青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「風情~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~顫 顫~ ~風 風~ ~風俗 風俗~ ~風呂 風呂~ 風呂敷~ ~風情
風情~
~風景 風景~ 風流~ 風習~ 風邪~ 飛~ 飛び~ ~飛び出し 飛び出し~ ~飛び出した

「風情~」 1536, 15ppm, 7564位

▼ 風情~ (251, 16.3%)

40 ある 10 あった 8 あって 6 あるの, 見える 4 あつた, ない 3 何を

2 [11件] あつて, あります, あるでは, あると, ないでも, 人の, 今更めい, 他からも, 大名を, 武士に, 遠慮なし

1 [148件] あったのに, あったまた, あったよう, あなたに, あなた方に, あのよう, あの一件, あらう, ありことに, ありますいろいろ, ありますのよ, あり伏目, あり夜分, あり昔, あり華やか, あるが, あるけれども, あるという, あるなどと, あるね, あるもの, あろう, いいから, うつりゆく四季, お先に立つ, お出入, こうしてあなた, この奥庭, ございましたの, ございませんけれど, ご贔屓, さながら我が, すっかり彼地, その大きな愁しげ, その子ども, そんじよそこら, そんなこと, たしかに何処, ついにおろか者十郎次, とても御, とても美しい, とやかくと, とやかく思った, どう致しまし, ないとかいう, ない故, なかつた, なかろう, なくなって, なくなり人魚, なくは, なくも, なさ, なさ過ぎます, ひとしほ, ふだん着にぞ, まさか親, まざまざと, またなんとも, また一変, よく景象的, よろしい, ドコへ, 一層春, 三十両五十両という, 三十兩五十兩といふ, 並んで, 云ってられますか, 今も, 何とも, 何の, 何ほどの, 來た, 備わり暗紅色, 僕に, 兎や, 取付いた, 古え, 唐紙の, 嘘詐や, 噪然として, 増す, 多いから, 女を, 容易に, 川瀬の, 差出がましく彼, 座蒲団など, 得も, 御前を, 御城内, 御息女さま, 心得おる言葉, 忍ぶと, 忘れられない, 怒鳴り込むといふ, 思われる, 怪しい女, 恐ろしいの, 想像された, 感じられた, 戴ける物, 拙者の, 持って, 新子の, 来たからとて, 横から, 江戸の, 油屋の, 浮んで, 深い, 添うが, 添つた, 漂うの, 無礼じゃ, 物を, 現れ今, 生ずる, 生命の, 生意気な, 生意気の, 申す迄も, 發見されね, 盗み出すとは, 知って, 稽古場に, 突つ, 経営した, 腰を, 自分の, 良いと, 苦情を, 血の, 行って, 見えつつ, 見えないでも, 見られた, 貰ったの, 贅沢な, 超凡すぎる, 逆う, 通りすがりにも, 門扉の, 関心を, 雨戸の, 頭から, 馥郁と, 馬上で

▼ 風情~ (217, 14.1%)

10 添えて 8 見せて 5 して 4 みせて, 添えた, 示して, 見て 3 句に, 相手に 2 そえて, まなび, もって, 人の, 持って, 添えること, 添えるという

