青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「それ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば そば~ そもそも~ そり~ そりゃ~ ~それ
それ~
それから~ ~それぞれ それぞれ~ ~それだけ それだけ~ それで~ それでは~ それでも~ それとなく~ それとも~

「それ~」 385481, 3702ppm, 17位

▼ それ~ (94499, 24.5%)

781 それは 536 私の 470 そうと 444 彼の 325 それと 274 私が 272 彼が 271 自分の 216 人間の 205 一つの 184 それで 180 そうだ 170 確かに 156 非常に 155 僕の 130 さうと 125 あなたの 124 彼女の 121 何か 116 よかった 107 或る 106 一種の 105 自分が 104 何の 103 何も, 兎も 100 そうです 97 私も 96 あなたが, いいが 95 今の 89 君の 86 私に 82 わかって 80 女の, 日本の 79 何でも, 本當 78 例の, 彼女が 77 どういうわけ, どうも 76 次の 73 お前の, 人の 72 僕が, 明らかに 71 どうでも, わたしの 67 もう, 他の 66 どういう意味, どういふ, 大変な 65 不思議な, 私には 64 どういうこと, 兎に 63 なんの, 外でも, 後に 61 何かの 60 そうだろう, 少しも 59 誰の 58 ほんとうに 57 そうかも, 實に 56 そうでしょう, 今から, 分って 54 昔の 53 紛れも 52 ほかでも, 一人の 51 わたしが, 前に, 吾 50 二人の, 仕方が, 多くの, 普通の, 知って 49 お気の毒, 我々の 48 ともかくとして, 立派な 47 いけない, わからない, 單に, 当然の, 殆ん 46 すべての, 今まで, 有難い 45 いい, いけません, 一つには, 子供の, 此の 44 彼等の 43 われわれの, 何と, 彼に, 本当か, 本当の 42 どうした, 何う, 明かに 41 いうまでも, それとして, ただの, 嘘だ, 自然の 40 ほんとうの, 今日の, 何という, 僕も, 彼らの, 私は, 結構だ 39 いつの, 何です, 後の, 第一, 誰でも, 誰にも 38 いずれも, 一時の, 大變, 彼にとって, 本当です, 無理だ, 父の, 知らない, 私にも, 誰も 37 いいこと, こういうわけ, その人, 別の, 前の, 君が 36 二つの, 何だ, 去年の, 当時の, 結構な 35 その時, 面白い 34 いかん, すぐに, その通り, 然う 33 あとで, いつもの, お前が, どんなこと, なんでも, 他でも, 大変だ, 彼には 32 こうである, とりも, 一つは, 云うまでも, 併し, 彼らが, 母の, 私を 31 あまりにも, 何よりも, 現在の, 男の, 自分でも 30 とにかくこの, とにかくとして, またどう, 夏の, 社会の, 自分で 29 おれの, ここに, たいへんだ, どこに, どこの, 何を, 前にも, 困る, 無理も, 自己の 28 さう, まぎれも, 人を, 先生が, 先生の, 夢の, 気の毒な 27 あの人, いつでも, ともかくも, わかつて, 僕に, 夜の, 疑いも, 誰だ, 非常な 26 どうで, なるほど, 一匹の, 僕には, 本当だ

25 [17件] そうに, そのはず, それなりに, ちやうど, どこまでも, なんという, またどういう, わたくしの, 人が, 人生の, 作者の, 初めから, 容易に, 気の毒だ, 聞いて, 自分を, 見て

24 ありがたい, どこから, なぜかと, 今も, 別問題, 確に, 言葉の, 静かな

23 [14件] いいとして, こうだ, また何故, 一般に, 大丈夫だ, 容易ならぬ, 彼を, 彼等が, 最初の, 水の, 私にとって, 綺麗な, 誰が, 過去の

22 たいへんな, ない, もう親分さん, よいが, わかりません, 取りも, 彼女に, 氣の, 間違って

21 [17件] ある, いったいどういう, そうさ, その筈, なにも, なんです, またどうして, もつと, 一切の, 人間が, 何故かと, 初耳だ, 少くとも, 少年の, 気の, 自分にも, 駄目だ

20 [16件] あなたに, あの, いずれに, さて置き, ちよつと, 他人の, 僕にも, 全くの, 判らない, 平次の, 村の, 歴史の, 無理です, 私たちの, 結構です, 絶対に

19 [24件] きつと, さうだ, とんでもない, どうだ, もう私, 一体どういう, 一個の, 人々の, 今に, 伸子に, 何である, 多くは, 如何に, 宜い, 心の, 日本人の, 月の, 物の, 珍らしい, 申すまでも, 町の, 誰です, 違います, 面白いな

18 [27件] こうな, こっちの, これらの, しかたが, だめだ, ですね, まあいい, また, またなぜ, また別, わしの, 二人が, 今でも, 伸子の, 俺が, 俺の, 大したこと, 容易な, 彼自身の, 怖ろ, 愛の, 時代の, 生きて, 田舎の, 神の, 私達の, 自分に

17 [25件] かれの, この家, その, それだけの, どこか, どこへ, ひとつの, ほかの, わからないが, われわれが, 人に, 俺も, 別として, 固より, 奇妙な, 実際に, 山の, 我々が, 昔から, 父が, 相手が, 真の, 若い女, 誰に, 風の

16 [37件] いったいどんな, おかしい, おまえの, さっきの, たしかだ, どういう訳, どう云, どこかの, どちらでも, まあそれ, 一体誰, 何処までも, 何時の, 余りにも, 出来ない, 博士の, 可なり, 困ります, 妙な, 妻の, 完全に, 御心配, 御無理, 意外にも, 承知し, 敵の, 春の, 昨夜の, 東京の, 永久に, 海の, 無理の, 現実の, 結構, 結構でございます, 違う, 重大な

15 [41件] いいね, いったい何, かうである, かの女, こうです, これまで, そこに, そのとおり, それに, ともかく, また同時に, よいこと, よくない, わたしも, 主に, 九月の, 先に, 出來, 出来ない相談, 分らない, 分らないが, 前から, 右の, 大丈夫です, 左の, 当り前の, 当然な, 彼自身にも, 従来の, 忘れて, 昨日の, 有名な, 現代の, 真実の, 知らないが, 私自身の, 秋の, 言ふまで, 話が, 諸君の, 雪の

14 [40件] あの女, いい考え, おもしろい, おれが, さきに, そのとき, その頃, だれも, どうする, どうもありがとう, ほんとうか, ほんとうです, よいとして, よく知っ, わたくしが, 一本の, 世界の, 事実である, 云ふまで, 云わば, 今は, 他ならぬ, 僕は, 兄の, 冬の, 口に, 單なる, 大へん, 必然的に, 思いも, 母が, 火の, 知らなかった, 私たちが, 私と, 私達が, 科学の, 老人の, 芸術の, 餘り

13 [47件] あなたは, いまの, かれが, きれいな, ここでは, こっちで, この世の, そうでございます, そうよ, だめです, どれも, なんだ, まだいい, よろしい, りっぱな, わたしにも, 不可能だ, 世間の, 人類の, 何に, 何んの, 俺に, 出て, 判って, 問題に, 嘘では, 地球の, 女が, 家の, 左う, 己が, 悪いこと, 惜しいこと, 慥かに, 時の, 極く, 死の, 無理な, 皆な, 確かな, 第二, 考えて, 見事な, 貴方の, 近所の, 逆に, 難有

12 [67件] あなたと, いいです, いいん, お前に, お手柄, お高, こういうこと, これまでの, さうかも, それこれは, それを, ただに, できないこと, どうにも, どのよう, ほんの瞬間, もうお, よくわかっ, わかりませんが, わしも, ドイツの, ホンの, 一体どんな, 一国の, 一定の, 不可能である, 世の, 事実だ, 二人とも, 今では, 今までの, 伸子が, 何うも, 何といふ, 何んと, 個々の, 個人の, 出来なかった, 出来ません, 判りません, 嘘です, 困りましたね, 多計代, 好いが, 娘の, 存在の, 後から, 心得て, 必然に, 最初から, 母親の, 水に, 異様な, 眼に, 眼の, 確かだ, 私にと, 自然と, 自然に, 花の, 血の, 西洋の, 読者の, 誰れ, 遠い昔, 長い間, 頭の

11 [86件] あとから, あの方, ありそう, いけませんね, おまえが, お互, お銀様, かねて, こちらの, この, この上, この事件, この場合, そうね, そのままに, それが, ただ, だれにも, だれの, とにかく, どうかと, どう云う, どう言, どんなもの, ひどい, ほんとの, また何, もう親分, わからぬ, わしが, わたしに, アメリカの, 不思議だ, 主人の, 事実です, 事実に, 人間と, 今度の, 何ういう, 何うし, 何よりの, 信じて, 充分に, 八五郎の, 初夏の, 午後の, 単純な, 君も, 外から, 大事な, 大切な, 大変です, 太陽の, 妙に, 学校の, 宇宙の, 実際の, 巨大な, 彼と, 彼にとっては, 彼女にとって, 彼女を, 御免を, 思ひも, 恐ろしいこと, 支那の, 政治の, 氏の, 民衆の, 気が, 生の, 相手の, 真実です, 知らぬ, 私から, 私にとっては, 立派に, 色の, 表面の, 覚えて, 覚悟し, 言ふ, 貴女の, 追, 間違いだ, 駄目です

10 [76件] あたしの, ありがとう, いつに, いつまでも, お前さんの, お前も, ここの, この土地, この男, そうでも, そうな, そなた, そのま, そのよう, そんなこと, ちつとも, つまり, できない, とにかく彼, とにかく私, なりません, ひとりの, ぼくも, まあ何, またこの, またそれ, もうこの, もう今, わたしたちの, 一に, 三つの, 不可能な, 人間を, 仕方の, 以前の, 何かという, 何れも, 何故か, 僕だって, 全く私, 分りません, 博士が, 君は, 問題では, 嘘に, 地上の, 大変, 妹の, 存じて, 年の, 当って, 当然だ, 悪魔の, 戦争の, 日本が, 明治の, 昨年の, 本当な, 止むを, 物を, 生命の, 病気の, 直ぐに, 真赤な, 真面目な, 知りません, 石の, 簡単に, 背の, 自分から, 自分と, 認めて, 貴方が, 違って, 酒の, 雲の

9 [98件] あつた, あなたも, あの男, ある日, いい塩梅, いつかの, いつ頃, いと易い, いはば, いろ, お君, お安い, かれら, ここで, この国, ごもっとも, さうで, そうであろう, ただ一つ, ちょうどその, つぎの, どういう理由, どんな人, どんな意味, ならぬ, ふたりの, ほんの一瞬間, まあ, もはや単なる, よい, わけも, わたくしに, フランスの, 一の, 一口に, 一羽の, 一般の, 三月の, 不思議でも, 事件の, 事実であった, 二月の, 人間では, 人間に, 余の, 作家の, 偶然の, 凡ての, 出来ないと, 別に, 前述の, 労働の, 又何故, 各自の, 君に, 四月の, 外ならぬ, 大なる, 大人の, 女に, 妙だ, 安心し, 宗教の, 宜かった, 恐しい, 想像する, 想像に, 手の, 日本に, 時と, 曾て, 最後の, 有難いこと, 木の, 沢山の, 火星の, 無理に, 猫の, 生活の, 番頭の, 相当の, 知つてゐる, 知識の, 耳よりな, 自分も, 良いこと, 見覚えの, 誤りである, 誰か, 誰かが, 違ふ, 金の, 鉄の, 長さ, 間違いです, 静かに, 馬の, 魂の

8 [153件] あたりまえの, あのひと, あります, ある意味, あんまり, いったいどうした, いったいどこ, いつも私, いろいろな, いわゆる, お父様, お芽出度, お雪, こ, こう云う, この人, この物語, この頃, さうです, さうでは, さておいて, さようでございましょう, ずっと後, そうじゃ, そうで, その年, その当時, その男, それだけで, それらの, ちがう, どうもお, どこかに, どんな事, なぜです, なにか, なにかの, ふしぎな, またその, また私, もうあの, もう間違い, もちろん, やめて, よかったです, よくわかる, よく知つて, わたくしも, ロシアの, 一体何, 一日の, 一時的の, 一枚の, 一瞬の, 一面に, 上の, 上等の, 二階の, 京都の, 今迄, 仕事の, 以前に, 何, 何から, 何が, 何だろう, 何にも, 何んだ, 何等かの, 作者が, 信長の, 僕にとって, 僕を, 兄が, 全くその, 別に不思議, 勝手だ, 十分に, 危険な, 又どう, 又何, 古代の, 同じこと, 向うの, 唯一の, 困ったな, 国民の, 地の, 外国の, 大丈夫, 大丈夫で, 大間違い, 夫人の, 奇怪な, 好い, 子供が, 存じません, 実に驚くべき, 己の, 平次も, 彼れ, 往々に, 御苦労, 心に, 必要な, 怪しからん, 意識の, 感心な, 新聞の, 日の, 最初に, 最後に, 朝の, 朝鮮の, 本当でしょう, 気持の, 氷の, 永遠に, 江戸の, 決して彼, 無駄な, 然うだ, 然うです, 特殊な, 特殊の, 珍しい, 現世の, 生れて, 疑ひも, 目の, 確かです, 神を, 神様の, 私共の, 純粋な, 結構なお, 自分たちの, 自動車の, 見る人, 親の, 親分, 言ひ, 許して, 誰しも, 身体の, 近代の, 部屋の, 重に, 間違いない, 間違いの, 隣の, 願っても, 飛んだ事

7 [195件] あたくし, あなたには, あなた方の, ありがたいが, あるさ, あるの, あんたの, あんまりです, いいところ, いいとしても, いいの, いい思いつき, いけませんよ, いつごろの, いふまでも, いままで, いやな, おれも, お延, お目出度い, きのうの, きみの, けだしその, けっこうな, この世の中, この話, これからの, さうさ, さうだね, さすがに, さっきも, しかし, そうである, その女, だれでも, ちょうど, とにかくその, どうあろう, どういう, どうです, どうも仕方, どう考え, どこかで, どちらも, どんなにか, なか, なかった, なにかと, なんともいえない, はじめから, ほんた, ほんたう, ほんとうかい, ほんの一瞬, ぼくが, ぼくの, まあお, まこと, まだよい, まちがって, もう彼, よかろう, よく分っ, れいの, わかる, わけの, わけは, わずかに, わたしを, われらの, イギリスの, クリストフの, 一片の, 一面の, 下の, 下女の, 中, 事実では, 事実の, 人々が, 人間性の, 何かと, 何故です, 作品の, 信仰の, 俺にも, 俺は, 僅かに, 僕等の, 元より, 先刻から, 六月の, 冗談だ, 分りませんが, 別な, 勿論, 十月の, 単にその, 危険だ, 却て, 同一の, 問題でない, 嘘な, 困ったこと, 困りましたな, 困ると, 困るな, 土地の, 変です, 多分に, 大したもの, 大変残念である, 天の, 奇遇だ, 女房の, 好都合だ, 妻が, 姉の, 存在する, 実に不思議, 寒さ, 尋常の, 少女の, 店の, 形の, 後日の, 御丁寧, 御承知, 御親切, 急に, 恋の, 悪かった, 惜しい, 惜しい事, 想像も, 承知の, 拙者が, 文学の, 日が, 易いこと, 是非も, 最後まで, 有難う, 有難うございます, 構わない, 正直な, 死を, 残念だ, 残念な, 母と, 気を, 氣が, 決して, 決してその, 決して私, 済んだこと, 無数の, 無理である, 無限に, 無限の, 犬の, 男と, 男性の, 直接に, 眞の, 神聖な, 私だって, 私です, 空の, 空気の, 純粹, 素子の, 結局は, 結構でした, 胸の, 自分には, 自己を, 自由に, 解って, 言葉に, 詩人の, 誤りで, 誤解です, 警察の, 足の, 身を, 近くの, 途中で, 違うよ, 違ひます, 遠くの, 間違ひ, 青年の, 面白そう, 頭に

6 [261件] あとに, ありうること, ありがとうございます, ある年, ある時, ある程度まで, いかにし, いかんな, いけないと, いったいなん, いつだ, いまに, いろいろの, うそだ, おめ, おれにも, お氣, お目, お角さん, お駒ちゃん, かう云, かなりの, きまって, きれいに, ここへ, こちらから, このこと, このよう, この前, この女, この手紙, この辺, こまる, これに, さうし, さうだらう, さぞお, さておき, さて措き, そのほう, その場, その方, その晩, たしかに, ただその, ただそれだけ, ただ単に, ただ自分, できません, とにかく自分, どうして, どうも有難う, どこだ, どちらかと, どんな方法, なぜだ, なぜであろう, なぜでしょう, びっくりする, べつの, ほんとうだ, ほんとか, ほんとです, ほんの僅か, まあ仕方, まあ後, まさにその, まず第, また一つ, また彼, みんなが, みんなの, めでたい, もう大丈夫, もっともだ, ゆうべの, よろこんで, わかったが, わしにも, わたくしには, 一座の, 一日も, 一昨年の, 一部の, 丁度私, 万, 上手に, 下に, 下男の, 不可能の, 不幸にも, 世の中の, 世界を, 世間で, 丘の, 両方とも, 中国の, 予が, 事実だった, 事実な, 事情が, 人民の, 人間は, 今までに, 今日に, 今日まで, 代助, 伊太利の, 何かに, 何とも, 何ともいえない, 何とも云え, 何な, 何より結構, 何んで, 何んという, 何処の, 何故だろう, 何故である, 余計な, 健康な, 僕だ, 僕自身にも, 先の, 先刻の, 全くこの, 具体的な, 冗談です, 出来ないこと, 初耳です, 十一月の, 半分は, 卑怯だ, 単に, 危い, 厳重に, 又, 古くから, 古風な, 只の, 可哀そうだ, 名案だ, 君たちの, 周囲の, 哀れな, 哲学の, 嘘だろう, 困った, 困ります実に, 壮い, 変な, 変に, 多分その, 大勢の, 大和の, 大変に, 天下の, 天井の, 天才の, 夫が, 夫の, 夫人が, 女性の, 妾が, 妾の, 始めから, 子供を, 学問の, 宜しい, 実に, 実に恐ろしい, 実の, 客観的には, 平常の, 幾何学の, 当然である, 彼にも, 彼も, 彼らに, 徒労に, 御随意, 心配する, 心配ない, 悲しいこと, 意外だ, 意外な, 愛と, 成程, 手に, 文字通りの, 日本で, 日本では, 日本人が, 明日に, 昼の, 時間の, 最高の, 有難いです, 未来の, 本当でございます, 東京に, 森の, 極めて簡単, 極端な, 歌の, 正気の, 死人の, 残念でした, 残念ながら, 母に, 気がつかなかった, 気味の, 浅草の, 消えて, 渠が, 無理で, 無駄だ, 然うと, 熱心に, 父に, 物質の, 現実に, 申上げられません, 疑問である, 病人の, 皆が, 目に, 神に, 神様が, 私たちを, 純粋の, 結婚の, 緑色の, 美しかった, 考へ, 耳の, 聞き覚えの, 自分ながら, 自分自身の, 自然で, 自然な, 至極尤も, 色々の, 英国の, 見るからに, 見事に, 言は, 言わずと, 誰でした, 諸君が, 辱け, 銀の, 間違いありません, 間違いで, 音楽の, 顔の, 驚いた, 驚くほど, 高価な, 髪を, 鬼の

5 [407件] あきらかに, あたしが, あたしも, あった, あなたを, あなた方が, あの晩, ありさうな, あると, ある種, あんまりだ, いいだろう, いいと, いくらも, いけないよ, いけませんな, いずれでも, いっさいの, えらい, おかしいです, おまえさんの, おやめ, お前お, お前さんが, お前達の, お約束, お雪ちゃんが, かうだ, かすかな, かんたん, きみが, こういう意味, こういう訳, こっちから, こっちが, この世で, この世に, この問題, この島, この時代, この部屋, この間の, これを, さぞ御, さながらに, すつかり, すべてを, ずっと以前, そうとも, そうなく, そのままで, その中, その価値, その前, その日, その時代, その瞬間, それぞれの, それとしての, それ自身の, たいへん, たいへんに, たくさんの, たしかに一つ, ただこの, ただ人間, たった一つ, ちがいます, ちょうどいい, ちょうど夏, ちょっとの, つまり私, できなかった, ともかくこの, ともかく私, どういうの, どういう風, どうすれ, どうなる, どちらに, どっちとも, なにより, なんたる, なんだろう, なんである, なんらの, なア, はっきりし, ふしぎだ, ふつうの, へんです, ほんのわずか, まあ結構, まずそれ, またお, まだ, まだしも, まだ東京, まだ私, まアそれ, みごとな, むかしの, むやみに, むりだ, もうその, もうわかっ, もっともな, やって, やはり, よい思いつき, ようこそ, よく判っ, よく判りません, よく存じ, よろしくない, わかっとる, わからぬが, わたくしにも, わたしは, われ, カントの, クリスマスの, ソヴェトの, パリーの, ヨーロッパの, 一と, 一体何者, 一刻も, 一台の, 一家の, 一応は, 一応尤も, 一方に, 一瞬に, 一緒に, 一言で, 一頭の, 丁度その, 七月の, 不可能であった, 不必要, 不思議でございます, 不思議でない, 不意に, 世界に, 丸木の, 主體, 乱暴だ, 事の, 事実か, 事実を, 二十七八の, 些細な, 京都に, 人と, 人によって, 人も, 人口の, 人間としての, 今どこに, 今より, 今日では, 仏の, 仏蘭西の, 他では, 伸子にとって, 伸子にも, 何かしら, 何で, 何であろう, 何よりです, 何らの, 何んです, 何んな, 何人にも, 何人も, 何処へ, 何刻だ, 何時でも, 何等の, 倉地の, 偉い, 偶然では, 僅に, 全く同じ, 全く彼, 刀の, 分らなかった, 分る, 判らなかった, 判らん, 判りませんが, 刻々に, 北の, 医者の, 半七, 単に言葉, 又それ, 又僕, 又別, 又同時に, 友人の, 取るに, 可成り, 各々の, 各人の, 同時に, 名も, 君自身の, 品の, 商人の, 問題と, 嘘で, 四つに, 困ったねえ, 困つた, 困つたな, 困りますね, 土の, 外に, 外の, 多分, 夢では, 大きな間違い, 大そう, 大抵の, 大阪の, 天然の, 夫, 夫婦の, 失敗に, 失礼ながら, 女では, 女中の, 好くない, 娘が, 婦人の, 孔子が, 存在に, 存在を, 完全な, 宜いが, 家に, 家を, 容易の, 小さい時, 小型の, 小説の, 少しは, 少し無理, 尤もだ, 山から, 山と, 嵐の, 巧い, 帆村の, 幅の, 平凡な, 年若い, 幸いに, 幽霊の, 当然すぎる, 彼女にも, 徒らに, 御奇特, 御尤, 御苦勞, 徳川時代の, 忘れも, 恋では, 恐らく彼, 悪い, 悲痛な, 惡い, 愉快だ, 愉快な, 意味の, 意志の, 愚かな, 成る程, 我々に, 房一の, 手代の, 手紙の, 承知で, 拙者の, 文化の, 文学に, 斯様な, 新たに, 新聞に, 日曜日の, 日本を, 早くも, 明日の, 映画の, 昼間の, 晩春の, 普通に, 最初は, 最早や, 有難い事, 本当, 本当かね, 本気で, 本質的に, 桜の, 梅の, 植物の, 極めて稀, 構わないが, 正月の, 此方の, 武士の, 武蔵の, 歴代の, 歴史的に, 残念でございます, 残念です, 気に, 永い間, 汽車の, 滑稽な, 無意味な, 無理という, 父を, 特別な, 特別に, 特定の, 犯人が, 現今の, 現実を, 現實, 理性の, 理論の, 甲斐が, 申す迄も, 當然の, 疑問です, 百も, 目下の, 相手に, 眞に, 真夏の, 真実だ, 真実な, 矢の, 研究の, 社会が, 社会的に, 私への, 私一人の, 程度の, 種々な, 空に, 空間の, 窓の, 竜之, 第三, 簡単な, 粗末な, 紙の, 素子が, 経験の, 結局, 絵に, 絶対の, 綺麗に, 美の, 翌日の, 肉体の, 胸に, 自然を, 若い時, 若くて, 茶いろ, 葉子が, 親しさ, 親切に, 解らぬが, 言って, 記憶の, 誠に有難い, 説明する, 誰と, 誰もが, 調べて, 論理の, 貴君が, 貴重な, 車の, 農民の, 途方も, 遠くから, 遥かな, 金と, 長くは, 闇の, 階段の, 随分と, 隣りの, 雑誌の, 雨の, 飛んでも, 駿介に, 骨の, 骸骨の

4 [797件 抜粋] あたりまえです, あなただって, あのおそろしい, あの日, あらゆる他, ありがたいと, あるとも, あるには, いいあんばい, いいけれど, いいもの, いかんよ, いけないな, いけませぬ, いずれの, いったい誰, いつまで, いつも同じ, いまから, いまも, いろいろある, いろいろと, うちの, うまくいかなかった, うれしい, おかしいじゃ, おせい様, おとといの, おめでとう, おもしろいこと, おもしろかろう, おやすい, お互いに, お前にも, お前達も, お困りだろう, お夏, お易い, お母さんの, お母様の, お父さんが, お父さんの, お若い, お話に, お酒, かねての, かの, きょうの, こういう声, こうであった, ここから, こちらで, このまま, このもの, この作品, この地方, この夏, この室, この小説, この種, これから先, こんなわけ, こんやの, ご親切, さうですけれど, さておき私, して, そういうこと, そうであった, そうで御座います, そこで, そこの, その人々, その何, その土地, それまでの, た, たくさんあります, たしかです, たしかにその, ただ彼, ただ私, たやすいこと, だな, だれだ, ちょうどあの, ちょうどよい, ちょうど人間, ちょうど今, つまり彼, つまり自分, できる, とにかくあなた, とにかくあの, とんだ事, とんだ失礼, どういうもの, どういう人, どうかなあ, どうぞ御, どうとも, どう見, どこで, どこにでも, どっちに, どなたでございます, どんな仕事, なかなかむずかしい, なによりの, なるまい, なんだい, なんといふ, はっきりした, はっきりと, ひそかに, ひっそりと, ほかでは, ほんとうでしょう, ほんのちょっと, まあよい, まあよかっ, またあまりに, またわれわれ, また何ん, まだこの, まだ何, まるで自分, まアどう, むしろ私, むずかしいこと, むだな, もうこれ, もうたしか, もう一つ, もう二, もう何, もう夜, もう大変, もう昔, もう自分, もう覚悟, もちろんの, もとより, ものに, ものを, もはや人間, やはり彼, よいお, ようございました, よく判らない, よく承知, よその, わからん, わずかな, わたしたちが, わたしには, インテリの, カイの, トルストイの, ベートーヴェンの, 一たい何な, 一人で, 一人や, 一体な, 一冊の, 一年に, 一方が, 一方では, 一条の, 一生の, 一目で, 一部分は, 一體誰の, 丁度好い, 丁度彼, 三千代の, 上から, 上に, 不吉な, 不安な, 不思議に, 不成功, 丑松の, 世界が, 世間に, 両手を, 主人が, 主観の, 予の, 予定の, 事に, 事実で, 事物の, 二本の, 二枚とも, 云は, 些と, 人民を, 人間である, 人間として, 人魚の, 今年の, 今後の, 今日でも, 仏教の, 他に, 他人には, 似て, 体の, 何かと申します, 何だい, 何だった, 何でございます, 何より, 何んとも, 何処に, 何年も, 何故だ, 何故で, 何者です, 何處の, 余談だ, 例外で, 俗に, 保の, 個性の, 偶, 僕らの, 優雅な, 光の, 全く不思議, 全く何, 全体の, 全身を, 八, 八五郎でした, 八月の, 冗談では, 凡ゆる, 刃三十郎であった, 分からない, 分らないけれど, 初耳でした, 判らぬ, 前年の, 前記の, 劇の, 助けて, 労働者に, 勿論の, 勿論彼女, 十八九の, 南の, 単に彼, 厭だ, 又その, 反対に, 叔父が, 口で, 可哀, 台所の, 同時に彼, 名を, 君にも, 周囲に, 味方の, 問題だ, 喜助の, 嘘だった, 困るだろう, 困難である, 地獄の, 地震の, 地面から, 壁に, 声の, 夏に, 外では, 外見上の, 多少の, 多数の, 夢に, 大した問題, 大まちがい, 大切に, 大変でございます, 大層な, 大正十二年の, 大陸の, 天井から, 天気の, 失礼, 失礼しました, 奇蹟に, 女で, 女を, 奴めの, 好い事, 妙案だ, 妻を, 嬉しいこと, 孤独の, 宜かつ, 実に立派, 実行の, 実際その, 客の, 客観的に, 家族の, 将軍の, 小さくて, 尤もな, 山に, 己れ, 師匠の, 常の, 平次にも, 平生の, 年を, 年齢の, 幸福な, 庭の, 庶民の, 弟の, 当り前だ, 形式的な, 影を, 彼らにとって, 彼女には, 彼女自身にも, 彼自身には, 後廻しに, 御不自由, 心が, 必しも, 思うに, 恐らく掛引, 恐らく私, 息子の, 恰かも, 意外だった, 意識的に, 愛情の, 憂鬱な, 成功した, 戦いの, 抽象的な, 故郷の, 文学として, 文芸の, 新聞社の, 既に過去, 明らかな, 昨日も, 昨晩の, 時としては, 時計の, 晩年の, 最近に, 朝から, 未完成, 末の, 本当かい, 本当で, 机の, 東洋の, 栗の, 根本的な, 構は, 横浜に, 正当な, 正当に, 此方で, 歴史的な, 死と, 毎晩の, 気の毒, 永久の, 池の, 決してあなた, 法月弦之, 洗練された, 海から, 源氏の, 潮の, 無意識の, 無智, 無論です, 無駄で, 然うさ, 父親の, 爽かな, 物理学の, 特別の, 玄関の, 理屈では, 理由の, 生きた人間, 生活を, 申し上げられません, 男女の, 画家の, 異常な, 病気を, 皇室の, 目も, 盲目の, 真実で, 眠って, 知つ, 知つて居る, 知らなかつた, 知らん, 知るよし, 確実に, 社会的な, 祖父の, 秀吉が, 秀吉の, 私よりも, 私一個の, 種々の, 空想に, 空虚な, 粋な, 精, 純粋に, 素敵だ, 結構である, 罪と, 罪の, 美しい人, 美濃の, 考へて, 聽いた, 肉体を, 自分では, 自分は, 自分らの, 自然が, 自由である, 自身の, 船の, 船長が, 色々な, 芸術と, 若さ, 落ちて, 葉子の, 虫が, 蜘蛛の, 衣裳の, 表向きで, 表面だけ, 裏の, 複雑な, 見たこと, 見たところ, 覚悟の, 解るもん, 言うまでも, 訣らぬ, 誠に結構, 読者諸君の, 誰かの, 誰じゃ, 誰だろう, 誰で, 誰にでも, 警視庁の, 豚の, 貴女が, 質の, 足を, 造作も, 遅かった, 違いますよ, 遠いもの, 都合が, 重要な, 金色の, 錦の, 鏡を, 間違いでは, 間違つてゐます, 間違ひもなく, 限りなく, 雀の, 雪が, 雪と, 青春の, 面白い話, 面白からう, 頭と, 顔を, 飛んだこと, 馬鹿な, 驚いたな, 鳥の, 鼻の

3 [1484件 抜粋] あいつの, あたかも雲, あちこちの, あなたがたには, あなたにも, あのころ, あの娘, あぶない, あらゆる意味, ありがたいな, あり得べき事, ある夜, あんまりじゃ, いいから, いい方, いけないという, いけませんですね, いつですか, いは, いやに, えたいの, おかしいな, おかみさんが, おたがい, おにい, およし, お前だった, お前方, お困りでございましょう, お城, お杉, お浜, お玉さんの, お綱, お角, かかるもの, かつての, かれにとって, かわいそうに, きっとこの, きまつて, こういうふう, ここだけ, この世界, この作家, この子, この時, この植物, この私, この青年, これと, こんなところ, ごりっぱ, さういふ風, さうですよ, さぞかしお, さのみ, しいんとし, しばらくお, じつにと, すぐ, すでにこの, そう, そこから, そのあたり, そのため, その人たち, その制度, その昔, その辺, それです, それ自身と, たいしたこと, たしかか, たしかに彼, ただ一瞬, たった一度, だんだんに, ちやんと, ちょうど彼, つまらぬ嘘, とても素晴らしかっ, とにかく日本, ともかく彼, どういうところ, どういう次第, どうしても, どうもすみません, どうも困ります, どこでも, どっちも, どの程度, どんな木の葉, なかなかの, なぜか, なぜな, にせものだ, ばかに, ひどいわ, へんだ, ほかに, ほんとうな, ほんの一時, ぼくにも, まあどうでも, まことに, またいつか, またどんな, また何処, また話, まだほんの, まだ十分, まだ若く, まちがいである, まったくの, まるでこの, まア, みんなで, むつかしい, めずらしい, もういつもの, もうきまっ, もう二十年, もう僕, もう声, もう申す, もちろんあの, もっとあと, やっぱり人間, やはりその, やめた, よくわからない, よく晴れた, よく知りません, よして, りこう, わからなかったが, わかるが, わずかばかりの, われわれに, カムパネルラだった, キリスト教の, シナの, ソヴェト同盟の, チンピラ隊の, ニコライ堂の, ピカソの, フリーダの, モスク, 一たい, 一体, 一大事だ, 一方ならぬ, 一瞬間で, 一篇の, 一見した, 丁度この, 三階の, 上総の, 下町の, 不幸な, 不正な, 世間並の, 中年の, 主人と, 乳母の, 予期せざる, 事実としては, 二三日前の, 二十六日の, 二重に, 云う迄も, 云わずと, 五年ほど, 人では, 人生を, 人間でなく, 人類が, 今と, 今回の, 今度は, 今朝から, 今迄の, 他で, 他日に, 仮りに, 伝説の, 伸子を, 何といつ, 何となく不思議, 何よりな, 何んといふ, 何故でございましょう, 何時ごろだ, 余人では, 作者と, 例外の, 信仰と, 俺から, 倉地が, 偉大なる, 僕と, 僕自身の, 元の, 兄さんの, 先刻も, 先祖の, 全くだ, 全ての, 全體, 共通の, 具体的に, 冗談で, 凡てを, 出来ます, 分つて, 分りませんでしたが, 判らねえが, 別人ならぬ, 剣の, 力を, 勿論でございます, 勿論誰, 卑怯な, 単なる空想, 単調な, 危険です, 又この, 又彼, 叔父さんの, 口実に, 可け, 各国の, 同一人, 同感だ, 名のみ, 君, 君子の, 咄嗟の, 唐の, 問題が, 喜助には, 四日目の, 困つたこと, 困りますよ, 困難な, 土地から, 地盤の, 声に, 夕方に, 夢で, 大いにある, 大てい, 大事だ, 大体に, 大地に, 大悦び, 大石先生の, 天が, 天皇の, 奥さんの, 女である, 好いです, 好きな, 如何ばかり, 姉娘の, 娘に, 子どもの, 孔子の, 学校を, 安堵の, 定めて, 実に滑稽, 実質の, 客と, 家内が, 寺院の, 将に, 小林君が, 小説を, 少年に, 屋根の, 山へ, 山男の, 工場の, 左門の, 師の, 平和な, 幻の, 広い意味, 庄太の, 弟が, 強い, 当然であった, 形が, 彼女と, 彼等を, 彼自身に, 後添, 徒らな, 御主人, 御苦労さま, 御苦労な, 心配し, 必ずしも事実, 忘れた, 思っても, 急な, 恋に, 恐らく日本, 恐ろしい, 恰で, 悲しみと, 悲惨な, 惨めな, 意味も, 愛が, 愛とか, 懐中電灯を, 成長し, 我ながら, 或ひ, 戦争を, 所謂, 手前の, 承知した, 折角の, 措くとしても, 教へ, 教会の, 文字通り, 文明の, 斯んな, 方法が, 日頃の, 明治三十四年の, 昔今は, 時々私, 時を, 時間を, 暦の, 月が, 有難いな, 望んでも, 未だ私, 本人の, 本当にあなた, 本物の, 本能的な, 杉の, 根本において, 棺の, 極度の, 楽な, 様々な, 樫の, 機械的で, 欧洲の, 止すが, 正しい, 此処に, 歩いて, 死に, 殆ど何, 殺して, 母から, 毎朝の, 氏が, 水が, 永劫に, 決して人, 決して悪い, 決まって, 泉の, 浮世絵の, 消費者が, 清浄な, 溪の, 漠然とした, 灰色の, 無いに, 無理じゃ, 無言の, 無駄である, 然し私, 父に対する, 物騒な, 狐か, 玄徳の, 玩具の, 現在にも, 理論で, 甚しい, 用の, 男に, 画家が, 略するとして, 疑う余地, 白木の, 皆さんが, 皆様の, 皮肉な, 目が, 直接の, 相当に, 真とに, 眠つてゐる, 矢田部が, 知らないと, 知れたもの, 短いもの, 確かで, 神さまの, 私たちには, 私に対する, 私ばかり, 科学と, 稀に, 空から, 空中を, 突然の, 立派です, 笛の, 簡単には, 米友の, 約束が, 紛う方, 細君の, 結婚に, 結果において, 絶對に, 罪が, 美しい女, 翼を, 考え違いだ, 聞きませんでした, 肉体的な, 能登守が, 自他の, 自分達の, 自殺だ, 自由な, 舞台の, 良いところ, 良人の, 芸の, 若宮の, 莫大な, 虫の, 血を, 要するにその, 見ようによっては, 覚えの, 親子の, 観念, 解つてゐる, 言えません, 言葉が, 訳の, 話の, 認識の, 誤って, 説明し, 誰よりも, 論理的な, 警戒の, 象の, 貴下の, 貴方がたの, 資本の, 賢明な, 越後の, 迂濶, 近頃に, 逃げて, 運が, 道の, 道誉の, 遙かに, 避け難い, 酒を, 金で, 針金の, 鏡の, 長い時間, 門の, 間違ひです, 陛下の, 雪を, 雷に, 露の, 面白いこと, 頭が, 顔が, 風が, 首から, 駄目よ, 驚嘆すべき, 魏の, 鷲の

2 [5036件 抜粋] ああいう, あすこに, あたりま, あのお, あの翌, あらゆる, ありましたわ, ある不思議, あれほど, あんまり無理, いい事, いえる, いかにも賢人, いささかの, いったいどの, いつたいどんな, いつも決っ, いま言った, うたがう余地, ええ, おしや, おた, おもしろいお話, おれを, お人, お前たちの, お勝手, お寺の, お書き, お母さんや, お福, お袖, お面, かくも, かの老人, きっといい, きわめて簡単, けっして自分, こうなる, このうえなく, この俺, この小屋, この母, この蜜蝋, これ等の, ごく微量, ごつごつした, さいしょカークと, さきほどの, さてわれわれ, しぜん, しろ公, すこしでも, すなわちこの, すみませんね, ぜひお, そうとねえ, そのころ私, その個人, その映画, その自然価格, それぞれ独立した, そんな気, たしかだろう, たしかになに, ただわずか, ただ常に, ただ触覚, たまたまそれ, だれだろう, ちがうね, ちょうど似合い, ちょっと今, つまりわれわれ, でたらめの, とにかくそんな, ともかくあなた, どういうつもり, どうしてかと, どうもおかしい, どうも我々, どこな, どのやう, どんなに美しい, どんな話, なかなか気, ならん, なんとか始末, のちの, ひとりで, ふと思ひ, ほんとうで, ほんの一秒, ぼくらも, まあとにかく, まことに不思議, まじめに, またけっして, また器用, また怎, また自己, まだ先, まだ暮方, まったくであった, まっ白に, まるで僕, まんざら嘘, みて, むこうに, むずかしいの, むろん彼自身, もうすでにすぎた, もうみんな, もう主婦, もう光, もう問題, もう幾度, もう書けません, もう男, もう致し方, もう遠い, もちろんこの, もつとずつと, もはや, もはや私, やめに, よい観察, よく分ります, よしたほう, より高い, わからなかつた, わしがの, わたしにとっても, アプリオリの, ウチの, カジノの, ゲルダの, ジャーナリズムの, チェーホフの, ドリアンの, バルザックが, フランス革命の, ポカポカ暖かい, ミローの, リルケが, 一つある, 一体どっち, 一層高い, 一昨日の, 一生懸命な, 一筋の, 一面で, 丁度大関, 七段目の, 三人の, 三月ばかり, 上流の, 不十分な, 不安心けれども, 不気味に, 世にも可愛らしく, 世界観, 両者にとって, 中山の, 主観的な, 乳の, 事実であろう, 二人に, 二年まえ, 五十両の, 京の, 人形町で, 人界の, 人類であり, 今だに, 今年だけの, 今直ぐ, 他所から, 仲が, 伴うところ, 佐藤藤野といふ, 何かね, 何ともい, 何によって, 何万匹とも, 何処でも, 何方が, 何者かの, 余計に, 例外と, 信じられぬ, 俺な, 偉大な, 偽者だ, 僕にとっては, 儂の, 先を, 先程の, 全く一つ, 全く大した, 全て父の, 全篇, 公演の, 兵部が, 内輪の, 冬でも, 凡人の, 出来ませんでした, 分らないね, 初めての, 判ります, 別事では, 到底出, 劇場の, 勇敢な, 勘定に, 勿論だ, 北海道の, 十八日の, 午後十時に, 卓上電話の, 単に私自身, 即ち営業税, 厭で, 又おの, 又自分, 反りの, 口語詩の, 可か, 可笑しいです, 合計し, 同時にこの, 同窓の, 君か, 呉の, 哲學の, 商品の, 喜びか, 嘘でない, 四人の, 困りますと, 国に, 土人形の, 坊っちゃんが, 堪へ難い, 声と, 夕立の, 外部の, 夜であった, 夢を, 大きなまちがい, 大さわぎ, 大丈夫と, 大変お, 大急ぎで, 大正八年の, 天を, 太古の, 失礼な, 女は, 好いだらう, 好意の, 妖女たちが, 妾に, 娘を, 嬉しうございます, 存在と, 宇宙間に, 宗教から, 宜え, 実に変梃, 実に簡単, 実感を, 実際上, 室内の, 容易には, 富士男の, 實際だ, 尊氏の, 小學校, 小魚, 少し言葉, 屍体の, 山鳥が, 左翼の, 常に同一, 幡江の, 幸いだ, 幽霊に, 床に, 弓町に, 強烈な, 当然, 形態の, 彼に対して, 往昔の, 後で話す, 御亭主, 御恩, 微かな, 心配でした, 必ずその, 忘れ去られ葬られて, 怖れ, 思想としてよりは, 怪しげな, 恋愛では, 恐るべきもの, 恐縮です, 悉く彼, 悲しいお話, 想像が, 意外, 愛情が, 慈悲に, 成功しない, 我等が, 或時, 房枝が, 扨置き, 抛れず, 探偵小説の, 放胆な, 教授の, 文字の, 断崖の, 新しき未知, 旅の, 日向の, 日本人とは, 旦那下手人に, 明日から, 明治天皇の, 昔彼が, 春徳寺で, 昭和十三年の, 時勢が, 暗合だろう, 更に人口, 最も深き, 有名なる, 朝で, 本では, 本当に立派, 本箱の, 東京大学の, 果して何, 校長と, 案外の, 椰子の, 極めて幼稚, 構ひません, 機能を, 止めて, 正三, 正鵠を, 武器を, 死んだとばかり, 死骸が, 殿様が, 毒だ, 気が付かなかった, 水品陣十郎であった, 汚な, 決してほんとう, 決して容易, 決して生活, 沈黙の, 波に, 洲崎町の, 海員手帳に, 深い意味, 清洲の, 源助の, 漆黒の, 濡れて, 為方, 無抵抗で, 無理難題という, 無論第, 然し誰, 父母の, 物に, 狂人と, 猪の, 珍らしく, 現存の, 理由には, 瑣細な, 生き埋めであった, 生死の, 田原屋の, 町から, 番たび例の, 痛い, 白い紙, 皆, 皆近江屋の, 盛子の, 直接間接に, 眉の, 真個の, 真蒼, 瞬間であった, 知らず, 知れて, 石川光明という, 確かでございます, 社會を, 神だけが, 神経の, 福太郎が, 私といふ, 私怨として, 科學の, 稲生若水小野蘭山等を, 空想である, 窓や, 第三者から, 範疇に, 精神に, 純然たる, 素晴らしい, 結城家の, 絵の, 綺麗です, 緻密な, 美しい女郎蜘蛛, 羨ましい, 老練な, 耳よりの, 聞え出したと, 背中に, 腹が, 自分にと, 自己完成と, 自由と, 與へ, 色彩と, 花火の, 苛い, 茂太郎の, 葉子を, 薄氷を, 虎の, 血が, 表通りの, 西南の, 見えた, 見ませんでした, 見張りを, 覚悟を, 親譲りの, 解りませんが, 計量の, 許可された, 詮ない, 誓っても, 誤である, 誰それは, 論者が, 警官が, 豪儀だ, 貴方に, 賛成だ, 踊り子の, 辰に, 近年に, 退院後の, 連絡を, 過ぎ去ったこと, 道江の, 遠いところ, 邪道だ, 酷い, 重吉の, 金属と, 鉄砲を, 鍛冶屋で, 長老が, 間違いは, 関羽の, 陳宮であった, 隣り村, 雑多な, 雪に, 電撃の, 靄よりも, 非弁証法的, 面白いね, 音楽では, 頼もしい, 飛ぶ時, 飽迄も, 駄目だった, 驚くべき円熟, 高子が, 魔法の, 鳥越の, 黒い鱗

1 [47315件 抜粋] ○○○、○○○○○じゃ, あたかもコルネイユ, あったし, あなた様は, あの奥, あの講演, あまりに手答え, あまり贅沢, ありとあらゆるおよそ, ある夏, あんた, いい悪党, いかにもはっきりと, いかぬお, いけないぼく, いそいで, いつか古い, いつもチョッキ, いづれは, いま読者諸君の, いわば身内, うぬぼれの, おかあさんからの, おそらく低, おとうさんに, おもいも, お冬, お奇特, お櫃では, お蓮, かうなん, かっこだけ, かの中学教員, かわいらしいかっこう, きっと斯, きわめて不安, けだし二つ, こういう親し, ことごとく昔, この一因子, この四五日毎晩, この意識内容, この界隈, この間級会の, こんなぐあいになった, ごちそうです, さうでございませう, さっき恐竜が, さて煖炉, しかしもっと, しっかりした, じつに, すぐ王双, すでに三度, すなわち維新, すむわよ, せり合いが, そうには, そのまま, その勧工場, その後半月程, その短所, その音声, それらが, たいてい無意味, たしかにそうと, たしかに本当, ただいろいろ, ただ單, ただ沈んだ, ただ関野君, たぶんほんとう, だましたほう, ちと腑, ちょうど大きな, ちょうど精いっぱい力, ちようど好, つねに社会的, つまり明朝あなた, できぬ, とてもおかしな, とにかくわれ, とにかく男, ともかく倅, どういう人間, どうしても處分, どうもわざわざ恐れ入り, どうやら甲板, どれほどの, どんな帯, なお多, なぜそういう, なんでしょう, のがれたもの, はつきり罪とは, ひとむかし前, ひどく目, べつに不思議, ほとんど象徴的, ほんの二三分, まあしかた, まことによき, まさしくわが, まさに現在, またさながら, また古典, また死人, まだお茶の水高等女学校, まだ俗, まだ気づい, まったくほんの, まったく驚かない, まるで万人, まるで目, みすぼらしいほどの, みにくいもの, みんな無駄な, むしろ変, むねから, もういっぱい, もうだれ, もう一, もう充分心得, もう夜明, もう御用人様, もう決して無邪気, もう蝦, もしやこの, もちろん現, もともと恋愛, もはや一頭, もはや超俗, やがて過去, やつぱり私が, やはり日本, やや光沢, よい心ぢ, よく存じませんでした, より着実, わかりません誰, わたくしめの, アナクサゴラスプラトンアリストテレスなどによ, イギリスから, エイリイの, オントース・オンの, ガリレー以来力学が, グラツドストオンが, ゴーリキイの, ショーウィンドの, ストリヒニンでは, ソープ村へ, ツイ今しがた私が, ドイツ古典哲学の, ノオトル・ダァム・デ・シャン街の, パウロが, フィリップ王から, ブロズキーが, ホルバインの, マダーム・ドファルジュであった, メトロポリタンの, ヨハンネスが, ルリさんを, ワカサギの, 一ツには, 一人丸辰の, 一向エヴァンヂェリック, 一層適切, 一日じゅうオープンの, 一生を, 一般化し, 一面道義の, 丁度宗右衛門, 七日も, 三十一字の, 三次元の, 上申し, 不孝に, 不良は, 世阿弥にとって, 中田博士が, 主として警戒等, 久木直二郎だった, 予想を, 二〇%騰貴せしめられ, 二十六年の, 二羽のが, 五十マイルの, 亡父の, 人形では, 人間ほどの, 今もつ, 今断言, 今生きのこつてる, 他国のより, 仰せの, 休日を, 佐々の, 何だか話, 何より有り難い, 何年来こがれ抜いた, 何等, 余儀ないと, 例えばフランス, 俗な, 俺たちだ, 停車場の, 僅か十五六, 元々つい一両日前, 先ごろの, 先月の, 党の, 全く予期, 全く意味, 全く見込み, 全般に対して, 公園廻りの, 兵に, 内乱と, 写しだ, 凡て一種類の, 出来ると, 分るに, 判らねえ, 別段大きく, 剃刀が, 創造に, 劵の, 勢ひ, 勿論無駄, 医学に, 十五銭で, 十遍に, 半之, 南洋の, 単なる行為, 単に希望丈, 単に菩提, 即ち日露戦争, 原始時代を, 又人間全体, 友子さんとしても, 取立に, 古の, 可哀想じゃ, 司法上の, 同じよう, 同時に土中, 名称の, 君達が, 呼吸の, 唯その, 問題を, 嘉門の, 四国山陽などの, 困ります併, 国語学の, 在来衣裳美を, 坊つ, 場合により, 変らなかった, 外海, 多分何物, 多賀ちゃんの, 大いに有ります, 大きな海ガメ, 大へん気の毒, 大嘘, 大岩山砦の, 大概何処で, 大谷刑部少, 天性その, 太閣様小田原征伐の, 奉公人と, 女子の, 好意以上もしくは, 妙である, 娘には, 子供心にも, 学べよ磨けよという, 守らなけりゃならないの, 宗教的飛躍と, 実によく晴れわたった, 実に愉快, 実に非常, 実行した, 実際黒い, 家兄だけの, 富武五百之, 寧ろ怖, 将校だけにしか, 小さな平ら, 小学生が, 小説のうへ, 少し薄ぎたない, 尾張の, 山田長政が, 島津氏の, 左手から, 市長も, 常に一種, 平信徒, 年号の, 幾すじもの, 広島近くの, 延津弥が, 弱まるどころか, 当今で, 当選なさる, 彼女すら, 後で云おう, 御不都合, 御苦労でござる, 心から, 必ずしも唯一, 必ず来る, 忝ないが, 思いがけなく現われた, 思想的価値であっ, 恋でも, 恐らく市長, 恐ろしい真黒い骸骨, 恰も少年, 悦びばかり, 悲喜交, 意地悪の, 愛読書と, 慶応四, 成功であったらしい, 戦ったり, 所謂哲学をも, 才色兼備の, 折角ぢ, 指呼の, 握りごろの, 放送局が, 教育者といふ, 文久元年の, 文禄四年の, 新しい住職, 新聞広告を, 既に十余年前, 日本一太郎と, 日野資朝俊基の, 旺んな, 明治十三年頃で, 春から, 昭和十四年お正月某家に, 時代への, 暇がか, 曲って, 最もフランス人, 最新刊の, 有望だ, 朝日岳では, 未だ湯アガリ, 本当に久し振り, 本紙第, 杞憂である, 東軍と, 果して根拠, 柿色の, 桜には, 楝の, 楽しいお話, 権力階級の, 次の間の, 止んだ, 正吉にとって, 武士だけに, 歴史的自然であり, 殆ど云ふ, 殺そうと, 毎月二三囘, 民間の, 氣性者に, 永らく母, 決してさびし, 決して堂々たる, 決して活字, 決して馬鹿, 沼田頼輔さんが, 泥水だらけで, 浄化され, 海馬などと, 深切に, 温情と, 漁や, 激しい活動, 炭団伊勢屋の, 無抵抗な, 無論好い, 然し結局, 燗徳利を, 物として, 犠牲に, 狭い石畳, 玉葱一つを, 現在しない, 理窟の, 甚だ覺束, 生暖か, 田川夫人が, 男ばかり, 畢竟言わば作者, 疫病によって, 癆咳に, 白水も, 皆な役に立たない, 皆道三方の, 目先の, 直吉の, 相鉤接, 真実だらう, 着物ばかり, 知らないただ, 石坂賢彌, 確かとは, 祕密好きな, 神秘的な, 私どもお互いとは, 科学であり, 積み重った無数, 突然本国寺横, 竹翁と, 筆の, 米俵に, 約二百, 素姓が, 組織されるであらう, 結局従業員自身より, 絶えまなく, 線香の, 署長の, 美しい韻律, 羨望と, 老婆が, 聖僧の, 職業意識だった, 能褒野の, 自分たち兄弟を, 自殺である, 至極よかろ, 艇長を, 芥川から, 若いうち, 苦しく悲しいけれど, 茸の, 落城間近い, 蕁麻の, 藤陰の, 蛸と, 血管を, 表向きは, 製造品と, 要するに今, 見つかったかね, 見込みの, 観測する, 言うまでもないこと, 訊きださなければ, 詩や, 語呂の, 読み方の, 論理学, 譬喩である, 負傷さえ, 貴嬢, 賞讃の, 赤瀬氏の, 躑躅と, 載せられません, 近い, 迷惑千万, 通勤の, 遊蕩兒の, 道徳的自由の, 遠く太平洋, 郡内随一と, 醜態には, 野球における, 金雀花ぢやあ, 鋳物で, 長い間母, 閉されたふすま, 間違ひもあるまい, 陰気な, 際涯なき, 難有いね, 電話技術を, 青白い月光, 面白い面白い早く捲き上げ, 頑丈さうな, 願ったり, 食ふための, 首領の, 騒いだよ, 高價, 魚なりや, 鵯の, 黒い洋服

▼ それ~ (80252, 20.8%)

1612 見て 1019 見ると 963 聞いて 891 聞くと 544 知って 390 持って 334 自分の 304 思うと 232 手に 215 眺めて 202 読んで 184 口に 182 私は 181 きくと 173 きいて 164 考えて 154 気に 139 もって 138 信じて 127 考えると 111 やって, 彼は 107 忘れて 102 聴いて 101 言って 99 待って 97 見ながら 94 持つて 88 着て, 私に 86 どうする 84 取って 82 見送って 81 私の 80 機会に 75 見た 73 見つけて 72 思ふと, 知らずに 71 みて, 少しも, 苦に 70 私が 69 感じて 67 機に 64 見つめて 62 出して, 拾って, 発見した 60 して 58 心配し 57 楽しみに, 見に, 開いて 56 利用し, 彼の 55 実行する, 見せて, 黙って 54 合図に, 承知で, 自分で 53 受取って, 書いて, 見ても 52 耳に 50 使って, 受け取って, 察して, 無理に, 考へて, 調べて 49 望んで 48 受けて, 彼に, 思えば, 感じた 47 あなたは, 知らない, 聴くと, 認めて 46 知ると, 見るの, 説明する 45 他の, 取りに, 思い出して, 教えて, 覚えて, 読むと 43 意識し, 承知し 42 中心に, 聞きながら 41 きっかけに, 云って, 否定する, 話して, 買って, 非常に 40 ながめて, 明らかに, 説明し 39 しおに, みると 38 人に, 僕は, 知ること, 種に 37 お前は, 求めて, 示して, 見たの 36 利用する, 彼女は, 恐れて, 机の, 眺めながら, 知つてゐる 35 考へると 34 そのままに, 聞いた時, 避けて 33 お聞き, やつて 32 一つの, 喜んで, 手で, 敢て, 知らないで, 見た時 31 もつて, よく知っ, 実行し, 知らなかった, 聞きつけて, 聞くの, 証明する 30 いいこと, 取り上げて, 口実に, 生産する, 食べて 29 両手で, 取り出して, 否定し, 聽い, 自分が

28 [11件] するには, 大事に, 実行した, 平気で, 彼女の, 心得て, 相手に, 知らないの, 聞かして, 見ること, 言った

27 [12件] お前が, やるの, 思って, 案じて, 発見する, 知りながら, 自覚し, 見ますと, 言は, 逆に, 隠して, 頼りに

26 不思議に, 俺は, 僕に, 問題に, 確める, 自分に

25 [15件] いって, お前に, ここに, しないで, そのま, ポケットに, 一と, 僕が, 十分に, 実行に, 彼女に, 抱いて, 発見し, 聞いた, 身に

24 [19件] いうの, ここへ, とって, やった, 今まで, 君に, 売って, 大切に, 我慢し, 或る, 置いて, 聞かせて, 肩に, 見た者, 証明し, 語って, 読んだ, 追っかけて, 集めて

23 云ふ, 受取った, 巧みに, 押して, 眺めた, 繰り返して, 胸に, 見たとき, 見物し

22 [11件] あなたに, テーブルの, 丁寧に, 何か, 先に, 指して, 根に, 見れば, 見送つて, 許して, 飲んで

21 [20件] どうしよう, 借りて, 受取ると, 合図の, 吾, 囲んで, 待つて, 心の, 携えて, 止めて, 知ったの, 知つてゐた, 研究し, 素直に, 聞いても, 聽く, 膝の, 要求する, 誰が, 開けて

20 [17件] やめて, 両手に, 君は, 如何に, 完全に, 実地に, 実現する, 思へば, 想像する, 殺して, 無視し, 眼に, 聞きますと, 見ようと, 訊いて, 静かに, 頭の

19 [21件] つけて, はっきりと, ひらいて, ふところに, 下へ, 二つに, 助けて, 口へ, 唯一の, 実際に, 抱えて, 指さして, 疑って, 目に, 見詰めて, 覗いて, 言うの, 讀んで, 迎へ, 部屋の, 開いた

18 [30件] ご覧に, じっと見, つかんで, よいこと, 一種の, 充分に, 利用した, 取上げて, 受けた, 口の, 家の, 心に, 抜いて, 探して, 最初に, 横に, 気にも, 渡して, 理解する, 真似て, 聞いたとき, 肯定し, 背に, 胸の, 見つけると, 見つめた, 見るため, 見るや, 追って, 送って

17 [35件] あなたが, お前の, かついで, しなければ, するの, とりまいて, はいて, もらって, わたしは, キッカケに, 上から, 人間の, 今の, 今日の, 伝って, 使ふ, 元の, 包んで, 喰べ, 嗅いで, 彼が, 思ひ出して, 承知した, 承知の, 提げて, 握って, 熱心に, 知りつつ, 自分たちの, 見るなり, 言ふ, 誰にも, 連れて, 運んで, 防ぐため

16 [38件] あけて, ごらんに, さえぎった, それを, たずねて, ほんとうに, わたしの, ジッと, 今度は, 入れて, 制して, 君が, 幸いに, 当然の, 披い, 拒絶した, 拾い上げて, 期待し, 正直に, 目あてに, 眼で, 知らせて, 知りたいと, 耳にも, 聞いたの, 肴に, 表現する, 見た人, 見つけたの, 見るに, 見付けて, 解いて, 許さなかった, 読みながら, 迎えて, 追ふ, 遮った, 金に

15 [41件] しも, すぐに, たのしみに, たよりに, 伺って, 何度も, 俺に, 僕の, 別の, 前に, 力に, 受けとって, 右手に, 女の, 小説に, 床の, 彼れ, 忘れること, 怖れ, 思い出すと, 懐に, 手にとって, 捨てて, 最後に, 理解し, 用いて, 目がけて, 紙に, 聞かされて, 聞き流して, 聞くこと, 聞けば, 自分は, 自由に, 見ては, 見送りながら, 言うと, 誰も, 越えて, 踏んで, 遮って

14 [37件] したの, すること, つたって, ひろげて, やると, わたしに, 一つずつ, 一目見る, 二人の, 取出して, 土産に, 子供の, 引いて, 思い出したの, 承諾した, 支持する, 教へて, 日本の, 普通の, 村の, 目の, 真に受け, 続けて, 聽き, 肯定する, 背負って, 自己の, 自身の, 見たもの, 見る, 見上げて, 見物に, 観て, 買いに, 辿って, 返して, 開くと

13 [49件] いうと, いつまでも, かぶって, ここで, じっと眺め, ひそかに, みんなに, やつた, 一口に, 下から, 云うと, 他人に, 何うし, 何の, 使用する, 先生に, 勝手に, 外して, 守って, 小耳に, 尻目に, 忘れては, 急いで, 担いで, 拒んだ, 拒んで, 構成する, 歌って, 無造作に, 片手に, 獲得する, 理由に, 皆に, 眼の, 知った, 知るには, 研究する, 繰返して, 聞いてから, 自慢に, 自然に, 試みて, 誰に, 貰って, 追いかけて, 透して, 頭から, 食べながら, 黙つて

12 [60件] さえぎって, じぶん, ぢつと, つれて, とめて, どうした, まともに, われわれの, 一人で, 上手に, 下に, 主人に, 予期し, 信ずること, 信用する, 分けて, 取つて, 君の, 奪って, 少しずつ, 左の, 左へ, 左右に, 座敷の, 待ちかまえて, 御承知, 急に, 恩に, 掴んで, 書くこと, 正確に, 氣に, 決定する, 渡って, 火の, 父の, 直して, 知ってか, 知らせに, 知らなかったの, 笑って, 考へ, 聞くや, 聽か, 裏書きする, 見たいと, 見た瞬間, 見つけた, 言えば, 証拠に, 説明した, 読むこと, 迎へて, 追うよう, 避けるよう, 非難する, 顔に, 食って, 食べるの, 飲んだ

11 [81件] いろいろに, うけとって, きつかけ, そつと, た, どこまでも, よんで, わたしが, 丹念に, 主張する, 今ここで, 例の, 傍の, 克服し, 出来るだけ, 取り上げた, 味は, 呼んで, 嗅ぎつけて, 基礎に, 大事そうに, 夫の, 尋ねて, 届けて, 幾度も, 引取って, 強いて, 当てに, 彼らは, 彼女が, 感じたの, 打消して, 拒むこと, 拡げて, 持ち出して, 探しに, 描いて, 明かに, 明瞭に, 昔の, 本気で, 本気に, 枕に, 楽しんで, 横目で, 次の, 止めた, 母に, 水に, 洗って, 消して, 煮て, 発表する, 盗んで, 直接に, 相手の, 着ると, 秘して, 経験した, 繞る, 聞こう, 聞こうと, 聴きながら, 背中に, 表に, 見たが, 見たこと, 見たと, 見るたび, 認めると, 読むの, 貸して, 述べて, 途中で, 適当に, 遮るよう, 遺恨に, 隠そうと, 頭に, 頼って, 風呂敷に

10 [96件] あの人, い, うけて, かかえて, くわえて, した, しっかりと, しなかった, しらべて, じっと見つめ, たしかめるため, ちやんと, つかまえて, つづけて, ながめながら, なして, なんだ, ほかの, また, やろうと, わたくしに, 一つに, 並べて, 云うの, 云は, 他に, 仰いで, 信じた, 信じようと, 克服する, 分析し, 判断する, 制した, 取り巻いて, 受けとると, 口には, 右の, 否定した, 味う, 嗅ぐと, 報告する, 外に, 女は, 子供に, 希望し, 引き出して, 弟の, 待ちかねて, 心配した, 必要と, 忘れないで, 意識する, 愛して, 感じる, 抑えて, 拾おうと, 持たせて, 掌の, 木の, 横から, 欲し, 正面から, 注意し, 焼いて, 生かして, 男の, 眺めると, 知つて居る, 知らないと, 知らなければ, 知ろうと, 破って, 破壊する, 確めて, 確信し, 立派に, 維持する, 自分でも, 見おくって, 見ただけでも, 見た私, 見てから, 見とどけて, 見ました, 見守って, 見届けて, 見越して, 覚悟で, 親分, 証拠だ, 誇りと, 貫いて, 越して, 通り越して, 頼みに, 飲むと

9 [102件] いえば, いただいて, いっしょに, きいた時, じつと, たしかめて, ためして, のぞいて, ひきとって, みつけて, みんなが, もつと, もとの, やらなければ, やる, よろこんで, 一日に, 世間に, 二人で, 二階の, 今から, 今日に, 伴れ, 何かの, 何ん, 信じなかった, 傍で, 先生の, 公に, 単純に, 受け取った, 受け取ると, 否認し, 嘘だ, 土台に, 女に, 好んで, 嫌って, 実現し, 実行しない, 家に, 寝台の, 左に, 得意に, 念入りに, 思い出した, 想うと, 抜こうと, 捜して, 支持し, 救って, 整理し, 日本に, 材料に, 楽み, 止めること, 残念に, 決行する, 潜って, 火に, 無雑作, 町の, 畳の, 疑わなかった, 痛感し, 目標に, 知つ, 知つた, 知つてゐ, 知るため, 知るの, 確実に, 秘密に, 箱の, 簡単に, 考えること, 腰に, 表面に, 袂に, 見あげて, 見おろして, 見すまして, 見つめながら, 見下ろして, 見抜いて, 見送った, 見送りました, 観察し, 解決し, 言うこと, 言おうと, 許した, 証拠立てて, 試して, 読もうと, 近所の, 遂行する, 避けようと, 避けるため, 長い間, 隱し, 面白がっ

8 [147件] あえてする, あからさまに, あとから, いえ, いった, うかがって, うしろに, おそれて, かくして, きいた, しほに, すると, そうと, ちらと, とめた, ぼんやり見, まとめて, やったの, わざ, 一生懸命に, 一途に, 二つの, 云った, 人間が, 今日は, 他人の, 何だ, 便りに, 信用し, 傍から, 切って, 利用しよう, 前の, 動かして, 区別する, 即座に, 取りあげて, 取り上げると, 取囲んで, 受取つた, 可能ならしめる, 告げに, 噛んで, 基礎として, 報告し, 多くの, 奥の, 妹に, 妻の, 完成する, 宜い, 封筒に, 引き取って, 当然と, 待つ間, 後から, 後に, 後悔し, 御覧に, 忠実に, 思いだして, 思ひ出した, 恥じて, 悲しんで, 感じると, 感ずると, 憤って, 憤慨し, 打ち消して, 打消した, 承認した, 承認する, 抑へ, 拒絶する, 拾い上げた, 拾ふ, 指で, 振り払って, 掌に, 支えて, 整理する, 断って, 機會に, 気の毒に, 法水は, 無事に, 父に, 物語って, 率直に, 現実に, 理解した, 目撃した, 目的に, 直ぐに, 知つて居た, 知らないから, 知られて, 知りません, 知るもの, 知れば, 確かめて, 神の, 私から, 私も, 穿いて, 綺麗に, 繰り返した, 置いた, 考えに, 聞きたいと, 聞こうじゃ, 聴かして, 能く, 脱いで, 自覚する, 舞台の, 裏返して, 見たという, 見ないで, 見まもって, 見よう, 見る度, 見兼ねて, 見出すこと, 見物する, 見込んで, 見遁, 覗き込んだ, 覚って, 観察する, 言い出して, 言つてゐる, 言ひ, 言出す, 記憶し, 許さない, 話す前, 認めたの, 誰よりも, 買うこと, 資本に, 辞退し, 追求する, 開けると, 防ぐには, 頭上に, 食べた

7 [196件] あわてて, いい事, いやに, おれが, お互に, お目, お角, かけて, ききながら, きっかけの, くぐって, くり返して, こっちへ, ご承知, させて, すかして, せずに, そこに, ただの, たち切って, だまって, どこから, なすには, なだめて, ひろって, ぼんやりと, また自分, めくって, やること, やれば, よく知つて, われわれは, ハッキリと, 一息に, 一目見, 一目見た, 一緒に, 丸めて, 主張し, 主張した, 乗り越えて, 予期する, 二人に, 云おうと, 云ひ出す, 人々に, 人が, 人の, 今に, 介抱し, 何う, 作って, 信じない, 信じること, 信用しなかった, 俺が, 側で, 傳へ, 兄が, 兄は, 先生は, 凝視し, 制止し, 助けようと, 動かすこと, 半蔵に, 卓の, 受け取つて, 口で, 右へ, 唇に, 喰べて, 外へ, 夫に, 実行しよう, 小脇に, 少しばかり, 岸本に, 己に, 市場に, 引き受けて, 待ち構, 待ち構えて, 忘れずに, 思いこれ, 思い出すこと, 怨んで, 想像し, 意に, 意識した, 感づいて, 戴いて, 手帳に, 払って, 承諾し, 承諾する, 把握する, 抑えるよう, 押えて, 押し切って, 押へ, 拾った, 指の, 掌で, 掻きわけて, 握った, 握りしめた, 改めること, 敷衍し, 斜めに, 早くも, 書くの, 最初から, 期待する, 材料として, 椅子の, 模倣し, 横目に, 正しいと, 残して, 殿御が, 注いで, 渡ると, 火から, 照らして, 片っぱしから, 現わす, 生活の, 発明した, 監視し, 相図, 真面目に, 知った時, 知っても, 知らないでは, 知らない筈, 知るや, 確かに, 突破し, 窓の, 竹の, 第一, 粉に, 終って, 縁に, 考えただけでも, 考えたの, 考えるの, 聞いた上, 聞いた人, 聞くたび, 聽かう, 自分から, 自分では, 自慢し, 要求し, 見た人々, 見た刹那, 見るとも, 見るより, 見る人, 見捨てて, 見物の, 見送ってから, 覗き込んで, 言つた, 言へ, 言葉に, 訊くと, 訪ねて, 話すこと, 誇張し, 認めること, 語ること, 読む人, 読んだとき, 誰かに, 負って, 買ったの, 買ふ, 足場に, 軽蔑し, 載せて, 迎えに, 追いかけるよう, 追うて, 遠くから, 鍋に, 除けば, 面白がった, 面白がって, 顔の, 食卓の, 首尾よく, 馬に, 鼻に

6 [279件] あとで, あとに, あなたの, いうん, いじって, いつまで, いわれると, おっしゃって, おもしろがっ, おれに, お民, かこんで, き, きいたとき, くりかえして, ことわって, この男, さがして, さして, さへ, しないの, じっと聞い, そのよう, たがいに, だれが, どうかし, どうしたら, どうすれ, どう始末, どこかへ, どんな風, のみこんで, のんで, ひらくと, ほかに, ぼんやり眺め, まざまざと, またお, みずから知っ, むやみに, やりながら, やるん, よく理解, よく見る, よく覚え, チラリと, 一笑に, 三つに, 中に, 中心として, 二階へ, 云ひ, 人々は, 人間に, 今日まで, 仰ぐと, 伝わって, 伺いに, 何ぞや, 何よりも, 作るの, 作者は, 元に, 兵馬が, 具体的に, 写生し, 凝と, 出すと, 別に, 削って, 卒業する, 卓上に, 参考に, 取り囲んで, 取ると, 口惜しがっ, 吟味し, 否定しよう, 呑んで, 喜んだ, 單に, 器用に, 四つに, 四方から, 基として, 報告した, 境に, 夜の, 夢の, 女中に, 好いこと, 娘の, 嫁に, 学校の, 室の, 宥めて, 封じて, 専門に, 尋ねた, 巻いて, 平氣, 店の, 廻して, 引受けて, 強ひ, 当然だ, 形に, 彼等の, 征服し, 征服する, 待ち受けて, 後ろから, 得ようと, 得意と, 忍んで, 応用し, 念じて, 怖れる, 思いますと, 思うて, 意識しない, 意識的に, 感じました, 感ずるの, 感謝し, 慕って, 慰めて, 我々が, 我々の, 我々は, 所有する, 手伝って, 手本に, 打ち消すよう, 批判し, 承知する, 抑えた, 抜けて, 押へる, 拭おうとも, 拾うと, 指さしながら, 指すの, 指摘し, 振って, 捉えて, 捨て, 採用する, 措いて, 摘んで, 支配し, 支配する, 敵に, 断った, 新たに, 日に, 日本人の, 日本語に, 曳いて, 書いたの, 最後の, 最後まで, 本当にし, 枕の, 果して, 楯に, 極端に, 横切って, 欲しない, 母が, 母親に, 求めた, 消すため, 渡した, 渡すと, 演じて, 焚いて, 無意識に, 無視する, 無限に, 片端から, 片附け, 狙って, 現わし, 理解しよう, 生きて, 申上げる, 畳んで, 疑うこと, 痛切に, 発表しよう, 百も, 皆が, 看て, 着けて, 着せて, 着た, 睨みつけて, 知ってるの, 知つてる, 石の, 祈って, 私たちが, 科学的に, 穴の, 紐で, 経験し, 統一する, 綜合し, 繰りかえして, 羨んで, 考えながら, 耐えて, 聞いては, 聞きに, 聞き伝えて, 聞くには, 聽いた, 腕に, 行って, 見せた, 見つけた時, 見てると, 見とがめて, 見やって, 見ようとして, 見るよう, 見下して, 見分けること, 見極めて, 見詰めた, 見送る, 覚悟の, 解くこと, 解決する, 言い出すと, 言い現, 言う, 言ったの, 言ひ出す, 訊くの, 訊ねて, 許したの, 証明した, 話すと, 話すの, 話題に, 詳しく説明, 誇りに, 認めた, 語つてゐる, 説いて, 読み出した, 誰か, 誰かが, 貴方は, 貴様は, 買ひ, 軽蔑する, 追った, 追つ, 退治する, 送つて, 通って, 遠巻きに, 選んで, 避けた, 邪慳に, 酒の, 防ぐこと, 阻止する, 除いては, 除けて, 露骨に, 面白がる, 順々に, 食った, 飲みながら, 默つて見

5 [393件] あけると, あの女, あんたは, いいしお, うっかりし, おきき, おぼえて, お前さんは, お話する, お雪, がまんし, きいても, ききつけて, きくの, きめて, きれいに, こ, こちらへ, こっちから, こらえた, こらへて, こわして, さけた, させない, さとると, しないと, しなかったの, しめて, すすめて, すれば, せめてもの, そこの, ちよつと, ちらりと見た, ついて, つかって, つづけた, つまんで, とおして, とりあげて, どうして知った, どう解釈, どのよう, なし得るの, ねらって, のぞんで, ひらきました, ふりてらしながら, ぼくが, ぼくに, まって, まねて, みずからとがめた, みつめて, みるの, みんなで, めあてに, めがけて, もう一歩, やらせて, やらないと, やり過して, やるには, ゆっくりと, よく考え, わかって, わしに, クリストフに, グッと, コップに, ベッドの, ポイと, マリユスに, 一人が, 一同に, 一度も, 一日の, 上に, 上ると, 上下に, 上演する, 下げて, 下ろして, 不可能に, 不快に, 不思議な, 世界に, 世間では, 中心と, 主人の, 乾かして, 予防する, 事実と, 二人は, 云ったの, 云つた, 享楽する, 亭主の, 介抱する, 代表する, 伝えて, 何と, 何とかし, 何に, 何も, 何よりの, 作った人, 作ること, 使用した, 信じては, 信じないわけ, 信じなければ, 信ずるもの, 修正し, 傍に, 兎や, 入ると, 冗談に, 写して, 写真に, 冷やかに, 冷然と, 冷静に, 凌いで, 処理する, 出した, 切り取って, 制すること, 力まかせに, 助長し, 半蔵の, 反古に, 反映し, 取ること, 取ろうと, 取巻いて, 受取りに, 可能に, 台の, 合理的に, 否定しない, 告げて, 呼びとめて, 唱えて, 嘗めて, 地に, 地上に, 埋めて, 基礎と, 壁に, 売りに, 変に, 外から, 夢に, 夫人の, 妙に, 妨げたの, 子供が, 子供達に, 守ること, 実践に, 実験し, 家へ, 容れて, 察したよう, 尊敬する, 少しでも, 山に, 左手に, 己の, 帯の, 幸ひ, 幾度か, 床に, 庭の, 引きとって, 弾いて, 得ること, 徹底させる, 心配する, 思いだすと, 思い出すの, 思い切って, 思う, 思うの, 恃み, 恐れたの, 悟った, 悟って, 想って, 愉快に, 感ずること, 慌てて, 懐中に, 成就する, 手がかりに, 手柄に, 手渡した, 打って, 扱って, 批判する, 承知なら, 抑へる, 投げた, 抜けると, 抵当に, 押しのけた, 押し止めて, 押すと, 担って, 拔い, 拝んで, 拭いて, 持ち上げて, 持ったまま, 持つと, 指揮する, 振つて, 振り切って, 捉へ, 捕えて, 捕って, 捜しに, 掛けて, 採って, 採用した, 探し出して, 掴んだ, 掻き集めて, 描くこと, 搜し, 支へて, 救うため, 数えて, 敷いて, 断わった, 断行する, 明白に, 時の, 普通に, 書いた時, 望むこと, 望んだの, 条件に, 松の, 果すこと, 止めようとして, 正当な, 正当に, 歩いて, 歯で, 歴史に, 歴史の, 比較し, 気づいて, 気づかずに, 池の, 汲んで, 注意する, 洋服の, 活用し, 海の, 渡らずに, 渡れば, 満足に, 炉の, 炊きたての, 片づけて, 物とも, 物蔭に, 現は, 甘んじて, 生命の, 用うる, 用意し, 皆の, 目で, 目当てに, 目当に, 真似し, 真剣に, 眺めた時, 眺める事, 眼前に, 知りたいという, 知りたいの, 知りたかったの, 知るよう, 確かめるため, 確めようと, 示した, 祝福する, 私たちの, 突きとめるため, 窓から, 立派な, 筆に, 納めて, 純粋に, 紫の, 絵に, 綜合する, 義雄は, 考えた時, 考えては, 考えますと, 聞いたか, 聞いたので, 聞かずに, 聞かないうち, 聞きたい, 聞くとも, 聞く私, 背後に, 背景に, 腹に, 色に, 苦にも, 落して, 葉子の, 葉子は, 表向きに, 表現し, 表現しよう, 裏切って, 裏書きし, 見かねて, 見せに, 見せようと, 見たお, 見ただけ, 見たん, 見て取って, 見なければ, 見のがさなかった, 見も, 見入って, 見出して, 見向きも, 見定めて, 規定する, 視て, 言え, 言葉で, 訂正し, 記して, 記録する, 許さなかつた, 話した, 誓って, 語るの, 読み了, 読んだこと, 読んだ時, 読んでから, 調べた, 調べに, 諸君に, 警察に, 警戒し, 豊富に, 貴方に, 買い込んで, 越すと, 身を, 車に, 軽蔑した, 辛抱し, 迎えた, 迎へる, 追いました, 逆手に, 逆用し, 通り越すと, 過ぎると, 遣って, 閉じて, 開けた, 間違えて, 防止する, 離れて, 預かって, 頼んだ, 頼んで, 額の, 願って, 食うの, 食べると, 飮んで, 飲むの, 飽かずに, 餌に, 鼻の

4 [733件 抜粋] あきらめて, あげて, あてて, あてに, ありのままに, あんたが, いいに, いい加減, いだいて, いふの, いろいろな, いわないの, うしろから, うちの, おさえて, おつ, おまえは, おもえば, おもちゃに, おろして, お土産, お延, お絹, お読み, お銀様, かくの, かざして, かれは, ききに, きくこと, きみが, きらって, くりかえした, くるくる包ん, こしら, こちらが, こっちの, ことさらに, こらえて, こんなこと, ごまかそうと, さう, さがしに, さげて, させないの, さっして, しなくても, すまして, するため, する時, そのとおり, その場, その通り, たしなめて, たずさえて, たねに, たべて, だれも, つかもうと, つかんだ, とがめる気, どういうふう, どういふ風, どうお, どうにかし, どう感じ, どこかで, どこで, なんだって, なんとかし, にこにこし, はずして, ひっくり返して, ひつくり返して, ひどく気, ぶら下げて, ほしがった, またみんな, また道庵, まるめて, みた, みても, みとめて, むさぼるよう, むざむざと, もとに, もどかしがっ, やっとの, やめると, やり過ごして, よい事, よく承知, よく聞い, よく見, よそに, わしが, わたくしは, われわれに, カムパネルラが, キツカケに, チラと, ホテルの, ポケットの, ポケットへ, モデルに, 一まとめに, 一人の, 一定の, 一括し, 一部の, 上って, 上衣の, 下りて, 不思議が, 不愉快に, 世間並の, 両親に, 中途で, 主題に, 乗せて, 乾して, 了解した, 二三の, 二重に, 云うな, 云え, 云ひ出した, 人は, 今は, 今度の, 仔細に, 代助, 伝えた, 伸子は, 体に, 作者が, 使うの, 使おうと, 使用し, 保証する, 俺も, 備えて, 元へ, 克明に, 全面的に, 冗談だ, 冷して, 出すの, 分配し, 切り抜けて, 判定する, 判断し, 前後に, 前提として, 助けに, 助けること, 勘定し, 卓子の, 反映する, 叔母の, 取りだして, 取りまいて, 取り出した, 取卷いて, 取寄せて, 受けたの, 受けついで, 受取りながら, 受継いで, 口切りに, 叩いたり, 合理化しよう, 向うへ, 否定も, 吸いながら, 吹聴する, 呑み込んで, 咎めようとも, 嗤ふ, 嘲笑する, 土台として, 土地の, 執拗に, 堂々と, 声を, 売つて, 大急ぎで, 大目に, 好い事, 好い機会, 姉が, 始めた, 始めて, 学んで, 学問的に, 守るため, 守るの, 完成し, 実現させ, 実行しました, 実証し, 容易に, 察したの, 少くとも, 尻目にかけて, 岸本は, 川の, 左右する, 平気な, 廃し, 引き出すの, 引き受けた, 引ったくる, 引受けたの, 引留めて, 弟に, 当時の, 当然な, 彼らの, 彼等は, 待つより, 待構え, 後悔した, 得るため, 御存じ, 御存じです, 御米, 心がけて, 心で, 忘れないよう, 忘れるよう, 怖れた, 思いだした, 思いだしたので, 思い出したので, 思うに, 思えばこそ, 思った, 怠って, 怪しみも, 恐れた, 恨みに, 悲しいと, 意識の, 愛の, 感じながら, 感じること, 感じるの, 憂えて, 憎まずに, 懸念し, 成就させる, 手から, 手伝った, 打ち明けて, 打破する, 払いのけるよう, 批評する, 承って, 抑えつけて, 抑えること, 折竹が, 披いた, 押し返して, 押し隠して, 拒もうと, 拒絶し, 拾い取って, 指導し, 指差し, 挟んで, 挾んで, 捧げて, 排して, 探って, 探索する, 援けて, 援ける, 支えようと, 攻撃する, 放した, 敏子は, 教えたの, 文字に, 文字通りに, 断わって, 旦那の, 暗示する, 更らに, 書いた人, 書こうと, 最初の, 有効に, 本尊に, 本当の, 杖の, 枕元に, 根本から, 棒の, 検査する, 構わずに, 模写し, 横眼に, 機会として, 欲しが, 欲しがっ, 歌に, 止めようと, 此処へ, 此處に, 歴史的に, 母や, 母親の, 気づかって, 気の, 永久に, 江戸の, 沢山の, 注意した, 深い鍋, 混同し, 源之助が, 準備する, 灰に, 無暗に, 煙草の, 父と, 片手で, 特殊な, 玩具に, 理由として, 生産的に, 疑う余地, 疑った, 病院に, 痛感した, 発表した, 登って, 白状する, 的確に, 皿に, 目ざして, 直ちに, 看板に, 真にうけ, 真正面から, 真直ぐに, 眺める, 眺めること, 着るの, 着込んで, 知ったので, 知った以上, 知つて居, 知りたいん, 知りたかった, 知りませんでした, 知り度, 知る必要, 知る方法, 破つて, 破ること, 示すこと, 祝って, 神に, 神様に, 私と, 私達は, 称して, 空に, 突っかけ, 筆記した, 答えて, 米友は, 紙の, 統一し, 絶対に, 縫って, 繞って, 繰りかえした, 纏めて, 翻訳する, 考えた, 考えても, 考えるため, 考へること, 聞いたもの, 聞いた者, 聞かされるの, 聞かなければ, 聞きつけると, 聞きました, 聞くもの, 聞く度, 聴きに, 背中の, 脱ぐと, 膝に, 自慢する, 良いこと, 芸術の, 苦痛に, 茶碗に, 蔽うて, 薪に, 行うの, 行ったの, 袂へ, 袋の, 裏切るよう, 裏書し, 補うため, 襖の, 要求した, 見せつけられて, 見せると, 見たいもの, 見た一人, 見つめたまま, 見て取ると, 見ぬいて, 見るが, 見るもの, 見るやいなや, 見上げました, 見事に, 見届けてから, 見物した, 見破ること, 見送り, 見逃して, 覗いた, 解くと, 解釈し, 解釈する, 言ったこと, 言っても, 言ひ出した, 言わずに, 言出した, 計画し, 訊かれると, 訊き度, 記念する, 訴えて, 試みようと, 話したの, 話しました, 認めざるを, 認めようと, 語った, 説明しよう, 読み終って, 読んでも, 證據に, 警察へ, 警戒した, 讀んだ時, 貪るよう, 買い取って, 買つた, 超越し, 超越した, 越えると, 足で, 踏台に, 身体の, 迂濶, 述べること, 追いながら, 追う, 追っかけた, 追つかける, 追つて, 追求し, 追究し, 追蒐, 造って, 過去の, 遠くの, 遮つて, 避けようとして, 鍋へ, 開いたの, 防ぐよう, 防ごうと, 隔てて, 隠そうとも, 隣りの, 面白いこと, 面白が, 預けて, 顧みて, 飛行機に, 食いながら, 飯の, 飲めば, 首の, 馬と, 馬鹿に

3 [1370件 抜粋] あいずに, あたしが, あたりまえの, あの娘, あらわに, いい機会, いうな, いそいで, いれて, いろいろの, うけとった, うるさいと, おいて, おしました, おめ, おろしました, お報ら, お父さんが, お知り, お耳, お許しに, お返しする, お鳥, かきわけて, かくそうと, かぶると, きいたり, きかれると, くり返した, くれて, こちらから, こなして, この場, この少年, こばむこと, こんな風, さえぎろうと, さがしだして, ささげて, しいて, しない, しまいまで, しみじみと, しようと, じっと抑え, すすめた, すべての, するのに, せずには, そうさせない, そのまま鵜呑み, それと, たしかめに, たずねた, たべると, ちぎって, ちょいと, つかむと, つとめて, とめました, とやかくいう, とりに, どうとった, どこかの, どれ程, なさなければ, なでて, のぞきに, のべて, のぼるの, はっきりさせる, ひいて, ひとめ見た, ひらいた, ふせがなければ, ほじくり出して, ほんとうだ, またこの, また他, また私, まねたもの, みること, もぎ取ろうと, もとめて, やめた, やります, よむと, わけて, われらの, クルクルと, トランクの, パッと, メッキだ, 一つお, 一に, 一年の, 一枚ずつ, 一見し, 三人の, 三度も, 下段に, 不思議がった, 不思議そうに, 与えること, 世の中に, 世間は, 中止する, 事もなげに, 二人が, 云いだしたの, 云いに, 云い出すと, 云う前, 云つ, 享楽し, 人形の, 人質に, 今はっきり, 今俺も, 仏壇に, 他人事, 伝えること, 体の, 体験し, 何処へ, 作るに, 使うこと, 使った, 保って, 保証し, 信じきって, 信じないの, 信じようとは, 俺の, 側に, 償って, 兄の, 先刻から, 全国の, 兩手に, 内から, 再現する, 冷かに, 凝視めて, 出そうと, 分って, 切りは, 切るの, 初めとして, 利用すれ, 制止する, 割って, 創造した, 助けたの, 包んだ, 半分に, 単純化し, 又た, 反対に, 反駁する, 取らうと, 取り卷いて, 取り返そうと, 受けとりながら, 受けること, 受取ったの, 可能ならしめた, 右手の, 合い図, 合理化する, 名づけて, 向うに, 否認する, 吹くと, 呑む, 味わいつつ, 呼び出して, 唱える人々, 善しと, 喜んだか, 回避する, 固守し, 土臺に, 地上の, 売り物に, 外すの, 大きい声, 大勢の, 夫人は, 奥へ, 女房の, 好んだ, 妨げるため, 妻は, 嫂の, 存じて, 学んだの, 守る義務, 安全な, 完成した, 実現しよう, 実験する, 宥めるよう, 寄せ集めて, 審査し, 尊重する, 少女の, 岩の, 左右から, 差出して, 帆村は, 帰って, 幾つも, 座敷へ, 弁信は, 引き抜いて, 引っ込めるの, 強て, 強力に, 当てて, 待ち構えたよう, 後ろに, 後廻しに, 得れば, 御心配, 微笑に, 心配してる, 忍ぶこと, 忘れなかつた, 応用する, 怖ろ, 思い出しながら, 思ひ出すこと, 怠るよう, 恃んで, 恥ずかしく思い, 息子の, 悔んだ, 悲観し, 意と, 意志した, 意識しなかった, 感じたん, 憎んで, 我々に, 我慢する, 所有し, 手の, 手渡しする, 手繰って, 打消すよう, 扶け, 承けて, 把握した, 抛って, 抱えると, 抱くよう, 押えるよう, 押し止めた, 拒むの, 拒否し, 拵へ, 拾は, 拾ひ上げ, 持出して, 指しながら, 指摘した, 振り仰いで, 振返って, 捕獲し, 排斥した, 掘りだして, 掩護し, 掻きのけるやう, 握りながら, 搜す, 支えた, 支へる, 教へ, 教室で, 文学の, 断わるの, 断行しよう, 新らしい, 日の, 日本文に, 明けくれに, 昔から, 是と, 曲って, 書きとめて, 書くには, 月の, 服用する, 望んでは, 未然に, 本業に, 杖に, 枷に, 根本的に, 桜の, 椀の, 楓の, 構成し, 標準として, 機として, 次々に, 歌った, 此の, 武蔵は, 殆ん, 殺すため, 母の, 比較する, 気付かずに, 求めるため, 決めて, 法水が, 注意したら, 消そうと, 済ませて, 湯煎に, 満足せし, 濫用し, 無に, 無理にも, 無言で, 煙に, 熟視し, 燃して, 片附ける, 犬に, 現在の, 理想に, 甘受する, 用いること, 申せ, 申上げよう, 留めました, 疑う人, 癒や, 登ると, 皆さんに, 目を, 直そうと, 相談しよう, 眺めました, 眼を, 瞬間に, 知ったとき, 知った彼, 知つた姥で, 知らない人, 知らぬでは, 知りそれ, 知りたくて, 知りも, 破ろうと, 確認した, 示すの, 祖父は, 私たちは, 私達の, 空想する, 突いて, 突きとめて, 窺って, 笑った, 箱から, 籠の, 終ると, 絶対的に, 練習し, 繰り返すよう, 罷めて, 美の, 老人は, 考えまいと, 考え出すと, 考へれば, 聞いたお, 聞いたん, 聞きすてて, 聞きとがめて, 聞き流しながら, 聞くだけの, 聞く機会, 聴き入れなかった, 聽き流し, 胴忘れし, 自らの, 自分も, 自動車に, 舁が, 色々と, 花の, 苦しんで, 草稿に, 蝋燭の, 行ふ, 被って, 補って, 西の, 見さだめてから, 見せまいと, 見せろと, 見たくて, 見たとたん, 見たり, 見た男, 見た途端, 見つつ, 見つめること, 見と, 見ないふり, 見のがしては, 見まいとして, 見ましょうよ, 見ようとは, 見るという, 見る時, 見上げながら, 見付けたの, 見守つて, 見届けると, 見殺しに, 見込みて, 見逃すはず, 見附けると, 親方に, 観察した, 解決しなけれ, 言い出そうと, 言うわけ, 言つ, 言つて貰は, 言わないの, 言われちゃ, 言出さず, 訊き出すん, 許さないの, 許可した, 訴人した, 評して, 詮議し, 話さなければ, 話そうと, 認識し, 語るには, 説明したい, 読み下して, 読むため, 読んだの, 調べあげて, 諸君は, 護送する, 讀んだ, 責める, 貰ひ, 買った, 買った人, 賞める, 購買する, 踏臺に, 蹴って, 軽視し, 辞退する, 返しに, 追い払って, 逃げて, 通ると, 運搬する, 過ぐれ, 遠慮し, 適宜に, 適当な, 避けながら, 避けること, 避けるやう, 金の, 開いたが, 開こうと, 防がうと, 阻止しよう, 除くと, 隠すの, 隣の, 雀が, 電車の, 非難し, 革命の, 順序を, 風が, 食うと, 食べました, 飮み, 養うに, 魚が, 麓と, 默つて聽い

2 [4136件 抜粋] 〇五だけ, あたりまえな, あやす女, ある程度まで, いうならば, いさぎよしと, いちいち算へた事, いまの, うけが, うち消した, おうち, おぬ, おやり, お前さんが, お婆さんは, お教え, お知らせに, お話ししよう, お隠し, かぎながら, かの女, がんりきの, ききなさるか, きみは, くちばしで, ぐるぐると, こつそり, この土竈, この机, これからお話, こんな所, ご相談, さしおいて, さまざまの, したわけ, しばしば他, しりぞけて, じっと見た, すぐ目, すっかりわすれ, するならば, そうとも, そのまま許宣, そらすよう, たいせつに, ただ一人, たべました, だれに, ちょっとお, つきぬけて, つまみ上げた, とめ, とりあげると, どうしてか, どうしよ, どう判断, どう慰めた, どんなふう, なし得ない, ななめに, ぬがせて, のみ込んで, はずしに, はねのけようと, ひったくるよう, ひょいと空中, ふむと, へんに, ほとんど気, まぎらすよう, またあの, また二つ, また彼女, また養われ, まもって, みんな一緒に, もう一つ, もっとよく見よう, もらうこと, やぶって, やりますよ, やる者, よいしお, よく原稿, よく読ん, りっぱな, わざわざ硬く, カルテに, クリヴォフ夫人は, ジャン・ヴァルジャンに, タヨリに, ノートに, ヒョロ子は, マトモに, 一々ここ, 一つ一つ数える, 一個の, 一度見る, 一服し, 一生けんめいに, 一般に, 一通り理解し, 三輪の, 下で, 不器用に, 不満に, 世界の, 中央の, 九鬼やなんかの, 予算に, 二十を, 云い出したので, 云はせる, 亡父の, 人前に, 人類が, 今彼は, 今茲で, 仕立てて, 仰有って, 伯父に, 何うして, 何者にか, 作るには, 使ったの, 促して, 信じさせること, 信じようとさえ, 信ずる, 信一郎は, 修繕し, 傍観する, 僕と, 充たして, 入り口の, 全的に, 共にする, 冊子と, 写生する, 凌駕し, 出されで, 出版する, 切ったの, 刎ね, 別々に, 利用せん, 剥ぐと, 助けては, 動かすに, 勤めて, 千切って, 卑しん, 印度語に, 参照し, 友の, 取ったらいい, 取り出すと, 取り除いて, 取ッ, 取扱ふ, 受けとつ, 受ける, 受け取ったが, 受け止めて, 受取るなり, 口外しなかった, 古代の, 叩き返して, 叱りは, 合点の, 向けながら, 否定なさいます, 呑んだため, 呼び止めて, 命ずる, 咎めれば, 問いただすこと, 喜ばぬ筈, 喰べながら, 嘲弄する, 四五人で, 囲炉裏の, 土の, 垂直に, 堪へて, 声援する, 外国に, 夢うつ, 大匙二杯, 大阪の, 夫が, 失ふこと, 奪い取って, 女中の, 好むの, 妨げるの, 妾一人の, 婆さんが, 嫌った, 子供と, 学士の, 宋の, 宜道, 客に, 家から, 寝床の, 寫して, 尊敬し, 小わきに, 小説として, 少年の, 岸本の, 巧妙に, 巻きながら, 師匠は, 平気に, 広めて, 建て直すの, 弄びながら, 引き上げたが, 引けば, 引出した, 引捕え, 強調する, 形容し, 待ちうけて, 待つこと, 得たの, 御存じの, 御願い, 心から受け容れた, 忘れたこと, 忘れる事, 思いとどまった, 思い出す毎, 思うだけでも, 思ひますと, 思ひ立つた時, 思出に, 怪しんだ, 恋愛は, 恥ぢて, 悔いた, 悟ること, 悲しく思う, 意識から, 愛する側, 感じただけでも, 感じるので, 慮って, 憶い出し, 懸命に, 戸口から, 手にと, 手掛けた髪結, 手近に, 打明け兼ねて, 払いのけた, 扶けた, 承わりとうございます, 抑制しよう, 折りたたんで, 抱きかかえて, 押えるの, 押しつけて, 押し返そうと, 押分けて, 拒むだけの, 拝する, 拭くこと, 拾いあげた, 拾い取った, 拾ひ上げた, 持ち上げた, 指ざし, 振り出しに, 振り放そうと, 挽臼で, 捜索する, 掃くよりは, 排除し, 採掘し, 掴むこと, 揉んで, 提げたま, 揺り動かしたとき, 摸造した, 擲って, 支配人に, 救った, 敢へて, 文章に, 断ったの, 新聞で, 日本的に, 早めたに, 是認した, 曲者の, 書かずに, 書くについては, 最も多く, 朗読した, 望んだ心もち, 木村に, 本郷三丁目の, 東京に, 果たした, 根掘り, 棺の, 極端にまで, 榎本君に, 橋の, 欲しがる, 止め, 止めようとは, 正面の, 殺すこと, 毎日見せつけられ, 気付いて, 水木顔と, 求めなければ, 決めるの, 治療する, 注意深く元, 浅草紙で, 消極的に, 済ませてから, 湯に, 滑稽にも, 潔しと, 炉に, 無意味に, 無遠慮に, 煎じて, 爆発の, 片ッ端, 物語つてゐた, 犯人の, 獲って, 現はさ, 理想として, 生かせるに, 用いる, 由子は, 申上げない, 留めて, 當然の, 疑や, 発展させ, 発音する, 皆, 盗み出すこと, 目印に, 直視し, 看護し, 真似た, 真実の, 眺めてを, 着せると, 矛盾とも, 知つてゐたら, 知らせなかった, 知らないだけの, 知らぬ顔で, 知りぬいて, 知る筈, 砕いて, 確かめたの, 確めようとも, 社会的に, 禁じられて, 秦は, 空耳に, 突き留めて, 立って, 笑いに, 笑顔で, 箪笥の, 粗野と, 納得し, 紛失した, 紹介する, 結へ, 続かないと, 総称し, 縁故に, 繰り返しました, 美しくさせ, 習って, 考えたが, 考えました, 考へる, 聞いたるん, 聞かされると, 聞きすましでも, 聞きましょう, 聞く三輪, 聴かないふり, 肩から, 背景として, 脇へ, 腹の中で, 自分と, 自由自在に, 舞台に, 艶や, 若狭盆に, 茲に, 葉子に, 蛇の, 行つてゐた, 表現したい, 装って, 補充する, 覆す証拠, 見すました仙太郎, 見せ槍, 見たならば, 見た時私, 見た閻魔大王, 見つめる, 見また, 見られること, 見る機会, 見出したの, 見届けるため, 見損, 見破つた親分, 見送ろうとも, 覘って, 覚悟し, 観ると, 解体し, 言いながら, 言い出しては, 言うほど, 言っちゃ, 言はれた, 言わせるの, 言出される, 訊くん, 訪ねること, 許宣に, 評価する, 話す時, 誇大に, 認めぬでは, 語つてゐた, 語ろう, 説き明す, 読みました時, 読み終ったところ, 読んだ記憶, 調えて, 論議し, 謝絶し, 警戒する, 豫期した, 貯へて, 貴樣, 買つ, 走らせた, 足場として, 踊り子の, 身投げに, 輕, 近江屋の, 迷信だ, 追って二人, 逃がして, 通過し, 運び兼ねたが, 道具に, 遣る, 遮ろうと, 避けてか, 避ける事, 酒ぶとりである, 金持に, 銜えて, 鑑賞し, 閉めた, 開けたとき, 開拓しなけれ, 防禦する, 除し, 隠しても, 集めに, 青年の, 面白いもの, 音として, 預つて, 頼母は, 顧みずに, 食うもの, 食べるかと, 飲まなければ, 養うべき食物, 駄目だ, 黒シャツの

1 [33889件 抜粋] ああいう, あさましいと, あてはめて, あの海岸通, あらかじめ三十, あんがいぼんやり, いい得たつもり, いきなり扇, いただきますよ, いったので, いまいましく思う, いやとは, うけ入れかねる, うつむき加減, うるさく思ひ, おさえつける, おっしゃらないで, おもつ, お前役人が, お寺の, お父さんまで, お蝶, お雪ちゃんを, かくかも, かってに, かわされたの, きかせたくも, きの, くつ, くわしく伺っ, こうして歓待, ことごとく書く, この先生, この遠い, こんな話, さう重大, さしたるもの, さとったの, さらに風呂敷, したため, しなびさして, しらべました, じっと踏み締め, すぐ火桶, すっかり脱い, すりぬける手段, せつせと, そっくりその, そのままお, そのまま袂, その灰, そんなに強く怖, たしかめも, ただ声, たべた, ちゃんとやっ, ついでに, つき出した, つっつけば, つよくつよく感じ, ときどきうす黒い, とやかく気, とり巻く左膳, どうして君, どう乗越え, どけろどけて, なおしたの, なさいました, なぜ俺, なんだい, ぬすみに, のぞむの, はじめてわが, はっきり見定め, はるばる厳島, ひしひし感じる, ひと抱えかかえ, ひろいました, ふって, ぶっ叩い, ほのめかしたから, まいて, またかく, また二階, また強く, また畳, また高く, まつすぐ, みがこうと, みとりが, みんな善い, むしり取るよう, もう一度すっかり消し, もちこたえること, もともと通り積み上げ, やったでしょう, やめたこと, やりすごして, やるんで, よいよう, よく知らないであろう, より純粋, わざわざわかれ, アスナロノヒジキと, ウロウロ狼狽, ガクヤに, グッテンベルガー事件に, ザット一日です, セッセと, テンパンから, ハエの, ヒタ隱し, ブリキ板ごと前の, ポツポツと, ヤーフに, 一々, 一々言, 一つ一つ聴い, 一万や, 一字, 一心不乱に, 一杯あけさした, 一疋ずつ, 一遍並み見渡し, 三七郎は, 三本の, 上流へ, 下郎だ, 不自然な殺し, 両断し, 丹女に, 乗客の, 予測する, 二三本出す, 二枚に, 云い表わすもの, 云へ, 些か誇, 人情と, 今さら追, 今度本に, 今気づいた, 仕事に, 代理する, 企てたという, 伝え聞く輩, 佐野家では, 何ものにも, 何時見た, 作らせる社会, 使い水として, 侑めに, 保養と, 信じるからには, 信者に, 借方へ, 傍耳に, 償い返す間, 先づ家の, 入れたる長持, 全然聞い, 公けに, 兵馬の, 再び使者, 写し取ると, 出さなかった, 分け与えて, 切り拔, 判断するであろう, 制しよう, 前回から, 力いっぱい遠く, 助けんとして, 動揺する, 包んだの, 十個に, 千種忠顕の, 単なる知識, 即興に, 厳格な, 又当り前, 反覆する, 取りつくろう余地, 取り圍む形, 取り調べると, 取圧, 取締るべき, 受けとめるべく米友, 受け取った先生, 受信しない, 受取る勇気, 古代と, 可笑しが, 各時代, 名づくべき, 君公の, 吸込んで, 告げられた瞬間, 味わう気, 命の, 唯そんな, 啜って, 喜んじゃ, 嗅ぎ出し長い, 噛む顎, 回避し, 國民性又は, 地金と, 基本として, 塗つて置く, 売らないと, 外した丑松, 夢みる, 大事相に, 大掴, 天狗に, 奇妙不思議な, 奪ろうと部屋中, 好むこと, 妾宅だ, 嫉んで, 字で, 守つてゐる, 宗兵衛は, 実現できなかった, 客観化し, 容るる, 察したので, 封じ込めて, 導く, 小次郎から, 少し用い, 屑とも, 崩れて, 差し込む, 希ったり, 干渉し, 幸福にでも, 広間の, 廃止しよう, 弁別しない, 引き下して, 引っかける鉤, 引合に, 弦の, 強めるよう, 当込みて, 往々に, 待つよう, 徐州へ, 御存知ありません, 微笑を, 心楽み, 忘れかけては, 快しと, 思いつかないだけの, 思い出に, 思はせるばかりの, 怠けて, 怺へて, 恥ずかしがっ, 悔しがっ, 悪縁に, 惡い, 意表の, 感じ, 感じ一つ, 愧じ, 憎む人, 成しとげた, 或日本, 手下の, 手枕の, 打ち割つて, 打つ, 払う何物, 承服しました, 抑へた, 折り箱に, 抱きかかえたレミヤ, 押さえつけて, 押し戻して, 拂う, 拒んだら荊州全体, 拡大し, 拾い取ろうと, 持たぬもの, 持ったところ, 指揮さえ, 振り回す, 捌いて, 捧げる真似, 排列する, 採掘する, 探偵小説好きの, 掴むのぢ, 描き出すに, 揮います, 撃ち殺しました, 擔いでいる, 支柱に, 放すん, 救おうとして, 敢えて実行, 敷石の, 断ち切るよう, 新撰組が, 日の入りには, 早く考えなけれ, 明暦義党とやらの, 時々出し, 暫く来, 更年期に, 書きしるす国字, 書き記すには, 最も怖, 有難がるでも, 朝晩見なれ, 本当である, 束に, 果したこと, 根から覆さず, 棄てた, 極めて当然な, 樂し, 檢討しよう, 歌つた松尾桃青の, 正しくする, 武士どもは, 残らず金, 毀すこと, 毛物の, 気安い事, 求めたの, 決するには, 沾っては, 洗い立てた上, 浅ましい俗, 涙が, 混ぜるの, 渡しまたそして, 満せない, 演壇の, 濡らした水, 為しとげる気配, 無気味に, 焼き棄てて, 熱いと, 片はじ, 特に感謝, 狩猟し, 率先し, 球台の, 生い立たせて, 生命と, 用いるには, 申しませんでしたし, 畏れない, 疑ったこと, 癪に, 登る手段, 百面相の, 盗みでも, 目よりも, 直助, 看護人が, 眠つたふりを, 眺め迎える, 着込んだの, 知った後, 知つてゐました, 知らせるのみ, 知らぬでも, 知り六十万石, 石で, 破れず東京, 磐治は, 祕密に, 禁じようと, 科に, 積みこめば, 穿鑿する, 突然怒り出す, 立聞きする, 第三, 米友さんが, 約束する, 素足に, 組合せて, 統一させ, 続けたの, 練り合わせた塗抹剤, 繕いに, 繰返すばかり, 美しい衣服, 習う事, 考えたら私, 考ふべきで, 聞いたこの, 聞いた大久保彦左衛門, 聞いた馮大監, 聞きすごしたもの, 聞きラレイ, 聞き込んだ役人たち, 聟方に, 聴こうか, 肯定しよう, 脚色させ, 臣節と, 自国の, 臺所に, 色々応用, 若芽の, 茶碗にかけて, 落とした人, 蔽ふために, 虫眼鏡で, 行っては, 表現出来ず, 裏切る武蔵, 褒めると, 見いだされるであろう, 見ず, 見せ場と, 見たら心あたり, 見た室内, 見た著作家, 見つけた者, 見てよ, 見は, 見るパリー人, 見入った, 見屆, 見比べると, 見誤って, 見逃そうぞ, 覚つた瞬間, 観客に, 解決するだろう, 言い出せずに, 言ったら説明, 言われいそれ, 訊きに, 訝る者, 許す可, 試みさせるの, 話した時, 誇りとは, 認めるよ, 語り出す表情, 説き遂に, 読み上げる, 読むまでも, 読破しよう, 談話体に, 謀反人扱いに, 護るやう, 豚共の, 責めるとか, 買いますのに, 買わされる方, 賭け札, 起しに, 路傍の, 踏んだかてさ, 軍資金として, 輸入するであろう, 迎える親たち, 迫ったと, 追い立て追い立て追い立て城方, 追って掴まえた, 追求させなかった, 逃げたい孤独, 通り越した人々, 連載する, 運河, 遠まき, 選ぶ決断, 郡代の, 重ね寛濶, 金色の, 錦の, 長く尊敬, 開くとき, 防がうとして, 降りれば, 際立つて, 集めるの, 電離し, 面白いと, 預かると, 頼宣卿お, 風呂敷包みの, 食ったなか, 食べ畢つた, 飲むにすら, 館の, 驕慢の, 高貴な, 黄昏せまれる

▼ それ~ (57400, 14.9%)

712 ために 396 どうした 369 私の 246 彼の 228 自分の 185 しの 184 しは 152 すむと 142 しが 141 済むと 125 気に 124 いい 114 ある 111 非常に 108 何の 101 一つの 98 彼女の 95 私には 90 人間の 79 何である, 終ると 76 為に 75 今は 74 何か, 私に 72 僕の 70 今の 69 本当の 68 今日の 67 出來, 急に 63 しに 60 しを, 如何に 59 なんの 57 何に, 少しも 56 ためには, ない 55 今では 53 不思議な, 第一 52 他の 51 なければ, 一種の 49 何を 48 何うし 47 唯一の, 日本の 46 女の, 彼には, 普通の 45 何かの 44 わかって 43 最後の 42 あなたの, 例の 40 お前の 39 何よりの 38 私を 37 人の, 君の, 心配で, 或る 36 だんだんに, もとで, 本当なら 35 今日は, 自分に 34 あるから, どうかした, 二人の, 眼に, 自然に 33 だん, 出て 32 あると, 何だ 31 い, どうだ, わからないの, 妙に, 彼等の 30 分って 29 あるの, この頃, ほんとうに, 彼らの, 母の, 父の 28 あるので, いいそれ, いいわ, どんなもの, 当然の 27 いつまでも, ほんとうの, わたしの, 僕には, 妙な, 彼を 26 その, なんである, 何よりも, 真の 25 どういふ, よかろう, 不思議で, 事実である, 我々の, 此の, 済んで, 現在の, 自然の 24 ないの, 彼に, 後に, 最初の, 確かに 23 おれの, できないの, 本当だ, 本當, 爲めに, 誰の 22 なかった, わかる, 先生の, 原因で, 実際に, 嵩じて, 当時の, 為めに

21 [14件] いやなら, せめてもの, どうなる, なくては, なんだ, わかれば, われわれの, 不思議に, 事実だ, 今日では, 当然だ, 男の, 目に, 頭に

20 [14件] いけない, いけないの, その時, ですよ, ないと, 今まで, 出来ない, 出来なかった, 出来なければ, 分れば, 彼女を, 心配に, 自分を, 逆に

19 [12件] おわかり, ただの, です, どのよう, よい, 今度の, 何う, 僕を, 出来ないの, 変に, 私たちの, 証拠には

18 [16件] あの人, あります, それが, だんだんと, だんだん大きく, どれだけ, はっきりと, 一般に, 今度は, 俺の, 多い, 子供の, 日本に, 昔の, 殆ん, 生きて

17 [12件] いずれも, すべての, すんで, 不思議にも, 何と, 僕に, 問題に, 嫌なら, 心の, 私が, 私は, 耳に

16 あなたに, いいです, いけないん, 一つに, 事実なら, 大変な, 大變, 消えて, 縁で, 自分には

15 [33件] あった, いいと, ここに, できない, できれば, どんなこと, またこの, よくわかる, わかった, 一番いい, 世間に, 事実と, 今も, 分らないの, 判れば, 取りも, 吾, 問題だ, 完全に, 家の, 容易に, 当然な, 彼女には, 心に, 必要な, 手に, 昨日の, 毎日の, 無い, 爲に, 現実の, 立派な, 習慣に

14 [18件] あつた, きっかけで, すぐに, できなかった, また私, やむと, 一定の, 今に, 去年の, 單に, 変な, 明らかに, 消えると, 現代の, 生活の, 癪に, 終って, 証拠に

13 [22件] あたしの, いまの, しども, そうは, とりも, どういうわけ, どういう意味, どうでしょう, どこに, わからない, わかるの, わたしに, 世界の, 人生の, 他人の, 何であった, 何であろう, 反対に, 娘の, 意外にも, 文学の, 次の

12 [39件] いつでも, いつもの, いまは, この場合, しと, すんでから, た, どうし, どれも, なんでも, なんに, ほんとの, ぼくの, よろしい, わかります, わかると, 一人の, 一般の, 主人の, 人間に, 今年の, 何んの, 何故に, 偶然にも, 出来ると, 出来れば, 分ったの, 口惜しくて, 始めて, 嬉しかった, 必要である, 気にな, 私達の, 続いて, 縁に, 聞きたい, 自分でも, 自己の, 身に

11 [36件] あの女, あるよう, あんたの, いいでしょう, いけなかった, いつの, いつまで, お前に, この事件, どうしました, どうにも, どこから, なにより, また非常, わかったの, 一度に, 一緒に, 何時でも, 全体の, 出来るの, 可能な, 因で, 夜の, 嬉しかつ, 最後に, 朝の, 氣に, 済んでから, 秋の, 立派に, 第二, 縁と, 追, 非常な, 頭の, 顔に

10 [46件] あの, おかしいの, おめ, できると, できるの, どういうこと, どうして, どうしても, なかったら, ひとつの, へんに, また彼, よかった, よくない, よろしゅうございます, わからないから, わかりました, わかりません, 世間の, 今夜は, 何者である, 俺には, 兄の, 分らない, 分る, 判って, 口に, 可なり, 右の, 君に, 問題な, 後には, 悪かった, 止むと, 現実に, 癖の, 真実の, 知りたいん, 社会の, 落ちて, 見えて, 見て, 解らないから, 評判に, 誰だ, 雪の

9 [68件] あいつの, あること, あれば, いいだろう, いいの, いやに, きっかけに, きみの, こちらの, この, この家, そうでない, ただ一つ, ためであった, できないと, できなければ, どうだろう, どれ程, また不思議, わかったので, わたしには, イヤなら, 人々の, 人を, 人生だ, 今でも, 今日に, 今日まで, 俺を, 偶然の, 分らないん, 分ると, 前の, 動機と, 十分に, 却て, 厭なら, 問題の, 夢だ, 大切な, 実在の, 少しずつ, 己の, 当って, 彼女に, 心配だ, 悲しかった, 新聞に, 明かに, 最後で, 本当な, 次郎, 死んで, 現われて, 當り, 癖に, 真実である, 知りたい, 神の, 自分で, 行われて, 話の, 誰である, 誰にも, 過ぎると, 邪魔に, 部屋の, 間違って

8 [77件] あなたを, あの方, あるという, いいこと, いいよ, いちばんいい, いったいどうした, いつとは, いやだ, おわると, この世の, これほど, しには, そこに, できて, ですね, どうしたい, どうな, どうも, どう云う, どこへ, どのくらい, ないので, ほんとうなら, まこと, また彼女, また自分, よくわかっ, 不思議でなりません, 事件の, 二つの, 二人を, 人間を, 何んと, 出来て, 初めから, 原因と, 可笑しくて, 夢の, 好い, 妾の, 嬉しくて, 存在する, 存在の, 実行に, 少しでも, 当然である, 恐ろしいの, 成功した, 支那の, 最初に, 月の, 本当である, 本来の, 欠けて, 正しいこと, 正当な, 武士の, 歴史の, 歴史的に, 段々と, 永久に, 無事に, 真実だ, 知りたいの, 私と, 私自身の, 聞えたの, 胸の, 若い女, 解れば, 詩の, 闇の, 静かに, 風に, 風の, 駄目な

7 [138件] あたりま, あったの, あの時, あるん, ある時, いいや, いかん, いけなければ, いは, いまでは, おかしいん, お気に, ここで, この時, この男, しから, すつかり, そうである, そのお, そのま, その人, その日, ための, だれである, できるという, どういうもの, どうかしました, どうです, どこの, どんな事, どんな形, どんな風, ないから, なくて, はっきりし, はつきりと, また何, また妙, わかつて, わからないと, わしの, わたくしの, 一と, 一の, 一体どうした, 一時に, 一番よい, 上の, 不可能である, 不幸にも, 不思議でならない, 世の, 二つに, 人に, 今までの, 他に, 伸子の, 何だろう, 何でも, 何も, 何ん, 何人である, 俺に, 偶, 全くの, 具体的に, 出来ないと, 出来ないという, 出来上ると, 分るの, 初めは, 半七, 博士の, 厭だ, 又, 口を, 可能である, 合図の, 向うの, 周囲の, 問題である, 嘘だ, 多くの, 多数の, 夢である, 大人の, 夫人の, 宜い, 帰って, 幾分か, 当り前な, 必要だ, 怖ろ, 悪いと, 持って, 日本人の, 早くも, 昂じて, 昔から, 東京の, 楽しみだ, 民衆の, 気に入って, 気の, 氣にな, 水の, 無かった, 無ければ, 無数に, 特殊な, 現れて, 現実である, 現實, 皆な, 目の, 目的では, 目的の, 真実なら, 真理である, 社会に, 科学の, 結局は, 絶対に, 美の, 習慣と, 自然と, 芸術家の, 西洋の, 見事に, 貴方の, 転じて, 近頃は, 過ぎて, 重大な, 間違つてゐる, 静かな, 非常の, 顔を

6 [203件] あたりまえの, あの男, あらわれて, ありません, いいかも, いいね, いいん, いけないという, いけなかったの, いけねえ, いろいろの, ええ, お互, お前を, お高, きょうは, こ, この句, この本, さ, し, しとて, しにも, しょうこ, し自身, すめば, そうで, その夜, そもそもの, たがいに, たった一つ, たと, ためか, ためである, ちよつと, ついて, つまりこの, できないで, できなかったの, できるくらい, どうかする, どうしてお, どうで, どうなっ, どうも気, どこで, どこにも, ないん, なか, なくなると, なぜだ, なによりも, なにを, なんであろう, ほかの, ほんた, ほんとうな, また, またいかにも, またどうして, また一つ, また気, まちがって, みんなの, もつと, よくわかった, わからなかった, わかるよう, わたしたちの, ハッキリと, 一体何, 一個の, 一番い, 一番だ, 一番の, 一面に, 三月の, 下の, 不可能だ, 不思議だ, 不意に, 中, 事実であった, 事実な, 事実に, 人間な, 今この, 仕事の, 以前に, 仮りに, 何だらう, 何んな, 何時までも, 何等かの, 全部の, 冬の, 凡ての, 出来ないから, 分った, 判らない, 前に, 動いて, 又不思議, 古代の, 同じよう, 嘘である, 土地の, 夏の, 大事な, 大抵は, 大違い, 夫の, 夫婦の, 失敗に, 女である, 実際の, 室の, 左の, 年の, 年を, 幸いに, 幾度も, 店の, 当り前の, 彼にとっては, 彼等に, 彼自身の, 往来の, 心を, 心配な, 思いも, 思うよう, 悪いの, 悪かつ, 意識に, 意識の, 愛の, 感じられて, 成功し, 成功する, 成長し, 我々を, 政治の, 文化の, 日に, 日常の, 明治に, 普通な, 普通に, 書かれて, 有名な, 次から, 次第に大きく, 正直な, 正確に, 残って, 氏の, 江戸の, 汽車の, 済めば, 渠の, 火の, 無いの, 物の, 犯人だ, 生命の, 異常な, 異様に, 直ぐに, 直接に, 直観である, 相手に, 相手の, 知りたかったの, 知れると, 私にも, 空の, 簡単に, 純粋な, 紛れも, 聞えた, 聞えて, 腑に, 自分と, 自己を, 自然である, 船の, 良人の, 芸術の, 苦に, 葉子の, 解って, 身の, 近づいて, 途方も, 過去の, 金の, 間違いの, 雨の, 露骨に, 青年の, 面白さ, 飛んでも

5 [239件] あたくし, あたって, あたりを, あったから, あって, あまりにも, あるか, あるため, ある種, あれの, いかなるもの, いつかは, いつ頃, おいらの, おのづか, お分り, お前さんの, お絹, かの女, かれの, きっかけの, きょうの, こっちから, このよう, この上, この人, これからの, こんなこと, さうし, しとは, しと共に, しなど, しへ, そういかない, そうじゃ, そうだ, その場, その通り, たいへんな, だ, だめな, だんだんこちら, できたの, できる, できるか, で御座います, どういう風, どうしてこんな, どこかで, どこまで, どんなにか, ないとは, なくなって, なぜか, なによりの, なんという, ひとりで, ふしぎな, ほんとうだ, ぼんやりと, まあ, まざまざと, またお, また何とも, また実に, もし事実, もとに, やつと, よくわからない, わからないので, わからなければ, わからんの, わたしを, ハッキリし, パッと, 一ばんいい, 一人で, 一向判りません, 一枚の, 一番よ, 一番大切な, 一転し, 下へ, 不可能なら, 不安に, 不平で, 不幸に, 不思議でならなかつた, 事実か, 事実で, 事実であっ, 人情だ, 人間である, 人間として, 今から, 今後の, 以前の, 仲, 何という, 何よりです, 何んだ, 何度も, 何物である, 何程の, 何等の, 余の, 作家の, 俄かに, 僅かに, 元で, 先づ, 先生に, 入口の, 冬に, 出来る, 分らぬ, 初めてだった, 初めての, 判らねえから, 判る, 判ると, 刻々に, 又何, 合図だった, 君を, 問題だった, 問題です, 図らずも, 国家の, 地に, 地の, 基で, 外の, 多くは, 多分に, 夜に, 好きだった, 実現される, 客観的に, 尊氏の, 岩の, 左右に, 巧く, 幾日も, 庭の, 彼らに, 彼らを, 後にな, 後の, 後世に, 得意で, 心配だった, 必然的に, 必要だった, 必要なら, 息を, 悪いこと, 我々に, 我ながら, 日を, 明治の, 昔は, 春に, 昨年の, 晴れると, 暫く続い, 更に進ん, 書いて, 最初からの, 最初で, 月光を, 有つ, 村の, 根本の, 案じられて, 機縁に, 武蔵の, 気がかりで, 気がかりに, 気の毒な, 汝の, 決定的な, 漸次に, 濟むと, 無いと, 無数の, 生れて, 當然の, 病気に, 発生する, 盛んに, 相当の, 眞の, 真実に, 眼の, 知りたいと, 知り度, 石の, 確かな, 礼に, 祟って, 私にとって, 突然に, 窓の, 終わると, 耳について, 聽き, 自分自身の, 自然だ, 自然な, 自由に, 舞台の, 色々の, 芝居の, 芽を, 若しや, 行は, 行はれ, 見える, 見る見るうち, 見る間, 詩である, 誰で, 變な, 貴女の, 貴方に, 近代の, 近所の, 途中で, 適当な, 霧の, 静まると, 面白いと, 面白いので, 頭を, 額に, 餘り, 馬鹿に, 鼻に

