すがって, すべての, するまぐろ, せられたの, せられ俸禄, そんな脂粉, ちょっと険, つくづく見とれた, なすっては, なったその, なったと, なったので, なったもの, なったん, なった人, なった押原右内, なつた, なりたいの, なりました, なりましたが, なりましたの, なり一言, なり其の, なる, なるなんて, なるの, なるも, なる前, なる日本人, びっくりし, ぺたぺた印, むかった時, セルの, 不審を, 乘る, 事実相違の, 二万円払い, 二百円とっ, 今日から, 仙台平の, 任じさらに, 似せては, 似て, 何か, 使うと, 偲ばれる, 出身した, 判を, 刺身に, 勘亭で, 向っては, 品の, 問いたる所, 変つ, 大きく名, 太刀打ちが, 奉公させた, 妙に, 寄与し, 小さい河岸納屋, 小紋の, 届けた, 山田といふ, 帯を, 広場が, 当てた口書, 形に, 従事する, 御就任, 御短刀相添, 念が, 意気な, 成ろうと, 推挙した, 掲げられたの, 旅装い甲斐甲斐しい, 明記し, 昔から, 書いて, 書かせし名, 来て, 染め江戸褄模様, 栄転した, 栄転する, 桟敷代上等金一円八十五銭中等一円四十銭高土間上等一円七十銭中等一円三十銭平土間上等一円五十銭中等一円十銭と, 梅阿弥の, 極りし, 気を, 決して判, 消されて, 淡島椿岳の, 準ぜられて, 漂わして, 為て, 無慙にも, 用いる言葉, 甲府の, 白袴穿きたるいで, 納めた, 紙の, 紫繻子の, 細身の, 繍を, 羽織袴を, 至るまで, 致しお, 融けこんで, 行きたる留守, 裾の, 記した名ばかり, 謁し, 赤いもの, 赤地に, 転じた, 載らねえ奴, 載る人氣者, 銀鎖附きたる, 関係した, 限って, 雪の, 非常に, 革の, 願いましょう

▼ 附~ (165, 3.1%)

3 ある, 来る, 紛失し, 記されて 2 あった, あって, ついとる, 出て, 切ない, 大事だ, 書いて, 紛失した

1 [137件] あってよ, あつた, あつて, あまりきつい, あまりきつかっ, ありありと, ありません, ありもう, あり又, あり壽, あるべきはず, あるわ, あればこそ, お使番, ごく並, ございましたので, ございましてね, して, しるされて, すっかり出来上った, すっきり, すっきりし, すむと, すんで, そうな, その暗号文, その通り, つくられるよう, とれて, ないや, なくては, なくても, またそう云った, やっぱり肥え太っ, ハッキリし, 一つありました, 一つ新しく, 一と, 一ヶ月ちがっ, 一人あつ, 一千両と, 一日遅れ, 一時出棺の, 一段落を, 一種独特の, 三ヶ月程, 三畳次の間に, 不愉快である, 丸で, 亡びて, 今の, 伴うの, 何うし, 何の, 何を, 作られて, 佳くって, 來て, 僕の, 先ず彼, 入って, 入れられ台帳, 出た, 出たカレンダア, 出なければ, 出ると, 出来た, 出来たところ, 分りますが, 割にその, 功を, 厚ぼったく, 各家毎, 大切だ, 大変だ, 好い, 如何にも心配げ, 嫌ひなので, 屡々風情, 当てに, 後日に, 御検屍, 御記憶, 心を, 悪いので, 悪いん, 悪くなっ, 感傷的に, 指で, 新聞記事よりも, 昨夜盜賊の, 昭和四十三年五月と, 書いてないから, 最もよ, 有った茲, 来た, 歪んで, 残つてゐない, 気に, 沙汰された, 澄まして, 無事だ, 熱して, 發刊せられた, 百ばかり, 相当に, 知りたくなった, 紛失すれ, 経験と, 緊張する, 置いて, 聞いて, 花弁の, 落ちて, 著せて, 薄くて, 行き屆, 見えて, 見えないよう, 見えなかったん, 見付かるどころか, 認められて, 談話の, 軋んで, 載って, 返らなければ, 通ると, 違うエー, 野蛮に, 野蠻に, 鏡子には, 闕けて, 關西地方には, 附いて, 陪席し, 隱し, 食ひたくなっ

▼ 附~ (144, 2.7%)

2 ない, 昨日の, 自我の

1 [138件] あの時分, あまり便利, いるまい, お前さんの, お諦めなさいます, この世界, この章, これだ, これだけ, さだめて早馬, されましたか, しき縁談が, しなかった, その名, それらの, ただ悲しみ, どうです, どちらも, なしそもそも, なぜかく, ほぼ取り立て, また石, まもなく停止, もう済ん, よいが, よく分らぬ, オフィス風で, ズタズタに, ヴェルヌイユの, 一々の, 一そろいフロシキに, 一九〇四年の, 一年半ほども, 一角緒締は, 三年前にな, 三月十一日に, 不斷土藏, 久能にも, 九月二十二日である, 二十六日と, 二銭切手の, 今日で, 伯母の, 何か, 何処とも, 何処へ, 何物にも, 僞物だ, 先刻の, 全く柵家, 八日, 八月二十三日です, 其儘人目に, 其日の, 内々喜ん, 凡人を, 前に, 前日の, 創業以来特殊の, 勿論一体, 北方の, 十月五日と, 十月十五日で, 千両という, 千八百七十三年一月十日で, 取返しが, 同年同月十二日と, 四間間口の, 城内所々を, 変に, 多令拔荷, 大丼, 大変悪かっ, 天子の, 天津教の, 始めから, 容易でない, 屹と, 崩御の, 市井郊外まで, 帯へ, 幕ごとの, 座頭とか, 彼に, 御門外, 恋するもの, 恐らく明治四十年見当, 手先の, 手拭の, 持出しやう, 提物の, 撥を, 支那の, 斎藤先生が, 日本の, 明治三十一年八月七日露伴の, 昨日である, 昨日の出, 晩飯と, 書いてないが, 書いてないの, 最と, 有田の, 柔かく厚く, 極って, 権の, 此家の, 殿中では, 永禄十二年四月八日, 澄まして, 無い, 無かつ, 燒き, 物優しく, 特に上等, 犬では, 用立たず, 登城下城に, 皆この, 盲目縞の, 私が, 紙よりも, 素敵で, 綴りの, 背後の, 能衣裳の, 自分で, 自由に, 興國二年九月六日第, 茶の, 血に, 變な, 返つた, 違う, 錠を, 顕然に, 馴染の, 高尚な

▼ 附~ (143, 2.7%)

4 つて, ひを 3 ひが, をする

2 [11件] がある, て居, である, に平岡, の中, の隣, ばかり少々, ひに, ひにな, ひの, ひは

1 [107件] いでせうつて, いなんで, がしたい, がほんとに, がまずく, がむずかしい, が出, が出来, が厭, が綺麗, すなわち芭蕉翁, すらしない, だと, だ三十年来, つちや, つとくれ, てゐ, であるが, ですから, でな, でやはり, で客, で居, で弁持, で知つて, で稀, で買われた, なくても, なさると, なさる人, なされよと, なぞも目立たない, なの, に, にある, に一杯, に少し, に席, に浮かれ, に物, に舟, のこんなに, のほど祈り入り, のやう, の一日, の両, の写実味, の出來, の句, の広い, の機, の範囲, の義理, の諸, の長, はうと, はこっち, はございません, はし, はしなかった, はしねえ, はちっと, はない, はなさらなくなった, はれ誰, は大嫌い, は少く, は美少年, ひさせて, ひさせる面白, ひしても, ひだけは, ひながら, ひらしいもの, ひ一流, ひ近頃, ふ, ふの, ふ相手, ふ負, へと云, へと有, へなどといつ, へ相, もあまり, もただ, もない, も丸く, も叶はず, も廣, も残つて, も男, も自, も面倒, や, や何, らしかった, をさせられた, をしない, をしなく, をまだ, をもつた, をも始める, を為たい, を盛ん, を絶っ, 浚いに

▼ 附~ (142, 2.7%)

