青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「重吉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

里~ ~重 重~ ~重い 重い~ 重き~ ~重く 重く~ ~重ね 重ね~
重吉~
~重大 重大~ ~重要 重要~ ~野 野~ ~野原 野原~ 野心~ 野村~

「重吉~」 1712, 16ppm, 6888位

▼ 重吉~ (677, 39.5%)

7 自分の 6 それを 5 云った, 盃を 4 お千代, ひろ子の, 思つた 3 いつもの, ひろ子が, ニヤリと, 卓一の, 心の, 急に, 眼を, 頭を

2 [44件] うなずいた, お蝶, さすがに, そのこと, はっきりと, ひろ子に, ひろ子を, ふらふらと, もって, 一人で, 他の, 仰天した, 卓一に, 口を, 女を, 始めて, 左右に, 平次に, 心に, 思った, 思はずに, 怪訝そうに, 持って, 東京へ, 案内役に, 椅子の, 歩いて, 清子の, 溜息を, 狐に, 由子の, 由子を, 種子が, 種子の, 答えた, 考えに, 肚に, 腹が, 良い男, 財布を, 顔を, 飛んで, 首を, 黙って

1 [530件 抜粋] あごを, あたりに, あたりの, あたりを, あっさり話, あつめた吸殼, あの安彦, あらゆる可能, あるだけの, あれほど, あわてて, あんなに横, いきなり背広, いくらか促す, いささかも, いそいで, いつもお, いつ帰れるだろう, いつ遭つて, いまにも, いよいよ困った, いよいよ気, うけとり理解, うしろから, うとうとし, うれしそう, おかしみ, おかんと, おそらく小さな, おだやかに, おとわ町, お父さんの, お直, お芳, かえって来, かつて我儘, かつて覚えた, かぶって, きげん, きっともう戦争, ぎょっとした, ぐいと顔, ことわるの, このうねる, このこと, このまま種子, この年月仲間, この時, この歳月昼, この混雑, この茶の間, この隙, こまごまと, ごく普通, さっきポケットへ, しっかりした, しなだれ掛るお, しばらく黙っ, しぶしぶ二人, じれたよう, すぐ, すぐさま貸間, すぐそば, すぐに, すつかり, すべてを, そういう時自分, そうして泣く, そうやっ, そこには, そこへ, そのいきさつ, そのころひとつ, そのやう, その一人, その一存, その事, その卓一, その夜, その女, その日, その月, その男, その瞬間一種, その経験, その酢, それらについては, そんなら, ただにやにや, たまりかねて, ためら, だしぬけの, ちょっと狼狽, ちょっと腑, つぎは, つくづく六兵衛, つゆ子, どう話されたら, どう話されたら分るだろう, どこに, どっさりの, どなったの, どのやう, なかで, なさけないとも, なにを, なんの, ぬいだシャツ, はじめて顔, はる子の, ひそかに, ひとつの, ひょいと片手, ひょろひょろし, ひろ子という, ひろ子なし, ふいに, ふだんから, ふるえながら, ほかの, ほくほくする, ほんとうに, またぐらっと頭, また別, また思, また落ち込み, また首, まだベンチ, まだ丹念, まだ寐, まだ帰っ, まだ社, まだ顔, まるで名, まるで難, みんな辞退し, むろんつい, もういちど部屋, もう来ない, もう生き, もう窓ぶた, やがて云った, やっとわかった, やはりひろ子, やはり彼女, やや呆れた, やや安心, よく知っ, よろこんで, よろめきそう, わきで, わけなく就職口, イタズラッぽい, エヘラ, クッタクが, クッタクなく, スラスラと, 一つの, 一夜飄然その, 一応由子, 一日不機嫌な, 一本の, 一瞬憐れみ, 一策を, 一面の, 一面甚だ, 丁度三十三に, 万事よろしく, 万年筆を, 三四年この, 上機嫌な, 上機嫌に, 上海事変の, 上野へ, 下宿を, 不可欠である, 二つ三つ瞬きを, 二本ばかり, 二通の, 二週間位し, 云いよう, 京城で, 人々の, 人の, 人間にと, 今の, 今は, 仕事を, 