4 [454件] ああし, あたりまえだ, あったので, あとから, あなた, あなたには, あの子, あべこべに, ありありと, ありは, あればこそ, いいで, いかにも自然, いつも同じ, いづれも, いやで, いやな, いよ, うまくいったら, うまく行かない, うまく行け, うるさいので, おかしいと, おかしかった, お上の, お互に, お前たちの, お解り, お通, かくも, かつての, かれら, きっかけと, きつかけ, こうな, ここの, ここへ, ここまで, こちらへ, こっちの, このお, このお話, このごろは, この世の中, この作品, この土地, この日, この時代, この物語, この町, この社会, この私, この辺, これまでの, こんどは, さあ, しまいには, すこしずつ, すなわちこの, すべてでは, そうなっ, そうならない, そう簡単, そのままに, その後の, その瞬間, その頃, たとへ, たのしみで, ためで, ためです, ちやうど, つまりは, できないから, できないという, できるならば, できるよう, どうしてか, どうしてこの, どうして知れた, どうであろう, どうと, どうも不思議, どうも僕, どうも私, どうも腑, どっちだ, どのやう, どの位, どの様, どの程度, どんなに美しい, どんなふう, どんな種類, なかったなら, なかなかの, なくなつた, なにかの, なんだろう, なんらの, はいって, はじまると, はたらいて, はつきりした, ひどくなっ, ひどく気, ほしくて, ほんとうは, まず第, またある, またその, まただんだん横, またどうした, また他, また大, また大変, また恐ろしく, また最も, まるで, ものの, やっとの, よいと, よいの, よくなかった, よく見る, わからないん, わかりさえ, わかるか, わかるん, わたくしには, われわれに, アメリカの, イデオロギーである, オレの, スーッと, ソノ, プロレタリアの, ロシアの, 一かたまり, 一つ残らず, 一人や, 一層彼, 一年の, 一座の, 一方に, 一日に, 一昨日の, 一本の, 一様に, 一番好い, 一直線に, 三つの, 不可能であった, 不可能な, 不思議だった, 不思議です, 不思議でならなかった, 不思議でも, 世の中だ, 世界に, 事実でない, 二度三度と, 云わば, 五月の, 京都の, 人工心臓な, 人生に, 人間と, 人間という, 人間生活の, 人類の, 今いう, 今こうして, 今だに, 今回の, 今夜の, 今年は, 今朝に, 他人に, 代助, 体の, 何であつ, 何でしょう, 何です, 何と云, 何よりだ, 何より気がかり, 何れも, 何んである, 何時もの, 作品の, 作者の, 俄に, 個人の, 偶然に, 僕にも, 僕らの, 充分に, 全部で, 全體, 出来たと, 出来たら, 出来なかったの, 出来なかつた, 出来ますか, 出来ません, 出来るか, 分かった, 分かって, 分かる, 分かれば, 分るよう, 初めてで, 判らないん, 判らねえ, 判りや, 別の, 前から, 前にも, 危険だ, 却って彼, 原因だ, 又この, 又今日, 又大, 口惜しかった, 可い, 合図と, 君には, 周平の, 哲学の, 唯一つ, 商売の, 喧嘩の, 單なる, 嘘の, 国の, 国民の, 地獄の, 地面に, 塾の, 夕方に, 夕方の, 多いの, 夢では, 夢な, 大きくなっ, 大そう, 大勢の, 大変に, 大評判, 天才の, 夫, 女中の, 女性の, 好きだ, 如何なるもの, 妙齢の, 姉の, 始めは, 嬉しい, 子供に, 完全な, 宗教の, 宙に, 宜しゅうございます, 実現し, 実現する, 宵の, 家に, 實に, 尋常の, 少くとも, 少ない, 少女の, 少年の, 山の, 工藝の, 巨大な, 幻の, 度重なって, 弟の, 当り前だ, 当然です, 彼にとって, 彼等を, 後では, 心配である, 恋の, 恐ろしかった, 恐ろしさ, 悪いとは, 悪いん, 悪ければ, 意の, 意外に, 意外の, 感じられた, 成功したら, 戦争の, 所謂, 手紙を, 承知なら, 拙者には, 拡がって, 敵の, 文芸の, 新たに, 日の, 日一日と, 日本で, 日本では, 春の, 昭和の, 時を, 時代の, 最初から, 最善の, 最大の, 最後だ, 最後だった, 最近に, 期せずして, 本当です, 本当でない, 本気な, 本物の, 来ると, 来るの, 東京に, 果して何, 柔かな, 案外に, 機縁と, 次第, 欲しいの, 正しかった, 此頃は, 残念だ, 段々に, 段々姿, 民族の, 気がかりな, 気にか, 気の毒で, 池の, 決まると, 流れて, 流行と, 浮んで, 海の, 満足に, 源氏の, 滑稽な, 滑稽に, 濟んで, 為めには, 無限の, 爆発する, 父に, 物を, 特別な, 特別に, 独自の, 珍らしい, 現代人の, 甚しい, 甚しく, 生命を, 生理的に, 疑いも, 病人の, 病気の, 癖にな, 発展し, 目前の, 目的で, 直接の, 相当に, 真である, 真理です, 真面目な, 眼を, 知らず識ら, 知れて, 神に, 私だ, 私とは, 私どもの, 端を, 紙に, 紛失した, 素直に, 終ってから, 絶対の, 絶望と, 網の, 緩やかに, 罪に, 老婆の, 聞いて, 肉体の, 胸に, 能く, 自分たちに, 自分たちの, 自分だ, 自分に対して, 自分に対する, 良いか, 良秀の, 草の, 血の, 表現的な, 表面に, 見えないの, 見たいの, 解らない, 解らないの, 解らないんで, 言葉によって, 許されて, 証拠にゃ, 認識の, 誰であった, 誰に, 諸君の, 豹一の, 起って, 身を, 辛かった, 運命であるなら, 道徳の, 遠くから, 適当に, 重要な, 金を, 針の, 鎮まると, 鏡に, 鏡の, 長い間, 雨に, 青春の, 面白いの, 面白いん, 面白かった, 面白くて, 頬を, 飛んで, 駄目だ, 駄目なら, 高じて, 0では

3 [906件 抜粋] ああいう, あたしには, あちこちの, あったに, あとの, あのよう, あの日, あの有名, あの頃, あらはれて, あるといふ, ある程度まで, いいという, いかなる意味, いかにも自分, いくつも, いけないと, いずれとも, いつのまにやら, いやだった, いよいよ彼, うまく行っ, うれしくて, おかしいので, おまえの, おれが, おれには, お互いの, お前か, お前には, お嬢さま, お店, お筆, お菊, お銀様, お雪, かうして, かえって彼女, かすかな, かなえば, かなり長い, ききたいの, きらきらと, くせの, ここを, こちらには, こちらを, この前, この場所, この室, この庭, この書, こはい, こわいので, こんな事, さうなつ, しだ, しとても, しひとり, し一人, すぎると, すでに一つ, すなわち, せめても, そなた, そのままで, その作品, その女, その男, そもそも事の, それの, たいていは, ただしいみち, ためであろう, ためにも, だれだか, だんだんひどく, だんだん近寄っ, だんだん遠ざかっ, ちょうど私, ついには, つまり, つらかった, つらさ, できずに, できたと, できるん, でございますよ, どういう種類, どうしてだ, どうしても思い出せない, どうして悪い, どうもおかしい, どうも判りません, どうも変, どこか, どこかの, どこまでも, どの方面, どの辺, どれほどの, どんな内容, どんな結果, ない場合, なおいけなかった, なかなかむずかしい, なくな, なにか, なんであった, なんにも, はじめてで, はっきりしませんでした, ばかに, ひしひしと, ひどくなる, ひどく彼, ひらいて, ぴったりと, ほんたうだ, ほんの少し, まあこんな, またおかしい, またじつに, またたまらない, また一種, また二人, また偶然, また女, また次第に, また逆, みんな同じ, むずかしい, もう少しで, やがてその, ゆうべの, よくわからなかった, よくわかりました, よく分っ, よろしいでしょう, よろしいわ, わかったん, わかった時, わからねえん, わかるくらい, わずかな, クリストフには, トンと, ハッキリ分る, ピッタリと, ホントに, 一つも, 一切の, 一匹の, 一層私, 一斉に, 一方は, 一晩の, 一番よく, 一般的に, 一面の, 丁度その, 上から, 上へ, 下手な, 不幸の, 不思議の, 不運の, 世間へ, 世間普通の, 中途で, 了る, 事実の, 二人とも, 二人に, 二度目の, 云える, 亭主の, 人手に, 人目を, 人間は, 今夜に, 仏教です, 他殺でない, 伯父の, 伸子に, 何かに, 何かを, 何であらう, 何と云う, 何な, 何よりな, 何んで, 何処に, 何分にも, 何時に, 何時まで, 何者の, 余りにも, 作の, 使用され, 來る, 個々の, 偶然私の, 僕たちの, 兄さんの, 先に, 先生が, 兎に, 入用な, 全世界, 全部では, 具體的な, 凍って, 出た, 出来ずに, 出来ないので, 出来ないん, 出来ぬ, 出来るくらい, 分からない, 分らないから, 分らなかった, 分るもの, 切れると, 判ったの, 判らないから, 判りません, 判るまで, 刹那の, 則ち, 割合に, 動も, 動機で, 十分も, 半蔵の, 南下し, 却, 却って私, 原因の, 厭な, 又彼等, 又自分, 可笑しいの, 可笑しかつ, 右に, 各, 同時に, 含まれて, 唇に, 商売だ, 善いこと, 嘘なら, 四方の, 困るの, 土の, 地上に, 城介の, 変って, 変化し, 夕日の, 外界の, 多量に, 夜風に, 夢でも, 大へん, 大抵の, 天下の, 太陽の, 失敗した, 失敗の, 奇妙に, 女だ, 女を, 好いそれ, 好いです, 好きで, 如何した, 妻の, 婦人の, 孔子の, 存在しない, 学校の, 実に不思議, 実現しない, 実際は, 客観的な, 容易には, 實際に, 小歌の, 少しおかしい, 少しの, 屋根の, 崩れると, 川へ, 左程, 己には, 市場に, 師匠の, 平次の, 年々に, 幾年も, 当り前です, 当分の, 当然に, 役人の, 彼は, 彼奴の, 後から, 従来の, 心からの, 必し, 必要でない, 必要と, 怖くて, 思い出せなかった, 性格的に, 恋人の, 恐ろしくも, 恨めしくも, 悪い, 悪魔の, 悲しいと, 惡い, 惡かつ, 愉快な, 意識的に, 感情の, 成功しよう, 成功すれ, 成立した, 成長する, 戦争に, 戸の, 戻って, 抑, 拙者の, 揃いも, 日本と, 日本には, 日課の, 早く死にたい, 昔からの, 昨夜は, 時折り, 普通だ, 最も安全, 最上の, 最後であった, 最高の, 月光に, 本当で, 本心だ, 本音だ, 来て, 東京である, 果たして事実, 極端に, 様々な, 槲の, 次第に激しく, 次第に私, 欲しくなった, 止んだ, 正式の, 歴史に, 死んでからは, 残念で, 気が, 水と, 永遠に, 永遠の, 河の, 法律だ, 浄土の, 海上の, 消費する, 済むまで, 潜在意識と, 無かつ, 無くなって, 無邪気な, 無限に, 父には, 特別の, 犬の, 玄関の, 現代に, 理由の, 理解の, 生活と, 生涯の, 生長し, 男である, 男女の, 町の, 病の, 発行される, 発見される, 発覚した, 皆に, 皆三, 皮肉でも, 目前に, 目的であった, 眞實に, 真理だ, 矢の, 知られて, 知識である, 破傷風の, 禁制の, 私な, 私に対する, 科学的に, 積もって, 空中で, 空間表象である, 窓に, 竜之, 簡単な, 納まると, 純粹, 素で, 素人の, 終ひ, 終れば, 絵の, 続いたの, 罪人の, 罪状の, 義憤に, 老人の, 聞えないやう, 聞きたいの, 聞きたかったの, 腹が, 膝の, 自分にも, 自分達の, 自然だった, 自身の, 舞台で, 船を, 色に, 苦から, 落城の, 著しかった, 虚無に, 術だ, 表現の, 表面の, 裏切られて, 見えない, 見えると, 見え透いて, 見たくて, 見つかりました, 見事な, 親分, 解つた, 解りません, 解りや, 解ると, 言ひ, 訊き度, 訛って, 許されない, 詩人の, 誤りである, 誤謬である, 誰か, 誰が, 誰であろう, 論理の, 警察の, 起きて, 近付いて, 近代に, 近頃では, 遊戯に, 過度に, 酒の, 酒を, 長くは, 長年の, 門番の, 開裂し, 間接に, 間違いである, 陽の, 雨と, 静に, 面白いところ, 革命の, 順序である, 風で, 食事の, 騒ぎな, 高級な, 鰻に

2 [3118件 抜粋] あいずでした, あたりまえである, あったため, あとに, あのとおり, あまり現金, あるが, あるとしても, ある限度, あんまり大き, いかなる仕方, いかにも楽し, いかんです, いけなかったん, いちばんおれに, いつか日本中の, いつのまにか彼女, いつも直接, いまから, いやさに, いるん, うつったの, うまくゆく, うれしいの, おしまいには, おっかなくて, おもしろくも, お光, お増, お春, お米, お角, かえって魅力, かなり早く, かれに, きまつて, ぐる, こたえて, このごろに, この俺, この夏, この年, この書物, この瞬間, この際, こわかった, こんに, さうでなかったら, さっぱり分らない, しかし, して, しのみは, しゃくにさわった, すうっと, すぐ眼, すなわち謀反, すんだら街, ずっと前, そこらの, そのまま自分, その儘, その朝, その証拠, そらだのみ, そんなに嬉しい, ただ一艘なら, たとえ彼, たまらなくなっ, ため他人, だめなら, だんだん嵩じ, ちょうどいい, ちょうど月, つかねえ, つまらないと, できあがって, できないならば, できるかね, ときに, どういう気まぐれ, どうくつ, どうしても思ひ, どうして私, どうも分らない, どうも滑稽, どこかへ, どないし, どんなにすばらしい, どんなもん, どんな恐ろしい, どんな鬼, ないとも, なかなかできない, なぜ悪い, なんとなく物すさまじい, はじめの, はっきり分る, はつきりとは, ひどいこと, ひろい洞窟, ふつうの, ほおを, ほんたうなら, ほんとと, またあなた, またこういう, またむやみ, また中, また余り, また御, また果して, また臭い, また静か, まだ彼, まったくの, まるでない, みごとに, むこうの, もう去年, もし真実, もつ個性, やっと今, やはり同じ, よいでしょう, よく似合った, よく判らねえ, よく解りません, よろしうございます, わかっても, わからないで, わからんか, わかるから, わが子の, われながら, エレベーターの, ギリギリの, ジャン・クリストフの, センチメンタリズムの, ヌーッと, ピーンと, ホントの, メリケン粉と, 一〇〇くらいに, 一つとして, 一ツも, 一体何物です, 一場の, 一寸変, 一度の, 一旅人たる, 一時的な, 一片の, 一番熱心で, 一番重大な, 一般には, 一閃の, 丁度私, 三十一年の, 三組は, 上高地へ, 不吉な, 不安を, 不思議がられる, 不愉快な, 不足し, 世間一般の, 中ごろから, 中間ひとりの, 主観的な, 久し振りで, 予期した, 事実です, 二三人で, 二回九銭で, 云へ, 五郎には, 人情です, 人間としての, 今お話, 今にな, 今度に, 今日までは, 今猶, 仏教である, 代表する, 住む一定, 何かしら物足らぬ, 何だか妙, 何とか致した, 何より, 何処の, 何故だ, 何時の, 何處か, 使い馴れ, 信仰に, 俳句に, 偉いの, 傘の, 優勢に, 兇賊の, 先祖の, 全く個性的, 全く異, 全然根, 公けの, 内地に, 冥々の, 出た時, 出来たところ, 出来ないのよ, 出来なくな, 出来るに, 刀を, 分つて, 分らなくなって, 分るか, 初めの, 判らぬ, 別品でない, 削られたり, 功を, 動かされ得るの, 動機に, 北海道の, 十二人二十四人と, 十台島の, 千里の, 半年ほど, 単に個人, 即ちお, 却っておれ, 却って悪かっ, 却つて悲し, 厭に, 又こうして, 又奈何, 又思惟, 双方とも, 反抗的な, 口へ, 古くは, 可厭, 可笑しいと, 右手の, 合図であった, 同じ人間, 向うに, 吾身の, 唯癪, 善五郎には, 嘲笑の, 四面皆, 国を, 在るという, 地震の, 場合によ, 変だ, 外国から, 多少でも, 夜ででも, 夢に, 大きいん, 大したもの, 大名の, 大理石の, 大都会, 天にも, 天狗の, 奈何に, 好きです, 如何なる階級, 如何ほど, 娘には, 嫌だった, 子の, 存在を, 安かった, 宜いでしょう, 実に明白, 実在する, 実際問題, 家と, 容れられないと, 密集し, 専門家の, 小さくな, 小説に, 少しひどく, 尻の, 峠茶屋でした, 工業から, 巧みに, 常識として, 平気な, 幸ひ, 幾つも, 広く行われ, 底へ, 引去られるの, 強ければ, 当代の, 形而上学の, 彼れ, 待ち遠しかった, 徐々に冷える, 御城内, 微塵も, 必ず, 必然的である, 志津の, 怎うし, 思ひがけ, 急務だ, 怪しくなっ, 恐ろしいん, 悉く博士, 悪い癖, 情念の, 意地の, 意識し, 感じられるの, 慣い, 或日, 戦争中である, 手を, 手記の, 押入の, 揺れて, 教育, 敵を, 斜に, 新らしい, 日ましに, 旺盛で, 明白なる, 昨夜私の, 時代が, 普通には, 暗示と, 書き更, 最も有力, 最後でございました, 有ると, 望みな, 木戸の, 本の, 本所の, 本質的に, 東から, 果していい, 枝に, 根本的に, 極く, 樅の, 次には, 次第に近づい, 歌を, 正気に, 此頃では, 歸る, 死んだ母, 殺されて, 民藝品の, 気掛りだ, 水平線の, 決まってから, 法則である, 波を, 流れの, 海に, 深夜の, 減少する, 湖面に, 滑稽だ, 漸, 濃緑の, 灰の, 為めか, 無かったら, 無意識に, 無理だ, 無造作に, 爆発し, 物に, 特に彼, 狐の, 玉藻の, 現在まで, 理想である, 瑠璃子である, 生きものの, 生埋めに, 田舎の, 男組と, 病みつきに, 癒った, 白い二匹, 白紙の, 皆この, 皆女, 目の下に, 直ちにヴァニティ, 直眼, 眞に, 真直ぐに, 眩しいの, 矛盾する, 知りたくって, 石炭の, 確に, 礼儀上品なる, 祖母の, 神経の, 私という, 私共の, 科学や, 種に, 穢れて, 突きつめた極点, 窕子には, 算哲の, 精密な, 糸の, 細長い光り, 終局に, 結局どの, 絶えず息抜き, 絹ハンケチを, 続く間, 罪で, 美徳である, 老犬, 耳許で, 聞かざるか, 肉体的の, 肯定され, 胡麻を, 自ら省みる, 自分自身を, 自殺する, 自然的時間の, 良い事, 芝居を, 芸術的な, 苦しくて, 苦痛を, 落ちたと, 薄気味, 蜘蛛の, 行はれた, 街を, 見えたの, 見えなくなっても, 見つかると, 見付からないと, 親分さんの, 観客の, 解せぬ, 解らないのよ, 解ります, 言へ, 許宣の, 評判と, 語られた刹那, 誰にとも, 諸遊星, 豊富な, 資本主義の, 起因と, 踊りの, 農業に, 近頃この, 透けて, 通って, 進んで, 運動する, 過去から, 違って, 適中する, 部屋を, 野球の, 鉄の, 長いこと私, 長靴を, 間違いであった, 陶酔の, 障子を, 雪に, 露見し, 靄の, 非ユークリッド幾何学, 面白かつ, 響いて, 頻々として, 顕著に, 馬琴には, 騒動の, 魔の, 黒

1 [30126件 抜粋] ああた, あたかも陸, あっはっはっ, あのせき, あの水精, あまりに嬉しい, あやめの, あるからな, ある点, あんまりよく出来, いい間, いかにも厳然たる, いかにも解け, いかん変が, いけに, いちばん大切な, いったいどれ, いつのまにか転々, いつも例, いまあやしい, いま暗がりから, いよいよ帰らない, いわゆる金持ち, うまくゆかなかった, おいおいに, おそらくあなた, おふさ, お伺い, お夏さん, お留, かいって, かえって若妻, かなり困難, がらんとして, きらいでも, ぐらぐらうごく, こうして突然, ことごとく石鹸, このわし, この刀, この平, この殺人, この路地, これなる, こんな勝気, さう見えねば, さも偶然, しかも今夜, してないので, しょうづかの婆さん, し落度, すきな, すこぶる悪魔的, すでに十一日, すなわち立派, すむ, せい一杯だった, そう容易く, そのまえ, その両者, その弘法大師, その船, それだけ, そんな話, たしか伊坂, ただ相槌, たとえ一時, ためお, ため塩代, たるの, だんだんむささび, だんだん苦しく, ちと変, ちょうど去年, ちらつく, つつましいと, つまり日本人, できないとは, できる者ども, ときどき演奏者, とにかくその, どういう創作方法, どうしてさう, どうして下向, どうして長い, どうも亭主, どうやらうるん, どこでも, どれほど神学的, どんなに困難, どんなに軽かろ, どんな悪い, ないに, なかなかそうで, なくっちゃ, なつかしく思はれた, なんだかべらぼう, なんとも不愉快, はげしい雨, はっきりわかれ, ばらばらに, ひとつびとつ半開きに, ひどく嬉しいこと, ひらく, ふとあ, ほかならぬ, ほんとじ, まあなんとにくらしい, ますます太くするどく, またかぞえきれない, またなかなか沢山ある, また三河育ち, また博覧会, また女王様, また悲しい, また浪人, また自ら, また隔日, まだ何物, まちがいだ, まるでかり, まるで複製権, みな天使に, みんなが, みんな我々どもの, むごたらしくはぐらかされた, もうこんなに頬紅, もう半カ月, もう間もなく眼, もし犯人, もつ異常, やがて信長, やっと今日, やはりモチ, やや不自然, ゆれたかと, よくわかり, よほど不思議, わかった者, わかりきって, わざとの, われわれ日本人の, イヤや, オリヴィエには, キッカケと, グッと, サツマ流か, ストライキに, ターニャだった, トポスである, ハイカイ的俳句である, パタゴニアでは, フツフツと, ホヤであった, ミッドウェー海戦を, ランジェには, ヴェスヴィオなる, 一つ当たろう, 一人は, 一合あれ, 一寸木原藤次, 一層輝, 一応解かれ得る, 一時的である, 一番え, 一番無事だ, 一般学界ひいては, 一顧の, 丁度男, 三たびも, 三太郎おじさんな, 三百メートル拡がる, 上部に, 不分明, 不当だ, 不自然だ, 世界に対し, 中世であります, 主として慾得, 久世侯であった, 亀之, 事毎に, 二十五倍に, 二本松の, 互に符合, 五日午後の, 享受し得られる, 人柄の, 人間的であった, 今そう, 今一朝に, 今年に, 今日われわれの, 今残らず, 仕事さ, 仮にも, 会所を, 伺って, 何かしら私の, 何であっ, 何とも云えず, 何より無難, 何分続く, 何時だった, 余りに不意, 作り事でも, 供養じゃ, 信夫山に, 個人に, 偶然であれ, 僕たちには, 元禄頃まで, 先日聞いた, 入る, 全く自然, 全然見, 公平な, 兵馬にも, 内面的である, 冠せられて, 処女作の, 出来ずとうとう, 出来なかつたら王様, 出来上った時玉子, 分つたとして, 分るでせうか, 初めて, 判りましょうか, 利用され, 前議会, 助手としての, 勝れて, 医者として, 十分織り込まれ, 千古を, 半蔵らの, 単なる演習, 単結晶, 即ち感激, 却って刺戟, 却つて客を, 厭さに, 又なにかお, 又嬉しかっ, 又近畿地方, 反映しはじめ, 口惜涙としか, 只実際そうであった, 右か, 合法化せられ, 同一人, 名筆である, 君等には, 命懸けである, 唯身體, 喪はれ, 四分八裂し, 困じて, 国民一般の, 在れば, 坊名を, 堕落の, 墜ちるとか, 変形だ, 多かれ少なかれ作品, 夜半の, 大きい湖水, 大した問題, 大和民族固有の, 大恥, 大湊の, 大願成就の, 太宰の, 奈良街道へ, 女学校を, 好ましいなら, 如何にも常識的, 妻を, 娼婦と, 子供達を, 学者とか, 宋儒の, 宜しゅうが, 実に難, 実現できなかったらしい, 実験室の, 容易く出来る, 寡婦の, 将来の, 小出氏が, 小道具の, 少し見当, 居直って, 山林事件だ, 崇文總目には, 巧妙な, 帯びて, 幕ごとに, 年々その, 幻影に, 幾日つづこう, 度重った, 引いて, 強くなった, 当り前に, 当節名義の, 彼らにとって, 後々まで, 徒労なる, 御馳走や, 心持顔を, 必ず美事, 忠平の, 怖くって, 思わぬ効果, 怪人物にとっては, 恐れられるから, 恰も言い合わせた, 悪い前兆, 悲しいよう, 想いおこされたという, 愛慾の, 憂鬱だった, 成就した, 戦後の, 所謂馬子にも, 手際よく, 抜かりと, 持つ過去全体, 掘立小屋, 擴が, 故意か, 数個に, 文化一般, 文明という, 新しい方法, 新聞や, 日ざかりにも, 日本精神文化とか, 早く鎮まっ, 明治以降に, 映るほど, 昼間隕ち, 時子との, 晴がましくも, 曇り日, 書かれたもの, 最も斬新, 最早まさか新聞, 有る如く現実, 朝氷っ, 未だ学校, 本当におやじ, 本気なら, 杏仁水である, 東京へ, 林学の, 果して本心, 柔らかくなっ, 案ぜられも, 検挙と, 楽しみを, 樹木化し, 次第に内部, 次郎の, 止んだ時, 正本として, 武士に, 死にたい芥川, 殆ど結婚の, 段々良寛, 毎日どれだけ, 民主の, 気の毒さに, 水戸の, 汚いとも, 決して或, 油断が, 泥棒でございます, 活字に, 浴衣がけの, 消防団員石川淳の, 混然雑然として, 渡れそう, 源因だ, 漸く竣成, 濟むと或, 炭焼き小屋でない, 無けりゃな, 無視せられ, 煩悶に, 燈火へ, 牛車の, 特にジロリ, 犯罪で, 猫撫で声で, 現にそれ, 現在物理学の, 琴平の, 生えついて, 生意気じゃ, 用を, 男でも, 畫いてない, 病気として, 発作的な, 白刃を, 皆いちめんの, 皆太政官, 皮を, 目印に, 直に我が, 相手には, 真佐子にとって, 真面に, 矢張り礼に, 知れるくらい, 破れ障子, 社会主義的リアリズムだ, 神経痛であろう, 私でない, 秘密に, 積り積つて見る, 突如国会図書館長, 立派でも, 第一次欧州大戦, 簀戸を, 系統を, 紙片を, 終ったら話すこと, 経済組織にも, 絡まりもつれながら, 絶海の, 縁を, 罰で, 群集心理で, 翻訳である, 聞えた時自分, 職分と, 背瘤を, 腹立たしく時に, 自分達のだ, 自然運動に, 舵手であった, 芝翫旧, 苔づく, 苦しめる筈, 茶道であろう, 落ちる時, 蓄積し, 藤子の, 蜜蝋を, 行わけの, 表現されなけれ, 製造品であろう, 見えたら言って, 見たと, 見上げるやう, 覚悟なら, 角度の, 解るやう, 言葉を, 証人に, 誇大に, 読まれたり, 論理学的である, 譲治さんには, 貧乏な, 資本です, 赤十字社連盟規約の, 趣味であります, 車軸へ, 農夫に, 近松や, 逃れること, 通ろうはず, 遂に, 過りであったこと, 遠い所, 避けえられましょうぞ, 酔つた場合に, 重夫の, 金峰山だ, 鋏を, 長い間奉公, 開閉出来る, 阿母様, 階級鬪爭の, 雑貨店の, 雲と, 露国の, 非現実的, 音無川の, 頸と, 風邪気味だ, 飽くまでも肱鉄砲, 騰貴するなら, 高貴で, 鳩ちやんの, 黒い鍔広

▼ それ~ (31179, 8.1%)

380 しては 361 つけても 289 よると 237 反して 191 就いて 177 続いて 162 つづいて 148 応じて 147 答えて, 違いない 133 比べると 95 相違ない 94 乗って, 耳を 89 ちがいない, 気がついて, 第一 88 向って 84 手を 81 連れて 79 對し 68 つけて, 似て, 眼を 65 就いては, 火を 64 依って, 気づいて, 越したこと 62 比べて, 気を, 自分の 60 つれて 55 答えた 54 今日は 50 よれば, 気がつくと 49 加えて, 氣が 48 しちゃ, 力を, 就て 45 目を 44 したって 43 比して 42 比例し 41 對する, 準じて, 較べると 39 気が 38 代って 37 伴って, 違ひない 36 ひきかえて, 合せて 35 合わせて, 引きかえて, 返事を 34 くらべると, 心を 32 いたしても, 違いありません 31 対抗する, 答へ 30 伴れ, 似たもの, 比べれば, 相当する 29 似たよう, 身を 28 いたしましても, 今は, 気づくと, 答えないで, 腰を, 興味を 27 気付いて 26 ついて, 依ると, 就ては, 応じた, 気の, 私は, 調子を, 輪を 25 くらべて, 交って, 倣って, 致しても, 近づいて 24 伴ふ, 就いての, 従った, 相違あるまい 23 して, 依つて, 反対する, 必要な, 相応する 22 答へる, 較べて, 近いもの, 驚いて 21 ならって, 和し, 従って, 気がついた, 水を, 見入って 20 しちや, つきまして, つづいた, 応えて, 続いた, 致しましても, 見とれて

19 [13件] これは, つ, 乗った, 付けても, 同意した, 当って, 彼は, 應じ, 相応した, 續い, 自分は, 賛成し, 類似した

18 [11件] しちゃあ, しましても, ふさは, 並んで, 今の, 今度の, 反対した, 成功した, 気づいたの, 私の, 答へて

17 つられて, 乗じて, 人の, 今夜は, 同意し, 此の

16 [14件] あの人, 向かって, 和した, 少しも, 抵抗する, 於て, 気がついたの, 気づいた, 気づかなかった, 注意を, 混って, 答えるよう, 違いは, 関連し

15 かかって, きまって, すがって, つかまって, 似たこと, 匹敵する, 反対し, 反抗する, 類似の

14 [11件] くらべれば, こたえて, 今まで, 先立って, 基いて, 対応する, 比例する, 相当した, 自分が, 近い, 馴れて

13 [23件] いろいろの, きめて, きょうは, まじって, 何の, 加わって, 口を, 固有な, 女の, 家の, 対抗し, 引かれて, 昨夜は, 比較し, 沿うて, 相手が, 自分で, 賛成した, 足を, 釣られて, 釣り込まれて, 關する, 限る

12 かぶせて, かわって, したところ, ちが, 一種の, 何か, 満足し, 腰かけて, 附随し, 頭を

11 [20件] ちがいありません, ほかの, 他の, 伴なう, 加わった, 味を, 因って, 慣れて, 書いて, 比べては, 法水は, 相違ございません, 相違なかっ, 相違は, 答えなかった, 答えるの, 酒を, 関係の, 附随する, 顔を

10 [34件] したがって, つけ加えて, つづけて, ぶつかって, よりますと, 不思議は, 乗ると, 促されて, 先生の, 参加した, 反撥する, 向つて, 基づいて, 従う, 応ずるよう, 應じた, 抵抗し, 次いでは, 沿って, 添うて, 父の, 相応し, 相違ありません, 眼が, 触れること, 該当する, 誘われて, 越した事, 違えねえ, 間違いは, 附いて, 附け加えて, 頓着なく, 風が

9 [37件] あなたは, あわせて, おれは, つづく, のって, むかって, 主人の, 今度は, 代わって, 何も, 例の, 励まされて, 反抗し, 同意する, 呼応し, 夢中に, 子供の, 対応し, 対立する, 引きかへ, 従いて, 成功する, 比較する, 気附い, 父は, 甘んじて, 由って, 相應, 相違ご, 私が, 答えながら, 続く, 続けて, 自分も, 触れて, 較べれば, 非常に

8 [37件] こいつは, したかて, つきましては, 乗せて, 今日の, 仕事の, 付いて, 何よりも, 倣った, 出て, 刺戟され, 同情し, 君は, 女が, 対処する, 導かれて, 就いても, 就きまして, 尽きて, 年も, 彼の, 従うこと, 応へ, 応へる, 昔の, 服従する, 気がつかないで, 気がつきました, 添えて, 答えること, 縋って, 續いた, 續く, 耐えて, 違ひ, 関係し, 類したもの

7 [69件] ああいう, あなたの, いまの, いろ, お前の, くっついて, こ, ちげえ, ついちゃ, つけ込んで, つりこまれて, つり込まれて, どうした, なって, ひかれて, ふれて, 不思議な, 今朝は, 付随し, 僕の, 僕は, 免じて, 前に, 動かされて, 参加する, 反対の, 君の, 多くの, 女は, 妾の, 就けても, 就ての, 属して, 引きか, 応えるよう, 押されて, 普通の, 月の, 次いで, 次の, 気がついた時, 気附いた, 氣を, 決めて, 特有な, 甘えて, 生命を, 番頭の, 異存は, 相槌を, 着手し, 答えず, 答えずに, 答えたの, 答えようと, 背を, 脣を, 近頃は, 返事も, 連関し, 違いなかった, 適合する, 金を, 間違ひ, 関連した, 随い, 雨が, 非常な, 順応し

6 [81件] こしたこと, この男, この頃, したつて, その後の, それに, ちがいは, ちつとも, つきては, もう一つ, わたしは, 一つの, 交じって, 今に, 今晩は, 代るもの, 伴なっ, 僕が, 先生は, 包まれて, 取って, 向い合って, 含まれて, 因んで, 執着する, 夕日が, 多少の, 妾は, 娘の, 子供が, 少しでも, 少しの, 少しばかり, 引き続いて, 心が, 懲りて, 成功し, 拠ると, 接して, 掴まって, 本当の, 比ぶれ, 気がつかなかった, 気がつかなかったの, 気が付いて, 気づいた時, 気づかずに, 気づかないで, 氣の, 水の, 油を, 湯を, 満足する, 無関心, 熱中し, 男の, 町の, 異議を, 目も, 相当の, 相手は, 相違ねえ, 穴を, 答えると, 絡んで, 習って, 腹を, 見向きも, 見惚れて, 負けて, 賛成しました, 近いと, 近い状態, 近かった, 近づくこと, 近づくと, 近所の, 適応した, 関聯し, 附け加, 頼んで

5 [152件] あてはめて, あれは, ここに, ここは, さう, してさえ, しよう, ちがいなかった, ついて行く, つかまりました, つきましても, とつて, どうだ, ならった, ならんで, のりこんで, ひきかへ, ひきつづいて, ぼくは, まぎれて, わしは, わたしの, 下男の, 不服は, 並行し, 主人が, 交る, 人を, 人間が, 今と, 付けて, 似た気持, 何と, 何を, 依れば, 先行する, 入って, 刺戟された, 劣るもの, 労働の, 及ぶもの, 反抗した, 反撥し, 反比例し, 右の, 合する, 吾, 囚われて, 執着し, 塩を, 外から, 外国の, 対立し, 尾い, 幇間の, 引かへて, 引きずられて, 引換えて, 引替えて, 引続く, 弟が, 当るの, 当時の, 彼が, 彼女の, 従つた, 従は, 従事する, 從つた, 心の, 応えた, 悩まされて, 悪いこと, 感動し, 應ずる, 應へ, 手伝って, 手紙を, 抗議する, 拍車を, 拠って, 接吻し, 接吻した, 斯う, 日が, 日も, 昨夜の, 昨日の, 昼間の, 時間も, 月が, 木の, 村の, 来て, 毎日の, 気がつかないの, 気がつけば, 気が付いたの, 気が付くと, 気づいたとき, 気も, 気附く, 氣づいた, 注意し, 注意した, 混じって, 添って, 現われて, 當る, 目が, 相当し, 立派な, 答えました, 答える代り, 簡単な, 縋つて, 考えて, 背中を, 自分を, 興を, 船の, 花を, 見入った, 親父が, 触れるの, 言葉を, 誘はれて, 負けまいと, 近寄って, 返辞を, 違ない, 違ひありません, 適当な, 遮られて, 金も, 鉛筆で, 間に, 関係した, 関係なく, 關し, 關聯し, 雪が, 順応する, 頓着せず, 頭が, 頭の, 類した事, 類するもの, 飛び乗って, 飽きると, 騙されて, 驚かされて

4 [212件] あいつは, あなたが, いやに, うちの, おいで, おどろいて, おびえて, お辞儀を, かかわって, きみは, くらべては, ここの, こたえるよう, この家, これが, こんなこと, さうし, さそわれて, さっきの, さわって, した処, してからが, たよって, ついで, つかまつて, つけては, つづきました, つづきます, つまずいて, ともなって, なるの, なんの, のせて, ひきかえこの, びっくりし, ふさわしいもの, まちがいは, もつと, よく似た, わたしが, ヒントを, 一つは, 一時は, 一緒に, 不安を, 不平を, 不服を, 並べて, 乗せられて, 乗つて, 乗り込んで, 二人の, 人間の, 人間は, 今では, 今また, 今までは, 代るに, 仲, 会釈する, 伴うて, 似た事, 似た心持, 似寄りの, 使用される, 依りますと, 便乗し, 信じなければ, 兄さんは, 先行し, 前から, 前述の, 勢いを, 参加し, 反対を, 反對, 取りついて, 同感し, 同感した, 向いて, 命を, 和する, 唾を, 圧倒され, 変りは, 夕陽が, 外の, 夜が, 大工の, 夫の, 奉仕する, 如くは, 妙な, 姉さんが, 對抗する, 山羊を, 左の, 年が, 店の, 廊下の, 引きかえこの, 引きかへて, 引きつづいて, 引き代, 引続い, 彼女が, 彼女は, 往った, 従いました, 従うの, 従ふ, 従わねば, 従事し, 従来の, 從ひました, 從ふ, 御覧の, 応じなかった, 応じました, 応ずるもの, 息を, 感じて, 感染し, 慣らされて, 應へて, 成功すれ, 手が, 打たれて, 抗議を, 折角の, 持って, 指を, 捉へ, 於ては, 早くも, 映って, 曲者は, 最近の, 服従し, 未練が, 本づい, 林の, 樫の, 歌を, 死骸の, 母の, 気がついたので, 気がついたもの, 気がつかずに, 気づかなかったの, 気づきました, 気付くと, 気附かず, 添へて, 火が, 父が, 生徒の, 異議は, 目を通して, 相手の, 私に, 私には, 私も, 私を, 答えも, 答える, 答える声, 紛れて, 綺麗な, 縋りついて, 續き, 耐えること, 聞き入って, 聞けば, 肺病の, 胸を, 自分でも, 自己の, 良人の, 色々な, 草の, 血を, 親しんで, 触れたもの, 触れると, 話が, 話の, 負けずに, 責任を, 賛意を, 足の, 近頃では, 這入つて, 違いあるまい, 違ひあるまい, 適当する, 適応する, 部屋の, 酒が, 重きを, 金が, 釣りこまれて, 関係ある, 関心を, 附けても, 隣の, 電柱や, 頓着なし, 類したこと, 類して, 馴らされて, 馴れると

3 [471件] ああし, あすこの, あてて, あなたには, あのお, あの子, あの時, あの晩, ある, あんたは, いくらかでも, いつまでも, いるの, いろいろな, おかしいの, おびやかされて, おるの, お前は, お園, お母さんが, お母さんは, お絹さん, お高, かかった, かかわらずこの, からまって, からみついて, からんで, かれら, きまった, きまつて, くるまって, こたえた, こたへて, こだ, このごろは, この子, こりて, これらの, これを, こんどは, さっきから, しがみついて, したがった, した所, しっかりとりつきました, しても, しましょう, すがりついた, せよ私, そういない, その人, その男, その頃, その頃は, そむけば, たえて, たかって, ちがいありますまい, ちなんで, ついちゃあ, つかまった, つきて, つけた, つけたして, つけましても, つづいては, とびついて, なんだって, ひかされて, ひきかえ, ひきかへて, ひっかけて, びっくりした, ふさわしいだけの, ふさわしかった, ふれること, まかせて, まきこまれて, また, むつちりと, めんじて, もぐりこんで, やること, よく似, わざ, わしが, パンも, メリケン粉を, 一人で, 一定の, 一応の, 一指を, 一瞥を, 一脈の, 一致した, 三つの, 上越す, 下から, 下の, 下手人が, 不審を, 不快を, 不服が, 乗ること, 乗れば, 二つの, 亭主の, 人が, 今から, 今一つは, 今年は, 今朝から, 仕事が, 仕事を, 他に, 付随する, 代えて, 代るだけの, 伝わって, 伴は, 似かよって, 似た物, 似た現象, 似た話, 似た音, 何らの, 何等の, 価するなるべし, 信頼する, 倚り, 備えて, 傚って, 優るとも, 兄の, 先だって, 先生が, 先立つて, 先立つ五箇年間, 共鳴し, 冬は, 出席した, 出席する, 出會, 出遇, 到達する, 刺戟せられ, 前の, 加へて, 加勢し, 労働が, 動かされた, 勝手な, 勢を, 千円の, 博士は, 即して, 去年の, 参って, 反対は, 反射し, 反撥した, 反比例する, 叔父さんは, 取合わないで, 合わせるよう, 合槌を, 合致する, 同じて, 同化し, 同情した, 同情の, 同情を, 向けて, 君も, 吹かれながら, 呼ばれて, 呼応する, 和す, 問題は, 喜びを, 因んだもの, 因縁を, 困って, 固執し, 土地の, 圧されて, 坐って, 堪えながら, 報いて, 声も, 声を, 変な, 多数の, 夜に, 夜は, 夜も, 夫が, 奥様が, 女に, 姉の, 娘が, 子供は, 学校の, 安心し, 寝て, 対して, 対って, 対比し, 対照し, 小判が, 小田卷直次郎の, 小田巻直次郎の, 少しは, 少し遅れ, 屬する, 山の, 帰着し, 平常から, 引かえて, 引かされて, 引き更, 引っか, 引換へて, 弟の, 当てて, 当る, 当惑し, 当時は, 彩色を, 後ろから, 従うもの, 従ったが, 従へば, 從つてゐる, 御存じの, 心も, 応えようとも, 応える声, 応じようと, 応ずるだけの, 応ずるやう, 応ずる声, 念の, 怒って, 思いを, 怯えて, 惹かれて, 感謝する, 感謝の, 憑かれて, 應じました, 應へる, 懲りたと, 或る, 手は, 手も, 手代の, 手紙が, 抗し, 抗弁する, 抵抗した, 抵抗しない, 抵抗しよう, 拍子を, 拘泥する, 挨拶を, 捲き込まれて, 掛けた, 掛けて, 接近し, 接近する, 支配され, 文字が, 旦那の, 旦那様は, 明日に, 明日は, 映つて, 時間が, 曰く, 書かれて, 最初に, 有名な, 朝日が, 期待し, 構わずに, 次ぐだろう, 次ぐもの, 正当な, 正比例し, 正直な, 正面から, 此男は, 此間から, 殿様が, 母は, 母も, 比すれば, 比較すれ, 気がついても, 気がつかないが, 気がつかないらしかった, 気づいたと, 気づかぬよう, 気づくこと, 気付いた, 気付いたとき, 気附か, 氣づい, 水が, 没頭する, 注いで, 注意する, 洋服の, 海の, 照らされて, 父も, 父親は, 物奪, 特別に, 特別の, 犬の, 犯人が, 猿の, 珍らしく, 現在の, 生活を, 由来する, 畳の, 疲れて, 痛々しい肢体, 目の, 目星を, 盲従する, 直接に, 相対し, 相当な, 相応わしい, 相違ある, 相違ござるまい, 相違なかつた, 相違御座いません, 眼も, 着物を, 知れないよう, 神さまが, 私たちが, 空には, 空は, 窓が, 窓の, 第二, 筆を, 答えるかわり, 答えるもの, 答える前, 紹介された, 続いたこと, 続いては, 縁の, 繋がって, 續きました, 續きます, 署名した, 老母が, 肝心の, 背くこと, 胸の, 腹が, 自動車の, 自身の, 興味が, 興味の, 色が, 色彩を, 芝居の, 花が, 若い者, 若くて, 若干の, 茶の, 茶を, 藁を, 蝋燭の, 血が, 血の, 表現の, 表面は, 裏の, 見とれました, 見れば, 見入つた, 見入りながら, 見入るの, 触って, 触れずに, 触れなかった, 触れる, 觸れた, 訊いて, 訊くと, 託して, 記されて, 註を, 説明を, 豚の, 貴様は, 賛同した, 賛成しない, 賛成する, 赤や, 起因し, 較べては, 載せて, 載って, 近いこと, 近いよう, 返って, 返事する, 追従する, 追随し, 通じて, 連なって, 連る, 過ぎないの, 道も, 違いなかろ, 違いねえ, 違い無い, 違無い, 遠慮し, 適して, 適合し, 適当した, 還元される, 都合の, 酌を, 酒は, 酬いた, 酬う, 釣り込まれたよう, 錢形の, 鍵を, 長い間, 関らず, 関係が, 関聯した, 關係した, 關係の, 附属し, 附属した, 附属する, 附隨し, 限ったこと, 陽が, 随う, 随伴する, 雨も, 面白いこと, 頼まれて, 頼めば, 頼りすぎて, 風の, 飛び乗った, 飽きて, 餘り, 驚いた, 驚いたか, 驚かされた, 髪の

2 [1522件 抜粋] あきると, あそこは, あたしは, あつしの, あの二三十貫目, あの女, あの爺さん婆さん, あの編笠野郎, あの辺, あべこべに, あらねど, あれほどの, いろいろと, うつって, おいである, おされて, おなかも, お上の, お友達, お座敷女中が, お母さんの, お玉は, お菊, かかりきるという, かかわらずそういう, かぎる, かなりの, かまわず, かれは, きき入って, きめた, ぎらぎら光っ, こう申し, こだはるこ, この下手人, この御, これからは, これも, こんな時, ささやく風の音, さまざまの, したとて, しようと, すぐ応じた, すること, せよ現実そのもの, そのころ, それほどの, たくさんな, たつた一つ, だいいち思いきり, ちがいあるまい, ちょッと, つけこんで, つづく人物, つれても, とりついて, どこへ, なか, なにも, なりかけて, なれて, なんという, はこたへ, はっきりした, ひきくらべて, ひっかかって, ひょっとし, ふれないで, ほとんど耳, ぼくたちは, ぼんやりと, まさるもの, まだその, まだ妹, まともに, もうこんな, もし私, もともとこの, よい仕事, わたしも, コンクリートの, サラダを, バックは, マッチの, ユーゴーは, 一層の, 一生懸命さの, 一番怪しい, 一致した叩き, 丁度その, 上ると, 下手人の, 不服で, 与えるため, 世馴れた調子, 中てられた, 中味は, 主人は, 乗つた, 乗りこみました, 乗りそれ, 乗り込むと, 事によつたら, 云い足して, 五六貫目の, 些とも, 人から, 人数が, 人間には, 今も, 今日まで, 仔細は, 付帯し, 代ったの, 代る, 代る別, 以前の, 伊丹屋なら, 伴うサーヴィス, 伴つてゐる, 伴れられ, 似させて, 似たところ, 似た動物, 似た思い, 似た或, 似よりの, 似通つて, 何かの, 何んの, 作者の, 使用し, 依て, 価するだけの, 侮辱を, 信仰が, 倚りかかっ, 値段が, 倫理の, 備えるため, 傷に, 優る, 兄は, 充分な, 先に, 先妻の, 先生御, 全く身, 八月の, 其目の, 冬に, 凭りかかつて, 出席し, 出逢ったもの, 判断を, 到達し得る, 則って, 加えること, 加わる人間性, 加担した, 劣らないもの, 努力する, 動かされは, 匕首の, 半襟だけは, 危險な, 厳重なくぐり, 及びましよ, 反対だった, 反応し, 取りか, 受持以外に, 右手を, 吉五郎は, 同乗し, 同調する, 向うの, 向けた, 吸い込まれて, 味噌を, 呼応した, 品川小町の, 商売の, 喜んで, 四句の, 困ったこと, 困らされは, 圧倒された, 埃が, 堪えること, 堪へること, 場所が, 増して, 変って, 外は, 多大の, 夜中この, 大入の, 大抵の, 大金を, 天気も, 失敗し, 女などといふ, 女一人で, 女房が, 如何なる指示, 妻が, 委せて, 娘を, 嫉妬を, 子供たちの, 学問が, 宝石が, 実物そっくり, 家が, 家を, 家庭の, 家賃は, 寄りかかって, 寒さ, 対照する, 小さい川, 小林君も, 少し気, 少量の, 就中注目すべき, 居候の, 属する, 岡田は, 市の, 師匠と, 干場の, 平次の, 幼時から, 広々と, 店を, 引きかえあの, 引き換えて, 引き添って, 引っかかれば, 引換へ, 強く心, 当てた, 当るもの, 形を, 影響された, 彼らの, 彼自身に, 後から, 従うより, 従えば, 従わないわけ, 従わなければ, 從は, 心打たれた, 応うる, 応えようと, 応えるもの, 応じたよう, 応じようとも, 応じるもの, 応ずる力, 応募した, 応戦し, 恋情も, 息づまるよう, 悩んで, 惹きつけられて, 感心し, 感激した, 慈母さんも, 慰められて, 懲りたもの, 成功しなかった, 打ちこんで, 打ち負けて, 打込んで, 批評を, 抗弁し, 折紙が, 拘わること, 持たせた, 捧げて, 接するの, 携わって, 支倉は, 支配される, 敬意を, 文句が, 斯んな, 方々から, 既に一つ, 旦那が, 明智に, 映して, 昨夜駒次郎が, 時計も, 暗かった, 最初から, 月は, 有頂天に, 本人に, 本統に, 来てから, 柴井町の, 楯つく, 構わず, 模倣する, 横木は, 檀家から, 欺かれたお, 此処の, 此頃では, 歯の, 死人が, 残って, 母様が, 毒湯と, 比べたらこの, 比敵, 毛利と, 気がついたと, 気がついた者, 気がつかないかの, 気がつかないもの, 気がつきません, 気が付いたので, 気が付かなかったの, 気づかずある, 気づかなかったよう, 気づきも, 気付いた時, 気味の, 氣づかなかつた, 汝が, 決つて妻は, 沈湎し, 泊るなら親類, 流されて, 浮べた, 深い亀裂, 渇いて, 満足しきっ, 満足しなかった, 準じての, 溺れて, 漠然とした, 濡れて, 火も, 点火した, 無理も, 照らして, 熱で, 父さんは, 物を, 狐の, 瓶の, 生れて, 甥の, 用事を, 由ると, 男を, 番号が, 異存の, 疑いを, 病人は, 白娘子に対して, 盛られる日, 直れ手討, 相応の, 真夏の, 眼の, 着手した, 着物も, 矢張り, 石原の, 砂糖を, 硝子細工か, 祖父さんだつて, 私達は, 稍, 穴守の, 空を, 空谷老人は, 立ち向って, 第一お前, 答えたもの, 答えなければ, 答えようとも, 答える事, 答える言葉, 米も, 糸を, 紙を, 絆されて, 結構な, 絡まる緋縮緬, 続いたの, 続きましたので, 続く結婚生活, 線香が, 署名しなけれ, 義弟の, 羽目も, 耳も, 聞いて, 聯關する, 肉の, 胃腸も, 胡麻と, 腕が, 臨んだの, 自ら気付く, 自分としては, 至って, 舵を, 色彩の, 苦しんで, 蒲団の, 薪の, 蜻蛉の, 行先を, 被害情況が, 褊衫を, 見るよう, 見境も, 親類が, 触れた, 触れないの, 言う事, 託けて, 証拠は, 誇りを, 読み入って, 誰の, 調和しよう, 譲ること, 負けないつもり, 負けまいとして, 費される貨物, 賛成な, 起因した, 越した幸福, 足許は, 路地へ, 身の, 身分の, 轡を, 近いうち, 近い者, 近づかうと, 近づくやう, 返事が, 返辞も, 追いついて, 追随する, 逆らは, 通暁し, 道とても, 道祖王が, 達すること, 違いないだろう, 違えねえ親分, 遠く離れ, 部屋とは, 酷使される, 重なる災難, 金五郎が, 釣られたよう, 鉛筆の, 銭を, 錠を, 間違って, 関連する, 附き添うて, 附け足す何, 限ると, 隊士の, 隣って, 雀の, 雨さえ, 雨を, 雷同した, 霜の, 面して, 鞘も, 順應し, 頬ぺたが, 頼って, 顔色も, 類する, 風も, 食物が, 馬が, 馴れた, 騙されると, 驚かされました, 髪の毛が, 鮎は

1 [14910件 抜粋] ああすれ, あすこまでは, あづかつて, あなたを, あの唐崎さん, あの猛烈, あまり利口そう, ありながら, あんたこの, いいにおい, いく暇, いつたん, いま一ヶ所この, いろいろ面倒, うつる恐れ, おかしいん, おとといからの, おまえの, お京はん, お嬢さんも, お武家, お答, お隣に, かかる会議, かかわらず男子, かけるの, かぶれた末輩, かまわず順助, かわりつつ, きまつた配給, くっ附けて, けさおか, こう離れ, こたえ屯, ことばを, このオジイサン, この夏場, この浴室, この間はね, これほど, こんな御, さいわい手足, さしたまま, さわっちゃ, したつてブライアンさん, しばしば出会った, しろ右馬介, すがると, すさまじい蠅, すわるには, せよ当時, そうでない, そとは, その女, その金, そんなに探し, たいへんつかれ, ただ満足する, だいいち女, ちかいざつな建物, ちょっと絡, ついで起こる, つき日頃, つけ何かと, つづいた六畳一間, つづく孤独, つながる人間, つり込まれたよう, とてもいそがしい, ともなうフィルム, とりついた三人, どうにかし, どんな方法, なさること, なりたいの, なんといつ, のぼりが, はさまれぬよう, はねちょうど, ひきかえなぜ, ひきかえ怪塔王, ひきつづいての, ひとり者で, ひれ伏した, ふさわしい咳, ふさわしい食器, ふれる有様, ほうじ茶を, まあ差当りこれ, まじった, また早く, まだ凄く, まだ起き, みえ闇, めぐり逢いてえなんて, もう一ぴき, もし珠子さん, もはや近づけない, やりたいと, よく気づく, わざとらしく雷同, われわれは, イオンを, オルガンの, ガラスが, コが, サーヴィスが, ストームなどという, ダルマ型ハンドプレスが, テープを, ネバリ強い, パンの, フットボールが, ヘビの, マチガイは, モモと, ルミちゃんの, 一〇〇〇磅に, 一切任せ, 一度決心, 一杯水を, 一色友衞が, 万事内輪にと, 上から, 下だ, 不同意, 不賛成では, 与八は, 両親が, 中村駒之助が, 主税という, 乗ぜられた形, 乗りやがて, 乗るわけ, 乘らむとて朝飯も, 事實書く, 二月も, 井戸掘りが, 亭主だって, 人目を, 今までにも, 今後の, 今月の, 介添として, 他所へ, 代える優遇法, 代る助力者, 以前より, 伊織は, 伝統は, 伴う兵器食糧, 伴う瞑想, 伴つた重苦しい, 似せそれ, 似た幻術, 似た経験, 似とるという, 似通った深い, 何が, 何んと, 作り物の, 使われる色とりどり, 依つて泰西, 価値が, 信心深, 候補者は, 倦むと, 備えんが, 働きかけようと, 元帥の, 充たされて, 先刻来きわめて, 先立つ四十日間, 入ったこと, 入学した, 全然賛成, 兵力を, 内在し, 冬とも, 凭りか, 出口が, 分布区域も, 別な, 刺撃させられ, 剣技も, 加つてゐるらしい, 加算し, 劣らず有名, 劣らぬ赤ラック仕上げ, 労働科は, 勝ち得たの, 包み込まれて, 十分善処し, 半紙に, 卯木の, 参会された, 及ばぬとも, 反し小さく, 反抗心も, 取りかからなければ, 取掛らなければ, 口輪は, 可成りな, 合した符号, 吉川さんの, 同意できなかった, 向いその, 向き合った椅子, 否定的に, 吹き入る風の音, 味方の, 和服では, 商人と, 嗽茶碗を, 四方は, 固守し, 土間で, 地震以来君は, 埋められた位置, 基く歴史, 堪えなかったの, 堪らず地響き, 境内も, 夏休みに, 外苑の, 夜前は, 大きな虚偽, 大変失礼です, 大病の, 天気は, 奉仕しよう, 女どもの, 女給という, 妾達は, 婆惜が, 字が, 学閥なき, 安物の, 実はあの, 宮本武蔵の, 家財道具や, 寄与する, 寺へ, 寿子が, 對立せしめる, 小便を, 小汚くて, 少しぬるく, 就かせたの, 屈しきっては, 属するの, 山狩の, 峻険な, 左傳, 布地の, 幌には, 年代の, 幾らか慣れる, 庭から, 引かれる, 引き入れられるよう, 引っ懸っ, 引替え三万円, 張横張順童威童猛といった, 当ったところ, 当るでは, 当箝め, 彼に, 後見の, 従つて解らせ, 從つて動き口を, 御答, 徹底的に, 必ず具体的, 応えるこころ, 応じでも, 応ずるほどの, 応答を, 思い思いの, 性来書籍が, 恐ろしい早口, 恰度雪崩の, 情愛の, 愕然と, 感動しない, 慣らされそれ, 憤慨する, 成れよと, 戦国の, 手がか, 手紙一本くださらず, 打ち克ち人生至高, 打勝たうと, 投げつける銭, 抗らう, 押されるやう, 拘らず客, 持ちかけやう, 振り切つて, 据り, 接した空気, 提供された, 擬した象, 救われたよう, 数倍する, 文学上の, 新しい思潮, 新橋, 旅行を, 日本橋の, 明日の, 春日平六の, 昼なら, 晩年の, 曲を, 書を, 有っても, 朝倉先生が, 木魚が, 本職の, 村長と, 松浦杉子も, 柔らかくて, 格闘する, 植木屋夫婦が, 構はず仕事を, 様子も, 次いで熱心, 歌沢の, 此三人は, 此頃めっきり, 死ねば, 段々暗く, 毎日参詣人が, 比例した, 気がついたからには, 気がついてか, 気がつかぬとは, 気が付いたと, 気づいた天, 気づかなくなって, 気の毒な, 気合といふ, 水夫に, 汚い蓆, 汽車の, 沼底棲息人と, 泥棒でも, 洋画で, 浮べた動かぬ表情, 消防隊が, 深雪, 添ふ, 湯島時代でも, 準じた態度, 溺れること, 潮水を, 点いた火, 無関係に, 照り返されて, 燈油を, 片足を, 物言ひ, 狂奔するあり, 玄関と, 現われたその, 甘えたおかげ, 生徒監は, 用いること, 由つて即, 町を, 異見を, 病人を, 登った, 白状する, 盗んだ物品そのもの, 目附畑十太夫と, 相応しい可能, 真から, 眼前の, 瞋恚を, 短篇に, 硝子戸の, 祈願を, 禿やら, 科学と, 税金がか, 空襲で, 立ち会う, 競争心を, 第一元, 筆太に, 答えずむっつり, 答えた返事, 答える低い, 答案に, 粘着する, 紋三は, 素面で, 組合が, 結婚の, 絶対の, 続くその, 続く熊村岳, 線香を, 縞だ, 罐詰の, 美化された, 習熟しなけれ, 耐えられるほど, 聞きあきた, 職業の, 肯くでも, 背恰好左足首に, 腕の, 臆病ね, 自分のは, 自身は, 舷側に, 芍薬の, 若い女中, 苦しめられてたのよ, 荊の, 華氏の, 蒐集家で, 薔薇色の, 虚無という, 螺鈿を, 街の, 被告の, 裸蝋燭が, 要する土木, 見せて, 見入つてもう一度, 規定の, 親父さんにも, 触る人々, 触れる私たち, 設堡工事を, 話し合う声, 語らせましょう, 課せられた社会支配組織上, 警報も, 豊かな, 負けない位, 貴女を, 費やす時間, 賭けただけの, 赴くため, 跡から, 躓いたり, 軍票弗で, 輸出向の, 近いで, 近い條件, 近く女は, 近づけ似せること, 近松門左衞門の, 迫つて西の, 追随させよう, 逆らわなかったほど, 通路が, 連関した, 道に, 違いございませぬ, 遠く大, 適切な, 還って, 配布の, 醜くなった, 野良仕事一つ為た, 針で, 鈴木さんは, 鍬形五枚立の, 長身で, 間もなく顔, 関係しない, 附き合つた, 附添う, 限るが, 随つ, 隣つて浴場が, 雑つて人声が, 雲の, 青侍が, 鞭を, 頓と, 頼ろうと, 類した将門目, 類する大敵, 飛びかかられた旅, 食う方, 飯盒を, 香料の, 馴染もうと, 驚くこと, 高等師範校の, 鮭の, 鷄肉の, 黒奴が

▼ それ~ (13853, 3.6%)

229 これも 154 そうだ 120 よかろう 110 そのはず 67 その筈 59 一つの 51 よからう 50 今は 39 ある 38 そうです 35 無理は, 私の 31 自分の 30 ただの, 長くは 29 いいが 28 彼の, 普通の 27 仕方が 2624 あるが 23 今では 22 よし 19 いいだろう 18 そうか, 私には 17 今の, 私は, 考えて 16 すぐに, 多くは 15 お前の, 非常に 14 そうね, 一度や, 彼が 13 できなかった, よいが, 彼女の, 無理で, 確かに 12 そうじゃ, わかって, 僕には, 出來, 初めの, 判らない, 無理の, 知って, 私が 11 いい, ない, よい, 一理ある, 宜かろう 10 いいでしょう, この頃, しかたが, 可い, 君の, 忘れて, 消えて, 知らない, 長いこと 9 あなたの, あります, そうだろう, 一種の, 何か, 束の間で, 止むを, 面白かろう

8 [26件] ありますが, あるし, いいかも, いいな, ひとつの, ほかの, 一つは, 一時の, 人の, 何の, 僕の, 分らぬ, 初めは, 大したこと, 女の, 念入りに, 日本の, 最初の, 殆ん, 気が, 気に, 知らずに, 結局は, 聞いて, 自分が, 見て

7 [22件] あるけれど, いいけれど, お前が, そうかも, その通り, た, ほんのちょっと, わからない, 他の, 例の, 出来なかった, 分って, 尤もな, 彼には, 或る, 承知か, 承知し, 最初は, 父の, 瞬間で, 道理で, 面白からう

6 [32件] あって, いいさ, そうかと, どうだ, なかった, ほんの一瞬間, よくは, ホンの, 一つには, 一人や, 一応は, 一緒に, 二人の, 人に, 今から, 今に, 他に, 併し, 先生の, 夢の, 宜からう, 後に, 気の, 無事に, 無理が, 然うだ, 男の, 私に, 結構である, 耳に, 重要な, 駄目で

5 [70件] あつた, ありましょう, あるかも, あるん, あろうが, いっしょに, こんどは, ごくまれ, ごもっとも, さうだ, そうじゃが, そうでございます, だん, ついでに, できない, はっきりとは, ほんのしばらく, ほんの少し, またお, もっともだ, もっともです, もっともな, わからぬ, わかりません, わたしの, わるくない, 一と, 今度は, 今日は, 何も, 僅かに, 僅かの, 僕が, 分らない, 半分は, 只の, 同じこと, 同じよう, 嘘だ, 存じて, 尋常の, 已むを, 当然の, 彼女には, 悪くは, 是も, 極く, 決して無理, 無い, 畢竟は, 疑問だ, 知らないの, 知らぬ, 確かな, 私を, 終った, 結構だ, 結構です, 考えられないこと, 自分で, 自分には, 貴方の, 途中で, 道理, 道理だ, 道理であった, 金が, 長い間, 面倒に, 駄目だ

4 [118件] あなたは, あの人, ありません, あるか, あろう, いいです, いいとして, いけなかった, いけません, おもしろかろう, おれが, おれには, お互に, さうだが, さうだと, さうだね, さうぢ, そうで, その, そや, だめだった, だんだんに, だんだんまん中, できないで, ないの, ならず, ならずに, なんでも, ほんのわずか, ほんの暫く, またいい, また一つ, また私, むりはありません, もっともで, やがては, やめた, よいでしょう, よしこれ, よろしい, 一つや, 一度で, 一日や, 一理, 一理は, 一瞬の, 一瞬間の, 主人の, 二三度明るく, 二人や, 人目を, 人間の, 今と, 俺の, 其筈で, 十年か, 口に, 可から, 君が, 君に, 唯の, 多くの, 多分に, 夜の, 大抵は, 大方は, 夫の, 好い, 好かろう, 宜い, 宜いが, 家の, 当然で, 彼は, 後には, 心の, 怖ろ, 慣れて, 所詮は, 承知だ, 持って, 文字の, 旅の, 昔の, 春らしい, 時と, 月の, 次第に薄れ, 武蔵の, 気を, 無理から, 無駄に, 特別に, 現金で, 理窟だ, 生活の, 直接に, 眼の, 程度が, 立派な, 純粋な, 考へて, 若い女, 血の, 見えない, 言って, 訊いて, 誰にも, 調べて, 道理だった, 道理です, 違う, 間に, 雨の, 面倒だ, 面白い, 面白いと, 面白かつ

3 [192件] あなたに, あまり遠い, あるけれども, あるだろう, あるな, あるので, あろうか, いいで, いい加減, いつの, いつもの, いまは, いや也, え, おかしい, お前に, ここの, ここへ, この家, ごく僅か, ございますが, さうだな, さうだらうが, さうですね, さうね, しばらくの, じきに, せずに, そうでしょう, その当座, それで, たしかで, たしかに一つ, ただその, だめだ, ちがう, つまりは, できません, どうか, どうした, どうで, どこか, どこ吹く, なくなって, ならぬ, なんだ, なんの, はじめは, はっきりしない, ばかに, ほかに, ほんとうの, ほんの一瞬, ほんの僅か, ほんの束の間, まあいい, まあよい, また, またすぐ, またよい, また不思議, また僕, やって, やつと, やはり, やむを得ないこと, よからうで, よそに, よろしかろう, わずかに, わずかの, わたしが, 一つだ, 一ツの, 一人で, 一人の, 一日に, 一流の, 一生これも, 一瞬で, 主に, 主人と, 事に, 人を, 今まで, 仕方の, 以前の, 伸子に, 何かの, 何を, 何事も, 余計な, 僕から, 全く無駄, 出来そう, 出来ない, 出来ないと, 出来ないよう, 出来なかつた, 出来なければ, 分らなかった, 判らなかった, 前の, 助けて, 吾, 單に, 嘘じゃ, 場合に, 外国の, 夜中に, 夢と, 大事な, 大工の, 大概は, 女が, 好からう, 妾は, 宵の, 尋常な, 尋常一様の, 尤もだ, 左うだ, 年に, 年を, 当には, 当然な, 彼等の, 心得て, 心配に, 思い切って, 思うよう, 思えば, 怪しいもの, 手に, 手を, 時としては, 朝から, 朝の, 本当の, 本當, 束の間の, 東京の, 構は, 此の, 死んで, 母の, 母親の, 毎日の, 沙汰止みに, 無数に, 無理ならぬ, 無駄で, 父親の, 物に, 珍らしい, 産後間も, 目に, 相手が, 相手は, 瞬く間, 矢っ, 確かだ, 確かには, 私ばかり, 程度の, 結構で, 考えたが, 考えては, 考へたが, 聽いた, 自分から, 自分と, 自分は, 自然に, 見えなくなった, 見えなくなって, 見せて, 見に, 見るま, 覚えて, 覚悟の, 諦めて, 買って, 道理じゃ, 道理彼の, 違ふ, 長続きは, 雪の, 面白いが, 面白いでしょう, 駄目, 駄目だった

2 [797件 抜粋] あいつが, あきまへんな, あたしの, あったが, あったし, あてには, あとの, あと一刻の, あの女, あの当時, ありましょうが, ありますな, あるけれどね, あるには, あるの, ある篤志, いいけど, いいこと, いいね, いいや, いいわね, いい気持, いけないと, いつに, いつまで, いま思う, いやか, いやな, いろいろに, いわれの, ええけど, えならず, おかしいでしょう, おのれの, おまけに, おれの, お互, お前を, お話しする, お雪, かなりに, かなりの, かまは, きみに, きわめて断片的, ここでは, こちらから, この, このたび, この人, この女, この林彦三郎, この際, これまでの, ごく小さな, さうか, さうかと思ひ, さうで, さうですな, しかし彼, しばしば独り合点, しまいには, すぐには, すぐ死ん, すまして, ずっと後, そういうもの, そうだった, そうである, そう遠い, そこに, そこを, そのとき, そのままに, その当時, その道理, それ, それを, たいへん結構, ただ, ただ育つ, ただ遠し, たった一羽, たつた一人きり, だが, だれの, だんだん間遠, ちょっとの, ちょッと, つい最近, てんで知りやしない, できないの, できなくなって, とうの, どういふ, どうも面白く, どうやら怪しく, どこまで, どこを, ないこと, ないん, ながくは, なくなった, なければ, なにごとも, ならずば, ならぬとは, なるべく早く, なるほど, はじめの, はっきりそうだ, はつきり, ひところは, ひとりでは, へんね, ぺろりと, ほんのちよ, ほんのはじめ, ほんの十分, ほんの暫らく, ほんの申訳, またこの, またその, またなかなか, またひとつ, またよし, また乙姫, また同じ, また大, また彼女, また止む, また無理, また私たち, まだ若い, まるきり電, みな震災の, むだな, むづかしいだらう, むりではない, もうお, もう仕方, もう彼, もう駄目, もっと後, やがて吹き巻く, やっぱりだめ, やはり事, やはり同じ, やめて, ゆるゆると, よいかも, よいの, よかった, よかろ, よくわかる, よく考え, よほどの, よろしいが, れいの, わからないこと, わが身の, わたしたちの, わたしには, ハッキリとは, ポリネシヤの, ロシアの, 一ツは, 一ヶ月に, 一刻, 一回や, 一度ぎりで姿, 一応の, 一方から, 一日か, 一日毎に, 一理だ, 一瞬これも, 一議なく, 三つや, 三四人の, 三寸くらいの, 三本や, 三河屋の, 三間と, 上から, 上等の, 下女が, 不可能な, 不意に, 不承不承唸る, 並大抵の, 中, 事実の, 二つや, 二三日の, 五人や, 五十や, 亦まんざら, 亦私, 人が, 今年はじめて, 今日が, 今迄, 仕事の, 仕掛け花火, 仕方は, 以前とは, 何だかみち, 何でも, 何という, 余が, 例年なら, 俺に, 傍から, 僅に, 元気の, 充分に, 先生に, 免れないごとく限られて, 全くその, 全く自業自得, 八月の, 其筈主人は, 其筈今朝九時頃に, 内儀さんが, 出来た, 出来ないという, 出来ない相談, 出来なくなった, 出来る, 分らないが, 分らぬ文盲浅学, 初めから, 初めてだって, 初音か, 判りません, 判然とは, 別に造作, 別段に, 前のと, 力を, 勿論そうぞうしい, 千鶴子と, 千鶴子の, 危ない, 厭きたり, 厭である, 友に, 口を, 可かろう, 可時と, 叶は, 同じです, 同じやう, 同様に, 名の, 君一人ならだ, 唯一週間, 唯解い, 善かろう, 嘘か, 嘘です, 土の, 埒が, 変だ, 夏の, 多分は, 多少は, 夜に, 夢か, 夢だった, 大てい, 大事だ, 大抵の, 大部分, 失敗した, 奇妙な, 好し, 如才なく, 始から, 始は, 始めの, 嫌な, 嫌に, 存じませんでした, 存分に, 宜いでしょう, 実際に, 室町の, 家族の, 容易には, 寒けさ, 實に, 小さかった, 小娘の, 少々の, 少しの, 少時の間, 尤もで, 屋敷の, 屏風の, 工合が, 左の, 左樣だ, 帰って, 平らげて, 平次の, 年長者に対し, 幾度も, 当って, 当座の, 当然である, 彼に, 彼自身の, 後の, 御主人, 御尤も, 御無理, 心に, 心易い, 心配な, 必要である, 思うに, 怪しくなりました, 怪談に, 恐らく描きかけ, 恕すべき, 悪いこと, 悪くない, 悪くなかろう, 愚痴だ, 愛嬌に, 成功した, 所詮カラクリ, 手が, 手配を, 承知で, 承知の, 拾って, 捕らぬ狸, 揺れて, 整理しなけれ, 敵の, 文化住宅ふうの, 新しいの, 新らしい, 日の, 日を, 早くしない, 早ければ, 明日で, 明日の, 昔読んだ, 昼間は, 時々断れ, 時代の, 時間を, 暫くする, 最もすさみはてた, 最後に, 本当か, 本所深川あたりの, 本統の, 束の間であった, 束の間やがて, 来て, 果さず五十七歳, 極めてしばしば借り, 構いません, 樽を, 次郎君が, 止みたる, 正確に, 毎晩の, 気には, 氣の, 氣を, 水を, 永久に, 江戸の, 決まって, 沢山は, 海近い, 準備の, 漁師に, 火の粉を, 無かった, 無理に, 無理も, 無駄でした, 煙草屋とか, 特別の, 狐か, 獨り, 理屈だ, 理由の, 甚だ怪しい, 用件で, 田舎に, 申上げる, 病気の, 皆な, 相当に, 相当の, 相手を, 着物の, 瞬時に, 瞬間, 瞬間の, 知つてゐた, 知らないん, 知りたい, 砲艦長は, 確かでない, 私から, 私としては, 私一人の, 程度問題で, 種類が, 空想の, 空腹には, 窓の, 筋書通りだ, 籾が, 素朴な, 素直に, 細工で, 終ると, 結局お前と, 結構でしょう, 結構と, 翌日に, 考へたの, 考へられないこと, 職員室の, 肌を, 背後に, 自分に, 自分を, 自然と, 自然の, 自身の, 致し方ない, 致し方は, 良いかも, 良くは, 芸術の, 苦に, 落ちついて, 落着い, 薄々は, 術だ, 西洋の, 見えなくなると, 見たこと, 見つからなかった, 見事に, 見廻るん, 覚束ない, 解けた, 解って, 解らない, 解らなかった, 訊いたが, 許して, 試して, 説明し, 誰も, 賭博の, 身から, 辛抱し, 近頃では, 退屈だ, 道を, 道理この, 道理千万な, 遠い昔, 遠くは, 遠慮を, 酒の, 野々宮の, 間も, 間もなく, 隠語である, 雨に, 青々と, 面倒くさくなっ, 面倒な, 面白い話, 面白かった, 音を, 餘り, 馬鹿, 馴れて, 駄目であった, 駄目なら, 駒井の, 骨の, 鳥に, 龍の

1 [8422件 抜粋] ああいう, あたいは, あったな, あなた一流の, あの湯上り, あまりに付会, あまり遠から, ありますからな, あるから, あるわねえ, あわただしすぎる, あんまり意地, いいぞよ, いうこと, いきなりどうして手放せましょう, いざと, いっとき余裕が, いつしかとおくに, いつも往来, いや, いわないで, うまくゆく, うわの空では, おかあさんの, おそらくここ二, おのれが, おわりさ, お前その, お家に, お気の毒様, お花見場所, お高, かく申す, かなわず, からかいすぎて, きのうの, きわめてまずかっ, けっして殺す, こころえました, このあたり, この冒険, この書, この近在, これもが, ごく些末, ごく美しい, ご治世, さうで別に, さほど弱った, しいてあら, しかし気, しねえよりは, しるしばかり, すぐ忘れた, すこしの, すっかり考えこん, すべて少年時の, ずいぶん速く, ぜひ今夜, そうだらず, そう聞い, そのはず博士あたり, その依頼者, その時きり, その金, そろそろ無くなり, たいがい極, たしかでない, ただそれきり, ただ一枚きりである, ただ外国, ただ沢山の, ただ逐いまわし, たった一行, たとい異国, だめさ, だんだん遠く, ちゃんと用意, ついこの間, つい咎められなくなっ, つまらなくなり, できずに, できよう, とくにだれ, どういう作用, どうもはつきり, どうやら邪智, どの辺, なお夢, なかばは, なし固より, なみ, ならぬと, なんだかあまり卑怯, にせ物, はた物狂, はるか郊外に, ひとりふたりの, ひどく荒れ, ふさは, へんに, ほとんど茶番狂言, ほんのちっと, ほんの十五分, ほんの軽い, まあそれ, まあ弟, まず失敗, またたく元, またやむを得ない, また今度, また唐突, また家中, また思ひ過し, また殆, また美しく, また邦夷, まだ五ツ, まだ方法, まだ試み, まばらに, まんざら嘘, みな幾分か, みんなあなたに, みんな心構え一つの, むずかしい註文, めんどうくさくめちゃめちゃ, もうみな戸, もう八九年, もう幾年, もう聞えなくなっ, もしかする, もつともである, やがて, やがて消え, やっと一まわり, やっぱり伝説, やっぱり薄暗い, やはり一つ, やはり夢, やはり理由, やむなく, やや時間, ゆるみ北国, ようやく恢復, よくよく寒い, よく見, よしわが, よろけて, れっきとしたお, わかりますけれど, わずかしか, わるい事, アンナに, キザだ, シュミイズ一枚で, ダメだ, トムスクまでよ, ハッキリ解らない, フシギの, ホントな, メンドウな, ワーテルローの, 一つ困っ, 一二度連れ, 一冊一月がかりで, 一向効顕, 一寸の, 一度内儀, 一應氣を, 一昔前の, 一本づつ同宿者に, 一理であろう, 一瞬九十郎の, 一般家庭に, 一部で, 七分の嘘, 三つ四ついっしょにね, 三年も, 三間の, 上等に, 不即不離の, 不思議でならない, 世の中これも, 中には, 中農と, 主人公位の, 久慈と, 予期した, 二つに, 二人を, 二度つい, 二枚取り出し, 云えなかっ, 五匹や, 井谷が, 亦それ, 亦休養娯楽, 亦断腸, 亦骨董品, 人間でしょう, 今に成つ, 今年は, 今時に, 仕事が, 他所行き, 仲間の, 住むべき家, 何だかよほど金目, 何となくものうかっ, 何代か, 何時如何なる, 余り役には, 作り事と, 侯爵夫妻の, 俳優とか, 停電だ, 偽の, 僕だけじゃ, 元より, 先住が, 入口に, 全く記憶, 全部読めなかつた, 六波羅兵の, 其筈昔し, 写真にじゃ, 出しな, 出来ず始終, 出来なくなると, 出来悪い, 分らなくて, 初め考え, 判然と, 別段言い分, 前借な, 劇研究會からは, 勇士だ, 勿論強い, 十中八九は, 十分な, 十歩とは, 半ば無意識的に, 半蔵門から, 単なる話, 単に色, 却つて面倒な, 去つた, 及ばなきゃア, 取り次ごうと, 古いロマノフ朝風, 可なり, 台所を, 各国間の, 同じ頃, 名案とは, 君一種の, 味方と, 唯うん, 問題であり, 嘘じゃあ, 四方板壁で, 図抜けて, 地主として, 堅気の, 墓地へ, 夏休まで, 多分読んだ, 夜光の, 夢中に, 大きな声, 大した格, 大丈夫と, 大半は, 大巻の, 大概親分株の, 天上の, 夫婦の, 奥に, 女子を, 好い事, 妙策でない, 婚期を, 子供たちの, 学校の, 定かでなかった, 実はあたし, 実地を, 室内に, 家臣一統から, 密閉された, 尉官級佐官級であるらしい, 小夜子を, 小鳥が, 少時で, 尿意の, 山田へと, 川を, 巨人の, 帰して, 平四郎に対する, 年々減少し, 幼稚な, 底土を, 廊下の, 強固な, 当初から, 彼らが, 彼等には, 後詰めの, 御不満足, 御時勢, 徳山の, 心得させた, 必ずしもさうで, 志操の, 忽ち晴れあがった, 思はしくない, 思出す, 性欲に, 恐らくひとつ, 悉くが, 悪か, 悲しかつ, 愉快に, 愛情の, 憎いまま母, 我慢が, 戸棚の, 手洗鉢の, 承知いたさう, 折角だ, 拾つて行つ, 控え目であった, 改めて説明, 救わなければ, 数分以上続く, 文夫様と, 新しい経験, 既に何, 日本式で, 早くそれ, 明智の, 映画館から, 昨日今日は, 時々グリフォン, 時代によって, 暇を, 曳いて, 最低生活費を, 月給でも, 朝が, 末期だ, 本意ない, 材料を, 束の間肺が, 松の木に, 枯れて, 桂子には, 森の, 極めて簡単, 樂屋の, 欠席者が, 次第に遠, 歎かじ, 正当であった, 武士らしい, 死に近い, 殊更むずかしい, 母には, 毎晩通っ, 気にかけて, 気懸りだし, 永く続かない, 江戸詰めで, 決して心掛け, 決まった相手, 泣く子, 浅はかな, 深い感謝, 減って, 滅多には, 漸く欠席勝, 火急の, 無くなつた, 無意義で, 無粋と, 無駄と, 焼いて, 爪先で, 片思い, 物欲しさうな, 犬山を, 猟銃で, 王将, 現実には, 甘寧, 生やさしい, 用いたらしい, 申さいで, 町の, 畢竟我が, 疑いかかった第, 病院へ, 白い顔, 百成君の, 皆彼女の, 盗賊改めが, 直き又, 直接応用の, 相手次第によっては, 真剣の, 着もの, 矢張かの, 知らされて, 知りたかった, 砂上の, 祖父への, 私にとっては, 秋田から, 種類は, 空耳であった, 笑ひ, 節供という, 納つて近頃は, 素知らぬ風, 終戰後あの, 結局次から, 絶えずソヨソヨ, 綱を, 總て, 美しい都會, 義雄は, 考えで, 考へないこと, 聖画では, 聞きも, 聽き出せる, 胴の, 腰の, 自働人形的, 自殺という, 至って薄く, 致方の, 良かった, 花袋の, 苦しい, 荀, 薄暗くな, 蟾蜍と, 街道を, 裏方に, 要するにいかに巧妙, 見あたらないただ, 見たが, 見事失敗に, 見舞客の, 親しく思へぬ, 解らない白痴, 言わないこと, 訊かなきや, 試みたこと, 語らずに, 誰ゆえみんな私自身ゆえ, 謙遜だろう, 貧乏人が, 買い得なかった, 赤坊から, 身動き出来ぬ, 載つて, 近い頃, 迷惑がっ, 透さんの, 造りものの, 遊びで, 過たず矢, 道理に, 違って, 遠くの, 避け得られるもの, 釈迦堂の, 金髪の, 錯覚としても, 長くて, 開いて, 間もなく忘れた, 附近に, 随分責め, 隻方の, 雨でも, 青年時代には, 面倒の, 鞘ぐるみ手から, 頭目が, 風が, 飢える子, 馬に, 騎馬の, 髪を, 鶏による

▼ それから~ (10330, 2.7%)

143 それへと 137 どうした 87 間もなくの 71 して 67 すぐに 54 それと, 二人は 39 二人で 36 二人の 34 三日目の, 彼は 28 急いで 26 しばらくし 2524 それへ 23 だん, どうなった 22 数日の, 見ると 20 である, 十日ほど, 間もなくであった 19 いろいろの 17 急に 16 どうしました, ふいに, 一と, 二三日し, 出て, 言った 15 三日の, 云った, 比べると, 考えると 14 二階へ, 続いて 13 一週間ほど, 二人とも, 先の, 帰って, 悠々と, 眼を 12 一年ほど, 三十分も, 十日ばかり, 黙って 11 しばらくの, 一週間も, 二三日の, 先は, 十分ほど, 徐ろに

10 [12件] しばらくする, どうする, 三人の, 三十分ほど, 三日ばかり, 三日目に, 五年の, 十年の, 目を, 自分の, 見れば, 間もなくその

9 つづいて, 一年も, 三人で, 二た, 二日の, 四五日経っ, 惹いて, 戻って, 間も, 間もなく彼

8 [18件] いろ, だんだんと, であった, ゆっくりと, 一時間ほど, 三日も, 二人が, 二年ほど, 二日目の, 二時間ばかり, 二時間も, 低い声, 次々に, 歩いて, 私は, 立って, 間もなく, 間もなく僕

7 [28件] しばらくは, だった, でなければ, またも, 一人で, 一年ばかり, 一時間も, 一種の, 一週間ばかり, 一里ばかり, 三人は, 三日ほど, 二三日後の, 二十分ほど, 二日ほど, 五分も, 何か, 十日も, 四五年の, 四五日の, 四日目の, 少し後, 少し間, 幾日か, 数時間の, 間もなくこの, 間もなくだった, 間もなくで

6 [21件] だと, だよ, まっすぐに, 一度も, 一時間ばかり, 二三日たっ, 二三日経っ, 二十分も, 五日目の, 何年か, 何度も, 先に, 十五分ほど, 十年も, 夜の, 彼の, 数日し, 数日後の, 段々と, 神田の, 顔を

5 [27件] あとの, いった, くるりと, そろそろと, どうしたい, どうなさいました, どうなる, またもどっ, まだある, 三年目の, 二三日する, 二三日過ぎ, 二十年も, 二度目の, 二日目でした, 五六日経っ, 今度は, 何うし, 叫んだ, 四五日し, 彼女は, 思うと, 数年の, 私が, 笑った, 脱すること, 間もなく死んだ

4 [87件] あとは, いろいろと, さらに, しばらくしいんとしました, しばらく経っ, すぐまた, つ, どうなつ, どこへ, なの, のちの, ひきつづいて, ひっそりと, ふいと, また戻っ, まだいろんな, まだその, まもなくの, もう一つ, わずかに, 一人の, 一年後の, 一時間の, 一月ばかり, 一本の, 三十分ばかり, 三十分後に, 二三年も, 二三日は, 二三日経つ, 二人を, 二十日ばかり, 二年の, 二年目に, 二日ばかり, 二時間ほど, 二本の, 二階に, 二階の, 五六日し, 五六日の, 五分と, 五分ほど, 五日も, 僕は, 先き, 先を, 八年の, 十日と, 半月ほど, 四五人手を, 四五日する, 四五日も, 四人の, 四年の, 四辺を, 始まって, 少しの, 少しは, 少し歩い, 少し経っ, 少し離れた, 岸本の, 幾年か, 後は, 思い付いて, 思ふと, 推すと, 数年後の, 暫くの, 更に進ん, 江島屋の, 法水は, 私の, 突然彼, 突然私, 立ち上がって, 立ち上った, 色々の, 若い男, 行って, 警視庁の, 近所の, 逃れようと, 逃れること, 長いこと, 間もなく私

3 [127件] あなたに, ぐるりと, しばらくそこらあたり, しばらくたっ, すぐ眼, ずっと後, だね, だんだん下, だんだん聞い, だんだん調べ, ちょっと考えた, ちょっと間, です, でないと, では, どうだ, どうな, のがれようと, ひいて, またある, また云った, また何, まだ外, やたらに, ゆっくり腰, ビクターへ, フランシス, モー一つは, 一, 一年に, 一日おい, 一日に, 一時間程, 一歩も, 一歩を, 一週間の, 七年の, 七日も, 三十分ばかりの, 三十年たっ, 三十年も, 三四年の, 三四日後の, 三年の, 三年ばかり, 三年ほど, 三年も, 三日し, 三日後に, 三日目でした, 三本の, 不意に, 二三日経った, 二人し, 二人に, 二十分ばかり, 二十年の, 二年ばかり, 二年後に, 二年目の, 二度目に, 二日目に, 二月ほど, 五分ばかり, 五日ほど, 五日目に, 京の, 今日まで, 他の, 以後の, 何年も, 例の, 先へ, 八日目に, 十五分も, 十分ばかり, 十分も, 叫びました, 向の, 四五日たっ, 四五日は, 四五日經つてから, 四十年の, 声を, 外の, 家の, 家へ, 寝るまで, 小日向の, 少し離れ, 帝劇へ, 幾日経っ, 思いついて, 手を, 持って, 振り向いて, 数日後に, 早くも, 本郷の, 来るの, 東宝ビルへ, 枝を, 次ぎの, 毎日の, 湯を, 私を, 突然その, 立ち上がると, 立ち上って, 耳を, 舌を, 色々と, 身を, 進んで, 遠ざかって, 酒を, 長いあいだ, 長い時間, 長い間, 間もなくでした, 間もなく今度, 間もなく東京, 間もなく若旦那, 離れて, 順次に, 驚いて, 黙ったまま

2 [553件 抜粋] あなたの, あの虔十, ある時, ある種, いいました, いかに現代, いくども, うっとりと, お作, こうも, こうやっ, この事件, さぶ, さらに云い継いだ, しっかりした, しばらく後, しばらく話, じきに, すぐと, すぐ後, すこしは, すこし急, すると, せツ, そっと新聞紙, その上, そろ, たぐれば, たぬきって, だつた, だんだんよくなっ, だんだん山, だんだん工夫, だんだん年, だんだん訊い, だんだん話し, だんだん進ん, ちょっと声, ちょっと言葉, ちよつと, つぎつぎに, でいい, とんで, どうしたえ, どうしよう, どうと, どうなります, どこかへ, ならば, のがれるには, のけ者に, のちお, ばりばりと, ひととおりの, ひるやすみ, ぴたりと, ほかの, ほの, ぼうっとした, また, また坐つ, また立ち上がっ, また考へた, また長い, また静まり返った, まだ, まだあります, まだ一時間, まだ一月, まだ一週間, まだ斯, まもなく凡太郎, まるでそこら中, みると, もう咽喉いっぱい, もう故人, もう歩き疲れ, もどって, ゆっくりという, よほどたっ, わかい叔母, わずか数年, ウンと, チベットの, チラッと, ニヤリと, マカロニイやら, マントも, ルウヴル行の, 一しょに, 一ヶ月も, 一二年の, 一人, 一人が, 一八七五年八月四日に, 一分とた, 一分ほど, 一刻の, 一刻も, 一年ほどの, 一年目の, 一年立つ, 一年経ち, 一年経っ, 一年経った, 一年近くも, 一度は, 一日か, 一日二日し, 一時間する, 一時間と, 一時間程の, 一晩の, 一枚の, 一歩でも, 一町ほど, 一発一発と, 一箇年間は, 一週間たっ, 一週間に, 一週間目に, 一週間目には, 一週間程, 一週間経っ, 七八年の, 七日の, 七日ほど, 七日目の, 三人が, 三人し, 三十キロ四十キロ五十キロという, 三十分と, 三十分ほどの, 三十分程, 三十分過ぎた, 三十年中年に, 三十年私も, 三千代にも, 三吉は, 三名の, 三四日し, 三四日経っ, 三峰では, 三年たつ, 三年後の, 三年後元和元年の, 三年目に, 三度の, 三度も, 三日たっ, 三日と, 三日に, 三日ばかりは, 三日ほどの, 三日めの, 三日後の, 三日目には, 三日目永井平, 三日目江戸の, 三日経たない, 三日經た, 三時間も, 三村屋は, 三枚の, 三次兄哥は, 三河屋の, 三藏の, 三階へ, 上の, 上総の, 下って, 下っ引, 両手を, 丸善へ, 久しい間, 九十日ほど, 九日に, 二ひきの, 二ヶ月ほど, 二三の, 二三ヶ月経った, 二三人の, 二三分の間は, 二三年し, 二三度遠, 二三日たつ, 二三日後英倫と, 二三日過ぎる, 二三時間の, 二三時間も, 二三秒も, 二人気持よく, 二十五年たっ, 二十分と, 二十年, 二年余りも, 二年後には, 二年経っ, 二度三度と, 二度踊つてから, 二日後の, 二日目, 二時間と, 二週間ほど, 二里の, 二階を, 五人の, 五六分も, 五六日は, 五六日経つ, 五六箇月の, 五六軒置い, 五分か, 五年たっ, 五年ほど, 五年目だ, 五日ばかり, 五日ばかりの, 五歳に, 京都へ, 人形箱の, 今の, 伊藤の, 伊達の, 何の, 何十年経った, 何度か, 何處へ, 來た, 僕の, 先が, 免れること, 六七年に, 六人の, 六日の, 六日目の, 再びホテル, 再び外, 再び腰, 再び駅, 冷たい水, 出たもの, 出た名, 出ること, 出る音, 出来るだけ, 利益を, 前に, 力を, 北野劇場へ, 十五年の, 十何年の, 十分ぐらい, 十四五年も, 十年幸福な, 十年後の, 十日の, 十日ほどの, 十日目の, 十日程, 十間ばかり, 南の, 厳めしい, 又, 又石, 取り去られ得ること, 受ける感じ, 受ける打撃, 右へ, 向直って, 命がけほど, 四五十分間は, 四五年し, 四五日, 四五日たった, 四五日たつ, 四五日後であった, 四五日後に, 四五日後の, 四十分ほど, 四年, 四年後に, 四年後の, 四年目の, 四日ほど, 四日も, 四日目に, 四時間の, 困るの, 国泰寺の, 坂の, 坂井の, 増田は, 声が, 多少の, 夢殿の, 大きく頷い, 大人が, 大和屋の, 大室山だ, 太い声, 太田は, 奔走を, 奥へ, 女と, 女の, 始まるの, 子供の, 学ぶこと, 学校の, 宗先生に, 家で, 寄って, 富田屋でも, 寝ころんで, 少くも, 少しあと, 少しも, 少し下っ, 少し経, 少し経つ, 少し行く, 少し起きあがりました, 少し躊躇, 少し過ぎ, 少し雑談, 島田の, 常盤橋の, 常陸の, 平岡との, 幸徳秋水と, 幾人もの, 幾刻も, 幾年かの, 幾年の, 幾度も, 幾日も, 床の, 庭に, 庭へ, 廻ると, 式が, 引いて, 引き去ること, 引き続いて, 得られる利益, 得るところ, 心で, 必死と, 必死の, 怒って, 思いきって, 思いついたの, 思い切って, 思ひがけ, 恐ろしく念入り, 懷手を, 我々の, 手で, 手水を, 押入れを, 揃って, 改まって, 数十年の, 数年を, 数年経っ, 数日たった, 数日経ち, 数日経っ, 数日間は, 数町の, 数週間という, 日比野の, 暫らくの, 更にその, 更に他, 更に川, 書いたもの, 最初の, 机の, 来たの, 来た方, 来て, 東映本社へ, 林彦三郎と, 柳橋の, 森も, 横田の, 檜の, 此の, 段々子供, 段々話し込ん, 母が, 母の, 毎晩の, 永いこと, 河内の, 河野義博君の, 油を, 泣いてばかり, 洋画家夫婦に, 浦里時次郎も, 淡い煙, 深い溜息, 湯へ, 湯島を, 源助さんは, 源氏の, 溢れるばかりの, 演繹される, 漸っと, 無事に, 片品川に, 牛込の, 生じて, 生ずる弊害, 生ずる財源, 生れたの, 生温い水, 甲州路を, 白いお, 白い水潦, 皮を, 直ぐに, 相州の, 眠りました, 研究所の, 硬い板, 神尾の, 神楽坂の, 種, 突然, 突然大きな, 突然屋根板, 突然顔色, 立ちあがった, 笑いながら, 第二, 笹野新三郎の, 米倉の, 約一時間, 結果する, 縁を, 羊歯の, 美濃の, 老婆に, 聞いて, 聴こうじゃ, 脚も, 腕時計の, 自信を, 自分と, 衣紋坂へ, 見る見る勢, 見知らない一つ, 言いました, 言い添えた, 谷川で, 起ったの, 身に, 較べると, 近江の, 逃げ出すこと, 這いあがること, 連れ立って, 那須野が, 部屋の, 金五郎の, 長い靴下, 長く休刊, 間もなくあの, 間もなくである, 間もなくもう念仏, 間もなくわたし, 間もなく世, 間もなく今, 間もなく何, 間もなく寝つく, 間もなく帰っ, 間もなく平次, 間もなく引, 間もなく或, 間もなく母, 間もなく父, 間もなく警察, 間もなく越前屋, 間もなく順一, 闇に, 階下へ, 離れること, 電車で, 青山に, 青木さんの, 静かに, 靴下を, 頷いて, 黄色い縮緬, 黙り込んで, 1を, 8を

1 [6263件 抜粋] ТРАМ, あとよく, あまり遠く, ある価値, ある處, いかめしい様子, いくとき, いつも歩い, いろいろしおった, うけつがれたところ, おおくの, おやといふ, お文, かえったわけ, かんたん, くわしい話, こう云い出した, こっちの, この俗言, この間の, さういふ二人, さっぱり客, さらに二日, さらに日本軍, さらに車, ざっとさ, しばらくその, しばらく彼女, しばらく車, しゃっとこ立ち, すぐきりきりと, すぐ丈, すぐ巡視, すぐ有楽町, すぐ雇人たち, すすり泣きし, ずいぶんながい, そういうお客, その一区分ごと, その廃寺, その逗留中, たいていは, たったこの間妾, だまって, だんだん何, だんだん探っ, だんだん議論, ちょっとぐらい, ちょっと庭先, ちょっと黙っ, で, でした, で風呂, どういたしました, どうなさいます, どう云う, どんな作用, なにか名札, なわじりを, のがれられるか, はげますよう, はまるで疾風, ひどく気取った, びくり, ほこりで, ますますひどく, またしゃべり続けた, また元, また始まつた, また汽車, また縫わせる, また進ん, まだいろいろ, まだまだふくれ, まだ十四, まだ毛糸, まだ黙礼, まもなくだった, まもなくポチ, まもなく点視庁, まアそれ, もうひとり, もう犬, やさしい腕木, やる前, ゆっくり行末, よろめいたもの, わずか二日, アア王と, エザウを, カント達が, コラントという, ストーン氏は, チベットでは, ヂョウジアァナお, ハンコと, ヒッソリし, フーフーあつい, ボートを, マーチおばさんの, ラハ・ランバの, ワイマールの, 一たんホテルに, 一カ月しない, 一メートルの, 一丁ばかり, 一二三の, 一二週間という, 一人一人物を, 一分間ぐらいの, 一刻余の, 一寝入し, 一層邪道, 一年ばかりを, 一年後であった, 一式の, 一日ほどの, 一時ほども, 一時間以上にわ, 一時間許り, 一木枢相金森長官あて夫, 一段下の, 一空さまが, 一荘やっ, 一週間あとの, 一週間以上も, 一週間経つ, 一銭二銭の, 七八年中学から, 七年間何かに, 七輪に, 三カ月以上も, 三人そろっ, 三信ビル地下へ, 三十一歳まで, 三十分にも, 三十分間後に, 三十日目に, 三四十分以上も, 三四日ひとりで, 三年し, 三年後に, 三度ばかり, 三日という, 三日後には, 三日経った, 三晩ほどは, 三根夫, 三番も, 三笠艦を, 三軒廻った, 上がる収入, 下松虹ヶ浜そして, 両手へ, 中江は, 丸一年経った, 久保田氏岩田君を, 九年後一八三〇年の, 乾, 二ヶ月あまり音沙汰が, 二三ヶ月も, 二三十間も, 二三度会った, 二三日後この, 二三日食慾が, 二三軒先へ, 二人三人ずつ, 二十に, 二十五六年は, 二十分程, 二十年ものみ, 二十日ほど, 二千円の, 二年を, 二年間共に, 二日たつ, 二日後, 二日遅れた, 二時間三時間四時間もう, 二枚障子が, 二秒と, 二通の, 二階で, 五ヶ月も, 五六年いた, 五六日外出したくなかつた, 五円紙幣を, 五分間ほど, 五大堂, 五年経っ, 五日迄, 五箇年間に, 亡くなられたおかみさん, 人波を, 今朝畠へ, 代わる代わる下座, 仰いで, 伊豆, 会計へ, 低く呼んだ, 佐藤君は, 何ともいえない, 何処を, 何年間に, 何日も, 何気なくきい, 作られるよう, 傷つけられながら, 僭越ながら, 先きのこと, 光井の, 全く池, 八十年後の, 八時迄, 八重次に, 六十年来テュイルリー宮殿の, 六度も, 六遍続け, 内務省へ, 再びなごやかな風, 再び巨人国, 再び田圃, 再び鉄道院, 処刑までの, 出ようと, 出掛けたです, 切りましたよ, 利根川を, 劉備の, 勇敢な, 北極星を, 十一時前ぐらい迄は, 十九日まで, 十二時までには, 十五六年は, 十五日を, 十八年の, 十分ほどで, 十四年の, 十年たった, 十年商賣, 十年餘り, 十日あまりの, 十日位経っ, 十月十六日また, 千代の, 半年も, 南へ, 厳しく命じました, 又僕等, 又戯曲, 反対の, 取調べて, 古い修道院, 古賀の, 吃りながら, 吉野は, 呉青秀は, 唐更紗の, 器ごと水の, 四五十分ほど, 四五日した, 四五町奥の, 四十一年に, 四十年を, 四圍を, 四方へ, 四日経, 四週間か, 圧すと, 埋め合わせを, 塚田巡査に, 壁に, 夕陽の, 多少彼, 大きい丸太, 大きな単調, 大原さんに, 大杉の, 大籠の, 天皇位を, 夫婦の, 女王に, 妾と, 始終石川さん, 孫たちの, 安田の, 宮川の, 容易に, 寝ついた, 寺本氏に, 小さいオブラート, 小出氏は, 小山内君は, 小池君は, 少しあと戻り, 少しとろとろと, 少し先, 少し工合, 少し残し, 少し行つた所, 少時そこらを, 履の, 山田さんにも, 岡林氏の, 崔と, 巣鴨監獄に, 市ヶ谷見付に, 帰らなかった, 帷幕の, 年が, 幾十年の, 幾日長けれ, 広い, 庭を, 引き取って, 張ち切れ, 影響を, 後世の, 得るよろこびは, 心を, 忠寿司で, 思い付いた仕事, 思を, 息を, 慌しく外出, 我に, 手荒く戸, 招き出した, 搾り採った油, 教えられた通り, 数分と, 数年信長に, 数日のちの, 数日経ちました, 数町ばかり, 数門を, 斎藤が, 新しい花, 日光へ, 早川の, 早速荷物, 明治二十三年集会結社法で, 春が, 智力それから, 暗い風呂舎, 更にこん, 更に一廻り, 更に今, 更に急坂, 更に病勢, 更に青, 最後の, 朝倉先生送別の, 末松の, 村中の, 来なかったの, 来る永遠, 来る陰欝, 東宝本社へ, 松岡義和氏は, 林田氏が, 栄山公園の, 森なぞを, 榊原, 櫛名田媛と, 歌って, 歩いたり, 死ぬる時, 殆ど毎年, 段々大きく, 段段と, 毎日毎日その, 気付いて, 水際へ, 江南地方で, 沙漠を, 泉太や, 洋服箪笥の, 浄瑠璃寺などが, 涼しくなる, 深い深い際限, 清水を, 温柔し, 満鉄傭人, 潰します, 火野葦平や, 熊野は, 片づける事, 牽いて, 狭い河原, 王君が, 生じる種々, 生ずる無限, 生れた, 田中春と, 申し付けられた通り一人一人, 痛い眼, 白い尖塔, 白剥山と, 百万の, 百日の, 目差す鉢伏山, 直ぐ旅行服, 直接の, 真直に, 眠れなくて, 知り合いに, 石川島, 確かめるが, 祭式や, 秩父へ, 稲田の, 突然こちら, 突然云った, 突然怒りだし, 突然胸, 立ちのぼる湯気, 立川流という, 笑われて, 精, 約半年, 細君が, 続いた, 羅は, 翌る, 聞いた事, 脱しさえ, 膠着現象とに, 臼で, 芝の, 若い職人, 荒々しく店内, 萩原君を, 蒲團の, 薄暗い未来, 藤沢内蔵助と, 血痕の, 行ったの, 西北という, 見る見る巨, 親類の, 訪ねたが, 誘って, 調べを, 警視庁へも, 貝多, 赤い頭巾, 起ち上って, 起る火事, 足立さんと, 躄り車, 軽快な, 近江越前越後加賀能登若狭などと, 逃げるか, 通らない紙幣, 遁れ, 道人へ, 遠く溯っ, 鄭樵の, 重苦しい時間, 金太の, 鈴ヶ森か, 鎧を, 長い指, 長い間水, 長崎屋さんと, 間もなくお前, 間もなくはなし, 間もなくペエテルブルク, 間もなく二階, 間もなく光秀, 間もなく國會議事堂, 間もなく妻, 間もなく小野梓君, 間もなく待っ, 間もなく本館, 間もなく江戸表, 間もなく犯人, 間もなく知辺, 間もなく綿帽子, 間もなく見物席, 間もなく鈴木先生, 間もなく頭山翁, 阿蘇山に, 陸稻畑の, 隣り町, 離れようという, 霧が, 面白い話, 頼むという, 飛んで, 飼って, 馴致せられる, 驚いたこと, 高山樗牛の, 鬼塚元帥との, 鶴さんの, 黒い木, 黒地の

▼ それ~ (7944, 2.1%)

388 して 180 一緒に 176 同じよう 97 反対に 86 いっしょに 73 云うの 69 同じこと 63 見て 62 知って 52 同時に彼, 同様に 47 もう一つ 46 並んで 41 同じやう 40 気が 38 同時に 36 同時にこの, 同時に私 34 同じに 33 同時にその 32 全く同じ 27 察して 26 云ふ, 前後し, 反対の, 見ると, 違って 25 一所に, 同じで 24 一しょに 21 同じもの, 同じ事, 同時に自分, 見るより 19 同時にまた 18 なしに, 知らずに, 聞いて 17 気がついて 16 反対な, 殆ん, 見るや 15 しても, 入れ違いに, 同じである, 同じ意味, 同様の, 比べて, 申しますの 14 一しよ, 反対で, 気づいて, 言うの 13 同時に彼女, 同様な 12 入れちがいに, 同時に僕, 知ると 11 同じだ, 同時に今, 同時に女, 比較し 10 似たよう, 分った, 同じ様, 悟って, 相対し, 知るや 9 よく似た, わかるの, 交換に, 同じです, 同一の, 同時に他, 同時に何, 知りつつ 8 わかった, 入れ代り, 同じ程度, 察したの, 引き違いに, 氣が, 知られる, 闘って

7 [24件] いって, おなじよう, これとは, しまして, わかって, 並行し, 似て, 全く反対, 判った, 同じい, 同じ頃, 同時に一方, 同時に母, 同時に青年, 向き合って, 察した, 比べると, 申すの, 申すも, 知った時, 言って, 言ふ, 関係の, 関連し

6 [29件] くらべて, そっくりの, ちがって, ほとんど同じ, ほぼ同じ, よく似, わかつた, 丁度同じ, 分って, 分ると, 判つた, 同じな, 同じ時刻, 同じ樣, 同時にあなた, 同時にお, 同時にかれ, 同時にこれ, 同時にそれ, 同時に人間, 同時に同じ, 向い合って, 対照し, 少しも, 決めて, 知らないで, 知りながら, 知る由, 知れた

5 [26件] いうので, いふので, おなじもの, すれば, もうひとつ, わかると, わかるほど, 云って, 共通な, 同じ気持, 同じ理由, 同じ運命, 同時に二人, 向かい合って, 平行し, 指さ, 殆ど同じ, 比較に, 気づくと, 気の, 気付いて, 異なって, 矛盾する, 知った, 行き違, 間髪を

4 [45件] いっても, いろいろの, ならんで, みて, わかったの, わかる, ピタリと, 一つは, 一処に, 交渉する, 全く同一, 同じくらい, 同じ夢, 同じ形, 同じ状態, 同じ道, 同時にあの, 同時にかの, 同時にわたし, 同時に又, 同時に日本, 同時に長い, 大差は, 察しが, 思ひ當, 戦って, 手に, 歩調を, 比較される, 比較する, 気がつくと, 直角に, 知ってか, 知りて, 知ること, 知れたの, 知れば, 結婚した, 聞くと, 聞くや, 自分の, 話して, 関係が, 関聯し, 類似の

3 [96件] おなじこと, おなじ意味, おんなじに, さとりました, しも, すぐに, そっくり同じ, たたかって, ならべて, まったく反対, 一つには, 一致した, 一致する, 並べて, 他の, 併行し, 信じて, 入れ違, 全く別, 全然同じ, 分るよう, 分る程, 区別する, 口に, 合して, 同じくら, 同じわけ, 同じ事件, 同じ位, 同じ強, 同じ心理, 同じ性質, 同じ手, 同じ方法, 同じ物, 同時にあらゆる, 同時にいま, 同時にここ, 同時にさう, 同時に一人, 同時に一般, 同時に何者, 同時に君, 同時に夢, 同時に妻, 同時に室, 同時に心, 同時に早く, 同時に演劇, 同時に眼, 同時に頭, 同様で, 察したか, 察してか, 察しられた, 察しられる, 察しられるの, 対して, 引換えに, 彼の, 微かに, 思い当ること, 思しめせ, 悟った, 悟ると, 意識しない, 感づいて, 手を, 明らかに, 格闘した, 気づいたの, 相対した, 眼を, 知ったか, 知っても, 知らずして, 知られた, 糸を, 結びついて, 結びつけて, 考えて, 胸に, 自分が, 行き違い, 行違ひ, 見えた, 見える, 見て取るや, 見るなり, 見わけられた, 見分けの, 言わずに, 話が, 認められた, 関係は, 関係を

2 [387件] あのお, あべこべに, いうが, いえば, いきちがいに, いひこれ, いふならば, いれちがいに, いわずに, いわないが, くっついた, そぐわなかった, そっくりな, ちがう, ちがう意見, ちがったこと, つづいて, つながって, どうじに, どう関係, ひとしく世紀末, ひとしく点景, ほ, ほとんど同時, ほとんど同時に, まるで反対, まるで同じ, もう一人, わからなかったが, わかります, わかるばかり, わかるよう, わかれば, アナロガスに, マストの, 一つに, 一人, 一体を, 一緒では, 一致し, 一致しない, 一致しよう, 並べ立てられて, 並行する, 並行に, 二つに, 二人で, 云うので, 交代に, 交叉し, 交換される, 交換し, 交換条件に, 交渉し, 今日の, 他者との, 仙太が, 仰々しく述べ立て, 伝わって, 伺いまして, 似たところ, 似た現象, 何の, 入れかわり, 入れちが, 入れ代って, 入れ代わりに, 全く事情, 全く共通, 全く趣, 全然反対, 共に白い, 共通し, 分かる, 分ったの, 分つた, 分らぬよう, 分りかねた, 分り何, 分る, 分るほど, 分る位, 分る顔, 判る, 判るよう, 判る人, 別れること, 利害を, 反して, 反対であっ, 反比例し, 反比例に, 取換え, 同じき, 同じくらいに, 同じくらいの, 同じく人, 同じく唯六人, 同じく小説, 同じく自分, 同じじゃ, 同じだつた, 同じであった, 同じでした, 同じところ, 同じなん, 同じの, 同じ主題, 同じ力, 同じ名前, 同じ場合, 同じ大き, 同じ奇跡, 同じ平面, 同じ心, 同じ心持, 同じ感じ, 同じ態度, 同じ憚, 同じ手紙, 同じ日, 同じ時, 同じ時代, 同じ服装, 同じ権利, 同じ気持ち, 同じ現象, 同じ眼, 同じ系統, 同じ色, 同じ表情, 同じ訣, 同じ話, 同一である, 同名の, 同時でした, 同時です, 同時にある, 同時にいや, 同時にこいつ, 同時にこれら, 同時にこれ等, 同時にすでにお, 同時にそこ, 同時にどうと, 同時にどこ, 同時にもう一つ, 同時にわれわれ, 同時にセルギウス, 同時に一つ, 同時に三人, 同時に世間, 同時に今更, 同時に他方, 同時に俳優, 同時に俳句, 同時に先生, 同時に公爵, 同時に再び, 同時に列車, 同時に叔父, 同時に各, 同時に名門, 同時に周囲, 同時に唇, 同時に喉, 同時に外國, 同時に大雨篠, 同時に子, 同時に子供, 同時に家, 同時に己, 同時に平次, 同時に彼等, 同時に心中, 同時に心理, 同時に意味, 同時に房内, 同時に扉, 同時に新婦, 同時に暗い, 同時に本能, 同時に林, 同時に極めて近代的, 同時に水, 同時に浴客, 同時に烈しい, 同時に父, 同時に物, 同時に現在, 同時に瑠璃子, 同時に瑠璃子夫人, 同時に白い, 同時に眼前, 同時に秀, 同時に私達, 同時に科学者, 同時に突き放された, 同時に第, 同時に背後, 同時に若者, 同時に草原, 同時に血, 同時に要, 同時に誰, 同時に諸君, 同時に谷底, 同時に貴方, 同時に赦された, 同時に近所, 同時に連, 同時に部屋, 同時に電, 同時に韮, 同時に黒吉, 同時に鼻, 同棲する, 同様であった, 同様である, 同樣, 同種の, 同等の, 同類の, 名ざす, 名を, 向いあって, 呼吸を, 呼応し, 土地の, 夫婦に, 好く似た, 完全に, 家庭の, 寝たぞと, 察したらしかった, 察したらしく, 察する, 察知できる, 寸分違わぬ, 対抗し, 対抗する, 対照する, 対照的に, 対立し, 対立する, 対蹠的な, 封筒の, 尋ねて, 少し離れ, 尽きない話, 平行した, 引き換えに, 引出された, 彼女の, 心を, 思って, 思わしい方, 性質が, 悟りました, 想像が, 意識し, 感づいた, 戦うこと, 戦おうと, 戦った, 戦つて居る, 戰つて居る, 手代の, 手繰って, 手繰れば, 打って, 抗争し, 接觸する, 推察し, 教へて, 早く言え, 明かに, 果しも, 根本的に, 正反対な, 正反対に, 正確に, 正面から, 殆ど同, 殆ど同時に人々, 殆ど同時に後, 比べものに, 比較すれ, 気がついたの, 気がついたもの, 気がついた時, 気づいたもの, 気づかずに, 気づかなかったの, 気附い, 氣づい, 氣の, 氣付いた, 決めよう, 決定すれ, 没交渉に, 無関係で, 現われて, 男の, 町の, 異なること, 異なるところ, 癇癪持の, 目に, 直感した, 直角の, 相手に, 相違する, 眼に, 睨めっこ, 矛盾し, 知ったが, 知ったと, 知ったもの, 知った彼, 知つた, 知つてゐ, 知らせた, 知らぬうち, 知らる, 知られて, 知られないで, 知られる程度, 知りつつも, 知りなば, 知る, 知るやいなや, 知れて, 知れるの, 私の, 競争する, 符合し, 符合する, 等しく人生, 等しく自分, 結んで, 結合した, 結合する, 縁を, 考へ, 聞いては, 聯關し, 肩を, 背中合せに, 背中合わせに, 自分も, 自覚し, 見せないで, 見て取った覆面, 見て取って, 見て取つて, 見分が, 見分けられます, 見分けられるもの, 見定めること, 覚しいの, 親通する, 許り, 話の, 認めること, 読めた, 調和する, 調子を, 識らず, 質を, 足が, 軌を一にする, 較べて, 通じあうもの, 通じた気, 連関し, 遊んで, 違う, 違ふ, 長吉聲を, 関係し, 闘いつつ, 闘うこと, 離すこと, 非常に, 頷く状, 香の物くらい

1 [3633件 抜粋] あからさまに, あのサスペンス, あべこべの, ある勇士, いうと, いくらか似た, いっしょにうわおいぐつも, いはぬは, いれ違い, うすうす知らざる, おと, おなじに, おなじ気持, おぼしき道具置場, おんなじな, お松とを, お風呂敷, からまって, かんづいたから, きまって, くらべると, このアルグゥイーン, この俺, この槍, こんぐらかって, さして大差, さとって, しいちど, しといて, し見れば, すっかり同じ, すれや, そこはかとなき神経衰弱的心境, そっくり生, その前, その軌, たたかい不幸, たったいま, だ奴, ちがうべきこと, ちょうど同, つづきました, とうから知っ, どうじでした, どんな割合, ない告別, ない物, ない音信, なき恐れ, なし警戒, ならべられて, にじみ出した, のぞかれた, はっきりとは, はつきりする, ひと目に, ふしぎな, ほとんど一斉, ほとんど同時にピアノ, ほとんど同時に湾口, ほとんど同時に裏口, ほとんど引き違い, ほんのちよ, ますますはしゃい, まったく同じく父, まるで異, もうひとつこれ, もう一つ重大, もぐッ, やや趣, よし原, わからぬ布包み, わかるか, わかるのに, わかる多, わかる張飛, わかる職業, わかる飛びだしナイフ, アリ君だけ, シヤンチリイとの, ハッキリ分っ, ピッタリ, メンデルスゾーンの, 一しょだった, 一味相, 一緒です, 一致し得る, 一足違いに, 三人へ, 下野から, 両立し, 並べて反古, 並んだもう, 主要驛には, 争った, 二人きりで, 五十歩百歩の, 交易する, 人氣を, 他に, 伍し, 似かよった感じ, 似たりよったりまあ, 似た旗, 似た頭, 似寄りの, 余りかけ隔, 例の, 傍証的な, 充分の, 入れかえに, 入れ違い位, 全く同時にピタリと, 全く異なった, 全く違つた, 共に働く, 共に消え, 共振する, 其弟子の, 凄じい人間, 分かったの, 分ったと, 分っても, 分らぬ一種不可思議, 分りましょう, 分るの, 分る位露骨, 分る恐し, 分る若衆, 初期墨画とも, 判らなかった, 判る無理, 判断が, 別れた不愉快, 割りきっても, 動機は, 十一日チャイコフスキーの, 単なる歴史的連関, 友達に, 反対である, 反比例する, 取れないこと, 口には, 各地の, 合致し, 同じくあらゆる, 同じく一瞬, 同じく剛毅, 同じく宝船, 同じく本拠, 同じく直接人心, 同じく美しく, 同じく諸君, 同じこつ, 同じで有り得た, 同じニセ苦悩, 同じ以前, 同じ可憐, 同じ姿勢, 同じ年, 同じ心臓, 同じ数, 同じ本質, 同じ氣持, 同じ生活様態, 同じ種類, 同じ經驗, 同じ表現, 同じ赤帆, 同じ鍵, 同じ香り, 同一または, 同室し, 同時だった, 同時にあちこち, 同時にいまひとり, 同時におなじ, 同時にかかる, 同時にこれ以上, 同時にしがみついた, 同時にそんな, 同時にとよ子, 同時になんとも知れない, 同時にひどく, 同時にふもと, 同時にまたし, 同時にめまぐるしく, 同時にもしやと, 同時にもはや一行, 同時にわけ, 同時にウイグ氏, 同時にクリストフ, 同時にドア, 同時にファルス, 同時にムー, 同時にレヴコー, 同時に一寸大工, 同時に一般社会, 同時に三十四歳, 同時に両, 同時に事件, 同時に人々, 同時に人類, 同時に会員, 同時に何だか気恥しい, 同時に併, 同時に僕たち夫婦, 同時に公民権論者, 同時に凄まじい, 同時に前進的文化, 同時に卑屈, 同時に取った, 同時に同好, 同時に和親会, 同時に困った, 同時に垂幕, 同時に多種多様, 同時に太刀川, 同時に奥津, 同時に如何なる, 同時に学問, 同時に室全体, 同時に富子, 同時に小坂部, 同時に屋根裏, 同時に巌, 同時に巨大, 同時に幽霊, 同時に引き札がわり, 同時に彼方此方, 同時に必ず又, 同時に性格, 同時に憐れ, 同時に戸, 同時に政治的動物, 同時に文子, 同時に新ら, 同時に日本劇, 同時に是等, 同時に最も近く悪魔, 同時に木戸口, 同時に村, 同時に概念, 同時に次, 同時に歩行, 同時に水色, 同時に泥炭地, 同時に演劇ぐらゐ, 同時に火, 同時に爺, 同時に現, 同時に産後, 同時に省三, 同時に破門者, 同時に秋三, 同時に窶れた, 同時に素早く, 同時に練習, 同時に考察, 同時に肚, 同時に自分自身, 同時に艶, 同時に草川巡査, 同時に藤次郎, 同時に表門, 同時に西洋古典美術, 同時に言霊, 同時に講談, 同時に路, 同時に近代文明, 同時に遥か向う, 同時に鈍い, 同時に門, 同時に雲, 同時に面紗, 同時に飛び去りました, 同時に高, 同様です, 同等以上に, 同質の, 名まえ, 向い合っては, 向きあって, 吾, 和睦し, 嗅ぎつけて, 國友の, 報らせ, 変に, 夕暮近い, 多少行き, 大いに異なる, 大小の, 大蔵の, 女史の, 嫁すなわち, 定かに, 定められるの, 家の, 密接な, 察した中野学士, 察しなかった, 察しる, 察せられるばかり, 寸分違は, 対照された, 対等にも, 對等な, 小次郎に対する, 少し隔つて, 山田秋甫さんの, 常に戦陣, 幾らかの, 弁当焼米丈夫な, 引替えに, 影を, 徐州の, 心づかずに, 心付かなかつたの, 心配し, 快走艇旗との, 思い合せて, 思う人, 思ひ出されて, 思わせるよう, 思われる者, 恰度同じ, 悟られたの, 悟るの, 想像されます, 意識される, 感じられるやう, 感ぜら, 感づいたよう, 感づきながら, 感知し, 戦うべきなので, 戦争の, 手繰つて, 打明けて, 抗爭, 指定できない, 接続い, 推察した, 摩擦し, 教えられなければ, 断定する, 日本の, 明白に, 映り合った, 暗示する, 最近女学校を, 材料を, 枝葉が, 極っては, 槍を, 止まなかつた, 正規共軛の, 武者臭とも, 殆ど同時に遣戸, 母親という, 比較さるべきである, 毫も異なる, 気がついたらしいが, 気づいたころ, 気づいた太吉, 気づかずして, 気づかぬ中, 気づき騒ぎ出して, 気付いたの, 気付かぬところ, 氣づかれる, 決して同じ, 油の, 浅間しい, 混同せられる, 漁り読み行くうち, 無く尾行, 照子は, 牧場との, 犬を, 玄関で, 理解せられる, 由来なり現われ, 異って, 異なりポエヂイ, 異らず, 疑わるる, 白襟あしの, 目印を, 相互的に, 相反れた, 相当量の, 相隣接, 眺められた, 睨みあって, 知ったでも, 知ったらしく腰, 知ったら伝六太鼓, 知った人々, 知った尾州家, 知った聖画商, 知つた博士は, 知つて光代が, 知つて自分で, 知らず気の毒, 知らなかったし, 知られるくらい, 知られ汽車, 知りまして, 知るだけの, 知れた唐崎, 知れる一等下士, 知れる心, 研究し, 神の, 秦野屋九兵衛とを, 空想し, 童女が, 等しいあり, 等しく人間, 等なみに, 米友が, 結ばれて, 結婚さし, 絶交しよう, 綜合し, 織りまざって, 考へるばかり, 聞えるに, 聞襲大歴, 肯くこと, 胡瓜の, 自分で, 自然的直接性の, 花世, 著しく逕庭, 融けあはず, 行違いの, 裏表を, 見えて, 見える様, 見せたくなかったが, 見た人々, 見た校長, 見た若者たち, 見て取った四人, 見て取ってからは, 見なして, 見られる金襴地, 見分けが, 見分けられるくら, 見定めてから, 見破ったものの, 見較べて, 覚しいほとり, 覚しき槐樹, 覚って, 親密で, 覺しき消息を, 解って, 解ッた, 言えば, 言わなければ, 詩を, 認むべ, 認めた時, 認められる, 認識する, 誤り認めて, 読者に, 諜し合わせた, 質が, 軍律の, 迎合しよう, 述べ立てるの, 連れ立って, 週刊朝日に, 運命を, 違うの, 違った有力, 違つた賑やかさが, 違わぬ食事, 都会から, 重大なる, 鉛筆を, 門の, 関係ある, 関連せる, 闘えたの, 關係が, 限りも, 雑り, 雲丹の, 面白くない, 響くよう, 頷かれる, 類推させた, 馴染の, 鳴門の

▼ それ~ (6191, 1.6%)

240 ゐて 181127 いい 70 よいの 65 いいと 62 いいの 54 居て 45 いいじゃ, 満足し 44 よろしい 30 よい 28 いながら, 安心し 27 いいとして, いいん 26 いいでしょう, わかった 23 見ると 22 いいだろう 20 よいと, よろしいの, 安心した 18 いいが, いいで, 済んで, 満足する 17 やって 16 いいよ, 分った 15 いいという, みると, 話は 14 よかった, 帰って 13 いいわ, 急いで 12 いいさ, よいでは, 安心しました, 終った, 解った 11 以て, 満足した, 話が, 黙って 10 いいかも, いいから, 判った, 始めて, 生活を, 終りました 9 あらう, いいのよ, おしまいに, よかったら, わかりました, 出て, 生きて, 終って, 足りる 8 よいとして, よかろう, ゐながら, 宜しい, 生活し