4 あつた 3 彼を 2 帽子に, 神様を

1 [131件] あなたに, あれから, きりりとし, この奇獣, この年四十一歳, この集, さらに弾き始める, せっせと釣道具, そうして人, そう言った, そのなか, その嬰児, その翌日市内, それが, それでも云, どうも心, ぬって, べつの, もって, やつと, やるまあ, よく知っ, わし達の, わなわなと, われわれを, ガチャリと, コロンブスを, コードを, サフランの, ジロリと, ステパンが, デン, ビックリ見, ペンに関する, 一献差上げたい, 三役からは, 上下に, 中庭越に, 二人を, 亡くなった, 仕打を, 以て, 何か, 保枝は, 健の, 全精力, 其明くる日には, 出た二人, 出て, 出るとかいう, 刊行され, 利いた風, 合図を, 味の素を, 品が, 問えば, 四圓貰へる, 四輪車を, 地方諸, 堀端銀行の, 客を, 屍体を, 山塞を, 弓を, 彼の, 彼は, 彼女の, 徐徐と, 手紙を, 承知した, 折しも騒擾, 拉して, 新しく道, 新たに, 書かれて, 本箱の, 来た女中, 東京中央局の, 東義一は, 松岡の, 次の, 江戸から, 海の, 熊本から, 爐も, 牛込の, 珈琲を, 男を, 目礼した, 相手を, 眞中に, 真実の, 私たちを, 私の, 紋所も, 絶えずこの, 老人の, 聞いて, 聞き入りながら, 脈を, 膳を, 苦笑を, 茶と, 行った所, 見ると, 見上げた, 見向きも, 見返した, 覗き込んだり, 言ったの, 言葉の, 踏み越えて, 返した筈, 返書を, 透彫, 部屋の, 郷里の, 醫師の, 金地院崇伝は, 鉄造の, 鉱業人と, 鋏を, 震災予防調査会から, 青年の, 餉台の, 養子に, 養子は, 香奠が, 馬鈴薯の, 體裁も, 鼻の

▼ 附添っ~ (114, 2.2%)

13 ていた 9 て来た 5 ている, て行った 3 てい, て行っ 2 て世話, て居る, て来, て行く

1 [68件] たりひどく恥しい, ていっ, ていった, ていない, ていました, ています, ているだろう, てお, ておととい, ておりました, ておれ, てきた, てくる, てここ, てそうした, てそうして, てその, てその大きな, てどこ, てのど, てはおりおり, てはだけ, てみとり, てむなしく, てもらっ, てゐる, てテニス, てラヴォアジエ, て一緒, て下宿, て介抱, て入院, て妻恋, て嬉しく, て差支えない, て帰る, て帰城, て廊下, て御, て息, て慶応義塾, て手, て手代風, て手厚く, て担架, て散々苦労, て星田, て歩い, て歩いた, て歩く, て母, て氷嚢, て珠子, て町奉行所, て病院自動車, て真黒い, て眷属ども一, て立った, て茶店, て行かれた, て行き, て行きたい, て行列, て親切, て説明, て階下, て雪, て面倒

▼ 附~ (102, 1.9%)

4 の火 3 を売る 2 という, にうつし, に移し, の字, の箱, を下さい, を買い

1 [81件] お定, か厚紙, か探す, があったら, があります, がない, が一枚, が発明, だけはあった, だけは探り当てた, だけは辛うじて, だって紙, っ葉, ではない, で境ッ, で火, で灯, で甘, で蕎麥粉, で袂, というもの, といったもの, となっ, と薪, にうつす, にて匕, には浅間山秘密, に付けるだ, に恐ろしく, に書いた, に消炭, に火, のやう, のよう, の函, の匂, の小, の帆, の札, の死体, の灯, の燃さし, の燃さしである, の硫黄, の表, は, は上方, は見つかりました, へまた, へ火, ほどな, ほどの名刺, まである, もあった, もあります, よお婆さん, らしいもの, をさぐり出し, をといった私, をとっ, をも併せ, をマッチ, を一ダース, を一枚, を下さいな, を並べた, を使った, を取っ, を持, を持っ, を持ってる, を摺った, を摺る, を束, を棄て, を火鉢, を焼く, を燃した, を行燈, を贈り物, を造っ

▼ 附~ (90, 1.7%)

6 短刀は 3 御短刀, 絵本 2 なって, 云ふ, 短刀が, 短刀とを

1 [70件] いいまして, いうので, いったらまるで, いって, いつたやう, いへば, いわれるの, すれば, どこから, なったと, なったので, なった人, なり一家, なり現役, なり金沢, なると, なるまで, ほぼ同様, やらいうもの, ピッタリ一致, ポンキンパイ, ロスコー父子もしくは, 一緒に, 並べて, 二千兩の, 二枚, 云い姿勢, 云うと, 云うの, 云う役目, 云っても, 余り違っ, 公儀に, 出来事とを, 刻み鯣とに, 化粧の, 合って, 合わせて, 合致する, 味附海苔で, 唱えて, 夕刻の, 多事多端の, 姿勢との, 定まり同時に, 対照し, 御引替, 數に, 時間とを, 栄養による, 梳油と, 殊に例, 物を, 申しますと, 目録の, 相成り候, 眉の, 短刀の, 称する分家, 簡単な, 結び合うそれ, 絵本とを, 脂を, 自分の, 見せたの, 赤絵と, 身振, 近づきに, 違つて下屋敷に, 釉掛と

▼ 附添い~ (80, 1.5%)

4 の看護婦さん 2 になり, の母, の男, の者

1 [68件] がいなかったら, がつい, が寝る, が引手茶屋, さんです, すべて患者の, それが, たちと, ていそぎ行く, でまず, で横浜, で行っ, といっしょ, ときまった, ときまって, として一日, と一しょ, と為った, ながらいそいそ, なにか変事, にし, には寮, に与え, に命じました, に来, に来てる, に看護婦, に行った, に通い, に選ばれた, のため, のもの, の一人久我鎮子, の中, の乳母夫妻, の人, の先生, の友, の女房たち, の娘, の家臣, の文次郎, の看守, の看護婦, の老, の者共, の自動車, の親爺, の話, はない, はみな, も倦んだ, や何, を置き残し, を買っ, を頼まれた, 一家の, 出で, 四月五日在留日本人の, 大地に, 最後の, 次の間に, 此の, 看護婦みた, 老中から, 身を, 都合四人ずつが, 髪の

▼ 附合い~ (72, 1.4%)

5 をし 3 になっ 2 に於い

1 [62件] があった, がある, が出来なくなっ, が張った, ぐらいは毎日, しか無かっ, だけでなく, で困った, で帰り路, で登り詰める, ということ, とはいえぬ, と云う, と思わぬ, なんか御免, にだって驚かなく, に同じ, に喰っ着い, に放蕩, に柔順, に留守番, に節, に聞かせ, に聴い, に買う, ねえ, ねえこう, のつもり, の余り, の作法, の入目, の宴会, の幸子, の形見, の良い, の関係, の青年, はありません, はお, はきらい, はごめん, はし, はアア, は満点, は絶えた, は致し兼ねまする, ばかりさせ, または組合, もまるで, も大概, をさせられる, をした, をしたがらない, をしたら, を外し, を広く, を断わっ, を派手, を避け, 以上に, 恐多いな, 様一つでございます

▼ 附~ (71, 1.3%)

5 まで赧 3 まで赤く 2 のところ, の処, まで真, を寄せ, を引き寄せ, を真っ白く

1 [51件] からすっぽり, からちょっと, からでも切り離そう, から口惜しい, がびり, がふくらませ, が光り出した, が手, が浪, が痛く, が綻び, だけで動かし, と思う, にある, には無造作, に巨大, に引っかかる, に当る, に縫いつけられた, に肉刺, に脂肪, のあたり, の下, の不恰好, の八つ口, の所, の甲, の美味い, の肉, の背後, の花芽, の辺, の邊, の部分, は痛く, へ球, までいや, までその, まで切られた, まで手拭, まで紅く, まで遡ぼっ, や頸すじ, をしっかり, を丸, を切りとる, を哀れ, を執っ, を左手, を改めて, を赤く

▼ 附~ (58, 1.1%)

3 いて 2 居る所, 行くと

1 [51件] いた, いる, いる硅藻, おります泥, おりませんでしたので, また一越調子高, ゐたと, 人の, 何うし, 何所かへ, 在所へ, 夫婦の, 嬉しさ, 容貌にも, 居した, 居たから, 居たの, 居る, 居ると, 居るよ, 居る処, 居る様子, 居る血, 居れば, 廻って, 廻る, 征伐に, 有ります商売, 有るの, 来れば, 東叡山あたりの, 歩いた, 矢島玄碩井口栄春の類も, 立去りしと, 立合る, 繭を, 置け, 置けば, 置たれ, 置て, 置ねば, 置ました, 自慢の, 行かれる機会, 行た, 見ると, 見れば, 話されると, 謝物を, 道中を, 隣の

▼ 附~ (49, 0.9%)

2 何も, 出て

1 [45件] ありますが, あり赤絵, あるが, あれほど, させて, どこか, ない, なければ, ふくらか, ふつくりと, みさ子には, もうない, よく大きい, よく色, よく高尚, よしデリケート, クッションも, コマ村なら, チャンと, ニセモノで, ハッキリ分りやしない, 丸々として, 二人分出来, 信用が, 出来上った, 利かない気, 同じ十四日, 咳払いと, 好い, 差出さなかったの, 恐ろしく達者, 斯くやあ, 昨年の, 普通で, 未來永劫此世に, 甚だ好けれ, 皆茗荷尽目, 知らず葬式, 知らないの, 自然である, 血色も, 豊かな, 足もとも, 郵便の, 隈取も

