青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「飛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~風呂 風呂~ 風呂敷~ ~風情 風情~ ~風景 風景~ 風流~ 風習~ 風邪~
飛~
飛び~ ~飛び出し 飛び出し~ ~飛び出した ~飛び込ん 飛び込ん~ ~飛ぶ 飛ぶ~ ~飛ん 飛ん~

「飛~」 3158, 30ppm, 3850位

▼ 飛~ (350, 11.1%)

3 いった, それを, 首を

2 [14件] くわっと口, ただ一人, 一策を, 彼の, 手を, 拝謝し, 持ち前の, 玄徳の, 眼を, 肯かない, 関羽を, 雲長の, 顔を, 馬を

1 [313件] あくまでも呂布, あとを, あなたを, あまり知らない, あやしんで, あれからも, いいながら, いかばかり喜んだ, いきなり腕, いく度も, いずこ, いつか張任を, いと無造作, いま瓦口関に, いよいよそれ, いよいよ怒り, いよいよ疑っ, うしろから, お供, かたはらいたく思った, ぐっと詰っ, ここに, ことに感情づよくなっていた, この優位, この呂布, この雲長, これを, さっき貰った叱, さながら岩壁, さもさ, しきりと, して, すぐりの, すこし眼, すこし酔う, すっかり悄気, すっかり無口, すでに呉, すばやく鞍横, そこに, そこらを, その二人, その体, その前, その図, その声, その後で, その後の, その母公, その鉄格子, その頃, その顔, それで莚, それと, それと共に, たちまち全, ちょっと羨ましい, ついこの間, ついにきかなかった, ついに巴城, つまらない顔, とびかかって, どこへ, なおさら苦し, なお一語, なお幾らか, なお面, なお馬鹿げた, はじめておれ, ひそかに, ひたむきに, ふいに, ふらふら母屋, ふりむきも, ほっとわが, ほとんどからかい, また, またも云い返す, また前, また玄徳, また逃げ, まだ酒, むかっとした, むしろ小気味よ, むずがゆい顔, むっと腹, もう二丈余, もう剣, もとより折角, もどかしと, やにわに矛, やめない, よけい赫怒, らんと, 一丈三尺まで, 一丈何尺という, 一丈青の, 一人の, 一場の, 一度市の, 一方へ, 一時ふくれ, 一歩進み出し, 一気にこの, 一言の, 丈八の, 三年の, 不平で, 不快きわまる如き, 中軍に, 丸揚げを, 乗ったる馬, 乗って, 乱打を, 二将の, 今さら面目, 今までも, 仔細に, 仔細を, 会うべきお, 何を, 何思った, 例によって, 例の, 先に, 兵と, 再び質問, 初て, 初めて知った, 前の, 剣を, 劉備の, 勅使を, 勇躍し, 動じる態, 千余騎を, 厳顔を, 反抗しかけた, 取囲む捕吏, 口を, 同じく千五百, 呉の, 呵々と, 命じた, 咎も, 哭きだした, 唾する, 喚いて, 喰って, 団扇の, 城外十里へ, 墻の, 壮健に, 声の, 変な, 外から, 大あくび, 大いにてれた, 大いに喜ん, 大きく嗚咽, 大のみこみ, 大口あい, 大得意, 大息つきながら, 大石を, 大股に, 大音, 大魚, 天下の, 夫人の, 奔馬の, 奥へ, 妻を, 子どもの, 孔明の, 小沛, 巴西から, 巴郡を, 帳を, 平等に, 平蜘蛛の, 床に, 床を, 引っ抱え, 引っ返すや, 張切って, 彼が, 待ちに, 待って, 後ろの, 後刻それが, 徹底的に, 心に, 志願し, 怒って, 怒りやまなかった, 怒髪天を, 悪いやつ, 憤然たる, 憤然誓紙を, 成都へ, 所謂る, 手がら顔に, 手具脛ひい, 投げとばす踏みつぶす撲りたおすあたかも, 指を, 振向いただけ, 敵を, 斬りこむよう, 断じて酒, 早く非命, 早速魏延, 時々そんな, 最前から, 月に, 望楼を, 東門に, 横へ, 横を, 横口を, 正面攻撃を, 歩むところ, 歩弓手, 歴史上の, 残る三分の一, 毛虫の, 江岸まで, 泣きながら, 烈しく奥, 牙を, 牛の, 猪の, 獅子を, 獅子首を, 玄徳へ, 玉座の, 理論家でない, 甚だよろこばない, 留守を, 疑いが, 眉まで, 眞鶴駐在所に, 眦を, 矢倉の, 知って, 石を, 突然酒杯, 竹を, 笑って, 笑わせて, 答えながら, 縄尻を, 聞いて, 聞えよがしに, 腰の, 自分の, 自然どうしても, 自身の, 若鶏, 蔭で, 虎が, 血しお, 血の, 見送って, 見送りながら, 言葉だけ, 豹の, 貴様自身じゃ, 足ずりし, 身の, 身もだえし, 身を, 軍を, 軍令を, 近頃また, 返事に, 追う, 部下に, 部下へ, 酒ばかり, 酒へ, 酒を, 鏡の, 門を, 門前の, 門前へ, 間が, 間もなく獄, 関羽に, 関門の, 限度を, 階を, 階下から, 雀躍りし, 静かな, 静かに, 面倒と, 鞭を, 頬髯を, 頭を, 顔色に, 首から, 馬の, 駒を, 驚いて, 驚愕し, 驢の, 驢を, 髯の, 魏延を, 黒漆の, 黙々とどこ, 鼻柱から

▼ 飛~ (267, 8.5%)

5 顔を 4 ふたりは, 前に, 首を 3 ことばに, そばへ, 姿が, 蛇矛は, 軍を

2 [20件] お大盡, すがた, はなしを, ふたりと共に, ふたりを, まわりへ, 一身に, 二人も, 声を, 大声が, 子張苞, 守って, 御哥, 手に, 手勢も, 眼に, 肩を, 與市と, 言を, 顔は

1 [195件] あたりで, あること, うしろから, うちの, お大尽, ここに, ことばは, ことを, ごときは, さわがしい性質, ため敗れ, つぶやきに, どこが, なすが, ふたりが, ふたりだけを, ふたりに, ふたりにも, ふたりへ, ふりまわす一丈八尺, ほうへ, ほか従者も, まえに, まえを, むすめ, もとに, ものと, やついい, やつまた, やつを, やつ何の, ように, らんらんと, 一つ手前の, 一命は, 一命を, 一喝に, 三人を, 三騎も, 下, 下にも, 両手を, 両翼を, 両軍, 乱暴を, 二の, 二人よな, 二名だった, 二豪傑を, 二軍を, 仇も, 備えに, 働きを, 先陣中軍が, 兵が, 兵に, 兵の, 兵は, 兵力は, 内室に, 刺青を, 前の, 剣を, 力も, 勇は, 勇馬超, 勢を, 双眼には, 名に, 名は, 命に, 命令が, 命令である, 命令です, 唇の, 国界に, 国界処々に, 圧倒的な, 堪忍の, 声は, 夜襲は, 大喝は, 大矛, 奇峡を, 奴の, 如きにまで, 如き匹夫, 妻に, 妻は, 姓を, 姿である, 姿も, 姿を, 嫡子張苞です, 子だ, 子は, 子ふたりは, 子よ, 子張苞に, 孫に, 宿に, 寝息を, 寝首を, 山上に, 引いたの, 形相が, 影は, 後ろを, 心は, 思い出ばなしを, 性質を, 恩に, 悪たれが, 悪口と, 悲壮な, 我ままにも, 戦法は, 手から, 手へ, 手勢が, 手勢と, 手勢に, 手勢一千は, 指さす所, 教練と, 時は, 暴を, 暴言も, 機嫌は, 次二十七手目六八桂で, 武力を, 武将も, 死であった, 深い渓山, 爲した, 狂躁を, 玉追, 界主峰奥岳の, 痩て, 癖として, 白馬とは, 眉前や, 真価を, 眼には, 眼は, 眼中には, 督戦も, 矛と, 石の, 礼を, 神通力なく, 策には, 縄を, 罪も, 義兄弟が, 耳にも, 肩へ, 肱を, 背を, 腕く, 腕に, 腰の, 蛇矛などが, 蛇矛に, 蛇矛には, 蛇矛を, 誤解である, 足もとへ, 軍, 軍に, 軍めがけ, 軍勢は, 軍隊が, 部下が, 部下など, 部下を, 部下呉班という, 部落な, 部落に, 酒ぐせを, 酒狂いは, 酔いを, 間に, 陣に, 陣を, 陣地を, 面へ, 鞍の, 鞭に, 飲みたい放題, 首と, 首と共に, 首は, 鬱積を, 鼻を

