青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「閉じ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

長男~ 長者~ ~門 門~ 門人~ ~門前 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ
閉じ~
閉め~ 開~ ~開い 開い~ ~開いた 開いた~ 開き~ ~開く 開く~ ~開け

「閉じ~」 1332, 13ppm, 8583位

▼ 閉じ~ (911, 68.4%)

73 いた 37 しまった 30 いる 13 いたが 11 いるの 9 いた眼 7 いたの, いると, しまって, 了った 6 しまう, 何か 5 いた目, いても, 眠って, 頭を 4 いて, 聞いて, 自分の

3 [16件] あって, いたから, いました, しまいました, しまうの, じっとし, みると, 一言も, 了う, 口を, 寝て, 彼は, 机の, 涙を, 腕を, 首を

2 [42件] いたこと, いたので, いるうち, いるよう, いる時, いる眼, いる瞼, いる間, お雪, しまいましたが, しまうこと, しまったの, しまったよう, しまわせずに, それを, やって, 下さい, 両手で, 何事をも, 又も, 唇を, 安らかに, 客を, 居たが, 彼を, 手を, 暫く考え, 横を, 歯を, 眠りに, 私の, 終った, 終って, 考えて, 考え込んで, 行った, 見る, 身動きも, 運命を, 鉛筆の, 頭の, 首垂れた