▼ 附~ (42, 0.8%)

8 の説 5 して 2 したもの, に過ぎ

1 [25件] があります, けること, けるには, されたに, されたの, されて, した佛説, し之, し易き, すること, するに, せらる, せるより, で信憑, で出, とされる, とぞ覺, なもの, な論法, に類する, のやう, の尤も, の辭, も行, を極めた

▼ 附合っ~ (41, 0.8%)

6 ている 4 ていた 3 て来た 2 ていられる, てくれ, てくれる, てみる

1 [20件] たりした, たりゲーテ, たり芸妓, ちゃお前さん, ておく, ておくれ, てくん, てこれから, てこんな, てみ, てもいい, てもらおう, てやっ, てやる, て一緒, て今日, て居る, て御覧, て救われる, て来ました

▼ 附~ (37, 0.7%)

6 すること 5 して 2 したもの

1 [24件] さしたもの, した二つ, した切, した小さい, してるに, しまた, し久兵衞, する多く, する我々, する理論物理學研究所, せる帝國高等女學校, せる湯四方獻令, として北海道林業會出品, とを斷, のこの, の中, の住宅, の問屋場, の建て, の成分, の書, の臺所, の著述, を有する

▼ 附~ (36, 0.7%)

2 に斬られ, の中

1 [32件] がいる, が住ん, が十一名, たる事, っての, である, です, として信長居城, として彼, として来, として米沢表, ともあろう, なしに, などのうち, にどう, になさば, に面, のうち, のなか, の一人, の寺侍, の小林平八郎, の役目, の武者, は認めない, もあれ, もござりますこれから, も越前, や御, よりもやがて, を一人当て, を三十六人

▼ 附添婦~ (32, 0.6%)

1 [32件] から事情, がかた, がこんな, がつく, が太い, が扉, が時, が私, だけの立場, であった, というの, として院長, とも病室, と別れ, におこられ, にさえ顔色, に小脇, に渡した, に言いつけ, に託し, に雇われ, に顧み, のお, の小谷さん, の必要, の腰かけ, はその, は大勢, は必要, は手, を雇う, を頼む

▼ 附~ (31, 0.6%)

6 なんだ 5 ない 2 ないで, ないので, ないん

1 [14件] えのよ, したまま, でありしが, ないこと, ないの, ないも, ないやりたい, ない一座, ない原因, ない構, 何かで, 御使番, 浅草御門の, 逸話に

▼ 附~ (31, 0.6%)

18 して

1 [13件] がふ, させ醫師, したの, し得ること, する, すること, するさまざま, する幼兒死亡率, する感傷的, する發音, する資格, ひて, へるわが

▼ 附から~ (29, 0.5%)

2 ない

1 [27件] すぐに, ちょっとした身, ないかも, ないと, ペナンの, 丁度十日目の, 三下りに, 三日程, 九段へ, 云えば, 妹は, 家具の, 察しますと, 少しく貞, 差遣わされた, 慾にばかり, 推して, 標語に, 町奉行の, 留守居に, 白の, 眼つきなどに, 署長の, 考え合わせると, 致して, 見て, 言へば

▼ 附には~ (28, 0.5%)

2 故将堂, 西の

1 [24件] かつて在銘, ちょっと驚いた, なさいません, なりましたが, もう医者, やはり言いよう, よく使われる, 一茶が, 両優顔競べ, 何れも, 入れて, 各個人, 団五郎という, 學者も, 幕の内に, 悩ましそう, 明治丁丑除夕として, 晩花氏の, 松平相摸守奧津能登守上田周防守有馬出羽守町奉行には, 狂言作者の, 著者平田一郎と, 谷風梶之助と, 野々山市十郎松田勘解由徳山五兵衞等の, 金澤丹後が

▼ 附~ (28, 0.5%)

1 [28件] ごりごりした, クッションの, クッションを, 丸帯などを, 余興が, 品目の, 声音の, 小紋の, 尺八は, 帯が, 様子を, 番地の, 番地を, 番號を, 皮膚の, 短刀の, 肩掛や, 草取に, 袴も, 覆面頭巾それから, 話振, 赤絵類が, 近所の, 長襦袢が, 頬に, 鰻の, 鸚鵡石で, 鸚鵡石を

▼ 附添う~ (24, 0.5%)

2 ていず, ている

1 [20件] ことに, ことを, たるが, てしん, てその, てゐる, て下さい, て何, て來, て寺, て少し, て徒歩, て朝, て来る, て無, て看護, のでただ, ように, 母親の, 老爺は

▼ 附添人~ (24, 0.5%)

1 [24件] が来た, が此, であるのに, ですけれど, といっしょ, としては岩公, として傭われた, として雇われた, とは反対, などのゐる, について行った, に任命, に囲まれ, に面白い, のため, の便宜, の女中, の婆, の結う, の言葉, の食い, も木枕, らしい婆さん, をつけ

▼ 附添夫~ (23, 0.4%)

1 [23件] がかつい, ががたがた, がつい, がどんぶり, がやつ, が一番, が三人くら, が出なけれ, が吸入器, が時々, が神経痛, が荒, が重病人, だけで, であらう, になつたの, にむかせ, の一人, の声, の補助, は室, は寝, も勿論

▼ 附する~ (22, 0.4%)

2 には議院法, に埋

1 [18件] が如きである, とはいえ, と仰せ出された, にあら, にいたれり, にはもつ, に中, に及ばず, に及ん, に彼, に忍びぬ, に忠君愛国等, に敗徳, に是, に沒却, に漠然たる, に當, に至りし

▼ 附~ (22, 0.4%)

3 とか

1 [19件] からちと, からである, から間違ひも胡麻化, が, がね, が襟元, つたかも, つたのが, ということ, という意識, とて尋常, と云う, と思い, と申す, よ, よもや日本ぢ, 悪く言え, 汝も, 玉だ

▼ 附~ (22, 0.4%)

2 の手傳

1 [20件] がある, じゃなかった, だが, だわ, であった, である, です, として趣味, となった, となつ, になつ, の俳諧師, の婆, の小鼻, の愛嬌笑, の東京以外, の楽, の茶, の鷹揚, をし

▼ 附羽織~ (21, 0.4%)

2 と白足袋, に頭髪黒, を着, を着た

1 [13件] でやつ, と仙台平, と共に急い, に小倉, に改めて, に白紐, に絹袴, に袴, の人, を取出し, を着せられ, を著, を被

▼ 附~ (21, 0.4%)

5 して 3 した 2 するに

1 [11件] される, したもの, した自然, してやらうと, し全, し多, する, するの, する一法律行爲, せられたる光, せられたる廣濶

▼ 附~ (20, 0.4%)

1 [20件] から差, でありますが, で何とか, として番頭, になっ, になった, にもなり, に命じ, に林外記, に選んだ, の三木松兵衛, の君, の岸本君, の次, の順序, は, を兼ねる, を買っ, 大番頭, 迄訴

▼ 附~ (20, 0.4%)

2 したり

1 [18件] かな, が半分, されたこと, する男, だと, などをし, などをする, のよう, の主, はみんな, をされる, をした, をしよう, をする, を空, を読まない, を読んだなら, を食べ

▼ 附着け~ (20, 0.4%)

1 [20件] ずんぐりと, て, てある, ておいた, ておかね, てさも, てフイ, て一寸, て云う, て可, て売, て売られた, て屋賃, て桐, て正面, て瞞, て突当り, て釣る, て頻りと, ば上

▼ 附纏っ~ (20, 0.4%)

5 ている 4 て来る 2 ていた, てくる, て来た, て珍 1 て今, て往来, て級友たち

▼ 附焼刃~ (19, 0.4%)

1 [19件] だいい, だと, でしたの, でないこと, でないやう, でない感情, でない本当に, では歯, で不安, で実は, で実際, なもの, にいぶし切れる, にしろ, に違い, のよう, ばかりで通る, らしいが, を生活

▼ 附~ (18, 0.3%)

2 短刀を

1 [16件] 小人目附ども晝夜嚴重に, 小人目附警固し, 小姓組御, 小姓頭高束応助六十三, 帖に, 広敷添番衆の, 照会の, 番衆列座し, 目附立合にて, 短刀とも, 短刀の, 短刀まで, 短刀も, 羽折, 羽折雑魚数品拝領其外近, 羽織異父兄飯田安石へ

▼ 附~ (18, 0.3%)

2 ひたれば, ふの

1 [14件] つた, はない, はれた, はれては, はれ紅葉先生, ひその, ふこと, ふてゐるで, ふてゐるので, ふので, ふやう, ふ奴, ふ後悔, ふ諸弱

▼ 附加え~ (17, 0.3%)

2 て, ておきたい

1 [13件] そうな, たり何, てあった, ていた, ておく, てやる, て云った, て今, て置く, て置け, て見ず, て言った, て記入

▼ 附~ (16, 0.3%)