1 [158件] あたへる彼女等, いうの, いとど感嘆, いや増さしめて, おぼめかせ打, お前ら多数で, お連れなさる, かたらまし, かつは, ことにせり, した花, しのび焼け付ける様々, しるされざるにや, する, そえるため, そこなってはと, そこなわない, そなえたもの, そんなにさげすん, つかんで, つくした石, ながめた時, なすべくも, なせるそこ, ぬすみもし, ぼんやりと, みせられると, もったその, わが恋人, 一人旅の, 一入美しく, 一緒に, 今も, 兵馬が, 内へ, 写し出して, 写真に, 匂はせる, 十分発揮する, 叙した, 呉氏は, 味ふ, 呼ぶこと, 図せしむ, 土地の, 増した, 増して, 増しは, 増しました, 増しまする, 増すの, 大変面白く, 夫に, 失わずに, 好む近年, 子に, 家に, 平次は, 座敷に, 弄し或は, 彩ると, 得んや, 心に, 思いながら, 思い出したの, 思うの, 思つたのである, 思ひながら, 思遣れ, 恥かしい, 恥ずかしめて, 悲壮な, 想い起さしむる場合, 想像せしめ, 愛し得られる, 愛し湿気, 愛すの, 愛する, 愛でたもの, 感じさせるもの, 感じた, 感じて, 感じとりそういう, 感じ得られたかも, 戀した, 打視め, 持つその, 捕まえて, 損すること, 斬ったとても, 柳沢に, 楽しんだ, 樂しんだ, 殿が, 気付くもの, 汚さなければ, 浮かべて, 添えそれにまた, 添えたの, 添えたよう, 添えようたって, 添えようと, 添える, 添えるため, 添えるだけの, 添えるであろうと, 添えるばかり, 添えるもの, 添える思いつき, 添える所, 添える程度, 添え並, 添へ, 添へて, 添へる, 減ずるであらう, 現す位, 男に, 異にし, 目に, 眺めた, 知つてゐる, 知らせ顔, 示すのみ, 示せば, 示せるのみ, 移して, 立居に, 美くしく, 美しくあれ, 脇に, 興がって, 要らぬ匿い立て致さば, 見せたが, 見せたの, 見せながら, 見せられるの, 見せられるので, 見せ面, 見ては, 見よと, 見られまじと, 見ると, 見るより, 見上げるの, 見出して, 見出すこと, 見比べて, 見聞する, 覚えさせるの, 解し人情風流, 解釈を以て, 討ち取るは, 認めて, 追いつつ, 遺す記念物, 醸し出します, 鳴き続けて

▼ 風情~ (211, 13.7%)

8 あるもの 4 平次に, 男が, 者が 3 中に

2 [16件] ために, ところへ, なかに, 上に, 前に, 娘です, 娘との, 娘などに, 小童十人二十人虱を, 平次には, 恋の, 手に, 掬すべき, 眼にも, 胸の, 訴訟を

1 [156件] あつた, ありうべからざるところ, あること, あるところ, あるの, あるは, あるものぢ, ある下, ある住居, ある家, ある小さな, ある庭, ある景色, ある木, ある眺望, ある芝生, ある花, ある都会, ある配合, ある青い, お艶, かりそめ, くせし, この容体, この私, こまやかな, しみつたれた台所話, すまじき事, その中, たちまちに, たわ言よと, つまらぬ者, ないこと, ない田舎, ない部屋, なよなよと, ふかいとき, ふかいエピソード, もとに, ものだった, もので, ものの, やつて, やり口な, ゆえに, わたくしに, わたしで, 一つと, 一束ねの, 下風について, 事先々の, 云ひ, 些事には, 人, 人間から, 例として, 侮辱を, 保証では, 信心には, 切なさ, 力で, 口吻では, 味いふかさ, 味わいとしての, 命を, 嘴を, 四肢五体凛然として, 多いため, 多いもの, 夢にも, 大道乞食がという, 女に, 女の子を, 女房が, 如き外, 如くともに, 妖しさ, 妻に, 妾が, 娘が, 娘でございます, 娘として, 娘に, 婦や, 嬶に, 子とは, 子の, 家が, 家庭料理は, 尋ねて, 小唄の, 小唄取り上げ, 小舎などとは, 川前市助までが, 差出口に, 平次の, 床の間には, 彼で, 御機嫌, 恩義を, 懐しさ, 懷し, 我が家の, 我等が, 所へなど, 手が, 手引を, 手拭の, 払い得ぬ程, 拙宅へ, 故も, 敵では, 昨夜と, 木だ, 松が, 桜花浅黄にも, 歩き様を, 深きもの, 深さ, 添り, 照子とか, 申すこと, 男を, 発言が, 真似を, 眼で, 眼と, 知恵ばかりとは, 私などが, 窺はれる, 端ッ葉者じゃ, 筆先で, 脅かしには, 花は, 芸事の, 草履で, 葉ッ葉者が, 藤九郎などを, 虚無僧に, 要求などは, 言うこと, 言う通り, 読むもの, 貧弱な, 賎き, 賢明ぶりを, 身で, 身にて, 身を, 迷ひ, 連中が, 遠く及ぶ, 銭形平次に, 餓鬼あ, 饗応を, 黒髪に