1 [534件 抜粋] あいつの, あった, あった事, あり両端, あるから, あるが, あるはず, ある垣, あれば, いかにも心地よ, いかにも特別意味, いくよう, いたいと, いたここ, いたし, いたため, いたと, いたもの, いたやつ, いたよう, いた人見又四郎, いた半平, いた政枝, いた白い, いた祖母, いた秀吉, いた私, いた聾, いた茜さん, いた駒井能登守, いった, いつまで, いつまでも, いと物静か, いない, いなさるの, います, いませんでした, いよう逸るまいと, いるが, いるころ, いるその, いるだろう, いるばかりと, いるふう, いるもの, いるイエニー, いる一人, いる両方, いる以上, いる余, いる信子, いる城門, いる大亀, いる女, いる彼, いる心, いる感じ, いる栄介, いる様子, いる病人, いる目, いる眼瞼, いる睫毛, いる私, いる老い, いる苦し, いる陽子, うす笑い, うっとりと, うつぶせに, うつらうつらと, うとうとし, うなずいた, おいては, おいで, おいでか, おいでだった, おきますので, おしまいに, おって, おられるよう, おります, かぎつけた事がら, がっかりした, きたの, くる, くるまで, くれ, くれる人間, ぐっと横, ここを, ことり, この圧し, この戦乱, この直径二間半, こらえて, これを, こんなこと, ささやく言葉, さぞ気, しかしまだ, しばらくの, しばらくは, しばらく念ずる, しばらく考, しまいすっくと, しまいその, しまいたくなった, しまいます, しまうだろう, しまう女子供, しまう廉恥, しまったが, しまったであろう, しまったと, しまったん, しまつ, しまふと, じっと佇ん, じっと枕, じっと焚火, じっと窓, じっと考えこんだ, じっと考え込みました, じっと記憶, すべすべした, そのまま彼, その枕頭, その願い, そばに, そんな言葉, ただ一度, ただ慄, ちょっと黙祷, つとめてその, とうとう一言, ともすれば自分, なお一倍, なにごとかを, ひとり慟哭し, ぴーんと金具, ふたりが, ふるえる掌, ぷんと異様, ほっと息, ほんの僅か, またと, また念仏, また言った, また開いた, まるで失心, みずから快し, みたり, もう一度眼, もがけるだけ, もっと安らか, もらさぬつもり, やった, やったの, やらなければ, よかろう, よりかかって, アルコールが, ウツラウツラし, カーテンが, ギイギイ水車を, クリストフを, ゴックリと, ゴーゴンは, スヤスヤと, タップリと, ニヤリ笑い出し, ハタハタと, ブツブツお, ブルブルふるえ, ポケットに, モジャモジャした, 一せいに, 一切の, 一本松事件に, 一途に, 三人の, 上の, 両の, 中の, 中西の, 了って, 二三の, 二三度頭を, 云った, 人類が, 今一度若, 今回の, 今度は, 仕舞います, 以後これについては, 仰向, 仰向いたまま, 低く何, 何も, 何ものかを, 何やら二三分間, 何を, 何処へか, 例の, 侏儒の, 俯向いた, 側の, 元の, 入れないの, 入れなかった, 兵にも, 内へ, 内部を, 再びはいる, 再び物, 再び眠ろう, 再び筮竹, 写真を, 凝乎, 凡ての, 凹んだ両, 出なかったと, 出なかった者, 出入りしない, 分別した, 前に, 前肢を, 動かざる男女, 動かず, 動かない伊豆, 十五年の, 卓子の, 卓子灯を, 厚く之, 双方の, 口の, 口許に, 右手の, 右手を, 向うを, 呂布を, 呻く声, 呼吸を, 唸って, 商売を, 嘆息した, 固く一室, 国中からば, 國会は, 地に, 坑道の, 堂々童貞, 堪忍の, 塀の, 外に, 外へ, 夜明けまえ, 大きな眼, 天地寂滅の, 太息つきし, 奉行との, 女の, 嬰児の, 字引を, 宇治は, 守備第, 宝珠かの, 家の, 密, 富山へ, 寝に, 寝附, 寝静まって, 小さく小さくちぢまりました, 小首を, 少し口, 少年の, 居たよう, 居ります, 居るけれど, 屈託らしく, 左手の, 帝御, 帰りしとなり, 帰ろうと, 帽子を, 幸内の, 幽居す, 幽霊の, 床の, 座って, 引き揚げて, 引籠っ, 引込むかと, 当たりいたる, 彼女の, 彼女は, 彼方より, 微暗かっ, 心に, 念じましたが, 怖じ恐れて, 思いぬ, 恋の, 恐れ守ると, 恭しく私, 慎んで, 懐中へ, 戒厳令を, 戸棚に, 所要ある, 投げ出した両手, 拒んだの, 拒んで, 拝む時, 掌を, 握りしめた慶子, 揺られるまま, 撫でて, 敗戦の, 敬太郎の, 斎場へ, 日頃唱えた, 明けなやむ, 昔を, 暫くじっとし, 暫くの, 暫し佇む, 暮した人, 最後の, 枕の, 椅子に, 横の, 機械的に, 次に楠木正成, 武装し, 歩み我家の, 死んだよう, 死んで, 殆ど正座し, 殿の, 母の, 氷よりも, 氷結し, 決して騒がしく, 沈んで, 沈思し出した, 浪子は, 消えて, 消えるが, 涙ばかり, 満場は, 満足そうに, 火鉢の, 灯を, 灯火は, 無言, 無言で, 熟睡し, 牧の, 物を, 物音を, 犬田博士と, 犯人を, 狂瀾の, 独りまた, 現れないため, 番茶を, 疲労を, 病室に, 白いもの, 目を, 相手に, 相手の, 眉一つ動かさず, 真青に, 眠いよう, 眠った, 眠るが, 眠る用意, 眠入, 眼を, 睡って, 睡れるが, 瞑想する, 瞳に, 知らぬ顔を, 石の, 砂の, 祈りの, 祈念する, 神に, 祭器にも, 私は, 私慾の, 穴の, 空を, 突立った, 窓の, 立ち竦んだ, 立って, 筒先を, 箏を, 籠城し, 素直に, 線香の, 置きますとね, 罷業である, 美しく円味, 老父の, 老眼鏡を, 考えた, 考えたが, 考える, 考えるよう, 考え初めた, 考え続けやがて, 耳だけを, 聞き入ったり, 聞き入る場合, 聴きぬ, 聴き入って, 聴く八十一, 肩で, 腕組みし, 腹を, 自らその, 自ら謹慎した, 自刃し, 自分一人の, 苦吟し, 草を, 落ちつこうと, 葉巻を, 薄荷の, 蟄居した, 衣装籠に, 見せた, 見ないよう, 見まいと, 見まいとしても, 見ますと, 見る胸, 見物し, 観念を, 解散した, 解消し, 訪客を, 詮議した, 語り初め, 読書に, 誰かが, 誰にも, 護摩木を, 豆程も, 走って, 足を, 車窓の, 軽卒にも, 遊ぶなんて, 遠い海鳴り, 邸に, 鉛筆と, 錠が, 鍵は, 鍵を, 長い舌, 長閑そうに, 閂を, 開成山へ, 関係人の, 障子の, 霊妙な, 青江に, 静かに, 静まり返えり, 頬を, 頭低, 頸白く, 頻りにすすり泣く, 顋を, 額に, 額を, 顫え, 食堂の, 駈けるの, 高き塔頂, 高く取り澄まし, 高座へは, 髯を, 魘え, 黄金なりという, 黙り込んで, 黙思するを, 黙想する, 黙祷した, 鼻は, 鼻息も

▼ 閉じ籠め~ (65, 4.9%)