2 のです

1 [14件] かえ, からまず宜, から夫, から打, と, ところで, のは, のも, もの, ものと, 犬じゃ, 癖です, 羽織唐繻子の, 近く寄ったら

▼ 附添看護婦~ (16, 0.3%)

3 の腕

1 [13件] があの, が立っ, であること, といふもの, とが黙っ, とだけが残った, とともに未亡人, にキノシタさん, に止められ, の, はいまし, も来た, をつけ

▼ 附くる~ (15, 0.3%)

1 [15件] ことならん, とメヂューサ, にてこの, に任せる, に梁間, ほどに湊, ものは, を耳, を見たる, を順序, 事と, 事も, 所も, 糸と, 那の

▼ 附合せ~ (15, 0.3%)

5 にし 2 て食べる, にします, の紅葉 1 が先ず, には別に, は上等, をします

▼ 附着いた~ (15, 0.3%)

1 [15件] が女房, が店, なりで, なんて, ので, のは, わきに, 件の, 出入に, 指先で, 板敷へ, 皆の, 肩も, 豆府の, 身体です

▼ 附作者~ (14, 0.3%)

1 [14件] が役者, が脚色, であらせられる, でない作者, と座附作者, と見なされ, のやう, の例, の側, の態度, をし, をのぞけ, を眺め, 然と

▼ 附合う~ (14, 0.3%)

2 ように

1 [12件] から借金, ことが, ことに, てくれません, てくれられた, なとあった, のと, は宜し, ものが, ものです, も此通り, 気で

▼ 附~ (14, 0.3%)

2 の匂い

1 [12件] ごとき板, に入れた, に関する口伝秘訣等, の口伝秘訣等, の用, や剃刀, や松金油, を下さいまし, を使っ, を塗つて, を用いる, 起る

▼ 附添われ~ (14, 0.3%)

1 [14件] てベッド, て三崎, て中央線, て乗込ん, て忽然と, て湖畔, て白い, て目, て行った, て車夫, て馬車, ながら大和路, ながら蒼白い, 青銅の

▼ 附纏う~ (14, 0.3%)

1 [14件] ている, て離れなかった, て離れぬ, のであった, ようだ, ように, んだ, 南京豆売り, 多くの, 弟達を, 暗い影, 書斎からの, 気は, 秘密の

▼ 附まで~ (13, 0.2%)

1 [13件] あそこの, したの, せられた安倍丹後守, 一々教え, 入れて, 取交して, 取替せて, 取替わせた間柄, 四度刷に, 添えて, 烟の, 這入っとるの, 長庵

▼ 附~ (13, 0.2%)

3 になっ 1 から嫁取り, が誰, だという, で改名披露, としての浅から, とを忘れ, になり, は分かっ, は別, は誰

▼ 附~ (13, 0.2%)

1 [13件] では張出, における如く洋画家, にその, にもそれだけ, にも仲徒士町三丁目四十番地, に四役, に見惚れ, の位争い, の体裁, の極印, の絵, の美しい, をもう

▼ 附~ (12, 0.2%)

1 [12件] たるを, てくれます, てその, てもらった, て暴動, 天陰り雨湿う, 安土の, 宣旨を以て, 小規模の, 恒に, 模倣し, 體に

▼ 附~ (12, 0.2%)

2 を置い 1 だの袖の下, であつ, で一人, として二百両, として正に, の如き, をし, を五十銭, を先, を送つ

▼ 附として~ (11, 0.2%)

2 働いて 1 ここまで, この土地, 幕府の, 御輿入に, 明智十兵衛光秀だけを, 最も延び延び, 百円だけ, 記入せられた, 首尾よく

▼ 附添った~ (11, 0.2%)

1 [11件] おなじ運命, その女中, のが, ほどで, んだ, 侍と, 廉平の, 患者の, 時の, 玉野玉江という, 背後へ

▼ 附いち~ (10, 0.2%)

3 やゐません 2 やゐない 1 やゐなかつた, やア, や居ない, や居ないだらう, や居ませんでした

▼ 附加える~ (10, 0.2%)

1 ことに, ことは, ことを, だけの事, とこう, までもない, 一つの, 事を, 必要が, 程の

▼ 附~ (10, 0.2%)

2 っている 1 いて, うていそう, うを, った美しい, ってい, って来る, ふて隣, われて

▼ 附~ (10, 0.2%)

1 か何だか, が浮き, と黒い, に雪, の裏面, は床, までし, をし, を買い, を買った

▼ 附では~ (9, 0.2%)

1 すむまい, ないか, ないこと, ひつて, 十日は, 単に用, 大きくて, 御座いませんか, 西の

▼ 附にも~ (9, 0.2%)

1 お互にまた, その通り, ふさわしい滋味, 呼ばれしなれ顔, 天主教を, 慰藉料の, 肩衣にも, 載るほどの, 載るやう

▼ 附~ (9, 0.2%)

1 ずいと寄せ, 出て, 出頭した, 召し出されて, 水を, 訴へて, 載つたん, 載るのさ, 酒井家から

▼ 附添つて~ (9, 0.2%)

1 お組, と血狂, ゐた人, 居た兄者人, 居るやう, 来たの, 来た宿屋, 歩いて, 行く代り

▼ 附~ (9, 0.2%)

1 だ何万両, で, でもあるまい, なの, な位, にし, に何, よ, を利用

▼ 附込ん~ (9, 0.2%)

1 でゆこう, で口説, で小金, で書籍, で狐狸, で繋縛, で置きたいらしく, で虚, で駕籠

▼ 附かって~ (8, 0.2%)

1 こう二人, それが, なんとか云わなく, むしゃぶり, 恐ろしい音, 星が, 眼の, 這い廻る様子

▼ 附きたる~ (8, 0.2%)

1 やうに, コロップある, 匕首を, 垣を, 我なる, 杖傘の, 椅子を, 痕あれ

▼ 附でも~ (8, 0.2%)

1 あり人品骨柄, なく夕方, 何となく尊い, 悲惨だった, 知れるが, 私のは, 言句は, 買えば

▼ 附とは~ (8, 0.2%)

1 いへおとなし, くっきりと, ちがって, 云え木綿, 反対に, 少しく違っ, 見る人, 言乍出所不定の

▼ 附~ (8, 0.2%)

1 とこれ, により明長屋, のも, の道理, ほど落着, や逸散, ように, 生田は

▼ 附武官~ (8, 0.2%)

1 であった柴五郎大佐, のパン・オイロープ, の木村陸軍少佐, の海軍士官, の竹本さん, の藤岡少佐, は, を威迫

▼ 附~ (8, 0.2%)

2 を解い 1 のしるし, のひら, の如く, の着いた, は面継, をつけ直し

▼ 附~ (8, 0.2%)

1 うて居るもの, うて居るゆえ, った年増, って祟, はれちや厄介, ひ通し, ふ危き戀, ふ文太郎

▼ 附した~ (7, 0.1%)

1 が今日, のであります, のでした, ものだろう, やうな, 賎称で, 適切な

▼ 附たる~ (7, 0.1%)

1 おん身から, や又, を以て柳島, 伯耆守様まで, 先箱二ツ打物を, 羽織を, 血の

▼ 附などを~ (7, 0.1%)

2 全然気 1 何という, 取りに, 取り出して, 思い出して, 着て

▼ 附俳優~ (7, 0.1%)

1 が常に, で唯今, の組特別講義, の部屋, は上等一円, は上等三円, は勿論

▼ 附合つて~ (7, 0.1%)

1 その一人, そろ, ゐた, 居た人, 居て, 居る人達, 見て

▼ 附届け~ (7, 0.1%)

1 だけでも, でやっと, のお, は歳暮, をし, をしろ, をする

▼ 附~ (7, 0.1%)

1 が二寸, が使った, だって素直, で受ける, と念仏, の名家, の花柳寿輔

▼ 附益せられた~ (7, 0.1%)

2 と思はれる, ものと 1 ものである, ものなる, 部分に

▼ 附着く~ (7, 0.1%)

2 ように 1 と思ふ, ほど右, や否, 処で, 前後に

▼ 附馬車~ (7, 0.1%)

2 を駆っ 1 がもう, でやって来た, は裁判所長, や一向, を一臺

▼ 附~ (7, 0.1%)

1 にし, や鬘, をし, をした, を用い, を結, を膝

▼ 附かつて~ (6, 0.1%)

1 ゐたん, ゐた時分, 彼を, 来ます, 目を, 路が

▼ 附せる~ (6, 0.1%)

1 なり, もの, もので, 大鼎, 歴代政府の, 脛甲汝賜ぶべき

▼ 附られ~ (6, 0.1%)

1 し彼, てしまっ, てはと怒, 候悴が, 勝に, 聲出ず

▼ 附を以て~ (6, 0.1%)

