青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「違~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

達~ ~達し 達し~ ~達した 達した~ ~達する 達する~ ~達者 達者~ ~違
違~
~違い 違い~ ~違う 違う~ ~違っ 違っ~ ~違った 違った~ ~遙 遙~

「違~」 11098, 107ppm, 1008位

▼ 違~ (1714, 15.4%)

133 はない 59 のない 55 をし 52 がある 49 はありません 31 があつ 27 がない, ぢや 25 はあるまい 24 のやう, をした 19 になつ, は無い 16 はなかつた 15 はある 13 になる, はございません 12 のもと 10 があります, の無い, はなく, 棚の 9 になり 8 が起る, のある, はあ 7 かも知れない, があ, が出, はなから, はねえ, は御座いません, をする 6 がなけれ 5 こそあれ, ざまに, になつて, の基, の姉, はないだらう, は無 4 があらう, がありました, がなく, さ, さま, だらけな, だらけの, に入, はしない, 棚に

3 [17件] かしら, がちなれ, が生じ, が起り, だけで, に若い, のため, の事, の因, の所, の爲め, の者, やうで, をしました, をやらかした, を起し, 方を

2 [56件] かもしれない, かも知れぬ, かも知れません, からその, があり, があれ, がなかつた, がなくなるだらう, がハッキリ, が何, が有る, が起つた, これは, さまに, だらけだ, だらけで, だらけに, て何處, ながら千日前, にお, にし, にそつ, にならなかつた, に二階, に八五郎, に出, に御, に悦子, に気, に茶の湯, のあつ, の中, の会話, の元, の其妹, の妹, の崇高, の怨み, の起らぬ, は, はあつ, はあります, はどう, はなささうだ, やうの, をされ, をしたらしい, をやつ, を私, を起さない, 今は, 方が, 方だらう, 沙汰や, 無かつ, 無しと

1 [735件 抜粋] いつも其処ぢ, お綺麗, からわたしたち, から十万円位, から危なく, から去年, から斯様, から既に, から村, から来, から起る, から隨分, かんに, がありませう, があるだらう, があるであらう, があるまい, があるらしい, がおこる, がどうして, がどの, がなき, がなくなる, がはつきり, がはやる, が一人, が二つ, が余計, が出ける, が出来てる, が出来る, が固執, が多, が大きい, が家橘五十・六十, が文学, が段々, が気違, が現れ, が甚, が目, が突飛, が絶えず, が耳, が認められた, が起きた, が起らない, が起りました, くらゐ, ぐらゐは十分気を, こいつは, この復生病院, この荒寥, さ大した, ざらに, そしてなほ, その血統, それに, それより, そんなにすらすら読ん, たり, たりと思ひ, たりもう, だけはハッキリ, だらけだらう, だらけ取, ぢやと, てか後ろかげ, てさしも, てなほ天, て一體何うし, て人, て作らん, て商, て家, て御, て段々, て誘ふ, とは思つて, と言, どころかまことに, どんなに一致, ながら何, ながら其, ながら反射的, ながら自分, などあるべき, などを意地, などを解決, なんぞなかつた, なんて事, にうまい, にきりりと, にこの, にさつき, にしろ, にすぎない, にたけ, にづかり, にてはなし此方, にては一生, にては候はず, にて一箱餘, にて候, にて損, にて斯, にて有るべし, にて此, にでもなつたん, にでもなり, になつた話, になつて不在, にならう, にならない, になります, になるまい, にもなるであらう, にも候, にも非, によつて人間, によるもの, にチーズ, に一人屋臺, に一軒先, に上, に互, に今一人, に依る, に候はん, に備, に先生, に勇, に動い, に半幅, に台所, に向う, に塩竈, に姉, に寝た, に小国, に就い, に居候, に幕太郎, に平次, に幸丸, に床次竹二郎氏, に当惑, に後, に怪盜, に戌刻時分, に截, に手綱, に押入つて, に文藝春秋社, に於い, に来る, に東京, に橋, に檢屍, に歸, に気がついた, に気づく, に決つた, に演出, に無心, に現, に相違, に着きましたさうで, に突入つて喰つて, に立派, に縁側, に義雄, に胸, に若き, に薄べり, に行, に諸, に車夫, に逃出, に過ぎない, に附近, に降りた, に階下, に階子段, に電車, に面, に龍子, の, のあらう, のあるべき, のおまけ, のため一番最後, のつまらぬ, のなかつた, のなき, のねえこつた, ののり出し, のもの, のわけ, のヤマシ, の一つ, の三十, の上, の事實, の二十八, の二十六, の人間, の仕事, の伝承, の兄, の兄弟, の兄貴, の切, の加藤高明氏, の原庭, の基さ, の多, の多い, の多く, の女, の如き, の姉妹, の姉弟, の嫉妬, の子, の年上, の庶子, の御, の息子, の意識, の感じ, の才, の揃うた, の方面, の本, の根本, の様, の歌, の深い, の無え, の状態, の生, の目, の真似, の私, の筋道, の続いた, の美術雑誌, の自分, の芸, の裡, の話, の譯, の賑, の起きない, の趣き, の踊り, の逮捕, の難問, の飛脚, の騷動, の高級, はあらう, はありまし, はありますまい, はあるだらう, はいつたい, はお, はかういふ, はけっして, はございませんでした, はし, はしません, はすぐ, はせぬ, はそこ, はそれだけ, はそんなに, はたしかに, はだんだん, はともかく, はどなた, はなからふ, はねエあつし, はほんの, はバカ, は一語一語, は先, は区別, は去年, は堪忍, は嫌ひなの, は実, は心靈實驗, は承知, は此處, は決して, は火鉢, は為んです, は爭, は物, は犯し, は申上, は皮膚一皮, は致しません, は見る, は起きない, は間違ひと, は頭腦, ばかりしたがる, ひそかに, むしろ自分, やうです, やつたけに, やら思ひ, や誤報, ようも, よく受ける, わざとらしく同, をかく, をご, をしでかさない, をしでかした, をせられ, をつぎつぎ, をどう, をな, をまぎらす, をやりかねない, を一口, を一向, を交, を仕ました, を僕, を分類, を合理化, を妨げる, を守る, を弁明, を御覧, を承知, を指摘, を本, を此, を火, を犯し, を生じた, を生じたる, を知つた, を知りました, を竝, を笑つて, を考へ, を致した, を致します, を見つける, を許さなく, を起した, を起します, を超え, を遊ばしませぬ, を重ね, インフルエンザと, ハデな, フオームには, 一本こんな, 一緒に, 一般向, 上りで, 上京中で, 乍ら寶永の, 乍ら様式の, 乍ら親身の, 也, 云々, 五ヶ月限りの, 人民の, 今度は, 以外に, 位ぢや, 何卒御, 例へば自国, 俄に, 俳優に, 候, 候ふらん, 候やと, 僕を, 先方こそ, 兩崖相迫り, 六十二, 内容も, 出で, 刻々に, 医者に, 半日煤拂ひ, 即ち人違, 又は販売技術, 又国語, 同様に, 名所古跡も, 呼吸が, 唯それ, 單獨の, 四十五, 外部こそ, 多く見, 大失策, 大金の, 夫婦子供が, 女帶では, 奴だが, 如何にもしなやか, 姉の, 實に, 小體, 平和平静平安私は, 平生なら, 年だ, 年中に, 弟は, 彼女等は, 往來を, 徐々に國民的, 御座なく, 心根怖, 念を, 意気込みも, 或は一致, 戦争といふ, 所天の, 才能の, 批評家の, 揃ひ, 支那の, 文章の, 方の, 方は, 日に, 日常家に, 易い, 易いこと, 時には歯, 晝も, 最早太陽, 最近では, 有ては, 村が, 棚から, 棚より, 棚を, 棚襖, 森林の, 樣ピカリと, 樣例の, 樣平次の, 機械なら, 正路の, 歩を, 殊には, 段丘に, 沙汰と, 演出等も, 物貰に, 獏の, 甚だ稀, 生れつきの, 田舎の, 病院の, 發明なる, 皇子に, 直接国家への, 礼儀を, 私の, 第一期, 等にて, 者で, 者は, 自然と, 自然の, 苦悶に, 著しく音楽的, 街道御, 西洋の, 見附へ, 親分では, 言は, 誰しも, 超自然的, 過ぎるぢやあないか, 達が, 釣り合は, 陰惨な, 静かに, 頭の, 風も, 餘ほど, 騒ぎで, 騒ぎを, 黄金どころか

▼ 違つて~ (1239, 11.2%)

111 ゐる 77 ゐるの 64 ゐた 32 居る 26 ゐると 25 ゐて 21 ゐること 20 ゐるやう 18 ゐたの 16 ゐるかも 15 来て 13 居るの 12 居た 11 ゐます 10 はゐなかつた, ゐても 9 はゐない, 居ると 8 しまつ, ゐるので 7 くる, ゐたが, 居ります, 来る, 来るの 6 ゐるもの

5 [14件] ゐたと, ゐたので, ゐない, ゐなかつた, ゐるか, ゐるから, ゐるが, ゐるところ, ゐるよ, をります, 居るかも, 居るから, 居るので, 居るやう

4 ゐたこと, ゐないと, ゐるといふ, ゐる事, 居たこと, 居るが, 居るよ, 来た

3 よ, るよ, るわ, ゐますよ, ゐるに, ゐる筈, 居たの, 居ても, 居ます, 居ること

2 [48件] いて, さう, さうし, はをりません, また一段と, も大した, も構, ると, る違つて, ゐたけれども, ゐたといふ, ゐたやう, ゐたらしい, ゐたら御免, ゐたり, ゐた様, ゐないの, ゐないもの, ゐなければ, ゐら, ゐるかの, ゐるかを, ゐるし, ゐるだけ, ゐるん, ゐる処, ゐる場合, ゐる点, ゐる點, をり, をりました, 凛とし, 少しは, 少しぼんやり, 居さ, 居たかも, 居つて, 居て, 居りました, 居りましたから, 居りますので, 居るもの, 或る, 来たの, 来ます, 来ると, 落ちたの, 行く

1 [455件] いたるところ, いつぱし, いつもの, いろ, おちたんぢ, おちついた都会, おもはず, おも長, お互同士, お出, お国, お酌, かう云, かなり大きい, から挨拶, から船頭, この変, この村, この節都会, この鑛泉, こまかい眞砂, こんだあ, こんな事, さういふ, さすがに, さすが国, しばらく逢わなかつた, しまつたん, しまつて, じつに落ちつき払つた美人, すぐ眼, すねだしたら最後, その前掛, その十粒, その延若, その昔, その暗黒, その根, その輪鍵, その題名, そわ, たつぷりとした金持ち, たなら勘弁, たよ, つねに觀想的, とても賑やか, どうしてこんなにだらし, どうしても後れ, どうしても戯曲, どうしても手, どうもその, どうも言葉, どうやら丘, どことなく冥想的, なあどうも, なかつたわ, なかなか翻訳, な俥, ね, は, はいけない, はいない, はおりませんでした, はゐませんでした, は不可, は嫁, は居ない, は居りません, は来, は来るだらう, ひどくアイヌ的, ひどく氣, ひどく沈んだ, ひどく蚊, ひねくれて, ふくらんだ波, へん, ほんとに男, まあ普通, まさあ, ましたわ, またもう一度, また別, また特別, まだ此, まだ腰, もあんな, もこの, もこれ, もそれ, もつける, もまあ, ももう少しなんとか, もわたくし, もゐた, もをりませう, もパンパン, も一字, も一緒, も二本差, も五十違つて, も亭主, も人, も仕方, も何, も俺, も十日, も同じ, も名, も吸, も土臺, も坊主, も外, も大, も大きい, も宗次, も実は, も寶搜, も川, も御, も態と, も挨拶, も有り得ず, も本因坊, も此, も殺し, も畢竟, も結局以上, も考へられません, も聖人, も脛骨, も自殺, も褒める, も言, も詩, も身投, も都合上, も開け, も駄目, やしない, ゆき或, よかつ, よく整つた顏, るかも, るかよ, るやう, るわねえ, る後藤男, わざと面白く, わりに季節感, わるく人, ゐたか, ゐたからに, ゐたけれど, ゐたし, ゐたとか, ゐたとき, ゐたとは, ゐたなどと, ゐたに, ゐたばかり, ゐたもの, ゐたや, ゐたらう, ゐたらお布施, ゐたら御, ゐたら笑つて, ゐたら見世物, ゐたら訂正, ゐたら謝る他, ゐたら面目, ゐたん, ゐた事, ゐた人, ゐた印象, ゐた実は, ゐた義直, ゐてね, ゐては, ゐてよ, ゐないかは, ゐないけれど, ゐないこと, ゐないだらう, ゐないで, ゐない筈, ゐない自分, ゐなかつたの, ゐなかつたので, ゐなかつたらしい, ゐなくては, ゐなさるの, ゐは, ゐました, ゐましたが, ゐますから, ゐますけれども, ゐますと, ゐませうか, ゐやしないの, ゐようと, ゐらしつたん, ゐられるから, ゐるかと, ゐるかは, ゐるからと, ゐるからね, ゐるけれど, ゐるけれども, ゐるこれ, ゐるせゐも, ゐるぞ, ゐるため, ゐるだけで, ゐるつて, ゐるでは, ゐるとか, ゐるとは, ゐるとも, ゐるどう, ゐるなど, ゐるならお前, ゐるなら今朝, ゐるなら違つて, ゐるにも, ゐるね, ゐるのに, ゐるはず, ゐるばかり, ゐるよう, ゐるらしい, ゐるらしいので, ゐるわ, ゐるわけ, ゐるんぢ, ゐる両, ゐる位, ゐる妙, ゐる彼等, ゐる様, ゐる次ぎの, ゐる為, ゐる生命, ゐる男, ゐる緑, ゐる者, ゐ人間, をかしい, をつた, をりません, をる, スラリと, 一向結構, 一層眞面目, 一方には, 不氣味, 久しく逢, 今あすこ, 何だかもう長く, 何となく一座, 何となく斯, 何となく気, 元信, 入れて, 入れること, 全く間に合せ, 全精力, 冷たい空, 冷たさ, 分らなくなるの, 刈り取つたもの, 別段子, 勝つたこと, 単なる青年, 単に店, 又異, 古來, 叱ること, 同じく生活, 唯営業政策, 堅い一方, 多少は, 多少遠慮, 大きな丸い, 大きな物, 大それた, 大年増, 大變設備がい, 如何にも梵語, 実に可哀想, 実際真珠, 寧ろ室, 小さな褶曲, 少くも, 少し品, 少し月足らず, 居たか, 居たが, 居たし, 居たぞ, 居ただらうと, 居たと, 居たのよ, 居たらうと, 居たん, 居た点, 居た為, 居つたこと, 居つても, 居ないこと, 居ないだらうか, 居ないの, 居ない筈, 居ない限り, 居ました, 居ましたし, 居ますが, 居ますね, 居ませんか, 居らあ, 居らぬかも, 居らぬ樣, 居られる, 居りました今, 居りまして, 居りますから, 居りますが, 居りますならば, 居ります即ち, 居りません, 居り尚, 居るか, 居るかと, 居るからね, 居るけれども, 居るぜ, 居るぞと, 居るぢ, 居るといふ, 居るところ, 居るとは, 居るもう少し, 居る事, 居る例へば, 居る所, 居る様, 居る樣, 居る段, 居る符合, 居る西洋料理, 居れば, 常日頃, 幼い時分, 幾らか閑散, 広い日本間, 強く烈しかつ, 御内儀, 御赴任, 心細さ, 思ひきり紅白粉, 恰も蘭軒, 感じられる, 懸りつけ, 振は, 捕へられたの, 掛け替が, 故ら, 新しい戲曲, 早く死にました, 早く遊び, 更に深く, 書いて, 未だ若い, 本矢, 来たといふ, 来たや, 来たやう, 来た上り, 来た事, 来た様, 来た絹紐, 来ては, 来てると, 来てを, 来なければ, 来ましたわ, 来ますが, 来るで, 来るもの, 来るやう, 来るわけ, 来るん, 案外色, 極く淡い, 極めて自由, 死んだの, 死んだもの, 残さうと, 殺されたんぢ, 気恥しい珍客, 深いところ, 漸と, 濁つた水, 濡らすこと, 物凄いほど, 狭からぬ, 生き, 生きながら, 白々し気, 白々し氣, 直ぐまた, 眠くなりません, 眠くは, 碎けた氣, 細い優しい目, 細かい洞察, 繰り返すといふ, 美しい舞妓達, 考へてを, 考へない, 聞えるかも, 聞き違, 聞出し憎から, 脆くて, 良いお, 色々と, 若い折, 落しては, 落ちたと, 落つこつたとは, 表向差止め, 見えた, 見える, 見えるといふ, 見えるの, 見えるもの, 見える場合, 見える大きな, 見得, 解いたこと, 解せられて, 讀んで, 軽いのに, 軽く健全, 返らないと, 這入つて, 這入て, 通りました, 酷く六, 重くるしいけれども, 釣れたの, 離れて, 響く, 黙つてぢ, 黙つて坂