15 られて 2 て置い, て置く, られたか

1 [44件] たの, た悪, てあの, ておい, ておく, てしまいました, てしまう, てしまった, てはならない, て下婢十余人, て其処, て外, て探る, て旅客, て毎度, て置かれん, て置くです, て行ない続け, て静, て養い, の身, もしない, られその, られただ, られたに, られたまま, られたよう, られたる個人, られた地方, られた常闇, られた心持, られた病人, られた盗人, られた銭形, られても, られながら, られも, られるよう, られる時, られる陰惨, られ一つ所, られ今, られ眠らされたの, るに

▼ 閉じたり~ (50, 3.8%)

11 して 8 開いたり 4 するの 3 開けたり 2 する

1 [22件] ぐるぐるまわし, した, したもの, してるうち, しながら, しました, しますと, し初め, し眼, するその, する仕掛け, する習性, する音, カッと, 動いて, 口を, 明けたり, 汝独り忍び得ざる, 舌を, 身体は, 鍋や, 龕の

▼ 閉じ~ (25, 1.9%)

14 もって 2 もった 1 めいっ, めさせて, もった芸術, もってばかり, もっても, もり, もりがち, もり酒, もるの

▼ 閉じながら~ (19, 1.4%)

2 云った

1 [17件] うつらうつらと, うなだれて, かれに, そこから, コゼットを, 具足の, 寂然と, 彼の, 彼は, 明らかに, 段々高まっ, 無愛想に, 美しかった, 肩を, 胸に, 自分の, 頭を

▼ 閉じ~ (10, 0.8%)

1 は開き, も閉じ, を一文字, を塞い, を少し, を結び, を結ん, を閉じ, を閉じた, を食いしばり

▼ 閉じても~ (7, 0.5%)

1 すぐに, その搗き, なかなか眠れない, 光る水玉, 外の, 目の, 目口に

▼ 閉じ~ (7, 0.5%)

4 をふさぎ 1 をあてた, を塞い, を塞ぎ

▼ 閉じてから~ (6, 0.5%)

1 いった, しずかに, その戸, やっと種々, 例の, 気づいたの

▼ 閉じては~ (4, 0.3%)

1 いたけれど, いても, ならんぞ, 開き眼

▼ 閉じ~ (4, 0.3%)

2 を噛ん 1 を噛, を噛み締めた

▼ 閉じがち~ (3, 0.2%)

1 であった, で息, にし

▼ 閉じさえ~ (3, 0.2%)

2 すれば 1 したもの

▼ 閉じ~ (3, 0.2%)

1 をくいしばり, を切り, を喰いしばった

▼ 閉じ~ (3, 0.2%)

1 の縁, をふさぎ, を瞑

▼ 閉じ~ (3, 0.2%)

2 を垂れ 1 を傾げ

▼ 閉じ~ (3, 0.2%)

1 は気味, をしかめ, を背け

▼ 閉じ~ (3, 0.2%)

1 をう, を傾げ, を垂れ

▼ 閉じうとうと~ (2, 0.2%)

1 しながら, と駕

▼ 閉じこの~ (2, 0.2%)

1 殺人鬼に対する, 耳を

▼ 閉じじっと~ (2, 0.2%)

1 して, それを

▼ 閉じそう~ (2, 0.2%)

1 だった, になった

▼ 閉じそれ~ (2, 0.2%)

1 を本立て, を行李

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

1 かかったが, けり

▼ 閉じまた~ (2, 0.2%)

1 急に, 時局を

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

1 かをしよう, ほど哀願

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

1 を塞い, を高う

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

2 を謝

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

1 をつめ, を凝らし

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

1 をめがけ, を閉じ

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

1 を拱き, 組んで

▼ 閉じ釣竿~ (2, 0.2%)

2 をあげ

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

1 を下す, を掛ける

▼ 閉じ~ (2, 0.2%)

2 をふくらし

▼1* [171件]

