青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「飛び出し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~風情 風情~ ~風景 風景~ 風流~ 風習~ 風邪~ 飛~ 飛び~ ~飛び出し
飛び出し~
~飛び出した ~飛び込ん 飛び込ん~ ~飛ぶ 飛ぶ~ ~飛ん 飛ん~ ~飛んだ 飛んだ~ 飛行~

「飛び出し~」 2169, 21ppm, 5501位

▼ 飛び出し~ (1846, 85.1%)

108 来て 91 来た 50 来たの 49 行った 32 しまった, 行って 27 きて, しまいました 24 いた, きた 20 来る 18 いった, 来ました 17 くる 16 來た 15 しまったの 13 見ると 12 しまひました 10 いって, しまつ, 来るの 9 來て, 来たが, 行く, 行ったの, 行つた 8 いる, きたの, きました, 来たので, 来たん, 行ったが 6 くるの, ゐた, ゐる, 来たもの 5 おりました, しまって, 來る, 行きました 4 くると, しまう, 庭の, 改札口へ, 来そう, 来るか, 行くこと

3 [19件] いったかと, いったの, いるよう, くるか, みた, 了った, 人を, 彼の, 来たと, 来た若い, 来ること, 来るよう, 東京へ, 私の, 私を, 行ったきり, 行ったこと, 行ったん, 門の

2 [77件] いて, おしまいに, お出でよ, お茶を, きたので, きた女, きては, くるかも, くるもの, くるよう, しまうの, しまったか, しまったから, しまふの, すぐに, となりの, どっかへ, みたが, みると, やろうかと, ゆく, ゆくと, ゐて, イギリス海岸へ, ホッと, 了ふ, 二人で, 京都へ, 何かの, 來ました, 俺の, 壁の, 声を, 室中に, 家に, 居たの, 廊下を, 彼を, 御殿の, 来い, 来たその, 来たため, 来たという, 来たやつ, 来た一人, 来た女, 来た自分, 来ては, 来ましたが, 来や, 来ようとは, 来るかも, 来るところ, 来るもの, 根岸の, 汽車に, 無一文朝から, 町の, 畑の, 番傘を, 知らぬ人, 神田の, 終夜海上に, 背中を, 行きましたが, 行きます, 行くの, 行ったもの, 行つて大きい, 行方を, 見て, 見ましたが, 赤坂の, 路ばた, 通や, 遠くへ, 面と

