青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「静~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

青く~ 青山~ ~青年 青年~ 青春~ 青木~ 青白い~ 青空~ 青葉~ ~静
静~
~静か 静か~ ~靜 靜~ 非~ ~非常 非常~ ~非難 非難~ ~面

「静~」 3112, 30ppm, 3895位

▼ 静~ (1059, 34.0%)

51 して 11 なった 10 なって 9 眼を 8 寝て 6 私の, 立って 5 彼の, 手を, 静に, 頭を 4 なつて, 入って, 答えた, 考えて, 顔を 3 しろ, 案内され, 横たわって, 移って, 立つて, 聞いて, 落付い, 落着い, 開けた

2 [79件] いいました, いうの, いった, いって, いと蕭, いろいろの, しなければ, しろよ, その傍, それが, それを, なさいよ, なつた, なる, なるの, 上って, 之を, 云う, 云うと, 云った, 佇んで, 体から, 内省する, 出て, 夜の, 大跨, 女の, 室に, 寝かして, 山の, 左右を, 彼女の, 息を, 扉を, 押し開けられると, 星を, 暮れて, 書を, 横わっ, 歩いて, 水面の, 流れて, 海野に, 消えて, 煙草の, 牛を, 男の, 目を, 眠って, 眠りて, 瞼を, 立ち上った, 筆を, 糸を, 翔けて, 聞えて, 聳える裏通り, 聴いて, 臥したり, 落ち着いて, 襖を, 見て, 見守つて, 視て, 言い付けた合図, 言って, 言ふ, 言葉を, 話して, 身を, 軽く叩いた, 送られて, 開いて, 開けて, 階段を, 雨戸を, 頷いた, 馬を, 鳴いて