▼ 違ひない~ (1126, 10.1%)

78 のだ 32 んだ 31 と思, と思ふ, のである 24 のです 20 と思つて 181714 と言 11 が, がその 10 でせう, と云 98 がそれ, といふ, といふこと, と思はれる, と思ひます 7 が然し, ぢや, と思つた, と思つたの, と思ひました 6 ことを, と信じ, と思ひ, のであります, んです 5 ことは, それを, であらう, といふん, と思はれた, と私, な, のであつ 4 からである, がこれ, が今, が私, と彼, と言つて, やうな

3 [13件] から, がしかし, ことが, さ, さう, とかう, と彼女, と思ひ込ん, と考へ, と考へた, のでその, や, やうに

2 [46件] あなたは, からだ, がこの, がさ, が一つ, が今日, が何, が併, が同時に, が彼, が此處, が活動力, けれど, けれどさ, けれどもそれ, けれども国民各自, けれども多分, けれども夫婦仲, けれども誰, ことだ, ことに, とお, とわかつた, と俺, と僕, と妾, と思つて安心, と思ひ込む, と思へ, と愚昧, と氣, と獨, と自分, など, にし, ねん, のだつた, のであらう, ので尚更, のを, のん, ものである, わけだ, アノ洋服の, 事は, 事を

1 [475件] あの美しい, いやこの, お前を, お加奈, お母さんは, お谷, か, かと云ふから, かどう, かな, かもじ, からおれ, からさ, からそれ, からです, からひもじい, からやつ, から人殺し野郎, から今, から何と, から佛教, から偶, から兩, から君, から帰つた, から序, から彼等, から律, から後, から慎重, から早速, から直ぐ, から相手, から相談, から私, から覺悟, か花火, があと, があの, があれ, があんな, があんまり, がいつ, がお, がお前さん, がこんな, がしかも, がす, がそれだけに, がそれほど, がそれ等, がそんな, がと話した, がどう, がどうせ, がどんな, がのぞき, がまあ, がやはり, がわからせたい, がをどん, が一年, が一躍, が丁度, が三女, が上, が二年, が人目, が人間一人, が今ちよ, が今日人類, が仕方, が他, が何せ, が作家研究, が僕, が全く, が全体, が其の, が其一部分, が其実, が其實, が凡, が出来栄, が別に, が別段, が原名, が去年, が古代, が可愛い, が問題, が嘘, が圓三郎, が土地, が外, が夜, が大体, が大勢, が太郎さん, が実は, が実物, が客, が対象, が少く, が尚, が就中, が工女, が幕府制度, が幾分, が彼處, が心づかずし, が怪我, が恐しい, が恐しく, が意外, が戯曲界, が日本, が早速, が曲, が書き, が本, が本質的, が果して, が梯子, が横光利一氏帰朝, が此, が此処, が此説, が毎日風呂, が江戸, が無意識, が然, が父母, が田舎, が画図, が相手, が端的, が笑顔, が第, が純粋さ, が紙, が罪, が若旦那, が落着, が觸覺, が話, が諦らめろ, が起きる, が金, が障子, が馬, が馬鹿, が驚く, が齡, が齢, きっと自分, けどそれ, けどそれでも, けど女房, けれどいつ, けれどいま, けれどねま, けれどもあの, けれどもこれ, けれどもさ, けれどもそれら, けれどもた, けれどもよろしく, けれども何しろ, けれども厳密, けれども女性的, けれども彼女自身, けれども日本人自身, けれども日本的, けれども極, けれども率直, けれども私, けれど亦, けれど今日, けれど何とか, けれど心持, けれど父, けれど私, けれど立派, けれど糸, ことで, ことです, ことも, このソロチンツイ, この令嬢, この瞬間, これは, こんなにダラシ, こんな森, さうでなかつたら, さうなれ, し, しかし構, しかも複雜, しそれ, しもし, し極り, し眼, し私, し至つて下賤, すると俺, そして場合, そして穏, そのひつくり, その夫, その度毎, その意味, その竹, その車, その顏, それともあんなに, それとも打, それにしても好く, そんなこと, そんな幼稚, ぞ, ただその, つて, つてさ, つて言つたさうです, とあきらめ, といつた, といひ, といふお, といふの, といふ一事, といふ一種妙, といふ不思議, といふ因果, といふ懼, といふ断定, といふ様, といふ気, といふ氣, といふ結論, といふ考, といふ聯想, といふ興味, といふ評判, といふ證據, といふ豫覺, といふ風, とか, ところの, としてもさ, としても他, として泥棒, とする, とすれ, とそれだけ, とだけ言つて, とにらんだ, とは云, とは思, とは言, とひとり合點, とひとり大いに, とみのる, と三十間堀, と両, と予想, と予期, と今, と信じき, と信じられ, と信ずる, と判断, と千種, と叔母, と同様, と吹, と嘉吉, と富岡, と察しる, と山田, と年老いた, と幼い, と庄司三郎兵衞, と彼等, と御, と思う, と思し召し, と思った, と思つた瞬間, と思つて蒲団, と思つて行, と思つて非常, と思はる, と思はれます, と思ひついた, と思ひ付いた, と思ひ定め, と思ひ直した, と思ひ込んだ, と思へた, と怨言, と悲しい, と感じる, と教, と斯, と斷定, と期待, と本人, と栄蔵, と気がついた, と無闇, と父さん, と田丸浩平, と申し, と申します, と皆, と直に, と睨んだ, と確, と確信, と祖父, と納得, と純, と繰返し繰返し言, と考へられる, と考へる, と自然, と良寛さん, と見て取つ, と覚悟, と親分, と覺, と解釈, と謂, と道助, と高, どうだ, などとも言, などと彼, などと評判, など申す, なにを, なに彼奴は, ね, ねえ, のさ, のだらう, のぢ, のであたら, のでございます, のでございませう, のでせう, のでそれ, ので彼女, ので日記, ので私, ので行先, のに食物, のは, のよ, はづ, もの, ものだ, もので, ものと, ものも, ものを, やうだ, やうでしたら, よさ, よでなかつたら, よ何, わい, わけで, わけれども, わよ, んだらう, んでせう, ソレ九郎兵衞が, マルコン氏の, 一個の, 一本道だ, 事である, 事によつたら, 五銭の, 人々, 今こそ, 仮令相手, 何か, 何んか, 何故なら, 兄に, 兎に, 八五郎を, 其の妙技, 其時は, 几帳面の, 力強いもの, 即ち十分, 可愛相に, 嚴重に, 国民的新, 坊主, 多助さんさへ, 大抵大きく, 大歌, 女房の, 女房も, 好意を, 子供読物が, 左様も, 年齢である, 弟は, 後に, 悪いこと, 所で, 才能それを, 放生会を, 數時間を, 新体詩の, 方言と, 早速引取り度, 朱器, 格構で, 植物も, 極印を, 樣だ, 樽野の, 此の, 此れ, 殊に審査, 決心なんて, 海を, 海鼠も, 滅茶苦茶な, 父親も, 猪之吉を, 畑の, 疲労困憊の, 疾く海, 癖に, 相阿, 碌な, 私が, 私は, 私を, 程に, 笑はれた, 筈だ, 細長くて, 老いた, 腹だけ, 自由劇場は, 自覚は, 舌の, 良い男, 花子の, 言葉で, 誓ひ, 證據は, 賑やかであれ, 赤黒い血, 趣味即, 車の, 辻褄が, 週刊や, 道義的慚愧の, 金持だ, 鋭い感受性, 階下の, 頬つ, 頼もしい星, 顎も, 高いところ, 高さ一尺

▼ 違~ (748, 6.7%)

31 のだ, のである 21 のは, やうに 16 のです, やうだ 10 やうな 9 でせう, のが, 点は 8 ことを, ぢや 6 だけで, ね, のであります, のよ 5 が, のだらう, やうです, 違ふ 4 ことが, ぞ, であらう, のか, ので, やうである, 事あらへん, 所が, 様だ

3 [14件] ぜ不意, に父親, の, のも, のを, 了簡一つでは, 人に, 人の, 所は, 樣だ, 物で, 私ぢや, 違ひます, 點は

2 [37件] がその, がやはり, が兎, が内容, ことに, それが, にし, ねあゝ, のだつた, ので即ち, ので私, のと, のに, ばかりでなく, や伯, 三人を, 事が, 事に, 事は, 事を, 人が, 処から, 娘の, 意味で, 感じが, 所だ, 所も, 時に, 時は, 様です, 点, 点も, 男の, 男女の, 筈だ, 自動車の, 言ひ

1 [363件] あの光り, あんな白髮, お園, お孃さん, かぶと虫だ, がある, がうけふ, がうま, がかう, がこれ, がま, がまあ, がまだ, がもちろん, がロマンチスム, が一種, が一般, が予, が今, が今朝, が似た, が何れ, が余程, が元気, が其言葉, が内儀, が劇作家, が君, が唄, が大体以上, が天子神事, が天才, が天津国光彦, が後, が抱朴子, が昨日, が未, が東洋城, が梯子, が此方, が此類, が毎晩, が永平寺, が河童, が矢張さ, が私, が精神, が蒲郡がい, が藤屋, が語形, が近頃, が遍歴, が道, が避暑, が鉾, が雅楽, が高村光太郎氏, きれいな, ことから, ことだ, この姉, この青年, さながら繁昌記, それで人, それに土佐, ぞとて作, ぞはなし, ぞ圓道様爲右衞門様, ぞ森雄一郎, ぞ空, たんびに, だけである, だけです, だけの狹, ちやんと, ぢゃないか, と云, と再び, と思ひました, な, なあ, なあとその, なきを, なとお, なと思ひ, なまめかしさ, なんてこと, なんて随分, にせよ, にもせよ, にや違, に従つて, ねああ, ねぶたさで, のうー, のかい, のかしら, のかも, のださうです, のであ, のであつ, のであまり, のであらう, のでございます, のでせう, のでそれ, のでとかく, のでね, のでまあ, ので一切, ので仕事, ので初め, ので助動詞, ので変, ので大して, ので奇妙, ので時候見舞, ので空二, ので綺麗ごと, ので芸術, ので見物, ので選り分ける, ので面喰, のに止惑, のね, のみならず, のみなるべけれ, のよ今日, のよ神谷さん, ばかりだ, ばかりで, ばかりである, ばかりひた, ひとで, ひどい違ひだ, ほかの, ほどに, ほどキツチリ, ほど中身, まちの, までにはだいぶ, みちみちの, むしろもつ, ものの剛太, やうで, やうであります, やうでした, やうにも, わけで, わけであります, わけです, わけな, わたしは, をも憚ら, を見分, アノ髭なら, アノ鬚なら, オヤヂで, ツ, ネ, ハンペンを, ンだ, ンぢや, 一度ボーチョウ, 丈だ, 丈で, 三河町の, 三越だ, 上に, 世界だつた, 世界である, 世界を, 中を, 主人の, 主人を, 事あれしめへん, 事と, 事なし, 事なんか, 事には, 事の, 京都の, 亭主に, 人々は, 人から, 人も, 人を, 人間に, 今では, 仕掛けも, 伜の, 何かに, 何時も寢, 佛在世の, 俺は, 先代松前屋の, 先輩に, 八つの, 八ツ橋を, 兵隊を, 其瞬間に, 冷たく光つた着物, 処は, 凧, 出来損ひ, 列車は, 力を, 勘高い, 勿論地質學者, 医者が, 原因にも, 口を, 各国人の, 同じ巳歳, 同じ年齡, 同じ毆打, 君は, 味に, 哩, 哩と, 喜びを, 国へ, 地方青年の, 型が, 型の, 声を, 外からは, 外に, 外には, 外の, 大人の, 太吉には, 女が, 女の, 女房等は, 姉とは, 字の, 孫の, 學科を, 宇三郎に, 宗次郎を, 実業家なり, 家の, 容貌も, 富五郎兄哥の, 寧ろ反抗, 尉面と, 年なれ, 年期の, 底釣りの, 度に, 建物が, 弟と, 形も, 彼に, 彼幾ら成熟せぬ, 律気な, 心地に, 心持で, 心構へで, 急行列車, 性質も, 情勢の, 意味でも, 慾得づく, 所から, 所ぞと, 所であります, 所である, 所の, 所を, 所以である, 提灯が, 故も, 故当人, 文子だ, 斯く感情, 新入生の, 新規の, 方妙なら, 方角の, 日本人が, 時だつた, 時二人の, 時屡々, 時拔手も, 時肉体的に, 期待で, 末の, 東京の, 東宝の, 様ぢヤ, 様である, 樣である, 此都會に, 此點から, 氣遣ひなし, 淡紅色の, 清らかな, 湯村の, 点からだけでも, 点で, 点である, 爲各行が, 物凄い花々しさ, 物賣り, 現実家, 理想の, 生物を, 田部と, 男も, 畠の, 発掘の, 皿, 眼にも, 碌に, 神は, 秀れた, 私には, 私は, 私事と, 程の, 種々な, 種だ, 空気が, 筈が, 筈です, 筈の, 等等, 籠では, 粗末な, 素朴な, 者の, 肉體の, 能舞台といふ, 舞子の, 色が, 艶ツぽい, 若い女房, 華楊の, 落ち水の, 處が, 處である, 處を, 虚空に, 虫か, 蛙の, 行き方で, 表情な, 西も, 話は, 譯です, 質の, 部分の, 金な, 銀杏返, 長崎屋なら, 随が, 隨が, 隨つてやかましく, 青い梅, 顔の, 風雅な

▼ 違~ (302, 2.7%)

19 たの 12 ずに 9 たもの, られて 6 たやう, り 5 たか, ちやいけません 4 たので, ないやう, られた 3 た, たこと, られたこと, られては, られる, られるやう

2 [14件] たかも, たら, たらしい, たるもの, たんだ, たんです, なければ, ぬ, られたり, られます, られること, られると, りと, 小造り

1 [173件] さうだが, さうで, さうであり日本語, さうな, さうに, させられたお転婆, ざる十七日の, しにや, じや, するの, ず, ずすらすらとう, ずやつ, ずわざと, ずキチン, ず其所, ず出勤, ず私, ず記されたれば, ず軽く, たかわかりません, たか届が, たか裏返しに, たが, ただの, たと, たといふ, たとしても, たと云つた, たと仰しやつ, たと言, たな, たのも無理, たのも親しみ, たふり, たるか, たるに, たるは, たるほどの, たれど, たわ, たわけぢ, たんだらう, たんぢや, た女, た振り, た方角, た材木, た村長, た校長, た照子, た脚, た自分達, た頁, だつたの, だらう, だらうと, だらうよ, ちやいけない, ちや駄目だ, つこは, てか乘つて來, てたわ, てるよ, てるん, てるン, ですよ, でないならあの, でなくば, でも為, ないで, ないでね, ないとも, ないもの, ないよ, ない方, なかつたの, なかつた筈, なきア滅多, なくな, なる恨めし, ぬやう, ぬ世, ぬ堪忍, ねども, ばとて, ばゆき子は, ば一坪だつ, ば伊之助親方の, ば學問の, ば殿樣の, ば江戸の, ば立所に, ば自殺する, まい, まいもん, ましたよ, まじといふ, ます, ますけれども, ますよ, ませう姿着類, まだ姉, もう少しで, やうとは, やう筈は, よう, ようと, ようにも, られさ, られさうだつ, られしと, られたつて, られたとか, られたの, られたもの, られたものぢ, られたん, られた事, られた噂, られた当人, られた憤慨紛れ, られた災難, られた由, られつこは, られないもの, られぬが, られぬと, られはせぬかと, られました, られますよ, られやしないかね, られるつていふ, られるの, られるもの, られるよ, られるわよ, られる様, られる見込み, られる風景, られ易い, られ甚だ, られ科長, りとぞ, りや, りやと, りや将, オート, サラ, ハツとして, 乍ら意思が, 人形を, 候や, 傘を, 動作位置を, 嗜酒好, 基礎的には, 家来の, 意味を, 或は発音, 易い, 未だ生, 樣もぎ取, 次第に峠, 瓜二つだらう, 甚だ迷惑, 突き飛ばして, 給ひし, 聯想の, 諦らめて, 遣りたまひき, 陰では, 青山斎場の

