青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「開け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

閉め~ 開~ ~開い 開い~ ~開いた 開いた~ 開き~ ~開く 開く~ ~開け
開け~
~開けた 開けた~ ~開ける 開ける~ ~間 間~ ~間もなく 間もなく~ ~間違 ~間違い

「開け~」 6079, 58ppm, 1965位

▼ 開け~ (4924, 81.0%)

160 見ると 109 みると 68 いた 63 見た 51 入って 50 みた 47 見て 45 出て 40 くれ 33 中へ 32 入ると 30 顔を 29 外を 28 外へ 25 いる 24 下さい 22 くれた 18 入つて 17 ある, ゐた, 這入って 16 いて, 中に 15 くれたの, みて 14 中を 13 みますと, 見ますと 12 やると, 入った, 廊下へ, 覗いて 11 いるの, くる, そこに, みました, 來た, 見たが 10 そこから, 置いて 9 いると, くれました, はいって, 中から, 中の, 庭へ, 来た, 見せた, 見ました 8 しまった, 次の, 見ても, 這入つて

7 [18件] あった, おいて, おくれ, きた, くれと, みたが, ゐる, 何か, 入ったの, 入つた, 外に, 居る, 庭に, 戸外へ, 来る, 表へ, 見たり, 見れば

6 [18件] いるので, くるの, くれい, その中, 下さいな, 下さいよ, 出た, 四辺を, 廊下を, 息を, 来たの, 来て, 縁側へ, 見せて, 見ましたが, 見よう, 見るが, 首を

5 [34件] あって, あつた, あります, あるの, ある障子, いたが, いるが, おいたの, おくと, ください, くれる者, ごらん, やった, やつた, やる, バアと, 下手人を, 二人の, 人の, 内へ, 庭の, 庭を, 案内を, 狹い, 空を, 笑った, 縁側から, 縁側に, 行くの, 見ながら, 見ようと, 這入ると, 部屋の, 静かに

4 [51件] いたの, いること, おくの, くれる, くんな, ごらんなさい, それを, のぞいて, みたり, みる, みれば, みろ, やること, ゐたが, ゐて, パッと, パツと, 一人の, 乳房を, 來る, 例の, 入つたの, 出ようと, 大家の, 家の, 廊下に, 彼の, 待って, 御米, 戸外に, 手を, 水を, 目を, 眺めて, 私の, 私を, 笑つた, 置いたの, 自分の, 薄暗い部屋, 行くよう, 行李の, 見たこと, 見たの, 見る, 見る気, 読んで, 足を, 闇の, 隣の, 顏を

3 [84件] あたりを, あつて, あるが, ある本, ある硝子戸, ある窓, いった, いつもの, います, いるから, おけば, お話する, くださいよ, くるであろう, くるよう, くれたら, くれるの, くんねえ, しまったの, そつと, つかつかと, みい, みたいと, みたところ, みては, みても, みなさい, みましょう, みろと, もらって, やって, やるから, やんな, ゆく, チラリと, ヒョイと, 下さらないの, 下の, 中味を, 何かを, 入れた, 入れて, 内から, 出した, 出たと, 出ると, 呉れ, 声を, 外の, 天井を, 奥の, 室内を, 帰って, 帰つて来た, 彼女は, 御覧なさい, 御覧に, 戸を, 朝の, 来たこと, 来るの, 次の間へ, 海を, 現われた, 眠つてゐた, 眼を, 私は, 空気を, 腰を, 膝を, 茶の間へ, 行く, 行くと, 行った, 裏へ, 見た時, 見るまでも, 話して, 貰ひ, 這入つた, 隣りの, 靴を, 音も, 黄八丈の

