青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「音~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

革~ ~革命 革命~ ~靴 靴~ 鞄~ 鞘~ ~鞭 鞭~ ~音
音~
~音楽 音楽~ ~響 響~ ~響い 響い~ ~響いた ~響き 響き~ ~響く

「音~」 39782, 382ppm, 253位

▼ 音~ (12468, 31.3%)

1363 して 1088 した 584 する 287 聞えて 254 聞こえて 209 しました 168 聞えた 109 聞える 108 きこえて 91 すると 88 したので 81 響いて 70 きこえた 69 耳に 67 聞こえた 65 かすかに, するの 61 したかと, したの 57 します 48 したと 44 するので 42 したが 38 きこえる 37 微かに, 聞こえる 35 ひびいて 34 近づいて 31 流れて 30 聞こえました 27 聞えました 26 したり, 急に, 私の 24 きこえました 23 したよう 22 聴え 21 するばかり 19 聞えると, 聞えるの, 響いた 18 幽かに, 起った 17 しない, 出るの, 静かに 16 するから, するん, 夜の, 静かな 15 しだした, するよう, 耳について, 起って, 遠くから 14 ある, 洩れて, 聞えるよう 13 きこえます, 手に, 聞えます 12 あった, きこえたので, したから, したん, それに, 耳を, 聴える, 起つた, 響き渡った, 風に 11 きこえると, しはじめた, するだけ, 聞えるばかり, 聴えた

10 [12件] すれば, つづいて, ひびいた, 冴えて, 止んだ, 続いた, 続いて, 聞え出した, 聞こえるよう, 起りました, 頭の, 高い

9 さらさらと, しても, し出した, なかった, やんで, 聞えたり, 聞えるやう, 起る, 遠くに

8 [15件] あたりの, あって, しずかに, したやう, しなかった, するぞ, もれて, 出る, 彼の, 聞えたと, 聞えたので, 聞えやがて, 聞こえます, 聞こえるの, 起こった

7 [14件] いやに, しそう, するたび, ない, ひ, やむと, よく聞える, 出て, 妙に, 止むと, 絶えて, 聞えたが, 聞えたの, 響く

6 [26件] いつまでも, してから, してる, しないやう, しましたので, するかと, するが, するだろう, するね, どこからか, どこからとも, 伝わって, 枕に, 止んで, 盛んに, 絶え間なく, 続けざまに, 耳には, 耳の, 聞えだした, 聞え始めた, 自分の, 遠ざかって, 雨の, 非常に, 鳴って

5 [41件] きこえるので, こだまし, したじゃ, したぞ, しただけ, したもの, しないよう, するし, するでは, するという, だんだんに, どこかで, にぎやかに, ひびくの, やむ間, ハタと, 一時に, 不気味に, 入って, 単調に, 変に, 家の, 廊下に, 明らかに, 気に, 沈んで, 洩れる, 消えて, 澄んで, 玄関の, 秋の, 聞えそれ, 聞こえたの, 聴えて, 聽えて, 賑やかに, 起こって, 間遠に, 風の, 高くなった, 鳴った

4 [69件] あると, きこえたと, きこえたの, けた, しきりにし, しきりにする, しすぐ, しそれ, しそれから, したこと, したのに, した時, しましたね, しますから, しません, するぢ, すると共に, するほど, するもの, するもん, する外, だんだんはげしく, だんだん大きく, だんだん近く, だんだん遠く, とどろいた, どうかする, ないの, はっきりと, ひびきわたりました, まじって, やんだ, ボーンと, 下の, 不意に, 二人の, 何か, 俄に, 地の, 山に, 川下の, 彼女の, 後の, 忍びやかに, 戸外に, 整つて出, 断続し, 段々高, 消えると, 深夜の, 町の, 窓の, 立つて, 聞えたから, 聞えはじめた, 聞えるので, 聞こえたから, 聞こえたので, 聞こえると, 聞こえるばかり, 近くに, 違って, 遠くで, 邪魔に, 闇の, 闇を, 雨を, 騷が, 高らかに

3 [159件] あたりを, あつた, ありました, ありまた, あるので, あるばかり, いたします, いたすだけ, いっぱいでした, おこって, きこえお, きこえるの, きこえるよう, ここまで, ごー, さびれ台, しお, しきりに聞え, したけれど, したって, したという, しないのに, しなくなった, しましたが, しんみりと, し始めて, するか, するくらい, すること, するじゃ, するぜ, するだらう, するでしょう, するのに, するよ, する度, そこから, そこにも, だんだん近づい, つ, つづいた, ときどきに, とまった, どことも, ながれた, ながれて, のどかに, はたとやんだ, ひとき, ひびきました, まだ耳, みんなの, よく聞え, わたしの, カチカチと, カラコロと, ギーと, サラサラと, ポタリポタリと, 一と, 一種の, 下から, 丘の, 二階の, 交って, 人々の, 人の, 似て, 何処からとも, 俄かに, 俺の, 僕の, 凄じ, 出ないよう, 出ました, 出るん, 反響する, 台所の, 四辺に, 夜陰の, 夢の, 始まった, 家中に, 小さな息, 少年の, 幽かながらも, 廊下の, 後に, 後ろから, 後ろに, 微に, 思い出したよう, 改札口の, 林の, 森の, 次第に近づい, 次第に高く, 次第次第に, 止まつた娘, 止む, 止んだ時, 気の, 水に, 水の, 水を, 波の, 淙々と, 淙々として, 激しくなる, 盛に, 私を, 空中に, 立って, 立つた, 絶えずし, 絶えず聞え, 絶えなかった, 続く, 耳立って, 聞えその, 聞えたか, 聞えたかと, 聞えたよう, 聞えなくなりました, 聞えは, 聞えるかと, 聞えるし, 聞えるだけ, 聞えるという, 聞えるね, 聞えるほど, 聞えるよ, 聞える時分, 聞え出すと, 胸に, 胸を, 脚下に, 致します, 近づく, 遠くの, 遠雷の, 部屋の, 長く尻, 長閑に, 闇に, 際立って, 靜かに, 響いたの, 響いたり, 響きます, 頭上に, 風雨の, 颯々と, 高いので, 高くなっ, 高く響いた, 高く響く, 高まって, 鼕

2 [467件] あいずだったの, あたりに, あったこと, あったと, あったの, あまり大きかっ, ありありと, ありましたのでな, いくつも, いたしました, いつと, いつの間にか消える, いつもより, いまでも, いやだ, いよいよ激しく, おこった, おこりました, かすかながら, かたかた, かたまって, かなり長い, かなり高く, がらがらと, きこえそれ, きこえたこと, きこえたり, きこえはじめた, きこえはじめました, きこえるが, きこえるという, きこえ出すと, きこえ次に, こうこうと, こもって, これに, ごう, ごっ, さ, さっきから, さわがしいので, ざあと聞えた, ざあーと, ざわ, し, しずまると, しその, したあと, したこんど, したぜ, したそう, したっけ, したとき, したね, したばかり, したもん, したよ, したろう, したんで, した後, した更に, した様, した騒がしい, しないが, しないで, しないと, しないの, しないもの, しなかつた, しなければ, しのびやか, しはじめ, しはじめたので, しはじめて, しばらくしました, しますし, しますと, しますので, しますよ, しませんでした, しめやかに, し二人, し出した時, し初め, し半, し同時に, し囃したて, し始めた, し始めると, し白い, し間もなく, じいんと耳, じぶん, すぐ近く, すさまじい, すすり泣くよう, すてきだった, するかも, するそれ, するとともに, するな, するはず, するまで, するやう, するわけ, する時, せぬ, そこここに, そこへ, その前, その月の輪, その瞬間, たえず聞こえた, たえず頭, だん, だんだんかすか, だんだん高く, ちよろ, つたわって, つづけざま, とどろいて, とどろきました, とまって, とまる, どう, どうどうと, どこから, どこからと, どどんど, どんどんと, どんなもの, にわかに大きく, はたと止, はっきりし, はっきり耳, はっきり聞え, はっきり聞こえた, はつきりと, はつきり聞え, はらはらと, ひくく聞えた, ひっきりなしに聞え, ひどいので, ひどく確かさ, ひびく, びっくりする, ぴたりと, ふいと, ふと耳, ぶうん, ほかの, ぼしょぼしょと, また聞え, また聞えだした, まだ脚, まばらに, まるで油, やかましく耳, やみました, やむ, やんだなと, よくない, よけいに, りんりんと, カタコトカタコトと, カラカラと, ガバガバと, コツコツと, ゴーッと, ザーッと, シャンシャン聞える, ジャブジャブと, ゾロ, ツイ横手の, ドウドウと, バチャンと, バッタリと, パタリと, パッタリと, ピッタリと, ボツリ, 一同の, 一度に, 一所に, 一杯に, 一発空気を, 一緒に, 一際陰, 一音に, 丁々と, 不安な, 乱れた, 二三度つづい, 二階から, 交じって, 交錯し, 今宗助, 低くきこえた, 低くひびいた, 低く民, 低く聞えた, 何となく不安, 何ともいえない, 余韻を, 例によって, 信一郎の, 入りみだれて, 入り乱れて, 冴えるの, 出し抜けに, 出た, 出たに, 出ないもの, 出ます, 出ますね, 出るかと, 出るに, 切りに, 初めて高く, 刻々に, 刻一刻凄, 前の, 去って, 又響き始めた, 取留めも, 同じよう, 名寄中に, 喧しくて, 嚠喨と, 囁きの, 四辺の, 国語の, 地響を, 堀に, 場末の, 壁を, 変化し, 外の, 大け, 大司馬車騎將軍, 始まりました, 始まる, 家全体を, 宿の, 尾を, 屋根に, 屋根の, 山々に, 山の, 山中の, 岩の, 崖の, 市の, 帆村の, 幾つある, 床の, 店の, 座敷の, 庭に, 廊下を, 引ツ切りなし, 彗星の, 後世の, 微妙な, 心に, 心細く腹, 忍び笑ひ, 忘れられません, 忙が, 急が, 悪魔の, 意外に, 戛, 戞, 戸の, 揺れた, 旅客の, 旅宿に, 日本に, 春の, 時々気味悪く, 時々響い, 時を, 晩春の, 暗い空, 朝から, 木立の, 来て, 来る, 松の, 枕の, 森に, 森閑と, 楓の, 橋に, 次第に消え, 止った, 止まった, 止まって, 止んだと, 止んだ頃, 此の, 気まぐれに, 汐鳴りの, 洩れた, 洩れるの, 流れ出て, 浮いて, 消ゆる, 淋しく聞え, 混って, 湖水の, 漏れて, 為て, 烈しく響いた, 無気味に, 煩く聞えた, 爽やかに, 狂った鳥, 玄関へ, 瑠璃子達の, 町, 異様に, 直前の, 相手の, 真っ暗な, 石高路に, 確実に, 私に, 私には, 秋空に, 空に, 突然荒々しく, 筒抜けに, 絶えずきこえ, 絶えず耳, 絶えず聞える, 絶えたかと, 絶えないの, 絶えなかつたが, 絶え間なし, 絶間も, 続けさま, 耳いっぱいに, 聞えたきり, 聞えたこと, 聞えたそう, 聞えたそれ, 聞えだしたと, 聞えつづいて, 聞えないの, 聞えなかったの, 聞えなくなって, 聞えましたが, 聞えますな, 聞えますね, 聞えるかも, 聞えるから, 聞えるが, 聞えること, 聞えるその, 聞える位, 聞える前, 聞え出して, 聞え窓, 聞かれた, 聞こえあるいは, 聞こえそれ, 聞こえたが, 聞こえなくなると, 聞こえはじめた, 聞こえますか, 聞こえるので, 聞こえるほど, 聞こえる余, 聞こえ部屋, 聞こえ頭, 聞ゆる, 聴えます, 聽えた, 自分に, 致しました, 致しましたから, 致しましたが, 致しますから, 舞台の, 色が, 落ちて, 薄靄, 虚空に, 虚空を, 蟋蟀の, 街道を, 表にばかり, 見えざる光, 語頭に, 語頭にも, 調子を, 谷の, 谷底から, 谺する, 豆を, 走る, 起ったの, 起つて, 起り唄, 起ると, 身體の, 近くで, 近くなる, 近づいた, 近付いて, 近寄って, 近寄つて, 連続し, 連続的に, 過ぎる, 道を, 違う, 違うの, 違ふ, 遠くかすか, 遠くなった, 遠く近く, 遠方に, 遠浪, 遥かに, 部屋に, 部屋まで, 鈍く聞こえ, 鏘, 長い間, 長廊下, 門の, 間断なく, 関の, 陰々として, 階下から, 階下の, 際立つて, 隣の, 隣りの, 雪の, 雷の, 静に, 響いたかと, 響き渡つた, 響き渡りました, 響き渡る, 響くと, 響くの, 頭まで, 頻に, 風を, 馬の, 騒がしくきこえる, 高くなり, 高く聞えた, 高く聞こえ, 高く響い, 鳴つて, 鳴りひびいた, 鳴り出した, 鳴り響いた, 鳴り響いて, 黄昏の, 鼓膜を

1 [3946件 抜粋] あいずででも, あちらでも, あっちからも, あまりに強い, あらゆる現実, あり日本人, ある微妙, いい, いかにも秋めい, いたします家庭的, いつかしら聞えなくなり, いつも聞き馴れた, いよいよはっきり聞え, いろいろであっ, うわーん, おだやかな, お喜乃, お駒ちゃん, かすれるほど, かなりあわただしく, かように, かんかん鳴った, がりがりした, きこえ, きこえたなら女, きこえなかったと, きこえふんわり, きこえるそれ, きこえる時, きこえ子供, きこへ, きっとそうだった, ぎいとんぎいとんと聞える, くりかえされて, けたたましく聞える, こういうリズム, こころよく耳, こないだ見た, この室, この時活気, この鶴, こんどは, ござりました, さう, さつと鳴つた, さびしくひびく, さら, ざあッと, しあと, しきりに呼びたてる, しげくなり, しずまって, したしかに, したといった, したほか, したわたし, した少し, した釣瓶, しだしたかと, しつづいて, してよ, しとしとと聞え, しないこと, しなかったと, しなくなりしん, しねえ心臓, しばらくきこえ, しばらく耳, しましたから, しますか, しまもなく, しゅうんと, しーん, し会員, し夏雲, し帆平, し悲し, し消えて, し茂次, し這入つて來, じめじめと, すぐその, すこし聞えた, すっすっと, するきり, するそこ, するだろうと, するでしょう拳銃, するどく頭, するには, するらしいのに, するドレ其方, する娘, する明日, する沈重, する藤吉, せずしっとり, せんな, そこら近所, そのあたり, そのままこの, その密林, その晩, その間も, それぞれ一音を, それより, たぎって, ただ絶えず, たびたび水, だよ, だんだん近寄っ, ちっちまって, ちょうどさかずき, ちらりと聞える, つたわらないよう, つまり私, でた, ときどき庭, とつとつと, とどろきわ, どうした, どおん, どたばたと, どろどろどんどんと, ないから, ながいこと室内, なくなったとの, なんじゃ, のどかな, はいると, はじまり寝台, はたと止む, はつきり耳に, はらはら聞えた, ばた, ばりばりと, ぱったりやんだ, ひっきりなしにきこえる, ひときわ烈しい, ひどいなあ, ひびいたので, ひびきわたり神輿, ひびき重い, ひろい闇, ぴしゃ, ぴちゃぴちゃする, ふくれます, ふッ, ほがら, ぼつくりし, ぽつりぽつりと, まことに快い, まじるよう, またすこぶる, また一段劇, また聞えます, まだ嵐, まだ聞かれない, まるで反対, みんなを, もう今, もどかしいほど, もれた, やかましいひどくやかましい, やがて聞こえ出した, やはりホコリだらけ, やわらかく並木通り, ゆくりなく聞こえ, ゆるゆると, ようやく静まっ, よく出ない, よみこんで, わが肉体, わびしかつ, エネルギーである, カラカラカラカラカラ, ガチ, ガンガンガタガタ, ギイゴトンドサンザアと, コチーンと, ゴオオ, ゴロゴロと, サラサラ, シャラシャラと, ジンタの, タタタタタと, チョンチョンチョチョンチョチョンと, ツ音に, ドシンドシンと, ネズミたちの, ハツキリと, バンと, パッタリ停った, ヒュッと, ピタと, ペチカ委員の, ポンポンポンと, リズミックに, 一しきりはげしかっ, 一つに, 一つ一つ冬夜の, 一めんに, 一天の, 一層烈しく, 一方の, 一瞬小栗栖の, 一行を, 七郷に, 三つ響いた, 三畳の, 下って, 不思議と, 不足した, 丸い段落, 乾燥いだ, 二つも, 二三カ所で, 二三度床に, 二三遍聞え, 二足三足した, 交, 亦感慨無量, 人造人間部隊の, 今は, 他の, 伝はつて, 伴奏を, 何かの, 何ん, 何処まで, 何様し, 余りに哀れ, 例よりも, 傘を, 先だった, 入り乱れるが, 全く聞えぬ, 兵馬の, 再び階下, 冷たそう, 凄まじく聞えた, 出しにくい, 出た後, 出なくても, 出やがった, 出るのう, 刃を, 刎ね, 刻々と, 加はると, 勢よく, 十一時過ぎまでも, 南から, 厳寒を, 反って, 古代の, 右手の, 同じだから, 向うから, 周一の, 哀れに, 喧しいそれ, 嗜きな, 四方八方で, 地から, 坑道一杯に, 塔の, 変だ, 夏の, 外まで, 夜どおし都大路, 夜気を, 夢幻の, 大きく流動速度, 大すき, 大川に, 天にも, 奥でし, 好きである, 始まつた, 子守唄と, 宛がら雷の, 室内に, 容易に, 寂寞を, 寧子の, 小さな彼, 小川の, 少しわるい, 少なくな, 屋外まで, 岸から, 巣箱の, 市場の, 幕の, 幻の, 底の, 引っきりなし, 張りたての, 弾けて, 彼等の, 後ろへ, 心を, 必要以上に, 忙は, 思ひだしたやう, 恋しくな, 息を, 悪くても, 悽く, 感じられる, 或る, 手近に, 抜けきらぬほど, 揃うて, 教会から, 數へ, 新吉達の, 日によって, 明け放した窓, 明る過ぎる, 昼と, 時々ず, 時々聞える, 時という, 時折耳に, 暗い遠く, 暮れなずむ, 更け渡りつつ, 朗らかに, 木樵の, 本堂の, 松風と, 栄華を, 樂しい, 檜肌葺の, 次ぎ次ぎに三方, 次第に低く, 次第に遠ざかる, 止つて男が, 止んだかと, 此方へ, 残って, 殷々と, 気味悪くひびいた, 水上の, 沈んだ村落, 油断し, 津田の, 洩れ聞えた, 流れ夕, 海鳴りの, 消えなかった, 淋しく耳, 深夜まで, 清く澄んだ, 湖畔の, 湧くよう, 滿山を, 漸く沈み掛けた, 澄んだ響, 濁音に, 為さうに, 烈しく聞えた, 無数の, 煩くな, 爽やかだった, 物凄く鳴り響いた, 狂ほし, 猿の, 現代の, 田楽の, 留むと言ふ, 癇を, 白雨の, 監獄じゅうの, 眞夜中を, 瞭然と, 神経を, 稍や, 空気よりも, 突然室, 窓で, 立ちますもの, 笑つたやうに, 築山の, 純粋に, 細く悲しく闇, 終日聞こえる, 絶えた, 絶れ, 続いたり, 縁側へ, 續いた, 美しく思われ, 耳へ, 聞え, 聞えそして, 聞えたなどと, 聞えだす, 聞えなかった, 聞えなければ, 聞えましたつ, 聞えまする, 聞えるかね, 聞えるだらうそいつ, 聞えるなんて, 聞える今日, 聞える朝飯, 聞えれば, 聞え出すと共に, 聞え少し, 聞え棺桶, 聞え燭, 聞え翼, 聞かれるので, 聞き取れる, 聞こえたとき, 聞こえた余, 聞こえつめたい, 聞こえなくなった, 聞こえはじめひじょうな, 聞こえるかい, 聞こえるでしょう, 聞こえるわけ, 聞こえトランク, 聞こえ出すと, 聞こえ玉ねぎ, 聴こえたと, 聽える, 胸の, 自分たちにとって, 臼に, 船首と, 若様の, 荘厳に, 藤崎台で, 行手では, 裏の, 見る, 言語の, 誰の, 谷あいに, 賊の, 走り去る, 起されて, 起りつぎ, 起るしばらく, 路から, 身体中に, 転ずるの, 轟々と高く, 辿る, 近く聞える, 近づくの, 追, 途絶えがち, 通り過ぎる, 違うよう, 遠い森, 遠くなっ, 遠く万里, 遠く泥, 遠く聞こえ, 遠ざかったころ, 遥か遠く, 都の, 重なり合うので, 針葉樹の, 鈴を, 鍵盤を, 長くなっ, 開幕の, 間近に, 降ると, 階下までも, 雑然として, 雨戸の, 震え震え, 青空の, 静寂を, 音と, 響いたのみ, 響きはじめた, 響き渡つたの, 響き謡, 頻りに聞えた, 飛び込んで, 馴れた女中衆, 騒がしいの, 高いところ, 高くした, 高く私, 高く鳴った, 高鳴った, 鳴りおわるまで, 鳴りました, 鳴り出すと, 鳴り渡ったこと, 鳴り響こうという

▼ 音~ (8105, 20.4%)

974 立てて 678 たてて 334 させて 251 聞いて 146 立てた 139 聞きながら 136 立て 119 聞くと 115 立てながら 96 耳に, 聞いた 92 たて 84 たてた 82 きいて 78 させながら 69 立てる 46 聴いて 45 ききながら, たてながら 41 きくと 40 させた 32 出して 31 して, たてる 30 あげて 29 聞きつけて 28 立てるの 26 立てずに 24 聴きながら 23 忍ばせて, 響かせて 22 立てないよう 21 きいた, 聞くこと 20 たよりに 19 き, 発して 18 聞きました 17 たてました, 立てたの 16 たてずに, たてないよう 15 させる, 聞いた時 14 さして, 立てました 13 出す, 立てたり, 聞いたこと, 聞きつつ 12 あげた, あげたの, ききつけて, ひびかせて, 聞いたか, 聞く 11 出すの, 立てないで, 立てると, 聞いたり, 聞くの 10 させるの, もって, 出した, 立てるよう, 聞いたと, 聞いたの 9 きく, きけば, 上げて, 残して, 立てない, 立てぬよう, 聞くとも, 聞く時 8 きかせて, させたり, たてぬよう, 出すこと, 聞いただけ, 聞いたよう, 聞いてから, 聞きつけると, 聞くよう, 表わして

7 [14件] あげました, ききました, きくこと, たてると, ひそめて, 合図に, 気に, 私は, 立てたが, 立てなかった, 立てること, 聞かせて, 聞くたび, 聴いた

6 [22件] きくの, させました, たてたの, たてたり, たてること, たてるの, たてるので, 写したもの, 楽しんで, 止めて, 殺して, 発する, 発するの, 立てそう, 立てつつ, 立て始めた, 聞いたが, 聞くが, 聞くだけでも, 聞けば, 聽き, 自分の

5 [20件] きいたが, きくよう, さした, させつつ, しのばせて, ひびかせながら, 仰いで, 区別した, 思い出して, 消して, 発した, 發する, 立てても, 立てないやう, 立て初めて, 聞いたから, 聞いても, 聴いたの, 聽く, 響かせた

4 [37件] お聞き, きいたの, させずに, させたかと, させないよう, させると, たてない, たてないで, 代表する, 写した万葉仮名, 出すと, 出そうと, 忍んで, 揚げて, 発すること, 発するもの, 立てては, 立てないの, 立てはじめた, 立てるが, 立てるほど, 立てるもの, 立てるん, 聞いたので, 聞いたもの, 聞いては, 聞きつ, 聞きて, 聞きますと, 聞く事, 聞け, 聽いた, 表は, 表わす同類, 送って, 頼りに, 鳴らして

3 [78件] あげさせて, かすかに, きいたとき, させ, させたもの, させては, させないで, させぬよう, じっと聞い, そのままに, たてそして, たてては, たてなかった, たてまた, たてるはず, たてるばかり, とめて, はためかせて, ふり撒きながら, やめて, ゆるやかに, 上げた, 伝えて, 伝へるやう, 出します, 出すため, 出すもの, 利用し, 区別する, 夢うつつの, 大きくし, 張って, 弾いて, 形容し, 思い出した, 持って, 数えて, 数へて, 枕に, 氣に, 流して, 消した, 用いるかという, 發し, 立てさせて, 立てその, 立てたと, 立てない様, 立てぬ様, 立てます, 立てませんでした, 立てるから, 立てるだろう, 立てるので, 立てるばかり, 立てるやう, 立て乍ら, 立て出した, 立て初めた, 続けて, 縫って, 考えて, 聞かされた時, 聞かして, 聞かなかったの, 聞かなければ, 聞きその, 聞きつけたの, 聞き乍ら, 聞くたんび, 聞くばかり, 聞こうと, 聴いた時, 聽い, 落して, 違った音, 静かに, 響かして

2 [258件] あげません, あげるか, あげるの, あつめて, かき立てて, きいたから, きいたこと, きいただけでも, きいたという, きいたり, きいた時, きいてから, ききそれ, ききましたらかすか, ききますと, ききわけること, きき乍ら, きくのみ, きけ, こそきかめ歌神, この耳, さしてゐた, さしてゐる, さして居る, させたの, させた方, させた者, させなかった, させます, させるもの, させる人, させア, させ乍ら, させ始めた, させ煎餅, させ高ごえ, したって, しるべに, せさせ座, そのま, それぞれの, そろえて, た, たしかめて, たててから, たてないやう, たてまいと, たてませんでした, たてるか, たてるかと, たてるから, たてるな, たてるよう, たてる汽車, たてんばかりに, たどって, だにも, つ, つかんで, つまみ本屋, どこかで, どんなにか, なして, ぬすむには, のせて, ひ, ひいて, ふきつづけて, ぽかぽかと, まぢかに, まねて, やどすぞと, やめつら, ガチャリと, 上げました, 二三度聞く, 今か, 代表し, 仮りて, 何か, 保って, 個性と, 偸んで, 傳へる, 克明に, 入る, 出しながら, 出す事, 刻んで, 区別し, 卓子の, 反響し, 取りて, 叩いて, 吹いたんだい, 吹いて, 吹き鳴らす, 呑み込んで, 呼び寄せて, 喉から, 圧して, 変へて, 奏でて, 帯びて, 幽かに, 引き, 形容した, 彼の, 待って, 御存じ, 御想像, 忍ばせながら, 思い出します, 急がせながら, 想像し, 想像しました, 愛し長い, 感じた, 慕って, 成しつつ, 或る, 打消す他, 振り撒く, 撮影し, 支那の, 放ち船ぜんたい, 文字で, 構成する, 止めた, 止める事, 殺した駈歩, 洩らして, 浴びて, 濁って, 留めた, 留めて, 発したが, 発しながら, 発する時, 的に, 盗んで, 盛んに, 目当てに, 真似ようと, 真似ると, 石甃に, 確かめながら, 確かめようと, 積み而, 空に, 立って, 立つ, 立てさせながら, 立てず息, 立てず話, 立てたかと, 立てたので, 立てたま, 立てまいと, 立てましたが, 立てられて, 立てるかと, 立てるだけ, 立てるよ, 立てる癖, 立てんばかりに, 立て出すと, 立て水, 立て涎, 立て続いて, 立て続けて, 立て腰, 絶えて, 絶って, 羨ましがらせ, 耳の, 聞いたかと, 聞いただけで, 聞いたばかり, 聞いたら忽ち, 聞いたら直ぐ, 聞いたん, 聞いた事, 聞いた人々, 聞いた瞬間, 聞いてばかり, 聞いてを, 聞かされて, 聞かない町内, 聞き, 聞きそして, 聞きたいもの, 聞きつけたよう, 聞きつけました, 聞きに, 聞きわけて, 聞き付けて, 聞き得ない, 聞き慣れて, 聞き流しながら, 聞き澄ました, 聞くだけ, 聞くという, 聞くといふ, 聞くとき, 聞くに, 聞くほどの, 聞くや, 聞くやう, 聞く以上, 聞く日, 聴いたから, 聴いたと, 聴いたよう, 聴いた後, 聴きつ, 聴きふつふつ, 聴き分け言い分けて, 聴く, 聴くの, 聴くべく色, 聴くよう, 聴く者, 聴けば, 聽きつ, 背に, 背後に, 自分で, 色々に, 虚空に, 衝いて, 表わしたもの, 表わすもの, 補足する, 言い分け聴き分け, 試したり, 調べて, 貫いて, 越えて, 連想させる, 遠くから, 遠み, 遠音に, 重ねて, 長くひい, 除いては, 除けば, 響かせながら, 響かせます, 響かせられたる七十有余, 響かせる, 響かせるに, 頭の, 風に, 飛び石に, 駿介は, 高く立て, 高めて