1 [733件 抜粋] あけ外, あらず赤, いう, いう思いの外, うなだれて, うなって, おしなさい, おしなせえ, おもへば, おやすみなさい, お寝みなさいまし, お為, お米, お経, お聞きなさい, お聞き下さい, お読み下さらん, かう云, かう訊いた, かぶりを, きいて, こうつけ加えた, こう私, こなたを, この下, この家, この梢, こんな結構, ござれい, さして置かなけれ, さしといて, さわやかなる, しかし強固, しかも確然, しても, してるが, しねえ本当に, しようと, しろ一体, しろ外聞がわりいや, じっとし, する, するん, すれば, せよとの, せんか, そう言う, そこから, そこの, そっとまるで参木, その下, その光景, その場合, その方, その日, その緑, その診察, その身, その門口, それへ, たって, だんだんと, ながめたいの, なさい, なさい静, なすっては, なったが, なったと, なったので, なったよう, なりしかば, なりて, なりや, なり世の中, なると, なるにつれ, なるらしい, のべひろげそれから, はぐくむ気持, ひろが, ひろげる傘, ふけ渡った濠端, まかしたなり, また咳, また横, また話, まわしながら, めぐり過ぎるの, もちあがりぼんやり, もちあげました, やや此方, よりかかった気持, ゐなけりやあ, オルガンの, スーっと, ドアを, ピアノの, ベンチから, メスを, ーねがおう, 一つ二つ詞を, 一人親むこ, 一本つけさせました, 一枚岩の, 一部始終を, 一間ばかり, 三四服する, 上ったよう, 上り湯を, 下つた, 下に, 主体的に, 乗っかりながら, 二日も, 二階から, 云い出しました, 云い続けた, 人の, 今日も, 代はり, 伏して, 会釈し, 住んで, 何か, 余生を, 保たしむるときは, 保つこと, 信仰の, 停まるや否, 停留場から, 傍へ, 傾き尽きなんと, 僕の, 優しくいっ, 優しく云つて, 入つて, 入れ交って, 其処此処を, 冴えそこ等, 冷かに, 冷たい骸, 冷たく云った, 凪いで, 制して, 刻んで, 前後の, 前後を, 動いたり, 動いて, 動き出した, 化けた平次, 化けた銭形平次, 半日を, 去るおもしろ, 又二階, 友田の, 取って, 取扱って, 取片づける間, 受け容れて, 口上を, 叩いた, 可被成御覧候, 各その, 各人の, 吸いつけた煙草, 吹きに, 周囲の, 呼ぶ, 喫った, 囁き交しながら, 土の, 土間へ, 圧える, 地平線の, 坂を, 坐って, 坐ってから, 坐りつづけて, 垢を, 壁際を, 壇を, 夕景色を, 外へ, 夜を, 夜風の, 大兄の, 大東京, 夫人の, 女を, 女菩薩画像, 妹を, 妻の, 孫娘を, 安, 完全に, 室の, 宮子の, 家の, 寂しく暮れ, 寄って, 尋ねて, 導きたま, 小鳥を, 居つ, 展い, 展けて, 川波の, 差置けば, 己の, 巻の, 師を, 席へ, 帯止めの, 帰って, 平かな, 平次は, 平田の, 底から, 座を, 庭や, 庭樹を, 廻って, 引寄せる, 強く主張, 待って, 待つ者, 後に, 御散歩, 御生害候, 御酒盛を, 微笑した, 微笑んだ, 微笑んで, 心安く歩く, 心閑に, 忍耐すべきである, 思ひ思ひの, 思止る, 息が, 惚れて, 愚痴を, 感ぜられた, 慰められて, 懸って, 成なり, 我舟の, 戸を, 手紙の, 払く, 担がれて, 拭いた, 指輪を, 掃きに, 掌の, 掬い上げて, 提げて, 揺って, 揺り起そうと, 摩りながら, 支えて, 教員控所の, 散った, 敷居を, 方向を, 日が, 昇つて, 昇つて来た, 明けた, 昔の, 時が, 晩酌の, 晴渡った天気, 曇りし初夏, 更け行く畳, 更に巧, 曾遊の, 月を, 朝の, 末期の, 本でも, 杉戸を, 来かかって, 枕の, 枕を, 枝垂れたの, 染めて, 案内させ, 案内された, 椅子から, 椅子に, 横たえて, 横に, 横山と, 橋がかりを, 正太夫, 歩き出した, 歩くさえ, 歩みより彼, 歩み寄った, 歩み寄つた, 歩を, 歩行いた, 歩行き, 死んだその, 死んで, 母の, 民雄から, 水中に, 水平を, 水流れ, 決然と, 沁み込んで, 沈重いた, 沖を, 波動かざる, 波打ってるの, 泳いで, 泳ぎ初め, 流れた, 流れたの, 流れ出してるらしかった, 流れ寂, 涙が, 涼しく二人, 淋しくなった, 淋し気, 深そう, 渡した, 渡って, 漂って, 漂つて何物をか, 潮の, 火を, 炭火を, 無際限, 煙管を, 煙草を, 照って, 燃えて, 燃え忽ちぱっと, 片隅に, 犬の, 生活を, 用を, 留守を, 畳の, 登って, 白い日, 盤面を, 目ざす石階, 目配せし, 眉毛の, 眠つて居る, 眠れり, 眺め渡す時, 睡って, 瞑思黙想, 石段の, 石走る, 神を, 神風が, 私へ, 私を, 秋波に, 移り行く秋, 窓前の, 立ち上りかけました, 立ち昇る焼岳, 立上る, 立昇っ, 立直った時, 竹箒を, 答へ, 箱の, 紅茶を, 紋所, 紐育から, 紛れも, 給仕を, 絶望の, 練って, 練り歩く姿, 練り行く姿, 繊維を, 置くと, 羽子の, 羽子を, 考え寧ろ, 考察すれ, 聞いた, 聞えざぶんと下屋, 聞き過された, 聞け, 聞たまえ, 聞召せ, 脈を, 腰を, 腰掛けて, 臥したる貫一, 臥て, 自分たちの, 自分の, 自身の, 致せ照, 船宿の, 落ち付いた陰惨, 落葉見, 蒲団から, 薄暗い空, 藻の, 蜂の, 蜘蛛を, 蝉の, 行燈の, 衝と, 表の, 衾の, 装甲車が, 裏口を, 襖の, 西洋将棋を, 見えながら, 見せたの, 見廻しながら, 見送って, 観て, 言い含めて, 言う時, 言つてお, 言出した, 話し合った, 話を, 説明しました, 読書し, 象徴詩を, 赤い停留場, 起きて, 起き上って, 距ての, 跣足の, 蹈み, 身も, 身体を, 辷り落ちて, 辿って, 退座す, 送る方, 通りすぎた, 逢っても, 進む夜長, 運んで, 過ぎる晩春, 過ぎ去って, 過去の, 過去を, 道の, 遠ざかって, 部屋へ, 金儲けの, 針を, 長い縁側, 長椅子から, 閉されて, 閉って, 開けたが, 開封した, 附いて, 降りか, 限りも, 障子が, 障子に, 集る, 雨も, 雲の, 霧の, 青畳の, 面罵された, 響く, 預けたまま, 頷いただけ, 頷きて, 顧みて, 風呂敷の, 飛んだ, 食事し, 食事を, 飲み直しましょうよ, 飲むん, 養うに, 養生せん, 首桶の, 馴れた心持, 高く高く昇っ, 高し誰, 髭を, 鬢の, 鮭の, 黙々として, 鼻から

▼ 静~ (228, 7.3%)

12 岩屋 6 屋の 3 屋に, 母親の

2 [20件] すがた, 三昧は, 前に, 姿が, 家から, 屋を, 帯の, 悲鳴が, 手から, 手を, 持って, 方を, 智恵だった, 死体は, 清浄無垢な, 祝言を, 舞に, 花嫁姿は, 襟や, 顔を

1 [164件] お針友達で, くんで, ことです, ことなんか, ことばは, ことを, こと今の, ごとき極端, しとやかな, たしなみまでは, だ, ところへ, なかの, はからったこと, ふっさ, ふところに, ほうが, ほうを, ような, 一字を, 一部始終を, 三昧動の, 上に, 不幸を, 世話女房は, 両人と, 中に, 事いひ出で, 事件に, 二人と共に, 二人口に, 亡霊が, 仮装を, 仲の, 伝説が, 何事と, 作とも, 傍に, 傷口を, 出して, 前であった, 卑しいやう, 反語ばかりで, 吉野隠れに, 名義に, 命が, 命は, 品な, 囚われの, 四方を, 域には, 境界を, 声は, 声を, 変名, 外に, 外によるべ, 女房振りに, 妹直を, 姿に, 姿を, 姿勢だ, 子の, 子は, 安否が, 客だろう, 家来堀川舟庵それから, 宿所へ, 屋, 屋あるいは, 屋では, 屋と, 屋は, 屋へ, 差出す樽, 廬を, 役と, 後ろ姿, 後ろ姿を, 心尽しが, 思かな, 息も, 愛を, 感を, 慕ひ来りし, 成行に, 手一つでは, 手料理で, 故事など, 料理と, 方が, 方に, 明神が, 朋輩お, 案内した, 極と, 様子を, 歌に, 歌を, 母は, 母へは, 母親だった, 母親に, 水干の, 汲んで, 法楽舞, 注意を, 浄らかさを, 浅ましい姿, 濡れた手, 父なる, 父親なる, 父親の, 物語を, 特色である, 状態の, 疑いは, 眼と, 眼にも, 眼の, 眼顔に, 着替えには, 着替えを, 神秘を, 神経を, 立て, 籍を, 精力が, 純情な, 素知らぬ顔, 繁代が, 繁代は, 美しい後ろ姿, 美を, 肩に, 肩を, 胸に, 若い美しい女房振り, 菩提を, 華奢な, 蟠りない, 行くの, 行方は, 襟に, 親切な, 言うの, 言う真っ, 言葉に, 話を, 調子が, 貸して, 身体は, 身柄一切を, 遠縁の, 還元的感化と, 酌で, 里という, 里やら, 重い足, 霊が, 霊を, 頭の, 頸っ, 顔も