閉じあたかも眠ってるかの, 閉じあるいは視線を, 閉じいきなり上座の, 閉じいつまでも坐りつくし, 閉じいつもより一層, 閉じうっすらと微笑, 閉じ吉は, 閉じここにも灯影, 閉じした, 閉じしばらく悟浄, 閉じじいっと真斎, 閉じぐにやすらかな寝息を, 閉じすばしこく正服, 閉じすやすやと睡っ, 閉じそして魂の, 閉じそしてまた囲炉裏座に, 閉じそっと本棚へ, 閉じその言葉を, 閉じそのまま行列は, 閉じそれからあした坐り次第直に, 閉じそれからまた開き次に, 閉じそんなことは, 閉じたいぎそうに手足, 閉じただ荒い息づかい, 閉じつつ二人の, 閉じつまらなさそうな, 閉じどうにでもなる, 閉じなんにも見えない間, 閉じひそひそと何, 閉じまるで剥製の, 閉じものうい微笑を, 閉じやがてしゅうっと, 閉じやがてぼんやり眼を, 閉じやさしい微笑の, 閉じややありて, 閉じゆるやかに唇, 閉じるる以上, 閉じわれとわが, 閉じガックリ項垂れたが, 閉じガッシリと閂, 閉じガッチリ閾をおろし, 閉じシンと沈黙, 閉じレオニダスに補う, 閉じ一切来客を謝絶, 閉じ一家就眠致し候, 閉じ一目散に逃げ去りたい, 閉じ不動のまま, 閉じ両手を膝, 閉じ乃ち後より踰えん, 閉じ互いに顔を, 閉じを謝, 閉じ人事院をし, 閉じ今度はこの, 閉じ伊集院をはじめ烏組, 閉じ会釈をし, 閉じ何度訪れても, 閉じの場所, 閉じ先主の喪, 閉じ全身を熱く, 閉じ其眉半ば顰みたるま, 閉じに開け, 閉じ円くなって, 閉じ出入り口にも鹿垣, 閉じ午後に至り, 閉じ南極に突入, 閉じを結んだ, 閉じの腕, 閉じ合掌した, 閉じ呼吸もつかず, 閉じ嘔吐した, 閉じ圓朝は避暑, 閉じ城市の喧塵, 閉じを守った, 閉じ夜具の中, 閉じ大きい口を, 閉じ大蔵ヶ谷の大, 閉じ太郎はまた, 閉じ奉納の絵馬, 閉じ奥歯を噛みしめた, 閉じ姿勢を正し, 閉じの中, 閉じ寝台の上, 閉じ寵められたよう, 閉じ小高い台の, 閉じ峯子は体, 閉じへ入れる, 閉じを垂れ, 閉じ幽かな燈火, 閉じ廻転椅子のまま, 閉じ微動さえしない, 閉じ快い懶さに, 閉じ急ぎ足に立ち去った, 閉じ怪しき風評も, 閉じ或は眼を, 閉じ手足に刺激, 閉じを折っ, 閉じ掻巻頭を蔽う, 閉じ新しい伝馬所は, 閉じ時計の振子, 閉じに開き, 閉じ暫らく自分の膝, 閉じ更にその箱, 閉じの箱, 閉じ未だいずこ, 閉じから立ち上がり, 閉じ板戸を締め老師考案, 閉じ枯葉の啾々, 閉じまたトベラ, 閉じ椅子の背, 閉じ担いて, 閉じ次に火器へ, 閉じの影, 閉じ残念な顔, 閉じ毛髪と両手, 閉じ水底深く沈ん, 閉じ永劫不変の観念境, 閉じ江戸の市中, 閉じ決して屋外へ, 閉じ没表情な眼つき, 閉じ深く考えつつ, 閉じ無念そうに食いしばった, 閉じ煙草入れをしまっ, 閉じは口, 閉じ物見を放っ, 閉じ独り吟じ独り, 閉じなくし, 閉じ眉根に深く, 閉じの裏, 閉じ張りせくせくと, 閉じから外, 閉じ端然と坐って, 閉じ籠つてゐる男, 閉じ籠め利助は丁寧, 閉じ籠め硫黄で燻べ, 閉じ籠め視界は全く, 閉じ納屋に到っ, 閉じ罩められたよう, 閉じを幹, 閉じを撫で, 閉じを曲げ, 閉じ自ら城楼に登っ, 閉じ興行ことごとく休み, 閉じは青ざめ, 閉じにも耳, 閉じがり切った, 閉じ英学校英華学校文武館三校の教職, 閉じを振い落し, 閉じ衣冠を廃, 閉じ認識の眼, 閉じ警戒を厳重, 閉じ跫音が去る, 閉じ路地を締め切り, 閉じを縮め, 閉じ身動きもせず, 閉じを固く, 閉じ追想にふけり, 閉じ通用門をさえ締切っ, 閉じ鎧戸までも堅く, 閉じ門口の戸, 閉じ防塁を堅固, 閉じき間, 閉じ雑念を拒止, 閉じ雑木の枝, 閉じ難いところに, 閉じ頭顱を抱え, 閉じや顳, 閉じを引く, 閉じ顴骨から下, 閉じ飛火の防ぎ, 閉じは赤い, 閉じを摘ん