1 [2239件 抜粋] あげおびただしい, あげたためし, あげた私, あげちまひ, あげなかったが, あげめえと, あげるに, あげる元気, あげ焼け爛れたるアクロン号, あらわしたとは, いたいたしく聞いた, いつまでも, うしろに, うつやう, えらんで, おそれて, お好き, お聞き遊ばせ, かき鳴らし微妙, かぞえて, からからいわせ, きいたかと, きいたとて, きいたん, きいた瞬間, きいては, きかせその他川, きかないと, きかなかったという, ききすます様, ききつけた, ききつけると, ききに, ききわけるには, きき分けること, きき船, きくぐらい, きくだけで, きくばかり, きく度, きけるならどんなに, きりぎりすの, くり返した, この機会, こめて, ころがす, ごおん, さえ打, さしておくれ, さして吹いた, さして座敷, さして煙管, さして茶の間, さして降つ, さすと, させたあと, させてる馬, させないやう, させませんでした, させるだけ, させる主, させる遠く, させ哨兵たち, させ火皿, さら, しずめると, しのび荒い, しばし聴け, し競, じんじんと, すべて代表し, せず變ん, そと, そのまま字, それから, たいへんきらう, たたく指, たてあいかわらず, たていや, たてずスウィッチ, たてたから, たてたもの, たてた大きな, たてちょうど, たててた鈴, たてどこ, たてないと, たてはじめる, たてますがな, たてるし, たてるとともに, たてるよい, たてる愛想, たてる樹木, たてる谷川, たてんと, たて始めそして, たて往来に, たて松籟, たて燈火を, たて目, たて血管の, たて錐もみ, たとふれば, だしただ, だすと, ちがえて, つくつた, つけた, つつんで, とおして, とって, とらえそれ, どうしてこう長く, どこからか, ながくながくひっぱっ, なすやう, なつかしく思い起こす, なにかの, ぬすんで, のどかに, はさんで, はぜ頼朝, はらんだ一個, ばたばたと, ひくちから, ひそめしその, ひとりでに呼び, ひびかせた時, ぴしゃぴしゃ云わし, ふき出した, ふるひ, ほっと洩らす, まかせて, まじえて, まちわびて, まねる, みな神妙に, もたらして, もとめるよう, やかましくあたり, ゆっくり聴かし, よく聞い, よみがえらせて, わざと大きく, わびしく聞き, カタカタと, ガタガタさせ, ケタタマシク立てながら, ゼット, トーキーの, バタ, ブと, ポツポツ切っ, ヴァイオリンにて, 一つでも, 一方の, 三声ふき, 上げたらどう, 上げなかったの, 上げる, 上げ始めた, 並べて, 乱して, 二人は, 交え林間, 人造大鳥である, 他の, 伝ふる, 伴侶に, 低くします, 何と聞きます, 何度も, 便りに, 停めた, 傳へぬ, 入れつ, 共有した, 再現する, 写しても, 出さ, 出させる楽器, 出されたな, 出したかと, 出したという, 出したよ, 出しや, 出し辛い, 出すな, 出すまね, 出す器械, 出す時計, 出す雄弁家, 出そうもの, 刈り込んで, 初めて聴いた, 前歯の, 加へて, 半オクターヴ, 反響させ, 受ける程, 口中に, 合わすもの, 合方に, 吐いた, 吐き出して, 含ませる程, 吸はせ, 吹きちらして, 吹き出したな, 吹き鳴らした, 呼ばれたもの, 和げるといふ, 喚起させた, 喰らわせられる, 圧し, 地の, 壁の, 変えて, 外に, 夢の, 失い六十四音, 始めから, 媒介に, 子供たちの, 実験室に, 寂に, 審査する, 寫す場合, 尋ねてしかな, 小琴, 少しつぶやき得た, 島では, 床板に, 廣い, 引きまわしたり, 引ずつて囘, 張った女, 弾かずに, 彈き, 彼に, 彼此言は, 待った, 御存知で, 忍が, 忍ばせ食事, 快しと, 思いだすごと, 思い出しても, 思い出すよう, 思ひ出して, 急がせて, 恋しがった, 悲しく聞いた, 愛して, 感じたので, 感じるよう, 感ずるの, 感心し, 慕い求めて, 慕ふ, 戀人の, 打ちました, 打ち消そうと, 択んだの, 拾い出す事, 持たないもの, 指し不具二人, 指折りかぞえ, 振り鳴らすよう, 捧げて, 探るだけの, 揃えて, 揚げた, 搾る, 撒きちらしながら, 擬る, 数えた事, 数へながら, 數へる, 日本女は, 昂げて, 時ならぬ, 暫く聞い, 最高度でや, 有する鳳, 枕の, 楽しみその, 楽しむ事, 構成し, 横切つて, 次にあげ, 止めた小さな, 止めねえうち, 正しくする, 母衣の, 気づかいながら, 求めるならば, 泣くべけれ, 洩らした, 浮かぬ顔, 消すため, 深める, 添へしかな, 湖の, 漂わせて, 潛めた, 潜めたよう, 為す, 特別高く, 現さずして, 生じた, 生みまする, 用い地名神名人名, 画くの, 発させむずと, 発したため, 発した美し, 発しわずか, 発するからとて, 発する仕掛, 発揮する, 發しない, 目あてに, 真似かく, 真近, 知って, 知りませんか, 知るのみ, 砂利路に, 示すに, 私の, 空聞きし, 窺い頭, 立つるのみ, 立つ事, 立てさせないで, 立てさせる, 立てずには, 立てず水, 立てず聴く物, 立てそれ, 立てたこと, 立てたもの, 立てた時, 立ててから, 立ててる波打際, 立てないその, 立てないばかりに, 立てなかったから, 立てなが, 立てぬ案外, 立てはじめた時, 立てまいとして, 立てまた, 立てるころ, 立てるその, 立てるでは, 立てるに, 立てるスカート, 立てる人, 立てる小さな, 立てる時, 立てる腰骨, 立てる雨戸, 立てれば, 立てピシッ, 立て光, 立て大勢, 立て始める, 立て彼, 立て時々, 立て柱時計, 立て流勢, 立て白く, 立て続けた, 立て船全体, 立て道, 立て高い, 竜太郎は, 簡単な, 終る迄, 絶えた, 絶つて, 続けざまに, 綯交ぜに, 織りまぜて, 繰返した調子, 美しく少し, 考えると, 耳元に, 聞いたおぼえが, 聞いたため, 聞いたとたん, 聞いたよ, 聞いたらアッ, 聞いたろうか, 聞いた夢, 聞いた様, 聞いた験し, 聞いてるとね, 聞かざるはなし, 聞かせたとかいう, 聞かせなかった, 聞かせる, 聞かせ又, 聞かないやう, 聞かなかったかい, 聞かなかったら葉子, 聞かれました, 聞きあやまったの, 聞きすこし, 聞きたいし, 聞きつけたと, 聞きつけたらしく出て, 聞きつけ箪笥, 聞きとめようとでも, 聞きは, 聞きまして, 聞きわけるという, 聞き仕置場, 聞き付けたらしい, 聞き光, 聞き出されるから, 聞き分けるだけの, 聞き塀越し, 聞き得ぬ人, 聞き恐るべき, 聞き暮らした, 聞き流し喫煙室, 聞き澄んだ水, 聞き目, 聞き舞, 聞き逃すこと, 聞き随行員, 聞くかについては, 聞くさ, 聞くなどという, 聞くべき人, 聞くも, 聞く感じ, 聞く気持, 聞く苦しみ, 聞けの, 聞た, 聞付けハッ, 聞澄すが, 聴いたとき, 聴かう, 聴きすましじっと, 聴きのこしながら, 聴き後屋, 聴き空, 聴くとき, 聴け, 聽き澄まし, 脊髄に, 自分は, 良寛さんは, 蔽い包み何ん, 表わすには, 表示する, 見入りでも, 言いやすい, 訛つて, 語頭に, 調ぶる, 走らせた, 起す為, 踏み消して, 軋ませて, 轟かしめて, 近づけると, 返すが, 追うと, 追ひはじめた, 連想した, 遏密せりと, 遠くの, 遥かに, 遺し麋鹿痕, 重ね呼びに, 鎮めて, 長さ二十余尺, 防ぐこと, 陸奧の, 雑える, 霧の, 静まらせて, 響かす貝殻, 響かせたかと, 響かせよ, 風音らしくする, 高く加代, 高く植込み, 高く鳴らす, 高めたり, 鳴し, 鳴らしまた, 默つてふるはし

▼ 音~ (2760, 6.9%)

77 立てずに 38 しない 33 しなかった 31 なく 28 なしに 27 ない 26 聞えて 22 せずに 21 沙汰も 20 聞える 18 して 17 する 16 なく開い, 聞えない 15 した, たてずに 14 させずに 12 せぬ, なかった, なく開いた 11 なく流れ, 何も, 香も 10 やんで 9 立てさせずに, 絶えて, 耳に 8 しないで, しなければ, なくひらい, なし, 聞えた 7 しません, せず, 出ないよう 6 きこえません, なくスーッ, 今は, 無しに, 聞こえません, 高らかに

5 [14件] かすかに, なく山田, なく影, なく戸, なく扉, なく静か, 止んで, 立てないで, 聞えなかった, 聞えません, 聞えるか, 聞こえて, 聞こえなかった, 響も

4 [27件] きこえた, きこえない, しないの, それに, ない水, なくあいた, なくうごき出した, なくすうっ, なく入って, なく出, なく声, なく外, なく家, なく開かれた, なく開く, なく降って, なく障子, なければ, もう汽車, 冴えて, 出ないで, 声も, 無く燃え, 立たなかつたので, 聞えます, 聞こえました, 響いて

3 [50件] いそがしや, かつかつとして, きこえて, きこえる, させないで, させなかつた, さやかに, さらさらと, しないし, しないよう, するが, せで, せねば, たてない, たてないで, だんだんと, だんだんに, なかつた, なくひらきました, なくスー, なく口, なく夜, なく崩れ, なく水, なく消え, なく滑るよう, なく締, なく落ち, なく運ん, なく酒, なく開きました, なく風, 出まい, 姿も, 彼の, 忍びやかに, 止んだ, 無い, 無し, 無しなにひとつ, 立てなければ, 聞えぬ, 聞くこと, 聞こえた, 聞こえない, 聴え, 荒れ模様, 雲の, 風の音も, 鳥の

2 [168件] あった, あり石音, あれど, いよいよ近く, うつらうつらに, かすれ言葉, きくこと, きこえず, きこえなかった, きこえました, しないと, しないん, しない静か, しない靜, しなかったの, しなかつた, しませんでした, するやう, すれば, せず人, せで走るいろ, たえだえ, たてないよう, ちっとも聞かせなくなった, どんな騒音, ないので, なくあい, なくさ, なくすべって, なくすべりこんだ, なくその, なくた, なくただ, なくは, なくひ, なくひっそり, なくひらいたで, なくまるで, なくスッ, なくパッ, なく一時, なく一面, なく二人, なく光, なく凋む, なく動い, なく動き出した, なく博士, なく咲い, なく壁, なく夢, なく岸, なく川, なく左右, なく席, なく床, なく庭, なく形, なく彼, なく後, なく御簾, なく揺めいて, なく揺れる, なく散って, なく沈ん, なく流れる, なく消えうせた, なく消えた, なく潜り込みました, なく現れ, なく目, なく空, なく腰, なく自分, なく舞, なく落葉, なく行く, なく裂け, なく走って, なく通り過ぎ, なく開き, なく降り出し, なく降る雪, なく雨, なく雨戸, なく雪, なく響き, なく黒い水の上, のどかに, はっきり聞え, はるかに, ほがら, まじって, まじつて, もう止んだ, やんだ, わるくない, ポタッポタッと, 乱れず唇, 交って, 人声も, 今しづか, 何にも, 六時な, 凧の, 出ない, 出ないの, 出なかった, 出なくなるまで, 同じよう, 哀れ, 夕空に, 奏楽の, 少しは, 山の, 年と, 忘れるまで, 憚から, 数多くかつ, 止む, 水の, 洩れて, 活気を, 消えて, 烏に, 無く消え, 無く静, 爲ぬ, 白, 皆残らず, 盛んに, 矢玉の, 私には, 立てず道具, 立てない, 立てなかった, 絶え果てた冬, 耳について, 聞いたし, 聞えず, 聞えそう, 聞えたやう, 聞えないの, 聞えなかったが, 聞えなかったし, 聞えなくな, 聞えなくなった, 聞えぬの, 聞えぬ程, 聞えましたし, 聞えるの, 聞え出した, 聞こえなければ, 聞こえる, 自動車の, 荒れ模樣, 趣味ある, 蹄の, 身に, 辛うじてわたし, 途絶えて, 遠くなつた, 遠ざかる, 静かな, 静まるばかり, 響かなかった, 高に, 鼓の

1 [1459件 抜粋] あがらなかつたなんて, あって, ありそれら, あるか, あるの, い, いさましくまっ, いたしました, いつしか遠く, うら, おさせに, おどろに, おもしろくて, お皿, かしましく宙, かなわんけど, きかず, きかれませんや, きこえない水, きこえます, きこゆらん両, きれいに, ここまで, このたそがれ, ころころ, させずその, させず進み出て, させない俗, させなければ, させまいと, させませんでした, さっぱり立ちません, さわやかに, したけれど, したり, しないから, しないまでに, しない享楽, しない木下闇, しない自動車, しなかったという, しのばせるよう, しばらくは, しますが, しめやかな, し何処, すこぶる快調, すべて昏, するほど, する銅鑼, せずあ, せずやがて, せず何, せず向う二階, せず無理矢理, せず身動き, せず香ばしい, せぬあまり, せぬ由, せぬ雨, せぬ風の音, そうかと, そのうち, その間隔, それをば, たしかに魂魄, たてず, たてずサイラス, たてず人だかり, たてず羽摶, たてず降りつづく陰欝, たてて, たてなければ, だせないの, だんだんかすか, ぢき, でないから, でない面影, とんと聞えませな, どうやら油蝉, どこから, ないもの, ない光り, ない幾つ, ない暗がり, ない犯罪的, ない空前, ない通行人, ない青い火花, ない風, なきに, なき海, なき真夏昼なか音, なくあき, なくあらわれ, なくいつか, なくいと, なくうす紫, なくけぶって, なくこれ, なくさし, なくしっかり, なくしまる, なくすうと, なくすでに, なくすべり降りて, なくすれちがう, なくすーっ, なくそこ, なくたのしむ, なくと, なくともる電燈, なくなった, なくなん, なくはなつ, なくひとりでに, なくひらき, なくふっ, なくほろりほろり, なくむこう, なくもの, なくゆらりと, なくギーッ, なくシンシン, なくドア, なく一人, なく一通, なく三人, なく上つて來, なく下手, なく両, なく人, なく供人, なく光って, なく其中, なく内側, なく刻一刻, なく動き, なく動く, なく匍, なく反応, なく吹い, なく吹き込む, なく地上, なく坐って, なく夕暮, なく大きく開く, なく奥, なく寂然, なく寝室, なく小屋, なく小雨, なく山, なく崖, なく川面, なく帷, なく平馬, なく廻転, なく引き開けられ, なく往きかけた, なく息, なく戻っ, なく払い, なく抜け落ちた, なく押し寄せ, なく拂, なく揺れ下っ, なく散りかかる, なく昇って, なく曳い, なく朝風, なく極めて, なく歩い, なく歩行, なく沁み込む, なく流れこむ, なく流れ寄る, なく海, なく消え去った私, なく渡った, なく滅びる, なく滑り, なく滑るやう, なく滴り落ちて, なく潜水艦, なく火燈口, なく焼きつくしてる, なく煙って, なく燃えさかる火, なく牡丹雪, なく物の怪, なく玉, なく瓦斯, なく白く伸び, なく眠つて, なく移り, なく空間, なく立ちあがつたと, なく立ち去るの, なく立った, なく細め, なく絡みあった, なく縁, なく翌, なく自, なく舞台, なく芝生, なく落ちた, なく落着き払つて, なく薔薇, なく蝋色鞘, なく蠢く, なく行方, なく襲い来る, なく覆った, なく調和, なく走つて行, なく踏み出しました, なく辷るごとくに, なく近付い, なく退い, なく這い出した, なく通っ, なく速く流れ, なく運ばせ, なく過ぎ去ると, なく部屋, なく銀泥, なく門内, なく閉まる, なく開きますれ, なく開けられた, なく降つて, なく降りしきる雪, なく降りつづく, なく降り通して, なく降濺, なく霞, なく静, なく靜, なく額, なく飛びまはる夕闇, なく飛ん, なく香, なく鳥, なしわたつみ, なし鐘, なつかしきかな, なまめかしくゆらりゆらりと, なんにも聞こえない, にわかに清い, のどかだった, はや迫る, ひたひたと, ひびかない, ぴたりと, ふとその, ほそくひとり, まじりたり, また嗤, まったく気, まるでその, みんなきこえ, めっきりかん高く, もう明日, もう聞こえませんでした, もはや聞こえ, やはりそういう, やみ捕手, やや繁く, やわらかに, よくて, よほどウ列音, ろとも, コツコツと, パッタリと, ヤ行の, 一ツ鉦の, 上流の, 二人か, 二度ほど, 交えて, 交る, 人の, 今なほ耳に, 今日よりは, 伝えなかったが, 似ぬ夜, 低く動揺, 何となく不吉, 何一つ楽の, 余程弱く, 修羅の, 偸むように露地の, 光も, 全くどこ, 全然聞えなかつた, 其の邊, 冴えかえり当たった時, 冷たく心, 凍りそう, 出させないが, 出させぬよう, 出さないので, 出すこと, 出ず失くなつた蝙蝠傘, 出せないじゃあ, 出ないじゃ, 出ないところ, 出ない自分, 出なかつた, 出ぬ只, 出ねえよう, 出ませんでしたよ, 判る耳, 加はりやがて, 勇しく, 動きも, 十風水月の, 厭だった, 口に, 叫び声も, 合わぬほどの, 同時に聞えた, 吹き消されたよう, 啼くところ, 四十八しか, 声々に, 夕ぐれ寂し, 外国語として, 夜の, 大きいという, 妙に, 家の, 寂寞と, 少くしかも, 届かぬ山奥, 平和に, 床しい爪弾, 形も, 微かで, 心ある, 忘れ難い, 急須の, 悲しく響く, 惨として, 感じも, 憩う, 我を, 手答へも, 揚げないから, 撮るにか, 新しい絹, 日毎に, 春の, 時々聞こえる, 時折に, 月も, 松明も, 案外快く, 榴弾の, 次第, 次第に明確, 次第に間伸び, 止まり近所, 此の, 殆んどしませんでした, 水車の, 決して生, 泥の, 洩れなかつた, 海に, 消えた, 消えるよう, 消して, 淋し, 清けく, 漸, 激しくなり, 為ざりしに, 無いこの, 無い火, 無く, 無くその, 無く倒れかける, 無く動き, 無く天, 無く昇っ, 無く滑り寄つて, 無く物, 無く積もっ, 無く迫っ, 無く過ぎ, 無く闇, 無く鳴, 無ければ, 爽かに, 犬の, 用いられること, 発する事, 皆蒼白い, 眠りを, 石を, 神尾の, 穩や, 空焚き, 立ちて, 立てずしめやか, 立てずそつ, 立てずサ, 立てず体, 立てず動き, 立てず名, 立てず床, 立てず炉辺, 立てず臥したり, 立てず離れ座敷, 立てないところ, 立てないほど, 立てなかつたやう, 立てられなかった, 立る, 箒の, 細々と, 絶えはてた地面, 絶へ, 美しかつ, 耳には, 耳立った, 聞いて, 聞えずや, 聞えず夜, 聞えず点滴, 聞えたが, 聞えたよう, 聞えないので, 聞えない内陣, 聞えなかつた, 聞えなくなり聞く者, 聞えぬだろう, 聞えねば, 聞えますが, 聞えるかと, 聞えるでは, 聞えポスポス, 聞え樺の木, 聞かず橈, 聞かないで, 聞かれそう, 聞きとること, 聞きもらすまいと, 聞こうとは, 聞こえず旅宿人, 聞こえないし, 聞こえない処, 聞こえなくなって, 聞こえます, 聞こえる是, 聞ゆ, 聴かれなかった, 聴き取れなかった, 職工等の, 肉声も, 自分の, 至極かすか, 草の, 荒らかに, 蛇の, 見せず書類, 言づてぬ南の, 話声も, 起こり伏見屋, 蹄で, 軽快に, 近寄って, 途絶えました, 違って, 遠くから, 遠くなりました, 遠くひびいた, 遠く響いた, 遠音に, 都会の, 野に, 銀河の, 階下の, 雪の下に, 静かだ, 静まってから, 面白可笑しく, 音を, 響きも, 頭の, 風と, 香りも, 騒がしくやかましいからと, 高くなり, 高く姉娘, 鬨の声も, 鳴物の

▼ 音~ (2556, 6.4%)

82 しないよう 62 ように 57 中に 50 ような 43 するの, する方 24 やうに 22 なかに 14 した方, せぬよう 12 するほど 10 したの, しない様, 間に 9 しないやう, ために, ほかに, 中で, 外には, 方が 8 さやけさ, して, する雪, 中を

7 [11件] うちに, するほう, やうな, ようだ, ようで, ようであった, 世界に, 区別が, 方に, 聞えて, 聞ゆる

6 するところ, するもの, ほかには, 中から

5 したこと, したほう, すること, するよう, ほうが, ほかは, よろしさ, 世界を, 為に

4 [24件] するに, するやう, する家, する所, せぬ様, ない声, ようだった, ようにも, 世界, 中には, 中の, 変化は, 外に, 子音は, 底に, 快さ, 抑揚で, 数は, 方を, 様に, 正体は, 母音, 耳に, 聞こえて

3 [44件] ことを, した時, しない樣, しなかったの, する, する間, する階段, せぬやう, ない世界, なかから, ひろご, やうだ, やうで, ようでした, よさ, 上の, 世界が, 中, 凄じ, 出るもの, 前では, 区別は, 強さ, 形は, 意味を, 数が, 方は, 方へ, 波の, 流れを, 消えるまで, 澄んで, 物凄さ, 美しさ, 聞えるの, 虚空に, 違いは, 間々に, 間から, 間が, 響いて, 響きが, 響きに, 高さ

2 [151件] あいだに, あた, あること, い, いやさやさや, うぐひすの鳴, うちで, うちの, うまし名, おもしろさ, かそけき家の, きこえて, きこえる方, きこゆる, ごとく, さや, さやかに, しそう, したあたり, した戸口, した方向, した方角, した頭, しないところ, しない砂, しねえよう, するその, するばかり, するまで, するピアノ, する方角, する最中, する皮膚, する里, する金属, する鈴, せぬ手, たえずし, たえま, たたたと, たぬしも, ないの, ないよう, ない夜, ない水, ない波, なぞも, ひっぱり方一つ, ひもじさ, ほうで, ほそきこの, まだな, まねを, みぞする, ようすで, 一つ一つを, 上に, 下で, 下に, 世界で, 世界の, 世界は, 中にも, 主が, 主の, 主は, 代りに, 冴えるの, 出し方, 出た所, 出て, 出ないやう, 出ないよう, 出るの, 出る笛, 別が, 別は, 効果的な, 区別を, 単位は, 印象と, 原因は, 古い嘆き, 句必ず, 合間合間に, 場合は, 変化によって, 山ざくら, 幾何学, 影響を, 後から, 後に, 性質から, 性質を, 恐怖, 感覚の, 描写には, 数という, 最後の, 朝風の, 村に, 構造も, 様子では, 歌ぬ, 歩み寄つて來る, 流れが, 流れて, 浪の, 涙まだ, 淋しい釧路, 淋しさ, 清きを, 清濁は, 激しさ, 無い音楽, 無限の, 物狂ほしき, 相違を, 短歌形式を, 絃の, 組合せに, 組合せを, 絶間なき, 聞えたる上手, 聞えぬ楽器, 聞えること, 聞えるところ, 聞えるのに, 聞える中, 自然に, 触感, 訛りで, 調子が, 身に, 通らないよう, 速度は, 連関を, 違いが, 違いという, 野郎が, 長短の, 間を, 音色は, 響いたの, 響きを, 響を, 類似から, 類朝立ちの, 風向を, 高低を, 鳴り響くの

1 [1341件 抜粋] あいまに, あった方向, あとには, あゆむひびきに, あるの, あるもの, ある規律, ある雨, あわれ, いい頬打ち, いちに, いらだたしさ, うちその, うららかな, おくれを, おのおのよろし, かすかに, かそけさ, かなしきは, かむさりに, きこえそう, きこえぬ窓, きこえる小村, きこへるところ, くり返しで, けたたましゅう呼びあるく, ことでございます, ことに, こぼれものの, ごとき声, ごとく考えるの, さこそ, さびしも, さやに, ざわめきを, しずかな, した, したこと等, したもの, した室の, した扉, した次, した釜戸, しづか, しないの, しないドア, しない不気味, しない天井, しない弓, しない日, しない渦, しない独楽, しない草履, しない雁皮紙, しなくなった足, しばらく後から, しみじみと, しるしとして, すぐあと, すさまじいこと, すさまじさに, するお宮, するたび, するどさ, するもん, するオルガン, する丸い, する倭琴, する半音, する呼吸, する地点, する墓場, する太味, する幅, する度び, する快い, する戸, する手洗囲い, する撥ね釣瓶, する時, する格子戸, する様, する海底, する琴, する砂, する窓, する赤い, する鎖, する陰, する鞆, する首, せぬよう蓋, せぬ樣, その柔らか, たいこです, ただ轟々と, たのしさ, ため皆多少, ちがった言葉, つきつめに, でる黒塗り, ところまで, とどろを, とまるまでは, ないしかし, ないどこ, ないほほえみ, ない井戸, ない国, ない天地, ない屋敷町, ない戦い, ない拍手, ない柏手, ない流れ, ない爆音, ない節奏, ない芝居, ない銀, ない雪道, ない霧, ない韻律, なかからは, なかには, なんといふ, ぬるむ昼すぎ, はげしいこと, はねかえるほど, ひそかに, ひびきが, ひびくうち, ひびく大声, ふけゆくま, ほうは, ほかなんにも, ほか何事をも, ほか外からは, ぽたりぽたりと, まばらな, まを, みぞかしましき, もとを, もれて, やうでした, やんだの, ゆらぎ, よいの, よい鈴, よくひびく, よろしいの, りん, わたる日, イワレを, ウメイから, エネルギーの, ガソリンタンクの, ガーガーと, サイレンを, タンポポや, デリケートなつかい, ボリュームで, ラジオが, リフレインの, 一つが, 一つも, 一手, 丁々と, 上では, 不快な, 不断の, 世界にのみ, 中でも, 中へ, 中色赤き, 串刺しに, 主に, 乱れ舞, 事です, 交じった表題楽的, 交響楽, 人ぢや, 人を, 他に, 仮名を, 伝つて来た, 伝説を, 似通った劇場, 余波で, 余韻すらも, 使いわけでも, 例は, 偉力, 傳ふ, 入った経文, 入り雑, 内部構造は, 冴え, 冴えだした時, 出かたなどに, 出ない楽器, 出るその, 出る場所, 出る筈, 出所は, 函数としての, 切れるの, 切れ目切れ目に, 初夜の, 刻み, 前の, 前音の, 力は, 効果で, 効果は, 動くの, 区別であった, 十二鳴り盡くす, 協和不, 単位としては, 原因に, 又かは, 反復を, 反響が, 可恐, 合い図, 合体は, 合成である, 同じもの, 名残を, 向うから, 吹き絶えた時, 和歌二十八字の, 問題です, 圏外に, 均合などが, 場合と, 場合には, 墓の, 壮快さなどが, 声で, 声高き, 変化が, 変遷において, 外へ, 多いの, 多い近東, 夜が, 夜を, 夥しさ, 大小は, 太さ, 奇妙さは, 奈良朝における, 奥州弁で, 好きな, 如くなりき, 如く願はく, 姉妹が, 姿を, 子音, 字で, 字を, 実際の, 寂しい山門, 寒さ, 届く場合, 工合で, 平均の, 引立に, 強いなか, 強まり弱まり消え去ること, 強弱に, 当時における, 形容と, 形式に, 律語を, 御廚子, 忍び入る, 急湍と, 性質で, 性質も, 恋ひしき, 息づいて, 悠長を, 意味不明な, 感じを, 感覚で, 慄く, 成分を, 抑揚が, 拍節を, 採用が, 撩乱する, 散乱反射という, 数ほど, 数学, 文字だ, 断続した, 方だけが, 方向が, 方向知覚という, 方教会の, 旋律に, 早馬駅の, 是に, 時代的変化ばかり, 晴れて, 暗い風, 曇つて平日には, 最初の, 有所が, 木魂の, 本質その, 来るの, 来る角度, 松風と, 林の, 林立という, 楽器では, 樂土を, 模倣描写である, 欄で, 次第に募る, 歌に, 止まった伝六, 正しき間, 正體, 歩み寄つて来る, 死んだよう, 死滅した, 気に, 沈むと共に, 泉の, 泡と, 波は, 波形は, 洩れきこゆる, 流れそのものの, 流れ初めた, 消えたの, 消えて, 消えるよう, 涕まだ, 混雑から, 清濁を, 渦を, 湧出ずる空を, 漂う様, 漢語を, 濕る, 無い坑山, 無い波頭, 煎りつく様, 爽やかな, 物に, 特性や, 玄微, 現実的さ, 由です, 痛痛しさ, 発するメカニズム, 発声練習で, 発音は, 相似, 相継いで, 相違も, 真似まで, 真空状態といふ, 知れッこ, 私を, 秋ほそし, 稚な, 種類も, 稲が, 空間人々が, 立たない仕事, 立たぬよう, 立たぬ様, 立つ時, 笛の, 筍持つ, 簡単な, 約束の, 細ったこと, 終ると, 組み合せが, 組合せで, 結曲で, 絶えて, 絶えない蒲鉾屋, 絶えると, 絶え間を, 絶ゆる, 緩む晝すぎ, 繰り返しは, 繼續した, 耳ざわりに, 聞えきて, 聞えたと, 聞えない日, 聞えなかつたこと, 聞えぬ里, 聞えるまで, 聞える北の方, 聞える方角, 聞える村長, 聞える町, 聞える裏, 聞える静か, 聞こえない国, 聞こえる山, 聞ゆるなら, 聲高き, 聽える, 背景として, 良い円, 色には, 芸術混乱妄動の, 菜の花の, 落ちた山, 蔦の, 蚊を, 行列よ, 行方を, 街上に, 裏に, 裡に, 親しさ, 解釈が, 記号の, 訛つて居る, 詰ったの, 調べで, 調を, 調子に, 議論を, 變化も, 起こったの, 起って, 起る度, 足音を, 転じたこと, 転化の, 転訛では, 轉じた, 轟く絶間, 近い語, 近似を, 通用から, 速度の, 連打と, 連続で, 連鎖である, 遅速, 達く, 違いと, 遙けさ, 遠くから, 遠さ, 遠のいたころ, 重な, 重りが, 鋭かった, 鍵盤から, 間で, 間は, 間隔は, 闇に, 雅びたるに眼を, 集りである, 雨さび, 静かに, 面を, 音律は, 音程差に対して, 響が, 響き来る, 響くうち, 響で, 響言知らず, 領域において, 類似に, 顫え, 風誘う, 馬鹿が, 騒然たる中, 骨ぐみしか, 高いユーモレスク, 高い月夜, 高うし, 高き台, 高く澄んだ, 高まるが, 高まる度, 高低の, 高低強弱に, 高度を, 鳩も, 鳴り渡る中, 鳴るが