▼ 違つた~ (292, 2.6%)

18 ことを 14 ところが 12 ものだ 11 ものに 10 やうな 9 ものである 8 もので, やうに 7 ものを 6 ものが, 考へ方 5 ことだ, ことで, ことは 3 ことである, ところで, ところに, ところを, ものであります, ものと, やうだ

2 [14件] が視線, ことが, ところは, と云, のぢ, ものだつた, ものにな, ものね, ものの, ものは, よ, んだ, 或る, 新しさ

1 [119件] ありきたりの, あるシイン, あわただしく忙, かと思ふ, からである, から向, かテルちやん, か小学校, か知ら, か足, があれ, がゐる, が先, が存続, が幻, こといふ, ことな, ことなどを, ことなんか, ことに, ことばかり, ことも, ことや, この女, さつ, さびしい一種病的, しかもなに, すぐれたもの, せいか, そして今日, そのうち, ぞ, だけぢ, だけのこと, であらう, といふ風, ところです, ところも, ところ雪に, としたなら, としたら, としてあなた, と思, と思はれる, と思ふ, と思ふらしい, と見え, と言, なんて言, のであつ, ので何でも, ので午後, ので和上, べちや, また一種, また寒々, もつと, もの, ものえらい, ものか, ものから, ものさね, ものでない, もので御座います, ものもつ, もの或は, もの違つた考えを, やうです, よさ, よと云, わかりにくい, んだらう, んです, キメの, 仕かた, 他國, 以上は, 低い声, 全く新, 受け應, 古いメトオド, 堅い手触り, 定食糧, 弱いもの, 弱い心, 御座敷, 御態度, 心からの, 思ひが, 思ひを, 思ひ決した様, 感じさ, 感じ方, 懐しさ, 故と, 新しい自由, 明るく暖かい南方色, 暗い親しみ, 暗らい哀しみ, 柔かい佳い味, 気強い人, 渋さ, 温かい微笑, 為か, 為山陵すら, 物凄い顔, 生きかた, 白い女, 程よく間色, 程優しく, 細かい事, 聞くも, 若い女, 若い武家, 若い男, 行き方, 見るからに, 鄙びた村, 鳴声

▼ 違~ (283, 2.6%)

37 ない 9 なかつた 7 なければ 6 ないの 5 ないが, ないと, ぬ 4 うと, ないで, ないやう 3 ありません, じ, ないでしょう, ないはず, ない筈, 無いと

2 [30件] あるが, あるまい, あるまいが, あるまいと, あるまいという, あるまいね, すもの, ないから, ないこと, ないね, ないばかりに, ないもの, ないよ, ないん, ない八五郎, ない希望, ない態度, なかった, なかつたの, なかろう, なさそう, ぬと, ぬので, ぬやう, ぬ女, ぬ物, 今日の, 全く落馬, 無いの, 疳違で

1 [119件] ありますけれども, ありませんか, ありませんがね, ありません平次, ありゃしねい, ある, あるかも, いかなる事, うか, うといふもんじ, おへん, ございますまいから, ございません, させん, ざらむこ, ざらん, ざりし山賊, ざることを, して, しない筈, せぬかと, せ給, で花, ないお, ないお前, ないかと, ないかなどとも, ないからね, ないさ, ないぞと, ないだいぶ, ないだから, ないだろう, ないつもり, ないであろう, ないでしょうね, ないといったな, ないので, ないのに, ないもつとも, ないもん, ないらしい, ないわ, ないサ, ないドウ云, ない亭主持ち, ない位, ない位置, ない例, ない其の, ない場処, ない小, ない平凡, ない性質, ない所, ない日々好日, ない末, ない此處, ない状態, ない程, ない結果, ない繼子, ない繼母, ない話, なかつたが, なかつた事, なからう, なかろうから, ぬうち觀, ぬくら, ぬこそ, ぬに, ぬは, ぬばかりにて, ぬもの, ぬ三人, ぬ凜, ぬ処, ぬ同じ, ぬ唯一, ぬ商家, ぬ小賢しい, ぬ形, ぬ拵, ぬ時計, ぬ様, ぬ樣子, ぬ水, ぬ沙磧, ぬ灌木, ぬ甘味, ぬ生活条件, ぬ的切此, ぬ目玉, ぬ程上手, ぬ脊丈恰好, ぬ自画像, ぬ處, ねば, れる心配, ア, 出来ないこと, 却, 多いに, 怪力無双である, 有るまい, 有之間敷哉, 未だない, 決して私, 無い, 無いつもり, 無いもの, 無いやう, 無いん, 無からう, 無かろうと, 無ささうである, 直ぐ分った, 頭から

▼ 違ひも~ (268, 2.4%)

20 ありません 7 ない, なくお, なくこの 6 なくその 4 ないこと, なく下手人, なく家 3 なく女, なく娘, なく心, なく死んだ, なく男

2 [23件] あつた, ありませんが, あるまい, あるまいが, なくあと, なくあの, なくそれ, なく二つ, なく人手, なく人間, なく家中, なく此町内, なく武家, なく殺し, なく毒, なく眞物, なく私, なく腦天, なく自分, なく自害, なく頭, なく點, 御座いません

1 [148件] ありません大層, あり人目, あるけれども, あるし, あるだらうと, あるまいその, ある筈, あれど, かうなる, ございません, したが, しなかつたの, それではつきり, ないうち, ないだ, ないだらう, ない相模訛り, ない見, なく, なくおり, なくお前, なくお家騷動, なくこいつ, なくこれ, なくもう, なくやられた, なくやられる, なくズブ濡れ, なくピカピカ, なく一枚, なく上, なく上下, なく上州屋周太郎, なく下, なく不二屋, なく中氣, なく主人, なく主人萬兵衞, なく九十くら, なく亡くなつた, なく京言葉, なく人, なく信濃者, なく働い, なく僞者, なく先代, なく六道錢, なく内匠樣御筆跡, なく刄物, なく十人, なく半身, なく卒中, なく同じ, なく商法, なく喉笛, なく喜三郎, なく喰, なく嚴重, なく園山家, なく埃, なく外, なく大地, なく大店, なく嫁入り, なく宇佐美家, なく安倍家, なく客, なく專次, なく小判, なく居る, なく山師坊主, なく左利き, なく店, なく引廻し, なく引渡さう, なく愁, なく戀人, なく打ち身, なく扱帶, なく揃つて, なく日本橋, なく昨夜小三郎, なく昨日, なく曲者, なく木枯傳次, なく植木屋, なく武藝, なく死にました, なく死ん, なく殘, なく殺された, なく殺されなすつた, なく毒害, なく毒死, なく水, なく津志田家, なく潔白, なく猛毒, なく獨, なく甚助, なく町人, なく留守, なく當, なく直, なく眞矢, なく着物, なく知合, なく石, なく石見銀山鼠, なく砒石, なく突き傷, なく窓, なく竹筒, なく第, なく細紐, なく絞め殺された, なく絞め殺した, なく腐つた, なく自害ぢ, なく舌, なく芋刺しぢ, なく芝居者, なく薄墨, なく蠅, なく血, なく裏金, なく話し, なく跛, なく跳ね, なく輪鍵, なく轉げ, なく運んだ, なく鋭い匕首, なく鐵砲傷, なく陰險極, なく頓死, なく風邪, なく首, なく首筋, のであ, ひどかつ, また植物, 出て, 忘れて, 無かつ, 甚だしい話題, 起きる道理, 起さなかつたで

▼ 違ない~ (189, 1.7%)

7 と思った, んだ 6 のです 4 です, と思っ 3 と云う, と信じ, と思い込ん, と思う, のよ

2 [19件] から, が, がその, がただ, が彼, でしょう, と主張, と云っ, と代, と判断, と断言, と解釈, と鑑定, のである, よ, よ女, わ, わね, 信一郎は

1 [108件] かも知れません, からそう, からと云った, から上山, から放っ, から是非用心, から自分, から逃げない, があんまり, がいくら, がこういう, がこの, がこんな, がそれ, がだ, がどうも, がどの, がもはや, が之, が二十世紀, が其の, が単独, が参考, が宅, が家族, が感心, が文献, が未練, が本当, が母夫人, が永久, が浅草, が自分, が自然, が要するに, けれどそれ, けれども, けれどもああ, けれどもあいつ, けれどもその, けれども一つ, ことであります, じゃない, たしかさに, だろう, って, って云った, って受け合った, でせう, という, という予覚, という事, という噂, という心持, という推測, という気, という確信, という自覚, という鑑定, といふ噂, ときめ, とでも思っ, との意, とは思う, とは思った, とは思ふ, と予期, と云, と仮定, と健三, と判じ, と勘定, と威嚇, と小夜子, と彼, と思, と思われます, と推断, と敬太郎, と早合点, と極めて, と結論, と考え, と考える, と考へる, と自覚, と見て取った, と見当, どうもすくなくとも普通, ね, のだ, ので敬太郎, のみならず時々, もしそこ, もっとも食われ, ものと, わそり, んでしょう, んです, カルチュアーも, 事実であろう, 何しろ六十以上, 十六年以前別た, 君も, 法が, 船幽, 計らざりき東洋, 証拠が

▼ 違へて~ (164, 1.5%)

7 考へて 5 ゐるの 3 しまつ, しまつて, ゐら 2 ゐた, ゐたこと, ゐたの, ゐると, 一々の, 使つ, 喧嘩を, 居る

1 [127件] あたしの, あちらこちら拔け, あんな博士, いきなり押入, お芋, ぎろつとして彼等の, この人, この屋敷, しまつた, しまつたまた, しまつたS子だ, しまふくら, そんな事, そんな風, とられて, へんな, もう一つあちら, ゆき子達の, ゐたかも, ゐても, ゐは, ゐましてね, ゐやがる, ゐるが, ゐるので, ゐるらしかつ, ゐるらしく思へば, ゐる場合, イヽ気な, エレーヌに, チンチンでも, ドアを, ナスや, ホヽヽヽヽヽ, ミツバを, 一つ前の, 一刻あまり, 下手な, 乱雑に, 了つて最初中, 云つた人が, 云ふ, 伝へたつ, 何か, 個性を, 先生だ, 入つた, 写して, 別の, 勘定し, 勝手な, 半里, 単に日本人, 厭な, 参らざる者, 反古の, 否わざわざ, 呉れるなよ, 呑んだこと, 喰つてし, 四平街の, 四日の, 在らツ, 外の, 大丸の, 大壜, 太一郎は, 奉公人達に, 姉の, 宜いもの, 家内を, 少し早目, 居る若く, 岩国の, 帰って, 彼の, 後ろから, 後悔せぬ, 御新造の, 怖れなく, 悉く喰, 感じたと, 憧れた事, 或る, 掘出さうと, 掲載する, 是迄, 時々は, 書かれること, 有無なく, 本当は藪医者, 来たの, 来る, 止めさせたの, 止め度も, 死にたいなど, 死ぬこと, 死ぬだけの, 死ぬるかの, 殺されたの, 殺されないあらゆる, 殺すやう, 汁粉屋へ, 江戸将軍に, 流用させ, 済むか, 渡来した, 烏を, 生人形, 真実不, 眼を, 瞋恚の, 稍とも, 結局彼は, 自分が, 與へたなら, 西洋人の, 見習ふかも, 角の, 謝絶る, 踊り相手に, 軽蔑し, 追つ, 鐵が, 食はれ, 鳥屋の, 麦を

▼ 違~ (146, 1.3%)

67 えねえ 32 えね 7 えねえん 6 えねえと 5 えだ 2 えだから, えで, えに, えねエ, えの

1 [19件] えありません, えが, えしやがった, えせな, えたん, えだらう, えちや, えねえから, えねえけ, えねえといふ, えねえな, えねえなんて, えねえの, えねえよ, えねエと, えられるぜ, えを, へねえ, へねえいくら

▼ 違へる~ (144, 1.3%)

13 やうな 12 やうに 6 筈は 4 筈も 3 のも 2 といふ, な, のは, 事は, 奴が, 樣に, 程に

1 [92件] からともまれびと, ことが, ことだ, ことの, こと多く, この二等兵殿, そ, ために, だけで, だけの狭, だけの狹さ, といけない, といふ恐れ, ところを, と云, と何時, と着物, と立ちどころに, と言, と飛んだ, などはとんでも, なばか, なめかた, に無理, のでひどく, のでやりな, ばかりの肥り, ばかり立派, ばかり身體, ほどで, ほどに人, ほどに整頓, ほどのい, ほどの声, ほどの若々し, ほど伸, ほど大きく, ほど大人, ほど幅, ほど快, ほど成長, ほど白く, ほど窶れ, ほど立派, ほど繁つて, ほど美し, ほど能弁, ほど街, ほど静か, ほど顏, もの, より外, わけが, わけの, わけは, を忘れ, を訝る, を責む, 不安に, 世の中だ, 人だ, 人相ぢや, 位, 位が, 位に, 体力すらも, 嫁娶, 恐れも, 様な, 様に, 氣遣ひ, 用語例を, 相貌を, 程なれ, 程の, 程乱雑に, 程元, 程変つ, 程大人び, 程惡い, 程整理せられ, 程明るく, 程派手に, 程狹く, 程痩せ, 程立派に, 程美しい, 程美しく, 程色の, 義理は, 雄々しい憤り, 餘地の

▼ 違~ (142, 1.3%)

6 ないよう 4 ために, ない事実 3 ない様, ように 2 あつた, ないこと, ない所, やうに, 廉を以て, 方角へ, 無いやう, 無い事, 行為な

1 [104件] あるばかり, あるべき樣, あるやう, ある事, ある栗山大膳, お談議, そも, と呼びつづけ, どうしても出来ない, ないその, ないもの, ないやう, ない事, ない処, ない処置, ない妙薬, ない微妙, ない樣, ない汽車, ない真, なかった, もと, もとだ, もとなり, ものが, ものに対しては, ようだ, よし等被, クションへ, 予言などといふ, 事じゃ, 仔細を, 例が, 儀にて, 出来さねえよう, 原因を, 取次は, 向う側に, 品が, 品を, 因です, 基だつた, 基である, 基です, 多い事, 奥様を, 女が, 好えもの, 如きは, 妹を, 姉と, 姉の, 実弟である, 室に, 対手が, 広き大路, 広場に, 広場にも, 弁説が, 引受人と, 待合などで, 所で, 所作だ, 所作を, 手紙の, 教員なぞじゃ, 方で, 有ろうはず, 業では, 無いつもり, 無い物, 無い鑑定, 父と, 生じ易い, 男子が, 画工が, 異名で, 痕迹で, 目といふ, 眞中, 真似を, 神社の, 種だ, 種を, 端緒この, 笹の, 糸里という, 結論, 結論を, 考と, 者可, 見附から, 見附まで, 見附跡俗に, 観音や, 角を, 言葉が, 話で, 豆腐屋とでも, 豆腐屋なら, 起りは, 起りやすい, 起ること, 餘地の

▼ 違ひで~ (139, 1.3%)

