青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「門~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

長い~ ~長く 長く~ ~長屋 長屋~ 長崎~ 長火鉢~ 長男~ 長者~ ~門
門~
門人~ ~門前 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~ 閉め~ 開~ ~開い

「門~」 21416, 206ppm, 493位

▼ 門~ (5352, 25.0%)

157 前に 154 外へ 113 方へ 106 外に 99 中へ 59 前で 56 中に 55 ところに 54 戸を 53 ところで 51 前を 42 内へ 40 ほうへ, 外で 39 扉を 38 前へ 36 前まで, 外まで 31 前の 29 ところへ, 前には 26 上に 25 扉に 24 下に 22 ところまで, 中から, 所に, 扉が 21 方から 19 外から, 扉は, 柱に 17 ある家, 中には, 外には, 外の 16 ような, 内に, 所で, 方に 15 そばに, 傍に, 方を 14 戸が 13 ように, 内には, 扉の 12 そばの, ほとりに, わきに, 下で, 下を, 中で 11 両側に, 中の, 外を, 家へ, 所へ, 脇に 10 うちへ, だんなの, なかに, なかへ, 下へ, 中を, 入口に, 戸は 9 そばで, とびら, ほうを, 口から, 家は, 家を, 所まで

8 [12件] あたりに, ほうに, まえに, 側に, 処で, 処に, 外は, 娘お, 戸に, 柱へ, 柳の, 開く音

7 [15件] うちに, そとに, そとへ, なかには, やうに, 上へ, 前から, 前では, 姿は, 姿を, 心は, 戸の, 目を, 閾から, 際に

6 [20件] あたりで, あたりを, そとの, ところから, まなこは, 上には, 下には, 女房お, 娘の, 家に, 家の, 後ろに, 扉へ, 柱の, 横の, 死骸の, 死骸を, 潜りを, 目が, 眼は

5 [27件] かげに, ことを, ところには, 上の, 下の, 中は, 側へ, 傍の, 内から, 内で, 内の, 内は, 内を, 内側に, 前は, 外より, 大砲が, 大砲を, 家では, 左右に, 戸も, 柱には, 柱を, 柿の, 鉄の, 閂を, 顔が

4 [32件] あたりの, そとまで, だんなさまと, まえの, 上から, 傍へ, 内外には, 処まで, 前, 右門たる, 壁に, 外では, 外にて, 外にも, 女房が, 家が, 屋敷の, 左の, 左右には, 手に, 手を, 方で, 方へと, 柳が, 目に, 石の, 聲は, 話は, 部屋の, 間に, 顏は, 顔を

3 [75件] あくの, あく音が, あたりまで, うちから, うちには, うちの, かたわらに, すきま, そとを, そばへ, そばまで, ために, だんなと, なかは, にらんだとおり, ふところへ, ほうから, ほうへと, まえで, まなこが, まへに, やうな, ベルを, 一人で, 上を, 下から, 両側には, 中まで, 中も, 側で, 側には, 側の, 傍らに, 内へは, 口より, 外にと, 外までも, 女房は, 妾だ, 妾の, 宅では, 宅へ, 守を, 家, 專有に, 屋根の, 崩れる音, 左側に, 心を, 扉から, 扉も, 手から, 手下の, 教は, 敷居を, 方角から, 柱も, 棒を, 生立, 砲が, 砲は, 竹の, 箒目青海波を, 草, 蔭に, 表札には, 豐浦の, 足は, 辺を, 近くで, 鈴が, 陣を, 頂に, 額に, 驚きは

2 [255件] あたりから, あたりは, あつた, ある寺, ある邸, いったとおり, いること, うえに, おじさんが, おじさんの, おもて, お上屋敷, かんぬきを, くぐりの, くぐりへ, くぐりを, ことです, ことは, さ, さる料亭, すぐそば, すぐわき, すぐ向う, そと, そとで, そば, そばを, だんなか, だんなが, だんなさまだ, だんなさまで, だんなとも, だんなは, ついた歩廊, とこまで, ところの, なかを, のが, ひとつの, ひらかれるの, ほうで, ほとりで, まえへ, まえまで, まなこの, やること, わきから, わきには, わきの, クグリ戸を, 一つに, 一人娘お, 一件にて, 一方には, 三傑と, 上で, 上の空が, 上や, 両側の, 両家なだれに, 両脇, 中でした, 中では, 中へと, 中へは, 代りに, 会では, 会に, 修業は, 修行は, 側まで, 傍から, 傍で, 傍なる, 傍には, 傍まで, 入学試験を, 兩人は, 内が, 内にも, 内まで, 内より, 内側から, 内側で, 内側へ, 内外で, 処へ, 出入などに, 分家太, 判断を, 前なる, 劇場に, 口からは, 口は, 司は, 名が, 名まえ, 名を, 名声は, 向うに, 向ひ, 呼鈴が, 場合は, 壇上に, 声が, 声は, 声を, 外だ, 外へも, 外も, 外十里の, 天井を, 奥で, 奥に, 奥には, 奥を, 女房の, 如く或は, 姿が, 存在を, 孫なり, 宅は, 客と, 家も, 家内は, 家根が, 寄進に, 寵愛が, 屋敷で, 屋敷に, 屋根が, 屋根には, 屋根へ, 屋根を, 左右から, 左右は, 左右を, 帝国ホテルを, 幕下に, 幼名, 広場で, 廂に, 廂の, 弟の, 形を, 後に, 後家の, 後家操の, 心の, 忘れ形見で, 意志では, 態度が, 慧眼の, 戟を, 戸まで, 戸引開け, 手で, 手代多助と, 持って, 敷石に, 文字, 料亭で, 方が, 方の, 方まで, 春は, 晩翠軒で, 木戸を, 末の, 東西に, 松, 板屋根には, 柱と, 柳へ, 格子が, 格子を, 案内で, 榎の, 様に, 様子が, 死骸が, 死骸は, 注文を, 浪宅を, 潜り戸を, 潜を, 災難の, 片方の, 狼, 狼にも, 狼の, 畔の, 留守を, 番を, 目の, 目は, 真向いに, 真向いには, 眼が, 眼の, 着て, 石段に, 石段の, 砲を, 突き当りが, 絶望を, 締りは, 者が, 胸に, 胸倉を, 英俊多くは, 茶の, 虎を, 表札に, 袖から, 裏町の, 見えたり, 見わけ, 言葉に, 言葉には, 言葉は, 言葉を, 許を, 請求は, 諸弟子, 諸弟子中, 豎子が, 軒端に, 辺まで, 近くには, 近くの, 近所へは, 遺骸を, 鉄扉の, 銅色の, 鍵を, 門を, 閉った, 開かれるを, 附近で, 陣の, 陰に, 階段に, 階段の, 際で, 際まで, 領地の, 頭を, 額から, 額を, 顏を, 顔に, 養子と, 首を, 高さ

1 [1964件 抜粋] あいだは, あたりが, あたりや, あった家, ありがたさ, あるほう, ある住居, ある宿屋, ある方, ある無, いっそうに, いのち, いぶかしと, いわゆる奈良茶, うちなる, うち聖道門は, おさまって, おじさん行っ, お囲い, お火除地, かたちする, かたわらの, からからと, かんぬきが, きわには, くぐりから, ここちよげ, ことだった, ことなら, ことばは, この七番, ごとき天下執心, ごとく戦ったが, さばきは, したこと, しまり, しりくめ繩のな, すぐ側, すること, そでに, そとでは, そのいたわる, その別, その真上, そばから, ただちに目ざした, だんなさまが, だんなさまにも, だんななら, ついた三階だて, ついて, とこと, ところへと, とっさに, ないところ, なかから, なかへは, にらんだごとくに, のどが, はたらきは, ひそかな, ふところに, ほうじゃ, ほうの, ほかに, また予備校みたい, まへ, まわりを, むくれ上るくび, ものだ, ようで, わきへ, アパートまで, ガス燈が, ヒマラヤ杉來て, ロアイヨルの, 一なる, 一件も, 一劃と, 一団であった, 一座も, 一行が, 一道こそ, 七八寸も, 三手から, 上にて, 下だった, 下一面に, 不敵さは, 両側へ, 並びに, 中だった, 中にも, 中庭先には, 主砲が, 予期を, 事件で, 二人の, 二男是も, 二階は, 五哲, 亥太郎は, 人々の, 人より, 人氣は, 人體盜賊など, 他人とは, 仮宅, 会などは, 伜圓次郎と, 伜金之助が, 位置方向が, 佛教では, 使で, 侠骨, 修築を, 俳諧が, 倒るる, 偶然に, 傾いて, 兄峰太郎の, 先輩暮田正香に, 入口が, 入口まで, 兩人へ, 兩人御念の, 六閲月我が, 内と, 内側からの, 内儀と, 内外に, 内外人を, 内藤家の, 凉台で, 出入りも, 出口の, 出馬を, 別あつらえ, 前あたり, 前でありました, 前まだ, 前をば, 前石川屋, 前身を, 剥落した, 加農砲を, 勇気と, 十二糎砲で, 十傑と, 南側に, 厚い扉, 取った小手, 取出したの, 受験科専門の, 口に, 口へ, 口をば, 古い政友, 句には, 台石の, 右側の, 右柱は, 吊灯籠, 同道を, 名代と, 向うには, 向きが, 向こう側でも, 告別式の, 周郎たる, 呼鈴を, 哺乳類の, 唐突な, 喉笛を, 噂と共に, 四十センチ砲の, 国宝とも, 土間へ, 坂の, 垂木から, 城砦の, 堅く閉ざされた, 塀まで, 壁上も, 声さえ, 変事を, 変装と, 外からも, 外にか, 外迄, 夢と, 大好きな, 大砲から, 大砲に, 大筒を, 太刀の, 奥から, 奥深く消えた, 女房で, 女房を, 妹お, 妻の, 妾お, 姿と, 娘お花で, 娘で, 娘八五郎に, 嫡子小三郎と, 子に, 子弟で, 存たる, 孫お, 學風を, 守兵を, 客である, 家で, 家内お, 容體は, 寢所から, 實兄である, 寺院だった, 小さい鷹砲, 小姓組番頭土屋佐渡守邦直の, 小川の, 小者は, 少し向こう, 屋敷と, 屋根に, 履物も, 巡査は, 左側の, 左手は, 常庵, 広場は, 庭に, 廡には, 建築, 弁解は, 弟なれ, 弟治太夫の, 形が, 役が, 後へ, 後家との, 後胤や, 徒と, 從妹で, 御惣領, 心から, 心情を, 心鏡は, 忰の, 忰富五郎主人は, 怒りには, 急灘, 悔悟が, 悴が, 情けと, 惡賢こ, 意圖が, 慈悲を, 憤激は, 戒壇の, 戦や, 戸させ, 戸口に, 戸引開くる, 戸開け這入, 所の, 所在を, 扉などは, 扉をも, 手は, 手中に, 手前百メートルばかりの, 手首の, 承知します, 抵抗が, 指導宜しき, 捕物第, 探偵眼は, 搦手へ, 支配乞胸なら, 政治にも, 教が, 数の, 文子に, 新妻の, 方へぞ, 方角な, 日の, 旦那の, 明徳門に, 明知も, 時代と, 晩成軒で, 暗闇から, 書いたもの, 月の, 望むまま, 末つ, 本領じゃ, 東に, 板戸に, 柱だった, 柱石は, 柳を, 柿の木を, 栄達を, 格子越しに, 梅の, 植込の, 楠公銅像について, 構えが, 様子と, 模型や, 横面に, 橋を, 次男にて, 正面から, 歴史を, 死んだ前, 死体の, 死體は, 残忍性は, 母が, 気が, 気合いに, 氣に, 氣性を, 永久に, 注水孔は, 浪宅と, 浮き彫りなどに, 渋江抽斎等が, 潛り, 潜り戸へ, 潜戸には, 濠端には, 火砲をしか, 無名戦士の, 焦慮は, 燈は, 爲に, 片扉, 物語りにて, 犬羊いづれ, 狩に, 献策と, 玄亭徳瑛が, 王必の, 琴平と, 生きが, 生活が, 甥世之, 田に, 申出を, 画眉涅歯も, 畔で, 番人に, 番卒困難の, 番犬として, 畫像の, 病気は, 発射管からは, 百ヶ日が, 目も, 相を, 眉間に, 真正面に, 眼には, 眼尻に, 知恵は, 石じきには, 石垣の, 石段まで, 砲と, 砲手が, 礎は, 祇園藤次が, 福松郎, 稱を, 穹窿の, 空地の, 窓を, 端に, 第七番, 答を, 簷口に, 系脈を, 紹介を, 締まるの, 總領勘三郎若い, 美しい後家, 義弟伯次は, 老病を, 考え深い, 耳に, 耳門を, 肩を, 胤じゃ, 胸底に, 脆弱児を, 脇へ, 腑分けと, 腕環に, 腹芸は, 自由に, 花, 苦み走った, 茶屋へ, 落とし子とでも, 著書の, 蔦の, 蔭にでも, 薄月夜, 虎も, 血は, 行燈に, 衛兵長張順が, 表は, 表札であった, 袂を, 袖潜りを, 裏側に, 裡に, 襲名披露を, 見えますあたり, 見える窓, 見込み捜査は, 親しかつ, 覺了院性譽一鎚自聞居士は, 言を, 言葉の, 評判は, 詩中に, 説明で, 誰なる, 諸子は, 警衛は, 責め手たたみ, 買いました馬, 贔屓と, 跡は, 蹟, 身分は, 身辺を, 軒下を, 辺から, 辺りに, 近い所, 通りから, 通行は, 通過を, 道場, 遺した何萬兩, 遺言状は, 邊を, 部屋だけ, 部族から, 配下といふ, 重砲が, 金毘羅へ, 釘拔の, 鉄のと, 鉄錠を, 鋭い尋問, 錠が, 鍵は, 長屋を, 門中の, 閂に, 閉まる前, 開いて, 開くこと, 開閉を, 閥族中には, 閾の, 闇の, 陣, 陰から, 隅に, 際を, 電鈴を, 靜けさ鏘, 面目不過, 頃から, 領地内で, 題目本門の, 顏の, 顔は, 風景, 飾りや, 餌にな, 首では, 駕籠も, 高弟祇園藤次なる, 魂は, 鳴子が, 鼻から

▼ 門~ (3883, 18.1%)

209 出て 128 出た 119 出ると 63 くぐって, 入ると 60 入って 53 はいって 46 はいると 44 閉じて 4241 叩いて 38 くぐった 33 あけて, 開いて 30 開けて 27 くぐると 26 這入ると 25 潜って 22 叩いた 21 出ようと 20 潜った 19 たたいて 18 ひらいて, 出る時 16 出で, 閉めて 14 通って 13 出たの 12 くぐったの 11 た, 出たが, 出た時, 出ながら, 叩く者 10 出てから, 出るとき, 守って, 潜ると 9 たたいた, 出でて, 這入って, 過ぎて 8 入りて, 出る, 出れば, 出入する, 叩く音, 辞して, 閉ぢて

7 [11件] あけると, くぐつた, くぐりました, しめて, たたくと, 入った, 入つて, 入れば, 潜つた, 閉めた, 開けた

6 [14件] あけた, くぐるの, たたく者, とじて, はいった, 出でぬ, 出ました, 出ようとして, 叩いたの, 訪れて, 辞した, 這入った, 鎖して, 離れて

5 たたいたの, でると, 出ること, 叩くと, 守る天使, 破って, 見て, 開きて, 開け, 顧みました

4 [33件] あけさせて, あとに, おあけ, くぐること, とざして, はいってから, はいろうと, めざして, ゆきすぎて, 中心に, 入る時, 入ろうと, 出た後, 出づ, 出でたり, 出るところ, 外に, 後に, 押して, 敲いて, 殺したの, 潜りました, 潜るの, 立って, 見ると, 見張って, 訪ねました, 設けて, 通過する, 閉じたまま, 閉めに, 開く牡丹, 開けろ

3 [57件] いでて, くぐったこと, くぐったとき, くぐつて, くぐり玄関, くぐる, くぐるとき, くぐる時, くぐろうと, しめること, たたく音, ならべて, ぬけて, はいること, はいるの, はいるや, 一歩出る, 入ったの, 入りぬ, 入り牛, 入り玄関, 入る, 入るは, 出ずれば, 出たこと, 出たところ, 出たり, 出るの, 出入した, 去って, 叩いたこと, 叩きて, 叩きました, 叩く, 叩くこと, 抜けて, 押した, 捨てて, 掃いて, 敲かずには, 敲くもの, 書いて, 殺して, 潜ること, 目がけて, 目の, 破ったり, 締めて, 訪れた, 越えて, 越して, 跨いで, 通る人, 過ぎては, 開いた, 離れた, 飛び出して

2 [152件] うしろに, おとずれた, お入り, お出, かためよ, くぐったが, くぐった時, くぐらねば, くぐりたる男, くぐりながら, くぐるよう, くぐる者, くぐれ, くぐれば, しめよう, しめるな, しめ戸, すっかり開い, たたくの, はいったとき, はいったところ, はいりました, はいるとき, ばく, 一歩出れ, 一足でる, 並べて, 中に, 乗り越えて, 使者の, 入ったところ, 入ったり, 入ってから, 入つた時, 入つて右, 入りました, 入ろうとして, 出がけ, 出たかと, 出たすぐ, 出たと, 出たばかりの, 出た途端, 出た頃, 出づる, 出づれば, 出ては, 出でず, 出ないうち, 出るので, 出るまで, 出るや, 出る頃, 出入りし, 占領し, 取払, 叩かせられた上, 叩きに, 叩くよう, 叩く人, 叩く如く, 叩け, 叩けば, 召捕來, 呼れ, 啓け, 回って, 固めて, 堂々と, 壊して, 夕闇の, 外へ, 始として, 始め同行, 左右に, 建てた, 張って, 打ち叩いて, 抜けると, 押し破って, 持って, 指して, 排け, 推すと, 斗棒にて, 明けると, 望みまた, 望んだ人, 朝早く, 殺す氣, 潜ったとき, 潜ったの, 潜った時, 潜ってから, 潜っても, 潜つ, 潜る時, 潜る気, 盜賊に, 眞直に, 破る, 立ち出, 細目に, 経て, 締めようと, 繞る, 背に, 見た, 見れば, 視め, 覗いて, 訪うて, 訪ねなくな, 走り出た, 走り出て, 踰える, 這入つた, 這入つて來, 這入る, 這入るの, 這入るや, 這入る木の葉, 通らないで, 通りぬけた, 通り抜けて, 通ること, 通ると, 通るの, 鎖した敦賀, 鎖し人, 鎖し垣, 閉ざす鉛色, 閉しました, 閉じ客, 閉ぢよ, 閉めたまま, 閉めるの, 開かせて, 開くこと, 開くため, 開けに, 開けば, 開けようと, 開けると, 開ける音, 隔て, 静かに, 預かって, 飛び出した, 飛び出すと, 駈け出でたの, 鴻の