▼ 音~ (2154, 5.4%)

11 やんで 10 しなかった, 私の 8 して, ない 7 彼の, 聞えて 6 だんだん大きく, 消えて 5 なんだろう, 急に, 朝から, 次第に激しく, 次第次第に, 止んで, 音ばかり

4 [16件] きこえて, そのま, なかった, なんでしょう, やんだ, 一つの, 今でも, 何だろう, 何の, 出ない, 前の, 或る, 手に, 聞こえない, 遠く近く, 風に

3 [22件] いつまで, かすかに, しばらくする, しません, そこから, それらの, だんだん近く, わるくない, 人々の, 今も, 何か, 何だ, 何だい, 女の, 止んだ, 空の, 空気の, 立てまいと, 耳に, 聞えなかつた, 聞こえて, 自分の

2 [145件] あたりの, いいな, いったいなん, いつでも, いよいよはげしく, いよいよ高く, かやの, かれの, きこえない, ここから, ここに, ここまで, これだった, ざざんざあ, しずかな, したが, しない, しないかと, すぐに, すぐやんだ, するが, するし, すれども, すんで, それが, それぞれに, それを, ただ一つ, だんだん高く, つづいて, つづけて, なく, なんです, ひびくが, ぴたりと, ほがら, ますますはげしく, まだきこえ, まだつづい, まだ止まない, まるで海, もう彼, もう聞えなかった, やまない, やみ淵, ゆるやかに, わたしの, カランカランカランカランと, ザアッと, ワアン, 一遍した, 不思議に, 並んで, 二町ばかり, 二階の, 二階までは, 今の, 今度は, 今日でも, 何, 何でも, 何も, 何時までも, 例の, 依然として頭, 凄じ, 刻一刻と, 刻薄な, 同じである, 地の, 執拗に, 変化した, 外部に, 夜の, 奈良朝においては, 妙に, 孟宗竹の, 少し遠く, 尚続いた, 山鳩よばひ, 庭さきの, 弦を, 彼も, 彼女の, 彼自身の, 忽ち消えた, 思ひの, 愈間近く, 日が, 明らかに, 木精の, 林に, 次第に高く, 止まない, 殊に朗, 残る, 段々近づい, 毎晩の, 水に, 流れて, 浪の, 消える, 澄んで, 無い, 現代の, 町の, 空から, 立ちに, 細い, 絶えて, 続いて, 続きそれから, 耳も, 耳を, 耳近く聞えた, 聞いたこと, 聞えない, 聞えないの, 聞えなかった, 聞こえる, 聴え, 腸に, 自分に, 船の, 良かった, 花の, 街路樹の, 語頭には, 語頭以外に, 誰が, 谷から, 遠くに, 遠くの, 遠雷の, 部屋の, 雪の, 靜かに, 非常に, 音の, 響いたこと, 響かずに, 騒々しい嫌, 骨董二字の, 高かった, 高く低く緩やか

1 [1626件 抜粋] あくでは, あちらから, あつちの家, あても, あのブイ, あの伐木丁々, あまり喧しく, あるが, いうに, いかにも山間, いくらいつ, いけない, いそぐとも, いつか彼を, いつまでも, いはでもがな, いやに, いよいよ烈しく, いろいろな, うれしい響き, え, おそらくやはり上, おのずからそれ, お三輪, お寺の, お聞きなさらなかった, かかる夜ふけ, かすかな, かの世間, きかなかったかと, きこえなくとも, きこえるはず, きっと風の音, ぐわうと云ふ, こういっ, こころよし, こつちを, この場合以外, この庭, この片田舎, この響, これにあたる, ごうごうと高く, ごく弱く, させん, さつきと, さびしいが, さみしく濃霧, しきりと, しずかで, したよう, しだいに拡がり, しないけれどネ, しない落ちる間, しなかつたが, しなくなつ, しばしばハ行音, しばらく鳴り, しんと頭, すきです, すぐ前, すぐ消え, すこしもやみません, すでに孔明, すばらしい速さ, するけど, ずっと手近, せぬ, そういう存在, そこで, そちの, そのくらいの, そのまま真下, その下, その廊下, その情操, その機械, その瞬間, その突然, その船, その頃, それきりで, それだ, それっきりきこえなくなりました, それでは, それほど華麗, たえず廊下, たかく反, たしかに二度, ただ一色, たてたかも, だれの, だんだんだんだんと, だんだん病室, ちぎれて, ちょうどお, つい數日前, つるべ, とう, ところによって, とまる, どうしても過, どうとも, どうやらその, どおん, どこかで, どことも, どこまでも, どの家, どんなであっ, ないが, ないわけ, なおもかすか, なかなかすさまじく, なくなった, なし女, なにかの, なほ續い, なんだった, なんの, はげしく炉, はじめ一朝に, はたと鳴き, はつと, はるかの, ひとつ, ひどく庶民的, ぴたぴたと, ふっつり断たれ, ほそし, ほとんど聞こえない, まがり角の, まさしく怪塔ロケット, ますます冴え, ますます澄み, またそれ, また何とも, また止んだ, また聞え, まだきこえない, まだやまず, まだ幼稚, まだ続い, まだ響く, まったくどれ, まるで椅子, まるで遊興, みんなの, むしろ, もうそれ, もう夕方, もう済んだ, もう聞こえ, もしやソイツ, もっと明瞭, もとよりともすると驚い, もの凄く, やがて格子戸, やさしい, やはり小止み, やみました, やや暫くの, よいかな, よく聞こえる, よろしい, わびしいもの, アメリカ文明の, カチと, カラカラと, サア潜り込む, スバーの, ソラ耳では, ダンダンと, テープレコーダーと, ドアの, ハタと, ヒノエウマの, ボーンボーンと, ポーチの, メイである, ヨーロッパの, ンと, 一つでは, 一つ一つは, 一体何, 一同の, 一向聽, 一定数の, 一層はつきり, 一層重々しく, 一日中一定の, 一番近い, 一種ふるえる, 一音を, 万の, 三島の, 三角派の, 下まで, 不相変, 中途で, 二つ聽えた, 二十年來礑と, 二間ばかりを, 互の, 人の, 人間が, 今に思出, 今や自分, 今日と, 今直ぐ目の, 休みなく, 伸子たちの, 低い, 住み古し, 何かは, 何ぞと, 何であろう, 何にも, 何事が, 何故あの, 何時の, 依然として止まず, 俳句の, 停つて, 僕の, 先が, 光の, 全くなかっ, 全く消え, 全然聞こえなかった, 公園の, 其方より, 内からも, 写真には, 冴え返るの, 凄じいの, 凍てついた響き, 出ない事, 出なかろう何, 分らぬが, 到底その, 刻一刻強く, 勇ましい音, 勿論どんな, 勿論鼻音, 十倍も, 千世子の, 卒然と, 印度密教の, 厚い硝子, 又ひとしきり, 友禅の, 古代の, 可い, 右にも, 各違っ, 向うの, 吹く人, 吾が如く, 和琴にも, 唇が, 四つだ, 四里を, 土の, 坂や, 場所の, 声が, 変りませんよ, 夏の, 外の, 夜ご, 夜を, 夢に, 大きく小さく明け方, 大体現代語と, 大字, 大理石の, 天地の, 太平洋の, 奈良朝頃とは, 如何にも荒廃, 妻が, 子を, 孤独な, 実に無数, 実は人類, 実際変るべき, 室町以前における, 家中の, 寂しかつ, 寒い北風, 寝胼胝, 小さいから, 小一時間, 少々ぞんざい, 少し強く, 尚きこえる, 屈託が, 屋根の, 山々谷, 山崎に, 岩も, 左の, 巻立ち狂う, 常態であります, 平和と, 年と, 幾千年の, 廊下を, 弱々しく陰気, 強くも, 当然混雑, 彼を, 律呂に, 後も, 御先祖様, 必ずい, 必ずそれ, 必ず外, 忙しくなっ, 念珠を, 忽ち諸方, 思い出したよう, 恁る, 息をも, 悲しいよう, 愁人の, 憂わしげに, 我に, 戞, 所謂天平前期にあたる, 打つて, 拡大し, 支那では, 文句でも, 旗太郎さんが, 日本語に, 明治座の, 昭和の, 景氣が, 暫く格子, 最もうるさい, 朗々たる, 朝まで, 村一番の, 松に, 柔らいだ, 校舎の, 森も, 極楽まで, 横を, 橋の, 次々に, 次第にはっきりし, 次第に弱められ, 次第に急速, 次第に高く大きく, 止む, 正にそれ, 此処まで, 殆ん, 段々減っ, 毎朝早い, 気が, 水門を, 決して耳, 河原までも, 波紋を, 洛中の, 活気を, 海風に, 消されて, 清洲城の, 減って, 港の, 滝の川の, 漸く近き, 瀞む, 火吹だるまが, 無く諧調, 燭とともに, 父の, 牡丹燈籠を, 犢の, 狸が, 猶ほきこえた, 獅子の, 玉を, 甚七の, 町中に, 異様な, 発せずに, 百雷のや, 皆活力の, 益々入り乱れ, 益逼って, 直ぐ止んだ, 相変らず, 相變ら, 真に自由, 真実の, 瞬間に, 知って, 礫と, 神, 私に, 私も, 秋なれ, 種々雑多, 空へ, 空気に, 窪い, 立てずずずっと, 立てようとも, 第一, 築山の, 約束通り祖母の, 細君の, 絶えず鳴り渡っ, 絶えなかった, 絶え果てて, 絶対に, 絶間も, 美しいもの, 翻つて私の, 耳で, 耳馴れても, 聞えずなった, 聞えたよう, 聞えないが, 聞えないはず, 聞えながら, 聞えませぬが, 聞える, 聞かず, 聞くこと, 聞けども, 聞こえても, 聞こえぬ附近, 聴きて, 聴く者, 肉声に, 胸に, 興哥の, 茜では, 荒れ果てた曠野一面, 落ち着かぬ旅, 蓄音機の, 虫が, 街の, 西の, 親子三人の, 話し声も, 語頭にしか, 調子少し, 賑やかな, 起るだろう, 車匿の, 軒下から, 軽いけれども, 轟々と吹く, 近くなっ, 近くまた, 近よって, 近来大分聞馴れ, 途徹も, 通り過ぎて, 遅く聞える, 遠い様, 遠くて, 遠くまで, 遠ければ, 遠僻, 部屋うちに, 酒井樣の, 鉄格子の, 銃丸が, 鎮まった, 長い尾, 間も, 間近に, 陰々として, 雅子に, 雲を, 雷鳴の, 霧の, 静な, 非道いね, 音波の, 響きを, 響く静, 頻りに動い, 飛びて, 馬力を, 駈足, 高い, 高く立ち, 高く響け, 高原兵の, 鳶の

▼ 音~ (2153, 5.4%)

135 耳を 68 つれて 28 眼を 27 まじって 24 なって 21 目を 20 驚いて 18 似て 14 混って 13 連れて 12 消されて 11 交って 10 なった, 叫んだ, 聞き入って 9 おどろかされて, 驚かされて 8 なる, 和し, 聞き惚れて 7 合せて, 紛れて, 誘われて 6 して, ちがいない, つづいて, 伴れ, 聞えて

5 [13件] ききとれて, しても, まぎれて, 力の, 合わせて, 歩調を, 気がついて, 気を, 相当する, 眼が, 聞ゆる, 調子を, 遮られて

4 [16件] あわせて, おどろいて, びっくりし, まじつて, ハッと, 交じって, 呼ばわった, 心を, 応じて, 暮れて, 立てて, 続いて, 聞きとれて, 誘はれて, 譬へ, 身を

3 [30件] かえて, かき消されて, さそわれて, さへ, つ, つつまれて, なったと, なりました, ひかれて, よく似, 似た声, 合はせ, 唱ひ出す, 変って, 妨げられて, 導かれて, 彼は, 応ずるよう, 應ずる, 掻き消されて, 気づいて, 混じって, 私が, 私は, 耳も, 耳傾け, 近かった, 送られて, 逆つて, 雑って

2 [106件] あやされて, いふ, うち当る, うっとりと, おどろいたよう, おびやかされつつ, かわって, き, ききほれて, きく熱国, けされて, しては, じっと耳, すぎなければ, せかれて, せき立てられて, それを, たてて, なったが, なったの, なったもの, なつて, なります, なると, ひやりとした, びっくりした, ふたりの, ぼんやり耳, まぎらして, まじった, まじりて, まじる隣室, ジャン, 一人耳を, 一音を, 不審を, 乗って, 交つて電話の, 交り, 今丁度, 似たり, 例の, 依って, 促が, 再び橋, 出して, 出でぬ, 占領され, 名高いあの, 名高きチヤーチ, 夜昼の, 夢の, 夢を, 宛てた万葉仮名, 帰し, 幾遍か, 引かれて, 怯えたり, 愕か, 朝夕親しむ, 村中の, 歌うが, 気が, 気がつきました, 気づいたの, 注意を, 消されがち, 消されたが, 熱心に, 発音した, 発音する, 目が, 瞳が, 神経が, 私の, 老けに, 耳傾けた, 聞いて, 聞えた中, 聞きいって, 聞きほれた, 聞き入った, 聞き入りながら, 聞き惚れ生きて, 聞き耳を, 聞く, 聞く大正池, 聞入った, 聴え, 聴きいって, 聴き入って, 胸を, 脅かされて, 自分の, 興味を, 葉ぞ, 言葉を, 變り, 近いの, 過ぎなかつた, 音を, 驚いたの, 驚いたよう, 驚きて, 驚けば, 鳴留んだけれども

1 [1208件 抜粋] あてたの, あらわした, あるから, ある訣, いい現, いじけ切った耳, いって, いろ, うき世, うなされて, おくられつ, おどろいたか, おどろかされた, おどろき, おのづか, おびやかされたよう, お庄, お金の, かえる勘助流陣貝, かけおりて, かたまって, からみ合いながら, かれは, かわったの, かわる何物, ききとれたり, きき入って, きき知って, きくもたふと, きく安達, きく昔, きこえた人物, きこえた可児才蔵, きこえた天嶮, きこえた色好み, きこえた鬼柴田, きじめを, こう城内, この暁方, ござります, さへぎられて, さまたげられ充分, さわがされ今朝, しばらく浮世, しんみりと, すぎない, すっかり度胆, すやすやと, ずッ, せき立てられるよう, そして心, そそられて, その原因, その表象, そりゃ地震, ぞっとさせられる, たたば, たちまち人, たつなれ, たましい, だして, ちがいありません, ちょっと驚いた, ついで起った, つつまれながら, つつみこまれた感じ, つぶれて, つれる跫音, ときどき聞き耳, とざされた荒凉, とりまかれながら, どのくらい, なお嘲り, なく出はいりし, なぞらへながら, なったという, なった仮名, ならなかった, なりたがって, なり希望, なり発音, なるもの, なんとは, のみこまれて, はげまされでも, はじめてこちら, はっと目, はばまれるといった, ひかれるよう, ひきとめら, ひそんだ年月, ひびいた甲州, ひびいた穴山一族, びくびくし, ふさわしくあの, ふと好奇心, ふと目, ふり返つて, ふれたいよう, ぶるッ, まぎらされて, まぎらせて, まじつて聽, まじり鳴ける方, またなかれ, また眼, まねぶ, めぐり, もう一度ふと目, もつれぶき, やねに, よい語感, よらないだけに, わかれること, わたくしの, われらの, カラカツチヤカツチヤカツチヤ, ギロリと, ケリルは, ダブつて列車, ハツと, ビックリし, マヌエラは, ランプの, 一同が, 一寸振り向き, 一時間も, 万吉は, 三昧と, 不図, 中では, 主人の, 乏しい憾み, 乗せて, 乘せた, 云った, 交つて, 交つて咏嘆から, 交つて子供らの, 交つて聞えた, 交つて頻, 人の, 人生の, 付けて, 仰いで, 伊賀亮默れ, 伴う一種, 伴つて起つ, 似たなげやりな調子, 似たよう, 似たる響き, 似た文字, 似た音, 似通って, 住ひ, 何げなく, 何時でも, 使い, 俺たちは, 傲然として, 充つるかな, 先の, 先触れされ, 入り混ざって, 其王者心樂む姿見る, 出づる, 出で, 出会ったが, 分る, 初めて居所, 別れた, 刺戟せられ, 加わるよう, 勇みて, 動かされずには, 包まれながら, 医者かと, 南日君も, 博士は, 又おどろかされる, 口ずさんで, 叫びました, 叫ぶヘクトール, 叫ぶ貝十郎, 吃驚し, 吃驚しない, 合せつつ, 合わないよう, 吉凶の, 名高いとは, 名高い上野, 名高い利休, 名高い水, 名高き印度洋, 名高き大, 名高き鴻, 吸い寄せられるかの, 吹かむ, 吹かん, 吹き合わせるの, 吾を, 呼ばはるやう, 呼びかけた時, 呼び十二束三伏充分, 呼んで, 和し陰惨, 哀れを, 唯聞き耽り, 啼く鳥, 喜んで, 因ったの, 図書板敷にて, 在る, 埋まって, 基づいた言葉, 墓場の, 変じた, 変じた結果, 変ずる, 変ったの, 変りそして, 変り出した, 変わった, 夏こそ, 夜すがらきき, 夜寝られぬ, 夜更の, 夢やぶれ, 天一坊下に, 奪われて, 女中は, 妙味と, 妻とい対ふ, 字を, 室の, 寄す, 寄るの, 寝そびれながら, 寝呆け, 導き曲, 就いて, 尾を, 巻かれて, 帰した後, 干渉し合っ, 庭の, 引かれ洪水, 引き入れられて, 弾いて, 当てはめたの, 当る所, 影が, 彼女は, 従へと, 微に, 必ずギクリと, 応じてさ, 応ずる様, 怒りを, 思はせられたの, 思へた, 怪しいこと, 怪物は, 怯えたよう, 恐怖した, 恐怖を, 悩まされます, 悲しく涙, 想ひ, 意義を, 愕いた, 感じ天語, 感謝しまつる, 慣れまた, 懐しくも, 我知らず聴き入ってる, 打ち過ぎた, 投槍の, 押されると, 振返つて, 掻き消された, 揺られゐに, 擬らえた, 教室の, 敵ふ, 旅愁を, 日盛の, 明白な, 是富右衞門今汝ぢが, 時どき鋭, 暫時聞とれ, 曲節を, 更けた新道, 朝吹は, 村川も, 梵缶の, 樹, 歌って, 止む陣, 武蔵が, 母親が, 比べると, 気がついたよう, 気がつくと, 気づきました, 氣が, 氣づく, 水を, 沢庵は, 泣きぬ, 注意し, 注意する, 洗われて, 流石に, 消されないで, 消されるほど忍びやか, 消され穴, 涙を, 涼みながら, 深く身, 混つてひゆう, 添うては, 添ひぬ, 添へに, 游いで, 湧き立って, 満ちた野, 溶けこみわれ, 溺れて, 漁夫たちは, 漂ふて, 潮の, 澄みてこほろぎ, 点綴されてる, 爆ぜつつ, 物を, 独り笑みする, 生きる, 由って, 界隈の, 當つる, 白い心, 目さめ, 目覚めて, 直つて, 相違ない, 相違無かっ, 真昼の, 眠りを, 眼ざめてゐる, 知って, 知る, 破られた, 神経を, 秀でて, 秋が, 秘めて, 立った, 競うて, 紛ふ, 紛れたの, 紛れるその, 絶え入って, 縫いあわされて, 續く, 翻訳する, 耳かたむける, 聞いたせい, 聞いた囚獄, 聞いては, 聞えし喜三郎, 聞えし石佛, 聞えたこの, 聞えた一流, 聞えた勘助井戸, 聞えた地蔵, 聞えた姪の浜小町さ, 聞えた山県, 聞えた氷川下, 聞えた猛, 聞えた甲州, 聞えた穢多, 聞えた豪, 聞えた険路, 聞えた鳴海, 聞えた黒旋風, 聞きいった, 聞きつる白河, 聞きとれつ, 聞きほれて, 聞き入, 聞き入るよう, 聞くかな, 聞くシャン・ゼリゼー, 聞く二龍山, 聞く勿来, 聞く太田, 聞く島津, 聞く明智先生, 聞く木賊山, 聞く柳生源三郎, 聞く胆吹颪, 聞く蜈蚣峰, 聞く飛騨国吉城郡神宝, 聞く鹿島灘, 聞こえた剣客ぞろい, 聞こえた陶工, 聞こえました, 聴きいつて, 聴きいるよう, 聴き入りに, 聴き入るやう, 聴き惚れた, 聴く, 聴く者, 聾者の, 胃腸の, 脅えたので, 脚なみを, 自分たちも, 若い女性たち, 荒涼さを, 襲われた, 見當, 親しみを, 触るる可, 言った, 訊ねた, 託して, 記録され, 話声, 誘われるよう, 読む場合, 読んだか, 譬へて, 變化なく, 負けないほどの, 負けまいと, 起されて, 越前守悴暫し, 跫音を, 躍らせて, 転じハ行音, 迎えられて, 近く発音せられ, 近づき遂に, 追, 追ひた, 追手の, 逃れ入る緋, 通うと, 通じるところ, 連れ其の, 過ぎしを, 達し悲しみ, 違いない, 遮られると, 還った, 酔って, 重い眼, 金五郎は, 鎗ヶ嶽と, 関係の, 阿弥陀の, 陶酔し, 集った部下, 雑る, 雨は, 震い上る, 震動高低の, 青葉蔭も, 非凡な, 非常の, 鞭打たれて, 音をぞ, 響いただけの, 響いた廻船問屋, 響いた笹子, 響いて, 響く, 頭脳を, 風は, 馬の, 馴れて, 駈附けしも, 驚いたと, 驚いた車屋, 驚かされた野良犬, 驚かされるの, 驚きキャッ, 驚き光に, 驚き此, 驚き飛鳥川, 驚く雀っ子, 高き奇勝, 魂を, 鳴かましもの, 鳴りつづけて, 鳴れないのよ, 默止れ

▼ 音~ (828, 2.1%)

23 一緒に 11 いっしょに 9 なって, 一しょに, 風の 7 下駄の, 音との 5 いえば, それに, 馬の 4 こういう音, なる, 形に, 色との, 雨の 3 なること, 一所に, 低い音, 同音に, 唄の, 女の, 水の, 自分の

2 [58件] いう, いうよりも, いおうか, いつしよ, いへば, おんなし, この三つ, この音, その音, それを, たつた今, なりその, ほととぎすの, よもし, ソプラノの, ツイ縁側の, 人の, 人を, 人間の, 他の, 修禅寺の, 倶に, 光が, 光との, 光の, 全く同じ, 合体し, 同じもの, 同じよう, 同じ音, 同時に誰, 同時に黒い, 和し, 喧号とが, 威勢の, 山羊の, 川瀬の, 柱時計の, 歌詞とが, 流暢な, 煙は, 牛の, 相俟, 私の, 窓を, 笛の, 群集の, 胡弓の, 虫の, 蛙の, 訓とを, 鈴の, 鐘の, 青白い排気ガス, 響き添ふ, 響とを, 鳥の, 黒犬の

1 [578件 抜粋] あちこちに, あのず, あの牢獄, あの臭, あまり明晰, あらしの, あるが, あるを, ある叫び声, いい唄声, いうべき種類, いっしょだ, いったいどこ, いったらそれ, いったら何しろ, いって, いっては, いひ色合, いふには, いふよりは, いま調子を, いわれた彦左ヱ門, うすくか, うたわれた大きな, うちよせる潮, おそれ, おなじな, おりおり老人たち, お父さんの, お豊, かすかな, かわった, がらがら通る, きたなくまじり合っ, きらいな, げたの, ごつちや, し, しその, しどういう, すがた, するの, そういう意味, そこから, そして同宿, そして幾つ, そして雪, そして電磁波, そっくりな, その実景, その日, その笑い, その諧和, その間には, それから, それが, ちがったドドドド, ちがって, ちょこちょこ走り, つ, てなかつた, どこかで, どっかん, なく響き, なしたり, なった, なったので, なったもの, なつて, なにか云う, ならざるはなし, なりあるいは, なりそして, なりつ, なり終, なり音加はり, なるささねば, なるといふ, ぱち, ひゅう, ひろがりの, びんが, ぴったりリズム, ほとんど同時, ほとんど同時に分銅, ほとんど違い, ほぼ同じ, まれに, もう一つ, もつれあって, ものを, やさしく柔, やはり押し殺し, わずかな, わらべ達の, ウ音とが, ウ音との, カアカアという, カピの, キャッとたまぎる, ゴッチャに, サモイレンコの, シャン, シャ行音は, シュッと, スヤスヤという, チャリンチャリンと, チャンポンに, ツナガリが, テームス河とは, トントンと, ブロックの, ペピイがが, ボンボン時計の, ポンプの, ミ音と, ヤ行音との, ラッパの, ラツパ, 一しよ, 一つの, 一太に, 一定の, 一年ぶりの, 一緒だった, 一緒であった, 一緒にな, 一緒ね, 一群の, 一般にいう, 三味線の, 下駄を, 両方で, 乙女の, 乙音とが, 二つの, 二重母韻を, 云うの, 云ったら, 云って, 云っても, 云つたら, 云つては, 云は, 井上の, 交代に, 交錯する, 京子の, 人心との, 人物の, 他人と, 似通って, 低い声, 低い機織唄, 低い鼻唄, 何の, 何もかも貫き通す, 何処かで, 佩剣の, 佩劔の, 使用の, 俗称せられる, 元気一杯の, 光だ, 光とが, 光に, 光を, 入りまじりながら, 入り交った, 兩音の, 其れ, 其処から, 出来事には, 分った, 切れて, 初冬に, 勇ましい鼻息, 動揺や, 動搖から, 化した声, 化して, 千変万化の, 厳粛に, 叫喚の, 合して, 合せて, 合体した, 合音が, 同じです, 同じ子音, 同一の, 同時にお, 同時にヒーッ, 同時に人, 同時に可, 同時に呼吸, 同時に彼女, 同時に犬小屋, 同時に義一, 同時に閃光, 同時に鶯, 同時代, 同音, 同音と, 名づける物, 名も, 呉一郎の, 呼ばるべき, 咆え, 咳の, 唄声, 喉を, 噴気孔から, 土を, 地ひびきが, 声とが, 声陰影, 外の, 夜の, 夜風とが, 夜風に, 大水柱, 天と, 天国とは, 女供の, 女房どもの, 妖しいまでに, 嬉々たる, 字の, 客呼び, 家人の, 寒気の, 寝ぼけざまし, 寺の, 小石に, 小聲, 山に, 岸による, 川の, 帳簿を, 幕明の, 庇の, 床に, 床を, 庭戸の, 廊下の, 弦之, 弾けむりをもってつつみ, 弾機の, 形との, 形ばかりの, 影を, 彼女が, 律動と, 心の, 心情を, 思い合せて, 思った, 思って, 思つて聽き流す, 恋人と, 恐ろしい父, 悲しい唄, 悲壮な, 愁わしげに, 意味とが, 意味とを, 感じて, 感じないの, 慎一の, 或る, 戦死者の, 手ごたえが, 折々起る, 折ふし寂寞と, 掛け声とが, 提灯とが, 敏子の, 救助の, 料理と, 新聞紙を, 明りの, 明月とが, 星ばかり, 時々, 時々洩らす喘ぎ, 最後に, 朗らかな, 朝霜との, 木の葉の, 机を, 村の, 東京ビルの, 松風の, 板の間へ, 染屋娘の, 柔かい息づかい, 桔梗の, 梢に, 極わ, 槍の, 機を, 機関の, 次第に減少, 欷歔の, 歌は, 此の, 歯車の, 死んで, 殆ど一緒, 殆ど同じ, 母音と, 比べても, 気違の, 水音とで, 江戸の, 汽笛の, 汽車が, 沈んだ音, 波が, 波の, 浮山の, 消防達の, 消音装置を, 混雑する, 渦まく火, 溜息の, 溶け合い高く低く, 滝の, 漫々たる, 潤いの, 火の, 火星兵の, 火薬の, 点滴の, 煙の, 物さわがし, 猫が, 獅子舞い, 琴の, 環礁の, 生ぬるいらしい, 生田さんの, 町, 画像と, 畏怖と, 異つて, 異ならなかった, 疾駆し, 病気の, 百舌鳥の, 目から, 直ぐ傍, 相とも, 相競う, 相通じ, 矢たけびとが天を, 短い嘶き, 短三度の, 石の, 石を, 石炭船の, 石膏の, 確信し, 磯の, 神輿を, 称するの, 稲妻の, 立山の, 笑い声とが, 笑ひ, 笛を, 第二音, 等しいと, 等しく無意味, 精米機の, 細き音, 絶えず叫ん, 絶った大, 縛り殺せという, 美味いので, 美智子の, 考えて, 考えられたであろうが, 聞えて, 聞えます雑木, 聞かれるの, 聞きなされる頃, 聞くの, 聞くも, 聞こえたの, 聞違えた, 聞違ふ, 聴きますけれども, 職工の, 自働連続機, 自動車の, 自然似たる, 臭いガソリン, 艫の, 色とが, 若菜の, 草木の, 華やかな, 葭の, 薫香との, 虚空の, 蜂が, 衣ずれの, 衣の, 製紙特有の, 見て, 見るべきもの, 見立てる代わり, 言うたらゴム, 言えば, 言つてもよ, 言わねば, 言葉とが, 言葉とを, 訓とが, 記して, 註して, 話声とが, 認められる, 語頭以外の, 調子が, 警笛の, 讀經の, 讃美歌の, 谷川の, 豆を, 豊に, 負傷者の, 赤タイルを, 足もとの, 足掻きの, 足掻く音, 足音と, 車の, 軽い庭下駄, 轍の, 轟, 轟く物凄, 轢轆と, 運動と, 違う, 違うので, 遠いピストル, 遠い川音, 遠近に, 邪氣ない, 重なつ, 金屬の, 針の, 釣台に, 鉄台の, 鉄戦車の, 銀の, 鋭い苦痛, 鋲釘を, 錯綜し, 鑿の, 長火鉢の, 間違うばかりの, 関係が, 関係しない, 闘うよう, 關係の, 陽気な, 雇い婆, 雑ざって, 電車の, 震動である, 震動の, 露とが, 革命歌に, 靴の, 鞭の, 音とは, 音の, 響いては, 響とが, 風が, 風に, 風の音とが, 風鈴が, 飯を, 香と, 香ひ, 馬具の, 騒音に, 騷, 高尾に, 鳴く声, 鵠の, 麻衣を, 黒い眼つき, 鼻との, 鼻唄とは