19 あつた 17 はない 8 せう 5 もあつ 3 あつて, もない 2 あらうと, はなかつた, もある, 御座います

1 [76件] あ, あつたなら, あの二人, あの女, あらう, あらうか, ありました, ありました父上, いかい, いくらか心臓, くらいところ, さうし, せうが, それほどの, そんなこと, ちっとも受けない, といつた, なからう, ね, はありません, はある, はあるまい, はおま, はございますまい, はございません, はすまされない, はな, はなかつたであらう, は御座いますまい, まだ何處, もあらう, もあります, もいい, もされた, もし, もした, もする, もちろんたれ, もなかつた, も仕出來, も何, も急所, も決して, も起した, も起らなけれ, も金, やられたと, 一般にあの, 世に益, 亡くなられたので, 出かけるところ, 向ふで, 困りもの, 外れた第, 実はこの, 実はもつ, 実は粟田, 少し年, 後で赤, 御呉服所, 御座いました, 御座りませう, 御話, 思ひも, 恐しく左前, 恐らく, 書いた私, 死んだ病人, 段々くり返して, 決めて, 無い證據, 生きぬくこと, 生れて, 若い時, 逃げ出したといふ, 避けましたが

▼ 違ひありません~ (114, 1.0%)

1475 が, がそれ, が私 3 がこの 2 がどうも, が一, や, よ親分, わ

1 [65件] からお, があの, があんな, がいざ, がお, がかう, がかんじん, がこいつ, がさ, がすさんだ, がその, がそれら, がといつ, がなか, がなにぶん, がなほ, がまた, がわたくし, が一間半口, が世間並, が中, が二十七八のち, が今日, が何ん, が兄, が兎, が兩國, が困つた, が国民, が土藏, が大昔, が姥櫻, が少し, が弱々しく, が御用聞, が意地, が態度, が時々, が時代, が最初, が朝, が歸, が死ぬ, が決して, が父親, が町人, が癇, が白紙, が街, が近頃, が首, けれどただ, けれどもその, けれども字体, とも少し, ね御, ので念, よ呑ん, よ唯, 口惜しい入らつ, 合羽を, 私も, 米屋の, 親分, 近頃は

▼ 違ひます~ (114, 1.0%)

20653 か, よ親分 2 から, がそれ, こと, の, 違ひます

1 [67件] かな, からどうぞ, からな, からね, から且此道, から主人, から少し, から突然, から腹, から裏, が, があの, がいづれ, がお, がこの, がね, が仲, が先, が兎, が勝負, が同じ, が宗教, が東京附近, が物, が若年寄, けれど, けれどもさ, けれども今日, けれども先づ中等学校, けれども半ば驚嘆, けれど今度, しまあ, し人, し親父, でせう, でな, とい, との確答, と聞藤八ハヽア成, なあ, なイエ, ねえ畑尾さん, ね小鳥, ね親分, ので, のでこと, のです, ので物, ゆゑ刀剣の, よう, よそれ, よそんな, よと云つて, よ下駄, よ兄さん, よ先生, よ私の, わい, わだけど, わね, ゼ, 少年會と, 手前共で, 故将軍, 更に詳しく, 自分を, 親分

▼ 違~ (109, 1.0%)

4 あつて 3 あつたら, あると, ない

2 [16件] あっては, ありそう, ありますと, ありません, あるか, あるの, あるもん, あれば, ないこと, ないと, ないとも, なきア, なければ, 出来て, 無い, 起らぬもの

1 [64件] あったならば, あったに, あったので, あって, あつた, あつたらしい, あらうとは, あらう筈, ありさうに, ありました, あります, ある, あるかも, あるからと, あるという, あるとでも, あるばかり, あるよう, あるらしい, ある場合, ある氣遣, あろうとは, するの, つてゐる, つて樅の, ないという, ないまでも, ないん, ない近道, ひましたか, ほんた, またきっと, 世間一ぱいに, 何から, 何や, 出来たの, 出来ぬとも, 出来ますよ, 出来やした故, 出来るかも, 出来るもの, 出来れば, 出来丹三郎, 因で, 多い, 多いから, 少なかろう, 尠く, 持ち上って, 有ったっても, 有って, 有っては, 来ると, 泡盛飲む, 深夜病院を, 無かった, 無くって, 無ければ, 生じること, 私一人だけの, 縁に, 起って, 起るから, 随分あった

▼ 違~ (106, 1.0%)

5 なる 2 して, しても, なるかも, なるし, なるの, 十二三に, 慣れ抜いた寺尾, 毘沙門前へ, 相違ない

1 [83件] おわるであろう, これを, さながら矢, しなさいます, するの, なった訳, なって, なつたり, なつて, ならあ, ならないと, ならん様, なりは, なります, なりまする処, なるが, なるぞ, なると, なるもの, なるん, なる事, なろうも, ほの暗い板敷, 一尺五寸ばかり, 上手な, 乗じた彼, 二三度上る, 会ふ, 伝法院の, 候, 候誠に, 充ちて, 入って, 其處に, 内を, 出て, 切断され, 叮嚀な, 向ひ, 地面の, 大きな声, 太七が, 寝て, 庭先まで, 往来ば, 後の, 御座候, 想いいたった, 成う, 成つた, 打布かれた, 押切られては, 提げて, 日脚の, 昨日馬を, 書いて, 来て, 横切って, 歩いて, 犯人が, 玄関を, 盤の, 立てました, 練って, 罵倒し, 自分の, 葱を, 薄暗い便所, 見えて, 見えるだけ, 見始めた, 触れん事, 言ひくるめられ, 起れるも, 身体を, 退いたり, 這入って, 通るところ, 通を, 間違なかるべし, 障子から, 頭から, 飛んで

▼ 違ひだ~ (106, 1.0%)

12 つた 84 ぞ, と思ひます, な, わ 3 からね, つたこと, といふこと, と思ふ 2 ぜ, つたよ, と云, と思, の白痴

1 [48件] から, から君, から大急ぎ, がさ, が今更, が八丁堀, が日本, けど全体, してな, し将来それ, ぜ馬鹿, ぞな, つたが, つたな八, つたやう, つたら俺, つたり, つたネ, で, といふの, といふやう, といふ一点, といふ筈, といふ者さ, といふ説, とお, とは思はない, とは言, と子供, と思ひません, と放置, と斷言, と申した, と疑, と私, と笑った, と考へ, と言, ね, ねえ, ねなどと言, もう一度念入り, よで, よ八, よ錢形, わよ, 止した方, 若い娘

▼ 違ふと~ (99, 0.9%)

9 いふこと 7 思ふ 5 いふの 4 云ふ, 云ふこ, 思つた 3 いふやう, いふ気 2 いふだけ, いふ事, すれば, 思ひます, 思ふん

1 [50件] いふだけで, いふ以外, いふ奴, いふ意味, いふ見地, いふ話は, か何とか, こをは, た, ちよつと, てせめ, とんでもない, は考へられない, ほりに, もさ, も云, 一般生活事象に対する, 云つた, 云つた所が, 云へば, 出た言葉, 大變, 天下の, 強い西洋香油, 彼等は, 径一寸ほどの, 思つたら, 思はせる処, 思ふの, 思ふので, 悪いので, 斯う, 日本の, 是は, 歎い, 申しますけれども, 直ぐに, 私は, 考へて, 見えて, 親爺が, 言つたら, 言つて押し返し, 言ひかねる, 言ふ, 言ふこ, 言へば, 試驗は, 青蜜柑の, 音樂に

▼ 違ひなく~ (86, 0.8%)

2 あのば

1 [84件] おまけに, お星様, お當, お迎, お返し致します, ここでは, この上, この人物, この境内, この娘, これが, さうだつ, しかも必要, そしてさ, そのお, その中, その地勢, その女, その清麗, その路, その鍵, その隠, それで町, それは, それを, とも, また同じ, また観賞者, やうやく, やつて, ミケーネに, 一つの, 下つて行, 下手人だ, 京大阪へ, 人前を, 作家自身の, 來る, 入用の, 其が, 其だけ, 動詞の, 又その, 同人の, 喉笛を, 外へ, 多くの, 夫人は, 奈良朝の, 如何樣の, 小さく細いの, 彌太, 彼女は, 恐らく手近, 懷徳堂主の, 捉へる, 掛声ばかり, 教師の, 数字が, 日本人である, 明暗の, 昨日の, 時が, 染井鬼三郎です, 横は, 深切だつた, 田為事の, 相續, 眉毛が, 私には, 第一, 素直に, 罪人に, 自害な, 舊石器時代には, 英の, 蟇な, 血だ, 行つて居ます, 見聞きし得られる, 言へる, 誅戮なさる, 鞍掛宇八郎樣, 鬘です

▼ 違~ (78, 0.7%)

13 ている 7 てくる 6 ていた 5 てしまふ 4 てる 3 たかと, ちやいけません, てきた 2 たり吃つ, てます, て来る

1 [28件] このある筈, たことして, たりあと, たりし, たりする, たりもしない, たり入り乱れ, たり忘れ物, ちやいけない, ちやゐなかつた, ちやア困ります, ちや可, ちや神樣の, てい, ていない, ています, てき, てくれ, てこなけれ, てしまひました, てしまひます, てしまへ, てよい, てるとか, てる人ね, てる所も, てる様でした, て行かない

▼ 違なかっ~ (73, 0.7%)

644 たが 2 たけれども, たの 1 たので

▼ 違~ (66, 0.6%)

6 して 3 したの 2 するか, 直して, 直す

1 [51件] いたしたるより, いたしました主人, さえした, させまい為, さへ, された位, したくば, したこと, したもの, したり, した客, しては, しなさんな, しました, する, するところ, するの, どうする, ひやかした歌, やって, やらかしたらしいぜ, 主張し, 云ってる, 人の, 僕が, 入って, 入つて此處, 出かしますこんな, 増長させる, 平気で, 引起し, 指摘された, 時にする, 最小限度に, 月の, 来たすで, 気遣ふ, 清算する, 生じた, 生じやすし, 老の, 聞くたび, 腹の中で, 致しませんもの, 致せば, 製造する, 言つ, 起します, 起すこと, 起すは, 起すもと

▼ 違ひな~ (65, 0.6%)

24 からう 54 しと 2 すつて

1 [30件] いこつちの窓, からうから, くさうです, けれど変, けれど然, さるツ, しだ, しだね, しとこ, しに, しよ, しコレ名主手代, し何故, し其節奉行所, し彌, し此間, し然, し爰, し眞, し色々, し質, すつた, すつちや, の, のでせう, ので喜ぶ, ので競馬好き, もの, んで, 感じ花井

▼ 違~ (57, 0.5%)

4 あつた 2 せうか, 叔母が, 恐ろしい事

1 [47件] あいつの, あつて, あの時, あの果実, あらう, あらうと, あらう此等, げす, ござります, せう, つまり何, つまり利根川氾濫, なう三島, なるほど道徳, また別, もしはせぬ, ヤポンスキイとは, 互に遺恨, 健三から, 先生が, 前の, 四十八萬圓と, 失敗した, 実際は, 寒と, 後の, 持つて, 新譯, 日光には, 本当に虎, 構は, 構わないとして, 機関長の, 段々大きく, 涙を, 監獄に, 真面目に, 矢張り靜かな, 私の, 竜神の, 草刈道を, 見たよう, 詰らぬ奴, 談笑の, 賦には, 迚も, 駄目に

▼ 違ふも~ (50, 0.5%)

6 のである 5 のを 4 の, のかと, のな 3 のが, のだ 2 のかといふ, ので, のであらう

1 [15件] ぢも, のか, のかねえ, のだつた, のであつ, のであります, のです, ので征夷大将軍源実朝公, ので犧牲, ので私, のになつ, のにもつともつと, のの, のへの, 違ひすぎた

▼ 違~ (50, 0.5%)

12 しませんか 6 しないか 5 しない 4 しません 2 あしません, しませんが, アしない

1 [17件] あ胴上げ, しないかしら, しないこう, しないぢ, しないな, しないやね, しないわ, しないん, しねえよ, しねえん, しめえ, てえした騒ぎ, アがった, アしません, 世話はねえ, 撥込などを, 為ません

▼ 違なく~ (47, 0.4%)

2 押し進んで

1 [45件] あとの, いたしますから, おこなって, お払, お払い下さる, かやう, この名, し得るやう, そういうもの, ていふ, わかる, セミオン会社所有の, 侮辱を, 偉大だ, 出来る筈, 十中の, 四時を, 変質者だ, 大利根博士が, 守ったの, 帰る, 思えた, 感じ得られる事, 所要の, 暮れる前, 暴威を, 最も無難, 来訪, 極めること, 潰れるだろうし, 病人だ, 禄高を, 秋風, 立派に, 自分の, 若輩の, 蕗屋の, 讀める, 進みえたこと, 金毘羅へ, 闇の, 雨だ, 頂上へ, 馬喰町二丁目武藏屋長兵衞方へ, 魚津の

▼ 違ひと~ (45, 0.4%)

6 いふもの 2 いふこと

1 [37件] いうても, いつて, いはねば, いふと, いふもん, いふやう, いふ気, いへば, かそんな, か理解, か風習, か魚, きめるの, しか見えないだらう, して, でもいふなら, でも云, でも申しませう, なり僕, はい, は何, は存じ候, は思はれない, は思へぬ, は言, も思ふ, も言, わかつた位, わかりましたよ, 思ひます, 思ふから, 思へどお, 思へば, 成り梅一人河原, 申すこと, 申すは, 言うて

▼ 違ひなかつた~ (42, 0.4%)

5 のだ 4 のである 2 から, が

1 [29件] から一つ, から何ん, から頭, がこれきり, がそれにしても, がそんなに, がどの, がまだまだ色々, がベシー, が一度, が不得意, が今, が何だか, が勿論, が只愛ちやん, が彼, が淡白, ことで, これを, し然るべき, であらう, と云, のだらう, のぢ, のに私, 彼は, 悦びに, 筈で, 闇を

▼ 違ひあるまい~ (40, 0.4%)

153 と思ふ 2

1 [20件] から改めて, が, がお, がこの, がた, が下手人, が生き, けれど, これでも, とも思, と思, と思つた, よ鳥兜, ネ, 一の, 俺達より, 横井の, 横井は, 町役人五人組立ち, 若い男

▼ 違ひし~ (40, 0.4%)

7 てゐる 2 て, て彼

1 [29件] かと思へ, が何, てあたし, てあらゆる, てあれ, てかその, てやがて, てゐた, てネープ, て何, て別居, て呼び間違える, て婆さん, て居た, て居る, て恐怖, て棒, て炉中, て私, て行衛不明, て逃げる, て離縁話, て非常, て馬, ゆゑグツト云て, 捕手の, 様子, 神垣や, 足の

▼ 違ふところ~ (40, 0.4%)

7 がある 2 もある

1 [31件] あれば, からなんとなく, があり, が値打, さ, だ, である, ですね, でその, で意味, で西洋, の氣, はいふ, はただ, はない, はもつ, は上, は博物館, は司馬談, は大野さん, は女, は巡査, は本書, は無理口説き, は物そのもの, は男, は色, は飽くまでも, へもつ, を丁寧, を思ひ出し

▼ 違~ (38, 0.3%)

2 から精神病院, ということ, といふ, よ

1 [30件] からなあ, から私, から笑ひご, か松本, か段, か知れません, ぜ, そうです, ぞ, つた彼は, つて人間だ, つて言つてました, と, とか申し, とさえおもえる, とそんな, と云, と云い, と云う, と云った, と云われ, と何, と思ふ, と斷定, と申した, な, ね, ね芸術家, よと云つて, 立花博士は

▼ 違ふか~ (37, 0.3%)

4 も知れない 3 と思はれる 2 と云, と思ふ, な, ね, もしれない, も知れぬ

1 [18件] といふ, といふ極, といふ話, とも思はれる, と言, と謂, と驚かれる, どんな考へ, なあ, なあと思うた, もしれません, も知れないで, も知れませぬ, をおぼろげ, 分らない私, 分らぬので, 少し考へ, 知らん

▼ 違ひ無い~ (34, 0.3%)

5 と思 2 と解し, よ

1 [25件] がたと, がもう, がオヤおれ, が何ら, が何れ, が昨日, が牛屋, が鳥取縣, そして有意義, ぞ, つてこれは, と初, と思ふ, と言ふし, など, のだ, のであらた, のにつけつけ, のにまる, のよ, んだ, 此の, 殷鑑遠から, 自慢を, 高尚に

▼ 違へば~ (32, 0.3%)