1 [1609件 抜粋] 〆切夫を, あけいたいたしい, あけさせても, あけた爺, あけても, あけようとして, あけるとき, あけ僕ら, あばく事, あるけば, い, いっしょに, うろ抜けの, おしやぶるよう, おとづれて切符代を, おはいん, お叩き, お訪ねし, お開けくださる, かく呼べる, かたく閉じ, かたらつて, きめつけました, くぐったらさらに, くぐった以上人, くぐった者, くぐらないで, くぐらなければ, くぐりしが, くぐりそこ, くぐりましたの, くぐり前庭, くぐり天長節, くぐり常, くぐり猛犬, くぐり階段, くぐるため, くぐるばかり, くぐるまでの, くぐる前, くぐる若い, くぐれないん, ぐるっとまわっ, こしらえたわ, ごく平気, さけて, さまよ, しかとしめ, しっかりと, しめかたがたみんなを, しめさせ暖簾口, しめて外, しめようと, しめるよう, しめろ, すぎくれば, すぎれば, すべり出たの, そっと外, そのままの, それに, たたいたか, たたいた人物, たたかせたが, たたき徹宵, たたき靄, たたくこと, たった今潜っ, つかつかと, つきだされたの, つくり袖, つけ狙つてゐる, てら箱, でたらばらばら, でますと, でるころ, とじ, とじろ, どうして入る, ならべた, にらみかえしたばかり, ぬけ馬場, のぞいた, のぞきかけると, のぞんで, はいったもの, はいった片隅, はいつて局, はいりがけ, はいりましてな, はいり案内, はいり牛, はいる時, はなれたとき, ひらいた, ひらかせて, ひらき, ひらき挙って, ひらくとともに, ふりだしに, ぶち破って, ほと, ぼんやりと, またはじめ, まわりそして, みつめて, むやみに, もったテーベ, もてなして, やぶられて, よじのぼらむ, よろめき出て, わが願, ギイッと, サッサと, スタスタと, トントンと, ラマンチアの, 一巡した, 一文字に, 一歩は, 一歩踏み出す, 一足出, 丁度その, 上から, 下敷きに, 並べて住み始めた, 丸太にて, 乗り越えること, 乗り越して, 乾児達へ, 二十年以上も, 人から, 他處, 仰ぐその, 伴れ込ん, 何気なく潜った, 作りて, 使う, 促して, 備え甲板, 兄さんと, 入ったつき当り, 入った両側, 入った時間, 入つた, 入つた牛車, 入つて往, 入つて田舍風, 入らんと, 入りたり, 入り右, 入り縁先, 入るに, 入るや, 入れぬとは, 八文字に, 内儀は, 凝し魔, 出さえ, 出しな, 出せしは, 出たそこ, 出たとき彼女, 出たらしばらく, 出たら第, 出たろう, 出た二千十八号, 出た佐々木勢, 出た和田仁十郎, 出た所, 出た枯, 出た者, 出づるや, 出づる能, 出てからの, 出でし日, 出でたるとき, 出でては, 出ないの, 出まして, 出るが, 出るさい, 出るという, 出るなり, 出るまでは, 出る事能はず, 出る後姿, 出る時間, 出る馬車, 出入りする, 出掛けると, 出桜, 切ろうと, 刺殺し我自ら含状, 十倍にも, 十町も, 卒業し, 厳として, 去っても, 去るや, 取つて押, 取押えて, 叩いたので, 叩いたら本望, 叩いた者, 叩かれたこと, 叩きおりたりと, 叩きそこで, 叩きも, 叩き司馬徽, 叩き毀せ, 叩くかい, 叩くという, 叩くの, 叩くもの日, 叩く様子, 叩く窮将, 叩こうとは, 召れ, 召捕相, 右門とも, 吟味すれ, 呼びかけた, 呼び出すに, 呼び起こしたもの, 呼出され其方, 呼出し門口, 啓けさした, 嘲罵する, 回看し, 囲繞し, 固く鎖し, 固めるの, 埋めた, 堅く鎖し, 堅むる, 塞ぎて, 壓する, 大切に, 失った, 始め今日逢つたの, 始め多助も, 始め家内の, 始め神主樣御醫師樣親方の, 守つた兵隊たちは, 守らしむとあり, 守りて, 守る, 守るに, 守る兵, 守る小者, 守れ, 完全に, 寺の, 少し開けた, 崩して, 左手に, 幾度も, 度々くぐっ, 引いて, 引立つ, 彼は, 後ろ楯に, 忘れて, 怨む者, 惱まして, 慰めずには, 成し若葉, 手に, 打って, 打叩く, 抜けた土手沿い, 抜け出て, 抱えて, 押しあけて, 押すと, 押啓き, 招き同志, 拵へ, 持て月番南町奉行大岡越前守殿, 振り仰いで, 振り向くと, 捕えようとして, 捨てたとか, 据ゑ別に, 探させたが, 探し廻った辛労, 推しても, 掩って, 描いたモネエ, 揺すったの, 撰ぶなら必ずや, 支えて, 攻めて, 敲いた, 敲いてるの, 敲きだすと, 敲き生死関頭, 敲くと, 敲くなどという, 敵と, 斧で, 日本語で, 明けさせ長い, 曲がって, 杜じ, 案内した, 構築し, 横に, 正しき願, 歩み花屋, 死場所に, 段々吟味, 殺したといふ, 殺した覺, 殺しました, 殺す道理, 毀せ, 流して, 浅く椽, 游撃将軍韓説は, 潛つても, 潜ったこと, 潜った右側, 潜った筈, 潜った途端彼, 潜つた時は, 潜つて中庭を, 潜つて灌木の, 潜らうと, 潜らせる弟, 潜らなければ, 潜りどんな, 潜り入った, 潜り部屋, 潜るところ, 潜るまいそこ, 潜る事, 潜れるかと, 潜ろうと, 無益に, 爲す, 犇かすは, 現しこれ, 町奉行の, 番兵で, 白洲へ, 監視し, 目指して, 真直に, 眼で, 睨みすえながら, 睨めつけて, 瞋む, 破り, 破り開いた, 破れという, 破壊す, 破壞, 種々に, 突いて, 突倒した, 窺わせたの, 立った, 立てたもの, 立出でました, 第二, 築造する, 粗略に, 組む, 經て, 締めて寝, 締めると, 罪に, 脅かしその, 脱け, 自分の, 自由に, 荒々しく叩きました, 蔽うた大木, 行き過して, 衝き破り彼自身, 襲ふ, 見ず身, 見たそう, 見た日, 見つめた, 見は, 見られ汝先年日野家, 見る眺望, 見上げて, 見出したかの, 見張れッ, 見舞わぬよう, 見過ごしさうに, 覗いた家内, 親分に, 討った仇, 討つたの, 討とうと, 訪うたの, 訪ひなれ, 訪れたと, 訪れること, 設けたり, 誘つてもう一度, 調べたが, 請じ上げました, 護る人, 責めて, 走る樽ひろ, 越えては, 跳り越え, 踏み出したか, 踰え, 辞したが, 辞すやいな, 迂廻して, 追つ立てる, 逃げ出した, 這入ったばかりの, 這入つた以上, 這入らなければ, 這入るとき, 通さぬと, 通ずべし, 通った時, 通つてお, 通らんと, 通りすぎて, 通りながら, 通り岩石造り, 通り抜けようとして, 通り掛つたもの, 通り過ぎようと, 通り鉄石, 通ろうと, 通過ぎた, 連れて, 進む者, 過ぎるもの, 過ぎ第, 遠く嫌疑, 遠巻きに, 遽た, 配した豪奢, 鎖ざさなけれ, 鎖した主, 鎖ぢて, 閉ざして, 閉ざし道衣, 閉ざせりと, 閉し広い, 閉じたきり, 閉じた幽囚, 閉じるもの, 閉じ出入り口, 閉じ警戒, 閉ぢようと, 閉ぢ客を, 閉づれど戸を, 閉めさせて, 閉めなきゃ大, 閉めるか, 閉めろ, 閉め昼間, 開いたので, 開かせ掃き浄め, 開きあの, 開きつ, 開き万国公法, 開き兩國使, 開き城, 開く, 開けさせたん, 開けずまず, 開けたらおじさん達, 開けないで, 開けます, 開ける軋り音, 開けッ, 開け掃除, 開け落葉, 開閉せしむ, 陣笠に, 隱し, 離れたお, 離れた自来, 離れ地位, 青年団なら, 非常に, 頼ける故, 顧みて, 飛びだした輝方, 飛出して, 駈けこんだ, 駈け出したは, 驚かさなかつたで, 高く構

▼ 門~ (2333, 10.9%)

21 思つた 13 それを 10 是を 8 さう, 自分の 7 例の, 野々宮に, 首を, 黙って 6 さすがに, しまって, 卓一に 5 いたって, 本當, 目を, 相手の, 豫て, 静かに 4 あわてて, すぐに, それが, それに, 彼の

3 [31件] あいて, すましたもの, そのま, その晩, またも, ゴクリと, ハツと, 他巳吉, 僅かに, 即座に, 口を, 声を, 妙に, 娘に, 少しも, 左京二条三坊に, 左右に, 己れ, 床の, 早くも, 松の, 此事を, 眼を, 自分で, 莞爾と, 表の, 釈尊を, 閉って, 閉まって, 開いて, 頭を

2 [128件] あっても, あとの, いつもの, おおまじめ, おかめ, お千代, これを, さうも, さっそくに, すかさずに, ずばりと, その逐電先, それには, それへ, それらの, だまつてゐる, どこまでも, ない, なかった, ひとみを, ひらかれた, ひらかれて, ぴたりと, もうその, ややしばしなにごと, ゆうぜんとふところ手, カラカラと, サチ子の, ハッと, ヒマラヤ杉の, ホツと, 一と, 一途に, 上の, 丹之, 云った, 五十を, 五十七八の, 人の, 伝六の, 何処に, 余が, 元より, 先に, 兩人に, 其の方, 内から, 内儀を, 凛然として, 卒倒した, 厳重に, 反対に, 呆気に, 呼びとめる, 商賣, 土藏の, 増, 大きくその, 大に, 奧に, 女房お, 娘の, 孫娘の, 左の, 左京二條三坊に, 己が, 平次の, 平次を, 幸いに, 幸ひ, 得たりと, 心の, 心を, 思はずに, 思はなければ, 急に, 恐る, 意外な, 意外に, 慇懃に, 揉み手を, 文子と, 文子を, 斯んな, 是は, 是非なく, 時を, 村に, 東に, 東向きである, 桐棒の, 武士の, 氣を, 漸, 火の, 父子即死妻は, 状を, 現在電車通りに, 異儀, 百日経っ, 確と, 答えた, 答へ, 築土, 紙帳の, 締って, 耳が, 胸を, 腰を, 苦笑ひ, 莞爾とばかり, 言つた, 評判の, 途方に, 通草咲きつぎ質素なり, 金持らしく, 閉されて, 閉じて, 開かなかった, 開け放たれて, 電柱の, 靜かに, 非常に, 頑固らしく, 頼母の, 顏を, 顔を, 驚きまして

1 [1828件 抜粋] あいかわらずのぶこ, あかりを, あくまでも右門, あったが, あまりの懐かし, あらかじめ鵜, あんな器用, いうまでも, いかにも伝六, いきり立ちます, いずこぞ, いっこうに取り澄まし, いつか肘を, いつもながらの, いつも変らない, いまさらそんな, いよいよがっかりと, いるか, うまれて, おちつきはらったもの, おどろくかと, おもわず吐き出す, おれの, お弓町, お浦, お組屋敷, かうして, かたわらの, かまわずに, がんこ, きわめておちつきはらい, くくしあげられ, くすくすと, くるりひざ, こういうお, ここであろう, ことごとくがっかりと, この一介, この景色, この騷ぎ, これに, ごくすました, さしたる故障, さっきの, さつと禁制, さも同情, さらに権右衛門夫妻, さり気なく答えた, しかし離さなかった, しばらく黙考, じっと目, すぐはつ, すずめずしの, すでに固く, すでに沸, すべて道を, せ, せめてもと, そう言っ, そこにも, そっと近, そのあと, そのこと, その一番, その位置, その威厳, その手, その死体, その袖, その顧, それでも不安, それまで, そんなこと, たたみかけて, ただちに仕掛け, ただちに町人, ただ一すじ, たまり兼ねて, ちっと物, ちょいと, ちょっと本心, つかつかと, つねに右門, つよく言い切った, ときどき平次, とんと外出, どうなった, どちらの, ないし, なかなか修行, なすが, にやにやと, のぞき込むよう, はたとひざ, ぱっとばかり, ひたと鎖し, ひと目その, ひらかれ武勇, ぴったり閉まっ, ふと思ひ出した, べちゃくちゃと, ほつと, ぼんやり立っ, まずそこ, まず呉服橋, また元, また考え直し, まだぶつぶつ鳴っ, まだ松の木, まだ足腰, まだ開いた, まばゆきばかり, まるで缺落, むしろ一, むづかしく答へ, もうこの, もうまことに余裕しゃくしゃく, もう市民, もう盛り, もと武家, もはやこの世, もはや寝た, やおらことば, やっとその, やにわに飛び上がった, やはり最後, やや挑戦的, ゆうべから, よく見えた, よんだ, わきの, わしが, ガツクリ膝を, グツと, サチ子が, スルリと, ナニ白状致す, ハテ狐狸, フトした, メニューなどといふ, 一喝し, 一寸たり, 一度六時に, 一方口, 一昨年の, 一生を, 一色友衞と, 一間か, 万一逃走, 三十そこ, 三年あと亡なりました, 三月ばかり, 上るにも, 下僕の, 下総の, 不思議の, 不計風, 両手を, 中の口に, 丹後と, 久々の, 九つあり, 二三日は, 二度も, 云ったが, 五ヶ年以前病死なし, 五十六七の, 五右衛門の, 享保四年五月九日に, 人為の, 今から, 今は, 今度また, 今更惘果何, 今茲, 他に, 以前の, 伊達に, 伝六と, 体を, 何れもへ, 何事なる, 何所に, 何気なくた, 依然くすくすと, 依然むっつりと, 信じきつて, 修業的易行門は, 側へ, 傲然として, 傾き門内, 儼然として, 元気を, 先刻から, 先程から, 全く氣, 八方から, 六十以上の, 其の前年, 其身の, 再び侘し, 再興せられ, 凶として, 出掛けまして, 刀箱を, 切支丹の, 到る処, 削け, 剛刀を, 勃と, 勤務時間を, 勿論玄関, 十八人の, 千人力でした, 千曲川の, 卑劣に, 南の, 即ち自身番, 厳として, 参りて, 又此処, 叔父甥の, 古いぜ, 叩き始めた, 可哀想に, 右門だけの, 吉原宿役人に, 名を, 吟味を, 呼びかけたが, 喜びて, 嗽など, 噛んで, 四十五六の, 四方に, 固くて, 土井利勝に, 地味な, 城の, 堅く締, 堪得ず其處, 壁際の, 多勢の, 夢心地で, 大いに憎く, 大きく弓, 大くっ, 大地主, 大岡殿へ, 大槌往還に, 大脇差, 天蓋の, 太く憤りまし, 夫はと, 奧へ, 女を, 如何なる其身, 如何にも眞實者, 如何ばかりの, 姉妹たちに, 委細呑込然, 威猛高に, 嬉しそう, 孫三郎の, 宛ら西洋管絃楽, 実に呆然, 害が, 寂寥に, 寝静, 實の, 尋ねました, 小宴を, 小猿, 少しく色, 少し足もと, 少も, 居住ひ, 屡々とりつく, 島の, 左分かれ, 左程, 帯刀御免であります, 常に別, 常時閉めた, 平地よりは, 平次と, 年の瀬が, 幸運児さ, 広けれども, 庭へ, 建物の, 弱そう, 当然の, 彦三郎へ, 役柄で, 彼等の, 待兼たり, 徒らに, 御墨附, 微笑を, 心に, 心懸, 忽ち顔色, 思はず聲, 思ひました, 思わず閉まって, 恐らく現行, 恥も, 悠々として, 情なくも, 惡事露顯と, 意外でありました, 愼んで, 慶応元年に, 應へ, 我が奧儀, 我らに, 戸口の, 扉を, 手前に, 打笑, 押えて, 押取刀にて, 拍子ぬけ, 指さした, 掛り合ひ, 據ころなき, 救はれた思ひ, 数百年前の, 文藏に, 斬り立てられた, 新らた, 既に固く, 日に, 早速奉行所, 明かに, 明治二十年二月二十六日に, 昔氣質で, 是れ, 時々自分, 暫くの, 最初から, 會釋し, 期したること, 本庄村最大の, 本町の, 杉弥を, 東西の, 林藏同道にて, 極て, 槙の, 樫材で, 次上下, 歓喜に, 此一件を, 此刀を, 此界隈で, 此金を, 死ぬ氣, 死罪一座の, 残つて居ります, 殺されずに, 気が, 気付くの, 氣輕に, 水を, 江戸へ, 決して被告其者, 泣きたくなるほど, 浅いよう, 淋しさ, 清掃され, 潜らずに, 無實, 無罪なり, 焦心って, 焼けて, 爰な, 片開き, 狼狽廻り, 獨り, 甚だ七右衞門, 用事が, 田舍育の, 男のみ, 町方預けに, 留守に, 當年六十五歳の, 疑ひの, 病の, 病氣故萬事心に, 発狂した, 百兩の, 皇后, 益々途方, 目まぜ, 直に半四郎, 相変らず, 相良へ, 真夜中の, 眼顏で, 石を, 破れ屋根, 確信をもって, 秘密の, 穴の, 空虚に, 突然あふれる, 突然此, 窪みし兩眼, 立ち止まって, 立出, 笑ったが, 答えずに, 約束する, 素通りする, 綽然たる, 締め切って, 縁先まで, 美福門陽明門待賢門と, 老婦人, 考えの, 聞くに, 聞及び例, 肚裡に, 胡麻鹽に, 脇差しを, 腕は, 腹を, 自信に, 自分にとっては, 自然に, 興も, 船の, 芝濱の, 若侍, 苦笑した, 落付は, 薄々それ, 藩中の, 處刑に, 血相変え, 表にも, 袋の, 見えだして, 見守って, 親の, 覺え, 言ひます, 訊ねた, 訪問者の, 語を, 謎の, 豚の, 赤いい, 足さぐりで, 身を, 軍書の, 載って, 近頃の, 迫込で, 追っかけて, 逆らったり, 通過も, 逸り立って, 過ぎゝとふ人はか, 道の, 道理を, 酒の, 野々宮の, 金で, 釜師の, 鐵に, 長八に, 長窪の, 閉され, 閉ざされ番人, 閉めて, 開かれた香料, 開き直りて, 開け放たれ宋江, 隱居なし, 雪洞を, 青白くなっ, 非常の, 面色青く, 頓て, 頼まれたから, 飛んで, 養父じゃな, 餘程物好と, 駒込の, 騒がずに, 驚き, 高名なし, 魂ひ, 鳥目じゃ, 鹿島立ちの, 黒羽二重の, 默言と

▼ 門~ (1555, 7.3%)

45 立って 27 入って 21 出て 16 向ひ, 立つて 14 入つた 11 入りて, 入ること 8 入った, 入つて, 近づいて 7 入る, 向って 6 なって, 入ったの, 立ちて, 立った 5 入りぬ, 入れて, 出入し, 来て, 言つた, 馬を 4 たちて, 一人の, 入つたの, 入て, 入るに, 入る者, 出で, 着いた, 立つ, 錠を

3 [26件] かかって, たたずんで, もし三之助, 似て, 來て, 倚って, 傘を, 入ると, 入るの, 取つて, 向つて, 向はれ, 對し, 永の, 立たせて, 立ちまたは, 立った時, 立てば, 至りて, 貼って, 身を, 辿りついた, 辿り着いたとき, 音が, 駒を, 麗わ

2 [83件] あつた, いたの, かぎって, さし入る, して, たち出でた, とつて, なったよう, なつた, なつて, なりしは, はいった, はいったの, わかりました, 一度に, 伺候し, 佇みながら, 佇んで, 入つたこと, 入りつ出つする幾多, 入り書, 入り退場, 入るや, 入日かな, 出た, 出でて, 出入した, 出入する, 出入りする, 出迎えて, 到りぬ, 十哲を, 向かって, 向けた, 向つて歩, 向ふ, 姿を, 学んで, 寄って, 對はれ, 小松は, 市を, 帰する, 廻入, 引取られた, 待って, 書きたる昼, 未明より, 来た, 来るもの, 柚の木, 案内させ, 歸し, 相談せん, 看板が, 着いた時, 立たせつるかな, 立ちました, 立ち出, 立ったまま, 立っても, 立つこと, 立つた, 立つの, 立てた東人, 立てて, 立てる松, 紛れは, 罪を, 至る, 訊ねました, 貼れ他, 足を, 近い方, 近づいた, 近づく, 近づくと, 近づくに, 通じて, 逢て, 達するもの, 鍵を, 隔てさ

1 [1018件 抜粋] あっては, あつまり客, あなごと, あらずン, ありては, あること二ヶ月, あるを, ある呼鈴, ある貴い, いたが, いた人, いた陳宮, いて, いや天, いる慶応ボーイ, うずくまって, うづく, おかれあり, おって, おとづれて其処から, おとづれ主上の, おほらかに, おもむき群集, お前は, かえりながら, かかげた石ぼや, かかつて, かぎっては, かくれて, かけつけたとき, かけて, かけられた看板, かぶさるよう, からくさ, かんぬきが, くれて, ことばを, この避客牌, こんな名, ささやいて, さしたる怨み, させろと, しかられるよう, しつこく話しかけました, しても, しまりも, しろ日比谷見附, すぐつづい, すべしとも, すんでに, その人, そひ, たしなめられたといふ, たたずみ穆順, たどりつくこと, ちかづいて, ついた, つきあたり左, つく, つづく築地塀, つらなる物置, とまった車, どれだけの, なすり付, ならって, なりかけた事, なるの, のみ許された手段, はさまれて, はるの, ひざまずき城下, ひとしい, ひよつこりその, ぴつたりあふやうなしやうばいは一つも, ぶちつけ, ぶつかる, ぶらさがって, ぶら下がり煙筒, また黄色, みちて, むさし屋, ゃできのいいやつが二つそろってる, ゆき支, ようやく秋冷, よっかかって, わかれを, ゐたのに, ソヴェト同盟の, 一名, 一狗あり, 一言答えれ, 一風致, 三宝の, 上りたるが, 不審が, 不思議は, 与えられたその, 丸帯を, 二十年近くも, 二百兩の, 井上金峨を, 人の, 今日この, 仏を, 仕えて, 代つて稽古, 会い婚礼, 伴られ, 似たるゆゑ長八, 何中隊本部と, 來る, 候天一坊樣益, 倚つて自分を, 倚り, 停めて, 備えたか, 兄の, 入ったが, 入ったは, 入ったばかりの, 入った老若男女, 入った頃, 入つた人, 入つた時, 入つて二年, 入つて写真, 入らざるも, 入らざる前, 入らしめたので, 入らしめ機, 入らなければ, 入らんとして, 入りしこと, 入りその, 入りまた, 入りやすく, 入り二十五歳, 入り仏蘭西風, 入り信者, 入り十三歳, 入り国学, 入り塩田秀三, 入り大東門外, 入り専門, 入り後, 入り既に, 入り更に, 入り桂八, 入り直接, 入り越喜太夫, 入るこころ, 入るため, 入るまで, 入る日, 入れた以上, 入れり, 入れんと, 入学が, 入来し, 再び扉船, 凱旋の, 出ずで忠孝もと一途, 出た時, 出でし時, 出会いその, 出入りした, 出迎え礼, 刄向へる, 切殺されぬ, 別れると, 到ったという, 到りぬに, 到り歌曲, 到着した, 到達し, 助けられた, 勵まされる, 匹敵する, 千鳥しば鳴く起きよ起きよ, 博多節を, 参じて, 及んだ, 取られたこと, 叢書類書等を, 吊すのみ, 同情なき, 名札が, 向いた教室, 向うの, 向かい浮世話, 向かうこと, 向かひて, 向申, 吸い付けられるよう, 吸われて, 周易の, 命じ次いで, 咲いた菊, 唱えるもの, 喰ひ, 四方庵の, 囲まれて, 在る間, 坐する神, 執拗な, 塗りつけようと, 塗付日來の, 変って, 大きい膏薬, 大な, 大八車を, 大筒の, 女学校が, 子が, 学びいわば, 学び事, 学んだ神方, 學び候もの, 學んで, 客の, 密かに, 寸分違はず餘り, 対い, 対抗し, 尋問る, 對する, 對面仰せ付けられ下さる, 小つ, 小田切久之進の, 就いて, 尻を, 居たかといふ, 居た頃, 居り秋, 居合せた程, 届いた時, 山木兵造別邸と, 帰したという, 帰省せり, 干す薯榔染め, 建てること, 引取られました, 引合されました, 弟子入りし, 張り込みルパン, 当面の, 彳む最明寺, 彼の, 彼を, 往きて, 待たせて, 待ちうけて, 待つよう, 後足で, 御貸下げ下され, 徳川御, 忍び寄って, 応わしい, 思ひ知らせ度いため, 悲壮な, 感謝の, 懸けた桃木製, 成代り此伯父が, 戻って, 手傳つてその, 手当を, 打向ひ, 扱われようと, 抵りぬ, 押しつけた絶望, 押入つた大, 指さし彼, 捧げた女, 掛けると, 接しては, 掲げて, 描かれて, 攫われた澄江, 政書職官礼度奏議教育, 教へ, 數年勤めし, 斥候を, 斬付けますと, 於ける私, 旅人たちの, 明の, 曳きつけた腕車, 會つて悔みを, 木を, 札を, 来さうに, 来ました, 松飾が, 枝を, 桜花咲けど, 梟け, 楪葉の, 榮え, 標札が, 横は, 樹てた, 樹てる, 止るを, 此篁, 歩哨に, 歸り, 残って, 気がついたと, 汝を, 没し去れり, 沿って, 洋裁の, 浴びせかけました, 消えた, 渡したの, 漂う, 激しあう, 熊蜂が, 片寄つてさうし, 現るる, 琴を, 生まれて, 申付る, 男子が, 画くと, 留めんと, 番人の, 當れる, 発見された, 登る磴, 白き標札打ち, 白昼安藤対馬守の, 目立つや, 直して, 相違なき, 着いたと, 着いて, 着きました, 着くと, 着くほどの, 着した, 磔し, 移つた, 空気の, 立ち, 立ちきは, 立ちつくすの, 立ちはだかる白衣, 立ちませねば, 立ち一文二文, 立ち念仏, 立ち籬, 立ち袖, 立ち随意, 立ったとき, 立ったもの, 立った一学, 立った権, 立つが, 立つたさうである, 立つたの, 立つた今日, 立つた時, 立つと, 立つもの, 立つウヽウ, 立つ物乞, 立てた笹, 立てられた, 立てるよう, 立てる者, 立て占領, 立尽し, 競争的態度を, 簇りぬ, 紹介され, 組付き噛, 絶えなかった, 続く興礼門, 縋って, 縦覧随意という, 繋ぎ骨肉, 置かれた辻駕, 群る, 羽生分署という, 耐え難いもの, 能似, 膝を, 自動車が, 至らしめる平坦, 至りたもう, 至り備, 至ると, 至る道筋, 至れば, 舟を, 花の, 荷ひ込む, 著くと, 蔦の, 蛇が, 蝗の, 行くと, 行幸され, 表裏の, 見せければ, 見む, 見れば, 見出されて, 見越しの, 見附けられて, 言付けるは, 訊くと, 訪れ門, 詣り故, 話しかけました, 語つてゐた, 誰かの, 譯を, 讀聞す, 負せ, 負んとの, 貼ってから, 貼り付けること, 賣しやと, 賣り今田屋, 趨いた, 足踏し, 車が, 輝き月, 込合ってるッ, 迎えた緑翹, 近いところ, 近い教室, 近い洋館, 近き處, 近くなる, 近しその, 近づかんと, 近づきに, 近づきました, 近づける第一歩, 近寄って, 返しました, 返つたやう, 迫りました, 迷い禍福, 追ひ出され, 送つて, 送り込むには, 這入ったすなわち, 這入つた, 這入る準備, 這入れば, 通って, 通学した, 逢ったので, 逢つた, 逢つて見, 逢わせたいと, 進みて, 進むと, 遊ばしめた原因, 遊んで, 達した, 達する並木路, 達する時, 遣は, 還る夢望, 酔っ払いの, 金子を, 錠が, 鐘鼓鐸磬を, 間違ひ, 附屬し, 降参した, 隠れて, 隱れる, 集った新しい, 集ふ, 集まった鳩, 集めその, 青錆びた, 面した広場, 預けました, 頼って, 頼み右の, 額を, 顕官の, 飛び込みました, 飛込むと, 飲む, 養われたから, 馬車が, 馳せ入る, 駐むるヘクトール, 騙されて, 高札を, 髪を, 麗しき人