2 [261件] あり其処, あるので, あるもの, いきなり長火鉢, いきなり離屋, いそいそと, いたらば, いなかったの, いました, いまして, いるうち, いるところ, いる家, おいてから, おくから, おくれと, おくれよ, おく習慣, お吉, お定, お由, お篠さん, かねて用意, きいきい鳴き続ける, きたので, きて, くだされ, くるもの, くれた入口, くれた時, くれないか, くれないの, くれながら, くれまいか, くれます, こは, しまいました, しまって, しまひました, せい, そこの, そこへ, その窓, それから, それが, なかを, なだれを, まが, みたくて, みたこと, みたの, みたら美事, みようと, みるの, もう一度しつかり抱き上げ, もらった, もらったの, やったところ, やらう, やりました, やれ, やれよ, ゆくと, ゐたの, ゐること, ゐれば, ズイと, ソツと, ノツソリと, ヒマラヤ杉は, ビシヨ, 三日越しの, 上げようと, 下せえ, 下を, 両手を, 中庭へ, 中身を, 丸木を, 主人の, 了う, 了った, 二人は, 二人を, 二階へ, 云つた, 人家が, 今では, 仔細に, 仰ぐと, 俊ちゃんは, 僕の, 入つた時, 入つて來, 入りながら, 入る, 入るの, 入れ, 入れる道理, 入ろうと, 入来る, 其處に, 出して, 出しながら, 出たの, 前の, 半身を, 厠へ, 呉れた, 呉れと, 唐饅頭を, 土間へ, 声の, 夜霧を, 大きに驚き, 夫の, 奥を, 女中が, 姉御兄貴は, 室の, 室内に, 小供, 小判で, 小鳥を, 少しばかり, 居た, 居たの, 居ります, 居る事, 居る間, 庄造の, 店格子を, 引出したの, 彼を, 往来を, 後の, 後を, 御置, 御覧, 御覧よ, 御覧遊ばせよ, 忍び込む天才的, 急が, 恐ろしいもの, 感ぜら, 慇懃に, 手に, 手ランプを, 手頃の, 招じ入れた, 探して, 敷居の, 敷居際に, 料理場へ, 昼寝を, 時々鼾, 暗い中, 暗がりを, 曲者が, 曲者の, 来たが, 来たと, 来たもの, 来たよう, 来ました, 来ると, 来るに, 枕を, 枕頭を, 棒立ちに, 植木屋松五郎の, 椽側へ, 欠伸を, 母様これを, 母親が, 水田が, 沓脱へ, 清に, 無意味に, 物を, 狭い庭, 狭い庭先, 猫を, 瓦斯七輪を, 男の, 相談し, 眞つ, 眼の, 着流しの, 私が, 私たちを, 立って, 笑いました, 笑つてゐる, 笑ふ, 締め直した者, 縁の, 縁側の, 置いたが, 置いた窓, 置いても, 置くから, 置くと, 置くわけ, 自分が, 自分で, 自分を, 自由に, 若旦那の, 薄明り, 行かない海岸, 行きそう, 行くさき, 行くやう, 行つた, 衝と, 表から, 表座敷へ, 裏の, 見せたり, 見たって, 見たまえ, 見たらどこ, 見たら例, 見たりなんか, 見ては, 見ましょうかな, 見も, 見ゆるあたり, 見ようじゃ, 見ること, 見るの, 見るよう, 見ろ, 覗いた, 覗きました, 言った, 言へば, 話し女, 誰か, 貧乏徳利を, 貰つて入, 貰は, 貰へば, 走りでた, 路上へ, 車から, 轉げ込んだ, 這入つて來, 這入つて行, 酒楼の, 金包みを, 鍋を, 閉てた, 閉てて, 開いた所, 開けて, 閾の, 頂戴, 飛出して, 黒い光る