▼ 音~ (609, 1.5%)

25 あつた 18 眼を 11 目を 6 目が, 眼が 5 ござります, でも, 自身明らかに 4 それが, 気が, 私は 3 あつて, もって, ハッと, 不意に, 始めて, 調子を

2 [30件] あらう, あらうか, しだいに悲し, それと, なくして, はじまる語, ハツと, 云いながら, 他の, 他を, 僕は, 充たされた, 先生の, 分るが, 呼ばれて, 呼んで, 大蝶丸, 寐付く, 察する, 彼の, 捕卒, 斎用水を, 歌を, 消されて, 現は, 私の, 端なく, 聞いて, 読むと, 読めば

1 [438件] あそぶおもちゃ, あとは, あべこべに, あやうくひっくりかえる, あらうが, あらう夫, あらは, あり得る, あれは, いい気持, いう, いっそう明るく, いったの, うたうと, うたって, うたれるの, うち鳴らされた, うるさくて, おこされたくは, おざる, おなかだ, おまえのうでの, おーいおーいと, お芳, お言葉, かえりの, きっとさとっ, くぎられながら, くるくると, けたたましく囃し, こしらえたもの, こたえた, このお, この町, この色, これに対して, これも, ござりましょう, ござりまする, さっしが, さへ, さまたげられた, さめて, さわがしかった, しいて似よった, しかもつんぼ, すがれたところ, すぐわかり, すぐ眼, すごい感じ, すっかりわれわれ, すらも心, せうお, せうか, せうな, そこに, そのかげん, その弾丸, その言語, その間を, それから漢, そんなに晩くも, たいこが, たちまち眼, たちまち驚かされ, たまには, たよりを, だよ, だんだん伸子, ちゃんと聞きわける, ちょっとの, つづられ身の毛, どうしても寝れず, どれだけが, どんな大声, な, なかなか寢, なし, なつかしい, ね, はじまつて, はじまるあらゆる, はじまる似たよう, はじまる河童, はじめて気がついた, はや一村, ぱつとその男の, ひつくり返り, ひとりごとを, びっくりする, ふと我, ぶちやぶられました, ぶち破られました, ほぼ見当, ぼんやり薄目, まさしく銭勘定, またいい, もしは, ものを, やかましいと, やって来たの, やっと察し得る, ゆっくりと, よく現し, よく聞えなかった, よほど注意, ろべそに, わかった, わかっるね, わかりは, わかりますよ, わかる, わかるの, われに, アラジンは, エンジンを, オニワー何とか, カラズマイと, ガチャン, キキーキキーと, ギヨツと, グアン, グヮングヮンし, コツコツと, スクルージも, ソヴェトの, チョッと, トントンと, ヌと, ハメリンの, ハ行音がワ, バ行パ行は, ヒノキの, ビーンと, ピストルの, ボンボンと, ポルトガル人は, ミチャリオーンと, レコードを, 一つか, 一人の, 一睡も, 一種の, 一般の, 三人の, 三味線を, 三時を, 三浬も, 下から, 下へ, 中の, 中山の神, 主人は, 主水, 久度といふ, 二つの, 二人とも, 二人の, 二人は, 二十前後の, 二時を, 二重に, 云うと, 云った, 云ひ返した, 亭主の, 人々は, 人形の, 人間が, 今にも天地, 今の, 以て, 伏兵の, 会話は, 伝わって, 余は, 修道女らを, 俺が, 偏だけ, 僕達の, 元気づいた, 充たされたと, 充ちて, 公の, 兵主神社と, 冬の, 出します, 出て, 分った, 分る本田摂理, 刎返した, 初まるもの, 初めて時計, 判じ色, 別にこれ, 到底ことば, 助かった, 動悸が, 募って, 包まれて, 十一打った, 十一時を, 十時を, 千之助は, 千満子だ, 午前二時を, 古く湯, 叫びかわし, 名高い目白台, 吹いた, 吹きこんで, 吹きつけて, 吹き続けた, 吹き鳴らして, 吹くと, 呆然と歩い, 呼ぶべき理由, 呼ぶよう, 咽喉を, 哄笑が, 唄うよう, 唄ふ, 唱えて, 唸って, 唸り出した, 啼きぬく, 啼く, 喞筒も, 四方から, 四時を, 因業おやじさえ, 声の, 夕陽新聞雑報記者古市加十は, 夜ふけに, 夢の, 大塚さんは, 大変落ちつい, 女の, 女神が, 妨げられたが, 娘は, 宜い, 家が, 家の, 寂寞する, 寝附かれないと, 寫すこと, 少し余韻, 屈折する, 嵐を, 巡邏が, 左右の, 市の, 幕あく, 平生でも, 幽遠の, 床を, 廊下は, 引き退き法螺, 弾き出した, 弾くの, 彼が, 彼は, 彼女を, 心の, 思い出したそう, 思ひ出したやう, 悲しみを, 愕きました, 愛ちやんは, 慌しくこと, 我々は, 我に, 截ち切られて, 房一の, 扉が, 扉で, 打ちなだめられて, 按摩の, 挨拶した, 振向いた, 描くと, 摸したの, 教わったの, 新手が, 旅びとの, 日本海の, 早入口, 明けはじめる, 昔が, 映丘と, 時々突然一音階, 時を, 時間を, 晝間は, 景気が, 暗くなっ, 曲も, 有ったか, 来ぬよう, 栄介は, 構内に, 構成された, 樽野は, 歌うので, 歌って, 止めて, 正体は, 此世へ, 死せる, 母親が, 気がついたの, 気取られました, 法廷じゅうが, 泰子の, 洗って, 流れだす, 消えちまうん, 溝板の, 漸っと, 火薬に, 灰色ネズミたちを, 無双あけ, 熟語を, 獲物の, 現わし, 現代普通に, 産気づいたな, 町へ, 異なる動詞, 発音し, 皆逃げ, 目さめた, 目覚めた, 目醒まされる, 直吉の, 相手に, 眠りから, 眠れないので, 知らせて, 知れた, 砂利を, 破られた, 破裂した, 示し変, 秀之進が, 私たちは, 私を, 立ち上つて蕗子の, 竜之, 笑いました, 米友は, 細くひゆう, 終った結句, 終つてある, 終らしめず棚, 終るの, 終る語根, 絡み合うギター, 統一せられた, 続いて, 而も, 聞えなくなって, 聞えぬらしい, 聞き取りにくかっ, 聞くの, 聞く者, 聞こえなかったらしい, 聴いたところ, 聴こえる, 腰でも, 腰を, 自分の, 色花火を, 落ちついて, 血が, 表した, 表わして, 裁判長の, 見る見るうち, 見れば, 解るの, 言う, 言葉では, 話を, 語を, 読まれると, 読み上げた, 読み下すべきこと, 読むという, 読むの, 読む説, 調子も, 讀んだ頭文字, 貫かせ旅籠屋, 賑わいそめるが, 起き牛乳, 起された, 起床し, 踊る, 身の, 車夫の, 軋つて, 軽く冗談半分みたい, 追い駈けて, 遠くから, 野中が, 鋸の, 長い一夜, 長持が, 隣りの, 雌牛は, 雨は, 霜の, 青空の, 音声記号では, 響きわたる時, 顔を, 顛動返っ, 飛び出して, 馬の, 駈けつけたパトロール, 駒を, 驚いたよ, 驚いて, 高まって, 高倉はは, 高野と, 魅せられたよう, 鳥が, 鳴きしきって, 鳴き合いました, 鳴った, 鳴ったこと, 鳴ったの, 鳴りだしたが, 鳴りだす, 鳴るの

▼ 音~ (422, 1.1%)

4 人の, 草花の 3 人々の, 人声が, 女たちの, 木を, 車輪の, 重い物, 風の, 鳥の

2 [28件] いろいろの, かもめの, すりの, それも, どこかの, んの, エンジンの, 乗合自動車の, 光は, 入声の, 唄の, 啜り泣きを, 喊の, 小銃の, 手斧の, 松の, 桶を, 瀬戸物の, 物を, 石を, 破れる音, 笛の, 荒々しい足音, 話し声が, 足拍子の, 鍋の, 馬車の, 鼠の

1 [334件] あえぎあえぎ叫び, あの宗旨, あらゆる容子, ある特定, あわただしい足音, いななきを, いまだに四方八方, いろいろな, お客の, お秋, かたんかたん車輪の, かんなの, が何とも, が潮, ころがる音, ごちゃごちゃとの, さう, さざめく人声, しぶとく垂れ, しわぶきの, すすり泣きの, すゝり, その中, その他の, その他石造の, その細い, それに, それらの, たわいも, ちゅっ, どこかで, なおも吹きつのる, ねんけどキュウ, のんびりした, はしゃいだ下駄, ぱちぱちと, ひっきりなしに鳴る, ぼそぼそいう, まず, むちの, ものを, わめき声, ウインチの, エイヤエイヤと, ガス容器の, ギ, ギギーと, グラスの, コルネットの, ゴト, ゴトゴト破, サイレンの, サクを, ショックの, トロッコの, ナイフや, ニブい, バタバタバタ, ピアノや, ブブブブと, ペン算盤咳払いなどが, ユックリユックリ廻る, ラッパの, レコードが, 七輪を, 万歳の, 三十分と, 三味線の, 不安定な, 世界の, 五月寒, 人声に, 人声の, 人声や, 人目や, 人間の, 仆れる, 何かが, 何かの, 何ものか, 促音に, 促音や, 倒れるよう, 偶然に, 傾斜の, 働くもの, 光でさえも, 光の, 光りは, 六音も, 凧の, 前足で, 動きやは, 匂いに対して, 匂いまでが, 卑俗な, 又はるか, 叫び声がの, 号令の, 吃音の, 吃驚した, 同時に色々の, 吐月峰を, 周囲に, 味噌する, 呻きや, 呼吸のは, 呼鈴を, 唐金の, 喊声や, 喚き声, 嗅覚によ, 嘆息や, 囁きを, 四下の, 土に, 声で, 声なんぞが, 声にも, 声を, 多くの, 夜には, 夜中に, 夜半の, 大きなあくび, 大きな荷馬車, 大きな身體, 大枝, 太刀の, 太鼓の, 女の, 女中の, 女中を, 女工たちの, 女給たちの, 子供たちが, 家畜の, 家禽の, 小夜嵐, 小鳥の, 小鼓の, 少年時代の, 尺八は, 居酒屋から, 川波が, 帰着した, 広い水, 床板の, 往来の, 忌ま忌ましい騒ぎ, 思うべし, 恐ろしいさけび, 悲鳴や, 手斧を, 拍子を, 掃除を, 春の, 時計の, 時雨らんだ, 景色を, 暗誦の, 曲奏の, 最高音それに, 月の, 木と, 木の葉の, 木立ちに, 東京を, 松林の, 板を, 枝葉の, 楼閣の, 楽隊の, 槍の, 橋の, 機重器の, 機関銃の, 櫂の, 櫓の, 歌が, 歌の, 歌声は, 母親の, 気候を, 水の, 水を, 水禽の, 水面を, 氷を, 汽笛の, 汽缶の, 汽車の, 河鹿の, 波に, 波の, 浄瑠璃などには, 海の, 深夜に, 渦卷や, 濁音が, 濁音で, 火山の, 火消しの, 烈しくつかみかかる, 煙りの, 煙硝の, 煮ものの, 燃え崩れる小屋, 燗徳利が, 牧場の, 物の, 特に昔, 狐の, 猛獣の, 猿の, 獅子舞の, 玉突きの, 田圃面から, 甲走った蓄音機, 男の, 畳ずれの, 畳摺れ, 白い絹, 百姓達が, 皿が, 皿の, 相図の, 相打つ, 看貫や, 矢さけび, 矢叫びの, 石道を, 神楽笛は, 秋日和, 窓の, 笑い声に, 箒で, 箸が, 米を, 絶えずならし, 絶間ない, 絹や, 罵声を, 耳も, 聞ゆる, 腹だたしげ, 膳を, 自分の, 舞扇の, 色の, 色や, 色彩で, 芝生や, 若い女, 茶の間で, 茶碗を, 荷車を, 落ちる木の実, 落ち葉の, 葉の, 薄暗い部屋, 薬練りを, 藪の, 藻の, 虫の, 蛇口から, 蛙の, 蝉の, 蝙蝠の, 行水す, 街灯が, 表を, 見物を, 言葉に, 話声が, 語尾の, 警鐘と, 赤の, 走って, 走り廻る, 足枷を, 足踏みが, 跫音が, 車の, 近所の, 遠い谷川, 酸素を, 金鼓の, 釘を, 鈍い地響き, 鈴の, 鉋の, 鉢巻きを, 鉦鼓が, 鉦鼓の, 銅鑼の, 鍋を, 鎧の, 鎧胄の, 鏡の, 鐘の, 鑢を, 長椅子の, 隣室の, 雉の, 雨の, 雷鳴に, 電鈴の, 霧の, 霰の, 非常を, 音勢の, 響鼻で, 風の音までは, 風景の, 風鈴の, 飛行機の, 馬の, 騒々しい人込み, 騒々しい銅鑼, 高いところ, 高いキーキー声, 高い枝, 鬨の, 鬨の声が, 鬼の, 魚芳の, 鳴時計, 鳴物の, 鴉の, 鴎の, 鶯の, 鼓の, 鼻音と

▼ 音~ (318, 0.8%)

8 のやう, を聽 4 であつ, の拍節 3 である, にし, に近い, のメロヂイ, の心像, の銀, をきく

2 [22件] がある, が好き, が聞え, が聽, だ, であ, といふもの, なら主題, に對, に掛る, に耳, の傳授, の教師, の旋律, の空氣, の響, へ, を停止, を愛し, を教, を樂, を聞く

1 [229件] あるのみ, か, があらう, があり, がそれ自ら形體, がない, がやつ, が僕, が單, が奏でられる, が始ま, が演奏, が狹, が聞える, が行, が非常, しい賑やか, その種, だか, だけで, だなと, でなくし, でなければ, ではなかつた, でもつ, でも俗歌, でも圍碁, でも美術, で取, で毎晩, とかの源泉, とが頻りに, としてさ, としては蚊, として感知, として聽, となつ, となり, との區別, との協力, との外面形式, との錯覺, とは分離, とは同一, とは本質的, とは遂に, とまた, とを常に, とを習, と云, と共に劇詩, と同じ, と同じく, と同化, と夜會, と夢みる, と天才, と支那語, と横文字, と舞踊, と花環, などは迚, などわかりません, などをし, など何, にいかなる, において眞, における私, について論じ, につれ, にて我, になつ, には粉本, にも及んだ, にも注意, によつて心, によつて起さる, にダンス, に伴, に依つ, に六, に問, に嵐, に意識, に掛け, に掛つて, に掛らない, に掛らぬ, に掛りませぬ, に接近, に據らむとする自然, に於, に最も, に次ぐ, に滿, に特に, に聞きほれ, に親しまなく, に親しんだ, に趣味, に關, の, のお, のめろぢい, のリズム, の一つ, の一小節, の一致, の仕方, の何たる, の作曲, の作曲家, の作曲法, の作者, の先生, の否定者, の囃, の基礎, の場合, の天才, の女, の如く, の如く心, の妙手, の妙技以上, の始原, の密接, の專門家, の展開, の師, の忍び, の快速調, の情想, の改良, の直接, の祕傳, の絶間, の練習, の聲, の聲聞ゆ, の見せ, の評價, の調, の調べ, の調律, の調節, の譜, の趣味, の音, の音色, の響き, の響き漂, の骨格, はその, はもう, はわからない, はドスン, は其の, は十月, は大, は天地, は嫌い, は心細き, は日本國民, は普及, は特異, は私, は聞, は起る, は音樂家, もあります, もどんな, も丁度, も上演脚本, も亦, も印度, も唐代, も小説, も遊女崇拜, やそれから, や文學, や皿, や繪畫, や美術, や館前, よの常, より下, を, をお, をきい, をそれで, をたのしむ, をも教, をやっ, をやつ, を二重, を以て其精神, を凌駕, を創造, を取上げ, を奏, を奏し, を奏した, を奏する, を好まれ, を始めた, を廢, を弄ん, を思ふ, を感ずる, を持たない, を捨て, を殆, を犧牲, を理解, を用, を知らない, を節奏, を習, を考へ, を考へる, を耳, を聞い, を聞いた, を聞きたい, を要しない, を論ずる, 同じやう, 美しいメロディー

▼ 音~ (167, 0.4%)

119 なあ 5 ということ 4 と思っ, と思った 3 ぜ, ぞ, という, と云う, な, ね

2 [14件] か岸, が覚, こと, そうだ, つた, つたのか, とわかつた, と思つて, と看護婦, と考え, のが, わ, 何の, 清しい

1 [88件] か, かさっぱり, からく, からそれでも, からだ, からよく, から弘, から構う, から相当, から耳, かわかりませんでした, か何とも, か入る, か分らなかった, か空, か見当, が, が俺, が分りゃしなかった, が肉, けど音楽, けれどもそちら, けれど昔, けれど音楽, し, つたのだ, つたのである, つたのです, つたのに, つた樹明君の, つた真夜中の, つてね, つて聞こえやしません, てて, てて燃え盛っ, と, といい, という事, という返事, といっ, といふ, といふばかりで, とうとうと, とおもっ, とかアイスクリーム屋, とか変, とか飛行機, としたら, とする, とは私, とばかり思つたの, とも振動, とも言われ, とわかっ, とわかった, とわかつ, と云っ, と云った, と仰, と先生, と判る, と告げ, と彼, と思, と思ったら, と思ひます, と思われます, と感心, と批評家, と知った, と聞かない, と言う, などと謂った, なァ, なア, ねこの, ねそこ, の, のに, のには, はて何, よさっき, わね, 余の, 八時に, 執拗に, 私たち二人が, 銀だ

▼ 音~ (164, 0.4%)

143 てお, てしばらく, て運びくる

2 [16件] てつづれ, てハヤここ, て削りいれ, て叢, て地, て堂, て戸, て歩み来る, て潮, て烈しく, て烏, て砕け, て草村, て魚, て鼠, のびやかに

1 [109件] たり, つつ, てあぢきなし, ていた, ていっせいに, ている, てくいこんだ, てさながら, てすらすら, てするする, てずり落ち, てその, てつかんだ, てなかなか, てはたと, てやがて, てゐる, て一, て一ゆり, て一匹, て下りゆき, て井戸, て井戸側, て人, て今, て何, て何処, て六時礼讃, て勢, て勢いよく, て吹きこむぬれた, て吹き来る, て噴火, て地震, て地面, て塔婆, て外, て天, て姿, て宜しい, て宿, て宿夢, て寂然, て寝, て寢, て少, て少しく, て川, て帶, て帽子, て座頭, て往来, て後続者, て折つて, て捲きついた, て揃い, て散りおちた, て暫く, て松虫, て櫛, て歪み, て水, て汲, て流るる, て流れ, て流れ込む, て湯気, て滝縞, て焼, て照る, て爆ぜぬ, て爪先, て牛, て石, て碎けた, て空, て窓, て立, て粉々, て縮緬, て美しき, て臥, て自然, て船, て落ち, て落つる, て蛙, て衣服, て裂け, て見事, て覺束, て解ける, て足代, て門, て雨雲, て雲, て青年, て頽, て風, て飛び来る, て飛ぶ, て馬, て馬車來, て鱒, て鳴い, 左の, 直しし, 磯打つ, 襲

▼ 音にも~ (149, 0.4%)

4 耳を, 聴け近く 3 似て, 眼を

2 [14件] きこえた, きこえまた, 彼は, 消されずに, 目を, 私は, 紛れず凄, 紛れない勇ましい, 聞けと, 聞け近く, 胆を, 胸を, 驚かずに, 驚かなくなった

1 [107件] あった, いくらか哀調, いろいろの, うち消されない, おどろいたもの, おどろきを, おびえた, おびやかされながら, おも, かの音, き, きょうは, こういうこと, さして事々しく, すぐに, すぐ驚かされる, そう怯えなくなっ, そのふたり, たへがたい, なぜか, ねむるや, ねんごろ, ひどく敏感, びくっと, びくッ, ぴくりと, またクリーム, まだ逃げない, まつむし鈴虫くつわ, やはり色, わかるの, わななきぬ恋, 一座の, 人の, 似たり, 似た中, 似た声音, 似た珍, 佇ずんだ, 何となく思い, 優つて聞える, 前ぶれが, 力を, 卓の, 原始的の, 合って, 天井を, 妙に, 家なき, 家の, 小兎, 広い芝生, 心何と, 急いで, 急に, 手を, 掛時計の, 斎の, 斎宮の, 新しい匂, 新らしい, 旨く嵌らない, 昔が, 最うお帰, 枯れ枝の, 格別感覚を, 残らないもの, 気づかなかったの, 気づかぬ様子, 気を, 気付かず寝過ごしたので, 油断せずし, 油断なく, 油断の, 涙は, 無関心, 父の, 目ざめずに, 直ちに応じ, 眠りを, 眼が, 知らじと, 種々の, 立てず独りクヨクヨ物, 紛れず, 耳傾け, 聞えた, 聞かずして, 聞きつらん, 聞きつらん予, 聞け, 胸轟かせ, 脅かされた, 膽を, 虫の, 融けて, 裏木戸の, 裏表が, 逃げずに, 違いが, 鍬を, 類しうる可能性, 飛起る, 飽きて, 馴れたか, 驚くの, 黙々と耕し

▼ 音ばかり~ (134, 0.3%)

15 して 6 であった 5 だ, である 4 きこえました, だった, です, でちつとも, では 3 させて, 耳に 2 そのなか, でいい, でそれ, で他, で水, で街, ザアッとして, 高く変った, 鳴門の

1 [59件] いやに, きこえて, させる, する, する工場, ただ音ばかり, だが, だったでしょう, だつた, で, でありました, でいずれ, でけだるい, でこの, でご, でございます, でちっとも, でなく一定, でなく家屋, でなく山田, でなく蜘蛛, でよく, で一向に, で土, で岸, で敵, で新, で渓間, で無い日, で男, で足音, で返事, で陰々寂寞世間, で雨, とたんに月, カチャカチャ響い, トンケンコントンケンコンと, パタリパタリし, パチパチと, 俄に, 外は, 大きく響かし, 森の, 気に, 波の, 澄んで, 知ってる両, 磯の, 立てて, 絶えまなくかまびすしく, 耳について, 耳立った, 聞えた, 聞き耳を, 聞こえる寂寞境, 聞ゆる, 薄明り, 長い響き, 駈けめぐって

▼ 音と共に~ (126, 0.3%)

2 三人の, 倏忽と, 取っ組みあい, 烈風の

1 [118件] あいて, あのむくむく, いっぱいに, えならぬ, おどろきも, おびただしい破片, かの形, この上, この地上, この谷間, そこに, その窓硝子, それが, たちまち暗中, だんだんと, ふたの, またゾロゾロ, まるで砂糖水, めちゃめちゃに, やがて表, わが身は, イメージが, キリ, ポツリポツリと, リノリュームの, ワッと, 一なだれの, 一二寸乾いた, 一人の, 一台の, 一団の, 一斉に, 主人の, 交通巡査の, 今は, 何か, 刻一刻に, 厚樫の, 収縮した, 台所の, 右の, 同時にいもり, 吐き気が, 吹雪が, 咳は, 外へ, 夜は, 太刀持つ, 嵌って, 巡査が, 巡邏兵風の, 彼の, 彼女を, 復一の, 心の, 揺いた彼, 散乱し, 日覆を, 早くも, 時計が, 本艦, 椽側へ, 機体が, 櫓手の, 次の間は, 次第に重苦しく, 此の, 殆ど飛ぶ, 水面を, 流行唄が, 浪士らの, 消えて, 消すの, 滑り出す床板, 濛々たる, 濠, 焼け落ちました, 熊笹の, 生き共, 男の, 相手の, 眼からも, 破れる, 立ち上がった, 立ち上がった様子, 終りを, 耳を, 聞えて, 聞ゆる, 腰に, 船体が, 船體が, 艇は, 薄暗い煙, 行われた, 裏口から, 褄を, 諾威船ヴィクトル・カレニナ号は, 豊熟な, 賑やかな, 軒の, 近づく, 近在から, 重そう, 錠が, 開かれた, 開かれ鉄気, 闖入者は, 隣の, 集まって, 電燈が, 静かに, 額は, 飛び出した弾, 飛び立つと, 馬の, 駈け出す下駄, 高々と

▼ 音さえ~ (112, 0.3%)

3 した, 聞えて, 聞こえて 2 すりゃあ, たてなければ, どこにも, 立てずば, 立てない, 聞える

1 [91件] えんりょをして, おのが, かえって物, かなしくも, きくこと, きこえそう, きこえたそう, きこえないの, きこえませんでした, きみ悪く, ここでは, この沈黙, させずに, させないの, しない, しないの, しなかった, しなかったの, する, すれば, たしかであれ, たてずひっそり, たてた, て, ない, なかった, のどかである, はっきり聞えた, ぱたぱたと聞え, ほとんど聞かれなくなった, もまれまれ, よくは, わからないのに, ガンガーン, 交えて, 伝わる, 併んで, 元気なく, 出なけりゃと, 出なければ, 別様に, 嬉しく聞い, 彼には, 微かに, 忍ばせ着かず離れず慕い寄った, 思索の, 感じられる様, 手に, 時々聞える, 此の, 殻の, 注意すれ, 洩れて, 淋しい心持ち, 私には, 窃かである, 立たなかった, 立てずに, 立てないだろう, 立てなかった, 立てぬよう, 立てねば, 絶えて, 聞えざるに, 聞えたくらい, 聞えだした, 聞えない, 聞えないの, 聞えない夜, 聞えなかった, 聞えるの, 聞えるよう, 聞えれば, 聞き取られるほど静か, 聞き得るよう, 聞き落して, 聞けば, 聞こえず氷, 聞こえそう, 聞こえない, 聞こえなかった, 聞こえみんな, 聞こえるよう, 自分の, 記憶し, 谺する, 遠くへ, 遠慮がちに, 間近く大地, 陰気で, 高く聞こえる

▼ 音高く~ (109, 0.3%)

3 あけて, こも, 拍手した 2 きこゆ, カランコロン, 石を, 立て刀, 踏鳴し, 響いて, 鳴り出した, 鳴る鈴, 鼻を

1 [82件] あたりの, うつ, お新, かけて, かよって, からだを, ここへ, こもごも交, なる, のどを, はずされた, は鳴らしません, ぶつかり合うと, わが遊魂, コップを, テ, パチリと, メロスの, 下りて, 刃を, 割れ冷, 化粧の, 叩いた, 吹き荒んで, 吹き過ぎて, 地面に, 地面へ, 天に, 家に, 家には, 宿を, 岸邊に, 左り, 常に変らず, 店の, 引き降ろした, 怒號, 投げ込んで, 掌を, 接吻し, 放屁を, 昨夜の, 時は, 月は, 朝霧を, 格子戸の, 森の, 橋の, 歌われるか, 殴られた, 毆られた, 江天に, 涙を, 燃えて, 獄は, 皿小鉢を, 盃を, 私の, 繰つて, 置き直された, 聞いて, 聞ゆなり, 芝琴平社の, 萩の, 虫歯を, 走った, 踏み下ろして, 蹴って, 蹴立てて, 辿, 逐ひ, 速やかに, 部屋に, 部屋の, 釘を, 開けて, 響きて, 響く金, 食卓の, 馬車は, 馳せ來, 鳴り訪問者

▼ 音でも~ (108, 0.3%)

4 聞いて 3 すると, ない 2 ありません, して, するか, 眼を, 聞えるかも, 聞かすか, 聞きながら, 聴えて, 響いて

1 [80件] あったの, あつた, あるが, あるまい, あるよう, あるらしかった, あろう微か, きいたら背中, きいて, きこえて, させようかな, しますよう, しょうなら魂, しんみりと, すぐに, すでにこの, するほど, するわけ, すれば, そこに, その耳, たてたの, ないという, ないといふ, ないよ, ない実に, なかった, なくたしかに, なく木の葉, なければ, なんでも, ひどく感ずる, まるっきり違った, まるつ, よしやパン, わかります, ツボから, 伸子の, 出らあな, 分らぬぐらい, 吾, 声でも, 奈世は, 奴等に, 彼女を, 推察する, 日比谷公園あたりで, 春の, 春雨と, 気取れそう, 無い, 異常な, 異様に, 知れる, 窓を, 立てそう, 立てたみたい, 立てるの, 耳に, 聞えたら愉快, 聞えて, 聞えは, 聞えるかと, 聞えると, 聞えるの, 聞かせたの, 聞かせて, 聞きつけそれ, 聞くだけの, 聞こえたの, 聞こえますか, 聞違え, 聴いて, 聽か, 聽く, 自由自在に, 蚯蚓の, 部屋を, 風の, 高い音

▼ 音なく~ (105, 0.3%)

6 して 2 光りはた, 暮れて, 流れて, 開いた, 頭を

1 [89件] あゆみ, しかも深い深い, すらりと, そびえその, ただ冷, ただ清国人, ただ落つる, つぎつぎに, て颯と, ながれるその, ひらくよう, ふる日, まわし部屋, めくったの, 一たび怒る, 伏して, 冬の, 動揺なく, 北へ, 南へ, 声なき, 外の, 崩れるよう, 形なく, 影は, 彷徨する, 我うで, 打つにも, 指で, 揺れるばかり, 散って, 散りし桜花, 日記の, 昇り音, 梅を, 樓門の, 次第に閉, 歩いて, 沈み, 沈み星, 沈み蝦隱れけり, 注いだ川縁, 注いで, 流れるよう, 流れ鋼玉, 消えぬ, 渦の, 湛えるほんとう, 溶くる白熱, 滑って, 濺いで, 燃える眼前, 燃焼し, 現れた, 留まる, 眠って, 眼に, 砥石を, 移る流, 空を, 窓に, 立ち上った一条, 笑ったかと, 舟著き, 船を, 色に, 花弁が, 落ちて, 血が, 行き過ぎた, 調なき, 軌道を, 閉じて, 閉め一足運びざま, 開いて, 開きタラタラ, 開き音, 開けた, 開けて, 降り出した來, 降り出した来た, 降る雨, 降る雪, 青む海, 響く管絃楽, 頭の, 飛んで, 駕籠が, 黙って