▼ 門~ (1194, 5.6%)

37 ある 33 あって 24 あった 16 開いて 13 立って 12 見えて 9 あつた 8 あいて, 見えた 7 あつて 6 しまって 4 ついて, ひらかれて, 出来て, 死んで, 立つて, 見える, 開かれた

3 [15件] あいた, ありましたが, あり門, どうした, 先に, 内から, 内側から, 口を, 死ぬと, 身の, 違います, 閉って, 閉まって, 開いた, 開くと

2 [61件] ありその, ありそれ, あり通草, あるが, あるそして, あるん, ずばりと, たつた一人, だしぬけに, ひらかれ一切, みずから折り紙を, むだ石を, ギイと, ギーと, ピッタリしまっ, 一人斬, 不審を, 僕に, 八文字に, 出て, 出來, 千兩箱を, 半ば啓い, 向うに, 向島の, 女房お, 妻二人の, 娘を, 媒妁人で, 家にて, 崩れた, 左右に, 建って, 彼の, 持って, 早くも, 昨夜自分の, 最後の, 有つて, 望まれた, 江戸へ, 生きて, 留守だ, 百兩の, 盜み, 盜み取し, 目に, 締まつ, 群れた肩, 自分の, 表へ, 見えだした, 見えました, 見えます, 見えるが, 見えると, 質物を, 邪魔に, 開きそこ, 雪頽に, 音も

1 [826件 抜粋] あきだんだん, あくが, あくの, あけて, あごを, あったから, あったとは, あったもの, あったり, あの一座, あの秀麗かぎり, ありました, あり云々, あり兵馬, あり太湖石, あり小, あり戯曲家, あり植込, あり照明, あり番屋, あり通路, あるからには, あるきり, ある時, あろうとも, あわてて, いいました, いかにも優雅, いくつも, いったもの, いつも蝸牛庵, いよいよ伝六, うけとろうとも, うそうそと, うなぎのぼりに, おちついた声, おちつきだしたもの, おて, おやじの, おる, お浦, お町, お組屋敷, かうまで, かれ自身, がらがらと, きしめきながら, きわめて, ぎいと開かれる, こうと, こっそりあい, こつねんと征野, この事件, この屋敷, これに, こんなに落ちぶれはて, さう, さされるまま, したたかに, しばしば人, しまつ, しまりました, しまるまで, しまる四五十分前, しまる音, しめきったまま, しめられて, しよんぼりと, じつは一枚, すぐきた, すぐ見えた, すけだちして, すっくと立ち上がり, するごとく意表, そうな, そのお, その位置, その入口, その日記, その氣, それぢや, それも, それを, たたかれた, たって, だれか, ついた一区画, つくられ提灯, できた, できるだけ, とざして, とりつけて, どこに, ない, ないよう, なく, なくなりましたか, ならび物売り小屋, ぬれぎぬ, のさばり返つて, のそのそと, ぱっと開く, ひどく痛んだ, ひらかれた, ひらくこと, ひらくの, ぴたりと, ふいと, ふたり生じた, まえだの, まえの, まえを, まずあれ, まずそこ, まず失望, また蘇生なす間じきもの, まだ父, まだ締, まだ若い, みえた, みえだすあたり, みたび案内, むだめしを, むっくり起き上がる, むゝと眼で, めしとったから, もうすぐそこ, もう少しこの, もう閉まろう, やつと, やられたこと, やられましたよ, ゆらゆらと, わざと千鳥足, われ鐘の, キイと, ギーッと, サチ子の, スヤスヤと, ピッタリ閉ざされ, ブラ下が, 一つ一つ片は, 一ヶ所しか, 一二三と, 一人娘を, 一代に, 一件に, 一生人に, 一番大え, 一黨の, 三つある, 三千兩や, 下手人でなけれ, 不動堂の, 不図病, 不審のかど, 不思議な, 不意に, 不義の, 中から, 丹三郎の, 乗りこんだからには, 乾児たちの, 二つあるです, 二つ在て, 二十年前の, 二本差だ, 云たる, 五寸ほど, 井筒屋の, 人に, 今の, 今度ばかりは, 仔牛を, 仕業に, 付いて, 伺候の, 住んで, 何思いついた, 何處かで, 何遍か, 來ました, 信濃町に, 修築せられた, 備つて居る, 傾いて, 僅, 入りゃしない, 入口を, 入牢を, 八丁堀の, 其處に, 再び声, 再度爰, 処え, 出店なる, 出来るやら, 刀を, 切られ與三, 前に, 助かると, 勝って, 十八番中の, 十年前に, 南面し, 厳重に, 参ったとな, 参りましたが, 参り合わせて, 又やられた, 取り去られて, 取上げたの, 取計, 受けるであろう, 名は, 名人なる, 名跡を, 向こうに, 呑んで, 咳声も, 唐草模様の, 啓い, 嚴重に, 四十七八といふ, 固く閉ざされ, 地だ, 坐って, 壁の, 声を, 声明し, 多助, 大きく口, 大きく開い, 大竹孫右衞門の, 夫婦づれで, 奇怪至極な, 奉行所の, 好きに, 好みで, 妻なれ, 妻戀坂の, 始終を, 娘お, 媒人にて, 宅へ, 宅番する, 安心し, 実家を, 家を, 寢所の, 寺の, 小使の, 小僧の, 少しぐんにゃりとなったような様子, 少し傾き, 少し明いてる, 少し開い, 居るから, 屈託顔で, 山賊を, 崩れ塀, 左手に, 帰って, 帰りかけるころ, 幽明の, 庄左衞門の, 店を, 建ち軒, 建てられた, 引いて, 引取る, 役目の, 彼女を, 得心で, 御膳を, 御預り申, 必死に, 怒りだしは, 思いがけなくも, 思惑で, 急死した, 悴の, 情に, 惡事當人より, 惣右衞門方へ, 慈悲人情を, 慌しい, 憎いであろう, 或日原田兵助方, 戰歿し, 所に, 所持致し, 扉を, 手槍にて, 才智感ぜずん, 承知しない, 拔け, 拝領したる, 持し, 振り返りざま, 握つたきり, 揺れ出した, 文句を, 斯う, 方に, 旅人を, 既に開かれた, 日常針を, 日野家に, 早く締, 明けっぱなしな, 昨夜誰かに, 昨夜隱居所で, 暴れても, 書いたの, 最初の, 有難さ, 未だ部屋住, 本氣, 松坂の, 梯子の, 極刑に, 樣, 横の, 檢屍に, 此度の, 歩み出したの, 歸つて來て, 死んだの, 死んだ離室, 死んでからは, 殺されたん, 殺された前後, 殺されましたよ, 殿さまへ, 母屋に, 気魄の, 水の上へ, 江戸に, 泊りし所, 流れの, 浮かれ屋右門, 深く根ざし, 源次郎へ, 溜飲の, 潜れたね, 濃青い簡素, 災難を, 無實, 煮られし巨, 父を, 片扉, 物堅い気質, 狙はれ, 玉乗りへ, 珍しく近づい, 生憎病気で, 申す口, 申せし通り, 申立の, 男振, 疑いの, 疾に, 發見し, 白状なせし, 盜みとりたる, 目で, 相手を, 真紫, 眼前に, 石川を, 破られようと, 神人に, 福助といふ, 突っ立ち上がっ, 突っ立った, 立ちあがって, 立とうと, 笑いわらい呼びとめました, 答えると, 籤を, 紙帳の, 細引で, 締て, 締まって, 罪の, 置き忘れたまま, 美女丸を, 老年であった, 聞き役と, 聞き終わるやいなやの, 聞附け, 胸の, 脇腹目掛て, 腰から, 自ら稱した, 自信あり, 自然と, 自然の, 舞臺に, 苛つて打込脇差にて, 若くし, 莞爾とばかり, 葉桜の, 蘇生る, 見えそれから, 見えますが, 見えるでしょ, 見えるの, 見える位, 見える陰鬱, 見え夜, 見て, 見苦敷姿, 言ふ, 計略に, 訪れて, 訴人せし, 誌し, 認めたかと, 誠の, 誰かに, 豊かに, 豫想した, 貧乏浪人などは, 買ひ取つ, 質に, 質の, 赤い前垂, 赤く塗っ, 越後新報の, 身には, 軋った, 近づきながら, 追いかけました, 追って, 逃げたと, 逐電せし, 運の, 過ぎて, 道場に, 違いましたから, 違いましょう, 違う, 違うぜ, 違うだろう, 違わあ, 遠くの, 遺言并びに, 金に, 金を, 金子を, 釣に, 鋭くきき尋ねました, 門前に, 閉ざされた時, 閉じたとて, 閉ったらしい, 閉つて居, 閉つて居つ, 閉まった, 閉まってるからな, 閉まつて, 閉まりそれ以後湖, 閉まるかも, 閉まるの, 閉る, 開いたので, 開いたを, 開いた時, 開いとるが, 開かないうち, 開かれ, 開かれそして, 開かれるの, 開かれる日, 開きました, 開き二人, 開き切った時分, 開き弱, 開き誰か, 開く音, 開けた, 開けっ放しに, 開け放たれて, 間違ひもなく, 限られて, 隣の, 隱した, 集め来しなれ, 離屋の, 露次の, 非常なる, 非道の, 韮山に, 顔で, 飮む筈の, 高く鎖, 鮎を, 黒

▼ 門から~ (672, 3.1%)

43 出て 20 外へ 13 玄関までの 11 玄関まで 10 入って 8 はいって 5 玄関へ 4 中へ, 往来へ, 更に中門, 玄関に 3 はいった, 世間へ, 出た, 勝手口へ, 這入って, 這入つて, 風が

2 [40件] して, ひとりの, 一旦はいった, 両側に, 中へは, 中を, 中門までの, 二人の, 入ったの, 入つて, 出た人, 出ました, 出ようと, 出ると, 出入りする, 十町ばかり, 外の, 奥の, 奥を, 始めて, 姿を, 左右に, 帰って, 庭の, 引張り出して, 御入場, 持出させたの, 本丸へ, 正面に, 玄関までは, 直ぐ左, 知れると, 腕を, 覗いて, 走って, 迷ひ出, 門へ, 離れて, 飄然と, 駈け込んで

1 [445件] あふれだ, あふれだす人, あふれ出た, あまり遠く, あらわれた, あわてて, いち早く逃げ出す, いっせいに姿, いま居酒屋の, うけ繼, えんえんと, おのりもの, およそ十五歩, お入れくださいまし, お入れしましょう, お勝手口, お城, お屋敷, かえして, かけだして, かなり離れた, き一つ, ぐいと折れ, ぐるりと, げんかんまでは, ここへ, こっそりと, このお, これへ, ころがりでて, さいご, さす燈, しこたま貰つて, した, しんと, じきに, すぐに, すぐの, すぐ小路伝い, すぐ左, すぐ石段, すぐ近く, すこし出た, ずっと玄関, そこまでは, そとへ, それを, ぞろぞろ出, たつが, だらだらと, だらだら坂, だれか, ついて, つい一足, つきとばされたいきおい, てんでに丼, である, であろうと, どたりと, どんなにぎっしり群集, ぬけ出して, のぞくと, はいり台所, ひきかえして, ひたひたと, ひと跨ぎ, ふうわりと, ぶッ, ほど近く庭, ほど遠からぬ, ぽいと, まず歩き出し, またひとり田舎侍, また一団, また怪奇, まだ半町, まっしぐらに, まっすぐに, まわったほう, やって来た小役人, わけは, オベリスクの, オーベルヴィリエの, クラマール行の, グルリと, スタスタと, ズッと, ズレタズラに, ゾロゾロいろんな, ツァルスコイエ・セロ駅までの, ネグラを, パリで, ピレネーの, プウル・ヌーヴの, ポーチまで, モンパルナスまで, リスの, 一せいに, 一二間の, 一人の, 一人出た, 一歩ふみだした, 一歩も, 一気に突入, 一目に, 一足出た, 一足踏み入れる, 一隊の, 三之門に, 三人の, 三十メートルほど, 三十歳ぐらいの, 上使と, 下って, 下つて, 下駄箱の, 不安そうな, 世を, 中の, 中庭を, 乱入し, 乱入しろ, 乱箭の, 二字を, 二百米ほど, 二里離るれ, 二間あまりの, 二間ほどの, 五六町ほど, 五六間行く, 五十メートルも, 五十歩ばかり, 五鳳楼へ, 交叉点を, 京城に, 京町へ, 人に, 人を, 今日の, 他の, 他人を, 会堂の, 会堂まで, 伸びて, 何者の, 來た, 俥が, 停留場へ, 入った, 入ったお, 入った痣, 入った通路, 入ります, 入り一人, 入ると, 入るに, 入れば, 入ろうと, 入城された, 八ツ手などの, 八十支里, 内の, 内へ, 内へは, 内を, 内城の, 処女製作の, 出さない, 出しては, 出すの, 出たが, 出たと, 出たとき, 出たところ, 出たはず, 出たもの, 出たり, 出た昔気質, 出た蕭照, 出ないので, 出よう, 出ること, 出るつもり, 出るには, 出るの, 出る時, 出る時刻, 出入りした, 出払った, 出身した, 前へ, 前庭に, 十里ほど, 千代田の, 南二ツ門南一ツ門を, 南八キロほどの, 南門を, 厩の, 去ると, 反り橋若宮, 取っつきのに, 叩き出して, 右の, 右手へ, 呼ばわった声, 呼ぶ者, 呼鈴の, 唯三十歩南へ, 喜右衛門を, 営中へ, 営内にわたるまで, 噴き上った革命, 四十分ばかりの, 園の, 垣舎の, 城内の, 城内を, 城跡の, 堂々と, 境内へ, 外に, 外へと, 大玄関, 大路へ, 奥座敷へ, 奥羽の, 奴に, 姉が, 婆あ, 子供連の, 宋江は, 宣長門に, 宮城前の, 家へ, 家までは, 密, 寮の, 導き入れた, 小さいの, 少し外, 少し遠い, 屋敷の, 山ぎわの, 山上門の, 山駕に, 川船に, 左へ, 市内に, 市塵の, 平和の, 平次の, 広場へ, 座敷に, 庭づたいに拝観者の, 庭へ, 庭先へ, 建物までの, 式臺まで, 引き出した, 引返した, 役宅庫の, 彼らを, 後文科へ, 得た経験, 御殿まで, 御用口までの, 忍び出, 恵まれた金, 戸外の, 手招きする, 投り出した, 抜け出して, 押し出されて, 拔けて, 拝観の, 挽き出そうと, 支配頭へ, 攻めかかるほか, 放された剣狂丹下左膳, 放逐せられた, 数えて, 数歩の, 数町離れた, 敷石が, 敷石を, 數へて, 新筵, 旅の, 旗も, 日比谷の, 日比谷公園が, 日比谷公園の, 日比谷公園へ, 早打ちが, 昨夜来た, 暗い巷路, 更に寺, 朝鮮人が, 本堂へと, 村役場前と, 東の, 東御門, 根岸田圃を, 森の, 森ドュ・ブウロニュの, 榎多, 槍を, 横へ, 横通りまでは, 正信までは, 母家下屋まで, 河原へ, 洋館の, 流れ出したところ, 流れ出る生徒ら, 消えて, 消えると, 溢れて, 溢れるよう, 溢れ出して, 濠端へ, 炭を, 獄舎の, 玄関への, 玄関までが, 玄関迄は, 玄關までの, 現した, 男も, 男振りの, 男装を, 町の, 番人に, 異種異形の, 疲労の, 百メートルほど, 皇城の, 直にひき還す, 眺めて, 着物と, 社会に, 私は, 突き出した, 突入し, 突出し, 突当りの, 突當り, 立ち去った, 立って, 立つと, 笛の, 籠み入っ, 繰込んでは, 義党の, 脱出を, 腰の物さえ, 至高な, 舁ぎ出される, 興ったと, 船までの, 花の, 草も, 草履を, 落ちのびた, 葬礼が, 蓮信が, 街へ, 街道へ, 裏門から, 西へ, 西之丸の, 西南の, 西大門へ, 見, 見えるすばらしさ, 見送って, 觀音樣の, 討ッて, 訪れを, 資朝は, 赤針樅の, 走り出した, 走り出たところ, 走り過ぎたそして, 蹌ろ這い出た, 車を, 車寄せに, 辺城に, 近い廊, 近づいて, 追い出された, 追われると, 退出する, 送り出し迎, 逃げあふれて, 逃げたの, 逃げて, 逃げ落ちた, 途端に, 連れ立って, 進み入って, 道へと, 遠からぬ, 遠く彼方, 遠ざかつた, 邸の, 邸内へは, 配達夫が, 金を, 門の, 門へと, 闖入し, 離れたこと, 離れなかった, 離れようと, 離れ五町, 雪崩れ入った, 電車に, 霞ヶ関の, 霞門に, 霞門を, 露路裏を, 青蓮堂, 非常線で, 音さんの, 飛びだして, 飛びだす, 飛び出した, 飛び出して, 飛び出し線路, 養源寺に, 首切台まで, 馬を, 馬車に, 馳けだした, 駆けこんで, 駆けだして, 駈けこんで, 駈けだしお, 駈け出して, 駈け込んだ, 魏の, 麓へ, 龍樋の, AV

▼ 門~ (467, 2.2%)

15 云ふ 7 申す者 6 申すもの 5 玄関との, 稱し, 門との 4 呼れ, 玄関の, 申して, 申者は 3 いう, なつた, 云ふも, 同じよう, 娘の, 山尾は, 申者の, 顔を

2 [30件] いっても, いわれるおれ, きいて, よばれて, 下男の, 中門との, 二人の, 云う人, 云者あり, 内儀の, 名を, 名乘, 呼んで, 呼上られ, 唱はせ, 女房の, 庭との, 斜に, 東儀の, 柱と, 此の, 母親の, 申しまして, 筋向に, 義弟の, 言って, 錢形平次は, 鍛冶屋の, 顏を, 飴屋の