▼ 飛~ (87, 2.8%)

4 如くに 2 いうと

1 [81件] あとから, いう, いきなり李朱氾, いつぞや蜀, これくらい, これに, すすんで, せきたてても, そういっ, そっと玄徳, その仁, その前, その室, その輜重隊, そばから, たて籠って, つづいたので, どこに, どなると, なぐさめたの, ひっさげて, まっ先に酔いつぶれ, もとに, やはりこの, ゐるぢ, 不平を, 何を, 先ごろ楼桑村の, 分捕った物, 前に, 去れば, 夜討ちを, 如くなれば, 如く勿, 如く水田屋, 官の, 左団次玄徳が, 帰るとき, 彼奴を, 怒りだしたの, 悪い癖, 拳を, 揚州を, 攻めて, 敵に, 朱雋へ, 来た, 武勇に, 河北へ, 熟柿の, 爆笑する, 猿の, 申したことば, 石を, 突然, 罵ったので, 自刃しよう, 自問自答し, 興奮し, 船上へ, 苔づいた, 虫を, 見えたと, 見かけて, 見つけて, 話して, 負けて, 赫怒した, 迫って, 進んで, 酒に, 酒柄杓を, 長坂橋に, 長板橋上に, 関張と, 関門を, 飲み友達, 飲んで, 馬を, 馬上に, 馬超に

▼ 飛~ (82, 2.6%)

3 飛んで 2 似たり, 出会って, 室の, 飛び上りました

1 [71件] うしろを, くらべれば, この旨, ご相談, して, しては, その下, そんなこと, ついで, まちがいは, やつて, やられたな, スツ飛ん, ヒョイと, ポンと, 会ったら, 会って, 列を, 到着する, 力説した, 参加を, 及ばぬこと, 取つて, 向っては, 向つて突進, 命じ両, 和し, 四十二万石の, 変化は, 大學者大智者, 大役を, 天魔鬼神の, 島へ, 引率され, 彼と, 往来を, 徳藏稻荷へ, 忠言した, 成功せず, 打ちたたかれて, 拾わせれば, 挑戦され, 授けて, 救われた数年前, 教えられたばかり, 案内され, 正気へ, 段々を, 溯るまでの, 片方から, 片足で, 病気も, 盗ませるとは, 着くと, 自分の, 訊くと, 訊けば, 託し自分, 賜うところ, 走り着いて, 躍上ツ, 追い縋ろうと, 追ひ縋らう, 遺恨を, 降りて, 陸軍大将にも, 隣の, 青雲に, 風呂場へ, 飛込むと, 飲ませたらば

▼ 飛~ (76, 2.4%)

3 て, てゐた 2 ていた, てし, てしまった, てトムソン, などし

1 [60件] その反動, たりし, たりした, たり惨, たり羽目板, てあげる, ていない, ている, ておい, てやって来た, てやりたくなっ, てガス, てバラ, て了うた感, て了ひたい, て今回, て信長, て其玻璃窓, て其部屋, て同志, て呉れ, て外, て大層, て娘, て孤独, て小梅辺, て工場, て往年, て御用, て救助, て方々, て曇, て更に, て望遠鏡, て森, て歩いた, て氷川, て無茶苦茶, て現, て美しく, て萬歳, て行, て行きました, て諸, て追, て部屋, て香, て駈けあがつた, て騒ぐ, やア, テーブルを, 加減に, 合つ, 合つて恰で, 合ひ, 或者, 更に生, 獣奔せしめ, 随分半, 飄然家を

▼ 飛~ (66, 2.1%)

6 関羽も 2 趙雲も

1 [58件] いう, いささか慌て, いないん, いよいよ精気, おどり出て, きて, この城, この関羽, これに, さとって, じつは敵, ぜひなく, それを, ともども, はっと顔色, ぱっと玄徳, ふたりの, ふらふらと, また, またひと足あと, また彼方, わが丞相, 一時は, 今日は, 何気なく眼, 共に敗れ去っ, 共に頭, 出ろ, 同じ計, 同数の, 同様に, 呂布も, 喜び門, 大賛成, 奥歯を, 将来は, 尾羽打枯らした, 張の, 必死である, 手を, 最大な, 服した, 柴煙濛々たる, 武士です, 満面から, 相かわらず, 肩を, 脅かされた, 腐った顔つき, 蓑虫の, 見まもって, 負けずに, 遂に自暴, 部下も, 鐙に, 駈けつけ蜀中, 麓の, 黙然と水ばな

▼ 飛~ (66, 2.1%)

3 従えて 2 つれて, 呼んで, 経て

1 [57件] あなどって, お叱りある, ご信用, したがえて, して, すこし見直し, そなえて, その大将, つかまえて, つけて, とびそこ, ともなって, なだめて, ねめつけた, はじめ荊州の, ひどく恐れます, やつた, よび, よびよせ, 中傷し, 作し, 助けたら蘇飛, 南越の, 取り囲んだ味方, 召しかえされると, 召捕らえ, 叱って, 叱りつけた, 向けて, 呼びとめる人, 呼んだ, 城外に, 大将として, 射すくめた, 差立らる, 待った, 悪罵した, 抱きとめ, 抱きとめて, 拝ましてやら, 望んで, 止めて, 止めろ, 生け捕れ, 生捕っ, 睨みつけ, 知らずや, 礼讃し, 耳の, 荊州へ, 討ちとらんため, 諫めて, 諭した, 軽ん, 迎え入れて, 逃がすの, 遣る石

▼ 飛上っ~ (49, 1.6%)

54 て奥 2 て走り

1 [38件] たり空中, ていた, ている, てくる, てさ, てその, てちょん, ては体力, てよろこんだ, てキチガイ, て上, て二人, て今夜, て傍, て前, て卓, て取ろう, て座った, て慌て, て振り, て旦那様, て時間, て来, て次の間, て歌い出しました, て河童, て紫玉, て総身, て自動車, て舞, て菊子さん, て薬瓶, て見る, て部屋, て障子, て雨戸, て驚いた, て高い

▼ 飛加藤~ (44, 1.4%)

42 の亜流 1 とは, の亜流守護

▼ 飛上る~ (39, 1.2%)

6 ように 2 と八五郎, のも, んです

1 [27件] と, とあたり, とまた, ともう, と互に, と加十, と扉, と真赤, と蜜柑, のが, ばかりに吃驚, ほどに驚い, ほど机, ほど驚いた, ほど驚きました, やうな, やうに, やらくるくる, 余は, 後から, 拍子に, 程悦しか, 程神経が, 程驚いた, 程驚かされた, 苦痛の, 足で

▼ 飛~ (38, 1.2%)

3 事で 2 事を, 処に, 目に

1 [29件] お恨み, お笑い種, お邪魔, がわれ, ことさ, とか王陽明, のという, ものに, もの手まわり持参で, 不屆, 事, 事さ, 事だった, 事まで, 失敬を, 奴が, 御厄介, 御娯, 御雑作, 御馳走だ, 心得違ひ, 悪戯を, 手軽ろく, 才六めだ, 日には, 暑がりな, 蝶々菜種の, 親切ご, 騒動が

▼ 飛~ (37, 1.2%)

2 のよう, の名, や雲

1 [31件] から雲, がある, が再び, して, そのままに, ちゅう蜥蜴, てふ, であって, で毎, と名づけた, と呼び, と呼ぶ, と唱え, などのほか, などの旅, など云う, に反抗, のごとく, の命令次第人, の将軍, の形, の登り, の辺, の雛, へは二時間, も此方面, や類人猿, より人魂, を殺さ, を隆起, 前飛竜