7 [11件] よいか, よいが, よいもの, 分りました, 困って, 沢山だ, 済んだ, 結構だ, 見ても, 許して, 通して

6 [19件] いいか, いいです, いけなければ, いろ, すんで, だね, よろしいでしょう, 一緒に, 十分だ, 好いじゃ, 好いの, 居ながら, 思い出した, 我慢し, 我慢する, 満足しなけれ, 終ったの, 話を, 読めた

5 [22件] いいけれど, いいそれ, いいわけだ, おしまひ, たくさんだ, よいという, 充分だ, 口を, 宜しいの, 気が, 泣いて, 消えて, 済んだの, 満足な, 濟んだ, 私の, 立派な, 納得し, 自分の, 解つた, 話の, 足る

4 [43件] あらうか, いいかと, いいとも, いいもの, すまして, すんだの, だ, やって来たの, やめて, よろしいが, よろしいん, わかったの, わかったわ, 一応の, 仕方が, 充分に, 分る, 好いとして, 安心, 彼の, 心配し, 怒って, 思いきって, 思い出したが, 思い切って, 思ひ出したが, 成功した, 持って, 書いて, 死ぬ気, 済まして, 済んだが, 物を, 私は, 終ったわけ, 行って, 足りるの, 途切れて, 通って, 遊んで, 電話を, 飛んで, 黙った

3 [106件] あらうと, いいかい, いいこと, いいそれで, いいぢ, いいなら, いいね, いいので, おしまい, おしまいだ, おしまいです, おしまいという, かれは, かれら, きまった, けっきょく, すっかり安心, すんだ, すんだが, だん, はやって, びっくりし, ぶら下って, ほっとした, やって来たん, よいこと, よいそれ, よからう, よろしいとして, よろしいので, わかったよ, わかりましたが, わかるとして, ホッと, 一段落に, 不足なら, 不足は, 事が, 人を, 人間は, 何か, 全部でした, 分ったの, 分ったわ, 切って, 判ったが, 別れて, 十分だった, 十分で, 参ったの, 合点が, 好い, 好いと, 安心する, 安心は, 安心を, 宜い, 宜しいと, 実験を, 差支が, 帰った, 帰ったが, 帳消しに, 忙しいの, 急に, 承知し, 承知した, 押し通して, 探しに, 暮して, 来たの, 来たん, 止むを, 死ぬこと, 死ぬの, 死んで, 死んでも, 気を, 済みました, 済む, 済むと, 満足だ, 満足である, 満足です, 無くては, 煩悶し, 相当に, 納得する, 終つた, 終る, 良いの, 螫される, 行かなければ, 見て, 見当が, 説明が, 諦めて, 負けて, 足りなければ, 迷って, 通った, 食いつないで, 食って, 食べて, 飯を, 驚いて

2 [292件] あそこにも, あつた, あなたの, あらう床, いいかしら, いいかね, いいがね, いいだ, いいだらう, いいって, いいといふ, いいとしても, いいに, いいや, いいわけでは, いいんぢ, いい気, いい筈, いくらか気, いらしった, おしまいな, おとなしくし, おまけに, お出かけ, お尋ねし, お話を, かう云, かけて, かんべんし, くいが, くらしを, けりが, こわがって, さういふ風, しかたが, すっかり気, すっかり気分, すませたい, すませて, すむの, すらその, すんだこと, すんだと, せう, それは, たくさんな, どうした, どうする, なす先方ア, びっくりした, ほんとうに, まごまごし, むす子, もちつとも, やつと, やめに, やんやと, ゆい子, よいそう, よいとしても, よかったろう, よくっても, よろこんで, よろしいそれ, よろしいで, よろしいです, よろしいと, よろしいという, よろしい私, わかるの, ダンスに, チョイと, バックは, パンを, 一つの, 一ぱいに, 一段落だ, 一番正しい, 万事が, 下宿に, 二人を, 人間の, 人間を, 仕事は, 仕事を, 他の, 会話と, 何も, 余らは, 作ったもの, 僕の, 僕は, 儲けた金, 儲けて, 元気を, 充分であった, 充分な, 充分納得, 凍結は, 出かけて, 分ったが, 分ったよう, 切り上げて, 切り上げる外, 切れた, 切れて, 判って, 別れた, 削れる見当, 勝ったと, 勝負が, 勝負は, 包んで, 可から, 合法の, 同情を, 唯菊五郎, 喜んで, 喧嘩しました, 喧嘩を, 営業違反に, 堪忍し, 堪忍を, 変名を, 大抵わかった, 大騒ぎを, 姉様なり, 嬉し泣きを, 子供の, 安堵し, 安心が, 安心だ, 安心致しました, 完全に, 寝て, 尋ねて, 少しも, 少年は, 尽きて, 差支えないの, 差支なけれ, 帰ったの, 帰ってから, 帰りましたが, 帰るの, 帷を, 平気な, 幾等か, 当って, 彼は, 得心が, 心が, 心配してる, 思いついたの, 思い出しました, 思い出しましたが, 思い当ること, 悦しいなら, 意味が, 慌てて, 慰められて, 我慢が, 或る, 戦争が, 承知なら, 故障を, 教育者の, 旅に, 旅へ, 昔の, 有る, 本望だ, 村の, 来て, 果たして, 様子を, 此の, 歩いて, 死んだらもう, 残るところ, 母親と, 泣き寝入りに, 注意し, 清々した, 済ませて, 済みましたが, 済むか, 済むこと, 済んだと, 満ち足りて, 満足かも, 満足が, 満足したであろう, 満足しない, 満足します, 満足すべきである, 満足だった, 満足であった, 満足を, 準備は, 潤して, 潰れましたが, 澤山だ, 濟んで, 無くて, 煙管掃除の, 父に, 片づいて, 珍重されない, 生活に, 生活の, 生活欲を, 生計を, 用心を, 留守番を, 疲れて, 病人なら, 病気が, 益, 盡きました, 着氷, 知ること, 研究は, 私を, 立派に, 納まったの, 納まって, 納まるか, 終りであった, 終るの, 終れりと, 結晶の, 結構で, 結構である, 考えて, 腹を, 自分は, 自殺の, 自足し, 苦しい中, 苦しんで, 落付ける, 落着しました, 行くの, 行けば, 行こう, 衝突する, 見物の, 覚えて, 観戦の, 解けて, 解ったよ, 解らないの, 解りました, 解ること, 解るとして, 許されて, 読めました, 誰にも, 調べて, 貯金帳を, 買いに, 買って, 足らなければ, 足りずに, 足りた, 足りないところ, 足を, 身動きが, 返事が, 逃げて, 逃げてるの, 通したもの, 通すの, 通せる世の中, 通り彼等, 通ること, 通用した, 通用する, 造作付一円五十銭は, 逢引を, 進んで, 逸れた, 遺憾の, 間にあうの, 間に合うもの, 間に合ったの, 電話で, 非常に, 頬を, 食事を, 鶴首

1 [3081件 抜粋] あがりましたどうか, あくせくし, あっしの, あとは, あらざるを, あんなにすまし, いいこれ, いいだろ, いいとすら, いいわけな, いい加減いや, いい痴, いくら取れる, いこうよ, いっぱいなん, いつ夜中, いらいらし, うかがえるよう, うまく行く, ええといふ, おうかが, おさまると, おとし物, おどかしては, おもしろくなる, お互いに, お尋ね致します, お産の, お話は, かういふ言葉, かえったという, かして, かまわず地図, からすうり, かれ草, きっと工合, くねりくねる, くわしいこと, こう黄色, こすつたり, こつち, この後, この禿鷲, これ丈しみる, さう, さしつかえない, さっそく和邇吉師, さわいだ, しめやかな, すぐなおりました, すこし参るらしい, すっかり虫, すますわけ, すむこと, すむわけ, すらがこんな, すらも眩しく, すら僕, すら尚, すら自分, すら髪結銭, すんだわけ, そういうの, そそのかしたという, その時, たくさんです, だと, だ僕, ちょっと慰まった, つきるもの, つっかかって, つまり, つらぬいたこと, できる限り原書ドイツ訳, ところを, ともかく一人前, どうしました, どうやらバラ銭, どなりつけられるの, なお苛ら苛, なけア大工, なるだけ, なんと答えた, のんし, ひさが, ひねくれて, ぶつかるの, まあ麦焦し, またフランス, また変, また私, まわったよう, みんな馴れ, もう少し父さん, もっと多く, やった, やっと安堵, やむをえず時機, やめようたくさん, やられたが, やりくりに, やると, よいかと, よいそれで, よいとは, よいやう, よい加減, よい金, よくどう, よく興信所, よしお, よし勝家, よろしいか, よろしいには, よろしゅうございます, わかったその, わかったわい, わからないの, わかる, わかるよう, わずかに, アガリという, オチゴカンバという, クライノルという, コンディションが, ズルズルに, ドッと, ヒステリー病だの, フラン貨幣が, ヨタモノを, ヴァレンさんが, 一人自分が, 一年の, 一日終り, 一杯, 一段落ついた, 一睡も, 一語なり, 万事うまく, 万歳を, 上下と, 下調べは, 不足なく, 中止さ, 久保が, 乗りこんで, 予定通り三峰に, 事足りるでは, 云えなかっ, 亢奮する, 今まで, 今日發掘される, 代理を, 休みたいも, 伝へる工夫, 何となく愛嬌, 何処までも, 作家, 保存し, 傍で, 働いて, 優しいの, 兄さんが, 充分である, 充足させられたろう, 先発し, 入学は, 全部だった, 共同一致という, 冷えたのよ, 凍結線が, 出かける, 出るつもり, 出来たお金, 出来ること, 出来る賄い, 分かりました, 分ったら御, 分らなければ, 分ります, 分離する, 初めて安心, 判ったん, 判ると, 利くと, 刺されると, 加減しなけれ, 助かったん, 努めて, 勉強が, 勘定場近くの, 勝利の, 勤まる訳, 区別され, 十分でした, 十分以上で, 卒業な, 単刀直入に, 厭気も, 参りましたよ, 又健康, 反抗的に, 取りこんで, 取る金, 召集された, 台所の, 右の, 同じくわかる, 吐いたり, 吻っと, 呼び出しを, 咲かせましょうよ, 問答が, 喫煙する, 四五月まで, 困ってるん, 困るの, 土瓶や, 城下まで, 報酬を, 売る方, 変化し, 夢中で, 大丈夫な, 大笑いを, 失敗した, 好いがね, 好いとしても, 好んで, 始終ガスケルさん, 嫉妬すれ, 子供心に, 安心いたした, 安心したらしく, 安心も, 完全と, 宜かろう, 宜しいよう, 実地の, 実験技術としては, 家庭を, 寄付の, 寝ざめ, 審査員の, 尋ね尋ねた末, 少しでも, 尽きたの, 届け出たの, 岩波も, 差支えないが, 布を, 帰ったら家族, 帰りました, 帰依した, 平気だ, 幾らか安心, 建築家に, 引分説の, 張り合ひ, 当り前だ, 役に立とうよ, 往来は, 徒勞だ, 御相談, 徹夜仕事に, 心配な, 忙しくない, 怒ってるの, 思いついたのよ, 思い出したという, 思い出すこと, 思い残すところ, 思ったより, 思ひ切つて, 急ぐの, 恐ろしい季節, 恥辱の, 悩んでるん, 悶えて, 愁嘆なさる, 慌てたかとも, 成りたって, 成功な, 我慢しない, 或程度, 戦争を, 所信の, 手拭で, 打ちきること, 打ち切り十坪, 打切るといふ, 承知しなきゃ殴り殺し, 抗議を, 押し通すつもり, 拾って, 指し示した, 挫けて, 掃除は, 探偵が, 描いた, 支度が, 放って, 故障が, 教えなかったん, 整理が, 斎藤を, 断念し, 新しく仕事, 旅から, 旨え, 是非いちど当人を, 昼御膳を, 暖が, 書いたの, 月謝を, 未だ足りない, 本来西国東郡北端一帯の, 来られなかったと, 枕を, 枯れ枝などを, 梯子を, 検閲は, 構わない, 構わんと, 止って, 止めた, 止らずこの, 正気だ, 歩ける道理, 死なれりゃ矢張り成績, 死ぬとき, 死んだとて, 死んでから, 残された唯一, 殺して, 毎日何度も, 気がついたこと, 気に, 気楽に, 永久的に, 決まった妨害, 決心し, 沢山だい, 治つた, 泊めること, 泣けるの, 洗い流されたよう, 活躍し, 浮気を, 涙の, 済まされたが, 済ますという, 済みそう, 済むけれども, 済むもん, 済んだん, 湿った土, 満足したらしい, 満足できない, 満足の, 満足致す, 漕いで, 潰れたの, 濟むと思つてゐるだらう, 無くってさえ, 焦れて, 煮たり, 片づくもの, 物語るという, 猶自ら, 理窟なし, 生きてるかい, 生き返りましたか, 生活する, 用を, 留めますほど, 疲労ぬ, 病院を, 癒って, 皆さん大笑いしてらした, 相わかった, 相談が, 真の, 眼鼻が, 知って, 知らないと, 短所欠点悉く, 破れました, 社会の, 秋ちやん, 税関の, 突差に, 立ち去りかねて, 競馬を, 箱の, 約束出来た, 納得できる, 終ったという, 終らなかった, 終りエーベルト, 終わったの, 終了した, 結婚の, 結構いや, 結構な, 絞るよう, 綺麗好だ, 縛られました, 美しいで, 美しくすます, 考えるの, 聞えないの, 肉を, 育つもの, 腐って, 自分に, 舟を, 芝居を, 苦しい極み, 苦労が, 茶屋の, 落ち付くと, 落着した, 藤原秀能なども, 行きます, 行くならば, 行った, 装置の, 襲撃しまし, 見えるん, 見られるの, 見物は, 覗いて, 観光地も, 解ける筈, 解ってるじゃ, 解決が, 解釈する, 言われるまま, 討てぬという, 許し寛容, 証明されるでしょう, 詫びようと, 話しました, 誤解を, 説明出来る, 読んで, 諒承した, 謂わば, 豚を, 責任を, 買うこと, 賑わう, 購買が, 起きる奴, 趣きの, 足りそれ, 足りなきゃア, 足りねえ時, 足りるとは, 足るくらいに, 踏査しなかった, 転換する, 近づいて, 退くくらい, 逃げ出して, 途方も, 通ったけれど, 通る世の中, 通用は, 進まないの, 遅れたん, 運べば, 遍歴する, 違った音, 選定試験が, 郷土そのものも, 酔っ払い紛れ, 重複を, 金取り主義ご, 鍛えあげて, 閉会でした, 間に合います, 間に合う性質, 間違いが, 陥落しない, 隠れてるん, 集めて, 難儀せぬ, 静まりましたけれども, 頗る満足, 顔を, 食えないで, 食べる食事, 飽き飽きするほど, 駄目そうだったら, 騙されるん, 驚死した, 鳴らしたに, 黙ったが

▼ それには~ (5009, 1.3%)

48 何か 46 答えないで 43 答へ 38 及びません 33 理由が 30 次の 27 答えず 24 及ばないと 23 及ばぬ, 答えずに, 返事を 21 わけが 20 それだけの, 二つの, 答えなかった 18 及びませんよ, 訳が 16 いろいろな, 及ばん, 少しも 12 何の, 眼も 11 一つの, 第一, 自分の 10 何よりも, 及ばない, 及ばぬと, 彼の, 私の, 誰も 9 さすがの, それの, 仔細が, 日本の 8 いろいろの, こう書い, なんの, 何かの, 及びませぬ, 条件が, 目も, 私も 7 二人の, 女の, 相当の, 耳を

6 [11件] それで, ちやんと, 彼が, 彼は, 彼も, 私が, 私は, 種々の, 耳も, 返辞を, 金が

5 [19件] いろ, およびません, こんなこと, どうしたら, 人間の, 何とも答えなかった, 及ばないよ, 及ぶまい, 君が, 應へ, 或る, 構わずに, 自分が, 血の, 触れなかった, 返事も, 違ひない, 鉛筆の, 黙って

4 [24件] こうあった, だれも, 一人の, 何も, 例の, 前に, 原因が, 因縁が, 多少の, 応へ, 書いて, 気が, 気がつかなかった, 氣が, 深いわけ, 深い仔細, 深い訳, 異議は, 色々の, 見向きも, 証拠が, 重大な, 頓着しない, 頓着なく

3 [62件] いいこと, いずれも, いって, およばぬ, ここに, こたえず, さすがに, すぐ返事, それを, ちゃんとした, つぎの, どれも, なにかわけ, なにも, なんとも答, まず第, また彼女, 一言も, 一面に, 三つの, 事情が, 人の, 今の, 他の, 何うし, 何と, 何とも答, 何とも答えない, 僕の, 先ず第, 先づ第, 先生の, 別の, 及ばねえよ, 及びますまい, 及びませんわ, 困りました, 外に, 多くの, 多分に, 少からず, 左の, 幸ひ, 彼を, 従来の, 慣れて, 手も, 手を, 持って, 無関心, 現在の, 目を, 答えが, 答えようとも, 答えること, 自分は, 色々な, 議論の, 返事が, 違いない, 鉛筆で, 頓着せず

2 [257件] ああし, あなたに, あの女, あらねど, いささかも, いろいろ耳寄り, お互に, お冬, お構いなし, お気が, お浦, お福, かう云, こういう話, こうし, こう書かれ, ここの, こたえなかった, こちらの, この, このまま, この事件, この子, この舟, これが, これらの, さまざまな, それぞれに, それなりの, それに, それまで, たしかな, たしかにそれ, たった一つ, だれか, ちが, ちゃんとわけ, ちやうど, どういうこと, どうしてもどこ, どうしても図, どうすれ, どう云, どこの, なお他, なんとし, なんとも応, なんらの, はっきりと, ほかにも, ぼくは, まずこの, まずどんな, まず手近, またいろいろ, またそれ, またそれだけ, また一つ, また別, まだずっとお, まづ, まるで気がつい, みんな真っ白い, みんな記号と, もっともの, もっと別, やはりそれ, よくよくの, わけの, ギョッと, ハンドルが, リヽーちやんを, 一向氣, 一週間ばかり, 一部の, 一部分は, 三千子の, 不思議は, 主人の, 二本の, 交換条件が, 人馬継立ての, 今まで, 今も, 今日の, 今日まで, 似ざりき, 似るかも, 何が, 何とも答えず, 何とも返辞, 何らの, 何を, 俺も, 充分に, 八月だ, 写真技術の, 別に耳, 前にも, 前の, 単に時間, 又いろいろ, 又それ, 又種々, 及ばないが, 及ばないさ, 及ばない小判, 及ばない私, 及ばなかった, 及びませんあれ, 及びませんがね, 及びませんけれど, 及ぶまいよ, 反対が, 反対な, 叔父の, 古銅の, 同意を, 周囲の, 唯僕等, 問題の, 困って, 垣も, 多大の, 多年の, 多方面が, 大変な, 失敗した, 如何に, 子どもの, 子を, 子供の, 子細の, 官吏だの, 家の, 容易ならぬ, 少しの, 市長も, 平気で, 幾つかの, 当時の, 役者の, 彼女も, 心の, 必ず何, 必ず水垢, 応えず, 応えようとも, 応じないで, 情熱が, 意外な, 成功し, 戦争が, 戦争放棄が, 所々血が, 手が, 指でなく, 指導者が, 支度を, 明白な, 是非ともお, 時を, 時代の, 時候が, 時節が, 時間が, 普通に, 普通の, 曰くが, 極って, 構はずに, 此の, 武器が, 歴然と, 気がつかないよう, 気づかないよう, 気づかなかった, 気も, 永年の, 法水の, 法水も, 洗練された, 深い子細, 瀕死の, 無理から, 無限の, 父の, 特別の, 現実に, 理由も, 生活の, 男の, 畢竟三十八年幾月, 異存が, 異存は, 皆坂井の, 相手に, 知識も, 確かな, 種々な, 種々訳が, 空想的な, 筆を, 答えず又, 答えず黙って, 答えなかったが, 答えも, 簡単な, 純潔な, 経済上の, 絶好な, 絶対に, 絹縮の, 緑の, 繰り返して, 肯定も, 自信が, 自分と, 自分も, 興も, 興味を, 船を, 莫大な, 血も, 複雑な, 親戚の, 観察と, 触れずに, 訳も, 証人も, 警察の, 豪華を, 負けて, 責任が, 赤い字, 身を, 軍神広瀬中佐の, 返事は, 返辞も, 適しない, 都合の, 金も, 錠を, 鍵がか, 閉口し, 関せず, 関係が, 関係なく, 関西の, 限度が, 陸軍の, 青年の, 非常な, 非常に, 頓着なし, 餘り, 驚きました

1 [3284件 抜粋] あえて驚き, あの, あの愛嬌, あまりうまく, あまり氣, あらゆる場合, ある悲しい, いい機, いくらか, いざという, いっそ細君, いつも困る, いろいろ事情, いろいろ複雑, うすのろ, おとき, おほ, およばないほどの, おれが, お前の, お幸, お柳, お直, お金が, かう言, かかわりなく, かならず強い, かなわない, かまわずレントゲン室, かやはえの, きまったやりかた, くすぐるよう, こういうお話, こういう反対説, こうかい, ここじゃ, こたえず半ば自分, こないだ亡くなられた, この上, この城, この序文, この村山, この男の子, この詩形, この頃, これ, こんなお話, こんな気味, ごく親しい, さしもお, さらに答えよう, しじゅう板, じぶん, すぐ答えられなかった, すでに一壺, ずいぶんお金, ぜひともここ一二年, そういう場合, そこに, そのとき, その偉大, その年それぞれ, その本場, その道, それでまた理窟, た, たくさん彫刻が, たじろぎ気味, ただ彼, たとい小さく, たまりかねて, だれを, ちっとも気, ちゃんと火, ちょっとした糸, ちょっと訳, できるだけよい, とげが, どういう訳, どうしても今, どうしても土地, どうしても賛成, どうする, どう返事, どんなに固く, どんな效能, なかなか気, なにかおぼしめす, なにか訳, なまなまと, なるべく父, なんとも答えず, はる子も, ひと滴の, ひろい意味, ふつうの, ほとほと弱, ほとんど疑惑, ぼくひとりでは, まずこいつ, まずドイツ領事, まず先生, まず宮本百合子, まず日本, まず物理的力学的, まず行き, まず隠れたる, またじゅうぶん, またもっと, また人々, また危険, また思い, また無知, また纒綿, まだひとつじゃま, まだ大分時日, まだ時間, まだ贅沢病, まつて, みな宝石が, むろん理由, もうまったく逆らう, もう主人, もう気がつい, もちろん何, もっとデリケート, もつと, もみの, やつぱり芝居を, やはり一通り基礎的, やはり日帰り, やや意外, よく画布, よほど驚いたらしい, わざと答えず, わたしは, アザラシの, アルブケルケの, エゴイスチッシュな, カーテンが, ギクリと, コンクリートの, ゼーロンの, チャンと, ニューヨークで, パリの, プラトニックなんて, ポケツトと, ミルスとかいう, ラウダの, レオニドフの, 一々確か, 一つ巧い, 一二か所ちがった, 一十一時以後は, 一向驚かなかった, 一寸相手, 一応何時, 一月じゃあ, 一段と確実, 一種の, 一趣向ある, 丁度よく美しく, 万一ここ, 三カ所厳重な, 三田ヶ谷村役場と, 上林氏と, 不思議な, 世家言あり, 両端に, 主として音楽そのもの, 久し振りで, 乗鞍岳, 九月に, 事を, 二つ目という, 二分金が, 二種の, 五六八半という, 些か不服, 人工累積の, 人間ば, 今宮さんの, 今能弁な, 仔細ある, 仙人谷の, 仲時以下の, 伝統が, 住持の, 何, 何と心, 何らかの供物, 何処かに, 余は, 余程の, 侍側の, 俺が, 僕と, 儒教思想に, 充分理由, 先ず中学, 先ず本質, 先づわれわれの日常生活を, 先づ舊街道の, 先程申した, 兎と, 全く気が付きませんでした, 全然とり合わず, 八欄あり, 兵士らを, 其後の, 冷かす心持, 出征に, 初鹿野駅で, 別に意見, 別所次郎君の, 前ほど, 力腕力が, 勝つ術, 勿論なにかの, 区会議員か, 十分すぎる, 十年が, 半之, 博物館所蔵の, 参ったらしく急, 又単に, 及ばずと, 及ばないワ, 及ばぬそれ, 及ばぬ大丈夫, 及ばねえ, 及ばんですよ, 及びますまいこの, 及びませぬ縡, 及びませんと, 及び申さぬ, 友人知己の, 反対であった, 取り合わないで, 受動的で, 古人の, 可愛らしい筆蹟, 各宿, 同情せず, 同感だった, 名前を, 君達が, 周囲が, 商業方面の, 四角ばった時候の, 困苦と, 国民を, 地位や, 堀尾茂助吉晴どのが, 堺からも, 士分以上の, 外からの, 多少得意, 大いに成功, 大して執着, 大切な, 大学だけは, 大抵一冊に, 大粒の, 天における, 天菩比神を, 失敗し, 契丹などの, 女唐服を, 好都合にも, 姉高時彼女自身の, 婦人が, 子供たちを, 学寮生活の, 安心し, 定助郷嘆願, 実に異様, 実験室を, 家屋敷も, 寄宿生初めわれわれ外来の, 対抗する, 将軍家の, 小倉へ, 小林少年が, 少々譯, 少し困つた, 少なくとも三人, 尚かの, 山もり, 工場細胞が, 巨木も, 帆村荘六が, 幅が, 年老, 幸子の, 幾らかの, 広言し, 座間も, 弘法大師が, 張の, 強硬な, 当惑が, 当然朝廷, 彼らと, 彼女の, 往々研究的, 後顧の, 從來と, 徳川の, 心動の, 必ず生活的現実性, 忍び得ない, 応えませんでした, 思わずも, 性格の, 恐ろしい東北, 悉く又, 意味が, 愛する者, 態と公式, 我々の, 或記, 手品師の, 把手の, 抜かりました, 拘泥しない, 挿絵に, 援助という, 政子の, 敗戦後の, 敵の, 文学以外の, 料理上の, 新聞社の, 旅川周馬な, 日本人を, 旦那どのも, 早く脇の下, 明らさまに, 易は, 昨夜よ, 是非とも頼宣卿, 時の, 時間も, 暫く沢子, 書記連も, 最初力添へを, 服すまいとか, 木の, 未亡人も, 本当のも, 杉田玄白先生新訳大槻玄沢先生重訂と, 松の木も, 枝に, 案内者が, 楚々と, 構はず三本目の, 構わないで, 橋の, 歌が, 正直な, 此度の, 武田家の, 段々と, 毎年きまって, 毫末の, 気がつかない, 気づかず, 気づかなかったろうまた, 気球を, 永い時間, 汽船としても, 泉鏡花氏の, 津田が, 海嘯が, 淡く塩辛いの, 深い意味, 添へ, 渡左衛門尉を, 準備なぞ, 瀬越が, 烈しいそして, 無論下地, 無関心な, 無駄な, 燃料と, 爾婚姻, 物珍しさ, 犯人の, 猶太的犯罪風習, 王女が, 生々と, 生来の, 田畑に, 男子の, 異様な, 當惑した, 病気が, 白い字, 白色の, 皆様の, 目立たぬやう, 相当丁寧, 真に児童, 眼を, 知らん顔を, 石橋が, 研究者は, 確たる証拠, 神社仏閣人家は, 私と, 科学的に, 種々理由, 窓を, 童貞を, 笑って, 筆太に, 答えずお, 答えずその, 答えず丹波, 答えず小沢, 答えず明日, 答えず生月駿三, 答えず順二郎, 答えなかつた, 答ヘ, 簡単に, 糸瓜でも, 紙の, 素知らぬ顔, 紺紙金泥の, 経験が, 絶対な, 罐詰の, 美しく威厳, 翼が, 考慮せられるべき, 肉太の, 背の, 能登を, 自づか, 自分に, 自然どちらの, 至極賛成, 舳の, 船頭も, 色々話したい, 花粉の, 苦しい訳, 茶釜と, 葡萄の, 薬が, 虎も, 被害者自身の, 西洋を, 親しく紀州様, 角が, 触れたくは, 触れようとも, 訊ねずに, 話方については, 誰にも, 諏訪神社の, 謙遜が, 豚の, 費用のか, 賛成し, 赤いの, 身も, 農学者の, 返す言葉, 逆数の, 週末休日の, 運転手の, 遠からず, 部分部分の, 配給機構の, 重量が, 金色の, 鋭い懐剣, 長いお話, 長谷寺の, 関守も, 限るまい, 随分苦心, 雑誌, 電光の, 青い木々, 非常な骨折り, 音楽を, 須磨子自身の, 題して, 風流とか, 飢饉も, 馬役歩行役ならびに, 驚きは, 鬼才ダリア嬢も, 鳥の, 黒インクで

▼ それじゃ~ (3362, 0.9%)

25 あなたは 24 君は 16 僕は, 親分 15 仕方が, 僕も 14 お前は 13 きみは 12 アお, 私が 1110 僕が, 行って 9 これで, 何です, 俺が, 駄目だ 8 俺は, 私の 7 これは, 何か, 僕の, 私は, 訊くが

6 [13件] あばよ, あんたは, おれの, お前の, どうすれ, ない, アあの, アまるで, 一緒に, 何の, 君が, 約束が, 誰が

5 あなたの, おれが, これを, すぐに, ア何か, 今から, 何う, 何にも, 往って, 私も

4 [23件] あなたが, あれは, おれも, きさま, ちょいと, ないよ, みんなで, もう一つ, わたしは, アお前は, ア何だ, ア此の, 下手人は, 今夜は, 今日は, 何かい, 僕を, 先生は, 気を, 聞いて, 話が, 頼むぜ, 駄目です

3 [63件] あの女, あんまりだ, いって, おれは, お前さんは, こうしましょう, こうしよう, ここで, ここは, これだけ, さっきの, しかたが, そこへ, それじゃ, つまらない, どうした, どうする, どこへ, ないかと, ないん, なにか, ほんとうの, ぼくも, また, わしは, わたしも, アどう, アどうも, アまア, アもう, ア宜, ア手前は, ア本当に, ア私が, ア私は, 二人で, 二階へ, 今の, 今度は, 今日の, 他の, 何うし, 何だい, 何も, 何を, 僕だけ, 僕と, 君に, 君の, 困る, 堪忍し, 安心し, 待って, 御主人, 明日から, 明日は, 本当の, 来て, 矢っ, 私を, 約束した, 話に, 銭形の

2 [146件] あそこへ, あっしも, あっちへ, あなたも, あの野郎, ありませんか, あんまりお, あんまりです, いつまで, いまのは, いよいよあの, おいらも, おじさんは, おため, おまえは, お前が, お前さんの, お前も, お父さんに, お約束, お酒, きさ, きみたちは, きみの, きょうは, こうお出で, ここから, ここに, こっちの, こっちも, この子, これからすぐに, これから一緒, これから二人, これから僕, これから先, これだけの, こんどは, ごいっしょ, しばらくお, せっかくだ, そういうこと, その人, それで, てて, どうあっ, どうしたら, どうしろ, どうも気, どこに, ないか, なって, なわを, ほかの, ぼくたちは, まあ, まあ御免, また逢おう, まるで話, まるで雲, もう一息, やって, やっぱりそうだった, わしたちは, わしらは, わたしの, アそう, アそうしよう, アその, アち, アつまらない, アな, ア仕方が, ア何んだ, ア其の, ア御, ア斯う, ア申します, ア行っ, ア話が, ア青木が, 一つやる, 一人で, 一体何, 三人で, 何ういう, 何かね, 何が, 何だって, 何だろう, 俺の, 俺らが, 僕らの, 僕らは, 兄き, 兄さんが, 出ようか, 勝手に, 向うで, 困るよ, 困るわ, 困るん, 大丈夫だ, 大切に, 大急ぎで, 奥さんに, 奥へ, 好いでしょう, 子供の, 学校の, 宜い, 家の, 巨人だ, 帰って, 帰りに, 帰りましょう, 帰ろうか, 後から, 御免蒙ります, 御馳走に, 手を, 折角の, 教えて, 旦那も, 早い方, 明さんに, 昨夜の, 月が, 気の毒だ, 水の, 池の, 然う, 申しあげましょうか, 男の, 相談する, 私から, 約束し, 結構じゃ, 考えて, 自家の, 西川君両親へ, 見て, 話して, 貴方は, 貴様が, 院線で

1 [2381件 抜粋] ああやっ, あしたから, あたしたちが, あたしは, あたし達出来る, あなたご, あなた行きたくなく, あの中, あの娘, あの手紙, あの時私, あの濛気, あの賊, あれあなた, あんまりおかげ, あんまり惜しい, あんまり芸, あんまり重い, いいますがね, いかにもハア, いけない, いけませんわ, いっそういい, いったいおれら, いっぱい飲ん, いつゆっくり, いよいよ, いよいよ引き潮, いらないん, うちでは, おかしいわね, おっつあん赤, おまえさん往って, おやりなさい, お上さんも, お俊姉さま, お出しなさい, お前から, お前さんも, お前まだ, お前今夜人が, お前肌の, お取りなさい, お土産, お嬢さんに, お島, お情け, お止め, お泊, お父つぁんは, お祈りは, お色気, お話しし, お話を, お銀, お願いします, かってに, きっとさっき, きみいそい, くれぐれもお願い, こうし, こここれから, こっちへ, このごろ評判の, この一両二分, この吉田, この帳面, この樽, この穴, この間停学に, これからお話, これから毎年しづちゃん, これほど, こんなの, ごほうび, さっそくながら, しようが, すぐ始めよう, すぐ支度, すみませんから, せっかくお, せっかく盗ん, ぜひ鷹, そういうすべて, そうと, そっちの, そのとき, そのままに, その以前, その家, その犯人, その莨, その道, それで家主吾助, そんなお, そんな鳥, たいへん高空, たった二つ私, だめだった, ちがうと, ちょうど浅草寺, ちょっと手間, つい近所, つまりいくら, つれて, とうとうあの, とてもエーランド島, とにかく一ぱい, とにかく調べ, ともかく行っ, どうしてもきかん, どうして知っ, どうしよう, どうなった, どこだ, どっちに, どのみちこの, どんな事, ないですかね, なお大変, なぜおいで, なぜ黙ってる, なみ子さんついでに, ねえかと, はなします, ひとつ実験を, ひとまずこれ, ほんとうに, ぼくの, まあごめん, まあ勝手, まあ置いとい, ますます地球, またあっち, また会おう, また昼間, また遊び, まだ安い, まだ知らず, まちがいなく, まるで僕, まるで支那, まるで片, みっともなくて, めいめいの, もうお, もうよう, もう一口水筒, もう一度土蔵, もう内々転任, もう始まっ, もう帰ろう, もう来る, もう行かなきゃならん, もしおじさん, もしや鼠小僧, もっとわかる, やっと利廻り, やっぱりお前, やっぱりもういけない, やっぱり例, やっぱり墓参, やっぱり旅中, やっぱり賊, やはり人間, やるか, ゆこう, よばれに, わけは, わたしどこに, わたし明日から, アあすこの, アあっしは, アあなたは, アいけ, アお前が, アお前さん私を, アお前出掛け, アお父さんも, アこっちから, アこれを, アてっきり, アない, アなんだ, アひとつ賭を, アもう一度, アウィスキーや, アモッと, ア一緒に, ア上等の, ア云おう, ア今井さんかな, ア代え, ア何かいお山の, ア何でも, ア何卒, ア兄貴は, ア内の, ア博奕打は, ア地面を, ア夜半に, ア大工さんを, ア奥様お, ア姐ご, ア実際, ア小田原の, ア帰ろう, ア御免な, ア成んなさい, ア手前手を, ア支度し, ア旦那は, ア普段の, ア柳生の, ア此二月に, ア気違いだ, ア源三しっかり, ア物に, ア田中の, ア痩せます, ア直に, ア神示は, ア結婚できねえや, ア脊中合せが, ア行き倒れだ, ア誰が, ア貴方も, ア足を, ア長唄の, ア鱈を, オーエンだ, クレハさん, サヨナラ, スッカリ申し上げます, チョク, ナカナカ骨が, ピアノの, ボーシン名前を, モウ一つ尋ねる, ルミちゃんとこへ, 一つ, 一つ佃という, 一つ完全に, 一つ着更える, 一体俺ッち, 一寸失敬, 一度きみ, 一日考えさし, 一生待っ, 丁度い, 七百七十円まで, 三つしか, 三次でも, 上りますその, 不可と, 世上の, 中村さんを, 乃公の, 二三日の, 二円でも, 二階に, 五六分まえ, 五百でも, 人数は, 今すぐいってきたまえ, 今は, 今夜から, 今度わたくしご, 今日のは, 今晩北村君と, 今母, 仕事に, 他人の, 休む前, 位地は, 体よくそう, 何かの, 何で見る, 何分, 何用が, 余りひどい, 便りの, 俺だけ, 俺達の, 偽首じゃ, 僕もらっ, 僕達困ります, 兄は, 兄貴, 先あ, 先生あいつが, 兎に, 全く高, 八こう, 公設市場の, 具合が, 写真は, 出かけよう, 分った, 刑事の, 別に, 前進だ, 効果が, 勝負は, 千石船でも, 卒業し, 参りましょうか, 反て, 叔父さんは, 只今直ぐ, 同じもの, 名乗って, 君そんなに, 君もか, 君待っ, 咽喉に, 善と, 四五年も, 困ったね, 困るね, 土浦病院の, 基督でも, 売れ行きに, 外では, 夜中に, 大したもの, 大変だ, 大阪でも, 天道さまという, 失敬します, 失礼します, 奥さんが, 奥さん少し, 女学校か, 妾は, 婆さんを, 孫右衛門殺しは, 宙返りを, 宥免状じゃ, 家には, 宿には, 寒月に, 小使に, 小学校は, 小林君の, 小説でもか, 少し我儘, 少時お, 山に, 岩という, 帆を, 帰り道に, 幸いここ, 店の, 引上げようか, 強いて頼まない, 当分は, 彼女が, 後には, 後見人に, 御令嬢, 御免蒙っ, 御参籠, 御持参, 御無理, 御蔵前, 御迷惑, 念晴し, 怨みか, 情が, 懸賞つきだ, 戴いときますわ, 手も, 手当てを, 持って, 放って, 敬二郎さんは, 文句にも, 斜の, 日本へ, 旦那や, 早くな, 早く僕, 早く殺されたい, 明日お立ちなさる, 明日又, 昨夕わたしが, 是非湯河原, 晩に, 暫くドブ, 替唄, 月賦で, 未だ少し手間, 本田蓼白や, 来年は, 柏屋の, 案内状は, 欽吾さんより, 正勝の, 此方へ, 死んで, 毎月七八円ずつ, 気の毒で, 汝アあの, 治療らぬ, 泥棒廻りだ, 浜へも, 清之介君頼みます, 済まねえ, 済むまいぜ, 満更嘘, 演説を, 灰汁でも, 無理ね, 熊谷君とも, 片一方, 物わかれだ, 狒々の, 玉吉か, 理窟に, 生蕃が, 田舎へ, 申し上げますが, 画工に, 白井君ちょっと, 百円だけ, 皆で, 目が, 直截に, 相談でも, 知らん訳, 祐助の, 私あんな大きな, 私だって, 私よりも, 私好く, 私達が, 稚市, 立派な, 第一番, 答案が, 納得の, 結局昔の, 綺麗さっぱり, 繁昌は, 罰の, 聞きますが, 聞くまい聞いたところ, 能役者を, 自分も, 興行的に, 芳子を, 若様は, 萩野君僕は, 蒔岡君と, 虻蜂取らず, 行きましょう, 行くが, 行こう, 裸に, 西洋人が, 見せて, 親分さんは, 親分下っ, 親方, 言うが, 訳を, 話さねえまで, 話には, 読んで, 誰のだ, 警察署へ, 負けて, 貴公も, 貴方の, 買って, 起因は, 身体でも, 近所の, 退学に, 逗子に, 運搬人の, 違いない, 遠慮なくいただきます, 酒が, 野田が, 銃口を, 長いもの, 陸海軍の, 雪江さんなんぞは, 青年達を, 順さんは, 頼むから, 風呂へでも, 飲まなくっても, 首脳だけは, 駆落, 髷で, 鶏でも, 黒姫山の

▼ それより~ (3074, 0.8%)

77 ほかに 65 先に 59 前に, 外に 46 他に 18 以前に 16 して, 以上に 15 俺は, 少し前 14 大事な, 後は 13 ほかの, 後の 12 ほかには, 前の 11 ずっと前 10 お前の, 他の 9 さきに, もつと, 以上の 8 お前は, 他には, 先は, 外には 7 僕は, 私は 6 はるかに, 君は, 外は, 彼は, 後に, 早くは, 驚いたの

5 [13件] ほんの少し, 上の, 上は, 今日は, 以上は, 以前には, 以外に, 何か, 先へは, 外の, 自分の, 進んで, 遥かに

4 [16件] あなたこそ, おめ, すこしまえ, すこし前, それと, まえに, 上に, 仕方が, 以前から, 以外の, 前には, 前は, 君の, 大切な, 手を, 数日を

3 [27件] あなたの, あなたは, あの娘, おれは, お前と, そこに, ちよつと, どうだ, ほかは, もっと悪い, 下は, 以前の, 以後は, 先き, 先の, 前, 半年ほど, 南の, 奥は, 少し背, 数年前に, 数日前に, 早く, 母の, 私が, 肝腎の, 遙に

2 [161件] あたしは, あとに, あなたこの, あなたに, おそくなれ, おまえは, お前が, お前に, お糸, かお主殺しの, かも一歩進め, きみこそ, ここに, ここは, この女, これが, すこし下, ずっとはやく, ずっと若い, どんな者, のぶな, はやくこの, ふつか, ぼうやとう, ぼくらは, まえ私, むしろ, もうお, もう一つ, もっと先, もっと気, もっと深まった, 一人一人家の, 一寸も, 一層驚いた, 一日も, 一般の, 一足先き, 一足先に, 三年前に, 三日前江戸の, 上等の, 下手人を, 不思議な, 世才に, 主人の, 二三の, 二十年も, 二十数年以前すでに, 二年後の, 二日前, 二週間ばかり, 今夜は, 今日の, 今日までの, 仔細は, 他のを, 他は, 他仕方, 以上口を, 以前にも, 以前楠正勝が, 以後に, 以後藩主の, 以降六千年の, 何です, 何も, 何よりこの, 何よりリヽー, 余計な, 俺の, 僕久し振りで, 先には, 先へ, 先を, 先新米の, 先決問題は, 八年後の, 六つ七つ若く, 前から, 半刻, 南に, 又青く, 口の, 可笑しいの, 右に, 君に, 君話ツてな, 四つ五つ若く, 困るの, 多いと, 多くは, 大分前, 太七夫婦, 奈何です, 奧は, 妾は, 安くても, 家中の, 寒き運命, 小さいこと, 小情婦, 小染, 少し田, 常吉を, 年の, 幾らか広い, 庭へ, 彼の, 心地あしとて, 急である, 恋愛結婚だから, 悪いこと, 手前は, 手品や, 拙者の, 数年の, 方法が, 早いと, 早くお, 早くその, 早く万三郎, 早く気儘, 早く身体, 早過ぎ, 明るいうち, 明日何処ぞへ, 昨夜お前は, 昼夜の, 板倉屋の, 江戸中の, 汽車にて, 浪人者の, 海の, 温めて, 番頭の, 直接心配に, 確かな, 私に, 私の, 私を, 結構な, 脇差の, 自分で, 自分は, 行って, 行方不明, 解る道理, 調べるだけ, 越前屋の, 身にも, 転じて, 遅いと, 遙かに, 金を, 長くは, 難いこの, 面白いこと, 面白いの, 高くする, 鼻の

1 [1932件 抜粋] обед, あたしお願いが, あたたかに, あなたが, あなたなんか, あのお方, あの本棚, あまりましじゃ, あれじゃ, あんたが, あんたはん奧さんおま, いいところ, いきなり事件, いずれも, いちばんいい, いっそう強い, いつそ默つて, いまの, いッそ足, うたでも, うれしいおくり, おくれたという, おちついて, およそ八十年前, おれには, お互いに, お前さんそんな, お前はな, お品さん, お島どん, お母さん今度は, お父つぁんは, お米, お返事, お金を, かうして, かお父さんの, かこの, かねてかう, かまず差当りエート何ん, きょうまで, ぎょっとなった, ここの, このお花, このパン, この寝床, この方, この町内, この自分, この貴婦人, これを, ごく急, さう, さき埔里武徳殿, さっそく酒, さらに古い, さらに大, しかたが, すこしあと, ずっとおくれ, ずっと丈夫, ずっと古い, ずっと小形の, ずっと後, ずっと軽い, せめて国語, そなた, その後から, そろそろ世, たしなみが, たどる東海道, ちっとも純潔, ちよいと, とくと心, どうして藤次郎, どっちへ, ない眼, なお暗い, なぜあの, なにより, にぎりを, のちは, はじまる無惨, はやくわし, ひとりで, ひどい暮し, ふかきくれ, べつに頼み, ほかなんとも, ほか女が, ほんとうに, ぼくも, まあお, まずいの, また一里半, また彼, また遠い, まだ後, みじかいの, むしろそれ, むしろ女, もう一ぺえ, もう感じる, もっとおどろいた, もっとだ, もっとまえ, もっと上手, もっと些細, もっと切実, もっと古く一九三七年ごろ, もっと困った, もっと大事, もっと寒く, もっと強い, もっと悪く, もっと朗, もっと深刻, もっと生々しい, もっと興味, もっと頼もしい素晴らしい, もつともつと大事, ゃあのう, ゃあ番頭さん珊瑚が, やがて裏梯子, やつぱり人間を, やや劣る, やや早かっ, やんごとなき身, ゆるゆると, わかい青年, わたへ, アインシュタインの, オリムピツク敷地一見, カプリに, サッサと, ズット前に, ダラダラくり下げ, ドラ焼の, ビショット先生に, ペルセウス灰色髪女を, マニラを, モチモチし, レコードを, 一つ二つ年かさであった, 一三四二年まで, 一二カ月を, 一体貴, 一刻半ほど, 一寸低温であれ, 一層危険, 一層痛切, 一層自分, 一年とは, 一年後の, 一日前に, 一時間ほど, 一月ならざる, 一段低く, 一踊りし, 一週間前の, 七八つは, 七年後幕府の, 丈太郎様今からでも, 三十二年前貞享三年板, 三四年に, 三日目に, 三週間以前西からの, 上へは, 上下ガレ道ばかりにて, 上方へ, 下であった, 下りに, 下手人は, 世間一統皆々様の, 中江栗原両氏に, 主水正, 久保さんに, 二つぐらい, 二ツ三ツは, 二三度やった, 二人だけで, 二十九年後の, 二年前すな, 二百余年後れ, 二里半ばかり, 五つ年下の, 五年の, 五年前天正十七年五月二十七日に, 些かで, 京成電車に, 人間に, 今は, 今大事, 今度台湾へ, 今燃えかかっ, 仕方ない, 他人から, 以上ある, 以上も, 以上健三を, 以下に, 以前では, 以前天台眞言の, 以前話半ばで, 以後の, 以来この, 以来当人は, 以西には, 伯爵へ, 低くは, 何ぜ, 何にも, 何よりはじめての, 何より今度, 何より変梃, 何より桔梗様, 何より面白い, 何年か, 余程後, 信心でも, 健実, 僕の, 元田氏の, 先ず話, 先一すじの, 先拙者の, 光が, 全く火の気, 八つほど, 八幡原に, 六十八年前に, 兵曹と, 内が, 冷水を, 凡十年を, 出そうと, 分らぬの, 利口な, 前では, 前のについては, 前伸子, 前漢詩, 創傷の, 勉強は, 北方三粁の, 區別し, 十五以上少い, 十五分くらい, 十年以上も, 千之, 千歳は, 半日がかりで, 危ないの, 去年は, 又橘, 口を, 古い有史前語, 古くなく, 古川の, 同じ作者, 向こうの, 君と, 吟味與力の, 和助さんを, 問題と, 四ヶ月前縫に, 四五町行きし, 四十年来の, 四百年程, 困つたこと, 土人も, 地獄極楽の, 坊主おまえこんな, 増して, 外のを, 外履いた, 多いの, 多くなる, 多額の, 夜逃げ屋を, 大きいの, 大きくせまっ, 大きなこと, 大分川下に, 大変な, 大工の, 大聲, 大騒ぎと, 奥に, 女, 妹たちは, 姉さんいつたい, 嫁を, 宗さんを, 実の, 家ごとに, 家畜小鳥などに, 富士子さんどう, 将頼, 小さい二十銭, 小さい物体, 小太郎山へ, 小鼓を, 少しおくれる, 少し上等, 少し内輪目, 少し卵, 少し太く, 少し脊, 少なくとも一行, 尚ほ, 屈托する, 山勢大いなる, 岩本村へか, 差当っ, 席順に, 年處を, 幼い者, 幾年前帝都の, 広くした, 床山を, 引返して, 強い理性, 彼女の, 後いよよ, 後より, 後二年ならずし, 後明治三十六年, 得られる収入, 御内方風邪を, 御方の, 徴税する, 必勝不敗の, 念入りな, 急ぎ新, 恐い雲助, 息ぎれしない, 情死の, 想ひ浮びし, 憎い敵, 戸締りを, 手当を, 手近な, 拙者も, 支那に, 数年まえ, 数日前突然, 敷衍し, 斎木君の, 新式の, 日光山に, 日本橋通町すじ姫御門を, 早う大事, 早くおとうさん, 早くとびおりた, 早くポカポカポカポカポカーリ, 早く仁木, 早く側, 早く宿, 早く支度, 早く猫, 早く矢, 早く自分, 早く蒲団, 早く行っ, 早く躯, 早く阿蘇, 早ぐ, 昔武蔵野の, 時候の, 暮れてからの, 更に六年, 更に多い, 更に東国, 更に閉口, 書生の, 月とも, 朝鮮を, 本当におまえ, 本邸の, 杖笠を, 東に, 松島へ, 柳橋へでも, 根津駒込あたりの, 梨枝ちやんは, 檀那寺の, 次第に立身, 正午前に, 此処の, 残ったご, 殺されたの, 母も, 比内まで, 気の毒な, 水を, 汝等せ, 池の, 法水さんこの, 法華經寺に, 派生したる, 浅草辺を, 海岸を, 深きもの, 深川家の, 渋谷まで, 湯本へ, 滑稽な, 潔いこと, 無言にて, 熊を, 牛丸少年が, 特派の, 猶お, 王の, 現代の, 生え出でる, 生ずる道徳, 生活に, 田村の, 町を, 疾く杉田庄三郎, 癇癪持ちが, 白い骨, 百年も, 皇威四方に, 目下最も, 相原夫人と, 矢張貴方の, 短時間の, 神山様誰が, 神速に, 私と, 私申し上げたい, 秋蘭だ, 穀物の, 立つ前, 第一, 筑紫の, 簡単な, 約四百五十年後, 細やかに, 綺麗である, 美的に, 聞かして, 育たぬならん, 腹が, 自ら一流を, 自分を, 舞子の, 色の, 若いかなあ, 若くも, 若干遲れ, 茅野雄としては, 落付いた, 藤八を, 血判を, 裁判に, 西方で, 親分石原の, 観音様の, 訴えると, 話してえこと, 談は, 諸堂, 貝どのを, 貴公こそ, 費用は, 路を, 車の, 辛いもの, 近頃は, 速くその, 遅くおなり, 遅れたもの, 運河に, 道を, 遠からず, 遥か重大な, 遲るる, 酔うと, 重く三等, 鈴木平, 長いもの, 長崎行の, 間道への, 院長は, 霊験あらたかな, 静かな, 韓国を, 顔を, 飯能を, 餘七十七王は, 馬と, 驢を, 高くなろう, 高く天, 高松の, 黄色い粉

▼ それよりも~ (3034, 0.8%)

43 もつと 34 先に 29 私は 25 自分の 19 何よりも 18 大切な, 彼は, 驚いたの 17 前に 15 私の, 第一 12 私が 11 僕は, 重大な 10 大事な, 遥かに 8 はるかに, 彼が 7 不思議な, 今の, 何か, 前の 6 おれは, 以前の 5 あなたの, なによりも, もっと大きな, もっと大切, 今は, 以前に, 君の, 君は, 遙かに

4 [13件] この際, さきに, なお一層, ぼくは, わたしの, わたしは, 人の, 人間が, 君が, 困るの, 彼の, 恐ろしいの, 面白いの

3 [23件] あなたは, おっかさんは, こ, ここに, これは, こんなこと, さらに大切, だ, もっと直接, もっと重大, 一層驚かされた, 僕には, 僕の, 問題は, 彼女の, 彼女は, 恐ろしかった, 感心な, 根本的な, 気に, 男の, 私達は, 遥に

2 [163件] あの時, あらゆる点, いいの, うなの, おどろいたの, おめ, おれの, お仲, お前の, お前は, きみの, ここで, このひと, この人, この女, これが, これよりも, こんなに非人情, さあ黙ってよう, じっとおちつきたかった, すこし前, ずっと以前, ずっと前, ずっと早く, そなた, その時, それから後, それよりも, それを, つと大きな, なおいっそう, なお多く, なほさきに, なほひどい, ひどい, ほの, ぼくたちが, ぼくの, またその, また更に, めらめらと, もしあの, もっと, もっとひどい, もっとへん, もっと不思議, もっと前, もっと大きい, もっと強く, もっと心, もっと心配, もっと悪い, もっと早く, もっと面白い, やや大, より悲惨, わしは, わたしが, われわれは, ゴーゴリの, 一人の, 一刻も, 一層身の毛, 一段俗に, 上皇と, 乙やん, 人間の, 今から, 今では, 今一段と, 今夜は, 今日の, 今日は, 信一郎の, 僕を, 優れたもの, 優れて, 先き, 先程から, 前から, 勇太郎失踪の, 厄介な, 可哀想な, 君に, 困ったこと, 変な, 多かった, 多くの, 大きい, 大きいから, 大事です, 大変な, 太郎は, 奇妙な, 女の, 妾は, 嬉しかった, 子供は, 寧ろ危険, 寧ろ死, 少し前, 少し遅れ, 尚悪い, 峠で, 平次の, 平次を, 弱い人間, 彼女が, 彼女自身が, 心の, 心を, 心配した, 忘れられないの, 怖れた, 思い切って, 悪いこと, 惜しいの, 日本の, 早く奥, 昔の, 更に強い, 更に甚, 本当の, 東京へ, 柚木に, 楽な, 気を, 水路を, 沖の, 津村は, 海へ, 涯かに, 深刻な, 澄んで, 激しい実感, 濃く我, 無味である, 焼跡を, 犯人は, 現在の, 甚しい, 留さんの, 目前の, 短い距離, 短い身長, 確かに, 神田祭の, 私には, 私を, 縁側に, 美しいの, 自分を, 自然は, 自由な, 苦しいの, 莫迦者の, 著しいの, 血の気が, 遥かにより, 重要な, 金さへ, 驚くべきは, 高い

1 [2181件 抜粋] あいつの, あすこに, あだこ, あなたお, あなたに, あのお婆さん厭, あの傍若無人, あの怪博士, あの爺さん, あの話, ありがたかった, あれほど, あんなにも, いいところ, いきいきと, いずれ信長, いっそう不気味, いっそう科学, いっその, いっそ東下, いつか学校の, いま世間に, いら立たしそう, うわさに, おかしく感じた, おせいの, おとなしく, おまえには, おゆみさん, お互, お君, お師僧さま, お母さんの, お気持, お登和さん, お鈴, かかあのあの, かねがね環さん, ききたいの, ぐずぐずし, こう言った, こっちへ, このごろぢや, この人工米工業, この哲学書, この地, この家, この弥生, この景色, この死物狂い, この洞窟内, この考え方, この里, これからすぐに, これらの, こんな拙, ご臨終, さっき此方で, さらにはっきりと, さらに凄, さらに後, さらに松の木, さらに経済的, さらに進ん, しばらくここ, すぐさま船内, すこし大きい, すでに自分, ずっとむずかしかっ, ずっと人間, ずっと大きな, ずっと意味, ずっと甚だしい, ずるずると, せっかく来, そうした木立, そのいちばん, そのまま地上, その人物, その客, その時彼, その本能的愛, その色彩感覚, その踊り, その飲み, そんな事, そんな道, たしかにずば抜けた, だいッそこう, ちょっと濃い, つと下手糞, つと大事, つと澤山, ですね, とにかく短い, どうしてあなた, どうだろう, どこか, どんなに悲しかっ, なおがまん, なおヨリ, なお人間, なお吃驚, なお失望, なお心細き, なお意味, なお縁側, なぜあの, なにか庭, なほ困る, なんか, なんとかこの, はやく死人, ばかな, ひとり残った, ひどく心, ほんとは, まあ梅田い行, まごついたの, まずこの, まず何, まず日本人民, まず絞殺, また何層倍, また成るべく, まだもつ, まだ地味, まだ小さく, まだ派手, まづ注意, みんなさぞ, むしろこの, むしろ一身, むしろ信州側, むしろ東京, むしろ自分, めぐまれて, もう一層粗い, もう一週間, もしそんな, もっとおもたい, もっとすぐれた, もっとという, もっとびっしょりあせ, もっともっとお, もっともっと大きな, もっとも水温, もっとりっぱ, もっと三上, もっと以前, もっと力強く, もっと大がかり, もっと妙, もっと少数, もっと強い, もっと必要, もっと意外, もっと本質的, もっと永い, もっと珍しい, もっと盛ん, もっと確か, もっと美奈子, もっと見物, もっと距離, もっと驚いた, もつともつとちいさく, やさし気, やはり戦略上, やはり自分, やり切れなかった, よい目標, よほど冷淡, より少い, わが国現在の, わたくしを, われわれにとっても, イベットの, ガラツ八の, サまあ, スタホウドシャーの, ズット堕落し, ソヴィエトの, タチの, ドリュック夫人, ビックリした, マカオ港で, モロー彗星を, ロスコーの, 一つ前後の, 一体この, 一個の, 一寸多い, 一層この, 一層むずかしい, 一層劇, 一層大きい, 一層強い, 一層感心, 一層渓谷, 一層紫いろ, 一彦君は, 一杯注い, 一歩進ん, 一素矢張り私一流の, 一言も, 七年先んじ, 三四人も, 上手な, 不審の, 不憫な, 世人が, 主要な, 乞食なら, 事件の, 二人が, 二十何年の, 五十銭で, 亦更に果敢, 人に, 人間に, 今が, 今でも, 今ブエノスアイレスの, 今宵話が, 今日において, 今朝の, 今私が, 他の, 以下の, 伊丹の, 低いとは, 低能と, 何が, 何も, 何千倍も, 何物かに, 例の, 信越線の, 俺は, 偉大なる, 僕が, 元来徳川の, 兄者人には, 先ず一種, 先ず物, 先刻から, 先生は, 八五郎を, 其の唇, 内容そのものに, 円盤の, 凝つと, 判断の, 前代の, 劣るとも, 勝って, 北村さん今いう, 十五倍より, 十次郎樣に, 南部の, 却ってその道, 厭に, 又浅く, 取得される, 口癖の, 古くは, 古宮といつてね, 右門の, 合いかぎの, 名取川の, 君う, 君君の, 周さんを, 品が, 善後策だ, 困難であった, 園は, 地名は, 声を, 外科学の, 多分の, 夜など, 大きいもの, 大きく従って, 大きな原因, 大きな証拠, 大なり, 大分古く, 大学には, 大廟, 天使に, 奥様の, 女を, 好奇心が, 妾の, 娘時代に, 子路悦ばず, 宇津木君こそ, 宋末の, 実はキリスト教徒, 実利主義で, 家を, 寝る前, 寧そ我手で, 寧ろ前, 寧ろ彼等, 寧ろ運動, 対象にく, 小さかった, 小じんまり, 小林団長と, 少しく遅れ, 少し低く, 少し早い, 尚おいけない, 尚彼, 尾田に, 岩の, 左膳様が, 差当っ, 帆村はん豪い, 平次という, 年少きが伸上る, 幸福な, 広海屋, 庸三は, 張を, 強くなる, 当人の, 当面の, 彼を, 彼自身の, 得るところ, 御覧, 必ずこの, 急ぐの, 急速で, 恋人に, 恒久的で, 悪いの, 惜しいし, 愚堂で, 戎橋や, 我が方, 戦争を, 手っ取り早いの, 手頼りに, 指揮者として, 探偵とは, 救急車を, 数層倍烈しく, 文吉だけによって, 斯うし, 新吉が, 旅行前夜まで, 日ソ満, 日満, 早くあの, 早くに, 早く冥土行, 早く大寺先生, 早く帰つて, 早く来る, 早く神, 早く結論, 早く調理場, 早速君, 春さんずうっ, 時としては, 時計の, 普通並に, 更と, 更に一層強く, 更に古くは, 更に大切, 更に愕, 更に有名, 更に猛烈, 更に石, 更に驚く, 最初の, 月浪とか, 木場の, 未来の, 本営の, 杉山が, 東京市中には, 松さんに, 栄吉君の, 根本的には, 極端を, 樺皮を, 正直な, 此宗旨の, 武門の, 残されて, 殿, 気いつけた, 気に入ったの, 気楽な, 汚い悪いこと, 注意すべき, 活動した, 海野君を, 深い強い光り, 深く知りたい, 渡りて, 満さんは, 濃い色, 火酒の, 照ちやん, 爺さん今の, 物を, 狭い自分自身, 猶彼女, 王を, 現代行われ, 現状の, 甚だ多い, 生れると, 生駒に, 男を, 町田さん初, 病気に対する, 百倍すてふ, 皆さんに, 目だ, 直接に, 真の, 真弓さんあなたは, 眼の, 確かな, 神の, 私たちの, 私に, 私私が, 秋の, 種々と, 穴の, 立派であった, 第三案, 簀戸を, 精神的な, 素晴らしいの, 綱手を, 練習艦隊司令官大, 美しかった, 美保子さんに, 耐久力の, 肩車に, 腹の, 自分に, 自宅で, 舞踊的な, 良心に, 芳町の, 若し彼, 英国士官の, 荒々しく凄涼, 落第する, 葡萄酒を, 蛋白質と, 街頭に, 西田哲学が, 親しいもの, 言うまま, 註釈を, 話して, 論者に対して, 變に, 豹一が, 貴公色男には, 起こるべくして, 身体中を, 軽くすべし, 辻川博士邸が, 近時起った, 通信簿には, 道夫を, 遠い昔, 遥かに悪い, 都々逸という, 酷な, 重かりし, 野史, 金五郎は, 鋭敏で, 長く従って, 関西の, 院が, 雑草でも, 青州一の, 面白い話, 顯著な, 香り床しき, 驚ろいた, 高い岩壁, 鰻の, 黒く聳え

▼ それ~ (2890, 0.7%)

51 からといっ, のに私 3937 のに 36 から私 32 のにこの 28 それだ 22 のにお前 20 のにその 19 からと云っ 18 のに彼 17 のに今 16 のにあなた, のにどうして, のに何故 15 からこの, のにあの, のに自分 14 からお前, からその 13 からいけない, から僕, から困る, ッ 12 から, からあの 11 からさ, とする, のになぜ, のに何, もんで 10 からあなた, のにそれ 9 からと言っ, からまた, から今, から君, から自分, のに今日, のに君 8 からと云つて, といっ, のにどう, のにまだ, もんだ, よ八 7 からお, からと言つて, から彼, つたのです, と言っ, もんです

6 [12件] からといつ, からな, から先生, から自然, という, な, のに今夜, のに彼女, もの, ものだ, わ, ツ

5 [16件] からおれ, からこうして, からなお, からね, から家, から彼等, から我々, から早く, と思う, と思った, のにお前さん, のにそんな, のにわたし, のに女, のに日本, よその

4 [24件] からこそ彼, からし, からそこ, からどうしても, から人, から人間, から今度, から俺, から又, から旅, から猶, と, ということ, と云っ, と思っ, ね, のにお, のにこれ, のにこんな, のにまた, のにわし, のに人, のに俺, よそれ

3 [43件] からああ, からいい, からいま, からここ, からこそまた, からこそ一層, からこれ, からこんな, からどう, からどうも, からまず, からもう, からわたし, から今日, から何, から可, から娘, から己, から気, から誰, から貴方, から馬鹿, がね, それが, つたと, とお, とすれ, のにあと, のにおれ, のにこういう, のにこんなに, のになお, のにまあ, のに二人, のに人間, のに僕, のに又, のに叔父, のに我々, のに此, のに氏, のに誰, もので

2 [151件] からある, からあんなに, からいけ, からいつ, からいや, からいよいよ, からおまえ, からお父さん, からかえって, からきみ, からこ, からこう, からこそそこ, からこそわれわれ, からこそ人間, からこそ存在, からこそ或, からこそ松蔦, からこそ私, からこそ芸術的価値, からこれら, からそんなに, からたとえ, からだ, からちょっと, からという, からとてどう, からと申し, からどの, からなおさら, からよく, からわし, からオレ, から不可, から中学校, から二人, から云う, から云わぬ, から余計, から兄さん, から先刻, から其詞, から印象, から却って, から厭, から同じ, から同時に, から吾輩, から坊主, から多く, から夢, から大, から女, から好い, から婦人, から尚更, から幾度, から御, から文学, から文芸, から日本, から昨日, から最初, から此度, から無駄, から相手, から第, から米友, から素人, から自己, から色々, から苦労, から西洋, から言わないこっ, から貴様, から追分, から遁げ, から道徳, から酒, から阿, から魚, が, が多く, しこの, しもしか, その純粋, つても, で私, とある, といつ, と云つて, と妾, と尚, と思い, と直ぐ, と私, と顔, などと言う, によってこの, のにあんな, のにいま, のにきょう, のにそこ, のにたった, のについこんなに, のにどうしても, のになぜこんなに, のになん, のにわれわれ, のにノコノコ, のに不思議, のに世間, のに人々, のに人口僅か十六人, のに今度, のに今朝, のに伸子, のに何だ, のに何で, のに何故か, のに僅か, のに同じ, のに夫, のに如何, のに始終, のに娘, のに子供, のに実際, のに昨夜, のに村, のに歯牙, のに現実, のに目, のに相手, のに眼, のに知らなかつた, のに節子, のに老人, のに自動車, のに舟, のに若き, のに貴, のに貴方, は, よ八五郎親分, よ石, よ見ろ, ハンテ困る, 全くそれ, 其何物か, 旦那それが

1 [1416件 抜粋] あから, あれだ, お前は, お気に入りさえ, からあたしゃ, からいかん, からいのち, からいろいろ, からうち, からうれしく, からおまえさん, からお側, からお松, からかず子, からかんた, からきょう, からこそ, からこそあんなに, からこそこうして, からこそみんな, からこそマルクス主義文学, からこそ一方, からこそ世界, からこそ他方, からこそ勇士, からこそ国際的, からこそ女, からこそ宮廷, からこそ広場, からこそ急い, からこそ戸倉老人, からこそ旦那, からこそ歴史的認識, からこそ民藝, からこそ無実, からこそ現象, からこそ監視人, からこそ秀歌, からこそ美, からこそ若い, からこそ重吉, からこそ颱風, からこの節, からこれから, からさっき, からさらり, からすべて, からその間, からた, からたま, からって自己, からつて, からというところ, からといふで, からとてこっそり, からとて主, からとて他, からとて力, からとて我々, からとて私, からと子どもみたい, からと言つて一生, からどうぞ, からどこ, からなどと芦田内閣, からねえお前一生懸命, からはつきり, からびっくり, からほん, からぼくら, からまるまる, からやった, からわからない, からわざわざ, からわれわれ, からアダ, からウルサイわけ, からギリシア, からソロドフニコフ, からバンギ, からミュトロギー, からモナド, からランケ, からロビンソンクルーソー, から一人, から一層, から一流, から一般に, から一遍牢, から三角測量, から世界, から丸井, から九月いっぱい, から二六時中太平, から交渉, から人麿, から他人, から伊達, から何方, から作家, から例へば, から偕老同穴, から僕等, から優婆塞様, から公文書, から其, から具合, から再度, から凡て, から前, から千金, から危, から却, から友人, から古来, から可愛く, から同情, から名状, から君たち, から吾人文芸家, から善, から喧嘩, から国民, から坑, から多少, から大いに, から大写し, から大方博士, から大武山, から大阪弁, から太子, から奥村氏, から女房, から妻, から嬢様, から学校, から安心, から宜, から実業家, から寒月, から對象, から尚, から居, から山, から岩, から市井, から常, から年号, から建築家, から当代, から往来, から心, から必ず, から忽ちに, から急い, から恋愛問題, から意識, から我, から我慢, から所謂, から捕まえ, から放生池, から散文, から新, から既に, から日本文化, から明日, から春, から時計屋敷, から書け, から曾祖父, から朝, から村, から東風, から梁山泊, から概括的, から欧洲人こと, から正確, から此疑問, から歴史, から死に, から毎年, から毎日毎晩, から気力, から氣, から水棲魚人, から海軟風, から滅多, から漱石, から火事, から無論, から父, から物足りなかっ, から狐, から現実, から甲, から男友達, から疑, から百日紅, から益々, から省作, から知っ, から硬い, から祖父, から神経, から秀子, から私ア, から秋山大尉, から竜, から紀久ちゃん, から経机, から縁遠い, から繰返される, から考える, から能登守, から船, から若旦那, から苦しく, から茂ちゃん, から落第, から蓄音機, から虚気手, から行留り, から見せない, から見合, から観念, から言わない, から記者, から謙虚, から財産, から貰う, から貴公たち, から貴方様, から贈物, から軍隊, から迂闊, から逃げる, から運動, から郡山其他大和, から金, から階段, から雅致, から面白い, から頭, から飛んだ, から駕籠側, から黙っ, がお, がお父さん, がね俺, がの今, がら, が先生, が卯平, が此, が眼, が隣, けれどお母さん, けれど何, こ, しあの, し來月清, し敵, すぐそれ, そうで, そこの, その二人, その四国町, その女子, その茶屋, その鉄叫子, ぞ, つたの, つたのだ, つてうそだい, つておいら達より, つてどの, つてなす毎日惡い, つて今まで, つて北は, つて外の, つて徒労ぢや, つて知れた, つて警察と, つて魚や, でこれから一心に, と〆切, とあんまり, というま, というわけ, という評判, といつた, とお前, とか次, とこれ, とさこの, としめくくり, とただ, とつて貴君今日, とて暫時, とどこ, となん, とはっきり, とは思つて, とばかり異議, ともいふ, とわかりました, とサム, と一伸し, と上々, と乳首, と云う, と例示, と修理部, と判らなかつたらしい, と原型, と大いに, と失敬, と学校, と小野, と尚更, と当時我が国, と後, と思いたくなかった, と思つた, と思ひます, と明言, と決意, と爪さき, と直覚, と知りまし, と第, と考えた, と自分, と見, と言う, と邪魔, と門口, と靜, なさっき, なと感づい, なにしろ今, な今宵, によってこれ, のにああ, のにあなた方, のにあひるさん, のにあんた, のにいそいそ, のにいま俺, のにおお, のにおまえ, のにお前伊丹屋, のにお日様, のにお母様, のにお礼, のにけさ方, のにここ, のにこれから, のにこんなにいろいろ, のにさ清助汝, のにしばらく, のにそのあらゆる, のについぞ, のにどうして時には, のになぜあんなに, のになほ物, のになんだか, のにひろ子, のにほん, のにみんな, のにやつ, のによくも, のにダ, のにチーフ, のにナーニ, のにバレー, のにブルジョア書籍店, のにマアマア旦那様, のにロオラ, のに一人, のに一味, のに一昨年, のに下界, のに世の中, のに両方, のに事務長, のに人形, のに今や, のに伊田, のに伯父, のに何ゆえ, のに何百尺, のに個性, のに兄さん, のに全身, のに其の, のに刀, のに判事, のに勘三, のに危険, のに右大将, のに右源次, のに吉川さんッ, のに咲耶媛, のに地下, のに外, のに女性, のに好い, のに姐, のに子ども, のに宇津木, のに察し, のに尚も, のに峠, のに常盤津, のに弱い, のに彼奴め, のに心臓, のに思ひ, のに恰度, のに意味, のに戦争, のに手前たち, のに捨てられた, のに文学, のに新太郎ちやん, のに早くから, のに昨日, のに曲者, のに木地師, のに本年, のに東京, のに枝頭, のに梅子, のに植通, のに此頃, のに殿, のに母親, のに汽車, のに洋画, のに火の気, のに無断, のに爪, のに片, のに現代, のに男, のに相川良之介, のに神, のに私ら, のに突然, のに米友さん, のに紙帳, のに結局スーモチカ, のに縁起, のに聖詠経一冊, のに脚, のに自分たち, のに自然, のに萩原さん, のに講義, のに貧乏, のに貴女, のに賭金, のに辛, のに返事, のに遠く, のに銀色, のに開かない, のに靴, のに頭髪, のに龍, まではなく, ものお, ものだから, ものどうして, もの何も, もの彼等にとって, もの湯ざめをなさると不可い, や飛んだ, よお, よそれで, よシドニー, よ僕, よ夢, よ平次, よ貝六, わさ, わしも, アに, ッたっ, ナアニ, 一年居, 何しろ嬢さん, 君は, 大いに僕, 拙者が, 究屈を, 自分の, 貴殿が

▼ それこそ~ (2624, 0.7%)

19 大変だ 15 本当の 14 大変な 11 大変です 10 ほんとうに 8 なんでも, 真の, 私の 7 彼の, 自分の 6 何ん, 私は, 血の 5 たいへんな, ほんとうの, 僕の, 大変である, 天下の, 彼が, 私が, 立派な

4 [14件] たいへんだ, たいへんです, たのむよ, ほんもの, 世界の, 人間の, 何にも, 僕は, 取り返しが, 大変, 恥の, 愛の, 手に, 文字通りの

3 [35件] あなたの, こっちの, たいへんである, ホントウに, 一大事で, 一生の, 不思議な, 事だ, 二人は, 人の, 今日の, 何か, 例の, 偉大な, 取返しの, 地獄の, 大へん, 大騒動, 天の, 妾の, 實に, 彼は, 悪魔の, 本當, 浴びるほど, 猫も, 現在の, 生れて, 真空管の, 眠るよう, 眼も, 素敵だ, 罰が, 致命的な, 飛んでも

2 [134件] あなたが, えらい騒動, おしまいです, お妻, ぎりぎりの, こっちが, この世の中, さきに, それが, それを, ただの, たつたいま, どうする, どんな事, なんにも, なんの, ひとりで, ほんた, まったくの, まっ赤, みじめな, れいの, わたしが, ホントに, ホントウの, 一人だって, 一夜に, 一大事だ, 一生涯の, 一糸も, 一絲亂れぬ, 一網打尽の, 万事休すである, 世の, 世間の, 二進も, 人が, 今に, 今の, 何かの, 何も, 何物にも, 余計な, 全く幽明, 冗談から, 前代未聞の, 取返しが, 古語に, 君は, 命が, 命の, 喜んで, 営業違反でしょう, 地団太を, 夢の, 大したもの, 大事に, 大変だった, 大変で, 大変と, 大変よ, 大違い, 大間違い, 如何な, 妙な, 子供が, 子供の, 家の, 後に, 御自身, 愚の, 我々は, 手を, 折ふしは, 文字通りに, 日の, 日本の, 春の, 最大の, 望むところ, 木の, 本望, 枚挙に, 梟が, 歴史的だ, 歴史的な, 歴史的よ, 死んだ気, 氏の, 気が, 水の, 清く明るくほ, 火の, 火を, 無限に, 熱心に, 爪の, 父の, 物理的集団的性格の, 物笑いだ, 獰猛な, 生きて, 生命がけ, 産れ, 白雲の, 百年目だ, 目の, 目も, 眉間の, 真如の, 眼の, 私たちが, 秋の, 穴の, 絶対に, 聞いたふう, 自分が, 自業自得だ, 菩提の, 蚊に, 蜀の, 蜘蛛の, 話にも, 誰も, 贔屓の, 足の, 身を, 途方も, 雲の, 頭から, 風前の, 骨の, 鬼に, 鳥の

1 [2030件 抜粋] あけて, あっしも, あなたに対して, あの人造人間, あの捕捉, あまりふしぎ, ありったけの, ある種, いい加減な, いちぶ, いつまでも, いま過ぎた, いろんなこと, いわゆる, うんざりし, えらい間違い, おかしい態と, おっとり刀, おぼしめし違い, お上へ, お前が, お味方, お怪我, お手柄, お爺さんも, お茶人, お飯, かげろうが, かねがね目, かわいい, きめる前, ぎょうぎょうしくて, こちらから, この世に, この二十年間, この宿, この退き, これからひと月, こんこんと, ごたぶん, さあと, しかたが, しよも, じゅくしたイチゴ, すっかり怪塔王, すまないと, ずっか, そのとき私, その手紙, その華奢, そんじょそこいらの小説家はだし, ただでは, ただ腹の中, だ, ちちろ鳴く虫, つまらなくって, できない難題, ですから, とるもの, とんでもありゃしない, どうしても一度, どうにかしなけれ, どのやう, どんなにか, どんなに幸福, どんなに靜かな心地, どんな新兵器, どんな目, なお一そう恥, なににでも, ぬけるよう, はあて, ばかげてるじゃ, ひろ子にとって, ふらふらつと自動電話, ほかの, ほんとに味気, ほんとに思いがけず, ほんにまっ暗, ほんのまねごと, ほんの真似事, ぽくり, まことに驚くべき, まさしく寂滅牢, まさしく神, まさに天下, まさに眠れる, また濡れ鼠, まだお目にかかる, まったくチョルト, まったく雲, まつたく馬耳東風, まるでなにか悪事, みごとな, みんなが, めつたに, もう大変, もう百年目, もっとも愚か, もっと驚嘆, やりきれたもの, よけいな, わが身の上, わしらも, わたしたち女が, われわれの, アダムスンの, アントニオなれ, エフ, カリン岬であった, キンギン国建国以来の, グレミン, サンベアットム, ジャランジャラン騒ぎで, ダアビーの, チョッキの, バカみたいな, バラッカキな, ピイチクピイチクやかましく, プリミチヴな, ボクさんは, マリアが, ムシケラにも, ラエーフスキイの, 一つ二つの, 一匹の, 一大事早速, 一心不乱に, 一日のばし, 一本も, 一生ご, 一目散と, 一網打尽に, 一言で, 一鳥啼い, 万々歳だ, 万歳だ, 三十何年來の, 三方に, 三日経て, 三番分隊士じゃ, 下にも, 不安で, 不幸な, 不敵な, 世に, 世界じゅうさが, 世間は, 主の, 予が, 二人が, 二束三文にも, 井戸の, 人がらが, 人倫の, 人殺しじゃ, 人間にとって, 人間業とは, 今が, 今日が, 今迄の, 仏法の, 仕事を, 他ならぬ, 他人事, 伝六の, 何うなろう, 何よりの, 何人一人知つてゐる, 何年居っ, 作物自身が, 信用が, 倫敦の, 偽計だ, 僕が, 僕一人の, 元は, 先刻の, 入れ代り, 全く亀縮, 全世界, 全部の, 再生の, 冷飯に, 凡夫の, 到底, 刻舟求剣の, 剛儀な, 動けなくなつ, 北条氏総, 千番に, 半分も, 印度猛, 危険思想だ, 却って奇怪至極, 却つて本当の, 取りかえしの, 取るもの, 口喧しいん, 叱られ通し, 同病相憐れむっていうものよなにしろ, 君に, 味も, 和女が, 唯一つ, 喜劇だ, 四抱そう, 困りますから, 園芸の, 地びたにぽたりぽたり血の, 地獄で, 坊主之, 堪らないや, 壮大なる, 外聞が, 夢とも, 夢にもみた, 夢にも考えられなかった, 大いに困る, 大きな舟, 大したもん, 大事だ, 大事業, 大名題, 大喜びなのさ, 大変でしょう, 大大論, 大層淋しい, 大正の, 大船に, 大酔し, 大騒ぎで, 天の川の, 天井に, 天地を, 天皇坐乗の, 失敗しよう, 奇妙な, 奇蹟だろう, 女らしいこと, 女難の, 妍を, 妾だって, 娘心の, 嬉々として, 季節の, 学界の, 安香水, 完膚なし, 宝物の, 実に危急, 実に痛ましい, 実感として, 実際男, 室町公方様などという, 容赦は, 寿命が, 小学校二三年の, 小野の, 尨犬の, 山の芋が, 島に, 川島家は, 帝の, 常識の, 年じゅう裸で, 幸いと, 幾十種と, 庭いっぱいうっ, 弓と, 弘法様示現の, 当のクララ, 彦麿も, 彼らを, 彼女を, 往くも, 後ろへ, 御参詣, 御廃, 御釜の, 徳川の, 心外に, 必ず血液, 必要な, 怒濤, 思いも, 怪しいん, 恋に, 恐るべきしかも, 恐怖すべき, 恥辱だ, 息を, 悪神の, 意気地なく, 慈愛ぶ, 我々の, 我輩の, 手なべさげ, 手数が, 打てば, 拙者が, 推理測定を, 政府は, 数えきれないほど, 敵に, 文字通り一瞬の, 文殊の, 断じて, 新橋なぞは, 日がさで, 日本が, 日本一だ, 日本文学の, 旧幕時代から, 明治の, 是非に, 時が, 時代を, 暴論です, 最も問題, 最後, 月末は, 望むところであつて仮りに, 朝めしまえだった, 朝日権現の, 未決騒ぎが, 本居平田, 本当にこんこんと, 本当にまあよかっ, 本当に十, 本当に活動女優ソックリ, 本当に痛く, 本望で, 本来の, 本筋の, 机博士であった, 東方朔が, 林檎の, 架空の, 根こそぎみんな, 植木鉢に, 極楽へ, 橋がかりへ, 正しい階級, 正に, 正直な, 此方の, 歴史上の, 死に物狂い, 死人が, 殺人的な, 毛程も, 気絶し, 水の泡に, 汚ない, 江戸の, 河合少年の, 治安維持法そのものの, 泣き出したいくらいに, 泰然と, 活動写真の, 浮かぬお, 消えがて, 深々と, 港を, 満都の, 滅多に, 滑稽千万である, 演劇の, 灯を, 無くては, 然るべし, 燕が, 牧者なき, 犀星この, 狐や, 狸ちゃんでいらっしゃる, 猶更, 猿面の, 玉ちやんは, 玉川が, 玲瓏を, 理想的な, 生々たる, 生やさしい, 生皮の, 田鶴子に, 男振りは, 疲れきって, 痛飲できる, 白塗りの, 百年目である, 盗賊でござる, 目を, 直立不動の, 眞に, 真に天下一品, 真に自分, 真心を, 真面目に, 眼を, 着のみ着のままの, 石見守の, 破滅的な, 神感と, 神罰で, 秀子は, 私たち自身の, 私にとりましては, 稀に, 穴あら, 空を, 立っても, 笠の, 筑前の, 精いつ, 純粋に, 素晴らしいもの, 素直な, 結婚は, 綾子様は, 織田どのの, 群がる餓狼, 翼を, 聖代の, 肉眼と, 股旅者の, 胸を, 腹背の, 自分たちが, 自分達に, 自由自在の, 興味深い読みもの, 色情狂に, 花園に, 若い者, 苦虫を, 草を, 落語に, 薄荷入りの, 藩家に, 虫の, 蛇足であろう, 血に, 袋の, 裾野の, 覆面の, 見ものだ, 見物である, 親子心中で, 言うさえ, 許されないこと, 誂えどおり, 読者が, 誰憚らず, 諸君も, 谷底へでも, 豚の, 貴女の, 足もと知らずに, 跫音まで, 身元を, 車軸を, 辻の, 迷信家を以て, 逆立ちした, 運の, 過分の, 道義上の, 遺憾であった, 醍醐弦四郎で, 重蔵様で, 金に, 鉄砲玉の, 錦絵そっくり, 閑話休題である, 阿母さん, 陰陽さまざまな, 隣保精神の, 難中の, 雲を, 雷霆の, 青い山々, 青鬼の, 面妖と, 面白おかしく, 頭に, 願わしゅう存じます, 風教上よく, 飛びついて, 飛石伝いに, 食べ飽きて, 首でも, 馬鹿げ切つてる, 駄目に, 骨を, 高氏も, 鳥も, 黄蓋の, 鼻も

▼ それ~ (2522, 0.7%)

125 ように 59 やうに 24 ような 22 方が 19 ために 11 やうな, 上に 8 うちに, 代りに 7 本質を 6 ようだった, ようであった, 中に 5 ごとく, 一つの, 或る, 最後の 4 あること, やうで, 上を, 存在は, 實在, 本來, 様に, 現在の, 達成せられない

3 [33件] あるもの, ためには, ついでに, ほうが, ようには, 世話を, 入手を, 内容は, 出て, 出來る, 十倍も, 反對, 吠える声, 存在に, 存在において, 完全なる, 実現を, 實現の, 本来の, 本質に, 本質は, 根柢に, 根柢を, 構造を, 正当な, 直接性に, 眞の, 純粹, 背後に, 自己實現は, 認識は, 返事を, 運動の

2 [125件] あげた埃, かわりに, ことは, ことを, この意義, ごとき, しるしには, すること, ための, できないの, ない所, ない日, ない者, なかに, なかの, ひとつの, もたらし得るあらゆる, もつ意味, やうだつた, ようで, ようであり, モットーである, 一切の, 一端に, 不可能な, 世話で, 中心問題である, 主なる, 二倍の, 代りを, 何である, 來る, 価値を, 光に, 全き, 全體, 前提に, 半分も, 原因は, 受取の, 口火を, 可能な, 可能を, 否定としての, 周囲を, 唯物主義的特質を, 固定された, 外に, 外は, 大部分, 如くその, 如くに, 如く有限, 存在の, 存在を, 実現される, 実行に, 実行を, 實相を, 實踐の, 對象が, 屬する, 差額たる, 当の対象, 後ろ姿を, 後見を, 徹底した, 心配と, 性格が, 性格を, 意味を, 成立の, 持つ原語, 支配の, 方を, 最も著しい, 最も重大, 最も非, 最初の, 有り方, 望まれない凡庸人, 本質的な, 本質的特徴を, 来るの, 根本的性格を, 様で, 歴史性から, 歴史性に, 深さ, 無いこと, 無いという, 無いの, 無時間性, 特徴を, 特殊性もしくは, 獨立性乃至, 現実の, 現實性, 理論上の, 生成の, 産地だ, 発展の, 発見は, 發展に, 直接の, 眞實の, 眞理性は, 真の, 究極の, 第一, 組織を, 綜合から, 置いて, 聞えない世界, 背景と, 表現に, 見えなくなるまで, 規定力として, 証拠には, 認識の, 資本主義的地盤から, 超時間性, 近くを, 進歩の, 間に

1 [1805件 抜粋] 〇・一に, あった三崎町, あとに, あるところ, ある人間, ある四辺, ある教育態度, ある者, いかなる事實的内容, いつも通り, いぶしつくされ, うけもつ季節, うちには, おのおのの, お守りみ, お察し, お返事, かかれる精神, かなわぬは, こちらへと, ことだつた, ごとき強制的, ごとくまた, ごとく咄嗟, ごとく終始, ごとく通行, ご返信数百枚, したくが, すべてであろう, すむまで, そねみうらみ, つかわれかた, つけるぞ, できない人たち, できる人たち, ところどころには, どれかに, ないこと, ないよう, ない境遇, ない赤坊, なくなった家, のって, はっきりし, ひろがるの, ほとんど二倍, めぐりを, もって, もつ妖し, もとに, もみくち, やう全, ゆがみ傾いた, ようだんだん, ようにさえ, よごれて, わかるの, を取り寄せ, インタープレテーションだ, コチコチであった, ハズミで, プロレタリアへの, ヤキを, 一つだ, 一つへ, 一例と, 一因として, 一小, 一形態として, 一本を, 一種の, 一般学術的効果に対する, 一部である, 三倍以上であった, 上で, 上手さも, 下手な, 不撓性非, 与えられぬの, 両親など, 中央に, 中心を, 主観性を, 主體的制約, 乗りうつっ, 乾児の, 事です, 二重性格によ, 人倫的從つて實在, 今後の, 仕事の, 他者性にも, 代用と, 仲間である, 伝奏を, 位置は, 余りの, 余勢で, 使い方と, 來ない, 価値規定からは, 俘に, 倅か, 倒れた方向, 健康な, 像の, 先が, 先駆者ぐらいな, 克服の, 入った器, 全体に, 兩方に, 共通な, 具現に, 内在性を, 内容である, 内容的規定は, 内部から, 内部的構造を, 写しは, 処理法を, 出來た, 出所を, 出来ない融川, 出来る御, 出版は, 分つた今, 分らねえ盲天子, 分枝, 初任の, 別の, 刺戟剤と, 前に, 前提である, 前触れの, 剛さは, 劇しい, 効果が, 勉強に, 動く間, 動機は, 包んで, 十倍もの, 半ばほど, 単なる認識, 卵子に, 原理として, 厳密正確な, 参照として, 反作用として, 反対で, 反射だけが, 反映として, 収容に, 口真似を, 可否についての, 可能性において, 史実を, 叶は, 同意語として, 向うの, 向上する, 否定や, 周旋を, 味は, 呼応で, 咲くの, 善き光沢, 噂が, 因縁は, 固定を, 地つづきである, 執拗なる, 基本的姿である, 基本的意義は, 基礎的構造之の, 報告に, 増加と, 壞滅は, 変革を, 外的なる, 大きくなった, 大衆化, 奉書と, 奪ひ, 好きな, 如き相対上, 如くそれ自身, 如くにさ, 如く両端遙, 如く単純, 如く弁証法的形成作用, 如く流麗, 如く瞬間的, 如く蒼, 如く震わせ, 始めだった, 姫君なにがしの, 媒介性において, 嫌悪に, 字は, 存在性である, 存在的規定は, 安定を, 完全を, 完成即ち, 実否を, 実施に, 実践的形態である, 客観的な, 宿に, 實踐的歸結, 寸前には, 対策を, 対蹠である, 對象とに, 小さな伴船, 小説が, 少し多く, 尻に, 展がりによって, 左翼を, 市価の, 帰りな, 年, 年出生に対する, 広告文字の, 底の, 延長性それの, 引き受けられるはず, 引返して, 形を, 影響が, 往き過ぎるの, 後にも, 後作用を, 御不安, 御機嫌, 復演出である, 心もちが, 必然な, 必至從つて覺悟の, 志す所, 応用たる, 思い定め, 思惟を, 性格である, 性質上家の, 怯えに, 悪を, 惡しき有限性と, 意味また, 意義を, 愛を, 感性的な, 懐疑も, 成らざる時, 成るやいな, 成員並びに, 成立に, 所所に, 所産であります, 所造であり, 手引として, 手段との, 批判, 批判性, 抽象的な, 持って, 持つべき条件, 持つ技術的, 持主である, 指示が, 探究に, 支教会が, 攻略には, 政治的特質は, 救援に, 散文様式の, 数日前までは, 文化上に, 文化的表現であり, 新しい変化, 方法を, 施行記で, 日本語の, 早馬が, 明示性に, 時代の, 時間的性格が, 時間點に, 暗い灰色, 暗示性に, 最も大きい, 最も歴然たる, 最も自然, 最も顯著, 最高點は, 有する他者性, 有つ, 服從を, 未熟さを, 本当の, 本文を, 本質, 本質より, 本質的傾向である, 本質的特徴である, 束ねであった, 来ること, 東, 枢軸を, 核心に, 根本が, 根柢へ, 根源として, 根源的性格の, 極端な, 構成要素である, 模作だろう, 樣が, 横幅も, 欠けてること, 正しいか, 正反対の, 正当さは, 歴史に, 歴史的, 歴史的眞理を, 残りの, 気分さながら, 永遠である, 決定自身を, 注釈や, 流行は, 消化とを, 涵養に, 済まないうち, 済んだ者, 準備として, 澄汁の, 無くならぬ間, 無終極的存在, 焦熱地獄の, 片づく頃, 物質的根柢である, 特有性は, 特殊性は, 牽制が, 狭められるため, 現われない方面, 現代的な, 現実性の, 現實主義的本質, 現段階的, 理解される, 理解を, 生ずる前提条件, 生る胡頽子, 生内容, 生成に, 生活を, 生産過程, 用材には, 留まりそう, 病気という, 発展と, 発達の, 發展を, 監督かたがた大, 目的が, 目録は, 直接的な, 相手に, 省いたの, 看病やなんかで, 真上に, 真理性は, 着京, 知らせと共に, 破れたの, 確實性は, 社会問題解決としての, 祕密な, 科学的処理としての, 種々の, 稽古を, 穗先で, 立場からのみ, 立派さなどとは, 第二期, 算定に関する, 節づけ, 精神内容が, 純粋である, 終ったこの, 終るまで, 経済的表現が, 結婚の, 結果によって, 絶対価値を, 続きとしての, 総商船トン数, 線に, 縁故の, 缺陷の, 美しいこと, 美しい花瓣, 聯關の, 肥満した, 能力を, 腹痛タの, 自己主張を, 自然性に, 自由な, 舞台を, 色から, 芝居を, 荒療治清と, 蔓を, 虚偽を, 行はれた, 行われない一つ, 衝撃を, 表側の, 表現と, 表現形式としての, 表象に, 表面には, 製作者である, 襟あしと, 要求の, 見地から, 見習い, 観念を, 觀想である, 解ったの, 解決である, 解決如何は, 解體を, 言葉を, 計画的であった, 許されない立場, 訳が, 詞の, 試しに, 詮議に, 話題に, 認識が, 語意によ, 誤謬を, 課題は, 論功行賞も, 論理的歸結で, 諸根本構造, 谷に, 象徴する, 豫想を, 赤道の, 超越が, 踏めるという, 軽いもの, 辛さ, 近づくの, 追撃に, 透明を, 通って, 通過する, 連続であった, 運び去られた, 道中の, 遠い人間, 避難が, 部分乃至, 配置を, 重大さ困難さの, 重要な, 野望へ, 鎖の, 長い歴史, 間に合ったの, 關心すべき, 附添に, 階級的な, 隱れたる, 集約的な, 需要の, 非存在性, 面影が, 革命的性質は, 頂だけに, 額に, 顔を, 顯は, 食は, 駆使については, 高価の, 鬼と, 鳴く音, 麓に

▼ それにも~ (2228, 0.6%)

70 増して 43 関らず 36 かかわらずこの 33 かかわらず私, 拘らずこの 30 かかわらず彼 29 拘らず私 23 拘らず彼 18 かかわらずその, 拘らずその 14 かかわらず 13 拘らず 12 拘らず之 11 かかわらず彼女 7 かかわらず自分, 拘らずここ, 拘らずそれ, 拘らず彼等 6 及ぶまい, 拘らず吾

5 [11件] あきて, かかわらずこれ, かかわらずそれ, かかわらずなお, 不拘, 及ぶまいよ, 懲りずに, 拘らずこれ, 拘らず人々, 拘らず今日, 飽きると

4 [12件] かかわらずあの, かかわらずかれは, かかわらず我々, わけが, 何か, 彼は, 拘らずあの, 拘らず何, 拘らず科学, 拘わらず私, 私は, 返事を

3 [47件] かかはらず彼, かかわらずあなた, かかわらずそういう, かかわらずわれわれ, かかわらず主人, かかわらず二人, かかわらず今, かかわらず今日, かかわらず作者, かかわらず僕, かかわらず君, かかわらず女, かかわらず少し, かかわらず彼ら, たれて, まして私, ワケが, 一つの, 似て, 何の, 倦い, 倦き, 倦きる, 優して, 及ばない, 及ぶめ, 拘はらずこの, 拘はらず彼, 拘らずあなた, 拘らずなお, 拘らずなぜ, 拘らず一切, 拘らず一種, 拘らず俺, 拘らず否, 拘らず多く, 拘らず彼ら, 拘らず彼女, 拘らず我々, 拘らず死, 拘らず誰, 眼を, 答へ, 自信が, 関はらず, 頓着なく, 飽きて

2 [135件] うその, うそろ, かかはらず人人, かかはらず僕, かかはらず彼等, かかわらずいや, かかわらずお, かかわらずこういう, かかわらずすべて, かかわらずどうしても, かかわらずなぜ, かかわらずまだ, かかわらずみんな, かかわらずわが国, かかわらずわたし, かかわらずわたしたち, かかわらずハンス, かかわらず一つ, かかわらず一度, かかわらず何となく, かかわらず何故, かかわらず余, かかわらず兄, かかわらず先生, かかわらず実に, かかわらず彼等, かかわらず御, かかわらず日本, かかわらず父, かかわらず私たち, かかわらず笑い, かかわらず美しい, かかわらず老爺, かかわらず読者, かかわらず諸君, かかわらず農場, かかわらず鶴見, かまわずに, くたびれたと, これにも, まして, ましていろんな, まして半蔵, まして弱い, まして心, また血脂, やっぱり赤, 主君の, 二重の, 似たり, 何も, 何んにも, 係はらず, 係わらず事務長, 倦んで, 別段辟易, 劣らないやう, 劣らぬ天下興隆, 劣りますまい, 勝し, 及ばず曲者, 及ばないが, 及ばないでしょう, 及ばないという, 及ばぬ, 及びますまい, 各々ち, 増したもの, 少年の, 常に変化, 幾多の, 心を, 忽ち失敗, 思い出されて, 惜しかりし, 懲りないで, 拘はらず, 拘はらずその, 拘はらずわれわれ, 拘はらず初めて, 拘はらず私, 拘らずいや, 拘らずお, 拘らずこうした, 拘らずこれ等, 拘らずそこ, 拘らずどの, 拘らずよい, 拘らず一般的, 拘らず事実, 拘らず二人, 拘らず余剰価値, 拘らず前者, 拘らず又, 拘らず同じく, 拘らず大, 拘らず大事, 拘らず夫, 拘らず妥当, 拘らず存在, 拘らず常に, 拘らず弁信, 拘らず性格, 拘らず或, 拘らず日本帝国そのもの, 拘らず晩年, 拘らず机, 拘らず此, 拘らず現代, 拘らず矢張り, 拘らず私たち, 拘らず美しい, 拘らず自己, 拘らず論理, 拘らず鬼, 拘わらずこの, 拘わらずただ, 拘わらず僕, 拘わらず彼, 気がつかずに, 気を, 氣が, 知られぬを, 知らん顔を, 程度が, 種類が, 答えないで, 返事は, 返辞は, 通ふ, 関せず, 關らず, 限度が, 頓着せず, 飽き足らず

1 [1291件 抜粋] あきたの, あなたの, あらで, あるよう, いくらかの, いって, いない, いろいろな, いろいろ話が, うきねといふ, おもひで, お怯み, お祝, かかはらずあなた方, かかはらずひと, かかはらず彼女, かかはらず私, かかはらず舊, かかはらず迷信家, かかわらずあいた, かかわらずあまり, かかわらずある注意, かかわらずいま一度, かかわらずいろいろ, かかわらずかく, かかわらずきょう, かかわらずここ, かかわらずご覧, かかわらずすぐれた探偵小説, かかわらずたいてい, かかわらずだれ, かかわらずつぼみ, かかわらずどう, かかわらずどうも, かかわらずのんびり, かかわらずほら, かかわらずより, かかわらずわずか, かかわらずオルチー, かかわらずシュワルツァー, かかわらずセーサル, かかわらずナゼ, かかわらずノルウェイ, かかわらずフランシスコ, かかわらずマン, かかわらずモンセーニュール, かかわらずレーマン, かかわらず一人, かかわらず一方, かかわらず七つの海, かかわらず三尺, かかわらず不敵, かかわらず両者, かかわらず事業, かかわらず人々, かかわらず人間, かかわらず今晩, かかわらず仏徒, かかわらず仲間はずれ, かかわらず会話, かかわらず例, かかわらず信仰, かかわらず信長, かかわらず働きつづける批評的意識, かかわらず全般的, かかわらず六, かかわらず内外, かかわらず初対面, かかわらず到る処, かかわらず前生, かかわらず北町奉行所, かかわらず原初的思想家, かかわらず口, かかわらず古来, かかわらず各, かかわらず和服, かかわらず唐姫, かかわらず国民文学, かかわらず地震, かかわらず夢, かかわらず大衆文芸, かかわらず失われること, かかわらず宇野千代自身, かかわらず宝物, かかわらず室内, かかわらず容易, かかわらず小作人, かかわらず島, かかわらず幸内, かかわらず弁信, かかわらず当時, かかわらず従来, かかわらず感, かかわらず技術官, かかわらず敢, かかわらず敷かない, かかわらず新興キネマ, かかわらず日劇, かかわらず早く, かかわらず昨今, かかわらず時どき, かかわらず本筋, かかわらず松子, かかわらず次, かかわらず死後一年, かかわらず氏, かかわらず法律図書館長, かかわらず法水等, かかわらず淫祠, かかわらず清逸, かかわらず火夫, かかわらず物理学, かかわらず犯人, かかわらず現在, かかわらず甲, かかわらず直, かかわらず石川氏, かかわらず社会的, かかわらず第, かかわらず米公使, かかわらず結婚生活, かかわらず総て臣民, かかわらず老, かかわらず耕作, かかわらず自己, かかわらず葉子, かかわらず藤村, かかわらず誠三郎, かかわらず論理的, かかわらず貰いたくなかった, かかわらず逃げ出す孤児, かかわらず適当, かかわらず醜行, かかわらず鉱業停止, かかわらず長い, かかわらず電車, かかわらず頭, かかわらず高見さん, かかわらず麦芽, かかわらぬ国法, かまわずわたし, かれは, きたない關係, こうした切ない, こりず生徒, したたかに, すぐ行かれる, せよとも, それなりの, たれながら, だんだん慣れ, どうにかふさ, なおあき, なにかわけ, なんら溌剌, ひとつの, ほとんど興味, まさった苦しみ, まさる秘密, ました一大事, ました強烈, ましてあまり見えすいた, ましてお, ましてたまらなく, ましてアンリ, ましてビードロ, まして二人, まして人間, まして俺, まして同じ, まして地本さん, まして奇々怪々, まして平次, まして急がなけれ, まして悲しい, まして日本人, まして父, まして福代, まして許すべから, まして賢い, まして高い, また地名, また捨て, また自分, また飽き, みえる, めげずに, やはりその, やはり分業, よく書い, よるかと, イ有, ムッと, 一つ, 一つここへ, 一つは, 一つ可笑し, 一ツ甚だしく, 一ヶ月以上が, 一人桑野の, 一寸か, 一文を, 一理は, 上坐, 事情が, 二三度叮寧に, 二通りあっ, 人々は, 仄暗い, 仔細の, 代って, 似たもの, 似たるたまし, 似た青春, 似合わず眼, 何にか, 価しない, 係らずこの, 係らず其名, 係らず平田一郎, 係らず黙々, 係わらず君たち, 俊亮は, 倦た, 優る傍聴席, 元康は, 全力を, 出なかった, 別れるだろう, 劣らず切實, 劣らない, 劣らない一面, 劣らぬいや, 劣らぬ感動, 劣らぬ江戸名物, 劣るもの, 勝った大盗心, 勝る憂い, 勝る穏やか, 十分に, 参画し, 及ばずぐっすり, 及ばないだろうが, 及ばないと, 及ばなかった, 及ばなかつたよ, 及ばぬと, 及びますまい奥様, 及びませんな, 及ぶもの, 反対を, 同じくこの, 同感だつた, 唇を, 困つた, 堪える覚悟, 増した考, 夏は, 大概の, 実は及ばぬ, 寂然と, 少々事情, 屈しないで, 屈せずオースチン師, 常にある, 引きかえもう, 役立つかと, 徐々に馴れ, 従わないの, 徳義が, 心当りが, 忽ち幻滅, 怯まず花栄, 情けを, 慊らず, 懲りずまたぞろ, 懲りず暴挙, 懷疑的なら, 承知の, 拘はらずこれ, 拘はらず世話役, 拘はらず半眼, 拘はらず四十年後, 拘はらず彼女, 拘はらず彼等, 拘はらず最も, 拘はらず犬ども, 拘はらず男, 拘はらず遂に, 拘らずいい, 拘らずかん, 拘らずこういう, 拘らずこんな, 拘らずそこら, 拘らずそんな, 拘らずとかく, 拘らずどっち, 拘らずはかばかしい, 拘らずほらあの, 拘らずまったく, 拘らずやはり, 拘らずよく, 拘らずイデオロギー理論, 拘らずカント, 拘らずゲーテ, 拘らずジェームズ, 拘らずジャーナリズム, 拘らずドストイェフスキイ, 拘らずファシズム, 拘らずベスパーロフ, 拘らずマルクス主義思想, 拘らず一二, 拘らず一度, 拘らず一種異様, 拘らず三木氏, 拘らず不思議, 拘らず中世ヨーロッパ, 拘らず主として, 拘らず二十四年, 拘らず人間, 拘らず人類, 拘らず今や, 拘らず仏頂寺, 拘らず他方, 拘らず何と, 拘らず何故, 拘らず例えば, 拘らず信仰, 拘らず僕, 拘らず先生, 拘らず再び, 拘らず初め, 拘らず前, 拘らず卓子, 拘らず友人, 拘らず同じ, 拘らず唯物論, 拘らず増税案, 拘らず多義的, 拘らず天下自然, 拘らず奮い立たさなければ, 拘らず奴隷経済, 拘らず宇治, 拘らず実に, 拘らず宮觀, 拘らず寸毫, 拘らず少く, 拘らず尚, 拘らず広義狭義, 拘らず弁証法, 拘らず当時, 拘らず志村, 拘らず愛ちやん, 拘らず戦争, 拘らず手籠, 拘らず技術, 拘らず攻略, 拘らず敢えて, 拘らず文献学, 拘らず日本ファッショ的イデオロギー, 拘らず昂然, 拘らず昔, 拘らず時間, 拘らず時間的存在, 拘らず暴力団, 拘らず最初, 拘らず村, 拘らず栄介, 拘らず極めて, 拘らず此まま, 拘らず此時急, 拘らず歩兵ら, 拘らず殆, 拘らず氏, 拘らず泰然自若, 拘らず溺死者, 拘らず物理学, 拘らず現に, 拘らず理由, 拘らず田舎, 拘らず由良, 拘らず發展的歴史, 拘らず白幽霊, 拘らず盲法師, 拘らず眼前, 拘らず知らない奴, 拘らず社会心理学者達, 拘らず私一人, 拘らず科学的概念, 拘らず立上つて, 拘らず米友, 拘らず絵筆, 拘らず綾麿, 拘らず肝腎, 拘らず自分, 拘らず自然法則, 拘らず自由主義, 拘らず芸術, 拘らず荒々しい, 拘らず葡萄糖, 拘らず表面, 拘らず西村陽吉, 拘らず言葉, 拘らず評論, 拘らず認識, 拘らず負けること, 拘らず起ること, 拘らず身, 拘らず軍隊, 拘らず近代的戦争, 拘らず遊んで, 拘らず邸内, 拘らず錦子さん, 拘らず間接, 拘らず院長, 拘らず頭, 拘らず飛んでも, 拘らず鷹揚, 拘わらずお前, 拘わらずヘンリー, 拘わらず下手人, 拘わらず仮死, 拘わらず半眼, 拘わらず地丸左陣, 拘わらず寸毫, 拘わらず彼等, 拘わらず時に, 拘わらず爾来, 拘わらず知って, 挫けず幾多, 挫まず又, 新刊紹介が, 明瞭りした, 時間が, 条件が, 某かの, 構はず仕事にか, 構わず, 構わず善吉, 構わず折角, 構わず行きたる, 残って, 気がつかない風, 気づかなかつたの, 気どらすまいとしての, 法を, 渠の, 滅気ず, 無反応, 焦, 理由が, 理窟は, 由縁は, 異状が, 疲れると, 相応しいもの, 相手は, 矢代は, 立合うこと, 競争者が, 等しくすべて浄ら, 答えずに, 答えません, 答える者, 細工が, 練修を, 老人の, 聞き入るの, 背かなかった, 苛立たしさ, 血の, 見せなかつたん, 見捨てられて, 触って, 訓えられ, 訳の, 誘われて, 負けず劣らずこれ, 負けない美人, 辛抱する, 迷わずには, 通じないわけ, 遊び飽きた, 道理の, 適用され, 金一封が, 長さ, 関わず蒲団, 関わらず人間離れ, 関わらず掘出し物根性, 関わらず薪左衛門, 關聯させたらしい, 障子が, 頓着する, 飽いたの, 飽かず今度, 飽きれば, 飽き足らでや, 馴れて, 高いヘリ

▼ それまで~ (2090, 0.5%)

79 だが 4429 待って 28 であるが 24 である 21 私は 19 ですが 15 一度も 14 です 13 黙って 11 私の 10 だけれど, 彼は 8 では, 僕は 7 何も, 生きて 6 一言も, 彼の, 知って 5 お前は, だと, でしょう, 住んで, 眠って, 自分は, 鳴りを 4 なの, なん, 一人で, 奥の, 待つて, 我慢し, 抱いて, 辛抱し

3 [31件] うつむいて, おとなしくし, おとなしく待っ, ここで, ここに, して, そこに, それを, だから, だった, だまって, であります, ですけれども, どこに, 何を, 堪えて, 彼女は, 持って, 無言で, 男の, 眼を, 知らずに, 私を, 笑って, 考えて, 自分の, 自分を, 誰にも, 部屋の, 隠して, 黙々として

2 [114件] あなたの, あまり見かけた, いちども, うとうとと, おにらみ, おれは, お互いに, お判り, お待ちに, お待ち下さい, お預けよ, かけて, このふるさと, この戦争, しばらくの, じっとし, じつと, その人, そばで, そばに, だがね, だし, だという, だよ, ちょっとエンジン, ぢつと, であった, でありますが, であるけれど, であろう, でさ, ですけれど, でも, で家康, どうぞねえ, どこで, どんなこと, どんな縁談, なんの, みんなの, もう何, ベッドの, 世話を, 主人の, 二人の, 二人は, 二人を, 他の, 休んで, 何度も, 個性とか, 六年の, 其處らに, 勤めて, 又あらゆる, 口を, 右手に, 吹いて, 呆然し, 命を, 壺を, 外から, 多寡を, 大事に, 家康は, 少しも, 少し金, 彼に, 彼を, 彼等は, 待たなければ, 待ちましょう, 待つ, 待つが, 待つよう, 待てないかも, 我慢する, 扉を, 手を, 手下達は, 振り払うよう, 新八, 日本に, 昔の, 暗いところ, 木戸は, 東京の, 楽屋の, 正直に, 気がつかなかった, 気がつかなかったの, 気を, 爪先立ちに, 田舎の, 皆の, 目を, 眠つてゐた, 知らなかったの, 私に, 窓の, 絹子は, 自分が, 自分ほど, 西洋人の, 見たこと, 話を, 誰も, 誰よりも, 誰れ, 貯えて, 隠れて, 頭の, 風邪を, 首を

1 [1337件 抜粋] あぐらを, あたしが, あった水, あなたが, あなた見張っ, あの店, あまり大切, あまり追究, あるじから, あんたたちに, あんな美しい, いうて, いかなる整理法, いたとこ, いたよそ, いっこう分っ, いなさいよ, いふと, いろんな虫, うち捨てて, うとうと眠つて, おじさんと, おとなしく立っ, およそもの, おれが, お嫁, お役人, お父様, お竹, お通, お雪ちゃんが, かく雄大, かなり横柄, がまんし, きちんと膝, きまらないでゐた心, きみは, こ, ここいらで, こちらに, この地方, この家自慢, この弘前城, この男, この辺, この鉱山, これに, こんな事, ごく普通, ご信念, ご斟酌, ご辛抱, さぶ, ざっと一刻半, してやって, しーん, じっと小さく, じっと聞い, じゃがかりに, すでに長い, するの, ずっと二人いっしょ, せつせと, そうとは, そこは, そちも, そのよう, その場, その富箱, その部屋, そんなこと, たいして気, ただ聞こう, たべないでね, だがな, だすが, だつて, だねえ, だろう, だ我々, ちょいちょい勝手, ついぞそんな, つきあいも, つねに他人, であるがも, であると共に, でございますが, でございますもし, でござんす, でしょう幾箱燐寸, ですがね, ですべて, ですよ, で御座いますが, で立ち上り, とても眠られぬ, ともかく一日二日, とやかく言う, どうしていたんだ, どうする, どうぞ御, どこかで, どこにも, どこを, どんなにおとなしかっ, どんなに親しく, なお躊躇, なにか云い続け, なやんで, なら結構, なるが, ねっしんに, のこつちや, はお互に, はつきり致し, はりつめて, ひつそりとして, ひとりでに自分, ひねりつづけて, ぴしぴしと, ぶらりと垂れ, ほしいまま, ほとんど口, ほとんど病気, ほんのちょっと, ぼんやりその, まあ, また進歩, まちがいも, まてばとて, まるで知らなかった, むっと黙っ, もうとりかえし, もう少し待っ, もし生きてる, やったらよい, やつたんなら, やや仏頂面, ゆっくりしたら, ゆっくり話そうで, よろしく, わくわくし, わたしは, われわれが, ゐて, アカシアの, アラビヤには, ガンドウの, コッソリ匿れ, コーヒーという, サ, ジュネーヴの, スウェデンは, ストーヴを, ソフアに, チョイチョイ吾輩の, ナニその, パパが, ビリだった, マジマジと, モタせる, ヨーロッパにも, ル・アーヴルに, ロシア劇を, 一同から, 一向にとりあわぬ, 一寸諸君に, 一心に女, 一時間ちかく, 一語も, 三人は, 三十石船と, 下の, 下谷から, 不得手ながら, 世の中の, 中国の, 主観的に, 事務長に対して, 二人が, 二人とも, 二十度くらい, 二度お目にかかっ, 二部の, 云って, 五六日待っ, 五郎と共に, 交って, 人民の, 今浜と, 仕売物, 他国に, 代を, 仲よくし, 休止し, 低い小さな, 何とかし, 何なり, 何ものか, 何処に, 何時出る, 何氣なく, 例が, 保つだろうか, 保存せられた, 修業を, 借りて, 側に, 僕の, 先生の, 全く枯野, 公方の, 六百余年間本州の, 其の本, 其処に, 凌いで, 出来るだけ, 分離し, 別に, 力を, 動かさずに, 勢力の, 化石の, 医師を, 十数年かかっ, 千鶴子とは, 南側の, 厄介に, 去就に, 古い莚, 右の, 同道し, 名乗を, 君が, 吸って, 呑気に, 喧嘩を, 囚人を, 四五十分も, 四時間の, 固くつぶっ, 国に, 在り來つた, 坂といふ, 垣の, 堅固だった, 塾生の, 変った様子, 外に, 多くの, 夢中に, 大して人, 大和の, 大扉, 天という, 女という, 女中には, 女王に, 如才の, 妹夫婦に, 妻を, 委託し, 子供だ, 存外平気, 学校を, 定まらなかった彼女, 実は小説その他, 実際の, 宿題に, 寝て, 寝入って, 小気味よげ, 小病も, 少くとも, 尻で, 居させて, 居なかったの, 山々に, 岩の, 左程, 帆村の, 席を, 帰農し, 幕府にたいしても, 平常通りに, 幾多の, 庭の, 弟たちの, 張りつめて, 彼らの, 彼女に, 彼女等から, 待たいでは, 待たないか, 待たねば, 待っと, 待つとく, 待つ事, 待てるでしょうし, 従順だ, 御存じか, 御米, 微笑を, 心待ちに, 必ず何処, 忘れて, 怒つて, 思いつめたもの, 怪人丸木は, 怺え, 悲しみに, 想像も, 愛読し, 我儘に, 或る, 戦争前から, 手で, 手配が, 打破る事, 批評界は, 拙者も, 持ちえた最高, 指先の, 掛に, 握手を, 支那で, 放すな, 政治以外に, 数か月の, 数年間の, 斎田さんと, 斯波氏が, 既に四度, 日本の, 旦那は, 星座の, 是とも, 時間を, 書きましょうそうして, 最もだらし, 木の, 本書は, 来る途中, 東信濃町に, 柔和しい, 案内した, 椅子の, 構えて, 樹皮に, 檀一雄は, 歌がるた, 正枝, 此処に, 死なさねえよう, 死躰に, 殆ん, 母が, 母国は, 毎日この, 毎晩あの, 気がついたならもう, 気がつかず誘われるまま, 気に, 氣むづかしさうにビイルを, 水手拭を, 永いあいだ彼, 汐を, 汝奉公し, 江戸詰だった, 沈黙を, 河波の, 法水は, 活動を, 浮き浮きと, 深い遺恨, 渋谷の, 漠然とある, 潜在し, 点々として, 無事でい, 無抵抗で, 無視し, 熊太郎の, 燃え立つやう, 父の, 牛若さまには, 物静かに, 猶予してやろう, 珍らしく, 現場が, 生きてるか, 生活の, 田の, 町を, 疲労によって, 発表した, 皆んなの, 盃を, 監視を, 相分れ, 相識る, 看病を, 眩ゆい, 知つて居られ, 知らなかった人達, 知らなかつたが, 石像の, 石田屋で, 磨いて, 神様に, 私どもの, 秩父と, 積み重ねた瓦, 窓外を, 立ちどまって, 竜子は, 笑わせて, 節穴の, 糺すの, 約三十年, 細かいノート, 絶えずお, 緑川さんの, 置いてね, 義理の, 老爺さん, 耳を, 聞き澄まして, 肌を, 背後の, 腰を, 臨時の, 自分ひとりで, 自分自身の, 自暴酒に, 自由主義の, 船体は, 苦しみに, 英国に関する, 荷馬車より, 落ちつき払って, 蒸発し, 蔭で, 藁の, 蟷螂が, 行動を, 被害者に, 覆うて, 見えなかった白い, 見たが, 見て, 視力を, 親方に, 観客席の, 解つて居た, 訊いて, 許して, 話は, 読んで, 讀んだいくつ, 豊臣恩顧の, 起きて, 躊躇し, 身を, 軽い愛着, 辛抱が, 辛抱しよう, 迂濶, 近郊を, 逃がさないよう, 逗留し, 遊佐さんの, 遍歴された, 遠慮したらしかった, 郷里に, 金庫の, 長いあいだ, 長い間, 門前を, 附添は, 隆々旭の, 隠してたの, 難解を, 静観し, 響いて, 領土に, 題を, 飛行場つくりの, 飲むの, 飽きずに, 館の, 馬籠には, 駅で, 鳥渡待っ, 鳶いろで, 麻痺し, 黒が, 默りこんで, 黙ってて, 黙然と聞い

▼ それ以上~ (1965, 0.5%)

125 のこと 64 のもの 20 は何 18 の事 10 の説明 8 の何物 7 である, ではない, の深い 6 どうする, に, にこの, になる, に出, に深い 5 を望む

4 [12件] には何, に何, に出よう, に追及, に進む, の事実, の何者, の大, の幸福, の意味, はもう, 立ち入って

3 [23件] であつ, であるか, でもそれ以下, にその, に人間, に出る, に彼, に接近, に深く, に深入り, に私, に自分, の存在, の心配, の数, の物, の発達, はどうしても, は二人, は云, は平次, は決して, を求める

2 [125件] かも知れない, その問題, その瘤, だ, だった, だつた, であった, でした, ですよ, ではあるまい, では無い, で買っ, とどまること, なにかからかえ, なの, にある, にいつ, にかれ, にこれ, にこんな, にし, にはなん, には何物, には出, には押す, には見, にもし, にもっ, に僕, に増加, に大きく, に大きな, に大切, に嬉しかっ, に少し, に怖い, に暗い, に有効, に物, に発展, に発達, に立ち入っ, に考える, に耽溺, に肝要, に自尊心, に複雑, に諸君, に追窮, に進まない, に重要, に鏡, の, のスピード, の仕事, の何, の何もの, の何事, の価値, の内容, の再, の分析, の刑罰, の力, の名案, の問答, の問題, の固定資本, の増加, の奇怪, の学校, の完備, の恐ろしい, の最も, の深, の激し, の産出, の目的, の立派, の約束, の考え, の能力, の複雑, の言葉, の詮議, の迫力, の追及, の速度, の関心, はお, はきかなかった, はこの, はどうにも, はなに, は何ん, は出せない, は出せません, は口, は弟, は想像, は押して, は深く, は私, は訊い, は話, は遠慮, まで生存, もその, も昔, をいう, を何, を期待, を聞く, 云うこと, 尋ねるの, 心得て, 知ろうとは, 考えること, 聞けなかった, 見て, 言うこと, 話しませんでした, 踏み止つて, 近づくこと, 進んで

1 [1291件 抜粋] あけること, あるといふ, いいよう, いかに多く, うれしさ, おっしゃるには, おります, お酒, かも知れなかった, かよう, かれの, が冬期, きく興味, この会見顛末記, この病人, さ, しか眼, しないで, じらすの, すすめること, せき立てるの, その事件, その役人, たいして私, たずねも, たべたかつたら人, だったの, つき出した向きあい, つっこめませんでした, つづける勇気, であ, であっても, であり今村, であると, でその, ではありません, でもなく, でも無けれ, で幼少, とかがあっ, とまって, とろうと, と認, どうにも言葉, なもの, なんとも, なんと理由, なんにも聞えなかった, な問題, な物好き, にいい, にいふ, にうるわしい, におそろしい, におの, にき, にさかのぼる, にした, にじ, にそれ, にたいしてはだれ, について考える, につらい, にどこ, になっ, になにか, になりっ, にのぞみ, にはどう, にはなにごと, にはなんら, にはまだ, にはピン, には全く, には出られない, には困る, には怒れ, には深入り, には狂暴, には租税, には考えられなかった, には考へ, には誘いませんでした, には追求, には進ん, には頭, にひどい, にふやせない, にほじ, にもう, にもそれ以下, にもつともつと, にも九段, にも兄上, にも増す, にも相, にも複雑, にも騰貴, にわが, にズレ, にフランス人, に一般, に三篇, に不可能, に世界, に中国側, に二人, に京弥, に人間的完成, に伝統的, に何ん, に例えば, に倒れる, に偉大, に傷, に共産党, に出で, に別に, に劇評それ自身, に勢い, に厄介, に参る, に可, に哲学, に喜び, に国民, に坂田, に増やす, に多かっ, に大した, に奇抜, に女, に嫌い, に安定, に家庭問題, に小心, に巧み, に弱った, に彼ら, に彼等東亜, に心, に必要, に悩ましく, に意識, に感触, に或, に抽象的, に損する, に支那人, に文化的バーバリズム, に新しき, に映画館, に時には, に有益, に本能的, に東洋, に正しく, に歩行, に残忍, に気の毒, に江戸八丁堀, に注意, に派手, に渠, に無生物, に熱く, に独陽, に現実, に生々主義, に生き, に用, に白痴, に的中, に知らなけれ, に知識, に種々, に穿鑿, に立入っ, に精神, に素朴, に美しく強く, に老成, に聞く, に興味, に色っぽく, に英国風, に落付き, に解り, に計, に註釈, に趣味的, に迂遠, に追求, に進まなかった, に運動, に道阿弥, に重大深刻, に長かっ, に長時間, に面白い, に領地, に風変り, に驚愕, に高潮, のあくたい, のいかなる, のおそろしい, のこまかしい, のそして, のところ, のどうして, のひどさ, のひろい, のものザラ, のリアリティー, の一切, の上手, の交渉, の人々, の人口増加, の何とか, の作曲者, の便利化, の値打ち, の光彩, の利率, の力こぶ, の動作, の勾配, の厚み, の収穫, の合理的, の喜び, の国, の圧迫, の基礎, の報い, の士分, の夜具, の大金, の好奇心, の娯, の学問的, の学識才能, の展望美, の幅, の年齢, の形式, の往復振動, の御馳走, の心持, の忠告, の急務, の悪業, の悲劇, の想像, の意義, の感銘, の慾, の或, の手, の手厳しい, の打ちこみ, の技法, の掛念, の改良, の文化, の文学談, の早熟, の時間歌, の暴行, の望蜀, の材料, の権謀術数, の欲, の母, の注意, の湯, の無責任, の物資, の犯罪, の田, の異端, の発展, の白い, の真相, の知覚, の破壊力, の確信, の私, の程度, の穀物, の答案, の精彩, の結果, の罪, の義務, の耐忍, の肉体的交渉, の臨時, の苦悩, の著述, の藝術, の行動, の要求, の親密さ, の観察, の討論, の註文, の詰問, の詳細, の諷刺, の謙虚さ, の讃辞, の資産, の赤い, の退職金, の運不運, の遠方, の金融, の長い, の階級的裏切り, の音, の願いよう, の高, の高利貸的官能, の高遠, の魔法, はありませんでしょう, はいかに, はいけません, はいらぬ, はうまく, はききただそう, はございますまい, はするだろう, はつづかず, はどう, はどこ, はならん, はひろがらず, はほとんど, はもうどうしても, はわかっ, はわからなかった, はダメ, はモダーニズム文学, は一台, は一滴, は中尾, は云わず, は人, は今度, は仰有らん, は余計, は僕, は先, は分らなかった, は判らぬ, は動かせなかった, は勧めなかつた, は君自身君, は執念, は堪らなくなっ, は大きく, は女, は尋ね, は強い, は彼女, は得られない, は心配, は打つ, は押しませんでした, は昨日, は松右衛門殿, は求めない, は潜らない, は父, は申上げよう, は発達, は眼, は示せない, は空想, は絶対, は聞い, は聞き得なかった, は血, は見よう, は言えません, は言わなかった, は訊かなかつた, は話し, は語らず, は走れない, は踏みこめなかった, は近, は追及, は通らぬ, は音, は飲まず, は駄目, は黒灰色, ふれさせなかった, ほとんどどうする, または以下, みれんな, もある, もしなけれ, ものたくさん, も与え, も供養, も前, も後戻り, も睡眠, も運搬, やって, ゆるゆると, わるいよう, をどうしても, をなせ, を与える, を問う, を少し, を山, を求めなかった, を甚内, を考える, を聽, を要する, を見とどける, を言, を言う, を訊ねなかった, 争う意志, 云い出さなかった, 云わなかったが, 伸びる必要, 何らの, 別に何, 別段の, 勧める権利, 古いという, 問い詰める権利, 多數, 大きな花火, 尋ねようとも, 平たくは, 強いて訊ね, 待たせたらどんな, 待つの, 怒れも, 押し返すわけ, 掘る徒労, 書かせるわけ, 書くこと, 欲張ること, 歩くこと, 求める必要, 深く探索, 深く考慮, 溶け切つた儘, 申し上げること, 眺めること, 突っこんで, 立ち入つて, 細かい注意, 続けること, 美しいひと, 考えよう, 耐えられないよう, 聞いて, 聞きたくないの, 聞くに, 聞く事, 聞こうとも, 聴く元気, 苦しめること, 表立って, 見たいとは, 触れたがらない顔, 言うべきこと, 言う権利, 訊かれなかった, 訊き返さうとも, 訊く必要, 話す気持, 詳しい説明, 語ろうと, 読み進む勇気, 負けさしちや, 走るなど, 近づいて, 近づき得られないで, 追うこと, 進まなかつた, 進もうと, 降ったら万戸洪水, 食えなかった, 驚かされたの, 高くなる