▼ 静~ (227, 7.3%)

5 声で 3 ことは, 冬の, 寝息を, 静な

2 [16件] もので, 中に, 事は, 初夏の, 夜に, 夜の, 夜を, 安らかな, 家を, 山の手の, 晩であった, 晩時たま, 水の, 水も, 空気の, 調子で

1 [178件] あのやう, ことだ, この辺, せいか, ときだ, ときには, のです, のでそこ, ので戸, のとを, ひとがらな, ほど組, ものでした, やさしい言葉, ようです, ステーションに, ソヨリとも, ホテルです, 一村から, 三味線を, 上に, 下駄の, 不思議な, 中心が, 人は, 停車場が, 兄の, 具合なんか, 円髷で, 処じゃ, 処であろう, 処に, 処へ, 勝手を, 午後と, 口ぶりで, 台所の, 問答が, 噴水の, 土地である, 土手際で, 坂の, 場所が, 夏の, 夏樹の, 夕を, 夕暮に, 外の, 夜だ, 夜口笛の, 夜星を, 子供の, 安全な, 室を, 宮の, 家は, 宿に, 寝室の, 寝息ばかり, 小山の, 小径のは, 居心地の, 屋内に, 屋敷町に, 川を, 川筋を, 平和な, 往来を, 御威光, 微笑を, 微笑を以て, 心で, 心の, 性質だ, 息を, 悦びがしつとりと薄明く, 感じを, 所から, 所が, 方な, 旅館に, 日でございます, 日南の, 日和を, 春の, 時に, 時は, 時を, 晩その, 晩です, 晩でも, 晩船幽霊の, 景色であった, 暗闇に, 書斎で, 月の, 朝の, 朝夕を, 朝波の, 朝目を, 朴訥な, 村で, 村落が, 松原を, 林の, 棲居らしく見せた, 様子を, 横町の, 横町を, 櫂の, 歌を, 気分に, 気立の, 水に, 水面に, 水面を, 波が, 波紋を, 浪が, 海が, 淋しい境, 清らかな, 清浄な, 温泉町が, 湖が, 湯殿の, 潮に従って, 無風の, 煙の, 物音に, 理想的な, 生命の, 生活の, 町から, 町である, 町には, 畳ざわりには客の, 登り坂に, 瞬間に, 石の, 祈祷を, 秋の, 秋を, 空は, 空気を, 笑い声が, 答えが, 素朴な, 花よ, 茶の間の, 茶畑を, 葉を, 蒼海に, 裏手から, 詞少な, 話を, 谷間に, 趣きでした, 趣と, 趣味に, 足音が, 跫音が, 跫音であった, 跫音とともに, 通りを, 道を, 部屋で, 部落の, 野中に, 闇の, 雨の, 雪に, 雪の, 風である, 風の, 鬢の, 鴎の, 黄昏であった

▼ 静~ (223, 7.2%)