▼ 飛~ (31, 1.0%)

3 の神, 鋭きアポローン 2 に傷, の汝, 鋭き大神

1 [19件] により, に打たれ, に投槍, に斃, のあいだ, のごとく突き進んだ, のアポローンかた, のアポローン答, の害, の暴風, の運動, の音, は敵, より, をはづれしむ, を受け, を受けしめよ, 射放てば, 鋭きアポロ

▼ 飛~ (30, 0.9%)

2 いく手か, 劉備を, 肩を, 関羽の

1 [22件] いいまた, いえど, このまま, しばしわたり合っ, 刎頸の, 十七八騎の, 合流し, 名乗る者, 四人までも, 孫乾に, 孫乾は, 廻つた, 思ったの, 槍を, 申しまする, 聞いただけ, 船手の者どもだった, 負傷は, 趙雲へも, 関羽が, 関羽も, 雲長との

▼ 飛起き~ (30, 0.9%)

2 て來, て行っ, て駆寄りました

1 [24件] て, て千二, て声, て大急ぎ, て子供, て居りました, て屹, て帳場, て忍び足, て扉, て支度, て洗面場, て灯, て絆纒, て聲, て荷づくりさ, て行く, て迎えた, て階子段, て飛び付きました, ながら, 土藏へ, 海上を, 衣服を

▼ 飛~ (27, 0.9%)

5 嵐の 43 やうに 2 が如く

1 [13件] とコロムビイヌ, と大袈裟, と湧き上がる, に決つて, のである, やうな, やら打つ, 勢いで, 岸の上の, 張合も, 時に, 相手の, 程の

▼ 飛山君~ (25, 0.8%)

5 のお父さん 2 の家

1 [18件] がこの, が学問, が気の毒, と遊ん, のうち, の出来, の感心, の田舎, はその, は中学, は偉い, は元通り学校, は前, は可哀そう, は幸福, は苦学, を中学, を排斥

▼ 飛~ (23, 0.7%)

1 [23件] いで先生樣子, お酒, かかれば, のろのろと, 一山来る, 入し, 出たの, 出九助, 出偖, 出御前, 出直, 出突然, 坐上, 家へ, 掛るに, 掛るもの, 来ず清浄潔白, 来て, 来る, 来る気, 来る耳, 行きます, 行た

▼ 飛ばっち~ (22, 0.7%)

11 りを 4 りが 2 りに 1 りで僕, りで拙者, りで本元, りの, りは

▼ 飛~ (21, 0.7%)

2 劍士席, 勝手次第

1 [17件] さんが, さんとの, しに内, つて死ぬ, て川下, に文藝春秋社, に落語, の劍士, の客, の客人, の悪魔, の發掘者, の立合, をし, 勝手次第として, 台付大, 老婆房自

▼ 飛~ (21, 0.7%)

2 に告ぐ

1 [19件] がいふ, に之, に出, に及ぶ, に請う, の方, の矢, はこの, は咄嗟, は新入, は昔, は紀昌, は高, も亦, も思はず, をおい, をた, を訪ねた, を除かね

▼ 飛越え~ (21, 0.7%)

2 て, て三尺, て湯槽, て百姓地, て逃出

1 [11件] たりし, てしきりに, てはおもしろ, て三崎町, て博士, て大, て性根, て構成的素描, て飛躍, 或は曲り, 跳越え

▼ 飛でも~ (20, 0.6%)

3 ない

1 [17件] ないいま, ないお, ないこと, ない事, ない何, ない処, ない嘘, ない心得違, ない恋, ない火, ない話, ない間違, ない顔色, なき買冠, 無いこと, 無い顔, 行きたい

▼ 飛という~ (19, 0.6%)

3 奴は, 者が

1 [13件] ものが, 一卒だ, 二名の, 人が, 人間が, 名を, 大将は, 奴もか, 男は, 者と, 者の, 豪傑は, 順に

▼ 飛退く~ (19, 0.6%)

2 と十手, と積んだ, ように, 女の

1 [11件] と, とどうして, と何, と庭木戸, と甚三郎, と石, やうに, 官兵の, 機みで, 耳もとに, 隙に

▼ 飛上った~ (18, 0.6%)

1 [18件] かと半身, かと思われる, から荒物屋さん, そのまま後, その疾, という方, ねいまだにどう, のは, のも, のを, もののすべて, 友だちと, 天狗飛切りの, 女が, 小さな丸髷, 拍子に, 火星の, 黒髪が

▼ 飛~ (17, 0.5%)

1 [17件] がいう, にこれ, に出遇った, に及ぶ, の方, の矢, はこの, はとっさ, は新入, は紀昌, は高, もまた, も思わず, をおい, をたずね, を訪ねた, を除かね

▼ 飛起きる~ (17, 0.5%)

2 とあの, とろくに, と相手

1 [11件] と, と共に壁, と浅間, と看護婦たち, と真っ直ぐ, と縁側, と舳, と行灯, と行燈, と頭, まで何

▼ 飛龍座~ (17, 0.5%)

3 の隣り

1 [14件] で行方不明, というバラック造り, にいます, に現れた, の楽屋口, の留守番, はまア, へ到着, へ到着匆々小山田, へ戻っ, へ行かせた, へ追って, をはじめ, を訪れた

▼ 飛空機~ (16, 0.5%)

2 は火星

1 [14件] がひとりでに, が月, が飛, に乗り, に置いてきぼり, に飛び去られ, の中, は一刻, らしくわが, を再び, を奪っ, を奪った, を捜査, を見

▼ 飛起きた~ (15, 0.5%)

2 が誰, 娘の, 平次は, 東作 1 お粂, ことも, のも, んだ, 主人と, 時は, 時周章て

▼ 飛上がる~ (14, 0.4%)

2 と, ほどの大 1 と入口, と與三郎, と行先, のを, ほど驚いた, ほど驚きました, やうに, ように, 二人, 程驚きました

▼ 飛~ (14, 0.4%)

2 の如く

1 [12件] が剣, と七彩, に煙る, に額烙, のひま, の姿, の時, の時節, の花, の街頭, を浴び, を舞わせ

▼ 飛~ (13, 0.4%)

4 がつた 1 がつ, がつた三河島, がつて, がつて二階, がろう, って, つた, つたが, つたので

▼ 飛退い~ (13, 0.4%)

2 たり, てペロリ, て平次 1 ていきなりスラリ, てしまっ, て不審そう, て不思議そう, て傍, て姿勢, て更に

▼ 飛関羽~ (13, 0.4%)

4 のふたり 1 がいかに, などの率いる, の三人, の両, の二つ, の桃園義盟, は口, は振向いた, は眼

▼ 飛した~ (12, 0.4%)

1 [12件] いつぞやの, かも知れない, が声, が最, といえ, ので銃玉, のは, 佳作が, 僕の, 揚句狸寝入りを, 時代で, 男が

▼ 飛~ (12, 0.4%)

1 [12件] というフォックス, という鶏, といふの, のよい, の上等品, の上米, の処, の好い, の極細, の舶来, の苺だい, はこう

▼ 飛越す~ (12, 0.4%)

2 となる, のは, 時も 1 くだりについては, と, と厳重, のに, ように, 下稽古でした

▼ 飛~ (12, 0.4%)

2 のごとく, の如く 1 とひらめき飛んだ, とみせ, に似たる, の勢目, の幡, の滝, は勇み, をえがかせ

▼ 飛~ (11, 0.3%)

3 の法 1 と飛鳥, に駆ける, に駆る, の如く, の急, の赤色, は低い, を起し

▼ 飛つい~ (10, 0.3%)

1 て一鏨, て喉笛, て来ません, て来る, て消す, て茶碗, て雌, て露, て飲みたい, て鬢

▼ 飛~ (10, 0.3%)

1 お持ち, かかって, こう相談, 出るの, 向けても, 戻した, 持つて, 直接大命を, 行つたら, 顎を

▼ 飛~ (10, 0.3%)