▼ 風情~ (182, 11.8%)

4 見えた 3 して, 富んで, 手を, 見えて, 見える, 負けを, 身を 2 なる, 何の, 女出入りで, 忍冬や, 眼を, 置いて, 重きを

1 [143件] あたること, あの人, あんなに恐れ, あんな意味, うごかされたと, うるむの, おもらしに, おやと, お祭り, かう申, こうまで, こう申しました, ここと, これも, こんなところ, さばかりの, しては, してやられたの, してやられて, すべすべと, するもの, なった, なったの, なって, ならされること, ひかへてを, ひよろ, みえると, サーッと, ジッと, ブラブラし, 七万両山分けでは, 丸い肩, 乏しい, 乏しく余韻, 云いすくめられ, 人に, 人の, 今日は, 仰せら, 休らえる, 似ずやとて, 何と, 何となく上等, 何負けよう, 俯向く, 候, 元気に, 卑しめられるの, 口説いて, 向って, 吹き巻くられた形, 四辺に, 坐り, 城弾三郎は, 城彈三郎は, 声を, 大それた, 大事な, 大切な, 大阪を, 媚を, 存分に, 富む縦横, 對する, 小声で, 小粒な, 屈するわし, 引廻され, 彳む, 御叮嚀, 御言語, 心を, 思い返すこと, 急用の, 恍惚と, 悉皆嬉しく, 悲鳴を, 情けを, 惹きつけられたの, 我が物, 手で, 手籠に, 押し潰されて, 持たせて, 持合せが, 指一本触れさせぬ, 授けられては, 探切立て, 斯う, 於てを, 日向の, 昨日までの, 最もよくうつり合う, 有之, 殺されるはず, 殺される筈, 汚されて, 甘く嘗められ, 用の, 白や, 百両は, 盗み去られると, 目を, 眼は, 研究の, 立入つたこと, 粧いて, 結いあげたり, 罵られて, 翻弄され, 背に, 舞扇, 融けて, 見えつ, 見えつつ, 見えました, 見くびられたと, 見せたお, 見愡, 詫びる佐太郎, 誘はれて, 誘われて, 譬へて, 貫一は, 足蹴に, 輝く雪, 追従する, 遊興の, 過ぎないの, 適うた地狂言, 邪魔立てを, 都振なる, 錦紗は, 長庵, 関心が, 閨を, 防ぎやう, 陥らぬ, 顏を, 顔を, 首を, 驚ろき

▼ 風情~ (126, 8.2%)

3 今も

2 [11件] さながら女, ない, なくとも, なんともいえない, まことに江戸, 器らしき, 容易に, 寒さ, 平次の, 有りませんの, 長局風俗に

1 [101件] あの活溌, あらざりしが, ありながら, あるが, あんまり見受けない, お妙, かの佛蘭西近代, こってりと, このぬれ, この夫人, この町, これに, さらなり, しながらも, すばらしい, たとい淑徳貞操, たとえよう, とらえがたい, どれほどの, ないが, なかなか捨て, なくて, なくハタ, なく諄々, なごりなく, なし前非, ほんの外郭, まことにいじらしい, まことに面白く, まさしく神経病患者, また多少, めずらしくなかった, もし自然木, よしそうして, よもあらじ, 一段で, 下界の, 五十年六十年前までは, 五色ヶ原の, 亡師父三遊亭円馬が, 人に, 今まで, 仕ながらも, 何ほどの, 何んと, 何事に, 佳い眺め, 偉大なる, 充分に, 全くの, 全く石井馨, 凜然と, 初めてこれ, 劍術よりは, 勝る花, 十分に, 単に日本, 却て, 取るに, 嘉永文久における, 大川から, 失われる, 媚かしい, 実に匂, 少しも, 山嶽の, 平次も, 庭に, 彼女には, 戦に, 旅を, 明治の, 昔, 東京市中もう, 森さんの, 棹や, 正にこれ, 江戸歌舞伎の, 深いそして, 添り, 無いが, 特に美しい, 現代の, 真に美しい, 石川の, 空想を, 第二次大戦後, 美しい者, 老いも, 花って, 萩の, 薄暗の, 見えず人, 見向うものの, 言語に, 貧乏臭く, 近頃評判, 過ぎた月明り, 適度の, 附纒うて居る, 雪を通して