1 [324件] ある, あるの, あるを, いいその, いうが, いうても, いって, いつたので, いひし小間居, いふ, いふ者なり, いふ者に, いふ者當村の, いへば, いわれるあっし, いわれる砲列, いわれる要害, おっしゃるお, お前の, お千代, お岩, お由利, お里お, こう一概に人, さびた石垣, さや当てを, した戒壇石, して, その若い, その辺, それから藁, ぢて, なし, なって, なのって, なり芭蕉, なるやいな, はじめから, まちがえて, わかつたよ, ガラツ八に, ガラツ八は, ゴルティング銃一挺とが, シャラントン市門との, シャロンヌ市門との, シーボルトとの, ツネと, ツネとは, テームス河とは, ブリキ茶罐, ヤミ商売の, 一々姓名, 一つの, 一対の, 一番親し, 一緒に, 三月堂正, 三軒長屋の, 下女の, 並んだ三つ, 並んで, 主人五郎次郎の, 二人妾の, 云いやす, 云う, 云うお方, 云うが, 云うの, 云う口利, 云う名主役, 云う己, 云う是, 云う石, 云う親父, 云う養家, 云っても, 云つた, 云つて孝高の, 云はず, 云はむ, 云へる, 云れた, 云人の, 云市中廻の, 云揃ひも揃ひし, 云旅籠屋へ, 云者なる, 云者に, 云者平日懇意に, 云者次上下にて, 五つの, 五八は, 五右衛門, 井戸とが, 井戸とに, 亡命者との, 今の, 今宵の, 他巳吉, 伊豆屋の, 伜の, 伝六の, 伝六は, 住居との, 作し, 俗に, 信門との, 倶に, 先の, 先祖との, 兩家へ, 八五郎が, 八五郎は, 六右衞門が, 六朝風な, 内庭と, 切り離して, 到底両立, 前庭とを, 勝負を, 半七, 半蔵門と, 南藏院の, 台所との, 右隣の, 同じ意義, 同じ格式, 同一の, 同室に, 同棲し, 名乗った男, 名前が, 名前を, 名村多吉郎の, 名稱, 向かい合って, 向き合って, 呼ばれ其方ども其時, 呼ぶ口, 呼ぶ獄界, 呼上る, 善七, 四壁との, 土地の, 土塀の, 土橋との, 垣で, 垣と, 垣根の, 堂の, 塀だけは, 壁とが, 大きく一行, 大きな楊柳, 大きな灰白色, 大きに心配, 大井久我之, 大玄関, 妾の, 守衛小屋を, 尋し, 尋ねる問答, 小姓を, 山吹を, 山尾へ, 岡引吉藏案内にて, 平九郎は, 庭とを, 建物の, 張り合い三回とも, 張り合おうという, 張り合つて山の手中の, 彼馬丁等と, 往來は, 後妻クラとの, 徒歩門と, 徒歩門とは, 心得居るか, 急ぎ抜け, 愈々突合せ, 愛宕下町の, 手札を, 改む, 改めて先, 改め正, 改名され, 改名し, 改稱した, 易行門とに, 春日局の, 普通に, 書いて, 書かれて, 書く, 果より, 柿色の, 格子戸を, 植え込みとの, 榻に, 榻へ, 橋が, 機関銃六門を, 正反対の, 殆ど同じ, 母家の, 母屋の, 汝謂ふ, 決まったよ, 治太夫の, 法名が, 浄土門である, 海門とは, 渾名せり今一人は, 潮田又之丞の, 為す, 照星を, 玄関が, 玄関口との, 玉垣によって, 瓦屋根それは, 甚助は, 生首提灯と, 用人の, 用心濠が, 申しては, 申しても, 申しまする, 申します年来, 申します浪士, 申し合せ兄弟, 申すお, 申すとか, 申する, 申す方, 申す法師, 申す浪人もの, 申す由, 申す疎, 申す者來, 申す郷士, 申は, 申まし, 申人は, 申合せし, 申是, 申立る, 申者なり, 申者に, 申者來りぬ, 申者元, 申者所持の, 申者此度御領内水呑村名主九助, 町民の, 留守の, 番所小屋が, 白い土塀, 白壁の, 相對, 相談の, 知ったら怖がること, 知って, 知つて利右衞門を, 知恵比べする, 石に, 石仏, 私に, 私は, 称されて, 称して, 称し字, 種々談合致しける, 稱す, 筆太に, 紙帳の, 總門との, 罷り越し引っ, 老番頭, 聞いて, 肩を, 若い娘二人, 荒田老とは, 荒田老とを, 袴腰の, 裏門から, 見せかけ林三郎, 見付け見付けの, 言ったん, 言っても, 言つた時代の, 言つた芭蕉が, 言つてね, 言て, 言は, 言ふべき, 言へば, 言大, 言者あり, 言者なら, 註したところ, 註して, 議論を, 負けず劣らず仲間, 足の, 逢つたのでございます, 違つて船が, 遥かに, 選ぶところ, 邸の, 部屋, 鉄柵とで, 門に, 門番の, 閂と, 間違へ, 閻魔の, 隣家の, 雖も, 離れて, 題したの, 額を, 食客とは, 高き塔, 鶴屋利右衞門は, 黒い柵

▼ 門~ (455, 2.1%)

13 へ入っ 10 に入り, に入る 7 へはいっ 6 にはいっ 5 に入 4 にある, にはいる, へはいった, へ入った 3 から出, にはいった, に入っ, に姿, の庭, の道

2 [25件] で行なわれた, にはいり, には仮, には雑草, に住ん, に入った, に入れ, に敷き詰めた, に藤野, に足, に進み入る, に進入, に駕籠, の女, の広場, の白い, の砂利, の闇, へお, へはいる, へ入り, へ入りかける, へ入れた, へ走りこんだ, へ馳

1 [320件] からいった, からこの, からすぐ, からだった, からむさん, から一人, から人, から吐き出される, から声, から多く, から奥庭, から女中, から左, から忠作, から戻っ, から返事, から返辞, から邸町, か庭, でぎやおぎやおとさわがしい音, ではありません, では明智, でわめい, といふの, なる栗, に, にあった, にあり, にい, における變異, におる, にお客かご, にかけこん, にこの, にちがい, になだれこみ, にはいられる, にはいり込んだ, にはその, には下駄, には何一つ外, には俥, には入っ, には八百年前, には十名, には家令, には巨大, には彼, には支那, には梅, には槍薙刀木剣, には法悦信楽, には献上, には王九媽, には番頭, には笠, には與力同心, には避難者, には鋪石, には風雨霜雪, には馬, にひそん, にひたと, にも咲い, にも左右, にアメ屋, に一台, に一樹, に伝えた, に佇ん, に住ま, に來, に侵入, に偉大, に入らし, に入らしめん, に入りかかる, に入りまし, に入ります, に入るあた, に入るべからず, に再三, に吸いこまれ, に呼びつけられ, に呼び入れ, に塀, に変死, に大きな, に安置, に居た, に巣食いおり, に広い, に店, に庭, に引きかえし, に引き入れ, に引き入れた, に引き揚げる, に待たせ, に待ち受け, に忍び入り, に数基, に敷い, に植えられた, に楽声, に櫻, に歩み入っ, に流れ込む, に消え, に消える, に渡り廊下, に滑りこん, に滑り込ん, に火葬場, に異常, に立っ, に立つ, に舁き入れられた, に萩, に訊く, に貯えられ, に走り入り, に踏み込んだ, に車, に軍服, に辷, に迷信的信仰, に逃げ込ん, に這入っ, に這入った, に這入らせた, に這入る, に通った, に通りました, に通過, に進み入り, に鐘樓, に降り, に隠れた, に雪, に飛び入っ, に馳, に駆け入っ, に駈けこもう, に駈けこんだ, に高く, の, のすぐ, のほう, のチリひとつ, の光景, の凍てた, の前栽, の北, の右方, の土, の地所, の坂, の声, の大きい, の小, の小僧, の小径, の左右, の広, の広い, の広間, の庭掃除, の庭木, の廣, の悲しき, の敷石, の旧, の杉, の東側, の植えこみ, の楽声, の楽曲, の楽音, の様子, の模様, の樹, の樹林, の檜葉, の水茶屋難波屋, の池, の満開, の無縁塔, の狭い, の玉座, の田中派, の百人番所, の石, の砂利道, の空地, の素真中, の群集, の花屋定吉, の藩邸, の誰, の諸, の道場, の鍋島さま, の鐘声, の長, の長い, の長屋, の門, の露人, の高い, の魂, の麦門冬, はなかなか, は一面, は人子一人, は入る, は寂, は蕭条, は見事, へいきなり, へおよそ, へかつぎ入れた, へこの, へさそいこん, へしょッ, へつ, へつれ, へと担ぎ込まれ, へなだれ, へなだれこん, へなだれこんだ, へのっそり, へは, へはいつ, へはいつた, へはいらせまい, へはいりました, へはもう, へは迂, へふみこむ, へもどっ, へズカズカ, へツイ, へツウ, へ乗りこん, へ乗込もう, へ入, へ入り込みました, へ入る, へ入るやい, へ入ろう, へ向っ, へ吸いこまれ, へ大手, へ封じこめられ, へ導く, へ押しとおっ, へ斬り込ん, へ曳, へ案内, へ流れ込もう, へ消えた, へ移し入れ, へ納まっ, へ舁込ん, へ踏み入っ, へ踏み込もう, へ車, へ退, へ退いた, へ逃げこむ, へ逃げた, へ逃げ込ん, へ這入っ, へ這入った, へ這入る, へ通さなかつた, へ通された, へ連れ込まれた, へ進み, へ進ん, へ野獣, へ飛び下りた, へ飛び込む, へ飛び込ん, へ駆け込ん, へ駆込ん, へ駈けこん, へ駈け込んだ, も玄関先, や店先, や玄関, より前方, より吉田五郎三郎, より外記, より忽ち, をうか, をうかがっ, をずっと, をそっと, をちょっと, をのぞい, を一通り, を右往左往, を指さした, を掃く, を普く, を眺め, を見, を見込ん, を覗, を覗い, を覗き, を覗きこん, を覗く, を覗け, を賃借り, を踏み, を通りかかった, を隙

▼ 門~ (422, 2.0%)

18 出て 10 入って, 向って 5 出た 4 かかった, はいった, むかって 3 かかる, 出つ入, 来て, 立った, 行って

2 [15件] いくところ, かかって, かかると, はいって, 入った, 建おく, 描きました五趣生死, 落すと, 詫金百兩遣は, 貼り一つ, 近づいて, 逃げ出して, 這入って, 馳け, 駈けながら

1 [322件] いだしては, いちいち物好き, いって, いまこう, いま入っ, おしかけて, おりた蛾次郎, おろすよう, お入り, お出, お帰り, お通い, かかる一人, かかる手前, かかろうと, かけて, かじりつきまた, かと, きて, きびしく預けられ, ぐるりと, さしかかった, さしかかると, さしくる潮, さして駈けのぼった, さらに門, さわって, すうっと, すがり寄つた, その一つ, その飛報, たち行乞, つけて, つれこんだ, とおくぐり, とどけた, なだれ入った, なだれ寄っ, なんの, のし目裃の, はいった時, はいでず道, はいると, はいるの, はいる準備, ひっ返して, ぶっつけた, ぶつか, ほウ, まいって, まいれその, まわれと, やって来たの, ゆくに, ゆく迄に, ゆく途中, ゆく電車, ようやくたどりついた, よくぞかへ, よしみを, んの, 一存坊と, 一封の, 一歩入る, 一直線である, 一直線に, 上がった, 乘込來る, 事重大とばかりに, 二十五スー, 二挺の, 仔細を, 佇み並んだもの, 來た, 來たなら, 係って, 入ったお, 入った方, 入っては, 入つた, 入つたやう, 入つて修行, 入らぬうち, 入ること, 入るつもり, 入ると, 入るとしては, 入るなり, 入るに, 入るには, 入るの, 入るまで, 入るもの, 入るやいな, 入るよりも, 入る両側, 入る為, 入れたもの, 入ろうと, 八十両の, 其段申達しける, 出そう, 出たら門, 出た時, 出ては, 出でられた伴天連, 出でん, 出ます, 出ようと, 出ようとも, 出ると, 出るとき, 出るの, 出るやう, 出る路地, 出る通り, 出仕いたします, 出向いて, 刃を, 力攻した, 勅使を, 十三兩三分は, 即刻出頭せいとの, 参ったの, 參詣する, 合併した, 向う踏つけ道, 向かって, 向ひ, 吸いこまれて, 告げて, 哀号し合う, 喚きかかった, 回るべきであったが, 塗付んと, 売家の, 奥の, 女の, 女客の, 姿が, 姿を, 嫁ぐ前, 嫁した, 孝行は, 宛てた書面, 宛てて, 家の, 寄せながら, 寄せるも, 寄合ったという, 尋ねら, 尋ねられし處二人, 對はれ, 導くため, 少しの, 島屋の, 崖づたいに降り, 差向けた, 差紙にて, 布令させる, 帰りかけて, 幸運の, 廻った, 廻り徳川天一坊樣, 廻るには, 廻るの, 引きよせられた, 引っ返して, 引ッぱって来い, 引合せありけれども, 引會されし, 引渡しに, 引返して, 引返し甚蔵, 弟子入りを, 弾機つきの, 彼を, 御差紙, 御用状をぞ, 御預, 志保の, 急いで, 急がなくても, 息杖を, 打つ守り札, 投げたの, 投じてを, 折々通っ, 押入り旗, 押出されます, 押送する, 持って, 持つて, 振落して, 捨てられたの, 掛る此時大膳, 掛れば, 攻めかかる, 攻めに, 早馬の, 材木や, 来た, 来ましたまでに, 来るぞ, 来ると, 来る販ぎ女, 標札も, 横づけ, 横へ, 横着けされた, 流れて, 浅黄暖簾の, 漁夫の, 無實, 牛を, 申斷り, 百兩の, 監視隊を, 相渡し, 真ッ向, 着いた, 着いたよう, 着いた二挺, 着いた瞬間, 着かし, 着くと, 着くので, 祝い言を, 穴山梅雪の, 立ち向かっては, 立ち向った, 立ち寄り成良親王, 立った時, 立って, 立つて, 立出あれに, 立出菅笠さへも, 納れる, 繋が, 繋がって, 置いて, 罵った, 背中を, 蔓を, 血まみれの, 行きつくごと, 行きつくという, 行くべき者, 行くまでも, 行く途中両国橋, 行けるかね, 行った, 行ったが, 行ったという, 行った身, 行て, 襲せかけた, 言懸りし, 言掛り此七右衞門は, 訪ねて, 詫びる心持, 話も, 誰やら, 貼り付けるの, 赤裸同然な, 走って, 走り寄り, 走れば, 足を, 身体を, 辿りついたよう, 辿りつく, 迎えられたよう, 迎えられよう, 迎え捕れ, 近い処, 近づくと, 近づくまでは, 近寄った, 近寄った小野さん, 近寄って, 送った上, 送られて, 送り出風呂敷包, 逃げこんで, 逃げ込むところ, 途中の, 這入っても, 這入る準備, 通じて, 通ずる大道, 通るとき, 遊びに, 運ばれた, 運んで, 道誉は, 達した, 遣しける依て, 還幸ある, 金四百兩預け候とて, 金子返報致し, 銀時計一個, 錦木を, 鎖を, 門から, 閂を, 障ったら龕燈返し, 集った, 集まり出した, 難儀を, 預ると, 頼って, 飛着い, 馳けて, 駆けて, 駈け入ったが, 駈け込まれて, 駈け込むと, 駈け込もうと, 駈着是, 高札を, 黄金を

▼ 門~ (318, 1.5%)

6 さすがに 5 戸も 3 木戸も, 窓も

2 [14件] それを, なかった, 何樣と, 切戸も, 口が, 家も, 少しは, 扉が, 火, 玄関の, 玄関も, 背戸も, 開けず庭, 雨戸も

1 [273件] あいちゃいませんぜ, あったらな, あっと驚い, あつた, あまりの, ありません, あり塀, ある, ある事, あろうし, いた, いちめんに, いつの代にか, うち見とれ, うなづき傳, おもわずぎょ, おもわずぎょっと, おもわず少しばかり, おもわず歯ぎしり, お秀, お隣り, かねてご, くぐって, こえて, この一寸奧, この一見, この女, この日, この時, ささるる頃, さびれて, さること, したたか意外, しめて, じっとしばらく裁断, じつに美しく, すつかり, そっくり其儘, その前, その報告, その義気, それから廊下, だまつてゐます, ちょっと屋根, ちょっと毒気, ついその, ついて, とじて, ながめられた, なくおぼつかなくも, なくただ, なくて, なく入口, なければ, なしに, なにかしら, なにもかも一切合切, のぞき現に, はじめてその, はじめてそれ, はたと当惑, ふさがってるん, また昏, みんな閉じ, もう戸, やむなく玉枝, ややぎょ, よい目印, らくに越せた, ガラツ八も, ハツと, 一人子の, 一伍一什を, 一揆衆によって, 七轉八倒の, 丈夫な, 不審に, 中の, 之を, 予と共に, 事件の, 二人の, 亦これ, 今は, 今度こそ, 今朝八文字に, 仔細あっ, 仕方が, 伝六に, 伝六も, 佐兵衞の, 何も, 備えて, 備へ, 備へて, 入らないの, 入口も, 入浴中に, 全く八方敵, 共に損傷, 其事に, 半ばあけたま, 厭倦果て, 又夫三五郎, 又次郎も, 叩いた, 只茫然, 可笑しな, 右の, 同様な, 同道する, 呆れたよう, 和泉式部の, 喜んで, 困り果て, 困惑に, 国元へ, 垣根も, 城下の, 堪え兼, 塀も, 夜な, 大いに悦び, 大いに腹, 大事を, 大威張り, 大寺老人も, 大岡殿の, 大恥, 大病を, 委細承知なし, 娘の, 安心なし, 客の, 宵の, 家柄だけ, 容を, 小さくて, 少々ぞっとする, 少々空腹, 少しあわてました, 少し困, 居りますから, 屋根も, 山尾も, 崖端の, 左仲も, 左樣相心得よ, 平兵衞に, 幼少の, 床に, 床の間の, 座敷も, 建物も, 彌次馬や, 彼の, 彼らの, 後悔し, 心中に, 心嬉しく, 心得たりと, 心配し, 心配なし, 忙敷居, 思はず引入れられるやう, 悲しみの, 愕然と, 戸口も, 扉も, 手を, 打ち捨てて, 承服しない, 披見する, 搦め手, 搭載され, 斬って, 斯請合し上はとて, 早速承知, 暴風の, 更に無言, 未だ老朽, 朱塗だ, 東儀も, 板について, 板塀も, 柱も, 梶せつ子の, 檜皮葺き, 欄干も, 權兵衞を, 止を, 此の, 此度訴人の, 歸らぬ, 殆ど困り, 気の毒に, 没落の, 漸く承知, 潛らず, 潜らずに, 潜戸も, 無し, 無言でした, 猶以, 玄關も, 玉江も, 申掠る, 留守だ, 番所も, 番衆見張, 番頭の, 當惑の, 疊に, 皮を, 目を, 知らず知らず通, 破ろう門, 程なく歸宅致事, 空風が, 立ち腐れ, 立木の, 笑ったが, 第一, 築土, 素直に, 終に白状, 緊張し, 総見寺の, 總て, 耳に, 育つて, 胡散な, 脚下に, 腐りきつ, 腹に, 自分の, 自害致し, 苦笑し, 蘇生いたす, 裏口に, 見えないで, 見えます, 見た, 見ました, 視線を, 負けては, 近所の, 通って, 通るなと, 通用口も, 進出彦三郎儀罪なき, 鎖したぎりなものだから, 鎖し戸, 鎖りけれ, 長居に, 門の, 閉って, 閉つて取り, 閉まって, 閉めて, 開かない, 隨分イヤな, 頓て, 頷いた, 顔を, 飛び出しました, 餘儀なく, 館の, 首を, 馬喰町を, 鵜の, 鼻が, 鼻で

▼ 門まで~ (199, 0.9%)

12 送って 10 出て 8 来ると 6 来て 5 来た 3 くると, 備つて居る, 来ては, 行きしが, 行くと, 迎えに, 送つて

2 [13件] きて, ついて, やって, 乗っけて, 來ては, 僅か三四間, 出ると, 行った, 見に, 見送って, 見送り, 見通しです, 逃げて

1 [111件] およそ一丁半, お帰り, お見送り, お迎い, お送り申しませう, お送り申そう, きは, それを, ひいて, みんな歩く, もどれば, もどれる, やってくる, よりました, わかいひとたち, アベコベに, カギに, スキーを, 一しょに, 一哩と, 一応出, 一生懸命さ, 一町ほどの, 一直線の, 七代の, 乗りつけると, 五十メートルほどの, 伸びて, 來て, 來り, 備って, 出かけた時, 出ては, 出る, 出来て, 出迎えて, 参って, 参られましたが, 参りました, 大次郎の, 夫人の, 尾い, 帰りつきました, 引き出して, 往った, 戻って, 抜けたの, 持って, 挽かせた, 接して, 来い, 来た時, 来は, 来ました, 柔い, 様子を, 歩いて, 歩くと, 歩くの, 歩けば, 歩行し, 毎日の, 気に, 洗って, 溜池通りは, 爪先下りの, 秀吉を, 約三四町, 約十八町, 絡繹として, 織るが, 自動車を, 舟を, 行く後姿, 行く路, 行ったこと, 行って, 見送った, 見送らんと, 見送ろうと, 護送された, 走った, 走って, 走りました, 走れり, 足を, 辿りつくと, 辿り着くと, 追って, 送った, 送つたが, 送つて來, 送りあたたかい, 送りつけて, 送りましょう, 送り出して, 送り出て, 送り届けて, 送り迎, 逃げ転んで, 遁出した, 運んで, 道は, 郵便出しに, 閉めたまま, 閉められて, 馳せ着けた, 駆けて, 駈けつけたが, 驀走を, 鼻たかだかと

▼ 門には~ (170, 0.8%)

4 いって 3 立たず行 2 いるの, 屋根が, 福来る, 絶えぬ

1 [155件] あの夜以来, いくつかの, いつも錠, いよいよ諸国, いると, お杉, かぎが, この門, さすが武士, すかしも, すこしも見覚え, すばらしいかざり, すばらしい魚料理, そぐわぬ一人, その標札, その贈, それぞれ名が, そんな臭味, だいぶ逗留, だれも, ちょっとした白葡萄酒, ちょっと自分, どやどやと, はいらずに, ひられないからね, ひると, また右門, また禅家, まだしゃくしゃく, まだ朝霧, まだ躊躇, むしろ大, もう軒並み竹, もう錠, もはや燈火, よい手鞠, わからなくとも, フルヰアの, フレオッセと, 一本の, 三十年前家督を, 不思議に, 主の, 五人の, 人も, 付剣の, 伊太郎といふ, 何う, 余程縁, 例の, 偶然に, 僕が, 入らずずっと, 兵卒が, 出來, 初めは, 初耳でした, 前もって柊, 剣の, 博徒や, 又もや案内, 味方が, 喬木世家という, 国旗が, 国旗翩飜たる, 外に, 外界に対して, 大理石工や, 太い木, 好きに, 娘が, 媚びと, 子が, 孝行の, 客が, 密会の, 寝ずの番が, 師礼を, 幕を, 幕封を, 御奉書, 忘れて, 思いも, 思へました, 惡者松五郎欠落中未だ, 態とらしく丁寧, 掛け替への, 新築の, 早や, 最明寺思いも, 本當, 杉弥の, 村の, 松たて, 松岡万関口隆吉大草多喜次郎中条金之助などの, 枯柳が, 梅阿弥の, 樹立の, 母親が, 毎日六時に, 池の, 浅葱に, 海軍の, 渓川に, 火が, 火屋なし, 狼, 番人が, 番人も, 盛砂飾手桶が, 監視の, 目が, 知らない国, 石柱が, 祝賀の, 福が, 福きたる, 福来たると, 福来たるの, 種々な悶え, 立春大吉の, 竜宮といふ, 竹が, 紛々と, 罪有る, 耳に, 聞かせるわけ, 葎の, 衛兵が, 袁紹という, 見覚えの, 観音開きの, 警察で, 豚鶏織物砂金茶あらゆる, 贅を, 赤色なり, 赤錆びた, 車馬の, 軒並みの, 軒燈さえ, 逃げるべきまた, 鉄のと, 銅鈴が, 鐵の, 長兄の, 門弟ながら, 関羽を, 電灯がと, 電燈がと, 電燈を, 額が, 馬を, 鹿児島の, 黄色を, 黒雲が