会社から, 会社の, 低くうなだれ, 何か, 何とも, 何を, 俳諧の, 健康な, 僅二三町は, 僻まざるを, 元来由子, 先方が, 兎に, 入念に, 内心それを, 再び去年, 再び女, 冗談を, 凝っと, 出征した, 出版物の, 別に気, 動物的な, 勿論その, 勿論とり合わなかった, 勿論家, 化物かと, 十三年前ひろ子と, 十二年ぶりで, 十円を, 半身を, 卓一と共に, 危く徳利の, 即ちこの, 即座に, 去年の, 又つづき, 又スラスラ, 又屁, 又歩き出した, 口ごもった, 口へは, 口元に, 口惜しさ, 吃驚し, 吊革に, 名ばかりの, 呆ん, 呟きながら, 呻いた, 唇を, 唖然として, 唯一人長い長い, 問題の, 喉の, 喜助を, 嘆息した, 四ヵ月前北海道弁の, 国元から, 坐り直した, 執拗に, 声を, 変物の, 外を, 外國を, 外套や, 多忙で, 夢中で怒鳴った, 大いに気どっ, 大木初之輔が, 奥へ, 女の, 女中と共に, 始めから, 委細か, 姿を, 学校を, 学生の, 宇都宮おなじ, 家と, 家にばかり, 寐る, 寝ころびながら, 寡黙に, 小さな声, 小女の, 小女を, 小學校, 少し迷惑そう, 巡査を, 左側だ, 左手で, 差閊なく, 市役所へ, 帰るひとりでに, 平然たるもの, 平然と見かえし, 幾分か, 店口に, 弱よわしく唇, 当の卓一, 彼らしい, 彼を, 後から, 心が, 心待ちに, 必要な, 忘れたよう, 思いやりを, 思つたのである, 思つたほど, 思はず暗い, 思はず顔色, 思ひの, 思ひ出しても, 思ひ直した, 思わず, 思わず笑ったが, 思出した, 息を, 愛人達の, 懐中から, 懐手し, 戸口を, 戸惑ったよう, 戸棚を, 手型を, 手洟を, 手酌で, 抗議した, 指に, 振向いて, 支那兵と, 改まつた, 故郷に, 故郷の, 新聞に, 新聞の, 既に馴れ, 早や, 昔の, 昨夜の, 昨日の, 昨日日比谷の, 昨日死んだ, 昼頃まで, 暫くそこ, 暫く四邊, 暫く沈黙, 書類入の, 本当は金, 机の, 机へ, 杯を, 柄杓を, 梯子段を, 椅子から, 椅子に, 模範的軍人だった, 檀那の, 歩くこと, 歩みを, 死ななかった, 段々吸殼, 気がついて, 気の, 気を, 水戸出身の, 水瓶へ, 江戸へ, 決して健康人, 治安維持法によって, 泣きじゃくりを, 泣きだした, 泣きながら, 洋服の, 流し元へ, 深沢が, 満悦の, 源平の, 滑稽な, 漸く少しの, 漸く通る, 激しく泣いた, 激しく答えた, 濃い眉, 無暗に, 無言の, 煙草だけは, 片側に, 片手を, 片目を, 犯人では, 猿の, 獨り, 玄関前の, 玄鶴の, 率直な, 玉子と共に, 珍しく家, 田舎風の, 由之が, 由子が, 由子と, 疲れたよう, 疲れて, 白キャラコの, 白紙で, 盃やら, 益々好, 目から, 相川良之介の, 相手の, 知って, 社の, 穴だらけの, 空に, 突嗟に, 突然この, 突然インキ瓶, 突然冷めたく, 突然大きな, 突然面会, 立ちあがった, 立ちあがつた, 立ちそう, 立ちどまつて, 立ち去つたが, 立ったまま, 立って, 立つて, 笑い出して, 笑う, 笑った, 笑つ, 笑ひ, 箪笥の, 簡単な, 細い声, 終戰と, 網走で, 編輯室に, 縦横無尽に, 考えこんだ, 考えようと, 耳を, 聞き直した, 肩を, 肯かなかった, 胸の, 腕ぐみを, 腰の, 膝の, 膝を, 自分が, 自分だけでも, 自分で, 自分に, 自身が, 臺の, 舅に, 舅よりも, 苦々しげ, 苦笑し, 茶の間の, 荒んで, 荷物の, 落し玉子の, 落付い, 落胆し, 蒼白くひきつった, 袂から, 複雑な, 見上げた, 見出して, 言葉の, 話しかけた, 語りつづけた, 誠に固い, 誰だ, 調子を, 諒解し, 貴い人, 起きあがって, 起き直った, 身近に, 辯護でも, 返事に, 途方に, 通夜疲れの, 酢つ, 酸っぱい顔, 金鵄勲章を, 鉄の, 鉈豆の, 銀行から, 銅貨を, 間もなく私, 階下の, 階段の, 静かに, 静寂を, 革命的活動家として, 飲みながら, 飲み頭, 驚くの, 鯊の, 默つて見送, 鼻の, 鼻声で, 龍教という, ABCと