1 せられた, 國家の, 奉願上候一赤坂傳馬町長助店道十郎後家光奉申上候去, 宇平りよ九郎右衛門の, 彼は, 被仰

▼ 附~ (6, 0.1%)

2 に流星 1 から引, はどうやら, まで窘める, を

▼ 附~ (6, 0.1%)

3 をし 1 もせん, をいたします, を致し

▼ 附木店~ (6, 0.1%)

1 によった, のお, の名, の我家, は浅草見附内, まで歩い

▼ 附添さん~ (6, 0.1%)

2 が要る 1 にまかせ, の世話, もなかなか, を附ける

▼ 附~ (6, 0.1%)

1 いささか苦い, だ, でも土産, と紛れ, にした, をはたはた

▼ 附盜賊~ (6, 0.1%)

2 に陷 1 なりと申せ, に相違, をなし, をば致せしや

▼ 附着けた~ (6, 0.1%)

1 と思ふ, ままで, やうに, ような, ペンキ塗の, 燈と

▼ 附纏つて~ (6, 0.1%)

2 ゐた 1 はゐた, ゐるの, ゐるやう, 来る

▼ 附著し~ (6, 0.1%)

2 ている 1 そこから, てゐる, て居る, て見た

▼ 附~ (6, 0.1%)

1 で出かけ, で新聞社, で腰, のゴリラ, の人, を穿い

▼ 附いた事~ (5, 0.1%)

1 があるらしく, はあるまい, はお, もこれ, を示す

▼ 附された~ (5, 0.1%)

1 が代地, ものである, ものとは, ような, 晩七八人もの

▼ 附った~ (5, 0.1%)

2 ような 1 ので両方, ものが, 古草履

▼ 附である~ (5, 0.1%)

1 から同じ, から忘れる, がそれ, と奥方, のに

▼ 附という~ (5, 0.1%)

2 ものが 1 ことが, ものは, 勤めでした

▼ 附にて~ (5, 0.1%)

1 堀川に, 小生を, 引据ゑられし処あざやか, 御署名, 飯を

▼ 附にな~ (5, 0.1%)

1 つたのである, つて, つてゐた, つてゐます, つて居ります

▼ 附もの~ (5, 0.1%)

1 か何, だ, なり, になっ, を當

▼ 附~ (5, 0.1%)

2 そうに 1 ながら, なんかし, 惡い

▼ 附入り~ (5, 0.1%)

21 てえい, て槍, ということ

▼ 附切り~ (5, 0.1%)

1 だったと, でご, でございます, で看護, で近き

▼ 附~ (5, 0.1%)

2 に大道易者, の薄暗い 1 へ出

▼ 附女中~ (5, 0.1%)

1 から大, が七ツ道具, が這入, などにふれる, のおと

▼ 附~ (5, 0.1%)

2 をし 1 けは歳暮, などもあつ, を行

▼ 附~ (5, 0.1%)

3 して 1 する證據, は銀

▼ 附景気~ (5, 0.1%)

1 で面白, に, につまらない, のお蔭, をし

▼ 附~ (5, 0.1%)

1 された自分, した, したもの, すれば, をつけ

▼ 附かった~ (4, 0.1%)

1 とばかし覚え, のであっ, のです, 訳だ

▼ 附かは~ (4, 0.1%)

1 しいか知れませぬ, しかるべし, しきもの, しくない

▼ 附きそっ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ており, てくれた

▼ 附~ (4, 0.1%)

2 で来る, べ

▼ 附され~ (4, 0.1%)

1 ていた, ている, てソヴェト大使館, 柳さん自身に

▼ 附される~ (4, 0.1%)

1 には十日, 事に, 旅券に, 日を

▼ 附せざる~ (4, 0.1%)

1 は, は何れ, ものが, もの悉く

▼ 附せず~ (4, 0.1%)

1 しかも事実, 我が力, 無条件に, 静かに

▼ 附たり~ (4, 0.1%)

1 で小歌菩薩, 凡そ無意味なる, 同村名主傳吉を, 武者修業の

▼ 附つい~ (4, 0.1%)

1 ていた, ている, て国境, て居る

▼ 附ては~ (4, 0.1%)

1 いない, 中, 案内者に, 羞は

▼ 附であった~ (4, 0.1%)

2 池枚 1 が妙, 記者は

▼ 附です~ (4, 0.1%)

1 か, が, ね, 本統に

▼ 附といふ~ (4, 0.1%)

1 のが, のは, ものを, 役に

▼ 附とを~ (4, 0.1%)

1 兼ねて, 変形すれ, 見ながら, 随意に

▼ 附~ (4, 0.1%)

1 のだ, のである, よ, ンぞは

▼ 附~ (4, 0.1%)

1 出シテ, 出セトイッタラ, 出セト云ウカラ, 受ケ近文アイヌ一同ヲ

▼ 附~ (4, 0.1%)

2 つて 1 つてさ, つて更に

▼ 附加えた~ (4, 0.1%)

1 ものだ, 一本の, 了簡が, 言葉である

▼ 附~ (4, 0.1%)

1 が, が私, は七月十二日, を見なかったら

▼ 附合いし~ (4, 0.1%)

1 ていまし, て愛憎, て行く, て頂きました

▼ 附~ (4, 0.1%)

2 して 1 と雷同, の必要

▼ 附屬品~ (4, 0.1%)

1 と共に根岸, をふくまず, を持込ん, を義雄

▼ 附~ (4, 0.1%)

1 に, の意, の抄録, の示す

▼ 附~ (4, 0.1%)

1 の下役, の息子, へ御礼かたがた, を伝習

▼ 附根から~ (4, 0.1%)

1 一ぱいに, 前後へ, 断れたり, 芽生え出して

▼ 附~ (4, 0.1%)

1 されて, され或は, たること, でないかとも

▼ 附纏われ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 てそれ, 勝な

▼ 附纏われた~ (4, 0.1%)

1 というあの, 御蔭で, 時も, 暗い秘密

▼ 附足し~ (4, 0.1%)

1 てやさしい, て決して, て言いました, の再

▼ 附載し~ (4, 0.1%)

2 てある 1 ておく, て置きたい

▼ 附電灯~ (4, 0.1%)

2 のスイッチ 1 のむこう, の光

▼ 附~ (4, 0.1%)

1 でもし, につける, を出し, を書いた

▼ 附かつ~ (3, 0.1%)

1 たとき, たの, たペン先

▼ 附かり~ (3, 0.1%)

1 そうに, ながら這入つ, 放題間に合うだろう

▼ 附くれ~ (3, 0.1%)

1 ば, ばお, ばひらり

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 うして, へ着なかつたら, 短いの

▼ 附せらるべき~ (3, 0.1%)

2 もので 1 暴言であります

▼ 附せらるる~ (3, 0.1%)

1 という事, を免れなかった, 日

▼ 附など~ (3, 0.1%)

1 入れたり, 十四歳と, 寄りより

▼ 附などが~ (3, 0.1%)

1 あったら盗んで, お増, 麗々しく貼られ

▼ 附なり~ (3, 0.1%)

1 白き棒縞, 縱令放蕩を, 額つきなり

▼ 附みたい~ (3, 0.1%)

2 な連名帳 1 なもの

▼ 附より~ (3, 0.1%)

1 一週間後と, 二十年も, 神田川を

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 ばベラベラ, ば庄兵衞, ば退り

▼ 附上り~ (3, 0.1%)

1 て我儘, ます, 其の年

▼ 附中佐~ (3, 0.1%)

1 から黒田高級参謀, が僕, のいかめしい

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 の万世橋, の御, の萬世橋

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 ですって, はどの, を見る

▼ 附元気~ (3, 0.1%)

1 の高声, らしくあ, らしく高笑い

▼ 附入る~ (3, 0.1%)

1 やうな, ような, 曲者は

▼ 附出し~ (3, 0.1%)

1 てやつ, となつ, の小

▼ 附加えられ~ (3, 0.1%)

1 てある, て一冊, 何物かが

▼ 附合いです~ (3, 0.1%)

21 もの

▼ 附合いも~ (3, 0.1%)

1 して, するもの, よく町内

▼ 附合わない~ (3, 0.1%)

1 か, つもりだ, ように

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 には織田大隅守, を焼, を築かせ

▼ 附屬博物館~ (3, 0.1%)

1 にもまた, のはびこつた牧草, の庭

▼ 附帶的~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 にしか怒

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 と認め, に至り, の小国

▼ 附~ (3, 0.1%)

21 するとも

▼ 附景氣~ (3, 0.1%)

2 に詰らない 1 と更に

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 に進ましめた, に進め, 御儒者

▼ 附海苔~ (3, 0.1%)

1 で昼, とを棚, の鑵

▼ 附添うた~ (3, 0.1%)

1 のも, ムクも, 一人の

▼ 附添婆~ (3, 0.1%)

1 かあらず, の折, も受附

▼ 附燒刃~ (3, 0.1%)