▼ 音だけが~ (101, 0.3%)

4 かすかに, 聞えて, 聞こえて 2 いつまでも, いやに, きこえて, どうやら大晦日, 聞える

1 [79件] あかつきのも, あった, かさこそと, かれの, がらがらがらがら呆け, きこえた, きこえる, ここの, この深い, さらさらさら, さらさらと, しずかだった, した, して, しばらくする, しばらくつづく, しめやかに, すでに春, する, その荒野, つづいて, ときどき聞えた, どこかに, なにかの, ばたばたと, ばたり, ひ, ひびきの, ひびき残る, ぴしりっぴしりっとうすぐらい, ぽたりぽたりと, ますます騒々しく, カチカチカチカチ聞こえ, ガヤガヤ聞こえ, ザラリザラリと, ブリリブリリと, 一層不気味, 低く部屋, 冴えた, 外国銀行の, 夜の, 妙に, 幽かに, 廊下に, 春昼の, 時々さらさらと, 景色に, 残って, 残つてゐた, 気が, 浮き上る, 無暗み, 物凄くて, 町を, 異様に, 耳に, 聞えた, 聞える事, 聞こえた, 聞こえる, 聞こえるばかり, 自分の, 規則正しく聞え, 規則正しく響い, 起りはじめました, 足の, 轟いて, 過ぎ去つた歓楽, 違って, 部屋の, 配石の, 間を, 闇夜の, 際立って, 静かさを, 静かである, 靜かな, 響いて, 鮮かに

▼ 音から~ (97, 0.2%)

7 して 2 出來, 成り立って

1 [86件] いつも何となし, おじさんに, おもて, この塾, この旗, してだけでも, すぐ活路, そのマジエル, そらの, だと, つるはしの, であった, では, とったペン, なにかを, のがれたい一念, のがれるには, ふざけ半分, ふと家, ふと東京, んとして, タタタタタ, 二間とは, 伊勢の, 低いなつかしい低音, 余程の, 來た, 僕は, 出た作り話, 出た名, 出た名称, 初めまして, 判断すれ, 割出しての, 協和音へ, 古びた綿埃, 四十七音更に, 察する, 導かれたの, 心中する, 思いついたの, 思いつき今, 思わず田代君, 感じとりこれ, 感じられる習慣, 成り立ち普通首廬迦と, 成るタンカ, 成る詩句, 成立って, 改めて建設, 最初の, 来たの, 来た語, 来る効果, 来る変態律, 次の, 死体の, 気を, 注意を, 渠の, 生れた哀調, 移ったの, 管楽器も, 聯想し, 聴覚を, 襖障子の, 解いて, 言えば, 誘われた弁信, 説明は, 起る, 起る混交つた感覺, 転じたもの, 転化した, 逃げようと, 逃げ出したくなって, 連想する, 違う, 遠くは, 離れた土地, 離れた聴覚, 音へと, 音への, 類推する, 風の音から, 鼠小僧を

▼ 音立て~ (92, 0.2%)

5 ている 3 て, にける 2 てその, てゐる, て揺れ, て燃え, て紫冷や, て降る, て香

1 [67件] たり騒い, てうて, てさびしく, てすす, てそこら, てどき, てどんと, てはあはあ, てひるがえった, てひろげた, てをり, て五ツ紋, て人, て切り始めた, て半分余り口, て吹きつけた, て噛ん, て夕焼空, て崩れ, て崩れ去っ, て弾丸, て心, て慄, て手, て拡がっ, て挾まれた, て掻, て散る, て朝, て案内人, て流れ, て流れる, て湧かし, て溢れたつ, て照らし出し, て熱, て猛る, て田, て石, て私, て突き, て舞い落ち, て蠅, て街上, て裂けた, て赤褐色, て起っ, て転がった, て進む, て閃いた, て閉め, て開いた, て階段, て際涯, て雪, て電車, て風, て飲み乾した, て鳴る, ながら一散, ながら廻っ, ながら降っ, ながら駕, にけり, 丹前姿に, 大腿骨ギシギシ, 廻つてゐる

▼ 音とが~ (84, 0.2%)

2 して, 一緒に, 聞えた, 聞えて, 聞えるばかり, 遠くの

1 [72件] あからさまに, あった, ある, あるだけ, あるという, いかにも不調和, からみあって, きこえた, しきりに鳴り, しばらく入りまじっ, すつかり, そこにも, それぞれ, そんなよう, とどろき渡った, はるかな, ひえびえと, ひっきりなしに聞こえる, むやみに, よく揃つて, ゴッチャに, プールの, 一つに, 一緒にな, 不断に, 久しく都会, 互に干渉, 交錯し, 似て, 入り乱れて, 入り込んだ, 午後の, 即かず離れず, 合体し, 周囲の, 堪らなく気持, 夜を, 女達の, 妙に, 季節的に, 微かに, 戀しく, 戻って, 折々はさまれ, 接続し, 有つて, 止んで, 殆ん, 混つてゐました, 演出される, 相転, 着かず離れずに, 砂利の, 突然静まっ, 絶えずそこ, 続いた河原, 続くので, 耳に, 耳を, 聞えそれから, 聞える, 聞こえて, 聞こえる, 聞こえるばかり, 自分を, 近づいて, 違って, 銅鑼の, 際立つて, 離れたり, 響いて, 騒がしく入り乱れる

▼ 音とともに~ (84, 0.2%)

1 [84件] あられ小紋, うしろの, うーむと, おならを, この男, ごつた, さんざんに, そいつは, そこには, そのまま下, その殺し場, たるを, なにかまた, はるかな, ぽたぽたと, まっくら, みな止まる如くなりき, もうもうとまっ, よみがえる何もの, われわれは, アレたかだか, キリキリ御簾, ネフ, 一人の, 一本の, 一瞬さっと, 一瞬さつと, 二寸ほどの, 人が, 伯父さんの, 倒れ二人, 僕自身が, 入って, 動かなくなった, 号外売り, 土塊が, 地底から, 地獄の, 地響打っ, 外部を, 多くの, 夜もすがら輝きわたっ, 大きな脇, 女の, 将士は, 小判が, 幽に, 廊下を, 引き抜かれた日本刀, 彼女の, 急速に, 感ずるズズーン, 押し入れの, 数台の, 日覆を, 星とも, 枝さしかわし, 梯状琴の, 水, 水けむりをたてエミイが, 泰軒と, 浅黄幕を, 海中に, 湯氣が, 煙道の, 物干, 現はれた, 男は, 畳を, 真暗な, 真白な, 砂浜の, 神の, 神経を, 穴の, 空中に, 粒々と, 絶えず鼻, 舞台の, 虫は, 賑やかに, 車は, 進発する, 金五郎の

▼ 音などが~ (82, 0.2%)

8 聞こえて 7 して 4 聞えて 2 する, 耳に, 聞えた, 響いて

1 [55件] いちどに, いま彼が, かすかに, した, したので, その一つ, それである, ときを, ともすれば流れ出し, もうそこ, ものすさまじく震撼, やや五分間, よほど正常, 一々耳, 一しきり喧しく, 一緒に, 乗組員たちの, 入り乱れて, 入乱れて, 可成り, 台所から, 対岸から, 巷に, 広場の, 彼には, 彼の, 彼等の, 微かに, 掛声の, 旅客の, 期待を, 殊に悲しく, 毎日朝から, 洩れた, 深夜の, 相当歩き, 相次いで, 空中へ, 耳について, 耳には, 耳殻の, 聞えたという, 聞える, 聞えるほか, 聞かれた, 聞こえたの, 聞こえると, 裏から, 遠い昔, 遠くの, 鈍い一つ, 雑然といり交っ, 靴や, 頻りに聞え, 騒がしく入りみだれた

▼ 音では~ (81, 0.2%)

12 ない 11 なかった 9 ありません 7 なくて 6 ないか 3 ないかと 2 ないの, なく草履

1 [29件] あつた, ありましたが, ありませんか, あるが, だめか, どうしてもあの, ないこと, ないだろうか, ないよ, ない况, ない別に, ない様, なかつた, なくふつう, なくまさしく, なくファシズム, なく平仮名, なく高い, わけなくはね起きたという, 今なほ自然的, 夢を, 寝床を, 決して聞く, 熱は, 眼は, 私共には, 肝を, 随分厭, 頭が

▼ 音する~ (69, 0.2%)

5 ものも 3 は, ばかり, 夕ぐれ淋し 2 のは, は白玉, ばかりぞ淋漓, 方へ, 流の, 薄穂薄の

1 [43件] かせぬ, かと二ツ三ツ, かと思う, から天子, ことに, しをらし, だけ, と, ところに, に瀧口首, に顧, のみである, は我, は空しき, は静, ばかりに揺れた, ばかり俄, ばかり戦い, ばかり手足, ばかり旭, ばかり月, ばかり波立つごとく, までがッくり, ものとては, ものは, も哀れ, ような, を見れ, 中へ, 方に, 方へに, 方を, 早蟹, 時雨なら, 松の, 枯草の, 森の, 椿なりけり, 液体を, 物の, 響は, 響を, 風秋ならで

▼ 音には~ (67, 0.2%)

2 なれて, 何ともい, 立ちつつ, 読むものすべて, 音の

1 [57件] いつもに, かような, これだけ, すっかりおなじみ, たつらめ, どんな金嚢, なるほど奥州, ひびかないほど, ほとんど心, もうおかまいなし, やはりお, ゆく夏, よく昔, ッとして, ン音や, 一つ一つそれぞれの, 一千年間の, 一種独特の, 一般に, 不思議に, 似よったもの, 出ないで, 出ぬ, 切なげ, 刻めど, 勿論職人たち, 厭に, 妙な, 御承知, 心から牽きつけられた, 心を, 思わず私, 悩まされましたよ, 日本帝国官憲の, 毎日脅かされ, 毫も異状, 気味が悪いと, 気味の, 泣けども調, 源氏の, 濃やかさが, 熊谷と, 玄関の, 用いられないという, 用いられなかったの, 田山白雲も, 相違ない, 瞬時の, 私は, 絶対的に, 聴えず, 記憶が, 遠くから, 閉口した, 馴れた身, 馴れて, 驚かなくなつ

▼ 音~ (62, 0.2%)

8 んだ 6 のだ, んです 5 のである, のです 3 の, のでした, のよ 2 のでございます, んで

1 [19件] のか, のじゃ, のだろう, のであった, のでしょう, のですぐ, のでびっくり, のでオツベル, ので誰, のねえ, のも, のを, の今, ひよ歡びの, へど眠れる, へば応ずる, んじゃ, んぢや, 添へそ野辺の

▼ 音である~ (59, 0.1%)

5 ことは 4 ことが 3 ことを, ということ 2 暫く遊ん

1 [42件] かそういう, かそれ, かそれとも, かという, から, からオパルパ, から本当, かピグミー, か見当, が, がまさしく, がみずから感じ, がカ, が二足三足, が何だか, が室町末期, けれどもずっと, けれども決して互いに, ことからも, その音, だけやがて, ところを, とし, とは感ぜられなかつた, と想ひな, と村, と言い当てられない, と認められ, にはどう, にもかかわらず, に拘らず, のかを, のが, のだらう, のだろう, のと, のは, ものはナ, やうに, 余は, 筑紫を, 訣と

▼ 音たて~ (58, 0.1%)

42 てしづか, て流れ, て鳴りはじめた, にけり

1 [46件] させじと, つつ, ていさぎよく, てしょげ, てはふくれる, てふるえる, てゐた, てゐる, てチンボ, てドスン, て一間以上, て傘, て光りかがやき, て切れ, て割れ, て寝, て寢ころ, て居る, て巻き, て挽き, て散っ, て春, て死ぬる, て水, て流れだし, て流れゆく, て消え, て燃え, て硫黄ふき, て私, て立ち, て翔び交う, て脹れ上る, て舞台, て舞臺, て茶, て落ちる, て蒲団, て降る, て霰, て響い, て鳴らし, ながら打ちこん, にける, やがて消え, 申し候

▼ 音だけ~ (58, 0.1%)

5 では 4 であった 3 させて, だった, である, 聞いて 2 だ, であるが, です, で伊豆

1 [29件] いつも一つ, きこえる, する, だったが, ちゃぶちゃぶ, で, であったが, であったに, でさ, でしたけれども, でしたら二人, ですよ, でまた, でまだ, で私, で緊張, で自分, なん, 伝馬船は, 低くなっ, 出して, 多いの, 流れて, 源吉の, 秋である, 繰返す, 耳に, 聞こえるという, 聽い

▼ 音~ (58, 0.1%)

2 の家, は, はハッ, を貰っ

1 [50件] が親切, と出会う, と看護婦, にあらゆる, に秘曲, の住む, の失踪, の姿, の寝室, の屍体, の手筥, の晴れ着, の枕元, の琴, の相弟子, の落した, の顔, はあやまっ, はいつも, はしおしお, はしかし, はその, はそれ, はどうしても, はなかなか, はホッ, は一切, は不審, は今, は元気, は出, は夢, は当年十九歳, は武丸, は毎日蔭, は泣き, は独, は琴, は相弟子, は聞き惚れた, は襖, は親身, は驚き, は鬱々, をねらっ, を取り持っ, を呼ん, を哲也, を帰らせた, を武丸

▼ 音という~ (55, 0.1%)

11 ものは 10 ものが 3 のは, ものの, ものを 2 ことが, 音が, 音は, 風に

1 [17件] ところに, ので, のを, もので, ものに, ものも, やつが, ような, 一字を, 奴いつ聞い, 如来さまが, 概念は, 縁が, 言棄は, 音, 音の, 音を

▼ 音のみ~ (52, 0.1%)

3 である, 何時に 2 して, だった, 冴えて, 高し

1 [38件] いたして, ぎいと, ことごとしく鳴れり, しるし, すごかった, する, だ, だれは, であったが, でその後, では, で更に, なつかしげ, ならず仕出し, なりしが, はらはらと, ゆゑ雲助共は, 今は, 冴える, 出して, 宇宙に, 我れ, 湿っぽい夏, 激しく耳, 爽かに, 独り高く, 耳に, 耳立ちて, 聞えし流, 聞えて, 聞える, 聞きし, 聞こえぬ, 聞ゆる, 高くて, 高く窓, 高く聞えます, 高く響い

▼ 音までが~ (50, 0.1%)

2 変つて澄み, 手に, 變つて澄み

1 [44件] いつとは, いつもの, いとど凄, おあいその, お湯殿, お角, きこえるやう, さやさやと, した, その下, はつきりと, ひたひたと, ぴたりと, ふと聞え, まざまざと, わらつてゐる, ラヂオで, 享楽に, 何か, 凍りつくよう, 加勢し, 同情の, 変って, 広い河原, 彼には, 彼女の, 斯ん, 気に, 漂うて, 爽やかに, 白い嵐, 耳に, 聞えて, 聞えるゆゑ, 聞きとれるほど, 聞き取れるやう, 聞こえるほど, 自分の, 自分等を, 襖ご, 遠い海, 遠く離れた, 静かに, 鳴り渡るといふ

▼ 音とは~ (49, 0.1%)

2 違ふ

1 [47件] いえ幾分, かなり違った, すでに相当音, すれちがって, そのまますさまじい, ちがいなんだか, ちがう, ちがった音色, ちがって, どんな音, なおあざやか, べつに近く, また自ら, まだ西洋, まるで違った, もつと, 今も, 何じゃ, 元来調和すべき, 全で, 別に何, 參詣する, 同じよう, 同時に出る, 変わって, 夜を, 大分違う, 大広間を, 実は従兄弟, 寝しずまった深夜, 少しわけ, 少し違う, 思われないほど, 支那語の, 次第次第に, 比べものにも, 氣が, 知らないの, 立派に, 結合しない, 耳が, 聞えずハテ, 聞かなかつた, 違いなんだか, 違う, 違うし, 違って

▼ 音させ~ (48, 0.1%)

3 ていた 2 て無, て鳴かぬ

1 [41件] たり焼け過ぎた, つつ右手, て, ておりる, てその, てそれから, てそれとなく, てたたいた, てゐる, てガサガサ, て二, て入浴, て冬木, て動い, て勧むる群, て客毎, て戸, て景気, て梯子段, て深く, て渡つた, て焼い, て男先生, て茶わん, て虫, て遠ざかつ, て鍬, て風呂敷包, て麦, ながらするどい, ながら上っ, ながら出, ながら啓吉, ながら山径, ながら無理, ながら畑, ながら私たち, ながら袂, ながら酌, ながら飲干し, やがる

▼ 音ばかりが~ (47, 0.1%)

6 聞こえて 2 した, 寂寥の, 耳に

1 [35件] あった, この館, さむげ, しばらくつづいた, ただシンシン, どう, ぴたぴたと遠く, ものすごくまし, もの悲しい静けさ, イヤに, キイキイと, ザックザックと, 夜の, 妙に, 寂しい反響, 心細く響いた, 快い暖まり, 思いなしか, 急に, 次第に遠のい, 無情に, 空間に, 絶えず聞え, 続き凝乎, 縹渺と, 耳について, 聞えて, 聞えるほど, 長閑に, 静かな, 響いて, 響き渡る, 高くし, 高く聞こえた, 高く響いた

▼ 音であった~ (46, 0.1%)

3 ということ 2 かということ, ことが, のが, ものが

1 [35件] かしれない, かという, かも知れない, からなおのこと, か違った, が, がたしかに, がどうも, がやがて, が二階, が伽藍, が後, が敏感, が段々, が江戸時代, けれども脊柱, ことに, ためと, ために, という, とすれ, とは思われます, と思われます, と思われる, と考えられる, と言っ, にし, のだろう, ので, のでした, ので耳, ものと, ものは, 何か, 証拠には

▼ 音~ (46, 0.1%)

3 高きメネラオス 2 が聞える, にも心づくべき

1 [39件] からはつきり, こそは微, その儘, で, で云, で咄, で故郷, で端的, といひ, とのみ, と違う, に, におびえ, にて誦, にも棘, に注意, のヂオメーデース, のヂオメーデース陳, の大いなる, の妙, の朗ら, の王メネラオス衆, は直に, までもよく, までも能承知, まで似奉, まで其の, も, をきき, を以て脅す, を知べき, を聽, を言葉, 及び外貌, 高きアイアース, 高きクロニオーン, 高きポリテース, 高きメネラオス王, 高く雲

▼ 音として~ (45, 0.1%)

3 聴くの 2 区別し, 区別する, 言いわけ

1 [36件] おのおの別の, きこえなくなると, これを, とり入れられる, 何か, 使う, 八十七の, 再現する, 再生する, 加わりまたは, 区別しない, 取扱ったの, 同じ音, 変に, 存在した, 存在する, 常に用いられる, 意識せられ, 成立せしめる, 描ける人, 残っただけの, 残って, 現わす, 現在我々が, 用いられなかったラ行音, 発音し聴き分け, 考える, 聞かれる, 聞きこれ, 聞く事, 聴き分けるかという, 聴き分け言い分けて, 聴くかという, 若い人々, 違ったもの, 音感の

▼ 音とも~ (43, 0.1%)

2 つかないもの, ろともに, 云え, 風の音とも

1 [35件] いうべきもの, いう可, こじ附け得るが, つかない何, つかない物, つかない響, どこか, なしに, なって, ひびく声, またどこ, まだ聞, わからぬ声, 光とも, 分らないが, 判か, 判らない夜, 又何處, 声とも, 振動とも, 濤の, 知れないもの, 答へ, 細雨の, 綱の, 考えられる, 聞かれる, 聞きわけ難, 聞き分けられぬほどの, 聞こえたが, 解らない, 言えない, 連関が, 風の, 鼓の

▼ 音~ (42, 0.1%)

2 樹上を

1 [40件] あるいは通りすがり, いずれかが, いづれ雨, しらん, せつなに, その音, それが, それとも谷川, どこかで, はしらぬが, やぶの, ろや, 人の, 人間の, 何かを, 凄じ, 分らなかった, 否かに, 天気の, 御役人樣方, 戛然と, 拍子かで, 接吻の, 斃れる, 水の, 知ら, 知らぬけれど, 知れないこと, 竹林を, 聞くん, 草間の, 落葉する, 蜩の, 覚束なく, 覺束なく, 言葉か, 過ぎし昨日, 金袋の, 風の音かが, 風を

▼ 音だった~ (42, 0.1%)

7 のです 4 のである 3 のだ 2 か, のかも, のでしょう, んだ

1 [20件] かだれ, かも知れない, かも知れぬ, からです, が, がそうした, がひとり一団, が入口, その時, といい, という, という事, と見え, と語り, の, のかしらと, のでございます, のよ, わ, んでしょう

▼ 音まで~ (41, 0.1%)

2 耳に, 聞こえて, 馬場に

1 [35件] きこえて, きこえ首尾一貫, しゃあしゃあと, たてて, たどり着いた, はっきりと, よく聞えた, よく聞える, よく聞こえる, 交えて, 何一ツ気を, 入って, 入り交じり溶け合って, 写実を, 冷たいぞ, 境内一杯に, 変に, 彼の, 日本離れが, 止めて, 歴々と, 犬には, 私には, 私の, 立て, 立てるほど, 笑って, 聞えましたから, 聞える, 聞えるよう, 聞え出した時, 聞き分けるて, 聞こえるとしても, 響きました, 鮮やかに

▼ 音~ (41, 0.1%)

5 の女房 3 の弟 2 に言, は腰, も亦

1 [27件] あの夫婦, がす, が正直, が風間, で毎日夫婦, といふ百姓, の, のはからひ, の声, の言, は俵蓋, は呆れ, は喜ん, は地主, は声, は寂し, は愚, は暫時耳, は盃, は省吾, は真心籠め, は箕, は見兼ねたらしい, は覗き, も腰, を呼, を連れ

▼ 音いろ~ (40, 0.1%)

4 がとける

1 [36件] があつ, がきこえ, がとどいたなら, がながれ, がよく, が止んだ, が消えかかった, が湖, が澄み, が違っ, ってあまく, でもねえ女, というもの, といふ, とすべて, とともにスルスル, となつたの, にあらわれ, にわかに乱れ, に鳴り, のちがった, のよう, の到, の末, の異, の美し, も哀しく, も芝居噺, を持っ, を持つ, を聞きたかったら, を聞き分け, を聞き澄ます, を覚えろ, を転ばした, 代へつつ

▼ 音なき~ (40, 0.1%)

2 河は, 秋の, 霜夜し, 音を, 響きを, 麦を

1 [28件] うごきや, が如, こそよけれ, に音, は言, 両足を, 山里に, 怒濤, 方に, 時の, 水を, 波の, 浪, 海の, 火事の, 煙の, 狂瀾裡, 空虚を, 繍の, 舞踏を, 谷の, 雪の, 雷, 音に, 音の, 音樂だ, 風と, 風の

▼ 音無し~ (40, 0.1%)

22 の構え 2 の勝負, の怪物, の構, の滝 1 い京子, くして, くしても, と名, に構え, に違い, の太刀先, の屁, の笛, 只月色蛬思心

▼ 音それ~ (38, 0.1%)

2 からまるで, がなんとなく, は今, は風雨

1 [30件] お出なり, からカンカン, から幾千人, があと, がまた, が宛然, が幾秒, が文, が自分, でなくば, とともに展, と共に近隣, と大地, につづい, にまじっ, にもあらで, に交っ, に引ずられ, に混じっ, に聴き入る, のみで天地, は, は勃凸, は此, も何となく, も雨, よりほか, を縫っ, を聴き, 来たと

▼ 音なし~ (38, 0.1%)

5 くしよう 4 の滝 2 くて, て

1 [25件] う涙, くされるまま, くしてろよ, くしなくっ, くしろ, くしろよ, くせよ, くつて, くめえ, くシヤント, く乃公, く書物, く本, く此処, く親父, ければ, そうな, に帰, に流る, の先生, の屁, の構え, の音, の鼓, 息づくと

▼ 音~ (37, 0.1%)

3 へ聞えた 2 やぐ落葉

1 [32件] ういふ, うして, うだね, なきだに, はや, へ, へいと, へこちら, へせぬ, へそれ, へはつきり, へもほのか, へも今朝, へも聞える, へやま, へ二つ三つ, へ交, へ別様, へ変, へ恨めし, へ止ん, へ絶え, へ聞えない, へ聞えなかつた, へ聞える, へ聞かれ, へ聞こえぬ, へ身, へ追手, へ途留, 出すの, 恰度黒が

▼ 音との~ (35, 0.1%)

2 区別が, 間に

1 [31件] あひだ, 世界から, 世界に対して, 両河, 二つで, 交錯する, 交響楽, 僕等には, 分布と, 別を, 区別で, 区別も, 協和不, 取合せである, 合体し, 合奏が, 單位に, 差は, 微妙な, 本質的差異と, 波に, 複雑な, 調和物と, 調節に, 遥かなる, 鋭いコントラスト, 錯雑した, 間よりも, 間隔が, 關係は, 面白さ

▼ 音とを~ (34, 0.1%)

2 たてて, 結びつけて, 識別する

1 [28件] さびしく聞き, つづけた, なごやかな静寂の, まじえて, ゴッチャゴッチャに, 一筋はっきり, 二つ別々に, 交り, 収めて, 失つた, 子守唄として, 底知れぬ, 怖れ, 想ひ浮べさせる, 想像し, 我々が, 文字に, 有って, 潜めきるわけ, 用いるという, 知らない彼女, 立てて, 立てながら, 組み合せて, 聞いて, 聞きました其物音, 聞き彼女, 諸靈

▼ 音~ (33, 0.1%)

4 である 2 らしい

1 [27件] かまた, したとも, したに, したもの, して, だと, であらう, であるかと, であるとして, であるとの, であるに, でただ, で固有名詞, で戒雲, で摩尼主, としてある, とは云, なりと見られ, にて意義不明, には相違, に外, の轉訛, は金剛智三藏, らしく意味, を原語, を配し, を附し

▼ 音です~ (31, 0.1%)

432 か, がそれ

1 [20件] かえ, かな, かね月, からお, から敵味方, か叔父さん, が, があの, がよく, が不思議, が何, が唇音, が日本語, けれど熱, って, な, な吾輩, わ, 今日から, 刀の

▼ 音をも~ (29, 0.1%)

3 耳に 2 立てずに, 立てず動き, 聞いた, 聞き流すこと

1 [18件] しばしは, たびたび聞きわけた, ひそめさせるよう, 一時に, 向うでは, 現実の, 發せざれ, 立てず倒れたの, 立てず落ちて, 立てては, 考慮に, 聞いて, 聞かうとして, 聞かなかったの, 聞きつけた, 聞きもらすまいとして, 聞き分けた, 聞く

▼ 音だけは~ (28, 0.1%)

1 [28件] いかんとも, いつも円, いまだに好意, ここで, このま, さすがに, よくわかります, ザアーッと, ハッキリと, 三度響いた, 今でも, 半助, 妙に, 微かに, 忘れ得ないだらうと, 旧通り, 明, 相変らず, 矢張際立っ, 絶えず聞え, 聞えたが, 聞えて, 聞くこと, 聞ける, 聞こえます, 覚えて, 記憶し, 鎭まつた

▼ 音なしく~ (28, 0.1%)

2 なって

1 [26件] あきらめて, あの見世物師, するよう, する積り, ないから, なったなぞ, なったの, なったので, なったろうね, なったん, なつて, なりましたとも, なんかしまい, 仰向き卵色, 出来る訳, 勉強し, 勉強しました, 座って, 満足し, 王を, 私の, 立ち上がりながら, 落ちて, 行って, 遊んだ, 遊んで

▼ 音など~ (28, 0.1%)

2 すべてが, 聞えて

1 [24件] いうもの, いとも暢び暢びとながれていた, きいて, きこえようはず, こおりつくよう, した, して, なにか殺気立った, なり, もまれまれ, 一層身, 呼ぶの, 悪くなかった, 慌しいので, 沙汰なし, 流れて, 特に, 總てが, 聞いて, 聞えた, 聞えようわけ, 賑か, 鏘, 風流の

▼ 音のみが~ (28, 0.1%)

3 聞えた, 聞える 2 耳に

1 [20件] あった, いやに, そこに, どどん, ひっそりし, サヤサヤと, 四境の, 地心に, 宿場の, 洞窟の, 物淋しく聞え, 繁かった, 聞えます, 聞こえた, 蕭条と, 部屋の, 雨に, 静寂を, 響いた, 高く響く

▼ 音こそ~ (26, 0.1%)

2 なかりけるかも

1 [24件] あたり一帯の, あの有名, あれ如何, いため, こもらへ, これらの, さびしかりけれ, すなれわが, すれ, なけれ枯芒, 争えない血, 人を, 人喰い, 何か, 四方には, 城の, 夫の, 小さく低いが, 尽きせね, 彼が, 彼らの, 忘れも, 聞えませぬが, 蟻田博士の

▼ 音だの~ (26, 0.1%)

2 馬の

1 [24件] いかにも秋, お籠り, さうし, そういうもの, そうしたいろ, そして緊張, たいした道具, わたしは, ヒッヒッと, 人の, 何だかわからない, 圧搾空気の, 大きな話声, 太鼓の, 女の, 帳簿を, 汗いきれ, 汗みどろに, 満場の, 蠅の, 製糸工場の, 電車の, 飴屋の, 鳩の

▼ 音せぬ~ (25, 0.1%)

7 ように 5 やうに

1 [13件] は人, は汐, ほどの風, 古池, 後夜の, 暁に, 曉の, 枝珊瑚の, 樣に, 滝の, 程に, 里の, 里は

▼ 音一つ~ (25, 0.1%)