▼ 門~ (145, 0.7%)

23 丞は 20 丞の 16 丞が 14 丞を 103 丞と, 丞という, 丞に, 丞も 2 丞だ, 丞です, 丞へ, 丞大

1 [42件] を止め, 丞あの, 丞あわれみ, 丞かなわぬ, 丞から, 丞きょうで, 丞その他おもだった, 丞だけは, 丞だった, 丞だって, 丞でした, 丞としては, 丞とっく, 丞とやらが, 丞どのは, 丞な, 丞などという, 丞にとって, 丞によって, 丞のから, 丞めが, 丞め悪い, 丞ガラリ, 丞フワアッと, 丞一刀の, 丞声を, 丞変に, 丞大きな, 丞当年とっ, 丞心中に, 丞思いつめた, 丞思わなかった, 丞殿だ, 丞痴欲に, 丞眼を, 丞美文を, 丞言葉も, 丞谷大八なんかという, 丞谷大八の, 丞谷大八等, 丞貴公は, 益望仏本

▼ 門~ (133, 0.6%)

12 あつた 2 下りて, 待って, 横に, 泣け, 駒を

1 [111件] あつたの, あつて, いう六字の名号, いわば国, うけとること, おなじ景色, おひろいに, がまんする, これは, これより, ござります, せう, その脇, それからもの, ちょっとお, はたして宗吉, ふさは, べつにだれ, まず第, みな馬を, もう一家, やる処, よく会う, わたしの, アーチの, マサカ自分が, ムリアスは, 一人の, 一度わあ, 一緒に, 二人は, 二度目に, 京橋弓町に, 今の, 倒れて, 先刻右内に, 全部樫の, 八丁堀に, 別れて, 別れやう, 別れる時, 刺叉やら, 動かなくな, 右門は, 同様な, 呼び売りさせて, 啜ったたぬき汁, 啜つたたぬき汁, 啼く, 国で, 城外との, 夕月の, 奥へ, 奥様の, 女学生を, 定家の, 居る殆ど, 帰れ, 張番を, 戦争し, 拒まれた, 拒もうと, 捉まった, 捨てるや, 敵と, 日が, 日本の, 有る由上, 朝の, 木崎から, 此の, 殊に最もよく保存, 泣く, 活溌に, 皆なと, 石畳が, 石韜崔州平諸, 終って, 編笠の, 美貌と, 習うた誰, 考案した, 聞かして, 脱いだの, 腕木には, 苦しんだ光, 茶の, 董卓に, 蔵人兼高という, 見たの, 見た嫌悪, 見張りを, 見立てたソファ, 討たれて, 訪うらしいぞ, 訪ずれる, 誰かの, 諸大名, 踊つた, 車を, 速力は, 遇うた時, 閉ざされた囲い, 防がれ割合, 降りる本署, 飛んでも, 馬を, 駕籠を, 騒いだろう, 騒ぎだしたもの, 高氏を

▼ 門より~ (82, 0.4%)

2 乱れ入る若人達, 二三軒手前の, 内に, 奥へ, 東今出川までの

1 [72件] おいでを, たえず左, ただちに攻めきたり, はいれほろびに, より荘厳, ハヤ駕籠をぞ, 三代庄太夫の, 下ること二三級, 亂れ入る, 人かの, 借用致し, 倭島見ゆ, 入りて, 入りぬ, 入り来りその, 入るもの, 入るを, 入る者, 入れ, 入れよ, 内々知らせ越し, 出たりとの, 出づ, 出て, 出できたるを, 出でつ, 出る, 十五六歩し, 参入し, 受取と, 外には, 外へは, 外城に, 大和しま見, 守備兵の, 家の, 少し座, 岩間の, 差出したる者兩人足輕小頭一人足輕六七人附添罷出, 帆を, 帰る, 年一杯廿五歳までを, 庭に, 引渡しと, 引續き, 張世爵は, 形見に, 担い出して, 日比谷公園へぞ, 暗濛, 李如柏は, 残って, 毎度米穀を, 淺草田圃へ, 溜池へ, 申立けれ, 突入し, 聲を, 葛籠岩まで, 訴へ, 訴訟所へ, 買取しとな, 走り出で, 返事が, 退場, 逃れ出で, 這入と, 金五十兩貰ひ, 金子借用せし, 長らく忰, 門番までも, 陵に

▼ 門~ (78, 0.4%)

2 塀や, 壁に, 店前に, 陶器の

1 [70件] あたりの, しまりて, すべての, その他の, なまこじっくい, 一道の, 三角の, 上野の, 二階屋の, 五十嵐右内や, 何かの, 元禄六年に, 内儀の, 刹帝利だけは, 十四門は, 又窓, 土塀などに, 垣を, 垣根を, 堂塔だけ, 塀は, 塀を, 墻を, 壁を, 壊れた廻り廊下, 大小の, 天野屋利兵衞の, 奉公人達の, 宏壮な, 家が, 家には, 家内に, 山吹に, 店中の, 庭の, 庭も, 庭を, 往来には, 応天門へ, 怪しき者, 扉で, 扉に, 拝殿などの, 新建門を, 枝折戸が, 柱は, 柱へ, 柵を, 桐の, 構えを, 濠の, 照れば, 玄関の, 生垣や, 番所が, 白い壁, 破風や, 窓から, 窓や, 薄紅葉, 藤八平次などの, 部屋が, 鉄柵も, 鋸山に, 長楽宮の内門にまで, 閂の, 雨戸を, 露路に, 青山敬太郎の, 黒塀は

▼ 門~ (63, 0.3%)

4 の光 3 が光つて, のあかり 2 がつい, が光っ, の出, の多い, の点い

1 [43件] が, がうすく, がひどく, がぼつぼつ, が何となく, が突然, が立っ, が立てられ, が薄, と格子, に, には明り, に寒々, に影, に照, のあたり, のすくない, のにぶい, のぼんやり, のぽ, のまばら, のまわり, のよう, のスイッチ, のスヰッチ, の外, の外輪, の奥手, の淡い, の灯り, の燈, の色, の輝き, の鈍い, は新太郎君, は消え, もぼつぼつ, もスウィッチ, をこわす, を指さした, を背, を見せ, を離れた

▼ 門という~ (61, 0.3%)

4 のは 3 ものが, 人が 2 のが, 者の

1 [47件] あっしが, おらがの, お侍, お方でした, ことに, ことを, すばらしい人物, ところだ, ものも, ゴミゴミした, 一字を, 事が, 人に, 人の, 人物の, 処が, 処に, 友人を, 古い城門, 名主様が, 字には, 店のね, 御旗下, 急瀬, 感じに, 所で, 文字が, 方が, 方で, 旗下の, 浪人で, 浪人者が, 炭問屋で, 男は, 百姓さ, 粟田口國綱の, 老人が, 者が, 聞くからに, 荷主が, 言葉から, 言葉は, 郷士の, 門から, 門は, 門を, 題に

▼ 門~ (58, 0.3%)

4 へ到り 3 へ參 2 へ御, より貰

1 [47件] から反古, にては九郎兵衞, にて他, に世話, に少し, に於, に當時, に飼猫, の切戸口, の勝手, の奉公, の手代多助, は毎度申, へぞ到りける, へと志ざし, へと急ぎ, へも行, へ一泊, へ下宿松本理左衞門始め掛役人, へ九郎兵衞同道, へ五六人, へ人出入, へ來, へ到つ, へ奉公, へ妻子, へ娘, へ尋ね到り, へ引取, へ忍ばせた, へ忠義, へ悴倶, へ晝, へ申越候趣, へ相談, へ着し, へ罷り, へ落付村中殘ら, へ行き, へ行先達て, へ言, へ遣, へ音信, よりの明細書, より五ヶ月限り, より吉兵衞方, より請取候

▼ 門殿~ (57, 0.3%)

2 と, の恩義, の方

1 [51件] あの時酒, が今日, が夢, が手, が臨終, が身, だ, であらう, とは此方, と東儀殿, と聞い, ならん其邊, にはさいぜん, には不審, には正義, に不孝, に向, に會, に親實, に面談, の世話, の代, の位牌, の呑んだ, の宅, の手, の手代横田五左衞門深見吉五郎檢使立合, の枕元, の煙草入, の甥, の申さる, の證, は一昨年歿, は同姓, は吟味, は此邊, ばかりゆゑ盜まれ, へも宜しく, へ召捕, へ宜しく, へ差出し, へ平兵衞, へ御, へ送つた, も一體白妙, より口書, より大, を害め, を尋, を永, 程の大

▼ 門~ (57, 0.3%)

2 のお, の御

1 [53件] から綱宗, がお, が後鳥羽天皇, さ行っ, で寄り合い, というお寺, というの, という寺, といっ, といふ寺, と云, と申す, なる御, にいた, におれる, にしだれ桜六抱半, には土御門天皇, には生前, には皇子, にわかれた, に宮仕え, に捨子, に雑仕, のこと, のみ志, の住職, の内, の勤操僧正像等, の姉, の局, の御所, の御築, の方, の方丈さん, の本堂, の死, の美貌, の雑仕, の高築, はよほど, は伯母, は反対, は後, は櫛笥左中将隆致, は深く, へとくに, へも皆, またみかどの随身, もまだ, をおもいだし, を見, を逃げ出した, 同じく御

▼ 門さん~ (55, 0.3%)

2 が不, と云う, のところ, の家, は

1 [45件] おあがん, か此方, がいい, がそう, がそれ, が拔, が隱居, だね, であつ, でげす, ですか, ですよ, というお方, という立派, とが来る, とは仲, と仰, なら芽, にお, にはお, には水街道辺, には評判, に返す, に違えありません, のこと, のことば, のすすめ, のとこ, の一人娘, の兄きが, の所, はいう, は御家, は甚御氣, は胸, は若い, は驚き, もそう, も唯, を, を入れ, を叱る, を御存じ, を頼ん, 御苦勞はん

▼ 門~ (55, 0.3%)

9 の家 5 への家 2 の見える, もなく

1 [37件] が村, が見られ, して, だが, でなければ, でもある, でも内, と云う, になつ, に守衛, に庭, に高く, の内, の前, の大きい, の大きな, の宅, の家屋, の寺, の小綺麗, の屋敷, はなかりし, は依然として, は門構, ばかりである, へでその, へで石畳, へとがひ, へとは名ばかり, への医者, への屋敷, へやその, へを入, へ小, へ百壽園, や黒い, 低く傾いた

▼ 門~ (55, 0.3%)

3 の娘 2 の兄哥, の類, をし

1 [46件] から, がありません, が來, が聞い, が談話, でございます, と近づき, などと話, になっ, になる, に来, に用いる, のその, の人形使, の人形操, の坊主, の声, の天窓, の女, の方, の果敢, の流行唄, の絵, の胸, の芸人, の衣紋, の袷, の頬, はこれ, はその, はよく, は何処, は先刻, は屹, は手拭, は撥, は権, は澄まし, は物, は背後, へずいと, も利かない, をやる, を怪しん, を聞徳, 見たいなもの

▼ 門といふ~ (50, 0.2%)

10 のは 3 人は 2 もの石綿を, 人の, 人も, 男は, 農夫老たる

1 [27件] これも, のが, のださうです, のを, やうな, ヤツトウの, 三百五十石取, 人が, 人間の, 六十過ぎの, 剛勇の, 四十男, 大名主, 御家人上がりで, 御家人崩れです, 恐しく頑丈, 感じに, 旅籠屋へ, 日本一の, 浪人者の, 百姓で, 石標の, 穀物問屋へ, 者が, 藥種屋あり, 親方の, 醤油屋で

▼ 門附け~ (47, 0.2%)

5 をし 2 とは, の女

1 [38件] かな, が一人, が島津太郎丸, が来た, と共に却つて, なんかし, なんておよそ, にいこう, にいっとったで, にならい, にゆける, に来た, に行った, の旅芸人, の芸人, の足, はすたれ, は流行らんで, は益々, は近頃, もやっぱり, をこの, をしかねない, をする, をやめ, を致し, を辞, を辞ら, 三味線を, 姿の, 生活それに, 編笠で, 衆であろう, 衆なるほど, 衆の, 阪東薪十郎の, 風の, 風情が

▼ 門塔十郎~ (46, 0.2%)

2 であった, と東儀与力, のため, の三名

1 [38件] がいま江戸表, がそんな, が今, が剃刀, が役禄, が龍山公, その人, だけは酔えなかった, だぞ, だよ, とそして, ともある, と東儀三郎兵衛, と江戸, と申します, に交渉, のするどい, のところ, のふたり, の声, の宿所, の眼, の第一歩, はすこし, はその, はまだこう, は切り際, は呆ッ気, は庭先, は彼, は最前, は検死役人, は胸, は自殺, は身, も同じ, も威圧, も時々

▼ 門~ (45, 0.2%)

3 のお 2 だ, という人, の御

1 [36件] から五重塔, がお, がお出で, が遺言, ご書状, じゃア, でございます, では, というお, とやらあんた, と云う, と仰せられる, なら近郷近在, にお, にお話, にも左様, に義理, に違えねえ, の世話, の代, の妾, の娘, の後添, の御内室, の敵討, の死骸, の若様, は宜, は立腹, は阿部伊豫守様, へお, も定めし, も目, も胆, をお, 御両親

▼ 門~ (45, 0.2%)

7 かな 4 に立っ 2 にありたる, に佇ん, に立つ, は去らぬ

1 [26件] で別れる, で澄, となり, にかがり, にて立, には待ち, には立花忠茂, に上白下黒白黒, に伸び上り, に佇み待っ, に出, に声, に据, に爪痕, に目白おし羽觴, に立て, に竜二疋, に繋いであろう, のつるばら, の元, は寒から, は箒, へ来る, をさま, を叩く, を過ぎる

▼ 門~ (41, 0.2%)

4 の路地 3 の小唄 2 の伊八, の佐渡屋

1 [30件] で何, で殺されました, に引返しました, に急ぎました, の上總屋伊八, の六番館, の同好倶樂部, の家, の小町娘, の左官, の廣, の忠義酒屋, の忠義酒屋加島屋, の河岸, の現場, の田原屋, の西明陽軒, の酒屋, の醫者, の隱居泉屋, の隱居泉屋夫婦, は一, へ, へは行かない, へ行つて, へ飛びました, までは一, まで女, まで行く, まで行つて人

▼ 門~ (40, 0.2%)

3 のヤマスゲ, の実 2 すなわちリュウノヒゲ, であると, としてこれ, の事, は決して, をヤマスゲ

1 [22件] とかそんな, とか大葉麦門冬, としたら, とする, なるヤマスゲ, について世人, には決して, に二種, に縁, のヤマスゲ以外, の上, の中, の古名, の古名ヤマスゲ, の実は, の植え, の生育地, はリュウノヒゲ一名ジャノヒゲ, は実, は生え, をここ, を踏み

▼ 門~ (39, 0.2%)

3 のお 2 を御

1 [34件] から預, が公儀, が取, が彼樣, が田島屋, が盜賊, が私共, でございました, とは昔, とは無二, と云, と云書状二三通外, に何意恨, に御, に海山, に髣髴たる, のところ, の一件片時, の一番目娘, の仇, の娘, の御事, の御身, の敵, の方, の證人, の連累, はもう, は向う向き, は煙たく, は苗字帶刀, へ, へも何より, 見たいな

▼ 門~ (35, 0.2%)

42 つたのです, ッ

1 [27件] かとっくり, かどう, から三人, から婿, か知らねえ, がちゃんと, がむっつり, が今夜, が私, つて, つて出來る, つて間違つて二階から, で, とは気づかず, とよ, と仰しゃ, と信じる, と吹込ん, と思っ, と知れました, と言い棄て, な, なと思った, なと留吉, のを, よ八年前, 私の

▼ 門では~ (32, 0.1%)

5 なかった 3 ない

1 [24件] ありません, ありませんか, ありませんが, ありませんでしたが, あるが, おだやかな, さすがに, すっかり詳細, ないかっ, ないが, ないの, なかつた, はやくも, 一つ鍋の, 一二を, 二級下の, 今暁の, 古参に, 小劇場, 当時此処の, 果して奉行, 極楽往生を, 留女が, 見られない美し

▼ 門とは~ (31, 0.1%)

4 右門が 2 切っても

1 [25件] いえ好む処, いつも相剋, このこと, すぐその, すなわち不浄門, その鉄格子, どんな人, 互先という, 何の, 全く對蹠的, 其方の, 去年の, 友人であり, 反対の, 同じ屋敷, 名前からが, 始めから, 式部の, 心安くし, 我が事, 清水に, 繼しい, 道一重向隣の, 遠い彼方, 隣合は

▼ 門にも~ (31, 0.1%)

3 たれて 2 立った

1 [26件] うすらいで, きのう今日人の, その家, まだはいらない, 亦一人, 似合わない目きき違い, 例年の, 優れる御, 内談を, 出入りした, 同じ現象, 同時に入学, 国旗が, 夜は, 完全な, 小歌鴨居にも, 少年探偵団員たちが, 梅が, 注連飾りや, 相談の, 立てたらしいが, 聞えず捨置かれなば, 解りません, 話しければ, 鍵が, 頑丈な

▼ 門~ (31, 0.1%)

1 [31件] がにっと, が嘲る, が奪い, が思い当った, が慌て, が押しかぶせる, が来, が立て, じゃ, という男, と千, と大, と永井, に相談, に金貸し, のお, の人柄, の手, は, はすぐ, はなかなか, は三歩, は千, は彼, は打身, は見当, もさる, もまた, も計りすぎた, を呼び, を呼ん

▼ 門~ (30, 0.1%)

5 に立つ 2 きに

1 [23件] から奥, きには, きを, だ, で受け, にある, には, に皿鉢, に鎮西八郎為朝, に降し, のもえる, の井戸, の地面, の方, の樣子, の溝川, の話聲, へ出る, をぶらつい, をぶらぶら, を明らか, を見守りました, 迄来る

▼ 門~ (28, 0.1%)

7 第二十五 2 を唱え, を誦し

1 [17件] とを入れ, と申す, などを誦し, にする, のなか, の一句, の次, の誓, の読誦, は註する, また, をみる, を唱, を思ひ, を称え, を血書き, を読誦

▼ 門との~ (27, 0.1%)

7 間に 4 間の 2 間が

1 [14件] あいだに, ぽつねんとそこ, やりとりは, 二名優が, 仲は, 企てが, 企てを, 取り組みは, 相違と, 知せ, 空虚から, 背後には, 胸から, 間だ

▼ 門をは~ (26, 0.1%)

7 ひると 4 ひつて 3 いつて 2 ひつた 1 いつたとき, なるるにも, ひらうとして, ひらない前, ひりかけたの, ひり背中, ひるや, ひるやう, ひる時, 入るやう

▼ 門~ (25, 0.1%)

2 の息女, も歸都可

1 [21件] が, とかいふ後世, とか右衞門尉, とか左兵衞尉, なとの勞苦, などとも親交, などの少, などの長崎到着, ならべると, に隨つて, のため, の国家老, の如き, の懷刀, は, は在, は無事日本, もその他, も速, より御, 見たいな

▼ 門でも~ (23, 0.1%)

1 [23件] あらぬ, こしらえかねないいきおい, さしつかえは, ざらに, ないが, びっくり右門でも, ほうほう, もう少し警戒, 乗越えて, 味が, 天井でも, 寄り付くこと, 建てたいと, 必要な, 応分の, 應分の, 拾つて來る, 松崎大尉の, 破って, 破ると, 裏でも, 見送るよう, 開くよう

▼ 門~ (23, 0.1%)

3 に立っ

1 [20件] から坂下, で誰, にいた, に佇み, に佇ん, に寝, に植え, に英国, に顔見知り, の八重桜, の古, の流, の辰ノ口, へどっと, へ寄っ, へ歩み寄った, まで出, まで送つ, まで駈け出し, よりし

▼ 門~ (20, 0.1%)

1 [20件] からかすか, にたたずん, には伸び放題, にひざまずい, に佇ん, に彳, に忍ん, に白衣, に立っ, に立つ, の一ト棟, の一柳市助, の垣根, の大きな, の小屋, の番卒隊, の番士, の衛門小屋, の詰め所, へ寄っ

▼ 門~ (18, 0.1%)

2 には楓, の木蓮, は日, へ出入り, よ冬, をこなた 1 に入り, に馬糞火気立ち日, に馬糞火氣立ち日, を打ちまわらせ, を馬糞火気, を馬糞火氣

▼ 門~ (17, 0.1%)

2 を読む

1 [15件] か碧巌録, とかいつた, はつねに, へ押し寄せた, をうかがう, を出た, を見, を読んだ, 第一則, 第七則, 第二則, 第五則, 第十一則十二則, 第十二則, 第十則

▼ 門なる~ (16, 0.1%)

3 人は, 柳に, 車夫に 1 がその, ぞ心, もののその, 人物が, 方を, 湯津楓の, 石桶に

▼ 門太郎~ (16, 0.1%)

1 [16件] があの, がお, がやつ, が俺, が匕首, が踞まつ, が身持放埒, で御座います, など八十余騎, には飛付き兼ねました, の執拗, の外, の繩, は何, は思ひ直した, を縛つて俎橋

▼ 門遁甲~ (16, 0.1%)

3 の陣 2 の法

1 [11件] が根本, であって, というよう, の一法, の備に, の天書, の書, の説, の類, の鬼変, も何

▼ 門づけ~ (15, 0.1%)

4 のはか 2 の身 1 などさせたくない, になろう, に八百八町, に出た, のさとれ, の振袖, は絶えず, 芸者である, 芸道との

▼ 門違い~ (15, 0.1%)

2 をし

1 [13件] した, したか, したかな, だ, でおせん, でないに, で五右衞門, で尋ね, で無いか, といわれる, なの, にも門違い, をしちまった

▼ 門までは~ (14, 0.1%)