1 でなく作者, の似, の作品

▼ 附申し~ (3, 0.1%)

1 ている, て参る, 居中は

▼ 附~ (3, 0.1%)

1 なく線路, なげな, なさ

▼ 附~ (3, 0.1%)

2 がない 1 を見出す

▼ 附纏った~ (3, 0.1%)

1 がぼんやり, ような, 秘密の

▼ 附芸人~ (3, 0.1%)

2 誇れば 1 です僕

▼ 附著した~ (3, 0.1%)

1 ものである, 神霊を, 貝殼によ

▼ 附載した~ (3, 0.1%)

1 がこれ, が草卒, ものの如くである

▼ 附いま~ (2, 0.0%)

2 ゐれ

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 目附の, 稽古の

▼ 附かす~ (2, 0.0%)

2 なり扇骨木

▼ 附かで~ (2, 0.0%)

1 ぴッたり, 花咲く

▼ 附かる~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, ことに

▼ 附かれる~ (2, 0.0%)

1 と肉, のが

▼ 附かんよう~ (2, 0.0%)

1 に振廻す, に胸襟

▼ 附きそった~ (2, 0.0%)

1 二人の, 所どう

▼ 附きの者~ (2, 0.0%)

1 に教えられ, は不審

▼ 附きり~ (2, 0.0%)

1 だという, で看護

▼ 附ぐらい~ (2, 0.0%)

1 な処, 着ちゃ

▼ 附けち~ (2, 0.0%)

1 やア亭主, や済まん

▼ 附けら~ (2, 0.0%)

1 るという, るべくもちろん

▼ 附じゃ~ (2, 0.0%)

1 アね, 引っかかりこは

▼ 附すれ~ (2, 0.0%)

1 ども輝祖, ばアパートメント

▼ 附その~ (2, 0.0%)

1 死体が, 目附も

▼ 附だけは~ (2, 0.0%)

1 どうかし, 知せて

▼ 附だの~ (2, 0.0%)

1 懸想文だの, 文字だ

▼ 附って~ (2, 0.0%)

1 様々に, 見るも

▼ 附ても~ (2, 0.0%)

1 亡き母, 癒らう

▼ 附てる~ (2, 0.0%)

1 からとても, 奴が

▼ 附であろう~ (2, 0.0%)

1 と町奉行, と若年寄

▼ 附とか~ (2, 0.0%)

1 ですってさ, 髪かたちなどに

▼ 附としては~ (2, 0.0%)

1 その老巧, 一寸他

▼ 附との~ (2, 0.0%)

1 異常な, 筆蹟が

▼ 附と共に~ (2, 0.0%)

1 何んの, 讃えないであろうか

▼ 附どころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 附ない~ (2, 0.0%)

1 でおりました, んです

▼ 附などは~ (2, 0.0%)

1 代りの, 何ひとつなく

▼ 附なども~ (2, 0.0%)

1 あった, 定めしがたぴし

▼ 附なら~ (2, 0.0%)

1 人聞きも, 僕の

▼ 附によって~ (2, 0.0%)

1 今日の, 和服の

▼ 附によつた~ (2, 0.0%)

2 ものである

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 でも宜しい, ほどのもの

▼ 附ひとつ~ (2, 0.0%)

1 でも, 入れてなかった

▼ 附べし~ (2, 0.0%)

1 併此以後は, 因ては

▼ 附ました~ (2, 0.0%)

1 が猶, 夫が

▼ 附ません~ (2, 0.0%)

1 と云う, 併し

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 事を, 心と

▼ 附コップ~ (2, 0.0%)

1 だの封蝋, へ赤葡萄酒

▼ 附上ッ~ (2, 0.0%)

1 てそんな, て誰

▼ 附主義~ (2, 0.0%)

1 でない坊さん, を奉じ

▼ 附人たち~ (2, 0.0%)

1 だなと, など多数

▼ 附切っ~ (2, 0.0%)

1 ていね, て介抱

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 附加えれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば人生

▼ 附合いさせ~ (2, 0.0%)

1 て戴く, て戴こう

▼ 附合せ物~ (2, 0.0%)

1 をフレッシバター, を入れ

▼ 附合ってる~ (2, 0.0%)

1 のか, 私と

▼ 附合ひで~ (2, 0.0%)

1 仕樣事, 呑む之

▼ 附合ひと~ (2, 0.0%)

2 いふこと

▼ 附合ひも~ (2, 0.0%)

1 せずに, ろくにない

▼ 附合わし~ (2, 0.0%)

1 たり解い, て置い

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 の按配, はニホヒ

▼ 附和する~ (2, 0.0%)

1 もの漸く, 心底が

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 などに見るべき, によい

▼ 附太夫~ (2, 0.0%)

1 と別看板, の他

▼ 附女優~ (2, 0.0%)

1 を妻, 諸嬢

▼ 附姿~ (2, 0.0%)

1 で多勢, の錦太郎

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 だとも, のマス子夫人

▼ 附将校~ (2, 0.0%)

1 にお上手, の職務

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 の手, は扇子

▼ 附屬物~ (2, 0.0%)

1 としてめづらし, となり

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 のよう, や仏師

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 がふ, ひ川越

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 は実に, は当人

▼ 附托せられた~ (2, 0.0%)

1 儘に, 最近の

▼ 附新聞記者~ (2, 0.0%)

1 の宿舎, は今

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 の憶え, の祝ひ

▼ 附書院~ (2, 0.0%)

1 か, が化けた

▼ 附會出來~ (2, 0.0%)

2 る樣

▼ 附木草履~ (2, 0.0%)

2 など鬻ぎ

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 にて御, を以て被

▼ 附~ (2, 0.0%)

2 を十個

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 がございません, のもの

▼ 附添え~ (2, 0.0%)

1 ておく, て言った

▼ 附添人虎井夫人~ (2, 0.0%)

1 が病気, だ勿論

▼ 附添夫たち~ (2, 0.0%)

1 はベッド, は言

▼ 附渡り~ (2, 0.0%)

1 が惡, をしなけれ

▼ 附焼麺麭~ (2, 0.0%)

1 に歩, を売る

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 の方, を以て美味い

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 はれて, はれては

▼ 附狙う~ (2, 0.0%)

1 ことは, ので

▼ 附狙っ~ (2, 0.0%)

1 て入込む, て清葉

▼ 附申す~ (2, 0.0%)

1 ことが, ので

▼ 附盗賊改役~ (2, 0.0%)

1 をし, を勤め

▼ 附目金~ (2, 0.0%)

1 の柄, はニムフエ

▼ 附着き~ (2, 0.0%)

1 そうに, 布子の

▼ 附着せる~ (2, 0.0%)

1 貝殼を, 面

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 といっ, の例

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 が, につき赴き見る

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 のまま, まで仔細

▼ 附纒うの~ (2, 0.0%)

1 だ, で

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 すると, を信じた

▼ 附載する~ (2, 0.0%)

1 つもりである, に黄檗山

▼ 附込み~ (2, 0.0%)

1 て飽迄不法, でね

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 の, まで来

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 のこと, のし

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 でで, を引い

▼ 附~ (2, 0.0%)

1 なのに, をした

▼ 附鴨居~ (2, 0.0%)

1 が壁土, の下

▼1* [663件]