6 平次の, 顔を 4 声を 3 何の

2 [12件] あまりの, お勝手から, お勝手で, この時, それに, たまり兼ねて, 両国の, 呆気に, 平次とは, 平次を, 心得て, 黙って

1 [180件] あげましたが, いそいそと, いつの間にやら, うれしかった, えッと, おげんさん, おとなしく下, おどろいて, お勝手へ, お茶の, お萩を, きりっと答えた, こう切り出しました, こう言っ, この綺麗, すでに妊娠六月, そうした恃, そっと顔, そのまま下手人, その間に, それを, たった一人路地, ついに黙っ, できるだけ, とうとうたまらなく, とうとう喚出, どうしていい, どうしてもかぶり, どんなに心, なにか改まっ, また気分, また赧, まだ平次, まだ髪, まわりの, むしろ無数, もう十年, もう嬉し泣き, もう晩飯, やるせない胸, イヌの, ガラッ八, ソッと, ハッと, 一人の, 一向そんな, 一寸考へ, 一本銅壺に, 一生懸命だ, 一笑し, 丁寧に, 上総国久留利の, 下女で, 両国で, 両国へ, 久し振りに, 二人の, 些と, 人垣の, 何時までも, 余りに責められる, 余程口惜しかっ, 側目も, 八つ違いの, 前掛, 半分目顔に, 半年ほど, 半死半生の, 占い者の, 又一寸, 取次に, 口を, 四本の, 大急ぎで, 夫の, 妾と, 姐さん被り, 姐御, 娘気の, 子供心にも, 寄りて, 寒暑の, 寝も, 少しヤキモキ, 少し赧, 幸い人混み, 幾たびも, 店から, 当分里の, 彼の, 後じ, 心得たもの, 思わず顔, 急に, 息の, 悪い顔, 悲鳴を, 慣れし手元, 慰めようも, 我慢が, 手を, 手早く二片, 手早く仕度, 折悪しく, 捕われて, 掻巻を, 旅疲れを, 昨日落した, 極り悪, 橋の, 武者の, 死んだもの, 気の毒な, 水の, 水茶屋の, 泣き濡れる若い, 流し元に, 消えも, 涙ぐみながら, 清冽だ, 湯から, 漸く人心地, 濡れた手, 火鉢の, 片袖, 片襷, 物に, 物蔭に, 田町へ, 男に, 男の, 目を, 目下同地なるある, 相変らず, 真っ赧, 眸を, 眼を, 睫毛を, 知ってか, 竟に, 等閑ならず, 綾衣の, 習, 老中を, 肩を, 胆を, 背後から, 胸を, 膳を, 自分で, 自分と, 自分の, 舞が, 良人を, 色清き, 花の, 若い娘, 若くて, 血相変え, 襷の, 見るからに, 見事でした, 見兼ねて, 覚束なく, 親切に, 諦めたよう, 貧しい夕食, 起って, 追っかけましたが, 逸早く起ち, 遂にそう答えた, 那方へ, 銀之助に, 銅壺の, 障子を, 静だ, 頼朝夫妻の, 飛付くこと, 驚いて, 魂の

▼ 静~ (92, 3.0%)

5 待って 2 入れて, 可い, 居るに, 平次の, 強って, 持って, 濡れた手

1 [73件] あたって, ある, いたの, いつもの, いなかったの, おきらい, お勝手から, しおしおと, すすめましたけれども, そう言い, たしなめました, ただわけ, どうした, なにや, なんの, ひどく嫌がる, やはりそうだった, 七月の, 下手人だ, 両国の, 人並外れた, 仲の町の, 側に, 優等, 先に, 出かけた後, 出て, 動を, 取次ぐの, 取次に, 口を, 呆気に, 声を, 大一番, 奪い還して, 姐さん冠り, 寝も, 差出したの, 帰ると, 平常可愛がられすぎ, 思い切って, 敷居際から, 日向を, 昔を, 昼の, 死んだとの, 母の, 気がついて, 水茶屋に, 汲んで, 片襷, 物柔かに, 琴のねは, 産んだ義経, 神泉殿の, 立上がるの, 継母の, 自分の, 舞いたり, 舞ひたりける, 見つけて, 訴え出たよう, 貧しい大工, 身重で, 逢いたがって, 鎌倉で, 鎌倉に, 鎌倉へ, 長女であった, 顔を, 顫ふ, 飛出す時, 馬鹿な

▼ 静~ (83, 2.7%)

6 して 3 一緒に, 心を 2 お町, ガラッ八, 八五郎は, 動との, 祝言の

1 [61件] あまり年は, いうか, いうごときは, いえば, お品, お通, お静, したッきり, すりながら, する時, なすって, ふたり静, 下女を, 与力の, 二人唐紙に, 云つたと, 他の, 俺が, 傾いたるまま, 入れて, 入れ違いに, 其の周囲, 其の姿態, 内の, 動いて, 同じ年, 呼ばれて, 呼寄せての, 堪えながら, 女の, 女らしい細々, 寝かして, 常磐とは, 平次が, 張り合った両国, 徳三郎と, 忠信とが, 忠信との, 忠信狐とは, 思いに, 成つて浮きも, 枕を, 沈着い, 火薬庫の, 無駄を, 独りで, 申すお, 申すもの也, 留まる, 眺めてさえ, 知盛亡霊その, 立ってると, 結婚する, 美と, 耐えて, 聞いて, 言ふ, 諜し合せ, 音の, 香ばしい味噌汁, 黙って

▼ 静さん~ (64, 2.1%)

2 の口, の行方, を始め七人, を若旦那

1 [56件] から親分, がちょうど, が命からがら, が気, が知ってる, が花嫁, じゃない, というの, といふ人, との関係, と一年前, と二人, にいひ, にだらう, にもよい, にやましい, に嫌われます, に対する敬意, に少し, に新しい, に親分, のあの, のいい, のお, のだったら, のだってね, のでなきゃ, のところ, のほう, のよう, の代り, の弓なり, の気, の疑い, の着物, はお袋, はお里, はどう, はまだ, は昼, は泣き, へは私, もお, よ, をもらう, を使い廻し, を劬め劬め, を捨て, を泣かせる, を締め, を誘い入れた, を調べる, を迎える, を養, 吸って, 構わないで

▼ 静~ (61, 2.0%)

3 相手に 2 呼んで, 始め七人の, 振返って, 遠巻きに

1 [50件] お袋の, こんな目, さしまねいて, ガラッ八, 中心に, 井戸端まで, 会稽の, 保ちおもむろに, 保ち徐ろ, 出したって, 助けて, 助けよう, 匿した, 口説いて, 叱り更に, 吊して, 呼びました, 呼出して, 命ずるも, 奪つて, 女房に, 妹とでも, 守り一切, 守るの, 家へ, 後に, 愛して, 感ぜしめ幾つ, 手離すべき, 抑えて, 拝んで, 振り返りました, 掻いのけるよう, 書きつつ, 殺そうと, 母親の, 犠牲に, 生じ静か, 相手の, 眼で, 紙屋に, 背負い病院, 自分の, 要と, 買い安, 賞し, 辛辣に, 顎で, 顧みて, 養うため