2 るほどに 1 すること, する南歐, とであり, に占領, るやあ小, る音, を今, を防ぎとめる

▼ 飛~ (10, 0.3%)

1 が来た, が着い, にも, に接し, に接する, はその, また飛状, をうけ, を手, を読みおわっ

▼ 飛~ (10, 0.3%)

1 った勢, ってお, って横面, つたが, て是, りて, り狂, るやう, るを, る勢

▼ 飛~ (9, 0.3%)

1 により, の猛威防がん, の鋒, の間, はげしく兩軍, はげしく彼, はげしく打, を外らし, を放つ

▼ 飛趙雲~ (9, 0.3%)

2 の輩 1 あり, そのほか, などの諸, などもよく, などを翼尾, などを集め, の概

▼ 飛~ (9, 0.3%)

1 でホット呼吸, で人間, で共に, で助かるだらう, で死ぬ, で襟元, という事, と号令, も構わず

▼ 飛退いた~ (9, 0.3%)

1 がそれ, が其, のだらう, のは, ようだった, 姿勢の, 巡査たちが, 曲者, 曲者龕灯を

▼ 飛びかゝつて~ (8, 0.3%)

1 思ふ様髪の毛, 来たかと, 来るお, 来るやう, 来る鋭い, 絞め殺し畠, 行く, 見ると

▼ 飛~ (8, 0.3%)

1 つた, りました, り棹, る, ると, るやう, る機會, る瞬間

▼ 飛~ (8, 0.3%)

1 この野郎, というの, の利き腕, の四人, の突き, はなん, はググッ, は棒

▼ 飛~ (8, 0.3%)

2 せるもの 1 して, する或, せむことを, せんと, の趣, を欠き

▼ 飛去る~ (8, 0.3%)

1 かとおもわれた, ことが, と眞夏, と真夏, と評判, のであった, のであつ, 時か

▼ 飛~ (8, 0.3%)

2 の間 1 が突き立った, に射られ, に巧み, に打倒, は射り, は誤らず

▼ 飛移る~ (8, 0.3%)

1 あとを, やうな思ひ, ような, 時なら, 時左程, 瞬間に, 芸当の, 藝當の

▼ 飛~ (8, 0.3%)

2 を出し 1 の一つ, の所在, を匿, を奪われ, を掛け, を着

▼ 飛つく~ (7, 0.2%)

2 大猫 1 お千世, ことも, と無我夢中, ように, よ三千兩

▼ 飛とは~ (7, 0.2%)

1 おれの, すなわちわが, ずいぶん長い, まだ朱雋, 別人の, 汝か, 生きるも

▼ 飛~ (7, 0.2%)

1 二夫人の, 趙雲に, 関羽たちも, 関羽などという, 関羽は, 関羽を, 関羽をも

▼ 飛~ (7, 0.2%)

1 だ通, で行った, デ八五郎ガ所, デ天ニ上ル, デ孔明, デ帰ッタラ, デ来

▼ 飛~ (7, 0.2%)

2 となつ 1 ではない, と云, の術, を挟ん, 過ぐ

▼ 飛去った~ (7, 0.2%)

1 あとの, ことであろう, という, のにちがい, のに驚かされ, はずの, ものが

▼ 飛去来器~ (7, 0.2%)

1 といい, と紙製, に伴っ, に噛ませ, の性能, は再び, を対岸

▼ 飛模様~ (7, 0.2%)

1 のつい, のコオト, の一枚小袖, の着物, の裾, も千鳥, をすらり

▼ 飛耳張目~ (7, 0.2%)

1 が雲, となっ, に使われまする, の報告, の手下, の稼業がら, を八方

▼ 飛~ (7, 0.2%)

2 騰躍して 1 すべき也, するさま, するよう, する容子, の精神的革命

▼ 飛~ (7, 0.2%)

4 の術 1 ぐらいは何, の呪, の達人

▼ 飛越える~ (7, 0.2%)

2 と鏡 1 には大した, 事も, 姿勢を, 手掛りも, 要領で

▼ 飛退っ~ (7, 0.2%)

1 て, てこちら, て叩頭, て必死, て気合い, て腹巻, て長い

▼ 飛から~ (6, 0.2%)

1 厳顔の, 祖母谷出合で, 策を, 紹介され, 見ると, 順にこう名乗った

▼ 飛~ (6, 0.2%)

1 てあの, て各自, の馬車, 下は, 白日も, 鞭を

▼ 飛~ (6, 0.2%)

4 チョ 1 きりの, チョの

▼ 飛下っ~ (6, 0.2%)

2 ている, て仙太 1 て倒れる, て転げる

▼ 飛切上等~ (6, 0.2%)

1 の一等品, の岡持, の懷中煙草入れ, の晴着, の葉巻, の風采

▼ 飛退り~ (6, 0.2%)

1 てさも, 下駄を, 低頭平身し, 呆然と, 怨めしげ, 汝れ

▼ 飛附い~ (6, 0.2%)

1 てくる, てその, て唯, て扶, て泣き出しました, て見る

▼ 飛雲閣~ (6, 0.2%)

1 から飛出され, の中, の庭, の柳, はくらく, を見たい

▼ 飛された~ (5, 0.2%)

1 ってね, のを, やうな, 大きな石, 後である

▼ 飛どの~ (5, 0.2%)

1 から聞きました, がさっそく, では, とほか十八騎, にまかせ

▼ 飛上がり~ (5, 0.2%)

2 な娘 1 で少し, で自分, 女房や

▼ 飛~ (5, 0.2%)

2 の國 1 ではみんなそれ, に行きやした, の山

▼ 飛玄徳~ (5, 0.2%)

1 の三人, の三名, の三枚続き, の小勢, 思い思いに

▼ 飛~ (5, 0.2%)

1 ばかりに喜び, ばかりに打, 思ひそれ, 思ひ其十兵衞, 思ひ夫

▼ 飛~ (5, 0.2%)

1 と名, と名乗り寄席, の劇界珍話, の名, は抽齋

▼ 飛行く~ (5, 0.2%)

2 ように 1 時は, 雲を, 魂を

▼ 飛~ (5, 0.2%)

1 の在り, の在所, は六股, を取, を得

▼ 飛込める~ (5, 0.2%)

2 ものじゃ 1 と思う, と思ふ, ものぢや

▼ 飛退き~ (5, 0.2%)

1 そして振返, たり, て, もしよう, 両手を

▼ 飛こん~ (4, 0.1%)

1 だり小僧ども, で乏しい, で救っ, で来た

▼ 飛する~ (4, 0.1%)

1 ところの, も決して, を見る, 雌蝶の

▼ 飛その~ (4, 0.1%)

1 ほか主要人物などには, ほか十数名の, ほか幾多の, 余の

▼ 飛とび~ (4, 0.1%)

1 に向っ, に据えた, に生えた, に繋い

▼ 飛などの~ (4, 0.1%)

1 一族を, 名が, 姿へ, 精猛を

▼ 飛にも~ (4, 0.1%)

1 劉備に, 劉玄徳にも, 劣らない背丈, 黙って

▼ 飛びかゝり~ (4, 0.1%)

2 鋭き槍 1 あまねく四方, その頭

▼ 飛~ (4, 0.1%)

2 去リ 1 去リテ誰ガ家ニカ落ツ, 散ッテ濡レテイル

▼ 飛上がった~ (4, 0.1%)

1 とみる, と思う, 三河島の, 木村六弥真っ向から

▼ 飛上つて~ (4, 0.1%)

1 しまつ, は引据ゑらるゝやうに、けた, 喜ぶだらう, 恐ろしい頑丈

▼ 飛上ろう~ (4, 0.1%)

2 とする 1 とした, として居ります

▼ 飛~ (4, 0.1%)

1 後三千六百歳, 独一鳥不, 銜赤巾という, 青山在

▼ 飛去っ~ (4, 0.1%)

2 てしまった 1 てころころ, て行く

▼ 飛去来術~ (4, 0.1%)

1 っていうの, というの, なん, なんて

▼ 飛島山~ (4, 0.1%)