1 [2268件 抜粋] あいさつする, あげるわ, あったから, あったん, あった障子, あの人, あらはれた時, ありまして, あり湖辺, ある小さい, ある瓶, いう, いく美しい, いたので, いた大町あたり, いちめんもうもうと, いつに, いないその, いなかったから, いなければ, いますよ, いられない, いるかの, いるその間, いるな, いるよう, いる処, いる少し, いる店, いる私, いる芒, いる頃, いわしの, うんここ, おいた丸窓, おいた部屋, おかれるよう, おくですよ, おくべし, おくれぬか, おく窓, おこうもの, おったが, おはいり下さい, おり片田舎, お出しなせえまし, お呉れやす, お母さんの, お美野, お蕗, お話し下さいます, お顔, きたでしょうからな, きちんと昼, くださませ, くるか, くるだろうそう, くれおじさん, くれそうそう, くれたろうと, くれた大谷検事, くれっ, くれないから, くれば, くれませんよ, くれるには, くれる様, くれ己, くれ開けて, こう言っ, こつそり, この切ッ, この部屋, こんばんはと, さあ飮, さっと塩風, さやう, しきりに中, しばらく帳面, しまえば, しまっちゃ, しまわないと, じっと耳, すぐ廊下, ずっと入る, そうしていつ, そこで彼, そちらを, そっと外, そっと隠し, そのトンネル, その内心, その埃, その日, その澄み切った, その綿, その車, そろそろ晴れ渡り, たった一, ちょうだいな, つくづくと, つぶやくよう, どうした, どつか, なくなりました, なんにもいわず, ぬいと, のぞきながら, のつ, はいり案内, ひしゃげた帽子, びっくりさせた, ふッくり, ぼんやり相手, まず自, また長い, まだ見ぬ, まわった, みせた, みせる, みたくらい, みたもの, みたら土, みたら違棚, みないで, みな貉や, みようか, みりゃ判ると, みるまでも, めい, もどって, もらいましょうと, もらったり, もらへるか, やつたり, やまぬもの, やりつつ, やるだらう, やる人, ゆき子は, ゆく一方, よいかの, より四通八達, わざわざ外, わっはっ, ゐたこと, ゐた事, ゐない可憐, ゐられないほど, ゐるきり, ゐる墓穴, アトリヱの, ウヰスキーを, ギリシア人などは, コップに, シルクハットの, ソコで, ナオミが, ヌツと, バァと, フラフラし, ベッドの, メートルグラスに, 一つの, 一二軒の, 一千三百六十米, 一息し, 一本を, 一歩酒屋の, 一目に, 一面の, 丈夫に, 三尺ほどの, 上げましょう, 上らうと, 上流を, 下さいこっち, 下さい災難事, 下さらんなら仕方, 不図百合子, 両手で, 中廊下, 主婦さんが, 乱暴な, 了は, 事務室へ, 二人で, 二階の, 五, 交通が, 今しがた喃々として, 今鳴る, 以来はじめて, 仰向いた, 伏せて, 体の, 何と, 何を, 何時に, 使が, 來れ, 側面から, 元気よく, 光りを, 入った男, 入つて行, 入り其の, 入り込んだもの, 入ること, 入るわけ, 入る者, 入んなさつたん, 公然と, 其の花, 内に, 内容を, 冷かに, 出た場所, 出ようとして, 出る物音, 初老の, 剃刀を, 加害者を, 北東に, 十五・二八の, 千両箱を, 半ば繰開い, 南の, 厚い下, 参るかも, 又閉め, 取り入れるよと, 受取って, 叫んだ, 台所まで, 合図を, 向うを, 吹雪の, 呉れなかったらしいの, 呉絽の, 呶鳴つた, 呼び込めば, 唇を, 喜んだ, 嘗て見た, 固唾を, 地方色を, 垂, 堪へ切れずに, 夕映の, 大きな円髷, 大上段に, 大千世界を, 天狗原乗鞍の, 奥に, 女が, 女房の, 婆さんに, 子細に, 客を, 寄洲なども, 寝てるが, 寝るほどの, 寢る, 小さなぶと, 小さな瓶, 小太郎の, 小脇の, 居た私, 居つて, 居ようと, 居らぬ時代, 居るか, 居るの, 居る時, 屋上庭園へ, 岡本の, 島田髷の, 左右を, 己と, 平伏して, 広巳, 床を, 座敷に, 廂間から, 弟と, 張って, 彼地の, 往来に, 待った処, 後から, 御らん, 御覧なすっ, 忍びやかに, 忽ち小走り, 怪しの, 悲しそう, 戸口に, 手招きを, 把手に, 拝んでは, 掛暖簾を, 握手し, 整然と, 断言します, 新機運, 明らかなる, 易々と, 昼の, 暗い上り口, 暗い階段, 書く気, 月下に, 本箱の, 朴鳳錫が, 来ただから, 来たやう, 来た郊外, 来ながら, 来るかも, 来るなんて, 来る感じ, 来れば, 林の, 梯を, 植込の, 様子は, 樹立が, 櫟林を, 次の間から, 歓喜の, 此の, 歩きだす様子, 残りの, 気持ちよさそう, 水田にも, 沓脱の, 泣き出しました, 流木も, 海, 消へる, 済まないとは, 湖の, 滑るよう, 火の, 炭団の, 無理に, 熟と, 父は, 物干, 狭い中庭, 猪之吉の, 玄関から, 現はれた, 生えて, 申さねば, 畑に, 疊に, 白い身体, 百姓家らしい, 直ぐに, 相談に, 真名古が, 真紅な, 眠つてゐる, 眺めると, 眼下に, 石階の, 確かめるの, 神様の, 私と, 稲田の, 穴の, 突立っ, 窮屈な, 立ちも, 竹林の, 笑い出した, 笑って, 笑ひました, 約七八時間位, 紐を, 給べと, 綿密に, 縁先から, 置いたため, 置いたらしい裏木戸, 置いた戸, 置かなん, 置くからね, 置くの, 置く方, 羽子を, 聞いた, 聾が, 背戸畑へ, 胸一杯に, 腹が, 臆病疾に, 舳に, 若いマドロス, 茜さんの, 草も, 荷物を, 蒲団を, 蔡家溝駅駐在セミン軍曹と, 薄暗い廊下, 血に, 行きます, 行くだけ, 行くばかり, 行く岸, 行った土地, 行つて人の, 裏に, 裏手の, 西澤金山などが, 見せなければ, 見せよう之, 見せろ, 見たいと, 見たくなるの, 見たと, 見たら大きな, 見たら隅, 見た筈, 見といて, 見に, 見ましたの, 見まわしますと, 見ようという, 見るに, 見る男爵, 見ろと, 見廻は, 見詰め続けて, 覗き込む, 親分を, 計算を, 訪れると, 話した方, 語った, 読む天窓, 誰かが, 調べて, 谺響の, 貰いとうござんす, 貰おう, 貰つた, 貰つて道臣の, 貰ふ, 贅沢な, 走り入っ, 起き直, 跨ぐと, 踏み込むと, 身体を, 転げ込んだの, 近郷の, 逃がしたの, 逃げようと, 這入ったと, 這入るところ, 通して, 進んで, 遠からず, 遣つた事, 部屋に, 酒を, 重い靴, 鉛板葺屋根に, 銭を, 門の, 間近く亜鉛葺, 閾を, 陶の, 隅っこの, 障子を, 隣座敷から, 雪の, 雷の, 青い繻子, 静かには, 面會だ, 頂こうかしら, 顏だけ, 顔洗いに, 飛びまはる方が, 飛び込んだ, 飛出すと, 食つ, 飯の, 駈けだして, 駿介は, 高木が, 魂消て, 鳩尾を, 麦を, 黒光りに, 黙ったまま三和土