▼ それ~ (1707, 0.4%)

96 のもの 46 の人々 29 のこと 21 の中, の人 17 の事 14 のすべて, の人達, の作品 11 の者 10 の話 9 の多く, の言葉 8 の事実, の本 7 の点 6 の問題, の土地, の家, を見る 5 の人物, の場所, の女, の手紙, の雲

4 [14件] が皆, のなか, の事情, の作家, の器, の客, の家々, の山, の手, の絵, はいずれ, は決して, は私, は要するに

3 [36件] が, の, のうち, の一つ, の一切, の光景, の凡て, の労働者, の声, の文句, の方々, の書物, の波, の為, の物, の現象, の男, の神, の秘密, の美, の船, の花, の草木, の葉, の長い, の間, の音, の食物, の魚, は, はすべて, は何れ, は彼, は皆, を私, を見

2 [94件] から生ずる, がはいっ, が一つ, が大きな, が語られた, と一緒, に限らず, のあらゆる, のいろんな, のさかな, のどれ, の上, の事柄, の人間, の仕事, の代り, の値, の像, の内臓, の写真, の劇団, の品, の囚人, の図書館, の場合, の墓, の大, の大きな, の天才たち, の女性, の學問, の実, の宿, の小, の島, の希望, の底, の店, の建物, の御馳走, の性質, の意匠, の感情, の慎ましい, の或, の戦場, の指紋, の敵, の時, の時間, の朦昧人, の木, の材料, の樹木, の涙, の特徴, の理由, の目録, の研究, の破片, の結果, の美し, の美しい, の考, の自然, の芸術, の製品, の要素, の見, の詩, の語, の論者, の諸, の議論, の足, の鳥, はみんな貴方, は勿論, は実に, は腰, は自分, も亦, も信輔, よりも何, をすべて, をよく, を写生, を征服, を書いた, を研究, を記録, を読んだ, を非常, を頭

1 [972件 抜粋] あらゆる物, からは凡そ, から得る, から推しはかっ, から能力, から黄色, がいかに, がいつか革命運動, がこの, がこわれない, がさう, がすべて外側, がそろ, がともども, がひどく, がまた, がまるで, がみんな詩人, がグイ, がメラメラ, が一まとまり, が三百年昔, が丸ビル, が二羽, が亜熱帯, が何, が優秀, が刺戟, が十重二十重, が土地, が多く, が実感, が彼女, が悉くすぐ, が文学史上, が映画, が未婚, が正常, が泥濘, が漸次, が由緒, が神, が秋, が続い, が若い, が話し合っ, が髄, が高貴, だけで一つ, でも有名, で包まれた, との関係, とまるで, と今日, と比較, と自分, にあっ, について何事, について見, には, にはそれぞれ, には多く, には気, には美人, にも單, にも疲れた, に交, に便り, に学ばなかつた, に対してわれ等, に対して自ら解答, に対して言うべき, に対する共感, に就い, に拮抗, に目, に相, に縁, に親しむ, に通ずる, に関してロープ, に関する書類, に面, のある, のいっさい, のおそろしい, のことごとく, のため, のとび出た, のどの, のふと, のみんな, のものすべて, のもの相互間, のアフォリズム, のクラブ, のノート, のビザンテン模様, の一つ一つ, の一人, の一枚一枚, の一軒, の不備, の不思議, の中心問題, の乞食, の乳, の事務的, の二つ, の交叉点, の人たち, の人形たち, の仲介, の会見談, の伝説記録等, の何とも, の作家たち, の作家諸氏, の使用人, の倉庫, の働く, の元素, の公, の内訳, の凄惨, の出版物, の刺青, の副業, の創作戯曲, の動き, の医師, の単なる, の厚, の原稿, の友だち, の反撥, の召使達, の各々, の同情, の名, の名器, の呪われた, の品物, の問答, の器物, の國, の土人, の地面, の城, の堪えがたい, の変種, の外交, の外形, の外観, の夫, の女中, の女群, の妾, の委細, の婦人労働者, の孔, の学課, の宝石類, の実験, の寺院, の尊い, の小さい早い, の少女たち, の尺度, の届けもの, の山々, の山そのもの, の峰々, の巣, の工場, の巨, の差異, の年寄つた母親達, の幻影, の幽霊, の店先, の建築, の強い, の彈丸, の彼女, の従業員, の徳, の心々, の忠告, の恋敵, の恐しい, の悪夢, の情景, の憂悶, の戀人達, の所感, の手記, の批評家, の投降兵, の拱, の指導者達, の推測, の教師達, の教義, の数々, の文字, の文学的エポーク, の文献, の文芸作品, の新旧, の方法, の旅行, の日本間, の星, の景色, の書籍, の服装, の未知, の机, の松, の植物, の楽し, の標札, の権威, の樫, の機会, の機関車, の欠点, の欲望, の此喩, の民器, の気持, の水夫, の汚れた, の活きもの, の流路, の深林, の準備, の潰れた, の火取虫, の無産階級, の煙, の煮, の片側, の物体, の特別, の特性そのもの, の犬, の現実性, の生きもの, の生活, の用件, の男性, の略図, の畫, の畫面, の病名, の発句, の皺くちゃ, の皿, の着物, の石塔, の祖先等, の私塾, の空想, の窓, の竹藪, の管, の米, の紙屑, の細部, の経歴, の繪, の署名, の群衆, の聯想, の職工, の職業, の背後, の自分, の臭い, の船共, の若竹, の茎, の草稿, の荷物, の落葉, の葉書, の葦, の虫, の血, の表現形式, の裂け目, の視線, の観測値, の解決, の詩人, の詩形, の詳しい, の読み物, の談話, の論議, の謡い盛り, の貴婦人達, の資材, の赤, の路, の近代詩, の迷信, の通り, の逸話, の過激, の遺された, の部分部分, の部落, の酒場, の重要事項, の鉛筆, の門, の階級, の集団, の雪, の霊魂達, の面会, の音響, の顔, の食品, の驚くべき, の高貴, の點, はあまり, はあまりに, はいかなる, はいづれ, はことごとく, はさほど, はしばらく, はすべて一樣, はすべて夜光式, はすべて極度, はそれ, はどうしても, はひどく, はまた, はみな, はみな我々の, はみんな, はやがて, はわたくし, はわたし共, はカンザシ, はピーボディ博物館, はヤハリ少数, は一括, は不幸, は中味, は人, は人格, は何等, は優しい, は先, は全部引, は具体的, は写真, は前, は北西部地方, は単に, は只, は同時に, は国中, は夙, は大体上, は天, は如何なる, は孰, は容易, は少く, は屡々, は布, は恐らく, は感情, は我国, は数百, は既に, は明, は未だ, は概して, は殆ど, は汝, は流れる, は淡, は無論, は焼失, は煙, は独歩, は用途, は皆不純, は皆朝鮮, は盗み取られ, は真夏, は眼, は竹, は第, は結局, は総て此川, は翻訳, は自己, は菱形, は見えた, は見ず, は覺, は詐僞, は避けたい, は附箋, は霧, は非常, は餘, もこの, ももとより, もわき見, もニューイングランド, も何時の間にか, も弱, も武者修業者, よりし, よりも東京駅, より今, より形式, をあり, をいろいろ, をきい, をこの, をそう, をそれ等, をつぐ, をどう, をどんどん, をはこん, をひろげ, をぶら下げ, をみ, をやきつく, をわが, をゼイロク, を一列, を一目, を二時間, を俗悪, を公平, を切々, を受けた, を各, を向う, を含んだ, を呑み込ん, を基, を売り出した, を大抵一通り目, を如何様, を家, を彼女, を思い廻らし, を悉く, を批判, を持っ, を指導, を支配, を敷莚, を本箱, を極み, を残し, を決して, を注意, を滝, を然, を番地, を盛る, を瞥見, を統, を罵倒, を考慮, を背景, を自分達, を藏つて, を見たい, を見よう, を見張っ, を訴え, を調べる, を跡づけ, を車, を透かし, を通して著者メレジェコフスキー, を進化, を部屋, を鍋, を隠者階級, を顧み, を養つて, 落ちて

▼ それだけ~ (1670, 0.4%)

832 では 67 である 65 であった 4944 でいい 18 だった 16 です 15 でございます 14 で私 13 でよい 12 でもう 11 でその, ならば 9 であるが, でございますか 8 だと 7 だつた, でよかっ 6 で, でこの 5 であって, ですか 4 だよ, であったが, であと, であります, でそれ, で彼

3 [12件] だったが, だったの, であろうか, でござるか, でさえ, でした, でない, でほか, で何, で僕, で彼女, で後

2 [34件] だが, だけれど, だという, だな, であるならば, であろう, でございました, でございましょうか, でございますかな, でございますが, でしか, でそして, でどんなに, でなかった, でなく, でなくあの, でなくこの, でなく何, でまた, でまるで, で人間, で他, で俺, で勝平, で又, で坪井, で或いは, で生きること, で自分, で良い, で身体, 何んの, 俺は, 書いて

1 [313件] あしたは, あって, あとは, ありゃたくさん, いいこと, いそがしいん, この商売, この安土, この顏觸, この顔触れ, こッちの健康も, じゃ, すぎた, そこに, そして会っ, その効果, その大き, その背景, それだけで, それだけを, だあんな, だお, だから, だからって, だけれども, だそう, だそれだけ, だったらしい, だつたの, だろうか, だ他, だ森閑, だ私, でああ, であったか, であったけれど, であったならば, であなた, であなたたち, でありました, でありますが, であることさ, であるため, であると, であるという, であるやう, であるらしい, である効果, であれば, であろうが, であろうな, でい, でいかに, でいつも, でうまく, でおよそ, でおれ, でがまん, できっと, でくせ者大名, でこんなに, でございす, でございますよ, でございませんでした, でござったかの, でござる, でござるかな, でござる右, でさ, でさえも, でしかも, でしたが, ですが, ですぐ, ですっかり, ですでに, ですと, ですね, ですべて, ですよ, ですら, でそ, でそれ以上, でたしかに, でただ, でたちまち, でたまらなく, でだまって, でだまつて, ででも, でという, でとても, でとろけるやう, でとろけるよう, でどう, でどさくさ, でないさ, でないふしぎ, でなかったちょうど, でなかつた, でなくあなた, でなくおじいさん, でなくお母さん, でなくかれは, でなくこれ, でなくその, でなくそれ, でなくほか, でなくもの, でなくやがて, でなく今度, でなく信長, でなく哲学, でなく姫山, でなく小林君, でなく帝, でなく帽子, でなく床, でなく彼, でなく慷堂, でなく支那, でなく此時, でなく民族的伝説, でなく自分, でなく試験, でなく軒燈, でなく野良犬, でなく門, でなん, でなんとも, でねえ言, ではたして, ではと, ではね, でひどく, でへ, でほつと, でほとんど, でほんとう, でぼッ, でまちがい, でまつたく独立, でまもなく, でみんな, でめでたき, でもうまったく, でもはや, でやりきれなく, でよ, でよう, でよから, でよろし, でりっぱ, でわざわい, でわたくし, でキレイ, でロマンチック, で一, で三年位齢, で不覚, で主従, で事実, で二十年間三河屋, で人, で仁科六郎, で今, で今度, で他事, で以後, で何だか, で何もかも, で何れ, で何事, で価値批判, で信じさせること, で元成, で兇器, で先生, で別に, で劇作家, で勇気, で十分馘首, で十年, で反響, で大, で大して, で大学, で夫, で女, で如何, で妙, で妻, で妾, で学院, で完成, で少し, で尼, で序, で御座いますわ, で志村, で恭一, で意味, で戦う気, で所番地, で接吻, で斉昭, で既に多少, で春日邦之助, で最も, で最悪, で柄, で母屋, で気がついて, で気持, で湯殿, で滿足, で火箸, で無く, で焦痕, で現実, で理窟, で生命, で石山, で立派, で署名, で胸, で芸術愛好者, で補足, で見物, で観念論, で話, で読者, で貰う方, で足もと, で身, で身體, で車, で軸, で近所, で運動, で遠く, で限り, で階級, で随分, で静か, で香, で駒井さん, なかなかに, ならいい, ならさして, ならよい, なら不思議, なら之, なら別に, なら好い, なら昌造, らしかった, アカデミズムは, 一層熊谷, 上州伊香保から, 下町娘の, 世の中の, 之は, 事実上自然と, 互に隔たっ, 今日この, 今日起つた, 他の, 伺って, 何事か, 俺たちは, 優越し, 先生の, 其處には, 内に, 千坂兵部の, 単純で, 反動も, 四季の, 多く自分を, 子供を, 専門の, 小説が, 川の, 後は, 心理の, 春の, 時々樹明君, 概念の, 水には, 泣いたらいい, 減ったわけ, 生死去来は, 生産費の, 眼を, 社会科学, 私自身に, 立投に, 端つこ, 笑ひたいやうで, 聞き慣れた, 苦しい, 街に, 見えるよう, 言って, 話題に, 論理との, 路上を, 農村乃至, 退屈し切っ, 遥か遠く, 露骨に, 風刺的であるべき

▼ それ~ (1536, 0.4%)

40 私は 1917 彼は 9 私の 8 僕は 7 これは, 彼の, 或る 6 この場合 5 それが, わたくしは, 工藝の

4 [11件] ここでは, このよう, この意味, だとは, にこそ又, 一つの, 一般に, 之は, 今の, 私たちは, 空間は

3 [20件] ここで, それは, と言ふよ, にこそ彼, 一定の, 一種の, 人々は, 今や吾, 他の, 何人も, 問題は, 彼女が, 彼女は, 手仕事は, 時に, 此の, 民藝の, 科学の, 自分の, 茲に

2 [72件] この, このラムプ, この推論, この概念, この言葉, この還元, この頃, これに, これより, これらの, これを, すべての, その姿, それらの, にこそあの, にこそまさに, にこそ一層, にこそ初めて, にこそ彼等, にこそ時に, にこそ特に, の, カントに, カントの, 不変量は, 両者の, 人々が, 人間が, 何かの, 何と, 何れに, 前者は, 問題の, 因果律を, 如何に, 学問は, 実在の, 家の, 少しも, 庸之, 彼には, 彼女の, 彼女も, 彼等には, 意識の, 手仕事を, 日本の, 時代創造的な, 最後に, 殆ど無の, 民藝とは, 物質の, 現に, 生産は, 用途を, 的確に, 目前の, 福子が, 私が, 私も, 科学が, 空間が, 空間直観の, 縦え, 自然も, 自然科学は, 芸術の, 茲では, 藤次郎は, 誠に, 誰が, 非常に

1 [1153件 抜粋] あそこへは, あなたがたも, あの名刀, あぶないと, あり得べき最も, ある日一人の, いかなる苦惱, いけない, いまふと, いらざる邪推, およそ一年中, お前の, お宅へ, お金は, かえって普遍, かかる制約, かかる情意, かくして純粋直観, かの子は, かまいたち, か少, くれぐれも恋愛, こうした個々事象, こうして毀れた, ここでこそ, ここを, こちらは, このこと, この一冊, この三人, この世界空間, この二つ, この制限, この十年, この団体, この境地, この形式, この手記, この書物, この法性, この滞在, この目録, この種類, この絢爛さ, この総体, この行, この解決, この論理, この際東京, この順次, これも, さしあたりは, じき癇癪が, せっかくの, そうこと, そこに, そこは, そのよう, その厭わし, その家, その後何度も, その様子, その毎月, その生命, その誤解, その雲, その香炉, それ自身個別的である, ただ空間に関する, たとい人々, たとえ善悪美醜, たまたま醜悪, であった, とかくに, と申す, どうかこの, どちらかと, どの知能分子群, なるだけ, にかかる, にこそあと, にこそこれ, にこそそこ, にこそそれ, にこそなつかしい, にこそまた, にこそやれる, にこそヒューマニズム, にこそ一心籠め, にこそ予言, にこそ人々, にこそ却って, にこそ君, にこそ善い, にこそ如何, にこそ形而上学者, にこそ彼女, にこそ故, にこそ村, にこそ母性, にこそ生命, にこそ由, にこそ私, にこそ興味津々, にこそ親, にこそ警視庁, にこそ長兵衛先方, にこそ駿介, にだ, に出来る, に進んだ, のお, のその, の独特, の身, はじめて英則, はる子の, べこ, ほんの手引, まあ一時は, まず影, また剣, また逆, まもなく相馬家, まろは, むしろ次の, もう一度アンナ地震, もしも宇宙, もし吾, もし物質, ものの, もはや分割, もはや単に個別化, よう知っ, よく言っ, よんどころなくこの, わざと御, わたくしが, わたしは, われわれの, アカデミーは, アガペーの, イデオロギーが, エロースにと, カベーの, シェリングに, ジュール, パッと, プラグマとしての, ヘーゲル哲学特に, マルクス主義に, モッツァルトの, ライプニツが, リッケルトに, リーマンの, ロッツェの, 一つ一つの, 一切を, 一定量の, 一層はげまし, 一度この, 一手の, 一方向き, 一旦活動, 一月近くい, 一義的で, 一言を以て, 丁度沓脱の, 三味線も, 不断使いに, 与えられるとは, 世間並の, 之とても, 九十九は, 事物の, 二人は, 二重に, 互ひ, 亜熱帯地方で, 人が, 人心とは, 今こそ, 今もし, 今や単なる, 今や性格的概念, 今小室の, 今後の, 今日この, 今日は, 今日までの, 今理論を, 今頃伯父は, 仕事は, 他者との, 以上に, 以前には, 会合へも, 伸子は, 何か, 何もかも神秘な, 何処からも, 余は, 作家は, 使い方によっては, 例えばヘーゲル, 例えば精神物理学, 例へばキリスト教神學, 信を, 個々の, 個別化に, 個性美は, 元来批判の, 元来論理, 先天的で, 先生様の, 全身は, 公も, 公算的に, 兵馬は, 其當時の, 内容などに, 再び次, 凡そ論理, 凡てを, 出発点として, 切支丹物の, 初めにも, 前に, 劇評家の, 労働組合運動は, 医者が, 単に, 却ってあとあじ, 又それ, 又併, 又理論的, 又量的幾何学, 叙述の, 古くさいどころか, 古の, 古今の, 史部の, 合目的性は, 同業者は, 呂将軍と共に, 味方大, 品川や, 哲学と, 哲学の, 哲學への, 唯物論研究会に, 啓示は, 噂は, 器の, 国民文学の, 土塀の, 地質学の, 基督様は, 堪えが, 塩の, 外国でも, 多くの, 夜中ストウブの, 夢見の, 大した羞恥, 大勢の, 大層都合, 大船撮影所企画部の, 大衆では, 大衆は, 夫は, 夫婦とも, 奧州音は, 女性で, 女給という, 如何にも, 妥当は, 妾は, 姿を, 娘である, 存在判断は, 学問性の, 安もの, 宗教を, 実在に, 実用こそは, 客體の, 宣命には, 家へは, 宿命的に, 対象は, 將來を, 小生の, 山口は, 帳幕中に, 平和という, 幼年時代を, 幾何学的直観は, 度々いう, 延長は, 引力も, 強ひ, 当時の, 形態の, 役員は, 彼に, 彼らにも, 彼を, 彼等の, 後に, 後年わざわざ, 徒に新奇, 得られるもの, 御返事を, 徳川家へも, 必然な, 志は, 念仏の, 思惟される, 急に, 恋愛に, 恐らくこれ, 意識によっては, 感傷の, 感覚乃至, 我が庭, 我我の, 所謂感情の, 手仕事においては, 批判は, 折角の, 描かれる絵, 支那法系の, 教えは, 数学的概念を, 文化という, 文化的生の, 文学者は, 文芸上の, 新らしい, 方法概念の, 旗太郎は, 日々用いる, 日本でも, 日本上古に, 日本精神の, 明らかと, 明晩も, 昔ながらの, 昔は, 是非方法に, 時は, 時間性の, 時間空間的世界形象から, 普通非難される, 書いたもの, 最近五年以内の, 有限なる, 本分においては, 本書は, 本質的な, 村の, 来るべきこの, 松平家以後は, 椎の, 榛軒は, 模様は, 歌には, 正しく云え, 正覚は, 此は, 歴史に, 歴史は, 歴史的現, 死に, 殆ど空一杯に, 残された唯一, 殿様の, 民藝には, 永遠性と, 求められた標準, 決していら立った, 泊つてください, 活動の, 港に, 演芸に, 点々として, 無私な, 無駄な, 熱海に, 父の, 物理学の, 物理的空間は, 物質, 物質は, 特に芸術的文学, 犬の, 独力で, 王樣と, 現に四部, 現在の, 現象学的方法に, 理論の, 生前の, 生徒たちは, 田舎娘の, 甲事物の, 町の, 異質的連続, 疳癪玉以外の, 皆人横井の, 目録學は, 直接に, 直観空間は, 真理の, 眠元, 着物や, 矢張り歴史科学にのみ, 知覚に, 知識の, 破獄し, 社会の, 社会科学に, 社会科学は, 神は, 私たち, 私共は, 私達は, 科学論の, 移り変りの, 穏やかな, 空間も, 空間性を以て, 立ち入って, 等質的空間の, 米国に, 精神科学にとっては, 素人の, 終始敏感, 経験に, 結局浩は, 結果から, 絵画とか, 維新後は, 繰返へ, 美にも, 美術館が, 耳かくし, 背中の, 臆し, 自分に, 自分へ, 自分自身, 自然の, 自然乃至, 自然的生が, 自由の, 芳一は, 苗代川には, 若しこの, 華美な, 萎縮し, 著作権者対興行者の, 蛇を, 行うた女房の, 装飾が, 見まいとしても, 見物の, 親父の, 解析的方法によっては, 言い得ない人々, 計量とは, 訪問客たちは, 話が, 認識社会学, 誰の, 論理は, 論理的で, 象徴性は, 貴方は, 賑かな, 質素であっ, 辛いこと, 返そうにも, 進歩的思索を, 遂に彼女, 道徳は, 適宜に, 部分が, 金持でなけれ, 銅像にも, 長じ, 雑然と, 電子の, 面を, 音吉も, 食堂に, 餘り, 駄夫は, 黒田清隆の

▼ それ自身~ (1479, 0.4%)

37 に於 21 の中 14 が一つ, の内 12 の美 10 のため 9 が目的, の価値 8 に固有, のうち 7 によって理解, の仕方, の論理 6 がすでに, の原理, の性格, の性質

5 [13件] が, がその, であった, ではない, によつて, に於い, の, の内容, の内部的, の生活, の美し, の重み, を目的

4 [14件] から出, が問題, によってある, に価値, のなか, のよう, の力, の存在, の意味, の法則, の目的, の立場, は何, は決して

3 [16件] がまた, が全く, が強制, であって, に存在, に興味, の世界, の光, の問題, の尺度, の持つ, の構造, の秩序, の罪, の貧民, 或る

2 [88件] が今や, が価値, が又, が吾, が大, が大きな, が彼, が新しく, が既に, が日本, が本質的, が極めて, が特有, が生活, が私, が興味, が随分, すでに, だけで, であつ, ではなく, で既に, で独立, としては形, としては明, として一つ, として批判, として決して, として独立, として見られるなら, とその, なの, なん, においてもっ, において基礎, において完了, において形相的, において愉快, にすでに, には何, にもつ, によってあり, に依っ, に内在, に対する需要, に就い, に於ける, に独立, に独自, に芸術, のもっ, の上, の信用, の分析, の形式, の意志, の水準, の洗練, の活動, の特有, の独自, の獨立, の発展, の種類, の線, の考察, の能力, の自律, の部門, の重, の食物, の魅力, はしかし, はまだ, は不定, は別, は少し, は恐れる, は悪い, は現存, は表象, も亦, も多少, も恐れる, をし, を意味, 少しも, 誤って

1 [947件 抜粋] ある, ある意味, お宗さん, かの制作, かも知れない, からくる, からは何処, から必然, か若しくは, がある, がいい, がおののいた, がかかる, がこの, がすぐ, がすでに充分, がそのまま, がだんだん, がふら, がまだ, がみずから抽出, がやった, がディアレクティッシュ, がロゴス, が一, が一方, が上属性格, が並存, が人望, が他, が仮象, が何人, が個別化, が全, が全体, が内部, が冒険, が切字, が別に, が勝った, が勿体らしく, が印象的, が善, が嗚咽, が固定, が大衆性, が天然, が存在, が宇宙史, が実は, が実践, が崩壊, が常に, が建てられる, が彼女等, が徹底, が悲しみ, が懶うく, が我々, が或いは, が指針, が文学的, が新しい, が時代, が書く, が有する, が本業, が横暴, が歪曲, が歴史的段階, が永続, が決して, が無意味, が狂気, が現, が理論的, が生み出した, が病勢, が直ちに, が矛盾的, が社会学自身, が立派, が結局完全, が美しい, が自分, が自己目的, が自己矛盾的存在, が自然的秩序, が茶色, が表す, が認識論, が読者, が趣味, が進ん, が道徳的知恵, が鉄製, が非, が高大, このもの, この科学的精神, ごく日常的, さえあきらめなけれ, さえ結局, すでに形而上学的, すでに斥け, すでに歴史的, すでに神, すでに道徳的, そしてその, その価値, そんなに簡單, だけで独立, だけとして問題, だけに任せ, だけを問題, だった, だったの, であった処, でありあたかも, でありイデオロギー一般, であるかの, であるそれゆ, であるの, である之, である進化律, でさえあり得る, ですのにね, でなければ, ではなかっ, ではなし, では一応当然, では人民戦線自身, では何物, では大した, では欠けたる, では無力, では確実, では自由行動, では非常, でもない, で一個, で全く, で十分, で完全, で感能的, で正しい, で独特, で病的, で立っ, で見出すべき, というもの, としてあまり, としてかなり, としてそれ自身, としてどんなに, としての価値, としての存在, としての真面目, としての食物, としてはくだらない, としてはもと, としては与えられ, としては人口増加, としては何ら, としては十分, としては少し, としては常に, としては格別, としては現代的通用性, としては相互, としては穏当, としては良い, としては言葉, としては類概念, としても非常, としてよ, として一種, として人口, として他, として又, として善き, として強烈, として愛し, として排撃, として既に, として毅然たる, として演劇, として發展, として絶対性, として表現, として見られる, として観られた, として觀, として限定, とは異, とほとんど, と合体, と正確, と自然科学, なるもの, にあり, においてそれ, においては, においてもつ, において一種, において国法, において完結, において明晰, において満たされうる, において矛盾, において考えられる, において觀, におのおの, におわる, にそこ, にだけプロパー, について言え, にとって殆, にどこ, になか, になった, になる, には, にはなはだ, にははなはだ, には全く, には常に, には方向, には明確, には無, には理論的, には限度, には非議, にもおもしろい, にも時代, によって単なる, によって存在, によって明かである, によって明かな, によって真, によって知識, によって考えられる, によって自己自身, によつて眞, によるその, に一定, に了, に他, に何, に個性, に具, に具わっ, に具象性, に別段, に即した, に又, に向う, に在る, に外, に実在性, に対していろいろ, に対しては反感, に少し, に強い, に復元力, に悖る, に懲罰, に持っ, に文学, に既に, に横たわっ, に止まる, に活動力, に深浅, に満足, に独断, に王冠, に生甲斐, に節奏, に美しい, に能力, に自然的, に著しく, に貴く, に通路, に重大, に関する限り, に集むることが充分, に非, のおかげ, のこの, のどう, のみについて言え, のもの, のやすけさ, のリズム, の一貫, の主, の争闘, の人品, の体, の価値以上, の働き, の先蹤, の光線, の具象性, の内部, の内部変化, の内部的目標, の初音, の利潤, の制限, の労働者, の動き, の動因, の単位, の危機, の危険, の収拾, の名, の品位, の圧力, の基金, の声色香味, の外形, の如く思われ, の存在理由, の学問性, の客觀的法則, の形, の影, の必然的, の思惟, の恍惚, の情想, の意義, の成長発展, の手柄, の抽象的, の文明, の方, の明晰性, の暗い, の有限, の本性, の本来, の本質, の検査, の標榜, の歴史的発達, の殖え, の気分, の消費, の無力, の物質的利害, の特立, の独立, の独自性, の獨自, の生んだ, の生存, の発展作用, の発達, の相対性, の真価, の矛盾, の研究, の積極性, の精気, の素質, の総て, の罠, の美しき, の美味, の能率, の自己, の自律性, の自然史的運動, の臼, の芸術的完成, の行き, の衰微, の視, の視界, の詭辯的興味, の認識, の読まれる, の論理的構造, の貴い, の路, の軸, の運動, の道徳的規範, の面白, の響, の風変り, の魔力, はあくまで, はかかる, はそれ, はそんなに, はたとえ, はひっくり返っ, はわたし, は今, は光っ, は別に, は勿論, は問題, は夫, は実用, は巨大, は弱体, は彼等, は我国, は本質上神聖, は正当, は法, は無口, は犠牲, は現在, は知覚, は私たち, は簡単, は終始, は自然物, は論拠, は論證, は過去, ばかりで, ひどく大袈裟, へ向っ, また一, また思想, また歴史的, また非, まですっかり, まで同一, もただ糸, もはや以前, もやがて, も一つ, も勿論, も少々, も有限量, も結局, も評価, よほど無理, よりは根本, よりもずっと, よりも結構, より一層, をしか云い表わさない, をも滅亡, を一応, を二重的, を充分, を取り扱う, を固執, を威圧, を尊重, を当事者, を愛した, を永遠, を物語る, を神, を肯定, を衣紋竹, を衰滅, を貴下, を非常, 償いがたき, 勿論意味, 又一つ, 又歴史的存在, 同時に実在, 多少の, 多少相対的, 大きな組立て, 実際生活, 少からざる, 恥ずべきこと, 悪いもの, 新しいこと, 既に一般化, 既に好個, 既に形而上學的, 最も, 果して, 極めて興味, 極めて重要, 決して文章, 滅びるより, 無くなるもの, 甚だ愉快, 異なる目的, 疑わしい概念, 素晴らしい物語的存在, 超経験的, 非教育的

▼ そればかり~ (1420, 0.4%)

658 では 35 でない 29 でも 22 ぢや, 心配し 21 考えて 16 でなくその 12 気に 9 考へて 8 でなくこの 7 でなく, でなく彼, でなく私 6 でなく今, ではござりませぬ, ならば 5 ならまだ, 思って, 氣に 4 であった, でなくもっと, 待って, 心配で

3 [19件] だと, でありません, でなかった, でなくあの, でなくお, でなくそれ, でなくわたし, でなく僕, でなく子供, でなく彼女, でなく自分, でなく隣, でなし, やって, 着て, 繰り返して, 見て, 言って, 願って

2 [30件] だった, であと, です, でないその, でなくうち, でなくここ, でなくさらに, でなくそんな, でなくともかく, でなくふと, でなくほか, でなくみんな, でなく国家, でなく我々, でなく時代, でなく時計, でなく此, でなく死んだお, でなく矢田友之助, でなく第, でなく荘田, でなく貴君, でなく近頃, で無く, なの, ならいい, なら偶然, 案じて, 眺めて, 考えた

1 [401件] あてに, いって, うなって, かじぶんも, ぐちを, このごろ思う, じや, だ, だとは, ぢやあ, であつ, であの, であります, である, でお, でこう, でこの, でこんなに, でしょう, でしょうかしら, でないあの, でないかれら, でないこういう, でないこの, でないもの, でないアレアレ向こう, でないソユズ・キノ, でない今年, でない動物, でない堀口兵部大輔, でない多, でない女好き, でない帰国後, でない彼, でない我等, でない昔, でない気, でない清水, でない犬, でない自分, でない青々, でない高島藩, でなくあるいは, でなくいつとて, でなくいま, でなくいよ, でなくおれ, でなくお互い, でなくお前, でなくお願い, でなくかれが, でなくかれは, でなくこうして, でなくここら, でなくこれら, でなくさ, でなくさまざま, でなくずっと, でなくそういう, でなくそうした, でなくそこ, でなくその後, でなくその間, でなくたしか, でなくだんだん, でなくとうに, でなくどうか, でなくなお, でなくなか, でなくひとたび, でなくぴったり, でなくふたり, でなくまだ, でなくみ, でなくもう一層, でなくもし, でなくよく, でなくわざ, でなくわたくし, でなくウッカリ赤軍, でなくコップ, でなくデモーニッシュ, でなくナポレオン, でなくファラデー自身, でなくフリーダ, でなくブルジョア社会科学, でなくヘルジンゲエル, でなくマル, でなくミル, でなく一方, でなく一種異様, でなく七月, でなく万事, でなく万次郎, でなく三, でなく三国峠, でなく三島, でなく三木雄, でなく下層建築, でなく中村屋, でなく中江, でなく二, でなく二三日, でなく五円, でなく人, でなく人生習練, でなく今後, でなく今日, でなく仏具, でなく信長, でなく停電, でなく僧侶, でなく先刻, でなく先生, でなく八月十八日, でなく凡て, でなく出て, でなく勝重, でなく十五里, でなく十年前, でなく原, でなく又, でなく反て, でなく各, でなく同時に, でなく向う, でなく周子, でなく咳, でなく品物, でなく噂, でなく在来, でなく城, でなく外人, でなく多く, でなく大切, でなく太平洋戦争, でなく太陽, でなく奧樣, でなく如何, でなく如才, でなく妙, でなく妹, でなく妻, でなく娘, でなく子供たち, でなく官軍, でなく実は, でなく家, でなく小さな, でなく小学校, でなく少し, でなく尼, でなく山, でなく山窩, でなく市村座, でなく布施さん, でなく平一郎, でなく年, でなく当夜, でなく役所, でなく彼等, でなく後, でなく後醍醐, でなく徳川様, でなく心, でなく忠公, でなく我国, でなく或, でなく戦時下, でなく抵当流れ, でなく捕えられたところ, でなく掃除, でなく政一, でなく文, でなく日本, でなく早期埋葬防止装置, でなく昔, でなく映画, でなく普請, でなく最初, でなく最早, でなく最近, でなく有, でなく有松, でなく木戸番, でなく本陣備前屋, でなく朱丹, でなく材料, でなく村長, でなく来年三月, でなく松本, でなく柿沼, でなく楽屋, でなく武家政治, でなく歴史的研究, でなく死体, でなく段々, でなく母, でなく氷冠, でなく沼津, でなく泥面子, でなく煙管, でなく熊, でなく熱, でなく父, でなく片, でなく牡鹿山, でなく犯人, でなく犯罪者仲間, でなく狼藉者, でなく現実, でなく現実上, でなく甚だしく, でなく生れて, でなく生計, でなく病人, でなく痙攣的, でなく白髪小僧様, でなく皆さん, でなく着物, でなく破片, でなく神様, でなく窮地, でなく箸, でなく築山, でなく終に, でなく結婚, でなく群集そのもの, でなく腹, でなく自分たち四人づれ, でなく自分ら, でなく舞台以外, でなく芝居, でなく若旦那風, でなく葬, でなく藤吉, でなく蝋燭, でなく衣紋, でなく袖子, でなく西山, でなく言葉, でなく詞章, でなく話, でなく豚吉, でなく貴下, でなく身体, でなく身形, でなく迂闊, でなく退屈, でなく過去, でなく遠廻し, でなく都会, でなく重太郎, でなく重縁, でなく野口, でなく野菜, でなく金, でなく鐘, でなく阿夜子, でなく隣りの, でなく電車, でなく青竜二郎, でなく音楽, でなく頭, でなく馬籠, でなく駿河守殿, でなく高, でなく高力家, でなく鬼, でなく鷄, でなく黒い, でなく黒ずんだ天井, でねえてめえ, ではござりませぬよ, ではござりません, ではねえ, でもござりますまい, でよくよく, で人生, で作るわけ, で八島, で夫, で無いん, で胸, で頭, ならともかく, ならどうにか, ならまだしも, ならよい, なら何で, なら叔父さん, なら可, なら宜しゅう, ねがって, ねらって, はげまして, みて, 一念と, 三十分も, 云って, 云ふとります, 僕は, 口惜しいと, 口惜しそう, 口走って, 吸ふ, 周りの, 喰べて, 嫌が, 工夫を, 当てに, 待ちあぐんで, 待ちこがれて, 待ち暮した, 待ち望んで, 待ってるじゃ, 心に, 心掛けて, 心配さ, 心配した, 心配しました, 心配する, 心配を, 心配致し, 念じて, 念ずる有様, 念頭に, 思いつめるの, 思います, 思い続けた, 思つてゐた, 思つてゐる, 思ひます, 思ふて, 思われて, 思われます, 恐れて, 愚痴って, 感じられた, 懼れ, 探して, 探りたがった, 日夜考え, 望んで, 期待し, 楽しみに, 楽に, 楽み, 樂しみに, 毎日毎日, 気がかりだった, 氣を, 測って, 焦せって, 狙って, 狙ってるうち, 申して, 申してな, 申し暮して, 目瞼一杯に, 眺め眺めした, 祈って, 祈つて, 祈るものの, 積み立てて, 穿いたらしく底, 繰返した, 考えさせられるよう, 考えすぎたあげく, 考えてるん, 考えない日, 考えるうち, 考えるの, 考え続けて, 考へては, 考へてるやう, 考へるうち, 胸に, 自分に, 苦にな, 苦労に, 苦心させられます, 見つめて, 見る, 見守つて, 言いつづけて, 言いながら, 言いは, 言つてあきらめ兼ね, 言つて居た, 言ひ, 話し合って, 読んで, 調べた, 貪ぼって, 陳謝し, 頭の, 頭を, 願つてゐ, 願つてゐました, 食べて

▼ それ~ (1388, 0.4%)

34 向って 24 来て 19 出て 13 乗って, 手を 11 眼を 9 直れ, 腰を, 足を 8 目を 7 身を 6 来たの, 答えた 5 乗ると, 向かって, 塩を, 玉子の, 自分の 4 でて, 入れて, 加えて, 参って, 登って, 眸を

3 [15件] おいでに, お砂糖, かけて, それへと, ぶつかって, 並べて, 乗った, 何か, 坐って, 火を, 直れっ, 筵を, 近づいて, 顔を, 飛び乗って

2 [65件] うつした, おいた, おいである, おいでの, お坐り, かかった, この手紙, さわられて, ポンと, 一々銀流し, 世話人が, 両手を, 乗ったが, 乗る, 交ぜて, 人間の, 今の, 体を, 出す, 出ると, 参ったの, 参るぞ, 味を, 坐れ, 塩味を, 塩胡椒で, 大勢の, 女が, 女は, 帯を, 当てて, 徳利の, 想像の, 持って, 明りを, 来た, 来ると, 案内され, 水が, 水を, 湯を, 灰を, 牛乳を, 直れッ, 直れツ, 直れピカリ, 直れ手討, 背中を, 臨んで, 自分で, 荷物を, 見えたの, 覚えの, 言った, 話が, 通達する, 連れて, 酒と, 鋏を, 附いて, 雀が, 頭を, 飛びかかって, 飛んで, 馳け

1 [996件 抜粋] あいさつに, あるく, あんなもの, いちいち朱点, いろいろと, いろいろの, うつして, うなずいて, おいて, おいでなさる, おかけなさい, おく, おすわりください, おのぼり, おれの, お出向, お召し遊ばさね, お手向, お掛けなさる, お清, お渡り, お着座, お腰かけ下, お豆腐, お迎え申す, お酌, お降り, かがみ込んで, かけた, かけての, かけるが, かけ給え, かぶりついた, きたが, くるまって, こう書い, こだわって, このヤナギ研究, この子, この者, ごろりと俯伏, ご署名, さしかけて, さし出すと, さそう無器用, さらに尾鰭, ざらざらと, じっと熱心, すすんで, すわった門, ずぶりと斜, そそがれて, その代, それぞれ区分し, たいして武者, ちょっと目, ついて, つきすすんだ, つけて, つづく一隊, つよく固辞, とびこんで, ともしび, どしどし買つた食料品, ならって, のっかかって, のぼろうという, はいって, はいり込んで, はずんで, はるかな, ひっかけないよう, ひめぎみ, ひらくと, ひろげた, ふすま, ぶつかるの, まいりますが, またいった, またざあっと, また少しの, また松明, また筆, まわりの, むかって, めいめいが, もって, やる前, よじのぼろうと, わざと酒さかな, インキ壺を, ウラルの, キルクの, クリーム二合を, コツプを, スープと, テイリユウ膏を, バケツを通して, バターを, ヒラリと, プラチナ鎖に, ラムネを, 一ぱい書物を, 一張羅の, 一本宛さし, 一縷の, 一転集中させる, 三州岡崎の, 上げろ, 上り下りが, 上手に, 下山小屋二ツあり, 両肱, 主力を, 乗せました枕, 乗ってから, 乗りました, 乗り出そうと, 乗り移ると, 乗り込み, 乗り込むと, 乗ること, 乘つた, 乾すの, 二十枚ほど, 二重圏点を, 五十人も, 亙った, 交ぜ編, 人間が, 仄に, 介在した, 付いたベコニヤ, 代るに, 休め, 伝つて実に, 伸びた, 何うし, 使者を, 便乗し, 便乗する, 信長の, 倒れて, 倚り, 傾いて, 克明に, 入って, 入れること, 入れる刻み葱, 入学させられました, 兵を, 冬の, 冷酒と, 出い, 出された密封, 出す返事, 出る一日, 出來, 出席する, 到着しよう, 力を, 助勢に, 努力する, 動いた, 勝手な, 包んで, 十能に, 印とか, 参ったは, 参りましたの, 参りましても, 参るは, 参るや, 参る町人, 参る途中, 参上いたします, 取っ捕らまって, 取りかからせた, 取り縋りムラムラ, 取揃えて, 古代の, 古風な, 叩き伏せて, 召しの, 各自が, 合体し, 同じ作業服, 同情する, 名所名物の, 向えば, 向けさせるといふ, 向けられた鉄扇, 向っての, 向日葵が, 吠え返した, 吹き当てる風, 呶号を, 呼びかけて, 問合わせ, 噛んで, 国沢君が, 土産にと, 坐った, 坐りなされ, 坐る, 堅い池田炭, 塩胡椒し, 売って, 売込めば, 大きな望み, 大事な, 大匙四杯, 太筆に, 女を, 妄想を, 姉が, 子供を, 宗春卿堂々, 寄っかかって, 寄りつくまでが, 寶丹膏といふ, 小便した, 小屋の, 小間使の, 展べた, 山葵を, 崩れて, 左手を, 差し出した, 差出した, 差尺筆で, 巻き込まれること, 帰るもの, 平伏して, 建て, 廻るという, 引きつけて, 引き越すと, 引っ返して, 引据えられ, 引移った, 強く惹きつけた, 当るに, 彼女の, 彼奴を, 往って, 御子息, 微笑みかけたの, 徽章を, 心身の, 応えて, 怒りかえさず, 急がるる舟中, 怨を, 恭しく木柱, 悠然と腰かけた, 惹きよせられて, 戻って, 手で, 手当り次第に, 手数を, 手水を, 打ち乗り谷, 打つ掛けて, 投書し, 押しつけた, 持ちま, 持つて, 持参した, 指でも, 指先を, 振向いた, 捩じ伏せられそう, 掛けたの, 掛けられた深紅, 描こう, 摺った山葵, 撫子模様の, 攀じ登って, 攀ぢつくべく, 攻め入るには, 数百斤の, 敵が, 斜に, 新に, 既に頼んだ, 日本左衛門の, 晩酌一本, 書いた返事, 書いてでも, 書き足して, 月が, 朝顏を, 朱印が, 来たが, 来た一群, 来た正木作左衛門, 来た田能平, 来た陳登, 来なかったら仲達, 来りしは, 来るは, 来合わせた春日丹後, 果し合いの, 某か, 根雪が, 案内する, 桝で, 棒の, 椎茸を, 槍を, 様々な, 櫛や, 次の, 止めい, 歩ませようとさえ, 殺到し, 毎月ひとつづつ創作を, 毛筆の, 気がついたよう, 気を, 水洗式を, 油を, 泡立てたクリーム, 波瀾の, 泣き伏して, 注がれた, 注ぎ込まれん, 浮べた杓子, 混ぜて, 渡らせられるは, 溜めて, 漬けても, 潜り込んで, 火入を, 点々と, 無理に, 焼きたて, 煙草盆に, 熨斗紙を, 爪先を, 片手を, 牛肉が, 独逸が, 玉子を, 現れた浪人, 生きたい一心, 男に, 疑がい, 発足する, 登る階梯, 白く輝く, 白ソースを, 白身の, 皆町内から, 盛られた馳走, 目がけて, 直ると, 直れ押し並べて, 相槌を, 眞野が, 眼も, 着せる, 短い言葉, 石でも, 砂糖と, 磯田は, 私信を, 移して, 移す炭火, 移れば, 空想を, 突進し, 立ちいで人穴城, 立ち向わざるを, 立ち迎え, 竿を, 笑って, 筆を, 答えて, 答えるの, 答える前, 米利堅粉と, 糸を, 紅殻染の, 素早い視線, 細木を, 結びつき, 結び燈台を, 絶句を, 続く, 綿々と, 縄を, 縦横に, 繋いだは, 置かれた, 置く, 署名を, 美濃で, 翼を, 考へること, 聞き伝えて, 聞伝え思い込ん, 肩を, 胡坐し, 腰かけては, 腰かけ火事, 膝を, 臨んだ, 興味に, 色々の, 艶な, 花は, 花を, 茶を, 菜の, 落つる沢, 葉煙草を, 葱大根などを, 蒼古な, 蓋を, 蕗を, 薄縁を, 藥鑵を, 蝋燭を, 行きいくばく, 行く, 行くと, 行く気, 行って, 袖の, 見えるし, 見入って, 視線が, 触れて, 言ふ, 詞を, 詣る者, 詫び入ったまま, 該里の, 認印を, 誘ひを, 語るに, 誰かが, 談判に, 變に, 貪りつく, 赤ちゃんを, 赦免を, 赴いた, 跳びおりた, 跳びついて, 跳び移り早く, 踏掛ける, 転び出, 軽く手, 載せわけ, 輪を, 近づいたの, 近づくなど, 近づけながら, 近づこうと, 返して, 追いすがった, 這い上った, 這入ると, 通じて, 通泰を, 連絡を, 逸らすべくわざと, 遣わされて, 酒が, 酔歩を, 重三郎の, 金の, 金額を, 銀笛の, 鍋蔓を, 附ける上五, 降りて, 陰気な, 障ろうとは, 集って, 雑談を, 電球を, 静の, 音も, 順次に, 頷きも, 頼んで, 風に, 飛び乗った, 飛び出して, 飛び込んで, 飛込んだ, 飾って, 首筋の, 駈けた, 駈け寄って, 鮎を

▼ それによって~ (1194, 0.3%)

14 自分の 12 彼の 10 見ると 8 私は 7 彼が, 彼は, 日本の, 自分を 5 利益を, 私の 4 我々は, 生活を, 私が, 自分が, 自己の, 自然の

3 [11件] あなたの, である, 何か, 何を, 多くの, 彼らの, 彼らは, 彼女の, 心の, 生活の, 過去の

2 [55件] あなたは, お前は, この土地, すぐに, すべての, つまり男, どのよう, われわれは, シナの, 万事を, 二人の, 人々は, 人の, 人を, 人間が, 他の, 代表される, 作品の, 価格が, 君の, 君は, 吾, 国家の, 土地の, 女が, 始めて, 宇宙の, 幾分か, 引き起されたソヴェト同盟, 形成せられた, 彼を, 得るところ, 徳川の, 心を, 思想の, 惹起される, 捜査方針が, 新しい境地, 方向を, 明らかに, 犯人の, 現実を, 相手を, 真の, 社会的集団が, 私も, 私達は, 縁起を, 美の, 自分は, 自身の, 船長は, 荘園が, 象徴される, 養われて

1 [945件 抜粋] あいつらの, あなたが, あの, あの人形, あらわして, ある人々, ある気位い, いかに私, いっさいを, いまなくなっ, いろいろな, いわゆる日本精神, うごく甲軍全体, うまい字, うまうまと大金, おこる一般, おそらくは, おのずから国民, おれは, お君, かき乱されようとも, こういう週期性, ここに, こころざしを, この世は, この分量, この句, この場合, この手形, この永い, この生産物, この知的, この肉切り包丁, これだけの, これらの, こわされた自分たち, さらけ出された最大, すこしでも, せめても, そういう結論, そこから, そこなわれは, その主張, その位, その全, その妥当, その家, その探求, その時代, その生活, その相対価値, その薬物, その金額, それが, それも, ただ一人, たちまち彼, つくり出された生活, でありまた, どうにか生活, どう顔つき, どちらかと, どっちかに, どの扉, どんなに状況, どんな法則, なされる重要, はじめて小麦, はれること, ひとつの, ぴかぴか光る, ふたたび見取り図, ぼくの, ますます偉力, まず先, またあらゆる, またどんな, また平生以上, また強く, また自分, まったく説得, むしろ魂, もっと生活, ややともすれば歪められ, より光明的, よろしく判断, わたくし決心を, わたしが, わたしども主人側の, わたし自身から, アドバルーンの, エセックス自身ならびに, クリストフの, ゴウッと, ゼムリヤ号の, ドアの, ドイツでも, ハタと, フロイスは, プロレタリアの, メキシコの, ルケは, ロイスの, ロオペ博士の, ロンドンの, ワリニャーニは, 一そう親近感と, 一の, 一切の, 一向に救われなかった, 一層高まり, 一方では, 一着または, 三十六万平方キロの, 三枝子さんが, 上流の, 不具に, 不思議に, 不消化な, 与えられる, 世の中の, 世を, 世界統一即ち, 世間で, 両面神話を, 主題自身が, 事件の, 事新しく縁, 二人が, 云い表わされる現代, 亡霊を, 人と, 人格が, 人気を, 人界の, 人間に, 人間は, 人間界の, 今の, 今度こそは, 今度陵に, 今日まで, 仕事を, 他人と, 他人の, 他物の, 令嬢の, 企業者と, 何, 何より会社主義, 何らかの見解, 何人かの, 余裕と, 作られるの, 作文の, 使者自身の, 価値が, 信長は, 修理箇所を, 個々の, 個人が, 個人の, 偉大な, 偶像を, 僕たちは, 僕を, 児童教育に対する, 全人格, 全国の, 全島に, 公認貿易の, 共に娯, 兼子の, 内地へ, 再び新, 分かる気, 分析を, 初めてより, 初めて三十年後, 初めて今, 初めて気づいた, 初志を, 判決が, 刺激された, 前に, 割合で, 創造せられ, 功を, 動かされて, 動くこと, 動機を, 勝負を, 十分に, 半蔵を, 協同動作の, 南国片僻の, 博士の, 却って真に個人, 却って階級的, 又之, 友人たちに, 受けて, 古い物語, 古来各, 可能性の, 史料が, 各自の, 吉利支丹史研究家の, 同じよう, 同姓の, 同時に世界, 同時に自己, 君たちが, 吾人を, 命を, 品質の, 商人を, 喰いとめられは, 国が, 国内を, 国民の, 国難を, 地球の, 地表から, 執行できない, 報酬が, 変りも, 多少とも, 多少救い得た, 大いに向上, 大きい効果, 大勢で, 大洋を, 大衆を, 天下を, 天平様式が, 太陽を, 失われればこそ, 女に, 如何に, 始めて夫人, 始めて未来, 始めて線, 始めて行われるであろう, 嫉妬の, 存在は, 学び美術価値, 学界の, 完成される, 実現せられる, 実証される, 実際この, 察せられる, 尊重すべき, 少しずつ, 少しも, 屋根の, 屍体は, 展開せられ, 山野夫人に対する, 岸内閣の, 崩壊し, 左膳も, 己を, 市民は, 平一郎の, 平安朝の, 幸福が, 座席が, 建国された, 弥作爺さんが, 強い印象, 当然それ, 役所は, 彼らを, 彼女が, 彼女も, 得た知識, 得た私有財産, 得られた材料自身, 得られる成果, 得る人口, 御承知, 心然, 必然的な, 忌むべき, 忘れようと, 思想家と, 恋の, 恩給の, 恰度自動ピアノの, 悪が, 惣七は, 感ぜられ人々, 感覚が, 慰安を, 慾の, 成員に, 成果を, 我々の, 或る, 手に, 手順を, 抽斗は, 探偵は, 援助される, 支弁さるべき, 支那人が, 支配し, 政府は, 教会の, 敵の, 文化的に, 文学と, 文学は, 断食芸人の, 新しい国家生活, 新しく展開, 新な, 新らしい, 旅情を, 日本に, 日本精神の, 旦那は, 明かにせられよう, 明智方の, 明治の, 昔とは, 暗示された, 暗黒随伴星の, 更にもう一層自分自身, 書きまた, 曹操は, 最後の, 有らゆるもの, 有志が, 未来の, 村老は, 条件反射を, 校川宗兵衛と, 椿の, 概ね外す, 標的を, 横柄な, 次なる, 正直さと, 歴史が, 歴史上の, 死体は, 残存せる, 殺された者, 母と, 民衆が, 水の, 決して殖え, 決定され, 河内の, 法悦を, 活かされて, 消費が, 渇を, 測量する, 準備を, 漢石経の, 潤いある, 火夫が, 焦慮と, 物そのものが, 物質の, 特に新しい, 特殊な, 犯人が, 獣性を, 王は, 現われる, 現代の, 現実の, 理想の, 生きてる日本, 生き殪, 生ける墓場, 生ずる惨禍, 生死を, 生活すべく, 生産された, 生長させられる, 男の, 画ける, 画家は, 異なった音, 病気の, 発掘し, 皇位の, 皇室は, 益する, 直観に, 相争う, 真名古が, 真犯人を, 真相が, 知らされた, 知られた各, 知るが, 研究を, 示されて, 示そうと, 社会内の, 社会的にも, 社会革新の, 神の, 祭日や, 私どもは, 私達夫妻は, 空間の, 窒息し, 筒井順慶の, 精神の, 約六百万人, 終局安堵の, 経験が, 絵を, 美味くなる, 肉体そのものの, 育った菰, 背後の, 自ら望まない, 自分自身に, 自己は, 自己自身に, 自然彼との, 自然科学自身の, 舟木が, 艇長が, 艶や, 芸術も, 苦しみも, 莫大な, 藩力を, 虚名を, 血球一個の, 行為に, 衣食する, 表わさるべき, 表現される, 表現に, 裁判が, 裁判所に, 西村が, 見出される法, 見本を, 規定された, 規約された, 親貫, 観念を, 解釈する, 証拠に, 証明された, 詩を, 詳細な, 誤謬を, 説明の, 読者の, 調べて, 謎が, 責任を, 資源を, 起こるいろいろ, 身も, 身分の, 身外を, 輝かされたの, 辻めし, 近代文明の, 退ッ引, 逆効果, 遁世も, 道元が, 達成される, 遮りつくされて, 重大な, 金魚が, 銅財の, 鐘の, 長くも, 長吉は, 間隙は, 防寨の, 限りなき, 青年の, 非常に, 非難を, 革紐が, 顔を, 顔立ちの, 食物は, 養われた或, 養生の, 駸々と, 魅力を, 黴毒に

▼ それ~ (1116, 0.3%)

35 や, やお 34 や親分 22 や私 20 やあ 18 やあの, やア, や僕, や君 17 や俺 16 やお前, や何 11 や訊く 10 やあなた 9 やこれ, やまた 8 やもう 7 やあんまり, やこの, やどう, や下手人 6 や一, や困る, や明日, や誰, や頼む 5 やあつし, やなん, やまあ, やまるで, や今日, や仕方, や何ん, や兎 4 やちよい, やどうして, やね, やぶ, や大急ぎ, や御, や親分さん, や貴方, や錢形, や駄目

3 [16件] やあたし, やいつ, やたつた, やどうも, やどんな, やア駄目, や今, や伺ひます, や何処, や何處, や後, や御免, や早速, や案内, や行つて來, や言

2 [69件] やあお前, やあなん, やあね, やあまた, やありません, やあわたし, やあんた, やあ二, やおれ, やお先, やお前さん, やお父さん, やお里, やから, やきつ, やこ, やここ, やこれから, やこれからもう, やすぐ, やその, やそれ, やだめ, やない, やなんぼ, やもう一度, やァ, や一つ, や一処, や一日, や三輪, や主人, や今年, や任せ, や何だ, や其の, や其處, や再, や又, や反, や外, や定, や少し, や屹度, や手, や教, や斯, や斯うしようぢ, や旦那, や早く, や暫らく, や橋, や此, や氣, や池, や清子さん, や物, や田川君, や直ぐ, や自分, や若旦那, や行かう, や行つて參, や話, や話し, や遠慮なく, や阿, や院線, や首

1 [478件] ああなた, あもつ, あジエィン, あ其奴, あ大した, あ學校, あ私, あ餘, やああの映画, やあいけない, やあいづれ, やあおれ, やあお接待, やあこんな, やあずいぶん, やあその, やあそれで, やあたのむ, やあつ, やあと, やあなた孔雀, やあなんにも, やあほやほや, やあまり, やあまるで, やあもう, やあボルシチひと匙口, やあ仕, やあ口, やあ失敬, やあ家賃, やあ後生, やあ御上りなさい, やあ改めて, やあ死ぬ, やあ知らない, やあ私, やあ貴様, やあ鍛冶屋, やいけない, やいけやせん, やうち, やえ, やおま, やお仕着せ, やお伴, やお嬢さん, やお茶の水二枚, やお茶屋, やお話し, やか, やかう, やかうし, やかうすれ, やが, やきのこ, やきり, やけど, やこちら, やこつち, やこつちで手伝つて, やこぼれる, やこれから直ぐ, やご, やさうし, やさよなら, やすみれ, やせめて, やそいつ, やそこで, やその後, やそれぢ, やそんな, やたまらん, やちつ, やつて, やつまらない, やて, やといふ, やとことん, やとつさん, やどうか, やどうしても, やどうぞ, やどこ, やどの, やどの道, やなに, やなほ更, やに因つて生, やひとつ, やほか, やほんの, やぼく, やま, やまつ, やもうこ, やもつ, ややつぱり, ややつぱりいつまでも混乱, ややつぱりお前, ややつぱり例, ややらない, ややり直し, やわかつた, やわけ, やわし, やわたくし, やア丹波, やア僕, やア失敬, やア文化村, やア旦那, やア梅廼屋, やア百姓, やア私, やア車, やエシオピア王, やカイン, やカーチユシヤ, やガラツ八親分, やストーヴ, やチーツ, やネ, やパパ, やメヂューサ, やヤツトウ, やワケ, や一つ生, や一体, や一体俺, や一向, や一寸, や一昨日, や一杯御馳走, や一緒, や一體, や丁度, や七平, や三分の一くら, や三分植, や三軒ぢ, や下手, や不可, や世, や世上, や世間, や世間一般, や事実, や二三日うち, や二円, や二時, や二階, や些, や人, や人間, や人間界, や今度帰つて, や今晩, や今晩飯, や今朝何ん, や仏縁, や仕様, や他, や仲, や仲よく, や伊三郎, や会, や何だか, や何ン, や何故, や何方, や余り, や余り差はんぢ, や修業, や俺ら, や俺ん, や俺一人, や借り, や借りよう, や偽書, や僞首ぢ, や兄哥, や先, や先づ聽, や先生様失礼, や入れ, や全体どうしたらい, や全快つて, や八, や八五郎, や八五郎親分, や八兄哥, や六錢五厘, や其, や其児, や其兒, や兼次, や出かけませう, や出かけよう, や分らん, や分るまい, や分別盛, や到底, や前, や割, や勘六, や勘定, や勘辨, や勝逃げ, や十時, や千吉君, や卒業論文, や単に, や原田, や原稿, や参りませう, や友吉さん, や叔父さん, や受け, や口, や只今, や名前, や向, や君の, や呼吸, や命掛, や唯, や唯ごろ, や商人, や喧嘩, や嘸, や困ります, や国鉄, や圍, や土手, や売れ行き, や外科, や夜, や夢, や大丈夫, や大事, や大間拔, や失禮, や契約違反, や奥様, や妾, や姉, や始めます, や始終袴, や姐さん, や委員, や婿, や宇八, や安心, や安里さん, や定吉, や宜し, や宮さん, や宿, や富山, や富澤町, や富籤, や寒, や寒く, や寺本さん, や寺社, や小, や小使, や屠所, や岡, や巡視中, や左様, や差引四十一錢三厘小端, や己一緒, や幸七, や幾松, や序, や店中皆んなぢ, や廿四錢, や引つ返し, や引返し, や弘さん, や弟, や当, や彦兄イ, や彼處, や待つ, や後妻, や後見人, や御座いません, や御意, や御苦労, や徳松, や心配, や忍び返し, や恰, や愈, や愈々, や慈海さん, や慰められ, や戸締り, や戻せない, や房吉, や手前, や手附金五十両, や打つ, や折角, や折角買つて, や撤回, や故意, や教室, や敵, や文句, や断然, や斯ん, や新造, や日本, や旦那げ謝罪, や明後日写し, や昨夜, や昨夜お前, や昨夜戌刻, や是, や是非, や昼休み, や晝, や暑, や暫く, や暫らく此守袋, や曲者, や木彫, や本当に, や本田蓼白, や材料, や植木屋, や止さう, や此処, や此石, や此處, や歩き, や歸, や歸ら, や死ななかつた, や死ぬ, や母者, や毒, や気の毒, や気心, や気狂ひだ, や済みません, や澄子さん, や濟むまいぜ, や瀧三郎, や火星, や災難, や無い, や爲方, や父さん, や父親, や猫, や率先, や玉屋, や現場, や生命保険, や生産, や産婆さん, や申します, や留公, や番頭さん, や當分, や百兩, や百哩, や皆, や皆さん, や相手, や相生町, や眞物, や眼, や矢張, や矢張り, や矢張り内, や矢張り空虚, や知, や石原, や石川屋, や祝盃, や私酔ひ, や秋葉, や稼, や突出, や窮, や筍, や答, や素直, や細君, や組織體, や縛つて了, や繪圖面, や翁様, や聞く, や能役者, や腹, や臨時, や自分等, や致し方, や良い, や芸, や若し, や英, や茶, や萬, や葵, や蕎麥粉, や薪雜ツ棒, や行きませう, や行つて, や裁縫屋, や裏, や見ざる, や見た, や見世物, や見付からん, や見物, や言ふよ, や評判, や話さう, や話す, や話つて, や詳しく, や誠, や談, や貰, や買, や賄, や賣, や赤井さん佐倉, や足らん, や路地, や辨慶, や辻斬ぢ, や迚, や追剥ぢ, や逃げた, や逃し, や通しません, や通りません, や逢つて來よう, や連れ, や遣つ, や遣らない, や那処, や酒, や酔, や釣, や鈴さん, や隨分御機嫌よう, や雅さん, や雑誌, や雨, や青木君, や面倒, や面白い, や順序, や頭, や頼まねえ, や頼みます, や顏, や飛鳥山, や飯, や餘ンまり, や餘程廣, や駈, や高橋君, や髷, や鬢, や鳥渡研究, や默つて

▼ それについて~ (1051, 0.3%)

20 何か 13 私は 9 一つの, 何も 7 考えて 5 何の, 次の, 私の 4 こんな話, とやかく云う, ぼくは, 半七老人, 知って, 私が, 第一, 語ること

3 [15件] あなたに, いろいろの, 一言も, 何にも, 僕は, 君に, 彼は, 思い出すの, 思い当ること, 意見を, 私に, 私も, 自分の, 自分は, 非常に

2 [53件] あなたの, ある種, いろいろと, いろいろ考え, お答えする, お願いが, くる, こんなこと, そなた, それを, なんとも, なんの, まず第, ゲーテだ, 一つ御, 一つ考え, 不思議な, 伸びて, 何かを, 何にか, 何を, 先生が, 先生に, 先生の, 再びそれ自身, 商量し, 増さんは, 多少の, 妙な, 完全なる, 少しお話, 少しでも, 少し困った, 思いおこすの, 或る, 曲ると, 溝口医師は, 皆さんの, 精神が, 素子に, 考えるのに, 若い船頭, 表象する, 話されるもの, 話しの, 話すこと, 話を, 語られるもの, 論ずる十分, 質疑を, 返事を, 面白いの, 面白い話

1 [795件 抜粋] あおむいた, あたしは, あつしは, あなたがたの, あなたたちは, あなたも, あらゆる苦痛, ある実例, あれや, あんさんに, いう, いうよりも, いくら新田先生, いささか卑見, いずれ後でという, いちいちハイロ, いちいち批評, いつか新聞にも, いつも誇張, いろいろしらべました, いろいろ協議, いろいろ実験, いろいろ教え, いろいろ考えなかった, いわば, うごいた, おうたい, おしや, おまえに, おもい出しますの, お互いに, お前さん, お前には, お前の, お嬢さん少し, お松お前に, お次さんは, お義母さん, お考え, お話しした, お話し致しましょう, お話し願いたい, お願いの, かいて, かう言, かれこれ言, かんがえる純粋, きた騎馬, くわしく知っ, こう思う, ここでは, ここの, こなたに, この赤三角研究団, この間御, これから出来る, これだけの, これは, これも, こんな思い出, ご協議, ご注意, さも局外者, さらによく知っ, しきりに詮索, して, しゃべって, じつはわたし, すぐ応えるべき, する煩悶, ずっとのち, ぜひにも, そちに, その存在所, その頃有名な, その顔, だが乃公, ちと注文, ちょっとわたし, ちょっと私, ちょっと考え, であります, でござる, ですな, とても好意的, とやかく心, どういう感想, どういう言説, どうでも, どう考へる, どこも, どんな癇癪, なおさき, なお何, なかなか面白い, なにか考えた, なにも, なほ反省し, なんです, なんでも, なんにも気, なんらかの対抗策, なんらの, はっきり答えられる, はなはだ差出がましく, ひとつお願いが, ふしぎな, ふた親の, ふと消えた, ふれて, ほんのわずか, ほんの少し, またいろいろ, また可笑しき, また私, まだ話, まだ責任, ままごとの, まるで正反対, みじんでも, みて, もう一つ, もし将軍, もっとよく相談, もっと好く, もっと知りたい, もっと知りたく, ゆけないという, ゆこう, よく日本人, わしが, わしは, わたくしの, わたくしは, わたしたった, わたしは, われわれに, ゐた, ゐる若い, キッパリした, トヤカクいうべきで, ハイと, ペンを, ミサ子に, ロマン・ロランでさえ, 一体かの, 一体何, 一同の, 一寸, 一寸伺いたい, 一層多く, 一時間ほど, 一番潔癖な, 一私見を, 一緒に, 一色の, 一言断っ, 七兵衛殿お前も, 万次郎は, 三七郎を, 上記の, 不安をも, 不満が, 世間から, 中村君きみの, 久子は, 了解し得る, 二三人の, 二三批評した, 二三疑問の, 二三話し, 二足三足曳かれ, 二階へ, 云い出さないうち, 人から, 人の, 人類は, 今では, 今は, 今夜出ました, 今日まで, 今更では, 仕出来したる, 代官松は, 伯爵家からの, 伸子が, 佐渡に, 何かと, 何が, 何とかいう, 何とか彼, 何よりも, 何んの, 何等の, 余は, 作用が, 來た, 來ました, 俊夫君の, 保と, 俺の, 俺も, 個人の, 僕が, 兄が, 充分に, 先生どうか, 先生にも, 児玉法学士は, 入念な, 八五郎が, 六十人ほどの, 兵部さま右京さまの, 再び線香花火, 凡てあんた方に, 分析的に, 切支丹屋敷の, 判斷を, 別に弁明, 別に改ま, 剛兵衛からも, 力づよいことを云っ, 労作しつづけた, 動く, 勝入が, 医者たちは, 十代の, 半信半疑で, 又八も, 又左, 友人に, 反対の, 反省する, 口々に, 叫んだが, 右へ, 各, 同一の, 同新聞社, 君たちの, 君は, 君らに, 呼び慣れて, 問合わせ, 喧しく云, 四五歩歩い, 団長とけいやくしましょう, 国チクリチクリ, 國友が, 報告を, 外部のも, 多く深く思い, 多少注意, 大いに語りたい, 大きな用意, 大して感謝, 天意が, 太閤記は, 失礼ながら, 奥さんの, 女が, 妾いい, 姫は, 婦人の, 孟子が, 実に奇想天外, 実はお前さん, 実は俺, 実は君, 室を, 宮へ, 家族の, 富士川英郎君から, 尋ねられたですが, 小松川鶴御, 小言を, 少しお, 少しお尋ね, 少しばかり, 少し許, 少し話し, 尾崎の, 岩井繁雄は, 川本も, 左に, 差しあたりなんと, 帆村も, 幸福な, 庭へ, 弁明すべき, 引例を, 弟に, 弦之, 当時の, 当然の, 彼が, 彼女と, 彼女には, 彼女は, 彼女を, 徒らな, 御法主, 御答え, 御話したい, 御願が, 心を, 心配し, 思いだすの, 思い出したよ, 思い出すこと, 思い合わさるること, 思い合わされること, 思い起こされるの, 思って, 思ひを, 思ひ出しますの, 思ひ出すの, 怨みが, 悪感を, 悲しんだこと, 想い起こすこと, 想ひだす, 意見の, 愚痴も, 憤慨する, 憶い起す, 懇こんと, 手探りで, 抗議を, 折ふし考えさせられた, 探偵し, 推測を, 数頁の, 文を, 新しい土地, 旅費の, 旦那様たった, 是といった, 是非とも, 是非僕から, 昼も, 普通の, 暫く考へ, 更に焦燥, 書いて, 書く, 書けと, 最近一つ勉強した, 最近読み返した, 本人の, 来て, 来る, 柳生家も, 柿丘は, 極めて自然, 極めを, 正当な, 母が, 毎々議論, 気づいて, 沈黙を, 浮藻は, 淀みなく, 清澄の, 満支, 滋幹の, 無分別にも, 無関係だ, 熟読された, 父は, 物識りが, 特別感情は, 玉太郎は, 珍譚が, 理由を, 理論的にも, 申し上げますが, 申上げなけれ, 町では, 痛切な, 皮肉めいた, 相談が, 相談する, 真剣に, 知らないから, 知らないもの, 知られん, 知りたいと, 知ろうと, 研究し, 研究中だ, 神谷は, 秀吉も, 私もつと, 私自身少し, 立つ噂, 童謡の, 筆者は, 簡単に, 糸も, 絵の, 翼賛会の, 老人の, 考えた, 考えたが, 考えとったん, 考えを, 考へる私, 聞いたこと以上, 聞くべきだつた, 聴かされた, 背戸の, 自分が, 自分にまで, 自分も, 自分自身の, 自卑, 自然に, 興味が, 興味ふかい, 船長, 良心が, 花袋に, 芸術家同士らしく語ったであろう, 若い妻, 落窪の, 藤島取締は, 行けそう, 行けないの, 行つて暫らく戻, 行動し, 行者の, 裁判所へ, 西の, 視線を, 触れた些末的写実主義, 言いました, 言った, 訊きたかつた, 訊ねたい事, 訊ねも, 記さるるすべて, 評価し, 評議いたそう, 詮議し, 話される物, 話しあうこと, 話したいよう, 話して, 話すの, 話す物, 詳しい説明, 詳しく考え, 詳しく訊ねたい, 語つた, 語らなかつたそれ以後彼, 語りかたは, 語るの, 語る時, 語ろうとは, 説き聞かされた, 説明し, 説明を, 読みも, 誰いう, 誰しもが, 調べたこと, 調べれば, 調査を, 論文でも, 諸君の, 警視庁側から, 責任を, 貴様が, 超現実的, 越前に, 輕卒に, 辰五郎という, 述べること, 述べる前, 退院前後の, 連帯の, 連想する, 週期的な, 郷土の, 都迄, 重大なる, 重要と, 錯覚し, 阮東は, 随分世間, 随筆の, 難渋な, 面白い経験, 頭を, 飛んだお, 餘り, 駆け出します, 駿介の, 駿介は

▼ それとは~ (1044, 0.3%)

53 反対に 47 なしに 32 違って 16 ちがって, 別の, 知らずに 14 全く反対 12 反対の 10 全く別, 反對, 逆に 8 反対な 7 ちが, 別な, 別に, 正反対に, 比較に 6 つきり, 全く異, 少しも, 無関係に 5 また別に, 似ても, 何の, 全く違った, 独立に, 違う, 非常に 4 あべこべに, ちがう, べつな, まるで違う, 異って, 異つて, 違ふ, 関係なし

3 [16件] また別, まるで正反対, 丸で, 反対で, 少し違う, 性質を, 打つて, 本質的に, 正反対の, 殆ん, 気づかなかった, 趣きを, 逆な, 違うが, 関係なく, 関係の

2 [52件] およそ反対, つきりと, また異, また違う, また違った, まったくちがっ, まったく違う, まるっきり別, まるでちがっ, まるで反対, まるで違, まるで違つた, わけが, 似て, 全くちがった, 全く反, 全く違, 全く違つた意味, 全然わからず, 全然別, 全然反対, 全然異, 別である, 別にこの, 別にその, 別にまるで突発事故, 別に国際的, 別に私, 別問題, 又別, 大分違ふ, 性質の, 意味が, 根本的に, 極めて異, 比べものに, 気がつかないで, 気づかずに, 無關係, 異っ, 異った, 異なって, 異り, 知らないから, 知らなかった, 示さないよう, 言えないが, 較べもの, 違います, 違うの, 違うよう, 違った

1 [522件 抜粋] あの歡喜天, あべこべだ, あまりにかけ離れた, あんな御, いい出せなかった, いい対照, いささか違い, いつも反対, いは, いはぬ詞, いわずに, いわゆる他山の石, およそ似, およそ別, およそ反, およそ対蹠的, お話が, かけ離れたもの, かけ離れて, かなりまで, かなり異, くらべもの, こっちも, ことなる本心, こと変わり, ご存じない, さすがに, すこし違う, すこし違った, すっかり趣, すっかり違った, すべてにおいて, ずいぶんちがっ, ずっと東, そぐわない透き徹った, その発生, たいへん違っ, たしかに見きわめ, ただその, たぶんに, だいぶ毛色, だいぶ異, だいぶ間, ちがいます, ちがうご, ちがうの, ちがう京都, ちがう戦慄, ちがったお金, ちがったこと, ちがったもの, ちがった国土, ちがった山脈, ちがった意見, ちがった生活, ちがった硬い, ちがった種類, つきりその, つきりとは, つきり云, つきり云はず, つきり呉葉, つきり明言, つきり時子, つきり言つて, つきり飲, てんで較べ, どこか, なく問試, なく尋ねたの, なく尋ねて, なく意識, なく獨, なく言いつけられた, なく頻に, なげに, なしの, なにを, なんです, なんといふ, はっきり区別, はっきり気, はつきり言へ, べつだ, べつにもう一つ, べつに明智探偵, べつに道場, べつに颱風類似, ほとんど同じ, ほとんど関係, またすこし, また別個, また別種, また打つ, また稍異つた意味, また話, また違, また違つた意味, また違つた細胞, まったくちがった, まったくべつ, まったく別, まったく別に敗戦, まったく手ざわり, まったく異なる, まったく関, まったく関係, まったく関連, まつたく別, まつたく反, まるでち, まるでちがった, まるでべつ, まるで別, まるで反, まるで声, まるで変っ, まるで大, まるで意味, まるで方角, まるで無関係, まるで異, まるで違った, みえないほど, みな逆に, むしろ対蹠的, よほど似た, よほど立場, わかりましょう, ウラハラに, チョットちがった, ハッキリと, 一つ対象では, 一応無関係, 一緒で, 一致しない, 事かわります, 事が, 事情が, 事情を, 云わずに, 云わず些細, 云わない, 云わなかったけれ共, 人が, 似も, 似寄りの, 何が, 余りちがいすぎる, 余程種類, 余程要領, 全くあべこべ, 全くこと違つて, 全くちがわなけれ, 全く両立, 全く共通, 全く対蹠的, 全く性質, 全く没交渉, 全く無縁, 全く無関係, 全く異なっ, 全く異なった, 全く異質, 全く秩序, 全く線, 全く話, 全く調子, 全く趣, 全く逆, 全く違いまし, 全く違っ, 全く違つた心持, 全く関繋, 全く面目, 全然個々独立, 全然心持, 全然性質, 全然性質のち, 全然意味, 全然逆, 全然違う, 全然違つた意味, 内容は, 凡そうらはら, 凡そ反対, 凡そ対蹠的, 分からぬであろう, 分りませんが, 切り離して, 判りかねたと, 別で, 別です, 別にここ, 別にこれ, 別にそこ, 別にちょっと妙, 別になにか胸, 別にね, 別にひとつ, 別にまた, 別にもつ, 別にやっぱり面白い, 別にわたし, 別にクイ, 別にゼイゼイ, 別に一つ, 別に一寸, 別に一郎, 別に今, 別に作者, 別に内藤長十郎殉死, 別に又, 別に大阪, 別に家事, 別に小塚原, 別に息子, 別に気分, 別に演劇そのもの, 別に烏啼, 別に現代, 別に當局, 別に眩しい, 別に矢代, 別に神様, 別に科学, 別に純文学, 別に能登守, 別に自分, 別に野原, 別に間違い, 別に首領, 別に魔物, 別人の, 別個に, 別種の, 別角の, 到底較べ, 区別し, 區別される, 又ちがっ, 又違った, 反対じゃ, 反対だった, 反対でござる, 反対でした, 反対でなけれ, 口に, 可なり独立, 同じからず, 同じ肉体, 同情せず, 同日に, 告白ける, 味方の, 喰い違って, 変った清い, 変って, 変わって, 多少ちがった, 夢にも, 大いに違う, 大分違つてゐる, 大部違っ, 始終会う, 存じませず失礼, 学生時分の, 定かに, 察して, 寧ろ反対, 対置された, 少しく違います, 少しちがった, 少しどうも呼吸, 少し別, 少し異, 少し話, 少し趣, 少し違, 少し違います, 少し違っ, 少し離れ, 張飛も, 強度を, 御打ち明けなすった, 心に, 心付かれぬよう, 心持に, 思いましたが, 思いも, 思い寄らず一, 思って, 思ふが, 思われない, 性質が, 恐ろしく異なった, 想像も, 意も, 意味の, 意味を, 感情において, 或は意味, 截然と, 方角の, 方面を, 日頃仲が, 時の, 根本において, 極めて, 様子の, 様式の, 正反対でありました, 正反対でなけれ, 正反対な, 正反對, 死体の, 殆ど區別が, 殆ど気も, 段違ひ, 比べものには, 比べ物に, 比較が, 気が, 気がつかないでに, 気がつかないので, 気がつかないもの, 気がつかぬらしくその, 気がつかぬ始末, 気が付かれずに, 気づかなかったろうが, 気づきません, 気の, 気付かずただただ, 氣づい, 氣附かず, 求めるもの, 没交渉に, 没交渉の, 無けれど, 無しに, 無縁の, 無関係であった, 無関係な, 無関係の, 独立にも, 現わ, 理解しあう, 甚だ違つた派生, 異う, 異つたニュアンス, 異つて餘程發達, 異なったもの, 異なった分類, 異なつて, 異なり主として, 異なり真に, 異なる物, 異ふ, 異る, 異質の, 発信人が, 直接の, 直角に, 相反な, 相反れた, 相違し, 真実似, 知って, 知らずいくら, 知らずいつも, 知らずお, 知らずこんな, 知らずして, 知らずニセ, 知らず一旦, 知らず以來兵隊, 知らず偽, 知らず其路, 知らず別, 知らず声, 知らず失礼, 知らず嬉々, 知らず弥, 知らず掛声諸共鼓, 知らず毒ガス, 知らず父, 知らず道庵先生, 知らず鐚, 知らず門, 知らず飛んだ御, 知らず駒井甚三郎, 知らず鰡八大尽, 知らないで, 知らない二人, 知らない二人づれ, 知らなかったよ, 知らなかった口惜しい, 知らなん, 知らぬ客間, 知らぬ従者役, 知らぬ御, 知らぬ番僧ども, 知らぬ警官たち, 知らねえでおま, 知りながら, 知りません, 知れなかったのみか, 確かに, 確に, 科違う, 秩序, 稍ちがった, 究極は, 等価値では, 縁の, 義貞も, 考え方が, 自か, 自ら径庭が, 自然気あいの, 著き風采, 著しく異, 著しく異っ, 行きちがいに, 裏は, 見えが, 見えがたく, 見えざるべき水, 見えぬ高等内侍, 見なかった, 見ま, 見分けられねど, 解らないけれど, 言は, 言わずに, 言わない, 言わなかっただろうけれど, 言わぬが, 言わんが, 訝ぶから, 語らないが, 趣の, 趣を, 距り, 逆で, 違いこそ, 違いこの, 違い長, 違い黒き, 違うかな, 違うじゃ, 違うて, 違うであろう菊池寛氏, 違うでしょう, 違うと, 違うもの, 違うよ, 違う別, 違う大義, 違う日, 違う歓び, 違う長く, 違った乙, 違った傾向, 違った勝沼, 違った反対, 違った意味, 違った感情, 違った智恵そのもの, 違った暮し, 違った未来, 違った種類, 違った色, 違った見地, 違った見解, 違つた, 違つたある, 違つたもつ, 違つてまた, 違つてイワンの, 違つて今度は, 違つて地方から, 違つて地球の, 違つて夜寐られない, 違つて常子は, 違つて玉の, 違つて美しい, 違つて非常に, 違つて黙, 遥かに, 酷似した, 関係は, 離れたもの, 離れた場所, 離れて, 露知らずさんざん, 非常な, 餘程落ち着い, 餘程趣を, 驚くべきへだたりが

▼ それなら~ (1003, 0.3%)

3127 ば私 20 ばお, ばその 17 ばなぜ 14 ばこの 13 ば何故 12 ばどう 8 ばそれ, ば今, ば何 7 ばさ, ば僕 6 ばあの, ばいい, ばと云っ 5 ばそういう, ばといっ, ばよい, ば彼, ば自分

4 [11件] ばいっそ, ばという, ばなお, ばまだしも, ばもう, ばもっと, ばわざわざ, ばわたし, ばわれわれ, ば君, ば猶

3 [17件] それでもいい, といっ, ばいっ, ばこっち, ばどういう, ばどこ, ばまだ, ばむしろ, ば今夜, ば俺, ば別に, ば安心, ば少なくとも, ば御, ば我々, ば早く, ば誰

2 [71件] それでいい, それでお, それでおれ, それでその, それで可, という, といふ, と云っ, ばあなた, ばあんな, ばお前さん, ばお話し, ばこういう, ばこうした, ばこそ私, ばこちら, ばこの間, ばこれから, ばせめて, ばそう, ばそれで, ばそれら, ばただ, ばちょうど, ばといツ, ばなおさら, ばふたり, ばまた, ばもう少し, ばよく, ばよし, ばわれ, ば一つ, ば一体, ば七円丈, ば仕方, ば元, ば充分, ば力, ば単に, ば原詩, ば可, ば吉之助ひとり, ば喧嘩道具, ば大, ば大変格安, ば太田, ば娘, ば尚更, ば必ず, ば改めて, ば文学, ば易者, ば次, ば此, ば演劇, ば無意味, ば父, ば現実, ば生存, ば益々, ば神酒, ば結構, ば脈, ば至極同感, ば若い, ば要するに, ば試し, ば誠に, ば騒がず, も早

1 [531件 抜粋] そうと, それだけにせめて, それでい, それでそれ, それでちゃんと, それでなぜもう少し, それでなぜもっと, それでなんとか, それではっきりそう, それでもう, それでもう一度, それでもう少し, それでもよい, それでもよろしい, それでよう, それでよろしい, それで今日, それで僕, それで少く, それで支那, それで良人, それで裁判医, それで身内, それで陳蕃, それとなぜ, それとはっきり, ただもう, ただ監視, ちょっとだけ, といつ, とす, とそのまま, と上田広, と云つて, と云われる, と参木, と又, と反転, と手, と言う, と話し合っ, なぜお, ばあくまで, ばあたし, ばあっさり, ばあまり, ばあらゆる, ばあれ, ばいさぎよく, ばいっしょ, ばいったい, ばいつたい, ばいつも, ばいよいよ, ばうれしい, ばおまえ, ばお前, ばお断り, ばお話, ばかえって, ばかつて, ばきっと, ばきょう, ばくま, ばくよくよ, ばけっしてもう, ばこう, ばこうして, ばこそおま, ばこそ一つ, ばこれ程, ばこれ等, ばこんなに, ばさしあたり, ばしかじ, ばすこし, ばすなわち, ばそれぞれ, ばそれだけ, ばそれと, ばたくさん, ばたしかに, ばたった今, ばたとえ, ばたま, ばだいじょうぶ, ばちと, ばちよ, ばできる, ばとうに, ばとがめる, ばとけろり聞きのがす, ばとこちら, ばとこの, ばとその, ばとトランク, ばと云う, ばと僕たち, ばと光代, ばと兎, ばと出, ばと半月, ばと喜ん, ばと塩田大尉, ばと嬢, ばと彼女, ばと思い, ばと思う, ばと思った, ばと新しい, ばと本腰, ばと申しまし, ばと腰の物, ばと膝, ばと言う, ばと食頃, ばどうして, ばどうして刻々, ばどの, ばなおのこと, ばなぜすぐ, ばなるべく, ばなん, ばのんき, ばはじめ, ばはるばる, ばひとつ生捕り, ばひとり, ばほか, ばほん, ばぼく, ばま, ばまあ, ばまず, ばまだいくらか, ばまだまだ, ばもうちゃんと, ばもしや, ばもはや, ばやはり, ばよ, ばよう, ばよろしい, ばわざ, ばアカデミー化, ばイヨイヨ大丈夫, ばウソ, ばエーテル, ばカント, ばクラン・マッキンタイア号, ばコチラ, ばシェクスピア, ばドライアイス, ばヒットラー, ばフリッシュアイゼン・ケーラー, ばブリュンチュリイ, ばプロレタリア作家, ばプロレタリア文学, ばペン, ばポー博士, ばミダレドモ, ばモウ今朝, ばルノアル, ば一つ手紙, ば一九四九年, ば一命, ば一度よく, ば一時, ば一緒, ば一葉自身, ば丁度, ば七七, ば上演禁止, ば不, ば不思議, ば世人, ば両国, ば両親, ば主軸, ば乃公, ば予, ば争い, ば二, ば二人, ば二十一年, ば互いに, ば人, ば人間, ば今一つ, ば今回, ば今夜ゆ, ば今後, ば今日, ば今日生徒, ば仏教, ば他, ば代官所, ば仮に, ば伸子自身, ば何とか, ば何ゆえ, ば何処, ば余儀ない, ば余計, ば作品, ば作者, ば併, ば俳優, ば個人, ば優れた, ば儲かる, ば元々, ば充実, ば先刻, ば党, ば全く, ば全然, ば公衆, ば其の, ば其品, ば内, ば凍上, ば凍土, ば切り離した, ば前, ば前もって, ば助け, ば助監督, ば労働者, ば十六歳, ば十四挺, ば十月五日, ば博士, ば却って, ば又, ば収穫, ば取りかえし, ば台所, ば同じ, ば同じく, ば吾人, ば呉服橋御門内, ば周囲, ば哲学上, ば哲學, ば唱える, ば問題, ば喜美子, ば土地, ば土門, ば城中, ば堂守, ば売った, ば外国文学, ば外国物, ば外套, ば多分, ば夢, ば大事, ば大友, ば大島先生, ば大抵こころ当り, ば大概, ば大衆, ば天下, ば天然, ば太鼓, ば妻女, ば始め, ば安二郎, ば安堵, ば安直, ば実験, ば実験室, ば家, ば密会, ば富田夫人, ば寧ろ, ば将来, ば尋ねる, ば小振り, ば小説, ば少年少女, ば尚, ば山道三里半, ば崩れ, ば工夫, ば工業, ば差支, ば己, ば巴里ッ子, ば帰り際, ば帰る, ば幾らか, ば強い, ば当分, ば彼ら, ば彼等, ば彼自身, ば後, ば復讐禁止令, ば心理学的, ば必ずしも, ば思い立った, ば怪我, ば恋愛, ば恋愛結婚, ば悩んだ, ば情涙, ば意志, ば成, ば我, ば或, ば或いは, ば戯曲, ば打明ける, ば承りました, ば技術的, ば折角, ば搗き, ば教え, ば文句, ば文字, ば料理屋, ば新, ば新しい, ば新劇, ば新劇協会, ば日光, ば日本, ば旦那さま, ば明らか, ば明日, ば明日出立, ば映画製作, ば春子さん, ば是, ば是非, ば暗い, ば更に, ば書い, ば書きすて, ば書ける, ば書物, ば最, ば最初家出, ば最大遺物, ば本場, ば本気, ば机, ば杉浦, ば材料, ば桂子, ば案内, ば森木国松, ば楽, ば欧羅巴, ば欲しい, ば歌子, ば止む, ば止めたら, ば正々堂々, ば武人化, ば殺し, ば殿, ば殿様, ば比, ば毛唐, ば気, ば気温, ば氣, ば泉先生, ば泣き面, ば流派, ば浪漫的演出, ば海蛇, ば海螢, ば消え, ば港町四丁目, ば澄子, ば無鉄砲, ば焦燥, ば焼い, ば爪先, ば爲方, ば片, ば物, ば物事すべて, ば特に, ば犯人, ば犯罪型, ば独り, ば猫女, ば現, ば現代, ば現在, ば生活そのもの, ば生物, ば申します, ば申し上げます, ば申し上げる, ば申上, ば男女, ば男子一生, ば百合, ば皆出來, ば目, ば直, ば直ちに, ば相, ば看護婦, ば知識社会学, ば社会, ば社会政策的, ば祝詞, ば神, ば私たち, ば私ども, ば私みたい, ば私自身, ば科学, ば秘策, ば積算温度計, ば空間, ば窮屈, ば第, ば答, ば米, ば約定, ば純粋, ば素人, ば紫御殿, ば結句, ば結婚, ば美沢, ば翁, ば考え, ば聞こえぬ, ば胡, ば腹, ば至当, ば興行者, ば舞台的伝統, ば茶, ば行燈, ば視覚, ば観念, ば討たれ, ば話, ば話す, ば説い, ば論者, ば警察, ば財政, ば貴様, ば起き, ば足, ば足跡, ば身分相応, ば身請, ば途中, ば進ん, ば遊山かたがた参詣, ば過, ば過去, ば道子, ば適当, ば野田, ば金儲け, ば金持ち, ば鎮魂祭, ば長与善郎氏, ば隆吉, ば難, ば露西亜, ば青年男女, ば面倒, ば靴, ば風流, ば食事, ば駒, ば高木さん, ば髪の毛, ば鵜, またそれ, また手段, また次, まだちゃんと残っ, ものの聞きわけ, んと, 一体どんな, 一層の, 何故もつ, 何故妖怪, 又吏道, 四人です, 家宝として, 当然な, 果して何處, 間違いは

▼ それからは~ (928, 0.2%)

7 私は 6 何も 5 もう何, 心を, 私の, 私も 4 毎日の, 毎晩の 3 一日に, 妙に, 火を, 自分の, 誰も

2 [46件] いつでも, いつもその, いろいろな, きもの, だんだん頭, どうした, べつだんの, ほんとうに, まいに, まい晩, もうこの, もうだれ, もうほんとう, もう毎日毎日子供ら, もう滅茶苦茶, もう無我夢中, もっといい, 一度も, 三日に, 二人とも, 仏と, 何の, 何を, 何事も, 例の, 外へ, 夢中で, 平次の, 年の, 床に, 彼女の, 御恩返し, 急ぎ足に, 急に, 数学の, 日に, 昏, 毎日, 毎晩店を, 狐拳の, 由良は, 私を, 良からぬ, 蜘蛛は, 足の, 逆に

1 [780件 抜粋] あたくし, あなたが, あなた私が, あまり話も, あんた方, あんまり彼等, あ船, いくらか怠け, いくらでも話, いくら村の, いくら盃, いずれの, いっそう心, いつまで, いつもと, いつもの, いつ出動命令, いやに, いよいよこれ, いろんなこと, え, おちついて, おとなしくなっ, お仏間, お仙が, お姫さまは, お定まり, お父さんの, お玉は, かなり注意, ここを, こちらから, このビルジング, この下男, この山, この島ワサビ, この村, この片岸村, この私, この老, この若者, さらにりんり, すぐ水際, すこぶる自由, すっかり信用, すっかり水木, すもうの, すらすらと, ずっとそのままでした, ずっとのどか, ずっと労働者街, ずっと金, ずらりと吉川町, せっせと学校, そこを, その井戸, その人, その傷, その女, その島屋, その最初, その気持, その風, それからは, たえず窓, ただ夕陽, たとえそれ, だれも, だんだんわるく, ちつとも, ちょいちょい遊び, ついに風, ついまどろみ, ときどきその, ときどき家, とんとん拍子で, どうしても一人, どうしても寝つかれない, どうなるだろう, どうもよくありませんでした, どこの, どこへも, どん, どんどん流れ, どんなに掘, どんな事, なおさら津村家, なほも, なりも, なるべくその, なるべく自分, なんだかおそろしく, ぬけ殻の, のべつ女, ひつそりとして, ふしぎな, ふっつりと, へんに, ぼくに, まいど, まことに単調, ますます途絶え, まず小石川, また元, また動き, また流浪, また特別, まだお, まだしばらく興奮, まったく一行, まったく義家, まるで三日, みずから鉱夫どもを, みんなで, めちゃめちゃだった, めったにそんな, もうずっと親, もうなんらの, もうぴたりと, もうますますあわて, もうむちゅうになって, もう一切, もう一座, もう不思議, もう中畑さん, もう位牌田, もう全く狂気, もう四年, もう変りません, もう夕方, もう屋敷, もう彼, もう手紙, もう朝, もう為朝, もう町, もう白い, もう筒袖, もう職, もう錯乱, もう闇, もう默つて藥, もっぱら玄徳, もっぱら詩, やけに速足, やはり一日, ややもすれば坐り直し, やや焦点, よく木, よく眠ったらしい, わけは, わたくしの, わたしの, ウイリイは, ガチョウに, ケロツとして, サッパリ手紙も, ジャックの, ズット流動物に, チャーミングさんの, トントン拍子何しろ, ナオミは, ニュースを, ニールスの, ハムーチャの, パツタリ来なく, ブールトンという, ポケットに, モオリスさんの, ヨハンネスを, 一ことも, 一人でなく, 一人でなくっ, 一層その, 一層何とかし, 一擧に, 一日々, 一日じゅうそこを, 一日も, 一日一刻も, 一様に, 一直線に, 一行の, 一言も, 一週間ほど, 万事順調に, 三人いっしょに, 三人だけが, 下の, 下馬し, 不平の, 世半井氏が, 中に, 中佐が, 主人の, 久助君が, 乳母を, 予言する, 二ワットの, 二人の, 二度と姿, 二羽とも, 二羽に, 五徳から, 交通が, 人形遊びを, 人様の, 人目を, 人間の, 仕方が, 代々触, 仲, 住むこと, 佐吉が, 何だか画家, 何もかも他, 何んにも, 何処か, 何時も手帳, 余り口を, 余り語る, 來ない, 信さんの, 値段が, 偉い方々, 傭船の, 僕が, 僕は, 元気が, 充分気, 先夜そのまま, 先方も, 光と, 入りみだれて, 全く動かなかった, 全然目, 全然針, 兩人とも, 八の, 八日十日十二日と, 公然と, 兵馬の, 出かける勇氣, 出なかった, 別な, 別に, 刻々の, 前と, 力が, 助読, 努力した, 千九百七十年五月一日が, 半島の, 単に三, 単調な, 却って立場, 却って重く, 又鉾, 双方対陣した, 呑む打つで, 嗅がれた, 囈言を, 固く釘, 土で, 地図と, 地牢の, 声を, 多くこの, 多く肇, 多少言葉使ひも, 夜も, 夢うつつの, 夢心地で, 大ゐ, 大人しく何, 大急ぎで, 天下無双の, 天氣さへ, 失心状態でも, 奇妙にも, 女という, 女中の, 好みを, 始終のべつ幕, 始終夫人, 子供が, 学校の, 宛然人魂の, 室内を, 家で, 家人の, 家続きで, 寄宿舎へは, 富士の, 専ら松年先生, 専ら業務用, 尋常に, 小さい字引, 小山とは, 小父さん, 小突起, 少し慎, 少し調子, 屡々会社, 山路が, 岡田は, 岸と, 巌根こご, 川に, 巫女と, 平凡な, 幾度も, 広い並木道, 廊下が, 引出し得ないの, 当分牢やの, 得られない, 御門前から, 微風つづき, 心にも, 忍び足も, 思いついた以外, 急転直下で, 懲りて, 我が軍, 手に, 手習を, 折々此儘伯林, 改めて見なおす, 故郷に, 文福茶がまの, 新開町が, 日々出席し, 日が, 旧家の, 明らさまに, 明治天皇は, 春満との, 昨夜の, 時々寒い, 時々庭, 時折喧嘩なさる, 普通の, 暫く南, 最前仕立て, 最徐行, 朝鮮語で, 木之, 未曾有の, 本や, 机で, 村へ, 来る日, 松山の, 果していつも水, 柏木の, 柱は, 桟道ごとに, 極めてひっそりと, 機銃を, 次第に出, 次第に減衰, 歌曲は, 正確な, 歩いても, 殆ど毎日註文, 殴る打つ蹴るで瀕死, 母親か, 毎夕切り屑を, 毎夜, 毎年やってきた, 毎日ああ, 毎日お手玉を, 毎日け, 毎日その, 毎日トランプを, 毎日一郎君の, 毎日五分ぐらゐづつ間違ひなく, 毎日女の, 毎日歌を, 毎日気を, 毎日私が, 毎晩おなじ, 毎晩平助の, 毎朝新しい, 気に, 気の, 気を, 気違いみたいに, 決してお, 決口が, 注射が, 流に, 流れに従って, 渋江の, 湯島と, 滅多に, 濁酒の, 無暗, 煙を, 父と, 独り演劇泡を, 独身で, 猛烈に, 猶更以, 獨で, 王子を, 琴の, 生きんが, 町内の, 異様に, 畳を, 病人の, 白い砂浜, 白い雪, 白ガチョウが, 皆えらい, 皆青田で, 益々甲高く, 盲目でも, 相手は, 眼を, 知りませんよ, 石を, 社内で, 秀吉公が, 私たちは, 私と, 竹の, 符牒でしょう, 細かい銀器, 細面の, 続け様に, 編輯長が, 耳長さんは, 腑抜けにでも, 腰が, 自ら先に, 自分で, 自斎, 自然に, 至って順調, 色々母, 花が, 茅萱の, 荒れるまま, 蓆を, 薫の, 行方不明に, 裁縫ばかりを, 見えない眼, 見て, 見ものだった, 覚えて, 親が, 親房, 親方は, 言葉少なに, 話しも, 話に, 誠に親切, 誤訳者と, 諦めて, 謂ばば薄紙を, 警報が, 赤ン坊から, 路を, 身体が, 身体の, 轉が, 近路, 追求又, 運動の, 郡兵衛の, 部屋の, 酒酒酒, 金太郎は, 金輪際離れない, 長い旅, 長い苦闘生活, 長い間誰, 長く葭町, 障子を, 雇い人にも, 電燈を, 霎時遠ざか, 静養に, 順調に, 頗る慇懃, 飲む打つ買うの三道楽, 飽きて, 馬に, 騎虎の, 高い絶壁, 鬼が, 魂は, 鳥箱先生と, 鳶肩長身傲骨稜々たる, 黒っぽい色, 黙ったまま父娘

▼ それ~ (862, 0.2%)

116 これや 39 これやで 11 そうだ 7 わかつ 6 駄目だ 5 いかん, これやに 4 これやも, わかつて, 僕も, 君の 3 いけませんね, かまは, これで, しかたが, どうも, まあさう, 何かの, 僕が, 無理だ

2 [43件] ある, あんたの, お前の, こそ, これの, そうさ, そうだろう, そうです, その筈, だつて, できないこと, と全, どういふ, どんなこ, なんの, ね決める, まあ君, むろん, よかった, よかつ, アお, アさう, 不可, 仕方が, 何も, 何んだ, 僕に, 僕の, 出来ません, 可哀想だ, 可哀想です, 君が, 君のは, 大變, 好い方, 昌作さんが, 有難う御座います, 本當, 無理も, 知己だ, 苦しんで, 評判が, 面白い

1 [544件 抜粋] ああいふ, あすこには, あそこなら, あた, あたしだつ, あたしに, あたり前さ今夜だって, あなたの, あなたは, あなたも, あなた次第よ, あの女, あの役, あぶないもの, あまり不人情だろう, ありがたいな, ありました, ありますまい, あるしかし, あるだらうけど, あるには, あるわ, あんたとは, あんたは, あんたわかり, あんた不義ぢや, あんた知れきっ, あんまり面白, い, いいけど, いいけどさ, いいです, いいな, いいわ, いかんな, いかんグウグウ寝, いくらあんた, いくら悪口, いけませんですはい, いざつて, いつたいどう, いつたいどういう, いつの, いつも熱心, いぶかしいな, いやな, いるだろう, いろいろあるだ, いろいろだ, いろんな意地, いろんな点, いわずと, えらいもん, おかしいのよ, おかしい事, おまい, おめ, おもしろい, おもしろいわ, おれが, おれも, お上手, お互に, お前さんたちが, お前に, お前は, お困りでしよう, お急ぎ, お母さんあの, お疲れ, お経, お辛う, お門違いだろ, お髭, かかる, かかるでしょう, かたづけるまでの, かとても, かまひ, かまひません, かやと, から倍, から呑気, かわいそうなこった, がな, きッかけ, こうしてはおられん, ここほど, こそ忠文, このへん, この俊基, これ, これせがれどもの, これは, こればかり, これも, これを, これ彼と, これ思い合せる, これ思う, これ鎌倉こそは, こんなもの, こんな事, ご無理, ご自慢, ご苦労でした, さう, さうさ, さうで, さうです, さかいどうして, さかい誰, さも, しばらくならし, しようがない, し何せ, するさ, ずいぶん盛ん, ずいぶん見もの, せいせいし, ぜひ行く, そういうこと, そうかも, そうした絆, そうじゃろ, そうでしょう, そうね, そこは, そのはず, それに, それより, そんなに日本人, そんな気, たいしたものぢ, たいしたもん, たしかに, たしかにそうだ, だめな, だれだ, だれでも, ちょうどよい, ちよつと, っ子の, つてゐ, つまりませんわ, つまりもう, つまり公儀への, つまるところそう, で, どういうこと, どうかと, どうして学校出, どうする, どうせ受身, どうもお世話様, どうもだ, どこから, どこだ, どっちも, どんな想像, なによ, なのに, なるさ, なんでも, なんともわかりませんです, ね男, のにこの, のにそこ, の騒ぎ, はた夏, はつきりした, ひく手, ひやひやするだろう, ぶしつけだわ, へまを, へんに, ほんとだ, まああなた, まああんた, まあい, まあさうさ, まあその, まあそれ, まあたしかに宗教的, まあどうでも, まあどこ, まあゆ, まあ今, まあ帰る, まあ構, まあ泰平郷建設事務, まあ祖母さん, まあ結構ぢ, まさか迷子, またどう, また大変, また話, まったくここ, むづかしいもんよ, むろん行く, もうあたし, もうご, もう変, もう定, もう山内さん, もう革命, もう駄目, もって, もんの, やむを得ないこと, ややこしいん, よく分ってる, よく気がついた, よって, よってじゃ, よって二人, わかってるわ, わからないけど, わからん, わからんでしよう, わかるさ, わけも, わしに, わしの, わたしたちで, われわれの, ゐると, アあし男くんの, アこの, アそうよ, アそれお, アなんぼ老人の, アひどい, アもう, ア一文ずつ, ア区別が, ア君の, ア實際です, ア承知を, ア書きかけ, ア誰だって, コルシカ島民だ, トム公という, ピエールさんは, ブルジョアか, ポプラの, マア祖母さんが, マーチ夫人の, ムダじゃ, モウ山内さんなんぞは, 一体どう, 一体なんの, 一体誰, 一體何で, 上品で, 下さるわ, 不思議な, 不思議は, 不自由な, 世の中には, 世間では, 久しぶり大蔵も, 予定が, 二週間でも, 云はれなく, 人によ, 人の, 人各々得意あり, 今とは, 他人事, 仰っしゃるまでもございませぬが, 仲が, 伯爵は, 伸びるだろう, 伺つては, 伺ふには, 体には, 何し, 何より聞きたい, 何んの, 何ンだ, 余りな, 借金が, 偶には, 偽大納言, 僕ぐらゐなものかも知れません, 僕だって, 僕には, 僕にや, 優しいん, 元気は, 元気よ, 兄が, 兄さまご, 先生こちと, 先生は, 先生みたいな, 先生詭弁です, 全くだった, 公式の, 兵学家の, 処がね, 出来ませんとも, 分らないわ, 分らぬ, 分らんよ, 分る, 分るはず, 別れても, 勝手だ, 勿論あなた, 卑怯だ, 危い, 参木君ならず, 参木君も, 参観人の, 又精, 双方の, 取って, 可哀そうだつた, 可愛想, 吊し上げる, 同じ所, 向うに, 君どういう, 君に, 君には, 君は, 君余計な, 君少し, 君帰った, 君社会主義の, 君考えなく, 周囲の, 喜んで, 喧嘩し, 嘘らしくない, 困ったの, 困るだらうな, 外国語を, 夢で, 大きいさ, 大きな森, 大した内助, 大なり小, 大丈夫, 大事さ, 大変なのぼせ, 大変よ, 好きな, 好都合だった, 妙に, 妙案, 姉さんは, 姑息な, 委員の, 嫉妬を, 安心だ, 少し気の毒, 左うに違ひない, 己惚よ, 市河三喜さんの, 幸福でない, 弱ったけれど, 強硬な, 当然じゃ, 役に立ったさ, 御災難, 御苦労な, 必要よ, 怪しい, 悪いやつ, 悪い分別, 悪党にだって, 惜しい, 惜しいが, 感心し, 手紙では, 拙者に, 拙者も, 拠ない, 日本の, 旦那の, 旨いな, 早川さんの, 早速調べさせ, 明日で, 映画通な, 是やを, 是非とも僕, 景色も, 暮しに, 本当にやる, 来るなら来ても, 来るね, 栄養価と, 校長先生より, 欲しくて, 歌に, 此の, 此やと, 此れや, 殊勝な, 母さん自分に, 気が, 気味が, 水滸の, 汚いどころ, 河原の, 泣いてよ, 浅からぬ, 消えて, 火が, 無理です, 無理よ, 無論でございます, 牢番と, 狸, 珍らしい, 男の, 登るだろう, 百合さんか, 真似が, 真剣に, 真面目だ, 眼の, 着換へて, 知って, 知つ, 知らないこと, 知りたいわ, 神仏の, 私さ, 私の, 私んだ, 立派な, 立身する, 米英流の, 結構は, 老人は, 耳寄りな, 聞いた, 聞かなかつた, 聞きたい, 自分で, 自分でも, 自家の, 興奮の, 良いもの, 良かった, 色々もっ, 芳公が, 若い, 若僧の, 苦しいでしょう, 蛤ぢや, 複雑な, 褒めるだろううまく, 西郷さん余りに, 見たかったな, 見てる, 見栄坊な, 親戚づきあいで, 親父の, 言い抜けぞ, 言えないさ, 言ふまで, 詭弁だ, 読みたいどころぢ, 誰だって, 論理かも, 象だ, 貫ちやんは, 賛成だ, 足利に, 足助村の, 路傍の, 身体から, 迚も, 造作も, 違いますよ, 違ふわ, 酷い, 長い間, 間違ひだ, 降るに, 随分沢山要る, 随分珍, 隣組の, 青光り, 面白いです, 面白いな, 餘程の, 馬鹿な, 駄目な, 驚いたからさ, 驚きましたですよ, 高度次第だらう, 黄金の, 龍耳老人は

▼ それだけで~ (832, 0.2%)

9 私は 8 あつた 6 い, 一つの, 独立した 5 自分の 4 つきるの, 僕は, 十分な, 彼には, 済めば

3 [19件] たくさんな, もう充分, もう十分, もう自分, 何か, 何の, 充分だ, 充分だった, 充分な, 別れて, 十分に, 彼は, 或る, 止せば, 満足が, 満足し, 私には, 立派に, 終って

2 [46件] あとは, たいしたこと, たくさんだ, もう世の中, もう元々涙, もう沢山, もう誰彼, もって, ゆるして, よろしゅうございます, 丁度三件, 三時間位はか, 事は, 何事も, 価値を, 充分である, 充分です, 充分に, 全部であった, 別れた, 十分, 博士を, 左右に, 彼の, 彼らの, 彼女の, 心の, 本望な, 止んで, 沢山じゃ, 沢山だ, 河童は, 済まして, 済むこと, 満足です, 滿足し, 独立し, 独立の, 生活は, 病気が, 私の, 立派な, 箸を, 自由主義の, 訝しいと, 非常に

1 [623件 抜粋] あのよう, あの方, あらう, いまの, いわゆる旧, おこった地名, おしまいだった, おたよ, おわったの, おわるもの, お仕舞, お仙は, お前の, お君, お座ろう, げすか, こういう句, こちらに, こぢれた, この土人, この狭い, この研究, この計画, こんなにま, ござりました, ごぜます, しまいになった, すっかり彼女, すっかり気, すでに, すでにいい, すでにおろおろし, すでにほんとう, すでに実在, すでに恐るべき, すでに汚い, すでに自分, すでに非常, すべてを, すまされること, すむこと, すむ事, すんだの, そのこと, その任務, その日, その男, それも, たいした度胸, たいへんな, たいへん幸福, たくさんじゃ, たくさんです, たくさんでは, たちまちムッと, たのしい思ひ, だいじょうぶかしら, つきる, てれたり, とると, なしに, なほ問題は, なり立って, なんとなく胸さ, はたと留った, ひとつの, ほとんどつき, ほとんど一般的尊敬, まいって, まことにゆつ, まず圧倒, またも無言, もういい, もうお婆さん, もうぎっしりで, もうぐんと尊敬, もうただならぬ, もうどの, もうひい, もうほか, もうわれわれ, もう一種独特, もう中畑さん, もう今日泊つて, もう何, もう何もかも満足, もう何百日, もう僕, もう別, もう圓朝, もう圧倒, もう大抵, もう女, もう少年, もう幸福, もう彼, もう彼女, もう心, もう息, もう恵まれた, もう日常生活, もう明瞭, もう暗, もう本当, もう気, もう洩らし, もう浪岡, もう満足, もう痛み, もう目, もう相手, もう確, もう素晴らしい, もう葉子, もう許された, もう頭, もつて, やまずに, やめた, よささうな, よろしいの, よろしい城内, よろしかろう, よろしゅうございました, わたくしたちは, わたくしは, アウフクレールングの, アダムが, アンナには, オレは, カタを, ガンバッて, クリストフの, ゲームが, ジョリクールと, タクサンだ, ナニする, プツンと, ヘト, ヘトヘトだ, 一かたまりを, 一パイな, 一万両か, 一万磅の, 一册の, 一切合切だった, 一同取留めた, 一層懐かしい, 一年分を, 一応この, 一應この, 一種の, 一般の, 一食すませる, 万上の, 万事だめに, 三十円ばかり, 下宿の, 世界を, 中止した, 予算は, 二人共黙り込ん, 二十年間三河屋の, 二尺餘り, 云ふなら, 五十名近くに, 人を, 人心を, 人目に, 人間は, 仁と, 今日の, 今日は, 今日も, 今日を, 仏教美術が, 仕事を, 他の, 伊八と, 伸子と, 何も, 何処か, 何等の, 俳劇は, 俺は, 兄の, 充分この, 充分さらりと, 充分で, 充分であっ, 充分よ, 充分大, 充分満足, 充分私, 光彩陸離たる, 全体だ, 全通し, 兩君から, 凹んでは, 出すもの, 分かって, 分らなかったら女, 切り離されて, 切り離されてを, 初めであり, 判断される, 別条も, 前大使, 動物園の, 勢が, 十分さ私も, 十分じゃ, 十分その, 十分だった, 十分である, 十分とは, 十分人を, 十分報いられ, 十分消極的に, 十分満足した, 十分満足する, 午前いっぱいかかった, 単調で, 危険は, 厭世思想に, 可哀そうな, 名人には, 名優には, 君は, 君達は, 善良と, 器を, 土は, 基経に, 壱円あまり, 大したこと, 大した気分ぢ, 大へん有利, 大分時間が, 大変な, 大學, 大方見, 大衆は, 天に対しても, 夫を, 女の, 女を, 好い, 好い心持, 妄に, 嬉しくなっ, 子供は, 存在の, 学術上の, 宇野を, 安心する, 安心は, 安心を, 完全に, 宗久の, 官僚という, 実費一文かな, 家の, 小説とは, 小説に, 少しも, 尽きるはず, 山間の, 岸田を, 工藝は, 差支えないこと, 帰って, 帰りがけじゃ, 帰るつもり, 帰る筈, 帰郷の, 幸福な, 幾島には, 建つ家, 引きさ, 引き立つの, 引下る, 引揚げる, 彼らは, 彼女に, 彼女らは, 彼等の, 得意でなけれ, 御簾の, 心が, 忘れて, 思ひが, 恋愛物語を, 恐ろしい程, 息も, 意味が, 意義の, 意義や, 我々は, 手も, 手を, 抜き書きの, 押し通して, 捏ねて, 支えて, 教育の, 敬語と, 文化的役割は, 文化部の, 文学的な, 新興武士階級の, 既にジルノルマン氏, 既に三百枚, 既に今日, 既に備, 既に大した, 既に立派, 既に許すべからざる, 日々の, 日本の, 是非を, 時とともに, 普く人生, 暴威を, 月評の, 本当に真, 本望だ, 本望よ, 札幌は, 来るはず, 東京全体が, 枯蘆の, 様々な, 機械的に, 止す積りの, 止めた, 止んだ, 正勝は, 此の, 此処の, 歴史的なる, 歸つていつた, 歸りました, 死ぬの, 死んだという, 死んだの, 死んで, 母親の, 民族の, 気違いみたいに, 決まる, 決定的な, 沢山である, 沢山です, 油断を, 油斷を, 法律現象を, 法水の, 泡の, 海上の, 涼味の, 深い仲間, 済ませるか, 済まないの, 済まぬもの, 済む, 済むと, 済むならまだ, 済むん, 済む筈, 済む自ら電燈, 済んだ, 満しきれない, 満足, 満足いたします, 満足される, 満足した, 満足します, 満足し切る, 満足し得た, 満足する, 満足だった, 満足であった, 満足であり, 満足でした, 満足の, 満足は, 滿足した, 滿足せず, 澤山だ, 澤山ぢや, 濟むまい, 濟んで, 無罪に, 熊太郎は, 特殊の, 独立な, 独自に, 現実の, 理解の, 甘んじて, 生命を, 番地も, 疎遠に, 痛快を, 発達する, 皆に, 目を, 直ぐ分る, 相良が, 真実な, 眼が, 石炭に, 禅宗の, 秀吉は, 私と, 科学教育の, 科学的と, 移民の, 立派な吸い, 立消えて, 精一ぱいだった, 精一ぱいやっと, 精一ぱいやつとの, 納まって, 終っては, 終つ, 終つてし, 終らなかつた, 結構で, 結構です, 結構でやす, 結構と, 結構長い長い, 絶食, 縁から, 美しいきれい, 老人は, 老農は, 肯定され得る, 背後に, 腰を, 自信が, 自分が, 自分は, 自分も, 興ったもの, 興奮し, 船は, 色気たっぷりの, 芸術品である, 茶番な, 荒涼たる岩, 落第悲劇の, 葉子は, 行が, 西洋劇が, 見て, 親子の, 親鸞の, 観客を, 観衆の, 解決は, 詩人だ, 詮議を, 話は, 説明の, 議論に, 象徴し, 負けたの, 足らず些, 足りないこと, 足りようはず, 足りる, 足れりと, 身の, 身体が, 辛苦努力の, 農村乃至, 退学処分の, 逃げて, 逃げるわけ, 過ぎて, 違う, 選曲は, 酒井さまを, 阿曽を, 隨分この, 雅衛は, 電話を, 頭が, 食える, 食って, 食ふと, 首を, 駒井は, 驚いて, 驚くべきほど, 鴨は, 鵯や

▼ それに対して~ (827, 0.2%)

11 彼は 7 何の, 私は, 自分は 4 責任を

3 [14件] こう答えた, なんの, 何か, 何とも答えなかった, 何も, 何らの, 信長は, 彼が, 彼の, 彼女の, 昔の, 相当の, 私が, 返事も

2 [44件] ありのままに, いろいろな, お前は, お筆, この無遠慮, すぐに, どんな表情, イエスと, チチコフは, 一つの, 一定の, 一種の, 一般の, 一言の, 一言も, 人間は, 何かを, 何ごとかを, 何と, 何とか私, 俳壇は, 僕が, 克子は, 全く無, 出来るだけ, 君は, 周囲の, 国を, 地代を, 女の, 心持よく, 我々の, 我々は, 批判を, 抵抗し, 日本は, 次の, 礼を, 私などに, 私の, 筆者は, 自分に, 貰った方, 非常に

1 [661件 抜粋] ああいう, あの人, あまり冷淡, あまり興味, あらかじめ準備, いかなる手段, いかに安, いくら私, いちいち手出し, いつの, いつもいい加減, いま秀吉が, いろいろ反省, いろいろ興味, い結婚, うなずきながら, うなだれて, おこった文学, お供が, お徳, お杉, お父さんは, お直, お誓, かすかに, かれこれ言う, かれの, きちんと坐っ, きちんと敬礼, くわしい説明, こういうこと, こう云っ, こう答えよう, こちらは, こっちから, このとき, これでは, こんな無愛想, さつ, さほ, さらにその, しばらく返事, すこぶる明確, そのまま松崎, その理由, その見知らぬ婦人, それは, そんなこと, そんな師範学校, ただちに抗議, ただ一人ぎりで, だまって, ともすると苛立たしい, とやかくと, とられた抵抗, どうなすった, どう答えた, どう言うだろう, どんな挨拶, どんな方策, どんな返し, なだらかな, なんと答えよう, なんにも返事, にがにがしく, にこりと, はっきりしたたたかい, はなはだ不満, ふと他, べつに苦情, ほとんど無感覚, まことに霹靂, またハンス, また電報, まったく支払われなかった, むす子, もう起っ, もとの, やや異色, やや皮肉, わが君, わしは, わたくしたちは, わたくしは, わたしは, われわれが, ゐた, アマーリアは, ア行の, オランダの, オランダ人や, コンブフェールは, シュピネル氏は, シュワルツァーの, ジプさんは, ソヴェトを, チチコフが, チチコフも, トンボや, ニイチエが, ハッキリした, ピストルの, フランス語の, ブレンヌス, プリューシキンは, プローシカの, ヘルツは, ベエコンは, ペンを, ペーピーに, ホームズは, ヨーロッパは, リアリズムを, ロオペ博士は, ロレンソは, ヴィクトル・アリ氏は, 一々何とか返事, 一向満足, 一層実践的, 一度も, 一応突, 一方に, 一歩譲らなけれ, 一生懸命に, 一葉が, 一葉は, 一通の, 七十郎が, 三箇を, 上杉家として, 下弦の, 不平が, 与えられ得ないしかし, 与之助が, 世間の, 中村武羅夫は, 久しぶりで, 久作さんは, 久板君が, 九条家は, 二条派の, 云々する, 五師の, 五枚の, 井戸の, 人見は, 人間が, 今お前が, 今日の, 今野弁護人が, 他の, 会の, 伸子の, 低い声, 何だかぼんやり, 何とかいう, 何とか早く, 何とも言葉, 何を, 何んの, 何処か, 何度でも, 何時遭遇し, 何等反対, 余りくわしい, 作家の, 作者として, 俗人と, 保は, 保治は, 偉い大僧正, 備えられた養分以上, 働いて, 僕は, 儼然と, 兄貴は, 光春の, 全く彼女, 全く無頓着, 公に, 内面し, 処して, 別にいたましい, 別にマット, 別に何ん, 制止しかけた, 前払いした, 割れ目を, 劒沢を, 力を, 加えられずに, 動き出た, 動くの, 十円三十銭だけ, 十分な, 十分の検討を, 十分後悔は, 協力出来る, 博士らしい, 即座に, 厳密なる, 反対する, 反対の, 反対者は, 反抗する, 反抗に, 反抗心と, 叛逆し, 口で, 口を, 右翼も, 各人は, 各専門部門, 同じ大き, 同情し, 同情をさえ, 君の, 否とも, 否定的な, 呉の, 周到な, 命は, 唯諾, 善処を, 喜んで, 囂々たる, 団十郎などの, 国鉄詩人の, 圓生は, 坐って, 基地から, 基地の, 報謝の, 声聞という, 多くの, 多大の, 多少の, 多少不安, 大いに興味, 大きな大砲, 大原も, 大木は, 大沢は, 大衆文芸家は, 夫は, 夫人は, 奈良坂非人から, 奮闘し, 女とも, 女中は, 好意を, 妙に, 妹は, 娘の, 子貢, 孔子の, 孔明は, 学校が, 学校も, 学校出の, 宋江も, 実に強い, 客の, 寺池が, 将軍の, 将軍は, 小川といふ, 小賢しい唇, 少々もの申す, 少しの, 展望採光通風の, 山姥が, 山田博士云, 山陰に, 岡倉先生の, 帯びて, 常に一致, 弁明する, 弟は, 弟子の, 弥太郎は, 当のソバケーヴィッチ, 彼には, 彼にも, 彼らは, 彼女は, 彼等は, 律義に, 後者は, 徳川幕府は, 徳永直は, 心を, 心臓が, 必ず反撥, 応戦する, 応答も, 怒りを以て, 思想には, 恐怖の, 恭しくお辞儀, 悪いの, 感情的に, 感服する, 慣用上, 憤っと, 憤りの, 手向いも, 批判する, 批評家は, 承知した, 抗ったこと, 抗議したい, 抗議を, 抵抗邀撃する, 持って, 持つ同情, 挙手の, 提灯の, 摂州衆, 支払わるべき, 支払われない土地, 支払われる地代, 改作者側の, 放って, 放蕩をもって, 故国の, 敏感だつた, 敏感であり, 敬意を, 敵も, 敵意を, 文学関係は, 文芸復興が, 文部当局の, 断種協会は, 新王, 新聞の, 日本からも, 日本に, 日本人の, 日本人は, 明快に, 明日直ちに, 明治三十二年四月発行の, 明瞭な, 星尾は, 昨今は, 曖昧な, 書記長の, 最初の, 有しなかったであろうか, 有馬の, 有馬頼寧伯の, 本能的な, 本能的に, 条件的という, 東北の, 東方の, 松浦は, 校長さんが, 桐沢氏も, 森川森之, 検出し, 検視の, 構成的な, 次官は, 歌舞伎座では, 正当の, 正本の, 武士の, 武者之, 武蔵の, 母も, 比田に, 比較的容易, 毫も弾力, 気を, 気乗の, 決して皆, 沈黙する, 沢山な, 法律の, 法華宗徒が, 波多野秀治は, 注意を, 海上の, 消息を, 深く心, 深沢深の, 漠然直感され, 無雑作, 爺さんは, 片意地な, 特別の, 特殊な, 犬丸の, 猫は, 用いては, 田舎の, 由来芸術, 異存が, 異存を, 異説を, 百姓達は, 皆様から, 皇后方からは, 目を, 相当な, 相手は, 真名古は, 真田昌幸は, 知識の, 確かな, 確答を, 磯屋五兵衛も, 神経家の, 神聖公平な, 神近君が, 私も, 種々な, 穴穂王の, 竜神家より, 笑う丈, 笠間由子は, 筆を, 答えが, 答えたこと, 答えて, 答えられること, 答えるであろうと, 答えれば, 紅海方面への, 給仕は, 給金でも, 編笠を, 署長は, 義経は, 老いた役者, 老人が, 老公は, 老巧な, 考うる, 耳を, 臆病であるべき, 自主的である, 自分たちが, 自分の, 自分達の, 自身が, 船長は, 色々な, 色々に, 若干の, 若者が, 苦しい闘, 華子夫人の, 薬をの, 蜂矢はつぎの, 血も, 行うこと, 西を, 要るだけ, 親しみや, 言い争ったの, 記代子は, 詩の, 誠に申し訳, 誠に申訳, 読者が, 誰も, 課せらるべき, 警察部長は, 警部は, 豆を, 買い手は, 起した人間, 身が, 軽い心, 軽率な, 返す言葉, 返事は, 返事を, 逆らは, 金が, 金田は, 関羽は, 闘った自立, 陸の, 階級として, 随分皮肉, 雌魚の, 雪子は, 需要の, 頑として自説, 頭を, 頼胤は, 顔を, 食慾を, 養老金も, 骨身に

