青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「飛騨~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

飛び込ん~ ~飛ぶ 飛ぶ~ ~飛ん 飛ん~ ~飛んだ 飛んだ~ 飛行~ ~飛行機 飛行機~
飛騨~
~食 食~ 食い~ ~食う 食う~ ~食っ 食っ~ ~食った ~食べ 食べ~

「飛騨~」 1026, 10ppm, 10815位

▼ 飛騨~ (459, 44.7%)

31 高山の 19 山の 16 国の 14 高山へ 9 平湯の, 高山は 8 国へ, 国を, 方へ, 高山まで 7 国に 6 高山に 4 国は, 山中へ, 平湯が, 平湯を, 高山から, 高山で

3 [12件] 國へ, 山中に, 山中の, 山奥の, 方から, 方面へ, 旅の, 高山, 高山と, 高山までは, 高山も, 高山を

2 [23件] 名匠の, 国で, 國に, 地で, 地などへ, 山々から, 山では, 山脈を, 山越を, 牛蒡種のみは, 牛蒡種は, 空に, 蒲田に, 農家が, 農家は, 郡代の, 高山が, 高山では, 高山という, 高山には, 高山乞食の, 高山越, 鳥

1 [210件] ある山家辺僻, うつむいて, さか, たくみの, まるい右肩, ものは, オオヒトの, タクミが, 一部越中の, 三方崩れ, 三隈川の, 上宝村において, 丹生川の, 久々野に, 人々が, 人たちと共に, 人は, 人夫に, 仕事の, 位山は, 冬は, 動搖は, 勝景中山七里の, 匠が, 匠や, 参詣者は, 古い歴史, 古川地方に, 吉城郡坂上村巣の, 唐谷の, 商人が, 四年あまりは, 国あたりから, 国から, 国が, 国だろう, 国でも, 国との, 国にも, 国より, 国人は, 国内では, 国内に, 国司姉小路宰相中将が, 国司姉小路秀綱卿が, 国境という, 国幣小社水無神社は, 国第, 国見ゆ春の, 国解に, 国越え, 国錐大明神と, 国雪の, 国高山の, 國だらう, 國の, 地に, 地へ, 境なる, 大匠, 大家族主義, 大小の, 大森林, 奥から, 奥の, 奥ふかく, 奥へでも, 奥地や, 奥山で, 宮司をも, 宮川で, 宮川と, 宮川の, 宮村から, 宮村までは, 宮祭りの, 寂しい旅以来, 山々は, 山々へ, 山々も, 山々や, 山々を, 山で, 山とは, 山への, 山まで, 山を, 山中, 山中あたりから, 山中で, 山中まで, 山中を, 山人は, 山国の, 山国へも, 山奥へ, 山奥まで, 山家に, 山家まで, 山岳王オースチン老師の, 山村の, 山脈が, 山脈の, 山街道とが, 山谷を, 山里は, 峠路を, 工で, 工として, 工匠なし, 工匠の, 平原を, 平湯という, 平湯へ, 平湯行こちらのは, 平湯行に, 平湯行一つは, 御大名, 怪, 方で, 方は, 方まで, 方面まで, 旅から, 春, 木地師の, 民は, 水無神社は, 水無神社宮司として, 水無神社宮司を, 涼しい秋, 清見村有巣などは, 漁師は, 瀬戸村には, 煮え切らぬそぶり, 燒嶽で, 牛丸摂津守の, 牛蒡種が, 牛蒡種て, 牛蒡種と, 牛蒡種という, 牛蒡種に, 牛蒡種に関する, 牛蒡種の, 牛蒡種のみが, 牛蒡種を, 猿の, 生れ名は, 生活は, 畚渡しは, 白山つづき, 白川などでは, 白川などに, 白川などは, 白川の, 白川村あたりにも, 白川村に, 白川郷という, 白水谷の, 白骨温泉とも, 益田川の, 益田川流域に, 益田郡馬瀬の, 硫黄岳遠くの, 秋は, 秋風に, 称ある, 竹原村の, 籠渡しでは, 細工であった, 翁とは, 翁の, 若者は, 若者も, 荒城郡を, 萩原の, 萩村は, 蒲田から, 蒲田温泉へ, 蒲田谷から, 話へ, 谷を, 豪族姉小路大納言良, 農家という, 辺鄙な, 連峯を, 連峯をも, 遠山の, 郡代として, 都高山町へ, 釣り旅は, 鉱山を, 門和佐川の, 顏と, 馬糞道, 高原を, 高原川, 高原川の, 高山あたりを, 高山あたり笠ヶ岳の, 高山からじゃ, 高山くんだりへ, 高山だ, 高山であろう, 高山でも, 高山どこへ, 高山や, 高山地方は, 高山生れの, 高山附近など