2 嬉しく驅

1 [12件] いと近けれ, さらに五六町, 元気よく, 先生が, 十メートル以上は, 参入した, 右も, 嬉しく駆けつけたれ, 是非お送りさせ, 町から, 蹈入らしめ, 送らぬぞ

▼ 門三五郎~ (14, 0.1%)

4 の兩人 1 の兩人祐, の兩士亂髮, の手, の紀州表, は三藏, は役柄, は改めて, は是, は當御役宅, は顏

▼ 門並み~ (14, 0.1%)

2 の待合, 荒して 1 だった, だつた, にばたばた, に学校, に知っ, の小屋, 持て餘, 新しい紺, 焼け落ちたなか, 荒らして

▼ 門~ (14, 0.1%)

1 [14件] からな, でそいつ, にあり, に三つ, の, のよ, の出色, の岩礁, の廣田, の食通, の高足, へ頒, をちらりと, を以て村

▼ 門夫婦~ (14, 0.1%)

1 [14件] が奉公人, としつくり行かない, に向, に詫, に護られ, のみ居候, の者, の者共, は大いに, は疾, は隱居, は顏見合せ暫時默, を殺した, 其の夜

▼ 門~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, そうしようで, だつたら或は, でありいまひとり, でござったか, でしたか, にはまた, にはまだ, の女婿, の提案, はいち早く, はそれ, はゆ, を委員長

▼ 門どん~ (13, 0.1%)

3 の伜 1 が, が是, に何彼と, の乙姫樣, の家, の母様, はい, は死んだ, も旧来, 行って

▼ 門~ (13, 0.1%)

3 に逆 1 が叛逆, には逆, の企, の自分, は不調法, は御, は火急, も懌, も自分, 逆意云々

▼ 門である~ (12, 0.1%)

21 かどう, がこの, ことを, とも感じられた, と云う, と言われ, のを, 事を, 文藝倶樂部や, 門の

▼ 門へは~ (12, 0.1%)

1 [12件] いる途中, おのずから客, はいらないで, 一廻り面倒だ, 三年前に, 入れなかったの, 公卿大臣の, 前線からの, 同じ道づれ, 家から, 法被姿や, 足を

▼ 門~ (12, 0.1%)

2 お前の, 光化門よ, 夜ふけに 1 如何にお前, 愛する友, 槇も, 槙も, 長命なるべき, 雄大なる

▼ 門其方~ (12, 0.1%)

1 [12件] が惡事, が申立, に申付, の奉公請, の申處至つて忠臣, の老母病死, は予, は先刻, は只今, は文, は知らぬ, は空せみ

▼ 門~ (12, 0.1%)

91 がある, は, を石鹸

▼ 門長屋~ (12, 0.1%)

2 の武者窓 1 ありて, から曳き, が寄宿舎, が詰所, には家来, の住人, の兵六老爺, の暗い, へ這入っ, を殆ど

▼ 門からは~ (11, 0.1%)

1 [11件] いつて, いると, いるん, ひつて, ひること, 五姓田芳柳高橋由一等が, 右, 小山正太郎浅井忠松岡寿山本芳翠五姓田義松等, 徐盛丁奉, 祝朝奉, 這入れねえ

▼ 門さま~ (11, 0.1%)

3 というお方 1 でございましょう無尽, という人, と云う, と仰しゃ, の御, より整, を日暮ヶ岡, を突落

▼ 門とも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あらうもの, いうべき牛ヶ淵, いえぬ形, いはれる大, いふべき首斬り役, かたく守っ, 云はれたる, 思わぬ粗略, 発砲が, 見るべき西方, 譯す可きで

▼ 門~ (11, 0.1%)

1 [11件] が伯爵, が来, ではなかっ, とすれ, には皆目, に化け, はこの, はさかん, はしげしげと, は話, へ適当

▼ 門~ (10, 0.0%)

1 さア此処, なにが, ぶりの, ッ, 切戸が, 切手門へ, 垣根を, 外から, 天文台の, 林三郎に

▼ 門ぎわ~ (10, 0.0%)

1 から退いた, で討っ, にいっぱい, に立ちあらわれました, に立っ, のベンチ, の修理太夫, へ押し出した, までは寄せた, まで持続

▼ 門なら~ (10, 0.0%)

1 では発見, ね胸, ばつねに, ばというよう, ば南, ば思いきっ, わざ, わざわざそこ, 事を, 覺悟が

▼ 門~ (10, 0.0%)

3 閉ズルヲ 2 出ヅ 1 以テ彩ル, 入レバ内庭ニシテ, 叩ク可憐ナル礼節ハ近来頓ニ振, 衛ル軍三百人虎賁軍トイウ, 閉ズ

▼ 門~ (10, 0.0%)

1 が心, が書き下し, に朗圓上人中央, の, の戯曲, の許, はじろりと, はひどく, は川岸, は註文書

▼ 門~ (10, 0.0%)

2 の家 1 とか言, のところ, の刀, の妹, はまだ, は嘉平太, 兄妹と, 樣が

▼ 門~ (10, 0.0%)

2 を見 1 はし, は先年病死, は聞えぬ, まで主税, を受取, を聞, を請取左仲, 迄の處

▼ 門立ち~ (10, 0.0%)

1 たり, だ, にも満, に逸早くかばかり, のお祝い, の松明, の祝ぎにと, は稀代, を決する, 遊ばしませ

▼ 門~ (10, 0.0%)

7 一の 1 一項に, 二番て, 宅の

▼ 門近く~ (10, 0.0%)

1 くると, で言われてる, なりて, なりては, に出, の板塀, の森, まで戻っ, まで来る, 立って

▼ 門あり~ (9, 0.0%)

1 てその, また暫く, や, 二竜を, 其処に, 桜を, 番人に, 進退曲折の, 門内兩側に

▼ 門によって~ (9, 0.0%)

1 すっかり人気, ほとんど根絶やし, 幾人かの, 志士生活に, 操を, 気絶させられた, 紙帳の, 見抜かれて, 討たれた浪人

▼ 門付け~ (9, 0.0%)

4 をし 1 の楽人, の法師, の芸人, をした, をつかまえ

▼ 門~ (9, 0.0%)

2 の薄 1 に出した, に捨て, のポプラ, の塀, の小座敷, の木戸, へも寄せつけない

▼ 門~ (9, 0.0%)

1 では非常太鼓, のうえ, の上, の宙天, の楼台, の長い, やぐら, をこえ, を見るべからず

▼ 門~ (9, 0.0%)

1 というの, という人, という古鉄買, という百姓, の二人, の家, は馬十, もなかなか, 御挨拶

▼ 門~ (9, 0.0%)

1 から取り上げ, さして引き退いた, と大, に近づく, の外廓, の真っ白, の谷, の谷口, へ急がせ

▼ 門それ~ (8, 0.0%)

1 からつ, から坂下二重門内, に一色友衞, に爭, は真, を取り巻く, を這入る, を除ける

▼ 門です~ (8, 0.0%)

1 から今, が, があまり, が此節, しそういう, って, と降された, ね

▼ 門などが~ (8, 0.0%)

1 さらに次, その例年, 出来て, 営われ石や, 外から, 建った頃, 散在し, 見えてを

▼ 門への~ (8, 0.0%)

4 道に 1 入口に, 入場料だ, 道が, 道は

▼ 門までの~ (8, 0.0%)

1 あいだちょうど, あいだを, 予定で, 暗い砂利道, 暗い飛石づたいを, 石畳を, 砂利石を, 飛石を

▼ 門らしい~ (8, 0.0%)

2 ものが 1 おくゆかしさ, ものに, ものも, 入口を, 揶揄を, 皮肉を

▼ 門をも~ (8, 0.0%)

2 破し屋根 1 なべの, 加えて, 呼出され傘, 屋敷へ, 潜つた, 見知人

▼ 門~ (8, 0.0%)

2 の家 1 とかいう浪人, のところ, の刀, の妹, はまだ, は嘉平太

▼ 門~ (8, 0.0%)

1 が増上寺, の絃, の路, の門人, は牢, は駒込, また金, を奉行所

▼ 門~ (8, 0.0%)

2 ひにて, ひの 1 でもあったろう, にても候はん, ひせしかと, ひに

▼ 門ごと~ (7, 0.0%)

1 にあかあか, にだいだい, に人, に八つ, に立っ, の守り, の雪

▼ 門さき~ (7, 0.0%)

2 まで辿りついた, を出離れ 1 にある, の田, の路

▼ 門~ (7, 0.0%)

2 のです 1 のであっ, のであります, のである, のであろう, んだ

▼ 門などは~ (7, 0.0%)

1 あまり出入り, なおさらの, ぼくは, もうなく, もう開ら, 一と, 軒並戸が

▼ 門について~ (7, 0.0%)

1 専攻し, 少し話さうなら, 教化する, 曲る昔, 歩いて, 絵だけ, 茶を

▼ 門へと~ (7, 0.0%)

1 かかります, そうして一歩一歩, 引っ返した, 貰って, 足を, 運び去って, 駈けつけて

▼ 門よりも~ (7, 0.0%)

1 お駒, よく判ってる, ジヨワンニ門よりも, 哀れな, 窓よりも, 馬車相驅逐し, 高くなる

▼ 門わき~ (7, 0.0%)

1 にもっ, に入れる, の下男, の塀, の茂み, の警固所, 濠ばた

▼ 門~ (7, 0.0%)

1 から, にあり, に懸くる, に標札, のバワリア, の女神バワリア, の銘

▼ 門主従~ (7, 0.0%)

1 がこれ, が押し入りました, のいた, のその, もお, をそれ, を見つめ

▼ 門~ (7, 0.0%)

3 拂申付る 2 ニ戯レ 1 より競馬場, 柳

▼ 門~ (7, 0.0%)

1 に五日程, に宛てた, に居た, に止まった, に置い, の墓地, へ十念

▼ 門次郎~ (7, 0.0%)

1 にこれ, に妻, の妹, は容, は近江国, を養つて子, 長じ

▼ 門河岸~ (7, 0.0%)

2 の半 1 から明神下, でお, のお前, の家, の方

▼ 門破り~ (7, 0.0%)

1 が今日, とか馬, の図, の場, の板額, を演じた, 荒木又右衛門は

▼ 門からの~ (6, 0.0%)

1 ことな, 傅言で, 入口も, 助太刀は, 細道は, 道が

▼ 門たる~ (6, 0.0%)

2 ところを 1 ところで, は改めて, ゆえんです, 文学オリンピツクを

▼ 門だけ~ (6, 0.0%)

3 では 1 であった, 建てられて, 開いてるよう

▼ 門として~ (6, 0.0%)

1 その主人, 同人雑誌の, 居る為, 此新興の, 父母を, 移したと

▼ 門にな~ (6, 0.0%)

1 つてからも, つてこの, つて大川橋から, つて居た, つて百本杭で, つて百本杭に

▼ 門へも~ (6, 0.0%)

1 はいらぬくらいの, 出申さず候, 此事を, 禍いの, 錠前を, 頼み置て

▼ 門みたい~ (6, 0.0%)

1 なそこ, なとこ, なところ, なもの, になっ, に駕籠

▼ 門~ (6, 0.0%)

1 が仕業, が召捕れな, が見落とした, でもがもう, は年, を引摺來

▼ 門~ (6, 0.0%)

2 は私 1 は今日, は御免, を御, 未だ山田奉行勤役

▼ 門~ (6, 0.0%)

1 が帰りがけ, が彼女, が戸締, に面會, は村役場, は知つて

▼ 門公園~ (6, 0.0%)

1 がある, で会った, の不思議, の出会, の脇, を抜け

▼ 門~ (6, 0.0%)

1 ねそびれし, ねんごろ, の, は責め, を失い, を見

▼ 門左衞門~ (6, 0.0%)

1 といふ人, の畫像, の碑, の虚實説, は大阪, 其の人

▼ 門~ (6, 0.0%)

2 を過る 1 には春秋, は蕭条, を徘徊, 到るところ木犀

▼ 門~ (6, 0.0%)

2 をひらい 1 の下, は揺れうごいた, をうしろ, をひらく

▼ 門渡る~ (6, 0.0%)

5 船と 1 雁金の

▼ 門~ (6, 0.0%)

1 とす, との二階級, の籍, の肩書, の資格, は百姓

▼ 門~ (6, 0.0%)

1 から逐い出そう, に滲ませた, の芒, へも寄り附きません, へ出よう, へ投げ出す

▼ 門西~ (6, 0.0%)

5 の中 1 には迎秋門

▼ 門~ (6, 0.0%)

1 となり, なる, に到り, に埋めおきぬ, をば草笛, を通り

▼ 門飾り~ (6, 0.0%)

1 ではなかつた, にした, には竹, の売り物, の竹, もすんだ

▼ 門あたり~ (5, 0.0%)

1 の女学校, の小役人, は飄々, を調べ, 迄行った

▼ 門~ (5, 0.0%)

1 ほき時, 一方で, 仲夫婦の, 園小半次の, 島ともに

▼ 門ぐち~ (5, 0.0%)

1 には人, に人, へ出た, へ捨てた, を踊り

▼ 門さえ~ (5, 0.0%)

1 あれば, 分れば, 死んで, 結局寺内へは, 跨ぐこと

▼ 門その~ (5, 0.0%)

1 人が, 口から, 広狭深浅誰か, 次は, 話は

▼ 門だけが~ (5, 0.0%)

1 上の町に, 僅に, 妙に, 威嚴を, 誰の

▼ 門だけは~ (5, 0.0%)

1 そうしたざわめき, その間にも, できが, 幸に, 逃げ口を

▼ 門ちがい~ (5, 0.0%)

1 じゃ, だ, でしたねえ, でしょうあなたたち, をしない

▼ 門であっ~ (5, 0.0%)

2 てその 1 ても台所門, て何処, て粗末

▼ 門であった~ (5, 0.0%)

1 から私, が, が二品, が手下, ばかりで

▼ 門とが~ (5, 0.0%)

1 あるという, よく見える, 作られて, 実に鮮やか, 立って

▼ 門としては~ (5, 0.0%)

1 あまり好ましく, ただ神, 何も, 呆れ返らざるを, 大いに劣る

▼ 門とに~ (5, 0.0%)

1 二分します, 対立した, 心付いたの, 護られて, 鍵を

▼ 門など~ (5, 0.0%)

1 ひどく雨戸, 何者ぞと, 庁内の, 甍を, 閉てて

▼ 門などの~ (5, 0.0%)

1 ある處, つくりを, 御修理, 手入れを, 駆けだし同心とは

▼ 門にて~ (5, 0.0%)

1 この文句, 偏勝したる, 剣技を, 廿卅の, 裁斷濟たりと

▼ 門のみ~ (5, 0.0%)

1 いかめしきも, だれやら, であるとの, 出會, 生首に

▼ 門ばかり~ (5, 0.0%)

1 だらう, でなく世尊, のこって, 家は, 見て

▼ 門やら~ (5, 0.0%)

1 戸やらに, 牆やら, 石の, 芦垣も, 裏店の

▼ 門亡者~ (5, 0.0%)

1 とは何, と存じ, にご, にした, にはうってつけ

▼ 門~ (5, 0.0%)

2 の間 1 となり, は嘆き, は夢

▼ 門八爺~ (5, 0.0%)

1 が外, が恋し, が時々, は跛引き引き村, を殺いた

▼ 門其儀~ (5, 0.0%)

1 は九助何樣申立候, は只今申上し通り稻葉殿, は同居, は日頃彦兵衞柔和, は至極

▼ 門善助~ (5, 0.0%)

1 の兩人, の兩人打乘笈摺衣類, は名主部屋, は此時, を御

▼ 門~ (5, 0.0%)

3 を今様 2 を今樣

▼ 門太郎さん~ (5, 0.0%)

1 が家出, が毎晩朝田屋, が相, と錢形, は朝田屋

▼ 門~ (5, 0.0%)

2 へ米五俵賜 1 の註, へも此段申聞, 去夫留

▼ 門~ (5, 0.0%)

2 猿の 1 徑に, 徑を, 猿は

▼ 門~ (5, 0.0%)

2 に入 1 で二十年, に大, に拠る

▼ 門旦那~ (5, 0.0%)

1 でお蔭, に頼み, のが, の書いた, は百姓仕事

▼ 門~ (5, 0.0%)

1 え此, が後見, が賣渡したる, れ其節他出, 未だも

▼ 門~ (5, 0.0%)

2 を解纜 1 には百艘以上, に入った, を廻っ

▼ 門~ (5, 0.0%)

1 あらぬ體, でありしか, ば先此方へと, ば未だ, らば

▼ 門神柱~ (5, 0.0%)

1 です, と呼ん, の事, の柱, 或は男木

▼ 門~ (5, 0.0%)

1 に祕書官相澤, に秘書官相沢, の妻, 呵して, 立てり

▼ 門自身~ (5, 0.0%)

1 が山名屋, が立ち回る, すらも淫蕩, でそして, を思う

▼ 門いで~ (4, 0.0%)

2 て砲車, て見る

▼ 門からも~ (4, 0.0%)

1 何の, 東口御, 西口脇門からも, 陳武呂蒙

▼ 門これ~ (4, 0.0%)

1 が開いた, でも武士, は五十前後, を天地

▼ 門じゃ~ (4, 0.0%)

2 ねえか 1 この右門, なッ

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 とから電車, とで百姓馬子, とにひとり, とへ大股

▼ 門だった~ (4, 0.0%)

2 のである 1 のだ, のです

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 のが, のは, 幇間や, 怪しからんエロ芝居

▼ 門でなく~ (4, 0.0%)

1 ちゃだめ, ちゃ手, 善光寺辰でした, 左母次郎でなく

▼ 門とか~ (4, 0.0%)

1 云人の, 何とか云, 目印が, 言つた

▼ 門とて~ (4, 0.0%)

1 三百石にて, 小間物を, 既に御, 間口十八間餘番頭手代丁稚五十餘人其外下女下男二十人夫婦に

▼ 門なれ~ (4, 0.0%)

1 ども彼是, ば以ての外, ば何と, 共ハツ

▼ 門のべ~ (4, 0.0%)

1 にうらら, にみな桜, に立ちいで, も清く

▼ 門べに~ (4, 0.0%)

1 二人を, 云いのこしたる, 小石や, 童子ひとりたたずめり

▼ 門事件~ (4, 0.0%)

1 が藩士尊攘派, で名人右門, と称される, なるもの

▼ 門伴佐十郎~ (4, 0.0%)

2 の兩人 1 の人々, の兩人舊來

▼ 門佐十郎~ (4, 0.0%)

2 の兩人 1 の三人, を討取

▼ 門兵衛~ (4, 0.0%)

1 という長崎, は身ども, を呂宋兵衛, を演じ

▼ 門其の~ (4, 0.0%)

1 人は, 儀は, 方は, 邊の

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 お御所, ならば, には神武門, の開門

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 も亦, をつらね, をも覗い得ざる, を連ね

▼ 門大いに~ (4, 0.0%)

1 怒りヤイ汝れ, 憤ほり大, 憤ほり雷, 驚き早々

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 でした, とかいう奴, の一本調子, の顔

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 が其方役儀, なら愈々爾, は, は何故

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 としての盲僧, の紋, の衆, を私

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 のまぢか, の地形, の寄手, まで行かぬ

▼ 門~ (4, 0.0%)

2 に馬一疋即死 1 に熊谷屋, に馬士權兵衞馬持八藏

▼ 門方面~ (4, 0.0%)

1 にまた, は中, は右脇大将張世爵以下, は左脇大将楊元以下一万一千

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 から西, の欄干, の附近, より濠ぎわ

▼ 門~ (4, 0.0%)

2 いかしく 1 にはある, に立ち

▼ 門殺し~ (4, 0.0%)

2 の疑 1 の下手人, の罪

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 に仮, に真白, に踊つた乞食, を陽気

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 が最も, というの, などは相当, の少し

▼ 門男百姓~ (4, 0.0%)

1 にし, のこと, はその, も村民

▼ 門祝い~ (4, 0.0%)

1 である, であるぞ, をやっ, を寸時

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 が神荼欝壘, の絵像, の魂, の鮑旭

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 としての第一歩, として演芸, を演じ, を演じる

▼ 門~ (4, 0.0%)

2 といふ詩, の御作

▼ 門~ (4, 0.0%)

2 張つて 1 む, ゆ

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 倶に, 流一, 病は, 臣の

▼ 門通り~ (4, 0.0%)

1 の四ツ角, の裏街, の鱗, を南

▼ 門~ (4, 0.0%)

1 ありと, なの, を一枚, を見る

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 その期, へ時々, へ死ね

▼ 門であり~ (3, 0.0%)

1 はじめは, もう一人, も一つ

▼ 門でございます~ (3, 0.0%)

1 から何, が生憎, 扉に

▼ 門とともに~ (3, 0.0%)

1 われわれも, 伝六をも, 最初から

▼ 門とを~ (3, 0.0%)

1 きわめて近い, 破り大挙, 開かせると

▼ 門と共に~ (3, 0.0%)

1 和蘭文書を, 惡事に, 茶祖珠光の

▼ 門などを~ (3, 0.0%)

1 潜ったが, 破壊する, 見る

▼ 門なみ~ (3, 0.0%)

1 に人, に打ち揚げられる, 知って

▼ 門なり~ (3, 0.0%)

1 よき機, 出て, 皆

▼ 門によ~ (3, 0.0%)

1 たれて, つてそして, つて名高い

▼ 門に対して~ (3, 0.0%)

1 シェッパ, 北に, 心に

▼ 門のぞけ~ (3, 0.0%)

3 ば鞍馬

▼ 門ほど~ (3, 0.0%)

1 では, 伸びて, 高くて

▼ 門ほどの~ (3, 0.0%)

2 人物が 1 早わざ師で

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 め, めの, めを

▼ 門をば~ (3, 0.0%)

1 心やすき, 斜め, 開けざりき

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 入リ 1 入リ名刺

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 一傑デアラセラルルヨウナ事デ, 前ニ立ッテイテ, 声甚ダ急

▼ 門ハツ~ (3, 0.0%)

1 とばかりに溜息, と平伏し, と思ひ

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 の門 1 の門三

▼ 門人種員~ (3, 0.0%)

1 と仙果, の話した, はいよいよ

▼ 門先生~ (3, 0.0%)

1 にはきのう, のところ, を救わね

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 になんぞなっ, のうれしく, の歓喜

▼ 門兩人~ (3, 0.0%)