2 姿態も

1 [30件] ポカリと, 一方ならぬ, 下手人は, 丸で, 何も, 其當時の, 出来ること, 向柳原, 命にか, 命も, 女らしいに, 宿場女郎といふ, 年齡も, 年齢も, 強盗でも, 御奉行朝倉石見守樣, 心も, 思はくも一二度, 性質も, 恐しい災, 東京へ, 死ぬ積, 父殺し, 片がり, 第一声柄が, 精神も, 自ら内容の, 自分の, 言葉の, 途方も

▼ 違つた意味~ (31, 0.3%)

5 に於 32 をもつ

1 [21件] でこの, でそんな, でづゐぶん厄介, でやつぱり, でわれわれ, で使, で妬ましい, で存在理由, で新しい, で素子, で長い, にとられ, に育たしめる, に解釋, のこと, の悲しみ, の評判娘, の陰影, を, を包含, を有し

▼ 違ふん~ (29, 0.3%)

4 です, ですもの 3 だと 2 ですから, ですつて

1 [14件] かしら, ぞ, だが, だらう, だらうが, で, ですか, ですが, ですがね, ですよ, でせう, でね, で意見, やもん

▼ 違~ (28, 0.3%)

2 なかった, なくして

1 [24件] ありませうし, あり誤解, ある, あるまいでは, ない, ないの, なき動靜成, なき天下三品, なき肥前屋小兵衞事故渠, なくやるという, なく先刻廊下, なく半年, なく文三, やせんと, 出来, 出来ます, 出来其の, 実は気, 寧そ御, 時々ある, 有まじ, 消えて, 癩さえ, 起さなかったし

▼ 違つた事~ (26, 0.2%)

3 をした 2 はない, を喋つて, を教

1 [17件] がお, がない, がなき, が云, のあつたらしい, の多く, はござらない, はし, はどこ, は無い, をあそばさぬ, をいふ, をお話, をなさる, を云つた, を止め, を言

▼ 違つて來~ (26, 0.2%)

3 た, る 2 てゐる, ます

1 [16件] たと, たの, た上り, てはゐ, て居る, なかつたらその, まして, ますから, るから, ること, るぜ, るその, ると, るん, る發音, れば

▼ 違~ (26, 0.2%)

1 [26件] いよ, いるかは, くるといふ, その時分, ふたおやが, ましたよって, 一つ書い, 一册の, 二人とも, 大なる, 大に, 大事な, 居ました, 居る, 居る所, 打ったと, 来まっ, 極めて新しく, 私し, 私やったら知れる, 継子や, 綿貫に, 自分の, 至極海上, 薄曇った, 頭が

▼ 違ふから~ (24, 0.2%)

3 ね, 見れば

1 [18件] いけないん, さ, して, それであんなに, だ, であります, でせう, で到る, で白昼多忙, といふ恐怖, と云つて, と友達, なあ, ねこ, ね此方の, やにわにノサ, 列べて, 好いが

▼ 違~ (23, 0.2%)

32 たもん

1 [18件] たお, たか, たそ, たもの, た人, てい, ていかぬ, ていやしません, ておる, ておれたち同様, てしまった, てはおられません, てまだ, てる, て仕舞いました, て参ります, て教育, て文さん

▼ 違はず~ (22, 0.2%)

1 [22件] お光, この通り, だん, とも射透した, とも草木, に, に人間, に前任者, に握る, に置い, に走る, ばディーテ, ば汝おの, 付けて, 併し乍ら赤川, 叩き付けられると, 実際悧巧, 早くも, 最美事, 甚だ滋味, 聞き覺, 腹黒に

▼ 違でも~ (21, 0.2%)

2 すると, 故道

1 [17件] あったろうくらいに, あっては, ある時, できると, なからう, 人に, 何でも, 旧来の, 有ったか, 有っては, 構わず遂行, 此の, 浩ちゃんなら笑われません, 爲は, 発見け, 見つけたらそれ, 起らぬよう

▼ 違ひです~ (21, 0.2%)

52 か, 人を

1 [12件] あたしは, から, から吾, がこの, が何, が兎, ぜ, と大, ね, ねあの, よ後家, よ親分

▼ 違ひま~ (21, 0.2%)

8 つか 6 つせ 1 さあね, さあ昔, しず, しよう, つし, つらざりき, で遠出

▼ 違ふんだ~ (21, 0.2%)

5 からね 3 から 2

1 [11件] からそれだけ, からなア, からな酒, からねえ, それでもお客, ぞ, ね, ね親分, よ, 僕は, 気が

▼ 違ふこ~ (20, 0.2%)

2 とあら, となし

1 [16件] とあり, となかりし, となく, となどはあつ, となり, となんぞ考へた, との候, との出來, とは多々, とは普通, とばかし云つて, ともあらう, とも亦, とやタンポ, とよ, と無から

▼ 違つたの~ (18, 0.2%)

2 だらうか, である, でも

1 [12件] かぢ, が二対, が惡, だがと, だらうと, ですから, では, ね, は八五郎, も無理, を見る, を訴

▼ 違つてる~ (18, 0.2%)

2 かも知れない, と, と云

1 [12件] かしらん, かも知れません, から偉い, さ, ね, のさ, のだ, のは, のも, もんぢや, ワ母様, ンだ

▼ 違ひまし~ (18, 0.2%)

2 てかう

1 [16件] てこ, てつい, ても生, て之, て人間, て今, て何, て凡て, て北歐式, て子供, て日本紀, て木登り, て毎日, て眼, て西洋人, て警察

▼ 違つた考~ (17, 0.2%)

2 へは持つ, へを持つ, へを起し

1 [11件] なの, へからで, へであ, へと云, へなん, へに迷, へも持つ, へをしなけれ, へを含ん, へを持たした, をもちだした

▼ 違つたら~ (16, 0.1%)

1 [16件] これに, どうする, 俺は, 坊主に, 失敬, 御免だ, 御免なすつ, 御免下さい, 御勘辨, 此の, 相手から, 神經衰弱でも, 競売に, 耳元で, 許しツこたしか, 鮎は

▼ 違つた世界~ (15, 0.1%)

3 に住む 2 を発見 1 がある, だ, でも見る, に入る, に置い, の中, の出來事, へ引き戻された, をのぞい, を見た

▼ 違つた形~ (15, 0.1%)

2 のもの

1 [13件] であるが, でい, で世, で伝へられ, で倒れます, で斬り倒す, で活, としてあらはれ, として現, になつて來, のある, を持つ, を見せ

▼ 違ふて~ (15, 0.1%)

3 も物, 此方は, 言ふ 1 もこれ, 心から底, 心底おもしろく, 旧道を, 肉つきの, 面白き者

▼ 違無い~ (15, 0.1%)

3 ぢや 2 の, のだ 1 から早く, から是非, が何処, が自分, さ, と云, 然う, 自然と

▼ 違ひである~ (14, 0.1%)

1 [14件] かも知れぬ, がさ, が生物, ことが, ぞよ, といはね, と同様, と訓戒, と謂つて, などと云, のみならず, ばかりで, やうに, 或人

▼ 違から~ (12, 0.1%)

2 和泉橋の 1 僅ながら, 刄物を, 和泉橋に, 恨まれる恩, 拳銃で, 私どもの, 角立った日, 話が, 貶黜を, 音信不通の

▼ 違では~ (12, 0.1%)

4 ないかと 2 ない, なかった 1 ございませんでせうか, なからうかと, なかろうが, なかろうと

▼ 違へを~ (12, 0.1%)

3 されても, して 2 致しませう 1 した将軍, した少数, 知らずに, 起させる要素

▼ 違~ (11, 0.1%)

1 [11件] からそれ, とこない, と云, なつかしさ, もんや, やら, んで, 事も, 人の, 時の, 様子や

▼ 違つた人~ (11, 0.1%)

1 [11件] かも知れません, から同じ, があつ, が来る, が立つ, だつたの, のこと, の口, の名札, の心靈, の顔

▼ 違~ (11, 0.1%)

1 [11件] おっしゃって, こちたくあげつらふ, しきゃ思われないもの, なりし事, 乗合し, 区別を, 擦違, 擦違つて, 斷ぜねば, 見える, 認む

▼ 違~ (11, 0.1%)

3 てゐる 1 たもの, たら終夜, た兄, た間, てるです, てるですもの, て居た, て屹度

▼ 違~ (10, 0.1%)

1 この一番立派, なろうが, ひょんな噂, モーゼの, 多々羅三平, 成金が, 故意に, 花袋君の, 貴方の, 鉄道に

▼ 違つて私~ (10, 0.1%)

3 しには 2 を殺す 1 がそんな, はこの, は一寸, は丈夫, は作品

▼ 違なかろ~ (10, 0.1%)

4 うと 21 うが, うけれども, うけれどもね, うよ

▼ 違なし~ (10, 0.1%)

1 そしてまた馬鹿娘, それでと, だ, ですか, とすれ, と同心ス, と申, よ, 然なけれ, 然れ

▼ 違ひじ~ (10, 0.1%)

1 みたこと, みたこの, みた世話, みた女, みた決意, みた眼, みた自分, みた薄気味, みた話, みて

▼ 違ひなの~ (10, 0.1%)

4 である 2 だと 1 だ, だらう, だらうが, に気がつくであらう

▼ 違ひました~ (10, 0.1%)

3 か, ね 1 が皆揃つて, し学校の, ばかり, よ椎茸髱

▼ 違へたり~ (10, 0.1%)

3 して 1 すること, ただやかましい, まごまごし, または季節, 市中の, 引返してと, 転倒し

▼ 違つた感じ~ (9, 0.1%)

2 がする, が彼 1 のもの, の中, の美し, を受けた, を更に

▼ 違ひか~ (9, 0.1%)

1 とも思つて, と思つて, と思ひます, と湯舟, と疑つた, な, 弁当は, 熱病か, 馬鹿の

▼ 違ひだらう~ (9, 0.1%)

1 か, しさうかと, と云, と何時, と大きな, と思, と思ひ, よ, 私は

▼ 違ひません~ (9, 0.1%)

2 決して違 1 お顔, が急行, けれども訣ら, ね, もの, よ, わ

▼ 違ひ過ぎる~ (9, 0.1%)

1 からなんて恐縮, ぜ, と云, ね親分, のでお, ので文句, やうな, 上小粒や, 位で

▼ 違ふけれ~ (9, 0.1%)

1 どもこの, どもさうかと, どもとにかく, ども一度, ども君, ども園, ども当り前, ども悪気, ど他人

▼ 違ふつ~ (9, 0.1%)

3 もりである 1 て, ていふ, てお, てこと, て云つて, て厳重

▼ 違つた処~ (8, 0.1%)

1 があります, があれ, でもない, にその, にはいつ, のない, へ私, を太陽

▼ 違つた所~ (8, 0.1%)

1 があるなら, がなく, に立つ, のある, はある, はない, もない, を持つ

▼ 違つた道~ (8, 0.1%)

2 を歩い 1 から新しく, でありました, へ進ませた, を指定, を歩いた, を進もう

▼ 違つた風~ (8, 0.1%)

1 が吹き, にする, になつ, になつて, に打つ, に置かれ, の縁きり, を自分

▼ 違である~ (8, 0.1%)

1 からだ, それが, つまり今日, ということ, と判斷, 事は, 事を, 日本文化といふ

▼ 違ひした~ (8, 0.1%)

3 のか 1 か, ことである, のだつた, 事は, 加藤が

▼ 違ひつこ~ (8, 0.1%)

6 はありません 1 ありませんよ, はねえ

▼ 違ひなん~ (8, 0.1%)

2 です 1 かありません, かぢ, かも別に, か咎む可, だ, だが

▼ 違ふわ~ (8, 0.1%)

51 よをばさま, よ相手, よ馬鹿ツ

▼ 違~ (7, 0.1%)

3 やない 2 やもの 1 やが, や矢張り邸

▼ 違つた人間~ (7, 0.1%)

1 だつた, だ何, で作男, で兼好, になつて, に見えた, のやう

▼ 違つて何~ (7, 0.1%)

2 といふ事 1 かに周章, か為, でも知つて, の技巧, よりも特異

▼ 違つて自分~ (7, 0.1%)

1 が叡山, が飮ん, で食べ, のお菜, の下, の方, も一個

▼ 違です~ (7, 0.1%)

2 よ, わ 1 からあの, がこれ, もの安い

▼ 違ひある~ (7, 0.1%)

6 めえ 1 ことなり

▼ 違ひだつた~ (7, 0.1%)

1 かも知れません, から六十七歳, ごとく彼, でせう, と, といふこと, とすれ

▼ 違ふだらう~ (7, 0.1%)

1 か, からね, けれど内地, とは思ひました, と考へた, な, 爺さん

▼ 違~ (7, 0.1%)

2 だよ, だん, にやきまつてるだ 1 よ此夏脚気

▼ 違染みた~ (7, 0.1%)

1 人物であったなら, 嫉妬を, 態度で, 時刻だ, 為草, 癇癪持として, 魔法騒は

▼ 違ありません~ (6, 0.1%)

31 がその, が要するに, よまあ

▼ 違じみた~ (6, 0.1%)

2 真似を 1 お前も, 容子で, 我身ながら, 眼を

▼ 違だらけ~ (6, 0.1%)

1 では何, で下らない, で加之, で書きとられ, の独逸語, の間

▼ 違つた別~ (6, 0.1%)

2 な生活 1 なところ, の土地, の意味, の運命

▼ 違つた場所~ (6, 0.1%)

2 へ連れ 1 でなり, で正月, につくられ, に裏日本

▼ 違つた心持~ (6, 0.1%)

2 で行つた 1 がそこ, が卒然, です, で見送

▼ 違つた方角~ (6, 0.1%)

1 に例, に行つて道, へ, へ彼, へ行く, を眺め

▼ 違つてこいつ~ (6, 0.1%)

1 は, は何, は内々溜飮, は怖い, は水, を捻つたら

▼ 違てる~ (6, 0.1%)

1 うそつきや, ことは, し, のかしらん, んです, んや

▼ 違ひたる~ (6, 0.1%)

2 事なし 1 を免れず, を包み得べく, 句, 点も

▼ 違ひでない~ (6, 0.1%)

1 かといつたら, ことを, とすれ, と思ふ, のなら直し, 證據に

▼ 違へては~ (6, 0.1%)

2 歩調を 1 いけません決して, ならないと, ならぬぞ, 厭よ

▼ 違だろう~ (5, 0.0%)

2 と思った 1 から聞い, じゃない, ッてんで

▼ 違つた方面~ (5, 0.0%)

1 から巣立つたら, から筆, から考へれ, に事実, を歩き

▼ 違つた点~ (5, 0.0%)

1 がない, だけ直す, であるが, はない, をもつ

▼ 違つた男~ (5, 0.0%)

1 である, と湯治, に出, の半面, の肌

▼ 違つた見方~ (5, 0.0%)

2 をした 1 がし, をしなけれ, 感じ方

▼ 違つた言葉~ (5, 0.0%)

2 を使 1 か訣ら, が使つて, でもなささうです

▼ 違~ (5, 0.0%)

1 からうつ, んです, んで御座いましょう, 京町の, 人の

▼ 違なら~ (5, 0.0%)

3 んと 1 おかしかなしさ, んにより

▼ 違はば~ (5, 0.0%)

1 反りて, 天地の, 實を, 必ず明, 忽に

▼ 違ひすぎ~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 ていくら, てゐた, て施す

▼ 違ひでなけれ~ (5, 0.0%)

1 ばならなかつた, ば嘘, ば大, ば太田聴雨氏, ば御

▼ 違ひと言~ (5, 0.0%)

1 つちや惡いが, つちや濟, つて, ふの, ふもの

▼ 違ひませう~ (5, 0.0%)

2 けれどもしかし 1 が片方, けれども近代人, と清二郎

▼ 違ふた~ (5, 0.0%)

1 と後, ので法官, るなあ, 他人が, 淋しさ

▼ 違へても~ (5, 0.0%)

1 かまは, もう駄目, 不思議は, 人に, 同じ高嶺

▼ 違へに~ (5, 0.0%)

1 ざくりと, なつた, なるやう, 來た, 南は

▼ 違やあ~ (5, 0.0%)

2 しないかと, しねえかね 1 しない

▼ 違かも~ (4, 0.0%)

1 知れない, 知れないと, 知れません, 知れませんが

▼ 違~ (4, 0.0%)