▼ 飛騨~ (57, 5.6%)

2 パンを, 噴きだした

1 [53件] あしもとの, うすい眉, うなづいて, うれしくて, えらいの, おどろいて, おのれの, おほつ, かたくなつてゐた, かなしく微笑んだ, きびしい顏, くるつと, こいつも, さう, すこしづつ, せまい病室, それを, ためら, なんでも, ひきとめて, ひくい額, ひそかに, ぶらぶら歩きだし, またすこし, むかしに, むりに, よろめいて, わざと塑像科, わびしくて, 一年おくれた, 下々国と, 下々國と, 医者と, 博識ぶつた, 名に, 名の, 外套を, 大きいからだ, 安心し, 山国であり, 山奥の, 思ひ直して, 恐縮し, 應じた, 手持ちぶさたげに, 氣取つてる, 炭火の, 眞野へ, 着物の, 長い髮, 隠れぬ渡り鳥, 難処, 馬鹿だ

▼ 飛騨山脈~ (37, 3.6%)

2 の大, の槍ヶ岳

1 [33件] がプラチナ, が平均三千米突, でいえ, でも赤石山系, となす, となる, とは地質構造, などと小さい, に至る, に足, に限る, のみに限られ, の一部, の中, の主脈, の割れ目, の同名, の水系, の立山, の総称, の諸, の雪, は今日普通, は凡南十度西, は加藤理学士, や近く, よりは概して, をながめた, を北アルプス, を意味, を縦断, を観る, を選び

▼ 飛騨~ (33, 3.2%)

2 の使い, は

1 [29件] が伜, が帰国, が来, である, とか山本山入, と云, と伊達兵部, と弾正, などはむらさき, にあげられた, に相談, のよい, の使者, の供, の兵士長原孫右衛門, の出ばり, の室, の家来, の屋敷, の年寄衆, の弟, の御前, の手, の藤原辰忠, は袂, も, も自分, も討死, 直与

▼ 飛騨~ (22, 2.1%)

1 [22件] けむに, しよげ, もてあました, ゆり起した, 南へ, 取らねば, 取らんと, 取ること, 取るの, 取るよりも, 定むるのが先, 定めて, 山奥の, 押えて, 押えるの, 旅し, 目指して, 知らない半蔵, 越えて, 閑却した, 離れる二年, 領する国司大名

▼ 飛騨~ (21, 2.0%)

3 信濃の 2 小菅が

1 [16件] いえば, それから僕, だ, 並んで, 云えば, 今は, 信州とは, 同じく川上, 大議論, 小菅と, 小菅は, 木曽と, 美濃と, 美濃の, 肩を, 越中と

▼ 飛騨~ (20, 1.9%)

2 行くとて

1 [18件] お世話に, かけて, かけての, なにか, 下りたこと, 下る岐, 入って, 入る第, 出ようとして, 向かいたいと, 向かうという, 抜けようとの, 行った人, 越して, 越すの, 軍を, 通ずる一筋, 降りる時

▼ 飛騨~ (19, 1.9%)

2 面しては

1 [17件] いるころ, いるとき, せよまた, とつて, 一身両面の, 入る, 入れる会所, 莨の, 見せた, 越える野麦峠, 越え更ら, 越す予定, 跨って, 跨つて, 跨る, 銀山が, 靡けば

▼ 飛騨から~ (18, 1.8%)

2 信州へ

1 [16件] ここへ, 中尾峠を, 五箇山を, 供の, 信州側に, 出奔し, 帰って, 帰国の, 東京へ, 牛を, 能登, 越中への, 越中を, 越中路へ, 送って, 隣りの

▼ 飛騨行き~ (16, 1.6%)

2 を天

1 [14件] については多吉夫婦, については恭順, にどう, に彼, のおくれる, のお父さん, のこと, のしたく, の話, の遅れる, はこれ, は確定, まで延び, を機会

▼ 飛騨~ (13, 1.3%)

3 小菅も 1 かうして, そのかくされた, だいたい同じ, はしやぎだした, またさうで, また葉藏, ソフアから, 眞野も, 立つたま, 行け

▼ 飛騨~ (12, 1.2%)

2 にて白雲居, の地頭職, の樹林 1 では高山, で小, に物学, の, の住人日本, の作人菊松

▼ 飛騨~ (10, 1.0%)

1 できたもの, ホラと, モノグルイ備中でも, 上宝村を, 何, 八月バナという, 得られた事実, 焼米を, 猴神を, 蕨粉の

▼ 飛騨信濃~ (9, 0.9%)