▼ 静まつ~ (52, 1.7%)

6 てゐる 5 た, てゐた 4 て居る 2 たが, た時, て来た

1 [26件] たこと, たと, たので, たやう, たりした, た刹那, た寺院, た影, た後, た瀬, た瀬戸内海, た薄闇, てはつきり, てみんな, てゆき, て一寸, て丸, て人, て又, て反対, て呑気, て崩れ落ちた, て息, て来る, て行つて, て街上

▼ 静~ (51, 1.6%)

2 にはよく, の方, の様子

1 [45件] から自動車, がそう, がただ, がキミ子, が云った, が他, が元気, が島村, が立, というの, とかいう芸者, とのこと, との様子, との視線, との間柄, との関係, とは何, と共に隠れる, と本当に, にたずねかけた, にたのん, につっかかっ, に託した, に逢いたい, に頼んだ, のあと, のこと, のふざけた, の体臭, の目配せ, の膝, の顔, はやがて, はやっ, はやはり, は一寸, は助け起そう, は叫んだ, は島村, は本当に, は笑い, は答えた, は電話, も生一本, を好き

▼ 静~ (41, 1.3%)

4 きに 3 き優雅 2 き海, き都

1 [30件] かりけり, きさ, きを, き呟きと, き国, き夕, き天, き太陽, き屋造り, き岸, き心, き春, き時今, き村, き村路, き正月, き死, き海原, き潮さ, き牛, き窓, き若葉, くなり, く一種, く人, く地, く宿っ, く湛え, く逝く, み真木

▼ 静なる~ (41, 1.3%)

3 池の 2 鳩尾の

1 [36件] うちに, かな, かなかきつばた, かな杜若, だけに下, に夫, に燈, の時, はるの日の, は淵, ものなり, を動かし, を喜び, を淑, シャロットには, 事は, 京の, 人なれ, 人にこそ, 仕舞家なりき, 冷やかなる, 可し, 地区には, 境なるべく, 夏の, 夜に, 夜にて, 日その, 日や, 日対岸に, 暮春の, 朝の, 林を, 水に, 病, 顫動

▼ 静~ (38, 1.2%)

2 の姿

1 [36件] が柱, が立っ, という画家, といっ, と少し, と称し, と謂った, について槍法, に反, に対する切々, に対する恋々, に死, に譲っ, に非, のよう, の一語一句, の名人, の妹, の影, の所, の書斎, の槍, の言い残し, はこ, はそう, は云う, は呼ぶ, は夭折, は峻烈, は年二十七, は怒り, は戸外, は朱子学派, は槍, は脚気, も理介

▼ 静~ (36, 1.2%)

2 りかえって, 勤めるの, 親分が

1 [30件] すっかり持て余し, すっかり泣き濡れ, とりわけ親切, もとは, よくそんな, りかへ, りのって, りよ, りを, り深く, り返って, り返つて, れる西片町, ハッと, 一時は, 三十年と, 久も, 今は, 優しい婦人, 八五郎も, 小半日この, 少し泣き出し, 帰って, 手伝って, 新三郎も, 母も, 真っ蒼, 義経も, 見すててまでの, 近頃は

▼ 静~ (35, 1.1%)

6 あつた 2 その上, 橋の

1 [25件] い, いい, お猫さん, さう, それに誰, ちんまりし, もう此処, よいさ, よいそう, 且つ快, 人殺しも, 今も, 何の, 好いねと, 好だろう, 妹お, 宿の, 心臓形の, 恐らく活動, 楽しかったろう, 歩く様子, 穏かな, 腕椅子に, 葉の, 静である

▼ 静~ (29, 0.9%)

2 は心

1 [27件] に向, に問, の持, の柱際, の見る, の語る, の顔, の驚駭, は何事, は壁側, は女, は客遇, は幾許, は急ぎ, は怪く, は慌て驚き, は教, は斜, は椅子, は窃, は西北, は雲帯橋, は館, は驀地, は驚き, より聞きつれ, を賺し

▼ 静~ (26, 0.8%)

2 さを, の気

1 [22件] が来る, が秀男, さが, だけを求め, だったろう, であった, との日々, とも研究, と休息, と精力, なの, なる生命, な夜, な生涯, な眼, に取り巻かれ, に多く, の天性, の島, もない, を乱される, を身

▼ 静~ (24, 0.8%)

1 [24件] から, から小言, から指導, から見込まれ, が自分, が重態, に就い, の処, の喜び, の如き, の年回, の恩命, の教, の本文, の根岸, の注釈書, の芸風, の血縁, の追善能, の門下, の風格, はそんな, も表面, を訪う

▼ 静~ (19, 0.6%)

1 [19件] が原っぱ, が周囲, が次第に, が理解, じゃ音, だけ, で何だか, といったら, と厚み, と寂し, に帰る, に此孤島, に睡り, に祟られた, に耐, に自分, は夜半, は小, 損なわじと

▼ 静~ (17, 0.5%)

4 ガラッ八

1 [13件] お前は, かなり, かにひとときあまり, かに泣き, かに神輿の, かに舞うたりけり, ね楽, 何処へ, 吉野様は, 子分の, 岡惚れ帳に, 長女の, 静や