1 が願書, に委細相尋問, を呼出し

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 しても, 中小姓には, 汝れ

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 私し 1 然樣

▼ 門垣根~ (3, 0.0%)

1 に百日紅, の外, まで寄附

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 には柳 1 に速射砲

▼ 門多い~ (3, 0.0%)

2 ことだ 1 のに有難う

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 教主経, 聲にて, 講堂で

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 に列す, の出入り, は常に

▼ 門小屋~ (3, 0.0%)

1 に於, の土間炉, をのぞい

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 から東, に比す, の名

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 と書いた, のおかげ, の藤原

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 をお, をくり, をしらべました

▼ 門并び~ (3, 0.0%)

1 に久兵衞, に油屋, に陸尺

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 にも駕籠屋仲間, に横山玄柳, の浪人前島左近

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 とおぼしき, のあたり, の床几

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 の処 1 に成りまし

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 に頼元, の稱三左衞門, を取

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 の栄華, の顔, を作る

▼ 門涼み~ (3, 0.0%)

2 をし 1 に出る

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 し儀 1 し悴

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 の秋 1 に大

▼ 門~ (3, 0.0%)

2 て夫 1 て手附

▼ 門背戸~ (3, 0.0%)

2 の清き 1 へ姿

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 の大通り, の或, を南

▼ 門親子~ (3, 0.0%)

1 の者, はお召返し, は立帰り

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 したれど, するの, でもする

▼ 門越し~ (3, 0.0%)

1 に中, に眺め, に見て取っ

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 がさかん, が飛び道具, のひとり

▼ 門送り~ (3, 0.0%)

1 だけでもしたい, だけで家, でも済ませ

▼ 門違え~ (3, 0.0%)

1 か, でも一言, でも事

▼ 門金鎖~ (3, 0.0%)

3 の陣

▼ 門附芸人~ (3, 0.0%)

2 誇れば 1 です僕

▼ 門院さま~ (3, 0.0%)

1 にお, の御, は

▼ 門風呂~ (3, 0.0%)

1 で病氣, に入り, の湯

▼ 門~ (3, 0.0%)

1 でも縊ら, を上, を傾け

▼ 門ある~ (2, 0.0%)

1 とか兵糧, も門

▼ 門こそ~ (2, 0.0%)

1 ありますが, 不動智の

▼ 門ことごとく~ (2, 0.0%)

1 一軒の, 消息を

▼ 門この~ (2, 0.0%)

1 道という, 門この

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 しに, 番衆ただ

▼ 門さすが~ (2, 0.0%)

1 におどろき, に又

▼ 門すら~ (2, 0.0%)

1 気付かぬうち, 門前払ひ

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 あ同じ, つるたづき

▼ 門だけを~ (2, 0.0%)

1 拔き, 見ても

▼ 門だったら~ (2, 0.0%)

1 それこそ, だいいち伝六

▼ 門だって~ (2, 0.0%)

1 あけて, 入場券なし

▼ 門だつた~ (2, 0.0%)

1 ことは, 筈です

▼ 門だの~ (2, 0.0%)

1 ロンドンの, 仏師屋だの

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 がひ

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 やね, や無し

▼ 門であろう~ (2, 0.0%)

1 というよう, と官庁

▼ 門といった~ (2, 0.0%)

1 かたちである, 風な

▼ 門とかいう~ (2, 0.0%)

1 ような, 小わっぱ

▼ 門とても~ (2, 0.0%)

1 またそこ, 年は

▼ 門とやらの~ (2, 0.0%)

1 由縁の, 首を

▼ 門どこ~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 門ながら~ (2, 0.0%)

2 夕さりさぶし

▼ 門などに~ (2, 0.0%)

1 おったわれわれ時代, 遺児が

▼ 門などには~ (2, 0.0%)

1 もっと大きな, 眼を

▼ 門なども~ (2, 0.0%)

1 あった, 大方は

▼ 門なりと~ (2, 0.0%)

1 あるくらい, 云ながら

▼ 門なんか~ (2, 0.0%)

1 締めやしないわ, 締めるん

▼ 門なんて~ (2, 0.0%)

1 えもの, そんな泥棒

▼ 門においては~ (2, 0.0%)

1 したたかに, そんな心

▼ 門にさえ~ (2, 0.0%)

1 はいって, 突き勝つ

▼ 門にでも~ (2, 0.0%)

1 あるやう, 急ぐ人

▼ 門にとって~ (2, 0.0%)

1 それは, 実に容易

▼ 門にばかり~ (2, 0.0%)

1 あると, 味方する

▼ 門のて~ (2, 0.0%)

1 がらの, まえまで

▼ 門のれん~ (2, 0.0%)

1 から大, まで押し揉ん

▼ 門はた~ (2, 0.0%)

1 いせつな, うとう古道具屋

▼ 門ひとり~ (2, 0.0%)

1 がおら, を見くびる

▼ 門ひどく~ (2, 0.0%)

1 あわてた樣子, 澁い

▼ 門へまで~ (2, 0.0%)

2 帰るつもり

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 で粗茶一ぷく, 埋めおきたる

▼ 門ほとんど~ (2, 0.0%)

1 織りなすばかり, 開かずの

▼ 門まえ~ (2, 0.0%)

1 における白昼, の米屋

▼ 門みずから~ (2, 0.0%)

1 は亭主, は北町奉行

▼ 門よりは~ (2, 0.0%)

1 二十も, 電車道よりに

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 に英語, の活動

▼ 門をさえ~ (2, 0.0%)

1 冷然と, 締切って

▼ 門をと~ (2, 0.0%)

1 ぢて, ほして

▼ 門を以て~ (2, 0.0%)

1 テペアカを, 組織された

▼ 門を通して~ (2, 0.0%)

1 二間ばかりの, 仰ぎ見る日

▼ 門を通じて~ (2, 0.0%)

1 出頭し来る, 現出する

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 とたまり, 老仙

▼ 門一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に当, に当っ

▼ 門一人~ (2, 0.0%)

1 に歸, に被せよう

▼ 門一代~ (2, 0.0%)

1 のうち, は兩人

▼ 門一件~ (2, 0.0%)

1 と呼聲, の者共

▼ 門一家~ (2, 0.0%)

1 に起つた, の騷動

▼ 門一流~ (2, 0.0%)

1 の疾風迅雷的, の鋭い

▼ 門一生~ (2, 0.0%)

1 の思い出, の秘事

▼ 門万戸千歳~ (2, 0.0%)

2 の松

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 けでいう, けは留守

▼ 門久七~ (2, 0.0%)

2 の兩人

▼ 門五年~ (2, 0.0%)

1 と云う, をも亦

▼ 門人中~ (2, 0.0%)

1 の重立つた, 或は孫

▼ 門付け物貰い~ (2, 0.0%)

1 の徒, の輩

▼ 門以上~ (2, 0.0%)

1 に薄, はあるだろう

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 の如く, の通り慥

▼ 門伴佐十郎兩人~ (2, 0.0%)

1 の口書, の家來

▼ 門伴佐十郎建部郷右衞門~ (2, 0.0%)

1 などと申家付, の三人

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 と称し, の如く聴け

▼ 門入り~ (2, 0.0%)

1 こそは延年舞, の儀式

▼ 門共に~ (2, 0.0%)

1 昔の, 評定所へ

▼ 門内の人~ (2, 0.0%)

1 の注釈, は門

▼ 門内奥山上~ (2, 0.0%)

2 より急ぎ足

▼ 門再び~ (2, 0.0%)

1 出立迎の, 閉さる

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 門切腹~ (2, 0.0%)

1 するの, 致さば

▼ 門十郎~ (2, 0.0%)

1 が話し, に跡目

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 歳も, 腐の

▼ 門去歳~ (2, 0.0%)

2 より何處

▼ 門吉田三五郎~ (2, 0.0%)

1 の兩人, を呼出し

▼ 門吉田三五郎池田大助~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 樣に, 留守居役加川新

▼ 門同道~ (2, 0.0%)

1 して, にて甲州原澤村

▼ 門呵々~ (2, 0.0%)

1 と打, と笑

▼ 門國元~ (2, 0.0%)

1 より來, より持參致

▼ 門在宿~ (2, 0.0%)

1 なれば, に候

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 に木, の水門

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 に満員電車, の飾り

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 所思, 羅西は

▼ 門大極殿~ (2, 0.0%)

1 大学寮, 大學寮

▼ 門女学館~ (2, 0.0%)

1 なぞに入学, に入学

▼ 門女房~ (2, 0.0%)

2 お政

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 で筆, の悦び譬

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 などの方, ノ如シ親シク搓揉スレバ却テ草気アリ

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 とに分れ, は七品以上

▼ 門守る~ (2, 0.0%)

1 犬の, 男は

▼ 門尉藤綱~ (2, 0.0%)

1 は公事訴訟等, も訴訟

▼ 門小野寺源兵衞~ (2, 0.0%)

1 の二人, 及び附

▼ 門少し~ (2, 0.0%)

1 ばかり不審の, やつとう

▼ 門屋根~ (2, 0.0%)

1 からぐわらぐわら, を越え

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 の北下田郷

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 が血統, も鹽原角右衞門

▼ 門市田武助~ (2, 0.0%)

2 の兩人

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 ごめ, は

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 兄弟を, 邊は

▼ 門心中~ (2, 0.0%)

1 にしめ, に驚け

▼ 門忠教~ (2, 0.0%)

1 でした, といえ

▼ 門忽ち~ (2, 0.0%)

1 啓く, 色蒼然恐れ入

▼ 門恐れながら~ (2, 0.0%)

1 其儀は, 煙草入は

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 へ米五俵

▼ 門悉く~ (2, 0.0%)

1 悦んで, 碎けて

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 んで彼, んで恐れ乍ら道十郎

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 は思ひ, を忘れ

▼ 門承知~ (2, 0.0%)

1 せず其儘古河, なし町役所

▼ 門押入~ (2, 0.0%)

1 に殘, の中

▼ 門掃く~ (2, 0.0%)

1 男かな, 男が

▼ 門教化~ (2, 0.0%)

1 すること, をし

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 子, 子の

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 はのどけし, は立どまり

▼ 門是等無双~ (2, 0.0%)

2 の大力

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 に列, の私

▼ 門末関係~ (2, 0.0%)

1 が出来, である

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 には別に, は縁

▼ 門東京~ (2, 0.0%)

1 を立ち, ヘ輸送セントス

▼ 門植木屋~ (2, 0.0%)

2 の庭

▼ 門楼下~ (2, 0.0%)

1 の刑場, の石畳

▼ 門榎本屋三藏~ (2, 0.0%)

2 の兩人

▼ 門櫓酒~ (2, 0.0%)

2 の香

▼ 門次伊之助三太由松~ (2, 0.0%)

2 なんての

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 北の, 陽門の

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣と

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 右ヱ門の

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 せる二人, の団扇

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 は先年日野家, も當時

▼ 門片岡逸平~ (2, 0.0%)

1 なり奉行日向守申付, の兩人

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 けるは

▼ 門申立~ (2, 0.0%)

1 より彦兵衞御所刑, る樣昨日

▼ 門~ (2, 0.0%)

2 やそよぐ

▼ 門病氣~ (2, 0.0%)

1 と稱, は食滯

▼ 門百兩~ (2, 0.0%)

1 の盜賊, の金子

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 といふ門番, なところ

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 書松下坐, 灯

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 をもらった, を示し

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 にのぼろう, に遅れ

▼ 門立つ~ (2, 0.0%)

1 妾を, 子らに対しても

▼ 門立石村~ (2, 0.0%)

2 の長兵衛

▼ 門立花左仲~ (2, 0.0%)

1 の兩人, を相手

▼ 門等五千~ (2, 0.0%)

1 の軍, 第四陣

▼ 門義春~ (2, 0.0%)

1 にも負け, は現に

▼ 門老人~ (2, 0.0%)

1 は事もなげ, は思はず

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を潜め

▼ 門若い~ (2, 0.0%)

1 時分町道場に, 時餘つ

▼ 門茂頼~ (2, 0.0%)

1 が一子, とて齡古稀

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 のやう, の處

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 の塀外, の居酒屋

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 に代, に取

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 名前有共小山田と, 見送らんと

▼ 門造り~ (2, 0.0%)

1 など頭, も背

▼ 門違ひで~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 御座りませう

▼ 門部屋~ (2, 0.0%)

1 で生活, で病死

▼ 門金毘羅~ (2, 0.0%)

1 の社前, の縁日

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 の役, の音

▼ 門附けした~ (2, 0.0%)

1 あとで, 話テキヤと

▼ 門附近~ (2, 0.0%)

1 で濠, のブルヴァール

▼ 門院様~ (2, 0.0%)

1 へお詫び, へもお願い

▼ 門随一~ (2, 0.0%)

1 の快男児, の見事

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 よりこれ, を見る

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 を和柔否, を正し

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 には, の大字

▼ 門~ (2, 0.0%)

1 の笹竹, は一様

▼1* [1109件]