1 [847件 抜粋] あけては, あたりの, あっちこっちで, あとを, あの穴, あらあがつ, いきなりを, いきなり多摩川, いきなり相手, いきました, いくと, いこうと, いたかも, いたよう, いたろうね, いたん, いったその, いった時分, いった頃, いつか己れ, いやどうも, いるかも, いるから, いるという, いるは, いるもの, いる事, いる処, いる浅緑色, いる陣鉢山一二一三メートル, うね, うろうろしてた, えらい活動, おしまいなされた, おどり回ったという, おりからの, お玉の, お茶番, お蔭様で, がんりきの, きたかと, きたが, きたばかりの, きたもの, きたらおれ, きたり, きた何, きた天狗, きた奇怪さ, きた子供ら, きた当時十九歳, きた職工, きた野枝さん, きてから, きます, ぎらぎら光っ, くるけ, くるだろうから, くるでも, くるので, くるやう, くるやら, くる仕掛け, くる太吉, くる小さな, くれ, くれという, けさまで, ここへ, こっちへ, この音楽家, こようと, これは, さけぶ, さっと馬, さも嬉し, しかもやはり, しかも坑内, しまいたい, しまいましたが, しまうお, しまうこと, しまう始末, しまう様, しまったけれど, しまったと, しまった後, しまひます, しまふ, しまわれたの, じゃれて, すずめを, そこに, そこらを, そのままサザンプトン, その全, その場, その女中, その後とんと, その旨, その木戸, その老いぼれた, その足, その辺, その黒い, それから先生, それでも今度, それなり死ん, そ奴の, ちようど隣り, ちよつと, つるべによって, ときを, とにかく応戦, どうした, どこかへ, どんどん空, はねまわります, ぷつんと会話を, ぼんやり歩い, まあ蝋, まごまごし, まずその, まっすぐに, まんじ巴の, みたいよう, みたけれど, みたところ, みたものの, みました, みましたが, みようかと, むこう側, むんずと蚊, やった, やっと絵具, やにわに廊下, やるから, ゆかれました, ゆきたい, ゆくこと, ゆくの, わあわあわあわあ言, わあわあわあわあ言いました, ゐたつて心配, ゐたやう, ゐるやう, アアは, エスケープする, キョロキョロと, シューッと, トンボ返り, ドタンバタンと, バタバタと, ボシャンと, ロンドンに, 一散に, 一本指を, 万歳を, 三人の, 上京し, 上州から, 上手下手から, 上甲板に, 下駄を, 不意に, 両方から, 中隊からぞ, 主膳の, 乗せて, 乞食を, 了いました, 了う, 了つた何處かの, 了まった, 二ツ三ツ叩頭を, 二三羽づつ夕空に, 二度も, 井戸端の, 交番へ, 今たけなわ, 他の, 仲間を, 何を, 來ては, 來られる, 停車場へ, 先生と, 兩國へ, 其の夜, 冷たい風, 出さえ, 切り死に, 前よりも, 十中の, 十日の, 半丁程, 厩の, 参りこれ, 参りましたらおのずと, 友人の, 反吐を, 叔母の, 取抑えて, 口からは, 口を, 叱責する, 右往左往に, 同じ川, 君が, 呼びとめる京吉, 呼吸を, 哄と, 善い声, 喫茶店へ, 噛みついて, 四半丁ほど, 土だらけの, 土塀足場の, 地に, 地面に, 堤を, 墨染の, 外から, 夜に, 夜半近くな, 夢中に, 大きな聲, 大さわぎをすることはないじゃありませんか, 大次郎の, 大衆の, 大阪へ, 大騷ぎになつてゐた, 女として, 女の, 好きな, 姿を, 婦長の, 子供部屋の, 実兄の, 室の, 家を, 対面し, 小刀に, 小屋の, 尖端を, 居つたの, 居りました, 居る死人, 山姥に, 峰の, 崖の, 川面を, 巣に, 工場へ, 帰つた, 平次に, 幾度か, 床の, 店の, 廊下に, 弥次馬と, 彼らの, 往って, 待って, 後の, 心を, 応接間へ, 忠實な, 思い思いに, 思ひ切り芳, 急ぎ足に, 悪評を, 愉快であった, 戦争反対を, 扉の, 手を, 手負いの, 打ち据えると, 拳を, 挫折した, 控え室の, 撲り殺し死骸, 故郷の, 救つたといふ, 敵艦隊の, 斬りかけた者, 明るい蒼空, 映画俳優に, 景気よい, 暫く首, 最後の, 朝鮮に, 木に, 村の, 来たお, 来たかの, 来たくせ, 来たそこで, 来たとき, 来たところ, 来たならば, 来たひとり, 来たものの, 来たらいよいよ, 来たらしかった, 来たわしら, 来たタイピスト, 来た三人, 来た人々, 来た以上, 来た兵士, 来た十五六才, 来た姿, 来た宇治山田, 来た富五郎, 来た小, 来た少女, 来た数名, 来た文学少女, 来た正, 来た玄女, 来た男, 来た瞬間, 来た芳子, 来た青い, 来た頃, 来ちゃったの, 来てね, 来なきゃよかっ, 来ましたそれで, 来ます, 来ますし, 来やしたの, 来やしないかなあ, 来やすい, 来ようはず, 来られた白髪童顔, 来るだけの, 来るだろうと, 来るという, 来るのに, 来るやつ, 来る人影, 来る仕末, 来る少し, 来る素, 来んとも, 来次, 来踏み出した九十郎, 東京で, 柳の, 柳原の, 梅朝さんたちと, 楷子段を, 欄干の, 正勝の, 武州上州上総下総の, 歩いて, 残って, 母を, 気儘勝手に, 永遠の, 江戸へ, 河原を, 注進する, 済民の, 満身に, 演説を, 火事場を, 無我夢中に, 無茶苦茶に, 爛々たる, 父親に, 犬の, 犬死は, 独立で, 猟師が, 王様の, 田圃の, 田舎の, 甲高い音, 町人に, 留め役を, 畦道傅ひ, 目の, 直ぐに, 相手四人の, 真上の, 真向う, 石和まで, 石柱に, 磯の, 福岡の, 秀子を, 程近い, 空と, 突然足, 窒息させ, 立方的に, 笑ったり, 箱の, 紳士を, 絶叫する, 網の, 罵る, 義眼の, 聞き廻ると, 脇差に, 膝まで, 自分ながら, 自分の, 自動車の, 芝の, 芸者に, 苦も, 藍微塵の, 藤次郎の, 行かない場合, 行きたかった, 行きたがって, 行き兵馬, 行き憎い, 行くか, 行くくらい, 行くと, 行くまで, 行くわよ, 行く人, 行く徐上等兵, 行く様子, 行く用意, 行こうと, 行ったそう, 行ったむす子, 行った兄, 行った時, 行った男, 行っても, 行つたかも, 行つたのである, 行つてしまつたら, 行つてどちらかの, 行つて再び, 街の, 表の, 裏手で, 裏手の, 西北に, 見えたが, 見えなくなつたん, 見た, 見たり, 見た時, 見ようとして, 見るなり, 見るの, 見送った, 諸人を, 警戒の, 警視室の, 谷間の, 走り出した, 走る分, 跳ね狂い, 踊りの, 踊りを, 轢かれそう, 近所の, 追って来る, 逃げたんで, 逃げるでしょう, 通信事務員に, 道の, 避難した, 配電盤の, 酒の, 酒臭い, 重太郎に, 重苦しい教育界, 野面の, 長屋は, 門を, 間もなく何, 閧の, 陸地の, 階段を, 隠亡相手に, 隱し, 青く澱んだ, 頂きます, 飛びかかって, 飛んだ失礼, 食い逃げだ, 食べて, 馬の, 馬喰町の, 駈けて, 驚かすつもり, 高く舞い上がった