▼ 静った~ (16, 0.5%)

2 あたりに

1 [14件] とき起き, のを, ように, ベルトの, ホールの, 伏見の, 家中に, 廓へ, 時刻である, 時私は, 玄関を, 真夜中の, 静な, 頃であった

▼ 静~ (15, 0.5%)

5 亭に 4 亭宿題 2 亭の 1 亭, 亭席上, 亭集に, 亭集の

▼ 静として~ (13, 0.4%)

1 [13件] いて, いられないから, しかも入, ちっとも動き, ゐないに, 何を, 先方に, 動かなかった草色, 居ました, 畚を, 置きたいが, 置きたいよう, 赤蜻蛉が

▼ 静~ (12, 0.4%)

6 の動 2 にあっ 1 に動, に描く, に渦, の工夫

▼ 静ちゃん~ (11, 0.4%)

1 [11件] かい, がね, がね昨日, さよなら, その娘, に, はどう, は近頃, もああ, や, や静ちゃん

▼ 静という~ (11, 0.4%)

2 のは, 妹と 1 いい女房, 一老, 二十二の, 仲の町の, 方面が, 末むす, 歌学者が

▼ 静には~ (11, 0.4%)

1 [11件] いって, こんな機会, その心, 何処か, 何処かに, 因果を, 少し済まない, 情夫が, 昔友達小, 死なれるし, 罪は

▼ 静~ (10, 0.3%)

1 から入らっしゃい, から勉強, けど下, し私, すえなあ, と思った, な, ね, ものだ, 事

▼ 静~ (10, 0.3%)

2 に幾度, も一緒 1 か, さすがそ, とあっし, に贈るた, はあした, 居るか

▼ 静もっ~ (9, 0.3%)

4 ていた, ている 1 てい

▼ 静とは~ (8, 0.3%)

1 けっして相, 人目と, 仮の, 仲好しの, 姉妹ぐらいにしか, 年齢の, 許嫁の, 限らない

▼ 静にて~ (8, 0.3%)

1 これは, 徒歩する, 毛ほどの, 涼風の, 熾熱燈の, 病臥する, 穉きもの老いたる, 趣なき

▼ 静力学的~ (8, 0.3%)

2 に述べ 1 であるのに, な快, な構造, に単なる, に考え, のもの

▼ 静って~ (7, 0.2%)

1 いる銅貨, しまう, しまって, タキシの, 一時森と, 揺れずなだらか, 黙ったが

▼ 静一曲~ (7, 0.2%)

41 で中, で大阪向き, やはりい

▼ 静力学~ (7, 0.2%)

1 この両者, に相当, の実験, の現象, は云わ, は言わば, を君

▼ 静~ (7, 0.2%)

1 と号し, に学び, の祭礼, は子, もこの, を回護, を評し

▼ 静~ (6, 0.2%)

6 ちゃん

▼ 静安寺~ (6, 0.2%)

2 の境内 1 がある, の私, は通じなかった, までと答えた

▼ 静安寺路~ (6, 0.2%)

1 のプール横, の可, の奥まった, の街頭, の西洋人, へ出

▼ 静葉さん~ (6, 0.2%)

1 から怒られた, にたずね, に逢っ, は, はどう, は急

▼ 静~ (5, 0.2%)

1 互に喜ん, 砂糖の, 静, 静と, 静紙入の

▼ 静です~ (5, 0.2%)

1 がこの, がさすが, が初々し, が真夜中, 実に静

▼ 静勝軒~ (5, 0.2%)

1 からは居, で歌合, と名付け, の大, を題

▼ 静臥し~ (5, 0.2%)

1 ていた, ている, て居る, ながらつくづく, 息子も

▼ 静臥椅子~ (5, 0.2%)

1 で沈黙, にうつす, に横臥, のほとり, の上

▼ 静~ (5, 0.2%)

2 の扉前 1 の夜空, の扉, 冥坐する

▼ 静お前~ (4, 0.1%)

1 のお蔭, の方, はおれ, は俺

▼ 静から~ (4, 0.1%)

2 動へ 1 いろいろの, 生じるもの

▼ 静といふ~ (4, 0.1%)

1 可愛い少女, 女からの, 意が, 睨みの

▼ 静なれ~ (4, 0.1%)

1 ば大原家, ば少し, ば日比焼きたる余気, ば蜻蛉

▼ 静にな~ (4, 0.1%)

1 さえましよ, つたあたりは, つてゐた, つて犬さへ

▼ 静もる~ (4, 0.1%)

2 という言葉 1 巨大な, 獄庭の

▼ 静り返っ~ (4, 0.1%)

2 ていた, ている

▼ 静~ (4, 0.1%)

1 とともに彼, と坊主, と見え, を窺う

▼ 静~ (4, 0.1%)

1 な南欧, の, の中, の姿

▼ 静~ (4, 0.1%)

2 をお 1 の界, をさわがせた

▼ 静~ (4, 0.1%)

2 の法 1 として蹲踞つて, の状態

▼ 静~ (4, 0.1%)

1 とを要するなり, の世界, は悟道, 以外に

▼ 静~ (4, 0.1%)

3 同照 1 同眠

▼ 静~ (4, 0.1%)

1 があらはれる, が来, と久我進, にたのまれ

▼ 静~ (4, 0.1%)

2 は自分 1 に遣, に遣わしました

▼ 静~ (4, 0.1%)

1 に大儀そう, を伝っ, を再び, を掴ん

▼ 静~ (4, 0.1%)