2 しなかった, 立てなかった

1 [21件] がしみじみ, しか無い, して, しない, しないの, しない静かさ, しなかつた, するの, せずに, その窓, ない, ない家, の声, を考え, 立たないで, 立てずに, 聞いても, 聞えず表, 聞えない, 聞えるくらいの, 聞こえない位シイン

▼ 音樂家~ (25, 0.1%)

1 [25件] があるでせう, が選ばれ, が非常, たらんと, だつたか, であ, であり音樂家, でないの, でもない, として知られ, となり, ともなり, と稱, にしたい, にとつて, になりたい, にワグネル, のクラバツク君, の老, の話, の語つた彼, の論じた如く, は同時に, への作曲, めいた人

▼ 音~ (24, 0.1%)

5 する 2 泣かれける, 聞こえたる, 青竹の

1 [13件] うれふ, かしましき, かなしかりける, しづく, する岩, ひびく冬陽, 凍りたる, 吹きしづみたる, 吾に, 呻くめ, 立ちたる, 聞えたる, 青じろに

▼ 音だけを~ (24, 0.1%)

2 きいて

1 [22件] あとに, きいても, させて, とったいいかえると, ジャブ, 写したわけ, 友に, 吹き送る, 抽出し, 用いその他, 立てて, 立てながら, 考へても, 耳に, 聞いて, 聞いては, 聞かせるが, 聞かせること, 聞きながら, 聞くと, 聞くの, 聞けば

▼ 音などは~ (23, 0.1%)

2 なかなか上手, 聞えて, 聞えやう

1 [17件] ことに深く, そのままの, どうしても再現, もう間, もちろんきき, 人の, 仏蘭西人の, 全く気, 姫君の, 家兎自身に, 微かに, 悪くない, 更に聞えぬ, 皆一つの, 耳に, 聞こえないでは, 行く先々

▼ 音~ (23, 0.1%)

2 である, ではない, といふこと, なら少し

1 [15件] がひな, して, であって, であらう, であるかとも, であると, であるという, であろう, でわけ, で太陽神, としたなら, として成り立ち, などという解, などといふ解, により

▼ 音なども~ (22, 0.1%)

3 聞こえて

1 [19件] いたしました, おりおり聞こえた, きこえて, した, して, すごかった, するやう, ほのかでは, また同一, 同じ程度, 少しずつ, 忍ばせて, 思い出す, 春の, 聞えた, 聞えて, 近い所, 響いて, 響きは

▼ 音さん~ (21, 0.1%)

2

1 [19件] が先生, が助けられた, が時々, が来, と堅い, どうだ, に部屋, の家, の旦那, の細君, の腕, の身體, はどこ, はよく, は憤慨, は正直, は門, まで御, もひと頃

▼ 音しか~ (21, 0.1%)

2 しなかった, ないの, 出ない, 耳に

1 [13件] せぬは, たてること, もはや聞こえなかった, 出ず変, 出ないの, 出ないので, 出なかった, 持たない単調, 立たんわけ, 聞くこと, 聞こえませんと, 表わさないという, 運んで

▼ 音たかく~ (21, 0.1%)

3 浮きたつ人 2 か, 舌打ちし

1 [14件] かかる折ふし, その味噌汁, ふるこれ, 一匹の, 二三ヵ所仕上げの, 叩きつけ一直線, 啜って, 地に, 壊滅した, 射て, 接吻の, 甲州の, 追いついて, 鳴りわたりました

▼ 音によって~ (21, 0.1%)

2 日本の

1 [19件] その室, それぞれの, だ, 一種の, 今なお, 今に, 四季の, 多少発生年代, 宮の, 小児が, 広々と, 心内の, 敵機の, 殺人は, 破られないところ, 自分の, 色を, 表わされるの, 識別し

▼ 音変化~ (21, 0.1%)

7 の結果 2 が行われた

1 [12件] が起った, ではあろう, として見れ, と漢語, によって, によって一語中, の結果後, は, はいつ, は比較的, よりも多少, を経

▼ 音如来~ (21, 0.1%)

7 のお守 4 の御 2 のお 1 そっと懐中, という大切, と思いの外, などを盗まれた, の像, の尊像, の立像, の金無垢

▼ 音きこ~ (20, 0.1%)

191 ゆ上志太の

▼ 音樂會~ (20, 0.1%)

2 がどう

1 [18件] があつ, がはて, がひらかれた, としてはかく, となり得る, と合併, なり三越, に一人, に出かけ, に於い, に行く, の催さる, の切符, の演奏者, の翌々日, はある, もなかつた, を興し

▼ 音~ (20, 0.1%)

4 という奴 2 の一件

1 [14件] が信次郎, が来, じゃありません, の云う, の叔母, の野郎, はとうとう, は二十七八, も人殺し, も店, も清五郎, も表向き, を取り押さえた, を責める

▼ 音かと~ (19, 0.0%)

1 [19件] いえば, うたがいあやしませるの, 吃驚した, 小走りに, 思いましたが, 思います, 思いまた, 思って, 思つてゐました, 思ふ, 思ふと, 思われます, 思われるよう, 思われる鼓, 怪しみつつ, 聞きしに, 聞違える, 虚空に, 開くと

▼ 音すら~ (19, 0.0%)

3 聞えさうだつ

1 [16件] ありありと, きこえぬ静けさ, するか, ないところ, なく満目, カサリと, 一つかたとも, 何となく彼, 冬ほどの, 徒らに, 耳だつ暁方, 聞えそう, 聞えぬ, 聞かなかったの, 遮って, 雑つてゐなかつた

▼ 音より~ (19, 0.0%)

2 ほかに, 外に, 外には, 蝉の

1 [11件] ある意味, いっそう物悲しい, かすかに, すずしかりけり, ちょっと高い, 他に, 他には, 他世界, 元気が, 外何の, 物音は

▼ 音ずれ~ (18, 0.0%)

2 があろう

1 [16件] が久しく, して, だろうが, てみた, てわれわれ, て来た, て真, て街路樹, のない, は, も稀, を待ちあぐね, を聴きつけた, を語っ, 薄紫の, 蟋蟀の

▼ 音よりも~ (18, 0.0%)

1 [18件] もっとかなしい, ッと, 一層凄く, 似て, 先に, 可憐でも, 大きく彼, 少しずつ, 早くとびまわる, 木が, 歌声の, 萬歳の, 蛙の, 調子低く, 速く空, 適当な, 靜かに, 高く静か

▼ 音~ (18, 0.0%)

1 [18件] といふ見る, とはどう, に話しかけた, の眼, の顔, の首, はぐつと唾, はそれ以来, はまだ, はペコリ, は吾妻養狐場, は四国, は報告, は夫博士, は家畜小屋, は眉間, をこの, を連れ

▼ 音~ (17, 0.0%)

2 なりいざ, なり松, も

1 [11件] なりと, なりもののふ, なり両手, なり人や, なり朝狩, なり朝猟, なり竹立て, なり観兵式, なり觀兵式, 人々顔と, 瀧口首を

▼ 音らしい~ (17, 0.0%)

2 ものが, ものは, ものも

1 [11件] という, ので堀部君, のも, ものでした, ものと, ものまで, 涼しさ, 無電の, 狂暴な, 音が, 音は

▼ 音~ (17, 0.0%)

3 は米友

1 [14件] が, が二の足, が委細, が時々, が相撲, でした, でしたから, ともあるべき, の腕, はこう, は軽井沢, も草相撲, をなげつけ, を失笑

▼ 音樂的~ (17, 0.0%)

2 である, なもの, の暗示

1 [11件] でないといふ, でなくむしろ, でまた, なへん, なデリケート, な文體, に特に, に誘導, の感じ, の美, 美しさ

▼ 音あげ~ (16, 0.0%)

3 て叫び曰 2 て, てトロイア 1 てこう, てヘクトール, て叫びいふ, て叱りつけた, て弁ず, て文聘, て曰, 紀伊家の, 追掛

▼ 音ある~ (16, 0.0%)

2 のみ

1 [14件] うちは, ことも, ごとに, に縁り, は言, 五尺の, 方に, 方へ, 旅の, 時と, 水を, 落葉, 霰かな, 静かさの

▼ 音さえも~ (16, 0.0%)

1 [16件] かつて一度, きこえなかった, した, しなかった, そぞろ無気味, なかった, ほとんど聞こえなかった, 今朝から, 出すこと, 大目に, 心もとなく聴い, 珍らしく聞え, 絶えて, 聞えなかった, 聞えるよう, 聞き分けられなかった

▼ 音などを~ (16, 0.0%)

2 させて, 聞いて

1 [12件] つづけざま, 意識しだした, 持つて, 按配した, 聞かせたもの, 聞きつけて, 聞き時々, 聞くと, 聽く, 薫は, 誤って, 静かに

▼ 音やら~ (16, 0.0%)

1 [16件] また何やら, 何やら何, 印刷機の, 土塀を, 彼女にも, 心の, 機械の, 海の, 細工場には, 船の, 表どほり, 解らなかった, 賑やかな, 車の, 雑言の, 頭に

▼ 音としては~ (15, 0.0%)

1 [15件] どの辺, なかった, イ以外に, 二種の, 以上の, 同じこと, 同じもの, 同じ音, 四十四音しか, 水の, 永く保たれた, 用いられなかったの, 用いること, 認められなかった音, 音便によって

▼ 音とに~ (15, 0.0%)

2 混って, 耳を

1 [11件] この井戸, わたくしは, 交互に, 代る代る耳, 分解できます, 對する, 無心に, 父を, 調和しない, 遮られて, 雑って

▼ 音までも~ (15, 0.0%)

1 [15件] 嫌った, 手に, 気を, 目の敵に, 真に迫っ, 耳を, 聞えて, 聞えるよう, 聞くやう, 聞こえて, 聞こえる位, 聞取れる程, 聴き取れるほどの, 聴けるの, 近く聽える

▼ 音~ (15, 0.0%)

2 に住ん, の通り

1 [11件] だけは姿, でございますから, でございますが, でございます是, でも相当, にいた, にやりたい, に頼まれた, へ下, へ下っ, へ出かけ

▼ 音そして~ (14, 0.0%)

1 [14件] ごうごういう, その歩き, その語調, ばらばらと, またし, 其の音, 哄笑する, 小舟の, 折り, 特にサン・メーリー, 生きて, 竜の, 虫の, 鎌倉辺を

▼ 音それから~ (14, 0.0%)

2 いまは

1 [12件] かすかな, それと, 一挙に, 人の, 例の, 勤めを, 客と, 教壇へ, 波の, 稀に, 貨車と, 馬の

▼ 音なら~ (14, 0.0%)

2 む思はぬ

1 [12件] これには, さっきも, で悲鳴, ばどこ, ばどんなに, ばよい, ばをかし, む, んと, 今度のは, 私に, 詩人の

▼ 音~ (14, 0.0%)

1 [14件] が感ぜられる, に占める, に合せる, に跨がつた, の一定数等, の上, の制約, の制限, は目ざめよう, をとりこんだ, をふんでる, を分解, を整, 並びに其の

▼ 音じゃ~ (13, 0.0%)

2 ない, ないか 1 ありませんか, ありませんかしら, ありませんわね, すまないよ, ないかな, ないこと, ないご, 釜も, 駄目だ

▼ 音そのもの~ (13, 0.0%)

1 [13件] が何, が既に, に思わず, の問題, の感情, の物理的, の記号, まで寒く, をで, を問題, を指す, を模, を聴い

▼ 音であっ~ (13, 0.0%)

2 て, てやはり 1 てその, てどうやら, てなき, て両者, て嘗て, て後世, て数千年, て英国人, て関東

▼ 音なる~ (13, 0.0%)

2 ことが

1 [11件] かも, が一種特別, が如し, ことは, と違, に依っ, ものが, ものは, らん, 夕ぐれの, 者実際

▼ 音といふ~ (12, 0.0%)

4 ものは 2 ものが 1 ふうに, ものから, 人が, 仇名だつた, 無形物に, 眞宗の

▼ 音または~ (12, 0.0%)

2 音韻と 1 これに, オ段音と, バ行音の, 似よった音, 入声の, 揺ぐ木立, 斯の, 晴天や, 語尾音の, 音韻の

▼ 音~ (12, 0.0%)

2 かくに, 家へ 1 かく, かくからの, とあるわけ, といふ苗字, 家の, 末長く, 柚太, 泥臼狐岡寄生木

▼ 音きけ~ (11, 0.0%)

2 ば, ばすさまじき, ば雪解 1 は, はむす, ばさだか, ば深山木, ば絶えざる

▼ 音だろう~ (11, 0.0%)

2 か, ね 1 かあれ, かと千二, ぐらいに思いました, ざわざわ, と思う, と思った, 何だか物凄い

▼ 音~ (11, 0.0%)

1 [11件] のざわめき, の子玉淵, の往来, の気配, の聲, の語り合う, の走る, の辷り, の騷ぎ, の魂, は清和帝

▼ 音以外~ (11, 0.0%)

3 には何 2 のもの, の音 1 になんら, に何, に耳, の何もの

▼ 音~ (11, 0.0%)

2 れ不慮 1 して, のお, の使い, は絶え, をきかず, を為べし, を絶たなかった, を通じ, 贈遺を

▼ 音かすか~ (10, 0.0%)

2 になり 1 なそれ自体グニャ, なり波, な水, な燎火, に上, に聞こえぬ, に音づれて, に鳴り

▼ 音さし~ (10, 0.0%)

3 て行かふ 1 てすわ, て三重子, て小, て彼方此方, て悉皆, て立て, て紫

▼ 音その~ (10, 0.0%)

1 あいだに, たびに, ま, 上を, 余韻も, 得物の, 日その, 調を, 音の, 風自信に

▼ 音でない~ (10, 0.0%)

2 のは 1 といけません, とする, と云う, と思う, と現代, と解っ, ほどかすか, 訓だ

▼ 音とか~ (10, 0.0%)

1 ここへ, つまる音, ゆうだ, 云つた, 日ね, 此處へ, 積った, 空間に, 花火の, 音も

▼ 音~ (10, 0.0%)

1 がたッと, こんな願, むかって, 參詣した, 思わず無気味, 移りながら, 移るところ, 移るよう, 転じて, 雪の

▼ 音単位~ (10, 0.0%)

1 としてはまだ, と認め, はそれぞれ一, は一つ一つ, は単音, は或, をそれぞれ, を基本的, を意識, を音節

▼ 音~ (10, 0.0%)

1 から水門尻, で作られます, にまう, に大乗三蔵, に行き, に詣でた, の境内, の道, の黄眉, は五百

▼ 音聞こえ~ (10, 0.0%)

7 の木笛 1 すぐに, たり, 火の

▼ 音~ (10, 0.0%)

1 が続い, と排列, についてはす, によつて惹起, も荘重味, を主, を喜ぶ, を持つ, を持つた, を重

▼ 音~ (10, 0.0%)

5 して 1 しようとして, するに, の習慣, や朗吟, を始める

▼ 音あり~ (9, 0.0%)

1 ここに, て, て聞えざる, て鉄張, 又下る, 山颪にの, 戸は, 樹には, 色ある

▼ 音~ (9, 0.0%)

3 めの 2 めを 1 めが, めに, めは, めも

▼ 音であったろう~ (9, 0.0%)

2 か, と思われる 1 から, が今日, という説, と思います, と推定

▼ 音なんか~ (9, 0.0%)

1 いくら聞こえた, しなかったぜ, しなかつたぜ, するわけ, ちっともしない, 全く耳, 聞えは, 聞えやしなかつたが, 聞こえないよう

▼ 音について~ (9, 0.0%)

1 いつて, おいでもし, さまでの, はばかりも, もう少し他, 何かが, 判斷を, 諸大将以下, 踊らせられて

▼ 音ひとつ~ (9, 0.0%)

1 しない寂然, しなければ, たてず消えるよう, ひびかせずに, 洩れないで, 立てない, 立てるもの, 聞こえて, 聞こえるでは

▼ 音~ (9, 0.0%)

1 から所望, が伊勢, という座頭, として平和, の取次, の周防, はもと尾張生れ, は祝着, は駿河

▼ 音~ (9, 0.0%)

5 の法則 2 の性質 1 で願, になり

▼ 音~ (9, 0.0%)

1 から成る, と消費, の制, は少し, も短歌, よりも先, をも諷誦, を組み合す, を組み合わせ

▼ 音次第に~ (9, 0.0%)

2 消え行く郊外, 近づく 1 多し, 幽に, 遠ざかり人影, 静まり舞台, 高くきこえ

▼ 音聞こ~ (9, 0.0%)

9

▼ 音せし~ (8, 0.0%)

2 が車 1 が夕方, が彼, のみにて, は老, までは覚えおりし, むるは

▼ 音だけでも~ (8, 0.0%)

1 いつの, 一雨ごとに, 写真を, 周囲に, 奴等にと, 奴等にとっては, 差止めて, 聞くが

▼ 音であり~ (8, 0.0%)

1 ながらしかも, ながらそれぞれ調べ, また楽器, ヤ行活用の, 他の, 建築場から, 舌であり, 色であり

▼ 音などに~ (8, 0.0%)

1 いよいよ心, すくまっ, すぐれたもの, 気が, 耳を, 聞き惚れて, 聴き惚れたところ, 見いだすこと

▼ 音などの~ (8, 0.0%)

1 ために, 一緒に, 上って, 描写のみに, 支配力が, 方が, 聞える船着きの町, 配列が

▼ 音ばかりに~ (8, 0.0%)

3 なった 2 なって 1 お親しみ, なつた, 回って

▼ 音また~ (8, 0.0%)

2 窓の 1 ひ, 例の, 撫でるよう, 桶より, 陣鐘, 雨や

▼ 音~ (8, 0.0%)

2 はまだ 1 から昼, になれ, の静けさ, の静寂, の音, 更けての

▼ 音樂學校~ (8, 0.0%)

1 にかれこれ, にはひつ, に入, の入, の古川, の或, の演奏, の演奏會

▼ 音~ (8, 0.0%)

2 の音 1 が筧, の響き, はよい, をくむ, を撫でる, 煙り姿

▼ 音聞え~ (8, 0.0%)

3 たり 1 てはとぎれ, て僧等, 候, 候は, 初め又

▼ 音遠く~ (8, 0.0%)

3 きこゆ 1 きこえ, なり近く, 大都, 障子に, 鳴りひ

▼ 音~ (8, 0.0%)

2 の響き 1 ありとも, の叫び, の声, の戦ぐ, の檣, の歩み

▼ 音きこえ~ (7, 0.0%)

2 つつ 1 つつ山, てくる, て月, て此処, 平安の

▼ 音それら~ (7, 0.0%)

1 が役人, のもの, の底, の忘れ, はまるで, は一々, を心

▼ 音であろう~ (7, 0.0%)

2 と思った 1 か, かと思われる, かなぞと彼女, と思う, と思わる

▼ 音でした~ (7, 0.0%)

1 から事務長, から仕方, がなあ確か, が今, が耳, が馴れない, よ

▼ 音なぞを~ (7, 0.0%)

1 ききながら, きく時, させながら, 吐いて, 聞きつけて, 聞きながら, 聴いて

▼ 音にこそ~ (7, 0.0%)

2 たてれ弱 1 呻け, 彈き, 渇け口唇, 渇け口脣, 立てね身

▼ 音にて~ (7, 0.0%)

2 談話を 1 しられ苦しみ, 候, 浅間を, 確と, 非愛

▼ 音によ~ (7, 0.0%)

2 つて 1 つて一層, つて印象づける, つて地の, つて起る, つて霹靂砲と

▼ 音に対する~ (7, 0.0%)

1 古人の, 好奇の, 恐怖は, 感情の, 態度は, 敏感さまた, 異常な

▼ 音ばかりを~ (7, 0.0%)

1 ぼんやりした, 仮名で, 数えて, 模し, 聞いて, 聞き馴れて, 聞く

▼ 音~ (7, 0.0%)

1 だみ声よ, 呼吸烈しき, 大空に, 庭の, 悩み添ふ, 暮るる, 祭日よ

▼ 音~ (7, 0.0%)

1 こそ朽ち, はたしかに, は歌, は玄, は聴きゐつ, も高し, 尚殘存於余耳朶

▼ 音~ (7, 0.0%)

1 という寺男, にも宜, に言付け, の話, はブル, は恟, も恟

▼ 音~ (7, 0.0%)

1 が低く, が入っ, さ, だけは水上, のこと, はこの, をつけ

▼ 音比丘尼~ (7, 0.0%)

1 が話しかけ, にも他, の室, は不犯, は彼女, は時折, は眼

▼ 音~ (7, 0.0%)

1 がある, に至っ, 近きより, 近きを以て, 通ずるところ, 通ずるより, 通ずれば

▼ 音高い~ (7, 0.0%)

2 呼吸を 1 反響が, 悲鳴野蛮な, 母音や, 笛の, 高音で

▼ 音きき~ (6, 0.0%)

1 たまへ, つつほほ, つつ古き, つつ老い父, て故郷恋, ながらぐっすり

▼ 音さびしく~ (6, 0.0%)

5 角海老が 1 奥より

▼ 音すらも~ (6, 0.0%)

1 宮の, 怖がる, 耳に, 聞きの, 聞こえて, 若君に

▼ 音だけに~ (6, 0.0%)

3 なって 1 充たされて, 止るは, 過ぎない

▼ 音づれ~ (6, 0.0%)

1 が分らない, は聞事まれ, も聞えざり, を, を世に, を待ち

▼ 音とで~ (6, 0.0%)

1 あつた, すべてが, そうし, はっと目, 光君の, 妙に

▼ 音なしい~ (6, 0.0%)

1 児でした, 善い子, 正直な, 犬は, 足であろう, 風采の

▼ 音なしくし~ (6, 0.0%)

1 た, ていた, ていなけれ, ていれ, ても運, ないと

▼ 音なぞが~ (6, 0.0%)

1 チイチイガアガア鳴り響く, 何となく臨終, 幾つかの, 毎日の, 耳について, 聞こえて

▼ 音にさえ~ (6, 0.0%)

1 わが千万無量, 心置ける, 愕く, 衝動を, 飛上る, 驚くの

▼ 音のみを~ (6, 0.0%)

1 た, 思ひつつ, 聞いて, 聞くの, 聞けり, 聴いたで

▼ 音をの~ (6, 0.0%)

2 みぞ, みぞ啼く 1 みぞなく, みぞ泣く

▼ 音をば~ (6, 0.0%)

1 カンの, 何という, 立てて, 續け, 聽か, 駅路の

▼ 音~ (6, 0.0%)

1 サセテタノカネ, サセテ子供, サセナガラ御存知ナカッタンデゴザイマスカ, タテナガラマヨナカノ高イカイダンヲコロゲオチテシマッタ, 耳ニシタガ返事スル隙モナクドーアガ開イテ彼女等ガ這入, 聞イタ

▼ 音低く~ (6, 0.0%)

2 ごろごろつぶやく 1 して, まだから, 不規則に, 愈

▼ 音~ (6, 0.0%)

3 の動揺 1 が動揺, が定まらない, を定め得る

▼ 音小鳥~ (6, 0.0%)

2 の声 1 の唄, の囀る, の声木立, は又

▼ 音折々~ (6, 0.0%)

2 に騒がしく, に騷 1 に聞え, 聞こえたり

▼ 音立てぬ~ (6, 0.0%)

2 その凍土 1 そのものを, 様に, 樣に, 火を

▼ 音表文字~ (6, 0.0%)

2 をもっ 1 の作用, も萬國音表文字さ, も觀念, を使用

▼ 音および~ (5, 0.0%)

2 濁音は, 異物の 1 エ・オ・セの

▼ 音かとも~ (5, 0.0%)

1 まが, 受取られた, 思えたが, 思ったの, 考えられるよう

▼ 音ぐらい~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 でそんな, 奇妙な, 聞えそう

▼ 音この~ (5, 0.0%)

2 句に 1 坂道を, 度こそはと, 音

▼ 音これ~ (5, 0.0%)

2 が乃ち取り 1 は純粋, は騎兵演習, も時代

▼ 音しげき~ (5, 0.0%)

2 あさ, なかに 1 浅茅生に

▼ 音ただ~ (5, 0.0%)

2 にひとつ 1 にせ, もう天地, トントンと

▼ 音だに~ (5, 0.0%)

1 せぬ, 秋は, 立てざるなり, 立てずなべて, 聞ゆる

▼ 音ちゃん~ (5, 0.0%)

1 が見えない, とよく, にこの, はおじさんたち, も

▼ 音ちやん~ (5, 0.0%)

1 のため, は何故, は来られるだらう, は病気, へ上げよう

▼ 音でしょう~ (5, 0.0%)

41 あたし嬉しい

▼ 音でなけれ~ (5, 0.0%)

3 ばなりません 1 ば, ば聴

▼ 音とめ~ (5, 0.0%)

2 にけり火, にけり落つる 1 お気の毒

▼ 音どころか~ (5, 0.0%)

4 生き物も 1 物も

▼ 音ない~ (5, 0.0%)

1 するすると, てたたい, の響き, 驚かせば, 高鳴り

▼ 音なひ~ (5, 0.0%)

2 これこそは, は 1 を聞しめす

▼ 音なふ~ (5, 0.0%)

1 は聞, や噫, 声と共に, 声の, 物なく

▼ 音にぞ~ (5, 0.0%)

2 鳴く 1 なぐさまれける, 知る, 聞く

▼ 音にまで~ (5, 0.0%)

1 そんな線香, 人格を, 沁, 耳を, 跳ね上げる位

▼ 音による~ (5, 0.0%)

1 ものが, ものである, 以心傳心で, 思わせ振りなどが, 時間トリック

▼ 音ふと~ (5, 0.0%)

2 耳に 1 忘れて, 止みて, 高くなり

▼ 音を以て~ (5, 0.0%)

1 する, 写生し, 大空高く, 新音楽, 言に

▼ 音一音~ (5, 0.0%)

1 が一つ一つ, が小さい, の前, の物語, を喰いしばった

▼ 音冴え~ (5, 0.0%)

2 たり 1 こもりつつ, て都, をみすまし

▼ 音太鼓~ (5, 0.0%)

4 の音 1 の響

▼ 音~ (5, 0.0%)

1 という学ぶ, とを教える, に精しき, はシナ語, をもっ

▼ 音~ (5, 0.0%)

2 鳴の 1 という男, のそれ, 遠白く山

▼ 音樂倶樂部~ (5, 0.0%)

1 でせう, の入場費, の幹事, の演劇研究部, へ熱心

▼ 音樂隊~ (5, 0.0%)

1 が來, が甲板, の吹奏, は村, は村の

▼ 音~ (5, 0.0%)

3 の声 2 の遠吠え

▼ 音~ (5, 0.0%)

4 の音 1 のやう

▼ 音~ (5, 0.0%)

1 のアレクサンドラン, の間々, ほど大切, をそのまま, を句切っ

▼ 音自身~ (5, 0.0%)

1 が段々, のもっ, のもつ, よりはむしろ, を聞き

▼ 音~ (5, 0.0%)

4 を鍛える 1 を弾く

▼ 音あの~ (4, 0.0%)

1 かげおそらく, 人の, 有名な, 麗は

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 はします, めき声, 艶の, 酒ご馳走いい

▼ 音けたたましく~ (4, 0.0%)

2 大空を 1 後退りした, 犬の

▼ 音そういう~ (4, 0.0%)

1 ものを, 物音の, 音は, 風物に

▼ 音たる~ (4, 0.0%)

1 に於, や何, 唇音の, 漢語一切を

▼ 音だつた~ (4, 0.0%)

1 けど, のでふつ, んだ, んです

▼ 音づれて~ (4, 0.0%)

2 呉れたの 1 どうだ, 見た

▼ 音づれ來~ (4, 0.0%)

2 し聲 1 しこそ, る何故か

▼ 音でさえ~ (4, 0.0%)

1 タッチの, 動力機械に, 聞きおとすわけ, 静寂の

▼ 音なき声~ (4, 0.0%)

1 がしました, が聞えました, が聞えます, を了解

▼ 音なくあかるくあかるく~ (4, 0.0%)

4 燃えたの

▼ 音なぞ~ (4, 0.0%)

1 きこえません, しない, 一時に, 今までに

▼ 音などで~ (4, 0.0%)

2 一杯に 1 まるで船全体, 床は

▼ 音にしか~ (4, 0.0%)

1 ならなかった, 啼かなかったこと, 聞こえないの, 頼るべきもの

▼ 音については~ (4, 0.0%)

1 ガ行の, 反対な, 変テコだらけです, 特別の

▼ 音に対して~ (4, 0.0%)

1 ある有利, たしかに見識, 鋭敏な, 非常に

▼ 音みたい~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 なきつい, に無条件

▼ 音一ツ~ (4, 0.0%)

2 で千万金 1 ない, に集ま

▼ 音丸久能~ (4, 0.0%)

1 という人, の子, の怨み, は如何にも

▼ 音二人~ (4, 0.0%)

2 の足音 1 の下駄, の旅

▼ 音~ (4, 0.0%)

2 が自由 1 は立てた, は聞い

▼ 音~ (4, 0.0%)

2 の水鵲 1 ならば, の枯野

▼ 音~ (4, 0.0%)

3 じく 1 じい作業場と

▼ 音~ (4, 0.0%)

2 の筧 1 の花壇, へ走っ

▼ 音微か~ (4, 0.0%)

1 な燈火, に聞こ, に聞ゆ, に茶飯屋

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 には多少, の多い, を増し, 多くした

▼ 音~ (4, 0.0%)

2 削る鉋 1 たたくにも, と板

▼ 音樂等~ (4, 0.0%)

1 に寓存, に接し, は力め, を司る

▼ 音樹木~ (4, 0.0%)

2 の音 1 に響き, の折れる

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 が紙面, なども集まっ, に導かれ, は降りる

▼ 音烈しく~ (4, 0.0%)

1 ちょっとした会話, アンダルジヤの, 一寸した, 丸雪は

▼ 音無く~ (4, 0.0%)

1 去りて, 天井を, 然し力, 落ちた

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 に遮られた, の焦げる, の転がる, を敲く

▼ 音絶え~ (4, 0.0%)

1 ていた, てかがよ, て南, にけり

▼ 音続い~ (4, 0.0%)

1 てバッタリ, て二つ, て若い, て賊ども

▼ 音綴文字~ (4, 0.0%)