▼ 開け~ (161, 2.6%)

3 それは, 飢ゑ凍えし 2 すぐに, 依稀, 刈りしほの, 煩悶を, 輙ち罵る, 風も

1 [143件] いいのに, いつでも, いながらにして蜀, お寺も, かえって不幸, この類, こは, これで, これを, じつくり人, すぐどなた, すぐにも, すぐわかります, すぐブルジョア, すなわち, そのまま入っ, その音, それこそ, ただもう, ただ時鳥, たちまち眼, たちまち自ずから閉ずる製ゆえ何, はや往来, もう部屋, もっと大きな, よくて, わが影, フランケンシュタインという, フランス語や, 一様に, 三四畳の, 下へ, 不折子, 世界一流の, 世界観世界観と, 中から, 中は, 事毎に, 何も, 何もかもが, 何もかも判っ, 何事ぞ, 余は, 例の, 先だつもの, 先づ薔薇の, 共産圏から, 其人無事也凋め, 内には, 写真も, 分ります, 到る所師, 十二合すれ, 合言葉である, 向島なり, 唯一ト言美尾は, 図は, 国民は, 堀の, 塵箱の, 声は, 外より, 夜は, 大津絵を, 大空に, 大衆に, 天一坊は, 天色常に, 女子股を, 奴等の, 妥協的な, 姿が, 孔明を, 官吏の, 宜いのです, 容易に, 寒かった, 尽大地の, 巴山は, 巻頭には, 常に自由競争, 常に自由競爭, 常に解脱, 年月の, 幾重の, 必ず, 必ず南仏陸地, 必ず新鮮, 必ず眼, 必ず笑聲, 忽ち座, 怖るべき, 悪罵百出瞋目戟手と, 惡罵百出瞋目戟手と, 戦災者だ, 戸外は, 扇子から, 新政府, 昔は, 暗闇の, 本尊の, 東の, 案の定いつもの, 梶棒を, 椽側から, 正義と, 水田に, 海水が, 烏おどろき, 燦然光明一時, 玄関である, 玄關である, 現われしは, 田に, 目のあたりに, 直ちに解る, 直に神語, 砂が, 神速に, 私は, 窟中の, 竹林の, 綱紀粛正と, 編笠脱, 總てが, 耕作の, 聞きしに, 胸部に, 薄墨の, 薄汚なき戸, 西洋文明の, 言って, 路の, 近眼の, 遠からん者, 酒は, 長官や, 閉る, 雷の, 霜如雪, 青蛙は, 馬糞が, 馬鹿に

▼ 開け~ (101, 1.7%)

9 行った 5 かかる, なって 4 かかった, 行く, 行つた 3 なりました, なる, 出て, 行くと 2 來て, 出た時, 掛ると

1 [52件] いきますと, いって, かかったが, かからなければ, かかると, きたの, きません, くるまで, くるよって, くる人間, なったり, ならなかったとか, ならなかったん, ならぬよう, なりましたよ, なる上, やった, ゆきました, ゆきますと, ゆく, 下へ, 下りた, 來たんだらう, 出たが, 出ました, 参りましたよう, 廻って, 往って, 成つた足に, 掛かった, 朝疾く, 来たん, 来て, 来るだろう, 来る様子, 玄関へ, 立った, 立って, 立つ, 立つた, 立つて, 行きました, 行く容子, 行く校長, 行こうと, 行ったの, 行つたのも, 行つた伊之助だ, 踏張りながら, 近づいて, 駆け寄った, 駈けよった

▼ 開けたり~ (82, 1.3%)