1 吾助が, 善惡を, 此盜賊は, 鹽煎餠屋と

▼ 違つたつ~ (4, 0.0%)

1 てこの, てそんな, てたいした, て新

▼ 違つた希望~ (4, 0.0%)

2 に依る, のため

▼ 違つた思想~ (4, 0.0%)

1 がこ, でありまして, と文章, に支配

▼ 違つた態度~ (4, 0.0%)

1 ではない, で社会, とを證明, になつて

▼ 違つた種類~ (4, 0.0%)

1 であるのに, の土器, の桜, の蠍

▼ 違つた處~ (4, 0.0%)

1 で危險, で拾つた石鏃, のない, もあつ

▼ 違つた顏~ (4, 0.0%)

1 が見えた, であるが, でにらみ付け, をする

▼ 違つて今~ (4, 0.0%)

1 では少量, のやう, の時世ぢ, は日

▼ 違つて先~ (4, 0.0%)

1 になつた, の尖つた, の方, へ行つたの

▼ 違でない~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 と思う, 証拠を

▼ 違ねえ~ (4, 0.0%)

1 がんがらがんだ, のか, ように, 俺ァ

▼ 違はう~ (4, 0.0%)

1 としてぎよツ, としてひどい, として京子, やうも

▼ 違ひお~ (4, 0.0%)

4 まへん

▼ 違ひございませぬ~ (4, 0.0%)

1 がけれども, がでもまた, がをさまら, が故

▼ 違ひございません~ (4, 0.0%)

1 から母, が, がそれ, 私が

▼ 違ひざ~ (4, 0.0%)

1 ま岡山, ま平次, ま牛, ま私

▼ 違ひすぎる~ (4, 0.0%)

2 のだ 1 かも知れん, んだ

▼ 違ひたら~ (4, 0.0%)

2 ば夫 1 ばそれ, ばとの懸念

▼ 違ひだつたの~ (4, 0.0%)

3 です 1 だが

▼ 違ひであれ~ (4, 0.0%)

1 は山中湖, は馴れた, は鬼, ばその

▼ 違ひと云~ (4, 0.0%)

2 ふことは 1 ふ様, へばで

▼ 違ひないだらう~ (4, 0.0%)

1 から二三個所見物, し稀, とは誰, な番頭さん

▼ 違ひまん~ (4, 0.0%)

2 が塚本君 1 がな, ねと

▼ 違ふさ~ (4, 0.0%)

1 かい, かいまあ, かい無理往生, ま家々相呼應

▼ 違ふよ~ (4, 0.0%)

1 うだと, おつ, つ, 御用人

▼ 違ふんぢ~ (4, 0.0%)

4 やない

▼ 違へた~ (4, 0.0%)

2 に違 1 のぢ, ほどです

▼ 違さん~ (3, 0.0%)

1 さ, とこの, もこの

▼ 違つたところ~ (3, 0.0%)

3 のある

▼ 違つた一種~ (3, 0.0%)

1 の活動味, の無秩序, の疾患

▼ 違つた女~ (3, 0.0%)

1 であつ, と結婚, の様子

▼ 違つた方~ (3, 0.0%)

1 の道, へ思ひ取られ, へ話題

▼ 違つた方向~ (3, 0.0%)

1 に岐, に次第に, へ持つ

▼ 違つた方法~ (3, 0.0%)

1 でした, で成人, を用

▼ 違つた時~ (3, 0.0%)

1 すつくり, は袂, 見ると

▼ 違つた樣子~ (3, 0.0%)

1 でやつ, で竹光, もなく

▼ 違つた状態~ (3, 0.0%)

2 になつて 1 で古い

▼ 違つた胸~ (3, 0.0%)

3 の悸

▼ 違つた話~ (3, 0.0%)

1 だと, でこれ, になる

▼ 違つた面~ (3, 0.0%)

1 として寧ろ, は違つた面, を流用

▼ 違つてこれ~ (3, 0.0%)

1 はこれ, は本, は面長

▼ 違つて今度~ (3, 0.0%)

1 こそ思ひ, は事件, は公

▼ 違つて厭~ (3, 0.0%)

1 に叮嚀, に陰気, に陰氣

▼ 違つて妙~ (3, 0.0%)

1 な媾和, な言葉, に慌

▼ 違つて手~ (3, 0.0%)

1 が滑る, も足, を携

▼ 違つて窮屈~ (3, 0.0%)

3 では

▼ 違つて金~ (3, 0.0%)

1 はあ, はなく, を取

▼ 違つて非常~ (3, 0.0%)

1 に明るく, に沈默家, に静か

▼ 違てえ~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 ものが

▼ 違であった~ (3, 0.0%)

1 ということ, のだ, 茶の湯は

▼ 違なから~ (3, 0.0%)

21 うけれども

▼ 違などは~ (3, 0.0%)

1 あり得べからざること, ないの, 有り得べからざる事

▼ 違なりと~ (3, 0.0%)

1 云れしか, 曰は, 申候

▼ 違なる~ (3, 0.0%)

1 は是非, 内神田連雀町とかや, 想像なる

▼ 違はじ~ (3, 0.0%)

1 とかや, とする, と白

▼ 違はず美登利~ (3, 0.0%)

3 が額際

▼ 違ひありますまい~ (3, 0.0%)

1 がしかし, が一條禪閤兼良, が然し

▼ 違ひだ何~ (3, 0.0%)

3 も私

▼ 違ひであろ~ (3, 0.0%)

2 あゝ陰氣 1 ああ陰気

▼ 違ひでした~ (3, 0.0%)

1 がたいへんよく, と言, な

▼ 違ひないです~ (3, 0.0%)

1 からね, な, よ

▼ 違ひならん~ (3, 0.0%)

1 と種々, と謹ん, 疑は

▼ 違ひなり~ (3, 0.0%)

1 之に, 扨も, 然ど

▼ 違ひもなかつた~ (3, 0.0%)

2 のです 1 ことや

▼ 違ふし~ (3, 0.0%)

1 お後架, 又後者其物, 第一人生觀

▼ 違ふらしい~ (3, 0.0%)

1 が同じ, ことは, ひどく気味

▼ 違へが~ (3, 0.0%)

1 ある, 余り沢山の, 国語に

▼ 違へてや~ (3, 0.0%)

2 がる 1 がらア

▼ 違をが~ (3, 0.0%)

3 子が

▼ 違ある~ (2, 0.0%)

1 が家並, ことなし

▼ 違かと~ (2, 0.0%)

1 危んで, 存じ候

▼ 違~ (2, 0.0%)

1 それに彼, へ無

▼ 違~ (2, 0.0%)

1 あんし, てゐる

▼ 違じみ~ (2, 0.0%)

1 てお前さん, て居る

▼ 違じゃ~ (2, 0.0%)

1 ねえかしら, アねえかと

▼ 違だったら~ (2, 0.0%)

1 何う, 抹殺し

▼ 違だって~ (2, 0.0%)

1 仰有, 程が

▼ 違だらう~ (2, 0.0%)

1 か, から断つ

▼ 違つたやり方~ (2, 0.0%)

1 でジョン, をします

▼ 違つた一つ~ (2, 0.0%)

1 の演劇世界, の観念

▼ 違つた了見~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, と云

▼ 違つた人達~ (2, 0.0%)

1 であつ, の間

▼ 違つた何~ (2, 0.0%)

1 か気, とはなし

▼ 違つた例~ (2, 0.0%)

1 は皇, を引きませう

▼ 違つた印象~ (2, 0.0%)

1 を与へる, を読者

▼ 違つた名~ (2, 0.0%)

1 をいふ, をつけ

▼ 違つた國~ (2, 0.0%)

1 にし, をつく

▼ 違つた型~ (2, 0.0%)

1 さ, の女性

▼ 違つた声~ (2, 0.0%)

1 が出る, などを掛ける

▼ 違つた姿~ (2, 0.0%)

1 をとつ, を作つて

▼ 違つた子供~ (2, 0.0%)

1 が沢山, のやう

▼ 違つた後~ (2, 0.0%)

1 でも考へ, も暫く

▼ 違つた心~ (2, 0.0%)

1 だつた, の寒

▼ 違つた性格~ (2, 0.0%)

1 と生き方, を持つ

▼ 違つた性質~ (2, 0.0%)

1 の手紙, を具

▼ 違つた手~ (2, 0.0%)

1 でさらつて, を指す

▼ 違つた才能~ (2, 0.0%)

1 を一人, を要する

▼ 違つた批評~ (2, 0.0%)

1 を浴せかける, を聞かされた

▼ 違つた振り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 違つた文~ (2, 0.0%)

1 と兩方, のある

▼ 違つた服装~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 違つた母~ (2, 0.0%)

1 が生れ, の何もの

▼ 違つた気持~ (2, 0.0%)

1 だつたし, で会つてみたい

▼ 違つた特色~ (2, 0.0%)

1 を出す, を持つた

▼ 違つた理窟~ (2, 0.0%)

1 でもなし, を述べたおぼえ

▼ 違つた用語例~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ 違つた眼~ (2, 0.0%)

1 で荷風君, で見

▼ 違つた私~ (2, 0.0%)

1 の個性, の持つてない

▼ 違つた立場~ (2, 0.0%)

1 から深く, で娘たち

▼ 違つた結果~ (2, 0.0%)

1 が現れる, を生じる

▼ 違つた自分~ (2, 0.0%)

1 のし, を手紙

▼ 違つた芝居~ (2, 0.0%)

1 の形式, を同時に

▼ 違つた角度~ (2, 0.0%)

1 から云つて, でもつ

▼ 違つた解釈~ (2, 0.0%)

1 であります, をせられ

▼ 違つた調子~ (2, 0.0%)

1 で, でグイ

▼ 違つた質~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 違つた雰囲気~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ 違つた風習~ (2, 0.0%)

1 と各々, を伝へ

▼ 違つた點~ (2, 0.0%)

1 があつ, もある

▼ 違つち~ (2, 0.0%)

2 まふ

▼ 違つてあんた~ (2, 0.0%)

1 はあんた, は何とか

▼ 違つてさ~ (2, 0.0%)

1 つさ, つぱりわからない

▼ 違つてす~ (2, 0.0%)

1 つかりそこ, つかりホテル風

▼ 違つてどこ~ (2, 0.0%)

1 かに底, か煩い

▼ 違つて不意~ (2, 0.0%)

1 にこんな, の所得

▼ 違つて人間~ (2, 0.0%)

1 の一種, を殺し

▼ 違つて今日~ (2, 0.0%)

1 は堅鬢付, は本

▼ 違つて何ん~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ 違つて内儀~ (2, 0.0%)

2 を殺した

▼ 違つて子供~ (2, 0.0%)

1 ではあつ, は弱る

▼ 違つて彼~ (2, 0.0%)

1 の母, は即ち

▼ 違つて支那~ (2, 0.0%)

1 に生れた, の國粹

▼ 違つて斯~ (2, 0.0%)

1 う判り, う藝人

▼ 違つて歌~ (2, 0.0%)

1 つたり, に生

▼ 違つて正直~ (2, 0.0%)

1 ない, な好い

▼ 違つて此~ (2, 0.0%)

1 れは, れを

▼ 違つて田舎~ (2, 0.0%)

1 だが, ではちよ

▼ 違つて花~ (2, 0.0%)

1 が次第に, 散る里

▼ 違つて貴方~ (2, 0.0%)

1 ですから, は立派

▼ 違つて距離~ (2, 0.0%)

1 に打ち, も近く

▼ 違つて頭~ (2, 0.0%)

1 にもこなかつた, を切る

▼ 違つて餘~ (2, 0.0%)

1 りひつそり, り整つた

▼ 違であっ~ (2, 0.0%)

1 て呉れれ, て肉感的

▼ 違であろう~ (2, 0.0%)

1 か, 河東さんや

▼ 違でと~ (2, 0.0%)

1 云うよりも, 云ふ

▼ 違とは~ (2, 0.0%)

1 如何な, 如何なる儀

▼ 違どころか~ (2, 0.0%)

1 文士の, 飛んでも

▼ 違などが~ (2, 0.0%)

2 彼処にも

▼ 違なり~ (2, 0.0%)

1 君今, 青年は

▼ 違はず並び~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 違はず所謂薩派~ (2, 0.0%)

2 と進歩派

▼ 違はず符合~ (2, 0.0%)

1 しぬ, せし而已

▼ 違はせ~ (2, 0.0%)

1 て見送つた, 給は

▼ 違はむ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 我も

▼ 違ばかり~ (2, 0.0%)

1 だよ, 云って

▼ 違ひありませんでした~ (2, 0.0%)

1 がいつもいつも, 今も

▼ 違ひから起つた~ (2, 0.0%)

1 ことでした, 事と

▼ 違ひする~ (2, 0.0%)

1 ことは, な俺

▼ 違ひだの~ (2, 0.0%)

2 と何

▼ 違ひつ~ (2, 0.0%)

1 こねえさ, てもん

▼ 違ひでございました~ (2, 0.0%)

1 にしろ, よ

▼ 違ひでそれ~ (2, 0.0%)

1 は先年鈴ヶ森, は眼醒時計

▼ 違ひで人~ (2, 0.0%)

1 を一人, を殺し

▼ 違ひで昔~ (2, 0.0%)

1 なら大変, は軍陣

▼ 違ひで私~ (2, 0.0%)

1 が尋常科三年生, はもつ

▼ 違ひで血~ (2, 0.0%)

1 と闘ひと, を吐く

▼ 違ひで裏口~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 違ひといふ事~ (2, 0.0%)

1 がいよ, もお

▼ 違ひなら~ (2, 0.0%)

1 ば仕, まあまあだ

▼ 違ひなる~ (2, 0.0%)

1 可と, 更に最も太甚

▼ 違ひな事~ (2, 0.0%)

1 は諸事万端, を覚えこん

▼ 違ひによつ~ (2, 0.0%)

1 て些か, て意味

▼ 違ひね~ (2, 0.0%)

1 えと, へ何で

▼ 違ひのやうに~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ 違ひましたら~ (2, 0.0%)

1 お免, 山木様御免下だ

▼ 違ひめいた~ (2, 0.0%)

1 気の, 逆上が

▼ 違ひも無し~ (2, 0.0%)

2 に巴里

▼ 違ひや~ (2, 0.0%)

1 がつたな, さかいその

▼ 違ひやしない~ (2, 0.0%)

1 といふ自信, よ

▼ 違ひ染みた~ (2, 0.0%)

1 のに少し, 目附き

▼ 違ひ過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ 違ひ過ぎます~ (2, 0.0%)

1 が番頭さん, が門前

▼ 違ふお~ (2, 0.0%)

1 乃枝といふ, 生れつきだ

▼ 違ふけ~ (2, 0.0%)

1 ど死んだ, に

▼ 違ふしそれ~ (2, 0.0%)

1 にフイ, に旦那

▼ 違ふで~ (2, 0.0%)

1 はつきりした, はない

▼ 違ふとき~ (2, 0.0%)

1 は, 又代

▼ 違ふとし~ (2, 0.0%)

1 ても二十, て見る

▼ 違ふなら~ (2, 0.0%)

1 天神地祇の, 違ふで

▼ 違ふべき~ (2, 0.0%)

1 もあらぬ, 筈である

▼ 違ふもつ~ (2, 0.0%)

1 たいない, と爽やか

▼ 違ふよつて~ (2, 0.0%)

2 に明日

▼ 違ふよ俺ぢ~ (2, 0.0%)

2 やねえ

▼ 違へから~ (2, 0.0%)

1 とんだ場処, 併合する

▼ 違へで~ (2, 0.0%)

1 あらう, あらうと

▼ 違へでは~ (2, 0.0%)

1 おまへん, ない

▼ 違へは~ (2, 0.0%)

1 しないで, しませんで

▼ 違へも~ (2, 0.0%)

1 ある物, すまいこれ

▼ 違へや~ (2, 0.0%)

1 がつて, しねえか

▼ 違ます~ (2, 0.0%)

1 から, 人差指を

▼ 違までも~ (2, 0.0%)

2 保ちませんぜ

▼ 違ウノ~ (2, 0.0%)

1 デ左手, デ料理

▼ 違~ (2, 0.0%)

1 なからう, ねェとしばらく

▼ 違ツこ~ (2, 0.0%)