1 なる趣味, な家, にし, の境

▼ 静~ (4, 0.1%)

3 即動 1 のなか

▼ 静こころなき~ (3, 0.1%)

2 青年の 1 吐息お

▼ 静それ~ (3, 0.1%)

2 を揺すぶり 1 がお

▼ 静だった~ (3, 0.1%)

3 のです

▼ 静であった~ (3, 0.1%)

1 がまた, ものです, 父が

▼ 静である~ (3, 0.1%)

1 から動, から帽子, だけで

▼ 静では~ (3, 0.1%)

1 あるが, ない, なく南朝

▼ 静でも~ (3, 0.1%)

1 あり人, あれば, お町

▼ 静との~ (3, 0.1%)

1 あいだで, 結婚の, 関係なども

▼ 静もり~ (3, 0.1%)

1 に沈ん, に返つた, 依然として刀

▼ 静~ (3, 0.1%)

1 であるが, で鮮烈, なる哲学

▼ 静~ (3, 0.1%)

1 の人, を得, を求めた

▼ 静~ (3, 0.1%)

1 の世界, の両面, の二

▼ 静~ (3, 0.1%)

1 動と, 動という, 動として

▼ 静殿~ (3, 0.1%)

1 に打明ける, は, は江戸小石川

▼ 静~ (3, 0.1%)

1 がひらめく, が衝き当り, と為り

▼ 静立つ~ (3, 0.1%)

3 牛の

▼ 静羽織~ (3, 0.1%)

3 を出し

▼ 静からは~ (2, 0.1%)

2 何の

▼ 静こころ香~ (2, 0.1%)

2 をつぎ

▼ 静ごころ~ (2, 0.1%)

1 なし, 闌けつつに

▼ 静さんあなた~ (2, 0.1%)

1 のご, は弥之助

▼ 静じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ない俺

▼ 静その~ (2, 0.1%)

1 老母その他足弱な, 酒は

▼ 静たち~ (2, 0.1%)

2 の本当

▼ 静ちや~ (2, 0.1%)

1 んこの, んちよ

▼ 静ちやん~ (2, 0.1%)

1 から今度, にあげよう

▼ 静ってから~ (2, 0.1%)

1 廊下で, 法王に対する

▼ 静ってる~ (2, 0.1%)

1 中に, 街路に

▼ 静っと~ (2, 0.1%)

1 思案し, 沈黙した

▼ 静つたの~ (2, 0.1%)

1 を呼ばう, を見

▼ 静つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐた群衆

▼ 静としては~ (2, 0.1%)

1 いないから, いられないよう

▼ 静どの~ (2, 0.1%)

1 とその, に

▼ 静なり~ (2, 0.1%)

1 今日申剋御所の, 将軍家新

▼ 静にも~ (2, 0.1%)

1 口を, 美しく見えた

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 熱から, 猥らな

▼ 静より~ (2, 0.1%)

1 動への, 巴御前の

▼ 静り返~ (2, 0.1%)

1 つた夫婦が, ッて

▼ 静り返り~ (2, 0.1%)

1 表通りを, 遠くの

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 ずと, ず静ん

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 かな調子, かにくしゃみ

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 て見る, と寝かし

▼ 静中動~ (2, 0.1%)

1 ありとか, ありの

▼ 静二人~ (2, 0.1%)

2 の気持

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 太古, 無僧

▼ 静~ (2, 0.1%)

2 を言う

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 の袷, は何

▼ 静厳法印~ (2, 0.1%)

1 という者, の弟子

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 をもとめよう, を必要

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 のお爺さん, のオヂイ

▼ 静寛院さま~ (2, 0.1%)

1 とは和宮さま, と天璋院さま

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 の事, の追善能

▼ 静廬翁~ (2, 0.1%)

2 に語りし

▼ 静慮する~ (2, 0.1%)

1 ことによって, 回教に

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 さが, な瞳

▼ 静樹院~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれる, も政治

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 だとか, はまた

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 としていられない, 上人が

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 はよく, 変らず若く

▼ 静~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 な心境, の真

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 は宗朔, も亦

▼ 静~ (2, 0.1%)

1 から警鐘, とを祈った

▼ 静閣集~ (2, 0.1%)

1 に洛南元春, を読ん

▼1* [225件]