18 閉めたり 7 して 6 閉じたり 4 した, しめたり, 閉ぢたり 3 締めたり 2 つぶったり, 新国道

1 [32件] しちゃ, しちや, する, すること, するしぐさ, すると, するのに, する抽斗, する毎, それからお, はめたり, カー大使を, ピシリと, ミケーネーより, 乏しい家具, 家より, 尻ごみし, 岩村田よりや, 時ならぬ, 桓根に, 梯子段の, 欄間の, 瞑ったり, 石を, 耳を, 葛籠の, 蜘蛛の, 跣足の, 隠れたり, 離れたり, 餘計な, 鼻の

▼ 開けては~ (81, 1.3%)

7 ひつて 2 いけない, いけないよ, ならぬぞ, ならんぞ, ひつた, ひると, 種々な

1 [60件] あったが, いいが, いけないこと, いけません, いつた, いないの, いません, いられなかった, いる, いるが, いると, いるなり, くれないであろう, くれなかった, くれなかつたさ, くれなかつたん, くれません, しきりに小首, その底, ならない, ならないと, ならないもの, ならない函, ならなかった, ならぬっ, ならぬと, ならぬ定め, ならぬ海, ならぬ秘密, ならん, なんねえちゅう, みたが, みるの, わざわざ甲板, ゐるが, フーッと, ペンを, ヨードホルムの, 一大事なり, 不可ません, 入ると, 力なく, 向ふ, 君の, 困ります飛んでも, 困る, 居ないの, 洟たれ, 満員の, 激しい夕焼, 激しい夕燒, 父の, 特別に, 若いお, 見ず仕舞, 見るの, 言い難い, 誰かの, 遁げられる, 障りが

▼ 開けても~ (46, 0.8%)

2 いいの, 宜う

1 [42件] いいでしょう, いいです, いつぱい, くれるだろうが, そこに, その眼, だんだんあたり, ないケース, みた, みないうち, よい, よさそう, ゐない, ハッと, 三四ページも, 上へ, 二人を, 内は, 可く, 夜が, 大丈夫かなあ, 好いの, 宜いか, 宜いのかえ, 庭へ, 明かないの, 更けた夜半, 来ようけれど, 桟敷に, 正面に, 此通り女房は, 気は, 絵が, 苦しゅうござりませぬか, 表の, 見ずに, 見ず手拭, 見ないで, 逃げない程, 遅くは, 雨は, 風邪を

▼ 開け~ (36, 0.6%)

9 なして 3 なされて 2 しないかしら, するが

1 [20件] したけれど, しまいか, しまいかと, なされその, なされたいくつ, なされた二つ, なされた大きい, なされシャンデリア, なされ背戸, なしたまま, なしたドア越し, なした二階, なした披戸, なした窓, なした縁側, なしで, なし中央, なし薪, ッと, 早かった

▼ 開けながら~ (32, 0.5%)

2 云った

1 [30件] いつに, こう言った, こんな離れ島, そっと川, ちら, どうかと, やあ早かっ, フト小径の, ヤアと, ヴェルネ氏に, ヴエルネ氏に, 云つた, 入口の, 口笛を, 呼んで, 尋ねた, 心配そうな, 手招ぎを, 手摺付の, 未だ廊下, 母親が, 滴す, 皮肉さうに彼等を, 聲を, 自分の, 自分は, 言つた, 言ふ, 赤ん坊に, 長長と

▼ 開け~ (19, 0.3%)

9 へすれ 1 うだった, うもないの, したが, しただけでも, した時, せまいとして, っしゃりませ, っしゃるな, へした, へしなけれ

▼ 開けてから~ (19, 0.3%)

2 宗之助が, 誰か

1 [15件] お下り, この国, そつと, その美貌, また見廻った, 一月も, 半刻, 大阪外語の, 始めて万葉集, 後の, 揮り返っ, 第三者たる, 若い者, 話す, 餘り

▼ 開け~ (13, 0.2%)

5 放しに 4 放しで 1 放し, 放したまま, 放した唇, 放しな

▼ 開け~ (12, 0.2%)

1 [12件] いうの, いって, おき, くれよ, 主張し, 云うなり, 云つても, 号令を, 呼ぶ者, 命令する, 注文した, 言われた

▼ 開け~ (11, 0.2%)

1 [11件] から一枚, から何, から明日, から淡, に納, に這入つた, の白酒, へ入っ, へ踏込ん, へ這入る, をひと

▼ 開けその~ (10, 0.2%)

2 空を 1 かくしを, はてには, ひきだしを, 中味を, 余勢で, 彼方に, 根元に, 水の

▼ 開けさえ~ (9, 0.1%)

9 すれば

▼ 開けそこ~ (9, 0.1%)