1 なら花見, に近い, の花見, へ行つたの

▼ 飛掛っ~ (4, 0.1%)

1 ている, てもぎ取る, て二打三打, て咽喉口

▼ 飛掛つて~ (4, 0.1%)

1 多少の, 捕るに, 捕る袂, 来さうな

▼ 飛来り~ (4, 0.1%)

2 棺の 1 て中る, て庭

▼ 飛~ (4, 0.1%)

1 のかご, の条, も古木, を材

▼ 飛~ (4, 0.1%)

1 といふ橋, をわたり, を渡し, を見

▼ 飛沙魚~ (4, 0.1%)

1 だ贅沢, ですは, と九州有明湾, はいくら

▼ 飛~ (4, 0.1%)

4

▼ 飛着い~ (4, 0.1%)

1 てと思ふ, て下りる, て多磨太, て纏わる

▼ 飛着いた~ (4, 0.1%)

2 本堂の 1 棕櫚の, 状なる

▼ 飛着く~ (4, 0.1%)

1 のは, よ, ように, 藝當を

▼ 飛~ (4, 0.1%)

2 の如く 1 の翅, を捕獲

▼ 飛~ (4, 0.1%)

1 のお召, のよう, の帷子, を着

▼ 飛越せ~ (4, 0.1%)

1 さうなものぢ, そうな, そうにも, はしまい

▼ 飛退こう~ (4, 0.1%)

2 とした 1 としました, とする

▼ 飛~ (4, 0.1%)

1 ひ十手, ひ掃部, へ未だ, へ樣

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 るの, 出しました, 出す

▼ 飛~ (3, 0.1%)

3 ゆる時

▼ 飛ここ~ (3, 0.1%)

1 にあり, にまかり出た, に待ちうけ

▼ 飛たる~ (3, 0.1%)

2 事は 1 もの腐らず

▼ 飛では~ (3, 0.1%)

2 ない 1 ないか

▼ 飛のり~ (3, 0.1%)

3 の車さ

▼ 飛びあがりの~ (3, 0.1%)

3 甘やかされの

▼ 飛びまはつて~ (3, 0.1%)

1 居る, 楽しむ時, 歩くの

▼ 飛べり~ (3, 0.1%)

2 青き水田 1 うす紅

▼ 飛まで~ (3, 0.1%)

1 海岸伝ひ, 行きたいと, 行き帰り

▼ 飛上がっ~ (3, 0.1%)

1 たり煙草盆, て二階, て尻尾

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 する姿, する水, を試み

▼ 飛下る~ (3, 0.1%)

1 と何, 命令が, 故九助

▼ 飛乗り~ (3, 0.1%)

1 の巧, の早業, の運動

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 はす, ふ本郷通り, ふ梢

▼ 飛付ける~ (3, 0.1%)

2 人間は 1 のです

▼ 飛去り~ (3, 0.1%)

1 もしない, もせず, 川烏は

▼ 飛孟康~ (3, 0.1%)

1 といっ, などの輩, を誘い

▼ 飛将軍~ (3, 0.1%)

1 といわれた, と呼ばれた, と言われた

▼ 飛山さん~ (3, 0.1%)

1 て家どこ, のお父さん, は少し

▼ 飛掛り~ (3, 0.1%)

1 そうな, 抜打に, 茂之助の

▼ 飛掛る~ (3, 0.1%)

1 のが, をお, を彼男

▼ 飛来る~ (3, 0.1%)

1 ほどにさ, 弾丸に, 船頭大いに

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 るく, 行くよう, 行くん

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 の舞, ふんぷんと, を人さし指

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 となる, の白雲, を見る

▼ 飛移っ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 てその

▼ 飛移った~ (3, 0.1%)

1 かと思う, と今, に違い

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 が松, の風, を飛ばそう

▼ 飛虎峪~ (3, 0.1%)

1 とよぶ, の嶮, の激戦

▼ 飛話し~ (3, 0.1%)

3 は重ね

▼ 飛越せない~ (3, 0.1%)

1 というの, といふの, ところは

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 のある, の呼吸, を跳ばし

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 である, の勢, も次第に

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 えて, えても, えて向う

▼ 飛退~ (3, 0.1%)

1 さまに, つた金兵衞一氣に, つて叩頭を

▼ 飛退る~ (3, 0.1%)

1 と袖, 喜造突き出した, 喜造突出した

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 ぐる, グルトテタマタマ婦人, 振鰭山

▼ 飛~ (3, 0.1%)

2 と書い 1 か張鳳かね

▼ 飛附く~ (3, 0.1%)

1 やうな, やうに, ように

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 を便, 同然, 自殺防止の

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 と騎兵隊, のよう, をなし

▼ 飛青磁~ (3, 0.1%)

2 の香炉 1 は大分

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 で明治, などは斬り, の篠村

▼ 飛~ (3, 0.1%)

1 が地上, 超趙雲, 超黄忠

▼ 飛いり~ (2, 0.1%)

2 光りものを

▼ 飛おりた~ (2, 0.1%)

1 か知らない, 地響きが

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 ふ蝙蝠, 関羽の

▼ 飛きり贅沢~ (2, 0.1%)

2 な緞子

▼ 飛これ~ (2, 0.1%)

1 にあり, に待っ

▼ 飛こんだ~ (2, 0.1%)

1 そのお, 方がよ

▼ 飛さりし~ (2, 0.1%)

2 と知義

▼ 飛したい~ (2, 0.1%)

1 と考え, ような

▼ 飛したる~ (2, 0.1%)

1 ジヤベリンの, 畳かな

▼ 飛せし~ (2, 0.1%)

1 に咄嗟, 湖の

▼ 飛せる~ (2, 0.1%)

1 ものか, 地球人類の

▼ 飛そう~ (2, 0.1%)

1 とする, と胸

▼ 飛それ~ (2, 0.1%)

1 がし, を見

▼ 飛たち~ (2, 0.1%)

1 も, もきょう

▼ 飛だった~ (2, 0.1%)

1 か, と

▼ 飛だの~ (2, 0.1%)

1 加藤清正だ, 逆立だの

▼ 飛だり~ (2, 0.1%)

1 跳たりを, 跳ねたり

▼ 飛っかえる~ (2, 0.1%)

1 ほどに思い, ように

▼ 飛とかいう~ (2, 0.1%)

1 恐ろしげ, 男は

▼ 飛との~ (2, 0.1%)

1 彫像相對し, 桃園の

▼ 飛と共に~ (2, 0.1%)

1 ひそかに, 俄然攻勢

▼ 飛には~ (2, 0.1%)

1 それが, 兵糧輸送隊の

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 ッちりでも, ッちりを

▼ 飛びあがつた~ (2, 0.1%)

2 飛んだわ

▼ 飛びあがり者~ (2, 0.1%)

1 だったに, だと

▼ 飛びかゝつたが~ (2, 0.1%)

1 忽ちぴたりと, 思はず脚

▼ 飛びかゝつて彼~ (2, 0.1%)

1 のポケット, を背後

▼ 飛びかゝる猫~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 飛びしざりて刀~ (2, 0.1%)

1 を取り, を取り抜き合せ

▼ 飛びちらふ~ (2, 0.1%)

2 見れば

▼ 飛びちらふ落葉~ (2, 0.1%)

2 なるべき

▼ 飛びついたときのようなよろこびの声~ (2, 0.1%)

1 やなんとも, や何

▼ 飛べり迅~ (2, 0.1%)

2 きその

▼ 飛よりも~ (2, 0.1%)

1 この人, 長い腮髯

▼ 飛らしい~ (2, 0.1%)

1 のは, 考えであった

▼ 飛らしく~ (2, 0.1%)

1 もない, 派手に

▼ 飛上つた~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, 其の疾

▼ 飛上らん~ (2, 0.1%)

1 ばかりにし, ばかりに驚い

▼ 飛上ッ~ (2, 0.1%)

1 て居住居, て逃げた

▼ 飛付き~ (2, 0.1%)

1 にか, に掛ります

▼ 飛入っ~ (2, 0.1%)