▼ 重吉~ (360, 21.0%)

6 ために 5 家の, 顔を 4 眼の 3 執拗な, 家は, 帰りを, 弟の

2 [27件] いる網走, ことを, ための, 二つの, 体の, 前に, 場合に, 妻に, 子分の, 家へ, 家を, 左手は, 影の, 心の, 心を, 感情の, 手を, 故郷の, 様子に, 目論見が, 眼を, 肩へ, 胸に, 胸の, 膝の, 顔に, 顔の

1 [274件] あいて, あとを, あの歩きつき, いくらか, いたずらから, いたずらが, いたという, いつもの, いる宿屋, うしろに, うちへ, おかれ, おせつかい, お父さんは, お父さん始め家の, お静さん, かえがたく, からくりな, こころに, こころもちとして, こだ, ことだけ, ことは, ことわる気分, しん底からの, そういうところ, そういう方面, そういう言葉, その後の, その論文, そばへ, そばを, ちょっとしたいたずら半分, ところから, ところへ, ところへと, ところへも, となりに, とりなし万端, ひどく酔っ, ひねくれた恋情, ほうが, ほうで, まだ短く, まわりで, もって, ようすを, ような, イガグリは, 一家は, 一度も, 一日も, 一途な, 上体が, 下宿し, 不審な, 両肩, 予審と, 事件は, 五十七と, 人情味と, 仕事が, 企んだカラクリ, 住わせられ, 体に, 体について, 体は, 体を, 健康診断を, 働く仕事, 写真を, 出て, 出現までの, 刻みめの, 前だけ, 前では, 功名譚という, 努力や, 勇気は, 千石舟です, 千石船たるを, 参加の, 反駁に, 古い親友, 古い詩集, 同志たちが, 同志たちの, 名も, 呟きを, 周囲を, 周章てた状, 命ずる事, 命日に, 問ひかけた, 問題に, 喧嘩の, 地方生活を, 執念につき, 場合にも, 声とは, 声の, 外出が, 大きい体, 大きい肩, 大きく緊, 天性の, 太平洋漂流記という, 奔走も, 女房に, 妻です, 妻としての, 姓と, 姓を, 姿, 姿を, 娘, 家から, 家で, 家では, 家でも, 家に, 家庭と, 寛容堪忍づよさはひろ子なし, 寝衣, 屁は, 居どころを, 左の, 左脚の, 席の, 帰りは, 帰る時間, 平壌玄武門先登を, 幻滅が, 幼な, 床の, 影が, 後に, 後について, 後を, 後姿を, 心が, 心に, 思いも, 思いを, 思い出の, 思ひは, 思想の, 恋情を, 息子の, 情婦だ, 意志の, 愛による, 感じる共感, 態度には, 態度の, 態度は, 所へ, 手と, 手引きで, 手紙に, 手紙によって, 才能への, 打算を, 持つて, 指金なし, 挙動から, 挙止には, 挙止動作が, 挨拶に, 挨拶を, 掌に, 提出した, 故郷へ, 方に, 方は, 方を, 最低限の, 死は, 死亡広告が, 母に, 母の, 母は, 注文に, 活動に, 流した血潮, 湿布を, 無言の, 父との, 父の, 父は, 特別な, 特殊な, 獄中の, 獣臭に, 玄武門でも, 環境は, 生々した, 生きて, 生涯には, 用いたこの, 田舎へ, 疲労とが, 病気を, 登場によ, 目論見である, 眼と, 眼に, 眼は, 確信に, 窓に, 立つまえに, 笑いかたであった, 筆蹟であった, 精気の, 索漠たる, 経験した, 縄は, 繩は, 羽二重の, 考えは, 耳の, 聲は, 肉体だつた, 肩が, 肩の, 背を, 背中を, 胸底には, 胸裡に, 脇に, 腸結核が, 膝に, 膝にも, 膝を, 自分に対する, 草履の, 荒れた頭, 表情は, 見馴れたハトロン紙, 親しみに, 親たちの, 親たちは, 言ひ, 言葉によ, 証言の, 評論には, 話は, 語気の, 論文の, 赤い顔, 足が, 足に, 身から, 身の上或は, 身ぶりや, 躯を, 返事の, 部屋の, 野放図な, 間に, 間抜野郎を, 隣りの, 青春を, 靴音が, 頬をは, 頭に, 頭の, 頭を, 顔や, 風呂敷包みを, 髪が, 髪の毛が, 髪の毛と, 髪は

