青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「迫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

返し~ ~返す 返す~ ~返っ 返っ~ ~返事 返事~ 返答~ ~返辞 返辞~
迫~
~迫っ 迫っ~ ~迫る 迫る~ ~述べ 述べ~ ~述べた 述べた~ ~述べる 述べる~

「迫~」 1084, 10ppm, 10310位

▼ 迫つて~ (377, 34.8%)

28 ゐた 24 来た 19 来て 12 ゐる, 来るの 11 来たの 10 ゐるの 9 くる 7 来るやう 6 来る, 来るので 5 ゐること, 居る 4 くるの, くるもの, ゐて, ゐるので, 居るやう, 来るもの 3 きた, きて, くるので, ゐたの, ゐたので, ゐるやう, 来たので, 来る力

2 [14件] くるやう, ゐたやう, ゐると, ゐるらしかつ, 居て, 居るの, 握られた手, 来たやう, 来た事, 来ない, 来る死, 来る頃, 泣きたくなること, 見たに

1 [147件] いた死, からである, から変, きつつ, くること, くるで, くると, くるとき, くるにつれ, くる処, くる夜, くる天地, くる悲嘆, くる瞬間, さう, しまつ, その山影, その度, ついに御, は二百兩, は來, は来ぬ, は来る, まつたく人々, みえた, もう大分暗い, もはね, もゐた, もゐない, ゆくの, わつと, ゐたから, ゐたが, ゐたと, ゐたとしても, ゐた兄, ゐない, ゐないだけの, ゐなくては, ゐました, ゐようが, ゐるあるな, ゐるが, ゐるし, ゐるところ, ゐるなと, ゐるのに, ゐるもの, ゐるらしい, ゐる三谷氏, ゐる下, ゐる今年, ゐる何物, ゐる問題, ゐる大, ゐる妻子, ゐる山, ゐる山々, ゐる山腹, ゐる崖端, ゐる巌山, ゐる所, ゐる新, ゐる木立, ゐる汽車, ゐる湖, ゐる處, 丁度切穴, 他日人, 仰に, 凝つとして, 切なさうだつ, 初める為, 前觸, 参りました新手, 参ります頃, 大いに決心, 大きな眞青, 大きな茶店, 寂しい, 居ず頭上, 居たの, 居たや, 居た私, 居つて, 居りますので, 居りますよ, 居ること, 居るといふ, 居るので, 居る事, 幽奧, 建つて, 待つて, 思はず歔欷, 思ひ切つたかの, 惜しくも, 感じ出すの, 感ぜられる, 新しく建てられた, 既に暗, 来たかと, 来たとき, 来た彼, 来た時, 来た理由, 来た確信, 来た頃, 来ない憾, 来ました, 来るいろんな, 来るか, 来るかの, 来ること, 来るその, 来ると, 来るのに, 来るばかり, 来る列車, 来る危険, 来る問題, 来る場合, 来る山, 来る心, 来る新, 来る明治廿年代, 来る暑気, 来る男, 次にど, 止むを, 湧いて, 熱い涙, 聞える, 聞えるやう, 行きます, 行く, 行くにつれて, 行くの, 行くのぢ, 行く事, 行く外, 行く道, 見たが, 見て, 見ると, 重たい雪, 響いた

▼ 迫つて來~ (105, 9.7%)

17149 るの 5 たの, てゐた 4 るやう 3 てゐる, るもの 2 たとき, た時, るし, ると

1 [37件] たある, たかと, たが, たこと, たその, たと, たので, たりした, た態度, た死, た部屋, た頃, てわたしたち, て何, て居る, て石狩川, て私, て骨身, ます, ること, るため, るとき, るにつれて, るので, る一つ, る中, る土間, る夕闇, る夜氣, る女の, る存在, る寒氣, る恐れ, る我慢, る日, る表現, る重苦しい

▼ 迫~ (50, 4.6%)

5 ていた 4 てきた 3 てくる, てゐる, て来た, て行く 2 ていった, ている, て行っ

1 [23件] これを, たりする, ているらしい, てきました, てゆかなかった, てゆく, て一人, て叱咤督励, て敵, て来, て来ました, て来る, て死んだ, て殿下, て泣かしめ, て王女, て私, て行った, て訴, て陣, 易水剣を, 立る, 行くこと

▼ 迫つた~ (37, 3.4%)