あたり注連か飾り, 門あなたの石垣, 門あの傷も, 門あらし立つなり長白, 門ありきというところ, 門いかに金持でも, 門いふ私しも, 門おこったか, 門おそらくは死に絶えて, 門お家を狙, 門かくして置いて, 門かたへ參, 門かと疑われるほど, 門からとぼとぼと夕風, 門ががたりと云う, 門がまへ, 門がも少ししつかりし, 門ききてこれ, 門くぐるさえ無益, 門ぐらいはどうやらこうやら押せ, 門こいつは五十, 門こそは貴重な, 門さしたる後友の, 門さして獅子の, 門さっき名簿で見た, 門されたという一事, 門さんこれで別れましょう, 門さんわたしのなかよし, 門さんアは, 門さん此奴の事, 門さん私の家, 門しかもって, 門しかと預かり申した, 門じみた感じながらその, 門じゃねえここに, 門すぎる共寄り給ふ, 門すぐる文づかひ青貝ずり, 門すなわちこれである, 門すべて今は突破, 門ずつの大砲には, 門ずつもある夥しい, 門ずらりと砲門を, 門そうして南面の, 門そこから本丸, 門そして橄欖や, 門そっくりなの, 門その他の眺望, 門その他一二しかありません, 門その他山林方三里及び多大, 門その他皇漢の学徒, 門そばのベンチ, 門ぞや他人の, 門ただ今武者修行の, 門たちまち大いに開け鬼王帝釈, 門たち三人の姿, 門たった一人薄暗い, 門たつた一人で, 門だけには兵を, 門だけに対する凝視は, 門だけのことが, 門だらうだがこの, 門ちがいせられたので, 門ぢろりと, 門ってえいう, 門つきの入口, 門つけとはちがっ, 門つてなんだか知らない, 門つまり両開き門になっ, 門つまり芸能門には初め, 門づけして歩行有, 門づつ載せて, 門でござるよ, 門でござんすか, 門でしたがなに, 門でしょうね, 門でないことだけは, 門でなかったならばなんと, 門といへる, 門というはその頃奥, 門といつても入, 門といふでもない突然, 門とうの昔, 門とざす湯宿の, 門としての長篇小説流行が, 門としもべはやがて松, 門とで外部を, 門とでもいったほう, 門とどろに, 門とにはちょうどごく恐れられてる, 門とね内儀の, 門とやらに入ります前, 門とやらは何を, 門とわからばこわう, 門どうすること, 門どっちもこれ, 門どんお前さんは年寄, 門どんとこの婆アさま, 門どん何うも他, 門なからん, 門なきも門, 門なぞというそんなあだ名, 門なぞには大先輩, 門なぞは師走の, 門などという大金持, 門などといふ才媛が, 門なひらきてこれ, 門ならずや我斯零落, 門ならでは考えつかぬ, 門なんぞは下手に, 門なんどいふ連中, 門において人は, 門においても常に喋々, 門にかかつた, 門にかけての景色が, 門にこそゐよれ, 門についても書かうと, 門につき當る, 門にては有まじ, 門にとつては, 門にとってはまことによい, 門ににの笠きず, 門にはとびらも, 門にまでみっしり伏せ, 門にゃ枝垂れ柳, 門にをりて, 門に対する主義です, 門に従って詩を, 門に関して考へねば, 門のうへに佛蘭西風の, 門のうへにぞ落着けるまこと神事, 門のくぐりぞめというものであるが呉清源氏が, 門ののきばに, 門のぶきみなくらいに, 門のみの特殊な, 門のよこてに, 門はがつくり首, 門はずぼしが, 門はたして何処, 門はつつつと老, 門はとッくに通りこし, 門はねむだ責めむだ口は, 門はや夏草を, 門はわざとちゃらちゃら雪駄の, 門ばかりが釣って, 門ばかりはあいも, 門ひいきの者, 門ひとたび通ず, 門ひらかざればすなわち, 門へでも入らしめたかったくらい, 門へなだれて, 門へなどは立てそう, 門へへえりやしなかったか, 門べの静けさお, 門ほどには化けきれなかったという, 門ぎわに, 門まででも送って, 門までといわずゆるり, 門までというどどいつ, 門ままの行事, 門まわりの小者, 門みたような, 門みな彼の志, 門みんごとふみ消して, 門もしくは佐野次郎といふ, 門もやはらかに, 門もる人も, 門やせても枯れ, 門やの壮麗な, 門やらう赤い臺, 門ゆきたけの不揃い, 門よおもはれ, 門よく気を, 門よりの巓の, 門らしさを, 門をがッたん, 門をすら筑前めは, 門をもって普軍の, 門をよこに, 門イヴリイをよろめき出し, 門キリスト鑰をピエートロ, 門コハ情なき事, 門コリヤ九助サア爪印, 門コリヤ汝には尋ねぬ, 門コレ幸藏此治助を連先, 門コレ汝ぢは跡方, 門シテ其金は何程, 門シテ此度九助が難儀, 門セルジャン門ポルシュロンガリオートセレスタンカプュサンマイュブールブアルブル・ド・クラコヴィープティート・ポローニュプティー・ピクプュスそういうの, 門タイケン門となつ, 門タケ門は美福門, 門ツ先でやつ, 門ナニ惣内夫婦に遺恨, 門ナニ百姓代と申, 門ニ馳セシムルヤ気ヲ負, 門ハ賄賂ヲヨロコビ賄賂ハマタ苛斂ト誅求ヲ諸, 門パリー門セルジャン門ポルシュロンガリオートセレスタンカプュサンマイュブールブアルブル・ド・クラコヴィープティート・ポローニュプティー・ピクプュスそういうの, 門ヘイ決して僞, 門ヘイ明白に申上, 門ベーカリーの西洋料理, 門ポルシュロンガリオートセレスタンカプュサンマイュブールブアルブル・ド・クラコヴィープティート・ポローニュプティー・ピクプュスそういうの, 門マア強情も宜, 門マデオ迎エニ出ルソレカラ座敷ヘ出, 門ムヽ扨は姪, 門ヤマ門タケ門は美福門, 門ヨーメイ門タイケン門となつ, 門ラムプがある, 門リラの茂, 門ヶ島ともまたの名, 門一つなく一直線, 門一件段々吟味の末下谷車坂町六兵衞店藤助, 門一件落着に餘儀, 門一件關り合山崎町質渡世家持五兵衞并び, 門一分間に何十発, 門一句毎に或は, 門一同等御呼出し, 門一圓取用ひ呉, 門一場の光景, 門一如なの, 門一帯にどよめき, 門一年前から輕, 門一座の二枚目, 門一様字渾肥といふもの, 門一派を訪うた, 門一言の答, 門一身投出して, 門丁度この家, 門七十九歳白髪頭にトンボ, 門七十五歳女房お時五十五歳悴, 門万戸もそれぞれ後漢文化, 門の門, 門三の丸丑寅櫓のこう, 門三ヶ年以前奉公住仕つり候, 門三五郎口を揃, 門三五郎寺社奉行差添小林軍次郎奉行遠藤喜助同道にて夜四ツ時, 門三五郎暫待と呼, 門三五郎正座に直り, 門三五郎等歸府なさば此遺言, 門三十五六歳髮は合僧, 門三十六糎砲が百三十六門, 門上の楼におぼつかない, 門上歯が幾分, 門下古賀得四郎氏同柴藤精蔵氏, 門下品無勢族といふ事, 門下太兵衛君から文楽君, 門下平章事になりました, 門下平鍛冶の大男, 門下郎黨の大官榮職, 門下野邨氏の遅疑, 門分三教, 門不便に存じ, 門世に在りし頃, 門世話致し女, 門世話人頭と成, 門塊, 門両手を突い, 門並びに相州, 門並みきれいに掃除, 門並み刺青をさせ, 門並み空家だ, 門中初めから終り, 門中華門雨花台等の戦跡, 門久八に向, 門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 門久兵衞の兩人, 門久野外記喜多村緑之丞, 門九番てがら, 門予て用意したる, 門は彼, 門事上國三九郎鎗術指南の浪人近松源八上總屋五郎兵衞事相良傳九郎, 門事五兵衞の店, 門事其掛合に質屋, 門事前名畔倉重四郎と呼, 門事松倉長右衞門町醫師高岡玄純酒屋, 門事此程無實, 門事舊は御家來, 門事質物流れの云譯, 門二人が計ら, 門二十七日に西山手, 門二品は何處, 門二度目の中風, 門二本の樹, 門二歯と申します, 門二男新吉と彫付け, 門云樣斯二方樣共首尾能盜み出せし, 門五十二三の脂ぎつた男, 門五十餘歳出づ, 門五尺の豎子, 門京都へ二門, 門人中清川安策孫の事, 門人数百を持つ, 門人穴門水門間道門の四つ, 門仁義存す, 門今此彌十に顏, 門今汝ぢが何樣, 門仔細らしき理屈顔, 門付けハンブルな昆虫, 門付け乞食扱ひに, 門付け乞食扱いにします, 門付け修業には殆, 門付け娘が非常, 門付け芸人や渡り芸人, 門付近はほとんど, 門つて平次と, 門代つて御挨拶, 門代人忠兵衞其方事主人の申し, 門代官黒崎又左衞門市田武助町奉行緒方求馬等出席, 門代忠兵衞其の和吉, 門代忠兵衞其方々にては此, 門以下少しでも, 門以來は佛蘭西語, 門以來英語の家柄, 門以來長崎通詞中で英語, 門以後御見識, 門以徳行為先文章為末爾既徳行, 門伊豫國松山の親類, 門伯母を殺, 門はすぐ, 門位船につかう, 門佐倉宗五郎幡隨院長兵衞荒木又右衞門なんど, 門佐十郎兩人の其夜逐電, 門佐忠之の出した, 門佐殿が御, 門佐殿公事御勝利, 門佐若年のため, 門何さ天命なれば, 門何ぢや, 門何と斯樣の, 門何れも罷出しや, 門何んとしても腹の虫, 門何処へ行くだ, 門何心なく立出, 門何樣に願上候, 門何樣文藏と申者當村, 門何穀平を殺した, 門佗びしげな一枚の芦簾, 門作りがかわっ, 門使者に參, 門りしにより, 門の小僧, 門係り観世音は, 門が惡, 門假令如何樣の證據御座候共其儀, 門健児は不幸, 門健在の事實, 門備えている, 門傳説に曰, 門僅かにかはし, 門の掟, 門儀先年捨子を貰, 門儀其方と近日對決申, 門儀只今吟味仕つり候通り是, 門の名, 門先々と引止下女, 門先主人は京都, 門先登を脚色, 門鹿の, 門入ろうとしたら, 門八五郎は平次, 門八五郎娘のお, 門公事方吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門其外役所へ揃, 門公子の容儀, 門は胡論, 門其事儀相違無御座候, 門其仔細と申, 門其外役所へ揃, 門其外隱居二男三男等がゐる, 門其御沙汰は恐, 門其方何にか由縁, 門其方儀は八ヶ年以前右, 門其方儀當時山崎町家主吉兵衞店に罷, 門其方年は何歳, 門其日は宿所, 門其煙草入は去月下旬用, 門其者は私, 門其者儀は長谷川町, 門其餘大小砲を備, 門内儀は五十近く, 門内遥かに相応ずる声, 門冠彫刻以上に汲取, 門冬一天張りで押し通そう, 門冬埒外の品, 門冷笑ひ一旦, 門冷笑つて聞かんとも, 門み, 門凱旋の途, 門出身の才媛, 門切にならんうち, 門切れであろうと, 門切手だけ返し, 門切首多兵衞僧願山嘉川家, 門利休呂宋助左衞門石川五右衞門石田三成とかう, 門前山本や, 門前岩吉店やまがら使い, 門前田圃の中, 門砲六吋十二門高角砲四吋八門魚雷発射管は, 門加川新右衞門, 門勇士多し, 門して, 門北半分を善七, 門北門三方すべて殺地, 門十一番てがら, 門十三兩三分程の質物, 門十二斤砲二門臼砲三十門であった, 門十二珊速射砲六門四十七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 門十二糎高角砲四門で速力, 門十八人の水主水差都合二十一人, 門十四代定五郎となるであらう, 門十番てがら, 門千古の金言, 門千石取の, 門はそれ, 門卒らはかしこまっ, 門の廏, 門南一ツ門を過ぎる, 門即ち地獄の, 門原丹治もお, 門厩門と急ぎ, 門去年十月中に夫婦身延山, 門参候間御聞取奉, 門參候親の口, 門參向仕つり候, 門友小野鉄太郎であった, 門つて五十五だ, 門九谷など, 門古い杉そう, 門叩き中へ, 門叩くを誰, 門只今御謁見, 門只今聞通り本人は勘太郎, 門右家主長助都て掛り合, 門司義夫君に会, 門司著と, 門吃驚なせしかども, 門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 門同じ名前で, 門同じく吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門留守居清水十郎左衞門と, 門同人手代川崎金右衞門小野寺源兵衞及び附, 門同志の士, 門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, 門名古屋山三の鞘當, 門の輩, 門吟味方川崎金右衞門小野寺源兵衞等江戸へ同道可有, 門否ナニ別て怖がりし, 門呆れて口, 門呉弩と嘆, 門周藏始め村中一同へ廻り歸村, 門周藏忠内七左衞門等入來り座頭, 門和尚はまた, 門品一巻を誦し終った, 門品二十六夜の月, 門品大悲の誓願, 門品毎行十七字にし, 門品読誦胸がいたい, 門哲學と對比, 門唐門などの御, 門善七に頼ん, 門喜兵衞を見られ, 門喜十郎の許, 門営舎の布置, 門四十七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 門四十前後の恰幅, 門四天王の塾, 門にとどまった, 門國久と云い, 門土地の御用聞, 門在世の頃, 門地下鉄ステーションへ終電車近く, 門を汗, 門坂急な避暑館, 門城内には衣斐伊豫, 門城頭高く日章旗, 門堂主人は例, 門堂塔深く這入つた, 門堅くただ守る, 門堪へ兼イヤ渠を, 門塀家財道具を滅茶滅茶, 門は三日三晩, 門塔十郎不才をもっ, 門塔十郎今初めて多年, 門塔十郎以外の何者, 門塔十郎殿で, 門塗物の類, 門境町の三方面, 門墳墓に近く, 門外人を待つ, 門外科病院へうち, 門多門二ヵ所の難関, 門大きに気力も, 門大衆の中, 門大越の桜, 門大音に默止三五郎, 門大音上げ默止此方は善惡, 門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 門大音揚コリヤ九助假令右, 門大音揚コレ三吉汝は先年甲州, 門天一坊樣御重役山内伊賀亮樣に御, 門天下の政事, 門天心太と賣る, 門天狗臺朝日嶽は忘れ, 門天草玄札などという勇士, 門太子に教え, 門夫婦多賀屋の主人勘兵衞, 門夫婦娘のお, 門夫婦待ちわびしきは, 門夫婦長三郎に於, 門に目, 門女学校を写生, 門奴伜を殺した, 門好みに例, 門如何でか, 門如才もありません, 門に自信, 門始め新參, 門始め一同七右衞門の氣質, 門始め一座の役者囃子方, 門始め三人の頼み, 門始め吟味掛りの者一同留守居付添縁側, 門始め吟味方役人并に九郎兵衞ふか惣内里等, 門始め奉公人達一同た, 門始め手代の千代松, 門始め掛役人は主人方, 門始三人堅く言葉, 門始踏込見るに, 門姿なんか見, 門娘みつ事は婚姻妨げ, 門媒人になっ, 門存生の当時, 門へ手紙, 門孫四郎辰六角右衞門其外多人數入來り九郎兵衞八右衞門久七八内忠七六之助, 門學問なら牧野富太郎博士, 門學校もこの, 門に入, 門官検問するに従って, 門の八吋砲, 門くも申たり, 門に入り, 門は八五郎, 門寺城には細川掃部介, 門寺黒坂備中守等大将分多く討死した, 門裨将軍, 門将軍として用いられ, 門将軍王平に向い, 門将軍王平待つこと, 門将軍王平隊なの, 門尉らと共に出島蘭館, 門尉保忠郎從兩三輩中此箭保忠大瞋兮取件箭, 門尉景頼生虜了行法師矢作左衞門尉, 門尉樣への聞え, 門小さく山あり, 門小径に堕し, 門小河長五郎金出口には野村右京, 門小野寺源兵衞等江戸へ同道可有, 門小雨ふる柳, 門少なからず恐れ, 門尽く掩ひ, 門尾上菊五郎河合武雄喜多村緑郎の方, 門尾關忠兵衞兩士領主の下知, 門の一郭, 門山内三右衞門縁側には家來安間平左衞門, 門山屋敷の者, 門山村良由と同じ, 門屹度見て, 門岡田左衞門郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 門岩の上から稍, 門岩戸口には佐谷五郎太夫, 門というところ, 門川越の町, 門左仲御附, 門左右に汝, 門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 門左西鶴等の関東, 門巷行賈の声, 門市中の衛門, 門市田武助其方共も受納, 門市田武助栗坂藤兵衞抔吟味掛の役人何, 門市田武助町奉行緒方求馬等出席ありて, 門を潜り出, 門あやまりに, 門平伏して, 門平兵衞の兩人, 門平兵衞共に途方, 門は取つ, 門年寄役村方で九, 門幸い貴様に, 門に繁き, 門庇框こわれた火鉢, 門店萬荒物から酢醤油石油莨, 門庭寂寞中饋人, 門庭木が小暗く, 門の下, 門廊下を幾, 門建立の絶対, 門引きあけて, 門弥さんも八十四歳, 門弥兄妹と嘉平太, 門弥様がこんな, 門形角形に縦, 門彦三郎も進出權三助十諸共喧すし, 門と称する, 門の死骸, 門往年の豪華, 門待賢門と書かれ, 門として之, 門得意の肩, 門御仮殿, 門御所刑に相成, 門心付き伊勢には舞太夫, 門心濟ねば, 門必ずその人物, 門必殺のふくろづめ, 門忠内の兩人, 門忠眞の養子, 門念佛や和讃, 門思ひ掛けざる醫師の, 門に自信, 門恐るべきことが, 門惣取締として江戸表, 門懸崖に雁木坂, 門我等今は別に, 門戒壇が建つ, 門戒壇論即ち日本国体論, 門或は其正北外廓に, 門戞然と開かる, 門の試合, 門を立てる, 門所々を聞合, 門所持の煙草入, 門扇上若くは, 門手代鹽原多助と彫り附け, 門承はれ先年富右衞門所持の, 門も其一, 門入って, 門折角僅に, 門の遊女瀬川夫, 門押し懸けて詛い, 門押返しいや決して, 門拔身を振, 門持っている, 門挨拶が交わされる, 門捕物帖も筆, 門据えたのが, 門へて居れ, 門控えろ此の, 門て行かきつばた, 門への家, 門支度金を取り, 門改めて膝を, 門政治家では吉田茂, 門敗北は大, 門敲く夜寒かな, 門敷居際にピタリ, 門斜月門鉄鬼門蕀冠門などがさらに, 門方同居久八右久八伯父六右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 門族中の寵児, 門旗本の大家, 門日々好日を味読, 門日暮門それを取り巻く, 門日物日に比す, 門旧領を保ち得, 門早速御前へ, 門明かず困って居る, 門明石四郎兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 門昨日休んだ路傍, 門時代に歴史, 門時候見舞とあら, 門晩翠軒西条軍之助, 門普請諸入用, 門景門開門から入る, 門到月徘徊, 門暖簾を揺りうごかす, 門剣の, 門暫時考へ文藏儀, 門曰ク不落因果, 門最後の教え, 門最早遁れぬ, 門ば此方, 門服天遊に嘯翁, 門の義, 門木戸をかためる, 門木村常陸之助, 門末数十人京に江戸, 門本木仁太夫から右, 門本来の面目, 門本科に入学, 門ぬりの, 門朱座の淀屋甚太夫, 門や笹, 門松下源助喜多村太郎兵衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 門松本主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 門松野文之助, 門松鶴軒の廂, 門に着, 門林戸右衞門等が増上寺, 門林藏が歸, 門柿沼寛二郎森島二郎工藤平助藤田祐甫の五人, 門格子へ錠, 門桁山寄りの密林, 門案内にて私宅, 門桜田本郷町へかけ, 門桜花の時節, 門検めが面倒, 門は斫, 門楽事春多少, 門榊原家來半右衞門同じく吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門留守居清水十郎左衞門, 門榮華を極めた, 門構あたり一軒も表, 門構付の家, 門構茅葺の農家, 門様あんた私に礼, 門様圓道様が連れ, 門様親切に世話, 門樣何成れますと, 門樣何御用にて斯, 門樣先はどうやら, 門樣先刻仰せられしこと, 門樣女子の悲しみ, 門樣御先觸參り來月中旬頃, 門樣御歸りあらば, 門樣見たいなもの, 門橋本九兵衞目付朝比奈七之助徒目付岩本大藏勘定奉行兼郡奉行松本理左衞門代官黒崎又左衞門市田武助町奉行緒方求馬等出席, 門機關砲四門あるです, 門あれて, 門正しくは小, 門正榮の, 門此ことを聞然, 門此處で逢つた, 門武連と云う, 門武雄や卒業, 門りし跡, 門歸宅致しける依て, 門死なん心の, 門死去せし後當時, 門死門を侵す, 門歿後洋學年表では嘉永元年, 門殊勝にも然, 門残る侍町の, 門段々との不, 門殿ゆゑ質屋からは矢, 門殿コリヤ其煙草入の中, 門殿何あつて, 門殿夫な譯, 門殿左方には手附手代威儀嚴重, 門殿御在宿かと申入, 門殿方へ穀代金勘定, 門殿是を見られ, 門殿槍挾箱長柄其外引揃へ行列, 門殿次には公用人櫻井文右衞門田村治兵衞此方, 門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 門殿私もとんと, 門殿聲を張, 門殿請取れしや, 門殿閣みな樹林の底, 門比惠の原, 門氏こんどこそは逃がさぬ, 門氏東儀殿武士の情け, 門かれて, 門水主十八人水差一人都合二十一人にて元日, 門水門間道門の四つ, 門汐見櫓を包む, 門汝ぢは是, 門江戸へ五門, 門江戸中の笑, 門の北方, 門池田大助下座敷に平伏す, 門決して成りませぬ, 門のあらし, 門治太夫御兄弟, 門法師も相, 門法諡頓譽淨岸居士である, 門泰了の嫡子, 門泰了泰了の子, 門いまだ騒げり, 門浪々のお話, 門浪宅を探索, 門浮き彫りの拓本, 門海峽が見える, 門海水をたたえた, 門を拂, 門淨岸で淨岸, 門深く通って, 門深山の善三郎, 門清長率鎌倉と云, 門湖北をまわっ, 門源清澄と書付, 門漣太夫に尋, 門潜水艦の押しつぶされた, 門火縄を点じた, 門炭屋の下男, 門為参候て海山, 門無く障子は, 門無位眞人至極に治したる, 門煙草を呑ん, 門熱閙の地, 門燈一つついて, 門の看病, 門父娘も唐辛子屋, 門父子奉行所へ駈, 門ぢは, 門を望む, 門牌不詳のあたり秋色, 門特別の慈悲, 門特有のからめ手, 門獣類の通る, 門玄関まえの, 門玄關に手, 門玉堂の人, 門王平だ, 門珈琲店それから柳博士, 門珊瑚の枝, 門琴平さまの朝, 門松原には, 門の閂, 門用人遠山郡太夫面會の處, 門田村町を経, 門申やう町奉行大岡越前守使者平石次右衞門天一坊樣御重役山内伊賀亮樣に御, 門申上たる通り二十箇年以前五兵衞方, 門申樣右寶澤の顏立下唇, 門申趣きに相, 門町はずれから見たる, 門町八名川町と八五郎, 門町坂本屋傳右衞門方へ下宿松本理左衞門始め掛役人, 門町小町と言, 門町藏地の家主半兵衞, 門町醫師高岡玄純酒屋, 門界隈の停車区域, 門畏まり奉る上意の, 門留守居加川新右衞門參向, 門留守居役の休庵老人, 門留守居清水十郎左衞門と一々, 門番頭のうらなり, 門番頭三次事木下新助伊丹屋十藏事澤邊十藏酒屋長右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄, 門病死し後, 門病歿の時, 門発祥の地, 門發打と睨みコリヤ九, 門白川政利長井吉兵衞の神靈, 門百姓が親方, 門百屋といふ料理屋, 門み取し事, 門盜賊に是, 門く鐵關下り, 門に向かっ, 門監らの嗄れた, 門相互に干渉すべ, 門真如門に分かれ, 門督兵に任じた, 門の柱, 門石垣の粧い, 門石川五右衞門石田三成とかう, 門石田三成とかう, 門破れた屋敷の, 門確かに殺されかけた, 門祐貞宇都宮五郎高貞山田尾張權守高知等が嘉暦年間, 門神田三河町に立退きまし, 門神社のかつお木, 門になつ, 門秀鏡の陣鐘, 門は井, 門秋元九兵衞其の他, 門種々の燈籠銅佛, 門積み込んだのであった, 門突入決死隊の一人, 門窓竃井戸便所土蔵馬屋等に至る, 門立ち入りて白壁, 門立ち出來り互, 門立ち死にもの狂いの, 門立合の上, 門立小唄その他御迷惑, 門立花左仲其外氣に適, 門を脱す, 門竝御遠慮申上げて, 門端芸人としての長い, 門竹その他何にてもよい, 門竹森新右衞門, 門ひながら, 門等四千の勢, 門等證人同樣其席, 門へて澤, 門答剌の香, 門と見, 門簿へ記入, 門米屋六兵衞は藤代要人, 門紀伊国坂門鮫橋門とはじめ, 門の人, 門は越後家, 門絹地を拔, 門締りおりたり, 門縁側には家來安間平左衞門, 門に掛っ, 門繩付の儘控, 門出其有樣最憎々しき, 門罷出でて立派, 門注秘訳, 門圃独り一室の, 門老母儀病死致候依て, 門聞く耳持たぬ, 門聲高に噪, 門を冷し, 門肥前の小, 門背中を見せた, 門にたたん, 門く承, 門能分別を教, 門能知其為人且学之広博, 門の一方, 門が低く, 門には我, 門腹立ち紛れに, 門自らを裏切, 門自ら案内に立つ, 門自筆の, 門至時ならびに間五郎兵衞重富, 門臼砲三十門であった, 門は禍, 門船積にて送り届ける, 門船首と船尾, 門若くは榛門, 門茅葺の廬, 門荅剌国界国語婚喪等の事爪哇, 門莊嚴具一切が古い, 門菅勘兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 門蔵荒次郎の二人, 門の看板, 門藝人の過程, 門藤八に向, 門街角ともその, 門街道も寝静まる, 門衙営の名残り, 門衞所では入場劵, 門の從三位, 門表門にかけて一しきり, 門袖つきの見る, 門がこの, 門西南の休門, 門もちの, 門見れど飽かぬ, 門親分も散々中, 門親方だけはひどく, 門親爺が多助どん, 門え書, 門角屋與兵衞天王寺屋儀兵衞襖屋三右衞門播磨屋五兵衞等を初, 門触れが廻る, 門評定所門など庁内, 門に於, 門詰めの番士, 門認識の絶対, 門説経は扇拍子, 門のし, 門などがある, 門談林を経, 門諏訪右門遠藤彌次六藤代要人等なり先箱二ツ, 門諏訪部三十郎と云う, 門謹んで首, 門護摩堂神楽殿神輿舎廻廊輪蔵水屋厩御共所, 門讃美の形, 門を撒い, 門貞恒の第, 門財津大右衞門, 門貨如輪転其門如市五福臨門客似雲来, 門賊名を負, 門質屋より歸, 門質物を受, 門赤坂に此長助, 門赦免の上使, 門走り出で猛勇, 門走る谿河の, 門に様子, 門を究め, 門踏まぬ時なり, 門車台二輛小銃二十挺弓十張槍十二筋三つ道具二通りその他の諸, 門車樹木等も皆前, 門蛇砲, 門輩どもは一人, 門輩柿色の袖, 門などを固める, 門迎えに出, 門近くズリ出して, 門近江神社の火災, 門迷いをし, 門退散と注進, 門逐電せし事, 門の一諷, 門通ったら呼んでつか, 門通り過ぎ馬を, 門通る豆腐屋を, 門連堂其価値二三畝千万銭なるに, 門進出て申す, 門遁甲九星方位人相骨相家相墨色御鬮, 門遊観の際, 門グル人々, 門過ぎて入らざる, 門過ぎんため葬れ, 門違い私の代, 門違えだったもんよなあ, 門違えなされたか, 門違ひだよ, 門違ひだ託児所のこと, 門違ひも甚だしい話題, 門遠慮はいらん, 門遠藤屋彌次六との三人, 門遠藤森右衞門諏訪右門遠藤彌次六藤代要人等なり先箱二ツ, 門選り抜きの剣手, 門弟は, 門掩門, 門還幸の後醍醐, 門にても島, 門郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 門郭城壁の構え, 門郷右衞門佐十郎の三人, 門酒井は大手土橋口, 門重き枕を上漸, 門重役衆と聲, 門野口左助喜多村勘解由宰府口には毛利左近, 門野村初右衞門, 門の力, 門金十五兩貰ひたりと, 門金太與三郎の三人, 門金飛脚の彌, 門鉄壁のなか, 門鉄局長以来好人物の小, 門鉄製の象限儀四個, 門鉄鬼門蕀冠門などがさらに, 門銃千六百挺米五百俵である, 門と題した, 門もて開き入り, 門鎖す古伊勢の, 門長助の三人, 門長屋浪人前島左近の配偶ぢ, 門長者は土地, 門を開けろ, 門門柱から二, 門放万, 門開かる未來既に, 門開かれて光明, 門開き其貫木を, 門開封から後, 門開門から入る, 門関あたりから引っ張り出し, 門関勝手に屋敷, 門関等について日夕坐禅, 門関辺の碣石, 門や墓所, 門の幅, 門關東御郡代伊奈半左衞門, 門附けして歩き, 門附け弾いて唄う, 門附みたいなもの, 門附幾人などと記し, 門附振売りに来た, 門附稼業であつ, 門附風情が何, 門院さ行くべ, 門院信西為義妓王妓女と仏御前, 門院修明門院同じく御, 門院基子の侍女, 門院寺の傍, 門院常照寺で白壁, 門院廉子へお, 門院樣はその, 門院権大納言典侍いわゆる贈, 門陽明門待賢門と書かれ, 門隆恩殿其他いづれも, 門随仗入牙牌当殿報班斉, 門障子をあけた, 門隱居の老女, 門の忠三郎, 門雑詩に云, 門雛亀後に源僊, 門雨花台等の戦跡, 門雲切仁左衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 門青山明治神宮の上空, 門非凡の剣手, 門頑として應ぜ, 門を上夫, 門頭等がこれ, 門に赤い細, 門風情に媚, 門養女の由善右衞門, 門養子與茂吉などがをります, 門養父も鹽原角右衞門, 門饑寒恐自, 門馬上槍をしごい, 門馬力百二百十噸というすばらしい, 門馬小屋にいたる, 門馬祖島の問題, 門馬行街などはわけ, 門駄菓子を売る, 門騎馬武者百五十人歩兵七百余旌旗から輜重駄馬, 門驚いて上げる, 門高き構の, 門高くして, 門高王子喬元尚, 門高角砲四吋八門魚雷発射管は二十一吋四門, 門高道治助高柳利治藤田小三郎野尻善右ヱ門, 門高野の三郎兵衞, 門高間大膳同じく權内藤代要人遠藤東次右衞門等, 門魚雷発射管は二十一吋四門, 門鮫橋門とはじめ, 門の巣山初陣, 門鶴彦後改めて和歌, 門黄柏路というところ, 門黒崎又左衞門市田武助栗坂藤兵衞抔吟味掛, 門黒田半右衞門, 門默止と止めコレ九, 門默止汝又何ぢ, 門鼓楼五重の塔など甲州, 門鼓知つてよるん, 門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某