▼ 重吉~ (200, 11.7%)

6 卓一の 4 云った 3 それを, 出て 2 かけて, 一人で, 何か, 帰って, 生きて, 種子の

1 [172件] あがらずせまらず常, あたしに, あらゆるこのもしい, いう, いかにも笑止千万, いかに疑, いくらか靴, いた網走, いるの, うちに, うらめしくなりました, おどろいたよう, お蝶, かう言つた時, かえって間もなく出版, ここへ, この門, こぶしで, これを, こんなにとけこん, こんなに永年, さえぎった, しどろもどろに, そっと云った, その候補者, それに, ただ熱心, どんな扱い, なつかしさうに, のんびりと, はげた赭土色, はじめて発表, ひろ子には, ふいに, ふりかえって, へたばる, まじめに, まるでわが家, やつて, やられた時, わからない, 一つ年上新, 一人だけ, 一応断念, 上京し, 上総の, 不審に, 不意に, 二匹北沢が, 井沢郡から, 今戸へ, 仔細らしく, 住んで, 何の, 例によって, 依頼し, 俄に, 先に, 八百徳の, 再び上機嫌, 割り込むよう, 包んだまま, 北の方から, 取ったの, 受付へ, 可愛くなかった, 四五日かかっ, 地方へ, 坐らされて, 大きな体, 大きな鍋, 太政官の, 失職した, 学校を, 學校の, 定業に, 実物の, 察しる以上, 尾張屋の, 市ケ谷の, 市中の, 帰ってから, 帰りより, 帰る, 平次に, 引こもって, 引受けて, 彼の, 彼女を, 心づかないうち, 思想の, 思想犯として, 急に, 感じたまま, 慄へ, 慎重を, 戻ったらもう, 扉を, 手さぐりで, 手を, 承知した, 持ち出した手切れ話, 新年の, 日ざし, 暇乞に, 暗然として, 書きもの, 最後の, 未決に, 机の, 机を, 来たらどう, 来て, 来るかと, 来る迄の, 果せられた共犯者, 検挙され, 検挙された, 歸つて來さうな, 歸つて來て, 死んで, 母の, 永年の, 決して惑溺, 注いで, 注ぎ終るの, 泳ぎに, 深く背中, 深良の, 獄中生活を, 玄武門破り, 玉子と共に, 現れた, 由子に, 由子の, 発見拾得し, 白い傷病兵, 目配せを, 知りつくして, 示すひろ, 祭礼の, 私立の, 立ちどまった, 立ち上ろうと, 笑止千万という, 答えた, 細長い風呂敷, 経済学部に, 網走から, 考へて, 腸結核を, 自分を, 自叙伝めいた, 自活する, 自然木の, 芝桜川町へ, 苦笑いさえ, 茶呑茶碗に, 解放される, 訪ねて, 警察署へ, 買いものなんか, 赤い顔, 近づいて, 遊ぶとは, 遮った, 酔って, 鋭い眼, 飛込むという, 麻布谷町の, 黙った, 黙って

▼ 重吉~ (85, 5.0%)

3 きいた, して, 向って, 言つた 2 渡した, 追立てられました

1 [69件] あうとき, あらましの, うかれる佳子, おどろかされるせい, かけられて, このこと, さした, その返答, それを, つながって, つれられて, とつて, のこされて, ひかれあこがれる情感, ひろ子は, みんな喋つてゐた, もらったの, やって, 不便を, 云いながら, 云った, 云われた後家, 会は, 何かと当り勝ち, 依頼する, 入場券が, 叱責面罵を, 告げたところ, 喋り, 場所を, 声を, 容疑を, 寝間着の, 対して, 当るが, 当る気もち, 思ひこまれて, 思ひ通り, 愛されて, 憎むべきところ, 手拭を, 扮した, 扮装した, 抱きついた, 新聞の, 書く勇気, 書生の, 直ぐ歸, 相談した, 知られた時, 示す生活感情, 笑ひ, 聞いた, 花を, 見せなければ, 見透かされ突き当てられた思ひに, 言ふ, 言ふために, 訊ねた, 話しきれるだろう, 贈ること, 近づいた, 送った, 通知を, 酒を, 電話を, 面会する, 顔を, 馴れ馴れしい素振り