▼ それまでは~ (781, 0.2%)

5 よかった 4 どんなこと, まだよかっ, 私は 3 ここに, どうか, 彼女の, 私も, 自分の

2 [34件] おとなしくし, お互いに, こっちは, そして一対, それについて, てんで鼻汁, どこに, ほとんど物理学, 一度も, 一文の, 人の, 何も, 何事も, 君と, 君は, 四五回ばかり, 地下に, 大事に, 学校教育も, 彼の, 戸を, 授業し, 是非待つ, 時間の, 暗中の, 松永弾正だの, 熟睡し, 私が, 絶対に, 聞いて, 解りませんが, 誰にも, 誰も, 黙って

1 [681件 抜粋] あなたに, あの一部屋, あまりの, あまり人から, あまり嫉妬, あれ程, いいとしても, いっこう無力, いっさい箸を, いつか笑い声の, いつも味噌汁, いつも外され, いつ背後, いわなくても, うごかさなかった左腕, おさらばじゃ, おとなしくしとい, おとなしく松琴尼, おほらかな, お前さんも, お前の, お国表, お燕, お父さんの, お言葉通り, お身大切, お通夜の, お金も, かうして, かくべつ気, かまえて, がみがみ僕, きっと出あるく, きれいな, くわしいこと, けっして信じよう, こうして薄暗い, このお, このまま, この世における, この図, この家, この当り前, この田舎者, この船, これは, ご一身, ご無念, ご無用, さっき話した, さほど気, しない, しばらく間接的証明, じっとし, すこし蒸暑い, すべて位封であっ, ずいぶん仲よくし, せめて寝台, そう身近, そちの, その余裕, その増加, その慕情, それで, それは, そんなこと, そんな事, たいてい母, たしかにご, ただお, ただおっ, ただその, ただひっそり, ただわあわあ, ただ信忠, ただ学問, ただ雑然と, たって踊ろう, たとえご, たびたびお, たれにも, だまって, だれが, だれにでも, だんだんいらだっ, ついむっつりと, つまり第, でもお, とても, ともあれ血まなこ, どうしてもいけません, どうしても木村, どうしても生き, どうする, どうぞ充分, どうであった, どこから, どこで, どこでも, どれも, どれ窟の, どんなに親しい, どんな事, なかった, なにも, なまじつかな, なんといふ, のんきに, はっきりしてる, ばばァ, ひどい話, ひょろひょろし, ほかの, ほとんどこの, ほんとに何, ぼんやりし, まあどこ, まあよかっ, まあ無事, まことに食物, まずまず仲, まず山門, まず英気, まだしもよ, まだロマンチツク, まだ半, まだ好い, まだ無難, まだ考へ, まアい, まッ, みな身動きさえ, むごいよう, むざと立ち騒ぐ, もう依子, もう寄合う, もちろん絶対, もはや存在, やたらに, ゆっくり休ん, よい給料, よかったです, よかつ, よろしい, よわよわと, ろくな答え, わからないが, わざと避け, わたしは, ゐなかつたと, イオニア人の, カルトンという, コンチョーノフさんの, ゼイタクと, ドン, パルプと, ヒロシマの, プロレタリア文学運動に, ボクは, ミルク, ヤンと, ヨウロッパの, レビューという, 一の, 一ツの, 一人ぽっちよ, 一先ず婚約, 一册だ, 一品レストランでなく, 一応あなた, 一枚の, 一面に, 丁稚奉公の, 三十年戦争七年戦争など, 三左も, 上方あたりに, 下界の, 下落し得る, 不信心な, 不足ながら, 与えられたる, 世の中が, 並んで, 中剃り, 主人の, 久右衛門方の, 久右衞門方の, 事を, 二人とも, 二方に, 人一倍の, 人気の, 人間豹の, 今まで, 今までと, 仕事だった, 他に, 他の, 仮睡んで, 仲間づら, 何ごとも, 何でも, 何の, 何へも, 何ん, 何一つ御, 何人も, 何処で, 何年にても, 作家として, 例の, 信じようと, 健康舎で, 偶然に, 傍目も, 僕が, 僕は, 優しくいたわる, 充分に, 先ずこれ, 光は, 児玉希望に対しての, 全く不可能, 全く社会, 全然問題, 全部湯屋湯屋で, 公衆の, 六里余り無人の, 兵隊を, 内々恐れ, 内談という, 分らなかつたの, 別に気, 到底待ちきれない, 前後不覚であった, 加賀田の, 勇敢に, 勘定なし, 医者に, 十分に, 十月なかばから, 卑禄の, 単に兆し, 単に徳川秀忠, 及ばず, 取り捨てて, 口争い一つした, 可い, 右の, 右へ, 右翼も, 各, 同棲の, 君も, 君われを, 吾人の, 周防を, 咎められないうち, 営業人の, 国交回復は, 地上の, 城内の, 堅い妓, 塚原渋柿園氏が, 外で, 多少抱い, 夜が, 夢うつつで, 大して心配, 大事な, 大師の, 大方信州, 大晦日に, 夫の, 奴さんの, 子爵以上とのみ, 孤獨である, 学校の, 守るを, 安土へ, 実際調子, 家に, 家人だけの, 家内の, 察しが, 寧ろ俳優, 封入の, 専ら劇, 将校の, 尊王攘夷で, 小さい部落, 小屋へは, 小説といった, 小鳥の, 少くとも, 少し間, 少女に, 尾州家へ, 屋敷の, 屯, 島原へ, 川の, 川へ, 干渉されたくない, 平な, 幸と, 幽鬼の, 広場の, 庭を, 廉子も, 張りつめて, 彼はた, 彼を, 彼女も, 彼等は, 待たずに, 待たなければ, 待てと, 後生だ, 御用物は, 御身我らに, 心の, 必ず一年, 忘れて, 快活に, 思想の, 思想は, 怺え, 想像も, 愛し苦しめよ, 愼んで, 我とおのれ等, 我慢し, 手一杯に, 手一杯働く, 打ち寛いで, 捜さないで, 捨て置かれてる空間, 提灯であった, 放浪の, 故郷の, 敏ちゃんの, 散髪屋とか, 敵として, 敵地での, 文句ばかりに, 文学を, 断る元気, 新しく生きる, 新九郎と, 旅行から, 日夜警固を, 日蔭の, 明日までも, 普通人の, 月に, 朗かに, 朝廷に, 朦朧たる, 未だ活版, 末寺の, 東へ, 枕を, 格別用事も, 極度に, 機会に, 正勝ちゃんは, 死には, 死を, 母の, 毎日雨で, 毎食に, 気づかなかったもの, 気に, 気の, 水面から, 汝が, 池の, 決して表, 決して貴, 泣くの, 流行歌を, 浪花表の, 海へ, 深川仲町で, 満を, 火鉢の, 灰色の, 無えね, 無事に, 無理な, 無言を, 焦点が, 煌々と, 物を, 特にチャンコ鍋, 特別講義として, 独房へ, 生きて, 生で食べ, 用心ぶ, 田舎の, 男女席を, 異存の, 當分詩は, 皆ぼくを, 直接的にも, 相當, 真の, 眼も, 眼を, 矢代は, 矢張りた, 知らなかつたり, 石油ランプを, 確かに, 禅堂の, 禿山との, 私たちは, 私実家へは, 秘密に, 秘密を, 穢さず清浄, 窮屈を, 立ち歩き, 競争を, 筋骨逞ましい, 総て単なる, 緑雨は, 義党に対して, 羽黒山伏の, 老鋪と, 考えて, 考える余裕, 耳に, 聞かなかった, 聞かんじゃった, 自分が, 自由に, 自覚しなかった, 船場の, 良かった, 良人を, 若い奥様, 苦い顔, 苦しみね, 荒涼なる, 葉を, 蓋を, 行く度, 表向き他, 表向き叔父に, 要するにまだわずかな, 見えない, 見えなかったちぎれ雲, 見たまま, 見なかったん, 見得, 親父の, 言えない, 許可を, 話すまい, 詳しく詮索, 豆腐ん中に, 財産を, 貧乏以上の, 費用の, 赤の, 起きると, 軒下の, 辛うじて送電, 辛抱し, 辛棒し, 迂濶, 迷わねば, 退屈そうに, 退屈でした, 進みたい, 道楽に, 達者で, 郊外の, 部屋の, 重力のみを, 金儲けの, 鋭気を, 閑余の, 闇の, 闊達であった, 随意に, 隣家の, 雑誌の, 雪子の, 霧の, 静かに, 風波と, 飛行機が, 飲むまいと, 魂と, 魔道の, 黒田官兵衛から

▼ それ以外~ (721, 0.2%)

41 のもの 31 に何 23 のこと 16 には何 13 の何もの 10 の何物 9 の事 7 にはない, に方法 6 になに 5 に, にもつ, の方法, の目的 4 にこの, の人, の理由, の者, の音, は何 3 にどんな, になお, には, には無い, のなにもの, の時, の点

2 [43件] ではない, にある, にごまかす, にどう, にない, にはどうしても, には何一つ, には何物, には意味, には考えられない, には道, にまだ, にもう, に一つ, に一歩, に仕事, に他意, に何等, に手, に私, に私たち, に考え, に話す, に途, の, のいろいろ, のすべて, の人々, の仕事, の何者, の動機, の名, の品物, の場所, の多く, の彼, の意識, の戦争, の手段, の物理現象, の生き方, の職業, の部分

1 [407件] いったい猫, お餞別, このハッキリ, ではなかっ, ではツブシ, では祖母, では見る, でも福助, で見た, とかも云え, とは他, ないと, なもの, ならば, なん, な個所, な細か, な者, な隠し勢, にあなた, にあの, にあまり, にいふ, にえらぶ, にお, におれ, にこれ, にしたく, にその, にそれ, にそれ以上, につがえた, にどういう, になかっ, になにか, になほ多く, になんとも, にはありえない, にはいつ, にはただ, にはてんで, にはなん, にはなんにも, にははや, にはほんに, にはもう, にはわけ, には不可能, には不愉快, には仕方, には何ら, には何ん, には入, には全く, には別に, には力め, には口, には外, には外傷, には多摩川上流, には大した, には孤独, には家塾, には左隅, には彼女, には恐らく, には扉口, には擦り傷一つ, には施す, には旅, には旅行, には望み, には本, には機会, には殆, には決して, には特別, には理由, には用, には畸形的無能力者, には発表機関, には眼, には立身出世, には絶対不干渉, には考え, には考える, には考へられない, には興味, には袖, には見る, には適用, には陣十郎, には音, には默つて何, にほんた, にぼく, にまた, にまだもう, にみち, にも, にもあなた, にもある, にもいろいろ, にもたくさん, にもなお, にもまだ, にもアチラコチラ, にもモット重大, にも予告警戒, にも今どき, にも別, にも埃, にも城下, にも強い, にも我我, にも此, にも特に, にも用いられた, にも胃内, にも色々, にも諸国, にも雨, によき, により明確, にわき, にわたるかも知れません, にわれわれ, にソンゲ, にタッタ一人, にフリーダ, にロスコフ, に一切, に一寸, に一種重要, に云う, に云うべき, に人生, に人間, に今, に今一つ, に何もの, に何ら, に何ん, に何時, に信仰, に偉い, に出る, に出来る, に別に, に別段, に刷りよう, に勝負, に医師法, に名案, に命令, に国, に國民, に多く, に大宝令, に奈良原翁, に女, に存在, に宗碩, に宗祇, に官覚的美感, に家, に家庭生活, に小さな, に山形県, に差当り方法, に帰る, に幾多, に彼等, に御, に心, に想像, に意味, に感じ, に或, に或は, に拡ら, に政治, に救われ, に文化, に文学, に日本, に昇給, に智能欲, に欲望, に正確, に殺された, に気候, に法, に深く, に渠ら, に渡る, に現在, に理由, に生きる, に疑問, に目, に目的, に相手, に睨ん, に種々, に第, に米, に美しい, に考えつかない, に考えよう, に肉体, に能登半島, に芸術, に芸術的価値, に若干, に茶道, に藁蒲団, に表現, に裏, に製法, に観賞, に解決, に話し, に説き, に説明, に誰, に謀反, に送金, に逃げ, に逸すべからず, に逸脱, に遺伝性, に郎党, に郷里, に都会人, に重量, に関心, に附言, に隙間, に靴, に領事館, に頼る, に食物, のあなた, のあらゆる, のある, のあるいは, のおそらくもっと, のそれ, のそれ以上, のつけたし, のとき, のどんな, のなに, のなん, のもろもろ, のインテリ論, のコース, のプラン, の一般国民, の一般民衆, の三月余り, の不思議, の事実, の云い, の人びと, の人物, の人達, の仕方, の低級, の何, の何人, の何処, の何月, の作為, の個所, の兵, の出来合い, の分析, の別, の労働力, の動植物, の取引, の口慰みもの, の古書, の地方神, の場合, の多数, の奇矯, の女, の女性たち, の如何なる, の姿, の室外, の寄席, の対手, の広い, の形, の形容詞, の彼等, の意味, の感じよう, の感動, の或, の捜査, の推測, の文化施設, の文化的, の新, の明山, の時期, の時間, の書物, の未来, の本, の根拠, の植物繊維, の様式, の欲求, の民族, の気持, の洋橙, の活動, の演出法, の現象, の生物, の真理, の社会改良, の祝儀, の私心, の秩序, の種々, の経歴, の結果, の絵, の絵画, の考え, の考え方, の自分, の色, の芝居, の芸, の菜, の要求, の要点, の要素, の要領, の見方, の視点, の覚悟, の言葉, の話題, の読者, の遊民, の重み, の金, の鑑賞家, の間違い, の関わり, の関係, の隠れた, の雑木林, の雑談客, の非常, の音律, の食物, の鹿子色, は, はあきらめろ, はいっさい, はいつも, はいや, はすべてよそ, はたいてい, はただ, はたのみません, はどんなに, はない, はみな事実, はよそ見, は公, は外見, は恐らく, は悉く, は提燈, は渺, は特に, は琵琶湖, は皆ゴマカシ, は皆君, は石, は秀吉, は箱, は考える, は舞いません, は非常, へ閃く, もう一つ, をうし, を含む, を語らず, 大部分, 殆ど夫人, 決して彼女, 深さうに, 答えない, 面白そう

▼ それじゃあ~ (636, 0.2%)

10 あなたは 8 きみは 7 君は 6 私が 5 あばよ, お前は, 仕方が 3 いまの, おまえは, 今夜は, 自分の

2 [31件] あいつは, あたしが, あたしも, あれが, あれは, いまのは, おめ, おれが, おれは, おれも, きょうは, ここの, こっちへ, これ先生に, てめえは, どうする, なんでも, わたしが, わたしも, 何です, 何にも, 何も, 俺の, 俺は, 俺も, 僕は, 妾は, 幡随院の, 腹が, 見せて, 雀と

1 [516件 抜粋] あいつが, あいつだ, あいつ川を, あしたも, あして, あっしが, あなたが, あなたがたは, あなたと, あなたに, あなたひとりで, あなた方は, あのホテル, あのポスト, あの丘, あの人, あの女の子, あの子どもこじき, あの西洋悪魔, あの話, あの警察部長, あの連中, あの随分, あんたが, あんたさんこの, あんまりひどい, あんまり月並み, いいましょう, いうこと, いかないよ, いかん, いけない, いったい真実, いつかの, いつ帰る, いまに, いよいよ嬶, いよいよ思い切っ, いよいよ晩, おいらには, おいらは, おしまいには, おじさんが, おとり, おばば, おまえあんまり, おまえさんは, おまえも, おれの, おれ一人でも, お分れ, お前が, お前さまは, お前さま御機嫌よろしゅう, お前さんは, お前だ, お勘, お吉さん, お国, お婆さん, お子様の, お書きなさい, お父さんや, お父つぁんが, お経, お近さん, お通さん, お酒, お願い申します, お願えします, お食事, かってに, かつ子を, きくがね, きさ, きさま, きさまたち, きっと石ころ, きみが, きみに, きみを, こうし, こうしましょう, こうだ, ここで, ここに, ここへ, こっちが, ことわっては, この, このうち, このお, このふたり, このヘリコプター, このロシア, この先危, この女, この細, この風体, これからきみ, これが, これで, これは, これを, こんどは, こんども, こんなところ, ごき, ご免よ, ご案内, さっそくお, しょうこ, すぐき, すぐに, すぐには, すぐ上, すまないから, ずいぶんお, せっかくの, そうきまりました, そうさせ, そこまで, そちらで, そのうち, そのかた, その坊さん, その大, その娘, その店員, その時, その男, その積り, その花環, その金庫, そりの, それっきりな, それなりに, それも, それを, ただうんうん, ただの, たまりませんや, だめだ, だらしが, だれかに, ちっとばかり, ちっとも君自身, ちっとも手がかり無し, ちょっと金庫, ついそこ, とうとう逃げられた, とても堪らねえ, とても行かれまい, となりの, とにかくこちら, ともかくも, ともかく電話, どういうの, どうかこっち, どうしてお父さん, どうして君, どうぞ留守, どうだ, どうです, どうなさる, どうも仕方, どうも日本人, どうも泣きたくなります, ない, なぜ僕, なぜ牛丸君, なにもかも知っ, なるべく大きい強, なんだい神か, なんでござん, なんとか考えなく, ぬすっと, ねえお母さん, ねえかしら, ひとつ, ひとつおたがいに, ひとつここへ, ひとつぼくが, ひとつ七十五ルーブリずつに, ひとつ二階へ, ひとつ出, ひとつ心あたりを, ひとつ明智君の, ひとつ盆ゴザを, ふたりとも, ほかに, ほくが, ほんとに御, ほんものの, ぼくが, ぼくじ, ぼくたちが, ぼく先生に, まあおとなしく, まあ何, また, またあと, また御, また晩, まだ遊び, まちがいだ, まるでかた, まるで寄場, まるで若さま, まるで鉄仮面, まアすこし, みすみす宝冠, みんなが, みんなこちらへ, みんなこっちへ, みんなで, もういちばん駕籠, もうさがす, もうなんにも訊く, もうひとつ, もう云わない, もう俺たち, もう外, もう用, もう行こう, もしや, もしやあれ, もっと面白い, やっこさんに, やっぱりわたし一人, やっぱり本当, やっぱり深川, やっぱり甲府, やっぱり自分, やっぱり誰か, わざと端本, わしも, わたしに, わたしは, グルーシェンカは, サーチライトを, スお父さん達は, ノロちゃんを, ホームストレッチなんてっても, マアお嬢さん, ムクを, ムリも, 一っ, 一つ俺も, 一つ警察部長を, 一体とっ, 一層の, 万事が, 三月末じゃあ, 上げて, 下へ, 下宿屋でも, 不, 事に, 二人は, 二代は, 云うか, 五郎も, 井戸の, 交番へ, 人形も, 人違いかな, 人間になんか, 今も, 今先生, 今夜の, 今度の, 仕方がねえ, 何か, 何かい, 何だか残酷, 何でございます, 何ぼ, 何処からか, 余り待たせ, 使って, 例外です, 俤だった, 俺が, 俺らの, 僕が, 僕の, 僕も, 僕より, 僕を, 先生こうして, 先生には, 先生の, 光井さんの, 入りも, 六人です, 兵隊外套なんぞを, 冬坡君の, 出発, 初めから, 勇一君が, 十枚下さい, 千代乃さん色男に, 半ちゃん船宿, 参ります, 又あいましょう, 又出直し, 叔父さんは, 口でも, 合って, 合点しない, 同じ力, 向きが, 君それは, 君たちを, 君の, 君まさか, 君話が, 君議論は, 味淋酒でも, 商売物だ, 啖い殺されねえ, 喰べ, 嘘では, 四つ裂き, 困るだろう, 困るな, 困るわね, 地下室じゃ, 夕顔の, 外から, 夜に, 大丈夫です, 夫れで, 奇術は, 奇面城の, 奥さまが, 女たちは, 女に, 妾考えよう, 始めから, 姐御, 実験は, 家の, 家宝を, 宿屋へ, 将棋を, 小使さんは, 小田原近郊でしょう, 少しね, 少し遊ん, 少のうございます, 少年探偵団の, 尻尾を, 尾張様の, 左様なら, 差当りお前に, 帰るが, 帰る事, 年さんの, 廿九日に, 弁護士さんは, 弾かせて, 後髪を, 御免を, 御免蒙っ, 念の, 怒られても, 急行道路は, 想像に, 愛人とか, 手術台に, 承知する, 指せないって, 方角が, 日本人の, 旦那, 旦那が, 旦那また, 旦那様と, 旦那私は, 早く取り, 早速その, 明日の, 明日邸へ, 時々に, 本当のと, 朱実が, 来られない, 来るか, 東京に, 梁山泊の, 楽和さんとかいう, 横浜かな, 横網の, 次郎君の, 正一君を, 此奴狸寝入りか, 武器を, 武蔵という, 死ぬの, 死んだらどう, 殺しても, 殿様から, 気永に, 気狂いじゃ, 決心しましょう, 治郎君は, 浪曲も, 海嘯は, 済まない, 済まないあたし, 済まないけれど, 済まないよ, 済まないん, 済まねえ, 滝さんもう, 滝さん毒を, 片づけるん, 牛も, 牧野さんです, 犬の, 狐を, 猫を, 生涯ありつけまい, 痙攣かい, 癪です, 百までも, 百円だけ, 皆さんへ, 真逆, 砂を, 神山さんに, 私の, 私も, 私を, 私共も, 種明しを, 竪川でなくっ, 竹の子剥ぎ, 紅かんさんに, 美味かった, 美智子は, 義理が, 聞えやしないわ, 肉屋を, 股野の, 腕を, 腹水か, 臓物の, 落盤が, 薄い葡萄酒, 虎が, 蝶々さんの, 行くか, 行っても, 解いて, 詰り坊や, 話が, 話すこと, 話は, 誘い合せて, 誰からか, 誰が, 貴僧は, 貴方の, 貴様, 近い頃, 近所です, 近所の, 退職金も, 逃げること, 連れの, 逮捕される, 部屋の, 酔わされたん, 金子を, 金庫を, 銀座へ, 門番は, 阿母さん, 隣のを, 青銅の, 面白い通信, 頭の, 頼みますよ, 頼む, 頼むよ, 風の, 馬に, 駄目, 駄目です, 骸骨男の, 高田へ, 髪結床へ, 魔人が, 鮎川さんも, 鯛を, 鼠が, 鼬かしら

▼ それ故に~ (629, 0.2%)

18 私は 14 我々は 9 彼は 7 彼の 6 今でも 4 それは, 人間は 3 それを, ギリシア人は, 人は, 古歌, 存在を, 我々の

2 [27件] このたび, これは, フィクションは, フォイエルバッハの, プロレタリアートは, 事實としての, 何か, 俺は, 單に, 地方の, 孤独者は, 實に, 彼等は, 懐疑論は, 日本の, 有限な, 末遂に, 椿岳の, 無産者は, 神は, 私が, 私に, 純然たる, 自明なる, 自然と, 芸術は, 詩の

1 [495件] あなた様方の, あの歩行, あらゆる不如意, いつも空, いま我々は, いよいよ独断的, うき年月, うぬぼれて, お姿, かえって本人, かくの, かつて野心, かの女, かような, か或は, がんりきと, げに私, ここでは, ここに, このとき王政, このやう, このよう, この上, この世界, この作品, この佳き, この傷, この場, この場合, この外交, この小屋, この山, この島々, この広汎, この御, この本能, この村, この歌, この疑問, この科学, この精神, この行事, この言葉, この貴族主義者, これから看板, これらの, これらは, これ等の, こんな歌, さしもの, さらに南米, すでに環境, すべての, せっかく兵馬, そうだ, その一々, その会盟, その外交, その政治的, その部屋, その限り, それが, それらしく見える, それらの, それ故に, そんな点, たった一つ, てまえ, どうかし, どちらが, どちらに, どんなに乱れ腐え, どんなに怖く, どんな父, なおも身, のみ単純, のみ発祥, のみ範疇, はじめの, ひそかに, ひとが, ひとは, また破, もう半分泣面, もしも歴史的時間, もし徐庶, より弱く, わざと山越え, わしは, わたくしは, わたしは, われわれも, われわれ董卓恩顧の, トラヤメス帝の, ネヂソデまたは, ハイデッガーの, ヘヘリカノドまたは, ベンタムは, ボードレエルの, メキシコの, モルトケ戦略の, ランケの, 一の, 一切の, 一層お前, 一層そこ, 一層の, 一層嬉しく, 一層深い, 一層物凄く恐ろしかっ, 一層真理, 一層陰影, 一層魅力, 一朝利害, 一枝の, 一番利害の, 一般的に, 万国共通の, 三人乗っ, 三味線草, 不思議な, 世の中に, 世俗的道義の, 世界の, 世界文明の, 主としてこれ, 主觀者, 久しく廃っ, 九州の, 乾山の, 予め之, 二つの, 二重三重の, 二階或は, 亜米利加の, 交換の, 人に, 人を, 人様へ, 人民こそ, 人道の, 人間における, 人間を, 人間的本質の, 人集りの, 人類歴史の, 今では, 今にこの, 今の, 今は, 今度は, 今後は, 今日では, 今日は, 今日自由詩に, 仏の, 仏法者の, 他に, 以上の, 伊太夫の, 会社が, 会計係に, 住まば, 佐伯部として, 何かの, 何もかも整う, 何ら実践的意味, 何等かの, 何等の, 作品の, 作者は, 作者も, 修辞学は, 俵という, 個人が, 個人の, 倫理学の, 倫理道徳は, 僅かに, 僕にとって, 價値は, 充分に, 先づ, 其の水滴, 其感化は, 凡そ歴史學, 初め鹿田だけの, 初等教育で, 前述の, 創意に, 労働すなわち, 勞働即ち, 医薬よりは, 単純に, 却ってそれ, 却ってインテリ階級説, 却って人, 却って根深く, 厳密に, 又イデオロギー論, 又一つ, 又人間学主義, 又実際に, 又実際物理学, 又実験, 又性格的, 古の, 古典を, 古風な, 只今こちらから, 史觀の, 史記に, 各人にとって, 同じ操觚, 同窓生は, 名字を, 名高かつ, 君主国を, 吾人は, 哲学が, 哲学は, 哲學も, 唯むつかしい, 唯物論が, 唯物論以外の, 善悪可否巧拙と, 善惡可否巧拙と, 單純に, 四角の, 固定した, 国家は, 国家を, 国語を, 坂田将棋は, 外国文学に対しても, 外的な, 多少寂しい, 夜分を, 大梅和尚が, 天皇を, 女と, 女子が, 女子大学初めは, 好感を, 如何なる口実, 媾和条件は, 子供達の, 存在が, 存在と, 存在としての, 存在の, 存在的見方のみが, 存在論的が, 学問的な, 学校に, 學問的な, 安定しすぎる, 宗教が, 実隆も, 実際に, 客體的な, 家族の, 實行の, 實際には, 小学は, 少くとも, 少し荒っぽい, 少なくも女子, 島田は, 工藝は, 常識化される, 平凡な, 幼ない, 弟妹たちから, 彼に, 彼においては, 彼にと, 彼女の, 彼等が, 後者は, 御方様, 御無沙汰を, 微に, 徹底性も, 思ひ切つた情け, 思想そのものに, 恋いしさ, 恋愛や, 恐らく文化, 悟性と, 情を, 意識の, 意識は, 意識形態で, 慰めの, 我等は, 或ひ, 或る, 或画, 手前忰の, 支那を, 政府としては, 敏子に, 敢て, 散會, 文学上に, 文明が, 方法の, 既にそれ, 既往を, 日本文化を, 日本歌史上に, 昇の, 昔から, 昔の, 春は, 昨年の, 是が, 時代の, 景を, 晴着を, 暑さ, 最も重要, 最古の, 有機体, 有機的宇宙の, 有機的發展の, 未来によ, 本当の, 本来言え, 本来言へば, 朱雋は, 村の, 東洋の, 果たしてチベット仏教, 枝は, 根源的な, 格二郎は, 桜の, 概念的知識と, 横軸及び, 機械主義的な, 欧米に, 歌は, 此の間酔った, 此方を, 歴史は, 歴史家が, 歴史的時間は, 死という, 死なすという, 母親が, 氏子は, 気品は, 水莽草の, 求めて, 江差松前では, 決して自ら, 河の, 海は, 海上に, 濱口内閣の, 火の, 無法な, 物理学者の, 物理的空間は, 特にイデオロギー, 特に国家, 特殊の, 独断なりと, 猟は, 猫が, 猶更, 獨逸佛蘭西等の, 王法を, 現代の, 現在, 現在の, 現在は, 現在を, 環境が, 生存の, 生物の, 生理學をも, 田舎町に, 画そら, 画家の, 画帖を, 癩の, 発表の, 直接塩を, 直接的なる, 眞理の, 真実であり, 真実なる, 真理を, 眼の, 社会運動の, 神に, 神もしくは, 神尾主膳らが, 祭の, 禹貢の, 私たちは, 私も, 科学は, 積極主義という, 節日時折は, 範疇は, 篤と御覧, 米友が, 純粋な, 純粹, 細杷も, 結局へとへとに, 絵画は, 美か, 美しいの, 義経を, 老いの, 老巧の, 能登守は, 腕の, 自分が, 自分などは, 自分は, 自然に, 自由詩と, 自由詩には, 自由詩は, 舟の, 良心の, 芥川君は, 芭蕉の, 芸術の, 芸術至上主義者は, 苗字を, 若し彼, 若し我々, 若し數秒間, 若死を, 草津節の, 菊乃さんを, 菊池氏の, 蒲原さんは, 薩長藩閥が, 蝕まれた心, 行く末わが, 褒美にも, 西洋では, 見えられるの, 親鸞は, 觀念の, 詩に, 詩は, 詩を, 詩人たちは, 誰も, 誰もが, 課外の, 諸君の, 諺は, 謹直で, 變化し, 豐富な, 貴殿は, 資本家階級なれ, 越後や, 身の, 軍人志望が, 軍器の, 近ごろの, 連句三十六景の, 遅くなりました, 過去の, 過程的なる, 選挙人は, 遺言という, 郵便局に, 里で, 金と, 金解禁を, 長浜の, 門の, 限界を, 障碍物を, 隱忍し, 露西亜の, 露西亜人の, 青年時代に, 非国民などと, 革命的階級は, 飯を, 鮮しい, 齊の

▼ それゆえ~ (606, 0.2%)

12 に私 10 にまた 9 にこの 8 に, に彼 6 に彼ら 5 にその 4 に今日 3 ぎょうてんいたしまし, にこれ, にわれわれ, に今, に何, に過去, に金

2 [33件] かれは, この小説, この点, じゃ, その時, である, にある, にきょう, にこそ今日, にこれら, につい, にひとしお, にまず, に一層, に主人, に今私, に他, に個性, に多く, に天狗, に宗教, に我々, に時, に父, に由子, に神, に筮者, に迷信, の御, もし, 断えず山野, 最も完全, 語られた言葉

1 [457件] ああし, あのつい, あのときはいち, あのみちのり, あの方々, あの獲物, あまり方々, あるいは姉, あるいは行司, ある単位, いかなる芸術, いかに長命, いくらか人さま, いざと, いそぐところ, いっそう私, いっそう艶, いったん共同, いつその, いつも身体, いよいよ蕨採り, うろたえて, おうけいたされぬ, おくにめ, おことばどおり, おそらくお, おなじこと, おもな, およそ察した, およろしく, お取次, かある, かえってそうした, かえってその, かえって俺, かその, かつて一たび飯田寅, かの大, かもしれませぬ, かりに身, かカラ子, か導かれ, こういう事態, こそ彼, こそ浪路, このたび, このよう, このシダレザクラ, この一章, この五郎, この人, この名, この名称, この四つ, この土地, この大震災, この子, この学, この意味, この歌, この花, この農場, この辺, この鍛冶職, この鼠, これからは, これから私, さあとか, しばらくする, しばらくその, じつはそ, すぐに, すこし遠慮, すこぶる懐疑的, すばやく次の間, ずっとさき, せっかく入, せめてこの, せめての, せめても, ぜひにも, そういうこと, そうさせぬ, そのいろいろ, そのとおり, そのフリーダ, その人, その人たち, その働く, その地方, その夫婦ら, その家, その左右, その恐ろし, その悲惨, その株, その死, その物, その翌日, その花, その近く, そもじの, そんな確執, ただこの, ただ功名我慾, ただ純一, ただ紳士荘, たちまち狼藉者, たとい精神, たまらなくお, ちょっと話, てまえ, でご, とうとうせっ, とうとう子ども心, ときおりは, ともすると横蔵, と思え, と申し, どうしても大, どうして俳優, どうぞし, どのよう, どんなきびし, なおさらお, なおさら高給, なおもっ, なお浜松, なお美しく, なつかしゅうて, なるべく多く, なるべく話, なんらかの形, にあえて, にあなた, にあの, にあまり人, にいかに, にいくら, にいっそう速, にいま, にいよいよ, にいろいろ, にお, におっかなく, におまえたち, におりおり, にお上, にお互い, にかえっていっそう, にかかる, にかつて, にかの, にかれ, にこそいささか, にこそいっそう, にこそいわゆる, にこそくぐり, にこそこの, にこそてまえ, にこそといっ, にこそなおさら, にこそまた, にこそわれわれ, にこそ世界, にこそ例, にこそ去年一昨年なん, にこそ名君, にこそ名実とも, にこそ城, にこそ実に, にこそ家康海内, にこそ強く大きく, にこそ思い出すべきだった, にこそ最も, にこそ泥斎, にこそ狭く, にこそ現代, にこそ自分等, にこそ自白, にこそ花, にこそ表, にこそ追放区域, にこそ退屈男, にこそ逢い, にこそ馬, にこんな, にすべて, にその後ローマン, にそれら, にたいてい, にただ, にたとえ, にたとえば, にだ, にだれ, にて世間, にともすれば, になおさら, になんぴと, にひとたび, にまざまざ, にもうよほど, にもし, にもしも, にやはり, によしや, にわかにお, にわが国, にわたくし, にわれら, にクー, にコタツ, にテーモ・リンボチェ, にディオニソス, にノラ, にフィリップ, にモウ一度, にヤコブ, にヨーロッパ, にラファイエット, に一ドイツ人, に一駅, に上, に上古, に不純, に両者, に事業, に人, に人気, に人間, に今度, に今後, に代々養子, に何処, に俗, に信仰, に俺, に個人意識, に倒れかかってる, に僕, に先, に光, に全身泥, に出, に前述, に剛健, に半, に友達, に反省, に口外, に古代, に叱った, に右よう, に名手, に君臣, に呂布, に呂範, に善悪可否巧拙, に喜劇, に嘘偽, に図らず, に埋葬地, に塚, に墓場, に外部, に多分, に大, に大地, に天下, に奇怪, に妹, に存在, に孤独, に学理, に官省, に実は, に宮刑, に尊氏, に少く, に少し, に巧者ら, に常に, に弘子, に彼女, に微妙, に徹底的, に心もとない, に思想, に悩める, に悪魔, に情緒, に意識, に愛, に手, に指導者, に故, に敢えて, に文学者, に斯, に旅館, に日本資本主義, に昨春, に有難い, に服従, に木, に本能的, に杖, に植物学, に樋口三郎兵衛, に機関説, に欧米, に氏, に気温, に流行, に湿地, に無, に焼く, に猛烈, に現代, に男子, に男鹿, に異常, に真, に眼, に社交術, に私たち, に科学的, に立憲君主制, に筑前もち, に精進努力書道, に紹介状, に美しく, に羨むべき, に背理, に自分, に自分自身, に自身, に芸術家ら, に草, に西洋, に西洋人, に見くびられまい, に詩人, に語られざる, に誤っ, に都鄙雅俗, に重役渡邊外記, に金米糖, に鉄, に阿, に陸, に青年, に非常, に高雅, に鼠, のご, のろくさい女中, の帳外, の悲惨, の慈心, の私, の美, はるばると, は西北, ひとえに研究, ひと朝, ひもじいの, ふたたび顔, ふとしたこと, まこと, まさに覆滅, またそれだけ, また苦悩, まづ何, まづ行動, まア此処, むしろこの, むしろその, もうお, もう埒, もしお, もしその, もしわれわれ, もし人間, もし衛生学者, もっとたやすく, もとより飯, やむを得ずしばらくの, やらずにおいて, よいか, よう御, より人間, わざと柵, わるいこと, イザと, 一層あせった, 一層感動的, 一層楽, 一応は, 一方には, 一見無軌道, 不本意, 今フョードル・パーヴロヴィッチ, 仮に, 冷めたさ, 初めての, 前もって当流, 単に今日, 却ってこの, 又世俗生活, 取り急いで, 取る物, 古い意味, 古拓, 同じく初心, 同じ英国, 喜んで, 多少重複, 大きいレンズ, 女らしさ, 実際の, 少しも, 常に一, 平然とできた, 強いて, 御帰館, 御無心, 御註文品, 必ずしも名, 悲しくも, 斬って, 早く私, 暗らい恋, 暗らさ, 暫しの, 次々に, 死ぬ時, 決まって, 深く官能的, 熱うなっ, 燃えて, 現朝廷, 甚だ常識的, 種々取込ん, 聞くの, 若かさ, 行きつけた赤城, 要は去っ, 語る言葉, 軽くすべっ, 逃げなさったの, 逃げよう逃げようと, 遠からず, 離れるが, 頂きましては, 黙って

▼ それっきり~ (603, 0.2%)

602418 です, になっ 16 黙って 15 帰って 12 である 8 さ, だった, のこと 7 かい, であった 6 になる 5 ですよ, なの, なん, にし, のもの, の事, 動かなくなった 4 かえ, ですからね, の話, よ 3 だという, で, でございます, でした, でしたか, わかりません, 出て, 動かなくなって, 忘れて, 黙りこくって

2 [19件] この事件, じゃ仕様, だから, だが, だろうか, でおしまい, ですか, で二人, どうした, になった, になりました, ひっそりと, 別れました, 帰りません, 来ないの, 来ねえの, 知れないの, 見えません, 逃げ出しそう

1 [277件] あきらめて, あっしゃ眠らされて, あの店, あわなけれあ, いくら待っ, いまだ面ア, うごかなくなりました, うたうの, うつむいて, うつむいてばかり, おたがいに顔, おとなしくなりました, おまきさん, お冬さん, お嫁, お宅, お店, お手紙, お民, お浜, お銀様, お顔, お駄仏, かと呶, かね, かの怪物体, かれは, きこえなかった, きこえなくなりました, けろりとなる, こないん, この世界, この中, この半年, この男, この青年, さまだ, しいんと怪しく, しかお, しかなかっ, しかもその, しばらくは, しばらく口, しばらく声, しんとなった, じゃありません, じゃない, じゃ余まり他愛, すっかり消え, そのお, そのこと, そのアパート, その人間, その品, その啼き, その地震, その妙, その家, その小娘, その桃色リボン, その話, その話題, だけれ, だぜ, だったという, だったの, だったん, だでね, だと, だまって, だよ, だろうじゃ, だ壁, ちっとも動かない, ちっとも音沙汰, ついぞ一度, つい忘れ, であと, であるが, であるまったく, である上, でお, でございました, でさ, でさあ, でしたが, ですかい, ですから, ですからなあ, ですが, です親分, でその, でそれから, でつっぱなし, でどんなに, でなかったら問題, ではこまります, ではなく, ではねつけ, でべつに, でほか, でまあ, でもう, で事件, で会話, で何とも, で八月八日, で出, で別れる, で城内, で家, で尾久, で引き, で放免, で絶えた, で行っ, で表層, で見た, で言い合した, で軽く, というところ, というの, とは随分, と云う, どうしてもその, どうにも外, どんなに誘い, なかなか帰っ, なのね, ならお代, にしよう, になったら, にならん, になり, になります, になんぞなる, には違いありません, にも何, ね大抵, の, のお, のことば, のところ, のはなし, のぱあ, のもん, の事柄, の単純, の話さ, ひそと, ひっかかって, ふたたび浮かびあがっ, またしいんと, またしんと, またなんにも, また三晩, また以前, また奥, また眼, また私, また默りこ, また黙りこくっ, むっつり右門, もうどこ, もうなに, もう仙太, もう何, もう十日, もう娘, もう朝ごと, もう極楽, もう直接, もう行方, もう話, もう青い, やって来ない, よあなた, よりつかなくなり, わからずじまい, ガラッ八, 一寸皆, 二度とさわぎ, 二度と彼, 二度と村, 云わなかった, 付いても, 会いません, 会いませんし, 伸びること, 何ともいいませんでした, 何とも思わなかった, 何もかも一瞬, 何一つ尋ねられる, 再びこの, 出ませんでした, 分りません, 判らなかったよ, 判らなくなるかも, 別れる, 動かない, 動かなかった, 動く様子, 又込めなけれ, 呼ばない, 大きな声, 寝ちまったん, 寝て, 尋ねませんでした, 居なくなって, 帰らず五日, 帰らず母, 帰らず気, 帰らないの, 帰らない此, 帰らなかった, 帰らなかったの, 帰らねえそう, 引下がったの, 引返して, 引離されました, 忘れたよう, 忘れられて, 忘れられるの, 怪しいこと, 戻って, 戻っては, 戻りませんが, 持って, 振り向いても, 斬られ損, 暫く帰っ, 本当に子供, 来ない, 来なかった, 来なかったよ, 来なくなったの, 来なくなって, 来ねえか, 止んで, 死んで, 沈んで, 浮き上らないの, 浮き上らなかった, 消えて, 消えましたそう, 消え失せて, 淋しく別れ, 深くは, 片づけを, 知らなくなったの, 知られて, 知れずか, 確かめても, 納まるべくも, 細かい手紙, 罷しちまった, 翌る, 老巡礼, 考えても, 聞えなくなった, 聞こえませんでした, 萎んで, 行かないん, 行詰りました, 褪めて, 見えなくなって, 見ません, 見向きも, 話さず三人, 読めずに, 諦めるよう, 逃げ出して, 逢いは, 進まなくなって, 長い間, 食べようと, 黙り込んで

▼ それまでの~ (555, 0.1%)

17 ことだ 14 間に 9 ことである, 話である 8 こと 7 ことで, 事だ 5 話だ, 間は 4 あいだに, うちに, 事で, 彼は, 私は, 話です 3 ことです, ことな, ことを, すべての, ところは, ところを, ように, 事である, 辛抱だ

2 [29件] お覚悟, ことは, ご辛抱, つなぎに, どれより, ものである, やうに, 事です, 事情を, 人生と, 兄たちの, 出来事を, 区切りとして, 十五年間の, 女たちが, 己が, 指導の, 日常性を, 日本の, 時を, 様子を, 生活の, 生活は, 私には, 私の, 経路を, 長い間, 間が, 間を

1 [365件] あいだあなたは, あいだ小林少年が, あらゆる人間的感情, いろいろな, いろいろの, うち外に, おこらえ, おとなびた対話, おにく, お命, お心, お志, お指図, お文さん, お暇, お楽しみ, お袖, かよわい抵抗, けわしい泥酔, ここの, ことお前は, ことが, ことそこを, ことだった, ことでありまし, ことでございましょう, ことまず, ことよ, こと深く, しんぼうじゃ, しんぼうだ, じだらくさや, じめじめと, すべてが, その人, ためらいを, つなぎだ, つもりで, てめえの, ところすくなくとも, ところでは, ところとぎれとぎれに, どのくらいかの, どの年, のへ, まっすぐな, ものだ, ものです, ものとは, もんだ, やうで, ゆくたて, ようである, ような, わずかな, ん気そうに, カリフォルニアが, ガリレーの, キリスト教から, ケーブエスダンクル軍に, コースは, ゴーリキイ生きる, スワは, ドイツなどの, ネチネチさを, バラック小屋は, プロレタリア文学運動の, 一切の, 一年間ばかりは, 一戦と, 一戰と, 一日一日を, 一時間餘り, 一月を, 一生去るまい, 一週間の, 不安や, 不断の, 不機嫌, 不機嫌と, 不眠症に, 並々ならぬ, 中世的な, 事かも, 事さ, 事でしょう, 事に, 事には, 事べつに, 事もし, 事を, 事サ, 事万に, 事件には, 事情は, 事日本に, 事業が, 二人の, 二十一年間といふ, 二十四時間に, 二日分の, 五日間かれ, 交際の, 人生である, 人間に, 仏法の, 位置より, 何時間かの, 何気なさ, 余り好まない, 侮蔑的な, 信仰は, 修業の, 偶然事で, 僅かな, 僕という, 先生は, 先生方の, 光景が, 処世にも, 功によって, 努力の, 勤めぶりを, 十八日間牢頭は, 十年に, 十年にも, 千万歩よりも, 卑下などは, 単純な, 厳格な, 古い煉瓦, 叱責は, 同情に, 吾平爺は, 命かと, 命だ, 和算では, 噂や, 四回の, 国々での, 基本的な, 堅苦しさ, 場所に, 声なき, 夢を, 大内山の, 女性とは, 好みを, 如何なる日本人, 妖しき態度, 妖怪めいた, 姫君の, 婦人作家が, 婦人作家と, 婦人作家の, 宮本百合子観を, 寝ぼけたよう, 寿命と, 封建制は, 小学校は, 小説には, 常識と, 平和と, 平静を, 幸福の, 座つなぎ思召し, 座敷へは, 張りつめた気, 彼とは, 彼には, 彼の, 御かたみや, 御心事, 御所存, 御決心, 御猶予, 御高札, 心の, 心を, 心静かな, 必然性が, 必要は, 志望を, 思想を, 怺え, 悟空の, 悠々たる, 愛は, 感情は, 態度を, 慣習上彼は, 憑かれたやう, 成り行きは, 成績を, 戦いでは, 戦争ぶりは, 戦闘を, 所の, 拷問で, 摂生を, 放逸な, 敗戦主義を, 教員生活から, 数十年は, 数千万の, 数年間の, 数日敏子は, 数時間の, 数時間を, 数週間僕の, 文芸学は, 旗幟は, 日夜の, 日本には, 日本は, 日本歴史には, 明るい顔, 時間に, 時間を, 時間妻と, 暗い眉, 最大鉄造船は, 東京からは, 東京生活を, 様相を, 横着そうな, 機嫌を, 機密は, 歌論の, 武者小路から, 歴史に, 段取りは, 気組も, 永い歳月, 決心なれ, 決心を, 沢山の, 浮名である, 混乱が, 濠洲の, 無表情を, 無駄な, 無駄食いに, 生活から, 生涯に, 生涯においても, 用意は, 疲労が, 目録は, 盲人と, 短かい, 福沢の, 私たちが, 私という, 稼業柄すべて猪牙が, 空氣を, 空襲の, 立派な, 笑い声や, 筆致の, 箱型の, 簡易釈義書や, 籠城だ, 約束ごとだったろう, 純大和絵的, 純真さは, 経路については, 経過を, 経験からだけ, 経験の, 統一は, 絵画に対する, 縁さ, 縁と, 縦隊一列を, 美意識を, 習慣だつた, 考えが, 考えの, 脱線は, 腰掛です, 自分の, 自然科学の, 自由民権運動を, 船中の, 良人に対する, 苦労が, 苦労は, 苦労を, 苦心が, 苦心を, 英米哲学を, 落着きを, 薄暗い遊廓裏, 藍色が, 藥價は, 行き掛りなんぞは, 行動は, 行軍序列は, 裏面工作の, 見込みが, 視野の, 覚悟と, 覚悟を, 言語に, 言論出版制圧が, 訓練に, 記事の, 記念品の, 話が, 話さと, 話しを, 話で, 話とは, 話な, 話覚も, 話題で, 誤信を, 調査の, 謙信は, 贅沢でございます, 赤ん坊の, 踊りでしょう, 身構へを, 辛抱です, 追憶を, 途中に, 運命と, 過去において, 道は, 道よりも, 道程を, 道筋を, 都市文学に, 長雨忌み, 間, 間お待ち下さいませ, 間くっつい, 間この, 間ずつと, 間だ, 間の, 間わが輩も, 間休養し, 間婆さんの, 間昨晩も, 間知人も, 間私は, 間私を, 間継続され, 関係は, 関羽は, 関羽軍らしい, 闕腋と, 防ぎだ, 陸軍大臣は, 際物問屋漬物屋砂糖屋その, 隠忍黙想は, 顔が, 食いつなぎの, 食ひ, 飲み仲間, 養育料を, 騒し, 黒部と

▼ それさえ~ (525, 0.1%)

14 あるに 13 あれば 12 なければ 4 今は, 知らない 3 わかって, わかれば, 判れば, 彼には, 気に, 聞けば, 覚えて

2 [26件] こんどの, ちゃんとわかっ, できれば, なかった, はっきりし, はっきりとは, ほんとうに, わからなくなって, 不思議だ, 今の, 出来れば, 分って, 分らなくなって, 口に, 彼は, 御承知, 手に, 知らずに, 知らなかった, 自分に, 見当が, 覚束ない, 解れば, 誰も, 辛抱し, 除けば

1 [405件] あった, あったらかれは, あの笛, あまり悲しゅう, ありがたく思われた, ありません, ありませんでした, ありませんでしたら街道, ありゃおやじ, あるじへ, あるの, あるのに, ある場合, いいだす力, いけないとは, いざと, いまだに不明, いわば台, うつつ心に, うまくいけ, おおすぎる, おっとりし, おどして, おれには, お前が, お前は, お君, お告げ給われ, お差支, お構いなかっ, かなえて, からきしわからない, ここまで, このごろは, この俺, この山, この数日間, この頃, こわして, ご存知なく, さっぱり覚え, しっかりし, して, しなくなった, しなくなる, じつは意, すこしも気, すでに幻想的, すれば, そうした度, その時, たいへんな, たべたら病気, だんだん弱っ, ちっとも苦, できないと, できなくなって, とある停車場, とうと, とんとわからなくなっ, どうかする, どうしても思い出せない, ない, ないところ, ない一片, なか, なかったなら愛し合っ, なかなかよこしやしない, なけりゃ十日, なけりゃ汝, なにか微笑ましい, ならぬ, なんとも解決, はたせば, はっきりすれ, はっきりわからぬ, はっきり云っ, はっきり分からない, ひどく墨色, ほとんど不可能, ほんの一二年, ほんの一瞬間, ぼんやりとして, まだるっこくなった, まだわかっ, まるで耳, まるで見当, もうなん, もうはっきりした, もう今, もう通っ, もさせぬ彼等, もしませんでした, もと居たらしい, やがてふたたび真白く, やがて火, やがて聞こえなくなった, やって, やめて, ようよう, よくは, よく見えない, よく覚え, よければ, ろくろくわからない, わかったらなあ, わかったら自分, わかったら行動, わかってれば, わからない, わからないくらい, わからないの, わからないのに, わからない感, わからなかった, わからなくなった, わからなくなりました, わからねえんじゃござんせんか, わきまえて, わたしは, われわれは, ハッキリと, ハッキリわからぬ, ハラハラさせられ, ロシアと, 一つ書いたら死ん, 一と, 一向そぐわない, 一向見当, 一枚一枚手に, 一疋も, 一蹴され, 下されましたら, 不如意に, 不思議でありました, 不意な, 不所存至極, 不明であった, 不明である, 不沙汰がち, 与えたら危害, 世辞に, 事実には, 事穏やかでない, 云いたくない兄, 人柄に, 今年は, 今日は, 他郷の, 付ければ, 伴うよう, 伸子は, 伺えば, 何か, 何となくホーム・スウィート・ホーム, 何も, 何んと, 余り興味, 併し, 使いきれぬぐらい, 使えば, 供給が, 侮辱である, 信じたならわし, 像法時代と, 先に, 全く分らぬ, 内へ, 出来たら何, 出来ない, 出来ないという, 出来ぬと, 刀の, 分らずに, 分らず小児等, 分らない, 分らぬ, 分りません, 分れば, 分明しない, 判らなかった, 判らなかったそう, 判定が, 判断しかねる, 判然しやしない, 判然とは, 勤まらなくなって, 十ウの, 半分は, 半年の, 厭わなければ, 収容できぬ, 受け取ろうと, 受け太刀ぎみで, 名残惜そうに, 君子は, 含んで, 吹雪が, 呼吸困難と, 嘉門には, 固唾を, 園にとっては, 夕月の, 多生の, 夜中から, 夢の, 大したこと, 大した恐怖, 大丈夫なら, 大学を, 大敵と, 夫が, 失って, 奪ったら大丈夫, 好ましきに, 妙に, 娘の, 嫌わなければ, 嬉しくって, 守って, 実はそう, 実はハッキリ, 実現できれ, 実行しかね, 家来共に, 寂し気, 尋常ならず, 平次には, 年を, 待ち切れず立って, 待どし, 得せずして, 心づよく見えた, 心細そう, 必死であった, 忘れた, 忘れちゃったの, 忘れなきゃいい, 忘れなければ, 思いも, 思い切りました, 思い切れば, 思うよう, 怪しいもの, 怪しいよう, 怪しくなっ, 意気は, 感じられなくなった, 慎めば, 成就すれ, 我々には, 我儘を, 我慢すれ, 我慢を, 所がら物寂しい, 手続きが, 打ちあげれば, 打ち払うなれば, 承知いたしますれ, 折々は, 拾って, 持って, 捨てて, 探れば, 推察する, 既に気味が悪く, 日毎に, 明かに, 明らかでない, 明瞭しない, 時々は, 普通のと, 暫くは, 暮れて, 曖昧で, 曖昧な, 書留は, 最後へ, 朦朧として, 本当の, 本望で, 果せば, 根っから面白く, 棄てて, 検分すれ, 止すと, 比較に, 気が, 気がつかないよう, 気味が悪いのに, 気恥しくなっ, 気高く思われた, 汗に, 決定する, 沢山は, 派手に, 派手には, 消化しかねる, 消息が, 消滅すれ, 涙の, 深くは, 済まば, 済んだら後, 渠には, 満たされるなら昔, 満足には, 無くなりかけて, 無事に, 無理な, 現実には, 理解できないであろう, 甚だ疑問, 甚だ飛躍的, 疑いの, 疑って, 疑わしい, 疑わしいと, 疑わしくなった, 疑問で, 痛切には, 白状したら, 百分の一と, 的確で, 皆目知れない, 省て, 眼が, 眼に, 眼を, 瞬きを, 知って, 知っては, 知らず, 知らないとは, 知らなかったの, 知られて, 知るまい, 知れない位, 知れれば, 碌に, 確かでなく, 確かな, 確かめられないとは, 確かめれば, 神境に, 私たちには, 私には, 私は, 窮し, 節約し, 素直に, 美しく眺められた, 考えれば, 耳に, 聞いたら亡くなった母親, 聞こえなくなって, 胸先に, 腹に, 自分でも, 自由に, 荷が, 行き悩みつつ, 見えなくなった, 見える, 見きわめが, 見つければ, 見ては, 見てるうち, 見られなかった, 見当の, 見棄てて, 覚って, 解いたら素晴らしい, 解ければ, 解って, 解らない, 解らない心細い, 訝しく思う, 訳が, 説明すれ, 護り切れなくなり眼球, 貧しげ, 貴重品であった, 身に, 辛くも間に合った, 近年は, 運べば, 達せられるだろう幾らか, 遮ぎった, 邪ま, 重苦しく感じ, 長くて, 間もなく失わね, 間もなく消えた, 間もなく直った, 間違いなけれ, 雨風を, 雪に, 面倒だ, 頼母しい, 顔を, 颯と涼しい, 食べさせて, 首尾よく, 駄目だ

▼ それだけでも~ (523, 0.1%)

7 私の 5 私は 4 ない, 彼は 3 僕は, 充分に, 非常に

2 [32件] い, かなりの, できたらそいつ, なかった, わたしたちには, 中, 人の, 何かの, 充分だ, 充分だった, 十分な, 十分に, 大きな意義, 大事業, 大変な, 始末の, 安心である, 彼にとっては, 彼の, 心が, 意味が, 憂鬱に, 掴み出して, 相当な, 知って, 確かだ, 私には, 自分は, 身の, 近代の, 金次郎は, 面白いと

1 [430件] ああし, あすの, あっぱれ天下の, あなたが, あなたの, あのバッジ, あの人, あの子, ありがたい, ありがたいぞ, ありません, あるまい, いい加減気持ち, いい加減骨, いかに珍しい, いくらかは, いって, いまから, いまでは, うと, うなずいて, うまくゆく, おそらく森林火災, おどろかれるのに, およそその, おれは, お知らせし, お礼は, お返し頂く, お通さん, かなり多い, かなり嵩, きっとお, けっこうな, けっこう見物, こ, ここは, この作者, この場合, この季節, この思慮, この社会, この考え方, この自由主義, これは, ございませんと, じゅうぶんあやしい, すこしいま, すでにありふれた, すでに何とも納得, すでに半ば喪失, すでに怖, すでに意味, すでに態, ずいぶんながい, せいせいした, そのシイン, その日, その語, その辺, それは, たいへん結構, たえがたいこと, たっぷり一箇月, たまらないこと, たまるまい, ために, ちよつと, つれである, ともかく日本語, どうかする, どのくらいの, どんなにみすぼらしい, どんなに喜ぶであろう, ないさ, ないと, ない気, なお十分, なかなか大した, ひと目見たらわかり, ふしぎな, ほっと心, ほめ足りなくて, ぼく達は, まあ大層, まず引け目, まだまし, まだ足りねえ, まづやつてみなさい, まアまアいち, むかっと相手, むろん面白い, もうお, もうおれ達, もうが, もうそれ, もう充分, もう前途有望, もう心配, もう日本, もう目星, もしやそうで, やはりちょっと苦しい, よいの, わかって, わかるぢ, わしらかっと, わたしとしては, チョッと, ファラデイの, フリイドリッヒは, フロイト主義を, ペンを, ホリダシモノだ, 一つの, 一冊の, 一生の, 一財産だ, 三田の, 不吉な, 不審な, 世の中は, 世界的な, 世論と, 並大抵では, 中の, 事の, 二割くらいは, 云って, 五倍の, 五千万円のね, 井戸端の, 亭主としては, 人に, 人格的誠実の, 人民疾苦の, 人間の, 今の, 今日九州における, 仕合せで, 伊勢屋一家の, 伝右衛門の, 伝統の, 何か, 何だか彼, 何とかなり, 何とかなりやしません, 何やら色っぽく悩ましい, 何倍かの, 何分かの, 作者自身溜飲は, 侮辱せられた, 保たせないでは, 信孝亡き, 信長公としては, 俺の, 俺は, 倒れさ, 値打ある, 偉なりと, 僕には, 優に, 充分であった, 充分である, 充分です, 充分変っ, 充分彼を, 先生が, 六百マルクに, 内乱を, 凡物では, 分った, 判ると, 別人説は, 利口者の, 前の, 前人未達の, 助からないと, 勇気は, 勇猛の, 勿論あなた, 化けいちょう, 十分そう, 十分だ, 十分で, 十分私を, 千五百人その, 半九郎ら, 半蔵は, 協えて, 単なる凹面鏡, 参られぬ故に, 双方の, 取り返す工夫, 可也し, 右衛門には, 吉岡方の, 吉左衛門を, 同君の, 哀れな, 唯事では, 四人の, 堪らないで, 報罪を, 変に, 夏は, 夕刊へ, 多少辟易, 大いに参考, 大きさ, 大きな人間政治, 大きな進境, 大した作家, 大した苦労, 大に, 大体の, 大分むずかしい, 大向うから, 大変で, 大層な, 大概迷惑である, 大變, 大部の, 天下は, 夫に, 女の, 奴等は, 好いには, 妙に, 妻は, 威嚇的な, 嬉しかった, 嬉しく思へた, 嬉しく満足, 子供たちは, 官軍強し, 家中の, 容易な, 寛大に, 小説は, 少年少女の, 屈伏するだろう, 岸本には, 已に甚大, 師直は, 帰つて貰ひたい, 弱い余, 役人たちの, 彼には, 彼または, 彼らの, 彼を, 彼女から, 彼女に, 彼女には, 彼女は, 御覧に, 微笑を, 徳川様の, 心細いので, 思わすに, 怪しまれようぞ, 恐らく哲学, 悚と, 悪魔の, 悲しいの, 惨憺たる, 想像されよう, 感謝しなけれ, 慰められ元気づけられは, 懐しいのに, 我々の, 戦う気力, 戰爭氣分を, 打ち明けて, 抜群の, 政府の, 效果が, 数頁に, 既にこの, 既に不可解, 既に個別的, 既に尊敬, 既に彼, 既に彼女, 既に私, 既に稀有, 既に至上, 既に興奮, 日本が, 日本人の, 日本文学に, 明らかに, 昔の, 暫くなり, 最低賃銀四百五十円は, 最大な, 有効な, 有難い, 有難いと, 有難いという, 有難え, 有難くない, 木曾路の, 村の, 来世は, 東京市民の, 東山道軍の, 松井佐渡守の, 松岡の, 枕を, 栖方の, 校長に, 森本が, 楽を, 止して, 歯痒さ, 歴史に, 死なねば, 死にますよ, 残り止まる, 気の, 気保養だ, 気持よい, 決して科学的, 沢山だ, 沢山な, 洛中は, 活動より, 浅井の, 浮き足だつ, 淋しい谷中, 満足し, 満足出来る, 無いだろう, 無いよりも, 無いん, 爽快な, 物騒な, 独り身に, 猶多く, 獲物は, 王允は, 理が, 甚だしく神経, 男を, 當然即時保釋に, 癇に, 癪に, 百倍する, 相当の, 相応に, 相手の, 知りたい, 知りたいの, 知識上の, 確かに, 神様に, 私が, 私たちは, 私に, 私共の, 私大変楽に, 私幾分か, 稍や, 稲の, 立派な, 結構だ, 罪に, 美しい日光, 耀きを, 聞いて, 聞かせて, 聞きだそうと, 聞く者, 聴いて, 肩身が, 自分の, 自殺し, 自殺で, 自殺でない, 自殺者の, 芝居が, 草の, 落ちつかずに, 葉子は, 蠅男の, 血が, 被害者が, 見て, 見とどけて, 見惚れるばかり, 見物の, 覗って, 親族の, 解れば, 訊いて, 訊きたい, 訊き度い, 訊こうと, 許さるべきで, 許し難い, 詮議ものである, 諸人を, 謀反の, 警官の, 豪勢な, 豪快や, 貴方には, 資格の, 返して, 通る人々, 運が, 酷く岸本, 重任である, 長くなる, 門徒には, 関羽は, 随分大騒ぎ, 随分費ります, 離縁せられる, 雲助四人の, 非常識な, 風の, 飛躍的な, 馬鈴薯などは, 驚くに, 驚く価値, 高氏は, 鴨は

▼ それまでに~ (509, 0.1%)

11 して 4 なるには, 一度も, 何か, 私は, 見たこと 3 何度も, 幾度も, 自分の

2 [18件] いうならば, おれは, しないでも, しなくても, なかった, もしやと, われわれは, 僕も, 公に, 小三郎を, 帰って, 彼が, 彼の, 感じたこと, 白馬に, 私の, 誰か, 願書を

1 [433件] あきるだけ, あった事実, あった武門, あつらえる品, あとの, あなたも, あの人, あの水牛仏, あの連中, あゆを, あんまり御, いい仕事, いくらも, いさかい一つした, いた四年兵, いつの間に防共思想, いやそんな, いろいろな, おかあさんに, おなりなさいました, おぬ, おもって, おろしたもの, お上の, お二人, お増, お庄, お暇, お米, お経, お銀, かかった他, かなりの, かなりむくん, かなり勉強, きこえて, きめて, ここに, こさ, こっちは, ことが, この呂布, この広い, この時, この盃, この眼, この簔虫, この魔, こんなポスター, ご思案, さすがに, しっかり身支度, しなくたって, しなくて, しなくとも, しなければ, じゅうぶん具体的, じゅうぶん鋭気, すっかりできあがる, すっかり具体案, すつかり心身, すでに横暴, すでに長く, すまさなければ, するには, する必要, する苦労, ずいぶん金, せいぜい痩せ腕, せめて五百円, ぜひとも壊血病, ぜひとも暗殺, ぜひ一軒, ぜひ美禰子, そいつを, そういう経験, その人間, その大切, その欽也, たっぷり一時間あまりは, たっぷり五分は, ためて, ちょっと御, ちょッと, できるだけたくさん, できるだけ広い, できるったけ, でき上らない扇, とにかく得, とろとろっと, どうぞ手伝っ, どうなる, どこかで, どれほどの, どんな人, どんな焼物, ないなごや, ないひたむき, ない鋭い声, なくても, なった, なったん, なって, なっても, なつた, なにか, なにか突発事件, なる, なる動機, なる道順, のこらずまきわく, ひそかに, ひまの, ほかの, まず形, また喧嘩, まだあまりに時日, まだ一名, まだ少し残っ, まだ見出し得なかった, まちがいなく, まったくない, みなさんも, みんなで, めいめいその, もう三度, もう別れた, もう少し何, もう幾度, もう彼, もしわたし, もっとたくさん, もっと深く, もつた三十幾年, やって, やること, よくご, よくよく思案, よく休息, よく申した, よく考え, よく考えた, よく見掛た, よんで, わかり過ぎる程, わが刃, わずか十二, わたくしの, わたしたちは, わたしは, わたしもつと, わたしを, われらは, イヌという, グリゴリイは, サイクロレエンに, ストライキを, ゾウリの, プロについて, ミチが, 一つ, 一つあなたも, 一人だけ, 一人前に, 一回も, 一度大学病院へ, 一度面白い, 一生懸命腕を, 一言うけたまわりたい, 万一の, 三度訪ね, 三方ヶ原へ, 三杯の, 主人に, 事好みな, 二三度秋山の, 二人とも, 二人は, 二人三人ずつ, 二十日間の, 二十艘の, 二度か, 二度も, 二度顔を, 云い聞かせて, 云うならば, 五万円調達しろ, 亡くなったお, 人家が, 人間の, 今一度考へ直し, 今夜籖で, 今度は, 今日までの, 仕事を, 他の, 仰せあるもの, 仰せなれ, 仰っしゃる, 仰っしゃるなら, 仰有るなら私, 会ったこと, 会社の, 会議を, 伯父の, 伸子と, 伸子は, 伺ふわ, 何とかし, 何とか仕事, 何十回も, 何回もの, 何度か, 何度と, 何等か, 何遍も, 俺が, 働いて, 僕が, 僕は, 充分奥様, 先方は, 入浴散髪などを, 円くなる, 出逢ったこと, 判然した, 別莊, 削りあげた何枚, 十人二十人死んだ, 十囘も, 千両箱が, 千兩箱が, 博士の, 占って, 占つて置い, 危ない中, 又二本, 叔母の, 受けた凡て, 各所で, 各持口, 味が, 味方の, 商売は, 喰べた頭から, 土地の, 執心なら, 執筆した, 堅固か, 堺へ, 変って, 夕立でも, 大きくし, 大将が, 夫婦は, 女中が, 好い機, 妾は, 姑は, 守り立てた人, 完成したい, 宏壮な, 実に多数, 実験は, 家の, 宿へ, 対抗策を, 少しは, 届けかし, 山の, 左手すなわち, 巧く, 己の, 帰る, 帰るの, 幾たびも, 幾度か, 幾度と, 幾度逃げ出そう, 広島へ, 店員への, 式を, 彼は, 彼らは, 彼を, 御配慮, 心身の, 必ず納入, 必要な, 思うもの, 思って, 思わっしゃるものを, 恋いなされた, 成長した, 我々は, 戻って, 打ち込んで, 支度が, 教育し, 敬って, 旅費の, 既にかなり, 既にモオパッサン, 既に数百, 既に相当, 是非, 昼食の, 時々曇る, 時間が, 暇が, 書いたもの, 書いた自分, 来た附文, 来る気遣い, 東の, 査べ, 栓が, 横浜と, 殆ん, 民衆としての, 氷山は, 池を, 洋服が, 洞白の, 浅草寺の, 満洲, 準備し, 漕ぎ着けたと, 漕ぎ着ければ, 漫画家ある, 片を, 片付, 牛や, 牧を, 犯人は, 獲得された, 用いた日数, 用意し, 用意を, 異様な, 疑われ疎まれたる身, 病気が, 病気も, 痛棒は, 発展した, 白石の, 目を, 真実貴方である, 知り得た最も, 研究室の, 確かな, 確かり, 私どもの, 秋川家に, 稼いだ額, 立到らない, 答えを, 粗忽が, 経過し, 経験した, 縁組みを, 縫つて置い, 羨まれたと, 考えて, 考えといて, 聞いたこと, 聞いたどんな, 育てる苦労, 腹ばいに, 自分で, 自分と, 自分は, 至らない關係, 至らぬとしても, 至るには, 至る努力, 色々な, 芥川が, 苦痛を, 荒しゃあがったんでね, 荷を, 行かずとも, 行くには, 行方を, 西大谷の, 見たどの, 見たどんな, 見たり, 親しんで, 親戚や, 言うならいっさい, 言うならもうすこし, 言ふも, 言葉といふ, 話した様子, 話しつけとくわ, 話を, 誰も, 調べて, 調査も, 諸君も, 譜面台や, 貴公は, 貴様の, 費された情熱, 走ったこと, 起った事, 身の, 軍務を, 輸入された, 辞書を, 辿つて, 退院なさいます, 逸早く会費, 達ちゃんが, 部下の, 釣銭が, 鉱山師の, 鍛えられたどんな, 間に合うよう, 間に合わせて, 間に合わせると, 間隔を, 陸軍は, 随分ひどい, 雨が, 非常に, 顔を, 顕われた, 風呂が, 風呂場をも, 飛行機は, 駅前に

▼ それからの~ (505, 0.1%)

26 ことは 13 私は 8 ことだ, ことである, 事は 7 彼は 6 こと, 私の 5 ことであった, ことに, 事に 4 ことです, ことを 3 ことで, 二人の, 仕事は

2 [21件] ことさ, ことだった, このこと外, 事だ, 事である, 事でございます, 二年間私は, 分に, 君子は, 問答は, 問題だ, 御相談, 手段は, 数年私は, 数日私達は, 村越家は, 菊次郎さんの, 連日二十四時間毎に, 酒は, 長い年月, 騒ぎは

1 [349件] あすあすからの, あたしに対する, あたしは, あっしと, あなたの, あわただしい評議, いろいろな, うごかぬ景色, おしかさん, おれは, お国, お杉, お祖母さんは, お蕗, お角さん, お雪, ここに, ここは, ことであったらしい, ことでしたろ, ことと, ことな, ことへへへへ, こと暗がりで, この男, この騒動, こまかいゆく, ご苦労じゃな, さわぎは, すべてを, そりと, たびたびの, とぎれとぎれの, ふたりの, べつに, ぼくの, まると, まる五ヵ月, ものであった, ものです, ものらしい, やけの, わずか五, わたしには, わたしは, サスペンスも, シャーマンの, ビリビリバリバリひどい, 一二週間は, 一冬を, 一刻を, 一夜の, 一夜私が, 一室での, 一幕, 一年ちかく, 一年は, 一年余であった, 一年半の, 一年間かれ, 一年間は, 一日が, 一時間あまりを, 一時間は, 一時間を, 一行は, 一週間には, 一週間は, 一週間程といふ, 丁度一年間私は, 七兵衛は, 七年間東京に, 七年間私にとっては, 七日ほどを, 三人は, 三十分間は, 三四年間つまり, 三年あまりは, 三年を, 三年四年ほどが, 三年間にも, 三年間は, 三日間不良少女を, 三日間毎日一度づゝ靴下祭参詣の, 三時間が, 三百年間に, 上でと, 上に, 不思議に, 世界の, 久しい困窮, 久助君は, 事で, 事でした, 事を, 事ダ, 事件の, 事情を, 事業は, 二ヶ月あまり不意に, 二三年がほどという, 二三年間の, 二三年間は, 二三日は, 二三時間は, 二十四五年間に, 二十年だ, 二年間は, 二日間は, 二日間庭園を, 二時山間あまり木村が, 二時間あまり彼は, 二時間前後左右みんなこの, 五年あまりの, 五年という, 五年は, 五日間自分は, 交際だ, 享楽を, 人と, 人類の, 仕事を, 伸子が, 何年かは, 余波が, 信心で, 修業次第で, 偏差として, 偏差とについて, 僕の, 僕は, 先生は, 先行きは, 光圀は, 光秀様の, 八ヶ月間といふ, 八五郎の, 六郷左京と, 刻一刻が, 十三年間の, 十五年で, 十日程という, 十日程といふ, 半日あまりを, 半日ばかりは, 半日ほどの, 博士の, 収入に, 収入は, 叡子さんは, 可能性の, 右門は, 同氏の, 呂木は, 喧噪と, 囁きは, 四五年は, 四五日間を, 四五日間私は, 回復この, 地方の, 境涯に, 夜膳の, 大車輪っ, 夫人は, 失策は, 女の, 女史の, 奴めの, 如何なる遁, 妾は, 姫には, 孔明の, 存在だ, 宝沢と, 宮の, 家橘は, 寄せ集りで, 小半日は, 山下は, 山坂道では, 山田下の, 山街道の, 山路は, 山道は, 岸本は, 峠の, 師弟の, 帰納的要約が, 帰途は, 平次の, 幾年月を, 延長物と, 弁護士は, 引き続いての, 彼と, 彼への, 彼女が, 彼女達は, 後の, 得意な, 御意見, 思ひも, 恋心の, 悪ふざけであった, 意識が, 感銘が, 態度は, 憂艱難, 成長の, 或る, 手紙は, 抽象物として, 指揮は, 挨拶だ, 捕虜生活に, 放浪です, 敬称である, 数ヶ月あなた方は, 数夜と, 数年は, 数日という, 数日は, 数日も, 数日を, 文句及び, 新吉, 新富座は, 方が, 日々が, 日々なお, 日々の, 日々は, 日以来一日として, 旭茶屋事件には, 春秋は, 昼夜幾回と, 時田は, 暗躍は, 月日の, 月日は, 歓喜は, 此の, 此始末, 残りの, 母は, 毎日, 毎日は, 毎日拜借し, 毎日窓を, 気概りんりん, 水曜日に, 永い夜, 永い間, 治癒の, 泡鳴は, 津軽の, 浜子さびし, 浪士らは, 滞在中二人を, 演繹を, 潰走中に, 激論だった, 煮方, 爪先登りを, 物であった, 物音な, 狂犬が, 狂言も, 狼狽さは, 狼藉は, 生活は, 男の, 男優り, 病院内の, 発展の, 直接推理によっては, 祖母は, 私と, 私という, 私には, 私を, 私達の, 秘密の, 空が, 笠森仙太郎は, 策戦を, 約半刻, 紹介で, 経過は, 経験で, 縁談な, 義太夫も, 脱出として, 腐れ縁じゃ, 自分が, 自分は, 自堕落も, 芹沢東洋は, 苦しい四晩, 菱沼さんの, 落ちつきを, 行動は, 行為は, 被害の, 西園寺家は, 観世様は, 話である, 話な, 話には, 話の, 話を, 話題が, 話題は, 談は, 論争な, 議場の, 議論は, 貞之進という, 貞奴と, 足かけ三年という, 足掛三年間妻子を, 軍治は, 辻一作と, 連想, 道を, 都合に, 鄭重な, 重訳で, 長い竹藪, 長い過去, 随伴感情も, 難儀さ, 雪之, 青紫蘇を, 領民の, 頼みで, 頼胤は, 顛末を, 騒ぎが, 騒ぎや, 騒ぎを, 騒動は, 騒擾でさ, 騷ぎがどんなに, 騷ぎはどんなに大袈裟で, 鶴の, 黒吉は, 黒船が

▼ それきり~ (501, 0.1%)

25 黙って 17 になっ 15 だった 10 にし 9 帰って 7 だ, であつ 6 なの 5 か, です, になった 4 になつて, のこと, 忘れて, 黙つて 3 お君, だと, であった, である, で何, で彼, になる, に終りました, 黙った

2 [29件] お麗さん, か僕, さ, だが, だったが, だったの, だつた, だよ, でした, でしばらく, でまた, でもう, で私, で私達, で黙っ, なんとも, になつ, になり, ふっつりと, よ, 出て, 戻って, 暫く黙っ, 沈んで, 答えなかった, 翌る, 逢わない, 黙りこんだ, 黙り込んで

1 [289件] あきらめるかと, あの重い, ある小さな, いなくなったし, うや, おやめ, お別れ, お訪ね, お訪ねする, お逢いした, かい, からだ, かれの, かれは, がっかりし, きこえませんでした, きませんでしたから, ぐっすりと, このふたり, この土地, この女, この子, この少年, この騒ぎ, さわぐの, しか三吉, しか召し上らなかった, しか帰らなかった, しか知らない, しばらくだ, しばらくは, じっといき, すっかり忘れ果て, ずっと忘れ, そのこと, その人, その声, その女, その娘, その子, その尺八, その支給, その晩, その横穴, その気ちがい, その飛行士, その鷹, だし, だったという, だったろう, だつたが, だまつて, だまりこんで, だまりこんでしまつて, だも, だらう, だらうが, だろう, であ, であったのみ, であと, であるが, であるという, でいず, でうどん粉, でございます, でしたが, ですか, ですがね, ですし, ですの, ですませたかつた, ですむ, ですよ, でずっと, でそれから, でどこ, でなかなか, でなんら, ではなかっ, では済まなかっ, でぷつりと, でべつに, でもうこ, でもの, でやがて, でやめ, でゆるし, でテルノフスカヤ, で下り, で中止, で人間, で仕舞った, で会わず, で何事, で兄, で兄さん, で吉岡, で吉田, で変らない, で孰, で少し, で年寄り, で彼女, で忘れ, で悪く, で明朝, で李, で杜, で極めて, で此処, で此方, で泰造, で済む, で済ん, で澄ましこんでる, で男, で病人, で眼, で神, で稍, で終わっ, で縁, で良吉さん, で話, で諦めた, で降, で額, で鬼頭がた, で默つて了つた, とあきらめ, というの, となっ, どうかなっ, どうしても再び出よう, どうしても橋一つ, どうも東京, どっと床, ないよ, なかなか出, なん, な気持ち, にした, にすれ, になっちまいます, にはならず, に別れ, に夏, に成つたの, に活動映画, のもの, のよう, の事, の人, の為, の現象, の生き方, の縁, ぱったりと, ぱったり通信, ひっそりと, ふたすじ, ふっつり母, ふっと一こと, まじまじと, またうとく, またぐっと, またしばらく, またそっと, また言葉, また静まっ, また静まり返った, また默つて, また黙っ, まだ誰, まるで見えなくなる, もうきこえなかった, もうきこえなかつた, もうそ, もうその, もう二度, もう何, もう僕, もう姿, もう帰つて, もう彼女, もう私, やいう, らしかったが, 二度と行かなくなっ, 云って, 会いませんが, 会えないと, 何ともいはない, 何とも云, 何とも言, 作らないので, 全く分らなかった, 再びへたへたと, 再び馬, 出たこと, 出来ません, 判らずじまいでした, 別れました, 動いた樣子, 動かない, 動かなかった, 動かなくなって, 動かなくなりました, 又かれ, 又見えなくなっ, 名探偵, 吠える声, 啼き止んで, 喚かなかった, 埋沒, 堅く口, 多日顔, 寄りつかぬ, 少ないこと, 差し控えて, 帰らずじまい, 帰らず今, 帰らず消息, 帰らないとの, 帰らなかった, 帰らなかったの, 帰りません, 忘れたかも, 忘れられた, 忘れ去られたよう, 思い出しも, 思ひ出せないで, 恐ろしく大きな, 押し黙って, 振り返らなかった, 放捨, 暫く音沙汰, 更になんらの, 書けないで, 来ない, 来ないもん, 来なかった, 来なかったが, 来なかつた私, 来なくなりし, 来ようと, 死んで, 泣きべそ, 消えるよう, 消え失せて, 測らないの, 滅びても, 無效, 知れなかった, 立ち上れないで, 立って, 罹らない人, 聞えない, 聞えなかったが, 聞えなくなった, 聞えなくなって, 行かうとも, 行って, 見えない恵瓊殿, 見えなかった, 覚えて, 触れなかった, 訪れて, 詠めとも, 諦めて, 買って, 起たなかった, 追いも, 逃げ出して, 途切れた, 逢えない事, 逢わぬとは, 遂にホテル, 長い間, 降りて, 青い斑点, 静まり返って, 飛出して, 黙ったまま, 黙ってるので, 黙つた, 黙りこくって, 黙りこんで

▼ それらしい~ (498, 0.1%)

35 ものは 20 ものを 15 ものが 8 影も 7 姿は 6 のが, 人影も, 女の 5 姿が, 影は, 物を 4 のは, のを, ものも, 人影は, 姿を, 影が, 自動車が, 跡も 3 どんな素振り, 女が, 物が, 音は, 顔も

2 [32件] ことを, ところを, と感ぜられる, のです, ものとしては, ものに, 乗客の, 何物も, 兇器は, 名前を, 名目なし, 噂は, 声は, 声も, 女は, 奴の, 姿も, 娘が, 建物も, 形に, 形跡は, 徴候が, 方向には, 様子が, 様子は, 様子も, 死体は, 物の, 物は, 男の, 跡を, 風景は

1 [269件] あなが, お供も, お姿, から元, が, がここ, が閉伊郡, こと, ことが, ことでも, ぞ, という, ところは, と云う, と思う, と思った, と思はれ, と教えられ, と気, と考えられる, なにかが, のがを, のに, のには, のに行き当るだろう, のも, のもござりませぬで, ひらべったい石, ものの, もののかげ, やつの, やつは, んです, デスペレイトな, ノンセンス味を, ママコスなぞという, 一つでも, 一端が, 一風変った, 中年女, 予見が, 事は, 事を, 事務所を, 事実は, 事実も, 井ゲタを, 人かげを, 人声は, 人家も, 人影, 人物, 人物が, 人物で, 人物の, 人物を, 人相の, 人相や, 人間, 人間は, 人間も, 会社は, 位置を, 何にも, 作業衣の, 侍を, 便りも, 傷跡すらも, 傷跡は, 光は, 写本を, 匂いすらも, 匂が, 叫びを, 喇叭の, 土の, 地名を, 地点には, 報告の, 場所には, 墓を, 声の, 声を, 多くの, 大門を, 奉書にでも, 女に, 女にでも, 女の子が, 女の子は, 女を, 奴を, 姿さえ, 娘たちの, 娘っ子は, 娘の, 娘は, 娘も, 婦人に, 字が, 字を, 存在を, 學風の, 実物を, 客を, 小料理屋へ, 小鳥が, 屋根の, 山を, 山影の, 山門は, 平を, 平地は, 平地を, 広告を, 弾力や, 形が, 形を, 形跡も, 影すら, 影にも, 影を, 影像が, 御同勢, 怪しい者, 恋を, 情景が, 情景を, 意図を, 意欲が, 感じは, 感じを, 感傷を, 手がかりも, 手ごたえは, 手紙が, 手紙と, 投降者は, 折も, 拵えの, 故実を, 敵影は, 新しい建物, 新婚の, 旅人の, 旅僧は, 日本語に, 明確な, 曲り角が, 書物が, 有尾人種にも, 木靴の, 本を, 村を, 束髪の, 柳樹の, 格子戸の, 森を, 様式だけは, 模様も, 権威を, 横文字を, 橇の, 武士が, 死骸も, 気も, 気分も, 気勢も, 気振りも, 気色も, 気配さえも, 演説は, 煙の, 煙草屋の, 燈影は, 燈火は, 燈籠の, 物に, 物音は, 物音も, 物騒な, 特徴が, 現象を, 生活程度を, 用事の, 男が, 番地を, 疑いが, 症状は, 痕が, 痕跡も, 白いもの, 相手の, 真似を, 着物の, 石の, 破れ目でも, 窓を, 竹を, 符合に, 筆を, 籠を, 素振りだけは, 素振りは, 細やかな, 結末を, 美しい島, 翳さえ, 翳さへ, 老紳士, 聯想の, 職人ふうの, 自動車は, 舟は, 船が, 船の, 船は, 船影は, 色と, 花の, 若い身持, 落人を, 虫を, 表情や, 言葉をも, 言葉使ひ, 記憶は, 記録といふ, 証拠が, 証拠も, 証拠を, 話お, 話を, 調子の, 調度が, 議論の, 變に, 足あとも, 足跡は, 足跡までが, 足音が, 跡が, 跡形も, 返事も, 部分に, 部屋が, 鉄の, 銀杏の, 鏑木さんの, 門の, 門を, 陰影すら, 雪を, 雰囲気の, 電車は, 青簾の, 静かな, 面影が, 面影は, 面影も, 靴は, 音が, 響は, 顏を, 風が, 風体の, 風姿に, 香りを, 骨が

▼ それよりは~ (466, 0.1%)

5 もつと 3 今の

2 [16件] その精神的, やっぱり水, 何うかし, 堤の, 少しでも, 年の, 日の, 気を, 江戸で, 現場を, 男と, 私の, 金で, 長崎屋の, 音松の, 黙って

1 [426件] あなたとも, あの人, あの秘帖, いかにもし, いかに最もよく横, いくらかよい, いくらか小さい, いっそ, いっそその, いっそと, いっその, いっそ背い, いッそこ, うんと, おかしかった, おとなしく炬燵, おひい, おまえが, おもに隊, おやかた様, おッ母さん, お二人, お体, お前が, お前たち姉妹こそ, お坊ンさん, お帰り, お店, お庭, お目, お神輿を, お茶が, お茶を, お近附, お静不憫, お願いが, かえって騒然たる, きのうそちに, きみの, きれいに, こう, ここ一寸を, こちらから, こっちが, こっちの, このばば, このヴァレリイ, この万太郎, この六, この家, この惣七, この暖かい, この朝臣, この桃里, この殿様, この男, この絵, この舟, この藤夜叉, この身, これといふ, これまでの, ご勘当, さきほどから, さっきお, さっきの, さっそくこれからご, すぐここ, すぐ隣村, すこしも, すこし小さな, ずっとたくさん, ずっと古い, ずっと短く, ずんと高尚, そこに, そちの, そちら様こそ, そっと知らん顔, そなた, その始め, その巨燵, その日, その礎石, それは, たんに友人, ちと反省, ちょうど俺たち, つい今, てめえたち若い, ともかく美濃, どうかこの, どうか国事, どうして君たち, どうして当家, どこぞ, どこも, どの点, どんどん容疑者, どんなにあばら屋, なぜわたくし自身, なぜ介錯, なにかしら, なにとぞも, なほ一層, なんの, はやく巧奴, はるかに, ひとしほ, ひとり息女の, ふつと, まあ焚火, ましだ, ましな, ましに, まず伺いたい, まず無難, まず聞こう, またやがて, まだこの, まだ此樣, まづ自分, むかしの, むしろまったくいかなる, むしろ一人きり, むしろ久子さん, むしろ半ば黒焦げ, むしろ小悪, むしろ息, むしろ日本, むしろ考える, むしろ自分, むしろ馬, むしろ高, もうすこし時間, もう一つ召, もう一度この, もう一度その, もう少し普遍的, もっとずっと重大, もっとずっと馴染, もっと平たく, もっと悪い, もっと新しい, もっと書物, もっと正し, もっと細長く, もつとい, やはり持久, やや先, やや小づくり, ゆっくりお, より多く, わがままに, わしの, わたくしが, わりあい近く, ァ早く, ウンと, グッと, コリンズ以前の, ソンナ空想を, パンを, ブラリブラリと, ルミちゃんも, ワーナー博士一行の, 一九三一年の, 一刻も, 一層陰欝, 一筋に, 一郎三との, 一郎人の, 万事よき, 万吉さんこれから, 三千貫の, 三百五十石の, 下の, 不知哉丸は, 中に, 主君の, 主要な, 久しぶりで, 亀沢町にて, 予が, 事実をもって, 事実を以て, 事実性は, 二三週間でも, 二人にて, 人の, 今は, 今度こそ, 今霎時, 他へ, 仮初の, 低いの, 何か, 何が, 何だ海浪人, 何となくその, 何の, 何も, 何を, 何事が, 何時までも, 例の, 倍も, 働けるもの, 元気を, 先ず差, 先に, 児玉君奥君林大, 全体の, 八が, 其許の, 其隙で, 内職の, 冷たい水, 凝縮し, 出帆まで, 別に師, 前に, 前の, 劇烈を, 力を, 力強く深く怖るべき, 十念なと, 十歳くらいは, 南の, 単に永遠, 厄介だった, 又八お, 叔父が, 古い女郎屋, 可愛が, 可愛がっ, 合図合図, 吉良殿の, 同じ位, 商売だ, 問題は, 囚われの, 多分に, 夜の, 大きい彦島, 大ぶま, 大事に, 大沢の, 天子から, 奥さんにも, 女弟子の, 好奇心に, 妾奉公を, 姉川より, 姿を, 学校に, 宜しいん, 客を, 客扱い, 室内また, 家中かたずを, 家庭に, 家賃を, 寧ろその, 寧ろ三等車, 寧ろ人々, 寧ろ思う, 小形で, 小牧の, 小説か, 少くとも, 少しも, 少し冒険, 少し年上, 少し快い, 少し悲し, 少し自分, 居なくなつ, 屡博奕, 川下に, 平常は, 当分地方へ, 当初の, 形勢一変お, 後々だ, 後から, 後に, 後の, 従来の, 得心し, 御主家, 御入用, 御勝手, 御後室様, 御領内, 心を, 急用の, 怪我のね, 愛する人, 我が自由, 押ッ放し, 拙者が, 持場持場の, 政略的の, 新九郎様貴方の, 新平とても, 新田と, 日々一枚の, 日毎に, 旦那急ぎの, 旦那様前方に, 早う鶴子ちゃん, 早く君, 早速君, 明日の, 時の, 時代が, 時運に, 更に贅澤, 未だし, 未知の, 未知数の, 本当の, 本當, 村松検事の, 東京住居家族も, 次の, 此の, 此島は, 此方が, 此決心を, 此鐵檻車の, 武蔵は, 母君の, 母様方様の, 毎日, 民を, 洋行を, 浅草の, 浮様の, 淋しくそれ, 清作さんあなたは, 漸次快方, 父上の, 牛が, 牛車の, 猟師の, 理想を, 甘言を, 生きて, 生き恥たえ, 生まれた子供, 生涯そこの, 異なった意味, 癆咳を, 白紙を, 百年前の, 皆な, 相手も, 眞面目な, 真面目な, 眠るほう, 矛を, 矢張お, 矢張日本料理に, 矢張見馴れた, 石を, 確と, 私が, 私は, 稻妻も, 笹屋へ, 篤一つ一つの, 細かくかつ, 結句どういう, 美くし, 美登利といふ, 老けて, 耳でも, 聖母の, 職業婦人に, 肝腎な, 肴屋へ, 脊負ふそ, 腹の, 臣らが, 自分で, 自分の, 自分を, 花々しき騒ぎ, 花車を, 草ふかく, 落ちた玄徳, 蒼白くて, 藪原の, 見合いの, 話す間, 諸君が, 讀者個々で, 豪胆である, 貴さまなぜ, 貴様に, 贔屓仕りませぬ, 趣味が, 身近な, 軽快な, 近所が, 進まなかった, 進めないところ, 道場へ, 都会へ, 都合が, 酒でも, 金銀米錢ぞ, 隱された, 電話で, 青みを, 頭領王倫の, 頼まれた自分, 風師山へ, 飛脚屋に, 飯でも, 飯を, 飯山あたりの, 鬼の, 默つて十兩お

▼ それへと~ (451, 0.1%)

6 伝えられて, 続いて 5 いろいろの, 伝わって, 種々な, 考えて 4 手を, 続いた 3 いろいろな, 伝わった, 思い続けて, 拡がって, 活動写真の, 流れ渡って, 移って, 考へ始めると

2 [31件] いろ, さがって, 出て, 太田の, 尾鰭を, 巧妙に, 引出されて, 彼は, 思い出されて, 手繰り出して, 探しまわると, 掩い重なっ, 新らしい, 書きつづけたので, 果てしも, 流れ渡った末, 湧き出して, 熱心に, 町じゅうに, 糸を, 紹介を, 続くので, 続出する, 繰り出して, 考えた, 考えると, 話は, 話を, 進んで, 順々に, 飛んで

1 [325件] あつまって, あらはれて, いくつも, いくらでもある, いくら思い出し, いたずらに, いひ伝, いろいろと, いろんなこと, うつって, おのが, おもしろくなる, おりて, お種, お銀, ご吹聴, さぐり続けて, ささやかれた, さまざまな, した上, するの, ずるずる彼, そこに, その取扱いかた, その持主, その昔, たずねて, だんだん手, だんだん滑, つづいて, つづき天地, とっぴに, とめどなく思いつづけた, とめどなしに, なかなかつきませんでした, はずんで, はてしがない, ひっきりなしに続い, ひろがって, ぺら, ぼとぼと擂鉢, ますます拡がった, まるで継ぎはぎ, よくも変事, よく喋る, カラクリを, 一, 一彦少年に, 三角形の, 上演し, 不運が, 丑松は, 九女八も, 二十日ばかりの, 云いつたえられたが, 云う席, 仕事が, 他の, 仰々しく伝えられ, 仲間を, 休みなし, 伝えられたが, 伝えられるよう, 伝へられて, 伝わったので, 伝わり二百里, 何かを, 何処までも, 促されながら, 僕は, 其の一段, 出先を, 列べて, 励行された, 動員し, 募つて行つて, 厳重の, 又二杯, 友達の, 取り留めも, 古いはなし, 句を, 右から, 同好者の, 向つて, 向ひ, 吹聴した, 哮り狂って, 問わず語りに, 喋り抜き二時, 喧嘩の, 噂が, 変った物, 変って, 変災椿事が, 大分探しました, 好事家の, 姉の, 始終巧妙, 娘達は, 客を, 家財を, 容易に, 尋ねあるいて, 尋ね歩くの, 導くよう, 少年当時の, 尽きせずお, 尽きませんでしたが, 尾ヒレが, 屋根づたいに江戸じゅうを, 展けて, 岐路に, 平気で, 幼い日, 広がりました, 広まると, 延びて, 廻転し, 弁護士の, 引越して, 強い根, 弾んで, 当時の, 御用が, 御話, 微禄, 心あたりを, 忙が, 思いうかべた, 思いめぐらして, 思いめぐらすうち, 思い出される事, 思い出して, 思い出しては, 思い出に, 思い浮ぶの, 思い浮べるの, 思い生かして, 思ひも, 思ひ出された, 思ひ出して, 思ひ出す話, 思ひ返されて, 思を, 悪い事, 悪くごたつく, 悲しい思い, 想い浮かべて, 想ひ出す, 想像にの, 想像を, 我国科学界の, 手ぐりだした記事が, 手元へ, 手紙を, 打ち破ったこと, 拡がった, 拡まっ, 拡まります, 捉えて, 探しあるいたが, 探られて, 描出された, 撃ちすくめられた, 数えて, 新しい噂, 新築され, 旅の, 昇るべく努力, 暫くの, 曝い, 更にその, 更に七十年, 書いて, 書きもて行った結果, 条を, 来衆, 枝葉を, 條を, 梢から, 棄てがたい, 様々な, 様々の, 樣, 次々に, 正木の, 歩き廻つて, 死霊の, 殖えて, 段々に土, 段々展げて, 毎日同じ, 気が, 泉の, 洩れて, 流れて, 流れ渡つて, 流れ渡るよう, 浮んで, 深まって, 渡って, 渡つてこちらの, 渡り歩いて, 渦を, 溯って, 為に, 燃えて, 燃えひろがる始末, 燃え拡がって, 物語が, 犯罪談は, 独り喋りつづけた, 獲物を, 現れ流血, 用が, 用事が, 疑って, 疑問が, 発展し, 目がけて, 目ざましく発展, 目を, 目先に, 眺め廻して, 眼の, 眼移りが, 瞬く間, 矢つぎ早に, 知合ひ, 禍いの, 私は, 移つて行く, 移つて酒も, 移る, 移るもの, 穴を, 空想し, 空想の, 立て続けに, 紹介し, 絡らみ, 絵草紙屋を, 絶えようとも, 続々出, 続くもの, 縁を, 繰って, 繰りひろげられて, 繰り返した, 繰り返して, 繰出して, 繰返して, 纏まらない話, 纏まりの, 置かれて, 考えざるを, 考えつづけて, 考えながら, 考えは, 考へ, 考へられて, 考へると, 考へを, 聞きある, 聞きたがった, 聞きたがるので, 聞きつた, 聞き伝えて, 聞き傳, 聯想し, 聯想を, 聴かされて, 脅迫の, 自然に対する, 落ちかかって, 見つづけて, 見当を, 見物ながらに, 言い出して, 言い継いで, 訪ねて, 詮議し, 詮議した, 話した, 話に, 語り暮したの, 語り続けたの, 読んで, 調べの, 警報を, 變轉滑脱し, 買い取って, 質問を, 起って, 身の, 辛抱し, 近寄り侵し來, 追っ掛けに, 追求急で, 追窮する, 逃げ廻って, 逞く, 連想が, 連想を, 進んだ, 過去に, 道具鳴物を, 遠縁の, 釣りあげました, 闇太郎から, 限りなく, 限りも, 際限が, 際限の, 際限も, 電話が, 静子の, 順次に, 頭が, 飛び回って, 飛ぶよう, 食卓の, 饒舌り散らす, 駈けめぐるばかり

▼ それです~ (425, 0.1%)

5016 よ親分 98 からあなた 7 からこの, から私 6 それです 5 からお, からわたくし, ね 4 から, からその, から烏, もの 3 からあの, からわたし, から一日, から米友, がな, がね, わ

2 [25件] かそれ, からここ, からまあ, からもし, からよく, から万一, から今, から今夜, から今日, から何, から先生, から北上川, から嘉ッコ, から天, から家, から母, から深い, から秀ちゃん, から自分, から近所, けれど, と熱心, よこの, よそれ, ッかり

1 [220件] かえ, からある, からいけません, からいっそう, からいつも, からいのじ, からいま, からいよいよ, からおじいさん, からお前, からお母さま, からお詫び, からかえって, からきょう, からこういう, からこつ, からこと, からことし, からこのごろ, からこれから, からごらん, からさしも, からさすが, からしたがって, からそれ, からただ, からたとえ, からたとえば, からたぶん, からってあんな, からつて, からとこなつ, からどうぞ, からどうも, からどの, からない, からなかなか, からねあなた, からねえ, からねだから, からねわからずや, からひと通り以上, からふっと, からほほ, からまさか, からまだまだ, からもしも, からよ, からわれわれ, からガラス, からツマリ, からハヤブサワケ, からメンド, からモウ, から一向, から一度, から与八, から九州, から井戸屋, から京, から人柄, から人民, から人間, から今回, から今後, から仲働き, から例, から侍, から保証金, から入っ, から刀, から別段, から勇二, から十一時半ごろ, から半鐘, から叔父様, から古い, から名前, から吟味与力, から咬み合い, から善女, から困っ, から困る, から土, から外国, から大方, から奴ら, から娘, から孝行, から学校, から実は, から宮中, から小学校, から少し, から左, から帛, から平安朝, から幻, から幾らか, から延し, から弁信, から弁天島, から弾ずる, から当分, から後, から御, から御国, から心配, から急, から悋気, から悪, から惣身, から憲法, から我々, から折角, から新, から方々, から日本, から旧暦, から早く, から明治, から星, から是, から暗夜, から木曽, から本当, から植疱瘡, から正吉, から武士, から江戸, から泥棒, から照彦様, から照正様, から爆発, から父, から物, から男子, から町家, から留守番, から白楽天, から皆さん, から省さん今夜, から私自身, から管, から総て, から老人, から自然, から船長, から花剌子模, から若し, から苦痛, から薫, から藤吉, から行状, から西洋料理, から見物, から誰, から豊, から貴女, から貴方, から足掛け九ヶ月, から身体, から辺鄙, から辻番, から進化, から金, から隠密, から震災後改造社, から顔, から駕籠屋, か僕達, か西, が, があと, がお, がどうか, がね三輪ちゃん, が今, が彼, が武, が犬, が読ん, けれどもそこ, けれども吉ちゃん, それに, て, といふ, と替り目, どうか御, の, のにあなた様, のにこの, のにちょいちょい, のに父, のに達也様, むんぢやないんだ, ものどうぞ, ものもし, もの世間が, もの考え, よあなたそれ, よお, よその, よわたくし, よ世間, よ大江山さん, よ太師, よ新内, わそれ, わよう旦那, んでゐる, んで行く, ッかりおびやかされた, ツかり, 何が, 僕の, 妻籠の, 私は, 警部さん問題は, 長浜の

▼ それに対する~ (420, 0.1%)

6 私の, 需要が 5 自分の 4 意見を 3 一種の, 先方の, 反応を, 反抗とに, 彼の, 感謝の, 抵抗力が, 答えは, 需要を

2 [28件] あなたの, ものは, 一つの, 他の, 兄が, 処置を, 十分な, 反感も, 同感と, 吾人の, 好奇心が, 対策は, 彼れ, 意味深い, 意地の, 方法として, 殆ど嫌悪にさえ, 溌剌たる, 用意が, 真実の, 確乎たる, 答えを, 諾否の, 農民も, 返事は, 返辞も, 鋭いそして, 需要との

1 [316件] あいさつを, あせり, あらゆる抵抗, あらゆる答え, いかなる租税, いたずら書きさしあげ, うやうやしい態度, おこぼれ, お日様の, お鉄, この反逆, なんの, のでなく, ひろ子の, むくいが, やかましい反対論, ような, わたしの, アイヌの, エセックスの, エリザベスの, クエリヨの, ケン悪, シナ人の, テロリストの, ドクタア・ビゲロウの, ナロードニキの, ハインドマン派, ヒステリカルな, マルサス氏の, モーゼの, 一定の, 一策を, 一言の, 万全の, 三名の, 三月分の, 不安の, 不平の, 予備知識が, 二大, 人物は, 人間の, 今度の, 他人の, 代償を, 位置に, 何か, 何かの, 何らの, 作戦上の, 作者の, 価値に, 信念, 信念を, 個人的な, 傾倒の, 僕の, 兄の, 免疫性といふ, 公用語中の, 共感が, 兵士たちの, 処置じゃ, 処罰の, 分量は, 刑罰すらも, 判断が, 利潤の, 刺戟が, 勘十郎の, 勝田検事の, 勧告書を, 十倍の, 参加とが, 又自分, 反ファシズム, 反作用として, 反動と, 反対物の, 反対論を, 反応しかたと, 反感, 反感から, 反感が, 反感よりは, 反抗で, 反抗の, 反撥の, 反証は, 叔父の, 受答えが, 口実遁辞逃路に, 右側の, 各方面, 合宿生活に, 同一の, 同感なく, 同盟の, 否定的批判は, 周作の, 周囲の, 唯一の, 善意とは, 嗜好を, 囂々たる, 困難な, 国家的社会的施設が, 地上の, 地球の, 堀尾君の, 報いを, 報償は, 報酬は, 太閤さんの, 女としての, 好奇心から, 嫉みごころ, 嫌疑者の, 子供たちの, 子規居士の, 孔子の, 孝心という, 学生の, 宗教は, 家の, 対策とが, 封建の, 専門的概念と, 小山内父子の, 居士の, 市場価格を, 希望乃至, 底しれぬ, 庶民的憧憬, 弁明を, 彼らの, 従順さの, 御認可, 復讐的な, 徹底的な, 心がまえを, 心を, 心持が, 心組の, 志願者すな, 忠告を, 忠実な, 恐怖は, 恒星の, 悩みや, 情熱を, 愛の, 愛憐と, 愛着の, 感情の, 態度の, 態度は, 態度も, 慰めは, 慾も, 憎悪は, 憎悪を, 憧憬は, 懐疑並びに, 我が在満, 我当の, 手段などという, 手段は, 手段を, 手紙が, 批判, 批判が, 批判に, 批判の, 批判は, 批評と, 批評の, 批評文を, 承諾書が, 抗議が, 抗議さえも, 抵抗の, 拘泥が, 挨拶とも, 挨拶などは, 支払の, 支払能力を, 支配階級の, 敬虔な, 数千万の, 文功章は, 方式を, 施設を, 最大の, 最後的な, 期待が, 期待好奇心は, 木村は, 李徴の, 根本方針などという, 正しい認識, 殆ど痙攣的だった, 毀誉褒貶は, 比重を, 気持は, 気持を, 法則は, 注意が, 泰造の, 津田の, 深い悔恨, 準備を, 無用の, 無限の, 爆笑を, 片岡鉄兵氏の, 物的証拠と, 独自の, 猜疑心の, 現内閣退陣要求, 理解が, 生徒たちの, 用意を, 由兵衛の, 町奉行以下諸, 知恵とに, 研究進行の, 碇も, 確信が, 社会的な, 神経の, 神罰としての, 私は, 租税は, 答は, 答案として, 答申は, 箇人の, 簡単な, 粗忽千万な, 精確な, 素直な, 結び附き, 絶対完全な, 絶望の, 緊張を通じて, 羅馬軍の, 考えを, 考察が, 聯想を, 自分たち二人の, 自国民の, 自己を, 自己嫌悪や, 自然的比例以上であった, 自覚が, 自身の, 興味です, 興味は, 興味を, 芸術の, 若林博士の, 英子の, 蓉子の, 衷情は, 被実験者, 装置です, 補償は, 要求が, 見舞を, 見解も, 観念がね, 観照の, 解答が, 訓練用意が, 評価は, 評判を, 評語とを, 諏訪栄三郎, 論理的な, 諦めや, 謀が, 警戒が, 議場の, 議論は, 議論を, 責任は, 責任者の, 貴族としての, 賃銀と, 趣味を, 身代金を, 軍医部長の, 軽い驚愕, 軽蔑だの, 返事として, 返事としては, 返事を, 返信を, 返書を, 逆襲を, 過大な, 適当な, 金は, 闘いは, 防御策を, 障害は, 需要に対して, 需要の, 需要は, 露月君の, 青年らしい, 顕治の, 驚きも, 鼓舞の

▼ それと共に~ (416, 0.1%)

8 彼の 5 彼は, 私の 4 僕は 3 一方では, 自分の

2 [17件] 二人の, 人夫たちの, 人間は, 今まで, 大きな音, 妙に, 岩野泡鳴氏の, 意味の, 明らかに, 昨日の, 溶け合つてゐる如き, 生きるため, 知識の, 私は, 自己は, 舟の, 重要な

1 [354件] いかに恋ゆえ, いかに聡明, いは, いま自分の, うしろの, お君, お客も, お甲, お雪ちゃんの, かうした場合, かかる兇悪無残, こうした伝説, このこと, このまま何事, この八万二千ホグスヘッド, この嘘, この恐ろしい, この悩み, この時, この時代, この町, この種, こんどの, さきほどこの, さぶん, ずるずると, そういう文明, そこに, その人口, その他の, その名声, その悲叫, その時代, その赤い, その間は, その魚, それが, それは, それらの, それ自体の, たいへんよい, ともすれば岩, どうした, なかなか利口, ひたすら生きる, ふっと堀田, ぼんやりと, またこの, またそれ, またもう, またシャビエル, また一般遊歩者, また前言, また彼ら, また徳川時代, また日本人, また特に, また理解, また自分, また轟然, また過去, むしろ何事, もう一つ, もし富士山, もし小, もちろん人口, わずか十日, わたしは, われわれの, クマが, シナ思想にも, チェコスロバキアが, ヒグツヒグツといふ, ピサロは, フランス小唄の, プロレタリア文学は, プーンと, マルクスエンゲルスレーニン, ロイドの, ロゴスも, 一つの, 一つ二つ蓮の, 一変する, 一層鮮, 一層鮮やか, 一方には, 一日でも, 一時の, 一等の, 一變する, 一隊の, 一雨過ぎた, 上にも, 下腹部の, 不安を, 不審の, 不思議な, 世子は, 世界連合会議への, 中央集権の, 主觀, 二人とも, 二千人からの, 云いよう, 人生に, 人生は, 人間も, 人麿が, 人麿の, 今小浜兵曹長, 今日の, 今迄, 他方では, 仲間で, 体が, 何だか後め, 余は, 信仰意見及び, 信長は, 修辞も, 俳句の, 側に, 僕が, 元へ, 先生に対する, 全く羞恥, 兵卒は, 其の乾燥, 内侍使が, 内部から, 凡そ文学, 別種の, 前方を, 力の, 勃発的に, 動揺の, 十二世紀に, 十常, 千代乃の, 印度まで, 又ソヴェート, 又人格, 又経験, 可愛らしい精靈, 右の, 吉岡方の, 同じくヨウロッパ, 同じ根拠, 同帰, 吝嗇の, 吾, 呉が, 周囲へ, 哄の, 唯継の, 四季折々, 四方の, 四辺は, 四邊は, 因果律が, 固有なる, 国の, 土人と, 土人の, 土地に, 地に, 塵が, 増加すべき, 夢では, 大入道の, 大波の, 太い頸筋, 女の, 妄りに, 妾宅の, 姉は, 存在し, 学問の, 安住の, 實踐を, 対岸には, 小供等, 小芝居的, 少数の, 屡しば, 山の, 山の上からは, 岩に, 岸本も, 崖の, 崩壊した, 左に, 左の, 希望も, 師の, 平戸に, 年老いたお父さん, 弟の, 彼に, 彼女が, 御堂の, 御方の, 心の, 思い出すの, 思わず一足, 急いで, 怪人集団から, 恐ろしい疑惑, 悔も, 悪夢から, 悪戯を, 手に, 手拭を, 批判的精神が, 揮り伸ばした, 支那学は, 敵の, 斜めから, 新しく連れ, 新らしい, 新生産物, 日本の, 日本主義は, 日本人と, 日本人は, 日本型に, 時々漏れる, 時代が, 時代的に, 最も怪奇, 最近の, 未來なる, 本書の, 来客も, 東妙和尚の, 東武鉄道会社が, 林は, 権家の, 権田原の, 横田氏等の, 樹の, 橋と, 此章が, 此間の, 武蔵の, 死なうなどと, 母の, 気が, 気づいて, 氣持も, 水谷からの, 永久不変な, 沢子に対する, 浜辺に, 湖水を, 灯の, 烈風は, 無意味の, 爆裂弾の, 父の, 父も, 狂気の, 献身者は, 玄蕃允は, 現在の, 理論上明かに, 生きなければ, 生徒が, 男女同棲の, 皇室は, 直ちに他人, 看護婦が, 眩く日, 眸を, 神との, 神父たちに対する, 私達の, 突然川水, 窓で, 競争心は, 篇中の, 精細な, 素材の, 結いつけて, 絶望に, 続出し, 維新の, 縷々として, 美しい凪, 美しく湖, 美佐子の, 翳も, 背を, 能登守とも, 自分から, 自分と, 自分に, 自然に, 自然の, 自由は, 船の, 船着場に, 芒の, 花の, 芸妓達は, 芸術的統一の, 若や, 苦汁を, 英国産業によって, 蕎麦売り, 薬も, 行方不明と, 裏の, 襦袢一重に, 見えないの, 観念, 調帯が, 赤外線男の, 身に, 身体が, 近世迄もずつと, 近隣で, 迫害の, 過ぎに, 道助は, 道庵が, 遠巻きに, 都会の, 都市の, 配下の, 酒をも, 重なり合って, 重圧めいた, 金を, 釘勘も, 針仕事の, 鈴子と, 門人玄沢に対して, 障子を, 雲は, 静かな, 音に, 頭に, 頭の, 顔の, 顔色が, 顔色も, 香料の, 駕籠の, 騰貴しなけれ, 魂の, 魔除け, 鶴嘴を, 龍の

▼ それという~ (413, 0.1%)

224 のも 88 のが, のは

1 [13件] のはね, まま砂烟を, ように, わけは, 世話を, 勢いで, 声が, 意味が, 時の, 的も, 者も, 負傷も, 間も

▼ それ以前~ (386, 0.1%)

11 のもの 7 のこと, の事 5 の時代 4 に, に犯人 3 から, にすでに

2 [13件] にあの, にまず, にも二人, に彼, に日本, に生じた, に私, の, の子供, の学術書, の歴史, の生活, も絶え間

1 [316件] からあまり, からある, からいろいろ, からお, からこれ, からその, からたといいかに, からだいたい, からで, からである, からなくなっ, からの事, からの伝説, からの先住民, からの同志, からの周囲, からの来住者, からの考え, からも春季, からコマ人, からムクゲ, から上野, から上野介, から九州, から人前, から先輩, から冬次郎, から前, から千代, から四十一, から固定, から存在, から安藤, から小間使, から幕府, から必, から摂津, から更に, から根岸派, から深谷, から漢権守, から熱心, から眼, から知られ, から私, から行われ, から親交, から誰, から足利幕府, から野武士, から隣国, から風邪気味, から鼠, が知りたかった, すでに棺台, だと, ではない, でもこれ, でもそれ以後, でも上野, で元正天皇, というもの, といえ, とても幾度, とても親友, とてやっ, とて会え, ともなる, と云おう, と比べ, と餘程調子, にあった, にある, においてはこれ, においては発音, においてもその, においても日本人, においても聖ルイ, にございます, にその, にそれ以上根本的, にで, にである, にでき, にどう, にどんな, にはあまり, にはいま, にはおそらく, にはおよそ, にはこんな, にはたとい, にはなかなか, にはオボクレ坊主, には久保先生, には事実, には全く, には冬, には力, には存在, には小倉, には水, には組合, には花, には西洋文学, には貴方, には貸席, には酒甕, にぼく, にまう, にも, にもあった, にもう, にもすでに, にもそれ, にもそれほど, にもそれ以後, にもだ, にもない, にもまして, にも三味線, にも五十万, にも何回, にも南部ロシヤ, にも彼, にも我が国, にも接吻, にも方程式, にも既に, にも早稲田騒動, にも機械, にも相当, にも約, にやはり, によんだ, にわたくし, にアドルム中毒, にキャヴェンディッシュ, にギブス, にシナ, にディグスビイ, にマリア, にローマ, に一つ, に一人亀背病患者, に一度, に上原老人, に二個, に佐佐木, に何, に僕, に別に, に単独, に原因, に吉野, に図書室, に多く, に属し, に引き揚げる, に忍び込める, に我々, に或, に捕縛, に数学, に敷物, に數十萬年, に文学, に文春, に文献, に於, に既に, に日本各地, に書かれた, に死, に死滅, に比し, に気味, に池田勝入, に法水, に流言蜚語, に渡った, に渡来, に溯り得る, に煎じた, に生家, に留守, に異体脆弱, に発表, に私たち, に立場, に籾倉, に考慮, に胎龍, に行, に見られなかった, に誰, に謁見, に起こる, に通学, に隠す, に頼朝夫婦, に鰐淵寺, のいわゆる, のたいてい, のどれ, のよう, のイタリヤ, のギリシャ的世界, のドイツ語訳, の三百年五百年, の久しい, の人々, の仏像, の作, の信仰, の凝集, の凡て, の制作, の前提, の十五年間, の原始, の原始人, の取る, の古い, の合理主義, の合理論, の和歌, の大和平定者, の太古, の奉天会戦, の奥州, の嬌めかしく, の家, の小杉さん, の小説, の巨木, の年号, の年齢, の幾多, の往来, の御, の念仏踊り, の手法, の手紙, の承, の損得, の教養, の数々, の文化元年, の文芸評論, の新, の日本, の日本人, の日記, の旧い, の時期, の本, の歌, の段階, の民主的人生, の気持ち, の法則, の甲州街道, の瞑想, の社会, の私, の絵, の船, の菊池さん, の言葉, の記憶, の話, の語, の諸, の貧儒時代, の閣下, の隠れた, の食物, の麻, はこれら, はどう, はどういう, はどんな, はなかつた, ははたして, はわびしき, は両者製法, は人形廻し自身, は仮令, は前記, は太陰暦, は少将, は山岳, は年二回, は悉く, は是, は都, は開港場, までは僕, も同じ, よりご, よりも冷やか, よりも正確, より睡く, を私, ボロジン夫人, 久しく文壇的摩擦, 及び以後, 少からぬ, 恐らく持統六, 折々読み, 既に彼女, 特にわたくし, 約二週間中隊, 約十年一日, 行われて

▼ それである~ (367, 0.1%)

23 からと云っ 14 が故に 7 からし, のに 6 から, ことを 4 から天皇, がこの, ことが, ように 3 のを

2 [21件] かは見分け, からこういう, からこの, から人民, から今や, から入浴, から可, から君, から日本人, から概念, から真, から自然科学, がこれら, が如く, と, という, ということ, と名, と思う, のか, のにこの

1 [243件] かというよう, かといふ, かと思われる, かどう, かのごとく, かの如き, かの如く喚きちらし, からこそアカデミー, からこそ労働, からこそ却って, からこそ却って初めて, からこそ又, からこんな, からすべて, からその, からそれ, からといっ, からとうてい互いにじゅうぶん, からとくに, からなぜ, からなに, からほか, からまず, からむかし, からもし, からやはり, からわれわれ, からイギリス流, からサブシ, からショペンハウエル, からスクリーン上, からバーグレーヴ夫人, からムウア, から一概に, から一緒, から一般, から万, から世界, から世界空間, から世間, から二人, から人, から人々, から人力車, から今, から今日, から仔鹿, から何, から例えば, から健康, から僕, から兄, から先生, から出版物, から初, から前後相承, から単に, から印度, から古来, から同じく, から吾, から国憲, から地質学, から外国, から外国人, から多, から多少, から大, から天長節, から太后, から姉妹, から始め, から孔子, から学問, から対手, から左団次, から常に, から彼, から往々, から心, から性格, から我國, から我輩, から所謂, から投機思惑, から文化形態, から文部大臣, から旧, から明治天皇, から時として, から時代, から時代錯誤, から最後, から最高善, から東京, から桂屋太郎兵衛, から桂屋太郎兵衞, から極力, から概念的, から構成的概念, から樂, から民子, から没落的契機, から法, から法理的, から法隆寺, から爲替相場, から片仮名, から物理学, から現実, から現象学, から理論, から白昼, から皇室, から真偽混淆, から真理, から私, から科学的世界, から級, から縦, から老若男女, から聖徳太子, から肚, から自分, から興味, から英文, から著述, から虎, から衝突, から西欧諸王国, から西郷, から認識論的立場, から語る, から近代, から近所, から道徳的人格者, から金解禁, から黄教, かを判定, か判然, がこれ, がゆゑ, が今, が代々, が換骨, が故にまた, が故に又, が文章, が是くら, が灌漑水, が為, が社長, が自分, が良心, ことなどを, ことに, ことや, この作品, これは, これらの, だけでなく, だけに今日, という話, という説, といたします, といふこと, とき私らの, ところの, としたい, としてそれ, とする, とするなら, とともにどこ, とは云われない, とまでわかっ, と云, と云っ, と云った, と先生, と判定, と友吉, と思ひます, と極めて, と考えられる, と考える, と聞く, と言い得られるでありましょう, と言つて, と韓方明, にも拘らず, に過ぎず, のである, のにかうした, のになお, のになぜ, のにましてや, のに三人目, のに不思議, のに二三日来, のに人, のに天下, のに往々, のに意外, のに我が, のに現象, のに科学, のに金峰山, のみである, やうに, 一つの, 一人の, 三色旗の, 人が, 人には, 今夜は, 医者の, 印度の, 場合には, 売薬品の, 夜そっと, 富士山に, 小鳥では, 彼は, 日おばさんに, 日アラジンを, 日鏡の, 時, 時お, 時おとうさんに, 時七夕が, 晩あたりに, 期間生き, 此等の, 歴史家が, 点から, 然も, 組は, 結果に, 老人の, 自分の, 誰の, 諸君も, 點彼の

▼ それだけの~ (360, 0.1%)

29 ことで 8 ことな, 事で 7 ことを 5 ことが, ことなら, もので 4 ことである, 理由が, 理由で 3 ことさ, ことだ, ことです, ことは, ために, 事実を

2 [21件] ことか, ことであった, ものか, ものである, 事が, 事な, 事なら, 事を, 値に, 力が, 問題には, 威力の, 必要が, 意味に, 歴史が, 決心を, 理由から, 用は, 言葉が, 資格が, 金を

1 [221件] お信さん, ことかも, ことじゃ, ことだったら, ことであったら, ことであるなら, ことであろう, ことでございます, ことでした, ことでも, ことで埋, ことと, こととしか, こととは, ことに, その日, ちがいが, つながりで, もの, ものだ, ものは, ものを, カイナデな, スピードを, トリックを, ヒントを, ロシア語を, 不義理, 世界であった, 主観的制限を, 事か, 事だ, 事であるけれ, 事でございます, 事です, 事に, 事は, 事実では, 事実に, 事柄に対して, 交渉に, 人数でも, 人数の, 人数を, 人間が, 仕事で, 仕事でも, 代価を, 代物では, 余暇を, 余裕が, 作家では, 便利が, 信念を, 値打は, 傷で, 償いを, 処分に, 出来事で, 分らぬ理由, 刹那の, 効果には, 効能は, 勇気も, 半オクターヴ, 単純さには, 単純な, 危険性を, 原則を, 原因で, 厳ましい, 品位が, 商魂で, 因縁が, 土地を, 地歩を, 埋合せ, 場所は, 増収を, 大きな力, 如何にも川村さん, 嬉しまぎれ, 宗教的な, 実力を, 客観的価値を, 客観的或は, 實力が, 年齢に, 弱味を, 当り前の, 当然な, 影響を, 役に立つもの, 役目らしく, 御奉公, 御用だ, 御馳走として, 心で, 心の, 心安さ, 心得も, 心配が, 思いきりも, 思いだった, 悪戯に対する, 惡戲に, 意味が, 意味さえ, 意味じゃ, 意味だつた, 意味である, 意味では, 愛情を, 手仕事を, 手紙を, 支度を, 敏感さを, 教育を, 数の, 文句しか, 文字の, 方法で, 昼寝を, 時間に, 時間の, 景色な, 智識を, 暴力を, 根気は, 格式と, 正真正銘の, 武功が, 気力を, 氣持だつた, 水を, 決意を, 法医学上又は, 泡沫の, 泥を, 活力が, 浅薄愚劣な, 深い事情, 準備を, 火花が, 炭団でも, 熱が, 特徴が, 現実しか, 理由かい, 理由では, 理由によって, 理由の, 用意を, 目的では, 目的より, 目的を, 目算を, 相談なら, 知識を, 粉の, 粉へ, 精神が, 純然たる, 経験を, 緊張を, 縁で, 縁故で, 罪を, 考が, 者が, 者で, 肉を, 胆力を, 腕と, 自信が, 自由と, 興味が, 興味と, 苦即ち, 號令で, 要求を, 覚悟は, 言いわけ, 言葉で, 言葉の, 記憶である, 話さ, 話だ, 話である, 話では, 話な, 話なら, 話を, 誇りも, 誘惑に, 誠意が, 謙遜な, 證據を, 貢献には, 費用を, 賃銭を, 距離を, 軍を, 運の, 重量の, 金は, 長所が, 間に, 関係な, 陣立てを, 険しい唸り, 隔りが, 集った場所, 非常なる, 面積が, 面魂を, 食物を, 馴染か, 騒ぎを, 骨折を, 魅力が