3 或る

1 [34件] ある日, いやおう, か, かのやう, からで, から委しく, が声, が彼, が彼等, が急, けれども政府, けれども朝鮮, そして私, でも, といふ, といふペルリ, といふ事, といふ様, と思つた足音, と思つて, ならば, にせよ, ので俄, ので圓タク, ので天皇, ので慌て, ので提灯, ので私, らしいと, 呻き声, 怖ろ, 暗い道, 狭い庭, 美しい娘

▼ 迫~ (26, 2.4%)

5 られた 3 られて 2 られた事

1 [16件] たれば, て, てその, ての一人, てはいで, ては得る, ては若い, て久須婆, て乞, て無理, て被布, に清澄山, よるの, られました, られるの, 到りて

▼ 迫する~ (20, 1.8%)

2 ことを

1 [18件] かどう, ことだ, ことの, こと出来ました, ときの, とは紳士, と考えられる, と見る, のである, 一の, 何物かが, 使部の, 圧力を, 巨人を, 度に, 当事者自身の, 栄三郎の, 気勢を

▼ 迫~ (19, 1.8%)

9 られて 2 らるれ 1 らず, られた, られたこと, られました, られまた, られやう, られるの, られる時

▼ 迫~ (19, 1.8%)

4 ている

1 [15件] た, たが, たもの, たらしい, た時, ていた, てきた, てくる, てそこ, て来, て来た, て来る, て行く, て返辞, 払ったヒダ王家

▼ 迫~ (12, 1.1%)

1 [12件] くりかえした, つづけかつ, ばさまと, 加えられんかを, 受けないもの, 回避し, 感じて, 感じるに, 感じるもの, 感じる声, 表現した, 首尾よく

▼ 迫つたの~ (11, 1.0%)

3 であらう 1 だ, だらうその, である, です, ですが, はむしろ, は今しがた, を知つて

▼ 迫観念~ (11, 1.0%)

1 [11件] がときどき, が固定, が強, が脳神経, などが忙しく, に捕われ, に襲, に襲われ, のクモの巣, は消え, を有したる

▼ 迫した~ (10, 0.9%)

1 かを考えた, ために, のである, のであろう, んでせう, 場合は, 往年の, 必死の, 栄三郎が, 観察であり

▼ 迫~ (10, 0.9%)

2 賠償として, 銀の 1 ことである, 力なき, 原因に, 目を, 迫という, 黄金神社附近から

▼ 迫~ (8, 0.7%)

4 ている 1 たり胸, たり遠, てくる, てゆく

▼ 迫まる~ (7, 0.6%)

2 の際 1 のみだつた, を覚えた, 重苦しい冬空, 頃まで, 頃彼は

▼ 迫つたこと~ (6, 0.6%)

1 であるから, はなかつた, もあり, を知らされ, を聞いた, を言

▼ 迫~ (5, 0.5%)

1 とう, 如何し, 居た真に, 畫だけも, 自然と

▼ 迫つたもの~ (4, 0.4%)

1 があり, に聞きなさせる, はない, は中

▼ 迫つた八月~ (4, 0.4%)

4 の朔日

▼ 迫つて行~ (4, 0.4%)

3 つた 1 つたこと

▼ 迫~ (4, 0.4%)

1 いうと, ならずたかだか一作家, 云えば, 退却無と

▼ 迫~ (4, 0.4%)

1 なつた, ふるふ, 成りました誠に, 震えあがったの

▼ 迫まつ~ (4, 0.4%)

1 た金, てくる, て居つ, て来る

▼ 迫~ (4, 0.4%)

1 が繰り返された, のとき, の間, を続け

▼ 迫~ (4, 0.4%)

1 で, に, を押し, を踰

▼ 迫せん~ (3, 0.3%)

2 とする 1 とし

▼ 迫つた斷崖~ (3, 0.3%)

1 の底, の片側, の間

▼ 迫つて来~ (3, 0.3%)

1 たり左, たり時に, はせぬ

▼ 迫~ (3, 0.3%)

1 が来る, という, の家

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 理想である, 見失われて

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 がなくなる, るるに

▼ 迫され~ (2, 0.2%)

1 て最後, 強られ

▼ 迫つたやう~ (2, 0.2%)

1 にみよ子, に聲

▼ 迫つたら~ (2, 0.2%)

1 う, 泣き出したかも

▼ 迫つた一つ~ (2, 0.2%)