1 といえ, とはなはだしく, に駆逐, を襲用

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 しい, と目と, を洗う, を離れず

▼ 音聲迄~ (4, 0.0%)

3 も其儘 1 も能

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 り, りだ, りに, り聞いて

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 である, で色々, による仮, のところ

▼ 音遠き~ (4, 0.0%)

2 朝ぼらけ 1 午後湯上がりの, 蛙の

▼ 音~ (4, 0.0%)

3 の音 1 の響

▼ 音雨戸~ (4, 0.0%)

2 のはためき 1 の開く, をくり開ける

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 ある静かさ, が不明, が仁田山晋六, の隠れ家

▼ 音香味熱~ (4, 0.0%)

2 と寒, 堅さ

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 のいななく, の嘶き, の歩調, の鈴

▼ 音~ (4, 0.0%)

1 の砕くる, の音, を削る, を裂く

▼ 音いよいよ~ (3, 0.0%)

1 烈し, 近づく, 高し

▼ 音いろいろ~ (3, 0.0%)

1 に鳴った, の色彩, の音

▼ 音うた~ (3, 0.0%)

3 はせて

▼ 音うら~ (3, 0.0%)

3 道来い

▼ 音かも~ (3, 0.0%)

2 知れない 1 しれない

▼ 音からも~ (3, 0.0%)

1 あの匂い, 遠くなった, 闇の

▼ 音がが~ (3, 0.0%)

1 あんと, うが, さりが

▼ 音がを~ (3, 0.0%)

1 かしく聞えた, ちこちで鳴き出した梟, りを

▼ 音ごと~ (3, 0.0%)

1 に櫓, に苦しく, に首

▼ 音さすれ~ (3, 0.0%)

3 ば誰

▼ 音させる~ (3, 0.0%)

1 と, ものが, 牛も

▼ 音さては~ (3, 0.0%)

1 ごまめかづの, 按摩の, 機織歌の

▼ 音さらさら~ (3, 0.0%)

1 さら, と聴, と衣

▼ 音しぐれ~ (3, 0.0%)

1 だ草屋根, て晴れた, て暗し

▼ 音しげく~ (3, 0.0%)

2 なりにけり 1 なり時計

▼ 音した~ (3, 0.0%)

1 と聞い, と聞き, 蒐集者が

▼ 音ずれた~ (3, 0.0%)

1 があの, がやがて, ことを

▼ 音ずれる~ (3, 0.0%)

1 その日, と奥, と扉

▼ 音そうして~ (3, 0.0%)

1 あらゆる方面, 光りが, 軟らかい気合い

▼ 音そのまま~ (3, 0.0%)

1 を写した, を取った, 取って

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 つるいづみの, つるゆめ, ゆる時

▼ 音だけで~ (3, 0.0%)

1 すべての, カテリーナ・リヴォーヴナは, 行って

▼ 音だって~ (3, 0.0%)

1 いまに, 犬の, 聞こえないだろうと

▼ 音だらう~ (3, 0.0%)

1 か, と考へ, 何だか物凄い

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 やありません, やげに, やない

▼ 音つづい~ (3, 0.0%)

1 てきこ, てズシーン, て口笛

▼ 音づれが~ (3, 0.0%)

3 久しく絶えた

▼ 音であります~ (3, 0.0%)

1 が字, が現代語, けれども聞く

▼ 音でございます~ (3, 0.0%)

21

▼ 音でなく~ (3, 0.0%)

1 ただ一本の, て声, ツの

▼ 音としての~ (3, 0.0%)

1 位置を, 単位である, 言語の

▼ 音とぞ~ (3, 0.0%)

3 なりに

▼ 音とても~ (3, 0.0%)

1 なく, 寝ては, 悪いの

▼ 音とでも~ (3, 0.0%)

1 いふこと, 云ふ, 形容したら

▼ 音なり~ (3, 0.0%)

1 しかも毎, ドーンドーンドーンドーンと, 声なりを

▼ 音なりと~ (3, 0.0%)

1 いうた方, いふ, 氣が

▼ 音なんだか~ (3, 0.0%)

2 薄気味の 1 知って

▼ 音につれて~ (3, 0.0%)

1 四五そうの, 日が, 笑ひどよめく

▼ 音にのみ~ (3, 0.0%)

1 きけばか, なくと, 聯想が

▼ 音にばかり~ (3, 0.0%)

2 聯想が 1 偏倚した

▼ 音にや~ (3, 0.0%)

1 あまりにおそろしき, かけて, 驚きけん

▼ 音に関する~ (3, 0.0%)

1 ことの, 実験です, 彼の

▼ 音はと~ (3, 0.0%)

1 いえば, 思うに, 耳を

▼ 音ばかりは~ (3, 0.0%)

1 しおの色, つきり耳, 聞こえて

▼ 音ほどの~ (3, 0.0%)

1 すすり泣きが, ものも, 高低が

▼ 音まず~ (3, 0.0%)

1 幕内の, 音楽で, 高く堅き音

▼ 音やがて~ (3, 0.0%)

1 多数の, 扉は, 足音を

▼ 音よりは~ (3, 0.0%)

1 何がなしふくらみ, 外に, 弱く聞こえる

▼ 音をだに~ (3, 0.0%)

1 きかぬ雛鶴, 語らざるその, 逸せず

▼ 音一しきり~ (3, 0.0%)

3 賑は

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 が聞える, である, を音楽

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 で嘯く, の上, の彼方

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 という子供, という御, という苗字

▼ 音丸家~ (3, 0.0%)

1 と鶴原家, のあと, の御

▼ 音何ん~ (3, 0.0%)

1 ともいえず, にも聞こえない, の変った

▼ 音再び~ (3, 0.0%)

1 はじまる, 流れず, 響き奏樂又

▼ 音勢点~ (3, 0.0%)

1 がある, の時代的移動, の相違

▼ 音~ (3, 0.0%)

3 に充つ

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 がど, にあたる音, の崩れる

▼ 音寂しく~ (3, 0.0%)

1 搗いてる, 梟が, 殘んの

▼ 音悲鳴~ (3, 0.0%)

2 の声 1 罵る声

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 のめりめり, の梢, の葉ずれ

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 の一二本, をもぐ, 見が

▼ 音樂化~ (3, 0.0%)

1 されるもの, したもの, して

▼ 音樂者~ (3, 0.0%)

1 ではない, として最もよく, と彫刻家

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 でこの, もいらない, を織る

▼ 音止み~ (3, 0.0%)

1 一と, 寂然と, 更に激しい

▼ 音止め~ (3, 0.0%)

1 てしまったら, にぱっと, をやっ

▼ 音殊に~ (3, 0.0%)

2 馬力は 1 それが

▼ 音母音~ (3, 0.0%)

3 の区別

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 の打上げ, の甲板, の色

▼ 音~ (3, 0.0%)

2 揉みの 1 を注ぐ

▼ 音無き~ (3, 0.0%)

1 に至る, はただ, も結句

▼ 音無宿~ (3, 0.0%)

1 へ達する, までの三里, まで赴かぬ

▼ 音爆ぜ~ (3, 0.0%)

2 て翼搏 1

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 なその, に鳴り響き振ひ起さし, の壊れる

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 という窓, に吹きつける, に吹き込む

▼ 音立てた~ (3, 0.0%)

1 ことを, 時には, 血煙

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 がそこ, に対する感覚, を今

▼ 音絶えず~ (3, 0.0%)

1 きこゆ, 片方は, 物の

▼ 音聞く~ (3, 0.0%)

2 若葉かな 1 を欣びて

▼ 音聴き~ (3, 0.0%)

2 里囃子うれし 1 つつをれ

▼ 音自動車~ (3, 0.0%)

1 の客席, の疾走, の警笛

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 ぞこ, の動く, の汽笛

▼ 音苟くも彼~ (3, 0.0%)

3 の郷土

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 から葉, と葉, の触れ合

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 のすだき, の声, の音

▼ 音言葉~ (3, 0.0%)

1 など何, のいろいろ, を為さぬ

▼ 音訪う~ (3, 0.0%)

1 処へ, 者あり, 間も

▼ 音調べ~ (3, 0.0%)

1 とともにゆらりと, をいたすべく, をした

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 されて, し, で動作

▼ 音転化~ (3, 0.0%)

1 としては連濁, の法則, を連声

▼ 音近き~ (3, 0.0%)

1 もこれ, より混じ, を以て斯く

▼ 音風の音~ (3, 0.0%)

1 しか聞かなかつた, にまじっ, のひどく

▼ 音~ (3, 0.0%)

2 に埋 1 に敲く

▼ 音~ (3, 0.0%)

1 が啼きます, にし, の声

▼ 音ぁ何~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 為ない

▼ 音あっ~ (2, 0.0%)

1 て土蔵, て扉

▼ 音あはれ~ (2, 0.0%)

1 なる山里, に聞こ

▼ 音あらく~ (2, 0.0%)

1 入って, 唾を

▼ 音あるいは~ (2, 0.0%)

1 栴檀沈水の, 浜べの

▼ 音いずれ~ (2, 0.0%)

2 も観客

▼ 音いと~ (2, 0.0%)

1 さやかに, 惡し

▼ 音いや~ (2, 0.0%)

1 なもの, 全く景気

▼ 音うま~ (2, 0.0%)

1 さう, るれば

▼ 音うれし~ (2, 0.0%)

2 さよ

▼ 音かき立つる竹~ (2, 0.0%)

2 の縁

▼ 音かしら~ (2, 0.0%)

2 窓に

▼ 音かは~ (2, 0.0%)

2 すぐに

▼ 音からの~ (2, 0.0%)

1 文字で, 文字であっ

▼ 音がか~ (2, 0.0%)

1 あん, あーん

▼ 音がさえ~ (2, 0.0%)

2 ざえと

▼ 音がち~ (2, 0.0%)

1 になる, やら

▼ 音がと~ (2, 0.0%)

1 うとうと鳴る, 見ると

▼ 音がは~ (2, 0.0%)

1 たりと, ひつた

▼ 音がワ~ (2, 0.0%)

1 行音と, 行音に

▼ 音きく~ (2, 0.0%)

1 よりも寂, 夜など

▼ 音きこえぬ~ (2, 0.0%)

1 されど目, 我は

▼ 音きざむ~ (2, 0.0%)

1 珠数屋が, 珠數屋が

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 夜ごろの

▼ 音くらい~ (2, 0.0%)

1 である, で御免

▼ 音ぐらいでは~ (2, 0.0%)

1 あの濠, 三百六十五日浚っ

▼ 音ぐらいにしか~ (2, 0.0%)

1 感じなかった, 聞いて

▼ 音ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 寂しい便り, 聞けないもの

▼ 音こそは~ (2, 0.0%)

1 プラトオの, 立てないけれども

▼ 音これら~ (2, 0.0%)

1 のもの, の物音

▼ 音さす~ (2, 0.0%)

2 よつて

▼ 音さする~ (2, 0.0%)

1 までならぬ, 気兼も

▼ 音させぬ~ (2, 0.0%)

1 様に, 樣に

▼ 音さながら~ (2, 0.0%)

1 怪しき者, 放蕩の

▼ 音さび~ (2, 0.0%)

2 て根岸田甫

▼ 音したれ~ (2, 0.0%)

1 ばふと, ば覺

▼ 音しつ~ (2, 0.0%)

2 闃として

▼ 音しづか~ (2, 0.0%)

1 なる所, にかかり

▼ 音しづまり~ (2, 0.0%)

2 て日

▼ 音しばらく~ (2, 0.0%)

1 来かかる人, 止まず

▼ 音しめやか~ (2, 0.0%)

1 に櫻, に谷川

▼ 音しらぬ~ (2, 0.0%)

1 顏, 顔

▼ 音すなれ~ (2, 0.0%)

1 いかなる舟, 金柑の

▼ 音すなわち~ (2, 0.0%)

1 世間の, 促音そういう

▼ 音すらが~ (2, 0.0%)

1 あたりの, 次郎吉にとっては

▼ 音すれ~ (2, 0.0%)

1 ば保胤, ば物

▼ 音ずつ~ (2, 0.0%)

1 まを, 鳴らすピアノ

▼ 音ずれず~ (2, 0.0%)

2 にいられよう

▼ 音ずれ何~ (2, 0.0%)

2 と聞く

▼ 音せわしく~ (2, 0.0%)

1 糸を, 聞ゆ

▼ 音そこ~ (2, 0.0%)

1 から自分, へ噺

▼ 音その他~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, の現象

▼ 音その他一切~ (2, 0.0%)

2 の外物

▼ 音その間~ (2, 0.0%)

1 にまじる驚く, を時々

▼ 音それに~ (2, 0.0%)

1 何かを, 護母寺の

▼ 音たかだか~ (2, 0.0%)

1 とキス, と朝

▼ 音たてる~ (2, 0.0%)

1 ほどの谷川, 無數

▼ 音だけの~ (2, 0.0%)

1 海の, 靜けさで

▼ 音だ急い~ (2, 0.0%)

1 で行かう, で行こう

▼ 音ちや~ (2, 0.0%)

1 んその, んひと

▼ 音ちよろろ~ (2, 0.0%)

2 ゆく

▼ 音つね~ (2, 0.0%)

1 にかまびすしく, にたえず

▼ 音づれて何~ (2, 0.0%)

2 うだ儲け

▼ 音としか~ (2, 0.0%)

1 思はれないの, 思われなかったしかし

▼ 音とては~ (2, 0.0%)

1 ない, 丸でない

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 しんどしん, ぷり

▼ 音どうどう~ (2, 0.0%)

2 と松杉

▼ 音なう~ (2, 0.0%)

1 とピッタリ, と階下

▼ 音ながら~ (2, 0.0%)

2 沿線に

▼ 音なけれ~ (2, 0.0%)

1 ば動く, ば彼方

▼ 音なぞは~ (2, 0.0%)

1 気に, 社殿の

▼ 音なぞも~ (2, 0.0%)

1 するよう, 聞えましたね

▼ 音などと~ (2, 0.0%)

1 入り混, 比べて

▼ 音ならぬ~ (2, 0.0%)

1 梵鐘の, 金鼓の

▼ 音なれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ばつい

▼ 音なんぞが~ (2, 0.0%)

1 しました, なんぼう

▼ 音においても~ (2, 0.0%)

1 またそう, 聴くこと

▼ 音における~ (2, 0.0%)

1 母音について, 相違が

▼ 音にさえも~ (2, 0.0%)

1 全身の, 私たちは

▼ 音についての~ (2, 0.0%)

1 感想は, 自身の

▼ 音についても~ (2, 0.0%)

1 同様な, 強い確か

▼ 音につけ~ (2, 0.0%)

1 まちがえたの, 花もみぢのを

▼ 音につれ~ (2, 0.0%)

1 て踊り狂った, 何匹もの

▼ 音に関しては~ (2, 0.0%)

1 今日の, 我が国の

▼ 音のみし~ (2, 0.0%)

1 哭かゆ朝宵, 泣かゆ

▼ 音のみに~ (2, 0.0%)

1 して, そそのかされて

▼ 音はま~ (2, 0.0%)

2 がふべきなし

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 えらく恐がっ, 聞いてれば

▼ 音ばかりの~ (2, 0.0%)

1 この商人, 空家ばかり

▼ 音ひとつ無し~ (2, 0.0%)

2 ただにその

▼ 音ひね~ (2, 0.0%)

2

▼ 音へと~ (2, 0.0%)

1 広々と, 発展する

▼ 音への~ (2, 0.0%)

1 うつりかえかた, 畏れを

▼ 音ほど~ (2, 0.0%)

1 このわたし, 何か

▼ 音ほんとう~ (2, 0.0%)

1 にまる, に神田

▼ 音まことに~ (2, 0.0%)

1 よい夜明, 不気味に

▼ 音まだ~ (2, 0.0%)

1 しきりなり, 止まぬ

▼ 音みんな~ (2, 0.0%)

1 やっぱり一種, 聞こえる

▼ 音めりめり~ (2, 0.0%)

2 と板

▼ 音もこそ~ (2, 0.0%)

2 せね薄墨

▼ 音もし~ (2, 0.0%)

1 すけき夕, 漏れなかった

▼ 音もて~ (2, 0.0%)

1 叫び彦四郎, 読みしより

▼ 音もらす~ (2, 0.0%)

2 時鳥かな

▼ 音ゆる~ (2, 0.0%)

2 に漕ぎ

▼ 音ゆるき~ (2, 0.0%)

2 朝なぎ

▼ 音ようやく~ (2, 0.0%)

1 止んで, 遠くなる

▼ 音よき~ (2, 0.0%)

1 耕作舟や, 鳥さへ

▼ 音わが~ (2, 0.0%)

2 耳には

▼ 音われ~ (2, 0.0%)

1 の耳底, を動かす

▼ 音をしか~ (2, 0.0%)

1 出さなかった, 知らずモーター

▼ 音をぞ~ (2, 0.0%)

1 添へ, 鳴く翅並

▼ 音をな~ (2, 0.0%)

2 聞きそ

▼ 音アッ~ (2, 0.0%)

1 という青年, と思う

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 か, さ

▼ 音ギー~ (2, 0.0%)

1 と戸, と開く

▼ 音コー~ (2, 0.0%)

1 との間, は第

▼ 音サーベル~ (2, 0.0%)

1 の音, の響

▼ 音ドー・ドー・ドー~ (2, 0.0%)

2 と遠

▼ 音ピストル~ (2, 0.0%)

1 の響き, を発射

▼ 音ボタン~ (2, 0.0%)

1 が今日, が飛ん

▼ 音ヤスリ~ (2, 0.0%)

2 の響

▼ 音丁々~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 音上げ~ (2, 0.0%)

1 て呼ばわった, て此方

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 で湯, のかた

▼ 音丸久弥~ (2, 0.0%)

1 といった屈強, と認めた

▼ 音二三人~ (2, 0.0%)

2 ひそひそと

▼ 音二階~ (2, 0.0%)

1 の下, の部屋

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 りけり深き

▼ 音人々~ (2, 0.0%)

1 の叫ぶ, の叫喚

▼ 音今にも~ (2, 0.0%)

2 傾覆らんず

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 でも耳, という節

▼ 音作兄弟~ (2, 0.0%)

1 の仕度, も来

▼ 音作夫婦~ (2, 0.0%)

1 が秋, も働い

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 が腰

▼ 音全体~ (2, 0.0%)

1 としてもいかにも, の印象

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 ゆる厨, ゆる夜長

▼ 音刻み~ (2, 0.0%)

1 ながら手, 節ごとに

▼ 音勇ましく~ (2, 0.0%)

1 朝の, 此間を

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の標準, を揺ぶる

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 でも聞え, の音

▼ 音単調~ (2, 0.0%)

1 なた, な手習い

▼ 音博士~ (2, 0.0%)

1 として支那語, の袁晉卿

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の中, を余り

▼ 音叫ぶ~ (2, 0.0%)

1 声最後に, 音が

▼ 音同志~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の, を独逸風

▼ 音味苦痛~ (2, 0.0%)

2 及びこれ

▼ 音咽喉太~ (2, 0.0%)

2 の唸り笛さ

▼ 音唸る~ (2, 0.0%)

1 やうな, 音

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 に聞き, を告げる

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 万灯の, 集団の

▼ 音大地~ (2, 0.0%)

1 の力, を響かせり

▼ 音大砲~ (2, 0.0%)

1 のとどろき, の響き

▼ 音天地~ (2, 0.0%)

1 に満ちぬ, の寂寞

▼ 音太皷~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 音女達~ (2, 0.0%)

1 の話し声, の話声

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 にきこ, にチン

▼ 音嫋々~ (2, 0.0%)

1 としてその, として絶えざる

▼ 音嬉し~ (2, 0.0%)

2 さよ

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 を鑿

▼ 音屋根~ (2, 0.0%)

1 にふる, の上

▼ 音山辺~ (2, 0.0%)

2 の春

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 から流れ落ち

▼ 音工場~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の騒音

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 のあく前

▼ 音平次~ (2, 0.0%)

1 と金六, は妙

▼ 音広告塔~ (2, 0.0%)

2 の灯

▼ 音彼ら~ (2, 0.0%)

1 が何, のよろこん

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 る姿

▼ 音忙しく~ (2, 0.0%)

1 一人の, 合図の

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 にも影響, までが交響楽的

▼ 音恰も~ (2, 0.0%)

1 太鼓の, 木琴

▼ 音感じ~ (2, 0.0%)

2 をる

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 樋は, 聲等喧びしく今

▼ 音或は~ (2, 0.0%)

1 其複合體である, 友に

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の軋る, の音

▼ 音掛け声~ (2, 0.0%)

1 が乱れ飛ん, を道標

▼ 音揚げ~ (2, 0.0%)

1 て罵る, 館一杯響く

▼ 音擧げ~ (2, 0.0%)

1 て彼, て曰

▼ 音方言~ (2, 0.0%)

1 がわからない, をもっ

▼ 音映画~ (2, 0.0%)

1 の進化, はまだ

▼ 音時々~ (2, 0.0%)

1 夜烏の, 聴コユ

▼ 音景氣~ (2, 0.0%)

2 よく聞え

▼ 音更に~ (2, 0.0%)

1 四十四音と, 起る

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 に曰く, 絶えたり

▼ 音木の葉~ (2, 0.0%)

1 の囁き, の風

▼ 音木枯~ (2, 0.0%)

1 の夕, の音

▼ 音木遣り~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の声, の梢

▼ 音松風~ (2, 0.0%)

1 がきこへる, の音

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の撓む, の裂ける

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 であるが, の言葉

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 とかいう男, の響

▼ 音樂それ~ (2, 0.0%)

2 自體

▼ 音樂的抑揚~ (2, 0.0%)

1 なき普通, のある

▼ 音樂的拍節~ (2, 0.0%)

1 の一定, の快

▼ 音樂的樣式~ (2, 0.0%)

1 の如く, を語つて

▼ 音樂的節奏~ (2, 0.0%)

1 が高く, を感銘

▼ 音樂謳歌~ (2, 0.0%)

1 の聲, は日本

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 にそそられ, にはっきり

▼ 音氷る~ (2, 0.0%)

1 やうな, ようなっ

▼ 音洞主~ (2, 0.0%)

1 が言, の風流

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の胸, の音

▼ 音涼しく~ (2, 0.0%)

1 も終夜枕, 両人の

▼ 音深夜~ (2, 0.0%)

1 の人, の寂寞

▼ 音深川木場~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 音清く~ (2, 0.0%)

2 響かし一切成就

▼ 音漸く~ (2, 0.0%)

1 止んで, 高く風力

▼ 音澄み~ (2, 0.0%)

1 ていかさま, て飯士

▼ 音激しく~ (2, 0.0%)

1 なりて, なる

▼ 音無し流~ (2, 0.0%)

1 のねらい, の剣道

▼ 音燃える~ (2, 0.0%)

1 は松火, ガスの

▼ 音特に~ (2, 0.0%)

2 銅鑼を

▼ 音狭い~ (2, 0.0%)

1 地下道は, 庭を

▼ 音甚だ~ (2, 0.0%)

2 高ければ

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 である, として後

▼ 音的シーン~ (2, 0.0%)

1 のレコード, を適当

▼ 音皿小鉢~ (2, 0.0%)

2 のカチヤン

▼ 音相学~ (2, 0.0%)

1 の書物, を馬

▼ 音相類似~ (2, 0.0%)

1 し豆, する所

▼ 音立てず~ (2, 0.0%)

1 この場, 素通りを

▼ 音立てる~ (2, 0.0%)

1 こと鳴子の, 夜は

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 のハネル音, の柱

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 三の, 二幕の

▼ 音筋肉~ (2, 0.0%)

2 と筋肉

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 がこすれる, といふやう

▼ 音絶える~ (2, 0.0%)

1 がごとく, と同時に

▼ 音絶叫悲鳴それ~ (2, 0.0%)

2 は闇

▼ 音美し~ (2, 0.0%)

1 まさしくも, 苜蓿の

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 があっ, の融通

▼ 音聞かず~ (2, 0.0%)

2 がため

▼ 音聴け~ (2, 0.0%)

1 ばお, ば日

▼ 音職人~ (2, 0.0%)

2 の鼻唄人

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の音, を削ぐ

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 である, らしく対抗者

▼ 音自分~ (2, 0.0%)

1 いい心持, がずぶ濡れ

▼ 音芸術~ (2, 0.0%)

1 の至境, の表現力

▼ 音苦痛~ (2, 0.0%)

2 及びこれ

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の底, の音

▼ 音荒く~ (2, 0.0%)

1 あぐらを, 起りしが

▼ 音菩薩~ (2, 0.0%)

1 もお, をすえ奉る

▼ 音華やか~ (2, 0.0%)

2 な古風

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の声, の音

▼ 音行き~ (2, 0.0%)

2 暮るる

▼ 音裏道~ (2, 0.0%)

2 来いとの

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の開閉, を開ける

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 がもう, であるか

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 ふ颯, るる格子戸

▼ 音訪れた~ (2, 0.0%)

1 のであった, 人が

▼ 音訪れる~ (2, 0.0%)

1 と見通し, 気勢も

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 が挑戦的, の終極

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 である, 即ち日本

▼ 音貧し~ (2, 0.0%)

2 さよ

▼ 音賑やか~ (2, 0.0%)

1 な笑い声, にまり

▼ 音起り~ (2, 0.0%)

1 てたどたどし, てたどたどしゅう

▼ 音軍馬~ (2, 0.0%)

1 のいななき, の鳴らす

▼ 音近く~ (2, 0.0%)

1 で聞こえる, に流

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 とは字音學, は支那

▼ 音部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, の隅

▼ 音鋭い~ (2, 0.0%)

1 掛け声も, 音響く

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 のはね飛ぶ

▼ 音錠前~ (2, 0.0%)

1 のおりる, の開く

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の聲, の音

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 ききて, にも聞えず捨置かれな

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 のふす, の抜けた

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 くるなり

▼ 音阿弥禅竺近日此方~ (2, 0.0%)

2 ヘ来

▼ 音阿弥陀~ (2, 0.0%)

2 の六蔵

▼ 音隔て~ (2, 0.0%)

2 ていや

▼ 音障子~ (2, 0.0%)

1 にぶつかる, に手

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 ぞと思へ, の声

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 に戦鼓, のひびき

▼ 音~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 音雷鳴~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ 音電車~ (2, 0.0%)

1 の鈴, の響

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 なり, に犬

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の音, の響き

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の上, の分化

▼ 音響き~ (2, 0.0%)

1 喊の, 渡る

▼ 音響く~ (2, 0.0%)

1 弾丸は, 音唸る

▼ 音風景~ (2, 0.0%)

1 などに対する反応, は異

▼ 音颯々~ (2, 0.0%)

1 たり, として松風

▼ 音香味~ (2, 0.0%)

1 の元子, はいずれ

▼ 音高き~ (2, 0.0%)

1 クロニオーンガルガロンの, 日和下駄響かせ

▼ 音~ (2, 0.0%)

1 の響, 大鼓

▼1* [1312件]