いつもの使屋, 静おいお静や, 静おれが死んだら, 静夜に, 静こころなく呼吸し, 静こころなし歇私的里の, 静こそ僅にも, 静これを性, 静ごころ君思ふ暫時, 静さんたちにそんなに, 静さん其単衣はね, 静さん弥之助さんの手紙, 静さん納得が行きました, 静ゃあるめえし増長し, 静なただけは, 静そんな事は, 静だけだが, 静だけが悲しそう, 静ちゃんあすこの引抜き, 静ちゃんお父さんよ, 静ちゃん何してるの, 静ちゃん眼がさめた, 静ちやんさへ差, 静ちょっと鎌倉町へ, 静やある, 静ついでに羊羹, 静つた和やかさで煙草, 静つた後に於, 静つた時唯一人舷に倚つて水, 静つてもとの通り, 静つて水を打つた, 静であり一は, 静であるべき大地の, 静でなければならない, 静とか何とか言いよう, 静とがすべての, 静ときわが酔っ払っ, 静とを相反する, 静ながら慕は, 静ならしむ死は, 静ならしめ学者の, 静なりし後遙に, 静なりとか死は, 静なりとは彼が, 静なるべきか, 静な曇った日に, 静な煙ったように, 静な鳴声が, 静にぞねむらせたまえ, 静にだけは兜を, 静にとって気に, 静にとも言い得ない, 静にものいふの, 静によ誰か目を, 静にをどる, 静への打擲折檻は, 静まつたら今度は, 静まで泣き声を, 静までが見送ったの, 静まりを匂わし, 静むるに又, 静むるため鼠を祝い込めた, 静むるのは幼き者, 静むる事百に一, 静もう覚悟を, 静もったが, 静よりの手紙届きぬ, 静よりはぐっと老け, 静らしてから油火, 静らしい姿も, 静らしく波の, 静し故に, 静りたるころ狐こ, 静りましょうまた若い, 静り行く夜の, 静り返った夫婦が, 静カナ月夜ヲ俺ハ想像スル, 静カナ海辺ヲ歩イテヰルト, 静カニ寝カサレテイタ, 静カニ考エテ見ルト, 静ガシャガンデ手伝イナガラ汗ヲ掻ク, 静ガ二人分ノ茶ト菓子, 静ガ二段ニ畳マレル籐椅子ヲカツギ込ンデ来, 静ガ東京ニオリマスコトハオリマスケレドモオ爺チャンヲオ一人オ残シ申シトクノハ心配デゴザイマスシソレニ軽井沢ハプールノ水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, 静ガ籐ノ寝, 静ガ茶菓ヲ運ン, 静ガ部屋ヲ出, 静ガ階段ヲ上ッテ行クノヲ見上ゲテカラ, 静ト一緒ニ這入リマスカラ, 静ト野村ガ見送ル, 静ニ処シテ以テ動ヲ観, 静ニ用事ヲ云イ付ケテ予ト巧ク打ツカルヨウニ豫メ仕組ンダノカモ知レナイ, 静ニ算盤ヲ弾カセテイルコトモアルガ, 静ニ聞キニ行ッテ戻ッテ, 静ニ西長安ニ入ッテ日延ニ, 静奴返答ニ困, 静急ニ, 静マリ向岸ニ移ラントスルニ河岸ニハ爆風ニテ重傷セル人, 静メヨウ興奮シテハナラナイト自分デ自分ニ云イ聞カセタガ, 静一両二分と六十八文, 静一人舞いたり, 静一人舞ひたり, 静一曲菊田詞の, 静七氏が予, 静三君昭和十三年初夏南昌空中に於, 静不憫なれど, 静中物化を観る, 静中観物化しずかなること林, 静乃亡霊を済度, 静と眺め, 静井戸と申, 静が見つめ, 静何刻だろう, 静が水, 静兼ね備えたこれらの, 静到来物の西瓜, 静前代未だ聞かず, 静力学初歩を教わった, 静力学航空学透視法波動学色彩論に関する驚嘆, 静力学静力学航空学透視法波動学色彩論に関する驚嘆, 静動二の間, 静動相半ばする風景, 静危うしとみ, 静台州開元寺僧思託, 静和尚が月, 静嘉堂と東洋文庫, 静に行つて, 静園つて何だ, 静坊おまえのかたき, 静居即, 静塔氏に序文, 静姐さんがお勝手, 静だったかな, 静学的観点を離れる, 静安さに帰ろう, 静するを, 静の高井, 静実に連れて, 静に移し, 静寿院法印竹内渭川院法印本康宗達法眼, 静山侯の, 静山公が儒者, 静山天下の第一人者, 静山山岡紀一郎の上達, 静山氏は帝展, 静崇高なる道念, 静な声, 静息んでは居られない, 静息山嶽は自然, 静は彼, 静な生活, 静に移る, 静支度をし, 静をお, 静映像で見た, 静の雨, 静れ心, 静朗さにはなかなか, 静にも似, 静梅龕俎堂等の名, 静母蘭の森林地帯, 静気の毒だが, 静を一杯, 静水臭いとは誰, 静波等と会, 静海軍の姚氏, 静な土地, 静が美人, 静無く椅子に, 静狙われた物を, 静親客, 静を得るらしく, 静なるもの, 静石原の兄哥, 静の気, 静称尼戒業精苦誦経四十五万言云々常に一虎, 静を片付けた, 静紙入の中, 静緒お前奥さんを那処, 静肅秘密を洩らし, 静がかなしく, 静によって瓦斯交換, 静臥しあらんはかへ, 静臥すべきベランダに, 静臥せり木枯に, 静臥中の病人, 静臥安居しおりたる屍体, 静船窓寂只聴清人賭博声, 静もやう, 静の夜気, 静芸術に流動, 静荷重にやっと, 静が自分, 静葉さんそれが当り前, 静葉ねえさんと島村さん, 静蓮寺にございます, 静を感じ, 静處先生を訪, 静虚子らの顔, 静衢州霊耀寺僧法載竇州開, 静っともない, 静して, 静視法即ち落ちる, 静覚悟は可, 静覧横田万年叔宗橘酒井安清多良辨夫及二児厚重, 静のみにて一日, 静読遊戯を行わず, 静しましょう, 静を報ずる, 静退的を, 静は池, 静過ぎる室の, 静邃閑寂の天地, 静里氏などであった, 静閑さがみち, 静閑眺望絶佳夜景ことによし, 静間もなく二人の, 静を離れ, 静な邸宅続き, 静雑色に命じ, 静が上京, 静雲寺に於, 静電場の遮断, 静静中の動, 静食物を少し