2 はねえ

▼ 違染み~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 違~ (2, 0.0%)

2 から二軒目

▼1* [1096件]

から何, 違あるまいと考え, 違からか絹針を, 違からも眼の, 違がって真物, 違ぐらいなところ, 違ごてオレが, 違さんぢやどんな, 違ざけ乍ら續けました, 違しか學問も, 違した議論です, 違じみてるがこれ, 違じみ切って居る, 違じゃあない故障, 違じやわい, 違その他の一部, 違たらあんな騒動, 違たりまるで筋, 違だけであの声, 違だつたことが, 違だつたら何う, 違つこはなから, 違つたかたちで, 違つたとんでもない種類, 違つたにぎやかな服裝, 違つたゆうずうのきく学問, 違つたらうと思ふ, 違つたら謝るがお前さん, 違つたら遣り直す事も, 違つたら遣り直せばい, 違つたる世の中には, 違つたわね, 違つたアクセントで話し, 違つたウラ声だつた, 違つたタイプの男, 違つたリズムが岸田さん, 違つた一時の腹立, 違つた一種清快な, 違つた下手人の仕業, 違つた下駄を交換, 違つた世の中の出来事, 違つた事件が起つ, 違つた事実が生ずる, 違つた事情があつ, 違つた二つの感情, 違つた二人の青年, 違つた二十一二の女, 違つた二条の煙り, 違つた二種の毒酒, 違つた交遊が面, 違つた交際がまた, 違つた人々と知己, 違つた人物が入れ, 違つた今一つの港, 違つた今年の自己, 違つた仕方でもない, 違つた他家から妻, 違つた位置にある, 違つた何物かがある, 違つた作品が生れ出た, 違つた信仰もあ, 違つた儉約でしたね, 違つた兄妹ですが, 違つた光と色, 違つた共同的な生産事業, 違つた内容と方向, 違つた円が頭, 違つた冷淡な影, 違つた分類に従, 違つた別物のやう, 違つた前提の上, 違つた効果を出す, 違つた動きをなし, 違つた動作であら, 違つた匂いだと, 違つた原因から昆虫, 違つた原料を發見, 違つた受け入れかたをした, 違つた同志で表, 違つた名前を擧げ, 違つた味をもつ, 違つた品で金蒔繪, 違つた唱へ言, 違つた嘔吐を催し, 違つた四邊の空氣, 違つた国でした, 違つた国旗を靡かせ, 違つた土の色, 違つた土地の違つた風習, 違つた地味なもの, 違つた地響のする, 違つた場合によれ, 違つた境地のもの, 違つた増益のある, 違つた壮士芝居沁みて, 違つた外の世界, 違つた外見を表, 違つた外題で興行, 違つた夜の光景, 違つた夢を見ました, 違つた大学生の一人, 違つた奇妙な救, 違つた女中がゐ, 違つた女性の若い, 違つた奴だ, 違つた姿勢でやつぱりねむりこけてゐた, 違つた娘が来た, 違つた子でやつ, 違つた字に逢つて戸惑, 違つた定家が出, 違つた家へはひつ, 違つた實に氣持, 違つた専門的な立場, 違つた小舟で引返し, 違つた少女のこと, 違つた屈折が出来, 違つた島々に違うた, 違つた平次です, 違つた幻想を育てはじめ, 違つた幾人かの人, 違つた役廻りを受取つて, 違つた心掛を持つ, 違つた心配に惱, 違つた性格基準に入れ, 違つた想定に過ぎない, 違つた意義を導い, 違つた意見で治外法權, 違つた意趣で, 違つた成立を持つ, 違つた指導をし, 違つた挙動なぞのやう, 違つた推察をすべて, 違つた效果が生れる, 違つた教育者を衒, 違つた文句で書き, 違つた文法であ, 違つた断面の甲, 違つた斯う云つた, 違つた新たなもの, 違つた方何へ行き過ぎ, 違つた方針で教育, 違つた日本人観をきかせ, 違つた日本語を店頭, 違つた昔のえびす, 違つた時代に支那, 違つた時刻になる, 違つた時期にも差し上げた, 違つた時節もま, 違つた時間に覗い, 違つた時頭に何, 違つた景色を求め, 違つた有力な他, 違つた朝夕がいつ, 違つた東洋の蒼, 違つた椅子を置き, 違つた様です, 違つた様子についてひそ, 違つた樣な氣, 違つた歌を作り出す, 違つた民衆に呼掛ける, 違つた気位を持つ, 違つた気持ちで静か, 違つた気風を呑みこむ, 違つた氣分で義雄, 違つた氣持ちが隱, 違つた汽車の中, 違つた派と云つて, 違つた派手な襲, 違つた派生であるし, 違つた海老茶色のリボン, 違つた港内の方角, 違つた滑稽な鵺, 違つた煙管で煙草, 違つた物を出し, 違つた物體私の前, 違つた独自の法則, 違つた狼のやう, 違つた獅子を使, 違つた獨自の凜乎, 違つた現象が出, 違つた理会を示し, 違つた理屈でもなし, 違つた理想でなければ, 違つた理想的では, 違つた環境の寂し, 違つた生活がけふから初まる, 違つた生活条件を持つ, 違つた生活様式もある, 違つた男性本位の道徳, 違つた町や州, 違つた画面に少し, 違つた画風の二人, 違つた畑浦を豫想, 違つた発展のしかた, 違つた発音の系統, 違つた發音と違つたアクセント, 違つた皮相な観察, 違つた目的が起つ, 違つた目録即ち古代風, 違つた相談をおれ, 違つた相貌で修吉, 違つた眞劍な心持ち, 違つた眞劍さが見え, 違つた矛盾して, 違つた矢張り呼子鳥としての言, 違つた社会としてのはたらき, 違つた祭りがある, 違つた稍老人らしい口吻, 違つた空気と風景, 違つた窕子になつ, 違つた窮屈さが生ずる, 違つた筆跡らしく見せて, 違つた紋があれ, 違つた紙がべつ, 違つた細胞が遠く, 違つた經濟上の状態, 違つた綴方や表現, 違つた美的生活を廃, 違つた習慣や才能, 違つた考えを持つ, 違つた考ぢやない, 違つた者が他, 違つた者たちのこと, 違つた聲が聽, 違つた職業の者, 違つた腹立をつい, 違つた自分自身を見出した, 違つた自由奔放な武者ぶり, 違つた興奮を以て私, 違つた舟の方, 違つた色のニュアンス, 違つた色合でやはり, 違つた色彩と面, 違つた芸能をひつ, 違つた芸風でゐ, 違つた苔や埃, 違つた荷風氏が生れ出, 違つた落着きが入れ, 違つた術語を以て説明, 違つた表現が巾, 違つた表面を代る代る, 違つた要求をする, 違つた要素が這入つ, 違つた見解を述べるであらう, 違つた観方として現, 違つた觀念が生じ, 違つた解釋をしない, 違つた言ひあら, 違つた記事を交, 違つた記憶を留めしめた, 違つた詩が一篇, 違つた話し方で, 違つた説が出, 違つた説明をも導く, 違つた読みかたをした, 違つた読者に対する誠実さ, 違つた諦を私, 違つた謂は, 違つた變な顏, 違つた貌になつて, 違つた賑やかさが此間, 違つた質量を有つて, 違つた趣致があるらしい, 違つた距離の処, 違つた踊り手がまるで, 違つた身内の震, 違つた軌道でさうな, 違つた輿論と云, 違つた途端にひ, 違つた連中のよう, 違つた野郎がある, 違つた金切声で私, 違つた針路をとつて出發, 違つた釣場を教, 違つた錠を持出し, 違つた鍵と釘, 違つた静かなしかし, 違つた靜かな空氣, 違つた非常な神祕, 違つた非難で傷, 違つた音声で言つて, 違つた音樂をやつ, 違つた顔をし, 違つた顔付をし, 違つた風流な愛, 違つた香水を用, 違つた驕慢のため, 違つた骨もあります, 違つた高貴な匂, 違つてあまり物騷なこと, 違つてあまり血が出ねえ, 違つてあらはれて, 違つてあれは安い, 違つていつまでも吸収, 違つておれは正直, 違つてこと人性に即した, 違つてしまへ, 違つてしまつたのでした, 違つてそれよりずつと古い, 違つてちよツと氣, 違つてどちらかといふ, 違つてひつそりとしてゐます, 違つてひとつ上の學校, 違つてまじめであつ, 違つてみんな忙しいん, 違つてめつきり寒, 違つてよそ行き姿の景氣, 違つてらあ, 違つてわれわれの研究, 違つてアワヤと云, 違つてイタヤもみぢの下, 違つてイワンの妻君エレナ, 違つてカントにとつて, 違つてガマの油, 違つてコセコセして, 違つてジェームズのいふ經驗, 違つてジャーナリズムの時代, 違つてチヨイと物, 違つてトランクが四ツ, 違つてプログラムを作つて, 違つてミヅグルマの大き, 違つてヤケクソ捨て身さう, 違つてローラはあまり, 違つて一つは円く, 違つて一個の物體, 違つて一分の丸刈である女中, 違つて一度は女房, 違つて一日や二日, 違つて一日一時間の餘裕, 違つて一杯幾らつちん, 違つて一種の落し話, 違つて一足先きに, 違つて万葉をまねよう, 違つて丈の高い, 違つて上と下へ五六歩, 違つて上野か向島, 違つて下屋敷に召使格, 違つて下田の親元, 違つて不安心で淋しく, 違つて不思議な好奇心, 違つて中学の頃, 違つて乘客の非常, 違つて了つた所からお, 違つて了つてからの彼, 違つて了つて鰒を河豚, 違つて事件は少ない, 違つて二三歩後の方, 違つて二十や三十, 違つて二十一枚くれた当然, 違つて二度も續, 違つて二階から落ち, 違つて云つて見れば, 違つて五人を省いた, 違つて井の水質の, 違つて井戸へ落ちた, 違つて亞細亞はこの, 違つて人を咬む, 違つて人ずれのした, 違つて人伝に伝へ, 違つて人入れを専門, 違つて人殺しや泥坊, 違つて人気は誠に, 違つて人蔘やほうれん草, 違つて人通りがすく, 違つて今夜は緑色, 違つて今時の若い, 違つて仔細な光りを, 違つて他には別に, 違つて他人に見せる, 違つて伊丹屋の駒次郎, 違つて伯林に行く, 違つて何處へでも勤めよう, 違つて作家になつて, 違つて使用が便利, 違つて來らな皆, 違つて俄に庇護ひで, 違つて信心に關, 違つて借金の連帯, 違つて催馬楽式に民間, 違つて傳へられて, 違つて充分に郷土, 違つて先生は私, 違つて入院させられねえやう, 違つて八ヶ岳の裾野, 違つて其を明らか, 違つて其処が大名育ち, 違つて其頃はまだ, 違つて内臓から迸, 違つて写真版の這入つた, 違つて凡ては明け, 違つて出入りもやかましく, 違つて前の方, 違つて勝負事には弱, 違つて北海道産で何, 違つて十一貫の倉市, 違つて十分芸術家らしい神経, 違つて千兩は一, 違つて却つて今様と申します, 違つて却つて自己の崩壞, 違つて却つて面倒でなかつた, 違つて原料になる, 違つて參ります, 違つて叙述では満足, 違つて口を開い, 違つて只漁村の大きな, 違つて叮嚀に老, 違つて可なり別嬪, 違つて吸引力の無い, 違つて吾儕のは物, 違つて唯だ事実, 違つて唯金銭づくな, 違つて嘘もつかなけれ, 違つて國の隣家, 違つて土蔵があつ, 違つて在来の土地, 違つて地方から出た, 違つて地球の上, 違つて堡礁内の水, 違つて塵埃や煤煙, 違つて士蔵の方, 違つて多くの友達, 違つて夜になる, 違つて夜寐られない時, 違つて大変さつぱりと髪, 違つて大野のもとの, 違つて大風の吹く, 違つて奇妙な音, 違つて奉公人のやう, 違つて奥さんはあまり, 違つて女を喜ばせる, 違つて奴は渡り者, 違つて婆さんを叩き殺した, 違つて嫌疑を受け, 違つて孤寂を求めるせゐ, 違つて安價な實用品, 違つて客商賣に, 違つて家の中, 違つて家庭生活に没頭, 違つて家族と一緒, 違つて家系のこと, 違つて寺院を第, 違つて封筒と用紙, 違つて将軍家のやう, 違つて小説は小説, 違つて居はしませんでした, 違つて山から来る, 違つて山上は日當, 違つて岡つ引御用聞, 違つて布教師になる, 違つて常子は白井, 違つて平次の生き, 違つて幾つものお座敷, 違つて幾分かわたくし, 違つて庄吉の如く, 違つて弘子の夫, 違つて張り合ひなどは, 違つて当世流行のトルストイズム, 違つて当初からある, 違つて当時は魚, 違つて後の方, 違つて後ろから一, 違つて後方へ通り拔, 違つて從兄の家, 違つて心を確か, 違つて急に勢, 違つて性根はなか, 違つて恰で大盤石, 違つて悧口だぞう, 違つて悲しみの玉, 違つて愉快な感じ, 違つて意外にも若干, 違つて意志的であること, 違つて慈味の豊か, 違つて懐中に隠す, 違つて手綺麗な料理, 違つて指物師は滅多, 違つて掌面に揉みくち, 違つて政府へ納められ, 違つて文部にでも入, 違つて旋毛が曲つて, 違つて日は赫々, 違つて昔は魚, 違つて昔シベリアなどに棲ん, 違つて最初から無難, 違つて朝鮮征伐を始めた, 違つて未亡人の再婚, 違つて未明の俵屋, 違つて未曾有の政体, 違つて東京の寒, 違つて林三郎どんは呑氣, 違つて柔軟な竿, 違つて校長も理想, 違つて格納庫も其, 違つて梅吉を殺した, 違つて棋士の生活, 違つて極端な深度, 違つて樹木ばかりがあつ, 違つて樹立も稀, 違つて檳榔子を噛む, 違つて正当な立派, 違つて此處は御, 違つて此際新らしい解釈, 違つて武蔵野の面影, 違つて歸りには, 違つて死にもの狂, 違つて死物である, 違つて殆ど一戸一戸が不安, 違つて母が娘, 違つて気が荒く, 違つて気色が余程, 違つて氣だけでも樂ぢ, 違つて水取りの本, 違つて沈鬱である, 違つて泉水に沈める, 違つて泣き声に変つて, 違つて泥水であつ, 違つて洗ひ晒し, 違つて活気横溢して, 違つて清潔と規律, 違つて温厚篤実心の底, 違つて湯が澄み, 違つて滝の様, 違つて漢學の修業, 違つて濕つぽい, 違つて火力乾燥ですから, 違つて熱に対する収縮, 違つて熱心に苦吟, 違つて熱海の浜辺, 違つて燒けのこり, 違つて爆発したところが, 違つて爪でも斬つたら, 違つて父は何, 違つて父親の歸京, 違つて牌の囁き, 違つて特別の時間, 違つて特殊な家風, 違つて狼狽する木下, 違つて献上するの義, 違つて玉のやう, 違つて王のより, 違つて現今は悉く, 違つて瓜の中, 違つて生活にばかり追, 違つて用事が用事, 違つて男物の赤合羽一枚, 違つて画家の忘れ物, 違つて疊へ落ちた, 違つて痣も何ん, 違つて痩ぎすの, 違つて登子は靜, 違つて百兩と纒つて, 違つて皆薄い顎髯, 違つて相当資本がなけれ, 違つて相手は二本差, 違つて看護服を着ず, 違つて眼の凹んだ, 違つて矢張り帳幕で出, 違つて知識としての価値, 違つて石垣つ, 違つて確然と区別, 違つて磯五郎は氣, 違つて神に屬, 違つて私たちの毎日, 違つて稍ともすれ, 違つて空がどんより, 違つて空気にもいろいろ, 違つて窓枠に指先, 違つて窕子が昔, 