1 からそっと, から一つ, から弁天堂, から紙, から身, からTAXIDO, にしがみつい, には彼女, へ当然

▼ 開けちゃ~ (9, 0.1%)

2 いけないと 1 だめ, ならねえぞ, ならねえよ, ならねエ, アいけねえ, 困るじゃ, 見い見いしたもん

▼ 開け~ (9, 0.1%)

1 であった, のわからない, の訳, は実に, は尋常, をなし, を口走る, を知らず, を間違えたら

▼ 開けやう~ (8, 0.1%)

1 とした, として, として中, としなかつた, とする, とせず, ともしなかつた, はありません

▼ 開け~ (8, 0.1%)

3 の値 1 だけである, だけを選ん, における測定値, の中, の測定値

▼ 開けたて~ (7, 0.1%)

1 が騒々しく, にも気, にも紙, に扉, の音, を乱暴, を正確

▼ 開け~ (6, 0.1%)

1 ですが, としては私, もきかされ, も聞い, をしなけれ, を書物

▼ 開けそれ~ (5, 0.1%)

1 から格子戸, が大きな, と向い合っ, を背後, を閉じる

▼ 開けちや~ (5, 0.1%)

1 いかんよ, いけないよ, ならねえよ, ならねエ, 下さいませんか

▼ 開け~ (5, 0.1%)

1 しないのに, しましょうが, するだらう, せず, やらずはてな

▼ 開け~ (5, 0.1%)

21 へ思ひ詰めし, へ情なき, へ瀧口殿

▼ 開けそれから~ (4, 0.1%)

2 中へ 1 懸金, 格子戸を

▼ 開けてと~ (4, 0.1%)

1 びだしたまえ, 云ったん, 思いつづけて, 言う婦

▼ 開けてよ~ (4, 0.1%)

2 うく見ろ 1 お姉さん, ずっとご

▼ 開けはなし~ (4, 0.1%)

1 なん, にし, になっ, の門

▼ 開けよう~ (4, 0.1%)

1 がない, が平常, のわからない, をありのまま

▼ 開けあの~ (3, 0.0%)

2 晩は 1 ギヤーマンの

▼ 開けかた~ (3, 0.0%)

1 で襖, も知らず, よ

▼ 開けてを~ (3, 0.0%)

1 かなんだ, りますが, るの

▼ 開けばこそ~ (3, 0.0%)

2 音吐朗々として 1 私どもは

▼ 開けわが~ (3, 0.0%)

2 憩ふかも 1 宮中に

▼ 開け~ (3, 0.0%)

2 拡げた山 1 放しな

▼ 開け初め~ (3, 0.0%)

1 である, で長崎, は冷

▼ 開け~ (3, 0.0%)

1 にはまだ, に阿片, を後ろ

▼ 開け渡し~ (3, 0.0%)

1 といふ時に, のご, は成りかねる

▼ 開け~ (3, 0.0%)

1 も半眼, をすゑ, を細く

▼ 開け~ (3, 0.0%)

1 の雨戸, を開け, を開け窺っ

▼ 開け立て~ (3, 0.0%)

1 し果ては, に齒, や階段

▼ 開け~ (3, 0.0%)

1 は雲, を入れる, を跳ら

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 開け, 願ひだから

▼ 開けこの~ (2, 0.0%)

1 戸を, 隙間に

▼ 開けごま~ (2, 0.0%)

2 の実

▼ 開けしばらく~ (2, 0.0%)

2 室内の

▼ 開けそして~ (2, 0.0%)

1 そこに, 部屋の

▼ 開けたてごと~ (2, 0.0%)

1 にカギ, に大

▼ 開けたま~ (2, 0.0%)

1 へ, へいとも

▼ 開けちゃあ~ (2, 0.0%)

1 いけないって, 不可ません

▼ 開けつぎ~ (2, 0.0%)

1 に探し, に英国

▼ 開けてからは~ (2, 0.0%)

1 かりに著しく, その構造

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 それは, 網の

▼ 開けでも~ (2, 0.0%)

1 しないと, すると

▼ 開けという~ (2, 0.0%)

1 命令だ, 目を

▼ 開け~ (2, 0.0%)

2 へんのや

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 ジョー, セサーミ

▼ 開け三人~ (2, 0.0%)

1 が吸い込まれる, の子供

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 から微か, 顎を

▼ 開け且つ~ (2, 0.0%)

1 古の, 都人士の

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 がはいる, の布団

▼ 開け入口~ (2, 0.0%)

1 のところ, を掃き清め

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 へ飛び込んだ, を窺っ

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 もとの, ピンと

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 の気もち, 暑さ

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 から丸太, へ顔

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 いと思い, いと思う

▼ 開け座敷~ (2, 0.0%)