1 の問題, の責任

▼ 迫つた乾坤一擲~ (2, 0.2%)

2 の大

▼ 迫つた問題~ (2, 0.2%)

1 はあの, を解決

▼ 迫つた日~ (2, 0.2%)

1 である, に勘次

▼ 迫つた樣~ (2, 0.2%)

1 な聲, に聲

▼ 迫つた病人~ (2, 0.2%)

1 が暗い, のやう

▼ 迫つた調子~ (2, 0.2%)

1 を帶びてゐる, を持つ

▼ 迫つて四五本~ (2, 0.2%)

2 の木立

▼ 迫つて急~ (2, 0.2%)

1 に京都, に低く

▼ 迫つて涙~ (2, 0.2%)

2 が留度

▼ 迫つて自殺~ (2, 0.2%)

1 すること, せしめた

▼ 迫という~ (2, 0.2%)

1 のを, 字と

▼ 迫まっ~ (2, 0.2%)

1 てくる, て来る

▼ 迫まり~ (2, 0.2%)

1 くる発狂, ながら胸

▼ 迫まれ~ (2, 0.2%)

1 ば夢中, り

▼ 迫めら~ (2, 0.2%)

1 えて, え窘

▼ 迫め來~ (2, 0.2%)

1 おもて, る見ゆ

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 た眉, て來

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 つて, にて

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 すること, する俺

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 から他, へかかり

▼ 迫觀念~ (2, 0.2%)

1 と言う, に戰

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 に添う, の大きな

▼ 迫~ (2, 0.2%)

1 て話しせる, でコリヤ何ぢ

▼1* [249件]