1 ては絶えず, て遂に

▼ 飛六法~ (2, 0.1%)

1 だが, は弁慶一期

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 はその, 真ッ先

▼ 飛去し~ (2, 0.1%)

1 ている, むる式を

▼ 飛去るらしい~ (2, 0.1%)

1 という, といふ

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 と称する, を投げつけた

▼ 飛山中~ (2, 0.1%)

1 に発光, の発光

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 から朝廷, などの小沢

▼ 飛巡査~ (2, 0.1%)

1 が言, は何處

▼ 飛思悄然~ (2, 0.1%)

2 という句

▼ 飛懸り~ (2, 0.1%)

1 て押伏ん, て拔打

▼ 飛抜け~ (2, 0.1%)

1 て了, て奇抜

▼ 飛抜けた~ (2, 0.1%)

1 怪しいの, 道楽者で

▼ 飛掛かった~ (2, 0.1%)

1 から驚き, ように

▼ 飛掛つて來~ (2, 0.1%)

1 た, た一人

▼ 飛掛らん~ (2, 0.1%)

1 とす, と爲

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 をし, を説明

▼ 飛木稲荷~ (2, 0.1%)

1 の前, の枯れ

▼ 飛~ (2, 0.1%)

2 はかる

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 は他書, ヘ懸

▼ 飛模樣~ (2, 0.1%)

1 の派手, の羽織

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 の上がる, を上げ

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 がそこ, させるもの

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 や小石, を舞わせ

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 となり, の爲

▼ 飛簷垂木~ (2, 0.1%)

2 はまるで

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 がかれ, は万太郎

▼ 飛羽矢~ (2, 0.1%)

2 若屋比

▼ 飛~ (2, 0.1%)

2 する鳶

▼ 飛翼徳~ (2, 0.1%)

1 が思い知らせ, と仰っし

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 の境地, をつい

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 ともいっ, 転蓬

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 はアル島, を出す

▼ 飛~ (2, 0.1%)

2 にでもなれ

▼ 飛~ (2, 0.1%)

2 にでもなれ

▼ 飛行き~ (2, 0.1%)

1 て, ぬ

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 が逃げる, でも勝てる

▼ 飛越えた~ (2, 0.1%)

1 と見せ, 覚えは

▼ 飛越せる~ (2, 0.1%)

1 はずも, 筈も

▼ 飛~ (2, 0.1%)

2 子龍

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 にあった, の宿

▼ 飛込びん~ (2, 0.1%)

2

▼ 飛込自殺~ (2, 0.1%)

1 をした, を映

▼ 飛退かう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 飛~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 飛過す~ (2, 0.1%)

2 洞庭湖

▼ 飛過る~ (2, 0.1%)

1 とともに響, にぞ彼等

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 といっ, にも正成

▼ 飛関羽ら~ (2, 0.1%)

1 の乗っ, は真っ暗

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 てと逸る, ん心

▼ 飛附き~ (2, 0.1%)

1 空を, 長鳶口

▼ 飛附近~ (2, 0.1%)

1 であろう一, は最も

▼ 飛~ (2, 0.1%)

2 する東部亞細亞人

▼ 飛雲渡~ (2, 0.1%)

1 の渡し場付近, は浪

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 のすすり泣き, 走せぬもの

▼ 飛魏延~ (2, 0.1%)

1 と交代, は還っ

▼ 飛~ (2, 0.1%)

1 はこれ, も近づかぬ

▼ 飛黄忠魏延~ (2, 0.1%)

1 などの策, などの諸

▼ 飛龍剣~ (2, 0.1%)

1 ではいかぬ, を警戒

▼1* [625件]