違つて立派な来歴, 違つて競馬場ほど, 違つて篠田と云, 違つて簪のやう, 違つて粘り気がある, 違つて精密にし, 違つて縁の下, 違つて縱に長い, 違つて罪に陷, 違つて美といふもの, 違つて職工に給金, 違つて聽いたこと, 違つて聽取つた事實を此, 違つて肉体を叩き潰す, 違つて肉叉で食事, 違つて股旅の鐵之助, 違つて胆力もあり, 違つて背が高く, 違つて背後なる木納屋, 違つて腕の利いた, 違つて自信は人, 違つて自分達の畑, 違つて自己の氣, 違つて自然に水分, 違つて舞臺文學である謠曲, 違つて船が好き, 違つて色白できめの, 違つて若芽薑が何, 違つて英国では朝, 違つて英語も此様, 違つて萬世一系であるといふ, 違つて萬事が不自由, 違つて薬なんかマア, 違つて藝子や踊り子, 違つて藤助さんの所, 違つて藥なんかマア, 違つて行つたが, 違つて行つてこのごろでは学生, 違つて街道の一駅, 違つて表皮を剥がれ, 違つて裸体の閻魔, 違つて見合はす, 違つて親達の歎, 違つて覺え込んだ, 違つて語學は多少, 違つて誰に会, 違つて調子のととのつた滑らか, 違つて變な氣持, 違つて豊滿な感じ, 違つて財産税の苦勞, 違つて貰つては困ります, 違つて資本も人手, 違つて足立屋の金, 違つて身につく, 違つて身上を危く, 違つて身体の方, 違つて身分のある, 違つて身體もよく, 違つて躰格も立派, 違つて輕妙洒脱其上幾分ユーモラスな氣分, 違つて農民達の方, 違つて近くの評判, 違つて通り状に振向いた, 違つて造作は確乎, 違つて逢つたこと, 違つて遊樂の街區, 違つて過去のこと現在, 違つて道庁の方, 違つて遙かに自由, 違つて遲い方, 違つて選挙ですから, 違つて金持にはまた, 違つて針が半分, 違つて釣道具だけは持つ, 違つて鉄鉢に入れた, 違つて門衛だのど, 違つて降伏開城といふの, 違つて障子もなく, 違つて隨分と思ひ, 違つて電氣事業も避雷針, 違つて電車に轢き殺される, 違つて靈山ヶ崎の突端, 違つて青樓は多く二階屋, 違つて靜かにし, 違つて靜まり返つて, 違つて面倒な事, 違つて面識はない, 違つて頬から血, 違つて顋が二重, 違つて食物に入, 違つて餘程人間的の性質, 違つて館の人, 違つて魚が餘, 違つて鳥渡の間途方, 違つて鶏の卵, 違つて鼻筋が通つた, 違つとるんです, 違てて光子さんは, 違てはつても, 違ても好から, 違であったら許して貰いたい, 違でありひとり靜, 違でがしたん, 違でございましたら御免あそばしまし, 違でございますのでお, 違でなかったかと思います, 違というものは, 違として早く葬られ去った, 違とも云は, 違とるかもしれん, 違ない早く出立する, 違なかつたので或は, 違なかツたの, 違なき御方だ, 違など有之, 違などといふものは, 違などとは迷惑至極な, 違などもどうかする, 違なればこれ, 違なんか起りっこないわ, 違なんぞが来出したんで, 違については充分営業部, 違についてもついに一言, 違にて殺したに, 違にても候はんか, 違にでもならなかつたん, 違にと云う俳句, 違にという瞬間の, 違になつて銀の, 違には作すつた, 違にゃならないし, 違よふ, 違えが, 違ねえと思ってたん, 違はいでをられう, 違はずいま見ても, 違はず何でも物ごと, 違はず双六の目, 違はず堂の前を左, 違はず外に惡賊有こと, 違はず夜に入, 違はず女の子がアクビ, 違はず妹娘のお, 違はず家も床, 違はず家具調度の中, 違はず岩高く聳え, 違はず庄兵衞は何者, 違はず拿破里はいと, 違はず柳はそれぞれ芽, 違はず横笛とやらの色, 違はず渠お光, 違はず源次郎妻と馬丁, 違はず男の遊び相手, 違はず男女の狂人, 違はず當つたん, 違はず確かに低能児, 違はず網を卸す, 違はず華奢で頗る, 違はず遠くへ射込める, 違はず金屋の店, 違はず餘り不思議, 違はつしやらねえやう, 違はでやこれ, 違はにや, 違はにやはや, 違はれ易い例, 違はれたことかも, 違はれないやうな, 違はれるがどうしても, 違はん又聞所, 違はんぢやありません, 違はんもんだ, 違ひあらへんえな, 違ひあり少さき貞婦孝女, 違ひありませぬが併, 違ひありません待つて下さい, 違ひありません殺された孫三郎叔父さんは, 違ひあろまいがもう, 違ひからで今更悔ん, 違ひから出てゐる, 違ひから見失つて了つたといふ, 違ひかわかるんです, 違ひきつて居る, 違ひこ無しです, 違ひさうもない, 違ひさうだな, 違ひさつしやる, 違ひされ過ぎてゐる, 違ひしたる時は, 違ひしないやうに, 違ひすぎましたから, 違ひせしかと四邊, 違ひた黒い実, 違ひたいよ, 違ひたるべしといふ, 違ひだお前のやう, 違ひだつたのさ本物の塔, 違ひだつた俺も同様, 違ひだつて何だつて, 違ひだらけさ, 違ひだ力づくでは, 違ひだ彼は赤裸, 違ひだ茂作ぢやない, 違ひだ託児所のこと, 違ひつこなしだ, 違ひであったので牝鶏, 違ひであまり金のあり, 違ひであり人間の, 違ひでことし二十三になる, 違ひでございまして将軍家, 違ひでございますから心得ません, 違ひでさう云, 違ひですます気なら, 違ひでなかったらうかと考へた, 違ひでなかつたといふ, 違ひでカブせると, 違ひでガラツ八の八五郎, 違ひでピュルガトワルとは天国, 違ひで一人が猶, 違ひで一疋しか居ませんでした, 違ひで三千兩の始末, 違ひで三益が四時半すぎ, 違ひで三重吉が, 違ひで会へば必ず, 違ひで傲慢と卑屈, 違ひで僕はそれ, 違ひで兄妹と言つて, 違ひで十一時四十五分とある, 違ひで危ふく免れました, 違ひで右手も左手, 違ひで名をさ, 違ひで君のこと, 違ひで国造の女, 違ひで奇數にも偶數, 違ひで宗論から地境, 違ひで實はプレハーノフ, 違ひで帰つたこと, 違ひで幾世紀の歳月, 違ひで御座いませうな, 違ひで悟りといふ事, 違ひで政治は人間生活, 違ひで日本の戦史, 違ひで時機を失つて了, 違ひで本家は別に, 違ひで沒落した上, 違ひで無体に解雇, 違ひで無駄をした, 違ひで照子などの夢, 違ひで當代になつて人, 違ひで病院から解放, 違ひで皆んな自分が一番綺麗, 違ひで私ぐらゐ正統的な文学, 違ひで約束しといた新妻莞, 違ひで纒り相, 違ひで胸札が正しい, 違ひで腦髓つてものは裏海, 違ひで自分の娘, 違ひで自滅して, 違ひで自然の脅威, 違ひで自由に対する絶望, 違ひで菊屋の御, 違ひで藝術に對, 違ひで諸君が日本, 違ひで貴方を恨んでる, 違ひで買ひそこねたと, 違ひで質に取られた, 違ひで返事なんかきい, 違ひで道樂者の茂七, 違ひで遲れたと, 違ひで邸の垣根, 違ひで部屋にゐ, 違ひで駅へ入っちまった, 違ひで鳥が高, 違ひで黒坊のお, 違ひといふと, 違ひといふ病気は治る, 違ひと一緒に暮らさなけれ, 違ひと初めは氣, 違ひと申ものなりと, 違ひと言つた手輕なことぢ, 違ひと郷土精神の歪められた, 違ひないこつちの思ふ, 違ひないちて見たら, 違ひないらしいのです, 違ひないらしく半助, 違ひない云うてこ, 違ひない消えさう, 違ひない褪め切つた中食を, 違ひない阿母の, 違ひなかんべエ, 違ひなき由申けれ, 違ひなくもつと何年, 違ひなくやられたことで, 違ひなくやれるといふ見込み, 違ひなく乗込んで来る, 違ひなく仕組んだに違, 違ひなく出してやる, 違ひなく出せる筈で, 違ひなく取り寄せられてゐた, 違ひなく寄るだらうといふ日, 違ひなく引越しますよ, 違ひなく思ふはうへつれ, 違ひなく戻つて來る, 違ひなく持つて來, 違ひなく明けてくれ, 違ひなく来て下さい, 違ひなく癒せる何か, 違ひなく立退く事を, 違ひなく縛られるよ, 違ひなく落ちて來, 違ひなく読んだのである, 違ひなく降り出したので教, 違ひなく預かつたと, 違ひなけれ共餘程時刻, 違ひなことを云, 違ひならん其樣な仰せ, 違ひなら人違ひと言つて, 違ひなら此坊主首, 違ひなら龍の口, 違ひなるべし私お客樣に, 違ひなれども全体余, 違ひなンかと違, 違ひな変な顔, 違ひな子供のゐる, 違ひな悪態をつい, 違ひな感じで投げ出し, 違ひな気持の上, 違ひな話では, 違ひな陰鬱な冷たい, 違ひな非常識をもたくさん, 違ひな非難攻撃を皆んな, 違ひねえといふ見込, 違ひはござりませぬかと恠訝, 違ひまへんか, 違ひめ俺も, 違ひもたうとうかうし, 違ひも事による證據, 違ひも文法の違ひも, 違ひも有めへ敵, 違ひも此邊で幕, 違ひも胡麻化しもありやしません, 違ひも間違ひ今度, 違ひやら何やら私等, 違ひより松右衞門は心, 違ひより母を殺す, 違ひより飜然と変りし, 違ひらしい感じの, 違ひ出すと何処, 違ひ出でたまひ後つ, 違ひ切つた話で, 違ひ初めたのだ, 違ひ居り候, 違ひ居並ぶ時は, 違ひ御座らぬと白洲, 違ひ悩め困ませらる, 違ひ憤りを含み居りし, 違ひ成るべし拙者は, 違ひ成れては御, 違ひ成んと云, 違ひ押し頂くやうに, 違ひ有るも知れず, 違ひ染みてそれでも, 違ひ無いだらうな, 違ひ無く相當, 違ひ申してのこの, 違ひ致さざる様呉れ呉れ, 違ひ過るので三田, 違ひ騒ぎ他の, 違ふいきんす, 違ふうたまでも, 違ふかうしたものを, 違ふかむからなどいふ語, 違ふからお前を診, 違ふからこれはなんとも, 違ふからそこを俺, 違ふから下手すると, 違ふから二本一対にしたい, 違ふから仕方がない, 違ふから俺の仕事, 違ふから小娘に派手, 違ふから時としてはかういふ, 違ふから案山子にびつくり, 違ふから正確な計算, 違ふから独身も本人, 違ふから空気の具合, 違ふから自分が落ちぶれた, 違ふから風邪なんか抜け, 違ふか延いて, 違ふか支那人と日本人, 違ふか時代によつて, 違ふさ何も六ヶ, 違ふし場所柄も違, 違ふし文藝に就い, 違ふし斎部祝詞だけに尠, 違ふし環境によつて, 違ふし知つた顏も全然, 違ふすきを同伴, 違ふその附近, 違ふたことである, 違ふために少し, 違ふた吉蔵がへい, 違ふだね, 違ふてえんだよ, 違ふてゐやはるわ, 違ふて直されたり, 違ふですな, 違ふでねえかの縦, 違ふで有らうから今, 違ふといふところだけに, 違ふとどうも根を, 違ふと直ぐにも處分, 違ふと誠に面倒な, 違ふまじ明朝まで, 違ふみたいね, 違ふみぢめな心, 違ふもんかうち, 違ふもんだね, 違ふもんやよつて, 違ふゆゑ家の亡, 違ふように世間の見る, 違ふよお前椋鳥と言, 違ふよ五十錢だよ, 違ふよ伯父ちやん, 違ふよ俺は釣鐘ぢ, 違ふよ僕は東京者, 違ふよ坊やお前の叔父さん, 違ふよ私は実際, 違ふよ親分あれはおらぢ, 違ふらしくまだまだ一家, 違ふる鋩を, 違ふ似てゐない, 違ふ如き虞れ, 違ふ惜しむ時と, 違ふ抜け襟の, 違ふ殺したのは, 違ふ生きた手本で, 違ふ過ぎ去つた時は, 違へか伝へ, 違へけむもうもう何, 違へた位で総て研究, 違へた兄の殿松, 違へた程度の嘘, 違へちまつたよ, 違へてけつかる, 違へての惡口成ん, 違へとなり此中婆さん, 違へども可愛さ, 違へながらそれを, 違へなと申先是にて, 違へになつた僕は, 違への親切よりも, 違へりわが見ん, 違へりとて排斥, 違へるだらうか死骸, 違へる老いぼれたらしい年は, 違べてかれは, 違ませんか, 違やせまいがな, 違やせんわいお, 違たった, 違より船を, 違るるを, 違られ荷の, 違ほど成長, 違れ申しましたよ慥か, 違れ申すくれえで, 違になり, 違だ, 違イカ飛ビ出シテ来テ突然予ニ跳リカヽッタ, 違イガ無カッタ, 違イシテ親類父母妻子ニ迄イクラ, 違イダカラ夕方ウチヘ飛ンデ帰ッタラ, 違イナイカラワシガアヤマッタト云ウカラサヨウナラ大兄ヘ手紙, 違イナイガソウナルト事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, 違イナイガニモ拘ワラズ予ハ近頃, 違イナイダカラ同博士, 違イナイトソウ思ッテ世間ガ安心シテイルトコロガ附ケ目デアル, 違イナクピイピイト鳴ル, 違イナク手ノ痛, 違イニ黙ッテ関田町, 違イニ出テ行ッテソレキリ姿ヲ見, 違イノ不礼ヲタダス者ハ是, 違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, 違イハナカッタノデアルシカシ御老人ガ注射ヲオ受ケニナルト云ウナラ, 違イマス今コノホテル, 違イマス鼻イケマセンシキス日本ノ六, 違イ僕ガ彼女ヨリモ彼女ノ母, 違ウカラネソンナ悠長ナコトヲ云ッチャイラレナイヨ今度行ッタラコレガ京都ノ見, 違ウタソウダ雑人ノ喧嘩ヲミタヨウニ, 違エテタワ言ヲヌカスハ兵庫ガ行届カザルカラダ甥ガ手向ウカラハ云イ合ワセタニチガイナイカラ望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 違エルホド大キクナッタネ, 違ダラケのよう, 違ッタコトハシナカッタ兵庫ガ駕籠ヲ出, 違ッタト云イオッタ位ダガトウトウキズモ直リ, 違ッタラ生キテハオ目ニカカラヌト云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, 違ッタ夢ヲ見, 違ッタ思ワクガアルラシイガ妻ガデキルダケ堕落スルヨウニ意図シソレニ向ッテ一生懸命ニナッテイル点デハ四人トモ一致シテイル, 違ッタ涙デアル, 違ッタ表情ヲ示ス筈, 違ッテオレノウチヘモ来タ故三九郎, 違ッテモ工合ガ悪ク, 違ツコなしだ, 違ツテ不都合ダトイウカモシレヌガ西洋ノホウデハドコヲ見マワシテモ書ク文字ト, 違ニテ不縁日ノ由山巓ニテ呼ト云, 違ず人是, 違ハサラムコトヲ希ヒ此財涓滴ノ微, 違ハズ塀越シノ槍長柄ニテ大イニ利, 違之レ, 違ヒテ上方勢トハ似ルベクモナシ, 違フ者ハ断然征討ス, 違やうも, 違ヘタル不正ノ文字ヲ書シテ, 違ワナイノニモウイヽ加減中年婆サンニナッテイル陸子ガアトヲ引キ受ケテ続ケタ, 違人品もよし, 違仕出して可, 違十文字に攻め, 違扱いにされ, 違新規の場所, 違時代の昼寝, 違無きを保し, 違無く最も無難, 違無しよ, 違無し今西の方, 違真面目な顔, 違脱字誤字等正に亂脈, 違茄子の或, 違西洋人は新しい, 違騒ぎあゝもう