▼ 飛び出しそう~ (33, 1.5%)

3 になる 2 になっ

1 [28件] だ, なもの, な勢, な勢い, な姿勢, な心臓, な怒り, な時刻, な朱印, な様子, な武者修行, な気勢, な眼孔, な程, な陽気, な顔, にし, にした, にする, になつ, になりました, にもない, に光っ, に出た, に怯える, に目, に見えた, に見開い

▼ 飛び出したり~ (27, 1.2%)

4 した, して 2 すると, するので

1 [15件] あるいは不埒, したの, しなくっても, しやしないわ, するの, する気, それから洋服, ホテルでは, 厭やに, 山猫が, 庭の, 有名な, 血が, 野猫が, 鬱屈たる

▼ 飛び出してから~ (18, 0.8%)

2 吉次郎と, 路地の

1 [14件] お父さんは, まもなく繰り返し鳴い, モウ六年に, 余程時間, 十一年間新川の, 吉本屋も, 四半刻, 四半刻の, 方々を, 最初の, 此の方彼処此処と, 直ぐにまた, 諸所を, 間もなく道庵先生

▼ 飛び出しその~ (10, 0.5%)

1 うへ, 北一條通りを, 暮秋月川上喜多村一座の, 次に人間, 眼が, 筋は, 足で, 釣瓶の, 露台は, 飛び出したところ

▼ 飛び出しては~ (10, 0.5%)

1 あぶない, いけないぞ, ならぬこと, みたものの, れいの, 来ませんでしたか, 直ぐまた, 砂利道を, 薄汚い茶店みたい, 騒ぎ廻り

▼ 飛び出し~ (9, 0.4%)

2 しないか 1 したが, したものの, しない, しないかと, すまいか, せまいかと, 出たもの

▼ 飛び出しながら~ (7, 0.3%)

2 二時間も 1 またレックス, 何だ, 叫んだ, 金助の, 黒塗の

▼ 飛び出し~ (6, 0.3%)

3 うな 1 うだ, うに, うもなかつたが

▼ 飛び出しても~ (6, 0.3%)

1 この茶店, ほかに, 山は, 島田三郎等の, 心から行こう, 都合の

▼ 飛び出しさうに~ (5, 0.2%)

2 なる 1 しましたの, するの, 思はれた

▼ 飛び出してからの~ (4, 0.2%)

2 お弓 1 ことを, 銀造の

▼ 飛び出してを~ (3, 0.1%)

3 りました

▼ 飛び出しでも~ (3, 0.1%)

1 しそう, すると, 仕た様

▼ 飛び出し姿~ (3, 0.1%)

1 を消す, を隠し, 見えずなれり

▼ 飛び出し~ (3, 0.1%)

1 のあと, の眼界, の腕

▼ 飛び出しここ~ (2, 0.1%)

1 にも一切, まで見え隠れ

▼ 飛び出しこの~ (2, 0.1%)

1 人たちを, 東京に

▼ 飛び出しこの世~ (2, 0.1%)

2 の隅

▼ 飛び出しすぐ~ (2, 0.1%)

1 滝に, 滝にな

▼ 飛び出しそれ~ (2, 0.1%)

1 がまた, が一個

▼ 飛び出し再び~ (2, 0.1%)

1 さきの, 橋上の

▼ 飛び出し女優~ (2, 0.1%)

1 なんかになった, なんかになつ

▼ 飛び出し~ (2, 0.1%)

2 の前

▼ 飛び出し柳橋~ (2, 0.1%)

2 の手前

▼ 飛び出し~ (2, 0.1%)

1 はあ, もねお前さん

▼ 飛び出し近く~ (2, 0.1%)

1 にある, のおし

▼1* [154件]