▼ 風情~ (86, 5.6%)

8 あつた 2 男の, 私の, 肌を

1 [72件] あくまで勇壮カッパツ, いい出した, いった, いました, お屋敷, こう応えました, これだけの, じっとこちら, すんなりした, そこへ, たたずんで, とぼとぼと, どうしてそんな, なかま, また躊躇, もちかけられるん, ションボリ佇ん, ションボリ坐っ, ニコリとも, 並んで, 中古の, 云った, 人間らしい情緒, 伸子の, 何も, 何十両の, 前日の, 取合いません, 口を, 味も, 地を, 変った様子, 女としての, 妙子は, 小屋の, 屹と, 帽に, 引返して, 待ち構えて, 後継ぎの, 恍惚し, 意匠され, 慄え, 操は, 暗い水面, 橋の, 死んで, 水を, 水面に, 流漉, 然も, 煽られると, 熟と, 物に, 用を, 眼の, 緋牡丹も, 考案され, 芝居の, 茶を, 葬って, 葵の, 袂を, 身を, 陽炎と, 雪に, 静かに, 面倒臭さうに衣服, 面倒臭そう, 駒井へ, 黄昏を, 黒い岩壁

▼ 風情~ (80, 5.2%)

3 ない 2 ないもの, ない饅頭笠, なかった, なく華やか, なしに, ツイそんな, 立派だ, 長い間

1 [61件] あった, ある, あれば, おもしろかった, けしきも, これなくただ, ござらぬの, さること, しを, ととのう, ないが, ないそれ, ないところ, ない住宅, ない崖裾, ない庭, ない植物, ない様, ない狭い庭, ない畑地, ない詰まらない, なかなかすて, なかなかにあわれであった, なきもの, なき停車場, なくいきなり, なくすぐさま, なくすべて, なくては, なくほとんど, なく今, なく十分, なく市, なく芝, なしすき, なにも, また一興, よい, 何も, 可懐しい, 台なし, 増さばこそ, 妙に, 実利も, 平凡で, 彼に, 情緒ゆたかな, 捨てがたい, 捨て難い, 文字の, 浅かった, 無い, 無かった, 無かりき, 無く侘しう, 無く白茶け, 無しに, 聞き家事, 興あり, 見どころ多く, 面白いと

▼ 風情~ (41, 2.7%)

2 夜逃げを, 親しくなる

1 [37件] いいまた, いったい何, いつたやう, いふを, このよう, しかもその, して, なった, なって, 一所に, 一緒には, 不義の, 云い鉄, 云うもの, 云に, 人目を, 似て, 口を, 同じ様, 同じ樣, 同列にまで, 好奇心とを, 恋語りした, 気品とを, 相成果, 結婚した, 美酒佳肴を, 興味とを, 見えるの, 見くびって, 見て, 見る他, 観ること, 言うか, 言ったもの, 駈落すること, 魅力を

▼ 風情ある~ (19, 1.2%)

4 女の 2 空気の

1 [13件] こころも, 出来事である, 古驛, 夜で, 姿を, 後姿を, 柴の, 渓橋その, 趣きを, 雲なり, 飾である, 首の, 驛舍の

▼ 風情には~ (19, 1.2%)

2 ゆるゆる腰

1 [17件] ちょっと味, つまり性に, てんで寄りつけ, もったいない, 不可能でも, 人を, 力及ばぬ, 勿体ない御, 古格が, 可惜男, 寄っても, 歯も, 眼も, 荷の, 観て, 言葉も, 許されるべきこと