りくは, 飛ありご挨拶, 飛て舞, 飛でおくれ町, 飛うごくな, 飛うつる曲芸の, 飛ぬしは, 飛おまえの考え, 飛おりて男, 飛かわり翔交っ, 飛がてまえを, 飛たりかならず, 飛くる車の, 飛ぐるま, 飛けるが刹那, 飛げ出し世話するもの, 飛こむと棕櫚, 飛ごときものの, 飛るると, 飛さえが水中に, 飛さずに惚れられる, 飛さねば却, 飛さまがお, 飛されたりなんかした, 飛されし祭かな, 飛されずに済むだらう, 飛さんばかりにした, 飛したら二十両だ, 飛しちゃいなさいよ, 飛しっこをする, 飛しないかね, 飛しましたすると飼主, 飛し来りけるが焼場, 飛し蹴返して直に, 飛す事さへ, 飛す勢ひで颯々と吹きまくつ, 飛ずつ大跨, 飛せねばならず, 飛せ越えて奈良井, 飛その他二百余の有為, 飛たつやうなる, 飛だけでは, 飛だけを両側に, 飛がひし, 飛ちりが私, 飛や, 飛こを, 飛ったときゃそこらにゃ, 飛って罐叩きの, 飛っ返るように, 飛つきて, 飛つきたいのを, 飛つき膝でブラ下つて, 飛であろうと, 飛でなくては彼, 飛でますヨ, 飛といふ人は, 飛とかの張, 飛としてけだし千載, 飛とて岸の上より, 飛とともにあれなる, 飛とも親交が, 飛どこへ行く, 飛事を, 飛なおさわぐや, 飛なしまた幾多, 飛など平原から, 飛などが騎従した, 飛などに較べると, 飛などにも抜群な, 飛などを従えて, 飛ならこれに, 飛なら知らぬこと其方までが, 飛なりと書いて, 飛にと孫乾の, 飛にとっていわゆる義兄弟, 飛にとってはわが子にも, 飛に対しそのよう, 飛に対する恨みが, 飛はやまったこと致すまい, 飛ばっ散りを受けました, 飛ばつせえ, 飛ばばなどか飛ば, 飛ひとりは朱面長髯, 飛ひまわり影を投げ, 飛びあがっておどろくうちに才蔵はすばやく, 飛びあがってくるのではないかと思うよう, 飛びあがってそのせんとうに立ったの, 飛びあがつたかと見ると, 飛びあがつたが何故か斯, 飛びあがつたのと同時であつ, 飛びあがつたやうな町はかかる, 飛びあがつたり振り返つて, 飛びあがつたりするたびにすこし青白い, 飛びあがつたりするんだけれどお前は私, 飛びあがつたりぶつかつたりこわれたり, 飛びあがつたり尻持ちをつい, 飛びあがつたり牝馬に出, 飛びあがつたり真鍮のラツパ, 飛びあがつたり鍬をふるふ, 飛びあがつた瞬間物凄まじい勢ひで, 飛びあがつた瞬間それは轟然, 飛びあがつた驚異と歓喜, 飛びあがつてしまふ私を心棒, 飛びあがつてつかまへようとすると思はず, 飛びあがつてゐる者もあつ, 飛びあがつて窓から上身, 飛びあがつて行き人夫につかみ, 飛びあがらせるほどひどく愕かせた, 飛びあがらんばかりにあわてて敬礼をした, 飛びあがりざまパクリとそれ, 飛びあがりざま客間から駈けだし, 飛びあがりはしても半ばはそれ, 飛びあがりものででもなければやらない仕草だった, 飛びあがりゃあそれからそれ, 飛びあがるぐらいびっくりして足がぐにゃんとまがりあわててまっすぐを, 飛びあがるぐらゐびつくりして足がぐにやんとまがりあわててまつすぐを, 飛びあがるところはつい見なかった, 飛びあがるのであつたそしてあらん, 飛びあがるのであつたがあの春, 飛びあがるようにして一緒に裏, 飛びあへぬかも風変るらし, 飛びうつっていちもくさんに天ヶ丘へかけのぼった, 飛びうつるのではなかろうかという考え, 飛びおつ妖艶さ美しいもの, 飛びおりさうに思うて, 飛びおりてきたいきおいにひるんで思わずサッとそこ, 飛びおりてしまへばすぐに死ねるん, 飛びおりるとちよいと舌鼓でも打ちたげな, 飛びおりるひょうしに四五人の怪我人, 飛びおるれば戲奴にいでたちたる, 飛びおるゝより外に道, 飛びかうばかりでなしに子どもたちが空き地, 飛びかけりは大気を鳴りと, 飛びかひ白い斑, 飛びかひぬ柳絮は持たず, 飛びかひ気分もすっかり, 飛びかふ小さい黒い影, 飛びかふて初手の蝶々, 飛びかふといふのは其処だ, 飛びかふのは松明である, 飛びかふ海猫の群団, 飛びかふ秋空のもと, 飛びかふ蛍の群, 飛びかふ蠅を眺める, 飛びかふ雲に見, 飛びかふ鳥や, 飛びかふ鶴も空, 飛びかふ黒燕とを見つめ, 飛びかへりつゝ驅けて行く, 飛びかへりなどならば知らぬ事, 飛びかわしする伊那丸のす, 飛びかゝって来る鋭い, 飛びかゝってやろう位にしか思っ, 飛びかゝって平作の両, 飛びかゝつた時ミツキイは手早く, 飛びかゝつてやらう位にしか思つて, 飛びかゝつて勘太郎の横面, 飛びかゝつて棍棒で打ちのめし, 飛びかゝつて横つ面, 飛びかゝつて父から手ひどく, 飛びかゝつて鶉の尾, 飛びかゝらうとする勝平に横合, 飛びかゝりさうな勢ひを, 飛びかゝりさうな氣組です, 飛びかゝりさうにしましたがその都度, 飛びかゝりそうな権幕だったが, 飛びかゝり之を奪, 飛びかゝり前歯を二本, 飛びかゝり度い気持, 飛びかゝり強き手をもて, 飛びかゝり接戰するを, 飛びかゝり腰に或は, 飛びかゝり鋭利の劔, 飛びかゝり馬尾の冠毛, 飛びかゝるであらうことを深く心配, 飛びかゝるところだろうが中学校高等学校を通じての恩師, 飛びかゝるなんて何んて氣狂, 飛びかゝるやうな格好をした, 飛びかゝるやうな身構へをし, 飛びかゝるような身構えをし, 飛びかゝるヂオメーデース叫び曰ふ, 飛びかゝる隙を窺っ, 飛びかゝれば飛びかゝれる距離ですが, 飛びかゝれる距離ですが, 飛びかゝろうとする勝平に横合, 飛びこえねばならぬとなるといつでも首を傾ける, 飛びこつちに飛びして, 飛びこみしといふありふれたる事の一句, 飛びこむことあるごとくひとりの者のと, 飛びこむよりさきにまず薬を呑んだ, 飛びこんできやがってねと思ったら, 飛びこんでくるぐらゐのものでまして二人, 飛びさうになつたが唯一人大久保氏のみは変, 飛びさつてしまつたあとの櫓の姿, 飛びしきるかとも思ふばかり, 飛びじゃあねえがふっと横, 飛びすざって逃げだしたが, 飛びそうなすがたででてきたのは早足の燕作, 飛びたつばかりのわれとわが心をできるだけ, 飛びだすひょうしに体が障子, 飛びちがいましたものでござりますが只今では虫, 飛びちがつて居た, 飛びちがつてゐる会体のしれない, 飛びちがつてゐる峠路や寂しい, 飛びちがひたる模様ある綿入, 飛びちがひましたものでござりますが只今では虫, 飛びちがふばかりにて其響夥しかりし, 飛びちがふやうな心もちがした, 飛びちがふ矢の方向, 飛びちりさうな激しさ, 飛びっちがいに爪で掻き切る, 飛びついたときのやうなよろこびの声や何, 飛びついたときのやうなよろこびの聲や何とも, 飛びついていらつしやるのがとても見たかつたの, 飛びつきたいのをがまんして見て, 飛びつくといつたやうな可憐しさ, 飛びつくやつらもたくさんいますししかもほんの, 飛びつらなるさまも凄じかった, 飛びにざぶんと入るあの, 飛びにすつ飛ぶやう, 飛びにどたりと踏んだが, 飛びのいてはまた打ちかかって, 飛びのきざまにまたも斯流, 飛びのきざまに顔をしかめた, 飛びまくつてゐる蝙蝠の姿, 飛びまはつてお酒を飲む, 飛びまはつてでもゐるやうに見えたで, 飛びまはつては花のなか, 飛びまはつてゐた私に喀血, 飛びまはつてゐて正ちやん, 飛びまはつてゐるこうろぎももう孕ん, 飛びまはつてゐるのはあのなか, 飛びまはつてゐるのを眺めて, 飛びまはつてゐる一匹の蝶, 飛びまはつてゐる時青い囚衣, 飛びまはつてゐる構図である, 飛びまはつて取り入れをし, 飛びまはり纏はりついて, 飛びまはる白い蝶, 飛びまはるおてんばの私とはしつくりしませんでした, 飛びまはると同じである, 飛びまはる事は出来ない, 飛びまはる夕闇のほんの, 飛びまはる挙動を見, 飛びまはる数の知れない, 飛びまはる數の知れない, 飛びまはる方が盛ん, 飛びまはる虫を捕獲, 飛びめぐっているらしいのがその不気味, 飛びめぐつて居る, 飛びめぐるさまをいふその異なる, 飛びもあへなく耽溺のくるひ, 飛びもさわぎもせずに微かに嘴, 飛びゆけり峠につかれ, 飛びゆけり火の如く, 飛びようだってそれぁ落ち着いて, 飛びゐたるをさだかに見たり, 飛びをりました顔が朱, 飛びをり鳥のまね, 飛びをるは何するら, 飛へも深くつつん, 飛べくもあらず, 飛また不逞の, 