1 へ這い上る, へ這入った

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 の空気, へ入っ

▼ 開け廊下~ (2, 0.0%)

1 に出, へ出

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 と柱, をくり掃除

▼ 開け曲者~ (2, 0.0%)

1 か外, が外

▼ 開け段六~ (2, 0.0%)

2 を押

▼ 開け水の上~ (2, 0.0%)

2 へ架け出した

▼ 開け白い~ (2, 0.0%)

2 切れを

▼ 開け~ (2, 0.0%)

2 を吊し

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 して, も特別出演

▼ 開け芝居~ (2, 0.0%)

2 染みた仰天振り

▼ 開け若い~ (2, 0.0%)

1 大学生を, 女を

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 を蹴破り, を開け

▼ 開け部屋~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ 開け金箱~ (2, 0.0%)

2 を持出し

▼ 開け階段~ (2, 0.0%)

1 の降り口, を降りかける

▼ 開け~ (2, 0.0%)

1 がふる, に濡れた

▼1* [304件]

開けあるいはデカルトが, 開けいかにも四隣の, 開けいつになく, 開けかし美くしき歯, 開けかすかに光苔, 開けから手で, 開けがくと水, 開けくさりをたち切っ, 開けぐいと握る指, 開けけしの実, 開けけろりと真顔で, 開けよい六百人, 開けこうした新しい世界, 開けこよひ六百人, 開けざまづかづかと, 開けしかこの雲, 開けしきりにそこここと, 開けじっと視線を, 開けじーっと息を, 開けそうにも見えない, 開けそっと廻廊の, 開けそのまま閉じるの, 開けそりをバック, 開けたりと雖ども我國人は, 開けたりなんかして, 開けたりなんぞしちゃ, 開けだらしのない, 開けだれも追い立てる, 開けちっとでも清潔, 開けちやア困るぢ, 開けちや駄目よ馬鹿, 開けちょっと考えてから, 開けつめものの綿, 開けつるがご, 開けてかそれは, 開けてからも二月ばかり, 開けてさ臭うでしょう, 開けてさえくれれば, 開けてずつと入つて, 開けてねそれへ, 開けてのそりと, 開けてははははと笑った, 開けてべえっと, 開けてまでもいろ, 開けてやしないわよ, 開け照る月, 開けども明を, 開けながらと声を, 開けはだけおはぐろ, 開けはだしで外, 開けはては背皮まで, 開けばらばらと小口, 開けぱなしだからすっかり見通し, 開けぱなしにしてあるので生暖かい空気, 開けひとたばの, 開けひどく感心した, 開けほかのドア, 開けほんとうに姿, 開けぽかぽかと陽, 開けまた雨戸を, 開けまだ半煮え, 開けまでにはわずかな, 開けみずから後を閉め, 開けめえなそんだから, 開けもつと眞劒, 開けやがて左側の, 開けわが国はいわゆる, 開けわが国商業劇場の習慣, 開けわずかに開いた, 開けすること, 開けアジア西部の諸国, 開けアラ神を曝露, 開けウィルキンソンタンサン取り氷, 開けオーバーを出し, 開けカッカッカッとせっかち, 開けクラムも自分, 開けサヨはそこ, 開けスーッと立った, 開けチュウとも言っ, 開けッぴろげな芸であったが, 開けトロ族の諸君, 開けドアの内側, 開けベル装置の外線, 開けポッカリとその, 開けルパンを中, 開けレコードを択, 開け一切の煩悶, 開け一同そろって, 開け一方は閉ぢ, 開け七インチぐらいの見る, 開け万里雲晴れて, 開け丈八の大, 開け三百両取出したに, 開け三百兩取出したに, 開けから四番目, 開け不安さうに房一を見上げた, 開けその繁栄, 開け中流は平, 開け串柿を横ざま, 開けをざま, 開け乱髪の間, 開け亀田を伴い, 開け二人の盗賊, 開け二人一緒に部屋, 開け二寸開けいかにも, 開け五人十人二十人となく, 開け五通の手紙, 開け交通の頻繁, 開けはその, 開け人々は争っ, 開け人口が多く, 開け人民の思想, 