▼ 重吉~ (70, 4.1%)

2 よんで, 呼んだの, 大孫, 愛人に, 立たせた, 見た, 見つめた

1 [56件] いくらか冷やかす, うちから, かえりみた, かけさせた, からかった, この時, そんなに傷けたこと, つかまえ彼女, どう思っ, ながめると, のぞいて, ひきあげて, ひそかに, ひろ子は, びつくりさせた, ふと見る, めざしたもの, 一室に, 今度こそ, 凝っと, 制しながら, 刺し殺すこと, 励し, 十倍も, 呼びだすため, 呼び出すと, 呼び寄せるため, 唯一の, 壓し付ける, 好いて, 従えて, 從へて, 抱いて, 抱えて, 押しいれた, 拷問した, 捉まえ, 案内し, 深く考えさせた, 疑ったりは, 紹介した, 苛, 蔵の, 襲ったの, 見あげた, 見つめながら, 見つめ目, 見るかの, 見上げいつも, 見上げた, 見出すこと, 訪ねて, 認めるたび, 車で, 車内に, 頼んで

▼ 重吉~ (63, 3.7%)

6 云ふ 4 一緒に 3 ひろ子とは 2 ひろ子という, ひろ子は, サヨが, 自分との

1 [42件] いうよりは, いえば, いっしょに, いって, うち合わせ, お栄, お直, お静さん, して, その家族, ひろ子との, ひろ子にとっての, またちがったやり, 下女の, 並んで, 云う体躯, 余り話も, 六兵衛という, 出た, 別れたからと, 北沢とは, 同じで, 同じよう, 名乗り連れ, 向いあわせの, 呆れた眼, 大谷との, 子供を, 山原の, 弟の, 念入りに, 數之介とは, 暮したい心, 暮せる, 結婚し, 自分とに, 色男として, 親しそう, 言いますよ, 話すこと, 鉄蔵の, 顔を

▼ 重吉~ (40, 2.3%)

2 ひろ子も

1 [38件] いつのまにかいわゆる, おかしいほど, おなじく納税告知書, お直, ぐっとその, これまでに, さすがに, それに, それ以上では, つづいて, ひろ子に, また死ん, サヨの, 一二度来た, 一人で, 一時は, 一緒に, 今し方帰っ, 何やら気味, 出て, 古い箪笥職人, 呆然とこの, 嘉蔵も, 家を, 居りという, 承知の, 時たまお, 晴々し, 来たこと, 樺太から, 欠かさずお供, 玉子も, 由子の, 眼を, 立った, 自らそれと, 覚束ない, 覺束ない

▼ 重吉という~ (37, 2.2%)

2 のは, 人物は, 男の, 男は

1 [29件] そのほう, その評論, のである, ひとは, ひろ子にとっての, ものなし, 一人の, 下男父子にも, 人物には, 代りに, 先達私古い, 名が, 奇妙な, 学校出の, 弱い角力取, 有名の, 男です, 男ひとりを, 相撲取でございます, 者主人が, 職工は, 若い男, 角力が, 角力は, 角力取で, 関取は, 青年が, 青年の, 青年は

▼ 重吉さん~ (19, 1.1%)

1 [19件] か, かい, から手紙, がうらめしい, が倒れ, が帰る, でしょう, ですよ, でも, ならまちがい, に会っ, のところ, はきっと, は三日, は朝鮮, は治安維持法一つ, もずいぶん, も案外, も苦しい

▼ 重吉には~ (16, 0.9%)

1 [16件] あちこちで, せめてもの, そんなわだかまり, だんだん龍宮, はる子の, また面會者, 一人の, 久しく馴れた, 何ともない, 名誉と, 異議を, 知らない名, 縁が, 自分より, 親しかった, 食つて行けない

▼ 重吉から~ (9, 0.5%)