▼ それだけが~ (357, 0.1%)

12 彼の 10 私の 6 唯一の 4 彼女の 3 人生の, 心配だった, 気に

2 [18件] あらゆるもの, あんたの, いまの, こっちの, せめてもの, ただ僕, はっきりと, わたくしの, 二人の, 僕たちの, 僕の, 全部の, 原因では, 問題に, 独立し, 私にとっては, 第一, 身上かと

1 [280件] あいつの, あたし心配な, あって, あつた, あとの, あなたの, あまり上等, あらゆる屈辱, あらゆる風化作用, あるから, いつまでも, いつもの, いつも心配, いつも譲治, おり, お前の, お気の毒, お気懸りらしい, お羨ましい, お雪ちゃんの, お頼み, お願いよ, かの女, かれの, くぼんで, ぐるりと, この女, この映画, この狭い, ご憐愍, その中, その充分, それだけが, たき火に, ただ一つ, ただ嘆息, ただ心配, たつた一つ, たまらないこと, たれしもの, つらいこの, とうさんの, とくに比較的沈黙, とりえですけれどね, どうかうつ, どうしてそれほど重大, のせて, のっぴきならぬ, のびれば, はっきり君, はっきり見える, ひょっとする, ひろい世の中, ほかの, ほの, ほんとうの, ぼくには, また自分, まだそっくり以前, まだわからない, まだ描いてない, まだ黒, むずかしければ, もう彼, もう諸君, やがて今日, やっと言えた, わくわくし, わしには, わしの, わしは, わずかに, わたしの, わたしを, われらの, ジャズ歌ひ, ハッキリ決定, ヒントとしては, ボキャブラリイである, ラジィゲの, 一つこの, 一つの, 一念でありましょう, 一斉に, 一日の, 一束に, 不便だ, 不安の, 不審そうであった, 不審であった, 世間の, 並んで, 中断する, 云へ, 互いに違った, 京吉の, 人の, 人生か, 人間の, 人間並みの, 今しがたの, 今の, 今伺ひたい, 今度の, 他とは, 他の, 何かの, 作家の, 作用だ, 偶然紛失した, 僅かに, 僕にと, 僕には, 僕自身を, 優れた芸術, 全般的な, 全部で, 全部には, 公休で, 出た, 出来ないと, 分った, 分っただけ, 分らぬという, 切り抜いて, 別れを, 協力なら, 危険な, 厚みの, 取りどころです, 取り柄だった, 取り柄な, 古代の, 同じかい, 君に対する, 唯ひとつ, 問題では, 問題な, 困り者, 夜の, 大切な, 失業者として, 奇妙に, 妾の, 子供達の, 室内に, 宿直を, 察しかねること, 小圓太, 少し気がかり, 幻の, 幽かに, 庸三の, 彼女に, 彼女を, 心が, 心がかりだった, 心がかりらしく, 心待ちで, 心懸りだった, 心残りで, 心配だ, 心配だつた, 必要だ, 必要であった, 思い出すと, 急に, 悲しいの, 惜しまれても, 想ひ, 愉しかつ, 手伝いの, 手当の, 手応を, 捉え所, 探偵小説の, 支配力を, 文学者ぢや, 既に一つ, 日本人に, 昆布卷き, 最も確実, 望みだった, 望みでございました, 望みです, 本心では, 本物と, 本物という, 楽しみじゃ, 楽しみで, 楽しみの, 欧米依存の, 欲しいの, 殆ん, 残ったこと, 残念です, 残念な, 殿にとって, 気がかりで, 気がかりな, 気懸りであった, 氣がかりで, 氣に, 決定された, 法学学習の, 活字の, 流れ入る河筋, 浮んで, 準備の, 災難の, 無論この, 父の, 特長で, 独立した, 玄人と, 現代に, 現実に, 現実の, 理由だった, 理由で, 理由である, 瑕で, 甚しく, 生きるたの, 生き甲斐といふ, 疵である, 癪だった, 目当で, 目標だった, 目的だ, 目的でした, 目的です, 目的では, 目立ったわけ, 目立つ, 目立つやう, 直径八十センチも, 真実であろう, 真実の, 眼に, 知識の, 研究に, 祈られた, 禅師たる, 私たち門人には, 科学だ, 秩序を, 精一杯だった, 義務だ, 聞こえて, 胸一杯に, 自分の, 自分を, 自殺の, 自然の, 興味で, 苦しいなか, 苦に, 見込で, 語られて, 誤りである, 貫之の, 跳ね廻って, 辛うございます, 這入つて, 違うん, 鉱毒の, 間接に, 陰気に, 非常な, 非常に, 頭に, 頭脳に, 頼りです, 顔の, 願いである, 願われるので, 願望だった, 鷄介を, 麻痺した

▼ それ~ (355, 0.1%)

95 のこと 38 の事 15 ひの 10 にし 9 のもの 6 なこと, の金 4 ゐの 3 はありうち 2 その外, だ, では, でよから, なもん, の年月, の研究, の見当, ゐは, 大きくない

1 [149件] あらあ受取れ, ありゃ肴, あるかい, いいぢ, いだから, いなこと, いなら一国民, か, が滿足, きく薬, しか數, じゃ腹, であらう, でありますから, であるから, ですから, でなければ, でなけれや, でよかろ, で丁度, で女房貰, で澤山, で知人, で空しく, で行ける, で見切り, なつまらな, なところが, ならあんた, ならお, ならば, ならまあ, ならもう少し, ならもつと, ならよから, なら全部, なら和歌宮師, なら大した, なら私, なん, な単純, な社會制度, な程度, にこの, にしとかない, になる, に拝まれる, に止まるなら, に考え, に考へ, に難しい, のあ, のあっさり, のごと, のところ, のん, の付加額, の代価, の例外, の修業, の儲け, の利益, の品, の報い, の変, の夢, の奇瑞, の女, の小さい, の巨大, の年, の年頃, の度外れ, の弱者, の役廻り, の必要, の恨み, の悪気, の意地, の意気組, の意識, の我儘, の所, の手相, の技巧, の抱擁, の損害, の数, の時間内, の智恵, の未練, の札びら, の気持, の水蒸気, の注意, の特異性, の犠牲, の理由, の生きる, の用意, の矛盾, の石, の算盤, の精度, の細工, の罪, の自, の自信, の融通, の血, の見, の覺悟, の請求, の變つた事, の違, の金持, の馬鹿馬鹿しい, の高, の高級さ, はとうに, はまだ, は仕方, は安い, は最前, は権右衛門, は着, は遅れ, ひならば, ひに, ひは, ひろい伝統的, ひ気, までゆかなく, やりかねねえ, わからない筈, ゐでも, ゐなら東京, ゐに, ゐ有名, ゐ許して, を恕す, 出来れあ, 取つて, 居たの, 当然だ, 御自分, 書いた, 書ければ, 親しい風

▼ それ~ (351, 0.1%)

5 そうだ 4 そうでしょう 3 いい, そうです, 怪しからん

2 [24件] いいが, いかん, いけませんよ, そうさ, そうだろう, そうと, そうや, どうも, ひどい, もう誰, よかった, トテモ素敵な, ドーヴァー通いの, 何うしたつ, 判らないさ, 判るわ, 好いところ, 嬉しかった, 怖かった, 本当だ, 無理も, 私だ, 誰でも, 面白いです

1 [285件] あたしお, あつさりし, あなたまだ, あなた人口が, あなた道路は, あの人, ありますとも, ありますよ, あるが, あるさ, あるん, あんた, あんたあんたは, あんたと, あんな拙い, いいさ, いいわ, いい乳母, いい事, いい気持, いうまでも, いつたいなんと, いろいろ人は, おまえも, おもしろい, おらも, おれは, お前いわば, お前からは, お前アノ興行王じゃ, お前誰だ, お婆さんの, お母さんが, けれどもそいつ, この, さうさ, さうし, さうだらう, しかし何, そうかも, そうたい, そう云った, その梅本, そんな人, たのしんで, だつて, だつて普段, ちゃんと知っ, つてはじめて, でる, とてもお話し, とても痛かっ, ともかくちよ, とんだこと, とんでもねえ, どうにかし, どちらでも, ねこの, ね何と, はいりますわよ, ひどい着物, ひょんなことからこうして, ほんとに間違, まあそうだ, まあ昔, まあ泥棒, また滅茶, まったくかい, まったく返っ, まつたくだよ, まるで何, もう, もうあたし, もう万事わたし, もう何, もう何とも云, もう勉ちや, もう変てこ, もう大分あちこち, もう大概どなた, もう御免, もう恰, もう愚劣, もう掘, もう此方, もう甘え, もう行かれる, もっと上品, やって, よく出来た, わかりも, わっしも, イカンね, キチョウメンな, グィードーの, ステキに, トテモ大変な, トテモ恐ろしい, トテモ気の, ドウモは, 一時の, 上手に, 不思議と, 不服だつ, 云ってもよ, 今だって, 今と, 今の, 今日か, 今日までの, 仕方が, 仕方ない, 会ひます, 何うし, 何だ, 何ともまだ言われません, 何の, 何遍も, 停車場が, 僕だって, 僕の, 僕は, 兄さんの, 先生が, 兎に, 出たらめ, 判らん, 別に理由, 刺繍や, 前へ, 劍道といふ, 勿論だ, 南京政府の, 博士の, 危険な, 友だちが, 友人といふ, 反対だ, 可いんだ, 可け, 可笑しいのよ, 可笑しかつ, 君, 君こそ, 君たち夫婦の, 君という, 君の, 君等と, 君考へ, 哥薩克らしくない, 喰べ, 嘘よ, 回復する, 困つたね, 在るという, 在るには, 変な, 夕陽が, 多いの, 多分生きた, 多勢の, 大きな声, 大した評判, 大丈夫だ, 大丈夫よ, 大変だ, 大変な, 大胆と, 失敬した, 好い気持, 好かつ, 妾の, 学者共は, 実に横暴, 実際不思議, 寿美子さんも, 少々違, 少し乱暴, 少し残酷, 尤も, 左うです, 左程, 平気さ俺は, 平気だらう, 幾らとでも, 幾度も, 御苦労だ, 怠惰だ, 惜しいこと, 愉快だ, 意気地の, 愚図よ, 慾ばりだった, 手ま, 手術さへ, 日本が, 旦那の, 旦那も, 月が, 有り難い, 有れば, 有難い, 本当か, 本当な, 本当になんにもわけあねえ, 本当の, 東京の, 梯子を, 構わないでしょう, 欲しいとも, 死なうと, 死に, 残念だ, 母様お, 江戸ッ子の, 沢山ある, 浦塩では, 済むさ, 温柔しい, 無理で, 無理です, 無論あります, 無論かかった, 無論くっつける, 珍らしい, 理窟だ, 生きて, 生きてるの, 男だったら, 町へ, 當らなかつた, 痛いさ, 眞面目よ, 真面目よ, 眩るだろう, 着々遣っ, 知つた, 知つてゐます, 知識人とは, 確かな, 確かに, 私も, 笑つてゐる, 素晴らしい煙草, 結構です, 綺麗です, 綺麗な, 美しいよ, 聞えませぬ太宰くん, 背中の, 良い小説, 苦しいです, 草鞋は, 菅原の, 葉ちゃん似合わない, 葵に, 西洋剃刀でしょう, 見ものだ, 見るの, 見上げたもん, 親父や, 解つ, 解りませんがね, 解り切って, 言いますよ, 言うな, 言ふ, 証拠に, 話しても, 話せない事, 誰の, 貰つたのが, 送って, 道徳に, 遮る物, 降りたくなるだらう, 面ぐらいは, 面白い, 面白かってよ, 面白かろう, 願っても, 饗庭じゃ, 駄目さ, 駄目だ, 駄目よ

▼ それかと~ (351, 0.1%)

113 いって 54 云って 39 言って 14 いつて 8 思うと, 思ふと 3 言うて

2 [12件] いうて, いふて, 云うて, 云つて自分の, 思う, 思うところ, 思うの, 思って, 思はれるやう, 言つてこの, 言つて何一つ家計の, 言つて東京が

1 [88件] おぼしき桜, まが, みゆる翼, 一緒に, 云つていまさら, 云つてお, 云つておま, 云つてこの, 云つてさほど, 云つてその, 云つてそんな, 云つてまた, 云つて一度は, 云つて不快で, 云つて今まで, 云つて何が, 云つて各, 云つて單純な, 云つて女が, 云つて女中を, 云つて平素気が, 云つて強盗である, 云つて彼は, 云つて書画を, 云つて汝ほど, 云つて着物の, 云つて結婚の, 云つて美奈子の, 云つて野口君は, 云つて降りも, 切込まれて, 呑み込んだよう, 定めかねて, 寿女は, 彼の, 待ち暮らして, 思いながら, 思うが, 思うだろうが, 思うほど, 思うよう, 思う島, 思う烟, 思う蓼, 思う足あと, 思った, 思ったところ, 思はるる詩, 思はれるほどにまで, 思ひし木立, 思ふ影, 思へば, 思われまする, 思われる, 思われるのみ, 思われるほのか, 思われるよう, 思われ耳, 暗に訊ねた, 梓は, 気づいた私, 申して, 白糸は, 秀之進には, 聞く時鳥, 聞ゆ, 見し山々川, 見ゆる影, 見れば, 覚しきもの, 覚しき店, 言つてかうした, 言つてくわつ, 言つてさ, 言つて何う, 言つて何時まで, 言つて口喧嘩一つやつた, 言つて国学以前から, 言つて家に, 言つて我々と, 言つて来る, 言つて格別仲が, 言つて決して, 言つて牛肉を, 言つて馬之, 許り, 辿つて, 驚喜し

▼ それ以来~ (333, 0.1%)

8 というもの 5 のこと 3 少しも

2 [19件] いくらすすめ, お露, この甥, この男, この部落, ずっとその, ずっとテルソン商社, ずっと今日, その女, である, といふもの, どうも松村氏, どんなこと, なの, の神尾家, はこの, はただ, また夢枕, まだみかけた

1 [279件] あさくらどの, あたま, あの男, あまり健康, あまり天狗, あらためて自分, あらゆる年頃, いい顔, いかなる場合, いくぶん敬遠, いっそめし屋, いつも迷, いよいよますますぐらつい, いろ, おせき, おそれを, お人形, お増, かえって身すじ, かき乱されて, かくの, かなり無理, かの女, かも知れない, かりたてられて, かれこれ半年, きつい法度, けっして男, こうして他人, この, このラサ府, この中堅会, この二人, この地, この宇宙艇, この宝石, この家, この容貌, この山, この川, この幻影, この時計屋敷, この木, この机, この村, この洞窟, この流, この潮時, この特殊部落, この猫, この簡素, この老, この職業, この若者, この部屋, この鍾馗, この鐘, この頃, こんなにも急激, こんなみっともない, ごしん, ご自分, さう, さらに退屈, しなくなったの, しばしば将来, すこしも評判, すっかり健康体, すっかり気力, すっかり衰弱, すっかり電気気違い, すっかり黙殺, ずいぶん諸国, ずうっと, ずっとこの, ずっとロスコー家, ずっと三十七歳, ずっと乞食ぐらし, ずっと付きっきり, ずっと別居生活, ずっと地中, ずっと日夜おまえ, ずっと独りぐらし, ずっと独り身, ずっと独身, ずっと男, ずっと私, ずっと繰り返され, ずっと自分, ずっと諸, ずっと道場, ずっと重苦しい, ずつとこの, ずつとなの, ずつと視力, ずゐぶん, そのあたり, そのつもり, そのところ, その丘, その傷, その内容, その名, その女商人, その家, その日記, その某国, その洋画家, その看板, その窯, その老人, その老人一家, その蔓, その郊外, その銀側, その青年, その顔ぶれ, たえずこの, だ, だと, だんだん疎遠, ちっとも顔, ちつとも, ちらちらと, つい子ども, つねに朝晩, というもの彼, とかくの, ときどき文通, とても考えこん, とんと頭, と云つて, どういう加減, どうぞし, どうなった, どうにもその, どうもおれ, どうも眼, どの恋人, どんなに意久地, どんなに苦しんだ, ながらくの, なくなったの, なるべく計量器, の, のチベット支那, の三次四次, の主膳, の事, の二度, の今日, の寺院側, の快, の日夜, の清水一学, の環境, の細君, の長い, はじめて胸, はすべて, はずっと, はその, はつい, はぼく, はもう, は一しお, は一そう得意, は何, は古稀, は寄宿舎, は彼, は生れ変った, は画, は絶えず, は自分, は藪山, は言い合わした, は針仕事, は養生, ひどくひねくれ, ひどく性格, ふっつりと, ほとんど一人, ほとんど台, まさかの時, ますます無口, またばったり, また遷都, まるでうるさい, まる三年, まる十年, めきめきと, もうかれこれ二ヶ月, もう二タ月あまり, もう妾, もう完全, もう猫いらず, もう行き来, も何かと, も浩平, やすみつきり, やたらと, よろこんで, ノンビリさん, 一層不機嫌, 一層久慈, 一層口数, 一層深く, 一段と身辺多事, 久しく消息, 二度とあの, 二度と原稿, 互に往復, 会って, 何かという, 何かと目, 何となくよそ, 何もかも夢, 余程あなた, 全く床, 全く思ひ思ひ, 全く行方不明, 其の芝居, 凡そ半, 初松魚, 厳しい詮議, 又た, 固く彼女, 大きなもの, 少くとも, 常に敵本的, 常に私, 常に胸, 常に自分, 引つづいて, 当のラングミュア, 当豊明権現, 御後室さま, 忙しい職務, 恥ずかしく思っ, 感じ続けて, 懲りて, 抜け出すこと, 故将軍家幕府, 新しくこの, 時々富士見, 時々訪ね, 更にたゆみ, 更に見なかった, 次第に下降, 次第に内, 次第に研究, 死にもの狂い, 淋しく力, 満洲, 無性に上りつめ, 疑わしい行動, 病み苦しむ事, 益々感情, 知り合, 約一ヶ月, 絶えず見張り, 老医師, 聞えなくなったあの, 若い仙太, 著しく強くなった, 蒼くふくれた, 見ちがえるよう, 親しくし, 訪ねて, 起こったの, 近しいとも, 逢わぬから, 酔っ払うと, 酬いを, 酷くそれ, 長い間, 長らく枕, 降っても

▼ それ自体~ (329, 0.1%)

5 がすでに, のため, の中 4 の部門 3 が既に, に於

2 [30件] が, がかなり, が不合理, が創造, が即ち, が孕ん, が真実そのもの, が私, だから, だなどと, ではなく, で鼻, としての真実, としてはかなり, としては真実, としても奇怪, として悔い得る, として真実, として見る, なの, には通俗, に妥当, の実質, の展開, の性格, の情熱, の方, は決して, は馬鹿らしい, を分析

1 [244件] いわば親兄, からわかる, がある, がいは, がいわば, がいわば常に, がこの, がそう, がつい, がどんなに, がなに, がますます, がまちがった, がむずかしい, がわれわれ, がエロサービス, がソツクリ曾, が一つ, が一人, が一足, が不断, が並々, が主観的, が人心, が何となく, が例えば, が侵略国, が僕, が力, が史実, が吾, が商品化, が塩っぱい, が天性好き, が弁証法的, が悲劇, が感ずべき, が我々, が戦争, が文芸, が木, が杜, が淘汰整理, が無い, が珠玉, が現代, が生き, が生活, が生産機能, が盗人, が直接, が社会学的, が自由, が自身, が装飾, が詩, が象徴, が負わなけれ, が赤蛙, が軍備, が道義, が重い, が隆景, が革命, が騎士道, が驚くべき, すでに自己, その人たち, その意志, たしかにいい, であり強要, である以外, ですよ, ではつまらん, では値打ち, で完結, で救, で罪, で超越的, ということ, というもの, というよう, として, としていとわしい, としていろいろ, としてたくさん, としての自然, としてはありがたい, としてはさして, としてはホント, としては奇, としては彼, としては暴力, としては概して, としては比較的, としては決定的, としては無, としては独立, としては胸, としてほとんど, としてみ, としてもう, としても決して, としても現在, として他, として何等, として全く, として多く, として存在, として孤立, として当代, として当時紹介, として快適, として成立, として正しく, として純粋, として豊富, として醜悪, とそれ, なにかくるくる廻転, なる物自体, に, にある, にいろいろ, においてある, においてなお, においては論理, において完了, において考え得べからざる, にかじかんだ, になる, になろう, にはやはり, には何, には大した, にモラル, に三分の疑い, に不安, に何, に内在, に切り, に好戦的, に対する社会一般, に対する考察, に就, に就い, に意義, に既に, に明瞭, に最も, に最大至高, に独存的, に良心, に解決, に逞, のあなた, のうち, のこと, のなか, のみを研究, の一部, の世界, の価格, の刺戟的, の力, の勝利, の原質, の大きな, の存立, の実, の弁証法, の性質, の性質上, の意義, の投影, の持つ, の本質, の本質感, の構造, の活動, の混濁, の為, の王国, の生命, の発展, の直接, の直接性, の相貌, の秩序, の立場, の素質, の翹望, の蔭, の行為, の詩的ムード, の語韻, の説明, の重み, の限定, はさほど, はただ, は一体, は不愉快, は中国殆, は何, は何時も, は僕, は利己的, は取る, は悪臭, は悲劇, は支那本土, まさに死なん, もすこし, もぬれ, も今一本腕, も相当, も粗悪, も肥え, よりも実は, をさえ見失いかけ, をより, をスープ, を刺戟, を動機, を完成, を拒絶, を散歩, を楽しん, を目的, を直ちに, を直接, を考察, を見た, を観照, を記す, 一向に発展性, 別に礼儀, 刻々と, 反文化的暴力, 実際ありうべからざる, 決して不純, 無性格, 耐えられない重荷

▼ それのみ~ (324, 0.1%)

71 では 8 ならずこの 7 でない, ならずその 6 ならず私 5 ならず彼 4 ならず先生, 心に 3 でなく我々, 苦に

2 [13件] である, でない蒲団, ならず, ならずあの, ならずそれ, ならず今日, ならず去年, ならず当時池長さん, ならず我々, なら未, によつて, 冴えて, 心配罷

1 [180件] お祈り申します, だ, だった, であ, でありそれ, でありました, でございまする, でないこの, でない直接間接, でなかった, でなかつた, でなく, でなくいつぞや, でなくおそらく, でなくここ, でなくこの, でなくこまかい, でなくやや, でなくクールノー, でなくフィードレル, でなく事實, でなく二, でなく人間界, でなく作者, でなく単に, でなく單, でなく女, でなく宇和島殿, でなく延徳元年実隆, でなく彼, でなく彼女たち, でなく後世, でなく御, でなく感性的, でなく技術, でなく武蔵, でなく湖水, でなく産所, でなく自分, でなく西洋, でなく身體, でなく非常, でも, で上朝廷, で時代, で滿, で社会, で足るもの, で限り, ならじ, ならずある, ならずいつぞや, ならずおと, ならずかつて, ならずここ, ならずことに, ならずこれ, ならずさき, ならずだ近代, ならずどうして, ならずなぜ, ならずにくい, ならずひと, ならずもう, ならずガマ, ならずシナ皇帝陛下, ならずジャンナン氏, ならずダージリン, ならずチベット国民一般, ならずネクタイ, ならずパテー・カムツァン, ならず一定, ならず一本一本, ならず丈助, ならず上京中, ならず不思議, ならず主人, ならず争, ならず人, ならず人間, ならず今度, ならず令夫人, ならず余裕綽々, ならず來歴, ならず傍目, ならず全く, ならず勃凸, ならず参謀本部, ならず右, ならず周圍, ならず均しく, ならず大学生, ならず夫人, ならず妹, ならず孝子多助, ならず孝経, ならず宗祇, ならず実験上, ならず尾張, ならず彼女, ならず彼等, ならず徐庶, ならず愚弄, ならず愛ちやん, ならず支那, ならず数人, ならず数寄屋町, ならず斯, ならず新, ならず旅, ならず日光, ならず日本地震學會, ならず暇, ならず更に, ならず木曾地方, ならず栄三郎, ならず残して, ならず殺戮, ならず母, ならず気違い, ならず水飴, ならず河, ならず法王, ならず浪, ならず浮世絵, ならず無断, ならず特に, ならず生活, ならず病気, ならず皆, ならず盟主, ならず神尾, ならず竿, ならず笠, ならず紹介, ならず自分, ならず船乗り, ならず萩原様, ならず葉子, ならず薗八節新曲, ならず蠍座あたり, ならず規則, ならず認めるには, ならず誠に, ならず身共先年御成街道, ならず進物用, ならず遺産, ならず酷く, ならず重傷, ならず重吉, ならず金, ならず銀座通, ならず関ヶ原, ならず風, ならば, ならまだしも, 主人には, 切り放して, 口ぐせに, 唯一の, 待たされた成績通知簿, 待ちこがれて, 待って, 心から感謝, 心痛し, 心配罷あり, 怖れ, 思いつめわれ, 思いながら, 思って, 悲しさ, 昔に, 案じつづけて, 案じて, 気に, 没頭する, 申す可憐, 眞實である, 考え続けて, 音である

▼ それでなく~ (320, 0.1%)

7 てさ 6 ともこの 3 つても, てあの, てどうして, ても彼, ッてさえ

2 [14件] ちゃア, てさえ, ては辻褄, てもあなた, てもあの, てもこの, てもそう, ても狭い, ても私, ても評判, ても顔, て何で, とも近視眼, ッて

1 [264件] おほどかな, さへ, たってだいたい, たってもしも, ちゃいかん, ちゃいけ, ちゃいけない, ちゃいけません, ちゃいや, ちゃァ, ちゃスッパリ, つてどうして, てこんなによく, てさえいい加減, てさえいわゆる, てさえお, てさえお前, てさえびくびく, てさえみんな, てさえむし暑い, てさえも近頃, てさえも雲, てさえやれ, てさえ且那, てさえ世間, てさえ何, てさえ健康, てさえ切符切り, てさえ十分腹, てさえ大地, てさえ御, てさえ日光, てさえ昨今, てさえ望み, てさえ気, てさえ玉井さん, てさえ目, てさえ花火, てさえ虫, てさえ財産, てさえ食う, てそんな, ては, てはあれ, てはあんなに, てはいかぬ, てはいけない, てはいけません, てはおのおの, てはお腹, てはかなわぬ, てはかよう, てはこう, てはこんな, てはならず, てはならぬ, てはサヴェジ・チー, ては一国, ては作者, ては到底, ては営業, ては地位, ては大, ては完全, ては実は, ては彼様なに揃, ては挨拶, ては易学, ては死ん, ては私, ては舞台上, ては解し, てもあふれ, てもあれ, てもいつ, てもいつも, てもお, てもこう, てもこういう, てもこんな, てもし, てもせんだって日比谷, てもその, てもとても, てもなかなか, てももともと, てもよほど, てもわたし, てもアカデミック, てもハチ, てもパヽ, てもビクビク, ても下手人, ても不, ても不安, ても乏しかっ, ても人目, ても今日, ても他, ても体, ても俗, ても僕, ても全国, ても其の, ても冷たい, ても到る, ても厳しい, ても売れる, ても多事多端, ても夜中, ても大きな, ても大して, ても天井, ても天井裏, ても太陽, ても好奇, ても妻, ても婦人, ても子供たち, ても家, ても少い, ても布団, ても帰心矢, ても平常, ても彼奴等, ても彼等, ても怒られた, ても思え, ても息, ても我々, ても攻めあぐん, ても既に, ても昭和七年頃, ても景色, ても晴れ, ても暑く, ても最近, ても案じ, ても検事, ても此, ても殿様, ても母, ても涙, ても漬け, ても漬物樽, ても濃, ても火, ても煩雑, ても牡鹿山, ても犯人寺内説, ても現在これ, ても現実, ても生まれつき, ても疲れ切つ, ても直ちに, ても秋, ても空気, ても窮屈, ても立ち居, ても罹災者, ても老人, ても老母, ても肺病, ても背後, ても膳立, ても自分, ても自然, ても自由, ても若し, ても荷船, ても華族一代制, ても誰, ても負け惜しみ, ても資本, ても赤穂方, ても身分, ても都人, ても長い, ても陛下, ても陽気, ても隨分, ても餓死, ても鬱憤, ても鯨類, ても黒く, ても黒眼勝, て一時的, て不幸, て固定的, て愛国, て明るい, て石黒義亮, て自分, て銀行会社, て鬼火, とも, ともああ, ともあっし, ともあの, ともあまりに, ともいま自分, ともお, ともかの, ともこんな, ともそれから, ともやつ, ともわたし, ともデッサン, ともバカ, とも一体探訪, とも一日, とも不潔, とも何だか少々, とも例, とも北条, とも十年来, とも外, とも夢中, とも延び, とも心持, とも感傷的, とも手内職, とも拘留中, とも持っ, とも政江, とも時間, とも木戸詰, とも村人, とも横, とも欲しかっ, とも氏, とも民衆, とも流行, とも濕, とも甘えツ子, とも生活, とも眩惑, とも笹村, とも紀州, とも編輯長, とも自分, とも装, とも豹一, とも貴様, とも辰之助, とも近頃, とも長い長い, とも陰鬱, とも黒楽, とも鼻翼, ばもともと, ば彼, ば食, むしろ子供, もっと高貴, ッちゃ不可, ッては, ッても, ツちやあ, ツちやなら, 大門構え玄関附そういった, 穏やかに, 袴様あなたでございます, 誰が

▼ それにつれて~ (306, 0.1%)

3 他の, 女の

2 [18件] それぞれの, 七人が, 二人の, 今の, 今まで, 仙太も, 口の, 多くの, 支店長の, 断続する, 林中の, 湯揉み, 痩せた肩, 私の, 自分の, 自分も, 頭を, 高く低く翔り

1 [264件] あたりの, あとの, あなたが, あのチンピラ別働隊, いつぞやの, いろ, おかしくて, おそろしい岩, おっかなびっくりで, お母さんは, お通, かじを, かすかな, かたわらの, かなり離れた, からだを, ここを, こないだ中から, この川, この斑点, この達者, ささえて, ざわざわと, しっぽも, そのころ, その下, その痕, その辺, そんな因縁, どんな新た, なんだかから, ひき出されて, ほかの, ほかのまで, やはり以前通り, ようよう霧, より周密, アメリカという, カイゼルは, キリシタンの, キリシタン迫害の, ゲーッゲーッと, シャアや, ジャブジャブザブンと, テレーズの, ドウと, ナムクシャが, ハラムの, マネキンおかしく, ヤマ甚も, ヨーロッパの, ラジオ加入は, 一同が, 一度ならず, 一所に, 一時それなりに, 一歩前へ, 一行の, 三人が, 上らない, 上下へ, 下落し, 不安に, 不思議に, 世界の, 久米之, 久米氏は, 二三輪また, 五兵衛は, 五色の, 京子の, 人びとも, 今しがた気絶しかけた, 今迄, 仏語で, 伸子に, 信徒が, 俳優の, 個人の, 傍に, 元気に, 光線の, 全国に, 全身の, 八人の, 兼子も, 写真に対する, 列席し, 初めてようやく微か, 刻み畳まれた皺, 加茂川に, 勉強おしとか, 動く感情, 動揺せざる, 南風も, 号外の, 各地の, 各新聞社, 同じお下げ髪, 同じところ, 同じ運命, 周さんも, 周囲の, 和算に, 咲二も, 四五歩歩き出した, 土砂と, 場内の, 外側から, 多くなった, 大きな斑, 大きな車, 大分大人染み, 大床, 大股に, 天狗の, 奥さんは, 女たちは, 女も, 好き嫌いが, 妙に, 婦人参政の, 嬶や, 家では, 家に, 寝台も, 小四郎は, 少しじ, 少年の, 峻厳に, 左右に, 希望という, 帳の, 帳簿の, 幼ない, 延期する, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼女も, 往来の, 後光は, 心も, 快く踊っ, 思いかえして, 感じさせられた疑問, 憂はしげに, 憂わしげに, 戸の, 所詮日本人, 拓けひろがって, 揺れるの, 支柱の, 文学者と, 斑犬も, 旅の, 日ましに, 明智探偵を, 昔芥川龍之介の, 星の, 暴風圏も, 曲り粗末, 曾根家と, 朔郎の, 木工長の, 本箱の, 村中の, 梢の, 棺内の, 機械的に, 歌い出す, 歌ひ出した, 歌を, 武士制度を, 母の, 母親の, 民法刑法の, 気が, 油断の, 淵の, 清朗な, 湧き上って, 滑稽にも, 漁夫も, 演出される, 濡れた砂, 煙突を, 煮えたつからね, 熾りはじめました, 燃料原料と, 犬が, 狸も, 猿が, 猿は, 玄竜の, 現在では, 現在までの, 生れて, 生活も, 男女の, 番頭始め二人の, 皆が, 目の, 真一文字に, 真赤な, 真面目に, 睡って, 石燈籠を, 祈祷の, 私も, 種々の, 立上った, 竹竿も, 笑い出そうと, 素早やく, 緊張し, 総町内, 緑にも, 繭子も, 老医師, 考えた, 考えられる男, 聞いて, 肩が, 背中じゅうが, 胴木の, 脈搏が, 自分たちの, 自分という, 自然そう, 舞台の, 良寛さんは, 芋蔓の, 花は, 苦しみも, 萎れたまま, 蔵元屋の, 藤六は, 裸女の, 見物たちは, 規制しず, 親馬鹿式の, 足を, 踊るであろうよう, 身体が, 身体中の, 軟らかくうねった, 逢坂の, 違わねば, 野心の, 野村さんは, 鏡を, 附近一帯の, 雄大な, 集つた, 雨乞踊を, 須美子が, 頭の, 頸の, 顔さへ, 顔の, 顫音が, 馬も, 高さ

▼ それ~ (284, 0.1%)

18 けで 15 けのこと 11 の事 5 けなら 4 けぢ, けです, けでも, けの理由 3 けだった, である, です

2 [15件] け, けであった, けでよう, けで満足, けに私, けの事, け云, け勇ましい, け男, この老い, では優劣, の価値, の金, の音律, 下して

1 [180件] おつぎ, お疲れ, がどこ, が兎, が分っ, が漸く, くりかえすという, けお, けか, けかい, けそう, けだ, けでございました, けでした, けでもまだ, けでも充分, けでも十分, けでも感化, けでも私, けでも縛れる, けでも随分, けで下り, けで分らない, けで堪忍, けという, けとも思はれない, けにお, けにこの, けにし, けにしましょう, けにとし子, けに凄味, けに孫右衞門, けに廣介, けに彼, けに忌々しい, けに思わず, けに気味が悪い, けの, けのもの, けの値打, けの制度, けの心遣い, けの恐怖, けの恰幅, けの所, けの抵抗力, けの望み, けの業, けの目的, けの罪, けの自信, けの自由, けの草鞋, けの話, けの話ぢ, けの責任, けの金, けはあなた, けはこの, けは勘弁, けは勘辨, けは堪忍, けは白状, けは私たち, けを入れ, けを引き放したら, けを手, けを答えた, け上った, け上等, け下, け会費, け伯母さん, け價格, け其邊中, け出来る, け分った, け助かる, け多く, け寄附金, け早く, け楽, け油断, け申, け痛快, け羅紗, け考える, け聞かし, け聞き取る, け自分, け行き詰まった, け言, け詳しく, け辨次, け顎, だ, だが, であります, でしまひ, でどんなに, ではない, ではなかっ, ではなかつた, では何, では何だか, では理由, でもお, でもかなり, でも中, でも充分処刑, でも口惜しくっ, でも大阪, でモスク, で十分, で己, で忽ちぐるり, で既に, で満足, で自分, で興味, ならいい, なり, にては愚意, になつ, に冬, に又, に村井氏自身, に此山, に色彩, のこと, のねうち, のもの, の人手, の人間, の代, の休暇, の内容, の処分, の家, の広, の忍耐, の收入, の猶予, の理由, の考え, の証明, の調べ, の謎, の間, の隙間, の馬鹿正直さ, はどうやら, はもう, はやめ, は一寸, は今, は出, は判っ, は常に, は確か, は自分, よ, わかれば, 一方から, 動かし難い, 小さくそれ丈, 強い肉感性, 役立たぬ体, 感じず部分的, 拡がった歓び, 持って, 激しかった, 激しかつ, 買い入れる必要, 軽い, 追われて, 重い, 養いには, 高めると

▼ それくらいの~ (279, 0.1%)

86 ことは 20 ことで 14 ことを 13 事は 10 ことなら 7 ことが 5 ことに 4 事で, 事を 3 ものだ

2 [11件] けじめが, ことあ, ことには, ところだ, 事が, 事には, 勇気が, 年頃の, 覚悟は, 誠実は, 金は

1 [91件] あせり, おつき合い, お金は, ことお, ことです, ことなら判ります, ことにしか, ことの, ことも, ことやるだろう, ことわしにだって, たくらみは, ところが, ところしか, ところに, ほんの切り詰めた, ものかと, ものさ, ものだった, もので, ものであった, ものである, ものでした, 事でしたら, 事なら出来るだろう, 事に, 仁義は, 仕掛けは, 価値しか, 値打ちが, 倹約を, 償いを, 元気は, 元気を, 力は, 取りしきりが, 嘘は, 報酬は, 大きさ, 差は, 年の, 年配に, 座敷を, 廉い, 心構えは, 忠告で, 怪異は, 惨酷さ, 意味しか, 所業など, 手を, 持合せは, 支度を, 故障も, 時間なんか, 未練は, 机上の, 機微は, 気が, 気まぐれは, 気転が, 犠牲は, 用意は, 甲斐性が, 目に, 相似なら, 相違が, 眼が, 知識で, 短時間内の, 研究費じゃ, 程度が, 穏健な, 精度で, 細工は, 義気は, 考えは, 腹だった, 自信は, 興味に, 苦心を, 読み方で, 財産は, 贅沢は, 道を, 違いは, 遠慮は, 野は, 関心は, 障害は, 額は

▼ それでは~ (276, 0.1%)

44 ない 12 ないか 11 ないかと 10 なかった 7 行って 5 ないの 4 なく, 困ると 3 ないが, なかつた, なかろうか, なくて, 無い

2 [13件] あるまいか, いかぬ, いかん, いけない, すまなかった, ないので, なくそのまま, なく洋風, 勿論ない, 日本の, 済まないと, 済まないので, 面白くない

1 [138件] あがり給, あなたが, あり得ないで, あるまいし, あろう, いかぬ十分主觀的, いけない立派, いけなかった, うまい酒, おさまらずベラール, こだわって, この機会, この話, こまるやって, すまないもの, その紙屑, その良心, たまらぬと, つまらなかった, つまらぬと, つまらぬという, とおらぬ時代, とおるまい, どうあっ, どう致したら, どう関係, ないかという, ないかとも, ないかな, ないこの, ないそれにまた, ないだろうか, ないでしょうか, ないと, ないという, ないもの, ないよう, ないらしく, ない一月, ない他, ない処理, ない清国, なかつたかと, なくこの, なくこれ, なくさ, なくして, なくちゃんと, なく一八三〇年, なく何, なく全然, なく堂上, なく大きな, なく妙, なく正に, なく繩のれん, なく自然そのもの, なく鋭い, なく靄, なしに, ならない, ならないたしかに, ならないという, ならない慥か, ならぬ, ならぬから, ならぬさりとて, ならぬぞ, ならぬぞへと, ならぬと, ならぬなどといふ, ならぬ源氏閣, ならん, ひどいこっち, まちがって, やはり昨夜, やらないかと, よくない, 事足らぬよう, 今の, 使われるほう, 出るだけでも, 分からない点, 分らない歌吉, 初めから, 呆気ない人間, 呼ばせて, 呼んで, 困りますよ, 困りまする, 困る, 困るそれで, 困るでしょうね, 困るどうかまあ, 困るの, 堪らない, 堪らない夫婦, 堪らんと, 売られぬという, 好んで, 少しお, 帰らせて, 急いで, 恐れ入るが, 悪いという, 打解けないの, 斬って, 明日の, 求めるもの, 流れると, 浮かばれるの, 済まず木槿, 無いか, 無かった, 物足りないやう, 物足りないらしかった, 短いやろ, 立ちあがって, 納まらず何かと, 行かんすか, 許されぬ, 詰まらないと, 詰らない, 詰らないと, 足らぬ, 足らぬと, 足りないそんなに, 足りなかった, 軽い者, 通らないこと, 通らぬ, 間に合わない, 間に合わないでしょう, 間に合わなくなって, 頼朝義仲などの, 風間が, 食えない, 食って

▼ それだけを~ (274, 0.1%)

6 私は, 言った 5 いって 4 聞いて, 聞けば 3 信じて, 切りは, 考えて, 自分の, 見て 2 みて, 伝えて, 僕は, 待って, 手がら顔に, 握って, 相手に, 知って, 聞くと, 願って

1 [214件] ありがたいもの, いいどこ, いうにも, いった, いま実感として, おっしゃって, おふくみ下さいまし, おまえの, お感じ, お断りし, お斷, お明かし下さいましたら, お願い申します, こころ遣り, して, するにも, たのみに, たよりに, ちょっとお, とって, とつて, どうか, どんなに自分, のこらずミス, のぞけば, はかって, はっきり申せ, ひと言聞かせ, ぼそり, まつすぐ, みてさ, みとめた, みとめる, みな無念に, みんないっしょに, もらった, やること, ゆっくり歩く, よくよく溶き混ぜ, よく調合, アイヌが, コルトーが, ポツンと, 一々取上げ, 一個の, 一目で, 一組として, 一緒に, 一縷の, 主として採用, 主張するなら, 主張の, 主題に, 云いに, 云うと, 云うの, 云って, 云つた下女の, 五月八日までに, 仕事に, 何とか必死, 何度も, 供に, 信じること, 借用したい, 健に, 傾向と, 先づ完全に, 全体の, 切り抜いて, 切り離せば, 別口の, 取って, 受けて, 口に, 口の, 叫ぶよう, 吉左衛門の, 吐き出した, 唯一の, 喰ふ, 圏外に, 地声で, 基礎に, 夢に, 女一人で, 女体に, 守り本尊に, 実はお返し, 専門に, 山川正太郎は, 希望する, 平面的に, 強味として, 強調し, 当てに, 彼は, 得た, 得たいという, 心から祈っ, 心がけたいと, 心がけて, 心の, 忘れないで, 忘れるなよ, 念じて, 思い浮べただけ, 思はない, 思わない, 怪しむこと, 恋愛と, 悔いて, 愛し味, 愛用する, 感じて, 感想として, 慰めに, 憶えて, 承知し, 抽出し, 拡大鏡的に, 持ち帰ったの, 持った雄之進, 持出せば, 振って, 排出す, 探して, 支配する, 改めたって, 敏子は, 断定しました, 日本の, 日本へ, 日本女性の, 明瞭な, 是非とも, 書いた, 書いたハガキ, 書いた書置, 書いて, 書き加, 書くため, 有り合, 材木置場の, 案じたよ, 植ゑたのでは雌蕋の, 残念千万に, 母は, 気に, 氣に, 求めるなら単に, 注意すれ, 混ぜて, 物足らず思い, 理由に, 生きがいの, 生きる張合, 生き甲斐として, 申し立てましたから, 申上げたく, 男が, 発行する, 的確に, 目標として, 眼前に, 知つてゐ, 知る端緒, 知れば, 確かめに, 祈って, 穏やかに, 突き止めること, 繰返して, 繰返しながら, 考えたけれど, 考えても, 考へながら, 聞きおくのみ, 聞き出して, 自分から, 船に, 苦に, 見とどけただけでも, 見まもって, 見れば, 見届けると, 見物し, 見込んで, 覚えて, 觀察し, 言いわたして, 言って, 言つた, 言や, 訊かして, 誇りに, 誓は, 誠意を, 読み終わった, 責めやう, 遠慮した, 都合し, 附記する, 隔てに, 隠す必要, 露骨に, 非常に, 非難すべきでない, 頼みに, 頼りに, 食って, 食ふ, 食べて, 鮮かに

▼ それについては~ (272, 0.1%)

10 何も 6 一言も 4 口を, 私が, 私の, 私は 3 少しも, 彼は

2 [11件] あとで, つねに侮蔑, なんにも, 何か, 何とも, 何の, 僕は, 吉次郎も, 女の, 諸君にも, 責任を

1 [212件] あなたが, あまり詳しい, あまり詳しく, いきむとかいきほふとかいふ語, いささかの, いずれの, いずれ後に, いずれ語ろう, いま詳述の, いろ, いろいろゴテゴテ, いわなかった, おのずから種々, お前さんたちよりも, お前方, お目にかかりまして, お縫, かくとして, かつて大凡, かつて柳田國男君, きのふ別の, こ, こういう話, このまえ, この像, この論文, これを, こんな話, ごくぼんやりと, さして心, すでに別項, ずいぶんくだらない, それ以上たいして, だんだん考えた, ちつとも, つまらない論文, である, ですね, とても上杉家, どうお, どうしても口, どうも心あたり, どのよう, どんな本, なにも, なほもうしばらく, なんにも言わず, なんの, のちに, ほとんど何ひとつ, ぼくたちの, ぼくたちも, まず従来, まず第, また二つ三つ, また興味, まだ報告, まだ理論的, みずから少々, もう少しあと, もっとあと, やはり龍太, わしは, わたしの, アンケートを, キチガイめいた, バルブレンさんは, ユネスコにおいて, ラジオも, 一こう, 一つの, 一切寡黙な, 一向解らなかった, 一役を, 一行も, 不可知論者じゃ, 不感症では, 世間に, 二つの, 二三日の, 互いに理解, 今しばらく, 他意あった, 以下の, 会ったとき, 何と, 何とも答えなかった, 何らの, 何れ, 何れ学者の, 何を, 何んとも, 何んにも, 何一ついわない, 何一言も, 何事も, 何等の, 偏僻や, 僕らに, 元康も, 兄の, 充分慎重, 先ずこの, 先づ各種の, 光一も, 全然推理, 別に何, 別に何事, 別に多く, 別の, 前に, 勿論ほか, 区劃内に, 千重子は, 又こういう, 又ね, 君だ, 喋らなかった, 城に, 城太郎が, 多少の, 大いにお, 大西洋の, 女手が, 始終後悔, 嬉しいこと, 孫徳謙の, 実に長々しい, 実は前, 少しお, 少し学究, 巴里方面からは, 師匠の, 幾分あたかも化石, 弁解が, 当然何, 彼に, 彼女は, 後で手紙, 後で申し上げたい, 後に, 心からお礼, 心配も, 手前の, 手紙に, 改めてお, 既に他, 既に従来, 日本や, 日本人や, 明後日御前会議を, 明日でも, 昨夜の, 是非お, 是非ともひとつあなた, 書いてなかった, 最後に, 本篇に, 次にお話し, 歌舞伎座自身も, 気の毒である, 決して積極的, 沈黙を, 注意され, 津浪襲來の, 深い秘密, 満足し, 犯人に, 甲野さんは, 申上げない, 異説も, 疑いを, 皆が, 知って, 知らなかった, 知らなかつた, 石井研堂氏の, 確な, 社会的発言を, 私ども沢山実験が, 私も, 私らは, 私自身の, 秩序の, 空襲下の, 章を, 符の, 素知らぬ顔, 絶えず私, 考えに, 聞いたこと, 聞かして, 自信の, 自分の, 船岡へ, 若狭の, 萱野家だけで, 証明する, 語る人, 読者の, 誰にも, 諸君が, 返事も, 返辞を, 追, 郷里の, 金が, 金を, 釘勘も, 面白い話, 面目ない, 默つてその

▼ それ~ (269, 0.1%)

60 んです 52 んだ 33 のだ 15 のである 13 のです 10 んで 7 のであった 5 のよ 4 んでしょう 3 のか, のだろう 2 の, のかと, ので, のであろう, のでした, のでしょう, んでげす, んでございます, 固有の

1 [46件] かまへ, ことは, これえ, そうだろう, そこでコーツ, のあなた, のさ, のであっ, のであらう, のでいよいよ, のでございましょう, のでございます, のでせう, のでその, のでもし, のでアンドレー教授, のでジリジリ, ので今後, ので偶然, ので紆余曲折, ので訪れた, ので鎮子, のにその, の憚りさま, らちつ, んだってね, んでね, んでわるい, んで哀れ, んで御座います, んな, んに, んの, んや, ん座に, ん聞き, ん青眼虎李雲であった, ァに, アに, ンです, 三一三十の, 決してその, 汽笛を, 獣を, 病氣ぢやに, 門まで

▼ そればかりか~ (258, 0.1%)

3 あの人, 彼女は 2 からだの, この頃, その時, まえに, わたしが, 一度などは, 彼の, 彼は, 彼らの, 私が

1 [232件] あなたが, あなたの, あのあやしい, あのよう, あの男, ある日, あれほど, いつしかあの, いまは, いままで, うろうろと, おじいさんは, おそろしいこと, おまい, お妃さま, お父様, お茶, お面全体, かえってその, かっせん, きっともう鳥, こう考え, ここでは, このよう, この一家, この七夕, この女, この弟ぎみ, この池全体, この汽船, この満蒙事件, この物数奇, この猫, この研究室, この糸, この計画, この黒い, これは, こんな人, さしずめこれからの, じりりじりりと, すでに帝, そのあげく, そのうち十体, その中, その善い, その後まもなく, その後も, その時分庄太郎, その無念さ, その絵, その際, それには, それによって, それは, そんな退屈, できること, とてもその, とんでもない, なおいっそう, ながい間夜々己, なんだか手ざわり, はからずも彼, ばあさんは, ひょっとする, ふたりで, ふと気, ほしブドウ, まだある, まるでその, むしろこれ, もうすっかり嗜み, もしあの, もし賊, やさしいお母さん, よくお, わが子が, わざわざ秤, わびしい一時雨, ギジャコルペンコといふ, ニコニコし, プロレタリア文学の, ヴェリチャーニノフが, 一丁も, 一同は, 一角獣を, 下腹部が, 不用意の, 両手を, 両隣り, 中軍に, 事が, 事ごとに, 事件そのものの, 二人が, 五兵衛さんは, 五日に, 五郎蔵に, 人智の, 今夜は, 今年ロシアが, 今度は, 他の, 何か, 何も, 何んと, 俊夫君は, 俺も, 個人の, 傷口は, 僕たちは, 僕は, 先程念日様が, 其の度合い, 其許の, 内と, 凝視めて, 出羽守は, 力ある, 千賀子までも, 卓に, 原子エンジンは, 取り散らかした小道具, 君普通の, 呂宋兵衛にも, 味も, 唐犬権兵衛夢の, 地方により, 垣根の, 城内二ノ廓にも, 塀の, 多くの, 多年他家の, 夜なかに, 夜に, 夜の, 大将の, 大空艇さえ, 夫人の, 妙な, 妲己の, 妹の, 妹は, 妾は, 嫉妬に, 子規は, 実を, 実際にも, 少年の, 屋根の, 床に, 建物全体が, 得たりとばかりに, 恋敵の, 恐らく乾き切っ, 息子に, 感激の, 態度が, 慎九郎と, 戻るに, 手まめに, 拙者を, 播磨の, 教会へ, 敵の, 日常の, 日本書の, 明智探偵までも, 春先や, 昨日病院で, 時々に, 時としては, 時には自国, 暗闇の, 服部兄妹に, 梁山泊へ, 機体の, 歩道が, 気が, 海の, 海賊の, 深窓に, 渦の, 無心な, 無終極性, 物を, 現に卓, 生きて, 町民達は, 病余の, 盗品の, 相手が, 相手の, 眼を, 碌に, 秀吉が, 私の, 空気服を, 窓ぎわには, 立者一枚主義を, 竜一や, 給仕さえも, 織田の, 罹災の, 翌朝は, 耳にさえ, 肩も, 自分で, 自分に, 自分は, 艇の, 良寛さんの, 若い人々, 若年で, 莫大の, 蓮の, 藤堂さんの, 話しかけても, 諸君に, 警官は, 足まで, 近き将来, 退社後も, 遂には, 運命の, 遠い昔, 選りに, 郊外へ, 部屋じゅうに, 金太郎が, 鑑賞のみの, 高潔な

▼ それすら~ (250, 0.1%)

4 今は

2 [19件] ある, ためらわれて, まだ判然, もしかとは, わからないの, 今日に, 出來, 分らないよう, 夏の, 彼に, 彼は, 忘られ, 手に, 本性不実で, 汚らしく枯れた, 無感覚の, 私には, 見当が, 解らぬ

1 [208件] あえてする, あっけなく踏み越え, ありさうに, ある程度まで, いとわなかった, いまだ屹度, いよいよ上海, おぼえて, お時, お目, お返しなさらない, かくしにかの, かなわない望み, ぐったりと, この国, さつぱり, さのみ, さのみの, しなかった, すでに大袈裟, そこに, その人, それ以上には, だれが, だんだん途絶え, ちと頭, ちょっと眼, できないこと, ところどころ走り讀み, ないか, なかった, なつかしく思った, のこらず耳, はっきりしない, はっきりとは, はつきりしない, はつきりと, ひとりいずる, ぼかすよう, まだわが, まったくかすん, まったく消え, まったく見失っ, もう殆ど全部山, もう水煙, もしかと, ものの, ももう片方, わからなくなりました, オナリ婆さんの, ガウチョス人上述の, ハッキリと, パーヴェル・パーヴロヴィチの, ロンドンの, 一二句を, 一向に無い, 一向に見当, 一尾釣り挙げし, 三里離れ, 与へずうち, 世界の, 世間は, 事の, 二人の, 云ひ終る, 人の, 人は, 今ここにおいて, 今では, 今年から, 代助, 何とも思わない, 何処かへ, 信じないの, 僕には, 億劫がって, 全く気, 全く無い, 全身を, 出来かねるほど, 出来ない, 出来ない程, 分らない, 分らないやう, 分らないん, 分らない坊ン, 分らない程, 分らなかった, 分らぬの, 分りません, 判らなかつた, 判断できなかった, 勇気を, 動かなくな, 十一屋の, 多少疲れ, 奇怪な, 好くは, 存じて, 完全に, 定かで, 実に疑問, 実行し, 寒月君の, 寥々たる, 小虎, 常にする, 幕府御, 年々減少する, 幸村は, 弁えずに, 弁じ得ん, 当日の, 影も, 彼という, 彼も, 彼等は, 後には, 後世の, 心もとないのに, 必ずしも不可能, 必要は, 忘れて, 忘れはてて, 忘れ去つたやう, 忙しいからと, 思いいたらない, 思い出せない, 思ひ出せない, 恐るヘクトール, 悪くする, 憎むこと, 懐で, 成れなかった, 抑えて, 敢て, 敬太郎には, 敵では, 日によっては, 日夜良心に, 旧套を, 明治の, 時にとっての, 普通の, 最大限である, 有りさうに, 木地も, 極めて稀, 極端に, 母の, 気付かぬの, 気持の, 活きて, 深い霧, 満足させられない, 満足な, 無いという, 無いの, 煩さく思う, 父王の, 片鱗も, 独出づること稀なる, 甘い観方, 生の, 疑われた, 疑問であった, 白雲には, 眼に, 知らない, 知らないが, 破れた肩, 碌々に, 確かに, 私の, 私は, 空想人物の, 精を, 純造, 紙數の, 経験が, 美しく黄ばんだ, 翁にと, 聞いて, 聞えないの, 聞かしても, 至極曖昧, 苦労人の, 複雑蟠, 見て, 見る影, 見分けられなくなって, 覚束なかっ, 解けなかった, 解らなくな, 解れば, 訊き返す勇気, 許されなかつたの, 跡を, 返辞を, 逃げた澄江, 逃げる準備, 通じなかった, 遥かに, 電池が, 青春の, 飛騨山脈の, 高過ぎる, 黙過し

▼ それはね~ (246, 0.1%)

4 鷺を

2 [14件] あなたが, おとう, このひと, ぼくが, わしが, 八五郎親分, 大きな五色, 明らかに, 私の, 私も, 貴方が, 雨が, 電気菓子と, 頭の

1 [214件] あたしが, あたしだ, あたしだって, あたしの, あなたの, あなたを, あなた玄関の, あの, あのう, あのエハガキ, あの子, あの怪塔王, あの時, あの碁盤, あの第, あの金製品類, お前さんが, お嬢様が, お母様が, お母樣, お豊さん, お金に, お頭, きみが, きみたちには, きみたちの, きみに, こういうわけ, こういう方法, こういう訳, こうさ, こうする, この玉川上水, この間塩尻峠の, この頃私, こんな目, ごくつまらない, ごらんなさる, さっききみたちが, その間に, それは, ただ酒, ちょっと見た, つまり兄さん, ですが納得ずく, とにかく今, どうせ利根, なお一層, なを一層, なんていふ, ほらあそこ, ほらあの辺, ほら先刻, ほら鯛, ほんとにお, ほんとに嘘, ぼくたちは, まず小林さん, まず親切, まづかう書いた, まづさつきお, まる二十五年, ま構っ, むっていらしったらしかった, むろん説明, めくらより, もう一粒, もしも今日, やっぱり女中さん, ゆうべ君が, わたしこう, わたしは, われわれ地球人類でない, をばさん, アメリカへ, インド人が, エアさんロチェスターさんが, エジプトから, クレオソートを, シラアの, ジョヴァンニ君, セロの, バクダッドの, パンパンが, ホラ山野の, ボクを, マツノスケ, リーザ神さまも, リーズさんさっきあなたは, 一つわたしに, 万一事ある, 世界の, 世間態な, 二郎さんお隣の, 人の, 人間が, 今から, 今までの, 会社を, 佐々刑事だ, 何も, 何千頭という, 例の, 信ちやんは, 俳優の, 借金を, 僕が, 僕の, 僕もっと, 兄に, 先日僕の, 光ちゃんが, 入梅頃の, 内田さんが, 出入口という, 区役所から, 千二君の, 千種嬢と, 右なら, 君ちゃんを, 君と, 君の, 君への, 君も, 呼出状さ, 唄も, 土けむり, 地上の, 地球は, 坊ちゃんあの, 城の, 外輪船といふ, 夜に, 大利根博士に, 大悪尉, 大洋丸の, 夫己氏の, 奴隷道徳の, 子供の, 学生として, 宇宙探検の, 実に注意深い, 実は系図もの, 家で, 小林君を, 小父さまの, 少しは, 島田から, 川上君君たち地球人の, 巨人が, 帆村君, 帯という, 影の, 彼処の, 往きの, 我々が, 手で, 折目の, 政府が, 日ごろ毒虫, 旦那さん那谷から, 早く云, 昔外国船の, 昨夜島田の, 暫くは, 書生の, 月見の, 極めて幼稚, 楽しかった, 此の, 水はけ, 氷河の, 泰三さんの, 測量機械を, 火星の, 熊坂の, 父ちゃん僕の, 犯人は, 猶太人, 玉子の, 男の, 皆んなよく, 盗みや, 目は, 目も, 眼を, 神様や, 私が, 私たちは, 私達が, 第一, 第二報, 羅風君は, 自分の, 船が, 花ちゃんお, 芳さんこう, 英人に, 苺果痘を, 茗荷悪, 蜂だ, 西洋に, 話を, 誰も, 貢さんが, 賊は, 足芸で, 近常さん, 遠くの, 釘と, 餅は, 魔薬を, 黄金どく, 鼻瘤悪

▼ それ~ (227, 0.1%)

10 しまった 5 しまいました 4 いた, いる, しまう, しまったが 3 いると, しまつ, 行くの, 行つた

2 [13件] いること, いるの, しまいましたが, しまうこと, しまって, ゆきみんな, 唇には, 女と, 女を, 森の, 行って, 走った, 飛ぶ

1 [158件] いくという, いたし, いたもの, いたら死んで, いった, いったか, いったが, いったの, いった噴水, いった途端, いつたが, いつまで, いないの, います, いるからさ, いるという, いるね, いるので, いる仁田, いる老木, いろんな花, おちて, おりまして, おるし, おれは, きたが, けし飛び手中, こちらへ, この小屋, しまいそれでも, しまいましたの, しまいましたので, しまいます, しまったもの, しまつた戻る, しまつて, しまつてすつかり荒んだ, しまつてゐた, すすきの, せまい坂道, その裏, その道が, だれも, とんだところ, どっちの, なか, ます, みかども, やがて跫音, やはり見返り, やぶの, ゆく, ゆくので, ゆくもの, ゆこうと, ゐるが, ゐると, ゐる視線, ザンブとばかり, ミルハからも, リュウスと, 一小, 一散に, 一方の, 一面に, 一面の, 下に, 二丁ばかり, 二匹の, 人と, 佐竹ッ原の, 何ぞ風ろ敷包, 傍の, 先走って, 初瀬川の, 別に一小沢, 南京町の, 取損, 右の, 吃驚した, 向うの, 土塀の, 土手の, 坑口の, 垣根に, 執権高時の, 大分むします, 失礼だ, 尾花の, 山の, 山ひだの, 平井太郎から, 弾丸は, 彼に, 往来の, 後に, 急勾配, 恐れ入ります, 意外な, 懐中から, 日本橋の, 暫く行く, 曲りくねった路次, 木立の, 来たもの, 来た蝶, 林の, 枝を, 樅の, 権田川原に, 権田河原に, 樹に, 櫓力い, 河岸づたいにまっしぐらに飛ばし始めた, 流れて, 流れるので, 湖岸の, 爪先きあがり, 狭い田舎道, 甲は, 畑を, 発火事件が, 直角双曲線を, 私達の, 空中に, 突き立ったので, 紀久子は, 罵倒し, 考えこんで, 聴衆から, 職業上の, 肩を, 背なかを, 脇に, 舟の, 芹沢東洋の, 草原に, 葦の, 蚯蚓の, 行きながら, 行きました, 行くか, 行くこと, 行くよう, 行ったの, 行つてし, 行方が, 見上げたところ, 逃げ出したから, 通った彼方側, 遂に成るべき, 遊びごとに, 道を, 金を, 金座後藤の, 鍾乳洞の, 雑木林の, 飛ぶ蛍

▼ それよりか~ (224, 0.1%)

3 君の, 私が 2 あなたに, お前の, はいと, 今日は, 次の, 自分が

1 [206件] あきらめて, あたし家の, あたし昔の, あなたあの, あなたお, あなたの, あの, あのとおり, あの人, あの六畳, あの松原, あの温順, あの磬, いっそ私, うちの, うちへ, うんと稼い, おいらを, おかみさん, おまえは, お休み, お前さんこの, お前さんは, お前は, お前様腹アすかっし, お母さんに, お母さんの, お照, きょうだいたちおたがいにたすけ, ここには, このお, この間の, これで, これまでの, こんなせまい, こんな事, そのもみじ狩, その力, その懸, そんなこと, そんなに不, ただ一口水, たのしい夕べ, たまには, だれか, ちょいと, つき上げて, どうだ, どうだい, どうでしょう, どうにかし, なおその, はっきり話し, ほらこれ, また詩, まだ山, まだ歩い, まったくふしぎ, めずらしい魚, もうじき坊, もう一度呼ん, もう少しおれ, もっとおびやかし, やっぱりあの, やっぱり先, やっぱり口, よけいその, わしは, わたくしは, わたし父の, われわれは, アノ叔父も, オタンチン・パレオロガスを, ミーシャ言い, モツト葉書に, 一たいおばさまは, 一年から, 一所に, 一束に, 一杯行こう, 一羽を, 一里以上も, 万年屋さんお前さんは, 丸窓も, 人様の, 人間は, 今ここで, 今は, 今夜は, 今夜ゆつくりしなす, 今度は, 今日の, 仙太郎さんが, 俺に, 俺らど, 働き過ぎて, 僕は, 僕を, 先刻の, 先生何故, 八重を, 写真屋さん, 初めよう例のを, 南京虫の, 口の, 向うの, 君おそらく, 君だって, 君ちゃんお前が, 君に, 君は, 君も, 君俺の, 君自身の, 唯物理學の, 喜んで, 土手の, 城の, 外国の, 大きなみかん, 大事に, 大変な, 大阪でも, 奥さまにも, 好きな, 妻が, 嬉しがる, 嬉しそう, 子供を, 宇津木様お, 実際問題, 家へ, 家を, 富士子さんは, 寧ろ山, 寧ろ東京, 小野田さんと, 差別待遇を, 己の, 己は, 帽子なし, 平一郎さんわたし少し, 庭のね, 御前今日は, 悲痛に, 我々が, 拾人の, 斯うし, 早くいいの, 早くおみやげ, 早く左官屋, 最初から, 最初の, 本当によく電話, 此間の, 毒虫の, 気持を, 泥水の, 海に, 清元の, 清馬, 渋江さんの, 父に, 狐の, 珍しい風景, 瓦の, 生物の, 男は, 病気を, 皆で, 皺の, 盃でも, 相当の, 硝子の, 磯谷の, 礼の, 私あさっ, 精神上の, 素直に, 美しいわけ, 胸を, 自分かってに, 自分の, 自分ひとりを, 船の, 船長の, 菜の, 藤尾さんに, 話の, 読書を, 豊竹屋さん, 象が, 足跡でも, 身に, 逆に, 酔った気分, 鉱石を, 長友先生に, 面白いこと, 顔に, 食糧の, 駆けっくら, 鳥の, 鶏が, 黙ってる丈夫, 鼓が

▼ それ~ (219, 0.1%)

10 きりで 7 きりの 5 きりだ, きりである, きりに, きりにな, きり姿を 4 きり口を, きり行方不明に 3 きりです, きりもう, きり忘れ, きり行方が, 切りで

2 [18件] きりだつた, きりでは, きりと, きりな, きりわからず, きり何んの, きり八五郎は, きり息を, きり歸らず, きり氣を, きり私は, きり行方不知に, きり話は, きり黙, 切りだ, 切り姿を, 切り引揚げ, 切り行方知れず

1 [118件] きり, きりあたしの, きりあとは, きりあの, きりいはない, きりか, きりかと, きりこの世へは, きりし, きりしか, きりその, きりぢつと, きりぢや, きりでございます, きりといふ, きりどこへ, きりなりを, きりもとの, きりウヤムヤに, きり三田は, きり下手人が, きり主人が, きり二階へは, きり会は, きり何とも, きり何も, きり何時まで, きり何處さか, きり何處へ, きり全く, きり出席されなかつた, きり判らなくなる, きり別れました, きり割れ, きり十年も, きり四國屋から, きり固着した, きり好き者の, きり姿は, きり姿も, きり家の, きり家を, きり寢付かれない, きり小僧を, きり小学校の, きり少年は, きり帰つて来ない, きり床着い, きり彼の, きり戻らなかつた, きり戻りません, きり手掛りの, きり手紙の, きり断絶だ, きり朝まで, きり正体も, きり歸らなかつた, きり死骸も, きり泣寢入, きり消え, きり消息も, きり田螺の, きり盜られた, きり眼を, きり知らなく, きり私が, きり私の, きり自分の, きり行方も, きり行方不知にな, きり行方知れず, きり見えなかつた, きり話を, きり誰にも, きり誰の, きり車の, きり迷宮入にな, きり逃げ, きり途絶え, きり通つてし, きり過去一切の, きり錢形平次の, きり音沙汰が, きり顔を, ぱかしの怪し気な, ぱかりで宜し, ぱかり秤に, ぱつち驚く, ぽちの金, ぽつ, ぽつち, 位ゐ, 切りか, 切りで御座いました, 切りもとの, 切りガラツ八は, 切り再び, 切り出, 切り十日ばかり, 切り反抗しよう, 切り帰りませんでした, 切り引下が, 切り影法師も, 切り後ろも, 切り急ぎの, 切り戻, 切り歸つて來ません, 切り歸らない, 切り死骸さへも, 切り水の上へは, 切り江戸に, 切り沈ん, 切り消息を, 切り行方不明に, 切り行方不知に, 切り行方不知にな, 切り行詰りました, 切り見

▼ それでなけれ~ (214, 0.1%)

7 ば, ばならない 5 ばならぬ 4 ばその 3 ばお, ば彼

2 [16件] ばあの, ばこの, ばこれ, ばぼく, ばもっと, ば一般欧洲人, ば之, ば僕, ば僕等, ば元, ば夜, ば宅, ば彼等, ば男, ば私, ば自殺

1 [153件] ばあ, ばああ, ばあした, ばあまり, ばあまりに, ばあんな, ばいくら, ばいけなかった, ばいたずら, ばいっそ, ばいらない, ばおばさん, ばお前, ばお化け, ばかように, ばここ, ばごく, ばせっかく, ばそちら, ばそれに, ばそんな, ばだめ, ばとてもこんなに, ばどうして, ばどうしても, ばならないであろう, ばなるまい, ばなん, ばまた, ばみんな, ばもう, ばやはり, ばより実際, ばわれわれ, ばカフェー, ばギター, ばコムソモール出, ばシニカル, ばジッ, ばスマイルス, ばペース, ばホテル, ば一つ, ば一層, ば一日外, ば一時間, ば三, ば下駄, ば世界中, ば二十七日, ば人, ば人生, ば今日, ば今頃, ば仕事, ば他方, ば仮に, ば伯父, ば何, ば何故, ば作者, ば信心, ば修養, ば俺, ば先々, ば入口, ば八重垣姫, ば劇場, ば化石, ば卒然, ば厭, ば又, ば只やたら, ば吉川さん, ば名, ば命, ば唯物論, ば善い, ば嘘, ば土足, ば坊主, ば基督様, ば夕立, ば夜中, ば太郎, ば妹はじめ二人, ば完全, ば宗教, ば小, ば小生, ば市財政全般, ば幸い, ば形式論理学的法則, ば意義, ば成駒屋はん, ば支那, ば政治, ば新婚三月, ば日本, ば早く, ば昨夜, ば時代的, ば更に, ば楽しい, ば橋本邦助君, ば此アヲギリ, ば死ん, ば殺人鬼, ば民主日本, ば治っ, ば活動, ば淋しい, ば物理的空間, ば犯罪, ば理屈, ば畳, ば盲目, ば相手, ば石灰岩層, ば砂場, ば神慮, ば笑談, ば米, ば統制的官衙, ば美術, ば自分, ば草鞋, ば蔽, ば行かない, ば行路病者, ば許嫁, ば訳者, ば誤謬, ば読者, ば諸君, ば讀者, ば転ん, ば遊廓, ば道糸, ば酒, ば長い, ば長い長い, ば雲, ば養子, ば駄目, ば高次, ば3, ゃあぶないといっていたのに, やわざわざ, や二人, や生き, や生れた, アお

▼ それからも~ (211, 0.1%)

8 一つは 4 私は

2 [13件] いろいろと, しばらくは, ひどく好, ゆるさん, 一人おくれ, 一遍打付けた, 屡々私, 彼は, 彼女は, 持ちこて, 生徒へ, 私の, 続きに

1 [173件] あい傘, あの方, あの町, いくつかの, いちどゆっくり, いちど自分の, いまだに好, いろいろな, うちつづく飢餓, お目にかかるたび, かなり時間, かなり長い, こちら様は, しばしば菊屋, しばらくなん, しばらく殿下, しばらく起き, じっと坐っ, すでにまた長い, ずっと左膳, ずっと長い, その先生, その辺, その通り, そんな広場, たびたびおとうさん, たびたび寺, たびたび手紙, たびたび白女, ちょいちょい投吟, ちょいちょい訪ね, ちょくちょく来た, つぎつぎと, つづいて, つづく, つづけられたの, ときどき襲っ, どつてこんど, ないもん, なおさんざん, なおも数奇, ながいこと, のべつまくしたて, ふた言三言, またディルタイ, まだ按摩, まだ河水, まだ音曲, まる一時間, ゆるゆると, よく父, エフ瓦斯の, カン詰類だの, ミス・ヘミングウェーは, ヤリウス様を, 一つお, 一つお前に, 一つご, 一つのには, 一つはみ出した, 一つ僻まう, 一つ君に, 一つ彼が, 一つ読者の, 一つ讀者の, 一つ貴方に, 一ツは, 一二遍そんな, 一刻ほど, 一度, 一度あなたに, 一度あらん, 一度へんな, 一度云っ, 一度接吻, 一度私は, 一軒寄っ, 三度ばかり, 両者の, 久しい間岩木山周囲, 久能は, 二三度姿を, 二人は, 二度と姿, 二度ばかり, 侍臣が, 僕は, 兄に, 出て, 別に, 別に変, 千束の, 南京ねずみは, 友だちに, 同じよう, 夫の, 女は, 始終二人, 嫁ぐ先, 宇津に, 小一時間, 少し礼儀, 山を, 岩代の, 布が, 庭へ, 引きつ, 引きつづいて, 引き続き盛ん, 形勢は, 必然的に, 明日の, 時々独り言, 暫くは, 暫く嗚咽, 暫く由吉, 来年こそ, 校内を, 桑名までは, 森バトや, 正成は, 毎日ゴリラは, 毎日一般の, 毎日情ない, 気に, 水面へ, 永いこと炉, 汚く逃げ出した, 沢庵が, 湯の, 男へ, 相変らず, 私たちには, 私たちは, 私にとっては, 空しく一月あまり, 空の, 竹生島に, 絶えず他所, 絶えず書, 続いた, 義雄は, 脱毛は, 船の, 花江さんは, 荷が, 葛藤は, 蔭に, 藤夜叉の, 藤孝は, 行き来を, 訪うたび, 話は, 課長の, 足を, 路は, 踊りは, 身持を, 軽口や, 送り込まれた蛇, 逢って, 連日苛責は, 道誉との, 郊外地図が, 野に, 金五郎の, 長いあいだ, 長い間歌題, 随分激しい, 雪は, 雪子の, 飛び立って, 飛び立つて

▼ それとともに~ (205, 0.1%)

5 自分の 4 彼の 2 もう一つ, 一方では, 今日は, 大して広から, 彼女は, 我々は, 私は, 種々な

1 [180件] あくまでペン, あたかも日本, あたりは, あの若き, あの音, ある重大, いい火星人, いろいろな, おれ自身を, お嬢さんの, お艶, かのごく, こういう考え, この三百トン, この事件, この堂内, この灯, ごうっ, さつき煙草を, すぐ眼, すべては, そぞろに, そのワラタ号, その關係, どこかで, なにやら独り言, なんだか轆轤, なんという, なんとも云え, ひとは, ふしぎな, ぷーんとはげしい, また一方, また人, また当時, まったく陰鬱, もう一つ直接, もう決して長く, もつと, ややも, やる瀬, わたしは, コゼットの, チョビ安の, トラックは, トロンペットは, マッチを, メーデーの, ロゴスも, ローマ教会と, 一切の, 一同は, 一心に, 一枚の, 三たび音を, 世界平和に対して, 世間を, 主従の, 主観は, 五袋の, 人間の, 人間生活の, 今まで, 今も, 今日から, 今日まで, 他の, 低い身のほど, 何となし, 何ヶ月振りかで, 信玄は, 倉地は, 倫理学史を, 傀儡は, 働くところ, 先方から, 全身が, 八箱の, 再び彼, 写真術には, 冨山房の, 古い人間, 右舷の, 向うの, 唇は, 嚔を, 国民生活の, 地團駄を, 地底戦車は, 場内は, 売り買いを, 外輪は, 大なる, 大宇宙, 天では, 女とも, 女の, 女を, 女軍を, 実数の, 小樽に, 展け, 工業は, 巨大なる, 廃藩置県以下の, 彼が, 彼は, 後の, 思いだした, 思い合わされたもの, 怪塔の, 我々の, 持て囃されて, 捜査課に対する, 捜査課は, 放逸や, 数人の, 新しい空気, 新しく連れ, 暗かった, 曹操も, 柔かな日の, 橋と, 死が, 死んだもの, 死者は, 水中塔は, 水明りの, 法水の, 波の, 泣じゃ, 泰軒は, 消滅しなかった, 涙が, 深くなる, 清朗な, 渦とな, 滅びていゝものなのです文展開会第, 無数の, 熱も, 爽やかな, 物質なり, 犬婆さんが, 珍しいにおい, 現在の, 生きて, 用意させ, 甲板の, 男は, 画面は, 相手の, 眼瞼を, 瞼が, 私の, 移り行かなかった, 移植されなかつた, 空気を, 空虚に, 竜造寺兵曹長も, 紀州藩の, 給封も, 維新は, 職能という, 肌身に, 自分たちの, 自分は, 自身の, 葉公が, 葉子は, 蓮の, 街の, 課長は, 諸君自身の, 責任も, 遠い行手, 雲岡についての, 音響を, 類癇の, 風も, 馬を

▼ それ~ (203, 0.1%)

7 へあれ 5 へある 4 へはつきり 3 へ, へ私

2 [14件] へいま, へうまく, へたちまち, へなく, へまだ, へもう, へも今日, へも知る, へわからない, へ出, へ知つて, へ見れ, へ許し, へ頼む

1 [153件] あっしが, いい着物, う云, お前さん鶏卵と, そのキャア, その形, その紳士, それと, それを, に肩摩轂撃, へあかい, へあて, へあなた, へあり, へいへ, へかへつて, へし, へずうっ, へちつ, へちやん, へなけれ, へなるべく, へに悲し, へまた, へもいと, へもお, へもことわり, へものこつ, へもやはり, へも今, へも今に, へも夜, へも姿, へも常に, へも心して, へも忘れ, へも恐れ, へも我々, へも疑, へも知らず, へも知らない, へも確か, へも見ず, へも言語學的, へも過去, へも遠く, へや, へわからなくなる, へわかれ, へをも誇張, へ上田秋成, へ不如意, へ人, へ仔細, へ余り興味, へ例へば, へ全然, へ再び, へ分らない, へ判れ, へ判断, へ剥がれ, へ動揺, へ十人, へ半分, へ卯平が只獨ゆ, へ取り, へ叶, へ吹き荒まれ, へ四足, へ売らう, へ多く, へ夢, へ大尽, へ大目, へ天涯, へ失せ, へ学校, へ完全, へ實, へ山, へ平中, へ平次, へ年, へ徳次, へ心, へ心得, へ快, へ思, へ恨み, へ情なく, へ我慢, へ打ち明け, へ持たぬ, へ握, へ教, へ断念, へ斷, へ既に, へ昼間, へ時, へ暮れ, へ最後, へ未だ, へ材料, へ村瀬, へ樂, へ機関車, へ止めれ, へ正目, へ歳々, へ殆ど, へ満たされない, へ滿足, へ濟め, へ然し, へ狐兎, へ疑はれ, へ皆蝕ひだ, へ知らぬ, へ確定, へ祕め, へ耳, へ華やか, へ蕭条, へ見当, へ見物人, へ覚えない, へ解らず, へ解らない, へ読めない, へ識, へ賣れたら, へ輪, へ近来, へ運べ, へ避ける, へ除け, へ随分, へ雜草, へ面白い, へ飼料, まだ墮, もなく, わたしも, 傲慢乃至, 壮い, 彼奴は, 応え, 水飴入, 神妙である, 私の, 結局僕が

▼ それ以後~ (192, 0.0%)

8 のこと 6 は私 4 の私 3 の, のもの 2 かれは, のかれ, の作品, の小説, の平安朝, は彼, は蔭, 何故とも, 新秩序

1 [150件] いくぶん自分, いっそう寛十郎, いろいろの, お互に, かれの, この世の中, しばしば往来, ずっと意識, その着た, ただ山間, たびたびお, だけに国家, だったか, でなくば, では, でもありません, でもしばらく, というもの, においても俗衆, においても相手, においても維持, にできた, にはこの, にはついぞ, にはまた, には何ら, には何等, には弟, には誰, にも存在, に出れ, に外国, に新しく, に於, に起る, に足, のあらゆる, のいつ, のお歌, のこつた, のまた, のクラネク, のマチス, の五山, の人間生活, の人間開花, の伝令, の作用, の俳優, の個人主義的芸術至上主義, の先生, の出來事, の出来事, の分, の動き, の各人, の合戦, の墓所, の変更, の家, の小島氏, の彼, の御, の御作, の徳川期, の思想的傾向, の悲劇, の態度, の新人, の昭和, の本草学者, の様々, の歌, の正成, の毎日, の百星, の研究会はなやか, の私共, の肝心, の表, の西洋, の記録簿, の費用, の通行, の韻律, は, はあきらめ, はこの, はこれ, はし, はてんで, はときどき, は万事滑らか, は不思議, は二本, は人, は佃, は佐多稲子, は入場, は全く, は写真, は勝手, は叔父, は君主, は大いに, は如何なる, は妾, は宮, は帰郷, は弟子たち, は意識, は技術上, は時, は村, は殴られなくなったろう, は決して, は法名崇鑑, は理否, は發表, は益々, は絶対, は絶滅, は船員, は華々し, は見る, は解き, は賄所, は随分, は食事, までは生存, まもなく二人, まるで別人, めっきりと, もう再び創作, もただ, も彼, よけい愛想, 二度と十万円, 又杳, 大百貨店, 実際世の中, 恐ろしい彼, 掘り下げたこと, 新しい段階, 時々源氏, 更に寛政年間, 段々さういふ, 決して妻, 祟りの, 語られる話

▼ それとても~ (185, 0.0%)

2 一瞬間で, 国府津湯本間だけの, 福子の, 行くとも

1 [177件] あては, あやふやな, いつ誰, いやはや, きまつた方式, この世の, こんどの, さほどに, そのどこ, その土地, その推定, そまつな, そもじが, それつきり, そんな難事, たいしたこと, たかの, たしかな, つかのまよ, なお一つ, ひとに, ほんのお, ほんの一時, また一つ, みんな表面われわれ兄妹帰りました, アメリカの, イエスキリストを, フランス官憲の, ムヤミに, モスク, ロオマの, 一朝一夕に, 一点の, 一生食う, 一瞬で, 一面の, 上に, 不可能な, 不変常, 不思議は, 不気味でない, 云う迄も, 五人十人御, 五十人の, 交通不便の, 亦彼一流, 人間の, 今と, 今は, 今夜限りじゃ, 今宵の, 今日までの, 今日よりは, 今時こんな, 以前の, 何んの, 何時誰が, 僅半歳の, 僕が, 僕の, 兵馬から, 其の土地, 出來, 出来ないこと, 別に, 別人では, 制定の, 北国を, 十分に, 千石を, 半分道楽の, 単なる全盛, 口に, 吹雪を, 嚴密な, 国の, 地形が, 大元帥明王の, 大慈大悲観世音は, 太古から, 夫, 奴の, 如何な, 妥協的平和的精神が, 実はまぐれあたり, 実は政治上, 実は昔, 室を, 宿酔の, 尋ねられたから, 小使に, 平生より, 年内に, 当時の, 影の, 彼の, 彼女が, 恋人と, 息を, 悲哀や, 意志が, 我々の, 所謂鼻ツ張が, 抹香臭い, 敢へて, 日本人の, 昔の, 昭和の, 是ほど, 書画会が, 有り得べからざること, 朝早く, 朧気ながら, 木と, 本当の, 条件の, 棄身の, 楽天地や, 止むを, 武蔵に対する, 死ぬ覚悟, 毎晩ある, 江戸から, 沢山じゃあ, 海士の, 湯浅少佐あたりが, 満ちて, 無学文盲なる, 無駄であった, 無駄でござる, 狭い村, 狹い, 現在の, 理研コンツェルンが, 田楽の, 町中に, 病的だ, 百年内外平均二百年くらいという, 皇室全体の, 目に, 目的は, 真実の, 眼に, 眼界は, 睡むたいやうに朦朧, 矢張両氏の, 知れたこと, 確かに, 私は, 米友が, 素人が, 結局木米の, 自分で, 自分の, 花には, 花の, 苦しうござらぬ, 荒廃しきった, 見当だけさ, 親兄弟, 貴殿の, 赤の, 越前守殿が, 越後武士の, 趣味と, 足もとを, 身体が, 近頃は, 道楽という, 遠い昔, 選択が, 長い間, 間とも, 限度が, 隻手を, 駄目でござる, 鼻を

▼ それくらい~ (182, 0.0%)

39 なこと 8 な事 4 なもの 3 ならば 2 であるから, でいい, でよかろ, で結構, なら何, な気概

1 [116件] あたしだって, あの人, あの男, ありゃ好い, お互いに, かつえて, だ, だから, だっただろう, だと, つづいて, で, であった, であれば, でええ, ですね, ですよって, でちょうど, でとどめたいもの, でも, でもう, で宜しい, で消えて, で破れるはず, なお仕置, なお気もち, なこたあ, なこと誰, なところ, なの, ならうちマーさん, ならさき頃, ならなぜ, ならまだ, ならもう, ならファウスト, なら体, なら僕ひとり, なら初め, なら友松さま, なら御の字, なら泊めは, なんでも, な人間, な仕事, な冒険, な制止, な勇気, な勢い, な埋め合せ, な執念, な奉公, な常識, な形相, な意気, な感動, な我慢, な才, な担保, な景仰, な望み, な気位, な気持, な気組, な洞察力, な理窟, な経験, な胆, な胆気, な自負, な要求, な見通し, な観測, な誠意, な金, な陣形, な駄々, もって, よくもの, わかりにくい, 世の中を, 人間が, 傍に, 劇しく, 北方心泉という, 単純な, 危険な, 君, 大きな支配力, 大事に, 好きな, 安く電力, 常識に, 怒って, 意気込んで, 我慢する, 戸の, 新円, 春の, 有るん, 気が, 沈めば, 活きた彼女, 無意味, 甘くなけれ, 病中の, 若い男たち, 虚弱な, 行われて, 解って, 酒好きで, 量が, 陰気な, 離れて, 頭が, 食事には

▼ それをも~ (182, 0.0%)

2 含めて, 拒まないで, 止めて, 計算に, 責めよと, 銭をも

1 [170件] あの人たち, ある程度増減, いかに企圖, いただいて, いちど思い出し, いまは, うちつと, お角さん, お銀様, かきあげた, ぐっと干す, ぐのがしのびないような哀れな, じや, すかさず階段, ただちに忘れ, ぢつて, ぢも, ついでに, とり除いた, なしえないほどの, ひっくるめたとき, ひとことも, また打ち殺し, もう捨て, もぎ離されて, やや詳, やり過ごして, やり過ごすと, よくない, エタと, クグツと, スバーに対する, セセラ笑っ, 一度床, 一度言っ, 一息に, 一条の, 一杯求めた, 上手に, 下げて, 不公平だ, 不思議だ, 亦通俗的興味, 他の, 仲に, 伊勢御前と, 余さないため, 侮る妃, 促進する, 俟つ, 信じなかった, 信長は, 偽瞞, 全く忘れた, 六波羅の, 切りつめようと, 別段苦, 加えた車座, 卑俗と, 厭わずわざわざ, 厭わない浅間, 參考に, 取入れて, 取出した, 受け入れなければ, 受け入れるやう, 含んだもの, 喰いとめて, 多分相, 多少信じ, 失って, 奥さんは, 奪いながら, 完全に, 実は疑っ, 察して, 少し早く, 少時に, 巧みに, 差し控えて, 平然と躱し, 幻覚だ, 引っかわした, 強いて, 強ひ, 彼は, 待たずに, 待ち切れず従来, 得なさざりき, 得為さざりき, 御方の, 忍んで, 忘れ何, 快くむしゃむしゃ, 快く思った, 快く諾, 思い遣りながら, 意に, 愛子ゆえと, 感心し, 我慢するだらう, 手に, 手離そう, 打ち拉いてるの, 打忘れたです, 承知しなかった, 拒むわけ, 拒絶しました, 持出して, 捨てて, 排斥しろ, 排斥致し, 掘り上げること, 撃砕し, 斬り伏せた, 断りて, 断わって, 東から, 梓は, 棄てさ, 極めて落着, 楽に, 止めた, 歴史的な, 殺そうと, 母は, 気取るため, 源松は, 無理に, 無視した, 爆烟と, 率直に, 生かさうと, 疑う余地, 発表すべき, 直ぐに, 真心こめ, 禁止する, 私は, 窺いて, 簡便主義だ, 米友は, 考へて, 聞き漏さ, 脱いで, 自ら怪しまう, 見ずに, 見て, 見て取りました, 見のがさなかった, 解いて, 許した, 試みさ, 認めないが, 認めること, 誘つて三人で, 調べて, 諦めて, 身輕に, 載せた, 辞義し, 道鏡を, 遠慮なく消し去っ, 邪慳に, 頓着なし, 顧みずに, 飲んで, 餘り喜ばぬ, 魔法使いを通して, 黄色の

▼ それでこそ~ (170, 0.0%)

3 あなたは, ほんとうの, 私の 2 お前だ, よいの, 人間は, 共に詩, 君は, 義士, 長井君だ

1 [147件] あなたな, あのよう, あの怪しげ, あの腕, ある人, あれほどの, いっしょに, いとしい萩丸様, おいらの, おまえは, おれは, お前さんだ, お身様, かえって大きな, さすが立派, じゃ追って申しあげる, そうお, そちも, そのときどき, そのほう, その中, その人たち, その名, どんな不合理, のんびりと, はじめて学問, はじめて意義, ほんとうに, ほんとの, ぼくの, まこと, よろしゅうござります, わが夫, わしの, わたしたちの, われらの, われわれも, ガリレーが, ノラクラ令嬢の, パンパンな, 一夜を, 一校の, 世話の, 人民は, 人生は, 人間が, 人間だ, 人間生活に, 今だに, 今の, 任務が, 何時までも, 例えば津浪, 俺の, 個人としても, 倫敦も, 兵士は, 初めてその, 初めて上将, 初めて会員達, 初めて民衆, 初めて範疇, 初めて芸術的意図, 前田犬千代, 千恵の, 友だち甲斐が, 君たちは, 君子だ, 四次元振動を, 坂東武者よ, 妾の, 妾は, 始て, 始めて, 学問の, 師たる, 彼は, 後に, 御方は, 必要な, 忠直の, 思想家や, 悪党だ, 愛すること, 我が最愛, 我輩も, 撲天, 文学の, 新劇の, 新聞記者らしい, 日本が, 日本人だ, 日本人の, 日本男児じゃ, 日本男児だ, 早瀬は, 昆虫館館主の, 昔から, 暴力団狩りも, 朋友, 本位田家の, 本望, 正成が, 正直だ, 武家方でございます, 死んだ二人, 汝も, 法師の, 満足する, 源家の, 父上だ, 牛も, 特にその, 独仙君だ, 生きる道, 生活を通して, 男, 男だ, 真の, 神は, 秀吉の, 私が, 私も, 立派な, 範覚わしの, 糸公だ, 綺麗な, 義も, 能書を, 自分たちとしては, 自然に, 花田さんだ, 芸の, 茂頼が, 衆議院における, 見得, 親子の, 読者は, 豊葦原瑞穂国が, 赤橋の, 遙, 銭形の, 錢形の, 頭脳が, 魔法博士も, 鴎外は, 鹽原の

▼ それとも~ (158, 0.0%)

20 知らずに 3 知らぬか 2 帰らないの, 知らず, 知らず左膳, 知らないの, 知らぬ明智

1 [125件] あの老人, あらぬ蔭, ありあまる富, あるところ, いえる, しないか, しらずことやう, しらずせまい, しらずちょうど, しらず台所, しらず運転手, しらないで, しらぬ人びと, そしらぬ顔, とられる方, ないでしょうか, ない物音, なおせるもの, なく勧め, なく謎, ならないの, なると, ひとつの, みえる微笑, も少し, わからないかい, わからなかったの, シゲに, 一つ今の, 云わない方, 云わなかったかも, 伐られて, 入るか, 出来るかしらん, 出来るという, 分からないと, 分らないほど, 分らぬ迄に, 判らぬ仏, 別れるため, 助かるか, 参らば, 可愛がらないの, 変って, 外れるか, 大概の, 寝るか, 帰るかという, 引きちぎられたか, 待って, 断わるか, 来られるの, 気づかず聞きかえす, 気づかず酒, 気づかないで, 気にいらんの, 気付かずに, 浴びる光, 煽てるの, 生きるかという, 異なるところ, 知らざれど, 知らずあたし, 知らずあなた様, 知らずお, 知らずその, 知らずなく, 知らずますます, 知らず七艘, 知らず丹波, 知らず今, 知らず元気, 知らず先刻, 知らず前進, 知らず去来ひとり, 知らず君, 知らず品川表, 知らず四方, 知らず座敷, 知らず御飯, 知らず必死, 知らず悪魔, 知らず早, 知らず明智, 知らず水中, 知らず水狐族, 知らず玉置, 知らず男女, 知らず私, 知らず紋兵衛, 知らず貝, 知らず養育, 知らず駕籠, 知らないから, 知らない寄手, 知らない貝十郎達, 知らなかったから, 知らなかったの, 知らぬあと, 知らぬお, 知らぬげに, 知らぬボーイ, 知らぬ主人, 知らぬ二人, 知らぬ小僧, 知らぬ当の, 知らぬ彼, 知らぬ曲者, 知らぬ民弥, 知らぬ海軍士官, 知らぬ狼, 知らぬ神谷, 知らぬ薬, 知らぬ賊, 知らぬ道庵先生, 知らぬ駒井甚三郎, 知りません, 砕けるの, 考えるまでも, 考へると, 見えぬ痩麥, 言い兼ね, 言わない方, 計っての, 離れる時

▼ それ~ (157, 0.0%)

93 あらぬか 6 これかと 2 あらぬかと, やうれひかや, らちや, 有らぬか

1 [50件] あたしそういう, あなたが, あの山林, あらぬ, あらぬかとのみ, あるいはモンパルナス, これなら, さあらぬ, しこむよう, それか, それなら, それには, それは, であって, とおも, どういう, どうか, どんなに取りかえし, なきかに, ように, よく飽きない, らちゅうものは前に, らちゅうものは少しく, らちゅうものは日, らちゅうもんもう邪魔な, らちょっちょっと舌打ちを, らちょっとこざかしげな顔つきを, スリの, 上の, 仮令百歩, 何に, 何んで, 倒叙探偵小説です, 判るかね, 君, 存ぜぬは, 実に声, 己の, 彼女の, 怪しき淫, 普通何, 有ぬ, 汝が, 湯屋の, 知らとうとう, 自らには, 芸州藩か, 莫迦に, 蕪菁という, 非ぬ

▼ それなる~ (157, 0.0%)

2 堀周吉の, 女が, 女の, 少年の, 手裏剣打ちの, 達磨を, 青まゆの

1 [143件] あるじが, いぶかしき老, うつけ者達の, おかた, お小姓, お箱, かま, からのお, がゆえに, が故に, ご用主の, つづらの, とくり, は春日重蔵, ふたごの, ふた品拝見させ, わきざし, キセルの, ポチを, 一味の, 一式を, 一書は, 七人を, 三人の, 三名の, 三日月形の, 下郎は, 下郎御前の, 不審の, 不意の, 不逞漢弥三郎が, 両名, 中間の, 京人形を, 亭主は, 人形を, 人物は, 仙市宅へ, 兄弟に, 八卦見が, 十人の, 十兵衛を, 千柿鍔の, 吉原幇間が, 呼延灼黄信彭, 問題の, 四人, 四尺八寸の, 四谷の, 土蔵へ, 壺を, 夢癆妖女が, 女は, 女みずから腹を, 女を, 女何の, 女犯僧が, 女衆に, 奴を, 妻女も, 娘, 娘を, 家が, 家に, 家へ, 小男が, 少女の, 少女は, 少年が, 少年には, 左ききの, 強力とまれ, 彼女に, 往来へ, 御僧, 御尊師, 御少人, 御方に, 怪人は, 手文庫の, 抜き身を, 書状は, 桐の, 死体一見しょう, 母屋の, 毒矢に, 永守熊仲が, 江戸節上がりの, 江戸錦が, 浪人は, 浪人網は, 浪人輩白昼良民の, 清流で, 湯殿の, 熊仲和尚は, 牛若と, 用人の, 用向き私用でない, 男に, 男は, 町人ちょうだいいたしとうござる, 町人は, 画面は, 疑問の, 盲人は, 相手がたの, 相手の, 真柄家へ, 矢を, 祈祷所が, 秋楓といった, 童は, 絖は, 罪人の, 美形が, 老木の, 老職が, 者が, 者を, 耳の, 腰元が, 花魁群に, 茶の間の, 薄雪, 血まみれ男を, 血染めの, 質屋の, 軸に, 輿の, 近世の, 酒屋の, 銀子二十両は, 雑人輩の, 霧島京弥といった, 非業の, 頼み手が, 頼み言う, 顎の, 首筋の, 馬の, 馬丁が, 鳶頭の, 鳶頭金助が

▼ それがね~ (151, 0.0%)

10 親分 2 それが, 姉さん, 親分側へ

1 [135件] ああ切り開かれ, あたいは, あっしにだって, あなた遊ん, あの河崎屋, あの連中何処, あゝいふ, あゝ切り開かれ, いきなりおさえつけられ, いっこうにわからない, いつか君にも, いまあの, いま検事局で, いやこの, ええまあ, え師匠, おかしな話, おれの, お兄さま, お屋敷内, お話しなけれ, お金を, かうなん, ここじゃ, この男, こんどのは, さつきメイちやんから, しょって, ずいぶん變, そうじゃ, その, そのころ, その人, その紫水晶, それです, そんな小娘, たしかにあの, ただ一ツ, ちょうど都合, ちょっと見せられません, どうも, どうも変, どうも本妻, どうやら夢, どこかへ, びっくりする, ほんとに馬鹿, ぼくは, ぼくも, まるで手懸り, むつかしいん, もうすこし模様, もし旦那, やっぱりその, やっぱり二十面相, やつぱりさうなんだよ, やつぱりアメリカの, よく分らない, よく見る, わかって, わけが, ハズミつて随分, メロンの, 一寸一切り仕事が, 一寸綺麗, 一本も, 三年前に, 不可ね, 不思議な, 世間には, 丸で, 予想に, 他人の, 何か, 何でも, 余程長く, 僕が, 兄さん, 別段理由, 労働者が, 千束から, 半年ほど, 厭に, 可哀そうに, 可笑しいん, 向う門に, 君でなく, 変な, 大丈夫な, 妾のは, 姉さま化粧品の, 姉さん大道の, 姉さん皆金子の, 宗家へ, 実に妙, 実は姫路, 実は照代, 尼寺へ, 岸本さん警察なんて, 従来の, 恥かし, 或日発作, 探検隊とは, 旦那その, 旦那大笑いな, 旦那屹度庄さんは, 昨日までは, 時々散歩, 時に嫌疑, 本当にたしか, 残らず二つ, 洵に, 源氏の, 熱は, 特別に, 犯人の, 申しおくれた処, 私あの, 私は, 私個人としては, 素足に, 至急を, 舅姑の, 親分さん, 親分少し, 親分肘を, 親方, 言は, 誠に奇妙, 近常さん, 道夫さんどうも, 郷里に, 酷いん, 面倒くさくてね, 飲酒家の

▼ それぎり~ (139, 0.0%)

9 黙って 8 帰って 5 であった 4 だが 3 だった, で消え, で黙っ, になった, になる, 出て, 切れて 2 だ, である, ですか, で別れ, 寝て, 帰らねえの, 戻って, 暫くは

1 [76件] ずっと引きこもり, だと, であって, であると, でした, でしたが, です, で再び, で御, で忘れ, で急, で止む, で止めた, で止ん, で消えました, で済む, で済ん, で絶え, で聞こえなくなった, で遂に, になっ, になりました, に亡び, に彼, に成った, に成りまする, に顔出し, のこと, の事, の人数, の裏, の馬, また言葉, 会わなかった, 何ともいっ, 何とも口, 倒れて, 再び帰っ, 再び歸つて, 出なかった, 参りません, 又ぼんやり, 多計, 寝る事, 尋ねて, 帰らない, 帰りません, 引き込もうと, 引留められて, 忙しい夕暮, 暗そう, 最早お, 最早一緒, 最早誰, 来ないので, 来なくなった, 来ねえか, 死ぬ, 消えて, 絶えてしも, 考えなくなった, 行きませんが, 行き過ぎた, 行くえ, 見えないので, 覚めてしも, 触れなかったが, 途切れて, 途絶えて, 鎮まった, 飛び退きも, 食い込めなくなった, 黙つて仕舞, 黙りこみ新聞, 黙り込み仕事, 黙り込んで

▼ それ~ (135, 0.0%)

14 切りか 4 切りだった, 切りです, 切りの 3 くらいのこと, 切りだ, 切りで 2 切りわからず, 切り口を, 切り黙っ

1 [94件] あの手, あれへ, いまの, おいで, おれが, お出ましだ, お渡し, お館, くらいなら, くらいのところ, この世の, この狼藉者, この通り, この間に, これは, こんどは, すぐさま引っ立てろ, すぐ手配, たけの, ばかりか, ぱかしかといわれた, ぱかしじゃなかったと思った, ぱかしだけやって女と, ぱかしのものであったのか, ぱかりのバターで, ぱかりの儲けを, ぱかりの月給じゃ, ぱかり可笑しい, ぱし書いた, ぱっち, まっすぐに, みな殺しに, よしか, 一致し, 今だ, 典医を, 切この, 切りしか, 切りだまった, 切りだろう, 切りなら, 切りパッタリと, 切りフイに, 切り元の, 切り呑込む, 切り夫の, 切り息が, 切り揚りません, 切り相手は, 切り知りやせん, 切り行方が, 切り行方知れず, 切り行詰っ, 切り顔を, 合図を, 合戦だ, 城頭へ, 大江へ, 太史慈が, 孫堅を, 将門だ, 左右太, 巨魁を, 弓で, 弾が, 御旗, 思い思いの, 戴宗に, 押渡れ, 早くっ, 森の, 欧鵬の, 母屋へ, 江州へ, 突込め, 窓から, 者ども, 船を, 蕭関へ, 血祭りぞ, 表の, 諸将, 這奴を, 部将輩その, 酔どれに, 銅鑼を, 関羽を, 阜を, 限りじゃ, 限りだ, 限りです, 限りの, 霧谷の, 駕籠を

▼ そればかりを~ (135, 0.0%)

9 考えて 5 念じて, 楽しみに, 気に 4 心配し, 思って, 繰り返して, 苦に 3 待って 2 たよりに, 待ち構えて, 心頼みに, 思った, 恐れて, 案じて, 祈って, 神様に, 頼みに, 願って

1 [72件] あてに, おいのり申し, お祈りし, お附け, じっと見つめ, ちびり, つかって, ねがって, はかない生き甲斐, キヨロ, 丹精し, 二時間も, 仄かに, 今日まで, 余りの, 内心切望し始めました, 切り放して, 力に, 単独に, 口に, 噛むよう, 大事に, 奏して, 専門に, 専門の, 希うてを, 希んで, 当てに, 彼は, 待ちかまえて, 待ち暮した, 待ち暮して, 待つて, 心で, 心まちに, 念願と, 怒ッ, 思いわ, 思い患うよう, 思い悩んで, 思うよう, 懸命に, 旨そう, 望むの, 望んで, 楽に, 樂しみに, 沁, 無念がりました, 用ひ, 申して, 眺めて, 祈つて, 繰り返した, 繰返して, 繰返すの, 考えました, 考へた, 考へて, 考究した, 職業として, 薊は, 見つめながら, 見て, 訴えたり, 説いて, 読みつづけて, 追つて, 頬張つた, 頼つてゐる, 食べて, 驚いて

▼ それ以下~ (135, 0.0%)

4 のもの, の者 3 である 2 ではない, でも無い, に下落, の一般, の人たち, の人間, の動物, の日数

1 [108件] が下町, が例, が結婚, だと, であったとは, であらね, であるか, であること, であろう, であろうと, ですむ, でなぜ, ではお, ではてんで, ではどうしても, では満足, でもありません, でもない, でもなく, で売っ, で奥, というわけ, とかそれ以外, とも云, ならば, なり裟竭, にある, にあるであろう, におちぶれる, にこれ, になる, になるであろう, になれ, にはなっ, には下らぬ, には下落, には二百以上, には減っ, には降らない, にもた, にもなっ, に分割, に売っ, に孤陰たる, に於, に異人, に盛っ, に通用, に降るであろう, のいい加減, のこと, のところ, の下級人民, の乞食, の二, の人々, の低い, の先祖, の分量, の十四字, の地心全体, の場合, の大少, の安い, の官吏, の宮廷, の寒冷, の少数, の幹, の店, の座席, の心的作用, の擂, の文句, の望遠鏡, の條件, の比較, の男の子, の男児, の白人, の知識内容, の短, の社会, の聞かじり, の職人, の裸虫, の費用, の資格, の身分, の軽い, の軽輩浪人, の輕罪, の輩, の部分, の銅, の韻律, の順序どおり, の額, の高官たち, は亀井戸, は勘定, は無数, は百合, へは巻いた, もしない, を新, を液, 忘れて

▼ それくら~ (127, 0.0%)

86 ゐの 14 ゐに 5 ゐで 2 ゐでいい, ゐな, ゐは

1 [16件] ゐあるだらう銀行, ゐあれば, ゐあれや, ゐかなあ, ゐございましたやう, ゐであるから, ゐなこと, ゐなら僕ひとり, ゐなら始, ゐな精進, ゐキビキビ, ゐ一, ゐ大きい, ゐ待つとも, ゐ押, ゐ銀行

▼ それ相当~ (119, 0.0%)

6 の理由 3 のこと 2 な好意, な尊敬, の修業, の報酬, の興味, の覚悟, の難産

1 [96件] なたしなみや, なもてなし, なもの, な一種, な働き, な因縁, な生計, な用意, な社会的評価, な考え, な身, にあった, にあなた, におもしろい, に不親切, に仕合わせ, に受け取り, に店舗, に批判, に速く, に金, のお返し, のしかし, のたしか, のちが, のちがった, のむくい, のやはり, のわけ, のわび, のリギン, の世間, の主張, の事情, の人格, の価値, の値打, の効果, の反応, の収入, の品, の変った, の夢, の女らしく, の尊敬, の後々, の御, の復讐, の悪魔式, の意味, の態度, の慰労金, の手応, の技法, の技術, の抱負, の持場, の敬語, の方法, の条件, の根拠, の格式, の機械的設備, の歳月, の熱情, の特性, の理窟, の用心, の用意, の由緒書, の療治, の研究, の礼, の空虚, の立, の筋道, の紋付, の組織, の繁昌, の職業, の若, の苦労, の行為, の計算器, の訓練, の設備, の証書, の貢租賦役, の資格, の野心, の金, の長所, の限界, の難題, の飲み代, 手ごわい連中

▼ それ自ら~ (116, 0.0%)

2 [16件] が停止点, が内容, が常に, が解決, としては消極的, として独立, として體驗, に於, に施す, のもつ感銘, の中, の合理性, の存在, の實, の心, の敗北

1 [84件] が不安, が他, が全一, が冬, が却って, が周圍, が定, が息, が抒情詩, が持つ, が本質, が現実, が美, が解き, が詩人, が豪勇無比, が音樂, すでに超, だけで, でありながら, であるかの, ではあなた, で留まり, としていつも, としてすでに, としての矛盾撞着, としてはそれ, としては勿論, としては愛せられる, としては根源的體驗, としては觀念的存在者, として實在者, として顯, とでもいうべき, にいのち, において實, にし, には善, によって肉付き, によつて, に價値, に内在, に変換, に大勢, のいのち, の一, の中央部, の中心, の中心從つて實, の価値, の内部, の力, の天地, の孤獨, の快楽, の明る, の永遠性, の浸蝕, の生活, の純, の詩形, の途, の運行, の重力, の食養, はすこぶる, は他, は依然, は單純, は科学方法論一般, また彼, も凍りつい, を外, を滅ぼす, を至って, 主體, 制して, 反基督教, 同じ悲劇, 既に散文, 既に詩, 正しい時代, 治めるところ, 護るべき慧智

▼ それだって~ (114, 0.0%)

2 何も, 結構です

1 [110件] あんなにぴかぴか光らし, あんまりさしつかえありません, あんまり変り, い, いいおけいちゃんと, いいじゃあ, いいで, いつも附い, おそらく許す, おれの, お前, お前なにも, お前危ない, お前時の, お前来, お前滅多に, お秀, お米, かまわないん, ここに, ことよ, この家, これを, こんなにお待ち, しかたが, すぐ判るでしょう, すこしほめすぎ, せんだってじゅうは, そういう旧派, そのカラクリ, その人間, その女, その棒手, そんな大きい, たいしたこと, ただ刺戟, とにかく嘘, どうなる, なにも, なんでも, もう五六銭, もしそれ, やって, わからないよって, アメリカから, シビルは, 一度きりの, 一種の, 三十前後の, 九年という, 乱暴な, 人の, 人間の, 今時この, 俺が, 僕は, 先生今は, 内所へは, 凄いわね, 別の, 別段耳, 却って胸, 同居人と, 大阪に, 夫婦と, 好いじゃ, 婆さんが, 安くは, 少なくともわたしたち, 帰れば, 平気さ, 廉く, 恐れは, 慌てること, 日本じゃ, 日本の, 本名か, 本当に良い, 本心から, 構わねえ, 様子を, 民さんに, 決して結構, 淋しかった, 無常の, 煎じつめれば, 父娘の, 狂人より, 率直に, 珍しいです, 生活の, 男性通有の, 神の, 私に, 私は, 空な, 素子に, 線路を, 自分を, 良人これに, 花を, 荒だてて, 見違えるほどの, 話は, 誰の, 退屈しきってる, 途中牡丹の, 金さえ, 馬鹿ンつら, 高すぎる

▼ それ相応~ (114, 0.0%)

5 の理由 3 の用意 2 のもの, の扱い, の文句, の生存, の粘着力

1 [96件] な事, な処, な幼稚, な待遇, な理屈, な理由, な申しわけ, な自重心, な覚悟, にうまく, にこじつけた, にし, にその, にはよい, にひかえ, にやっつけられ, に一々, に内心, に半, に大将, に女, に好意的, に威張ってる, に安堵, に尊敬, に居場所, に根ぶかい, に気苦労, に源氏, に独殊, に理由, に看客, に立派, に繁昌, に罰し, に芸術, に萌芽, に調子, に選定, に骨, に鬼門, のお礼, のこまかい, のもてなし, のわけ, の予告, の事, の事件, の代物, の値段, の先型, の危険, の天職, の安, の安い, の尊敬, の工夫, の役に立つ, の復讐, の必然性, の恋, の意識, の手続, の才学, の才能, の技法, の挨拶, の条件, の来歴, の権威, の欠点, の浮世絵, の満足, の特徴, の特色, の理窟, の理解力, の生活, の礼式, の社会的地位, の程度, の穴, の結果, の縁談, の色彩, の覚悟, の話, の説明, の身分, の都会, の鑑識, の防禦, の需要, の青春, の音, の饗宴

▼ それぐらいの~ (113, 0.0%)

25 ことは 6 ことを 5 ことで 3 ものです 2 ことが, ことには, 金は

1 [68件] お金は, こと, ことあっ, ことさえ, ことしか, ことして, ことそんな, ことだけ, ことだったら, ことなら, ことなんでも, ことに, ことの, こと僕だって, こと分らん, ところ, ところだった, ところで, ものかね, ものだ, もので, ものでしょう, ものに, イタズラせず, イタズラは, ウソは, ウソを, ケイカクは, ケチな逃げ, タンカは, 事で, 人間性は, 値打は, 冒険が, 哀れな, 品は, 執念です, 堂と, 夢が, 夢は, 女の, 子供の, 寛容さが, 小説作法入門ぐらいは, 島が, 常識は, 度胸が, 御自信, 御都合, 意気込みで, 文章が, 智恵を, 気慨は, 気象が, 決心なら, 潔癖が, 激しい汚辱, 熱狂ぶりであった, 理も, 生活の, 知識が, 破壊力の, 考え違いは, 自覚も, 見分けが, 親切気が, 長さ, 隠しごとは

▼ それとの~ (113, 0.0%)

12 間に 8 間には 5 間の 2 どこに, 交渉は, 対比で, 比較を, 比較値を, 関係を, 闘争に, 關係交渉に

1 [72件] たたかい, たたかいが, たたかいに, レコードを, 一致が, 一致点および, 上手な, 中に, 中央を, 中間的存在だ, 二つに, 二重の, 交渉が, 交際が, 値段の, 共同において, 同一性先驗的同一性は, 妥協で, 妥協などの, 対比が, 対比その, 対照で, 対立の, 張り合いの, 從つて又, 必然的なる, 戦い疼痛などで, 抗争の, 本質的な, 正しき抱擁, 正当な, 比例で, 比例において, 比率が, 比較が, 比較さ, 比較に, 比較において, 比較によって, 比較によつ, 活きた聯關, 異同が, 直接的合一は, 相異, 相違する, 相違に, 相違を, 組み合わせ, 結び付けと, 結合共同合一など, 聯關において, 聯關を, 誤聞だろう, 調和統合において, 距り, 連関に, 連関を, 違いを, 間柄と, 間柄は, 間隙と, 関係で, 関係において, 関係においての, 関係も, 関連において, 闘いを, 闘争といふ, 闘争も, 關係において, 關係を, 飽和である

▼ それだけに~ (110, 0.0%)

12 して 4 なって, 過ぎない 3 止まらない 2 しては, すぎないの, とどまらない, なった, 早く幕, 止って

1 [75件] ある香り, いいところ, いっそうぐっすり眠っ, うちこんで, かれを, きまって, こつちから, したところ, しても, しと, しろたとえ, すぎないと, そこに, たしなんだおと, とどまったの, とどまっては, とどまらなかった, とどめて, なったが, なりますと, なること, なるまでの, ひねくれた陰気, 一層さうな, 一層なにか手, 一層光栄, 一層愛惜, 一層碌, 今日の, 仰ぎ見て, 使いこなす能力, 使える人, 備わるもの, 出て, 動かされ易い, 参っちまったり, 又杜撰, 反って, 呻き声, 問題が, 堪らなく嫌, 学ぶ点, 尽きない, 帰して, 引きずられて, 引き摺られつつ, 成るべく無駄, 打ち込まなくつちやダメ, 敏感な, 於いては, 日本流の, 書きにくい, 柔く, 極めて, 止まった, 止まらなかった, 止めるべきである, 独特な, 甘んじること, 田辺博士による, 疲れるから, 研究する, 老いても, 見て, 見るほど, 謂わば, 込み入った概念, 過ぎないが, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎなかったので, 長く自責, 限られたこと, 面白くも, 高まったとも

▼ それそれ~ (106, 0.0%)

2 お法衣, がいけない, だ, だから

1 [98件] あの人たち, あの尺八, あの西洋人, あの通り, いつぞや島田先生, うまいはずぢ, おどれ, お浦, お留坊, お葉さん, かわいい女の子, がいかにも, がいけませぬ, がお, がわからん, がわかれ, がわるい, が女々しい, が敦子さま, が証拠, が闇, このお隣, この山, この見当, この通り, この金袋, ごまし, さう, すなわち推古, そういうこと, そうおい, その, そのはにかむ, そのよう, その事, その伯耆, その夕べあした, その嬉し, その富士太鼓, その小, その戸袋, その手, その方, その森田留蔵, その清姫さま, その湯呑, その節, その衽, その覚悟, その親睦会, それからあれ, それでご, それで犬, それで盗まない, それで私, そんなに不自然, そんなに考えない, たったいま, だその, ですわ, でなくちゃ, とあの, とりあえず仙台城下, と思ひ出し, どうかあれ, にちがい, に働ける, に決った, に聞えまする, に違い, の地方, の寿命, の手蔓, の村, の病気, の道順, もう一つ仙台家, わが雷鳥さん, を云う, を忘れ, を決議, を特定国, 今にもう落ちる, 少し仰向い, 御老中差廻し, 果してこの, 死んだ爺さん, 死んで, 申しますと, 見たが, 見たこと, 見な, 見なさい親孝行, 見ろ, 言わぬ事, 転ぶわ, 遠からず, 面白いぞ

▼ それまでには~ (106, 0.0%)

3 なかった, 己らだ, 私の 2 必要な, 非常に

1 [93件] あなたこそ, あの木, いったん月, いろいろな, いろんな幻滅, おおかみ, お米, きっとなおります, こちらも, こっちも, この飛行器, ごく少数, し得なかった, そなた, その悲しめる, だいぶ距離, ちゃんとお, ちやんと, どうあろう, どうしても立退かね, なお数巻, なかなかよくならなかった, なにも, また一苦労, まだしばらくあいだ, まだなかなか, まだ一度, まだ十五六分の時間, まだ少し時間, まだ時間, よくなる, よほどの, ドカッと, 一時間しか, 争議も, 二十日も, 五時間の, 人家とても, 何うにか, 何とか, 余程の, 倦き, 僕と, 出来てる, 出来るだけ, 別にこれ, 加勢も, 半月ほどの, 及ばぬ, 及ばん酒, 及びますまい, 及びませぬ, 及び兼ね, 及ぶまいかと, 及ぶまいと, 及ぶまいにな, 古藤は, 地代の, 多少の, 夜具や, 夢にも思い設けなかった, 大坂, 孫の, 少くとも, 尻尾の, 工業に対する, 帰国の, 常木先生の, 年造も, 店から, 後五年ある, 憲法制定の, 成長し, 戦争も, 時間が, 未だ七夜, 民衆に対して, 気が, 治るべ, 無限に, 爽, 片が, 生活の, 病勢は, 相当の, 約四千万年, 見つけて, 費って, 起床から, 運んで, 長い期間, 阿片を, 随分揉まれるだろう

▼ それ~ (105, 0.0%)

8 であるが 6 ですが 5 だが 2 である, です, 両三回スキー, 僕は

1 [78件] あっけに, あなたへの, お待ち下さる, ここ数日大活動を, そこに, その男, だ, だけれども, だった, だと, ちっともそれ, なかった, みも, もう一人, ゃ何も, ゐた長崎, ゐろと, ウツラウツラ居眠っ, セリフなど, バラバラに, 一回も, 一度も, 何うです, 何を, 何卒お, 包を, 参り候, 外交官を, 外国の, 家の, 待ち候, 待って, 待つて, 御辛棒, 思ひ惑うて, 意匠を, 抑えて, 新聞に, 日本で, 普通の, 東京の, 棕梠の, 横に, 気が, 気づかなかった坐敷, 永井君の, 汐を, 決してなかっ, 海岸を, 涙を, 珍らしく, 田舎の, 皮膜を, 監視し, 眠れなかつた私, 知らずに, 私は, 米も, 結婚を, 網代笠を, 耳に, 聞きなれたの, 自分と, 自発的の, 良人と, 芸者なる, 蔭言を, 見たこと, 話によってのみ, 貝殻だけで, 近づかなかった馬市, 述べて, 道楽も, 達者で, 金は, 響きが, 風呂に, 黙つて二人

▼ それしか~ (100, 0.0%)

15 ない 7 なかった 3 ありません 2 あるまい, ないで, ないよう, 今の

1 [67件] いいよう, いえないの, いえなかった, いわなかった, お答えの, お金が, できないやう, とるべき道, ないか, ないぞと, ないと, ないとは, ないので, ないはず, ない排他的, なかつた, ほかに, やって, よい戦法, 世を, 云いよう, 云って, 今は, 仕方が, 出して, 出なかった, 助かる方法, 商売が, 存在しない, 彼女の, 思わせない余燼, 思惟らしい, 恃むものはない, 恃む兵力は, 恃む途は, 手が, 持ち得ない, 持てないもの, 文字が, 方法は, 書けない, 民心を, 気力が, 注意し, 無いから, 無いの, 無かった, 直義には, 真っ向に, 知らないの, 知らねえの, 答え得なかった, 策は, 経って, 考えて, 考えられない, 考えられないで, 考えられないの, 考えられませんから, 考えられん, 考え出せなかった, 自分の, 見届けぬうち, 見当らない, 言は, 途は, 頭の

▼ それについての~ (96, 0.0%)

3 憤りも, 私の, 自分の 2 意見を

1 [85件] あなたの, いたましい物思い, いろいろの, いろんな事, お取糺しらしい, お話は, ことより, こまかい話, ごたごたや, しゃれ自慢, たしかな, ほのめかしの, プロスさんの, 事々が, 事の, 事務を, 人間に, 以上の, 伸子の, 僕たちの, 充分な, 具体的方策が, 内省を, 凡ての, 勉強方法の, 十分な, 否定は, 嘆願じゃの, 変更カット等, 妻籠の, 実際うすれ, 対策を, 小生の, 工夫は, 希望的判断が, 弁明とは, 当時の, 心得は, 思い出話を, 思案で, 意図を, 感想かかなけれ, 懇談に, 批評も, 指示を, 挨拶は, 推量は, 文章などにも, 方法等を, 最も本質的, 検討を, 様々な, 欲求を, 比喩は, 氣持や, 注意を, 熟練を, 物語が, 特集雑誌などを, 疑念なら, 省察を, 知覚を, 知覺を, 知識をも, 研究も, 称讃が, 究極の, 考えが, 考えは, 興味深い多く, 苦労なら, 著書が, 解釈が, 話で, 話も, 話を, 認識を, 譚全く, 議論らしかった, 返辞も, 追憶記か, 都民からの, 鄙見は, 面接は, 饒多な

▼ それへの~ (96, 0.0%)

2 一つの, 怒り, 意慾も, 自分の

1 [88件] きわめて巧妙, または内国商業, 一歩まえ, 一瞥を, 不信任との, 主観的な, 仮の, 何かに, 侮辱と, 信念が, 信頼が, 傾きを, 内面的抵抗を, 冒險征服が, 処しかたが, 動きそのものさえが, 動きは, 即応の, 参加を, 反対が, 反感であった, 反感の, 反抗は, 反撥で, 反撥の, 同意に, 執着は, 嫌厭の, 嫌悪から, 完全移行を, 実行的な, 家康の, 対策を, 尊敬を, 幻想が, 御馳走は, 復歸は, 思慕に, 悔悟と, 悲哀を, 愛は, 愛着と, 愛着を, 憎しみは, 憧れは, 懸命に, 戒心が, 戰で, 手づるは, 批判者としての, 抑えと, 抗議として, 抵抗である, 抵抗という, 文学的対蹠の, 文芸批評家の, 未練が, 本格的の, 欲望は, 止みがたい, 正しき準備, 武装的布告だった, 歩みを, 直接の, 穿鑿が, 突然の, 端的なる, 答えは, 答えも, 素材の, 編入試験を, 纏綿な, 羞恥感に, 肉付けと, 肉付けに, 視点を, 評価を, 誇らしい反抗, 警告として, 責任を, 足ご, 軽い反撥, 通路, 通路である, 通路としての, 部分的な, 関係について, 陶酔と

▼ そればかりじゃ~ (94, 0.0%)

31 ない 13 ありません 5 ないん 3 ございません, アねえ 2 ありますまい, ないの, ないのよ, なかった, アない

1 [29件] ありませんここ, ありませんよ, ありません宅, あるまいと, ごぜえ, どこか, ないあの, ないあやめ, ないいま, ないこの, ないちょうど, ないなんだか, ないまだ, ないや, ないらしい, ないらしいね, ないわ, ないわれわれ, ないワザ, ない僕, ない向う, ない私, ない話, ない足, なかったね, なく, ねえだ姉さん, ア無い, 有りません

▼ それなれ~ (92, 0.0%)