ああそを, 音あたかも大山の, 音あたりの滝, 音あつて音価, 音あとは森, 音あまたたび, 音あらはるる, 音あらゆる世の中の, 音ありさだめて木曾, 音ありたれば一同得物, 音ありてまどをやぶり, 音ありとあらゆるものが, 音あわて落つるむつごろ影あり, 音あゝ悲しき星, 音あッと思う, 音いかづちにことならず, 音いかにも昔噺の, 音いさましく青き火ひら, 音いとも懶し, 音いろで雨だれが, 音いろによつて, 音いろはともする, 音いろは一色にりょうりょうふりょう, 音いろは夜明まさりぬ, 音いろは男のよう, 音うなり声の, 音うるさいほどの人々, 音出せ, 音おこりて沖, 音おそろしきに大路, 音おだやかな夢, 音おののき乱る, 音おびたしく既ニ二階の, 音おもしろきに恐し, 音おもしろく古囃劇, 音およそ精神の, 音おりおり思いだしたように, 音かい電燈の, 音かさも田舎び, 音かしがましい, 音かしましき中へ, 音かしましく上る兵士, 音かそかにはする, 音かな山裾の, 音かなしくさしも心, 音かなたに呼ばひ, 音かぶさり夜の, 音かまどの煙, 音からからと二足三足, 音からさえも何か, 音からは超越し, 音かるい足袋の, 音かをたてて, 音がからころと, 音がぜいぜ, 音がちゃらちゃらと聞こえる, 音がちゃらちゃらと静かに窓, 音がちゅと響いた, 音がちょうどあられのようにいかめしい中にうす, 音がつつ走りけり, 音がどどーつとつた, 音がまのびして, 音がやがやとざわめく, 音がよかつた, 音がナ行音, 音きかぬ静けさが, 音きかんたよりにと, 音きき居れば, 音きこえければ, 音きこえ出し沈黙の, 音きしませて行く, 音きよし蜩の啼く, 音くらゐである, 音くらいの弱さ, 音くるくるひとり働い, 音ぐでりん等々と難なく, 音ぐらいにすぎなかった, 音ぐらいにはびくり, 音ぐらいは聞いて, 音ぐらゐでは三百六十五日浚つて見たところ, 音ぐらゐでもして居なければ, 音こうこうと照る, 音こほろぎのうたお地蔵さま, 音これから上は, 音ウーッと, 音さあっと他愛なく, 音ささと, 音さしたらいかん, 音さして出て, 音させしは家, 音さぞやさぞでしょうね, 音さむし夜あらしの, 音さやかに聞ゆ, 音さやさやに, 音さりとは賑, 音さんこれはなんだい, 音さんつていふひと, 音さん何うだい, 音さん岡つ引, 音さん相手ぢやなんにも, 音さん私は私, 音ざあっと吹く響, 音ざっざっと水を翻す, 音ざらざらと騒がしく, 音しかしそれが, 音しかの聲, 音しかも聞こゆれ, 音しきりさゆる, 音しきりに鳴りて, 音しければ急ぎ, 音しずかにきこ, 音したたりてゐぬ, 音したるが急, 音しぶきにぶつかる, 音しやしないわ, 音しやんと來, 音しゅっしゅっという音, 音しらべの汝, 音しらみつつ, 音し来てこ, 音すぐ横の, 音すさまじいうなり声, 音すさまじく響いたかと, 音すずしいかっこ鳥, 音すなれいづこの闇, 音すべてよろし, 音すみて來, 音するするとしばらく, 音すゞしく電燈, 音るるに, 音ずつに動かしながら, 音ずるごとに新た, 音ずれありことさら夫, 音ずれかけたが歩み, 音ずれ何ときくらん, 音えへん, 音せえへんねん, 音せしかばちょっと, 音せずに飛ん, 音せず行かん駒もが, 音せねば逃げず, 音せられて乃公, 音そうかと思う, 音そうしたしめった重々しい, 音そこここに聞える, 音そっくりだった, 音そのかみの悲劇, 音その他すべて鉄道事業の経営, 音その他石造の街路, 音それでも体さへ, 音それ以外には音, 音それ等は静かさ, 音ぞっとするよう, 音たえ全く氷塊, 音たえずして, 音たえだえに, 音たかししづかにいへ, 音たしかにそれは, 音ただ八ヶまし, 音たちまち小僧に, 音たてつ徹りたらしも, 音たてぬやうに, 音たてぬふれしそぞろの, 音たて棍棒が自分, 音たて鍵は反抗, 音たまたま猫の, 音たまらないわねみんな鱗, 音たゆげに, 音たるやさながら常世, 音だけがとうとうと鳴りひびき, 音だけしかしません, 音だったら車掌の, 音だったらしいんです, 音だったろうか, 音だにもなし, 音だろな, 音だんだん近く, 音ちかしかさ, 音ちょっと坐って, 音っていいもの, 音っていうのは, 音つるぎの鳴り, 音づるる何故か, 音づるるをさてかの, 音づるるをば此上無き隠居, 音づるれども答なし, 音づるればやがてさ, 音づるれば人なきに, 音づるゝ君はわが, 音づるゝ風は我, 音づるゝ風の音のものすごく, 音づる軒の風, 音づれずた, 音づれその黒い扉, 音づれた人がある, 音づれているのであろうが私に凉味, 音づれてくれたのなれど明日の晩, 音づれてさびしきものは枯蓮のうら, 音づれて縹緲として軒端, 音づれて虫のうらみ, 音づれにこたへて動く庭, 音づれにすつかり目を覺, 音づれる其夜千登世は死人, 音づれる東京その他からの客, 音づれを傳へる, 音づれ来給へり, 音づゝとなり其の十一, 音づゝを句の首尾, 音であったならば立派, 音でありしことが, 音である翔ける風の, 音であれ先生の, 音でいらっしゃるね, 音でござるか, 音でしか鳴らないのに, 音でした驚いて飛ん, 音でと全く反対, 音でなかったとすれ, 音でなかったらその深い, 音ではじめたくなるのだ, 音といったような, 音とかいふお坊さん, 音とかに就いて, 音とから大奇籍, 音とかを表わすもの, 音としもこそおぼえざれ, 音とたんに入口の, 音とでは何か, 音とどろかぶらへうち, 音とどろきてまだ, 音とのみ上の空に, 音とははッきりわかりませぬ, 音とばかり思ったが, 音とばかりに思つて歯を, 音とめるよ, 音ともに何となく翠の, 音とよむ等或は, 音とをもまた十分, 音とんとん桜ちる, 音とワ行音の, 音と共につつと上った血煙, 音どうでした, 音どなる声走る, 音どよむ紀伊の, 音どれもがこげる, 音ない狭蝿なす, 音なお残りて聞こ, 音なかりけり霞むこの, 音ながれくる楽屋に, 音なくはやく流れて, 音なしくするが, 音なしすぎて何, 音なせそや, 音なっても叩い, 音なっとう売りの呼び声, 音なつかしや殿, 音などでは最も明瞭, 音などというものは, 音などとは全くちがった, 音などと共に男たちの, 音などには注意し, 音などにばかり慣れて, 音などによって土地に, 音などばかりがして, 音なひ咽び泣く水の, 音なふものあり, 音なみさえ, 音なら聞いたけど, 音なりし水車なりし, 音なりで一二三四と, 音なりという人あれ, 音なわすと道側, 音なんかが意地悪い, 音なんかは皆の, 音なんかも聞こえず雁, 音なんぞ聞きやしないよ, 音なんぞはしないらしい, 音なんとまあ餘韻の, 音にかも満つる, 音にぎやかに五色, 音にじゃまされて, 音についてと同じやう, 音につきまつはれ, 音にでも驚かなければ, 音にとぢこもる, 音にとってかわられた, 音にもよほされ, 音に対しては受け身で, 音に対しても木精を, 音に関して自分の, 音ぬすみて笹島, 音難破船でも, 音のう景色も, 音のちがふ, 音のどけき花の, 音のみかその頭割り, 音のみぞいと能, 音のみにて鳥の, 音のみには限らない, 音のみをか鳴き渡り, 音はい実はこの, 音はかはらず聞えて, 音はさまでにもない, 音はじめて広太郎抜き, 音はずつと後まで, 音はっと天井を, 音はつづみのよう, 音はつづみのやうに野原の遠く, 音はて何者かしらと, 音はねかえる響, 音はやり唄にて道具, 音はるけく, 音はるばる沈みて, 音はをりふし, 音ばかりで刺戟する, 音ばかりとなった, 音ばかりにしか注意し, 音ばたばたと走る, 音ばっかりして, 音ばっかりがみちて, 音ぱしゃッと水音, 音ぱちぱちとはぜる, 音ぱっぱっと燃ゆる音, 音びかへれいつ知らず密雲の, 音ひうと鳴り, 音ひそめて, 音ひたすら事なかれ, 音ひたと接吻け, 音ひっきりなしに開けられる窓, 音ひとしきり繁くなる, 音ひとり高し, 音ひびかせて将軍家, 音ひびく春の, 音びんの口, 音ぴたりと止む, 音ぴちゃぴちゃいう音, 音ふかし虹たちて, 音べらべらと煙, 音ほとほとと木, 音ほども聞えなかった, 音ほのかに聞こ, 音まき割る音, 音まさにひび, 音まざまざと耳, 音までを取入れて, 音みな愛し獄廊, 音むかしに変らぬ, 音むせるやうな, 音めしをかむ, 音もけはひもなく, 音もさ面白可笑く, 音もしくは十七字という, 音もというお染, 音ものを呼ぶ, 音ものすごく玉突き場の, 音もの凄く鳴りひ, 音もめつきり春, 音ももウ消え消え,も, 音もろとも床上, 音もをかしく, 音やかましくちやぶ台, 音やかましく怒って, 音やつちの音そういう物音, 音やにはに飛出した囚人, 音やむ小夜ふけ, 音やや遠く近く, 音やらやすりの, 音ゆらぐもよ子, 音ゆるく蛇皮線を, 音ゆるく太しや行々子, 音よびあう声々, 音らしかつた, 音らしかったが町, 音らしきものが, 音らしくするのは, 音らしくないので二人, 音らしく感ぜらるる, 音らしく聞えて来た, 音づらひ, 音わすれ難く小用, 音わびしい一日, 音わるくなし, 音をさえそれに, 音をちゃりん, 音をと思いました寿江子, 音を通してその生きたい, 音を通じても自然と, 音アセチレン瓦斯おでん屋の匂い, 音アラルヘルガールヘイムダラールと似た, 音アレ神様のはね, 音ウネメノは稍不安, 音ウ音の場合, 音オ音は室町末期, 音カバカバカバと蹄, 音カラコロリ琴ひく盲女, 音カランというほ, 音カンカンカンと羯鼓, 音ガチャンとなにか, 音ガッガッとして大軍一時, 音ガラガラと聞え, 音ガラガラガラ建物の崩れ, 音ガラスの割れる, 音ガンガンと鉄骨, 音がきこえる, 音ギーギーと櫓, 音クオーと第, 音クンフーでハープ, 音ケイでシナ, 音コンクリイトの風吹, 音コーッとばかり鳴り渡った, 音ゴホンゴホン気のどく, 音ゴムの皮膚的, 音サクサクと聞こえ, 音サワサワと鳴る, 音ザアと降る, 音ザラザラといふ雑音, 音ザラ紙の原稿紙, 音ザ行音は室町末期, 音シュッシュッという板, 音シンシンとする, 音ジメのよかっ, 音ジャンジャン囃しながら, 音ズイと上段, 音とあ, 音ソリャどっこい浪, 音タタタとデッキ, 音タッタとそろう, 音ダイナモの音, 音居るか, 音チェーで之, 音テーブルの転がる, 音トツトツと只, 音トテトテトテーとラッパ, 音トロリと泡立った, 音トントンと板の間, 音カーンドカーンと, 音ドオラが時々, 音高クテ人, 音ノシナイアノ紙ヲ何, 音ハタハタハタとやわらかい, 音ハッハッという息づかい, 音ハテ演習かな, 音ハープが鳴る, 音バイオリンクラリネツトバステノル蝶の羽ばたき, 音パッともえたつ, 音ヒューッと風, 音ヒヽンと馬, 音ビーンビーンとつる鳴り, 音フーフーという馬, 音ブリキ鑵の響き, 音プラットフォームの砂利, 音ベスはうっとり, 音ベルトの鳴るひびき, 音ペンを紙, 音ポカリといふの, 音ポコンポコンこれが三浦三崎, 音モン・トオロン行の乗合自動車, 音モ出ナイヨウニサセソレカラ颯子ト春久トノ関係ニ言及スル積リダッタニ違イナイガソウナルト事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, 音モ強クナリマルデ笛デモ吹イテイルヨウニピイピイト, 音ロダンの像, 音行音である, 音ワッワッと云う, 音ワーッという閧声, 音一これが翌, 音一人砂烟を立て, 音一巻となつ, 音一度轟けば, 音一挺の駕籠, 音一時ムカとしてもみました, 音一段と高らかに, 音一爲發憤之氣興亡之象昭昭也, 音一種のおごそか, 音一管ヲ襁褓ニ添エテ, 音一音口の中, 音一齊に喧びしく紅血地上, 音は何ん, 音七ツ寺界隈騒然と戦場, 音七里に聞ゆ, 音七音の三句, 音万歳の鼓, 音丈けが男の演説, 音三十も四十, 音三味線の音, 音三声揺韻をゆるく, 音三郎梅蔵三人の支配人即通番頭, 音上手から花車, 音与惣次は首, 音丑満の静寂, 音をへだてたる, 音世の中はやうやう, 音両側の家々, 音並木街を往復, 音に於ける, 音丸栄竜たちだ, 音久和の古池, 音久和桑西桑窪などがあり, 音乗り遅れし吾等を, 音九ツならず十, 音九度の連結, 音乱れ足で行き違う, 音二音と重, 音五音六音の連鎖, 音亙りて月, 音亡ぶ響きを, 音交互で南, 音交通整理の呼子, 音人声とおぼしい, 音人声牛車の軋る, 音人夫達がサクサク, 音人聲と穿物, 音人足の聲, 音人馬の跫音, 音めいた女, 音今や戦いは, 音以外なんの物音, 音仮名でさずき, 音とかいう忍法, 音伏金の音, 音低い音と, 音余韻を引い, 音作さんに聞いた, 音作それと見, 音作法その他の影響, 音作銀之助其他生徒の群, 音依然として一刻前と, 音価動揺時代を知つた人, 音というは頗る, 音係りはそれぞれ, 音に稠, 音修験者の持っ, 音るる音, 音倒れる音ワーッ, 音よく人, 音優しく響くなどの, 音先払いの声々, 音光色彩運動そんなもの, 音にあたる刃, 音入江の南, 音入道と称し, 音都に, 音全く後を, 音八つ手の葉, 音八方から乱打つや, 音公お前に五本, 音六音でこしらえた, 音共に天平の, 音兵隊さんが前, 音其さへ記憶, 音其の物象に, 音其処にあっ, 音其眼元其顔色は実に, 音写して阿, 音冴えさせむとてしたるなりき, 音冴えぬ巷辺の, 音凄く夜も, 音凄し見よ精巧の, 音凄まじく荒波の, 音凉しき夏の夕, 音凍りて闌, 音出帆の相, 音出廷して, 音切りなり, 音を得られる, 音初夏中津川ほたる杜鵑, 音前神田小川町等はその, 音の火花, 音加はりて語, 音加へた新らしい形式, 音動作一瞬に跳びかかっ, 音したもの, 音十一時起き, 音十二月三十一日のため, 音十五分休憩の筈, 音十字架の上, 音十数張りのバイオリン, 音午前十時何分かの登山列車, 音卓上電燈の割れる, 音単位以外は言語, 音単位全体を音韻組織, 音厳しく乗込んで, 音た劇, 音又は音脚の, 音受信機でわし, 音口笛を吹きたてる, 音古雅にし, 音只管事なかれと, 音叫び声なぞいう, 音叫び聲それから, 音召使達の足音, 音叱咤する声, 音合せの度, 音合成の実験, 音吉原ガ遊ビドコロデ居タガ虎ガススメデ香取カシマ参詣ヲスルト云ウカラ四月初メニ松平内記, 音同じ形に, 音同性愛で教育界, 音同時にバタバタと倒れる, 音吠える犬, 音吹き落された鳥の, 音吹当つる浜風は葎, 音呉服橋をやや, 音呱々の聲, 音味匂温覺, 音味噌汁の香, 音味意味までがすっかり, 音命令と合圖, 音哄笑の声, 音哭きして春, 音の声々, 音唄う声そうして, 音問す可しと, 音問自在なる可, 音泣突発的な, 音でかすれる喘ぎ, 音喚き声悲鳴怒声仆れる, 音き裡, 音に通ず, 音嘶く声急を, 音噴水の気高い, 音囁く音より, 音四方に起り, 音四肢をときどき, 音回想の多い, 音団扇で蚊, 音国見山稲川緑島伊勢ヶ浜玉椿浪の音, 音の音, 音折る響, 音圧搾された空気, 音の呼吸, 音也尓高天原皆暗, 音へ電話, 音堅く淋しくなった, 音に攀じ登る, 音壓潰されて, 音や音, 音変更は常に, 音変遷の過程, 音変遷史料に応用, 音近き心地, 音夕焼旅情切ないもの, 音夕畑に遅く, 音夕陽を帯び, 音夕餉の支度, 音多分消音装置が, 音夜一枚一枚押して, 音夜廻りの拍子木犬, 音夜毎襖に響く, 音夥しく近づき来るもの, 音大戸をあける, 音に響き, 音天空と海, 音太刀と太刀, 音れから, 音女の子の笑う, 音如来様という有難い, 音如此に候也, 音始めは気, 音姿を見せぬ, 音威音府名寄と言った, 音嫋々巧みに語りこなした, 音字母では一般, 音學的な分子, 音宇治川の響き, 音安倍川は今, 音敷い, 音宮きょうは雑誌, 音家令は鰈, 音家古蝶の作品, 音家和三郎が引きうけ, 音家来の叫び, 音家浄観さんが節附, 音家浄観翁の手, 音寂しかりけれ, 音寒い時と, 音寒き初更過ぎ, 音寢室の硝子窓, 音寺境内からいけ, 音寺村に出, 音小便に立っ, 音小声でささやかれる, 音小太鼓の音, 音小学校のできた, 音小田原の濤, 音小銃の音, 音小鳥水何もかもありがたかっ, 音少くなりぬ, 音少しも乱れ, 音かすかに, 音を引い, 音は草むら, 音鳴り召使い, 音屋六四郎の細君, 音屋敷町に響いた, 音をうがち, 音山女也阿介比又波太豆, 音山谷に響い, 音また, 音岸波の響, 音の根, 音もゆらぐ, 音みて, 音巴旦杏の味, 音市民諸君うるさしと, 音は幽, 音幽かな色, 音庖丁の音, 音府名寄と言った, 音庭石の苔, 音廊下に反響, 音弓矢の唸り, 音弓籠手に中っ, 音開けようと, 音弘教書院蔵に収められ, 音返りの, 音強くして, 音彈丸は平次, 音及び運動, 音形態であ, 音形運動色光これらの要素, 音影声言葉線運動という風, 音が寝ころがってる, 音彼方に高き, 音彼等の口, 音はまた, 音徒刑囚らの旅, 音得可からず, 音心しずかに聞き澄ます, 音快き入浴だが, 音怒声制止声撃柝の音, 音にとまっ, 音怪物が笑った, 音恋えば聞, 音恐らくポクチプクチ又は, 音恐ろしい獣が, 音る様, 音息ぐるしさ, 音悲しげな, 音悲しき朝ぼらけかな, 音悲調に耳, 音悽愴とも何ん, 音はまことに, 音あやしく尚, 音はしく, 音に遠き, 音我慢ならずその, 音る堅い, 音のひびき, 音戦く裳と, 音戸口に見送り, 音を通つてタンク, 音手鞠の音, 音打ち合う喚き暗澹たる, 音打ち振る得物の, 音拍車の, 音拗音でよく, 音挙げて見知ったる, 音流とも, 音振り返ると研究室, 音振袖のお嬢さん, 音捕吏たちの叫ぶ, 音掛け声悲鳴などがいよいよ, 音坐故未, 音揚今は何, 音摩天樓大群集, 音放ち叫び曰ふ, 音一きわすがすがしく, 音教師達の遠慮, 音散らばった生徒の, 音散る花などの, 音数声の悲鳴, 音数排列を調べ, 音文字にすれ, 音料理人や下女ら, 音斬りおられた槍は, 音新聞紙を拡げる, 音を振る, 音日中の暑, 音日本だ, 音明日のため, 音星辰の, 音ながら物, 音が響かない, 音是方で思, 音は忘れつ, 音昼下がりの陽射し, 音時に微に, 音時には自分の, 音時計が十二時, 音時間をはかっ, 音晝下がりの陽射し, 音景気よく聞え, 音暗しなどいえる, 音やかに, 音暮音の松かぜ, 音暴利の白粉, 音の光, 音有り定めて子分, 音有能の士, 音朋子出て, 音の音, 音木槌の音, 音坊へ, 音材木が家, 音来る雨あとは, 音東京から来た, 音に似, 音板場の罵る, 音果つるなし, 音果てはうち悦べる, 音染太夫は起ち, 音柔媚なれども, 音を擲, 音をうごかす, 音校正の読み合せ, 音に片, 音の落ちる, 音の嵐猿, 音から物, 音に木精, 音椅子の倒れる, 音あらゆる人, 音楽しげな, 音楽堂市場と云つた風, 音榛の木のまばら, 音樂そのものに似, 音樂のより部分的, 音樂クラブが專門家氣取り, 音樂上で言, 音樂之所由來者遠矣, 音樂取調掛兼勤となりし, 音樂園藝などと各種, 音樂太常とは表, 音樂學校東京美術學校目白臺の學習院, 音樂室とか書齋, 音樂家その他新らしい藝術, 音樂家たちはモンマルトル, 音樂家等の個性型, 音樂專攻科第二學年, 音樂專門家を私, 音樂會名は聞き, 音樂會歸りの, 音樂會運動會展覽會等一週間に亘つて, 音樂狩獵の諸, 音樂理論がある, 音樂畫圖の諸, 音樂的リズムをより, 音樂的嗜好は遙, 音樂的效果は主として, 音樂的無能は之, 音樂的異別である, 音樂的趣味の豐, 音樂神經の詩, 音樂等獨自なもの, 音樂節奏のない, 音樂美でありその, 音樂者等の名, 音樂能樂圍碁將棋插花茶の湯薫香等其他大工左官の術, 音樂至上主義を主張, 音樂談をした, 音樂講習所の生徒, 音樂謳歌等にし, 音樂辭典から引用, 音樂遊戲の動作, 音樂雜誌に出, 音樂雜誌創刊のよし, 音標記号ではとても, 音橿小山下壱伎連博徳と大, 音檣頭に走る, 音の音, 音の音, 音にクロロホルム, 音次にこの大, 音次第次第に近寄っ, 音の声, 音歌い声と, 音歌うぞめ, 音の瀧, 音止みぬ去れど何, 音止む時なく, 音止瀑が懸っ, 音正しく思いを, 音歯車の軋り, 音死に通ずるがためなるべし, 音はひ, 音気合の声, 音水鳥の声, 音氷屋の呼声, 音を啜る, 音汽笛の音, 音汽車がプラットフオム, 音沈みて聞こ, 音沈む池の, 音沢庵の香, 音油っこいうまそうな, 音法興は美濃, 音法螺貝の音, 音泥酔男の蛮声, 音に拝, 音洩れ来るを, 音の響, 音海風すべて討幕の声, 音涼しいような, 音淋しくもある, 音深めつつ, 音りに, 音添えて異様, 音清々し響かひ行, 音渋い端唄それらの, 音渓流の音, 音の迫門, 音湧き来も, 音の損所, 音き草, 音潜めた気合, 音澄める磯馳松波の, 音濛々たる怪煙, 音濡れそぼけ, 音濡羽をふるふ, 音の音, 音瀑声または走, 音瀬戸物の割れる, 音をおこす, 音火事に付き物, 音火花が中空, 音火葬窯の扉, 音火薬を仕掛ける, 音の走る, 音炉辺には寂びた, 音は目, 音無しいだけにいざ, 音無しさにかへつて奇怪, 音無しむむそう思え, 音無し聲も無し, 音無し音無しに違い, 音無事になる, 音無意識的な犬, 音無我夢中で地上, 音無頼漢の叫び声, 音煙硝の匂, 音煮物揚物の用意, 音熱い息, 音爆発の音響, 音爆発音交互で南, 音爆発音高射砲そして四方, 音片づけが彼, 音片言かなづかいを, 音物うりの呼び声, 音物すごく況して大雨, 音物凄じく, 音物売りの声, 音物静かなる草堂, 音狙いは感覚, 音狩野探幽, 音独り愛しむ, 音歇まず, 音り高く, 音玄関の書生, 音玉川の方, 音の落ち, 音生じ候また, 音甲胄の音, 音申訳なく候, 音男坂下なる心城院, 音画架や額縁, 音画校正をやった, 音異なれども皆, 音の上, 音疏五百巻の事, 音病室からながめられる, 音発動機の爆発, 音発動機船のポンポン, 音発車のベル, 音白い蝙蝠赤い, 音白みくる暁の, 音白粉の香い, 音百五十人の同勢, 音百舌鳥が啼く, 音的モンタージュが編成, 音的主題に最も, 音的効果もあまり, 音違う, 音益々悲しげ, 音盛んに聞こ, 音目まぐるしい仁丹の, 音相似たるを以て, 音相近きを以て, 音看守の帯, 音真暗でございます, 音そうな, 音睡たげな船の, 音のとびかうひびき, 音知らば絃, 音石炭のザクザク, 音砲兵の行進, 音硝子器のふれあう, 音めぐる燈火, 音祈祷の声, 音神川橋の下, 音に小判, 音へ舞い上がる, 音空家の壁, 音空気の乱れ, 音突喊の叫声, 音窓硝子の壊れ落ちる, 音昇る土, 音立ちのぼる湯気の, 音立つように, 音立つるなどもやや, 音立てないように, 音立て肩から堕ちた, 音立像が一躯佇立, 音立処に高く, 音の嘯く, 音笑い声を縫っ, 音笑い声かけ声がしずか, 音笹原を渡る, 音笹藪の中, 音等感覺とか知覺表象, 音を外し, 音管部のみならず, 音打つ音, 音簇擁して, 音簡単に言え, 音簡單に言, 音もる虚, 音粛々たる説教, 音吉も, 音紡績会社の器械, 音細い音いろいろに, 音細りてきゆる, 音結合の法則, 音る事, 音絶えざれば風さ, 音絶えし兵の, 音絶えた雪の, 音絶雪女郎の衣ずれ, 音継がず錠剤の, 音線路に臨んだ, 音緩く蒼然として, 音へ飛びあがった, 音繁きこの虎杖, 音を食, 音けて聞えぬ, 音罵りさわぐ人々の, 音罵る音叫ぶ, 音罵詈の叫び, 音美景ものとして足らず, 音群衆の跫音, 音羽子の夫妻, 音耀けり夜は, 音も沛然, 音耳痺いるばかりに, 音耳近く聞えつ燐火, 音しとて, 音聖歌の完成, 音ゆる, 音聞いたらばなに, 音聞えしが今, 音聞える間は, 音聞かむ板葺や, 音聞かぬ雨知る, 音聞きには天地, 音聞けば, 音聞こえしにその, 音聞こえず夕陽益, 音聞ゆという, 音聞ゆ夜の更け行け, 音聯想が更に, 音聲二種のうち, 音聲相近けれども, 音聲等を檢査, 音聲譬ふれば, 音だが, 音聴きぬ惧れ, 音聴くと幽か, 音聴こゆ, 音聴診器できい, 音けば日, 音肉体を擲, 音股立をとり, 音肱金の上, 音胡弓の音, 音脅しも物々しく, 音脈搏を擬する, 音脚変化のこと, 音脚意識と華やか, 音脚法によつて, 音を見せ, 音自体でありある, 音が縺れる, 音色づいた麦耳にも, 音色テープを投げあうわめき, 音色形運動光なほ附け加, 音花々しい槍の, 音花壇の手入れ, 音花櫚糖売の女, 音花笠の警固, 音若者はおもわず, 音茶碗皿を洗, 音草履の響き, 音荒々しく俊雄秋子が, 音荒い呼吸の, 音荒らかに開きたる, 音を棄つる用, 音荷物などを動かし運ぶ, 音菩薩像か吉祥天女, 音落葉の音, 音葉末を風, 音葦簀の外, 音葬儀車の中, 音蒸気の音, 音蒸汽の漏れる, 音蒸汽ポンプのサイレン, 音蓄音器の声, 音蓆壁の裂け飛ぶ, 音蓼圃の兩氏, 音薄くきこゆ, 音をわる音, 音藩邸からもう, 音虚空を渡っ, 音がしゅっしゅっ, 音蛤鍋鰻屋の薄, 音の唸, 音のこえ, 音のにおい, 音融ける音, 音の声, 音行き来の人, 音街路の舗石, 音ではわ, 音表式でゆく, 音表文字さへ聲音, 音表的作用を変化, 音表記号であって, 音に擦合う, 音装置があっ, 音の井戸, 音裏田圃で秋, 音製造の実験, 音褒める声が, 音襖障子を開閉, 音見えたものごとから, 音見る見る賊船は, 音覚えに慣れ, 音覚束なし誰, 音に執着, 音訪れられたのである, 音訴えるような, 音でシベリウス, 音詩人にし, 音詩人シューマンの人間らし, 音話声がし, 音語新字陸続更出するとき, 音誦経の諸声, 音誦經建築墓門莊嚴具一切が古い, 音読経の合唱かすか, 音調子でありながら, 音調革の廻る, 音を大声, 音諧張上げる, 音の声, 音謡うがごとし, 音譯捺羅僧伽補多の六字, 音譯震旦又は振, 音讀訓讀の文字, 音の空, 音谷川の響, 音を煎る, 音象効果にあった, 音象的に非常, 音象表現である, 音負傷兵をのせた, 音資料に力, 音はしかりき, 音賽銭箱に小銭, 音走り回る寺男や, 音起つて舞踏室, 音起ると共に外相, 音起重機の鎖, 音の音, 音足どり掛声すべて一種の調子, 音足らずな気持ち, 音踏む音叫ぶ, 音の音, 音車輪の音, 音軒端の梅, 音輪座になっ, 音轟々として一月中僅か, 音轟かし霹靂飛ばし, 音辞俊れ朗かなり, 音へ著, 音文右衞門に, 音近い海人の, 音近く夜が明けた, 音近し夜の, 音近所隣にごろごろ, 音迸る火花ホクチの, 音逃げまどう足音, 音を急ぐ, 音通ずるを以て斯く, 音通ぜず意義感ぜざる, 音造はじめ五人が死ん, 音造信次郎にはお, 音運河の上, 音道等であ, 音に下, 音暴風の, 音遠ざかり行くも観念, 音遠し逢崎の, 音遥かに遥か谺, 音の朝, 音配置の探偵, 音酔いのまわった, 音を施し, 音釈以下は, 音重々しく聞こえつ車来, 音野性が自然, 音金切声が入りみだれ, 音金庫室をこもる, 音金鈴のひびき, 音鈍し水は, 音などいふ書, 音の閂, 音鉄砧の上, 音鉄砲の音, 音鉱石を砕く, 音の音, 音銃火の騒然たる, 音鋭く螺旋状に, 音や手錠, 音のかち合う, 音鏑矢の響き, 音門二十七日に西山手, 音門口のところ, 音閉じる音七ツ寺界隈騒然と, 音閉める音, 音開山女也阿介比, 音間もなく響いて, 音間近く聞こゆ, 音間髪を入れず飛び込んだ, 音の声, 音に穴, 音来る夕立, 音陣鐘太鼓の修羅, 音に籠った, 音陰気な絶え間, 音階段の上, 音隣合せにまだ, 音隣家の肉屋, 音の声, 音雄叫びに明け, 音集合の譜, 音雑音を発揮, 音難波江の蘆, 音のごとし, 音の上, 音雪道のギユン, 音電灯は今にも, 音電話の交錯, 音電話交渉書類の交錯, 音にも皮膚, 音霍乱をおこし, 音霞む権九郎手に, 音青空にひびき闌けん, 音静かに聞え, 音面白そうなれ, 音の鳴る, 音音楽を斥け, 音音楽堂より聞こえ来る, 音音頭取りの唄声, 音響き渡ったが源三位頼政鵺, 音響けば, 音頗る不明瞭なり, 音を撫で, 音の上, 音に聞え, 音頼母しく野衾, 音顛倒する音, 音類義の字, 音風の音蛙の音, 音風の音雨車の如き, 音風ニ順ツテ碧波ニ入ルニ逢ヒ, 音颯と留南奇の, 音飛んでゆく, 音ばかりの飯, 音の音, 音馬士唄の聲高, 音馬子唄の声, 音の音, 音駒下駄の音, 音駒鳥の啼く, 音騒々しい銅鑼の, 音騒然と駆けつづくぼくら, 音騒色相をあたかも, 音がしく, 音高し汐や, 音高低強弱細大種々の階音, 音高射砲そして四方, 音高調子のひびき, 音を梳く, 音髪ブラシを置く, 音鬼赤鬼天狗狐ひよつとこ, 音魔神の咆哮, 音鳥獣の鳴, 音の囀る, 音の嘴, 音や家鴨, 音黒煙に混, 音黒装束の人間, 音黙々として谿, 音の仕業, 音龍太郎と云う, 音龍太郎紀州の陸奥宗光