1 こんな電車, はじめて来た, 伝えられて, 十円届いた, 半ば顔を, 引離され人ごみ, 掛け物の, 昨今自分の, 書きたいわ

▼ 重吉への~ (9, 0.5%)

1 多少の, 心持を, 思い一家, 手紙が, 手紙の, 手紙は, 手紙へばかり, 手紙も, 面会は

▼ 重吉たち~ (6, 0.4%)

1 のこれ, のよう, の子守, はそれでも, はもとより, は限られた

▼ 重吉~ (6, 0.4%)

1 お直, その同志, 同志たちが, 彼の, 生きて, 自分や

▼ 重吉自身~ (6, 0.4%)

1 が指摘, が昭和十七年, が自分, にし, は少年, 若々しい精根

▼ 重吉とは~ (5, 0.3%)

1 おなじ国者, 二人並ん, 昼間ホテルの, 気味が悪くなっ, 蔵の

▼ 重吉にとって~ (4, 0.2%)

1 ひろ子の, ひろ子は, 新しく世間そのもの, 気が

▼ 重吉にも~ (4, 0.2%)

1 そういう夜, 手紙を, 来て, 裏面に

▼ 重吉に対する~ (4, 0.2%)

1 この二度目, サヨの, 佳子の, 心持であった

▼ 重吉兄哥~ (4, 0.2%)

2 あの通り 1 はここ, は此處

▼ 重吉夫婦~ (4, 0.2%)

1 には嬉しい, に嫉妬, に悔み, も大抵

▼ 重吉からの~ (3, 0.2%)

1 たよりを, 手紙の, 返事は

▼ 重吉では~ (3, 0.2%)

1 あり得ないと, なかった, なくて

▼ 重吉との~ (3, 0.2%)

1 対談中ふと, 矛盾が, 距離の

▼ 重吉に対して~ (3, 0.2%)

1 いくらか具体性, はる子は, 抱いて

▼ 重吉こそ~ (2, 0.1%)

1 どんな心, 欠けて

▼ 重吉だけは~ (2, 0.1%)

1 ニセモノと, 犯人では

▼ 重吉~ (2, 0.1%)

1 あつたの, はない

▼ 重吉といふ~ (2, 0.1%)

1 編輯部員が, 頭髮を

▼ 重吉にと~ (2, 0.1%)

1 つて絶望的な, つて酒場は

▼ 重吉に対しては~ (2, 0.1%)

1 ことさら苛酷, 具体的に

▼ 重吉ばかり~ (2, 0.1%)

1 であった, でなくお客

▼ 重吉ひとり~ (2, 0.1%)

1 であつ, のみが編輯長

▼ 重吉~ (2, 0.1%)

1 が帰っ, の住む

▼ 重吉先生~ (2, 0.1%)

1 かその, ですよ

▼ 重吉手前~ (2, 0.1%)

1 とは兄弟分, は顔

▼ 重吉~ (2, 0.1%)

1 の証言, はそれ

▼1* [48件]

重吉お前はあたし, 重吉からしか期待されなくなっ, 重吉さん久七さんの親子, 重吉すらさうなの, 重吉そのままであった, 重吉たちすべてに事実, 重吉からそう, 重吉だけですね, 重吉だけの癖であった, 重吉だったとしてみよう, 重吉ってえもん, 重吉っていうんだ, 重吉であろうかそれとも, 重吉でもないでしょうしね, 重吉とか蛸重と, 重吉とが一日の, 重吉とも知り合いに, 重吉のです, 重吉について精神異状者という, 重吉にとっては新しいの, 重吉に対してもお千代, 重吉はからだが, 重吉はさほどその, 重吉はなま返事, 重吉はんも手紙, 重吉ばかりが数人の, 重吉たよりを, 重吉ちつとの, 重吉重吉よと, 重吉よといくどでも, 重吉よりほかに, 重吉よりずつと若いの, 重吉よりはおくれて, 重吉をも紹介し, 重吉一人でしたね, 重吉一家のフトン, 重吉一族をこの, 重吉久七の親子, 重吉光井が一団, 重吉又の名は蛸, 重吉客人は至急, 重吉対ひろ子臼井とタミ, 重吉七月卅一日永眠仕候, 重吉玄武門破りの図, 重吉の中心闘士, 重吉紋次鉄蔵という同類, 重吉記念作品とつぎ, 重吉落は