▼ 風情にて~ (18, 1.2%)

1 [18件] やをら左の, オヽ忠兵衞か, 乱れ姿に, 佇める姿限, 少年の, 床柱に, 彼は, 所天の, 打仰ぐ, 欣弥は, 汽車を, 牀几の, 茫然と, 貴殿には, 重き枕を, 頭を, 顔を, 鼻を

▼ 風情では~ (9, 0.6%)

2 どうにもなりません 1 あっても, どうしてそれ, なかつた, 一生にも, 断じてない, 斷じてない, 正直で

▼ 風情~ (8, 0.5%)

2 て一千 1 てうしろ髪, てこの, て二階, て偈, て瞳, て遠目

▼ 風情なる~ (8, 0.5%)

2 もあり 1 かな, がつく, がつくづく, を強, を静緒, 哉さ

▼ 風情~ (7, 0.5%)

1 から一人, つたと, つたのも, という気持, と云つて, な, の

▼ 風情である~ (7, 0.5%)

2 から誰 1 から判事, が津軽, だけだつた, と答, のを

▼ 風情とは~ (6, 0.4%)

1 まつたく別もの, 人柄が, 全くかけ離れた, 杯も, 申せそれだけ, 美的趣味と

▼ 風情~ (6, 0.4%)

3 のを 1 のである, ものじゃの, んだ

▼ 風情あり~ (5, 0.3%)

3 げに 1 ておのれ, て美はし

▼ 風情であった~ (5, 0.3%)

1 がまた, がやがて, が今, が声, ということ

▼ 風情という~ (5, 0.3%)

2 ものが 1 ところがあらわれ, もので, ものの

▼ 風情とも~ (5, 0.3%)

1 なるべきぞや, 御覧ぜよ, 甘味さう, 見られた, 覚えず

▼ 風情にも~ (5, 0.3%)

1 まだまだあんな, 合点の, 哀しく懐かしい共感, 深山の, 道行く人々

▼ 風情までが~ (5, 0.3%)

1 こうまで, もう郊外, 天下の, 柄にも, 逝く春

▼ 風情から~ (4, 0.3%)

1 また硝子窓, 云って, 手習いする, 斯様な

▼ 風情です~ (4, 0.3%)

1 あの山, から引手数多, な, ね

▼ 風情でも~ (4, 0.3%)

1 あえてしない, そのため, 生命は, 目先の

▼ 風情など~ (4, 0.3%)

1 単純で, 心惹かるる, 見る由, 除きては

▼ 風情~ (4, 0.3%)

1 お前が, 味いや粉飾に, 焦つ姿, 自分を

▼ 風情お前~ (3, 0.2%)

3 は出世

▼ 風情さらでも~ (3, 0.2%)

3 教育は

▼ 風情だった~ (3, 0.2%)

2 のを 1 肩掛という

▼ 風情として~ (3, 0.2%)

1 この親たち, 許し難き, 面白く感ぜられた

▼ 風情もう~ (3, 0.2%)

2 此樣な話し 1 こんな話し

▼ 風情よりも~ (3, 0.2%)

2 抜目が 1 折々枯葉

▼ 風情をも~ (3, 0.2%)

1 よく叙, 恃むべ, 残し武家跋扈

▼ 風情~ (3, 0.2%)

3 が病

▼ 風情あっ~ (2, 0.1%)

1 て, てよろし

▼ 風情あまりに~ (2, 0.1%)

2 身分が

▼ 風情こそ~ (2, 0.1%)

1 いろ, 教えら

▼ 風情~ (2, 0.1%)

2 のみの

▼ 風情~ (2, 0.1%)

1 へあります, へ今

▼ 風情そのまま~ (2, 0.1%)

1 なの, に

▼ 風情であり~ (2, 0.1%)

1 乍ら丸みが, 心持ちであった

▼ 風情でした~ (2, 0.1%)

1 が, が一杯

▼ 風情でなく~ (2, 0.1%)