2 を縄張り 1 の國境, の山中, の白骨, の諸国, の高山, ノ三国境ハ, 及び越中

▼ 飛騨~ (8, 0.8%)

1 それほど感激, ですか, 之有る, 含まれます, 来たか, 濡れた外套, 警察から, 警察へ

▼ 飛騨では~ (8, 0.8%)

1 この二つ, ヒナタとも, モチと, 何と, 元は, 大工仕事に, 宿儺が, 牛蒡種との

▼ 飛騨~ (8, 0.8%)

1 からの風, から信州側, から登つた, の北平, の急, の雪渓, の頂上, を巻く

▼ 飛騨~ (8, 0.8%)

2 の質屋鎖 1 から, から廻し, の案山子, の菊松, の谺, の鞘

▼ 飛騨一国~ (7, 0.7%)

1 に噂, の代官, の守護, の小石, の物産, を切り従え, を預る

▼ 飛騨には~ (6, 0.6%)

2 もう雲 1 今も, 大きな鉱山, 大きな鑛山, 海が

▼ 飛騨~ (6, 0.6%)

1 が, と同じく, のうつ, の如き, の存在, は弘仁

▼ 飛騨地方~ (6, 0.6%)

1 では白痴, では蓑, にまで及ん, の人たち, の有志者, へかけ

▼ 飛騨~ (6, 0.6%)

1 から越中越後, に近い, の方, の槍, の稜々, を固め

▼ 飛騨~ (6, 0.6%)

2 が多く, が流れ, は皆色

▼ 飛騨~ (6, 0.6%)

2 から多少 1 かな, というの, といふの, へ降り

▼ 飛騨という~ (5, 0.5%)

2 ような 1 ところへ, 山国へ, 山岳国の

▼ 飛騨山中~ (5, 0.5%)

1 で道, の冬, の夏時, の寒い, の電信局

▼ 飛騨~ (5, 0.5%)

2 の峡谷 1 というの, と誰, と誰か

▼ 飛騨判官~ (4, 0.4%)

2 の伝記 1 というの, の兜

▼ 飛騨街道~ (4, 0.4%)

1 の一つ, まで来る, も一目, や小

▼ 飛騨~ (4, 0.4%)

2 と銘 1 で北国筋, で松本

▼ 飛騨にも~ (3, 0.3%)

1 いたそう, 日向にも, 跨がる

▼ 飛騨判官朝高~ (3, 0.3%)

1 という人, という人物, という武将

▼ 飛騨守景親~ (3, 0.3%)

1 も, を説き, を説くであろう

▼ 飛騨守様~ (3, 0.3%)

1 のお, のお供ウ, より五つ半

▼ 飛騨守殿~ (3, 0.3%)

1 へも御, も少, 大番頭松平采女正殿設樂河内守殿御目附

▼ 飛騨方面~ (3, 0.3%)

1 から金森飛騨守, に迷いこん, へかけ

▼ 飛騨~ (3, 0.3%)

1 の一区劃, の山, 第一

▼ 飛騨からの~ (2, 0.2%)

1 便りも, 若者と共に

▼ 飛騨でも~ (2, 0.2%)

1 ことに牛蒡種, 大豆を

▼ 飛騨との~ (2, 0.2%)

1 国境の, 往還に

▼ 飛騨とは~ (2, 0.2%)

1 おのずから天地, ソフアに

▼ 飛騨なんて~ (2, 0.2%)

1 小っぽ, 小つ

▼ 飛騨まで~ (2, 0.2%)

1 入って, 訪ねて

▼ 飛騨~ (2, 0.2%)

1 美濃の, 越中では

▼ 飛騨より~ (2, 0.2%)

1 借りて, 越前に

▼ 飛騨入り~ (2, 0.2%)

1 から大秀死歿, を以て境

▼ 飛騨~ (2, 0.2%)

1 などの手配, へ逃

▼ 飛騨守さま~ (2, 0.2%)

1 から拝領, へ笛

▼ 飛騨守どの~ (2, 0.2%)

1 がお, はなんと

▼ 飛騨守宗冬~ (2, 0.2%)

1 である, などより気性

▼ 飛騨守氏郷~ (2, 0.2%)

1 この処, といえ

▼ 飛騨守重行~ (2, 0.2%)

1 という者, と往復

▼ 飛騨山越~ (2, 0.2%)

2 の間道

▼ 飛騨生活~ (2, 0.2%)

1 の形見, の間

▼ 飛騨美濃~ (2, 0.2%)

2 あるひ

▼1* [121件]