廻され叩き, 迫いつ追われつする様, 迫い風を孕んだ, 迫うて説明いたします, 迫かれ安からぬ, 迫きこんだ調子で, 迫き来れど大事, 迫き立てる様に, 迫き立て迫き立て押しこく, 迫き込んで, 迫き返す言葉の, 迫けるが三四日, 迫されたので彼, 迫されたらしく機智の, 迫されるような, 迫しうるものかという, 迫しなければならない, 迫し得ないでいる, 迫し来たった最終戦争, 迫し来って耳, 迫モンテ・カルロの, 迫すべくもあらざりき, 迫すべく訪れた横山五助だ, 迫すれば, 迫せざるの嘆き, 迫せずあすこを, 迫ぜ, 迫たるお光, 迫だの人形だ, 迫つたいやに刺々しい, 迫つたお前の手術, 迫つたときそれに連名, 迫つたところを指, 迫つた一世の藝術家, 迫つた三味に連れられ, 迫つた上若しも私, 迫つた不安といふほどのもの, 迫つた中に水量, 迫つた事ではある, 迫つた事件に関係, 迫つた二三間幅の道, 迫つた亢奮せざるを, 迫つた今日この頃, 迫つた何等かの藝, 迫つた作業の為め, 迫つた來ようとは思はなかつた, 迫つた内證の拂, 迫つた力を感ずる, 迫つた動作で, 迫つた危険を思ひ, 迫つた叡山の僧権, 迫つた口の利き, 迫つた場合に起る, 迫つた声が聞え始める, 迫つた奇岩怪石の層, 迫つた孫息子の眼, 迫つた屋根の上, 迫つた屋根瓦の黒い, 迫つた展覧会に出品, 迫つた峡谷の翠, 迫つた峽間の奧, 迫つた幸福な夜, 迫つた庭のほ, 迫つた彼の顔, 迫つた御用もない, 迫つた必要なの, 迫つた情景を舞台, 迫つた感じにわづか, 迫つた感情をぴつたり, 迫つた折から応援団員, 迫つた方だけで云, 迫つた時には就中臆病, 迫つた時猫は何, 迫つた桜はもう, 迫つた様な声, 迫つた歌をうたつた, 迫つた気分になる, 迫つた深みと鋭, 迫つた演劇があつ, 迫つた演説會のポスター書き, 迫つた為にペン, 迫つた状態では全く, 迫つた甥の結婚式, 迫つた用もなさ, 迫つた用事の心當, 迫つた男だ, 迫つた真似で嘔吐, 迫つた真剣な面持, 迫つた矛盾の痛手, 迫つた祝祭のため, 迫つた苦勞でもあつ, 迫つた行列だ, 迫つた表情をする, 迫つた要求との争闘, 迫つた親類會議も無事, 迫つた証文のいきさつ, 迫つた達人振りとばかりに感違, 迫つた錢形平次頃合を見, 迫つた間の急湍, 迫つた雜誌に關, 迫つた頃になつ, 迫つた顏を見し, 迫つた顔をし, 迫つた饗宴の用, 迫つてさへそれ, 迫つてそれに一文字, 迫つてちんちろりん虫, 迫つてアデェルが私, 迫つてハタと止, 迫つて一條の阿武隈川, 迫つて三田の乘, 迫つて三角形の眞白, 迫つて乳ヶ崎の半島, 迫つて予言し又, 迫つて二三十の屋根, 迫つて五人に對, 迫つて今夜から妾, 迫つて今更どうしやうもない, 迫つて何か云, 迫つて來物狂ほしいほどの, 迫つて偶然事實と符合, 迫つて其裾を白い, 迫つて其財産を分配, 迫つて別離の言葉, 迫つて刺違へる体力, 迫つて前面に聳, 迫つて剣鎗相接爾す彼, 迫つて創建清眞寺碑の所在, 迫つて南北少し開く, 迫つて参つたのでした, 迫つて參り汗, 迫つて口が利け, 迫つて大川の上, 迫つて嫌はれて, 迫つて子供が三人揃つて入院, 迫つて子供心の埒, 迫つて容貌もなか, 迫つて尤もらしく語られる, 迫つて居催促を下, 迫つて山驛の趣, 迫つて幕府を窮地, 迫つて廣瀬川はもう, 迫つて息を殺し, 迫つて成章君達の関五郎, 迫つて所存を問うた, 迫つて故障が持ち, 迫つて明日を最後, 迫つて星の輝, 迫つて景色が峻, 迫つて机に肱, 迫つて村や橋, 迫つて柱時計ははや, 迫つて棄たる我が, 迫つて横井は全快, 迫つて汀に土砂, 迫つて河口湖よりは暗い, 迫つて泥棒をする, 迫つて流も青く暗い, 迫つて清貧には違, 迫つて滑稽だつた, 迫つて潭の水沫, 迫つて無限の感慨, 迫つて父に依, 迫つて百姓は悉く, 迫つて皆は座, 迫つて相手の非情, 迫つて綺麗な谷川, 迫つて自分を追, 迫つて芝居見へ, 迫つて菖蒲が濱, 迫つて蔭を爲, 迫つて行つて居る, 迫つて行つてまばらに立つた, 迫つて西の国, 迫つて親達は嘸, 迫つて言ひたいこと, 迫つて言葉通りな表情, 迫つて訴へて来ます, 迫つて郷里に妻子, 迫つて野獸のやう, 迫つて頭を下げた, 迫つゐるので外出, 迫有るけれど, 迫にはいっこう驚かぬ, 迫によつて極めて, 迫に対して何か, 迫に際し動作の, 迫首が, 迫はれて歸, 迫ひすがる様に, 迫ひ詰めてやう, 迫ふて足柄山に, 迫まくってくる, 迫まり令孃に對, 迫め敗りて, 迫め騷がし, 迫用います腕力, 迫りこして, 迫りこ迫りこして, 迫りつそれだにかく, 迫るいぢらしさ, 迫われているらしく, 迫を以て友に, 迫ッつけ戦場になる, 迫ラバ各家庭, 迫レル支那ト英國トノ衝突ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, 迫レル露軍ノ爲メニ巴里占領, 迫上げて居おる, 迫上つた橋掛りを練る, 迫ば訴, 迫來將攻之時出鹽盈珠而令溺, 迫來涙を呑込, 迫候儀決定之事, 迫出しと云, 迫出し之は劇場, 迫出来るというもの, 迫なる死地, 迫切に期待し, 迫口家の三女二十一歳, 迫に創, 迫余儀なくも, 迫の域, 迫寄る気色は, 迫ということ, 迫の松, 迫を出した, 迫急候, 迫の三十, 迫放なりしなり, 迫敵心はまだまだ, 迫来る息の, 迫柏木を経, 迫此イゴイズムにあ, 迫として人, 迫さえ伴う, 迫症患者で他, 迫では, 迫れど, 迫立てて, 迫の犯罪, 迫至極の時, 迫致して居る, 迫致しましてお, 迫に急, 迫て然, 迫込みて, 迫するの, 迫するの, 迫門中のよ