開け人聚るに, 開け人類が進歩, 開け人麿赤人より降つ, 開け今度は閉められぬ, 開け伸びをする, 開けがおかしい, 開けに如何なる, 開け候平地沃野のみにて樹林鬱茂, 開けが司会, 開け其中には思ひ, 開け其処に神, 開けで身, 開け剽軽な和平どん, 開け加減の音, 開け勝入の嫡子紀伊守, 開け勝手へ駆け込む, 開け匂いをかい, 開け北方には伊吹山, 開け千両箱を二つ, 開け千兩箱を二つ, 開け千山東方の空, 開け又一が召集, 開け各国四方に相, 開け和尚が髪, 開け商業が開け, 開けの奥, 開け囘教も亦, 開け国内の事務一, 開け国庫に収入増し, 開け地味な室内着, 開け坪庭のドウダン, 開けを躍っ, 開けに苦し, 開け夜光の杯, 開け大きい黄色い歯の, 開け大きな体を, 開け大切そうに藏, 開け大団円を見, 開けの日記帳, 開け奇蹟にでも縋る, 開け女優周旋業を思ひ立ち, 開けを入れ, 開け姿を消す, 開け子供ごころにも白一といろ, 開け対岸には四, 開け小さな瓶を, 開け小丹波白丸数馬の切通し, 開け小刀と鰹節, 開け尿を二階, 開け展げて爽, 開けにはつつじ藤, 開け山並が望まれる, 開けの手, 開け市外はみな農田, 開け布帛を開い, 開け廊下伝いに往, 開け当人にもそう, 開け込んで, 開け怪しい森が, 開け恰度そこからのり出す, 開け或は地方住民の, 開け戸口が増加, 開け手紙や葉書, 開け手足心息まったく一つ, 開け折戸の許, 開け掃除を濟, 開け擴げたじゆんの, 開け擴げたものがある, 開け斎藤氏のすぐ, 開け方家に置い, 開け方足の運び, 開け方面によっては相当, 開け明年以後は無事, 開けがいっぱい, 開け春琴が伏戸, 開けを研究, 開け暫く何か, 開け月光を一杯, 開け朗かになつて, 開け木の間隠れのあちらこちら, 開け木戸を通り, 開け木箱を取り出し, 開けにける, 開け来り迎, 開けの箱, 開け桜貝のよう, 開けをこ, 開けが透い, 開けの化粧, 開け正気となり, 開けの間, 開け歯列がゾロリ, 開け歯刷子とチューブ, 開け殖林が疎ら, 開け母親と妹, 開け民間人士の実地, 開け気もちのいい, 開け気晴らしに好き, 開けを汲ん, 開け水天の際, 開け海上一里ほどの正面, 開け深夜の戸外, 開け漸く擴ご, 開け潘爺さんの手, 開けの底, 開け火鉢に炭, 開け無断で椀, 開け無遠慮に屏風, 開け煉瓦の際, 開け燈火の光, 開け狩装束の侍, 開け田所町の通り, 開け田畑が変じ, 開け白米を吐き出した, 開け皇化がこの, 開け目の玉がとびでる, 開け着物を脱いた, 開け矢来の果て, 開け砂利を踏ん, 開け破損れた笙, 開け碓氷川も漸く, 開け礼拝の支度, 開け神戸まで見送っ, 開け出る鹿子, 開け立派な腕環, 開け笑殺一番するくらいの, 開け三の, 開けをつまみ出し, 開け米国にもかのアブラハム・リンコルン, 開けの舌, 開け紋兵衛は葉, 開け絶頂始め坊主小屋等は碑祠, 開け緊張した様子, 開けが乱れ, 開け総司を見詰めた, 開け緑色の波, 開け縁側から庭, 開けを通して牽かれ行く, 開けを按じ, 開けたまま自分, 開けの頭, 開け芸術においてはその, 開け若君謙之進の身, 開け苦しき声を, 開け茶菓子を運ん, 開けごしら, 開け落葉の山, 開けに相, 開けを探した, 開けの水道傍, 開け裏庭をのぞく, 開け覗き見て, 開け諸家翻訳の書, 開け谷中一千町中の麦畑, 開け象牙の柄, 開け貴婦人令嬢列席の大, 開け足元を指し示した, 開け跣足で外面, 開け農林省からの使ひだ, 開けも大きに, 開け遺言の吹込ん, 開け部屋ごとに縁端近く燭台, 開け部屋じゅうへ日光, 開け郵便物を撰, 開け重病人か見知らぬ, 開け重詰を出し, 開けを奪, 開け金貨や紙幣, 開け鉱山局長はじめその後について廊下, 開け銭はなし手はなし, 開けを開け, 開け閉ぢ撓み繞, 開け関東危しとならば, 開け障子も雨戸, 開け雜草茂生するの間杜若目, 開け離座敷のゆき子, 開けそうに, 開け雨戸を開ける, 開けの深, 開け雪動の連峰, 開け雪洞を差出し, 開け面体を匿, 開けのままヅカヅカ, 開けて全身, 開けを私, 開け餌食も多い, 開けを傾け, 開け高鼾で眠っ, 開け鬼王帝釈に化け, 開け魑魅遁竄して, 開け黒い佃, 開け黒部の本谷