54 ば何 3 ばその, ば私 2 ばこそだ, ば御

1 [73件] ばあの, ばいおう, ばいふ, ばいよいよ, ばかれ, ばここ, ばこそ, ばこそここ, ばこそたと, ばこそたとえ, ばこそともすると, ばこそふと, ばこそまだ, ばこそわれわれ, ばこそドローレス, ばこそ一層, ばこそ上野山君, ばこそ俗化, ばこそ僧, ばこそ前もって, ばこそ単調, ばこそ子供, ばこそ撫でる, ばこそ異口同音, ばこそ神戸氏, ばこそ私ら, ばこそ花, ばこそ風船, ばこれ, ばこれから, ばさっき, ばそ, ばそれ, ばだ, ばという, ばなお, ばなぜ, ばなに, ばなほ, ばなほ更都合, ばまことに, ばまだ, ばミイラ, ば一体, ば今度, ば仙太郎, ば会わせ, ば何より, ば何故, ば何樣, ば倭文子, ば僕, ば別, ば十二三貫, ば同行者, ば売られませぬ, ば宜しい, ば師走狂言, ば我, ば拙者, ば新着, ば旨, ば早く, ば明日, ば本当に, ば検察官, ば獨逸皇帝, ば粗末, ば誰, ば貴公, ば頭, ば龍泉, ア気楽な

▼ それ見ろ~ (90, 0.0%)

3 といわん 2 あれは, お麗さん逃亡, それは, それ見ろ, 廊下の

1 [77件] あまねく諸国, いよいよどうにもやつ, えらい事, おまえが, お父様御覧, きつねに, この坊さん, この通り, こんな大きな穴, その繩, それが, それじゃ, だからこッとら初手, だから乱暴, だから云わねえ, つまり目黒, といいたげ, というよう, といったよう, といふ, といわぬ, とでもいいた, とますます, と云う, と云つて名古屋, と人, と俺, と内心, と冷評, と喜平, と幾分, と心, と思い, と思う, と思われる, と私, と笑いたかった, と笑いました, と笑いもの, と言わぬ, と言われ, どうだ, な怒られつ, またし, また一人, よ, よあれ, わたしも, ハッハッハ, ポンと, 一度この, 人間が, 何事も, 圖星だらう, 夢じゃ, 後の, 文治は, 早瀬, 昨夜明神下の, 本なんぞ, 林田だ, 気に, 猫や, 直ぐに, 直に罰, 筑波見ろ, 結婚しない, 罰が, 至極難題, 言は, 誰か, 貴様だって, 買つて貰へたで, 金仏さまは, 錢形の, 馬鹿に, 馬鹿七の

▼ それ~ (89, 0.0%)

6 という 4 逃がすな 3 と言, と言う, 急げ 2 ていうの

1 [68件] あの隙, おのおの, おのおのぬかりた, お武家様, ぐずぐずし, この上, この機, この虫けら, ご門前, その者, てえの, てんで威勢, と, とあ, というなり, といっ, とうしろ, とかつぎあげる, とたちまち, とばかりすぐ, とばかりに追おう, とばかりに雲, とばかり一団, とばかり乗りこんだ, とばかり皆, とばかり長蛇, とばかり馬, とひだり側, とワーニャ, と五, と僕, と六波羅, と又, と合図, と周囲, と大刀, と店先, と役人たち, と待ちかまえ, と放たれた, と木川君, と検事, と櫂, と炭, と皆, と皆ハリキ, と目, と直ぐ, と縁側, と船, と言っ, と誰, ぽっち, 取り囲め, 取り押えろ, 大先生, 怪し火, 抜かり給うな, 放しさ, 早くしろ, 早く漕ぎつけ, 畳んじまえ, 目ざす怨敵, 突かんかい, 落ちた, 行け, 行って, 見失うな

▼ それさえも~ (88, 0.0%)

3 知らなかった 2 分らない, 忘れられて

1 [81件] あまり明白, あまり有難い, いつしかやみ, いろいろな, お乳, お請合い, きこえないこと, きびしくいえ, きまりが, しないで, じっと耐え, すぐ消えた, そうであった, ただ自分自身, つまらぬこと, なかった, なさらないという, はっきりは, はっきりわかりません, まだ見当, やがて見えなくなっ, わかって, わからずようやく, わからない, わなわな顫, 一つの, 不明である, 今は, 何かしら, 併し, 出来なくなったこれから, 分からない, 分らなくなって, 分らぬが, 判らぬという, 判然しなかった, 制限が, 十年まえ, 十年以前の, 半額と, 叶わなくなったのに, 夜の, 好くは, 定かで, 実際の, 影を, 彼には, 待てないか, 忘れさせて, 思うに, 感じません, 憎むと, 文学の, 明瞭し, 未だ十分, 材料と, 決してそんなに気, 沖縄の, 現である, 現在の, 理解しかねる, 瞬間に, 私の, 私は, 突発では, 立派な, 第一部, 絶えいろいろ, 綾麿は, 緑の, 罪の, 脅威を, 苦痛の, 茫と, 覚えて, 親類の, 計画し, 過去に, 随意なら, 飲もうとは, 飽きて

▼ それその~ (88, 0.0%)

2 おまへと, とおり, ように, 塔なり, 工兵も, 通りだ

1 [76件] おめ, お使, お顔, ことじゃ, ことだけは, これにおけるや, とおり話し, はにかむよう, トヤといふ, 一廓は, 一間を, 三条の, 事でござる, 人の, 伯耆の, 例の, 冠った, 冷露に, 前に, 功名栄利に, 売僧を, 夕べあしたの, 天向きの, 女を, 嬉しさ, 富士太鼓, 小親, 山路を, 川だ, 座禪を, 御幣が, 心持ちが, 恰好が, 戸袋に, 手が, 手を, 挙動の, 新組織, 方ども, 時大漁で, 時飛ん, 木の下, 机の, 森田留蔵, 様に, 橋の, 機会あらしめ, 死骸の, 清姫さまの, 湯呑も, 生涯の, 男の, 石の, 石段を, 窓際に, 竜の, 竹の, 笑いが, 箱を, 節幌馬車の, 蛇よ, 蠅だ, 衽は, 覚悟が, 親睦会が, 証拠には, 通りき, 通りわらわ, 通り二人も, 通り十分に, 隅っこの, 鞄が, 額さ, 顏に, 鯛を, 麁朶を

▼ それを以て~ (88, 0.0%)

4 自分の 2 して, 満足し, 直ちに作者

1 [78件] この, その人, その作品, それを, どうしよう, なされば, もう黄金浪, われら宿老どもが, アイヌの, ケイ女史の, ドレゴの, 一旦中絶, 世を, 世間に, 今日男子の, 他を, 他人を, 俺の, 僥せ, 兇惡の, 全部とは, 勝手に, 古文献, 困難若く, 大地を, 大部の, 子女の, 家長の, 小学校の, 己らを, 師を, 彼自身も, 律すること, 得たりと, 心の, 必勝の, 感奮の, 憤然朝日新聞へ, 房州の, 改めて所謂純文学, 新しき詩, 日本人の, 明らかに, 最大な, 最終の, 朝廷を, 母親に, 水野は, 深く心, 満足したらしく, 満足とは, 無上最, 爾雅, 理想境建設の, 甘んじて, 生涯しよう, 町内を, 直ぐ古い, 直ちに現代日本, 直ちに編輯者, 直ちに赤化, 直に詩以外, 秀忠を, 終りを, 自他の, 自分を, 芸術に, 若い女, 被ふこ, 見ても, 見ると, 言外の, 説明を, 輕氣球の, 返事に, 遍満至らざる, 過去の, 魔除け

▼ それによ~ (82, 0.0%)

2 つて, つてその, つても, つて包括され, つて自分らの, つて限定され

1 [70件] つてありし, つていづれ, つてお, つてこの, つてどの, つてのみ, つてまつたく, つてロシアに, つて不快に, つて人事の, つて代表される, つて作業の, つて価値づけられました, つて侮辱の, つて僕等の, つて全, つて前景を, つて労働愛好心を, つて動く, つて包括される, つて古き, つて只そつくりそのまま, つて喝采される, つて多くの, つて大なる, つて定まる, つて實現せられる, つて封建領主から, つて慰められ, つて慰められた, つて或, つて投藥した, つて支へ, つて支配される, つて支配し, つて救はれる, つて新しい, つて書いた, つて歴史學の, つて毎日の, つて永遠性は, つて決定した, つて特殊なる, つて現, つて現はれる, つて現実的な, つて生活の, つて生活を, つて痛快の, つて益, つて直接な, つて相当の, つて眞理の, つて眼覚め, つて祖国を, つて總括せられ, つて自分の, つて自己の, つて自然を, つて芸術的生命の, つて處置し, つて行動する, つて行爲に, つて表現さる, つて規定された, つて觀念を, つて誤, つて静かに, つて頑固に, つて魅力を

▼ それごらん~ (81, 0.0%)

39 なさい 43 なせえ

1 [35件] あそばせ悪女, おお怖い, お銀様, すぐほし, そんなお手本, といいたげな, というふう, と云わぬ, なさいあまり, なさいあんた, なさいあんな, なさいお, なさいその, なさいだか, なさいと, なさいという, なさいといった, なさいどちら, なさいまし, なさいませ, なさいやつぱり東さんぢ, なさいわたし, なさい云わないこと, なさい何だか, なさい坊ちゃん, なさい春子さん, なさい無理, なだから, な仏様, よ, よだれ, よ明後日一杯きり, よ飲みたい, 知って, 苦しいだろう

▼ それ~ (81, 0.0%)

2 あたしだって, いい, そうと, ね, 無理だ

1 [71件] あなたでしょう, あなたの, あの坊主, あの男, ある, あんまり意気地, いいが, いいです, いうと, いかん, いけない, いけないそれ, いけねえ, いろんな心配, うそだ, うれしくは, おかしい, おさまるには, お前も, こちらの, さうです, すこし口, そう, そうかも, そうでしょう, そうです, そうねえ, そこで, ちょっと言えない, ときに, どうしてもお, どうも, なんの, ね旦那, ね長い, のどかだった, ほんとうかい, もう, もう仰有る, もう帰る, もう覿面, やりかたひとつ, よくない, わかるさ, 不思議だ, 何か, 何の, 何事だ, 冗談だ, 勿論そうよ, 可愛かった, 君あんまり, 困るよ, 大変だったろう, 大抵じゃ, 女です, 好都合でした, 嫌だ, 山木が, 当節の, 心配した, 本当な, 本気か, 百二十八歳の, 破いて, 薄情だ, 見逃して, 豪儀だ, 身投げでなく, 銀座通の, 随分出来ない

▼ それにて~ (80, 0.0%)

3 まえが, よろしく候ひな 2 われも, 牛乳鑵を, 申して, 足るべくも

1 [66件] お待ちねがいたい, お待ちを, お待ち願いたい, お控え, お控えあれ, ごらんくだされ, さへ, なでたるも, やつと, ゆるりと, よろしく候いなん, よろしゅうございましょう, 事済むなり, 事足れりと, 他に, 全く総て, 凌がれん袷, 力づけ給, 十分なり, 十分なるべし, 十分也, 可い, 始めて, 始末は, 安堵いたしました, 宜敷けれ, 差し支えなくば, 式事は, 御勘弁, 御自害, 御覧下さる, 心なごみき, 思い当りたり, 思ひ合, 悉皆謎, 意味が, 打ちて, 打撃したる, 放免に, 書け, 望は, 果る, 求めましたので, 済むべきや, 満足が, 生涯讀み厭く, 申しのべた, 申せ, 申せ大事, 直参旗本の, 立つこと, 紛れを, 罪状明白証拠充分という, 聖マリア彼の, 見物候え, 詩を, 語れ, 読め, 調べよ, 足れりと, 足れり宗教, 足場を, 通り我, 造化は, 鏃を, 頼みしが

▼ それといふ~ (79, 0.0%)

42 のも 19 のが 12 のは 1 のを, ひとは, 人が, 個人を, 合図を, 合圖の

▼ それのみか~ (79, 0.0%)

2 床に, 彼の, 遂には

1 [73件] ああいった, あまり一つ, あらかじめ太守, いよいよ放恣, おそらく, お父様, このあいだ房州, この兄, これが, そちの, その眼, とっさに, どうやら彼女, また次, み位, もう一歩夫人, よく見ろっ, ダーウィン, 一声吠えた, 一年の, 不安の, 不意に, 五六ヵ月も, 人を, 今まで, 他の, 仙岩の, 以前の, 侍女に, 信心の, 僕が, 前の, 古手紙から, 向うで, 呂宋兵衛が, 壁から, 夜毎に, 大昔の, 子供達は, 実を, 小賢しい奴, 当の主人たち, 彼が, 彼は, 彼女は, 御主人, 御亭主, 御寵愛, 復讐は, 思いも, 急に, 恬として, 意外な, 戦いの, 折々は, 曹操は, 某事件, 根堅き, 武蔵も, 氏素姓を, 炬燵の, 然様いう, 白いうち, 相手が, 私は, 縫って, 腕ききの, 衣服一枚くれるで, 貴族階級を, 轟九蔵と, 連年戦争と, 門を, 門前町から

▼ それすらも~ (78, 0.0%)

2 この頃, ないの, まだ判らない, 今は, 私には

1 [68件] いざと, いろいろの, おたがいに匿そう, かなわなかつた, はっきりとは, まとい得ざるもの, まるでよそ, もどかしくて, よくわかりません, よく解らない, よこさぬとは, わからないの, わきまえて, タンネンに, 一ヵ月余も, 今では, 代助, 出来ないので, 分つて, 分らないの, 分らないほどに, 分らぬ, 分りは, 判らなかった, 判然しなかった, 判然せぬ, 判然とは, 別天地の, 口に, 右門には, 喪って, 困難な, 失はれた状態, 妬ましかった, 弱々しく深い憂いの, 彼に, 得難い, 心当たりが, 思ひやれない卓一, 意識する, 愛情の, 感じないの, 手前には, 振廻す暇, 敢えて恐れなかった, 書けさ, 書けそう, 殆ど見当が, 淋しきを, 満々たる, 漸く持ち帰った, 然し悲しい, 父は, 現在は, 知らなかった, 確かには, 自ら気づいてない, 表面には, 見つからぬお立ち惑い, 見当が, 解き渡して, 言わなくなったどころか, 調はずし, 諸説紛々で, 避けること, 面倒くさくなっ, 頼めば, 黒猫に

▼ それとして~ (78, 0.0%)

2 一廉であり, 伸子の, 意義の

1 [72件] いちばん葉子を, お置き, この家, この物語, その君江, その平面, その後私は, その農民, まずきゃつ, ストラトフォードの, ニコラスの, 一つの, 一定の, 一種の, 人々を, 人間という, 今は, 今日の, 今日は, 会を, 価値の, 俗物としては, 偽りの, 十分認め, 南部氏よく, 博士は, 反省の, 唐寺の, 完成し, 心理の, 意識され, 描写し, 文化的な, 明日は, 時代の, 次の, 正雪殿, 此等の, 民弥殿は, 湛慶滝へは, 火を, 現実の, 現象的に, 理窟が, 理窟を, 生活の, 産だ, 男の, 発展させ, 百姓弥之助の, 祝う意味, 秋川が, 納得し, 聞けば, 膳の, 自分で, 自立させ, 自身の, 興味ふかい, 草の, 虹の, 要求されるであらう, 話は, 認識される, 読物である, 貫徹されね, 運転され, 面白く, 飯が, 館林様の, 鳰鳥とかいう, 默つて見送らね

▼ そればかりは~ (78, 0.0%)

2 どうか, わからないが, 今でも, 判りませんよ, 曾て, 申上げられません, 親分さん

1 [64件] あの子供, いえませぬ, いくらあなた様, おきき, おゆるし, おゆるし下さいまし, かんにんし, ごめんください, せめてもと, せめてもの, とって, どうしても云われない, どうぞ, どうぞご, どうぞ何, どなたにも, なんとし, よしてよ, わかりませんでしたから, わしにも, わたくし, 何とも申しわけ, 何分にも, 僕にも, 出来ませんでした, 勘忍し, 勘辨し, 半蔵も, 可哀想と, 君の, 大反對, 妻として, 始終思われ, 威勢が, 子供には, 尋ねずにおいて, 尋ねないで, 当時の, 後生です, 御用捨, 念頭を, 思い停ったが, 思ひ止, 思ひ止らせ好ましく, 教えて, 教へて, 日に, 書いて, 決して御, 猶其後少時, 竹童にも, 腹の, 親分の, 觸りませんでした, 言えません, 言へ, 許されないの, 諦めた方, 諦らめた, 遠慮します, 錢形平次も, 面白さうに笑, 頑として実, 骨と

▼ それをば~ (78, 0.0%)

2 南の, 正当なり

1 [74件] あたかも我が, ごらんに, さまたげるもの, その細胞, なおどこ, にやにやと, ひたあやまりに, また町, みんなが, みんな自分の, もう来る, スミスは, ズタズタに, ピンセットの, 一層その, 下腹に, 世上の, 今日まで, 他の, 何で先頃, 何の, 何や, 刈払い, 刈払ひ, 化学の, 叔父上が, 取集めあれ, 口惜しが, 合羽かむ, 合羽かむった, 命とや, 唯だ, 土手に, 如何に, 寓意として, 常に口僻, 平気に, 幸いに, 思はで我が, 悪者が, 或は存在, 撫子にも, 新らしい, 普通並の, 正吉の, 正直正, 此の, 此頃あの, 母子は, 決して彼, 海上遙かな, 無慙にも, 無理無体に, 片一方の, 眼中に, 知って, 竹の, 第一, 紙型に, 聞かなかったか, 聞くの, 聞手の, 自由を, 見世物に, 覚えて, 諸車止, 踏み付けて, 軽忽, 通りがかりの, 長吉は, 長火鉢の, 闇を, 阿関, 頻と

▼ それこれ~ (76, 0.0%)

12 はこれ 3 の話 2 の色, を持っ, を禁じ, を見

1 [53件] がお, がその, が咲ちゃ, が第, が軍用金, が風, するうち, だこれ, だよ, で, でお, で暫く, とくらべ, となく, と当時, と考え, に同情, に頓着, の事指図, の勘定, の心労, の聯想, の費用, はお, はお前, は先日, は当座, は礼, もある, も順調, より高緯度, をなに, をなんとかいわんや, を何と, を保護, を信ずる, を出す, を思い合せまし, を思い合わし, を思い合わせ, を愛する, を憶, を教育, を考え合わす, を考究, を讀んだ, を顧みる, を食え, 思い合わせれば, 思ったら子供, 思ってると, 考えて, 考えながら

▼ それこそは~ (75, 0.0%)

2 セルト種族の, 我々の, 松の

1 [69件] あの不幸, あの有名, あの飢饉, お分り, ぐずり松平, こちらの, ことやうなれ, この作家, この暗号, この蟻田博士邸内, さきの, たびたび聞いた, どうしても解かね, どんな目, ひげ, まさしく冬, まさしく同僚あばた, まったく身, もう姥捨山, やさしいもの, よう御存じ, わが生身, ヒルミ夫人の, ヨーロッパ臨終の, 上天の, 世の中, 事実の, 事實の, 人の, 伊予守忠弘が, 伊那丸にとって, 元貴族, 劉備玄徳の, 加亮先生呉用の, 北条治下の, 四年前に, 大きな御, 大変である, 妹の, 安南, 実に小娘, 実に意外, 実に穢, 岡引虎松の, 巷話, 思わざる巡り合わせでした, 我等, 本来この, 本気に, 桂子自身の, 横面は, 次第に冬, 止利曲嘴の, 江戸の, 活火山などよりも, 生きた詩, 神様では, 紛う方, 紛れなく自刃, 紛れも, 至当なる, 興味の, 草葉の, 衆生済度の, 観念論者に, 諸人熱望の, 身を, 逆恨みよ, 青春の

▼ それでない~ (74, 0.0%)

6 と私 3 ことは 2 と何時, と僕, と申しあげ

1 [59件] かとじっと, とああ, とあたし, とお前, とくせ, とする, となんだか, とほんとう, とぼく, とまったく, とやり切れまい, とよく, とわたしうち, とわたし達, と一雄, と世界, と世間, と今, と今にきっと, と仕事, と何だか, と充分, と公然, と却つて, と又, と取返し, と可哀想, と困る, と大将, と学年試験, と宅, と実に, と小説, と張飛, と往き, と戦, と拙者, と授業, と本筋, と東京, と気迫, と決して, と湯気, と物, と親類付合い, と話, と警察, と途中, と遂に, と青い, と餘, にし, のぢ, ので, のは, 人は, 場合でも, 小説の, 表面の

▼ それ見た~ (74, 0.0%)

26 ことか 14 ことかと 5 事かと 4 事か 32 かと言わぬ, まえ

1 [18件] かあんな, かというよう, かという顔, かといったよう, かといわない, かといわぬ, かといわん, かと云, かと云う, かと云わぬ, かと白い, かと言わない, かと言わん, が可, ことかとも, さに, 事かという, 事かといった

▼ それがしも~ (67, 0.0%)

2 手に

1 [65件] おり多く, かように, こうして密, この友情, すでに四十, ぜひあなた, その天下, その趣向, その頃, そんな気, ただいま二, ついだいぶ過ごしました, つらつら思う, どこぞ, また子, また少し, また彼ら, みんなが, むなしく眺め, もとよりで, よく覚え, 一個の, 一個数正どのも, 一応宿, 一首つかまつります, 不才を, 世話効い, 五万三千石の, 亥の, 人間と, 仔細を, 何とぞお供, 先刻から, 共どもに, 共に平原, 共に願う, 内ない懸念し, 刀の, 初めてだ, 友人の, 同様御, 同罪です, 国許に, 城太郎も, 夜に, 好む道, 帰陣したら, 引廻され, 弾いて, 彼の, 彼を, 御助力, 心の, 悪徒, 満足, 漢の, 義胆を, 聞いて, 肝胆を, 行軍参謀として, 見せて, 貴軍, 退くであろう, 遥々北国, 酩酊しました

▼ それはと~ (67, 0.0%)

33 に角 2 きくと

1 [32件] いうので, がむべ, すぐ見当, その作家, ちの実ぐらい, とどめかけた, に角表面上, ほうも, ほく海, まつて, 一句あとへ, 一同が, 云えば, 云つて横から, 卑しい笑い, 口を, 吃った, 善平は, 大不敬罪, 女房は, 彼は, 新八は, 私たちの, 窮る, 行き詰まって, 言いました, 言えば, 言つた, 錦子は, 驚いて, 驚くだらう, 驚くだろう

▼ それに従って~ (65, 0.0%)

2 変化する

1 [63件] いろいろな, きりもりしよう, よほど学問, 一行を, 下って, 下りました, 下落する, 他の, 会津侯へ, 作るところ, 動いて, 動くよう, 又方法論, 右や, 各種各様の, 同じ河岸, 吾, 国内の, 国道まで, 大人たちも, 奥へ, 学生層の, 寝床の, 左右されるであろう, 常識が, 幾何学は, 広く少なくとも, 彼の, 思い出したよう, 戦法の, 新居に, 明らかに, 映画の, 来たの, 次々に, 歌う, 正直に, 治療も, 注意深く含まれたる, 甘寧, 甚しく, 生きたいと, 租界の, 緊張し出し, 練習生が, 置く, 置こうという, 聖母像は, 肉体的には, 自殺を, 行こうと, 行動し, 複雑に, 規定し, 解決し, 貰うべきこと, 起る利子率, 足並みを, 近所の, 返事を, 進みました, 長く流下, 高くする

▼ それ~ (64, 0.0%)

4 通りだ 3 食べ 2 法衣の, 見やれ, 酌を, 頭が

1 [49件] つう見, どれと, ほみそ, めえ, よこし, わかりにな, 上りに, 主達も, 二人には, 人が, 代わりだ, 使いという, 具体的に, 内儀さん兩方へ, 内儀さん卯平は, 出と, 出なすったと, 出なり今日, 取り, 受けあれや, 呉れ, 役人の, 後を, 愛嬌で, 手水の, 歳玉に, 殺して, 気の毒, 水それお, 洗足の, 浦を, 渡し致すが, 特得の, 留坊神官の, 突きで, 突だ, 米を, 聞きなさい大海, 葉さん即ち, 薬お, 袖さんの, 見そう, 覚悟ならいつなり, 責め遊ばす, 賽銭を, 通めが, 間違いじゃ, 頭の, 食べに

▼ それだけは~ (64, 0.0%)

2 やめて, 不便に, 仕方が, 安心し

1 [56件] いいえお笠, いつでも, いわないで, お釣り遊ばし, きっと確か, この池, こらえるの, しないで, しなければ, ない母, のめますまい, よしお, オペラ座の, 一人で, 不思議に, 事実の, 二度と口, 云いかねて, 云って, 云わなかった, 云わなくとも, 信じて, 冷えた夜, 勘弁し, 取って, 変りが, 如何なる破, 守らねば, 当人の, 御勘弁, 思い止まった, 感じますかい, 感心する, 手まめである, 手放すまい, 撤回させ, 止して, 止めさせて, 止めた方, 気がつかなん, 浪之, 無いやう, 真当の, 聞かされて, 言つて楢雄は, 言わせて, 言わないで, 許して, 誰も, 買えないのよ, 遂, 野生では, 隠して, 頼んで, 首肯しかねる, 馬春堂も

▼ そればかりが~ (64, 0.0%)

6 気に 5 心配で 3 苦に 2 唯一の

1 [48件] いつも脈, お京, お願いだ, それからの, 一縷の, 不振の, 不知火でも, 今は, 借金じゃ, 僕には, 冥途の, 出て, 動機では, 原因か, 原因では, 娯しみだった, 寝ても, 幻影の, 彼の, 彼女の, 心だ, 心残りな, 心配でございまし, 心配でございます, 心配でした, 心配な, 恐ろしゅうございます, 悩みの, 悲しき涙, 愛情の, 書かれては, 望みです, 楽しみでございます, 残念だ, 気がかりであった, 気にな, 気懸り, 氣がかりで, 氣に, 目的であった, 眞理である, 祈られる, 私を, 聽きたい, 話題に, 頭に, 頭の, 頼みに

▼ それ以来私~ (64, 0.0%)

2 の両親, は何

1 [60件] が道楽半分, にはみなさん, には宗吾郎, のずっと, の不仕合せ, の前, の天地, の小説, の心, の耳, は, はあんなに, はいかに, はいくた, はいくらか, はきょう, はこの, はすみ子, はずっと, はずつとここ, はてんで, はアメリカ, はハンス, はミイラ, は人事不省, は人猿達, は今, は何故か, は判り切った, は別, は前, は卵, は吹きおとされた, は地主さ, は寄宿舎, は幾度闇夜, は度々, は彼女, は彼等, は明, は明暮, は明石, は時折暗示, は東京桜木町間, は毎日, は毎日毎日, は流言飛語, は無実, は狸, は男, は直接法帖, は碑, は祖母, は私, は筆, は米, は絶望, は韓国宮内府, も礼, も詩

▼ それに関する~ (62, 0.0%)

2 いろいろの, 知識を, 記録を, 話は

1 [54件] あらゆること, いっさいの, ことは, ことを, もので, レーリーの, 上原稔の, 丹念な, 予想を, 事実を, 事態の, 亮の, 人の, 伝説を, 何事にも, 取引も, 取調べは, 各自の, 妄想とが, 孔子の, 御記憶, 思惟が, 手がかりは, 批評, 抽象的な, 数多の, 文献である, 文献は, 既知の, 書物を, 消息を, 準備事務を, 理論が, 瑣末の, 環境を, 町の, 知識の, 研究書などを, 科学論は, 統一的制度を, 著書も, 言葉が, 計算とは, 訓令を, 記事は, 記事を, 記述は, 記録に, 評論を, 警告を, 通信文を, 部分だけの, 雑誌が, 飜訳の

▼ それであり~ (61, 0.0%)

2 またそれ, ようはずの, 而も

1 [55件] そして正に, その強烈, その後期, その源泉, だから執拗, ながらまた, ながらエセックス, ながら二人, ながら何らかの, ながら先生, ながら切地, ながら古代ギリシャ, ながら母, ながら洞穴, ながら立派, ながら自分, ながら需要量, また今日, また同時に, また外, また機械的, また第, もう一つ, イギリス的解答であり, ニラの, ヴィナスは, 一言で, 人の, 今一, 他は, 価値の, 全部の, 十二月の, 即ち経験的, 史的唯物論, 單獨孤立を, 帝政の, 形式は, 後にも, 後者の, 後者は, 我が家にも, 播州石の, 昌造らを以て, 木鼠小僧の, 民族の, 流行の, 海を, 狂言の, 臨終の, 近畿一帯で, 阿蘇山が, 雲切仁左衛門も, 非常に, 飛騨の

▼ それのみが~ (61, 0.0%)

4 唯一の 3 私の 2 勝つ道, 只だ, 穀物の

1 [48件] この事物, しんぱいです, すべてでは, それ自身の, ライフに, 一つの, 一縷の, 今の, 今日の, 仏に, 個別的である, 僕らに, 充足である, 公民であっ, 原動力とは, 可能なり, 問題である, 女の, 定められた約束, 少し案外, 彼らの, 御心痛, 必然な, 懸念で, 指し示し得るという, 新らた, 是認される, 本当の, 正しい, 流行する, 清潔な, 独りよく, 目的では, 真実であり, 真実の, 真理である, 私を, 素子では, 臨終の, 芸術的であり, 苦労に, 苦慮され, 藝術を, 豊富で, 迦羅奢, 閑暇を, 靈感を, 高く聳え

▼ それゆゑ~ (61, 0.0%)

2 このカチカチ山, この瘤取り物語, に, に今日, に彼, に斎, に日本

1 [47件] いつも文庫本, おまへの, この, この文章, この本, その, つい書き, どうかしたら, にもともと, に人間, に先生, に大きな, に女, に尊い, に彼素問識霊枢識, に心中, に恐るべき, に我国, に時として, に枳園, に樹木, に生徒, に社会人, に種痘, に翻訳的, に自然, に途次, に重荷, に非常, に鬱積, の母, まづ何, もうかう, もつとも生彩, 一層切なく, 刻々の, 同じ庭つくり, 報いられないと, 大きい方, 常に怏々, 忍んで, 正精, 死ぬ気, 自強し, 誠に困る, 遣らずに, 飽くまで黄疸

▼ それよか~ (60, 0.0%)

2 あんたの, 今日は

1 [56件] あきらめたん, あすこんと, いっそ柳屋先生, うれしそう, おとうさんがの, お前こそ, お前今に, お前早く, お母, お母さんがな, こな, これから二人, そらほんま, そろそろ引き上げ, どうでしょう, どっかへ, ぼつぼつ支度, まあお聽, まだちつとばし, もういちどカイちゃん, もう一二年, もう収まつた, もう早く, もしおじいさん, もっとめ, もっと重大, もつと, やはり一局二百円, クララは, 一寸こちら, 一寸電話, 二日も, 人に, 何か, 何より棺桶, 先生は, 入口の, 君あしたいっしょに, 善光寺の, 奴の, 妾の, 安次の, 工場が, 思ひきつてぶつ, 手紙を, 斧を, 旦那あ, 早く父, 此間貸し, 爺さんちょっと, 物騒な, 疲労れ, 第一福本, 自分の, 話の, 豹ぼんの

▼ それ御覧~ (60, 0.0%)

32 なさい 4 なさいな 3 なさいませ 2 じ, なさいだから

1 [17件] お米, じませ, じませ此, じ御前, それならお前, な, なさいお前さま, なさい阿母さん, なさい震えてるじゃ, なせえ, なそんな, わけないだらう, 言いあて, 遊ばせ, 遊ばせそんなに, 遊ばせやっぱり, 間違ってるだろう

▼ それぐらい~ (59, 0.0%)

5 なこと 2 だったが, なもの

1 [50件] あいつでも, お茶の子サイサイであったろう, だ, だという, であった, であるが, でいい, でちょうど, でよい, で失われやしない, で白河近く, ならもう, なら一区劃いくら, なら何, なら出して, なら化粧マワシ, なら母親, なら泥棒, なら聞える, なら自分, な変化, ぶらぶらすれ, やよって, やりかねない, わかってる者, アロハは, サモシイ料簡の, 下げて, 伐られた跡, 使って, 具体的に, 分って, 力が, 君にも, 変ると, 寝ても, 放二, 歩いて, 残って, 現実的で, 用心深い人, 申訳が, 真剣なら, 積る, 精分が, 花袋は, 見当を, 話しても, 距った, 飲んだの

▼ それにたいして~ (59, 0.0%)

2 正成が

1 [57件] あまりいばれない, いったいわれわれ, かるくうなずいた, なお武装, なんという, またべつ, より高, りっぱな, ギンネコ号は, クリストフは, 一日でも, 一種の, 一言の, 一體何を, 七八名の, 京都の, 代るべき泉, 何かの, 前より, 労働組合の, 十分の援助を, 千早には, 博士は, 反動的な, 反感を, 寄手は, 少しも, 常に警戒, 彼は, 彼女は, 恐れを, 恨みを, 憤慨する, 批評を, 持って, 攘夷論者という, 日本人が, 晁蓋からも, 武装し, 無策では, 無関心な, 犬養氏は, 玄蕃盛政は, 現代の, 用意が, 秀吉は, 私が, 自分は, 蔦之, 警戒する, 軍部では, 軽蔑的な, 返答に, 道徳の, 適切な, 頭を, 食うため

▼ それであれ~ (58, 0.0%)

4 ばこそ吾 2 ばこそ之, ばこそ人々

1 [50件] これ迷っ, ばいっそう, ばこう, ばこそお, ばこそこの, ばこそそういう, ばこそその, ばこそキレイ, ばこそソフィスト, ばこそフランス, ばこそ一般, ばこそ三木思想, ばこそ今日, ばこそ例, ばこそ元来, ばこそ先, ばこそ学問的, ばこそ常識的概念, ばこそ弁証法, ばこそ性格, ばこそ愈々益々, ばこそ感化力, ばこそ感性界, ばこそ或, ばこそ所謂, ばこそ搾乳婦, ばこそ文学作家, ばこそ日本, ばこそ机, ばこそ検閲, ばこそ此等, ばこそ特定, ばこそ現象学的方法, ばこそ画竜点睛, ばこそ真理, ばこそ空間, ばこそ第一義的, ばこそ経済学, ばこそ自己, ばこそ自然科学, ばこそ論理, ばこそ路傍, ばこそ農民, ばなお, ばはま矢, ばよい, ば回復, ば無電連絡, ば自分, ば面白い

▼ それ~ (57, 0.0%)

5 やまるで 2 しんは

1 [50件] ぁ二人で, ぁ俺は, ぁ山へ, あいっちまう, あかつ, あ一つ, しんが, ゃあせっかくのおひいさまも半分は, ゃあるめえか, ゃおとっさんにすまないじゃありませんかと言い, ゃこちとらは陪臣の, ゃなんぼかせいだとて米の, ゃのべったらに寝てる, ゃはいっているがほんとうにあぶのうござんすよ, ゃもういくらもありませんわね, ゃわっちたちを, やあ, やあと, やあの, やあやつぱり, やあ一体どう, やあ己, やお前たち, やお客さん, やきく, やさ, やすこし, やせつかく, やひと, やひとつ, やまずい, やもう, やわし, やアお前明日, や一旦, や伊達君, や何, や余計, や僕, や娘, や嫌疑, や矛盾, や肝心, や舟, や船, や随分, ょうだんなんでしょう, ア道具が, ャこれでは, ャ旦那様も

▼ それがさ~ (56, 0.0%)

2 木の, 活きた心地, 骨に

1 [50件] あたしたちは, あたしは, あん時迄は, おとしより, おとどし, お前さんを, さう中, すぐ可能, そこには, その下っ, た, どうも気, ほんとに鬼魅, まあお, まだ遺書, まるでど, やっかいな, わしにも, 一件じゃから, 七十に, 世の中には, 並みの, 中学校の, 人間では, 今も, 今日南条さんが, 他で, 何だか分る, 俺にも, 俺より, 僕にも, 半さんどう, 同じキンタマ, 喜十が, 変に, 奥へ, 妙な, 妾に, 実に面白い, 実際やっ, 当人には, 彦次は, 御両人, 御亭主, 昨夜も, 石地蔵と, 西丸の, 誠に云い, 貧しい旅, 馬

▼ それ迄に~ (56, 0.0%)

3 一度も, 見たこと 2 こまごました, 私は

1 [46件] いろいろの, こんな風, すっかりいろいろすませ, つくった四十篇, どうか云う, どれ丈けの, なるには, もう二回通つて, エリオット・フィッシャー会社製の, 世間を, 二三度入りこんだ, 僕に, 切符は, 勤続約, 取替えて, 取極め候必要相, 外国人が, 外国人を, 少しづゝ書き, 屍を, 屹度お, 帰って, 帰つてる, 帰るの, 引移っ, 懺悔なさいます, 採集した, 旅中の, 書いた自分, 材料を, 果して留守, 歸つてる, 気の, 沢山集っ, 治して, 火事場へ, 父なし, 田舎への, 私としては, 経験した, 腕足類で, 見たものの, 見た犬, 見た舟, 顕微鏡も, 鴈治郎と

▼ それそこ~ (55, 0.0%)

3 にある, に居る 2 にいる, に父様, へ坂本

1 [43件] から海水, から真珠, がおかしい, がそそっかし, がそれ, がです, が切, が可笑しい, が君, が性分, が日本, が早, が武士, が瀬川君, が苦労性, だ, だいや, だよ, だッ, で千三屋, で言っ, に, にいます, にすばらしい, にそれ, には鮎, にスヤスヤ, に今私, に先生, に寝, に流れついた, に立っ, に緋, に豆腐屋, に追っかけ, のベンチ, の大, の庭, の瑠璃杯, は天祐, は御, へ, へ第

▼ それ~ (55, 0.0%)

2 もう, 何でご, 可笑しい, 苦しいです

1 [47件] あるだろう, い, いい, いいこツちや, いいね, いけねえ, いたづら, おかしいのよ, この壺, さう, さうだ, さうだね, そういやそんな, その二つ, その筈, たぶん美濃清, どうした, ねえ僕ら, はア, ひどいこと, またそれ, また何, もう僕, もう彼奴, わるかつ, 今流行, 何とも云え, 何よりだ, 出来ないん, 勿論それ位, 喧しいもの, 困ったナ, 困つたな, 困るだね, 堅い家, 好え, 宜い, 有りがたい, 濁つた後, 狡いわよ, 疲れるさ, 随分, 随分出来ない, 随分酷い, 飛んだ履き違い, 飛んだ御, 飛んでも

▼ それ~ (54, 0.0%)

3 秋の 2 今宵よりは, 板を

1 [47件] あすこに, あなた様に, いつもの, おもしろきは, かお使い立てし, かお店を, かなしきわが, こせやれよ, この使い, これよ, そこが, そこを, そのうるせえ, そのこと, その若, その誠意, それに, それを, やさしき妹, わしが, ゴールの, 一二三, 一言, 今日は, 佐々木勢だ, 勝助, 回顧一番笑っ, 壱岐殿坂で, 師直は, 忠義の, 思ひ出, 思惑汝, 手紙は, 持明院統の, 新助, 朝かりし, 気を, 海から, 玉揺, 現実, 白ばらは, 矢張り此の, 私は, 芸術といふ, 草菖蒲, 長戦に, 阿佐ヶ谷村の

▼ それあの~ (53, 0.0%)

5 山部の 2 娘が

1 [46件] お嬢様には, お時計, お芳茶屋, さっき来た, ものたちに, よく貸し本屋, ザフレービニンの, モルスカヤだの, 人たちは, 何とかいう, 何と云, 初さんのだ, 厭な, 四阿屋だ, 女の, 女を, 妙な, 子さ今, 小部屋, 尺八の, 島だ, 忠兵衛の, 時分浮名の, 晩お前を, 晩忍び込んだ, 森の, 気性だろう, 無名沼な, 燭台の, 爺さん, 物音は, 男さ, 男は, 疑問符が, 系図さと, 舌の, 船だ, 花笄の, 衣桁の, 裾に, 西洋人の, 親子し, 通り得意満々たる, 里さ, 金剛や, 門を

▼ それ一つ~ (51, 0.0%)

4 だけで 2

1 [45件] がまた, が理由, が眼目, が禍い, しかございませぬ, しかない, しか出来, しか残され, しか著書, だけがどこ, だけが破格, だけのもの, だけは生, だけは聞かし, だけを取り上げ, だけ他, だったの, であった, である, でこの, でござる, でしかない, です, ではなかっ, でも士気, でも頼朝, で月丸, とは限らない, なの, にかかっ, にこめた, に取り憑かれた, に期待, のため, のみが意志, の準備, も願, よ, を仕事, を伸せ, を天, を諸君, を離す, を飾り, 欲しいばっかりに

▼ それ迄は~ (51, 0.0%)

2 死なないで

1 [49件] いいそれ, いうても, くれぐれもただ, このマサキノカズラ, これから向島, とても眼, どうか此處, ほとんど毎日, ソハ, 一言も, 人家は, 今迄, 体の, 何も, 信州で, 出羽郡であった, 別にこれ, 単に憎悪, 只で, 各自村限りの, 名聲, 唯一色のみにしか, 大人数, 奧儒者の, 妾は, 幾分遊戯気分, 引写しばかり, 彼の, 彼らの, 愛想の, 日本といふ, 更地だった, 此の, 狭くとも, 現状を, 生きられまいと, 百姓も, 知らなかった時間的, 碌に, 私の, 私は, 職業的な, 自ら洗礼を, 葡萄酒を, 蒸気の, 行かない, 話も, 難は, 餘裕の

▼ それでも~ (49, 0.0%)

2 信じるほか, 去らなかった

1 [45件] いいどういう, いい訳, いかん, かまわないよう, だ, だうやら, だお前, だん, でかけるか, できる限り, ない, やっては, よろこんで, わからなかったら大学, わからねえの, われること, 出掛ければ, 出来るだけ, 削られる場合, 喰いあきぬと, 困ったこと, 失われずに, 捨てるの, 改めること, 止まない一つ, 止まらないで, 残って, 気に入らないで, 気負って, 知れるが, 行かせて, 解らないから, 負われて, 貴方の, 起きること, 足らないよう, 足りない, 足りないの, 足りなくて, 追い迫って, 通じるかと, 間に合わない場合, 闘ったもの, 頑張って, 食えないって

▼ それこの~ (48, 0.0%)

3 通りだ 2 一番狭い, 引上げが

1 [41件] あいだの, あいだも, あいだ見た, うえは, お隣の, とおりだ, とおりの, とおり聖餅を, ほかでも, み山, 世界が, 事に, 五十ターレルを, 人殺し火つけの, 前の, 創を, 合の手として, 国の, 城から, 女よ, 子が, 山から, 書が, 杖に, 橋を, 機を, 次の, 瓶は, 皇国を, 笠を, 紐で, 者未だ, 見当じゃ, 通りお, 通りお前の, 通りたった, 通りちょいちょい, 金袋が, 隙に, 霊感の, 高慢と

▼ それやあ~ (48, 0.0%)

1 [48件] あなたの, あんまりだ, いい, いいこと, いっその, えらい山路, お前いくら, お前こんな, お前さまんと, お母さんだって, ここまで, しかたが, そうだ, そうでございましょう, どういう理, どっちでも, どっち途銚子へ, まあ旦那様, まだ君, むかしは, もとより俺, よかった, わしたちには, 何九叔という, 侍に, 俺の, 先生が, 先生だれにだって, 出るだろうよ, 初めて知った, 問題が, 幕府の, 惜しいこと, 断られるに, 有難いが, 此処は, 浅くねえ, 済まなかった, 申楽師も, 知って, 私が, 秋繭の, 董卓将軍さ, 資本は, 農家も, 造作も, 関わないが, 限りが

▼ それ以上何~ (48, 0.0%)

4 も言わなかった 2 が必要, とも云わなかった, もいわなかった, も云わなかった, も知る, も言わない

1 [32件] か面白い, がいりましょう, がいる, と云う, にも知り得なかった, にも要りません, にも言う, にも言わなかった, の憚, の手, もいはない, もきかない, もない, も云, も云う, も云わず, も分らなかった, も及ぼす, も書こう, も望みません, も知らなかった, も聞きませんでした, も聞く, も見, も見えなくなった, も言わず, も訊かない, も訊ねなかった, を喋ろう, を望もう, を望ん, を説かれ

▼ それのみを~ (46, 0.0%)

2 待って

1 [44件] ありがたくお礼, いきがい, おそれます, せめてと, ただただ弓矢, ただニイチェ, ただ執念, ひたむきに, 一言にて, 働かすと, 剛毅に, 夜と, 夢見つづけて, 女と, 宛てに, 尊重し, 当てに, 待ちつ, 御老母さま, 心掛けて, 念じて, 念じ上げまいらせます, 怕れ, 思ひ煩うて, 惧れ, 惧れます, 望みに, 末期まで, 案じて, 楽しむため, 気に, 生命と, 直感させる, 祈って, 祈りまする, 祈る気持, 繰返した, 考えて, 考へつ, 考へて, 苦に, 語ること, 願って, 願ってすら

▼ それ以来彼~ (45, 0.0%)

1 [45件] から離れてない, にとつ, に可愛がられる, の, のガール, の僧, の厠, の境遇, の女, の性格, の手もと, の日々, の生涯, はかつ子, はその, はたえず, はたった, はだれ, はぼんやり, はもう, はクリストフ, はジャックリーヌ, は一晩, は今日, は何, は何処, は余り物, は僕等, は全, は前, は塞, は多年, は嫌忌, は寝食, は小川, は敬愛, は時計屋敷, は晩, は殊に, は毎日何, は無, は異常, は稽古, は積極的, は芝居

▼ それに対しては~ (44, 0.0%)

1 [44件] ある程度まで, うんともす, しかるべき心得, それに, ただ, ただはね返る, ただ困惑, どうする, まだ一度, むしろ向う見ず, わたしも, ロレンソが, 今から, 何とも答えなかった, 何も, 何らかの解釈, 何らの, 何んの, 兄からも, 全身の, 初から, 善意悪意の, 報酬を, 大した実例, 大抵の, 客体と, 彼は, 彼も, 必ず需要, 恐らく当時, 批判が, 極めて周到, 極めて平凡, 権叔父が, 機会ある, 気の, 猶予は, 真剣に, 私は, 肝腎の, 至って平気, 辛辣に, 陸の, 非常に

▼ それであっ~ (43, 0.0%)

2 て, て今

1 [39件] しも安心, しも小屋, しゃこう思う, ていい, てこそ人間, てすなわち, てその, てそれ, てそれら, てはなるまい, てもこれ, ても別に, ても彼, ても決して, てシロ, てロラン, て使役, て兄の, て到る, て前者, て原物, て寧ろ, て形式的, て彼, て彼等, て後, て恐るべき, て懐, て杓子岳, て果実, て皆韓地, て直観空間, て私, て私達, て給料, て良寛, て英国, て野呂, て魅力

▼ それ~ (43, 0.0%)

8 からの 4 體, 體が 3 からを, 體に 2 體としては, 體の, 體は, 體微弱感を

1 [13件] からである, から全的, 運の, 體で, 體において, 體においては, 體を, 體一つの, 體性が, 體有機的な, 體歴史的である, 體獨立に, 體遊びでは

▼ それによる~ (42, 0.0%)

2 ものである

1 [40件] といもの, とかういふ状景, とけさ, とつ, ほかない, ものだった, 乱波の, 人は, 人間の, 人間行動の, 刺激作用が, 勢位, 収入とを, 同色化傾向の, 国際性の, 変と, 失敗の, 失業者を, 客の, 害は, 密輸に, 幸不幸の, 引力を, 徴収高を, 心理的イメージとが, 思はぬ失態, 恩賞と, 戦闘の, 損傷は, 最初の, 最後の, 氣質顏つき皮膚の, 税務署の, 緊張とにより, 自由さいかばかり, 色彩の, 財物の, 転変と, 限り必ず, 驚きや

▼ それまでにも~ (42, 0.0%)

1 [42件] お増, かれこれと, すぐ近く, たくさんなされ, ちょいちょい小, ときどきそこ, セルギウスは, ニールスは, 二三度顔を, 二度も, 人の, 何か, 例が, 内輪では, 再々参った, 原っぱを, 又それ, 妙に, 始終手伝っ, 小さな町, 屡々現, 屡々現われ, 屡々近代的, 師について, 幾たびか, 度々そんな, 彼が, 彼らは, 春一は, 時々医者, 時々同じ, 母が, 烈しい不安, 甲斐には, 碁の, 祝い日などに, 約二千, 絶えず人, 色々の, 菓子や, 言つた, 靱負から

▼ それ切り~ (42, 0.0%)

7 になっ 2 ですね, になつ

1 [31件] か, さ, しか無い, しばらくは, その妓, その消息, だった, だってこと, でお, でこの, で他, で実現, で家, で済ん, とある, となった, になり, になりました, のこと, のもの, の芽出度, の話, 亡くなるでない天, 何も, 何もかもわからなくなりました, 其のこと, 居所を, 帰らなかった, 棄てい, 消える響き, 黙って

▼ それなし~ (41, 0.0%)

3 では, には人間 2 で済ます, にウッカリ女, に生活

1 [29件] ですごした今, ですますとき, ですます方, ですませた, ですませた人々, ですまそうと, というべからず, というもまた, としない, とはせぬ, と当局, にはだれ, にはどんな, には一日, には二人, には伸びられぬ, には傾斜地, には先生, には文章, には正直, には治安, には済ませなくなる, には目, には落ちつい, には貴方, にも維新政権, に国, に文学, に書ける

▼ それ~ (40, 0.0%)

2 でありますか, なの, や

1 [34件] あの貸した, うだあ, うもはい, うも凛々しく, かあらん, か来た, か落っこった, じゃ, じゃっ, するところ, する者, だ, だと, だろという, ていう題, て食, でも好き, という, という騒ぎ, といふ蝶々, に, にも芸, に逢いやした, のお話, のこと, のまね, の手帖, の歌, の注射, の真似, やわし, よ, を食べる, んでまた

▼ それでございます~ (39, 0.0%)

732 酷い目

1 [27件] いかにもおっしゃる, かそれ, からこの, からどこ, からな首, からねわたし, からもうもう, からわたくし, から一日, から世間, から二条大宮, から二條大宮, から元, から此間食物, から申し, がな, これが, とも, な秋, よその, よ行く末, よ障子, 凡人の, 悪政は, 渡の, 親分さん泉屋一家ばかり, 親分さん私も

▼ それきり何~ (38, 0.0%)

4 とも云わなかった 3 もいわなかった 2 の便り, も云わず, も言, も言わなかった

1 [23件] とも云われなかった, にも云え, にも云わなかった, にも問, にも言わなかった, のこと, の変り, の気, の気配, の沙汰, の音沙汰, もいわず, もない, も云, も云はず, も云わない, も云わなかった, も云われない, も分らなくなった, も問わなかった, も後, も教, も言はず

▼ それだった~ (38, 0.0%)

8 のです 6 のだ 4 のである

1 [20件] かも知れない, がこの, がさりとて, がしかし, がだめ, がでも, が彼, ことが, じゃない, といえる, といっ, といわね, と言っ, のか, のかも, ので, のでしょう, のに, んでしょう, んです

▼ それある~ (37, 0.0%)

10 がため 4 が故に 3 のみ 2 が爲, のみだった

1 [16件] かな, がゆえに, が爲め, ために, のみさね, のみと彼, のみに由つて, のゆえ, は偏, ばかりです, ひとが, ゆえに, をみる, を予期, を知り, 罪の

▼ それだけしか~ (37, 0.0%)

3 覚えて

1 [34件] おれは, お悦, ここには, しないよう, とまらなかった杉本さん, とれなくて, ない, ないの, ないので, ない金, なかった, なくあと, わしが, 云えない, 云わなかった, 人間には, 分らなかった, 居なかった, 思いめぐらす本能, 恥じること, 書いて, 書いてない, 歌えないけれども, 無い, 父は, 知らなかつたので, 答えません, 習わない文章, 考えないよう, 聞こえなかった, 見えない, 解らん, 言わないの, 話せないの

▼ それにおいて~ (37, 0.0%)

5 ある世界 4 自己を 3 主體 2 過つところ

1 [23件] ある環境, ある真, それを通じて, はじめて完, はじめて明瞭, もしくはそれ, やがて一切, 人間的存在の, 他と, 個々の, 又それ, 彼の, 後続する, 後續する, 後者が, 成立つの, 我々が, 或ひ, 生成の, 薄き時, 行は, 表現し, 関係する

▼ それについても~ (37, 0.0%)

1 [37件] いろいろの, お互に, お松ほどに, かねて, ちょっといっ, なんの, ぼくは, ぼく自身思い出され, また私, 一つお願いし, 亦いろ, 何も, 僕が, 僕は, 写真や, 初めから, 古賀が, 地平は, 多計代, 大体著しい, 大和屋お前さんに, 太閤は, 定めて, 実習の, 少し材料, 彼には, 急に, 憎きは, 教えて, 料理という, 書いて, 物語が, 現代の, 私は, 種々の, 考えなくては, 言いたいよう

▼ それに対し~ (37, 0.0%)

1 [37件] ああいう, いささかも, ふんがいして, われは, われわれは, ヤニレまたは, 与えようと, 与えること, 丑之助は, 二カ条の, 何も, 何らの, 僕も, 先生に, 勝な, 反対の, 大河内博士の, 尊氏直義の, 常に七二〇磅, 我が国は, 払い来った崇敬, 支払を, 支払手段を, 某夫人, 比較的弱く, 泣寝入りで, 消費者は, 減債基金を, 無数の, 男が, 異議を, 相当の, 真に不利, 秀吉が, 聯合軍は, 見出され得ないから, 需要の

▼ それを通して~ (37, 0.0%)

2 彼の, 物を

1 [33件] お互いの, この絵, そう言つた日本, ひそかに, ギギーという, ベットリと, 一般の, 上の, 主僧, 光が, 全知全能なる, 冷たい光線, 前, 大きな地割れ, 太陽は, 帽頂に, 庭の, 彼女の, 日が, 時代の, 朝鮮の, 漏り来ること, 父が, 直接に, 相手の, 私どもは, 種々の, 精神文化を, 行はれる, 読者に, 進展し, 陶器の, 魂の

▼ それにより~ (36, 0.0%)

4 かかって 2 かかるよう, 多くの

1 [28件] いかにし, かかった, かかったよう, かかったり, さっそく全員, 一家を, 一眼の, 二千人近くだった, 仏教の, 共通で, 利益を, 博士が, 土地が, 多く似てる, 実行する, 市町商い所に, 往々に, 我々は, 手の, 拡大され, 旧奉行, 永久に, 生存し得る, 考えられた期間中, 衆生の, 資朝を, 適当に, 養われる人口

▼ それとを~ (35, 0.0%)

3 比べて, 比較する, 混同し

1 [26件] くらべると, 一緒に, 仔細に, 何気なく見比べる, 併せて, 全く別, 区別する, 取り替えようぞ, 合せれば, 同じ一つ, 同一視すべき, 同時に比べ, 対比したら, 思い比べて, 比較し, 比較検討し, 混同しよう, 確実に, 結びつけて, 結び付けようと, 綜合し, 考えあわせれば, 自分でも, 見出したこと, 買つて帰り, 較べて

▼ それゆえ私~ (35, 0.0%)

1 [35件] から見る, がどんなに, が成り行きしだい, が美しい, が芸術家, には朝, の之, の心, の書いた, はいかなる, はここ, はこのごろ, はその, はできうる, は今, は作者, は倹約論, は再婚, は半ば人, は大きく, は天才的, は少年, は或, は決して, は消費者, は独身生活, は現在, は生産者, は社会問題, は私, は精進, は自分, は色さまざま, は苦しむ, は論

▼ それを通じて~ (35, 0.0%)

2 他の

1 [33件] これが, その物, それらの, なされなければ, わかる, わかる白入道, 下知する, 主體, 予感した, 何人かが, 垣間見ること, 封建制の, 把捉せられた, 支那の, 文学を, 漸く近代国家, 無は, 物を, 研究する, 私たちの, 科學的な, 美しき人間性, 美をも, 脈搏つ, 自己を, 自己實現は, 自己實現を, 語られて, 過去の, 院内とも, 面会する, 音声が, 風浪の

▼ それのみに~ (34, 0.0%)

5 心を 2 眼を

1 [27件] あこがれて, ございます, ござりまする, ござりますれ, たよれない, とどまらずその, とどまらなかった, とどまるならば, マゴコロこめ, 依て, 出かけ今年, 則るわけ, 力を, 因ること, 奔り, 奮いかかること, 委ぬるなり, 強味を, 御座候, 日夜心を, 止まらず紅雨, 止まらなかつた, 止めた何故, 気を, 注意を, 満足しない, 繋がって

▼ それまでも~ (34, 0.0%)

2 それに, 二三度そんな

1 [30件] あの女, あるいは地震計, お留守, こんな集り, ご看破, すこしあやしい, とかく健康, なく雨戸, ほとんどささやく, まだいい, わたくし腹中を, ワナワナと, 世の, 何か, 何かとご, 何かの, 含めて, 地図に, 太郎は, 家は, 度々やっ, 彼の, 彼は, 感ずる自分, 望むん, 武力に, 母親の, 父と, 生き殘つて, 紙芝居を

▼ それやさう~ (34, 0.0%)

4 だけど 3 でせう, よ 2 さ, だ, だらう

1 [18件] かも知れません, さ僕だ, すれば, だが, だらうが, だわ, でございませうとも, ですとも, ですよ, とあなた, とあんな, とお前, とわし, と今朝, ね, ねといふ返事, ね第, よこの

▼ それ迄の~ (34, 0.0%)

2 ことです

1 [32件] ことだ, ことである, さしゑ時代に, ものとは, ような, ように, 事です, 人々とは, 何日かの, 例で, 各様な, 命じゃ, 哲学は, 平静さへ, 徑路は, 所は, 手前甚しく, 日本が, 日本には, 歴史的な, 研究についても, 経験によって, 話, 話だ, 辛抱が, 辛抱だ, 道程は, 長い時代, 間という, 間にも, 間を, 關係を

▼ それでさえ~ (33, 0.0%)

1 [33件] あの後家さん, いよいよ入学, いろんなこまかい, おかみに, こうして印刷, こうは, そう言った, その女の子, その時代, やった方, やはり四分, クウィーン・シャアロット・サウンドの, 一寸妙, 似て, 全くコンミッション, 圧氷に, 塒は, 実は修正, 工合を, 年に, 彼は, 御馳走だった, 心待ちに, 支那でも, 文庫の, 時々は, 求人の, 沙金には, 生きて, 筑紫へ, 精神的には, 聞けよ, 間に合わないほど

▼ それにゃ~ (32, 0.0%)

2 及ばないよ

1 [30件] あまた, あ仲, あ俺, あ先ず, あ及ばない, あ及ばねえ, あ及ぶ, あ百五, あ違えありません, あ違えねえ, あ間違えなし, お誂え, ここに, まずすこし時刻, ァ及ぶまい, ア, ア毎月小百円はいります, 兄貴仔細が, 及ばないや, 及ばねえ, 及ばねえって, 及ばんから, 国の, 本宅の, 気が, 浄海入道も, 蔓が, 評判の, 違えごぜ, 違えねえ

▼ それかって~ (31, 0.0%)

2 このまま

1 [29件] あの人, お前, このまま海, すぐに, また出, 一寸訪ねる, 今ここに, 今後の, 今更すごすご帰っ, 何か, 別な, 別に面白い, 友人との, 取澄し, 呼び出す方法, 坐を, 山の神へ, 年とってる, 彼女を, 後の, 恋とか, 悔いも, 普通とは, 東京に, 椅子に, 結婚する, 職工みたいに, 財産が, 鯰の

▼ それっと~ (31, 0.0%)

11 いうので 2 云うので

1 [18件] いうすべて, いうと, いうン, いって, こいつが, これが, 一斉に, 号令を, 合図した, 合図の, 大勢が, 子供が, 懸け声, 手下の, 現場に, 繰り出す手筈, 言ったらふん, 飛んで

▼ それでなくっ~ (31, 0.0%)

2 てもこの

1 [29件] ちゃいけません, ちゃこんなに, ちゃ損, ちゃ駄目, てさえあの, てさえ手, てもあたし, てもいっこう, てもまた, てももう, ても一度, ても上野, ても僕, ても先刻, ても実際, ても当人, ても春, ても昼間, ても栄さん, ても次男, ても浮気もの, ても見込まれる, ても誰, ても貴方, ても辛抱, ても重い, ても頭, て無理, て醤油

▼ それ自身一つ~ (31, 0.0%)

2 のイデオロギー, の最後, の模倣

1 [25件] の世界, の企業, の価格, の創作, の原理, の哲学, の哲学的態度, の団体, の実践, の客観, の巨大, の性格, の技藝, の歴史的限界, の独自, の生物, の直観, の矛盾, の社会的事件, の空想, の統制, の美徳, の虚偽, の誹諧, の超越的

▼ それ~ (31, 0.0%)

7 給へ 32 たまへ, てい, なはれ

1 [15件] さつ, ている, てて, てみろ, て下さい, て独り, なこれ, なッ, な皆んな白状, な谷中, に行け, やアがれ此, わけの, イな, イ僕は

▼ それがねえ~ (30, 0.0%)

1 [30件] あまりひどい, あんまり自信, いっこうとりとめ, うちは, おばさんの, おまえさん, お父様, このかご, さっぱり匂い, じゃア交番, その男, たいへんな, とてもそれ位, どうもまるで聞いた, なかなかそうは, なんでも, まるでけん, もうぱっぱと湯水, ヒラメさん皇帝に, 五十両が, 叔母さん, 困っちゃったん, 困るん, 大木は, 大隅さん, 旦那, 神さまに, 神山君の, 穴の, 親分

▼ それくらいに~ (30, 0.0%)

17 して 2 思って

1 [11件] しなければ, なすって, なったと, なると, 不足な, 口が, 成ってるだろうとは, 止まって, 簡単に, 茶人という, 見える美しい

▼ それによつ~ (30, 0.0%)

5 て彼 3 て我々 2 てわたし, て僕達, て己, て私

1 [14件] てこれら, てだまされた, てはじめ, てはじめて, てまた, てみ, て何, て僕, て初めて, て動かされる, て同時に, て得る, て私共, て遊ばせ

▼ そればっかり~ (30, 0.0%)

6 考えて 3 祈って

1 [21件] だったの, でした, ですの, でなくなりました, では, ねがって, 存じて, 待って, 心に, 心配し, 心配に, 念じて, 思って, 期待し, 楽み, 気に, 私は, 聞いて, 苦に, 見てるん, 頭に

▼ それ故にまた~ (30, 0.0%)

2 利己主義者を

1 [28件] あらゆる主観芸術, この日, すべての, その暫時的, その波紋, ウツシグサとも, オシラ様は, デュルケムは, 一層メランコリック, 一段と我々, 事實は, 人間の, 信州北部から, 再び可能, 審美的に, 将来の, 將來の, 彼は, 日本の, 杉の, 浪漫主義者, 深夜の, 精神生活に, 蕪村は, 行爲の, 訳された原詩, 重吉は, 類なく

▼ それだったら~ (29, 0.0%)

1 [29件] こういう蔑めた, これは, すぐに, ずいぶんなさけない, その慷堂先生, どうだ, なぜ止させなかった, ぼくたちは, むしろ始め, もう文句, もしかしたら, 一つ牛肉でも, 三下みたいな, 今までに, 今夜も, 何も, 別の, 大変だ, 実につまらない, 文句なく, 母も, 火花が, 相手の, 私も, 科学という, 簡単です, 自意識過剰という, 詳しいでしょう, 遠慮なく言う

▼ それッきり~ (29, 0.0%)

2

1 [27件] うつむいて, おやめ, かい, かネ, さっぱり見かけない, じゃあない, じゃが土地, じゃア, だぞ, だったが, だつた, です, でわかれ, で可ん, で坂田氏, で治まった, で目, ということ, になった, になってる, まことに頃日, よ, 出て, 危うございます, 来ないわ, 返さないの, 逢わなかったの

▼ それ~ (29, 0.0%)

1 [29件] から, から君, にお松, にかえっ, にくたばる, にここ, にどたばた, にもう, にもお話, にも陽気盛ん, にわたし達, にムリオ, に一つ, に一応, に云っ, に可愛い, に山影氏, に標語, に汝, に狛犬, に田舎, に知らせ, に舌, に若, に訳し, に誰, に達ちゃん, に陳, の奴

▼ それ~ (29, 0.0%)

8 りでは 5 りぢ 2 ではない, りが, り心 1 りだが, りでない, りでない涙, りでなくメリンス, りでなく猫, りでなく研究, りなの, りなら未だ, りに, りを

▼ それであった~ (28, 0.0%)

2 ように

1 [26件] か, かと思い合せ, かと胸, かと迷いました, かも知れない, かも知れぬ, からだ, からである, から自分, が女, が現下, が第, が青物, ことは, ことを, しその, しまた, すなわち天皇, と思う, と考え, と見られるであろう, に違い, のか, のでしょう, 丈でも, 話に

▼ それであります~ (28, 0.0%)

4 からし 2 からこれ

1 [22件] からじつは, からできるだけ, からどんな, からよく, からわれわれ, からロシア, から一切経, から一宗, から今木神, から内容, から冬, から外國, から極, から正, から此, から殆ど, から芳賀博士, から近畿地方, が中尉, が何故, が名分上, のに今

▼ それ~ (28, 0.0%)

1 [28件] そうだ, そうだろう, そうでやす, そうね, どうしてもそういう, ぶこちゃん, もうどうした, もう遠い遠い, もちろんそうな, もちろんぶ, わかるん, 云うまでも, 何ともいえ, 何よりの, 全然作り, 勿論許し, 又誤報, 帰るだろうじゃ, 待つも, 心がけて, 早速あした藤堂君, 泣きましたさ, 知りませんでしたな, 置いときなされ, 行かれるとも, 読んでるもの, 違わんで, 面白いわけ

▼ それからずつと~ (27, 0.0%)

2 後に

1 [25件] のち何氣なく, ハノイの, 丈夫で暮し, 今年の, 右手に, 吉林の, 向うの, 君の, 大きくな, 小説を, 岸の, 後になつ, 後の, 微熱が, 探りま, 時代が, 此方へと, 疏水の, 百姓を, 稼業は, 素人にな, 鉅万の, 長く兵衞佐, 飛んで, 麥畑が

▼ それみろ~ (27, 0.0%)

2 といわぬ, と言った, ッ

1 [21件] あんな所, いくら優勢海軍, おまえ転ん, お前だ, お前は, すぐ片づい, ただの, と云った, と何, なんでも, やっぱり一番違い, やはりかまい, わしでも, ウフトムスキイの, 云は, 余計な, 四国訛じゃ, 女の, 政ちゃんは, 旨そう, 銭形の

▼ それ~ (26, 0.0%)

7 ではない 2 かあの, ではなく

1 [15件] かもつともつと, かよく, か国籍, か支倉, か明い, か最も, か沢, か爺, か相当, か眤, か礼, か私, ではありません, ではなかっ, の騒ぎ

▼ それにさえ~ (25, 0.0%)

1 [25件] きょとんと, しまったと, ぞっとした, ほとんど青色, 一息し, 乃公は, 何か, 何と多い, 値しない人間, 女工を, 少からぬ, 差し支えなかったらどう, 当惑し, 惑いきって, 慣れて, 手を, 気がついて, 気づかずに, 気づかないふう, 美味を, 耳を, 興味が, 貴方法衣の, 迷って, 遠慮を

▼ それゆえ彼~ (25, 0.0%)

1 [25件] には友人, には対象, の出方, の有名, はきい, は一九〇九年, は不当, は事, は事情聴取, は人々, は今, は八十二歳, は已む, は常に, は新井田氏, は毎日, は物売, は第, は紹介, は自ら, は自分, は蛍雪館, は言った, も不破, を指し

▼ それくらいは~ (24, 0.0%)

1 [24件] あすの, あるそう, いいだろう, いいとしても, かかる本, しかたが, しまいこまれて, するじゃろう, まだなん, まだ優しい, みて, ゆるされい, 仕方なかった, 何でも, 出すだろうしかし, 出て, 啓ちゃんとしても, 夫婦らしく, 当然の, 来て, 私も, 聞いて, 見て, 集まり縁日小屋

▼ それとしての~ (24, 0.0%)

1 [24件] しきたりも, 不便が, 他より, 価で, 価値で, 又自覚, 味も, 完成を, 定規も, 小鏡, 形を, 必然に, 標本として, 歴史が, 洗煉された, 消長を, 理由が, 発達進歩と, 矜り, 美と, 自分この, 通用性を, 限界の, 面白さ

▼ それとて~ (23, 0.0%)

1 [23件] あやふやな, コソコソで, 一口に, 一瞬の, 不審はござりませぬ, 原の, 名ばかりで, 城郭は, 大丈夫でござる, 彼は, 急がずともの, 日本の, 日本左衛門の, 曰くは, 条件が, 果して充分, 浪人論決して, 結構でござる, 絶対には, 自分自身の, 覚束ない, 軽い意味, 重罪だ

▼ それみずから~ (23, 0.0%)

2 の力, の情趣

1 [19件] がいつのまにか, が又, が濡れた, そしてそれ, ただちに価値, にいろいろ, に人々, のうち, の上, の中, の位置, の内, の凡情, の態度, の構造, の裡, の見, を主張, 自全

▼ それ~ (23, 0.0%)

52 覽なさい

1 [16件] ぞんじで, らん, 一同の, 代参で御座います, 土産だ, 巡邏隊が, 所望の, 承知の, 挨拶, 松茸, 案内を, 相談で, 老中差廻しの, 覽お, 覽な, 覽旦那ぢや

▼ それっきり何~ (22, 0.0%)

2 の声, もわからなくなっ, も云わない, も言わない

1 [14件] だってあんな, とも言わなかった, にもありません, にもいわない, にも感じなくなった, の変った, の答え, の音信, の音沙汰, もいわなくなっ, も言わず, も言わなかった, をいっ, を調べる

▼ それっきり姿~ (22, 0.0%)

3 を見せません 2 を晦まし, を消し, を見せず, を見せなくなった

1 [11件] が消えました, をみせない, をみせなくなりました, を見せない, を見せなかった, を見せねえ, を見せませんでした, を見た, を隠し, を隠しました, を隠す

▼ それつきり~ (22, 0.0%)

3

1 [19件] お宅, お目, かい, この事件, しつかりした, そのま, また先, よ, わけの, 友吉の, 大した騷ぎに, 平次は, 後は, 林太郎の, 泊つたやうです, 眠つて畢つた, 自轉車, 阿倍川町を, 靜かにな

▼ それなくし~ (22, 0.0%)

2 ては私

1 [20件] てその, てなん, てはありえなかった, てはありえなかつた, てはこの, てはその, ては一日, ては何, ては学問, ては得られない, ては恐らく, ては成, ては歴史, ては百倍, ては真理, ては研究, ては顧客, て単に, て小説, て生産

▼ それ~ (22, 0.0%)

1 [22件] がいない, たるもの, にあ, には七癖, に自愛心, の, の一生, の世, の使, の友, の国, の心, の恐るる, の死, の美徳, は主我的, は利害, は天地, は自, を斬っ, を見, 各

▼ それ聞い~ (22, 0.0%)

5 て安心 3 て安堵 2

1 [12件] ていささか, ていた, てくれ, てこの, てそれ, てたすかった, ては許す, てひそか, てほんま, て今, て少し, て身

▼ それ見る~ (22, 0.0%)

9 がいい 6 が宜 4 がい 2 が好い 1 がごとき

▼ それがよ~ (21, 0.0%)

3 つぽ 2 かつた, 家庭の

1 [14件] あん時女中の, うくわかる, かりそう, ござんす, ござんすね, なに戸惑いとは, はじめの, ウどう, ッく, 二十一日の, 仮りにも, 此の, 閑山は, 雨上りの

▼ それとが~ (21, 0.0%)

2 どちらが

1 [19件] あります, うまく結びつく, それぞれ異なれる, はっきりと, 一所くた, 人間の, 今度の, 全く一致, 全く同じ, 全く違った, 各, 大分隔たっ, 小さな鏡, 正義の, 混同され, 落ち合って, 衝突した, 調和せられ得る, 離れて

▼ それどこ~ (21, 0.0%)

6 じゃない 4 でなくカムパネルラ 2 でお 1 かのやう, か人, が面白い, じゃありません, じゃねエよ, じゃ無い, でない, のさわぎで, やあれ

▼ それはな~ (21, 0.0%)

1 [21件] あなたこの, おれが, お通, きさま, きみは, さいぜんそれ, しばらくお前, ちっとばかり, なるほどそんな, ゆうべの, わての, 三途河の, 世の中が, 伝右どの, 思いがけないところ, 支那問題のせゐだ, 残酷という, 空の, 調笑が, 都合によって, 首へ

▼ それ~ (21, 0.0%)

5 つかりは 3 ッかり 2 つかり考へて

1 [11件] それば, つかりが, つかりでこの, つかりで私, つかりはと, つかり思つて, ツかり, 抱えて, 新家の, 王城の, 見て

▼ それらしく~ (21, 0.0%)

2 はない

1 [19件] おたか, ちらほら見えた, て勇ましい, と突兀, なくて, ね, まともな, も見えぬ, も見えます, メーキアップしなけれ, 住所は, 割りに, 変化させ, 愚楽老人が, 感応する, 時雨が, 服装を, 紅葉の, 細くし

▼ それ~ (21, 0.0%)

2 ぽツちのこと

1 [19件] て言, という警報, といふ, とばかりに雲, とばかり間道, と云, と取卷く, と店先, と船, と言, はじまつた, ぽつちなら, もう一遍, 急げ急げ, 持つて, 畳んで, 逃すな, 速く, 駈けろや

▼ それ以來~ (21, 0.0%)

1 [21件] あの男, いつも彼, かつて正しい, かれ等, この家, その彼, つねに認識論, といふもの, なんだか物騷, のこと, の友人, まる五年, わが生れた, 何となく心, 全く彼女等, 再びこの, 大熱心, 暫く私, 殆ど毎日, 積んで, 終始一貫救癩事業

▼ それ限り~ (21, 0.0%)

3 だ, になっ

1 [15件] かい, じゃない, だそれ, だった, でした, ではない, で散会, で自分, なひと声, になつて, のもの, の人, の強, の虚栄, はたとやんだ

▼ それに対しても~ (20, 0.0%)

1 [20件] いま, くるしく思う, た, ただちに神秘的, ただ笑い顔, また一種, エヘラ笑いと, 余りに強い, 充分の, 内蔵助は, 吾, 寂しく笑った, 情熱が, 次郎は, 秀吉は, 空軍省からの, 耳さえ, 返事が, 青木は, 魏王の

▼ それまた~ (20, 0.0%)

2 例の, 姉さんの

1 [16件] お株を, 一票フイと, 一興不審の, 不通の, 何となく上品, 余勢で, 危ない, 吹くは, 吹くわ, 射ますぞ, 束の間であった, 洋服なんて, 理窟だ, 続いて, 軍用鮫なく, 鐘が

▼ それをこそ~ (20, 0.0%)

2 美しき作

1 [18件] かいて, ぎ落し, むしろ未熟, わが文学, われわれは, イタリーとは, 共同謀議の, 大人は, 封建的悪風といふ, 川上は, 懸念せし, 挙げるべきだ, 書きたいという, 最大の, 正しい工藝品, 正しい文化, 無益な, 知りたいもの

▼ それをすら~ (20, 0.0%)

2 今は, 識らなかっ

1 [16件] いだかせました, なお大胆, よく傳へた, 土民の, 好條件, 強いて, 強ひ, 忍んだ, 手に, 抑えて, 押し除けて, 持つこと, 知らないで, 空けたよう, 見ようとも, 飯の

▼ それ~ (20, 0.0%)

3 の果

1 [17件] あがりとしても, あがりの, がくろ, が必要, が振舞い, たる値打, だったという, だったのに, であっただけに, と見た, と見ゆる, のする, の果て, はそれ者, も生粋, らしい飛躍, を家

▼ それいぜん~ (19, 0.0%)

1 [19件] お互いに, から, からたれいう, から山上, にご, にその, には清水寺, にひどく, にまた, にみな行宮, に一ばい士気, に共犯, に北畠顕家卿, に後村上天皇, に自分たち, に蹴, の探題英時時代, は何, 亀山上皇の

▼ それこそが~ (19, 0.0%)

2 共産主義者の

1 [17件] あなたの, おれの, きょうの, ほんたう, むしろ演劇芸術, クリティシズムの, 一つの, 人間生活の, 劇作家の, 危機であるだらう, 最も日常的, 有機体, 欲しい唯一, 武門の, 生命の, 眼目で, 重大だった

▼ それはずつと~ (19, 0.0%)

2 後の

1 [17件] のちまで, 以前から, 以前の, 前だ, 前に, 大昔の, 天上に, 後々までも, 後に, 後にな, 後世の, 心の, 昔し, 昔の, 町の, 蔵つて置いた, 西洋人よりも

▼ そればかりの~ (19, 0.0%)

4 一念が 2 ことで, ことに

1 [11件] ことも, ことを, ために, ように, 手ぬぐいを, 爆薬で, 理由では, 目的でなく, 空気では, 肉ぢや, 趣旨では

▼ それお前~ (18, 0.0%)

2 も知っ

1 [16件] がおはこ, しっかりする, とは縁, によく, に見せ, の, のお母さん, のところ, のぱっちの血形, の親友, の靴, は下敷き, は日本晴, は踊らなく, も覚え, 知って

▼ それからかれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] はおどろくべき, はかけ, はくちびる, はこの, はすっぱ, はそれ, はもう, はわたしたち, はエチエネット, はハイカラ, は事情, は出立, は宿屋, は朝食, は歩い, は落とし, は階段, 以上に

▼ それからという~ (18, 0.0%)

14 ものは 1 もの毎日むしろ, もの絶えず, もの良人の, 事に

▼ それきり二人~ (18, 0.0%)

3 はまた 2 とも黙っ

1 [13件] とも口, とも行っ, とも長く, の声, はその, は再会, は口, は容易, は小田切大使, は暫く, は黙っ, は黙った, は黙り込ん

▼ それそれそれ~ (18, 0.0%)

2 がいけない

1 [16件] がいかにも, がいけませぬ, がわかれ, が女々しい, が闇, その小, だ, だから, ですわ, でなくちゃ, とあの, にちがい, に決った, に違い, を決議, 見な

▼ それだけとしては~ (18, 0.0%)

1 [18件] そんなに深刻, なんの, ばかばかしいもの, べつに恐れない, もうなん, 一方で, 充分無害, 客観的な, 当って, 悪い計画, 正しい, 猶多少合点, 異議の, 莫大な, 観測されない, 言うに, 適確ね, 間違いでは

▼ それであろう~ (18, 0.0%)

52 と思う

1 [11件] が, が母, し西, とそう, とは知らなかった, とも小さな, と世界じゅうどこ, と予想, と揣摩, と深く, な

▼ それでしたら~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなたは, あの娘, うちの, お部屋, このたび, ちょうどお, ば, 今までに, 内海さんも, 千円です, 又何ん, 四人でも, 家庭裁判所に, 御心配, 昨夜たしか, 辞退させ, 都合の, 鍵盤の

▼ それどころ~ (18, 0.0%)

6 の騒ぎ 3 の話 1 じゃなく, のこと, のさわぎで, の場合かい, の手輕, の沙汰, の身の上, の騒ぎぢ, の騷ぎではありません

▼ それによっては~ (18, 0.0%)

2 明らかに

1 [16件] このふじヶ根, たった一つ, まだ事実, まだ吾, 二十五日に, 代理として, 何ら特別, 増加されないであろう, 幾何学が, 必ずしも人間的見識, 性格概念の, 直ちに牙, 種々なる, 経験的知識の, 船岡の, 阻害されないであろう

▼ それはよ~ (18, 0.0%)

11 かつた 2 うく私, かつたです 1 うく承知, くさう申します, けれど弾

▼ そればっかりは~ (18, 0.0%)

2 どうぞ

1 [16件] いえぬという, いけませんいくら, お許しくださいまし, お隠しだて, ご免下さい, だまって, どうか, どうしても, どうしても出来なかった, どうぞ堪忍, まだ疑い, 勘弁出来ない, 堪忍し, 強情張っ, 申し上げられませんね, 疑いなし

▼ それへは~ (18, 0.0%)

2 行かず旗鉾

1 [16件] いつたの, いるには, いる時, ひつた, ひる前, また暗い, 何, 入ること, 向わないで, 張遼を, 手を, 斬り下さずクルリ, 早舟を, 普通の, 法皇が, 越後新田党の

▼ それ~ (18, 0.0%)

3 じゃない, ではない, ではなく 2 じゃア 1 か, か実は, か新劇, ですか, ではなかつた, では無い, の話

▼ それかも~ (17, 0.0%)

4 知れない 3 知れぬと 1 しれないと, しれんなあ, わからねえ, 分りませぬ, 判らない, 知れないと, 知れない彼ら, 知れぬ, 知れねえ, 知れません

▼ それ~ (17, 0.0%)

2 てすみません, て居りました

1 [13件] ちやつて, ていました, てしまった, ては高利貸め, て失礼, て飛んだ, ゃのあがりらしい女房が, やのはて, やの果, やの果て, やの浴衣, やの粋, 風船は

▼ それっきり行方~ (17, 0.0%)

8 知れずに 1 がわかりません, が知れず, もわからず, も判らなくなっ, を晦まし, 知れず, 知れずガラッ, 知れず生きて, 知れず石原

▼ それにても~ (17, 0.0%)

2 飽き足らず

1 [15件] あのよう, なおかない, なお憤り, なほ落ちつかぬ, よければ, よし, 一朝事ある, 大事ござらぬ, 好しと, 御疑念, 忽ち売れ, 武門の, 見事其處に, 足りずば, 馬の

▼ それまでを~ (17, 0.0%)

1 [17件] いわなくても, ことわる心持, たれにも, レーンは, 一人で, 元禄の, 全訳する, 孔明とて, 少佐は, 振り切ること, 断言する, 総じて原版, 見終ると, 記憶する, 通算する, 馬鹿, 馬鹿馬鹿しいと

▼ それきり口~ (16, 0.0%)

7 を噤んだ 3 をつぐん 2 を噤ん 1 はきかない, をあまり, を利かず, を噤む

▼ それ~ (16, 0.0%)

1 [16件] まさしく目ざした, わが兄, 右門の, 大手の, 少華山, 掻き立て, 敵土埋, 日なら, 正しく三成, 死よ, 殿の, 源之, 町中で, 神なるべき, 箕輪の, 音羽の

▼ それだろう~ (16, 0.0%)

3

1 [13件] お前は, ということ, というわけ, とは存じました, とも思った, と察し, と思う, と思われる, と推した, と私, と鑑定, なあ, 口真似を

▼ それにつき~ (16, 0.0%)

1 [16件] なにか手土産, もう一杯, 動かされて, 又モメ, 合わされる, 従う二三, 従ってヘトヘト, 思ひ出すの, 改めてお礼, 文学部の, 添うて, 添った牛, 添って, 私が, 野生も, 鴎外の

▼ それはか~ (16, 0.0%)

2 うだつた, へつて芥川

1 [12件] あいそう, あつと, がやかに, とりの, はいさうぢ, へつておのれ, へつてそれら, へつて僕, へつて双方, へつて徳次, へつて旦那様, へつて自分

▼ それみた~ (16, 0.0%)

9 ことか 5 ことかと 1 かと心, ことが

▼ それ行け~ (16, 0.0%)

2 それ行け, ッ, ツ, 八 1 で執達吏, と谷中, と馬, ッあの, ツあの, ワ, 助太刀助太刀, 救へで

▼ それだけとして~ (15, 0.0%)

4 見れば

1 [11件] 今度は, 働いて, 取扱ふこ, 抽出される, 政治的, 極端に, 横たわって, 止って, 考えた時, 自己感応する, 自然と

▼ それにたいする~ (15, 0.0%)

1 [15件] あせりも, クリストフの, スパイの, ボルシェヴィキの, 一つの, 声も, 感謝の, 汽船の, 河内どのの, 老人の, 自分の, 諸階級, 謝罪な, 責任を, 返事としては

▼ それ~ (15, 0.0%)

2 親分だ, 親分だって

1 [11件] あすこだけ, お前だ, お前樣も, この庇, なんでしょう, 八五郎親分も, 可笑しくなるでせう, 此庇から, 親分には, 言は, 路地を

▼ それはど~ (15, 0.0%)

7 つちでも 2 つちに 1 つさり払, つちが, つちの意味, つちの方, つちの方角, つちも

▼ それはも~ (15, 0.0%)

2 早や

1 [13件] うい, うた, うてまえの, これはも, つけの, ほや單なる, ッとも, 一つの, 一ツの, 一度位, 少し年, 少し程度, 糞も

▼ それまでと~ (15, 0.0%)

1 [15件] あきらめて, いいながら, すっかりちがった, なって, 同じよう, 同じ場所, 少しも, 思いきり国, 思い出かけて, 恥を, 湯の, 澄して, 申すほか, 違った一変, 駒を

▼ それもさ~ (15, 0.0%)

2 他人の

1 [13件] うつづけ, こっちばかり, そうばかりも, まゆみちゃんの, ホンの, リャンコだ, 今度は, 俺が, 刻んだの, 山県紋也さんの, 目的が, 自分の, 街道を

▼ それやったら~ (15, 0.0%)

1 [15件] いっその, いつや, ええが, その約束実行, ちゃんとその間ア, よけい教え, 一寸だけ, 一番分る気づかいないいう, 今日置いたら, 何処ぞから, 僕は, 問題に, 声掛け, 結婚問題から, 罪は

▼ それ~ (15, 0.0%)

2 へ余

1 [13件] へお, へにその, へヘルバルト氏, へ固, へ宇宙, へ意思, へ是, へ毫末, へ活動, へ矢張唯絶對的自然力, へ進化, へ食, ゑもしも

▼ それをさえ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お前は, すっかり忘れ, 中心に, 儂は, 充分に, 忘れて, 恩に, 抹殺した, 止めようと, 溌剌とは, 知ること, 聞いては, 自然と, 誰何した, 足に

▼ それをね~ (15, 0.0%)

1 [15件] お嬢さんも, お松さんと, けだるそう, しなしなと, すっかり思いちがい, だまって, ぢつた, ウイちゃんと, ダーシェンカそんな, 両方へ, 天幕の, 姿見を, 窓に, 話すひと, 長崎へ

▼ それをもって~ (15, 0.0%)

1 [15件] 京極の, 利家の, 外出した, 奥儀と, 安二郎が, 宋江を, 察すれ, 日帰りという, 根岸の, 正造を, 満足する, 満足せず, 維持され, 行為的指針と, 購買を

▼ それ以上追及~ (15, 0.0%)

2 しなかった, しませんでした, する興味 1 しさ, しそう, したところ, しようとは, すること, する様子, する樣子, する氣, せずに

▼ それかの~ (14, 0.0%)

8 ように 1 ものの, ようどこに, ような, 今日に, 女は, 生れし

▼ それからが~ (14, 0.0%)

1 [14件] またいけなかつた, 不了簡, 今日聞い, 例によ, 反対に, 呑込めぬ, 多いでしょう, 大分違う, 大変で, 大変な, 失敬さ, 往昔羅馬皇帝トラヤヌスの, 災難で, 繁昌で

▼ それぐらいは~ (14, 0.0%)

2 覚悟の

1 [12件] ありそう, あるかも, しかねませんとも, しても, まだええ, むずかしいこと, 大胆に, 平気やった, 心得て, 物の数では, 相当さ, 貰わな食

▼ それここ~ (14, 0.0%)

1 [14件] から見える, に, にありました, にみんな, にも, に入り口, に小さな, に木の根, に柳, に籠, に紐, に通っ, へおく, をこうして

▼ それじゃァ~ (14, 0.0%)

1 [14件] いま, こっちの, まだいま, チョコは, 可哀想だ, 君ん, 君由良一座は, 引っ込, 当人が, 矢っ, 知ってるだろうお前, 立つ瀬がねえ, 解いて, 通らねえん

▼ それどう~ (14, 0.0%)

2 いふ意味, しや, 云ふこ 1 したのよ, したん, するため, だ, だ友造, なさるの, 云う訳, 言うん

▼ それにつれ~ (14, 0.0%)

1 [14件] うえの空気の, はっきり分り, また千鶴子, 一方で, 佐々の, 千鶴子の, 口惜しいこと, 昨夜も, 添ふお, 私の, 種々の, 羽織と, 誦経も, 鎌倉中の

▼ それにのみ~ (14, 0.0%)

2 存するところ

1 [12件] ある清澄, たよるやう, つないで, 偏しない, 固有な, 奔る, 心を, 愛情を, 注意し, 熱中し, 限ったわけ, 限ること

▼ それにばかり~ (14, 0.0%)

2 気を

1 [12件] こだ, ついて, ぴつたり執しすぎる, 夢中に, 氣が, 没頭する, 没頭せしめた, 熱中し, 男の, 見恍, 関係してる, 頼ること

▼ それによっても~ (14, 0.0%)

1 [14件] おた, ふぐの, また低められる, また水, 人間は, 何者かが, 分るほど, 古来いかに広く, 察せられるよう, 彼が, 推量される, 文章の, 明瞭である, 知られるよう

▼ それに関して~ (14, 0.0%)

1 [14件] なの, オルガンチノの, 二十の, 云い表わす術語, 今日まで, 具体的な, 極めてかすか, 獄中の, 用談が, 知らないか, 私の, 蒐集された, 賛否いろいろの, 長々しい

▼ そればかりに~ (14, 0.0%)

2 気を

1 [12件] かかずらって, こだわって, 一昼夜を, 屈托し, 屈託し, 没頭し, 熱中し, 牽され, 眼を, 腐心し, 迷は, 頼る時

▼ それ以来彼女~ (14, 0.0%)

2 の舌

1 [12件] にはへん, の身支度, はその, はもはや, はよい, はパリー, は一生, は僕, は夫, は寛永寺橋, は彼, は額

▼ それあさう~ (13, 0.0%)

2 だ, でせう, よ 1 いふ極端な, さ, だらう, ですとも, と何, と此間誰か, に違

▼ それいらい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ここに, そのれつ, の直義, は両, ゼフリズは, 一通の, 両者は, 伊那丸も, 垢離堂の, 家では, 彼は, 私は, 長いあいだ

▼ それまでとは~ (13, 0.0%)

1 [13件] あべこべに, がらっと変った, ちがって, まるでちがった, まるで違った, 何んだ, 全く別個, 全然違った, 変って, 打つて, 比べられないほど, 違って, 際だって

▼ それよりもずつと~ (13, 0.0%)

1 [13件] あらは, きれいな, 余計に, 前である, 効力が, 洗練され, 組織立つた不自由, 緻密な, 良い方法, 落ちると, 貧弱な, 遠い処, 遠い昔

▼ それよりや~ (13, 0.0%)

1 [13件] それだけの, もう寢, アまア, アも, ア僕を, ア君, 先づ鍋, 別れて, 君の, 早く正教員, 案山子代りに, 機嫌を, 社宅の

▼ それ~ (13, 0.0%)

1 [13件] おかげで, か他, くらいのこと, でも, ばかしの金, ばかじゃ, ばかりの元金, ばかりの物, ばかりの研究, ばかりの謎, ばかりの金, ばかり返し, ばっちどう

▼ それツ切り~ (13, 0.0%)

2 で, にした, になる 1 いくら手紙, お鳥, だつた, だらう, で義雄, のこと, 反對

▼ それきり私~ (12, 0.0%)

2 は彼女 1 の左, はお, はす, はその, はイエ, は会えなかった, は太宰, は彼, は籠球部, は黙りこん

▼ それじゃけに~ (12, 0.0%)

1 [12件] お目付, その手先, ともかくも, 事が, 今の, 俺あ, 喜多流は, 地謡は, 愛国社の, 戸塚が, 本家本元の, 鯨は

▼ それにと~ (12, 0.0%)

3 つては 2 ぢ籠められ 1 いって, ちくるいは, つて救濟である, つて構成的な, つて環境である, なった薬局, まつて

▼ それひとつ~ (12, 0.0%)

2 あれば 1 が欠け, だけで十分, だけをもつ, でございます, でなく, でも和解, でも女王さま, でも武, に彼女, のため

▼ それよく~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありません, この頃新聞, そこい, 分らなかったから, 惑わすところ, 考えて, 聞いて, 見えるで, 見えるでしょう, 見ろおれ, 言うでしょう猫, 言うやつ

▼ それ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が二十粁, にし, のべっかっこ, の内, ひと息だ, もおっしゃった, も気, んなつ, 看守の, 言った通り跣足, 起こった, 逃げたばかり

▼ それ自身独立~ (12, 0.0%)

2 したもの 1 した評価, して, しては, な他, な商品, な根源的, な進路, に出来る, の根源性, の活動

▼ それからでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] いいだろう, いいで, いいわ, ごゆるり, ざっと二十年, 半道や, 家で, 小説は, 思いどおりの, 数年間は, 遲く

▼ それだつたら~ (11, 0.0%)

1 [11件] この私, ずいぶんなさけない, むしろ和歌, オレ達は, 二階へ, 口説きが, 座員はも, 私は, 私達の, 自意識過, 貴方探し

▼ それっきり口~ (11, 0.0%)

3 を緘 1 をきかない, をきかなかった, をきき, をつぐん, をつぐんだ, を噤みました, を噤ん, を噤んだ

▼ それなりけり~ (11, 0.0%)

1 [11件] じゃない, でも構いません, と, という, となっ, となる, になツたん, に夢, の千秋楽, の寝乱れ髪, 気が

▼ それのみの~ (11, 0.0%)

2 ために 1 こと, ための, 世界という, 完成にても, 影なり, 撤廃を, 目的では, 秋で, 願なりし

▼ それへも~ (11, 0.0%)

1 [11件] こう答えた, すぐ命じた, ひとつ案内を, ぶつかった, 一言すら, 兵三千を, 名刺を, 心を, 頷いた, 顔を, 骨肉を

▼ それもう~ (11, 0.0%)

2 そこに, 伊豆屋だ 1 いちど唇を, 一つ, 一つ仙台家に, 一と, 一弾, 実を, 著いた

▼ それよりゃ~ (11, 0.0%)

1 [11件] てめえの, またちょいちょい, ア初めから, ア畑の, 上げ潮を, 二等に, 俺が, 俺にゃ, 僕は, 手や, 桔梗屋だ

▼ それ以上なに~ (11, 0.0%)

1 [11件] もいう, もおしえ, も云う, も云え, も云わなかった, も言わない, も訊く, をする, を云う, を望む, を聴こう

▼ それ以来僕~ (11, 0.0%)

1 [11件] が毎日毎日, とトヨ公, に対して敵意, の乗る, の心, の提供, の誠実さ, は, は先, は年寄, は銀座通

▼ それ全体~ (11, 0.0%)

2 を野鼠 1 があざやか, が一, が一つ, が微笑ん, が既に, が瘤, への疑ひや, を包む痩せた, を背負っ

▼ それ相應~ (11, 0.0%)

1 [11件] でない限り, なむくいを, に一々, に佛, に女, に氣苦勞, に野邊, の品位, の恰好, の悦樂, の飼養上

▼ それ~ (11, 0.0%)

1 [11件] があの, がのその, のお父さん, のヴェール, の名, の抒情的世界, の方, の日本語下手, の申さぬ, は四尺足らず, をし

▼ それからといふ~ (10, 0.0%)

4 ものは 1 ものどうしても, もの一度も, もの奥田氏に対して, もの彼は, もの次第に, もの毎日の

▼ それがかへ~ (10, 0.0%)

1 つてかの, つてこたえた, つてよか, つてよろしい, つて不調和な, つて不遇な, つて厭味を, つて清潔に, つて私の, つて窮屈だつた

▼ それぐらいに~ (10, 0.0%)

1 しても, たじろぐ気持, やらないと, やらなければ, 凄い意気合い, 区劃し, 安く見積もらなきゃ, 思ったでも, 見える瞬間, 過ぎなかった

▼ それご覧~ (10, 0.0%)

7 なさい 1 な, なせえましいううち, になります

▼ それすらが~ (10, 0.0%)

2 大いに疑問 1 中断されたる, 出来な, 刻みを, 実は啓蒙活動, 容易ならざる, 殆ん, 癪に, 葉子には

▼ それだけじゃ~ (10, 0.0%)

1 ありません, ありませんよ, あるまい, いけません, ないと, ないん, ない萬一僕, 手の, 済みません, 野毛山が

▼ それだに~ (10, 0.0%)

1 かく後れ, なお君, なしうれば, 因って, 容易には, 得せず, 愉快で, 懐かしいもの, 早や, 里の

▼ それによりて~ (10, 0.0%)

1 光を, 八十大臣の, 出たらめ, 可能性の, 名誉を, 方法を, 水戸と, 生理学は, 緯書その他の, 起りし苦し

▼ それはい~ (10, 0.0%)

2 つたいどう, はゆる 1 ぢらしい, つたいなぜ, つたい誰, づれはさういふことになるだらうとは申し, づれわかることでございませう, わるべきもの

▼ それはよう~ (10, 0.0%)

2 わかる 1 ございます, ございますでは, ござります, わかって, 分る, 御座いましたねえ, 心得て, 来て

▼ それまでという~ (10, 0.0%)

3 ものは 2 ことで, ことに 1 ものおかあさんは, もんだ, 話である

▼ それもね~ (10, 0.0%)

1 た, なにかあの, わたしが, 居場所といった, 旦那様まともに, 最初お代先生の, 玄関番の, 理屈から, 継母で, 良助に

▼ それゆえ自分~ (10, 0.0%)

1 からこう, などに対しても自然丁寧, にも晏起, のからだ, の判断, の身, はかれ, は平常, は連れ, もこの

▼ それよりの~ (10, 0.0%)

1 うわ手, ことなれ, 一飯も, 丹精今, 啼き声, 夜な, 昼夜, 見る目横, 解放は, 解放を

▼ それをよけて~ (10, 0.0%)

1 その向こう, コップを, 右へ, 文学理論上の, 歩かねば, 洞窟の, 淋しい方, 窓を, 見送って, 通りすぎた

▼ それ~ (10, 0.0%)

1 えらいで, たのしく陰鬱, どういふ, ふさがったで, 急ごうぜ, 或は然, 殺される大, 水たまりでござる, 浮いた, 變な

▼ それ~ (10, 0.0%)

2 の著書 1 ぞなどいふ, だって先刻, と一緒, と僕, に向っ, のところ, の所, の気

▼ それ~ (10, 0.0%)

9 來の 1 當か

▼ それ独特~ (10, 0.0%)

2 の歴史的発展形式 1 な技術, のもの, の弱み, の正義観, の臭み, の表現, の表現形式, の話しぶり

▼ それ申しました~ (10, 0.0%)

2 と云っ, よ 1 お面, が, とすごすご, どうぞ此方, よマア, 御苦労様でございます

▼ それかて~ (9, 0.0%)

2 此の 1 あたしが, ほんまの, 浜寺の, 田舎に, 立ったなり, 自分で, 袋帯や

▼ それかとも~ (9, 0.0%)

1 ききあやしみて, 思ふ影, 思われつ, 梶は, 見える, 見えるし, 見め黄, 見ゆるに, 見ゆる影

▼ それからと~ (9, 0.0%)

2 云ふも 1 せがんだもの, とめども, 云うもの, 云ふ, 申すもの, 胸に, 見る見る心ゆくばかりに

▼ それがち~ (9, 0.0%)

5 つとも 4 やんと

▼ それがと~ (9, 0.0%)

3 いうと 2 言つて今は 1 つくりと, ほうも, まつた, 申すと

▼ それがなあ~ (9, 0.0%)

1 ああ云う, あたしが, あないし, こいさんを, ちょっとも, ほんまに, 晝日中でも, 汽車の, 行て

▼ それぎり何~ (9, 0.0%)

1 ともいわなくなった, とも云わなかった, にも云わなかった, の応え, の気, もいう, もいわず, も云わなかった, も知りません

▼ それさん~ (9, 0.0%)

3 ならミルクホール 1 にかて, にかて聞い, のところ, はなぜ, は少し, 御茶

▼ それたり~ (9, 0.0%)

1 した, したが, するので, なぞする, ぱっとあと, 大地に, 妙に, 左へ, 見えなくなるほど

▼ それっきり私~ (9, 0.0%)

1 が眠った, にチョッカイ, の体, の母, はしばらく, はだまっ, は孝行娘, もつい, も何

▼ それっ切り~ (9, 0.0%)

1 また停頓, 人間に, 何ぼたたい, 何も, 何事も, 何処へ, 元の, 此方から, 洋装の

▼ それにすら~ (9, 0.0%)

1 かれは, みたされぬ魂, 名残りが, 安易を, 答えないで, 見せぬつもり, 迷った, 階下で, 黙つて

▼ それにつけ~ (9, 0.0%)

3 加へて 1 また人々, 信長は, 加へ, 加へれ, 彼に, 思いおこします

▼ それに対しての~ (9, 0.0%)

1 与右衛門の, 強い反撥, 意識が, 感情は, 感覚を, 某氏の, 第二段, 答弁は, 返事は

▼ それに従う~ (9, 0.0%)

1 問題の, 従わないは, 必要は, 極めて従順, 正しい実行, 用意を, 紺看板が, 行動とを, 返答し

▼ それのみは~ (9, 0.0%)

1 お忘れあそばす, とんと定か, 人間種族の, 分らなかった, 初めて知った, 彼の, 掌を, 独ります, 陛下申し上げ

▼ それみづか~ (9, 0.0%)

3 らの 1 らが, らぞ, らに, らにおいて, らを, ら經驗の

▼ それゆゑ私~ (9, 0.0%)

2 は日本一 1 が四つ五つ, のふるさと, のほか, は単に, は決して, は淺草, も幾度

▼ それらしき~ (9, 0.0%)

1 人影が, 人物を, 御容貌, 武家風の, 死骸も, 痕も, 発作の, 知性人や, 風は

▼ それをめぐって~ (9, 0.0%)

1 あらゆる, 動くこと, 十本あまりの, 小さな森, 策動する, 蠢めく, 複雑怪奇に, 近来異常な, 黄ばんだ葭

▼ それ以上彼~ (9, 0.0%)

1 にとって不利, に抗議, の事, の心裏, の説得, は何, は有吉, れこれ, を起そう

▼ それ何とか~ (9, 0.0%)

1 いいますねえ, いう地口, いう西班牙, いったな, さんよ, その方, って山中暦日, 云ったっけ, 伝三熊の

▼ それ~ (9, 0.0%)

2 賢愚に 1 かぶに, なり, なるかなと, まごつきさ, 也, 史学者は, 手前の

▼ それ本当~ (9, 0.0%)

2 でせう, のこと 1 かい, かも知れない, でしょうね, の木綿もの, よ

▼ それ来た~ (9, 0.0%)

3 ぞ, っとみな 1 っと玄関, と俊雄, よ

▼ それ申し~ (9, 0.0%)

1 ちゃ困る, て, てお, てすみません, て了, て済まない, て相, て飛んだ, にこれ

▼ それあもう~ (8, 0.0%)

1 あんたが, これを, その筈, ほんとにそうです, 何とも彼, 旦那様の, 無論の, 金輪際誑ら

▼ それいじ~ (8, 0.0%)

1 ょうすすめなくなりましたので, ょうたって, ょうに速く, ょうの, ょうのおそろしいことが恐竜島には, ょう何も, ょう夜ふかしを, ょう言う

▼ それがずつと~ (8, 0.0%)

1 使はれ, 向ふ, 後に, 後まで, 數日前の, 熱くな, 狭斜らしい, 窓の

▼ それがな~ (8, 0.0%)

1 こういう理由, どういうもの, もし若い衆, 敦子さまから, 本当に変梃, 紋着の, 美しか, 路之

▼ それきり彼~ (8, 0.0%)

2 は彼女 1 のす, の姿, はおそらく, はもう, は訪ね, も山

▼ それきり顔~ (8, 0.0%)

2 を見せなかった 1 がなかなか, もみなかった, をひっこめ, を見せなく, を見せなくなった, を見た

▼ それじゃね~ (8, 0.0%)

1 こうしたら, これからいくらでも君, そのピン, それじゃね, ましょう阿母さん, みんなで, 小学校に, 晩に

▼ それそう~ (8, 0.0%)

1 おいでなさるだろう, おうに, じゃ, だ, でしょう, ですとも, 人を, 言われるから

▼ それただ~ (8, 0.0%)

1 かくの, ここにおいてか, 一つである, 一つでしか, 世界第, 敵に, 新国なる, 積誠これを

▼ それだからといって~ (8, 0.0%)

1 こういう所, この別離, その愛, 人間を, 手を, 日本も, 此書の, 言句を

▼ それだけには~ (8, 0.0%)

2 止まらない 1 ちがいない, 大変敏感に, 映して, 止まって, 知らせても, 答える義務

▼ それなども~ (8, 0.0%)

1 つまりは, またこの, もうちょっと先, 乱の, 何か, 彼の, 或はこういう, 明治文学の

▼ それにの~ (8, 0.0%)

1 いくら腹, そりと, つて出かける, つて行きました, みこだ, 刃物を, 耳は, 鷺はの

▼ それによってのみ~ (8, 0.0%)

1 あらゆる理論, である, 彼は, 愈々多幸, 生活は, 発見する, 私達凡ての, 自己の

▼ それはかの~ (8, 0.0%)

1 おとわ, お角, 呉羽之, 柿の木金助が, 清月亭の, 無窓国師, 玉藻の, 飯田の

▼ それはや~ (8, 0.0%)

2 はらかな 1 くにたちそうも, どかり, ぱりと発音した, まめと, みぬ, ッと

▼ そればかりじゃあ~ (8, 0.0%)

1 ありませんあっし, ない, ないとうとう, ないわねえ, ない杉田屋, ねえん, 判断が, 無い奉公

▼ それゆえこれ~ (8, 0.0%)

1 が歌, に対する外国, に身, はどうしても, は実, を実話, を読ん, 迄も屡々

▼ それよりもね~ (8, 0.0%)

2 貴女が 1 これを, ぼくは, りら子さん, 妾今晩は, 源どん, 肉體の

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 おもしろいやれ, アイヌに, 堂々たる産殿, 夫婦協力し, 宗教人としての, 本来鮭の, 自分の, 鮭である

▼ それッ切り~ (8, 0.0%)

1 だ, だった, だべよ, でそれ, のこと, のよう, 分らなかった, 泣けて

▼ それ以上私~ (8, 0.0%)

1 に食べもの, のため, の前, の年, はあなた, は人, は石川, もとやかく

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 の, の小姓, の彼, の白痴殿, の白痴殿ぢ, の良い, の読心術, の鬼王丸

▼ それ其処~ (8, 0.0%)

1 にある, にバケツ, に小さい, に立っ, に見なさい, の柱, へ, をそう

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 である, ですが, でその後コッチ, で外, で第, の事, 動かなくおなり, 帰らない心持

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 が逃げた, といふもの, の力, の淺, らしい, を引っ, 大名の, 師匠が

▼ それ相當~ (8, 0.0%)

1 な不, に四人, の値段, の禮, の繁劇, の罰, の聯想, の賃金

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 がその, とはなんぞや, なるか, のみ旨, の御子, の震, は一位, は完

▼ それ等すべて~ (8, 0.0%)

1 が怪奇, のもの, の感情, の新奇さ, の美観, の観音, を極めて, を熱湯

▼ それあすこ~ (7, 0.0%)

1 がコルシカ島, だからね, に人, に又, に立っ, のかた, へついた

▼ それあそこ~ (7, 0.0%)

1 にミンミン蝉, の土手, の椅子, の矢来, の背後, へお前, へゆく

▼ それ~ (7, 0.0%)

1 さ, じょうはにげられません, じょうはひらかない, じょうは乗れない, じょうは気に, じょうは話さない, つやの

▼ それからかう~ (7, 0.0%)

2 云つた 1 も云, 云ひました, 云ふ, 云ふです, 言ふんだ

▼ それがも~ (7, 0.0%)

1 うた, しなくなる時, やに, ツとも, 一度さう, 少し進む, 早や

▼ それぐらいな~ (7, 0.0%)

1 ご実行, ハンパな, 将来は, 度胸が, 気持で, 用は, 義務あり

▼ それぞと~ (7, 0.0%)

1 ふ眼, 思うばかり, 思う人影, 思ふばかり, 思われる人物, 汝も, 見るや

▼ それだけじゃあ~ (7, 0.0%)

1 すまなくてよ, どうかな, ない, ないずいぶん, ねえな, 済みますまい, 納まるめえ

▼ それだけだって~ (7, 0.0%)

1 おれは, ぼくたちは, 危険だ, 変って, 実に呆れ果てしまう, 言や, 許し難い

▼ それだつ~ (7, 0.0%)

2 て何 1 てい, てどうにか, てみなそれぞれ, て皆, て私

▼ それでさえも~ (7, 0.0%)

1 ただお, なお一方, なお動き始めた, 又眼, 小鮎, 或る, 戦争が

▼ それでです~ (7, 0.0%)

1 な, な事務上, ね, ねえ今日, ねこう, ねまァ, ね小

▼ それでと~ (7, 0.0%)

1 あなたが, 云うても, 初江さんは, 大助は, 御前は, 心がけて, 金の

▼ それでなかったら~ (7, 0.0%)

1 お前, たといどんな, 仲の, 冷たい供え膳, 海水浴場の, 筒井は, 縁が

▼ それでなけりゃ~ (7, 0.0%)

1 あいけ, あいつでも, あうそ, あ土地, あ歯, あ罪人, 己も

▼ それとばかりに~ (7, 0.0%)

2 酒屋へ 1 人目を, 志免と, 昨年の, 私たちは, 菅谷君は

▼ それなどは~ (7, 0.0%)

1 リリアン, 些細な, 今では, 少しも, 某氏の, 確かに, 著しいもの

▼ それにや~ (7, 0.0%)

1 お前が, しかし反, もちつと金肥, 一向意味, 借金を, 及ばねえよ, 習える

▼ それのみで~ (7, 0.0%)

1 われらの, 一郡一村を, 人間の, 他人に, 倦き足りない, 天地は, 生活し

▼ それのみには~ (7, 0.0%)

1 あらずして, よらぬこと, 尽きなかったの, 止まらなかった, 止まらなかったの, 限らない, 飽き足らず常に

▼ それはつ~ (7, 0.0%)

3 なさん 1 きりいつて, なそのもの, ひこの間, ひに

▼ そればかりじゃねえ~ (7, 0.0%)

1 あの野郎, その夫, 大勢の, 日が, 藩の, 親分寺社の, 諸国の

▼ そればっか~ (7, 0.0%)

4 しかい 1 しじゃ, しに, じゃねえ

▼ そればっかりじゃ~ (7, 0.0%)

2 ない 1 ありません, ないの, ないのよ, ないわ, 御座いませんよ

▼ そればっかりを~ (7, 0.0%)

2 楽しみに, 眺めて 1 たのみに, 楽しみの, 気に

▼ それほんと~ (7, 0.0%)

1 かね, です, ですか, ですのよ, ときき返した, なの, よ

▼ それ~ (7, 0.0%)

2 たまえ 1 さっせいあの, てみろ, てわらいだす, にいこ, 給へ

▼ それもはや~ (7, 0.0%)

1 今日では, 十年の, 十年も, 徒花鶴子を, 模糊として, 自分から, 近ごろは

▼ それもよ~ (7, 0.0%)

1 からむ, この女, ござんせう, ご両人の, その又, 行儀なら, 見ろ下さ行けば

▼ それよりずつと~ (7, 0.0%)

1 むかし明治二十年前後の, 前に, 古い時代, 向うの, 後れて, 日本の, 顏を

▼ それをの~ (7, 0.0%)

1 しんと, どのおく, のかん, べつに, めと, んだ, 透かし透かし山際に

▼ それをのみ~ (7, 0.0%)

1 さっきから, 下したと, 唯一の, 希つた, 念じて, 楽しみに, 繰りかえし繰りかえしいまでは

▼ それをは~ (7, 0.0%)

1 あ此, ぎとつてそこに現れた, づしてみる, づしてやるとまた, づす, づすと彼は, づす事が

▼ それをよ~ (7, 0.0%)

1 うく念頭, うく知っ, けるが, けること, けるに, けるはずみ, ける様

▼ それアそう~ (7, 0.0%)

21 さ, ださ, だろう, ですけど, ですけれどもね

▼ それ以上云~ (7, 0.0%)

2 ふことは 1 はなかつた, ふこと, ふと純, へなかつた, へば爭

▼ それ以内~ (7, 0.0%)

1 しか経っ, にあの, にある, にふたたび, に入る, の水, の遊星

▼ それ故第~ (7, 0.0%)

1 一に, 一の, 一巻の, 三に, 二に, 二の, 四に

▼ それ~ (7, 0.0%)

1 がとぼつ, が嘗める, だ火の粉, のよう, の理, は薪, をつけろ

▼ それ特有~ (7, 0.0%)

1 な批評性, の合目的的機能, の必然的, の性格, の擬神妄想, の歴史的運動条件, の立派

▼ それ~ (7, 0.0%)

5 の衆 1 が生ける, 豪い

▼ それ自身ひとつ~ (7, 0.0%)

2 のイデオロギー 1 の正し, の歴史的, の胎動, の虚栄, の虚榮

▼ それ~ (6, 0.0%)

2 美しいん 1 いけません, そのくらいの, よかった, 行かないの

▼ それかく~ (6, 0.0%)

3 のごとし 1 いうは, のごとき, のごとく

▼ それがは~ (6, 0.0%)

1 しなくこんど, だか, づれたのである, ひらないわけ, ふり落ちた今度, ァ棒

▼ それきり姿~ (6, 0.0%)

2 を見せなかった 1 も見せない, を消し, を見せない, を見せませんでした

▼ それきり眼~ (6, 0.0%)

1 が見えなくなった, ばたき, をあかず眠りつづけ, をさまさない, をそらした, を閉じ

▼ それきり話~ (6, 0.0%)

1 がまた, が女, が途切れた, は他, は進まなかった, をやめた

▼ それぎり口~ (6, 0.0%)

2 を噤ん 1 をつぐん, を利く, を噤んだ, を閉じた

▼ それぎり話~ (6, 0.0%)

3 を切り上げ 2 を外 1 をやめ

▼ それしゃ~ (6, 0.0%)

1 とは見え, と見える, にはまた, の上り, の果て, 上がりの

▼ それじゃあね~ (6, 0.0%)

1 そこに, もう一度行っ, わしが, プティー・ピクプュスの, 今湯, 俺らは

▼ それだけより~ (6, 0.0%)

2 存じません 1 ほかに, 以外の, 出來, 多く資本

▼ それっきり二人~ (6, 0.0%)

1 ともつぎ穂, の姿, はわかれ, は別々, は電燈, は黙っ

▼ それでし~ (6, 0.0%)

1 くじつたのだ, くじつてはる, さいが, ていつも, ゅから, ゅそれでし

▼ それでしょう~ (6, 0.0%)

21 がね, な何, ね, よ

▼ それでのう~ (6, 0.0%)

1 てさえ内, てはこ, ては辻褄, てもあの, てもわし, ても競争

▼ それとしては~ (6, 0.0%)

1 あまりに仰山, うその, 片岡鐡兵を, 理窟が, 理窟を, 解決の

▼ それとばかり~ (6, 0.0%)

1 合図を, 壕の, 武士たちは, 背中と, 采配を, 駆け付けたが

▼ それなん~ (6, 0.0%)

1 だ, だと, のこと, の事, の呪禁, の話

▼ それについてね~ (6, 0.0%)

1 あたしあ, あんたに, お母さん御, ぼく少し, やっぱり色んな, 僕の

▼ それにまつわる~ (6, 0.0%)

1 かすかな, 一篇の, 余談の, 幾多の, 歌との, 私の

▼ それに関しては~ (6, 0.0%)

1 なにも, 一語も, 余りに恬淡, 冬次郎様へ, 最早一点, 真空中の

▼ それはじぶん~ (6, 0.0%)

1 にすく, の境遇, の想像, の慚愧, の生いたち, の用事

▼ それはず~ (6, 0.0%)

2 うっと, ゐぶん 1 うつと, しんと墜ち

▼ それはた~ (6, 0.0%)

1 いくつなんぞ, うとう云ひだ, これを, にし, 消えぬ, 異香

▼ それはの~ (6, 0.0%)

2 そりの 1 びちぢみが出来, 大きい兄さん, 聞くところ, 言うわけ

▼ それはわ~ (6, 0.0%)

1 ざとさうされたのでしつかりした, づかな間, づかに, づか三, づか八畳, づらは

▼ それほんとう~ (6, 0.0%)

2 ですの 1 かい, でございます, でしょうか, ですか

▼ それまでが~ (6, 0.0%)

1 そなた, そのままで, わたしの, 今度の, 大変だ, 女史の

▼ それまではよ~ (6, 0.0%)

6 かつた

▼ それやもう~ (6, 0.0%)

1 えらい評判, ごもつ, ようやくの, 分に, 病気だ, 空気は

▼ それゆえわたくし~ (6, 0.0%)

1 に答えた, はここ, はた, は漢籍, もつい, もまた

▼ それゆえわたし~ (6, 0.0%)

1 が, がおまえ, がトム, はわずか, は大地, もす

▼ それゆえ今~ (6, 0.0%)

2 の二人 1 において新た, のポン教, はその, も私

▼ それをなんぞや~ (6, 0.0%)

1 いい年, においばかりかが, 博徒風情が, 待てなぞ, 決闘とは, 血に

▼ それ一人~ (6, 0.0%)

1 が手頼, でそんな, でも私, でも私ども兄妹, といえ, は光圀様

▼ それ今日~ (6, 0.0%)

1 においても常備兵, の世界, は優勝劣敗, は改革, は早くから, も七里

▼ それ以上口~ (6, 0.0%)

1 で説きふせる, をあく, をきかう, をきかなかった, をきく, を利かず

▼ それ以後私~ (6, 0.0%)

2 は馬場 1 の家, はずっと, は氏, は腸管拷問法

▼ それ以来二人~ (6, 0.0%)

2 は夕方 1 はかなりしばしば, は他人, は居所進退, は無二

▼ それ以来今日~ (6, 0.0%)

1 が日, に至る, までまる, まで引, まで狂おしく, まで約

▼ それ~ (6, 0.0%)

2 の一つ, の被害 1 が地, が幾つ

▼ それ故に又~ (6, 0.0%)

1 か, この心理法則, 之は, 却って今更三木清論, 注目すべき, 私は

▼ それ故実~ (6, 0.0%)

1 はアリストテレス自身, は一般化, は大衆, は救われ, は継起, 用品の

▼ それ自身矛盾~ (6, 0.0%)

2 した概念 1 してるよう, なしに, のある, を包ん

▼ それ~ (6, 0.0%)

2 ではない 1 か却つて, か彼女, か私, の勢

▼ それ~ (6, 0.0%)

1 か肉, が, が流れ, が袴, の完全, の文字

▼ それ行く~ (6, 0.0%)

31 ぞよ胸板, ぞッ, ぞツ

▼ それ見よ~ (6, 0.0%)

1 と父母, と畳, 也, 俺の, 女という, 春家

▼ それ~ (6, 0.0%)

2 はないこ 1 ひ換, ひ易から, ふで, やはつ

▼ それ~ (6, 0.0%)

1 から来, か引, に云う, の子, の持ち家, よりも先

▼ それ迄には~ (6, 0.0%)

1 こんなスキツ, 例の, 勿論双方, 及ばぬという, 四五十日は, 杉浦博士の

▼ それ~ (6, 0.0%)

3 かへ肴 1 の趣, を出せ, を飲め

▼ それあたし~ (5, 0.0%)

1 に譲っ, のこと, のよ, の大好き, もつい

▼ それあれ~ (5, 0.0%)

1 ばこそ今日, ばこそ他国, ばこそ彼女, ばこそ恒藤権右衛門, よ

▼ それあんた~ (5, 0.0%)

2 も知ってるやろ 1 の子供, の本心, んでしよ

▼ それいつか~ (5, 0.0%)

1 の, の晩あなた, の潮干, 煽風機, 話した兵學

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 へん, 出え, 己がに, 聞かねえと, 聞くと

▼ それお前さん~ (5, 0.0%)

1 のあの, はいと, は婿どの, もご存知, 反魂丹

▼ それからずうっ~ (5, 0.0%)

1 と, といま, と下, と床, と遠く

▼ それがの~ (5, 0.0%)

1 そっの, た打ち廻って, べつに, 今度松本先生の, 川淺瀬で

▼ それがを~ (5, 0.0%)

1 かしいと, かしいといつて, かしかつ, かしき, りを

▼ それきり消息~ (5, 0.0%)

2 がない 1 をだれ, を知る, を絶った

▼ それきり言葉~ (5, 0.0%)

1 がとぎれ, が続かなかつた, が途切れた, は途切れた, をとぎ

▼ それきり默つて~ (5, 0.0%)

3 ゐた 1 しまつ, もうすつかり秋めいて

▼ それぎり姿~ (5, 0.0%)

2 を見せません 1 をみせない, を消し, を見せませんでした

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 ましお, 承知で, 承知の, 覽なさい, 返盃ッ

▼ それした~ (5, 0.0%)

2 わね先生 1 おゆるし, な, のです

▼ それじゃと~ (5, 0.0%)

1 いうて, すぐに, 思って, 皆申しおる, 言って

▼ それそのまま~ (5, 0.0%)

1 が, が生々しい, では, な態, に

▼ それだっても~ (5, 0.0%)

1 さんざん私, 世間での, 他人では, 無銭じゃあ, 私は

▼ それだら~ (5, 0.0%)

1 お休み, たくさんきれいな, 些と, 何う, 省さんが

▼ それだらう~ (5, 0.0%)

1 か, とのこと, と思つて垣根, と思ふ, と推した

▼ それっきりあと~ (5, 0.0%)

2 はなん 1 どうなった, は故郷, を発展的

▼ それっきり引~ (5, 0.0%)

1 揚げたの, 揚げて, 揚げました, 揚げるより, 揚げ二三日

▼ それっきり気~ (5, 0.0%)

2 を失っ 1 をうしなっ, を喪っ, を失いかけた

▼ それって~ (5, 0.0%)

1 あんたさん一体, えの, ことは, なんの, ものは

▼ それつと~ (5, 0.0%)

1 いつて, ばかりに織, 言ふ, 許り, 飛んで

▼ それつ切り~ (5, 0.0%)

1 あとは, お處刑, その品, 何にも, 何を

▼ それでした~ (5, 0.0%)

1 から家不相応, ことだらう, それが, ね, 怪我なら

▼ それでの~ (5, 0.0%)

1 うてあげな, うてせえおりゃ重い, うて彼, そろそろ後生, 君は

▼ それなど~ (5, 0.0%)

1 とても及ぶ, なくた, 功と, 各職場, 愛して

▼ それならぬ~ (5, 0.0%)

1 善き事, 国士の, 姉様が, 渚の, 生素麺

▼ それにとり~ (5, 0.0%)

2 囲まれて 1 うち帽子で, 残されながら, 縋つて

▼ それに従い~ (5, 0.0%)

1 あるいはもし, シタシタと, 他の, 初めた, 彼の

▼ それはいちめん~ (5, 0.0%)

4 黒い唐草 1 に蝋色

▼ それはかま~ (5, 0.0%)

3 はない 1 ひませんけれども, やしません

▼ それはとも~ (5, 0.0%)

2 角として 1 角としても, 角倭文子の, 角国技館前は

▼ それまでじゃ~ (5, 0.0%)

2 ありませんか, ないか 1 有りませんか

▼ それゃあ~ (5, 0.0%)

1 あんまりです, 分って, 困るよ, 御人品, 殺すと

▼ それやつ~ (5, 0.0%)

2 たら大事 1 つけろ, てきた, と口

▼ それをか~ (5, 0.0%)

2 ぶつて 1 たみとして, なぐり棄てたいやう, へり見やう

▼ それア私~ (5, 0.0%)

2 の方 1 が転倒, だって何, だつて人間

▼ それ一方~ (5, 0.0%)

1 であ, では諂う, においては無限, に力, の煩悩

▼ それ人間~ (5, 0.0%)

2 も鱶鮫 1 のさかい, の目, の知識

▼ それ以上増加~ (5, 0.0%)

1 しても, し得ないけれども, し得ない時, する力, する可能性

▼ それ以上説明~ (5, 0.0%)

1 ができる, する面倒, のしようが, を求めよう, 出来ない直接さ

▼ それ以来わたし~ (5, 0.0%)

1 があなた, の心, はついに, は引きつづい, は桜ん坊

▼ それ以来自分~ (5, 0.0%)

1 から思い立っ, が気, が神様, のところ, を敬遠

▼ それ喧嘩~ (5, 0.0%)