飛騨あたりの奥山, 飛騨あるものは, 飛騨信濃へ, 飛騨かの方面へ, 飛騨きっての歓楽境, 飛騨さんあなたも, 飛騨しなの高根, 飛騨ぜ, 飛騨だけあって, 飛騨だって車窓から, 飛騨での経験は, 飛騨といふ詞は, 飛騨とが證人として, 飛騨とを限る連山, 飛騨なぞとはちが, 飛騨などというこんな山国, 飛騨などには最も多く, 飛騨などの歩荷と, 飛騨においてしかもさらに, 飛騨にかけて芋殻すなわち, 飛騨にかけてはこの日, 飛騨にとつては, 飛騨にのみ認められるの, 飛騨にわたる不平どもも, 飛騨はけふむかうへ, 飛騨ばかりの特有では, 飛騨への交通路に, 飛騨へは富山の, 飛騨へも鮎釣りの, 飛騨までも末広がりの, 飛騨みたいなよい, 飛騨よりも更になにやら新しい, 飛騨をも度外に, 飛騨一体にその, 飛騨一円に伝わり, 飛騨一円当時変ったこと, 飛騨一円当時変つたこと, 飛騨三河信濃の国々, 飛騨丹生川谷では稗, 飛騨伊賀越後に領地, 飛騨信州などの山, 飛騨信州路の山脈, 飛騨信濃境の山々, 飛騨信濃陸奥そのほか, 飛騨先方衆や椎名四方介, 飛騨入り後に出来た, 飛騨出身の押上中将, 飛騨加賀の国, 飛騨吉城郡と隣り合った, 飛騨とふたり, 飛騨国内に達し, 飛騨国吉城郡神宝の山奥, 飛騨国境の蟹寺, 飛騨国大野吉城益田の三郡共有地, 飛騨国大野郡国幣小社水無神社俗に一の宮, 飛騨国大野郡辺りにてこのごろ流行, 飛騨国猿神生贄を止むる, 飛騨国邇翁御許邇在来時汝奈何伝此事不勤, 飛騨国高原川の上流, 飛騨にとつ, 飛騨守ら六人が老中酒井雅楽頭, 飛騨守信房のお供, 飛騨守公から父小左衞門, 飛騨守呼応して, 飛騨守奥田宮内などに取り巻かれ, 飛騨守宗茂は七十二歳, 飛騨守御牧三左などの諸, 飛騨守御牧三左衛門荒木山城守四方田但馬守村上和泉守三宅式部そのほか幹部たち, 飛騨守松平壱岐守等以下の二千余騎, 飛騨守樣御家中岸本誠太郎妻初とな, 飛騨守殿仕立は雨, 飛騨守浅野弾正などが寄りあっ, 飛騨守石河東市正志水甲斐守歴々年功の家来, 飛騨守藤原辰忠上野介藤原厚載武蔵守高向利春, 飛騨守賀藤弥三郎の五騎, 飛騨守長井新八郎新五郎の兄弟, 飛騨守長谷川橋介それに小姓, 飛騨宕井戸村山王宮は田畑, 飛騨宮村の神代踊り, 飛騨富山などおりある, 飛騨富山金沢地方へかけ, 飛騨小町と謳われる, 飛騨尾張三河遠江駿河伊豆甲斐信濃の九ヵ国, 飛騨山中四国の祖谷山中, 飛騨山中四國の祖谷山中, 飛騨山脈一體を眺め, 飛騨山脈中の最も, 飛騨山脈南部などでは硫黄岳, 飛騨山脈木曾山脈赤石山脈八ヶ岳山脈などの名, 飛騨山脈高瀬の谿谷, 飛騨川原で落人狩, 飛騨左手は甲斐, 飛騨時代以来の, 飛騨景経内蔵頭信基左中将清経また幼少年, 飛騨有志あてに一筆, 飛騨木曾赤石等を含む, 飛騨というあたり, 飛騨水無神社の宮司, 飛騨焼岳の頂上, 飛騨にきまっ, 飛騨白川から裏日本, 飛騨益田郡竹原村大字乗政字初矢峠, 飛騨紀伊其他に老人, 飛騨臭いという顔つき, 飛騨行き以来半蔵は家政一切, 飛騨行く路は, 飛騨訛りがそう, 飛騨などを調査, 飛騨越中加賀へかけ, 飛騨越中越後辺の日本アルプス帯, 飛騨越後路甲州筋諸国の深山幽谷, 飛騨路一帶から登つて來, 飛騨踊りをし, 飛騨辺りでは, 飛騨近江越前加賀讃岐の諸国, 飛騨も謂, 飛騨な背板, 飛騨風俗江戸を出, 飛騨高原川の支流, 飛騨高原川沿道を河内路, 飛騨高山中教地にて詠める