あいつに渡し, 附あたりをしかるべく召しつれ, 附いすの上, 附いた事實を確立, 附いちまおうぜ, 附いわずと知れた, 附とする, 附かざりけむ世に, 附かったって駄目, 附かなかッた, 附からでも一年の, 附かれんように舁夫, 附かろうと思った, 附かわしい二人の, 附かん所があります, 附がましく候, 附きが嘘のよう, 附きが嫌つてゐるらしくは, 附きするとありつ, 附きそいとして姉, 附きっ切りで氷河から, 附くにしたが, 附くめえてね迷児, 附くも片附かない, 附くんだみんなが, 附けがすんでゐる, 附けされたものでなけれ, 附けしが歩行たび, 附けちやあゐたん, 附けなすつて, 附けらんねえ, 附けれども何の, 附こう寝附こうと, 附ここに百日, 附こちらが名人鑑, 附ことありてや, 附ことならずや故に, 附これは千兩箱, 附ごころ小走りに追, 附さえ私たちは, 附させて地球儀, 附さるべき条件な, 附したであろうことも, 附じかに露骨に, 附するならば差支, 附燒て, 附ずらりと並べて, 附せざる有れば軽けれ, 附せしはこの, 附せないような, 附せなかつた如くに, 附せねばならぬ, 附せらるかねて将軍, 附せりしかれども訳し得ざる, 附せんと計, 附そういった武家風の, 附その他の設備, 附その他役附老中の出馬, 附それから川手氏自身, 附それから同心小人などの, 附たいほど貰いたかった, 附たりですから眞葛, 附たりと有ば, 附たるやと尋ね, 附だけでしたが, 附だけでもいかつくませた, 附だけの獲物で, 附だけをたよりに, 附だったか捕まる, 附だって嘘とは, 附だつたが床屋, 附だんまりの場, 附めえ, 附切りに, 附っ着いて頬, 附ついた三辻の, 附てあつたの, 附ていうがこの, 附てからの不幸つづきで, 附てたりおどおどし, 附てと逸る意, 附ての美男にて, 附でこそなかった, 附でございます御舎弟様, 附でしきりと, 附でしたら日記に, 附でというのが, 附とかいうような, 附とかを一度拝見, 附とが明瞭に, 附としての出張である, 附とつぱこのお汁三番叟の吸, 附ども晝夜嚴重に番, 附ない旨い物だ, 附なさりたくって, 附なしの手紙, 附なすつて, 附などと話を, 附などに注意を, 附などの警戒も, 附なるものを, 附なんかありませんよ, 附なんかは知りませんよ, 附なんざあこちらの言いなり次第にごまかし, 附なんぞが着られるもの, 附なんぞは今日の, 附なんて仰っしゃるのです, 附においても線で, 附における彼の, 附にのつてゐる, 附にまで出世した, 附によることに, 附に対する悲憤の, 附に従って記入せられる, 附に関する問題が, 附ご一緒, 附今日は, 附ばかりはその汚, 附みを, 附へと取って, 附への使者なども, 附ましょう私し, 附までには凡そ一ヵ月以上かかる, 附までも記して, 附やったか覚え, 附よく真白な, 附よりは寧ろその, 附よりも非常に, 附らしく元道氏, 附られし役目を, 附られた座敷の, 附られるのだ, 附りだが母, 附りで小勇の, 附る叱る心を, 附ろくには江見水蔭, 附ん者を頭, 附イタ故, 附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, 附イタポロシャツヲ着テ膝ノトコロマデノトレアドルパンツヲ穿イテイルノガ素晴ラシクスッキリト意気ニ見エタ, 附イタ何シロ早ク, 附イテアルカラ二三日ソノ生霊ヲハナサナケレバナラヌ故金五両ホドカカルト云ッタカラ, 附イテ来タガ走リ方ガ速イノデ, 附イテ来タノデ一向, 附イテ来ルナラ別ノ箱ニ乗レト云ッテヤル, 附イテ来給エ五分カ十分デ直, 附カズソノ時オレガ本家トハ心安イカライロイロナダメ, 附カズバ大ナル, 附カヌカラ此様ノ法外, 附キ従ヒ奥州ヨリ此山中ニ来リ盗賊ヲ業トシテ年月ヲ経過セシニ, 附キ添ッテ貰イ酸素吸入ノ用意, 附今ヨリ, 附ケサセヌ毎日毎日アバレ散ラシタラバ, 附ケタカラオレガソバノ刀ヲ取, 附ケタカラ壱人モオレニ刃向ウ者, 附ケタガ世間デ岡野ト云ウト, 附ケタガ彼女ニ依レバ, 附ケテヤッタガソレカラ地面ウチノ地借ガ九軒有ッタガ, 附ケテヤルシソノ後江雪ガ女郎ヲ引受ケ連レテ, 附ケテ仲間中ヘ借, 附ケテ居ルカラ少シモトンチャクシナイデ, 附ケテ稽古事デモ出来ル様ニシテ馬迄買ワシ, 附ケテ行カネバナラナイ道ニ於テ独立ヲ固執スルノデハアルガ, 附ケナイ朱墨ヲ塗ルノハ君, 附ケモノヲ致シマシタ即チ財政整理, 附ケルマデ遠ザカッテイルノヲ賢明ダト信ジタノデス, 附ケロト云ウカラ直グニ林町, 附ケ時間ガ餘レバ読書ナドスルガ午前中ヲ日記ニ費スコトガ, 附ケ目デアル, 附ケ睫ヲ着, 附シテ未ダ公刊ニ至ラザル時, 附シ力ヲ無用, 附シ即時本人又ハ保証人ヨリ弁償スベシ, 附スルニ開墾出来ルヤト御尋, 附スルノ要ナシ, 附ス志姓ヲ給ハランコトヲ願ハバ, 附セザランコトヲ企ツルト共ニ獨逸ノ投資, 附タル服ヲ着, 附ッ切りゆえ参る事, 附出シテヤッタラ悦ン, 附ナイフみたいに錆, 附ニ来タソノヨウナ小量デハ江戸ノ修行ハ出来ヌトイッタラ, 附ニ行ッタラソノ時オレガ思ウニハ九州者ノ二三年先ニ江戸ニ来タトイッテモ, 附総入レ歯, 附フクシ大尉はダンケルク方面, 附ホテルの七階, 附つくれば, 附一封とこれ, 附一日も早く, 附一軒残らず一夜, 附一通と共に明後九月九日, 附七人お小人目附六人, 附三十四枚の大, 附上ってなりません, 附上りまさ癖になります, 附上る本当に憎らしい, 附上る言分最早何, 附上下同時服, 附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 附上下格奥勤であつ, 附上村良平の妻, 附下目附足軽小頭に足軽, 附不足といふところ, 附並びにお短刀, 附並べて私, 附中井半左衛門方, 附中川半左衛門, 附中川犬塚の手, 附品々御, 附ありて, 附二枚が今, 附二里ほど曳き, 附井上筑後守から商館破壊, 附人らを処刑, 附人一人の實費, 附人殺し夜盜等の數自分, 附人細川兄弟である, 附人輩川口にて蜈蚣船, 附人間の起原, 附人鳥井利右衛門と闘っ, 附仏法の外道, 附仕草などの参考, 附代ゆゑ御直參同樣, 附以上のもの, 附会社の社長, 附伯耆守の宅, 附位置にまではゆけた, 附候亀甲万一樽もはや相, 附候趣虚実ニ不拘, 附倦んだものだ, 附元中九年八月二十六日より遠く, 附元気机の前, 附に落ち着き, 附入れたのを, 附兩脇に附, 附八百円で手, 附六人を従え, 附兼傅役として松寿丸, 附兼松三郎である, 附内閣は組織, 附冒涜は恐ろしい, 附出役を命ぜられた, 附列座で新規お抱え, 附前後不覺, 附留守居等召出されけれ, 附加えますと六郎氏, 附加えるべきものが, 附加え買って来る, 附勘當仕つり候其後一向に行衞相知, 附勤務を命ずる, 附十万円のバラック, 附卅餘人嬪妾の事, 附半襟の裡, 附即ち當時の, 附参上すると, 附近日中奥御, 附を並べ, 附へ行く, 附合いしましたがお, 附合いだということ, 附合いだったがこれ, 附合いではない, 附合いなら別段自動的, 附合いませんや, 附合い下さいと云われる, 附合い云うこと知らん, 附合い過ぎるので翁, 附合えばそれで, 附合えねえ肩書つきの, 附合させて頂く, 附合して居る, 附合つた事もあまり, 附合つた方がい, 附合ひで子供の時分, 附合ひで隨分遊びもいたします, 附合ひといふ奴がある, 附合ひなすつて, 附合ひも出來なくなつ, 附合わせていただい, 附合わぬ計りだ, 附合わねばならぬ, 附合五六軒はおや, 附合五六軒美人なきにし, 附合以上の附合, 附合家にゐる, 附合物が極まっ, 附合物見遊山などに耽り, 附合給へ, 附し蟻集, 附同心女狩右源太と申します, 附同心小人の士分, 附名称の起原, 附和者流に至っ, 附のささやき, 附器物の起原, 附国之を中国, 附圖室町末期の日本全土, 附土屋六郎兵衞下馬より駕籠, 附土屋六郎兵衞殿縁側には目安方, 附土鍋蓋無土鍋, 附地蔵といい, 附下に, 附坑夫になれ, 附の六棟, 附堺発のビレラ, 附墓地の荒れた, 附売りの小僧, 附莨袋を, 附大嫌ひだわ, 附大沼又三郎, 附大目附の役, 附大蔵省証券を発行, 附奥勤被仰, 附女房のお姫様, 附安藤帶刀直次並に瀧口豐後守, 附宗門改となり, 附の連山, 附宛行十四人扶持被下置, 附家屋で東京, 附寄合組に入っ, 附寺社奉行勘定奉行町奉行と来, 附専務のよう, 