飛むだ球と一緒, 飛むで傾くや, 飛むでしまつた彼は浮, 飛め唐天竺まで探し出し, 飛もう出て, 飛やくの後再び, 飛ゆくさまを, 飛より煽りかかる人々, 飛もあいそ, 飛も直さず, 飛をも自由に, 飛出たら声, 飛返るよう, 飛ツ塵が働い, 飛バシ颯々トシテ簾幃ヲ捲, 飛バスガ如キ態ヲナス, 飛バナイ飛行機走ラヌ名馬, 飛ビ出シテ叩キ合ッタガ三度二三町追イ, 飛ビ出シテ来テ突然予ニ跳リカヽッタ, 飛ビ来リ飛ビ去リテ誰ガ家ニカ落ツ, 飛ビ込ミマスヨ, 飛ビ込ムノハソノ任ニ非ズト考エ, 飛ビ込ンデ鑓, 飛ビ離レタ一二尺高イ空間ニ唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, 飛無シ, 飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 飛ンじまいそうに猛烈, 飛ンダトコロデ敵ヲ取, 飛ンダトコロニ邪魔ガ這入ッテ腰, 飛ンダ迷惑ヲ為サシメタル, 飛ンデイッタガモハヤ事ガキレタ翌日心当リガアッタカラ, 飛ンデモナイアタシガ何ヲ知ルモンデスカ, 飛ンデル君ノ顔, 飛ン騨踊りじゃ, 飛一人が守っ, 飛一手で奇襲, 飛一躍出でては, 飛上して三分目, 飛上つて一驚を吃した, 飛上つて帰つて来た, 飛上つて滅茶苦茶に暴れ出したい, 飛上つて特別陸戰隊と共に, 飛上つて紫玉を圧, 飛上つて総身を震ひ, 飛上つて舞立つて, 飛上らうとしてゐる, 飛上らざるを得ない, 飛上らずにはゐられなかつた, 飛上らせるだけでも用, 飛上りたいがお, 飛上りますよ, 飛上りゃしないか, 飛上る成るほど生田, 飛上ツて慌て, 飛上意だ繩, 飛上飛下を試み, 飛下がって倒れる, 飛下りを決行, 飛下伊賀亮に向, 飛下低頭平身して, 飛両雄の馬蹄, 飛返などに関する, 飛に胸, 飛乘らうと, 飛乘柴屋寺まで參, 飛乘賊を働き, 飛すること無数, 飛乱してあまり, 飛交して小, 飛亭際柳と云, 飛今宵こそはといきまい, 飛付女の一念, 飛以上の者, 飛伏一進一退陣法の節, 飛低く草を, 飛佐助だ, 飛作海坊主米屋のアンニャ, 飛來つた第二の矢, 飛來一閑といふ者, 飛信越の三国界, 飛信越三国界の蓮華岳一名三俣岳, 飛先生涙の出る, 飛兎背上毛を以て飛び去る, 飛入らうとも目, 飛入りしては, 飛入るがごとく, 飛入ろうとも目, 飛入ろう所存に燃え, 飛入水中に一丈, 飛八丈このごろ好みし毛万筋, 飛八丈此頃好みし毛万筋, 飛六八桂三分考へて, 飛六甲内思通霊上法とかいうよう, 飛兵馬の用意, 飛出せしお子宝, 飛刀白弧をひい, 飛切れないで鋼線, 飛切品だと, 飛剣幻なり, 飛動気韻ありて, 飛である, 飛去しめよと祈る, 飛去すという, 飛去らず自ら自らの, 飛去られた二人が, 飛去らんとする, 飛去り呆れ果てた速力であった, 飛去り得ずして迷っ, 飛去り能わざるは鳥, 飛去る能わずとの二点, 飛去来器使用の犯行, 飛去来器特有の弧線飛行, 飛双六じゃてんきり話, 飛只現の如く, 飛は伊豆山, 飛喜百翁の茶会, 飛る, 飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 飛団子と一所, 飛地方の峡谷, 飛堂々と軍, 飛塵馬蹄大屋裏住平秩東作ら四, 飛墓前鉄鋳の, 飛に面会, 飛飛が, 飛天女観音菩薩像など描い, 飛天神兵の数百, 飛があっ, 飛失せたらむ心地しつ立っ, 飛孔明などを具, 飛は翼徳, 飛孫乾の輩, 飛宝剣を得, 飛寵座へ御, 飛将軍李広の驍名, 飛将軍源九郎義経は其慣用手段, 飛將軍その最, 飛尽す鳥ひとつづつ秋の, 飛州吉城郡上宝村海抜約三千百十米突, 飛巡り時々紙, 飛帆その間に隠見, 飛帆没遠天, 飛帆鳥のごとく, 飛帰り得々として, 飛廻しに, 飛が匿, 飛張巡の徒, 飛張飛っ, 飛彈人の木, 飛を菅ぬい, 飛待たんか, 飛得心が参った, 飛参ず申して, 飛不移, 飛必ず追いくるに, 飛ふ花園, 飛つて富右衞門を, 飛懸らんずる樣子ゆゑ半四郎は, 飛懸れば非力, 飛同王, 飛成八八角成バタバタとまるで, 飛成八八角成七七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 飛戻つて来る, 飛の現れる, 飛抜ける自分に, 飛拍子もない, 飛掛かるあつと, 飛掛つて後背より眞二ツ, 飛掛り初の喧嘩, 飛掛り和吉が首筋, 飛掛れば忌, 飛揚るようで, 飛し波, 飛放れて面白い, 飛放れた言動も, 飛漸斜, 飛したなど, 飛時花満城, 飛書早馬相継ぐ急使, 飛来った第二矢, 飛来れるや, 飛梅社前の右, 飛の間, 飛楊林ていう三人, 飛槍弦ともいい, 飛槍穂尖の, 飛槍隊など八面鉄桶, 飛槍隊天馬隊土木隊などの機動作戦, 飛にやがて, 飛横歩を払, 飛ある時素月, 飛檐或時素月を吐き, 飛歩きの姿, 飛歩行いた, 飛はこ, 飛に入っ, 飛流直下三千丈疑是銀河落九天, 飛流絶壁を走る, 飛流銀漢より瀉ぎて白竜樹間, 飛に及んだ, 飛渡っている, 飛して, 飛のごとく, 飛などにし, 飛に騎, 飛はコルゴ, 飛狸著翅狸はコルゴ, 飛狸身を受け, 飛に合う, 飛猶予すな, 飛のよう, 飛王矮虎の四名, 飛王矮虎白勝などの三千余人, 飛用事ありて, 飛大喰岳, 飛発するありとあらゆる種類, 飛登るべき羽を, 飛白いはゆる, 飛つた, 飛着かれて, 飛着き次は, 飛着くごとく良人に, 飛睨んだばかりの勢い, 飛あり颯然, 飛矢雨の如し, 飛石将軍の石勇, 飛石秀の七人, 飛砂走石たる野原, 飛砂路を塞ぐ, 飛禽奔獸をなし, 飛禽走獣がいる, 飛禽走獸は一人, 飛秦明また楊林, 飛移つたと思ふ, 飛移つて鐵檻の間, 飛移られたといふこと, 飛移らんばかりの勢, 飛移りましょうという千番, 飛移り一件は消滅, 飛移り目にも見えざる, 飛移るべきブランコを, 飛のよう, 飛空機上の第, 飛突くと幸, 飛竜同然斜めに寛, 飛竜権現の社, 飛竜権現社のある, 飛竜能く身, 飛竜類がいまだに, 飛して, 飛箭はね返り離れて, 飛箭投槍ふり注ぎ軍勢, 飛箭携へて立つ, 飛箭此友を, 飛箭貫ぬきて, 飛箭長槍燕王を殪す, 飛箭飛槍の間, 飛簷傑閣隙間なく立ち並び, 飛綿今歳多, 飛縁魔と称え, 飛とへ駈り立てる, 飛をかえし, 飛を走らしめ, 飛者たちの多く, 飛の徒, 飛耳張目する俳諧者流, 飛自身も芙蓉, 飛舞天より来たる, 飛花脚の下, 飛茫然として惘れし, 飛の変化, 飛にもゼヒ, 飛落し一夜のうち, 飛のよう, 飛葉つむじとなっ, 飛蒐らうと, 飛蒐らむず気勢激しき軍夫ら, 飛蒐らんず気勢, 飛虫ひとつむざとは殺さじ, 飛の話, 飛というの, 飛とぶや, 飛を払っ, 飛血生殖哺乳の大, 飛行事ハ早きものゆ, 飛衞肯ずして曰く, 飛角香と上つて, 飛角香位違つてゐた, 飛説紛々として生じ, 飛のごとく, 飛貴様忍術が使える, 飛走したが其五日目, 飛起きましたが夜, 飛起きようとした, 飛起せて子供, 飛起て階子段を, 飛起るやうに, 飛起刎起手に, 飛起封じ目を開く, 飛趙雲黄忠馬超などの五虎, 飛跳ねるような, 飛跳距離も大きく, 飛輪真黒な牙, 飛込めい水は, 飛込めないんだ, 飛込ゆゑ下役どもソレと取, 飛込其斜かけに切れし, 飛込筏のうえ, 飛返つて, 飛返るに仔細, 飛迫控の三十, 飛退きますと, 飛退さり懐中電灯の, 飛退つて腹, 飛退つたがぶつ, 飛退ればとん, 飛に尽くし, 飛逃してあらず, 飛連れてあたり, 飛連山を眺める, 飛過ぎし第一, 飛違ツてゐる, 飛鈷地に落ち, 飛といつ, 飛が掠, 飛閃刀をはさみ, 飛の荒涼索莫, 飛関羽たちはすぐさま, 飛ヲ西城ニ連ヌ, 飛附いた手先には, 飛附ける筈も, 飛附たいほど貰いたかった, 飛降って神怪, 飛の絵, 飛雪血風の大, 飛雲浦の江頭, 飛雲閣それから醍醐寺, 飛雲鶴翔の衣, 飛雷同の二隊, 飛の, 飛鞭遠くを指し, 飛に望ん, 飛飛んでもねえ, 飛飛行機あるかね, 飛馬麟など, 飛騒いでいた, 飛騰しますから, 飛騰する文章が, 飛高原からかけ, 飛魏延馬超黄忠, 飛鰐立と讃め, 飛鳥の子を養, 飛鳥の子らの, 飛鳧垂柳疎松, 飛の輦, 飛九天上, 飛鳴する岩燕の, 飛をあしらつて, 飛鴻海に戯れ, 飛から飛行機, 飛龍天に在れ