1 がはぢまつ, だ, だと, だッ, だツ

▼ それ専門~ (5, 0.0%)

1 に百姓, の木型屋, の牧場, の職人, の良心

▼ それ幸い~ (5, 0.0%)

1 と宮方, と飛び出し, にさい, にすぐ, のよう

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 がいわゆる, が調和的, の人, の仕事, の蜻

▼ それ~ (5, 0.0%)

2 が来れる 1 に怒らん, に悪因, に死

▼ それ~ (5, 0.0%)

2 を取れ 1 があっ, をはなした, を貸し

▼ それ持っ~ (5, 0.0%)

1 てけ, て帰りなさい, て往け, て来, て逃げ

▼ それ~ (5, 0.0%)

2 はいたり 1 が止まったでしょう, が止まつ, をくん

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 ういう, らば, り然, るのみ, る後

▼ それ独自~ (5, 0.0%)

2 の価値 1 の思想, の持ち味, の法則性

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 一に, 三は, 二種の, 八の, 十九世紀の

▼ それ考えたら~ (5, 0.0%)

1 あの, 僕は, 全然夫, 無理も, 石油が

▼ それ自身僕~ (5, 0.0%)

1 には情, には情なかっ, には苦しかっ, に息苦し, の淪落

▼ それ芝居~ (5, 0.0%)

1 で作者, なぞで, になかなか, の科白, を好き

▼ それ見ねえ~ (5, 0.0%)

2 此方で 1 おれの, な躄, やっぱり厄介

▼ それ見給え~ (5, 0.0%)

1 あれは, この写生帖, そういう芸, ブラッシを, 僕の

▼ それ親分~ (5, 0.0%)

2 だって驚くでしょう, だつて 1 を討たす

▼ それ言わぬ~ (5, 0.0%)

2 事か 1 ことか, ことで, 事で

▼ それ逃がす~ (5, 0.0%)

31 なと追いかけた, なッ

▼ それあまた~ (4, 0.0%)

2 ほんとうの 1 どんな長上衣, ひどい

▼ それあまり~ (4, 0.0%)

4 同情ない

▼ それいう~ (4, 0.0%)

3 のん 1 てくれへん

▼ それいつぞや~ (4, 0.0%)

1 お馬, それ四年後の, のお話, 島田先生の

▼ それお出で~ (4, 0.0%)

1 なすった, なすつた, なすッ, なすツ

▼ それからず~ (4, 0.0%)

3 ッと 1 ーッと

▼ それがら~ (4, 0.0%)

1 ううそれがら, うう電信, おうぢ, どうした

▼ それがネ~ (4, 0.0%)

2 親分こんなに 1 大分文章の, 斯う

▼ それきり帰つて~ (4, 0.0%)

3 来なかつた 1 来ず窓

▼ それきり気~ (4, 0.0%)

2 が遠く 1 にもしない, を失っ

▼ それきり誰~ (4, 0.0%)

1 も何, も出, も口, も現

▼ それぎりで~ (4, 0.0%)

1 しきりと, しばらく落ち, 又しばらく, 格別いつもの

▼ それぎりにして~ (4, 0.0%)

1 切り上げた, 帰って, 置くより, 裂いて

▼ それこっち~ (4, 0.0%)

1 の親玉, へ来た, へ行った, を見

▼ それさえが~ (4, 0.0%)

1 はっきり見え始めた, 今日の, 実は疑問, 恐らく一時的

▼ それしました~ (4, 0.0%)

1 と土下座, と引上げ, と挨拶, はない

▼ それじたい~ (4, 0.0%)

1 がいかに, が一つ, が朝廷, はちっとも

▼ それじゃによって~ (4, 0.0%)

1 おれは, そなた, その強, 尼寺でも

▼ それそいつ~ (4, 0.0%)

1 がいけない, がよく, が仇, を利用

▼ それそっち~ (4, 0.0%)

2 へ行った 1 へ, へ逃げろ

▼ それそれで~ (4, 0.0%)

1 ござりました, 犬が, 盗まないという, 私も

▼ それそんなに~ (4, 0.0%)

1 不自然に, 巧くお, 考えないで, 薄情な

▼ それたる~ (4, 0.0%)

1 一条土間に, 事に, 利己一天張りに, 竹落葉

▼ それっきりいつ~ (4, 0.0%)

2 までたっ 1 まで待っ, まで経っ

▼ それっきりなに~ (4, 0.0%)

2 もわからなくなっ 1 も云わなかった, も浮きあがらなかった

▼ それっきり行方不明~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 で次第に, になりました

▼ それっきり默~ (4, 0.0%)

3 ってしまった 1 っていた

▼ それっていう~ (4, 0.0%)

1 のが, のも, 場合は, 独立の

▼ それっぽ~ (4, 0.0%)

1 ちでは, っち, っちすぐ, っちの怪我

▼ それでかう~ (4, 0.0%)

2 して 1 した文章, した音樂

▼ それでござん~ (4, 0.0%)

2 す, すが

▼ それでた~ (4, 0.0%)

1 いくつし, うとうそつ, うとうひとり奉公, うとう露顯

▼ それでなかつたら~ (4, 0.0%)

1 世界に, 何であれ, 海水浴場の, 町の

▼ それで御座います~ (4, 0.0%)

1 よ, よ旦那, 親分さん泉屋一家ばかり, 親分さん私も

▼ それとてもまだ~ (4, 0.0%)

1 ほんとうに, 確乎たる, 証明し, 風の

▼ それとても決して~ (4, 0.0%)

1 一方的, 大きな競争, 本格的な, 無視する

▼ それなお~ (4, 0.0%)

1 刺身の, 夜行の, 竜の, 館舎の

▼ それならさう~ (4, 0.0%)

1 と承知, と早く, と致しまし, と言

▼ それなんぞ~ (4, 0.0%)

1 しらべて, 何年ぐらいで, 我を, 見えるよう

▼ それにつれての~ (4, 0.0%)

1 ことな, インド王族らに対する, 物腰とが, 通俗化猥雑化と

▼ それにては~ (4, 0.0%)

1 中川様への, 余の, 先方へ, 西人の

▼ それにとって~ (4, 0.0%)

1 代った野間さん, 代わって, 大切である, 救済である

▼ それはから~ (4, 0.0%)

2 だの 1 であった, のらくらし

▼ それはたと~ (4, 0.0%)

1 ひ徐ろ, ひ虚榮, へ無意識, へ身分

▼ それはという~ (4, 0.0%)

2 のは 1 すきな, ふうに

▼ それはなあ~ (4, 0.0%)

1 お雪ちゃんいやなら, ついこの間, もちろん伊達家, 外では

▼ それはネ~ (4, 0.0%)

1 あたしと, あんたも, この話, どうせ些

▼ そればかしの~ (4, 0.0%)

1 ことに, 事で, 傷は, 間隔は

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 をす 1 ことの, 主人が

▼ それまでさ~ (4, 0.0%)

1 うした, うやつ, う惡くも, アクセクする

▼ それみんな~ (4, 0.0%)

1 こやつ, ちょっくら, 叩き切っちまえ, 来いみんな

▼ それもと~ (4, 0.0%)

2 も困る 1 し老いてからの, 思うて

▼ それゆえそれ~ (4, 0.0%)

1 が豊産, だけで, は常に, を残念

▼ それゆえわし~ (4, 0.0%)

1 に起て, の留守宅, の真, は折檻

▼ それゆえわれわれ~ (4, 0.0%)

1 の公私, はただに, は個人的, は彼

▼ それゆえ人~ (4, 0.0%)

1 がよく, に笑われ, を怖, を訪問

▼ それゆえ今日~ (4, 0.0%)

1 ではもはや, の急務, の文明, まで髀肉

▼ それゆえ由子~ (4, 0.0%)

1 に会, は卓一, は小鳥, を我物

▼ それらしくない~ (4, 0.0%)

1 ことに, ので誰, よ, 陰欝な

▼ それをさ~ (4, 0.0%)

1 おささせ申しましてね, 房枝さんたら, 民さんだの, 目え

▼ それをよけ~ (4, 0.0%)

2 ようと 1 たんです, 構内へ

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 に權詐, に鳶の者, の婦女, は泪雨

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 を如何せん 1 が心, をいかんせん

▼ それ以上彼女~ (4, 0.0%)

1 が求める, の行方, を懲らす, を責めたく

▼ それ以上言葉~ (4, 0.0%)

1 が見つからなかった, ではもう, を交す, を返す

▼ それ以上話~ (4, 0.0%)

1 もせず, を続ける, を進めない, を進めよう

▼ それ以上追求~ (4, 0.0%)

1 するの, せず, は不可能, もしませんでした

▼ それ以外何~ (4, 0.0%)

1 の勉強, の理由, もいう, も聴こえなくなっ

▼ それ以来今~ (4, 0.0%)

1 に至る, のよう, までにどんな, もって

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 がお, が持ちましょう, に見せ, も同感

▼ それ其處~ (4, 0.0%)

1 に, にある, にバケツ, に寢

▼ それ向う~ (4, 0.0%)

1 から, へ大股, へ逃げ, 河原の

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 がするだろう, が掛った, も歌, も無き

▼ それ宜しく~ (4, 0.0%)

3 ば仰せ 1 な日夜

▼ それ引いた~ (4, 0.0%)

4 それ引いた

▼ それ故お~ (4, 0.0%)

1 あとを, 君は, 打ちあわせに, 柳を

▼ それ故人~ (4, 0.0%)

1 に対する時自分, の出入もさ, の虚偽, は今や

▼ それ旦那~ (4, 0.0%)

2 があんなに 1 が俺, の頭

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 う, の人, の粒, の通り抜けぬ

▼ それ火事~ (4, 0.0%)

21 だと, よと騒ぎ立て

▼ それ~ (4, 0.0%)

21 が来た, の形

▼ それ~ (4, 0.0%)

4

▼ それ申した~ (4, 0.0%)

1 がお前, がそれ, がね, わけであった

▼ それ皮肉~ (4, 0.0%)

3 ですか 1 でお

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 怪は 1 の意味, の禍

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 の日 1 たけた野, の夕なんど天

▼ それ聞いた~ (4, 0.0%)

1 かて出来る, かて死んだ, ときわたしうれしい, 時の

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 ある鷹, く国家, く夢, く点

▼ それ自身一個~ (4, 0.0%)

2 のイデオロギー 1 の水準, の領域

▼ それ自身一種~ (4, 0.0%)

1 の, の栄養不良状態, の見識, 低度

▼ それ自身以外~ (4, 0.0%)

3 のもの 1 の要素体系

▼ それ自身抽象的~ (4, 0.0%)

2 なる永遠性 1 である, なもの

▼ それ行っ~ (4, 0.0%)

2 てみろ, て見ろ

▼ それ迄にも~ (4, 0.0%)

1 たびたび洋裁学院, 學者が, 我々は, 日本の

▼ それ~ (4, 0.0%)

3 に音 1 を叩く

▼ それあいつ~ (3, 0.0%)

1 たいなんだね, でもいい, を弓

▼ それあちら~ (3, 0.0%)

1 とおきよ, に見えます, に見える

▼ それあなた~ (3, 0.0%)

1 の本当, の無邪気, の猫

▼ それあに~ (3, 0.0%)

1 ひとり傍観者たる, 久しきを, 鑑せざる

▼ それあ新~ (3, 0.0%)

2 教育も 1 発見だ

▼ それいい~ (3, 0.0%)

1 か, ぢや, わよ

▼ それいまだ~ (3, 0.0%)

3 今日より

▼ それうち~ (3, 0.0%)

2 やったかも 1 が教

▼ それおい~ (3, 0.0%)

2 でなすった 1 すすぎを

▼ それお客様~ (3, 0.0%)

1 お目覚め, がおいで, 御案内

▼ それかい~ (3, 0.0%)

21 綺麗だろう

▼ それからき~ (3, 0.0%)

1 ぱきぱした口調で, よろきよ, ッと

▼ それきりあと~ (3, 0.0%)

1 は濁し, は物, は鳴かないらしく見える

▼ それきりいつ~ (3, 0.0%)

2 までたっ 1 まで待っ

▼ それきり便り~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, もない, をし

▼ それきり彼女~ (3, 0.0%)

1 は消え, は黙っ, を見る

▼ それきり後~ (3, 0.0%)

2 がどう 1 は茶カス

▼ それきり手紙~ (3, 0.0%)

1 についてはなに, も寄越さず, をよこしません

▼ それきり父~ (3, 0.0%)

2 の目 1 は滋幹

▼ それきり默~ (3, 0.0%)

1 つたが, り込んで, るまで

▼ それぎりで二人~ (3, 0.0%)

1 には再, は往来, は話す

▼ それぎり一度~ (3, 0.0%)

1 も姿, も見えません, も顔

▼ それぎり二人~ (3, 0.0%)

1 の間, は口, は背中合せ

▼ それぎり私~ (3, 0.0%)

1 の家, は父, も別段

▼ それぎり音~ (3, 0.0%)

3 も沙汰

▼ それぐらいしか~ (3, 0.0%)

1 書けないので, 本が, 能が

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 さあ, さ一度で, やつを

▼ それこう~ (3, 0.0%)

1 でも, やって, 持って

▼ それしっかり~ (3, 0.0%)

1 ひっぱれいい, 投げろ, 頼むよ

▼ それじゃから~ (3, 0.0%)

1 云うて, 俺は, 馬鹿じゃという

▼ それじゃに~ (3, 0.0%)

1 そなた, 依って, 因って

▼ それじゃも~ (3, 0.0%)

1 一度やり直そう, 少し塩, 少し寝

▼ それそっくり~ (3, 0.0%)

1 のもの, の言葉, 賭けるのよ

▼ それぞとも~ (3, 0.0%)

1 眼に, 言い分けが, 言ひ分け

▼ それだけずつ~ (3, 0.0%)

1 おいて, 太陽に, 遅れて

▼ それだけって~ (3, 0.0%)

1 ことに, ことは, 旦那

▼ それだけにては~ (3, 0.0%)

1 この損失はつぐなひがたし出版契約書, ただちに良画, 大雪山の

▼ それぢやあ~ (3, 0.0%)

1 ない, ない私, 頂きます

▼ それっきりどこ~ (3, 0.0%)

1 かへいらっしゃった, にもある, へ行った

▼ それっきり声~ (3, 0.0%)

1 はとだえる, は絶え, をたてませんでした

▼ それっきり学校~ (3, 0.0%)

2 をやめた 1 はやめた

▼ それっきり家~ (3, 0.0%)

1 へは帰らなかった, へは帰りませんでした, へ帰らない

▼ それっきり影~ (3, 0.0%)

1 も形, も見えなくなる, も見せぬ

▼ それっきり彼~ (3, 0.0%)

1 とはまだ, は牢, は黄昏

▼ それっきり手紙~ (3, 0.0%)

1 も葉書, をよこさなくなった, を貰う

▼ それっきり自分~ (3, 0.0%)

1 の役, の部屋, は口

▼ それっきり言葉~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 にもならず

▼ それっきり静か~ (3, 0.0%)

1 で何, なもの, になっ

▼ それっきり音沙汰~ (3, 0.0%)

1 がご, がない, が無い

▼ それっくれ~ (3, 0.0%)

1 えの, え手前, え気

▼ それっとばかりに~ (3, 0.0%)

1 女を, 朝鮮軍を, 辰と

▼ それつらつら~ (3, 0.0%)

1 いろは四十七文字を, おもんみれば, 古今の

▼ それては~ (3, 0.0%)

1 いなかろうくらい, ならないと, 駕籠を

▼ それでしか~ (3, 0.0%)

2 ない 1 なかった

▼ それでなきゃ~ (3, 0.0%)

1 アテニハの, 唐の, 誰か

▼ それというも~ (3, 0.0%)

1 みんなお前さんへの, 実を, 拙老

▼ それとしか~ (3, 0.0%)

1 思えなかった, 見えない蔡大臣, 闇の

▼ それとそ~ (3, 0.0%)

3 つくり同じ

▼ それどういう~ (3, 0.0%)

1 ことさ, ことです, 意味な

▼ それどうか~ (3, 0.0%)

1 あれを, したの, なすったの

▼ それながら~ (3, 0.0%)

1 あなおぼつかな, 玉鬘いかなる, 空おぼれする

▼ それなく~ (3, 0.0%)

1 ては信長公, ては折角, て何

▼ それなら知っ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ それにあたる~ (3, 0.0%)

1 ギリシア語の, 個所, 訓を

▼ それにかけて~ (3, 0.0%)

1 悔いなかつたその, 甲源一刀流の, 胸の

▼ それにかけては~ (3, 0.0%)

1 お猿さん, 気楽だ, 負け勝ちだ

▼ それにとも~ (3, 0.0%)

1 なふ, なふ奥さん, なふ経済上

▼ それにまで~ (3, 0.0%)

2 銀流しを 1 変質された

▼ それによっての~ (3, 0.0%)

1 みその, 厳正なる, 現実の

▼ それに対するだけの~ (3, 0.0%)

2 土を 1 理由を

▼ それのみにても~ (3, 0.0%)

2 我れ 1 価値ある

▼ それのみによ~ (3, 0.0%)

1 つて尊い, つて我等の, つて望む

▼ それはさ~ (3, 0.0%)

1 ほどに深刻, ほどの大事, 思召したで

▼ それはて~ (3, 0.0%)

1 うどよい, まえの, もなく

▼ それはもう~ (3, 0.0%)

1 かの潮干狩, ね, よつ

▼ それはを~ (3, 0.0%)

1 かしいほど, かしい才能, ぢいさん

▼ そればかりで~ (3, 0.0%)

1 出来るの, 承知が, 投出したという

▼ そればっかりが~ (3, 0.0%)

1 残念でなりません, 私への, 胸に

▼ そればつ~ (3, 0.0%)

2 かりを 1 かりに俺

▼ それほど~ (3, 0.0%)

3 でも

▼ それまだ~ (3, 0.0%)

2 番頭の 1 源作叔父様が

▼ それまでで~ (3, 0.0%)

1 あっさり思い切れ, ざっと済む, にげられるん

▼ それまでにゃ~ (3, 0.0%)

1 あ奴ら, それこそ, 死にますやろな

▼ それみい~ (3, 0.0%)

1 あれば, その眼, 叩けば

▼ それみな~ (3, 0.0%)

1 のもの, 使ったわ, 高御曹司

▼ それみろいいう~ (3, 0.0%)

3 うちに

▼ それもかへ~ (3, 0.0%)

1 つてこの, つてよろしい, つて悪く

▼ それもから~ (3, 0.0%)

1 っ駕籠, つきし, 身では

▼ それもしか~ (3, 0.0%)

1 との判斷, とはわからぬ, とは分かりませぬ

▼ それもち~ (3, 0.0%)

3 よつと

▼ それゃア~ (3, 0.0%)

1 さして, ないでしょう, もう

▼ それやっ~ (3, 0.0%)

2 て宜 1 ている

▼ それゆえあなた~ (3, 0.0%)

1 の大胆, の靴業, は表情

▼ それゆえいつ~ (3, 0.0%)

1 だったか, でもできる, までも低い

▼ それゆえいま~ (3, 0.0%)

1 この火打袋, のうち, の持主

▼ それゆえすべて~ (3, 0.0%)

1 が決せ, の姦淫, もともとに

▼ それゆえ一定~ (3, 0.0%)

1 の住居, の実践的方面, の操作

▼ それゆえ主人~ (3, 0.0%)

1 は根本的, は相当, は閑

▼ それゆえ君~ (3, 0.0%)

1 はいま, はすぐ, はその

▼ それゆえ彼ら~ (3, 0.0%)

1 にはその, の衣, の音楽

▼ それゆえ彼女~ (3, 0.0%)

1 が私, に対するおもいやり, も

▼ それゆえ彼等~ (3, 0.0%)

1 は外敵, は悠久, は日本人

▼ それゆえ母~ (3, 0.0%)

1 のため, はわずか, をなくした

▼ それゆゑこれ~ (3, 0.0%)

1 だけで, はた, は日本

▼ それゆゑ僕~ (3, 0.0%)

1 が株式市場, には, はこれ

▼ それゆゑ彼女~ (3, 0.0%)

1 との無, の本名, はこの

▼ それゆゑ彼等~ (3, 0.0%)

1 の流れ, の間, は出征

▼ それよかろ~ (3, 0.0%)

3

▼ それよし~ (3, 0.0%)

1 かそこ, か其所, と裁可

▼ それよと~ (3, 0.0%)

1 即坐, 疑はず, 疑わずなりて

▼ それよりかも~ (3, 0.0%)

1 あたし昔の, つと, 折角到来

▼ それよりね~ (3, 0.0%)

1 おとうさん小林さんは, そんな事, 主任

▼ それよろしい~ (3, 0.0%)

1 かもしれませぬ, か開ける, 奥の

▼ それわが~ (3, 0.0%)

1 邦人なる, 金甌無欠の, 雷鳥さんという

▼ それわたし~ (3, 0.0%)

1 の父, はすっかり, もそう

▼ それをが~ (3, 0.0%)

1 いねん化する, ちゃりと, ちゃんと下

▼ それをけ~ (3, 0.0%)

1 ころして, なれがって, ものと

▼ それをな~ (3, 0.0%)

1 その負債, ほして, 直写し

▼ それをや~ (3, 0.0%)

1 ぶつた, ッと, ッぱり私自身が

▼ それを通じての~ (3, 0.0%)

1 外に, 外には, 話を

▼ それア僕~ (3, 0.0%)

2 は乞食 1 は家

▼ それ一体~ (3, 0.0%)

2 何の 1 いつの

▼ それ一本~ (3, 0.0%)

1 が若者, しかない, でゆかう

▼ それ一番~ (3, 0.0%)

2 いけない 1 恐がってて

▼ それ三五郎~ (3, 0.0%)

2 をた 1 をたたき殺せ

▼ それ上古~ (3, 0.0%)

1 において平民主義, において野蛮人, の時勢

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 で喚いてる, のふたり, の町

▼ それ二階~ (3, 0.0%)

2 の窓 1 の欄干

▼ それ以上の~ (3, 0.0%)

2 を貰っ 1 は有名無実

▼ それ以上何ん~ (3, 0.0%)

1 にもわかりません, にも引出せ, にも訊く

▼ それ以上気~ (3, 0.0%)

1 にかかる, にとめる, に掛けませんでした

▼ それ以上自分~ (3, 0.0%)

1 に取っ, のこと, はこの

▼ それ以來私~ (3, 0.0%)

1 には躑躅, はいく, は老

▼ それ以後今日~ (3, 0.0%)

1 では大分カナ書き科名, までもそう, まで三十八日間

▼ それ以後彼~ (3, 0.0%)

1 の粗暴さ, はもう, れの

▼ それ以来一度~ (3, 0.0%)

1 もその, も思出, も木登り

▼ それ以来人間~ (3, 0.0%)

1 はいかなる, はこの, は永遠

▼ それ以来俺~ (3, 0.0%)

2 は毎日 1 は一度

▼ それ以来学校~ (3, 0.0%)

1 の往復, は決して, を出

▼ それ以来急~ (3, 0.0%)

1 にお年, に有名, に詩情

▼ それ以来杳~ (3, 0.0%)

1 として姿, として行方, として銀笛

▼ それ以来母~ (3, 0.0%)

1 との間, の前, は彼女

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 たっ, ましたぜ, りて

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 にくれや, の手際, れがに

▼ それ兄さん~ (3, 0.0%)

1 お志, にお, 早く

▼ それ入り~ (3, 0.0%)

3 まする

▼ それ出し~ (3, 0.0%)

1 てよ, て御覧, 次郎が

▼ それ出た~ (3, 0.0%)

1 それ出た, ぞというよう, また出た

▼ それ利くで~ (3, 0.0%)

3 あしょ

▼ それ十銭~ (3, 0.0%)

1 しか出, だ, 上げる

▼ それ占めた~ (3, 0.0%)

1 といふ, 清吉ッしっかり, 清吉ッ確乎しろ

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 とわめき散らす, の手, の諸

▼ それ向こう~ (3, 0.0%)

1 に丘, の河原, へ逃げた

▼ それ固有~ (3, 0.0%)

1 なセンス, の對象, の法則

▼ それ国家~ (3, 0.0%)

1 が富ん, の目的, は人民

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 た何, た安, 応用自在な

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 でお, の腹, も倒れ

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 のみ己, の紋所, より一切

▼ それ幽霊~ (3, 0.0%)

2 の談 1 が出た

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 ですね, なん, にしこまれ

▼ それ彼處~ (3, 0.0%)

1 に其の, に此處, に白い

▼ それ御存じ~ (3, 0.0%)

1 の待合事件, の知ったかぶり, はない

▼ それ忠兵衛~ (3, 0.0%)

3 の夢

▼ それ戦争~ (3, 0.0%)

1 かの大量生産式, に敵する, ほど高価

▼ それ打つ~ (3, 0.0%)

21 のだ

▼ それ承知~ (3, 0.0%)

1 とあら, なら僕, やったら叩くなと

▼ それ方々~ (3, 0.0%)

1 この化け物, の船, 追いつめて

▼ それ~ (3, 0.0%)

2 は果て 1 の気安

▼ それ早く~ (3, 0.0%)

1 往って, 漕げ, 逃げろ子供

▼ それ更に~ (3, 0.0%)

1 なしどう, 一歩を, 職場や

▼ それ書い~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てしまう, て頂戴

▼ それ未だ~ (3, 0.0%)

1 吾人の, 知るべからず而, 見出しませんか

▼ それ本来~ (3, 0.0%)

2 の条件 1 の性質

▼ それ松陰~ (3, 0.0%)

1 が松下村塾, の罪案, をし

▼ それ果して~ (3, 0.0%)

1 いづれか, この寝棺, 循環するなり

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 の噴出, をさあ, をそれ

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 え足んねえ, にし, 智の

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 が姿, が死ん, が腹鼓

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 にし, をわんわん, を拾

▼ それ申しまし~ (3, 0.0%)

1 てとんだ, て失礼, て申しわけ

▼ それ申しやし~ (3, 0.0%)

1 て, てとんだ, てへっ

▼ それ申す~ (3, 0.0%)

1 ぢや, 顏では, 顔では

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 の下, の視る, 立つべき内証

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 が射出, だどこ, は李湛

▼ それ者上り~ (3, 0.0%)

1 そういったもの, のよう, の女

▼ それ自ら一種~ (3, 0.0%)

1 の, のメロヂイ, の有

▼ それ自体悪~ (3, 0.0%)

1 だ, である, で富裕

▼ それ自身何~ (3, 0.0%)

1 かたつた, かもっと, か神秘的

▼ それ自身俘囚~ (3, 0.0%)

2 の種 1 であると

▼ それ自身完全~ (3, 0.0%)

1 なもの, なる知識, な美

▼ それ自身文化~ (3, 0.0%)

1 と思想, の内容, の段階

▼ それ處ぢ~ (3, 0.0%)

1 やない, やね, やねえ

▼ それ見たまえ~ (3, 0.0%)

1 ちんぴらの, 君が, 君は

▼ それ見なさい~ (3, 0.0%)

1 その通りあんた卑劣, やっぱり綿貫, 親孝行の

▼ それ読ん~ (3, 0.0%)

1 でみ, でみる, で字

▼ それ證據~ (3, 0.0%)

1 にや俺ら, にや屹度自分, にや酒飮ん

▼ それ~ (3, 0.0%)

2 に得 1 久しからん

▼ それ迄と~ (3, 0.0%)

1 いうので, 思って, 言ふも

▼ それ迄も~ (3, 0.0%)

1 ないと, 私を, 見たこと

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 なの, の有難味, はいずれ

▼ それ~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 かね

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 がけし飛ぶ, は鵝毛, は鵞毛

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 だ, のすず, は日

▼ それぁいま~ (2, 0.0%)

1 こそ少し, のま

▼ それぁもう私~ (2, 0.0%)

1 なんかは, はどうせ

▼ それぁ己~ (2, 0.0%)

1 にゃわかってる, もいつ

▼ それあおま~ (2, 0.0%)

1 へが醫者, への妄想

▼ それあっ~ (2, 0.0%)

1 てこそはじめて, ての織田信長

▼ それあっち~ (2, 0.0%)

1 から旅人, へ行った

▼ それいかに~ (2, 0.0%)

1 しても, 国権を

▼ それいずれ~ (2, 0.0%)

1 のところ, の日

▼ それいたしまし~ (2, 0.0%)

1 てたいへん, て只今

▼ それいつ~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ それいつも~ (2, 0.0%)

1 こういうふう, のとおり

▼ それいと~ (2, 0.0%)

1 聖なる平安, 隠れた事実

▼ それいま~ (2, 0.0%)

1 ぞ鉄, のうち

▼ それうまう~ (2, 0.0%)

2

▼ それええ~ (2, 0.0%)

2 だおら

▼ それおぼえ~ (2, 0.0%)

1 てか君さま, てか君様

▼ それおまえ~ (2, 0.0%)

1 のすき, の鼻

▼ それおれ~ (2, 0.0%)

1 がまだ, は今

▼ それお腹立ち~ (2, 0.0%)

2

▼ それお話~ (2, 0.0%)

1 したこと, のお

▼ それかきならす~ (2, 0.0%)

2 玉琴の

▼ それかぎり~ (2, 0.0%)

1 であきらめよう, であと

▼ それかつて~ (2, 0.0%)

1 おつ, 村人達から

▼ それかとばかり~ (2, 0.0%)

1 心得て, 氣が

▼ それかばかりか~ (2, 0.0%)

1 その病院, マッタク博士の

▼ それからす~ (2, 0.0%)

1 うつと, ぐにここにもどってきていいのよ

▼ それからすつかり~ (2, 0.0%)

1 個性を, 寢正月を

▼ それからずう~ (2, 0.0%)

1 と上, ッと

▼ それからだけでも~ (2, 0.0%)

1 この無数, 推察し得られる

▼ それからだって~ (2, 0.0%)

1 い, いいだろう

▼ それからはずつと~ (2, 0.0%)

1 健康でゐる, 別れ別れに

▼ それから程~ (2, 0.0%)

1 経って, 経っての

▼ それかれ~ (2, 0.0%)

1 の心事, めを

▼ それがから~ (2, 0.0%)

1 こんから, だったので

▼ それがて~ (2, 0.0%)

1 がら次第で, まえには

▼ それがで~ (2, 0.0%)

1 げす, 御座ります

▼ それがど~ (2, 0.0%)

1 つと寢, つと雪崩

▼ それがら兎~ (2, 0.0%)

2 を百疋

▼ それがら牛~ (2, 0.0%)

2 も連れ

▼ それがら青~ (2, 0.0%)

2 ど両方のぶぢ

▼ それがり~ (2, 0.0%)

1 こうなやり, ら子にと

▼ それがわ~ (2, 0.0%)

1 ざとらしくもいやみにもならずにお遊さんの, づかでも

▼ それきい~ (2, 0.0%)

1 ちゃもう, て松平伊豆

▼ それきた~ (2, 0.0%)

1 ぞ, コケコッココケコッコ

▼ それきりもの~ (2, 0.0%)

1 もいわず, も言われない

▼ それきり一言~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, も云わなかった

▼ それきり何処~ (2, 0.0%)

1 かへ行っ, へ行った

▼ それきり僕~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の噂

▼ それきり兄~ (2, 0.0%)

1 からは何, は家

▼ それきり声~ (2, 0.0%)

1 が聞え, は沈黙

▼ それきり家~ (2, 0.0%)

1 とは縁, へ帰っ

▼ それきり巳之助~ (2, 0.0%)

1 はなに, は眼

▼ それきり手~ (2, 0.0%)

1 を切っ, を触れる

▼ それきり母~ (2, 0.0%)

1 の姿, はなんにも

▼ それきり沈黙~ (2, 0.0%)

1 のうち, をつづけ

▼ それきり発展~ (2, 0.0%)

1 しなかつたアイデア, せずに

▼ それきり電車~ (2, 0.0%)

1 に飛び乗っ, を降りる

▼ それきり静か~ (2, 0.0%)

2 になりました

▼ それきり音沙汰~ (2, 0.0%)

1 がない, がなかっ

▼ それぎりで息~ (2, 0.0%)

1 は絶えた, を引き取っ

▼ それぎりで話~ (2, 0.0%)

1 はすこし, を途切

▼ それぎりなんにも~ (2, 0.0%)

1 言いませんでしたが, 言いませんでしたけれど

▼ それぎり代助~ (2, 0.0%)

2 は筆

▼ それぎり先~ (2, 0.0%)

1 へは進めぬ, へ進めなかった

▼ それぎり声~ (2, 0.0%)

1 は激しい, は聞こえなくなった

▼ それぎり大杉~ (2, 0.0%)

1 は姿, は来

▼ それぎり彼~ (2, 0.0%)

1 と彼女, は父

▼ それぎり彼女~ (2, 0.0%)

1 は帰っ, を見る

▼ それぎり後~ (2, 0.0%)

1 を云わなかった, を推しませんでした

▼ それぎり斯様~ (2, 0.0%)

2 な話

▼ それぎり永久~ (2, 0.0%)

2 に中有

▼ それぎり発展~ (2, 0.0%)

1 しずに, しないで

▼ それぎり良平~ (2, 0.0%)

2 は使

▼ それぎり蘇生ら~ (2, 0.0%)

2 ないの

▼ それぎり話題~ (2, 0.0%)

1 に上らなかった, に上らなかつた

▼ それぎり顔~ (2, 0.0%)

1 も見ない, をみせねえ

▼ それくらいが~ (2, 0.0%)

1 このごろの, よい所

▼ それくらいしか~ (2, 0.0%)

1 不機嫌, 考えて

▼ それくらいで~ (2, 0.0%)

2 すめば

▼ それくらいな~ (2, 0.0%)

1 ご決意, 自信が

▼ それくらいにまで~ (2, 0.0%)

1 主君の, 育って

▼ それぐらいで~ (2, 0.0%)

1 済んだのさ, 結構だ

▼ それぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 分つて, 当然の

▼ それぐらゐの~ (2, 0.0%)

1 役に立てば, 思ひやりは

▼ それぐれ~ (2, 0.0%)

1 えのことは, エの

▼ それこの間~ (2, 0.0%)

2 殺されたお

▼ それこんな~ (2, 0.0%)

1 のと, 風に

▼ それごと~ (2, 0.0%)

1 お千世, 呑みこんで

▼ それごらんそれ~ (2, 0.0%)

1 がわしども, が間違い

▼ それさながら~ (2, 0.0%)

1 の人間, の表情

▼ それしろ~ (2, 0.0%)

1 公おんぶしなよ, 公だって

▼ それじしん~ (2, 0.0%)

1 が影, さまざまな

▼ それじゃあの~ (2, 0.0%)

1 呉一郎の, 堀さんの

▼ それじゃとは~ (2, 0.0%)

1 なんだ, 何です

▼ それじゃー~ (2, 0.0%)

1 あんな事ッ, 我輩が

▼ それすぐ~ (2, 0.0%)

1 に変, 枯れますよ

▼ それすっかり~ (2, 0.0%)

1 整理した, 締め切ってしも

▼ それする~ (2, 0.0%)

1 ことは, ような

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 なたの

▼ それそういう~ (2, 0.0%)

1 ことに, 顔を

▼ それそうとう~ (2, 0.0%)

1 働かなければ, 常識的な

▼ それそのもの~ (2, 0.0%)

1 としては軽い, の触覚

▼ それそれこれ~ (2, 0.0%)

1 だこれ, は先日

▼ それそれそ~ (2, 0.0%)

2 なたの

▼ それそれそいつ~ (2, 0.0%)

1 がいけない, が仇

▼ それそれら~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ それそれわたし~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, もそう

▼ それそんな~ (2, 0.0%)

1 こン, 傲慢な

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が向う, のか

▼ それだから~ (2, 0.0%)

1 であらう, 奢りますよ

▼ それだけにも~ (2, 0.0%)

1 ふとこんな, 見えた

▼ それだけにより~ (2, 0.0%)

2 多くの

▼ それだま~ (2, 0.0%)

1 が当たっ, はなく

▼ それだらだら~ (2, 0.0%)

1 と砂, 垂ツらあ

▼ それだれ~ (2, 0.0%)

1 からのプレゼント, の娘

▼ それっきりしん~ (2, 0.0%)

1 とし, として物音

▼ それっきりふたり~ (2, 0.0%)

1 が口, はまた

▼ それっきりもの~ (2, 0.0%)

1 を言う, を食べなくなっ

▼ それっきり他所~ (2, 0.0%)

1 に出なかった, へお

▼ それっきり何ん~ (2, 0.0%)

1 にも云わなかった, にも私

▼ それっきり先生~ (2, 0.0%)

1 の顔, は何

▼ それっきり八五郎~ (2, 0.0%)

1 は帰っ, は来ず

▼ それっきり外~ (2, 0.0%)

1 に出た, へ出ました

▼ それっきり婚礼~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ それっきり子路~ (2, 0.0%)

1 が何, が何と

▼ それっきり床~ (2, 0.0%)

1 に就く, 着いてよ

▼ それっきり後~ (2, 0.0%)

1 のこと, もみず

▼ それっきり死骸~ (2, 0.0%)

1 さえも現われない, も上がらなかった

▼ それっきり永久~ (2, 0.0%)

1 に消え, に遣っ

▼ それっきり相手~ (2, 0.0%)

1 にならない, の住み

▼ それっきり私たち~ (2, 0.0%)

1 の附, は一言

▼ それっきり翌日~ (2, 0.0%)

1 も翌々日, 迄戻らなかった

▼ それっきり話~ (2, 0.0%)

1 がしまいに, を交す

▼ それっきり誰~ (2, 0.0%)

1 にもその, の目

▼ それっきり顔~ (2, 0.0%)

1 を見せず, を見せませんでした

▼ それっとばかり~ (2, 0.0%)

1 ぐいっ, 矢庭に

▼ それつつ~ (2, 0.0%)

1 うが, プツリと

▼ それつて~ (2, 0.0%)

1 えも, ば小米さん

▼ それても~ (2, 0.0%)

1 朝の, 痕跡は

▼ それでき~ (2, 0.0%)

1 げんを, さいの

▼ それでござる~ (2, 0.0%)

1 かな, が

▼ それですつかり~ (2, 0.0%)

1 なくなつた, 仲な

▼ それでなかった~ (2, 0.0%)

1 かどう, ことを

▼ それではと~ (2, 0.0%)

1 女房らに, 言って

▼ それでばかり~ (2, 0.0%)

1 出歩いて, 動き取れねえな

▼ それでや~ (2, 0.0%)

1 すり紙を, ッて

▼ それといった~ (2, 0.0%)

1 ような, 脈絡も

▼ それといふも~ (2, 0.0%)

1 実生活側が, 恐らく通俗小説

▼ それとか~ (2, 0.0%)

1 なりまで, はりて

▼ それとき~ (2, 0.0%)

1 かえました, まつて

▼ それとち~ (2, 0.0%)

1 がつてバック, がひ

▼ それとてもすぐ~ (2, 0.0%)

1 に三人, 止んで

▼ それとても別に~ (2, 0.0%)

1 しるしが, コレといった

▼ それとても実に~ (2, 0.0%)

1 はかない安心, 漠と

▼ それどうして~ (2, 0.0%)

1 もって, 貴殿には

▼ それどこぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ それどっち~ (2, 0.0%)

1 からの話, へ廻っ

▼ それどないする~ (2, 0.0%)

2 ねん

▼ それどんな~ (2, 0.0%)

1 気持, 発明な

▼ それなどを~ (2, 0.0%)

1 いへるか, 当時の

▼ それなに~ (2, 0.0%)

2

▼ それならず~ (2, 0.0%)

1 ば, 舞踏の

▼ それならね~ (2, 0.0%)

1 ど, ども何

▼ それならやります~ (2, 0.0%)

2 よ親分

▼ それならわかっ~ (2, 0.0%)

1 ています, てます

▼ それなるつじうら売り~ (2, 0.0%)

1 はご, はどの

▼ それなんぞも~ (2, 0.0%)

1 焼けて, 頗る危険

▼ それにか~ (2, 0.0%)

1 はる他, へり度

▼ それにかは~ (2, 0.0%)

1 つた, つてあらゆる

▼ それにから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ それにく~ (2, 0.0%)

1 ふうを, ッつい

▼ それにたいしても~ (2, 0.0%)

1 ギンネコ号は, 彼は

▼ それにだけ~ (2, 0.0%)

1 一致し, 忠実な

▼ それにつれては~ (2, 0.0%)

1 種々公事訴訟等, 芸術的な

▼ それにでも~ (2, 0.0%)

1 暖りた, 満足し

▼ それになんぞや~ (2, 0.0%)

1 科学を, 肝ったまの

▼ それになんて~ (2, 0.0%)

1 いったって, 返事なす

▼ それにはと~ (2, 0.0%)

1 はげしく拒否, 思って

▼ それにはを~ (2, 0.0%)

1 かしい二重, かしい様

▼ それにぶ~ (2, 0.0%)

1 ッつけた, 器量お

▼ それにへ~ (2, 0.0%)

1 ッ, ツ

▼ それにもは~ (2, 0.0%)

1 いと答え, ッと

▼ それに対すると~ (2, 0.0%)

1 いかなる猛者, 私は

▼ それのみかは~ (2, 0.0%)

1 おそらくすべて, 恐らくすべて

▼ それのみじゃ~ (2, 0.0%)

2 ございません怪我

▼ それのみと~ (2, 0.0%)

1 あれば, 生きて

▼ それのみとは~ (2, 0.0%)

1 いえぬ, 決して言

▼ それはう~ (2, 0.0%)

1 でぐらい長, はべだけのこと

▼ それはが~ (2, 0.0%)

2 い骨

▼ それはけ~ (2, 0.0%)

1 しからぬこと, ものや

▼ それはじつ~ (2, 0.0%)

1 さいの, と耳

▼ それはじめ~ (2, 0.0%)

1 に道, の一冊

▼ それはねぇ~ (2, 0.0%)

1 お姉様, ヨハナーンや

▼ それはのう~ (2, 0.0%)

1 久光斉彬は, 今は

▼ それはは~ (2, 0.0%)

1 いるの, ぎれのよい男の

▼ それはま~ (2, 0.0%)

1 がふべく, だら模様

▼ それはやく~ (2, 0.0%)

1 そくして, 医者を

▼ そればかし~ (2, 0.0%)

1 でなくお, では

▼ そればかしは~ (2, 0.0%)

1 御勘弁, 御勘辨

▼ そればかりしか~ (2, 0.0%)

1 考えないが, 考へないが

▼ そればかりと~ (2, 0.0%)

1 されて, 思えない

▼ そればっかりはと~ (2, 0.0%)

2 拝んで

▼ それほん~ (2, 0.0%)

1 とか, との愛

▼ それほんま~ (2, 0.0%)

1 でっかいや, に違い

▼ それまでながら~ (2, 0.0%)

2 哀れな

▼ それまでにや~ (2, 0.0%)

1 無く成つち, 醒めるよ

▼ それまではと~ (2, 0.0%)

1 また懐, 言って

▼ それまでより~ (2, 0.0%)

1 少しは, 羽を

▼ それまでよりは~ (2, 0.0%)

2 一層容子

▼ それまア~ (2, 0.0%)

1 楽み, 江戸子同士で

▼ それみずからリポート~ (2, 0.0%)

2 をおのれみずから

▼ それみずから集団的構成~ (2, 0.0%)

2 としての見る

▼ それみたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, に朱

▼ それみよ~ (2, 0.0%)

1 それほどな, 禍いは

▼ それもがと~ (2, 0.0%)

1 ましもがと, 今朝開けたる

▼ それもけ~ (2, 0.0%)

1 ふだけは, ふ初めて

▼ それもっ~ (2, 0.0%)

1 てなえらい, て貴

▼ それもっと~ (2, 0.0%)

1 あとに, 圧搾空気を

▼ それもて~ (2, 0.0%)

1 まえの, 遊び給へど

▼ それもねえ~ (2, 0.0%)

1 働きど, 大きな声

▼ それもの~ (2, 0.0%)

1 つけに, の女中め

▼ それゃあ大喜びな~ (2, 0.0%)

2

▼ それゃどこ~ (2, 0.0%)

1 に居るん, の札

▼ それゃ不憫~ (2, 0.0%)

2 じゃありません

▼ それゃ何~ (2, 0.0%)

2 だね

▼ それゃ俺~ (2, 0.0%)

1 のもの, の勝手

▼ それやか~ (2, 0.0%)

1 はいさうな, まひは

▼ それやきつ~ (2, 0.0%)

1 と土用干, と空

▼ それゆえおと~ (2, 0.0%)

1 よが家, よの事

▼ それゆえおまえ~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の行為

▼ それゆえこれら~ (2, 0.0%)

2 の動物

▼ それゆえそ~ (2, 0.0%)

1 なたが, なたは

▼ それゆえクリストフ~ (2, 0.0%)

1 の打ち明け, はだれ

▼ それゆえ一揆~ (2, 0.0%)

1 へ加担, 起すについても

▼ それゆえ二人~ (2, 0.0%)

1 とも浅間, の武士

▼ それゆえ人間~ (2, 0.0%)

1 のくま, への悲心

▼ それゆえ今後~ (2, 0.0%)

1 ある機会, は自力

▼ それゆえ僕~ (2, 0.0%)

1 はあの, は不満

▼ それゆえ商売~ (2, 0.0%)

1 の利幅, をする

▼ それゆえ女~ (2, 0.0%)

1 が玄関, の左

▼ それゆえ恋~ (2, 0.0%)

1 のうるささ, の真実

▼ それゆえ文子~ (2, 0.0%)

1 がい, と恋

▼ それゆえ昔~ (2, 0.0%)

1 から数代, は無

▼ それゆえ椿~ (2, 0.0%)

1 には実は, は

▼ それゆえ止め~ (2, 0.0%)

1 じゃと仰せられい, はしなかった

▼ それゆえ此~ (2, 0.0%)

1 の庭, の長兄

▼ それゆえ秋~ (2, 0.0%)

1 の日和, の野

▼ それゆえ著者~ (2, 0.0%)

1 はもっとも, はもろもろ

▼ それゆえ諸君~ (2, 0.0%)

1 は仮り, は諸君

▼ それゆえ迷信~ (2, 0.0%)

1 によって民, を打破

▼ それゆえ部下~ (2, 0.0%)

1 の敬愛, も焦心

▼ それゆゑわたくしは~ (2, 0.0%)

1 直に書, 過を

▼ それゆゑわたくしは此~ (2, 0.0%)

1 にその, に先

▼ それゆゑ女~ (2, 0.0%)

1 の服従, の面相

▼ それゆゑ山陽~ (2, 0.0%)

1 の来り投じた, は江戸

▼ それゆゑ日本~ (2, 0.0%)

1 の新しい, へ來

▼ それゆゑ日本人~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の愛国心

▼ それゆゑ滑稽笑止~ (2, 0.0%)

2 である

▼ それゆゑ狸~ (2, 0.0%)

2 が婆さん

▼ それゆゑ茶山~ (2, 0.0%)

1 の目, は

▼ それゆゑ蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の妻, の男

▼ それよっ~ (2, 0.0%)

1 か家, て

▼ それよりはと~ (2, 0.0%)

1 いふので, 主水正

▼ それよりはの~ (2, 0.0%)

1 同族どもと, 師直

▼ それよりもかの~ (2, 0.0%)

1 おさよ, 島村抱月先生の

▼ それよりもねえ~ (2, 0.0%)

1 もっとふしぎ, 彼奴の

▼ それらしい住み~ (2, 0.0%)

1 家は, 家も

▼ それらしく思われ~ (2, 0.0%)

1 てならなかった, て贈った

▼ それらしく見える~ (2, 0.0%)

1 ことの, 場合も

▼ それ~ (2, 0.0%)

2

▼ それをから~ (2, 0.0%)

1 だから, 車を

▼ それをずつと~ (2, 0.0%)

1 おしひろめて, 下へ

▼ それをと~ (2, 0.0%)

1 やかうお前, ッこに

▼ それをとが~ (2, 0.0%)

1 むるであろう, むるよりも

▼ それをとや~ (2, 0.0%)

1 こうお前, こう言う

▼ それをばかり~ (2, 0.0%)

1 苦に, 讀んで

▼ それを以ても~ (2, 0.0%)

1 この首, その辺

▼ それを通じてのみ~ (2, 0.0%)

1 古典美への, 永遠は

▼ それア何~ (2, 0.0%)

1 かのハヅミ, たって

▼ それア先ア~ (2, 0.0%)

2 さうだ

▼ それア安藤先生~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ それア本当~ (2, 0.0%)

1 かね, だよ

▼ それア違~ (2, 0.0%)

2 ひますよ

▼ それサ辞世~ (2, 0.0%)

2 の歌一首

▼ それダマ~ (2, 0.0%)

1 になっ, をくらっ

▼ それッ相手~ (2, 0.0%)

2 は一人

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 どういふ, な

▼ それ一個~ (2, 0.0%)

1 の荷物, をつつん

▼ それ一冊~ (2, 0.0%)

1 だけで, なの

▼ それ一昨年~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ それ一枚~ (2, 0.0%)

1 でもいい, につつまれ

▼ それ一枚きり~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ それ一策~ (2, 0.0%)

1 である, を恃ん

▼ それ丈けが~ (2, 0.0%)

1 お願, 少し不釣合ひな位

▼ それ丈人目~ (2, 0.0%)

2 を惹き

▼ それ丈勝平~ (2, 0.0%)

2 に対する侮辱

▼ それ丈天才的~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ それ丈彼~ (2, 0.0%)

2 の憤怒

▼ それ丈花嫁~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ それ丈親しみ~ (2, 0.0%)

2 易い軽い藍色

▼ それ三輪~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ それ下界~ (2, 0.0%)

1 の阿修羅王, へ蹴おとされまい

▼ それ世人購求~ (2, 0.0%)

2 の神速

▼ それ世界~ (2, 0.0%)

1 の気運, は造物主

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 れは, を図れ

▼ それ乙姫さま~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ それ二人~ (2, 0.0%)

1 とも水, ながら麻

▼ それ五円~ (2, 0.0%)

2

▼ それ以上あなた~ (2, 0.0%)

1 にお目にかかっ, の今夜

▼ それ以上ここ~ (2, 0.0%)

1 から出し, で藤吉郎

▼ それ以上それ~ (2, 0.0%)

1 が科学的, を知ろう

▼ それ以上どこ~ (2, 0.0%)

1 へも動く, まで行く

▼ それ以上はるか~ (2, 0.0%)

1 に甚, に重大

▼ それ以上もの~ (2, 0.0%)

1 をいう, を言

▼ それ以上一こと~ (2, 0.0%)

1 もいわせない, もいわない

▼ それ以上一言~ (2, 0.0%)

1 も聞き出し得なかった, も言わなかった

▼ それ以上傾きよう~ (2, 0.0%)

2 がなくなる

▼ それ以上初学者~ (2, 0.0%)

2 が構図

▼ それ以上勉強~ (2, 0.0%)

1 ができなかった, されては

▼ それ以上奥~ (2, 0.0%)

1 へいく, へはいる

▼ それ以上彼ら~ (2, 0.0%)

2 を眼下

▼ それ以上感傷的~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ それ以上捜索~ (2, 0.0%)

1 しようとも, も致しませぬでした

▼ それ以上根本的~ (2, 0.0%)

1 な, な言葉

▼ それ以上発展~ (2, 0.0%)

1 しなかった, の余地

▼ それ以上詮索~ (2, 0.0%)

1 しないで, は無用

▼ それ以上追究~ (2, 0.0%)

1 したり, は出来

▼ それ以上関係~ (2, 0.0%)

1 したくないと, を進行

▼ それ以來今日~ (2, 0.0%)

1 までの間, まで本家

▼ それ以來天南~ (2, 0.0%)

1 は全く, は父

▼ それ以來自分~ (2, 0.0%)

1 はあの, を先生

▼ それ以外彼~ (2, 0.0%)

1 れにとって, を追求

▼ それ以後二人~ (2, 0.0%)

1 は互に, は文通

▼ それ以後父~ (2, 0.0%)

1 がめっきり, なく家

▼ それ以来きみの~ (2, 0.0%)

2 は家

▼ それ以来ここ~ (2, 0.0%)

1 でも一度顔, へ来る

▼ それ以来これ~ (2, 0.0%)

1 に代わるべき, までほとんど

▼ それ以来すべて~ (2, 0.0%)

1 は大, をこの

▼ それ以来それ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を見た

▼ それ以来わたくし~ (2, 0.0%)

1 は地図, は朝

▼ それ以来クリストフ~ (2, 0.0%)

1 はその, は新た

▼ それ以来ズーッ~ (2, 0.0%)

1 と独身, と黒田様

▼ それ以来一年~ (2, 0.0%)

1 にもなる, に一度

▼ それ以来丈五郎~ (2, 0.0%)

1 が古い, は傴僂息子

▼ それ以来人~ (2, 0.0%)

1 が変った, を見る

▼ それ以来他~ (2, 0.0%)

1 のどんな, の門番衆

▼ それ以来伸子~ (2, 0.0%)

1 は時々, は現在

▼ それ以来僕等~ (2, 0.0%)

1 はずいぶん, は団結

▼ それ以来元気~ (2, 0.0%)

1 がなく, がなくなった

▼ それ以来冬~ (2, 0.0%)

1 の末, はやらない

▼ それ以来大~ (2, 0.0%)

1 に, に同情

▼ それ以来夫~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, に対して一層

▼ それ以来妙子~ (2, 0.0%)

1 の製作品, は今日

▼ それ以来姿~ (2, 0.0%)

1 を見せない, を隠したぎり

▼ それ以来庄造~ (2, 0.0%)

2 の可愛

▼ それ以来心~ (2, 0.0%)

1 に微塵, に烙

▼ それ以来新進作家~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ それ以来智恵子~ (2, 0.0%)

2 の息吹

▼ それ以来村~ (2, 0.0%)

1 に住む, の漁師

▼ それ以来松王さま~ (2, 0.0%)

2 のお足

▼ それ以来氏~ (2, 0.0%)

1 からの消息, は夏蜜柑

▼ それ以来気~ (2, 0.0%)

1 にはかかり, をつけ

▼ それ以来父~ (2, 0.0%)

1 と娘, は生きた

▼ それ以来猿~ (2, 0.0%)

1 と一, のおしゃべり

▼ それ以来芝居~ (2, 0.0%)

1 というもの, を観

▼ それ以来軍人~ (2, 0.0%)

1 でない軍人的タイプ, と云う

▼ それ以来金曜日~ (2, 0.0%)

2 とか土曜日

▼ それ以来青年~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ それ位い~ (2, 0.0%)

1 のこと, の程度

▼ それ何だか~ (2, 0.0%)

1 判るか, 薄り

▼ それ何処~ (2, 0.0%)

1 で売つてる, を見てるだらう

▼ それ何處~ (2, 0.0%)

1 の家, を見てるだらう

▼ それ兄樣~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 篇の, 體の

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 てきた, 養生の

▼ それ分ったら~ (2, 0.0%)

1 えらい評判, どない

▼ それ切り口~ (2, 0.0%)

1 をつぐん, を噤んだ

▼ それ切り物~ (2, 0.0%)

1 の気勢, を言

▼ それ助けよ~ (2, 0.0%)

2 とて近隣

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 だら錢出, やったら僕

▼ それ去年~ (2, 0.0%)

1 の夏, の春

▼ それ吾人~ (2, 0.0%)

1 が先祖, の用

▼ それ呼べ~ (2, 0.0%)

1 という, といふ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の, ひとつと

▼ それ商業~ (2, 0.0%)

1 なるもの, もまた

▼ それ嘗て~ (2, 0.0%)

2 丑の

▼ それ多い~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, たくらみを

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が明けた, に入っ

▼ それ大変~ (2, 0.0%)

1 だ, だ逃げろ逃げろ

▼ それ大野屋~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 のみか, の王國

▼ それ好い~ (2, 0.0%)

1 の, や

▼ それ如何~ (2, 0.0%)

1 との感想, に世態変化

▼ それ如此~ (2, 0.0%)

1 であるただ, である無邪気

▼ それ始まった~ (2, 0.0%)

2 ぞ始まった

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 の看板

▼ それ容姿~ (2, 0.0%)

1 よかりき, よかりけれ

▼ それ容姿麗~ (2, 0.0%)

1 かりければ, 美しと

▼ それ封建社会~ (2, 0.0%)

1 において官途, は忽然と

▼ それ少し~ (2, 0.0%)

1 仰向いて, 飲んだら

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 の中央

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に手ずから, を掃け

▼ それ彼方~ (2, 0.0%)

1 からまた, には建築用材

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の問題, の証拠

▼ それ御家~ (2, 0.0%)

1 の格子, の系圖

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に信, に疚しい

▼ それ心配~ (2, 0.0%)

1 しねえで, するほどの

▼ それ忘れ~ (2, 0.0%)

1 てなります, やアせん

▼ それ忠吉さん~ (2, 0.0%)

2 とか忠次郎さん

▼ それ急げ~ (2, 0.0%)

1 てん, と言

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 というやつ, は思案

▼ それ恐るべき~ (2, 0.0%)

1 かな, ものあるなり

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 でない

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 だ春秋

▼ それ愁へま~ (2, 0.0%)

1 をさ, をせ

▼ それ愉快~ (2, 0.0%)

1 がるよう, じゃない

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 によりて起る, の最も

▼ それ或は~ (2, 0.0%)

1 三羽か, 反動化する

▼ それ戦い~ (2, 0.0%)

2 にあたる

▼ それ拙者~ (2, 0.0%)

1 が言わない, もそう

▼ それ捕ま~ (2, 0.0%)

2 へて了

▼ それ提灯~ (2, 0.0%)

2 が出た

▼ それ政治~ (2, 0.0%)

1 の則る, の問題

▼ それ故に例えば~ (2, 0.0%)

1 同じ一立方米, 音楽家は

▼ それ故各~ (2, 0.0%)

1 地方の, 時代に

▼ それ故無~ (2, 0.0%)

1 内容と, 終極性としての

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 せて, なるもの人心

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が征め, が後ろ

▼ それ旅籠~ (2, 0.0%)

2 を下し

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 を振れ

▼ それ日本~ (2, 0.0%)

1 の将来, は東洋

▼ それ日本一~ (2, 0.0%)

1 の学校, の學校

▼ それ日本人~ (2, 0.0%)

1 の呂宋, の気質たる

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の懐し, の東海道

▼ それ智慧~ (2, 0.0%)

2 多ければ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がたい, の果して

▼ それ本気~ (2, 0.0%)

1 で云ってる, の話ら

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の御館, 去西来

▼ それ格子~ (2, 0.0%)

1 を開けたらう, を開けたろう

▼ それ案の定~ (2, 0.0%)

1 あとから, 天井睨みの

▼ それ梯子~ (2, 0.0%)

1 よ縄, を下ろし

▼ それ此処~ (2, 0.0%)

1 にあ, にある

▼ それ此間~ (2, 0.0%)

1 に, も感情教育

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に抵, は再生

▼ それ死人鬼~ (2, 0.0%)

1 となるあたわざる, となるあたわざれ

▼ それ殿~ (2, 0.0%)

1 がお立ち, につづけ

▼ それ殿様~ (2, 0.0%)

1 に遅れる, の前

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がに柿, の婿

▼ それ洗う~ (2, 0.0%)

2 てやん

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の順序, を搏

▼ それ物象~ (2, 0.0%)

2 を明示

▼ それ狂犬~ (2, 0.0%)

1 がまた, だア

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がいる, に穴

▼ それ玉脇~ (2, 0.0%)

1 の, の住居

▼ それ申しやした~ (2, 0.0%)

1 よ, 道理で

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が寄っ, の方

▼ それ畜生~ (2, 0.0%)

1 しっかり, じゃ

▼ それ畜生道~ (2, 0.0%)

2 の地獄

▼ それ異人~ (2, 0.0%)

1 が来た, の夫婦

▼ それ百姓~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ それ真に~ (2, 0.0%)

1 受けるいうの, 学に

▼ それ真実~ (2, 0.0%)

2 の教

▼ それ着物~ (2, 0.0%)

1 だと, の浸

▼ それ知っ~ (2, 0.0%)

1 てかよう, てながら黙ってたら

▼ それ石卵~ (2, 0.0%)

2 は敵し

▼ それ社会~ (2, 0.0%)

1 の情勢, の神経

▼ それ福造~ (2, 0.0%)

2 の手紙かいな

▼ それ等一切~ (2, 0.0%)

1 のもの, の行

▼ それ約束~ (2, 0.0%)

2 して

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ それ紅丸介抱~ (2, 0.0%)

2

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がぬれる, を描く

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 がぬれる

▼ それ考え~ (2, 0.0%)

1 てお, ても人間

▼ それ聞き~ (2, 0.0%)

1 にくら, に参った

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 だ右, を越した

▼ それ自ら感情~ (2, 0.0%)

1 であり烈しい, としてのイデヤ

▼ それ自ら散文~ (2, 0.0%)

1 の一種, の形式

▼ それ自ら疑問~ (2, 0.0%)

1 し去る, し来り永劫

▼ それ自ら表現~ (2, 0.0%)

1 である故に, の鼓動

▼ それ自ら詩的精神~ (2, 0.0%)

1 である故に, の本質

▼ それ自ら音樂~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の拍節

▼ それ自体一つ~ (2, 0.0%)

1 の文学, の闘われるべき

▼ それ自体不純~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ それ自体微弱感~ (2, 0.0%)

2 を起させる

▼ それ自身さ~ (2, 0.0%)

1 へはかない, へ一つ

▼ それ自身なほひとつ~ (2, 0.0%)

1 の存在, の過去

▼ それ自身フィクショナル~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ それ自身二つ~ (2, 0.0%)

1 の矛盾, の秩序

▼ それ自身人生~ (2, 0.0%)

1 の花鳥風月, を深く

▼ それ自身人間的感性的活動~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ それ自身価値~ (2, 0.0%)

1 の尺度, を生じる

▼ それ自身思想~ (2, 0.0%)

1 というもの, の色合

▼ それ自身意識的~ (2, 0.0%)

2 である処

▼ それ自身技術的~ (2, 0.0%)

1 であり固有, で操作的

▼ それ自身方法~ (2, 0.0%)

1 のこと, を意味

▼ それ自身永遠~ (2, 0.0%)

1 でありあらゆる, であるの

▼ それ自身独自~ (2, 0.0%)

1 の大学講座, の歴史的発達

▼ それ自身社會的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ それ自身社會的歴史的~ (2, 0.0%)

2 に規定

▼ それ自身立派~ (2, 0.0%)

1 な入門書, な理由

▼ それ自身純然~ (2, 0.0%)

2 たる女

▼ それ自身自然~ (2, 0.0%)

1 では, の宇宙時間的発達

▼ それ自身虚偽~ (2, 0.0%)

1 にぞくする, の論理

▼ それ自身虚無~ (2, 0.0%)

1 に帰し得る, に歸

▼ それ自身表現的~ (2, 0.0%)

1 である, なもの

▼ それ自身進化主義~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ それ自身過去~ (2, 0.0%)

1 と未来, に屬

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に屋形船, を浮べた

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, を出す

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 やワラ, を毟れ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 だの獅子, と見

▼ それ行つて~ (2, 0.0%)

2 見ろ

▼ それ裏金~ (2, 0.0%)

2 が無い

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が恋しく, に知れる

▼ それ言う~ (2, 0.0%)

1 のである, 通りあんまり

▼ それ計り~ (2, 0.0%)

1 ではありません, で夕食

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 と俳諧

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 たらお前, てくれはります

▼ それ諦め~ (2, 0.0%)

1 て帰っ, て歸つて

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 あもん, はう

▼ それ貰おう~ (2, 0.0%)

2 じゃない

▼ それ貴下~ (2, 0.0%)

1 から預かっ, の一件

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が現われた, だと

▼ それ足袋~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ それ軍隊組織~ (2, 0.0%)

1 の元気, は強迫

▼ それ近く~ (2, 0.0%)

1 ついて, 打たされて

▼ それ返し~ (2, 0.0%)

1 ていただく, て又

▼ それ逃がし~ (2, 0.0%)

1 てなる, てはと二千

▼ それ逃す~ (2, 0.0%)

1 な, なッ

▼ それ過去~ (2, 0.0%)

1 の欧州世界, は遠し

▼ それ都合~ (2, 0.0%)

2 よくあの

▼ それ鉄砲~ (2, 0.0%)

1 とえらい, を

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 だ, の手

▼ それ隠し~ (2, 0.0%)

2 てはりまし

▼ それ面白~ (2, 0.0%)

1 がりなさって, や

▼ それ面白い~ (2, 0.0%)

1 ぞ手, わ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が大, も聞えるだらう

▼ それ頼まう思う~ (2, 0.0%)

2

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 いと好, へ傘

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 を移し, 絶えて

▼ それ風呂敷~ (2, 0.0%)

2 か何ん

▼ それ馬市~ (2, 0.0%)

2 で銭

▼ それ馴染~ (2, 0.0%)

2 の病人

▼ それ驕奢品~ (2, 0.0%)

1 なるもの, は必要品

▼ それ鹿~ (2, 0.0%)

2 来て

▼ それ黄金~ (2, 0.0%)

1 の鎖, は士気

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 たれそっちゃへどけ, を打たれまい

▼1* [4527件]

それぁきっとして下さると, それぁきっとよく捕れるん, それぁここにゃ見えねえ, それぁとても駄目ですよ, それぁなるほど礼拝堂じゃねえ, それぁほんとの言葉だよ, それぁもうずいぶんお世話, それぁわっしも隠しやしません, それぁアンダスンとそれから, それぁビリーだな, それぁ仕方がない, それぁ俺の名, それぁ右の頬, それぁ君問題だぜ, それぁ大抵はこの, それぁ姉さんにだって鈴岡さん, それぁ幅が利く, それぁ明けっぴろげで何, それぁ無理だァ, それぁ神様が己, それぁ私だってまるく, それあぁ泣くわけ, それああ危い, それああっしみて, それあいいじゃあ旦那これ, それあいいだろうよ, それあいけないな, それあお互ひ, それあきまつてる猟銃だ, それあけちゃ困り, それあげよ, それあさきゆきあ, それあすげえところ, それあたしたち伺ひたいの, それあてに見せ, それあなんですよ, それあな人間に物, それあぶないとよける, それあぶねえぞ, それあまアそうだ, それあやしいなあよう, それあらためてみよう, それあられもない, それありというも色質, それあるいは然らむ, それあわてて逃げ出したらう, それあんたさんのお祖母さん, それあゝ危い, それあ何だつてさう, それあ大出来でした, それあ無邪氣な, それあ然ういふ人, それいうたらほんまに, それいかがなるべき, それいかなるものたる, それいくばくぞや, それいくらか若宮君の, それいたして失礼, それいたします私自身も, それいただき物な, それいってとっつかめ, それいつか妾の愛刀, それいつか陣場さんの持っ, それいづれをか執らん, それいまだにあなたは, それいまだ実際に戦端, それいま発起人の言った, それいやですわ, それいよいよ打って出るぞ, それいらないの, それいろいろ考えました, それ持って, それうごいたぞ, それうそないか, それうそうそとまた, それうつかりしないで, それうまいはずぢや, それうまいうまい団子だ, それうまく虎列剌と, それえと日毎に, それおしもの着類, それおしめそれ着代えと大, それおたがいに坂東武士の, それおなかが空いたろう, それおのづから善, それおのれの首, それおのれみずからに対して皮肉, それおもひでに, それおもかじだ今度, それおもちゃなの, それおやじのかい, それおよそ夢は, それおら知ってんけ, それお前達が人, それお化けや買うたろ, それお召し替え, それお嬢様の一番, それお寺様からおいで, それお株がはじまった, それお母さんが叱つ, それお気に入っ, それお爺さんに飛びかかっ, それお玉が逃げる, それお産のこと, それお腰やりなおしそら御, それお茶よ, それお茶それお使い, それお茶佛壇の南天, それお菓子それお茶よ, それお触れが出た, それお迎えに出ろ, それお釈迦さまのおっしゃる, それかう云ふ, それかかったらしいのです, それかかる例証を, それかぎり熊なき詮議お先, それかごへ, それかたがたお伺い, それかち貨物駅と, それかとぞ見る白露, それかとて筋だけを, それかとでもいうよう, それかとにほふ春, それかなわぬとあたりつけ, それかねそれは, それからうす赤い線, それからうす明りの倉前, それからかぶとを, それからからだ一面, それからくすぐつたい, それからげそりと, それからしか結果し得ない, それからしかとした調子, それからずつともどつて來, それからってえもの, それからといふもの女房と, それからねお姉様, それからはばかりから出ると, それからもじや, それかわいい女の子が, それがかやうに, それがかへって今では, それがかべにうつったたけしくん, それがくびじろだとは信じられなかった, それがくびばかりになったのは一まいガラス, それがけけけけふんと, それがずつとずつと古い代, それがた易く得られる, それがたい松行列の, それがたんつぼの, それがつつッと, それがというのも, それがとに角総, それがとのがたの, それがなといって, それがにゅっとくびを出しました, それがにも拘らずどういう, それがねエあなた厭らしい, それがのうこの年, それがのみ込めないので, それがはがいいのよ, それがへえじたばた, それがべいの, それがほど経てから, それがもの哀れに, それがらお母さんおりゃの, それがらみんなして, それがらララ電信ばしら, それがら吾眼は光つて, それがら塔も倒さ, それがら家さ戻ったらお母さんさ, それがら屋根もとばさ, それがら木折ったり, それがら樹折ったり, それがら稲も倒さ, それがら風車もぶっ, それりすつかり忘れ, それきかばもう, それきりあたりがしいんと, それきりおこえもか, それきりおじゃんになっ, それきりおれのところ, それきりお前はうん, それきりお父さんは帰っ, それきりぐうの音, それきりこいつは私, それきりしんとした, それきりそこの縁, それきりそっぽを向い, それきりその後は手, それきりだれも出, それきりぢやまだ, それきりつるを見ない, それきりどこかへ姿, それきりばつたりラタム号, それきりふたりとも黙りこん, それきりわしは見た, それきりわたしは彼女, それきりわたしたちは紳士, それきりイデンに来なく, それきりガクリとゆれ, それきりノートの数, それきりプツと音, それきりモルガン氏も日本, それきりリヴィングストーンの消息, それきり一六八二年まで再び, それきり一切金魚は止めました, それきり一刻もたったろう, それきり一寸言葉がと切れた, それきり一尺も寄りあわない, それきり一年の餘, それきり一度も訪ね, それきり一語もなかっ, それきり三人の方, それきり上へあがろう, それきり上野まで黙っ, それきり下を向い, それきり世に知られぬ, それきり両方とも同じ, それきり中川は現れず, それきり中野さんの耳, それきり二人共黙り込んで, それきり二年も三年, それきり二度とは燃え上らなかつた, それきり二羽の子, それきり云つて眼を伏せた, それきり人事不省に陥っ, それきり今に至る, それきり今日までハズ, それきり仕事も手, それきり他の方面, それきり仲直りしなかつたの, それきり仲間の運命, それきり会話が跡絶え, それきり伯爵邸へは行きませんでした, それきり伴れて, それきり何事もなかっ, それきり來ない, それきり俛首れて, それきり俯向いて, それきり傍へ寄る, それきり元のもくあみになる, それきり八重のこと, それきり再発したこと, それきり冬近い日没, それきり劇作の筆, それきり勇吉はだまっ, それきり北村さんはだまりこん, それきり十日以上たっても, それきり千枝子はいくら, それきり友子に会わなかった, それきり双方の肝要, それきり向こうに駆け, それきり君は東京, それきり吹雪のなか, それきり呼吸が止つて, それきり和一郎は佃, それきり喜代子は黙り込ん, それきり夕食の時, それきり外に出かける, それきり外交官は姿, それきり多くを母自身, それきり夜に別れました, それきり夜明まで猫, それきり夢は醒め, それきり大井増二郎は口, それきり大阪へ帰っ, それきり夫人のほう, それきり失踪して, それきり奥の間, それきり女奴の蝦夷萩, それきり妙に行, それきり姉とは逢えなかった, それきり学業を廃, それきり守田座へは足踏み, それきり安子と相, それきり安藤との交渉, それきり宋江の至誠, それきり官途もやめ, それきり実家に押えられ, それきり容易にうごかなかった, それきり寐付かれずに, それきり寢つくこと, それきり小僧とは別, それきり少女はもう, それきり尼の影, それきり岸本啓介の耳, それきり幾日もなく, それきり床について煩った, それきり影も見せ, それきり後日談もなかつた, それきり後絶して, それきり急に黙っ, それきり息が絶えた, それきり意識を失っ, それきり投石は止まった, それきり指井と自分, それきり敗戦の責任, それきり料理屋の方, それきり断念したこと, それきり日吉のこと, それきり日記に現れ, それきり春先になる, それきり最後まで貴島, それきり束髪を止めさせられた, それきり杳として沙汰, それきり松江の噂, それきり横を向い, それきり横浜へも帰らず, それきり次のことば, それきり歌子はぽつんと, それきり正気にかえらず, それきり歴史文学のこと, それきり殆んど, それきり民さんとはあわず, それきり気絶して, それきり氣まづく, それきり水の中, それきり永久に別れ, それきり浮きあがりませんでした, それきり清子はそれ, それきり滅多に村, それきり無効になる, それきり爭議團の方, それきり牛蒡か人參みたい, それきり物音もしませぬ, それきり犬の八公, それきり男からは絶え, それきり皆黙って, それきり相手の将校, それきり知覚を失っ, それきり碌に口, それきり禿鷹はあっ, それきり私達は切符, それきり秦啓源には逢えず, それきり空間に消え, それきり立ち消えてしまっ, それきり笠のこと, それきり答礼もせず, それきり粟稈の中, それきり素子のところ, それきり絵は戻つ, それきり考へこんだ, それきり耳が聞えずなった, それきり腰も立たず, それきり自然に義姉アイネ, それきり自身はこの, それきり船にのる, それきり草場の中, それきり葉子の消息, それきり藤夜叉の名, それきり蜂谷は息, それきり行方が知れなくなった, それきり言づてをすることもやめて翌朝早く帰っ, それきり読書を中止, それきり谺もしない, それきり豆店へは帰っ, それきり貂蝉のこと, それきり起居もよろよろ, それきり踵をかへし, それきり身体が発育, それきり身動きもしない, それきり返事をしませんでした, それきり返辞もし, それきり連絡も絶え, それきり金だけねこばば, それきり銃音はしなかった, それきり門内の声, それきり電話もかからず, それきり面談をする, それきり音は歇, それきり音止めをやっ, それきり頭が上がらなくなりました, それきり首を振った, それきり鳴り止んで, それきり黒犬の吠える, それきり默つて僕を見, それきり默つて煙管を持ち, それきり鼬の道, それぎりあの楽屋へは商い, それぎりお嫁さんの世話, それぎりお島婆さんとも交渉, それぎりお帰りにはなれませぬ, それぎりお民は口, それぎりお目にかかれなく, それぎりかい君のいう, それぎりかなり長い間, それぎりけっして出て, それぎりけっしてその事を云い出さなかった, それぎりこの事件について話, それぎりこの二人を忘れ, それぎりしか出来て, それぎりしか口を利かなかった, それぎりしばらく口を利かず, それぎりその墓を見た, それぎりその話はやめ, それぎりだ結んで, それぎりだったのが出立の二日前, それぎりだったので準会員, それぎりついに帰って, それぎりてんでとり合わない, それぎりでぐったり倒れたよう, それぎりですそれぎりです, それぎりでたれもなんとも言わない心, それぎりでとうとう十月ほどし, それぎりでは済みそうにない, それぎりでひっそりと鎮まって, それぎりで一人も戻っ, それぎりで三人は黙っ, それぎりで何事も起こらない, それぎりで僕はこの, それぎりで品物に執着, それぎりで問答の声, それぎりで声はやんだ, それぎりで夫婦は再び, それぎりで奥へはいっ, それぎりで婆の姿, それぎりで客へは何, それぎりで弥次右衛門, それぎりで後のな, それぎりで手持無沙汰と知り, それぎりで樗牛はえらい, それぎりで気を失っ, それぎりで物も言, それぎりで目が醒めた, それぎりで表はひっそり, それぎりで跡を絶った, それぎりとなったが緑雨と私, それぎりどうしたか後にも先, それぎりどうしても寢附かれないやう, それぎりどこへどう, それぎりなんだが今日はやつ, それぎりにして直接重吉のこと, それぎりにするのも飽き足らなかった, それぎりにする事もある, それぎりになってしまったがわたしの知っ, それぎりになつてやがて二人は坐, それぎりになる代りに一所, それぎりの話でその, それぎりひっそりしてしまったのはもうどこ, それぎりほかの方へ気, それぎりぽかんと何か考え込ん, それぎりまるで逢わなかったの, それぎりもう阿兄, それぎりもうぱったり来なくなったので, それぎりもう二人はそんな, それぎりろうそく屋をやめ, それぎりわたしたちは言葉少なに箸, それぎりわたしは二年の間, それぎりナルシサスの合図, それぎり三人は黙, それぎり下へ落ち, それぎり世に出る, それぎり中へ這入っ, それぎり二度と乗ろう, それぎり云はない, それぎり今日まで何とも, それぎり会話を切り上げよう, それぎり何事もなく, それぎり何処へ行っ, それぎり元のやう, それぎり内幸町へは足, それぎり別々の方角, それぎり勝重は半蔵, それぎり勾配の急, それぎり半蔵は山林事件, それぎり反故にした, それぎり受話器の中, それぎり国へかえっ, それぎり夢はさめ, それぎり大井を閑却, それぎり夫の噂, それぎり奥へはいったらしかった, それぎり奥さんの厭, それぎり娘のところ, それぎり宅の誰, それぎり小説の事, それぎり少時は夕影, それぎり屋敷へ帰らなかった, それぎり岸本はもう, それぎり席を立っ, それぎり幾年か音信不通, それぎり座を立とう, それぎり当分の間, それぎり役所を出, それぎり彼等はそれ, それぎり往復は絶え, それぎり往生しても, それぎり徃生しても, それぎり念頭に置かなかった, それぎり恋を口, それぎり手紙の事, それぎり敬之進は床, それぎり断念して, それぎり景蔵は口, それぎり書類について語らなくなった, それぎり歸つて來ない人, それぎり母ねこの姿, それぎり気をかえたらしく, それぎり水は高まっ, それぎり沈黙を守つて, それぎり消息が絶, それぎり無事にすみました, それぎり照子はそんな, それぎり熊さんは村, それぎり物も言わず, それぎり百合子は姉さん, それぎり皆なの, それぎり眼を転じ, それぎり立消に, それぎり立ち消えになっ, それぎり筆を投じ, それぎり節子の消息, それぎり米屋へは帰らない, それぎり細君から洋服, それぎり美妙とは会わなかった, それぎり耳を貸さなかった, それぎり自分の店, それぎり舞台に見えない, それぎり茶の間はしん, それぎり蝋燭屋をやめ, それぎり街のほう, それぎり言葉が途絶えた, それぎり誰にも云わなかった, それぎり身を起す, それぎり返事を差し上げない, それぎり連れの方, それぎり部屋を出, それぎり重湯というもの, それぎり鍼医は参りません, それぎり離れ離れになった, それぎり青年画家の行衛, それぎり静かになった, それぎり音信不通であるので, それぎり頓挫して, それぎり首を列車内, それぎり高木の傍, それぎれで手掛りがない, それくすぐつて遣れ, それくらいかも知れんな, それくらいつつしみの, それくらいにしかわからないか, それくらいにはなろうなあ, それくらいまでの不自由な, それくらいもあろう, それぐぐとためてゐるとすぐ水面, それぐずぐずして, それぐらいでしかないの, それぐらいまでは何うにか, それぐらゐでも我儘をいつ, それぐらゐで閉口するやう, それぐらゐなら真ッ, それぐらゐにして浪人者は何ん, それぐらゐのことに気がつく, それぐらゐのことはお前さんにも分つ, それぐらゐのことはよく分つて, それぐらゐのことはチャンと見ぬい, それぐらゐのことは先刻こちらが知つて, それぐらゐのことは當り前, それぐらゐのことを考へて, それぐらゐのことをしてやらなきや清吉も顏, それぐらゐのこと君も覚悟, それぐらゐのこと大概の人, それぐらゐの所だらうと, それぐらゐの技巧がない, それぐらゐの智恵をしぼり, それぐらゐの用意はある, それぐらゐの腕がなき, それぐらゐの覚悟を持つ, それぐらゐはそのま, それぐらゐ平気になつ, それぐらゐ彼處では兩方, それぐらゐ氣位高く強く明るく, それぐれえの借金, それけい子御案内, それこいつだ, それこういう工合に, それこうしてやらあ, それこそかどのとれた, それこそにいさまたち, それこそねあの貴, それこそも少し真面目, それこたえたか, それこちらから先, それこの間吉原遊びというの, それこの間感冒に罹っ, それこびっちょの男の子がつくられた, それこれからの仕事, それこれくらゐ, それこれらの天, それころり徃生である, それこんだ小舸, それこんなに埃が, それこん畜生口をこっち, それござんなれと鎧兜, それごとテンピの中, それごと鍵穴の中, それごらんお前が早く, それごらんわたしを連れ, それごらん手までこんなに, それごらん神さまなんてう, それごらん誰の世話, それごらん餌を食べたい, それごらん駐在さんの耳, それご存じのとおり, それさあなあ, それさい察して, それさうでねえと, それさうだからえ, それさえずうっと下, それさせたのである, それさっきも話した, それさね早三十五六年にも, それさまたげがあっ, それさらに病の, それさらば実で, それさる事ながら, それさんこうして, それざつと三杯を一合, それしかく詩調を, それしかりわが邦, それしたら一文も, それしだいということ, それしないでいきなり, それしますわ, それしも手から, それしょびくでの, それしよびくでの, それじいッと眺めてる, それじたいビクともしない, それじまいよ, それじゃあしも行って, それじゃあてまえが, それじゃあとはおらが, それじゃがいもの皮, それじゃけ永田本人を, それじゃったわい, それじゃで是非が, それじゃネ萩の, それじゃ香を嗅ぐ, それじやねトムちや, それすこし不健全だ, それすすめるならなぜ昨日, それすでに疑わざるに, それすなわち推古だ, それすらもがおよそ不審, それすらやさみしこのごろ, それすらをすべて解脱した, それすゑてくれ, それえ御承知, それそこで馬の, それそこらを見廻せ, それそちのいつも, それそちらへと納戸, それそっと一両握らし, それそつちこつち仕たつちこと, それそりゃ昨日の, それそれあそこにミンミン蝉, それそれおれは今, それそれお前は下敷き, それそれお召し替え, それそれからあれ, それそれこびっちょの男の子がつくられた, それそれそこにそれ, それそれそれそいつがいけない, それそれそれそれその小, それそれそれ若衆が山伏, それそれへたにとぼけた, それそれみどりして, それそれわたくしにはお, それそれサーベルをもらっ, それそれッ突き倒すぞ, それそれ両手が動く, それそれ乾盃あれに限る, それそれ二度迄申されました, それそれ今日も七里, それそれ何んでまた, それそれ何処を見てるだらう, それそれ何處を見てるだらう, それそれ別であるが, それそれ匂強き味覚, それそれ声も歌, それそれ奥州の涯, それそれ心配するほどの, それそれ扉を開ける, それそれ手水鉢糸目の椀, それそれ拙者もそう, それそれ日頃源空が言った, それそれ昨晩お使, それそれ次の時代, それそれ母ちゃんが待っ, それそれ気がきく, それそれ気性によって違うだろう, それそれ火がとぼつ, それそれ煙が見えとるだろう, それそれ生理心得草に水, それそれ私の申さぬ, それそれ羽織の裾, それそれ胡弓ひきがひきだした, それそれ若衆が山伏, それそれ菊亭右大臣という公卿屋敷, それそれ証拠は目のあたり, それそれ軍服のこの大きな, それそれ通りがかりの人目, それそれ造化の大道, それそれ違つてゐて, それそれ配置よく植えられる, それそれ鼻たれそっちゃへどけ, それそんじょそこらの書家輩, それぞとは決められないが, それたがりがちだ, それたがるには我, それたくあんを買っ, それたちを見, それたったいま懲りる, それたとい顔を, それたまたまで顔, それたりになんらか, それだきゃ根堀り, それだけかと惘れ返つて, それだけかも知れない, それだけがよかつたです, それだけさえ口へは, それだけさえもできない日, それだけずつを一口当りに, それだけでがつかりした何と, それだけでもって客を, それだけということが, それだけとしまして次へ, それだけにしかもはや彼女, それだけによって判断する, それだけもこれだけも, それだけやないみたい, それだけりこうな, それだした事が, それだったら会って話し, それだったら考えてみ, それだってよそれでもよ, それだつたんです, それだのこれだの, それだら明けて這入りな, それだ分ってます, それちかごろは警戒厳重, それちがうさっきの, それちゃいましてね, それちゃんとその了簡, それちょいと色気, それちょうどそこに, それぢゃあ何十円ってたべた, それぢやあ一時迄と堅い, それぢやあ君の意見, それぢやあ帰つてやらう, それぢやあ後で誘ひ, それぢやあ接吻させるけ, それぢア困る, それぢヤこれではどう, それっきりあたりはまた, それっきりあなたは生害, それっきりあんたもあたし, それっきりいちども私たち, それっきりいまのいびき, それっきりおれはそんな, それっきりお互いに一こと, それっきりお客がつかず, それっきりお父さんというの, それっきりからだを二つ, それっきりきょうも姿, それっきりきれいに忘れ, それっきりくろがね天狗は江戸市中, それっきりぐうぐう大鼾, それっきりこの世から姿, それっきりご飯のお代り, それっきりしずかだ, それっきりすべての事, それっきりそれっきりぼくは何, それっきりなんの音さた, それっきりねこのこと, それっきりひとことも口, それっきりぷつんと笑いの尾, それっきりぼくは何, それっきりみたいなもの, それっきりむだな問い, それっきりめったに出っくわす, それっきりゆくえがわからなくなっ, それっきりゆくえ不明になった, それっきりわたしは譲原さん, それっきりわたしゃ何が何やら, それっきりアンの姿, それっきりイラクサにはさわらない, それっきりクロロフォルムの甘い, それっきりスリなど廃そう, それっきりドクトルは黙りこんだ, それっきりパッタリと声, それっきりヘンデルを見捨てた, それっきりミシリともしなかった, それっきりリーロフの姿, それっきりルゾン号がフランス本国, それっきりロンドンを訪問, それっきり一こともいわず, それっきり一度も顔, それっきり一族のもの, それっきり一言も口, それっきり一通の手紙, それっきり一週間も御, それっきり三日社を休ん, それっきり下へ降り, それっきり下手人が判りませんでした, それっきり両手を支い, それっきり中富坂の家, それっきり中戸の奥, それっきり事件を忘れ, それっきり二十年間わかれて, それっきり五十三か四, それっきり京子は彼, それっきり京都へは帰らなかった, それっきり人の世, それっきり人ッ子ひとり通らない, それっきり人影が庭, それっきり人造人間エフ氏の姿, それっきり今日までついに, それっきり今時たいていの, それっきり今朝まで私, それっきり他の女, それっきり他人になる, それっきり以来十箇月桜の花吹雪, それっきり何事もいわれなかった, それっきり何年も忘れ, それっきり何時まで待っ, それっきり俺あ仙太公, それっきり僕は草田, それっきり兄は一言, それっきり兄さんは帰っ, それっきり八十助の知覚, それっきり再建しないので, それっきり再読の機会, それっきり写真のこと, それっきり勘定をとり, それっきり十数年間帰郷しなかったの, それっきり十日ばかりろくに, それっきり千二は気, それっきり博士はもう, それっきり友人の方, それっきり反抗しようとも, それっきり取り返しがつかない, それっきり右の耳, それっきり名人は本来, それっきり呻り声, それっきり唇を噛ん, それっきり固着したよう, それっきり夏の海, それっきり夕飯のとき, それっきり外国の話, それっきり多鶴子は口, それっきり夜おそくまで, それっきり女だけが助かりました, それっきり妻とも妹, それっきり嫁御の無事, それっきり安岡は病気, それっきり家中の者, それっきり宿所も告げず, それっきり尋問調査を切りあげ, それっきり小僧を逃がし, それっきり小半刻も待たされた, それっきり小林君とはぐれ, それっきり少女は顔, それっきり尻切蜻蛉になりました, それっきり平次の手, それっきり弁天様の足, それっきり当人もとうとう, それっきり影覗きもしやがらねえ, それっきり彼らとは逢わない, それっきり彼女には逢わなかった, それっきり彼等は無言, それっきり後ろも見ず, それっきり微動もしなかった, それっきり念仏を唱える, それっきり怒りっぱなしになった, それっきり急ぎの仕事, それっきり怪人のす, それっきり怪塔ロケットの行方, それっきり息を引取, それっきり悪夢を口走る, それっきり悲鳴は聞こえなかった, それっきり意識を失っ, それっきり戸のあいた, それっきり手を引きました, それっきり手拭を返し, それっきり手掛りの糸, それっきり振りむきもしない, それっきり支那服も黒眼鏡, それっきり救援の飛行機, それっきり敵の方, それっきり断絶だ, それっきり旅の者, それっきり昨夜は帰っ, それっきり昨晩は何とも, それっきり杳として判りません, それっきり松の木の話, それっきり林太郎のこと, それっきり柳屋へ来ません, それっきり棒がうごかなくなった, それっきり権六も小僧, それっきり次の言葉, それっきり欧羅巴のどこ, それっきり殿下ももう, それっきり母はまた, それっきり気絶して, それっきり江戸に姿, それっきり江戸っ子の関心, それっきり沈黙して, それっきり沖縄へ帰る, それっきり河原は音, それっきり沼間氏の一族, それっきり活動を中止, それっきり浪はもう, それっきり消息を断っ, それっきり火事のこと, それっきり無言であった, それっきり父なし児, それっきり父子は姿, それっきり物音が致しません, それっきり男の姿, それっきり病人らしい気持, それっきり発展もせず, それっきり皆を置いてきぼり, それっきり目が冴え, それっきり直人は四日, それっきり眼を廻し, それっきり知覚をうしなっ, それっきり禁煙を誓った, それっきり穴のふち, それっきり立消えがし, それっきり筥崎網屋町の自宅, それっきり絵をあきらめ, それっきり縁側へ出, それっきり老人の声, それっきり考えごとをし, それっきり自由を奪われ, それっきり船と別れ, それっきり苦笑いを噛み殺しました, それっきり蝦蟇は私, それっきり行方不知にな, それっきり褥を取ろう, それっきり見返りもしなかった, それっきり詫まりに来ない, それっきり質屋の蔵, それっきり足踏みをし, それっきり跫音も咳, それっきり返事をしない, それっきり迷宮入になっ, それっきり透明人間はどこ, それっきり釜吉に背, それっきり陽の目, それっきり隆夫はうち, それっきり音はやんだ, それっきり頑くなに, それっきり鷺太郎の視界, それっきり默りこんだ, それっきり鼬の道, それったたんじまえッ, それっやっつけるんだ, それっやるな, それっ分れろ, それっ切りで外に, それっ切りで打ち切ってしまえ, それっ切り出て来なかった, それっ切り来なくなってしまった, それっ切り立ち縮んでしまった, それっ切り訪れる人間は, それっ取ってかえせ, それっ持ってゆけ, それっ放しでございます, それっ獲ったぞ, それっ近づいてきた, それっ追い討ちにかかれ, それっ駈け上って満山, それつかまえろッ, それつきつか, それつきりさと云, それつつしんで退出した, それつてばねえ五十嵐さん, それつとめよ, それつねに籠城の, それてまで殺意を, それてめえたちの左右, それてめえ達の居所, それであったならどんなこと, それであったらおもしろい恋, それであったらしいのです, それであったればこそ当時, それであったろうが作人, それでありたいような, それであるからさういふ點より, それであるべき何物かを, それでかき雑炊は, それできたら貧乏でも, それでこそとお母さんも, それでございましてお湯, それでございましたから今日, それでございましたらただ今承りました, それでしたやくの者にも, それでしたら捜す必要ない, それでしつくり合つてゐた, それでしんごん, それでじぶんの, それでじゆんもそこ, それですぎて次, それですつかりふいになつ, それでっしゃがな問題は, それでとは思わなかった, それでなかつたことだけは, それでなきやいけない, それでなくちやあ埋まらない, それでなくなっていった, それでもかの女は, それでよけりやあ幾日, それで御座んす常日さ, それで無くとも眠れぬ, それといっただけでは, それといふのもさう, それとからうたいはじめられて, それところじゃない, それとしてのねうちが, それとだけ考えて, それとちつとも関係, それとって下さらない, それとてもあまり気を, それとてもいろいろ種類が, それとてもすっかり身体を, それとてもたいして深入りを, それとてもたいてい紋切形の, それとてもときどきそこの, それとてもどうにか言いこしらえること, それとてもはっきりしたこと, それとてもひとしきりでたまった, それとてもぴったり身については, それとてもやがて又何, それとても全く余りに途方も, それとても別段に藤六, それとても大して気には, それとても必ずしも米友の, それとても時々つゆは, それとても果して月心院で, それとても無論軽い其場限り, それとても直ぐその直前, それとても真に隣人と, それとても突然とし, それとでまた弾薬, それとでは心理的影響において, それとでも比較し, それとに違ったものの, それとに対しまた支那人, それとに対して正しい見解, それとねまきを, それとはかわッて, それとはずつと離れた浅い, それとばかりもありがたがって, それとまで混同し, それともいぢめた, それともうぬが, それともきゃつらが結果, それともくすぐつたい, それともすみよしへ, それともらつた複寫紙とを, それとやかくいう権利, それとより言いようの, それとりあえず仙台城下高橋玉蕉先生の, それとるぞ, それと共にかやうな, それと共にどたりと倒れる重, それと共にもうかれこれ午近く, それと共によけいきいきいする, それないして, それどうせ印旛沼だ, それどころか恙が, それどのくらいの大き, それなぐれそれ叩け, それなぜ食わないん, それなどが主な, それなどを通じてこの學校, それなめりと竹, それならありますよ, それならあり得ないことで, それならあるワ, それならあんじることは, それならおぬしも死ぬる, それならしる粉くれ, それならず解けぬ心に, それならできないことで, それならとちゅうでさんざん, それならやってやる, それならわかるぞ, それなら上ってきい, それなら云ってしまおう, それなら出来ると思ひ, それなら分っております, それなら分りますが今度, それなら分るような, それなら助けることは, それなら勤まらぬことは, それなら帰りますよ, それなら思いあたらぬでもない, それなら教えよう造作も, それなら断わりましょうかと云う, それなら有るんだ, それなら止めるばかりだ, それなら泊ることに, それなら知ってるよ, それなら行っておい, それなら送った品を, それなら逃げる許りだ, それなら関わないじゃありません, それなら食ってはならない, それなるふすまを, それなる替え難い浄財, それなる残った駕籠が, それなんか知ら, それなんかはくだらない出来, それなんぞと関係が, それなんだいぼくにちよ, それなんてお菓子, それなんでおくれを, それなんめりと, それなん別人に非, それなん宋江その人, それなん鎌倉の執権高時, それなーにとのぞきこんだ, それにあたってとろとろと, それにあたり出した時, それにあたりは森閑として, それにおいての内的事実として, それにおいてはこれより, それにおいてもある時, それにおけるごとく問題, それにかけ渡した金属板, それにかべというかべには, それにがした, それにこそ存在の, それにさえも答えず水兵, それにずつと我儘で, それにたいしての礼儀私も, それにたいしては前ほどは, それにたいしてまでクリストフは, それにだって同じだ, それについてな宮本村の, それにつれてがたりと動く, それにつれてね十五年頃あなたが, それにとに角お前, それになつたので, それになんぞさっきから, それにのう太夫はたから, それにはてまえごときもの, それにはというところから, それにはも一つそれを, それにばかりかかつてゐた, それにもかはらで, それによってこそ行進した, それによってだけ確保される, それによってのみしか位置の, それによりかかつた, それによりましてはこのおやじめ, それによるに唯裸, それによるまでもなく藩内, それに対していう場合の, それに対するの応戦計画として, それに当たって地に, それに当たるヘブライ名は, それに従いまして遠慮なく罷り出ますでございます, それに従うのほかない, それに従ってはいけないという, それに関しての作法も, それぬきで十二分, それぬけ穴だっ, それねむの浜, それのがすなッ, それのせゐに相違, それのみしかない, それのみとして完成された, それのみにては御慰み, それのみを以て満足しない, それはあてっこする会, それはうらがわに, それはかへつて愉快ぢや, それはかるはずみであった, それはくはしく, それはくみちやん, それはぐッと, それはけぢめもなし, それはけふ東京の, それはごきげんを, それはござりますよ, それはさんせいです, それはしもうた, それはじょうだん, それはたして然らば, それはた今や我と我が古帽, それはた更につらか, それはてよく肖た婦人, それはとて大幅で, それはとのさま方結構な, それはなんて店です, それはねかうなんでございます, それはねすりむいたとこから, それはねねらった鳥が, それはねひめごとという, それはねもつとかう, それはねエお母ちゃんが, それはね教えてあげます, それはね行って見れ, それはね阿父さんが, それはばたんと閉じこめられた, それはべんとうを, それはべんとう箱を, それはもの言は, それはやりはしない, それはらしゃめんという, それはらんちゅうとか獅子頭とかいう, それはナ天下の, そればかされていましょう, そればかしでなしに, そればかりからでは, そればかりじゃがあせんその, そればかりでも行かぬと, そればかりとはいえないよう, そればかりとも言えないもの, そればかりはと云ったって, そればかりも飽きますから, そればさ野火と, そればっかりの金で, そればっかりやあれへん同性, そればってんが, そればってん誰かが欲, そればってん顔が, そればやこし, そればらばら一緒に, そればんざあい, それらがなの, それひとつきりなの, それひと間きりの部屋, それひるも偏狂の, それツと, それぶちのめせってひどい, それぶった斬ってしまえ, それへたにとぼけた, それへということに, それへとかはつて, それいじゃ, それほうりますよ, それほかしらない五つ, それほか道のない, それほどにしたくは, それほどにも感じないの, それほどの所なら, それほんとに妾だった, それほんの一瞬で, それぼんこれはどう, それまあー仕方の, それまさに死せん, それまでかも知れませんが, それまでから欠いて, それまでじゃあないか, それまでずつと病院に, それまでだってただの, それまでてまえの, それまででもあって, それまでといふ冷めたさ, それまでとして遊びの, それまでにおける世間の, それまでにて滅茶, それまでやわらんで, それまでよと思ひさだめ進み近づく熊, それまでよりも十倍も, それまま帰途についた, それまん中の水ぎわ, それみい一名欠けて, それみい煙草と, それみい玄徳はかえる, それみい賞められれば, それみずから人間的である, それみずから変容して, それみずから宗教的である, それみずから次のごとき, それみずから発展する自主自足, それみずから類型を異に, それみたまえオンドリ君, それみどりして, それみな一致して, それみな云えないだろう, それみな俺の云, それみな貴様の悪戯, それみねえお倉さん, それみると, それみろいったとおりだったろう, それみろかかあは, それみろつて言われたくない, それみろやられたぢや, それみろやればできる, それみろ答えられんだろう, それみろ聞いたかいま, それみろ言わないこっちゃない, それみんなかあさん独りで出し, それみんなそこにおちてた, それみんなふたをしめろ, それみんな平家蟹のこと, それむずかしい顔に, それめめをさました, それもかやくの, それもかべだけでは, それもからかひ過ぎて, それもぐッと, それもちやんと人, それもつと声高, それもな滅多にそんな, それものう元唄, それもほどなくもう, それもも早や, それもをかしい, それゃあなたは初めて, それゃあなたは専門だから, それゃあほかならね, それゃあもうよくわかるんですがなにしろわっち, それゃあ私があそこ, それゃうそでさあ大工もほんの, それゃうわべが似て, それゃお前の身, それゃお母様はいざ, それゃそうだけど能く頼め, それゃそうでなくちゃ伸子が困ります, それゃどうか分らんぞ, それゃどっからかっぱらって, それゃね無理強いするよう, それゃまあそうです, それゃまた別口だ, それゃわたしだってよろこん, それゃわたし一人ぐらいはなんとか, それゃアあたしだってピラシャラ, それゃアチャンフーの買った, それゃアモウお前さんは自分, それゃア人さまにゃア, それゃア当座四五日はち, それゃ一寸はおいで, それゃ不思議なもの, それゃ且那様俺等もそれ位, それゃ中にゃ有る, それゃ事情を知らない, それゃ人間の体, それゃ仕方がありません, それゃ何事だ, それゃ便利に使える, それゃ偽札じゃない, それゃ内地へ帰る, それゃ君泥棒猫だからさ, それゃ情実ですよ, それゃ我慢するん, それゃ日本人の面汚し, それゃ残念だね, それゃ民間の女, それゃ気になった, それゃ水揚げ水車でもなん, それゃ男の方, それゃ私たちは大きく, それゃ結構だけれどもね, それゃ羽左衛門のおっかさん, それゃ苦労したろうが, それゃ表面のこった, それゃ裏書ができ, それゃ間には合う, それゃ駄目だよ, それやあおまへは自分, それやあご先祖の, それやあそうだろうが, それやいそれやい, それやいつたい恋愛の, それやがて呉服橋を, それやくみちや, それやけに紅粉を, それやこたへるわ, それやずつと楽に, それやちよつとぐらゐございますけど, それやったら会うた方が, それやっつけろぶった切れ根っこを, それやっと口から, それやっぱり京女は, それやでに嫂, それやならしてやらうと仰, それやなんなるぞとても, それやむべからざるものなり, それやもうじれつたいといふ, それやもうなんです, それやもう急いじやいけない, それやもう見ちやゐられませんでした, それややはり高さん, それやら博奕場帰りやら, それやれと仕度, それやろといや, それゆえあけすけに申しまする, それゆえあれほどの名作, それゆえあんさんもその, それゆえうそいつわりの, それゆえおれは何, それゆえお上を欺く, それゆえお前にも悲しい, それゆえお迎えに参りました, それゆえここでもし, それゆえこちらも恩返し, それゆえこれ以上安心して, それゆえごはんもたべたくなくなっ, それゆえさっき死体解剖の結果, それゆえさまでは, それゆえそうなくってさえ, それゆえそこに生え, それゆえそれらの窯, それゆえだんなの江戸五郎, それゆえつぎの屈辱, それゆえどこの誰, それゆえにんじんは胸, それゆえひとたび解散の声, それゆえひとりでいる, それゆえふた親は自分, それゆえまじめになっ, それゆえみんなは何日, それゆえわたくしどももこの, それゆえわたくし始め村の者ら, それゆえわれらは生物学, それゆえアラスへ行き, それゆえイトコ同士の結婚, それゆえイナゴが蟻, それゆえキリストの理想, それゆえコンブフェールの見解, それゆえサチ子の言葉, それゆえストックホルムに, それゆえスリルの段階, それゆえセリは種子, それゆえトコロを野老, それゆえドナウの沿岸, それゆえバルザックの浄らかさ, それゆえファラデーが喜んだ, それゆえフランスは彼, それゆえフリーダにいくら, それゆえベエコンの夢見る, それゆえマスケリーも自分, それゆえマルクス五十年祭を記念, それゆえルルを呼びました, それゆえロンドンを立っ, それゆえワグナー協会がなすべき, それゆえヴェルノンでできるだけ, それゆえ一九三八年ごろフランスでナチス, それゆえ一五九六年六月の末, それゆえ一朝事情が変ずれ, それゆえ一週に一日, それゆえ万ガ一の場合, それゆえ万葉に用例, それゆえ下女が毎朝, それゆえ不審はまず, それゆえ世人一般はもとより, それゆえ世間が憎く, それゆえ中村屋の基礎, それゆえ主君ご直参, それゆえ二週間を経, それゆえ二重の空虚, それゆえ二階に登る, それゆえ五年前の救護所, それゆえ五百は彼, それゆえ些末な日常的事件, それゆえ人種衛生学とか社会衛生学, それゆえ人類の滅亡, それゆえ今日いずれの文明国, それゆえ今日民種改善に関する研究, それゆえ今生一生の業, それゆえ代価も他, それゆえ以下のべるところ, それゆえ以前ほどの勢い, それゆえ仮りにかう, それゆえ仰せなれど, それゆえ伊兵衛を召捕っ, それゆえ会長になれ, それゆえ伝記を書く, それゆえ伸子の蒼白, それゆえ何よりもまず, それゆえ何事も知らず, それゆえ何時でも望み, それゆえ余りのうるささ, それゆえ余り盛んにもならない, それゆえ作物から当然, それゆえ使用人も主人, それゆえ保は矢島優, それゆえ信条のない, それゆえ個々の訴訟, それゆえ個人はそのまま, それゆえ個人商店にこれ, それゆえ僕たちはその, それゆえ先月二十人ぐらい解雇, それゆえ先生は, それゆえ全力をふるっ, それゆえ其様式もあまり, それゆえ内心ほくほくし, それゆえ出し物ももっぱら, それゆえ出征した時, それゆえ切腹に代え, それゆえ初めから余, それゆえ初心者には解せぬ, それゆえ力で押さず, それゆえ勇気を出し, それゆえ動物では生存, それゆえ千両の財産, それゆえ卓一は澄江, それゆえ協会へも相当, それゆえ単純な子供, それゆえ友人に頼み, それゆえ叔母さんが往, それゆえ右の唇形科品, それゆえ各々の分, それゆえ各自には一週間僅か四時間, それゆえ同一の種類, それゆえ商人はわけ, それゆえ土地は変つて, それゆえ地表での物体, それゆえ堀はほとんど, それゆえ塩田大尉は涙, それゆえ変屈男と評判, それゆえ夕方は昼間, それゆえ外部からみれ, それゆえ多感な郎子たち, それゆえ大作を一人, それゆえ大騒ぎいたしまして, それゆえ天元五年に成っ, それゆえ太平洋戦がはじまる, それゆえ失礼ながらこの, それゆえ奉行の一存, それゆえ女性に対した, それゆえ妾は申し上げ, それゆえ始めの間, それゆえ娘は自分, それゆえ娯楽的な家事的, それゆえ婆様も私, それゆえ子供は眠っ, それゆえ子孫のため, それゆえ孟子は恒産, それゆえ孤児を励まし, それゆえ孤児仲間は世界的, それゆえ学校事業は独立事業, それゆえ学窓を出, それゆえ安火を入れる, それゆえ宿を貸す, それゆえ寒山詩にも老翁, それゆえ寸法などが非常, それゆえ専門家が必要, それゆえ射撃を行なう, それゆえ小牧山からもどる, それゆえ小説も書けない, それゆえ尾は小さい, それゆえ山葡萄のよう, それゆえ川に架け渡した, それゆえ市区改正のため, それゆえ師の光悦, それゆえ師匠の歩み, それゆえ年期中は給与, それゆえ幼児には外形, それゆえ幽霊と共に偕老同穴, それゆえ幾千年の後, それゆえ床の上, それゆえ弁護士のやり口, それゆえ当人も自分, それゆえ心許されぬと, それゆえ必然的な治癒, それゆえ志賀の辛崎, それゆえ感度の高い, それゆえ我国最初のこの, それゆえ戦争なるもの, それゆえ所謂大魯迅, それゆえ手すきの夜業, それゆえ手軽なある, それゆえ折檻はこれ, それゆえ拙者はこの, それゆえ拙者馬か駕籠, それゆえ指導者を選ぶ, それゆえ掩護の船列, それゆえ故意と眉間, それゆえ敵の名, それゆえ文部省から贈られた, それゆえ断乎として排撃, それゆえ断定しなければ, それゆえ斯うして, それゆえ明治時代の学者田中芳男氏, それゆえ是非ともわが国, それゆえ書物を板木, それゆえ本当の恋, それゆえ李陵とともにここ, それゆえ東京人の喝采, それゆえ東京人中国人などは材能, それゆえ染物の鑑定, それゆえ校舎の二階, それゆえ検事局に何, それゆえ樗の方, それゆえ樺太のもの, それゆえ次のよう, それゆえ欲いと申されました, それゆえ歯のわるい, それゆえ死の前, それゆえ死人の顔, それゆえ殺害の行われた, それゆえ毎に無常迅速, それゆえ毎年毎年江戸へ来る, それゆえ毎日かけ廻って, それゆえ汎濫の去った, それゆえ汐田は彼, それゆえ洒落になっ, それゆえ流沙河の水底, それゆえ流石は武芸者, それゆえ清子も, それゆえ滅多に外出, それゆえ演出家の経験, それゆえ火鉢のそば, それゆえ無量光無辺光無対光, それゆえ熊城にはそれ, それゆえ父もこと, それゆえ犯人はまたもや, それゆえ犯人自身も教会, それゆえ狐は頭, それゆえ独力で文明, それゆえ猿の団体, それゆえ現金は戴かず, それゆえ理知の裏付け, それゆえ生存競争のはげし, それゆえ生駒というお, それゆえ申上げますこと, それゆえ男は暗いい, それゆえ皮を剥ぎ, それゆえ砂糖は二倍半, それゆえ確信の反対, それゆえ礼を厚う, それゆえ社会問題の解決, それゆえ神仙山の半分, それゆえ私どもは人生, それゆえ私有財産を有する, それゆえ秣草を買わなく, それゆえ空想力も甚だ, それゆえ空間に固有, それゆえ笑ひの, それゆえ笑いの高, それゆえ笠井さんは油断, それゆえ粂の顔, それゆえ約束もある, それゆえ紫外線に当て, それゆえ結局は学問, それゆえ統制はなるべく, それゆえ維新のあと十年, それゆえ罪悪を防ぐ, それゆえ美妙斎とは何年交際, それゆえ義貞は陣, それゆえ老人の後, それゆえ耶蘇教の伝道者, それゆえ背後にも油断, それゆえ胞衣を玄庵, それゆえ胡陣に亡げ, それゆえ能く年余, それゆえ腫物の上, それゆえ臨時の仕事, それゆえ自然を論ずる, それゆえ自身難に当らん, それゆえ致しました此処に, それゆえ舎外生から舎内生, それゆえ花嫁の衣裳, それゆえ苔虫類のよう, それゆえ葉子が世間, それゆえ虎を連れた, それゆえ虚をつい, それゆえ蜘蛛なども死んだ, それゆえ蝋燭とは離れた, それゆえ裁判所側の文書, それゆえ裏切りがある, それゆえ襲名の事, それゆえ親房自身明日はここ, それゆえ親方の言, それゆえ訴訟において外面, それゆえ詮じ詰めて, それゆえ誇張として私, それゆえ読者諸君は女主人公滝人, それゆえ誰かそれ, それゆえ諸国の交易, それゆえ謎となつ, それゆえ負担のない, それゆえ貧乏は人間, それゆえ貧富の区別, それゆえ貴女ほど信実, それゆえ貴方がお, それゆえ貴様の家, それゆえ資本と大, それゆえ赤堀先生もあやぶみまし, それゆえ赤外線は最も, それゆえ身不肖ながら主人, それゆえ通常世人が称する, それゆえ進歩した姿, それゆえ運搬して, それゆえ道徳性の弛緩, それゆえ邊幅を飾らず, それゆえ郷土の特色, それゆえ野々宮に対しても文子, それゆえ針金を動かせ, それゆえ銭の入らない, それゆえ鎌倉の明月, それゆえ鎌倉屋への使, それゆえ長八は病, それゆえ関東学者と私, それゆえ陽が昇っ, それゆえ陽球内の電子, それゆえ階級本能の発達, それゆえ隠語ではそれ, それゆえ雲母坂道ともいう, それゆえ頭巾を被りました, それゆえ題なんかありません, それゆえ顔を見知られぬ, それゆえ風に抵抗, それゆえ食堂でお待ち, それゆえ鶏が闘っ, それゆえ鼈四郎のいう, それゆえ鼈四郎夫妻は次の間, それゆゑあれこれと年少, それゆゑおれにとつては作家こそすべて, それゆゑこの地境, それゆゑせめては間接に此時代, それゆゑその任用, それゆゑその人はその, それゆゑそれが結局, それゆゑちよつと見方, それゆゑどうかして一日その姿, それゆゑなかば巫山戯けて, それゆゑなほの事, それゆゑなほ暖爐がなつかしい, それゆゑにこそわれらの勝利, それゆゑにこそ金柑は泣い, それゆゑにずつと親しまれるので, それゆゑにまたいくらかは道徳的に, それゆゑにわたくしは諸山陽伝中山陽, それゆゑにわたくしは山陽が同一, それゆゑにわたくしは此書に史料, それゆゑに兄榛軒は己, それゆゑに君を戀, それゆゑに社會から之, それゆゑに風とともに立つ, それゆゑわたくしの言ふ所, それゆゑわたくしは傍にあつ, それゆゑわたくしは嶺松寺の墓石, それゆゑシローテが常に最も, それゆゑデカダニスムは私, それゆゑリアリズムからの離脱, それゆゑ一切の希望, それゆゑ一方に十種以上, それゆゑ一時代一地方の微妙, それゆゑ三百篇の註, それゆゑ不景気時代の学校, それゆゑ不羈独立の精神, それゆゑ世上に正弘, それゆゑ主人が重病, それゆゑ予言の能力, それゆゑ人にも反撥, それゆゑ今までのところ, それゆゑ今日の, それゆゑ今武村から彼, それゆゑ件のごとく, それゆゑ値打が低い, それゆゑ健康不健康はその, それゆゑ兄芸庵の第, それゆゑ先づこれを, それゆゑ先駆的であると, それゆゑ其医方を, それゆゑ十四年に江, それゆゑ却て平和, それゆゑ厭な妖怪, それゆゑ名を桃花猫, それゆゑ咲子は人, それゆゑ国民の一人, それゆゑ壽阿彌, それゆゑ変哲もない, それゆゑ夏の享樂場, それゆゑ大勢に於, それゆゑ大宝元年の学令, それゆゑ太郎の着物, それゆゑ安心して, それゆゑ安里とマダム・クラビンスキイ, それゆゑ家茂は病, それゆゑ小説はいくら, それゆゑ已むことを, それゆゑ当時最古の刊本, それゆゑ彼の自殺, それゆゑ後に山内氏五百, それゆゑ忠宗が婚礼, それゆゑ文武両道とは職能, それゆゑ日南へ干し, それゆゑ柏軒所著の書, それゆゑ榛軒は此年天保丙申, それゆゑ此二書には重複, それゆゑ民衆自身の手, それゆゑ汐田は彼, それゆゑ煩を厭, それゆゑ熱のさめはじめた, それゆゑ特別な待遇, それゆゑ町へ出, それゆゑ相手の陶醉, それゆゑ看護人ほどの自由, それゆゑ砂糖でころす, それゆゑ碩学鴻儒の故, それゆゑ私共が貝塚, それゆゑ結婚後歯科医の免状, それゆゑ絵本の画伯, それゆゑ絶望し敗北, それゆゑ総ての人, それゆゑ繪本の畫伯, それゆゑ義務がこれ, それゆゑ考古學の上, それゆゑ背後にも油斷, それゆゑ自我は實, それゆゑ舶来品に比べ, それゆゑ芝葛盛さんに乞う, それゆゑ荷物もつく, それゆゑ落語の真髄, それゆゑ行儀が悪い, それゆゑ西洋の者, それゆゑ誰でも自分, それゆゑ變化つたとか變化ら, それゆゑ豪放と云, それゆゑ跡は残らない, それゆゑ道夫は儒, それゆゑ金持ちが羨ましい, それゆゑ金沢文庫の零本, それゆゑ阿部家の如き, それゆゑ青年は情念, それゆゑ魂即ち精神, それよいか驚く, それよう往かないでしょう月夜, それよそれよ程, それよね姪が, それよりかなもうちっとわが身, それよりずつとお高いだれ, それよりぞ東に, それよりどつかの, それよりなあビール壜と, それよりねえ斎木さんあんたは, それよりはな主膳, それよりはもッと, それよりももッと, それよりもわッと, それよりもをかしいの, それよりより一層俺, それよろしゅうござりましょう, それよろしゅうございましょうよ, それよを不断に, それらしくありませんしまた, それらしくしてくれ, それらしくない疑って見れ, それらしくなって来た, それらしくなったのは, それらしく似かよわせてわざと, それらしく出来て居る, それらしく動きまわる気配も, それらしく思はれる処を, それらしく思われたが迂, それらしく思われるので半兵衛, それらしく感じられるのだ, それらしく振舞うに到った, それらしく振舞っている, それらしく描きだすことが, それらしく描き出されてゐ, それらしく紛らせ十日ほど, それらしく結い上げてゆこう, それらしく見做された, それれいの數物, それわかつてもらわん, それわかりますか, それわかるのかい, それわが国古より教, それわさび田に害, それわしが友達, それわしげ任せて, それわずかだが, それわたくしにはお, それわらじがけそれ笠の台, それわんら食へ, それをかはして, それをかへした, それをかへて貰ふ, それをかよだけに知らせるの, それをからかひながら, それをしか思わせるに, それをしも御承知, それをぞろ, それをだに君が, それをちゃあーん, それをつつかけて, それをてがらに, それをとなかいのくびにあてて, それをどぶへ, それをにはかに, それをのみを彼女の, それをへンリー二世と, それをべんべ, それをめぐっての有閑者流な, それををどりに, それを以てと言付けて, それを通しての結婚の, それァあたくしだって, それァご無理って, それァ安南皇室の, それアお前さん二分じゃない, それアお前さん先は名誉, それアそれどころじゃない, それアそれア私が転倒, それアようござんすね, それアんだわ, それアウギユストもお辞儀, それアキマリ切って, それアダムは前, それアノ何じゃそれからまた, それアンタのアレ, それア一目でチャン, それア不可能じゃない, それア不思議だ, それア何処でもね, それア何度云っても, それア余りですよ, それア俺だって, それア其通りだうち, それア冗談だが, それア君大変だぜ, それア変な男, それア大変だ, それア妾んですわ, それア岸野さんにチィ, それア己はやる, それア弁当屋の出前持, それア手前がドヂ, それア明日にでも仕様, それア昔の美談, それア機會ある毎, それア気の毒だ, それア無理よ, それア狂言によりけり, それア狐ぢや, それア理窟に合わない, それア相当なもん, それア稀有だこと, それア穏密方が来, それア素晴しい自負, それア腹は綺麗, それア誰だッ, それア鄭重なもん, それア餘りですよ, それイキゴトに至つて, それイサミがくる, それイヤやったら大阪い, それイランイランの花, それウォータア・カールなの, それウオツカと乾葡萄, それ定めし心配, それオレんだよ, それカイちゃんのこと, それカバカワの何物, それガラ又グワツグワツ, それガラ田畔サあが, それキネオラマをやる, それキバナノレンリソウとでもいう, それキャラメルあげよさあ, それクルツプ砲となる, それケレンのない, それゲルマンは宗教改革, それゲーテのそれ, それサン作文を書きなさい, それサーベルをもらっ, それサ己も先刻, それシナはその, それシネマへそれ, それジワジワとおい, それスパイに買収, それスピノザのそれ, それズンズン行って, それズーッと奥, それタシケントトムスク鉄道にし, それタニシらかね, それタバンへ, それダージリンで差込, それッあいつだ, それッお先へおや, それッかたがたはやく門, それッきりどんぶり大川へでも落っこちたら, それッきり五日の間行方, それッきり人には見せず, それッきり会ッちゃおりません, それッきり何処まで行っ, それッきり声も聞えなくなっ, それッきり往来もない, それッきり御免なん, それッきり歴史上からケム, それッきり物音ひとつきこえないから, それッきり発育がとまつ, それッきり登校しないの, それッきり私は世の中, それッきり細君も妬かない, それッきり腰を抜かした, それッきり行方が知れない, それッぱかしのことにもう泣くなんて, それッぱしの余技, それッひとりもにがす, それッ一刻も早く, それッ一同かかれッ, それッ二人ばかりの素町人, それッ今だッ, それッ位無駄がつい, それッ列をみだす, それッ包囲せよ, それッ北岸へ役人, それッ天魔太郎後がない, それッ女を先, それッ帆綱をひけ, それッ幽霊が塀, それッ彼奴の細首, それッ後はご, それッ手捕りに, それッ打ッた斬れ, それッ時刻の過ぎぬ, それッ曲者でござるぞ, それッ木剣でも槍, それッ武士ども董承の, それッ武田の落人, それッ気が付いた, それッ江戸の廻し, それッ法莚の奴ら, それッ法達だ, それッ無頼者を引ッ, それッ獄門の御, それッ皆飛び出せッ, それッ突き倒すぞ, それッ縄を打て, それッ苫をはねろ, それッ親分に続け, それッ限です, それッ陣を開け, それッ頭領をうたす, それッ高麗村に案内, それツきり飛び出したん, それツきり取返しにも来ない, それツきり東京の家, それツばつかりウワ言, それツ位ゐ行くわ, それツ切りどちらからも言葉, それツ切り世の中から忘れられた, それツ切り二人は共に, それツ切り何にも語らず, それツ切り彼は, それツ切り會はない, それツ切り横を向い, それツ切り歸らないしろ物, それツ女王様のお召, それツ氣が付いた, それツ火事だ, それツ突喚だ, それツ軽便が来た, それデウス如来はスピリツアル・スブスタンシヤ, それデパートの女, それくるりと, それトゥルゲーネフ氏の, それトロイア軍中に進み入らん, それトントントンと段々に, それドロドロなどいっ, それナイルの下流, それニーナと書かれ, それハバネラが, それハッキリいうて, それハリキれイエス, それハ薩州に送り来り, それパン屋が來, それヒフのミ, それビールだ酒, それフィオレンツァはその, それフランスへ持つ, それペルシアの前途, それペン皿よ, それホントですか, それボク食べるのね, それポッポ懐中にさ, それポーツと来た, それマノンの歌, それママの幾歳, それミツちやんの弓, それミルクなの, それミーのじゃ, それムクが来た, それメモをごらん, それリベルテーの語, それレコードコンサート又は新, それロシア更紗のガウン, それワッカナイじや, それヴェトウェンが大工, それ一ぃ二の三, それ一ついくらなの, それ一つぢや濟, それ一つ一途に, それ一つ楽しみに命, それ一つ説明出来ないでは, それ一ツが聞きとれた, それ一ツ独立の対象, それ一事にかぎらず, それ一人息子だ, それ一億一心民主主義といえ, それ一冊きりしかない若い, それ一刻もはやく, それ一升ビンそれビールだ酒, それ一同表へ廻り, それ一回だったし, それ一回きりのつもり, それ一国の生活, それ一如に範衛, それ一字だけいつ, それ一家の主婦, それ一度きりである, それ一念で山牢, それ一族を縛め取れ, それ一昨日の晩ぢ, それ一本きりです, それ一本みんな俺の頭, それ一杯も飲まなくっ, それ一枚切りだから, それ一滴の雨水, それ一瀬になっ, それ一献受けたり, それ一番大切のもの, それ一着しか持つ, それ一種の籠詰, それ一等じゃない, それ一筋で繋ぎ, それ一箇が得難い, それ一羽私には他人, それ一芸あるもの, それ一葉女史の書いた, それ一通に籠つて, それ一部五十円です, それ一面に, それ一颯に目, それ一點張りさ, それ七月は, それ七歳の時, それ七輪の火, それ七面様だの, それ万年青がよ芽, それ丈けが俺の意識, それ丈けが楽しみの晩酌, それ丈けしか云, それ丈上手でした, それ丈不幸に遭遇, それ丈人の金, それ丈人間が食べ, それ丈仲の好い, それ丈余は更に, それ丈信念がない, それ丈兄よりも近付き, それ丈刺戟が男, それ丈堕落させられた訳, それ丈多量だが, それ丈女には先天的, それ丈廻転が渋滞, それ丈徒に神経, それ丈接近しなければ, それ丈気もちが好, それ丈真実な愛, それ丈精神的均斉がとれた, それ丈自分の知識, それ丈苦心したの, それ丈語つた, それ丈都会の風俗, それ丈量に於, それ丈頭を無駄, それ三十三錢それからこれ, それ三名して, それ三年前堤方村の葭簀張り, それ三昧朝の飯喫うに, それ三界はた, それ三番鶏だから, それ三社様に至っ, それ上古貴族的の社会, それ上流において駐, それ上衣にまで血, それ上質下質, それとして上, それ下世話にもいう, それ下方といっ, それ下総の結城, それ下駄屋のさき子, それ似合やれ, それ不健全いうたらあんた, それ不具根性僻んだ事, それ不心得なの, それ不意の雨, それ不正工事といふ奴, それ与八その巌, それ丑松が蓮華寺, それ世上人間の世界, それ世間でも生みの親, それ両手が動く, それ両方のお, それ並びにそれに, それ並木