附小人目附等に手附, 附小倉の馬乗袴, 附小役人格に被, 附小生だった私, 附尚々父親の, 附屬博物館構内の柵, 附屬又は結合, 附屬小學校の二三年生, 附屬文學は即ち, 附屬會堂があつ, 附屬東洋語學校支那語科に, 附屬法の議事所, 附屬物一式揃つてゐたら五百兩, 附屬病院なので, 附屬神或は眷屬神, 附屬致され後年御世, 附屬舍宅のやう, 附屬部の方, 附屬館のある, 附岩淵町大字袋字峡通りの類, 附工合腰から膝, 附から一間隔て, 附帶セル社會革命説ヲ奉, 附平岡唯八郎井上又八使之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 附年八百九十六円七十銭一ヶ月七十四円七十二銭ということ, 附幾人などと記し, 附店員心得のこと, 附と願った, 附庸山村氏に仕, 附庸從屬の關係, 附廻して同じ, 附廻す琥珀の, 附弓気多摂, 附強盗の帳元, 附役人の知る, 附役伊達主水, 附役所に呼び出され, 附役百石比良野助太郎妹翳として届けられた, 附役竹中采女正に宛てた, 附後三年ならざるに, 附徒士頭十五番組水野采女の指図, 附御家従へ罷, 附徳利だとか, 附応接室で彼女, 附さるべく, 附成瀬隼人正正虎, 附我身のかひ, 附手代といったよう, 附手代威儀嚴重に控, 附手紙を四谷, 附して, 附拍子を打ってる, 附袴腰帶脚絆で, 附指物帳鉄砲改に転じた, 附振売りに来た, 附揚げをしよう, 附文位はされよう, 附文標準語に当惑, 附文芸これで解る, 附文貧の盜みと言, 附方つてあるものぢ, 附方物に満足, 附日荻のはこし, 附明るい笑いどこか, 附易き天井裏に, 附時代から最近, 附時田肇に岡野小右衛門, 附智久々里大井岩村苗木なぞの美濃, 附したアルト, 附には堀達之助, 附最後の事, 附會假託大半に居り, 附會説ありまだ, 附などと其の, 附比し遂に, 附服忌令分限帳改となり, 附朝刊には論説, 附木ぢやあんな, 附木ッパのよう, 附木一つ買い取るのに, 附木一枚を手形がわり, 附木札にし, 附數は, 附来る事遅き, 附松本助之丞, 附板材や樽, 附を一周, 附を剪, 附の方, 附根あたりで急, 附格式相当の葬儀可, 附棟梁で近頃, 附椅子に用, 附権中納言経房の, 附次第でどう, 附武官シップレイ氏の夫人, 附行く振捏, 附段別の増減, 附も弘前, 附気持い, 附永井亀次郎久保田英次郎西丸小人目附平岡唯八郎井上又八使之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 附といっ, 附洋服やネクタイ, 附洋杯だの金, 附浅草御門橋を越し, 附りして, 附添いおりたる者又は, 附添いしては眼, 附添いしなくてもお, 附添いするからき, 附添いで居た佐川民弥という, 附添いまして江戸, 附添い下されば結構, 附添い駈出でて永田町, 附添えたかのごとく解する, 附添えたいのは, 附添え行く者あり, 附添さへある, 附添たちが慰め, 附添つた玉野玉江と云, 附添つてケエラに歸, 附添つてテニスやダンス, 附添つて差支へない, 附添つて彼は立つ, 附添つて彼女を家, 附添つて木を刻ん, 附添つて行つた三千兩の小判, 附添つて行つた時その子, 附添つて行列に加, 附添つて鎌倉町の源太郎, 附添つて面倒をみる, 附添つて鵠沼にいつ, 附添つて默りこくつて控, 附添のが野暮, 附添ひもなくひとり, 附添わせて箱根, 附添わないしまた, 附添われた最初の, 附添わんと青葉, 附添イノ婆サンヤ佐々木ハ顔色ヲ変エタガ, 附添下向せんと, 附添且又打撲為養生温泉行御聞済, 附添中の老, 附添乍ら堤をさして, 附添人たちの庶民的風體, 附添人二人と穏坊, 附添人用の組立式, 附添人看護婦などがうずくまる, 附添人等の呑気, 附添人達の食堂, 附添使丁憲兵隊長以下は二台, 附添勘定上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 附添原澤村へと急ぎ, 附添參りたる, 附添同士話して, 附添夫たちもちよつと, 附添夫五人が総がかり, 附添夫達は右, 附添女も親族, 附添婆さんから夕飯, 附添婦さんなども来, 附添役になりました, 附添手先の者, 附添本官と呼ぶ, 附添福崎が静, 附添虎井夫人です, 附添行那の門, 附添警固なし駕籠, 附添郡代の白洲, 附添食費を浮ばせる, 附のお母さん, 附に遭, 附火木の火一ツ, 附火道具がなさ過ぎた, 附やら朱書, 附点選抜を以て糊口, 附筋儀を, 附無表情な顏, 附焼きにし, 附焼他ノ三人ハ鮎, 附焼刄だが, 附焼十箇を, 附焼鰻の天窓さ, 附燒刃的のもの, 附爪哇駐在の阿蘭陀ゼネラル某, 附片口擂鉢水差何でも揃える, 附牧師たりし, 附物ぢやなかつた, 附が果して, 附狂言作者以外の脚本家, 附玉屋の紅, 附て升柄, 附申やう土屋六郎兵衞殿の申付, 附申進候爰許其後指たる義, 附町奉行にさえも一目, 附畑十太夫と竹内数馬, 附は滑る, 附発行人の一人, 附百フランで置い, 附百石岩田十大夫女百合として願済, 附なるもの, 附益せられて來, 附益竄入訛誤などの, 附盜賊改めの組與力笠原粂之進, 附盜賊改め小出兵庫樣御手へ召捕れ, 附盜賊改め役奧田主膳殿組の與力同心, 附盜賊改め役小出兵庫樣の御, 附盜賊改め役小出兵庫殿へ掛合, 附盜賊改め組與力笠原粂之進と云, 附目明の類, 附目附を掛員, 附直参じゃがちと, 附眉毛や含み綿, 附眼瞼の薄い, 附眼鏡を向け, 附て来る, 附着いたままで居る, 附着き合ったり押し合っ, 附着けたらしいかも知れません, 附着けるんだ, 附睫毛をこし, 附知村あたりからも人足, 附短刀を奪, 附石坂清三郎評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 附にこれ, 附礼服が一, 附稲生下野守から書附, 附稼業であつ, 附立てがどことなく, 附立合にて留役衆吟味書, 附立書と云, 附立病院へ林長二郎, 附竹中に宛てた, 附に手附, 附等警固なし其の, 附へて越前守, 附及び附荷, 附と板締, 附紛失の屆, 附絡うのは卑劣, 附絡つてゐるんで, 附の袴, 附の巻上ッ, 附纏いまたは新た, 附纏うた界隈の, 附纏わらせないものは, 附纏われ困っている, 附纒い通しの有様, 附纒うたに相違, 附纒つた功名心は實質, 附纒つてゐる, 附纒ふたとて晴れ, 附羽二重小袖献上博多白地独鈷の角帯, 附羽織袴なぞ取出し, 附老中の出馬, 附而已に候, 附肩附歩行く振捏, 附働自転車一台を, 附至極の儀, 附茶屋の主人武田屋馬平, 附をとっ, 附荒木十左衛門殿お使番久永内記, 附御救, 附萬端姫樣といはれる, 附落ちになつ, 附と瓜, 附へ運動, 附すると, 附から採った, 附表看板等の下絵, 附はづれ, 附見たいなものと, 附い敵討出立, 附親町野は恐く, 附親等が, 附記せられたのである, 附記せる文を, 附読売新聞より, 附穆王之後以雪僞古文之, 附警固して, 附豊かなお上さん, 附象嵌等がある, 附の上絵, 附足下の名, 附足軽小頭に足軽, 附足輕目附等警固なし其の, 附の外, 附軍刀の贈, 附軍医ハンス・シュタムラアの報告, 附載されてある, 附載すべきものが, 附になつて, 附込まうとも, 附込まれ遂に母, 附込み問落せば, 附込み所で世の中, 附込むところでした, 附込んだ魚を, 附近いよいよ炎, 附近辺まで遣られまし, 附造りの築城, 附連署の証文, 附道具で何, 附が急行, 附郵便貯金の事, 附郷義弘の短刀, 附配りにも狂言, 附醫員として血氣二十六歳, 附野山市十郎松田勘解由等立合にて一同呼出し先天一坊, 附金三銅が貧乏書生, 附金五兩を引去, 附金五十両やつて, 附金時計をさげ, 附金見本の意, 附金飾りのついた, 附釘抜の製造, 附鉄砲の林立, 附際こちらからのよう, 附隨セル名稱ハ未ダ其跡, 附隨物と見, 附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, 附に並べ, 附お納戸役川添富, 附額面仕立ニテ高サ一尺八寸, 附顔色に体, 附願いからやり直さね, 附願タルニ語ヲ左右ニシ指令モ下附セズ, 附の入った, 附類悴徳へ著用為仕度, 附風情が何, 附食器を多数, 附飾物となっ, 附のこれ, 附驥情孤歳在辰, 附高名寄帳なるもの, 附髷前髪の添毛, 附の類, 附恰も生木子, 附鳥巣彦四郎を添, 附麻上下被下置, 附鼻附の緊