1 て, 花の

▼ 風情との~ (2, 0.1%)

1 結婚など, 間には

▼ 風情なかなか~ (2, 0.1%)

1 に興, もって

▼ 風情ながらに~ (2, 0.1%)

1 新政府, 物を

▼ 風情にまで~ (2, 0.1%)

1 落魄ず, 見くびられる徳川

▼ 風情~ (2, 0.1%)

1 いろいろと, 話しかけるには

▼ 風情ゆたか~ (2, 0.1%)

1 な玄関, にしめあげ

▼ 風情~ (2, 0.1%)

2

▼ 風情写し得~ (2, 0.1%)

2 て最も

▼ 風情次第に~ (2, 0.1%)

2 淋しくなる

▼ 風情正直~ (2, 0.1%)

2 なるが

▼ 風情~ (2, 0.1%)

1 りたとえば, り何となく

▼ 風情~ (2, 0.1%)

2 に十分

▼ 風情~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼1* [117件]

風情あらんや, 風情いかにあくせく働きました, 風情いかにも優雅なる, 風情すら淋しき, 風情も言, 風情夏は, 風情おもしろく定めし見飽かぬ, 風情おもちゃのラッパ, 風情かな未開紅の, 風情からかまたはそうした, 風情がといいいい, 風情ははる, 風情くらゐ我慢, 風情この方は, 風情これはと吉造首, 風情これ初恋の面影, 風情さえ杖には, 風情さすが覚悟を, 風情した中に, 風情その現実と, 風情それにお, 風情そわそわして, 風情かし, 風情ただソヨとの, 風情だろう豊伴を, 風情つておつ, 風情でありましたが言葉, 風情であれ底に, 風情であろうか, 風情でさえちょいと, 風情でしかない, 風情でしょうと思う, 風情というもまた同じ, 風情といったような, 風情といふものが, 風情とか人間味とか, 風情としては楽焼の, 風情とて家の, 風情とては露ほども, 風情とで重々しく広がっ, 風情どうして懇意に, 風情ながら何處か, 風情ながらもまたそれ, 風情なき無價値, 風情なく候, 風情なぞは滅多に, 風情などはせわしい心, 風情ならえがけるつもりだ, 風情ならずば身上, 風情なり稍有て, 風情において成立つ, 風情にだけこんな野方図, 風情にと頭から, 風情になつたのは, 風情にゃあ過ぎた, 風情によってまたどんなに, 風情に対しても頭を, 風情のなま, 風情のみに堕し生気, 風情のよかつた, 風情はあはあと聞, 風情はといった方が, 風情ばかりでは, 風情ひとりを二人, 風情ふかいでしょう, 風情まことに一敗の, 風情またあるまじき観, 風情もござりますまいが御, 風情もしくは年寄役風情として, 風情やと云いたい様, 風情よく生えて, 風情をすら見た, 風情サスガに取, 風情一ときはなりし, 風情何処に憎い, 風情の取, 風情作らずと見ゆれ, 風情健全な想像力, 風情咲くべき蕾も, 風情哀れなり, 風情の色, 風情多き驛なり, 風情大きい雨滴が, 風情如きが破る, 風情へかけ, 風情賢察の, 風情忍ばれて心強き, 風情思ひ起すだに醉, 風情恰も百門の, 風情招待的挑発的な姿態, 風情捨てがたきもの, 風情散りそめた姥桜に, 風情敷波の花, 風情更に哀れなり, 風情朝顏の心, 風情の影, 風情此の方は姿, 風情流石覚悟を, 風情深うございます, 風情深きや, 風情深く見られた, 風情の影, 風情独り負ふ気, 風情にも留まらず, 風情短刀一本で事, 風情筋骨衰弱し可憐, 風情絵巻物風な滑稽等, 風情茅屋の低き, 風情蓋し散る花, 風情や裾, 風情見るが如く, 風情ひ尽し難し, 風情の業, 風情の日, 風情面白く渡れば, 風情頗愛すべきもの, 風情風情を添える