飛び出しあっという間に男の, 飛び出しあてどなく, 飛び出しある雑誌の, 飛び出しいのちを賭し, 飛び出しいらっしゃいと言い, 飛び出しいろいろ手を, 飛び出しへを仰ぎ見, 飛び出しうしろに扉, 飛び出しおりから通りかかった, 飛び出しお母様のお腹, 飛び出しかたをした, 飛び出しかなだらい, 飛び出しがけの置土産, 飛び出しこっそりと長崎, 飛び出しさうなそんな気, 飛び出しさうにびつくりしたらしかつ, 飛び出しざぶざぶ海中へ突入, 飛び出しそして其処で, 飛び出しその間の凹地, 飛び出しそれきりその晩, 飛び出しそれっきりいくら待っ, 飛び出しそれ以来空俵となった, 飛び出したあいきょう者を見送り, 飛び出したちまち王子を, 飛び出しちやつたもんだから, 飛び出しついに月の, 飛び出してからは上方は, 飛び出してでも来たかの, 飛び出してといふん, 飛び出してへのへの, 飛び出しとてつもない臆説を, 飛び出しほおはど, 飛び出しまた足下から, 飛び出しまるきり平地の, 飛び出しみんなと同じ, 飛び出しならず怪しい, 飛び出しもうなんの, 飛び出しものめずらしそうに, 飛び出しどんなにびつくり, 飛び出しゆっくりと馬車, 飛び出しサムイサムイと大声, 飛び出しゼイゼイと息, 飛び出しトランプよして, 飛び出しドーブレクの邸, 飛び出しバクの顔, 飛び出し一晩中母を痩せる, 飛び出し三十になる, 飛び出し二つ三つ指図をし, 飛び出し二三歩追ってすぐ, 飛び出し互いに驚いたよう, 飛び出し五人のやくざ, 飛び出し京都駅行きの電車, 飛び出し以前の愛人, 飛び出し佐竹の寄席, 飛び出しの前, 飛び出し倫敦へ行った, 飛び出し兵部の娘, 飛び出し其の頃毎夜の, 飛び出し加減になつ, 飛び出し勝手口の方, 飛び出しひずるやう, 飛び出し千日前の安宿, 飛び出し蓋馬車へ, 飛び出し半夜を全く, 飛び出しを選ば, 飛び出し叫び曰ふ, 飛び出し同じ主人の, 飛び出しが手, 飛び出し吾家の方, 飛び出し呆気にとられ, 飛び出し命からがら逃げかえったそう, 飛び出し四人目の門弟, 飛び出し四方八方へ駈けだしました, 飛び出し土塀のところ, 飛び出し土幕杙を抜き取っ, 飛び出しの内側, 飛び出しを限り, 飛び出し夜更の町, 飛び出し夢中で街道, 飛び出し膽にも, 飛び出し大砲はそこ, 飛び出し大股に通り, 飛び出し大通りに駈けつけ, 飛び出しからはタカクラジ, 飛び出し奇妙な声, 飛び出し好きで飛び込ん, 飛び出し宿の二階, 飛び出し審判の制止, 飛び出し少なくともテーブル, 飛び出し山の手へかかる, 飛び出し山王下へ出る, 飛び出し左右から豹, 飛び出し市民の救援, 飛び出しでうろうろ, 飛び出し廊下づたいに主屋の方, 飛び出しもなく, 飛び出し彼女の手, 飛び出し思いきりひとりで, 飛び出し思う存分手足を, 飛び出し手足はやせ細り, 飛び出し撞球屋に案内, 飛び出しだと, 飛び出し日の出を見る, 飛び出し松永町の賭場, 飛び出し板の間で再び, 飛び出しの中, 飛び出し校庭に行った, 飛び出し残りの花, 飛び出しのこと, 飛び出し民弥は馬, 飛び出し永遠の婚礼, 飛び出し湯河原箱根をあるきまわり, 飛び出し満々たる自信, 飛び出し潜ぐって仕事を始めた, 飛び出し無我夢中で家, 飛び出し無闇に駈出し, 飛び出しが主人, 飛び出し玄関の方, 飛び出し用心深い仮面を, 飛び出し用意の手巾, 飛び出し番頭の幸七, 飛び出し盆蓙を掴む, 飛び出しの前, 飛び出し目的地へと急ぐ, 飛び出し相手の胸, 飛び出し社会運動の戦列, 飛び出し神泉を浴び, 飛び出し空家の表側, 飛び出し竹藪をかき分け, 飛び出し二の, 飛び出し線路を越え, 飛び出しもそれ等, 飛び出し肋骨は折れ, 飛び出し自動車の客, 飛び出し芸妓の福松, 飛び出し茶碗が飛び, 飛び出し荒い仲間と, 飛び出し菅笠をおっとっ, 飛び出しぼんやりと, 飛び出しからバナナ売り, 飛び出し親方はその, 飛び出しは曲がっ, 飛び出しでぼん, 飛び出しれ馳せながら, 飛び出し都会に運命, 飛び出しを飲ん, 飛び出しを出る, 飛び出しの女, 飛び出し階段を三段, 飛び出し雨戸の隙, 飛び出し音楽の修業, 飛び出し顔面は跡かた, 飛び出しのよう, 飛び出し騒ぎが大きく